青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せられた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~せね せね~ せまい~ せめて~ ~せよ せよ~ せよう~ ~せられ せられ~ ~せられた
せられた~
~せられる せられる~ ~せる せる~ ~せん せん~ ぜひ~ ~そ そ~ そい~

「せられた~」 3823, 40ppm, 2936位

▼ せられた~ (603, 15.8%)

139 である 42 であった 23 では 2019 です 15 であるが 14 であります 10 だと 8 であるから 7 だった, ですが, はその 6 でした 5 だという 4 であったが, でも, を見 3 かも知れない, だから, だが, であると, ですか

2 [31件] がこの, が後, だつた, ぢや, であったから, であって, でありましたが, でありますが, であるか, であろう, でございますが, でしょう, ですから, と同じ, には閉口, は, はこの, はそれ, はやはり, はキウ, は何時, は当然, は後, は明治三十六年, は特に, は近代, は返す返す, もある, もその, も多い, も或は

1 [192件] か, かい, かそれら, かっていう, かということ, かとも思っ, かとも思われる, かと一時, かと思い, かもしれない, かも知れぬ, が, がいけなかった, がくだん, がくやしく, がなお, がもう, が一つ, が一人交つて, が不満, が余程, が出奔, が初めて, が古風, が好かつた, が悔, が新, が此年, が草稿, が薬子, が近年, ださうだ, だそう, だだが, だといふ, だろうと, だろう駒形堂, であったであろうから, であったに, であったらあれ, でありその, でありました, でありまして, でありましょうし, であり大, であるかも, であること, であるにも, である事, である惠果阿闍梨, である然るに, であろうか, であろうと, ですよ, ですわ, ですサービス, でないこと, でなくことさら, とは趣き, とほぼ, と似た, と夜, と官吏, と道庵, にはまったく, には弱った, にほかならぬ, に始まった, に対して普通民, に懲り, に連れ, はあと, はいい, はいささか, はいのち, はお前さん, はかたじけない, はこれ, はじつに, はずっと, はずつとおくれ, はそこ, はそれら, はただ, はただに, はなんと, ははた, はやりきれない, はわが国, はキュリ, は一五四○年, は一入, は万葉集, は三十年, は主として, は事新しい, は二十年代, は云, は何, は何故か, は先, は入唐以前, は全く, は其頃下女, は出雲あたり, は前号所載, は十二世紀, は又, は古い, は唯, は單, は四年前, は国家鎮護, は国民的自覚, は多紀, は多紀氏, は大正八年, は天保九年閏四月八日, は天和三年三月二十八日, は実は, は家, は小さい, は小春, は御, は必然, は恐らく, は惜しみ, は意外, は意義, は敬服, は文久元年, は斉魯二篇, は既に, は明治二十八年, は明治十七年, は明治十二三年, は昭和十一年, は有名, は有難い, は根氣, は此, は決して, は沼南, は無理, は申, は的, は矢野初太郎, は穆公, は穎, は翌, は考え, は腹, は自分, は藤原, は貯金, は醍醐, は面白い, は額田医学博士, はP民間飛行場, もこの, もその頃, もそれ, もつまり, もドウヤラ, も万葉時代, も久しい, も何度, も十分, も可, も同, も年, も当時, も新た, も新渡, も根本, も矢張り, も籾山書店, を不平, を以て嚆矢, を太安万侶, を忘れ, を思はず, を悔む体, を感じた, を憤った, を憤り, を玄宗, を聞い, を誇張, を読む, を読ん, を読んだ

▼ せられたもの~ (392, 10.3%)

42 である 16 では 8 であつ 7 であった, であるが 6 であって, であるから 5 だと, でした 4 であること, であろう, と思はれる, と見, もある, らしい

3 [15件] だ, だから, であらう, でありますが, であるか, であると, であるという, であるならば, とする, と信じ, と見る, と言, に違, の中, は実に

2 [17件] が多い, だが, だった, であるとの, であろうと, でこれ, です, ですが, でそれ, でなければ, としての人間, と考え, と見える, なの, なること, のみが問題, のやう

1 [187件] あるいは貧乏, かとも思はれる, かとも言, かどう, からという立場, からほとんど, か今, か女房奉書, か明かでない, があった, がある, があるであろう, がきわめて, がすでに, がまったく何一つ, がまつたく, がシナ, が主, が今, が今日, が其, が其文句, が単に, が多く, が宝塚少女歌劇, が客観的実在, が少く, が幾ら, が測らず, が現在, が稀, が組織, が組踊り, じゃあ, じゃった, すでに十七隻, だけに此街, ださうである, だったが, だという, だとの, だハヽヽヽヽ, で, であ, であったとして, であったとしても, であったに, でありそれゆえ, でありました, でありまして, であります, でありまた, であり且つ, であり従って, であり時, であり現実, であり過去, であるかという, であるといふ, であるとしても, であるに, であるゆえ, であるらしいこと, である事情, である以上, である故に, である限り, でしたがね, でその間, でないと, でなくては, でなく本来, でも, で一方, で学則, で後, で我國, で拉丁語, で文書, で横文字, で漢学時代, で王, で畢竟, で相, で相当, で神祇官, という趣, といふ, といふべく, とが並用, としか見えぬ, としたら, としてすべて, としては今, としては見出されない, としては見出されないであろう, としてもともかく, として何処, として有, として現実自身, として眞, として真, としなく, とせられ, との区別, とほぼ, とも思はれない, とも想像, と仮り, と思ひます, と思ふ, と想像, と看做し得る, と考へ, と自分, と見え, と見えます, と見た, と見なけれ, と解したい, と解せられる, なので, に, にあらざる, においてはなおさら, には, には味, にもこれ, によってこそ支那, に出逢う, に向, に向わせうるであろう, に就い, に相違, に過ぎなかった, に過ぎなかつた, のよう, の内二十七人, は, はきわめて, はすく, はすなわち, は企業者, は何, は何で, は全然, は六方, は其国, は友, は多量, は多面, は支那史, は是, は松沢, は正義, は消費者, は現に, は甚だ, は祈り, は義務, は老人, は足, ばかりしか出来なかつた, までが非人, もあり, もあろう, も少から, も少く, らしいが, らしく同夜, をいう, を他, を以てこれ, を併せもっ, を併せもつ, を含む, を好まない, を帝, を採用, を見る, を遠い, を集める, を飲まない, 与えられたもの, 即ち作られた, 即ち実在, 総じて廿六個

▼ せられたこと~ (197, 5.2%)

15 がある 8 があった 4 がない, である 3 があつ

2 [15件] があるであらう, であった, と思う, になる, はある, はただ, はない, はなかっ, は無い, は申す, は疑, もある, もない, を感じた, を語る

1 [133件] お豊, からこなごな, から起る, があったであろう, があり, がありました, があります, がございません, がそう, がなく, がよく, が中, が伝えられ, が分かる, が可能, が多い, が數次, が明白, が第, が見え, が記録, が身, さうし, だ, だと, だろう, だろうと, であって, であらう, でありその, であるから, であろうと, でせう, で女王, で有, と, とおも, とてもそれ, と思はれます, と思はれる, などがある, などはもとより, などは屡々, にし, にもなっ, によって世界地理学, によって仮令, に対し編者, に感謝, に激しい, のない, のほか, のるま, は, はあらゆる, はありませんでした, はいう, はいわれ, はお寺, はこの, はすこぶる, はすでに, はそれら, はなかつた, はまさに, は丁度, は世にも, は今, は前, は勿論, は同じ, は否みえなかった, は周, は問う, は單, は奈良朝, は実に, は寿命, は彼, は我々, は推量, は文安六年五月, は新しい, は既に, は明らか, は最早, は注意, は私個人, は聞い, は自分, は茲, は長い, またはこれ, また諸, まで否定, まで馬籠, もあった, もあり, もあります, もござる, も一再, も当時, も比類, も考へられ, も耳, をおれ, をここ, をつくづく, をもわたくし, をも過度, をわれわれ, を不快, を不都合, を偶然, を思います, を思はせる, を思ひ出し, を思ひ出した, を悦んだ, を想, を特筆, を百川, を知, を知っ, を知りました, を示す, を祝う, を繰り返し訴えた, を聞かない, を聞き, を覚え, を話し, 殆ど劉備

