青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そこら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そいつ~ ~そう そう~ そういう~ そうした~ そうして~ ~そこ そこ~ そこで~ ~そこら
そこら~
そして~ そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと そっと~ ~そつ そつ~

「そこら~」 3220, 35ppm, 3363位

▼ そこら~ (861, 26.7%)

8 草の 7 物を 6 ものを

4 [11件] 三角標は, 家の, 小料理屋へ, 小石を, 木の, 木を, 物陰に, 草は, 草を, 野原の, 闇に

3 [15件] ことは, ところを, 掃除を, 日本の, 木々の, 木の葉を, 本を, 森の, 草や, 落葉を, 藪の, 軒下に, 野山を, 隅々を, 雪を

2 [62件] ちらちらが, ところも, 丘の, 事で, 井戸の, 人々を, 人たちが, 人に, 人間に, 土の, 土は, 土を, 地獄の, 垣に, 壁や, 大樹の, 家々の, 家から, 家へ, 山の, 岩へ, 川へ, 幻燈の, 庭の, 庭木を, 料理屋へ, 景色は, 月あかりの, 木々は, 木立に, 材木に, 林や, 枝に, 枯枝や, 様子を, 樹の, 武士を, 民家へ, 物蔭に, 物陰から, 田に, 田圃の, 田舎家の, 畑に, 畑の, 畑や, 畑を, 砂の, 立木の, 立樹の, 苔は, 草むらが, 草むらに, 草も, 藪や, 路地から, 農家の, 部屋を, 門口に, 間に, 額風呂の, 高い樹

1 [627件 抜粋] あいだに, あちこちに, ありとあらゆるもの, うちに, おし潰された, おでん屋へ, お坊, お天狗, お子さんです, お寺の, お神さん同様, お負け, けしきを, ことに, さまざまな, すべてが, だらしなく, だれかに, でも差支えぬ, とあるきたならしい, ところと, びらやが, まだ蔭ばん, まばらな, もう浅, ものだ, もの片っ端から, もんかな, クマ笹を, テーブルの, ノウノウでは, バラックの, パイカを, モダンガールとは, 三文小説は, 上に, 乗客を, 乘客を, 事を, 事情は, 事情を, 二三百石取, 人々の, 人々へ, 人が, 人ごみで, 人たちの, 人たちを, 人なき, 人も, 人達の, 人間とは, 仲間が, 休み茶屋へ, 何んな, 何処かで, 作家の, 俸給を, 兵どもも, 兵法家の, 内輪を, 写生に, 凡下共より, 出這入り, 刈あとに, 動揺は, 医者が, 卓子に, 南洋植物の, 双陸, 反古を, 収入しか, 口が, 吉岡門人を, 名の, 名物乞食じゃ, 呉服商が, 品の, 商売屋か, 善良な, 喫茶店にでも, 土塊や, 地上に, 地上を, 地内や, 地面から, 地面を, 坂に, 坊ちやんの, 垣根の, 城砦には, 堀や, 堂守たちでも, 塵つ, 塵埃の, 塵埃を, 壁に, 壁へ, 声を, 外科医者を, 大きい森, 大地主, 大溝, 大通りを, 天井の, 女たちに, 女たちは, 女中たちにも, 女性心理に, 姐さんたちそれぞれよい, 娘っ, 嫁さん, 子供が, 安宿を, 客が, 室から, 家々が, 家であった, 家を, 家ん, 家中の, 家屋に, 宿場で, 寄りつけの, 富豪達も, 小さい孔, 小僧の, 小児を, 小娘では, 小屋を, 小嶋が, 小川で, 小料理屋で, 小童だ, 小者部屋にも, 小舟や, 小路の, 少年が, 尼つ, 居留地の, 居酒屋に, 屋敷町を, 屋根の, 山または, 山上から, 山容や, 山寺の, 山林に, 山道といふ, 山里までは, 山陰や, 岩に, 岩へでも, 峰で, 崖藪を, 川口から, 市場で, 幇間かて, 年ごろで, 年月の, 幼稚園の, 床几に, 店から, 店が, 店の, 店先に, 店先の, 店屋へ, 度胸一方の, 庭木に, 庭木や, 庭樹の, 