青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「その後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そっと~ ~そつ そつ~ その~ そのうち~ ~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後
その後~
その間~ ~そば そば~ そもそも~ そり~ そりゃ~ ~それ それ~ それから~ ~それぞれ

「その後~」 9751, 105ppm, 1025位

▼ その後~ (1069, 11.0%)

46 ことは 21 消息を 18 事は 17 様子を 16 消息は 14 ことを 10 私の 8 彼の 7 ことです 6 ようすを, 模様を 5 ことが, ことである, 報告に, 彼女の, 自分の 4 彼は, 様子は, 母と, 経過を

3 [16件] ことだ, ことについて, ことも, ものは, 事を, 事情を, 便りを, 動静を, 山林事件の, 成行きを, 消息に, 消息も, 生活の, 経過は, 経過も, 言葉を

2 [66件] ある夜, おせき, お前の, お君, お玉さんの, こと, ことで, ことでありました, ことであります, ことについては, ようすが, レースに, 事が, 事で, 事ども, 二三年間に, 二人の, 二十年間の, 今年までとで, 仕事を, 僕の, 出来事を, 創作的動機に, 動静は, 取調べは, 商売の, 報知が, 容体が, 年の, 当分は, 彼等の, 御容態, 数年間に, 方が, 方で, 日本の, 時代の, 消息が, 消息については, 状態を, 生活が, 生活に, 発達が, 研究, 研究を, 神尾を, 私たちの, 私は, 筋書を, 者は, 芸術活動に, 行動は, 行動を, 記事を, 記憶は, 話に, 話も, 調査によって, 諸作, 身心の, 運動を, 運命は, 運命や, 運命を, 過程を, 高い穀倉

1 [679件 抜粋] あの騒ぎ, ある夕方, ある日私, ある時, ある時期, いきさつを, いきさつ覆面火事装束の, いでたち, おた, おゆくえ, お憎しみ, お松の, お綾殿, お駕籠, お鳥, かなりの, かれの, くめ子の, こういうやや, ここらの, ことある, ことであった, ことでござる, ことでした, ことに, ことにて, ことばは, こと夜この, こと我が, ごく短時日, ご心中, ご様子, ご消息, すこしの, たびた, てれかくし, とらわれの, どの位, どんなお, なりゆきまで, はじまりです, はなしを, は一八八九年, ばばは, ぶっつかり方, ほうが, ほかに, まきは, みのるの, ものにも, ものを, よけいに, アムステルダムそのものの, アーニャは, イデオロギー理論の, キザに, コポオの, コロラド河流域や, シナより, スクネが, テーブルに, トルヴィルという, ドイツ社会学を, プロレタリア文学に, マホメット教国について, ミスタア・ブウスの, ヤマサンは, ロランの, 一かたまり, 一問一答を, 一年ばかりを, 一年間が, 一時間, 一時間ばかり, 一歩一歩の, 万太郎を, 三十年の, 三年間成程, 三甚は, 三角木地を, 上達ぶりを, 下界の, 下阪, 与八の, 世上の, 世上を, 世界の, 丘の, 中毒女たちに, 主権は, 主立った版下, 乱世この, 予言に, 事々御, 事だ, 事であった, 事である, 事な, 事実は, 二十年ちかく, 二年あまりの, 二年間に, 五ヶ月ほど, 五年間に, 人々で, 人々の, 人々は, 人々も, 人口の, 人家は, 人影は, 今日とでは, 今日に, 仔細など, 仕事は, 仕打ちが, 代々は, 任地を, 伊丹の, 会話で, 伝吉の, 伝吉を, 住宅建築には, 余波と, 作にも, 作を, 作品が, 作品は, 作者の, 例は, 修行ぶりも, 修養に, 俺は, 健康について, 健康の, 先生の, 児を, 党同異, 入獄中に, 八九ヶ月の, 公文書や, 六七年間, 再会を, 再建が, 処分について, 処置に, 出来事が, 分は, 切りかえの, 刑部を, 劇界の, 加十の, 勇士の, 動作を, 動勢を, 動静などを, 十一月の, 十五年間この, 半三郎, 半兵衛に, 半刻休み, 半月ぐらいは, 半蔵が, 卓一の, 印象の, 原因が, 反動性と共に, 取調べで, 口吻でも, 古市と, 古賀にと, 句は, 号では, 各国に, 各将軍, 同様な, 和泉屋か, 善後策を, 噂は, 噂も, 四段に, 国体明徴運動, 国防絶対至上主義化によって, 土佐隠棲京都移住越中流離洛南幽, 土肥の, 地変の, 基盤地形の, 堕落, 報告から, 報告は, 塾生活に, 変心と, 夏草に, 多数の, 夜には, 大規模, 大観, 天皇で, 夫人在原氏は, 失業生活とを, 奥御殿の, 女の, 女性としての, 妾に, 委細の, 姿を, 婦人の, 婦人劇作家は, 孔明という, 孤独な, 孤独に, 学界の, 学者に, 安ツ, 宋画, 実践で, 実験は, 家から, 家の, 容態を, 宿屋の, 寂しさ, 対処の, 小競り合いにも, 小笹氏の, 小高い土地, 居所が, 屍体解剖で, 山上を, 巡洋艦, 工事の, 市街の, 帝紀御, 幕では, 年月は, 幸村の, 幾頁かを, 床几へ, 店の, 弥生を, 当地の, 形勢を, 彼と, 彼について, 彼には, 彼を, 彼女にも, 待遇も, 御不沙汰, 御事蹟, 御様子, 御研究, 御詠歌の, 心の, 心理と, 必然性への, 応対と, 快報を, 怖るべき, 愛着の, 感じが, 憲法学者が, 成り行きを, 成績によって, 成行きや, 成行については, 成行を, 戦は, 戦争による, 戦況は, 房枝は, 手当も, 手紙は, 扶持だに, 指図には, 探偵作家は, 推移を, 提言は, 数作が, 数十年の, 数多き作品, 数年間における, 数年間まア, 数週間は, 文学活動は, 文学的活動は, 文献には, 料理を, 新しい進歩的, 新劇人たちは, 新田先生の, 新聞にも, 方の, 方を, 方針は, 旅中に, 日々の, 日々は, 日の, 日月蝕す, 日本で, 日本文学と, 日附の, 日露戦争に, 明るく拡, 春子さまの, 時の, 時代との, 時代に, 暮しは, 曇天が, 最盛期岸田である, 朝夕は, 木曾地方の, 本を, 来歴を, 東亜不安の, 林内閣の, 棕梠には, 構想を, 様子だけでも, 様子も, 様子不明で困っ, 模様で, 模様は, 模様も, 欠乏の, 次第は, 歌に, 歌を, 歎き, 正統派経済学による, 歴史は, 歴史を, 歴史的情勢によって, 死生の, 殆ど全部の, 永き忍耐, 決心である, 沈黙に, 沿革を, 泰造の, 活動に, 流行歌などより, 浪士らが, 消息と, 消息に関しては, 消息をも, 消息彼の, 消長等に対する, 淋しさ, 清洲でも, 満州国北支の, 満洲事変, 火花の, 焼津及び, 熟睡中に, 爽やかな, 版には, 物理学界の, 物語, 物語が, 物音が, 状態については, 状態にも, 猫は, 玉砕を, 現状を, 生死も, 生活だって, 生活と, 生活にとって, 生活にまで, 生活を, 生涯においても, 生計を, 申し立てに, 疎らな, 発展から, 発展ぶりを, 発育も, 発表が, 発達の, 白け渡った無言, 白は, 皇帝の, 皇帝等の, 省察が, 睡眠に, 睡眠間に, 研究に, 研究によって, 研究の, 研究をも, 研究中性子陽電子の, 研鑽琢磨を, 磯吉が, 社会主義建設朝鮮中国の, 社会生活の, 神道者, 私を, 科学にとって, 科学の, 移住者の, 空虚の, 空虚を, 章には, 節子からの, 節季に, 精進が, 納谷家には, 紛擾などを, 経行を, 経過で, 経過と, 経験から, 経験で, 経験と, 経験の, 経験は, 経験を, 維持改良納税の, 綿貫ルリの, 繁栄の, 者が, 自我の, 航海は, 航海中に, 艇長に, 苦しい地位, 菊之助は, 落胆の, 蠅男の, 血糖値を, 行き方, 行動によって, 行動の, 行政事情だ, 行方も, 行路に, 袁術の, 裁判が, 製作の, 観世銀之丞, 解釈の, 解釈者も, 言わば自然的, 言葉の, 計算では, 詩を, 話である, 話を, 調べに, 調和にこそ, 諸国の, 諸論集, 諸雑費, 議論を, 象徴的方法の, 負担も, 身の, 身の上に, 身の上を, 軍事的緊迫に, 軍部の, 転戦で, 近代画家たちから, 返答を, 進化が, 進展について, 進歩に, 運動の, 運命彼女の, 過程も, 道中に, 道中も, 道徳進化の, 部分においても, 酒不足の, 重要なる, 金持ちの, 鏡板には, 長い沈默, 間は, 関ヶ原には, 闇の, 陽電子や, 雨に, 雪の, 雪は, 雲行は, 電話で, 静けさとに, 順位戦でも, 首尾は, 馬を, 騒動は, 騷ぎは, 高い所, 鶴原家には

▼ その後~ (709, 7.3%)

29 なって 10 ついて, 続いた, 続いて 8 跟いた 7 従った, 来るもの 6 従いて 5 ついて行った, なっても, 続く, 随い 4 つづいた, つづいて, なると, 來る, 出て, 於て, 自分の, 至って, 随った 3 なつて, 尾い, 従う, 從ひました, 私は, 立って, 跟い

2 [26件] いくらか優し, お越し下されたい, くっついて, ついて行くと, つづく, なんの, また一つ, わたしは, 中野の, 今度は, 倒れ漬物, 又一人, 司令部に, 幼児を, 引きつづいて, 彼の, 彼は, 従いました, 従うの, 従ったが, 来たの, 来たもの, 源氏は, 続いたの, 續きました, 隨ひぬ

1 [493件] あった一つ, あらはれた批判者たち, あらわれた小説中, ある一個, ある一間, ある懸物, ある日, ある知るべきなり, ある部屋, ある鏡, いうべき事, いた, いたって, いたり, いる別, おくれり, おしげは, おめ, おれが, お仲, お力に, かかって, かかれたものの, かかれた長篇, きた外国人, きっとつけ加えた, きましたお母さん, くるであろう晴れた日, こういう言葉, こちらへ, この器械, この国民, この廊下, この方面, この賊徒, こわされた様々, さまざまの, しずという, したがう, しつかりした錠前, し給いよ, じりじりと, すぐ新しい, すっくと立ち上った, すべきは, すべきを, すべしといふ, せまって, せむとするものを, そこの, その女, その死人, その男, それらの, たびたび多代子さん, だれか, だんだんに, つ, ついて行かれました, ついて行きました, ついて行く, ついて行くの, ついて行くより, ついて行く外, ついて行こうと, つきしたがう平靖号, つきしたがったが, つき従えぬ, つき手負い, つつましや, つづいたすべて, つづく反動, つづく商船, つづく秋季結び, つづく第, つづく言葉, つづけて, できたもの, できた友だち, できた掘立小屋, とびついた, とらえた鶴, どんな事, ない, なお一, なくなったもの, なさい, はた, はたらいて, ぱっと立つ, ひき添って, ひっぱって, また, またある, またつづけ, またプルターク, また同じ, また大変, また大湯附近, また少し落ち着い, また新, また来る, また自然探究, また麻布, まだ一ト物議, まだ何, めちゃめちゃな, めとった後妻, もう一人俯ッ, もう一度五月十日, もう一度今度, もし前川さん, やってくる長い, やって来たと, ようやく凝結, ようやく景気, よほど變轉, わたしも, ゐた丈艸, オヂュシュウス, ケルヴィン卿, ゲー・ルーサックの, サムナー・テーンターや, ダラスという, チベットでは, ヒサの, フォーシュルヴァンが, マロック, マロニックの, マン, モンテ・ヴェネレの, ラザレフが, ルキーンが, 一寸何, 一年百ポンド, 一度も, 一度下の, 一度駿河台, 三十四秒や, 下伊那郡の, 下総の, 並ばされて, 並び三段目, 之に, 九十郎に, 二三度遊びに, 二人の, 二台電車線路を, 交遊が, 人が, 人間が, 人間飢饉の, 付けられたもの, 付け加えて, 伊佐子さんから, 伯爵家執事の, 住んで, 体を, 何か, 何らの, 何事も, 何物かを, 作る他, 使い覚えた, 來た, 例の, 保留された, 俸給も, 偉い人, 傍目も, 光秀旗本五千余騎を, 全部の, 内大臣の, 冬木立の, 出た岩垣松苗, 出た文学, 出た源空, 出た詩, 出でて, 出る文字, 出来た空地, 出来た空虚, 出来た絵本, 初めて発展策, 初めて芸術そのもの, 別な, 別に, 別に何事, 別れるの, 劇しい, 加える勝利, 勘六が, 十万から, 南郡の, 又そっくり取られ, 又ひとり, 又出かけた, 又来ました, 又起こった, 及ぶもの, 叔父に, 取り払われて, 取り残されて, 叙述の, 口に, 右京権大夫にも, 各句, 咽喉を, 唄が, 嘉吉が, 噴行艇の, 土地の, 地が, 坐って, 塩素の, 変ったこと, 夜一首, 夢想を, 大きい思想的展開, 大太鼓, 天下の, 天下を, 天王星と, 夫婦者の, 失われたもの, 女房は, 娘たちが, 婚儀の, 子音の, 存すると, 孵化した, 宗兵衛は, 実例として, 室内から, 寄り添って, 寒竹の, 尋ねて, 尚余力, 尚次, 尼の, 尾を, 居すくまつて, 屈んで, 展開した, 帆の, 帚木の, 帝国各, 帝大の, 帯刀は, 帰りたいと, 幾たびか, 幾人の, 広い人生, 広がれる, 座付の, 庵主から, 延びる可能性, 引き続いて, 引移って, 張が, 強力が, 当然考えつかなけれ, 彦太が, 彼が, 彼れ, 彼女が, 征服が, 従いた, 従うた, 従う可, 従がった, 従って, 従つて歩き出し, 従ふ, 得られた非常, 從つた, 從つて戸外へ, 從つて行く, 從ひぬ, 從ひます, 御宴, 悪魔が, 懸って, 我を, 手を, 手入れを, 持って, 掛けてる男, 探しあてたの, 控えて, 控へて, 放出された, 於ける朝鮮, 於ける頭山満, 於ても, 日本国中の, 明日早速, 昔神變不思議の, 時江が, 晩春の, 更にチョコレートクリーム, 最も優秀, 最近まで, 期待さるる, 来た悲哀, 来るべき新, 来るべき時代, 来る可, 来る吾人, 来る奴, 来る急激, 来る降雪, 東京で, 柳橋の, 森垣さんは, 植えられたの, 植ゑたるには田平子の, 植林した, 植疱瘡する, 次いで, 歌之と, 止揚される, 死んで, 死人を, 残された重吉, 残した道, 残った, 残った兄, 残った却って, 残った彼, 残つた, 殘された, 殘つた水溶液即ち, 殺されたの, 比しては, 気の, 水分へ, 水夫竹見その, 油断なく, 注釈めいた, 洋妾に, 流路, 浮びました, 海獣や, 深川の, 渠等の, 澄江を, 火の, 父から, 片仮名で, 牛の, 牝牛の, 玉幡を, 現はれた, 現われた, 現われた豊臣時代, 現われて, 球の, 瓦斯竈を, 甚五郎に, 生き残って, 生ずるもの, 生れたの, 生れた子供達, 生れた社会主義, 生れて, 生活そのもの宇宙に, 町から, 療治を, 皆様と, 目で, 目を, 眞宗の, 真鍮を, 眺めて, 瞠若し, 瞠若せざる, 瞠若たらしめたる, 瞠若たり, 瞬いて, 知った木賃宿, 石造の, 確かに, 神社を, 神秘な, 私どもと, 空瓶の, 立った二人, 立った私, 立てた六枚屏風, 立ッて, 竹内栖鳳先生の, 築地の, 素生を, 紫苑氏の, 組みしも, 結ばれたと, 続いた同じ, 続いた時, 続いた苦しい, 続き, 続きました, 続くは, 続くべき第, 続く吉原冠, 続く球美, 続く言葉, 續いた, 美濃熊野阿蘇伊賀遠江甲斐信濃阿波等の, 老婆が, 耳に, 聞いたこと, 聞えた, 聞かれても, 聳ゆる, 腰を, 自身の, 自軍の, 至ってから, 至ってその, 至っても, 至って行われた, 至つてこの, 至て, 至り幾多, 至り酒類, 舗き, 艇を, 若い国語, 落し牛, 蒙るかも, 薬学校を, 藤吉郎も, 藤田文蔵先生が, 血の, 行われたいろいろ, 行われた死体解剖, 行動を, 衰えたとき, 複雑な, 襲って, 西の, 見える彼女, 見に, 見られるもの, 親戚の, 誰か, 諸遊星, 豪雨を, 買いましたの, 贅沢物を, 赤い夕焼, 赤い旗, 起こったの, 起った三つ, 起った山道, 起った本国, 起った珍事件, 起った美術界, 起った耽美派文学, 起つた山崎闇齋, 起る失望, 跟ひ行きぬ, 蹤いた, 輝くは, 辰伊勢の, 遅れて, 違いない, 鋭く起った, 鎧櫃が, 長く引い, 長く続い, 長三角形, 長州を, 開けて, 関守が, 阿波の, 附けて, 階下の, 随き従い, 随つて去る, 隣の, 雁の, 雲ばかり, 電池の, 青蛙堂を, 順番に, 頭に, 頭の, 風を, 鴎外漁史は, 鶴子の, 0を

▼ その後~ (647, 6.6%)

4 一度も, 何も 3 どうなった, 一指も, 何の, 何事も, 別に, 私の, 誰も

2 [22件] ときおり何, どうし, どうした, どうしました, どうなる, どこを, なんの, 今日に, 何にも, 再び娘, 千部手写の, 千部手寫の, 危くて, 多少寂しい, 彼を, 御無沙汰, 森然, 殆ん, 牡丹燈の, 縁談などを, 自分の, 静かに

