青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そこ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~そ そ~ そい~ そいつ~ ~そう そう~ そういう~ そうした~ そうして~ ~そこ
そこ~
そこで~ ~そこら そこら~ そして~ そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと

「そこ~」 65893, 712ppm, 124位

▼ そこ~ (18729, 28.4%)

316 立って 133 ある 132 あるの 125 いるの 96 一つの 93 住んで 91 あった 86 坐って 69 腰を 65 何か 62 出て 60 置いて 58 いたの, いて 53 あるもの 51 あつた 50 待って, 立つて 49 来て 47 一人の, 彼の 43 佇んで 39 自分の 38 いた 37 いること, 落ちて 36 一種の, 残って 31 寝て, 残して 30 いなかった, 私の, 集まって 29 あったの 28 人間の, 横たわって 27 人が, 倒れて, 突っ立っ 26 何かの, 書いて, 見えて 25 身を 24 あると, いる, 並んで, 足を 23 うずくまって, すわって, 働いて, 現われて 21 控えて, 立ちすくんで 20 たたずんで, 於て, 立ったまま 19 あります, あること, ゐるの, 姿を, 或る 18 あって, 一軒の, 坐つて, 居るの, 眠って 17 しゃがんで, じっとし, 描かれて, 気の, 潜んで 16 ころがって, なると, 人の, 日本の, 腰かけて, 転がって 15 いたか, 何を, 多くの, 持って, 気がついて, 私は, 行くと, 行って 14 かかって, なかった, 目を, 立つと, 隠れて, 集って 13 何が, 作者の, 彼は, 突立っ

12 [12件] あるので, 並べて, 二つの, 二人の, 休んで, 何の, 彼らの, 手を, 横に, 止まって, 生えて, 立ちつくして

11 [12件] いると, いるよう, 人生の, 今日の, 女の, 始めて, 残されて, 流れて, 生きて, 生活の, 置かれて, 語られて

10 ありました, あるという, いるお, かくれて, そうし, ついて, つっ立って, 佇んだまま, 書かれて

9 [34件] あるよう, いるん, いる人, いる人々, いる者, いろいろの, おいでの, かけて, して, たおれて, たくさんの, 僕の, 入って, 出して, 到達する, 問題が, 在るの, 居たの, 座って, 彼を, 彼女の, 待たせて, 待つて, 暮して, 気がついた, 現われたの, 真の, 積んで, 突っ立った, 膝を, 見えた, 連れて, 非常な, 顔を

8 [27件] あるから, あるん, いらっしゃるの, お前の, きて, その人, ない, ひとりの, 一本の, 二人は, 人間が, 以前の, 動いて, 在るもの, 多少の, 居合は, 感じた, 止って, 浮いて, 滞在し, 現われた, 留まって, 眼を, 立ちどまって, 立ち止まって, 繋いで, 近づいて

7 [28件] あなたの, ある物, いる間, おかれて, なければ, はかの, 一個の, 何等かの, 兄の, 入れて, 含まれて, 存し, 屈んで, 屯し, 彼等の, 待ち受けて, 昔の, 木の, 本当の, 浮んで, 現はれ, 着いて, 立てかけて, 立てて, 腰掛けて, 自分を, 預けて, 黙って

6 [54件] あった椅子, あり, ありありと, あるが, ある一つ, ある筈, いない, いるか, いる人たち, いれば, おいて, かたまって, そうやっ, とどまって, ならんで, ひざまずいて, ぼんやりと, ゐて, 一ぴきの, 一泊した, 一艘の, 仆れ, 住むこと, 何かが, 何等の, 例の, 倒れたまま, 出かけて, 出来て, 坐りこんで, 女が, 妙な, 寝ころんで, 居た, 居て, 居るか, 居ること, 居ると, 屈みこんで, 投げ出して, 据えて, 描いて, 死んで, 気がつくと, 気が付いて, 父の, 現代の, 石の, 美を, 自然の, 興味を, 芸術の, 見ると, 誰かが

5 [83件] あった大きな, あらわれて, あるだけ, あるといふ, あるは, あるはず, あるやう, いくと, いては, いました, いませんでした, いるから, いるという, いろ, いろいろな, いわゆる, おいで, おいでに, さっきの, ずらりと並ん, それが, ぢつと, つけ込んで, とまって, のこして, へたばって, また一つ, もって, われわれの, 一の, 一脈の, 三人の, 佇立んで, 住む人々, 何にも, 別の, 口を, 咲いて, 在る, 坐ると, 大きな花, 存在する, 少しでも, 居る姥, 帰って, 店を, 影を, 微妙な, 心づいた姫, 我々の, 持ち出した, 支配する, 敷いて, 旅の, 根を, 止めて, 歴史の, 気を, 泊って, 泊めて, 泣いて, 泣き伏して, 溜って, 溢れて, 現はれた, 現わ, 神の, 私が, 立ちすくんだまま, 立ちどまった, 立つたま, 立てば, 立止っ, 置いたまま, 見える, 見えるの, 見て, 見られた, 見出した, 見出したの, 誰か, 釘づけ, 隙が

4 [160件] あったが, あったと, あらわれたの, あるか, あるその, あるとは, あるに, あるよ, ある椅子, ある籐椅子, いたが, いたと, いつまでも, いないの, いるかの, いるはず, いるもの, いる女, うづく, かがんで, くっついて, この, ござるの, さうし, つったって, つっ立ったまま, つとめて, つやつやした, つれて, なんらの, ねて, はた, はっきりと, ひそめられて, ふたりの, まざまざと, やってきた, やつて, ゐたの, ワケが, 一人で, 一切の, 一匹の, 一台の, 一対の, 一抹の, 一泊し, 一筋の, 一縷の, 不思議な, 両手を, 主人の, 他の, 仰向けに, 佇立し, 住まって, 住む, 住む人間, 何らか, 作家の, 來て, 倒れた, 僕は, 先刻の, 先生の, 勤めて, 君の, 君は, 坐った, 坐ったまま, 坐る, 変な, 大勢の, 天然の, 奇怪な, 存在の, 寝かして, 寢て, 少しの, 少しも, 居る, 居並んで, 建って, 彳んだ, 彼が, 彼女は, 待たして, 待ち構えて, 待合せて, 心を, 思いも, 意外な, 愛の, 感謝が, 我々は, 戻って, 抜かりが, 抜かりは, 掛けて, 文学の, 時代の, 有名な, 根ざして, 様々な, 横たえて, 横は, 残るもの, 気がつかなかったの, 気がつきました, 氣が, 求めて, 沢山の, 無かった, 無理が, 無限の, 父は, 特別な, 現れた, 現れたの, 現れて, 生命の, 男が, 異様な, 発見する, 登って, 目の, 相当の, 私たちの, 移ると, 突つ立つ, 突立って, 立ちすくんだ, 立ちながら, 立ち尽くした, 立った, 立ったの, 籠って, 続いて, 網を, 置いたの, 聞えた, 聳えて, 自己の, 至って, 芽を, 茫然と, 落ちついて, 表現され, 見えます, 見せて, 見られるの, 見出して, 謎が, 跪いて, 蹈み, 逗留し, 金の, 陥って, 飾って, 鳥捕り

3 [298件] あったから, あったもの, あった一本, あった庭下駄, あった新聞, あった草履, あつて, ありその, ありや, あるだらう, あるでは, あるベンチ, ある世界, ある人間, ある石, ある美し, あれば, いたかと, いた人たち, いても, いないかの, いないこと, いないもの, いますよ, いまは, いるじゃ, いるすべて, いる三人, いる伸子, いる四人, いる男, いる私, うごめいて, うつって, おいた, おいたまま, おいででした, おいでです, おのれの, おります, お祭でも, がんばって, ぐずぐずし, ぐったりと, こめられて, こもって, さまざまの, しがみついて, しばらく立っ, じっと立っ, すべてが, すわった, すわり込んで, その姿, それを, つっ伏して, つないで, とぐろを, とじこめられて, なにか, なんの, のこしたまま, ひそんで, ふしぎな, ぶつかって, ぼんやりし, また一種, また別, また新, もう一つ, もう一人, やすんで, ゆくと, よいところ, りっぱな, わたしの, アパートが, ジッと, パッと, 一宇の, 一枚の, 一点の, 一箇の, 二階へ, 人生を, 人間としての, 人間を, 人間的な, 今まで, 伸子の, 佇んだ, 住むの, 住む人, 住む者, 体を, 何も, 何らの, 來る, 俯伏し, 偉大な, 働きかけて, 僕を, 元禄の, 充満し, 先祖の, 入つて, 入り込んで, 入れられて, 入れるの, 共通な, 凝固し, 凭れて, 到着した, 到着する, 到達した, 包まれて, 区別を, 半身を, 危険が, 取りついて, 取り残されて, 吊して, 名状の, 向って, 呉葉が, 問題の, 四人の, 在ったの, 在つた, 在ること, 坐らせて, 坐りこんだ, 坐り込んで, 夏の, 大きな木, 大変な, 天の, 天才の, 如何に, 妻の, 子供の, 宗教の, 宿って, 寄って, 寝泊りし, 寝込んで, 小さな五六人, 尻餅を, 居るん, 居合した, 屈みこんだ, 川が, 差別が, 干して, 平伏した, 幾分の, 彳んで, 彼女が, 彼女を, 忍んで, 思想の, 感じたの, 感じられるの, 感ぜられた, 戯曲の, 投げ出されて, 抜かりの, 挟んで, 捨てて, 掛かって, 文化の, 於いて, 日本人が, 映って, 映る自分, 時あり, 時間的な, 来た, 来たの, 来ると, 根本的な, 根柢を, 棒の, 棲んで, 横た, 横にな, 欠けて, 残された, 母が, 母親が, 気が, 気がつかないの, 永劫に, 沈めて, 泊った, 泊りました, 泊ること, 泣きくずれました, 深い意味, 源を, 漂って, 火星の, 灰色の, 点々と, 無量の, 父と, 特別の, 特殊の, 独特の, 生れて, 生活し, 用意し, 田舎の, 男の, 番を, 疑が, 発見される, 白いもの, 盛られて, 目標を, 矛盾が, 示されて, 秘密が, 秘密の, 穴が, 穴を, 突如と, 立ちはだかって, 立ちました, 立ち停まって, 立ち到つたの, 立ち尽くして, 立ち尽して, 立ち止って, 立ち止まったまま, 立ったり, 立ってるの, 立つ, 立どまれば, 立尽し, 立派な, 立盡した, 竝べて, 笑って, 第一, 第二, 筆を, 精神の, 純粋な, 紙が, 綺麗な, 置いた, 脱ぎ捨てて, 腰かけたまま, 自然と, 至るまでの, 若干の, 落ちつくの, 落着い, 落着く, 蔵され, 血の, 行くの, 行儀よく, 見えなかった, 見えると, 見た, 見つけた, 見ながら, 見られるもの, 見る, 見るの, 見出したもの, 見出すこと, 記して, 誰やら, 貼られて, 起って, 踏みこんで, 蹲って, 載せて, 近づくと, 過去の, 達するの, 重大な, 開いて, 限って, 陣取って, 陳列し, 階級の, 隠されて, 隠して, 集った, 集まった, 集めて, 顏を, 髪を, 鴎外の

