青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「その間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~そつ そつ~ その~ そのうち~ ~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~
その間~
~そば そば~ そもそも~ そり~ そりゃ~ ~それ それ~ それから~ ~それぞれ それぞれ~

「その間~」 5965, 64ppm, 1773位

▼ その間~ (2778, 46.6%)

30 私は 28 彼は 23 平次は 14 立って 11 あって 10 僕は 8 あつて, 何か, 於て, 私の 7 何の, 彼の, 挟まって, 自分の 6 いろいろの, 何等の, 俺は, 彼女は 5 一人の, 僕の, 多少の

4 [15件] おれは, わたしは, 一つの, 一つも, 交って, 何度も, 僕が, 出來, 判然たる, 区別が, 少しも, 散在し, 男は, 私が, 立ちて

3 [29件] ある, お雪, かれは, はさんで, まじって, 一本の, 不思議な, 二人の, 人の, 他の, 何かの, 先生は, 八五郎は, 共通の, 君は, 在って, 坐って, 女は, 家の, 挾まつて, 早くも, 曲者は, 父は, 私たちは, 私には, 自分は, 色々な, 衝突の, 非常に

2 [125件] あなたは, あるもの, いろいろな, おふくろの, お君, くぎりを, くどい思慮, こ, ここを, この列車, この辺, これだけの, さっきの, どういう関係, どこまでも, なにか, はさまって, ひとりで, ほかの, まじり次第に, もう一人, もはや別, わしは, わずかに, わたくしは, われは, 一方では, 一軒の, 上に, 主人は, 乗じて, 二三度転宅した, 二日休んだ, 交る, 今の, 仙太は, 何を, 例の, 助手を, 動いて, 包まれる秘義, 区別を, 卓子の, 受けた愛情, 口を, 君の, 吾輩は, 呂布は, 土地の, 埃の, 壁の, 変な, 大勢の, 夫は, 女の, 女の子は, 娘子供は, 子供は, 完全な, 宗教的な, 客は, 家へ, 小者二人上林の, 少くとも, 少しは, 差別を, 幾つかの, 幾人かの, 幾度も, 庭の, 彼女が, 彼女の, 彼等の, 或る, 戦争が, 截然たる, 抱く曠野, 散在する, 敵の, 新しい観念, 日本の, 時間を, 来て, 横たわって, 横井は, 次の, 水茶屋が, 泛ぶ, 渠の, 点々と, 生じて, 町役人土地の, 番頭の, 疑いを, 秀吉は, 秀子は, 秘められた約束, 秩序を, 立ち混つて, 立つて, 織子, 老人の, 老人は, 自分が, 自然に, 自然淘汰の, 船は, 色々の, 花道より, 茶でも, 詩集としては, 誰が, 身体の, 部屋の, 銃を, 長男が, 関係が, 阿賀妻は, 電話の, 風呂へ, 風呂場の, 飛付いた第, 飛石の, 駕籠と, 齟齬の

1 [2166件 抜粋] あった, あの娘, あやまちは, ある小さい, ある横丁, あんまり私, いかに狼狽, いちじるしい懸隔, いつか一方では, いままで, いろいろ道筋, うちへも, うまく教室, おこなわれた, おのずから元気, おのづか, お乳, お勝手へ, お孝, お掃除, お燕, お紋, お蝶, かかる時間, かれが, きく事, くさること, こうやっ, こちらも, こつちを, この二月, この手紙, この部屋, これまでの, こんどの, ご加増, さまざまの, しっかり見物, すきの, すたこら自分, すつかり僕, ずんずんさき, そつと, その男, たくさんの, ただ一つ, たまり兼ねて, ちょいちょい中座, ちょっと気にいった, ちらほらし, つけこむ空虚, ですから, ともすれば望ましき, どうした, どうする, どっちが, どれほど梶太郎, どんな事件, なおも玄徳, なすべきこと, なにもかも変つて, なんとでも, なんらの, のっぽの, はじめビツクリした, ひっそりと, ひと坐り, ふとぬれ, ほうせき, ぽつぽつ私なんざ, まず袁譚, また在る, また谷, まちを, もう春, もぐって, もっとなに, ゃあらかたうなっちゃうワ, やや長目, ゆっくり頭, よみたい小説類, わが四隻, わざわいの, わだかまった異国, われわれよりも, アマが, ウト, カフスボタンを, ガス深い, キリキリと, コンブフェールクールフェーラックジャン, シゲと, ジリジリと, ダンスさんは, チョビ安は, トム公は, ハチの, パッと, ピューッと, ブルジユワの, ペガッサスは, マイダスは, マルガレートは, モデルの, ワクーラは, 一つ二つ輝く, 一めんに, 一凹の, 一刻も, 一家一門予て, 一度いつ, 一度人知れずそっと, 一文字に, 一片同情の, 一種荒涼な, 一般の, 一髪の, 三代か, 三四時間も, 三組町まで, 下層階級は, 不意と, 世界の, 中山が, 主人が, 乗合馬車の, 事務所では, 二三人の, 二三軒用達を, 二十五年の, 二度発作が, 云々と, 五六カ所も, 五年ほど, 五郎将文六郎将武なども, 亜介は, 交ゆる, 京都へ, 人を, 人知れぬ, 今井は, 介入し, 仕度します, 仮殿, 伏在する, 伝染病流行年が, 住んで, 何とも言, 何度逃げよう, 佛樣の, 來て, 保は, 修得せる, 停留所に, 偶然に, 傷いた, 僅かの, 優劣なき, 元町の, 光って, 兎や, 入り込んだ三十分の死, 八五郎が, 八百や, 共同の, 其等の, 内外の, 冴えた空, 処する道, 出来るだけの, 出立の, 初めてホッと, 判然した, 利家父子は, 割れ目の, 労働政治科学芸術の, 勘弁勘次に, 北の方も, 十二三人の, 千万無量に, 半七, 南の, 印度の, 厨川君は, 又もや挟まれ, 又舞, 反対の, 叔父は, 取調べを, 可なりの, 司法の, 合は, 同勢は, 名探偵, 向うは, 周平を, 味方の, 咲枝が, 喜代子は, 囃方の, 四十何年の, 回教伽藍の, 土居先生は, 在来の, 地金の, 坊やと, 埋まるよう, 城介に, 場所柄だけに, 境界線を, 士官候補生たちは, 多くの, 多少作成, 大きい方, 大ちやん, 大地を, 大学の, 大森まで, 大阪へ, 天気が, 太宰君は, 夫婦専用の, 女が, 女房を, 妹の, 姉は, 婆やと, 嫉妬心も, 存すること, 守備は, 官兵衛様には, 実に多く, 家が, 家中を, 宿代の, 密接な, 寝室に, 寺院の, 射手百人の, 小さい島, 小六は, 小猫, 小鳥の, 少しの, 少年は, 展開される, 山の下迄, 岐阜方面の, 川合清丸の, 左右の, 左近を, 差別が, 帝に, 常任幹事も, 幕下の, 平次が, 幻影は, 幾度目を, 庄平は, 床屋サキの, 庭を, 式を, 弦之, 弾条を, 当人は, 彷徨し, 彼等は, 得た印象, 御気分, 御返辞, 徳永直さんの, 心を, 忘るる, 性的問題が, 恐慌的な, 悩む人間関係等, 愈国, 感じたこと, 懐中から, 戦器を, 戰亂や, 所謂文の, 手早く引抜い, 手習いし, 抜目なく, 拝領した, 挟まる自分, 挟んだ, 挾めり, 掛茶屋の, 摩利信乃法師は, 数えきれないほどの, 整然とたち並んだ, 敵は, 文字を, 断絶した, 新六郎さんと, 於ける翁, 日劇ダンシングチームと, 日本全国津々浦々を, 早口に, 明るいひろびろ, 映写幕に, 時々突然地, 時々驚く, 時時洩れる, 曲んで, 書かれたもの, 月が, 有為な, 朝日夕日は, 木柵, 本当の, 村人は, 来賓の, 松坂から, 林彦三郎を, 柳沢は, 根を, 桜草や, 梨子だの, 棚の, 椋鳥や, 榊原の, 標題だけでも, 横わっ, 機を, 次郎と, 欧羅巴に, 正覚坊が, 歩行にのみ, 死骸の, 母と, 母親は, 毒蛇の, 気が付けば, 気味の, 水戸様で, 江守銀二は, 治郎左衛門の, 泰軒は, 洋画の, 浩子さんが, 海軍の, 深い澤, 渦の, 湧き出る, 滝川一益は, 潜り込んだ, 火が, 点々として, 無事に, 無駄には, 煙客翁と, 熱心に, 爆竹が, 父親の, 片手で, 牧太郎は, 特に私, 犯人を, 猛烈な, 猿が, 玉枝を, 現ずる森羅, 甚だ顕著, 生じたもの, 生ずるよう, 生まれた母, 生存し, 田庄平だけは, 甲比丹の, 異様な, 疑ひを, 発句でも, 白堊の, 白木は, 皇后は, 盗賊が, 相互の, 相變ら, 看過すべからざる, 知つた顔を, 研究班の, 社長の, 神様が, 秀吉の, 私めも, 私腹を, 秣を, 種々暗闘が, 空は, 穿たれて, 立たなかったの, 立ち血, 立働いて, 竜輩凍死すべけれ, 笑ひ, 等差は, 篠井山の, 米国側では, 糸子サンに, 紙蚊帳の, 細孔を, 結城縞の, 絞れるだけ, 綜合的統一が, 線描の, 縄を, 罕に, 置かれた障壁, 美濃へ, 羽柴家の, 老人と, 考えて, 肚ご, 背に, 腦症を, 自分たちの, 自分一人いる, 自然國民性の, 舟人等は, 良くない, 色彩の, 芽ばえて, 苦しみぬいた彼, 英子に, 草鞋を, 莚を, 落込ん, 葭簀が, 薬が, 蚊に, 行はれた, 街路や, 袋から, 襖を, 見いだされる自己, 見たり, 見物の, 親へ, 親猫, 訂正され, 詩人が, 読書も, 調和を, 諸国の, 議曾に, 貴子さんが, 買って, 賊は, 走って, 起こった事変, 起って, 起伏し消長し, 越後勢が, 距離という, 身を, 軍の, 転変した, 辛く一馬車, 農家の, 追ひこした, 這入つて口錢, 連れの, 逸る敵, 道の, 道真が, 邪念も, 部下は, 都へ, 酒筵を, 野上, 金花の, 鉄の, 錯雑は, 長官は, 開業の, 防寨は, 陸遜, 随分変った, 雑誌は, 難所が, 雲の, 青い雑草, 静止し, 音の, 頭数が, 頭脳の, 顔だけ, 風間が, 食事当番は, 首領を, 馬丁は, 駒を, 騷ぎを, 髪の毛が, 魚は, 鶴が, 黒くこげた