1 [574件 抜粋] あえて驚きません, あの若者, あの辺, あまりひどい, いかが, いかがじゃ, いかがなりけん, いかにし, いちじるしく衰えた, いつしかこずなりぬ, いつも降り, いよいよいわゆる, いよいよ落ち着い, いよいよ道楽, うばうで, おたがいに何, おっしゃってくださらなくてもけっこうです, おとなしく熱心, おのずから秩序, お勢, お妻, お恙もなく, お目にかかりませんで, かう云, かけず島田, かたき討, かなり神妙, かねて, かねての, こう云う, こちらに, ことわること, このシュプール, この吉川町一番地, この山寨, この方法, この村, この草, これが, ごぶさたを, さしずめ授業方針, さしたること, さっぱり消息, さらに慌しい, しずかに, しないでも, しばしばこの, しばらくこの, しばらく逢いません, しばらく静か, しんと沈み, すぐ元, すぐ武蔵野, すべてシュルツセンブルグの, すべてシユルツセンブルグの, すーっと, ずっと昏睡状態, ずっと静か, そこに, その中間僧, その地主, その老婆, その邸, そばへも, それも, たえて, ただぼんやり, ただ冷淡, ただ必要, ただ時機, ただ母親一人, ただ静か, ただ頭, たびたび遊び, たれひとり口, だれも, だんだんと, ちやうど祭の, ついぞ徳願寺, ついに出, ついに聴く, てんで顔, とんと, とんとかけちがいまし, どういう人, どうじゃ, どうだ, どうだい, どうでしたでしょう, どうです, どうな, どうなつ, どうも冴えない, どう云っ, どこで, どこの, どっちへ, どっと寝付い, どんなこと, どんな急用, どんな烈しい, なるべく危険, なんだか気, なんでも, はなはだ経過, ぴったりと, ふっとお, ぶらぶら京子, ほとんど浪人, ますますネバリ, またしいんと, またどうしても, またチヨイ, また仲違, また何, また寝る, また絶間, また議場, また非常, まったく風, まるで何事, みんなラジオの, めっきり元気, もうここかしこ蔦紅葉, もうこちら, もう変わった, もう無我夢中, もう近づい, もちろんラサ府, やっぱり脚本, やはり今, やはり眠, われを, インド教徒さえも, ウヤムヤに, カラザースの, ソバ屋の, チャルメラも, トンと, パッと, ベンチに, メンコ屋の, ヤマサンは, ラジオテレビに, 一九四一年十三月一九四一年十四月エトセトラと, 一人も, 一切出さない, 一切固形物を, 一切足踏み無しで, 一向お, 一向に捗々しい, 一向に泣き声, 一層静か, 一時人通りが, 一時十五分に, 一生お, 一箇の, 一色, 一言も, 万事に, 三輪の, 三間ばかりの, 上流に, 不漁が, 久しいあいだ, 久しぶりだ, 亀も, 二つの, 二人し, 二人は, 二日も, 二月ばかり, 互に口, 交渉を, 交際は, 人の, 人事不省だった, 人声も, 人類学や, 仕事にも, 他の, 代々農業を, 以前よりは, 伊藤松宇氏が, 伊藤欽亮今は, 会つた覚えが, 体の, 何か, 何かの, 何といったかしら, 何となく英仏両派, 何とも, 何と致した, 何んで, 何処に, 何気なく雑談, 余り揚げる, 余程注目, 作つて居る, 來なかつた, 侘びられつつも, 依然手不足, 偶飲む, 僕も, 兄の, 兄弟同様人一倍, 党内を, 全く見, 全く記憶, 全く音信不通, 八分の配當を, 内職の, 写真を, 出来るだけ, 刀を, 切髪の, 刑を, 別だ, 別に何, 別に彼, 別当も, 前より, 前後正体も, 努めて, 勉強を, 医界時報を, 十七の, 半翠氏等, 危険でない, 却って動員, 又元通り, 又寝床, 取立てられて, 口を, 句の, 右の, 各劇場, 吉江氏を, 同棲する, 名人位も, 唯懇意, 商売も, 嘱託という, 噴火勢力とみに, 四散し, 回一回と, 国中の, 場内上を, 堺の, 境地が, 墨で, 声が, 声を, 変ったこと, 多く午後, 多少の, 多年麓も, 夜が, 夜の, 夢うつつの, 夢から, 大分御無沙汰御, 大抵雪, 大隈伯の, 夫婦兄妹三人が, 女から, 女三人で, 好んで, 如何, 如何に, 姉の, 子供の, 子供を, 孔明の, 存外の, 学校とは, 宇野姓を, 宗内にも, 定家の, 実に久しく, 実に我が国, 家は, 家事の, 容易に, 寂寞と, 寂然と, 寝ても, 専ら母親, 少なくとも言論, 居所すらも, 山窩の, 市内働きと, 常に繃帯, 幕府の, 年に, 年内に, 幾年月人の, 座中一体白け渡っ, 弟の, 強いて, 強弩の, 当然士気, 形を, 彼の, 彼は, 待てど, 徐々に再び永遠, 御健勝にて, 御機嫌よろしゅう, 御無沙汰し, 御無沙汰という, 御無沙汰に, 御無沙汰ばっかり, 御無沙汰を, 御無沙汰致し, 御経過, 復發達する, 忘れたやう, 忘れたよう, 忘れて, 忙が, 思いの, 急落し, 恙ない, 恙なく, 悪いこと, 悶々として, 愉快な, 憶えて, 或る, 戦々兢々として, 戦線にも, 手を, 打て変って, 打明けるにも, 支那の, 改造社の, 政枝の, 文学少年らしい, 断じて構内, 新聞見物に, 日の, 日毎に, 昇に, 明け方に, 昔の, 春木座にも, 昼は, 時々眩暈, 時々行水, 普通の, 暁方まで, 暑さ, 暫らく死の, 暫らく表立った張り合い, 更に音, 書く必要, 曹操から, 曾て, 月が, 木母寺または, 本所の, 杳として, 栄光の, 格別に, 桃割れに, 案山子の, 概ね女中部屋, 横田君は, 止ど, 此家の, 武力の, 歩きながら, 死ぬるまで, 殆ど, 母の, 毎日冷気を, 毎月二三度ずつ, 永小作制度を, 江戸や, 決して猫, 汽車が, 波浪の, 泣き声が, 活す, 流石に, 浜松の, 涸沢岳の, 淋しくも, 混入った, 演説ぶりが, 無事で, 無情い, 父あての, 牛や, 物ごとに, 特に俳句, 特別に, 狂言作者の, 玉脇の, 瓶の, 甚だ愉快, 生きるも, 田島町で, 男が, 男を, 登楼ことが, 白河戸郷は, 白浪物の, 目に, 直接には, 相変らず, 真観房感西に, 眠るが, 眠気を, 眼を, 知らないが, 知らぬ, 石川社長にも, 碁石を, 碧梧桐氏が, 確かに, 祭典が, 私は, 私も, 私有地と, 種々な, 種々なる, 立憲進歩党の, 第一, 約束は, 細君から, 絵の, 絶えて, 絶対に, 継続し, 署長と, 羽が, 脳が, 自分で, 自力で, 至って円満, 至極無事, 若い住職, 著作は, 薗八節再興の, 藩主や, 襲って, 西洋の, 西洋画を, 見るもの, 見向いても, 視学官として, 言いませんでした, 言うな, 話すにも, 誠に久し振り, 誰何される, 調書以上の, 諸国を, 講座の, 譴蒙ふり, 貴方が, 足も, 足を, 転々として, 近松の, 遂に歌, 過冷却, 道, 邸前の, 郵便局宛に, 都から, 酒を, 野に, 金の, 金満家の, 鈴慕の, 鏡に, 長く空家同様, 門弟が, 開会の, 開塾式にも, 間を, 雑談で, 雨に, 静穏であった, 面倒臭くな, 音も, 音沙汰も, 顧る, 風の, 風邪心地の, 颱風の, 食ふ, 餘りとけなくなるであろう, 高山に, 鳴る前, 鶴見祐輔氏の, 鹿子の

▼ その後~ (522, 5.4%)

6 幾度か 5 彼は, 相変らず, 私は 4 どうかする 3 二度ばかり, 同じよう, 当麻路の, 続いて

2 [24件] お筆, お道, ここに, その女, やはり塞がらなかった, 今も, 作戦計画につき, 例の, 元気で, 冬に, 別の, 博士は, 島原の, 引きつづいて, 引続い, 彼の, 彼女は, 思い出しては, 時々に, 當麻路の, 相かわらず, 諸雑誌, 鉄橋は, 長い間

1 [437件] あたかも切れ切れ, あちこちの, あなたの, あの一本松, あの時, あの近く, あまり変り, あやめを, あるセルロイド工場, あれや, いろいろと, いろいろの, いろいろ傍系的, うまく道鏡, おいそがしい, おとりに, おりおりやってきて, おりおり出会ううち, お前さんは, お見え, かかさないで, かくべつ變つた, かなり長い, かなり頻繁, かれこれ二つ, この岡崎城, この疑い, この研究, この研究所, この約束, この道, こわごわ三度, さい, さかんに, しきりに問いあわせ, しげしげと伊曾, しばしばこの, しばしばございまし, しばしば催し, しばしば驚かされる, しばらくの, し官, じいやの, すこしも姿, ずっとこの, ずっと引, ずっと消えなかった, ずっと関係, そういうよう, そちらの, そのこと, その占, その大名, その少年, その度, その木賃, その様, たいそう仲よく常々, たえず駿河台, たびたびいっ, たびたびわたくし, たびたび侍従医長, たびたび加賀屋, たびたび歌った, たびたび母, たびたび番所, たびたび真夜中, たびたび逢い, だんだんに削り去られ, ちょくちょく見舞い, ついぞ聞く, つつがなくお, つつがなく田舎童, つづけて, ときどき文通, どこかで, なお同じ, なお妖しき, なお存在, ながい間, なにか隠居所, なほ永い, なんら眼, のべつ参内, ひとりで, ふた月, ほとんど読まず, ますます運, またいつ, また官兵衛, また旅, まるで鉄, やっぱり菰田家, やはりお客様, やはりそうした, やはりギロチンギロチン, やはり伊留満, やはり其の, やはり内証, やはり出入り, やまなかった, よくそのまま呟い, よく云つて, よく召される, よく母, よく繰返された, よく言, よく館, わからない, わたしは, インドの, キリスト教の, グズ弁は, ズッと, ダシコフ大尉と, ヘブライ人によりて, レントゲンと, 一二度寄つて春子さんに, 一二度私を, 一二度聞いた, 一人二人入れ, 一八六六年には, 一度や, 一方は, 三四度現われた, 三年に, 三野村の, 上ノ岳小屋までは, 下野国における, 不可解な, 不可解極まる, 不問の, 不思議な, 不思議に, 世の, 両国へ, 中斎先生には, 丹羽五郎左の, 主水之, 久しく常盤座, 二三の, 二三回子供たちの, 二三年おきには, 二三度あった, 二三日おきに, 二三物しやした, 二人の, 二回で, 二度三度と, 二百五十万年の, 二階へ, 五十金の, 交通の, 交際を, 人を, 今日まで, 他の, 代々の, 代々二条派正統の, 会うごと, 会って, 伝は, 何かの, 何という, 何とも御座いません, 何の, 何や, 何一つわからなかった, 何回か, 何回と, 何度か, 何度と, 何故か冬, 依然として遠, 依然として間歇的, 僕の, 兎かくに, 兎角私, 八橋の, 六波羅飛脚は, 再三同, 出来るかぎり, 出来る丈心, 刑場あたりでは, 別に何事, 到るところ, 前科八犯という, 副院長, 勝豊にたいして, 勢力甚だ, 十両二十両と, 十八の, 去らず暗い, 去年の, 右は, 右衛門佐は, 各地の, 吉野に, 同誌や, 君公と, 和泉屋に, 喀血は, 嘉吉は, 因幡守様の, 地方を, 執念ぶ, 外出は, 外戚の, 外記は, 多く国津神, 大事に, 天城山に, 太宰は, 妹と, 姉に, 始終一緒, 始終出入り, 始終見た, 始終誰, 娘は, 子供たちの, 子孫繁昌し, 子規居士の, 孜々として, 宗祇は, 宮からは, 家で, 家康は, 小平太は, 尚ほ, 尚年嵩さ, 尼は, 屋敷へ, 屡々あつ, 屡々かかる, 屡々小生, 屡々水戸, 屡々災禍, 山谷の, 岩波と, 崖肌は, 巡回の, 市中おだやかならず, 常に繰り返し, 年毎に, 幾人かの, 幾回か, 幾多の, 幾年の, 幾度と, 幾度も, 床に, 度々川桝, 度々故郷, 度々長子, 度々難, 度度葛城山, 座敷へは, 庸主が, 引きつづいての, 引き受けて, 引き続いて, 引き続きグラグラと, 引き続き呼吸, 弱い選手, 当らず触らずの, 当分は, 彼が, 待合には, 徐州に, 心がけて, 心細く暮し, 志下には, 忘れませんでしたが, 忙しくて, 怠らずに, 悪魔の, 惣八郎が, 成功つづきです, 或る, 戦争劇を, 手紙には, 手紙の, 折々わが, 折々停車場, 折々狐, 折々見かけた, 折が, 教会へ, 教授が, 数, 数回あった, 数回にわたり, 数回観測された, 数回詮議に, 数度筑摩書房の, 文章を, 文通の, 斉の, 新田義貞に, 旅を, 旅館に, 昔と, 春と, 時々おも, 時々ちゃんとした, 時々垣根, 時々寺, 時々思い出した, 時々梟, 時々気, 時々軽い, 時どきお, 時折り, 時折作者に, 暇を, 暫く続い, 更にひどい, 更に淋しい, 書物若しくは, 月の, 木山は, 杯だけを, 東京辺で, 松屋は, 柴桑に, 横浜へは, 欲しくて, 止む時, 正造は, 殆ど二十巻である, 殆ん, 母は, 毎夜夫人の, 毎年仕事が, 毎日または, 毎日莫大な, 毎晩お忍びでございました, 毎月一度ずつは, 毛利方の, 氏が, 氷買いだけだって, 江木氏が, 決して私, 油断なく, 注意し, 注意を, 浜辺に, 清吉は, 清時代には, 清水和助の, 無論倶楽部, 無頓着に, 然し急, 父曹操の, 版を, 牛丸は, 特に意識, 王に, 現われたらしく翌朝, 用事なり, 田中君と, 甲の, 町の, 疱瘡痲疹大, 益々紊乱状態, 相原医師の, 相変らず尋ね, 相変らず通いつづけ, 相変わらず米, 相手の, 相替らず, 相継ぐ国民的悲報, 看護婦の, 真昼ごろの, 着物が, 祗園を, 神色自若孫子の, 祭, 私の, 種々頼まれた, 素行が, 終生私, 経験し, 給仕男という, 絶えず何方, 絶えず配所, 続けて, 臆面も, 自分で, 自分を, 色々と, 花は, 花を, 若松まで, 英国帰りの, 蒐集の, 藤井氏は, 藩論区々に, 蜀の, 西の, 親しくし, 親方や, 言わず老婆, 謀反の, 貴女様は, 起きて, 退屈な, 速度は, 遊びに, 適当の, 遺文は, 郷里へ, 都新聞に, 銀座の, 長いあいだ, 長くつづい, 長く持ちこたえた, 長く父, 長く継続, 陰に, 陰謀を, 隆起は, 隔年の, 雨が, 非常に, 面会する, 頭を, 頭上では, 頻々と, 頻と, 頼んだ, 風の, 騒乱は, 驚いてばかり, 鴨を, 黒媛の

▼ その後~ (441, 4.5%)

15 彼は 7 私は 3 平次は, 弦之, 彼女は, 私が

2 [15件] ゆっくりと, 他の, 何か, 俺は, 僕は, 手を, 此處へ, 私の, 私を, 箱や, 老婆は, 許友は, 誰も, 足を, 首を

1 [377件] あざらしは, あたりが, あなたが, ある人, いいでしょう, いい人, いい目, いよいよ極める, いよいよ滅, いらっしゃいな, おおげさな, おじいさんは, おそろしい噴火, お新, お染, お母さんと, お氷, お霜, かならず丞相, こういいました, こう力, こう言った, こう訊いた, こう話, この二人, この医師, この堂々たる建築物, この寒い, これは, こんどは, こんな事, さだ子に, さも心地よ, さらに飾りつけ, さんざんに, さ喜助, して, すぐその, すぐに, すぐ三国, すぐ大きな, すぐ妹, すぐ将門, すぐ発見, すぐ自責, すぐ訊ねる, すこし厳か, する事, せっかく上機嫌, そちに, そっと顔, その辻斬り, それを, そんな舐めた, どっとせきあげる, なら腹, にっこりと, はっと気がつい, ばかは, ひとわたり, ふっと淋しく, ふと氣, ふと眼, ほととぎすの, ぼうと, ぽかんとひとり言, またこの, またしきりに, また他, また会いましょう, また向う岸, また太鼓, また次, まだ読まない, まだ開けてない, まんまとせしめ, もう一度さう, もつと, やった仕業, やはり二人, よろしい, イザナギ, カモシカ中尉は, シチュウと, シンとして, スイス寄りの, ズズズと, ティトレリは, ドブ板の, ネロ, ビールを, ボーイが, ミンチン先生の, メートルの, 一人の, 一句こう, 一日ぢゆう, 一緒に, 一言が, 三人揃つてその, 三千代は, 三崎町へ, 下手人が, 不義者の, 与えて, 主人は, 主君の, 久左衛門に, 乘れたら, 二人の, 二人共笑い出し, 二代目長兵衛顔を, 二階に, 于禁は, 云った, 五個の, 井上五郎から, 京子さんが, 人を, 今更の, 他所から, 但木土佐が, 佐殿から, 佐瀬弁護士から, 何の, 何を, 余五郎は, 余党を, 來て, 例の, 例年の, 依子が, 便所の, 兄さんは, 兄は, 充分に, 全軍, 六畳に, 六部は, 其処へ, 刄物を, 列車ボーイから, 別室で, 勘平と, 医師は, 十兵衛が, 千代子は, 卓一君は, 博士は, 卵饂飩あるいは, 参右衛門と, 友人らの, 口から, 口やかましいリュドミラ, 古谷局長は, 右の, 同じ寸法, 同意を, 吹いて, 坊さんは, 城太郎は, 堀久太郎と, 堪らなく淋しく悲しく, 塔に, 塩野は, 士官次室へ, 夏侯惇は, 天を, 天野北山は, 奥さまは, 女とも, 女の, 女の子は, 女は, 女を, 女持ちの, 女王は, 女達は, 妙に, 始まったらしい, 子の, 子供が, 子供たちは, 孔明の, 学校の, 孫恪は, 安らかな, 宴を, 家から, 家の, 封を, 小平太は, 小次郎は, 少女を, 届けたらと, 山甚の, 帯で, 帳場格子の, 帷を, 幕僚たちと共に, 庭は, 弁信は, 彼の, 彼への, 彼らから, 彼らの, 彼女が, 彼岸の, 後ろの, 御内儀, 御狩, 御礼奉公を, 御隱居, 心静かに, 思い出したよう, 急に, 悪戯っ, 愛吉の, 感付いた, 慰めて, 懐中電灯を, 手に, 手水の, 手白は, 手紙を, 投げこんだもの, 押されたもの, 拙者の, 持ちあがる畳, 授業が, 描かれたもの, 政代は, 散歩に, 新蔵と, 新詩, 日頃頼ん, 旦那樣が, 映写した, 晩に, 木びき歌ば, 村の, 松吉は, 松戸の, 根岸へ, 梨枝子を, 極く, 橋本の, 檜の, 次々に, 武蔵は, 殺されたやう, 水戸家から, 氷峰は, 決ったよう, 沢庵が, 泣くヒステリイ, 津藤が, 浅黒い顔, 海豹は, 深い静寂, 源吉の, 灯が, 烈しい嚏, 無意識に, 熊吉と, 熱い煮たった, 燒餅喧嘩が, 父は, 父圓太郎は, 爺さんが, 片岡山, 猿廻しに, 獣医が, 獲りゃあ, 玄徳へ, 甘ブドウ酒, 申しました, 番頭の, 皆に, 皆は, 盃を, 盗難届の, 直ぐ後悔, 直ぐ顔色, 相談した, 看護婦さんは, 眼の, 眼を, 着換, 神尾主膳は, 私共も, 空っぽの, 突然先生, 窓の, 窓を, 立った人, 竹伐, 笑い声と共に, 笑って, 第一着, 箸を, 簡単に, 紋也と, 細君に, 絞め上げて, 絹は, 継ぎ足した文句, 美しいちょう, 美しい女, 老僕を, 聞く, 聞こうじゃ, 職業女の, 胸算用でも, 腕を, 自分で, 自分でも, 自分の, 與助さんが, 船頭親仁水手舵手らが, 良吉は, 花は, 花嫁の, 花房の, 若者は, 苦しみ始めたん, 茶でも, 茶を, 茶漬を, 菓子を, 葉子は, 蒲団を, 藤吉郎は, 蜀の, 行えるゆえ, 行家を, 表に, 被害者は, 見出した, 親類や, 角顋は, 解剖台が, 言った, 訊問を, 話を, 読者は, 諸人に, 警官たちが, 議論は, 貴下が, 趙範に, 跳出し, 軍議を, 軽く笑, 酌を, 酒も, 酒を, 重臣すべてを, 金太と, 鉄が, 鍬を, 長屋門を, 閉じられたが, 陣を, 陶然と, 非常に, 須永君を, 頼朝へ, 顔を, 顕真, 飯に, 飯も, 饗応を, 駅逓馬車の, 駒井甚三郎は, 鴈治郎は, 黄蓋を

▼ その後から~ (433, 4.4%)

11 ついて 7 跟い 5 ついて行く, 二人の 4 一人の, 従いて 3 もう一人, 続いた, 随い

2 [23件] あがったが, おりて, お才, お茶も, お銀, きた, これも, そつと, ぞろぞろと, ついて行った, であった, また一人, 並んで, 丸顔の, 十六七位の, 大勢の, 娘を, 孝子も, 尾い, 後から, 旅姿の, 続いて, 踉い

1 [342件] あやめも, あらわれた, あんまり飛ぶ, いって, うさんの, うまく自分, お勢, お従いする, きまつて, この家, この旅館, さっきの, さめざめと, しかしお, すぐ城太郎, すぐ湧, そっと跟, そなた, その反動, その方角, それと, だった, ちょこちょこつい, ついて行きながら, ついて行きました, ついて行くの, ついて行く平次, つけて, つづいて, でなくては, どんどん駈け, なお激しく, にぎやかな, のは, ぽつりぽつり言葉, また, また二人, また別, また左翼, また新しい, また筒袖姿, また肩衣, また追, また違った, まだ中学, みすぼらしい外套姿, みんなが, もつと, やくざな, ゆめかとばかり, カピが, ギーという, クリーム色の, コニヤツクの, ゴウゴウゴウと, シユウといふ, ジユウルが, ジョンが, ドイツ軍が, ヒョイと, ボサボサの, マルも, 一台の, 一団と, 一団に, 一歩一歩つい, 一羽の, 一行が, 万兵衛が, 三人の, 三人は, 三右衛門が, 三芳も, 三輪の, 上りかけたが, 上りながら, 下って, 下僕の, 下女の, 不安そうに, 不敵な, 不服さうに跟い, 中江は, 乙は, 二つの, 二三人の, 二三匹宛馬の, 二三歩廊下へ, 二人は, 二十五六に, 二十人近くの, 二十隻の, 云った, 人間の, 仏蘭西の, 付いて, 会釈し, 伝七, 伝七竹造しんがりは, 何という, 余裕の, 例の, 侠徒が, 信号兵が, 信玄が, 信繁義信勝頼逍遥軒の, 先刻の, 光秀は, 入った, 入つた者, 八五郎が, 八五郎は, 再度自分, 凄まじい騎馬, 出して, 出た女, 出来た, 出羽守に, 別な, 別の, 則子が, 前へ, 助手の, 十人ばかりの, 博士夫人が, 又二人, 叔父の, 吉川夫人と, 同じ石神堂, 喘ぎ喘ぎ追って, 喰らいつた, 嘲笑が, 城太郎が, 堅気の, 壮い, 声を, 外へ, 多勢の, 多緒子, 大きな鞄, 天井裏に, 天井裏へ, 太守の, 奉行所の, 女中が, 妖精にとっては, 妹の, 姿を, 婦人の, 子供みたいに, 定雄たちも, 室一杯に, 家政婦が, 家来たちが, 専斎が, 小糸新, 尾けて, 尾行し, 山女が, 巧みに, 巷へ, 帳を, 常覚, 平八も, 平生の, 年とった, 幸子に, 幾組かの, 座を, 弓を, 影の, 彼が, 彼の, 後からと, 後陣として, 従った, 忍び寄つたソ聯, 忠太郎が, 急いで, 悪魔が, 慌てて, 成都の, 我々も, 手周りの, 投げつけて, 押しかかって, 押しかけさて, 押して, 持ち出した, 支配人の, 敬二郎と, 新しい不安, 新しい緑色, 新製の, 旗を, 早馬が, 暗に人馴れ, 曉近い, 杉夫と, 村の, 来た秀吉, 来ること, 来るの, 東へ, 柵門へ, 植田良平と, 検事さん裁判長, 橋本沢子の, 武器を, 歩いた, 歩いた其所, 歩いて, 歩き出す, 歩を, 歸りました, 母も, 水に, 浅井夫婦が, 源氏方が, 漕ぎ従う用意, 爪先上りやがて, 父が, 狼狽て, 猾そうな, 猿若, 生ずるもの, 白い兩手, 白耳義の, 白足袋で, 皺くち, 目の, 直ぐお, 直ぐ參, 直ぐ此度, 直に彼女, 相模屋の, 看護婦生徒の, 真赤な, 矢代も, 短躯の, 石河岸の, 私が, 私と, 突き進んだ, 第一番, 第十一号機, 篠に, 糸子が, 紳士と, 紳士や, 紹介された, 続きその, 網の, 續い, 續きました, 老人と, 耳門を, 聟どのは, 聟殿は, 背後の, 胸に, 自分で, 自分も, 芋虫の, 若い女, 苦しそう, 茶の, 葉之, 蒔絵を, 蔵人が, 藤吉郎は, 行く可, 覆面の, 見えが, 見えなかった母, 見え隠れに, 見せて, 覗いたの, 謀計者は, 貸船屋, 赧顔長髪の, 走って, 走つて, 起きて, 起る, 越前勢の, 趙子, 足を, 足音を, 踵い, 蹤い, 身を, 身体容貌いと, 追いかけた, 追いかけるよう, 追いすがった, 追いつづいたが, 追い捲くって, 追い着くよう, 追っかけて, 追っかけるよう, 追っ馳けた, 追つかけます, 逃げて, 遠慮の, 邸内の, 酒が, 重そう, 金に, 金銀細工の, 鉄道を, 銚子を, 陰険の, 随って, 雨が, 雪崩を, 雲霞の, 青い星, 青と, 青竜刀の, 静かに, 頤を, 頭ばかり, 頼朝が, 飛びかかった, 飛び込むね, 飛乗って, 館林様と, 馬を, 馬鹿らしいと, 駆けて, 駆け出した, 駆け出すこと, 駆り出しに, 駈け付けて, 駈け出したの, 駸々乎として, 高山右近は, 鳥打帽の, 黒い大きな, 黙って, 鼠色の

