青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~すんだ ~ず ず~ ~ずいぶん ずいぶん~ ずし~ ~ずっと ずっと~ ずる~ ~せ
せ~
~せい せい~ ~せう せう~ ~せざる せざる~ ~せし せし~ せしめ~ ~せしめた

「せ~」 49631, 492ppm, 199位

▼ せ~ (28755, 57.9%)

973 いた 590 いる 405 いるの 308 おいて 289 下さい 184 ゐた 180 置いて 177 ゐる 170 しまった 144 いたが 140 いたの 135 くれと 130 くれた 121 くれ 105 ください 104 いると 101 やる 97 やろうと 95 ゐるの 92 しまったの, それを 83 いただきます 76 やった 73 みると, やろう 68 ある, いるよう, しまつ 67 いました 63 しまいました 62 もらって 60 やって 58 来た 54 おけば 53 おくの 52 いること 51 くれる 50 おいた, やりたいと 49 見ると 48 あるの 46 やると 45 行った 44 やること, 自分の 43 います 42 居る 41 いて, いるという, おくん, おけ, 来て 40 やつた, やるの 39 くれたの 38 自分は 37 しまう 36 しまうの, ゐたが, 居るの, 来たの 35 いましたが, おいでに, きた, しまって, 下さいと, 下さいまし, 居た 34 いるうち, 置くの 33 いたもの, 貰ふ 32 いたこと, いただきましょう, いるが, おくと, やるから, 頂きます 31 いただいて, いるもの, おくこと 30 いった, くれるよう, やりました 29 おいたの, くれました, くれるの 28 いるん, やるぞ, やれ, やろうという, ゐると, 居ります, 行く, 見て, 貰って 27 おくれ, くれるもの, みた, 行くの 26 いるところ, やったの 24 あった, みたが, やらうと, 云った, 何か, 出て, 私の, 行つた 23 いただきたいと, いるから, 置いたの 22 いる間, みて, 帰って, 私は, 置けば 21 くれませんか, みたり, もらうこと, もらった, やりたい, ゐたの, 下さいませ 20 あります, おきました, おく, やれば, 貰つた 19 おりました, もらいたいと, 下さいな 18 いただくこと, いるので, いるばかり, おります, くださいませ, もらいましょう, もらおう, ゆく, ゐるやう

17 [11件] あった自動車, おきながら, くる, くれたこと, その上, ゐるので, 下さいませんか, 呉れた, 彼の, 歩いて, 置いた

16 [12件] あつた, いただきたいの, いただきました, いただけ, いるだけ, おいてから, みせる, もらいたい, やろうか, ゆくこと, 來た, 行くこと

15 [13件] いただきたい, いたので, おいては, やらなければ, ゐるが, 二人の, 彼は, 彼女は, 来るの, 自分で, 見た, 言った, 顔を

14 [12件] いるでは, お目, くれたり, くれないか, これを, よこした, 了った, 半七, 居りました, 置く方, 自分も, 貰いたいと

13 [20件] あるから, いただきたいもの, おくが, くれたまえ, くれという, しまうこと, それに, もらいます, もらう, もらおうと, ゆくの, ゐること, 呉れ, 置くこと, 行きました, 見せる, 見たり, 見るの, 貰った, 頂きたいと

12 [31件] ありますから, あるが, いたから, いただきますわ, いたよう, おくよう, くるの, くれい, くれて, くれれば, しまえば, ほしいと, みても, みよう, もらつて, やりたいの, やりたいもの, やりたかった, やるが, やれと, 上げたいと, 呉れと, 手を, 持って, 敵の, 来る, 立って, 置くが, 近づいて, 頂いて, 黙って

11 [24件] いたと, いたという, いるに, おしまいに, お上げ, くれること, しまひました, そこに, なるもの, みたいと, もらうと, やるん, ゐたので, 叫んだ, 家の, 居たの, 戴きます, 来たもの, 来ました, 置くと, 見せた, 見せて, 貰おう, 頂戴

10 [34件] あげます, あげようと, あると, いただきまして, いたところ, おかねば, おけと, きたの, きて, くれたが, くれると, しまいます, しまふ, それから, みようと, もらいたいの, ゆくため, ゐるもの, 人を, 帰した, 来たが, 私を, 置きながら, 置く, 自分が, 行くと, 行って, 貰いたい, 貰います, 貰ったの, 貰は, 遣る, 静かに, 頂戴な

9 [40件] あげて, あげよう, あったの, いいました, いただきとうございます, いたに, いるか, いるかの, いる中, おいたが, おくれよ, おりますが, くれない, くれないの, くれなかった, しまうよう, しまったこと, しまったもの, しまったん, しまふの, その中, それが, それで, もらったの, やったが, やっても, やつて, やるよ, ゐます, ゐるばかり, 下すった, 呉れる, 寝て, 居ると, 彼を, 息を, 持つて, 考えて, 見れば, 貰ひ

8 [58件] あげたいと, あるん, いたかと, いただきまする, いなかった, いるその, いる時, おいても, くださいませんか, くださりませ, くれたもの, くれなければ, くれぬか, くれるから, ここへ, ごらんなさい, しまったが, しまっては, しまつたのである, ひそかに, ほしい, みせるぞ, みること, みれば, もらいました, やったり, やらねば, やりたいが, やりたいという, やります, やり度, やるため, やるつもり, ゐました, 下さいよ, 下されと, 入って, 家へ, 平気で, 彼女の, 待って, 御覧に, 急に, 戴きたいと, 戻って, 横に, 欲しいと, 済まなかった, 男の, 眺めて, 考へて, 落ちて, 見ても, 見よう, 見ようと, 貰いました, 貰はう, 金を

7 [61件] いただいたこと, いただく, いただくの, いたん, いったの, いても, いますと, いるお, いるだろう, いるのに, いるらしい, いるわけ, いる女, いる姿, いる者, おかないと, おく必要, おりまする, くれた人, くれないん, くれます, くれよ, くれるな, くれる人, くれ給え, しまったという, しまったよう, その日, みたい, もらいに, もらうよ, もらえば, もらったこと, もらつた, やりながら, やるという, やれよ, ゆくと, ゆくという, ゆこうと, 下さいね, 下さいましな, 下されば, 了う, 了ふ, 今の, 呉れました, 戴いて, 水を, 生きて, 眼を, 私が, 笑った, 笑って, 置いては, 聞いて, 自分を, 行かなければ, 行こうと, 言いました, 頂きました

6 [73件] あげたい, あげるから, あげるよ, あるという, いいの, いただけば, いるし, いるであろうか, いるよ, いるらしかった, いる事, いる様子, いる男, おいたから, おかなければ, おきたいと, おきましたが, おくに, おこう, おやり, おりましたが, くだされ, ごらんに, しまうと, しまつて, すぐに, そこの, それへ, たずねた, みせて, みましたが, みよ, みる, みるが, みるの, もらいたいという, もらうの, もらうよう, もらったり, やるか, やるもの, やるよう, よこしたの, 上げますよ, 下さったの, 了つた, 云つた, 仕事を, 何の, 冷然と, 口を, 外へ, 天井を, 娘の, 山の, 帰った, 後に, 戴きましょう, 来ると, 火を, 目を, 相手の, 私に, 笑いながら, 置きました, 胸を, 行ったの, 訊いた, 走って, 部屋の, 頂きたいの, 頂きましょう, 頂きますわ

5 [105件] あげる, あげること, いただきますが, いただきますと, いただこうと, いた男, いた私, いって, いない, いなければ, いるかと, いるかを, いるのみ, いる人間, いる彼女, いる私, おあげ, おいたので, おくつもり, おくという, お置き, きました, くださいと, くれたから, くれても, くれるだろう, くれる事, くれん, くんな, こっちを, しまわなければ, ともかくも, はいって, みせると, みたの, みますと, みようか, みようという, みろ, もらおうか, もらおうじゃ, もらはう, もらふこと, やったこと, やりたいよう, やりましょう, やるからと, やろうじゃ, よろこんで, ゐたこと, ゐたところ, ゐて, ゐるといふ, ゐる間, 一緒に, 上げて, 上げよう, 下さって, 下さる, 下さると, 二人は, 今度は, 出して, 呉れたの, 呉れないか, 外に, 夫人の, 居りますが, 居るが, 居ること, 山を, 帰すの, 戸を, 欲しい, 死んで, 氏人に, 泣いた, 泣いて, 海の, 物置の, 石の, 窓の, 置いた自動車, 置いてから, 置かないと, 置かねば, 置こうと, 行くという, 見せると, 見たいと, 見ましたが, 貰うこと, 貰おうか, 貰ひたい, 身を, 通って, 遊ばせて, 遣るの, 酒の, 酒を, 階段を, 頂きたい, 頭を, 食事を, 髪を

4 [210件] あげましょう, あげますよ, あげると, あたりに, あった駕籠, あって, ありますが, あること, あるので, い, いくの, いたお, いただいたわけ, いただかなければ, いただきたいん, いただきますでございます, いたばかり, いたり, いた人, いた時, いったところ, いつた, いないの, いながら, いますが, いまは, いるこの, いるつもり, いるとき, いる人, いる原因, いる家, いる日本, いろいろの, え, おいたところ, おいたもの, おいたん, おいた自動車, おかなかった, おきたかった, おきましょう, おくといふ, おくなんて, おくわけ, おく方, おる, お上げなさい, お君, お呉れ, くだすった, くるよう, くれそれ, くれたと, くれたという, くれたので, くれたよう, くれたら, くれないもの, くれるという, くれるやう, くれ給, くんねえ, ここに, しまうもの, しまおうと, しまったと, そのま, その前, その姿, その男, だまって, ちょうだい, ぢつと, ついて, つかわせ, どこからか, なろうか, みせた, みては, みました, みましょう, ものを, もらいたいもの, もらいまた, もらう事, もらったもの, もらっても, もらふと, もらわなければ, やつたり, やらあ, やらう, やらなくては, やるからな, やるだけ, やる事, やる必要, やろうそう, ゆかねば, ゐたり, ゐるうち, ゐるから, ゐるだけ, ゐるに, ゐるのに, ゐるん, ゐる彼, 一人で, 一斉に, 上げます, 上げますから, 上げようと, 下さいました, 下さりませ, 之を, 二人で, 二階へ, 云うの, 人々が, 人間の, 介抱し, 來て, 來る, 例の, 元の, 先へ, 前の, 呉れるもの, 呉れるやう, 呉れ給, 夜の, 大川の, 奥の, 奥へ, 女は, 女を, 妻の, 娘を, 子供の, 家を, 小僧に, 小田原へ, 居たが, 居るうち, 居るので, 山谷の, 帰して, 平次と, 平次は, 彼が, 彼等を, 急いで, 日本の, 月の, 来たので, 来たん, 様子を, 次の, 死骸を, 気の毒だった, 水の, 汗を, 江戸へ, 汽車が, 泣き出した, 相手を, 立つ, 置いても, 置きたいと, 置きましたが, 置きます, 置き度, 置くに, 置く必要, 置け, 考えること, 考えれば, 考へるの, 自分たちの, 自分だけ, 行きます, 行くため, 行くに, 行くもの, 見せるの, 見たい, 見たが, 見ようという, 見る, 言つた, 貰うて, 貰つてゐる, 貰ひたいと, 貰ひます, 貰ひませう, 貰へ, 足を, 返事を, 逃げて, 連れて, 遊んで, 運んで, 遣ると, 頂いた, 頂きとうございます, 頂き度, 頂くつもり, 頂けませんか, 骨を

3 [406件] あげた, あげたいの, あげたが, あげても, あげなければ, あったから, あったので, あなたは, あの人, あるく, あるけれども, あるもの, あれお前そんな, あれは, いきました, いく, いたし, いただいた, いただいたの, いただきたく存じます, いただきとうございますが, いただきとう存じます, いただきますよ, いただくわ, いただけますまいか, いたであろう, いたとは, いたのに, いたよ, いた彼, いつまでも, いないよう, いますから, いるあの, いるかという, いるかも, いるそう, いるだけの, いるだろうか, いるとは, いるとも, いるはず, いるほどの, いるものの, いる上, いる人々, いる例, いる処, いる力, いる彼, いる所, いる次第, いる自分, いれば, おあり, おいたこと, おいたまま, おいた通り, おかなくては, おきたいこと, おきたいの, おきます, おくさ, おくはず, おくほう, おけよ, おこうと, おったの, おやりなさい, おるが, お勝手に, お君さん, お置きなさい, お見せする, お貰, ききました, きたところ, きます, くださいまし, くださいました, くださいよ, くださらないの, くれたこの, くれたに, くれた恩人, くれた時, くれとは, くれないので, くれまいか, くれますよ, くれよう, くれようと, くれようもの, くれるぞ, くれるに, くれるので, くれるん, くんなよ, ここまで, これは, こんなこと, ご覧に, さうし, さかなは, さへ, しまい, しまいそう, しまいながら, しまうから, しまうが, しまうだけ, しまうところ, しまうん, しまう事, しまえ, しまおうという, しまったから, しまったに, しまったので, しまつた, しまつたのは, しまはなければ, しまふこと, しまふやう, しまふん, しまわないと, すまなかったね, そういった, そこから, そこへ, そこらを, そつと, そのあと, その後から, その時, その間に, そら中, たまるもの, つかわそうぞ, どこかへ, どこへ, なるもん, のそのそと, みたらどんな, みるか, もって, もとの, もらいさえ, もらいたいな, もらいましたが, もらいますよ, もらえませんか, もらえるか, もらえれば, もらっただけ, もらふ, もらわねば, やったよ, やったん, やった方, やっと, やつても, やつと, やらうといふ, やらないから, やりたいわ, やりますと, やるぜ, やるところ, やれという, やろうって, やろうよ, ゆくもの, ゆくよう, ゆく力, よこす, ゐたと, ゐたん, ゐなかつた, ゐましたが, ゐますが, ゐるかの, ゐるところ, ゐるよ, ゐる様子, 一つの, 一種の, 三人の, 上げようか, 上げるから, 上げるが, 上げること, 上って, 上やうと, 下から, 下さいこんな, 下さいましと, 下さらないの, 下さらばとて, 下さるか, 下さるの, 下され, 下されこれ, 下へ, 世間の, 丘の, 両手で, 両手を, 主人を, 久し振りに, 了ひました, 二人ほど, 二人を, 二階に, 云いました, 云ひました, 人民を, 今は, 介抱した, 何を, 何事も, 作ったもの, 使を, 來ました, 俯向い, 俺の, 僕の, 僕を, 元気を, 兄の, 先に, 兎も, 八丁堀の, 八五郎と, 八五郎の, 刀の, 前に, 勝手な, 参りましょう, 受話器を, 吾, 呉れるの, 呉れる人, 喜んで, 囁いた, 四方を, 声を, 妻や, 子には, 室内を, 家中を, 尋ねた, 尋ねました, 少しでも, 少しも, 居たこと, 居たので, 居る中, 居る所, 左右に, 巧みに, 帰そうと, 帰りました, 平次の, 庭石に, 彼方此方に, 後を, 御覧なさい, 急を, 恩師の, 我れ, 或る, 扉を, 手で, 手に, 括り枕に, 早口に, 暫くは, 最後に, 朝から, 木の, 未来の, 本郷の, 来たか, 来たかの, 来たこと, 来たという, 来たよう, 来た時, 来ます, 来ること, 枝を, 梯子段を, 楽しんで, 歩きながら, 歸り, 段々と, 母さん今戻, 母に, 気の, 気を, 氷の, 火の, 無理に, 煙を, 煙草を, 熱心に, 父の, 爾し, 町の, 町を, 畳の, 畳を, 真赤に, 睡らせながら, 石垣の, 秀吉の, 秘かに, 秘密を, 穴の, 突っ立っ, 窓から, 立ちあがった, 立つて, 笑うの, 笑つた, 笑ひ, 答えた, 紫の, 綿銘仙の, 縁喜の, 置いたから, 置いたので, 置いたよう, 置いた車, 置かなかった, 置きたいの, 置きましたから, 置くという, 置くよう, 置くわけ, 置くん, 置く事, 腕を, 腰を, 自由に, 自身に, 若い男, 茶の, 蓋を, 行かねば, 行きたいと, 見せます, 見せようとて, 見せるという, 見せるよ, 見たところ, 見なければ, 見ました, 見ますと, 見よと, 見ること, 見るといふ, 見るに, 見るも, 見る必要, 貰いたいの, 貰いましょう, 貰うの, 貰おうよ, 貰へる, 足の, 身体を, 迎えに, 近寄った, 逃げようと, 逃げを, 通った, 進んで, 遣つて, 遣らなくては, 遣るが, 遣ろうと, 部屋を, 都へ, 錠を, 闇の, 階下に, 隣の, 非常に, 頂いたし, 頂いたり, 頂きたいん, 頂きますよ, 頂きませう, 頂けば, 頭の, 風の, 飛んで, 食べて, 食べながら, 食わせて, 飯を, 首を, 驅け, 黙りこんで

2 [1204件 抜粋] あげたくて, あげますから, あげるん, あったと, あった円タク, あつて, あなたを, ありましたよ, あるに, ある土地, ある筈, あれば, いいもの, いきなり二階, いくらかでも, いたか, いたそう, いただいたので, いただいても, いただきに, いただきましたわ, いただきますで, いただきやしょう, いただくが, いただく前, いただけの, いたもん, いたガラッ, いた位, いた時代, いた頃, いつて, いてから, いないから, いないと, いらっしゃるの, いるでしょう, いるのね, いるらしいこと, いるんで, いる仕事, いる南側, いる国, いる奇妙, いる容子, いる岩石, いる描写, いる最中, いる武士, いる点, いる若い, いる限り, いる風, えと, おいたかも, おいたという, おいたはず, おいた方, おかない, おきなさい, おきまして, おき度, おくだけ, おくまいと, おくより, おくれ僞善, おく法, おしまいなさい, おびき寄せようと, おやんなさい, おりその, おりますの, おるの, おれと, おれは, お六, お前の, お勝手の, お延, お父様, お辞儀を, お酒, かれは, くださいますか, くださるの, くるか, くるもの, くれたか, くれたまい, くれたわけ, くれないかね, くれないで, くれなかったから, くれねえ, くれましたね, くれるかと, くれるかも, くれるって, くれるであろう, くれるどころか, くれる家, くれ今, こい, こくり, こちらを, この前平次, この自分, これへ, ございますので, さすがに, さまざまの, さらに宴, しまいたい, しまいましたが, しまいますから, しまうかも, しまうだけの, しまうという, しまうほど, しまえるの, しまったほう, しまった今, しまつてゐた, しまふか, しまふもの, しまわないうち, じっと聞い, すまない, すみませんでした, そして自分, そのお, そのつぶら, その下, その噴水, その実, その方, その結果折角, その赤裸, その間の, それぞれの, それと, それも, ために, だれにも, つくったもの, つれて, どうしよう, どうだ, どこまでも, ならなかった, なんに, のっしのっしと, はつたんと, ふるえて, ほしいもの, ぼくに, まいりました, まとめて, みせました, みたい気, みたこと, みたん, みます, みようといふ, みるから, みるに, もらいましょうか, もらいますぜ, もらうつもり, もらうわ, もらう方, もらえなかったの, もらえるならあの, もらったが, もらったん, もらひたい, やったあの, やったとか, やった手紙, やらないよ, やりさえ, やりたいもん, やりたい気持, やりたかつた, やりたくなった, やりますよ, やるかな, やるさ, やるも, やる方, やろうとも, やんなよ, ゆくその, ゆく社会的, よいと, よいわけ, よこす必要, わきめも, ゐたけれど, ゐた青年, ゐるか, ゐるその, ゐるらしい, ゐる場合, ゐる有様, キャラコさんの, ズイと, ヂウ, パッと, ピシャリ, ホテルに, 一と, 一匹の, 一息に, 一日に, 一本立ちの, 一突きに, 三人で, 上げたい, 上げたいもの, 上げますが, 上げませう, 上手に, 下さいって, 下さいますか, 下さりませと, 下さるよう, 下すっ, 下せえ, 下に, 不足の, 世間を, 中に, 主人の, 主客の, 了いました, 了っては, 二つの, 二町の, 京都の, 人々の, 人に, 人も, 人間を, 今日に, 今日まで, 仕舞った, 以後は, 何も, 何者かが, 余等を, 偉くも, 傷の, 働いた若い, 入つて來, 全軍, 其れ, 其方許り見た, 凝と, 出づ, 出來, 出掛けて, 刀を, 別れた, 利助の, 前を, 動いて, 勝つという, 十年もの, 反問した, 口の, 叱, 吃驚し, 同じ程度, 向って, 吸うた煙, 呉れたあの, 呉れといふ, 呉れよ, 呉れろと, 呑んだ, 呶鳴った, 呼鈴の, 唸るよう, 喜んだ事, 四辺を, 地へ, 地面に, 坐って, 型の, 城外へ, 売って, 夜ふけの, 大きな声, 大事に, 大勢の, 大急ぎで, 大衆に, 大騷ぎ, 夫婦に, 奧の, 妙に, 妾に, 姿を, 嬉しさうに二三度, 宅へ, 客を, 宵闇の, 家出を, 寛ろいだ, 小六は, 少し離れた, 居たガラツ八, 居ながら, 居りましたが, 居るやう, 居る樣子, 山に, 左手奥へ, 帆村の, 帰すと, 平次に, 年にも, 床の, 度を, 引摺り上げます, 役所に, 往来を, 御挨拶, 御覧, 快活な, 念入りに, 恐怖に, 悪かった, 悲鳴を, 意味あり, 戴いた, 戴きとうございます, 戴きますが, 戴きますの, 戴くの, 扉の, 批評を, 敵へ, 文を, 日が, 日本を, 明智探偵の, 春の, 晩飯も, 暖簾を, 暮して, 月丸を, 本所の, 村の, 来たでは, 来ようとは, 来れば, 杯を, 柴を, 梯を, 槍を, 次の間へ, 歌を, 此家に, 此方を, 武蔵は, 歯を, 殺した, 母子は, 気が, 気の毒だ, 氣の, 江戸の, 流れて, 涙を, 混ぜて, 源氏の, 漲り落つる噴井, 無恰好, 無智, 然る, 煙管を, 片手を, 物をも, 獻りました, 生垣の, 町へ, 番頭の, 病気を, 白い頸, 盃を, 直ぐに, 眉を, 眼鏡を, 矢の, 砂の, 私たちの, 突進し, 立つた, 立派に, 笹野の, 答えました, 箸を, 粥を, 紋付を, 縁側の, 置いたこと, 置いての, 置かないやう, 置かなかつた, 置きし小, 置きたい, 置くか, 置くため, 置くでも, 置く奴, 置て, 考へる様, 聞いた, 聞きながら, 肉を, 胸の, 自らは, 自分だけは, 自分一人で, 興を, 舟は, 船頭の, 良人の, 苦しい店, 茂太郎の, 茶漬を, 荒物屋の, 蓋の, 蛇の, 行くよう, 行く侍, 行けば, 行つ, 表現する, 裏庭の, 裸に, 見せるから, 見たかったの, 見た処, 見ては, 見るが, 言ったが, 言ふ, 訪ねて, 話を, 読んで, 調べて, 貰いに, 貰い天井, 貰うから, 貰うよう, 貰えませんでしょうか, 貰おうと, 貰つ, 貰ひなはれ, 貰ひまつ, 貰わにゃ, 賑やかに, 走つて行, 踊る, 転がって, 辻褄を, 返して, 退つ引きならないやう, 逃げたなんて, 這入って, 通る, 道を, 遣ったよう, 遣は, 遣りたいと, 遣れば, 酒や, 野原の, 鍬を, 階下へ, 隠して, 雪の, 面白い, 頂いたもの, 頂きたいもの, 頂きましたが, 頂くこと, 頂くという, 頂く訳, 飛び込んで, 食って, 饗応至らざる, 馬の, 駄々を, 高らかに, 鳴かぬ虫, 鼓の

1 [11342件 抜粋] あいすみません, あげてたの, あげよかね, あちらで, あった唐風, あつたの, あの餓鬼め, ありますよ, あるクロ, ある妹, ある直家, あれへ, いいと, いきなり尻, いけねえ, いたぜ, いただきたいけど, いただきましたが, いただきまするが, いただくならその, いただけましたらと, いたのみ, いた不幸, いた友達, いた川島, いた松, いた瞬間, いた邦夷, いちどにドッ, いつもいちばん, いなかったろうし, いまや餓死, いらっしゃるその, いるけれども, いるとの, いるらしくバシャバシャ水, いる一方, いる人生, いる動乱, いる地点, いる子分, いる弟, いる文学青年, いる様, いる熱, いる穂高山, いる芝居, いる道端, いる高い, うちかけを, うツぷうツぷ, おいたなら間違い, おいた偃月, おいた桜, おいた黒奉書, おかない智恵, おきちょうど, おき清十郎, おくだけの, おくれでないよ, おく米友, おこうじゃ, おつかわし, おほ, おらな, おりましたので, おろし立て, お妻, お正午近く, お粂, お詣り, かえって痛快, かなり堂, ききたいと, きた二十余輛, きっと大臣, くたばつてしま, くださらなかったん, くり返す, くる軍馬, くれたであろうがな, くれた同所, くれた老女, くれなかったかと, くれの, くれるかしらとも, くれるなよ, くれる今日, くれる気, くれ又, ぐったりと, こう嘆声, ことばを, この喜び, この点, これから急ごう, ございますから, さしあげました, さて改めて, さ聞かせ, しじゅう着させた, しばらく席, しまい以前, しまうとも, しまう西洋, しまったほか, しまった程, しまひ何百兩, しまわねば, じっとお, すき見を, すでに深紅, ずるずると, そうして二つ, そして一しょ, そっと表, そのままに, その五臓丸, その原稿, その将来, その手先, その注意, その緩急混合, その質, それからふと, それから食堂, それとなく注意, たたいた, ためらった, ちょいと, ついに声, つめ寄って, とっさの, どうしてももう一ぺん, どんな密談, なにかつかみだしました, なんとかし, のっそり下り, はっきりと, ひそんで, ひひひと, ふたたび馬超, ほおかむり, ほんとに間一髪, ますます声, また元, まっ先に乗り出し, みずから原理を, みせるので, みたけれど, みた事, みやう, みる事, めでたいもの, もえいと, もどって, もらいましょうと, もらうとして, もらえないかね, もらおうそれ, もらった遊民, もろた, やったいろいろ, やったらどんなに, やった車夫, やや口, やらぬの, やりたいわね, やりたくも, やりますでございますお, やるそういう, やるほど, やる法, やれるか, やろう巖ちゃん, ゆくそれ, ゆく本, ゆっくりお, よう, よく調べ, よこしガス, よろこぶ子, わざと手間どる, われわれの, ゐたアングル, ゐた私ども, ゐら, ゐるつまみ喰, ゐる中年男, ゐる奴, ゐる梟, ゐる訣, アパアトへ, エイヤッドタリと, ガラスの, クロバートカ, コーヒー園に, スグ洗い立てさせる, ダルメイダは, ドッタリと, ハダカに, フォクを, ペチャンコに, マントの, レヴェズを, 一つ飲み, 一刻をも, 一廻り廻つて來る, 一時追い出し, 一生らくに, 一間に, 三べん, 三町の, 上げますけれど, 上り列車, 下さいお願い, 下さいませんでしょうか, 下さったが, 下さらなかつたん, 下さる手織木綿, 下車し, 世を, 中二階の, 主從, 乾いたもの, 了へる, 二三度満足さう, 云い訳, 五王, 人命を, 今一方の, 仕舞う芸術上, 以前の, 伏兵の, 低く高く飛ぶ, 何もかも掻き消そう, 余ある, 作爺と, 係り同心の, 倒れるとき, 僅か四銭, 兇暴の, 入り込んで, 公卿の, 其の苦痛, 其金を, 再び表, 凄まじい轟音, 出られなくして, 分析し, 刺客として, 加之も, 勘次は, 医師の, 千種十次郎は, 南北に, 厩に, 又殺す, 取り統べよ, 口まで, 叮嚀に, 右手では, 同じく人, 吐鳴る, 吹く風, 呉れたもの, 呉れようが, 呉れ貴様, 和服に, 商売用の, 喘ぐよう, 嗜む和歌, 四手駕三挺エイ, 園の, 坐の, 堪るかい, 壁に, 外っぽ, 夜夜中でも, 大きな口, 大坂城内, 大沙漠, 大阪鮨の, 太陽の, 契りを, 女房等は, 始めて収めえたる, 嫁入らせよう, 学校で, 完全なる, 客間の, 容子を, 密告させる, 寝衣, 射ったため, 小吉を, 小花ねえさんに, 少年の, 居たに, 居ましたが, 居る一代前, 居切れないの, 山家に, 嵐に, 差し上げなど, 布團を, 帰ったそう, 干したもの, 庁上から, 座席の, 建部の, 引つきりなし, 強く酔, 彼女を, 後で調べる, 徐四は, 御名五つあり, 御車を, 心配した, 念じた, 思わず足, 怱々に, 悄然と, 情けなく思わせ, 愛情の, 成仏せん, 戯れて, 戴く方, 房枝の, 手習させ, 抑えつけて, 押込むようにそれぞれの部署に, 持久戦を, 捕って, 探せば, 撥ね返す, 故意に, 整然と駆け, 斜に, 新しく一本, 旅館の, 日陰者に, 明るさ, 是が, 時折り, 暗にそう囁き合っ, 書いたの, 最高点を, 朝鮮で, 本当に焼け死んだ, 来おった, 来たら見せて, 来た大阪, 来た返辞, 来ようと, 来る小姓, 松の, 栗橋宿の, 棟に, 楽屋へ, 橋場から, 歌うだけ, 此寺に, 歩く婦人, 死なないやう, 残る九, 母親の, 気の毒な, 氷を, 汽車に, 泉水を, 注意深く周囲, 流し下, 浮舟の, 涼風を, 渇を, 渡る夕風, 源氏は, 漕ぎ出した, 瀧田さんへ, 無かった, 煙管の, 父へ, 物音の, 猛虎の, 珍らしく, 生きる互, 用人大沢幸吉に, 男女が, 異種殊俗の, 登城の, 白禍に, 盆を, 直ぐそれ, 相手は, 真南, 眼くばせ, 瞬間の, 研ぎ出した, 神楽坂の, 秋の, 穴から, 窓ぎはに, 立ち上がった姿, 立停った, 笑い興じ, 箱根へ, 紅毛人特有の, 細工場の, 給わるまいか, 縁の, 置いたらいい, 置いた財布, 置きさびし, 置き野外演習, 置く沼間夫人, 置場へ, 義経主従は, 考えては, 聞き給はず, 肌着まで, 能く, 自らその, 自害と, 與へ, 船脚を, 花粉の, 苦しみを, 荷を, 落ちた, 蒲団の, 藝當などを, 蜀兵を, 行きましたけれど, 行くより, 行く懐かしい, 行ったばかり, 街道を, 裏返したり, 西山教頭を, 見せましょうか, 見たいよう, 見たら龍之介, 見ようぢ, 見惚れて, 覚える喜び, 解けた髮, 言葉忙しく, 詩人でなく, 誤ること勿らしめ, 調べさせたそう, 謙信の, 象牙の, 貰いてえね, 貰うが, 貰えませんか, 貰ったその後, 貰つたまでの, 貰はにや, 貰ッた, 質屋通いを, 走る様, 跳び降りた, 身體が, 転深, 迎えました, 返納せ, 追羽子を, 逆さに, 通り過ぎるくらい, 進げたい, 遅々と筆, 過失で, 遣った所, 遣ろう, 部下百騎ほどの, 酒肴を, 野に, 針に, 錢を, 長次郎は, 間違いが, 降って, 階段の, 雄弁を, 雲隠れの, 青梅の, 音高く, 頂きましょうそう, 頂けますまいか, 頬から, 顔や, 飛ぶが, 食物を, 饗応した, 駆け出す足袋はだし, 騎り出す, 高慢な, 鵜のみに, 默つ

▼ せながら~ (2609, 5.3%)

19 云った, 言った 16 言つた 13 自分の 12 答えた 10 歩いて 9 それを, 彼の 8 そこに, 彼は 7 云つた, 私の, 私は, 自分は 6 いった, 夢の, 彼女の, 訊いた, 静かに, 頭を, 首を 5 両手を, 出て, 彼女は, 黙って

4 [14件] みんなの, 一人で, 二人の, 大股に, 家の, 帰って, 手を, 煙草を, 熱心に, 玄関に, 眼を, 立つて, 話した, 身を

3 [26件] いいました, かれは, こちらへ, これも, そこへ, そらを, のっそりと, はいって, やつと, 何か, 右手で, 大きな声, 山の, 急に, 早口に, 歩いた, 立って, 美登利さんは, 耳を, 聞いた, 聞き耳を, 遊んで, 開いて, 階段を, 頭の, 黒い瞳

2 [162件] あの特有, いくぶん自分, いつた, いつまでも, いつもの, お八重, お増, お文, お正月の, お麗さん, ぐんぐんと, こう云った, こう言った, これは, こんなこと, こんな事, さう, さうし, しきりなし, じっとし, そつと, その方向, その時, その男, そんなこと, た, ぢつと, どうか, どうかし, ぬッ, まあ親方様, まだ冷酒, みんなを, むこうの, やがて乗りつけた, やさしい声, やって, やって来て, やつて, ズウツと, ペリカンの, 一と, 一人の, 一度消, 一方では, 上って, 上の, 両手で, 中の, 云いました, 云ひました, 人物を, 今にもここ, 今度は, 今日まで, 今松, 仰有, 何つまでも, 何やら深々と, 何人も, 何処とも, 倦怠る, 入って, 入口の, 出来るだけ, 刺したもの, 原詩の, 又三千代, 又或, 叔父と, 口を, 叫び声を, 叫ぶの, 叫んだ, 向うの, 呟いて, 呻いた, 唇を, 喚いた, 四辺を, 坂を, 声の, 売って, 夜雲の, 夢を, 大声に, 大船の, 天井を, 奇妙な, 奥の, 女の, 妙な, 妻に, 娘の, 室の, 小声で, 山へ, 帰つて来た, 幾度も, 座敷の, 廊下を, 当り前の, 後に, 後を, 息も, 息を, 戻つて, 扉の, 手すりの, 手ぶりで, 手足を, 拭き始めた, 揉みに, 斯んな, 旅人に, 更衣時の, 有合せた, 林の, 案内に, 森製作所へ, 楢の, 極度に, 樋を, 歩き出した, 死んだやう, 死人の, 流れて, 漸く心持, 無理やりに, 燃えて, 父に, 現はれる, 目を, 眼の, 私を, 空と, 笑った, 笑って, 笑つた, 聞いて, 聞こえて, 肚の, 自分が, 自分で, 舌で, 蓮の, 西の, 見ると, 言葉を, 語った, 走った, 走って, 足を, 近づいて, 部屋ぢゆうの, 針を, 銀場の, 門の, 雨戸の, 電光の, 風に, 饒舌りあい

1 [1938件 抜粋] あかりの, あっちや, あの嘗て, あまり大きく, ある種, あーああーあああ, いおうかいう, いきなり水, いざと, いたわるよう, いっぱいに, いつも動かず, いまも, いろいろと, いわゆる稲妻形, うねるやう, おし合いへし合い, おつ, おまん, おれの, お城, お庄, お稲, お近づき, かかる仕事, かすかに, かぼそい声, ききかえしました, きよと, くつきり晴れた, ぐっと押し込ん, こ, こう求めた, こちらの, こっちに, この天井裏, この涯, この邸, これ等の, ささやきました, さてこう, さも一大事, さりげない, しかしいかにも, しかし又一方, しかし私, しかも寂然, しきりにどく, しつこく同じ, しばらくずつ, しめやかに, じいっと浪, じっと呂馬通, じっと汽車, じつと, すぐに, すすって, すねて, するどい爪, せかせかと, せっせと通いました, そういっ, そうっとうしろ, そう金地院範覚, そこは, そっとレエヌさん, そっと私, そのうす暗い, そのそば, そのはなし, その五, その切ッ, その場, その巌石, その後ろ, その新入り, その泥, その玉, その空気, その風変り, それが, それでもまだ, それでも漸く, それは, たずねると, たった一両, たのしそう, だもの, だんだんガチョウ, ちょうど若い, ついて行くが, つづけた, である, でもそんな, とっとと歩い, とんで, どこやらの, どんな気持, なおも女, なお走った, なぜとも, なほ進ん, にたにたした, にんじんを, のぞいて, はうよう, ひげだらけ, ひょこと頭, ふしぎそうな, ふと眉, ふんぞりかへ, ぼんやりし, またもや叫んだ, また座敷, また酒, まっこう, まぶしそう, まるで弟, みて, むずかしい顔, めったや, もう一度烈しく, もち上つた, もどかし相, やがて確信, やって来たの, やっとついて行った, やはり泣き笑いみたい, ゆく, ゆつくり, よく示した, ろれつの, わたくしも, わめくの, アラビア人が, キャタストロフに, クリストフの, ゴウゴウと, サン・モリッツの, シヤベルを, ジリジリと, スッキリと, ソット扉を, テームズ河の, ト跪い, ノコノコ高座, ハンマで, ピグミーの, フランスと共に, ヘタヤタラと, ボートの, ポンタルリエの, マドロスが, モッケな, レエヌさんの, 一々それ, 一二秒ばかり, 一列に, 一定の, 一度ふれ, 一所懸命に, 一日背を, 一番大きい, 一緒に, 万太郎は, 三太は, 上った, 上天気に, 下りはじめた, 不安げに, 不自由さうに鍬を, 両腕, 主水之, 乾いた声, 争った, 二三度息を, 二人とも, 二階の, 云い鉄砲, 井戸の, 人々に, 人混みを, 人間的に, 今まで, 今日仲間入りを, 伊賀の, 低く子守唄, 体は, 何とそれ, 何事も, 何時までも, 作品活動も, 依然としてフランス, 係の, 俯向いた, 倉の, 傍へ, 傷の, 僕は, 兄に, 先生の, 全身が, 兩手を, 六十八年の, 其因果の, 円木の, 再び人気, 凝乎, 出發, 切符は, 前に, 剣を, 勇壮に, 勢いよく階段, 十四五年も, 半ば口の, 半巾を, 去年の, 反つて, 口の, 台所の, 各自に, 向い合った牧野, 呆れたやう, 呟くやう, 呻吟し, 咲き続いた, 唄声に, 問い返したが, 啜り泣いて, 喘ぐよう, 喧騒の, 囃すもの, 土塀に, 地の, 垂らして, 執念深く寺僧, 塗りさかずきで, 境の, 声は, 夏の, 夢中で, 大きくつぶやいた, 大また, 大将自身も, 大海人, 大骨折, 太杖も, 奉仕する, 女を, 女房の, 妻の, 始終の, 威張つて歩い, 嬲り殺しに, 子守娘を, 安藤竜太郎の, 宮家は, 容易に, 寝巻に, 射すこと, 小さい冒険, 小太郎の, 小林団長と, 小畑が, 少し仰向い, 尻の, 山下親方の, 山田へ, 嵐の, 左手の, 巨石で, 市役所に, 帳簿の, 平靖号の, 幾つかの, 床几で, 式台に, 引っかけて, 引返して, 形ばかりの, 彼等三人の, 待合へ, 徐かに, 御返事を, 微妙な, 微笑んで, 心配げに, 必要も, 忙しそう, 怒号する, 思い切った体, 思わず独木舟, 急ぎに, 怨みに, 恐々扉を, 恥ずかしそう, 悠々と, 意中を, 愛だけを, 慾深, 成丈長湯を, 戸口から, 戻つて來, 手には, 手燭を, 扱帶の, 抜け道を, 拡がって, 指の, 按摩に, 掌で, 揉合い, 揺れ出, 改札口に, 教養を, 斜めに, 新聞を, 日比谷公園の, 早く城下, 春の, 時々侍従, 時々歯, 晩くまで, 暗示的に, 暫らくの, 書斎に, 最初から, 朝の, 本当に飛びかかっ, 材木を, 東へ, 東郷五郎左衛門の, 枯つ, 校長の, 梯子段の, 楢夫に, 構は, 横目で, 次に自分, 次第に第, 正造は, 歩き, 歩むとも, 死んで, 母親の, 気味わる気味わる石段の, 水夫の, 永久に, 池ノ端の, 汽車の, 没して, 油雑巾を, 泳いでるの, 洞ろな, 活仏の, 浅ましい気持, 浩に, 浴みを, 消え去った時師父ブラウン, 涙組ん, 済まなさ, 満身に, 滑稽感を, 澄江の, 焜炉に, 無心に, 無気味な, 焦心る, 爪先立って, 父親が, 片手拝み, 物思いに, 狭い座敷, 玄関口から, 球皮の, 甚内の, 田舎者らしい, 男が, 町の, 異様に, 登った, 白々しくいった, 百合枝の, 皆の, 直に話頭, 真剣に, 眠りに, 着換え, 瞬く間電車, 矢立と, 破れ畳の, 社殿の, 祖母の, 私たちの, 秩父大宮の, 空中を, 突立った, 窮屈そうに, 立ち上った, 立ち止まって, 童子を, 笑わせながら, 答えて, 簡単に, 精, 素足で, 結構な, 続けた, 縁なし, 織りなして, 纔かに, 羽根を, 考え込んで, 聚楽第の, 股火を, 胸を, 腰まで, 臥床に, 自分一人の, 自轉車, 船体に, 艫の, 花から, 芸者を, 若君は, 英語読本を, 茶の, 荘田の, 落し試み, 蒸汽船が, 虎列刺に, 蜜柑を, 行かじと, 行ったり, 街道を, 裏の, 製作室へ, 西岡に, 見る習慣, 見慣れて, 見返して, 言うと, 訴えると, 話したくら, 話を, 誰憚る, 警護し, 讀むところ, 負けない気, 赤い浮木, 走り去って, 足しげく, 足早に, 路地に, 躍る血潮, 身振ひし, 車を, 辿って, 近づいた, 返事した, 追求し, 逃出し, 這入つて, 通り過ぎて, 進もうとして, 道, 遠くむこう, 那覇の, 郭淮孫礼の, 酒くさい, 重々しくうなずい, 銭勘定を, 長い編上げ靴, 長椅子に, 間の, 闇を, 雀部は, 雑談を, 雪を, 露の, 青ざめた頬, 面前に, 鞴の, 音楽堂の, 頻りと, 風の, 飛んで, 食べさせるところ, 饒舌り出す, 馬上で, 駆けだしはじめた, 駈け廻って, 驚きの, 高い小屋, 高縁, 鮒を, 鹿の, 黒い黒い雨雲, 默つてキチン