建物を, 建築は, 廻廊に, 往来でも, 御堂の, 御飯屋へ, 微妙な, 恩給が, 慈善家も, 戸を, 戸棚を, 手さげ鞄か, 押入住居で, 揖保や, 敵を, 文士どもは, 料理屋へでも, 新樹の, 新興宗教と, 日向に, 日蔭の, 日陰に, 早い秋草, 星を, 昼の, 暗い一隅, 暗い土, 暗い部屋, 暗がりへ, 暗に手ぐすね, 暗らがり, 曰くは, 書物の, 書物まで, 書物を, 書肆に, 書類を, 月光の, 有閑マダムの, 木から, 木といふ, 木の実は, 木の間から, 木も, 木や, 木ッ葉船だ, 木剣を, 木材の, 木枕やら, 木蔭からは, 木蔭やら, 札を, 杉落葉の, 村, 杭に, 松や, 松葉を, 板圍ひ, 林から, 果樹園の, 枝で, 枝と, 枝も, 枯れた草穂, 枯れ木などを, 枯れ枝や, 枯れ草で, 枯草の, 枯葉に, 柱などは, 柱に, 柿の, 柿の木や, 格子戸の, 桃の, 桶に, 梅の, 梅を, 梅花を, 棚や, 森では, 森に, 森陰の, 植えこみや, 植木を, 植木溜め, 楊の, 楼を, 様子が, 様子でも, 模樣を, 横へ, 横町から, 樹に, 樹木が, 橋の, 橋板を, 武士, 武者ばらへ, 歩兵銃も, 歯みがき屋さんの, 死者にも, 民家から, 気軽そう, 氣輕さうな, 水を, 水茶屋や, 水草は, 水面を, 氷冠上の, 汀に, 池から, 河田畑まろい, 泥の, 海全体を, 涼み台では, 渡りから, 湖畔に, 溝の, 溝へでも, 漁師町へでも, 濠端で, 灯影人影に, 点も, 無名の, 燗徳利の, 牛肉屋へ, 牛飼の, 物が, 物に, 物売りの, 物蔭で, 物蔭へ, 物蔭を, 状況が, 珈琲店に, 理屈を, 生垣の, 田では, 田には, 田の, 田舎屋を, 町じゅうの, 町内を, 町医者から, 町屋の, 町角や, 畑から, 畑では, 畝にも, 番屋へ, 番屋まで, 異人で, 畳の, 畳を, 病み牛, 瘠せて, 百姓が, 百姓女房二三人を, 百姓家の, 百姓家を, 皿小鉢を, 目腐れ金を, 眼医者は, 短い距離, 石など, 石に, 石にでも, 石へでも, 石を, 石燈籠に, 石碑の, 砂を, 磯まで, 磯茶屋から, 神社仏閣などを, 祭具や, 空も, 空地には, 空地へ, 空気だけでも, 空気も, 立ち木に, 立木に, 端金で, 笹の, 筋道は, 箪笥の, 篝番の, 精神病院, 糞ぶ, 純真な, 紙屋へ, 細民窟の, 細道で, 美人画好きも, 美形と, 者が, 者の, 者へ, 胸算用を, 芒の, 芥溜に, 花に, 花を, 花畑や, 花陰や, 芸妓屋や, 苔や, 若い方々, 若い猫, 茅屋から, 茶店で, 茶店先で, 茶見世から, 茶道具を, 草が, 草には, 草へ, 草むらから, 草むらを, 草ッ原で, 草原は, 草叢に, 草木は, 草木まで, 草木往時の, 草花を, 荒磯から, 莚には, 葉つ, 著名な, 薄を, 薄暗がりに, 藪から, 藪で, 藻草や, 蘆間や, 處は, 蚊帳の, 蛤の, 蜜柑山には, 蟻は, 衆, 裁断を, 見料で, 見當, 角で, 調度や, 謎が, 警察の, 谷の, 豆屋で, 豪傑たちが, 豫言者に, 質問で, 赤土が, 趣向は, 路地口で, 路次の, 軒下へ, 軒並びを, 軒先に, 輕輩武士からも, 農家へ, 辻に, 辻堂の, 近い木立, 近い洲, 通りで, 道具に, 道端に, 道路を, 部屋から, 部屋に, 部落や, 酒や, 野づら, 野の, 野薔薇や, 野辺の, 野鼠が, 金で, 釘の, 釦とは, 銀の, 長押の, 間を, 間毎には, 関係が, 関係し, 闇は, 闇を, 附近には, 陰地や, 隅から, 隅っこに, 隅で, 隅へ, 障子を, 雀という, 雑木を, 雑木林へ, 雜草の, 雲に, 雲も, 電信柱か, 露地の, 青年は, 青年団みたいな, 青梅を, 頃私達一家は, 顔を, 食い物屋でしょう, 食べもの屋まで, 食器を, 食堂に, 餌を, 馬を, 高い草むら, 高坏や, 高等女学校生徒などと, 鰌は, 麦の, 麦畑で, 麦畑の, 麦稈帽や, 黒い袋