▼ その後~ (376, 3.9%)

13 追った 9 見送って, 追ふ 7 つけて 5 追うて, 追って, 追ひました 4 うけて, 受けて, 見送った, 追いかけた, 追いかけて, 追うよう, 追ったの 3 促しました, 促します, 尾けて, 待った, 見送る, 跟けて, 追おうと, 追っかけた, 追つた

2 [11件] 引き取って, 待って, 慕って, 承けて, 継いで, 襲いだの, 見送つて, 追いかけました, 追いました, 追って行った, 追つて

1 [246件] い, いいつづけようとは, いおうと, いって, いわなかった, うけあれ丈, うけた絵画, うたいつづけようとして, おっしゃらないん, おひました, きこうと, さらにしん, しゃべり続けたの, じっと見送っ, じつと, すぐ追って, そつと, それから, ちやんと, ついて, ついて行った, つぐべきもの, つけある, つけた, つけたこと, つけても, つけました, つけようと, つけること, つける若い, つづけて, どうしよう, どうする, なほ語る, ひきついだ伊藤野枝, また強い, やはり子供達, ややしばし沈湎, ゆっくりと, よく物語っ, よほど後れ, わしが, ソロソロと, 一段と落付き, 三十米も, 云いにく, 云い足した, 云う, 云わなかった, 今度は, 付けて, 前の, 単調な, 受けた今年, 受けた自分, 受けついだ技師, 受けつぐべき言葉, 受けるの, 同じよう, 問屋に, 善くせし, 嗣いだ弟子, 嗣がせる時, 嗣ぐこと, 埋めるもの, 夜に, 夢中で, 学者連中が, 実に何, 実父にも, 客たちは, 尋ねる元気, 小荷駄の, 少し忌々し, 尾い, 尾け, 尾行て, 巡りますと, 引いて, 引受けた, 引継いだよう, 従いて, 従けるよう, 思う, 慕いかけたが, 慕った, 慕つて息子の, 慕つて遙, 承けた, 承けたもの, 承けた少子, 押して, 担架に, 拭けば, 推察する, 書き継がせて, 松平隠岐守即今日の, 案じる現実的, 次いだ, 次男の, 武者之, 歩きながら, 歩めり, 水が, 潔くする, 激しく追っかけました, 為世の, 猛獣が, 環る, 畠に, 睨めて, 睨めながら, 知ってるかと, 知つてゐる, 知らない人達, 知らなかった, 短く切っ, 立てさせようと, 立てること, 笑い消して, 米友が, 米村が, 絶ったなどという, 絶つた, 継いだの, 継いだもの, 継いだ兄, 継いだ私, 継いだ革命, 継きて, 継ぎました, 継ぐに, 続けるもの, 締めて, 美しい眼差し, 考え信長, 聞かせて, 聞きたげなり, 聞こうと, 聞こうとは, 聴かなければ, 聴きたかった, 聴くまいと, 聴こうと, 背の, 背景に, 自分で, 芳江は, 草鞋ば, 萩野は, 蒲生家が, 蔽いかくした, 行きながら, 襲いだ, 襲いだ房之助さん, 襲い二人, 襲うべき幸運, 襲う筈, 襲ぐ者も, 襲つた, 襲つたのは, 見おくりながら, 見送った俊助, 見送つた後, 見送りながら, 見送りまた, 見送るより, 言い続けられなかった, 言ふ, 言わないで, 訊く事, 訊く必要, 話すと, 話す事, 読みつ, 読むに, 跟けさせる, 跟けた, 跟ける, 辿って, 追いかけたが, 追いかけたの, 追いかけるよう, 追いかける様, 追いかけ心中, 追いたり, 追いながら, 追いましたけれど, 追い初め, 追い求めて, 追い狭い, 追い縋らうと, 追う, 追うだけ, 追うとの, 追うとも, 追うの, 追うべき時, 追う事, 追う売笑婦, 追う平次, 追おうとは, 追っかけて, 追ったが, 追ったと, 追ったり, 追った二号艇, 追って佐五衛門, 追って僕, 追って入っ, 追って出, 追って北上, 追って室外, 追って廊下, 追って玄関, 追って縁, 追って行く, 追って谷, 追って走っ, 追って走り, 追って駆け, 追つ, 追つてお玉, 追つて小走り, 追つて部屋, 追は, 追ひかけ, 追ひかけました, 追ひかける, 追ひ掛け, 追ひ縋ります, 追わせるよう, 追わねば, 追掛けて, 追馳, 追駈け, 追駈けた, 進んで, 遮った, 鍬で, 閉めたあと, 附けて, 雑談に, 青鉢巻の, 静かに, 黙って

▼ その後~ (125, 1.3%)

6 はその 3 は, はどう 2 がその, はかぎり, はこの, はまるで, は彼, は東京

1 [101件] がこうして, がこの, が五, が友達, が外国, が実際, が帰京, が東京, が東大, が歴史哲学, が第一高等学校, が経験, とお, に話します, の事, の健康上, の医者, の友人, の大学時代, の学問, の守護霊, の小さい, の心, の心臓, の気楽, の第, の許, の顔, はあなた, はいくつ, はいろ, はさらに, はたしか, はたびたび, はどこ, はどんなに, はねっしん, はほとんど, はよく, はイギリス, はチエホツフ, はドイツ, は一年, は一時弟子, は中学, は何人, は何回, は佳き, は全く, は初めて, は北九州, は古い, は右, は同じ, は大阪, は奥さん, は妻, は学生時代, は寥, は小, は少し, は巡業, は幾たび, は店, は彼女, は急, は成長, は手繰, は新, は日本, は日本犬保存会, は時々, は最近, は毎号小説, は毎度本人, は氷ノ山, は注意, は洞, は現在, は盲腸炎, は知らなかった, は碁, は私, は程度, は笠原, は聖書, は色々, は芸者遊び, は親切, は都, は銀座, は長谷川辰之助君, は駆け出し, は高野, もその同じ, も口, も鎌倉, をだまそう, を大変, を彼女, を苦しめました

▼ その後どう~ (107, 1.1%)

9 なったか 7 して, なって, なつた 6 したの 4 したか 3 したわけ, なったかと, なったね, なったの, なりましたか 2 したろう, しました, です, なったこと, なったもの, なっタ, なつて, なりました, なんだい

1 [34件] いたしたか, したかと, したかを, したこと, したでしょう, したでしょうか, したという, したろうか, したろうネ, したん, してるんだい, しましたか, しましたかしら, しらべるかについて, だい, だつたいと, だね, という, なさいました, なさいましたか, なすって, なったえ, なったかは, なっただろうか, なったでしょう, なったろう, なったん, なつたえ親分, なつたの, なの, なりまして, なるであらうかといふ, 手づるを, 解決され

▼ その後~ (88, 0.9%)

2 半次と, 向うから

1 [84件] おいで, お半, お扇さん, お父様, くっついて, しびれを, すぐ勘六さん, その辺, だんだん東京, ついて行かねば, ついて行きました, ついて行く, ついて行くと, ついて行った, つかえた, もう一筆, わたくしが, キチンと, チョェ・ボン・ケンポ, 丁度その, 世界列国の, 主人の, 二つ円を, 今の, 伯父の, 何が, 來た, 例の, 先刻の, 入つたの, 入る事, 八五郎は, 出来た大穴, 別な, 十一人の, 又他, 叔父と, 四人つ, 大あぐら, 大垣に, 奥さんが, 女の, 小使い, 小旗, 小林習之進の, 小野川が, 山野に, 島村が, 幕府の, 引きちがえて, 彦兵衛は, 従った, 持って, 新らしく, 新吉という, 来たの, 来た青毛布, 松平大和守朝矩が, 樣子が, 残ったもの, 濡れ手拭を, 玄龍先生は, 現われたが, 畑の, 皇甥李光明を, 神罰の, 税関吏の, 窮屈そうに, 立てられた高札, 続いたこと, 美術商の, 自分が, 自分の, 自身直ちに, 舞ひあがつ, 葉之, 西山の, 身体を, 金十郎が, 長い巾, 長女の, 限りない, 馬鹿野郎と, 骨壷を

▼ その後間もなく~ (85, 0.9%)

5 私は 3 死んで 2 であつ

1 [75件] お今, この, これを, その妻, その母, ちやうど三浦三崎の, ぶらぶら病いで, オクタンに, カルデヤの, シャクは, セミヨノフ軍の, ピイプザアムは, ブラドリー, ロンドンに, 中央新聞社を, 主人佐渡守から, 九州へ, 二月の, 互いの, 互ひ, 亡くなられたので, 人口増加し, 俊夫君は, 全財産, 写真師は, 出来たよう, 十郎が, 千八百六十八年に, 取りこわされた, 取潰し, 同大臣, 国籍を, 外に, 外人嫌いの, 妹は, 家産が, 家老馬場氏に, 寒冷が, 小山書店主に, 小生が, 市政の, 彼は, 彼女一家には, 御維新, 惣右衛門さんが, 慶長三年に, 教授も, 方々へ, 日光に, 星の, 時代的な, 松井佐渡守は, 栄養低下が, 死んでしまつた, 火事を, 狐光老は, 狭心症心筋梗塞を, 産褥中に, 男の, 癒りました, 白昼風も, 盛高も, 私の, 私達の, 美妙斎として, 自分は, 西が, 變な, 赤坂城を, 赤羽は, 身まかつて, 逝去した, 酒が, 閉されて, 頭の

▼ その後には~ (77, 0.8%)

2 なんの, 何の

1 [73件] あっぱれ日本一の, あの白髪, いつもの, おそらくほとんど全く役に立たなくなっ, きっと月, この利益, この名, そうした機会, それほど著しい, ただ大きな, どんなに貴重, ない, またわれら, またサンライト, やや小, よい折り, アネットに, ガラツ八の, ファラデーの, ヨンジン・リンボチェ, 一人の, 一人も, 一般に, 二枚折の, 人柄の, 人間の, 今まで, 以前にも, 休息す, 何かしら威勢の, 余計に, 凱旋将軍の, 勿論それ以上, 南南東からの, 墓掘りが, 婦女子と, 寺の, 市川右団次市川権十郎なども, 徐に一束四銭, 得態の, 必ず喜び, 恐怖の, 日頃お, 更にいっそうそれ, 更に畏怖, 書面を, 李, 権律師胤舜どのが, 正しい税, 民主的文学運動の, 気味の, 現に農場, 白蝋石の, 目も, 直ぐ國民最大, 直ちに澄み渡った, 神社が, 福澤が, 結婚と, 肩に, 船長が, 蝸牛が, 血に, 訛って, 軍歌隊の, 軸に, 金モールや, 雁字搦めに, 青い服, 青い繻子, 青赤二つ鬼が, 高級艇員たちが, 黄いろい窓掛

▼ その後また~ (75, 0.8%)

2 大きな戦争, 竹に

1 [71件] あの牛飼, いろいろ転変, しばらく暗黒, そこで, その, その家, ちょっと帰っ, つい最近, とうとう押丁, どうしたろう, ふと夕貌, ほかの, まこと, よく洛内, ドイツオーストリアイギリスイタリアアメリカにおいて, 一ねむりした, 一ヶ月ばかりの, 一年あまりで, 一日延び, 一週間と, 事あった, 二人の, 五十年も, 京都の, 今度は, 他家へ, 会津北越巡り伊豆半島散策それから, 何かの, 何の, 友達に, 同じ品, 同じ山中, 同じ州, 同月の, 四ツ谷から, 四五年たっ, 多くギリシア人を, 大殿様, 天気工合と共に, 子を, 小野妹子が, 幾年も, 幾度も, 引き続いて, 恐竜に, 捜索する, 文し, 方阿弥と, 日本の, 曹操は, 東三条の, 根戸川亭で, 歌稿を, 死一等を, 河上氏に, 男女が, 筆を, 聖ヨハネ現, 英領インドとの, 葛城山に, 薬代四十円も, 行って, 見ず, 訪ねた時, 諸州を, 遇うたら悲し, 遊びに, 都合が, 長兄の, 食わるるに, 駿河勢力に

▼ その後この~ (67, 0.7%)

2 ことを, 事件の, 事件は, 村から

1 [59件] ことが, み仏, オムニバスの, カント風の, 一座に, 上人が, 事件が, 事件を, 二人の, 二隻の, 付近は, 作家が, 制度が, 北の方から, 名に, 問題を, 地に, 地へ, 地方の, 地武蔵において, 堂へ, 塔中に, 墨の, 女の, 女愛らしい, 小唄は, 屋敷の, 幹が, 広い上海, 廊下には, 思想は, 手紙の, 才能を, 教室に, 文房具店で, 新土地, 新籾, 方法は, 書は, 村からは, 横町で, 樹が, 歯医者が, 狹き, 現象の, 疑問を, 皇子が, 研究が, 研究室の, 私の, 絵巻物を, 蔵には, 薬丸家から, 言文一致の, 詩は, 門が, 門再び, 障害が, 顛倒事件を

▼ その後~ (57, 0.6%)

2 の夢

1 [55件] からの通信, からは何, がこの, がたびたび, が延子, が遊び, とケプナラ, にかしずい, に会わない, のこと, の墓, の大抵, の好悪, の妾, の工夫, の店, の後, の息子, の捕はれた, の捕われた, の描いた, の足, はいつも, はかつて, はすべて, はそれら, はたびたび, はどう, はまた, はもう, はパントム, は一夜ひそか, は久, は乞食, は二度目, は何度, は函館, は動物, は如何, は屡々, は彼女, は我々, は旅, は村, は東京, は殺された, は満足, は生涯, は目的, は知力, は神座, は路地, は長く, れは, をもっと

▼ その後にも~ (53, 0.5%)

3 いろいろの 2 インフルエンザは, 二三人の

1 [46件] かつて鴫突き, ここに, この部屋, しばしば見る, しばしば雨, すこぶる盛ん, それに, たびたび之, ほとんど不断, また二, また他, やはりその, やはりよい, 一九一〇年と, 一再ならず見, 上演を, 二三度繰り返した, 二年に, 京都に, 他人について, 俳優や, 僕は, 出ると, 別に気, 劇場その他で, 南北朝の, 各座, 各種の, 大きい住宅, 安子とは, 広小路を, 引き続いて, 日が, 日本には, 来て, 止まなかったもの, 海岸の, 温度は, 湯屋の, 種々の, 第二次第三次, 続いて, 親方らの, 長女は, 非人という, 養子を

▼ その後その~ (48, 0.5%)

1 [48件] お侍さん, お熊, ことに, ことについて, ころ出来た, トランクに, マニラの, 一座は, 事が, 事は, 人は, 会社の, 原因が, 地方に, 場に, 妹は, 娘を, 子の, 存在すら, 室を, 家の, 小説の, 尾行の, 店員の, 影響から, 役人に, 時よりは, 書店は, 書肆が, 會へ, 木を, 武士の, 決定が, 汽罐車製造工場と, 牛また, 男が, 着いた所, 細胞の, 舌の, 船の, 行き先き, 装身具や, 西山という, 話は, 辺りにては, 重大な, 金を, 香木は

▼ その後~ (45, 0.5%)

4 体は 2 筆は

1 [39件] かみさんから, ひ, 互ひ, 京の, 体の, 健やかで, 元気で, 元気でやす, 光の, 冬さんについては, 千代の, 千絵様の, 噂を, 妻は, 嫂様に, 工合は, 延が, 新はも, 染は, 此と, 涌を, 父上さまが, 粂と, 糸は, 綾さんが, 美代さんの, 葉は, 見えに, 角は, 読みに, 調べに, 豆でございます, 豊の, 達者, 邸では, 銀と, 銀様が, 銀様に対しては, 鳥が

▼ その後~ (42, 0.4%)

1 [42件] がつて來, この名称, たしか若山儀一, は酒井雅楽頭, まだ僅, を承け, アッシリア王アスールバニパル, シェイル氏は, ッとも, バイエルン王マキシミリアン二世の, ブルガンデー州, 一般にこの, 五年を, 仏国人ボアソナード氏が, 伊藤公の, 僅に, 光緒六年, 再び出現, 取調委員の, 司法省の, 和蘭の, 商法改正案においても, 大木司法卿も, 学者は, 宋, 官家の, 崩御された, 帰国し, 彼国においては, 思案し, 慶応二年に, 我輩は, 明治五年に, 東郡地方で, 楚の, 歐洲への, 沢山公, 百花園の, 禁を, 約十年, 船は, 間もなく永平

▼ その後しばらく~ (39, 0.4%)

15 して 3 の間 2 姿を

1 [19件] してからは, たってのはがき, はわずらっ, は何事, 中絶し, 二代目を, 休場し, 伴蒿蹊に, 僕らは, 同じよう, 日か, 日に, 病気と, 経つて, 藻に, 詩作から, 部長などという, 鎖で, 面白くない

▼ その後~ (36, 0.4%)

1 [36件] あるかも, どうしてもうまく, どうな, どうなった, なおいけ, はでな, また一しきり, また面白い, まだ何, めちゃくちゃな, よくなかつた, わからなくなったぞ, ペテルブルグという, ボーイの, 似合わしくない, 勇敢よ, 厨司一家で, 困る, 大変だ, 大変で, 大変翌日私は, 尚ほいけねえ, 幾何学的な, 後庭, 悪かった, 惡い, 惡か, 振って, 油の, 潜んで, 田圃です, 真空に, 見物でした, 追い掛けたくなった, 長州征伐の, 難解だ

▼ その後姿~ (35, 0.4%)

6 を見送っ 3 を見送った, を見送り 2 はわたし, をそれとなく, を見, を見つめ

1 [15件] が世の中, だけが少年, に十字, をみた, を此方, を眺める, を立花, を見せなかつた, を見た, を見よう, を見入つた, を見送, を見送つた, を見送りました, を見送る

▼ その後では~ (33, 0.3%)

2 誰が

1 [31件] いっそうみんな, いつも, いつも女房, きっと, きっと熱, きつと, このペンネーム, しきりと, すぐに, どうあっ, また以前どおり, 万象寂として, 両手首, 九分九厘狂人に, 何も, 何時でも, 凡ての, 彼よりも, 必ず, 数えきれないから, 新鮮な, 時間を, 更に深い, 本当に憎んだ, 気を, 淋しくなった, 現実の, 笑った, 誰に, 起こって, 身も

▼ その後について~ (32, 0.3%)

2 行つた

1 [30件] いらつし, じっと少年, ゆきました, ゆきますと, ようやく空腹, サダも, 中庭に, 二階へ, 云った, 冬宮の, 出て, 出掛けましたが, 和尚は, 外に, 室を, 帰りかけたの, 店を, 廊下へ, 廻ったが, 我と我身, 明るい応接室からうす, 来て, 歩いて, 白扇を, 行つ, 裏の, 親分らしい, 言った, 走つた, 送って

▼ その後~ (32, 0.3%)

2 かの機会, のたより

1 [28件] うなったの, かかわったこと, かそんな, かのおり, かのはなし, かの事情, かの折, かの本, かの様子, かの次手, か便り, か変った, か手がかり, か新, か欲しい, か決意, とし, と思った, にもいい出し, の便り, の知らせ, の返事, の音信, の音沙汰, べん, もなかっ, も分らない, を読んだ

▼ その後~ (28, 0.3%)

2 は, は毎日

1 [24件] がいくら, がアメリカ, が出, が変化, が小田原, が衛生舎, が遭遇, と桂, に向っ, の所, の父, はいつも, はこの, はフランス, はモオパツサン, は原子爆弾, は女史, は彼, は徐, は旅先, は日本, は朝日, は神経, もいろいろ

▼ その後ある~ (24, 0.2%)

2

1 [22件] ところで, 人から, 人に, 人の, 休日の, 友人が, 友人にも, 夕刻に, 大学の, 奇縁によって, 学生が, 宴会を, 巡礼が, 年に, 必要から, 所で, 文章の, 日の, 暦の, 機会に, 物理学者の, 茶会で

▼ その後いろいろ~ (24, 0.2%)

2 の人

1 [22件] と思いあわせ, と悪評, なお, なところ, な事業, な人, な反古, な書入れ, な猿人, な目, な説, の事情, の商館, の形, の経験, 変更に, 男を, 研究した, 経験の, 経験を, 考へて, 聞き合わせて

