青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そのうち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと そっと~ ~そつ そつ~ その~
そのうち~
~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば そば~ そもそも~

「そのうち~」 2019, 22ppm, 5278位

▼ そのうち~ (55, 2.7%)

2 はいつも, はやっと, は決して, は現在

1 [47件] からお, からもお話し, から中宮, があんまり, が本意, が東京, が自転車, に探し出させ, のほう, の代, の愛, の方, の旧, の止宿, の身心, の邸, は, はある, はうたた寝, はうんざり, はこの, はだんだん, はとうとう, はなにげなく, はぬ, はハッ, はフト足もと, はブレフスキュ皇帝, は中学, は二, は変, は少し, は崖, は廊下, は本郷一丁目, は段々, は洋服地, は甲, は肋膜炎, は自分, は青白き, もいくら, もす, もだんだん, もまた, も一つどこ, も慣れ

▼ そのうちだんだん~ (34, 1.7%)

2 そんな雪, 夜に, 川にも

1 [28件] くらやみに, けむりは, けもの, とその, とリーザ, と分っ, と書く, にそんな, に物, わたしに, 人物に, 僕らは, 千恵も, 夜が, 大人に, 好くよう, 寄って, 彼の, 悲しくなっ, 日が, 昵懇に, 眼が, 秋の, 自分の, 解るかも, 銀之丞に, 静かに, 高くな

▼ そのうち~ (27, 1.3%)

2 日さまは

1 [25件] ひまの, わかりに, 互に何, 仕事が, 会いして, 分りに, 勤めに, 后も, 君が, 孃さんは, 実家様の, 役人たちは, 沙汰が, 父う, 目に, 石塔を, 糸さんに, 聞かせください, 艶が, 見えには, 覚めに, 訪ねしましょうきっと, 赦しが, 辻が, 酒が

▼ そのうちまた~ (27, 1.3%)

1 [27件] いかがです, きっとわるく, こわい目, しみとおるよう, どこかで, ゆっくりお目にかかろう, ゆっくりと, わたくしは, ベルが, 一人の, 一局と, 中風が, 何か, 何処かへ, 僕も, 出なおして, 出掛けさ, 君の, 幾らか眠った, 放送される, 暴風雨が, 次ぎの, 此奴の, 眠って, 私の, 秋が, 藩地へ

▼ そのうち~ (21, 1.0%)

1 [21件] が出方出, には恋人, の乗った, の友人, の強烈, の持物, の目, の眼, の頭, はこり, はこりゃ, は姿, は嫁さん, は往来, は手, は病気, は眼, は肋膜, は遂に, は黙りこん, も夢中

▼ そのうちふと~ (20, 1.0%)

2 気が, 踊り子とは

1 [16件] ある考え, この院内, そこから, ひとりの, 一間の, 彼の, 思いついたこと, 思い出したこと, 横手廊下づき, 気がついて, 消えた, 目を, 眼に, 給仕人を, 見ると, 誰かの

▼ そのうち一人~ (16, 0.8%)

2 のアーティスト

1 [14件] が, があるいは, がすう, がアサオリコウ, が安い, が斃, が欠け, だけ繩, だけ身, として帰っ, の男, の運転手, は本, は門前

▼ そのうちとうとう~ (15, 0.7%)

2 がまんが

1 [13件] ねま, わたしのまん, ポケット小ぞうを, 二隻の, 五十たびぶっ, 信心の, 医者を, 大きな沼, 晩飯に, 秋に, 貞任が, 銀之丞は, 頭脳が

▼ そのうちどこ~ (15, 0.7%)

2 か一箇所

1 [13件] かから捜し出し, かで巡り合い, かで落ちつい, かの海, かへ押し出される, かへ捨て, かへ飛ん, からか出, からか汽船, か小僧, で仕入れる, へかいっ, へ消えた

▼ そのうち~ (15, 0.7%)

1 [15件] からもよく, がここ, が鍵, にも寄稿, にも来る, のため, の仕事, の手, の方, の橇, はうとうと, はこう, は考へ始めた, も御幣, も行っ

▼ そのうち~ (13, 0.6%)

1 [13件] デュヴェルノアの, 一つの, 一つを, 一人が, 一通を, 信ずべき数行, 千四百万ドルは, 半分ほどを, 四人の, 幾たりかは, 数字が, 數字が, 極小さい

▼ そのうち自分~ (12, 0.6%)

1 [12件] がその, が上州方面, が何, が暇, が球, の生死, の痩せ細った, は何, は町, もいつ, も二十五, も退院

▼ そのうちわたし~ (11, 0.5%)

1 [11件] からお話, きっと木村, の上, はかの, はまた, は全体, は旅, は気, は食いしんぼう, も兄さん, をしっかり

▼ そのうち~ (11, 0.5%)

1 [11件] かが, からかきまりもの, からか後, か申渡し, か適当, が一体三, が一番, が一體三, ともなく, やらがどこ, 云うと

▼ そのうちきっと~ (10, 0.5%)

1 いい縁先, なぞの, 便りが, 大汗, 店へ, 捉えて, 探しに, 気を, 眼が, 自分を

▼ そのうちその~ (10, 0.5%)

1 不為合せな, 人でない, 小説の, 方が, 標本が, 気に, 琴の, 目の, 論文なら, 鐘塔の

▼ そのうち二人~ (10, 0.5%)

1 すなわち三分の一, だけが新婚, とも眠った, とも馬車, の者, の青年, は不仁身, は幸, は既に, ばかり重太郎

▼ そのうち~ (10, 0.5%)

2 逢おうね 1 ひとりで, ゆつくり話さう, タイアップで, 上皇が, 変るに, 心については, 舞ひもど, 誰ぞに

▼ そのうちもう~ (9, 0.4%)

1 あっちでも, あつちで, いつか朝に, 一二度千葉へ, 二年経ちました, 五時すぎ, 会わなくなって, 生徒たちが, 除夜の鐘が

▼ そのうち不意~ (9, 0.4%)

1 と一体, にそいつら, にそういう, にそれら, にぱっと, にエレヴェタア, にエレヴエタア, に姑, に頭

▼ そのうち~ (9, 0.4%)

1 る学校, る日, る日上座, る日不思議, る日私, る日見舞, る晩, る都合, 夕方東京から

▼ そのうち~ (9, 0.4%)

2 が暮れる 1 がくれた, が暮れ, が立っ, が雲, に赫, は容赦, もくれる

▼ そのうち最も~ (9, 0.4%)

1 信の, 単純な, 古き大木, 多く用いられ, 大きい原因, 平凡な, 影響力を, 悪質な, 鮮明な

▼ そのうち~ (9, 0.4%)

4 はもうずんずん 1 がある, がこの, がだんだん, がとうとう, は例

▼ そのうちある~ (8, 0.4%)

3 日の 1 きびしい冬, ものは, 日上座の, 時いつも, 晩風雪に

▼ そのうち帰っ~ (8, 0.4%)

