青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば そば~ そもそも~
そり~
そりゃ~ ~それ それ~ それから~ ~それぞれ それぞれ~ ~それだけ それだけ~ それで~ それでは~

「そり~」 3189, 34ppm, 3396位

▼ そり~ (1072, 33.6%)

13 アもう 10 アさ 9 大變 87 あもう, 君の 6 ア, アさう 5 そうだ, アいい, アさうだ, 可かん, 本當 4 つて來た, ね, アまだ, 仕方が, 何う, 私の, 變な

3 [18件] あなたの, ありますとも, そうさ, そりや, どうでも, どんな事, まだ若い, もう私, よかつ, アい, アまた, ア然し, 何も, 僕だ, 僕も, 結構だ, 親分, 誰だ

2 [58件] あさうと, あ成, いい, おいしい鮒, さうだ, そうだろう, そうで, その点, どうも, まづい, もう大変, わかります, アあなたの, アある, アいけない, アおれの, アお前の, アさうだらう, アさうです, アどう, アどうも, アねえ, アや, ア君が, ア困, ア承知の, 人だ, 人間です, 仲が, 何を, 何方だ, 俺が, 別だ, 可哀想よ, 可愛い, 嘘だ, 女の, 好い女, 好い男, 成程, 構は, 無理です, 無論, 當り, 私だ, 絶対に, 綺麗でした, 綺麗な, 自分の, 良いお, 良い人達, 良い娘, 違ふ, 金は, 釜の, 阿父さん, 陸上から, 駄目な

1 [783件 抜粋] ああなた, あいはずと, あえらい, あきつとい, あさうだ, あたしに, あたしには, あどうも, あなた, あなたお, あなたなんてさ, あなたは, あのきりやう, あの人, あの若, あまり当てに, あもう君, あもう政事屋, あもう新, あもう辻褄, あよく, あります先さ, あるさ, あゑらい, あんたに, あんたの, あんまり安く, あんまり酷い, あ何, あ何とも, あ商, あ大気, あ好い, あ己, あ年頃, あ我輩, あ昔, あ海岸, あ甚, あ眞, あ結構, あ若, あ違, あ非常, いいだらう, いいと, いいな, いいの, いいのよ, いかんぢや, いくらでも土, いけません, いけませんな, いまの, いろいろな, うちの, うらんで, うれしいね, えらい人, おいらんつれなから, おぢさんだつ, おばあさんには, おれを, お互, お人形, お前さん, お前さん東京の, お前の, お前今朝は, お前絵姿なんて, お帰り, お母さんに, お氣, お神さん, お袋を, かうし, かまいません, こ, こな, ごつつ, さきおととし来た, しかたが, すぐに, ずいぶんと, そうと, そうよ, そこが, その医者がま, その男, その筈, それで, それでもえい, そんなこと, た, たいしたもんぢ, だめだ, ちと妙, つて来た, つて来る, でけるけど, どういう意味, どういふ家, どうしてだい, どうする, どうだ, どんなところ, なあにお, なえ, なさりやす, なにも, なよろし, なんだつ, なんです, ねえなん, ねそり, ねやつぱり, ね利根, はあさ, ひとこと申す, ひどい目, ほんとだ, ほんとに, まあさう, まあ僕, まあ大目, まさかに私共, またなぜ, また本, まだ君, まアけ, みんなその, みんな泣い, もうそれ, もうと, もう其, もう前, もう安心, もう氣樂, もう犬, もとより, やつて, よかん, よろこびますわ, わざ, わたしだ, わては, ァいま, ァ便利, ァ學校, ァ貴方, アあつ, アあなた, アありがたい, アお, アおれから, アお前さんの, アお前だ, アお前としては, アお前人間に, アこんな, アその, アそれでも, アだらしが, アとても, アどこ行きか, アどんな大きな, アほんたう, アまことに, アみじめだ, アよ, アよから, アわからない, アわたしだ, ア丁度, ア上ツつら, ア五人も, ア仁王門だ, ア今, ア仕方が, ア仲, ア何だか, ア何とも, ア僕も, ア元, ア先から, ア前に, ア可哀さう, ア可笑