▼ その後一度~ (24, 0.2%)

2 もやって来ない, も彼, も東京

1 [18件] その娘, の音沙汰, ふとしたこと, もこの, もガスコ氏, も会っ, も帰った, も彼女, も思い出し, も怪潜水艦, も手習い, も煩, も行, も行かなかった, も訪ね, も逢った, 伺おう伺おうと, 巴里に

▼ その後~ (22, 0.2%)

3 に属する, の方 2 である

1 [14件] であって, で無意味, にあなた, に一言, に乗る, に召命, に對, に属します, の場合, の道, らしかった, を受ける, を撰んだ, を考える

▼ その後再び~ (21, 0.2%)

2 机に

1 [19件] そんな真似, たずねて, ローマ軍の, 一座を, 吉田君に, 日本へ, 来らずお, 東京へ, 無精髭を, 現れないから, 着手しよう, 花うりを, 行こうと, 詩に, 起らなかった, 越佐地方に, 軍勢を, 集めて, 高松を

▼ その後だんだん~ (19, 0.2%)

1 [19件] おしげと, と回復, と木村君, と気, にやせ, わかって, 仏教が, 仲が, 偉くなっ, 慾が, 明らかに, 材料が, 深くなっ, 減って, 私の, 考えて, 見て, 話が, 調べられたが

▼ その後東京~ (19, 0.2%)

2 へ出, へ帰っ

1 [15件] と改まった, にはかう, に住む, に店, に引, に暮し, に行っ, の春木座, の町, の自分, の街, は焦土, へ帰つて, へ帰ろう, へ移住

▼ その後自分~ (19, 0.2%)

1 [19件] から打明け, が時事新報, の感想集, の方, の書いた, の検分, の殺した, の生活, の胸, はこの, は京, は小石川, は思ひ, は近き, もその, も同じ, も注意, も秀吉, も穴釣り

▼ その後さらに~ (18, 0.2%)

1 [18件] お姿, それを, クルチウスの, シベリア東部の, 一年と, 三個年間の, 二三の, 元禄の, 再版せん, 寛永に, 延宝四年から, 数年を, 数日たっ, 新説あり, 有効なる, 深遠なる, 著しいもの, 複雑に

▼ その後まもなく~ (18, 0.2%)

1 [18件] あづまを, その播磨, のこと, アレマニ族の, 公園が, 取潰し, 変な, 天平元年四月百官に, 宗政さまの, 彼が, 彼女は, 母は, 毒薬自殺を, 私は, 秋の, 脊髄病に, 英独戦争の, 郷里の

▼ その後~ (18, 0.2%)

2 のお

1 [16件] が, がしばらく, が家, が近所, にむかえ, に今ここ, に裏切られ, のやはり, の肥った, の芝居, はすぐ, は一家, は名門, は尾州藩, を, をのこし

▼ その後ずっと~ (17, 0.2%)

1 [17件] お篠, もてはやされたもの, 元日の, 天子さまに, 後に, 後年まで, 松平子爵の, 棚の, 森を, 母が, 独身生活を, 甲州へ, 禁酒主義の, 私の, 私は, 貧乏書生であった, 高等学校長を

▼ その後~ (17, 0.2%)

2 るうら若き美しい, る日, る練習所, 人の 1 る人, る便宜, る友人, る時期, る機会, る種, る製菓会社, 日また, 男に

▼ その後次第に~ (16, 0.2%)

2 その根源

1 [14件] その勢力, 変って, 大きくなり, 大胆に, 年を, 日本人独特の, 星雲の, 様子が, 気が, 波及し, 私の, 納額が, 西北海岸の, 鎖国的と

▼ その後しばしば~ (15, 0.2%)

2 版を

1 [13件] そうした唐突さ, セシルに, 伊太夫の, 会合を, 余を, 出遭う機会, 大なる, 女猿廻しと, 役に立った, 氏に, 用いては, 私に, 言ったこと

▼ その後今日~ (15, 0.2%)

3 に至る 2 に到る 1 が日, では本郷座, までこの, までたつた, までに私, まで一度, まで五年, まで引き, まで行方, まで随分

▼ その後始末~ (15, 0.2%)

2 をする

1 [13件] からし, がつかないでしょう, が付かねえで, つまり遺産, としてお, にし, に及ん, に立働いた, ばかりさせ, もまだ, をさせられ, をし, を少し

▼ その後彼女~ (15, 0.2%)

1 [15件] がジルベール, だけは私, の母, はいろいろ, はその, はますますがっかり, はオリヴィエ, はヴィール, は前, は宮, は屡, は幾日, は母, は気持, は長らく

▼ その後すぐ~ (14, 0.1%)

2 吉田署長さんは

1 [12件] つづけて, どこへ, に私, 厩を, 呉の, 始まった第, 早月母子を, 河内水分神社の, 男の, 萎れて, 西洋へ, 見物ながら

▼ その後久しく~ (14, 0.1%)

2 伊豆の, 消息を 1 かけ離れて, して, 人麿の, 会わなかった, 参詣を, 官辺との, 煩いたり, 独身で, 絶版と, 金の

▼ その後~ (14, 0.1%)

4 の世 1 から二千年, では別段何とも, となつて, に到る, のグランド, の向島, の学習院, まで全く, も逢います, 迄に

▼ その後これ~ (13, 0.1%)

1 [13件] が心理學, では店, といっ, といふ目星, について政友会, に代っ, に似た, に加はり, に関して行われた, はほんとに, も久しく, を根問い, を翻訳

▼ その後どこ~ (13, 0.1%)

1 [13件] かの小, かの隅, かへ引, か近県, でみた, でもこの, でも上演, にどう, に何, の大, へ引越し, へ行った, を雲水

▼ その後どんな~ (13, 0.1%)

2 ことを, 生活を, 風に 1 姿で, 容態かの, 形で, 径路を, 様子か, 立派な, 進歩した

▼ その後~ (13, 0.1%)

1 [13件] が紙包み, ともなく, にきい, にも会わない, に貸した, の妻, もがその, もどうも, もムービー氏, も来, も聞かせ, も逢った, も間

▼ その後それ~ (12, 0.1%)

2 がどう 1 かあらぬ, がきっかけ, について質疑, にキュウリグサ, はどう, は二人, より三十二年前, を取り返した, を怪しみ, を読ん

▼ その後でも~ (12, 0.1%)

1 [12件] おそらくボン, まさかこれ, まだ起き, 一度少女の, 事なく, 何か, 同志の, 女は, 幾組か, 彼女の, 彼女は, 新聞に

▼ その後二三日~ (12, 0.1%)

2 して, は新太郎 1 すると, たったある, ちゅうもん一つ, のうち, の間, は疲れ, は近頃, は遠く

▼ その後~ (12, 0.1%)

3 に変った 1 に, にからだ, にデイツク, に手入れ, に話, に調べ, に飼う, の場所, の奉公

▼ その後同じ~ (12, 0.1%)

2 ような 1 お腹に, ギリシャに, 主張の, 二日市で, 仲間の, 場所に, 年の, 村に, 眼に, 質問を

▼ その後~ (12, 0.1%)

1 [12件] 主人は, 健康は, 催促には, 小姓を, 息災で, 無事です, 病気御, 病氣御順調の, 結婚なす, 結婚被, 能囃子等度々, 隠殿下

▼ その後日本~ (12, 0.1%)

2 へ帰っ 1 の医者, の右翼, の大使館, の文化事情, の民主化, の浅草, の鎖国, へも渡ったらしい, へ帰つて, へ掲載

▼ その後あの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ような, ラジウムは, 夫婦と, 家を, 暴風雨の, 曲を, 男の, 虫の, 虫は, 辺へ, 長い顔

▼ その後からは~ (11, 0.1%)

2 楚を 1 ひつて, めずらしく黄牛, 天堂一角が, 小使が, 幾十台の, 彼の, 楽隊の, 盾の, 鉄の

▼ その後一年~ (11, 0.1%)

2 ほどは一生懸命 1 たちましたが, と立たない, にわたる大, の今, は国許, ばかり本人手記, ばかり経, ほどたっ, も葉山さん

▼ その後二人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が同じ, とも申し合せた, とも行く, と出ない, の仲, の勝敗, の子, の間, はこの, は永い, は細やか

▼ その後二十年~ (11, 0.1%)

2 の間 1 くらいたっ, たって, にも充たぬ, ばかりの中, ばかりの内, ばかりの間, もたった, 経つ間, 絶えて

▼ その後度々~ (11, 0.1%)

1 [11件] こうした処, その椎の木, の金包, 上京した, 人の, 今の, 会つたにもか, 方言として, 白浜温泉まで, 讀み返して, 逢つた

▼ その後長い~ (11, 0.1%)

2 こと私は 1 あいだこの, あいだほとんど常に, あいだ商人連は, 年が, 年月の, 年月を, 間すっぽんの, 間まっかに, 間私の

▼ その後いつ~ (10, 0.1%)

1 となく, とはなし, の程, の頃, までたっ, までも印象, までも小母さん小母さん, までも白洲, までも私, までも続きました

▼ その後一月~ (10, 0.1%)

2 ばかりたつ 1 たたない内, とたたない, ばかりする, ばかりで, ばかり経つ, ばかり經つて, ほどたっ, 程経つ

▼ その後幾年~ (10, 0.1%)

1 かの年月, か立つた, か経っ, か経った, か過ぎた, もその, もなく, を無事, を経, 経っても

▼ その後数年~ (10, 0.1%)

3 の間 1 してから, たつての, にし, にわたって米英両国政府, 正応六年, 経つてから, 経て

▼ その後暫く~ (10, 0.1%)

2 してから, の間, 私は 1 あって, お目, して, 逢いませんが

▼ その後~ (10, 0.1%)

5 として消息 2 として姿 1 として婚家, として行方, として行衛

▼ その後かれ~ (9, 0.1%)

1 がなつかしき, が出勤, が剣山, が朝倉先生, の前, の病い, はなに, は老い, は阿波守

▼ その後どうして~ (9, 0.1%)

1 いたの, いらっしゃいます, いるであろうか, だか, ました, ゐるか, 五郎蔵の, 居られるか, 拙者に

▼ その後なん~ (9, 0.1%)

1 ですか, でも赦, のこと, のたより, の変事, の沙汰, の消息, の音信, の音沙汰

▼ その後ふたたび~ (9, 0.1%)

1 かの場所, 姿を, 宮戸座へ, 帰安県を, 彼女が, 舞台に, 舞台にも, 見ること, 這い出して

▼ その後ますます~ (9, 0.1%)

1 ご濃厚, ひどくなった, ほめられ愛されたという, 恩誼を, 神経衰弱が, 身なりに, 近国へ, 隆盛に, 高くなっ

▼ その後より~ (9, 0.1%)

2 鮮紅の 1 おいで, ひとりひとりに, 來れる, 去る, 山中の, 続いて, 続きて

▼ その後わたし~ (9, 0.1%)

2 は目白 1 が学校, が放浪, が漸く, は二年, は半, は年々, は引きつづい

▼ その後先生~ (9, 0.1%)

1 が亡くなり, が高輪, にはお目にかかる, には面会, に御, に關, の名, はどう, は外出

▼ その後~ (9, 0.1%)

2 の都合 1 にレコード, に来りし, の家, の者, へは遺留品, を口説いた, を女衒

▼ その後幾日~ (9, 0.1%)

1 かを経, か経, か経っ, か経つ, か考え, も, も幾日, も彼, も眼医者

▼ その後長く~ (9, 0.1%)

1 ものを, わたくしの, 城主の, 宮廷に, 爆心地から, 生きて, 石器時代の, 私の, 見えて

▼ その後ここ~ (8, 0.1%)

2 の街 1 に六十年, に怪しい, の主人, の舞台, へ来なかった, を通らなかった

▼ その後という~ (8, 0.1%)

5 ものは 1 ものに, もの毎日お, もの私は

▼ その後なお~ (8, 0.1%)

1 三年半の, 久しく民夷雑居, 二十五年生きながらえるであろう, 五年間在世であった, 引続い, 西漸し, 長い間, 集まった諸

▼ その後にな~ (8, 0.1%)

1 つてこの, つてアベコベに, つて先生は, つて南宋の, つて囚はれ, つて士禮居で, つて妙な, つて訂正完了と

▼ その後まだ~ (8, 0.1%)

1 お礼にも, よわよわと悩まし, マーケットなど, 一度も, 独り身かい, 田丸浩平に, 聞かない, 鳴りを

▼ その後よく~ (8, 0.1%)

2 旅先の 1 おつ, 人に, 取糺して, 彼が, 注意し, 考えること

▼ その後二年~ (8, 0.1%)

2 ばかりたっ 1 にし, ばかりもたつ, ばかり塚山, もたつ, を経, 経った

▼ その後何年~ (8, 0.1%)

1 かたって, かのあいだ, か家, か後, か生き, か自分, も集めました, 経っても

▼ その後十年~ (8, 0.1%)

1 して, だけのこと, にし, にもならぬ, に近い, の間, ばかりし, ほどは茶

▼ その後十日~ (8, 0.1%)

1 と経たない, ばかりは何事, ばかりは病い, ばかり経つ, ほどにわたって黒煙山, ほども寝, ほども滞在, を経

▼ その後半年~ (8, 0.1%)

2 ばかりたっ 1 の間, ばかりし, ばかりの間, ばかり経つ, ほども歌舞伎座, も立たぬ

▼ その後~ (8, 0.1%)

1 やはり朋輩, ポルカや, 上方から, 幾月か, 序を以て, 百本ばかり, 萱原の, 雪子の

▼ その後多く~ (8, 0.1%)

2 の学者 1 のすぐれた, のひつかけ, の国々, の経験, の經驗, 振るわず日本

▼ その後家さん~ (8, 0.1%)

1 が近い, と娘, と自分, にとっては常識, の金, の鼻, は, は鈴木玉壽

▼ その後幾度~ (8, 0.1%)

2 となく 1 かあたし, かつ, か取拡げ, か石川, でも耳, も

▼ その後~ (8, 0.1%)

1 ならずして, に三度, に再び, に増し, の恐れ, の立つ, をあらためて, を経

▼ その後時々~ (8, 0.1%)

1 すすめを, 二人し, 全身が, 自分に, 行って, 見られたが, 逢いますが, 面白い笑話

▼ その後~ (8, 0.1%)

1 一カ月を, 一ヶ月も, 三百年を, 二十五年も, 二十年に, 二百年間にわたって, 五ヶ月間この, 十五六年の

▼ その後いくばく~ (7, 0.1%)

5 もなく 1 もなくし, もなく廃っ

▼ その後いよいよ~ (7, 0.1%)

1 不如意に, 出でて, 天誅組一味の, 御静養, 戦争で, 繁昌が, 食ひつめ

▼ その後たびたび~ (7, 0.1%)

1 この釣鐘, その別室, 御会いです, 文通し, 溜息を, 見て, 話しに

▼ その後~ (7, 0.1%)

2 に姿, に立った 1 の実質, の弁護士席, を見送っ

▼ その後三年~ (7, 0.1%)

1 にし, のころ, の休戦中, ほども続い, ほど生きた, 乃至五年毎, 経って

▼ その後何度~ (7, 0.1%)

2 思い出しても 1 となく, もお伴, も行った, も避難民, も顔

▼ その後大学~ (7, 0.1%)

1 に入り, に在職, の教室, へ入る, へ行っ, を卒業, を退い

▼ その後~ (7, 0.1%)

6 続いて 1 続いての

▼ その後~ (7, 0.1%)

4 をつけ 1 がつきます, にかかる, を付けたら

▼ その後いか~ (6, 0.1%)

2 がいたした 1 がなさいました, がなされしか, が被, の話

▼ その後すっかり~ (6, 0.1%)

1 こういう人, ジャングルの, 怠けかつこの, 振り向きも, 評判が, 跡を

▼ その後ずつと~ (6, 0.1%)

1 健康を, 大きくなる, 岸田を, 絶版にな, 良好な, 音信不通に

▼ その後~ (6, 0.1%)

4 んだ 1 この友, ん

▼ その後において~ (6, 0.1%)

1 この種, ただちに彼, なお何物, 一体どの, 初めて獲得, 堂々の

▼ その後ふと~ (6, 0.1%)

2 私は 1 ソクラテスの, 今度は, 彼は, 眼を

▼ その後ほとんど~ (6, 0.1%)

1 この本, 人生への, 半世紀, 毎日彼に, 毎月の, 青年期の

▼ その後ようやく~ (6, 0.1%)

1 お眼, この聖, して, 第一義慾とか, 聞いて, 軽快に

▼ その後一向~ (6, 0.1%)

1 ここへ, 便りが, 便りも, 店に, 音信なし, 顔を

▼ その後一週間~ (6, 0.1%)

1 ばかり毎日自分, ほどし, ほどはセルゲイ, もし, 程のあいだ, 程彼

▼ その後~ (6, 0.1%)

1 博士が, 博士の, 愛会の, 池では, 県の, 議員四十名の

▼ その後子供~ (6, 0.1%)

1 のこと, のころ, の出る, の定家, は憎しみ, は里

▼ その後屡々~ (6, 0.1%)

1 井伏君とは, 同じ願, 困難な, 大和を, 政江が, 義妹たちに

▼ その後毎日~ (6, 0.1%)

1 かれは, のよう, もしくは隔日, よばれて, 同じこと, 同じ時刻

▼ その後~ (6, 0.1%)

1 が転任, の事, の病気, はその, は不, は東京

▼ その後病気~ (6, 0.1%)

1 がいくらか, で亡くなった, で亡くなりました, になった, のため, はどう

▼ その後頭部~ (6, 0.1%)

1 がひどい, と瞼, のすみ, の傷, を大地, を狙う

▼ その後いかが~ (5, 0.1%)

1 でございますな, でしょうやっぱり, でしょう熱, です, ですか

▼ その後いろんな~ (5, 0.1%)

1 人に, 時代に, 男の, 目に, 職業に

▼ その後そこ~ (5, 0.1%)

1 に入っ, の景色, へ行っ, を隣り, 及びノルウェイ本土

▼ その後とても~ (5, 0.1%)

1 信州井上より, 心契の, 毎度同様の, 毎日毎日鰡八大尽の, 現在わたくしほどの

▼ その後ほど~ (5, 0.1%)

1 なくその, なくわたし, なく父王, なく病, なく陸軍

▼ その後もずつと~ (5, 0.1%)

1 健康を, 引続い, 影の, 肉親を, 運動を

▼ その後ラサ府~ (5, 0.1%)

2 に着い 1 でその, では日本, で山ヤク

▼ その後一ヶ月~ (5, 0.1%)

1 ばかりし, ばかり経っ, ほど致しまし, を経, 経つた私

▼ その後二三度~ (5, 0.1%)

1 この土地, も夜中, 同じよう, 繰り返したよう, 訪ねたが

▼ その後二週間~ (5, 0.1%)

1 ばかりにし, ばかりの間, ばかりは彼等, ほどたっ, も手首

▼ その後京都~ (5, 0.1%)

1 に往, に遁, の地, の宮川町, の高等中学校

▼ その後~ (5, 0.1%)

1 の店, の恒星, の獣們, の藩, の諸

▼ その後何時~ (5, 0.1%)

4 までも消え 1 どうした

▼ その後~ (5, 0.1%)

1 のアトランチス, の七手組, の弔, の話, の金

▼ その後四五日~ (5, 0.1%)

1 すると, たってから, は重湯, 経ってから, 経っても

▼ その後~ (5, 0.1%)

2 はどう 1 が私, は東京, は相

▼ その後少し~ (5, 0.1%)

1 もふとらない, も埒, も検事, も腹痛, も英語

▼ その後彼ら~ (5, 0.1%)

1 の社会, は, はふたり, は少く, を用いる

▼ その後更に~ (5, 0.1%)

1 はげしい憂鬱, 又多く, 数日を, 東京付近だけで, 肉体にも

▼ その後~ (5, 0.1%)

1 にその, にむかっ, の病気, は男の子, わずらいつきて

▼ その後江戸~ (5, 0.1%)

2 に来 1 に出, へ出, へ来

▼ その後結婚~ (5, 0.1%)

2 して, の以前 1 し倫敦支店勤務

▼ その後自身~ (5, 0.1%)

5 の家

▼ その後行方~ (5, 0.1%)

2 の知れない 1 が解らない, は分りません, も相

▼ その後見た~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことは, 事が, 人が, 同じ描者

▼ その後~ (5, 0.1%)

1 にこの, に据えた, に据つて, を引受け, を欲し

▼ その後~ (5, 0.1%)

1 から殆, が変, には置く, の左寄り, の方

▼ その後あなた~ (4, 0.0%)

1 が御, にアンポン, はお, はその

▼ その後あまり~ (4, 0.0%)

1 役に立ったとは, 注目する, 起きて, 鴎外氏の

▼ その後お変り~ (4, 0.0%)

1 ございませんか, はなくっ, もありません, もいらっしゃいませんでしょう

▼ その後お母さん~ (4, 0.0%)

1 お元気, が, のところ, もずっと

▼ その後かなり~ (4, 0.0%)

1 丹念に, 長いあいだ沈黙, 長いあいだ私, 長く彼

▼ その後かの~ (4, 0.0%)

1 ギリシア人これに, 承久乱, 漁者に, 狂へる

▼ その後そんな~ (4, 0.0%)

1 のを, 事が, 事は, 本は

▼ その後ついに~ (4, 0.0%)

1 この犬, 会えないかと, 和尚の, 相会う

▼ その後とんと~ (4, 0.0%)

1 ごぶさた, ハヤ駄目なりまし, 宗助の, 消息を

▼ その後どういう~ (4, 0.0%)

1 情勢に, 推移と, 生活を, 訳か

▼ その後ながい~ (4, 0.0%)

1 あいだの, ことあの, こと友人たちの, 生涯の

▼ その後においても~ (4, 0.0%)

1 フランスの, 今日に, 当の関野君, 蒐集部屋の

▼ その後における~ (4, 0.0%)