2 て来る 1 てくるだろう, てしまわれた, て参りましょう, て来, て来よう, て来るだろう

▼ そのうち次第に~ (8, 0.4%)

1 今井の, 体の, 印象も, 失はれた心, 意志が, 眠くなった, 返済しない, 顔色が

▼ そのうち突然~ (8, 0.4%)

1 ある日, そのなか, に彼女, ひとりごとの, インスピレエシヨンを, 何処かで, 何處かで, 自分が

▼ そのうち~ (8, 0.4%)

2 は益 1 がざあざあ, がふりだした, が歇ん, が降り出し, となる, も歇

▼ そのうちいつ~ (7, 0.3%)

2 となく 1 からともなく, しよに, とはなし, ともなく, どこから

▼ そのうち一つ~ (7, 0.3%)

1 だけ探偵小説, の事件, の殊, の考え, は傷つき, は琉球, 当れば

▼ そのうち子供~ (7, 0.3%)

1 がみんな学校, が学校, と思っ, の方, は炬燵, は珍, は餡パン

▼ そのうち~ (7, 0.3%)

1 にその, にひそ, に二人, に入口, に公衆, に座, に焼跡

▼ そのうちこちら~ (6, 0.3%)

1 からお雪ちゃん, から何とか, へお, へと云っ, へ黒い, もお客

▼ そのうちこの~ (6, 0.3%)

1 人に, 国の, 子供が, 年十二月十日頃に, 苦しみは, 関係に

▼ そのうち一番~ (6, 0.3%)

1 うけたの, ひどかった, 分りやすい, 古い形, 大きい一貫目, 大きな奴

▼ そのうち~ (6, 0.3%)

1 かいい, かうめ合せ, かの折, かもって, か面白い, をし

▼ そのうち~ (6, 0.3%)

1 がふけた, になっ, になった, になれ, の刻み, は明け

▼ そのうち~ (6, 0.3%)

1 が五人, だけにてかけ, のつぶやい, の居所, はもうどう, は地団駄

▼ そのうち少し~ (6, 0.3%)

1 ずつ買おう, の貯蓄, 大きくも, 気が, 気分が, 私を

▼ そのうちあの~ (5, 0.2%)

1 人に, 女の, 女も, 親父が, 野郎が

▼ そのうちいずれ~ (5, 0.2%)

1 かで逢いましょう, かの一つ, かの数, が主人, の一枚

▼ そのうちどれ~ (5, 0.2%)

1 かが未來, か一つ, が妖女, だけが獣, を採ったら

▼ そのうちゆっくり~ (5, 0.2%)

2 遊びに 1 お目にかかれませんでしょうか, 考えましょう, 聴くつもり

▼ そのうち先生~ (5, 0.2%)

1 の留守, はあらかじめ, はす, はふうふう, は教壇

▼ そのうち向う~ (5, 0.2%)

2 からちらほら, の村道 1 から泣寝入

▼ そのうち~ (5, 0.2%)

2 が病氣 1 が病気, はひとり, は兄

▼ そのうち彼女~ (5, 0.2%)

1 が急, と話, の二重瞼, の坐っ, はいつの間にか

▼ そのうち~ (5, 0.2%)

1 がむいた, が向いた, が向いたら描い, が向け, の弱い

▼ そのうち~ (5, 0.2%)

1 がこの, がなくなり, にねだ, の弟子, はうつぶせ

▼ そのうち~ (5, 0.2%)

1 がだんだん, が冬, が小春, が来, は高く

▼ そのうちここ~ (4, 0.2%)

1 から外, へも見えるでしょう, へ来, を通る

▼ そのうちどう~ (4, 0.2%)

1 したこと, したは, した機勢, した理由

▼ そのうちみんな~ (4, 0.2%)

1 が覚えるだろう, で一度, どっと帰っ, 寝しづまつて

▼ そのうちわし~ (4, 0.2%)

1 が何とか, が鳩小屋, の部下, は焼

▼ そのうちわたくし~ (4, 0.2%)

1 が大, は, は富士川游さん, は自分

▼ そのうち一度~ (4, 0.2%)

1 オペラへ, 京都へ, 行こうじゃ, 見せて

▼ そのうち三人~ (4, 0.2%)

1 では, の背, はドイツ, は亡くなりました

▼ そのうち~ (4, 0.2%)

1 助力た, 気色を, 縁が, 自身でも

▼ そのうち段々~ (4, 0.2%)

2 手紙の 1 くらくなつ, 夜が

▼ そのうち~ (4, 0.2%)

1 がキリスト教婦人同盟, が大病, の平常, も悟り

▼ そのうち特に~ (4, 0.2%)

1 俊夫君の, 著しいの, 記すべきもの, 面白いと

▼ そのうち~ (4, 0.2%)

1 がいつか肝心, はもう, もと絶え, も衰え

▼ そのうち~ (4, 0.2%)

1 が穏やか, はいくらか, は日, もやむ

▼ そのうち馬車~ (4, 0.2%)

1 が家, が電車, は喇叭, は無鉄砲

▼ そのうちいい~ (3, 0.1%)

1 ことも, ところが, のを

▼ そのうちこれ~ (3, 0.1%)

1 が偶然, ぞという, をお

▼ そのうちそれ~ (3, 0.1%)

1 がだんだん, ならば, に目

▼ そのうちどうか~ (3, 0.1%)

1 した拍子, なるだろう, なるだろうと

▼ そのうちどうにか~ (3, 0.1%)

3 なるよ

▼ そのうちなんと~ (3, 0.1%)

2 かして 1 いうこと

▼ そのうちひとり~ (3, 0.1%)

1 がいつ, がちがった, のとき

▼ そのうちもっとも~ (3, 0.1%)

1 はなはだしい者, 名高いの, 見事な

▼ そのうちよく~ (3, 0.1%)

1 なるでしょうから, なるでしようから, 饒舌る

▼ そのうちポツポツ~ (3, 0.1%)

1 お弟子, 見聞を, 逃げ出すでしょうが

▼ そのうち九月~ (3, 0.1%)

2 になりました 1 も末

▼ そのうち二月~ (3, 0.1%)

2 も過ぎ 1 が過ぎ

▼ そのうち何とか~ (3, 0.1%)

1 云って, 取計らいが, 工夫を

▼ そのうち何処~ (3, 0.1%)

1 からか去年, から渡っ, か高い

▼ そのうち~ (3, 0.1%)

1 が来, が来た, は完

▼ そのうち動物~ (3, 0.1%)

2 を食べない 1 を喰

▼ そのうち夕方~ (3, 0.1%)

1 になつ, になる, は次第に

▼ そのうち~ (3, 0.1%)

1 夕立あり, 教正と, 槍の

▼ そのうち大きな~ (3, 0.1%)

1 命令が, 門の, 鼾声を

▼ そのうち大阪~ (3, 0.1%)

1 にでも行, に咳逆, へ着いた

▼ そのうち~ (3, 0.1%)

1 の方, の澄江, は死ん

▼ そのうち~ (3, 0.1%)