▼ その間~ (439, 7.4%)

17 事情を, 消息を 5 ことは, 事情が, 悪さ, 消息は, 関係が, 関係を 4 事は, 事情は, 境界は 3 事情も, 区別が, 去就に, 時間を, 消息が, 距離は, 路地を, 道中が

2 [20件] いきさつも, いきさつを, ことを, 一週間は, 事に, 仕事は, 利益を, 変遷は, 差別は, 心の, 心理は, 時間が, 機微を, 消息に, 私の, 空気が, 苦悶そも, 路は, 連絡が, 鞘を

1 [299件] ある夕, いきさつが, いきさつは, いきさつ或は, お小費, お差料, くわしい経緯, こころもちを, こと, ことでありました, ことである, ことな, ことにも, こと陸上との, ごたごたで, さやは, しょうそくは別, すること, そりを, ちえ子さんの, ちょっとした穴明き, つなぎに, つなぎにとて, つまり表から, ところどころに, とれな, なだらかな, なんとなく一抹, のびた歌声, びのしたなかに強い, ふたりの, ますます遠ざかつ, もつれあいかた, もつれあひかたと, わたしの, ジャンクションが, 一寸した, 一年と, 一致または, 七八年か, 三十何年間という, 与八の, 主なる, 乖離そこに, 争闘は, 事なりき, 事情に, 事情について, 事情に関して, 事情の, 事情明々白々なり, 二人の, 二十二三に, 二十分間ばかりという, 五丁にも, 交渉が, 交通すら, 交通も, 交錯関係そんな, 人けの, 会話の, 体の, 何かに, 何も, 何軒かは, 作品の, 使命は, 保護は, 僕の, 光りそれ, 兵粮は, 冬休を, 処置が, 凹地に, 出来ごとであった, 出来事だった, 出来事は, 出来事よ, 切ない気持, 剣の, 動静を, 務めは, 勞苦は, 区分やを, 区別は, 区別を, 十一谷君と, 十二カ月以上も, 南北に, 可愛らしい子供, 喰ひ, 嘘も, 困窮はたと, 土地管理が, 圧制実に, 地が, 地理学上よし, 境界も, 変化は, 変化を, 多くの, 多くを, 多大の, 大体の, 天地萬物の, 姉の, 娘の, 孤独で, 宿場らしい, 寒さ, 小劍, 小半日, 小径の, 小径も, 山々には, 山坂ばかりの, 山科盆地を, 己の, 年月は, 幾十反の, 床の, 庭の, 彼の, 径路は, 御励精, 御簾に, 微妙な, 心意は, 心持と, 心理的消息を, 心配で, 心配という, 忍苦に, 忍苦辛酸を, 怖さ, 思ひ出, 性質の, 怯堕が, 恋愛の, 恐ろしいよう, 恐ろしさ, 息抜きと, 息苦しいと, 悪かった, 情実を, 感懷を, 感激や, 所在に, 所見である, 扉には, 手数と, 抜けた無意味, 抜けた眼, 推移に, 推移を, 搜索の, 数多い歌, 時代の, 時代を, 時間の, 時間は, 木曽川, 村, 柵が, 桜の, 正確な, 歩きにくい厚い, 歳月が, 殺気立った空気, 母様の, 気分に, 気合いは, 気持や, 決戦戦争によって, 治乱には, 活, 活躍ぶりは, 流浪困窮の, 消息がや, 消息について, 消息一目し, 渓流の, 溝を, 滞京期間は, 無沙汰を, 父の, 状況を, 狭い暗い処, 王さんに, 理論づけ, 生きかた, 生き恥も, 生活過程を, 生計に, 用事は, 町は, 留守番として, 盆地数十里の, 相違の, 相違は, 相違を, 真相は, 矛盾には, 矛盾の, 矛盾や, 矢張薄暗い, 短きこと一, 砂礫の, 秀吉の, 秘密の, 移り行く, 稼ぎ賃まで, 空気の, 空虚な, 糧食を, 系統の, 紛糾んだ, 細かいこと, 経緯やら, 経緯を, 経過を, 結合が, 結晶の, 緊迫した, 美の, 考へ方, 聯絡といふ, 聯絡は, 自分の, 興亡流血は, 艱難と, 色が, 芝忠さん御, 芸術心の, 苦しみだけでも, 苦しみって, 苦心たるや, 苦心を, 苦渋が, 苦節苦衷死生の, 菜っ葉服の, 融和が, 行為が, 行程を, 表現は, 複雑な, 見張り米が, 見聞記を, 言動に関しては, 記憶という, 訪客の, 詩的勞作である, 詳しいこと, 詳しい消息, 調停成らずし, 調整を, 變り, 谷が, 谷とが, 貴族といふ, 費用として, 費用は, 資格の, 足の, 足蹟は, 距離が, 距離を, 距離幾許, 退屈紛れに, 通り道に, 遅延と, 運動は, 運搬は, 運搬費を, 道が, 道中と, 野上という, 金利を, 長いだけ, 長い苦労, 長さ, 長押に, 関係に, 関係の, 関係は, 隠微な, 雨降り風間やっぱり, 雰囲気を, 電氣斥力が, 露路を, 順調と, 食費宿料も, 飢えや, 騒動ったら, 高低起伏は, 高原を, 高瀬では, 黒い底, ******そうで

▼ その間~ (336, 5.6%)

13 縫って 7 縫うて 6 通って 5 利用し 4 ぬって 3 流れて, 点綴し

2 [17件] く, ふらりと, やつと, 周旋し, 川が, 往っ, 抜けて, 歩む, 泳いで, 流れるの, 潜って, 猫と, 縫つて行く, 縫ふ, 静かに, 馳け, 驛遞の

