青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そこで~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そ~ そい~ そいつ~ ~そう そう~ そういう~ そうした~ そうして~ ~そこ そこ~
そこで~
~そこら そこら~ そして~ そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと そっと~

「そこで~」 21198, 229ppm, 436位

▼ そこで~ (1066, 5.0%)

4327 はこの 25 はその 15 は自分 14 は彼 11 は考えた 10 は私 9 はこれ 8 はそれ 6 の父, はまた 5 が, はあなた, はこう, はまず, は一つ, は思い切っ, は次 4 の店, はあの, はお前, は今度, は何, は再び, は早速, は決心

3 [14件] が自分, はある, はもう一度, は井伏君, は今, は又, は彼等, は或, は次に, は父, は第, は試み, は身, もいよいよ

2 [73件] がこの, が何, が先, が案内, が私, だが, になんとか, のうち, のやう, の保子さん, の心, の意見, の感ずる, の考, はいまさら, はここ, はこれから, はこれら, はさ, はそこ, はともかく, はひそか, はまさしく, はまったく, はテーブル, はペン, は一刻, は二階, は云った, は今日, は伝記, は例, は先づ, は医者, は咄嗟, は姉, は娘, は学校, は家, は小林, は少し, は帆村, は彼ら, は思う, は急, は持っ, は改めて, は断念, は日本, は更に, は最初, は最後, は月給, は東屋氏, は歩調, は現代, は生活上, は男, は目, は直ちに, は神, は立っ, は考へた, は船長, は色々, は言下, は頭, は驚い, は魔女, もまた, も亦, も今, も思わず

1 [637件 抜粋] があからさま, がいた, がさっき, がそいつ, がそう, がその, がまず, がもう一度, がウマ, がマダム三浦, が一つ, が一夕晩メシ, が一段, が今, が先日東京, が再び, が出獄, が咳払い, が国老, が壇上, が大胆千万, が密か, が寺, が心, が恐れ, が教, が整形外科的処置, が斯, が最初, が最近史談会, が来ました, が此島, が痛切, が答えよう, が精, が考えた, が考えます, が考える, が色々, が西北原, が訊い, が追, が青年諸君, が頼ん, であるが, としてはみなさん, と佐佐木さん, と山下, と日出雄少年, と母, と田中, と釣り, などもつひ, にはべつに, には物, に一肌, に云わせれ, に向う, に向こう, に大きな, に待っ, のいった, のいふ, のからだ, のたべ, のところ, のやろう, のよく, のペン, の一行, の上, の両側, の今, の仕事, の仲間, の傘, の写生, の出, の好奇心, の実検上, の工夫, の心配, の思う, の手, の手間, の方, の書く, の書中, の最後, の朝鮮土産, の歓迎会, の気持, の片方, の犬, の目, の知りたい, の第, の素性, の考え, の耳, の製作上必然, の註文, の話, の語ろう, の諸, の質問, の鑑定, の長い, の驚いた, の麻, はあえて, はあり, はいいたい, はいうた, はいくら, はいそい, はいった, はいつも, はいま, はいろ, はいろいろ, はいわれる, はうどん, はうめく, はお, はおびえる, はかう, はかう思はず, はかねがね, はかの, はかんた, はきのう, はきょう, はこういう, はこれからはじめて, はこんなに, はごろりと, はさらに, はしばらく, はすかさず, はすぐ, はすでに, はすべて, はせめて, はそこそこ, はそれほど, はそれら, はそれ位, はただ, はちょうど, はちょっと, はつい, はできる, はできるだけ, はでは, はとっ, はとりあえず, はどうか, はなめし, はねまき, ははじめ, ははじめて, ははっと, はほつ, はぼんやり, はまだ, はもう, はやってきた, はやはり, はやむを得ず, はわが, はわが国放送局, はわざと, はアモアピカル, はオデオン行き, はオニグルミ一名チョウセングルミ, はオルガ姫, はカシミヤ, はクラム, はグデングデン, はサラット博士, はスグ, はソロソロ, はタンカル, はチベット, はチリメン, はトコトコ, はドサ貫, はバカバカしく, はプロ, はペコ, はポケット, はユタ, はラサ, はルセアニア人, はルックサック, は一人, は一切外國人, は一夜, は一応, は一文, は一日, は一法, は一生懸命主人, は一種, は一策, は丁嚀, は三つ, は三年, は三本足, は世, は世間, は中村さん, は主人, は予て, は予言, は二つ, は二ヶ月前, は二重, は二頭, は人々, は今にも, は今一つ, は今一度お釈迦様, は今夜, は今後, は今後創造, は今日ここ, は今朝あいつ, は仕方, は以上, は以前, は伊東斜酣, は何とか, は何時間, は俊夫君, は個人, は倒れ, は健康者, は偶然思い, は傘, は元々, は兄妹, は先, は先づ自分, は先年, は先年傷寒, は先生, は先生方, は入営, は六蔵, は刑期, は初めて, は前, は努め, は労働生活, は十銭銀貨一つ, は原型, は取引, は叢, は口ごもり, は只今, は叫んだ, は右, は司法当局, は向, は君, は吾, は呆れ返っ, は和歌山県, は和武, は唯, は商船, は問う, は喜ん, は喜んだ, は囚人ら, は国家, は国王陛下, は土産話, は夙, は多少, は大, は大売出し, は大浦家, は大胆, は大臣, は天鬼, は夫, は失敗, は女房, は嫁, は子供心, は学務課長, は容疑者, は宿, は富士山, は寧ろ少し, は小父さん, は小田先生, は小船, は小野松二君, は差配, は帰っ, は帰り, は平然と, は広く, は庄亮, は彼女, は心豊か, は心配, は快く, は念, は思いがけなく, は思いきっ, は思った, は思案, は恐る恐る, は悲しい, は愛情, は懇願, は我が, は我慢, は房州, は扉, は扉口, は手, は手真似足真似, は手術, は抗弁, は押し切りまし, は描き上げた, は握飯, は支那服, は数年前私, は旅, は旅順, は日蓮聖人, は旧藩, は明日, は明治以前, は明白, は時宜, は時局多端, は普通, は暫く, は暫時福田氏, は更め, は書, は有名, は村民ら, は東北, は根岸, は椅子, は椋鳥主義, は楊州美人, は構想, は様々, は横向き, は橋, は止, は正ちゃん, は此, は此以上奇説, は母, は毛, は気がつい, は水浸し, は永い, は泥手, は洪君, は漫談, は潮時, は火事, は無意識, は牛, は物差し, は物置部屋, は現在, は甘えず, は生まれ, は生活改善, は申し上げましょう, は町, は監督, は直に, は眞理, は真夜中, は真理, は眠り, は睨まなけれ, は矢つぎば, は知っ, は社員, は祖母, は私自身, は窒素, は筋肉労働, は答えた, は答えました, は範疇, は簡単, は籠, は糠, は紳士, は終り頃, は結局, は絵, は綱, は縁, は考える, は考へる, は職業上, は自ずと, は舟, は若し, は苦笑, は茶谷会長, は行く, は衣子, は裏, は製菓原料, は言, は言いました, は証明書, は話, は話題, は誰, は諸君, は警察官, は警戒, は議論, は貞操, は身体工合, は身体組織, は辞去, は農家, は近づい, は近代芸術, は返答, は遅まきながら, は遠, は遥か後, は遭難, は酔ったまぎれ, は重ねがさね, は金一ギルダ也, は金色, は銀さん, は鋏, は長男, は陸上競技, は雑草, は雑誌連載, は雪代さん, は須山, は額, は顔, は飛び起き, は鰍, は鳥屋, は鳴る, も, もあらためて, もいそい, もお供, もし, もしまいに, もそれら, もとうとう, もむっと, もわざと, もサケ, も一ヵ月半, も万一, も云いました, も京都, も全く, も別, も別れ, も喬介, も大, も始めて, も少し, も彼, も氏, も気付く, も狂乱, も眼鏡, も経験, も考えた, も英国流, も観念, も訳, も銀銭, をつかまえ, をみつめ, を捉えた, を相手, 逸早く座席

▼ そこで~ (652, 3.1%)

16 は自分 15 は, はその 8 はこの, はまた 5 はちょっと 4 はこう, は今, は眼

3 [11件] はそれ, はどう, はひとり, はもう, は一つ, は再び, は又, は大井, は或, は次, は気

2 [47件] の心, はあきらめた, はいきなり, はけばけばしい, はこれ, はこんな, はただ, はふたたび, はまず, はもう一度, はよく, はパイプ, はポケット, は一寸, は人, は今日, は仕方, は低い, は何, は元気, は全, は勇気, は声, は夜, は大きな, は大急ぎ, は実に, は役人連, は彼, は彼女, は後輩, は思いきっ, は手, は手拭, は改めて, は斎藤, は父, は目, は立, は自動車, は舟, は長い, は階段, は食事, は駕籠, もとうとう, も私

1 [446件] がどの, がなほ身, がまた, がわたし, が下し, が何, が先頭, が告白, が奉行, が居間, が巴屋, が持っ, が最初, が次, が江戸, が眸, が自ら, が返上, でもない, とは反, とは反対, においても認識, にたいする戦い, には小田切氏, に好い, のこと, の五度目, の仕業, の依頼, の俳句, の先生, の出獄, の振られた, の新天地, の本体, の果断, の權官, の歴史理論, の熱, の発見, の眼, の結論, の考, の考えた, の職業, の若い, の言, の身の上, の酩酊, はあの, はあやしい, はあらあらしく, はあらまし, はいいかげん, はいささか, はいそい, はいつ, はいわれた, はおどおど, はかいつまん, はがばと, はきゃ, はきわめて, はぎごち, はくだん, はぐっと, はこわごわ, はこんど餌ちょく, はごくゆっくり, はさ, はさだ子, はさっき, はしおしお, はしばらく, はす, はすぐれた, はすすん, はすでに, はすまないすまない, はすんで, はずっと, はせめて, はそういう, はその後幾日, はその間外出, はぞんざい, はたいへん, はたえず, はためし, はだれ, はちよ, はとやかく, はとりこ, はどっち, はなるべく, はにわかに, はにんじん, ははい出, ははげしく, ははじめてにやりと, ははたと, ははっと, はひそか, はひどく, はびつくり, はふみこん, はふり, はふり向き, はぶつぶつ, はほっと, はぽつねんと, はま, はまだ, はまだほとんどまったく, はまったく, はみずから, はむかし自分, はやっと, はやむを得ず, はわざと, はイワン・フョードロ, はエリザベス朝, はガロエイ夫人, はケノフスキー, はゲエテ, はセリファン, はソロソロ, はチューブ, はテーブル, はドア, はドン, はニヤニヤ, はビール, はフランス革命, はモロ殺し, はローゼン, は一, は一々, は一人遠足, は一代, は一体, は一寸口髯, は一層, は一所懸命, は一晩中, は一生けんめい, は一男三女, は一計, は一身, は一通り手, は三度, は三日, は三昼夜, は下, は下宿屋, は不可解, は不安さうに夢, は不満足, は与えられた, は丘田医師, は乱軍, は事, は二本足, は云っ, は亡き, は人生, は今一度非常, は今度, は今後, は仮病, は仮睡, は伝道, は住み込み, は何とか, は何より, は作り声, は例, は侶, は信仰, は倫敦行, は側, は傷ついた, は先, は先ず, は出来かかった, は出来る, は出獄, は初瀬, は前, は副, は労働者, は勝見, は勢いよく, は十七号, は十万フラン, は十分, は十字, は卓子, は博士, は口, は台本, は合理的, は呼び声, は命令, は善心, は喉, は嘆息, は嚴肅, は図書館, は土地, は土居三津子, は城太郎少年, は場所, は塹濠, は夕方駕籠, は夕日, は夢, は大, は大声, は失敗, は女中, は好意, は妹, は妻, は妻子家来, は始め, は学狡, は孫策, は実験室, は家, は家族, は小さく, は小さな, は小屋, は少く, は尨大, は尻, は山キ, は嵬, は工人, は左, は巧み, は帯, は平然と, は年, は年中, は幸作, は幾分, は幾度, は庭, は庭園, は引き返した, は引返そう, は強い, は役場, は彼ら, は彼独得, は征服, は徐ろ, は忠利, は念, は忽ち, は怒鳴った, は思いつい, は思い切っ, は思い切り, は思ひき, は思切, は恭一, は悠々, は悦に入っ, は悩む, は悪寒, は想像, は愈々, は愛妻バルバラ, は我々, は戦争, は房子, は手ばやく, は手ほどき, は手探り, は手綱, は才知, は折, は折角, は折角生, は拳銃, は持て余すまい, は提灯, は故郷, は敵打, は斯, は新聞, は新聞紙, は方々, は日本, は早く, は早速, は昨夜, は是, は時局, は書く, は最後, は月, は月々一回ニュー, は服装, は朝, は朝夕, は未来, は本物, は果し状, は柱, は森, は様子, は歩み, は殺し, は殺意, は毎夜, は気がついた, は水戸, は求められる, は江戸, は決心, は泥棒, は涼しい, は減圧箱, は満足, は火災, は烏啼, は無言, は無邪気, は熱, は熱心, は片目, は牌, は物狂おしい, は独流, は猛然と, は猫, は王様, は珍し, は瓶, は甚太夫, は生き, は用心, は用意, は甲府, は癩, は目的, は直ちに, は相手, は盾, は県令, は県知事, は着席, は知っ, は知ってる, は石, は石段, は確信, は私, は稲葉氏あて, は積ん, は積極戦略, は穴, は空き屋敷, は空中, は立ちすくんだ, は立ち上がっ, は立ち止まった, は筆, は箸二本, は精進, は紐, は細君, は罪状, は考え, は考えた, は考えぬいた, は考へた, は耳, は胆沢城, は胸, は腰, は自動電話, は自暴自棄, は舌, は若者, は苦衷, は英国, は葡萄酒, は蒼ざめた顔, は蓄音機, は藤原家, は被告, は見せかけ, は見た, は見張り, は視線, は角, は言った, は誰, は講堂, は警察, は足, は踊る, は身, は身ぶるい, は身動き, は車大工, は軍曹, は輿, は辰蔵, は辻馬車, は近ごろ, は返事, は逃げ出し, は通りかかった, は遂に, は部下, は都市, は鉄水母, は銅山, は閊えた, は階下, は電車, は非常, は音, は頬かむり, は飛行機, は飲ん, は馬, は駒井, は髭, は髯, は麗人, も丘, も亦ニヤリ, も努め, も牛飲馬食, れの, をここ, を仲間, を祀った, を途中

▼ そこでこの~ (466, 2.2%)

5 ような, 二つの 3 ように, 上は, 人の, 問題を, 少年は, 屋敷へ, 機会に

2 [22件] たびの, ままで, 一座の, 三人の, 事は, 事を, 事件は, 二人の, 人は, 偉大な, 地方の, 奇妙な, 子の, 根本原理に, 犬帰の, 男の, 男は, 種の, 絵像の, 辺で, 連中は, 頃は

1 [391件] あいだから, あいだじゅうから, うちで, おかみさん十兵衛に, おにい, お二方, お寺は, お経, お芋, お話です, お話の, お話は, お話も, ことから, ことを, すばらしいたい, そぞろ歩きを, たびは, たび備中麦飯山の, ときも, はじめての, ひいさま, わら人形に, アパートが, オホナカツ姫の, カイザーと, カラクリの, ツァンニー・ケンボは, ハガキを, ピカデリー劇場の, フランスの, ブラッドフォード市においては, ブルジョア, ボートを, 一まきは, 一人の, 一件が, 一千ドルの, 一巻が, 一幕は, 一文を, 一組の, 一行は, 一行も, 一軒の, 一間には, 七兵衛, 七兵衛も, 七名は, 七月には, 三つの, 三ぴんの, 三段階に, 三百両の, 三箇が, 三誌の, 三部そろっ, 上はと, 下島に, 下等な, 不健全な, 不可能らしく見え, 不思議な, 不潔な, 世の中で, 両人を, 両室, 中で, 事が, 事件が, 事件の, 事情が, 二人は, 二人を, 二本の, 二首の, 五分間, 五十銭は, 人が, 人たちの, 人名の, 人暇具合さえ, 人物に, 人間改造機械が, 人間生活を, 今日の, 仕事部屋の, 以前から, 仮定は, 会の, 会名の, 会談は, 伴天連は, 住民について, 何とも言えない, 何ものかが, 作品は, 例も, 俳優とはなんぞ, 俳優は, 俺が, 俺は, 僧侶は, 八景めぐり, 内面的の, 分類は, 初舞台という, 前心持ちを, 力競べは, 助手君を, 化け物が, 十年以内に, 十年来僕は, 原稿は, 友釣りは, 句が, 句の, 句も, 召状に, 名称の, 呉服屋の, 周章者は, 問題の, 問題は, 喧嘩は, 器械を以て, 四五年という, 四五日その, 四大河の, 回転扉を, 国内でも, 国際連盟を, 土地の, 土師氏を, 在満機関三位一体制, 地表に, 坑夫の, 場の, 場合には, 場合老人は, 場合自分の, 壮士が, 壺に関して, 夏は, 外交郵便夫という, 外部の, 大学へ, 大帝国の, 大袈裟な, 夫婦喧嘩師の, 奇妙なる, 奇怪な, 契機に, 女に対してすらが, 女の, 女も, 女を, 妃の, 媼は, 孃子を, 子は, 子を, 字を, 孝悌が, 学者は, 學派の, 宇野が, 宗教感の, 官吏の, 定評は, 室の, 家の, 容器の, 宿で, 富士の, 小坂さんの, 小康時代に, 小説は, 居すわり, 屋敷が, 屋敷に, 履を, 山が, 山の, 岩を, 島の, 川を, 川原の, 席には, 幇規は, 幾組かの, 店頭の, 度の, 度は, 引用は, 往途大阪にも, 律義一遍の, 後で, 後の, 御上書, 心の, 心持ちが, 思ひがけ, 思想対策殊に, 思想混乱つまり, 思想統制の, 急坂を, 怪奇な, 恬然子は, 悪むべ, 惟行の, 意味での, 意味において, 意味を, 意義においての, 意識に, 意識を, 懇親会の, 批評の, 投書を, 抵抗力を, 挨拶の, 支那服だ, 教育家が, 整理案に, 文化価値を, 文学という, 文学アカデミイは, 新らしい, 方が, 方の, 方面に, 方面における, 日, 日には, 日の, 日彼等は, 日私は, 昇汞を, 時代に, 時分に, 時分を, 暗号を, 最初の, 最高幹部会で, 期間に, 李君が, 東征物語が, 格言の, 森で, 植物すなわち, 椎の, 極悪非道の, 標本を, 樹を, 機能, 機関は, 欠陥を, 歌が, 歌と, 歌に, 歌の, 歌は, 武士は, 毒の, 比率を, 永禄四年, 河を, 法則の, 洞穴の, 浦辺の, 浪人者は, 渡洋潜波艇は, 渡良瀬川の, 滅多に, 火の, 点が, 点に, 点の, 点は, 煙草は, 煮つめたところ, 爆弾の, 爛酔の, 父子の, 牡丹蔓だ, 特別の, 犬を, 状態の, 独活の, 用法が, 男にも, 男の子は, 男を, 画家と, 疑惑が, 発明者や, 白衣の, 百姓男は, 目的の, 相違は, 矛盾なる, 短いおそろしく退屈, 研成学校と, 神社や, 神聖文字と, 祭を, 私は, 私までが, 窓ぎわには, 童心を, 第一, 第三, 純粋化が, 統一的な, 絵師の, 縁談は, 縦にも, 繋がれたる豪犬, 翻訳集を, 老人に, 考えに, 聯想も, 肥って, 胆吹王国では, 能弁家は, 自由と, 船は, 船乗りが, 芭蕉の, 若殿の, 茂助の, 薄情な, 虎狼も, 虫の, 蜻蛉も, 蝋燭屑が, 行程の, 裏切を, 要塞を, 観念を, 触角が, 言葉そのものが, 言論の, 話は, 話を, 調査も, 論理的象徴主義は, 講演の, 谷を, 貴公子に, 貴公子は, 赤い山, 車の, 辛味ある, 辺では, 辺りを, 込み入つた為事, 返事を, 迷いを, 連中とは, 遍歴する, 道路に, 部門の, 配達費という, 里見さんの, 野干, 金を, 銅か, 錯綜を, 関係から, 限度内において, 際皆が, 集りの, 集団の, 雌の, 雪量測定を, 雪駄を, 雲水は, 青春を, 面々が, 面白い若者, 頃の, 頃例えば, 頃小説で, 願は, 願書は, 館内には, 馬鹿正直行為を, 駕籠は, ABCの

▼ そこでその~ (453, 2.1%)

7 男は 5 人の, 人は 4 夜は, 日は 3 晩は

2 [21件] お磯, つまり鼠いろ, 仕事を, 友人が, 地を, 夜の, 娘が, 娘の, 子供の, 小手を, 帝国芸娼院て, 弟が, 御子を, 日の, 材木を, 蜜蜂が, 金は, 音造という, 頃の, 馬車に, 2を

1 [383件] あいだに, あなたの, ありかを, おかしい話, おさんどんを, おそよさん, おのぞみどおり, お侍, お化けが, お妃, お嬢様に, お家へ, お浪, お熊, お近, お鎌, お鷹, からだ, ころとしては, ころの, ころ福井の, すがりを, つぎには, ときの, ときも, とき上手な, なくした, ような, オシクマの, オホハツセの, カタを, キジに, クシナダ姫と, クマソタケルが, ケイザイや, ドン, ヌナカハ姫が, ヒコヤヰの, フォウト・ライリィの, ブラマプトラ川の, ヘルマンとか, マドロスさんを, マナイタも, ワカクサカベの, 一丈の, 一件という, 一条の, 一線を, 一言主の, 一部分で, 三つの, 三人の, 三本の, 三河屋という, 上原という, 下から, 下へ, 下男に, 下駄を, 不足を, 与力は, 世界文明の, 主人という, 主人は, 事件を, 事実を, 二つの, 二人は, 二枚を, 人々が, 人から, 人たちを, 人物に, 人達の, 仏さまは, 仏像を, 代りに, 以来火も, 伝蔵の, 伯母樣の, 何とか引き分け, 侍の, 修行とは, 偶然と, 偽物の, 働きが, 兄が, 兄さんが, 兄に, 兄の, 先は, 先生の, 先生は, 児を, 八蔵とか, 処刑の, 分だけ, 列石を, 刻限まで, 副手から, 勧めを, 区別を, 千次郎という, 卓子の, 原因は, 原文を, 原稿を, 友人は, 友川の, 友達の, 同字整理, 名人の, 周囲に, 問答の, 啼声だ, 喪の, 器械は, 四五日は, 国の, 國から, 土人は, 土地を, 地の, 地蔵が, 坊主が, 坊主には, 埋もれて, 堂に, 報告書を, 場を, 声が, 声は, 壺と, 多くの, 夜ぼくたちは, 夜も, 夜もすがら米友, 夜豊吉は, 夜長い, 夢だ, 大刀弓を, 大神が, 大神の, 夫の, 女が, 女たちは, 女と, 女には, 女は, 女中の, 女主人公と, 妃の, 娘たちは, 娘と, 婦人の, 嫁の, 嫩葉を, 子には, 子孫たる, 季節を, 宗その道の, 宙に, 定窯, 室の, 宮に, 家では, 家の, 家へ, 富士川って, 小林氏は, 小説が, 小豆を, 少年は, 少年を, 少数ながらも, 山に, 岡を, 岩屋の, 島から, 席から, 帳簿の, 幾次郎は, 庄田が, 店は, 弥三郎と, 当日は, 当時ちょうど, 当時ユダヤでも, 当時自分と, 彼から, 後方を, 従者と, 御世を, 御子が, 御殿の, 御用という, 御褒美, 徳を, 心境だ, 心持を, 必要が, 怪談の, 恋の, 恥辱を, 息子の, 悪逆なる, 情深い気性, 懐紙を, 手が, 手を, 手近な, 指紋は, 探索を, 推定を, 撥条を, 放免の, 敷かれたれん瓦, 新聞に, 新聞社の, 方は, 方を, 日さっそく, 日も, 日人物試験に, 日本的範疇にも, 日茶を, 旨を, 明くる日は, 明りを, 昔の, 春山の, 時には, 時も, 時縁側に, 晩いろいろ, 晩すぐ, 晩の, 書記官が, 月光の, 朝は, 期限内に, 木を, 末子が, 村の, 橋の, 次に出, 次に東京, 次郎吉という, 欲求は, 歌を, 正木先生の, 死なぬはず, 死体を, 死骸でも, 死骸という, 死骸は, 残った家, 母子なき, 気味悪さ, 水門を, 決死の, 河水の, 海邊の, 深い底, 清水を, 湊合が, 火薬の, 点について, 熊の胆を, 燒跡で, 父母が, 犯人を, 猿公が, 玉を, 現そうと, 現場に関する, 現状が, 理屈を, 理由を, 生徒は, 産婦の, 男に, 男にも, 町へ, 白い乳房, 的中に, 皇后が, 皇后は, 盆を, 相手が, 相手は, 真偽の, 真闇, 着物を, 石を, 砂を, 神に, 祭りの, 禍を, 私の, 科学者は, 穴埋, 笑を, 答は, 精細な, 紳士泥坊は, 絵巻物を, 綱を, 縮冊で, 美人は, 翌日今度は, 翌日百五十両の, 翌晩は, 翌朝からは, 老人を, 老女に, 聖職者は, 胴体に, 脇指は, 舟も, 船に, 花に対する, 花を, 花下に, 花聟に, 茶器の, 荒い波, 華やかさに, 葬式を, 薄暗い山王下あたり, 藤助が, 蝋燭の, 蝶々が, 蝶を, 親許身請けの, 角で, 訣らぬ, 訳という, 話は, 話を, 調子に, 謝礼と, 警官は, 賢人は, 赤猪子が, 足跡は, 足跡を, 身が, 連中は, 進物を, 過失の, 酋長は, 野西から, 野馬の, 金を, 金曜日の, 金蔵は, 銃に, 鏑の, 際文芸に関する, 隣に, 隼人に, 雌の, 雑誌の, 電子は, 青年は, 青年も, 面白さ, 頃は, 頃少, 頃有名の, 頭を, 首を, 首筋を, 馬は, 高尚な, 鷺や, 黄金の, 黒人に, 鼠が, 龍の, 龍王が, 龍馬の

▼ そこで~ (286, 1.3%)

9 はその 7 は君 4 はこう, はこの, は考えた 3 は, は僕

2 [17件] の家, はあの, はこれ, はそれ, はもう, は二人, は今, は先生, は彼, は思う, は思った, は或, は毎朝, は自分, は色々, は釘, もいくら

1 [218件] いつも考え, から訊きたい, がかういふ, がこれ, がその, がそれ, がなに代, がデシル法, が云う, が今, が先, が到達, が口, が思う, が戸外, が歌, が目, が考える, が考へた, が自分, が言っ, が近頃, が長々, が+-, とヴァレリイ, と彼, などはまだ, にはいつも, に云わせる, に別に, のお願い, のこの, のやう, のセリフ, のマキアベリイ映画, の例, の僕, の懸念, の推定, の推測, の書く, の生育, の立場, の考え, の言いかけた, の計画, の話, の頭, はあなた, はあらためて, はある, はいつ, はいや, はえんり, はお, はおじさん, はお寺, はかねて, はこういう, はこりゃ, はこんな, はさ, はさだ子, はさっき彼, はしきりとむ, はじっと, はすぐ, はそういう, はそこ, はそこら, はそっと, はつくづく, はとうとう, はときどき, はどんなに, はなお, はなぜ, はなに, はひろ子伊達共犯説, はほつ, はほんの, はまず, はまた, はもっと, はやっぱり, はアッコルティ先生, はイヤ, はエルブ点反射, はスペード, はベンチ, はヤケ, はリンピイ, は一, は一つ, は一つカラクリ, は一体, は一本, は一生懸命, は一緒, は一般, は七郎丸, は三造, は二年, は云った, は今夜, は休暇, は伸子, は俄, は元, は兄さん, は充分, は先程此処, は兎, は出, は分量, は初めて, は別, は前, は劇評家, は即座, は君達, は四日目, は固唾, は夕食, は夙に, は大, は大きな, は夫人, は妙, は始終, は子供, は学問, は安心, は密航船, は察した, は少し, は少なくとも, は屋敷, は川手さん, は当日, は志村, は怒り, は思いがけない, は思はず, は急, は性的行為, は怪物, は慌て, は戦慄, は承諾, は推断, は旗田邸, は既成, は早速, は春, は昨夜, は昨日, は更ら, は望遠鏡, は東京, は欧羅巴, は武蔵野, は汽車, は涙, は渋々, は湯滝, は無念, は犯行, は田中君, は益々, は目下, は眼, は破片, は福間警部, は科学的, は突き, は窃, は立ち上つ, は竜子, は結局, は結論, は翌日女, は腰, は自動車, は自然, は若し, は萎縮, は藤田さん, は西洋, は西洋人, は西洋映画, は親類, は謎, は賭博場, は部屋, は部長, は降りた, は隠し弾機, もおおいに, もこうした, もエイエイ, もサンダル, も何, も君, も土俵際, も安心, も少し, も強, も息, も感動, も気持, も決心, も考へました, も自衛上, も鳩, も黙っ, を待ち合し, 及び新聞社

▼ そこで~ (275, 1.3%)

14 銀様は 7 めえ 6 銀様が, 雪は 5 角は 3 おかみは, たがい, 角さんが

2 [23件] きみは, ざる, みねは, やりに, 八重は, 別れし, 化粧を, 妃は, 峯は, 手が, 染という, 染の, 歌いに, 浜は, 留は, 答え申します, 絹が, 絹は, 色は, 角が, 銀様の, 錦は, 雪が

1 [182件] かみさんしつこく, かみさんの, かみさんは, かめと, ききやしたらなど, さるを, しゅんの, しるこを, せいが, せきも, たがいが, たずねしますが, ぢいさん, とぎ歌劇, ぬしには, まんまの, みちは, めへに, 一人で, 中間お, 主達に, 互に肩, 互に腹, 互の, 互様に, 仕舞いに, 仲間両, 任せという, 休みに, 伺い申します, 余野は, 侍さんも, 供え物を, 信が, 信は, 光, 光は, 六の, 六も, 内儀さんをも, 内儀は, 出入先の, 別れに, 別れを, 前方だ, 前方の, 勢も, 医者が, 医者さんはと, 医者に, 医者の, 取持, 君が, 君さんも, 君ちゃんを, 君も, 咲は, 園と, 園に, 坊さまが, 坊さんが, 坊さんは, 坊さん夫妻が, 城坊主の, 夏さんだ, 夏に, 天気が, 奈良さまを, 妾と, 媽さんは, 嬶さん何もかも, 嬶さん愚庵の, 子を, 小姓という, 島は, 師匠樣何か, 常は, 幾は, 庄を, 床の, 店の, 役を, 役人は, 御籤を, 思召し, 打ち明け致しましょう, 敏も, 料理が, 料理や, 斬りに, 時は, 暮らしに, 杉を, 栄は, 梅を, 槙には, 槙の, 次ぎは, 歌い遊ばされたお歌, 此の, 民には, 民までが, 気の毒だ, 父様は, 父様も, 猫さんと, 猫さんの, 琴は, 産まれに, 由は, 由を, 登和さんこの, 登和さんその, 百姓は, 目にか, 相手として, 祖母様は, 祝を, 種が, 種の, 立ち会い, 立ち会いお, 竜が, 米は, 米を, 糸に, 糸は, 経を, 絹さんにも, 絹という, 絹の, 綱が, 綱は, 縫様いった, 美代が, 聴きに, 能方五家の, 能舞台が, 花が, 花さん狐が, 茶器拝見を, 薬園の, 藤宵から, 蘭さんが, 蘭どのが, 袖は, 角と, 角と共に, 角の, 言葉の, 詠みに, 詠み遊ばされたお歌, 謡も, 豊さんの, 豊は, 貞さんは, 買ひやす, 身支度の, 辺の, 通さんの, 通の, 通は, 逢いなすった二人連れ, 連れし, 連れ申し, 邸の, 酌なんかに, 酒を, 酒盛を, 重に, 金持は, 銀が, 銀様, 銀様と, 銀様ほどの, 銀様も, 隅は, 頸を, 願ひなの, 駒には, 高が, 鳥と

▼ そこでまた~ (275, 1.3%)

7 彼は 4 しても 3 例の, 私は

2 [15件] さっきの, フォイエルバッハは, 一同の, 一疋が, 二人は, 人間は, 先達を, 勇気を, 口を, 如何に, 宿無しが, 希望が, 現代の, 私の, 踵を

1 [228件] あっしどもを, いろいろの, うッ, おいでおいでを, おっかけながら, おどろかされて, お夏さん, お茶を, かれの, がんりきが, きりきり舞いを, こうも, こづいて, この女, この芸術家, これは, じっと耳, じっと見澄まし, その方ども, その木像, その言葉, その道具屋, それという, だるまさんの, ちょっとことば, ちょっと不審, ちょっと不快, ちょっと花田, でたらめに, とん, とん狂, どうやら話, どかどかと, どんな危険, のこのこ壁, はじまったな, ぱったり御作, ひともめあった, みんなが, みんながど, むきを, もどって, も念入り, やっかいな, よけいに, わたくしの, オイケン論が, カッと, クラン・マッキンタイア号だ, コッヘルを, ビムが, ペンを, ホープを, マッチを, マドロスが, ヤクを, ヴィタリスの, 一しきり話してる, 一つに, 一つの, 一つ杯を, 一別以来の, 一升五合飲ん, 一喧嘩起り, 一安心を, 一年生から, 一度沈めた, 一時に, 一時間ばかりも, 一杯戻つ, 一波瀾起した, 一盞を, 一緒に, 三味線が, 三味線堀の, 下腹へ, 中止, 二三日たっ, 五十円百円と, 人々は, 仙台芸妓の, 体を, 何ぞこそこそ相談, 何とつづけ, 俳優に, 借りた金, 写生帖の, 前の, 十五番へ, 十日ほど, 南へ, 去りがたく, 右の, 呆然として, 問題が, 喋り始めた, 噂が, 国中へ, 国外から, 地券を, 場所を, 声いっぱい, 声を, 夕方まで, 大分時間も, 大袈裟な, 大騒ぎを, 太一ツあんの, 夫人が, 夫人に, 女中を, 姉娘の, 宣伝力が, 小屋へ, 小次郎が, 居間へ, 巫女を, 帰って, 常識は, 幸いに, 幾回も, 廊下へ, 引き返して, 弾んだ勢い, 当然米友, 彼が, 彼等は, 後戻りを, 御同様, 御名を, 御相談, 微笑を, 念仏がとな, 思い切って, 思ひ思ひの, 思わず耳, 急いで, 恍惚として, 恐ろしいもの, 扉の, 手分けを, 手間どる狂言, 改めて何, 改めて点検, 改めて踊り直し, 敵味方弥次馬も, 新しい煙草, 新しい現, 新たに, 方々に, 日本酒を, 昼飯どき, 暫く時間, 暫く沈黙, 最初の, 木やりを, 机の, 柳の, 栄蔵は, 校長先生の, 棒立に, 棚を, 極めてしめやか, 母の, 気だるくみんな, 汽車で, 河岸一帯の, 浅草まで, 清々しく一吸, 演壇の, 炉辺へ, 烈しく吠えます, 生命意識を, 田舎へ, 男が, 男の, 盛んに, 直す, 相手方の, 眼を, 私たちは, 突然と, 箸休めに, 約束より, 紙を, 絶叫が, 群集が, 自分ながら, 舞を, 船内の, 色男へ, 花聟の, 若月氏が, 苦心し, 荷物を, 落ち葉の, 薬という, 血眼に, 行燈を, 街道に, 見出しは, 見切りを, 親方の, 言葉を, 話が, 話を, 諸国の, 議論が, 足りないところ, 踏みとどまって, 身体を, 輿は, 辛い思, 酒を, 釘を, 銀平の, 閏土の, 陶から, 隊形を, 面白い一仕事, 音楽会を, 香取鹿島の, 駅前の, 駐在所へ, 駒井は, 駕籠へ, 高らかに, 黄金怪人が

▼ そこで二人~ (178, 0.8%)

3 はしばらく, はその, はまず, は相談, は舟 2 して, の女中, はきれい, はこの, はもう, は別れた, は口, は方向, は無言, は酒

1 [143件] がうなずき合った, がみんな, が一層, が偶然, が取って返す, が合唱, が崩, が後向き, が腹, が連れだ, が顔, ずつ三人, でまた, ともへん, とも笑いだし, とも米友, とも黙りこんだ, のあげつらひ, のお, のどっち, のもぐり, の乙女達, の会見, の会話, の会談, の友, の坐, の学者, の小さな, の岡, の御, の情交, の教父同士, の旅行家, の生徒, の男, の結婚, の証言, の顔, は, はあす, はおじ, はこう, はご苦労さま, はそれから, はそれぞれ, はど, はなに, はならん, はひた走った, はべつべつ, はまた, はもう一度, はやっと, はやつ, はわざと, はアイヌ, はイギリス軍艦, はイワン, はカンテラ, はタクシー, はドカドカ奥, は一切, は一所, は一泊, は一策, は不安, は人家, は今, は仲好し, は会社, は伴, は元気, は先日おじいさん, は入りました, は全力, は其処, は出かけた, は分れ, は初めて, は別室, は助けあっ, は南, は只, は呼吸, は囁き合つて, は固く, は坐っ, は密室, は小さな, は少し, は少なから, は展覧会, は怖い, は手, は手早く, は打ち合わせ, は木陰, は李, は林, は楠木正季, は榻, は横, は橋, は水浴, は沈黙, は渾沌, は濡れ, は無論, は独身, は玄関, は直ちに, は相対, は碁, は競走, は第, は翌, は肩, は腹, は自分たち, は自分勝手, は艇内, は衣裳, は裏庭, は走り, は走り出した, は足, は跣足, は近く日本, は都電, は釜山, は鍬, は門前, は露地, は馬, は鬮, は黄昏, は黙り込んだ, も七兵衛, も堤, を取巻い, を急きたて, を結びつけ

▼ そこで自分~ (142, 0.7%)

2 の国, の見た, の部屋, は, はこの, はとうとう, はまず

1 [128件] から片, から観る, がこの, がどんな, が今, が其頃, が恋愛, が手, が申し出, が読みたい, が黙っ, だけの好き, だけ引返し, であらかじめ, でもあきれ, でも矛盾, でバイブル, で出かけ, で毒, で治す, で籠, で責任, としてぜひ, として主力, ながら愛想, ならぬ自分, に深甚, に返し, に返り, に頼ん, のお, のこと, のたずねる, のほう, のもの, のやっ, のアパートメント, の一生, の仕事, の代, の代理, の信用, の女房キン, の姿, の子, の家, の屋敷, の役, の想像, の意見, の手, の法律書生式常識, の消費, の激励, の炬燵, の結婚, の耳, の自信, の苦しい, の苦心努力ぶり, の虫, の計画, の食欲, はいい, はこう, はすっかり, はつくづく, はどうにか, はどてら, はまた, はもちろん, はようやく, はコンスタンチノープル, はシナ仏教, は一, は一たん, は今, は今一度ツルゲーネフ, は仕方, は伊達一家, は先生, は六年, は具体案, は出来る, は初さん, は医学生, は又, は国語, は夏, は多年, は大体, は少々, は少し, は幸い, は幻覚, は当時, は彼, は恋愛歌, は折角, は旅順, は昭和九年, は暗い, は最後, は札びら, は材料不足, は椅子, は歌, は此, は生物, は用事, は聊か, は自ら声, は自分, は観念, は言葉, は貴下, は追いつく, は遺言, は郷里, もよろしい, も一息, も一本, も同じ, も大川, も安心, も思い切っ, も我慢, を練りあげる

▼ そこで今度~ (116, 0.5%)

3 はこの 2 は, はその, はまた, はもう一度, は二人, は声, は男, は私

1 [97件] の国姓爺, の左翼十一名, の当て推量, の文部大臣, の深山, の狐, の茶番, の話, はいよいよ, はお, はおれ自身, はかっきり, はそれら, はひとつこれ, はみんな, はもし, はスキャップ政策, はスッ裸, はヂヤアナリズム, はビュルゲル, はベロナール, はメリー, は一方, は七・八人, は三四郎, は事務長, は五色, は今一つ従来, は何, は何処, は俳優, は俳優志願者, は僧服, は共演, は刀剣商, は別れ, は医者, は十字, は厭, は反対, は取りたて, は口, は右, は同じ, は哲学, は四番目, は大衆的, は姿, は子供, は少し, は岸, は市ケ谷近く, は彼, は恋鎮祭, は恰好, は意見書, は我々, は戯曲, は探偵好き, は攻勢, は教訓的, は新劇, は方角, は方面, は日本文化, は明智探偵, は本願寺, は権太楼浪曲, は池上君, は法, は泥, は澄子, は珍客, は現品, は産業ブルジョアジー, は第, は管見, は自分, は自然科学, は船, は芭蕉, は蝶々さん, は西, は試み, は軽く, は轟, は近着, は通りがかり, は釘, は長崎, は間違い, は隠し, は雄, は飛行機翼, もどう, も最初, も無事

▼ そこで~ (113, 0.5%)

4 のうち 2 の, の場合, の話, は冷めたい, 一本の, 二つの, 仮りに, 御前の, 自分は

1 [91件] ある各, いちばん適当な, いったよう, お話した, から二千年, かりにここ, こそ声, この種板, この訳詩, しも凄い, その蘊蓄, たちどころに七斤, でも燒津, でも琵琶, どんな計画, に痛く, に至る, のところ, のよう, の一件, の主人, の人, の会社, の偶然, の御飯, の新, の踏み砕いた, の鰻, はただ, はと正成, はシビ, は例えば, は元気, は又, は既に, は株, までおっくう, までさ, までに五回, までのひっかかり, までの問題, までの販売店, までの鬱気, までは仰向け, までは朝廷, までは東妙和尚, までまつ, までより形, まで使っ, まで大, まで姿, まで寝, まで抑え, まで私, まで脱ぐ, まで臆面, まで起き, まで述べた, まで集めた, もいろいろ, もし, もした, も白雲, も言った, も青物車, 一度諸君に, 一言の, 丸木たちは, 云う通り, 云ったとおり, 云った人民戦線, 云った国粋ファシスト, 云った通り新参, 人間の, 同じ方向, 囘再建春秋社によって, 堪え兼ねて, 広く事実, 御飯を, 必要な, 愛国団体の, 文芸に, 方法論が, 注意すべき, 言う如く西洋, 試みに, 話したよう, 諸君に, 迄の遊び仲間, 迄言, 進歩には

▼ そこで~ (105, 0.5%)

16 をし 3 をしてる 2

1 [84件] うする, かいおう, かいどこ, かこだわり, かのとき, かのはずみ, かの手筈, かの新しい, かの機縁, かの虚, かひきあい, から書き, かわし, かを習う, かネタ, か一つ, か久らくごそごそ, か云, か内職, か吸盤, か命令, か喋舌, か喰, か変, か変わった, か大義名分, か好い, か小, か後ろめたい, か御, か恐ろしい, か法事, か泥, か申し, か目先, か考案, か見つけ, か見極めたい, か言っ, か話, か話す, か警察官, か随筆, がほんとう, がオッぱじまるかてえと, が新劇, が起つ, くわぬ顔, して, です, でもなく, でも彼, でも良い, とはなく, にも知らず, に気, のため, の目的, べん, もおお, もしない, もわからぬ, も弁護士, や彼, よりいい, をこしらえ, をしてた, をしなさる, をしろ, をする, をぼんやり, をまごまご, を商売, を始める, を感得, を捜したら, を生甲斐, を発見, を考え, を見, を見た, を見たでしょう, を見出した, 当共剪西

▼ そこでわたし~ (102, 0.5%)

42 はお, はおまえ, は健吉くん, は山, は彼, は自分, もしばらく, も考えました

1 [82件] がけっこう, がその, がアーサ, が御, が気, が着替え, が背負っ, についての発言, にも同じ, に残された, のいちばん, のする, のほう, のもの, の好き, の左側, の得た, の心得, の最後, の見た, の訊きたい, の調べた, はあなた, はあの, はいよいよ, はおまえさん, はお握り, はかけ出した, はくやしく, はこれ, はこれから, はさっそく, はしかた, はすっかり, はとりあえず, はどうしても, はほんとう, はまた, はもう, はキス, はセラピオン師, はマチア, はロオラ, は中, は今, は仏門, は兎, は出かけよう, は古い, は喜ん, は国臣様, は婦人, は小山, は小川, は少し, は常に, は断然たる, は日本中, は木立, は検事, は洋服, は無遠慮, は玻璃窓, は白金, は着いたら, は短い, は硯箱, は舞台脇, は褌ひとつ, は言下, は貴婦人, は近寄っ, は雪, は馬, は馬車, もさすり返し, もどうも, もなるべく, も意, も探索, も水面, を迎えた

▼ そこで彼女~ (101, 0.5%)

2 の心, はその, は再び, は早速, は自分

1 [91件] が何, が林田, とともにかたわら, と一緒, と別れ, にせがみ, に勤め先, の下駄, の今年四つ, の本質, の行方, は, はある, はいよいよ, はうしろ, はこの, はそもそも, はつかえ, はとうとう, はどうか, ははじめて, はぱつちりと, はふと, はふらり, はほっと, はまず, はまた, はもう, はもの好き, はやむなく, はわざとらしく, はオリヴィエ, はショオル, はツレブラ, はマウントジョイ卿, はマリユス, は一体, は一匹, は一行, は三度, は不謹慎, は久し振り, は二十何年, は二階, は人目, は今, は仲居, は伯爵, は例, は側, は兄, は創作, は北原ミユキ, は善悪, は在来, は夢中, は大地, は大声, は夫, は宮中, は小声, は少年, は左, は年中, は店先, は彼, は心, は忽ち, は急, は急い, は悲しい, は意, は振り返っ, は放射能, は旧式, は柳ちどり, は椅子, は此, は母, は異性, は白い, は腰, は輪, は運命の, は過去, は部屋, は鏡, は長寿, は電話, は青年, も呆気

▼ そこでこれ~ (82, 0.4%)

2 はたまらぬ, を, を仮り

1 [76件] お, が自然主義, だけの理由, だけは柄, だけ説明, ではま, で目隠し, なれば, に, には相場, に乗組む, に対する駁論, に気付いた, はあたし, はたまらない, はどこ, はまあ, はもう, はもう一度, はドイツ, は一つ, は俺, は兄, は単なる, は唐土千里, は大, は大いに, は大変, は天華堂自身, は宝沢, は宵, は幽霊, は忘却, は怪しい, は意味, は打ち棄て, は相談, は私, は第, は自治体, は親子, は誠に, へ媽, までたびたび, までのこと, までの書類, まではあやめ, までより一層, までエド時代, まで二人, まで実力, もついで, も奈良井, も粟, よりいよいよ, をいい, をぬらさず, を一旦, を三位一体, を使っ, を假, を別, を古品, を名詞, を呉茱萸, を四角く, を地, を工夫, を幾度, を文学, を書い, を正解, を翻訳, を芝居, を転, を金属

▼ そこで米友~ (67, 0.3%)

2 はまた, は誰

1 [63件] がいよいよ, がまず, がピタリ, が一足, が再び, が大勢, が引き, が思う, が物静か, が立, が腰, が道庵, が隣席, が馬, といえ, としてはその, としては肯定, には道庵, に向っ, の人品, の力, の方, は, はいい, はがんりき, はこうして, はこちら, はこの, はさんざん, はせっかく, はその, はついに, はとある, はははあ, はもう一応, はわからなくなった, はガッチリ, は一気に, は一間, は今日経験, は件, は例, は全く, は円く, は再び, は半ば以上無意識, は居眠り, は庇, は当分, は板塀, は玉垣, は畳みかけ, は程, は突き当った, は第, は緡, は胸一ぱい, は薬, は道庵, もこの, も考えました, も蒲団, をとりまい

▼ そこで初めて~ (66, 0.3%)

1 [66件] あなたは, お粂, お雪ちゃんが, せいせいし, にこと, シェストーフが, ドストイェフスキイが, 世界の, 二三度丁寧に, 二人は, 二葉亭や, 云ひ得る, 人びとは, 人間精神の, 刀を, 北川さんに, 吾に, 呼びかけた, 問題は, 地上の, 大体の, 大智恵者, 安心し, 完全に, 小馬, 山梨県に, 平地の, 平均値的な, 幾何学が, 店の, 彼女の, 怪談がかりに, 意見が, 感附いた, 或は将来自分, 手段は, 手紙を, 振返って, 有罪に, 歌舞伎劇と, 気づいたらしく眼, 汽車に, 烏瓜の, 生活実践という, 目黒へ, 真の, 眼が, 社會主義の, 私が, 私は, 臂を, 自分達が, 自然と, 自然科学の, 自由に, 草木の実や, 董承, 行厨を, 認識という, 諄々と, 趙荘が, 足を, 造酒を, 非我との, 駈け寄り, 鮎の

▼ そこで~ (65, 0.3%)

2 の家, はあの, はその, を待っ

1 [57件] から一つ, がかなり, がこの, がエピクロス, が今, が敷石, が私, が腹, だがね, だつて, にお, にその, にとって次に, には何, にひとつ, に二銭銅貨, に入門, に注意, に自信, に話し, に頼み, のいう, のこと, の力, の所謂, の持説, の痛, の眼, の精神, の結構, の運命, の部屋, の鉄, はいつこう, はいよいよ, はこの, はしかし, はしきり, はどう, はどうしても, はどんな, はわざわざ, は一件, は不思議, は今日, は今日一日, は僕, は己, は恰も, は扇, は手早く, は日本, は暫し, は腰かけ, は薬包, は香港, を四日間

▼ そこでみんな~ (64, 0.3%)

2 はてんでに, はもっとも, は子供ら, は色々

1 [56件] があげ, がおずおず, がたじたじ, がみつけ, が今度, が力, が外, が生れ変った, が賑やか, が過ぎ, そのむす, ぞろぞろ休所, でくじ, で二重, で手わけ, にひとりびとり拝殿, の代わり, の腕, の足, はきちんと, はくつろい, はこう, はこれ, はしかた, はなるべく, はねむい, はひそひそ, はひとまず, はまごつき, はまた, はもうとても, はもっと, はよばれました, はマサちゃん, は三郎, は呑みほしました, は夕がた, は将軍さま, は昔, は最新式, は桜, は沈黙, は目, は笑っ, は笑つて粟もち, は粟つぶ, は諦める, は遠慮がち, は野葡萄, は金貨, は青い, は鳴物, を待っ, を集め, 争って, 眠って

▼ そこで~ (64, 0.3%)

14 一に 8 二の 7 二に 6 一の 3 一期の 2 三の, 二次, 四として

1 [20件] 一は, 一回の, 一文書の, 一日の, 一版の, 一等という, 一級の, 一部は, 七冊からは, 三しか, 三に, 三冊, 三番目の, 三類の, 九項目の, 二は, 二号を, 二段の, 二流どころの, 六天を

▼ そこで~ (63, 0.3%)

3 は考えた 2 の見た, はこの, はその, は味覚心理学, は彼女, は思う, は憤然, は馬鹿

1 [44件] がいま合図, が云った, が何, が勝つ, が嘉代, が虎, が解放, が迎い, が飛ん, ちも, とちょっと, の仕事, の間拔, はあと, はうまい, はさ, はハッキリ, は云っ, は俺, は厩, は又, は大急ぎ, は実は, は彼ら, は徹底, は心から, は我慢, は手紙, は文人, は様々, は様様, は気, は決心, は涙, は父親, は真夜中, は脱走, は見かね, は計略, は話し忘れ, は道, は雑炊, も泡まみれ, をつかっ

▼ そこで彼等~ (62, 0.3%)

2 はまず, は天皇

1 [58件] がしてる, が来る, と落ち合, には何等, に云わせる, に手工, に私, のうち, の内心, はこの, はその, はそれ, はたま拾, はどう, はやむなく, はエデン, は一気に, は之, は人, は人民, は人間, は兎, は全く悠々, は其子分たち, は再び, は出発, は割合, は労働, は協議, は口, は台所, は同時に, は声, は好奇心, は定刻, は容太郎, は拷問, は新撰組隊士, は早速, は東京, は東洋的, は横町, は用, は白, は眼, は私, は空間, は組合, は美しい, は自分, は自分たち, は躍起, は身, は遠慮心, は金属的, は長吉, は非常, も次第に

▼ そこでまず~ (61, 0.3%)

4 第一 2 大尉殿の

1 [55件] あたりを, うるさくまつわる, こて, この大波, この機械錐, この輪, これを, そこに, その方, その晩, それを, どろぼうども, ひそかに, みんなが, われわれは, 一尾の, 一週間の, 上の, 中野権太丞を, 予算措置の, 二つの, 二人は, 伝六を, 別棟の, 原稿整理を, 問題の, 外見上の, 小林君を, 差し当っては, 平安無事を, 当分の, 彼に, 御刀, 御座つきは, 持前の, 明日早くから, 最初に, 正月らしい, 死体の, 殺して, 法廷記事の, 相生町二丁目へ, 相談に, 私も, 糞だ, 羊が, 考究すべき, 自分の, 藤原氏という, 見たもの, 試みに, 選定会議に, 順序として, 順序どおりに, 食事を

▼ そこであの~ (58, 0.3%)

2 男の

1 [56件] おやじと, お方は, てらてら光つて, ふしぎな, アパアトに, チョビ安の, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナも, フリーダは, 一幕だけ, 七之助は, 人たちは, 人は, 伎楽面の, 低能きわまる, 先生その, 児を, 図を, 城中大広間の, 天井の, 女は, 女画描は, 娘に, 婢と, 子は, 室内の, 家の, 容貌の, 小川の, 座敷牢が, 当時彼は, 恐しい, 手紙を, 掛地は, 方は, 日は, 本の, 森を, 死骸を, 殺人事件だ, 沙漠に, 沙門は, 浮浪者を, 淫奔娘を, 猿は, 男が, 男は, 私窩子の, 笹乃雪なるあん, 細君は, 蒸気車という, 赤眼の, 近所に, 金網を, 銭瓶の, 間の, 飾に

▼ そこでいよいよ~ (58, 0.3%)

2 私は

1 [56件] おれが, お出かけという, お姫さまの, お引け, ここに, その引幕, むく鳥, アイスアックスが, サルベージ会社に, パンを, マハツブの, マルコは, マルセーユの, 一つの, 不審を, 九月の, 出来上った膳部, 出発する, 取っておきの, 君侯に, 商売に, 図に, 地の, 塩田大尉を, 夏休みの, 好きな, 実物設計に, 少年探偵団が, 少年探偵団長の, 岡塾へ, 彼女も, 後退りし, 心許なくクリームヒルト, 悪縁と, 懲らしめの, 昨日の, 時こそ, 最後に, 本に, 本勝負, 本論には, 松山虎夫変死事件の, 次郎の, 欲しくなります, 決死隊の, 深くいよいよ, 現代文芸の, 私の, 私共とも, 脱出準備に, 舞台が, 英三の, 話を, 説明説伏に, 鑿を, 驚きながら

▼ そこで~ (58, 0.3%)

1 [58件] ある事件, いのちを, お前の, ここに, この境地, こんなこと, そんな見方, た一方, のむ, のりかえて, はげしい戦, も夢うつつ, ムッツリと, メニュウを, モルヒネの, 一つ考えなけれ, 一時間待ちました, 一本の, 三甚と, 三郎は, 中野と, 二つの, 二つ三つやる, 二十分も, 何か, 元へ, 元気を, 元通り他の, 初めから, 前にも, 同年六月の, 吾輩の, 問答が, 外の, 大騒ぎに, 幾度と, 延喜式の, 御同様, 愛し憐れみ尊敬, 改めて感じた, 文学者の, 日が, 暫くの, 樹に, 氏郷の, 着のみ着のまま家を, 碁石を, 祈祷を, 私は, 科学的批評に, 立ちすくんで, 腹帯を, 行く, 計らず他, 記憶が, 話は, 近所の, 駄夫は