▼ そこら~ (633, 19.7%)

21 落ちて 12 転がって 8 散らばって 7 うろついて 5 生えて, 立って, 見えなかった, 遊んで 4 あるもの, いちめん黄いろや, ころがって, ざらに, 群がって 3 うろうろし, なかった, 人の, 何か, 徘徊し, 抜かりは, 散って, 散乱し

2 [42件] あったもの, ある, ある物, ある紙きれ, いくらも, いないと, いる人, いる人達, おつ, ころが, さまよって, ただよって, ちらほら雑兵ども, ぶち撒け, ぷんぷんと, まごまごし, ザラに, 佇んで, 働いて, 凍り着いて, 出て, 咲いて, 声したる, 姿を, 居ないか, 抛って, 捨てて, 散らかったもの, 散らかって, 散らばつて, 残って, 水は, 水を, 漂って, 牛の, 立つて, 置いて, 芽を, 落ち散って, 見つからなかった, 迷って, 野生の

1 [437件] あった, あったら片, あった新聞, あった更紗, あった煙草盆, あった腰蓑, あった重い, あとが, あらず弦, ありとあらゆる食物, ありは, ありませんでしたから, あり合せ, あり合わせ, あるかい, あるかも, あるじゃ, あるだろう勝手, あるでしょう, あるとか, あるよう, ある並み, ある乏しい, ある什器家具, ある写真, ある家具, ある小, ある小石, ある弓, ある本, ある林, ある柱, ある楊, ある様, ある氣, ある水桶, ある火薬庫, ある物同士, ある目盛盤, ある石, ある石塊, ある稽古槍, ある立木, ある竹切, ある草木, ある荒れ寺, ある莚, ある車, ある金銀珠玉, ある雑誌, ある電燈, ある高粱, いあわす女, いそう, いたに, いたよ, いたらしい形迹, いた人たち, いた侍側, いた娘さん, いた小, いた男ども, いた町, いた看護卒, いた者一斉, いた誰, いた貧し, いて, いては, いなくなって, いますか, いますで, いませんか, いやあしない, いやがるん, いるかしら, いるかと, いるそこら, いるでしょう, いると, いるなら早く, いるに, いる人たち, いる印度人たち, いる女, いる奴, いる小姓組, いる朋輩, いる群衆, いる者, いる農夫, いる鶏, うかうかし, うきただよう気息, うじゃうじゃしてる, うじょうじょ立っ, うず高い, うろうろしてた, うろうろと, うろつき廻ってるという, うろ付い, おっぽ, おむつが, おりましたが, おりましたならさだめし, お出でた, お見え, かくれな, かぶせた, ぐずぐずし, こぼれた物, こぼれて, こぼれ落ちて, ころころ遊ん, ころんで, ごちや, ごろ, ごろごろ寝, しっかりした, じろじろ眼, する, ずらずら, その姿, その泥棒, それが, それは, たくさんある, だらしなく, ちよいちよい見つかる, ちよつと, ちらつく, ちらばって, ついて, つけたまま, ともって, とんで, ながめやられる漁船, なびく芒, ならべて, なんの, ぬかりの, ぬかりは, のそのそし, はかれを, はびこりますが, ひらひらし, ひろが, ふけど, ふだん着の, ふりかかるやう, ぷんぷん撒き散らし, ほうきで, ぽとりと何, まき散らす癖, まだ兇暴, まだ割れ, みそさざいの, みそつ, みだれ散った, むらがって, もしや魚, よくある, わずかに, ゐた四五羽, ゐは, ゐるもの, ゐる人間, ゐる蝶々, カッと, ゴロゴロころがっ, ゴロチャラし, ピチピチピチと, ブラブラし, 一匹棲つてゐた, 一台も, 一本にても, 与助の, 並んで, 主人らしい, 乾いて, 二三脚の, 二人の, 二人や, 人が, 人らしい, 人影の, 仆れ, 伊織殿は, 住まつて, 住んで, 何も, 何者の, 倒れてるでしょう, 八丁堀の, 其姿が, 其肉が, 冬が, 出来合, 出沒, 刺さった, 動き廻ってる, 又八が, 取り散らして, 古道具屋が, 呀を, 唾を, 啼いて, 在ります, 在るもん, 坐らせて, 売って, 多い建物, 多少の, 夜駕籠が, 大声挙げ, 大根ぶらさげる, 女の, 好い気持, 如才の, 姿が, 宅の, 寄って, 小さい池, 小さな蟹, 小鼓は, 居て, 居なかった, 居なかったの, 居やしないか, 居るという, 居るには, 居るの, 居る店, 居る者, 居る若い, 居合す者, 居合わす者, 屋敷の, 履き捨てた切れた草鞋, 屯し, 山の, 山葡萄は, 島を, 幾つも, 幾人の, 度々さまよっ, 影が, 影を, 彷徨いて, 彼は, 待ちあわせて, 待って, 懸け渡された一筋, 成って, 投げ出して, 投げ捨てて, 拵へて, 捨てようと, 控えて, 掻巻が, 撒きなさい, 撒き散らす火花, 放うりだして, 放り出して, 散った布屑, 散ば, 散らかった, 散らかつ, 散らばった服地, 散らばった畳紙, 散らばつた枯, 散らばつた葉, 散らばつた銀貨, 散らばる度, 散り敷いて, 数えられる賊, 敷いて, 斃れ, 文字が, 時々見受ける, 書いたもの, 有り合う棒切れ, 有り合わせたの, 有合う, 有合せの, 有合わせた, 本が, 朽ち果てた野晒, 材木を, 村里など, 林立する, 染吉の, 梅が, 梟に, 構ひはござりませぬ, 武蔵様が, 残つてゐた, 残つてゐる, 水の, 水音が, 沈んで, 沢山ある, 沢山に, 沢山転がっ, 沢山鳴い, 河が, 泊めて, 泊り合せた多く, 泳いで, 浮いて, 淀み流れか, 清水が, 滾つて, 漂う, 漂つた, 漂ふ, 潜んで, 潜伏し, 濡れ鷺の, 火事が, 灯の, 無雑作, 焼芋, 燃えて, 物の, 甑の, 生々しい流血, 生い茂る雑草, 生えた菜っ葉, 生えた青紫蘇, 生え繁った小笹, 生き残つて, 産みつけて, 留めて, 白い糞, 白く咲いた, 監督し, 目立たぬよう, 真っ白い縮れ, 真黒な, 眠って, 眠ってる人数, 眼を, 着飾って, 砂糖は, 移転し, 程よく栽ゑられてゐた花樹, 積って, 積載せたる, 空車を, 立ち並んで, 立ち働いて, 立ち登る麥燒, 立ち迷うて, 立った町人, 立つか, 箒一つ入れない, 算を, 籠もっ, 糞便を, 紋の, 群がる男女, 群れを, 脱ぎすてて, 脱ぎちらして, 脱ぎっぱなし, 腰を, 舞って, 落こち, 落したこと, 落ちか, 落ちかかって, 落ちかぶさり肌, 落ちたる金貨, 落ちた鬢止め, 落ち散った布, 落ち散つて, 落ち散らされても, 藤助の, 虫の, 蛇らしい, 蝦蟆は, 蝦蟇の, 血の, 行儀わるく, 見いだされなかった, 見えて, 見えてでも, 見えないで, 見えなかつた, 見えなかつたの, 見えぬ, 見えねえかい, 見えるもの, 見える郊外, 見つかりませんでした, 見て, 見られない高価, 見るよう, 見出すこと, 見当らないので, 見識った, 見識つた, 誰かが, 誰も, 足を, 転が, 転がってる珍, 辻びらの, 逡巡する, 遊びに, 道具が, 遺って, 酒の, 鍬や, 附いて, 降りたかも, 降りました, 降り注いで, 降り立って, 集って, 集つてあたりを, 集まって, 雑然と植え, 雨の, 風呂敷包が, 風説を, 飛び乱れ不思議, 飛び散つた挽茶, 飛び立って, 馬賊が, 駒の, 鬼火の, 鯰でも, 黒門町は, 點在する, 鼾声グウ