1 [261件] あらえば, いたずら盛りの, いっそうの, うねった小道, うまく切りぬけ, お浜, かけずりまわってばかり, くぐって, くぐつて, くぐるよう, ここでも, この少年, これは, さまよう放牧, しばらく歩い, すさまじく碎け, すべりまわって, すりぬけて, ただ凌霄花, たったいま人, つないで, つなぎ合せる枯草, つなぐせまい, つなぐため, つなぐの, つなぐ幾分, つなぐ扉, つなぐ道筋, つなごうと, つぶすそれ, つめて, とって, とびまわって, とんで, どうして暮らそう, どこぞに, どっちつかず, どんどん逃げ, ねり歩く美女, のろのろした, はなはだ巧み, はねてる, ふく明子ふくの, ふらふらと, ぶらつく私, ぶらぶらと, へだてる群集, ほとんど純粋, ぼくは, ぽっと外ずし, やみなく, ゆるゆると, よく取り, りを, チラリと, ハイヤが, パンの, モウすこし, 一等の, 一筋の, 一羽の, 一行埠頭の, 世辞湯の, 何人かが, 何人かの, 働いて, 先に, 入って, 入りみだれて, 凶と, 刄の, 分けて, 切り抜くべきや, 前駆の, 勤めるの, 十手で, 千鳥が, 南北朝文化展で, 印刷工場からの, 取って, 台より, 吉野川な, 向う側へ, 周旋する, 呼鈴に, 喰いつなぐ米塩, 垂直に, 埋めて, 夕方歩む, 奇妙な, 奔り回っ, 奔走した, 如何う, 如何に, 容易に, 小さい雨脚, 小半町ほど, 小犬たちは, 川は, 川崎の, 巧みに, 帆が, 帝国軍人は, 平安時代と, 平気で, 幾度も, 引っ張って, 彼方の, 往來し, 待ちきれないで, 待望の, 得ずしかるに, 得て, 愉しそう, 憧憬が, 房一の, 房枝は, 抜けること, 押しわけて, 押し分けた制服, 探しまわった, 擦りぬけながら, 放し飼, 散歩し, 斡旋した, 早や, 時々山, 暴れ狂った, 月桂冠は, 李剛は, 村の, 東奔西走し, 横切って, 歩いて, 歩いては, 歩かせ自分, 歩き, 歩き廻った, 歩き廻って, 歩く人人, 歩く人間, 歩く長刀, 歩みゐたるに, 水に, 水を, 水郷に, 汝の, 波の, 注いで, 泳ぎまわり卵, 流れた, 流れる, 流れるもの, 流れるダニューブ, 流れる千曲川, 流れる田川, 流れる神田川, 深く切りこん, 混乱さす, 漏る, 漕ぎま, 潜りぬけて, 潮流が, 澄み徹つた水, 無数の, 煙の, 燕の, 爽かな, 牢屋から, 狂奔し, 狭める客, 猟師達は, 玉虫の, 王の, 生きて, 生命からがら, 生肴, 田舟で, 白い道, 眩しい光り, 秀吉は, 私たちの, 私と, 程よくとり拡げ, 竜舟が, 粉の, 糸の, 緩かに, 縦に, 縦横に, 縫いそこらあたり, 縫いて, 縫いながら, 縫い下, 縫うこまやか, 縫うての, 縫うよう, 縫う径, 縫う怪奇, 縫う杣道, 縫う水, 縫つてミンミン蝉の, 縫ひ, 縫ふて引き寄せる, 繋ぐため, 義経も, 自動車が, 自在に, 茸狩か, 蘆分小舟の, 蜻蛉が, 血まみれの, 装い立つ, 見え隠れし, 見はから, 誰へも, 諏訪湖に, 警視庁の, 貫いて, 貫きたり, 賑かに, 赤い小老, 赤衛兵が, 赤青黄紫と, 跫音を, 踏んで, 辛うじて抜け, 近所の, 這ふ, 通さない, 通ってる, 通りすぎる往来, 通りぬけ, 通りぬけるが, 通り抜けて, 通行し, 通過せざれ, 逢って, 過ごさせまして, 道が, 道は, 道夫は, 避けると, 関の, 陰気な, 隔てられた, 静, 靜かに, 非番の, 頭で, 飛びちがい, 飛び飛びに, 食いつなぎ得たとしても, 馬の, 馬を, 駆け足で, 高張提灯や, 魚の, 鳥と, 鹿爪らしく歩ん, 黄色い芝草

▼ その間には~ (238, 4.0%)

4 何の 3 ひつて, 自分の 2 いつも必然, いろいろな, いろいろの, 何を, 父の, 紅い彼岸花, 非常に

1 [214件] あなたの, ある必然的, いのちと, いろいろとち, いろいろ困った, いろんなでき, いろんな交渉, おもしろ半分, お客に, かなりの, きわめて深い, この大, これまで, こんなこと, ごく稀, さまつて, しばしば降雪, すこしづゝ米商ひも, ずいぶんいろいろの, ずいぶんはげしい, その怒り, ちりん, ですね, どうかし, どこかへ, どこにも, なお斗拱, なかなか歌一つ, ぱたぱたいふ太鼓の, ふっくりした, またちし, また千金, また多数, また大きな, また越前守, むろん相当, もう一人, もう子供, もちろん茶, やはりチョェテン・カルポ, やはり落着けない, わずかに, シッキム人も, タッタ一つの, マホービン持つ, 一九三八年, 一本の, 一軒の, 一重の, 七十八歳の, 三五兵衛の, 三四人の, 三沢の, 主任が, 予期に, 互に密接, 五六分しか, 五分間ごとに, 人世と, 人指し指を, 今まで, 今も, 仕事も, 何かしら共通の, 何らの, 何百遍も, 侍臣や, 信じられない程, 僕は, 儒家の, 光沢ある, 全体の, 内々足利方からも, 初終駒ヶ岳, 別に變つた, 動向の, 千曲川の, 単に主体的立場, 友達にも, 叔父達は, 口で, 古今英雄豪傑の, 叩かれた女, 国境という, 地震が, 多少詩, 大きい黒幕, 大きな声, 大きな相違, 大抵痛み, 大暑が, 天地以上の, 太い底力, 太陽が, 太鼓笙篳篥インド琴あるいは, 夫妻の, 失敗は, 婆さんたちの, 子供を, 学徒みずからの, 密接な, 小さい観音像, 小山内薫君有島生馬君青木繁君田山花袋君それから, 巧に, 市助も, 帝国図書館その他へ, 平地も, 幾度か, 弟の, 当局の, 彼が, 彼の, 彼は, 往々齟齬, 往年の, 微妙な, 心より, 心付かず或, 必ず砲台, 応仁の, 患者さん方の, 意地の, 意見が, 或る, 折々千代千代, 播磨の, 改作が, 放浪者の, 教義の, 文学作品として, 新しい書類, 日月星辰山川草木と, 日本酒や, 昨夜の, 景色の, 書籍の, 月花の, 有為の, 木屑が, 木曾路らしい, 森林が, 楽人の, 次郎の, 此等の, 死亡が, 殆ど他, 殿が, 水茶屋も, 沢山の, 沿革地理學が, 深い關係, 潜門や, 無意識です, 無論他, 無論若干, 珍しい木, 生徒たちの, 用水堀や, 由来と, 甲乙親疎の, 男女打ち, 畠に, 疲れた水禽, 百人の, 真紀子や, 確かに, 私が, 私には, 私は, 種々の, 稲の, 第一基, 紫陽花なぞが, 細殿の, 緑色に, 繩紋が, 習俗遂にあたかも, 聴衆である, 自然いろんな, 色々の, 色々重大, 花聟の, 芸妓幇間を, 草樹の, 荒れて, 落合の, 蛙の, 蜿, 裏切られ又, 見苦き, 言い知れない悩み, 読書する, 誰が, 調和が, 諧謔を, 谷の, 質屋の, 迷い易い, 透明な, 量子力学の, 金屏風が, 長い歴史, 長火鉢に, 随分いろいろ, 随分泣く, 雨が, 雪の, 雲の, 雲煙あるいは, 非常なる, 風が, 食を, 麦の, 麦焦しの

▼ その間~ (198, 3.3%)

4 彼は 3 勿論あの 2 ジリジリと, 何か, 例の, 壁が, 彼の, 心は, 茶の間の

1 [177件] あたりの, あの女, あの快活, ありやしてね, いかにも大, おのおの駄句, おまわりさんは, お互いの, お光, この人, こんこん木槌, ずうっと, ずっと出来る, ずっと頤, たえず私, ただ茫然, たまあ, つづけて, ないよう, なおも譫言, なく急, のんびりと, ほとんどしゃべりつづけ, また絶えず, やはりおのずから甲板, よそながら殿様, ガガ, ガツガツと, キラキラと, クリストフは, ズンズン黒法師は, ソソクサ歩い, タイタニックは, トウルゲネフは, フィラデルフィアの, レクラム版の, ロンドン警視庁へは, ヴィンセントは, 一人われを, 一方眼, 一言も, 三好と, 下界には, 不死人, 久慈は, 今日の, 他へ, 伽羅の, 何の, 俊助に, 兇暴の, 先生は, 光春は, 六郎が, 兵士らは, 兵馬は, 冷雨が, 凩は, 出来る事, 出羽守の, 前夜より, 前後の, 勿論静か, 十三節か, 南部集五郎の, 口汚く罵られ, 叩きは, 向い側の, 向うの, 向う側の, 吹きつのる小, 外に, 天幕を, 太陽は, 失望の, 始終三人, 始終右手, 始終彼, 始終心配そう, 始終耳, 子供を, 安然として, 宗易を, 寂しい鬼, 寅二郎の, 岩は, 左膳から, 巴里に, 帆に, 帝の, 師の, 平太夫, 底気味悪い, 度々彼等夫婦, 廊下を, 彼女は, 待ちど, 待ち遠しいよう, 微かに, 必死に, 愉快に, 懐中電灯の, 所有慾に, 手を, 援軍は, 敵は, 新八郎, 旦那様は, 春の, 時々家, 時々彼, 時を, 曇りの, 東京駅の, 松吉は, 楠の, 楽堂の, 横目で, 次第に近寄っ, 武者之, 母の, 毎日の, 毎日日課の, 気に, 気にか, 水の上には, 沈黙が, 深い真夏, 滝は, 漢口の, 無心に, 熱に, 犬どもは, 用捨は, 百姓は, 相手の, 眼は, 着飾った人, 神戸行の, 私と, 私の, 竹林の, 絵を, 絶えず, 絶えずポタポタ, 絶えず何, 絶えず彼女, 絶えず慎ましく小さい, 絶えず春, 絶えず自分, 継続し, 縁台に, 縮まって, 若い僧, 葉子は, 行列は, 覆面の, 足もとの, 迅い, 遂ぞ, 道庵は, 郁太郎は, 金ゆえ逢れぬ, 銀の, 鋼鉄の, 阿濃, 雷は, 頭から, 頭の, 額縁に, 颯と駈け寄せ, 館内は, 馬車は, 麦こき, 麻布十番から, 黒川は, 默つて見

