青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せめて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

せず~ ~せた せた~ せっかく~ せない~ ~せぬ せぬ~ ~せね せね~ せまい~
せめて~
~せよ せよ~ せよう~ ~せられ せられ~ ~せられた せられた~ ~せられる せられる~ ~せる

「せめて~」 4018, 40ppm, 2905位

▼ せめてもの~ (382, 9.5%)

6 慰めに 5 ことに, 心やりに, 罪ほろぼしに 4 てだて, 慰めで, 私の 3 事である, 仕合せだ, 仕合せである, 幸いであった, 幸いに, 彼の, 心遣りであろう, 慰めである, 慰めです, 腹癒せに

2 [34件] ことであった, よろこびである, 仕合せであった, 仕合わせであった, 俺の, 儲けものだ, 埃を, 幸いと, 御奉公, 心だ, 心やりだ, 心やりだった, 心やりである, 心やりと, 心やりとして, 心やりを, 心ゆかし, 志だ, 思い出にと, 想いに, 慈悲な, 慰めだ, 慰めだった, 慰めでした, 慰めと, 慰藉である, 慰藉と, 收獲でした, 救ひであつ, 楽しみに, 罪滅ぼしに, 腹いせだった, 腹いせに, 頼みに

1 [251件] お心やり, お礼ごころな, お詫びにと, お詫びの, くつろぎ用, こころゆかせを, ことその, ことだ, ことで, ことです, ことと, しあわせと, しあわせは, なぐさめだが, なぐさめだつた, なぐさめだね, なぐさめであった, なぐさめとしていたのでした, なぐさめとしているらしかった, なぐさめとする力, なごりにと, ぬれ事師, はかない夢, はけ口を, ましという, まだ頼りなる, みやげに, よい部分, よろこびと, わが願い, ハナムケに, プライドな, 事じゃ, 仇討だ, 今日に, 介抱, 仕合せでした, 仕合せと, 仕合せという, 仕合せといふ, 仕合せなり, 仕合わせ, 仕合わせに, 代償を, 供養に, 供養の, 便りに, 倖で, 倖と, 僥倖であった, 僥倖でした, 僥倖と, 僥倖なり, 償いです, 償いでは, 償いとしても, 償ひです, 功績である, 努力として, 務めで, 収穫でした, 収穫と, 取り所だ, 取り柄である, 取得だろう, 名残に, 名残りにと, 名残りを, 呪文の, 唯一の, 喜びを, 嗜みに, 夫の, 女心だ, 好意だ, 好意と, 娯しみだ, 孝行という, 孝行の, 学生諸君に対する, 安心であり, 安心でございます, 安息所を, 寸志どうか, 山吹の, 己れ, 希ひ, 希望と, 希望として, 常識的な, 幸いだった, 幸いである, 幸だ, 幸だった, 幸なりき, 幸福である, 幸運でした, 弁解です, 弥三郎の, 彌三郎, 彼への, 彼女の, 後生を, 得として, 御仕合せ, 御恩返し, 御自慢, 復讐した, 復讐であった, 心づくしだ, 心づくしな, 心づくしに, 心やりであった, 心やりです, 心やりといふ, 心尽し手荷物の, 心強さ, 心慰めだった, 心掛けという, 心掛けといふ, 心許り, 心遣りだった, 心遣りだつた, 心遣りでありました, 心遣りです, 心遣りで御座います, 心遣りなる, 心頼みにも, 快感なり, 思いやりに, 思い出として, 思い出に, 思い出は, 思ひやりとして, 思ひ出, 思ひ出母様, 思遣り, 恩報じ, 恩報じです, 恩寵として, 恩返しだ, 恩返しとして, 恩返しに, 息の, 悦びであった, 情けだ, 情けである, 情熱であり, 想ひで僕の, 想像の, 愉快であった, 意地を, 意趣晴し, 愛情の, 慰みであった, 慰みという, 慰みとして, 慰みは, 慰め, 慰めだつた, 慰めであった, 慰めであっただろう, 慰めであり, 慰めにでも, 慰安である, 慰藉だった, 慰藉で, 慰藉として, 慰藉に, 懐を, 手向けにも, 手段で, 手段は, 拾いものだ, 拾い物だった, 救いは, 日本人の, 明るい窓, 望みが, 望みだ, 望みだつた, 望みでございます, 本懐だ, 本望だ, 楽しみだった, 楽しみな, 楽み, 欲心すくなき, 歎き, 殊勝さだ, 気が, 気休めで, 気休めと, 気休めとして, 気休めに, 気休めは, 気晴に, 気紛らし, 氣安めで, 淡い満足, 満足であった, 満足は, 溜飲を, 滿足です, 無聊を, 爽, 生きが, 申しわけです, 申しわけを, 申訳でも, 申訳に, 空想だった, 罪滅しに, 罪滅しにと, 罪滅ぼしで, 置土産にと, 腹いせだ, 腹いせであった, 腹癒せだった, 腹癒せであった, 自尊心だ, 自己満足な, 自慢らしかった, 自慰と, 自棄した, 自由だつた, 藁に, 表現であった, 見つけもの, 親孝行だ, 詫心良平が, 誇りだった, 誇りでも, 誼み, 賚では, 身の, 辯解です, 追善ぢゃ, 追善です, 道だ, 道連れにと, 遣悶, 附元気机の, 頼みで, 頼みである, 頼りと, 頼りに, 願いであった, 餞別しよう, 骨休めで, 鬱晴しであった

▼ せめて~ (279, 6.9%)

3 お畳奉行, レールの, 傍近くに, 彼の, 私の

2 [15件] これを, その他の, それを, われを, 一度でも, 君が, 少しの, 後世を, 後生を, 故郷の, 新しき背広, 此子を, 紅きはし, 自分の, 貴孃

1 [234件] あのお気の毒, あの世で, あの人, いくらかなり, おたたみ, お力づけ, お師匠さま, お部屋さま, かくせ扇, かくなった, かしこ黒と, こうして生き, ここに, このうえ, このばば, この人様, この人樣, この位, この奇怪事, この書見, この研究, この間の, これぞわが, これだけにても, こんな気分, さびしい夫人, しばらくなり, すき透りたる, その不可抗, その亡霊, その人, その児, その奥方, その望み通り, その理論, その笛, その肉体, その至情, その首将, それに, それも, それをか, そんな痛ましい, もう少し海老, よそながらでもと, わが小さき, わたくしと, トチメンボーでもと, ハルトマン輩の, パリ第, 一つの, 一代の, 一刻も, 一度なり, 一度契, 一日路程も, 一本の, 一艘の, 三河ながらの, 下肥位は, 中に, 中策にても, 亡き親, 人並みにだけ, 人間らしい反抗, 今ぐらゐの密度, 今後を, 今改めて, 今日会った, 代筆せよ, 令見, 伊豆一国の, 伜だけを, 何が, 何とか同情, 倅の, 借金の, 兄貴の, 先生の, 八五郎と, 其同量くらいは, 其面影現に, 兼吉が, 冷たい一杯, 冷たく堅く物凄い真理, 別にこうした, 勇壮なる, 匂ふ, 医学士の, 原文によ, 同じ町内, 名前を, 向うの, 唯見つ, 啓行の, 四邊に, 地方地方の, 墓に, 声を, 多少の, 夢に, 大都会, 奥さんが, 奥方だけでも, 女房の, 姪の, 娘の, 婦女の, 定子を, 家に, 小間に, 少しく弁舌ドモらざる, 少しは, 少し身, 少壮者を, 師の, 当座の, 当時の, 影と, 彼が, 後の, 御元服, 御憐憫, 御荷物, 心からお辞儀, 心の, 心計一日肩を, 忍べとばかりに, 忠と, 悔ひと心残りに, 悲劇的な, 愁に, 慌てないまでに, 我が世子, 我が好, 戸田さまにでも, 手切れ金でも, 手古奈が, 政治家や, 文学に, 断末魔の, 斯くもせ, 新しきネクタイ位, 新しき帽子, 新しき背廣, 新世界, 日光様の, 日本が, 日本の, 早く弟, 早く雨, 明方に, 昔から, 昔住ん, 是世に, 普通児なみの, 暗にも, 最後の, 最高俸二百四十円なりに, 月と, 月並みの, 朋友の, 本だけでも, 本年だけ, 来なかったろうに, 板刻の, 柏餅位に, 歌道に, 武士らしい, 武家の, 死に場所なりと, 死に恥, 死に花, 殊勝なる, 殿さまの, 母様の, 民間の, 水でも, 水に, 汝を, 洋学の, 涙を, 添えてやら, 煎じ茶, 熔岩流の, 燗を, 父の, 狩衣か, 生きよ俺, 田でも, 番頭にでも, 発動機の, 白き花瓶, 目だけでも, 目の, 目黒から, 笛だけでも, 罫の, 脇屋刑部様との, 自分だけでも, 自分だけは, 自分を, 自分一人でもが, 自家の, 苦笑ぐらいは, 草木なり, 菊次郎さんを, 葉子の, 親の, 親達の, 言葉に, 諸方の, 貴嬢, 足下の, 身に, 身の, 辛く当る, 遊びながら, 道誉が, 酒と, 酒を, 金三を, 長き秋, 降参の, 雪の, 雷の, 顔だけでもと, 風にでも, 風知草の, 風間真人の, 飲んで, 餓死しない, 馬鈴薯を, 骨肉相食む

▼ せめてこの~ (107, 2.7%)

2 一言のみが, 上の, 子が, 母親の

1 [99件] あたりで, おとなしい湖畔, おれが, かがり火に, くらいな, ことだけでも, なかから, ひとときのみ, みなし子, サッキャア派の, チャンタンの, ライオン戦車を, 一くさりだけを, 一つはと, 一万円を, 一家の, 一月なり, 上は, 世の中に, 二三日でも, 二十分を, 二時間を, 人形に, 仮定から, 優に, 児たちを, 半分ぐらいでも, 半分も, 単調を, 卵のからだけでも, 吉兵衛だけが, 吉兵衛を, 啼き声, 噛むが, 國特有な, 土地ぐらゐの土質なら, 土地問題だけでも, 声きこえよ, 夏の, 夢を, 姫君にだけは, 安らかな, 室の, 宮を, 家内の, 小さいもの全部, 小屋でも, 小熊の, 少年だけ, 後私が, 思い出を, 感じが, 手が, 手紙の, 描写力に, 日本中の, 春にでも, 時代の, 書物を, 木でも, 木戸でも, 案内者を, 様な, 橋まで, 機関だけを, 欝いだ, 次の, 次は, 母体だけなりとも, 気持を, 河内の, 淡灰色, 深雪だけでも, 火鉢に, 点で, 男は, 相手の, 真心の, 秋にでも, 穢すもの, 窓からの, 米を, 美しさ, 耳環だけでも, 般若波羅蜜多の, 花を, 虫くい腕を, 記録を, 誠は, 赤ン坊さえ, 身も, 近所に, 都にだけでも, 醜い頤, 際に, 際は, 隣人への, 青年の, 顛末だけは

▼ せめて~ (102, 2.5%)