いのよ, ア向, ア君も, ア困るだらう, ア大変だ, ア好い, ア好きな, ア妾は, ア妾への, ア安い, ア實際だらう, ア少く, ア尤もだ, ア強い, ア怒つてる, ア急に, ア房州の, ア持つ, ア損どころぢや, ア日本へ, ア時間表に, ア望む, ア本当で, ア歳が, ア段々, ア氣が, ア濟ま, ア無理です, ア當てに, ア當り, ア知れた, ア知れ切, ア神様が, ア素的よ, ア美しい, ア肺病で, ア自分を, ア行く, ア見合結婚だ, ア解つてゐる, ア話です, ア貴方の, ア逢ひたい, ア間違ひです, ア頼ん, ア食ふ, エエエディプス・コンプレックス的傾向だ, クヨクヨ物を, サウと, タチが, ナー若い, ノンビリ, ビツクリした, ムチャだ, ロハ同, 一人や, 一向宜く, 一番粉で, 丁度いい, 丁度よ, 三毛も, 上等です, 下等社会の, 不可ません, 不孝かも, 不為ぢや, 不見識な, 中, 乗らんこと, 云掛りといふ, 五度や, 人は, 人間やはり, 人間靈長教や, 今は, 代さんだつ, 伊佐子さんと, 伝七だらう, 何うせ, 何か, 何かい, 何だろう, 何とか話せない, 何より, 余り酷い, 使つ, 俺だ, 俺達あいつも, 健全な, 偶時には, 僕が, 僕だつ, 兄さんよりはね, 先方から, 先生なら出せます, 児玉の, 全部は, 其のあれ, 其の筈, 内には, 凄い相, 出や, 出来ない事, 出直して, 分らんね, 判らないさ, 別な, 利ちやんが, 前もつ, 勿論, 勿論さう, 勿論だ, 勿論です, 勿論多少でも, 勿論御礼, 半分以上島民な, 厚うお礼, 反対な, 古いかも, 可から, 可哀相だ, 可愛い娘, 可愛らしい娘, 可愛らしい花嫁人形, 名義だけ, 君が, 君たちの, 君としては, 君など, 君何も, 君恐ろしい, 君神無を, 君酒は, 君阿片の, 呑気だつたらう, 唯年を, 喫驚なさる, 喰へ, 噂です, 困つた, 困つたこと, 困りますよ, 困るな, 困るわねえ, 執こいつ, 変だ, 外には, 夢中な, 大きに, 大したきりやう, 大事な, 大変だ, 大将も, 大根の, 太甚いん, 奥さんが, 女は, 女将さん仮令, 女房も, 好い気持, 好かつ, 妙だ, 妾だ, 姉さんが, 婆や, 嫌さ, 孑孑は, 実に矢, 宵には, 家に, 寒いに, 寢起きが惡いんだ, 實際ぢや, 少々ぢ, 少い魚の, 少し痩せてた, 少し識つて, 少し違ひま, 尤もだ, 居無, 帰るけどさ, 帰るさ, 幾らでも, 序曲といふ, 弱つたな, 強えと, 当りま, 形の, 形容にも, 彼女が, 彼奴の, 得した, 御冗談, 御前が, 御道理, 心掛の, 念を, 怖いこと, 怖ろ, 思ツた, 恐ろしいもん, 悪かつ, 悲惨な, 惜しい事, 惨忍, 或はさ, 或点, 描けば, 新聞に, 日用の, 早いん, 明るいよ, 昔は, 春さんは, 晴れますよ, 書付なんぞは, 最う眺望, 會計も, 有つた, 有るさ, 本因坊と, 本統に, 東京で, 梅子さん貴, 樣子を, 機嫌の, 歌舞伎の, 正直者で, 此樣な, 此頃の, 死ぬに, 気味が悪かつ, 氣が, 氣味が, 氣立ての, 清湯燕窩だ, 澤山あります, 無え, 無理も, 無能は, 無論約束, 無論道具, 然うだ, 然うです, 物の, 班長殿いくら, 生むの, 病院へでも, 癩は, 直ぐに, 真実悔悟し, 知つ, 知つてゐ, 知つて居る, 私も, 私ん, 秘密な, 精神まで, 素敵だ, 素晴しい, 組合の, 結構ぢ, 結構です, 考へるなと, 肉体は, 自分が, 自業自得ぢや, 船の, 良い方, 良い樣子, 苦しん, 薄田中佐殿, 藝術的ぢや, 蟒さん姐さんの, 裁縫かて, 褄を, 見事よ, 親切に, 親方勿論, 解つてる, 解つてゐます, 言れん, 詩人だ, 變でした, 貴方の, 貴方真面目ぢや, 買収した, 賑やかな, 賣ツ, 踏んだり, 辛ろお, 返せば, 迚も, 透通るやう, 逮夜の, 醜い女, 金次さんは, 門戸だけは, 阿母さん, 随分と, 随分火の, 電報でも, 面白いから, 面白いぜ, 面白うごわす, 面白くない, 頗る明快, 願つても, 飛だ, 馬方の, 駄目です, 高木さんに, 鹿の