▼ その間にも~ (194, 3.3%)

6 彼は 4 私は 3 私の, 見む 2 二人の, 凝結した, 彼の, 戦さの, 目がける, 相手の

1 [166件] あなたの, いくつかの, いろ, いろいろの, いんちきば, うその, お今, お咲, がんりきの, ぐんぐん三十, こびりついて, さらに幾通, しきりと, しずかに, しっきり, しなければ, たえず店, たまには, ときどきうしろ, なお多く, なお深い, また考えました, やって, よく鼻, クモと, サンキュロトの, セキストン伯爵から, ヅシンヅシンと, ファンティーヌは, ワイワイと, 一つあった, 一つの, 一休みしよう, 二三の, 二三度行つて見ました, 二度ほど, 今川氏真と, 仕事に, 他の, 付近の, 伸子の, 何か, 何も, 例の, 保志子は, 修驗者の, 先刻も, 先日の, 光枝は, 六郷左京と, 兵乱は, 前科者の, 勝家は, 十吉の, 千ちゃんは, 単に激憤, 危険に, 友達は, 右へ, 同僚たちは, 名作, 噛みこなす事, 四十俵高の, 四辺の, 土手の, 壁は, 外では, 大小の, 大掃除, 女稼ぎは, 奴は, 妖女は, 官兵衛孝高を, 家々の, 小さな切れ切れ, 小さな火山弾, 山岸中尉と, 帆村は, 常に絶やさぬ, 幾人か, 庶民に対して, 廻転し, 役目が, 彼と, 後ろから, 心痛の, 愛子の, 或る, 文化の, 文化は, 断えず皆, 時々すぐ近く, 時々懐しく, 普賢菩薩の, 東助は, 東野は, 桑港の, 横の, 次第に近づい, 母の, 毎日の, 気付かぬ位, 油断なく, 法律上佃を, 泡の, 活動を, 活溌に, 浜では, 火は, 火勢は, 熟れ切つて, 父は, 父子三名に, 猶目, 猿の, 生活は, 用意が, 畑の, 病気は, 百何十ヵ村の, 相撲取りたちは, 眸の, 着々と, 着到の, 素子は, 紫琴女は, 組んず解れつ焔, 絶えず三人, 絶えず庭, 絶えず聞きとり, 続いて, 聖護院の, 肴を, 自分の, 至尊犯すべから, 色々の, 茶と, 荷役の, 菩提寺として, 萬兵衞は, 蘆屋へ, 蚊は, 血は, 被害の, 裁縫や, 見世物の, 親子の, 観音坂や, 話は, 誰彼なく, 輿を, 通史は, 逢ふこ, 進航を, 金博士に, 鋭敏に, 附近の, 陳倉の, 雑人たちは, 雷鳴は, 電気の, 霧と, 非常に, 頻々と, 高氏は, 鼬を

▼ その間から~ (150, 2.5%)

2 何か, 千辛万苦し, 眼ばかり, 見える, 覗いて

1 [140件] あらわれた, いまここで, うなされるよう, お酒, からだを, かわいい小さな, さびしい高原, しおらしい物語り, すうっと, すーっと, そういう過程, そっと隙, ちょうどお仕置, ちらちら白色褐色, ちらと, どうして平和, どん, どんな文学, ぬっとピストル, のぞきました, のぞき込んだ, ひょいとあなた, ほりかえされた坑道, まっかな, まっくら, アセチリン瓦斯が, オリガ・クリヴォフ夫人の, クワツと, コゼットの, シンシンと, ニューッと, パラリと, ヴィンダーブラミーダの, 一道の, 中央に, 人けの, 人間とも, 人間の, 低く海, 低く重い言葉, 何らかの暗示, 何物かを, 例外を, 光る眼玉, 入り交じって, 入口が, 出した, 出ようと, 刎ね, 博士の, 叫ぶ, 右手の, 向うを, 向こうが, 呼吸が, 城太郎が, 壺が, 外を, 大きな泡, 大きな眼, 実に一つ, 小さな繻子, 小さな舌, 屍の, 広い野, 張と, 彎弓の, 役場らしい, 彼の, 房州の, 折々汚らしい, 折り畳んだ紙片, 抜からぬ面, 抜け出して, 揺らめく白金色, 文化的な, 斜向に, 新しい生活, 新聞の, 方々に, 日が, 日も, 朦朧と, 東海の, 梓川の, 武蔵野には, 歴史的關係を, 母屋の, 池の, 湧いて, 湧き出して, 濃紫の, 狐格子の, 狭い路地, 現して, 現われた, 生れた作, 男女の, 痩せたうす, 白い歯, 白雪が, 百目蝋燭にも, 皮と, 真珠の, 真菰が, 稲穂を, 緑の, 群鶴館という, 肉桂の, 肩を, 腐りかけたさかな, 自身の, 舳を, 若い男, 菜の花の, 落ちる薄い, 藁屋根を, 見えた, 見えて, 見える工場入り口, 見える穂, 見える関節, 見ると, 覗くと, 起こった, 起算し, 近くプ, 迸る熱情, 這入りますと, 遠くに, 遠くの, 遠州, 鈍刀を, 隠見する, 青葉若葉が, 頭を, 顏を, 顔を, 鶏が, 黒い荒い鬚

▼ その間~ (144, 2.4%)

2 お信, 僅に

1 [140件] あまり會, あらんかぎり, いかねえから, いつまでも, いつもする, いつも乗合自動車, いるだけを, お経, お茶の, かなりありました, かなり遠く, かなり隔たっ, この方面, この聖堂, こんな山, ごくしばらくだった, ごく気長, さびしい道, すべて灰色に, そなた, どこの, どんなこと, どんな仕事, まさに六尺, まだ好かっ, まだ火花, みな非常に, むしろ沈黙, わずかに, ッと, トルストイの, マアという, メタボリンの, 一面の, 七八年間にも, 世も, 中の, 五分間ごとに, 仕事を, 他の, 何か, 何も, 何等の, 傷が, 僅かに, 僅三分ぐらい, 先ず休戦状態, 全くその, 全く訪客, 利根川にて, 割合短, 勉強出来る, 勿論湯, 十分間ぐらいに, 十幾年に, 十町ぐらゐあつてそれは, 十間とも, 千鶴子が, 同じよう, 君に, 城主たる, 夏子さん, 多少読書, 天下泰平であった, 天地が, 失心した, 奉公人にも, 婚姻を, 実に三年, 少くとも, 屋根裏の, 山妻の, 已むを, 帰らずに, 常に寂そり, 幾多の, 広い高原, 廊下には, 御在城, 必ず老母, 息を, 意志も, 戰爭つ, 敵も, 断じて遊び半分, 日ごと同じ, 映写幕は, 末造の, 東京が, 柳沢が, 横に, 横丁の, 歌を, 武蔵も, 死ぬよう, 死恥を, 毎日毎日不思議な, 民草の, 氷詰に, 汎濫帯で, 深く熟睡, 混沌たる, 淺間下とて, 源氏を, 潜在意識が, 無へと, 犠牲者が, 獨り, 生きた気持ち, 男も, 發光物質を, 皆女の子母も, 相離, 眠りました, 着物や, 知らん顔を, 研究以外の, 私の, 空白に, 細い路次, 自分の, 苦労を, 西方の, 要するに宿題, 見物が, 親の, 言わずとも, 警察へ, 貸別荘, 走る然, 躰の, 遅れ文化, 重心が, 野菜物を, 関守氏と, 隧道の, 非常に, 音信不通であった, 風の音で, 高くなっ

▼ その間~ (56, 0.9%)

3 は何 2 の方, はお前, はぼんやり

1 [47件] が, がこの, が万事, が代っ, が心から, が番, とお, と母, と河竹, にはあらゆる, の妻, の家, の心, の膝, はあなた, はあまり, はいつ, はいつも, はいろいろ, はおちつい, はさまざま, はじっと, はすぐ, はついに, はほんとう, はわれ, は一方, は事件, は坐禅, は壕, は始終, は幸, は幾度, は心, は斬られる, は新聞, は旅行その他特別, は時折, は暫く, は書斎, は煙草, は父, は私, は私たち, は葬儀車, は鉄路, は黙っ