2 [964件 抜粋] あいつの, あたかも西洋人夫婦, あったくわを, あったので, あったものの, あった人形, あった石, あった箒, あらずして, あらはれて, ありそう, ありますその, あり何, あるかも, あるだけの, あるとしても, あるべきはず, あるテーブル, ある他, ある各, ある多く, ある大きい, ある小, ある小舟, ある戦車, ある書物, ある橋, ある水薬, ある現実, ある社会生活, ある腰掛け, ある茶碗, ある長, いくらかの, いたかった, いたって, いたもの, いた一人, いた人々, いた番人, いた者, いつもいる, いなかったので, いなければ, いるとも, いるよ, いる君, いる女たち, いる筈, いる老, いる連中, うずくまった, うずくまりました, うつすり, うッ, おちついて, おでこで, おるの, おれば, お出でに, お島, お松の, お秀, お詣り, かがみこんで, かすかな, からだを, きれいな, こだわって, この二つ, これらの, ころがりました, こんもりと, ござる, ごろりと横, ささやかな, しまって, しまつて, しょんぼりと, じっとたたずん, じぶん, すきが, すべてを, ずっといる, そのまま凍らせ, その要点, たたずんだまま, たった一人, たまって, ちやんと, ちよつと, ぢつ, つけこむ魂胆, でて, とどまっては, とどまること, とりのこされて, ないという, ながめて, ながる, なにを, ぬかりが, のこって, のって, はいれば, はたらいて, ひかえて, ひっかかって, ひとりで, ひらいて, ひらけて, ひろいひろい展望, ふくまれて, ほって, ぼくの, ぼんやりつっ立っ, まさしく折葉さん, またこの, また人間, また希望, みえて, みること, やってきて, ゆかは, れいの, われ等の, ゐたか, ゐた人々, ゐた男, ゐること, ゐるので, ゐる人達, ゐる教師たち, ゴロゴロし, トリックが, ドツカと, ボーイが, モスク, 一二軒の, 一人ぎりになると細木夫人は, 一味の, 一条の, 一段の, 一羽の, 一致した, 一軒ある, 一道の, 三年の, 上半身を, 下って, 不動の, 不安が, 不満を, 並べられたの, 中学の, 主点を, 乗って, 予期した, 二人とも, 二羽の, 二頭の, 云ふ, 人らしい, 人間性の, 今は, 仏教の, 仰向きに, 休息し, 住う, 住む人たち, 住もうと, 住居を, 何しとる, 何となし, 何とも云え, 何事か, 何物かが, 何等か, 作者は, 使われて, 修業時代を, 個人的自我の, 個性の, 停滞し, 働く労働者, 儼たる, 入るもの, 全体の, 全精力, 共通する, 写って, 出した, 出入りする, 出席した, 出迎えて, 列んで, 判然たる, 別莊, 力が, 加って, 効果が, 十個の, 午後の, 原因が, 及んで, 反映し, 取り扱われて, 台所道具が, 名譽心, 君と, 吾, 哀しくなすり出される, 喜びの, 喬之, 四つの, 四五本の, 四角な, 土地の, 在ると, 在来の, 坐つたま, 埋めたの, 塵が, 声を, 多計代, 大きく開いた, 大きな姿見, 大きな石, 大穴が, 奉仕する, 女を, 女性の, 姉の, 嬰児の, 字でも, 存在した, 学生の, 安住の, 安置した, 定住する, 客の, 家が, 家を, 宿を, 宿泊し, 寝かせて, 寝そべって, 寝ると, 寝床を, 寺の, 将来の, 尽きて, 居ない人, 居る人, 居合せた私, 居合わしたもの, 展げられ, 属して, 山猫が, 巣喰う, 工藝の, 差が, 己れ, 帰する, 常葉が, 平和を, 幸福が, 幾個かの, 幾日でも, 座を, 座蒲団が, 弟の, 強烈な, 影の, 彼自身とも, 待ちうけて, 御厄介, 御米, 微笑する, 心の, 必然の, 怒の, 思念された, 恐ろしいもの, 悩みが, 悲哀が, 想像し, 意外にも, 感じて, 感じる, 感情を, 懸けて, 成立した, 或る動かし, 房一は, 手が, 手足の, 投げ出しました, 拠って, 捕われて, 据えつけて, 描かれた事実, 放り出して, 散らばって, 整列し, 文学が, 新しい生活, 新たな, 新鮮味が, 於ては, 日本文学の, 日本精神の, 昂然と, 明らかに, 映つて, 時の, 暗示され, 暫く足, 曾て, 机を, 来るべき工藝, 東西文化の, 柔かな, 根拠が, 棄て, 棲むの, 槇の, 歓喜が, 止まること, 止めむか, 死が, 残つてゐ, 殘る, 毎夏, 気がついたの, 気がつかずに, 気がつかなかったん, 気が付いたが, 気づくと, 求めなければ, 池が, 沈んで, 沢山な, 泣きふして, 泣き崩れて, 浚けだし, 浮き出して, 淀んで, 深刻な, 渦まいて, 温かく活きる, 滞らない彼ら, 漂泊の, 潜むでは, 火を, 火災を, 無数に, 無理に, 父様は, 物を, 犬の, 独特な, 獅子の, 現はれる, 現代人の, 理想主義の, 理由が, 生まれた, 生命を, 生活を, 甲斐が, 留守居する, 疑いの, 病気の, 発見された, 発見した, 登場する, 皇室の, 盲目の, 相互的な, 看護婦が, 眠れども, 眼に, 着くと, 瞑想と, 知った顔, 石で, 確かに, 社会の, 神様を, 私たちは, 秘められて, 移る事, 積まれて, 空いた椅子, 突立った, 突立つてゐた, 立たせられた, 立ち並んで, 立ち竦んだ, 立ったと, 立っちゃ, 立てこもって, 立派に, 笠を, 純粋の, 結晶した, 絡んで, 絵の, 置いといて, 置かれたまま, 置きっぱなし, 置くと, 美しい山, 群がる釣師, 老母は, 聊かの, 脱ぎ棄て, 自分が, 自分と, 自動車の, 自然生活方法が, 自由な, 興味の, 舟を, 色々な, 色の, 草の, 草葺の, 草鞋を, 華麗な, 落ちついた, 落ち散って, 落付い, 蒲団も, 蛙が, 行かうと, 行くが, 行く途中, 行つた, 行燈が, 裁判官の, 複雑な, 見えない, 見えなくなって, 見えるじゃ, 見たの, 見ゆるその, 見られるから, 見られる多種多様, 見られる自然, 見事な, 見出さずに, 見出されるもの, 見出すと, 見張りを, 触れて, 誇りを, 誤算が, 論理の, 貴方がたの, 赤い旗, 起きて, 起った, 起臥し, 踊が, 転が, 近いところ, 近所の, 退場し, 通ったの, 造り上げようと, 進歩が, 運命の, 選択の, 酒の, 重ねて, 重点を, 金色の, 鉄の, 鉄格子が, 間違いは, 限りなき, 随分無理, 集つてゐた, 集められて, 集合し, 震えて, 露路が, 面白さ, 面白味も, 飛びこむと, 飾られて, 首を, 馬は, 馴染の, 駆けて, 高札場が, 魂を, 鴨が

1 [10054件 抜粋] ああいう, あだめいた女, あったらしく大きく, あったピンヘット, あった吾妻下駄, あった手おけ, あった画仙紙, あった花屑, あった関羽軍, あのがりがり, あまり注目, あらわれた, ありて, あり町, あるため, あるらしい容子, ある一種, ある低い, ある問題, ある宝石, ある幾つ, ある抽出, ある松の木, ある河中, ある皮椅子, ある紙, ある薪, ある鉈, ある首級, いい貝床, いくらか変った, いたたまらず脱走, いたらしく二つ火鉢, いた仲間, いた巡査部長, いた筈, いっそうの, いない先輩, いひあら, いよいよ御影石, いられなくなる, いるだれ, いるよりは, いる作兵衛爺, いる女給さん達, いる幾十万, いる母君, いる美しい, いる間抜め, いわゆるカント, うそも, うつる影, おいでかと, おきながら, おちつくよう, おのずから性格, おらるる使者, おりませんでした, おろして, お在の, お置き下さい, かえるは, かけつけ自ら, かなり永く, がんばつて, きわめて平凡, ぐうぐうと云う, こごんで, この作者獨自, この民衆, こもつた, ございます, さし出して, しかも釘抜自身, しばらくじっとし, しや, じっと腰, すっかり喜ん, すわってるの, せめてもの, そのままたっ, その恋, その齒, たしかにあった, ただ御新造, だいたいは, ちゃんと四俵, ちんまりと, つくって, つづく鋭い, つよさ, とじこめられ七日, とめの, どす黒い水, どんな光, ないと, なく何, なにか重大, なんとなく稜々, ぬかりはござりませぬ, はいったの, はじまって, はびこるの, ひき込もうと, ひどく顔色, ひッ, ふたりを, ぶらりと下っ, ほうり込んで, ぼくは, まじわった若い, また人, また擲, また相, まだこの, まっしろに, まん中に, みる以上, めぐり合ったという, もう喰, もつと, やって来たの, やはり記録, ゆるんだ個所, わが子を, われわれは, ゐた爺, ゐるぢ, ゐる娘たち, アメリカ的実務性に, エイリイが, キングと, サの, ジュリアス・ケイ・ブレインの, ソヴェトの, デモクリトスの, ニコニコと, パークし, プラグマチズムの, ポツンポツンと, モオパスサンの, ルチアノ一味が, 一つも, 一二滴ずつ, 一人永久に, 一団かしこに, 一座の, 一本仕とげた, 一疑問が, 一艘つない, 一音階上の, 三ちやんといふ, 三時半まで, 下位子房が, 不手際に, 世界地図の, 並べ直したがらもの, 丸められた汚, 乾されて, 事実が, 二列に, 二棟ほどの, 五六人いる, 交じって, 人形でも, 人間にたいする, 今ある, 仏弟子の, 仮りの, 休ませるかの, 伸子が, 住ませて, 住むかと, 住む海賊蘇, 住んでる人, 何だか落付, 何やら霧, 何時までも, 作り出しそうして, 侍女や, 信仰の, 個人的な, 値うちが, 偽善が, 働く人々, 充ちた群集, 光と, 入らんと, 入院する, 八畳の, 兵員を, 円髷が, 冬ごもりを, 出され決められるの, 出品し, 出陳され, 初めてほんとう, 到って, 刻まれた数字, 加つて来る, 動機が, 医すべからざる惨めさ, 十坪の, 半円を, 単独の, 厳めしく並ん, 又野の, 反省あり, 取り扱われるもの, 古い道標, 可怖い, 合成した, 同時存在的に, 向かないの, 吾国の, 呼び寄せたり, 哀れな, 商会の, 嗟嘆を, 四国八十八カ所に, 固くなっ, 土田さんの, 在り同時に, 在る火山, 坐ったなり, 坐りつづけて, 埋めら, 塩沢丹三郎が, 夕日が, 夜どおしで, 大きい岩, 大きな大きな無数, 大きな火鉢, 大きな錯誤, 大勢腫物の, 大次郎の, 天井から, 奇矯を, 女達の, 妻や, 姫鱒が, 嫉妬が, 孤独な, 安っぽい花模様, 安静に, 実さんの, 客待ちを, 宿る者, 寄寓し, 寝そべり眼, 寢せ, 導いて, 小さなプロペラ, 小さな蜂, 小林君自身の, 小鼓が, 尻曲りの, 居たこと, 居ても, 居ります, 居る君自身, 居る警官, 居合せた宿屋, 居合わせたならどっち, 居寤清水, 展けて, 山崎宗鑑とか, 嵌つて, 差別待遇を, 帯の, 平べ, 幼少の, 広いあき地, 庭を, 弁証法的論理が, 引っかけたかという, 張られて, 当の犯人, 彦太郎が, 彼等が, 待ち望むこと, 御座いません, 心意の, 必要だった, 念誦し, 思ひがけ, 怪塔王を, 恐ろしい罠, 悪霊が, 惑うて, 意義が, 感じるだけ, 慰安, 成立つ共同, 戦争絵が, 扇子唐紙などを, 手練手管とかいう, 托す下, 投げ出されてる一塊, 折助存在の, 拘束せられる, 持ち上がりました, 捉えられる夢, 掃掛け, 掲げられた体温, 揚がって, 放った, 教養の, 数年まえ, 文学, 新しい世代, 新しい結晶, 新時代的, 於てこそ, 日を, 日用品や, 明智が, 映るもの, 時刻の, 暗雲が, 曲者の, 書きつづられて, 最も崇高, 有りやと, 望みなき, 木箱を, 朱で, 来た奴, 東京から, 林之助を, 栄える, 桜を, 植った, 横あいから, 横穴の, 次代へ, 止むを, 武士の, 歸つて行つた, 残し開口, 殘つて居る, 民國の, 気がつきさえ, 気付いて, 水神社と, 永遠の, 沈み込んで, 泊つて居た, 泡鳴の, 泳ぎ又, 流るる稲, 浅薄な, 海竜王寺という, 深々と, 深く自己自身, 渦巻き展開, 満ちあふれて, 漂うて, 漲らせた, 瀞場の, 点出し, 無謀が, 燈籠の, 牝虎あり, 狂って, 献身し, 現れたこと, 現われかけて, 現世で, 理論が, 生える雑草, 生じた現象, 生れた作者, 生活的ルンペン性が, 甲乙二句一つ一つとは, 留まりそれ, 疎開し, 痩せた身体, 白, 白熱した, 監房が, 相剋が, 真昼の, 着いた以上, 瞳を, 砂を, 確実な, 神, 福田井村氏が, 科学的の, 移り住むこと, 積み重ねた材木, 突っ伏して, 窺えないから, 立ちどまるだけ, 立ち働く若い, 立ち止まりながら, 立ち階段, 立ってるじゃ, 立てられた, 立寄って, 端座された, 築ける壘壁, 粘土を, 純粹, 細い藁縄, 結びついて, 絶好の, 縁なき, 繋綱って, 置いた儘, 置きて, 美しい渓谷, 羽織袴の, 考慮の, 聴くこと, 胎土が, 腐ったよう, 腰高障子が, 自ら大人の, 自動救護信号送信機が, 自身の, 至れば, 良質の, 芳一を, 若い二疋, 苦しげ, 草家葺き, 菰を, 落ち付くこと, 落着かせなかった, 葬儀人夫二人が, 薄い墨, 虎杖の, 蟠まって, 行きつくまえに, 行けるの, 行われる労働, 表現を, 覆いかぶさって, 見えた微笑, 見える日, 見たその, 見ようといふ, 見るべし英邁, 見出されるよう, 見張り所を, 見落すこと, 親類の, 言及され, 評論あらむ, 認めたよう, 誘ひ入れると, 説かれて, 誹謗を, 警戒本部が, 貸し長屋, 走った, 起るか, 跨つて, 踏みとどまれば, 蹲踞っ, 転げ込むん, 辛抱し, 近づくもの, 迷って, 逗留する, 造りつけて, 遊び暮す, 道化師らしい, 違いなかった, 郵便脚夫が, 酸漿提灯を, 野宿に, 金蔵老人が, 鋭き矢, 鎮座した, 長まっ, 閉じこめられたまま晩飯, 開花しよう, 降されるの, 陶器の, 隠れはいろうと, 集った湯上り, 集まった宝石, 集まる客, 集中させた, 雜つて出, 霊力を, 青嵐という, 面白い矛盾, 頓着の, 風吹く, 食器に対しての, 香気の, 駈け付けた仲間, 高く積み上げ, 鬻ぐは, 鶴が, 黒く湧い