▼ そり~ (672, 21.1%)

16 出て 15 歩いて 9 立って 5 して 4 なつて, はいって, やつて, 立つて, 自分の, 言った 3 した肩, なつた, 入って, 衰へ

2 [50件] した, したる, した中, した大通り, した姿, した家, した朝, した空氣, しなを, する, せし物, その前, なる, 一つの, 住んで, 体を, 來て, 信さん居る, 入つて, 入つて來, 出掛けて, 前を, 塔を, 大きな月, 室の, 帰って, 彼は, 息を, 戸口に, 暗い往来, 来て, 横切り弁天, 止るの, 歩く重だるい, 水面を, 登って, 眼を, 私の, 経蔵の, 線路の, 腰を, 草木の, 落ちて, 言ふ, 起きて, 鎭まつ, 階段を, 靜まりか, 音の, 顔を

1 [491件] あの大きな図体, あらわれた, あるいて, あるべ, あわてて, いっしょに, いつた, いろんなこと, うごいた, うごかし, うごめいて, うつとりと, うつ尻尾, おだやかな, おちついて, お呼びに, お孃さん, お寺である, お立ち出でに, お角さん, かえって来た, かくれて, かぜも, ぎほう丁ナイフとぎ, くらして, こけ眼, こちらへ, こんどは, さわった, しずまりかえった場, したいい, したおどろきばかりが, したが, したこの, したす, したその, したそれ, したでは, したもの, したスパセニア, した令嬢, した体躯, した優, した初日, した十月, した坂路, した夜, した夜氣, した夜陰, した女, した小, した小さな, した小路, した庭, した形, した影, した恰好, した手, した指先, した日, した晩, した暮しやう, した木小屋, した木蔭, した林, した横顔, した此, した沈思, した深夜, した物音, した男, した病室, した空気, した色白, した葉蔭, した調子, した足どり, した身体つき, した通り, した鋭角, した闇, した階下, した隣, した青白く, した静寂, した頃, した頬, した風采, した鶯妹, した黄色い, してるので, しなやかな, すると, する頃, せし闇, そこから, そこに, そこへ, そのほんの瞬間, その井戸端, その倉庫, その小指, そんな事, つい二三軒, つていきなり, つめたく流れ, でて, ともを, なほも, ならんで, なりやつれるべからず, ぬけたので, はい込んで, ひそかに, ほほえみながら, まかり出ました, また室, まだこの, みて, みんなの, もつと, ものも, やって来た, やって来ました, やって来るが, やつれとが, ゆかしい薫, わけを, サン, トイレットから, ホウホケキヨ, ムク犬が, 一人で, 一人の, 一枚の, 三番から, 三畳台目の, 上って, 上流への, 下りて, 並んだへんろ宿, 並んで, 中を, 乞食で, 二つの, 二頭の, 二頭三頭, 云った, 人の, 人気の, 住みついて, 來た, 倒れて, 僕を, 元の, 元來, 光つてゐ, 光を, 入った, 入り込んで, 入ると, 其の長大, 再び目, 出したあの, 出した源助, 出る, 削げて, 力なく, 動いて, 動かなくなった, 動き出した, 匐って, 匙型に, 十分の, 十吉の, 半吊り, 博士の, 取上げて, 向きを, 向直って, 呟きつ, 命がけの, 咲いて, 四方を, 均齊の, 垂れしぼんでる, 垂れたまま, 垂れて, 声を, 夏の, 夜だちし, 夜の, 夜を, 大きい体, 大きな男, 大きな身體, 大きな躯幹, 大跨, 女の, 始末した, 姫を, 姿を, 娘を, 存在し, 守つてゐる, 家の, 家僕の, 宿の, 寂しくなつた, 寂しく沈んだ, 寂寞の, 寂滅した, 寒うし, 寝鎮まりました, 小さくな, 小さな羽, 小壺, 小舟に, 少女を, 尻込みする, 屋敷裏の, 展開し, 崩えて, 巣の, 帰つて来た, 帰つて行つた, 年と, 年を, 底の, 底へ, 店へ, 店を, 庭へ, 庭先へ, 廣い, 建つて, 引き緊り, 引ッこ抜かれ, 弛めて, 弱り入, 彦兵衛が, 影を, 彼女を, 往來を, 往生した, 待ちかまへ, 怖気づく, 思ひ切つて表現, 懶げ, 成つた, 戻りつつ, 扉の, 手を, 手紙を, 拂ひ退けね, 拡がつて, 拾ひとつて, 按摩と, 掌に, 掛けたまま, 掴みそして, 攫んで, 改めて了つた, 日光の, 日光を, 明るく匂つて, 昼間は, 暗いところ, 曳子と, 會の, 村境ひ, 来かかる四十, 来た茶, 松の, 枝を, 枝をかは, 桜さき続き, 桜咲き, 横た, 横に, 欄干に, 欅大門とざしあり, 次に來, 歩いた, 歩きだしました, 歩きました, 歩き出した黒い, 歩き廻つた, 歩くの, 歩み川, 歩む, 歩行き出す, 沈まり返つて, 沈んだ冷え冷え, 泉の, 泣いた, 泣きながら, 泥棒よりも, 流動し, 海岸へ, 深志が, 清らかな, 済ましたくらい, 減つた心持が, 減つて畢つた, 減るの, 湖水の, 溝を, 漸く至り, 潛りこむ, 潜つて居た, 濃い朝霧, 火鉢の, 無作法に, 無遠慮に, 爪で, 爪先に, 父親の, 牛の, 物の, 独りクラヴサンを, 猫が, 獣でも, 玄関の, 現はれ, 現はれた, 現れた純, 現われたもの, 生気ない, 産みたいと, 町の, 画が, 留まつて, 畳の, 畳へ, 疳違を, 痩せたところ, 痩せた笑, 痩せて, 痩せ衰, 皿とを, 真昼の, 眺めらる, 砂の, 砂浜を, 磨きの, 稔つてゐまい, 突つ立ち, 突立っ, 突立つ, 突立つてゐる, 窶れたやう, 立ちあがったその, 立ちあがつて, 立ち上がった, 立ち上った, 立ち上つて窟の, 立ち上る, 立ち出でた, 立ち口數, 立つた, 立つたま, 立ツて, 立上った, 竹の, 笑みを, 算へられ, 紡錘形の, 絶壁の, 練魚司令部へ, 縁へ, 纏った足首, 聯の, 聲を, 聳え立つて, 肉の, 肉を, 肩が, 背高い, 脱げると, 腹が, 膝を, 臺所の, 芝居の, 花道を, 草葉の, 草隠れに, 華奢だった, 落ちた兩頬, 落ち込むよう, 落葉する, 葉を, 蓑が, 藜の, 藻の, 虎が, 虫だつた, 螺旋形の, 蟇か, 行く, 行つた, 行はれ, 衰へて, 裏門の, 見え唐草地模様, 見た, 見て, 見送って, 覗かせて, 言ひつけ, 診察所から, 読むので, 誰にも, 貧しい村村, 赧く, 走つて, 起きベッド, 起き出して, 起ち上がって, 足を, 蹲つて泣い, 身に, 身を, 身体が, 身動きを, 車から, 輪を, 近づいて, 這い廻るの, 這ひ出し, 這入つて, 通りかかるの, 遊びに, 道を, 遣って, 遣る, 部屋には, 部屋の, 酷い窶れ, 重なった葉, 鍍金し, 鎧戸を, 鎮まつた野営, 開きさっき, 間が, 闇い, 降り五人, 障子が, 障子の, 隠れた水江, 雨が, 霧の, 青く痩せ, 静かだつた, 静かに, 静まった, 静まつた, 静まりか, 静まりかえって, 静まり返って, 静まり返つた, 静まり返つた家, 静まり返り聴衆, 静り返った, 靜かな, 靜まつ, 靜まり返つ, 靜り返つた, 音が, 音させ, 音も, 音を, 頤髯を, 風が, 風景を, 飛び出して, 飢えたる二つ, 飯臺の, 首を, 首垂れ, 高脚, 魂の, 魔の, 麻痺した, 黄昏れ, 黄色い葉, 黒い馬, 黒う影, 黙って, 黙つて, 鼻を