▼ せられた~ (133, 3.5%)

7 これは 3 おなじ山河一帯 2 おなじ山河一帶, それでも次第に, それは, 之れ, 此の, 為に

1 [111件] あっぱれその, あとには, いまだにお, お得意, かの女, かれは, ここも, この, このうえ, このごろは, このたび, このほう, この勤め, この時博士, この瞹, これからも, これに, これまで, これらの, これらは, これを, しかし新しい, そういう俗説, そこに, その中, その大葬, その宏壮, その本, その為, それからは, それでも腹, それでも顔, それには, それも, そんな時, ために, どうかする, のち端なく, まことに重荷, もういっぺん, もう四五年来妻君, やがて日韓清古代, よいと, ように, インキは, オルガという, オーストリア軍の, ステパンを, チェーホフの, モウ足が, ランポン大佐は, 三人限に, 中裁, 今の, 今云った, 今回書肆の, 今日から, 今日は, 他に, 他面の, 伊勢の, 伊藤総裁も, 会は, 元来保守的で, 兄姫は, 其のうち, 其の前後, 其の議論, 写本を, 削減を, 勝目は, 医官満員で, 千人目という, 卓子に, 又ミシア, 古え, 同時にあきれ, 和漢蘭の, 夜更け, 大体に, 大津の, 女の, 学年の, 宗教的著作の, 実際の, 山では, 市長の, 当時, 彼が, 彼等は, 心の, 戸締が, 戸締りが, 新助, 日満間は, 旧憲法時代, 最初は, 未亡人と, 松山藩の, 権太郎は, 此れ, 特に若い, 病気を, 真面目な, 第一次欧洲大戦, 結局江戸という, 近代に, 逮捕の, 長くつ, 間もなくプロソオル, 障州

▼ せられた~ (117, 3.1%)

10 云ふ 5 いう 3 ある, すれば, 見えて 2 いうに, いって, すると, 云うの, 云つた, 思うと, 見做, 言って, 言つて生れ, 言ふ

1 [73件] ありますしかし, あるが, いいある, いうが, いうだけで, いうでも, いうより, いうよりは, いうよりも, いっても, いはうより, いふ, いふだらうか, いふので, いわざること, したらいま, したらこの, し天皇, みえる, 云うでも, 云うと, 云うところ, 云う事実, 云う理由, 云う話, 云った, 云ふこ, 人は, 伝えられる三月堂中, 似て, 信じられて, 取つたの, 同じく自分, 同じ型, 同時に極まりなき, 同時に長い, 同様に, 同樣, 大郷信齋の, 思う, 思ったがね, 思ったら間違い, 思った時, 思って, 思はれる悲しい, 思ふ所, 思われるもの, 感じたらしい, 書いて, 特記した, 申すと, 申すの, 申すも, 看做したいの, 答えること, 考えられる四世紀, 考へても, 聞きましたが, 聞く, 聞くが, 見える研究, 見え予, 見え双方, 見ること, 見ると, 見るの, 覚えて, 言い得るだろう, 言うても, 言うの, 言われて, 認めざるを, 説いて

▼ せられたよう~ (89, 2.3%)

9 な気 3 な心持, な気持 2 である, です, なこと, な大, に, に思った, に思われる, に自分

1 [58件] すでふし, だった, だね, でしたら私共, でしたら重々お詫び, で何, で小, ないろいろ, なもの, な不幸, な不気味さ, な主権者, な佗, な寂寥, な彼, な心持ち, な感じ, な有様, な様子, な狼狽ぶり, な病毒, な軽, な非合法的信仰, な面, な顔, にがっかり, にさっと, にそこ, に人情, に今, に修辞学, に個性, に先秦, に動かない, に動かなかった, に唯ふらふら, に後年, に思う, に急, に感じた, に感じました, に感ずる, に成った, に清く明るき, に真面目, に私, に私自身, に私自身妻, に考え, に考える, に落, に見え, に見えた, に見える, に見せる, に記憶, に転ん, に驚いた

▼ せられたので~ (85, 2.2%)

14 あつた 6 あらう 3 それが

1 [62件] あらうか, あるならば, いかに古かっ, おのずと精, お兄様, かくては, ここに, この卒団, これからずっともしかしたら, これほど, こんどは, ござります, すなわち上流, せうが, そこに, その坐禅, その時, その本来, それに, それにも, まことに少額, まだわし自身, もしも今, やはり暗々裡, サンドイッチが, ドッと, 一座の, 不安の, 乗組員の, 京都に関する, 今橋筋には, 余は, 優善は, 兎に, 六十四本の, 其の功績, 其ま, 其本来の, 却つて私は, 咽が, 嘗の, 妻子を, 彼は, 彼も, 従って藩費, 急いで, 指の, 数里も, 旅行などに, 皆から, 県の, 社会教育の, 私は, 篆書は, 終ひ, 維新の, 諸家を, 長倉の, 間違うたんび, 露国政府では, 静かに, 鴛泊に

▼ せられた~ (71, 1.9%)

2 があつ, があり, であった, でした, をスケッチ

1 [61件] からやはり, がありました, がある, がない, が何度, が其一つ, が大人, が有りました, が発覚, が見え, が起った, だけは事実, だつた, であらう, でありましょう, である, であるが, であろう, とのみ思つて, と察せられる, と思ふ, などを話した, ならば, については, になる, にはなりません, に就, のない, の如き, の無い, の知らせ, はあるまい, はない, はなかっ, は一度, は一遍, は事実, は天皇, は室町, は数え切れぬ, は無い, は言, もあった, もあつ, もある, も一つ, も否まれない, も忘れ, も考へられないで, も載つ, をこ, をここ, をだ, を云い立てた, を光榮, を知り, を示す, を考へる, を裏書, を見, を非常

▼ せられたという~ (66, 1.7%)

4 ことは, ことも 3 ことを 2 ことが, ことに, 事が, 記事が

1 [47件] お話を, ことで, ことである, ことばかり, ことや, のが, ので, のは, のも, ほうが, ものを, ような, わけでしたろう, シナ人の, 不幸な, 事であった, 事である, 事実も, 事実を, 人が, 仮定も, 伝説の, 伝説も, 偶然の, 対地侍策の, 将軍を, 尊者の, 市ヶ谷刑務所へは, 形跡も, 意見が, 感じを, 新聞記事を, 曰くが, 様な, 歴史附の, 沙汰も, 渡しは, 点において, 爽快な, 社会事情が, 結果に, 結論に, 話が, 話だ, 護法の, 運の, 霊稲の

▼ せられた~ (62, 1.6%)

2 です, の歌, は暇潰し

1 [56件] おそらく貴下, からさ, からし, この系統, そこで一人, その子, その編輯者, たまたま枇杷, でもいささか, とは対踵的, どの様, などは可笑しい, など彼, に, にいろ, にお, にその, にどの, にはどう, には一日, には思わず, には教育, には未だ, には蓋し, にもずいぶん, にもその, に一日, に一本, に作られた, に政府, に比べれ, の事, の住所, の作, の土産, の御歌, の御製, の用心, の眉毛, の神尾, の進, の鉛筆書き, はさすが, はずつと遅れる, はなかなか, はほんとに, はまだ, はもう, は決心, よりも更に, を建国, 一目見, 今大路一渓, 同会, 当然一つ, 相携

▼ せられたから~ (40, 1.0%)

12 である 2 だ, だった, であった, であつ

1 [20件] かれこれ云う, それによって, だつた, であって, であろう, でした, で私, ガスコインは, 世子は, 今日此処で, 今更繰り返す, 同じ状態, 同じ臺地, 已むを, 憤慨する, 此行幸は, 民法親族編相続編と, 決して八時間七時間, 遂に迷宮, 革命といふ