▼ そこ~ (10256, 15.6%)

225 行くと 196 行って 135 来て 79 持って 68 出て 64 入って 52 もって 48 はいって 46 腰を 44 ゆくと 43 気が 38 来ると 37 顔を 34 置いて 32 いくと, 一人の 29 帰って 28 坐って, 飛んで 26 寄って, 手を, 行くの 24 もつて 22 いって, 女中が, 行けば 20 足を 19 来たの, 連れて 18 姿を, 移って 16 つれて, 倒れて, 持つて 15 不意に, 坐れ, 私が, 身を, 近づいて, 運んで, 集まって 14 戻って, 膝を 13 出かけて, 行った, 訪ねて, 這入って 12 二人の, 例の, 取り出して, 彼の, 残して, 私は, 降りて 11 出して, 向って, 行くこと, 通りか 10 下りて, 案内し, 私の, 行くには, 遊びに, 駈けつけて

9 [11件] 今の, 付け込んで, 口を, 坐った, 来た, 現われたの, 現われて, 目を, 立って, 行こうと, 逃げて

8 [12件] あなたが, かけつけて, しゃがんで, 何か, 出掛けて, 往って, 投げ出して, 横に, 歩いて, 水を, 登って, 自分の

7 [16件] お掛け, ひとりの, バタバタと, 上って, 今度は, 他の, 入れて, 取り出した, 君が, 折よく, 持ち出して, 泣き伏して, 現れたの, 行く道, 表から, 近所の

6 [30件] おいて, お民, かけて, はいると, やつて, 一台の, 並べて, 今度の, 入つて, 入ると, 出入りする, 向うから, 坐り込んで, 或る, 村の, 気がついたの, 気がついて, 父が, 着いて, 着くと, 置くと, 自分が, 自分を, 落ちて, 行くん, 行ったこと, 電話が, 電話を, 静かに, 飛び込んで

5 [56件] あらわれた, うずくまって, おいでに, おかけ, お前が, お掛けなさい, きて, くると, たずねて, だしぬけに, とびこんで, のっそりと, ひょっこりと, また, もう一人, ゆけば, バラバラと, 一緒に, 二三人の, 兄が, 先生が, 出した, 出ると, 取出された, 取出した, 右手の, 坐つて, 奥から, 家の, 寝て, 尋ねて, 座って, 彼は, 息を, 扉が, 持ち出した, 持ち運んで, 挨拶に, 来た時, 来合, 気の, 火を, 番頭が, 眼を, 置いた, 考えが, 膳を, 茶を, 行くまでに, 行ったの, 行っては, 行っても, 誰か, 通って, 釘づけ, 集って

4 [75件] あなたを, お坐り, お母さんが, かけこんで, かけよりました, きたの, ごろりと横, さっきの, すわって, つけこんで, とんで, ふいに, また一人, やって, やってきました, やって来たの, やって来て, 一つの, 一匹の, 上ると, 下手の, 下男の, 人が, 今一人, 何の, 來て, 倒れた, 入り込んで, 出た, 別の, 前の, 半蔵が, 参って, 又一人, 取出して, 囮鮎を, 大勢の, 奥の, 婆あ, 婆やが, 子供を, 廊下を, 戻つて, 捨てて, 掛けろ, 播かないと, 散歩に, 日が, 来たとき, 来るなり, 案内された, 次郎が, 母親が, 気がついた, 気を, 清が, 現れて, 疾風の, 着いたの, 私を, 移った, 突っ立っ, 立つて, 行こう, 行ったが, 誰かが, 車掌が, 這入つて, 通ふ, 通りかかったの, 通りかかって, 隠して, 頭を, 馬を, 駈けて

3 [167件] あたふたと, いっても, うづく, おくと, おりよく, お今, お客が, お春, お父さんが, お移し, お絹, お茶を, お通, お銀様, かけなさい, かよって, ご案内, せい子が, たおれて, つっ立って, でて, とまって, のぼって, ばらばらと, ふらふらと, へたばって, ほかの, また他, もどって, やって来た, やって来ました, やって来るの, らくが, わたくしは, わたしを, 一人が, 一人で, 一羽の, 丁度お, 三吉が, 上がって, 下ろして, 下女が, 下宿の, 並べた, 主人が, 主人の, 乗り込んで, 二台の, 二階から, 人間が, 使者が, 僕が, 入った, 出すと, 到着し, 到着した, 到着する, 又ひとり, 名探偵, 向いて, 坊ちゃんが, 坐ると, 城を, 夕陽が, 外から, 女が, 女の, 妙な, 姉が, 姉の, 娘が, 婆さんが, 婢が, 宿の, 小女が, 少年が, 山の, 店の, 引っ越して, 引出された, 引移った, 彼女が, 彼女の, 御案内, 忍び込んで, 忍んで, 扉を, 投げこんで, 投り出し, 投出して, 抛り出して, 掛けたまえ, 掛けて, 日本人の, 最前の, 来ました, 来合わせたの, 案内した, 案内する, 検事が, 歩み寄って, 母が, 泊って, 泊めて, 泊りました, 泊ること, 潜って, 玉子の, 現われました, 男が, 男の, 目の, 看護婦が, 着物を, 私に, 私も, 移つた, 突如と, 立つと, 笑いころげた, 第三, 素子が, 給仕が, 置いたまま, 胡坐を, 腰かけて, 若い女, 荷物を, 落着い, 行かねば, 行きは, 行くため, 行くまで, 行くよう, 行く時, 行く途中, 行った時, 行っちゃ, 行ってから, 行つた, 行つて見る, 走って, 跪いて, 迎えに, 近づくと, 迫って, 進んで, 運ばれて, 酒を, 金椎が, 鉄の, 附け込んで, 降って, 隠れて, 隣の, 集まつて, 雪が, 電話の, 頼って, 飛びこんで, 飛び降りて, 馳け, 駆け寄って, 駈けこんで, 駈け寄って, 駈け込んで