1 がだんだん, が更つて一ヶ月, も暮れまし

▼ そのうち~ (3, 0.1%)

2 をみ 1 を見

▼ そのうち日本~ (3, 0.1%)

1 でも佛像, の本土, も亜米利加

▼ そのうち本当に~ (3, 0.1%)

1 なおそうとして, やらうでは, 偉かった

▼ そのうち機会~ (3, 0.1%)

2 があったら 1 を見

▼ そのうち~ (3, 0.1%)

1 が出る, のまにまに, はいよいよ

▼ そのうち江戸~ (3, 0.1%)

1 でおふくろ, へ出, へ来

▼ そのうち汽車~ (3, 0.1%)

1 が動き出した, が走る, は名古屋

▼ そのうち英国~ (3, 0.1%)

1 および英国所領地内, が過半, にある

▼ そのうち都合~ (3, 0.1%)

2 して 1 のよい

▼ そのうち電車~ (3, 0.1%)

1 が神田, が自分たち, はとうとう

▼ そのうち非常~ (3, 0.1%)

1 に多く, に美しい, に香ばしい

▼ そのうち食事~ (3, 0.1%)

1 に家族, の時刻, もようやく

▼ そのうちあなた~ (2, 0.1%)

1 にはそんな, は髯

▼ そのうちあれ~ (2, 0.1%)

1 は非常, を呼び寄せる

▼ そのうちいつしか~ (2, 0.1%)

1 二人別れ別れに, 消えて

▼ そのうちおいおい~ (2, 0.1%)

1 なりそう, 話すとして

▼ そのうちおのずから~ (2, 0.1%)

1 われに, 活溌の

▼ そのうちおばあさん~ (2, 0.1%)

1 はやっと, は眠ったらしい

▼ そのうちおれ~ (2, 0.1%)

1 も一晩泊り, も睡くなるだろう

▼ そのうちこしらえ~ (2, 0.1%)

2 ておか

▼ そのうちしだい~ (2, 0.1%)

1 に老人, に驚き

▼ そのうちすこし~ (2, 0.1%)

1 ずつお, 霧が

▼ そのうちそろそろ~ (2, 0.1%)

1 我慢が, 替の

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

2

▼ そのうちときどき~ (2, 0.1%)

2 晴れ間も

▼ そのうちとけた~ (2, 0.1%)

1 好意を, 親しみぶりは

▼ そのうちどうしても~ (2, 0.1%)

1 あるはず, およめえらび

▼ そのうちどんどん~ (2, 0.1%)

1 山姥は, 舟は

▼ そのうちなん~ (2, 0.1%)

1 の気, の用

▼ そのうちなんだか~ (2, 0.1%)

1 ぽた, みょうな

▼ そのうちなんとか~ (2, 0.1%)

1 なりましょうほんとう, なるよ

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 よさ, 失せしもの

▼ そのうちひょっくり~ (2, 0.1%)

1 と何, やって来るという

▼ そのうちふたり~ (2, 0.1%)

1 が少年, は市民兵

▼ そのうちほんとう~ (2, 0.1%)

1 にぐっすり, にしたかった

▼ そのうちやっと~ (2, 0.1%)

1 ドアが, 暗い通り

▼ そのうちやはり~ (2, 0.1%)

1 この閾, アメリカ宣教師の

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 つくり君, つくり批評

▼ そのうちセレナ夫人~ (2, 0.1%)

1 がチラ, の眼

▼ そのうちバス~ (2, 0.1%)

1 はすぐ, も行き渡っ

▼ そのうち一回~ (2, 0.1%)

1 でも取, でも取った

▼ そのうち一眼~ (2, 0.1%)

2 はつぶれ

▼ そのうち三沢~ (2, 0.1%)

1 が帰っ, はまた

▼ そのうち不思議~ (2, 0.1%)

1 な事, にも児太郎

▼ そのうち主人~ (2, 0.1%)

1 が目的地, の良一

▼ そのうち二つ~ (2, 0.1%)

1 のもの, の列

▼ そのうち二度~ (2, 0.1%)

1 は流産, までは他

▼ そのうち二度三度~ (2, 0.1%)

1 と來, と来る

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 の邸, へお供

▼ そのうち今度~ (2, 0.1%)

1 の事件, は山木

▼ そのうち仕事~ (2, 0.1%)

2 の関係

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 がくるくる, の中

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 で羽根, の椅子

▼ そのうち八九〇二方英里~ (2, 0.1%)

1 は諸, は露国

▼ そのうち再び~ (2, 0.1%)

1 落語家の, 驚かされたの

▼ そのうち出かけ~ (2, 0.1%)

1 て行つて, て運動

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 が出, が出来

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 に伺わせ, の声

▼ そのうち半数~ (2, 0.1%)

1 はもう, は旧

▼ そのうち半死半生~ (2, 0.1%)

1 の目, の眼

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 だってどうか, と僕

▼ そのうち嘸かし色々~ (2, 0.1%)

2 と怪しげ

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 は清武一郷, もうすらいだ

▼ そのうち坊主~ (2, 0.1%)

1 だけはただ, の資格

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 もしだいに, も過ぎ

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 で遊ん, の象ども

▼ そのうち大いなる~ (2, 0.1%)

2 空と

▼ そのうち大きい~ (2, 0.1%)

1 卵が, 蟻が

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 から暖かい, が八十パーセント

▼ そのうち天下公然~ (2, 0.1%)

1 としての交易, として営む

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ そのうち子爵~ (2, 0.1%)

1 と某, は相手

▼ そのうち安宅さん~ (2, 0.1%)

2 をお誘い

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 入った, 入って

▼ そのうち少年~ (2, 0.1%)

1 の眼, は小学

▼ そのうち常連~ (2, 0.1%)

1 の顔ぶれ, も出来

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 があい, になった

▼ そのうち平次~ (2, 0.1%)

2

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 に灯, の前

▼ そのうち強い~ (2, 0.1%)

2 日に

▼ そのうち彼ら~ (2, 0.1%)

1 があんまり, は動き出した

▼ そのうち復一~ (2, 0.1%)

1 の内部, は東京

▼ そのうち必ず~ (2, 0.1%)

1 わしは, 命を

▼ そのうち手紙~ (2, 0.1%)

1 から受けた, は頻繁

▼ そのうち是非~ (2, 0.1%)

1 行くと, 読んで

▼ そのうち暫く~ (2, 0.1%)

2 すると

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 が出ます, は益々

▼ そのうち朝日~ (2, 0.1%)

2 が出ました

▼ そのうち東京~ (2, 0.1%)

1 でお, の家

▼ そのうち松岡君~ (2, 0.1%)

1 は市政方面, は政友会

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 が咲き出します, の葩

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 と反, 枝は

▼ そのうち母親~ (2, 0.1%)

1 が死んだ, が蓋

▼ そのうち比較的~ (2, 0.1%)

1 に身分, 美なる

▼ そのうち毘沙門~ (2, 0.1%)