▼ せられたところ~ (32, 0.8%)

2 の理由, の被

1 [28件] から大名共, から来, から考え, から自恃, があった, じゃ, でありまして, である, であろう, でさて, では全く, では火星, で源氏物語, とよほど, なの, には確か, による, によれ, に実に, のある, のもの, の多い, の彼ら, はいわゆる, は少し, もあろう, をみる, を御

▼ せられた~ (25, 0.7%)

1 [25件] がある, であるが, であるという, であるといふ, と見え, なの, に對, の子孫, の孤独, の心, の購買力, はそれ, はなかっ, はほとんど, は封建貴族階級, は少, は尚, は憧憬, は確か, は移された, もあります, もある, も双方共, も沢山, 既に出演

▼ せられた時代~ (24, 0.6%)

2 であった

1 [22件] が相応, さう, である, でさ, でその, で鞍馬, と見られ, ならば, において人柱, には既に, には確か, にもすでに, のもの, のアイヌ, の推移, の智慧, は過ぎた, は隋唐, または地方, もあった, も大抵相距, を見る

▼ せられたとき~ (23, 0.6%)

2 には水道

1 [21件] いまさらの, から彼, この供給, その心理, その時, たいてい土, だってこの, であった, どうでも, なし得る第, にはそれ, には気, にみずから, に自分, の談, はまだ, は子供, 又般若三藏, 断じてああいう, 通った間数, 長忌寸奥麿

▼ せられたやう~ (21, 0.5%)

2 に感じ

1 [19件] であつ, である, で思想風, で氣持ち, な御, な気, な疵病, な連中, に, になつ, に微笑んだ, に感じた, に感ずるだらう, に沈ん, に私, に私自身, に考へた, に覚え, に重

▼ せられた~ (20, 0.5%)

3 相違ない 2 過ぎぬ, 違いない, 違ひない

1 [11件] かかわらず後, してからが, しろ現在, ちがいない, ちがいなかった, 徴し, 過ぎなかったと, 過ぎなかつた大, 過ぎませんでした, 過ざない, 違いありません

▼ せられた場合~ (20, 0.5%)

2 において交換者, はそこ

1 [16件] があっ, すなわちどうしても, なんぞは機関車, においても吟味, にはこれ, にはその, には同じく, には敵討, にも, にも安全, に過ぎない, の或, の方, の有る, の気まず, もある

▼ せられた~ (20, 0.5%)

2 になっ

1 [18件] だから, だと, であった, であろうから, にその, になん, には其の, には後者, に唯ゆくりなく, に存在, に榛軒, の模様, の歯ざわりの心, はある, も地方, をうけ, 遂に斎藤氏, 重て

▼ せられたといふ~ (19, 0.5%)

3 ことを 2 ことだ, のは

1 [12件] ことが, ことである, ので, やうな, わけは, 事が, 唐衣に, 意見が, 感嘆に, 程だ, 覺え, 話が

▼ せられた~ (18, 0.5%)

2 どうかは, わからない

1 [14件] あるとき, かれは, ご存じの, しれないであろう, せぬかの, それさえ, であるが, どうして身持, わからないのに, 又はこれ, 或は誘拐, 明治三十七年四月号の, 知らうと, 青年が

▼ せられたものの~ (16, 0.4%)

2 概念の, 考察に

1 [12件] ごとくに, すべてである, また再びふらふら, 一つである, 一人であった, 一族が, 名称である, 如くに, 尊重という, 意味に, 特権として, 進展成熟であり

▼ せられた~ (16, 0.4%)

1 [16件] からグラッドストーン, がかく, が二三人, が光明, が厳重, だ, であつ, である, であるが, で一度, としてとどまり, のよう, の悲劇, の罪, もあろう, も有る

▼ せられたかを~ (13, 0.3%)

1 [13件] 今日に, 知らむことを, 知らむと欲, 示すもの, 第一, 聞いて, 見た, 語った, 語り得る人, 語る, 説明しよう, 述べて, 述べる前

▼ せられたその~ (13, 0.3%)

1 [13件] ことが, ことを, 夫人の, 実宗貞の, 山の, 年の, 径路において, 日の, 箱の, 結果は, 翌年である, 運命を, 頭には

▼ せられたため~ (12, 0.3%)

2 か作る 1 しがなくダゲナ・アッタサウナ, にここ, にその, にそれ, に二人, に偶然, に古来史家, に婦人会, に知識, 焼けて

▼ せられた~ (12, 0.3%)

1 [12件] だけに添う, だったでも, だつた, であつ, である, でただ, で其前, となった, と思ふべき, に決つて, をとつ, を有った

▼ せられた~ (12, 0.3%)

3 が多い 1 がたつた, でありまして, ですから, ではどの, で爾, による, に個性, は西明寺, を見る

▼ せられたわけ~ (11, 0.3%)

2 である 1 だ彼, であったが, でした, です, ですな, ですね, でも, になる, ね

▼ せられた~ (11, 0.3%)

41 じゃありません, だからな, だな, だよ, です, ですが, ですもの

▼ せられたばかり~ (10, 0.3%)

4 では 1 でそこ, でなく思い, でなし, で予防, 外様の, 外樣の

▼ せられた~ (10, 0.3%)

1 ある科学者, でさらに, で今度, に勝手, に古い, に懲役, に無理, に目籠, はそれ, ガラッ八

▼ せられた~ (10, 0.3%)

3 である 2 な訳 1 です, な気, に使われる, に祝詞, に説い

▼ せられた結果~ (10, 0.3%)

1 この制禁, であること, でその, でないと, ではあるまい, でもある, として決定, として深遠, を, 古くは

▼ せられた~ (10, 0.3%)

2 に等しい 1 によって充, により外延, に等しく, の一つ, の反, をそれら, を示す, を表わし

▼ せられた人間~ (9, 0.2%)

3 といふ感じ 1 がいる, ではなく, という感じ, の像, の唯一, も近代

▼ せられた~ (9, 0.2%)

2 資本の 1 動産資本及び, 収入をも, 嘗研究会の, 憲法の, 王は, 研究を, 資本によって

▼ せられたこの~ (8, 0.2%)

1 一物が, 二つの, 仲間の, 単純の, 宿を, 平民社は, 樹に対して, 身上で

▼ せられたのに~ (8, 0.2%)

1 ムッと, 對し, 幸田露伴博士の, 彼は, 気が, 猶旧, 過ぎない, 違いありません

▼ せられたのみ~ (8, 0.2%)

1 であ, であって, であるから, でなくまた, でなく同時に, でなく進んで, ならずしばしば, ならず家老鈴木等

▼ せられた~ (8, 0.2%)

2 る能力 1 る事件, る時期, る男女, る霊物, 人の, 男女の

▼ せられたすべて~ (7, 0.2%)

4 のもの 1 の, の感覚, の感覺

▼ せられたとしても~ (7, 0.2%)

1 これが, これには, それ自身で, 事後に, 彼女自身の, 真の, 読むもの

▼ せられたとは~ (7, 0.2%)

2 言へ 1 あのお方, いうものの, いえ前, 光栄の, 考えること

▼ せられた~ (7, 0.2%)

1 があります, が面白い, だと, の由, は孝明天皇, も恥, を考える

▼ せられた~ (7, 0.2%)

1 です, には感じなかつた, のもの, の兼助, の大きな, の諸, 異様な

▼ せられた~ (7, 0.2%)

1 からの熟知, にはもう, に思ひ比べる, の東京美術学校, の父, より東京大学, 屡此処

▼ せられたあの~ (6, 0.2%)

1 日親という, 日親といふ, 書物の, 真夏の, 精密の, 蝋燭の

▼ せられたけれども~ (6, 0.2%)

1 ただなんと, なおその, のちに, 大体に, 日本人の, 議論は

▼ せられただけの~ (6, 0.2%)

2 ことです 1 ことだ, ことであった, ものです, 損を

▼ せられたほど~ (6, 0.2%)

2 そのとき 1 だったと, です, で御, 朝倉家の

▼ せられた事実~ (6, 0.2%)