2 [556件 抜粋] あが, あがると, あがるには, あとから, あなたの, ある事件, ある日, いく, いくん, いけば, いつて, うずくまりながら, おあつらえ, おきみ, おつ, おふくろと, おまわりさんが, おりて, おれが, おろして, お仙が, お光, お八重, お出でに, お坐りなさい, お宮は, お島, お掛けくださいまし, お松が, お種, お立ちに, お節は, お蝶, お連れ, お關, お雪, お鳥, かけつけました, かけよって, からだを, きた, ここの, こっちから, この俺, この国, この家, この物音, この言葉, ころがして, ころがしました, さし置い, しゃがみこんで, しゃがみ込んで, しやが, すべって, すわった, すわると, ずかずかと, その子, たどりついて, つかつかと, つけた, であった, どかどかと, どこかの, どこから, どこからか, どたどた, ぬつと, のこして, のつ, はいること, はいるの, はこばせて, ひざまずいた, ひよつくり, ぴたりと, へたへたと, べつの, ほうりだして, ほうり出して, ほうり出すと, またこの, またひとり, また二, また私, また電話, もう一匹, もう一本, もう女房, もどること, やってきたの, やってきて, やろうという, れいの, わざわざ案内, わたしは, カムポスが, ジッと, セエラが, チヨ子が, トランクを, ドアが, ドヤドヤと, ヒョイと, マリ子が, ミンチン先生が, 一ぴきの, 一インチ一インチと, 一度も, 一条の, 一足おくれ, 丁度わたし, 丁度ボオイ, 丁度外から, 丁度好く, 丁度虔十, 三も, 三人を, 三四人の, 三郎が, 上り込んで, 上手の, 下から, 下の, 下流から, 両刀を, 両手を, 両腕, 並んで, 中年の, 乗りこんで, 乗出して, 二人が, 二十四五の, 二番目の, 五六人の, 人の, 人を, 人間の, 仆れ, 今満身血まみれの, 付込んで, 以前の, 件の, 伝六が, 住む事, 何も, 余の, 作者の, 使いに, 使って, 來る, 倒れかかりそう, 偶然まぎれ込み, 偶然自動車を, 傍の, 僕を, 僕等を, 僮子が, 先刻の, 先廻りし, 入りびたって, 入れた, 入ろうと, 入浴に, 内務省と, 内地から, 冴えない顔つき, 出かけるの, 出たの, 出なければ, 出るの, 出來, 出張って, 刎ね, 列車が, 初さんが, 別な, 到達する, 動いて, 勘次が, 医者が, 千鶴子が, 半透明, 南の, 卵を, 卸して, 参られたは, 参詣を, 又その, 叔父さんが, 取次の, 古田老, 召使の, 同心の, 向うの, 向けて, 向こうの, 君江が, 呂布の, 呼ばれて, 呼び出された, 和一郎が, 哭き伏した, 四十恰好の, 四方の, 地震だ, 坊さんが, 坊ちやんも, 坐ったまま, 坐りこむと, 坐りこんだ, 坐るなり, 坐るの, 夕飯の, 外, 外の, 多くの, 夫が, 奥様が, 女将が, 女房が, 妻子を, 姿が, 家令の, 家来が, 宿を, 寄った, 寝かして, 寝台車の, 寺僧が, 尊氏の, 小林少年が, 小母さんが, 小間使いの, 尻を, 崖の, 巡査が, 工場から, 左の, 左手から, 左手の, 帰ること, 帰ると, 帰るの, 幸次郎が, 床几を, 廊下の, 引き倒して, 引越して, 当時の, 彼が, 彼も, 彼を, 往くと, 往くには, 往ってから, 待たせて, 後から, 後戻りを, 御捨て, 御殿を, 急いで, 恰度ひどく, 悦子が, 成都から, 手伝に, 手紙を, 打ち捨てて, 投げすてて, 投げだすと, 投げ出すこと, 押しかけて, 拙者も, 持ち出すの, 持ち運ばれた, 指して, 指を, 掛けては, 掛けなさい, 掛けると, 提灯を, 揚幕から, 放り出したまま, 敵の, 新しい垢, 新たに, 新米の, 明智と, 昨夜の, 朱が, 杖を, 来かかったの, 来かかると, 来た酒, 来てから, 来ては, 来る, 来るが, 来るまでの, 来る前, 来る途中, 来れば, 来合して, 来合せた円タク, 来合わせて, 杭を, 東山道軍の, 松明を, 林の, 案内したい, 案内します, 案内しよう, 案内しろ, 案内も, 案内を, 模造品を, 横倒しに, 次の間から, 正三君が, 正勝が, 正太が, 正賓は, 武蔵が, 歸る, 段六が, 母と, 毎夜忍ん, 気づいて, 水が, 氷峰が, 汽車は, 泊った, 泊り込むこと, 泣き倒れて, 流して, 流れ込んで, 清二の, 火が, 無理に, 燭台の, 玄関が, 玄関の, 現れた, 現われた, 田山白雲が, 町の, 町子と, 病院から, 登ると, 白い服, 皺だらけな, 相手の, 着いた, 着いたとき, 着いた時, 着いてからも, 着きました, 着く, 着くまでの, 石を, 移した, 移して, 移ってから, 突っ立った, 突つ伏し, 突ッ立った, 突然あの, 突然鳴り出した, 突立っ, 立ちすくんで, 立ちどまった, 立ち廻って, 立ち止った, 立ったの, 籐の, 紅毛人の, 納めに, 素人が, 継母の, 続いて, 置いたまま崖, 置きっぱなし, 置きました, 置き去りに, 置き捨てて, 置くなり, 置くの, 老女が, 背の, 胡座を, 胸の, 腰掛けて, 腹ばいに, 腹心の, 自動車を, 舟を, 英語を, 茶道具を, 菊子が, 落ちついて, 落着いた, 葉子が, 薪を, 蛸樹の, 蝋燭の, 行かずに, 行かなければ, 行きますから, 行きますが, 行きますて, 行きますと, 行き着くの, 行く, 行くが, 行くて, 行くという, 行くなあ, 行くまでの, 行く事, 行く前, 行く道筋, 行けと, 行つ, 街の, 街道の, 表の, 裏口から, 襖を, 襲せ, 見えて, 見て, 見当を, 話し込みに, 誰の, 調べに, 警官が, 警視庁から, 警視庁の, 赤坊を, 起きて, 越して, 足の, 足音が, 踏み込んで, 蹲って, 蹴倒しました, 車の, 辰男は, 近よって, 近寄って, 追いついて, 送って, 逃げ込んだ, 逗留し, 這入つて行, 這入ると, 通ったの, 逢いに, 運び込んで, 運わるく, 遠足に, 遣って, 遣つて, 遽に, 郵便が, 金の, 金を, 釣りを, 長兄の, 門の, 門内奥山上より, 門野が, 開いたまま, 隣家の, 集った, 集まった, 集中し, 雪の, 電報が, 電車が, 面を, 須々木乙彦が, 額の, 顔の, 風が, 飛びこんだ, 飛び出したの, 飛出して, 首を, 馬が, 馬の, 馳せて, 駈けあがって, 駈けつけたの, 髪の, 髪の毛の, 髪を, 麦を

1 [5635件 抜粋] ああいう, あたかも山椒, あなた夜に, あの男, あや子が, ある時讃岐, いかにも同情, いきましたの, いけるよう, いったの, いて, いよいよ自分, うち倒れ, おいた, おかえりに, おけい, おそく酒宴, おばあさんが, おもち, お京, お前さ, お呼び出し, お子さまたちが, お懸けなさい, お母さまも, お祖母さんと, お腰を, お誓, お鎌, かかるなり, かけだして, かけろ, かの米国婦人, がら, きた院長, くずおれて, こ, この一件, この妙, この風波, ころがすと, ご籠城, さしかかって, さそい出した, さわぎを, しどけなく乱れた, しゃがみこんだ十夜頭巾, じかに, すぐ後, すわらせて, せいよ, その二つ, その筋, たおれかかる, たどり着いて, だれかが, ちょうど友だち, ちょうど筏, ちょっと寝た, ついたので, つくよう, つつじの, ときすてたま, とび出して, どっかと, なにも, ぬかずいて, のこのこやって来た, のめりました, はいれば, はばかるよう, ひきが, ひょっくり吉野君, ひよつくり池上市長, ふき矢が, ぶつけたよう, ぺつたり, ぽっつりと, まいりましてから, またえら, またほか, また丁度, また來客, また大阪, また昨夜来, また熱海, また舞い下っ, まっ白な, みつを, もういっぺん, もぐりこみました, やさしい事言, やって来た男, やられた重吉, ゆくまで, ようやく秀吉, よちよちと, わしにと, わたしと, アンナが, オレが, カーテンを, ギロリが, ケゲンな, ゴムの, シベリア風の, セラダが, チョロチョロと, トム公が, ドドは, バッタリ倒れ, ピカリと, ブロッケンの, ホンの, ポン公も, モトムが, レンズが, ワンピースの, 一人裏へ, 一宿する, 一族を, 一歩を, 一粒金丹の, 一面に, 丁度脱獄仲間, 三ツ木などが, 三宅さまの, 上が, 上手から, 下ろした, 下車した, 丘田医師が, 並んだ女たち, 丸つ, 久保田万太郎が, 乗り込み, 予言者の, 二人ばかり, 二年近く経っちゃっ, 五つ六つの, 五回目の, 人々を, 今しも, 今日, 仏壇の, 代官暗殺され, 仲裁に, 伏せて, 伝令いたしおきました, 伸子に, 住まわせて, 何, 何箇所もしや, 使い屋が, 侍臣の, 俊夫君が, 倉島竹二郎が, 偵察艇が, 僕達が, 充血し, 先駆だ, 入らつして, 入るには, 入れられた, 全身を, 六七名の, 兵糧の, 再び夥しい, 出かけようという, 出たサヨ, 出る筈, 出入を, 出来上った, 切り出そうとして, 別荘を, 前居た, 割り込むの, 加入する, 動いたの, 匍匐し, 匿し, 十郎が, 半助, 博士と, 参りました者, 又ころがった, 又夜, 又警視庁, 反映した, 取り出すこと, 取出したの, 古いお, 台所口から, 吉左衛門が, 名残の, 向った, 吹き込みました, 周旋し, 呼び集めたの, 哀しい人間, 善八も, 嘉吉が, 四台の, 土手の, 坂口源吾と, 坐つたまま居, 坐りなさい, 坐り込んだもの, 垣根の, 堂上方はじめ頻繁に, 塾に, 夕映えが, 多吉を, 夢にも思う, 大きな建物, 大坂御, 大平が, 大瀧の, 天皇を, 夫の, 奥女中の, 女主人公よりも, 妻も, 委せて, 嫂の, 学科が, 安政の, 宛てて, 家を, 宿から, 寄る予定, 寝ころがると, 寝泊りし, 対象に, 導かれる部分, 小使が, 小村菊夫が, 小野三郎兵衛さんで, 少したつ, 居候に, 屋敷の, 山本移山君が, 岡本吾亮が, 島田三郎が, 巡邏からの, 左部と, 差図し, 帰りたいと, 帰着した, 平伏した, 幸いにも, 広蓋に, 座ったよう, 廊の, 弁当なんか, 引き倒したから, 引き移した, 引っ繰り返って, 引移らう, 強い風, 当直の, 彼奴らは, 往つてわたしが, 従僕が, 御幣や, 心づくしの, 忍び込んだ盗賊, 怖い顔, 思ひがけ, 急に, 怯ず, 悪来が, 愈々戦争, 懸けた思い, 戸まどいを, 房一も, 手水鉢なんぞじゃ, 打坐っ, 投げ出しました, 投出したの, 折れ曲って, 抛り出すが, 押し当てました, 招かれて, 持ち込みたくない, 振り落されました, 捨てると, 掛けた, 揃えて, 攻め寄せた事, 敵を, 文学を, 斬って, 新内が, 旅する, 日本からの, 早く行く, 明けて, 昏倒した, 昨夜支配人から, 暗い影, 曲り込んだらどこ, 書生の, 月を, 木戸を, 本院の, 村人が, 来かかつた, 来たわけ, 来た新宅, 来てが, 来るまでには, 来合せた井河氏, 来掛かると, 松娘が, 果物包みらしい, 根を, 梨の, 棺桶屋が, 楯無しを, 樋口君来る, 横坐りに, 次々に, 止らせて, 此の, 歩み寄つた, 殺到した, 毎年學生たちが, 民主的文学の, 気づくと, 水夫らは, 永年音信不通だった, 江木上等兵が, 沢庵が, 泊つた, 泊ると, 波が, 泪が, 活動写真を, 浅井も, 海老屋では, 清の, 温か味の, 澄江殿が, 無事で, 焼け跡の, 熊谷が, 爺やが, 牧警部補が, 猟師が, 玉太郎が, 珍らしく, 現われた異様, 生麦事件だ, 田舎大尽風に, 町方の, 病院の, 登る途中, 白服の, 百余人の, 監獄馬車が, 直侍, 真白い犬, 着いても, 矢島玄碩の, 硯箱を, 祖父が, 秀麿が, 秋草の, 移りません小川町, 移住する, 空に, 突き放すと, 突然かの, 突然奥, 突然狩人, 立ちすくむ, 立ち会いまして, 立ち止まって, 立つたび, 立膝で, 竹屋三位卿が, 筍飯に, 米や, 紅い毛氈, 紙魚亭主人が, 紺絣の, 綾部市から, 縋れば, 置いた二十両, 置きそれから, 羅馬法王の, 群落し, 翅の, 耳よりな, 胸を, 脱刀, 腰掛けるさ, 臨む以上, 至尊風の, 船が, 船頭が, 花屋から, 若い洋装, 英仏地中海艦隊の, 茶道具類を, 荷を, 落ちざるを, 落ちつくこと, 落ち込まぬよう, 落著く, 蓆の, 藤吉郎が, 蛇の目を, 蟾蜍を, 行きかかった京弥, 行きたいもの, 行きのむ, 行き中, 行き着くまでの, 行くとか, 行くより, 行く気, 行こうかしら, 行ったらお金, 行ってて, 行つて一枚買つて來た, 行つて見たく, 衣裳や, 裏木戸から, 西瓜の, 見せてこそ, 覗きに, 解消する, 言い出そうとして, 詮じつけた, 語るもの, 諸戸が, 警視庁へ, 貴方の, 赤ちゃんの, 走ったの, 走り寄るなり三名, 越後の, 跳び降りようと, 踏込み大胆, 身の, 軟かい藁, 載せて, 迎えが, 近づきかけたとき, 近よる, 迫つて参りました, 追い込むの, 逃がしたんで, 逃げ込むの, 這入った, 這入る氣, 通じて, 通りあわし, 通りかかりちょっと, 通知し, 進み出る, 運ばれ遠慮なく, 道三様の, 遠山が, 還つて, 都新聞の, 酔つ, 野良着の, 金曜ごとに, 鈎を, 鍬を, 長年山に, 間もなく大, 阿賀妻は, 降り着くまでには, 陥ちて, 隠しといたの, 集つた, 集まる人達, 雛子を, 青くやつれた, 面白いため, 響く, 頬杖を, 顔色を, 飛びかかろうと, 飛び込んだらどんな, 食べのこしたの, 香水を, 駆けつけた, 駆り立てた, 駈け付け, 駈け着けて, 騎馬徒歩で, 高萩の, 鳥影が, 麦粉と, 黒背広に