4 私の 3 それが 2 それを, だった, 下品な, 此だけを

1 [87件] あの間, おしず, お詫びの, かくは, こういうとき, こっちが, このわたくし, この事件, この孤塁, こんな悲しい, せめても, そういう乱脈, その女, その愛, その臭, それだけが, それに対して, そんな事, そんな言, だったと, だと, であった, でご, です, とこなつの, なかなかおちない, ひとりテラモーン生める, ゆるがまま, よいかと, ホッと, ホツと, ボクの, 一縷の, 上から, 人間性を, 仁坊が, 俺の, 僕は, 元日を, 八五郎の, 其の面影, 反逆で御座る, 取柄だ, 合理的な, 唱うた事, 失う者, 女と, 女冥利でござん, 女房子供に, 妹の, 娘への, 宗次郎が, 宗次郎の, 己れ, 師匠の, 幾分の, 彼は, 心やりに, 心床し, 忘れたかつた, 恨みの, 戦乱の, 救うこと, 料亭か, 時を, 景気を, 服装だけでも, 板刻の, 永井荷風先生邸を, 焚火ぐらいは, 獨り, 現在の, 甥たちの, 痛快がった, 皆を, 私は, 自分の, 虚無の, 親の, 言訳あとに, 貧乏な, 金の, 銀の, 開版した, 雫に, 頼兼の, 魂の

▼ せめてその~ (98, 2.4%)

3 人の, 前に 2 くらいのこと, 見るもの

1 [88件] あいだだけなりと, あなたの, うちに, うちの, お創, お名前, お姉さん, ことに, ことを, み霊, ギリギリの, 一つをも, 一人娘の, 一方をだけでも, 一端なりと, 一部としての, 一部分を, 万分の一にでも, 上の, 下手人李逵の, 中で, 事のみに, 人に, 人達と, 休暇を, 会議に, 位のり出せ, 供養の, 内蒙, 刹那だけでも, 加勢でも, 半額に, 墓側に, 外観丈けでも, 姿だけでも, 子の, 屍體なりと, 山の, 弱点を, 役を, 御錦袖, 心を, 志だけでも, 憂鬱を, 文を, 文字だけは, 方法によって, 日まで, 時を, 時私も, 様子だけでも, 樣子だけでも, 機運を, 殺人嫌疑の, 気分だけでも, 焼けるところ, 父でも, 片見でも, 犯人の, 猫を, 理由だけでも, 白い小さい手, 百倍あれ, 真面目さを, 眼にて, 眼の, 程度には, 競り合いから, 笛で, 簾の, 糸口ぐらいなりとも, 紐の, 翌日に, 者で, 葬式だけでも, 袂にでも, 話だけでも, 謀反だけは, 費用なりとも, 足音が, 輪廓をでも, 近所まで, 長い影, 関係に, 面でも, 顔なりと, 顔に, 骨でも

▼ せめて~ (57, 1.4%)

3 父つ 2 返事を

1 [52件] つねちゃんだけは, つ母, ところと, ぬしに一口, ぬしの, はまさんの, めえ, わかれの, 一人だけ, 住居だけでもと, 兄様だけでも, 光さんの, 別れの, 化の, 医者に, 医者様が, 午まで, 名前を, 君位は, 命を, 国へ, 国元には, 城の, 墓参りなど, 姿を, 孃樣の, 宿を, 小遣いでも, 居間の, 屋敷の, 慈悲に, 手紙でも, 手許に, 時の, 洗濯を, 留の, 登和嬢の, 盛物を, 目でも, 粂だけは, 線香の, 袖だけでも, 袴だけでも, 説教だけは, 身ひとつな, 遺骨の, 銀様に, 静さんに, 靜を, 題目の, 駕わき一人は, 駕籠の

▼ せめて自分~ (49, 1.2%)

2 の子供, の居住, はリヽーちやん

1 [43件] から進ん, がそれ, が中, が卓子, が夜ごと夜ごと, が天職, が繩, だけでもこぼしたい, だけでも永久, だけでも積極的, だけなりとつまらぬ, だけは本当に, だけは自分, で裁い, のいる, のうち, のからだ, の健康, の力, の取り前, の周囲, の命数, の執つた, の好み, の子, の子供ら, の家, の家庭, の思い出, の持つ, の描い, の書いた, の生活, の病室, の皮, の知っ, の腹, の説, は自分, へおっしゃる, もその, を之, を知らない

▼ せめてあの~ (46, 1.1%)

2 人が, 娘の, 方の

1 [40件] あたりの, いやな, おみ足に, お金入の, くらいの意気込み, すごい塔, ときの, ときひとことぐれえおっしゃった, セルが, 丸山峠を, 人だけは, 人の, 人達の, 何じゃ, 原を, 喇叭の, 妹娘の, 娘に, 嫂だけには, 子の, 宝石を, 宮志多亭の, 帯揚だけも, 時に, 時計を, 晩の, 杉の, 歌だけでも, 渦巻に, 男でも, 瞬間の, 程度に, 笛の, 船の, 色調, 虹を, 辺まで, 連中の, 金を, 駒井甚三郎氏で

▼ せめてもう~ (45, 1.1%)

2 一二年生き, 一献の, 一週間置い

1 [39件] お十年, 一つ位年が, 一と, 一ど, 一刻も, 一日こ, 一杯お茶を, 一枚だけでも, 一段背のびを, 一発でも, 一級だけ, 一言あの, 一週間だけ, 一遍は, 一遍やっ, 一食昼飯を, 二カペーカだけ, 二タ月早かっ, 二三年は, 二三日は, 二三日も, 二十キロばかり, 二十ルーブリあったら, 二十日も, 二月ほどの, 二週間この, 五寸背が, 八九寸そこへ, 十年お, 十年も, 十年努力し, 十年生き, 十計りも, 半刻, 半歳も, 四五年早く, 四半桶も, 四年も, 家族の

▼ せめてこれ~ (43, 1.1%)

3 でも 2 が, くらいのもの, だけでも八五郎, でお許し, ほどの思ひ

1 [30件] が亡き, が土屋総蔵, が意趣晴, くらいのこと, くらいの字, くらいの書き出し, ぐらいにでも打ち解け, だけでもお前, だけでものこし, だけでもまる, だけでもまるまる, だけでも持っ, だけのこと, だけの才分, だけの頭, だけは伊東, だけは腰, だけは言える, だけ知る, だけ記念, でも引っかけ, でも覚えろ, で諦めなく, によって縉紳界, ばかりは御, ばかりをもおれたち, ほどの接触, を体, を小遣い, を感じる

▼ せめてそれ~ (41, 1.0%)

4 くらいのこと

1 [37件] が, がお, がなけれ, が事実, が問題, が満足, が瞼, くらいの報酬, くらいの手, ぐらいの生活, だけがお雪ちゃん, だけでもうまく, だけでもございません, だけでもわかっ, だけでも云っ, だけでも取り返す, だけでも止し, だけでも稍, だけのこと, だけの償い, だけの炭団, だけは信じ, だけは言わせ, だけを慰め, だけを自分, にでも暖, によってやがて, に当り, より他, らしい恋, をたった, を先祖, を十銭, を思い出, を慰み, を輝かしい, 迄の平静さ

▼ せめて~ (38, 0.9%)

2 があなた, の眼

1 [34件] が別, が嫁入り, が御飯, が息, が男, が長生き, くらいのデリカシイ, だけでも仲よく, でもあった, でも生き, と云うなら, に命, に抱きつい, に肉食, の卑しい, の子孫, の感謝, の提出, の死に顔, の死後, の現在, の生, の生き, の美しい, の考え, の胸, の行けない, の露店, はあなた, はうそ, は夫, は毎日, もこの, を殺す

▼ せめて~ (35, 0.9%)

4 ことに 2 心やりに

1 [29件] おもてなしと, 功徳じ, 希ひ, 御自慢, 心から, 心やり, 心やりは, 思いに, 思い出に, 思ひ出, 慰めなるべけれ, 慰めにと, 慰め寝る, 慰安であり, 最上として, 楽しみであった, 楽しみな, 楽しみは, 深傷, 申訳と, 罪ほろぼしに, 罪滅ぼし不自由は, 肴に, 腹いせに, 腹いせの, 腹愈, 際に, 雨やどり, 鬱晴らし

▼ せめてこんな~ (16, 0.4%)

2 事件でも

1 [14件] ことで, ことでも, ときに, もので, ポーズを, 事で, 仕事で, 夢でも, 工合に, 時には, 時の, 暇にと, 楽しみでも, 楽みで

▼ せめて一日~ (14, 0.3%)

2 はゆっくり, も早く 1 か二日, でも二日, でも有効, でも泊つて吉林, でも生きたい, に一度, の, のうち, のばしたいと, は休息

▼ せめてお前~ (13, 0.3%)

1 [13件] が好き, だけでも助け, だけはお母さん, だけはからだ, だけは俺, だけは拘束, だけは満足, でも歌, でも殺したら, とその, にだけは聞い, の描いた, 抱いて

▼ せめて~ (13, 0.3%)

2 があれ, だけでも災難 1 だけでも世話, だけでも無事, にだけは腹一杯, にでもと思つたの, には経験, の亡骸, の姿, は, を成仏

▼ せめてもう少し~ (12, 0.3%)

1 [12件] お父, はいい, 人間らしい恰好, 元気に, 委しい資料, 成人し, 気の, 氣の, 温まつてと, 老功者, 自由に, 高く欄干

▼ せめて~ (12, 0.3%)

3 と目, と眼 1 と夜, と太刀, と晩, と月, どあわせ, の子分

▼ せめて子供~ (12, 0.3%)

2 でもあれ 1 が家庭, が歩く, だけでも助け, だけでも外, だけなりとなぜ, なりと助けよう, には手, に格子, のため, を相手

▼ せめて~ (12, 0.3%)

1 [12件] 住宅ぐらいを, 厚志の, 名前が, 奉公の, 怪我の, 最期なりとも, 最期の, 線香の, 能拝見の, 話だけでも, 賓頭顱でも, 身分を

▼ せめてもう一度~ (11, 0.3%)

2 だけ 1 あなたに, あなたの, ぐらいは便り, だけでもあなた, だけ此の間, なりと, リエに, 読み返すならば, 雪之

▼ せめて一度~ (11, 0.3%)

1 [11件] ぐらい行っ, でも善い, でも目, でも眼前, でも米, でも逢わせ, という位, はた, は年, は立派, や半分

▼ せめて~ (11, 0.3%)

1 [11件] いちどの, すぐにでも, のうち, の一時, の中, ま十年, やって, 少し夫, 少し生き, 文子が, 見る夢

▼ せめてそこ~ (10, 0.2%)

1 から日本軍, が劇場, だけは殘, では, には美, に住ん, の辻, までで, を一度, を面白い

▼ せめて一人~ (10, 0.2%)

1 あったらと, あっても, ぐらい僕, ぐらい愉快, だけでも町, だけ私, でもいない, でも二人, になった, の人間

▼ せめて~ (10, 0.2%)

1 が, だけ, だけでもしっかり, だけでも偉く, だけでも自重, だけには相談, にでも相談, には分っ, の愛する, の方

▼ せめて最後~ (10, 0.2%)

1 の一つ, の一点, の働き, の口づけ, の唯一, の幾月, の悲しい, の送り, までとの覚悟, もそれ

▼ せめてあなた~ (9, 0.2%)

1 が御存じ, だけは私, といっしょ, にそれ, になり, にまで御, に来, のよう, の名

▼ せめてここ~ (9, 0.2%)

2 にある 1 でそれ, に云われ, に百名, に説, の領下, へ来, へ来た

▼ せめて~ (9, 0.2%)

1 がくる, ぐらい元気, ぐらい羽根, だけでもあの, だけでもお, だけでもゆっくり, だけは孫, でも明け, の空気

▼ せめてこういう~ (8, 0.2%)

2 時の 1 ことでも, ときでも, のが, 地位に, 時には, 路でも

▼ せめて三日~ (8, 0.2%)