▼ そこら~ (613, 19.0%)

24 歩いて 12 見廻して 11 見まわして 8 見廻した 7 うろうろし, 散歩し, 散歩する, 見まわすと 6 見て, 見まわした 5 探して, 歩きまわって, 照らして, 片着け, 見ま, 見ましたが, 隈なく

4 [11件] あるいて, して, 徘徊し, 捜して, 探し廻って, 歩きま, 見まわしました, 見回した, 見回して, 見廻しました, 駈け廻って

3 [14件] うろ付い, ぶらついて, ぶらぶらし, 取り片, 歩き廻った, 歩く, 片づけながら, 見まわしたが, 見まわしましたが, 見まわしますと, 見廻したが, 見廻すと, 見廻って, 駈けまわって

2 [33件] うろうろと, かけま, くるくると, さがしましたが, しらべて, のたうち廻って, ひと廻り, ぶら, ぶらつき初めた, まごまごし, 一まわりし, 出歩くこと, 往来し, 掃除し, 検めて, 泣いて, 流れすぐ, 無暗に, 片づけたり, 片づけて, 片附ける, 眺めて, 眼で, 考えて, 見まわしながら, 見まわす, 見ると, 見回しました, 見廻しながら, 見廻わ, 透かして, 這い廻って, 駈けま

1 [331件] あおった, あさりま, あちこちし, あちこち散歩する, あらためました, あるきまはりました, あるきまはる, あるきまはるだけ, あるきまわりました, あるき廻って, いそがしそう, いっぱいに, いろいろに, うそ, うろ, うろうろあるい, うろうろする, うろついた, うろついて, うろついてるか, うろつく, うろつくと, お見回し, かきまわす音, かき分けて, かぎ廻り, かさこそ, かたづけて, かたづける, がたぴし言わせ, きちんと取り片づけた, きょろきょろ見まわし, きょろきょろ見まわしました, きよろきよ, きれいに, ぎい, くんくんかい, ぐるぐると, こづき廻さないばかり, ごそ, ごそごそやつ, ごそごそやりだした, さがしたり, さがしまわった, さがす, さぐりながら, さまよ, さまよい歩いた末, さまようて, さまよって, しきりにのたうちまわる, しばらく散歩, しばらく見回したろう, すこし歩い, た, ちょいと, ながめ回した, ながめ回して, なでまわす, なでるよう, なで廻して, のさばり歩く, のたくって, のっそり歩き, はきおわったところ, はせぬけるし, ひとわたり, ぴょんぴょんはねまわっ, ふいて, ふらふら歩いた, ぶらついてから, ぶらつきながら, ぶらつくうち, ぶらつくやつぱり, ぶらぶら散歩, ぶらぶら歩い, ぶら付いて, ほっつき歩きました, ほつき廻り友達, ほッつき, ぼんやり見回しました, まごついて, まごつく方, まごまごした, みまわしました, みまわしますと, みんなが, よく検め, わがま, ウロつい, ウロウロし, ウロウロ捜し回った, ウロチョロし, ガサガサ撫で廻し, ガリガリかじった, キョトキョトと, スイスイと, スラスラと, ブラブラする, 一つ委しく, 一巡うろ付いた, 一巡し, 一廻りし, 一廻りする, 丁寧に, 乗廻し, 二三度匍い廻った, 五六歩動き廻っ, 何の, 兄から, 光で, 出て, 出入りする, 動いて, 参酌した, 取り調べると, 取片, 叩き立て, 喋り歩いては, 嗅ぎ, 嗅ぎまわって, 嗅ぎまわる天満浪人, 嗅ぎ廻つて, 嗅ぎ廻るやう, 四五日うろ付いた, 夜なかまで, 尋ねあるくと, 尋ね明かして, 小さい野獣, 少しの, 屹と, 巡り歩きながら, 廻って, 引っ叩い, 引つかき, 彷徨いて, 彷徨うて, 彷徨つい, 彷徨つてゐる, 彷徨ふ, 往き返りした, 往来する, 徒歩うてみた, 忍び歩いて, 忙しそう, 手探りした, 打ちまして, 打ち払いまた, 打つと, 托鉢に, 托鉢の, 押しまわしたきお, 押歩く, 拭いて, 拭き, 拭きながら, 拭きはじめたが, 指さして, 振り向き, 捜しまわって, 捜し廻ったが, 捜し廻つたが, 捜せば, 捻向く, 掃いたり, 掃きその間, 掃きはじめた, 掃上げ, 掃除した, 掘り返した, 掘ると, 探しある, 探したの, 探しはじめました, 探しましたが, 探し回りました, 探し廻った, 探し廻ったが, 探し廻つて, 探し廻り裂けて, 探し廻ると, 探すと, 探ると, 掻き, 掻きまわした, 掻きまわして, 掻き廻したら二十円, 掻き探して, 掻廻し, 揺り醒まして, 搜し, 撫でまわして, 撫でるの, 撫で廻した, 散歩, 散歩しとい, 散歩そして, 散歩傷病兵と, 散策し, 斡旋した, 旋ッて, 明るくする, 時計の, 暫く散歩, 暴し, 染めて, 核だらけに, 案内し, 検査する, 横行し, 歩いたらば, 歩いた空襲警報, 歩いてる女学生, 歩い見たり, 歩かうと, 歩きだした, 歩き回った, 歩き回ったが, 歩き廻って, 歩き廻るそう, 歩くと, 歩くなり, 歩くにも, 歩く田園, 歩行かっしゃります, 汚しては, 泳ぎま, 流れ渡って, 海より, 漂ひ歩い, 濁して, 片づけてから, 片づけ先づ一服, 片づけ始めた, 片付けて, 片付けるうち風呂, 片付けるさ, 片付ける急, 片寄せて, 片着けはじめた, 片附けた, 片附けます, 片附け始め, 猟って, 直したり, 眺めまわしたけれど, 眺めまわして, 眺めまわすと, 眺め廻しながら, 睨め回して, 移り歩い, 穿索する, 絡んで, 縦横に, 繞り歩い, 肩いからし, 舐め廻すもの, 船が, 荒して, 荒す犬, 見せて, 見ますと, 見まわし, 見まわしても, 見れば, 見下ろして, 見回したり, 見回しながら, 見回しますと, 見回りました, 見巡したが, 見廻された, 見廻していう, 見廻しても, 見廻しましたが, 見廻せ, 見廻る気持ち, 見物し, 見調べたが, 視て, 視め, 覗き込んだり, 詮議する, 調べて, 負り歩い, 走りあるく故, 走りまわらなければ, 踏み破る, 蹴飛ばしました, 迷ひ歩い, 追い廻して, 逍遙遊, 這い歩いて, 這うよう, 這ひまは, 通るとき, 通る人, 遊びあるい, 遊びま, 遊びますのに, 遊びまわって, 閉め切つて, 開け放しながら, 開放し, 闇に, 陰鬱に, 雑巾が, 面白さうに, 頻に, 頻りに探し, 飛びま, 飛びまはつて歩く, 飛びまわって, 飛びまわりやした, 飛び交って, 飛び廻ったり, 飛び廻つて, 飛び歩いたり, 飛び歩きたいと, 飛び歩きましたよ, 飛んで, 飲み歩くらしい, 馳け, 馳けて, 駆けて, 駈けまわった, 駈け廻った, 駈け廻ったが, 駈け廻ったり, 駈け廻りはじめました, 高麗鼠の