▼ その間~ (29, 0.5%)

2 自分だけが

1 [27件] あかい西瓜店, いちばん早く, しばしば考えた, それだけの, ふっと東京, 一たいぼくは, 互いに相, 倭の, 僕は, 光って, 口錢取りの, 嫂が, 屠り去って, 彼が, 彼は, 手間賃だけは, 曲によって, 消耗し, 私と, 立ち働いて, 第三年, 粗末な, 育った娘, 自分の, 自分は, 金を, 静かに

▼ その間~ (29, 0.5%)

1 [29件] お銀様, ちょいちょい手品, また煎餅, チョコレートを, ハサまった, 一足割り込んだ, 五十銭を, 何とも聞取れない, 分けて, 別の, 割って, 大国主神を, 家来の, 小屏風, 待ちかまえて, 押隔たった, 挟まれちゃって, 挟んで, 松竹が, 自然の, 薄く切った, 走り込んだ結果, 足を, 身を, 銃を, 鋸を, 長州釜を, 頬かむりの, 飛び込んで

▼ その間~ (29, 0.5%)

2 の眼, は何, は自分

1 [23件] が食い入る, のあわれなる, の実験, の家, の手, の母, はあらゆる, はお, はこの, はじっと, はずっと, はただ, はぼんやり, はまるで, は僕, は寝台, は幾度, は放心状態, は皇帝, は絶えず, は迷い, は銀行, は門番

▼ その間~ (28, 0.5%)

2 小さい入江

1 [26件] きれて, こんなに長く, ざっと半月, そんなに遠く, たっぷり一時間, たつた一刻半, ないの, 一世紀ほど, 三尺の, 三月以上もの, 二ヶ月足らずという, 僅かに, 分りませんの, 切れちゃってるよう, 十ヵ月あまりも, 堪らない気, 少し平原, 平地として, 幹太郎自身も, 数限りも, 楽しいもの, 白く曇っ, 船形の, 鉄の, 隔って, 非常に

▼ その間だけ~ (20, 0.3%)

2 なら貸すこと

1 [18件] それに, どうかここ, ひろ子は, 便所へ, 十分に, 宅に, 寺から, 引き移って, 彼は, 我慢し, 持せて, 本物の, 根の, 気が, 眞實の, 自分の, 雄々しく過さね, 頼みますよ

▼ その間~ (14, 0.2%)

1 [14件] ぬしも, 久は, 元は, 前方で, 君は, 庄は, 杉婆は, 浜の, 父上の, 粂が, 貞が, 近さんだけが, 雪は, 鶴は

▼ その間~ (13, 0.2%)

5 をし 2 を考え 1 かへま, か被告, といふ懶い, べん, を思つて, を糧

▼ その間でも~ (12, 0.2%)

1 [12件] あたしお酉さまだけは, あなたが, うかつな, やはり将来主婦, 不相変, 例の, 寂しい眞, 寂しい真暗, 検事が, 比較的早くからでき, 私生活に, 絶えず気

▼ その間彼女~ (12, 0.2%)

1 [12件] の母親, の眼, はただ, は初め, は右, は年齢, は忍従, は湯, は無産者, は自ら, は落ち着いた, は黙っ

▼ その間自分~ (12, 0.2%)

1 [12件] がさき, に箔, の小, の未熟, の番, の身辺, はつとめ, はどこ, はほか, は三沢, は全く, も彼

▼ その間~ (11, 0.2%)

1 [11件] が専ら, には大命, のお願い, のきもの, の仲間, の馳, はあちらこちら, は下宿, は時々, は毎日, は炉

▼ その間この~ (10, 0.2%)

1 事件について, 供の, 勇敢な, 子供等を, 室から, 山を, 敏子を, 東助を, 辺に, 頭が

▼ その間~ (9, 0.2%)

2 ひの, を直し 1 が何, が縁, だか, ひが, ひを

▼ その間だけは~ (8, 0.1%)

1 しおらしく口, わずかな, ハッキリ分らない, 何かと心, 恋の, 死を, 氏子を, 腐爛し

▼ その間において~ (8, 0.1%)

1 ワグナーは, 不自然なる, 偏形偏重の, 哲学倫理学心理学等に関する, 幹枝の, 我々に, 生活の, 町の

▼ その間~ (8, 0.1%)

2 が伽, を邪魔 1 の叔母, はひそか, は何処, は教授室

▼ その間ここ~ (7, 0.1%)

2 にい 1 で地主, に坐っ, に坐つ, の奥, の苫

▼ その間じゅう私~ (7, 0.1%)

2 は自分 1 の目さき, はくしゃみ, はそわそわ, はひとり, は今

▼ その間ずっと~ (7, 0.1%)

1 かの憎むべき, じじむさいやもめ暮らし, 書きませんでした, 書記長を, 椴松と, 片手を, 頭上の

▼ その間ただ~ (7, 0.1%)

2 さまざまな 1 もうまっ, 一つポンサアル, 一度も, 互いに顔, 大小の

▼ その間における~ (7, 0.1%)

1 フランスの, 多大の, 往来であった, 断えざる, 特殊な, 生活も, 自身の

▼ その間始終~ (7, 0.1%)

1 その青年, 先生と, 叔母に, 歩き通し, 眼を, 自分の, 黙つて

▼ その間いろいろ~ (6, 0.1%)

1 とろま, な問題, な感情, のこと, の事情, の方面

▼ その間お前~ (6, 0.1%)

1 ちょっと代り, にもあちら, はここ, はどうして, は何, は随分

▼ その間また~ (6, 0.1%)

2 断えず主任教授 1 さまざま微妙な, 尼法師も, 東人なる, 航海に

▼ その間わずか~ (6, 0.1%)

1 な間, に二年, に占め得た, に途, 五六年しか, 六尺ばかりの

▼ その間一度~ (6, 0.1%)

1 でも洗う, も家, も楠, も船醉, も陣十郎, も鹽原

▼ その間僅か~ (6, 0.1%)

2 に三十歩 1 に一年, に七八年, に三十年, 十坪に

▼ その間彼ら~ (6, 0.1%)

1 の生活, の眼, はだれ, はついぞ, は何, は雨

▼ その間法水~ (6, 0.1%)

1 の眼, は側, は告白書, は外方, は生気, は黙然と

▼ その間~ (6, 0.1%)

1 一ヵ月, 一年は, 三里程である, 二時間, 半丁, 四尺ばかり

▼ その間あなた~ (5, 0.1%)

1 はここ, はどうして, はバーミングハム, は家, んとこ

▼ その間あの~ (5, 0.1%)

1 おかしな子, 方も, 殺人の, 気の毒な, 男は

▼ その間いつも~ (5, 0.1%)

1 の通り, よりも盛ん, 己は, 月の, 熱心で

▼ その間かの~ (5, 0.1%)

3 男は 1 女は, 女性は

▼ その間じゅう~ (5, 0.1%)

1 は花, 全然機械, 息詰まるよう, 白い魚, 絶えず彼

▼ その間だけでも~ (5, 0.1%)

1 体を, 救われるならそれで, 敵を, 此處へ, 睡り尼僧

▼ その間どんな~ (5, 0.1%)

1 ふうに, 別の, 困難な, 目に, 話題が

▼ その間わたし~ (5, 0.1%)

1 このドア, のたのしみ, は島, は自分, は雑誌社

▼ その間主人~ (5, 0.1%)

1 に逢つて, の方, はあちらこちら, はどうして, は賊

▼ その間全く~ (5, 0.1%)

1 に稿, 意識を, 懸隔しいる, 無事です, 道教の

▼ その間博士~ (5, 0.1%)

1 におなか, のいわるる, は一言, は或, は酒

▼ その間絶えず~ (5, 0.1%)

1 一種の, 僕は, 彼女に, 楽しい草木, 發展進歩を

▼ その間ずつと~ (4, 0.1%)

1 いつしよ, 此処には, 此處に, 知人の

▼ その間~ (4, 0.1%)

1 ゆう一遍, ゆう睡つて, ゆう自動車, ゆう鬱々

▼ その間~ (4, 0.1%)

1 いうと, いふと, わずかに, 左とに

▼ その間どこ~ (4, 0.1%)

1 か距離, にいました, の軍港, へも出かけず

▼ その間~ (4, 0.1%)

2 の方 1 は上, は泣い

▼ その間~ (4, 0.1%)

1 かにチヨイチヨイ, もお勝手, も來, れ一人死児

▼ その間かなり~ (3, 0.1%)

1 な時間, 多数の, 違つた信仰も

▼ その間こそ~ (3, 0.1%)

1 乗ずべき空間, 人の, 彼等の

▼ その間~ (3, 0.1%)

1 んは, 上人様には, 承知の

▼ その間にと~ (3, 0.1%)

1 ひろ子が, 思って, 筆墨や

▼ その間にゃ~ (3, 0.1%)