2 や四日, 死ぬべき命 1 だけ猶予, でも, のうち, も頑張っ

▼ せめて今日~ (8, 0.2%)

1 だけでもあの, のお, のわが, の不都合, の早く, は親しく, ばかりは, までに第

▼ せめて今日一日~ (8, 0.2%)

2 この平次 1 だけでもあの, だけでもす, だけでも涼しい, だけでも長陣, を正しく楽しく, を謹慎日

▼ せめて~ (8, 0.2%)

1 かの特徴, かへの申しわけ, か口約束, か食い, でもいい, なりと, も彼, も知らぬ

▼ せめて~ (8, 0.2%)

1 がずつと君, だけでも親切, にだけ, の口, の晩年, はその, は俳優, は相手

▼ せめて~ (8, 0.2%)

2 の先輩 1 が全身, でもいたら斬っ, の世界, の女, の泊っ, の首

▼ せめて~ (8, 0.2%)

1 ぐらい出しなさい, だけでも動かせない, で救, の先, を廻し, を振る, を握る, 討ちに

▼ せめて~ (8, 0.2%)

1 が死ぬ, が諦め, にだけでも話し, に新しく, のところ, の記念, の顔, や妹たち

▼ せめて~ (8, 0.2%)

1 だけでもかくしたい, だけでも拝ませ, だけでも見せ, だけでも見られ, の輪郭, をあげ, を洗い, を覆

▼ せめてくる~ (7, 0.2%)

1 ときが, と殺す, のでどう, のを, ばかりである, ようである, 敵兵めがけ

▼ せめてそんな~ (7, 0.2%)

1 ことででも, ところに, ものが, ものにでも, 事にでも, 役人への, 程度なら

▼ せめてもと~ (7, 0.2%)

1 の兄弟子たち二, まだ充分, 又かえって, 存じまして, 思って, 急いで, 言つた顏で

▼ せめて一夜~ (7, 0.2%)

1 お泊り, だけの道行き, と契ら, なりとも心から, はお, はという, を嫁

▼ せめて二三日~ (7, 0.2%)

1 なんとでも, は一週間, は眼玉, も井出君, 休みたいと, 遊んで, 黙って

▼ せめて~ (7, 0.2%)

1 が殺される, に会った, に嫌われ, の情, の真情, をかげながら, を仏

▼ せめて今夜~ (7, 0.2%)

1 だけでも平凡, だけはかって, のうち, は遅く, ほどに接近, までの時間, もうひと晩

▼ せめて~ (7, 0.2%)

1 ぐらいにあやかる, だけでも金, に正体, の生き甲斐, は男, も自分相応, を一心に

▼ せめて~ (7, 0.2%)

1 なと見, にでもその, にでも夕顔, にでも美くし, にでも通え, になり, は数

▼ せめて少し~ (7, 0.2%)

1 でも, でも長い, の我儘, の間, は文学談, は涼しく, 物の

▼ せめて~ (7, 0.2%)

1 だけでもそこ, だけなりと, のほどをお, の世界, の中, を慰める, 易さ

▼ せめて死んだ~ (7, 0.2%)

2 人達の 1 人たちの, 姉の, 死骸に, 貞の, 農奴でも

▼ せめてそう~ (6, 0.1%)

1 でもいっ, でもさせ, でもしなくっ, でもしなけれ, でも致し, 思うこと

▼ せめて~ (6, 0.1%)

1 この兼好, 云うので, 存誠に, 思ひその, 独りお, 頼むひと

▼ せめてもに~ (6, 0.1%)

1 この醜, 娘に, 思って, 暖く, 無為な, 顔の

▼ せめて一つ~ (6, 0.1%)

1 でもいい, とりきん, のアーチ, の仕事, は良人, や二つ

▼ せめて一目~ (6, 0.1%)

2 でもそれ 1 たりとも逢, でも, なりとも, 拝みたいと

▼ せめて二人~ (6, 0.1%)

1 に逢いたい, の姉, の娘, の子供, の肉体, の間

▼ せめて~ (6, 0.1%)

1 で気楽, のこと位, のなか, の人, の屋根, の風呂

▼ せめて手紙~ (6, 0.1%)

1 ぐらい貰わない, でも, でもあげ, でもどんどん, の中, を送っ

▼ せめて~ (6, 0.1%)

2 でも出 1 が出る, が無けれ, に一度, をよす

▼ せめて~ (6, 0.1%)

2 のお 1 だけでも, のつぎ, の中, の與

▼ せめて生き~ (6, 0.1%)

3 ている 1 てだけはい, やうといふ, 葬ひ

▼ せめて線香~ (6, 0.1%)

2 でも上げ, でも上げさし, の一本

▼ せめてこう~ (5, 0.1%)

1 して, でもしたら, でも言っ, とでもいう, 致して

▼ せめて一ところ~ (5, 0.1%)

4 だけはと強 1 だけはと強い

▼ せめて一生~ (5, 0.1%)

3 に一度 1 に一晩, のうち

▼ せめて他人~ (5, 0.1%)

1 にたいし, にだけでも自分, に聞かれ, のため, の悪

▼ せめて~ (5, 0.1%)

1 が青表紙, だけは眞人間, の安否, の首, をもと

▼ せめて~ (5, 0.1%)

3 のある 1 あるま, の際

▼ せめて~ (5, 0.1%)

2 の先 1 に忠実, の死後, へ言訳

▼ せめて死骸~ (5, 0.1%)

1 でも拾っ, になったら, のあり, の側, をここ

▼ せめて~ (5, 0.1%)

1 から揚る, がなけれ, ぐらいはお供, でも飲まし, を撒い

▼ せめて~ (5, 0.1%)

1 が討死, のにおい, の屍, の死後, を殺す

▼ せめて~ (5, 0.1%)

2 でも村 1 でも参らず, でも飲ん, に茶

▼ せめて~ (5, 0.1%)

1 でもあったら, でも沢山, でも返したら, を隠したら, を隱

▼ せめてこの世~ (4, 0.1%)

1 にいない, のお, の冥加, らしい一ツ

▼ せめてこよひ~ (4, 0.1%)

2 は, は歌

▼ せめて一年~ (4, 0.1%)

1 なりとも, に一度, は続け, も置い

▼ せめて一週間~ (4, 0.1%)

1 に一度, に一時間, は耐え, ばかりで

▼ せめて今宵~ (4, 0.1%)

1 ぐらいは早く, だけでも拙者, の夢, は歡樂

▼ せめて~ (4, 0.1%)

2 米の 1 七日にでも, 七日の

▼ せめて半分~ (4, 0.1%)

2 よこせ 1 だけでも揚げ, だけは実家

▼ せめて同じ~ (4, 0.1%)

1 土地の, 室にくらい, 旗本の, 顔色と

▼ せめて~ (4, 0.1%)

1 だけでも聞かせ, だけでも聞きたい, なと聞きおきたい, のだせる

▼ せめて太子~ (4, 0.1%)

1 がご, なりと遣, なりと遣わされ, の旅情

▼ せめて~ (4, 0.1%)

2 の茶屋 1 の上, まで行こう

▼ せめて~ (4, 0.1%)

1 などお, に対して経, のうち, の方

▼ せめて~ (4, 0.1%)

1 だけは勉強, だけは物, に望み, の奴

▼ せめて愛する~ (4, 0.1%)

1 人の, 同性の, 子供たちの, 者二人が

▼ せめて慰め~ (4, 0.1%)

2 の言葉ぐらゐ 1 ている, を与える

▼ せめて方角~ (4, 0.1%)

1 ぐらいはついてねえ, だけでも教えよ, だけでも明し, でも

▼ せめて明日~ (4, 0.1%)

1 のお昼頃, は下手人, まで待っ, まで待つ

▼ せめて~ (4, 0.1%)

2 になる 1 のうち, までおいで

▼ せめて東京~ (4, 0.1%)

1 には医学, に出た, の理化学研究所程度, まで出

▼ せめて死ぬ~ (4, 0.1%)

1 ときだけでも, まで私, 前に, 迄の数日

▼ せめて煙草~ (4, 0.1%)

1 だけでも贈る, のにおい, の贅, をのむ

▼ せめて父親~ (4, 0.1%)

1 がもう少し, にでも会っ, の手前, の遺業

▼ せめて相手~ (4, 0.1%)

1 になとなっ, のひと言ひと言, の体, の深い

▼ せめて着物~ (4, 0.1%)

1 でも着替えましょう, でも着替えよう, の端, を着

▼ せめて~ (4, 0.1%)

1 でも切っ, でも切つて, でも切らなきゃ, でも切らなきや

▼ せめて~ (4, 0.1%)

1 だけでもさせ, でもしよう, のカタ, を聞い

▼ せめて近く~ (4, 0.1%)

1 いたいと, にい, に大, の道路

▼ せめて途中~ (4, 0.1%)

1 でお, までいっしょ, までお, までもお

▼ せめて~ (4, 0.1%)

2 の里 1 の, の三里

▼ せめて~ (4, 0.1%)

1 だけでも暖, のなか, の入る, の飾り

▼ せめてあれ~ (3, 0.1%)

1 がいたら, くらいの人物, だけでも陽

▼ せめてうまい~ (3, 0.1%)

1 ものだけは, ものでもと, 酒の

▼ せめてお母さん~ (3, 0.1%)

1 でもお, の面影, の顔

▼ せめてお茶~ (3, 0.1%)

1 でもオヤ, でも出さず, にでもありつこう

▼ せめてこうして~ (3, 0.1%)

2 便所には 1 時折り

▼ せめてこれから~ (3, 0.1%)

1 のわたし, カラリと, 詣らうと

▼ せめて~ (3, 0.1%)

2 ういふ 1 うした尽し

▼ せめてその間~ (3, 0.1%)

1 だけでも敵, の苦しみ, は歌

▼ せめてもうすこし~ (3, 0.1%)

1 あたり前の, らくな, 素直で

▼ せめてもっと~ (3, 0.1%)

1 健康と, 具体的な, 長く持っ

▼ せめてもの事~ (3, 0.1%)

1 に威張れる, に自分一人, に阿

▼ せめてもの罪~ (3, 0.1%)

1 の贖, 亡ぼしであろう, 亡ぼしでございます

▼ せめてわが~ (3, 0.1%)

1 ひとりの, 悲しみと, 芝居道熱心の

▼ せめてわし~ (3, 0.1%)

1 がいたなら, の弁当, の村

▼ せめてわたし~ (3, 0.1%)

1 だけはわたし一人, という女, に立ち会わし

▼ せめてわれわれ~ (3, 0.1%)

1 が地上, は少し, は態度

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 に存, に恥, を救い

▼ せめて今夜一晩~ (3, 0.1%)

1 なりとも, は明ける, は泊まっ

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 だけは無事, の丈夫, の足し

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 だけは真人間, の首, を元

▼ せめて八五郎~ (3, 0.1%)

2 の手柄 1 にでも口説かれたら

▼ せめて公儀~ (3, 0.1%)

1 への申訳, への申譯, へ召しあげられる

▼ せめて別れ~ (3, 0.1%)

1 にしみじみ, の, の言葉

▼ せめて利子~ (3, 0.1%)

1 だけでも, だけでも受け取らなく, の幾分

▼ せめて十日~ (3, 0.1%)

1 か一週間, もいられる, も満足

▼ せめて半日~ (3, 0.1%)

1 その宿, なりとも寝転ん, をそこで

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 だけで, でも動かし, にでも恋しい

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 ある勇士, なりと聴い, を夏草

▼ せめて哀れ~ (3, 0.1%)

1 であるが, と夕暮れ, なり九助

▼ せめて~ (3, 0.1%)

2 に彫り付け 1 詣りだけでも

▼ せめて多少~ (3, 0.1%)

1 とも整理, の心酔, の貢献

▼ せめて太宰府~ (3, 0.1%)

2 へだけはと筑紫下り 1 だけへはと筑紫下り

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 が側, さえ丈夫, の身

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 の容貌, の許, を劬

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 供でも, 供の, 蝦でも

▼ せめて彼女~ (3, 0.1%)

1 の話, を偲ぶよす, を見たなら

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 の世, の思出, を絶

▼ せめて~ (3, 0.1%)

3 のある

▼ せめて旅館~ (3, 0.1%)

1 の夜, まで, まででも送ろう

▼ せめて日本~ (3, 0.1%)

1 で最後, にこんな, に訳され

▼ せめて最期~ (3, 0.1%)

1 だけでも見事, をいさぎよく, を清う

▼ せめて未来~ (3, 0.1%)

1 に置き, を, をさう

▼ せめて死に顔~ (3, 0.1%)

2 でもみる 1 のみぐるしく

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 だけぐらいは開く, でなりと, をお

▼ せめて~ (3, 0.1%)

2 を一人 1 のお詫び

▼ せめて自分自身~ (3, 0.1%)

2 に向っ 1 を救いたまえ

▼ せめて若い~ (3, 0.1%)

1 ものの, 木だけでも, 読者に

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 の弥右衛門, の死, を思

▼ せめて言葉~ (3, 0.1%)

1 だけでも誠実, にでも同情, の助太刀

▼ せめて近い~ (3, 0.1%)

2 所に 1 将来において

▼ せめて錢形~ (3, 0.1%)

1 の平次親分, の手柄, の親分

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 が降, でも降らせたい, でも降れ

▼ せめて電話~ (3, 0.1%)

1 だけでもと思っ, でお宮, で温泉旅館組合

▼ せめて~ (3, 0.1%)

1 だけでも此処, だけでも葬っ, でも

▼ せめてあっし~ (2, 0.0%)

1 の潔白, もなにか

▼ せめてあと三年~ (2, 0.0%)

2 待つが

▼ せめてあはれ~ (2, 0.0%)

2 と思へ

▼ せめていくら~ (2, 0.0%)

1 かでも面白く, か火事

▼ せめていつ~ (2, 0.0%)

1 までも妹, までも美しい

▼ せめてうそ~ (2, 0.0%)

1 のない, をつかない

▼ せめておまえ~ (2, 0.0%)

1 が男, だけは天使

▼ せめておれ~ (2, 0.0%)

1 の努力, の髯

▼ せめてこいつ~ (2, 0.0%)

1 でもおら, で水盃

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 先祖だけは, 返事ぐらい

▼ せめてさう~ (2, 0.0%)

1 でもしない, でも言

▼ せめてしばらく~ (2, 0.0%)

1 おいのりを, のコタツ趣味

▼ せめてすこし~ (2, 0.0%)

1 でも姉さん, 本が

▼ せめてただ~ (2, 0.0%)

1 おとなしくさえ, 女神の

▼ せめてなにか~ (2, 0.0%)

1 冷たいもの, 巻いて

▼ せめてはお~ (2, 0.0%)

1 互にまだ無事, 互に何事

▼ せめてひとり~ (2, 0.0%)

1 でいたく, の口

▼ せめてひと口~ (2, 0.0%)

1 ぐれえ義理, なりと

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 づにうつるかげなりとも見ん, なりだけなりと

▼ せめてわが家~ (2, 0.0%)

1 の人, へ入れる

▼ せめてわたくし~ (2, 0.0%)

1 の手, も人

▼ せめてムダ金~ (2, 0.0%)

2 の拾万両

▼ せめてリヽーちや~ (2, 0.0%)

2 ん譲つて

▼ せめて一分~ (2, 0.0%)

1 だけでもあなた, なりそれ

▼ せめて一太刀~ (2, 0.0%)

1 でもかれ, でも合せたなら

▼ せめて一方~ (2, 0.0%)

1 だけは血路, だけ生き得られる

▼ せめて一本~ (2, 0.0%)

1 でも残し, の生々

▼ せめて一本燗~ (2, 0.0%)

1 けましょう, けませう

▼ せめて一片~ (2, 0.0%)

1 の研究記録, の苦笑

▼ せめて一碗~ (2, 0.0%)

2 のめし

▼ せめて一緒~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乗つ

▼ せめて一遍~ (2, 0.0%)

1 だけ僕, の回向

▼ せめて一部分~ (2, 0.0%)

1 だけでも軽く, でも晴れます

▼ せめて三十五日~ (2, 0.0%)

1 が済ん, が濟

▼ せめて三十円~ (2, 0.0%)

1 くらいの収入, の金

▼ せめて三年~ (2, 0.0%)

1 か五年出演, も奉職

▼ せめて三年越前屋~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ せめて上野~ (2, 0.0%)

1 の博物館, の図書館

▼ せめて下駄~ (2, 0.0%)

1 なりと看護婦, をはかせ

▼ せめて中学校~ (2, 0.0%)

1 だけは卒業, の先生

▼ せめて二つ~ (2, 0.0%)

1 でも三つ, や三つ

▼ せめて二三人~ (2, 0.0%)

1 でもと思った, は叩

▼ せめて二三界~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは輪廻, を見物

▼ せめて二間位~ (2, 0.0%)

2 の空間

▼ せめて亡き~ (2, 0.0%)

2 父上の

▼ せめて今年~ (2, 0.0%)

1 からでもあなた, は本当に

▼ せめて今晩~ (2, 0.0%)

1 だけでも閂, は此処

▼ せめて仔猫~ (2, 0.0%)

2 を置い

▼ せめて仕事~ (2, 0.0%)

1 に精, を教

▼ せめて仕立屋~ (2, 0.0%)

1 にでもしよう, に全て

▼ せめて停車場~ (2, 0.0%)

2 へなり来

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 にある, に居

▼ せめて元服~ (2, 0.0%)

1 の年頃, をする

▼ せめて元金~ (2, 0.0%)

1 だけなりと納め, の何割

▼ せめて先生~ (2, 0.0%)

1 に一筆, の同情

▼ せめて児童図画~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 國を, 學試驗の

▼ せめて八兄哥~ (2, 0.0%)

1 ですか, でも

▼ せめて六尺~ (2, 0.0%)

1 でもいい, の晒木綿

▼ せめて内地~ (2, 0.0%)

1 の戦時世相, の陸

▼ せめて冷めた~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ せめて北海道~ (2, 0.0%)

1 だけにでも早く, まで渡りたい

▼ せめて十七年目~ (2, 0.0%)

1 で父娘, で親子名乗

▼ せめて半歳~ (2, 0.0%)

1 待って, 待つて

▼ せめて口説~ (2, 0.0%)

2 は江戸言葉

▼ せめて古人~ (2, 0.0%)

1 の旅行記, を見る

▼ せめて吉原~ (2, 0.0%)

2 の華魁

▼ せめて向島~ (2, 0.0%)

1 の地, の女

▼ せめて啄めよ~ (2, 0.0%)

2 この米

▼ せめて喧嘩~ (2, 0.0%)

1 の仲裁, をしない

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 だ, でもいい

▼ せめて四五日~ (2, 0.0%)

1 ながい滞在, もの静養

▼ せめて国境~ (2, 0.0%)

1 まではお供, を越し

▼ せめて土産~ (2, 0.0%)

2 に敵情

▼ せめて坊主~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 坂で, 新聞の

▼ せめて大事~ (2, 0.0%)

1 にする, に守っ

▼ せめて大宰府~ (2, 0.0%)

2 へだけはと筑紫下り

▼ せめて夫婦~ (2, 0.0%)

1 して, でいる

▼ せめて奥様~ (2, 0.0%)

1 が御, にだけは私

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 にでもぞっこん, の軽々

▼ せめて姉さん~ (2, 0.0%)

1 だけでも僕, にだけでもはっきり

▼ せめて子ども~ (2, 0.0%)

1 でも大, の育つ

▼ せめて子供達~ (2, 0.0%)

1 だけにでも空襲, の着物

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 でも読めりゃ, の一ツ

▼ せめて安らか~ (2, 0.0%)

1 なので, なる御座所

▼ せめて家名~ (2, 0.0%)

1 だけでも続く, を郷党

▼ せめて家族~ (2, 0.0%)

1 の人, の者

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 に泊っ, へ下げ

▼ せめて将来自分一人~ (2, 0.0%)

2 で用

▼ せめて小屋~ (2, 0.0%)

2 なりと差掛け

▼ せめて屍体~ (2, 0.0%)

2 でもなんとか

▼ せめて左右~ (2, 0.0%)

1 から抑, から抑え

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 れは, を凡人

▼ せめて巴里~ (2, 0.0%)

1 かロンドン位, を去る

▼ せめて師匠~ (2, 0.0%)

1 くらいのところ, だけはその

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 に一度, よりの足

▼ せめて当座~ (2, 0.0%)

1 の借金, の埋

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 だけでもほんの, なと

▼ せめて形見~ (2, 0.0%)

1 に, になる

▼ せめて彼奴~ (2, 0.0%)

1 が彼奴, に二年

▼ せめて彼等~ (2, 0.0%)

1 だけの頭, の喧嘩

▼ せめて後世~ (2, 0.0%)

1 にだけでも安楽, の契り

▼ せめて後五日~ (2, 0.0%)

2 この月中

▼ せめて思い~ (2, 0.0%)

1 も掛けぬ, を一処

▼ せめて思弁~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ せめて恨み~ (2, 0.0%)

2 て玉章

▼ せめて慰む~ (2, 0.0%)

1 という事, 術も

▼ せめて憧憬~ (2, 0.0%)

2 なりとしてみたい

▼ せめて我々~ (2, 0.0%)

1 が連句, はこの

▼ せめて我ら~ (2, 0.0%)

1 が行列, のご

▼ せめて握手~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは出来る, をしよう

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 を, を討つ

▼ せめて文学~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の領域

▼ せめて文学者~ (2, 0.0%)

1 の一部, の意見

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 うやつ, の際選挙

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 らしい女, 夫婦が

▼ せめて新聞~ (2, 0.0%)

1 でも買っ, にでも出る

▼ せめて~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ せめて日本人~ (2, 0.0%)

1 は建国精神, らしく笑って

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 の俤, の物語り

▼ せめて春永~ (2, 0.0%)

2 にでもなったら

▼ せめて時々~ (2, 0.0%)

1 でも見られる, 御伺

▼ せめて時間~ (2, 0.0%)

1 だけを正確, でも遅れさし

▼ せめて普通~ (2, 0.0%)

1 の文章位い, までこぎ

▼ せめて暑い~ (2, 0.0%)

2 日盛りを

▼ せめて最高~ (2, 0.0%)

1 が一七〇台, と最低

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 だけはと考える, で専門

▼ せめて本名~ (2, 0.0%)

1 だけでも明かし, で書かれん

▼ せめて本当~ (2, 0.0%)

1 のこと, の田舎

▼ せめて来世~ (2, 0.0%)

1 は主従, は心安かろ

▼ せめて来年~ (2, 0.0%)

1 の夏, の暖

▼ せめて桃太郎~ (2, 0.0%)

2 の物語一つ

▼ せめて~ (2, 0.0%)

2 ゑむと

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 にでも送らせ, をしよう

▼ せめて歌棄磯谷~ (2, 0.0%)

2 まで

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 の時, の際

▼ せめて死に場所~ (2, 0.0%)

1 を一度, を得させ

▼ せめて残った~ (2, 0.0%)