▼ そり~ (163, 5.1%)

78 そりと 6 そり歩い 3 つそり, なかに, なかへ 2 あわない, そり, ドアを, 刃の, 刃を, 憎さ, 鈴の

1 [56件] あは, ことでありました, そばで, そりきたない, そりこちらへ, そりとおりの, そり先き, そり匐い出し, そり向うから, そり壁に, そり庭の, そり梢の, そり眠, そり近づい, そり這う, そり運ばせ, ついて, つそり歩, ところへ, なかから, なかの, なかを, はうへ, はなしを, へりに, ほうへ, ような, ように, ッそり, ドアの, 上で, 中で, 中でく, 中に, 中には, 人たちは, 冷えのうすら, 刀を, 刃に, 合わない, 合わないもの, 合わない事, 噂に, 外で, 姿は, 強い眼鏡, 当った土気色, 歩みと, 消息を, 癖に, 蝦夷なんか, 跡, 跡も, 領地を, 頭を, 齒の

▼ そりした~ (158, 5.0%)

2 体に, 小女の, 肩に, 華奢な, 身体を

1 [148件] あたりを, あの横顔, お人, お勝手の, お芳, っけが, な, のは, もので, やうな, やさしい手先, ゆるい坂路, 上半身は, 両手を, 九州の, 体が, 体だ, 体つきを, 体を, 体躯薄化粧の, 力の, 卯平の, 口調で, 可愛らしい手, 台地の, 右手は, 坂路が, 型に, 夏の, 夜だつた, 夜の, 天使が, 奇麗な, 女ぢや, 女で, 好い芸者, 姿に, 娘じゃ, 娘ぢや, 室の, 家だつた, 家へと, 小さい体躯, 小僧が, 小娘に, 山の, 山を, 山底の, 山麓の, 帳場で, 建物の, 影法師, 彼女が, 彼女の, 往来には, 後ろ姿などは, 意氣な, 感じの, 感じは, 態度が, 手を, 手先は, 手首を, 指が, 指で, 指と, 指先が, 指先だ, 方の, 暗闇に, 村で, 棒みたいに, 樣で, 横顔腰を, 殆ど人氣の, 氣持ちが, 水底から, 沈黙の, 淋しい夜, 深い碧, 然し骨ばっ, 煙草盆だ, 燈明臺では, 片隅にしか, 町裏を, 畑の, 療養所がかへ, 白い顔, 白樺の, 白蝋の, 秋の, 繊弱そうな, 老年の, 肉付など, 肩から, 肩を, 肩傾きかけた, 肩先に, 胸が, 胸に, 脚もとには, 脛にも, 腰は, 腰部と, 腺病質の, 花壇の, 若い文士, 落着の, 葉純白の, 裸の, 襟脚に, 視線の, 親密な, 足の, 身に, 身体でした, 身体の, 身体は, 身体付で, 身体附の, 身體が, 身體で, 通路を, 避難所にまでも, 部屋の, 長い指, 雄蕋, 面長の, 頃に, 頤栗色の, 頭巾の, 頸から, 頸や, 頸を, 頸筋が, 顋にも, 顔が, 顔を, 顔立ちで, 顔立ちに, 顫へて, 首ほど, 高い窓, 高台の, 髪ぎごちない, 髮ぎごちない, 鼻筋と, 鼻筋や

▼ そり~ (113, 3.5%)

16 てゐた 14 てゐる 9 てゐ 6 ている, て居る 5 ていた 4 てい 3 てし 2 て, てしまふ, てゐました, てゐます

1 [42件] てあるじ, ていくら, ています, てお, てしまひました, てずんと抑, てそこら, てなまぬるい, てはゐる, てはをります, てひ弱, てやんわり, てゐなけれ, てゐられなく, て一条二条縦横, て上品, て人, て仕舞つた時, て何, て何処, て倦怠, て先生, て客, て小皺, て少時, て居, て居た, て居ります, て居りますです, て暖かく, て暗い, て歯軋り, て死相, て無, て総体, て色, て虚弱, て褄先, て見え, て音, て頬, 柵の

▼ そりとして~ (86, 2.7%)