▼ そこら~ (134, 4.2%)

4 を見 2 きぃん, にぷんぷん, に手あたり, に脱ぎ棄て, の草, の雪, の鳥, の黄金, を一軒ごと, を飛び

1 [110件] あぶく, いちめんちらちらちらちら, いつぱい, うろついて, から仰々しい, から針, がかびくさかっ, がきれい, がにぎやか, が古く, が炭坑だらけ, が甥, が眼, が花, が血だらけ, が鳩, きいんと, ころげるよう, で悲し, で撃ち合っ, で花瓦斯, にうろうろ, におります, にころ, にただよい, にはきれい, には見上げる, にプンプン, に人々, に光っ, に土ほこり, に女郎花, に広がってる, に張りつめられ, に当りちらし, に放り出された, に散らばっ, に渦, に漂っ, に無造作, に糸巻き, に花, に芳香, に見え出しました, に酒, に閃い, に響きわたる, に飛び散っ, ぬかるみの, のお寺, の人, の人声, の地方, の山道, の沢山, の澤山, の物, の色, の見物, の鶏, はたき廻つた, はねくり, は水だらけ, は湯気, へ, へぱちぱち, へ散らばっ, へ聞える, べた一面に, ぼうっと燐, をかけずりまわった, をくすぐつ, をぐるぐる, をとん, をのたうち廻った, をはげしく, をふらふら, をむちゃくちゃ, をむちやくちやに歩き, をやっと, を嗅ぎ, を嗅ぎ廻った, を嘗めまわす, を引つ掻い, を探しまわった, を探し歩い, を歩いた, を歩き, を歩るい, を白い, を睨めまわし, を舞, を血だらけ, を見まわした, を見廻し, を走り, を蹴っとばした, を這い廻っ, を駆け, 一杯に, 一面に, 唾だらけだ, 回って, 夜具箪笥風呂敷包の, 歩き廻った, 水だらけ, 浮気する, 睨み廻しその, 聞いて, 黒く見えた

▼ そこら~ (132, 4.1%)

3 何か 2 あそんでけ, 午飯でも, 飯でも, 鶏が

1 [121件] あそんで, あんまりひどく, いい所, えらくな, おかしいわ, お会い, お別れ, お茶でも, お茶でもと, お辨, かすかに, ぎゃあー, こんどのは, ご思案, さがして, すがた, そとへ, それも, たれも, ちょっと横, はずみだした, ぴったりとまる, ぽんぽんきこえる, また二百, みんな行っ, ゆっくり休ませ, ビールでも, ベソベソ泣い, ペンカンさげ, 一ぱいやっ, 一ぷくやるとするか, 一休みしましょう, 一晩しのごう, 一杯飲ませる, 一杯飲もう, 二三軒ことわられた, 交替した, 人の, 仲な, 休ませて, 休んだらどう, 何を, 倒れて, 再度の, 功を, 助かる手, 參つち, 可し, 啼いて, 地方的な, 地虫も, 売ってる仕入物, 子供が, 室調を, 家の, 寝ころんで, 寝て, 小鳥の, 山羊の, 帰って, 床の, 廃刊と, 彼の, 待ちうけ, 待って, 忙しそう, 懐胎した, 打つかって, 拾って, 捌くの, 掬って, 放言し, 早や, 昼寝し, 時間を, 暫くの, 根から抜い, 梓川の, 梟の, 死ぬなんて, 気流が, 演習が, 燃えて, 田んぼを, 白柄組と, 眉山は, 私たちは, 私は, 自暴酒を, 芝居と, 草を, 草笛を, 蕎麦でも, 虫が, 虫の, 蛙が, 蜩が, 蝉が, 行けるもの, 見たもの, 見つけて, 見張って, 買うつもり, 買ったの, 買つたつ, 起る, 跡形も, 逢ったならば, 酒でも, 雲雀さえ, 音が, 食って, 飾れるもの, 餅を, 駕籠を, 鮨を, 鰻でも, 鳴く, 鶏を, 鶲が, 鹿を