2 の谷

▼ そのうち火勢~ (2, 0.1%)

1 が段々, はずんずん

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 の綱, は近所

▼ そのうち王子~ (2, 0.1%)

1 はだんだん, は大きな

▼ そのうち男の子~ (2, 0.1%)

2 の一人

▼ そのうち病気~ (2, 0.1%)

1 はなおっ, は絶望的

▼ そのうち石川~ (2, 0.1%)

1 と一緒, は時

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 が眠, も山

▼ そのうち私共~ (2, 0.1%)

1 のうち, は寝

▼ そのうち私達~ (2, 0.1%)

2

▼ そのうち種々~ (2, 0.1%)

2 な脳

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 が一面, の汽車

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 三条をもって, 八章の

▼ そのうち細君~ (2, 0.1%)

1 の顏, も一

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 僧が, 猿の

▼ そのうち自然~ (2, 0.1%)

1 に放縦, に過ぎ去つ

▼ そのうち行く~ (2, 0.1%)

1 つもりだ, と云

▼ そのうち行方~ (2, 0.1%)

1 が知れなくなった, さえ晦まし

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 のなか, は細つて

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 ていただきます, て下さい

▼ そのうち見せ~ (2, 0.1%)

1 てあげる, てやろう

▼ そのうち観察~ (2, 0.1%)

2 の年時

▼ そのうち試し~ (2, 0.1%)

1 てみやれ, て見よう

▼ そのうち話題~ (2, 0.1%)

2 は金

▼ そのうち誰か~ (2, 0.1%)

2

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 がだんだん, を迷っ

▼ そのうち透明人間~ (2, 0.1%)

1 が着こんだらしく, はにわかに

▼ そのうち過去~ (2, 0.1%)

2 はともかく

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 がみつかる, に敷石

▼ そのうち郷里~ (2, 0.1%)

1 に, の財産

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 のある, はきれい

▼ そのうち銀座~ (2, 0.1%)

1 のどこ, はえらい

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 に餅, もまた

▼ そのうち隣家~ (2, 0.1%)

1 の人, の石垣

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 がそろそろ, が消え

▼ そのうち静か~ (2, 0.1%)

1 に参上, に書き直す

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 はもっとはっきり, をたてない

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

1 も醜く, を見覚え

▼ そのうち食べ~ (2, 0.1%)

2 てみよう

▼ そのうち食物~ (2, 0.1%)

1 がなくなっ, ほどまちまち

▼ そのうち馴れ~ (2, 0.1%)

1 ておしまい, てくるであろう

▼ そのうち騎馬~ (2, 0.1%)

1 で乗出した, の者

▼ そのうち~ (2, 0.1%)

2 の外

▼1* [1060件]