1 いい目, また幾ら, ゲッと

▼ その間ぼく~ (3, 0.1%)

1 の家庭, はうとうと, はベッド

▼ その間~ (3, 0.1%)

1 に一, に光子さん綿貫呼びやはったんや, に支度

▼ その間レヴェズ~ (3, 0.1%)

1 の眼, はタラタラ, は拳

▼ その間一寸~ (3, 0.1%)

2 も眼 1 も外

▼ その間一毫~ (3, 0.1%)

2 の掩 1 も利害得失

▼ その間不思議~ (3, 0.1%)

1 なくらい, なこと, なほど

▼ その間二度~ (3, 0.1%)

1 まで付き添い, も三度, も癲狂院

▼ その間先生~ (3, 0.1%)

1 によりつつがなき, は待っ, は終始

▼ その間~ (3, 0.1%)

1 などは一人, の子供たち, の幻

▼ その間~ (3, 0.1%)

1 が札, と山田信之助, は庭

▼ その間子供~ (3, 0.1%)

1 が何, は顔, を預った

▼ その間~ (3, 0.1%)

1 から一歩, の生活状態, の者

▼ その間少し~ (3, 0.1%)

1 でも描い, の油断, も姿勢

▼ その間幾多~ (3, 0.1%)

1 の悲喜劇, の月, の艱難

▼ その間煙草~ (3, 0.1%)

1 をふかし, を吸, を吹かし

▼ その間~ (3, 0.1%)

1 と弟, のこと, は娘

▼ その間私たち~ (3, 0.1%)

1 は夏, は大概, や母

▼ その間種々~ (3, 0.1%)

2 の経歴 1 な方面

▼ その間あたし~ (2, 0.0%)

1 は出来る, は道夫さん

▼ その間あるいは~ (2, 0.0%)

1 協同組合運動に関する, 烈しい濃霧

▼ その間いかなる~ (2, 0.0%)

1 修業を, 汽船も

▼ その間いちど~ (2, 0.0%)

1 も私, も通っ

▼ その間おのずから~ (2, 0.0%)

1 区別が, 新たな

▼ その間およそ~ (2, 0.0%)

1 五百年, 時の

▼ その間おれ~ (2, 0.0%)

1 はたえず, は何

▼ その間お勝手~ (2, 0.0%)

1 で板前, に入

▼ その間からは~ (2, 0.0%)

1 寺の, 広い青い野

▼ その間からも~ (2, 0.0%)

1 うかがわれた, やはりちよ

▼ その間しばしば~ (2, 0.0%)

1 将軍の, 曹操へ

▼ その間じゅう彼~ (2, 0.0%)

1 の心, はあらゆる

▼ その間その~ (2, 0.0%)

1 女は, 姿勢では

▼ その間そば~ (2, 0.0%)

1 に坐っ, の机

▼ その間たえず~ (2, 0.0%)

1 使番が, 淋しそう

▼ その間たった~ (2, 0.0%)

1 一人に, 四十六七日で

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 つて殆ん, ん

▼ その間だけが~ (2, 0.0%)

1 ぽつんと切りとられ, 休息だつた

▼ その間だけの~ (2, 0.0%)

1 嬉しさ, 生活費を

▼ その間だに~ (2, 0.0%)

1 懶き身, 青春の

▼ その間だれ~ (2, 0.0%)

1 もこの, も飴チョコ

▼ その間ちっとも~ (2, 0.0%)

1 浮気を, 落ちつけず何ん

▼ その間という~ (2, 0.0%)

1 ものは, もの郁太郎は

▼ その間とて~ (2, 0.0%)

1 彼の, 彼は

▼ その間ともかく~ (2, 0.0%)

1 も店, 伊勢の

▼ その間どう~ (2, 0.0%)

1 したらあなた, でもします

▼ その間どうして~ (2, 0.0%)

1 いた, 暮して

▼ その間なに~ (2, 0.0%)

1 をし, を考え

▼ その間なんら~ (2, 0.0%)

1 の視察, の連鎖

▼ その間においてすら~ (2, 0.0%)

2

▼ その間へは~ (2, 0.0%)

1 いる白, また多く

▼ その間ほとんど~ (2, 0.0%)

1 一カ月を, 七里ばかりの

▼ その間より~ (2, 0.0%)

1 後方に, 青きもの

▼ その間わたくし~ (2, 0.0%)

1 は奈良井, を御

▼ その間ジャン・ヴァルジャン~ (2, 0.0%)

1 は室, は恐ろしい

▼ その間ホテル~ (2, 0.0%)

1 とドクタア・マレー, の室

▼ その間マリユス~ (2, 0.0%)

1 は毎日リュクサンブール, は震え

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 と言, は能

▼ その間一つ~ (2, 0.0%)

1 の楽しみ, 寝も

▼ その間一人~ (2, 0.0%)

1 のお婆さん, の病人

▼ その間一年あまり洋裁修業~ (2, 0.0%)

2 の旅

▼ その間一種~ (2, 0.0%)

1 いふべからざる苦痛, の共産主義

▼ その間一語~ (2, 0.0%)

1 をも発せず, を発しる

▼ その間一貫~ (2, 0.0%)

2 して

▼ その間二人~ (2, 0.0%)

1 の小, の間

▼ その間井上~ (2, 0.0%)

2 は甚伍左

▼ その間何やら~ (2, 0.0%)

1 考えこみながらも, 認めて

▼ その間何ら~ (2, 0.0%)

1 の区別, 区別の

▼ その間何ん~ (2, 0.0%)

1 という事, の問題

▼ その間何事~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, も無かっ

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 の三, の眼

▼ その間八五郎~ (2, 0.0%)

1 とお, にいろ

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 づるところの俳人少から, づる所の

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 に変わった, に本心

▼ その間助け~ (2, 0.0%)

2 てくれた

▼ その間区別~ (2, 0.0%)

1 のある, のなかっ

▼ その間半蔵~ (2, 0.0%)

1 は座, もよく

▼ その間厘毫~ (2, 0.0%)

1 のすき, の隙

▼ その間吉野~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 は老婢, は面白く

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 にジーッ, へ出た

▼ その間多少~ (2, 0.0%)

1 の尾行, の思慮

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 がつきっきり, の脱ぎ捨てた

▼ その間妻子~ (2, 0.0%)

1 を養う, を養つて

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 は絶え間, は貞雄

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 からも兄, は平生

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 に風雨, を閲する

▼ その間幾人~ (2, 0.0%)

1 にも逢いました, の人間

▼ その間往々~ (2, 0.0%)

1 独自な, 麦田を

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 せんさんは, 隱居は

▼ その間日本~ (2, 0.0%)

1 には天皇, の為した

▼ その間植木~ (2, 0.0%)

1 をい, をいじっ

▼ その間検事~ (2, 0.0%)

1 は日和下駄, は頸筋

▼ その間武蔵~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, は床几

▼ その間浦島~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 の上, はあの

▼ その間燈火~ (2, 0.0%)

2 の薄暗い

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 は外, は居眠り

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 は何, は決して

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 は一日, は全く

▼ その間相手~ (2, 0.0%)

1 の紳士, はじっと

▼ その間終始~ (2, 0.0%)

1 この原子物理学, 漢族の

▼ その間縛られ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ その間老人~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は単

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 と口, にもし

▼ その間聊か~ (2, 0.0%)

1 思を, 遺憾な

▼ その間運転手~ (2, 0.0%)

2 は医者

▼ その間随分~ (2, 0.0%)

1 叱られも, 種々の

▼ その間~ (2, 0.0%)

1 でかけ, の継場

▼ その間黙っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て待っ

▼1* [751件]