▼ せ~ (1501, 3.0%)

40 すちあん 26 やと 10 我は 9 そは 8 それは, 四条五条の 6 彼は, 是れ 5 こは, や, 其は, 吾人は

4 [13件] やとおも, よいか, 之を, 今の, 伯の, 侯の, 侯は, 則ち, 彼の, 彼等は, 日本は, 此の, 閣下は

3 これは, なり, もって, やとて, われは, 之に, 予が, 天下は, 如何, 斯る

2 [96件] いかにし, いかにせまし, いかばかり人, いくらでも, いよ, おどされたる妓愕, この人, これらの, さめざらまし, その夜淵逆浪, たと, なにゆえに, なまなかに, みな切な, やなど, よい, よろしいか, ホウラなだれを, 一ツは, 中味は, 予等独自の, 今日伯を, 他の, 以て, 以上の, 伊藤侯の, 伊藤公爵は, 伯父が, 何を, 余は, 侯たる, 優勝劣敗は, 先づ之, 先生も, 公は, 其の人如何, 其の結果, 其何等かの, 其徴する, 其政治家として, 其謬見や, 処女の, 即ち唯, 吾は, 吾人豈, 唯だ, 大なる, 大隈伯は, 大隈伯稍, 女の, 如何に, 妾は, 孰れ, 宜い, 宜いが, 宜からん, 容易に, 已ん, 彼を, 彼女が, 我の, 手を, 数万の, 日々に, 早々, 早や, 更に明白, 武断政治の, 武藏の, 残る所, 毎日少く, 汝の, 汝は, 男の, 真淵以下, 秀子は, 私も, 自由党は, 自由黨は, 若し又, 試驗科目の, 詩に, 誰かは, 論理上撞着の, 諸君よ, 足りなむ, 輙ち, 遂には, 遥に, 間に, 閣下の, 閣下恐らくは, 陛下は, 面倒なり, 韓民の, 鱗の

1 [1094件 抜粋] あえてとが, あたかもこれ糧食, あらは, あるいは改めて, いい, いか, いかなる術, いかに面白から, いくら凡愚庸劣, いつの, いよいよ悲惨, うまい字, おそらく今日, お伝も, お菊, かかる悲哀, かくやく, かの俊足, かりそめならぬ朝, きは, きゆえ河水甚, き所, くるしく感じだされた, くれな, こ, ここに, ここを, こなごなに, この不, この写真, この怪事, この拠地, この老骨, これが, これによりて, これ一時の, これ我が, これ義を, こんなもの, さらに大いなる, しと, すぐわかる, すちあん記し奉る, すなわちそれこれ, そのうち, その一割四分四厘六毛, その主人公, その人, その原因, その域, その大, その希望, その折, その時お腹, その水泡, その生, その目的, その禁, その苦, その踵, その間和銅二年迄, それだけです, それで滿足, それにて, それ以上の, ただちに焼け死なん, ただ荒廃, たとえ女房どの, てふてふ, どうしても房中, どこへだって, どんな絢爛, なりたくなきは, ひえの, まあこう, またすこぶる, また今さら, まつて, み道, もうきっと青い青い, もしわれ, やがて皇妃, やっぱりきみたち, やはり女, よいかと, よいでしょう, よいという, よかった, よき生, よし若し, よろしからん, わが女, わが維新改革歴史, わが輩今日に, われこの, われらの, われわれは, われ易に, アイヌは, アジアヨーロッパの, ウイスコンシン州の, エジプトの, キヨルネルは, クレーンの, サカイ人に, シフノス島には, セイウチ, タナの, デンネットの, トロイアの, ドイツで, パウロの, ペルシアの, ヨブ記を, 一の, 一六七六年マドリッド板ナヴァレッテの, 一天稟之, 一市又, 一旦打ち絶えた, 一月前の, 一秒を, 一萬二千餘里は, 丁度離屋, 万里の, 三十万の, 三浦半島の, 上の, 不忠不義, 世は, 世人誰れ, 世界精神として, 両親も, 中国探題の, 乃ち美観と, 之より, 乾いたま, 事を, 二三週に, 二十歳の, 云い解くに, 井上公使の, 人の, 人を, 人間が, 人間は, 人間第, 今は, 今宵も, 今日まで, 今更に, 介錯には, 他人を, 他界の, 低い鼻, 体力と, 何う, 何が, 何と, 何を以て, 何事も, 何人も, 何方に, 余れその, 侠と, 保護し, 倍に, 偶興の, 僕は, 儂平常の, 儒教の, 優に多, 元日晴れれ, 元気気力記憶忍耐思慮活溌精細等の, 先ず以, 先づ己れ, 先づ釣の, 先生髯を, 光る, 全く莫大, 兩者の, 八重子は, 其のやう, 其の威力, 其の恩澤, 其の發明, 其の間, 其人樣を, 其得意と, 其想像したる, 其文明は, 其注が, 冬の, 分る, 利益金の, 則ち生ら, 前田勢の, 劇詩, 勇ましかりける, 勝ち獲れよう, 勞働力が, 勢ひ, 北村と, 区々たる, 匿す程, 十ヶ年間に, 十方光くまも, 千太郎は, 半, 博士は, 即ち足る, 即刻にも, 卷烟草一本吸ひ, 又元, 取做す, 可き, 可ならん, 吃驚し, 同情と, 同種類, 君が, 君等の, 吾子篇に, 吾言う, 味方必敗の, 哀れや, 唯児島喜久雄君, 問はる, 啻に官僚團, 善事は, 四時間と, 回らすほど, 固より, 國家の, 堅薦も, 壮士疾く, 外交調査会を, 多くの, 大いなる怪我, 大く, 大みな, 大和の, 大御神が, 大膳は, 天下に, 天啓である, 天地の, 天然物は, 奥平とか, 好い百姓, 好しこの, 如何なるもの, 如何なる対手, 如何なる結論, 姫も, 子等いかに, 孤独の, 孰か, 宗教の, 宜しく公然自ら名, 宝永七年板, 家の, 富士山の, 寡婦暮らしの, 實に, 射續, 小なりと, 小説家は, 少しは, 少なくとも右, 尚罪, 山縣公爵の, 左右に, 己が, 帝王も, 年ごとに, 幸福臨まん, 広区域, 建長二年に, 当然その, 彼ら歸國を, 彼等自らを, 後半部は, 徒らに, 従前の, 得易から, 御馬の, 心の, 心身ともに, 必ずや先ず國民全部, 必ずや困難, 必ず中興, 必ず大, 必ず捕まる, 応接用の, 忠義と, 忽ち暗黙裡, 恋猫, 恐らく人間, 恐るべき悲嘆, 恕したまえ, 悦びて, 情に, 惣領に, 慰みに, 成就の, 我が國體, 我が輩, 我に, 我らは, 我妹子が, 我探偵たる, 我文界は, 或は精神上, 所謂不, 手古奈は, 指揮単位が, 支倉の, 支那の, 政治上得たる, 救い得られんかと, 教師自らまず, 敵の, 斃せ, 文句は, 文壇は, 文政十一年本多近江守長崎奉行勤務中その, 断然内閣, 斯く足ら, 斷然内閣を, 既に其の, 日本人に, 日着に, 日高郡御坊町へ, 明に, 易陰陽五行十二宮二十八宿等の, 春日の, 是また, 是等は, 普段大和で, 曰く, 書持は, 最も國家經濟, 朝より, 朝鮮の, 東京市民は, 松陰の, 果して上戸, 果して如何, 枝毎に, 桁違や, 棟の, 極樂, 槍を, 権力の, 權力の, 欣弥母子が, 歡を, 正造なお, 此人民は, 此回は, 此後我は, 此旨有難く, 此点に関する, 此處に, 此語も, 殺し来り, 毫も怪しむべき, 水源から, 汎く, 汝弱からむ, 汝速かに, 江戸の, 法律を以て, 浅草区を, 消えなむ, 満枝は, 漫に, 濟事だ, 災禍は, 無理ない, 熊は, 物は, 犬, 狐憑き者窓を, 独軍の, 猾智狡才賄賂を, 獰猛は, 現は, 生きて, 生き返るかと, 生産武備の, 田を, 甲武信岳の, 男子の, 町奉行屬吏を, 畢竟其の, 病者速かに, 白梅月夜も, 百姓, 百餘國と, 益々不, 目前の, 直に引換, 相当の, 眞淵以下の, 真に国民, 眼前知れる, 知性よりは, 破滅と, 礫を, 神の, 禍は, 秀吉の, 秩父山中で, 究竟の, 窃盗の, 第一, 笹の, 精神の, 紙の, 終に勝たず, 絶対に, 縹緲幽遠な, 罪過の, 義盛の, 義者に, 聖人の, 脊中なる阿, 臨終の, 自ら妙味を, 自分は, 自己性と, 自由党が, 至極簡単, 花の, 芸術の, 苦き不幸, 苦痛を, 英文学の, 著しく非常識, 蓋は, 薄暗い行燈, 藩の, 虎の, 衆の, 衣きせまし, 裏は, 西晋の, 西牟婁郡高瀬という, 見ましせばぐらいの, 覚ざらまじを, 親切なる, 覺らす, 言語道断である, 誌し, 誰も, 諡法に, 諸子の, 諸神, 議會の, 貴方の, 赦さぬぞと, 超官能, 足りるの, 足を, 躯はさのみ, 近侍の, 追記し, 進歩党と, 遂に大, 過激罪というの, 遙に, 適切なる, 邦人が, 酒呑童子や, 重く挙用ら, 金に, 鋭く, 長いけれど, 開聞の, 阿那律, 限りが, 陸奧伯は, 随て, 障子を, 雀躍し, 雜多な, 雨にも, 雷霆の, 霞む眼, 非常な, 韮は, 頗妥なら, 風災火災人災の, 飛ぶが, 馬の, 駒生まるる, 高山君の, 鶯鵑雁虫は, 鹽乾る

▼ せたり~ (1269, 2.6%)

149 して 117 した 39 するの 34 すること 28 する 11 しながら 9 したの, しました 8 したもの 7 したが, すると, するもの, するよう, 何か 6 しては 4 するには, 悲しませたり 3 いろいろと, したので, した上, した事, しても, しますが, するので, 茶を, 首を

2 [50件] したこと, しないよう, しなくても, しましたが, します, しようと, するか, するくら, するけれど, するという, するのに, するばかり, するやう, する勝手, する手品師, する時, すれば, ひどく打ち解けた, まぎらしたりは, またこわがらし, またそれ, また急, オハグロを, 不審な, 体を, 働きに, 其の度毎, 又別, 取らせなかったり, 口の, 得意を, 息を, 悲しがらせ, 或は唐本, 柄杓の, 死滅させ, 気に, 水を, 涙を, 町役人に, 笑わせたり, 自分が, 自分で, 自分の, 舞を, 苦しませたり, 菫色の, 袷の, 離したり, 面白がらせ

1 [689件 抜粋] あまりろ, あるいはまた終巻, あるいは軽い, あんたに, いたしましたそう, いつも賑やか, いやがらせを, いろいろし, いろいろな, いろいろ苦心, うっとりさせた, うつ向かせたり, うめき声を, おかゆを, おごって, おどかしたり, おのおの咏, おぶったり, お佛壇, お役目向, お湯に, お襖, かくとも, かみ殺したり, かもじ其他, かんしゃく玉を, くすぐって, ける或, ここで, こちらから, こちらの, これも, ご祈祷, さかなパンを, させなかったり, さんざんに, したくないならこれら, したさ, したそして, したっけ, したであろうと, したという, したら, したらこれ, したら牡丹, したん, した田巻さん, した過去, しちゃ, してからは, してさ, してるやう, しないため, しないでね, しないの, しなきゃならない, しなければ, しました貧乏, しましてな, しゃくをおもちゃにしてあそばせたりなさいました, しようという, し居ると, し美しき, すばらしい絵画展覧会, すべてが, するかも, するが, するくらいの, するすると, するその, するため, するでしょうからねえ, するとき, するとは, するほう, するもん, するん, する不, する事, する作用, する光景, する動機, する唯一, する器械, する家, する必要, する様, する用事, する癖, する者, する行き方, する足, せきたてて, せず, そういうこと, そして最後, そのうちとろ, そのやう, その上三月, その他の, その又, その失敗, その度, その後ほどを, その時々, その進捗ぶり, その露気, それからほんの, それ自体が, そんなこと, だった, ちいさい声, ちいさな紅い, ちょっとした物音, ついなまけ, でっちさせ, とにかく水, とばせたり, どこから, どこを, どなりつけたり, なかには下り立っ, なさい, なぞいろんな, なるべく愚図, なんかしない, にやにや笑, にやにや笑っ, ねじあけたり, はね廻らせたり, ひとりで, びっくりさせ, ぺちゃくちゃしゃべっ, ぼうぼうひ, またこれ, またその他, またはただぼんやり外, または一つ一つ手, または寒く, または腕組, また一緒, また世人, また先方, また小石, また山賊, また或, また時に, また紙銭, また老い, また自分, まるで自分, みんなに, もてあまさしめた強烈, やったり, やめさせたり, よくない, よく直させ, よつて以, わがままを, アニリンを, アメリカ行の, イライラさせ, オーデコロンを, カステラを, カーボン紙を, キュキュ云わせ, ジラせ, ダンスホールへ, ドッと, バナナや, ピストルを, モウ夏に, ラジオで, ヴァイオリンを, 一つの, 一丈の, 一寸した有りふれた, 一方家中, 一時間も, 万十郎の, 万吉を, 三味線だ, 上の, 不具に, 不必要, 不思議に, 不意打の, 世話を, 両手を, 中, 之を, 乗組員に, 事件の, 人に, 今で, 他の, 仲直りさせ, 休ませたり, 会わせなかったり, 佐吉の, 何かの, 何かは, 使いに, 働きを, 元気づけたり, 兎にも, 共産主義者は, 其中一人の, 冗談らし, 凹ませたり, 出入りの, 初めモヂ, 刺客に, 割つたり, 割れ目に, 創作の, 勤め口も, 匙を, 医者を, 又たとえ, 又は大切, 又新興科学, 又良い, 又軽い, 叡山の, 口に, 口ばた, 口笛を, 古い歌集, 各家庭, 名を, 君の, 商事会社を, 喜ばせたり, 嗜きな, 土くさい, 土を, 坑夫を, 堕落させ, 増長させ, 声色つかい, 外衣の, 夜に, 夜昼の, 大入道に, 大地震, 女から, 女の, 妙な, 妙に, 始終私達, 子供には, 字を, 安くねえ, 宙返りや, 宝石を, 家事万端まで, 家賃の, 小さな冷肉, 小さな青蛙, 小供, 小田原城内へ, 小遣を, 小馬, 尻尾の, 嵐山へ, 帛を, 年来の, 幻燈や, 幽霊を, 幾度か, 広い世間, 序文を, 店の, 座布團を, 座敷の, 庭石を, 彗星や, 彼の, 後者を, 徳右衞門は, 心の, 忙が, 忙しげ, 怒らせたり, 患者の, 悪鬼羅刹の, 悶々させ, 意気な, 意氣な, 慰めたり, 憤らせたか, 憤らせたり, 憧れを, 我ながら, 或は薬, 手のひらに, 手も, 手当し, 手袋を, 手足を, 投機に, 折れる音, 押籠めたり, 抽出し, 拭き掃除を, 指揮し, 指摘し, 挙句の, 推進機に, 揚句の, 散々あばれ廻った, 数丈の, 敵陣からの, 料理を, 新宿の, 新聞を, 施与に, 昔の, 時々坐り込ん, 時には, 時にはタイヤ, 暴露し, 最上階まで, 最後には, 木を, 村の, 枕を, 果ては犯罪, 枯草を, 椽の, 楽しませたり, 機嫌の, 次にあなた, 次の, 此間からの, 武士を, 歪めさせたり, 歸り, 死んで, 気兼させ, 気取った咳, 池を, 沈ませたり, 泣かせたり, 泣くとき, 泥棒の, 注射を, 満足させ, 滿貫役を, 濃く淡く葉裏, 火の, 炮烙で, 焚火で, 無闇に, 焼け過ぎたの, 熱いもの, 片っぽ, 牛の, 物語りの, 特別な, 特殊部落の, 猫に, 琴を, 生前さしたる, 生徒の, 田圃道に, 甲羅を, 男の, 男の子たちと, 畑の, 異常な, 病気を, 痛いという, 痛い水銀灌腸, 皮肉ったり, 盛ったり, 目科は, 目蓋の, 盲人を, 相撲を, 相談を, 着せたり, 矢継ぎ早に, 石を, 碁盤の, 祈祷や, 神様の, 祭祀を, 移動用の, 種々な, 立込んで, 竹乘り, 笑ひださせ, 精神修養の, 精進湖と, 累を, 終始この, 給仕として, 絶望させ, 綺麗な, 縄飛びを, 美しい叙景, 美しい少女, 老僕ヴォニファーチイに, 耳朶や, 聞くさえ, 肩を, 肩身の, 背中に, 背中の, 背中を, 胡麻白の, 胸を, 脱がせたり, 自分は, 自分も, 自殺を, 自由に, 自由自在に, 致して, 致しました, 艶めかしい, 芝居茶屋の, 若き, 苦しめたり, 草叢の, 草鞋の, 菓子を, 萎縮させ, 落選させ, 蒲団縛り, 薬を, 蛇を, 蛭に, 蠅の, 衝立の, 裏庭で, 見せたり, 見っとも, 見開いたり, 詩の, 話に, 話を, 誇張させ, 調伏し, 調練を, 講釈し, 警察官が, 貼って, 貿易の, 走らせたり, 足に, 足を, 足手纏ひ, 身の, 身を, 軍隊を, 転がしたり, 軽く尻もち, 退屈させ, 連衡させ, 運ばせたり, 遠い将来, 遠い所, 還元し, 部屋の, 野遊びに, 金を, 金銭の, 長の, 長靴を, 間延びに, 隣家の, 隣組の, 青葉の, 音楽に, 頓て, 顏の, 顔の, 顔を, 風邪を, 飛脚の, 食んだり, 飲みも, 餞別を, 首札を, 首根っこを, 首筋を, 馬上から, 驚かしたり, 高く舞, 鬢の, 鬣を, 魚の, 鮫の, 鱈腹飯を, 鷹野を, 黒の, 鼻を

▼ せ~ (605, 1.2%)

28 なった 26 なりました 23 なって 10 なったの 7 なること, なるの, 来て 5 なったり 4 して, なつた, なりましたが, なるよう, 来た, 来たの, 連れて 3 かかる, けり, なったこと, なつて, やつた, やりました, やる, 来たん, 行ったの

2 [23件] あんまり海, いい寄る, かかったの, こんなこと, すべからざること, なったと, なったもの, ならないでも, なる, なると, なるという, なるん, や, やった, やってきたん, やると, 來る, 息子と, 行った, 行ったあたし, 走らせ又, 送るが, 飛んで

1 [391件] あいなりうしろ, あれが, あれは, いいかしらとも, いくとき, いらしたわね, うかがいました, えいように, おかれて, お前のを, お加女, かう言, かかったが, かかった時, かき亂, かけつけた二, かけつけて, きて, きょうのしばいはいつもより手, きッ, くさうに, くる, くる広野, くれな, ける此時吉兵衞, けんやう, ここへ, こと笑った, これゃ寒い, こッそり一座を, ございますが, ござりまし, ござります, さかれて, さける馬酔木, さっそく炉, されば, しては, してやること, しようかと, じゃ, すぎないの, すぐ旅装, すべからざることゆえ, すること, するため, そこい, そそがれて, そのつもり, それではお, それに, ぞんじますが, ぞんじまする, たてる, だいぶ助け, ちがいない, ちっと東京見物, ちょっと来, つれて, とりよろふし, とんで, どうならん, どうなる, どうも深う, なったあと, なったかと, なったが, なったそう, なったため, なっただけ, なったところ, なったとも, なったので, なったりも, なったん, なったトメ子さん, なった三人, なった下, なった事, なった人, なった宮, なった巻き物, なった方, なった時, なった紙, なった絵巻, なった菊, なってから, なっては, なつたり, なつたんだ, ならずどこ, ならずに, ならない, ならないから, ならないとも, ならなかったから, ならなければ, ならぬはず, なり, なりあさましい, なりすべて精進, なりその, なりたしかに, なりましたこと, なりましたころ, なりましたでは, なりました方, なりまして, なりましても, なります, なりますから, なりますし, なりますの, なりません, なり御, なり武蔵, なり毎日一度, なり毎日仏勤め, なり無駄書き, なり若い, なり音楽, なるか, なるかと, なるかも, なるため, なるだけで, なるだろうと, なるでしょう, なるまで, なるもの, なるもん, なる事, なる代物, なる場合, なる女房, なる間, なれよ, なれるだらう, なろうと, なろうなどとは, なんぼでも, まいれよ, まいッ, まが, もって, ゃあかんぞ, ゃあならぬ, ゃあならんことは小, ゃいけますまい, ゃならないところじゃった, ゃならないんだッ, ゃならぬところですけれどこの, ゃならねえものがおいでを, ゃならんことになる, ゃならんこともある, ゃならんじゃないか, ゃならんそうで全国の, ゃならんとしたらいったい, ゃならんのだ, ゃならんのですて, ゃならんのでね, ゃならんのは人間の, ゃならん塩梅じゃ, ゃなるまいとわしは思う, やあなる, やったの, やった仕事, やった武藤清左衛門, やった頃, やって, やっても, やって来るん, やっぱし二束三文, やつたり, やつて, やり夜中, やるって, やるの, やる事, やれば, ゆく, よこしたに, よこしたもの, よこして, よその, よると, よれば, わがの影法師, わざわざ番頭, アなら, グッと, ト風入れに, 一室にか, 一層久慈, 上つて來た, 下りて, 世を, 人を, 他人に, 付吃驚致せし, 会いついに, 会うもの, 会ったよう, 会場に, 似たよう, 作りあげただけに, 使を, 使用されたい, 來られし, 依って, 俥俥と, 倒れて, 先の, 入って, 其處へ, 再び新聞記者, 再縁を, 出す仕度, 出て, 出掛けて, 出来ないこと, 刑刀を, 別のを, 利用する, 加わった祇園藤次, 区劃を, 十吉は, 参りましたんで, 取りかかった, 合理的な, 吹矢を, 呼びに, 呼んだの, 咲き残って, 咲ける馬酔木, 唯今差出しました, 困らせて, 地に, 坐つた時兩膝, 坐らせる, 塞がつて, 壁の, 変りゆく物, 大きくなっ, 大森鬘を, 奉公に, 奥州の, 奪ろう, 子供を, 安土から, 定義を, 寄越す, 導いた動機, 小肥りな, 少し風, 帰って, 床几を, 強く頭, 当てて, 後を, 従った, 応じる名句, 思った, 思われるの, 急ぐ生涯一期, 悴平吉を, 揺動った, 搖動つた, 支那の, 放すまい云いよるが, 散りけむ, 新年と, 旦那さんにでも, 暮しました, 暮せる, 曳き出したらその後, 書庫の, 村の, 村中大, 来たか, 来たと, 来たに, 来たり, 来たんでさ, 来たアメリカ, 来た一人, 来た一農夫, 来た人, 来た文芸家協会, 来た新造, 来た由良弥惣次, 来た皆, 来た目明し, 来た程, 来なきゃあ, 来ましょう, 来られた, 来ること, 来ると, 来るといった, 来るの, 来るもの, 来る和尚, 来る田舎, 来る研究家, 来る遠来神, 模型でも, 歩いて, 比較的やさしく, 水を, 水府たばこと, 泉へ, 満堂ふたたび, 煮ます, 現代文化の, 生きる道, 用いたの, 當てて, 直此方, 看過し, 真新しい処, 着いた梅雪, 石坂洋次郎氏の, 神田で, 秋庭さんに, 税関で, 立たせて, 継いで, 育つたね, 背かば, 腹はかへ, 自分の, 花々しい引金, 花栄の, 行きますよ, 行くの, 行くまでも, 行くやう, 行くん, 行く処, 行く者, 行く途中, 行く閑, 行け, 行ったり, 行った小野田, 行った頃, 行って, 行っては, 行つた, 袁紹は, 裁判所に, 見送りに, 詣でて, 買いととのえたもの, 走せつけた見慣れない大男, 走せても, 走った, 走って, 近よっ, 近侍を, 追いついて, 追って, 送れよ, 這奴より, 通っとっても, 連れ去った, 過ぎず手, 過ぎなかつた, 過ごせとな, 遠地から, 遣ったので, 遣って, 遣わした医者, 限られて, 陥った被害者, 靡くさびれ, 顔を, 飛ぶ, 馳け, 馳けた, 馳けて, 駆けつけた議員たち, 駈けつけたの, 駈け付けて, 駛せた, 驚き怖, 髮は, 麦酒が, 黙って

▼ せては~ (569, 1.1%)

30 ならない 22 いけない 18 ならないと 12 ならぬ 11 いけないと, ならないの 9 ならぬと 5 いけません, いた 4 くれまいか, ならないこと, ならぬの, なりませぬ, なりません, 大変だ, 気の毒だ, 置かなかった 3 いない, いられない, おかない, おきを, くれない, ならないという, わるいと, 呉れまいかと

2 [36件] あるが, いけないという, いけないとか, いけないの, いけませんよ, いないで, いま, いるが, おかないの, くれたが, くれなかった, くれまいかな, くれませんでした, たいへんだ, どうせろくな, どうであろう, どうです, ならないよ, ならない本, ならぬという, なるまい, まずいと, 不可ない, 來た, 呉れない, 如何, 如何自力, 悪いと, 成りませぬと, 気の毒な, 海内随一の, 済まないから, 済まないと, 済まないという, 濟ま, 飛んだ事

1 [318件] いかにも無邪気, いかん, いかんと, いくつも, いけないから, いけないからって, いけないけれど, いけないし, いけないって, いけないので, いけないのよ, いけないひと, いけないよ, いけなかったのよ, いけなかったん, いけませぬ, いけませんしかし, いけません狡猾, いたが, いたの, いと, いないかという, いないこと, いないの, いないのね, いないん, いなかった, いのちさえ, いよいよ自縄自縛, いるの, うるさい, おかないこと, おかないもの, おかなかった, おかぬ, おかぬだろうと, おかれないだろう, おかんつもり, おきおらぬがい, おきましたが, おきましたがね, おきません, おくまいと, おけないので, おけぬ可愛い, およぎ真珠, お妙ちゃん, お気の毒, かえって病人, かえって虫, かなりの, くぐらす, くぐらする, くださらないの, くださらなかったの, くるくる廻っ, くれたもの, くれないだろう, くれなかろうし, くれぬかな, ぐいぐいと, こう爪, このま, このまま空手, こまるから, これには, これを, ころ, こわい何とか, ございまするが, ご馳走した, しきり, すこししか, すまないすまないと, すまないと, すまぬ, せっかくの, その意味, その清福, その精神分析, その首, そんな事, たいへんである, たいへんと, たしかに人間業, たまらないと, たまらない音色, だめだ, ちとまずい, ちびちび呑み, ちよつと, つまらない, つまらないと, ときどきチュッ, どう, どうか, どうかね, どうだ, どうだろう, どっと退却, どんなもの, ならず頭, ならないいわゆる, ならないし, ならないため, ならないとも, ならないよう, ならない人, ならない入らせては, ならない尽忠, ならない追い払わなければ, ならぬぞ, ならぬもの, ならぬ性格, ならぬ緊切, ならん, ならんえ, ならんから, ならんぞ, なりませんから, なりませんからねと, なりませんどんな, なるまいから, なるまいという, なるもの, なんねえから, びゅんと弦を, ぶらぶら金, ぶるぶると, まいるまい, まず名人, また引止め, また濃く黒く, みたが, めんどうを, もう論理的遊戯, もどかしがった, やはり家康, わしの, わずかな, ゐたが, ゐないので, ゐるが, ゐるの, ウヽヽヽヒユーと, プールに, ポカリと, モッタイナイ年頃であった, 一人何か, 一大事だ, 万事休する, 下さいませんでしたわ, 下さらないの, 不利益だ, 不可解な, 不安がるだろう, 不愍である, 並ぶ者, 中に, 主人に, 乗主に, 亀の, 了ない, 事が, 事に, 事面倒です, 二人で, 二度と川筋, 些と, 亡くなられたお前, 人さわがせ, 人の, 人道問題です, 今古, 他の, 会釈する, 俯伏しなから, 僕が, 光澤つやと, 全身に, 六波羅からも, 其甲斐万が一にも, 剣鬼とも, 動けないと, 勢い猛, 勿体ない, 勿体の, 危険である, 却って今, 却って悪口, 却つて虻蜂とらず, 原稿を, 及ぶもの, 可哀そうだ, 可哀そうと, 吃驚した, 呉まい, 呉れなかった巴里, 呉れましたけれど, 呉れるが, 呉れるので, 喜ぶといった, 喜んで, 困るからな, 困るじゃ, 困るぢ, 土地ッ子の, 堅実無比であり, 墨染の, 大天狗道, 大御心, 天下無敵の, 失くす, 奉公人達へ, 如何です, 妾の, 子供たちが, 寝不足し, 居られない, 左馬寮右馬寮を通じても, 師匠の, 帰りました, 帰れません, 当代唯一無二の, 当代随一の, 彼の, 後悔が, 御鳥見組, 悦んで, 悪いそれで, 惡いところを, 成らない, 成りません勿論, 我々三ぴんの, 手間が, 手間どるべきかと, 損だ, 損という, 数千金の, 斯う, 新聞雑誌出版界劇作家連の, 日本一だ, 明日の, 時々お, 有る甲斐, 末代までの, 本当に科学, 本箱の, 村方へ, 来たが, 来なかったに, 来まい, 機を, 次第にこれ, 此方の, 毎日食った, 毒だ, 気の毒それに, 江戸八百八町の, 海内の, 済まない私, 済みませんからねえ, 済むわけ, 溜息ばかり, 濟難し, 玉無しに, 申し訳ありません, 申訳ない, 疑いを, 相すまん次第, 相当の, 相手の, 相済まぬ, 眺めたり, 着せて, 私の, 私を, 秘かに, 笑いこけるの, 笑つた, 第一, 罪の, 置かないの, 置かないやう, 置かないん, 置かなかつたよ, 置かぬ, 置かれません, 置きませぬと, 置けない, 置けない結果, 義務が, 老人に, 考へ, 腕に, 自分たちが, 自分で, 自分の, 自然彼の, 自身傷口を, 苦しそう, 萎し, 落度に, 血が, 行かれない, 行かんなあ, 見せたものの, 親方に, 詳細に, 誰も, 赤面させる, 返し昼夜新手, 返し襲, 逃げ逃げして, 達者な, 院中彼の, 面倒である, 黄瀬川弁馬は

▼ せ~ (522, 1.1%)

8 働いて 5 柴を, 歩いた, 自分の 4 いう, 云って, 仕事を, 書いて, 泳ぐ, 針を 3 ペンを, 仕事に, 勉強し, 絵を

2 [29件] いいに, いう方, いふの, お化粧, ぎわであった, こんどは, なり, 云うに, 仁王さんを, 刻んで, 原稿を, 土を, 小刀を, 手を, 書きもの, 書く, 歩きつ, 水島を, 熊を, 目に, 禁酒の, 稲を, 縫ひ, 耕して, 芋を, 苗を, 規定し, 言ひましたさうだ, 言れ

1 [405件] ああどうか, あたらしも, あとで, あらば, ある, あるきながら, いいたいの, いい日本橋槇町, いうか, いうだろう, いうて, いうので, いうもの, いうもん, いえよう斬ッ, いえり, いたどりを, いちばん仲, いったり, いって, いつたやう, いつては, いはれたらいよ, いひこなたは, いひその, いふから, いふもの, いま刈つてゐた, いま泳い, いわれた, うるさく八五郎, おかみさんの, おっしゃい, おっしゃらあ, おぼしめされて, お姉さん, お春, お隣へ, かう, ぎわですからな, ぎわで思いついた, ぎわにたつ日本, ぎわまで, ぎわをいかにしてくぐりぬけるか, くりゃがらあ, くれやすな, くれよ, くんな, こちらに, こないいひながら, これだけ, してるもん, しないと, しなければ, しめったに, しよう, す, そこい, そこらを, その仕事, その女, その布, その浪士, その緑色, その雪, それを, ぞんじまして, ちかき苗代小田, ついぞない強い, とぎすましたり, とめたのに, なだめた爲め, なったよう, なったん, なって, なめてを, なるよう, なる心, ぬりましたが, はたらく, はた契らざりし, びきの, ものが, ものずくめで, ものの, ものは, ものや, ものやの, やさしくいった, やって, やつてる, やりなさい, やるから, われは, オペラへ, キヤツチボオルの, サイパンの, センベイを, ソースを, ブラツシユを, ボール箱を, ミシンを, メキキし, ワキメも, 一とつらの, 七国の, 下へ, 下知の, 世話を, 両手を, 並べてゐる, 二ツ三ツ横面を, 二人し, 云いましたのよ, 云うても, 云うなら借しても, 云うもん, 云う御, 云う御意, 云う次第, 云う訳, 云えば, 云った, 云った時, 云った茲, 云つ, 云つた, 云ひ渡, 云ふ, 云ふも, 五人にて, 仕事場で, 仰しゃるので, 会合に, 体を, 何遍も, 作ったり, 作曲に, 俥の, 働いた, 働いた結果, 働いてたよ, 働いても, 働いてを, 働き出した, 働き出す姿, 働くうち, 働け, 働らか, 内職し, 内職に, 再興に, 写生し, 冬仕度の, 切る, 刈つてゐる, 刈草を, 判つて, 刷毛を, 前の, 創作し, 勇んで, 勉強した, 勉強しなさい, 動かして, 勧めたそう, 叔父の, 口々に, 口の, 口軽な, 古風な, 句読点を, 呼んで, 命じき, 命じた, 命ずるや, 嗅いで, 噛み込んで, 土間から, 地に, 声に, 外の, 天地の, 太陽の, 女に, 姉の, 嫁入, 客人の, 屑を, 巡礼し, 工事を, 工場に, 工場の, 差入れし, 帰って, 帰つて来, 年増の, 庭の, 引張るやう, 強い胃袋, 彼の, 往来を, 御機嫌と, 心で, 忠義を, 思うが, 思ってるさ, 思はれるもの, 思わずに, 急いで, 扇子を, 手伝つてゐる, 手助けを, 手柄を, 手紙を, 押し進む艀, 拂つてゐる, 拭くらしい兩方, 拾い溜めた, 拾つてゐた, 持出す訳, 指さしを, 捜さんければ, 掘つて, 探しなさい, 提灯を, 揮毫に, 教えた, 文豪の, 新らしい, 旅を, 日光浴でも, 日光浴を, 明して, 時に一牛王, 晝の, 書いたやう, 書き物を, 書き綴る, 書き送った周信, 書く原稿料, 月を, 有けれ, 望み父母, 木地を, 札を, 村の, 東京の, 東洋史を, 梅屋の, 槌を, 横切つて, 機を, 歩いて, 歩くと, 歩るく, 殿様も, 母に, 気持が, 沙汰された, 泥を, 洒落にも, 洗つた青菜を, 洗濯を, 洗濯物や, 洗濯物を, 流れ, 溜めましたよ, 火鉢が, 灰を, 無言で, 焼酎で, 爭つてゐた, 父親の, 片付けて, 物屋が, 物色し, 物資を, 玄関前の, 瓦礫を, 田草とる, 申さなければ, 申さる, 申され, 申しおられますが, 申しただけで, 申してな, 申しても, 申し上げた処, 申し上げるのに, 申に, 申渡され皆, 男が, 疎開の, 発句を, 登つてゐる, 登つて突き落され, 白河夜舟を, 白紙の, 着物を, 砂の, 砂山を, 磨いて, 秤で, 稗を, 稼いだ, 稼いだから, 稼いで, 稼げよな, 稼ぢや, 穴を, 立働くこと, 竹の, 箍たたき, 箕で, 精を, 紙を, 細工物を, 編物を, 縛ること, 縫い物に, 縫つて居らつ, 罨法を, 耕し始めました, 肩を, 臺所を, 色々な, 芝居を, 若旦那樣に, 草を, 荒つ, 菜の, 葉を, 薪を, 薬を, 藁で, 藁を, 藥を, 藷を, 虱狩を, 蚊帳の, 蜜蜂の, 蟹を, 行李を, 袷を, 裁縫し, 裂で, 見て, 親切な, 言うと, 言うところ, 言うよう, 言うん, 言う返辞, 言ったり, 言って, 言つてやつて, 言ながら, 言ひ付けた, 言ふんだ, 詰めこみ始めた, 調べて, 謂ふ, 謝るよう, 貯金し, 赤い小, 走り廻つたり, 足袋底を, 車に, 輦の, 辻自動車を, 返事を, 追いまわして, 追ひ廻したさうだ, 追求し, 通って, 通つた, 通つてゐた, 通つてゐる, 通つて来, 通つて来る, 通ひ出した, 造つてゐました, 運ぶ, 道つ, 道路の, 遲い, 野良仕事にか, 針の, 鉋で, 鉦を, 鍬を, 開墾い, 開墾し, 闌けて, 防空壕を, 際で, 雑巾がけを, 革砥に, 韈を, 飛んだり, 駈けて, 騙して, 骨を, 高野山を

▼ せても~ (412, 0.8%)

7 いい, いいが 54 いいと 3 よいと, 駄目な

2 [19件] いいじゃ, いいの, いけないと, いけません, いるの, くれた, はじめの, みせる, よいが, よかろう, ゐた, ギラギラした, ソツが, 今は, 好子は, 心配の, 構は, 気の毒だ, 通じんの

1 [345件] ああ云, あき足らなく思う, あるべきもの, いいかしら, いいくらい, いいこと, いいです, いいとは, いいね, いいほどに, いいもの, いいや, いいん, いい兎, いけないという, いけぬから, いざ血, いた, いたらしい, いつも俛, いつも名人, いないの, いよいよ激しく, いるが, いるのに, いわゆる馬耳東風, うてん, うまくいく, ええぞな, おいでに, おきの, おなじこと, おのれを, おりまする, おれの, お前がたには, お姫様の, かく束縛, かさばる物, かれこれ役に立つ, くれずそのうえ, くれないし, くれないん, くれない馬鹿, くれぬ, くれるけれど, けっして一銭, けっして音, こういう話, こうなる, ここで, こずバタバタ, こつこつと, このけったい, この半分, この心持, この江漢, こんな具足櫃, さっぱり捌け, しかたが, そこでなんらかの, その人, その様, その鉾先, それと, それほどに, そんなこと, だめで, だめな, ちょいとは, ちょっと言い渋る, ぢ, ぢき, ついに呼び起す, どうしてみ, どうしてもここ, どうしてもこの, どうして是, なかなか時間どおり, なかなか滋養分, なにを, ならないどう, のろまで, ほんとの, また彫刻, また気持ち, まだ間に合いません, まちがいなく, まるで悪名, みたいもの, みな服従するだろう, みんな赤え, みんな駄目な, むきながら, むだな, むりのねえところだろうと思う, もう今日, もう門限, もと, やっぱい, やはり同じ, やはり器用, やはり空家, やりきれない自分, やりたいと, やるから, やろうが, ゆき気候, よい, よいし, よいだろう, よいとは, よいとも, よいので, よい理由, よかった, よかったであろう, よからう, よさそう, よろしい, よろしいだらう, よろしいという, よんどころないこと, らは, らへ, らへば, わからない唐変木, わからねえ野郎, ゐたので, ゐないの, ゐられないから, アクセントが, ギシギシ鳴る, サディズムの, テンから, ビクとも, マージャンを, 一人前これが, 一人前だ, 一冊も, 一応通じる, 一方的, 一脚一円以上出さね, 一通りこなせる, 一通りに, 三円, 下手な, 不安が, 不平に, 不自然に, 不誠実な, 世間は, 二十金どころは, 二流どころだ, 云する, 云わせるぞ, 亦特色, 京吉は, 人並優れ, 今度は, 仕方が, 仕方ござらぬ, 他人の, 似合いそう, 何の, 何を, 何んにも, 何処までも, 作品の, 作者の, 使を, 個人または, 僧侶物から, 先生は, 六波羅中たれ, 出て, 出来ますが, 出来る, 分りませんので, 判らないん, 判らなければ, 判るまいといった, 剣難の, 効目が, 友達などに, 取上には, 受けつけまい, 口だけは, 可い, 同じこと, 同じ事, 同時にさぞや嘗ては, 同様である, 君自身が, 善いの, 器用であっ, 土と, 埒が, 塩さばの, 変わらないらしいという, 大したこと, 大した反撃, 大事を, 女の子の, 女の子は, 好いが, 好いという, 好いの, 始まるまい, 子供は, 孵化らない, 宜い, 客が, 容易に, 寐られぬ, 寝ながら, 小作米だけは, 小器用な, 少し右, 少年たちは, 差支えあるまい, 差支の, 差支へは, 己は, 帰らないので, 平気で, 庶民には, 役に, 彼が, 彼は, 彼女には, 後で鬼倉, 得心せぬ, 心持肩を, 心配は, 必ず丈夫, 必らず, 怒られるだけ, 思う通り, 恐らくは驚く, 恥かしくない, 悪い, 悪いと, 惡いと, 我輩の, 所詮無駄, 手遅れな, 承知しない, 擦っても, 改心しない, 效が, 更に承知, 本当の, 李は, 構わず無闇, 櫛まきお, 正確に, 死罪事の, 母親は, 気が, 気づかなかった, 水天宮様の, 消え行くよう, 満足し, 滋養物は, 無器用な, 無礼に, 無駄づくりみたいな, 無駄である, 燃焼が, 爾後何の, 片輪, 玉を, 理解できない, 生活費が, 病気の, 癒らない, 百両だ, 直に出来るだろう, 相済まぬ, 真とは, 知らずに, 社会的に, 神尾にとっては, 程度が, 細い小, 経済の, 結局儲からぬ, 結構だ, 罪の, 置けないからな, 置ない, 群を, 耳を, 聞く人, 胃病が, 能率や, 腐ったまま, 自分ながらも, 自分の, 自動車そこのけの, 自身番へ, 花が, 苦そう, 落ちついて, 藤田東湖の, 行かむ, 解らないよう, 解る, 解る筈, 記事に, 記憶が, 訛も, 詮ない, 豹一の, 貢物が, 貰えますし, 近いところ, 連れて, 遅くは, 遊芸を, 金で, 鈍臭い, 間に合いっこないの, 間に合いますから, 間違いあるまい, 関り, 面白い人, 面白くない, 頂けません, 頭丈けは, 顔すら, 風采国で, 飛んで, 飛行機の, 食べる時, 食品ばかりは, 食物が, 首を, 駄目だ, 騒ぐ波, 鬼神天狗物を, 鯨の, 黙って, 鼠一匹出