9 ゐた 7 ゐる 4 居る 3 人の 2 ゐるので, 只舳, 居るので

1 [57件] いいお, しかも靨, その人声, その店, その時, ぺんぺん草の, みのむし, ゐたアトリエ, ゐて, ゐました, ゐます, ゐますので, ゐるの, ゐるのに, ゐる南寮, ゐる山, ゐる犬, 一揺れも, 乾いた山路, 人通りが, 何の, 全く夜, 八ツ手花咲く, 出て, 叔父の, 只干した, 咳拂をも, 垂れたの, 声は, 夕暮の, 家といふ, 家へ, 少しづつ光線, 居た, 居ました, 居りますが, 居るか, 広く見えた, 店には, 悠長な, 歩いて, 滅多と, 物の, 物音といつては, 眼の, 空には, 箸を, 耀やき, 草を, 草履の, 葉を, 見える胸部, 隙間の, 青葉若葉の, 靜かで, 音なく, 音も

▼ そり~ (47, 1.5%)

3 もって 2 はしらせて, 押して, 牽いて

1 [38件] あてないので, あてること, うたし, うつた短い, おひゃくしょうたち, かついで, しばりつけて, せなか, そろえて, つかったから, とくの, はこんで, ひいて, ひくの, むすびつけて, わすれちゃ, バックさせ, 出すこと, 合わせるため, 合わせる努力, 引きづッ, 引きもどすこと, 引き出すの, 待って, 打たしながら, 打って, 持って, 曳いて, 片づけるのに, 用いず毎日毛抜き, 用意し, 當てながら, 示した, 買つておいで, 買つて来ました, 軽しめたる事, 頂く節, 驀向より

▼ そりやさう~ (43, 1.3%)

53 だらう 2 だ, だが, とも

1 [29件] かも知れない, さね此の前, さ何と, だけど, だとも, だな, だらうと, だわ, だ動揺, だ然し, ですがね, ですな, でせう, とあの, とお前, として何とか, とどう, と何處さ作, と其盲目, と大分, と此, と貴方, と酒, にも何, の様, はいかぬ, やさ, 云つたぢや, 願へれ

▼ そり~ (38, 1.2%)

2 合わなくて

1 [36件] あった, ありました, あわないの, じぶん, つけば, とびあがるの, とまった, とまって, のって, ひとしほ, もう内庭, やってきました, ようきれる, 一だいのろ, 五つありました, 何か, 何んとも, 出て, 出てから, 出発し, 合いません, 合わず左膳, 合わず結局五円, 合わない二人, 合わぬ, 合わねえから, 同じほど, 嫌ひだ, 待って, 捜索に, 来しは, 目に, 置きすてられる, 通りますよ, 通るし, 遠ざかって

▼ そり~ (38, 1.2%)

4 ひつて 2 いつて, ひとりでに馬

1 [30件] いきほひよく門, いって, いること, からっぽだった, ぎし, しっかりと, だんだんはやく, だんだん沖, とぶやう, とまりました, なにかこと, はしって, ひ出すかも, ゆきを, スープ入れを, 二回ばかり, 何処迄, 前へ, 合うけれども, 嫌いだ, 少しばかり, 悲しき馬, 憎い奴, 気に, 氷の, 町の, 白いにわとり, 貴様の, 鈴を, 鞍部を

▼ そり~ (22, 0.7%)

2 半口

1 [20件] いれて, かかりました, しばりつけられて, じぶん, つけた鈴, つけて, のって, ひっぱられて, やりと, ゆくので, 乗せて, 乗って, 乗りました, 似て, 同化て, 命けらるれ, 大切の, 腰を, 謝罪らする, 金と

▼ そり~ (21, 0.7%)

2 そうさ

1 [19件] いろいろ仮定, ねあんた, ねえどうしても, ね正直, ほんとです, マリイ・ボオマンだ, 何んです, 偉くなる, 僕は, 出て, 困らないわけ, 大尉さんに, 小林に, 御馳走を, 早くどうにか, 淋しいけれど, 無理よ, 知らないと, 若いさ

▼ そりやあ~ (17, 0.5%)

1 [17件] ありますよ, いい話, いかんよ, いけない, いけません, いざとなりややりますよ, いろんな用, そう言われれ, その筈, でも毒, ねギユツ, ほんとに芝居, もう他人, もう新, もう毎時御, 困るよ, 己れ

▼ そり~ (16, 0.5%)

8 になっ 3 になり 2 になつて 1 になった, になつ, のお

▼ そり~ (14, 0.4%)

1 [14件] い, ごくやさしい, さうと, そんなロンドン, どうも牡丹, もうすっかり分かります, 何だ, 判らねえ, 勝つに, 怒りますよ, 治すこと, 無論私, 結構, 至極好都合

▼ そり~ (13, 0.4%)

2 とした, としてゐる 1 としてゐ, としてをりました, として戸外, として朝, として竹, となつ, と無, と行き尽し, と鎭まり

▼ そり~ (12, 0.4%)

1 [12件] かけました, すりおとし, つれて, ひたいぎわからそりはじめました, やつぱり気が, 切られたきずが, 切りつけずに, 大町へ, 悠長に, 浮世の, 運んだり, 馬鹿に

▼ そり~ (9, 0.3%)

5 から 2 と言う 1 かに差した, 馬鹿だ

▼ そり~ (9, 0.3%)

3 そりと 1 あれば, そり夜食の, そり裙で, 喜悦に, 焼刃, 見受けられたの

▼ そり歩い~ (9, 0.3%)