その間あたりなる客, その間あっちこっちからこづかれ, その間あなた様は物蔭, その間あるひは, その間合せの, その間いかにも心配そうに, その間いくたびか, その間いはゆる実験劇場, その間いまだかつて院長の, その間いるように, その間うつけたよう, その間おそろしい顔つきの, その間おちおち眠れなかった, その間おもな部分, その間おやぢの, その間お前さんに頼みたい, その間お客さんの部屋, その間お母様は楽しみ, その間お父さんと一緒, その間お雪ちゃんはどう, その間かけ離れて三月, その間かつて一度も, その間かれは頻, その間かれこれ一週間ばかり, その間かんさんは自分, その間がもぢ, その間きゅうりは水, その間ぎわになって子供らしく喜んで, その間ぎわの数日の気温, その間くらい師匠仇の, その間ぐらいの季節, その間こうして, その間ここら山ん中でも, その間こそは正に一瀉千里, その間こちらで何, その間これから数週間は, その間へ何羽, その間さがりし春の, その間しだいに速力, その間しばらくどこかへ, その間じっと于禁の, その間じゅうドアをたたく, その間じゅうポルフィーリイは例, その間じゅう一人で誰, その間じゅう主人は泥濘, その間じゅう何をし, その間じゅう俯向いて, その間じゅう北面の方, その間じゅう心の底, その間じゅう林は時々, その間じゅう横からじろじろ, その間じゅう白馬に騎, その間じゅう眼をつぶっ, その間じゅう穴掘りの労働, その間じゅう童子は眼, その間じゅう笑い楽しんで, その間じゅう節子は私, その間じゅう自分が佃, その間じゅう草川巡査は毎日毎日電話, その間つかり緊張, その間すこし離れたところ, その間すべてのもの, その間すべて事志とちがっ, その間ずいぶん人間の, その間ずうっと彼女, その間せっせと働いたの, その間なたの, その間そいつはクリストフ・デトレェヴ・ブリッゲ, その間そっと寝んで, その間それはわれわれ, その間たいてい毎日一度ずつぐらいは, その間たえずひらひらなびきながら, その間たくさんな戦傷者, その間ただ乗馬の静脈, その間たまに彼は, その間だって友さんの, その間だらしなく彼, その間ょっくら姿も, その間ちょいと川上, その間ちょいちょい座を, その間ちらつく火影の, その間ちらほらと家, その間つまりおでん屋を, その間づっと宣伝するから, その間できるだけ一人, その間でのままごとを, その間ではいまや霞, その間といふものは, その間とても乳を, その間どういう暗い生涯, その間どうしても四半刻は, その間どっちも苦情, その間どりは私, その間ながく低く吼えるよう, その間などにあって, その間ならタフトは, その間なるだけ淋し, その間なるべく諸君は, その間なんとなく胸が, その間においては一向に絵, その間においても私は, その間にすら幾変りも, その間にとり交された言葉, その間にはさもっともそれ, その間にもと思って, その間にや一軒小綺麗な, その間にやにや聞いて, その間により子が, その間にをり, その間にんじんはなん, その間ぬけさが, その間はかれにとっては暗黒, その間ひそかに大軍, その間ひとかどの, その間ひとりでなに, その間ひと言も口, その間ひどくちがった生活, その間ぶらぶらそこい, その間ほかの弟子, その間ほのかに杯事, その間ほの暗い花の, その間ほんの四半刻, その間ぼんやりとし, その間ぽかんとして, その間ぽつりぽつりと首, その間まことに悪い人間, その間まだ百日も, その間まだわずか一年余しか, その間まとまった仕事出来なかった, その間まるで戦場に, その間まわりをとびまわり, その間みっしり働けば, その間みなさんのご, その間もし遊んで, その間もナ思いまして, その間やっとの事, その間やはり気味は, その間やむことを, その間やや混雑の, その間よい見学を, その間わし処に安次, その間わたしたちは子供部屋, その間われわれはちょっと, その間をとぼとぼと行く, その間をば暗紅なる, その間を以て国力を, その間を通してのぼる湯気で, その間アッタスン氏は心, その間アメリカを廻っ, その間アンジョーラは自分, その間ウォータールー古戦場およびオランダ諸都, その間エセックスはつねに, その間エッシェー氏の周到, その間エノケンの座, その間エレクトロトニックの状態, その間オリヴィエは例, その間オンドリ氏はじめ五名の魚人代表, その間カートンは同じ, その間ガラッ八の, その間キャメラ千何人に包囲, その間クリストフはシドニー, その間ケエラには一度, その間ケンとダビット, その間サイン責めでヘト, その間サントリーは非常, その間サー・デビーと大陸, その間スキー家の通る, その間ステーションで茫然, その間ストーヴのま, その間ズッと目, その間ダネイは彼女, その間ツヤ子は室, その間テナルディエは言い続け, その間デュパンはその, その間ドイツ語を續, その間ドユパンは目, その間ネモ号は, その間ヒンズー人しばしば来, その間ピアノのお, その間ピラムはピラム, その間ファンティーヌは健康, その間フッツリ春子さまは別荘, その間ブーフ・アラ・モードの味, その間プロレタリア文化運動全般に益々, その間ボルドーを研究, その間ポーチを出, その間ポール翁は別室, その間マテスン氏は桑港, その間メルキオルは椅子, その間メンデルスゾーンは一世, その間ラビ教授の留守宅, その間ラム・ダスと遊ん, その間レーグルは考え込ん, その間ヲヂちやんと遊んでる, その間一すじの矢, その間一たびも高く, その間一ヶ月が経過, その間一ヶ月間市長の椅子, その間一二の小, その間一二度東京へ帰っ, その間一代の傑作, その間一八七三年にまず, その間一八五八年より六二年, その間一八八八年から一九〇七年, その間一八六九年六月と十二月, その間一冊の単行歌集, その間一册の單行歌集, その間一分間も彼女, その間一刻といえ, その間一寸君は帝國ホテル, その間一寿はまた, その間一年半ばかりのうち, その間一度霊神様御祭のもの頂戴, その間一所懸命にやる, その間一方では犬ども, その間一日として研究, その間一日おきに雨, その間一歩も外, その間一段高い椅子, その間一水路のみ, その間一物も噛む, その間一番余計に私, その間一種異様な緊張さ, その間一言も口, その間一郎は用事, その間丁度よい都合, その間三十年かかったわけ, その間三四度来たか, その間三四時間の人, その間三年というもの, その間三度の食事, その間三木はどうして, その間三津子さんはお, その間三週間ほど留守, その間三郎は一日, その間上下もう一つづゝ, その間下調べといったら, その間両人は絶えず, その間中央気象台より貞, その間中絶して, その間主上には寺, その間主人徳右衞門を相手, その間主要な点, その間二三度その男, その間二三度伯林から汽車, その間二五〇米ほどの登り, その間二十三歳の冬大阪緒方先生, その間二十五六までミッチリ勉強, その間二十五年間約三百回, その間二十八カ年が過ぎ, その間二十年の研究, その間二度手術を受けました, その間二度芳子は故郷, その間二里三里四里あまりの草, その間二階で死にたが, その間互いのもつれ, その間五カ月有余というの, その間五十餘年を距, その間五郎はジツ, その間井戸ばたへ, その間人々の息, その間人造人間エフ氏にも追いかけられない, その間人間との交渉, その間人間最大の恐怖, その間仁木はいつも, その間に限らず, その間今これを持っ, その間今井がこらえ切れずなっ, その間今日までずっと, その間仏間の裏, その間仕事のこと, その間の四人, その間伊太夫は動ぜぬ, その間伊織もよそ, その間休んだ方が, その間休息出来るの, その間休暇を貰っ, その間休養せんければ, その間伯父の家, その間伯牛は夜着, その間は部屋, その間佐々の家, その間の周り, その間何とも怪しい女, その間何一つでかした, その間何人も寄せ, その間何処で待つ, その間何分か数えられぬ, その間何度かあの, その間何度蝶子さんあんたと連絡, その間何故か黙したまま, その間何時も糸, その間何等の妥協苟合, その間何等統帥権干犯というよう, その間何處へ行, その間係り同心の勤め, その間俳優の演技, その間停電が数回, その間に西班牙, その間僅か十一日に過ぎない, その間元帥との会見, その間兄さんは何, その間兇蕃中の別働隊五十名, その間先方の隊, その間入院して, その間六週間ほど流感, その間兵士達は意識的, その間亂の, その間内地では月日, その間出征軍人山中貞雄は不動, その間別棟の精米工場, その間別段お話しする, その間利子率にある, その間到る處よし, その間力戦猛攻しさて, その間加瀬谷部隊本部附勤務を命ずる, その間北山もカラ子, その間北極洋中を漂流, その間医師たちの反対意見, その間十五哩この都会, その間十六分きりないから, その間千兩箱は, その間千鶴子はあまり, その間午睡をし, その間半時ばかり, その間半歳だけ休んだ, その間半間とはなれ, その間卒業生が何人, その間南条と五十嵐, その間南部ミシガンの諸, その間博物館美術館帝王廟劇場等を一覧, その間即ち第二列, その間却って女妻母としての, その間原稿は書けん, その間友達のやう, その間双方の親類, その間反動として素人劇, その間叡子さんは淋し, その間古寺古仏, その間古本屋を覗き, その間只もう息も, その間召使が炉, その間成りの, その間各地にラヂオ・ビーコン基地, その間吉利支丹宗旨なるものの, その間吉治に肩口, その間吉田は自然, その間同じ小さい灯, その間向うの座敷, その間君たちはいったん, その間吹きさらしのゴルフ場, その間和歌子の行方, その間和泉屋さんには