▼ そこら~ (114, 3.5%)

4 人魚の 3 どこも, 一面の, 青くしんしん 2 ぼおっと, まるで灰, 一面に, 浅い水, 湖の, 見渡す限り一面

1 [89件] あまり手入れ, あまり静か, いくらか路, いつもより, いといませぬ, うす暗い, さっぱりした, さむしい, しぃん, しとどに, しんと, しんとして, すっかり埋まりました, すべて樹木が, すべて真っ暗であった, すべて草木も, たいへんな, ただ朧気, できるだけ冷静, なんとも, なんとも云, にわかに青く, ばし, ひっそりと, ぶち撒いた, ほんの修行, また, またひとしきり, まだほか, みんなむざんな焼跡だった, みんな桃いろ, むっとした, もう暗く, もう畑, もう砦, もう薄暗く, もう郊外, もう雑司ヶ谷, もう高台寺, よくわからない, よほど面白い, 乃公に, 人跡の, 何とも, 何れが, 何処でも, 凡庸で, 凡杯で, 切り開かれて, 別莊, 叛逆の, 埃だらけで, 完全に, 山ででも, 彦兵衛自身もしか, 御推量, 必ず俺, 抜目無く, 操縦の, 放り出すべきだ, 敵地に, 明け放して, 時ならぬ, 暗し何より, 本丸の, 桑名藩の, 水の, 洪水と, 滅多に, 濁らぬ, 牛の, 生き延びますよ, 白昼の, 私には, 籾や, 緩い勾配, 自由に, 茫ッと, 虎杖の, 見下す位置, 道幅が, 長庵, 開業できる, 雑草に, 雪も, 青い孔雀, 馬の, 魯庵の, 鶏声が

▼ そこらあたり~ (90, 2.8%)

2 がき

1 [88件] からじ, からはいよいよ, から中山, から密林, から屑鉄屋, から頻りに, がきいん, がむず痒い, が一面, が原因, が急, が薄, さ, でこっち, でせう, でちょうど, で影, で遊ん, にいくつ, にはそ, にはもう, には大文字草, には楊枝店, には芒, にひびき渡る, にひよつこり, に一ぱい, に出, に好く, に姿, に居なかった, に居る, に振り照らし, に特有, に見いだされなかった, に隠れ, に隱, に須磨, のど, の器具, の安本, の小, の島, の病気, の茎, の草木, の薬草, の街路, の道, の達磨, の青侍, はさんざん, はしつ, はサヨ, は似た, は利根川, は樹, は畑, までお送り, まで出, をかけまわる, をさがし廻りました, をさまよう, をたくさん, をとつくり, をなでまわし, をぶらつい, を不気味, を匍うの, を回りだした, を圧, を掃き清め, を探した, を撫ではじめました, を歩い, を歩いた, を水, を漁っ, を漫歩, を行乞, を見まわした, を見る, を見廻し, を見廻す, を逍遙, を飛びまはつてゐる, 濡れて, 睨みまわす眼

▼ そこら~ (79, 2.5%)

5 行って 3 腰を 2 浴客が, 立てて

1 [67件] いって, お掛けなす, きて, くくりつけて, こぼれた青い, ごろりと寝, そつと, ちらけて, ちらばった, ちらばりました, なすりつけるの, にげて, ぬうっと出現, のそのそ這い出し, ふっと吐い, ほうり出しそのまま, やって来たかも, んの, んを, ポカリ浮き上っ, 一人で, 一度に, 一番持ちかけ, 並び散らして, 仕附けない買物, 入って, 出かけて, 出て, 出るには, 出るにも, 姿を, 席を, 当る, 影を, 投げ出して, 抛り散らしながら, 探りを, 撒いた, 放火を, 散らばつた小枝, 散るし, 書きのこして, 木実を, 来かかった者, 来て, 棄てられたり, 泳ぎ出す, 涼みに, 溢し, 漂わせて, 牛を, 痰を, 落して, 落ちた, 血が, 行きましょう, 行くよう, 見当を, 評価が, 試植する, 買い物にでも, 迷い込んだ子供たち, 酒樽を, 野宿も, 隠れでも, 雫と, 霧を

▼ そこら~ (69, 2.1%)

4 一ぺんに 3 暗くなっ

1 [62件] いぎりすの英吉利, おまえさんの, かっとあかるく, きいんと, ごたごたします, ごたごたと, ざわめく人, せいせいする, そうぞうしくって, たちまち明るく, ちがうところ, とり散らかして, はっきりしない, はっきり書いてない, ひどく暗い, ぼうっとけ, ぼんやりかすん, まだまる, まだまるっきり丈, ようよう一片, 一ト片着き, 一番うまく, 交際の, 全く夜, 分明せん, 半島の, 古くさく汚く見えた, 名奉行, 埋井戸, 好い御, 尊氏の, 急に, 悪党と, 明かるく, 明るくなれ, 明るく橋, 春めいて, 暗くなった, 暗くなります, 暗くシン, 朧に, 本当の, 汚な, 片附いたら, 白くならない, 目が, 真暗, 真赤に, 矛盾という, 稍, 第二大隊, 精い, 落ちでござろう, 薄ぼんやり, 薄暗くなっ, 見当だ, 赤く燃える, 鋭い直感, 青みがかって, 餘程皮肉に, 鳴って, 鼠色に