1 ご上人様, それらの, 仕上げとしての, 東西文化融合の

▼ その後ふとした~ (4, 0.0%)

2 ことから, ことで

▼ その後へは~ (4, 0.0%)

1 すぐ翌, すべて作を, ひと言も, 山形から

▼ その後わたくし~ (4, 0.0%)

1 の受けました, は一度, は武鑑, は自分

▼ その後われわれ~ (4, 0.0%)

2 の再び 1 が弁当, の方

▼ その後アメリカ~ (4, 0.0%)

1 でもこの, でローランド, で發表, に行っ

▼ その後フランス~ (4, 0.0%)

2 へ行っ 1 の古典, の後期印象派

▼ その後一時間~ (4, 0.0%)

1 の間, ばかりし, も立っ, を隔

▼ その後一生~ (4, 0.0%)

1 の間, の間不幸, を通じてそう, を通じて母

▼ その後三四年~ (4, 0.0%)

2 にし 1 して, の間

▼ その後三日~ (4, 0.0%)

1 になる, ほどの間, 経って, 経っても

▼ その後二度~ (4, 0.0%)

2 も三度 1 まで自殺, 程私

▼ その後五六年~ (4, 0.0%)

1 たつてからの, もし, も全く, を経過

▼ その後何とも~ (4, 0.0%)

1 云って, 云つて来なかつた, 言って, 言つてお

▼ その後何処~ (4, 0.0%)

2 の学校 1 に行かれた, へ行っ

▼ その後何十年~ (4, 0.0%)

2 かの雨風 1 かの後, の自分

▼ その後~ (4, 0.0%)

1 の参謀本部, の林, 暦元年二月七日一ノ谷の, 氣

▼ その後~ (4, 0.0%)

1 からは何, の姿, の容態, の机

▼ その後全く~ (4, 0.0%)

1 何にも, 分らない, 声も, 本州では

▼ その後~ (4, 0.0%)

1 の民族, 劇場で, 地方からの, 地方に

▼ その後~ (4, 0.0%)

1 からは一度, の戯曲, の船室, は何

▼ その後子規~ (4, 0.0%)

1 に会った, に導かれ, の, の所

▼ その後~ (4, 0.0%)

2 を見送った 1 を見たれ, を透す

▼ その後往来~ (4, 0.0%)

1 でオリヴィエ, で別, で摺, に氷

▼ その後我々~ (4, 0.0%)

1 の方, は吉川氏, は日本人, は貝

▼ その後手紙~ (4, 0.0%)

1 であんた, でまた, をよこし, を出した

▼ その後支那~ (4, 0.0%)

1 からはなん, から変った, との公, の國

▼ その後数日~ (4, 0.0%)

2 の間 1 して, の暇

▼ その後數年~ (4, 0.0%)

2 を經 1 の間, 若しくは十數年

▼ その後新聞~ (4, 0.0%)

1 の学芸欄, の時評, や人, や雜誌

▼ その後~ (4, 0.0%)

2 がたつ 1 を定めず, 過ぎて

▼ その後曹操~ (4, 0.0%)

1 が十歳, が遠い, に好, のほう

▼ その後機会~ (4, 0.0%)

1 あるごと, がある, のある, を得ず

▼ その後段々~ (4, 0.0%)

1 と好き, と衰, 判って, 近接し

▼ その後母親~ (4, 0.0%)

1 から, がどうして, が病気, は学校

▼ その後~ (4, 0.0%)

1 が世界漫遊, にお, に接し, の作品

▼ その後永く~ (4, 0.0%)

1 その紙片, 思想の, 諏訪の, 鳥獣の

▼ その後益々~ (4, 0.0%)

1 精進する, 自分は, 進んだこと, 頻繁に

▼ その後祖母~ (4, 0.0%)

1 と一緒, の亡くなった, の孫, の態度

▼ その後秀吉~ (4, 0.0%)

1 が築堤, の客将, の軍, はわが子

▼ その後私たち~ (4, 0.0%)

1 の研究所, はその, は一層, は毎月一回

▼ その後聞いた~ (4, 0.0%)

1 が自分, ことが, 咄である, 所に

▼ その後葉子~ (4, 0.0%)

1 にはもう, の持ち物, の父, は銀座

▼ その後~ (4, 0.0%)

1 がある, だ, はこの, を聴い

▼ その後諸国~ (4, 0.0%)

1 にて身上, をあるい, をめぐってあらゆる, を修行中

▼ その後長らく~ (4, 0.0%)

2 兄の 1 異状なかっ, 異状なかつた

▼ その後いっこう~ (3, 0.0%)

1 につん出, 影も, 聞かなかった

▼ その後こちら~ (3, 0.0%)

1 ではあんな, で何とか, で様子

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 本復に, 縁談は, 辺には

▼ その後さまざま~ (3, 0.0%)

1 な教育ジャーナリズム, の内容, 画いて

▼ その後さる~ (3, 0.0%)

1 ことは, 温泉場で, 町家から

▼ その後そういう~ (3, 0.0%)

1 習慣に, 者らは, 計画だけは

▼ その後だいぶたって~ (3, 0.0%)

2 から白耳義 1 からです

▼ その後だれ~ (3, 0.0%)

1 に告げ, ひとり姿を, 一人大

▼ その後での~ (3, 0.0%)

2 ことだ 1 疲労しき

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 いへども, 称する御館藤原氏, 雖も

▼ その後とかく~ (3, 0.0%)

1 にはかばかしい, に気分, 多病がちに

▼ その後ときどき~ (3, 0.0%)

1 このよう, にその, 思つた

▼ その後とて~ (3, 0.0%)

1 引つ, 手だてを, 決してキリスト教

▼ その後なんと~ (3, 0.0%)

1 いうこと, いっても, もいわなかった

▼ その後なんにも~ (3, 0.0%)

2 変ったこと 1 変わったこと

▼ その後においては~ (3, 0.0%)

1 いかなる罪, 三人なり, 二三の

▼ その後に従い~ (3, 0.0%)

1 なんなく吹雪, 乱闘の, 夫人の

▼ その後まで~ (3, 0.0%)

1 すべて索引目録が, 何だか気, 崇文總目の

▼ その後まるで~ (3, 0.0%)

1 姿を, 影形も, 来ないん

▼ その後もっと~ (3, 0.0%)

1 ひどいこと, 深い事実, 若い妻

▼ その後やはり~ (3, 0.0%)

1 この部落, 楠木氏の, 気分が

▼ その後よほど~ (3, 0.0%)

1 変りましたが, 経って, 経ってからの

▼ その後パリ~ (3, 0.0%)

1 で八千人, のあちこち, のオペラ

▼ その後三十年~ (3, 0.0%)

1 に近い, の今日, 思へば

▼ その後三月~ (3, 0.0%)

1 と四月, ばかり辛棒, ほどもぶらぶら病

▼ その後上京~ (3, 0.0%)

2 して 1 してからも

▼ その後世間~ (3, 0.0%)

1 が氏, に知られ, の交渉

▼ その後中学~ (3, 0.0%)

1 では文芸熱, の二年, の数学教育

▼ その後二三ヶ月~ (3, 0.0%)

2 経つてから 1 といふもの

▼ その後二三年~ (3, 0.0%)

1 の礼奉公, の間, をへ

▼ その後二月~ (3, 0.0%)

1 とたたない, ばかりする, ばかり経った

▼ その後五年~ (3, 0.0%)

1 すなわち実隆, にし, を経

▼ その後人間~ (3, 0.0%)

1 に滅ぼされ, に関する研究, はどんどん

▼ その後仕事~ (3, 0.0%)

1 が大きく, に取りまぎれ, の関係

▼ その後代々~ (3, 0.0%)

1 の我家, の男子, の眞志屋

▼ その後伊達君~ (3, 0.0%)

2 が邸内 1 がたしかに

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 のこと, ふ人ごと, ふ人毎

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 の心, はルスン島, は天随君

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 にお祝い, にもちょっと, の是

▼ その後八五郎~ (3, 0.0%)

1 にせがまれ, のせが, の叔母

▼ その後再三~ (3, 0.0%)

1 の地変災厄, 我が國, 訊ねるの

▼ その後十余年~ (3, 0.0%)

1 のジャーナリスティック, を経, 重ねて

▼ その後半生~ (3, 0.0%)

1 は吉田, を学者, を陰鬱

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 では周瑜, の孫策, の都建業

▼ その後外国~ (3, 0.0%)

1 にも同, の総称, へ亡命

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 に善光寺, の話, 之助

▼ その後大正~ (3, 0.0%)

1 の末, の震後, の頃

▼ その後大阪~ (3, 0.0%)

1 に出, の仮, の博覧場

▼ その後学校~ (3, 0.0%)

1 では二人, の方, へ行

▼ その後家柄~ (3, 0.0%)

3 のこと

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 むすめ, 學校へ, 掻巻に

▼ その後幕府~ (3, 0.0%)

1 が講武所, の禁令, はなか

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 を経, を經, 経て

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 か不幸, にし, に在

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 がかね, の神, は早く

▼ その後当分~ (3, 0.0%)

1 の間, はちゃんと, 生きた羊

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 にもなく, のま, をとり直し

▼ その後悪い~ (3, 0.0%)

1 ことを, さうだ, 仲間に

▼ その後我が~ (3, 0.0%)

1 國の, 学界における, 部屋へ

▼ その後戦争~ (3, 0.0%)

1 が始まっ, の犠牲, はガダルカナル

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 があったら, にふれ, を見

▼ その後故郷~ (3, 0.0%)

1 に起った, の新潟県関山, を離れ

▼ その後数ヶ月~ (3, 0.0%)

2 を経 1 たって

▼ その後新しく~ (3, 0.0%)

1 作りかえるに, 西洋菓子に, 輸入され

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 は買っ, 當の, 論文の

▼ その後武蔵~ (3, 0.0%)

1 に師礼, の屋敷近く, の手なみ

▼ その後決して~ (3, 0.0%)

1 彼を, 恢復する, 豆小僧を

▼ その後注意~ (3, 0.0%)

2 して 1 もなかつた

▼ その後消息~ (3, 0.0%)

2 は絶えた 1 を聞いた

▼ その後父親~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, に託け, は小太郎

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 が野, のほか, を飼う

▼ その後玄徳~ (3, 0.0%)

1 に迎えられ, の身辺, は徐州

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 と女, はすっかり, は結局

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 の発展, へいく, を散歩

▼ その後発達~ (3, 0.0%)

1 した今日, した特殊, して

▼ その後百千~ (3, 0.0%)

3 の句

▼ その後相次い~ (3, 0.0%)

1 で, で含蓄, で自由劇場

▼ その後種々~ (3, 0.0%)

1 の不幸, の攻撃, 調べても

▼ その後立派~ (3, 0.0%)

1 な写真, になり, に助

▼ その後米国~ (3, 0.0%)

1 へ帰った, へ渡っ, へ渡りました

▼ その後絶えず~ (3, 0.0%)

1 出入りを, 線によって, 繰返された爆発

▼ その後色々~ (3, 0.0%)

1 と多田君, と画策, 朋友や

▼ その後諸方~ (3, 0.0%)

1 でいろいろ, においてあるいは, の小

▼ その後近所~ (3, 0.0%)

1 の人達, の噂, の遊び友達

▼ その後~ (3, 0.0%)

1 もない, もなう, も無く

▼ その後非常~ (3, 0.0%)

1 な勉強, な勢い, にかわった

▼ その後あらゆる~ (2, 0.0%)

2 療養をも

▼ その後いくら~ (2, 0.0%)

1 か俳句, か年

▼ その後いくらか~ (2, 0.0%)

1 上がったとは, 見なおして

▼ その後いささか~ (2, 0.0%)

1 悔いて, 礼節を

▼ その後いず~ (2, 0.0%)

1 こに, こへ

▼ その後いずれ~ (2, 0.0%)

1 の日, も放免

▼ その後いちど~ (2, 0.0%)

1 も御, 逢って

▼ その後いつの間にか~ (2, 0.0%)

1 いなくなったという, 亜砒酸を

▼ その後いつも~ (2, 0.0%)

1 四月の, 眼に

▼ その後うまく~ (2, 0.0%)

1 いかなかったに, 行って

▼ その後おきぬ~ (2, 0.0%)

1 が貧しく, の耳

▼ その後おっ~ (2, 0.0%)

1 母さんどんな, 母さんの

▼ その後お前~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, はあの

▼ その後お宮~ (2, 0.0%)

1 は自分, を見ない

▼ その後お母さま~ (2, 0.0%)

2 ごき

▼ その後お祖父さん~ (2, 0.0%)

1 の前, はアメリカ

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 けちが, その前

▼ その後かけ違っ~ (2, 0.0%)

1 て会っ, て碌

▼ その後きく~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼ その後けろりと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ その後こういう~ (2, 0.0%)

1 事が, 美しいもの

▼ その後さしたる~ (2, 0.0%)

1 余波も, 目的も

▼ その後すこし~ (2, 0.0%)

1 おちついたけれど, ずつお返し

▼ その後すこしも~ (2, 0.0%)

1 増加した, 福ずしに

▼ その後ずいぶん~ (2, 0.0%)

1 変わったが, 真杉さんとは

▼ その後そして~ (2, 0.0%)

1 何時までも, 現在でも

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 がいに, きぎの

▼ その後ただ~ (2, 0.0%)

1 の一度, 結核病の

▼ その後たより~ (2, 0.0%)

1 が来た, のない

▼ その後だいぶ~ (2, 0.0%)

1 発達した, 金が

▼ その後ちょっと~ (2, 0.0%)

1 水蒸気が, 砂防道に

▼ その後つい~ (2, 0.0%)

1 旅先からも, 約束は

▼ その後つねに~ (2, 0.0%)

1 この椅子テーブル, 戰亂の

▼ その後とも~ (2, 0.0%)

1 大學, 掛けられる

▼ その後どの~ (2, 0.0%)

1 ような, 程度まで

▼ その後どんなに~ (2, 0.0%)

1 変化したろう, 苦しんだか

▼ その後なに~ (2, 0.0%)

1 も書い, も知らなかった

▼ その後にかけて~ (2, 0.0%)

1 大抵活動を, 市民の

▼ その後に従って~ (2, 0.0%)

1 戸外へ, 行くの

▼ その後はたして~ (2, 0.0%)

1 全部事実と, 尊氏が

▼ その後ふっつり~ (2, 0.0%)

1 と噂, 来なくなった

▼ その後べつに~ (2, 0.0%)

1 恐ろしいこと, 気に

▼ その後ぼく~ (2, 0.0%)

1 は異状, もさつ

▼ その後またまた~ (2, 0.0%)

1 そこを, 引籠っ

▼ その後まったく~ (2, 0.0%)

1 問題では, 知れません

▼ その後までも~ (2, 0.0%)

1 つづいた, 俺達には

▼ その後みんな~ (2, 0.0%)

2 で繰返された

▼ その後もう一度~ (2, 0.0%)

1 たずねたいと, はつきりと

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 いく春經, 在所を

▼ その後やがて少し~ (2, 0.0%)

1 ずつ象徴表現, づゝ象徴表現に

▼ その後やっ~ (2, 0.0%)

1 ては来ませんでした, とかゆ

▼ その後わずか~ (2, 0.0%)

1 な腹心, に一日間

▼ その後クリストフ~ (2, 0.0%)

1 がたえず, はだんだん

▼ その後ジャン・ヴァルジャン~ (2, 0.0%)

1 は幾度, は金

▼ その後チベット~ (2, 0.0%)

1 という国, に入り

▼ その後ドイツ~ (2, 0.0%)

1 に占領, に行つてベルリン郊外ダーレム

▼ その後ドウ~ (2, 0.0%)

1 しても, やら斯

▼ その後ナポレオン~ (2, 0.0%)

1 と王党派, の没落後代議士

▼ その後ニューヨーク~ (2, 0.0%)

1 に参りました, の生活

▼ その後ピアノ~ (2, 0.0%)

1 の弾き, の教師

▼ その後フョードル・パーヴロヴィッチ~ (2, 0.0%)

1 の特徴, は自分

▼ その後ローマ帝国~ (2, 0.0%)

2 の支配

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 と月あまり, と通り

▼ その後一ト月~ (2, 0.0%)

1 ばかりたっ, ばかり後

▼ その後一二年~ (2, 0.0%)

1 して, はやはり

▼ その後一二度~ (2, 0.0%)

1 ためして, 小さなの

▼ その後一切経~ (2, 0.0%)

2 を調べる

▼ その後一層~ (2, 0.0%)

1 ひどく荒れた, 彼の

▼ その後一座~ (2, 0.0%)

1 を率い, を自分

▼ その後一旦~ (2, 0.0%)

1 奥に, 此処を

▼ その後一直線~ (2, 0.0%)

2 に頭髪

▼ その後一種~ (2, 0.0%)

1 の気病み, の白痴

▼ その後七八年~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, 経つた

▼ その後七年~ (2, 0.0%)

1 の寛政四, を経た

▼ その後三人~ (2, 0.0%)

1 が会, の間

▼ その後三十余年~ (2, 0.0%)

1 の寛平年中, の間

▼ その後三日間~ (2, 0.0%)

1 と五日間, はパン

▼ その後三晩~ (2, 0.0%)

1 も張り番, も張番

▼ その後三枝~ (2, 0.0%)

1 には会わなかった, には會

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 図と, 図御

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 三年ならずし, 三度御

▼ その後中也~ (2, 0.0%)

2 は娘

▼ その後九年~ (2, 0.0%)

2 を経

▼ その後二三回~ (2, 0.0%)

1 の電車, 会った

▼ その後二十年間~ (2, 0.0%)

1 に於ける, も地方

▼ その後二尊院~ (2, 0.0%)

1 の経蔵, の西

▼ その後二度と~ (2, 0.0%)

1 新聞に, 行って

▼ その後二日~ (2, 0.0%)

1 ばかりは何, 経った空模様

▼ その後二百年~ (2, 0.0%)

1 にし, を経

▼ その後五六日~ (2, 0.0%)

1 というもの, を経

▼ その後五日~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, 経って

▼ その後交通~ (2, 0.0%)

1 の便, は急

▼ その後亭主~ (2, 0.0%)

1 あるやら, に死

▼ その後人々~ (2, 0.0%)

1 の勸め, の希望

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 末の, 末を

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 が変っ, の思索家

▼ その後会っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, てくわしい

▼ その後何と~ (2, 0.0%)

1 いはれても, はなしに

▼ その後何ら~ (2, 0.0%)

1 の御返事, の発展

▼ その後何日~ (2, 0.0%)

1 かたって, たっても

▼ その後何百年~ (2, 0.0%)

1 かの間, を経

▼ その後俳句~ (2, 0.0%)

1 や川柳, を少し

▼ その後健在~ (2, 0.0%)

1 か, かの

▼ その後偶然~ (2, 0.0%)

1 にたいへん, の機会

▼ その後僅か~ (2, 0.0%)

1 に中, 十分の一ほど

▼ その後元気~ (2, 0.0%)

1 さうな姿, になっ

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 が四十三年, と共に大阪

▼ その後六朝~ (2, 0.0%)

1 までの史家, までの目録

▼ その後出版~ (2, 0.0%)

1 された教授, はやはり

▼ その後刊行~ (2, 0.0%)

2 された

▼ その後別に~ (2, 0.0%)

1 何の, 異変も

▼ その後十七年~ (2, 0.0%)

1 の今日, を経

▼ その後十余日~ (2, 0.0%)

2 を経

▼ その後十四年~ (2, 0.0%)

1 の正徳三年, の長い

▼ その後十日余り~ (2, 0.0%)

1 たってから, たつてから

▼ その後半月あまり~ (2, 0.0%)

1 しても, も病人

▼ その後半期~ (2, 0.0%)

1 には氾濫, に当時

▼ その後博士~ (2, 0.0%)

1 はいっこうに, よりは今日

▼ その後双方~ (2, 0.0%)

1 から手紙, の良人

▼ その後叔父~ (2, 0.0%)

1 とはぱったり, は臼

▼ その後取調べ~ (2, 0.0%)

1 て見ます, の結果

▼ その後叡山~ (2, 0.0%)

1 に上り, に登り

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 にこそ出さなかった, もきかず

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 堀裁判医の, 社寺保存会の

▼ その後古書~ (2, 0.0%)

1 の翻刻, の飜刻

▼ その後同校~ (2, 0.0%)

1 の正門内, の生徒

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 になっ, の初め

▼ その後四五年間~ (2, 0.0%)

1 は最大, は殆ど

▼ その後四十年以上~ (2, 0.0%)

2 を経

▼ その後四十年日本詩壇~ (2, 0.0%)

2 では其昔詩

▼ その後土地~ (2, 0.0%)

1 の人, の人達

▼ その後売上げ~ (2, 0.0%)

1 が漸次, は急激

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 つたとい, を見

▼ その後変った~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ その後多年~ (2, 0.0%)

1 必ず彼, 経て

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 おそくな, 更けて

▼ その後夜光~ (2, 0.0%)

2 の短刀

▼ その後夜毎~ (2, 0.0%)

1 に季節, の火事

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 工事を, 直日

▼ その後大いに~ (2, 0.0%)

1 売り出して, 飛んで

▼ その後大きく~ (2, 0.0%)

1 なって, なってからも

▼ その後大分~ (2, 0.0%)

1 たってからの, 経ってからの

▼ その後大和~ (2, 0.0%)

1 に在り, へのぼる

▼ その後天草~ (2, 0.0%)

1 で習った, に五島

▼ その後太田~ (2, 0.0%)

1 はほんの, は岡田

▼ その後女房達~ (2, 0.0%)

2 は村長

▼ その後如何なる~ (2, 0.0%)

2 仕合せに

▼ その後妹さん~ (2, 0.0%)

1 に会った, はどうして

▼ その後娼婦~ (2, 0.0%)

2 あがりの

▼ その後婆さん~ (2, 0.0%)

1 の家近く, は幾度

▼ その後子供たち~ (2, 0.0%)