2 ている, て来た 1 ていった, てゐた, てゐる, て戸口, て行く

▼ そり~ (8, 0.3%)

2 えッた 1 へす薄らあかり, へらすやう, へり, へり髪の毛, へる, へるやう

▼ そり~ (7, 0.2%)

1 が対, と三度め, と怒, と折, と頭, に半, もまた

▼ そりから~ (6, 0.2%)

1 するりと降り, だき下して, はなれようと, まだえれ, 誰でん, 跳び出した

▼ そり~ (6, 0.2%)

2 つて来, つて来る 1 つて来た, つて若旦那を

▼ そり痩せ~ (6, 0.2%)

1 ている, ておそろしく, てしまった, てゐる, て黄色, 細つてゐ

▼ そりかん~ (5, 0.2%)

1 とし, としてぺんぺん草, として誰, と歩い, と静

▼ そりする~ (5, 0.2%)

21 まで腹, ものは, やうな

▼ そりその~ (5, 0.2%)

1 ことを, もとに, 墓を, 男を, 部屋に

▼ そり~ (5, 0.2%)

1 てゆく, て往, て来た, て行った, て行つて

▼ そり~ (5, 0.2%)

1 か, かけな, がかかっ, が描かれ, をゆっくり

▼ そりかへ~ (4, 0.1%)

1 つたり, つてゆつ, つてゐる, つて威勢を

▼ そり~ (4, 0.1%)

4 そりと

▼ そりたて~ (4, 0.1%)

1 のくりくり頭, の今, の御, の頭

▼ そりとは~ (4, 0.1%)

2 いつて 1 ひつて, ひよつて

▼ そり~ (4, 0.1%)

1 そんなこと, ちがうわ, とてもよく似, どういう意味

▼ そり~ (4, 0.1%)

1 に逢ふた, のところ, は如何, を左様

▼ そり~ (4, 0.1%)

1 にいれた, のなか, を出た, を抜け

▼ そり落し~ (4, 0.1%)

1 ていなかった, てしまった, て丸額, て柄

▼ そり~ (4, 0.1%)

2 を出した 1 で不承不承, へ塗る

▼ そりあと~ (3, 0.1%)

1 の見える, の青い, を艶

▼ そり~ (3, 0.1%)

1 城の, 招きに, 酒を

▼ そり~ (3, 0.1%)

2 ういふ 1 いて

▼ そりそこ~ (3, 0.1%)

1 へはいつ, へ入, を遠ざかつた

▼ そりでも~ (3, 0.1%)

1 それを, よい寄生木, 恥辱は

▼ そりとも~ (3, 0.1%)

1 いわねえよ, しないま, 言わず消えたげにござりますがな

▼ そりやもう~ (3, 0.1%)

1 お妙, 子供の, 誰にでもわ

▼ そり十兵衞~ (3, 0.1%)

1 が辛苦経営, と口惜, は死ん

▼ そり~ (3, 0.1%)

1 からつい, について来た, へ引き返した

▼ そり忍ん~ (3, 0.1%)

1 で参られる, で来, で行つて

▼ そり~ (3, 0.1%)

1 つ立つた玄関, つ立つて, 立って

▼ そり自分~ (3, 0.1%)

1 だけかへらう, の志, の皿

▼ そり落とし~ (3, 0.1%)

1 てし, て市中, になっ

▼ そり~ (3, 0.1%)

1 の方, の畑, の草場

▼ そり部屋~ (3, 0.1%)

1 の中, の入口, へ帰つて柱

▼ そりこちら~ (2, 0.1%)

1 へのそり, へ近づい

▼ そりしてる~ (2, 0.1%)

1 トム商会の, 市中が

▼ そりします~ (2, 0.1%)

2

▼ そりそれ~ (2, 0.1%)

1 を嗅い, を食べた

▼ そりとしてを~ (2, 0.1%)

1 りました, ります

▼ そりやあ君~ (2, 0.1%)

1 の気持, 分つて

▼ そりやさうとお~ (2, 0.1%)

1 つか, めえ

▼ そりやも~ (2, 0.1%)

1 うちやんと, 一つ

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 の六階, の地下室

▼ そり姿~ (2, 0.1%)

1 をかくしました, を現

▼ そり家来~ (2, 0.1%)

2 の一人

▼ そり少し~ (2, 0.1%)

1 も頓着, 怒つて

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 ところを, 申入れな

▼ そり忍び込ん~ (2, 0.1%)

1 で此嚴肅, で残る

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 でもし, をした

▼ そり戸棚~ (2, 0.1%)

1 から皿, の奥

▼ そり暮す~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことだ

▼ そり暮らせ~ (2, 0.1%)

2 ばみそさざい

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 てはまた, て貰ひたい

▼ そり歸つて來~ (2, 0.1%)

1 た, たりある

▼ そり生き~ (2, 0.1%)

1 てゐた, ながらへ

▼ そり痩せた~ (2, 0.1%)

1 と感じられ, ようだ

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 にたべさせた, の床

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 から覗い, の外

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 上ると, 聴きして

▼ そり立つ~ (2, 0.1%)

2 のが

▼ そり笑つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, 眺めて

▼ そり~ (2, 0.1%)

2 じょ

▼ そり聞い~ (2, 0.1%)

1 て, てみる

▼ そり落ち~ (2, 0.1%)

1 て日本, 見て

▼ そり降り~ (2, 0.1%)

1 て来た, て来る

▼ そり~ (2, 0.1%)