▼ そこでもう~ (57, 0.3%)

3 一人の 2 一つ訊く

1 [52件] いいという, いちど寄る, いちど憲法とは, いちど行きおさめ, お君, お父さんの, こちらの, ためらッ, ちよつと, ひとつ料理は, ひもじくって, われながら, スッカリ破れかぶれに, 一つある, 一つお, 一つおうかがいを, 一つお尋ね致す, 一つお願いが, 一つたずねたい, 一つだけ, 一つの, 一つ同じ, 一つ御願ひ, 一つ断じて, 一つ最近において, 一つ石を, 一つ聞く, 一つ違った, 一つ閣下に, 一ぺんみんなの, 一口頬張らう, 一口頬張ろう, 一杯の, 一歩進ん, 一献酌いで, 一般の, 一言云う, 一遍ほぐし, 一遍夫の, 人手を, 今度は, 今日は, 伯爵を, 前方へ, 四五杯こいつを, 大丈夫と, 彼の, 藝術論が, 袖でも, 訊問を, 貰おうと, 追いすがる勇気

▼ そこで問題~ (57, 0.3%)

4 になる 3 となる, はこの 2 は二つ

1 [45件] がや, が二つ, が紛糾, が複雑, が起こる, だがね, であるの, となっ, なの, になった, になつ, のあばた, のかむろ, の三百両, の庄司署長, の紳士, の蝶合戦, の解答, の鍵, は, はかかる, はこういう, はこれから, はこれら, はそういう, はその, はわが国, はスリ, は一般, は人目, は作品, は単に, は各, は循環, は我々, は教師, は既に, は映, は煽動性, は社会科学, は露子, を一層, を他, を根本, を限つて

▼ そこで彼ら~ (57, 0.3%)

4 はこの 2 は自然

1 [51件] が優越, が拳, にこれ, のうち, のスケール, の上陸, の牧者, はあちら, はかわるがわる, はその, はそれ, はそれぞれ仕事, はただ, はどう, はほっと, はまた, はアーロン, はコーヒー, は五十余頁, は人間, は他, は全, は出資社員, は別に, は助言, は十年前, は城主, は大いに, は尊王攘夷, は持前, は文学, は本拠, は校庭, は次, は歓迎, は沈黙, は漁村, は申し合せた, は白鬚橋下, は私, は立ちどまっ, は紙, は自分, は解散, は言葉, は話し出した, は象徴詩, は長く, は陸軍, は非, わ鮭

▼ そこでわたくし~ (54, 0.3%)

2 はこの

1 [52件] から清吉, がさう, が河, が自分, にお前, には其の, には疑問, に出逢った, の身, はあなた, はあの, はいつも, はかう考へました, はこう, はこれ, はそれ, はどう, はまた, はまん中, はむなぐるまと訓, は一通り, は中, は二十二日, は今日, は例, は十三歳, は寛治六七年, は幹枝, は幾, は必死, は思い直した, は既に, は杉山さん, は村, は段々, は殺されない, は泣い, は無論, は無駄骨, は神学, は考えた, は自ら, は自分, は自然, は舶来, は蒔繪師, は蘇子, は襟筋, は試験, は錯, は非常, も気

▼ そこでわし~ (52, 0.2%)

2 は, はあれ, はお前, はこの, はこれから, はわし

1 [40件] がまた, が思い当った, が用, が考えついた, が脇肉, と伜, と小林さん, に一案, に何, のやう, の凡て, の心, の研究, はあの, はあやまり, はお前さん, はきっぱり, はさらに, はその, は両手, は今日, は何度, は何時, は助力, は取り代えた, は取引, は実験室, は指, は旅人, は昼, は枕, は相談, は考えた, は考えました, は行った, は言っただ, は諸宗, は貴, は電臓, を突倒

▼ そこで~ (52, 0.2%)

6 國主の 2 へんきまり悪く, 監督が

1 [42件] さわぎと, ていは, に狼狽, の男, ぶ生埋め, へんな, 三は, 乱闘が, 乱闘の, 事件が, 仕掛な, 仕掛に, 令は, 伏樋が, 呑込みに, 唐の, 天狗は, 学士は, 学士はい, 彦の, 得意で, 格闘だ, 殿様が, 決心を, 活動が, 海人の, 烏が, 異を, 総督は, 衝突を, 觀は, 變な, 變に, 迦葉尊者前述烏, 部分を, 金庫の, 釣りが, 階段の, 音に, 音声に, 騒が始まつた, 騷ぎに

▼ そこであなた~ (51, 0.2%)

3 は, はどういう 2 にお, のお, の御

1 [39件] がお, がたより, が最初, が私, が自分, と内田さん, にお願い, に一つお願い, に一つ鶴雄君, に仕事, に御, に応援, に特に, のこと, のご, の今, の合点, の名, の夫, の巨大, の捜索, の方針, の気まぐれ, の疑問, の眼, の自ら, はあす, はお, はその, はどう, は何, は女性, は時機, は無, は目, もおそらくは, もこの, も大抵, を引き出し

▼ そこでおれ~ (51, 0.2%)

2 が言う, は安心

1 [47件] があわて, がこうして, が乗りだした, が初めて, が心, が思う, が講演, と養父, の差料, の心, の考え, の調べた, の鑑定, の頭, はあいつ, はきみ, はこの, はすっかり, はその, はそれ, はちょっと, はちよ, はどっち, はふたたび, はまず, はまた, は二階, は今朝, は出鱈目, は右, は回転速度, は帰っ, は怒鳴っ, は拵ら, は時々, は毎朝神棚, は決心, は目撃者, は立ちあがっ, は笑い, は美しい, は読んだ, は開幕, もツイ, も考えた, も金, を破ったら

▼ そこで早速~ (51, 0.2%)

9 だが 2 ですが, 自分の, 返書を

1 [36件] おすがの, おでん屋へ, そこらに, その仕事, その団体, その持主, でご, ですがね, にその, に同書, に言う, エレナに, ストリームラインの, 三尺位の, 下宿の, 今井夫人に, 伺いましたが, 内偵を, 同氏に, 君子が, 奥に, 彼等は, 手続きを, 按摩を, 映画館の, 書生を, 本論には, 次の, 法王ヨハネ十二世は, 町方へ, 秀郎の, 私に, 細君の, 荷物を, 返事を, 飛行島から

▼ そこでお前~ (50, 0.2%)

4 に訊く 3 に頼み 2 がお前, はどう

1 [39件] からよく, がお嬢さん, が一人っきり, が土手, だけは生きながらえ, と俺, ならたいした, にきく, には少なくとも, に見せ, に訊きてえ, に贋病, に頼み残し, の住ん, の名, の感ずる, の親父, の食物, はこれからどう, はやす子, は今夜, は何日敵討, は字, は幾人, は御用達, は思い当る, は日本左衛門, は早く, は浮び, は迷惑, は間, は間に合わせ, は陽, は隣, へ訊く, も歌, を利用, を見立てた, を連れ

▼ そこではじめて~ (49, 0.2%)

2 俳優が

1 [47件] お名, これは, しづといふ, そういう境遇, ほんものの, まっかな, われに, カルタゴ市民は, グレゴリー七世は, シュウシュウと, フョードル・パーヴロヴィッチなる, 中から, 久助君は, 人生に対する, 人間と, 人間は, 伯爵の, 俳句という, 兄様が, 友釣りの, 多数の, 夜中を, 天下はれ, 女は, 安心し, 寺名を, 山下は, 平民に, 持ち前の, 救われるの, 日本らしい, 次の, 正体が, 気がついたと, 気がついたよう, 気づいたの, 法然が, 火星の, 灰色に, 無心である, 租税や, 笠を, 美脚法の, 誰の, 身を, 頭目なる, 駒井甚三郎に

▼ そこで三人~ (48, 0.2%)

2 は一緒, は又

1 [44件] が, がぜんぜん, がちょっと, が一緒, が相談, して, で蓮香, になりました, の兄弟, の前, の従卒, の日向ぼっこ, の警官, の間, の駅員, はいそい, はかつて, はすごい, はその, はにやにや, はほか, はまた, はジャガタラいも, は一同, は三すくみ, は上, は中, は人通り, は今日, は冷やか, は出かけた, は打ちそろつ, は打連れ, は新, は死骸, は相談, は自動車, は蓆屋根, は警察, は負傷, は青石横町, は食料品, は鼠, 入乱れての

▼ そこで兵馬~ (47, 0.2%)

1 [47件] が, が思い当る, が思う, が意外, が茶代, と行き逢いました, にもいちいち, のため, は, はいった, はお, はお喋り坊主, はかの, はその, はまず, はやはり, はゆくりなく, はド, はハテ, は一足, は二度目, は二朱銀, は今, は今晩, は先, は咄嗟, は多少, は小癪, は少し, は後ろ髪, は思い切っ, は思案, は抑え, は早立ち, は明日一日, は明日出立, は社, は胸, は茫々, は調べられ, もこれ, もその, もどうしても, も漫然と, をとどめ, を休ませた, を休め

▼ そこで我々~ (47, 0.2%)

5 はこの 2 はかの, は計算

1 [38件] が何より, が受ける, が古い, が襲った, のよう, の俳句, はあの, はすぐ, はそれ, はちょっと, はなるほど, はびくびく, はみんな, はゲーテ, はスウェデンボルク, はデカルト, は先, は先づ認識論, は右, は大いに, は寺, は小さな, は市場, は彼, は早速, は梅, は泊った, は煖炉, は現在, は皆んな, は科学, は経験, は絶えず, は能面, は行為, は警察, は随筆的, も残念

▼ そこでちょっと~ (46, 0.2%)

3 ことばを 2 腰を, 言葉を

1 [39件] あなたは, うしろを, おきき, おたずねいたす, さむいなと, ためらった, ためらって, ひそかに, 一息入れ, 主人に, 人垣の, 休むこと, 何か, 停滞し, 君を, 唇を, 声が, 師匠も, 彼の, 待って, 心配そうな, 思い出したが, 戸惑いを, 挨拶に, 日本の, 注意したい, 留まって, 福村が, 立ち止まって, 紅い頭巾, 考えこんだ, 腕時計を, 行きづまって, 見ると, 言葉が, 話が, 躊躇し, 飲むまア, 黙って

▼ そこでそれ~ (45, 0.2%)

2 までは松永弾正, を書く

1 [41件] がそのまま, がどうして, が世界, が染料, が真実, と結合, ならば, にかまわず, にはまず, によって座席, に興味, の便宜, はいちおう, はいっさい読者, はいつ, は引きはがされ, は芸術, まで帆桁, をごまかす, をたくさん, をついに, をはずし, をぼかす, をやり替え, を一つ一つ, を事務室, を免れる, を南郊, を受取, を合理化, を国内, を太陽, を女, を引っ掴んだ, を征服, を払わない, を抜こう, を採集, を知った, を短, を逆用

▼ そこで~ (45, 0.2%)

2 主人は, 大臣は

1 [41件] がこう, がその, がはじめて, が先方, が出, が彼, が手附, が東京朝日新聞社会部記者, が洗濯物, が流刑, が縫い, が行っ, と婢, にいった, に向っ, の一番大事, の兒, の友達, の宝, の家, の手前, の服従, の裸体, の調髪師, はいい, はいら立たしい, はとやかう, は別れ, は婆さん, は寝る, は寝台, は彼女, は快く, は思わず, は書物, は木立, は言った, もずかずか, を洒落, を肩, を追っかけ

▼ そこで私たち~ (40, 0.2%)

2 はまた

1 [38件] にその, に希望, はいろいろ, はお互い, はすぐそのまま, はどちら, ははからず, はカラザース, はハッキリ, はホール・ピイクロフト, はマルクス主義作家, は二萬數千トン, は二階, は俄, は初めて, は医者, は善, は大急ぎ, は太田, は奥, は始め, は念, は思いきっ, は文学理論, は旅行券, は氷原, は燕麦, は生れた, は短い, は種々, は艦長, は警視庁, は身仕度, は遠慮, も, もこれ, ももう, を殺し

▼ そこでしばらく~ (38, 0.2%)

3 待って

1 [35件] いっしょに, いて, おとうさんと, ぐずついた末, ごそごそし, たじろぎを, の生, の間, の間外国貿易, 休みす, 休みすっかり, 休む, 働いて, 囁き合って, 堤に, 師匠を, 待たせること, 思い迷った様子, 押し伏せて, 持ち堪えて, 時間を, 格闘を, 沈黙した, 深い呼吸, 燃ゆる, 立って, 自由の, 船を, 言を, 話が, 話し, 話した, 躊躇する, 遠くの, 静まった

▼ そこで先生~ (38, 0.2%)

2 は千二

1 [36件] あの時里虹, があわて, がこう, が先頭, が棺桶, すっかり悲観, とご, のこれ, のところ, のハイキングぶり, の下, の哀しい, の草がき, は, はおりおり, はかたく, はこの, はじつは, はもう一度, はゴム管みたい, は仕方, は冷静, は半身, は大和, は思切つて, は梯子, は毎朝目, は気がつい, は決心, は泣きだしたい, は益々, は程, は階段, は電話, もやや, もわらった

▼ そこでとうとう~ (37, 0.2%)

2 二人は, 初めの, 盗人の

1 [31件] あきらめて, くつ屋は, しゅっこが, その事, ヒフミヨイムナヒ, 一郎が, 三人で, 二疋とも, 亮作は, 劉も, 原著者自身に, 厩橋城は, 同行の, 女同志の, 婢を, 家に, 対抗上, 小便の, 彦田博士夫人道子に, 恐ろしい場面, 我を, 棄鉢に, 爆発しました, 犬を, 猛禽の, 私から, 腹に, 興奮し, 蒔絵師を, 連城も, 道化役の

▼ そこで今日~ (37, 0.2%)

2 のお礼, はその, は何

1 [31件] では島, と明日, においてこそ政治的団体, にでも拙者, になっ, のうち, の会合, の十日, の抽籤, の料理, の日本, の熟成, の狐狩り, の私, の私ら, の童話, はこの, はこれ, は一人, は双方, は幸い, は真, は配給, まで何故, まで文壇, まで文筆, もその, よりも明日, わざわざ君, 多數, 来たばかりの

▼ そこでどう~ (36, 0.2%)

53 する 2 だと, だろう

1 [24件] かあなた, したか, したと, したね, したらこの, したん, した風, しましょう, すべきかと, だい一件の, だこっち, だね, だろうこれから, だろう一人, だろう罪滅し, でしょう親分, ですか, です勉強, でも俺達, なったと, なったん, なつた, 違うかと, 違うかという

▼ そこで~ (35, 0.2%)

2 だが, をすぐ

1 [31件] がききとれなかつた, がまとまりまし, が一轉化, が切れた, が大いに, が纏まれ, が途切れ, のついで, の口きり, の筋, の結末, の骨, はあと, はあと戻り, はいよいよ, はこの, はとぎれた, はぼく, は二日, は米, は造船所, は震災以後, もたちまち, をかえ, をかえる, をし, をやめ, を切っ, を前, を進めよう, を醤油

▼ そこで日本~ (34, 0.2%)

5 に於ける 2 の国, の歴史

1 [25件] からの送金, がさういふ, で, では漢語, と, と西洋, における, には中, には昔, の, のことば, のファッシズム, の事情, の使節, の南北朝時代, の名誉領事, の抒情詩, の支那学, の放送, の枕, の火山線, の青年学生, は初めて, は饒舌, らしいはっきり

▼ そこでこんど~ (33, 0.2%)

2 の憲法

1 [31件] あの壁, こそは, の仕事, は, はあの, はいろいろ, はおれ, はこの, はさ, はしばらく, はすっかり, はふっと, はズッ, は七兵衛, は人間, は代官さま, は僕, は反対, は四人, は四人つれ, は国中, は妹, は村田蔵六, は河岸, は祈り, は遺書, は雲, は青年, は風, もまた, もジャック

▼ そこでわれわれ~ (33, 0.2%)

2 はこの, はその, は感情移入

1 [27件] がおぼろげ, がこれ, がソルディーニ, のあと, の俳句, の日本語, の風習, はいよいよ, はいろいろ, はお, はまず, は二人, は何, は六道, は唯心論, は喫驚, は完全, は彼ら, は彼ら自身, は数時間, は機先, は活動写真, は現代, は確信, は裏山, もそれ, をも含め

▼ そこで一同~ (33, 0.2%)

1 [33件] がなんとなくぞっと, がまた, が安心, が急, が水, が異口同音, が誰, そろって, には加平君, のさんせい, の中, の前, はあの, はいちおう, はこの, はじめて麓, はどさくさ, はふたたび, はまた, はよく, は今, は作戦, は例, は先発隊, は別室, は彼, は橇, は順々, は額, へ御酒, を甲板, ダラダラと, 呼び立てた

▼ そこで人々~ (33, 0.2%)

3 は云うであろう

1 [30件] が, が例えば, が偶然, が好く, による, の, の気持, の考える, は, はあきらめた, はあの, はいつも, はこう, はこの, はすぐ, はまた, は之, は云うだろう, は互いに, は価値, は多, は大勢, は恩, は民衆, は永久, は注目, は範疇, は袴, は諦め, は鳥右さん

▼ そこで天皇~ (33, 0.2%)

4 がその 3 がお, が非常, は, はその 2 が御

1 [15件] がまた, がヲウス, が仰せ, が畏, が驚い, には背けない, のお, の仰せ, の御, はそれ, は人民, は国造, は大久米命, は大勢, は非常

▼ そこで私達~ (33, 0.2%)

3 は早速

1 [30件] が造った, の話, は, はおととし結婚, はその, はどっち, はホール, は一軒, は三人, は仏蘭西, は兎, は席, は待つ, は恰度干潮, は或, は手頃, は来合せた, は海岸, は煙草, は父, は物置, は生, は絵葉書, は足, は鏘然, は非常, も席, も白木警部, も船体, を待受け

▼ そこで再び~ (32, 0.2%)

2 旅籠を

1 [30件] このローマ, すべての, それに, 一七日入定し, 元の, 元へ, 元気づいた, 厳かな, 吾, 大きな舌, 大会議, 女を, 寄せ手は, 展望の, 彼女が, 悔恨が, 旅館に, 本文の, 歌を, 演出家の, 生に, 眼を, 船が, 藁打ちを, 赤旗事件当日の, 進行し, 部屋の, 銃を, 鬼という, 黒い覆面

▼ そこでいろいろ~ (31, 0.1%)

2 考えたすえ, 考えて

1 [27件] かんがえて, とお話, と考え, と考えた, と訊い, なもの, な人, な妄想空想, な楽器, な用途, の寄り合い, やって, 勉強が, 北海道独特の, 原因を, 命令を, 問いただされて, 弁解し, 搜し, 相談する, 研究する, 研究の, 考えたあげく, 考えたの, 考えた末, 聞いて, 調べて

▼ そこで~ (31, 0.1%)

2 の, の男, の鶏

1 [25件] によってそれ糸巻, のプロレタリア的進歩性, のヘボ歌, の一合足らず, の中沢重種, の借り, の兇暴無比, の公爵, の千早, の坊さん, の大きな, の女中共, の方法, の杖, の氷海, の沓, の田村, の種明かし, の自由, の見舞い客, の鈴木総裁, の長椅子, の麦焦し, もする, を上げ

▼ そこで~ (31, 0.1%)

2 に声, に気

1 [27件] にことば, にのんびり, にやさしく, にアザラシ, に不審, に五郎さん, に何, に商売気, に思い付い, に我家, に支度, に日本, に曇っ, に来まじき, に気がつい, に決心, に真面目, に私, に紙片, に絵姿, に腹, に自分, に落着, に行, に言葉, に進路, に騒ぎ出した

▼ そこで~ (30, 0.1%)

3 る日 2 る人, 人は

1 [23件] る一人, る一策, る京家, る大きい, る性格, る日曜, る時僕, る時廃兵, る時父, る生, る男, る病患, る美しい, る薄暮, る読者等, 人の, 夏七月の, 日の, 日奥さんお嬢さんそれに, 日未明に, 日爺さんと, 日西の, 晩それが

▼ そこで~ (28, 0.1%)

2 の生活, はともすれば, を介し

1 [22件] が呼ん, が如何なる, が彼, が社会状態, が酷く, でのうて, と話合い, に囲われ, に話す, のよい, の心, の注意, の苦痛, はわるく, は彼, は書い, は自分, をその, をやっ, を殺す, を測る, を笑わせる

▼ そこでふたり~ (27, 0.1%)

1 [27件] が話しあっ, とも懐中電灯, になりました, のチンピラ君, の部下, はあの, はいっしょ, はお, はおば, はせっぷん, はそこ, はその, はひ, はショーウィンドー, はテーブル, はヤナギ, は先生, は塔, は少年, は帽子, は手, は新聞, は漁師, は虎, は話しはじめた, は車, は風

▼ そこで~ (27, 0.1%)

2 子息は, 承知の, 老中方から

1 [21件] 両所こけ, 主人に, 休息遊ばし, 善知識の, 在ます, 執事には, 居間から, 当人は, 杖を, 検視は, 機嫌斜めな, 武家の, 注意致し, 用人, 目に, 相伴しよや, 祈祷の, 結婚遊ばされ, 茶の, 辞儀, 近所に

▼ そこで~ (26, 0.1%)

6 十郎は 2 夫人は, 蔵も

1 [16件] の気鋭魄, らしい感覚, 八郎は, 十即は, 十郎が, 十郎の, 十郎を, 吉を, 宇宙艇の, 工夫が, 政府では, 教派が, 教派の, 蔵は, 藩主は, 藩主も

▼ そこでこういう~ (25, 0.1%)

2 風に

1 [23件] ことが, ことに, ことを, のでした, ものを, プリンシプル, 事を, 問題が, 図が, 国に対して, 場合の, 場合は, 声が, 奇蹟めいた, 情景には, 文化科學は, 条件を, 歴史が, 点が, 系統に従って, 結論に, 説が, 農本的社会である

▼ そこでぼく~ (25, 0.1%)

1 [25件] がうつむい, のとっ, の新た, はここ, はその, はそれで, はで, はとっさ, はひそか, はふと, はまた, はみんな, はもう, は一度家, は君, は夏中, は彼女達, は意地, は晩, は書く, は考えた, は諸君, は警察, は隊長, もと飛ん

▼ そこで人間~ (25, 0.1%)

2 というもの

1 [23件] が今日, が寝しずまっ, が林檎, が物質的貧困, である以上, に余裕, のあらゆる, のすべて, の入れ替り, の心, の成熟期, の有, の腕, の論理, の運命, の酋長, の頭, はつよく, はまあ, は動物, は大きく, は現世, は自分

▼ そこで仕方~ (25, 0.1%)

7 がない 2 なく, なしに

1 [14件] がございません, なくあの, なくあひるさん, なくお母さん, なくその, なくそば, なく二人, なく出て, なく医局, なく千二, なく幕僚, なく我慢, なく村長さん, なく首

▼ そこで~ (25, 0.1%)

2 に述べた

1 [23件] から輪太郎, にも云った, に別, に引用, に成功, に戻ります, に挙げた, に書こう, に申, に立, に言った, のとおり母親, の事, の単に, の話, の鮎川, へ向っ, へ進む, よりはいっそう, 以て, 同様に, 申した通り自分, 隊から

▼ そこで~ (25, 0.1%)

2 はカヤ

1 [23件] が自分, とならん, と息子, に小児, に惚れた, に毒, に蝗, のこと, のほう, の身元ばなし, の顔, はそれ, は口, は手, は折, は無論, は目, は肩, は腰掛, は青年達, も漸く, らしい羞恥, を働き

▼ そこで最後~ (25, 0.1%)

1 [25件] にはほか, にひとつ変つた例, にもう, にキリスト様, に一言, に信仰, に助手たち, に山城守, に批評的演出, に昨年, に最も, に棒, に空間, に考えられる, に英語, に言っ, のたのしみ, のたのみ, の会釈, の十人目, の問題, の嘆息, の握手, の石段, の言葉

▼ そこですぐ~ (24, 0.1%)

1 [24件] その子, そばに, にお, にこの, には現れ, にまさか, に伝馬船, に副長, に大きな, に御徒目付, に涙, に深い, に濟世老店, に相談, に荷, に頭, わかること, 争いに, 出かけて, 堆肥をも, 横に, 白状すれ, 米を, 聞いて

▼ そこで七兵衛~ (24, 0.1%)

2 はお松

1 [22件] がいう, が何となく, が少し, が思いつきました, が相当, に向っ, はいよいよ, はお茶, は上手, は副業, は引, は彼等, は手, は手拭, は横, は沈黙, は神社, は空しく, は草鞋, も思案, も納得, も誰憚ら

▼ そこで博士~ (24, 0.1%)

3 はこの 2 は考える

1 [19件] からあずかった, と三名, と物凄い, に向い, の引致, の指図通り, の貸し, は, はうやうやしく, はこれ以上, はスイス脱出後, は之, は云っ, は先づ左, は再び, は大声, は当然, は自分, よ

▼ そこで始めて~ (24, 0.1%)

1 [24件] その言葉, ほんとうの, ウィリアム, ショパンや, スミレの, メトロポリタンに, 一つの, 世の, 夫婦連れで, 安並に, 安心し, 実行を, 心付いたこと, 惨劇の, 日本人の, 旦那を, 次の, 気が付き是非, 池上は, 甲は, 立チ彼岸の, 落合直文氏や, 見たあの, 阿霞

▼ そこで暫く~ (24, 0.1%)

2 の間

1 [22件] あちらこちらさまよう, お喋りの, ためらつた後, の休憩, の間目尻, は生面未熟, も祈祷, 休むつもり, 休むの, 休んだ, 彼女を, 沈黙の, 眠りも, 私は, 立話を, 経つと, 言句に, 身動きを, 途切れた二人, 途方に, 雲に, 静かである

▼ そこでふと~ (23, 0.1%)

2 思いついて, 考えついたの

1 [19件] ことばを, ゆうべの, カンバスから, ピレネエの, 一つの, 声を, 天井を, 怖くなっ, 思いだしたよう, 思いついたの, 思い出されたの, 押入れの, 気まぐれに, 気を, 私は, 私も, 立停った, 見ると, 趙太爺の

▼ そこで一つ~ (23, 0.1%)

1 [23件] うんと調子, おかみさんそれ, お孃さん, こうして見ましょう, さえ返っ, その三度, の, のステキ, の印象的, の問題, の大望, の演劇, の生きた, の疑問, の疑惑, の資料, の迷信, の遊星, の鯨, ゆれて, よろめけば, 考えてること, 言って

▼ そこで四人~ (23, 0.1%)

2 の大学生, の男たち, は足

1 [17件] が握り, が表, になりました, の子供, の真実, の老女たち, の者, の警官, の黒覆面, はかわるがわる, はつれ, はやぶれた, は二手, は又, も默, を一人, 並んで

▼ そこで~ (23, 0.1%)

6 悪魔は

1 [17件] みどりは, 一時間も, 一時間話した, 三津の, 仕事に, 休止と, 供は, 初を, 奴は, 店員一人の, 教区の, 渋陽から, 父さんが, 粋な, 翠に, 部屋の, 錨を

▼ そこで~ (23, 0.1%)

1 [23件] がつまり, が旨い, に叛, の考え, はいじけ, はお前達一同, はどう, はまるで, はタムビノ僧院, はペロンワル, は刺戟, は君達, は外, は女, は少し, は心中, は数百万, は欲望, は話, は金, は青年紳士, は飲む, りゃ二円

▼ そこでもし~ (22, 0.1%)

2 わたしたちが

1 [20件] ある人, このアカデミシャン, この世の中, ポオの, 上記の, 世間の, 他から, 倍加期間を, 地球が, 壺が, 始めて, 存在が, 帝紀の, 眼かくし, 私が, 自然科学の, 裁判権が, 諸君が, 酒虫を, 雷の

▼ そこでこれから~ (21, 0.1%)

1 [21件] おとなの, お話しなけれ, が君, この絵, さき國を, その描写, のここ, の一本道, の時間, の犯罪, ブロックを, 上が, 兎も, 南の, 師東雲先生の, 後の, 御話し, 皆様に, 私が, 結論を, 顛末は

▼ そこで~ (21, 0.1%)

4 の人達 2 の人たち

1 [15件] に帰りました, に広い, の中, の人, の人々, の壮健, の大人, の故老, の牧師, の男, の者, の頭, は小さく, は御覧, を買收

▼ そこで~ (21, 0.1%)

1 [21件] かがはまりこむ, かが残さ, かに仕官, かの帽子, かを塔, か病気, とそんな, にでもたやすく, にも云わない, にも知られぬ, に憚, に教わる, に聞いた, に苦情, も彼, も米友, も虚, も貰う, やらしゅくしゅく, を相手, 言うと

▼ そこで駒井~ (21, 0.1%)

2 は言いました

1 [19件] がこころもち先, が七兵衛, が改めて, が窓, の頭, は, はああ, はまた, はもはや, はやさしく, は再び, は和吉, は狼, は考えました, は自分, は語呂, もいよいよ, も自分, をはじめ

▼ そこでかの~ (20, 0.1%)

3 女は

1 [17件] アシナヅチ・テナヅチの, ビショップの, プロレタリア的進歩性は, 事件の, 兇漢は, 十五夜御, 卒を, 原始型宗教は, 友蔵と, 宗兵衛夫婦が, 心友は, 槍持奴を, 浅草小劇場の, 無に, 現われて, 西洋の, 遠いモンゴリヤ

▼ そこで少し~ (20, 0.1%)

2 離れた土管

1 [18件] お話を, ずつその, その琴, でもこの, でも足, ばかりこの, ばかり奴さん, 下って, 二人は, 小さいので, 尿を, 後に, 思う仔細, 気分が, 泣きその, 考えました, 面倒だ, 體を

▼ そこで~ (20, 0.1%)

2 を叩い

1 [18件] だけを使っ, つ取り早い, と手, に入れ, に持った, のあい, の少い在京委員, の届く, まえの, もなく, をゆるめ, を右, を廻し, を振っ, を放す, を水, ん手, 探に

▼ そこで改めて~ (20, 0.1%)

1 [20件] お前へ, この室内, クサレ目にも, 一つ上げよう, 万治元年十三回忌と, 云って, 今度は, 仙太郎を, 兵馬の, 千二少年の, 名を, 強い探照灯, 文字通りの, 月の, 来島の, 祈りを, 簡閲点呼を, 考えて, 諸君に, 道庵が

▼ そこで次に~ (20, 0.1%)

2 起こる問題

1 [18件] あるやう, この時局下, どれが, なすべきこと, はこの, ポオは, 予が, 僕は, 未詳の, 来るべきもの, 生物学は, 痒さ, 皿を, 社会科学的な, 第二, 起こった問題, 起つて, 起る問題

▼ そこで~ (20, 0.1%)

2

1 [18件] が転じ, のこと, の一件, の人, の厄介, の好人物, の宇宙, の戯曲, の敵, の海, の発明, の至當, の論理學, の諮詢案, の道理, の鐵鉢, の頃, を持たせ

▼ そこで老人~ (20, 0.1%)

1 [20件] が何, と正雪, と腹の中, に話し, のいう, の危険, の故郷, は, はいよいよ, はおろおろ, はしかた, はその, はまだ, は云った, は唄い出した, は手, は破顔一笑, は自分, は追い, 好い気

▼ そこでかれ~ (19, 0.1%)

1 [19件] からも親しく, の半信半疑, はあきらめた, はいま, はじっと, はすぐ, はたいへん, はふたたび, はアドリア海, は一足二足, は仕方, は俯ん, は天然痘, は戒律, は数分のあいだ, は木の下, は糸, は茶, もまね

▼ そこで与八~ (19, 0.1%)

1 [19件] が, が剣術, が胸, が謙遜, のいる, の仕事場, の顔, はいろは, はついつい, はなるほど, はゾッ, は何, は学問, は提灯, は村, は歩き直し, は首, もどのみち末始終, も大口

▼ そこで~ (19, 0.1%)

3

1 [16件] づ何んと, づ傳六を, づ姿を, づ教法の, づ次の, づ演劇の, づ現代日本の, づ私は, づ評判を, づ試みに, づ齋藤さんの, に取り落した, に新, に示した, の酒匂川, 洋服から

▼ そこで~ (19, 0.1%)

2 のよう

1 [17件] に挙げた, の, のあけび, のやう, の三人, の三篇, の二人, の伝次, の入口, の如く, の男, の私, の請願書, の足, の鋼板, の頬, へ行き

▼ そこで最初~ (19, 0.1%)

1 [19件] から尾, から手, から秘密会議, にはまず, にまず, に僕, に犯人, に皮切り, に菅君, に話した, に選び出された, の両, の憤怒, の文筆生活, の郷古君, はおとなしく, は仏頂寺, は良い, は道後町

▼ そこで~ (19, 0.1%)

3 は私 2 の神

1 [14件] が偶然, が返った, と玉井さん, のこの, の勢力, の合図, の権力, の記憶, はいろんな, はきっと, は一度, は勇気, は四条通り, は女

▼ そこで~ (19, 0.1%)

2 は手拭

1 [17件] が答える, においては反, の方, の燻す, の衣裳, は, はある, はその, はたちまちはっきり, ははっと, はやはり, は一つ, は二三日がかり, は余儀なく, は河, は知人, は豚

▼ そこでそっと~ (18, 0.1%)

2 慶次郎に, 足音を

1 [14件] かの黒衣, はなしました, 孟を, 安全地帯に, 床を, 手を, 物を, 穴倉へ, 聞いて, 襯衣の, 辷り出て, 都に, 階段へ, 雨戸に

▼ そこで一人~ (18, 0.1%)

1 [18件] かけ離れて, が, ずつの真剣勝負, ずつ木, ずつ順々, で牀几, で踊り, で遊ん, で飲ん, の労働者, の女性, の小男, の敏腕, の母, の男, の祖母, の美しい, の長い著

▼ そこで先ず~ (18, 0.1%)

1 [18件] お初を, その半鐘, その正体, その第, どこから, われ, ジャガ芋と, ハンカチの, 俳優の, 僕は, 吾, 奥さまの, 最初には, 永住地を, 物を, 聞き込んだだけの, 貸したよう, 部屋を

▼ そこで白雲~ (18, 0.1%)

2 がまた

1 [16件] がいきなり, がこれ, が家族, の面, はこの, は再三, は喧嘩, は手, は浦島太郎, は身, は馬, は駒井, も, も妙, も自分, も身

▼ そこで~ (18, 0.1%)

2 をお, をつけた

1 [14件] がさめた, が悪い, が覚めた, が醒めた, についた, に映じた, に留った, に見えない, に觸, をパチパチ, を光らせた, を瞑つ, を船内, を開く

▼ そこで自然~ (18, 0.1%)

1 [18件] がこれ, と古来, と物, と甲賀組, と疑い, と良家, に別れ, に彼, に社会的, に足, のうち, の反動, の成行き, の秘密, の順序, は俳優, をどう, 誘われて

▼ そこで~ (18, 0.1%)

1 [18件] がこの, がもし, が品川, で必要, と一, には緊急命令, に達者, のマスト, の上下, の入る, の来る, はもと, は岸, は殆ど, を借りる, を製造, を見つけたら, を造っ

▼ そこで~ (18, 0.1%)

2 のある, を出す, を払っ

1 [12件] だ, というもの, と唐, につまっ, のウシ, は懐中, は馬, をくずした, を受け取り, を払つて, を持っ, を計算

▼ そこでここ~ (17, 0.1%)

3 の主人

1 [14件] ではいくら, で私, にいた, には五輪書, に一つ, に働く, に大, に弁護, に恩愛, に至っ, の家, の飛び, を先途, を訪れる

▼ そこでこれら~ (17, 0.1%)

2 のもの, の人たち

1 [13件] のこと, の三人, の句, の問題, の地方, の尼, の手合い, の数氏, の章, の芸術, の記録, の附添夫, の餓鬼共

▼ そこで~ (17, 0.1%)

1 [17件] きょうだいは, ざりました, ざりますぞ, ざりまする, ざります神, の温泉場, ほうじが, りがん, 上人様を, 再会申しまする, 前に, 家来の, 相談が, 相談に, 相談何と, 神木は, 貴殿の

▼ そこで主人~ (17, 0.1%)

2 は女中

1 [15件] が呼掛けよう, が持っ, として大いに, に打ち明け, のかみさん, のそば, の代り, の物, の経歴, の言われる, の陸生, はこれ, はその, は彼, は話し

▼ そこで少年~ (17, 0.1%)

1 [17件] が主人公, が答, の悲しい, の知覚, の頃, は口, は必死, は棚, は母, は病い, は相手, は老人, は自分, は袋, は隊長, は馬, も心

▼ そこで~ (17, 0.1%)

2 の枕元

1 [15件] が私, と衝突, に出, の右大臣, の右腕, の方, の歎, の死後, の高次郎氏, はいろんな, はこんな, はまことに, は最後, を掴まへた, を頭

▼ そこで~ (17, 0.1%)

1 [17件] からひとしきり, がこの, がのん, が並ん, が大型, が相談, が着物, して, つつましくお次, で手, の者, の衆, はどう, 一つ傘の, 帆を, 御飯を, 笑い出して

▼ そこで~ (17, 0.1%)

1 [17件] がさめた, が見える, が覚めた, が醒めた, ざす鯖, には動く, にも余り, に見られる, の前, も光り, をつけた, をつぶっ, を伏せ, を光らせ, を怒らせ, を止めた, を水面

▼ そこで言葉~ (17, 0.1%)

2 を切っ, を切る

1 [13件] の息, の美し, は少し, は神, をあらためて, をつづけ, を切, を切った, を切つて, を尽し, を慇懃, を截ち切っ, を途

▼ そこで~ (16, 0.1%)

4 う云 3 ういふ 1 いく物, ういふ人たち, ういふ風, うした, そういう手合, へ空間性, ア死んだ, ッそく達也に, 女は

▼ そこでまあ~ (16, 0.1%)

3 私の

1 [13件] その女, わたしに, 出来るだけ, 十一月二十五日が, 御娼売, 意地と, 書きだしたもん, 死んだが, 無事に, 生れて, 私も, 袋の, 食味の

▼ そこでもう一度~ (16, 0.1%)

1 [16件] からだ, さわって, ヴァレイ氏夫妻よ, 入口の, 前に, 名を, 呪文を, 奥の, 尋ねるが, 式の, 御苦労にも, 本筋へ, 白宮殿の, 聞き直す, 言うが, 訊くが

▼ そこで大きな~ (16, 0.1%)

3 声で, 溜息を 1 あなの, お釜, 一つ眼が, 丸鑿で, 因子として, 地震は, 欠伸を, 炉の, 軍艦を, 鳩パイが

▼ そこで子供~ (16, 0.1%)

3 が沢山

1 [13件] がいった, がディアボロ, だちが, に自身, の息, の方, はもつ, は佐藤家, は夢みる, もまじり, も率直, を呼ん, を振り返っ

▼ そこで帆村~ (16, 0.1%)

2 はまた

1 [14件] からお, が呼ばれ, のいる, はぴたり, はやむなく, は二人, は大事, は屍体発見当日, は注意深く, は爬虫館, は独自, は窮余, は親しい, は釣り

▼ そこで当然~ (16, 0.1%)

1 [16件] お銀様, その血筋, な帰結, の問題, リンピイは, 思い出すの, 文学の, 日本色里の, 業腹が, 次代の, 私は, 考えられること, 落込ん, 警告を, 起こるべき結果, 魔が

▼ そこでこちら~ (15, 0.1%)

1 [15件] から税金, に背, のゐ, の井上, の御, の船頭, の警官, はいち早く, はほんとう, は娘, は岸, は意, は戸惑い, も早速, も柱

▼ そこでどんな~ (15, 0.1%)

2 ことが

1 [13件] ことから, ものだ, ものを, 事が, 事業を, 嘘を, 奴が, 安ちょく, 料理が, 話です, 話を, 風に, 騒動が

▼ そこでなに~ (15, 0.1%)

7 をし 1 か噂, してらつし, してるかって, してるだ, よりも読者諸君, をしたでしょう, を見つけた, を隠そう

▼ そこで一行~ (15, 0.1%)

1 [15件] からお, がその, が無事, の先輩, の駕籠, は一名, は予定, は例, は先ず, は奥, は安心, は橋以外, は英国公使ら, は迂回, は門

▼ そこで仕事~ (15, 0.1%)

2 の性質, をし

1 [11件] が燃焼, にありつこう, にあり余る, に有り付い, のない, の重宝, はしばしば, をつ, をはじめました, を休ん, を変える

▼ そこで吾輩~ (15, 0.1%)

1 [15件] いよいよ面白く, が躍起, のこの世, の大, の復讐, はトウトウ決心, はモウ一度, は改めて, は断然, は止む, は生れ, は近頃, もヤット安心, も殆, も考えた

▼ そこで~ (15, 0.1%)

1 [15件] になっ, になる, ねむるとき顔, のふける, の九時ごろ, の明ける, の海岸, は悪魔, は鬼, ふけるまで, を待っ, を明かし, を明かす, を明し, 更けてから

▼ そこで更に~ (15, 0.1%)

1 [15件] お願い申し上げた, すすんで, 人々は, 余計な, 元の, 君に, 固唾を, 大に, 彼は, 手を, 東へ, 考えられること, 進んで, 還つて來, 飲み続けながら

▼ そこで~ (15, 0.1%)

3 の利いた

1 [12件] がおちついた, が付いた, が引ける, のつく, の付いた, の弱い, の早い, の短い, の逸, を入れ, を揉む, を紛

▼ そこで秀吉~ (15, 0.1%)

3 は家康 2 に人質 1 が実地検分, はこれから, はつまり, は奥州, は腹, は自分, は誓約, は近日, は通詞, も訓令

▼ そこで~ (15, 0.1%)

1 [15件] ボルシェヴィク親衛兵の, 先生は, 先生を, 刀自は, 博士は, 売卜者が, 婦人は, 嫗は, 梅君食った, 武士の, 浮浪者の, 番頭は, 聖者は, 足と, 鬼と

▼ そこでこう~ (14, 0.1%)

2 云う事, 云った, 言った 1 つけ加えた, なる, まで言ったら怒るだろう, 云う答, 云って, 申し上げると, 申上げる, 見廻せば

▼ そこでさっそく~ (14, 0.1%)

2 それを

1 [12件] その有名, にその, みんなで, トルコ人と, 会議が, 南京虫の, 夜の, 彼は, 心霊術師を, 打ち出, 網を, 部下を

▼ そこでゆっくり~ (14, 0.1%)

1 [14件] お休みなさい, ご覧なされ, と船長たち, わしの, 一服喫ってから, 休むが, 休んで, 寝て, 待って, 拝見し, 泊って, 涼むが, 考えて, 養生させよう

▼ そこで~ (14, 0.1%)

1 [14件] が立っ, にパリ, の長男, はさっそく, はそういう, は一寸, は両氏, は帰東, は座敷, は思った, は数十年前, は本書, は羽生, は隋帝

▼ そこで~ (14, 0.1%)

2 が途切れた

1 [12件] がハタ, が出なくなった, と力, についてもう少し, をかけ, をかけた, をそろえ, をそろへ, を合わせ, を大きく, を荒げ, を高め

▼ そこで~ (14, 0.1%)

1 [14件] がさせ, の腹, はモスコー, は勝手, は変, は小屋, は巴里, は彼女, は手文庫, は機会, は気絶, は決心, は真一, 眠ったの

▼ そこで~ (14, 0.1%)

2 はまた

1 [12件] が, がいった, この盛事, の屋敷, はみずから, は他, は僕, は始終, は文答師, は殪, は畢生, は訊いた

▼ そこでお雪ちゃん~ (13, 0.1%)

1 [13件] が, がはじめて, にははっきり, にも関守氏, の心持, はまた, は今日, は思い入り, は極めて, は米友, は遠慮なく, もその他, も妙

▼ そこでこんな~ (13, 0.1%)

1 [13件] ことも, ことを, ように, 事を, 場合に, 変装まで, 奇現相を, 想像が, 立ち話を, 配置が, 間違いを, 風に, 食堂の

▼ そこでつまり~ (13, 0.1%)

1 [13件] あなたの, この青年, は異人さん, ドウいう, 両方の, 例の, 僕たちふたりは, 我々は, 料理は, 私どもには, 自然界には, 要領よく, 貉を

▼ そこでやっと~ (13, 0.1%)

1 [13件] そのおそろしい, のこと, まほう使, 元の, 吾に, 女神が, 息を, 教師に, 目か, 自分の, 訳が, 議長席と, 越後様の

▼ そこでようやく~ (13, 0.1%)

1 [13件] この疑, これでは, われに, 一種の, 事の, 地主は, 外濠線へ, 安心する, 扉が, 現在の, 考えが, 言葉を, 道庵を

▼ そこで一方~ (13, 0.1%)

1 [13件] においては法律, にかうした, には赤旗事件, に対, に此処, のしん吉, の戸口, の文, の男, の辰公, を獅子, ノートル・ダーム橋と, 森田屋を

▼ そこで~ (13, 0.1%)

6 照らす大神 3 の神 1 にいた, の日矛, の神樣, の神樣方

▼ そこで~ (13, 0.1%)

2 も刀

1 [11件] がお, がせめて, と結婚, にもたべる, のカムヌナカハミミ, の二成, の司馬昭, の水彦, の雑貨商, はそれ, は勇躍

▼ そこで考えた~ (13, 0.1%)

3 のが, のは 1 ことは, にゃもの, にゃ物, ね, のだ, 丹造は, 兵曹長は

▼ そこで道庵~ (13, 0.1%)

2 と米友

1 [11件] があいた, がまたも, が扇子, が気がつきました, と別れ, につづい, の差図, の頭, は相知らず, もそれ, を呼び起しました

▼ そこで~ (13, 0.1%)

2 を剃らせ

1 [11件] と胴体, の恰好, の汗塩, の蒼, をあらっ, をわたし, を沖島, を見あわせた, を見合せ, を見合わせる, を除外

▼ そこでこっち~ (12, 0.1%)

1 [12件] がええ面倒く, が少し, のたのみ, はうまい, はすっかり, はそろそろ, はどう, もいい, もグ, もフライ, も手練, も眼

▼ そこでそんな~ (12, 0.1%)

2 ような 1 ことを, 事に, 事も, 事を, 人物の, 削られて, 盗みなどよりは, 調子で, 連中の, 風に

▼ そこでだんだん~ (12, 0.1%)

3 調べて 1 そちらの, に取り調べる, に札, に訊い, に調べ, 変化と, 家柄を, 聞いて, 訊いて

▼ そこでちよ~ (12, 0.1%)

1 [12件] つとで, つとギクリと, つとショートタイム, つと一息入れ, つと動揺, つと口籠, つと学校, つと手土産, つと昼寝, つと考えこんだ, つと言葉, つと飲む

▼ そこでなお~ (12, 0.1%)

1 [12件] いくつかの, めんみつな, よく事情, よく記憶, 多くの, 奇態な, 得心の, 津田先生に, 粂さん, 言明しくりかえす, 露西亜の, 魔法的な

▼ そこでまだ~ (12, 0.1%)

1 [12件] どんな手続き, カッカと, 世の中を, 五つにも, 呑込めないらしい, 子供は, 寿江子の, 早いけれど, 最適の, 楽しい人々, 狂気じみた, 貴方を

▼ そこでよく~ (12, 0.1%)

2 開いて 1 あるとおり, いう, ねころんだ, みんなは, 古本屋の, 火事が, 考えて, 見るが, 見ると, 見給え黄身

▼ そこでわたしたち~ (12, 0.1%)

1 [12件] のつぎ, はここ, はそれ, はまず, はみんな, は一食, は七月, は仕切場, は採用, は紳士荘, は考えた, もまた

▼ そこでイワン~ (12, 0.1%)

1 [12件] の体, の兄, の国, はあらゆる, はお姫様, はこさえ, はそれ, はまた, は出かける, は改めて, は斧, は百姓

▼ そこでゲルダ~ (12, 0.1%)

1 [12件] のかみ, はあつい, はいつも, はたいそう, はたちどまっ, はなにもかも, ははじめ, ははやく, はゆうき, は泣い, は花, をおろし

▼ そこで世間~ (12, 0.1%)

1 [12件] ではこの, で一番嫌, で随筆, といふもの, には日蓮聖人, の例, の常識, の心, の悪口屋, の金持, はこの, は取沙汰

▼ そこで~ (12, 0.1%)

4 税は 2 水は, 水も 1 水と, 翁は, 翁を, 馬寮の

▼ そこで主膳~ (12, 0.1%)

1 [12件] がもてあました, がニタリ, のもと, の前, の書道, はこの, はむらむら, は一生懸命, は子供たち, は手水, は満腹, は門番

▼ そこで~ (12, 0.1%)

1 [12件] が最初, と共寝, につき, の死, の留守, の遺言, は, は又, は口, は第, は苦笑, を悔

▼ そこで~ (12, 0.1%)

2 の英断 1 がレタス, と他, と別れ, の父, の表情, の非難, はかね, は女中, は玄関, を捉

▼ そこで~ (12, 0.1%)

3 家鴨は 1 の鶴千代丸, は下駄屋, を産ませ, を産んだ, 春丸を, 游が, 貢は, 鉄が, 鶉は

▼ そこで実際~ (12, 0.1%)

1 [12件] において絶望, に就い, に当, に思想内容, に馬力, のイギリス, の風, は米, 問題には, 戯曲を, 書いて, 生活に

▼ そこで~ (12, 0.1%)

2 の者 1 では弟, では母親, といえ, に引きとられ, のどう, の中, の息子たち, の書生, へ帰っ, を持っ

▼ そこで弁信~ (12, 0.1%)

2 はまた 1 がいったん, がお, が立ちどまっ, はいや, はいよいよ, は三味線, は再び, は容, は思わず, は熊

▼ そこで~ (12, 0.1%)

1 [12件] ある博士, のうち, の僻み, の及ぶ, の見る, ばかりの供養, をいらだたせ, をおちつかせる, を入れかえ, を定め, を落着け, 晴らしに

▼ そこで~ (12, 0.1%)

10 のため 1 には念, のため軽便天測具

▼ そこで~ (12, 0.1%)

1 [12件] が切れた, が絶え, が詰まっ, のハズむのをしずめている, もやすまず, も絶え絶え, をきりました, をつい, を切らし, を吐い, を吐く, を殺し

▼ そこで拙者~ (12, 0.1%)

1 [12件] が云った, が眼, と川上氏, はこれ, はどう, はもう少し, は三四人, は主張, は当, は死ぬ, も歌, も江戸

▼ そこで~ (12, 0.1%)

1 [12件] かの邸, からある, からずいぶん, から今日, から国家, の師, の日本, の日本詩人, の社会状態, の縁故, はあれ, は昔

▼ そこで~ (12, 0.1%)

3 のよう 1 から次, の如く結論, の日, の朝ノリ子さん, の段取り, の結果, の言葉, の諸, の質問

▼ そこで~ (12, 0.1%)

12 之助

▼ そこで~ (12, 0.1%)

3 をのん 2 を飲み 1 だの菓物, のこと, の好き, をよばれた, を喫し, を沸かし, を飮ん

▼ そこで許宣~ (12, 0.1%)

2 は姐, は承, は白娘子, は碼頭, は舗, は鎮江

▼ そこで~ (12, 0.1%)

3 を飲ん 1 だ酒, で麻痺, の徴発, はすり, をのみはじめました, を酌み, を酌ん, を飲み, を飲み戯れ遊ぶ

▼ そこで~ (12, 0.1%)

1 [12件] の一件, の口, の尻尾, は, はともだち, はもっぱら, をとめさせ, を回し, を塩山方面, を捨てる, を止め, を返そう

▼ そこでがんりき~ (11, 0.1%)

3 の百 1 が吃驚, が意地, が荒っぽい, の百蔵, はなにげなく, は南条, は速足, もばかばかし

▼ そこで一杯~ (11, 0.1%)

1 [11件] かたむけて, そして私, と借り, に張りあげる, のお茶, のコーヒー, のビール, また一杯, やって, やろう盃, 行こうぜ

▼ そこで~ (11, 0.1%)

1 [11件] こそ真理自体, こそ科学的批評, に関する科学, は文化的自由主義, を内感, を平易, を形式, を我國, を文語, を漢, を説明

▼ そこで今夜~ (11, 0.1%)

1 [11件] かの三人, のこと, はこ, はここ, はやすみましょう, は何, は例, は前, は私, は紋七, は足

▼ そこで同じ~ (11, 0.1%)

1 [11件] やうな, ような, ように, 位言葉に, 向島の, 宿に, 性格の, 殺生と, 認識の, 貧乏を, 遊びなら

▼ そこで~ (11, 0.1%)

1 [11件] からその, からイヅモタケル, から掃溜, から背のび, から蹤, には第, ふりかえって, へ引っ返した, を追っかけた, 深草院に, 漢の

▼ そこで~ (11, 0.1%)

2 を読ん 1 だなの, の研究, をふせ, をまた, を見, 居内遠, 月と, 街道を, 辭の

▼ そこで百姓~ (11, 0.1%)

2 を虐待, を骨抜き 1 のぜいたく, はおののき, は十分, は腰, は自分, は迷惑, をしてる

▼ そこで突然~ (11, 0.1%)

1 [11件] あたま, に大地, に眼界, ジナイーダは, 一大決意を, 地震が, 笑いを, 繩を, 閉ざされた, 面長と, 飛びかかる

▼ そこで色々~ (11, 0.1%)

1 [11件] と分析的, と手, と探し, と泊り客, な事, な会合, 御教示, 思案の, 苦心の, 試験を, 魂胆を

▼ そこで若い~ (11, 0.1%)

1 [11件] 事務員は, 令嬢は, 女の, 娘の, 彼らは, 晶子は, 獅子を, 老尼, 船頭も, 軍医は, 連中は

▼ そこで茂太郎~ (11, 0.1%)

1 [11件] は, はまず, はまた, は二度, は再び, は声, は急, は足ぶみ, は駒井, もつい, も応酬

▼ そこで~ (11, 0.1%)

2 は錦葵 1 がついた, に一緒, をとめ, をとめる, を下り, を借り, を停めさせ, を留めた, を返した

▼ そこで~ (11, 0.1%)

3 をあつめ 1 から自分, でも鉢合せ, と尻尾, のなか, のもげ, のよい, を何度, を出し

▼ そこである~ (10, 0.0%)

2 日の 1 とき親子と, 大学の, 日また, 日彼は, 日母親は, 時は, 時私が, 道士に

▼ そこでいきなり~ (10, 0.0%)

1 かえるを, わが子へ, タネを, ムヤミと, 切れて, 声を, 立ちあがって, 質問を, 開いたん, 電話を

▼ そこでいったん~ (10, 0.0%)

2 踏み止まって 1 おれが, 包みかけた荷物, 唇を, 怒りが, 懐中へ, 美濃路へ, 羽織の, 静まりかけた客

▼ そこでいつも~ (10, 0.0%)

2 のよう 1 きまって, ながらの捨身, の事, の例, 勉強する, 呟いた, 御厨の, 次の

▼ そこでこうして~ (10, 0.0%)

1 この別荘, 小っ, 広言を, 御迷惑, 探して, 時計で, 精根を, 自家用自動車を, 薪を, 静心で

▼ そこですっかり~ (10, 0.0%)

1 与八を, 化けおおせた, 喜んだという, 坐ったと, 安心し, 持物を, 空想も, 話し込んで, 身体が, 途方に

▼ そこでイザ~ (10, 0.0%)

10 ナギの

▼ そこでネネム~ (10, 0.0%)

2 は又 1 が云いました, はある, は一人, は教室, は自分, は部下, も一寸, も全く

▼ そこで一座~ (10, 0.0%)

1 が口, が弁信, が甚だ, のお, の反対, の話, の連中, の陰謀, の顔, はお

▼ そこで~ (10, 0.0%)

2 のやう, のよう 1 でロープ, に凝縮, に出た, のふたり, の子, を向い

▼ そこで二つ~ (10, 0.0%)

1 のもの, の大きな, の接吻, の数字, の生命, の窓, の竹, の道, の駕籠, の黄金人形

▼ そこで~ (10, 0.0%)