▼ せ~ (385, 0.8%)

54 して 47 した 13 しながら, すると 11 する 10 しました 6 したり, するの 5 うけると 4 うけて, したが, してから 3 したので, しますと, し合って, なさいました

2 [15件] いただいて, した上, するが, するならする相手, やって, 三人に, 受けて, 年代記といふ, 浴せたつもり, 翁奥羽あんぎやのかへり凍, 聞いて, 聞くと, 著て, 言ひ, 試みて

1 [166件] あいずに, あびせかけられた, いいながら, いうの, いうわけ, いたしました, いたしますから, いって, うけお, うけた, うけたこと, うけたの, うけた時, うけまったく, うけるや, うけ取って, おつ, お待ちあそばしませ, お綱, かけて, かわしながら, くわせそして, ことほぐため, され素早く, し, しこれ, しすばやく, しその, したの, した時, しなくば, しゃべって, しわが子, し乍ら, し前, し去定, し合, し合ったの, し囁き, し懐紙, し戸板, し玄関, し顔, するから, すること, するなり, するので, するやう, するよう, する何, つい交わした, つかむと, つたあの, つたのだらう, つないだ, どんな浅ましい, なさるので, なすって, ふみの, ふ中, めくりながら, もたらして, やつて, やる, ゆずって, よく気, り候頃, る, るぞ, るの, れば, 与えて, 与へたの, 云いながらも, 云う, 云って, 云つてゐ, 云ひ, 交えて, 交して, 交し駕籠, 交へて, 交わしかけた, 交わした, 交わして, 交わし合って, 今や, 仕掛けたりなど, 仰言ら, 企てて, 刹那に, 前垂れで, 受けたの, 受けた笊組, 受けると, 受け取って, 呉れて, 多少滑稽, 大次郎へ, 太閤は, 存分に, 寒さ, 彼に, 待つてたこと, 待て, 御本意, 忍ぶより, 思い当るの, 思うの, 悍馬に, 感じた, 慕って, 我々男共に, 手に, 承知し, 持って, 持つやう, 撞いた, 文右衞門の, 斬るという, 求むべきであろうか, 浴せられて, 為よう, 生きよと, 男が, 的確に, 祈るだけ, 羨望した, 翁, 考へます, 耳に, 聞かされちゃ, 聞く前, 聞て, 聴いて, 自白しなけれ, 致さんの, 致しました, 與へられた, 著た, 見ると, 見送って, 言うん, 言った, 言ったり, 言つ, 言つたのである, 言つて行きました, 言や, 言やが, 言わなくても, 言われながら, 訊いた, 話しの, 読んで, 謀って, 跨いで, 返す, 送った, 送つて, 遣りて, 避けて, 郷里から, 願いたい, 願ひます, 願われるであろう貞時

▼ せその~ (335, 0.7%)

10 上に 6 ために 5 上で 4 下に

2 [17件] ま, 一人二人に, 一枚を, 上から, 上自分で, 中から, 人たちが, 代りに, 代り日用の, 後方に, 手を, 日の, 晩庄吉の, 眼は, 記録を, 身柄を, 首を

1 [276件] あいだに, あいだ囚人の, あげくに, あとから, あとで, あとを, うちに, お命, お心, お邸, ことで, ことによって, ことを, ごたくさ紛れ, さきに, ためルーテルを, ため息窒りし, ため播磨に, つもった金, ときそれを, どちらにも, ばいきんは, へんを, ほうに, ほかわたくしの, ほか息づまる, また写真, また馬車, ガラス修繕さす, ゴム管の, ヒマに, 一割の, 一塊を, 一等に, 万兵衛に, 三より, 三間ぐらい, 上の, 上へ, 上厳重にも, 上嚴重にも, 上報告書まで, 上夜半から, 上家苞物などを, 上男どもは, 両側には, 両方の, 中に, 中を, 中央に, 中心の, 二匹の, 二枚を, 二重の, 井戸車の, 人は, 人形は, 何の, 余を, 余勢で, 作品の, 供に, 働きを, 元首と, 先を, 光は, 光線が, 全体は, 全身を, 六条の, 内容を, 凹刻面に, 前へ, 劉備を, 力を, 助力を, 動きを, 勝利の, 勝負の, 収入を, 口辺に, 名誉の, 向うに, 向こうに, 周辺を, 喝采の, 困るところ, 図を, 土地の, 均衡の, 場から, 場にとって, 場所の, 墓の, 声は, 売上を, 多少によつ, 夜の, 大歓迎, 太股を, 奥書に, 好きな, 妹に, 娘が, 婚姻の, 子その, 子供を, 学生に, 宗三郎の, 官能の, 実母の, 実行を, 害いうべからず, 寝所の, 対策を, 対象と, 封土から, 尊厳か, 小屋の, 尖った鼻, 尻を, 工夫だけが, 差の, 席へ, 底に, 心を, 心をかど, 怪奇美醜悪美を, 恋心を, 悲痛な, 惑いの, 意味では, 愛しみ, 愛嬌に, 愛弟子の, 感受性を, 感情の, 慰労には, 所見を, 手に, 手によって, 手始めに, 抱擁力の, 指先で, 捕縛に, 掌を, 揚句議員である, 操縦を, 擧句あっさり, 故に, 文を, 断片を, 方の, 方向に, 方向へ, 春子という, 時分ハイカラアな, 書物を, 木洩れ, 末を, 村, 板を, 根を, 梁に, 梢を, 様子を, 次には, 次第を, 歓びと, 毒が, 毛筋の, 気に, 気持を, 決意が, 治療代を, 活動を, 滿潮に, 火光を, 灯かげに, 炭の, 点で, 燃料を, 爽快な, 物の, 物干, 状あたかも, 独特で, 申立てを, 留守に, 白骨を, 百姓の, 目標を, 相容れない部分, 瞬間の, 秘事の, 種板を, 端を, 竿尻を, 筆跡を, 精神の, 精神を, 糸目を, 素ッ首を, 結合を, 結果から, 結果が, 結果また, 結果を, 結果手足の, 結果気絶を, 結論として, 絵かきの, 絹糸の, 総量を, 総髪の, 線や, 縁に, 罪の, 美しい特有, 耳に, 肉体を, 背中に, 背中へ, 胸を, 自律性を, 自由の, 興味から, 興味の, 舟の, 花枝を, 葉緑素の, 虚に, 蜂須賀彦右衛門の, 血が, 血壓を, 表を, 見るところ, 規模その, 触角と, 計画を, 訳を, 賃銀を, 賞与として, 赤飯用の, 足で, 輝やく, 辺一面に, 近くで, 返事振りから, 返辞を, 通りに, 過去形へ, 道路に, 部屋へ, 酒の, 金で, 鉄血外交の, 鏡へ, 附近を, 除幕式を, 隙に, 隣室に, 雄兎の, 雲の, 非現実性, 面白さ, 音楽的幻想の, 響と共に, 顔に, 飛耳張目を, 飲食の, 飼料的価値を, 養子婿に, 黴菌は, 鼓の, 鼻を

▼ せ~ (320, 0.6%)

13 すりや 6 やつだ 5 野郎だ 4 しまへん, ぜえ, ね, へんか, や, 奴だ 3 ありや, すれば, へんいう, へんの, もなア, よ, ヤイ, 持って

2 [17件] あれば, からぐずっ, くせに, ことを, しなけりや, しません, すりあ, すりゃあ, だってよ, と言つた, やってくんねえか, 出せば, 喃, 承知し, 時からの, 箪笥が, 行って

1 [214件] あいつらは, あっしに, ありや疾く, あるんで, あんだ, いうて, いうといた, いれば, いッそ首, うちから, おいや, おもうこの, お前たちが, か, かっちけねえ, からそれ, からの, からみんな, から己ア愍然, から水, から盃, か懐かしく, がない, が木口, こう物騒, こったのう, こったろう, こといっ, このお天気, この下司, この頃, こんで, したらその, しなけ, しなけりゃア, しなけりゃ金公, しなけれぁ, しませなん, しませんのに, しませんやろう, し逃げられ, じゃねえか, じゃアねえや, すりぁ信州で, すりぁ大丈夫だ, すりゃいい, すりゃわっ, すりゃ方々, すりゃ真面目, すれあいいの, すればよ, それに, それ十五匁だ, そんなに別れたかつたら別れ, たって用心, だい働きや, だい働け, だい泣いてる, だい泣きイと, だい焦って, だい聞く, だけんども, ちいせ, ちつと, ちゃ, ちゃんと食わせりゃ, ぢや, つくもの, つて遠, つまらねえこったと, でもええ, でも構, とあれ, と犬, な, なあ勤まる, なけりゃあ, なりゃどの道, なりや, なれば, には故に, ねげえ, ね先刻, のが, のとは, の何, の意, ふるいつきてえぐらい, へん, へんかって, へんしと, へんそしたら, へんとか, へんな, へんやろ思う, へんやん, へん様子でした, まねし, めった人も, もあゝ, もねえ, もほろり, もら, も何, やいッ, やっちめ, やっつけろよ, やってくんねえの, やというわけ, やな, やなぜ, や兄貴, や心臓, よっまったく, よ道庵, わかったらそん, わりにぞんがいほね, ゐりやあ, ツよ, モーやめた, 丈夫なら, 上れば, 下げて, 事で, 事を, 云って, 云わなければ, 五年も, 人物の, 人間だ, 付けて, 使って, 俺の, 入れれば, 其, 出ますれば, 出れば, 化け物婆アだ, 危つかしく, 危なっかしくて, 取りちげえるく, 口の, 唯の, 坊やだ, 堪忍し, 大した事, 女流選手っていう, 奴じゃ, 奴を, 嫌えだ, 子に, 子供じゃ, 宜くば, 家へ, 小僧に, 居れば, 幸福で, 思やあ, 惜いつ位だ, 懐しくな, 挙げりゃあ, 方だ, 時に親父, 時分から, 時分に, 時分の, 時分別れ, 時甚次さんにも, 晴らせば, 有れば, 江戸ッ子の, 添えて, 濟めは, 無くして, 無けりゃそれで, 焦がさねえよう, 煮りや, 真似を, 知らねえで, 知れなけあこっち, 稼ぎで, 立ちゃア, 策謀を, 網だ, 纏まれア, 置けば, 考えだ, 臭せ, 船の, 船は, 荷が, 虫けらめ, 行きゃあ, 行くだ, 行ったなあ, 見せて, 見付かれあ, 言うたらして, 言ってるちゅう, 証拠度胸の, 話しぶりで, 譯が, 貰へば, 途方にも, 途方も, 通じなくなるん, 野郎で, 野郎です, 飛道具を, 食いれあ, 餓鬼が, 首を, 騙して, 高いでした

▼ せ~ (292, 0.6%)

22 しない 10 したが 9 しなかった 6 しません 5 しないかと, しないよ, しなかつた 4 しく, しくその, するが 3 いたしません, しく説明, しさうに, しないが, しないの, しなく揃, すまいかと

2 [20件] しい息, しくいろいろ, しくな, しく呼吸, しく息, しさ, しないから, しないかを, しないこと, しないであろう, しなかったでしょう, しなく耳, しねえ, しまい, しまいかと, しまいかという, しましたが, しませんでした, せを, 舟の

1 [157件] あったよう, あまり口達者, いかにもふさ, いっこうない, いやだ, かさならずわざわい, ござんすまいか, しいからねえ, しいのに, しいみちづれよ, しいカナリヤ, しい中, しい心象, しい日本, しい電車, しい風見, しううち, しからず口, しからず次第高, しかりとも, しき声あり, しき母か, しくあげたり, しくうなづき汗, しくかけねば, しくこんな, しくそれ, しくはげしく, しくひとり, しくひらめき果物畑, しくまたたき, しくめぐつてゐる, しくも, しくゆすって, しくを, しくコップ, しく不, しく働いて, しく出没, しく動いて, しく叫んだ, しく問うた, しく四十雀, しく四方, しく夏, しく彷徨, しく往復, しく成つて一息, しく手, しく振つて云, しく摘んで, しく橋, しく浮いたり, しく犬, しく男, しく続けて, しく落ちて, しく行, しく行き, しく行ったり, しく西, しく訊き返します, しく遷つて, しく野, しく鉦, しく青く, しく革むち, しく額, しく顫, しげな息づかひ, しさうだ, しさうな, しさうに口, したかったこれ, したけれど, したものの, しても, しないかしら, しないぞ, しないだろう, しないだろうかと, しないだろうが, しないで, しないであろうかと, しないと, しないに, しない世の中, しない何, しなかったかと, しなかったから, しなかったの, しなかったろうかと, しなかつたか, しなかつたかという, しなく, しなくつて, しなくバレン, しなく動かしながら, しなく散るな, しなく暮れ, しなく駈けま, しなく鳴きしきりは, しなの, しませんけれど, しませんね, しみ刈る麦, しよう, すまいけれど, する, せぬえ, せぬか, せぬかと, せんぞ, せんと, とどいたか, ないか, ないかね, ないとしても, なかつたが, なかつたこと云, なし, なるほど, なんだかまだ真実, むずかしい, めったにそんな, アッと, ゲエテの, ツと, 乳房の, 仕り候, 仕無い, 何であった, 例外として, 先ず皮, 凡て燃え, 又孫, 命を, 夢に, 奈良や, 女郎は, 山ほど, 彼が, 彼等の, 後日まつたく思ひ, 次々に, 気に, 深く歎きし, 狂死した, 獸帶の, 申さぬぞ, 神仏も, 致しません, 贅沢だ, 間に合いませんので, 随分いや, 随分と, 顔面蒼白し

▼ せなか~ (252, 0.5%)

9 にのせ 7 に乗っ 6 を円く 4 にしょっ, のかがんだ, の上, の荷物 3 にのっかっ, に乗せ, に大きな, に水, に白い, をかがめ, をさすっ

2 [18件] から水, から落っこち, がゾーッ, に, にしょった, につけた, にとびのりました, にのっ, にのっかりました, にまたがっ, によじのぼる, にピストル, に乗っかっ, に手, のすきとおった, をたたい, をつけ, をめがけ

1 [157件] あは, あわせにく, いっぱい荷物, からとびおり, からとびおりました, からまた, からコロリ, から棒, から見おろします, から身, がかゆく, がぞっと, がつめたく, がグーッ, がシィン, がヘビ, が木, が波, が見え, だけがまるで, だけで, でうとうと, でびっくり, でタイチ, で思わずはっと, で組ん, で結ん, で赤い, とつばさ, と胸, にあたし, にあたるこの, にあて, にあなた, にい, にいわいつけ, にうけ, にうしろむき, にお, におしつけられた, におんぶ, にかけてぐるぐる, にかじりついた, にきみ子ちゃん, にくくりつけ, にくくりつけた, にくっつけ, にくま, にさいく, にし, にしがみつきました, にしっかり, にしょい, にたけしくん, にちいさな, につける, にとびあがる, にとびおり, にどうして, にながなが, にぬくい, にのせた, にのせました, にのった, にはあんまり, にはちょっぴり, にはどこ, にはね, にはエビ, にはコウモリ, には黄色い, にひれ, にぴったり, にふろしきづつみをしょった, にぶらさがっ, にまたがった, にまたがり, にまっくろ, にまわし, にもり上がっ, によっかかった, にニューッ, にペール・オーラ, に上りました, に両, に乗せる, に乗っけ, に取りつけ, に寝, に来る, に草束, に陽, の, のうえ, のなめらかさ, のねじ, のはね, のひな, のま, のコブ, の太陽, の子, の広告, の所, の方, の木, の毛, の百科事典, の籠, の薪, の赤兒, の金文字, の鋼鉄, の高い, はまっか, は二つ, は二十冊ぶん, は赤褐色, は青く, へしょっ, へとりつける, へ人形, へ氷, もくだけよ, も尖つた, も汗, も見え, やあし, やおなか, や胸, や腕, を, をくろく, をさすり, をし, をすっ, をた, をたたく, をつかまれ, をつけました, をとびちがいました, をながし, をまっすぐ, をまつ, をまるく, をまるめ, をむけました, をゆらゆら, をシャベル, を向け, を押し, を棒, を流せ, を立て, を見つめました, を静か, を食う

▼ せつつ~ (229, 0.5%)

7 ある 4 あること 3 あった, あるの 2 あります, そこに, その不思議, 自分が, 足を, 踊るの, 静かに

1 [198件] あったか, あったこと, あったの, あった赤坊, あの懸崖絶壁, あり人間, あるいた, あるから, あると, あるのに, あるもの, ある地つづき, ある地点, ある教科書中馬鈴薯字面, ある有様, ある権力, ある生産, ある精神異常者, ある重大事件, いそいそと, いたずら者の, いつか彼女は, いつしか並はずれ, いよいよ最後, かそけきが, かちかちと, かれては, ぎらぎらと, これを, ごろり, さて境内, しあし, しずかに, しみじみ話す, そこの, そのハンカチ, その実, それに, それは, たくみに, ちょろちょろ昇っ, とっとと歩いたら, ねじあげて, ひとり雪の, ひと足ぬきに, まえのめりに, もつれあうよう, やがて行きついた, ようやく操縦室, よって来た, われは, オカネが, クイクイ岬の, ゴーリキイの, サッカリンを, サン, ジャックと, ジリジリと, ソーッと, トラクターは, ドイツの, ヒッソリと, ピッタリと, 一枚二枚は, 一隊五艦依然, 万国の, 三十余輛を, 三味線片手に, 三種の, 下りて, 両手の, 中心に, 中空に, 主力の, 予定通り火曜日頃に, 互いの, 今一度オズオズと, 伊豆守の, 伝って, 何べ, 何処まで, 何喰わぬ, 傍で, 先づ時を, 先駆の, 光と, 全身一斉に, 内殿から, 再び渡良瀬川, 冷笑し, 力まかせに, 労働せしむれ, 動き出すと, 包んで, 右手の, 合理的に, 同一の, 同志窃かに, 向うの, 味い得る, 噛み合い掴み合い狂い合い縺れ合いつつ, 堂の, 妹の, 婦人用かと, 嬌艶に, 学びつつ, 実は巨大, 崩壊する, 幾回か, 廻転扉を, 廻転椅子から, 強いて落ち, 形を, 彼は, 彼一流の, 微かに, 思う存分に, 急いで, 打ふし, 控えたり, 描き出さなければ, 数少なく走っ, 文化人の, 文学精神の, 斜めに, 時を, 時間的に, 晴れた十二月, 更に翌日, 最初に, 朝餐の, 東端には, 森閑と, 検事の, 極めて長閑, 欄間に, 次第にその, 次第に泉, 正木博士の, 汝紙ぎれ伝え, 沢を, 泣いて, 流れつづいて, 消えて, 深まる夕闇, 渚へ, 渡つてゐた, 湧き水の, 火ばかり, 無心に, 無言の, 煙草を, 燃え立たせつつ, 片手払いに, 物静に, 畢竟彼, 発したの, 発達向上し, 的も, 真黒な, 眼の, 笑うの, 考へごと, 肺腑を, 自分は, 自動車は, 良人を, 表現する, 見え隠れに, 謎を, 資本主義国の, 賛成した, 走って, 走ってる, 走り去るアラビア, 越えても, 身を, 辛うじて左右, 辛うじて顔, 迷わせ狂わせ泣かせ笑わせて, 連れ歩みたいもの, 進んで, 遂にここ, 遂に揉み, 遊んだの, 運んで, 過ぎゆくの, 遠い遠い大昔, 野袴に, 鎮守の, 長割下水の, 降壇, 陰気な, 音符を, 頻々として, 駛り往く, 鳴りはためい, 黒装束の

▼ せ~ (210, 0.4%)

201917 ひて 5 ふは, ふを, ふ御, へり 3 ひしか, ふとも

2 [16件] は, ひけり, ひけるに, ひしぞ, ひつつ, ひに, ひぬ, ひ候, ひ御, ひ御車, ふこそ, ふな, ふにて, ふの, ふ事, ふ時

1 [96件] はいで, はば疑, はむには, はれその, ひき報じても, ひけるこそ, ひけるは, ひける忝さ, ひけん, ひし, ひしかば, ひしなり, ひたる, ひたればこそ, ひてという, ひながら, ひぬならん, ひぬらん, ひぬれど, ひ事, ひ余, ひ御酒, ひ徳太郎信房君, ひ憎き, ひ押し止むる乳母, ひ日, ひ早速, ひ武内宿禰, ひ直に, ひ神佛三寶, ひ萬民, ひ袋町住民, ひ越前守, ひ銀紙, ふお言葉, ふが, ふぞ, ふと, ふといふ, ふとぞ, ふとなり, ふと信ずる, ふと見えたれ, ふなりと, ふに, ふには, ふにも, ふべきとの, ふべきよし, ふべき這, ふべしさ, ふべしと, ふもいみじう哀れ, ふも老, ふも見ゆ, ふ事不審, ふ仰せ詞, ふ天が下, ふ広大無量, ふ所, ふ旨, ふ様, ふ法住寺殿, ふ神様, ふ程, ふ聲, ふ間, へお, へかし, へこの, へといへ, へとて思ひ, へとて竹箒, へとて紀, へと云つて, へと叔母女房, へと言, へども御許, へば, へば敵, へば羅漢, へば讀過一番, へば髭むし, へや, へりし, へり此段, へり紀州公, へる, へるに, へるを, へる余り, へる子也, へる語勢, へ且藥, へ御, へ我心

▼ せ~ (197, 0.4%)

23 がため 54 とする 3 ければ, とした, とは, ならん 2 が為, ですよ, でも, と, とせし, とて厩, と云, と思ひ, は子

1 [135件] かてあんたはん結構, かとびくびく, から, から信頼, から心配, から手, がお, がちょっと, がの, がまさか, がや, が好い, が為め, が爲め, が若, じゃない, だ, だから, だろう, だろうな, でしょう, でしょうか, です, ですな, では, とい, といけない, といひ, といふ, といふなら掘らん, とおっしゃる, とおぼし, とかく, とし, としてやまざる, として成らず, としみじみ, とす, とするなら, とすれ, とつとめ, とつとめた, とつとめる, とて, とてまたい, とてや, とて來, とて其の, とて割り, とて大, とて父上, とて特に, とて破約, とて紙, とて駕籠買い, となす, となら, とにやさ, との下心, との事, との仰せ, との執着, との実践, との希望, との心かま, との志, との為, との願, とはし給, とは云われまい, とまで思うた, とも限らん, と云うとった, と云え, と働いた, と僕ら, と先本堂, と其の, と内々, と内談, と冬吉, と勉むるものも, と勉むるものゝ, と固く, と夢想, と存じ, と存じまする, と宇都宮, と山内, と待處, と思う如く, と思ひし, と思ひ立たれた, と思へ, と思連, と急ぎ, と慾, と打て, と日頃, と期し, と欲する, と歸, と片意地, と猶も, と申候所, と言っ, と計った, と計りぬ, と誂えけれ, と鼻息, など, などという気, なよう, ならんなあ, ならんわ, にはただただ, には何, には調達, のじゃ, のためみやこ, の花ども, の詞, はおれ, は主婦, は惜し, は甚だ, は自分たち, ばかりの轟きであった, べい, ほどに, も図られませぬ, よりは却, よりは寧死, をし, をたのみ

▼ せ~ (195, 0.4%)

3 ような, 夕べに, 高い男

2 [11件] ないよう, は決して, 下に, 中村警部が, 大夕立, 安物に, 小遣いも, 楢と, 玉村さんは, 草の, 返事は

1 [164件] あき子夫人が, うえで, お勝手道具が, お口癖, お車, かはの, くせが, くるの, こけ猿, ことばかり, ことを, するめ, その一種, たかさ, ためか, ためです, つもりだった, つもりで, というの, ところには, ところへ, ととんだ, とばっちりを, と云っ, ない不安, ない子供心, ない淋しさ, ない苦情, ひくいへん, ひくい木, ひょろりとした, びをしてじ, びをしても中を, まくら代わりに, もとに, ものにも, やうな, やうに, やま, クライスト教会は, コブコブした, ショウ, ジャッキーや, セリフを, バラックで, ポストを, マルタは, マンホールの, 一つであった, 一つも, 一郎さんは, 一郎青年が, 一郎青年は, 中に, 中国人だ, 中村警部は, 人生の, 仕方でございました, 代物で, 代物泥繪の, 代用品, 仮象を, 低いブナ, 低い痩せた, 体系や, 俄仕入れしけものが, 修理を, 兄です, 判断とを, 勝見でした, 叔父でございます, 合図を, 名前で, 品が, 器に, 器械を, 因果な, 場合は, 塗り薬を, 変装用に, 太鼓が, 好意を, 妖怪談であっ, 学問を, 小林は, 小林君が, 尺度では, 山に, 山路に, 川, 席には, 帰帆を, 帶の, 役を, 御慰, 怪談も, 我儘が, 手紙が, 拍子木が, 散々ッ腹出, 新規な, 方々ばかりを, 方法で, 明智が, 時と, 普請で, 暑中休暇を, 書簡箋に, 木の実を, 柩を, 様に, 歎声では, 気やすめ, 片鱗である, 物から, 物代を, 王様だ, 王様を, 現象を, 画では, 画は, 當家の, 疑問に対する, 病気を, 皮肉ばかりを, 盆踊まで, 盛んに, 目的で, 着物で, 秋釈迦堂へ, 科学的知識を, 穴ふさぎで, 紙を, 罪に, 美貌に, 習い私, 腕と, 茜染めが, 草にも, 落合の, 虚妄を, 虫の, 親五郎右衞門は, 警察手帳か, 議論なんか, 貝が, 貧弱な, 貴族趣味とを, 赤富士, 足を, 返事で, 郵便局で, 重力の, 金を, 長椅子に, 隣家ぐらゐにしか感じない, 類例えば, 馬車なれ, 高いの, 高い白ゆり, 高い西洋人, 高さ, 高さ百尺あまり, 鼠薬それも

▼ せ自分~ (165, 0.3%)

2 が荻野家, で自分, はこの, はその, は庭, は日本橋, もその, も安心, も少し, を不幸

1 [145件] が, がいない, がお, がその間, がまっさきに, が与えた, が伴奏, が兄, が先ずまっさきに, が多年, が孤独, が当選, が影日向, が舵, だけがいい, だけそっと, だけそつ, だけはもう何もかも, だけ大阪, で, では学校, でもいや, でもときどき, でも休もう, でも旅, でも満足, でも食, でも食った, で酌, として是非, と八五郎, にも着け, にも脊負, に手, に箔, のよい, の不断, の乗る, の値打ち, の処, の叔母さん, の名, の声, の好いた, の室, の害毒, の家臣, の巾着, の引受け, の手, の書いた, の母, の生命, の着たる, の考え, の言葉, の身, の身体, の過失死, の邸, の鏡, はお, はそっと, はそのまま, はどこ, はひそか, はシロオテ, はトムさん, はルキーン, は一代, は一向, は一疋, は三俵, は両虎相, は仕度, は仲間, は傳吉, は先, は半纏, は口, は城太郎, は実利, は後で, は忰宗伯, は急ぎ, は慇懃, は早く, は東京, は橋, は洋髪, は濡手, は火鉢, は灯, は独り, は玄関側, は甲斐甲斐しく, は発砲, は眼, は知らぬ顔, は神さま, は立ち上がった, は終日酔いどれ, は署長, は蔭, は邪魔, は部下, は金座, は鍛冶場, は長身, は陣笠, は隅, は隣, は離れた, は馴染, もいっしょ, もすぐ, もそれ, もまた, も一個, も下手, も十分, も千鳥, も同じ, も同様, も咥, も咽喉, も喜び, も坐, も履替, も楽々, も歌, も独学, も荷, も荷物, も見張っ, も農場, も鏡, も食い, も飲みはじめ, も高い, も鼓, をこの世, をも不貞, をりっぱ, を撫で

▼ せそれ~ (160, 0.3%)

3 に火 2 が嬉しく, と香の物, に乗っ, を一面, を作松, を使っ, を提出, を自分

1 [141件] からさらに, からはずっと, からまた, からもいちど, から夢殿, から小山内先生, から弟, から細い, から踏縛, があまっ, がいい, がこの, がさらに, がすんだら, がため, がひ, がアンサンブル, が二人, が再び, が問題, が当る, が心身, が新聞, が旋風, が済む, が私, が立派, が育つ, が遂に, が遠い, こそわたしたち女, こそ満都, だけでもう, でモーター, とはなし, と共に死なう, にすがっ, にてやつ, には沢山, によって人気, によって偉大, によって太陽, によって彼, によって心, によって忌むべき, によって新しい, によって生じた, によって自己, に不用, に今, に共鳴器, に同情, に向っ, に多少, に寺, に数々, に新しい, に比例, に相応わし, に短刀, に笠, に緋綸子, に署名, に赤黒い, に金めっき, に関してオルガンチノ, のみならず, はそれ, はもう, はもはや, ばかりでなく, へあぐら, へお, へ太筆, より彼, より百日, を, をかくす, をきい, をこの, をせめて, をそっと, をつかん, をない, をひそか, をひろっ, をまた, をガッシ, をグリーンランド, をステーション, を一日, を三倍, を下, を主張, を人間, を以て得, を別, を卒業, を参考, を取り戻さう, を合理的, を基礎, を堂上, を墓標, を天上, を奪っ, を封筒, を当の, を彼女, を後刻, を拝せよ, を持, を持っ, を時折眺め, を時田, を木, を沈積, を滞らせた, を片手, を現場不在証明, を現場不在證明, を琵琶湖, を生命, を着々, を私, を第二義的, を給金, を美馬, を脱ぎ捨て, を落ち度, を見せ, を貰っ, を身, を身動き, を追求, を開墾, を領事, を飲, を飲み干し, を駕, 見ろと

▼ せまた~ (128, 0.3%)

3 それを 2 二度や, 或る, 自分が, 自分でも, 自分の, 馬を

1 [113件] あっちにも, あの怖, ある学者, おそらく凶年, かくも, かすかな, このと, この精神, これに, これを, こんな事, そのほか故人, その他の, その展開, その岩, その技, その次, その繁栄, その記号, それらを, たくまに, ふところからは, も返し, よそへ, わが淑女, わしを, 一名には, 一方では, 一条今出川の, 中川清秀は, 之を, 事に, 事実さ, 人馬の, 他の, 仰向くよう, 信仰の, 個々に, 公衆が, 兵隊や, 化粧に, 同時に安心, 同行の, 吟誦さした, 呉, 咲きこぼれた花, 大きな勉強, 夫人の, 子を, 子供の, 客間においては, 家族たちに, 少しずつ, 崇徳院の, 帝みずから御, 彼の, 彼女へも, 後に, 後世まで, 思い思いな, 悲しくさせる, 手では, 抓んだ指さき, 指で, 文字の, 文官年限令で, 新しい別, 新しい死人, 星雲中の, 時々は, 本校の, 柩は, 次第によっては, 気負い立たせて, 消毒力も, 満身を, 漢中の, 潘璋へも, 激務の, 煩さがらせた, 生活を, 疫病を, 発達させる, 相当曰くつき, 石燈籠が, 碑を, 私に, 程の, 米国における, 納戸部屋の, 腰衣を, 臆病に, 自ら誘われ, 自分で, 芳賀貞綱の, 苦しめるもの, 草木の, 裏へ, 角館の, 託磨之, 記紀に, 詔を, 諸方に, 趙雲, 軽快に, 近き街亭方面, 途切がちな, 遠くへ, 選ばれたるもの, 銅鑼や, 雪中に, 面白がらせる, 驚かせも

▼ せ~ (128, 0.3%)

10 した 6 して, せずに, 果ず 5 したが 4 する 3 したの, しないし, するが 2 せずまた

1 [80件] あへず, あらうが, あること, ある筈, しおらん, しおらんの, したあの, したくないのんびり, したので, したらそれ, した人, しない, しないであろうが, しないの, しなかったが, しなかったそうして, しなかった毒, しなかつた, しなかつたの, しなくて, しませんから, しませんが, しようかという, しようが, しようがね, すこし撓め, すること, するし, するため, するだらうし, するん, する造物主, すれば, せずそう, せず今, せず右手, せず甘, せず話しも, ない, ないもん, なき故, ならず, はてず小谷の方, はてず狐狸, はてず藤房, ひゑしみめゆきさあてえ, ふし度そして又, まだいただい, やらず組みついたが, 一刻を, 一度は, 云わない先, 來た, 倖せで, 出來, 出来ないしね, 出来ますが, 婚礼も, 後宇多, 敢ず, 敢へ, 果たせずダダダダダ, 果てずに, 果てずはたと, 果てずひとり, 果てず冷笑, 果てず捻じ敷いて, 果てず母, 果てず海野甚三郎, 果てず父親, 果てず眼, 果てず黒装束, 無之やう, 然ぞ, 耳の, 致さんの, 見せなかった, 見せなかつた, 負わせも, 高いし

▼ せ~ (118, 0.2%)

22 がる 17 がった 15 がって 6 がったな 3 がったぜ

2 [11件] あがる, がったが, がったと, がったん, がらア, がるな, アがった, アがる, アしない, 伊那丸さま, 愚物の

1 [33件] あい, あがるの, いてんこと, い俺ら, うといつて, がったじゃ, がったの, がったもん, がったろう, がったんで, がった老いぼれの, がら, がら無, がるこん畜生, がるぜ, がるの, がるばかり, がるよ, がるん, がるツ, がるナと, がる貴様, がれ, この尾張八郡, しかめつ面, アが, アがって, アせん, 一番鶏が, 下々に, 大丈夫だ, 清國を, 清國をといふ

▼ せてから~ (102, 0.2%)

2 畑の, 襖を

1 [98件] いった, いよいよ観測, お前, お情け, このウソ, この羽ばたき, さっきの, ざっともう十八年, ざっと粉末, ざつと粉末に, そこの, そのまわり, その光り, その次, それとなくど, それを, たんていじむ所へ, でないと, でなけりゃ珈琲, とうとう私, ともかくも, とりかえす, ひとり鉄柵の, ふいに, また二人いっしょ, また片目, みんなの, ゆっくりお礼, ゆっくりと, ハタと, レザールに, 一気に与一右衛門, 一週間も, 二ツの, 云つた, 以来蚊の, 何か, 何人も, 優しく桂子, 入らなければ, 再び僕, 再び出直し, 出て, 出掛けるの, 勝手元に, 半年も, 又悠々, 又撲殺, 合唱された, 否定する, 壁の, 大分たっ, 女中を, 始めて, 室への, 少し前, 居候に, 引続きこの, 彼は, 後の, 後城太郎に, 必殺の, 忠房は, 抱きとめなかったかと, 捕まえるん, 政宗は, 明日金物屋へ, 暫くし, 最初に, 本当にご, 本當, 松子は, 楊子の, 橋番始め近所の, 欠点について, 殺す気, 特務曹長上りの, 独りで, 独酌で, 甲斐は, 眼も, 矢鱈に, 私たちは, 私にも, 私は, 突然攻勢, 第三, 約二カ月, 約十年, 絵などを, 自分の, 臼で, 行くが, 話し続けるの, 買い取る, 間もなく足, 面白半分, 食つた

▼ せ~ (94, 0.2%)

18 とする 12 が爲 4 が爲め 2 とし, としたる, として伊東巳代治男, として無稽無謀, として種々, として諸, と勉むる, は亦, 或は然, 要は斯

1 [40件] あは, お通, この事われら, さ, さらばこの, だ, といひ, といひし, としてまた, として仍, として其鋭氣, として戸主, として未だ, として此言, として沒主義沒政見, として没主義没政見, として淡海, と努める, と吾が, と思ふ, と思へる, と我が, に, に心置き, に蘇格蘭, の心, はいともいとも, は何, は易けれ, は猿廻與二郎, ばかりである, ほどの大, までの父, も知るべからざれ, も計られず, も面倒, よりは歴史家, を惜しき清き, 真に伎倆, 若し辛き

▼ せそして~ (85, 0.2%)

2 ぽんと

1 [83件] ああした終り, あくまで後醍醐, あとは, うしろに, おもむろに両朝, この身, この邸, これらの, しきりに鼻, じめ, ずばりと, そのうち, そのままに, その爲め, その片恋, その物語, それが, たちまち腹の中, つづいて, どこかを, ひき寄せるため, もっと給仕, よろこばせた, アカグマ国の, ブラームスを, 三十秒ばかり, 世間へ, 二人で, 人々に, 人類の, 今更東京, 他人に, 何日の, 何物にも, 全員を, 初対面の, 勇気を, 勇氣を, 単純なうなずき, 又水, 又私達, 壁を, 天下の, 実感に, 帝の, 幕府方針としては, 廓へ, 弛緩させます, 彼らを, 得体の, 感じさせて, 拾って, 握って, 政宗方の, 新宇宙艇, 日々が, 日本一大, 梯子段を, 機械で, 殺合いを, 浄らかな, 満州における, 然うし, 爛漫と, 生産力の, 田所検事へ, 留守居させ, 真実に, 真実の, 私が, 私の, 精神そのものに, 考へ, 袖道具の, 規律と, 読者に, 赤裸々に, 近代的な, 郎党数名を, 鏡に, 間もなく彼ら, 音楽が, 鼠算で

▼ せ~ (81, 0.2%)

196 るるに 3 るる 2 せらば, るべきもの, るるが, るること, るるという, るるの, るるは, るるよう, るる事, るる天皇

1 [33件] あ, るから, るべき, るべきか, るべき問題, るべき權利, るべき詔勅下り, るべくもし, るべく候, るべし左樣, るるうち, るるか, るるかと, るるくらい, るるごとく言いさ, るるため, るるであろう, るるところ, るるとは, るるなら, るるばかり, るるほどの, るるを, るる上様, るる事ゆえ, るる云々, るる天, るる天皇陛下, るる時勢, るる重責, るる鼻, る可, る長政側近く

▼ せにゃ~ (78, 0.2%)

17 ならん 7 ならぬ 3 ならない 2 いかんぞ, ならぬかも, ならぬすなわち, ならぬと, ならねえ, ならんから, ならんと, なるまい, 駄目だ

1 [33件] あならず, いかん, いかんぜ, いかんよ, いかんよと, いかん天皇様と, おさまりそう, それでよい, ならずそれで, ならず始末, ならないからな, ならなくなった, ならぬあれ, ならぬが, ならぬそれから, ならぬに, ならぬの, ならぬよう, ならんが, ならんという, なりません, なりませんから, なるまいから, なるまい私, なんの, 不可ん, 不好, 人並みの, 国は, 天国で, 東京の, 片づきゃせん, 結構だ

▼ せ~ (76, 0.2%)

3 あったので, ありました, 入った, 来た 2 あった, あったが, あって, ある, どった, 来たの

1 [52件] あつた, ありすべて岩石, ありましたが, あろう, おとずれつつ, おとずれますよう, おとずれるでござろう, きた, きたの, くるごと, ございますれば, ございません, さがりかけて, すんで, それほど不愉快, たった今曹操, どうやっ, ない, ないの, ないので, ないよ, なかつたの, ひ, やつて, よかったら, わるかった, 一番だ, 今やわれ, 來た, 來次第直ぐ, 入った日, 全く大人, 参りましたか, 同志の, 否定する, 呉国の, 呉軍に, 天下将軍じきじきの, 小さいの, 届きました, 廻る, 悪いの, 悪いので, 来たッ, 来た時, 来て, 次の, 田舎へ, 行くまで, 行われ尾崎士郎, 閃めく, 飛んで

▼ せ~ (72, 0.1%)

2 はせて, はんと, ひうちつれて, ひ山, 徳の, 比奈の

1 [60件] いきませ, かれしが, きみと, さしつかえなき日, つていきほ, つている, つてゐる, つて山から, とうさま, なさけぶかいこと, はるも, ひつ, ひつぶら, ひ木, やつに, 三保と, 互にスリル, 光を, 内儀さん, 出しに, 千絵の, 叩頭を, 品の, 土産として, 土産は, 奥様の, 女中に, 嫁の, 嬢さまは, 宮参りとは, 帰り遊ばせ, 役に立つこと, 役人へ, 役宅さして, 手拭は, 月様が, 毒でございます, 民の, 父様が, 目出度いので, 短刀を, 祖父様の, 神も, 粥の, 綱と, 胸を, 膳の, 興じ合って, 艶の, 茶盆を, 読みやすと, 起き遊ばせ, 身近まで, 酌には, 酒だの, 静かに, 静が, 靜が, 風呂も, 麗に

▼ せしも~ (64, 0.1%)

2 多かり

1 [62件] うれしかりき, おもしろかった, かしこに, この酒, さしたる損害, すでに一炊, その由来, ただ大声, たよりなき, だん, ついに殺しおわった, なおその, みな多少, ピストイアに, 一人として, 一度二度には, 一度男, 今に至つて微力, 件の, 何となくやん, 全国における, 其の餘流, 其女の, 其方が, 再考の, 十中八九は, 単に身嗜計, 厳粛なる, 可笑しかりける, 名に, 士庶の, 声立たず, 夜の, 安帝, 実に此間, 属僚輩かくては, 後二戸郡, 思直し, 恐らくはこう言う, 成立せずし, 日中は, 昔徳川幕府が, 時日切迫し, 未だ世間, 果さずその, 次には, 沼田連の, 無理ならず, 無理ならぬ, 玄宗即位の, 甚だ不便, 男女が, 畢竟は, 當分の, 皆汝, 益なかりき彼これに, 秋田城介安倍実季道を, 素より無理, 自ら働く, 裁判長は, 長庵, 面目なし