一杯, その間和銅二年迄九年, その間から極, その間の太, その間四五町ばかりというもの, その間四面広闊として山岳, その間国香もむずかしい, その間土人部落の一員, その間土間へ水, その間圭介がその, その間坂田君が悪党, その間報恩の機会, その間壮士らの宿料, その間声色物まね潮来新内何でもござれ, その間外出して, その間外科病院に入院, その間多くは松, その間もちつとも, その間と現, その間工場は, その間大いに発達進化し, その間大した病気に, その間大塔の本堂, その間大約我が十七里, その間大雨の一昼夜, その間太陽日ごとに二度, その間奇兵を以て大王, その間奥さんは根気, その間女世帶では心細い, その間如何なる修業を, その間妙光室内でかの, その間は何, その間のお, その間子供達は庭, その間孜孜として之, その間学校側でも当り屋, その間完全屍蝋の研究, その間宗助はやっぱり, その間宗教に関しては仏教, その間実に半月という, その間室長はまだ, その間宮司の職, その間家中は濃, その間家事を手伝っ, その間家内にさえなく, その間家庭教師になっ, その間家来は袴着用, その間寂しい家に, その間密偵せしむるに一人, その間さを, その間ていた, その間寝入ったような, その間寸時も休む, その間封建制度に束縛, その間専門的にみれ, その間将門は道, その間小さな紅の, その間小僧の直吉, その間小唄でも, その間小林君たちは電柱, その間小田さんは驚嘆, その間小隊長は一人留守番, その間少女はかわいそう, その間少年ガヴローシュはただ, その間厳重に, その間居士の仕事, その間屡々その合一統制, その間山口の幾人, その間岩波茂雄氏の急逝, その間を四つ, その間島内の検挙, その間島津久光の家来, その間巡見せる所, その間左膳の船, その間巨巌突出して, その間差入に通っ, その間の騒音, その間市十郎はそわそわ, その間は船底, その間常に同程度, その間幕府からは再々, その間幕閣にもいろいろ, その間平家の公達, その間平次は何度, その間幾個かの花子, その間幾度となく, その間をはずした, その間座蒲団の温もり, その間など散歩, その間廊下への扉, その間彼女達は多く, その間彼奴らは君, その間彼方の部屋, その間彼等は殆ど, その間彼自身は非常, その間待っている, その間をいたましめ, その間心静に師, その間必然の理勢, その間必要品を整える, その間濤の, その間思い切って番町, その間思考の勝手, その間急速に激化, その間怪しいことが, その間恰も五十年を, その間婆即一口に, その間惡意ある者, その間慟哭の声, その間慣れない様々な, その間慶長五年から慶応二年, その間憲兵が一人我々, その間懐中電燈のスポットライト, その間我々は濡れた, その間戦乱の世の中, その間戦争の影響, その間所謂大衆からいくらか, その間の外, その間をも休むる, その間手紙の一本, その間技師は少し, その間折々立ち止まっては, その間拍子に用い, その間けは何處, その間持ち支えてい, その間捕鯨船乘組のアメリカ人たち, その間撃剣の先生, その間支度を整え, その間放出したガス量, その間教室の近く, その間散歩でもし, その間数々の小作争議, その間数十分あるいは一二時間, その間数千フィートの峻坂, その間数多くの学童たち, その間数年間妻をお, その間斜めに体, その間政府を, その間新しく出來, その間新陳代謝し従, その間方々から電話, その間既に多少の趣味, その間となく, その間日ごとに斥候, その間日吉は無聊, その間日本人の如く, その間日観は法衣, その間日頃親しかった, その間早くもこの, その間易介は凄惨, その間星辰の広大, その間春子さんの方, その間に幕府, その間時々友人の, その間時には田畑, その間時子は始終, その間時間で言え, その間晝寢でもし, その間晴天が逃げ, その間暫らく待たした事, その間曲直瀬道三が往診, その間書斎につめきっ, その間最も甚だしい苦境, その間朝井刑事は懐中電灯, その間朝夕対岸を注意, その間朝廷方のきびしい, その間の洞, その間當に, その間本陣に集まる, その間はもとより, その間東海道に名, その間私立大学生某, その間某君はただ, その間と久田姫, その間と壺, その間根気よく堀, その間案内の男, その間楽しく暮したもの, その間樂屋裏のあたり, その間をむい, その間横町から芸妓, その間は絶えず, その間樹明君はそこら, その間のことば, その間次ぎ次ぎに新葉, その間次郎の身辺, その間歳月空しく流れ, その間死体をどこ, その間んど, その間母虎の性, その間毎日あい子の内, その間毎日お母さんのこと, その間毎日毎日そらんじる程よく, その間毎日觀測結果をモスコー, その間が向け, その間気が付かずにゐた, その間気味のわるい, その間水夫は喜び, その間水夫長と三人, その間江東のアイス王, その間池上の言う, その間決して袋の, その間沈黙にし, その間沢庵もまた, その間洋行もし, その間津軽では何, その間浄善は何, その間に叩かれ, その間海老塚さんは四時間半, その間淋しいらしく男の子, その間の妹, その間清盛に対する怨み, その間も彼ら, その間湯漬をととのえ, その間を隔て, その間源叔父はおりおり, その間滝人はいつも, その間滞留する内, その間演劇独自の立場, その間漢名の見付ら, その間潜んでいた, その間瀬川さんには海, その間火箭防ぎの, その間烏啼と何, その間無性に杯を, その間無言のまま, その間熊城はさ, その間やたち, その間片方では共謀者, その間牛島通貴が福岡, その間牝狼の乳, その間物理的研究や科学的経営, その間特に可愛がった, その間犯人は隠密, その間独り置かれて, その間独房にてずいぶん堂々, その間が子供達, その間とともに笑っ, その間は自由行動, その間玄関は明け放し, その間田中君一流の言, その間やにでも來, その間男らしい振舞いな, その間留守をよろしく, その間留守番を, その間の妻, その間病人は少し, その間はすっかり, その間百姓が何, その間百瀬しのぶは多津, その間皇紀二千二百年頃元龜, その間盤得尼はただ, その間をつぶった, その間目撃した異常, その間直冬を, その間直接に隣人, その間済みませんが, その間相談の会, その間の闇, その間真実に食う, その間眠つてゐた, その間瞬きもせず, その間短い手紙か, その間石ころの多い, その間石子渡辺両刑事, その間石谷さんは相撲, その間磔柱に縛りおく, その間社務にあくせく, その間祖母は一言, その間祖父の言葉, その間神棚の下, その間私たち黒須さんの家, その間科學戰の戰場, その間をつくっ, その間種々外部的な影響, その間空気を吸う, その間立ちて杖, その間立ったままで, その間立止つて居た人, その間竜池香以の父子, その間が拔けたわけ, その間笹村は子供, その間を呵し, その間とひそまり返っ, その間紆余曲折はありました, その間紋太郎はどう, その間納戸から一度, その間造は, その間終始ほとんど同一の, その間終始一貫研究の, その間ず例, その間絶えて音沙汰, その間継母の看護ぶり, その間総監は帝都, その間縁談が無かっ, その間織田信長公の天下, その間は誰, その間羅府のブロオドウェイ, その間美僧あれば, その間群犬は林, その間習慣性を養成, その間妻は, その間考えたり笑っ, その間考えぬいていた, その間耕吉は隠しきれない, その間腰かけへかけ, その間にのせ, その間自ら異りたる, その間自ら検閲の標準, その間自分のをやめ, その間自家にあつ, その間至って平和に, その間臼井青年はしきりに, その間に乘, その間船室で待っ, その間花嫁の駕籠, その間芳一は全身, その間若い者の, その間若旦那のお, その間英子からは何, その間茂助だけは一人, その間荒田老は黒眼鏡, その間葉子は仰向け, その間葬ってしまう, その間血塗れのナイフ, その間裏手からカチン, その間襲撃者の方, その間西洋諸国に於, その間覆面の侍, その間親しく天山山脈に, その間言一言を交, その間言葉にもつくし, その間試されたり脅かされ, その間課役を免ぜられる, その間警部補のテーブル, その間豹一は, その間貫一ですから, その間貴下の御, その間貴女の私, その間賑やかにお, その間赤子を添え, その間のまま, その間路易は何, その間身動きもしない, その間車掌台の所, その間軍治は袴, その間軽蔑したよう, その間逓次後者が前者, その間途絶えさせることも, その間道徳的生活を送る, その間違った理由を, その間違つた方角に例, その間違ひと一緒に暮らさなけれ, その間部屋をぐるぐる, その間部落の者, その間でも飲ん, その間重油をどう, その間に手, その間金吾は例, その間鋭い神経だけが, その間鎮子は懶, その間長い月日の, その間門前の染井吉野, その間には起伏, その間関東大震災のとき紙型, その間難の, その間降雨の一理, その間のかみさん, その間雇人は手, その間雑木林の下道, その間雙方の贈物, その間ばかり降った, その間はふたり, その間非常に望ましい, その間面会して, その間も声, その間音樂家たらんと, その間頑張って打電, その間頸脚が白かっ, その間頼むよ, その間は破壊, その間は始終, その間風雲しばしば変わり, その間あり肴, その間飲まず食わずではいられない, その間首くくりの力學, その間馬車の中, その間馬鹿にし, その間高山方面から続々, その間高氏は目, その間高知の病院, その間の切身, その間つたまま, その間默つてゐる筈, その間默然と坐っ, その間黙ったまま彼の, その間黙つたま, その間黙祷して, その間鼬鼠のケープ