1 の説明以上, は全然, は文学, は証明, を表わす, を裏切る

▼ せられた~ (6, 0.2%)

1 が二三, が少なく, は一再, は古代, もある, も少く

▼ せられた~ (6, 0.2%)

1 から凡そ四百七, である, であるから, でした, で蘭軒歿後, の十一月

▼ せられた~ (6, 0.2%)

1 がこの, が運命, の心, の趣味, は何, は横着

▼ せられた感情~ (6, 0.2%)

1 が行き, のひらめき, の中, の怪焔, の波, はま

▼ せられた~ (6, 0.2%)

1 から原形, だ, でかかる, で表わした, の標, は鏡

▼ せられた~ (6, 0.2%)

1 一二三図を, 一番である, 一諮問委員土方青山友田北村第, 三回総会に, 三等は, 四の

▼ せられた~ (5, 0.1%)

1 にの子孫, 女中お, 延から, 通は, 関の

▼ せられたかと~ (5, 0.1%)

1 両手で, 云ふと, 思われるだけ, 推する, 言ふ

▼ せられたかの~ (5, 0.1%)

1 どっちか, やうに, ように, 事情を, 如くに

▼ せられたかも~ (5, 0.1%)

1 しれない, わからない, 知れない, 知れぬと, 知れませんがね

▼ せられたはず~ (5, 0.1%)

2 である, の寿詞 1

▼ せられた一つ~ (5, 0.1%)

1 の事実, の明確, の様式, の秘義, の重要

▼ せられた京城~ (5, 0.1%)

5 の坊

▼ せられた~ (5, 0.1%)

1 が十三国, である, の人民, の外, の郡

▼ せられた感じ~ (5, 0.1%)

1 がない, こそ自分, だった, のある, を起さない

▼ せられた所作~ (5, 0.1%)

4 のやう 1 のよう

▼ せられた~ (5, 0.1%)

1 だったの, ということ, には人間, に成立, よりその

▼ せられた時分~ (5, 0.1%)

1 だってああ, である, なの, にはまだ, には最早

▼ せられた用役~ (5, 0.1%)

1 によって我々, の価格, の量, を一つ, を並べ

▼ せられた~ (5, 0.1%)

1 が不動火界呪, が突然, だが, である, の心持

▼ せられた~ (5, 0.1%)

1 がある, だけにこの, などをし, なの, に止まつ

▼ せられた限り~ (5, 0.1%)

2 においては私 1 において相対性原理, のインド劇, の観念

▼ せられたけれど~ (4, 0.1%)

1 いくらや, 干渉が, 西洋館に, 諸種の

▼ せられたこれら~ (4, 0.1%)

1 の個々, の同じ, の学問, の随筆

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 ネッセンゲルト・ホテルへ, 或る, 農村における, 雪子が

▼ せられただけ~ (4, 0.1%)

2 では 1 であって, でその

▼ せられたとか~ (4, 0.1%)

1 云うので, 云う如きである, 将軍家は, 華族が

▼ せられたとの~ (4, 0.1%)

1 ことでした, もっぱらな, 事で, 事である

▼ せられたとも~ (4, 0.1%)

1 あるが, いう, いふと, きめて

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 まだ御, 入唐後惠果和尚に, 如何にも大師, 是れ

▼ せられたまま~ (4, 0.1%)

1 に物, のもの, の枝, 顧みられない風景

▼ せられた世界~ (4, 0.1%)

1 でもない, においてでなけれ, にひたった, の提唱

▼ せられた人々~ (4, 0.1%)

1 の内, の間, は數多, は皆みこ

▼ せられた仏教~ (4, 0.1%)

1 がますます, が受入れられ, が現世利益, の勢力

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 だからね, であった, である, です

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 だから, です, のある, は英仏

▼ せられた商品~ (4, 0.1%)

2 の量 1 であると, で表わした

▼ せられた土地~ (4, 0.1%)

1 が多く, と見, に繩張, はない

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 があつ, でした, の二つ, は村

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 一言それに, 像と, 容子なる, 様子で

▼ せられた新しい~ (4, 0.1%)

1 文明は, 時代の, 武士団の, 量が

▼ せられた日本~ (4, 0.1%)

1 の生, の石器時代, の神, は滅亡

▼ せられた民衆~ (4, 0.1%)

1 に対してはその, のあきらめた, の叡智, の活動

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 があるらしい, において支那, は武士, もあろう

▼ せられた社会~ (4, 0.1%)

1 がなけれ, では, のみが真, の秩序

▼ せられた~ (4, 0.1%)

2 であるが 1 である, はない

▼ せられた簡易~ (4, 0.1%)

2 な経文, な經文

▼ せられた経験~ (4, 0.1%)

2 がある 1 のある, の堆積

▼ せられた~ (4, 0.1%)

2 を現し 1 がなけれ, でなければ

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 である, では, でも, はちょうど

▼ せられた~ (4, 0.1%)

1 作, 先生の, 大名も, 篇中の

▼ せられた資本~ (4, 0.1%)

1 すなわち消費用役, すなわち生産用役, であって, でもない

▼ せられた部分~ (4, 0.1%)

1 が第一義, に存在, の存外, も考へる

▼ せられたからと~ (3, 0.1%)

2 云って 1 言ふ

▼ せられたしと~ (3, 0.1%)

1 云ふ, 書き添えそれから, 返書し

▼ せられた~ (3, 0.1%)

2 あらう 1 あらうと

▼ せられたにも~ (3, 0.1%)

1 かかわらずまだ, しろ以前, 拘わらず私

▼ せられたもん~ (3, 0.1%)

1 だからね, ですから, ですもの

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 から良妻賢母, にはおそらくは, に景教

▼ せられた伝統~ (3, 0.1%)

2 の驚くべき 1 を直接

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 であつ, ではなかっ, 殘り

▼ せられた~ (3, 0.1%)

2 の性質 1 が無心

▼ せられた当時~ (3, 0.1%)

1 の事情, の思い出話, の東京絵図

▼ せられた意味~ (3, 0.1%)

2 もある 1 での

▼ せられた文化~ (3, 0.1%)

1 とに対照, と富, の理想

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 である, の多く, の家蔵

▼ せられた材料~ (3, 0.1%)

1 から見る, であらう, にはそれ

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 な如何にも, な氣分, に聲

▼ せられた歴史~ (3, 0.1%)

1 をも言, を先入観, を持つまい

▼ せられた~ (3, 0.1%)

2 もした 1 のした

▼ せられた気持~ (3, 0.1%)

1 だった, で, をしずめなけれ

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 に今, に自白, に道

▼ せられた理由~ (3, 0.1%)

2 によるの 1 を纏めよう

▼ せられた生産物~ (3, 0.1%)

1 の数量, の種類, の間

▼ せられた真理~ (3, 0.1%)

1 が堂塔, が尊い, を検討

▼ せられた自分~ (3, 0.1%)

1 が少々, の小心, の気の毒

▼ せられた衆生~ (3, 0.1%)

1 がいる, の姿, の心

▼ せられた観念~ (3, 0.1%)

1 に一致, のうち, は自分

▼ せられた觀念~ (3, 0.1%)

1 に一致, のうち, は自分

▼ せられた言葉~ (3, 0.1%)

1 が出来, でもなかっ, の中

▼ せられた記事~ (3, 0.1%)

1 がある, が新聞, などは好い

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 がある, であつ, である

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 だと, である, と考へられ

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 が窺, でしたやう, ではこの

▼ せられた通り~ (3, 0.1%)

1 その朝現場, で, 出来るだけ

▼ せられた遠い~ (3, 0.1%)

2 伝統と 1 昔を

▼ せられた~ (3, 0.1%)

1 がだ, のそれ, を頒

▼ せられたあと~ (2, 0.1%)

1 で使節, 反ナチ

▼ せられたある~ (2, 0.1%)

1 ひは, 人間の

▼ せられたいろいろ~ (2, 0.1%)

1 の仕事, の雑誌

▼ せられたいわゆる~ (2, 0.1%)