▼ せもの~ (60, 0.1%)

4 ですよ 32 だぞ, だよ, であろうとは, です

1 [45件] か, かと, から本もの, かをためした, がない, が多い, が殖えたらしい, くそ奉行, たるべき素質, だからなあ, だけはおの, だったの, だって云う, だと, だという, で, であること, であるの, であろうと, でおれ, でさあ, ですぜ, でそんな, でほんとう, で何, といれかえ, ととりかえ, とはいったい, とはすこしも, と呼ばれる, ならざるに, なん, にてとうてい, にまでつかわれる, のお, の中, の真珠, の鼻, もある, も云わず, をしましょう, を云いたい, を作る, を意味, 柔かくこなし

▼ せ~ (60, 0.1%)

12 くない 3 かつたん 2 い, いと思ふ, いんだ, くて, くなかつた

1 [35件] いこと, いという, いといふ, いといふ話, いとお思ひに, いとかんがえ, いとで, いと云, いと思つて, いと思ひました, いと日夜念願, いと色々苦心, いと願つた, いなあ, いの, いのです, いもの, い一年, い大, い御, い念, い所, い欲望, い気配い, い爲め, い者, かつたの, くなかつたら, くねえと, くは, く成, と相談, ねえ, 存じますと, 我が止めし

▼ せちゃ~ (59, 0.1%)

4 いけない 3 気の毒だ 2 いけないと, いけないの, いけないよ, ア気の毒だ

1 [44件] あぶないからな, いかんね, いけないって, いけないわ, いけねえ, いけませんよ, いないん, いや, いやよ, いやーよ, うまい剃刀, おくまいが, おとうさんたちに, かえって不憫, かわいそうだ, くれねえ, こまるから, たまらんよ, だめです, ならねえよ, ならんぞ, ぶちこわしだ, やれねえぜ, ア, アうるさい, アなら, ア可哀そうだ, ア大変だ, ア我々の, ア置かれねえ, ッたんです, 勿体ない, 困るな, 困るナア, 大へん, 巧いもんだ, 悪かん, 損です, 置かないん, 置かぬ, 若い男, 際限がねえ, 駄目じゃ, 駄目だ

▼ せ~ (56, 0.1%)

3 はそれ 2 が声, と二人, の手, も然, を訪ね

1 [43件] あの汽車, がいなく, がその, が今, が先刻, が強い, が絶命, し事, だけを枕頭, と張り, と張り合っ, と葵原君, にも猿ぐつわをはめようとかかるにちがいない, に不安, のほう, の乗りまわす, の役目, の手首, の生命, の視点, の関心, はその, はそのまま, はどちら, はひそか, は不義, は何, は其樣, は妹, は彼, は彼女, は御, は戸棚, は瘧, は能う頂きませぬ, は薬屋, は金剛杖, もしばらく, をひきつける, を夢, を捕虜, を支配, を総体

▼ せやう~ (55, 0.1%)

11 とする 9 とした 3 とも思ふ 2 が空車, とし, と云, と思つて

1 [24件] か, があります, といふの, といふ意志, といふ議, としてゐる, として居給, として此, とぞんじまし, とも思はなけれ, と云つた意氣込み, と企らん, と企ん, と力め, と力めた, と思, と思っ, と思った, と思つたの, と思つて其様, と思ふ, と斯, と焦せりぬい, と考へる

▼ せそれから~ (54, 0.1%)

2 後に

1 [52件] あの塀, あれだけの, お鶴, そういう理論, それを, ついて, どこかへ, もう一方, ホテルの, 井戸を, 京浜国道を, 人足ひとりひとりに, 何か, 僕は, 僕を, 優しくにんじん, 元明画風の, 先は, 北海道に, 厩頭の, 又一畳, 國元, 大金を, 奥州の, 廊下を, 引括られた, 急に, 攻撃を, 朝まで, 机の, 橋の, 次には, 次に英語, 毎日の, 毎日丹念に, 水が, 漸く消え, 特別するどい, 私も, 精神の, 細紐で, 繃帯に, 自由に, 船に, 袋を, 袋探偵の, 贋金を, 足音を, 陛下の, 電話を, 順路を, 黄沙を

▼ せんで~ (53, 0.1%)

3 せうか 2 え, よろしい, 楽に

1 [44件] あくまでも敵, いい世の中, いろいろと, おいと, おかし, お出でなさい, がすね, この手紙, この通り臥, じっとし, すむかも, せう, せうが, とにかく生延び, どんどん食べ, なんか, ひとりし, もっと自分, メカケの, モット常識的に, 上等の, 下だ, 中に, 二階に, 人の, 何う, 命がけで, 困る, 子供の, 宜しいよ, 怪しからん, 暑中でも, 月日が, 歯医者へ, 為せられる儘, 無造作に, 熟と, 生命を, 略式に, 私の, 貰うとき, 隱れ, 食って, 黙つて

▼ せ~ (52, 0.1%)

39 せと 4 かちに 1 かくお, かくしんみり, かくロマンチック, かく悪血, さ新吉, ついて, ついても, つくばかり, 放しを

▼ せむと~ (50, 0.1%)

4 欲す 2 企てたり, 勉めたので, 期したるもの, 欲すと, 欲するの, 欲するのみと, 欲する精神, 欲す之, 約しき, 試みたり

1 [26件] いよいよ押さ, ならば, の子供心, の念慮熾, の理想, また二, 力めながら, 思うこと, 思ひの, 思ひわ, 思ひ惑, 欲したる, 欲し叙事, 欲し敵党, 欲し敵黨, 欲すといふは, 欲するは, 欲するもの, 欲する對象, 欲する心, 欲する意志さ, 欲する者, 欲せし, 欲せは, 試みし黄金, 試みたるより

▼ せそう~ (46, 0.1%)

4 して, にした 2 だ, です, にし

1 [32件] すること, だから, だった多, でございます, で危, なくらいの, なの, な冬菜, な勢, な唯一, な場所, な女たち, な意見, な機因, な櫛笄, な歓喜, な点, な頼母, にする, にどっと, になる, にもない, にも思えた, にも思われない, に思えた, に思われました, ほうその, もありません, もない, もなかっ, やって, 云う風

▼ せ~ (44, 0.1%)

2 因みも, 某の, 盃に

1 [38件] あの塔, かのリップ, されども, なるべし, われら君なき, キユーを, ユニオン, 何者かの, 出雲人よりの, 古来の, 君が, 天之, 宗良は, 床几を, 彼の, 彼また, 彼塔も, 後の, 御迷惑, 成らん右, 我が, 手なみを, 日本武尊の, 最初の, 有名なる, 海つ, 淋しさ, 猿を, 皇の, 矢の, 粘土の, 若くば, 裏の, 話の, 謙三郎は, 跡は, 鶴は, 齋藤瀧口時頼が

▼ せ~ (43, 0.1%)

1 [43件] それを, わがため, 一定の, 一面には, 人と, 何となく林町, 其傾向の, 切疵なら, 勇氣づけた, 半月ばかり, 団体の, 夕方に, 妹お, 娘お, 媒介する, 小鱸鈎, 屡, 屡々蕎麦, 左衛門に, 平石次右衞門を, 引つ, 当方からも, 彼等の, 憤らせる, 我を, 或る, 所作を, 新しく買つて, 桜の, 沈思させる, 流れさせた, 消毒し, 犯罪の, 登場人物の, 神田三河町二丁目家持五兵衞召使ひ, 編入者に対しては, 考えられ得るよう, 胸までの, 自分でも, 自身が, 袖を, 金者は, 領主には

▼ せ~ (42, 0.1%)

2 に動く

1 [40件] が何階, が怪訝, と共に逆, の七右衞門, の作品, の前, の守護神, の式亭, の手, の批判者, の指, の明る, の様子, の清三郎, の頭, の飛脚, の魂, はその, はそれ, はとどまっ, はまた, はやう, はようやく, は再び, は嘲笑っ, は廻す, は更に, は異常, は踊っ, を, をしずめさし, をぼんやり, をもあらゆる, を傷つけ, を召し連れ, を喜ばせた, を恥ずかし, を見る, を豹, 勝つか

▼ せ乍ら~ (41, 0.1%)

2 近づいた

1 [39件] あわて氣味, いろ, こんなこと, さながら通り魔, さも, さらさらと, その寂し, も, もあまり, もガラツ八, も一方, も一枚, も三人, も大して, ムッと, 去り行く列車, 取乱した姿, 取付けた様, 嗜みよく, 小さい二枚, 少し傳法, 思う所, 急いで, 悠然と歩く, 持つて, 極く, 次第に輝き, 注意深く歩い, 漸く笑, 答えた, 絶えざる細い, 言った, 訊いた, 躍り込んで, 逆毛, 這い寄って, 過して, 遥か隔つた自分, 面白さうに聽

▼ せ~ (39, 0.1%)

32 はじ, ひそ, ひ亭子院, ひ斯, ふな, へかし

1 [24件] うよう, うらん御, うを, う鬼子母神, え, える茶碗, はす事, はむこそ, ひおろか, ひしかば, ひし頃, ひて, ひ余, ひ御, ふと伝へ, ふは, ふべからんさて, ふや, ふ赤光, へと云, へと宿, へや, へる山, へ然

▼ せながらも~ (38, 0.1%)

2 一つ遠くの, 風雲の

1 [34件] あまりの, いっこう油断, え本, きっぱりと, きっぱり返辞, この疑問, しかもその, その凧, その口, ともかくも, またつねに, やはり虚ろ, ガラッ八, キッパリと, 一定の, 一度こう呼ん, 他の, 何か, 努めて, 大して極り, 実は面白, 実際は, 我慢し, 涙を, 混戦中の, 源氏は, 無造作に, 白刃持つ, 相變ら, 立って, 縄を, 繩を, 走って, 骨骼だけ

▼ せざら~ (37, 0.1%)

96 んこと 4 ん事 2 んやう

1 [16件] しむる, しむるの力, しむる呪言, しむる者也, しめそれに, しめん, まし今, まほしき, むこと, むことを, んである, んよう, ん乎, ん日中, ん為, ん貢

▼ せ~ (37, 0.1%)

42 だよ, である, です, ですよ, に違, よ

1 [21件] かも知れない, さ, じゃった母, じゃな, だったん, だと, だね, だろう, であったこと, であります, ですぞ, で世間, とは思わな, と呼ぶ, なん, に違い, のよう, の恩知らず, の畜生みたい, の部類, をタビラコ

▼ せこの~ (36, 0.1%)

2 やり方は

1 [34件] へんなら, ままでは, 一解決にすら, 上孝養の, 不思議な, 事を, 人たちが, 品だけは, 国の, 大吉の, 女を, 家へ, 家を, 対立を, 感受性を, 扇歌の, 手で, 断食芸人は, 日も, 暗がりの, 殺人が, 気どりを, 池の, 清左衛門の, 着物を, 私も, 粗末で, 紅の, 身上を, 道場を, 部屋へ, 酷薄な, 雪に, 静けさの

▼ せなど~ (36, 0.1%)

19 して 5 した

1 [12件] したの, したらすぐ, したら何, したりしかば, した中, した時, しては, しぬるほどに, しました, すること, するの, 女王は

▼ せこれ~ (35, 0.1%)

2 はと考え込ませ

1 [33件] がいかん, が感傷, と並べて, と血, なんぞはこんなに, に向っ, に継ぐ, に藉つて金錢, に鈴鹿川, まで経験, もぶつかる, も大刀, をハンマー, を代用, を入念, を切っ, を受禅台, を同じ, を告げた, を引率, を強力, を御, を携え, を曹真, を河原, を登場俳優一同, を空屋, を罹災, を見ろ, を陵域, を青緑色, を駭, を鬼門除け

▼ せ~ (35, 0.1%)

1 [35件] あのやう, いとせめての, いぶかしき思ひ, えれえ, おしで, お心安, さみしけれ神, そなた, たんぎゃっという物音を, たん場で, なかなか帰っ, はや宮, まれらなる, むねの, わが獄窓, 一度根, 一座の, 以前に, 十余年の, 垂乳根の, 奧へ, 如何せ, 情ある, 敵を, 昼ふか, 求め得ずた, 眞の, 神主の, 私欲ならざりける, 腹へりたれ, 見えず, 酒に, 風いたう, 風の, 鬼は

▼ せたま~ (34, 0.1%)

132 はむ

1 [19件] しいに, はで, はむ秋, ひける, へお客様, へそ, へつる, へといのりたてまつる, へとて戀, へと申す, へと祈つた, へどつい, へば国王, へる, へる伯父訪, へる気色容易, へを口, へ都人, へ願

▼ せ~ (33, 0.1%)

9 へすれ 7 うして 2 うです, うな, うも

1 [11件] うだから, うだが, うもないし, うもない大, くりと, するに, は二人, へこれ, へした, へもしなかつた, ア

▼ せざらん~ (32, 0.1%)

65 と欲する 4 とする 2 がため, と欲, やである

1 [11件] が為, と, とし, としてもしない, とす, と欲すれ, と長, には社会, はまた, やと, や公等

▼ せ~ (32, 0.1%)

1 [32件] かと思ひ, がまれ, しるしまでに, その時, て, て後, といふ字, とおぼしめし, につき, に天一坊儀, に追, は, ひしかど, ふても, ふべし, へ, へとて手, へども得念一, へども田舍, へども田舎, へば何と, へ共, べし, べしとの, よふ, より今, をとたう, 御姿, 故かかる, 来たわよ, 猶委しく, 随分随分と

▼ せども~ (30, 0.1%)

2 相見し

1 [28件] え辨, こは, さし置が, その領分, ふくらうな, ますます暴, みな知らずと, もう声, 全快の, 帰らざる君, 影ぞ, 彼家此家の, 惡者承知せず, 效なく, 文右衞門の, 樂は, 湯の, 源氏の, 目を, 答へ, 自ら驚かず, 苔蒸したる, 荷と, 見えるもの聴, 討ち取ること, 記憶了知及び, 足らぬもの, 身じろがず

▼ せてを~ (29, 0.1%)

9 ります 2 いてから, くこと, くと

1 [14件] いて, く, りその, りました, りましたから, りますから, りますからね, りますが, りません, りませんので, り能登, ると, る幾多, る微雨

▼ せぶり~ (29, 0.1%)

1 [29件] がなく, が至って, たつぷりの, だと, であると, とを感じ, と世間師, なお天気, なひ, な力, な太い, な手紙, な抛物線, な曖昧さ, な樣子, な横目, な理論癖, な素振り, な話し方, にいふ, にくすり, にて微笑む, に持つ, に機, もなく, をみせ, を差し, を行ツ, 第一

▼ せさえ~ (28, 0.1%)

16 すれば 3 した, しなければ 1 したの, したもの, しない政府, すりゃいうなりに, するの, せば

▼ せ~ (28, 0.1%)

2 せう, 来て

1 [24件] あつた, あらうと, いたりけり, いるの, おくため, おりますこと, しかも鋼鉄, しばらく横たわり, せうちやん, もし度い, やったら毎日, 五六人ゾロゾロと, 仕方が, 使って, 呉ろ, 呉ろちゃ, 彼を, 待て, 探偵の, 来ると, 滞城二日間, 相手の, 話すを, 順を

▼ せよう~ (28, 0.1%)

19 では 2 もない 1 たつて, なもの, なん, にも皆それぞれ, のこんた, の葛藤, はどう

▼ せ~ (26, 0.1%)

1 [26件] がかすみ, だけを白く, に見る, に銀鱗, の光, の前, の端, の裡, は寮, は真, ばかり神経質, をあやしく, をうるませ, をみはり, をギラ, を上, を伏せ, を大きく, を廻した, を怒り, を潤ませる, を血走らせ, を見張らせる, を輝かし, を輝かせ, を閉じ

▼ せ~ (25, 0.1%)

1 [25件] がおれら, が十五分の直角, が悪い, が第, が肝腎, その砂, で正直, なの, には一つ, によっては哲学自身, によって男, の工夫, の比率, はこう, はずいぶん, はせぬ, は往来, もさらに, も一切, も不充分, も有る, をし, をしました, をする, を教え

▼ せにや~ (24, 0.0%)

4 ならん 2 ならんと, ならんわい

1 [16件] あかんぜ, いかん, ならないから, ならないの, ならぬなど, ならんから, ならんこと, ならんといふ, ならんの, ならんよう, ならんわ, ならん肺, なるまい, なるまいが, なるまいね, 子供は

▼ せそうして~ (23, 0.0%)

1 [23件] あとで, あらかじめ早, かえって所要, そのエネルギー, その犬, ゆだ, 両脚を, 二人の, 公方様を, 刺激を, 富士の, 己が, 常に讒, 彼の, 時間を, 狂喜した, 田山白雲が, 目的の, 絶えず昔, 綾子には, 臨時の, 自分も, 花の

▼ せそこ~ (23, 0.0%)

1 [23件] からいず, から好い, から推移発展, で悠々, で討ち取る, にある, にスポット, に一命, に大小三つ, に宿泊, に巡査, に父, に自分, に詩集, の中, の二万余騎, の式臺, の舟べり, へぴたり, へ丸薬, へ入れ, を参謀本部, を立ち去ろう

▼ せやがて~ (23, 0.0%)

2 それが

1 [21件] ご新姐, その地方, その山小舎, それを, は党, カマキリも, 一ヶ月後同じこの, 亡ぼして, 凌州の, 受信局で, 彼を, 怨むよう, 歩ませる力, 氷は, 消え失せる, 竹一が, 自分で, 西征の, 趙子, 郎党数騎を, 陣十郎は

▼ せ自身~ (23, 0.0%)

1 [23件] のえらぶ, のお座船以下, のもの, の床几場, の猛, の生命, はその, はオートバイ, は太刀, は弟, は手, は昨日あたり, は書棚, は書院, は濮陽, は銀座, は静か, もすぐ, も北, も東, も神輿, も騎馬, を無力

▼ せ~ (22, 0.0%)

2 の暮し, 向う岸から

1 [18件] こそ花咲かん, じゃ赤, では全体, では赤, に息, に至る, は少年, は被害妄想, また信雄どの, また老, までの労, もなお, より花, 又この, 又伊勢屋千太郎, 料理人が, 直ぐとは, 音楽堂の

▼ せ明智~ (22, 0.0%)

2 はそう

1 [20件] が, がふてぶてしく, が思わず, が自動車, が運転手, とふたり, の部下, はいそい, はおさえつけられた, はさも, はじ, はそれ, はふたたび, はやっと, はゆったり, はわざと, は悪人, は立ちはだかった, も右手, をとりこ

▼ せさて~ (21, 0.0%)

1 [21件] いうこと, いつでもと, さも物珍, そうし, も不思議, 一行は, 共にマレツチイ夫人, 安里に, 心して足, 怪訝る, 慰めることば, 我手を, 揮良夫の, 日も, 歎きつ, 死骸を, 渾良夫の, 禁酒を, 自分で, 詞を, 話頭を

▼ せ彼女~ (21, 0.0%)

1 [21件] が美, にやる, のうるさい, の下らな, の孤独, の様子, の生まれ故郷, の臭い, の親指, の身体, はさびしく, はひとりきり, は眼, は華麗, へ犠牲, をたのしく, をもほっと, を二人, を力づけ, を宥め賺し, を草深い

▼ せ~ (21, 0.0%)

1 [21件] がある, が多い, だから, だったよ, だと, だろうか, だ當時, であつ, でげす, でことに, で本物, と呼びたい, ならこわく, にて養女, に違い, の次に, の熊, も云わない, よりも高く, を押しつけられる, を食わせる

▼ せしかも~ (20, 0.0%)

1 [20件] きれいに, このお雪ちゃん, この上なく真面目くさっ, この蟻族, これに, その恋, その生活様式, その間に, その雄々しい, なかなかひきつける, ゆったりと, 一定の, 悪心あっ, 或る, 時としては, 木煉瓦以上に, 江夏の, 絶えず黄色い, 肩を, 自分は

▼ せでも~ (20, 0.0%)

2 したかの, したの, して

1 [14件] あるらしい, させたよう, したら, したらこれ, したらどこ, したら始末, したるか, しては, するかの, するやう, するよう, なんでも, 云ふ, 秘かに

▼ せ~ (20, 0.0%)

10 せと 4 せツ 1 せ, せとかよは, てゐたす, てゐだす, て言, と歯

▼ せ~ (20, 0.0%)

2 でも右, にもかも解った

1 [16件] かを考え込ん, か堪へ, か悪い, か新しい, か用, か良から, か重大, か間違ひで, にかイヤ, の目的, の苦, の食, も時世, を望ませ, を笑った, を買っ

▼ せ振り~ (20, 0.0%)

2 なところ, な笑, な調子

1 [14件] なこと, な云, な動き方, な空疎, にカラカラ, にハミ, に出, に卑しい, に容易く, に愛嬌, の涙, もあまり, もなく, を示し

▼ せ~ (20, 0.0%)

2 ます何, ませうお供, ませぬほどに

1 [14件] たく他, たし, とうござんすけれど, べく候, べしと, べしとて, べしとの, べし先々, べし抑, ました今宵限り関, ました今宵限り關, まじ何分, 上られないこと, 耽申儀

▼ せてまで~ (19, 0.0%)

1 [19件] この自然的, その戦闘力, むりやり登勢, 仇を, 休んで, 刊行しよう, 加代子さんを, 勘定を, 呪うたが, 妻の, 実定に, 少しでも, 巧みに, 打ち込んで, 振りきって, 来たわけ, 生きて, 生きようと, 美人座を

▼ せ~ (19, 0.0%)

9 へん 2 へんので 1 いうの, から皆, なア, へなん, へんこと, へんどうぞ, よ, 見て

▼ せてはと~ (18, 0.0%)

2 思って, 思つたから, 手先捕方を

1 [12件] しいて心, その為, マネージャーや, 思い間違って, 思ったが, 思つた, 思つてその, 思ふから, 惧れた, 指の, 絶えず影, 考へた

▼ せ同時に~ (18, 0.0%)

1 [18件] ある場合, この食堂, その責任, そんなこと, ほかの, ラテン文化を, 一方に, 人を, 人物及び, 全財産, 右翼的日和見主義の, 憐愍の, 戦の, 拭いがたい, 生活の, 街道の, 身体が, 配下各所の

▼ せさらに~ (17, 0.0%)

1 [17件] あと片づけする, その誓い, また世相, オースチン師の, 一方空中, 元の, 四人の, 多くの, 大きな筆, 座敷へ, 柔和な, 次の, 琵琶湖の, 紙銭十万を, 翻って, 自分たちは, 菩提寺の

▼ せさる~ (17, 0.0%)

2 へからさる, へからす, ものとの, を得 1 のも, は余, は勿論, ものあれは, もの或は, を義, 下等の, 事情は, 所なり

▼ せむと欲~ (17, 0.0%)

5 したり, して 3 するに 1 するが, するとき, するところ, すれば

▼ せ~ (17, 0.0%)

2 まげて, をびくびく

1 [13件] からほ, から雷鳴, と鼻孔, のところ, はあらゆる, は大きく, もきけず, をうち, をきゅっと, をもぐ, を張った, を突ら, 大きく眉

▼ せ~ (17, 0.0%)

4 とした, とする 1 かと云う, として居る, とすれ, とも仕, と千世子, と喘, と心掛けました, と来る, 引きたたせ様

▼ せての~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの魔窟通い, ことかは, ことに, ぞんぶんに, ぼつて, んの, ッつ, 俊敏たとうべく, 嘆息だった, 女の, 帰り途, 横坐り酒で, 正坐片腹痛き, 祝い日の, 練香水, 袖畳み小早く

▼ せ~ (16, 0.0%)

2 何卒

1 [14件] あかん袋帯, あきまへんぜ, きみは, さッた, やつだ, 今朝は, 奴にて, 恥かく, 此の, 盥の, 私に, 苦しみの, 貴方も, 高等小学卒業で

▼ せもし~ (16, 0.0%)

1 [16件] お前は, その憎悪, たであらうもの, つまらなくも, ませぬ拙者引き受け介抱, またすっきり, また相, 勇氣づけ, 又自分, 同浴, 安心も, 泥棒が, 自分の, 見付からなかった場合, 迎へ, 験しあれば

▼ せ~ (16, 0.0%)

2 の諸

1 [14件] からお, にも町, の一つ, の人, の人々, の原, の多く, の子息さん達, の家ガら童貰, の町, の組, の要素, はた, は皆

▼ せ初め~ (16, 0.0%)

83 たの 2 ました 1 たでは, たと, は大事

▼ せ~ (16, 0.0%)

2 賢察の

1 [14件] 一族にも, 内意を, 出生の, 命なお, 国名を, 本家を, 林軍の, 猟を, 神鏡の, 結婚な, 自分は, 自身の, 遣わし御懇切, 養育なし

▼ せちや~ (15, 0.0%)

2 あ嫌, いけないの

1 [11件] あちと, いけないと, いけないよ, いけないわ, えかねえ, ならねえ, ならねえよ, ぶちこ, 反つて不憫ぢ, 困るぢ, 悪いわ

▼ せ~ (15, 0.0%)

4 さりませ 2 さんせ 1 から綱, さりませ縁, すったよう, に, にもおかぬ, のほう, は仕うる, は藍なす, へ向っ

▼ せ且つ~ (15, 0.0%)

2 それを

1 [13件] これを, その友達, その法文, その胎生, は後世, よろこばせたの, 一本ずつ, 全身の, 力づけた, 考えさせた, 行爲を, 運動にも, 餅とか

▼ せ二人~ (15, 0.0%)

1 [15件] ずつの押し手, でしずか, でひる, とも開い, の下っ, の刑手, の居所, の様子, の生活, の話, の間, はあと, をおしこむ, を結婚, を試合わせ

▼ せ~ (15, 0.0%)

1 [15件] さわぎを, に帝, に驚かせ, よろこびで, を為さしめた, ピアニストとしての, ピラミッドの, 介の, 受け, 彦からの, 御身の, 忌神を, 資本家による, 跨にしかも, 雲院の

▼ せかい~ (14, 0.0%)

3 にならびなし 2 にた, にと 1 がだんだん, だった, でも, にたぐい, にとどろけり, のゆめ, の幻聴

▼ せがち~ (14, 0.0%)

3 である, なもの 2 なの 1 であつ, であるからと, であるが, ですから, な習慣, の子供

▼ せしか~ (14, 0.0%)

2 尊き兄

1 [12件] いわく土着の, いわく第, くれ家, また彼, 他に, 何れに, 孔子曰くわれ今ここにおいて, 孟荀と, 必ずその, 正成は, 知れたもの, 貴下よ

▼ せまたは~ (14, 0.0%)

2 溜息を

1 [12件] くさぐさ, ぐりとて平, これと, これよりも, その変形, その研究, 一七三六年及び, 意外な, 或る, 折れた針, 武家志願を, 競争など

▼ せもう~ (14, 0.0%)

2 ございますけれども, 一つの, 一方の 1 一つへは, 一つ蝶を, 一人十五ぐらいな, 一遍吟味し, 三四週間も, 二条の, 帰れとは, 藪の

▼ せ~ (14, 0.0%)

1 [14件] から千余騎, から吉野太夫付き, から後, から悠々, には父, にデゥカリオン, に立っ, また近衛, も見ず, より乗っ奪っ, を顧みれ, 京極殿が, 口実を, 漢の

▼ せあるいは~ (13, 0.0%)

1 [13件] いわば正気, スペクトル分析に, 屈服する, 慾の, 房吉の, 暴動に, 殺しあるいは, 油に, 物が, 短剣を, 自ら杖を, 菓子を, 騎馬または

▼ せここ~ (13, 0.0%)

1 [13件] から見えるでしょう, じゃ貧乏人, で二百両, で蕗屋, に初めて, に戦端, に手頃, に置いたら, に詩, は早く, へ詫, までがこちら, まで走っ

▼ せたる~ (13, 0.0%)

1 [13件] が如き, が見え候, にその, に其後夫婦, に大いに, に相違, に辛くも, や汝, よりは遥, を我ため, を抱いたる, を疑ひき, を聞きし

▼ せという~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことです, ことも, のは, ほかは, ものは, わけで, 命令である, 声は, 意味かも, 意味だった, 意味では, 意味の, 風な

▼ せなお~ (13, 0.0%)

1 [13件] あとの, せきたてるよう, それらの, もっともっとと, 一層働き出させる, 上から, 勉強も, 後の, 御尽力, 挿画でも, 毎日二回ずつ, 腰を, 身分です

▼ せ~ (13, 0.0%)

2 とは全然, の視野 1 のオフィス, の庵, の手, はな, はレヴィウ, はヴァラエティ, は川べり, も朝, を根こそぎ

▼ せ日本~ (13, 0.0%)

2 の行動

1 [11件] にまだ, に於ける, の人民, の地盤, の宗教, の持つ, の文学, の演劇, の雑貨買入, を尊敬, 大遠征

▼ せなん~ (12, 0.0%)

32 だらその, だらと 1 だけど, だと, だに, だの, だ馬

▼ せ一方~ (12, 0.0%)

1 [12件] では世間, では医者, には宋江, に濃い, はどう, ニューヨーク郊外の, 呉は, 夫によって, 尼子勝久山中鹿之, 未亡人の, 私と, 関羽と

▼ せ少し~ (12, 0.0%)

2 でも怪しい 1 でも休む, でも叔母, ばかり, ばかり老人, 人間の, 恰好の, 拒むよう, 気取って, 窪んだ鋭い, 腰弱そうな

▼ せ~ (12, 0.0%)

1 [12件] にお, にもち, に手, もすま, を上げ, を借せ, を取り合い, を咬ませろ, を引い, を持ち添え, を軍帽, を震わせ

▼ せ~ (12, 0.0%)

2 から胸 1 で息, に筋違い, の凝り, までひたる, をそびやかし, をはらし, をゆすっ, を入れ, を波, を聳

▼ せあの~ (11, 0.0%)

1 [11件] つまみ立てたやう, ほの暗い部屋, 人たちは, 切れ目の, 塵芥を, 恐しい, 文句を, 方の, 竹刀の, 踊りの, 雪さんと

▼ せある~ (11, 0.0%)

1 [11件] ときは, ひは, ものは, 一つの, 人々を, 夜木村博士を, 村の, 者を, 説教者が, 馬車に, 馬車へと

▼ せかた~ (11, 0.0%)

2 をする 1 から教えられた, でもみんな, に表現, に追いこん, の強い, の諸相, はきびしい, をし, を覚えさせ

▼ せぐり~ (11, 0.0%)

2 上げせぐり上げ, 上げて 1 上げられて, 上げるやう, 上げるよう, 上げる歔欷, 上げる涙, 来る涙, 返された

▼ せただ~ (11, 0.0%)

1 [11件] この男, その意味, ひとりの, ベッタリと, 一名焼け野原を, 仕事の, 夢の, 座頭の, 曇色ある, 泣くばかり, 白地に

▼ せてと~ (11, 0.0%)

1 [11件] いいますけれど, いきつくづくいろいろ, たのんで, 云っても, 仰が有て, 大いに高い, 申し込んで, 考えられ次に, 見こう, 言をも, 非難が

▼ せどこ~ (11, 0.0%)

1 [11件] からともなく, か遠く, だしばらく, だ暫らく, でも同一性, にお, ぬひと, の戦闘, までもと, までも執念, まで見物

▼ せ~ (11, 0.0%)

2 に一杯, をまんま, を高く 1 です, にある, に這入っ, へ躍りこんだ, をつねる

▼ せ~ (11, 0.0%)

3 に入り 1 になる, には木の葉, はお仙, は万燈, は抱い, は細君, 更けてから, 遅くまで

▼ せ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がわたし, というもの自身, に追い付こう, のこと, の姿, の方, の首, は二つ三つ, をし, をその, 遊びにも

▼ せ彼ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] のふるまい, の世界, の勤労, の勤労心, の君主, の恐怖, の行程, の走る, を喜ばせた, を犠牲台, を補佐

▼ せ~ (11, 0.0%)

3 れも 2 にもせ 1 この塔, この思ひ, に似たる, れを, を癩病, を誘い入れん

▼ せ~ (11, 0.0%)

4 る後 2 るのち, るべしと 1 うして, ばとて西濱, るのち米

▼ せ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かくし, くじり聴き耳, じろぎもせずにこう, に見なれざる, は細から, をつぶっ, を光らせ, を押え, を瞑っ, を覚させ, 有り

▼ せ~ (11, 0.0%)

4 して 1 うして, てその, もこれ等, もそこ, も此, も自分, も芸術的形象

▼ せ~ (11, 0.0%)

1 [11件] で爛れた, と肴, の来る, も少し, も樽, をあおっ, をのん, を呑ませ, を担わせ, を飲ましとく, 汲み交わし話して

▼ せさん~ (10, 0.0%)

1 が一旦, が心配, が感心, とこの, など姉妹, の家, は中途, は未亡人, は穀屋, も附き添い

▼ せしばらく~ (10, 0.0%)

1 してから, はなお, は何, 彼等を, 待てと, 意識を, 様子を, 水の, 私を, 茫然と

▼ せその間~ (10, 0.0%)

1 にわれ, に伴作, に傷ついた, に地味, に宋江, に家, に容子, に私, に越後勢, を頭

▼ せ~ (10, 0.0%)

1 つて戦さに, ほし, ほしき事, ほしき男ぶり麒麟しづ, ほしとぞ, ゐらせん, ッしょう, ッた, ッて, 横に

▼ せまだ~ (10, 0.0%)

1 人間に対してさえ, 余った兵, 城楼の, 城樓の, 生きて, 終りの, 聴かぬワグナー, 萌えたばかりの, 酔の, 降って

▼ せ又は~ (10, 0.0%)

2 ひもありてく 1 お祖父様, 失望させる, 実際に, 持ち還らせる事, 楽しませて, 混同する, 相談する, 退屈させる

▼ せ~ (10, 0.0%)

1 つくひま, の絶える, の詰まる, の詰まる思ひし, も断, も絶え絶え, をつめ, をはずませ, を切らし, を殺す

▼ せ最後~ (10, 0.0%)

1 にあらかじめ, には味方, にマニラ, に両人, に尽く, に無, に私, に負け, のご, までその

▼ せ~ (10, 0.0%)

1 じゃない, だったの, でもこしらえんけりゃ追っつかん, と聞い, のつもり, をこしらえ, をこしらえた, を作り出せる, を拵えた, を造り出す

▼ せ次に~ (10, 0.0%)

1 はうろ覚え, は憎悪, は折衷, は苛立たせ, は鰌, 無愛想と, 用人の, 裏面を, 電流を, 食べる心

▼ せ~ (10, 0.0%)

1 で音頭, をからませる, を伸し, を伸ばし, を引摺, を投げ出す, を畳, を組み重ね, を肩, を踏み鳴らし

▼ せ~ (9, 0.0%)

1 あど箱を, えでした, つきその, つくの, はるが, へります, わからん, 天の, 花かるたなら致そう

▼ せそれで~ (9, 0.0%)

2 自分の 1 エセックスを, 手を, 旧い見物, 私に, 第一段, 融雪を, 觀音を

▼ せてあつ~ (9, 0.0%)

51 たと, た一, た俥, てぼ

▼ せてさ~ (9, 0.0%)

1 あたしが, う呼ぶ, お母さんは, ざなみを立て, そのくせ, そのせい, 世話が, 久我さんも, 急に

▼ せ~ (9, 0.0%)

2 消えて 1 えとな, えとね, えとホント, えと万吉, えと砂馬, えと言, 両方の

▼ せむとする者~ (9, 0.0%)

2 は既に 1 が誰, ではない, の採用, は努力, は決して, は輪廓, を卑

▼ せ~ (9, 0.0%)

41 と肩, なーい, や, ん, んせ

▼ せ~ (9, 0.0%)

2 分明に 1 二男を, 仕合わせな, 寝の, 必要にまで, 本意な, 注意の, 申候

▼ せ~ (9, 0.0%)

1 から批難, に軽蔑, の力, の子, の酒, の額, はご, をし, 知れぬ

▼ せ~ (9, 0.0%)

2 の中 1 のすみ, の手入れ, の方, の片隅, の眞ん中, へかえって, をも失わしめた

▼ せ~ (9, 0.0%)

3 の男 2 のあした皮 1 のむす, の日退陣, の窓, は理学者

▼ せ着物~ (9, 0.0%)

3 は裾 2 を箪笥 1 も嫁入り, をも女, を着せ, を脱がせ

▼ せあなた~ (8, 0.0%)

1 が甘い, というお方, の悲しみ, はこ, はこちら, はペン, をやや, を見つめました

▼ せかつ~ (8, 0.0%)

1 は自分, は自己, ザビーネと, 一方に, 不幸に, 偽りの, 冷汗三斗の, 絶えずそれ

▼ せすぐ~ (8, 0.0%)

1 その麦菓子, に取り上げ, に寝た, に小倉, に死なせ, に食べる, また急ぎ足, 老臣を

▼ せたりなど~ (8, 0.0%)

3 した 2 して 1 した一五七八年, しながら, しました

▼ せついに~ (8, 0.0%)

1 この趣旨, その周囲, は反抗心, 子供に, 惨めな, 根を, 落合の, 血詔の

▼ せてばかり~ (8, 0.0%)

3 いた 1 いた安藤家重, いる, いるん, いる玉鬘, ゐるん

▼ せとは~ (8, 0.0%)

1 いわぬ, そりゃ誰, どういうわけ, のらめ家をも, 全く骨, 思わぬの, 思われない, 果して何

▼ せどころ~ (8, 0.0%)

2 だと 1 ありそういう, と舌なめずり, なの, にそつ, のよう, の詠唱

▼ せにも~ (8, 0.0%)

1 あなたは, その情熱, た, たたきつけるの, 一向お, 参加した, 増して, 犬の

▼ せ~ (8, 0.0%)

1 いとする, いと心得, いと思っ, い思つて, えと思, えと思っ, えと生れ変った, っこう

▼ せむに~ (8, 0.0%)

2 は余りに 1 はその, はそれら, は如何なる, は少しく, は本書稿本全部下賜, も言海

▼ せ両手~ (8, 0.0%)

1 で搾っ, で胸, で脣, で顔, の盃, を握りしめた, を空ざま, を虚空

▼ せ二階~ (8, 0.0%)

2 に灯, へ上っ 1 から駈け降り, の一部, へもどる, へ駈上らせた

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 る, るに 1 て上, り, りその, る千古一色

▼ せ~ (8, 0.0%)

3 生っ 1 にもまさる, に行っ, の者ども, へ山杖, へ進む

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 の帰らぬ 1 との夜, の室, の触覚, も了, より九助, れでは

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 れは, れも 1 が色慾, れおいぼれ親爺め, れが, れ獨

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 を尽し 1 が勇ん, の眠っ, をなぐさめる, を喜ばせる, を奪う, を透き徹らせる

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 勾配の 1 にへたばった, にわくわく, に二階, に閉じ, 病人の, 速力を

▼ せ易い~ (8, 0.0%)

1 からその, ものだ, ものである, ものです, キッカケと, 姿勢を, 性質を, 時期は

▼ せ~ (8, 0.0%)

1 など飲ませ, に映った, のはい, の中, の漏らない, を一滴, を揚げる, 深き處

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 を咲かせる 1 と乾草, に香, のななつ, を咲かせ, を更に, 咲かせるところ

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 をがくんと 1 から総身, にはポマード, の中, は知りあい, を下, を燃やし

▼ せ~ (8, 0.0%)

1 である, は色, も象牙, も赤らん, をほてらせ, を上向け, を日光, を珍妙

▼ せ~ (8, 0.0%)

2 まで縊ら, を縊 1 とともにこれ, を刎, を斬らせ, を渡し

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 がつて, つてのびのび, つてゐる, ははははと笑った, ひ一つ, ふといふべきで, りくとか

▼ せあと~ (7, 0.0%)

1 から箱, から自分, のふたり, の佐々木道誉, の四人, はまた, は私

▼ せいろいろ~ (7, 0.0%)

1 とごちそう, と慰め顔, と策動, な事務的交渉, な物品, に介抱, 私に

▼ せさうに~ (7, 0.0%)

2 した 1 して, しながら, なりましたが, 思ふから, 見える

▼ せじゃ~ (7, 0.0%)

3 ないか 1 ないの, まされないで, アない, 駄目だ

▼ せそれでも~ (7, 0.0%)

1 こそとの物音, なおあるく, よごれも, 何気ない風, 反対は, 外からと, 聽か

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 おるちへ, が神, つと房一, は日本, やない, や無い, をおろし

▼ せはしげ~ (7, 0.0%)

1 にまた, に叩く, に御, に海藻, に街, に走, に過

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 なりや, 否伯父樣と, 安價, 戻だから, 行き宿, 行き鶏, 鶏の

▼ せより~ (7, 0.0%)

1 しもの, ひろい社会性, ひろい社会的, 効果的に, 申候, 自我の, 高く評価

▼ せ一人~ (7, 0.0%)

1 でぶつぶつ, で外出, にて引擔ぎ寶珠花屋, の人間, の老僕, 去り二人, 取残された喜田川三郎氏

▼ せ人間~ (7, 0.0%)

1 として向上, と自然, の感情, の文化, の新, の村, の歴史

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 てセエター, て再び, て大海, て戦争, て江戸川, て漸く, て転向

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 と子供, にも苦勞, に猿轡, のやさしい, の愛人, を操っ, を親

▼ せ明日~ (7, 0.0%)

1 かれを, の, の晩たくさん, の農村, は帰府, は歸府, は道案内

▼ せ更に~ (7, 0.0%)

1 またそれ, ジヤスマンの, 僕一人で, 大きい筆, 夫人に, 新しくは, 李の

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 に一回街, の光, の六齋, の表面, よ月読, よ月讀, を長く

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 では漁, には十二艘, には島, をほし, を杜, を渡り, を馳

▼ せ無理~ (7, 0.0%)

2 に市五郎, に自分 1 に先生, に豊三郎, をし

▼ せ~ (7, 0.0%)

2 を殺し 1 ともなっ, の寢顏, の枕許, を差しおい, を縄つき

▼ せ白い~ (7, 0.0%)