1 の数, は遂に

▼ その後安川~ (2, 0.0%)

1 がお, と知り

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の時代, の茶人ら

▼ その後実際~ (2, 0.0%)

1 にさ, にそういう

▼ その後家臣~ (2, 0.0%)

1 の某, をやっ

▼ その後小さい~ (2, 0.0%)

1 一座を, 女中が

▼ その後小屋~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ その後少女~ (2, 0.0%)

2 は死亡

▼ その後岩倉~ (2, 0.0%)

1 から度々, なる癲狂院

▼ その後岩崎灌園~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ その後巴里~ (2, 0.0%)

1 でこの, で暫らく

▼ その後師匠~ (2, 0.0%)

2 の身

▼ その後幾たび~ (2, 0.0%)

1 か蘇易, の取り調べ

▼ その後幾多~ (2, 0.0%)

1 の展覧会, の悲痛

▼ その後広く~ (2, 0.0%)

1 用いられたデマゴーグ, 行われるよう

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の功労者, は夜

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 にはもと, はかなり

▼ その後~ (2, 0.0%)

2 に近い

▼ その後引きつづき~ (2, 0.0%)

1 二三句づつ, 改訂を

▼ その後引続き~ (2, 0.0%)

1 七年間も, 観測の

▼ その後引續~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ その後役人~ (2, 0.0%)

1 になつて, の取調

▼ その後彼等~ (2, 0.0%)

1 が忘れ, 互に呼べる

▼ その後御無沙汰~ (2, 0.0%)

1 をし, 仕候

▼ その後徳さん~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ その後快く~ (2, 0.0%)

1 おなりなさいました, なって

▼ その後急速~ (2, 0.0%)

1 に国家連合, に近代化

▼ その後愚堂~ (2, 0.0%)

1 の心, を中心

▼ その後成長~ (2, 0.0%)

1 した豹一, はどんな

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 をひきいだし, 祈を

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 に入れた, の傷

▼ その後改造社~ (2, 0.0%)

1 から送, の櫻田事變

▼ その後政府~ (2, 0.0%)

1 に事え, の不拡大方針

▼ その後敗血症~ (2, 0.0%)

2 で斃

▼ その後数々~ (2, 0.0%)

1 の亜流的, の器楽曲

▼ その後数カ月~ (2, 0.0%)

1 の間, を経

▼ その後数ヵ月~ (2, 0.0%)

1 を出ない, を経

▼ その後数十日~ (2, 0.0%)

2 経ち彼女

▼ その後数年間~ (2, 0.0%)

1 この新大陸, に発表

▼ その後料亭~ (2, 0.0%)

2 のどの

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 に湯呑一つ, 傾向論は

▼ その後新しい~ (2, 0.0%)

1 時代否な, 生活を

▼ その後新宿~ (2, 0.0%)

1 に移っ, の盛り場

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の人, もいろいろ

▼ その後旅行~ (2, 0.0%)

1 までの二日間, をし

▼ その後明治~ (2, 0.0%)

1 になっ, の中ごろ

▼ その後時勢~ (2, 0.0%)

1 の進歩, も次第に

▼ その後書籍~ (2, 0.0%)

1 は散佚, も色々

▼ その後曾つて~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 つて, はなかつた

▼ その後有名~ (2, 0.0%)

1 な弁護士, になった

▼ その後札幌~ (2, 0.0%)

1 のさる, へ帰る

▼ その後李徴~ (2, 0.0%)

2 がどう

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 は袁紹, を歩い

▼ その後東西~ (2, 0.0%)

1 の諸, 両文明

▼ その後果して~ (2, 0.0%)

1 忘れられずに, 竜神の

▼ その後柏村~ (2, 0.0%)

2 は吉田

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 は御, 大官の

▼ その後次郎~ (2, 0.0%)

1 が突き止めた, の気持

▼ その後歯齦~ (2, 0.0%)

2 から出血

▼ その後毎晩~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 続きて

▼ その後毛髪~ (2, 0.0%)

1 がす, がすっかり

▼ その後気付い~ (2, 0.0%)

2 てみる

▼ その後永い~ (2, 0.0%)

1 歳月と, 間凡てを

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の心, は火

▼ その後河北~ (2, 0.0%)

1 の袁紹, は戦乱

▼ その後沼南昵近~ (2, 0.0%)

1 のもの, の或

▼ その後法王~ (2, 0.0%)

1 の事, の權

▼ その後津村~ (2, 0.0%)

1 がこれら, は二三度上京

▼ その後浪人~ (2, 0.0%)

1 して, の身分

▼ その後深川~ (2, 0.0%)

1 の旧, の永代橋際

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の女房, も間もなく

▼ その後源氏~ (2, 0.0%)

1 は瘧病, 第二代

▼ その後火石~ (2, 0.0%)

2 の原

▼ その後独逸~ (2, 0.0%)

2 の植物書

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 にもだいぶ, の子

▼ その後現在~ (2, 0.0%)

1 の家, まで私

▼ その後理研~ (2, 0.0%)

1 で, の先生

▼ その後生き~ (2, 0.0%)

1 ている, 難い時代

▼ その後用事~ (2, 0.0%)

1 があっ, のある

▼ その後異常~ (2, 0.0%)

1 な増加, な結果

▼ その後皇帝~ (2, 0.0%)

1 から特別, なきに

▼ その後直に~ (2, 0.0%)

1 沢田が, 父親を

▼ その後研究~ (2, 0.0%)

1 したる事実, に研究

▼ その後碧梧桐~ (2, 0.0%)

1 が郊外, も来

▼ その後福岡~ (2, 0.0%)

1 で妹, に来

▼ その後私共~ (2, 0.0%)

1 が多く, はこの

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 が深い, になる

▼ その後符君~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 一回の, 二代の

▼ その後経過~ (2, 0.0%)

1 は良好, は順調

▼ その後繼者~ (2, 0.0%)

1 であると, 定まるまで

▼ その後老婆~ (2, 0.0%)

1 と子供, は発熱

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 は暖房屋, を失っ

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 をつかみあげた, を切られ

▼ その後~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ その後良人~ (2, 0.0%)

1 に先立, の劉表

▼ その後蘭沢~ (2, 0.0%)

2 の口

▼ その後行った~ (2, 0.0%)

1 ことが, ときには

▼ その後行方不明~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ その後西川氏~ (2, 0.0%)

2 にかたづいた

▼ その後読んだ~ (2, 0.0%)

1 もの, アメリカの

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 國巡業中京師や, 雑誌に

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 値の, 女に

▼ その後転々~ (2, 0.0%)

1 した末, として流転

▼ その後近代~ (2, 0.0%)

1 になっ, の文学

▼ その後遂に~ (2, 0.0%)

1 枯死し, 行衛だにも

▼ その後郷里~ (2, 0.0%)

1 の方, の部落

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の便り, へ出

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, の人々

▼ その後銀座~ (2, 0.0%)

1 にカフェー, の方

▼ その後鎌倉~ (2, 0.0%)

1 からは一兵, の方

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 が降りつづきました, 曇りの

▼ その後頼朝~ (2, 0.0%)

1 にもお, の捲土重来

▼ その後~ (2, 0.0%)

1 の動静, の士卒

▼1* [2236件]