2 を開い 1 に出しました, のなか, をおさえる, をふさいだ, を利かない, を噤ん, を噤んだ, を盃

▼ そこで女房~ (10, 0.0%)

3 は夫 2 は死のう 1 が敵陣, と二人, は, は出かけ, を選りととのえ

▼ そこで実は~ (10, 0.0%)

1 ちょっと往, 倣って, 倣つて之を, 我々の, 日本の, 本書を, 父の, 相談だ, 自分からも, 難解化を

▼ そこで宿~ (10, 0.0%)

2 の主人, の亭主 1 に秘蔵, に電話, のがらん, の者, へかえる, やの世話

▼ そこで母親~ (10, 0.0%)

1 が働かなけれ, が室, の前, の痛, はあわて, はその, は三木, は嫁貰い, は畳, を真ん中

▼ そこで法然~ (10, 0.0%)

1 が, がこの, が召され, が心, が筆, の返事, は東大寺, は生死, は礼盤, もあわれみ

▼ そこで~ (10, 0.0%)

1 の光, の柱, の用心, を出し, を点け, を焚い, を焚いてない, を焚こう, を認め得れ, を點

▼ そこで相談~ (10, 0.0%)

3 がある, の上 1 がきまっ, である, のうえ, はほとんど

▼ そこで細君~ (10, 0.0%)

1 がまた, が夫, が訊いた, の寝室, の態度, の願, は, は亭主, は急い, は細か

▼ そこで警察~ (10, 0.0%)

1 から, からの命令, では直接証拠, の方, の活動, の眼, の連中, は犯人, は途方, へ電話

▼ そこであと~ (9, 0.0%)

2 の言葉 1 からあと, から入, に残っ, のこと, の十五万斤, はアンマ, を言

▼ そこでともかく~ (9, 0.0%)

2 も夜 1 その方法, もこいつ, も学士, も応ずる, も阿蘇, 熊川忠範は, 近寄れる距離

▼ そこでどういう~ (9, 0.0%)

3 ことに 1 ふうに, 会話が, 手段で, 新手を, 相談が, 風に

▼ そこでどこ~ (9, 0.0%)

1 かこの, かで会った, から見, が故郷, のことば, のじゅんさい, へ行っ, までもお姫さま, よりも清水

▼ そこで~ (9, 0.0%)

1 おれが, かまの, さるる, どうも手前, ふたりの, 一雨ざアと, 伯父上, 俺は, 新吉俺は

▼ そこでやはり~ (9, 0.0%)

1 その女たち, 下宿の, 前記の, 河原蓬の, 父親の, 病室での, 舊友の, 転々として, 馬肉の

▼ そこでカント~ (9, 0.0%)

1 がこう, によれ, のアプリオリスムス, の倫理説, の如き, の空間, は事実, は実体, は認識主観

▼ そこで一旦~ (9, 0.0%)

1 この境界, は計略成就, は踏み留まっ, 君僕で, 地上へ, 淵と, 白雲は, 身を, 飯塚薪左衛門の

▼ そこで三郎~ (9, 0.0%)

1 はおどろき, はたずねた, はようやく, はゴム風船, は口笛, は外, は安, は思わず, は遂に

▼ そこで俳優~ (9, 0.0%)

2 とはなんぞや 1 が自分, としての, の演技, の素質, はある, はま, は怖

▼ そこで働く~ (9, 0.0%)

1 この世界, 人たちを, 十幾人の, 女の, 小さい女工たち, 時間は, 自然科学者や, 若い女性, 農民は

▼ そこで~ (9, 0.0%)

4 も角 3 に角 1 が喜ん, に角鍛冶屋町

▼ そこで其の~ (9, 0.0%)

1 事件が, 人が, 定窯, 方法の, 最後は, 欠陷, 發達の, 相談は, 金貸へ

▼ そこで~ (9, 0.0%)

4 供は 1 からは女房, にいまい, のお, へ引張つ, 實は

▼ そこで別れ~ (9, 0.0%)

1 ている, て二, て地下鉄, て帰ろう, て洗耳房, て立ち去った, の接吻, を告げ, 彼女は

▼ そこで勢い~ (9, 0.0%)

1 の赴く, 主我的に, 即興の, 大勢の, 安く売っ, 岡っ, 料理法という, 浅吉は, 競争し

▼ そこで天下~ (9, 0.0%)

2 の窯器 1 に触れ, の耳目, の諸侯, の麦酒樽漬, は二分, は荊州, をお

▼ そこで~ (9, 0.0%)

2 のお 1 が友達, が自分, としては父親, の方, の月子ら, は母親, を起しました

▼ そこで小林君~ (9, 0.0%)

1 はあきかけた, はいろいろ, はおお, はこんな, はみんな, はエヘン, は古い, は手紙, は緑ちゃん

▼ そこで少年たち~ (9, 0.0%)

1 は, はさい, はばらばら, は今夜, は北岸たち, は晴れやか, は自分たち, は警察, よ

▼ そこで幕府~ (9, 0.0%)

1 が探訪, では当時, の歩兵, はいよいよ, は品川, は大小目付三奉行, は寛永四年, も相当, を道具

▼ そこで政府~ (9, 0.0%)

1 でも地方, はこの, はこれ, はさらに, は大いに, は孝行, は当分地方債, は怪文書取締り, も黙っ

▼ そこで~ (9, 0.0%)

1 が云った, が前後めちゃくちゃ, が立会人, が美人, に言った, の感情, は兼, は岸, を殺す

▼ そこで検事~ (9, 0.0%)

1 と判事, は, はある, はいった, はさっそく, は三度瓦房店, は型, は巧み, は折鞄

▼ そこで武蔵~ (9, 0.0%)

1 から真, が, がどう, がわけ, が吉岡, が声, は自分, は頷く, は食事

▼ そこで~ (9, 0.0%)

2 を汲ん, を飲ん 1 が非常, の底, は容易, を呑まず, 籠りを

▼ そこで考え~ (9, 0.0%)

2 て神田 1 あぐんだのち, そこに, ていた, ている, てみた, てみる, もまとめ

▼ そこで~ (9, 0.0%)

2 にさげた 1 に鉄鍋, の両刀, の兩刀, をあげる, を並べ, を懸け, を抜かし

▼ そこで~ (9, 0.0%)

1 ていらっしゃい, てきた, てゐる, て来た, て畏れ, て見ぬ, やう見, 當り, 顕わ

▼ そこで食事~ (9, 0.0%)

3 をし 1 に取りかかる, もよし, をした, を一食八銭, を許される, を進め

▼ そこで~ (9, 0.0%)

1 だけを小屋, にし, のあたり, の仰角, をかしげ, をくくる, を動かし, を振っ, を集め

▼ そこであたし~ (8, 0.0%)

1 がお願い, がぐっと, が大きな, が頼む, はずつと前, は六歳, は失笑, は村長

▼ そこでお松~ (8, 0.0%)

1 としてはあの, の前, はしばらく, はもう, は何, は兵馬, は田山白雲, は能勢様

▼ そこでこうした~ (8, 0.0%)

1 下部構造の, 判断を, 古典の, 国語の, 実証性を, 特殊の, 矛盾が, 賤民たちが

▼ そこでことば~ (8, 0.0%)

8 をきっ

▼ そこですべて~ (8, 0.0%)

1 が大, が決する, の人々, の土地, の空気, を下, を内証, を説明

▼ そこでそれら~ (8, 0.0%)

2 に近づく 1 に関しては再び, の作品, の書巻, の頭文字, は一定, を木枯し

▼ そこでつい~ (8, 0.0%)

1 うたた寝の, お隣の, この間まで, そんな言葉, 今年の, 余分に, 傍系視され, 自分の

▼ そこで~ (8, 0.0%)

2 毎晩ある 1 いま温泉宿を, さっきの, ナタリイ, 僕たちコドモ委員で, 私の, 親分

▼ そこでホッ~ (8, 0.0%)

4 と息 2 と一息 1 とした, と安心

▼ そこで一日~ (8, 0.0%)

1 あそんで, ご駐輦, だけは世子, も二日, も早く, を過ごす, 立って, 置いて

▼ そこで五人~ (8, 0.0%)

2 の少年 1 が一時, が相談, になりました, の人選, は出かけました, は馬

▼ そこで今晩~ (8, 0.0%)

2 は泊る 1 の晩餐, はこうして, はイヤ, は寝かしません, は特に, 聞きました尺八

▼ そこで伸子~ (8, 0.0%)

1 が教則本, と素子, にソヴェト, の生活, の話, はボール箱, は下着類, を床

▼ そこで例えば~ (8, 0.0%)

1 わが国においては, クルノーの, ブルジョア経済学の, 儒教の, 帯も, 洋菓子を, 記憶といった, 認識の

▼ そこで僕達~ (8, 0.0%)

1 はそろそろ, はどうにか, は乗った, は出発, は怒っ, は此処, は皆着物, は自動車

▼ そこで~ (8, 0.0%)

1 に返, の席, の座, は暫く, 來あの, 来た旧道, 豊は, 豊を

▼ そこで吾人~ (8, 0.0%)

2 はこの 1 の世, の生活上, はこれら無限, は今, は先ず, は非常

▼ そこで~ (8, 0.0%)

2 は, は弟 1 の考え, は家, は尾高, は起き

▼ そこで和尚~ (8, 0.0%)

1 の肩相, はいかにも, はそ, は一禅師, は何心, は回向, は守鶴, は起ち

▼ そこで大勢~ (8, 0.0%)

2 の神, は誘いあわせ 1 の人達, の神たち, は懸, 寄って

▼ そこで夫人~ (8, 0.0%)

1 にお, はこの, はそば, はやつ, はペエジ, は元, は内中, は祈る

▼ そこで子供たち~ (8, 0.0%)

1 が土, にとっては松茸, には子供たち, の眼, はポケット, は下駄屋さん, は今, を小ざっぱり

▼ そこで~ (8, 0.0%)

2 ていた 1 てあの, ている, て起りゃ, なはい, 衣を, 覚の

▼ そこで小さい~ (8, 0.0%)

4 太郎は 1 手を, 爭が, 紙片に, 罎を

▼ そこで悪魔~ (8, 0.0%)

1 にかはりました, の子, の教, の騎士, は, はいろいろ, はかうし, は二箇づれ

▼ そこで政宗~ (8, 0.0%)

1 から会津, が北条氏, に心服, の従士, は仕方, は小田原, は自ら慚, も大

▼ そこで明智~ (8, 0.0%)

1 がベル, が話しはじめる, と若者, の着換え, はふたり, はまた, は事務所, は気

▼ そこで普通~ (8, 0.0%)

1 いう意味, にこれ, にはとても, の人, の意味, の社交, の考, の膳

▼ そこで次郎~ (8, 0.0%)

1 が中心, が仔細, の泣き声, の話, はその, は事, は双方, もあわて

▼ そこで父親~ (8, 0.0%)

1 から逃げ出し, が苦心, たる私, の頑強そう, はこれ, は次男, は民法, は道ばた

▼ そこで現在~ (8, 0.0%)

1 では存在論, の十一面観音, の各国, の場合, の戦災後, の演劇界, は吾, 各十人

▼ そこで神尾~ (8, 0.0%)

1 が踏みとどまる, が首, はこの, は神妙, は筆, は自分, は覚王院礼讃, は走りました

▼ そこで自動車~ (8, 0.0%)

2 をやとっ 1 もまた, をおりました, をアパート, を下りた, を待っ, を見つけた

▼ そこで若し~ (8, 0.0%)

1 お前達が, 倫理の, 其の美術, 吾, 文部省に, 榛原は, 肺臓が, 計畫

▼ そこで諭吉~ (8, 0.0%)

1 はおく, はお母さん, ははじめ, はま, は三十分, は朝, は芝, は鉄砲洲

▼ そこで~ (8, 0.0%)

1 で雨戸, をとどめ, をゆるめる, を引っこめ, を引っ張っ, を止め, を洗い, を留め

▼ そこで道庵先生~ (8, 0.0%)

1 が, がいい, がちょっと, はこう, は今, は自分, もその, をまた

▼ そこで~ (8, 0.0%)

2 信は 1 宝の, 宝を, 母さん, 母さんも, 禮に, 繊は

▼ そこで降り~ (8, 0.0%)

2 てある 1 て, ていっ, てしまわれ, てみ, て二時間プラットホーム, て型

▼ そこで非常~ (8, 0.0%)

1 なる緊縮, な幸運, にフランス語, に困難, に甘い, に酸い, に難しい, に面白い

▼ そこでいつ~ (7, 0.0%)

1 でもいう, でも跳び上がっ, にない, になく, までもゴヂャゴヂャ, やるの, 頃出来ましょう

▼ そこでお前さん~ (7, 0.0%)

1 が正直, に少し, に頼みたい, の本当, はあれ, はぢ, はどう

▼ そこでさすが~ (7, 0.0%)

1 にお, に一同, のアカーキイ・アカーキエウィッチ, の七兵衛, の佐渡守, の道庵, 呑気な

▼ そこでさらに~ (7, 0.0%)

1 これを, 余輩の, 山海関錦州新, 左へ, 死んだ者, 第三段, 遡って

▼ そこでじゃ~ (7, 0.0%)

1 この水門, そこもとの, まされずに, 君の, 大問題, 客僧, 諸君可え

▼ そこでそういう~ (7, 0.0%)

1 ことを, 僧侶が, 光景を, 帝国主義的, 形で, 捉われた, 気持で

▼ そこでただ~ (7, 0.0%)

1 一つ葉子を, 仕事部屋が, 何となく, 彼女は, 新聞から, 殴るより, 純粋の

▼ そこでたとえば~ (7, 0.0%)

1 わたしは, トルストイの, 不動明王の, 今描い, 前の, 勇ましい戦争, 失敗した

▼ そこでついに~ (7, 0.0%)

1 はドナウ, は専攻課目, 亡くなられたが, 光厳上皇の, 椎名町で, 焚殺の, 逃げ去って

▼ そこで~ (7, 0.0%)

2 しよに 1 だん声, と汗, ねいりしたら十二時頃, のプログラム, 思ひに

▼ そこで一夜~ (7, 0.0%)

2 を明かす 1 に何回, の泊り, をその, を明す事, を過ごした

▼ そこで一寸~ (7, 0.0%)

1 てれた形, と口, と船宿, 拍子抜けの, 眼を, 考へて, 茶を

▼ そこで一度~ (7, 0.0%)

1 でんぐり返りを, はきっと, バウンドし, 彼は, 話そうといった, 誰かに, 顔なじみに

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 使者は, 名は, 女は, 岸被害地各, 洋聯合艦隊司令官ヤーネル提督は, 肱を, 軍対峙の

▼ そこで~ (7, 0.0%)

2 には質 1 の美術品, へはいっ, 尊の, 房の, 縁の

▼ そこで仏頂寺~ (7, 0.0%)

1 がどう, とああ, と丸山, は事, は兵馬, ほどの豪傑, も兜

▼ そこで~ (7, 0.0%)

2 助が, 助は, 助も 1 用品という

▼ そこで以前~ (7, 0.0%)

1 から勤王僧, のごとく, の少年, の通り一心, は二日, より人, より本

▼ そこで伯爵~ (7, 0.0%)

1 と船長, はかねて, はそんな, は切手, は土地, は私立探偵, は顔色

▼ そこで双方~ (7, 0.0%)

1 が界方, に問う, に訊ねる, の気違, の瞳, の虫, 同時に退き

▼ そこで大いに~ (7, 0.0%)

1 困つたが, 尊敬し, 慌てまして, 気を, 発奮し, 騒いで, 驚いて

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 のエルネスチイヌ, のジルノルマン嬢, の一家族, の帰る, は一計, や兄, を揺り起こした

▼ そこで始め~ (7, 0.0%)

1 て, てあの, て一人前, て多数, て天体, て彼, て皆

▼ そこで小さな~ (7, 0.0%)

2 柏の 1 懐中へ, 新聞社の, 理屈にのみ, 腰掛で, 鬼は

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 から背負っ, がおり, に於, の全部, の通人, へやっ, へ木

▼ そこで~ (7, 0.0%)

3 よった悪魔 1 ちゃんと誠くん, とった女工, に一二回陳列, を越え

▼ そこで戦争~ (7, 0.0%)

1 とか侵略, に反対, の中頃, の油絵, をし, を見物, を覚悟

▼ そこで新田先生~ (7, 0.0%)

1 はひとり, は千蔵, は受話機, は変話機, は急, は自分, は話

▼ そこで止む~ (7, 0.0%)

6 を得ず 1 ことを

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 による, の感覚, の頭脳, は今, は平俗, は西郷南州, は遂に

▼ そこで法水~ (7, 0.0%)

1 が一息, の眼, の質問, はこの, はちょっと, はダンネベルグ事件, は新しい

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 憂樹と, 政府主義の, 政府主義者と, 暗に飲ん, 爲孤獨に, 識と, 雑作に

▼ そこで特に~ (7, 0.0%)

2 洋燈を 1 このこと, 文武の, 注文し, 画家を, 陽樹の

▼ そこで王さま~ (7, 0.0%)

1 は, はいいました, はすぐ, はむす, はエリーザ, はヨハンネス, もヨハンネス

▼ そこで直ちに~ (7, 0.0%)

1 出直して, 園長の, 明日は, 私は, 空間が, 箱根方面の, 部隊は

▼ そこで社会~ (7, 0.0%)

1 から抽象, が堕落, と意識, にどう, の明る, の本質, の自然史

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 のお, の僕, の御子, の教え, の託宣, はヨナ, は鯨

▼ そこで~ (7, 0.0%)

1 が開ける, に一物, をなでおろした, を打ちました, を拳, を躍らせ, を静め

▼ そこで見た~ (7, 0.0%)

1 のか, のかい, ものじゃから, 瀧を, 男體の, 稻の, 細君は

▼ そこで親分~ (7, 0.0%)

2 と別れ 1 いよいよ踏み出し, どうします, には手前, はちよい, を呼出さう

▼ そこで貴様~ (7, 0.0%)

2 に聞く 1 に要求, に頼み, はどう, は女房, もまさかに

▼ そこで駒井甚三郎~ (7, 0.0%)

1 と田山白雲, は一方, は最初, は望遠鏡, は清八, は程遠から, は老人

▼ そこであらゆる~ (6, 0.0%)

2 種類の 1 困難の, 文学について, 方法で, 絆を

▼ そこでいい~ (6, 0.0%)

1 ことを, んです, 声を, 心地に, 気持そうに, 生活は

▼ そこでおまえ~ (6, 0.0%)

1 が一緒, にひとつ, に訊い, はこの, はなに, はハープ

▼ そこでこいつ~ (6, 0.0%)

1 がこんな, だ積極的攻勢, としては久しぶり, は, は預かる, を拘引

▼ そこでさっき~ (6, 0.0%)

2 の話 1 から独りここ, から考え, のだが, の仕事

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 うとうしゅっこ, うとう二疋, うとう査閲委員, うとう泣き崩れる, とひ, にしのごき

▼ そこで~ (6, 0.0%)

2 貴殿は 1 じゃ明日, なかい, 吉植さんは, 湯も

▼ そこでどうして~ (6, 0.0%)

1 お半, この家, こんな多く, も廻らない, よいか, 本道へ

▼ そこでどうにか~ (6, 0.0%)

3 して 1 しなければとも, しようと, そこから

▼ そこでなぜ~ (6, 0.0%)

1 か揃っ, それを, といふ, 世界の, 長太郎を, 高橋房次氏が

▼ そこでなん~ (6, 0.0%)

1 だってあんな, でもセルギウス, でも九月, でも母, ならわし, べん

▼ そこでほか~ (6, 0.0%)

1 に手蔓, のワケ, の多く, の実習, の弁護士, の連中

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 づそれを読んだ, づ修身といふ, づ大体の, づ念の, づ手始めに, ほう使は

▼ そこでまたもや~ (6, 0.0%)

1 一泊した, 寄せて, 捜索と, 接吻と, 杜切れ, 黙り込んだ

▼ そこでもっと~ (6, 0.0%)

1 おたずねし, 修行する, 大きな声, 秘密な, 複雑な, 面白い具体的

▼ そこでやつ~ (6, 0.0%)

1 とうなだれた, と五年, と命拾, と昨日, と相手, と考

▼ そこでわたくし共~ (6, 0.0%)

1 が飛び込ん, は木, は枳園先生, は柏軒先生, は歩き出し, は爺

▼ そこでルラ蛙~ (6, 0.0%)

2 はまた, はもう, もやっと

▼ そこで一体~ (6, 0.0%)

1 あなたは, あの家, あの男, こうした出来ごと, この金額, どういう種類

▼ そこで一切~ (6, 0.0%)

1 の事情, の公民, の政法, の物体的自然, の知識, をはぶき

▼ そこで一策~ (6, 0.0%)

3 を案じ 1 をかんがえ, を思いつきました, を案出

▼ そこで一郎~ (6, 0.0%)

1 が間, はけさ, はもっ, は思い悩ん, は自分, を休ませ

▼ そこで一首~ (6, 0.0%)

1 がしっとり, の意, の意味, はそう, は山沢人, 浮かんだがな

▼ そこで下人~ (6, 0.0%)

2 は何, は老婆 1 は両足, は兩足

▼ そこで世界~ (6, 0.0%)

1 で指折り, に於ける, の各国, の大勢, の文明開化, の王様

▼ そこで京都~ (6, 0.0%)

1 においても今さら, に出, のからす, の大きな, の有志者, の松茸

▼ そこで今年~ (6, 0.0%)

1 になっ, の元日, の大雪, の暮, は巷談屋, は辛酉革命

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 の大, の家, の村人, の者, の諸, 巳吉を

▼ そこで僕たち~ (6, 0.0%)

1 に残された, はいくら, はこの, は二人きり, は皆一人づつ, も相

▼ そこで充分~ (6, 0.0%)

1 な山, に仕遂げる, に保養, に暴れ, 妹の, 御饌

▼ そこで兵隊~ (6, 0.0%)

2 のシモン 1 が遣つ, に採られ, はあまり, はつく

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 てきた, て行, て見ます, 會ふ, 渠の, 遇つた紳士淑女に

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 が膝, で王子, の方, を取り次ぎ, を把, を抜き

▼ そこで刑事~ (6, 0.0%)

2 は私 1 にあいさつ, のひとり, の一人, は石

▼ そこで叔父~ (6, 0.0%)

1 の言葉, はそっと, は一時, は最後, は正式, 御が

▼ そこで土地~ (6, 0.0%)

3 の人 1 の名, はどう, を本

▼ そこで多く~ (6, 0.0%)

2 の少女たち 1 の人, の探偵, の神, の青年

▼ そこで大変~ (6, 0.0%)

1 な代物, な惨状, な文書往復, な騒動, に敬われ, 息苦しい

▼ そこで大王~ (6, 0.0%)

1 はシュレージエン, は一七四二年四月ベーメン, は兵力, は語端, もた, もとうとう

▼ そこで奥さん~ (6, 0.0%)

1 にむかっ, に向い, の入院中, の気づかれた, は竹さん, も絵本

▼ そこで~ (6, 0.0%)

2 は恐る恐る 1 はいちど, はとうとう, は地蔵さん, やがこの

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 に順序, の谷, の路, へ佐賀町, へ曲る, も右くも今日

▼ そこで平吉~ (6, 0.0%)

1 に対するやき, はすかさずもう一度, は戦利品, は毎日平気, は泥棒, を叱っ

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 で見た, のガラス戸, の中, の片すみ, へかけだし, へ下り

▼ そこで待つ~ (6, 0.0%)

3 てゐる 1 ことは, てゐなけれ, 腹であった

▼ そこで忽ち~ (6, 0.0%)

1 二人の, 人が, 劣等人種の, 学生から, 官憲の, 病院内に

▼ そこで数馬~ (6, 0.0%)

1 はピッタリ, は不思議そう, は太郎, は改めて, は足, も大小

▼ そこで日本人~ (6, 0.0%)

1 にほんとう, の心, はその, は侵略者, は西洋人, は論議

▼ そこで最も~ (6, 0.0%)

1 嫌疑の, 安全な, 文芸復興の, 深刻な, 理論を, 身軽な

▼ そこで椋原孔明氏~ (6, 0.0%)

1 は何, は彼, は極めて, は無法, は突然, は閃

▼ そこで~ (6, 0.0%)

2 をお 1 ごゑ, など口ずさん, の, を献じた

▼ そこで正直~ (6, 0.0%)

2 を申します 1 なところ, にお, によりよき, に観照

▼ そこで歴史~ (6, 0.0%)

2 の研究 1 と離れた, のこと, の科学的研究, までも

▼ そこで江戸~ (6, 0.0%)

1 で勘定奉行, と江戸, の人心, の奉行所, へ帰ろう, 第一

▼ そこで犯人~ (6, 0.0%)

1 はきっと, はどう, はまた, は表, を見うしなっ, を見た

▼ そこで田山白雲~ (6, 0.0%)

1 がこの, がその, がもう, はいいかげん, は二度, は物珍しい

▼ そこで種々~ (6, 0.0%)

1 と小説本, な尊公, の祭, 思案の, 方法を, 研究し

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 から屋根, から後, から覗い, にむい, の下, の格子

▼ そこで~ (6, 0.0%)

3 戻って 1 止ったので, 止って, 聴きを

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 と墨, は必然的, をおいた, をさし置い, を執, を擱

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 にはこう, に円, の終わり, を延ばし, を引き裂き, を折っ

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 にその, はいひました, はやむを得ず, は新しい, は迷惑, をはじめ帝その他

▼ そこで船長~ (6, 0.0%)

1 がかわっ, と生, の電話, はすぐ, は技師, は突然

▼ そこで船頭~ (6, 0.0%)

1 と相談, のささやき声, はもう, は舟, は金, を切つて

▼ そこで良寛さん~ (6, 0.0%)

1 の書いた, はいつも, はどんなに, は手紙, は辻堂, もどこ

▼ そこで~ (6, 0.0%)

6 之助

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 にあまる, につまされた, は船室, をひれ伏し, を伸び上り声, を起し

▼ そこで身体~ (6, 0.0%)

1 の冷え, も大分, をよせた, を動かす, を寝かし, を腹面

▼ そこで遂に~ (6, 0.0%)

1 一国に対して, 偶然性という, 方針を, 法然は, 片方だけ, 相手と

▼ そこで~ (6, 0.0%)

1 に埋れ, の問題, の落人, の野原, は如何なる, を測っ

▼ そこであやめ~ (5, 0.0%)

1 は主, は断った, は眼, は立ち上った, も空店

▼ そこであんた~ (5, 0.0%)

1 が滞納分, のりっぱ, の聞きたがってる, はすぐ, は何

▼ そこでいずれ~ (5, 0.0%)

1 あやめと, からも反応, その内, にせよ, も武装

▼ そこでいま~ (5, 0.0%)

1 いうランデブウ, いろいろの, このうつくしい, 申したこと, 迄蝦

▼ そこでおばあさん~ (5, 0.0%)

1 が腹, はしなびた, はエリーザ, は台所, は庭

▼ そこでお茶~ (5, 0.0%)

1 でも飲まうで, を戴きました, を煮, を飲み, を飲ん

▼ そこでお話~ (5, 0.0%)

1 しなさいわたし, は後, は文代さん誘拐事件, をきき, をせびっ

▼ そこできょう~ (5, 0.0%)

1 はそれ, は四人づれで, は朝, も咲耶子さま, 突然に

▼ そこでさしも~ (5, 0.0%)

1 のめんどう, の道庵, 全権を, 短気な, 鼻息の

▼ そこでしかた~ (5, 0.0%)

2 がなし 1 がない, なくぼんやり, なく茂助

▼ そこですこし~ (5, 0.0%)

1 ばかりていさい, ばかり気持, 休むつもり, 安心した, 御休みなさい

▼ そこでぜひ~ (5, 0.0%)

1 お前さんに, なく, なくポテト, なく頭, 源太夫様にも

▼ そこでそう~ (5, 0.0%)

1 かねもう, して, 云うもの, 脆いの, 際立って

▼ そこでそのまま~ (5, 0.0%)

1 でしかし, に自然, 一晩だけ, 拿捕され, 癲癇を

▼ そこでだれ~ (5, 0.0%)

1 かが村, がそうした, にでも判決, もだれ, をこの

▼ そこでどうしても~ (5, 0.0%)

1 この無数, これは, カラタール氏を, 地理を, 心霊の

▼ そこでどうも~ (5, 0.0%)

1 お鯉さん, 二度目の, 先生の, 情なくなっちまった, 自分一人で

▼ そこでなるべく~ (5, 0.0%)

1 ならば, 乗客は, 出歩かないよう, 多数の, 気持ちを

▼ そこでなんと~ (5, 0.0%)

1 かして, しても, なくいい心持, なく座敷, 思ったか

▼ そこでにわかに~ (5, 0.0%)

1 下僕志願に, 思い立って, 玄女と, 阿波入りを, 霊陵城の

▼ そこでひとり~ (5, 0.0%)

1 になっ, になりました, の女の子, の猟師, の男

▼ そこでふたたび~ (5, 0.0%)

1 バスヴィオラの, 浮揚し, 立って, 錆槍を, 鞭を

▼ そこでほとんど~ (5, 0.0%)

1 イギリス軍の, 二人が, 夢遊病患者の, 秘密結社的な, 衝動的に

▼ そこでやむなく~ (5, 0.0%)

1 あの谷, その一部, ジャガタラいもを, 右の, 私は

▼ そこでやむを得ず~ (5, 0.0%)

1 他領, 僕が, 焼豆腐を, 色んな便法, 造酒の

▼ そこでカルル~ (5, 0.0%)

1 はほんとう, はもう, はもっと, はシューバル, は火夫

▼ そこでカレン~ (5, 0.0%)

1 はおの, はすっかり, はびっくり, はま, は坊さん

▼ そこでグレ~ (5, 0.0%)

4 ゴールは 1 ゴールも

▼ そこでスサノヲ~ (5, 0.0%)

5 の命

▼ そこでチチコフ~ (5, 0.0%)

1 はその, は出かけた, は口, は娘, は相手

▼ そこでピタリ~ (5, 0.0%)

1 と抑えられ, と見合いました, と足, と閉め, と音

▼ そこで一本~ (5, 0.0%)

2 の脚 1 の樹, の短い, の籐

▼ そこで一番~ (5, 0.0%)

1 うまくやっ, にやらにゃあならぬ事, に私, の兄, 若くて

▼ そこで一般~ (5, 0.0%)

1 に啓蒙家, のお客, の常識, の悪評, の需要

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 から声, に降り, の舎人親王, の関償金三分の二, へ行っ

▼ そこで不思議~ (5, 0.0%)

1 といったの, な戦後社会, な日本, な有様, な死方

▼ そこで世話~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 になつて, をし, をした

▼ そこで九兵衛~ (5, 0.0%)

1 のつぶやき, はかしこまっ, は云われる, は眼, もしかた

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 は遺憾 1 が頼み, はテレ隱, は想像

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 が面倒, の順序, は一瞬, 平ぐ後家康, 成らず転じて

▼ そこで五百~ (5, 0.0%)

1 に問い質す, はとうとう, は幾たび, は旦暮周密, も論陣

▼ そこで五郎兵衛~ (5, 0.0%)

2 は政界, は総理 1 は平八郎父子

▼ そこで人民~ (5, 0.0%)

1 が富んだ, が酋長, は, を催し, を手

▼ そこで以上~ (5, 0.0%)

1 のうち, のよう, の原則, の理由, 述べたところ

▼ そこで会社~ (5, 0.0%)

1 のお方, のほう, の命ずる, は幹部会議, は材料

▼ そこで住職~ (5, 0.0%)

1 がいつ, の命令, は小林文平, は山, は心

▼ そこで何事~ (5, 0.0%)

1 か起った, か起る, が起った, でも苦しん, をしよう

▼ そこで作家~ (5, 0.0%)

2 の魂 1 の扶助金庫, は自由, や批評家

▼ そこで偶然~ (5, 0.0%)

1 が, この鉱泉, と必然, にも, にもこの

▼ そこで僕等~ (5, 0.0%)

1 が文芸家, は, はこいつ, はその, は外

▼ そこで元来~ (5, 0.0%)

1 なら我々, は弟, 偽という, 感受性と, 社会を

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 は竹屋 1 にたのん, はさき, は様子

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 き心, 従業員の, 従業員を, 社員は, 軍に

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 さんが, っから, の日, は二十五, 霜も

▼ そこで医者~ (5, 0.0%)

1 と別れ, に逐一, のもと, の許し, の診断書

▼ そこで友人~ (5, 0.0%)

1 と茶, に託し, の一人, はこの, も私

▼ そこで取りあえず~ (5, 0.0%)

1 九大の, 吾輩から, 店で, 旅籠の, 金策に

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 がなく, が仰せ, はポトホト, をおとした, を神

▼ そこで商人~ (5, 0.0%)

1 の娘, はトルコ領, は三人, もまた, も客

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 だとは, なこと, なもの, な工合, に備

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 に出 1 の女達, の時, へ出た

▼ そこで大きく~ (5, 0.0%)

1 なったら偉い, なった人たち, ジャンプし, 息を, 金を

▼ そこで大体~ (5, 0.0%)

1 そんなよう, どんなこと, において古い, の意見, の方針

▼ そこで大工~ (5, 0.0%)

2 の方, を頼まなけれ 1 はわざとまず

▼ そこで安心~ (5, 0.0%)

4 して 1 をし

▼ そこで小一郎~ (5, 0.0%)

1 と桔梗様, は云い出した, は声, は揶揄, は横

▼ そこで小説家~ (5, 0.0%)

1 がはつ, の, は, は一寸話, は偶然

▼ そこで廊下~ (5, 0.0%)

1 から西洋風, で熊本出, に上がり, に走りで, を追いつめ

▼ そこで弟子~ (5, 0.0%)

2 は思ひ切つ, は机 1 の僧

▼ そこで当時~ (5, 0.0%)

1 の人, の人々, の意向, の甚だ, の聯隊書記

▼ そこで急い~ (5, 0.0%)

1 ではい, で家, で寝くたばっ, で我が, で栖方

▼ そこで慌て~ (5, 0.0%)

2 て大阪医科大学 1 て物置, て鋤, ながら大

▼ そこで我輩~ (5, 0.0%)

1 の教育家, はこれら, は新島君, もまあ, も外

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 たたくものもうす, の隙間, を啓, を膝行, を開けよう

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 がついに, がばたんと, の内側, をしめて, を開く

▼ そこで支配人~ (5, 0.0%)

1 とも相談, の姿, は労働問題, は旦那, は松村

▼ そこで政治~ (5, 0.0%)

1 および芸術上, では必ず, と経済, の技術, の最も

▼ そこで新聞社~ (5, 0.0%)

1 に具眼, に原稿, の全, の方, は自社

▼ そこで新聞紙~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 の検閲官, の紙面内容, は最後

▼ そこで~ (5, 0.0%)

3 なかま 1 のさむ, をしろ

▼ そこで旅人~ (5, 0.0%)

1 の此歌, はその, はもはや, は煙草, は狐

▼ そこで旦那~ (5, 0.0%)

1 が来る, にはちゃんと, の由兵衛, はお, はたいてい

▼ そこで昨日~ (5, 0.0%)

1 から両家, の事件, の馬道, まで門口, 絞って

▼ そこで昼飯~ (5, 0.0%)

1 が出された, が始まった, にした, の支度, を済まし

▼ そこで東京~ (5, 0.0%)

1 から帰っ, のデパートあたり, の大学病院, へも連れ, や横浜

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 がなくなっ, が切れ, という一人物, と森, に達し

▼ そこで止むなく~ (5, 0.0%)

1 お約束, コオカサスに, 一方では, 家へ, 農科大学の

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 はその, は七郎, は林児, は独り, も隠居仕事

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 のほう, の又, の神, へのあこがれ, へ棄てられ

▼ そこで深夜~ (5, 0.0%)

1 に水音, に行っ, の街, の訪問者たち, の酔歩

▼ そこで漸く~ (5, 0.0%)

1 元気を, 無事であった, 発見した, 私の, 飯場の

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 の軍隊 1 の群, はよけい, は泣きました

▼ そこで爺さん~ (5, 0.0%)

1 その池田, はそれ, はもう, は人混み, は大役

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 がタン, が出た, に, のつかい, は遁げ

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 はすっかり, は戸口, は焼いた, は袋, も杓子

▼ そこで王子~ (5, 0.0%)

1 がまず, はひい, はラプンツェル, は心, は森

▼ そこで王様~ (5, 0.0%)

1 とお, はこの, はまんまと, は侯爵, は家来

▼ そこで生き~ (5, 0.0%)

1 ている, てみたい, てみる, ながら誰, ながら鬼

▼ そこで番頭~ (5, 0.0%)

1 が仲裁, が行っ, というの, は立聞, は話し出した

▼ そこで直ぐ~ (5, 0.0%)

1 さま仲人婆さんを, にこんな, に警官達, は帰らず, 引返すから

▼ そこで私ども~ (5, 0.0%)

1 が自然, の意見, の番頭, はしずか, はその

▼ そこで私共~ (5, 0.0%)

1 が昼飯, としても早速, の放蕩仲間, の本道, はハガキ

▼ そこで空間~ (5, 0.0%)

2 の性格 1 の問題, は何故, も亦

▼ そこで結局~ (5, 0.0%)

1 その要領, どういうこと, どういふ, は総領事セワード氏, 行くべきもの

▼ そこで老婆~ (5, 0.0%)

1 が思う, は, はその, はジリジリ, は一杯

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 のなか, の底, をかかえ, を切ろう, を拵

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 へ両手, まずき奥, を, をつい, を崩し

▼ そこで自然科学~ (5, 0.0%)

1 と観察, にとっての自然, にどういう, の対象, は一般

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 を漕ぐ 1 に積ん, を東南五, を漕い

▼ そこで若者~ (5, 0.0%)

2 は三和土 1 は何, は村中大騒ぎ, を先頭

▼ そこで藤兵衛~ (5, 0.0%)

1 の店, は申し上げます, は考え, も近づい, 召されること

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 つかひは, のとぐろ, はおなか, は大, を見なかったら

▼ そこで蜂矢~ (5, 0.0%)

1 のたすけ, はかいつまん, はすこぶる, はとち, は中

▼ そこで試み~ (5, 0.0%)

1 にその, に毎晩, に猪, に窓, に闘わし

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 妃に, 将は, 生徒は, 科学論を, 豪は

▼ そこで諸君~ (5, 0.0%)

1 にそう, に氷河, はすぐ, はわかった, は考へる

▼ そこで警官~ (5, 0.0%)

1 の一人, の出動, はさらに, は引返す, は電話

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 は二つ 1 が二股, が開ける, は自ずと

▼ そこで都合~ (5, 0.0%)

1 が悪く, のいい, よく奥, よく舅君, よく運ぶ

▼ そこで金太郎~ (5, 0.0%)

1 は一つ, は二三米先, は二時間, は坂田金時, は體

▼ そこで静か~ (5, 0.0%)

1 な曲, に修行, に席, に考え, に落雷

▼ そこで順序~ (5, 0.0%)

2 から言 1 としてまず, として反撥, として簡単

▼ そこで~ (5, 0.0%)

2 は竹青 1 でも取っ, はくちばし, は和

▼ そこで~ (5, 0.0%)

1 が黄いろい, の声, の肉, の鳴く, は今

▼ そこで黒い~ (5, 0.0%)

1 お化けを, 外套で, 天鵞絨の, 筍は, 騎士と

▼ そこであいつ~ (4, 0.0%)

1 がどんな, はきっと, は後悔, は第

▼ そこであまり~ (4, 0.0%)

1 愚痴つ, 退屈だ, 遠くは, 馴染では

▼ そこであれ~ (4, 0.0%)

1 の姿, は子供, をベン, 程執拗

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 はゆる 1 ざとなるととまつてしまふのである, よいよと

▼ そこでいや~ (4, 0.0%)

1 でもおう, でもたま, でも物音, とも言わず

▼ そこでいろんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, 科学, 話が, 話を

▼ そこでおしまい~ (4, 0.0%)

1 になった, にはふたり, にゲルダ, に路傍

▼ そこでおじいさん~ (4, 0.0%)

2 とおばあさん 1 はこういう, を抱い

▼ そこでお待ち~ (4, 0.0%)

1 うけあっては, うけでございます, うけに, になっ

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 ぶとを, ぶりを, または町, 乾燥の

▼ そこできみ~ (4, 0.0%)

1 とぼく, におもしろい, はまんまと, をかどわかし

▼ そこでくるり~ (4, 0.0%)

2 と身 1 と廻れ, と海

▼ そこでせめて~ (4, 0.0%)

1 その上, は同じ, 南京虫の, 課長の

▼ そこでそいつ~ (4, 0.0%)

1 の左, へ付け込んだ, を早速, を谿底

▼ そこでたちまち~ (4, 0.0%)

1 一決を, 口喧嘩が, 猛烈な, 箱を

▼ そこでとにかく~ (4, 0.0%)

1 われわれが, 一番近い, 倅に, 荷物は

▼ そこでとりあえず~ (4, 0.0%)

1 この場, 張の, 返事を, 開閉器の

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 しんと, つちが, ろぼうは, ろぼうを

▼ そこでどうか~ (4, 0.0%)

1 して, なすったん, 千円の, 精一杯の

▼ そこでどの~ (4, 0.0%)

1 くらい金, ような, 様な, 部屋子も

▼ そこではたと~ (4, 0.0%)

1 当惑する, 杜絶えた, 留まった, 留まつた

▼ そこでひろ子~ (4, 0.0%)

1 はたった, はついに, は急, をおろし

▼ そこでぴたり~ (4, 0.0%)

1 ととまっ, と合う, と止まっ, と止んだ

▼ そこでぷつりと~ (4, 0.0%)

2 切れて 1 切って, 切れた

▼ そこでほっと~ (4, 0.0%)

1 したわけ, した気持, して, 一安心し

▼ そこでみなさん~ (4, 0.0%)

2 はこれから 1 は教育, もよく

▼ そこでむすこ~ (4, 0.0%)

1 がのこらず, はお姫さま, はひとまず, はまた

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 ひとつここに, ひとつ訊きたい, 一ツ行く先だけを, 少しで

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 まねこ, ッと

▼ そこでやや~ (4, 0.0%)

1 ともすればチグハグ, 声を, 小半刻も, 性急に

▼ そこでわが~ (4, 0.0%)

1 文化社会学は, 新劇団の, 殿は, 自由に

▼ そこでわざと~ (4, 0.0%)

1 こういう質問, 一二分まだ, 落ち着いて, 訊ねた

▼ そこでわれら~ (4, 0.0%)

1 が買い取っ, の使命, はまず, 如き喰いつぶし

▼ そこでエセックス~ (4, 0.0%)

1 には競争者, はなんとなく, はもう一度, はラレイ

▼ そこでオレ~ (4, 0.0%)

1 が大急ぎ, の村, はエナコ, をひそか

▼ そこでグッ~ (4, 0.0%)

1 と行き詰っ, と警官たち, と趣向, スリ寝込んだ

▼ そこでスキー~ (4, 0.0%)

1 をぬい, をぬいだ, をアイゼン, を脱ぐ

▼ そこでステッキ~ (4, 0.0%)

1 で拷問, と手袋, をその, を小脇

▼ そこでチベット~ (4, 0.0%)

1 ではどうも, では四銭, に居る, のすべて

▼ そこでハタ~ (4, 0.0%)

1 と停った, と打, と止まっ, と行詰つた

▼ そこでビール~ (4, 0.0%)

1 の空箱, は磐, を下, を飲み

▼ そこでブルジョアジー~ (4, 0.0%)

1 がなほ, は戦争反対, は職業, 又は彼等

▼ そこでマタン~ (4, 0.0%)

1 の左手, はもう, は三度, もそれ

▼ そこでマルクス~ (4, 0.0%)

1 が, は云つた, は恐らく, は記し

▼ そこで一休み~ (4, 0.0%)

2 してから 1 して, しまた

▼ そこで一個~ (4, 0.0%)

1 に取, の妙案, の横穴, の餅

▼ そこで一年~ (4, 0.0%)

1 あまり暮した, ばかりの月日, ほど何, を高等科

▼ そこで一月~ (4, 0.0%)

1 に一つ, の末, ほど何, ほど働いた

▼ そこで一段と~ (4, 0.0%)

3 声を 1 眉を

▼ そこで一緒~ (4, 0.0%)

1 に乾盃, に兵糧, に出かけ, に十一娘

▼ そこで七郎~ (4, 0.0%)

1 から謀, が来た, と話した, に急い

▼ そこで三名~ (4, 0.0%)

1 は一, は万事, は母里邸, は鼎

▼ そこで下手人~ (4, 0.0%)

1 が窓, の当り, は窓, は誰

▼ そこで両人~ (4, 0.0%)

1 とも支度, の者, は再び, 互いに相手

▼ そこで両手~ (4, 0.0%)

1 で目, と膝頭, をひろげ, を合わせ

▼ そこで両方~ (4, 0.0%)

1 しばらくうなりつづけた, とも承諾, とも間違い, の窓枠

▼ そこで久しぶり~ (4, 0.0%)

1 じゃ私, で逢える, に安芸守信博, に満

▼ そこで久助君~ (4, 0.0%)

1 はついに, は何, は本, も兵太郎君

▼ そこで互に~ (4, 0.0%)

1 よりかかっ, 愛でて, 感じが, 親み合っ

▼ そこで亭主~ (4, 0.0%)

1 に私, の当, の羚羊, の難儀

▼ そこで今回~ (4, 0.0%)

1 こそは花廼屋, ご三男様, の割烹, は前回

▼ そこで仮に~ (4, 0.0%)

1 これを, これ等の, 一つの, 民衆という

▼ そこで仮り~ (4, 0.0%)

3 に日本 1 に公家

▼ そこで何ん~ (4, 0.0%)

1 だか, ですかい, でも自由, となく

▼ そこで余輩~ (4, 0.0%)

1 はその, は云った, は直ちに, もこれ

▼ そこで作者~ (4, 0.0%)

1 の外国文学, の方, はあの, は先づそ

▼ そこで俊夫君~ (4, 0.0%)

1 は, は名古屋, は深夜, は髭

▼ そこで個人~ (4, 0.0%)

2 が機械 1 は機械, を優越

▼ そこで働き~ (4, 0.0%)

1 さえすれ, そこで, そこで考え, に来

▼ そこで六人~ (4, 0.0%)

1 が, になりました, の専門家, は四人

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 になる, のころ, はなるべく, 忙しい餅菓子

▼ そこで凡て~ (4, 0.0%)

1 のこと, の局状, の過去, は管理

▼ そこで初め~ (4, 0.0%)

1 にこの, の中, の百本, は此

▼ そこで前後~ (4, 0.0%)

1 の考, の駕籠屋, も知らぬ, を見廻し

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が尽き, のある, をこめ, をへそ

▼ そこで動物~ (4, 0.0%)

1 がなくなる, としての人間, の味, や植物

▼ そこで勘右衛門~ (4, 0.0%)

1 の家, は刑部, は手, は決心

▼ そこで千二~ (4, 0.0%)

1 はそこ, は丸木, は日比谷公園, は相手

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 と言っ, 九郎お, 五郎は, 定住的の

▼ そこで単に~ (4, 0.0%)

1 ぶざまさ, 下駄を, 八十五名の, 気持の

▼ そこで君たち~ (4, 0.0%)

1 の中, の商売, は二人, は農村

▼ そこで和尚さん~ (4, 0.0%)

1 はふり, はまた, は遠慮, も真実

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 に相談, はその, を伴, を促し

▼ そこで嘉ッコ~ (4, 0.0%)

2 が飛びあがっ, のお父さん

▼ そこで夕食~ (4, 0.0%)

1 にと支倉, のもてなし, をとった, を摂り

▼ そこで多分~ (4, 0.0%)

1 あなたも, このほか, に捨て置いた, 夜中に

▼ そこで多少~ (4, 0.0%)

1 ともその, の休憩, の心残り, 勝ち目を

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が覚めた, の中, の教え, を見ちまっ

▼ そこで大将~ (4, 0.0%)

1 の右京次郎, の首, は, はあの

▼ そこで夫婦~ (4, 0.0%)

1 の間, は衾幄, は農家, は額

▼ そこで奧さん~ (4, 0.0%)

1 が一人跡, が決戰, の心, や義敏君

▼ そこで女中~ (4, 0.0%)

1 がまた, をし, を八百屋, を案内

▼ そこで孔子~ (4, 0.0%)

1 が容貌, が弁舌, と同じく, はその

▼ そこで学校~ (4, 0.0%)

1 が土曜, の先生, へ上げなけれ, へ納める

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が言った, の二人, は道行き, を待っ

▼ そこで宿屋~ (4, 0.0%)

1 のこと, の主人, の亭主, や飲食店

▼ そこで将来~ (4, 0.0%)

1 の方針, の日本人, も偉い, をおそれ

▼ そこで小生~ (4, 0.0%)

1 の考, は叫んだ, は父, も車

▼ そこで屋敷~ (4, 0.0%)

2 をお 1 のうち, をもう一度

▼ そこで巡査~ (4, 0.0%)

1 が立ち, に頼んだ, は物蔭, は躍り出

▼ そこで師匠~ (4, 0.0%)

1 が私, の法眼, はさらに, は直ぐ

▼ そこで庄吉~ (4, 0.0%)

2 が下駄, は按吉

▼ そこで彼奴~ (4, 0.0%)

1 から巻き, にはあの, はふたたび, は全力

▼ そこで心得~ (4, 0.0%)

1 ある人々, て踏みとどまり, のある, のため

▼ そこで必要~ (4, 0.0%)

2 なの 1 な嘘, の場合

▼ そこで思い~ (4, 0.0%)

1 はこの, もかけぬ, も寄らぬ, 附いて

▼ そこで思いがけない~ (4, 0.0%)

1 パズルの, 人に, 人の, 障碍に

▼ そこで思いきっ~ (4, 0.0%)

1 て一伍一什, て入院, て出かけた, て声

▼ そこで思案~ (4, 0.0%)

1 にくれ, につき当った, に詰まった, に迷っ

▼ そこで憲法~ (4, 0.0%)

1 では國会, はある, はこの, は自由

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が剣, の剣, は息, は都

▼ そこで戯曲~ (4, 0.0%)

1 に於ける, の方面, の言葉, 即ち脚本

▼ そこで手早く~ (4, 0.0%)

1 上衣の, 繃帯を, 肺動脈と, 衣類を

▼ そこで手紙~ (4, 0.0%)

1 が来た, の交換, の内容, をひらい

▼ そこで手足~ (4, 0.0%)

1 のなわ, をだらん, を拭, を拭い

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 にふれ, 入って

▼ そこで教育~ (4, 0.0%)

1 された貴族学校, といふ問題, なるもの, もされ

▼ そこで文学~ (4, 0.0%)

1 としての戯曲, に於ける, もまた, を曇天

▼ そこで文部省~ (4, 0.0%)

1 の大戦資料調査局, は満州派, は陸軍, へ出頭

▼ そこで料理~ (4, 0.0%)

1 いろ, の方, をやる, を根本的

▼ そこで新三郎~ (4, 0.0%)

1 が何とか, は三崎村, は志丈, は衣服

▼ そこで新聞~ (4, 0.0%)

1 は狭い, は第, をたいして, を読み

▼ そこで旅行者~ (4, 0.0%)

1 がじゃ, のほう, の両手, はもう

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が暮れ, に三度飯, に当っ, の暮れる

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 さむい三月下旬, の時, をお迎え, を呼ん

▼ そこで昨夜~ (4, 0.0%)

1 の, は失敗, は私, も彌

▼ そこで曹操~ (4, 0.0%)

1 の身, は, は全, は呉

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 のりすぼん港, の空気, は少し, 早く眠たいのに

▼ そこで本書~ (4, 0.0%)

21 の前半, はこの

▼ そこで松吉~ (4, 0.0%)

21 はやっと, はやつ

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 名流婦人の, 工兵中隊長を, 殺人事件の, 雑誌に

▼ そこで楢ノ木~ (4, 0.0%)

4 大学士

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 くあたり 1 く原始的, 密の

▼ そこで武士~ (4, 0.0%)

1 は大路, は虱, は選ばれたる, は面白く

▼ そこで殿様~ (4, 0.0%)

1 とこの, の愛, は早速, は煩悶

▼ そこで毎日~ (4, 0.0%)

1 その親たち, 怒鳴つて, 来た君, 釣った鮎

▼ そこで氏郷~ (4, 0.0%)

1 が屹度此処, はこの, は之, は条件

▼ そこで民弥~ (4, 0.0%)

1 の不幸, は切り出した, は夢中, は考えた

▼ そこで演奏~ (4, 0.0%)

1 がつづけられる, しようと, し度いもの, の方法

▼ そこで無理~ (4, 0.0%)

1 にも筋, に歩いた, をしよう, をしよる

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 がキーシュ, が人間, は病気, もとうとう

▼ そこで特別~ (4, 0.0%)

1 な首座, にあつらえ, の器能, の電熱

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が挽き, にも通じる, に子供, は小股

▼ そこで現代~ (4, 0.0%)

1 に可能, の少, の若い, の若き

▼ そこで甚だ~ (4, 0.0%)

1 不鮮明な, 性急な, 恐縮だ, 漠然としては

▼ そこで生れた~ (4, 0.0%)

1 ということ, ピカソが, 児な, 場所に対する

▼ そこで生徒~ (4, 0.0%)

2 が皆それ 1 のほう, の数

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 のない, もなし, を足し, を足す

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 の中, の人たち, へ人, を彷徨

▼ そこで町内~ (4, 0.0%)

1 の小, の本道, の物持, の連中

▼ そこで病気~ (4, 0.0%)

1 だと, にか, になっ, を種

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 が二ツ座上, は納められ, をあげた, を取り交し

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 共に小金ヶ原, 合して, 変らず大きな, 抱いて

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 つ倒, の世界, 暗い中, 暗闇の

▼ そこで禿鷹~ (4, 0.0%)

1 のこと, はある, はなお, は山の神

▼ そこで私自身~ (4, 0.0%)

1 にいっそう, に一層, の体験, を持てあまし

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 の中 1 のふち, を見つけました

▼ そこで素子~ (4, 0.0%)

1 とお茶, には明日山女魚, ははじめて, は驚いた

▼ そこで紳士~ (4, 0.0%)

1 は急, は直ぐ, は自分, も高利

▼ そこで署長~ (4, 0.0%)

2 はその 1 とそれ, はこっそり

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 る日狸狩り 1 る日, 二十四日正造は

▼ そこで聞く~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 と椎, ほどの人

▼ そこで芝居~ (4, 0.0%)

1 では博士, といふもの, の噂, へ稽古

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 武士は 1 侍に, 侍は

▼ そこで~ (4, 0.0%)

2 を除 1 の中, をたべ

▼ そこで菊次さん~ (4, 0.0%)

1 と和尚さん, はかういひました, はとうとう, は今に

▼ そこで葉子~ (4, 0.0%)

1 はぎょっと, はわかっ, は倉地, は岡

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 のうで, のとこ, はじ, も我慢

▼ そこで行長~ (4, 0.0%)

1 と惟敬, の交渉, は明, も多少

▼ そこで裁判~ (4, 0.0%)

1 が決定, では狸, の当日, は結局無期延期

▼ そこで西洋~ (4, 0.0%)

1 では探偵小説, では昔, の文学史, の方

▼ そこで見物~ (4, 0.0%)

1 して, しとれ, もちり, も存外

▼ そこで記者~ (4, 0.0%)

21 はオツネ, を募集

▼ そこで読者~ (4, 0.0%)

1 の方, は, は夫, は遂にこう

▼ そこで諸国~ (4, 0.0%)

1 の城下, の親分衆, の遍歴, へ令

▼ そこで豊雄~ (4, 0.0%)

1 が真, の大盗, は師匠, を道案内

▼ そこで貴公~ (4, 0.0%)

1 すかさずあい, に頼み, の鑑定, を養子

▼ そこで貴方~ (4, 0.0%)

1 が, がいや, が銚子屋, も一つ科白

▼ そこで近代~ (4, 0.0%)