そのうちあいますから, そのうちあたい一生懸命おじさまの子, そのうちあたりを見まわし, そのうちあたり一帯背丈を没する, そのうちあちこちからまた, そのうちあつしも酒, そのうちあまり広くも, そのうちあらためて書くつもり, そのうちあるいは死よりも, そのうちよいよ, そのうちいきなり彼の, そのうちいくつかを申, そのうちいくまいか大き, そのうちいくらか落付い, そのうちいったん静まりかけた愚弄, そのうちいつか忘れて, そのうちいつか人家の立ち並んだ, そのうちいつか午過ぎになっ, そのうちいつか将軍はどこ, そのうちいつか歇んでしまった, そのうちいつか殆ど知らぬま, そのうちいつか目がくっつい, そのうちいつのまにか僕の, そのうちいつの間にか石手洗ひ, そのうちいやにぬくもり, そのうちいよいよ二十五日が, そのうちうちのマーネチカ, そのうちうなぎどんぶりが三人, そのうちうまいものを, そのうちええことも, そのうちえきすともえっ, そのうちおいおいよくなるだろう, そのうちおいしいマーマレードを, そのうちおじさんがピイ, そのうちおっ母さんが, そのうちおとしの中, そのうちおどろきのこえ, そのうちおまえも大きく, そのうちおもしろそうな, そのうちおもしろいことが, そのうちおよそ五十里も, そのうちお前を真打, そのうちお前さんのおかみさん, そのうちお嬢さんの態度, そのうちお客はほぼ, そのうちお家へ入っ, そのうちお年よりの奥さま, そのうちお母さんもまた, そのうちお祖父さんも安心, そのうちお腹はへっ, そのうちお許しすると, そのうちお迎えにきます, そのうちお釈迦様と同じ, そのうちかかりの検事, そのうちかたぎな仕事, そのうちかれらの, そのうちがっかりして, そのうちきこりはふい, そのうちきつといい, そのうちきまって急に, そのうちきみにもわかっ, そのうちきみたちを招待, そのうちきわめてわずかな者, そのうちくるだらうさ, そのうちくわしく知らせるからと, そのうちこういうことに, そのうちこっそりと外, そのうちこっちから挨拶, そのうちこまかいのも, そのうちこみをもたせる, そのうちこんどは急, そのうちこんなことを, そのうち挨拶だ, そのうちさっきの村会議員, そのうちさようならを言う, そのうちさらに考えて, そのうちやがれ, そのうちしかしもう全く疲れきっ, そのうちしだいに漠然たる輪郭, そのうちしづは, そのうちぶんが, そのうちじっとして, そのうちじりじり焦げて, そのうちすっかり陽が, そのうちすつと電気, そのうちずんずん空は, そのうちぜひいらっしゃいましな, そのうちそこの扉, そのうちそばに置い, そのうちそれらの雲, そのうちそれ等の一軒, そのうちただちに弥生に, そのうちたつたひとつが, そのうちたびたび皆さんが, そのうちだんだんどうやらこの現象, そのうちだんだんぼうっとして, そのうちちよつと風変り, そのうちちよいと又, そのうちの笛, そのうちまはっきり, そのうち云った地蔵様, そのうちとうとうはっきり自分が, そのうちとうとうもう騰れない処, そのうちとうとう又帰るよう, そのうちとくにオスカー, そのうちところどころ新しい家, そのうちとっくりわたしの, そのうちとったら進呈する, そのうちとり出してお送り, そのうちどうして金を, そのうちどうやら泳げるやう, そのうちどっかで撮りまし, そのうちどっちが柿, そのうちどの分が, そのうちどんなお礼を, そのうちなついてしまった, そのうちなにを考へだす, そのうちなにか異様な, そのうちなんとも云はれない, そのうちにこめられる心持は, そのうちにわかぎみ御誕生, そのうちまきの, そのうちはうように, そのうちょッと, そのうちひさ戸塚へゆく, そのうちひときわ大きな白鶴, そのうちひとりでに消えて, そのうちひとり心理的妖怪を説明, そのうちひとり易学においてはシナ哲学中, そのうちひどい目に, そのうちひどいあつさを, そのうちひょろひょろもついに, そのうちひろ子も此, そのうちふいと御誌, そのうちべったりと濡れ, そのうちほろ酔い機嫌の男たち, そのうちぼくの体, そのうちまず第一, そのうちまったく谷に, そのうちまもなく息を, そのうちまるで口喧嘩みたいに, そのうちみんな歌をうたいだしました, そのうちむにゃむにゃ何か, そのうちもう一度勉強し直し, そのうちもう少し進んだの, そのうちもぐらのどれ, そのうちもし新田の, そのうちもっと昔の, そのうちもつぱらキリの, そのうちやっとぐっすりねこんだ, そのうちやつとこ, そのうちゆき子の家, そのうちよい時期が, そのうちようやく灯の, そのうちよきに取り, そのうちろくなものを, そのうちわかることであろう, そのうちわずか百人分ばかりが, そのうちわたくし皆と賭, そのうち及びウ, そのうちイエメンの人, そのうちイクメイリ彦イサチの命, そのうちイタリア旅行の, そのうちインテリ青年と言います, そのうちインディアンが彼女, そのうちエリザベートはウィリアム, そのうちカチャカチャくるりと, そのうちカピがくんくん, そのうちキッコは算術, そのうちギリシア人についていえ, そのうちグッスリ眠, そのうちケルミッシュがアッ, そのうちゴルドマンの, そのうちサダもかえり, そのうちスタニスラウスをぢさん, そのうちスーと停っ, そのうちセキセイのぺちゃくちゃ, そのうちローンド, そのうちドラム缶をもらひ, そのうちノラのくす, そのうちノートル・ダムばかり撮った, そのうちハンスにもやっぱり, そのうちバタバタとつい, そのうちパーテーやるそう, そのうちヒョイと気, そのうちフォウト・ライリィから手紙, そのうちフト天井裏傳ひに, そのうちヘルデルリンノヴァリス等も讀まう, そのうちボローニアのカタラーノ, そのうちマッチは消え, そのうちムクが帰ったら, そのうちヤミ屋を開業, そのうちヨリタカがふと, そのうちラジオのハーモニカ, そのうちリイケが両手, そのうちリバプールはロンドン, そのうちロオシャーティヨンオーダンクールブールの四カ所, そのうちど, そのうち一〇五八六は鰥夫寡婦, そのうち一つ二つを抽, そのうち一つ俺はあの, そのうち一つ在の方, そのうち一つ寝言と云, そのうち一ばん背の高い, そのうち一万人は外国人, そのうち一人二人楽譜をかかえた, そのうち一人曰くあそこはとても, そのうち一個だけが赤みがかった, そのうち一册の書物位, そのうち一匹の仔犬, そのうち一千兩は去年, そのうち一同の中, そのうち一国一城の主君, そのうち一字どうしても読めぬ, そのうち一小隊は早く, そのうち一服を砒石, そのうち一枚画いて, そのうち一株ありつく算段, そのうち一流の河豚料理屋, そのうち一番先に戌刻半, そのうち一番後に出, そのうち一番眼についた, そのうち一番肝腎な財産, そのうち一発はわざと, そのうち一箇の屍体, そのうち一箇所にしか, そのうち一羽だけしなった, そのうち一論を出し吹き飛ばし, そのうち丁坊はなんだか, そのうち丁度わたくしが, そのうち七人を斬っ, そのうち七代有章院の別当瑞蓮寺, そのうち七八人は学童, そのうち丈夫に育つだろう, そのうち三・一五事件として有名, そのうち三分の二は女子, そのうち三十人までは辞世, そのうち三十分間は説教, そのうち三千兩を早速, そのうち三名は驢, そのうち三四人は間もなく, そのうち三四郎も拭き終った, そのうち三圓五圓とお, そのうち三度まで小林, そのうち三時間は工場学校, そのうち三機はユダヤ秘密帝国, そのうち三浦はビタミン, そのうち三百万弗だけは婦人, そのうち三百人をわし, そのうち三箇年は死亡, そのうち三足には明, そのうち三郎は向こう, そのうち三隻が大坂, そのうち上役の者, そのうち上杉一族中の名家, そのうち算にも, そのうち下寺町で火事, そのうち許が, そのうち与次郎の尻, そのうち丑松はまた, そのうち世界一のオペラハウス, そのうち世話役らしい人, そのうち世間には種々, そのうち社共に, そのうち両君に質し, そのうち中でも日とともに, そのうち中津からとびださなけれ, そのうち丹下左膳てえ者, そのうちな欠点, そのうち主人側では奥, そのうち主人公も起き, そのうち主人小豆蒔くとて, そのうち主家を訪ね, そのうち主義の全く, そのうち久慈は, そのうち久留米藩の松浦波四郎, そのうち乗合いの雑人輩, そのうち九十八人は婦人, そのうち九州から竹中采女正, そのうちた言三言, そのうち二三は紀元前, そのうち二三両ずつ誰, そのうち二三人寄った, そのうち二億ドル以上のもの, そのうち二割の二十両, そのうち二十は晩年, そのうち二十あまりの息子, そのうち二十円は雪江, そのうち二十名がイヤ, そのうち二回は, そのうち二尺五寸は根, そのうち二年の二重鉄鎖, そのうち二晩は絵, そのうち二本の端, そのうち二百万弗くらいを家族, そのうち二百円ほどをふところ, そのうち二百頭以上の逸物, そのうち二通は自筆, そのうち二隻は小さい, そのうち云うつもりです, そのうち五つ頃になる, そのうち五分は親方, そのうち五十人ぐらいがこの, そのうち五十円の金, そのうち五十銭だけ君, そのうち五月になった, そのうち五百石余という大, そのうち五百騎を後陣, そのうち京都の万里小路, そのうち亭主持ちが二人, そのうちの住ん, そのうち人々は次第に, そのうち人さらひが, そのうち人品のいい, そのうち人形の女王さま, そのうち人里に出, そのうち太郎君は, そのうち今ここですぐ, そのうち今日問題にしたい, そのうちの二句, そのうち代議士ぐらいになる, そのうち仲間だけで食べる, そのうち伊吹の佐々木道誉, そのうち伊太郎と照吉, そのうち伊藤も試験, そのうち休みの時間, そのうち会ったときいろいろ, そのうち会員がだんだん, そのうち会社を罷める, そのうち伝吉だけは姿, そのうち伝家一刀の錆, そのうち伺はうと思つて, そのうち伺はせてもいい, そのうち何だかわたくしどもの, そのうち何もかもよくなるよ, そのうち何んとかもの, そのうち何人がそういう, そのうち何日間かはぜひ, そのうち何時か管理人, そのうち何時の間にかこの囲み線, そのうち何気なく立原の, そのうち何者かに突き当たらず, そのうちの心, そのうち余り手間取るので, そのうち使ひの, そのうちの瓦解, そのうち侯爵を御, そのうちに防空服装, そのうち信ぜざるものの, そのうち信一君が出, そのうちの梶棒, そのうち修道院にいた, そのうち俸給袋を見れ, そのうち停留場に来た, そのうち健康にさせ, そのうち健康体になるであろう, そのうち働く女性達には, そのうちは次第にはっきり, そのうち僧侶だけは仏教, そのうち元気もなくなり, そのうち兄さんと相談, そのうち充血した眼, そのうち先方の都合, そのうちが自分, そのうち全く出しぬけに, そのうち八〇パーセントが殺されました, そのうち八名を除い, そのうち八時三十分を少し, そのうち八百三十万トンすなわち九一・九%, そのうち公儀御用というの, そのうち六七首竝べておきませう, そのうち六割は自分, そのうちへ入っ, そのうち内蔵にあった, そのうち冷たい濁つた, そのうちの好い, そのうちて来, そのうち出し抜けに荒々しい, そのうち出すような, そのうち出世もできるだろう, そのうち出征して, そのうち出撃もめつたに, そのうち出来ると思, そのうち出版不況の時世, そのうち出直して一緒, そのうち切支丹が法度, そのうち初心の人, そのうち利子をつけ, そのうち利根の二川, そのうち前三日はトオサン, そのうち前後左右には破牢, そのうち加賀の国, そのうち加賀屋の若い衆, そのうちれが, そのうち勇戦隊はもう, そのうち勇敢なひとり, そのうち動く空の, そのうち勝負をつけましょう, そのうち勿論芸術的価値の, そのうちはふつつり姿, そのうち北の方で大, そのうち北京には独身者, そのうち北側の一部分, そのうち北方の公孫, そのうち北海道の風土, そのうち十七円にさげられた, そのうち十三人は彼, そのうち十九頭には種々, そのうち十五万以上のモルモン信徒, そのうち十体ほどは運び込む, そのうち十名も斬れ, そのうち十月が来ました, そのうち千両だけできた, そのうち千人はリマ市, そのうち半ばこわれかかった一つ, そのうち半分はすぐ, そのうち半年もたつ, そのうち卓子の上, そのうち卓效を奏する, そのうち協奏曲だけでも六つ, そのうち印刷物もできる, そのうち参上して, そのうち又もや男は, そのうち友だちを驚かし, そのうち友達が泳ぎ出した, そのうち叔母は立ち上っ, そのうち叔父が帰国, そのうち叔父さんが高い, そのうち召使いの老人, そのうち可愛ゆくなるさ, そのうち右辺からかけ, そのうち合戦も止め, そのうち吉原の娼妓, そのうち吉田茂氏が内閣, そのうち同村大森山の観音, そのうち同胞が自殺, そのうち君江のところ, そのうち吩咐けます, そのうち命取りの禁斷, そのうちに痰, そのうち二つの, そのうち善通寺にも詣でた, そのうち喇叭が鳴る, そのうち喘ぎも平静, そのうち嗅ぎつけたらやって来るだろう, そのうちが結婚, そのうち四万ポンドは某, そのうち四五人は早く, そのうち四分の一は朝飯, そのうち四名の運転手, そのうち四國でも土佐, そのうち四属は日本, そのうち四度は拙者, そのうち四方から宗介様, そのうち四時間は学校, そのうち四隣の国境, そのうち因果の規則, そのうち固い甲羅の, そのうち国民から忘, そのうち国立劇場四つと前衛, そのうちがお化け, そのうち土曜日の午後, そのうち地蔵さまはむっくり, そのうち合せを, そのうち城内の混雑, そのうち城外五里の地, そのうち場内のもの, そのうち場所の事, そのうちの頂, そのうち塗骨の小, そのうち塩辛さが, そのうちにも出し, そのうち変てこな場所, そのうち夕食の時間, そのうち夜半を過ぎた, そのうち夜食だ, そのうち大勢の見知ぬ, そのうち大化の改新, そのうち大奥より陸行, そのうち大将の後, そのうち大屋五郎が玲ちゃん, そのうち大手町の印刷局, そのうち大月の手前, そのうち大正十四年普選が成立, そのうち大熊がウオッ, そのうち大筒方が少し, そのうち大谷先生に見, そのうち天啓教とはわが, そのうち天狗について一奇談, そのうち太郎が母さん, そのうち太陽は紅く大きく, そのうち失礼と仰有っ, そのうち奥さまが帰り, そのうち奥さんによろしく, そのうち奥山大学がもっとも, そのうち奥羽地方の民間, そのうち奪い合いからけんか, そのうち女学生の方, そのうち女性は何割, そのうち女雛の方, そのうち好いのが, そのうち好むものを, そのうちに意地悪げ, そのうちはだんだん, そのうち妾達の曲芸団, そのうち姉さんが行く, そのうち始めの御, そのうちとジーグフリード, そのうちやも暇, そのうち婦人の通信員, そのうち婦人有権者は二千九十一万七千五百九十三人, そのうち学校もいや, そのうち学生たちがまだ, そのうち学齢が来