▼ そこらには~ (54, 1.7%)

4 蹄の 2 人通りは, 茶畑も

1 [46件] いなかった, かつて見た, こおろぎの, しおれた鼠尾草, たしかに多大, なるだろうから, 井戸も, 人らしい, 人力車が, 倉庫が, 別に, 別に変, 句帳も, 呉服屋陶器屋葉茶屋なぞが, 土まじり, 坊が, 座に, 彼女を, 暗い大きな, 松が, 染屋の, 栗の, 桜が, 毀れかかった空き屋敷, 毀れかかった空屋敷, 沙魚釣りの, 漆の, 牢人者だの, 田畑が, 男や, 立ち姿の, 篝火が, 絵具が, 草が, 草木が, 藪蚊の, 蛙の, 見えなかった, 見つからなかつた, 見当らない, 討死した, 誰も, 赤松が, 野良着が, 雪どけの, 鰊らしい

▼ そこら一面~ (50, 1.6%)

2 にからみついた, に高い, 踊りまわりあたり

1 [44件] がポムペイヤン, が蛇, とびちったが, にあっ, にある, にぐっしょり, にさっと, にじが, にその, にちらばっ, にできる, になみ, には着物, にばらまかれ, にまき散らされる, にみだれ, にサフラン, に取り散らし, に散在, に油, に流れ, に湿れ, に漂う, に漂っ, に濛々, に燃えさかる, に目, に石油, に空虚, に粉炭, に薄, に銀色, に雪, に飛散, に鳴い, の藪, まあどうで, ゆらゆらと, をまし, を包んでしまつた, を茶畑, 投げ飛ばされた患者, 見れば, 鋤いて

▼ そこらじゅう~ (47, 1.5%)

2 にある, の物

1 [43件] から吹き込ん, が赭, きいんと, に, にうろつい, にこもっ, にごろごろ, にはびこりました, にキッス, に出, に声, に引っかけ, に死, に雪, に青い, のボックス, の得態, の榛の木, の西洋人, へ行儀, へ衝き当たる, みまわしても, をうろつい, をうろつき廻らせ, をガタピシ, を埃だらけ, を探しまわりました, を染めあげ, を歩い, を歩きまわっ, を歩き始めた, を毀し廻った, を無茶苦茶, を照らし, を見, を転がりはじめた, を駈けあるき, を駈けまわっ, 拭きまわったり, 拭きまわるより, 探して, 這い廻るよう, 駈けずり

▼ そこらまで~ (32, 1.0%)

3 送って 2 出て

1 [27件] お出かけに, お迎, きて, ご一緒, つきあって, 何と赤い, 夕焼ける, 帰って, 御一緒, 御案内, 散らばった, 散歩安心し, 来たらしいが, 来て, 歩いて, 歩きに, 歩きましょうか, 続いて, 良人を, 行ったの, 行ったらこの, 見送るわかれは, 負って, 迎えに, 送るそして, 這い上って, 附いて

▼ そこらから~ (26, 0.8%)

2 拾って

1 [24件] お梅さん, かけて, ひそひそと, ひょこひょこと, また急, もう雑鬧, ピアノの, 乗り替えやう, 始まって, 小さな, 小さない, 小さな嘆息, 拾い集めて, 時間という, 杉の, 松葉や, 枯枝を, 案外他人, 狩り集めて, 秋めいた風, 聞えて, 花見の, 這ひ出し, 飛び出して

▼ そこらいちめん~ (17, 0.5%)

4 に夢 2 にし

1 [11件] あかるく降っ, かちかち鳴りました, きらきらきらきらする, にばらばら, にひろ, にひろがつ, に散りしい, に見えた, ゆらゆらのぼっ, 鳴って, 黄色い煙

▼ そこら~ (17, 0.5%)

1 [17件] からごみ, にいる, にうようよ, にしっぽ, に立ち, に紙, のごみ, のまごまご, の店先, の廊下, の木さ, の汽車, の藩兵づれとは, へ一杯, へ投げつけるだろう, をぶらぶら, を歩い

▼ そこら~ (12, 0.4%)

2 うを 1 うから, うで, う一面, う差合, ゆうに, ゆうに水, ゆうに聞え渡る, ゆう一面, ゆう山, ゆう石炭だらけ

▼ そこらでは~ (10, 0.3%)

1 こおろぎの, ないもの, もうつめ, もう早い, 予想屋さんの, 埒が, 早い蛙, 素人に, 蔭口し, 誰も

▼ そこら~ (9, 0.3%)

2 無暗に 1 まだ棹, 余りいじっ, 国のと, 焼けて, 王應麟の, 考げえて, 薄暗くなっ

▼ そこらいっぱい~ (7, 0.2%)

2 でした 1 こんなにひどく明るく, になり, に咲き乱れた, に流れ, ひかり出す

▼ そこらここら~ (7, 0.2%)

1 から笑い私語, で聴かされ, と撰ん, に往来, に涼しく, の雑木山, を吾が

▼ そこらにも~ (7, 0.2%)

2 鉄条網や 1 ある植物, ザラに, 人の, 刃物は, 落ちて

▼ そこらへん~ (6, 0.2%)

1 からくる, にいる, におい, に蠢, に露西亜人, のボタン

▼ そこら一帯~ (6, 0.2%)

1 の大屋さん, の榛の木, の空気, の葡萄畑, は田圃, も様子

▼ そこらいつ~ (5, 0.2%)

1 ぱいならべてあつてどれにも, ぱいに, ぱいにかかつてしまつた, ぱいに虫の, ぱい嫁入の

▼ そこら辺り~ (5, 0.2%)