▼ そこには~ (5839, 8.9%)

41 何か 32 誰も 31 彼の 30 いって 26 一つの 23 何の 22 何も 19 一人の, 私の 18 いなかった 17 自分の 15 なかった 14 人間の 13 いろいろの, だれも, 何等の 12 例の, 見えなかった 11 一種の, 二人の, 人が, 人の 9 いろいろな, 僕の, 次の 8 いつでも, たくさんの, なんらの, 多くの, 大勢の 7 三人の, 何が 6 あつた, いつもの, 一個の, 一本の, 二つの, 若い女

5 [16件] あった, さまざまな, ない, なんの, 他の, 何かしら, 何らの, 少しも, 幾多の, 彼が, 或る, 数人の, 日本の, 明らかに, 様々の, 確かに

4 [32件] あるに, さっきの, た, つぎの, なにも, ひとりの, ふたりの, もうあの, もうだれ, クリスマストリイの, 五六人の, 今でも, 何かの, 別の, 嚴密の, 女の, 子供の, 少しの, 幾つかの, 彼女の, 思いがけなくも, 村の, 水の, 無数の, 特殊な, 私が, 立って, 立派な, 自然の, 色の, 血の, 鉄の

3 [60件] ありません, いささかの, いない, いなかったの, おおぜ, かねて, きれいな, こう書い, さきに, さまざまの, じつに異様, それぞれの, たった一つ, たった一人, なかつた, 上から, 二重の, 人間が, 人間的な, 今では, 作者の, 個性が, 全く新しい, 同じよう, 土地の, 夜目にも, 大勢が, 奇妙な, 年の, 思いも, 明かに, 昔の, 最早や, 木の, 桜の, 死が, 火も, 父の, 現在の, 生の, 生命の, 私たちの, 竹の, 結合せられた, 綺麗な, 美の, 背の, 自然に, 色々な, 花も, 西洋人たちが, 見事な, 誰か, 誰かが, 誰の, 鉛筆で, 雑草が, 雪が, 雪の, 非常に

2 [337件] あのおそろしい, あらゆるもの, ありました, ありませんでした, ある, あるの, いささかも, いったい何, いつも, いつも変らぬ, いつも悲し, いつも謙遜, いて, いません, いままで, いること, おいでなく, おじいさんが, おのづか, お君, お母さんが, かなりに, これと, これまで, こんなこと, こんに, しばしば鮮, そこが, そこの, その根柢, それが, それぞれに, それだけの, それに, それ自らの, ただ誠実, だれかが, ちゃんと雪子, つねに温か, ですね, とりわけて, どこか, どこかに, どこまでも, ないの, なにごとの, はつきりと, びっくりする, ふちの, また, またいろいろ, またお, またその, また何, また小さい, また白, また相当, また私, まだ昨日, みんな起き, むやみと, むらさきの, もう, もうお, もう何, もう新しい, もう曲者, もう誰, もつと, もと彼の, もはやあらゆる, よき卑下, れいの, われわれが, われわれの, インドの, キリスト教の, コンクリイトの, モラルが, ルラ蛙が, 一す, 一つも, 一ぴきの, 一切の, 一台の, 一挺の, 一条の, 一枚の, 一筋の, 一糸も, 一貫した, 万人の, 三つの, 三四人の, 不動尊像は, 不思議な, 不気味な, 世界的に, 世間の, 両者の, 主人の, 主人公の, 主従の, 予期した, 二三の, 二三本の, 二匹の, 二歳か, 些の, 人々の, 人も, 人家は, 人間を, 人間性の, 今まで, 今日も, 低い崖, 何でも, 何ものも, 何んにも, 何んの, 何物も, 何者の, 何者も, 信長の, 俺の, 個性の, 兄の, 先生の, 冬の, 前に, 前の, 動くもの, 勿論自動車, 十二三の, 単なる混雑以外, 印度人の, 又, 又別, 又男女, 古き抽象的世界理念, 合理的な, 四人の, 在来の, 地方の, 地面に, 堆積せられた, 売卜者や, 多勢の, 大きな岩, 大きな建物, 大きな矮, 大きな石, 大人の, 大名の, 大小さまざまの, 天から, 太田と, 太陽の, 奥の, 女として, 妙な, 妻の, 姉妹の, 姿を, 娘が, 学生が, 家なく, 小さな藁人形, 少年に, 山が, 山の, 岩の, 岸本の, 島人の, 川も, 巨き, 常に一つ, 幅の, 年中氷や, 幸福と, 床が, 弟の, 影も, 彼らが, 彼れ, 彼女が, 彼等が, 従来の, 微かに, 微塵も, 必ずその, 必ず倫理自体, 必然に, 必要な, 忠順な, 恐らく幾千, 恐ろしい運命, 意外にも, 或精神病院, 救世の, 散乱し, 敵の, 新らしい, 旗が, 既に多く, 日が, 日本で, 日毎に, 日間の, 昔ながらの, 昨日の, 時間を, 普通の, 暖かな, 書いて, 最前の, 柳や, 案外に, 植物が, 極めて微妙, 極めて複雑, 正しい伝統, 歴史の, 母が, 母や, 氏の, 気がつかなかった, 気の, 気を, 気味の, 水が, 水兵が, 水晶の, 永遠の, 沢山の, 波が, 洋一が, 活, 海が, 海の, 涙の, 深い美, 湖の, 満足が, 漆喰の, 灯が, 無限の, 独特の, 独自の, 現われて, 現実に, 現実的な, 甘蠅老師, 生える不思議, 生き生きと, 生活という, 異常な, 異形の, 當時文壇の, 疎らに, 白髪の, 相互の, 眇目の, 真に動かし得ない, 真に協力, 真の, 真実の, 瞑想が, 社会の, 祖先の, 私を, 種々な, 種々の, 笛を, 紀念の, 純粹, 終りなき, 絵葉書や, 美が, 美と, 肝腎の, 脊の, 自分が, 自分と, 自己が, 自我について, 自由と, 自由な, 芸術も, 芸術家の, 若い女性, 荷物を, 落葉松が, 蓋も, 蓑笠が, 薔薇の, 虚偽が, 虚妄と, 蝋燭の, 血と, 血を, 見えない, 見えなかったので, 見えぬ花菖蒲, 見えませんでした, 見るも, 角の, 諸国の, 貸本屋の, 質素な, 足を, 近くの, 近代文明の, 近代的な, 近所の, 逆らう感情, 部下の, 重い舟日覆, 金と, 金の, 鉛筆の, 階級の, 雨の, 雷竜が, 電燈が, 電燈の, 電車を, 頑丈な, 頭の, 頭髪を, 馬の, 高さ, 魚住ひとりしか, 鳥の, 麗卿が, 黙せる必然

1 [4246件 抜粋] あいにくもう店番, あって, あの半ゲエトル, あの平太夫, あの老人, あまりに多量, あらゆる美, あるいは聖なる, ある種, いくらかわずらい, いっぱい暗やみ, いつの間にかすでに若草, いつも一色, いつも無限, いとすぎ, いないに, いのちの, いやみや涙, いる時, いろんな顔, うす暗い電灯, うれしく思っ, おそらく停車場, おのずから節度, おれに対する, お吉, お岩, お種, かういふ志賀氏, かなりおお, かわいらしい昨日, きのうまでの, こいしいお母さん, このお父さん, この十年間, この町, これも, ごていねい, さっきは, しかしただ一つ, じっと動かない, すぐはなやか, すでに官軍, すでに時代, すべての, そこここに, その地, その社, それ以上の, たいていキザ, たしかに邪魔物, ただ一筋, ただ本能, ただ空想, たった今彼, たれも, ちゃんと魔法博士, ついこな, つまり反省が, ともかくも, どうにも, どんなこと, どんな深刻, ないはず, なお小山田昌行, なにか企業者, なま温い, なんら解脱, はっきりした, ひさしぶりの, ひどくたくさん集つて, ぶどうの, ほの, まさしく人, またさういふモダン, また交通巡査, また労働者, また思いがけない, また明らか, また父, また童武者, また貧乏, また面白い, まだ一度, まだ北欧, まだ来ない, まだ純情, まっすぐには, まるい光, みえませんでした, みんなで, もういろんな, もうなに, もう一郎, もう人間, もう奇怪, もう彼女, もう毎晩蛍, もう警官, もう集まっ, もとの, もはや個々, もはや永久, やさしく女, やはり一つ, やはり深い, よい樹, よほど深い, わしの, ゐないお, アカンザス模様の, アーチ形の, エゾエミシアイヌなど, カリフォルニア・ポピーの, キンギン国の, ゴロンと, シュテッヘの, スタンレーが, ソヴェトの, テュケーと, ドアも, ハチ切れる, パオロの, ピラミッド形の, ブランカの, ベラスケスの, ポストの, マルクス, モニカが, リューシーの, ローソクの, 一つ一つの, 一九二七, 一体何が, 一変し, 一年じゅうの, 一期前の, 一生懸命さと共に, 一転機が, 丁度フランス兵, 丈の, 三十七年の, 三沢も, 三造の, 上方文化即ち, 不幸な, 世にも奇怪, 中国からの, 丹念とか, 主題が, 亀吉が, 二三箇処に, 二十四時間滞留した, 二羽の, 互を, 五十がらみの, 人々が, 人影は, 人生に対する, 人間と, 人麿の, 今し方帰ったらしい, 今徳川慶喜征討令を, 仏蘭西の, 以前の, 伝統の, 佐久間信辰の, 何だか平たく, 何にも, 何ら未知, 何人も, 何時も細い, 何等主観, 作品の, 依然として我毛利先生, 保の, 倉地が, 倫理の, 優しい喜び, 先の, 光も, 全く世間, 全員が, 六十ばかりの, 共進会の, 冒険が, 冷めたい秘密, 処分すべき, 切られた石, 別に何もの, 到るところ讃歎, 前晩, 劇薬も, 動かし難き, 勢い一切, 医者たちが, 十以上の, 十本ばかりの, 半年の, 南方に, 厚い美しい座蒲団, 厳然たる日本精神, 又一人, 又新しい, 友人の, 古いお, 古い置時計, 古典が, 可なり, 司法省だの, 同じ久保田さん, 同志を, 名誉戦死者, 呂布が, 和漢の, 唯物論的弁証法が, 喜歌劇や, 四五本の, 四男の, 国際裸体婦人同盟員と, 土間の, 地球の, 堂の, 壁に, 夏草が, 外面の, 夜の, 大きいビルディング, 大きい湖水, 大きな円い, 大きな桃, 大きな蕗, 大きな鼠, 大内記慶滋保胤, 大小さまざまな, 大津屋の, 天よりの, 太子の, 夫人が, 女ばかり, 女房や, 妻や, 娘の, 子供は, 学校の, 安易や, 定則韻文の, 実に千里, 客観の, 宵の, 家族づれの, 宿屋も, 寝床が, 専門に, 小さいながらも, 小さい組み立て, 小さな手提ランタン, 小六, 小川が, 小舟を, 少年の, 居なかった, 山も, 屹度いろんな, 島田に, 左が, 帆村荘六が, 常に何, 常に深井, 常に門番, 平俗なる, 年かさの, 幼友達の, 幾千という, 広い板の間, 床一杯に, 座蒲団や, 建物が, 張り出しも, 当時として, 影法師の, 彼女自身でも, 後に, 御叔母, 微妙な, 心を, 必ずアレ, 必ず曹操, 必ず雪, 忽ち町, 思い做, 思考も, 怪賊アルセーヌ, 恐しく背, 悩ましく物, 想像以上の, 愚かな, 愛情といふ, 憧憬が, 我慾が, 戦利品の, 所謂, 手飼の, 抱一や, 掛値も, 揺ぎの, 教育界の, 数株の, 文化という, 文学作品の, 新しい感激, 新聞紙で, 旅愁が, 既に大きな, 既に行為的直観, 日本からの, 日本的単純の, 早影, 明白に, 春雄は, 昼乍らうすら寒い幽暗, 時勢を, 智恵袋の, 暗黒が, 曲線そのものの, 書類も, 最初に, 最近の, 有り得べからざるところ, 朝つ, 木戸が, 未だお, 本や, 朱塗の, 村落共同態への, 松本を, 枯れ枯れに, 栗の, 桃色の, 梨や, 椎と, 概して雰囲気, 横に, 櫟の, 歌はれた, 正札の, 死に対する, 死者が, 残る花, 毎年の, 毛利の, 気違いじみた, 永劫の, 沈淪の, 油絵具でなけれ, 泥を, 洞門が, 浜田が, 海坊主の, 淀殿が, 深い事情, 深沈たる, 湯殿の, 漢語の, 激しい満干, 火鉢が, 烈しい苦しみ, 無理が, 焼きくいの, 燈火の, 牛浜忠太も, 特別に, 狡猾に, 猫は, 獣の, 現れなかった, 現実の, 瑠美子と, 甘さ, 生活が, 田舎で, 男女の, 番兵は, 病人や, 白い太い大根, 白い着物, 白帆が, 白鞘の, 皺くちゃな, 目に, 直径八センチほどの, 相愛の, 真っ黒い穴, 真昼の, 矛盾が, 知人も, 石ころばかり, 砦も, 硫黄の, 社会が, 神も, 福田博士が, 私達六人もの, 程度が, 穀物が, 空地同様の, 立ってる者, 竹箒で, 算哲様が, 約七千年, 純理派の, 素朴な憤り, 紺絣を, 統制も, 絹を, 総ての, 縞の, 美しいくつ, 美的価値の, 老夫婦, 聊かも, 肉体に対する, 背広服を, 腰の, 自己に, 自然弁証法の, 自転車を, 舞殿が, 船長と, 芯を, 芸術上の, 若い二号, 若郎子, 英語の, 草色の, 菫の, 葉の, 葦荻が, 蒸汽機関も, 薄墨で, 藁を, 虎の, 蛇使いの, 血潮も, 街路の, 装飾的だ, 見えないが, 見つからなかった, 見上げんばかりに, 見知らない男, 覚一法師が, 触れないよう, 許し難い, 誰々の, 論語中庸史記貞観政要六韜などの, 豆が, 貧しい農家, 賃金奴隷からの, 赤い郵便函, 足跡を, 軌道が, 辰子が, 近郡近郷, 通さなかつた書齋, 運不運という, 道徳も, 避難民が, 都電が, 重ねて, 金ぶち, 金星が, 鉄格子の, 鋭い切断, 鍵が, 長い長い獣, 門番は, 附近に, 陶器の, 随分ムーア, 雄大な, 離座敷から, 雲の, 電車は, 青いカーテン, 青春の, 非存在, 音楽と, 頭巾で, 風呂番専用の, 食卓が, 饗宴の, 騒動を, 高さ一フート半, 髪の, 魏続, 鮮かにも, 鶴の, 黄昏が, 黒い空, 黒板の