1 一ぴきの, 物を

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 が傍, のない

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 の長靴下, 程で

▼ せめて気立て~ (2, 0.0%)

1 のいい, の優しい

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 があったら, でもなら

▼ せめて汽車賃~ (2, 0.0%)

2 の算段

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 でもおだやか, の女王

▼ せめて海岸通り~ (2, 0.0%)

2 に焼鳥屋

▼ せめて~ (2, 0.0%)

2 をとりたがる

▼ せめて無事~ (2, 0.0%)

1 だと, な顔

▼ せめて熱い~ (2, 0.0%)

1 湯など, 湯漬を

▼ せめて父祖~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ せめて爺さん~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 でも一匹, や狼

▼ せめて甘い~ (2, 0.0%)

1 もので, もの一つと

▼ せめて生活~ (2, 0.0%)

1 でも楽しまんけりゃ, の業

▼ せめて町方~ (2, 0.0%)

2 の役人

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 でなり, の先生

▼ せめて疵口~ (2, 0.0%)

1 のすっかり, の悉皆

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 の都, 白き翅とら

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 さえ存在, は石

▼ せめて神城村~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ せめて私たち~ (2, 0.0%)

1 だけにでもあゝ, の生活

▼ せめて秘し~ (2, 0.0%)

2 つつそ

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 ぐらいにし, ぐらい明けといたら

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 が両, の音

▼ せめて精神的~ (2, 0.0%)

1 にでも, にでも解放

▼ せめて約束~ (2, 0.0%)

1 して, でも果そう

▼ せめて純一~ (2, 0.0%)

2 がもう少し

▼ せめて綱手~ (2, 0.0%)

1 だけでも送らせ, の代り

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 ある子, につながる

▼ せめて罪滅し~ (2, 0.0%)

1 にと慶蔵, に一生

▼ せめて美しく~ (2, 0.0%)

1 清らかな, 滅ぶべし

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 へでも縋ったなら, をわななかし

▼ せめて~ (2, 0.0%)

2 の半分

▼ せめて自分等~ (2, 0.0%)

2 の口

▼ せめて自分達~ (2, 0.0%)

1 の意志, の財産全部

▼ せめて自由~ (2, 0.0%)

1 であれば, な時間

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 にでも酔いたい, にのる

▼ せめて良い~ (2, 0.0%)

1 助言でも, 花でも

▼ せめて芝居~ (2, 0.0%)

1 の番附, の話

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 とソーセージ, の一杯

▼ せめて落雁~ (2, 0.0%)

2 を抱かせ

▼ せめて葬式~ (2, 0.0%)

1 だけでも出し, にでも出たい

▼ せめて蝶飛虫~ (2, 0.0%)

2 にでもなれ

▼ せめて蝶飛蟲~ (2, 0.0%)

2 にでもなれ

▼ せめて親子~ (2, 0.0%)

1 の肉情, の間

▼ せめて~ (2, 0.0%)

2 か一人

▼ せめて貴方~ (2, 0.0%)

1 のお, のところ

▼ せめて買っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て貰いたい

▼ せめて趣味~ (2, 0.0%)

2 だけは持つ

▼ せめて路傍~ (2, 0.0%)

2 の草

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 のまわり, の周り

▼ せめて遊ぶ~ (2, 0.0%)

1 余裕ぐらい, 暇ぐらい

▼ せめて遠く~ (2, 0.0%)

1 からその, からでも眺め

▼ せめて郊外~ (2, 0.0%)

2 へでも行け

▼ せめて金猫銀猫~ (2, 0.0%)

2 とか櫓下

▼ せめて音楽~ (2, 0.0%)

1 でもある, のアフレコ

▼ せめて~ (2, 0.0%)

1 でもつかまえ, に乗れる

▼ せめて鳴りよそ~ (2, 0.0%)

2 ふとも

▼1* [1518件]