1 の作品, の油絵, の短篇詩, の絵画

▼ そこで近頃~ (4, 0.0%)

2 はやりの 1 はまだ, 散文なり

▼ そこで通太郎~ (4, 0.0%)

1 は一室, は安心, は生き生き, も安堵

▼ そこで通訳~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が向う, は外人, を押しのけ

▼ そこで金助~ (4, 0.0%)

1 がスッカリ泥, が自分, はお, は怖

▼ そこで長い~ (4, 0.0%)

1 あいださまざまの, あいだ揉み合った, 羅宇に, 間教育され

▼ そこで関羽~ (4, 0.0%)

1 は, は思いきっ, は糜竺, は馬

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 と公主, は梁, は欺い, は訊いた

▼ そこで隣家~ (4, 0.0%)

2 の主人 1 の六二一番, の刺青

▼ そこで~ (4, 0.0%)

1 に作られた, の間, をつかむ, を霞

▼ そこで面白い~ (4, 0.0%)

1 ことは, のは, 事には, 事は

▼ そこで馬車~ (4, 0.0%)

1 がちよ, に幌, の中, をおり

▼ そこで鹿~ (4, 0.0%)

2 のめぐり 1 はみな, はみなぴよんぴよん

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 すんでも, そうそうお, へるん

▼ そこであなたがた~ (3, 0.0%)

1 には全く, はこの, は一階上

▼ そこであらためて~ (3, 0.0%)

1 前後左右を, 聞きたいが, 部屋の

▼ そこであんまり~ (3, 0.0%)

1 とんちんかんな, 一ぺんに, 知恵のね

▼ そこでいかにも~ (3, 0.0%)

1 医者の, 古びた無用, 無愛想に

▼ そこでいっしょ~ (3, 0.0%)

1 になった, に寝泊り, に菊

▼ そこでうさぎ~ (3, 0.0%)

1 が, とたぬき, と猿

▼ そこでおいら~ (3, 0.0%)

1 がひとつ, が引き取っ, はもう

▼ そこでおかあさん~ (3, 0.0%)

1 はかわいい, はだんだん, や丈吉君

▼ そこでおかしい~ (3, 0.0%)

2 のは 1 事が

▼ そこでおそらく~ (3, 0.0%)

1 この優美, 他の, 助手たちが

▼ そこでおばさん~ (3, 0.0%)

1 はすこし, は人, は焼跡

▼ そこでお互い~ (3, 0.0%)

2 の肉体 1 におのれ

▼ そこでお父さん~ (3, 0.0%)

1 とお母さん, は, やお母さん

▼ そこでお話し~ (3, 0.0%)

2 しましょう 1 しなければ

▼ そこでかえって~ (3, 0.0%)

1 そこに, 教主張魯に対しては, 稼業は

▼ そこでからだ~ (3, 0.0%)

1 の影, をちじ, をふい

▼ そこできく~ (3, 0.0%)

1 が弥生, つもりだった, 音楽と

▼ そこできわめて~ (3, 0.0%)

1 不備とは, 奔放自由な, 興味ある

▼ そこでくらげ~ (3, 0.0%)

1 が呼び出され, はふわりふわり, はぶつぶつ

▼ そこでこの世~ (3, 0.0%)

1 の悲し, の苦労, を終りなさいました

▼ そこでこれ等~ (3, 0.0%)

1 の生産機関, の科学, の象徴派

▼ そこでさき~ (3, 0.0%)

1 の刑事, の話, ほどからの強

▼ そこでさまざま~ (3, 0.0%)

1 な風評, に詰問, の歓待饗応

▼ そこでさんざん~ (3, 0.0%)

1 持ちあ, 毒づいたり, 雌牛を

▼ そこでしきりに~ (3, 0.0%)

2 薪を 1 記憶を

▼ そこでじっと~ (3, 0.0%)

1 して, 番を, 立停っ

▼ そこですぐさま~ (3, 0.0%)

1 もとの, 彼は, 洗礼が

▼ そこですでに~ (3, 0.0%)

1 今夕には, 作製ずみの, 椅子に

▼ そこでその後~ (3, 0.0%)

1 に生れた, に起った, の様子

▼ そこでそれ以上~ (3, 0.0%)

1 にふえる, の禍い, の註文

▼ そこでたい~ (3, 0.0%)

1 せつなの, せつな仏像, やひらめ

▼ そこでたった~ (3, 0.0%)

1 ひとつの, 一人郵便配達夫が, 一軒の

▼ そこでたつた~ (3, 0.0%)

1 一つ方法が, 一人で, 一人まごまごし

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 ょっくらご相談どこを, ょっくら有りすぎる, ょっくら聞きたい

▼ そこでちょうど~ (3, 0.0%)

1 その家, 巻かせた糸, 船頭の

▼ そこででは~ (3, 0.0%)

1 あらゆる種類, ない, 面目ない

▼ そこでとの~ (3, 0.0%)

3 さまが

▼ そこでなか~ (3, 0.0%)

1 のいい, の濡れ場, へ入

▼ そこでなにげなく~ (3, 0.0%)

1 ヒョイと, 店に, 話頭を

▼ そこでのみ~ (3, 0.0%)

1 かれは, ぐすりを, 感情移入物我合一という

▼ そこでひと~ (3, 0.0%)

1 ばんあかす, 思ひに, 羽搏きして

▼ そこでひとしきり~ (3, 0.0%)

1 人通りが, 私達の, 読経の

▼ そこでひとつ~ (3, 0.0%)

1 お絹様, お聞き申したい, 考えて

▼ そこでひどく~ (3, 0.0%)

2 よろこんで 1 駭い

▼ そこでふところ~ (3, 0.0%)

1 が寂しく, に金, の蕎麦まんじゅう

▼ そこでほら~ (3, 0.0%)

1 あすこに, あとは, あの女

▼ そこでますます~ (3, 0.0%)

1 腹を, 頬ぺたに, 黙って

▼ そこでみな~ (3, 0.0%)

1 でロボ, に相談, 立って

▼ そこでもう少し~ (3, 0.0%)

1 たってという, 戯曲の, 詳しく私

▼ そこでもつ~ (3, 0.0%)

1 てある, と具体的, ぱら夜の

▼ そこでもはや~ (3, 0.0%)

1 わたしが, 奈何とも, 理論では

▼ そこでゆくりなく~ (3, 0.0%)

1 も巨人病, 塩釜芸妓の, 拾い上げたの

▼ そこでれい~ (3, 0.0%)

2 の紳士 1 の小

▼ そこでわっ~ (3, 0.0%)

1 しの, しは, と捕手

▼ そこでエリーザ~ (3, 0.0%)

1 はあわて, はたっ, をよん

▼ そこでオモヒガネ~ (3, 0.0%)

3 の神

▼ そこでクねずみ~ (3, 0.0%)

2 はすっかり 1 は散歩

▼ そこでクリストフ~ (3, 0.0%)

1 はあくまで, はオリヴィエ, は熱烈素純

▼ そこでグルリ~ (3, 0.0%)

1 と振り返っ, と振り返った, と身

▼ そこでコンマ~ (3, 0.0%)

2 がはいる 1 やピリオド

▼ そこでコン吉~ (3, 0.0%)

1 がつくづく, がまだ, はまだ充分

▼ そこでゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 に子供, は書いた, は自分

▼ そこでシモン~ (3, 0.0%)

1 の兵隊, は, は父親

▼ そこでステパン~ (3, 0.0%)

1 の母, はその, は間もなく

▼ そこでセエラ~ (3, 0.0%)

1 は例, は帳場, は次

▼ そこでソロリ~ (3, 0.0%)

1 と位置, と立ち上がり, と鞘

▼ そこでタケシウチ~ (3, 0.0%)

3 の宿禰

▼ そこでテナルディエ~ (3, 0.0%)

1 のふたり, は扉, は言葉

▼ そこでデュー夫人~ (3, 0.0%)

1 は又, は同じ, は帰宅

▼ そこでトニオ・クレエゲル~ (3, 0.0%)

1 は彼, は旅装, は首

▼ そこでトヨタマ姫~ (3, 0.0%)

1 がこれ, が不思議, が珠

▼ そこでハーキュリーズ~ (3, 0.0%)

1 はじれったく, はどの, は南瓜

▼ そこでバッタリ~ (3, 0.0%)

1 とあの, とすでにすっかり, と落合った

▼ そこでバーグレーヴ夫人~ (3, 0.0%)

1 は, はワトソン, は彼女

▼ そこでパーシウス~ (3, 0.0%)

1 はまた, は他, は涙

▼ そこでフランス~ (3, 0.0%)

1 のある, の学生, を代表

▼ そこでボーイ長~ (3, 0.0%)

1 に俥, はどう, へ持っ

▼ そこでマダム~ (3, 0.0%)

2 は彼 1 はフランス語

▼ そこでマッチ~ (3, 0.0%)

1 と艾, の軸, をつけ

▼ そこで一先ず~ (3, 0.0%)

1 二人きりに, 小屋に, 自動車とは

▼ そこで一刻~ (3, 0.0%)

2 も早く 1 の猶予

▼ そこで一口~ (3, 0.0%)

1 だけ後, に云, に云え

▼ そこで一家~ (3, 0.0%)

1 の主人, の伝, の内

▼ そこで一層~ (3, 0.0%)

1 のこと主人, 大岩, 重い流れ

▼ そこで一式小一郎~ (3, 0.0%)

1 はじっと, はそれだけ, は逸る

▼ そこで一応~ (3, 0.0%)

1 の検分, 与次郎に, 問い糺すが

▼ そこで一晩~ (3, 0.0%)

1 泊って, 泊めて, 過ごしたら死ぬかも

▼ そこで一泊~ (3, 0.0%)

2 して 1 した

▼ そこで一瞬~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の間, まことに異様

▼ そこで三つ~ (3, 0.0%)

1 の師範学校, の黄金, ばかし買っ

▼ そこで三年~ (3, 0.0%)

1 になる, ばかり前, もすごせ

▼ そこで三根夫~ (3, 0.0%)

1 はありのまま, は怪星ガン, もつづい

▼ そこで不意~ (3, 0.0%)

1 に彼, に本当に, に眞顏

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の終り

▼ そこで世の中~ (3, 0.0%)

1 では, の幽霊, は面倒

▼ そこで中国~ (3, 0.0%)

1 では一つ, で従来, は気

▼ そこで中尉~ (3, 0.0%)

1 の恐ろしい, はいよ, はふと

▼ そこで中心~ (3, 0.0%)

1 の問題, をぎゆつと, をなし

▼ そこで乃公~ (3, 0.0%)

1 はすこし, は一緒, は大いに

▼ そこで乳母~ (3, 0.0%)

1 の兄唐草銀五郎, の背中, は口

▼ そこで事件~ (3, 0.0%)

1 がいろいろ, は俄然, は迷宮

▼ そこで二十分~ (3, 0.0%)

1 ぐらい話しこんだ, ばかりか, ばかりねばっ

▼ そこで人口~ (3, 0.0%)

1 と食物, の問題, は殖え

▼ そこで人生~ (3, 0.0%)

1 いたるところ木賃宿, の現実, の神秘

▼ そこで今や~ (3, 0.0%)

1 云うこと, 次の, 第三

▼ そこで今朝~ (3, 0.0%)

1 はいよ, はいよいよ, も家

▼ そこで他人~ (3, 0.0%)

1 に疑い, に譲りたく, のもの

▼ そこで仲間~ (3, 0.0%)

1 に受止め, の者たち, を語らい

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 のいが餅, の乾物屋, の昼提灯

▼ そこで伊勢屋~ (3, 0.0%)

2 の主人 1 では一年

▼ そこで伊太夫~ (3, 0.0%)

1 が唸りました, は小坊主, も一応

▼ そこで伊織~ (3, 0.0%)

1 と偶然, の両脚, はもう一度

▼ そこで会津~ (3, 0.0%)

1 および桑名, からこの, から改めて

▼ そこで会話~ (3, 0.0%)

1 と地, はどうにか, は途切れ

▼ そこで何と~ (3, 0.0%)

1 おっしゃいましたエ, なしに, 滝沢氏明日は

▼ そこで何人~ (3, 0.0%)

1 かの文筆家, かの群像, の頭

▼ そこで何処~ (3, 0.0%)

1 かの坊さん, の牢屋, へ行く

▼ そこで何故~ (3, 0.0%)

1 これに, に必要, 僕は

▼ そこで何日~ (3, 0.0%)

1 かその, かを遊び, も何年

▼ そこで余儀なく~ (3, 0.0%)

1 ナムサイリンへ, 漠然と恋愛, 私は

▼ そこで使い~ (3, 0.0%)

1 なれた智識感情, の鳥, を立て

▼ そこで係官~ (3, 0.0%)

1 が代りあっ, の指揮, は直ぐ

▼ そこで係長~ (3, 0.0%)

1 は峯吉, は裏口, は重ね

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 かに決心, に下向, に私

▼ そこで俺ら~ (3, 0.0%)

1 は考えた, も探す, 迎えに

▼ そこで値段~ (3, 0.0%)

1 は, を聞いた, を聞いたら

▼ そこで假名~ (3, 0.0%)

1 の, 遣の, 遣を

▼ そこで僕ら~ (3, 0.0%)

1 はいい, はいつ, は各自

▼ そこで兄さん~ (3, 0.0%)

1 のごく, のすすめ, もこの

▼ そこで先刻~ (3, 0.0%)

1 の役人, の御, 御話し

▼ そこで兵部~ (3, 0.0%)

1 の大, の娘, 重清

▼ そこで其處~ (3, 0.0%)

2 の名 1 に御

▼ そこで出来る~ (3, 0.0%)

1 だけナフタリン, だけ尊大, だけ景気

▼ そこで切符~ (3, 0.0%)

1 を七留, を買い, を頼ん

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に取分け, の世界, 天王の

▼ そこで前者~ (3, 0.0%)

1 においては純, の語解, は小説

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 はとう, は張, 備にすすめた

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 ばかりたべず, をあたため孵, を立派

▼ そこで又八~ (3, 0.0%)

1 はふ, はふい, は言葉

▼ そこで叔母~ (3, 0.0%)

1 にも可愛がらるれ, は投げ出した, は片貝

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 心一代は, 楽が, 次郎は

▼ そこで右衛門~ (3, 0.0%)

1 は上がり込んだ, は自尊心, は遂に

▼ そこで司法主任~ (3, 0.0%)

1 が待っ, は一段と, は改めて

▼ そこで吉岡~ (3, 0.0%)

1 はまた, は早速, は腕

▼ そこで同郷~ (3, 0.0%)

2 の土方寧博士 1 の学友中

▼ そこで向こう~ (3, 0.0%)

1 が何, が油断, に龕灯

▼ そこで呂宋兵衛~ (3, 0.0%)

1 がうまうまと, はまた, はもち

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 の地方, の家, は王

▼ そこで呼吸~ (3, 0.0%)

2 をする 1 の内外

▼ そこで咄嗟~ (3, 0.0%)

1 に戦争, に文句, に身仕度

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 頭を 1 ある市

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 は急げ 1 とは何

▼ そこで喜兵衛~ (3, 0.0%)

1 に口, は心機一転, は法体

▼ そこで嘉十~ (3, 0.0%)

1 はちょっと, もおしまい, もおしまひ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 へ帰っ, を出, を開く

▼ そこで国民~ (3, 0.0%)

1 はどう, はなにもかも, も亦

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 には, はこの, 富み兵

▼ そこで土人~ (3, 0.0%)

1 と猿, に襲われたら, は船

▼ そこで地主~ (3, 0.0%)

1 はそつ, は窮迫, を救済

▼ そこで城太郎~ (3, 0.0%)

1 は植込み, もこれ, を呼びよせ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

3 を加え

▼ そこで夕飯~ (3, 0.0%)

1 に酒, の食卓, の馳走

▼ そこで夢酔~ (3, 0.0%)

1 は大きに, は岡野, は源兵衛

▼ そこで大切~ (3, 0.0%)

1 なこと, なその, な時

▼ そこで天子さま~ (3, 0.0%)

1 に願っ, はある, は阿倍

▼ そこで奥様~ (3, 0.0%)

1 がポリシネル, のご, はあなた自身

▼ そこで女二人~ (3, 0.0%)

2 だけ黙っ 1 はまだ

▼ そこで如何~ (3, 0.0%)

1 かして, に悔ん, に本

▼ そこで如何なる~ (3, 0.0%)

1 ことが, 問題を, 目的によ

▼ そこで如水~ (3, 0.0%)

1 のため, は更に, をよびよせた

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 っている, て自分, は昂然

▼ そこで婆さん~ (3, 0.0%)

2 と話しこむ 1 は眼鏡

▼ そこで婦人~ (3, 0.0%)

1 に対する礼儀, の夫, の屍体

▼ そこで存在~ (3, 0.0%)

1 と意識, のモデル, はその

▼ そこで学生~ (3, 0.0%)

1 の立場, はまた, は心

▼ そこで宇治山田~ (3, 0.0%)

3 の米友

▼ そこで宋公~ (3, 0.0%)

1 にいった, は殿上, もその

▼ そこで宝石~ (3, 0.0%)

1 をお, を売っ, を手

▼ そこで家康~ (3, 0.0%)

2 の足もと 1 が秀吉

▼ そこで将門~ (3, 0.0%)

1 は其年十月十七日, は引き出された, は明かな

▼ そこで小人~ (3, 0.0%)

1 が巨人, の退, は大

▼ そこで小僧~ (3, 0.0%)

1 と二人きり, はエムプレス・チャイナ, は和尚

▼ そこで小学校~ (3, 0.0%)

1 の先生, の女, の生徒たち

▼ そこで小林~ (3, 0.0%)

1 の話, は会計, は更に

▼ そこで小林団長~ (3, 0.0%)

1 のいつか, はひとつ, は二十人

▼ そこで小母さん~ (3, 0.0%)

1 が藁床, と二人, に別れ

▼ そこで小鳥~ (3, 0.0%)

1 の回向料, は, を一羽

▼ そこで少々~ (3, 0.0%)

1 お苦しい, まごついて, 変に

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 同一義, 温の, 真王

▼ そこで尻尾~ (3, 0.0%)

1 の先端, を振っ, を撮ん

▼ そこで山男~ (3, 0.0%)

2 はのど 1 は顔

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 から狙い, へ寄せる, へ這いあがっ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に生え, へあがっ, を離れ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に言い, は, を呵っ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 の両, を渡っ, を離れ

▼ そこで工場~ (3, 0.0%)

1 では不平, の当の, の方

▼ そこで左近~ (3, 0.0%)

1 がまた, は志道軒, は改めて

▼ そこで已む~ (3, 0.0%)

3 を得ず

▼ そこで巳之助~ (3, 0.0%)

1 はいろいろ, はよそ, は黙っ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 でも考え, の人たち, の輿論

▼ そこで市長~ (3, 0.0%)

1 が自分, は吉ちやん, を排斥

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 につい, を譲つた私, を離れる

▼ そこで帳面~ (3, 0.0%)

1 や香奠, を伏せ, を引っ

▼ そこで帽子~ (3, 0.0%)

1 とオーバー, を手, を被っ

▼ そこで平生~ (3, 0.0%)

1 の習慣, の自分, はあまり

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 に今日 1 にも為世

▼ そこで広い~ (3, 0.0%)

1 地所を, 意味の, 牀の

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 ながら此句, の時, をかく

▼ そこで弁当~ (3, 0.0%)

1 をこさえさせ, をたべ, をということ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に矢, を射, を棄て

▼ そこで弓之助~ (3, 0.0%)

1 は一礼, は昨日, は訊い

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 之丞 1 之丞様

▼ そこで張華~ (3, 0.0%)

1 は猟犬, は用事, は考えた

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 九郎は, 前なら, 吉は

▼ そこで彫刻~ (3, 0.0%)

2 や油絵 1 において赤衛兵

▼ そこで従来~ (3, 0.0%)

1 の例, の右門, の経緯

▼ そこで御馳走~ (3, 0.0%)

1 は, をかまえ, を奉る

▼ そこで念入り~ (3, 0.0%)

1 に寛延版, に扉, に縛り付け

▼ そこで思い切っ~ (3, 0.0%)

1 て手まね, て漕ぎ出し, て途中

▼ そこで恵印~ (3, 0.0%)

1 はわざと悠々, は大事, は約束

▼ そこで悪い~ (3, 0.0%)

1 性質は, 方には, 方位を

▼ そこで悪口~ (3, 0.0%)

1 は言いたくない, を云, を叩く

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 よ新, 復讐の, 英文科を

▼ そこで愈々~ (3, 0.0%)

1 其歳の, 大丈夫だ, 玩具の

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 を決して 1 を決し

▼ そこで意外~ (3, 0.0%)

1 なこと, な収穫, にも例

▼ そこで我藩~ (3, 0.0%)

1 では一時遁, は完, は既に

▼ そこで手前~ (3, 0.0%)

2 へ頼み 1 は腹

▼ そこで技術~ (3, 0.0%)

1 が上部構造, といふもの, は一定

▼ そこで折角~ (3, 0.0%)

1 の七百両, の歴史, わたくしの

▼ そこで持統天皇~ (3, 0.0%)

2 の時 1 の五年

▼ そこで按吉~ (3, 0.0%)

1 の釈然, は或, は驚いた

▼ そこで提灯~ (3, 0.0%)

1 がまた, の母, の間

▼ そこで支那~ (3, 0.0%)

1 では嫁, と我国, を掩葢

▼ そこで支那人~ (3, 0.0%)

1 に関して起る, は一日十円, は又

▼ そこで教授~ (3, 0.0%)

1 にそう, に面会, は極秘裡

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 の孫策, の將軍, は得

▼ そこで文字~ (3, 0.0%)

1 に就い, に書きあらわされ, に遠ざかっ

▼ そこで料理人~ (3, 0.0%)

1 はどう, は胸, は転

▼ そこで斯様~ (3, 0.0%)

1 いう埋木, な富豪たち, に精神病

▼ そこで新お~ (3, 0.0%)

2 代官は 1 代官が

▼ そこで新た~ (3, 0.0%)

1 な生命, に杯, に訪

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 じるしを, を巻く, を振っ

▼ そこで日々~ (3, 0.0%)

1 に信者, の勤め, の暮し

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 主人は, 伏見聯隊時代の, 武田家の

▼ そこで明日~ (3, 0.0%)

1 から小屋開き, の夜あけ, の荷役

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 の下, の名, の形

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 はどう, は途方, も友人

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 がたつ, の山崎農相, を得る

▼ そこで時々~ (3, 0.0%)

1 この目的, 想像力を, 警護の

▼ そこで時代~ (3, 0.0%)

1 は別に, ばなれ, も国

▼ そこで暇乞~ (3, 0.0%)

2 をする 1 をしよう

▼ そこで書物~ (3, 0.0%)

1 にも医療, も読まず, を取っ

▼ そこで朝廷~ (3, 0.0%)

1 では田, では空位, でも再

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 之助 1 の切株

▼ そこで木村~ (3, 0.0%)

1 のこと, の書く, はその

▼ そこで本間さん~ (3, 0.0%)

1 は已む, は思い出した, は慌しく

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 につい, についてそれとなく, を氷枕

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 の方 1 を出

▼ そこで林田~ (3, 0.0%)

1 のトリック, の問題, はチャンス

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 は無事, は酒, や樋口

▼ そこで栄蔵~ (3, 0.0%)

1 は少し, は本, は紙鳶

▼ そこで案内者~ (3, 0.0%)

1 として待ち, は水, を先

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 には葢, の蔽布, の黒布

▼ そこで様子~ (3, 0.0%)

1 をうかがえ, を窺っ, を聞く

▼ そこで機械~ (3, 0.0%)

1 がまわり, というこの, と睨めっ

▼ そこで正太~ (3, 0.0%)

1 の方, はやっと, はやっとすこし

▼ そこで正成~ (3, 0.0%)

1 は二千, は将卒, は悠々

▼ そこで此歌~ (3, 0.0%)

1 でも毫も, は三輪山, は六十三

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 はどう 1 の沈黙

▼ そこで残り~ (3, 0.0%)

1 の四千両, の四名, の時間

▼ そこで残念~ (3, 0.0%)

1 だが, でたまらない, ながら一同

▼ そこで段々~ (3, 0.0%)

1 怖くなり, 聞訊し, 脅かしの

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 が散らね, といふもの, の上り過ぎる

▼ そこで水夫ら~ (3, 0.0%)

1 はデッキ, は出かけた, を

▼ そこで沢田~ (3, 0.0%)

1 は東京, は第, へそれ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 の向う, の邊, は始め

▼ そこで法師~ (3, 0.0%)

1 に代わる, は昨夜, をはだ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に洗, のうえ, の荒い

▼ そこで清作~ (3, 0.0%)

2 も鍬 1 との話

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に入る, を棄て, を注ぎ

▼ そこで満場~ (3, 0.0%)

2 の諸君 1 の紳士諸君

▼ そこで源右衛門~ (3, 0.0%)

1 が驚い, はあちこち手, は平蜘蛛

▼ そこで源吉~ (3, 0.0%)

1 はまた, は山本, は治左衛門

▼ そこで滝人~ (3, 0.0%)

1 はたちまちどうにも, は再び, は決心

▼ そこで漁師~ (3, 0.0%)

1 の子, は居, は己

▼ そこで演劇~ (3, 0.0%)

1 が, と, といふ言葉

▼ そこで澄江~ (3, 0.0%)

1 はそれ以来, を奪った, を手放した

▼ そこで煙草~ (3, 0.0%)

1 の火, を五, を切らした

▼ そこで熱海~ (3, 0.0%)

1 がこの, でしかるべき, ではもう

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 に入 1 に入っ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に動ぜぬ, は, を云っ

▼ そこで物質~ (3, 0.0%)

2 のこの 1 の存在

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 のおなか, は云, は云いました

▼ そこで王妃~ (3, 0.0%)

1 たるべき人, は掌, は道度

▼ そこで現実~ (3, 0.0%)

1 にはこの, にやっ, の生活

▼ そこで生命~ (3, 0.0%)

1 がなくなる, をおとした, を終る

▼ そこで生活~ (3, 0.0%)

1 するよう, の様式, は一変

▼ そこで男の子~ (3, 0.0%)

1 と女の子, の側, は

▼ そこで病人~ (3, 0.0%)

1 がたかい, の御, の頭

▼ そこで皇后樣~ (3, 0.0%)

1 がその, が非常, のお

▼ そこで~ (3, 0.0%)

3 助は

▼ そこで直に~ (3, 0.0%)

1 ダージリンから, メネルーの, 人蔘や

▼ そこで相当~ (3, 0.0%)

1 の年齢, の留守居, 高くても

▼ そこで真理~ (3, 0.0%)

1 という理念, とは本来知識, を理想

▼ そこで着物~ (3, 0.0%)

1 と帯, をぬい, を乾かし

▼ そこで知識~ (3, 0.0%)

1 の普遍妥当性, の社会学, は社会

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 を投げ合っ, を拾っ, 之助

▼ そこで硝子板~ (3, 0.0%)

2 を紙 1 の形

▼ そこで社会科学~ (3, 0.0%)

1 ではこの, についての認識論, の研究

▼ そこで祖母~ (3, 0.0%)

1 は家, は自分, は骨だらけ

▼ そこで福村~ (3, 0.0%)

1 が邂逅, は, をうっちゃる

▼ そこで私等~ (3, 0.0%)

1 の一行, の宿, も這入った

▼ そこで秘密~ (3, 0.0%)

1 の部屋, を握っ, を教え

▼ そこで空気~ (3, 0.0%)

1 が異様, の乾湿, の目方

▼ そこで立聞き~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をする

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 を吹き, を吹く, 吹きは

▼ そこで筆者~ (3, 0.0%)

1 が想像, は四人, は知る

▼ そこで簡単~ (3, 0.0%)

1 な夕食, に西田哲学, に説教

▼ そこで精神~ (3, 0.0%)

1 についても従来, の緊張, はシェーラー

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 一年幸福な, 七日ほど, 半年子爵と

▼ そこで約束~ (3, 0.0%)

1 に背く, のとおり, をし

▼ そこで組頭~ (3, 0.0%)

1 はまたも, は再び, は藤崎さん

▼ そこで結論~ (3, 0.0%)

1 として一二, として台湾, をいえ

▼ そこで給仕~ (3, 0.0%)

1 に今, の女, はドア

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 へに上る, へ出された, へ得られる

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 なれぬという, を引っぱたかれた, を澄まし

▼ そこで聖人~ (3, 0.0%)

1 の遠い, は御, は米

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 づから左右, てん車を, 働電話を

▼ そこで自分たち~ (3, 0.0%)

1 が手, が故国, は皆

▼ そこで自由~ (3, 0.0%)

2 だという 1 に手

▼ そこで自由詩~ (3, 0.0%)

1 が詩, に関する一切, の解説

▼ そこで芝田さん~ (3, 0.0%)

1 は先方, は立, は駒井さん

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 のよう, の撓, を作っ

▼ そこで芸術~ (3, 0.0%)

1 が向上, になりました, はプラトン

▼ そこで茫然~ (3, 0.0%)

1 して, たるばかり, と足

▼ そこで草履~ (3, 0.0%)

1 をぬい, をはい, を穿い

▼ そこで菊弥~ (3, 0.0%)

1 はその, は蔵, は藪

▼ そこで華やか~ (3, 0.0%)

1 だったその, な衣, な酒宴

▼ そこで蛾次郎~ (3, 0.0%)

1 ははじめてホッ, は四ツ辻, は大久保長安

▼ そこで裁判長~ (3, 0.0%)

1 から証人, の木村君, はお前

▼ そこで~ (3, 0.0%)

3 介は

▼ そこで見はっ~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, ていれ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 がこの, が糞, の怨み

▼ そこで親子~ (3, 0.0%)

1 そろって, の情, 互に独立

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 ひました, ふが, 聞かされたと

▼ そこで計算~ (3, 0.0%)

2 を整理 1 をはじめ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 と音楽, の正しい, を吟じ出し

▼ そこで課長~ (3, 0.0%)

1 の心臓, ははじめて, はもどかし

▼ そこで貴殿~ (3, 0.0%)

1 にお, に申し上げ, を襲った

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 に使つた牛馬, を罷め, を起し

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 忽な, 禁錮の, 舸の

▼ そこで近所~ (3, 0.0%)

1 のもの, の人, の者

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 よく投錨, よく本当に, 出した一枚

▼ そこで運転手~ (3, 0.0%)

1 の溜場, はもう, は女

▼ そこで道徳~ (3, 0.0%)

1 の命令, の普遍妥当性, は科学

▼ そこで道誉~ (3, 0.0%)

1 はまた, は半身, は高氏

▼ そこで部下たち~ (3, 0.0%)

1 は命じられた, は大, は集っ

▼ そこで鉄砲~ (3, 0.0%)

1 など放った, は最初, をうつ

▼ そこで鉛筆~ (3, 0.0%)

1 とナイフ, を拾, を握

▼ そこで銀之丞~ (3, 0.0%)

1 は命令, は離れ, も言葉

▼ そこで鎌倉~ (3, 0.0%)

1 に居た, を取りこまなけれ, を見物

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 を主張, 咄を, 彦と

▼ そこで長老~ (3, 0.0%)

1 が何, が儀式, は喜ん

▼ そこで長者~ (3, 0.0%)

1 は何, は娘, は雷

▼ そこで開く~ (3, 0.0%)

3 ことに

▼ そこで随分~ (3, 0.0%)

1 情けない苛酷, 熱心に, 考えたもの

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 が生温い 1 はさっと

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 ひげ, 幇の, 衣の

▼ そこで青年たち~ (3, 0.0%)

2 が来る 1 は断然

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 もはき, をぬい, を脱ぎ

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 をあげ, をなげすて, を当て

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 なしの, は空中, を立てず

▼ そこで~ (3, 0.0%)

1 をあつめ, を横, を窓硝子

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 を食っ 1 を焚く

▼ そこで馬春堂~ (3, 0.0%)

1 がズウ, の背中, はこの

▼ そこで駕籠~ (3, 0.0%)

1 にわかれ, の中, は木挽町

▼ そこで駕籠屋~ (3, 0.0%)

1 は急い, は棒鼻, を不意

▼ そこで~ (3, 0.0%)

2 一は 1 時は

▼ そこで高瀬舟~ (3, 0.0%)

3 の護送

▼ そこで髪長彦~ (3, 0.0%)

1 は前, は勇気, は御

▼ そこでああ~ (2, 0.0%)

1 いう形, して

▼ そこであからさま~ (2, 0.0%)

1 にいいます, にお話

▼ そこであした~ (2, 0.0%)

1 の午後, の晩

▼ そこであすこ~ (2, 0.0%)

1 のところ, をパチ

▼ そこであたり~ (2, 0.0%)

1 ながら頭巾, をよく

▼ そこであっし~ (2, 0.0%)

1 もこれから, をどう

▼ そこであなた方~ (2, 0.0%)

1 の御用向, の方

▼ そこであなた様~ (2, 0.0%)

1 が先駆者, のこと

▼ そこであま~ (2, 0.0%)

2 がえる

▼ そこであやうく~ (2, 0.0%)

1 ことばを, 鉢合わせし

▼ そこであらかじめ~ (2, 0.0%)

1 ショウの, 満鉄

▼ そこであらた~ (2, 0.0%)

1 な苦しみ, に起こっ

▼ そこでありき~ (2, 0.0%)

1 たりのすき焼き鍋, たりの建物

▼ そこであるいは~ (2, 0.0%)

1 彼女に, 新聞社から

▼ そこであわて~ (2, 0.0%)

1 て文部大臣賞, て逃げ出そう

▼ そこであんな~ (2, 0.0%)

1 態度に, 面当てだけに

▼ そこでいえ~ (2, 0.0%)

1 あのな, 何の

▼ そこでいくつ~ (2, 0.0%)

1 かの秀歌, も都々逸

▼ そこでいくら~ (2, 0.0%)

1 支払ふかと, 気を

▼ そこでいざ~ (2, 0.0%)

2 書くという

▼ そこでいっさい~ (2, 0.0%)

1 が忘れられ, のもの

▼ そこでいっそう~ (2, 0.0%)

1 声を, 身を

▼ そこでいわゆる~ (2, 0.0%)

1 化粧泣き, 小説を

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 がいを, ぐいの

▼ そこでうしろ~ (2, 0.0%)

2 を向け

▼ そこでうちじゅう~ (2, 0.0%)

1 がおお, の人

▼ そこでうまう~ (2, 0.0%)

1 まおびき出し, ま捉えた

▼ そこでうんざり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ そこでおか~ (2, 0.0%)

2 あさまは

▼ そこでおかしく~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ そこでおさらば~ (2, 0.0%)

1 と云う, と致しましょう

▼ そこでおそろしい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 表情に

▼ そこでおなじ~ (2, 0.0%)

1 ような, ベンチに

▼ そこでおの~ (2, 0.0%)

1 づから, づから此一句

▼ そこでおのずから~ (2, 0.0%)

1 外務省に, 材料の

▼ そこでおもしろ~ (2, 0.0%)

1 そうに, 半分な

▼ そこでおもむろに~ (2, 0.0%)

1 一足また, 腰を

▼ そこでお前たち~ (2, 0.0%)

1 に訊ねたい, の仲間

▼ そこでお姫さま~ (2, 0.0%)

1 が, はまま

▼ そこでお尋ね~ (2, 0.0%)

1 しますが, をし

▼ そこでお昼~ (2, 0.0%)

1 をたべ, をたべよう

▼ そこでお歌~ (2, 0.0%)

1 もちゃんちゃん, をお

▼ そこでお母さん~ (2, 0.0%)

1 が出, の話

▼ そこでお産~ (2, 0.0%)

1 をしよう, をする

▼ そこでお盆~ (2, 0.0%)

1 の上, をかり

▼ そこでお腹~ (2, 0.0%)

1 の空いた, をお

▼ そこでお隣~ (2, 0.0%)

1 では後日, のお

▼ そこでお願い~ (2, 0.0%)

1 しますが, 申しあげますが

▼ そこでかう~ (2, 0.0%)

1 いふ意味の, やつて絨氈

▼ そこでかく~ (2, 0.0%)

1 ばかり肩がわり, 問わねば

▼ そこでがす~ (2, 0.0%)

1 よ, よそこで

▼ そこできっと~ (2, 0.0%)

1 あなたが, し返し

▼ そこできのう~ (2, 0.0%)

1 の朝, はどう

▼ そこでくさ~ (2, 0.0%)

1 つたのが, ふるふと

▼ そこでくじ~ (2, 0.0%)

1 がまた, をひい

▼ そこでぐっと~ (2, 0.0%)

1 つまって, 斬り込んで

▼ そこでぐるり~ (2, 0.0%)

1 と壁, と振り返り

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふも赤彦君

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ちとら, つんとひと

▼ そこでこっそり~ (2, 0.0%)

1 ひいさま, 出かけて

▼ そこでことし~ (2, 0.0%)

2 ももう

▼ そこでこのごろ~ (2, 0.0%)

1 では茂太郎, は余ひとり

▼ そこでこま~ (2, 0.0%)

1 をまわそう, を持っ

▼ そこでこれからどう~ (2, 0.0%)

1 しなさる, するかね

▼ そこでさいぜん~ (2, 0.0%)

1 のがんりき, 雛妓たちに

▼ そこでささやか~ (2, 0.0%)

1 ながら生存, な小作百姓

▼ そこでさしあたっ~ (2, 0.0%)

1 ては話, て六人

▼ そこでさだ子~ (2, 0.0%)

1 とひろ子, を犯人

▼ そこでさて~ (2, 0.0%)

1 夫婦の, 泣き虫蛾次郎すこし

▼ そこでさむ~ (2, 0.0%)

1 らいは, らいを

▼ そこでさめざめ~ (2, 0.0%)

1 と泣きつづけ, と泣き出し

▼ そこでしずか~ (2, 0.0%)

1 に持ちかえる, に礼

▼ そこでしぶしぶ~ (2, 0.0%)

1 女に, 脇の下へ

▼ そこでじいさん~ (2, 0.0%)

1 にふたり, は笑っ

▼ そこですかさず~ (2, 0.0%)

1 彼の, 鈎合わせを

▼ そこでずいぶん~ (2, 0.0%)

1 待たされた, 念入に

▼ そこでせっかく~ (2, 0.0%)

1 出むかえて, 合奏に

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 なたの, なたを

▼ そこでそうした~ (2, 0.0%)

1 准后さまなれ, 通りに

▼ そこでそうして~ (2, 0.0%)

1 丸木の, 丸源の

▼ そこでそこ~ (2, 0.0%)

1 いら, に文学的欲求

▼ そこでそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 に自分, に詔

▼ そこでそれ以来~ (2, 0.0%)

1 その女, どうなった

▼ そこでたいへん~ (2, 0.0%)

1 例外なこころみ, 面白い話

▼ そこでたき火~ (2, 0.0%)

1 にあたっ, をし

▼ そこでたまらなく~ (2, 0.0%)

1 なって, 旅路の

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ァれ, ツ

▼ そこでちっと~ (2, 0.0%)

1 ばかり古い, ばかり家作

▼ そこでちょっとした~ (2, 0.0%)

1 争いが, 切りこみを

▼ そこでちよい~ (2, 0.0%)

1 と御輿, と忌々し

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 いさんは, やな

▼ そこでついで~ (2, 0.0%)

2 にもう

▼ そこでつぎ~ (2, 0.0%)

1 の問題, の手紙

▼ そこでつくづく~ (2, 0.0%)

1 と考え, 考えたの

▼ そこでです~ (2, 0.0%)

2

▼ そこででん~ (2, 0.0%)

2 しんば

▼ そこでという~ (2, 0.0%)

1 わけで, 誂えが

▼ そこでともだち~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ そこでどうぞ~ (2, 0.0%)

1 ここ二三日の, この男

▼ そこでどちら~ (2, 0.0%)

1 の信徒, へ

▼ そこでどてら~ (2, 0.0%)

1 から笑われちまった, は略話

▼ そこでどなた~ (2, 0.0%)

2 からと申す

▼ そこでなおも~ (2, 0.0%)

1 執拗に, 奥の

▼ そこでなんとか~ (2, 0.0%)

1 愛情を, 焼きの

▼ そこでなんらかの~ (2, 0.0%)

1 時勢の, 自分の

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 ばたま

▼ そこでねずみ~ (2, 0.0%)

1 は巣, もしかた

▼ そこではい~ (2, 0.0%)

1 櫓を, 黒門へ

▼ そこではしなくも~ (2, 0.0%)

1 徳川家の, 私は

▼ そこでばかり~ (2, 0.0%)

1 おまえは, おまへは

▼ そこでぱっと~ (2, 0.0%)

1 火事の, 起き返って

▼ そこでひそひそ~ (2, 0.0%)

1 と囁き, 声が

▼ そこでひとたび~ (2, 0.0%)

1 合図を, 途絶えました

▼ そこでひとまず~ (2, 0.0%)

1 泊ること, 舞い戻って

▼ そこでひょいと~ (2, 0.0%)

1 頭を, 鼻を

▼ そこでひろい~ (2, 0.0%)

1 大海の, 意味では

▼ そこでふたつ~ (2, 0.0%)

1 のさよ, の岐路

▼ そこでふっと~ (2, 0.0%)

1 今まで, 振り向くちら

▼ そこでふらふら~ (2, 0.0%)

1 と立ち上った, 歩き出し門

▼ そこでぼくら~ (2, 0.0%)

2 はまた

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 つくり逝かれて, ツつり絶え

▼ そこでまことに~ (2, 0.0%)

1 ぶしつけながら, 私の

▼ そこでまたまた~ (2, 0.0%)

1 ご探索, 腰を

▼ そこでまもなく~ (2, 0.0%)

1 私か, 起らうと

▼ そこでまア~ (2, 0.0%)

1 みんないは, オセッカイの

▼ そこでみち~ (2, 0.0%)

2 からはなれ

▼ そこでめいめい~ (2, 0.0%)

1 のしたく, の半生

▼ そこでもう一応~ (2, 0.0%)

1 尋ねたいと, 見届けようと

▼ そこでもしも~ (2, 0.0%)

1 地球全体が, 読者が

▼ そこでもと~ (2, 0.0%)

1 に戻, は駒井

▼ そこでもの~ (2, 0.0%)

1 は相談, を見よう

▼ そこでやう~ (2, 0.0%)

1 やく私, やく言葉

▼ そこでやき~ (2, 0.0%)

1 いも屋も, ものを

▼ そこでやっぱり~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 雲でも

▼ そこでややしばらく~ (2, 0.0%)

1 ようすを, 寝んで

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 つくりとその, つくりとどまるため

▼ そこでゆく~ (2, 0.0%)

2 末は

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 たとんは, だれを

▼ そこでようす~ (2, 0.0%)

1 でも窺う, を見

▼ そこでわからない~ (2, 0.0%)

1 というの, ところは

▼ そこでわが家~ (2, 0.0%)

1 も池, を指呼

▼ そこでわが輩~ (2, 0.0%)

1 が考案, の釣り場

▼ そこでわき~ (2, 0.0%)

1 へのい, を見たら

▼ そこでわたしたち二人~ (2, 0.0%)

1 が坐っ, の帰る

▼ そこでわれわれ文学者~ (2, 0.0%)

2 は今

▼ そこでアメリカ~ (2, 0.0%)

1 などもスタンドレー将軍, をなくした

▼ そこでアリストテレス~ (2, 0.0%)

1 はまた, は無限

▼ そこでアンポンタン~ (2, 0.0%)

1 と親, は武家

▼ そこでイヨイヨ~ (2, 0.0%)

1 の覚悟, 昂まる

▼ そこでイルマタール~ (2, 0.0%)

1 は嵐, は海

▼ そこでインド~ (2, 0.0%)

1 に行く, のダージリン

▼ そこでウッカリ~ (2, 0.0%)

1 して, 出ると

▼ そこでオランダ~ (2, 0.0%)

1 のカピタン, の使節

▼ そこでカイ~ (2, 0.0%)

1 とゲルダ, はさっそく

▼ そこでカフカ~ (2, 0.0%)

1 の描く, は一九一八年

▼ そこでカメ~ (2, 0.0%)

1 は浮き, は研究

▼ そこでカン蛙~ (2, 0.0%)

2 ははじめて

▼ そこでガラリ~ (2, 0.0%)

1 と砕け, 調子を

▼ そこでキッ~ (2, 0.0%)

1 となつ, とひきしまる

▼ そこでクラム~ (2, 0.0%)

1 が極端, の部屋

▼ そこでケンペル~ (2, 0.0%)

1 もまた, も蘭医

▼ そこでケーテ~ (2, 0.0%)

1 の未, は実に

▼ そこでコマ五郎~ (2, 0.0%)

1 の輩下, を助ける

▼ そこでジャック~ (2, 0.0%)

1 はある, は牛

▼ そこでジャーナリズム~ (2, 0.0%)

1 の目的, も亦

▼ そこでジョウ~ (2, 0.0%)

1 はさっそく, はローリイ

▼ そこでジーグフリード~ (2, 0.0%)

1 はかねて, はひそか

▼ そこでスタンレー~ (2, 0.0%)

1 は一人, は次

▼ そこでスパイ~ (2, 0.0%)

1 に借られ, をスパイ

▼ そこでソルディーニ~ (2, 0.0%)

1 とのくいちがい, はほか

▼ そこでタラカン王~ (2, 0.0%)

1 は戦, は村

▼ そこでチベット人~ (2, 0.0%)

1 はどんな, は非常

▼ そこでチューブ~ (2, 0.0%)

1 は皮外套, は背中

▼ そこでテッド博士~ (2, 0.0%)

1 は執事, は心ひそか

▼ そこでトーナメント~ (2, 0.0%)

1 に優勝, の優勝者

▼ そこでドア~ (2, 0.0%)

1 がステッキ, を開ける

▼ そこでドイツ~ (2, 0.0%)

1 の學者たち, の新教神学

▼ そこでニタリ~ (2, 0.0%)

1 とした, と笑い

▼ そこでハドソン~ (2, 0.0%)

2 と相談

▼ そこでハムーチャ~ (2, 0.0%)

1 はいくら, は再び

▼ そこでハヤブサワケ~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ そこでハンドル~ (2, 0.0%)

2 を右

▼ そこでハーガー~ (2, 0.0%)

1 がもう一度, はじ

▼ そこでバアリイ~ (2, 0.0%)

1 が書いた, は物柔らか

▼ そこでバルタザアル~ (2, 0.0%)

1 は両, は拳

▼ そこでバルナバス~ (2, 0.0%)

1 がその, は手紙

▼ そこでパイプ~ (2, 0.0%)

1 の頭, も火箸

▼ そこでパッ~ (2, 0.0%)

1 と画面, と鳩

▼ そこでパン~ (2, 0.0%)

1 とは反対, と音

▼ そこでヒラリ~ (2, 0.0%)

1 と大地, と振り返っ

▼ そこでピグミー~ (2, 0.0%)

1 はシドロモドロ, は仔細

▼ そこでピッタリ~ (2, 0.0%)

1 とまって, と足

▼ そこでファラデー~ (2, 0.0%)

1 は最後, は移転

▼ そこでフッ~ (2, 0.0%)

1 とことば, と真暗

▼ そこでフラフラ~ (2, 0.0%)

1 と買っちゃっ, 殺す氣

▼ そこでフリーダ~ (2, 0.0%)

1 はついに, は自分

▼ そこでブラン~ (2, 0.0%)

1 の側, を捉

▼ そこでプツン~ (2, 0.0%)

2 と切れ

▼ そこでヘルマン先生~ (2, 0.0%)

2 はかねて

▼ そこでヘンゼル~ (2, 0.0%)

1 がまず, は小さい

▼ そこでヘンリー四世~ (2, 0.0%)

1 は一〇七六年, は髪

▼ そこでヘーゲル~ (2, 0.0%)

1 は何, は範疇

▼ そこでベゴ石~ (2, 0.0%)

1 もしずか, もしづか

▼ そこでベス~ (2, 0.0%)

1 がひきました, はジョウねえさん

▼ そこでベン蛙~ (2, 0.0%)

2 とブン蛙

▼ そこでペンネンネンネンネン・ネネム~ (2, 0.0%)

1 は又, は燕麦

▼ そこでホテル~ (2, 0.0%)

1 に行く, の支配人

▼ そこでホンブレンド~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ そこでボク~ (2, 0.0%)

1 の一生, は一昨日

▼ そこでポケット小僧~ (2, 0.0%)

1 はべつ, は東京

▼ そこでポコちゃん~ (2, 0.0%)

1 ははじめて, は千ちゃん

▼ そこでメデタシメデタシ~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ そこでヤッ~ (2, 0.0%)

1 と棺桶, と気合い

▼ そこでラジオ~ (2, 0.0%)

1 の政治放送, も豚

▼ そこでランチ~ (2, 0.0%)

1 は沖合, をたべた

▼ そこでランプ~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を持出した

▼ そこでリッケルト~ (2, 0.0%)

1 はこの, は便宜上

▼ そこでリンパー先生~ (2, 0.0%)

1 は別, は布巾

▼ そこでロシア~ (2, 0.0%)

1 の忍術使, の擡頭

▼ そこで一つ威嚇~ (2, 0.0%)

2 の必要

▼ そこで一ぷく~ (2, 0.0%)

1 してから, の形

▼ そこで一両日~ (2, 0.0%)

2 前会津

▼ そこで一二~ (2, 0.0%)

1 お訊ねいたします, といわれる

▼ そこで一人前~ (2, 0.0%)

1 の女, の職工

▼ そこで一定~ (2, 0.0%)

1 の或, の時間

▼ そこで一彦~ (2, 0.0%)

1 は今, は昨日それ

▼ そこで一息~ (2, 0.0%)

1 ついた後, ついて

▼ そこで一族~ (2, 0.0%)

1 の長, は縛め取られ

▼ そこで一族郎党~ (2, 0.0%)

2 を父

▼ そこで一時~ (2, 0.0%)

1 の凌ぎ, の旅

▼ そこで一段落~ (2, 0.0%)

2 がつく

▼ そこで一種~ (2, 0.0%)

1 の主観上, の気骨

▼ そこで一筋~ (2, 0.0%)

1 の広い, の繩

▼ そこで一語~ (2, 0.0%)

1 も答, を切る

▼ そこで一部~ (2, 0.0%)

1 のもの, の労働者

▼ そこで一門~ (2, 0.0%)

1 が一室, に確か

▼ そこで一隊~ (2, 0.0%)

1 の暗殺団, は歩き出した

▼ そこで丁度~ (2, 0.0%)

1 こちらの, 昔初めて

▼ そこで七人~ (2, 0.0%)

1 になりました, また潜行

▼ そこで三吉~ (2, 0.0%)

1 はお, は正太

▼ そこで三四郎~ (2, 0.0%)

1 はどう, はまた

▼ そこで三娘~ (2, 0.0%)

1 のくれた, は帰らなかった

▼ そこで三月~ (2, 0.0%)

1 が過ぎたら, やがて自由党

▼ そこで上手~ (2, 0.0%)

1 な画工, に変装

▼ そこで上等~ (2, 0.0%)

1 の珈琲, の茄子

▼ そこで下り~ (2, 0.0%)

1 て北, やうと

▼ そこで下町~ (2, 0.0%)

2 から重い

▼ そこで下車~ (2, 0.0%)

2 して

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 二男と, 圖日本の

▼ そこで不幸~ (2, 0.0%)

1 な新, にし

▼ そこで世子~ (2, 0.0%)

1 は父, は直ちに

▼ そこで両国~ (2, 0.0%)

1 の大夫たち, へ行った

▼ そこで両者~ (2, 0.0%)

1 の甲乙, の間

▼ そこで両親~ (2, 0.0%)

1 は八九郎, は医師

▼ そこで中庭~ (2, 0.0%)

1 へひき出し, へ出

▼ そこで中村係長~ (2, 0.0%)

1 は五人, は消防署

▼ そこで中村屋~ (2, 0.0%)

1 のパン, も開業以来

▼ そこで中村警部~ (2, 0.0%)

1 は川手氏, は近く

▼ そこで丸山勇仙~ (2, 0.0%)

1 が一種, は仏頂寺弥助

▼ そこで主人側~ (2, 0.0%)

1 でもむりやり, は因幡守

▼ そこで主任~ (2, 0.0%)

1 と私, は説教所

▼ そこで主従~ (2, 0.0%)

1 が勇ましく, の関係

▼ そこで主税介~ (2, 0.0%)

1 は本, をやめ

▼ そこで主観~ (2, 0.0%)

1 といえ, に於ける

▼ そこで久五郎~ (2, 0.0%)

1 は内心, は多門

▼ そこで久助~ (2, 0.0%)

1 おせい様, は

▼ そこで乗客~ (2, 0.0%)

1 がみな, をマンサイ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 のこと, 之介

▼ そこで亀吉~ (2, 0.0%)

1 はひょっと, や幸次郎

▼ そこで予め~ (2, 0.0%)

1 前へ, 多量の

▼ そこで事務長~ (2, 0.0%)

1 は怪艇長, もぜいたく猫

▼ そこで事物~ (2, 0.0%)

1 のかかる, をイデオロギー論的

▼ そこで二分間~ (2, 0.0%)

1 ばかり待たされ, ばかり話

▼ そこで二十三日~ (2, 0.0%)

1 から木挽町, に歩行願

▼ そこで二十人~ (2, 0.0%)

1 の少年団員, の部下達

▼ そこで二十四年~ (2, 0.0%)

2 から二十五年

▼ そこで二少年~ (2, 0.0%)

1 はあやしいやしき, は地面

▼ そこで二度目~ (2, 0.0%)

1 に彼, のくじ引き

▼ そこで云う~ (2, 0.0%)

1 今生唯一の, 通りに

▼ そこで五右衛門~ (2, 0.0%)

1 は城中大奥, は破格

▼ そこで井上~ (2, 0.0%)

1 が先, へは約束通り物質的

▼ そこで井上君~ (2, 0.0%)

1 とノロちゃん, はしりごみ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 と云い, と立話

▼ そこで亜米利加~ (2, 0.0%)

1 から返っ, へ肩代り

▼ そこで京伝ら~ (2, 0.0%)

1 の著述, もやはり

▼ そこで人力車~ (2, 0.0%)

1 もできなけれ, をたのん

▼ そこで人形~ (2, 0.0%)

1 の動作, を断ち割っ

▼ そこで人殺し~ (2, 0.0%)

1 があった, を白状

▼ そこで人民たち~ (2, 0.0%)

1 はイワン, は将軍

▼ そこで人気~ (2, 0.0%)

1 の悪い, は険悪

▼ そこで人類~ (2, 0.0%)

1 の祖先たち, は四季

▼ そこで人魚~ (2, 0.0%)

2 のひい

▼ そこで今さら~ (2, 0.0%)

1 のよう, 教育し

▼ そこで今一つ~ (2, 0.0%)

1 の意味, 尋ねるが

▼ そこで今彼~ (2, 0.0%)

1 の前, はきわめて

▼ そこで今後~ (2, 0.0%)

1 の処置, はお

▼ そこで仏頂寺弥助~ (2, 0.0%)

1 が改めて, と竹刀

▼ そこで仔細~ (2, 0.0%)

1 が分る, を聞い

▼ そこで令嬢~ (2, 0.0%)

1 はその, は慌て

▼ そこで以前私~ (2, 0.0%)

1 はいったい, はいつたい

▼ そこで伊東~ (2, 0.0%)

1 が大義名分, と熱海

▼ そこで伊豆~ (2, 0.0%)

1 の金山ほり, は盡

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はう, ひましたけん

▼ そこで会見~ (2, 0.0%)

1 しようという, は終った

▼ そこで伝さん~ (2, 0.0%)

1 はとうとう, は弁当

▼ そこで伯父様~ (2, 0.0%)

1 と伯母様, に当る

▼ そこで位山~ (2, 0.0%)

1 とよび, は乗鞍

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が曲つて, よく悴

▼ そこで何となく~ (2, 0.0%)

1 これらの, 聞捨てに

▼ そこで何時~ (2, 0.0%)

1 でも言合, になく

▼ そこで何時間~ (2, 0.0%)

1 も同じ, も流れ過ぎた

▼ そこで余り~ (2, 0.0%)