その後あいついで多く, その後あいつらの動勢, その後あがって来た, その後あきらめたのか, その後あきれたぼういず, その後あすこも経営難, その後あそこも, その後あなたがたの方, その後あなたたちの雑誌, その後あなた様でも, その後あのお二人琢磨氏と, その後あまりに頻々と, その後あやふやのうち, その後あらわにした, その後あるいは流罪あるいは, その後あるじの妹, その後あれほど捜し求め, その後あんべえ, その後あんな事に, その後わなを, その後いい土産を, その後いかに釈明し, その後いくたびの, その後いくつだと, その後いく度もお目にかかっ, その後いっこうに役の, その後いっしょに渋谷, その後いつしかさういふ, その後いつ来て見, その後いまだに平泉へ, その後いまアングレセイと呼ばれ, その後いもう一と, その後いらっしゃらないのでこの間芸者達, その後いろいろ人の御, その後うす紅の, その後うちつづく飢ゑと屈辱の, その後うつりかわってこん, その後うんともすん, その後おいおいに快方, その後おかはりは, その後おかしな叙任を, その後おじいさんは時々, その後おとうさんは人, その後おとなしくして, その後おのが細君, その後おのずから独流の, その後おまえと行き来, その後おまえ自身がモスクワ, その後おもちゃ屋で虫めがね, その後およそ二た, その後おりおり神保町の, その後おりゃ女という, その後おれはその, その後お上の探索, その後お互いに消息, その後お便りありましたか, その後お召しもない, その後お宅さまでは, その後お客様から, その後お歌の歌川, その後お父さん以上の名, その後お盆とか何, その後お目にかかることも, その後お萩は暇, その後お金を出し, その後かう言ふ, その後かかなくなって又, その後かかる包みを, その後かぎりなく我と, その後かくや姫, その後かしこよりいでざりき, その後かつて彼女の, その後からも現われる様子, その後かわらぬ真情を, その後がらにない, その後がんまくの口, その後がんりきが仰向け, その後げんは, その後きいてみる, その後きまって熱を, その後きょうまでの五日間, その後づれこわれ, その後くずれ落ちてしまった, その後くます夕來とも, その後くらやみの中, その後けっして減ぜられずして, その後こうこういう所, その後この世に生れ出た, その後これらの徒, その後こわされて建て直され, その後こんな事が, その後ご無沙汰しましたが, その後つぱり行方, その後さきにいつた, その後さっぱり現われないという, その後さまざま養生しても, その後しかし週刊誌には, その後しげしげ通って, その後しだいに零落, その後しだいしだいに強く, その後しだいに変化し, その後しばらく間が切れ, その後じっと見とると, その後じゃったよそれ, その後すぐさまに次官, その後すべてこの手, その後すべて他の動物, その後すやすやと眠り出した, その後ずっといろいろの土地, その後ずっと大いにために, その後ずっと心から離れぬ面影, その後ずゐぶん真杉さんとは, その後せきばくとしてなん, その後せつかく焼け, その後ぜひほしいという, その後なたは, その後そいつの刀, その後そこもととこうして, その後そちが伊丹, その後それぞれに変動, その後それと気づかないで, その後それとなくごぶさたし, その後それほど発達し, その後たえて姿, その後たえず種々の, その後たしかに言伝てだけは, その後たずねて行っ, その後たちまち多くの, その後たった一つ前回に, その後たつた一度東京で, その後たまにマレイに, その後だつたが東京, その後だれひとりまた牛女, その後ちっとはお, その後ちっとも姿を, その後ちつとも私, その後ちの法廷はその, その後ちゃんと犯人が, その後ちょくちょく手を, その後ちりぢりに, その後ついぞ一ぺんも, その後つきに彼, その後つぎつぎに伝来, その後つづいて起った, その後つぶされてしまった, その後であると, その後でしたっけ, その後ですよ, その後でという肚であろう, その後でなければあれ, その後とうとう戯曲を, その後とぎれとぎれでは, その後とてもしばしばドイツ, その後とでロシア帝国の, その後とはどこからの, その後とりにお, その後どうしても見つかりませぬ, その後どうもこの雪隠, その後どちらにおい, その後どなたもお, その後どれほどの進歩, その後どろぼうたちは, その後なかうどらしいこと, その後なされた大改造, その後なにごともなく, その後なんとかあの能登守, その後なんとなく細君に, その後なんとも云って, その後なんぼ探しても, その後なんらの挨拶, その後にあたる小脳は, その後についてはいろいろの, その後にてきよろり, その後にのみ熟して, その後にわかにすべてを, その後のたうたうたる上野へ, その後はかどっている, その後はじめ私の乗っ, その後はたとへ船醉, その後はと言へば, その後はというように, その後はやらなくなりましてなくなりました, その後はをどりに, その後ばったりと来なくなった, その後ひき続いて, その後ひきつづいて陥った, その後ひきつづく人間復興という, その後ひとかどの, その後ひと月あまりも続いた, その後ひどく苛められたこと, その後ッつり遊びに, その後ふれたことは, その後ぶつぶついいつづけて, その後ぶん擲ぐらないとかえってよく覚えるよう, その後へも同じやう, その後ほどは多くなかった, その後ほどを経て, その後まじめに考え, その後まる一カ月くらいは, その後みじかい数年の, その後みどりの身の上, その後みなさまお変りいらつし, その後みのるは神經的, その後みんな破棄して, その後むなしく都へ, その後めきめき芸が, その後めっきり快方に, その後めったに逢いません, その後もうかなりの, その後もかの聲が, その後もさういふ同じ様子, その後もちよいちよい, その後もちろん正当防衛として, その後もっともいちじるしく個人自由, その後もともすれば, その後もみもちが悪く, その後やうやく体, その後やつと途切れ途切れ, その後やまさんは慎しみ, その後やや心を, その後ゆえあって, その後ゆくえ知れずに, その後ゆっくりこの作, その後こは, その後よき関白あり, その後よみかえした時の, その後れる時間といふ, その後ろうわ手, その後ろ影を見送る, その後わが日本軍が, その後アインスタイン一派は光, その後アゾレスに回航, その後アダムスという男, その後アトリエ公演の, その後アパリの収容所, その後アルギメネスを書いた, その後アルクメーネーに通じ生む, その後アルゲマイネ・ツァイツングに, その後アンナは豆満江国境, その後イェスキーという人, その後イエメンの王様, その後イタリア語に関して聞いた, その後イヤガラセをしなくなった, その後ウェストミンスター・アベーに記念, その後ウオタア・ペエタアの文章, その後エイゼンシュテインの所論, その後エジプトの宗教, その後オーギュスタン老人はごく, その後オールの復活, その後カションはいかなる, その後ガーネットは辞した, その後キャヴェンディッシの実験, その後キリストはまた, その後キンカ鳥の雄, その後クララの心, その後グレゴリイ夫人も死に, その後グレゴーリオ彼を離れき, その後グローチゥスの大, その後ゲーテは決して, その後コッチから水, その後コペイキンの行先, その後コールラウシュローランドウェーバー等の測定, その後ゴルスワージの小説, その後シジウィック夫人となっ, その後シテの時, その後シノブ夫人が附き, その後シマダさん一度もまいりません, その後シャーターとその, その後シュリーフェンという参謀総長, その後シルベナス・トンプソンも伝, その後シーボルトという人, その後ジェ・ゾンカーワという方, その後ジャガタラ雀が死んだ, その後スクリーンの上, その後スクルージは好く, その後スタイン氏がその, その後スタンレーは便船, その後ストーンがアメリカ官憲, その後スパルタに関して述べ, その後スペインや巴里, その後スペイン人オヴィエドの, その後ズクパ派のラマ, その後セミナリが出来, その後セルギウスはその, その後セルゲイはぱったり, その後セーニョボーの話, その後ソヴェト同盟へ赴い, その後タオンセント・ハリスが全権, その後ダージリンにおいて聞く, その後チャラピタにもつ, その後チャーミングさんの絵, その後チヤツプリンの, その後チューリヒで会った, その後ヂュワーが低, その後ティベリウスカリグラドミティアヌスセプティムス・セヴェルス等の皇帝, その後ディーネルは商業教育, その後デビーが塩酸, その後トルコ人がエジプト, その後トレスが面会, その後トーアロードで知らぬ, その後ナウハイムで科学者大会, その後ナオミさんに話した, その後ナガスネ彦をお, その後ナムの住民, その後ノルウェイからストックホルム, その後ノーベル賞をもらっ, その後ハアヴヱーは攻撃文, その後ハイデッゲルはヘルデルリン, その後ハクスタウゼンはロシヤ, その後ハステラーのところ, その後ハノーヴァーに移った, その後ハルトマンの, その後ハンター先生はジェンナー, その後ハーディの有名, その後ハーバート大学のブリューヒル気象台長ブルックス博士, その後バアトンは西部亜弗利加, その後バイロイト劇場は有料入場者, その後バブウフの共産的陰謀, その後バブーフの共産的陰謀, その後バラツクが建てられた, その後バリ港を船, その後バレーというもの, その後パッタリと止んだ, その後パンの粗悪, その後ヒュームハチソンその他の倫理学者, その後ヒンドバッドはとうとう, その後ビイアスが第, その後ビヤトリスは他, その後ピエール氏から便り, その後ファラデーは結婚, その後フィレンツェ市が専制者メディチ, その後フッツり見えないが, その後フランス・グラモフォンは全く, その後フランス軍はドイツ, その後ブラームスはシューマン, その後ブルンチュリーの国法汎論, その後プリニウスを読む, その後プロレタリア文学運動に沿っ, その後ヘンリー八世の所有, その後ベスはまい, その後ベルフォールやリュネヴィル, その後ベートォヴェンは以前, その後ベートーヴェンのいった, その後ペスやポチ, その後ペンクラブは特に, その後ポチの声, その後ポツリポツリ氏の, その後ポン教のある, その後マキシモイッチがこの, その後マヤクボ棒小舎の乗越し, その後マリア夫人が面会, その後マリユスは脣, その後マルクス主義が流行, その後ムク犬は駒井, その後メエラント附近の牧師ヰルキンソン, その後メリメとスタンダール, その後メルキオルの心, その後モスクワへ行っ, その後モスクヴァへ行っ, その後モスコーを経, その後モノにする, その後モルトケ元帥の大, その後ヨタ者の半沢伝次, その後ヨーロッパに於ける, その後ライセスタアでいち, その後ラサで私, その後ラヂオの放送, その後ラマ達が自分, その後ランブュトー街ができた, その後ラ氏の感情, その後リスキンとキャプラ, その後リヨンで町, その後リリー・レーマンはベルリン, その後リヴィエェルとクロオデル, その後ルサージュの, その後ルネサンスを経, その後ルリは君, その後ルンバ踊りの名手, その後ロメーナ附近に同名, その後ロンドンに至り, その後ローマ帝政の抑圧, その後ワグナーが別れた, その後ワグナー崇拝熱に感染, その後ワラスの書, その後ワーレン・ヘスチングがインド, その後ヴァン・ダインをはじめ多く, その後ヴァージニア・ウルフの作品, その後一つは人, その後一ヵ月あるいは六ヵ月, その後一七八六年にアリューシャン列島中, その後一九〇三年にこの, その後一九〇三年版の作品集, その後一九一三年までには単行本, その後一九一五年版ガスターの, その後一九二七年シュザンヌ・クラのフランス譯, その後一九二二年ヨーロッパへ行った, その後一二回の本, その後一二度田舎から感傷的, その後一人でしばしば, その後一人城を離れ, その後一人息子の小生, その後一体小太, その後一八一三年に政府, その後一八一八年以後穀物価格がまた, その後一八七一年にロシア, その後一八三二年に彼, その後一八八八年合衆国ペキン駐在の公使官書記, その後一八四七年以来此の家, その後一八四八年の十二月, その後一六三五年アムステルダムにおいてデカルト, その後一六六〇年に王政, その後一六六一年にグリーベー, その後一六六二年にサッカノ, その後一円の五歩, その後一千年を支配, その後一口も聞き, その後一同で展覧会, その後一向に姿を, その後一味の王子服, その後一回も足, その後一基の墳墓, その後一寸礼に行こう, その後一年ごとに著, その後一年以上つづいて, その後一年半の間, その後一年目に河内, その後一年經つて今の女房, その後一年餘ロダンと交, その後一度火事で大半, その後一応銘々別な, その後一念に俳句革新, その後一戸を構え, その後一方でより, その後一日中嵐のつづい, その後一日二日と立つ, その後一時は振, その後一時人手に渡った, その後一時新聞社へもはいっ, その後一時東京に移っ, その後一時沈滞した解放運動, その後一時非常に宗教, その後一月あまりというもの, その後一月足らずで日本, その後一枚の端書, その後一歩一歩とおしすすめられ, その後一生パトラッシュが死ぬ, その後一緒に遊ぶ, その後一転して, その後一週間ぐらゐ新聞を充分, その後一週間毎日雪が降り, その後一遍も逢わない, その後一離一合して, その後一高の方, その後七年目になっ, その後七年間は音沙汰無し, その後七日間というもの, その後七月に這入っ, その後はいく, その後万年橋の下, その後万才なにがしの女房, その後万葉調歌人によつて, その後丈夫かね, その後三ヵ月程経っ, その後三世紀も奇蹟, その後三十七歳に, その後三十二年秋八月に皇后日葉酢媛命, その後三十六歳にし, その後三十分間は家内平穏, その後三十年先生の名声, その後三四人の対手, その後三四十年の歴史, その後三四回発作がありました, その後三四日は目, その後三回までも東京郊外, その後三夜連続のラジオドラマ, その後三崎座で四, その後三年許りの, その後三度めにか四度め, その後三日強行させる筈, その後三日目四日目ごとに鮨屋, その後三月九日と三月十五日, その後三河遠江のうち, その後三越松屋等が復興, その後上人が許され, その後上出来の時, その後上州の和算, その後上州薮塚温泉の背後, その後上手な時計屋, その後上演を断念, その後上演料に関する劇場, その後上皇は勅, その後上陸用舟艇で読んだ, その後下女のお萩, その後下谷竜泉寺町に移った, その後不安な手紙, その後不審な人物, その後不幸にし, その後不折君と共に, その後不敬事件で一年, その後不見転娼妓私娼妾仲居等転々とした, その後与力笹野新三郎の調べ, その後与謝野寛先生の主宰, その後世の中がだんだん, その後世事談を見る, その後世界文化の中心, その後世話をする, その後世間的には黙, その後両人は毎度, その後両人同車して, その後両親との意見相和, その後両部神道の思想, その後中国と日本, その後中学生の三人, その後中島伊勢のこと, その後中庭や畠, その後中村先生は二豎, その後中西君も, その後中野君も何とか, その後丸亀市の長尾郁子, その後とたのむ, その後主人より店, その後主家をゆすっ, その後主家歸參を願, その後主筆の家, その後しからずして, その後久しいあひだ, その後久しきを経ざる, その後久し振りで陸, その後久三は占領直後, その後久保天随君の名, その後久弥はその, その後久留米藩ではあまり, その後久米郡も焼かれた, その後九号と十一号, その後九州西国の方, その後九月五日にまた, その後九月五日十月五日吟味の寛容, その後九段へ伺う, その後九郎御曹子と称, その後乱暴な皇帝, その後乳母に暇, その後亀田がほんと, その後は彼女, その後予フィダーに著い, その後予定よりもずっと, その後もなく, その後事件について何, その後事変の進む, その後二つの浅い, その後二カ月余りにもなっ, その後二三の道場, その後二三か月中に私, その後二三人の手, その後二三年代用教員として父, その後二三度研究室出頭を命ぜられ, その後二三度見物したが, その後二三度馴染みになった, その後二三日職務上の要, その後二三日訪問した形跡, その後二三百年乃至五六百年, その後二世紀を経, その後二分ほどの間, その後二十一日までその, その後二十二年間に亙っ, その後二十五年を經, その後二十何年か経つ, その後二十分も脈動, その後二十年あまりはほとんど, その後二十年間無用の證據物件, その後二十度近くもつづきました, その後二十数年の今日, その後二十銭のもの, その後二年余りして, その後二年間に二十三回, その後二度三度大音寺前の田川屋, その後二度浴しました, その後二日たち三日たっても, その後二日間は同じ, その後二日間溪流あるいは林中, その後二時間餘にし, その後二晩ばかりやっ, その後二月二十三日にも手紙, その後二本ばかりすまし, その後二百フランで買い取り, その後二百年あまりの間, その後二科会へ行っ, その後二絃琴の御, その後五つのパラグラフ, その後五世貫主は政教, その後五六ヶ月して, その後五六年間の平均, その後五六日間に漁れた, その後五六遍娘の家, その後五十六年の間, その後五十年になんなんとする, その後五回ばかり例, その後五年目の弘安二年, その後五月十四日と五月二十二日, その後五百は折々, その後井戸は埋め, その後井村の紹介, その後ともお, その後亜米利加の軍艦, その後亜米利加産の浅間号, その後交通費や生活費, その後享保の頃, その後享保十二年に至り, その後享禄二年の八月, その後の, その後京都大坂を経, その後人づてに密, その後人並みの修行, その後人伝てに私達, その後人力車夫になった, その後人工によって河洲, その後人工雪や人工霜, その後人心の機微, その後人文が進む, その後仁和寺の昇蓮房, その後今一度どうかし, その後今一度図書館に通いまし, その後今一度彼らの艶容, その後今川家にも長年, その後今年の三月三十一日, その後今晩まで閉門, その後今浜の丹羽五郎左衛門, その後仏人サミュール・ド・シャムプレーンの, その後仏教の興隆, その後仏軍の行動, その後仔細がありまし, その後仕舞の手づたひに行つて, その後他人によって幸, その後他国ではどこ, その後他家へ仕え, その後仙台へ行っ, その後代々信仰がつづいた, その後代々容易ならん苦心, その後代りにその, その後以前にも優る, その後仲平は二十六, その後任期満ちて, その後伊丹が落ちる, その後伊丹屋では親類, その後伊之助はもう少し, その後伊勢の阿坂, その後伊吹山に観測所, その後伊太利の旅, その後伊豆の温泉, その後伊香色謎命を後妻, その後会う度に, その後会った時に, その後会つた時必ずお礼, その後会長になれ, その後伝えられたところに, その後伯林大学に転じ, その後伯爵は, その後伴信友の瀬見小河, その後ひが, その後佐佐木信綱博士の, その後佐佐木君から音沙汰, その後佐渡守が手塩, その後佐竹の奥方, その後佐藤は成立学舎, その後佐藤春夫氏のすすめ, その後何かと思い出されて, その後何ごともなかっ, その後何とかいう雑誌, その後何ものにも保護, その後何んと致した, その後何十人という, その後何十回も霧, その後何回斯うした, その後何度元の土地, その後何度手紙を出し, その後何時間経ったか, その後何枚か来まし, その後何等の手掛り, その後何遍もくり返しくり返し, その後余り難しい書物, その後余り学界の注意, その後余輩の極めて, その後佛蘭西で最も, その後作られたアラビヤ語は, その後作品第百三十二番, その後作曲に進ん, その後作歌も千三百首, その後作者の生活, その後侏儒は王妃, その後など霞む, その後便りがなかっ, その後便利な世の中, その後の者, その後俊乗坊重源が入唐, その後俊基が都, その後俊成は九条兼実, その後俊雄の耳, その後俗事が忙しかっ, その後俘虜になっ, その後保険会社の勧誘員, その後信ずべき筋から, その後信忠はまもなく, その後信濃路を経, その後信長からの長い, その後信長公秀吉公東照宮様と代, その後修善寺の新井旅館, その後修養につとめた, その後は外, その後せあって, その後偉い音楽家に, その後停年制のため, その後健児社という結社, その後の裏門, その後偶然フラリと鴎外, その後偶然一二年間その比率, その後偶然道であう, その後備えを追撃, その後僅か数年の間, その後僕達は奉天, その後僕達夫妻だけが一行, その後どもまた, その後儀右衛門の捜索, その後元宰先生に会う, その後元明天皇平城京遷都とともに現存, その後元明天皇平城遷都さるるに, その後元気そうな姿, その後兄弟じゃない, その後先方から何, その後先端が少し, その後入道は仏, その後全国各地に澎湃, その後全然不明に, その後兩親のゐる, その後八万年の間, その後八上城の残軍, その後八九十年を経た, その後八代の海浜, その後八十六年を経た, その後八年に成れる, その後八年間というもの, その後公使や大臣, その後公卿たちは戸帳, その後六ヶ月ばかり経つ, その後六ヶ月間びっこを引き私は数週間, その後六兵衞も轉げ, その後六十五歳の今日, その後六十年なる天智天皇九年, その後六十日目にようやく, その後六十餘年を經, その後六朝時代になりまし, その後六条家は歌壇, その後六週間もその, その後六郎が切通, その後兵士と握手, その後兵糧や馬糧, その後其家は如何, その後兼家がやつ, その後再建したが, その後再版もし, その後再発したものの, その後凡太は色々, その後出京の念, その後出会わないのか, その後出入の左官屋, その後出入りの魚屋, その後出雲氏は蘇我氏, その後刑事につけられ, その後刑務所の独房, その後刑場へつれ, その後初めて大阪市中に, その後判断が出来ました, その後別条もありませんでした, その後別段に新, その後到着を報じた, その後制作劇場を脱退, その後刷る版本には, その後刺桐城とも桐城, その後には月明, その後前代法王の事, その後前田家にお, その後前田青年のこの, その後前線を親しく, その後前記の洋傘, その後剣道の至り, その後劉氏はあつ, その後劉虞は朝廷, その後劉表の病, その後加茂の川原, その後加藤家に代った, その後労働者といい, その後勃凸と私, その後勝太郎の, その後勝岡演芸場となっ, その後勝手に一人, その後勝浦から海伝い, その後勢いに乗じ, その後勢いよく生長し, その後北朝鮮には高句麗, その後北条家へ出入り, その後北海道大学へ勤める, その後北野少年の受持, その後北鎌倉の家, その後十一の秋, その後十一年の間, その後十一年養和元年八月十五日に至っ, その後十一月頃の手紙, その後十七年間彼はその間, その後十九年ばかり引き, その後十九年間城内は荒れる, その後十二日は移る, その後十二時間以内にここ, その後十二月に光子, その後十五六年にし, その後十五年にわたり昨, その後十五年間瓶の中, その後十余年嵯峨天皇の弘仁, その後十余年間はこの, その後十八歳の時, その後十六年明治四十四年十一月にこの世, その後十兵衛三厳は忠明, その後十四五歳の頃, その後十年もの間にぼんやり, その後十年二十年と月日, その後十年以上も遺憾, その後十年間この癖, その後十数年今日では大分女, その後十数年間私の歌歴, その後十日あまりして, その後十日近く経っても, その後十月になっ, その後十通ほどの一通, その後千太郎はすこしも, その後千数百回の余震, その後千浪に文, その後千葉で初めて, その後千葉氏の内乱, その後瓦の, その後半年以上も過ぎ, その後半月ばかりは病人, その後半歳經つて千之助が生き還つ, その後半生三十年間といふもの, その後南インド洋七千マイルを横断, その後南フランスのゴオド, その後南京へ行っ, その後南北戦争に従軍, その後南宋の時代, その後南朝鮮には三韓, その後南米パラグアイへ乗り込ん, その後結晶を, その後単行本となり, その後原子核の分野, その後原子爆弾で死なれた, その後参ろう参ろうと思っ, その後参謀部の有数, その後が海軍, その後友人にし, その後友達がキンカ鳥, その後反芻される毎, その後の出雲守頼門, その後取り調べの結果, その後受けた身体の, その後古い報知新聞を, その後古川が故買, その後召喚するも, その後台北帝国大学文政学部土俗学教室の一隅, その後台湾沖で難船, その後史學即ち司馬遷, その後の家禄返上, その後右大臣九条兼実は俊成, その後右田寅彦先生がお, その後右門が親もと, その後右馬介も同様, その後司教に任命, その後各人の天分, その後各地に頻発, その後各社の新聞評, その後各種の書生芝居, その後各自の運命, その後合せ目を白い, その後合図をなせ, その後吉井勇氏によってはなはだ, その後吉弥に会う, その後同じく右の, その後同国の田所市太君, その後同国陸軍地理局で測量, その後同学の渡辺一夫, その後同居する牡牛, その後同年七月に這入っ, その後同業者もいくつ, その後同氏はその, その後同行者としての連帯感, その後同郷出身の友人たち, その後を挙げざる, その後名前を見た, その後名声大いに加わり, その後名義考の補考, その後名越國三郎氏の, その後吹きめぐりてこれ, その後吾輩は度々, その後呂昇が今日, その後呉軍が迫る, その後のダイヤ, その後呪いの鬼, その後呼び迎えた妻とも, その後約が, その後和助は尾久, その後和太郎さんは赤ん坊, その後和田山に帰つた叡子さん, その後和銅に於, その後和銅初年以前の物, その後咽喉病に犯された, その後唐宋以後になります, その後でも吐きたい, その後商売に失敗, その後よりも惡, その後善き王テバルドの, その後善策の如何, その後喫茶店に泊りこむ, その後四つ五つとなる, その後四五十日間は学校, その後四五年どこでなに, その後四五日間は彼女, その後四十九日の仏事, その後四十何年無事で今, その後四十余年のちの今日, その後四十年の長い, その後四国の人, その後四年たって, その後四年阿波藩の令, その後四時間ほど経つ, その後四部の目録, その後団十郎は引きつづき, その後団子坂へ伺った, その後国々所々に至り, その後国交中断すること百余年, その後国王の軍隊, その後国語の音変化, その後をスペイン語, その後土師清二氏からも長谷川伸氏, その後土曜日の夜ごと, その後土葬された墓場, その後を隔つる, その後地主が眼疾, その後地所代価収領の本, その後地方歴遊の際, その後坂田と云う, その後坑夫はやめた, その後の西坂, その後城主にお, その後城内でもお, その後執事の田郷真斎, その後報ぜられた新聞記事と, その後報告らしいもの, その後を拝, その後の周囲, その後墓石の文字, その後墨色の研究, その後して, その後売上げ漸次増加して, その後売女の手切金, その後売輪の子孫, その後変っている, その後変化なく, その後の終りごろ, その後夏目君が洋行, その後外山教授に彼, その後外桜田の上邸にい, その後多分朝鮮支那の, その後多忙を極めて, その後多数の優秀, その後夜な夜な女の, その後大きな戦争が, その後大した悪政も, その後大串の源護, その後大井君の家, その後大人になっ, その後大佐から端書, その後大体におちつい, その後大分日が経った, その後大和国山辺郡朝和村にも起こった, その後大和絵というもの, その後大変にお, その後大学生時代に神戸, その後大宮八幡へ見とどけ, その後大工の頭梁, その後大巻を中, その後大戦は始まる, その後大抵の草, その後大抵解放されて, その後大杉君を僕ら, その後大杉君らの生活, その後大森の汽車, その後大槻玄沢宇田川槐園等継起し降りて, その後大正十三年の夏, その後大正十四年の末ごろ, その後大正十年の春, その後大正四年に大患, その後大正4年6月に渡道, その後大殿様がわざ, その後大殿樣がわざ, その後大池忠平を見, その後大津で算盤, その後大笹から音信, その後大蔵大臣の宅, その後大軍を整え, その後大逆事件の仲間, その後大連に渡っ, その後大阪修業中今の市川団十郎, その後大阪梅田の歌舞伎座, その後天下の国士, その後天平の御代, その後天庵は一度, その後天性が以後, その後天文学者等はこの, その後天正十年流寓落魄の果て, その後天武天皇の御代, その後天気がよく, その後天然鱒が遡らない, その後天魔に乗ぜられ, その後太子その人, その後太守京極丹後守は依然, その後太平洋戦争の真っ最中, その後に従って台湾, その後夫人から手紙, その後夭折され梅園さん, その後失礼して, その後夷族再び勢力, その後奈良女子高師付属実科女学校長の森口奈良吉君, その後奈良朝から平安朝, その後奥山に山姥, その後奥州にかくれ, その後奥田義人氏が文部大臣, その後奥羽征討軍の参謀部, その後奧さんは僕, その後女影の原, その後女房を五人, その後女王がお, その後好事家の手, その後好運なる偶然, その後好餌を喰らわん, その後の寵, その後のところ, その後妙子は又, その後妾此寺に来りし, その後始めて自宅, その後始めて起こる, その後始終ナオミと, その後と, その後委細は乙若どの, その後娘たちの顔, その後娼家の娼婦, その後婦人はいじけ, その後婦人らの手, その後婦女が犬, その後に行つて亭主, その後を生んだた, その後子規居士から若干, その後子達を連れ, その後孔明はひそか, その後孔生は進士, その後を知らなく, その後存じながら御無沙汰, その後学問の修業, その後学校生活のため, その後学校附近に下宿, その後学者の研究, その後学術探検旅行に加, その後孫恪は張閑雲, その後宇治の隊, その後宇都宮公綱は宮方, その後宇野の家, その後