せめてべ川, せめてあいつが碁, せめてあいつらがくたばっ, せめてあかりなとつけなく, せめてあきらめられるところまで, せめてあこがれを納得, せめてあすこ迄はと行きたい, せめてあそこまでは行, せめてあたしだけいつ, せめてあたしたちだけでもおちつかない, せめてあとの金, せめてあと二日あればと, せめてあと五六日稼がせて, せめてあと十年間は事, せめてあなたたちは事実, せめてあなたひとりに知っ, せめてあの世においては真道, せめてあの大きな掛軸だけは, せめてあの老漁師の, せめてありのままの自然, せめてある批評だけなりと, せめてあれらの作品に, せめてあんたにこの, せめてあんたさんお茶なと召しあがりません, せめてあんたらがその, せめてあんまり醜怪, せめていい世話人にだけは, せめていくのです, せめていっしょに置い, せめていのちの息吹き, せめていまのよう, せめていよいよ消すといふ, せめてうすべりでも, せめてうちの中, せめてうららかな天日, せめてうんと条件を, せめておいででご, せめておおよその人数, せめておしゃべりでもし, せめておしろへおかえり, せめておじさまだけでもその, せめておふくろだけはしかた, せめておもてなしでもし, せめておんとぶらい, せめてお便りだけでも自由, せめてお前様と入れ, せめてお化けの出ない, せめてお慰みといつた, せめてお正月ぐらい東京, せめてお玉の死骸, せめてお産がすむ, せめてお礼を申し上げる, せめてお祖母さんでござらつし, せめてお祖父さんの落着, せめてお茶一ぷくそれが高じ, せめてお詫びの一言, せめてお針ぐらいは習わせなけれ, せめてお雪ちゃんほどの文才, せめてかういふ夢を, せめてかかる場合を, せめてかたみとも, せめてかたみに血の, せめてかたわらを離れず守る, せめてかの恐ろしき宣告, せめてかわりに休息, せめてきける人に, せめてきたらたちまち地球, せめてきつねつきのほう, せめてきょうからはと埃, せめてきょう一日だけは全部, せめてぎんぎんたぎつて, せめてよいは, せめてこうした大切な, せめてここ十日も経ちましたら, せめてこっちも高い, せめてことしの正月, せめてことしいっぱいパリにいる, せめてこどもたちにもっ, せめてこの間に叡山, せめてこれくらゐの, せめてこれ位ひに, せめてこわれな, せめてこんや一晩, せめてこんど生れて, せめてさし叉袖がらみ目つぶしから梯子, せめてさっぱりさせて, せめてさづけたのか, せめてしんぱいらしい顔, せめてせがれの戻る, せめてせめてと思ひ, せめてなた程, せめてそういう理想に, せめてそうした世話を, せめてそのその百人一首でも, せめてそのままにし, せめてそれぐらゐの役に立てば, せめてそれだけ聞かして, せめてそれでは入場者が, せめてそれでも氣が, せめてそれらを研究, せめてそれ丈けが俺の意識, せめてそれ位な社會制度, せめてそんなふうに希望を, せめてたき火でもごちそう, せめてたのしく死ぬこと, せめてたびたび御訪問, せめてつたのです, せめてつい庭の, せめてつや子の心, せめてつらりと, せめてつり銭をあの, せめてていさいだけでも美しく, せめててんぷらでもみんな, せめてとくに優れた研究, せめてとなりの娘, せめてどうかいらしつてお通夜, せめてどうかお互, せめてどうして男の, せめてどこかで腰, せめてどれだけかの余生, せめてないながらにでも家柄, せめてなかったこと, せめてなか休みの一日, せめてなごりのくちづけ, せめてなしうることは, せめてなにかの足し, せめてほはむ, せめてにこにこした顔, せめてすっとの, せめてよいお正月, せめてのうのうとね, せめてはかの日比谷公園, せめてはこなたで, せめてはと夫の, せめてひそかな不安, せめてひとめあなたが見たい, せめてひと目でもこの世, せめてひと頃名古屋にゐた, せめてふた月ほど, せめてほおずき位ならせたらと, せめてほんたうの感動, せめてまがいものなり, せめてまだあの家, せめてみたことが, せめてみつがそう, せめてみんなになにか, せめてむくいる所以である, せめてりはり, せめてめまぐるしいものや, せめてもうしばらくの間こちら, せめてもうちょっと浮き浮きし, せめてもうちょっぴりでも, せめてもさせたくないものだ, せめてもぞといさぎよく断念め, せめてもつと度々, せめてもといったような, せめてもと妾の舞台, せめてもと謙信に向っ, せめてもな力でしか, せめてものあたしの心づくし, せめてもの便にした, せめてもの兄への供養, せめてもの失恋者たる僕, せめてもの心からであった, せめてもの憂さを, せめてもの目当である, せめてもの目當である, せめてもの行為のスローガン, せめてもの言い訳けになっ, せめてもの願ひわれ, せめてもを心だ, せめてやさしい声だけでも, せめてやましくないもの, せめてやむなくなるまでは, せめてゆうべ晩くぼく, せめてゆかりのある, せめてゆけないことも, せめてよい夢でも, せめてよそながらでも顔, せめてよそながら屋敷の, せめてよろこんで母, せめてりっぱな子供, せめてわかれのしるし, せめてわが輩の挨拶, せめてわきでも向き, せめてわし一人でも他人, せめてわたくしたちの幸福, せめてわなわな震える, せめてわれに許せよ, せめてわれ君刺し殺し死ぬるべ, せめてわれ等だけでも出来る, せめてゐるのであつ, せめてアセのおちる, せめてアッシに, せめてアトラクションをつけ, せめてアノ神凝り鬼, せめてアマのきりやう, せめてアルコホルによって一時, せめてイタリアだけでも見, せめてウヰルソン教授の発音法, せめてエチケットとしてダンス, せめてオフィリヤの幸福, せめてカクテールの調合位, せめてカル子の幻, せめてガウンのやう, せめてガロアくらいでなく, せめてキチンとお送り, せめてキトウス山見ゆるあたり, せめてキモノだけと思っ, せめてキャラコの純白, せめてクルーゲルの沙翁舞台, せめてグサと刺した, せめてグリンミンゲ城ぐらいはわずか, せめてサイラスやアルタセルキセス, せめてサラリとした布団, せめてシベリアででも死ぬる, せめてシヨンの城, せめてスカンポか茅花, せめてスターンバーグやルービッチ, せめてスミス老人か老人, せめてソツと返し, せめてダックスまで, せめてツグナイとさせる, せめてデスクにおく, せめてトルストイ夫人でもゐ, せめてドチラかに鵜, せめてナイフでもあれ, せめてハイカラに花環, せめてハガキででも子供, せめてハムレットだけでもしっかり, せめてバスレリーフとしてのスフィンクス, せめてバラやカーネーション, せめてパチンコですつた金, せめてパトラッシュだけにもと, せめてパリにいる, せめてヒダ人の顔, せめてビルマから息子, せめてファラデイがどんな, せめてファルスを軽蔑, せめてフィジイ島位まで来られたら, せめてブルドッグでも召, せめてペルシアを研究, せめてポツダム条約で規定, せめてマキゾエにし, せめてマントくらいは着, せめてメーデーだけはと割びき, せめてモウ五六日せめて殿様, せめてルオー風に観念, せめてロンドンでの鉄, せめてヴォルデマール氏にこと, せめて一さしは習う, せめて一つくらゐは, せめて一つ一つの仏像, せめて一つ位は地方, せめて一つ木花咲耶姫へのお礼, せめて一つ胤長の屋敷, せめて一ト晩厄介になる, せめて一ト眼だけでも会いたい, せめて一ヶ所や二ヶ所位, せめて一二句は彼, せめて一二尺になる, せめて一二度はお, せめて一人位なもの, せめて一人前五円宛も取ったら, せめて一人小児でもそこら, せめて一人当たり一円くらいの勘定, せめて一人梓さんが男, せめて一代二代前の父, せめて一件の金時計, せめて一冊の講談本, せめて一分間でも, せめて一切の人々, せめて一声鳴けかし, せめて一年間も刊行, せめて一年間位さきは見当, せめて一度位そこに往来, せめて一度此世で会いたい, せめて一日半夜だけでも一同, せめて一日寢てゐたい, せめて一日気保養をさせたい, せめて一日静かに心, せめて一時でもこの, せめて一時間でも否, せめて一晩は子供, せめて一期の詫, せめて一本互の思い出, せめて一枚の絵図面, せめて一枚エハガキをお送り, せめて一枚家じゅうの写真, せめて一椀の粥, せめて一歩でも寛ぎたい, せめて一歩ごとに近づけ, せめて一歩先に歩, せめて一眼でもお前, せめて一票でも多い, せめて一筆の便, せめて一粒の砂金, せめて一組でも倒し, せめて一羽の小鳥, せめて一聲鳴けかし, せめて一行でも書い, せめて一語なりとも, せめて一軒の家, せめて一通り御判読, せめて一週間遁れたいと, せめて一遍あなたにもお目にかかり, せめて一門の歴々, せめて一間だけもと玄關, せめて一面の真実, せめて七日の逮夜, せめて万が一なりと知っ, せめて万人の共有, せめて万太郎に取っ, せめて三々九度でも濟, せめて三ちゃんが聞かせ, せめて三つの一つ, せめて三つ一つだけ身, せめて三つ四つばかりでもと思っ, せめて三ツの峠, せめて三ルーブリだして, せめて三三九度でも済まさなきゃ浮び切れまい, せめて三伝がこの, せめて三助でい, せめて三十人の住所氏名, せめて三十分も僕, せめて三十年の不孝, せめて三十近くにもなっ, せめて三千円ぐらいなけ, せめて三四人の借金取り, せめて三平の戸籍, せめて三度ぐらいは人, せめて三日前に乘出, せめて三月でも此処, せめて三番ぐらいにならない, せめて三百名の聴講者, せめて三百部売れるなら収支, せめて三週間は, せめて上手に説いた, せめて上方へやられた, せめて上河内から穂高, せめて上靴でも穿かし, せめてにはと思います, せめて下拵えだけでも少し, せめて下級の従僕, せめて下足番から下駄, せめて不安の念, せめて不完全ながら十, せめて不幸中の幸い, せめて不快でない程度, せめて世の中の情, せめて世間に理解, せめて世間並みのところ, せめて両人を取りたて, せめて両国辺まで出, せめて中学か専門, せめて中学程度の学校, せめて中宮にはよく, せめて主上法皇上皇女院がたなどには蚤虱, せめて主人の金兵衞, せめて主人公だけは, せめて久し振りで鰯, せめて久助さんの姿, せめて乙下のレコード, せめて九十になっ, せめて九国の端, せめて九州の一角, せめて乞食根性を脱したい, せめて乱さんと彼, せめて乾いた地面でも, せめて乾した蕨が, せめてはむ, せめて事件を人間性, せめて二三の點, せめて二三万なくちゃ, せめて二三千円の金, せめて二三年は生き, せめて二三年前に帰っ, せめて二三本もいい, せめて二三羽は採集, せめて二人会の一件, せめて二人殺しの下手人, せめて二分間あいつの息, せめて二十両でといえ, せめて二十年も早く, せめて二十日ぐらいはこちら, せめて二十歳前にこの, せめて二十里も歩かなけれ, せめて二度位であったならなんとか, せめて二手ぐらいは先, せめて二日だけ居, せめて二朱なり一分, せめて二枚の蒲団, せめて二百両なり三百両, せめて二百兩なり三百兩, せめて二菜にとどめ, せめて二輪空寂になりたい, せめて五兩も供, せめて五六番上がって, せめて五分間でも僕, せめて五十ルーブリはおい, せめて五十両に売っ, せめて五十兩に賣つ, せめて五十円でもなす, せめて五十圓も取れる, せめて五千圓もお父さん, せめて五年ぶりのこの, せめて五時間でも続け, せめて五月にでもなったら, せめて五枚目は四等, せめて五畜か六畜位, せめて五百兩は欲しい, せめて五百円にしたい, せめて五百円位あつたら, せめて五百株でも実は, せめて五百羅漢を見, せめて亡骸なりとも送りとどけ遣わしたい, せめて京極系統の客観態度, せめて京水の歿, せめて人々を安眠, せめて人がましい心構を, せめて人なみに性, せめて人事はそう, せめて人入れ稼業か賭博打ち, せめて人命を終る, せめて人家へ焼け出さない, せめて人形師安川の家, せめて人心地が出, せめて人間らしいよみものの, せめて人間並みになりたい, せめて仇敵を取り殺し, せめて今一年と半年, せめて今一度亡児の跡, せめて今一度初めの樣, せめて今一日だけでもあの, せめて今半年も此処, せめて今宵一夜は空虚, せめて今度こそは思いきり, せめて今後はお, せめて今晩大村がいれ, せめて仏様の前, せめて仏陀の御名, せめて仕立物でもとっ, せめて巳吉に, せめて他国の鳥, せめて他所ながら守護, せめて他所乍ら守護するつもり, せめて仙台へは母, せめて仙台その他の有力, せめて代わりの人, せめて以後は生涯, せめて仲人のもと, せめて仲間の一平, せめて伊代はその, せめて伊勢屋の身代, せめて伊藤さんでも, せめて伊那丸の心, せめて伯母さんの家, せめて何事でも知つて, せめて何人かさうだと, せめて何割かを身, せめて何時に待つ, せめて何物をも奪, せめてしき限り, せめて余所ながら蕗子, せめて余生をなごや, せめて佛樣の前, せめて佛罰を當, せめて佳品の二, せめて使いに出しましょう, せめて侍従だけをよこし, せめて侍従武官と一緒, せめてがよろこぶ, せめて保険へでも這入っ, せめて信玄亡きあと, せめて俯目になった, せめて健在でいること, せめて傍屋のほう, せめて備中玉島でもよい, せめて僅かの間, せめて僕位だと, せめて優しい言葉でも, せめて優れた芸術品を, せめての形, せめて元田宮中顧問官でも生き, せめての嬉し, せめて兄さまにお願い, せめて兄上だけには, せめて兄上様御先途, せめて兄上樣御先途を見, せめて兄弟の父親, せめて兄貴だけでもここ, せめて先人の歌, せめて先生方のお, せめて先頃新響, せめて光子さんのこと, せめて入日につまされ, せめて入費ぐらいは置い, せめて全額でないまでも, せめて八丁堀の旦那衆, せめて八百萬里四方の摩天樓, せめて六十までも生きられたら, せめて六条院だけを最高, せめて共鳴者を私, せめてで仏, せめて其の骨折に, せめて其処許の一曲, せめて其女のとる, せめて其處らまで送つ, せめて其近所迄押し寄せ, せめて其銘文の拓本, せめて内海さんが生き, せめて内的生活だけでも光, せめて円い卓子を, せめて円助もせしめ, せめて写真でもと思ふ, せめての陣, せめて冷静な話, せめて凡作を, せめて出先だけでも言っ, せめて出来るだけの事, せめて別れるなら汽車の, せめて別府行きの紅丸, せめて利息だけは入れろ, せめて制服の仕立, せめて刹那の麗しい, せめて刺身にでもし, せめて則重の無事, せめてだけでも海, せめて剣道でもお, せめて力一杯にぶつかっ, せめて功徳を作る, せめて動物園でも見, せめて勘定だけは取っ, せめて勝ったのなら, せめて勤王の味方, せめて勲二等くらいでなく, せめてだけでも嗅い, せめて匂いをと思っ, せめて匂宮へでも消息, せめて化粧品だけは筋, せめて北の方でも一枚, せめて十一屋までは見送ろう, せめて十万両も米, せめて十万円だけ費し, せめて十三ぐらいにし, せめて十両ぐらゐなら私も買, せめて十九の厄, せめて十人も見つけ出しゃ, せめて十八歳まで, せめて十分の一なりとも皆様, せめて十年前だとねえ, せめて十手ぐらゐは持つて, せめて十手位は持っ, せめて十本も植木屋, せめて十点でも得, せめて十篇位でいい, せめて十蟹の図, せめて十面買えば, せめて千浪様のお, せめて千鶴子にだけさらけ出したく, せめて千鶴子さんのお祈り, せめて午頃までこの, せめて半分私が背負いましょう, せめて半夜交代にでもしよう, せめて半年か今年一年位, せめて半日宛で好い, せめて半月はゆ, せめて半毛でも人, せめて半熟卵にでもぼく, せめて半町でも外, せめて半蔵には学ばせたい, せめて半額ぐらいなら, せめて卒業する時, せめて卓一を訪れる, せめて南京虫のゐない, せめて印刷されて, せめて印刷物の上, せめて印度の人々, せめては鷄, せめて原作を完全, せめて原稿料だけでも犠牲, せめて去年ぐらいでしたら, せめて参内でもし, せめて又八もあの, せめて對した, せめて取締ツて貰ひたい金, せめて口中の折合, せめて口元のタル沢あたり, せめて口笛でも吹く, せめて古い宗教からでも, せめて古典文学の文体, せめて只今営業中の表口, せめて可能の仕事, せめて台所ののれん, せめて各地の農業会, せめて各戸平均に分配, せめて各省の各, せめて合羽なと, せめて吉川の写真, せめて同じこの分校で, せめて同志社だけでも卒業, せめて同額の六千円, せめて名ごりをおしむ, せめて名人戦だけは, せめて君たちに姿, せめて君子といわれる, せめて吹雪のやむ, せめて吾妻橋まで, せめて吾輩の這入れる, せめて告知板に, せめて呼吸でもせいせい, せめて和尚様の突い, せめて咲二の平常着, せめて咽喉でも痛む, せめて一つこの, せめて唯一の手がかり, せめて賣物, せめて問題解決の糸口, せめて善鬼の髪の毛一すじ, せめてをうるほす, せめてべる, せめて噛み合わんように, せめて四つでも五つ, せめて四五丈の瀑, せめて四五年の間, せめて四十カペーカに買っ, せめて四十九日が過ぎ, せめて四十歳までは生きたい, せめて四条の店, せめて固くなりたくないと, せめて国内喧嘩とウス, せめて国許の方, せめて国語を伝承, せめて国際法でも調べ, せめて土人の伝説, せめて地上部隊即ち高射砲, せめて地下から細川家, せめて地獄の鬼, せめて坊さまが立ち, せめてでも破っ, せめて城太郎の消息, せめて報恩の萬分, せめて塵戻りのする, せめて墓参ぐらいし, せめて増田屋の店, せめて士官ならばとの, せめて変りはてぬと人, せめて夏中でも, せめて夕方までいらっしゃい, せめて夕立でも来, せめて夕顔の白き, せめて夕食後の時間, せめて夕餐でも一緒, せめてからでも飯島, せめて外人から千鶴子, せめて外國征伐でもやつ, せめて外城の門衛, せめて外套でもあれ, せめて外棺ぐらい作っ, せめて夜中だけでもおっ, せめて夜具だけでも持つ, せめて夜具フトンをと頭, せめて夜勤のあと, せめて夜半頃までお, せめて夜学へでも出し, せめて夜食を共に, せめて大作の評判, せめて大凡の見当, せめて大和境の眞土, せめて大国の一つ二つ, せめて大学に入れ, せめて大宮の宿, せめて大森家の奥深く, せめて大火を焚い, せめて大町から見える, せめて大石殿に二人, せめて大空の下, せめて大阪とか名古屋, せめて天國へ, せめて天気だけは素晴, せめて天狗流の深, せめて太夫さんに一言, せめて太平洋へ出, せめて太陽の下, せめて夫人に私, せめて奥州北海道樺太乃至大陸, せめて女子の血統, せめて女房に威張りかえる, せめて女房たちにだけでも知られない, せめて奴らに何, せめて好きな楽しみ, せめて好意ある中立, せめて妹御のおんなげき, せめて妻位の体, せめて妻女の始末, せめて妻子だけは無事, せめて妻籠泊まりで帰り, せめて妾たちの義務, せめての仇, せめて姉さまを母上, せめてだけにし, せめて姓名なと, せめて委しくきかうと, せめて姫君を人並み, せめて婉曲に話したく思った, せめて婦人が政治演説, せめてだけには打明けよう, せめて嬉しいであらう, せめてとしての, せめて子供たちにでも敷かせ, せめて子孫は思ふ, せめて子爵でなくとも, せめてということ, せめて学問でもし, せめて学者と芸術家, せめてでも思ひ, せめて孫めに見せる, せめて宅悦の顔, せめて宇治あたりまで牛, せめて守随家に思い知らせ, せめて守隨家に思ひ知らせ, せめて安子とでも何, せめて安心をさし, せめて安楽往生来世での成仏, せめて定性分析の出来る, せめて宝石の見物, せめて実戦の光景, せめて家丈けでも, せめて家庭をもったら, せめて家族たちの中, せめて家老ぐらゐに有りつきたいねえ, せめて宿はずれまで見送りたい, せめて宿屋だけでも綺麗, せめて寝る前僅か, せめて寝台の上, せめて寫眞や繪, せめて寸刻のやわらぎ, せめてだけ教え, せめて寺方に落ちつけ, せめて対手の風貌, せめて尊名だけでもお, せめて小さな水車小屋でも, せめて小ざっぱりした物, せめて小使だけでも早く, せめて小判の一枚, せめて小学教育を受けたる, せめて小林監督にでも話し, せめて小者のひとりふたり, せめて小説でも書かね, せめて少女の名, せめて少数の人々, せめての琴, せめて尽してそれで, せめて居場所でも変らない, せめて屋根の上, せめて屋根裏で首, せめてを全う, せめて展望台に立っ, せめての中, せめて山チイにでも連絡, せめて山屋敷の中, せめて山岡鉄舟がいたなら, せめて山登りでもし, せめて山羊だけは助けよう, せめて嵯峨の奧, せめて布団ぐらい自分, せめて布團だけは持つ, せめて帰り路だけでも, せめて帳場格子の中, せめて平六から何, せめて平均値的な程度, せめて平家遺跡の一端, せめて平日を基準, せめて平泉の藤原氏, せめて年ごろにでも覚え, せめて年増ででもあれ, せめて幾ぶんなりと贖う, せめて幾らか頼みの, せめて幾人か将来, せめて幾分でも懺悔, せめて幾日かご, せめて広島まで, せめて庄司さんの結婚式, せめて床盃の世話, せめてが四坪, せめて府知事や市長, せめて座敷の中, せめて座興に剣, せめて延若だけでも, せめて廿八日の晩, せめて式場へ参列, せめて引き受け甲斐の, せめて引揚者の当座, せめて弟子だけにはいろいろ, せめて弟子取りでもしろ, せめて弥生の名残, せめて之丞, せめて強がることで, せめて弾く形の, せめて弾丸よけにでもなりたい, せめて形式だけでもと挙げた, せめて形式的な中等教育, せめて彼らに願う, せめて彼女らが女性, せめて彼女自身の心, せめて往来の片端, せめて待たせるなら待合所へ, せめて後添いからでも屋号, せめて後継だけは最初, せめて後顧の憂い, せめて従兄の下宿, せめて御家人の株, せめて御身達わしの心, せめて微笑をもっ, せめて心持よい色彩, せめて念仏でも申し, せめて思いきり高く上がっ, せめて思い出しては家庭, せめて思い知らしてやりたい, せめて思ひ出だけなりと, せめて思想の借着, せめて性的にでも慰め, せめて怪談なとき, せめて怪軽気球を追跡, せめてひしき幻, せめて恋しき時は, せめて恋愛の上, せめて恥しくない顔, せめて息子だけ巴里, せめて恰好だけでもみんな, せめて悩んでい, せめて写実を, せめて情夫としての待遇, せめての名, せめて愛しの背の君, せめて愛しい者同士ぐらいは, せめて愛であへりし其の日, せめて愛妻のため, せめて態度にでもし, せめて慰みたいと思います, せめて憎悪の念, せめてひしきも, せめて成りたや万屋, せめて我一生だけは思い出し, せめて我輩や宮尾君, せめてる一時期, せめてのない, せめて戦争のあ, せめて戦慄はいくら, せめて戯曲を書く, せめても障子, せめて房枝たちのため, せめて所謂ウオールフラワアの一人, せめて手ブラでなりと, せめて手付けの一両, せめて手拭一本位でも用意, せめて手持無沙汰な隙間, せめて手足を動かす, せめて打首ぐらいはお, せめて拍手の真似, せめて拒絶の意志, せめて拳骨ぐらいの喧嘩, せめて挨拶でもしよう, せめて抜井でも, せめて掛金でもよく, せめて込むばかり, せめて提灯だけはうまく, せめて放って置い, せめて政談演説の下稽古, せめて故主の城址, せめて故郷へかへつて半年, せめて救命袋に食糧品, せめて教養ある国民, せめて数々の思い出, せめて敵役を買つて出ろ, せめて敵討ちを遂げる, せめて文化式赤瓦の家, せめて文子がゐ, せめて文字に書き残し, せめて文学書の翻訳, せめて文章ででも仕, せめて文章そのものから白, せめて文筆の道, せめて料理の事, せめて料理程度にはその, せめて新しい契約條件について, せめて新しき奉仕を, せめて新しく免許しない, せめて新橋までと思える, せめて旅行中ぐらいは大目, せめて日曜の朝, せめて日本酒だけにしよう, せめて日記でも落, せめて日限でも一つ, せめて旦那のため, せめて旧領の安泰, せめて早く煙に, せめて明るいうちに, せめて明るくならぬうち, せめて明年の義元, せめて明智さんなんか頼まない, せめて明治三十九年當時くらゐに, せめて春先にでもなっ, せめて春枝だけは座敷, せめて昨日ほどにでもし, せめて昼御飯でも食べ, せめて昼間顔だけでもみよう, せめて時代の向, せめて時計だけは金の, せめての飯, せめて晩年だけなりとも人並, せめて普通教育位は完全, せめて晶子さんもす, せめて暑中は西の京, せめてとか盆, せめて暮れないうちに, せめて曰く汝職分として人, せめて曲者を青江家中, せめて曲馬の外まわり, せめて書いた物を, せめて書物ならまだ, せめて書籍でも遺そう, せめて后の, せめて最初の三つ, せめて最寄りのお, せめて月明かりでもある, せめて月江という女, せめて朝食だけは雑音ぬき, せめて木刀でも欲しい, せめて木影の凉風, せめて木戸孝允の命, せめて木札でも懸けたら, せめて木村夫婦の所, せめて未決にゐる, せめての子, せめて末法的なら末法, せめて本当に調べて, せめて本田のお祖母さん, せめて本能寺の近く, せめて本道へ出よう, せめて札幌だけにでももツ, せめてに向っ, せめて束の間でもとわし一人, せめてそうである, せめて東京見物させようと, せめて松の内ぐれえは, せめて松任の餅屋, せめて松川村まで至り, せめて松江ではゆ, せめてだけは柔かい, せめての下, せめて柏餅だけは拵えたい, せめてでも手伝っ, せめて某々の家庭, せめて柔かく身でも, せめて柔術の手, せめて柳生谷の豪宕, せめて栄五郎だけにはあい, せめて根気よく完訳, せめて案山子にでも化けた, せめて桝形の茶屋, せめてだけはじぶん, せめて楯岡にだけでも思い知らせ, せめて楽しもう誰でも, せめて楽器に合せ, せめて槍一筋の武士, せめて様々の料理, せめてしく浮かれよと, せめて樂しみにし, せめてででもあっ, せめて権妻でも置いたら, せめて横乗りをする, せめて横須賀位ならまだしも, せめてを植えたくない, せめての歯, せめて次郎だけはとりもどそう, せめてでも詠む, せめて歌姫の方, せめて體を, せめて正しく生きる為, せめて正体を突き止めろ, せめて正月だけは御馳走, せめて正気のある, せめて正直でおずおず, せめて正行でもお, せめて正面から見た, せめて此の際物にしなけれ, せめて此上は一門, せめて此処までは漕ぎつけ, せめて