1 ひどいと, 売りたがりも

▼ そこで余計~ (2, 0.0%)

1 なこと, な買ひもの

▼ そこで作中~ (2, 0.0%)

2 の人物

▼ そこで使~ (2, 0.0%)

1 の者, はるべき金

▼ そこで使者~ (2, 0.0%)

1 はかかる, は長い

▼ そこで例題~ (2, 0.0%)

2 の解説

▼ そこで侍従医長~ (2, 0.0%)

1 は私, は非常

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はベンサム, は森枳園

▼ そこで信長~ (2, 0.0%)

1 の鉄砲組, は考えた

▼ そこで修行~ (2, 0.0%)

1 をしたい, をする

▼ そこで俳句~ (2, 0.0%)

1 とはどんな, のおも

▼ そこで俺達~ (2, 0.0%)

1 は柱, は考えた

▼ そこで倒れ~ (2, 0.0%)

1 ている, てし

▼ そこで偉い~ (2, 0.0%)

1 人たちが, 人物といふ

▼ そこで停車場~ (2, 0.0%)

1 の前, へ這入る

▼ そこで僕達夫妻~ (2, 0.0%)

1 と例, はホテル

▼ そこで元就~ (2, 0.0%)

1 が考えた, は使者

▼ そこで元気~ (2, 0.0%)

1 のいい, のよい

▼ そこで先方~ (2, 0.0%)

1 の言, ももちろん

▼ そこで先日~ (2, 0.0%)

1 のお, 飲み込んで

▼ そこで先達~ (2, 0.0%)

1 がいろいろ, を頼んだ

▼ そこで光也~ (2, 0.0%)

1 はつまっ, も歩きだした

▼ そこで入浴~ (2, 0.0%)

1 し女連, すること

▼ そこで全く~ (2, 0.0%)

1 崩れて, 絶縁の

▼ そこで全国~ (2, 0.0%)

1 には我々以上, の同人雑誌

▼ そこで全身~ (2, 0.0%)

1 の力, の調和

▼ そこで八五郎~ (2, 0.0%)

1 は一番男, を手

▼ そこで八人~ (2, 0.0%)

1 になりました, の侍

▼ そこで八方~ (2, 0.0%)

1 から暗い, へ人

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はなにか, は心大

▼ そこで公子~ (2, 0.0%)

1 は孔生, は左右

▼ そこで六千年以前~ (2, 0.0%)

2 から人類生活

▼ そこで其奴~ (2, 0.0%)

1 が待つ, も

▼ そこで其種~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ そこで典獄~ (2, 0.0%)

1 は二重, は周

▼ そこで内務省~ (2, 0.0%)

1 では全国府県, もその

▼ そこで出来た~ (2, 0.0%)

1 昔の, 角板が

▼ そこで出版元~ (2, 0.0%)

1 では五万人, の大観堂

▼ そこで出発~ (2, 0.0%)

1 しようと, の際それ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 を整, を碎い

▼ そこで利休~ (2, 0.0%)

1 はわが家, は茶会

▼ そこで利家~ (2, 0.0%)

1 が見る, の顔

▼ そこで到頭~ (2, 0.0%)

1 一つの, 二人を

▼ そこで刺身~ (2, 0.0%)

2 のツマ

▼ そこで助役~ (2, 0.0%)

1 が訊ねました, はすまし込ん

▼ そこで助手~ (2, 0.0%)

1 が飲水, を連れ

▼ そこで勉強~ (2, 0.0%)

1 するという, するには

▼ そこで勝手~ (2, 0.0%)

1 にこの, の悪い

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ひ頭, 込んで

▼ そこで勢之~ (2, 0.0%)

2 を自然

▼ そこで勿論~ (2, 0.0%)

1 眠る事, 私は

▼ そこで北原~ (2, 0.0%)

1 だけにハズミ, も少し

▼ そこで十七日~ (2, 0.0%)

1 には列国, に林田

▼ そこで十兵衛~ (2, 0.0%)

1 はカメ, 聞いても

▼ そこで千右衛門~ (2, 0.0%)

1 の申し立て, は上

▼ そこで千草さん~ (2, 0.0%)

1 はふと, を最後

▼ そこで午前中~ (2, 0.0%)

1 にまた, は父

▼ そこで半日~ (2, 0.0%)

1 の休み, ほど小説

▼ そこで博徒~ (2, 0.0%)

1 が入り込ん, を訪問

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 かず離れずに

▼ そこで即座~ (2, 0.0%)

1 にチュガ公, に隙

▼ そこで却って段々~ (2, 0.0%)

2 興味を

▼ そこで原さん~ (2, 0.0%)

1 の云う, は少し

▼ そこで原稿~ (2, 0.0%)

1 を拵, を書かない

▼ そこで厳重~ (2, 0.0%)

1 に将来, に監禁

▼ そこで去年~ (2, 0.0%)

1 その敵討, の夏頃

▼ そこで参考~ (2, 0.0%)

1 のため, 迄に此一首

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の身の上, を誘つて旅

▼ そこで友之助~ (2, 0.0%)

2 が役所

▼ そこで友仁~ (2, 0.0%)

2 は日英

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 真理に, 革命分子が

▼ そこで反射交感~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ そこで叔父さん~ (2, 0.0%)

1 は弁当, は昼飯

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ッ組んだ, 敢へ

▼ そこで口上看板~ (2, 0.0%)

2 を仮名垣魯文先生

▼ そこで口早~ (2, 0.0%)

1 に人々, に車

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 井戸の, 陶磁の

▼ そこで古事記~ (2, 0.0%)

1 には帝紀, は神代

▼ そこで古典~ (2, 0.0%)

1 の演出, の談

▼ そこで台所~ (2, 0.0%)

1 に働い, も出来る

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 種類の, 被害町村から

▼ そこで各国~ (2, 0.0%)

1 のブルジョアジー, の同志

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 博士一流の, 卿が

▼ そこで同志~ (2, 0.0%)

1 の心, 討ちの

▼ そこで同盟書林~ (2, 0.0%)

2 をすぎる

▼ そこで同胞~ (2, 0.0%)

2 が所詮

▼ そこで同行~ (2, 0.0%)

1 の士, の約束

▼ そこで向う~ (2, 0.0%)

1 では十両, へいっ

▼ そこで呉青秀~ (2, 0.0%)

1 が懐, はスッカリ面

▼ そこで周作~ (2, 0.0%)

1 に暇, もそれ

▼ そこで和尚様~ (2, 0.0%)

1 は, はお寺

▼ そこで和武~ (2, 0.0%)

1 の行状, も山登り

▼ そこで和田弁太郎~ (2, 0.0%)

1 は眉, は眼

▼ そこで哲学~ (2, 0.0%)

1 が生, は他

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 と唇, に何

▼ そこで唐君兪~ (2, 0.0%)

2 は遂に

▼ そこで喧嘩~ (2, 0.0%)

1 は強い, をし

▼ そこで喬介~ (2, 0.0%)

1 の指図, は助役

▼ そこで嘗て~ (2, 0.0%)

1 古代の, 震災前に

▼ そこで四五日~ (2, 0.0%)

1 もかかっ, 経ってから

▼ そこで四少年~ (2, 0.0%)

1 は, はロープ

▼ そこで四方太~ (2, 0.0%)

2 と逢

▼ そこで四郎~ (2, 0.0%)

2 とかん子

▼ そこで国語~ (2, 0.0%)

1 と文学, のこれら

▼ そこで土曜日~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ そこで土間~ (2, 0.0%)

1 で其本, へ手

▼ そこで地上~ (2, 0.0%)

1 は空, へ血溜り

▼ そこで地面~ (2, 0.0%)

1 へ這い這い, や草木

▼ そこで坊主~ (2, 0.0%)

2 と聞い

▼ そこで坪井君~ (2, 0.0%)

2 ははね起きた

▼ そこで坪内先生~ (2, 0.0%)

2 の許

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 だけが天険無双, の岩石

▼ そこで城下~ (2, 0.0%)

1 にいる, の周囲

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が漁, の腰かけた

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 なり柵, は石

▼ そこで墓番~ (2, 0.0%)

1 のヴァンサン, は用心

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 がすごし, になる

▼ そこで外套~ (2, 0.0%)

1 と帽子, をきた

▼ そこで多四郎~ (2, 0.0%)

1 は考えた, よりお願い

▼ そこで多数~ (2, 0.0%)

1 が団結, の将兵

▼ そこで夜明し~ (2, 0.0%)

1 が出来るだろう, だ

▼ そこで夜番~ (2, 0.0%)

1 のたま, は二階

▼ そこで大事~ (2, 0.0%)

1 なパナマ, を起こされ

▼ そこで大佐~ (2, 0.0%)

1 はシャンペン, は今

▼ そこで大内~ (2, 0.0%)

1 が, と相談

▼ そこで大声~ (2, 0.0%)

1 で何, をあげ

▼ そこで大変立派~ (2, 0.0%)

1 な学者, な御馳走

▼ そこで大学~ (2, 0.0%)

1 のこの, も卒業

▼ そこで大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 で残った, に石

▼ そこで大抵~ (2, 0.0%)

1 獄中に, 高等ラマの

▼ そこで大老~ (2, 0.0%)

1 の井伊直弼, は退い

▼ そこで大船~ (2, 0.0%)

1 を求めしめた, を造っ

▼ そこで大蔵大臣~ (2, 0.0%)

1 が人民共, の宅

▼ そこで大衆~ (2, 0.0%)

1 は又, は疑問

▼ そこで大阪~ (2, 0.0%)

1 と讃岐, の店

▼ そこで天国~ (2, 0.0%)

1 では雀, をつくる

▼ そこで天子様~ (2, 0.0%)

1 はえらい, はお

▼ そこで天沢~ (2, 0.0%)

1 がイトマ, は答えた

▼ そこで太郎~ (2, 0.0%)

1 と次郎, は五色

▼ そこで太郎丸氏~ (2, 0.0%)

2 の着想

▼ そこで太陽~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の光

▼ そこで女の子~ (2, 0.0%)

1 はかぶっ, を生んだ

▼ そこで女王~ (2, 0.0%)

1 は是, は王

▼ そこで女王さま~ (2, 0.0%)

1 はおしまい, はひとり

▼ そこで好い加減~ (2, 0.0%)

1 な挨拶, に話

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はイワン, は着

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 なもの, に気持

▼ そこで妻子~ (2, 0.0%)

1 には阿部, をも城内

▼ そこで妾たち~ (2, 0.0%)

1 は大学, は立腹

▼ そこで娘さん~ (2, 0.0%)

1 が, は辻馬車

▼ そこで娘子軍~ (2, 0.0%)

1 と吏員, は持久策

▼ そこで婦人たち~ (2, 0.0%)

1 は先, もめきめき

▼ そこで子ども~ (2, 0.0%)

1 が八, の問題

▼ そこで子供ら~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, は俄

▼ そこで子規氏~ (2, 0.0%)

1 の晩年, も得意

▼ そこで存分~ (2, 0.0%)

1 に冥福, に泣き

▼ そこで孟子~ (2, 0.0%)

1 は墨子, は尽心下

▼ そこで学問~ (2, 0.0%)

1 と社会, は又

▼ そこで学業~ (2, 0.0%)

1 が若し, のひま

▼ そこで学生生活~ (2, 0.0%)

2 のこの

▼ そこで学者~ (2, 0.0%)

1 が采配, は驚ろ

▼ そこで宅助~ (2, 0.0%)

1 がしきりに, と別れた

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 さんの, 珍殿も

▼ そこで安く~ (2, 0.0%)

1 これを, 積っても

▼ そこで宗教~ (2, 0.0%)

1 かヒユーマニズム, が必要

▼ そこで宗春~ (2, 0.0%)

1 の一行, は顔

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は先ず, を辞し

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 助を, 右衛門と

▼ そこで定基~ (2, 0.0%)

1 に対してよりは自分, は力寿

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 をかかえ, を言う

▼ そこで実隆~ (2, 0.0%)

1 はさらに, は檀紙十帖

▼ そこで客足~ (2, 0.0%)

1 の薄い, 少なくついに

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の中, を一つ

▼ そこで室内~ (2, 0.0%)

1 に走り込んだ, へ足

▼ そこで宮中~ (2, 0.0%)

1 の欠乏, の道士

▼ そこで宮重七五郎~ (2, 0.0%)

2 が上京

▼ そこで家主~ (2, 0.0%)

1 が状屋, の不親切借家住

▼ そこで寄せ手~ (2, 0.0%)

1 の方, は城兵

▼ そこで密か~ (2, 0.0%)

1 に使い, に毒殺

▼ そこで富子~ (2, 0.0%)

1 が店, の心痛

▼ そこで富樫~ (2, 0.0%)

1 が引込む, との問答

▼ そこで富豪~ (2, 0.0%)

1 が厄鬼, は幣

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ころんで, ておいで

▼ そこで対象~ (2, 0.0%)

1 の凝視, を

▼ そこで将校~ (2, 0.0%)

1 が食う, は主婦

▼ そこで尋問~ (2, 0.0%)

1 がはじまつた, や調査

▼ そこで小使~ (2, 0.0%)

1 の仕事, は家族

▼ そこで小倉~ (2, 0.0%)

1 がファヤマン, は女郎買い

▼ そこで小夜子~ (2, 0.0%)

1 の案, は思いどおり

▼ そこで小林少年~ (2, 0.0%)

1 はつぎ, は国技館

▼ そこで小泉氏~ (2, 0.0%)

1 とも相談, は明智探偵

▼ そこで小説~ (2, 0.0%)

1 だ戯曲, では場面場面

▼ そこで小谷~ (2, 0.0%)

1 の主人, 半十郎

▼ そこで少しく~ (2, 0.0%)

1 居住居を, 色気を

▼ そこで少なくとも~ (2, 0.0%)

1 世論では, 明けがたまで

▼ そこで少女~ (2, 0.0%)

1 にふさ, を買い受ける

▼ そこで局長~ (2, 0.0%)

1 と相談, と貝谷

▼ そこで屋形~ (2, 0.0%)

1 の舟, の船

▼ そこで展開~ (2, 0.0%)

1 されて, する生活

▼ そこで山ねこ~ (2, 0.0%)

2 は大きく

▼ そこで山外~ (2, 0.0%)

2 の仏法

▼ そこで山崎譲~ (2, 0.0%)

1 は一笑, は懐中

▼ そこで山水清閑~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ そこで山猫~ (2, 0.0%)

2 は黒い

▼ そこで山野~ (2, 0.0%)

1 が, の邸

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 につかまっ, の割目

▼ そこで岸本~ (2, 0.0%)

1 は代々木, は電車

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の方, よりは少し

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 をよじ上り, を中段

▼ そこで工夫~ (2, 0.0%)

1 の結果, をし

▼ そこで工芸学校~ (2, 0.0%)

2 の先生

▼ そこで左右~ (2, 0.0%)

1 に別れました, に年

▼ そこで左手~ (2, 0.0%)

1 に吊るした, を一寸

▼ そこで左翼学生~ (2, 0.0%)

1 はで, は然し

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が孫, 女らしい者

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 を得ない

▼ そこで市中~ (2, 0.0%)

1 の飼い主, へ花肆

▼ そこで市民~ (2, 0.0%)

1 は堪らない, は日中

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は侍臣三人, は大

▼ そこで師直~ (2, 0.0%)

1 との交渉, もついに

▼ そこで帰途~ (2, 0.0%)

1 に町役場, に迷わぬ

▼ そこで常識~ (2, 0.0%)

1 が丁度, は非

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 がおりた, が締まります

▼ そこで平岡~ (2, 0.0%)

2 は八

▼ そこで幹部たち~ (2, 0.0%)

1 は席, は鳩首合議

▼ そこで幾十年~ (2, 0.0%)

1 となく, 生きて

▼ そこで幾年~ (2, 0.0%)

1 にもなく, もたたない

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 へ下り, を割っ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 には美形, を出

▼ そこで店主~ (2, 0.0%)

1 が不審, は一体

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の当局者, や市

▼ そこで康子~ (2, 0.0%)

1 は当家, は部屋

▼ そこで建物~ (2, 0.0%)

1 から建物, の持主

▼ そこで弁証法~ (2, 0.0%)

1 が成り立つ, の本来

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 があり, を挙げる

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は例, は膨れた

▼ そこで弦四郎~ (2, 0.0%)

1 はお辞儀, は部下

▼ そこで弱い~ (2, 0.0%)

1 娘に, 法案なら通さない

▼ そこで当分~ (2, 0.0%)

1 この井戸, は半日

▼ そこで当局~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は関東方面

▼ そこで当日~ (2, 0.0%)

1 は臨時, は警察官

▼ そこで当面~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 さえ見あたらぬ, は非常

▼ そこで役人~ (2, 0.0%)

1 に移っ, も一旦

▼ そこで役所~ (2, 0.0%)

1 からうけとった, に使わるる

▼ そこで彼方~ (2, 0.0%)

1 では弁当, の境内

▼ そこで彼等三人~ (2, 0.0%)

1 の子供, は此

▼ そこで後輩~ (2, 0.0%)

2 をひきつれ

▼ そこで従僕たち~ (2, 0.0%)

1 とだけになりました, をしずめる

▼ そこで従業員~ (2, 0.0%)

1 の元気, の生活

▼ そこで得意~ (2, 0.0%)

1 の一応, 然たる

▼ そこで御子~ (2, 0.0%)

1 が神, の代り

▼ そこで御飯~ (2, 0.0%)

1 は別々, を食べる

▼ そこで徳川時代~ (2, 0.0%)

1 も中頃以前, も中頃以後

▼ そこで心理学~ (2, 0.0%)

1 の研究, は之

▼ そこで必死~ (2, 0.0%)

1 になっ, の弁

▼ そこで必然~ (2, 0.0%)

1 にされる, 新しい社会

▼ そこで忙しく~ (2, 0.0%)

1 弁当ご, 現地に

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 も常習的

▼ そこで思想~ (2, 0.0%)

1 をわたくし, を途

▼ そこで急ぎ~ (2, 0.0%)

1 の客, 潜航に

▼ そこで急使~ (2, 0.0%)

1 を上せ, を四方

▼ そこで急遽~ (2, 0.0%)

1 この長井縫, 犯行現場の

▼ そこで怪しい~ (2, 0.0%)

1 と思つた, と認めた

▼ そこで怪奇~ (2, 0.0%)

2 の目的

▼ そこで恐怖~ (2, 0.0%)

1 のあまり卒倒, は絶頂

▼ そこで悪食連~ (2, 0.0%)

1 もいいかげん, も驚い

▼ そこで悲惨~ (2, 0.0%)

2 な生活

▼ そこで意見~ (2, 0.0%)

1 というの, に喰違い

▼ そこで意識~ (2, 0.0%)

1 といわれ, は存在上

▼ そこで慶喜~ (2, 0.0%)

1 は十月十三日, をどかせよう

▼ そこで慶喜公~ (2, 0.0%)

1 が其後, も内実困却

▼ そこで成長~ (2, 0.0%)

2 して

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 れ知らず本箱, れ知らず言葉

▼ そこで戸倉老人~ (2, 0.0%)

1 が打明けた, につれられ

▼ そこで房州~ (2, 0.0%)

2 うまれの

▼ そこで房枝~ (2, 0.0%)

1 とスミ枝, は顔

▼ そこで所々~ (2, 0.0%)

1 に一二箇月, を問

▼ そこで所望~ (2, 0.0%)

1 されるまま, によってはその

▼ そこで所長~ (2, 0.0%)

1 にうまく, は看守長

▼ そこで手塚~ (2, 0.0%)

1 の機嫌, は同志

▼ そこで技手~ (2, 0.0%)

1 と別れ, の平岡

▼ そこで抑圧~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 なく毎日, なく観念

▼ そこで指導者~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の一遍上人

▼ そこで捕虜~ (2, 0.0%)

1 になりまし, を使っ

▼ そこで探偵~ (2, 0.0%)

1 はその, は更に

▼ そこで支倉君~ (2, 0.0%)

1 この結論, 何よりブラーエ

▼ そこで故郷~ (2, 0.0%)

1 の方, への絵葉書

▼ そこで教会~ (2, 0.0%)

1 の副, はこの

▼ そこで教師~ (2, 0.0%)

1 の本質論, はぽん

▼ そこで数人~ (2, 0.0%)

1 の同志, の者

▼ そこで数名~ (2, 0.0%)

1 の看守, の雇人

▼ そこで文化~ (2, 0.0%)

1 も亦, 新体制

▼ そこで文化社会学~ (2, 0.0%)

1 やその, をマルクス主義的イデオロギー論

▼ そこで文章~ (2, 0.0%)

1 の格調, の死活

▼ そこで文芸~ (2, 0.0%)

1 に通じる, は他

▼ そこで料理屋~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は町境い

▼ そこで斜酣~ (2, 0.0%)

1 が説明, はポケット

▼ そこで断食芸人~ (2, 0.0%)

1 は以前, は何

▼ そこで新太郎ちやん~ (2, 0.0%)

1 はお, は黙つ

▼ そこで新聞現象~ (2, 0.0%)

1 の根本概念規定, 乃至新聞出版現象

▼ そこで方々~ (2, 0.0%)

1 の書物商, の村

▼ そこで方法~ (2, 0.0%)

1 としての学問性, のこの

▼ そこで方針~ (2, 0.0%)

1 をかえ, をかえる

▼ そこで旅籠~ (2, 0.0%)

1 のかみさん, へ帰っ

▼ そこで旅装~ (2, 0.0%)

1 を変え, を調え

▼ そこで日の目~ (2, 0.0%)

2 が見えなくなる

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 のみこみに, や此方

▼ そこで早く~ (2, 0.0%)

1 も弁信, 怙を

▼ そこで昨晩~ (2, 0.0%)

1 いろいろ考え, の騒ぎ

▼ そこで是等~ (2, 0.0%)

1 の道理, の部屋

▼ そこで時計~ (2, 0.0%)

1 を見, を見ます

▼ そこで時間~ (2, 0.0%)

1 をすごし, をとりきめ

▼ そこで暫し~ (2, 0.0%)

1 の休息, 言葉が

▼ そこで暫時~ (2, 0.0%)

2 休んだ

▼ そこで書き~ (2, 0.0%)

1 のこした, ものを

▼ そこで有名~ (2, 0.0%)

1 であった老舗, な乾山

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 を一番, を脱ぎ捨てる

▼ そこで期せずし~ (2, 0.0%)

1 てまず, て同時に

▼ そこで木介~ (2, 0.0%)

1 が得, は伝票

▼ そこで木樵~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, はすぐ

▼ そこで未亡人~ (2, 0.0%)

1 の自殺, は話

▼ そこで未決檻~ (2, 0.0%)

2 に入れられ

▼ そこで末造~ (2, 0.0%)

1 にはこの, の身の上

▼ そこで本当に~ (2, 0.0%)

1 勉強しよう, 語られること

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 がその, は問うた

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の上, の前

▼ そこで李白~ (2, 0.0%)

1 は死, は階

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 でその, をたてた

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の方, の門

▼ そこで東洋~ (2, 0.0%)

1 という語, の文化

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の木蔭, の根本

▼ そこで松さん~ (2, 0.0%)

1 こりゃあこれ, はとうとう

▼ そこで松太郎~ (2, 0.0%)

1 は出, は出来る

▼ そこで松島~ (2, 0.0%)

1 は給仕, は議場

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の如く斬られ, を一つ

▼ そこで案内~ (2, 0.0%)

1 の初さん, をし

▼ そこで案外~ (2, 0.0%)

1 にも平気, 世話なく

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の所, は故郷

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の屋, はいったい

▼ そこで梅市~ (2, 0.0%)

1 が道, や安蔵

▼ そこで梨枝子~ (2, 0.0%)

1 は一切, は小声

▼ そこで椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰, を放し

▼ そこで検事局~ (2, 0.0%)

1 ではお, は教授

▼ そこで極力~ (2, 0.0%)

1 自分の, 陳弁を

▼ そこで極堂君~ (2, 0.0%)

1 は取る, は翌年

▼ そこで概念~ (2, 0.0%)

1 に於ける, は自己

▼ そこで様々~ (2, 0.0%)

1 なる余技, な生活

▼ そこで権兵衛~ (2, 0.0%)

1 は己, は起っ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 にお, に眠れる

▼ そこで横町~ (2, 0.0%)

1 のせまい, へ曲った

▼ そこで檀那~ (2, 0.0%)

1 が数々, の言う

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 に登り, を下し

▼ そこで欄干~ (2, 0.0%)

1 に凭れかかっ, を掻い擦った

▼ そこで次官~ (2, 0.0%)

2 と折衝

▼ そこで止め~ (2, 0.0%)

1 てしまい, て岸

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 己は, 枝は

▼ そこで正三~ (2, 0.0%)

2 は順一

▼ そこで正二郎~ (2, 0.0%)

1 は首尾, も考えた

▼ そこで正勝~ (2, 0.0%)

1 は喜平, は蔦代

▼ そこで正月~ (2, 0.0%)

1 には村, の松の内

▼ そこで正賓~ (2, 0.0%)

2 は召使

▼ そこで正造~ (2, 0.0%)

1 はまた, は沿岸

▼ そこで正面~ (2, 0.0%)

1 のところ, の将軍家

▼ そこで此処~ (2, 0.0%)

1 ではウエルス, は

▼ そこで此奴~ (2, 0.0%)

1 はうっかり, は疑わしい

▼ そこで歩き~ (2, 0.0%)

1 ながら掻い撮まん, ながら私

▼ そこで歴史的~ (2, 0.0%)

1 と云, に考察

▼ そこで死んだ~ (2, 0.0%)

1 アリスと, 筈の

▼ そこで死者~ (2, 0.0%)

2 の生命

▼ そこで死骸~ (2, 0.0%)

1 の下, を調べ出した

▼ そこで殊に~ (2, 0.0%)

1 夏衣裳の, 遠慮ぶ

▼ そこで母上~ (2, 0.0%)

2 と別れ

▼ そこで母君~ (2, 0.0%)

1 が嫉妬, は食事

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 午前は, 日々

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の上, を呑ませ

▼ そこで民衆~ (2, 0.0%)

1 の群, をし

▼ そこで気絶~ (2, 0.0%)

1 させて, でもした

▼ そこで水本先生~ (2, 0.0%)

1 と平田鉄胤氏, は昌平学校

▼ そこで水車~ (2, 0.0%)

1 がまわります, が禁止

▼ そこで池田良斎~ (2, 0.0%)

1 に引合わされ, も日本

▼ そこで汨董~ (2, 0.0%)

2 と書かれる

▼ そこで決心~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ そこで法月弦~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ そこで法水等~ (2, 0.0%)

1 は伸子, は広間

▼ そこで泥棒~ (2, 0.0%)

1 と火事, に撃たれた

▼ そこで泰さん~ (2, 0.0%)

1 が水, もやむを得ず

▼ そこで洋傘~ (2, 0.0%)

1 の柄, をさした

▼ そこで洛中~ (2, 0.0%)

2 のさびれ

▼ そこで流石~ (2, 0.0%)

1 の奧さん, の猛獣天女

▼ そこで浅草~ (2, 0.0%)

1 の文淵堂主人, の駒形

▼ そこで浜尾総長~ (2, 0.0%)

2 が非常

▼ そこで海岸~ (2, 0.0%)

1 が暫く, の方

▼ そこで消防隊~ (2, 0.0%)

1 がきました, の人たち

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が出た, をのみこん

▼ そこで淋しい~ (2, 0.0%)

2 食事を

▼ そこで清次~ (2, 0.0%)

1 が考えた, はまた

▼ そこで清水坂~ (2, 0.0%)

1 からそれ, から東大寺

▼ そこで清澄~ (2, 0.0%)

1 の茂, の茂太郎

▼ そこで清貧~ (2, 0.0%)

1 を楽しみ, を楽しん

▼ そこで渡辺君~ (2, 0.0%)

2 の勤め先

▼ そこで満足~ (2, 0.0%)

1 さして, した人

▼ そこで源一~ (2, 0.0%)

1 はこの, は車

▼ そこで源三~ (2, 0.0%)

1 は川, は抵抗

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 になつ, の時代

▼ そこで漢青年~ (2, 0.0%)

1 はいく人, をソッ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 っと不二男さん, やく一册

▼ そこで濁り~ (2, 0.0%)

2 が消え

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の落ちる, 見臺

▼ そこで炉辺~ (2, 0.0%)

1 がこの, で茶

▼ そこで炊事~ (2, 0.0%)

1 もする, をする

▼ そこで烏仲間~ (2, 0.0%)

2 でマシリイ

▼ そこで焚火~ (2, 0.0%)

1 しながら, をし

▼ そこで無事~ (2, 0.0%)

1 に四十二歳, に行け

▼ そこで無理やり~ (2, 0.0%)

2 に千金

▼ そこで無電~ (2, 0.0%)

1 はいったん, をかけ

▼ そこで無電小僧~ (2, 0.0%)

1 が怒っ, は虎穴

▼ そこで焼香~ (2, 0.0%)

2 をすまし

▼ そこで煙山~ (2, 0.0%)

1 はさ, は安心

▼ そこで熊狩り~ (2, 0.0%)

2 の一隊

▼ そこで熊野権現~ (2, 0.0%)

2 に参拝

▼ そこで熱い~ (2, 0.0%)

1 湯が, 茶を

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はまた, は得

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 を執っ, を消し

▼ そこで父さん~ (2, 0.0%)

1 はお, は寄宿舎

▼ そこで父子~ (2, 0.0%)

1 は一緒, 久しい間反目

▼ そこで片山助役~ (2, 0.0%)

1 はギロリ, は安藤巡査

▼ そこで牧田~ (2, 0.0%)

1 は二日間, は語りだした

▼ そこで物凄い~ (2, 0.0%)

1 爭鬪が, 音が

▼ そこで犯罪~ (2, 0.0%)

1 ときく, のため

▼ そこで独楽~ (2, 0.0%)

1 の方, を持つ

▼ そこで猛火~ (2, 0.0%)

1 が燃え, を避け

▼ そこで猟師~ (2, 0.0%)

1 が泣い, が申しました

▼ そこで猩々~ (2, 0.0%)

1 は自分, は自分一人

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はたいそう, は花火

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は, はその

▼ そこで玉太郎~ (2, 0.0%)

1 はラツール, は今

▼ そこで王女さま~ (2, 0.0%)

1 はくちずさみ, は女官たち

▼ そこで王成~ (2, 0.0%)

1 はいった, は釵

▼ そこで珈琲~ (2, 0.0%)

1 が尽きた, を飲ん

▼ そこで珊瑚~ (2, 0.0%)

1 は姨, を送り還そう

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 わすの, 帝室の

▼ そこで甚三郎~ (2, 0.0%)

1 はじっと, は短銃

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 き死に, の悦び

▼ そこで生憎~ (2, 0.0%)

1 その晩, と出会った

▼ そこで生涯~ (2, 0.0%)

1 を終った, 暮らさなければ

▼ そこで生蕃小僧~ (2, 0.0%)

1 は上手, は意地

▼ そこで田丸浩平~ (2, 0.0%)

1 は早速, は額

▼ そこで田原~ (2, 0.0%)

1 まで歩く, を壓迫

▼ そこで田虫~ (2, 0.0%)

2 の群団

▼ そこで甲府~ (2, 0.0%)

1 に着く, の家主

▼ そこで甲田~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ そこで男女~ (2, 0.0%)

1 の兩性, はおのおの

▼ そこで町人~ (2, 0.0%)

1 は覗き, を嚇し

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 を養う, を養っ

▼ そこで病床~ (2, 0.0%)

2 から指図

▼ そこで病歴~ (2, 0.0%)

2 が調べられ

▼ そこで発見~ (2, 0.0%)

1 される処, した陶器

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は一同, 隠は

▼ そこで皆んな~ (2, 0.0%)

1 が智慧, も賛成

▼ そこで盲人~ (2, 0.0%)

1 が身, は涙声

▼ そこで直ぐに~ (2, 0.0%)

1 君の, 貼つて

▼ そこで相川氏~ (2, 0.0%)

1 は次, も深く

▼ そこで相手~ (2, 0.0%)

1 が石臼, は言葉

▼ そこで県庁~ (2, 0.0%)

1 の下, の衛生課

▼ そこで真ん中~ (2, 0.0%)

1 にいた, に中心

▼ そこで真剣~ (2, 0.0%)

1 にみっちり, に騒ぎ出した

▼ そこで真奈ちやん~ (2, 0.0%)

1 の甲虫, はすぐ

▼ そこで真相~ (2, 0.0%)

1 はどう, をつきとめる

▼ そこで知人~ (2, 0.0%)

1 から乳, の制作

▼ そこで知合~ (2, 0.0%)

1 になつ, の家

▼ そこで知己~ (2, 0.0%)

1 になった, の小使

▼ そこで石崖~ (2, 0.0%)

2 に薄い

▼ そこで砂糖~ (2, 0.0%)

1 を, を水

▼ そこで研究~ (2, 0.0%)

1 の結果, をやる

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 や寺, 大党

▼ そこで祓い~ (2, 0.0%)

1 でもする, をした

▼ そこで祖父~ (2, 0.0%)

1 は妖怪ども, は自分

▼ そこで祖父さん~ (2, 0.0%)

1 は其の, も考えた

▼ そこで神田錦町~ (2, 0.0%)

1 にあった, に在った

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 の扉

▼ そこで秀麿~ (2, 0.0%)

1 の方, は父

▼ そこで科学~ (2, 0.0%)

1 といふもの, はその

▼ そこで稲村~ (2, 0.0%)

2 は大村氏

▼ そこで空気中~ (2, 0.0%)

1 に小さい, の炭酸含有量

▼ そこで空気服~ (2, 0.0%)

1 の中, の附属品

▼ そこで空襲~ (2, 0.0%)

1 なぞよそ, を受け

▼ そこで窮余~ (2, 0.0%)

1 の一策, の奥の手

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の下, の神

▼ そこで立派~ (2, 0.0%)

1 な一, に生育

▼ そこで童子~ (2, 0.0%)

1 はからす, は唄い出した

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の釣竿, をきり

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 は上

▼ そこで策略~ (2, 0.0%)

1 をめぐらし, を巡らし

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 のふた, をあけ

▼ そこで範疇~ (2, 0.0%)

1 はこういう, も亦

▼ そこで米次郎~ (2, 0.0%)

1 は窮余, もやむを得ず

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 がない, も根

▼ そこで紀久ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の手, は正当防衛

▼ そこで紅茶~ (2, 0.0%)

1 をのみ, を啜り

▼ そこで紋太郎~ (2, 0.0%)

1 も同じ, も部屋

▼ そこで純然~ (2, 0.0%)

1 たる農民一揆, とまた

▼ そこで紙片~ (2, 0.0%)

1 をしまい, を開け

▼ そこで素早く~ (2, 0.0%)

1 肘を, 走り帰っ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 のスミレ, や緋

▼ そこで経験~ (2, 0.0%)

1 して, のなか

▼ そこで結婚~ (2, 0.0%)

1 なされようと, はその

▼ そこで絵はがき~ (2, 0.0%)

1 を売つ, を買っ

▼ そこで絶句~ (2, 0.0%)

1 した, とか律詩

▼ そこで継母~ (2, 0.0%)

1 のお, は自分

▼ そこで綽名~ (2, 0.0%)

1 して, を新

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 之丞はじめ下僚は, 大将の

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 ある歓楽, を秋風

▼ そこで罪人~ (2, 0.0%)

1 がやられ, を呼ん

▼ そこで美作~ (2, 0.0%)

1 と兵馬, は兵馬

▼ そこで美術~ (2, 0.0%)

1 と申します, に對

▼ そこで翌日~ (2, 0.0%)

1 からの弁信, から世子

▼ そこで翌月~ (2, 0.0%)

2 から自分

▼ そこで翌朝~ (2, 0.0%)

1 つまり今朝, は健吉画伯

▼ そこで老中派遣~ (2, 0.0%)

2 の勘定役

▼ そこで考へ~ (2, 0.0%)

1 てみます, て机

▼ そこで耕平~ (2, 0.0%)

1 はうしろ, は葡萄

▼ そこで聯合軍~ (2, 0.0%)

1 がまた, もいくらか

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 と玉葱, の包み

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 をきめ, を決めた

▼ そこで肝腎~ (2, 0.0%)

1 の血, の話

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 の字

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 に手, の強い

▼ そこで腰かけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て用

▼ そこで自ら~ (2, 0.0%)

1 の生命, を励ます

▼ そこで自分自身~ (2, 0.0%)

1 にたいする満足, の妻

▼ そこで自分達~ (2, 0.0%)

1 は何, を待っ

▼ そこで自身~ (2, 0.0%)

1 のびて, は

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, に乗じた

▼ そこで船中~ (2, 0.0%)

1 では, の連中

▼ そこで花嫁~ (2, 0.0%)

1 が花聟, は恐る恐る

▼ そこで花鳥~ (2, 0.0%)

1 がお節, は小左衛門

▼ そこで芸術家~ (2, 0.0%)

1 としての俳優, の頭

▼ そこで苦しまぎれ~ (2, 0.0%)

1 に子供, に私

▼ そこで英国~ (2, 0.0%)

1 とロシア, の計算

▼ そこで茅野雄~ (2, 0.0%)

1 は, は振り返っ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 に二百円, に指摘

▼ そこで茶店~ (2, 0.0%)

1 の主人, を開い

▼ そこで茶碗~ (2, 0.0%)

1 の湯, を手

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が軽い, を再び

▼ そこで荷物~ (2, 0.0%)

1 を積み代える, を背負わす

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 付いて, 付いてから

▼ そこで落ちた~ (2, 0.0%)

1 人の, 花は

▼ そこで著者~ (2, 0.0%)

1 は最初, は言明

▼ そこで葬列~ (2, 0.0%)

1 が村, が来たら

▼ そこで葬式~ (2, 0.0%)

1 が行われた, の飾り

▼ そこで蕎麦~ (2, 0.0%)

1 でありますが, を喫

▼ そこで蕗子~ (2, 0.0%)

1 によく, を他人

▼ そこで薄茶~ (2, 0.0%)

1 を一わん, を出した

▼ そこで藤原~ (2, 0.0%)

1 の原案, はランプ

▼ そこで藩庁~ (2, 0.0%)

1 においては各, はかつて

▼ そこで虎猫~ (2, 0.0%)

1 はみじかい, は急い

▼ そこで虔十~ (2, 0.0%)

2 もやっと

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は上等, を聞き

▼ そこで蜂谷~ (2, 0.0%)

1 が十一月, はついに

▼ そこで蜂須賀巡査~ (2, 0.0%)

1 は意気込ん, は秋森家

▼ そこで蝋燭~ (2, 0.0%)

1 を用意, を買っ

▼ そこで衆人~ (2, 0.0%)

2 の心持

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 に出, をとおりかかる

▼ そこで衣食住~ (2, 0.0%)

2 に向けられる

▼ そこで表面~ (2, 0.0%)

1 は何, は法王

▼ そこで裸体~ (2, 0.0%)

1 で手, のま

▼ そこで西~ (2, 0.0%)

1 の外, や東

▼ そこで西郷~ (2, 0.0%)

1 と勝, は起っ

▼ そこで要領~ (2, 0.0%)

1 のい, を得ない

▼ そこで親分街~ (2, 0.0%)

2 の酒場

▼ そこで親方~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, はわたし

▼ そこで親族~ (2, 0.0%)

1 の意見, 打ち寄って

▼ そこで親類~ (2, 0.0%)

1 が寄つて相談, が手

▼ そこで解剖~ (2, 0.0%)

2 されるの

▼ そこで言語~ (2, 0.0%)

1 は二つ, は仮面

▼ そこで訊問~ (2, 0.0%)

1 が終わる, は

▼ そこで記代子~ (2, 0.0%)

1 は何, は結論

▼ そこで評議~ (2, 0.0%)

1 がまた, はとうとう

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 をちょっと, を切っ

▼ そこで説明~ (2, 0.0%)

1 を聞く, を要する

▼ そこで調子~ (2, 0.0%)

1 を合わせ, 高く

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 が解ける

▼ そこで講釈~ (2, 0.0%)

1 せしめたこと, を聞い

▼ そこで警部~ (2, 0.0%)

1 の注意力, はあ

▼ そこで議会~ (2, 0.0%)

1 の秘密会見たい, はその

▼ そこで議長~ (2, 0.0%)

1 のごま塩ねずみ, は河野敏鎌氏

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の高い, へ通う

▼ そこで負けず嫌い~ (2, 0.0%)

1 な一郎, の彼

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 嬢に, 郎様に

▼ そこで賑やか~ (2, 0.0%)

1 にさわぎ出し, にたちまわっ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は堪えかね, は堪へかね

▼ そこで足場~ (2, 0.0%)

1 をこしらえ, を見計らっ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が途切れ, を代えた

▼ そこで踊り~ (2, 0.0%)

1 の情景, の面々

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 にお, をめぐらし

▼ そこで軍人~ (2, 0.0%)

1 という商売, を志す

▼ そこで軍部~ (2, 0.0%)

1 が憎む, は次第に

▼ そこで軽井沢~ (2, 0.0%)

1 の全, の宿

▼ そこで農家~ (2, 0.0%)

1 では鼻, の爺さん達

▼ そこで農民~ (2, 0.0%)

1 というもの, のため

▼ そこで返事~ (2, 0.0%)

1 がない, はなく

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 つ掛けて, ひついた

▼ そこで通り~ (2, 0.0%)

1 か, をたまに

▼ そこで連中~ (2, 0.0%)

1 はいっ, はと見る

▼ そこで達ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がいろいろ, はいろんな

▼ そこで達二~ (2, 0.0%)

2 は一生懸命それ

▼ そこで適当~ (2, 0.0%)

1 なもの, にジアール

▼ そこで部落~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 二郎は, 源が

▼ そこで重い~ (2, 0.0%)

1 燃えるよう, 病気に

▼ そこで野原中~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ そこで野呂~ (2, 0.0%)

1 に呼びかけ, は四万円

▼ そこで野村~ (2, 0.0%)

1 はその, は委しい

▼ そこで金五郎~ (2, 0.0%)

1 がひとしきり, はからかい半分

▼ そこで金庫~ (2, 0.0%)

1 のふた, を開け

▼ そこで金持ち~ (2, 0.0%)

1 でありますが, は村

▼ そこで金瓶梅~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ そこで金銭~ (2, 0.0%)

1 でこの, の力

▼ そこで金鍔次兵衛~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ そこで針目博士~ (2, 0.0%)

1 そっくりの, と長戸検事

▼ そこで銀座~ (2, 0.0%)

1 で仕事, へ出

▼ そこで銀色~ (2, 0.0%)

1 のなめく, のなめくじ

▼ そこで銀行~ (2, 0.0%)

1 の連中, へ抵当

▼ そこで錠前~ (2, 0.0%)

1 をコヂ, を見

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 が御, を廻し

▼ そこで長剣~ (2, 0.0%)

1 をゆり上げ, を横たえ

▼ そこで長吉~ (2, 0.0%)

1 は西の宮ゆき, は送っ

▼ そこで長崎~ (2, 0.0%)

1 の両, の人間

▼ そこで長次郎~ (2, 0.0%)

1 という人, を見

▼ そこで長蔵さん~ (2, 0.0%)

1 と相, に尾

▼ そこで門下~ (2, 0.0%)

2 の士

▼ そこで関ヶ原~ (2, 0.0%)

1 では驍名, の本陣

▼ そこで関守氏~ (2, 0.0%)

1 も大いに, も旦那

▼ そこで関東軍~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は知県, は知縣

▼ そこで附近~ (2, 0.0%)

1 の山, の腕白連

▼ そこで院内~ (2, 0.0%)

1 の室, の幹線道路

▼ そこで陸地~ (2, 0.0%)

1 が尽きる, の敵

▼ そこで隊長~ (2, 0.0%)

1 からいっさい, は蟻田博士

▼ そこで障子~ (2, 0.0%)

1 の破, をあけ

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 の国, の部屋

▼ そこで雄太郎君~ (2, 0.0%)

1 は学校, は彼

▼ そこで雄鶏~ (2, 0.0%)

1 は地面, は日

▼ そこで集めた~ (2, 0.0%)

1 ものである, 桜貝姫貝ちょうちん貝などを

▼ そこで雑文~ (2, 0.0%)

2 を書き

▼ そこで離れ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ そこで雲助~ (2, 0.0%)

1 とかういふ, とこういう

▼ そこで電文~ (2, 0.0%)

1 は切れ, をもう一度

▼ そこで電車~ (2, 0.0%)

2 を降り

▼ そこで青二~ (2, 0.0%)

1 はこの, は猫

▼ そこで青木~ (2, 0.0%)

1 が私, は自分

▼ そこで青木学士~ (2, 0.0%)

1 はここ, は二三歩

▼ そこで~ (2, 0.0%)

2 藩人という

▼ そこで音楽~ (2, 0.0%)

1 は盛ん, を聞く

▼ そこで頼み~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ そこで頼り~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 は, は喬

▼ そこで風呂~ (2, 0.0%)

1 が沸く, へ入れ

▼ そこで食い止め~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ そこで食べ~ (2, 0.0%)

1 ている, 残りの

▼ そこで食料~ (2, 0.0%)

1 の価格騰貴, の欠乏

▼ そこで飴屋~ (2, 0.0%)

2 はどう

▼ そこで飴細工~ (2, 0.0%)

1 をする, を飴

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 はどう, は一日何

▼ そこで馬丁~ (2, 0.0%)

1 は別, は馬

▼ そこで馬子~ (2, 0.0%)

1 は提灯, を呼ん

▼ そこで馬首~ (2, 0.0%)

1 をめぐらし, をキエフ

▼ そこで駿三~ (2, 0.0%)

1 という男, は林田

▼ そこで骨牌~ (2, 0.0%)

1 が持ち出された, が配られた

▼ そこで高木~ (2, 0.0%)

1 の神, は一人

▼ そこで高橋さん~ (2, 0.0%)

1 は奥さん, は気味

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 などを結う, の上

▼ そこで鬱憤~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 を招かし, を腐蝕

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 に歸つて茲, は家族

▼ そこで鳥右さん~ (2, 0.0%)

1 が吊, は村

▼ そこで鶴見~ (2, 0.0%)

1 はこう, は計画

▼ そこで鷹揚~ (2, 0.0%)

1 にセルモーター, に天井

▼ そこで黒井博士~ (2, 0.0%)

1 は年, は松野さん

▼ そこで黒田如水~ (2, 0.0%)

2 といふ初老

▼ そこで~ (2, 0.0%)

1 とその, 睡丸

▼1* [6321件]