宇野浩二氏から牧野信一全集, その後守るに専念, その後安場知事の人格, その後安政元年に五十歳, その後安治川屋敷にとぐろ, その後安芸の国広島, その後宗教的に傾かれた, その後宗易とも久しゅう, その後宗清が泉殿, その後宗蔵の方, その後官庫の騒動, その後官軍は大軍, その後助の, その後宝亀十一年大雷雨によって伽藍, その後宝暦明和の頃, その後実業界に泳ぎ出し, その後実現されて, その後宣長翁の, その後室様が実, その後室温を零下四十度位, その後室町時代の末, その後宮崎與平が, その後宮川は牛乳屋, その後宮本村に起った, その後宮本武蔵とよぶ, その後宮芝居のあつ, その後を成さず, その後宴会があっ, その後家じゅうに赤い, その後家内が小酒井さん, その後家君の許, その後家庭を破壊, その後家庭内にごたごた, その後家康が秀吉, その後家老相馬志津之助, その後家運の興る, その後家雀の群, その後宿へは無事, その後宿主の計理士, その後寄席以外ではどこ, その後寄贈された雑誌, その後富士司の御, その後富山県庁の社寺課長, その後富岡からは何, その後寛大にも不問, その後寛容と親切, その後寛文頃の句, その後寛治五年にも永長元年, その後寝床へ入られ, その後寡婦と同様, その後寸暇も与えられ, その後対抗するよう, その後封ぜられた大名も, その後専門学者がだんだん, その後将軍家が身, その後尊ばれ以外の, その後尊父は亡くなられ, その後尋ねてみた, その後小さな町工場を, その後小園は決して, その後小太郎山落城のま, その後小宮君に話した, その後小康を得, その後小母さんからよこす, その後小牧の戦況, その後小田切氏はとんとん拍子, その後小石川を去る, その後小笠原兵右衛門さんは仔細, その後小遣に困る, その後小野玄妙君会津八一君その他の人々, その後小間物屋として女界, その後少々永びく, その後少しく健康を, その後少しよくなったと, その後少佐は他, その後銀治氏の, その後尾崎紅葉山人を訪ねました, その後居士は少し, その後展轉して, その後へ出, その後山上の生き, その後山田美妙斎あたりが音頭, その後岐阜の城下西ノ店, その後岐阜城は専ら, その後岡村は道場, その後岡野知十氏に対しても最初門前払い, その後岩田家を訪ねる, その後岩間三太夫めは当然, その後岸上質軒氏等の人々, その後峨山が再建, その後島五六郎樣の方, その後島崎君がある, その後島木赤彦さんに注意, その後嵯峨は次, その後川上座の建築, その後川本がどう, その後州立図書館と市町村立, その後巡査のみにて試みたる, その後工夫に工夫, その後の方, その後左五は, その後左経記に二君, その後左衛門尉さまがこんど, その後左門によって幾人, その後巴里楼にしげ, その後に身, その後市人の目, その後市川を三回, その後帆村荘六はときどき, その後師範学校に入り, その後帰って来ない, その後帰京して, その後帰安の一県, その後帰朝して, その後帳場で太田, その後常套的に用いる, その後干拓工事によって水位, その後平凡な闇屋, その後平和に流れた, その後平壌に参り, その後平家村の人々, その後平尾賛平さんが買った, その後平尾賛平氏が後藤さん, その後平岡の旅宿, その後平次は八五郎, その後平泉の東方, その後平田兄羽仁兄等と相談, その後平田氏は所謂世間, その後年々需要が増加, その後年月が経っ, その後年齡と共に感傷癖, その後幸いにし, その後幸い一と月, その後幸子の方, その後幸徳と一緒, その後幸徳等が殺された, その後幸村彼の若, その後幸野楳嶺先生に師事, その後幻灯会は時々, その後幽霊船虎丸はどう, その後ほどもなく, その後幾ばくもなく, その後幾人の易者, その後幾何もなく, その後幾十たび幾百たびいろいろな古い, その後幾回となく, その後幾変遷私という女, その後幾夜もこの, その後幾年月かは至極, その後幾日もの間彼等の誰, その後幾星霜を経, その後幾百年の間, その後幾週か降伏後, その後広東を去る, その後庄司家の面倒, その後たれて, その後廃れて, その後廃寺になっ, その後廃藩置県法律改定学校設立新聞発行商売工業の変化, その後廊下で野呂, その後建てなおしたのだ, その後廻ってくれない, その後廿七年を経, その後弁信は再び, その後弁護士がお, その後弓削道鏡が再び, その後引廻しの者, その後引離されたままの, その後弘仁年間には文室綿麻呂, その後弘法大師かの大国, その後弟定次郎方へ同居, その後弥生座はセカンド, その後の家, その後張繍の軍勢, その後弾正少弼, その後当の広瀬医師と, その後当局にては何等, その後当時の幹事ストークス, その後当時越路太夫と云った, その後を変え, その後彼女以外の, その後彼方さんのお, その後待ちに待っ, その後の摂津, その後後嗣の死, その後後援続かず畑中, その後後藤さんを通して私, その後徐々に読者を, その後従犯人として軍法会議, その後御宮にゃなりません, その後御岳山の試合, その後御新姐さんも, その後御新造も亡, その後御親父様には亡くなられ, その後御門下を挙っ, その後御馳走をいただき, その後復活の機会, その後徳二郎は僕, その後徳利を膳, その後徳富氏が両国橋, その後徳川家初め他の藩, その後徳川時代に王道神道, その後徹太郎の松の木, その後心ならずも啓之助の, その後心待ちにし, その後必ず訪問した, その後を果さざりし, その後忘れずに南仏, その後念入りに大西洋, その後忽然と住み馴れた美濃, その後思いがけない時機に, その後思いがけなくお医者さん, その後思いだして穴, その後思いなおして毎日, その後思うところあっ, その後思ふところあ, その後怠りがちの政務, その後怠り勝ちになっ, その後に殖え, その後急激なる増加, その後怪しい女は, その後怪獣の姿, その後恐らく採擇, その後恐ろしいような, その後息子さん夫婦が移つて, その後恵印は何, その後患者は入れ, その後悦二郎氏はどうして, その後悪性な梅毒, その後惨事が起る, その後愁わしげにほつれ, その後愚品ながらぼく, その後愛一郎さんにはお, その後愛情に変化, その後愛玩物としての人形, その後愛知縣刈谷の同, その後感じさせられた気味悪さ, その後感じた事が, その後慶長元和の頃, その後憑かれた者が, その後憲兵の前, その後憲兵隊の許可, その後懇願遂に功, その後懐中も気, その後戊辰の年長州兵, その後成る可く, その後成瀬君はあの, その後我が国で渡辺博士ら, その後戦争進行につれ, その後戦場に臨み, その後戦況が判っ, その後戦闘中止と同時に, その後所々の合戦, その後所在を誰一人, その後手前から主君忠利公, その後手塚が真実勉強, その後才兵衛に意見, その後打ち首の, その後打ち絶えて十年, その後打ったとも送った, その後打首が廃, その後扶持に離れ, その後批評家の反撃黙殺, その後久三年まで, その後承ればご, その後技師になっ, その後折々多計代, その後押川先生を初め, その後拙者は身世, その後拡張されて, その後按摩の芸, その後挙場に入る, その後天府に, その後捕縛されては, その後捜索は三方, その後採鉱方針よろしきを, その後推古天皇のみ代になっ, その後摂関将軍家に出入, その後摘草に行った, その後支那出來の枕, その後改心したと, その後改訂されは, その後改造されて, その後改鋳のこと, その後政論はいよいよ, その後あって, その後教えるところに, その後教会へは行かなく, その後教師は職, その後教師都に帰り, その後教授が半ば, その後散歩するごと, その後数マイルにわたって私, その後数代を経, その後数分間は燃焼, その後数十年の間, その後数十年間に道人, その後数名の警官, その後数回築き直されたにも, その後数回万彦がやって来る, その後数多の小説, その後数年そこに草, その後数年海陸両路, その後数年自分はブルジョア文学, その後数年間同一の供給, その後数年間国民は毎年, その後数年間私はこの, その後数度それもあまり, その後数日間何を食っ, その後数次の取調, その後数秒に渉, その後数箇月の間, その後数週間後のこと, その後の戦意, その後敵状を探る, その後ふれば, その後數世紀の正教, その後文化の初め数年, その後文化八年に一度, その後文壇に於ける, その後文子と踊, その後文学が哲学, その後文学全体の気流, その後文学雑誌に次々, その後文學博士となつ, その後文政八年に至る, その後文明九年には長尾景春, その後文治二年に北条時政, その後文芸上の風潮, その後文芸論では嘗て, その後文部省は一九四七年度追加予算, その後斎田氏は勤務先, その後の入用, その後断然廃める, その後斯んな事情, その後新たに戸籍, その後新城の白壁, その後新春の一月, その後新潮文庫に入れられた, その後新田義貞はいちど国もと, その後新聞紙上においてその, その後新聞関係から記事, その後新装成った夢殿, その後新道が別, その後新野にあっ, その後新院はお, その後方々で引用, その後方針を轉化, その後旅先で今度, その後旅順方面で彼, その後日ごとの新聞, その後日下部先生の門, その後日光で, その後日曜たびにかならず, その後日本史を読み, その後日本新聞社へ子規氏, その後日本橋京橋諸区を経, その後日英同盟の意識, その後日課となった, その後日譚もあり, その後早稲田の雇われ, その後旭川新聞記者近江正一君の書いた, その後昌幸は秀吉, その後明応七年二月にもまた, その後明智殿へ随身, その後明暦三年になる, その後明朝時代になる, その後明末清初の顧炎武, その後明治三十年に遂に, その後明治三十年代を通つて, その後明治二十年頃かと思う, その後明治十五年になっ, その後明治十年前頃までに発行, その後明治座のため, その後明治座時代の少年期, その後明石の濱, その後明遍僧都は深く, その後易々ととげられた, その後の移る, その後星田さんの所, その後映画雑誌の古い, その後になっ, その後春さんは私, その後春木さんの身がら, その後春秋社に這入った, その後春陽堂からの物, その後昨日になっ, その後昭和三年に至っ, その後昭和五年当時の東京, その後昭和十七年の翼賛選挙, その後昵懇になつ, その後時折に花, その後時折僕の書室, その後時折神戸氏を訪ね, その後時政公からの使者, その後時男さんはりつぱな商人, その後時間を隔て, その後晩方の事, その後晴信は父, その後暁方になっ, その後暁近くになっ, その後さえあれ, その後さ寒, その後暫らく他國, その後暫らく經つて一件も落着, その後暫らく經つて先代の旦那樣, その後暴人江戸市街に横行, その後の牢舎, その後のうち, その後書きを心, その後書きたいことは, その後書斎に立て籠っ, その後書物による知識, その後曹豹の女, その後有給教授の職, その後有色写真のいろいろ, その後有識者の思想, その後有賀長雄が中世哲学, その後有髪の尼, その後服部氏は病気, その後朗誦は中絶, その後朝廷に奏し, その後朝鮮あたりから輸入, その後朝鮮人と衝突, その後期限は二十年, その後木戸を通る, その後木谷実との箱根, その後未だに忘れること, その後本名で詩, その後本年まで十二箇年間, その後本年二月農科大学の古在, その後本当に血の, その後本紙上に於, その後本邦の, その後本郷の飲み屋, その後本隊の決戦, その後李景雲の失踪, その後李陵の胡地, その後村上霽月君にも勧め, その後杜陽は桟道, その後来た男も, その後来なくなつて, その後来栖勘兵衛は故郷, その後東京中の警察, その後東京実験劇場事務局長として演劇界内部, その後東京市中の秩序, その後東京帝国大学から発表, その後東京湾口の落ち鱸釣り, その後東京空襲はますます, その後東北地方の蝦夷, その後東区の野田某氏, その後東宝経営者は興業資本, その後東洋哲学が誠に, その後松山城受取の藩, その後松岡は久米, その後松本では百姓, その後染井の化物屋敷, その後柔道家になり, その後柿丘秋郎と白石博士夫人雪子, その後栄介はそちら, その後校長先生は再三, その後根岸のあたり, その後根気よく何枚, その後はついに, その後桂子は帰宅, その後桂班長に会つた時, その後桑木嚴翼先生の, その後桶狭間の合戦, その後梁啓超は日本, その後森下町へ移っ, その後森下邸に八月中旬過ぎ, その後森先生とも種々, その後森戸家の遺族, その後検校となり, その後椿岳の噂, その後楠本正隆氏が政友会, その後楠氏の血統, その後極力さぐり集めた考査, その後の若木, その後樗牛の墓, その後権右衛門の弟たち, その後横川の和尚亮信, その後横浜にいる, その後横浜あたりでどうにか, その後檀君を通じて私, その後權勢の爭奪, その後次々に展, その後欧州や英米, その後欧州視察の旅, その後欧州諸国を巡遊, その後歌舞伎座や帝國劇場, その後正二位権中納言に昇り, その後正月の吉例, その後正木一家の人たち, その後正義党の東亜局長暗殺, その後正香が伊那, その後武士の階級, その後武蔵地方を注意, その後武蔵武州江戸に下向, その後武蔵研究をひそか, その後歳月を経る, その後歸省して, その後歸郷して, その後死ぬまでエリザベート, その後死んでしまった, その後死んだかどう, その後殆どそのミュゾオ, その後殆ど研究したもの, その後手姫さま, その後殿下がお, その後母子の月日, その後毎年はいっ, その後毎年八千メートルから時には, その後毎年冬になる, その後毎年幾度か講中, その後毎年雪の研究, その後毎日午後になる, その後毎日学校の行き, その後毎日室に閉じこもった, その後比較的僅少な, その後民友社から出版, その後民子が僕, その後民権論なるもの, その後水上氏は落魄, その後水論はなくなっ, その後氷河期が来る, その後永禄七年の戦, その後永遠の泉, その後江の島あたりに潜伏, その後江州の方面, その後江戸名所圖繪を描いた, その後江戸城普請の時, その後江戸時代になっ, その後池長氏の方, その後汽船につとめ, その後沈着いて, その後沒理想期においては絶對, その後沒理想論を駁せむか, その後沙汰はない, その後沙汰やみになった, その後河渓が遠ざかった, その後河鍋暁斎がキヨソネ, その後治安維持法が改悪, その後治郎右衛門忠明が出奔, その後に坐し, その後法師の語, その後法然所持の念珠, その後法蓮房が法然, その後法螺丸が頭山満, その後法隆寺について研究, その後泥棒はつかまりし, その後注射した, その後洋学修業に出, その後洛中守備軍として京都, その後洛陽の情勢, その後洞窟の志士たち, その後活動写真武蔵野館の発起者, その後流布されること, その後流言ヒ語しきり何処, その後浅井は尚, その後浅草の伝法院, その後浜口家の女中, その後は一日, その後浪士隊が江戸, その後浮世を真っすぐ, その後浮世繪や鍔, その後にいっ, その後海嘯で流された, その後海岸通りの店, その後消えませんし無論, その後深夜に続く, その後深川松井町の芸妓小川, その後淳和奨学両院別当源氏の長者八代, その後混雑に紛れ, その後淺間山の麓, その後清子さんにお, その後清岡は月日, その後清州に至って, その後清書して, その後清朝に及ん, その後清次はあらゆる, その後渋江氏と親ん, その後減封処分で家名, その後渡来すると, その後渡辺君のこと, その後渡辺長男君が初めて, その後温泉の噴出, その後測量台がたった, その後洲事変直後に, その後源頼朝もいたく, その後滅びじこれが, その後滿三月經つて愈, その後滿洲に於, その後滿洲國輯安縣の高句麗, その後漁具と漁法, その後の治世, その後漢和の辞典, その後が先生, その後漱石氏はまた, その後漸く堅実な, その後漸次多くなり, その後潮來は知らない, その後潰れた玉屋の, その後瀬越さんはどうして, その後炬火は次々, その後為守は法然, その後為氏は弘安九年, その後の勘公, その後烏啼の消息, その後妻であった, その後無事に日, その後無断で安藤, その後無関係になつ, その後無電小僧は原稿, その後黒雷に, その後焦点が紛糾, その後煙草代に困らない, その後熊襲がまた, その後熊野十津川から日高奥, その後熟兎を猟殲さん, その後熱心に魔女, その後熱海へ行, その後熱輻射や輻射圧, その後爆発の方, その後爬虫や両棲類, その後父上の御, その後父但馬守の位牌, その後父兄の二代, その後父母の死んだ, その後父親自身もそこで, その後爼上に料理, その後牛丸平太郎少年は監房, その後牡鹿半島の鯨港鮎川町, その後牧野信一の小説, その後物語に近い, その後特に記すべきこと, その後特殊部落のこと, その後犬どもが林中, その後犬千代どのに会っ, その後犯人が私, その後状態は東京, その後狂ったままこの世を, その後狩野氏の家, その後独りでぽつねんと, その後独学して, その後狼共は又, その後猩々は持主自身, その後猶も深き道理, その後猿殿が何人, その後獲物とならしめし, その後玄宗が蜀, その後玄明の手, その後玉英さんは女学校, その後はまた, その後王室劇場になっ, その後王氏も熱心, その後玲子が進, その後固以來, その後現今の貞子夫人, その後琢堂は一たん, その後生え出でたる, その後生れ出でた子供たち, その後生前あんなに昵懇, その後生命は珠, その後生死のほど, その後生死不明のまま, その後生活の道, その後生活状態には何, その後産室を離, その後産後の日立, その後の吉太郎, その後用紙融通の魅力, その後田中大秀に就いた, その後田中義廉大槻修二小澤圭二郎久保吉人の諸氏, その後田舎へ帰っ, その後田豊を呼びつけ, その後田辺侯爵の別邸, その後田部から幾度電報, その後由井等と共に研究, その後由紀子夫人は楽壇, その後甲州勤番支配にまでなった, その後甲斐山岳会が更生, その後甲板へ帰っ, その後甲越両軍, その後男やもめで寂しく, その後男らしく自首し, その後男爵は再び, その後畫道に精進, その後船いずれへ, その後疑義を持ち, その後疱瘡をやりました, その後も癒え, その後病み付いている, その後病床に親しんだ, その後病死したりしかば, その後病気がちな日, その後病気勝ちになっ, その後病院に二度イワン, その後発展に伴う, その後発憤して, その後発生せしめた一連, その後発表された, その後発見された必要, その後發達して, その後を通じてお, その後白すみれの花, その後白樫の森, その後白鳥会の一員, その後の悪作, その後百合の句, その後百姓が掘り返し, その後百年ばかりすぎ, その後百歳近くまで生きながらえた, その後百済もわが国, その後百間先生が学生, その後百餘年を經, その後のもの, その後皇太子の廃立, その後益増加した各種学校, その後盲腸の工合, その後直ぐ一緒に, その後直ちに一オンスにつき, その後直接この少年, その後変らず沢田氏, その後相当長い間, その後看経のついで, その後看護婦に代筆, その後真二は顔, その後真名古の周到緻密, その後真正の新吉, その後真犯人が縛, その後真砂町皆川町飯田町東片町としばしば, その後の方, その後着物が欲しい, その後は十七, その後矢部はちょくちょく, その後矢野に打, その後知らせてくれる, その後知りあひになつ, その後知るに及んだ, その後知恩院の, その後知識は駸々乎, その後短日月に長足, その後短歌から転じ, その後石室をつくる, その後砲兵力の集中, その後確かめる機会が, その後確たるお答えの, その後磯村にわかつ, その後社会主義の建設, その後社会事情が変わる, その後祖父さんはしばしば, その後神亀四年に新た, その後神仏分離の際, その後神妙にし, その後神尾へは相, その後神戸の三宮辺り, その後福之助夫婦の氣, その後福井縣下味見の高島正氏, その後福助に会つて笑, その後私どもと親しく, その後秋山徳蔵に会った, その後秋草と争っ, その後秘書をやめ, その後経て, その後種々折衝の末, その後種々論究せられついに, その後稻子さんがぽつぽつ, その後で笑う, その後おとされた悲境, その後立ち消えとなっ, その後立身致し以前, その後竜神からお, その後竹さんに就い, その後竹村書房に對, その後筆幸がよほど, その後筑前からも半兵衛, その後管楽の音, その後箱崎川にかかっ, その後箱根山へ隠れ, その後とも言, その後築地座の舞台, その後米穀法の施行, その後をもっ, その後紀伊半島の沖合, その後紀元前六世紀の中葉, その後約束通り村の前方, その後紅葉の家, その後納戸の者, その後友が, その後はおいおい, その後紙帳やお, その後紛糾遂に休校令, その後素子が手もと, その後素戔嗚とは顔, その後細川家の家士ら, その後細菌学の研究, その後終列車まで汽車, その後終南山にひそん, その後組んでやる, その後絶えたことが, その後絶大なる予備隊, その後続々と志士, その後続いて起こった, その後編纂事業のおこなわれ, その後につながる, その後縁談は急速, その後縦断鉄道測量隊をヤンブレ, その後織田方ではなお, その後織田軍は秋, その後繰返えし, その後羅府動物園へ選手一同, その後羅馬人は帝政, その後美佐子がある, その後美濃狐は小川, その後義元はその, その後の事, その後翌年の数字, その後習字は云, その後習慣のよう, その後老人は図らず, その後考え直して来, その後耕介の家, その後聯盟脱退やその他, その後めでたき小鳥, その後聴衆の二, その後肥後の白川, その後肥後守は御, その後はどう, その後胃癌にか, その後胃腸病院に入院, その後と称し, その後胴引などいう, その後脚気になった, その後脱獄に成効, その後脱走したそう, その後脳脊髄膜炎と変じ, その後腐食した砲弾, その後におちねえ, その後膨れ上つた, その後臨済禅にこっ, その後自らも害し, その後自ら欧洲の土, その後自作の物語, その後自前で食い, その後自動車でのぼり, その後自国の家, その後自然の力, その後自然主義文学以前には思っ, その後自由になり過ぎた, その後自由民権論が盛, その後自転車を買っ, その後が彼, その後與力笹野新三郎の調べ, その後興行町の話, その後に乗つ, その後が統制品, その後の或, その後花園院も崩御, その後芸術三昧のうち, その後樣の, その後若い王妃呉氏との, その後若殿様はほとんど, その後苦し紛れに発見, その後英ちゃんのお供, その後英国のマンチェスター・ガーデアン紙, その後英学を初めて, その後英語も大分, その後茂太郎去って, その後が高く, その後茶入が素人, その後茸狩らしい真似, その後ははたして, その後荊州も奪, その後荘王は秦, その後荷物が來, その後菊之助はその, その後著者は京都, その後葛岡の姿, その後葛飾でも初め, その後董太師のため, その後は召喚, その後葵原夫人はしばしば, その後葵橋では逢, その後蓬莱和子はますます, その後蕎麥が食べたくなる, その後薄らいだでしょうか, その後薙髪して, その後薬剤師と口, その後薬師錦織某と同棲, その後藤原氏が中央, その後藤村のもの, その後藩侯から寛大, その後藩邸にまで襲っ, その後蘇武が窖, その後蘭丸も父, その後は一匹, その後蛇体が欄間, その後の大軍, その後蜀帝の勅使, その後蝦夷の征討, その後蟻田博士と会った, その後が出ない, その後行きませんからよく, その後行きませんでしたよ, その後街道筋で見付けた, その後衣食の世話, その後ふるに, その後袁更生の魔術, その後袁紹の河北軍, その後袁術から来た, その後裁判所の警吏, その後裏面の事実, その後西流し再び, その後西国へ下った, その後西洋流の書, その後介方へ, その後見ちがえるように, その後見ないが戒壇院, その後見失いましたは縁, その後見舞にも来ね, その後の遺した, その後親しいになりまし, その後親切にたびたび, その後親戚の義兄, その後親族雇人同居等の関係, その後観世様へ一旦, その後観測所から山頂小屋, その後を左右, その後言葉の概念, その後言語学とは比較的, その後言道氏の旧宅, その後訂正は一通り, その後計画通り大井町の会社, その後訓戒したり, その後記憶に残っ, その後訪ねて行った, その後証拠不十分で放免, その後も小説, その後詰めの兵, その後詰め戦術に引っかかっ, その後誤りであること, その後読み直して見る, その後読書を為す, その後誰か一人が合図, その後誰一人その屋上, その後諸処ほうぼうへ足軽, その後諸君は毎朝五時, その後諸王馬を殖やす, その後諸郡ではこの, その後謙信は海津, その後講演をし, その後り得る事ども, その後警官や刑事諸君, その後警察の調べた, その後護謨の護, その後變つた樣子がなかつた, その後谷川徹三林達夫戸坂潤等々の諸君, その後谷村さんは店, その後豊かになつ, その後豊臣秀頼さまだの浅野幸長さま, その後豪華なる酒宴, その後負傷はすっかり, その後財産をすっかり, その後貴きベルリンチオーネの, その後貴女の閨, その後貴方と平岡, その後貴族一般に用, その後買うた書物は, その後貸本屋が来る, その後賊烏啼があべこべ, その後赤いろうそくが, その後赤坂のアパート, その後赤旗事件でまた, その後赤穂城中における評議, その後越智とのいきさつ, その後足尾銅山が開け, その後になった, その後を尋ね来, その後の始末, その後身禄山の碑, その後身辺に起りました, その後の嘱託, その後軍備の大, その後軍法会議の前, その後軍艦と称, その後軍需品の供給, その後転々奉公先をかえた, その後転任になった, その後転向して, その後軽い下痢くらいは, その後軽井沢に避暑, その後辞職して, その後辱めに逢う, その後農業に失敗, その後辻本満丸氏もこの, その後附く者, その後近々とこの麗人, その後返答にも及ばず, その後迷宮入りのよう, その後追いおいに, その後追出された男が, その後追試験に及第, その後退却したが, その後送って来る, その後に反発, その後逐うとう惰弱, その後逐次敗報を, その後造酒之助, その後ひません, その後逢ったことが, その後逢はんのですとも, その後逢わない女に対する, その後連歌集の編纂, その後連続して, その後進んで南米, その後遊びに来た, その後運動の時, その後運搬夫をやめ, その後ねく, その後過飽和の空気, その後道人は碑学, その後道悦は保, その後道路ができ, その後適當な研究者, その後の器, その後選挙がすん, その後遺言を守っ, その後遼東へ奔, その後邸内におけるかわった, その後の痩長, その後部屋の件, その後部落は一盛一衰, その後都会へ出, その後都新聞へ文章, その後に行き, その後酒井はいろいろ, その後酒量は減ずる, その後醍醐へそち, その後醍醐以下侍者の公卿, その後醍醐寺に入っ, その後里方は娘, その後兵衛さんの, その後重く用いられて, その後重なる災禍の, その後重ねて教, その後となれ, その後野沢富美子さんはさまざま生活, その後野良が何百遍, その後ば貸し, その後金吾さんが俺, その後金平のお金, その後釜山の小, その後鈴鹿山の鬼, その後銀行員となっ, その後鏑木さんがこの, その後元五年, その後長尾夫人は物理学者, その後長崎の浦上, その後長崎屋との争論, その後長州に引隠, その後長年箪笥の底, その後長沙の地, その後長男の袁譚, その後長知公が市内浜町別邸, その後長野県の方, その後開けたために, その後開業免許を得る, その後間もなく再び下宿を, その後関ヶ原の戦, その後関ヶ原合戦で輝元, その後関西の金持, その後関野君の反駁, その後阪鶴鉄道の開通, その後利, その後阿古耶はその, その後合って, その後限りなくある, その後陛下は残り, その後院長アンドレイエヒミチは自分, その後に済北, その後陣敵の襲撃, その後除き去つたものと, その後陳烱明の謀叛, その後陶庵侯が京都, その後遜は, その後陸地が隆起, その後隨時に世, その後は一, その後難波あたりで小さな, その後雨曇の日, その後零落して, その後電子顕微鏡を使っ, その後電気鳩はどこ, その後露子は以前, その後靈山子のこと, その後青々氏は他, その後青山の家, その後青年はこの, その後青眉の婦人, その後青邨は広瀬旭荘, その後青野季吉氏の批判, その後非人という方, その後革命まで横隊, その後音信がない, その後音楽の好く, その後を測っ, その後項羽の暴政, その後順三郎の妾, その後順助にあっ, その後須山が私, その後と音沙汰, その後頭山先生の切望, その後頭脳が呆け, その後頻々として起った, その後頻繁に手紙, その後顔馴染みになった, その後願行寺の住職, その後が癒, その後風呂へ行く, その後風雨がなお, その後ひ足らなかったこと, その後食事もしない, その後食物が細る, その後飯場の意味, その後飯田氏が發掘, その後飽きもしない, その後養父の筑阿弥, その後養蚕から全く, その後養親文角ぬしに委, その後ほど經つてのち, その後に, その後香港で起った, その後馬超は腹心, その後駅館の歓迎宴, その後黴療法を, その後高嶺は私, その後高橋は, その後高浜という漁村, その後高等法院で一被告, その後高野山の蓮花谷, その後髪の毛が脱, その後は始終, その後魚津で病死, その後魯迅はひじょうに, その後鮎川の親分, その後鮒釣りにも泥鰌釣り, その後鯨帯と申します, その後鰡八大尽の御殿, その後鰻上りに三役, その後鳥羽は事, その後鳩山君が半身不随, その後鴻の巣か何, その後の雌, その後鹿や兎, その後麟太郎はもう一度, その後麻布鳥居坂の井上邸, その後黄粉か胡麻, その後黒岩涙香はウェルズ, その後は獲れた, その後についてまた, その後龍太に出会, その後龍巻は堺町奉行, その後DDTに関して色々, その後ELと呼ばれ, その後NM君によって理化学研究所