1 新俳句, 近衛声明は

▼ せられたおろか~ (2, 0.1%)

2 な子供

▼ せられたかという~ (2, 0.1%)

1 ことです, ことに

▼ せられたくらい~ (2, 0.1%)

1 だ, だから

▼ せられたころ世~ (2, 0.1%)

2 の噂

▼ せられたせい~ (2, 0.1%)

1 か今, だろう

▼ せられたそう~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ せられただけで~ (2, 0.1%)

1 その目的, 自身たち食う

▼ せられたときこれ~ (2, 0.1%)

1 によって私, によつて

▼ せられたには~ (2, 0.1%)

1 決して理由, 違いなかった

▼ せられたばかりに~ (2, 0.1%)

1 周囲の, 頼母様に

▼ せられたまでの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 趣味性は

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 同様で有った, 思へば

▼ せられたもの私~ (2, 0.1%)

2 の思惟

▼ せられたもろもろ~ (2, 0.1%)

2 の困難

▼ せられたりき是~ (2, 0.1%)

2 れ今に

▼ せられたカラクリ~ (2, 0.1%)

2 のうち

▼ せられた一例~ (2, 0.1%)

1 であ, といっ

▼ せられた一切~ (2, 0.1%)

1 の善, の非

▼ せられた一流学者~ (2, 0.1%)

2 のした

▼ せられた一種~ (2, 0.1%)

1 の儀礼執行者, の暗示

▼ せられた上娘~ (2, 0.1%)

2 を殺され

▼ せられた不幸~ (2, 0.1%)

1 なる妻, なルイ十六世

▼ せられた二人~ (2, 0.1%)

1 の侍, の犠牲者

▼ せられた人類~ (2, 0.1%)

1 が活き, の影像

▼ せられた体系~ (2, 0.1%)

1 がなく, により計算

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 に過ぎない, の如き

▼ せられた個々~ (2, 0.1%)

2 の文章

▼ せられた先生~ (2, 0.1%)

1 の理論, は敷田年治翁

▼ せられた兵部~ (2, 0.1%)

1 は伊達一門, 少輔

▼ せられた其の~ (2, 0.1%)

1 時に, 驚きが

▼ せられた分離~ (2, 0.1%)

2 し得ぬもの

▼ せられた別神~ (2, 0.1%)

1 であったらしい, であつ

▼ せられた効果~ (2, 0.1%)

1 なの, によってで

▼ せられた動機~ (2, 0.1%)

1 には大きな, もここ

▼ せられた化石~ (2, 0.1%)

1 とそっくり, のみに就い

▼ せられた十六歳~ (2, 0.1%)

1 の処女, の處女

▼ せられた印象~ (2, 0.1%)

1 が何, が残つて

▼ せられた収入~ (2, 0.1%)

1 に代替, の合計

▼ せられた口惜し~ (2, 0.1%)

2 まぎれに

▼ せられた古代~ (2, 0.1%)

1 の理想国, の紙草

▼ せられた問題~ (2, 0.1%)

1 であるが, ではある

▼ せられた~ (2, 0.1%)

2 に赴く

▼ せられた地方~ (2, 0.1%)

1 の一海港, は明かな

▼ せられた地点~ (2, 0.1%)

1 に, も無く

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 唐玄奘三藏表啓の, 日本古文書に

▼ せられた女帝~ (2, 0.1%)

2 を中

▼ せられた姿~ (2, 0.1%)

1 となつ, は実に

▼ せられた孔子~ (2, 0.1%)

1 とは同一, と宋代

▼ せられた完全性~ (2, 0.1%)

1 しかふさ, しかふさわしく

▼ せられた宗教~ (2, 0.1%)

1 となつ, は密教

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 である, の世帯

▼ せられた彼ら~ (2, 0.1%)

1 の欠点, の遺跡

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 がここ, はもはや

▼ せられた応接室~ (2, 0.1%)

2 は青葉

▼ せられた性格~ (2, 0.1%)

1 である, の記述

▼ せられた怨み~ (2, 0.1%)

1 ある左門, から王

▼ せられた恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 夢が, 舞台の

▼ せられた悟性~ (2, 0.1%)

1 にとって当然, にとつて當然

▼ せられた技巧~ (2, 0.1%)

1 でなく無意識, は其部

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 だとも, 岡倉覺三氏の

▼ せられた方々~ (2, 0.1%)

1 であるから, の靈

▼ せられた時宗助~ (2, 0.1%)

1 は生き, は生き残った

▼ せられた時彼~ (2, 0.1%)

1 のわずか, は死ぬ

▼ せられた時横浜~ (2, 0.1%)

2 から新橋

▼ せられた時自分~ (2, 0.1%)

1 だけはどこ, は火性

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 にはガブガブ, はすなわち

▼ せられた概念~ (2, 0.1%)

2 を作る

▼ せられた様子~ (2, 0.1%)

1 は残つて, もなく

▼ せられた死体~ (2, 0.1%)

1 である事, は小林貞

▼ せられた特殊的世界~ (2, 0.1%)

2 が結合

▼ せられた犯罪~ (2, 0.1%)

1 はまんまと, もこの

▼ せられた用途~ (2, 0.1%)

2 を顧

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 であった, を云う

▼ せられた皇室~ (2, 0.1%)

1 はこれから, を現代

▼ せられた知識~ (2, 0.1%)

1 が所謂, は経験

▼ せられた祝詞~ (2, 0.1%)

1 の外, は寧

▼ せられた~ (2, 0.1%)

2 の智能

▼ せられた空間~ (2, 0.1%)

1 が速度, のこれ

▼ せられた美し~ (2, 0.1%)

2 さや

▼ せられた翌年~ (2, 0.1%)

2 の八月

▼ せられた自己自身~ (2, 0.1%)

1 を感覚, を感覺

▼ せられた自然~ (2, 0.1%)

2 の声そのもの

▼ せられた自由~ (2, 0.1%)

1 と必然, なる訳語

▼ せられた萬葉集~ (2, 0.1%)

2 の歌

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 が廁, である

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 えは, は無い

▼ せられた詞章~ (2, 0.1%)

1 がのりとごと, に責任

▼ せられた誤り~ (2, 0.1%)

2 の字面

▼ せられた誤訳~ (2, 0.1%)

1 は両部, は他

▼ せられた象徴詩~ (2, 0.1%)

2 が泰西

▼ せられた趣味~ (2, 0.1%)

1 もある, もまた

▼ せられた軍人精神~ (2, 0.1%)

2 の悲惨

▼ せられた軍隊~ (2, 0.1%)

1 に対しては左, の奮わざる

▼ せられた近代~ (2, 0.1%)

2 での出来事

▼ せられた道元和尚~ (2, 0.1%)

2 の法燈

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 には井上, にエタ一人

▼ せられた顫動~ (2, 0.1%)

2 して

▼ せられた~ (2, 0.1%)

1 が変つて, に習う

▼1* [912件]