1 される毀損品, れて

▼ そり~ (2, 0.1%)

2 のこけた

▼1* [412件]

そりぁそうした方がいい, そりぁなんしろ愚老一生涯の大事, そりぁ兄さんみたいにかしこい, そりぁ先生そんなこと, そりぁ計画はそう, そりああの男の, そりあな皆さん仙衛ムどん初め今日のお仕置き, そりありといへ, そりあるいてゐる, そりいうものが, そりいなみいたも泣く, そりうしろについてた, そりうずくまつて, そりうちを抜け出し, そりおりてき, そりおれのうしろ, そりお忍びで市街, そりかげんなほど, そりかたまりて赤し, そりかの女の, そりきかずに折角, そりきたない足で, そりぐつをいっそ, そりぐつとのこらずの, そりこの部屋を, そりさきへまはつて, そりしたるなかに, そりした透いて見える, そりしづかになる, そりしのんで来, そりしやつれてしまふ, そりしんしんと赤し, そりじゃないか, そりすらあまた, そりせっけんおしろいクリームなんという, そりそばへよつて, そりただ赤しわ, そりたるかさらぬ, そりだけで済して, そりちこつちのお, そりや, そりでは到底望み, そりといふ忌, そりとおりの中, そりとかういつた, そりとぎというとぎ, そりとなつて淋しく, そりとみみを, そりとを居れ雨しとど吸, そりどこぞに貢い, そりながら時々じろりと敵, そりなつたもの, そりなみ迷へる子等, そりなら損は, そりについてゐた馬, そりについてはしって, そりにて切りたるが, そりにのつていく, そりにも変わりが, そりによる北極や, そりはきませんよ, そり言うな, そりばってマンさん, そりばってん熊ん出ます, そりばつてん, そりひつそりはひつ, そりふかして小説, そりまちへ出, そりまねてその, そりめのつそりめ, そりめ他の情, そりめ何をし, そりめ彼奴は火, そりものかげに呼ん, そりゃあありがてえおれのよう, そりゃあおめえの親類の話, そりゃあかけてくれればなんでも上げるよ, そりゃあかけてやってもいいが何をお礼, そりゃあきちがいじゃ養生のため, そりゃあさぞたいへんなお骨折りだったでしょうなあ, そりゃあたしいくらかあなたよりあたしの方がいい, そりゃあただおいらあ自由自在になっ, そりゃあどうかしているだろうさこんなにお前, そりゃいくらにもなりはしないことはわかっているがねそれにしても僕ら幹部, そりゃいざとなれば留守番なんかどう, そりゃおかしゅうござんすわねそんな事, そりゃおとよさんの親切だよ, そりゃおめえここでおれ, そりゃおめえ蛇の道, そりゃきまってらあな物を買おう, そりゃくにはあつかいませなんだけれどもそこは親たちがおりました, そりゃけっこうでござンしょう, そりゃこそてがら争いとばかりあと, そりゃこそででむしが角だした, そりゃこそとばかりに後へ下がり, そりゃじょうだんだがのちょいと, そりゃそんなときはもうどうなってもいいというような気持ですね, そりゃつらいところもあろうけれども両親, そりゃどうしたわけなんだい君ちゃん一人を置い, そりゃどうしたんだい大きなもの, そりゃどうだかあたしにゃ解らないわ, そりゃどっちでもかまわねえが近頃ぁとんと夢中, そりゃひでえ目に会った, そりゃひどうござんした屋根などはパリパリ, そりゃよろしうございますけれどお前様はいったい, そりゃりこうで分数まであんざん, そりやあお附合で, そりやあ人を泊める, そりやあ君達が熱心, そりやあ大變だ, そりやあ無尽燈に, そりやあ遺言状の効力, そりやこうさ, そりやこつちで願い, そりやすいと申し, そりやずつと弱蟲, そりやちようどいい僕, そりやちよツと困る, そりやつてゐる, そりやつれてし, そりやと叫ぶ聲, そりやらつぱ卒, そりようどうだ, そりより数町行き, そりアこれが僕, そりア一寸宜い, そりア仕事がすんで, そりア富籤と違ツ, そりア感心だね, そりア私があなた, そりア素的よ, そりア素適な手柄, そりア結構です, そりア話をきこうわけ, そりイタリイ行きの汽船, そりウチワ太鼓踊り狂ういやちこ, そりステップに立っ, そりニコラエウスクの側, そりハッと俯伏せしま, そりフランス語の自習, そりどういう訳, そりしよに, そり一尺ほど外, そり一座を抜け, そり上った睫を, そり下車した, そり並んでゐた, そりにはいつ, そり乗り入れて来, そりくり合って, そりの始末, そり二階のはしご段, そり亡くなつてゐる, そり京都へやつ, そりのやうす, そり人目を忍び, そり人間が潜入, そり仕事をし, そり伺ふと修一, そり住んだか, そりかを耳うち, そり侵入したもの, そりの臀, そりきに, そり入口に突ツ立ツ, そり其の騒を, そり其處らを夜歩き, そり内証で耳打ち, そり出かけてくらがり, そり出掛けたのである, そり分らぬやうに, そり切つてゐるの, そり列車のなか, そりけた, そり劇的場面をすべり出, そり匍匐つてゐる, そりい出して, そり十七人目の後添, そり十兵衞皆の仕事, そり卓子の