1 唇を, 姿を, 小作りな, 歯を, 珊瑚の, 葡萄酒を, 髯を

▼ せ~ (7, 0.0%)

4 ひを 2 はせ 1 ふやう

▼ せ遂に~ (7, 0.0%)

1 は或, は日本人, は誤, ロシヤ軍の, 三十間堀の, 今日の, 家主から

▼ せ~ (7, 0.0%)

1 に接吻, のつや, も異様, も髯, をつや出し, をとかし, を飾らせ

▼ せいま~ (6, 0.0%)

1 いったよう, にお, に死なせ, また汝, までの怠惰, 大かいの

▼ せえと~ (6, 0.0%)

1 いふお触れが, か喧しい, 云うのに, 來てる, 俺は, 思うん

▼ せこう~ (6, 0.0%)

1 うたわせその, すること, と彼女, なれば, なん, も呆け

▼ せこんな~ (6, 0.0%)

1 ところへ, 所に, 手紙も, 本は, 虐たらしい, 言葉使ひ

▼ せしもの~ (6, 0.0%)

1 也, 只夥しき, 寡から, 我の, 数あり, 文明を

▼ せその後~ (6, 0.0%)

1 から二つ, から足音, でいよいよ, で酌, に長州, へ又

▼ せちゃあ~ (6, 0.0%)

1 いけねえ, うんと御, ならない, 寝ざめがよくあるまい, 済まねえ, 申しわけが

▼ せてさえ~ (6, 0.0%)

1 おけば, くれなかったらこんな, くれるなら, くれるならだ, くれれば, 置けば

▼ せてでも~ (6, 0.0%)

1 いたら, いるかの, いるよう, 入りこんで, 奢侈な, 産まし

▼ せてや~ (6, 0.0%)

2 らっしゃい 1 がったなあ, がる, がるん, ッた

▼ せといふ~ (6, 0.0%)

2 物愚圖らず 1 やうな, わけよ, 物愚図らず, 貸さぬといふ

▼ せながらの~ (6, 0.0%)

2 ぼつて 1 ん気らしくさそいかけた, 不審顔一家の, 剃刀使ひ, 恋の

▼ せなぞ~ (6, 0.0%)

2 して 1 した, するの, と言, を夫人

▼ せはし~ (6, 0.0%)

1 がつ, がつて, くして, とぞ早, なん, も

▼ せほか~ (6, 0.0%)

1 に養子, のロシア作家, の爪, の物, の者, はなかっ

▼ せまず~ (6, 0.0%)

1 だまされた恨み, 三木城の, 境を, 左の, 滞りなく, 祭壇へ

▼ せむが為~ (6, 0.0%)

1 に一時, に主義, に候, に帰朝, に政党, に新

▼ せむとするは~ (6, 0.0%)

2 又何, 寧ろ或は, 豈奇

▼ せむ術~ (6, 0.0%)

1 なくて, なし, もそこ, もなく, もなし, を知らざりき

▼ せわざと~ (6, 0.0%)

1 厳しい顔, 女中に, 捕まるよう, 焼けビル, 煙を, 顔に

▼ せ~ (6, 0.0%)

2 から十 1 おうの, と通り, まずしかた, をウィンチェスター

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 から汚い, には後醍醐, には花傘, の厠, の古代紗, へ伺ひ申し

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 のない, をふさぐ, を嗄らし, を大, を殺し, を立てよう

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 にと, の使, の岩戸, の成, ひ, を恐れぬ

▼ せ天下~ (6, 0.0%)

2 の浪人共 1 の大乱, の富, を擧げ, 取ったる公卿将卒

▼ せ~ (6, 0.0%)

2 をん 1 商を, 床に, 流れの, 萩を

▼ せ彼等~ (6, 0.0%)

1 から古い, に大層, の歪んだ, を捕縛, を発達, を連れ

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 が虎の子, の体臭, の崩れる, の船舶, をし, を寄せ付けまい

▼ せ~ (6, 0.0%)

5 をおこす 1 があるだろう

▼ せ文学~ (6, 0.0%)

1 としての務, に於ける, の生産過剰, を壊滅, を展開, 故に親戚

▼ せ~ (6, 0.0%)

2 をむき出し 1 をくいしばり, をガタガタ, を喰, を食いしばっ

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 には地獄, の命日, の顔, はうれし, はそろそろ, を葬らね

▼ せ江戸~ (6, 0.0%)

2 つ子 1 の人気, は大, へ出し, へ帰っ

▼ せ~ (6, 0.0%)

6 して

▼ せ生活~ (6, 0.0%)

1 に張気, に浪曼的情熱, の健全, を散文化, を洗煉, を順調

▼ せ相手~ (6, 0.0%)

2 の好奇心 1 の, の青年, を楽しませる, を睨み睨んだ

▼ せ~ (6, 0.0%)

2 二段の 1 一この, 一の, 二皇子十一歳を, 四路には

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 が痛い, が立っ, につめこんだ, のへった, の方, をこしらえ

▼ せ~ (6, 0.0%)

1 には詰襟, のたけ, をしめ, をのろい, を引く, を裂く

▼ せ部屋~ (6, 0.0%)

1 で飲ん, においてある, に擔ぎ, の内, ばかり見廻し, へ話し

▼ せ長い~ (6, 0.0%)

1 一本の, 涎を, 裾を, 頸を, 顎髭を, 骨ばかりの

▼ せいつ~ (5, 0.0%)

1 でも変わらない, でも雷, なりと, までも記憶, まで経っ

▼ せいよいよ~ (5, 0.0%)

1 俺は, 寝込んで, 恐怖の, 我が器量, 猛くジリジリ

▼ せいわゆる~ (5, 0.0%)

1 ゴシップと, 囲い者に, 持久包囲の, 電撃的侵略を, 鼻音の

▼ せかへ~ (5, 0.0%)

1 いざ御, せ, たるかも, つてそんな, りきて

▼ せさも~ (5, 0.0%)

2 軽蔑に 1 得意らしく, 生真面目な, 自殺した

▼ せしま~ (5, 0.0%)

5

▼ せじっと~ (5, 0.0%)

1 あたりに, こっちを, 拡大鏡で, 目を, 総監の

▼ せすべて~ (5, 0.0%)

1 に農村, のよい, の価値, の知識, の者

▼ せそこで~ (5, 0.0%)

1 二人は, 公然と, 小綺麗に, 我々は, 速水女史は

▼ せそのまま~ (5, 0.0%)

1 往来へ, 敗戦挽回の, 東の, 気絶し, 裏返して

▼ せそんな~ (5, 0.0%)

1 うっとうしい事, ことで, ことを, 事みんなどう, 女の子の

▼ せついで~ (5, 0.0%)

1 その国, にもう少し, に今度, に目, 反省を

▼ せつつも~ (5, 0.0%)

1 作者の, 妻は, 我々は, 独立を, 私は

▼ せてね~ (5, 0.0%)

1 なにしろお, 両手を, 到, 源七どんに, 途中で

▼ せなに~ (5, 0.0%)

1 かを見破られた, くわぬ顔, して, も知らぬ顔, をやらせ

▼ せばと~ (5, 0.0%)

1 いって, その日, どこまで, 云う広告, 大袈裟には

▼ せひいては~ (5, 0.0%)

2 当局の 1 北条幕府の, 後年ユーカラの, 老い先の

▼ せまつ~ (5, 0.0%)

21 たとき, た時, て梅川

▼ せまで~ (5, 0.0%)

2 した 1 して, するの, 皮肉に

▼ せむとしたるは~ (5, 0.0%)

3 猶ほ 2 極めて滑稽

▼ せむとする心~ (5, 0.0%)

1 である, と, よ, を強, を漸く

▼ せむや~ (5, 0.0%)

2 さりながら, 蓋し閣下 1 うは

▼ せもっと~ (5, 0.0%)

1 主要な, 多くの, 大胆に, 激しく疲労, 飛ばせあそこ

▼ せやあ~ (5, 0.0%)

1 がったが, がって, がつた, しないおれ, しないよ

▼ せるこつちや~ (5, 0.0%)

2 ねえ 1 ありません, ない, ないお前

▼ せわが~ (5, 0.0%)

1 ために, フランスの, 内容を, 懐の, 頬を

▼ せわたくし~ (5, 0.0%)

1 があなた様, にその, はあなた様, は今, も又

▼ せ一緒~ (5, 0.0%)

1 にいる, にゐる, に北国, に猿町辺, に食

▼ せ世界~ (5, 0.0%)

2 の進歩的 1 に進出, のどの, の文化

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 の手, ほおに, 岸へ, 肱を, 鐙の

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 れを, を導い, を縦八寸五分, を詩, を部隊

▼ せ今にも~ (5, 0.0%)

2 死ぬ人 1 こけそう, 倒れそう, 息が

▼ せ他方~ (5, 0.0%)

1 ではこれ, では俳句, では現実, には作物, また精神

▼ せ伸子~ (5, 0.0%)

1 にひそか, は一枚, は洗面所, も気の毒, を不安

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 によって例, の人形室, の怪物, の獄門橋, もの洞喝

▼ せ先生~ (5, 0.0%)

21 に, ぬぬぬすまれました, のうしろ

▼ せ加減~ (5, 0.0%)

1 が大切, にし, に含羞, に横, に疊

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 から鍵, にある, に出れ, に向, の死骸

▼ せ大きな~ (5, 0.0%)

2 悧巧さうな 1 口を, 叭する, 尻下りの

▼ せ夫婦~ (5, 0.0%)

1 が蚊帳, して, で申分, で道阿弥, にし

▼ せ女房~ (5, 0.0%)

1 にうんと, の顔, は又, は此方, 然と

▼ せ子供~ (5, 0.0%)

1 の心, の注意, らしく我知らず口, を抱い, を産ませる

▼ せ或は~ (5, 0.0%)

1 他の, 個性的な, 稀薄に, 紺野老人に, 関心の

▼ せ新しい~ (5, 0.0%)

1 ものに, ピカピカする, 日本の, 歴史にとって, 着物に

▼ せ時には~ (5, 0.0%)

1 夜立ち暁立ち, 火塵を, 自ら鍬を, 自分で, 鉢合わせし

▼ せ暫く~ (5, 0.0%)

1 すると, の間, は笑顔, 一同の, 皆を

▼ せ最も~ (5, 0.0%)

1 多くの, 滑稽な, 肝心な, 豊富な, 高きもの

▼ せ来る~ (5, 0.0%)

1 ものに, 千古一色の, 所の, 美濃の, 羽柴勢に

▼ せ母親~ (5, 0.0%)

2 の心 1 と少し, へ目, を自害

▼ せ水ぐる~ (5, 0.0%)

5

▼ せ~ (5, 0.0%)

2 の付く 1 のよう, をつけたら, をつける

▼ せ煎餅~ (5, 0.0%)

3 やおこし 2 をかじる

▼ せ皆んな~ (5, 0.0%)

2 のあらゆる 1 から一枚, から一枚づつ, ゆっくりしよう

▼ せ終に~ (5, 0.0%)

4 西山 1 その翌日一時

▼ せ~ (5, 0.0%)

3 も無い 1 と憂ひ, なき者

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 たり然るに果して, つ, て不意, て内記殿, て奧

▼ せ翌日~ (5, 0.0%)

1 から車, になっ, の勞働, は京都, は詫び

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 には飾り, に抱い, をぐつとつまらせる, をそらし, をつまらし

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 に偃月刀, に附け, に離さなかつた, のもの, を曲げ

▼ せ自ら~ (5, 0.0%)

1 の理解力, は国学, は貫一, もまた, 推しめぐらして

▼ せ自然~ (5, 0.0%)

1 と戦ふた, にこれ, に延ばしたおどろ, に手, の神秘

▼ せ色々~ (5, 0.0%)

1 な手段, の赤姫, 片付る, 苦労を, 話してたので

▼ せ若し~ (5, 0.0%)

1 さうなら, それが, 兵隊逃亡する, 背いて, 草木の

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 させの, に清十郎, をひろげ, を咬, 刺せ寒

▼ せ~ (5, 0.0%)

1 が金, のない, を磔刑柱, を苦しめ, 兄弟よりも

▼ せ警官~ (5, 0.0%)

1 がカブトムシ, のす, はいきなり, は大, は石段

▼ せ~ (5, 0.0%)

2 の袖 1 の奥深く, の鬘, を望ん

▼ せあらゆる~ (4, 0.0%)

1 ものを, 人たちと, 利権漁りを, 苦痛を

▼ せいくら~ (4, 0.0%)

1 できなくても, でセビッテ, ともなく出張っ, 送れという

▼ せいくらか~ (4, 0.0%)

1 彼の, 暮しの, 無理じいの, 生気を

▼ せうしろ~ (4, 0.0%)

1 から両手, から右, にワリニャーニ, の山

▼ せおれ~ (4, 0.0%)

1 のよう, の感情, の眼, も尋常

▼ せかの~ (4, 0.0%)

1 土塀の, 女の, 手桶の, 驚きながらも

▼ せ~ (4, 0.0%)

3 ふこそ 1 ふは

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 入来くだされたく, 前様あなたと, 当所を, 自分は

▼ せそいつ~ (4, 0.0%)

1 のたてた, をかき集め, を種, を連れ

▼ せそういう~ (4, 0.0%)

1 態度を, 気分そういう, 気分は, 町通りを

▼ せたりと~ (4, 0.0%)

1 云ったよう, 熟と, 聞きし男, 謂ふ

▼ せたりなんか~ (4, 0.0%)

3 して 1 するの

▼ せたりは~ (4, 0.0%)

1 したが, しない, しなかったが, 出来るだろうが

▼ せちょっと~ (4, 0.0%)

1 お着替え, 見ては, 間を, 顔を

▼ せっぱなし~ (4, 0.0%)

1 じゃ合わない, で, に放, もかわいそう

▼ せつまり~ (4, 0.0%)

1 きょうの, この社会, ずっこけて, より強く

▼ せてからも~ (4, 0.0%)

1 一度朝陽の, 伊豆守を, 佐柄木は, 怒鳴つて

▼ せてこそ~ (4, 0.0%)

1 思想善導の, 散りても, 監視者が, 米友だ

▼ せてという~ (4, 0.0%)

3 ことに 1 言葉が

▼ せてなど~ (4, 0.0%)

2 言へども 1 なんでおく, 居たけれ共中

▼ せてやら~ (4, 0.0%)

21 あな, さんざんひと

▼ せとうとう~ (4, 0.0%)

1 乾いて, 会津を, 大連を, 琢堂にとっては

▼ せとの~ (4, 0.0%)

1 おことば, ことに, 上意なり, 問答を

▼ せどう~ (4, 0.0%)

1 かといふの, したの, だ少し, だ山村

▼ せなども~ (4, 0.0%)

2 して 1 一人が, 考へて

▼ せほとんど~ (4, 0.0%)

1 あらゆる種類, もがくよう, 祈るよう, 陽気に

▼ せまあ~ (4, 0.0%)

1 おかわいそう, かうして, じゃのう, じゃ家

▼ せむが為め~ (4, 0.0%)

1 に一, に現に, に茲, のみ

▼ せむとするや形鼓~ (4, 0.0%)

4 を懸けたる如き

▼ せむとするを~ (4, 0.0%)

2 見る是 1 こなたは, 見て

▼ せむとする意志~ (4, 0.0%)

1 がない, がなく, によつて, を讀んだ

▼ せめん~ (4, 0.0%)

2 とをつくる 1 とで天, とにかためられ

▼ せやすい~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことを, そして悦びたがっ, のです

▼ せよい~ (4, 0.0%)

1 お夢, ことを, と思う, 気持ちに

▼ せわし~ (4, 0.0%)

1 が此ん, は琵琶, をも生死, を苦しめた

▼ せわれ~ (4, 0.0%)

1 その罪, はその, は櫂取り, は神

▼ せ一つ~ (4, 0.0%)

1 せずに, で跛足リンプ, には私, には親分

▼ せ万一~ (4, 0.0%)

1 の用意, 丈夫に, 工事に, 悪評でも

▼ せ三人~ (4, 0.0%)

2 の男 1 は八時過ぎ, は空身

▼ せ主人~ (4, 0.0%)

1 に取次, の書斎, の萬藏, は東

▼ せ事件~ (4, 0.0%)

2 をウヤムヤ 1 をいよいよ, を他

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 たとせ, にし, を僕, 掻き三

▼ せ互いに~ (4, 0.0%)

1 押し合ったまま, 相殺傷, 競つたあり, 離反させる

▼ せ互に~ (4, 0.0%)

1 惱み, 無事を, 諦めさせて, 諦めさせようと

▼ せ人類~ (4, 0.0%)

1 がその, のよろこび, の足跡, をひっこませよう

▼ せ今日~ (4, 0.0%)

1 では誰一人ヴィタミン, のこと, は吹矢, は雪子ちゃん

▼ せ~ (4, 0.0%)

2 を少し 1 を洗っ, を躍らせ

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 かに肩, に慈悲, に破談, に速力

▼ せ全身~ (4, 0.0%)

1 につめたい, にハズミ, の毛穴, を支え

▼ せ其の~ (4, 0.0%)

1 上多分の, 力を, 威嚇の, 頭を以て

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 の近づく, はぼろ隠し, はまた, は吹雪

▼ せ勝ち~ (4, 0.0%)

2 である 1 だという, のやまと

▼ せ右手~ (4, 0.0%)

2 で銀色 1 の指, を高く

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 はふ, ひて, ひまるで, ひ気

▼ せ同じ~ (4, 0.0%)

1 形を, 御仏, 海に, 鍔を

▼ せ~ (4, 0.0%)

2 を水 1 と鼻, を大きく

▼ せ変化~ (4, 0.0%)

2 させまた 1 あらしめより, 多き少年

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 ならば, の休み, は網シャツ一枚, 近くまで

▼ せ大急ぎ~ (4, 0.0%)

1 でその, で岸, で床, で書き

▼ せ安心~ (4, 0.0%)

2 させて 1 させようなどと, したところ

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 それから梢, のあ, の初秋, を追

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 と言, に, を越せ, 渡らぬさき

▼ せ帽子~ (4, 0.0%)

1 もシャツ, を冠ら, を取り, を目深

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 から起こし, に就かせる, の上, の中

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 で粗末, の岩蔭, の木立, へ干

▼ せ廊下~ (4, 0.0%)

1 の壁, へ今や, へ出, を見

▼ せ彼自身~ (4, 0.0%)

1 の中軍, は五百余騎, もまた, をつねに

▼ せ往来~ (4, 0.0%)

1 の余裕, へ抛り出し, を歩い, を霜

▼ せ思わず~ (4, 0.0%)

1 こまったこまったと, 叫びました, 時間を, 浮腰に

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 る時, 意味では, 所では, 時に

▼ せ或いは~ (4, 0.0%)

1 こらしめに, アクロン号の, 敷銀という, 笑いを

▼ せ~ (4, 0.0%)

2 を風 1 まで御苦労, を何でもかでも

▼ せ時々~ (4, 0.0%)

1 は見すぼらしい, 愛嬌たっぷりの, 慎重に, 葉の

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 が明日, にゆかし, はせ, よみ出るにも

▼ せ~ (4, 0.0%)

2 の通り 1 に我が, より兄弟

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 が向いたら, に入, をいら立てる, を晴らそう

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 と身悶え, の伝わっ, も流し, をぽろぽろ

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 かつた, 報酬で, 恰好な, 智な

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 にいぶし, のよう, の柱, を吐い

▼ せ照り~ (4, 0.0%)

4 美しその

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 が懐いた, と猿, は吠え, を蹴とばし

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 が死, を死, 恥かい, 鼠に

▼ せ発展~ (4, 0.0%)

2 させて 1 させるその, させるため

▼ せ百姓~ (4, 0.0%)

1 に苦しみ, の子, を戦禍, 共に手厚い

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 にむかい, の来る, もうコンナ, 是前世の

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 い喰, 助けること, 呪わせる, 顧みて

▼ せ真面目~ (4, 0.0%)

1 なか, な再, に一心, に道

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 の心, の斧, の枕, を積ん

▼ せ~ (4, 0.0%)

2 の外 1 の敷居, をしめて

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 で成長, の進み, をとっ, をとつ

▼ せ結婚~ (4, 0.0%)

1 させたの, したがって, するよう, する気

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 の奥, の遠い, をおおい, を鼻

▼ せ自己~ (4, 0.0%)

1 の正, の目的, は夫, を犠牲

▼ せ自殺~ (4, 0.0%)

1 させ蘇生, したい思い, であること, の心

▼ せ言葉~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, に出させ, をかけ, を改めて

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 かほか, が居ない, と誰, もそのまま

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 で鳶, に入れなけれ, に見る, をただし

▼ せ遠く~ (4, 0.0%)

1 からでもその, で吠え立てる, 廻り道を, 離れたのち

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 と銀, の如き, の蔓, 大堅

▼ せ食事~ (4, 0.0%)

1 がすむ, と厠以外, のとき, をいっしょ

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 にも充分飼糧, にムチ, に策つて難有, も続き

▼ せ~ (4, 0.0%)

2 の画かき 1 一を, 縁の

▼ せ~ (4, 0.0%)

1 が鰭, や貝類, を彫つ, 売りの

▼ せあたり~ (3, 0.0%)

1 に人, に気, を数回

▼ せあれ~ (3, 0.0%)

1 あのやう, からこれ, へ兵六

▼ せいかにも~ (3, 0.0%)

1 兵隊好きらしく, 安心した, 眞實に

▼ せうまく~ (3, 0.0%)

1 参ったところ, 自分の, 言い当てたとき

▼ せえありゃ~ (3, 0.0%)

1 ア化物屋敷でも, 何も, 俺の

▼ せえて~ (3, 0.0%)

1 お云, 下せえやして, 貰おうじゃあねえか

▼ せえな~ (3, 0.0%)

2 けりやえ 1 この禿

▼ せかっこう~ (3, 0.0%)

1 がよび, も新吉, よくひとつひとつそれ

▼ せかも~ (3, 0.0%)

1 わからない, 知れないぞ, 知れないなどと

▼ せくせ~ (3, 0.0%)

2 くして 1 くしながら

▼ せこそ~ (3, 0.0%)

1 うちわたすや, 志斐いは, 春野の

▼ せこちら~ (3, 0.0%)

1 の胸中, は少し, を見つめる

▼ せさうだつ~ (3, 0.0%)

21 たから

▼ せさうな~ (3, 0.0%)

1 人だち, 形を, 門番は

▼ せしかし~ (3, 0.0%)

1 すぐ自分自身, まだ怒り, 手は

▼ せしかの~ (3, 0.0%)

1 よう疑, 事件に, 摸範を

▼ せしわ~ (3, 0.0%)

1 が, が影, が憎み

▼ せすっかり~ (3, 0.0%)

1 わがもの, 拭いてから, 話し終ったと

▼ せせめて~ (3, 0.0%)

1 もこの, 信玄亡き, 真人間の

▼ せそち~ (3, 0.0%)

1 が花, は抱え, をも謀叛人

▼ せその他~ (3, 0.0%)

1 に息子, の兄弟, の酔っ

▼ せそれに~ (3, 0.0%)

1 いっぱいの, よつて自尊心, 騎つ

▼ せたりも~ (3, 0.0%)

1 あそばして, した, しただろうか

▼ せだけ~ (3, 0.0%)

2 高くて 1 では

▼ せちょ~ (3, 0.0%)

21 るもの

▼ せてからは~ (3, 0.0%)

1 もう源氏, オランダで, 独り身の

▼ せてよ~ (3, 0.0%)

1 こないだ貞子は, それから縫い, 自分で

▼ せてよと~ (3, 0.0%)

1 ハッキリ言う, 仙ちゃんが, 打詫

▼ せとか~ (3, 0.0%)

1 お風呂, ロッパと, 何とかいう

▼ せとて~ (3, 0.0%)

2 夫れ 1 堅く結んだ

▼ せとも~ (3, 0.0%)

1 いえますが, いわぬ, 云うまい

▼ せどんなに~ (3, 0.0%)

2 骨を 1 眼を

▼ せなるべく~ (3, 0.0%)

1 ならこの, 千二君に, 難しい文字

▼ せなんだか~ (3, 0.0%)

1 と漁夫, の, 知らんが

▼ せにな~ (3, 0.0%)

1 つてこんなに沢山, つても, つて帶あげ

▼ せには~ (3, 0.0%)

1 しなかった, できない, なりにくかっ

▼ せによって~ (3, 0.0%)

1 はや床几, 下男が, 中へ

▼ せはしくせ~ (3, 0.0%)

1 はしく, はしくふるへました, はしく鳴い

▼ せばやの~ (3, 0.0%)

1 心は, 意なるべし, 願ありけれ

▼ せべと~ (3, 0.0%)

1 思っても, 思つてえ, 思つて保證に

▼ せまっ~ (3, 0.0%)

1 しう, しゃろ, するたい

▼ せむがために~ (3, 0.0%)

1 或他, 既に, 造られたる残絶

▼ せむとし~ (3, 0.0%)

2 其の聖鑒 1 或は成功

▼ せむとする~ (3, 0.0%)

2 如きは 1 卑しさ

▼ せむとするが~ (3, 0.0%)

2 故に侯 1 如きさま

▼ せむとするものに~ (3, 0.0%)

2 非ず 1 非ずや

▼ せむとする憧憬~ (3, 0.0%)

2 である 1 には三つ

▼ せむと試むる~ (3, 0.0%)

2 の主謀者 1 が如く

▼ せもう一度~ (3, 0.0%)

1 その記事, 當夜の, 銀子に

▼ せもしくは~ (3, 0.0%)

1 満洲, 滿洲へ, 顔を

▼ せやっぱり~ (3, 0.0%)

1 プラスチックか, 虫が, 面白く思う

▼ せりや~ (3, 0.0%)

1 いさく, そんな風, 好いのに

▼ せわたし~ (3, 0.0%)

1 から宝石, とだけになろう, は目

▼ せ一寸~ (3, 0.0%)

1 なりとも領地, 自分の, 鉄道の

▼ せ一度~ (3, 0.0%)

1 ならず, の長, も妻

▼ せ一時~ (3, 0.0%)

1 にせよ泣きぬく, にその, は納まる

▼ せ不幸~ (3, 0.0%)

1 と思はせる, な銃士, の上

▼ せ不自由~ (3, 0.0%)

1 な弁信, な松葉杖, な隻脚

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 は後世, 悩ました, 見せるもの

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 に蒔き散らした, の思潮, の物笑い

▼ せ両足~ (3, 0.0%)

1 の踝, をすり合せばたつかせ, をなげ出し

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 だつた連中, 水へ, 水を

▼ せ乍ら自分~ (3, 0.0%)

2 は私 1 も時々

▼ せ二月~ (3, 0.0%)

2 のはじめ 1 も寝る

▼ せ人生~ (3, 0.0%)

1 の喜び, の正道, の豊富さ

▼ せ今度~ (3, 0.0%)

1 は悠然と, は私, 改めてドア

▼ せ今後~ (3, 0.0%)

1 とてもそういう, は生駒, をきっと

▼ せ仕事~ (3, 0.0%)

1 で料理, に喜び, をし

▼ せ他人~ (3, 0.0%)

1 には分らぬ, の犠牲, の飯

▼ せ代り~ (3, 0.0%)

1 にそれ, に灰, に買っ

▼ せ何ん~ (3, 0.0%)

1 かイヤ, とかこの, な事

▼ せ何事~ (3, 0.0%)

1 かを口, につけ, にも求め

▼ せ候儀~ (3, 0.0%)

1 にご, に而, 不相成

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 にあった, の晴子, 見を

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の暗殺, の説, を苦しめ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 民衆の, 精力を, 軍の

▼ せ其処~ (3, 0.0%)

1 でアン, に安住, に請願

▼ せ其身~ (3, 0.0%)

1 は取, は只, は弥勒

▼ せ出入り~ (3, 0.0%)

1 の客, の酒屋, を見張させ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 でひと, をひらめかせ, を例

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の木戸, の船, の鍵

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 から後ろ, の例, へ進め

▼ せ前後不覚~ (3, 0.0%)

1 にわなわな, の客, の美代子

▼ せ前者~ (3, 0.0%)

1 は社会, を同化, を揚げ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 にし, を合し, 較べを

▼ せ半ば~ (3, 0.0%)

1 を取縋っ, 凋んだ薔薇, 開いた彼女

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の外門路一帯, の穂高, より北

▼ せ參ら~ (3, 0.0%)

1 するでは, する事, せて

▼ せ台所~ (3, 0.0%)

1 に女中, の方, の煤

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 その所, 方面に, 船各々長鳶口長熊手打

▼ せ合つて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, 引つ返して, 疲れた鼾

▼ せ~ (3, 0.0%)

2 はまあ 1 の肖像

▼ せ呼吸~ (3, 0.0%)

1 を呑ん, を遅滞, を魘

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 をきっと, をぴちゃぴちゃ, を一寸

▼ せ喜び~ (3, 0.0%)

1 と楽しみ, 勇む無, 勇んで

▼ せ四方~ (3, 0.0%)

1 から土, に向かう, を清浄

▼ せ地面~ (3, 0.0%)

1 にみじかい, の他, へ膝

▼ せ~ (3, 0.0%)

2 の上 1 にはれる

▼ せ大きい~ (3, 0.0%)

1 生の, 翅を, 財布なら

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の駒, を生むべく, を育てる

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 ほ, 手紙も, 日本よりの

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の榛原秋, の街

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 と右, の一人, の方

▼ せ巧み~ (3, 0.0%)

1 にその, に両手, に自分

▼ せ平次~ (3, 0.0%)

1 はガラッ, はガラツ八, は血染

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の暮, を取る, を取るちう

▼ せ弟妹~ (3, 0.0%)

2 引つれつ 1 引つれつつ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の上膊, ばかりで, を採らせる

▼ せ後ろ~ (3, 0.0%)

1 からレントゲン線, にまわした, より火の手

▼ せ~ (3, 0.0%)

2 なの 1 の癖

▼ せ意味~ (3, 0.0%)

1 なき死, のとり, のない

▼ せ我等~ (3, 0.0%)

1 が方, の精神, はこれ

▼ せ手足~ (3, 0.0%)

1 をしばり, を動かす, を縛り

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 のうえ, を煖炉, を膝

▼ せ掻巻~ (3, 0.0%)

2 かけて 1 を掛け

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 らしいの, らしいもの, 夫人には

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 がたつ, が暮れる, の終

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 かりせば, やとうち, や待つ

▼ せ~ (3, 0.0%)

3 のゆく

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の彼方, の避難所, をかせいだ

▼ せ時に~ (3, 0.0%)

1 おこらせ奈良, この船唄, はそのうえ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 上等の, 少し軟か, 此上は

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の折, をぬき, を倒し

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 からも渋皮, の子供, の者

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 に就き, のところ, をあてがっ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 ませ給ふらん, みながら, み暮し

▼ せ次いで~ (3, 0.0%)

1 別の, 専属バンドの, 支配人に

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の脚, の言葉, を己

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 というもの, のごとき, の月めぐみ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 はあわただしい, を照らし, を見

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 が毛髪, に焼かれ, の先

▼ せ片手~ (3, 0.0%)

1 で静か, に進物, に長い

▼ せ片肌~ (3, 0.0%)

3 ぬぎに

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の背, を乗せた, を逐わせ

▼ せ特に~ (3, 0.0%)

1 それを, 目立って, 闇夜などは

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 太人に, 靱負は, 飽きたらでか

▼ せ玄徳~ (3, 0.0%)

1 には北門, はひとまず, をおそれ惑わせ

▼ せ玄関~ (3, 0.0%)

1 から出, に通り, に飛ん

▼ せ現代~ (3, 0.0%)

1 の女性美, の日本人, を通じて原始

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の中, の物, の畔

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 と女, の連中, の馬

▼ せ私さ~ (3, 0.0%)

3 へ身

▼ せ科学~ (3, 0.0%)

2 が最近 1 に対してすこぶる

▼ せ種々~ (3, 0.0%)

1 そうした機会, の音物山, 雑多な

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の一発千両, はやがて, を踏む

▼ せ納得~ (3, 0.0%)

1 させその, させるといふだけでも, させるやう

▼ せ織江~ (3, 0.0%)

1 は部屋, も縁, を売っ

▼ せ美しい~ (3, 0.0%)

1 前歯を, 家族的親愛さを, 童女を

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 も立てず, を殺してた, を潜めつ

▼ せ~ (3, 0.0%)

2 の間 1 のふくらみ

▼ せ背中~ (3, 0.0%)

1 でずっ, に, の紋

▼ せ自信~ (3, 0.0%)

1 をも与える, を失った, を持たせ

▼ せ興奮~ (3, 0.0%)

1 させたかは, した面持, の色

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の先, を吐い, を苦く

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 がポート, に乗る, を曳索

▼ せ良人~ (3, 0.0%)

1 には酒, の立身出世, を不具者

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 が白い, の黒い, はもっと

▼ せ虫の息~ (3, 0.0%)

2 で彼等 1 で横たわっ

▼ せ蝋燭~ (3, 0.0%)

2 の灯 1 を二丁

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 だまり, に濡れた, をわかす

▼ せ~ (3, 0.0%)

2 の太腿 1 の背中

▼ せ見よ~ (3, 0.0%)

2 源太に 1 ディーテを

▼ せ説明~ (3, 0.0%)

1 させる事, して, をしてやってる

▼ せ警部~ (3, 0.0%)

1 はそれ, はとうとう, はピストル

▼ せ~ (3, 0.0%)

3 ひて

▼ せ赤い~ (3, 0.0%)

1 灯が, 腕章を, 船の

▼ せ足もと~ (3, 0.0%)

1 の小石, も危うく, も軽かっ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 つた, つてるさ, ふ此都會

▼ せ~ (3, 0.0%)

2 なる罪 1 兵衛を

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 がどうして, とも知らずし, は下女

▼ せ間もなく~ (3, 0.0%)

1 嬉しそう, 岸壁に, 首が

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 に頬, は肌, を正しき

▼ せ静か~ (3, 0.0%)

1 なるべき散歩, な寝息, な最期

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 をとりました, を加, を挙げ

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 をピクピク痙攣ら, を撫で, を赤く

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 にふかい, に接吻, に汗

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 に揺ぐ, の真面, は隊列

▼ せ風流~ (3, 0.0%)

1 である, にし, に随喜

▼ せ飛行機~ (3, 0.0%)

2 を飛ばせる 1 をも飛ばせ

▼ せ駕籠~ (3, 0.0%)

2 を下りる 1 の息杖

▼ せ高い~ (3, 0.0%)

1 処に, 石垣の, 米を

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 の教, の立つ, は銀

▼ せ~ (3, 0.0%)

1 にかかった, みずを, をつまらせた

▼ せあくび~ (2, 0.0%)

1 させ間, を噛み殺し

▼ せあくまで~ (2, 0.0%)

1 詰責し, 野戦の

▼ せあげく~ (2, 0.0%)

1 に十年, の果て生辰綱

▼ せあした~ (2, 0.0%)

1 でも来ましょう, になれ

▼ せあす~ (2, 0.0%)

1 は高野山, 返すからと

▼ せあたかも~ (2, 0.0%)

1 盗人に, 音楽から

▼ せあたたかい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 飲み物を

▼ せあるいはまた~ (2, 0.0%)

1 フェード・インフェード・アウトさせる, 幕府の

▼ せあんた~ (2, 0.0%)

1 が自分, はん

▼ せいい~ (2, 0.0%)

1 匂を, 着物を

▼ せいかなる~ (2, 0.0%)

1 批評家をも, 楽器にも

▼ せいかに~ (2, 0.0%)

1 儚ない, 君の

▼ せいきなり~ (2, 0.0%)

1 十も, 彼女の

▼ せいざ~ (2, 0.0%)

1 鎌倉と, 鎌倉という

▼ せいっさい~ (2, 0.0%)

1 の戦道具, を完全

▼ せいっしょ~ (2, 0.0%)

1 に流し, に見よう

▼ せいったん~ (2, 0.0%)

1 真佐子の, 鞄の

▼ せいや~ (2, 0.0%)

1 が上, な気持

▼ せうっとり~ (2, 0.0%)

1 したよう, と抗議

▼ せうるさ~ (2, 0.0%)

1 がらせた, がらせ汚

▼ せえい~ (2, 0.0%)

1 せえい, せえええい

▼ せえなけり~ (2, 0.0%)

1 や出, や泣かねえで

▼ せえま~ (2, 0.0%)

2 と少年たち

▼ せえッ~ (2, 0.0%)

1 うるせえッ, せいたか

▼ せえ御~ (2, 0.0%)

1 恩を, 承知なら居ります

▼ せおずおず~ (2, 0.0%)

1 とあたり, 夜遅く

▼ せおなか~ (2, 0.0%)

1 のこと, を殺した

▼ せおびただしい~ (2, 0.0%)

1 幟や, 旗を

▼ せおよそ~ (2, 0.0%)

1 このひとつ, 都に

▼ せお母様~ (2, 0.0%)

1 は赤ん坊, を誑かし

▼ せかえって~ (2, 0.0%)

1 一種の, 身体を

▼ せかくして~ (2, 0.0%)

1 発展した, 發展した

▼ せきっと~ (2, 0.0%)

1 その前, 何か

▼ せきれい~ (2, 0.0%)

1 な娘, になりたがっ

▼ せくるり~ (2, 0.0%)

2 と尻尾

▼ せぐり上げ~ (2, 0.0%)

1 して, 泣いて

▼ せけんめい~ (2, 0.0%)

1 に, に泣く

▼ せこそなどか~ (2, 0.0%)

2 愛しき光る

▼ せこっそり~ (2, 0.0%)

1 やって, 私が

▼ せことに~ (2, 0.0%)

1 七八年勤続者などには, 魚族の

▼ せこれから~ (2, 0.0%)

1 も厳重, 執るべき行動

▼ せこんなに~ (2, 0.0%)

1 よいお, 言った

▼ せさながら~ (2, 0.0%)

1 処女の, 自身が

▼ せさまざま~ (2, 0.0%)

1 の感想, の技巧

▼ せさんざん~ (2, 0.0%)

1 によき, 儲けたの

▼ せざらめ~ (2, 0.0%)

2

▼ せしかと~ (2, 0.0%)

1 した所存, 疑い居るに

▼ せしきりに~ (2, 0.0%)

1 この深海動物, 咳込んで

▼ せしげしげと~ (2, 0.0%)

1 その顔, 注意する

▼ せしと~ (2, 0.0%)

1 いうが, お案じ顔

▼ せしまいに~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 泣き出して

▼ せしをり三嶋郡~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 ッく, 二日二夜を

▼ せすこし~ (2, 0.0%)

1 功が, 高くとおいところ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 とから葛, とにすてさせ

▼ せそのうえ~ (2, 0.0%)

1 にならべる, にりっぱ

▼ せそれら~ (2, 0.0%)

1 の人, を証人

▼ せそれ以外~ (2, 0.0%)

1 に郎党, のもの

▼ せそれ等~ (2, 0.0%)

1 の葉, を頭

▼ せたりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 して, しようと

▼ せだいぶ~ (2, 0.0%)

1 ご機嫌, 勢いよく

▼ せちや惡~ (2, 0.0%)

1 いと思つた, いと昔世話

▼ せちや氣~ (2, 0.0%)

2 の毒

▼ せちょい~ (2, 0.0%)

1 とその, と御免

▼ せちんちくりん~ (2, 0.0%)

2 な拳

▼ せって~ (2, 0.0%)

1 ものさ, 云うから

▼ せっと~ (2, 0.0%)

1 すんぐ, 直んぐ

▼ せっ放し~ (2, 0.0%)

1 にし, 死ねば

▼ せつんと~ (2, 0.0%)

1 すまして, 首を

▼ せていう~ (2, 0.0%)

1 のです, 者が

▼ せてか~ (2, 0.0%)

1 ういつた, ぶとを

▼ せてからに~ (2, 0.0%)

1 したほう, 自分たちの

▼ せてしか~ (2, 0.0%)

1 把握し, 理解し得ない

▼ せてなどとは~ (2, 0.0%)

2 書かないの

▼ せてばかりは~ (2, 0.0%)

1 いられなかった, 置きません

▼ せてもと~ (2, 0.0%)

1 おもい飛びたつばかりのわれとわが心, なる由

▼ せてもという~ (2, 0.0%)

1 口約束を, 気に

▼ せできるだけ~ (2, 0.0%)

1 大きく見せよう, 小さくちぢこまり

▼ せとある~ (2, 0.0%)

1 段階を, 点から

▼ せとき~ (2, 0.0%)

1 も同時に, をり

▼ せとして~ (2, 0.0%)

1 居ます, 竹内が

▼ せとどのつまり~ (2, 0.0%)

1 は学校, は此

▼ せともかく~ (2, 0.0%)

1 上野あたりまで, 今日までは

▼ せどうして~ (2, 0.0%)

1 ここに, よいか

▼ せどの~ (2, 0.0%)

1 仁助どんばっかり, 田甫で

▼ せどんな~ (2, 0.0%)

1 印章でも, 講話を

▼ せながらに~ (2, 0.0%)

1 こ, アハヽと

▼ せなと~ (2, 0.0%)

1 思ったけれど, 非難し

▼ せなんか~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ せにくい~ (2, 0.0%)

1 動機な, 国民だ

▼ せになど~ (2, 0.0%)

1 やって来なすったの, やらなければ

▼ せに対する~ (2, 0.0%)

1 オセロの, 非抵抗

▼ せのち~ (2, 0.0%)

1 の鎌倉, ゆっくり二人

▼ せはだし~ (2, 0.0%)

2

▼ せはては~ (2, 0.0%)

1 宇治の, 耐へ

▼ せばか~ (2, 0.0%)

1 の碧眼紅髯, の英国政党

▼ せばかも~ (2, 0.0%)

1 わが恋, 吾が恋

▼ せばや~ (2, 0.0%)

1 めざましく勇ましくいざ, 羅衣吹く

▼ せひたすら~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 病魔の

▼ せひたと~ (2, 0.0%)

1 火柱に, 身を

▼ せひとまず~ (2, 0.0%)

1 帰って, 平定を

▼ せひどく~ (2, 0.0%)

1 ふくれて, 屈託の

▼ せひのき~ (2, 0.0%)

1 やいち, やいちい

▼ せびっくり~ (2, 0.0%)