せられたあげく頼むよう, せられたあと怒涛荒れくるうあの, せられたあなたは家政婦, せられたあらゆる新しい作品, せられたあるいは感覚によって, せられたあんまり何でも, せられたいそしい日本女性, せられたいため札ビラを切る, せられたいわば島人の, せられたおとなしい客に, せられたおびただしいトリックの, せられたお嬢様にとってはずいぶん, せられたお客は神尾主膳, せられたお蔭で出来た, せられたお転婆の不良少女, せられたお雪ちゃんは申しわけ, せられたかたは佛自身, せられたかたちとなった, せられたかではなく彼, せられたかとも感ぜられる, せられたかに見られましたが, せられたかは今なお, せられたかみさんに云い付け, せられたからこそやっとつぶれる, せられたからとて恋仲の, せられたからの憎みを, せられたくらいのころだ, せられたことこれであります, せられたことその他いろいろな気配, せられたこと帝王帰依の致す, せられたこと書物の著, せられたこと月曜日をなまけ, せられたこと来客もまだ, せられたこれが勾配九分の一, せられたころのこと, せられたさあ今の, せられたさて鏡に, せられたしたがってもっとも印象, せられたもうもうどんな, せられたそして又はてしない, せられたそれに復讐, せられたそれだけの恰好, せられたそれで私は, せられたただ小野俊一君川村多実, せられたため独自の文化, せられたって決して口, せられたつて己は何, せられたとある以上国家の, せられたといったような, せられたといふだけのことだ, せられたとおりでその, せられたとおり龍耳老人の暗殺, せられたとき反撥の感情, せられたとき国司の王, せられたとき均衡が現われる, せられたとき妥協の緒, せられたとき封建社會は當時, せられたとき彼を襲っ, せられたとき横浜にいる, せられたとき皇女に従った, せられたとき私共が求める, せられたとき篁は白居易, せられたところが青菜を, せられたところ頼母に踏まれ, せられたとさえ伝えるもの, せられたとしてもし小麦五ヘクトリットル, せられたとのみ言えるだろうか, せられたと共にかかる発展, せられたどの地方よりも, せられたなどと大きな事, せられたなんてことになる, せられたについて学校が, せられたのちに平和, せられたのち内外に私服警官隊, せられたのになア, せられたのりとの内容, せられたばかりのころで, せられたほかにもなお, せられたほどに夢を, せられたまた一つの, せられたまたは明らかに, せられたまでである, せられたまひて我がその, せられたままそれっきり陽の目, せられたまま前へのっけ, せられたまま掌の上, せられたまま滝が落ちよう, せられたまま確かに標本室, せられためんどりが, せられたもの三輔の駱曜, せられたもの全部を調べる, せられたもの卜の方式, せられたもの衣裳とよぶ, せられたもの西南アジヤ地方のもの, せられたもの雀と啄木鳥, せられたもんぢやから, せられたゆえんである, せられたさを, せられたより前の, せられたよろこばしい事実を, せられたりき彼等は豈再び, せられたるまたなくおかし, せられたわしの任務, せられたわたしは今度, せられたアイヌの聖典, せられたアエノコトという祭, せられたウツロな言葉, せられたエタがいよいよ, せられたオコジョやイヅナ, せられたオシラ神と同一根原, せられたキリスト教に至っ, せられたギゴチない定義, せられたグレゴリ警部は極めて, せられたコバという暖地植物, せられたサルセエ氏もこの, せられたサンヂカリズムが面白い, せられたサンピール市街の零落, せられたサーシャその他の惨, せられたシモンという男, せられたスタニスラウスキイの一座, せられたトランプがまた, せられたトンマな点甲乙, せられたドイツの軍人たち, せられたノロの勾玉, せられたハリントンの記録, せられたファシスト的大衆の観念, せられたフィンランド切断されたポーランド, せられたフェッシュの, せられたプロテスト風の文章, せられたポンペイ及びヘルクラネウム両市, せられたメンバーが死亡, せられたメンミツ極まる犯罪, せられたモロモロのもの, せられたヤソ会である, せられたヴェランダへ出, せられた一々の歴史的事実, せられた一人であった, せられた一個の自治体, せられた一因を爲, せられた一夕の事, せられた一婦多夫, せられた一定の法寸, せられた一応の筋, せられた一方の墓穴, せられた一月十一日以後に經濟界, せられた一木造りの如来像, せられた一枚の絵以上, せられた一発は窓硝子, せられた一種別個の世界, せられた一般民衆の生活, せられた一証左ではない, せられた一部人士の研究, せられた七兵衛はこの, せられた万葉集の譬喩歌, せられた三人は第, せられた三党の輩, せられた三員の名, せられた三次が戦争, せられた三百五十人ばかりの兵, せられた上ガラツ八は到頭, せられた上杉新介氏, せられた上流の宗教生活, せられた上開祖以来関係深い熊野権現, せられた下田条約で尋, せられた不可思議な摂理, せられた不如意それらのこと, せられた不快感がこみあげる, せられた不運な輩, せられた世にも珍らしい, せられた中原の地, せられた中央政府のもの, せられた中尾千代子さんと云, せられた主義綱領に基づい, せられた主膳は癪, せられた乗馬用の革鞭, せられた也有の文, せられた事件があった, せられた事大思想の現われ, せられた二つの民族, せられた二三の研究, せられた二三枚の葉, せられた二三箇所を見, せられた二三葉の綴文, せられた二個の大, せられた二十册の報告書, せられた二枚目としての株, せられた二箇の二人, せられた五壇の御, せられた亡国の公主, せられたの名医橘南谿, せられた京水に由つて創立, せられた京都の庶民, せられた人形にすぎなかった, せられた人物及び市街, せられた人生そのものの姿, せられた人造絹糸も今日, せられた人間性とその, せられたになっ, せられた今一つ根本の意味, せられた今日に在っ, せられた今日これらの完全, せられたの商品, せられた仙人だよ, せられた仙寿院の名園, せられた令孃の嫁, せられた以上は機嫌, せられた以上彼が畏れ多く, せられた仲間だった, せられた伊藤隼君からいろいろ, せられた会員だけに配布, せられたへ, せられた佐佐木信綱博士の, せられた佐渡の二見, せられた体験がある, せられた何ものでもない, せられた作品の形, せられた作品全部に対してもしくは, せられた作家の目, せられた作物に違, せられた佳作である, せられた使命なの, せられた信仰の當體, せられた信州松本の田植ゑ, せられた信頼の念, せられた修験の山伏, せられた修験道が仏教以前, せられた倉庫に充満, せられた個人を感じる, せられた偶像を自分, せられた傀儡子の生活, せられた傭兵は全く, せられた傾向での自然主義的, せられた元禄の俳句, せられた兇賊のご, せられた先々代の主人, せられた先住の民族, せられた先祖の霊, せられた全国の青年, せられた八つの罪, せられた八月を前, せられた八月二十一日との中間, せられたの生涯, せられた其内容は前, せられた其翌年である, せられた具平親王の, せられた内容のさび, せられた写実的外面の芸術, せられた写真師等は何, せられた出板物の中, せられたを最後, せられた分布区域もはなはだ, せられた切手といふ切手, せられたの三右衛門, せられた初めは原作, せられた初期の島人, せられた前例がない, せられたは人, せられたはそれ, せられたを奏, せられた劣情としか見る, せられた労働者中の希望者, せられた勅撰の国史, せられた動作はそれ, せられた動物のよ, せられた動産資本は企業者, せられた勘定奉行大橋近江守殿に逢っ, せられた北上川右岸の農村地帯, せられた北宋槧本が躋寿館, せられた北朝のほう, せられた北河内の餅花, せられた十八世紀間の後, せられた十八番地の前, せられた十津川の士上平, せられた千二百数十年前よりも更に, せられた協団に彼ら, せられた南天竺摩頼耶國とは如何なる, せられた南滿州鐵道會社の舊慣調査, せられた博士たちは人間, せられた博物学者の錦, せられた印度とは大, せられた即位式は古く, せられた原因の主要, せられた原子の質量, せられた原子爆弾は只, せられた原料から成る, せられた友人の智識, せられた叡山の将門堂, せられたを開い, せられた口頭詞章が又, せられた古い生活の, せられた古代