▼ そこ~ (5210, 7.9%)

53 ところを 41 ところは 39 家の 35 ところが 22 壁に 18 戸を 17 窓から 16 扉を 15 主人は, 椅子に 14 主人が 13 主人の, 家に 12 ところに, 二階で, 壁の, 柱に, 門を 11 二階の, 草の 10 障子を 9 ところで, ベンチに, 家で, 所は 8 人たちは, 所を, 部屋の

7 [13件] 主人に, 土間に, 土間へ, 家では, 家には, 家は, 家を, 床の, 空気は, 窓に, 窓の, 障子が, 障子に

6 前を, 娘が, 家へ, 岩の, 机の, 窓を, 角に, 角を, 長火鉢の, 隅に

5 [23件] ところから, ところだけ, ところの, ところへ, テーブルの, ドアを, 主人と, 人, 人達は, 入口に, 土を, 女の, 小机, 床には, 店に, 木の, 柳の, 梢の, 橋の, 矮叢から, 襖を, 角で, 辻を

4 [50件] おかみさん, お神さん, その突起, ところだ, ま, やみの, ベルを, 一室に, 一室へ, 一隅に, 主人も, 主翁, 二階へ, 仕事を, 何という, 入口の, 入口を, 前まで, 小僧に, 岩に, 崖の, 川の, 広場に, 床の間に, 店先に, 座敷の, 廊下に, 息子の, 所が, 扉の, 暗がりに, 木戸を, 松の木の, 板の間に, 柱の, 柱へ, 棚の, 森の, 生活に, 畳の, 砂や, 縁の, 若い者, 茶の間の, 角から, 路地の, 道を, 門から, 障子の, 雨戸を

3 [98件] いすに, おかみさんに, お人, ことを, ところです, ような, ように, をばさん, オヤジは, ホテルに, 一つの, 一室で, 一間に, 三畳の, 丘の, 主は, 二階に, 二階を, 亭主が, 便所の, 土が, 土に, 土の, 土地の, 土間には, 地を, 地上に, 地面に, 垣の, 塀の, 壁には, 天井から, 奥さんが, 女中が, 女中の, 女主人, 娘と, 娘に, 家が, 小屋の, 屋根の, 岸に, 帳場に, 店の, 座敷に, 座敷へ, 庭に, 廊下には, 廊下の, 廊下を, 建物の, 所で, 机に, 松林の, 板の間の, 林の, 棚に, 様子は, 様子を, 横町に, 樹の, 橋を, 海の, 灯を, 物陰に, 玄関に, 生活が, 生活を, 町角に, 白壁に, 石の, 石垣の, 石段の, 空地に, 空気が, 窓には, 籐椅子に, 細君が, 縁に, 縁側に, 縁側の, 職人の, 若主人, 草に, 街を, 話を, 農家の, 通りを, 部屋に, 部屋を, 鍵を, 関係は, 階段の, 階段を, 雨戸が, 電柱の, 食堂で, 麓に

2 [359件] あたりを, あるじは, お内儀, お内儀さん, お婆さんの, お家は, お寺の, お廊下, お旅屋, お稲荷さん, お部屋, お長屋, かみさんが, ことが, ことだ, ことです, ことなら, そこから, そでがきの, たなの, つくえ, とこの, ところには, ところばかり, ところまで, のれんを, まわりの, もう一方, りっぱな, アスカ農場でも, イスに, オヤジも, カーテンを, ガラスの, キャフェの, コンクリートの, テニス, テーブルで, バアの, ベッドに, ベンチへ, ホテルまで, ボタンを, ヴェランダに, 一間を, 上がり框に, 上さんは, 下で, 下に, 丘から, 中で, 中腹に, 主が, 主人から, 主人だ, 主人であった, 主人として, 主人や, 主人を, 主管を, 事務所で, 二人は, 二階から, 井戸で, 亭主は, 人々の, 人が, 人影を, 今にも, 仕事場で, 住人であった, 住民は, 住職と, 停留場の, 停車場を, 先生は, 入口から, 入江に, 公園に, 公園の, 処の, 処は, 処へ, 前に, 加減が, 卓子の, 台に, 台所で, 右の, 右側に, 右側の, 右手に, 味方は, 唐紙が, 唐紙を, 喫茶店で, 国に, 国境の, 土地に, 土地を, 土塀を, 土間から, 地には, 地域を, 塀に, 塀を, 境内に, 境内には, 壁と, 壁や, 夜露の, 大きな木, 大学を, 大床, 大時計, 天井板が, 奥さんと, 女が, 女中に, 女将は, 女房が, 女給四人すべてが, 妻君の, 娘も, 嫁とりも, 子供, 子供が, 学校の, 学校を, 守りを, 客と, 客は, 客引きに, 室に, 室を, 家から, 家だ, 家でも, 家にも, 宿に, 宿屋に, 宿屋の, 宿屋も, 寄宿舎に, 寄席に, 寝台の, 小さな宿屋, 小屋へ, 小座敷には, 小庭, 小松の, 小蔭に, 小路に, 小陰に, 屋根に, 山の, 山吹の, 山腹に, 岡の, 岸には, 岸辺には, 岸辺の, 崖を, 嶮を, 川へ, 川原に, 幕の, 幕を, 年若い, 広々と, 広さ, 広場には, 床の間の, 床几で, 床几に, 床板を, 底の, 店さきに, 店で, 店先を, 座敷は, 座敷を, 庭の, 庭先へ, 庭園から, 廂の, 廊の, 廊下で, 当主が, 役場の, 往来を, 御主人, 戸は, 戸口の, 戸棚の, 扉に, 手すりに, 技師から, 押入を, 敷居を, 日向に, 明かるい, 明るさ, 景色の, 暖炉棚の, 暗がりから, 暗さ, 暗闇に, 暗闇にね, 曲り角の, 書生に, 月の, 木戸が, 木戸は, 机で, 村の, 松の, 松山の, 板敷に, 柵を, 桃千代と, 椅子へ, 横手の, 横町から, 横町は, 横町へ, 横町を, 樹蔭は, 欄に, 武者の, 母屋の, 気持が, 水車の, 池の, 河原から, 河岸に, 沼の, 流れに, 消息を, 清水で, 渓流を, 濡れ縁から, 火鉢の, 煙突の, 熊の, 爺いさん, 片隅で, 物影に, 物蔭に, 物音は, 狭い空地, 玄関へ, 甘藷畑の, 用人に, 町に, 町角で, 畑に, 畳に, 畳へ, 百姓が, 百姓家の, 監督が, 看板や, 石垣に, 石塔の, 石橋を, 磯近くの, 神社の, 空に, 空中に, 空地で, 空地には, 空気の, 窓からは, 窓が, 窓は, 立派な, 築土, 簾の, 簾を, 粗末な, 細君に, 緑色の, 縁から, 縁側から, 縁先で, 群れを, 老主人, 老夫婦, 老母が, 背の, 胡桃の, 腰かけに, 芝の, 若いお, 若い矢取り女, 茶店で, 茶店の, 茶館の, 草を, 草叢の, 葦叢に, 蓴菜の, 蔭から, 蕎麦屋の, 薄明に, 藪かげに, 表の, 裏の, 裏町の, 襖が, 見当が, 親爺の, 角の, 角は, 話が, 警察へ, 谷間へ, 路傍の, 軒を, 軒下に, 辺を, 辻堂に, 近くへ, 道の, 道ばたに, 道理が, 邸の, 酋長が, 酒場に, 野原に, 野原の, 鉄ば, 鏡に, 鏡の, 長屋の, 長火, 門と, 門に, 門の, 門は, 門内へ, 門前で, 門前に, 開くの, 闇の, 隅かしこの, 隅っこの, 隣りには, 雪の, 雪を, 電柱に, 電気を, 露次を, 風土を, 養狐場へ, 高櫓, 黙山, 鼻寺という

1 [3269件 抜粋] あき屋敷, あなから, あばら屋同然な, ある一軒, あんまり名, いちばん奥の, うす暗いランプ, うて身動き, おかみが, おばはんいう, おやぢ, お勝手, お坊さん, お嬢さんだった, お寺でも, お方手を, お神, お雑煮, かごの, かみさんに, げた箱へ, ことであります, ごたごたした, しげみの, しれない老, すすけた壁, そこまで, たわむれは, ちょっとした木立ちの陰, とある街, ところか, ところが特に, ところね, どの家, なにひとつとして, はんばいがかりに, ひとり娘が, ふたりへも, へんに, まくらと, もう一つ, やうに, わなに, アパートに, イスへ, エハガキ屋を, カフェーへ, ガラス戸を, クリークの, コンクリートを, ショーウィンドを, ソファに, テラスの, トタンの, ドアの, バラツクに, フモトの, ベッドの, ボオトの, マヂストレートに, モラルも, リズムが, ロッジ寄りに, 一人娘が, 一基の, 一寺で, 一橋こそ, 一章に, 一軒家も, 一隅で, 七十の, 三名は, 三等室なら, 上がりは, 上り口に, 下には, 下積みに, 下駄箱に, 世界が, 世話である, 並木路でも, 中坪らしい, 中軍を, 主など, 主人とは, 主任, 主婦も, 事務員は, 二人青木君と, 二階三階が, 井戸ば, 亭主がね, 人ごみの, 人を, 人夫どもに, 人民の, 人馬や, 仕事べや, 令嬢が, 仲間は, 伝馬牢へ, 低い床, 住居と, 住民に, 何の, 保姆が, 倶楽部員だった, 傾斜に, 儀礼や, 先祖の, 入口だった, 八幡前の, 兵力も, 内儀さんも, 内芸者, 処が, 出口の, 分譲地に, 切株に, 刺身を, 加賀田川を, 動静を, 包みを, 区別は, 半ぱものの長吉, 卓上電話に, 厄介に, 叔父夫婦の, 口元に, 古びた棟木, 古駅, 同じベンチ, 名物の, 和尚が, 唐人小路の, 営内には, 四つつじに, 四畳半を, 囲いへ, 国境を, 園に, 土人で, 土塀へ, 土庇に, 土産物を, 土間先に, 地下室での, 地勢ようすなどを, 地点は, 地面と共に, 坊さんの, 垣根の, 城門へ, 堰で, 塀から, 境さえ, 境内まで, 壁は, 売子が, 外側には, 夜桜よりは, 大きな曲り, 大きな角屋敷, 大使館の, 大学の, 大氷河, 大衆が, 天井にも, 天井裏の, 太守張, 奈良街道の, 奥を, 女たちを, 女らしい女, 女学校へ, 女将を, 女生徒全部, 妙諦を, 姿見に, 娘さんの, 娘は, 婦人協議会へ, 子が, 子供は, 学校で, 守りへ, 守将金沢貞将が, 宙の, 客間へ, 家かげに, 家主が, 家族は, 宿は, 宿駅の, 寄宿舎や, 寺には, 寺男と, 小さい女中, 小さな一軒, 小さな茶店, 小使らしい, 小屋から, 小床, 小母さんが, 小藪の, 小門, 尼さんは, 居間では, 屋根裏二階に, 山ここの, 山上に, 山峡を, 山間に, 岩のね, 岩山が, 岩陰に, 岸から, 崖で, 川べりの, 州城に, 工場を, 市の, 帰りに, 帷幕へ, 幕中に, 幼稚園へ, 広前を, 広間で, 床上一面には, 床板が, 店を, 店頭へ, 座談は, 庭にも, 庭先を, 庶務に, 廊下へ, 建物に, 廻転椅子の, 引手が, 影屋敷の, 往来先に, 後には, 御主人公, 御常連, 御膳汁粉が, 心の, 応接間に, 息子さんが, 意味を, 憤怒とは, 戸へ, 所から, 所長さんが, 手拭いを, 払いも, 押入なぞを, 指環についての, 掛樋, 支那人が, 教会で, 教授は, 数少い, 敷石道の, 料亭を, 斜面に, 新兵衛, 新鮮な, 旅籠に, 族館の, 日曜礼拝の, 旭山城と, 時に, 暖炉の, 暗いの, 暗い片隅, 暴君の, 書斎であった, 書類には, 有利な, 木で, 木は, 木蔭で, 本は, 本部の, 机は, 材料に, 村役場の, 東洋史の, 板が, 板戸を, 林から, 枝かしこの, 枳殻垣を, 柔術の, 柴折戸の, 柿よ, 根元の, 桑の, 桟橋にも, 梯子口からは, 森と, 森山という, 椎茸飯といふ, 構えを, 横丁に, 横町の, 樹木を, 橋杭に, 欄干が, 正月の, 武者と, 歯車の, 殿様お前さんに, 水の上に, 水屋戸が, 水車小屋に, 氷河を, 沓石へ, 河原で, 河幅は, 法要へ, 洗濯女が, 活溌な, 浅瀬には, 海だ, 海岸に, 海辺で, 混迷を, 渡りの, 湯には, 溜りから, 滝壺へ, 漢, 瀬へ, 灯の, 炬燵布団へ, 焚火に, 熱を, 牧夫たちから, 犇めきは, 狭い場所, 狭い穴, 玄関先に, 王を, 理窟で, 生徒が, 産婆にでも, 田中町だ, 男女は, 町が, 町通りに, 留守番に, 番人とも, 番衆たちに, 畳を, 痩せこけたおばあさん, 白い街道, 百姓息子は, 盛り土の, 省察から, 真ッ黄色, 知れない知恵, 石倉の, 石造建築物の, 破れたガラス戸, 硝子を, 硯筥硯筥, 社殿の, 神主で, 禅叢の, 科学という, 程度が, 穴うめ, 空中湿度による, 空気全体が, 窓だけが, 窓枠に, 窪みに, 立花旅館だ, 竹やぶには, 竿に, 筆を, 箪笥の, 篠村八幡の, 米びつの, 納屋から, 細君は, 紹介で, 給仕の, 絵馬堂に, 網戸を, 練馬駅から, 縁側へ, 繩に, 美術館に, 老人に, 職人が, 肘掛け窓へ, 腐葉土の, 腰掛茶屋や, 自動電話で, 自然石の, 舟べりから, 船宿に, 芝生へ, 芸妓に, 若い婦人労働者たち, 苫の, 茶の, 茶室一ぱいにも, 茶店に, 草むらの, 荒壁の, 華かな, 葦原に, 蓄蔵食糧馬糧武器弾薬庫などが, 蔭で, 薄のろ武士を, 薄穢, 藁屋に, 藤沢という, 蘭人に, 融通が, 行事として, 街角で, 衛兵に, 表通りに, 袖垣の, 裏山を, 裏階段を, 西端は, 見すぼらしい居酒屋, 見物人の, 観音堂の, 試験係を, 調理場では, 講習生に, 谷合から, 谷間先の, 貯炭パイルから, 賊徒は, 足掻きを, 路地にでも, 踏切りまで, 軒ばに, 轟さんの, 辺に, 近くに, 通りには, 連続の, 道が, 道楽息子が, 遺跡は, 部屋へ, 都市文化は, 酔っぱらいの, 金堂で, 金部屋には, 鈴川の, 鉄砲を, 銀閣寺の, 鎮守に, 鐘銭という, 長火鉢と, 長谷の, 門口で, 門番に, 間を, 閾で, 防禦線は, 附物と, 院長光田という, 陰から, 隅から, 隆起そうして, 隙間から, 隣りへ, 雑草や, 離座敷で, 雨戸一枚を, 雰囲気は, 電柱にも, 電車路を, 青幇等, 頂上に, 顧問だ, 風景が, 食客に, 飼牛二匹を, 餌箱の, 馬具師も, 駐車場に, 高い石段, 高欄に, 魚河岸から, 鳥居側に, 鴨居に, 黄楊櫛は, 黒い壁

▼ そこから~ (4946, 7.5%)

114 出て 19 自分の 17 先は 15 生れて 14 何か, 手を 13 少し離れた, 彼は, 水が 11 出発し, 来て, 私の, 見ると 10 すぐに, 血が 9 のぞいて, 生まれて 8 一つの, 先の, 急に, 来る, 汽車に, 流れて, 私は

7 [13件] いろいろな, して, はいって, 一本の, 人が, 何かを, 入って, 出発する, 見て, 覗いて, 起って, 顔を, 風が

6 [12件] あまり遠く, すべての, 一人の, 人間の, 庭へ, 引き返して, 彼の, 次の, 汽車で, 逃げて, 離れて, 首を

5 [24件] こんどは, 上へ, 下の, 下へ, 下を, 乾の, 二つの, 例の, 出た, 別れて, 右に, 声を, 外を, 幅の, 来るの, 洩れて, 湧いて, 火の, 無限の, 生れるの, 脱け, 身を, 部屋の, 飛び出して

4 [31件] はい上がっ, バスで, ボートまでの, 一羽の, 一里ばかり, 人の, 人間が, 何が, 先き, 動かなかった, 声が, 奥の, 姿を, 射して, 少し先, 山の, 彼女の, 日の, 来たの, 様々の, 水を, 海水が, 漂って, 真直に, 聞えて, 血の, 見渡される, 起こって, 階段を, 電話を, 電車に

3 [86件] あらわれたの, いくらも, かすかな, かすかに, では, とびだして, ぬけて, はるかに, ひきかへ, もう一歩, バスに, パッと, 三人の, 三時間ばかり, 上がって, 上って, 上は, 下は, 中へ, 二人は, 二本の, 今度は, 何を, 來て, 僕は, 先に, 出して, 出たの, 出ること, 出ると, 南の, 右へ, 各種の, 告げた, 四五町さきの, 土の, 大勢の, 如何に, 始まるの, 始めなければ, 学校に, 学校へ, 岐れ, 左に, 左へ, 帰って, 廊下を, 引っ返して, 彼を, 必然的に, 我々の, 或る, 敵の, 新らしい, 星空が, 本を, 水の, 汽車の, 溢れて, 漏れて, 漏れるだけで, 生じて, 生れる, 男の, 発散する, 発生した, 直角に, 真直ぐに, 真赤な, 程遠からぬ, 自動車で, 舟を, 船で, 西に, 西へ, 見えた, 見れば, 解放されよう, 谷へ, 起つて, 遠くない, 降って, 降りて, 電車で, 風の, 飛んで