, そのうち孫生は玄関, そのうち孫策はよろめき, そのうちからす, そのうち定期の三週間, そのうち定着したの, そのうち実力をもっ, そのうち実際には八百億円, そのうち宮島さんという人, そのうち宮方との合戦, そのうち宮様御自身, そのうちの中, そのうち家茂将軍は薨去, そのうち宿役たちも寄っ, そのうち寂滅と御, そのうち寄るやろ思うてるねん, そのうち富子が便所ぐらゐは, そのうちけを感じ, そのうち寒い冬も, そのうち寛永四年に亡くなつた, そのうち将来に実行, そのうち将軍はだんだん, そのうち六の, そのうち小さいくせに, そのうち小さな手を, そのうち小使部屋から火, そのうち小屋のかげ, そのうち小川に沿つてアカシア, そのうち小舟にのっ, そのうち小野がだしぬけ, そのうち小雨が降, そのうち少々抜き書きし, そのうち少くも三十一年間, そのうち尾根よりも夏道, そのうち尾瀬敬止の始めた, そのうち尾田の注意, そのうち屋敷を全部, そのうち山村儀右衛門が例, そのうち山村座は奥女中江島, そのうち山田はみつ子, そのうち山陰地方の, そのうち崩れるやうに, そのうち川上は帰っ, そのうち川原も川向う, そのうち川辺の風景, そのうち巡査のこと, そのうちにとまっ, そのうちへ折れ, そのうち左楽老人にでもとっくり, そのうちく首尾, そのうち巳之吉は寒い, そのうちの御坊, そのうち帰りましょうから, そのうち帳場の時計, そのうち常陸介は老齢, そのうち平家方の一女性, そのうちひトイレツト, そのうち幸ちゃんは学校, そのうち幼児と老人, そのうち幾人かは月給支払要求大会, そのうち幾許はねたかといふ, そのうち幾軒は偶然, そのうち広い部屋が, そのうち広い広い沢地の, そのうち広く世間に, そのうち府下の牛乳搾取業者, そのうち庸三の長女, そのうち廃疾不具の者, そのうち弁士も気, そのうち弁護士さんの言う, そのうちが始まった, そのうち引き合わせるから見, そのうち引き摺り込むパリの, そのうち引越さなきゃならないなあ, そのうち弘前に勤め, そのうち弱いものが, そのうち彼奴は戻, そのうち彼等もぶらぶら, そのうち往々後日の, そのうち往来の人たち, そのうち待ち設けた御客, そのうちから異様, そのうち御見舞に上ります, そのうちの衝激, そのうち必然に北条幕府, そのうち志野を焼い, そのうち忘れられぬ一つの, そのうち快くなったら二人, そのうち快楽甘果恣, そのうち忽ち草庵の, そのうち忽然と去ってから, そのうちは怖, そのうち思いもかけない, そのうち思いがけない喜びが, そのうち思いきった戯作を, そのうち思い出はだんだん, そのうち思ひきつた, そのうち怪我人が一人, そのうち怪艦はまた, そのうちをつく, そのうちしく御返事, そのうち惡魔の幻, そのうち意識が消え, そのうち愛子だけは他, そのうち慣れた女中に, そのうち憲兵なん, そのうち成功したものの, そのうち我々の求むる, そのうち我々一同の中, そのうち我らにおいて貴殿, そのうち我慢し切れなくなって, そのうち戦争が始, そのうち戦時における心得, そのうち戯曲も書こう, そのうち戻るだろうとこうして, そのうち所司代からの内達, そのうち所望しよう, そのうち所領の丹波篠村, そのうちのした, そのうちが慣れ, そのうち手入れの出来る, そのうち手足の寒い, そのうち抑えつけられた男は, そのうち拝見ができます, そのうち拝観に出ましょう, そのうち持ち金が, そのうち按吉はチベット語, そのうち振る槌の, そのうち捨て科白を, そのうち授業のかね, そのうちだけは煙, そのうち探しますから, そのうち掲載される, そのうち揉まれてる鼻先へ, そのうち描けますよ, そのうち携えて上京, そのうち支那公使館にいた, そのうち支那服を着, そのうち改めて来るから, そのうち放浪時代から付き絡, そのうち政治上の統一, そのうち故郷が懐しく, そのうち敦盛は馬, そのうちへること, そのうちの艦隊, そのうち文化上の戦争責任追及, そのうち文科の奴, そのうち斬髪業をなす, そのうち新年になった, そのうち新教宗に費やせる, そのうち新栄座というの, そのうち方々にかくれ, そのうち旅行に行こう, そのうち日三円は修繕費, そのうち日中でも秋, そのうち日向大隅の地震, そのうち日本アルプスのもの, そのうち日本人は数, そのうち日本語も困らぬ, そのうち早くもバタチカン, そのうち明るくなりましょう, そのうち明山のみは自由林, そのうち明智探偵の世話, そのうち明治何年であったか, そのうち明白に花袋, そのうち昨今都鄙の別, そのうち昭和二十年八月十五日に終戦, そのうち昭青年の心理, そのうち時刻は正午, そのうち時日も経った, そのうち時期を見まし, そのうち時江はいきなり, そのうち時計をつくろう, そのうち時雨に降り込められ, そのうち晝飯になつ, そのうち普仏戦争そしてパリ, そのうち普通の川, そのうち景気が直ったら, そのうち暁台は蕪村, そのうちが出, そのうちさに, そのうち暑い日が, そのうち暗い所が, そのうち暗くなって, そのうち書こうと云っ, そのうち書物の発行書店, そのうち最もよく使われるもの, そのうち最初の短文, そのうち最前からの疲れ, そのうち最大のボウト, そのうち最後の時, そのうち最高位の五万ミル, そのうち朝五つ近くなる, そのうち朝霧のはれた, そのうち朝餉も済ん, そのうち朝鮮国は前記二事件, そのうち木村から送金, そのうち木村重吉が卓一, そのうち末造が来た, そのうちでも出した, そのうち本年一杯でおそらく, そのうち本当の肺病, そのうち本気に腹, そのうち本箱もこの, そのうち本郷の通り, そのうちから三十里, そのうち来るだろうから心配, そのうち東六も恐ろしく, そのうち東穴は高く, そのうち東静内にある, そのうち東風までも吹き加わっ, そのうち松村先生は, そのうち果してまた, そのうち果たして幾人が, そのうち某君は切り, そのうち柳吉が芸者遊び, そのうち柳田は死に, そのうち栗毛の馬, そのうち校長はお茶, そのうち桂子はだ, そのうち梅子が病気, そのうち検事が嘆息, そのうち検閲関係の清水, そのうち楡橋門へかかった, そのうち模様のいい, そのうち横井氏を訪ねよう, そのうち機會を得, そのうち機関長のシリン, そのうち次郎は俊三, そのうち欧人一万九千人土人一万八千人インド人および他, そのうち欧洲戦線のどこ, そのうちをやめ, そのうち歌劇やレヴュウ, そのうち正しい言い方は, そのうち正ちゃんはにこにこ, そのうち正午前三十秒程になつ, そのうち正味の純金, そのうち正気に帰る, そのうち此処からは出る, そのうち歩き廻っていた, そのうちが痛く, そのうち死病にとっつかれ, そのうち殊に深く心, そのうち段梯子を下りる, そのうち毎日八百円貯金して, そのうちが病気, そのうち気胸もし, そのうちが附く, そのうち水門が開かれ, そのうち氷使用のトリック, そのうち永牢を申し渡された, そのうちの上, そのうち沖縄の女の子, そのうち法水の脳裡, そのうちがしずか, そのうち浴衣の一反, そのうち海路の日和, そのうち淋しくもあろう, そのうちが下女部屋, そのうち渡して下さい, そのうち温い日の, そのうち洲帝国が, そのうち満蒙の長い, そのうち滋賀や千家, そのうち滑稽な出来事, そのうちっと目, そのうち漸く一人一人起き, そのうち漸つと乘合が, そのうち潮田又之丞の番, そのうちがまわっ, そのうち炭山方面はもっとも, そのうち烈しい意志の, そのうち焼けてしまった, そのうち焼酎一升飲んでも, そのうちの粉, そのうち熊本城で賊, そのうち熊沢蕃山の書いた, そのうち燗徳利が頻繁, そのうち父君は帰る, そのうちやが二三人, そのうち袖で, そのうち片岡秋元庄司酒井四氏は巨勢博士, そのうち牛若はだんだん, そのうち物見の情報, そのうち特高室で待っ, そのうち独力で或, そのうち独美は人, そのうち玄関を激しく, そのうちにも御, そのうち王様はまもなく, そのうち玻璃器金属器自ら鳴りて, そのうち珍しいものには, そのうち珍酒を振舞候はん, そのうち現われるでしょうけれど, そのうち現在計画されて, そのうち現地に於, そのうち現実の商品, そのうち瓦斯の減量, そのうち瓦町と淡路町, そのうち生き残ったのは, そのうち生じてくる, そのうちの兼吉, そのうち由吉が巨, そのうち甲想起これば, そのうち男子わずかに, そのうち町会議員くらいには出られる, そのうち番附が出た, そのうち病勢が進ん, そのうち病院横町の裏, そのうちるつもり, そのうち百分の五ミリ程度のもの, そのうち皮癬が一家, そのうち目付かるだろう, そのうち相当の改良, そのうち相談相手になる, そのうち真相がわかるだろう, そのうち真紀子が昨夜, そのうち眠くなつて, そのうち眠ったが目, そのうちを開けた, そのうち着手せるもの, そのうち知らず識らず, そのうち知らせる必要が, そのうち知らない間に, そのうち石像の台下, そのうち碧梧桐君は居士, そのうち磨滅した部分, そのうち預かり第, そのうち祖母さんの家, そのうち神楽坂裏へその, そのうち神田に会う, そのうち私一家は一時田舎, そのうち私的の方面, そのうち秋日和に窓, そのうち科学者は約, そのうち稀代の智謀, そのうち程なく鐘が, そのうちの方, そのうち稽古にき, そのうちかな心, そのうち空襲が激しく, そのうち空襲警報が警戒警報, そのうち空魔艦二機だけはそのまま, そのうち突如十二時頃, そのうち窩人と逢う, そのうち立たねばなりませぬ, そのうち立派な作物, そのうち童子は山住い, そのうち竪琴のグリッサンド, そのうちを負う, そのうちの音, そのうちが大きな, そのうち精神が統一, そのうち精算して, そのうち半数は, そのうち納得させて, そのうち純粋に, そのうち素晴らしい仕事を, そのうち細川家へ落着, そのうち結城紬の単物, そのうちはほぼ, そのうち綿糸堀へ来た, そのうちろいと, そのうち練吉は自分, そのうち縫つていただけないで, そのうち繃帯がとれ, そのうちなくし, そのうち美禰子も上がっ, そのうち群集が危険, そのうちは眼, そのうち老人もやっと, そのうち考えて置こう, そのうち耕助がも一つ, そのうち聞いて見る, そのうちのところ, そのうち胴ふぐりを引き, そのうちを取られた, そのうちの痛み, そのうちが減っ, そのうち膳部が出た, そのうち臓腑が煮え返る, そのうち自然主義ということ, そのうち自然自然明瞭になる, そのうち自身でこの, そのうち自身番から番太郎, そのうち興行をかこつけ, そのうちが段々, そのうち舞踊劇の試演, そのうちの影, そのうち船中の人, そのうち良雄さんにでも頼みます, そのうち色々の風景画, そのうち芥川よりももっと, そのうち芥川さんは一枚, そのうち芸者に, そのうちの出る, そのうち若い劇作家との, そのうち若ものは出征, そのうち若宮ももう, そのうち若紫を二条, そのうち若者はこんな, そのうち茅町と七軒町, そのうちが来た, そのうち草原灌木帯が過, そのうち菌学専門家に聴い, そのうち菜摘邨来由の巻物, そのうち落伍者が続出, そのうち蓉子も黙っ, そのうち薄い霜が, そのうちの下半身, そのうちが顏, そのうち血気に逸る, そのうちは彼等, そのうち行きたいのだ, そのうち行く手が石, そのうち行つて百穗君から訊い, そのうち行列の前駆, そのうちから誰, そのうち表面の五欄, そのうちから表通り, そのうち西洋人たちはあきらめ, そのうち見えますでございましょうよ, そのうち見つかつたのは, そのうち見物して, そのうちの命令, そのうち親密になつ, そのうち親方さんのお伴, そのうち親爺も, そのうち解けたような, そのうち計算にのらぬ, そのうち訪ねて行つた時, そのうち訪ねるからね, そのうち評判の高知, そのうち語頭以外のもの, そのうち説教の時間, そのうち説教時間はやはり, そのうち読ませていただく, そのうち読んでみ, そのうち誰方か見えましょう, そのうち調子の良い, そのうち談話がだんだん, そのうち諦めたのか, そのうち警察官の人権蹂躙事件五〇%, そのうちの片, そのうち貧乏の売り上げ金, そのうち貴島自身がでなけれ, そのうち貴金属商にそっと, そのうち赤旗を奪おう, そのうち起き上って土間, そのうち趙雲自身深く敵中, そのうち跡部の手, そのうち路金が尽きた, そのうち身辺に危険, そのうちがきました, そのうち軍事費は一八パーセント, そのうち辻川博士と喜太郎, そのうち迎えに出た, そのうち近くへ呼び寄せ, そのうち近所の碁打ち同志, そのうち返事をだそう, そのうち退屈して, そのうち送られた分は, そのうち逃げてくる, そのうち逃げ出そうと思ってるだ, そのうち逃げ遅れた者を, そのうち連れて来ましょう, そのうち遂に誰か, そのうち遊びに寄る, そのうち過半は欧州人, そのうち道理が非理, そのうち適性のもの, そのうち適齢になった, そのうち邪魔がはいりましょう, そのうちがまわり, そのうち酔いがさめる, そのうち酔っ払ってしまっ, そのうちなる劇作家五百人, そのうち重点を拾っ, そのうちだが, そのうち野末から動き出した, そのうち金助は風呂, そのうちが鳴, そのうち鉱物では水, そのうち銭形平次と池田大助, そのうち鋳つぶしてしまう, そのうち鍵屋の手代, そのうち長く私の, そのうち長兄のみが結婚, そのうち長官の考, そのうち長州の壮士, そのうち長老からこんな, そのうち開くかも知れない, そのうち開けた街路の, そのうちを得, そのうち間人とハチヤ, そのうち関東の方, そのうち防空演習がはじまった, そのうち父さんは, そのうちを魂, そのうちを見, そのうち障子だけがただ, そのうち隣家醫師宅の石塀, そのうちのなか, そのうち雲竜相応じ刀, そのうち電気にする, そのうち電気工事人の試験, そのうち電話をかけましたら, そのうちが降り出した, そのうちが晴れ, そのうちを見, そのうちがかゆく, そのうち頼まうよ, そのうち頼光に二三度, そのうち顔淵篇におけるもの, そのうち願成就日不成就日等, そのうち風向きが段々, そのうち食費の全額, そのうち食費六円を差引かれる, そのうち飲みに誘い, そのうち飲みますよ, そのうち飴屋を業, そのうち餡ころもちを売る, そのうち香しいやうな, そのうち馬屋から引き出し, そのうち馬春堂と伊兵衛, そのうち馬首をめぐらし, そのうち骨牌を取ります, そのうち鞍, そのうち高い建物の, そのうち高丸も田村麻呂, そのうち高山から着替, そのうち高等学校で天長節, そのうち高順が逃げだした, そのうち鬼どもがおもしろ, そのうちの粕漬, そのうち鮎ちゃんは自分, そのうちはなだれ, そのうち鰻屋をよし, そのうちは仲間, そのうちでもつぶしたら, そのうち鹿田が口, そのうちのほう, そのうち麻薬がきれかけ, そのうち黒い男は, そのうち黒ん坊の召仕, そのうちの穴, そのうちPCLへでも入れ