1 させた, させ気に入られようと

▼ せびつて~ (2, 0.0%)

1 居りました, 漸く買つて

▼ せふたたび~ (2, 0.0%)

1 の御, 降りて

▼ せべつに~ (2, 0.0%)

1 宿を, 趙雲に

▼ せほくほく~ (2, 0.0%)

1 打えみ, 打ゑみつ

▼ せまったく~ (2, 0.0%)

1 の痴女痴男, 手前に

▼ せまつり~ (2, 0.0%)

1 お帰り, ぬ

▼ せまるで~ (2, 0.0%)

1 仮面の, 畑から

▼ せみずから~ (2, 0.0%)

1 は近習, も興奮

▼ せみたい~ (2, 0.0%)

1 なこと, なもの

▼ せむがため~ (2, 0.0%)

2 である

▼ せむずと~ (2, 0.0%)

1 大胡坐, 雪の下に

▼ せむとしたるに~ (2, 0.0%)

2 在り顧

▼ せむとしたるも~ (2, 0.0%)

1 其の計, 其の計画

▼ せむとしたる手段~ (2, 0.0%)

2 の如何

▼ せむとし以~ (2, 0.0%)

2 て侯

▼ せむとす~ (2, 0.0%)

1 何故に, 見む人

▼ せむとすと~ (2, 0.0%)

2 聞けり

▼ せむとするあり衆議院~ (2, 0.0%)

2 は噪暴急激

▼ せむとするの人~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ せむとするの傾向~ (2, 0.0%)

2 あるを

▼ せむとするの態度~ (2, 0.0%)

2 を執る

▼ せむとするの慨~ (2, 0.0%)

2 ありと

▼ せむとするの戯曲~ (2, 0.0%)

2 のみ

▼ せむとするの時~ (2, 0.0%)

2 なりき

▼ せむとするの色~ (2, 0.0%)

2 ありしを以て

▼ せむとするの謬見~ (2, 0.0%)

2 より出でたる

▼ せむとするの野心~ (2, 0.0%)

2 あり西郷侯

▼ せむとするものには~ (2, 0.0%)

2 非ず

▼ せむとするものは唯~ (2, 0.0%)

1 だ憲政党, だ憲政黨

▼ せむとするものは天下唯~ (2, 0.0%)

2 だ閣下

▼ せむとするや~ (2, 0.0%)

2 或は曰く彼

▼ せむとするや先づ彼~ (2, 0.0%)

2 れと

▼ せむとするや氏~ (2, 0.0%)

2 は最も

▼ せむとするや閣下~ (2, 0.0%)

1 の属僚中, の屬僚中

▼ せむとする主我的人物~ (2, 0.0%)

2 に非ずし

▼ せむとする努力~ (2, 0.0%)

1 は肉體, を要しない

▼ せむとする所~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ せむとする方向~ (2, 0.0%)

1 と二つ, を標示

▼ せむとする時~ (2, 0.0%)

1 ウーンと, 更に其の

▼ せむとする欲望~ (2, 0.0%)

2 を感ぜず

▼ せむとする欲求~ (2, 0.0%)

1 である, によつて

▼ せむとする頑夢者流~ (2, 0.0%)

2 の俗論

▼ せむとすれば~ (2, 0.0%)

2 其の全部

▼ せむとせば~ (2, 0.0%)

2 何ぞ其の

▼ せむとせば先づ時代~ (2, 0.0%)

2 を非

▼ せむとせば別問題~ (2, 0.0%)

2 なれども

▼ せむとせば則~ (2, 0.0%)

2 ち君自ら

▼ せむとせば大~ (2, 0.0%)

2 に其の

▼ せむとせり星氏~ (2, 0.0%)

2 は粗

▼ せむとや生れ~ (2, 0.0%)

2 けむ

▼ せむと努力~ (2, 0.0%)

1 するため, するも

▼ せむと月~ (2, 0.0%)

2 待てば

▼ せむと試みたる~ (2, 0.0%)

2 ほどの熱心

▼ せむや人~ (2, 0.0%)

2 あり閣下

▼ せむ事~ (2, 0.0%)

1 を希望, 決して不忠

▼ せむ方~ (2, 0.0%)

1 なき理, なしとて

▼ せむ枕~ (2, 0.0%)

1 づく嬬屋さ, づく嬬屋佐夫斯久

▼ せむ色彩~ (2, 0.0%)

2

▼ せむ野~ (2, 0.0%)

1 に霜, に霜降ら

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 えと, えとおもっ

▼ せもん~ (2, 0.0%)

1 さ, じゃない

▼ せやうやう~ (2, 0.0%)

2 近寄つて來

▼ せやっと~ (2, 0.0%)

1 内済に, 引き入

▼ せやや~ (2, 0.0%)

2 進歩的な

▼ せようやく~ (2, 0.0%)

1 便乗を, 起して

▼ せよく~ (2, 0.0%)

1 ないこと, 似合いますという

▼ せよりも~ (2, 0.0%)

2 偽せだ

▼ せらア~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 呆れた奴

▼ せら清作~ (2, 0.0%)

2 せらせら

▼ せるび~ (2, 0.0%)

2 や人

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 てが今, てに

▼ せわが身~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, を常

▼ せわたしたち~ (2, 0.0%)

1 におくれまい, はいっさい

▼ せをを~ (2, 0.0%)

2 今目前に

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 がった, がつた

▼ せエしま~ (2, 0.0%)

2 へんで

▼ せオバホルモン~ (2, 0.0%)

2 などを服用

▼ せカステラ~ (2, 0.0%)

2 の手さはり

▼ せバンド~ (2, 0.0%)

1 でしばりつけた, をしめる

▼ せペン~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を軋ませ

▼ せホテル~ (2, 0.0%)

1 から用意, へ行く

▼ せポルダー~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の寝室

▼ せラジオ~ (2, 0.0%)

2 の防空情報

▼ せ一々~ (2, 0.0%)

1 その姿勢, その銭

▼ せ一切~ (2, 0.0%)

1 の世事, の他

▼ せ一刻~ (2, 0.0%)

1 もはやく, も早く

▼ せ一地方官吏~ (2, 0.0%)

1 とみなす, と看做す

▼ せ一手~ (2, 0.0%)

1 の試合, は黄奎

▼ せ一歩~ (2, 0.0%)

1 でもみだりに, も室外

▼ せ一段落~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ せ一番~ (2, 0.0%)

2 お仕舞

▼ せ一目散~ (2, 0.0%)

1 に逃げ去っ, に駆附ける

▼ せ一見~ (2, 0.0%)

1 しただけ, 病身である

▼ せ三年前~ (2, 0.0%)

2 の約束

▼ せ上着~ (2, 0.0%)

1 が空色, を換える

▼ せ下り~ (2, 0.0%)

1 吉宗公の, 忽ち到る

▼ せ不平~ (2, 0.0%)

2 さうな顔

▼ せ不思議~ (2, 0.0%)

1 な支え, な解放感

▼ せ世間~ (2, 0.0%)

1 に顔, を明るく

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の姿, を通る

▼ せ両方~ (2, 0.0%)

1 に引い, の疲れ

▼ せ主税~ (2, 0.0%)

1 の方, は猛然と

▼ せ主義~ (2, 0.0%)

1 だし, をすてられなかったら

▼ せ主膳~ (2, 0.0%)

1 が一喝, を送らせる

▼ せ乍ら一人~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ せ乍ら栗~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ せ乍ら言~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ せ乏しい~ (2, 0.0%)

1 思いを, 米飯を

▼ せ乞食~ (2, 0.0%)

1 の衣裳, をさせ続け

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の下, の出ない

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 は今, を安静

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の国語, ひの

▼ せ五郎蔵~ (2, 0.0%)

1 とその, の乾児たち

▼ せ井崎八郎~ (2, 0.0%)

2 と勘次

▼ せ亢奮~ (2, 0.0%)

1 して, のため

▼ せ京都本願寺~ (2, 0.0%)

2 御普請

▼ せ人民~ (2, 0.0%)

1 が大量, の中

▼ せ人目~ (2, 0.0%)

1 につかぬ, のない

▼ せ今夜~ (2, 0.0%)

1 にでもふい, またおそく

▼ せ仕出し~ (2, 0.0%)

2 はゆるゆる

▼ せ以前~ (2, 0.0%)

1 のお, 来た如く

▼ せ会社~ (2, 0.0%)

1 の弱点, への往復

▼ せ何処~ (2, 0.0%)

1 ともなく去りける, のどいつ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 は愛する, を背

▼ せ余りに~ (2, 0.0%)

1 凛乎たる, 衣類が

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の侍, の菊王

▼ せ候やう~ (2, 0.0%)

1 にいたし, に多く

▼ せ候段~ (2, 0.0%)

1 不屆, 不屆至極

▼ せ候積~ (2, 0.0%)

2 に御座候

▼ せ偉大~ (2, 0.0%)

1 な人物, な夢

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の小, より好

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 も角

▼ せ党員~ (2, 0.0%)

1 のタイプ, の一人

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 つた, つた又

▼ せ全く~ (2, 0.0%)

1 批評家無視と, 没音律の

▼ せ全体~ (2, 0.0%)

1 にポオ, の戦闘力

▼ せ公園~ (2, 0.0%)

1 で雀, の写生

▼ せ公然~ (2, 0.0%)

1 と合理, 四海に

▼ せ六歳~ (2, 0.0%)

1 の妹, の時

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 人も, 更に

▼ せ共産党~ (2, 0.0%)

1 への罵倒, を民衆

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を強く, を眠らせ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に副詞語尾の, れに

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の俊基, は白昼

▼ せ再び~ (2, 0.0%)

1 世に, 雑具部屋へ

▼ せ写真~ (2, 0.0%)

1 に撮影, を撮っ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 でたま, でやつ

▼ せ切符~ (2, 0.0%)

1 の押売, をもっ

▼ せ刺戟~ (2, 0.0%)

1 させるを, した

▼ せ剃刀~ (2, 0.0%)

1 にて又, は岡源

▼ せ前進~ (2, 0.0%)

1 させた, させる

▼ せ勇太郎~ (2, 0.0%)

1 が無理, を無理

▼ せ勘次~ (2, 0.0%)

1 に言, に言い付け

▼ せ化粧~ (2, 0.0%)

2 をさせ

▼ せ北門~ (2, 0.0%)

1 の一方, の鎖鑰

▼ せ医者~ (2, 0.0%)

1 の沈着, はその

▼ せ十字架~ (2, 0.0%)

1 と一緒, を立て

▼ せ~ (2, 0.0%)

2

▼ せ半ば私~ (2, 0.0%)

2 の気に入った

▼ せ半分~ (2, 0.0%)

1 にかう, は亀

▼ せ卒倒~ (2, 0.0%)

1 させて, して

▼ せ博奕場~ (2, 0.0%)

2 で負けた

▼ せ危うく~ (2, 0.0%)

1 も渡り越し, も舟

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 がらせは, な思い

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の奥, の手

▼ せ右足~ (2, 0.0%)

1 は下腹, は所謂遊び足

▼ せ各自~ (2, 0.0%)

1 の前, の尾

▼ せ吉凶~ (2, 0.0%)

2 を占つて下

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 一軌道の, 人妻鐵と

▼ せ同情~ (2, 0.0%)

2 させたいという

▼ せ同月五日未明~ (2, 0.0%)

2 にたちいで

▼ せ吾背子その間~ (2, 0.0%)

2 にも見

▼ せ周囲~ (2, 0.0%)

1 の人, の輪

▼ せ味方~ (2, 0.0%)

1 の士気, の所在

▼ せ和尚~ (2, 0.0%)

1 の顔, は傍

▼ せ和解~ (2, 0.0%)

2 させたらその

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をしめつけ, を思ひ

▼ せ喜八~ (2, 0.0%)

1 はとうとう, は到頭

▼ せ器械~ (2, 0.0%)

1 についての工夫, の引切りなし

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の力, へ押込める

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 と蜘蛛, を広い

▼ せ堕落~ (2, 0.0%)

1 させようと, させ迷乱化

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の縁, を下りた

▼ せ墨縄~ (2, 0.0%)

1 でも云, でも云わせ

▼ せ外国~ (2, 0.0%)

1 で使用, の美政

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 次郎の, 計代の

▼ せ多く~ (2, 0.0%)

1 のまじめ, の花木

▼ せ多少~ (2, 0.0%)

1 の傷負, 行きて

▼ せ夢酔~ (2, 0.0%)

1 が真, は旅費

▼ せ大和ここ~ (2, 0.0%)

2

▼ せ大声~ (2, 0.0%)

1 で, で口

▼ せ大衆~ (2, 0.0%)

1 から党, の好み

▼ せ天井~ (2, 0.0%)

1 のない, より釣

▼ せ太陽~ (2, 0.0%)

1 が朝霧, の運行

▼ せ夫人~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は紫陽花色

▼ せ失礼~ (2, 0.0%)

1 とは存じ, なこと

▼ せ奥さん~ (2, 0.0%)

1 とは決して, のお

▼ せ好き~ (2, 0.0%)

1 な琴, な色

▼ せ好意~ (2, 0.0%)

1 のまじ, を誘った

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 のお, のメイ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を娶らせ, を室内

▼ せ婆さん~ (2, 0.0%)

1 の家, も休ませ

▼ せ婦人~ (2, 0.0%)

1 と見れ, を喜ばせる

▼ せ学校~ (2, 0.0%)

1 にさがっ, の先生

▼ せ完成~ (2, 0.0%)

1 させたので, させて

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 やお, 遠が

▼ せ実際~ (2, 0.0%)

1 に開設, の感情

▼ せ室内~ (2, 0.0%)

1 の洗面台, はすべて其儘

▼ せ家主~ (2, 0.0%)

1 に預けおく, に預け置く

▼ せ家具~ (2, 0.0%)

1 に頭, を少し

▼ せ宿~ (2, 0.0%)

1 にいながらにして, の女将

▼ せ宿屋~ (2, 0.0%)

1 と金貸し, を引き上げ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の近く, 詣りした母親

▼ せ将来~ (2, 0.0%)

1 どんな境遇, は郷里

▼ せ小さい~ (2, 0.0%)

1 盃で, 身体を

▼ せ小説~ (2, 0.0%)

1 がたのしみ, の天地

▼ せ小説家~ (2, 0.0%)

1 には其, の人見良吉

▼ せ尻尾~ (2, 0.0%)

1 につかまらせ, をどんなに

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 と鰭, の先

▼ せ居間~ (2, 0.0%)

1 から顕, の窓粋

▼ せ屋根~ (2, 0.0%)

1 の瓦, へ花田

▼ せ山下~ (2, 0.0%)

2 の軍容

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 にあたって飛沫, をぬらし

▼ せ左右~ (2, 0.0%)

1 には金瓜, に翼

▼ せ左手~ (2, 0.0%)

1 に挙げた, に擧げた

▼ せ常識~ (2, 0.0%)

1 を広め, を滿

▼ せ幕府~ (2, 0.0%)

1 も将軍家, を怒らせ

▼ せ平気~ (2, 0.0%)

1 なふう, な顔

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 になづさひて, ひにな

▼ せ幾度~ (2, 0.0%)

1 か彼, か測候所

▼ せ広い~ (2, 0.0%)

1 口を, 海上へ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 恐ろしい憎しみ, 知れぬ氷河

▼ せ度い~ (2, 0.0%)

1 ばっかりじゃありません, ほどの金

▼ せ度存候~ (2, 0.0%)

1 へども今, へば覚束無く

▼ せ廃滅~ (2, 0.0%)

2 させて

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 寄せるよう, 移らせけるに

▼ せ強く~ (2, 0.0%)

1 しようと, 引立たせる

▼ せ当時~ (2, 0.0%)

1 のフランス, の圓喬

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の形, をまた

▼ せ後々~ (2, 0.0%)

1 は段々, 再び有

▼ せ後で~ (2, 0.0%)

1 その水, 時計の

▼ せ従って~ (2, 0.0%)

1 又社会, 立体派の

▼ せ従来~ (2, 0.0%)

1 の叡山勢力, よりは一進歩

▼ せ従者~ (2, 0.0%)

1 として率, もただ一人

▼ せ得意~ (2, 0.0%)

1 になり, の投網

▼ せ從者~ (2, 0.0%)

1 として率, として連れ

▼ せ御酒~ (2, 0.0%)

2 はたぶ

▼ せ微笑~ (2, 0.0%)

1 した, しながら

▼ せ徳利~ (2, 0.0%)

1 や杯, を提げ

▼ せ心臓~ (2, 0.0%)

1 をつらぬい, をどきどき

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 ん太君, ん生

▼ せ怒り~ (2, 0.0%)

1 っぽくさせ, に駆りたてた

▼ せ急ぎ~ (2, 0.0%)

1 だ急ぎ, 屋敷へ

▼ せ怪しい~ (2, 0.0%)

2 素振りが

▼ せ恐怖~ (2, 0.0%)

1 させた, とあるまじき

▼ せ悠々~ (2, 0.0%)

1 くらして, 通って

▼ せ悲しい~ (2, 0.0%)

1 のを, 出来事について

▼ せ意志~ (2, 0.0%)

1 させた私, を死滅

▼ せ意識~ (2, 0.0%)

1 もすでに, をあ

▼ せ感激~ (2, 0.0%)

1 させるもの, を枉げ

▼ せ憂い~ (2, 0.0%)

1 とよろこび, と恋

▼ せ憤怒~ (2, 0.0%)

1 と絶望, の形相

▼ せ成熟~ (2, 0.0%)

1 さす事, させ改善

▼ せ成長~ (2, 0.0%)

1 させるもの, させ新しい

▼ せ戦争~ (2, 0.0%)

1 だと, や勝負ごと

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 が開かれた, をがたつかせ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 のすぐ, の隙間

▼ せ手ずから~ (2, 0.0%)

1 宮家の, 紙で

▼ せ手紙~ (2, 0.0%)

1 をかわり, をよむ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 和げ, 死せば

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 からちょうど, 入つた樣子

▼ せ折角~ (2, 0.0%)

1 ここまで, だっけ

▼ せ抜身~ (2, 0.0%)

1 の槍, の鎗

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 いた女, け驅

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を顫わせ

▼ せ改めて~ (2, 0.0%)

1 前方に, 実子の

▼ せ放題~ (2, 0.0%)

1 に遊ばせた, 喋らせといた挙句

▼ せ政権~ (2, 0.0%)

1 をとらせ, を朝廷

▼ せ散々~ (2, 0.0%)

1 に飲み散らした, 儲けたの

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 知らぬ勲章

▼ せ数馬~ (2, 0.0%)

1 の太刀, は太郎

▼ せ敵中~ (2, 0.0%)

1 に突入, へ斬りこませた

▼ せ文字~ (2, 0.0%)

1 を教え, を綴らせる

▼ せ斯様土足裾~ (2, 0.0%)

2 取りまして

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 のしるし

▼ せ日本人~ (2, 0.0%)

1 をし, を軽侮

▼ せ早く~ (2, 0.0%)

1 あの世へ, その時

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の太閤, 歌ったあの

▼ せ春蚕上簇~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ せ時おり~ (2, 0.0%)

1 は為う, 木苺の

▼ せ暗い~ (2, 0.0%)

1 海を, 物蔭を

▼ せ暗黒~ (2, 0.0%)

1 な津軽海峡, にあふれてる

▼ せ朝廷~ (2, 0.0%)

1 の恩賞, の為

▼ せ未だ~ (2, 0.0%)

1 氣心も, 飛べない羽

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 は古本屋, を読ん

▼ せ本木~ (2, 0.0%)

2 を譲り

▼ せ村中~ (2, 0.0%)

1 の者, を又

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をつき, を持たせ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を, を交わしあっ

▼ せ杯盤~ (2, 0.0%)

1 をざっと, をざつと片

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 が白む, に向

▼ せ枝葉~ (2, 0.0%)

1 に光っ, の栄え

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 のそ, を結わせ

▼ せ桂子~ (2, 0.0%)

1 は小次郎, をみ

▼ せ椅子~ (2, 0.0%)

1 にかけた, にかける

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に暮させ, ませ驚かせ危

▼ せ様子~ (2, 0.0%)

1 をさぐらせ, を見

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 とすれ, と思ふ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に臨み, を見

▼ せ檀那寺~ (2, 0.0%)

1 の鯨幕, まで届ける

▼ せ次第に~ (2, 0.0%)

1 その規模, 自己の

▼ せ歌舞伎座~ (2, 0.0%)

1 だの新富座, の三月興行

▼ せ正成~ (2, 0.0%)

1 は天王寺, は藤房

▼ せ武蔵~ (2, 0.0%)

1 のため, も

▼ せ歩兵~ (2, 0.0%)

1 また装剣, をもう

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 にも至らしめる, を辟易

▼ せ死体~ (2, 0.0%)

1 が発掘, は自動車

▼ せ死骸~ (2, 0.0%)

1 をつつむ, を船

▼ せ殿~ (2, 0.0%)

1 のお側, の御感

▼ せ気味~ (2, 0.0%)

1 に何, の悪い

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の毒千萬某, の置けない

▼ せ水神~ (2, 0.0%)

2 まで一

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 ごれた, ながらせて

▼ せ江戸中~ (2, 0.0%)

2 の美女

▼ せ決死~ (2, 0.0%)

1 のかく, 脱城

▼ せ沢山~ (2, 0.0%)

1 売れるという, 貰おうと

▼ せ油汗~ (2, 0.0%)

1 を流し, を流しました

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 立たせ何等, 鳴りわたれ

▼ せ海上~ (2, 0.0%)

1 からは純, から決死

▼ せ海岸~ (2, 0.0%)

1 からワリニャーニ, の方

▼ せ清盛~ (2, 0.0%)

1 の伊勢語, の女

▼ せ渇水~ (2, 0.0%)

2 せし頃水中

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をも倶, を亡者

▼ せ満足~ (2, 0.0%)

1 させた, させて

▼ せ溜息~ (2, 0.0%)

1 をつかせ, をもらさせ

▼ せ漸く~ (2, 0.0%)

1 わしの, 吻つ

▼ せ灯り~ (2, 0.0%)

1 まで入れ, も思ひき

▼ せ無数~ (2, 0.0%)

1 に建っ, の生

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 を祝事

▼ せ煤竹~ (2, 0.0%)

2

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 だか, の皮

▼ せ燦々~ (2, 0.0%)

1 と国境, と馬印

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を切る, を噛み

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 ひじを, 頬を

▼ せ狼狽~ (2, 0.0%)

1 させたが, させて

▼ せ現場~ (2, 0.0%)

1 から遠く, に平次

▼ せ理解~ (2, 0.0%)

1 させたいと, させなければ

▼ せ生命~ (2, 0.0%)

1 の保証, も宥

▼ せ生長~ (2, 0.0%)

1 させるため, させ成熟

▼ せ用意~ (2, 0.0%)

1 して, の器

▼ せ田畑~ (2, 0.0%)

1 の輪郭, を買わしめる

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の人, を行く

▼ せ番人~ (2, 0.0%)

1 と狼, を置い

▼ せ番頭~ (2, 0.0%)

1 にした, の持っ

▼ せ病気~ (2, 0.0%)

1 なんかつかわない, に罹らせ

▼ せ益々~ (2, 0.0%)

1 深い濃霧, 電話を

▼ せ盛ん~ (2, 0.0%)

1 な葬式, に石木

▼ せ直ちに~ (2, 0.0%)

1 その中, 北原を

▼ せ相当~ (2, 0.0%)

1 の妻, の船

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 が美事, を顰め

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の現代古典, ッ紅な

▼ せ真っ~ (2, 0.0%)

2 逆様に

▼ せ真一文字~ (2, 0.0%)

1 に寄手, に走り出した

▼ せ社会~ (2, 0.0%)

1 では先づ新聞, の骨格

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に祈り, は其処

▼ せ神経~ (2, 0.0%)

1 をつなぎ, を鋭敏

▼ せ私自身~ (2, 0.0%)

1 は歩いた, は近く

▼ せ程度次第~ (2, 0.0%)

1 では絵図面, では繪圖面

▼ せ立派~ (2, 0.0%)

1 なお, な技

▼ せ笹野新三郎~ (2, 0.0%)

2 に助け

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に入れ, を買っ

▼ せ粉砕~ (2, 0.0%)

1 するあの, せんと

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 など食べさせ, を汲ん

▼ せ精神~ (2, 0.0%)

1 の活力, の親

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 一年を, 三四千の

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に白, の袍

▼ せ細君~ (2, 0.0%)

1 がそう, のお産

▼ せ結果~ (2, 0.0%)

2 として秀吉

▼ せ給はず~ (2, 0.0%)

1 やといふ, 御目通

▼ せ給はん~ (2, 0.0%)

1 が為, は數月

▼ せ給ふか~ (2, 0.0%)

1 何故あり, 即右

▼ せ給候~ (2, 0.0%)

1 て直義あんおん, べく候

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 にうつす, の修業

▼ せ絶えず~ (2, 0.0%)

1 気持を, 閃いては

▼ せ絶望~ (2, 0.0%)

1 させて, の暗

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 につけた, を売らせ

▼ せ美しく~ (2, 0.0%)

1 ゆい上げたるこがね色, ゆひ上げたる

▼ せ羽織~ (2, 0.0%)

1 のど, をゾロリ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 へさせる, へ出させる

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を喰わせ, を躍らせた

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 く御, を試させ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の方, を上げ

▼ せ腐敗~ (2, 0.0%)

1 から彼, させ無い為

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を扼し, を拡げ

▼ せ腕組み~ (2, 0.0%)

1 した時, して

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の上, 進ませたが

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 から出で, 涜化させ

▼ せ自ら燭~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ せ自分たち~ (2, 0.0%)

1 の葉, は二階住居

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 が流行れ, など舞わせる

▼ せ船中~ (2, 0.0%)

1 にあっ, には生きた

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 なる境地, めかしい曲線

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 侍は, 難澁申

▼ せ若い~ (2, 0.0%)

1 夫人たちの, 女とは

▼ せ若く~ (2, 0.0%)

1 は其戸前, は白馬

▼ せ若草我つま~ (2, 0.0%)

2 はや

▼ せ若衆~ (2, 0.0%)

1 とあれ, の叩く

▼ せ苦め~ (2, 0.0%)

1 てゐる, るよう

▼ せ苦笑~ (2, 0.0%)

1 させる機会, せしめたもの

▼ せ茫然~ (2, 0.0%)

1 させ生, としてすわる

▼ せ茶色~ (2, 0.0%)

2 にほおけた

▼ せ荒廃~ (2, 0.0%)

2 させました

▼ せ菊之助~ (2, 0.0%)

1 を相, を相続人

▼ せ萬一~ (2, 0.0%)

2 の場合

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 付くと

▼ せ落付~ (2, 0.0%)

1 かせた, かせたいの

▼ せ蒼白~ (2, 0.0%)

1 な顔, になっ

▼ せ藤助~ (2, 0.0%)

2 の次に

▼ せ行状~ (2, 0.0%)

1 の謹愼, の謹慎

▼ せ表情~ (2, 0.0%)

1 のあり, をすべて

▼ せ衰弱~ (2, 0.0%)

1 させるばかり, させるマイナス

▼ せ裸足~ (2, 0.0%)

2 で歩い

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 もとらせ

▼ せ西洋人~ (2, 0.0%)

1 が最後, にはみられない

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 依さすもの

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 でも作らせ, の詩

▼ せ詩人~ (2, 0.0%)

1 や画家, を喜ばせる

▼ せ誇張~ (2, 0.0%)

1 し, して

▼ せ読者~ (2, 0.0%)

2 が待ち

▼ せ談話~ (2, 0.0%)

1 も説明, を筆記

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 忠士の, 生組の

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ せ貴兄~ (2, 0.0%)

2 の居る

▼ せ貴様~ (2, 0.0%)

1 は日吉丸, は砂

▼ せ費用~ (2, 0.0%)

2 その外

▼ せ赤面~ (2, 0.0%)

2 させた

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に随, の二人

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に乘, の発着

▼ せ近く~ (2, 0.0%)

1 の岳樺, へと差し招いた

▼ せ近年~ (2, 0.0%)

1 にない, はことに

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 ン出す, 從槌で

▼ せ退屈~ (2, 0.0%)

1 させあくび, だと

▼ せ逆上~ (2, 0.0%)

1 させた, させたに

▼ せ途中~ (2, 0.0%)

1 に待ち伏せ, の旅

▼ せ通し~ (2, 0.0%)

1 にさせ, 貫いて

▼ せ連日~ (2, 0.0%)

2 の酒宴

▼ せ連歌~ (2, 0.0%)

2 など弄ぶ

▼ せ進歩~ (2, 0.0%)

1 させつまり, させるため

▼ せ運動~ (2, 0.0%)

1 から離脱, を縮みさせ

▼ せ運転手~ (2, 0.0%)

1 はガム, は自動車

▼ せ過日~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ せ道中~ (2, 0.0%)

1 で役場, はことさら

▼ せ遠い~ (2, 0.0%)

1 時の, 最初の

▼ せ部下~ (2, 0.0%)

1 とともに酒宴, にはエイギュイユ城

▼ せ郷里~ (2, 0.0%)

1 へ帰らせ, へ歸ら

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 から東海道, の頭

▼ せ酔い~ (2, 0.0%)

1 に乗じ, 疲れて

▼ せ金六~ (2, 0.0%)

2 には別れ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をたたかせたら, を鳴らし

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 槍や, 絹に

▼ せ長持~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ せ開花~ (2, 0.0%)

1 させること, させ人類

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の湖, 吹き散らす鼻嵐

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の膚, 之下

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の奥, の如く

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 ぞら

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 条理に, 能率化する

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 ざしの, を塗っ

▼ せ面倒~ (2, 0.0%)

2 なるは

▼ せ面白~ (2, 0.0%)

1 がらせた原因, 可笑しく読ませ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を置き, 置き

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 て先, て別れ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 のま, の血管

▼ せ頽廃~ (2, 0.0%)

1 させ堕落, せしめる誘惑

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 が着きました, のない

▼ せ風あけぼの~ (2, 0.0%)

2

▼ せ風呂敷~ (2, 0.0%)

1 にてこれ, に包ん

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の高, も喰

▼ せ~ (2, 0.0%)

2 をつくらせ

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 を焚き, を焚きました

▼ せ驚嘆~ (2, 0.0%)

1 させる, に足る

▼ せ高ごえ~ (2, 0.0%)

2 で饒舌

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 に見たて, を逐

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の主力, をし

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をしめ, を飼い

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 のゆくえ, のよう

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 をも蒔かせ, を与える

▼ せ黒人~ (2, 0.0%)

1 に市民権, の娘

▼ せ~ (2, 0.0%)

1 の地色, の居処

▼1* [3863件]