信仰の元, せられた古典の思想, せられた古墳の跡, せられた古来の歌風, せられたを集めた, せられた可憐児は如何, せられた可能性から見れ, せられた可能的利用の条件, せられた各種の日常, せられた邸表門を, せられた同人が演出家, せられた同志もある, せられた同氏撰著の, せられた名称をもっ, せられた名高いニイル河神の, せられた君臣間の道徳思想, せられた吾人の概念, せられた周策もまた, せられた呪師の本, せられた呪詞に在る, せられた唯一の書, せられた喜びを忘れ, せられた囚人が所定, せられた固定したもの, せられた国学四大人の御霊代, せられた国家形成の情勢, せられた国家群によって羅馬帝国, せられた国華と史学雑誌, せられた團體で村, せられた土地人畜の食料, せられた土地資本がある, せられた土星の輪, せられたである, せられた地主神の後, せられた地図にはのっ, せられた地境だけに僅か, せられた地方的勢力に過ぎない, せられた垂糸桜の今, せられた執事の勝見, せられたというの, せられた報酬である, せられた場合嶺外節度使が中央政府, せられた壮士の養成所, せられた壱岐の海部, せられた夕飯をよばれる, せられた外国劇が日本現代劇, せられた外国詩の多く, せられた外諸国にも寺院, せられた數の, せられた多くの事実, せられた多年の禁慾, せられたでした, せられた大きな機械を, せられた大丈夫の形, せられた大中臣清親の記録, せられた大内鑑を基礎, せられた大塔宮は高野, せられた大学及び国学, せられた大宝令による, せられた大山さんと梅月, せられた大日本印刷株式会社の関係各位, せられた大聖釈迦牟尼仏様が, せられた天然の物資, せられた天皇も荒木田久老, せられた天野告門を読んだ, せられたが困り, せられた奈良の御代, せられた女子を言うた, せられたかなと思う, せられた如くに思い, せられたである, せられた姫君を憐れ, せられた婆娑羅の大神, せられた婦人は一時間, せられた貢が, せられた子どもの悪戯, せられた子供のよく, せられた子規の, せられた学生が居ります, せられた学説はこの, せられたものの, せられた安倍丹後守の御, せられた安倍丹後守様の御, せられた宗太郎が水戸学国学, せられた宗祖大師の降誕記念會, せられた宝物だつたが, せられた実体であること, せられた実例も少なく, せられた実力のみが自信, せられた実在の原理, せられた実証的病理学の原則, せられた実際社会の, せられたでさ, せられた宣命よりも新しい, せられた宮廷叙事詩を諳誦, せられた家康の一門, せられた家族感情というよう, せられた家柄で死天, せられた實例をいろ, せられた實體であること, せられた寺院の住職, せられた寿詞を更に, せられた尊い方は, せられた尊敬すべき業績, せられた小曲に対して集中, せられた少年は機械的, せられた少年探偵団団長は明智探偵, せられた少数のもの, せられた尭舜としてはいき方, せられた尾藤二洲古賀精里が聖堂, せられたの頂上, せられた山椒魚の中, せられた岩波雄二郎氏を始め幹部, せられた岩田熊吉の公判, せられた嵯峨帝が小野篁, せられた巡洋艦駆逐艦水雷艇潜水艦特務艦などが合わせ, せられた工学者でこの, せられた工房まで, せられた工藝の時代, せられた巨大なる勢力, せられた巻添えを食っ, せられた市場において競争, せられたとしては甚だ, せられた幅物などを愛蔵, せられた平吉ほど莫迦, せられた平城帝は在位僅, せられた平正氏が嫡子, せられた幸吉のあと, せられた幼時の記憶, せられた幾つかの祭り, せられた幾本かの図, せられた幾種類かの演出, せられた庸三の警戒, せられた建国の大, せられた弓矢の符合, せられた弘法大師も国民, せられた弘福禅寺の堂宇, せられた弥勒謡の一篇, せられた弥陀の慈悲, せられた強烈の色彩, せられた当初僕は一夕生田葵山井上唖々, せられた当夜のこと, せられた当面の時, せられた形象の方, せられた形跡がまだ, せられた形迹が見られる, せられた彫像をうけ入れ, せられた彫刻された誌文, せられた役人がこ, せられた彼女の若き, せられた彼岸の国, せられた彼自身を身, せられた律師は靜, せられた後ファシズムに抗する, せられた後光厳院よりは少なくとも, せられた後土御門上皇もこの, せられた後天性の異形, せられた後氷峰と鶴次郎, せられた従軍文士を戦犯, せられた御料紙をむかえ, せられた御方である, せられた御製を書きとり, せられた御館藤原氏は秀衡, せられた心理はわかる, せられた忌々しさの, せられた快楽はどこ, せられた念仏宗を信じた, せられた怒りが歌, せられた思い出の道場, せられた急使の者, せられた性質代々相伝の本性, せられた恥辱をそそごう, せられた恨めしさから, せられた恰好だ, せられた悪戯となった, せられた情勢やその, せられた情慾がもはや, せられた情緒情熱に關, せられた想像で測れ, せられた意気の揚らない, せられた愛國の概念, せられた感情的称嘆とその, せられた感想文は特に, せられた慈悲深く染着, せられた慈愛のうち, せられたを装っ, せられた慣行が幾つ, せられた憐れな太子, せられた憤慨から一層, せられた懐しい作品が, せられた戦争に理非, せられた所平安は大師, せられた所長安は大師, せられた手燭を取落す, せられた手練がおのずから, せられた技術でもあるまい, せられたにまた, せられた抽斎の次男矢島優善, せられた挙句で僕, せられた揃いものであって, せられた揚句やっと受取る, せられた揚句おれは想像, せられた揚句きょうからまた, せられた支倉の頭上, せられた支那人のいた, せられた支那民族の堕落, せられた政治家そういう連中, せられた故に此の, せられたひである, せられた教義につき, せられた数々の詞曲, せられた数個の石片, せられた数百名の記者, せられた数箇所の例, せられたに向い, せられた數回の連續的爆發, せられたの全, せられた文句である太宗皇帝時代, せられた文学には過去的, せられた文書を見せ, せられた文章の上, せられた新来神と言, せられた新聞紙の記事, せられた新説がある, せられた方言が何處, せられた旅行の土産話, せられた日常品である, せられた日本人の詩文集, せられた日本人青年ダミヤン近江坂本の出身, せられた日本国民の感情, せられた日録なので, せられた日露戦争中の大立物, せられた道路を, せられた旧習をも打ち破られ, せられた旧蹟だと, せられたを記述, せられたの農民, せられた時これは悪い, せられた時に年四十三, せられた時ローマはまったく, せられた時世の中にかう, せられた時之を拒み得る, せられた時代そのものであ, せられた時僕は更に, せられた時分同書を独歩君, せられた時君には光子, せられた時女は, せられた時始て運動, せられた時小生の感じた, せられた時市民は爭, せられた時度たびお手本の役, せられた時従駕の山部赤人, せられた時扈従して, せられた時新潮記者のなしたる, せられた時期と考えられる, せられた時民衆は爭, せられた時池田丹後は他, せられた時父が学資, せられた時瞥見して, せられた時翳の名, せられた時背後の主, せられた時諸人の彼, せられた時諸王臣に和歌, せられた時跡を襲いだ, せられた時食後に箸, せられたのこと, せられた晩年のせりふ, せられた普遍性の理念, せられた智慧です, せられた曙覧の性格観, せられた書付は爪印, せられた書物のやう, せられた書記の小柴, せられた書面と使者, せられた最も重大な, せられた最初の人, せられた最後の各, せられた最終の欲望, せられたで, せられたとして皆相対的, せられた有利なまじない, せられた有名な首環紛失事件, せられた期間が長く, せられた木乃伊の鑑定, せられた木地屋の古い, せられた未知の型式, せられた本州の蝦夷, せられた本性すなわち本質, せられた本性すなは, せられた本来の徳, せられた本来江戸児とは比較, せられた本能の已む, せられた村落の中, せられた東ヨーロッパの人民, せられた東京新繁昌記中, せられた東京府知事の井上博士, せられた東京横浜間を除い, せられた東京音頭の会場, せられた東人の生活意識, せられた東北地方の通し苗代, せられたその右手, せられた松平君山の, せられた松本駒次郎抄訳の, せられた板本で末, せられたが竟, せられた染疫免疫の事実, せられた様式だけである, せられた樣式をとり