抽斗, そり単独で穴ぐら, そり新しいの, そり反って細めた, そり反った屋根の, そり反りながら, そり反りますのでそのまま, そり反ろうとあるいは, そり収つてゐる, そりをむすん, そり古い宿屋に, そり台所へ這, そり台所近くへ来, そり向うから歩い, そり向き直つて言, そりだけにはね, そり呟いてみた, そり呼んでき, そり和尚さんを見, そり咲いて散ります, そりひ仲間, そり喫つて居ると, そり囁いたといふの, そり囁くやうに, そり坐つた小さいさちよ, そり坐りこんでちよろちよろ, そりに近づく, そりが固, そり夜遊びに出る, そり夜食の箸, そり女の, そり大塩の屋敷, そり夫婦が様子, そり奈良に入, そり女将あてに電報, そり女舎に貢い, そり奴一体ならば, そりはも, そり姉さまの跡, そり娯楽室から戻っ, そり嫌ひで余り彼, そり子供を隠し, そり客車に入, そりのまん中, そり家根へ出, そり寄つてつていきなり弁当, そり寐間をぬけ出る, そり寝静まつてゐた, そり寢靜まつて, そり尾沼栄蔵のもと, そり届けて欲しい, そりは円く, そり川崎造船所の門, そり工場長に色々, そり左様とは気, そり帰って来た, そりの中, そり廊下の小, そり廣げて見る, そり弄べもしない, そり弱つて耳も少し, そり後方をふり向い, そり忍ばせておい, そり忍びこむ者, そり忍び入りながらキキ, そり忍び寄るからだ, そりを引取, そり悠々として通っ, そり悪所通ひを, そり懐中の中, そり懸けて樂, そりを伸ばし, そり手習ひを, そり打ち明けたのである, そり抜けだして散歩, そり抜買をし, そり抱いてゐる, そり押しこんだだよ, そりつたり, そり持ち込む道も, そり挨拶なしに, そり捕つとる癖に, そり探検して, そりへて貰ひたい, そり新潟へ戻つ, そり日向ぼつこをし, そり明るみへ這, そり晴れ澄んで, そり暮させて頂ける, そり暮れそめた霧, そりの引き出し, そりの方, そり様子をみてたら, そり横道へ這入つ, そり樹蔭から現場, そりの室, そり次序なく惚れ, そりを進め, そりの中, そり氷峰に聽, そり汝為て見ろ, そり江戸へ潜り込み, そり注意があつ, そり浸つてゐる, そりを流し, そり渡してくれた, そり湯槽にひたつ, そり湯殿山行人にさま, そり潛在して, そり澱んだ深い色, そりの消えた, そりが立っ, そり煙草を吸, そりをきり毛, そり片手をうしろ, そり片腕の用, そり片隅に生かし, そり特異なニユアンス, そり玄関へ出, そり甘い汁を, そり生かして貰ふよ, そり登り登りした林檎, そり盗んでしまつたんだ, そり相州さまのお, そり相手に争つて, そり相談したこと, そりそうな, そり眠つてゐた, そりを開く, そり着物をきかえた, そり知つてゐたから, そり砂糖黍を折つて, そり神様に隠れ, そり空いた腹汁かけ, そり突立つてゐて, そり窓ぎはの席, そり立ちあがつて怒つた, そり立ち上がつた, そり立って村, そり竹の子竹になる, そり笑声をもらした, そりを授け, そり箪笥の中, そり紅茶をさがし出し, そり細工すること二年, そり繁昌して, そりを描い, そり罪惡でも犯し, そりの心, そり羨しがつた, そり羽根田へお前, そり老けたといはれる, そり耳打をする, そり耳打ちしたの, そりを伸ばしかけた, そりの左側, そり自動車に乗り込む, そり花市君の耳, そりを吹い, そり若い者にだけ, そり茶の間へはひつ, そり落されていた, そり落ち額はやつれ, そり蒲團の下, そりいこんで, そりのとう, そり藤夜叉のそば, そり藤屋のお客さん, そりの出づるやうな, そり行くので, そりで動いた, そりてゐた, そりつた, そりつてゐた, そり訪ねて行, そり設けて置いた, そり讀んでゐる, そり貯めて来た, そりつて貰ふ, そり走り寄つて塚の前, そり起きあがつて大きな, そり起上ッて坐, そり足利家の大網, そりをくらまし, そりいて, そり蹲つて湖を抱きかかへる, そり軽くアレンジされた, そり近づいて来る, そり近寄つて来ます, そり返し腹を前, そり返し責任ある考え, そり送つていただきました, そり逃がしてやっ, そり逃げ出してゐた, そりひ出して, そり這うように, そり通り拔け次, そり遊び氷すべりにぎやか, そり運ばせて来る, そりぎてしまつた, そり道具屋の真似, そり金太郎を見送, そり金春家から取, そり鉄砲打ちをやる, そり長島を出, そりからはいつ, そりの中, そり阿波へ探索, そり附けて聽, そり陰気になった, そり雑草の中, そり離れて長い, そり雪江さんの面, そりまつて, そり静まつた寺院, そり静まりましたから縁側, そりまつて, そりだった, そり面倒を見, そりをみがかせ, そりさせて, そり頬被をした, そり風呂敷包を抱, そり食つたに違, そり食べて置い, そり食事に降り, そり飯ツブを入れ, そり飯茶碗で飲んだ, そり馬鹿な真似, そり高い鼻とは, そり高橋氏を陳列所, そりが教, そりつて立つ