そこであいつ等はあなた, そこであえて急ぐ必要, そこであおむけにねころん, そこであかりをつけ, そこであきれたというふう, そこであくどい男が, そこであくる晩染吉は, そこであくる日中村警部は土地, そこであくる日約束の時刻, そこであけびが果して, そこであこがれの苦學, そこであしのしげみ, そこであせってしきりに, そこであそこは何, そこであたしお金のいる, そこであたらしい憲法は, そこであたらしく写して, そこであたり前の紹介, そこであちこち寝返りをし, そこであちらを旅行, そこであちら名の気, そこであっさり海を, そこであっちの村, そこであつしもこれから, そこであと先の分別, そこであと脚で砂, そこであなた現品を山, そこであにゅうかんげえてるだ, そこであの世でお, そこであばれもの, そこであひるさんはやつ, そこであふッと, そこであぶなくとりとめました, そこであらましの事情, そこでありあわせの砥石, そこであれこれ思案の末, そこであわてたのが, そこであんぽんたんの家庭, そこでいいわけするが, そこでいう風刺は, そこでいかがでせう, そこでいかに右門が, そこでいかりをおろし, そこでいきどまりなの, そこでいきぬきに煙草, そこでいささかでも, そこでいざ急ぎ打立てや, そこでいそいであ, そこでいちいち筆を, そこでいちばん親しい二人, そこでいちばんおしまいに中でも, そこでいって扉, そこでいっしょうけんめいになって脱線した, そこでいっしょうけんめいに, そこでいったいだれが, そこでいつかのお, そこでいつかねたことが, そこでいつのまにか長煙管, そこでいつの間にか神明前の, そこでいまひとりの者, そこでいま手下どもとひとりひとり, そこでいやしくも著作を, そこでいよいよ本当に製作に, そこでいわばさらしものめいた, そこでうじゃうじゃと, そこでうちへ帰る, そこでうっかりべかッこ, そこでうまうまと目的を, そこでうまくだまし込んで, そこでうらみつこなしに, そこでうるがんは, そこでうわおいぐつも魔法を, そこでうんと後押しを, そこでえっとききかえした, そこでえりをかきあわせ, そこでおいジャネット山木と, そこでおいでおいでをし, そこでおおぜい, そこでおかあさんやぎはメエ, そこでおきてすっかり, そこでおしまいちゃァんちゃん, そこでおしゃべりをしない, そこでおし問答が始まった, そこでおじさんは考えた, そこでおずおずうしろを, そこでおぞけを振い, そこでおぞましくも兵馬, そこでおたがいに泣きの, そこでおっ放したという, そこでおっかなびっくりマッチの, そこでおとうさんはおかあさん, そこでおとなになつて, そこでおとなたちの寝, そこでおのずと弁護士と, そこでおはもじながらと来やがった, そこでおびただしい人通りを, そこでおふくろがど, そこでおまえさんをかかえ, そこでおもいきって五つ, そこでおもいだしたのが, そこでおやじもおぞ, そこでおよそ女の, そこでおらあ今, そこでおりて自動車, そこでおりゃアつい, そこでおれたちは日本, そこでおれたち世界じゅうの悪もの, そこでおれ達の生涯, そこでおわびに一つ貴女, そこでおわりに近づく, そこでお上さんに聞い, そこでお仕置になった, そこでお伴に遣された, そこでお供の武士, そこでお側にゐる, そこでお初はしつっ, そこでお前さん何だって世帯, そこでお前さん方は, そこでお前様には二人, そこでお前毎日のよう, そこでお前達何も大して, そこでお前達横著者奴は遠い, そこでお化けの劉さん, そこでお召し物はなんと, そこでお婆さんはお, そこでお客のサービス, そこでお客様達にパン, そこでお家の體面論, そこでお市の方に向っ, そこでお手本ですが, そこでお断りを食ったら, そこでお松直伝の教育, そこでお正月のお飾り, そこでお母さま一流の気前, そこでお母様が僕, そこでお玉は一時, そこでお知らせしようと, そこでお礼として豚, そこでお祖父さんは眉, そこでお祭を行う, そこでお答え申し上げるには, そこでお節をためす, そこでお菓子とコーヒ, そこでお袋が坊主, そこでお辞儀をし, そこでお里は重い, そこでお鉢は紀州公, そこでお鍋とお, そこでお雪ちゃんお前ももう, そこでかうしてお, そこでかかる現象を, そこでかけあいについての細かい, そこでかけつけていく, そこでかしらはいま, そこでかたの如く, そこでかたき討ちの, そこでかつて京都留守居を, そこでかなり正確な, そこでかねて敵視し, そこでかばんをひとまず, そこでかやを刈っ, そこでからすとゲルダ, そこでかりうどは, そこでかれこれする間, そこでかんがえたあげくもっ, そこでちゃりと, そこでがらりと気分, そこでさまは, そこできたえ得るかというところ, そこできっぱりと二人, そこできつねとうさぎ, そこできのう今日の虫, そこできのふペンは指先, そこできみたちをここ, そこできみたち少年探偵団の手, そこできょうおれ達が繋がっ, そこできれいな花, そこでくじ引をし, そこでくず屋は文福茶がま, そこでくだんの石造建築物, そこでくつをはく, そこでくどいことは, そこでくどくおたずね申す, そこでくるくるとまるまった, そこでぐいぐいと魚刺, そこでぐいと落着拂ツて, そこでぐさりとひとり, そこでぐずぐずして, そこでぐっとつまっ, そこでぐっすり寝こんで, そこでぐったりとし, そこでけさも家, そこでけさ奥にゐる, そこでげす文書きの, そこでここらの地方, そこでこぞうさんは, そこでこちら様へただちに, そこでこつちは今度, そこでことさらに気分, そこでこどもたちはわれがち, そこでこのごろ月並論があまり, そこでこのごろ私は講習会, そこでこの小さな佝僂が, そこでこの漠然たる限界の, そこでこの間明治四十年に至る, そこでこらえきれなくなって言葉, そこでこれぢやア, そこでこれら金持ちの人々, そこでこれ一とまとめ, そこでこれ切りおしまいにいたしましょう, そこでこわごわあちこち歩いた, そこでこんにちの怪談会, そこでこんど里見十左がくにもと, そこでこッそり単独で穴ぐら, そこでごくこの頃, そこでごしごしと顔, そこでごとごといわせて, そこでごらんの通り, そこでごろ寝をする, そこでさいごに, そこでさきほどちよつと, そこでさきまわりをし, そこでさき頃筆者が山女魚, そこでさくのまえ, そこでさげておいで, そこでさし当り着手する事業, そこでさっき丸尾にSOS, そこでさっき電話で聞いた, そこでさっと肩に, そこでさつきの話, そこでさとったところを, そこでさもさも, そこでさよなきどりは, そこでさる人の, そこでさるぐつわをはめ, そこでさわぎはますます, そこでさんざ擽て, そこでざっと前後次第不同で, そこでしいてこの手長明神, そこでしかつめらしく説明を, そこでしづかにこの, そこでしばしお二人, そこでしばしば王侍御, そこでしまいには事, そこでしまダイのよう, そこでしめている, そこでしやばでした, そこでしようことなし, そこでしらべてみる, そこでしんみりとなつ, そこでしんみり声を沈めた, そこでぶんの, そこでじきに逃げ込ん, そこでじつとしてゐた, そこでじつにたくさんの, そこでじつは當地に, そこでじゃがや姉め, そこでじゃりのうえ, そこでじれったがりながら, そこでじんじん熱く鳴っ, そこでとんと地べた, そこですきに乗じ, そこですくすくと育つて, そこですこうししずまりました, そこですしの始末, そこですり寄ってヤス子, そこですゝめる人, そこでずつと待つて, そこでずばりとたずねた, そこでせきしようもは水面, そこでせつ子は程, そこでせめてかたみに血の, そこでせりが, そこでせわがかりの下役, そこでそうなるとわたしは, そこでそこで竹永さん関戸の, そこでそこらの籐椅子, そこでそちのよう, そこでそっくりそれを, そこでそつと戸, そこでそのうち手足の, そこでそのままかねて聞き覚えの, そこでそのままそっくり菊半截型の, そこでその後セミナリが出来, そこでその道で音, そこでその間に属官, そこでその頃たつた一人, そこでその頃誰からともなし, そこでそら竹刀を, そこでそれぞれ執行人の思い思い, そこでそれだけの金, そこでそれとなく様子を, そこでそれなりの生活, そこでそれ今の内, そこでそれ以上何も言わない, そこでそれ雲竜相ひいて, そこでそろそろと始まっ, そこでそんならと, そこでそんなに言う梅干, そこでたいていの人, そこでたい一尾のうち, そこでたけしくんはおとうさん, そこでたしかに弁信は, そこでたずねますがさつきあなた, そこでただいま神妙に, そこでただちに陸海軍の, そこでただ今内地に, そこでただ時をのばす, そこでたとい唐において, そこでたとえ御開城, そこでたのしく一休みする, そこでたびたび自殺を, そこでたぶん十一年間ばかりの, そこでたべあとの, そこでたべた味つけ御飯, そこでたべるものは, そこでたまたま古本の, そこでたまりかねたのであろう, そこでためしに他, そこでためらひながら, そこでたゆとうところに, そこでたらふく飲み食いしました, そこでたりない分を, そこでたんぽぽはよけい, そこでだいに様, そこでだいじにほごされ, そこでだいぶん日も, そこでだけは自分が, そこでだまって障子, そこでちいさいかぎを, そこでちいさな入江を, そこでちかごろのある, そこでちと低声, そこでちびのティム, そこでちやうど大和地方の春, そこでちやんと梨枝子さん, そこでちょいと伺いたい, そこでちょうちょうたちはたいへん, そこでちょうちょうたちはみんなでそうだんをして木のところ, そこでちょっかいを出そう, そこでちょっとごたごたが起こっ, そこでちらほら書いて, そこでついつい肥後の, そこでつかまえている, そこでつかまりさうになった, そこでつかんことを, そこでつぎ足しの縄, そこでつけますから小出し, そこでつたかつらと変じる, そこでつづきをやりましょう, そこでつづけさまに, そこでつぼみは, そこでつむじの如く, そこでつむじ風に吹き折られたらしい, そこでつらいことで, そこでつらつら私の, そこでつるすことを, そこでつれだって大臣室, そこでつんざいたかと思う, そこでづだぶくろを首からさげ, そこでがすよ, そこででっくわした男と, そこででっぷり肥った背, そこでとある一つの, そこでとうとういきなり叫びました, そこでとかく一戸を, そこでときどき休まないでは, そこでときどき思いっきり高くとびあがっ, そこでとぎれであと, そこでとぎれたままの, そこでとくと主観を, そこでとこなつの花, そこでとし子にしずか, そこでとってかえりました, そこでとっくりと考える, そこでとどのつまり高時の, そこでとまってしまいました, そこでとられたものは, そこでとりあえずまずおとの, そこでどうしてもいい加減の名前, そこでどうせのこと, そこでどうにもこうにもし, そこでどうやら鬼では, そこでどっちが勝ち, そこでどっと殺気を, そこでどよめきをあげた, そこでどんどんから忍川, そこでどんなに窮した, そこでなあおさよどの, そこでなおさらこの尊氏, そこでなかなかウッカリし, そこでなかなかよくやって, そこでながらく世話を, そこでなきやならない, そこでなきなきかえるどの, そこでなつかしい市街を, そこでなにか事件の, そこでなにもかもお坊さん, そこでなほ一杯の麦酒, そこでなまぐさく乾かされる, そこでなめくぢは, そこでなめくじはペロリ, そこでなるほど外国人の, そこでなんせ五十年からの, そこでなんだか一種の, そこでなんとなく胸が, そこでなんとも変テコな, そこでなって, そこでにぎやかに追善, そこでにはとりは, そこでにやりと一笑してやりたい, そこでにんじんが, そこでぬるぬるする段木, そこでねえ宇津木さんだれでも, そこでねかへつて埒外の, そこでねをぢさん僕の, そこでのこりの百三十隻, そこでのろのろとふろしきづつみをおろし, そこではんと, そこではきまつて旅客, そこではじめの内, そこではじめてにやりと笑顔を, そこではじめてほっと息を, そこではじめて悠々さが, そこではっきりと申しあげます, そこではとに角, そこではる子を中心, そこではんせいをしました, そこでッたりと, そこでばあさんはやせがれ, そこでばかめこれは天朝様, そこでばったり又出遇った, そこでばつたり行き詰りである, そこでぱつたりと動作を打ち, そこでぱつたり従兄に出会つて, そこでひじょうにたくさんの, そこでひそかに語り, そこでひとつお前とのり, そこでひとつ俺も足立, そこでひとつ実地に魔術, そこでひとつ折入って, そこでひとつ探りを入れ, そこでひとつ馬庭の百姓剣法, そこでひとりいつも苦しんだらしいの, そこでひとり甲板へ出, そこでひと休みしながら, そこでひと息ついた後, そこでひと晩じゅうかかって, そこでひどい粗食を, そこでひばりの書記, そこでひよつとしたら, そこでひらりひらりとまるで, そこでひるがえって見るに, そこでびしょ濡れの彼, そこでぴったりととまった, そこでふくらはぎ, そこでふた手に, そこでふだんはバネ, そこでふだん着や襦袢, そこでふっつり見失った, そこでふみとどまる力も, そこでふらついている, そこでふろしきの中, そこでぶらりと散歩に, そこでぷっつりと得意, そこでぷつりと歌がやんだ, そこでへええさう, そこでへたな念, そこでへんな謎, そこでべきはそのまま, そこでべったりすわって, そこでがらかに, そこでほこりがかかり, そこでほんたうに, そこでほんのわずかつえ, そこでほんもののポロニアス, そこでぼくたちは相談, そこでぼくたち夜だけ人間, そこでぼそぼそ話が, そこでぼっちにお, そこでぼつぼつ始めるが, そこでぼんやりしたまま, そこでぼんやり目を開け, そこでぽかぽか暖かそう, そこでぽつりと切れ, そこでまあとにかく神父さまに, そこでまあ互いに胸襟を, そこでまきを折っ, そこでまごまごして, そこでまさか死ぬとは, そこでまさかの場合に, そこでまじめに質問, そこでまずかりに温泉なら, そこでまずすぐ無電班長を, そこでまずほっとして, そこでまたもや暫くのあいだ, そこでまた一方お松は, そこでまだなんら具体的な, そこでまだはっきりとは判りません, そこでまだややものうい身体, そこでまともな社会人, そこでままむすめ, そこでまゆをひそめ, そこでまるい救命浮環に, そこでまんじりともしない, そこでまんまと彼の, そこでまん中に立った, そこでみきが茶碗, そこでみき君怒って, そこでみずから怖るる, そこでみなさんものは相談, そこでみなさん名誉ある本校, そこでみな宰相以下の御, そこでみな後日を約し, そこでみな相当に腕, そこでみね子はかっと, そこでみみずは土, そこでみんなはしやいで, そこでみんなエミリアンの智恵, そこでみんな八幡様のお, そこでみんな相談し合, そこでみんな衣裳髪かたちを一通り, そこでみんな車からおり, そこでむこうの子供たち, そこでむしろベッドに, そこでむずかしさは, そこでむろんその娘, そこでむろんまずあの使者, そこでめいめい勝手なこと, そこでめいめい甜瓜を一本づつ手, そこでめうしを売っとばし, そこでめんどりたち, そこでめんどうくさくなって, そこでめッたに, そこでもうこの飲んだくれ, そこでもうどうしても先へ, そこでもうよほど前から, そこでもうろうたる人影, そこでもう一度もっとしっかり手元を, そこでもう再びそこへは, そこでもう所詮叶わぬと, そこでもえると云った, そこでもぐってもくぐっ, そこでもしかしたら最近, そこでもしかりにこの点, そこでもしやと思っ, そこでもじもじと身動き, そこでもちろんカラーンカランと, そこでもち菓子を始めた, そこでもっと広々とした, そこでもつれ合っている, そこでもみの木, そこでやおら立ち上った, そこでやかましく泣き立てて, そこでやがて人が, そこでやくざな浮浪者, そこでやす子と今, そこでやたらに十八文十八文, そこでやっこさん迎え酒がやりたくっ, そこでやつぱり優れた演劇, そこでやつぱり不思議なこと, そこでやはりしらじらと平気, そこでやはり大いにジーエフを, そこでやみの中, そこでやみくもに身ぶり, そこでやむをえず博士の, そこでやむを得ず泣く泣く海を, そこでやむを得ない行きがかりから, そこでやめたので, そこでやり手のをばさん, そこでやる以上は, そこでやれ一安心という, そこでやわらかくほぐれ数条, そこでゆうきを出し, そこでゆうべから老臣一族, そこでゆうべ僕が用いた, そこでゆうべ私が見, そこでゆきちがったり, そこでゆるゆる談合の, そこでよい料理を, そこでよければ寝, そこでよしよしと, そこでよしや朝敵と, そこでよそながら機械の, そこでよって彼を, そこでよほど難渋した, そこでよもやとは思う, そこでよろしくちんがらもんがらか, そこでりっぱに負債, そこでりつぱな弓矢を天若日子, そこでろうじんのふく, そこでわかりきったことが, そこでわかれみちに, そこでわがはいは本艇, そこでわが国の現状, そこでわが身を罰し, そこでわざわざ小使を, そこでわしたちはなに, そこでわしたち子供一同は一塊, そこでわたくしどもも賛成, そこでわたくし一つの箱, そこでわたくし自身の様子, そこでわたし共が機嫌, そこでわたし達はふたたび, そこでわらわらと子供等, そこでわるぢえを, そこでわる共が集まっ, そこでわれこそは幸運, そこでわれわれお互いにこの, そこでわれわれどもの談合, そこでわれわれ男たちにとってはその, そこでぢさんは, そこでアイスクリーム屋と刑事, そこでアウグステをばさん, そこでアウグスティヌスは例えば, そこでアカデミズム諸哲学, そこでアカデミズム本来の役割, そこでアカデミーは夫, そこでアクシーニヤは声, そこでアクロバットをやっ, そこでアケミは寝室, そこでアストン氏は自分, そこでアヂシキタカヒコネの神, そこでアッシェンバッハは足, そこでアッタレーアは初めて, そこでアトはマカリ, そこでアトリエから出よう, そこでアマツヒコホノニニギの命, そこでアマーリアを呼んだ, そこでアムラはいろんな, そこでアメノウズメの命, そこでアメノトリフネの神, そこでアメノミナカヌシの神, そこでアメリカ兵は将校, そこでアメリカ発達史の下巻, そこでアラを探す, そこでアラゴの考える, そこでアラビア生れの踊り子, そこでアリイ・レボーンでブラウント, そこでアルカージイは坊さん, そこでアレキサンダー一世は剛頑, そこでアンタはその, そこでアンダスンは駅, そこでアントニイ・ベエコンをはじめ他, そこでアンニャの有志, そこでアンポンタン大成した彼, そこでアンリがペルシア語, そこでイカバッドはちょっと, そこでイカリオスの女, そこでイギリスアメリカフランスオランダポルトガルイタリアなどの各国, そこでイタリイの領事館, そこでイタリー人のダビッド・ベラスコ, そこでイデオロギーの社会学, そこでイトマをつげた, そこでイバンスは富士男, そこでイブセンみづから, そこでイプセンの仏蘭西戯曲壇, そこでイヤな思い, そこでイヨイヨホントウに心, そこでイヨイヨ好奇心を唆, そこでイルコックとバクスター, そこでイロハから習った, そこでイングランドに帰る, そこでイングリード・アイネス嬢とはいかなる, そこでインドふうに建てられた, そこでウィルソン霧箱と云う, そこでウィンタア・スポウツの眼, そこでウイのみ南, そこでウイリアムはよく, そこでウォルタース氏は, そこでウズメの命, そこでウルドの泉, そこでエキモスは馬車, そこでエジソン少年はまず, そこでエタの或, そこでエタ頭弾左衛門は下手人, そこでエッゲが許す, そこでエトリはただに, そこでエバンスも私, そこでエビのやう, そこでエミイはす, そこでエミリアンはさ, そこでエリザベスはドロシイ夫人, そこでエルズワースたち三人は出来る, そこでオカカは年百年中, そこでオカミサンに付そはれ, そこでオグリフさんに頼ん, そこでオケの命, そこでオシホミミの命, そこでオタツが逮捕, そこでオトー・ポントスはまた, そこでオニフスベは鬼, そこでオホクサカの王, そこでオホクメの命, そこでオホゲツ姫が鼻, そこでオホサザキの命, そこでオホツク長官代理は日本, そこでオホハツセの王, そこでオホホドの王, そこでオホヤマトネコ彦クニクルの命, そこでオメ様方に腕, そこでオリヴィエは一人, そこでオルガもそれ, そこでオルガンは鳴りわたり, そこでオレンジ・エードを注文, そこでオーエンはこれ, そこでオーガスタス大帝も負け, そこでカイちゃんにあっ, そこでカイシャクの喜三郎, そこでカサンドルは大事さうに假髮, そこでカテリーナ・リヴォーヴナは花模様, そこでカミン炉はどう, そこでカメラが回転, そこでカヤパを情夫, そこでカリスフォド氏はこう, そこでカレーを使え, そこでカレーニクは少し, そこでカワウソを天界, そこでカワラの埼, そこでカント以後の哲學, そこでカーウィン氏が入っ, そこでカ氏が私, そこでガスコと決闘, そこでガタ車を一台, そこでガチャンと電話, そこでガッキと鍔, そこでガックリとなった, そこでガブリエル・フォーレの優しき, そこでガボリイはフロイド, そこでガマ六と雨坊主, そこでガヤガヤと人, そこでガリガリズラズラ出かけて, そこでキクッタはある, そこでキジの鳴, そこでキッコはその, そこでキャルタンは毎晩幽霊専用, そこでキュリー夫人は活動, そこでキリストはほんの, そこでキリスト教的心情の強く, そこでキーシュは熊, そこでギブスを変, そこでギリシア人は眞, そこでギンネコ号の五名, そこでギーッと刎釣瓶, そこでクイクイの神, そこでクチコの臣, そこでクマソタケルの家, そこでクリシマ博士は再び, そこでクリストファとサザンプトン, そこでクルクルと二つ, そこでクルッと巨大, そこでクルリと方向, そこでクレオパトラがどう, そこでクロはてっきり, そこでクローゼーは大工, そこでクーパーをつれ, そこでグイグイと酒, そこでグラドウィツは不意, そこでグリイン検察官は手続き, そこでグリーンの声, そこでグレーテルは声, そこでグーロフが彼女, そこでケンたちとれんらく, そこでゲエテの詩, そこでゲオルクは友人, そこでゲーテは全く, そこでコタンケシの酋長, そこでコチトラの方, そこでコップ酒というもの, そこでコツクがシユウマイ, そこでコペイキンは, そこでコペイキン大尉は働か, そこでコム・シィはどう, そこでコルシカ人は考えた, そこでコロジモのところ, そこでコローボチカは, そこでコンナ処に居, そこでコーエンの例, そこでコーツと一石, そこでコーヒーを飲み, そこでゴクリと唾, そこでゴトゴト片づけ物, そこでゴドウィン氏は曰く, そこでゴム底を突き破っ, そこでゴーシュもとうとう, そこでおめ, そこでサアお気の毒, そこでサイラスは中, そこでサカモリがはじまった, そこでサッキの呉羽嬢, そこでサホ彦の王, そこでサムを起こした, そこでサラのあてた, そこでサラット先生がこの, そこでサルは怒っ, そこでサンドウィッチだ, そこでサンドリヨンに腰, そこでサーッと引く, そこでザッと水しぶき, そこでシェーラーの階級, そこでシッカリはまらないの, そこでシドチも腰, そこでシブは植物, そこでシベリア開発のため, そこでシホツチの神, そこでシモン王の兵隊, そこでシャプリッツキイは前, そこでシャーしからば, そこでシュワルツァーは一日, そこでショパンが絶望, そこでショーペンハウエルエドワルト・フォン・ハルトマンニイチェドイッセンのごとき, そこでシラガの太子, そこでシルクハットは私達, そこでシーズンが来る, そこでジェラルディーン大佐が彼, そこでジェームスは氣質, そこでジェームスはかの, そこでジコーサマ一族を召捕っ, そこでジナイーダはわたし, そこでジプシーとシムソン, そこでジャガ薯を一所, そこでジャンナン氏をその, そこでジヤガイモさんは考へました, そこでジュリアの得意, そこでジユウルに尋ねる, そこでジョンをふん縛り, そこでジョンドレットはこの, そこでジリジリと膝, そこでスィッチをひねります, そこでスウェデンボルクはデカルト, そこでスギのレッチウ, そこでスケートをぬい, そこでススキの木, そこでスセリ姫の命, そこでスチームの暖気, そこでストをやる, そこでストップだ, そこでストライキをやる, そこでストリッパーを踊り, そこでストリップの踊り子, そこでストリンドベリイの, そこでストレーカの掴ん, そこでストロムボリが地中海, そこでスパリと一服, そこでスピイスブルクと云, そこでスミ子をわたし, そこでスミ子さんと宝石, そこでスモーリヌイのレーニングラード・ソヴェト婦人部, そこでズキンと神経, そこでズボンのポケット, そこでズンズンと突き進んだ, そこでズーと西, そこでセツケン工場を止めさせられた, そこでセラの方, そこでセリが一株一株, そこでセリファンをやっ, そこでセルギウスは此人達, そこでセルゲイに対決, そこでセロリーでもパセリ, そこでゼリー型があれ, そこでソッと忍ん, そこでソファーの上, そこでソラ耳かしらと思いました, そこでソリャコソ喧嘩だと, そこでソルティーニのよう, そこでソローハは彼, そこでソンナような冒険的, そこでソヴィエト政府は七月一日, そこでソヴェト同盟の労働者, そこでソヴェート同盟の哲学, そこでソヴェート政府は同年七月一日, そこでゾロリと車座, そこでタイコをならす, そこでタカギノイリ姫の生んだ, そこでタカミムスビの神, そこでタケフルクマの命, そこでタケミカヅチの神, そこでタヂマモリは蔓四本矛四本, そこでタッタ一つ解らん事がある, そこでタッタ一人の叔父, そこでタドの美泉, そこでタヌキ屋へも押寄せる, そこでタビラコという名, そこでタラスにも分, そこでタラス王は新しい, そこでタロちゃんはニヤニヤ, そこでタンゴを踊, そこでターネフはまた, そこでターマルンで馬, そこでダンサーに身の上話, そこでダンスホールに手, そこでダーシャは渋々, そこでダ君に訊い, そこでチヌの海, そこでチビ公は知り合い, そこでチベット一般人民の希望, そこでチベット文法学者中に非常, そこでチボの足, そこでチャンコロが密輸入, そこでチョイト外を覗く, そこでチョェン・ジョェは, そこでチョビ安とお辞儀, そこでチラリと振り返っ, そこでチルナウエルは次第に, そこでツァンニー・ケンボという先生, そこでツァ・ルンバの考え, そこでツァーが首, そこでツェねずみはしかた, そこでツブラオホミがこの, そこでツルリと辷らし, そこでテイブルの上, そこでテキスト・クリティックの観点以上, そこでテジマアはナイフ, そこでテレビの時間, そこでテンプラ屋は妻君, そこでテーブルに坐っ, そこでディデロートのこと, そこでディレッタントというもの, そこでデイは結論, そこでデオンは呼んだ, そこでデュブア氏はなお, そこでデンマルクに自然主義, そこで被直し, そこでトゥロットは雨, そこでトウトウ思案に詰まった, そこでトッサに目, そこでトテナム号の船長, そこでトビのコマ五郎輩下, そこでトムさんに向, そこでトランプ遊びにふける, そこでトリックを考える, そこでトルコの神さま, そこでトロちやんはその, そこでトロミエスは声, そこでトンケシの部落, そこでトン公を目付け, そこでボン, そこでドイツ皇太子の統率, そこでドクタアと私, そこでドサクサ紛れにまず, そこでドスンと尻餠, そこでドッチからともなく, そこでドノバンは重, そこでドリアンは止, そこでドン・キホウテとサンチオ・ハンザ, そこでドーブレクと妥協, そこでナイトメヤとシェイクヂョイント, そこでナポレオンはロシア, そこでナンブムラサキこれは昔南部, そこでニイチェを理解, そこでニグロは半ば獣, そこでニッポン人は威風堂々, そこでニュースを中心, そこでニージュニ・ノヴゴロドのプロレタリア美術団, そこで人の, そこでネッドとアレン, そこでネパール政府はチベット, そこでネルスキーの顔色, そこでノアルで細筆, そこでノソノソ下へ降り, そこでノンスの道, そこでハイゼンベルクの不, そこでハイデッゲル教授は君, そこでハイムダルは神, そこでハガキに云っ, そこでハダレは繊細, そこでハッと気がついた, そこでハハアこれが当の, そこでハハンと思っちゃった, そこでハピー・エンドであった, そこでハボンスはこん度, そこでハヤブサ丸の明智探偵, そこでハリキってビクター, そこでハリスにはお, そこでハンスがわたし, そこでハンドバッグから手帳, そこでハンニバルはこの大きな, そこでハーッと溜息, そこでバカな親父, そこでバクスターの考案, そこでバクダンを吊し, そこでバケツのところ, そこでバスに乗り換える, そこでバターが一面, そこでバッタりと, そこでバッタたちは帽子, そこでバッタリおれが出会った, そこでバラは一行, そこでバラバラと銭, そこでバル氏はハン, そこでバンドを外し, そこでバーユー将軍は大将四人, そこでパイ軍曹は一番, そこでパクリとやられる, そこでパシエンカは極力, そこでパスカルは, そこでパチンコ屋へ再三, そこでパリにいる, そこでパルポ商人は大いに, そこでパンパンを待たせ, そこでパン和洋菓子喫茶食事等にわたって各, そこでパーリーで保証人, そこでヒエが穂, そこでヒソヒソと話し声, そこでヒュームは次, そこでヒョイと暗い, そこでヒョイッと思い出し, そこでヒョコリと頭, そこでビスマークとカブール, そこでビュルストナー嬢を見つけ出せない, そこでピカピカに爪先, そこでピシャリというあつらえた, そこでピシリッとまた, そこでピストルがドカン, そこでピネオの小, そこでピョートルはルバーシカ, そこでピンビタンの役所, そこでピンピンやってるの, そこでファウストさんあなたは盲, そこでファヤル島に上陸, そこでファルスはいきなり, そこでフィヒテは感覚, そこでフイルムが変る, そこでフウイヌムたちは大, そこでフェラポントはこの, そこでフクジロはおれ, そこでフダーヤは癇癪, そこでフト思いついて, そこでフトダマの命, そこでフト柔術の絞め, そこでフョードル・チモフェーイチやがちょうともども, そこでフョードル・パーヴロヴィッチは夫婦, そこでフライシャーの白い, そこでフランシスはすくなくとも, そこでフランス無政府主義同盟を代表, そこでフリードリヒとの出會い, そこでフルハタは一つ, そこでフロイトの精神分析, そこでフロイドの説, そこでブツブツ言ってるんだい, そこでブドリはしょんぼり, そこでブラウンの頭, そこでブラウン夫婦とジユリエツト, そこでブラマプトラ川と離れ, そこでブランコと船, そこでブランコ乗りがだれ, そこでブリスケが煮えた, そこでブルとぼく, そこでブルウカノの親爺, そこでブルジョアどもは新年宴会, そこでブルジョア社会学の持っ, そこでブルブルと身, そこでブレシントンの密告, そこでブレーメルの精神状態, そこでブーンという羽音, そこでプッつり切れて, そこでプラトンは編輯長, そこでプレンダーガストは船内, そこでプログラムの編成者, そこでプロデューサーに会っ, そこでヘルフリツチユ先生が, そこでヘルンのこと, そこでヘンデル先生の銅像, そこでヘンリイ・バレットは現在どこ, そこでヘーゲル主義からの解放, そこでベエコンはエガアトン, そこでベエシル彼女の僅か, そこでベク助は普請, そこでベッドは赤い, そこでベドウスが暗号, そこでベネットは万事, そこでベリーのマヂストレート, そこでベンチに腰, そこでベースボールをはじめた, そこでベートーヴェンは生涯, そこでペガッサスはその間, そこでペダルが終わっ, そこでペトゥルーシカとセリファン, そこでペトローヴィッチが手伝っ, そこでペリウィンクルやクロウヴァ, そこでペンを執っ, そこでペンさんの家, そこでペンペの話し, そこでペーピーはこんな, そこでを穂, そこでホヒの神, そこでホラブンはお召抱え, そこでホルモン焼きを食う, そこでホロカの問題, そこでホヲリの命, そこでホースがのばされ, そこでホームスさんはいろ, そこでボクさんを待っ, そこでボルドオを指し, そこでボンヤリながらもそう, そこでボンヤリ立停つて, そこでボーイが一隅, そこでボーシスは彼, そこでボース氏の身柄, そこでボートに乗せ, そこでポェという意味, そこでポオ助教授から見おぼえ, そこでポケットから小さな, そこでポケツトから小さな, そこでポチは息苦しい, そこでポントスの寝室, そこでポンプはし, そこでマウンテニヤなる英語, そこでマストリリが進み, そこでマタ・アリも期待, そこでマックアーサーはその, そこでマテスン氏とガフ刑事, そこでマナサルワ湖は嫁さん, そこでマネージャーは無言, そこでマリちゃんは又, そこでマリユスを待ち受け, そこでマルガレエテは, そこでマルドゥクは渾沌, そこでマントがギラギラ, そこでマートンはいろいろ, そこでマートンたちは笑いまわる, そこでミミ族はようやく, そこでミヤズ姫がお歌, そこでミリッと生木, そこでをモ, そこでムク犬が動く, そこでムラムラと怒り, そこでムルチのほとり, そこでメグは服, そこでメスは停った, そこでメツツはふるへ, そこでメリケンとか南京, そこでメンケラが王, そこでメンデルスゾーンに逢い, そこでモウ一つ脱線するが, そこでモウ一度ポケットからハンカチ, そこでモウ一度電話をかけ, そこでモグラ下士は腹匐, そこでモチアミをあてました, そこでモット上等のアイスクリーム, そこでモヨロから六人, そこでモラリストの亜流者達, そこでモラン大佐はアデイア青年, そこでモルガン氏に帰れ, そこでモルトケ大将は敵, そこでモンゴールの王子, そこでモンセーニュールは修道院, そこでモンラムの大, そこでモン・サレーヴやモンタレーグル, そこでモーティを見つけ, そこでヤアといつ, そこでヤア左馬允汝は強い, そこでヤカンとコップ, そこでヤガハエ姫がその, そこでヤク二疋に鋤, そこでヤジローを案内, そこでヤット一切の事情, そこでヤット仔細がわかりかけた, そこでヤマトタケルの命, そこでヤンキーなどに対すると自, そこでユウコフもわざと, そこでユックリかんで含め, そこでユラリと立ち上がった, そこでユルゲンはビショップ夫人, そこでユースタス・ブライトは今, そこでヨセフは兄弟たち, そこでヨタ者どもは二人, そこでヨハンネスと旅, そこでライデンはポン, そこでライプニツは微小表象, そこでラサ府に集まっ, そこでラザルスを亡き, そこでラジィゲの小説, そこでラジオ編集に於, そこでラタークのラマ, そこでラヂオのこと, そこでラツール氏はこの, そこでラプラスはまた, そこでラマ夫婦はそれ, そこでラユーのむかし, そこでラレイはこの, そこでリアリストとみずから, そこでリカはじ, そこでリシャールは自分, そこでリバプールから来航, そこでリュシアン・レヴィー・クールは単に, そこでリヴィングストーンの捜索隊, そこでリード氏はじ, そこでルイ王朝の家庭生活, そこでルクレチウスは言葉, そこでルナアルの戯曲, そこでルパンを捕まえよう, そこでルピック夫人はつっけんどん, そこでルンペン青年はおずおず, そこでルール関門の茂み, そこでレイリカと, そこでレザールは読みつづけた, そこでレスパネエ夫人と娘, そこでレヴェズはまず, そこでレヴェズさん僕は思いきっ, そこでレヴユーといふもの, そこでレーニが追いついた, そこでの廊下, そこでロウソクをふき消し, そこでロカフの作家たち, そこでロケット百台と宇宙艇五台, そこでロデリゴは縄梯子, そこでロバート大佐は, そこでロビンソン・クルウソオはとうとう, そこでロベエル・コンシャアルにもう, そこでロロ公爵あなたは火星, そこでロロ王のつかい, そこでロンドン局を呼出し, そこでロンドン警視庁へ行っ, そこでロンバルデイの椿油, そこでロープでもっ, そこでローラが滝本, そこでワカタラシ彦の命, そこでワトソンが, そこでワルツや舞踏曲, そこでワルトンは口, そこでヲウスの命, そこでヲケの命, そこでヲロヂカとマカロフ, そこでヴィンデルバント等の用語, そこでヴェリチャーニノフは葉卷, そこでヴェーバーは文化, そこでヴォルテールはその, そこでヴォルデマールさんあなたはどう, そこで一々何も, そこで一〇一号は樺色, そこで一こと彼女に物, そこで一ぜん飯屋に身, そこで一たん電話を切った, そこで一つおまえに聞きたい, そこで一つお断りして, そこで一つクイロスの文書, そこで一つ一つ火は消え, そこで一つ二つ例をあげ, そこで一つ今夜は罪ほろぼし, そこで一つ奮発して, そこで一つ家にい, そこで一つ手捕りに, そこで一つ発見者の面子, そこで一つ親分にお, そこで一つ都々逸が浮んだ, そこで一つ都合のよい, そこで一つ駒三郎か元助, そこで一ばんおしまいに義家, そこで一ばん上等の部屋, そこで一ぷくお先煙草の御馳走, そこで一ツでも二ツ, そこで一ペエジ程読ん, そこで一ヵ月もいる, そこで一ヶ年すなわち太陽, そこで一九三〇年の冬, そこで一九三五年の総, そこで一事を済した, そこで一二三とかけ声, そこで一二町は素直, そこで一五二〇カペイキ稼ぐこと, そこで一五八一年十四歳のとき, そこで一人づつ持つて, そこで一人づつ木からはね下り, そこで一人一殺ずつ, そこで一人二貫目までは黙認, そこで一人出遇ったの, そこで一件の要領, そこで一伍一什の話, そこで一体どうして一彦ひとりが, そこで一体ネス湖には本当に, そこで一先づ安らかとなつ, そこで一先づ押へた, そこで一先づ近代劇といふ名称, そこで一八三二年四月業を了, そこで一八八五年の四月十五日, そこで一八四七年においては社會主義, そこで一冊の聖書, そこで一冬を過そう, そこで一刀にズバリ, そこで一分間ほど停っ, そこで一列の神, そこで一力は一艘, そこで一升三合で折れ合っ, そこで一台に四頁, そこで一合の米, そこで一同うち揃って, そこで一同めいめいその時, そこで一同ワシリの脱獄, そこで一同一つに集まり, そこで一同声をそろえ, そこで一同打ち揃って, そこで一同散会する, そこで一同熟議の結果, そこで一命をおとした, そこで一場の挨拶, そこで一夕僅に親族, そこで一夜李楽が手下, そこで一大決心をかためた, そこで一学を住み込ませ, そこで一定量の電気, そこで一家団欒の楽しみ, そこで一家安穏のため, そこで一寸法師は象, そこで一尾ずつ呑みこんだ, そこで一尾七八銭当りで上陸, そこで一年辛棒した, そこで一年間石版屋へはいっ, そこで一度分の分量, そこで一度謁見を許された, そこで一座俄に色めき立っ, そこで一彦君もう一つ君, そこで一彦君こんどはいよいよ, そこで一房の葡萄, そこで一所だけ区切られた, そこで一所懸命になっ, そこで一揆も起るべき, そこで一散に走る, そこで一文にもならない, そこで一族全員の記録, そこで一日じゅう二匹の兎, そこで一日一ルーブリのレーヴェリ, そこで一日一日と人間, そこで一日増しに与八, そこで一日学監はクラス, そこで一日左官の仕事, そこで一日目二日目と浅草, そこで一日軍の治療所, そこで一昨年の秋, そこで一昼夜をおくった, そこで一時戦軍総司令部, そこで一時的対策を提唱, そこで一時真鍮の煙管, そこで一時間ばかり腰かけ, そこで一時間余待って, そこで一時頃までブリッジ, そこで一晩寢て暮した, そこで一晩手あてしましたら, そこで一曲演じて, そこで一書を金沢藩, そこで一月十一日と云, そこで一本松までは遥々, そこで一本足をとり, そこで一村のなか, そこで一枚になった, そこで一案がございまする, そこで一段の食慾, そこで一段みちが低く, そこで一段土地が低く, そこで一気に不利に, そこで一片の慈悲心, そこで一生を閲し, そこで一生四十歳五十歳になつて, そこで一生懸命工夫を凝らし, そこで一番上手な探偵, そこで一番息がつける, そこで一番気分の悪い, そこで一番火の出る斬合い, そこで一番目の抽斗, そこで一番立派な男, そこで一疋の巨, そこで一皿の粥, そこで一社会のイデオロギイ, そこで一票フイさ, そこで一種他動的な普通選挙的通念, そこで一種洒脱の人生觀, そこで一種異様な物音, そこで一等都合のよい, そこで一篇の詩, そこで一粒を投じ, そこで一組の男女, そこで一線を劃し, そこで一羽の雉, そこで一般相対性理論は力, そこで一般読書子の方, そこで一船の裸侍, そこで一艘の船, そこで一行五名はすぐ, そこで一行勢ぞろいをし, そこで一行異形のもの, そこで一袋の万金丹, そこで一覚が申す, そこで一言を人々, そこで一言お尋ねしたいは, そこで一計を案じ, そこで一読しただけ, そこで一足止めて, そこで一足先に君たち, そこで一躍右へ, そこで一軒山の流れ, そこで一途に取抑え, そこで一通の建白書, そこで一通りそのお嬢さん, そこで一通り昆虫学を学び, そこで一週に一度, そこで一郎さんはいったん, そこで一部分一部分は掌中, そこで一部落の住民, そこで一里も二里, そこで一銭銅貨をさがし, そこで一鞭当てて, そこで一頃は東京住居, そこで一飛に, そこで丁半を心得, そこで丁坊は怒っ, そこで丁寧に奥, そこで丁度二条行幸の前, そこで七匹の獣閣下, そこで七日ほどすごしました, そこで七月十二日私は最も, そこで七蔵さんという大, そこでは今日, そこで万が一にもと, そこで万やむを得ず外の, そこで万一の場合, そこで万事につけ, そこで万事打ち合わせの上, そこで万吉は堤, そこで万年筆へインク, そこで万次郎のこと, そこで万歳に和, そこで万端の手筈, そこで三ちゃんは水洗, そこで三カ月ほどいろいろ, そこで三ヵ月間をおくっ, そこで三上はそれ, そこで三五年にはいっ, そこで三人づれが旅行すること, そこで三人凝議の末, そこで三人組が變, そこで三人虫拳で寄り, そこで三人警察へ乗りこんだ, そこで三保へ宛てる, そこで三匹の大きい, そこで三十九人の生き残った, そこで三十人近くの召使, そこで三十圓か五十圓, そこで三十年この方, そこで三千子の小松, そこで三台のロケット艇, そこで三味線を押しやった, そこで三好さん貴島君の口, そこで三好松洛の許, そこで三宅先生が支度, そこで三宅氏が道場, そこで三室ほど貸しあたえられた, そこで三家老と四評定役, そこで三山初め有力なる朝日, そこで三左衛門は碁盤, そこで三巻の巻物, そこで三年生活した, そこで三度めの航海, そこで三度目のフロウナウ町行き, そこで三成には公職引退, そこで三教九流の数, そこで三日に一度, そこで三日間朝から夜, そこで三月三日確たる証拠, そこで三朝を發, そこで三木は話しかけた, そこで三木武吉は例, そこで三本にまた, そこで三村清三郎さんに問うた, そこで三次郎が到頭, そこで三毛猫も仕方, そこで三河の守, そこで三河島にあった, そこで三河足利党の出迎え, そこで三田側の諸, そこで三番船艙の中, そこで三蔵と申しまする, そこで三角同盟が成立, そこで三郡の領土接収, そこで三里五里の外, そこで上りやしき, そこで上り框に腰, そこで上京のツイデ, そこで上人はこう, そこで上官の方, そこで上屋敷にいた, そこで上州円朝と言, そこで上役に言上, そこで上方の人, そこで上方勢は一ノ宮ひとつ, そこで上月はつづけ, そこで上村少佐はすぐ, そこで上海の女, そこで上演料に関する現行規定, そこで上田君からも文太さん, そこで上甲板へ出, そこで上眼を使っ, そこで上衣とズボン, そこで上辺はさも, そこで上野の図書館, そこで上野署へ一晩留置, そこで上院議員はジャンナン夫人, そこで下りたのは, そこで下地ッ児として踊り, そこで下女のお, そこで下宿屋だが, そこで下役は自然市場, そこで下役人が, そこで下段に構え, そこで下界の人, そこで下痢どめ, そこで下等ではござりまする, そこで下腹の傷, そこで下野の宗家, そこで下馬して, そこで下駄の鼻緒, そこで不具者のなか, そこで不愉快な事件, そこで不承不承のイヤイヤ, そこで不破の関守氏, そこで不老上人に乞う, そこで不良ダンス教師を洗っ, そこで不連続的な波動, そこで二は, そこで与一は赤沢宗益, そこで与三は座敷, そこで与力にはこう, そこで与右衛門さんを憚, そこで世にもあさましい親, そこで世人が突, そこで世津子が貫太, そこで世界じゅうがしっ, そこで世界中の学者たち, そこで世界各国の王様, そこで世界経綸の抱負, そこで世界解釈のため, そこで世論といい, そこで世間無我などを唱道, そこで世間無知の輩, そこで世間話に時, そこで世高は劉万戸, そこで両統互角の勢, そこで両雄並び立たず面, そこで並木先生はただちに, そこで中世風の裁判, そこで中井が受けた, そこで中学校の物理, そこで中宮はあからさま, そこで中将は室, そこで中平もあきらめた, そこで中斎が奪い取り, そこで中断されて, そこで中書と門下, そこで中村は医学上, そこで中村吉蔵君の井伊大老, そこで中止して, そこで中津に在る, そこで中流という, そこで中流社会が成立つです, そこで中西曾七郎が元, そこで中退して, そこで中途までいった, そこで中野さんは行詰っ, そこで中間一人犬二頭に食, そこで丸い光は, そこで丸つぶれになるだろう, そこで丸多の主人, そこで丸太河岸の材木屋, そこで丸山の方, そこで丸本はノーマ号, そこで丹下さまがこの, そこで丹下船長は鰹船, そこで丹天を仰い, そこで丹念に祈祷, そこで丹波どういう策略, そこで丹波今夜そっとお, そこで丹造は直営店, そこで主として吹奏楽それでなけれ, そこで主人秀吉様の思し召し, そこで主任教師はとにかく, そこで主客三名の談合数刻, そこで主客合一という黒き, そこで主客顛倒である, そこで主将謙信は広瀬, そこで主治医の注意, そこで主治医ヒンツペエテル博士はそれ, そこで主税は立ち上った, そこで主管にし, そこで主観派に属する, そこで主観的な要素, そこで主計はどう, そこで主謀者と見られる, そこで久しく人間から, そこで久作は怒った, そこで久保田さんは老, そこで久兵衛を殺した, そこで久助さんが白骨, そこで久助君達は花市君, そこで久我夫人のほう, そこで久方振りに口, そこで久美子と子供達, そこで之等のブルジョア・イデオローグ達, そこで乗物を捨てました, そこでの軍勢, そこで九万の軍隊, そこで九人になりました, そこで九八郎が, そこで九曜巴の提灯, そこで九月の十六日, そこで九月三日の夜二人, そこで九月二十五日日比谷三信ビル東洋軒に於, そこで九月二十日の夜なか, そこで九郎兵衛に返書, そこで乞食を背中, そこで乱れた頭を, そこで乱世に於, そこで呑みを, そこで乳くり合つてゐたの, そこで乾いた薪や, そこで乾燥した枯葉, そこで亀田先生の, そこで亀田鵬斎がかう, そこで亀菊さんはじ, そこで亂後もその, そこで予定を変更, そこで予審判事は番人, そこで予算どおり失敗しても, そこで予行演習が始まる, そこで争闘のため, そこで事件全貌の説明, そこで事務の方, そこで事務員の一人, そこで事務員店員私達がそれだけ, そこで事務局長さんは椅子, そこで事務所に雇, そこで事変勃発以来日本の朝野, そこで事実の日光, そこで事実上は, そこで事相の成, そこで事面倒なるを, そこでた色, そこで二〇銭を彼, そこで二つ柳という地名, そこで二の足を踏み, そこで二ひきの蛙, そこで二わのからす, そこで二ヶ月もかかっ, そこで二・二六事件の主体, そこで二万銭の賞金, そこで二三の雜誌, そこで二三人の足音, そこで二三大方の諸氏, そこで二三年の月日, そこで二三度錘を振る, そこで二三日滞在して, そこで二三服ふかしてから, そこで二三服煙草を吸っ, そこで二三言立話をし, そこで二人三人知った面, そこで二人向き合つて坐つて, そこで二人目の子供, そこで二代将軍の台徳院廟, そこで二代目から本当に, そこで二円五十銭引いて, そこで二分間づゝ居眠りをし, そこで二切ればかりずつの餅, そこで二十七歳の若者, そこで二十九日つけられた, そこで二十五日の晩, そこで二十六日の夜, そこで二十四の時, そこで二十四五歳の貧乏書生, そこで二十年前の關宿, そこで二十日に五百, そこで二千円の札束, そこで二名の重立った, そこで二商品相互の間, そこで二年もかかっ, そこで二年間懲役に服せしめ, そこで二成は兄, そこで二日クレルヴァルを待ち合わせた, そこで二日目は本命, そこで二日間風を待ち合せました, そこで二時間ばかり待っ, そこで二月くらしました, そこで二月二十四日に土井利勝, そこで二本の徳利, そこで二梃の櫓, そこで二次元世界の生物, そこで二泊名古屋に引き返し, そこで二番目に音次郎君, そこで二網ほど入れた, そこで二言三言何か諜, そこで二言三言物語をし, そこで二言三言言争った, そこで二通とも自分, そこで二里三里と進ん, そこで二階の踊場, そこで二騎相つれて, そこでつた, そこで互角に立ち合えましょう, そこで五つの目盛盤, そこで五ヶ年の間, そこで五九七八八三六四に四, そこで五六ぱいさかずきをあげ, そこで五円札ばうん, そこで五助が進みで, そこで五十メートル以上もひきはなされ, そこで五十五の男, そこで五十余円の砂糖, そこで五十呎のをつぎ足した, そこで五千の鋤鍬部隊, そこで五山堂詩話を検する, そこで五年の間毎月十円, そこで五日間滞留して, そこで五時間で私達, そこで五月のなかば, そこで五通を患え, そこで五郎に耳うち, そこで五郎さんのポンポン, そこで井上くんは思い切っ, そこで井上嘉門などという大, そこで井伏さんも往生, そこで井口氏の辞職, そこで井戸の中, そこで井戸掘りの新五郎さん, そこで井村は検査官, そこで井深君は自分, そこで亡き彼の, そこで亡き人の札幌, そこで交叉してる他, そこで交換局では畏, そこで交易をする, そこで交渉の結果, そこで交通がとだえ, そこで享受が批評, そこでの芸子, そこで京一さんはお, そこで京大では東大, そこで京子を殺し, そこで京水を離縁, そこで京都伏見のある, そこで人々鼠穴を窮め, そこで人びとは神さま, そこで人力曳きの, そこで人口制限論というの, そこで人声がしました, そこで人夫の経済上, そこで人夫たちは終い, そこで人工地震波を用い, そこで人形使いはやむなく, そこで人形芝居即興劇その他で刻下, そこで人影はもう余程, そこで人心ついた二人, そこで人心地をとりもどし, そこで人数を二つ, そこで人目も恥じず, そこで人相論は現在相違, そこで人知れずジックリ考えはじめた, そこで人見は彼, そこで人足たちに席, そこで人道上の観点, そこで人間リストの仕上げ, そこで人間性をゆがめ, そこで人間生活が群畜生活, そこで人間社会の構成, そこで仁右衛門は家, そこで今あなたに教, そこで今お父様に, そこで今しがたスメルジャコフがイワン・フョードロヴィッチ, そこで今それは暫く, そこで今一人助手として誰, そこで今一句の中, そこで今一市場を想像, そこで今之を問題, そこで今二人の男女, そこで今井の叔父さん, そこで今伝馬町の薬屋, そこで今体文を作っ, そこで今侍臣から耳, そこで今兵馬はお雪ちゃん, そこで今回クレチュカを呼び寄せ, そこで今回私の出しました, そこで今宇治山田の米友, そこで今年最初の海水浴, そこで今度ヴエスタ広場に建てる, そこで今度世間的に云っ, そこで今度彼の黄いろい, そこで今度父さんは自分, そこで今後国民としては一方, そこで今後注目に価する, そこで今文学的表象の核心, そこで今日キャゼリン嬢が大使館, そこで今日五時から糸川, そこで今日法律の起草, そこで今日洞白が売り, そこで今時の人, そこで今晩何時どの地点, そこで今晩彼女らが死体公示所, そこで今晩飯が嵐, そこで今朝スープで火傷, そこで今武蔵に関する参考書, そこで今注意しなければ, そこで今私の怠慢, そこで今科学では世界観, そこで今般の廃藩置県, そこで今雄さんはお, そこで今頃は三保の松原, そこでを待った, そこで介錯に立った, そこで仏像は蘇我氏, そこで仏勤めをしよう, そこで仏壇を背負い出す, そこで仏師屋では小, そこで仏蘭西の土地, そこで仏蘭西革命で盛, そこで仏訳の, そこで仏門に入れたい, そこで仏陀やショペンハウエル, そこで他宗に於ける, そこで他家受精すなわち他家結婚, そこで仙太親分は若旦那, そこで仙蔵と次郎作, そこで代わりにあんた, そこで代作説に賛成, そこで代償として越後, そこで代地の一件, そこで代官は一月, そこで代数や三角, そこで代診森君が手塚, そこでて故に, そこで以上申述べました歴史上, そこで仮令美酒蘭燈の, そこで仮名遣という問題, そこで仮死状態ではある, そこで付られ, そこで仰向けに倒れ, そこで仲買人に売る, そこでは金, そこで企てたのが, そこで伊作は仕方, そこで伊八は甚吉, そこで伊木は第, そこで伊沢兄弟と抽斎, そこで伊藤の亭主, そこで伊藤左千夫が, そこで伊豆屋伍兵衛は考えた, そこで伊達さんが何, そこで伊達家の王羲之, そこで伍長はまた, そこで伏見奉行の与力, そこで伏見院も後伏見院, そこで休んでお, そこで休息し眠るもの, そこで休憩したもの, そこで休戦ということ, そこで休所の方, そこで会えばいい, そこで会ってみた, そこで会主は会員, そこで会員たちは口, そこで会場は横町, そこで会津一橋薩州の兵, そこで会議がひらかれ, そこで会釈をし, そこで会長が, そこで会頭を佐野常民氏, そこで伝七郎がまた, そこで伝八はきせる, そこで伝染したの, そこで伝統的な定義, そこで伝蔵は静, そこで伝言書を鉛筆, そこで伝説はいま, そこで伝馬にはデッキ, そこで伯母がふり, そこで伯母様が心配, そこで伯爵夫人の告別式, そこでれの, そこで伴天連は困却, そこで伸びたりちぢん, そこで伸子たちに予想, そこで伸治君の五体, そこでという同心, そこで低い垣を, そこで低級なる下司法師, そこで住吉堺の鍛冶, そこで住居も便利, そこで住持が不思議, そこで佐々の計画, そこで佐々木小次郎が一同, そこで佐々木道誉のあの, そこで佐助は久し振り, そこで佐吉が, そこで佐太郎は殊に, そこで佐平どんお前に訊く, そこで佐田やす子に云つて薬局, そこで佐野さんは内情, そこで佐野家の家督相続, そこで体中万遍なく刺される, そこで体勢を立て直し, そこで何うしようと言, そこで何かしら埋め合せがつく, そこで何かしら筆が逡巡, そこで何かしら退屈でない全身, そこで何かと忙しい思, そこで何しろ事に, そこで何だか今まで, そこで何でございますなあ, そこで何でもお前達の, そこで何とか差障りの, そこで何らかの新しい思想, そこで何年でもまた, そこで何年ぶりかで彼, そこで何心なく, そこで何方でも早く, そこで何時ものやう, そこで何様である徳川殿, そこで何気なく女中に, そこで何気なしにそれ, そこで何物にもまして, そこで何等かの水商売, そこで何者か声, そこで余世を送る, そこで余事はさておき, そこで余憤の迸る, そこで余汁をすっかり, そこで余生を送った, そこで余程用心を, そこで余等も馬, そこで佛國大學, そこで作品とは切り, そこで作戦を行なう, そこで使用されなければ, そこで例へば文学者の, そこで侍史はじっと, そこで侍女は簾, そこで侍従長はまた, そこで侍臣を呼ん, そこで供給と需要, そこで依頼者に此趣, そこで侯成は酒五瓶, そこで侯爵はすかさず, そこで侵入者は以前, そこで便宜を伺ひ, そこで便宜上第一篇, そこで係りの人, そこで係検事が黒田刑事, そこで俄然その宏大, そこでは手あて, そこで俊助も已む, そこで俊成は自ずと, そこでに成功, そこで俗界のいわゆる, そこで保名は心, そこで保子さんは横田さん, そこで保存上の問題, そこで保枝はエプロン, そこで保胤は是非, そこで信二の家, そこで信仰しないと, そこで信吉の方, そこで信康は岡崎二郎三郎, そこで信徒たちにも, そこで信心深い鍛冶屋, そこで信濃の坂, そこで信濃屋の事務所, そこで信田の森, そこで信長公は蘭丸, そこで信雄は数日, そこでをすて, そこで修作がネボケ眼, そこで修吉は考へる, そこで修業させて, そこで俳優倫理の問題, そこで俳優芸術に於ける, そこで俳聖芭蕉はみだりに, そこでが破れぬ, そこで俵同心と銀五郎, そこで俺達一同が寄ん, そこでから馬車, そこで倉田工業内の軍籍関係者, そこで倉皇として栃木県旗川村小中, そこで個人個人の人間革命, そこで個性が発揮, そこで倒れたまことに久しぶり, そこで借金を申し込んだ, そこでが張っ, そこで倫敦で船舶局, そこで倫敦会議が片, そこで倫陀院長が気, そこでりに, そこで偉大な芸術, そこで停めて頂戴, そこでの柱, そこで偶地震でも起る, そこで偶渋江の家, そこで偶然いっしょになった, そこで偶然彼女の知り合い, そこで偶然手に入れました, そこで偶然豚を屠る, そこでみ見する, そこで偽札を水, そこで傍輩に憎まれ, そこで催眠剤の大箱, そこで催眠薬を酒, そこで傲然と胸, そこで傳法川を下, そこでが上, そこで僕自身のこと, そこでには卒塔婆, そこで僧尼の資格, そこで僧都頼源のたより, そこで僧院長セラピオンは鶴嘴, そこで僮子を呼ん, そこで儀作は永年胸, そこで儀右衛門は釘付け, そこで儀式的に立ち上り, そこでは母, そこで元日にならない, そこで兄いの御用, そこで兄たちの舌, そこで兄弟の複雑, そこで兄藤次郎にはすまぬ, そこで兄貴のフェリックス, そこで兇器を裏門, そこで兇漢は彼, そこで兇行を演じた, そこで先ずどうするの, そこで先づ無難な詮衡方法, そこで先づ蒸気と云, そこで先代の殿様, そこで先刻君と飲, そこで先帝のみき, そこで先師に願った, そこで先晩は専ら, そこで先生わたくしは冗談, そこで先生私を天才なみ, そこで先生酒の実験, そこで先程ミルラン君が希望, そこで先立つものは, そこで先進的なプロレタリアート, そこで先達てのいのじ, そこで先頃蜂須賀村へ密使, そこで先頭の野口さん, そこで先駆の随身たち, そこで先駆者の取った, そこで光枝は早速, そこで児供ながら智, そこで児玉法学士は帆村荘六, そこで児童に関する学校教育以外, そこでを脱ぐ, そこで都した, そこで全体一年に二度, そこで全市が殆ど魚, そこで全裸にされた, そこで兩騎士烈しく戰, そこで八ツ橋という名, そこで八丁堀の旦那, そこで八代へ向い, そこで八千代椿の合作名, そこで八州の手, そこで八幡太郎にお, そこで八年乙酉中秋前後に蘭軒, そこで八弥太は, そこで八月十五日正午ラヂオの放送, そこで八木少年は前進, そこで八条の式部卿, そこで八橋ともいう, そこで八田高容さんや井口華秋さん, そこで八百万の神, そこで八重めを窮命, そこで公判はその, そこで公卿の人物観, そこで公卿たちのあいだ, そこで公園劇場での賭博問題, そこで公方様が腹, そこで公爵は食堂, そこで公爵夫人と一所, そこで公衆はただ, そこで公道を取らず, そこで公開して, そこで六つの交響曲, そこで六人六方へ分かれ, そこで六兵衛は持ちまえ, そこで六十になつ, そこで六十何銭かを投じ, そこで六十歳の今日, そこで六日ほど待っ, そこで六月の中ごろ, そこで六月晦日の朝, そこで六条五井四本二宮の四人, そこで六波羅全軍も今, そこで六百五十萬圓掛けて, そこで六郎兵衛をやりすごし, そこで共に前生の, そこで共産主義の筋金, そこで共産党が盛ん, そこで共通感覚は芸術, そこで兵三郎のこと, そこで兵力を用い, そこで兵助も観念, そこで兵士は迂散, そこで兵太郎君が花市君, そこで兵治君が辷っ, そこで其中に經濟論, そこで其事が成就, そこで其偶然と無頓着, そこで其処は釣綸, そこで其十九日の夜, そこで其学院の人間, そこで其帖を拝見, そこで其意を承け, そこで其意思の爭, そこで其時の記録, そこで其残賊だがな, そこで其水兵の挙動, そこで其現そうと, そこで其神樣と佛樣, そこで其祭をした, そこで其腹を淡島, そこで其色彩が日中, そこで其蝶がいつも, そこで其鉢裏の植物, そこで其関係を男女, そこで其首に派手, そこで具視は千種有文, そこでて藩, そこで兼ねてから男装, そこで兼好は, そこで内らの気配, そこで内儀より輕, そこで内務大臣からの即刻追放, そこで内務省あたりではこれ, そこで内外の衝突, そこで内密に京都, そこで内川を援助, そこで内心非常に驚いた, そこで内所でわたくし, そこで内海先生がどこ, そこで内海達郎は思はず, そこで内的な私自身, そこで内膳司もいまさら, そこで内証で涙, そこで円い眼を, そこで円タクをひろっ, そこで提出を, そこで再々安心して, そこで冒険にもこの, そこで冗談半分に, そこで写されている, そこで冠者はまた, そこでい水, そこで冷かしも交ぜっ返し, そこで冷たい敷石の, そこで凍えた身体を, そこで凡太はぢ, そこで凡痴なおれ, そこで出かけて来た, そこで出入りの女, そこで出家をとげた, そこで出来上った精神解剖学精神生理学精神病理学から, そこで出漁を休ん, そこで出版者にとっては出版, そこで出遇ったの, そこで出雲の國, そこで出鼻をおさえられた, そこで函普は弟, そこで刀痕あざやかな顔, そこで刀脇差をさしおく, そこで分けて貰, そこで分ったよ, そこで分析ということ, そこで分泌が過剰, そこで分類概念それ自身が自分の, そこで切つて読むの, そこで切に会見を, そこで切られた人たちの, そこで切り上げて帰っ, そこで切り取つてなく, そこで切味の可, そこで切断した形, そこでの決定, そこで刑事たちにさ, そこで刑死をさせ, そこで刑部と別れる, そこで初めてこう訊ねた, そこで初めてホッと息, そこで初めて最も平等を, そこで初め君との間, そこで初段の人, そこで初江が林田, そこで判事や検事, そこで判事試補の月給, そこで判官嚴しく其母, そこで別々になった, そこで別に新しい帰結, そこで別れたと云つたの, そこで別荘の主人, そこで別邸を老婆, そこで別院の掃除, そこで利助さんと海蔵さん, そこで利害を比較, そこで利根川筋の釣り人, そこで制度はすこぶる, そこで制裁される背信, そこで前のめりにのめっ, そこで前もってあの腹の中, そこで前人の意中, そこで前半の排列, そこで前文の中, そこで前方を見た, そこで前日の出来事, そこで前田殿を除い, そこで前菜の出, そこで前記の成立学舎, そこで前途は渺茫, そこで前門の狼, そこで前面の室, そこで剛力を二人, そこでの名人, そこで剣術を教え, そこで剣豪左膳いま一度左腕に縒り, そこで主任バラ女史に, そこで割合続いた石炭屋, そこで割目へかくれ, そこで創造神アイヌラックルが出向い, そこでを面白く, そこで劇場主との間, そこで劉夫人に妾, そこで劉氏は焦, そこで力士たちがその, そこで力餅を賣, そこではつた, そこで加十のこと, そこで加納に手紙, そこで加賀屋をもう一度, そこで加賀山隼人も近々, そこで七が, そこで助けてくれ, そこで助手お前に言つて, そこで努めて気, そこで労働者はどんなに, そこで労働者らに誓わした, そこで労働者生活が改善, そこで労賃の騰貴, そこでは安心, そこで勇仙が訓, そこで勇士がひらい, そこで勇少年は前日黄昏, そこで勇敢な人々, そこで勇気をつけ, そこで動かなくなってしまった, そこで動きもせず, そこで動作の心使い, そこで勘八は火縄, そこで勘十郎に言, そこで勘定して, そこで勘忍して, そこで勘次の父, そこでの持っ, そこで勝千代殿はああ, そこで勝名は自分, そこで勝太郎姐さんもその, そこで勝手元へ立っ, そこで勝者の下, そこで勝負をする, そこで勞働の沒趣味, そこで勞働者は資本家, そこで勢観房の門流, そこで勤労者はその, そこで勤務上にも考科, そこで化けかたの点, そこで化け物だ幽霊, そこで化石学者の間, そこで北京に居る, そこで北原賢次がもて, そこで北条が十二分, そこで北条家を浪人, そこで北沢さんはどう, そこで北海道の新十津川村, そこで区役所では撒水夫, そこで医学に志す, そこで医学士が, そこで医専出の若い, そこで医師は力, そこでの爪, そこで十七年間肌身はなさず, そこで十万円を陳氏, そこで十三まで育てられた, そこで十三人の子どもたち, そこで十三屋へ乘, そこで十両と奢ん, そこで十二三尾の鮠, そこで十二年あまり働いた, そこで十二時になる, そこで十二時前ちょうど逢う, そこで十二時半まで話し込む, そこで十二月の同, そこで十二月二日まで居た, そこで十二月號の三田文學, そこで十五万石ならば, そこで十五世紀の半頃, そこで十五代様在世中は時々, そこで十五分ばかりの間, そこで十五名一列になっ, そこで十五少年の父母, そこで十五日に催す, そこで十五歳まで母, そこで十余人の川中島, そこで十八日を以て春社, そこで十八番の所作ごと, そこで十兵衞聞ても貰, そこで十分な警戒, そこで十分間たっても, そこで十字を切つて幅, そこで十字形をなし, そこで十年前二度目に倫敦, そこで十日ばかりがなんと, そこで十本の指, そこで十番館のダグラスさん, そこで十造勝助の二人, そこで十里四方の人間ども, そこで十銭が醤油, そこで千代子にそう, そこで千六は暫く, そこで千太という船頭, そこで千寿王を奉じ, そこで千枝子に別れる, そこで千鳥を此次, そこで千鳥ガ淵よ, そこで千鳥波は物, そこで千鶴子の家, そこで升田が酔っぱらっ, そこで午後に私, そこで午後中時には夜, そこで午後二時ごろ令嬢はあなた, そこで午飯の振舞, そこで半ばはその, そこで半ぺん坊主で通っ, そこで半井氏の本, そこで半信半疑でお松, そこで半分凍えて, そこで半平はツル子, そこで半紙と硯箱, そこで半蔵は飄然, そこで半蔵らは勝手, そこで半身を沈めた, そこで卑怯な条件, そこで卓一脚椅子数脚をはこび込み, そこで卓子に肱, そこで協会員に金, そこで協力して, そこで協商が成立, そこでにむかっ, そこで南原杉子は百パーセント確信, そこで南宇和郡というは大分県, そこで南日君は後戻り, そこで南朝が正統, そこで南条力は昨日, そこで単なる朝廷の, そこで単色版的飜訳という頗る, そこで博多聖徳寺の学僧玄蘇, そこで博奕の事, そこで印度洋上の飛魚, そこで印税としても未曾有, そこで危く声を上げよう, そこで危険です, そこで即ち人々は, そこで即日単独講和の約, そこで即決を見, そこで即興の一句, そこで即興的に詠じた, そこで厚かましいとは考え, そこで形質が, そこで原告が押し合っ, そこで原子というもの, そこで原料の方, そこで原料叩解機に移される, そこで原書を読む, そこで原田君の懇望, そこで原田甲斐の来る, そこで厨川君は珠数, そこで参事官がなん, そこで参拝の群集, そこで参木はこれ, そこで参考品を探す, そこで又すこし変な, そこで及第点を与えた, そこで友さんのこと, そこで友さんお前さんが来たら, そこで友ちゃんの机, そこで友人マーテンなるもの, そこで友人佐佐木茂索君にこの, そこで友伯父さんだけは頭, そこで友様済まねえが, そこで友達甲斐に一番猫, そこで双六の上り, そこで双方委員を選ん, そこで双葉山を借り, そこで反り身になり, そこで反乱の旗, そこで収入のある, そこで叔父貴に事情, そこで取り敢えず現場を, そこで取り次ぎに主人, そこで取引は済んだ, そこで取押えられてはならない, そこで取組み合いがはじまる, そこで取組み合いなぐり合い引掻き合いが見, そこで取調べのとき中谷, そこで受けている, そこで叙事詩について概説, そこでをかき回し, そこで口さがない京童共が, そこで口上役の明智, そこで口先をまぎらかす, そこで口善悪なき京童, そこで口子は急い, そこで口笛を吹きます, そこで古い意味の, そこで古今の哲人, そこで古代的範疇がそのまま, そこで古来から何百年, そこで古来一般この旋花, そこで古来哲学ではこの, そこで古来神として祀られた, そこで古着屋の二番息子, そこで古賀は湯ぶね, そこで古銭と鍵, そこで古風の人, そこで召使頭はひどく, そこで史上の概念, そこで史料の批判, そこで右大臣もすっかり, そこで右手の掌, そこで右折して, そこで右等の壮士連, そこで右衛門督朝忠に勅, そこで右近丸は立ち上った, そこで右馬介は言った, そこで司祭が十字架像, そこで司馬懿仲達に謀反, そこで各々の領域, そこで各地に散つ, そこで各店が連合, そこで各自勝手に木の下, そこでふといふ, そこで合同慰霊祭が施行, そこで合計して, そこで吉五郎がどんな, そこで吉凶禍福などを問う, そこで吉原へも遊び, そこで吉宗はさっそく, そこで吉宗愚楽大岡越前が相談, そこで吉日を選ん, そこで吉野が説明, そこで吉野山の頂上, そこで吊り革にぶら下っ, そこで同一の事物, そこで同人諸君に希望, そこで同僚が殺害, そこで同地では年々花, そこで同学の女, そこで同情して, そこで同書の第, そこで同村の渡辺某, そこで同氏に初めて, そこで同盟の印, そこで同窓の仲間, そこで同行三人の人, そこでをいっ, そこで名づけたのが, そこで名代として蔡瑁, そこで名前を変える, そこで名古屋行の汽車, そこで名士が教室, そこで名目だけの組合, そこで名義さえ附く, そこで吏員罷工団はもう, そこで吏士たちがさわい, そこで向島の寮, そこで君たちはじめ日本人のこしらえた, そこで君コペイキン大尉はこれ, そこで君一晩にこんな, そこで君人間は何, そこで君子は達次郎, そこで君達は祖国, そこで吟声供養を済ます, そこで吟香がか, そこでが応, そこで否定した, そこで否応なく王忠, そこで附けて, そこで吸取紙の, そこで吹き出すやうに, そこでと息, そこで吾らのお願い, そこで吾儕は二三人, そこで吾妻橋の雷門寄り, そこで吾平爺が思いついた, そこで吾等二人は父, そこで呂宋は意, そこで呂布は玄徳, そこで呂給諫及び侍, そこで呉会の賓館, そこで呉侍御は, そこで告白の遺書, そこで告訴から解放, そこで呑気なあひるさん, そこで周三と顏, そこで周囲の者, そこで周章てて怪物, そこで周防が云った, そこで周馬にひきあわせる, そこで呪わしい指を, そこではふ, そこで呼びとめた方の, そこで呼び寄せて, そこで呼び迎えられた長老が, そこで呼び鈴の釦, そこで命令を発した, そこで和名の方, そこで和太郎さんはそこ, そこで和田日出吉氏に逢う, そこで和英コンサイズを二冊, そこで和議の可能, そこで和魂漢才といふ言葉, そこで咽死に死にかねません, そこでの字岩, そこで品吉は, そこで品物を大木, そこで品質のいい, そこで哈爾賓を中心, そこで哲学それ自身と自然科学, そこで哲学的思考や論議, そこで哲学者達は意識, そこで哲學において大切, そこで哲理的に論ずる, そこで唐突にならない, そこで唖然とした, そこで唯一の証拠人, そこで唯今噂の木乃伊, そこで唯単に無駄な, そこで唯識論は真如, そこでにむせた, そこでで翼, そこで商品をその, そこで商売をし, そこで商売どころでは, そこで商売上やむこと, そこで商工省は軍部, そこで商談するからと, そこでふ者, そこで問いを新しく, そこで問うのだ, そこで問注所の方, そこで問答の続き, そこで問題解決で筆, そこで喀血すると, そこで善光寺道を小諸, そこで善導の釈義, そこで善後の処置, そこで善昌は与次郎, そこで善造と五兵衛, そこでをぜい, そこで喜びに熱狂, そこで喜んでついて行った, そこで喜助は自分, そこで喜多村さんが, そこで喜楽の女将, そこで喧々囂々甲は乙, そこで喧々濛々として一場, そこでべる, そこで喰べたアイスクリームのバニラ, そこで喰べた胡桃の飴菓子, そこで嘆息しながら, そこで嘉六は真面目, そこで嘉助は一生懸命それ, そこで嘉十はちよつとにが, そこでか実, そこでの意味, そこでを洗う, そこで器械がある, そこで器用な指物師, そこでなんかかい, そこでの粟, そこで囚人は歎, そこで囚人歎じて, そこで四つの創形, そこで四つ目の難点, そこで四五人づれの奇異, そこで四五日滞在し静養, そこで四五日用足かたがた逗留してから, そこで四人組はゆうゆう, そこで四十日目には花, そこで四十男はいい, そこで四年生の責任, そこで四手駕籠の前, そこで四方八方の因縁, そこで四方八方といつても面識, そこで四日前の話, そこで四日目になつて点呼, そこで四月の末, そこで四次元世界というもの, そこで四発のダイナマイト, そこで四藩二奉行所から出動, そこで四道将軍をおいた, そこで四隣の国々, そこで回向堂とも称, そこで団員は楽屋, そこで困じはてた私は, そこで図嚢から眼薬, そこで図書館へ飛ん, そこで国中に, そこで国内改革の急務, そこで国家の大官, そこで国家権力を背景, そこで国王は直ちに, そこで国臣が雲浜張り, そこで国色無双の浅井, そこで國民全體, そこで國語の語序, そこではもう一度, そこで園井さんは, そこで園部さん君の指紋, そこで圓太郎は心, そこで圖らずも, そこで土佐の国, そこで土匪のうわ, そこで土地土地土地と土地, そこで土岐も阪本, そこで土州軍はこれ, そこで土彦に子供, そこで土曜に医者, そこで土田まで電車, そこで土田氏が会, そこで土耳古人の過ぎたる, そこで土蔵と本宅, そこで在京日数およそ二百日, そこで在来の型, そこで在郷の役者連, そこで地べたに木ぎれで, そこで地下道が水平, そこで地主さんのゆう, そこで地主達に残され, そこで地勢の関係, そこで地団太を踏みました, そこで地図を物色, そこで地方の若い, そこで地方新聞の配達, そこで地方自治の母体, そこで地球は火, そこで地球人を困らせよう, そこで地蔵様の年齢, そこで地顔を舞台顔, そこでを下りる, そこで坂本竜馬は四明ヶ岳, そこで坂野はぶるぶる, そこでへ着いた, そこでのご, そこで城下町の町人たち, そこで城介はそれ, そこで城山戦死説だが, そこで城番の松野豊後守, そこで執事ウィックスティード氏は鉄棒, そこで執拗なよう, そこで基督一代の事蹟, そこで堀口君の訳詩, そこで堂守の婆さん, そこで堅い決心を, そこで堅実なる第, そこで堅気な老人連, そこで牌から, そこで堤一郎は直ちに, そこで堤燈を借り, そこで堪えられなくなったお銀様, そこで堪へがたき欲求, そこで堯帝はふたり, そこで報福寺へ使, そこで報道と広告, そこで塑像を作る, そこでの下, そこで塩味をし, そこでの青年, そこで塾中で屠蘇, そこでに聞反, そこで墓石の下, そこで増上寺を襲っ, そこで墨子の政體, そこで墨學では, そこで墺太利側も伊太利側, そこで士官をお薦め, そこで士官候補生は立ちあがっ, そこで士官連が是公, そこで壮丁の体位, そこで壯年の英雄兒孫策, そこで声高にマドロス, そこで溜金の, そこで売り上げの数字, そこで壺皇子はその, そこで変わった人々の, そこで変動が起った, そこで変死を遂げたらしい, そこで夏中の事件, そこで暗に紛れ, そこで夕がたの薄暗い, そこで夕刻迄に三十三枚, そこで夕刻リンゲル氏液五百瓦をも右側大腿, そこで夕陽時の修羅, そこで夕餉をすまし, そこで外出用のランタン, そこで外勤の, そこで外国人の書いた, そこで外国語の詩, そこで外國人が吾等, そこで外来者もほつ, そこで外科医が現れ, そこで外科医二十名が立会, そこで外貨國債の利拂資金, そこで外部環境も内部環境, そこで外面から射す, そこで夙に覬覦の, そこで茂平という, そこで多勢の女官, そこで多年湖水を唯一, そこで多摩川を一つ, そこで夜さり水を汲ん, そこで夜もすがら尽きぬ話, そこで夜中の一時近く, そこで夜叉神の前, そこで夜更けにはかまわず, そこで夜見張りの目, そこで夜逃げ同然村をで, そこで夜間聴取を避けよう, そこで夜陰こっそり忍ん, そこで夜食の馳走, そこで夢中で与えて, そこで夢野の牝鹿, そこで夥多の留學生, そこで大々的に牛, そこで大きい人や, そこで大したお金が, そこで大久保は大和錦, そこで大人もその, そこで大仁行の汽車, そこで大伴の連等, そこで大体ビジテリアンというもの, そこで大作この婦人, そこで大僧正は王剣, そこで大入道が死ん, そこで大八は七日七夜, そこで大分にその, そこで大原の立禅寺, そこで大原君僕は近い, そこで大友皇子の敗退, そこで大和屋の旦那, そこで大奥では人手, そこで大好きな田圃, そこで大学頭もたまらず, そこで大尉は決心, そこで大小の酋長, そこで大屋の禿頭, そこで大屋五郎と知り合い, そこで大岡越前が南, そこで大岡越前守は, そこで大川夫人にききただし, そこで大巻先生はいささか, そこで大平晟氏と銀山平, そこで大御所たる道庵, そこで大意を支那, そこで大手を振, そこで大抵中好く交際, そこで大方の凡庸, そこで大月は色々, そこで大森塩田前田などの学者側, そこで大殿樣が良秀, そこで大気と天候, そこで大江山隊長はついに, そこで大江広元とか中原親能, そこで大沢一等卒はまっ, そこで大河内五郎兵衛富岡豊吉佐藤範次郎の三人, そこで大津屋はどう, そこで大海の波, そこで大理石像の群, そこで大男がはね起きよう, そこで大発見をした, そこで大石内蔵助良雄から同苗主税良金, そこで大神はさっそく, そこで大穴を狙う, そこで大笑いになりました, そこで大統領はこの, そこで大臣一行はくる, そこで大草香の子, そこで大菩薩峠の続, そこで大蔵省も辞職, そこで大衆文芸の文章, そこで大衆演劇と名, そこで大西は考, そこで大西三津三は, そこで大要が尾張名古屋, そこで大言して, そこで大辻はその, そこで大野木をたずねた, そこで大阪下寺町河内田井中村同恩地村, そこで大阪市で毎年肺病, そこで大阪表から東海道, そこで大隅学士の宿, そこで大隅理学士はあと, そこで大音に叫んだ, そこで大館でも秋田犬, そこで大騒ぎになっ, そこで大鹿の本心, そこで大黒様には内, そこで天上と地上, そこで天井はくずれる, そこで天保の改革, そこで天元堂は豆天才, そこで天堂九鬼森の三人, そこで天子の諭旨, そこで天子関白の分ちどり, そこで天帝は諸, そこで天帝帝釈の魂, そこで天幕に再び, そこで天平勝宝四年二月に至り, そこで天性の商売気, そこで天武の死, そこで天然の民間療法, そこで天然物でこれ, そこで天秤棒を使っ, そこで天草次郎は考えた, そこで卜の, そこで太一はまた, そこで太一ツあんの自転車, そこで太刀川時夫はやっと, そこで太刀駒を同時横綱, そこで太后があんな, そこで太子は飲食, そこで太子オシホミミの命, そこで太宗は李勣, そこで太平洋汽船会社の別, そこで太政大臣をひ, そこで太郎兵衛が入牢, そこで太郎兵衞が入牢, そこで太閤さんの籠詰事件, そこで夫人たちが女, そこで夫妻は二人, そこで失敬して, そこで失礼ながらそちら, そこで奇貨措くべしと, そこで奇蹟が始つた, そこで奈良の町, そこで奈良井の旅籠屋, そこで奉行の三位範季卿, そこで奏される韻律は, そこで契約に上京, そこで奚疑塾に學んだ, そこで奢侈品に対するきわめて, そこでの方, そこで奥さま浅間しいやう, そこで奥女中たちの選挙, そこで奥州へやった, そこで奥方に対面, そこで奥行を三間半, そこで奥間百歳が巡査, そこで奧付は大正元年, そこで女どもをもちましてお, そこで女らしさの, そこで女優の舞踊, そこで女優ダンサー歌手ストリッパーいろいろギンミ, そこで女史にこの, そこで女子は栄養, そこで女将からもう一度, そこで女帝が老人連, そこで女御彰子に后位, そこで女皇は街, そこで女神が御殿, そこで女貴様にきく, そこで奴さんはその, そこで奴めはカケコミ教, そこで奴等は何, そこで奴隷というもの, そこで好う御座んす, そこで好きな書, そこで好く考へて, そこで好悪の心秤, そこで如何にも春日荘風な, そこで如意ヶ岳の作兵衛小屋, そこで妓たちがする, そこで妖女にお礼, そこで妖婆を殺し, そこで妙庵がねこみ, そこで妙椿の用人, そこで妥協して, そこで妹娘のお, そこで姉さんから一ツ条件, そこで姉妹は長太郎, そこで姉娘はやっと, そこで始末するが, そこで始皇は不面目, そこでく捜索, そこで姥桜の古狸, そこでのお, そこでが皇子, そこで姿を見失っ, そこで威かしでもしたら, そこで娘たちと落合っ, そこで娘たち二人の肩, そこで婆娑羅殿の説法, そこで婚約しては, そこで婦人矯風会へ交渉, そこで婦人連はめいめい, そこで婦人雜誌の口繪, そこで婿どの, そこでの婆さん, そこで媒介の労, そこで媒妁人がなく, そこで媒概念という役目, そこで媒酌人は頭, そこでと二人, そこでを京都, そこではいった, そこで嫌疑者が一人, そこでは大急ぎ, そこで嬢様が梵論字, そこで嬰児は名, そこで子どもたちはどう, そこで子供等と遊ん, そこで子供達が仲間, そこで子分は突, そこで子守を呼び, そこで子役を見, そこで子爵家では和武, そこで子猫のよう, そこで子等は柄杓, そこで子規の茶屋, そこで子規君も多分, そこで子規子はつく, そこで子規氏始め碧虚両氏や私, そこで子路は今度, そこで孔明の歿, そこで孔生は泊る, そこでの読める, そこで存八は顔, そこで学問性の条件, そこで学問的真理性と学問的, そこで学期がはじまる, そこで学校外の交, そこで学界の種類, そこで学資の仕送り, そこでは郷試, そこで孫策は, そこで孫資の方針, そこで學問としての目録學, そこでは別荘, そこで宇和島吉田大洲新谷松山今治小松西条の旧, そこで宇宙服を着せられ, そこで宇治川の先陣, そこで宇津木兵馬が聞き合せた, そこで守人はお蔦, そこで守範の死んだ, そこで守部の説, そこで安さんに敵, そこで安らかに眠っ, そこで安全圏内に入った, そこで安国寺さんは哲学入門, そこで安房守が選まれ, そこで安楽房が問う, そこで安然法師は歎息, そこで安福軒を相手, そこで安藤巡査はこう, そこで安里に軽く, そこで完全に漏水, そこで完結して, そこで宗吉が当時寝泊り, そこで宗名も重蔵, そこで宗教政革が來, そこで宗祇はさらに, そこで宗賀は側, そこで宗門奉行が蔵, そこで官人の前, そこで官兵衛ははじめて, そこで官吏を始め, そこで官憲は紅く, そこで官房長殿の最近, そこで定家は歌, そこでも亦, そこで宝塚新温泉内, そこで宝鏡先生の君, そこで実に彼は, そこで実によく想像される, そこで実否を確かめよう, そこで実在に連続, そこで実在そのものの意義, そこで実地の試験, そこで実用主義は現代, そこで実践が真理, そこで実験に代っ, そこで客人でございます, そこで客室つき女中たちは普通, そこで客舎の主人, そこで宣長翁の弟子, そこで室生犀星氏は生れ, そこで室蘭であった一部始終, そこで宮川の胸, そこで宮殿の戸, そこで宮沢がつい, そこでの間, そこで家の子郎党たちは取る, そこで家の子飼からの船頭, そこで家人は東京ぢ, そこで家光の霊廟, そこで家内は夜道, そこで家内じゅう大騒ぎになり, そこで家出当時の鎌子, そこで家康父子をはじめ徳川一味, そこで家来のものども, そこで家来たちがさっそく, そこで家来達は手分け, そこで家相を見, そこで家禽が本当, そこで家老とお, そこで家長の心配, そこで容体を聞い, そこで宿命の暗澹, そこで宿所を出た, そこで宿番を宵前, そこで宿禰は奴国, そこで宿駕籠に移る, そこで寂念モーローの先生, そこでは一口, そこで寄合の席, そこで寄生木は南部, そこで密室の不可能, そこで富三がもし, そこで富之助はその, そこで富士の霊山, そこで富士見の馬場, そこで富山ならば, そこで富岡と加野, そこで吉が, そこで寒吉は幼友達, そこで寛文十年には, そこで寝つこうとし, そこで寝る前に, そこで寝刃を合せ, そこで寝台の下, そこで寝台車を利用, そこで寝巻に着, そこで寝床に這入る, そこで寝起きした, そこで寧そ別れようと, そこで寧ろ辟の, そこでの住持, そこで寺中に響く, そこで寺僧に請う, そこで寺内のご, そこで寺坂頼むってな, そこで寺本山平はその, そこで寺沢君に我輩, そこで寺田寅彦君という名前, そこで寺男はどう, そこで寺社の御, そこで寺院に毎日群衆, そこで対局中玉江といふ令嬢, そこで対岸から木幣, そこで対手を怖, そこで寿平次をつかまえ, そこで寿海の使, そこで寿老神は, そこで封印のし, そこで将校たちは上り坂, そこで将軍は見込通り年々巨富, そこで将軍家をおびき出し, そこで将軍謁見の時, そこで将門興世王を大, そこで尉官連中の間, そこでは山上, そこで尊意はおん歎, そこで尊敬を忘れず, そこで尊氏も, そこで尊氏自身から, そこで尊皇攘夷の空氣, そこで小一条の左大臣, そこで小乗涅槃経によってシナ学者, そこで小作人の苦情, そこで小便をした, そこで小倉三浦田代の三人, そこで小僧のを脱がせ, そこで小児は鈴見, そこで小切手九十九円八十銭を出し, そこで小半日も待っ, そこで小半時も暇, そこで小城の妻, そこで小堀鞆音さんの桜町中納言答歌図, そこで小声に説明, そこで小夜鶯が啼いた, そこで小学生の一団, そこで小山はほどよき, そこで小山アパートまで乗り着けず, そこで小川町の凧八, そこで小早川は貝, そこで小林くんはかいちゅうでんとうをもったまま, そこで小林くんたちはかえっ, そこで小林さんは明智先生, そこで小林翁はいろ, そこで小柄を投げた, そこで小椋さんの結婚披露, そこで小次郎の研, そこで小沢はまた, そこで小浜兵曹長は錨, そこで小湊の浜辺, そこで小田さんはこれ, そこで小綺麗に暮らし, そこで小舟は駛, そこで小角物や板材, そこで小説家戯曲家うちでもこの, そこで小諸の療養所, そこで小野さんは眼, そこで小野田と二人, そこで小間使のロヴィーサ, そこで小雨と月, そこで小麦十四デカリツトルの山, そこで少くもこれ, そこで少将は急, そこで少尉はその, そこで少時待って, そこで少時立留って, そこで就職出来ないと, そこで取は, そこで尺八をやめた, そこで端折りを, そこでへの挨拶, そこでている, そこで尽きたからそれ, そこで尾州の奴, そこで尾張屋の親類, そこで尾彦楼お筆, そこで局外者から一應, そこでついて, そこで居る時は, そこで居合わせたお雪ちゃんを, そこで居士はその, そこで居士只今思い合す事, そこで居眠ってい, そこで居眠りをし, そこでを出し, そこで屋上の警官たち, そこで屋主の謝, そこで屋内へ避けた, そこで屋台店の亭主, そこで屋根を葺く, そこで屍体は一時亭主, そこで屑値で買い集めた, そこで展覧会を時々, そこで属名のアステル, そこで者すなわち, そこで屠所の羊, そこで屡々大槍, そこでを一足, そこで屯所側の鑑定, そこで山の神が大, そこで山口は急, そこで山吹は窓, そこで山吹さんどこの話, そこで山女魚が鰍, そこで山姥は裏, そこで山本は源吉, そこで山椒大夫もことごとく, そこで山津主は部屋, そこで山田氏を掘り出す, そこで山田甚之助に会った, そこで山賊はそれ以来花, そこで山邊のオホタカ, そこでとなっ, そこではきれ, そこで岡倉氏は明日, そこで岡八が一喝, そこで岡八青麦を二本, そこで岡田長門が示された, そこで岡野の親類, そこで岩村県令もこの, そこで岩角をくぐっ, そこで岩魚や山女魚, そこで岸がんが, そこで島田が或, そこで島田道場という奇怪, そこで島田邸のまわり, そこで崇神天皇は夢, そこで崖下にいる, そこで嶺太郎が駈けつけ, そこで巌窟尊者が一心に, そこで川上はしかた, そこで川原の中, そこで川手氏はそのまま, そこで川村少佐に相談, そこで川桝にはこの, そこで川路左衛門尉の前, そこで川通りを次第に, そこで川野水太郎も同行, そこで巡査諸君はりんご, そこで工事はだんだん, そこで工場主の手紙, そこで工面をし, そこで左将監と越後守, そこで左膳もしばしば, そこで左門はメニュー, そこで巧みに中心, そこで巨人の難題, そこで巨勢といふ洋画家, そこで巨男はふたたび, そこで巫女は一本, そこで巫女たちは舟, そこで巫馬期がある, そこで当って, そこで差当り困るの, そこで差当り私がここ, そこで差押へになつ, そこで己ロレンツオ・ヰラミは諸君, そこで巳之吉は渡し守, そこで巻物を懐中, そこで市ノ瀬牧人は彼女, そこで市之丞は前後, そこで市之助はお, そこで市兵衛は敢然と, そこで市場の上下, そこでで死体, そこで布団が来る, そこで布教船では龍, そこで布袋さんは, そこで布陣を終る, そこで帆布を救命浮環, そこで帆村たちも博士, そこで帆村探偵は言葉, そこで帝紀を記し定め, そこでの逆, そこでから下, そこで帯刀様が乗り込ん, そこで帰りを待つ, そこで帰朝談となる, そこで帰藩の翌日, そこで帳簿係をやっ, そこでの詩文会, そこで常々好きな書物, そこで常に砦の, そこで常吉とやらが怪しい, そこで常子は黙, そこで常真寺の, そこで常磐津の稽古, そこでを脱い, そこで帽子屋にはいっ, そこで幇間が津藤, そこでを少しもち, そこで幕府以来の旧, そこで幕府方は驚く, そこで幕臣第一, そこでを鍾太史, そこであやまりだと, そこで平にあやまります, そこで平七が先ず, そこで平六は頼朝, そこで平和の中, そこで平左衛門がどうして, そこで平戸先生は雑誌, そこで平林さんとふたり, そこで平湯へ帰っ, そこで平賀さんからう, そこで年々歳々村祭りの日, そこで年下の信長, そこで年中貧乏生活をし, そこで年寄たちが出なけれ, そこで年少の出前持, そこで年期奉公の丁稚, そこで年来その男, そこで年造の幽霊, そこで年齢の順序, そこで幸いあなたが, そこで幸子の立ち, そこで幸村は毛利勝永, そこで幸福の内容如何, そこではしない, そこで幼い政治郎時代は, そこで幼名も観世丸, そこで幽霊がそれ, そこで幽霊貨物列車の怪談, そこで幾とおりの事, そこで幾ら立て替えて, そこで幾ら何でもちっとも, そこで幾ら自由の空氣, そこで幾多の志士, そこで幾日も幾日, そこで幾時間かの後, そこで幾首かは詠めたでしょう, そこで広くもあらぬ, そこで広沢重信は城中, そこで広田はゆうべ, そこで之助, そこで庄亮がまた, そこで庄太の近所, そこで庄太さんに逢いまし, そこで庄屋になった, そこで庄屋殿が例えば, そこでの中, そこで床ずれになっ, そこで床下の部屋, そこで床屋は変, そこで床平が自分で燒あと, そこで床柱の際, そこで序でに君, そこで序幕の高, そこで店中の者, そこで店先に佇み, そこで店員待遇法はどう, そこで店員達の気持, そこで度々の経験, そこで度胆を抜かれた, そこで度胸を据えた, そこでの下, そこで座元の策戦, そこで庭球部から凄い, そこで庭石もそれ, そこで庵寺の庫裡, そこで康政がふたたび, そこで康雄は一伍一什, そこで庸三と落ち合う, そこで廉介ははじめて, そこで延太夫の小堀義哉, そこで延期を図れ, そこで延珸は悦ん, そこで廷珸は悦ん, そこで御雷神, そこで建業城の北庭, そこで建白書というもの, そこで建築材料木材は紀州熊野, そこで弁信茂太郎の徒, そこで弁解したが, そこで弁証法的方法によれ, そこで弁護士に泣きつい, そこで弁護士さんのところ, そこで式服に改め, そこで弓館氏は会計部長, そこで揚げて, そこで引きとつた離れ, そこで引き挙げて吟味, そこで引上げられた縁, そこで引換をする, そこで引被けねえ, そこで引込む白雲では, そこで弘化二年生の次男周策, そこで弘長元年五月十二日幕吏は突如, そこで弟さまの神沼河耳命, そこで弟子たちはこんど, そこで弥之助も挨拶, そこで弥助さんも兎, そこで弥撒をきく, そこで弥次馬に弥次馬, そこで弥生につれられ, そこでの上方, そこで弱者の急激, そこでは車, そこで張子の虎, そこで張廷栄は乞児, そこで張網の地点, そこで張譲らはひそか, そこで強いて起きて, そこで強者の乃公, そこで弾んできた, そこで弾正は自分, そこで当の相手の, そこで当主にたかっ, そこで当人はいい, そこで当分貝十郎式に韜晦, そこで当分養生をしよう, そこで当夜二十六日の夜半, そこで当方から如何なる, そこで当時相当にやっ, そこで当番御目付土屋長太郎, そこで当直将校水中聴音機で探り, そこで彗星がいや, そこでを改める, そこで形勢が變つてアスガルド, そこで形式論はすべて無益, そこで形式論理学が一般, そこで形見にせよ, そこで彦右衛門はさらに, そこで彦太は, そこで彦太郎は陸続, そこで彦太郎め読んで, そこで彫刻製作となる, そこで影写校勘の任, そこで影響も表面的, そこでが揉める, そこで役人たちが川破り, そこで役人連は更にもう, そこで彼ら集団の最後, そこで彼京都産の女中二人, そこで彼女自身もはじめて, そこで彼奴らは法術, そこで彼等四人はみんな, そこで彼農学士が百姓等, そこでって見る, そこで往くまいと決心, そこで征服者は利害, そこで径路の選択, そこで待たないで道中, そこで待ちあわして, そこで待ちあわせている, そこで待ち合せていた, そこで待ってる憲兵の, そこで待つならおんなじこつた, そこで後れ馳せながら, そこで後ろの方, そこで後人はこの, そこで後任の小間使, そこで後光厳院の延文元年, そこで後刻膝を正し, そこで後家が大勢, そこで後家さんが小うるさく, そこで後年史家は鋳造年代, そこで後日を約し, そこで後者が一, そこで後藤氏は馬, そこで後醍醐天皇は幕府, そこで後閑サンは大和, そこで徒刑囚か死刑囚, そこで従来一冊の製本料, そこで従者をやっ, そこで従者たちを転, そこで從來の封建的, そこで御両名は, そこで御免を蒙る, そこで御子たちがお, そこで御嶽の前山, そこで御幣がうごく, そこで御所へ上がっ, そこで御新造は, そこで御歌を, そこで御殿にいる, そこで御用取次の役人, そこで御神酒を進ぜました, そこで御者がおっかけ, そこで御膳方吟味役は主上, そこで御輿をヨイ, そこで御返事申し上げること, そこで御飯前にちょっと, そこで復あたしは失笑, そこで微々は受話機, そこで微かに呼吸, そこで徳之助の惡事, そこで徳川三百年の間, そこで徳川家康の眼鑑, そこで徳次は舳, そこで徹底的にさらけ出した, そこで心中の片割れ, そこで心当りを方々, そこで心得た画家は, そこで心理問題の方, そこで心臓が口, そこで心臓麻痺の原因, そこで心配になる, そこで心霊は霊媒, そこで心霊術師にたのん, そこで心靈ははげしく, そこで心静かに心耳, そこで必ずつき當, そこで必ず多少の遠慮, そこで忍んで伺っ, そこでは松, そこで志山林に在り, そこで志緒乃の人柄, そこで志野が発掘, そこで忘れていた, そこではしく, そこで忙しさうに働い, そこで忠之は利章, そこで忠孝研究所が出来た, そこで忠明はよろこん, そこで忠興も後, そこで忠顕がたれ, そこで忤らわず, そこで快楽説は功利主義的, そこで快活に笑い, そこで念仏申さるるよう, そこで忽ちに論法を, そこで怒りは悲みと, そこで怒声を浴びせかけた, そこでろし, そこで思いきり川の水, そこで思いついたのが, そこで思いつかれるのは, そこで思いつきましたのが, そこで思い出したのは, そこで思い出すもおそろしい, そこで思い遣りの心, そこで思うままに, そこで思うさま泣いて, そこで思う存分あばれるよう, そこで思はず首を, そこで思ひついたのは, そこで思わず驚いた声, そこで思惟の様式, そこで思託の指揮, そこで急ぎ足になっ, そこで急ぐ退却の, そこでに合つて, そこで性行はどう, そこで怪しく思って, そこで怪我人を引き取った, そこで怪物のほう, そこで怪老人に出あう, そこで怪量は恰好, そこでの相手, そこで恋愛の熱情, そこで恐くなったの, そこで恐る恐る扉を, そこで恐れて退い, そこで恐れ気もなく, そこで恐ろしそうに, そこで恐竜型潜水艦のこと, そこで恒川氏は自ら床, そこで恥しそうに, そこでという言葉, そこで恩人ではある, そこで恭しく一礼した, そこで息せききって娘, そこで息切れした, そこで息子が又, そこで恰も木馬に, そこで恰もこう云った謂わば, そこで悉く神の, そこで悠々と絵図面, そこで悠悠と大きな, そこで患者は自分, そこで悧巧に暮らせ, そこで少年は, そこで悪くすると, そこで悪戯の小僧ら, そこで悪漢その者, そこで悪者の王様, そこで悪行を逞しゅうし, そこで悪霊を背負い込む, そこで悲しくなって, そこで悲しみの余り首, そこで悲劇が起る, そこで悶々する, そこで情報を蒐集, そこで情実権柄ずくだの, そこで惜しくもプツンと, そこで惣ちやんの家, そこでなジョージ, そこで想定されざるを, そこで愈どう云ふ, そこで愉快に一ヶ月, そこで意味ありげ, そこで意思の決定, そこで意識一般は当為, そこで愚老は雪一見, そこで愚行と激情, そこで愛吉の剃刀, そこで愛惜の心, そこで愛想よく, そこで感じ易い神経, そこで感心するの, そこで感覚と新, そこで態勢を撓めた, そこで慌ただしげに, そこで慎太郎さんがあまり, そこで慎重に策戦, そこでの上, そこで憂さばらしに酒, そこで憤激したの, そこで憤然として山, そこで憲一は主, そこで憲房の使い, そこで憲法発布のあと問, そこで懇切丁寧に, そこで懇親の会, そこでからそろそろ, そこで懐中しること古代もち, そこで懐中電灯をともした, そこで懐中電燈がはじめて, そこで懐刀を振り廻した, そこで成可く処女地, そこで成子は考え, そこで成家が喜ん, そこで成斎の観劇談, そこで我々どもも世子, そこで我々一行は大, そこで我々二人は早速, そこで我々内界の経験, そこで我々国民もその, そこで我々小説家は嘘, そこで我々新選組が甲州鎮撫隊, そこで我々釣り人が疑問, そこで我が腹心は, そこで我が国では長生, そこで我らは取調べ, そこで我ら同志と共々, そこで我兵は一足, そこで我勇敢なる大, そこで我政府はマリヤ・ルーヅ号, そこで我等扈従記者の一行, そこで我藩上下一同まず愁眉, そこで戦ごっこをはじめた, そこで戦さに負けた, そこで戦乱の度毎, そこで戦前の一切, そこで戦地に向う, そこで戦後の劇文壇, そこで戦死せよ, そこで戯談だといふ, そこで戸山が出, そこで戸籍しらべと, そこで房一について廻つた, そこで房吉の道場, そこで房子は話し出した, そこでによって鱒, そこで所在なさ, そこで所帯を持つ, そこで所要の旅費, そこで所謂機械的なこの, そこで所謂自然の療法, そこでをかざし, そこで扇面など拡げ, そこで手ぬぐいをぶら下げ, そこで手ばなしでうつ伏せ, そこで手一つで一家族, そこで手下の六人男, そこで手元に窯, そこで手前ら両人に向い, そこで手前商いまするの, そこで手始にどう, そこで手当てをした, そこで手持ち無沙汰で帰っ, そこで手持無沙汰から公式主義公式主義, そこで手探りに探っ, そこで手毬をそつ, そこで手相を見, そこで手短かにこの, そこで手箱を持った, そこで手綱を解い, そこで手荒なこと, そこで手荒く窓を, そこで手荷物をたくさん, そこで手術をする, そこで手許を探し, そこで手近かから云っ, そこで手錠をはめられ, そこで才蔵は長範, そこで打ち明けた話を, そこで打解けた気持で, そこで扨夜となり, そこで扮装も動作, そこで扱いに窮, そこで批評鑑賞は云わ, そこで承知でもあろう, そこで投げながら依然として, そこで投網をやりだした, そこで折々忠之に, そこで折敷へ穴, そこで折節四条の南座, そこで折角通り蒐ったが, そこで抜足差足ソロリソロリと格子戸, そこで抜身をダラリ, そこで抱きしめている, そこで押入から飛び出し, そこで押問答になった, そこで抽斎も一般医学, そこで拉甸語と云, そこで拓務省である, そこで拘束のない, そこで僧は, そこで拙者ら相談いたし盗人, そこで拙者一人が罪, そこで拷問をひらき始めた, そこで持ち前の悪戯気, そこで持ってきた, そこで指南の源兵衛, そこで指導的な役割, そこで挙人老爺はその, そこで挙周を其望み通り和泉守, そこでかれて, そこで振りかえって見れ, そこで振り返えって, そこで振向いて見る, そこで振返ってお松, そこで捕え得るか否, そこで捕まったら最後, そこで捕手はチユウヤ, そこで捕物の立廻り, そこで捕縄の先, そこで捕鯨船に乗せ, そこで捜査課長の命令, そこで捨て置けない気が, そこで捨値で買い受けた, そこで掃除の済まない, そこで掃除人夫が何, そこで掏摸だ掏摸, そこで掛合いも楽, そこで探偵作家は同じ, そこで探検者もなんとなく, そこで探検隊は本来, そこで接待の麦湯, そこで接心谷の方, そこで推理の迷路, そこで推理小説は有閑階級, そこで描かせてもらっ, そこで描かれていた, そこで握手をさせる, そこでしうるに, そこで携えていった, そこで摂政はこの, そこで撞く鐘の, そこで撲ったり武者, そこで操りの衣裳, そこで支倉が果して, そこで支倉君トリエステで隠れ衣, そこで支倉君偶然にも僕, そこで支店長と三十分, そこで支度でもした, そこで支払い停止のモラトリアム, そこで支線にのりかえる, そこで支那一流の濃厚料理, そこで支那兵は意地, そこで支那労働者達が道端, そこで支配するもの, そこで支配者当局は, そこで改まって茶店, そこで改修と新, そこで改良に最も, そこで攻撃準備は着々, そこで放せと仰せられます, そこで放牧場の中, そこで放肆を諫め, そこで放蕩をさせた, そこで政友会は断固, そこで政治家の側, そこで政界に野心, そこで政雄のお, そこで故国の人々, そこで故意にこ, そこで敏捷な女, そこで救世と出かけた, そこで敗れた人間性や, そこで敗軍した大将, そこでったこと, そこで教えて旦那様, そこで教務課長というよう, そこで教化を試みた, そこで教父は水筒, そこで教誨師の不安, そこで教課書以外の参考書, そこで敢えて仮に社会科学に, そこで敢闘する婦人たち, そこで散々に敗れた, そこで散文の領域, そこで敬吉が引返し, そこで知れぬ寺, そこで数カット撮ると, そこで数日ののち, そこで数日滞在の後, そこで数杯のシャンペン, そこで数正は今夕, そこで整列して, そこで敵打の一行, そこで敵討ちよ, そこで數學の高尚, そこでが質, そこで文めは仇, そこで文一郎は津軽家, そこで文五郎氏も初めて, そこで文人の頭脳, そこで文代と小林, そこで文公はやっと, そこで文化二年以来津軽家の漸く, そこで文化機構の整備統制, そこで文化科学の理解, そこで文壇人はこうした, そこで文学主義が文学意識, そこで文学作品の組織的生産, そこで文学外で恥辱, そこで文学的技術さえ習得, そこで文學には本, そこで文宣公とは何処, そこで文展に出品, そこで文次郎は迷惑, そこで文殊は感心, そこで文献学主義の更に, そこで文献的認識は現代科学, そこで文獻を集め, そこで文芸批評は往々, そこで文芸評論というもの, そこで文芸運動の提唱, そこで文覚は無断, そこで斉広は本郷, そこで斉藤平太はすっかり, そこで斎川水として尊重, そこで斎藤は壁, そこで斎藤歓之助の復讐, そこで斎藤角助は隊士, そこで料理そのものを美化, そこでから眺め, そこで斥候が見つけ, そこで斬捨てた伊東, そこで斬死の覺悟, そこでう言, そこで斯んな男, そこで斯云ふの, そこで新しい勇気を, そこで新しくベルネの, そこで新作改作が盛ん, そこで新劇新劇といふ言葉, そこで新吉は曲馬団, そこで新子はクリーム, そこで新富座ではその, そこで新居の隣, そこで新年の御慶, そこで新来のいわゆる, そこで新派劇というもの, そこで新築の祝, そこで新聞紙上の批評文, そこで新聞紙包が解かれ, そこで新著百種と名, そこで新造たちを相手, そこで方技は書數, そこで方棟はあらゆる, そこで方角はどっち, そこで方面転換が必要, そこで旅人甲は空, そこで旅先などで書い, そこで旅物語を廃め, そこで旅立ちせん前に精力, そこで旅籠屋に膳立, そこで旅行は一刻, そこで旋風の如く躍りかかっ, そこで旗太郎さんその時, そこで旗男もあわて, そこで旗色の色, そこで既往何十年とかの間, そこで既成技術家の例, そこで既成政党が従来, そこで日々ここに集まる汚れた, そこで日中は二名, そこで日光一文字の銘刀, そこで日出夫とジョン少年, そこで日夜を過ごす, そこで日常の談話, そこで日常多年の経験, そこで日当りの好い, そこで日曜の晩, そこで日本人全体を標準, そこで日本側でも特に, そこで日本商人はつぎのごとく語っ, そこで日本文化といふもの, そこで日本料理の御馳走, そこで日本橋式部小路の太物商磯五, そこで日本独楽のはじまり, そこで日本精神はもう少し, そこで日東映画館の前, そこで日英同盟によつて, そこで日蓮は今度, そこで日課の読経, そこで日野とぼく, そこで日電の絵葉書, そこで日頃親しい人達, そこで旦那様と良い, そこで旧友の巨勢博士, そこで旨い酒を, そこで早々二階へ, そこで早口に雑沓, そこで早朝から放, そこで早目の朝食後, そこで早稲どころや田, そこで早稲田には筆, そこで早足の燕作, そこで早速もっとひろくて, そこで旬日ならずして, そこでは兄, そこで昂奮がおのずから, そこで昆虫の助け, そこで昆虫学者に尋ねたい, そこで昌仙は詮, そこで明け方目をさます, そこで明光のもと, そこで明器買ひも頗る眉唾, そこで明子は彼, そこで明快な一諾, そこで明晩の手筈, そこで明晩一夜とめて, そこで明智探偵は中村係長, そこで明智探偵事務所へ電話, そこで明朝の初号, そこで明治の始め, そこで明治三十九年に從來中, そこで明治二十六年九月の帝国大学法科大学, そこで明治十三年出京して, そこで明治卅三年も終った, そこで明治四十年まで営業, そこで明王に特別謁見, そこで明白な一つ, そこで明石から大阪, そこでなどに凝り, そこで昔これを着色, そこで映写幕は二次元, そこで映画を見, そこで映画会社ではこの, そこで春さんは口, そこで春夫少年はすこし, そこで春日の神様, そこで春木少年と牛丸少年, そこで春木牛丸の二少年, そこで春秋社の経営, そこで昨冬はのし餅一枚, そこで昨年になっ, そこで昨年度の弥之助, そこで昨日警察の手, そこで昭和十八年の七月, そこで是非お前さんを, そこで昼定食を食っ, そこで昼寝して, そこで時たま菊池寛と, そこで時に見出される動物, そこで時子を遊ばせたら, そこで時宗はあっさり, そこで時江さん貴女にもちょうど, そこで時田芹沢と同心二人, そこで時計屋をよび, そこで晩年に至っ, そこで晩飯まで遊び, そこで晩飯代りに一寸, そこで普請にかかります, そこで普通男ならば, そこでは伴, そこで晴天の日, そこで晴間を見, そこで晶子さんは良人, そこで智心は平生, そこで智恵子に何もかも, そこで智慧蔵は村, そこでのある, そこで暇乞いをする, そこでくなる, そこで暗いということ, そこで暗がりの中, そこで暢気な丸山勇仙, そこでを見る, そこで暫くぼんやり後ろを, そこで暫らく休んで, そこで暫らく方角を考え, そこで暫時逗留した, そこで暮らせと云われました, そこで暮六つの鐘, そこで曲り角へ来た, そこで曲目は断層, そこで曲者は死骸, そこで闌けて, そこで更にもう一歩進め, そこで更に何やらわけの, そこで更紗模様のヴォイル, そこで書かれることは, そこで書き上げたことが, そこで書き出したのが, そこで書き足しておしまい, そこで書くように, そこで書卓を強く, そこで書斎内で待, そこで書物庫へ入っ, そこで書生に留守中, そこで書記のひばり, そこで書院窓の明り, そこで曹丕は東漢最後, そこで曹仁自身も先, そこで曹操主従はまた, そこで曹純と牛金, そこで曾取少佐と西山教頭, そこで曾根は三吉, そこで上等の, そこで最終に自分, そこで最近になっ, そこでひました, そこで會得するか, そこでが私, そこで月代をした, そこで月光を全身, そこで月夜に釜, そこで月謝などを取る, そこで有形無形にもみ合っ, そこで有志のアンニャ, そこで有明荘の崖下, そこで服地をすこし, そこで朔日の朔, そこで朔郎を訊, そこで望月大尉は, そこで望氣の望, そこで望遠鏡をほしい, そこで朝之助は存八, そこで朝命として天師, そこで朝夕もう一, そこで朝廷側の策士ら, そこで朝方の火事, そこで朝日の光, そこで朝晩馬にのる, そこで朝矩は在, そこで朝野は浅草, そこで朝鮮を道案内, そこで朝鮮文化は今日, そこで朝鮮本営へ密使, そこで朝鮮総督府へ公文書, そこで期待さるる遭遇, そこで期日を打ち合わし, そこで朧夜になった, そこで木の根を掘っ, そこで木下君が, そこで木下大佐はすぐ, そこで木口勘兵衛と安直, そこで木戸をくぐった, そこで木戸博士は研究当時, そこで木曾踊りの実演, そこで木村氏は他, そこで木椅子へ腰掛け, そこで木製の蛇, そこで未醒画伯と木川子, そこで末弟ながら武敏, そこで本人の目的, そこで本件についても事件, そこで本国にゐる, そこで本堂に一同, そこで本場の大館市, そこで本官は高屋市長, そこで本家へ取っ, そこで本屋はあれこれ, そこで本年からその, そこで本庄は何気なく, そこで本当を云う, そこで本文へ戻る, そこで本日から私, そこで本田という学生, そこで本町橋の東詰, そこで本社にはいる, そこで本艇においては妻帯者, そこで本草の研究, そこで本読みによつて稽古, そこで本邦地名の問題, そこで本部島にこの, そこで本郷三丁目と書いた, そこで本郷林町の素人下宿, そこで本隊百五十二人と応援隊四百人, そこで朱器台盤とやらがない, そこで朱筆に持ち, そこで朱線を引い, そこで机竜之助, そこでの木の下, そこで李如松は平壌, そこで李生は大王, そこで杏平は皮, そこで材料は第, そこで村上松五郎と申す, そこで村人はナガレ目, そこで村人一同は小学校, そこで村会で議長, そこで村田と兵馬, そこで村長の義妹, そこで村長はじめ村会議員たちの斡旋, そこで杖槍を引, そこで預は, そこで杜鵑を機縁, そこで来るなと思ったら, そこで来客名簿を調査, そこで東ユダヤ系の若い, そこで東京上野からは正しく, そこで東京大相撲を見た, そこで東京師範学校の生徒達, そこで東京府学務課では率先, そこで東京行の切符, そこで東京音楽協会では昭和九年, そこで東京駅から銀座裏, そこで東信の小舎, そこで東北東に向かっ, そこで東太をつれ, そこで東屋所長とわたし, そこで東屋氏も笑い, そこで東海の水, そこで東海道筋から関東, そこで松乃は良人, そこで松井という店員, そこで松右衛門は好, そこで松山人は勿論, そこで松島氏は総監, そこで松平家次に旗頭, そこで松方を大蔵大臣, そこで松村がこの, そこで松沢は血相, そこで松波は妙覚寺, そこで松火と食物, そこで松男君の提案, そこで松竹梅をそれ, そこでから下り, そこで板敷山の麓, そこで林太郎はこんど, そこで林蔵はその, そこで果物鉢を差出し, そこで枝切り職をやっ, そこで枯渇したの, そこで枯髏一塊の下三字, そこで枳園はとりあえず, そこで柏木家から改めて, そこで某氏はパラフィン, そこで柔順に先生, そこで柳営をはじめ三家, そこで柳町の姐さんたち, そこでを刈つて, そこで柿沼は言った, そこで栃木山が太刀山, そこで之丞さん, そこで栄吉は親戚旧知, そこで栄子も諦め, そこでやいなご, そこで栗栖按吉は大, そこで栞代りに名刺, そこで校長から父兄, そこで校長さんは, そこでが律義勇猛, そこで根こそぎぶっつぶそう, そこで根本保枝はかいつまん, そこで根絶やそう, そこで格闘となり, そこで案内人が先ず, そこで案内社へ随分, そこで桐楊だと, そこで桔梗の方, そこで桔梗様は云った, そこで桟敷から閲兵, そこで桟橋に横, そこで桶屋さんがまとも, そこで梅田十八はルリ子, そこで梅野十伍は左手, そこで梨の木を一本, そこで梶井基次郎三好達治と知, そこでの上, そこで森木国松を取調べる, そこで棲めるやうに, そこでをさし渡し, そこで棺屋の李夫, そこで植物の方, そこでべる, そこで検めて貰っ, そこで検事たちも強い, そこで検事総長と打合わせた, そこで検視も済み, そこで椿餅を食べ, そこで楊博士は俄然, そこでは根気, そこで極めた足場枝の, そこで極めて温和しく, そこで極めて徐々に両眼, そこで極りが悪, そこで極端な辛辣さ, そこで楽士をし, そこで楽天的な歌, そこで楽屋の内部, そこで楽師長はさっそく, そこで概念的に考えね, そこで概数のお知らせ, そこで榊原の問題, そこでの實, そこで榕菴先生一工風を廻らし, そこで槇君は唾, そこで槇村君の例, そこで構わずに城内, そこでの頭, そこでを投げ捨て, そこで槍持の奴, そこで槍騎士が飛び出した, そこでを, そこで標準語でもこんな, そこで模写説においても我々, そこで模様がへをし, そこで之助, そこで権威を与えられ, そこで権臣は絵師, そこで横浜警察署でもいわば, そこで横着な動物奴, そこで樹明君と会し, そこで樺太の垢, そこでに馬, そこで橋本篠原小野田などの若い, そこで橋銭を徴集, そこでの実, そこで機上から機銃掃射, そこで機敏に働く, そこで機械化部隊をさらに, そこで機縁が一燈園, そこで檀一雄を説い, そこで檀一雄半田義之南川潤に私, そこで檀君と中野君, そこで檢屍を受け, そこで欠けたものが, そこで次におそらく何か, そこで次にほぼ疑問の, そこで次にまず第五, そこで次に恐らく何か, そこで次の間で声, そこで次男の, そこで次第に原始民族の, そこで次郎君のその, そこで次長は前, そこで欧羅巴の旅行団, そこで欺かれたとお, そこで欺瞞的な政略, そこで歌って陽気, そこで歌人の心, そこで歌劇なるもの, そこで歌舞伎へ行っ, そこで歌詞の束縛, そこで歐羅巴などへ出, そこで歓迎から解放, そこで歓迎会がすむ, そこで止まつてしまつて, そこで止まつたのではた, そこで正々堂々と衆目環視, そこで正助爺さんは, そこで正午過ぎまで熟睡, そこで正夢さんの箇展, そこで正太少年に目, そこで正夫君僕はいや, そこで正宗白鳥氏に申, そこで正当に鑑賞, そこで正徹と尭孝, そこで正木博士の足音, そこで正札制をやっ, そこで正義と人道, そこで正義派のインテリ先生, そこで正誤表を作った, そこで正道の技術, そこで此の前は不在, そこで此の方向を換, そこで此の方針を失つた集団, そこで此一首の調べ, そこで此下島に三十兩, そこで此人の往生, そこで此天照御魂, そこで此度はも少し, そこで此手紙を書きます, そこで此河は群馬縣, そこで此深山を少し, そこで此爆裂彈を飛ばし, そこで此片假名は吉備眞, そこで此物を指し, そこで此訃は突然, そこで此間に神口, そこで此頃になく, そこで武一は出来, そこで武兵衛を先頭, そこで武力をもっ, そこで武器を持つ, そこで武揚の妹, そこで武者修行を主張, そこで武芸の稽古場, そこで武芸者らしい服装, そこで武道男の道, そこで武部小四郎は一切, そこで武陵桃源の夢, そこで歩くということ, そこで歩調をゆるめ, そこで歯医者は返事, そこで歯朶の字, そこでこそ往かない, そこで歳月を経, そこで歴代の大目附, そこで歴史家が歴史的個物, そこで歴史的時代の性格, そこで歴史的時間の性質, そこで歴史的研究以外の立場, そこで歴史的集団の問題, そこで死ぬまでもせめて, そこで死んでからゆっくり, そこで死体を引上げ, そこで死刑となった, そこで死刑囚糊本が選ばれ, そこで死物狂いになっ, そこで死神はうた, そこで殆ど米のない黒い, そこで残された文次は, そこで残った景品の, そこで残つてゐた七人, そこで残り少なになった, そこで残本の返送, そこで残酷だとは, そこでるところ, そこで取は, そこで段々と近寄つて, そこで段々に港から, そこで殺されたように, そこで殺人の現場, そこで殺害して, そこで殿の申される, そこで殿村と捜査係長, そこで殿樣に似, そこでは女, そこで母さんの神様, そこで母鳥は子供達, そこで毎年欲張って, そこで毎年慾張って, そこで毎度余り物の値, そこで毎日昼間は暮してる, そこで毎日毎晩なでて, そこで毎日野菜ばかりを摂取, そこで毎日鼠のやう, そこで毎時でも我輩, そこで毎晩御所を守る, そこで毎晩胡弓の上手, そこで毎月死者の慰霊祭, そこで比良夫君のこと, そこでのない, そこで毛利先生のこの, そこで毛抜きを用いました, そこで毬つき歌をうた, そこで民政が第, そこで気に入った子どもらが, そこで気分はいよいよ, そこで気分転換のため, そこで気味の悪い, そこで気品が違う, そこで気安く自分の, そこで気心の知れた, そこで気持ちよく遊べました, そこで気球を浮べた, そこで気短かの私, そこで気象学的二重性格はすなわち, そこで氣晴しに, そこで水一升の中, そこで水中に投げられた, そこで水仕事をし, そこで水入らずの, そこで水兵は艦長, そこで水墨集ができた, そこで水夫の留さん, そこで水干の袖, そこで水戸様石置き場の空屋敷, そこで水晶玉の三つ, そこで水本塾へ帰っ, そこで水瓜をたべ, そこで水盤には青い, そこで水筒に水, そこで水車小屋の太, そこで永いこと寒い, そこで永久にぼく, そこで永年貯蔵して, そこで永遠に烹, そこでの実, そこで求めていた, そこで求めたようにも, そこで求め得ましたのを, そこでをこの, そこで汝あみごもつたん, そこで江口さんは身禄さん, そこで江夏岳陽に憩い, そこで江州の鴨, そこで江戸風の嫁入り支度, そこで江漢が宿, そこで江藤会長は仲裁, そこでをどう, そこで池上の次いで, そこで池田氏は, そこで池袋の同志, そこで汲子と亜介, そこで決りがつく, そこで決定し脚本, そこで汽筒の中, そこで汽船の中, そこで汽車賃はあります, そこで汽鑵たき助手, そこで沈むときは, そこで沈酔して, そこで沈黙が続く, そこでぬぎに, そこで沙翁は多く, そこで沙金に相談, そこでは一しょ, そこで沢庵がいう, そこで河内のタヂヒ野, そこで河合は逐電, そこで河村を岩蔵, そこで河野は嘗て, そこで河間七篇は学而篇, そこで油壺を取り上げ, そこで油屋も当惑, そこで油絵技法の基礎工事, そこで治安維持法で起訴, そこで沼田の犯行, そこで泉タクシーに電話, そこでれるん, そこで泊り合せた旅籠, そこで法律の存在, そこで法水君僕の毒物類例集, そこで法然様が念仏, そこで法王の特使, そこで法王政府へ伺った, そこで法相はこう, そこで法眼もとうとう, そこで法華寺十一面観音につい, そこで法蔵寺の住職, そこで法要は来年, そこで波止場の伝馬船, そこで泣く泣く御立ち帰り, そこで泥土の手足, そこで泥棒野郎が女房, そこで音字母では, そこで注意の通り, そこで注文の安, そこで注釈家の間, そこで泰軒とチョビ安, そこで泳ぎの練習, そこで洋服の紳士, そこで洗濯代をはらわず, そこで洗面鉢やコップ, そこで津志田家の中間半次, そこで津田松村高橋等が発起, そこで津田青楓さんに御, そこで津田高橋その他十数名の有志, そこで津藤はこれ, そこで津軽海峡の青函連絡船, そこで活字が嬉しい, そこで流された仲間の, そこで流れ流れて, そこで流星花火だの南京花火, そこで流木で長, そこで流産したきり, そこで流行らず廃らずが本当, そこで流言蜚語を聞きました, そこでく生れた露たっぷり, そこで浄明は言っ, そこで墓な, そこで浅井君は面, そこでに泳ぎついた, そこで浜人は多勢, そこで浦和弁論会はいずれ, そこで浦島はお, そこで浦野今市君は息, そこで浪人を追い払った, そこで浪江は先, そこで浪速から江戸, そこで浮き出て水, そこで浮気なの, そこで海外に向かっ, そこで海女が時々, そこで海底のたたかい, そこで海神が自分, そこで海賊の大将, そこで海軍を見かぎった, そこで消えてしまった, そこで消費組合監督突撃隊を組織, そこで消防組員が起こされ, そこで液体をいろいろ, そこで涼しさや, そこで淫売みたよ, そこで深呼吸をし, そこで深夜妻のねしずまった, そこで深山は思い切っ, そこで深川へ押し込んだ, そこで深谷氏は用意, そこでの鯉魚, そこで清らかなる水, そこで清人もこれ, そこで清廉謹直な駿河守, そこで清正が脇差, そこで清水が先ず, そこで清水氏は悪, そこで清浄の気, そこで渋茶をすすり, そこでのほう, そこでははじめて, そこで渡瀬はおかしく, そこで渡舟を探し求め, そこでく, そこで渦巻の内側, そこで温かにしてやろう, そこで温かい巨男の, そこで温くなつて, そこで温気と寒気, そこで温泉加熱の装置, そこで渾然と一つ, そこで湯壺の中, そこで湯帰りの女, そこで湯本泊まりならば, そこで湯本泊りならば, そこで湯鑵の熱い, そこで源七は先ず, そこで源光は早く, そこで源左が, そこで源松としてはまた, そこで源氏は服, そこで準之助は葉巻, そこで溜息をつい, そこで溜池で今, そこで溺死人が飲んだ, そこでの道, そこで滝沢様の扉, そこでをしなかった, そこで漁業会社は普通相場, そこで漁業長に, そこでの葉, そこで演出は無論, そこで演奏壇の前, そこで演説会を終る, そこで漢朝というもの, そこで漢武帝の時孔子旧宅, そこで漢水へ往, そこで漫談を一席, そこで漱石氏の乱調, そこで潘璋の部下, そこで潜水夫のみて来, そこで潤一事務長は船内, そこで潤州にいる, そこでの香, そこで潯陽の県令, そこで澄子さんたちに會, そこで澱粉と脂肪, そこで濡手に粟, そこで瀕死の老人, そこで火事を見, そこで火入れをする, そこで火夫には今何, そこで火山学や岩石学, そこで火星人はまた, そこで火柱を見た, そこで火棒とって, そこで火炙りを用, そこで火箸を火, そこで火縄をつけ直し, そこで灰雨の行方, そこでのすみ, そこで炊事女のオトタツ, そこで炬燵にあ, そこで炬燵櫓の上, そこで点心が運ばれた, そこで為さんは金右衛門さん, そこで為世については嫡家, そこで為事を終, そこで為朝の死罪, そこで烈しい泣き声が, そこで焙り出されかけた家の, そこで焚木を拾っ, そこで無人の境, そこで無器用な足, そこで無意識に銭, そこで無用な火気, そこで無益の説明, そこで無茶先生は今度, そこで無視され卑俗, そこで無言劇をやっ, そこで無論優良なる, そこで無謀に近い, そこで無邪気な相撲, そこで無闇とあばれ廻り, そこで無難な千疋屋, そこで無電先生宅へ帰っ, そこで無頼の生活, そこで無駄とは知り, そこで焦げエナメルが, そこでらば, そこで芋, そこで焼き捨てて帰り, そこで焼き殺すのだ, そこで焼くのであった, そこでと塵埃, そこで煙管を出し, そこで煙草休みといったふう, そこで煙草入を取り出し, そこで照れかくしに彼女, そこで焚を, そこで煮た烏賊を, そこで熊城は最後, そこで熊城君この結び方一つ, そこで熊川忠範は大阪, そこで熊笹の中, そこで熊蔵の通称, そこで熟ら私の思うた, そこで熟睡に落ち, そこでと右, そこで熱心なる出願人等, そこで燃料の自給, そこで燈火をかかげ, そこで燈臺の見物, そこで燐寸の頭, そこで燒栗を買つた義男, そこで燕作さまはこの, そこで燕児をつくづく, そこで燕尾服の尻尾, そこで營養の十分, そこで爆弾をボンボン, そこで爆心地にはかなり, そこで爆発したの, そこででもつ, そこで爪切鋏で切, そこで爭鬪が永, そこで爲事もする, そこで父上にもひと肌, そこで父君に会い, そこで父母が姙娠, そこでやが小さな, そこで爺さん囲炉裏の上, そこで爺さん新らしい靴, そこで片一方が躍, そこで片手でもっ, そこで片桐さんにぼく, そこで片足をあげた, そこでをわざわざ, そこで牛乳を大, そこで牛商人は毘留善麻利耶, そこで牛小舎に大きな, そこで牛若丸は早速, そこで牝鶏を一羽, そこで牡鹿もしかた, そこで牧君の披露, そこで牧師はあの, そこで牧舎と住宅, そこで牧野は相手, そこで物争いに火, そこで物悲しげに, そこで物理や化学, そこで物理学が化学, そこで物自体に就い, そこで物語のテンポ, そこで物部の荒甲, そこで物音を立てぬ, そこで特使と特使, そこでなんぞはどういう, そこで犬居の方, そこで状態は投錨, そこで狂乱がはじまる, そこで狂乱者のよう, そこで狂六は光一, そこで狂奔する音響, そこで狐狸の仕業, そこで独りになつて, そこで独り言をいっ, そこで独眼竜は馬, そこで独美は始, そこで狭い堤防上で, そこで狼狽がはじまります, そこで狼連は予定, そこで之介は, そこで猛獣の檻, そこで猜忌の悪徳, そこで猟犬に一片, そこで猫吉はさっそくかえって, そこで献身の熱誠, そこで猿沢は十円札, そこで獅子は怒っ, そこで獣医学校の大槻雅得氏, そこで獨立した女親分, そこで獻上物を致しました, そこで玄也は自分, そこで玄人が素人, そこで玄女と猪右衛門, そこで玄徳と関羽, そこで玄徳以下張飛や関羽たち, そこで玄斎先生は花子夫人, そこで玄海丸を乗, そこで玄竜は急, そこで玄関から上る, そこで玉井金五郎がなにか, そこで玉汗が言う, そこで玉王はいら立っ, そこで王君は大学, そこで王給諌が自分, そこで王者は柳, そこで玩具に代る, そこでらしい人物, そこで珍妙な芸当, そこで現に公に, そこで現今日本の社会状態, そこで現代劇を同時に, そこで現代版丹下左膳の左手, そこで現任大蔵大臣はやはり, そこで現在私の最も, そこで現場にいる, そこで現象学はこの, そこで理学者と遣った, そこで理想として過去, そこで理想家は七百人, そこで理由を話し, そこで理解という言葉, そこで理論は道具, そこでの波, そこで瓶盞を改め, そこで寧は, そこで甘ったるい例の, そこで甚七郎は出かけた, そこで甚八が支度, そこで甚兵衛は鞭, そこで甚太夫がわざと, そこで甚恐縮しながら, そこで生えている, そこで生じた次の, そこで生れてから一度, そこで生れ育った人間には, そこで生存して, そこで生家に着いた, そこで生年十六歳の春, そこで生徒一同協議, そこで生死の二つ, そこで生活社のわれわれ, そこで生物学的問題は細胞生理学, そこで生産力がその, そこで生田君に頼ん, そこで生長したの, そこでを興し, そこで産婦に向かっ, そこで産所という賤民, そこで産業的生産は量, そこで用いたのが, そこで用事をすませ, そこで用人に言つて, そこで用心ぶかく, そこで用心棒の狩屋角右衞門, そこで用意が整, そこで用紙に署名, そこでに水, そこで田中の説明, そこで田丸氏願いというの, そこで田丸真のこけ, そこで田原藤太秀郷とも人, そこで田地を耕作, そこで田山白雲先生が, そこで田島はその, そこで田舎に居, そこで田舎者は一タンガー, そこで田鍋の部下二名, そこで由之さんは家, そこで由井正雪陰謀事件が慶安四年十一月二十九日丸橋忠弥ら, そこで由兵衛ははっと, そこで由藏は自分, そこでの家, そこで甲冑をぬぎ, そこで甲地から乙地, そこで甲斐は初めて, そこで甲斐守は沈黙, そこで甲板に運び戻し, そこで甲谷が何, そこで甲野さんは掛け算, そこで申しあわせの結果, そこで申しわけをする, そこで申し合わせて車中, そこで申訳のため, そこで男たちはたとえ, そこで男乞食は口惜しい, そこで男先生はとうとう, そこで男女関係のため, そこで男女青年特に男子青年, そこで男妾はまた, そこで男物のいっさい, そこで男道楽が始まる, そこで町会の役員共, そこで町奉行所から神原家, そこで画家は絵具箱, そこで画家さんに相談, そこで画板にかじりつく, そこで畏れ驚いて遁げ, そこで畑地の道, そこでに云いつけ, そこで留まつた, そこで留守の中, そこで略時代の制限, そこでをし, そこで番人に死体, そこで番兵さんが茂太郎, そこで番兵どもの見張り, そこで番太のかみさん, そこで番組が定まった, そこで番頭さんがこの, そこで番頭さん今晩奉公人も親類, そこで樣な, そこで異人は日本, そこで異性を友だち, そこで異様な歓待, そこでの上, そこで畸形的なものそれ自身, そこでが起りました, そこで疑いのない, そこで疑う方なく, そこで疑えば他, そこで疑わしい囚人を, そこで病みつくほどお, そこで病歿された故, そこで病苦にも増した, そこで病革なるとき, そこで痛いっと言っ, そこで瘠躯鶴の如き, そこで発展をとげる, そこで発展的に問題, そこで発心をなすった, そこで発掘が行われ, そこで発揮されたに, そこで発達が止, そこでといわず, そこで登場人物の性格, そこで白い木綿の, そこで白パンやったり, そこで白拍子は詠いました, そこで白木屋とか三越, そこで白根村の怪事件, そこで白法師は話し出した, そこで白煙をあげ, そこで白石は家宣, そこで白米で鷄, そこで白羽の矢, そこで白足袋を紺足袋, そこで白酒を売っ, そこで白雪姫もしょうちして, そこでがつまり, そこで百五十両は高く, そこで百五十兩は高く, そこで百円紙幣を出し, そこで百文の銭, そこで百斤入の蓋附桶, そこで百石積の玄海丸, そこで百間出版界に随筆時代, そこで皆さん山に登らなくっ, そこで皆ひなたへ, そこで皆手に, そこで皆村の者, そこで皆言ひ合せたやう, そこで皇后様に於かせられ, そこで皇后石の姫, そこで皇帝はさっそく, そこでをむいた, そこで皮肉な二老人, そこでの上, そこで益々鍛われ, そこで盗まれた白豚は, そこで盗もうと決めっちゃった, そこで盗人の弟子たち, そこで盗品をわけ合っ, そこで盗賊の首領, そこで盗難の話, そこで盛り場の女, そこで盛んに遊ん, そこで盛政と相談, そこで監獄の役人たち, そこで監視役も取押え, そこで盤木か鐘, そこで目ざまし時計やきれい, そこで目出度い序でに, そこで目当てはなかっ, そこで目玉をこすつ, そこで目礼もしない, そこで目立たないやうに, そこで目隠しをした, そこでは盲同士, そこで盲目の娘, そこで盲目法師のお喋り, そこで直ぐまた成るたけ, そこで直ぐ人を水戸, そこで直下に控, そこで直接の証拠物件, そこで直接大河に注ぎ, そこで直様善光寺へ駈けつけ, そこで直次郎お, そこで直義は, そこで相互にゆっくり, そこで相互間の週期的, そこで相似から同一, そこで相合傘がまた, そこで相客たちは皆, そこで相成るべくは新年, そこで相手方の地, そこで相撲も凧上げ, そこで省内に委員, そこで省線に乗り換え, そこで眉毛が目, そこで看取して, そこで看護婦の腕, そこで県令に願っ, そこで県工業会の役員たち, そこで県署へ行っ, そこで県警察部でも兼五郎, そこで県道に出, そこで真先に警戒, そこで真剣勝負だぞ, そこで真如はただ, そこで真実改心する気, そこで真白い霜に, そこで真赤になっ, そこでを決し, そこで眺めてゐる, そこで眼前にある, そこで着かえて行く, そこで着類あるいは食物, そこで睡い目を, そこで瞬間に見た, そこでをはなつ, そこで矢代は皆, そこで矢島さんがこれ, そこで矢来は取り払われ, そこで矢沢を秘密, そこで知友が胥謀つて, そこで知恵の浅い, そこで知識社会学は之, そこで册に, そこで短篇集を出したい, そこで石ころの多い, そこで石井の人々初め翁, そこで石切場に働い, そこで石原らとおちあっ, そこで石垣や門, そこで石川長範は愛妾, そこで石油コンロを燃し, そこで石田は春, そこで石見から馳せつけ, そこで石頭に念, そこで砂丘の海, そこで砂糖店側では組合長, そこで研究会の会長さん, そこで研究好きな俊夫君, そこで研究所を作り, そこで砥石に水, そこで砲手は人情, そこで足袋の, そこでばった顔を, そこでといこう, そこで碁会所の連中, そこでを呪い, そこで確保するはず, そこで確実に救われる, そこで確芝居を見た, そこで磁石を振り廻し, そこでを除け, そこで磯五は何度, そこで磯吉が仕事, そこで磯谷の噂, そこで礦夫達の娯楽設備, そこでをした, そこで社会学を独立, そこで社会学者達は哲学者, そこで社会心理学とイデオロギー論, そこで社会的不安というの, そこで社告を出し, そこで社會的の活動, そこで社殿の背後, そこで社用を済ませ, そこで祐経が五郎十郎, そこで祖母はじめ一家の喜び, そこで祖神は筑波岳, そこで祝杯を挙げ, そこで祝言のこと, そこで神中の現状, そこで神功皇后様には御, そこで神嘗祭の話, そこで神学生がまず, そこで神官は返辞, そこで神官村人を引見, そこで神尾主膳は, そこで神尾主膳主従は京都行き, そこで神格を得, そこで神樣がたいへん, そこで神権主義が復活, そこで神田君の手, そこで神社は人, そこで神秘の壁, そこで神経は非常, そこで神經質な詩人さん, そこで神聖なるもの, そこで祭りの庭, そこで祭文語りが参詣, そこで祭葬のこと, そこで禅師は, そこで禎輔がぷつりと言葉, そこで福山のエタ頭三吉村関助, そこで福日でも原田君, そこで福松のため, そこで福沢先生も亜米利加, そこで禿や引船, そこで秀吉公の胸中, そこで秀家に命じ, そこで秀英に詩, そこで秀郷は将来, そこで私あなたをお待ち, そこで私たち三人の者, そこで私のも一所, そこで私らが判斷, そこで私独特の処世哲学, そこで私生児志願者が続々, そこで秋刀魚は報酬, そこで秋山長右衛門近藤六郎兵衛など云う, そこで秋田は眼, そこで科学主義工業であるが, そこで科学的に原料, そこで科学的世界も亦, そこで科学的精神に対立, そこで科学研究は観察, そこで科学自身の脈絡, そこで科學概論の書物, そこで秘密漏洩を恐れ, そこで秘書の部屋, そこで秘書官は玄関, そこで秘結したり, そこで稀少性なるもの, そこで程秉が, そこで青白い夜, そこで税関前の小門, そこでは中, そこで種々説が出た, そこで種子をまかぬ, そこで稲妻と稲妻, そこで稻葉丹後守正勝が熊本, そこでかに警告, そこで穏やかにまた, そこで穏健な思想家, そこでを仰いだ, そこで空き地に遊ん, そこで空く帰るその日当, そこで空カンだのこわれた, そこで空中から糞, そこで空中戦を行う, そこで空中村へ移住, そこで空中索道をつくる, そこで空屋敷というの, そこで空疎になった, そこで空間表象が客観的, そこで突然ぱっと指を, そこで突発的に, そこで窃かに細作, そこで窄めて逆, そこで窈娘は飲物, そこで窒息して, そこで窓わくにあ, そこで窓際に坐っ, そこでの主人, そこで立ちあがって, そこで立ちどまっていけ, そこで立ちどまつて腕時計, そこで立ち往生して, そこで立処に余行, そこで立談のあいだ, そこでなくも, そこで端的にここ, そこで競争する以外, そこで竹槍の稽古, そこで竹永さん関戸の邸, そこで竹筒の水, そこで竹見は手短, そこで竹青に言った, そこで竿をいたわっ, そこで笑いが渦まいた, そこで笑い声がひびいた, そこで笑い茸であるが, そこで笑つて私は質屋, そこでを啓, そこで第一線から後送, そこで笹野の旦那, そこで筆紙と硯, そこで筆談で補, そこで筋書の通り, そこでに組ん, そこでをひらく, そこで筒井家を去った, そこで答えて, そこで答者が遣手, そこで答釈を作る, そこで箕作りのベク助, そこで算哲様は一計, そこでに入れた, そこで管内の焼け残つた学校, そこで管輅が一筮, そこでが発射, そこで箭一本参らせる, そこでを持つた, そこで面白く神楽囃子, そこで範囲をきめれ, そこで築地の河岸, そこで篤と相談の, そこで簀子だけは取り替え, そこでを外, そこでを炊ぐ, そこで米一升に味淋二合, そこで米俵を背負わせ, そこで米友さんも自然, そこで米国の出版者, そこで粉みじんにこわれ, そこで粉屋はこわく, そこでとして並ん, そこでの飯, そこで精しく女の, そこで精一郎を呼ん, そこで精神的な意味, そこで精細に調べ上げた, そこで糯米仕入れも高い, そこでを巻い, そこで糸七とした, そこで糸巻の糸, そこで糸車にかける, そこで糾問が始まつた, そこで糾明された, そこで紀元前八年頃に一切経, そこで約半刻ほどの, そこで紅い頭巾に, そこで紅梅とか何, そこで紅氣あれば, そこで紋也の意識, そこで紋太夫は十八番, そこで八は, そこで純粋なる学術上, そこで純金を薄く, そこで紙くずが踊っ, そこでの大衆討論, そこで素人考へに考へ, そこで素地を洗, そこで素材を使うべき, そこでを持っ, そこで紫たんざおの値をきい, そこで細川家が再生, そこで細川方の領将, そこで細木永之丞, そこで細菌教室へ行っ, そこで細長い三角形の, そこで紹介状をもらっ, そこで終に天下の, そこで終りにし, そこで終局の目的, そこでをぶる, そこで組合としてはほか, そこで組長副組長, そこで経済的に目玉, そこで経験的法則とはこの, そこで結句が導かれる, そこで結城の若, そこで結婚ブローカーがあっ, そこで結婚式もとどこおり, そこで結局あれもこれ, そこで結局ここで待ち受ける, そこで結局ガリレイの名, そこで結局他人の智慧, そこで結局僕のきまぐれ, そこで結局数学的形式は純粋経済学, そこで結局松竹の覇業, そこで結局法規としては単に, そこで結局聖母は神, そこで結局詩人には真, そこで結構です, そこで結着はこれ, そこで結納も滞り, そこで給金の註文, そこで統制されて, そこで統領と顧三五子, そこで絶えていた, そこで絶交ということ, そこで絶叫しました, そこで絶命したため, そこで絶対に見, そこで維嶽は宇野明霞, そこで綱右衛門はすっかり, そこで綱宗の吉原, そこで綱宗と初子とは明暦元年, そこで綴喜の宮, そこで緋鯉の藤兵衛, そこで総ての用意, そこで総理大臣の大王, そこで総裁更迭問題までが起き, そこで緑屋の爺さん, そこで緑川博士は中将, そこで線路の上, そこで編物を仕様, そこで編笠を脱いだ, そこで編輯長はつまり, そこで編集された教書, そこで編集部に相談, そこでの下, そこで縄梯子を引っかける, そこで縄跳びの縄, そこで縞物の羽織, そこで織田明智の両, そこでを下させ, そこでにかかった, そこで置屋もやる考えだす, そこでの小帯, そこで羅門塔十郎のところ, そこで羅風君の話, そこで羅馬教の掟, そこで羅馬法王は嚴令, そこではどんな, そこで美姫をさがす, そこで美少年からこう, そこで美留藻は自分, そこで美術上からも考古学上, そこで美術展覧会演奏会詩の朗読会, そこで群がって来た, そこで群小業者が一様, そこで群衆心理も亦, そこで群集は雪崩, そこで義元は当時駿河, そこで義哉も刀, そこで義士追慕の講演会, そこで義太夫節は先づ徳島, そこで義家は身方, そこで義弟は時値, そこで義憤といふこと, そこで義足をつけた, そこで義雄は友人, そこでを獻ろう, そこで羽ばたきをし, そこで羽村から下流, そこで羽柴秀長の迎え, そこで羽田の税関はじめ関係局, そこで羽衣の曲, そこで翌年四月二十五日に信濃, そこで翌年彼はカント, そこで翌日今度は自宅, そこで翌日深川オペラ劇場主人は日当一日五円づつ仕事, そこで翌日足を棒, そこで翌晩お名残り, そこで翌朝宿の者, そこで翻って主体とか, そこで翻つて三円の果亭, そこで翻つて自己を観察, そこで翻然と飛び出し, そこで翻訳者は芝居, そこでをやすめ, そこで翼賛会文化部に於, そこで老いたに違い, そこで老いたる龍の, そこで老人確かに覚え, そこで老人連はもう, そこで老妓は指, そこで考えついたのが, そこで考へたのは, そこで考へなければならぬ, そこで耐え兼て娘, そこで耕一は今度, そこで耳元で振立てる, そこで耳長さんは気, そこで聊か劇に, そこで聖断をもとめる, そこで聖母はそれ, そこで聖者は疲れね, そこで聞いている, そこで聞かないような, そこで聞けばなにか, そこでをさがし, そこで聡明であろうと, そこで聴衆は最後, そこで聴衆中の英国人, そこで職人にいいつけ, そこで職員共は話せない, そこで職工は次第に, そこで職工さんを二十名, そこで職工達の一日, そこで職業がかわり, そこで職業上における己, そこでの楽し, そこで肉体を発見, そこで肉弾の著者, そこで肉身を烈火, そこで肉類を食う, そこで肝心の粉薬, そこで股野は大いに, そこで肥つた男はおりる, そこでが軽く, そこで肩章や記章, そこで肯定的批判の第一歩, そこでを曲げ, そこで育つたくせに, そこでに手, そこで背一ぱいのびて, そこで背中に第, そこで背嚢をしょい上げ, そこで背戸へはいっ, そこで胡魔化されたの, そこで能静氏から小言, そこでから手, そこで脇屋殿がそち, そこで脇差ばかり挿し, そこではおの, そこで脱出に必要, そこで腕ぐみをし, そこで腕ッぷしの強い, そこで腕前はあり, そこで腕白小僧のお母さん, そこではどう, そこで腰骨をのばし, そこで腹ごなしのため, そこで腹の中においで, そこで膝射の姿勢, そこで膨大な全, そこでにはついた, そこで膳部も襖, そこでにはめ, そこで起して, そこで臧兒はそんな, そこで臨床的な話, そこで臨時の托児所, そこで臨時急行列車を仕立てさせ, そこで自ら主と家来, そこで自ら先に立っ, そこで自ら手を以て刃, そこで自ら田を作り, そこで自ら食を求める, そこで自刃した, そこで自分ひとりの隠退生活, そこで自分みずからを一枚, そこで自分らも一度, そこで自分シュワルツァーとしてはフリッツ氏, そこで自力といわれる, そこで自害をする, そこで自家用の木炭製造, そこで自己防衛の約束ごと, そこで自我の探究, そこで自暴自棄な力, そこで自殺して, そこで自然それは非人, そこで自然商売の方, そこで自然宇治山田の米友, そこで自然科学研究室を中心, そこで自然蕭照が次, そこで自然食用獣の代表的, そこで自由主義者は個人, そこで自由党は次第に, そこで自由黨は次第に, そこで自衛上全集物を出さね, そこで臭気が全然, そこで至急使いを, そこで與力にはかう, そこで與助の釣竿, そこで興味のあった, そこで興哥は事情, そこで興行致しますので, そこで興行主にとってはブランコ乗り, そこで興行者側も困り抜い, そこでい, そこで舞台をひろげ, そこで舞台上においては真実, そこで舞台全体を入, そこで舞台装置家はなるべく, そこで舞台装飾の必要, そこで舞踏の稽古, そこで般若の面, そこで船内ににわかに, そこで船員達は手分け, そこで船室にひそん, そこで船首を本牧, そこでを仕立て, そこではひどく, そこで良一は川村さん, そこで良人には病気, そこで良心と肉体, そこで色彩への日常, そこで色男に頼む, そこで芋粥を飽きる, そこで芝口和泉屋善兵衛店で偶然ライフル, そこで芝浦へんに先, そこで芬夫人はその, そこで花垣志津馬ですが, そこで花子は薪, そこで花子さんもおばあさん, そこで花月という料理屋, そこで花火が揚がる, そこで芳一はまた, そこで芳男も修作, そこで芸名を呼ぶ, そこで芸術上の主観主義, そこで芸術的価値とは何, そこで苛酷な現実, そこで若い衆は由藏, そこで若党は夢中, そこで若槻氏は往年, そこで若者達は親, そこで沙弥先生が, そこで苦し紛れに信州, そこで苦悶の極, そこで苦楽座の旗挙公演, そこで苦楽座結成に至る, そこで苦肉の一策, そこで苦肉の策を案じ, そこで英信の母, そこで英文におけるアルファベット, そこで英語とチベット語, そこで茂兵衛と銀八, そこで茂夫さんの市葬, そこで茨城の方, そこで茫失して, そこで茶入の紐, そこで茶屋から提灯, そこで茶椀へ水, そこで茶目気を出し, そこで茶釜は落ち, そこでの扮裝, そこで草むらに学校, そこで草原へ蹲, そこで草履取のみを留め, そこで草川巡査が察した, そこで草葺の家, そこで荒物屋を兼ねた, そこで荘太の斡旋, そこで荷揚人足浮浪人泥棒の間, そこで荼毘に附した, そこで莫大な金, そこで菅家の連中, そこで菊五郎の徳兵衛, そこで菊亭殿が姓氏録, そこで菊池さんはどつ, そこで菊池党三百人はことごとく, そこで菊池寛氏がかつて, そこで菩提樹の葉, そこで菩薩となり, そこで萬事の落着, そこで萱野を仕立て, そこで落し金の支点, そこで落ちつくところに, そこで落付を取り戻し, そこで落合天童は時代, そこで落語か何, そこで葉茶屋面白屋一杯屋銘酒屋寄席亭冷酒屋舞踏亭曖昧屋一口屋隊商亭よ僕, そこで葛城王の場合, そこで葬儀の用意, そこでをこつこつ, そこで蒋介石が, そこで蒐集された品物, そこで蒲原夫人は意気銷沈, そこで蒸氣と大, そこで蒸汽機関を製造, そこで蒸饅頭のホカホカ, そこで蒼空が一段と, そこで蓄音機の音楽, そこで蓮月尼の絵はがき, そこで蓮田附近の林, そこで蔡倫が色々, そこで蔵人は後, そこで蕃人たちは昨年十月, そこでか苺, そこで薄井では代, そこで薄情にされた, そこで薄笑ひを, そこで薄笑いを浮べ, そこで薔薇乳香と云う, そこで薗原村の大, そこで薩藩の西郷隆盛, そこで薪小屋へ出かけ, そこで薪積みを始めた, そこでが発見, そこで薬買いにはシナ, そこで藍染屋も草藍, そこで藤井行勝師と親交, そこで藤作は戸, そこで藤六さんは藤かづら, そこで藤兵衛庭へ下り, そこで藤原京になっ, そこで藤吉の方, そこで藤吉郎がテレ隱, そこで藤本が引き, そこで藤村さんは胸, そこで藤間にや, そこでにも差置けぬ, そこで藩中において初めて, そこで藩政もこれ, そこで藩老の長岡監物, そこで藪山は永代, そこで蘇生した少年, そこで蘭軒に長崎, そこでになっ, そこで虎二郎も次第に, そこで虎八と鮫六, そこで虎松とバッタリ顔, そこで虐殺の舞台装置, そこで虚偽の問題, そこで虚子先生大に俳味, そこで虚子大人の意見, そこで虚子氏はそれなら, そこでのよう, そこで虫めがねを当て, そこでの話, そこで蛙さんは跳ん, そこでが貝, そこで蜂の巣発見という目的, そこで蜜柑が無料, そこで蝙蝠を貰つた機会, そこで蝶子ここは一番芝居, そこで螢澤の家, そこで蟹江は追い討ち, そこで蠅打を取, そこで血尿の出る, そこで血痕を残らず洗い, そこで血眼となった, そこで血管末端が膨脹, そこでと共に快楽, そこで衆人環視のもと, そこで衆愚心理を見破つ, そこで衆議院のほう, そこで逢ったの, そこで行きどまりとなった, そこで行先をたずね, そこで行列も御輿, そこで行止まりになっ, そこで行燈を抛り出し, そこで行衛の知れなく, そこで術者は客席, そこで街道をすて, そこで街頭から空しく, そこで衝突が起こった, そこで衣嚢をまさぐ, そこで衣服を改めて, そこで衣裳の色, そこで衣裳人形の名, そこで表向きは足利時代, そこで表門へ廻った, そこで表面竹越氏の推薦, そこで袁氏は孫恪, そこで袁術が起死回生, そこでから紙, そこで袋探偵は溜息, そこで乘數の, そこで被乗数の一位, そこでの裾, そこで裁判官はなんと, そこで裂石の雲峰寺, そこで装束を改め, そこで裏通りへ行つて, そこで補助機関が焚かれ, そこでになっ, そこで製作されるソヴェト・フォード, そこで複雑な情緒, そこで襄城の張繍, そこで襖越しに覗い, そこで襯衣や手巾ショール, そこで西北の方向, そこで西洋人が新しい, そこで西洋室に住む, そこで西洋館の横手, そこで西湖の風光, そこで西田哲学はこういう, そこで西紀一九二四年四月十八日午前七時半の汽車, そこで要求のなか, そこで覆面の客, そこで見うしなってその, そこで見え隠れに又, そこで見くびってしまう, そこで見しょうという気, そこで見た目が愉しく, そこで見つけたかぎ煙草を, そこで見るともなし, そこで見る見る姿勢を, そこで見出された自己それは, そこで見張りをしはじめた, そこで見張り番を勤めた, そこで見当がつい, そこで見物人の一人, そこで見立てが悪い, そこで見送りの人, そこで視覚と聴覚, そこで覚えたんでせう, そこで覚めちゃっては困る, そこで覚悟をきめ, そこで覚束ない酔っぱらい, そこで覚者であります, そこで親たちは自分, そこで親分さんにお願い, そこで親分例の辰伊勢, そこで親分方の乾分衆, そこで親戚会議のよう, そこで親父のホーキンめ, そこで親爺は目遣い, そこで親達を説き勧め, そこで親鸞は諸, そこで観世太夫が朗々, そこで観世物の方, そこで観客の眼, そこで観念という文字, そこで観念的にも貴族, そこで観音様はしずか, そこで角倉は邸, そこで角罎の栓, そこで解らなく成りそうに, そこで解散したが, そこで言うまでもなく私は, そこで言わば自分で, そこで言海でも辞林, そこで計画を変更, そこで訊き返してはいられなかった, そこで記憶喪失となっ, そこで訣らぬ事, そこで訣別するの, そこで許されん願ひなりせ, そこでの分らん, そこで訴訟はしょっちゅう, そこでてもらう, そこで診察治療の仕方, そこで証人の出頭, そこで評価される, そこで評判と臆測, そこで評釈する時, そこで試しに僕, そこで試験前になる, そこで試験製作という触れ込み, そこで詩人が歌う, そこで詩人さんはその, そこで詩壇の所謂象徴派, そこで話し手は言葉, そこで話し込みねたのは, そこで詳細は知っ, そこで誂えてチビリチビリ麦酒, そこで誂らえた鰻, そこで認めた異形の, そこで認識論は近代, そこで認識論上博士はイデアリスト, そこで誓文神の狐格子, そこで誓約を無視, そこで誘つて酒を飲む, そこで誘惑は激しい, そこで語根となる, そこで語気をかえ, そこで誠さんは二匹, そこで説明者も独り, そこで読みかけの本, そこで読むのを, そこで読者諸君は論者, そこで誰かがこの, そこで誰何して, そこで調度やなんぞは手近, そこで調理せしめられるの, そこで談判がバード, そこで談判論争の末, そこで請人を立て, そこで請願者は, そこで諏訪氏貴殿にお, そこで諒安は霧, そこで論議は二つ, そこでし合せ, そこで諸方をきい, そこで諸村の隠れ切支丹, そこで謀計をもっ, そこでふがまま, そこで謙信がただ, そこで講演は幾度かお, そこで講演会がすんだ, そこで謝罪の意, そこでを誰, そこで謹んでお答え申そう, そこで謹慎するよう, そこで識者は色々, そこで警保局は緊急対策, そこで警官たちがかわりがわり, そこで警官達は煙草屋, そこで警察部長ホワイト氏とマテスン司法主任, そこで警視はたずねた, そこで議長プロ亀の動議, そこで讃歎すると, そこで谷中の藤兵衛, そこで谷中派の大将株, そこで谷博士はその, そこで谷村さんの気持, そこでをかじり, そこで豆ちゃんを樽, そこで豆潜は競売, そこで豊かに落ついた, そこで豊世と幸作, そこで豊住町の芥子屋, そこで豊吉はこの, そこで豊太閤の供養, そこで豐後のウサ, そこで象山がまたも, そこで象徴という言語, そこで豪族若くは, そこで貝十郎はお, そこで貞女花子夫人が立腹, そこで貞盛為憲等の在処, そこで負傷者のため, そこで財産所有者が自分, そこで貧しくなるまで, そこで貧乏撲滅の一策, そこで貧困や病苦, そこで貨幣制度も外國貿易, そこで貪欲の貪, そこで責任上黙つて, そこで責任感も生じ, そこで貯金はちょうど, そこで貴公子は沈黙, そこで貴公病気の全快祝い, そこで貴女様もそこ, そこで貴婦人が買取っ, そこで貴方三番のお客, そこで貴族の階級, そこで貴族的な女, そこでひたいと, そこで買い手を日本全国, そこで買つたのだ, そこで貸本に由っ, そこで賀川市長は慌て, そこで賀状だけ持っ, そこで賃仕事の片手間, そこで賃金をいつも, そこで賃銀を貰った, そこで賄征伐をやった, そこで資本対科学と考えたくなる, そこで賊将韓忠は遂に, そこでをかけ, そこで賢い人は, そこでしい奴, そこでに取った, そこで賭博をし, そこで賭場のお, そこでと黄, そこで赤い手長の, そこで赤くなって, そこで赤ん坊は洗礼, そこで赤インキを筆, そこで赤チンをぬられ, そこで赤井はあらためて, そこで赤土の価, そこで赤帽に荷物, そこで赤彦君は皆, そこで赤旗をもっ, そこで赤旗事件で先入, そこで赤犬はふたたび, そこで走り行く雲助霞助の, そこで上った, そこで起きて, そこで起きだしてみる, そこで起上って画, そこで起居すること, そこで重機を, そこで超越的なもの, そこで越前守が願い, そこで越後信濃の族人ばら, そこで足もとへ唾, そこで足下は女同士, そこで足元を見, そこで足名椎は已む, そこで足数を考え, そこで足踏みして, そこで足軽は新しい, そこで足音を殺し, そこで距離をいう, そこで路傍のしかるべき, そこで路地内の者, そこで踊つてゐる, そこで踊り場に向っ, そこで踏みとどまったお銀様, そこで踏みとまってれい, そこで踞んで毛虫を, そこで蹴込みに, そこで蹴鞠に長, そこで身なりを調えた, そこで身の上を調べる, そこで身ぶるいした, そこで身元などを問い合わせ, そこで身内の者たち, そこで身居立て直しの必要, そこで身構へを変, そこで身軽な三之助, そこで身輕な三之助, そこで車内のうしろ側, そこで車外に赤外線灯, そこで車大工とその, そこで車庫の方, そこで車掌に五十コペイカ玉, そこで車輪のとどろき, そこで軍器と兵糧, そこで軍容が悉く, そこで軍民離間を強調, そこで軍氣を考へ, そこで軍艦奉行の連中, そこで軍隊の中, そこで轍器が, そこで転句に至っ, そこで転向の声明, そこで軽々しく顔が, そこで軽くつっ突くの, そこで軽便の出る, そこで軽便鉄道づきの, そこで軽装を調え, そこでい感動, そこで輪廓のうち, そこで輪講という事, そこで輸出のため, そこで輿をやとっ, そこで轟博士はちょっと, そこでをとっ, そこで轢死者が男, そこでさ競を, そこで辰公はその, そこで農事に委しい, そこで農奴なる分際, そこで農本主義者は農民, そこで農林省内には, そこで農業の神ペルレルヴォイネン, そこで農民以外のもの, そこで農相は, そこで辻川博士にはなんら, そこで辻斬りは役人, そこで辻番をうまく, そこでへてゐる, そこで迎えの嫂, そこで迎えた法師が, そこで近くにいる, そこで近ごろ或る, そこで近づきになりました, そこで近世の社会, そこで近世的国家はこれ, そこで近代劇の諸相, そこで近代劇運動の理論的帰結, そこで近在の馬喰, そこで近江商人の名, そこで近江屋から使者, そこで近藤氏と大和, そこで近藤老人を応接室, そこで近衛河原太后とよばれ, そこで近辺に住む, そこで近隣の地主連, そこでも私, そこで迷児の道しるべ, そこで追っ手の人々, そこで追求は愈々, そこで送られる人は, そこで送りの兵, そこで逃げを打っ, そこで逃げるように, そこで逃げ場をさがす, そこで逆もどりさ, そこで透君はどう, そこで透明人間はおかし, そこで途中の藪, そこで途方に暮れ, そこでひ船, そこで通りがかりの人, そこで通りすぎながら手, そこで通る船を, そこで通人がお, そこで通名をこけ, そこで通常この液, そこで通用中の古, そこで通称杉の木サン, そこで通行券を取調べる, そこで速夫は, そこで速水女史は軍師, そこで造船術を学んだ, そこで逡巡ったなり, そこでつた, そこで連れて来た, そこで連合脱出隊は一せい, そこで連城は喬, そこで連夜彼は奮鬪, そこで連日演習である専ら, そこで連載が中絶, そこで連隊命令を伝える, そこで逮夜の晩, そこで逮捕を見合せた, そこで週間の売上げナンバーワン, そこで進歩的な動向, そこで進行がピタリ, そこで逸早く彼を, そこで遊び暮した, そこで遊魂のたぐい, そこで運命を喜ぶ, そこで運河へは火星人, そこで運転士と水夫長, そこで過されるのである, そこで過不及なく全, そこで過去の範疇, そこで道ばたに腰, そこで道具係の奉公人, そこで道具屋連中は興業, そこで道具本尊房舎聖教皆相続, そこで道化師の一件, そこで道場の大, そこで道士が言った, そこで道夫は事件, そこで道夫さんあたしの手首, そこで道庵先生雲助に共鳴, そこで道彦も怪人, そこで道徳以前の風俗, そこで道徳的にも個人, そこで道祖皇太子の従兄弟, そこで道綱が何やら, そこで道臣命と大久米命, そこで達夫等はこれ, そこで達雄に愛され, そこで遠くの町, そこで遠ざけてからその, そこで遠巻きにジリジリ, そこで遠廻りをし, そこで遠方だと, そこで遠藤が便所, そこで遡江部隊の遡, そこでつて来ました, そこで遥か遠方に, そこで適當な人, そこで遭遇した私たち, そこで選手達は動, そこで選択の自由, そこで選集を作っ, そこで遺憾ながら今度, そこで遺書の内容, そこで遺骨を迎, そこで邑宰は成, そこででは幾度, そこで郎党たちの相談, そこでの水産会, そこで部下は窓, そこで部屋中を火事, そこで部署を交代, そこで部落付近の人々, そこで部隊長の閲兵, そこでは娘, そこで郵便局へ寄途, そこで郷党では王, そこでに行く, そこで都市を中心, そこで都新聞と大菩薩峠, そこで都甲太兵衛をよびよせ, そこで酋長にこう, そこで配偶のニキートカ, そこで酒井はその, そこで酒場に身, そこで酒宴が開かれます, そこで酒店の主人, そこで酒槽毎にそれぞれ首, そこで酒田は寝, そこで酔いがまわる, そこで醍醐の俊乗房重源, そこで采配のよう, そこで釈迦像にきまった, そこで里見さんを煩わす, そこで重々しく威儀づくった, そこで重ねて声, そこで重ね着しようとして, そこで重傷者は大, そこで重吉のお父さん, そこで重大な分岐点, そこで重太郎がパッタリ, そこで重蔵に頼み, そこで重要な活動, そこで野天映画をやっ, そこで野草の長男, そこで金サンは隣, そこで金井君の何, そこで金八きょうは御用, そこで金子氏が折, そこで金屬や石, そこで金左衛門は厩, そこで金庫爆破や適当, そこで金持に見透し, そこで金星の生きもの, そこで金椎が泣き出し, そこで金瓶村斎藤十右衛門方に移居, そこで金目になり, そこで金策しなければ, そこで金色の魚, そこで金花は今更, そこで金谷先生といっしょ, そこで金貨を提供, そこで金銀は國, そこで金銭ゆゑに売られ, そこで金錢でこの, そこで金魚のあなた, そこで釘勘は火打, そこで釜山署に押収, そこでを指, そこで寄せて, そこで釣ったドンコたちを, そこで釣りランプの下, そこで釣師は相, そこで釣瓶を卸し, そこで鈍感な者, そこで鈴川主水, そこで鈴木氏は別れ, そこで鈴江は駒雄, そこで鈴虫と呼ばれる, そこで鉄之進は足, そこで鉄兵さんの話, そこで鉄棒を小脇, そこで鉋太郎ももう, そこで鉢合せが起っ, そこで鉤穴から出た, そこで銀貨を, そこで銅助の持物, そこで銑吉がどんな, そこで銘々のとるべき, そこで銭家ではもし, そこでを使用, そこで鋭い音を, そこで鋳たということ, そこで鋼鉄の弾丸, そこでを落し, そこで錆びていく, そこでを用意, そこで錢形の親分, そこで錦絵姫が一枚, そこで錨健次は誰, そこで錺屋の増蔵, そこで鍋井克之君あたりの出品もの, そこで鍛冶場の掃除, そこで鍛冶屋は立ちどま, そこでを作る, そこで鎌足は言, そこででつながれ, そこで鎖帷子名乗り合い本懐, そこで着たたのもしい, そこで鏖殺にした, そこでは吾, そこで鏡面を肉眼, そこでを兄, そこで鑑賞の方, そこで鑛業者は驚い, そこでをなくした, そこで長くわずらって, そこで長兵衛が中, そこで長助という奴, そこで長女順は桜井女学校, そこで長崎進撃を差置い, そこで長戸検事は蜂矢探偵, そこで長政の亡くなつた, そこで長浜まで軍, そこで長男が一家, そこで長谷川伸平山蘆江土師清二村松梢風大佛次郎吉川英治等が続々, そこで長靴をぬい, そこでを敲かれた, そこで門内へ入った, そこで門田は横, そこで門部の発達, そこで閉場になる, そこで開かれている, そこで開かれたものだ, そこで開かれるのです, そこで閑斎はお, そこで間もなく勅使は, そこで間宮に会った, そこで間違のない, そこで間違いが出来した, そこでは懐中, そこで関守の組子, そこで関所はどこ, そこで関東で浪士, そこで関西における舞踊界, そこで関門が内側, そこで閣議はこの, そこで閲覧料を十銭, そこで關東八州今の東京, そこで關西線の湊町ゆき, そこで防備はどこ, そこで防毒面をとりました, そこで防空壕の修理, そこで阿弥陀如来が法蔵比丘, そこで阿片の代り, そこで阿部家の俸禄分割, そこで阿Qはもう一度, そこで添いが, そこで附き従う侍共と, そこで附合がまずく, そこで蔵らは, そこで降りたのは, そこで降誕祭の, そこで陣十郎の消息, そこで陣移しの名, そこで除数の十位, そこで除數の十位, そこで除隊になつ, そこで陰気な影, そこで陳さんと知り合った, そこで陳情人たちにとっては一定, そこでの代り, そこでへ上りました, そこで陸軍では不, そこで陸軍省側に対応, そこで陽画と陰画, そこで陽貨は先師, そこで隊士中の錚, そこで隊長伊東の屍骸, そこで隋以後の五刑, そこで階下へ黒ずん, そこで階段が急, そこで随筆武蔵はもっぱら, そこで隔所を見計らつ, そこで隠居は大きな, そこで隣人の勧め, そこで雁金検事はパチ, そこで雄々しくも自分, そこで雄二は成績, そこで集五郎は大, そこではれた者, そこで雇人の閉口, そこでを手軽, そこで雉子雉子ケンケン郎を落とした, そこで雌鶏たちは悪い, そこで雑然たることでも, そこで雑誌の最後的プラン, そこで雑誌社の世話, そこで雑貨屋の婆さん, そこで雑魚寝をした, そこでの足, そこで雛妓のお, そこで雜誌の最後的プラン, そこで離婚訴訟となった, そこで難なく取押えて, そこでや風, そこで雨宿りに飛込んだ, そこで雨粒の大, そこで雨谷はばったり, そこで雪ちゃんは縫物, そこで雪掘りが始まった, そこで雪辱のため, そこでが鳴る, そこで雹祭をする, そこで電信の先任下士官, そこで電光石火の如く, そこで電気力の代り, そこで電気燈のつい, そこで電池をつない, そこで電流の通れる, そこで電灯の下, そこで電鈴がずいぶん, そこで電鈴装置にスイッチ, そこでの大, そこで霊感を呼びだす, そこでの結晶, そこで露米會社の全, そこで青いボタンを, そこで青嵐居士が取り上げた, そこで青年や老人, そこで青年時代に高遠, そこで青年男女には人類, そこで青磁の御, そこで青葉の丘, そこで青葉城の御, そこで青麦の穂, そこで非人がその, そこで非合法的に踊る, そこで非常手段をとらね, そこで非業に死んだ, そこで非難は浴び, そこでを見合わせました, そこで革命は無駄, そこで革鞄の中, そこで靴屋のおじさん, そこでつぼを, そこで韓文公は儒墨, そこで韓遂は万事, そこで音楽学校の学生, そこで音次をよん, そこで音田は凡, そこで韻文という言語, そこで順吉に會, そこで須利耶の奥さま, そこで頗る激した, そこで領内からみめよい, そこで領地へ用事, そこで頬張ッていた, そこで頭ごなしにやっつけられた, そこで頭上の衣類, そこで頭山先生懐中から股倉, そこでにかけた, そこで頸根っこを折っ, そこで遠も, そこで頼まれて参りました, そこで頼んだ物を, そこで頼母は足音, そこで頼義と義家, そこでを見合つて, そこで顔かたちが整っ, そこで顔丸の丸彦, そこで顔長の長, そこで顕真が, そこで顛倒して, そこで風俗上一目見て, そこで風俗風紀は馬鹿, そこで風向きが一変, そこで風流を気取ろう, そこで風船が海, そこで飛行機や噴射艇, そこでふ, そこで食うことが, そこで食ふためには耕さなけれ, そこで食事ごとにその, そこで食卓を共に, そこで食品の特質, そこで食器のこと, そこで食物を得よう, そこで飢えてはならない, そこで飯場へ上っ, そこで飯櫃を司っ, そこで飯行李を開く, そこで飯鉢は氏郷, そこで飲みながらのこと, そこで飲む私と, そこで飲むなら飲みねえ, そこで飲め飲まぬとの争い, そこで飼育し得る家畜, そこで飾り屋に頼ん, そこで養成工をつくっ, そこで養玉院にある, そこで養育院へ送られ, そこで餘りさういふ, そこで餘所ながら先生, そこで饒舌っている, そこで首尾よく彼, そこで首渡しとはどんな, そこで首里の方, そこでになった, そこで香具師は取手, そこで香泉さんと私, そこで香箱の中, そこで馬三疋と馬士, そこで馬吉の家族, そこで馬場を見下ろした, そこで馬場等はでは, そこで馬太傳は盤河橋畔, そこで馬方が休ん, そこで馬琴は声, そこで馬賊の一群, そこで馬超は玄徳, そこで馬車一臺と馬一匹, そこで馬鹿の馬吉, そこで馭者が馬ども, そこで馴れた漁師や, そこで馴れたら山羊路を, そこで駅前の交番, そこで駅場よりは少し, そこで駅長は二, そこで駆引きをし, そこで駈けだすように, そこで駒井能登守の屋敷, そこで駒子に昔, そこで駒雄は意, そこで駕籠屋たちも無駄話, そこで駿三さだ子伊達の行動, そこで騎士はその, そこで騒ぎがある, そこでいでゐる人達, そこで騾馬に拍車, そこで驚き且つ怒った, そこで驚き恐懼して, そこで骨董商の主人, そこで骨身をけずる, そこでを突ツ張つて, そこで高い熱の, そこで高く飛んで, そこで高く高くこう思い, そこで高井の染谷君, そこで高値にいただこう, そこで高坂弾正はおととい, そこで高村光太郎君に会い, そこで高源寺でもその, そこで高等学校を卒業, そこで高萩の相談, そこで高部は一層, そこでを結, そこでの長い, そこで髯将軍は恭しく, そこでを以前, そこでの長い, そこで鬢附のこと, そこではそれら, そこで鬼子母神を念ずれ, そこで鬼小僧は身, そこでは亡びない, そこで魏源の如き, そこで魔人のよろい, そこで魔女はおなべ, そこで魔法つかいはせめて, そこで魔物の妻, そこで魘されたんだ, そこで魯迅はびっくり, そこで魯迅さんにぼく, そこで鮎川や増田, そこでと大, そこで鮮やかな判決, そこで鮮鯨の肉, そこで鯉坂君は大いに, そこでの喉, そこでの目方, そこで鯱丸に訊いた, そこでの肉骨, そこで鰹節製造の事業, そこで鰻屋の板前, そこでなら鱗, そこでの肉, そこで鳥右ヱ門は百姓家, そこで鳥渡お尋ねいたしますが, そこで鳥渡お断り申して, そこで鳰鳥は忍びやか, そこで鵝鳥を一羽, そこでは王様, そこで鶉好きの王, そこで鶏たちは頭, そこで鶏卵は何故, そこでが啼い, そこでのこと, そこで鶴次郎の相方, そこで鶴江殿は産, そこで鷦鷯梅だ, そこでにむり, そこで鹿の子が親, そこで鹿島洋で測量, そこで鹿皮の手袋, そこで鹿落の温泉, そこで鹿蔵は一生ケンメイ, そこでや粟, そこで麦粉を喰いまし, そこで麦藁帽子をかぶる, そこで麦酒を御馳走, そこでも仕方, そこで黄巾賊の一群, そこで黄泉比良坂まで追, そこで黄色なダァリヤ, そこで黄英が言った, そこで黄金色に偶像, そこで黍畑のあたり, そこでで獲った, そこでの晴着, そこで黒人数千刀を抜き, そこで黒姫がその, そこで黒岩社長は直ちに, そこで黒川ははからずも, そこで黒猩暴かにすね出し, そこで默つてゐる, そこで黙つて引き返し, そこで鼈四郎は檜垣, そこでを投げやした, そこではどう, そこでを放した, そこでの孔, そこで鼻血を出し, そこで鼻鐶上方四尺の点, そこで龍耳老人と行き会った, そこではまた, そこで3日ばかり過した, そこで345のメダル, そこでgrの代わり