入れた, せられた横山重氏の論文, せられた横隊戦術の矛盾, せられた機械を見棄てる, せられた機関かも知れない, せられたの一章, せられた次第でありまして, せられた欲望の合計, せられた歌合せと謂つた姿, せられた歌風がかうした, せられた正しい背景が, せられた正客の栖方, せられた正氏が三歳, せられた正面に対し使用, せられたの建物, せられた此等の寺院, せられた武士の意地, せられた歴史的事実であって, せられた死骸を検査, せられた殺生の制限, せられた毒瓦斯材料で常温, せられた比較的位地を, せられた毘耶離城に維摩詰, せられた民俗の方, せられた民族の別, せられた民法の大, せられた民藝の価値, せられた民衆運動である, せられたがし, せられた永保の初め, せられた永田方正の, せられた沢山の難題問答, せられたが貴い, せられた法典の中, せられた法起寺の塔, せられた法輪寺の三重塔, せられた法隆寺の建築そのもの, せられた法隆寺以外の古, せられた波動とか粒子, せられた泣き聲が耳, せられた洋画は主として, せられた津田は叱る, せられた浅草橋場采女塚の故事遊女采女, せられたに戻っ, せられた消化器系統の障害, せられた消息文などを見, せられた消費の目的物, せられた淋しい苦悶その, せられた清正のまとい, せられた済生会病院はブルジョア慈善病院, せられた潮流に第一義, せられた為其反動の余勢, せられた為米国の方, せられた烏帽子と長, せられた然し時代が, せられた熊野忍隅命を大隅命, せられた熱帯性の木, せられた燐光の雁, せられた爆弾は電気仕掛け, せられたに道藏, せられた爲めであるので, せられた片山直人氏の, せられた物珍らしさ, せられた物理工業研究所長に任, せられた物語となり, せられた物質は物, せられた物部たちは呪詞, せられた特殊即普遍, せられた犠牲者等はひたすら, せられたの書, せられたらしくも, せられた現今は知らぬ, せられた現代語趣味は平安朝末, せられた現在の文芸, せられた現実を直に, せられた理想に勝っ, せられた理解と鋭い, せられた琉球の貢物目録, せられた瑞英は旧, せられた瓦斯が燃える, せられたに抗, せられた生命なき形骸, せられた生徒はたいへん, せられた生活を感謝, せられた生物は來復, せられた生産用役の量, せられた産物であります決して, せられたの巻物, せられた當時に印度, せられた當時行基などの頭, せられた痘科の医, せられた登高の一語, せられた百人一首と云, せられた皇太后様は毎年文展, せられた皇太子が今朝十一時, せられた皇孫の御, せられた皇軍の方々, せられた剥き用, せられた皮作の部族, せられたや天鵞絨, せられたの二つ, せられた監獄だ, せられたの働き, せられた直後私はこの, せられたですが, せられた相手の態度, せられた眞理を檢討, せられたが過去, せられた瞬間から原子内こと, せられた知力との病的, せられた短歌形式は終に, せられた短歌様式の論, せられたや甎, せられた石版刷りの軸, せられた研究心はその, せられた碁盤の面, せられた礼服なるもの, せられた祖先崇拝と言, せられた祖父が恋しく, せられた神殿宮殿の豪華, せられた神経がひどい, せられた祥瑞と思われます, せられた私有地が出来, せられた秩序があった, せられた称呼であって, せられた程度の残念さ, せられた種類にはその, せられたの穂, せられた稿本の中, せられた穀物であった, せられた空気流を使う, せられただの昔, せられたがあり, せられた立場に立たされた, せられた章子をしょびい, せられた第一歩からの必然, せられた第二義的な製作欲, せられたに墨, せられたに乳牛, せられたの飯, せられた米商富人の家, せられた米国の軍隊, せられた純文学の衰亡, せられた紙ぎれやまた柿丘氏, せられた紙上で節, せられた素子の気分, せられた終日の春, せられたは大概路頭, せられた組合の制度, せられた組織なくば, せられた結婚式は三百組, せられた結果五月下旬を以て改めて, せられた結果今では相手, せられた結果此の制禁, せられた結果直接又は間接, せられた統一を欲, せられたである, せられた綾地切と稱, せられた総領事の八木氏, せられた緑汁の流出, せられた編輯当番の寝言以上, せられた纂記から出来, せられた罪人を以て之, せられた罪状はなんとも, せられた美しい説教であっ, せられた美女たちは前代, せられた美術館の存在, せられた羽左衛門芸術の解釈, せられたのまだ, せられた翌日グラスにおいて彼, せられたへから出た, せられた者らを当時, せられたも交っ, せられた聖徳太子様の御, せられた聖賢の書, せられた聚繖花序に逢着, せられたに従事, せられた職務が偶然, せられた肉体自体と好色精神, せられた肺尖加答兒の人, せられた脳髄の運転, せられた自分そのものを不思議, せられた自己感情を甘やかした, せられた自然的欲望はその, せられた自由党の過激派, せられた自由競争の制度, せられた般若の智慧, せられた般若心経をうろ, せられた色々の場面, せられた芥川さん又評判, せられたを二束, せられた芸術品であった, せられた越方言集に, せられた若干の部分性, せられた苦い試練の, せられた英邁な桓武天皇, せられた英雄の行為, せられた荘公は晋国, せられた莊公は晉國, せられた華麗な衝立, せられた葛城の神ひとこと, せられた葛藤の意義, せられた藩主側はこの, せられた處女の無, せられた虚偽の自白, せられたを絞り, せられた血みどろの章一, せられた行動の上, せられた行賀などは興福寺, せられた表現に親しみ慣れる, せられた表象内容そのものにおいては基礎, せられた表面の口, せられた裏側には常に, せられた裏面の魂胆, せられた裴家は李唐, せられた製作の時代, せられた複合的綜合的統一体なる表徴能力, せられた複雜無限の連鎖, せられた西洋の戯曲, せられた要求と拒絶, せられた覚えはない, せられた角兵衛とはいかなる, せられたで當時梵學, せられた言語の何層倍, せられた記憶はある, せられた記録的なもの, せられた許多の証, せられたは渉筆, せられた証拠がある, せられた証跡もない, せられたによつて, せられた詩味の豊か, せられた詩歌やまた, せられた話世降っては, せられた語部が物語, せられた誠実も亦, せられた読者はわたし一人, せられた課長を中心, せられた調子が全, せられた諷刺がなかつた, せられた諸侯の総数百六十九家, せられた諸君が多い, せられた譜本の中, せられた警察署へ往, せられた豊富なる材料以外, せられた貝原益軒の, せられた貞観十三年という年, せられた責任は成功, せられた貴種の御子, せられた資料の前, せられた賢太郎が大きな, せられた質問は, せられた贅沢な富貴, せられた贋物古い家具, せられた人間的霊体の, せられた超然的夫婦である, せられたである, せられた足場をつくる, せられた身の上はいく, せられた車夫は南本町, せられた軍人であった, せられたの荵草, せられた農民が今度, せられた近代精神としての, せられた近所の人たち, せられた迷信とから来た, せられた途中暫時伊豫の熟田津, せられた途端にピサロ, せられた通念に引張られ, せられた連中だ, せられた運動に之, せられた運命を何人, せられた道徳の異臭, せられた選手みたいにそれぞれ切符, せられた都市や農村, せられた都新聞の広告, せられたはこの, せられた釈尊も仏陀, せられただから, せられた銘苅子などもまた, せられた長安の事情, せられた間彼は一人, せられた関係の知識, せられた関所なり村, せられた閲歴を持つ, せられた陣太鼓鎗具足大砲なぞのうわさ, せられた階級のもの, せられた際私は二十年前, せられた雲霄の光景, せられた雷蔵も言, せられた電話なの, せられた霊物が来, せられた青い大きな波, せられた青年文人であった, せられた青木のため, せられた青銅の擬宝珠, せられた革命建設も結局, せられたもそれ, せられた頃吾妻橋から寺島町, せられた頗る疲労し切った, せられたをそこ, せられたをこつち, せられた顛末は明, せられた顧廣圻は百宋一廛賦, せられた風景だった, せられた風雲であります龍, せられた驚愕を表わす, せられた骸骨が不気味, せられた高原を野邊山, せられた高橋里美氏の全体主義, せられたの子孫, せられた黔首が少し, せられたが頗る, せられたの囃し, せられたPWは多い