此木戸でもあつ, せめて此苦しみを日記, せめて歴史的な意味, せめて死にぎわにはお前さんの, せめて死ぬまえにあたし, せめて死んでからでもカトリック, せめて死亡証でも手, せめて死体の心臓, せめて死刑の宣告, せめて死後供養にもと, せめて死様だけは立派, せめて死際にお前さん, せめて残された床上の, せめて残っている, せめて殖産金庫に直したら, せめて殺生の罪, せめて殿様がお, せめて毀誉褒貶を無視, せめて母公の喪, せめて母堂でもい, せめて母宮だけを最高, せめて毎日の物費, せめて毎日渠を幾度, せめて毎日玉子の一つ宛, せめて毎朝此方のだけは一度, せめて比律賓までで, せめて氏直氏規の二人, せめて気がねのない, せめて気の毒な人々, せめて気休めでもいい, せめて気持は温く, せめて気楽な身の上, せめて水仙の花, せめて水先案内者となる, せめて水筒に一杯, せめて永久に私, せめて汚れない奴を, せめての首, せめて江戸川あたりまで見送っ, せめての蛙, せめて池谷医師が外し, せめて決闘を延期, せめて汽車は二等車, せめてを見ない, せめて多き, せめて法定的なボケブラリイ, せめて法律だけでも徳, せめて法科にでも入学, せめて泣くべく人を, せめて洲本まで附き合いなさい, せめて活人画くらゐに, せめて活字を文字, せめての江丸, せめて浪漫的な恋, せめて浪華あたりにその, せめて浪費いたします, せめて消極的にでも自己, せめて消耗にふさわしい, せめてでも一滴, せめて涼やかにお過ごし, せめて淡い満足を, せめて淡雪とけぬま, せめて深く懺悔する, せめて深雪一人だけでもああ, せめて清しき月出, せめて清吉の面倒, せめて清書でもし, せめて清水を流し込もう, せめて湯島の丘, せめて洲の, せめて満月の出ない, せめて満足致されるほどの, せめて源一の嫁女, せめて定法の, せめて滄州の近く, せめて滋賀石庵にだけには逢っ, せめて滋養の酒, せめて潤いを求め, せめて火葬にする, せめて炊事や針, せめて無害な人間, せめて無慈悲な役人, せめて無益であること, せめて無礼な若者ども, せめて灰でも, せめて煖爐の側, せめてはなかつた, せめて煩わなかっただけでもありがたい, せめてて, せめて熊野の水軍, せめてゆるがまま, せめて燈火の灯っ, せめて燒跡なりとも弔はん, せめてはむ, せめて父さんが確り, せめて父半蔵の娘, せめて父君にひと目, せめて片一方の脚, せめて片側だけでも自由, せめて片方の名, せめてをそうして, せめて牢屋の模様, せめてを討っ, せめてを粗末, せめて物質的にでも, せめて特殊部落とか新, せめて犯人の手口, せめて状袋にでも入れ, せめて独り言に洩らす, せめての子, せめてであるという, せめてでも一人前, せめて獄中の予言狂, せめて獣医さんが来る, せめて玉丈けと, せめて玉子でも新, せめて王妃さまの御, せめて王滝に逗留, せめてらしいもの, せめて現世の方, せめて現在に力, せめて現在劇壇の内部, せめて現金制度を堅守, せめて理想の家, せめて理由を言っ, せめてよ骨, せめてだけでも見よう, せめて生かしてやりたい, せめて生きられるように, せめて生き残っている, せめて生薑の一へげ, せめて田舎の自然, せめて甲子の日, せめて甲府でなり, せめてには詫び状, せめて町内だけにし, せめて畔道を楯, せめて畝傍神社だけでもといっ, せめてでなり, せめて病人を寢, せめて病気の癒, せめて病煩いの時, せめて病院の外, せめて病鶴を三, せめて痴者の歌, せめて白湯で咽喉, せめてぐらいにしない, せめて百フランでも持っ, せめて百ペセタか二百ペセタ, せめて百両くれろと, せめて百五十歳までお前, せめて百人もい, せめて百円くらゐは, せめて百分の一秒ぐらゐまでのシヤツタア裝置のある, せめて百合子が傍聴, せめて百年は生きたい, せめて百戸は場内, せめて百粒せめて千粒, せめてして, せめて皆さんがた, せめてでも被ってる, せめて皮肉な言葉, せめてぐらいはなけれ, せめての一つ, せめて盗んだ野郎へ, せめて盜んだ野郎, せめて目的の一端, せめて直接に逢っ, せめて直結式の市民用防毒面, せめて相対的の確かさ, せめて真人間の心, せめて真名古ぐらいの名, せめて眼鏡を外すべきだろう, せめて着物位は人並, せめてをはいで, せめて知って貰いたかった, せめて知らないことは, せめて知合ひの, せめて知己のうち, せめて短篇位新らしいの, せめて石屋根の門, せめて石舟斎様のお, せめて確かめる方法だけは, せめて確実な読者, せめて磯五だけでも助け出したい, せめて礼儀と確信, せめて社会の罪人, せめて社会救済のため, せめて祖父の名, せめて祝福を乞う, せめて神仏の前, せめて神戸から船, せめて神技の一端, せめて神谷のそば, せめて神領の民, せめて祭壇を作る, せめて私どもは精神的, せめて私一代だけは六条院, せめて私達が真心, せめてまで延ばし, せめて秘密の文書, せめて移り香を, せめてには僕, せめて税物の面, せめて穴ボコが完成, せめて空保にでも入っ, せめてひ見るだけでも, せめて竜の鬚とでも呼ん, せめて童心なりとも守らせた, せめて笑うことだけは, せめて笠間先生のやう, せめて一折を, せめて筋路の通った, せめて箪笥でも買い, せめてだけはと言っ, せめて箱根の手前, せめて節酒節食したいしなければ, せめて簀の子まで近寄られい, せめてから放し, せめて米一合の持駒, せめて粗茶の一ぷくなりとさし, せめての一ぱい, せめてな女, せめて精神だけは大空, せめて精神上の満足, せめて糞受板の上, せめて糞汁を啜る, せめて紀念の此子, せめて紅しと言, せめて紋服なりと刀, せめての瓶, せめて終わりの御, せめて経理局長ぐらいに, せめて結果だけでも立派, せめて結縁のしるし, せめて絵はがきででも中学校, せめて絵図ともくじ, せめて絵葉書の一枚, せめて緑郎一人ぐらい何もの, せめて括った総, せめて縁さきに近い, せめて縞柄のわかります, せめてでも入らしてやろう, せめて罪ほろぼしにもなり, せめて罪滅ぼしに社長, せめて罪科の償い, せめて美しさの, せめて美しい草原でありたい, せめて美禰子さんくらいのなら, せめて義人のお, せめて義観には自分, せめて先生の, せめて老後の父, せめて考へて, せめてまだ頼りなる, せめてだけなりと発達, せめて聞いて死にたい, せめてて下さい, せめて肉身の愛, せめて肉體なりとくたくた, せめて肖たお方でもと, せめて肘掛にでもと尻, せめて揉め脚, せめて胡坐でもかきなさい, せめて脇差か何ん, せめて脚本中の一役, せめて腐れた菫の, せめてをかけ, せめて腹癒せだった, せめて臣下の見, せめて自らの醜怪, せめて自分たちだけは出入口, せめて自力で働い, せめて自宅の茶の間, せめて自尊心を満足, せめて自殺して, せめて自然への心やり, せめて自腹で雑誌, せめて自転車一台ぶんのピース, せめてを習っ, せめて舞台上の俳優, せめて舞台裏なんかといふもの, せめて舟路のしる, せめて船中でなり, せめて船出のその, せめて良人とだけは一緒, せめて色紙ぐらい間, せめて芝居見物の時, せめてで慰め度い, せめて花弁だけ糸, せめて花環の中, せめて花見ごろもに花びら, せめて芸ごとで勤まる, せめて若狭路へでも入っ, せめて苦しさを, せめて苦衷を正造, せめて苦難ちょうものが無かっ, せめての命, せめて茶亭あれ, せめて荷物だけ預, せめて落ち着く先の, せめて落語の稽古, せめて葉子が帰っ, せめて葉巻の味位, せめて著書の一端, せめて葡萄酒でもと今度, せめて董襲の死骸, せめての紋, せめて蕎麦なと上つて, せめてか蕗の薹, せめてばかりも供, せめて藝術の世界, せめて藤尾に暇乞, せめて處刑臺の上, せめて虚偽でもよい, せめてのやう, せめて虫干の日, せめて虫押えに一揆, せめて蝶鳥にでもなれ, せめて街路樹の蔭, せめて衣裳でも貸し, せめての昇り口, せめてにでも入れ, せめてを襲ねた状, せめてくらいはと思う, せめて裏長屋でねえところ, せめて複数で云, せめて西方浄土にでも生れる, せめてていたい, せめて見せてやりたい, せめて見つけものである, せめて見当のつく, せめて見物の方, せめて見返ってもいただけない, せめて見送りしたいといふ, せめて視覚でも満足, せめて親友瑜伽行者は何処, せめて親友瑜珈行者は何処, せめて親御のお, せめて親達の後生, せめて観光団程度には優遇, せめて観音さまにおすがり申し, せめて言いねの半分, せめて言葉のと, せめて言葉附だけでもいかつく, せめて記念の手箱, せめて記憶に残つた名優, せめて訪ねてくれる, せめてるされた心, せめてを, せめて試合に勝とう, せめて試驗問題だけは呉れ, せめて詩人の名前, せめて詫言の一つ, せめて話してる相手の, せめて話し合う人が, せめて話すことぐらいは, せめて詳しい番地を, せめて誠実な人間, せめて読むものとして, せめて読んでむだ, せめて読書の時間, せめて読経致して, せめて課長の訊問, せめて談話の一つ, せめて警察へ丈, せめて警部にでもその, せめてのシッポ, せめて貨車の中, せめて貴女にお知らせ, せめて貴方様の, せめて貴様たちの冥途, せめて買われている, せめて費用の半分, せめて賑わすためには, せめて贈物だけでも受け, せめて赤い鳥を, せめて起臥をわが家, せめてでも捕え, せめて足跡でも, せめて路用のたし, せめて身体を疲労ら, せめて身體の苦痛, せめて軍人になれ, せめて軍夫に加わり, せめて軍鶏でも居りゃ, せめて輪廓だけでもつかまない, せめて輪郭だけでも話し, せめて近所で蕎麦, せめて追善のため, せめて追憶に光りで, せめて退国する, せめて這いでもできれ, せめて逢った時だけでも, せめて連立内閣でもと思っ, せめて週給ならお金はま, せめて進達だけでもと依頼, せめて遅くとも過誤の, せめて運輸事務の改善, せめて過去分詞の使い方, せめて道すじだけでも聴い, せめて道具らしい顔, せめて道化の面, せめて道理に見えた, せめて道端に胸壁, せめて達者のうち, せめて遠方からなり, せめて遠眼にでも會, せめて瀬ない, せめて遺品のはしきれ, せめて遺言状を発見, せめて遺骸を拝ませ, せめて邪魔にならぬ, せめて部分的に横顔, せめて部落へ入れる, せめて部長に打, せめて郵便の一本, せめてを去る, せめて都踊だけにでも氏, せめて都門を離れる, せめて酔いでもしなけれ, せめて酔ってるあいだが, せめての鳥, せめて野望の一端, せめて野球でもいい, せめて量目だけでも頑張ろう, せめて金位士分並に分配, せめて金兵衞の懷ろ, せめて金槌でもあれ, せめて釣りで時間, せめて鈴ガ森の仕置場, せめて鉄砲の試し, せめて鉈豆のよう, せめてででもあれ, せめて銀賞を頂く, せめて銘仙かメリンス, せめて銭形の平次親分, せめて錢形平次に現場, せめて錦衣のつもり, せめて鍛冶場へでも運ん, せめてとでも相談, せめての音, せめて坊だけは, せめて長く秘めて, せめて長寿に依っ, せめて長屋の戸前, せめて長谷戸検事のよう, せめてまででも送っ, せめて門下の者, せめて門送りだけでもしたい, せめて関所の茶屋, せめて関羽にも長, せめて闇路ながらに, せめて關山は, せめて阿片に, せめて降りやんでくれたら, せめて陣中での鬱さ, せめて除害の方法, せめて陰口をきい, せめて隆ちゃんがい, せめて隆吉に一目, せめて隠居料に取り除け, せめて隱居料に取り除け, せめて雑誌社としては第, せめて離しともない, せめて雨戸のある, せめて雨露をしのぐ, せめてのふる, せめて雪渓ぐらいまであがらない, せめて電燈料や動力, せめて電車の中, せめて青山白雲のほとり, せめて青年のその後, せめて青蛇団の一党, せめて青野の凧, せめて非情の草木, せめてだけは一目, せめて靴下だけでもとりましょう, せめてぐらいサーヴィス, せめて須磨明石まで行っ, せめて預金者らへかける, せめて頭巾でも被っ, せめて頭腦の世界, せめてだけでもねじろう, せめて頼まれがいに, せめて風邪でもひかぬ, せめて飛行場の滑走路, せめて飛騨の宮村, せめて飜弄されたこと, せめて食うことだ, せめて食って行く, せめて食べる物で, せめて食べ物だけはやる, せめて食糧もゆっくり, せめてとも思っ, せめて餓え死にだけはしたくない, せめて首府の名, せめて首肯して, せめて香屋の伜, せめて香港程度までであろう, せめて馬右エ門がも少し, せめて馬籠まではと言い, せめて馬肉でも食, せめて馬車までお供, せめてになと召され, せめてをあた, せめて高山の麓, せめて高田さんでも, せめて高等学校を卒業, せめて高等官ぐらいの家庭, せめて髪の毛でも切っ, せめて髪毛位浮き上がりそう, せめてでも切つて, せめてでも剃っ, せめての外套, せめて鮎川の漁家なり, せめてをお, せめてでも食べたい, せめて鶴子さん位の明るい, せめての宮, せめて鹿の生, せめて麁酒を一盞, せめてまでと八瀬村, せめて黄金の甕, せめて黒田官兵衛の首, せめて黒色ガラスの服, せめての代り, せめての口, せめてM子でも来れ