ああサンタマリヤ, せあいつから先, せあかんべえの眼, せあくる日二時頃まで煙, せあそこへ行く, せあたかももう占領軍の, せあたしを貰う, せあたたかき愛情を, せあたらしい足袋を, せあちこちの屍, せあちこち屋造りの様式, せあちらではその, せあちらこちらへ彷徨, せあっという間に博士の, せあつものに, せあつしは玉姫, せあと田中か床次カニユズルツモリ, せあどなくて, せあなた御存じだわ, せあまたたび住職, せあわよくばその案内人, せあんたはんに一遍招, せあんたらの顔, せあんな愚劣な, せあんなにひどくかかれ, せいい加減に馬鹿, せいきいきとし, せいくつもの階段, せいじめぬいたの, せいたずらに拳, せいたずらに去就を, せいちにん, せいちいち客から, せいちおう陣立てを, せいっそう大きな事件, せいつか千枝子の手, せいつもは用, せいのちあるもの, せいまや六波羅一劃は, せいま僕を苦しめ, せいま最後の一つ, せいらいらさせ困った負担, せいらだたしげに, せいろんな花を, せうしろむきのまま教室, せうだつた, せうちよ, せうまいでしょう, せうまうま他領, せうんうんとうなっ, せうんと近よせ, せうーむとうなった, せえあの鼠小僧の, せえいいごったら, せええおしなつくんなさる, せえおつ嵌める積, せえどぶん中に, せえな博労の地, せえよおめえ, せえらい盗人な, せえウンと云え, せえーい, せえ少癇癪に, せおおお遅くなった, せおこたがよく, せおしのを, せおしめをあてかえ, せおそろしや, せおたがいに夜の, せおなじく李立には, せおののかせる, せおのずから人の, せおのれは顔, せおのれら我意に任せ, せおのれ一人高見の見物, せおのれ焉馬を判者, せおばさんかも判らん, せおまけに頭, せおや泣き上戸, せおらの殿さま, せおろおろ話した, せおんねがい被, せお上の手, せお互い同志が自分, せお前の手, せお前さん一人遊んで, せお前たちが喧嘩, せお前樣を殺さん, せお勝手の落し, せお太鼓を叩かせた, せお客を煙, せお宮や石碑, せお手の物のマドロスパイプ, せお昼からピアノ, せお母さんと呼ばせる, せお母さんかんにんどっせ, せお玉のお, せお祖母さんの顔, せお腹のすい, せお茶をすゝめ, せお茶花琴などと一列, せお袋に談判, せお里に逢, せお隣の伊賀屋さん, せかい一のめいじんだ, せかかりつけの医師山本氏, せかかる自然の, せかくてその間, せかけもありません, せかさを振り上げ, せかぜが家家, せかたがた預けて, せかたがた外見の整った, せかたがた相手の人, せかたっぱしからたおします, せかつてとかく物議の, せかと思う, せかなり目ばしこい, せかなんかで入口, せかねて馴染の, せから部屋の, せからだをすくめる, せがたいような, せがたしされどヘクト, せがっちりと開けた, せがねを掴まされたよ, せきざいに, せきっとこれからあの鼻, せきとうのそば, せきまりわるそう, せきりになっ, せぎゅっと首を, せぎゆつと肩をすぼめ, せぎらぎらするよう, せくすぐったくて飛び上ったで, せくずひろいなどを, せくどく念を, せくもやひつ, せぐうっと右にロール, せぐなや神楽場じゃない, せぐられて来るかと, せぐられる一つであった, せぐりおちる谷水の白, せぐりくる脆いもの, せぐりくる涙をようやく, せぐりくる涙あなた程の方, せぐりくる胸や支え, せぐり來て呀, せぐるかなしさ, せぐわッと地, せぐゝまる私のやう, せけつきよく自分, せけむおのれその, せけらけら笑って, せけれども目覚むると, せますが, せこういう時でなけれ, せこうして蠣殻町を, せこここ小森さんすすすまんことし, せこころよげに, せこっちに何, せこと云うもの, せことばは出ない, せこと紙入れをかね, せこの世の人, せこの間からお話し, せこれらの集会, せこれ人の汝等, せこれ等のもの, せこわいような, せこんどは人形はん, せごおっと唸っ, せご覧じませあんなに, せご飯もたける, せさあお斬りなさい, せさえもする, せさすがに情熱, せさぞ跳ねたりも, せさっさと舞台を, せさっと引き揚げて, せさてはあられも, せさみしがらせむずがゆ, せさんざあんたに, せさん仲人の高橋定次郎氏, せざあなるめいてんでそれ, せざあなるめえというので八王子にいる, せざったか, せざっと一段あげる, せざつと間に合, せざなるまいが余り見せつけ, せざべからずと決議した, せざらむとする偏らざる談理, せざらむとする意志を發見, せざらむ限は鴎外, せざアなるめ, せしおしおと店, せしおらしい口元で, せしかして独力によって, せしかるべきのちぞ, せしこと親父, せしずかにあなた, せしその君, せしたがって自分らの, せしたたる露を, せしとしとと先へ, せしばし私を, せしばしば人を, せしまうたやの娘, せしまスた, せしみじみとさせず, せしめ様とせん, せしもをかし, せしをりなりけり, せしんじつ夢に夢見る, せじつは黒岩さまが, せじゃあないか, せすかも, せすきを求め, せすき間もなく, せすくなくもその晩, せすぐさま親の, せすこぶる元気よく, せすして其心, せすじを流れた, せすでにここから, せすべて阿闍梨覚淵どのにお, せすみませんでした, せすみやかに都門, せせいぜい多方面の, せせっかくのこと, せせんせいああれ, せぜいたくをさせ, せそうっと小屋の, せそこそこに母屋, せそっちへ喰, せそっと立ちあがる, せそつくり久米野の家, せそのある作品の, せそのうち五百騎を, せその他ケンブリッジ大学や王立協会, せその他八木岡英治や原田裕, せその大きな口を, せその後好餌を喰らわん, せその後彼をもっと, せその後衣食の世話, せその間黙祷して, せそばで西班牙人, せそりからするりと, せそれぞれ勝手に子供, せそれではお嬢様が, せそれとなく家を, せそれ以上に金, せそれ自身の意志, せそろを書き, せそんなに御嬢様, せそーッと階下, せそ吾ために一人, せしける, せたいした不自由も, せたいへんなもん, せたくさん弟子を世話, せたけはそれきり何, せたちまち自分は, せたった二へん高座から, せたった今水から, せたっぷりなこの, せたとえ馬超が, せたのしくてしかた, せたまたま暢やかなら, せたりかと思うと, せたりからだが, せたりくらい街上に, せたりしもしたり, せたりとにはあらねど, せたりの話が, せたりばかりして, せだけで間に, せだけのこと又, せだけを持つて, せだの質屋の, せだみ声で荒荒しく, せだんだんそれが, せちかごろでは, せちからい世の中にこんなに, せちくれない, せちやつて荒つ, せちやア大変だから, せちや三十掛は屹度, せちや勿體ないくら, せちや厭ですぜ, せちや濟まねえから, せちや畑は出, せちや畢へねえ, せちや相済まない, せちや駄目ですよ, せちよつとあたり, せちよいと綱, せつい焼殺し, せつぎのよう, せつくばひの, せつねに間諜の, せつまびらかにその, せつまらないがらくたを, せつりですな, せつるつるした皮膚, せていねいにあいさつ, せてかぞうれば, せてかと問えば, せてからといふものは, せてからの自分の, せてがくりと, せてけふの, せてしもうたのでござる, せてしもて私の, せてつかはせ, せてつぺんだけが粋, せててて手当てを, せてな麥藁を, せてにやと, せてのみは居られなかつた, せてはという意見が, せてはとの心配から, せてはをりません, せてばっかりいて, せてまでも没頭しなけれ, せてものかくでしょう, せてやすらけく生き, せてるこってしょう, せでこぼこな醜態, せですが余り召, せといへりされど, せとかく起りがちな, せとかよはうかと思, せとが御神体, せときには綺麗に, せとくがいい, せところどころ壁土を, せとしごろひごろよう, せとせめしなりき, せとたんに身体の, せとても冬中はと, せととなつた, せとともに無言を, せとなつたのです, せとなり村の病院, せとにかく印刷所へ, せとばかり煮え返る, せとぼけ癖の表情, せともすると途切れそう, せともの入りの, せとものでできて, せとものに絵に, せどうかして, せどうしても寝つかせなかった, せどうもそんで, せどうやらこの二人, せどころかと思うよう, せどっちへ行こう, せどれお夕飯, せどんどん小判を, せなあまるで牛, せなおかつそれを, せなかなか中国の, せなか一杯風を受け, せながさしよ, せながらとくいの, せながらなんか待って, せながらわつと泣きだした, せなごやかな心になつて大和, せなぜそんな写真, せなどとどうして言った, せなどとは憚りながら餘, せなどは長い間, せなにか菓子の, せなにごとも知らぬ, せなべの中, せなまじいな善人, せなむだがさぞまあ, せなめにあわせたくなかった, せならびに建築構造物の, せなり振りもなく, せなをか, せなんて事は, せなんと吾目に, せなんとか世間へ, せなんともいえない暗い, せにが笑いを, せにくくて煩悶, せについて書きたてた, せにつれ出したの, せにでもまいったの, せにゃと壁土についての, せにより早速馳付, せにんじんを縮み上がらせた, せにんにくオロシの醤油, せにんまりと笑い, せぬるい澁茶に, せのそれはあすこ, せのんびりさせる, せのトロと中, せのヨダレをくっ, せの代理の愛人, せの其は彼処, せの西洋料理を奢れ, せはいらんせ, せはし気にパン, せはじめそこここから煙, せはじめてゐた, せはじめ人と人, せはたを働かせ, せはだけにはだけた胸, せはつと思ふ, せはにや, せはやと思ひ, せはやきふしなれ, せはやくも狂瀾怒濤, せばいと口惜しから, せばかりするの, せばく僅かに人ひとり, せばく顏小さく目鼻, せばく顏少さく目鼻だちは, せばく顔少さく, せばぐらいの意であろう, せばこそああし, せばっかりいう人, せばばと漢, せばよほどの重患に, せば声は惜しまじ, せぱたんと窓を閉めた, せひたひたと一巡り, せひとたび虚あら, せひとつひとつ箱の蓋, せひとりべらべら饒舌, せひもを通す, せひょいとふところへ, せびつたりします, せびつくりさせ気に入られようとして, せびつた小遣を出し, せびつていろいろな面白い, せびつてはいろいろ冬, せびつてばかり居たさ, せびつて二三泊の登山旅行, せびろをきたおとなの人がやっぱり, せびろをきた三十五六歳の男, せびろをきてぼうしをかぶった六つぐらいの子ども, せぴったりドアを, せふうふう多加志, せふたたびじりじりと兵曹長, せふたりの女王さま, せふと目が, せふところ手をし, せふらふらと骨, せふり向きもしない, せふるさとへ帰った, せぶっつけ合わせた銀貨, せぶりそのものの中, せぶりみたいでいや, せへえや, せへと云ふ, せへんなもの, せべつの娘二人, せぺきぺきとビスケットを割つ, せぺらぺらとしゃべり始めました, せほか四五名の者, せほしいままに, せほそい目を, せほっと溜息を, せほんとですか, せほんとうに役, せほんの記録として, せほんまに, せほんもののぼく, せぼくの前, せぼんやり後影を, せぽかんとして, せぽくて実に, せまあまあ云われますので, せまことにぜひないわけ, せましな結婚相手, せまたたびに酔える, せまたもや一種異, せまた一方食事を, せまだそのままの表情, せまっすぐにもの, せまつらむ九五の位, せまつり下に白き, せまでに至りまして, せまでを早馬を, せまんがな, せまアおつれ樣で, せみえを忘れ, せみごとに部屋, せみずからおのれの精神, せみずから乱をつくる, せみずみずした真白, せみだりに散歩の, せみなの食欲, せみのえは, せみょうな形, せむあが念, せむあらぬ名着たる大難, せむあゝ夏よ, せむがためなりや否やを知らない, せむがためにかくて, せむがためには彼等の普遍的自我, せむがためにわたくしは先づ游稿, せむがために不惜身命でなければ, せむがために先づ他人の, せむがために六日に伏見, せむがために兵を出し, せむがために姑く妄, せむがために敢て此, せむがために数万金を捐, せむがために明治四十三年十二月十八日幸徳がその, せむがために此に水津溝挾両家, せむがために蘭軒の作, せむがための故に, せむがための校讐であつ, せむがため大正七年の秋稿, せむがため来朝せしなり, せむがため窃かに彼女, せむさらでも, せむずがゆがらしめる死ぬまで, せむずるならむと疑ひ思ひて, せむぞ吾を用, せむために伐つたもの, せむためにハルトマンが有, せむために其沒理想を引いたれ, せむための金銭の必要, せむっくり寝台の, せむづと大胡坐, せむといひしも深く怪むに足らず, せむといふなる事を思ふう, せむといふ談理は然, せむとおもひ定めにき, せむとおもへども未だ果さず, せむとした看視人, せむとしたのは餘りに, せむとしたりしにぞ白き歯, せむとしたりするが百姓と謂, せむとしたること當然の理, せむとしたるなれば里方にてはヲイソレ, せむとしたるも大勢の赴く, せむとしたる源兵衛佐頼朝によつて, せむとしつゝ端なく三個, せむとしてゐる時に偶然, せむとし倉皇令を下し, せむとし属僚及び帝国党, せむとし屬僚及び帝國黨, せむとすと云ふ, せむとすならんと想へる者, せむとするかくさぐさ, せむとするが為めのみ彼, せむとするが爲めのみ彼, せむとするこそ抽象したる類型, せむとすること即是, せむとするつもりがなくとも猶彼, せむとするときは障礙乃ち生じて, せむとするときも先づ觀察し探究, せむとするところはおそらくはその芻狗に屬, せむとするところは此の如き, せむとするについても亦漢字, せむとするに兩手凍えて, せむとするに当り今更に覚, せむとするに当年の遊跡歴歴, せむとするに皮破れゐたれば, せむとするの計畫, せむとするの勇気ありとも, せむとするの勇氣ありとも, せむとするの慾望を感ぜず, せむとするの滑稽を生じたる, せむとするの画策は既に, せむとするの畫策は既に, せむとするの計画は失敗, せむとするは主觀的感情にあらず, せむとするは偏りたる談理, せむとするは是れ専制家, せむとするは無用である, せむとするは理由のない, せむとするばかりでなく自己みずからの世界, せむとするも怒濤, せむとするものはおのづから類想, せむとするものを今の新聞, せむとするもの夫れ高き, せむとするも世人は嘲罵, せむとするも我等は到底, せむとするや自己の拳銃, せむとするアスピレーシヨンに變形, せむとするアンビシヨンから生れ, せむとする人々によつて, せむとする作家とは何物, せむとする使命が宿つて, せむとする俗人を防禦, せむとする兄の痩せはてた, せむとする問題の如き, せむとする宗教的赤熱を帯, せむとする属僚等の言, せむとする屬僚等の言, せむとする希望が要するに, せむとする政府を率, せむとする日本精神を以て新た, せむとする時自分は愈, せむとする次第なの, せむとする死に對, せむとする活動的意志であり攝理, せむとする熱望から出, せむとする理想とは何物, せむとする相應に溌剌, せむとする究竟の境地, せむとする精神とは全, せむとする自由党に対して防禦, せむとする自由黨に對, せむとする興味が全然, せむとする處皆彼れが, せむとする誠實も淺, せむとする誤謬である, せむとする願ひが, せむとする魂を引緊むる, せむとす今夜はとめ, せむとせしが該自動車は皆開閉鍵, せむとせしにあらずわれは我が, せむとせしに文部省に否認, せむとせし陰謀發覺し仁川, せむとせぬ戰は戲談, せむとせば先づ其要素たる貴族, せむとせば国家は貧民, せむとせば国民的勢力の総べて, せむとせば國家は貧民, せむとせば國民的勢力の總, せむとせられる御意見, せむとてあたりの宜しき, せむとてあたりのよろしき所におり, せむとて一座とともに来りたる, せむとて大人賦を作り, せむとて導者に持たせ, せむとて惡魔の遣, せむとて渡邊世祐氏にたのみ, せむとて細流を溯る, せむとならばその術あり, せむとなればとにもかく, せむとにはあらず胸に蓄, せむとはせざるが如し, せむとやさても, せむと乞ひて, せむと云ふ, せむと假定しぬ, せむと吾が蒔きし, せむと心を尽し, せむと思定めてよりは, せむと想はざる, せむと控へたり, せむと歎けども醜, せむと海界の母, せむと言ひ動, せむと誓ふの, せむと踴躍する, せむなというて竹林に兼吉, せむなれど先づそなたに問はで叶, せむにつきつきしかるべしかしかくいふ, せむのうの花朱を流す, せむのたはぶれもゆめねたみ, せむばかりに書立てて, せむもない物になつ, せむも妨なし, せむよりはと先の先, せむりに明るく笑い, せむるかな親はらからも過ぎし, せむるとき留宿の家, せむる大屋もあらね, せむる蛙のいく, せむわがさす紅の色, せむわれも黎明まで, せむをあながちに法皇の咎め給, せむをかしこみとふりたき袖をしのびたる, せむんずとその上, せむ下べの使おひ, せむ乎鞍馬の頑児, せむ今夜の長, せむ先づ其ま, せむ古里のごとく, せむ女翁にをしつべし, せむ彼諸会社, せむ心とてはなけれ, せむ心しらへの, せむ心算なり, せむ所存はあらず, せむ曙覧と親しく, せむ様ありと, せむ眞に伎倆, せむ継母の讒言, せむ美人を求ぎたまふ時, せむ而も閣下, せむ聟とせ, せむ自在なき身, せむ臭木の花, せむ萩にはしかと, せむ詠ぜむ, せむ逍遙子が所謂理想, せむ逢はで, せむ鐵鎖ある身, せむ黄泉の使負, せめいめいの能力, せめぐみふかいジョウジ, せめったな人, せめったに平安などは, せめつたに平安, せもうほとんど滴しか, せもうろうとさせ, せもう二度と戦争の, せもう暫く面倒を, せもしまた考えさせも, せもしも伽羅の, せもし仮に他の, せもっとも用心深いもの, せもつとも美妙なる, せもとの座, せものおとをころし, せもみ出た, せもんしろ蝶やばつた, せやがていつもの路地口, せやがてうとうとしはじめた, せやがてさう云, せやがてふたたびすっかりもの思い, せやすくするため, せやすらかに眠らせ, せやたらに唸る, せやで満足が, せやにわにジョッキーを, せやはりはにかましげ, せやりっ放しにさせ, せやわらかくなったところ, せやァがる, せだん, せゆうぜんとして, せゆったりとした, せゆらりと打跨り, せだれを, せようよう近寄って, せよう者を惜しい, せよかったら決めようという, せよそが存在, せよそよそしさを, せよっておまけに, せよわよわしい末流の, せよーとした処, せらつたんべ, せらりょうとはまことに, せりや白木から五百円, せるこつを知つて, せるる霊の, せれいの眼, せわかき御尼, せわきの扉, せわけもない, せわざわざ松明行列を, せわずかの精兵, せわれらの世界観, せわれわれがこれから, せゑか田舎の小料理屋, せをが住んで, せをといふので, せをの墓を, せをへとしたり, せをも無視し, せんむかし熱かりし心, せん深夜に及ん, せアインシュタインの云う, せアダムスに俸給, せアドも今夜, せアパートの屋上, せアプロディテこの疵, せアメの一石, せアメリカのため, せアラヂンの城, せアラビア商船隊の到着, せアルコールに麻痺, せアルコール以上に私, せアルプスの最高峯, せアレアレあのよう, せアヽ桶を下し, せイィをされた, せイザと云え, せイプセンを読ませ, せイベットに縋り付いた, せイヤゴーの奸智, せインポテンツの惱, せウイスキーを注がせ, せウ何か御用, せェ角がうしろ, せエあないせエ, せエだい働きや, せエイヤッエイヤッをやらせ, せエドナに家政, せエレベーター係を味方, せエ事でどう, せエ声して, せエ宗匠の部屋, せエ此の始末, せオレンジ三十銭というの, せカァターがそれ, せカイのからだ, せカソリック教を衰運, せカフェーが一軒づつ, せカヤノと二人, せカンだから, せカンシャク玉がアバレルよう, せガタガタふるえだした, せキッと結んだ, せキット寅造と眼, せキャンキャン鳴かせて, せキョロキョロ四辺を見廻し, せクッションを集め, せクリはどこ, せグイと膝, せグッと睨んだ, せグッタリ仆れて, せグットネルは若い, せゲンコをその, せコスマがマンドリン, せコバルトを掛けます, せコミッションを得ん, せコムミュニストの間, せコンコードの空, せコーオルディネートさせる呼吸, せゴムの手袋, せゴルキーやチェホフ, せサア何うなと, せサハラの大, せサンタマリア病院の建物, せザンブリと南無, せザンブリコと水中, せシリンダアーで風, せジミーの属する, せジャッキーとにせ, せジャマンベーカリーのサンドウィッチ, せジリジリと織江, せジリリと詰め, せスカアトの襞, せスケッチいたしました, せスペイン国民としての義務, せスペイン船を以て世界一周, せスリッパを揃えさせ, せスリッパアをならし, せスルスルと二人, せスープを歃, せズルズルと斜面, せセイ公にあやまらせた, せセエラを先頭, せセルゲー大公などは夜, せセンスなどと云う, せソツなく愛嬌, せソヴェト・フォードで幾台, せソーといひたる, せタキシ拾って, せタメイキをもらさせ, せタワラを俵, せダラダラとナポレオン三世, せダラリと下った, せダンス曲をひき始めた, せチャンバラ漫画では人間, せヂリヂリと後退, せッ先生っ, せツこましいところ, せトランクを台, せトリは, せドイツ民族の名誉恢復, せドサクサ紛れにあの, せドッと庭, せドライブの旅, せド・コーマルタン氏はコーマルタン, せニコニコ笑いながら, せニコーリー町の秘密倉庫, せノタ打った, せノロノロとしたたる, せハッタと三人, せハナの身柄, せハヤ四國の灘, せハリーに田地, せハルモニュウムの伴奏, せバタをなめさせ, せバトゥウシュカでしょう, せバ乙県之を救, せバ非道其通路を扼し, せパイプを啣, せパラソルを肩, せパラリと下がった, せパルミエリが足許, せパンとしてそれ, せヒヤリとさせる, せビールの酔い, せピストルの音, せピリリと来る, せピンクのワンピース, せフォンタンがとび散り, せフランスはモンシュニュ, せフルスピードを出させ, せブイと茶の間, せブツクサ言いながら, せブーニンとバリモント, せプロの魅力, せプロメシウスをさいなむ, せプロレタリア革命の現実的根拠, せベッドの上, せベルを押し, せペルシアの土地, せペルシア語を木版, せペレールを出た, せペーチャが学校, せホールで幾島, せボイラーに送る, せボロンの, せマネキンとする, せマリユスの一瞥, せマルクシストの清掃, せマーブルで夕食, せムラムラと民弥, せヤア三五郎か重, せヤッと思い附い, せユダヤ人の科学発明, せラシイヌ達が避難, せラッパの音, せリシュモンには伯爵, せリンネルのパンツ, せリード夫人のレース, せレマルクの, せレンガの書斎, せロウの顔, せロシア革命の武装蜂起, せロマンスを歪曲, せローマ駐剳, せで日本, せンッか, せヴェイルのやう, せ一たん玉璽を返し奉った, せ一の谷の合戦, せ一ぱしその道の通, せ一ぺんに人気, せ一めぐりぐるぐるとめぐったのは旋風が吹い, せ一ツ橋家の武士ども, せ一ト波瀾はみよう, せ一二三四と足數, せ一二分体全体で飛び上っ, せ一五七五年には長篠, せ一五二〇年の八月末, せ一人前おいくら, せ一体何と挨拶, せ一作家の生, せ一個の人間, せ一八三〇年に敗れたる, せ一冊の書巻, せ一分の時間もおしい, せ一列にならんだ散, せ一匹を殺し, せ一合のお, せ一団の黒煙, せ一国一郭のうち, せ一夜の衰弱, せ一夜中に紙, せ一天の白露, せ一定の仕事, せ一室へ監禁, せ一層余病を, せ一層しっかりと蔓, せ一山を混乱, せ一年二年の後, せ一年有余の陶酔, せ一度種えて二度, せ一座を白けさせ, せ一当て当てて, せ一心に先生の, せ一性格の者, せ一挙にこれ, せ一族を紀州家, せ一日も早く, せ一日中病人の介抱, せ一時豌豆や里芋, せ一晩ねんごろ, せ一曲の歌謠, せ一期の間本尊, せ一札の事, せ一杯始めて, せ一枚のハンカチーフ, せ一段と声を, せ一段二段の柵, せ一泊させて, せ一泡吹せて, せ一炉の中, せ一生の痛, せ一生安楽にせめて, せ一生音信不通の約束, せ一石八斗二升五合になり, せ一科一学も実事, せ一種独特の表情, せ一等から八等, せ一箇の茶碗, せ一群のいい, せ一考して, せ一膝進み出た甚右衛門, せ一般消費市民と勤労者, せ一般讀者の便宜, せ一芸一能ある者, せ一行は或は, せ一言返事をさせたい, せ一貫目もある, せ一軍を領せしめ, せ一軒の家, せ一途の政体相立て, せ一通り吟味に及びし, せ一部落を作つて長春堡, せ一重瞼の細い, せ一門の後世, せ一閑斎はまた, せ一面には葉子, せ一面本願寺勢との連絡, せ一面馬岱と姜維, せ一風変わった鳥, せ一騎引っ返して, せ丁寧に胸部, せ丁年までには真人間, せ丁稚に脊負, せ七ツ御座いましょう, せ七堂伽藍を建立, せ七年前に寺田屋, せ七種の買物, せ万右衛門を伴, せ万吉が密か, せ万民を苦しむ, せ丈夫そうなやつ, せ三人組からは悪口, せ三十余万の民衆, せ三十分のもの, せ三味線引き皷を打て, せ三四人の手代り, せ三国山の嶮岨, せ三國屋の跡, せ三年越し口もきいた, せ三度自分で酌, せ三方から城太郎, せ三日の潔斎, せ三日目にはチロル, せ三時十五分という時刻, せ三献ほど息, せ三男袁尚にも五万騎, せ三百両の大金, せ三軍の幕中, せ三郎兵衞を饗應, せ三銭の恨, せ上がり口で帰し, せ上つてトゥロットの手, せ上り依志子, せ上りずぶ濡れたるま, せ上りやけくそに自殺, せ上下の者, せ上京すること, せ上体を前, せ上半身を揉む, せ上杉さんですよ, せ上眼使いに相手, せ上絵付けを自分, せ上縁の山道, せ上衣を脱ぎ捨て, せ上野に匿, せ上野淺草隅田の花兩國川, せ上陸中の外国兵, せ下士卒八人を階下, せ下女のお, せ下水の掃除, せ下級生は, せ下総の領内, せ不利な証拠, せ不器用なお, せ不孝の屍, せ不審も聞, せ不意にその, せ不朽の傑作, せ不満そうなそして, せ不自然になす, せ且つ一層彼等を, せ且泣き且笑ひ又, せ世にもさっそうとして, せ世の中の若い, せ世帯一式付け値の七両二分, せ世界各国で評判, せ世界歴史の面白, せ世道人心に悪業, せ世間大衆とも共に, せ丗秒位してから, せ両国から小間木善十郎, せ両方別々の存在, せ中国で貨幣, せ中央よりドカ落ち, せ中小工業の破産, せ中島がその, せ中島せい子を呼ん, せ中川より利根川, せ中泉眼科へ寄り, せ中津川の方, せ中野のお, せ中門をあけ, せ丸盆を取っ, せ丸窓の側, せ丹下左膳が最初, せ丹羽長秀へ加担, せ久太郎と力, せ久美子をからかっ, せ乍らすつかりオドオド, せ乍らそれとはなし, せ乍らイベットは長い, せ乍らガアガアと喚き立て, せ乍らセリフを入れる, せ乍らドツと聲, せ乍らベトーヴェンが悲劇的, せ乍ら一生懸命本をつめ, せ乍ら三藏と快, せ乍ら丑松は, せ乍ら乘出します, せ乍ら云つた, せ乍ら來たの, せ乍ら兩國橋の上, せ乍ら出島の渡し, せ乍ら喋べった, せ乍ら園花枝と顔, せ乍ら奧の方, せ乍ら家庭教師はさすが, せ乍ら小石川にかえった, せ乍ら屏風の如く, せ乍ら幾子のあと, せ乍ら庭の方, せ乍ら悪戯っ児, せ乍ら意気揚々として帰, せ乍ら懐中から例, せ乍ら斯う磊落, せ乍ら晩のお, せ乍ら本棚の並んだ, せ乍ら欷咽くやう, せ乍ら武士に近づきました, せ乍ら殆んど, せ乍ら洋服の上衣, せ乍ら滿身に秋, せ乍ら無意識に煙草, せ乍ら片端から退, せ乍ら物を言う, せ乍ら獲物を料る, せ乍ら玄関の前, せ乍ら破子の弁当箱, せ乍ら私の腕, せ乍ら立て膝をし, せ乍ら紅文字の, せ乍ら絲目の切れた, せ乍ら自動車は憲兵隊本部, せ乍ら蛙を追ひ廻した, せ乍ら話させる外, せ乍ら軍治は幾, せ乍ら雌を呼ん, せ乍ら顔を寄せた, せ乍ら首をかしぎ, せ乍ら馳け違う, せ乗船せしむると俄, せり合, せ九曜の紋, せ九月十三夜の後, せ九月十五日にはその, せ九段上の濠端, せ九重が代役, せ乱痴気さわぎいたしおりますそう, せ乱髪を逆立たせ, せ亀田君呼出しを中止, せせるもの, せ予め別の, せ予定の仕事, せ予章の太守, せ予讃の国境, せを誤った, せ事ごとに癇癪, せ事情を聞い, せ事態を収拾, せ事落着して, せ二つ掘っては, せ二の丸の狼煙山, せ二ツにはお, せ二ノ谷の兜, せ二ヶ月間の損害三万円, せ二万の兵, せ二三の技巧上, せ二三度勝って, せ二三日手伝って, せ二三日父半嶺, せ二三羽羽搏きを, せ二三週間ホトボリをさまし, せ二個のトランク, せ二割か三割, せ二匹の問答, せ二十五日に僕, せ二十日になる, せ二十発もの実弾, せ二十里外の彼方, せ二千軒は二百軒以下, せ二卵を産んだ, せ二奸一体となっ, せ二宮村池内村をすぎ, せ二年あまりも墓地, せ二年後に, せ二度目は目, せ二時立つ, せ二様の姿勢, せ二百円ほど持ち出し, せ二百石という出世, せ二隊にわかれ, せ云々という筋, せ云々のかどをもって閉門謹慎, せ互いの隠語, せ互に堂々とした, せ五つばかり食っ, せ五体をわななかせ, せ五円借せ母, せ五十八香木を取りよせ, せ五年ほど前, せ五感から享, せ五方に向かえ, せ五日に亘っ, せ五月二十日にバガモヨ, せ五銭やったら其, せ井戸のそば, せ些か新潮, せ京極丹州の切, せ京極為兼の庶流, せ京都堺の商賈, せ京都急襲の用, せ京都所司代村井貞勝をし, せ人々は地, せ人ごみでお, せ人なつこい皺を, せ人並みの猿侍, せ人工的な力学的, せ人形でも扱う, せ人形操りの舞台, せ人心の安定, せ人気の絶頂, せ人汝に一里, せ人混みを東西, せ人生悟道の研究, せ人知れずわが身に, せ人見新助, せ人足も二人, せ人通りの多い, せ人間性を喪わせ, せ人間愛と社会的良心, せ人間生活の廃跡, せ人類全体に光被, せ人類的に成長, せ仁慈のえせ, せきをば, せ今お背中を, せ今に忰も, せ今やその旅行, せ今一人を曲者, せ今川範国に袖判, せ今年の春, せ今後天晴れの勇士, せ今日以後は楊志, せ今暁一ときの返り忠, せ今月一日に更衣, せ今朝も望楼, せ介抱して, せ仏壇の開扉, せ仏道に入る, せ仏門に入らう, せの馬, せ仕事場の小刀, せ他国へ逃がし, せ他所ながら長者丸一角, せ他所乍ら長者丸の一角, せ他面ではすべて, せ他面踊りを照らす, せると, せ仙人行者の通力, せ仙太郎も重三郎, せ代地と陸地, せ代表員の胃袋充填, せ代議士の演説, せを発し, せ以上のこと, せ以外に自然, せ以後は決して, せ仮名の違い, せ仲間と仲間, せ伊之助にも同行, せ伊庭夫婦にも打ちあけた, せ伏見の城, せはまだ, せ伝七郎はきょう, せ伯母様これが私, せ伯爵と二人, せ伯父夫婦へ額, せ伽羅の烟, せ但しむこうからの, せ佐吉一人淋しく待っ, せ佐和やま, せ佐和山へ引退, せ佐川春泥の正体, せ体全体の艶, せ何かしらゾクゾクさせる, せ何かしら心を踊らせ, せ何かと一家の, せ何ごとか早急, せ何とかこいつを, せ何代目の祖先, せ何卒して, せ何時まで經つて, せ何本となく, せ何物かを見出した, せ何百首かの病中吟, せ何等か普遍, せ何處へ連行, せ余勢をかっ, せ作りもしっかり, せ作男が殺し, せ使はれて, せ使い早間には何, せ例えば各館必ず, せ例へば激動の, せ斬りに, せ侍女達の方, せ供奉の面々, せ依頼の件, せ係員を微笑, せが死んだ, せ保存するとともに, せ保持発達させるもの, せ信孝と共に床几, せ信心のおべっかユダヤ人, せ信濃路の境, せ信玄の息女, せ信長の留守, せ信雄を今日, せ修道院に対しては祭壇, せ俳優諸君もよく, せはこの, せ俺アこれ迄にちょいちょい, せ個性の新しい, せ倍一倍絶妙の境界, せ候こといらざる儀, せ候すゑながらどなた様, せ候それにつけ, せ候ところ重々ありがたき御, せ候はんと思ひ, せ候はん此樣決して御, せ候ほかこれなく候間, せ候よういたすべく候, せ候上入夫致させ申すべき趣, せ候事何一つも口, せ候今は二人, せ候夫に付, せ候左候えば, せ候御身と近藤重隆殿, せ候扨當御屋敷, せ候節身元をも糺さず, せ候處マタロスの類, せ候處一事の誤り, せ候處江戸表へ罷り出, せ候間右御許し, せ候間據ころなく兩人申合せ藤五郎兄弟, せり縋るやう, せ借金とりに日参, せ借金方を付け, せ假聲武士がどの, せ偏食を直す, せ側面に立っ, せ偽善者の世にも, せ偽造の株券, せ僅かに職, せ僕らはもう, せ僕自身も少し, せ僕藤山と北, せへ物, せ儀式的な処, せ優秀な日本語教師, せ優越感を与え, せ儲けはごっそり, せ元来徳川家には策士, せ充分に見物, せ充分金を遣わせ, せ充実させ空手形, せ先代小左衞門の實, せ先代憑司に仰, せ先刻七尾へ向っ, せ先帝の御, せ先方は村長, せ先日脱退説のありし, せ先生たちにも徒勞, せ先進民族の考へ, せと影, せ克己力を養, せせと, せ入口の方, せ入浴して, せ全身びしょ濡れ泥だらけで向う岸, せ全身全霊が今にも, せ全身肉落ち涸れては, せ兩手の盃, せ兩膝は, せ八尺の曲玉, せ八島を謠, せ八幡社の方, せ八糎速射砲の無気味, せ公儀を僞, せ公判前より明日, せ公娼制度は黴毒防止, せ公爵近衛文麿の戦争, せ六〇六号が何故, せ六具を纏う, せ六月のある, せ六本の腕, せ六条伯爵家を上首尾, せ六波羅攻略の大功, せ共産党員の家庭, せ兵十余人を付け, せ兵隊としての強味, せ其上にて御, せ其上伊勢屋五兵衞の養子千太郎, せ其中にお, せ其中三兩を私欲, せ其侍女の娘, せ其傷を検むる, せ其儀スイと立つ, せ其兒の帶, せ其内に踏み入る, せ其前に祭壇, せ其場を見, せ其外九ヶ所の出口, せ其外萬事長屋の振, せ其夜の中, せ其奧へ右, せ其奴の口, せ其實現を爲さしむることに由, せ其左に五竜鹿島槍続き, せ其度に御, せ其建築費の見積り, せ其後評定所にての吟味, せ其手には, せ其文言は九助事江戸表, せ其日法會の席, せ其案内に兩人, せ其為に意義, せ其為一家の予算, せ其翌日も此奴, せ其頭より足, せ其風体各々異なれど, せ具足櫃も常, せ内々の婚姻, せ内外の戦争挑発, せ内心得意だ, せ内攻させて, せ内膳課の料理方, せ円い身体を, せ円く脹らんだ蛇, せ円タクにとび乗る, せ円本が売れた, せ円満な良識, せ円熟させて, せ構成させる, せ再三それを, せ再生させること, せ冥罰重き狼, せ冷たい水に, せ冷汗がにじみ出し, せ凄いような, せ几帳のかげ, せを錬り, せ凡てを公地公民, せけて青い, せ凸面には金粉, せ出たとこ勝負のショット, せ出家しました, せ出漁の船, せ出版元を苦笑, せの中, せの上, せ切っ先揃えて, せ切つて仕舞ふの, せ切れの長い, せ切歯扼腕させた, せ切角緑青を吹いた, せ刈萱は河原, せ初め国産奨励から産業合理化, せ初心に返れ, せ判事や警察官, せ判明いたしました, せ別れ別れになる, せ別種の者, せ別荘の隣, せ前回のとおり, せ前座の後, せ前後二手に分れ, せ前掛けの下, せ前田利家の手, せ前途を暗く, せを拭い, せ割引の方法, せ割拠を事, せ力まかせに急い, せ力任せにひ, せ之千太郎, せ加寿子ちやんたちと仲好し, せ加治祈祷の限り, せ加筆して, せ労働の生産力, せ効果をあげ, せ進んで, せ勇健に此, せ勇士ペルセウスがメ, せ勇烈なる虎髯大尉, せ勉強の時間, せ勘定書をもっ, せであるばかりか, せ勝ち気な御息所, せ勝手にお, せ勝敗の優劣, せ勢いを弱めよう, せ勿体ないどうしてわたくし風情, せ勿体なくも大師, せ包容し安心, せ匈奴らは遮二無二, せ化粧室へ案内, せ北京に出張, せ北原さんが御, せ北山から大石, せ北斎の陋屋, せ北正黎に地, せ北陸へもあらかじめ, せ医師の診察, せ十二分に花, せ十二歳の始め, せ十二神貝十郎と伴作, せ十六島は, せ十六日には御飯, せ十分芭蕉以上の仕事, せ十名ばかりの兵, せ十和田そして小舟, せ十字路を左, せ十幾億の人類, せ十時すぎに出る, せ十月は岩魚, せ十畳間の真中, せ千代紙細工のよう, せ千円の身代, せ千恵造は羨望, せ千石を割い, せ千葉が其子, せ午前中に告解, せ午前十一時頃行く, せ午後堆積地点へ行っ, せ半分位しか飲まず, せ半日は自分, せ半月形の革靴, せ半死半生の蛙, せ半町ほど行つてふり, せ半眼に眼, せ半蔵が身祝い, せ卑屈にさせ, せ卑賤のそだちである, せ卒業すると, せ卒然変な音, せ南側の雨戸, せ南国のよう, せ南岸一帯からこの, せ南方の諸島, せ単独鴨緑江を渡つて平壌, せ単純な誠実, せ占い者の言葉, せ印籠にたくわえ, せがらせヒヤリ, せ危害でも加え, せ危険だ, せ即刻評議の座, せ即席のお, せ即座に華, せ即日清洲へ遣わした, せ卵色の縮緬, せ厚い蒲団を, せ厚く囲って, せ原子核構造論の樹立, せ原稿紙で鼻, せでは老, せ厭ツてえほど, せ厳粛な童貞, せ去ることなく, せ参政権をも与え, せ參らせん事くち惜し, せ又家来たちのもの, せ又木は薙ぎ倒され, せ及び腰をした, せには冷評, せ友人はうへの, せ双方それに署名, せ反対に自分, せ反対者のあらゆる, せ反抗させ或いは, せ反抗的気分を増進, せ反映させる公, せ反省させる事, せ叔母も名主方, せ叔父の面目, せ取り引きを停め, せ叙事詩から抒情詩, せ叙唱の中, せ口ひげをぴんと, せ口吻からベトベト, せ口惜しがらせるため, せ口銭をかせぐ, せ口髭をしゃぶっ, せ口鼓をうち, せ古今未曾有の大, せ激しき筋骨, せ召使の幾人, せ召使いの鞠事, せ申上御, せ可否を云わず, せ可哀相なもん, せ可愛がって, せ可愛いい糸切歯を, せ可愛き盛りに, せ台所口の六畳, せ右大将宗盛の上, せ右酒屋に到り, せ号令一下列立焼香の礼, せ各個撃破するため, せ合つて冬もなほ, せ合掌した手, せ合羽をださせ, せ合評を試みさせ, せ吉兵衛長政と与えました, せ吉原よりも安直, せ吉屋信子も稚い, せ吉方を聞き, せ吉良細川佐々木道誉らもつづい, せ同じく手製の, せ同人夫婦切害に逢, せ同化させること, せ同時に猛然と飛びかかって, せ同舟の人々, せ同道して, せ同郷の青年學徒達, せまで書かせた, せ名前の一字, せ名目と実利, せ吐剤として牛, せ向こうにも飛ばせ, せ向つた血気の青侍二三名, せ向上させ超越, せ向後村中より, せ君ヶ代をボックス, せ君子の皮, せ君寵を頼ん, せ君自身は素早く, せ吸着させて, せれと, せ吾人の心, せ吾輩毎日運ぶべしと, せ呂布の私邸, せの兵馬, せ呉候樣にとの事, せ呉氏もほめ, せ呉用と劉唐, せ周圍に添, せ味噌汁つくるまでの, せを危く, せ命からがら逃げだしたと, せ命令が一種, せ命令一下時を移さず, せ咀嚼作用を営ん, せ咄嵯に大喝一下, せ咆哮して, せ和人の村, せ和泉屋という大, せ和田兵庫は正次, せ哨兵たちは山鼻, せ唐人川に沿う, せ唐牛児の身, せ唐紙越しに隣り, せ茫然として, せ唱師から泣き, せを吐きかけ, せ商人が売っ, せ問屋の役人, せ問題はそれ以下, せ啓発せしめた事跡, せには必ず, せをつくっ, せ喪家の柩, せ喫煙をすすめ, せ嗚咽の声, せ嘆きを与えず, せ嘲笑させ悪罵, せ噴煙を中天, せ四つの壁, せ四五人の舞妓, せ四十箇所もある, せ四度祁山へ出, せ四時に出る, せ四書五経を勉強, せ四月三日出帆の七月, せ四条方面の炎, せ四老のうち, せ四近の老木, せ四郎は四辺, せ因果居士がそれ, せ団長へ売りつける, せ困惑させるよう, せ囲炉裏の火, せ固い土壤の, せ国友村は後日信長, せ国外での死亡四三, せ国家へ施政上, せ国政の不振, せ国枝さんの湯殿, せ国民服の少年, せ国民道徳の頽廃, せ国郡等司此の事, せ國綱に一層, せ圍爐裏に柴, せ土台ストーリーが, せ土地の人, せ土屋根葺の土壁塗, せ土気色になった, せ土瓶に煎じ, せ土臭を去り, せ土蔵にあつ, せ土間の暗い, せ圧倒するの, せ圧迫されて, せ在来のもの, せを見れ, せ地団駄を踏ん, せ地図と磁石, せ地方の新聞記者, せ地方歴史上の參考, せ地隙を這い出る, せ地響きを立て, せ坂口を次第に, せ坂本から聞きますれ, せっちゃ, せ坊主よりも講釈師, せの物音, せ垣根の破れ口, せ埃まみれになり, せ城下城塁に火, せ城中と外部, せ城中城下にいる, せ城内へ矢弾, せ城地を灰燼, せ城壁高く中, せ城門に旗, せ城門外に床几, せ基経はもう, せの中, せ堀秀政中川瀬兵衛高山右近黒田孝高蜂須賀彦右衛門などと膝, せ堂々たる役人の, せ堂上方へ宮, せ堆く盆に, せの斜面, せ報酬として鼠ども, せ場合によっては指揮官, せ塗炭の民, せ塙家の幸福, せ塩ツぱいが味噌漬, せ塩釜を作つて汐, せ境遇の意味, せの生籬, せ墓地へ運ん, せ墓場への參詣, せを磨らせた, せ壇上の自分, せ士分の中, せ壮士輩の徘徊, せ売れ残りの酸く, せ壺菫が郊外, せ阿彌, せなおやじ, せ変容させ, せ夏場になる, せ夏雪草が日, せ夕べにはまた, せ夕方になる, せ夕方帰りには山, せ夕方駒込橋の岩崎邸, せ夕暮の陽, せ夕陽を眺めさせる, せ外九口へは是, せ外傷には貝殻, せ外出して, せ外国記者を御馳走, せ外套の襟, せ外郎売に仕立て, せ外部からは流言, せ多田院からの迎, せ夜中はルパン自身, せ夜中水に馴れた, せ夜会に出, せ夜明方に原田, せ夜更くれば, せ夜汽車の汚れた, せ夜涙を流させた, せ夜露に打たせ, せ夜食好みをなさる, せ夜鳥を宿らせ, せを自由, せ夢中でここ, せ夢幻の世界, せ夢現のうち, せ大いに満足し, せ大した事は, せ大まかな美し, せ大井増二郎夫婦を招い, せ大人は好き, せ大体老人壮年青年少年とそれ, せ大作にみる, せ大儲け因って, せ大勢の帰, せ大名道具と謂, せ大坂夏の陣, せ大塔宮様は村上義光殿, せ大塩にやらせ, せ大変でございます, せ大小の旗, せ大崎に戸野美喜製綱会社, せ大工や左官たち, せ大手町側の横通り, せ大杉栄の妹, せ大根の葉, せ大津屋段右衞門事前名畔倉重四郎と呼, せ大笑いさせたくその, せ大胆にさせる, せ大衆文芸を興隆, せ大衆自身が内部的, せ大見得あり, せ大輪田ノ泊, せ大通りをはさん, せ大阪夏の陣, せ大雨の中, せ天一坊始め殘らず召捕んもの, せ天下安泰黎戸の烟り, せ天下御免のドンチャン騒, せ天下荒寥むといいどこにもここ, せ天台宗徒をあつめ, せ天子様に反, せ天明の昔, せ天滿の七之助, せ天皇また別に, せ太夫が腹, せ太平洋を輪形陣, せ太筆を持っ, せ太綱であご, せ太郎右衛門と朝太郎, せ太鼓を叩き, せ夫人所有の貴金属, せ失神させなければ, せ奇異の思い, せ奈良の薬師寺, せ奉書刷りの一枚絵, せに売地, せ奥山に向っ, せ奥庭の木立, せ奧方の嫉妬, せ女たちが騒ぎ疲れる, せ女中や下男, せ女気といえ, せ女自身にも悲しい, せ女色の深い, せ女装をぬい, せ奴僕として使つて, せ好う好う左の, せ好ましくはない, せ好もしき伴侶と, せ好色の将軍家, せ如何に三郎兵衞殘金, せ如何に憎い女, せ妄動させて, せ妖婦は, せ妖怪退散の法要, せ妖精が戯れ, せ妙見さんへ願かけ, せ姉娘に言っ, せ姓名を筧求馬, せ委しくはいずれ, せ委細を調べける, せの同類一統, せにそっと, せ姫君を幸福, せ姻戚政策をとっ, せ威厳をもっ, せ威風堂々と, せ娘たちを一人前, せやに留守, せ婉然と眼, せ婿入りの失敗, せ媒人と同道, せをその, せ嫉妬させる刺戟, せ嫌々ながら人質に, せ嫌悪の念, せ嫡子をたて, せ嫡子権兵衛二男弥五兵衛つぎにまだ, せ嫡男以下の肉親, せ子ども櫟津の檜橋, せ子供いちひ津, せ子供たちは自分, せ子供達は芝居, せ孔明は沐浴, せ孔雀ばかり多い, せ存分に卑しめ, せ存命中はキチンキチン, せ存在させて, せ存続させること, せ孝情を抑, せ孤島に肝臓, せ学問よりや名誉, せ学生たちの顔, せ孫四郎節のねんぶつ, せ孫韶張承などを, せ宇宙を治めしめた, せ安全に親, せ安土の信長, せ安静にし, せ宋江の人となり, せ完全に, せい確か, せ宗教家をし, せ宗教論のはびこる, せ宗門末派を利用, せ官能と理性, せ宝石屋は君, せを結ばせる, せ実に畜生とも, せ実は毒酒で, せ実在の感じ, せ実家の跡取り, せ実践を必要, せの犬, せ客もてなしの能, せ客人達もその, せ客観的に追いつめられる, せ客間には香, せが違いまし, せ室外へ出, せせ, せ宮内省よりは貞順善行, せ宮津城下の町人, せ家々習読せしめば, せ家事に没頭, せ家内の事, せ家宝にする, せ家屋なども庭園, せ家康のほう, せ家族と守る, せ家来を一人召, せ家督再興のお願い, せ宿処ブツクを繰り返し, せ宿題を読ん, せ寄手の勢力, せさに, せ寒い時分の, せ寒くもない, せ寝巻を払っ, せ寝床へ入れ, せ寝所にと入られた, せ寢床から拔, せは毒酒, せへ戻る, せ寺銭を集め, せ対立して, せ寿阿弥をし, せを切る, せ封建諸制度, せ将校は老人, せ将軍が烏帽子親, せ将軍御前に技, せた船, せ尊氏をお, せ小三郎からの書面, せ小作の権太郎, せ小便をたれさせる, せ小倉氏を指し, せ小僧の洗, せ小唄をうた, せ小声で話しだした, せ小室を中, せ小屋を出, せ小山を這い上り, せ小林になりすまし, せ小森君いつも喧しい, せ小泉の家, せ小浪に踊らせましょう, せ小田切家の家督, せ小田刑事の骨折りで, せ小皺がいつ, せ小竹や岸本, せ小笠原左衛門佐は腹, せ小筒持の雑人二十人, せ小者たちには暇, せ小脇に抱い, せ小腰を屈め, せ小舎を再建, せ小走りに走っ, せ小路を縫, せ小遣だって月五十円, せ小間使として入った, せ歳も, せ少くとも新劇, せ少しだらだらと踏み下ろし, せ少なくともここ数日は, せ少年時代ののびのび, せ尤もと思われたい, せ就業中窓をしめ, せ尼どのの手引き, せ居たるを何心, せ居館を大坂, せ屈強な壮士, せ屈竟の若, せを建て, せ屋形へもどった, せ屋形船さへ大根, せ屍脂の沁み込んだ, せ展覽會に出させた, せ展開させるべき使命, せ属性的活動を特殊, せ履物をぬぎすて, せ山々の書類, せ山中を通り, せ山伏しが, せ山路主住, せ山鶯の声, せ岡村は細君, せ岩山登攀の傾向, せ岩木は本物, せ岩矢天狗への支払い, せ岩間家の仲間, せをつきだし, せの上, せに積もった, せ崖下を見下ろし, せ巌流島の横流し, せ川ゆきか, せ川田に腕, せ巡礼の鈴, せ左団次君に大湊船小屋, せ左様なら, せ左翼の組織, せ左膳さまには青山, せ左足から踏み出し, せ巨富を積みまし, せ差詰聟殿と大切, せ巴里のキャバレ女, せ市中を持ち歩かせた, せ市五郎は裏, せ市長の椅子, せにくるみ, せをふくらませた, せ帝位をもゆり動かそう, せ帝釈天に打ち勝ち, せとする, せ師範席から高く, せなどという大袈裟, せ帰りに桶屋, せ帰趨を失わしめた, せの間, せ樂院をも, せ常友に案内, せ常宿内の捕吏三次并び, せ常常や, せ常軌を逸した, せ干し物はない, せ干潮が来る, せ兵衞は, せ平凡ながら腕, せ平常の御, せ平戸には日本, せ平手で頬, せ平次仕込の頭, せ平次仕込みの頭, せ平次自身も土地, せ平素はそれ, せ平静をとりもどす, せ平面にし, せ年寄りを後, せ年少の女, せ幸い最も手近なる, せ幸福であらせたの, せを寄り合わせ, せ幻滅させ裏切り, せ幼童のよう, せ幽かに首肯き合っ, せ干かの, せ幾つもの人影, せ幾らかの金懐中, せ幾万となく, せ幾日かを泊め, せ幾本も注射, せ幾筋かの露路, せ広大な自動車預り所, せ広島のおばさん, せ庄兵衛組と北奉行所, せ庄屋のつとめ, せ床几に倚, せ序文は盲蛇, せにある, せ度いが生憎あつしは, せ度いが私の手許, せ度いためでした, せ度いね廃し給え君, せ度くもございません, せ度くも思つて居らぬ風, せ度一ツには行末, せ度候と臆, せ度旅は朝, せ度由申されければ, せ度神佛を祈居る, せ度私しは, せへ帰り, せ座布団を敷き, せ座敷を片, せ座蒲団を火鉢, せ庭下駄を穿く, せ廃藩を行った, せ廉耻の心, せ廓近くへ引取, せ延長的にいつも, せ廷章を伴, せ廿二日夜をこめつ, せ弁当を少々, せ弓矢鉄砲も怖, せ引っきって, せ引ども押ども動かねば, せ引立たせる役に立つの, せ引越しの二三日前, せ弛緩させます, せ弟子たちの様子, せが上, せ弱い興奮は, せ弱きには怨恨, せ弱き者を助け, せ張合ひづけた, せ張飛魏延と交代, せ張魯の侵略, せ強大な出版企業, せ強盗追剥ぎ, せ強者を虐げ, せ当事者の方, せ当分出入りを禁じた, せ当年の奇才縦横, せ当日蝋人形の前, せ当時有名な凸版印刷会社, せ当選の白川, せ形式通り受領書を書かせ, せが牛, せ彼処に見ゆる, せ彼奴の恐ろしい, せ彼操吉もまた, せ往年の蕩児, せ待機して, せ後下人共へは御, せ後列へしりぞけた, せ後刻御返辞, せ後半は将軍, せ後君の成功, せ後己が材, せ後彼自身もまた, せ後手へ後手, せ後生だから, せ後者は臺詞, せ後詰の兵, せ後陣は壱岐孫四郎, せ後難を恐れ, せ後鹵城には擬旗, せ徐々に芯を, せ徐ろに丘, せ徐行して, せ徒歩にて御輿, せ徒目附足輕目附等警固なし其の, せ従つて犯罪の発覚, せ従順にかたまっ, せ御所で上納, せ御機嫌さま誠に存外, せ御簾が無い, せ御者に命じ, せ御覧になる, せ御返事を, せ御馳走した, せ復讐を一層, せ復讐心から正義, せ徳山の荒尾, せ心からの別離, せ心中したり, せ心気の最も, せ心痛さして, せ心配しなくとも, せ心配そうに耳, せ必死の鬪爭, せ忍びかね, せ忍術修業は終つたよう, せ志道軒は三名, せ忘れものや紛失物, せ忙しげに, せ忙しい仕事の, せ応急に土塀, せ応援として若, せ忠言を得, せを押した, せ念入に調べた, せ忽ち壮絶の, せ怒気満面の中, せ怖い中を, せ思うさま冷然と, せ思う存分鈴江を, せ思わせぶりな科, せ思入れよろしくあっ, せ思想の表現理解, せ思案はまだ, せ急テンポで農民作家, せ性格を暗い, せ性熟させて, せ怪訝そうに訊きかえしました, せなんかの上, せ恍惚とした, せ恐れをの, せ恐縮させるばかり, せかしめ, せ恥らつてゐる事, せ恥辱をあたえ, せ恩知らずの人非人, せ恩賞を贈っ, せ悄然として乳, せ悔いを百年, せ悟浄の足もと, せ悠揚とした, せむべきの甚だしき, せ悪い水を, せ悪くすれば, せ悪漢どもがこの, せ悪罵させたい心, せ悲しがらせるの, せ悲しみけり, せ悲壮な玉音, せ悲歎に堪える, せ悵然とされる, せ悶死させて, せ悶絶化させつつ, せ情緒を苛めつける, せねば, せ惟任の姓, せ惠まれアカイアの中, せくない, せまして, せ想像を逞しゅうする, せ愉しませる美し, せ意気巻いて, せ愚弄した末, せ愛国者のこと, せ感傷的にさえする, せ感動のため, せ感情の智慧, せ感情的にはぐいぐい, せ感歎させた, せ感覚を研い, せ感謝の志, せ慇懃に彼, せ慎重に慎重, せ慰安をあたえ, せ慰藉料として五万円その他, せ慶喜の心事, せの深い, せ憂鬱そうな硝子窓, せ憲法の第, せ懐中刀として活用, せ懐手して, せ懐疑的にし, せ懐紙へその, せ成功を確信, せ我家の記章染拔, せ我此塔に銘じ, せの垢, せ戦争火つけにとり, せ戦慄させて, せ戦死をもなさる, せ戦車だ, せ戸まどいさせる原因, せ戸外の明い, せ戸棚より膳取り出だし, せ戸籍には私, せ戸障子をこわす, せ所々に欠けた, せの要, せ手ばやく灯を, せ手下の者たち, せ手代りの人足二人, せ手前たちの口, せ手口のあいきょう者, せ手当を施し, せ手押しポンプも購入, せ手燭を先, せ手筆の屈伏状, せ手筈をきめ, せ手絡もせいぜい, せ手綱を掻くり, せ手綱馬飾りまですべて山吹ぞっき, せ手術着を脱い, せ手軽なリュックサック, せ手近なの, せ手首を掴ん, せ才女のよう, せ才覚とほんとう, せ打擲をなす, せ扨明細に説き出した, せ扮装を変え, せ批評と忠告, せ抑圧と搾取, せ投付るに, せ投獄した, せ抜き身を持っ, せ抱えも二人, せ押勝は遠ざけられた, せ拍子木につれ, せ拙者はそち, せ拡大させながら, せ拳銃を持たせた, せひつつ, せ持來る其手, せを引金, せ指さきで練っ, せ指切りをし, せ指導権を握っ, せ指揮棒を投げ出した, せ指物なり製本, せ指環も買, せ挨拶もそこそこ, せ振りぢやない, せ捕捉殲滅の作戦, せ捜査と関係者訊問, せ捨値で売りつけ, せ掃立てさせた傍ら, せ授業を受けさせた, せ探偵は明智, せ接唇して, せ推測して, せ提灯をつきつけ, せ揚げ句に転がり込まれ, せ握りたてのまだ, せ握飯ほどな, せ揣摩臆測や流言蜚語, せなつた頭, せ操縦する処, せ擧手投足をも敏活, せ擬兵偽旗, せ支那の苦力, せうべしと, せ改善させるもの, せ改変させようと, せ攻め轟かすこと雷霆, せ放射させる情慾的発情, せ放牧に努めさせた, せ政夫さんにも申訣, せ政治の多面性, せ文部大臣森有禮君の, せ教壇のわき, せ教師も, せ敬愛させた, せ敬虔にさせ, せ数々のよろこび, せ数丈の高, せ数日前の事件, せ数百の尼, せ敵曹叡の本軍, せ敵眼前にある, せ敷き蒲団の上, せ數個の破片, せ文体もその, せ文作の到着, せ文化を文明, せ文字通り忽ち数十万部, せ文学入門的詳細な説明, せ文覚の徒, せ斉宣を隠居, せ斉王は廉直, せ斉興を当主, せ料理の持参, せ斜めならぬ御, せ斥候せしむる, せ断りにやった, せ断崖より川, せ断念もし, せのめ, せ斯樣訴状に認め, せ新しき衣服を, せ新しくさせる力, せ新九郎に伊達寛達, せ新内を一, せ新橋小川軒へ, せ新生の希望, せ新田の警固番十数名, せ新聞は用紙不足, せ新聞社のヘリコプター, せ新聞記者を喜ばせた, せ新茶屋の村はずれ, せ新開をさせる, せ新鮮潔白な絹衣, せ方々を歩き, せ方円四寸の玉璽, せ方針を歪め, せ旅籠屋の寝床, せ旅籠旅籠の駒, せ旅館の近傍, せさしもの, せ日々待ち暮らさせて, せ日ごろの溜飲, せ日に日に演劇を, せ日仏離間を策す, せ日光に浸った, せ日参させ, せ日夜やるかた, せ日常の社交性, せ日曜日の集会, せ日本せいきと, せ日本はじめ世界の大, せ日給は女性, せ日頃の恋, せ本陣時代からの, せ旧主の夫人, せ旨い物を, せ早々宴を, せ早めの御飯, せ早乙女主水之介, せ早瀬を見上げ, せ昆虫の飛翔, せ昇華させる有難い, せ明後日は公儀, せ明智光秀といふ名, せ明智小林少年それから今夜, せ明智日向守をつかわし, せ明朝途中にて行逢威光, せ昏迷疲労させた, せを立てる, せ易からしめむとするは詢に, せ易く記され描かれして, せ昔ばなしをする, せ映画も十枚, せ春山なんてまア, せ春水良斎等を引き連れ, せ春水雲外に乱青, せ春雨のふる, せ昨晩江戸へ到着, せ是非なく金子, せ昼夜わかたず壕, せ昼寝する, せ昼間これを駱駝, せ時期もくり下げ, せ時空を忘れた, せ時遷にもやり, せ時間を計っ, せ普通の家, せ普通人の容易, せ普選や婦選, せは移り, せ晴れやかな夕餉, せ智識をつけ, せく静か, せ暖簾口をのぞき, せ討が, せ暗うならん中, せ暗くなった県道筋, せ暫らくガルスワーシーの日本, せ暫時憩ひながら, せ暴露すると, せ曠野城と名づけた, せ曳船の汽笛, せ更にさう思ふ, せ更めて渡邊祖五郎, せ書類を皆, せ曹休に一軍, せ曹操へ親善, せ曹真に一軍, せ曹軍の攻め, せて都会, せ最初鍵の輪形, せ最善の目論見, せ最大の哀惜, せ最早飛行の, せ月見の晩, せ合う縄, せ有効な一夕, せ有無をいわせず, せ有難いことどす, せ有難う存じまする, せ有馬も峰本, せ朋輩芸者の前, せ朋輩達に憎がられ, せ望み手もあら, せに夕, せ朝子をここ, せ朝食をとらせました, せ朝鮮王に贈る, せ期節になる, せ朦朧と四辺, せ木ペン借せったら, せ木下も倖, せ木曽の館, せ木村も私, せ木立を揺るがせ, せ木綿ずくめの着物, せ木賃を出, せ木食仙の裸形, せ刻印小判に, せ未亡人とキク子, せ未明トボルスクを出発, せ未来に向っ, せ未練がましく悶えたり, せ末弟の映丘, せ本件に対して人, せ本国における, せ本当に恐れいって, せ本物なれば, せの傍, せ村はずれに宮様, せ村方立退候, せ村田に例, せ村長を先, せ来年の秋, せ東京まで半蔵, せ東京じゅうに非常線, せ東側の長, せ東南ひろく紀, せ東山それは西, せ東門の一ヵ所, せの枝, せ松山さんを顧み, せ松雪院をそ, せ板石敷きの, せは手ずから, せ果し合いあちこちへ流離わせ, せ果物には味, せ枯れ草を分け, せ枯枝を拾っ, せ枯渇したその, せ架空犯人のトリック, せ柔らかに陰, せ柔和に私, せ柔軟な腕, せの影, せ柳原から一氣, せ柴垣の根, せ柴桑からほど遠から, せの葉鮨, せ校正し印刷, せはまるでどうにも, せへする, せ格闘でも演じられた, せ桃色の頬, せ案内する者, せ案外なくらい, せの丸火鉢, せをあげ, せの香り, せ梅干番茶をのませ, せ梅若幸若のふたり, せに慰め, せの先三尺, せに置かぬ, せの色, せ森田に文藝欄, せ検事を壁, せのうえ, せ極めて煽情的な, せ極楽の歓楽, せ極端化するの, せ楽しげに, せ楽屋へ入る, せ概してラジオ体操ほどの, せ榊原より役人百人, せ榛軒が自ら達磨, せ構えもせず, せを持った, せ槍陣刀薙刀など思い, せ様々の破廉恥的, せ模糊として麗, せ樣子を探り, せ樣抔と云, せ権力を握りたい, せ権太丞始め我々の藩吏, せになります, せ横浜へ出かけ, せ横着にさせる, せ横面をぴしゃり, せ樹木を傾倒, せ樺色の光, せとて深雪, せの上, せ機会を待った, せ機動演習が終了, せ機動的な戦争, せ機嫌をとらせ, せ機織をさせ, せ檀家の者, せ次々に浪人ども, せ次に別段痛苦を, せ次郎と末子, せ次郎右衛門はその, せの深い, せ歌沢をならわす, せかしめた, せ歓喜の微笑, せ正しく富士は, せ正月十五日までに各自めいめい, せ正義を発し, せ此の前も此方ア銘仙, せ此上もない, せ此会議室に入っ, せ此処が這入り, せ此方も苦労, せ此方の人体を見と, せ此處にある, せ此趣きを常, せ武具兵糧も充分, せ武具糧草をつみ蓄え, せ武器をとる, せ武昌城において孫権, せ武男が好物, せ武者之助, せ武者十名ほど具, せ武道を励まし, せ歩き悩みながら, せ歩道の人, せ歪曲すること, せ歳越の夜, せ歴史の犠牲, せつた, せ死人といっしょ, せ死者狂いとなる, せ歿き母, せんど, せ殆ど家康を, せ殊に数日逗留その, せ残りの三分の一, せ残部の四百人ぢかく, せりの, せ殘金七十兩は三十五ヶ年賦, せ殘雪の間, せ殺気満々とこれ, せ殿村探偵を尾行, せ毀誉相半ばしたもの, せ母上を手, せ母子ともピンピン, せ母御まで死なせ, せ毎夜のよう, せ毎日の沐浴, せ毎日それを毬場, せ毒殺す, せ比較し或, せの他, せ毛布引かつぎて, せを手の甲, せことごとくの, せ民主化させて, せ民族を再生, せ民族史はかかる誇るべき, せ気ちがいにまでした, せ気分を新, せ気安げに, せ気持いいこと, せ気楽に思わせた, せ気狂いを知ってた, せ気絶したお, せ気違いのよう, せ水上の防寨, せ水中を見廻した, せ水割で飲む, せ水差の水, せ水師とヘルレースポントス, せ水柄杓をはこばせる, せ水災を虞, せ水狐部落を抜け出し, せ水独楽にあらぬ, せ水田の中, せ水神あたりへしけ込む, せ水色に紫, せ水道端から登る, せ水面に浮藻, せ氷河の上, せ永く君臣の, せ永代橋の下, せ江北の魏軍, せ江戸ッ子を総, せ江戸前がだんぜん, せ江戸表より御, せを浚わせた, せ池田家から褒美, せ決して悪いよう, せ決してまたもどって, せ決算を明, せ汽車に乘つて上京, せ沈底法によって非常, せ沈澱が起こる, せの方, せ河北を脱出, せ河面へじっと, せ油壺の中, せ油断させて, せ油気薄き鬢, せ沿岸三ヵ所に仮, せ泉水の岸, せ泊り山したるもの, せ法印始九郎兵衞其外土地の破落戸五六人集り酒, せ法王ウーゼニウス三世に助言, せ法隆寺村竜田村に火, せを縮め, せ波瀾重畳幾変転わが親愛, せ波紋の面, せ泣き悲しむを, せの中, せ注意深く聞いて, せさしぐむばかり, せ泳ぎにとゆく, せ洋食屋で軽く, せ洗濯をする, せ洪水を出す, せ活人間として今日, せ活動させるため, せ活動力をすりへらします, せ活計を得せしめた, せ流れの水草, せ流産せしめその, せ流罪を申渡し, せ流行させるよう, せ流言を放っ, せ浅田を同道, せ浅草へ行く, せ浅野弾正と共に渡海, せ浅黄手綱の黒駒, せ浅黄欝金の母衣, せ浙江省の名前, せに出ました, せ浩平が野良, せ浮光も去り, せ浴衣を着せ, せ海老に掛らる, せ消滅させること, せ消滅さするには, せの絲, せを流し, せ涙垂りつつ, せ涼味を覚えさせる, せ淀屋の独楽, せ淤母陀琉詞志古泥, せ淨化させるポツシビリテイ, せ深い不可思議な, せ深刻な顔つき, せ深更にお, せ混乱させる原野, せ添寝して, せ清々しげに彼, せ清さんだけを席, せ清らなる布衣, せ清らかにし, せ清八鷹をと御意, せ清兵衞を呼寄, せ清川安策に其次, せ清潔な部屋, せ清澄たらしむることすこぶる足らず, せ清純な眼底, せ清閑の韻, せ渓間へまでも珍しい, せ渦巻かする, せ渭水の上流九ヵ所, せはしだいに, せ湖水の中, せ湯気や煙, せ湯玉の霰, せ湾内数マイルの所, せ満場を総立ち, せ満月の昏時, せノ為義, せ源平の戦い, せ源氏にたよっ, せ滅多には, せ演出を徹底, せ入れさせ納屋, せ漢中の張魯, せ漬置くべし色, せ漸次これを, せかに王城, せ潮水で社殿, せ激しく實行した, せ激怒させるばかり, せの橋, せ瀘水を越え, せ灌木を揺るがせ, せの生一本, せ火事は政治漫画, せ火口を地獄, せ火星兵団に大, せ火皿へつつましく, せ火鉢も拭い, せを見, せ炉べりで酒, せ炬燵の上, せを焼かせ, せ炯々と眼, せ烈しい口調で, せ烏帽子を額, せ烏魯木斎指して, せ無えで置い, せ無事氏直の前, せ無双の蘆屋釜, せ無器用な手, せ無心を云っ, せ無意識に片腕, せ無我無中, せ無用な戈, せ無血占領の効, せ無造作に丑蔵, せ無駄な浪費, せ焦心せ怒らせようと, せ煖炉の火, せ煙山も裏門, せ照明とともにあくまでも, せ煬帝よりの国書, せ熊城君にルキーン, せ熊橿の葉, せ熊野に花見随行, せ熔岩をたぎり立たせ, せ熱いもので, せ熱心に祈祷, せ熱湯を呑ませ, せの消えた, せ燈明と香, せ燈籠を吊らせ, せ爆笑の方, せとした, せにあたり, せ爵位を授けました, せ父型から母型, せ父母を泣かせ, せ父親はポカン, せ爽快にさせる, せ片岡八郎その他を従え, せ片方の細長い, せ咬みしめて, せ牛ヶ岳や巻機山, せ牡丹の有平糖, せ物々しい麾下の, せ物体に力, せ物小屋に入らう, せ物悲しい青みを, せ物知の恋, せ物聴山とか水沢, せ物見台の柵, せ物語全体にインチメート, せ物識を棄て, せ特別な歩き方, せ特殊の画布, せ犠牲の花嫁銀子, せを母牛, せ犯人の推定, せ犯人容疑者まで用意, せ狂わしげに, せ狂乱させるよう, せ狂暴なやつ, せ狂気に近い怖, せ狂的にした, せ狂者にまごう, せ狡猾な眼色, せを楽しん, せ独りになっ, せ独立するため, せ独自の文化, せ猛烈な速力, せ猛然刎ね上った, せ之松, せ献立表を取上げました, せ猶つぶさに彼女の, せを背中, せ猿ぐつわをはずし, せ猿轡をかませ, せ獣歯の頸掛, せ獲得するため, せ玄堂を案内, せ玄徳たちの落ち, せ玉はず世のたのしみ, せ玉わんとて仲, せ玉川関に退場, せ王子扇屋海老屋の名, せ王成を案内, せ王沢を, せ王澤を, せ珠数を揉みつ, せ珠數をつまぐつてゐる中, せはれぬ, せ現世の幸福, せ現代知識人の教養, せ現在の上, せ現実に含める, せ現金でなければ, せ理想させ精進, せ理知を経済, せ理論への情熱, せ琉球紬の綿入れ二枚, せ琢磨氏を誘惑, せ瑕穢を蕩, せ甚しきは音階, せ甚蔵の頭, せ生活意識をより, せ生産を興隆, せ生白く月光に, せ生駒も呼ん, せ田中正造をはじめ県会議員横尾輝吉, せ田圃の髮結床, せ田端の下台, せ甲軍が広瀬, せ申さにぁなるめえ, せ申上候も不孝, せ申候處果して, せ申度存罷在, せ申度念願に御, せ申訳をさせよう, せ申間敷何卒御, せ男作りて髭かき, せ男女が庭, せ男子には金仙丹, せ町屋の中, せ界隈一面の青, せに冬, せ畑柳家へは警部, せ留守は留守, せ畢生の情熱, せ番號をつけ, せ番頭忠兵衞へ内談, せの代り, せ畷畦道村の徑, せ畸形も彼, せを叩い, せ疎遠させた, せ疑懼と好奇, せ病人を殖, せ病室をスケッチ, せ病氣に罹らせ, せ病的に過敏, せ痙攣った唇, せ療治を頼み置半四郎, せ療法を尋ねた, せ発声運動の目的, せ発揮するといふ, せ発火から二時間, せ発育さした生命, せ登場人物を説明, せ登美のそば, せの綿帽子, せ白井の胸, せ白傘さして歩い, せ白旄黄鉞の勢威, せ白日も暗夜, せ白木綿でまい, せ白柄組を瓦解, せ白檀香をやたら, せ白洲の砂利, せ白眼をむき出し, せ白衣の勇士, せ白足袋まで穿かせた, せ白骨としました, せ百三十部限定の豪華版, せ百人の賊, せ百姓共に口, せ百官を列し, せ百花千瓣の謎, せ皆あちこちへ引越した, せ皆子供のよう, せ皇国の興廃, せ皮膚を焦がした, せの献酬, せひしは, せく一人, せ監視されて, せ目ざましいまでに色めきわたっ, せ目玉が飛びだす, せ目的を持たせなけれ, せ直ぐ樣親の, せ相場に恐慌, せ相手自身の半ば露悪的, せ相良の城下, せ省城の諸, せ看護をさせ, せ看護婦はその, せ看護婦さんとふたり, せ眞物の左近太夫樣, せ真昼の端正, せ真物の左近太夫様, せ真珠貝の市場, せ真理子はまるで, せ真空を作る, せ真綿で首, せ真赤な脣, せ真青になつ, せ眼はしのきいた, せ眼尻を額際, せ眼差しにはいつも, せ眼玉を襲つて涙, せ眼球が飛び出す, せさせ人間, せ瞋恚の炎, せ瞑想的の眼, せ瞑目ややしばらくであった, せ瞑目合掌の後, せ瞬息の間, せ瞬間のスリル, せゆけ大刀かき, せ知つて居るお前, せ知人に配, せ知友の間, せ身を, せ短気は損気, せ石亀をのぞい, せ石切河岸へ船, せ石地蔵を絶, せ石段に片足, せ石窟を襲う, せ石見守が投げつけたら, せ砂利を踏む, せ破壊し建設, せ破産を招致, せ破門の宣告, せ硝子窓に跳ね, せ碇泊りさせた毛, せ確かな心, せ確信させやう, せ確立しようと, せの枯枝, せ礼儀作法は申す, せ社会主義革命に都合, せ社会歴史から抽象, せ社会生活を味気, せ祐信長春等を呼び生し, せ祖国に対する私, せ神何あらんとぞ, せ神前へ不浄, せ神奈川でおろした, せ神妙に見合ひと, せ神慮を勇め奉る, せ神戸信孝の手, せ神明に誓, せ神木の肌, せ神武天皇の御, せ神武天皇誕生の地, せ神池にその, せ神田小川町の依田百川, せ神経衰弱化させ精神異状化, せ神話よりついに, せ神道の様式, せの儀式, せ祭典を済ます, せ秀吉と切支丹教徒, せ秀吉自身も座所, せ私たちは一臺遲, せ私たち三人は小田刑事, せ私一人が残っ, せ私彈いて, せ私筆にて例, せの山風, せ科人の身, せ秘かに現, せ秩父橋といえる, せに見る, せ程なく帰って, せ種田順平は松屋, せの穂, せ積極的にテーマ, せの中, せ空地を横切っ, せ空手形でなくし, せ空気に劇動, せ突っ立ったの, せから屋根裏, せ窮屈な思い, せ窮屈そうにし, せながら数椀, せ立ち縮んで, せ立ち処に生命, せ立ち歸る時に, せ立ち聞きさせおったな, せ立木の枝, せ竜子の知人, せ端居して, せ端麗な面差, せ競争意識をとがらし, せの御, せ竿の角度, せ笑い興じぐったり, せ笑いたてながら両手, せ笑顔を作らせる, せを吹かせ, せの混濁, せ筋肉の表情, せの上, せ筑前のと添え, せ筑摩領と檜垣領, せ策論は政治上, せ箇々殲滅して, せ箭づくり刃のしらべ, せ箱入りの人形, せも採らせる, せ範之丞の顔, せ範頼の助け, せ篝火屋を設け, せ簡略にした, せのステッキ, せ籐椅子に腰かけ, せ米人を見る, せ挽き工場, せ粋三国一の狼婿, せ麻の, せ粗暴のない, せ粗末にし, せ精神修養と時代, せ精神異状化させて, せ精神病院の院長, せ精進させた人生, せを与え, せをつけた, せ糸子が熱海, せ紋太郎の顔, せ納屋へ木束, せ納豆に青のり, せ純白で新しい, せの襦袢口, せ素性も知れざる, せ素早くその前, せ素襖を着せ, せ素足の足, せ紡績女工の数, せ紫色の上衣, せ細い指の, せ細く長めに, せ細やかな心, せ細胞の組織, せ紳士の笑い, せ紺木綿の風呂敷, せ終いには残忍, せ終つてから火, せ組織し新, せ結局いつもより, せ結局これらの結婚, せ結局現状をつづけ, せ結納の三千両, せ給ひつ月の秋, せ給ひなばあはれ才徳, せ給ふ節將監妻の召使, せ給仕女は故郷, せ給歟たうと, せ給銀にて一, せ統一に導びこうとした金九, せ絲満が泥酔, せ絵解きをする, せず傍ら, せ絶え間なく鞭, せ絶対当選させて, せを引上げ, せ綱宗が逼塞, せ綴ぢて附録, せ綸巻を洗, せ綺麗でしょう, せをつけ, せ綿を三枚, せ綿密に計算, せ緊張させた原因, せ総べての部分, せ総裁のえせ, せの木, せ緑平老への手紙, せ緻密では, せへ出, せ縁側の硝子戸, せ縁起を担い, せから彫金, せ縛め捕って, せに上, せ縫い物をさし, せ縫入れの壁掛二枚, せ繁殖させるよう, せ續而地味熟し候, せ置候はんや殊更, せ置候ものなり, せ置召捕方の與力同心, せ置嚴敷拷問に及びしか, せ置平民の分, せ置後より見え隱, せ置瀬川の口書, せ置長兵衞八五郎佐兵衞の三人, せ羅馬の都, せと調和, せ美事に禿げ上った, せ美女の姿, せ美濃と信濃, せ美童の紅丸, せ群集からこっそり, せをつくさせ, せ義元に豊政, せ義盛さまはじめ御一族, せ羽交に波打たせ, せ羽化させねば, せ羽扇をもっ, せ羽織りを出し, せ夜不意に, せ翌元亀二年の, せ翌年また水田, せ翌朝日出の時刻, せ翼賛政治会というもの, せ老いの目, せ老人について銀座裏, せ老年に及ぶ, せ老母を笑わせ, せ而又斯込合中なれば, せ耕二は毎日, せ耕牧舎へやって来たでしょう, せ耳鼻の穴, せと右, せ聖尋は奈良入り, せ聖母の会堂, せ聖者ですよ, せ聯想心理に結合, せ職責と称する, せ肉体と心, せ肋骨の見える, せを張つて, せ癪の, せ肩杖をつい, せ育ち上ぐるが小生, せを喰らわせ, せをそこない, せ背後の白い, せ背骨を切り割る, せを離れた, せ胤長は大蛇, せ胸倉を掴ん, せ能力を発揮, せ能楽の間, せ脈搏が早く, せを撫, せ脊中を撫, せ脚本から直接舞台, せ脚色演出共にコク, せに落ちぬ, せ腕くらべして, せ羶は, せ腰打かけて, せ腹下しを起こさせる, せ膃肭獣がする, せを更, せ膾炙せしめたから, せ臥室の屏風, せ臥床に入らせる, せ自ずとそこには, せ自ら劇中の主人公, せ自ら病氣と披露, せ自ら瞿曇に化け, せ自分ひとりは剣, せ自分らは茶, せ自分一人らしく見せかけて, せ自分一人圓かな良縁, せ自分同様悩みと苦熱, せ自分手づから, せ自分詞書を写し, せ自壊作用を生じさせ, せ自害らしく見せかけ隣, せ自家の薬丹, せ自由に聞かせた, せ自由主義に對, せ自由自在とし, せ自覚に導かせよう, せ自身これを調べた, せ自身先に立っ, せ自身刀を取っ, せ自身真っ先に立っ, せ自軍は後, せ自首させようと, せ至急様子を, せ至極浮かないす, せを落し, せ與左吉に拾, せ與惣六だけ歸, せ舎利を取っ, せ舞台へでる, せ舞台稽古に馳, せ舞子迄行き, せ舟板を元, せ舶載の毛氈, せ船体の巨, せは波, せ良久祈念を凝らす, せ良馬は飼わぬ, せ色彩も見せ, せのぬけ, せの子, せも穂, せの高台, せ芝居を見, せ芥川の死, せを刈らせ, せ花子の方, せ花栄石秀など二百騎, せ花火を掲げ, せ花瓶のダリヤ, せ芸事の一つ, せ芸術人をも感心, せ芸術的なあぶな, せを洗, せ若党二人附添ひて, せ若紫を思い出させた, せ若者達にとりかこませ, せ苦い思いを, せ苦しむがままにさせてゐる, せ苦しい煩悶を, せ苦みもほろ苦い暖か, せ苦めしこと何とも, せ苦心惨憺させ昏迷疲労, せ苦戦の味方, せ苦行の時限過ぎ, せの陰, せ茶の間にはす, せ茶堂のお, せ茶山に題詩, せ茶褐色の煙, せを枯らししまった, せ草鞋をはかせ, せ荊州へ帰る, せ荊州襄陽の大軍, せ荒々しく何ものか, せ荒くれ男の十数人, せ荒繩にて縊, せ荒野に羊, せを負わす, せ荷物をはこん, せ荷駄本隊後軍とつづいた, せ莫大な利益, せの衣, せ菊池先生の秘書佐藤女史, せ菊酒を酌ん, せ菓子などを売る, せ華々しく酒肴を, せ萩乃が一命, せ萱山の中, せ落日はよく, せ落胆させる死屍, せ著者をこの, せが乾い, せ葬儀にも立ち会わせる, せ葬式へ出掛け, せ光る刀身, せ蒼冥として昏れる, せ蓄財し浪費, せを開かん, せの笠, せ蓮如は病床, せ蔓苔桃の紅い, せが梢, せ薄い唇を, せ薄着になっ, せ薄紫青朽葉などの裳, せ薩摩と長州, せは心, せを取り, せ薬局を調べる, せ薬箱には柄, せ藍丸王は狩場, せ藤吉郎の命, せ藩地へ帰す, せ藩士一般にもお, せ藩譜編纂の用務, せの横, せ藺笠のうち, せの表面, せ売る男, せ蘆名を逐っ, せ蘇生させ日参, せにも殺生罪, せ虚偽の幸福, せ虚妄の上, せ虚弱い草履取をお, せの食わない, せを打つ, せが飛ん, せ蚊帳をつらせ, せ蚕食した, せ蚕飼をさせ, せの重吉, せの玄徳, せ蜀軍をひき入れん, せのやう, せ蜘蛛のよう, せには金, せ融合させようと, せ蠱化させ性熟, せ血液の循環, せ血相かえて, せを討つべし, せ行列揃えて, せ行動させて, せ行旅病者の寝床, せ街角へ走っ, せ街路で容捨, せ衝突させようかと, せを剥いだ, せ衣装籠へまた, せ表向養子の, せ表現して, せ表現派模樣をちりばめた, せ衰微させるだけ, せ袁術は即刻大軍議, せ袋物の店, せ袖の下に寝させた, せ下候はば, せ被告に不利, せ被害民にも与えた, せのもも, せの井戸端, せ裏切り去ったもの, せ裏手の明長屋, せ裏表の見張り, せ裏長屋に狂い死, せ裸身の私, せ製本亦粗, せ西城県の小城, せ西洋間は一つ, せ西蔵の周辺, せ見えなくし, せ見ごとな金鱗, せ見事たじろがせたの, せ見付の番所, せ見物せんとて, せ視野を広め, せうと, せ親しみ深い手つき, せ親切に愛情, せ親切私はそれ, せ親子の者, せ親子同志で姦通, せ親指を隠し, せ親身にさせる, せ親達に和吉, せ観察を整理, せ解決して, せ解脱同相の三衣, せのため, せ計数管の力, せ計画ある行動, せ許しを得る, せ許婚の千浪, せ訴訟を止め, せ証言に応じ, せ評判し批評, せ試験管と薬品, せ詮議を加, せをさせ, せ話し声のする, せ誅殺した事, せ誘導すると, せ誘惑に堪えられる, せ誠に不便の, せ誠実そのもののよう, せ誠意さらに無し, せ服するの, せ誰彼の差別, せ調室の壊れかかった, せ談論風発間断なく喋つて, せ諧和させようと, せ諸人にその, せ諸国へ写し, せ諸持に狂歌, せの全部, せ謡曲らしきもの, せ識者等はこの, せ警戒するよう, せ護良親王を擁し, せ護送車のおく, せ變化多き少年, せ變死の疑ひ, せ谿を埋め, せ豆腐屋の遁腰, せ豊かにさせ, せ豊後や有馬, せ豊田郷の老幼, せ豪奢な生活, せ豪華版の贈答品, せ貝鍋を中心, せ負傷させ卒倒, せ負担に堪えない, せを車, せ財宝を発, せ貧しき者には, せ貧乏せ, せ貧乏人からはあまり金, せ貧乏富も片付け, せ貧弱なもの, せ貨財を求め, せ貰い娘の方, せ貴婦人たちは笑い, せ貴方の御, せひ出し, せ賄征伐の寄宿舍, せ賄賂を納め, せ資本主義末期の近代文学, せ資盛の鼓, せめさせようという, せ賭博の公開, せ赤ん坊のよう, せ赤瀬春吉は既に, せ赤銅色絵の文鎮, せ赤鼻から朱, せ走り廻って, せ起立して, せ超越さすべくあくがれ, せ越しかた行く末を思ひ, せ越前の国主, せ越前守が登城, せ足先で地, せ足助次郎も取り逃がし, せ足拍子を取っ, せ足早に往来, せ足腰が立たなく, せ足蹴にし, せ足軽とか徒士, せ足音を殺し, せ跣足となり, せの片側, せ路銀手間代など与え, せを仕込む, せ踊りの渦, せを返し, せ躊躇させた, せ身じまいを整え, せ身体中から垢, せ身内を灼く, せ身動きと共に膝元, せ身寄りの者, せ身悶えし乍ら, せ身扮を改めて, せ身軽になっ, せ身近に置かれたる, せ車びさしの下へ上手, せ車中でちゃぷんちゃぷんをやらせたものであった, せ車輪は高い, せ軍勢を死, せ軍奉行の斎藤太郎左衛門, せ軍部の首脳部, せ転戦また転戦, せ輿側に人, せ輿論も正しい, せ轟々と冷酷な, せ辛うじて三百年間噴火山上の, せ辛くも黒田の, せ辛張り棒を強く, せをてれ隠し, せ辟易させ苦笑, せを窮め, せしめて, せ農村においてはそれ, せ農民一揆とそれ, せ辻番所を微塵, せ迎いに来る, せ近々によん, せ近いうちに, せ近くざーっと捲き返してる, せ近ごろでは耽溺, せ近世のうち, せ近代劇の形式, せ近所の者千余人, せ近習には鷹, せ返り討ちにかけて殺そう, せ迷乱化させ悶絶化, せ迷動させ互いに, せ迷惑をかけ, せ退官後は自ら, せ逆上混乱させて, せ逆流して, せ透き編みの靴下, せ逐年長閑さを, せ逐電仕つり候, せ通りの円タク, せ通商と旅行, せ通行の道筋, せ連絡をもっ, せ連関させる, せ遊山翫水芝居見に, せ遊戯用の器具, せ運命が鼓舞, せ運転し終電, せを識, せ過剰の炭酸瓦斯, せ道中用の脇差, せ道中金に糸目, せ道庵の十八文, せ道楽に学問, せ道樂に學問, せ道碌神の前, せ道義の念, せ達ちゃん隆ちゃんたちへの慰問袋, せ違い入り乱れつつ, せ違い呼笛鳴り信号手, せ違つて居る, せ侍や, せ遠山はすでに, せ遠慮がちにならせる, せ遠方より七桶, せ遮二無二彼を, せ遺族たちへのお詫び, せ避難せしめたと, せ邪望をそそっ, せ郎党七人と外, せ部分的にはそれ, せ部落や村, せ郵便受箱に自分宛, せ都入りの前, せ都合のわるい, せ都合十人の者, せ都大路の色硝子, せ都街の人目, せ配電盤の前, せ酒席のとり, せ酒樽型の大, せ酒間に重臣, せにした, せ醉つて他人に食ひつ, せ醜悪に固く, せ醫師をし, せ里子に嘲はれる, せ重々の不調法斯樣, せ重々しく鎖を, せ重い雛人形の, せ野営の幕舎, せ野宿の苦, せ野放しのまま, せ野望をとげる, せ野菜サラダの味, せ野辺の送り, せ金使いです, せ金口はニヤニヤ, せ金子千兩を盜, せ金子君を洋行, せ金属のよう, せ金殿玉楼に栄燿, せ金物陶物木の器, せ金甲鉄鎗の光り, せ金網火鉢の上, せ金茶金十郎が紺緞子, せ金貨は彼女, せ金銀を鏤めた, せ金銀珠玉をたずさえ, せ金魚の湯, せある魚, せ針医以策というもの, せ針路をまず, せ鈍くしろい眼だけが, せ鉄砲や軍艦, せ鉄砲組は後陣, せ鉄鈕もて足, せ鉢肴また洗, せ鉦太鼓をたたい, せ銀子が地, せ銀杏返しの両, せ銀色にきらめく, せ銀行か会社, せの武具, せ銚子を把, せを三百文, せ鋭い牙を, せを握, せもやる, せ錢形の平次, せ錢形平次の眞, せを以て天井, せと鍔, せ鍛錬させよとの, せで切り刻んだ, せ鎌倉中が修羅, せ鎌倉入りの功, せ鎌倉松ヶ岡東慶寺へ差遣候, せ鎧甲の鮮血, せを射つくし, せが鳴っ, せは白銀, せをかけさせた, せ長家の者, せ長州はじめ幕府に離反, せ長年手入れをしなかった, せ長所を発達, せ長椅子をおく, せ長火鉢を押し, せ長男を勘当, せ長駆して, せ長駆地を踏みきっ, せに入れ, せ門口に立ちはだかっ, せ門弟中へも右, せ門弟諸氏が周囲, せめく彼女, せのびさせ物事, せ間敷其爲に朋輩, せ関東軍司令部のあった, せ関白秀吉にさえ憚, せ関羽にも追, せ閼伽水を酌み出し, せ防備をなさる, せ防火に尽力, せ阿波の嫌疑, せ附近の料理屋, せ限りない苦悩, せ院御所の夜襲, せ陣中の工匠, せ陣十郎の方, せ陪審官一斉に靴磨き, せ陰々たる鐘, せ陰影のさす, せ陰欝な気分, せ陰気の上, せ陳腐な悲劇的結末, せ陸続ついて, せ陸路をアジア, せ隅田川のお, せ隊列の整頓, せ隊長は身体ごと彼, せ階下へおろし, せ階段の方, せ階級を作り, せをみ, せ隙間のある, せ障子をひらい, せ隣室の話聲, せ隣家に接した, せ隼人はまた, せ雀樗の枝, せ雅俗折衷の文章, せ集つて次の一令, せ集会宴席は勿論, せでも打ち, せ雑草は胸, せ雑踏に処し, せ難いことが, せ難き事あらん, せ難し此儀如何せん, せ雨乞いの祈祷, せ雨風をしのがせる, せ雪駄の裏金, せ雲助頭信濃の幸八, せ雲龍寺へやった, せ霞浦も三又近く, せになった, せ露国の談, せ青い名なし, せ青き踏む, せ青井の奴, せ青年団式の雨合羽, せ青木をかげ, せ青竹の長, せ青簾に釣忍, せ非分の賞金, せ非常に奥ゆき, せ面体なんども常, せ面部を包ませたる, せをよせ, せを脱がせし, せ靴下までぬがせ, せ靴磨きの金鎚, せは梨子地, せ鞭うつと玉, せ韃靼人はキャング, せを立て, せ音曲指南の看板, せ音楽会へ行かせ, せ音物として使者, せ音羽へ至り路次口, せをくっ, せ順次にその, せ順逆の道, せ須山や伊藤, せ須田を介し, せ頑固一徹な父親, せ頑是ない子供, せ頗る愉快な, せ領下の民, せ領主及び大勢, せ領主大友義鎮に献じた, せを両手, せ頬ずりして, せ頬被りを禁じ, せ頭脳を痺ら, せを青く, せ顔ぶれの珍し, せはす, せ顴骨の筋肉, せ風下で小声, せ風呂へでもはいっ, せ風呂場の戸, せ風呂屋街路などで些細, せ飄々何所似天地一沙鴎, せ飜然と裏庭, せ食卓のさら, せ食品牛羊絨氈を贈った, せ食堂などや看板, せ飢餓も味わわせ, せ飢饉続きのため, せ養つて行くだけでも, せ養子にせん, せ養鶏をやれ, せ饗応した, せ馬の背に乗せ, せ馬具兵糧のととのえ, せ馬車と馬, せ馬鈴薯は煮る, せ馬首をめぐらし, せ馬鹿に鉄砲, せ駈落ちの相談, せ駒形まで持つ, せ驚倒させそして, せ驚駭させ失神, せの面, せを溶解, せ高き華魁の, せ高く釣りたる棚, せ高め生気づけて, せ高声に念仏, せ高崎廻りで北軽井沢, せ高手小手に縛められ, せ高楼の上, せ高氏自身は怯む, せ高貴ならしめようとは, せ高野山を目ざし, せ髪締めとし, せは突起, せの根, せ鬢櫛で鬢, せ鬱気を払ふため, せ鬱金色の髪, せ鬼葉もとらせ, せ鬼頭の訊問, せをも肉, せ魅惑して, せ魏王の名, せ魚鳥をうどん, せの肉, せのやう, せ鵬斎に詩, せを飼, せの背中, せ鷹揚の徳, せ鷺町へ連れ, せ麗しかった, せ麗子と二人ぎりの, せ麦酒の盃, せを振り, せ黄色い名も, せ黄金の籠, せ黒旋風李逵さえもキリキリ舞い, せ黒眼の人形, せ黙々として耳, せ鼓盤を打ち叩い, せ鼻息もひどくあらあらしく, せ鼻歌を口づさみながら船, せをむき出し