1 にある, にやし, に群れ上っ, に高層建築, をゴソゴソ

▼ そこらのに~ (4, 0.1%)

2 ぎやかさとはまるでちがったことを考え 1 ぎやかさとはまるでちがったことを考へ, ぎやかさとはまるでちがつたことを考へ

▼ そこら一ぱい~ (4, 0.1%)

1 で足, になっ, にはんらん, に朝

▼ そこらでも~ (3, 0.1%)

1 こ, 旧い暖簾, 話題であった

▼ そこら~ (3, 0.1%)

2 んで 1 筈な

▼ そこら一杯~ (3, 0.1%)

1 に人, に生え, 散らかして

▼ そこらあるけ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば糸瓜

▼ そこらいちめん雪~ (2, 0.1%)

2 のなか

▼ そこらしか~ (2, 0.1%)

1 そこに, 無い

▼ そこらじゅう一面~ (2, 0.1%)

1 にちらばっ, にベタベタ

▼ そこら~ (2, 0.1%)

1 からまっ, ね

▼ そこらぢゆう~ (2, 0.1%)

1 の枯葉, の物

▼ そこらであろう~ (2, 0.1%)

1 な, 久留米絣の

▼ そこらです~ (2, 0.1%)

1 かね, しそんなに

▼ そこら中いっぱい~ (2, 0.1%)

1 じゃない, にほこり

▼ そこら全体~ (2, 0.1%)

1 が山腹, を私娼窟

▼ そこら界隈~ (2, 0.1%)

1 に驚愕, の

▼ そこら~ (2, 0.1%)

2 の芽だらけ

▼ そこら近所~ (2, 0.1%)

1 にも別に, に騒々しく

▼ そこら遊びし~ (2, 0.1%)

2 小夜ふけ

▼1* [133件]

そこらあたりいちめんの, そこらあたりじろ, そこらあたり一杯に散ら, そこらあたり一面には萩, そこらいちめんほのかにこめ, そこらいちめんウジョウジョと這い廻っ, そこらお世話になった, そこらかかろがな, そこらからが双子山の, そこらからの寸尺と, そこらくれてやっ, そこらぐらいだろう, そこらゆうにぶたれた, そこらじゅうきれいに咲い, そこらじゅう切り疵だらけにせず, そこらじゅう刺し廻るピストル, そこらじゅう原子だらけだ, そこらじゅう歩き廻るん, そこらじゅう水だらけにし, そこらじゅう滅茶滅茶になっ, そこらじゅう空も船, そこらじゅう血まみれになった, そこらぜんたいの位置, そこらただ暑し日ざかり, そこらだろうな, そこらであったので毎日, そこらであるらしく水練に, そこらでござるが不純, そこらでの大きな呉服店, そこらでをんな, そこらで御座いますから二時間, そこらで打つからない, そこらとは見えなかった, そこらなる花花と, そこらにかがまり迎え, そこらにしかならないのに, そこらについて毛が, そこらにてすむやう, そこらにては肩身狭から, そこらにでもいるよう, そこらになんぞ不用な, そこらにまで乱入し, そこらにゃ影も, そこらのこつを呑みこん, そこらはいちめん氷凍された砂けむり, そこらはにはかに青く, そこらははははは大丈夫です, そこらばたばた敲きながら, そこらへでも出かけるよう, そこらへの顔出しも, そこらへは置けず捨て, そこらへまで飛んで, そこらへもやってくる, そこらまでの心算が, そこらまでは沿道の, そこらをかぢる, そこらをのた打ちまわった, そこらアメリカに行っ, そこらキヨロキヨロ見廻はし, そこらジロジロ見廻す眼, そこらめぐりする椿, そこら一ぱい棗の林, そこら一めんに陽炎, そこら一帯地均しされるだけの, そこら一杯水は赤く, そこら一面チュウリップ酒の波, そこら一面八方塞り不義理だらけ, そこら一面水浸しにした, そこら一面波が黄色, そこら一面火ぶくれの, そこら一面石の嵐, そこら一面硝子破片のペーパー, そこら一面赤色と紫, そこら一面踊りまはり, そこら一順見廻は, そこら三十分で運ん, そこら中あっちへ走り, そこら中どこにも至る, そこら中みんなズタズタに, そこら中人の顔, そこら中目もあてられぬ, そこら中眞青な夏草, そこら人声のし, そこらぢゃ巾利だ, そこらはない, そこら何んじゃ, そこらに廊下, そこら前後のこと, そこら取片づけ塵を, そこら堆い萩の, そこらの外, そこら寄付でもした, そこら屋敷小路の荒廃離, そこらのよう, そこら引き結ふ, そこらって見かえる, そこら持って行った, そこら捜しつついたう, そこら散歩おだやかな睡眠, そこら散歩学校に寄つて, そこら散歩練兵を観, そこら明るくなった, そこら朝風に抜け捨て, そこら木の葉のちる, そこらの木蔭, そこら歩いていた, そこら汚したりし, そこら無駄されて, そこらぼりて, そこら生むもので, そこらの上, そこら病人がいたっ, そこら白いものばっかり, そこら花のにほひ, そこら血だらけで犬, そこら見ありきしが, そこら見廻すを年増, そこら費やしている, そこら跣足にてあるく, そこら転がって歩, そこら辺当もなく, そこら辺車通るとこ, そこら近くの草, そこら近辺を無, そこら遊んで生活, そこら道ばたに転がっ, そこらの風景, そこら郊外へ行こう, そこら漏る音, そこら面白いところを, そこらある水, そこら頂戴したって, そこら鼠色の汚