2 [263件] あの道, かなりの, かまたは, きたん, こちらを, こっちを, この函, この種, さきへは, すぐです, そとへ, それが, そろそろと, だからし, だと, だんだんと, である, でて, でなければ, なにが, ぬけ出して, のぞくと, はいだして, はじまって, ひとりの, ぼんやりと, また汽車, また神, まっ黒な, めいめいの, もどって, わざと歩い, ハミだし, ヒョイと, 一丁目まで, 一定の, 一歩でも, 一歩も, 一段低く, 一町とは, 一町ほど, 一種の, 一道の, 下りて, 中が, 中の, 中へは, 主人の, 二町ほど, 二里ばかり, 二階へ, 五能線に, 他の, 仮橋を, 何かの, 余り遠く, 來る, 傷も, 傷や, 僕の, 先が, 先には, 先を, 光が, 光線が, 入り込んで, 入る, 八幡村の, 六百山の, 内に, 内へ, 内を, 内證, 出たり, 出にくい, 出ようとは, 出発しよう, 出立しなけれ, 出血し, 別の, 前進する, 動こうとは, 動物感情の, 北へ, 半里, 去って, 又息, 向うは, 向ふ, 吹き込んで, 吾, 味方の, 呼んで, 哲学の, 四方へ, 四方を, 地主と, 城内へ, 変な, 夏の, 外に, 多くの, 大声で, 大警告, 奈落は, 女の, 始まったの, 始まって, 始める, 孫三郎が, 家の, 容易に, 富士が, 小さな五十銭銀貨一枚, 小手を, 小説の, 少し行く, 少し離れ, 屋根の, 山下まで, 山之, 山路へ, 岸へ, 川の, 川へ, 左の, 市内は, 市内へ, 帰つて来, 帰る途中, 広島市の, 広間へ, 庭に, 庭の, 廣い, 引返した, 影の, 影を, 彼らは, 彼等が, 往来を, 後に, 必要な, 忍びこんで, 急いで, 悪魔の, 悲しみの, 或得体, 手が, 手に, 折れて, 抜けて, 斜めに, 新しい希望, 新しい文化, 本当の, 東京へ, 枝さしのべ, 横に, 橘の, 殆ど廃墟の, 永田町の, 洩れた, 流れ出して, 流れ出て, 浮んで, 消えた, 消えて, 液体が, 清水が, 渡って, 湯気が, 湯気の, 滝の, 火が, 炭を, 煙が, 現われたの, 現代の, 現在の, 生えて, 生ずるリリシズム, 生れた, 生れたもの, 生活の, 発して, 目を, 真紅の, 真黒な, 眼を, 着て, 石段を, 神社の, 私たちは, 私を, 秋の, 程近い, 窓を, 窓越しに, 立ち去って, 立ち昇る, 笛の, 約二里, 続いて, 聞こえて, 脱出し, 脱出しよう, 脱出する, 腐蝕し, 自分と, 自分を, 自動車を, 自己犠牲に, 船に, 色々の, 芽生えはじめた, 虎杖の, 街道を, 表通りの, 袋の, 裏庭の, 裏庭へ, 製板所の, 見えて, 見えるの, 見える海, 見下ろされるまだ, 見下ろすと, 覗くの, 誕生し, 誠実なる, 誰か, 谷を, 赤い血, 起るの, 起るもの, 足を, 路は, 踏み切る型, 退いて, 逃げだすとき, 逃げるよう, 逃げ出したの, 逃げ出して, 這い出して, 道を, 鐘の, 雪の, 電話で, 電車へ, 青田の, 革命の, 順々に, 須磨の, 頭を, 顔が, 飛び下りて, 馬に, 馬を, 駈け出した, 駈け降りて, 駕籠を, 鮮血が

1 [3385件 抜粋] あかるい月, あとを, あふれ出た, あるもの, いうと, いちいち覗い, いま帰っ, いよいよ険しい深い, うごかずに, うまれたひどい, おこる闘病, おびやかされた, お入り, お婆さんが, お湯屋, お迎えを, かけもどって, からだを, きっと, くだを, くる深刻, こういう音色, こっちの, この医学, この老, この魚, さかんに, さし込む光, さほど遠く, さも快, さらに思い, さらに裏谷, しばし眼, じっとのぞい, すぐ傾斜, すぐ石狩川, すこし歩いた, すーっすーっと, ずるずると, そこへと, その軽い, たぐって, だいぶ離れた, だれの, つかみ出して, てんてんと, でしょうね, とって, とれるジャガ薯, どけ, どっさり啓蒙的旅行記, なおどんどん, なつかしいだいだい色, なんとかし, にぶく光る, ぬけ出す努力, のぞかせようとして, のぞけて, はいだしたの, はかげが, はじまるよう, はるか向うには, ひきはなすこと, ひと丁場, ぴゅーッと, ふるい起ったまま, べつの, ほど近い劉備, ほんた, またたれ, また一段上, また十里, また引き返し, また新潟, また直に, また自分自身, また駕籠, まだ何百里, まっすぐ伸び, まんまる, みょうなものがむくむくとあらわれてきたのです, もうずっと前, もう歩い, もっとも重大, もとは, やってくる物体, やや遠ざかっ, ようやく出, よろこびました, わざわざ夫, わたしは, エレベーターで, キッティと, ケーブルカーが, ゴーゴリの, ザクザクと, スッと, ズッとは, ゾルレンは, チラチラ白い, ドサリと, ヌッと, パンを, ビニールの, フンキュウが, ペペ王の, モスコウに, ラサ府に, ワーリャと, 一キロほどの, 一人で, 一切が, 一帯に, 一晩中ころころかさかさ, 一段さがった, 一町と, 一筋の, 一見多数, 一里で, 一間ほど, 三メートル五メートルとは, 三味線の, 三木一流の, 上がらずに, 上野の, 下って, 下二番町, 不合格, 世田ヶ谷若林の, 両国橋へと, 中座の, 丸々と, 乗り出した小舟, 九尺も, 二ツに, 二三十歩あるく, 二三町先の, 二十メートルばかりは, 二本大人の, 二間半に, 五人の, 五六間離れた, 五銭の, 京橋口まで, 人間そっくり, 人類の, 仏蘭西人の, 他所見, 件んの, 伸び育つ者, 何かしらわい, 何気も, 余程川下, 俳句を, 偏固, 偽官軍, 僕を, 元来た, 先また, 先生を, 入り込まれたのに, 全市の, 八田連の, 六七間離れた, 内へは, 円い穏, 再び山, 再び転がり落ち, 冷たい夜気, 出されても, 出ないでは, 出る, 出る事, 出入した, 出現した, 出発せよ, 刃が, 初めて文学, 到頭離れず, 剥き出された義歯, 加賀街道に, 動かず立って, 動けなかった, 北に, 十丁余りある, 十歩ほど, 半身を, 博文館へ, 去り控え室, 又別, 双子山の, 受けとられるもの, 受継いで, 可愛らしい少年, 各人各様に, 名案を, 向う側の, 君の, 吹起る, 呼ぶので, 咲きたいだけ, 唸く, 嘴を, 四つばかりの, 四方八方へ, 国府の, 地下へ, 坂に, 城壁へ, 塀の, 墺太利の, 外の, 多分各種天体, 夜中には, 大きな星, 大樫, 大石でも, 天の, 奇妙な, 奧の, 女湯を, 始まつて, 姿の, 孔に, 学ぶこと, 完成した, 室内へ, 家中の, 寄越した葉書, 寒い負性, 対岸や, 導かれて, 小さな器械, 小包で, 小船に, 小金を, 少し十方世界, 少し片側, 届いた, 山の手へ, 岐阜へ, 峯子は, 川が, 左右に, 市井の, 帰ると, 幕の, 幾つかの, 幾本目の, 広場の, 府門を, 庭下駄を, 廊下で, 弊害が, 引き上げること, 引き還して, 弦の, 彎曲した, 形態と, 彼が, 彼方遙か, 後堂の, 御飯に, 必死の, 忍び込む悪魔, 怒ッ, 急峻な, 恒川氏の, 意外な, 感心した, 我々は, 戻っては, 扉を, 手術の, 投射され, 抜けだした, 抜け出そうと, 抽き出された, 持ち直して, 指図し, 掘り出された, 探るよう, 描き出して, 支配的な, 放れるという, 救い出されるだろう, 数え出したの, 数町ほど, 文学的随筆的批評という, 斬って, 新しく見直され, 新鮮な, 日日金の, 日本女の, 日輪寺方へ, 明智探偵事務所へ, 晩い, 暗黒が, 曲りましょう, 更に共同墓地, 更に深い, 最も近い, 有無を, 朝日が, 本堂へ, 本郷に, 条件反射学に, 来るこだわり, 来る戦闘員, 東の, 東禅寺の, 果して印象, 栖方の, 梢を, 横を, 樹皮の, 次々に, 正覚橋の, 歩きました, 歴史的研究に, 死体と, 母親らしい, 毎朝一番の, 民族主義や, 水甕を, 汲みとったいろいろ, 河へ, 波戸場の, 洩るるの, 流れたこと, 流れる光, 流れ落ちる赤い, 浮びあがって, 海を, 浸点作業, 淡い藤色, 渦巻き昇って, 湧いた, 湧く生活, 湿っぽい南風, 溢れ出る暗い, 滴が, 漕ぎだす小舟, 澄江の, 火繩銃ぐらいは, 焔が, 無断で, 然う, 熱海宝塚劇場へ, 片手を, 物體は, 狭い岩床, 玄関までが, 現われたので, 現実を, 環境一般の, 生じそれ, 生じる恋愛, 生ずる優越感, 生と, 生み出される, 生れた文学, 生れ出したという, 生活を, 用意の, 男が, 病躯も, 発信し, 発生し, 登る坂道, 白い片手, 白湯を, 百メートルばかり, 皮の, 直ぐ医者, 直ちに或, 省線へ, 真白な, 眺めるの, 矢が, 短い白髮, 石狩川とか, 社会の, 神明宮と, 科学的の, 種々の, 穏かに, 空嘯いて, 突っこむ, 立ちさったの, 立ち直, 立身出世の, 第三, 築山の, 系図に, 約四半里, 細々と, 細君の, 結果する, 網代笠を, 縁側伝いで, 美しい西洋人, 老い行く, 聞えだした, 肩掛だの, 脇本方面を, 脱すること, 脱走し, 膝で, 自分にとって, 自我と, 自由であった, 舞台が, 舳を, 芋銭氏の, 若い男, 茫と, 草本帶と, 落ち窪んだところ, 蔓を, 藁屑が, 蚊帳の, 行きつけの, 行田道は, 表を, 複雑な, 西湖の, 見えますか, 見える寺, 見える闇, 見下ろす, 見渡すと, 見通しを, 覗く, 解放され, 訪ねて, 語りはじめて, 読本とか, 課題が, 谷は, 貴女の, 赤ら顔白い, 走りだした, 起き上がれないだろうこと, 起った, 起り易い, 起る弊風, 跣足の, 躍ろうと, 輝き落ちる青藍, 迎えて, 近い横山城, 返した, 追い出そうと, 送り合って, 逃げだし目, 逃げ出しては, 逃げ出す隙, 逃げ込んだもの, 逗子に, 這い出ようと, 通つた, 通学を, 連峰までの, 運び出さる, 遠いところ, 遠くは, 遠のいて, 部屋への, 野毛橋を, 釣針が, 鋏を, 鐘鐸の, 長い針金, 開墾地まで, 闖入し, 陳留の, 隅の, 隠居所の, 離れた森林, 雨の, 零細な, 電車通りへ, 青白く微, 面の, 響いて, 題材を, 飛びおりたもの, 飛び立って, 飛んでも, 食事の, 餘り, 馬の, 駈け足, 高い峻, 鳥が, 鷲ヶ峰霧ヶ峰への, 黄ばんだ雁皮みたい, 黒媛を, 鼠が

▼ そこ~ (3871, 5.9%)

130 出て 75 出た 62 出ると 36 通って 31 狙って 27 立って 24 離れて 22 去った 19 歩いて 18 去って 17 出てから 14 見て, 逃げ出して 13 立ち去った, 立ち去って, 見込んで 12 出たの, 覗いて, 開けて, 離れた 10 考えて, 自分の, 通りか

9 [11件] ねらって, 中心に, 動かなかった, 目掛けて, 辞して, 通りぬけ, 通り抜けて, 通過する, 過ぎると, 閉めて, 飛び出して

8 あけて, 見ると, 越えて, 退け, 通り越して, 通り過ぎて

7 はなれて, 右へ, 立ち去ろうと, 退いて, 通りかかって, 通りすぎて

6 ぬけると, 出たが, 占領し, 抜けると, 訪ねて, 通った, 通ると, 離れると

5 [18件] どいて, 僕は, 出たとき, 出る時, 去りました, 叩いて, 察して, 潜って, 立ち去りました, 立去った, 立去ったが, 読んで, 逃げ出した, 通りかかると, 開けては, 開けると, 離れようと, 飛び出した

4 [30件] つけこんで, どけ, ぬけて, ひきあげること, 下りて, 借りること, 動くこと, 動くな, 占領した, 去らなかった, 右に, 守って, 左に, 引き揚げた, 抜けて, 曲ると, 流れて, 渡って, 登って, 目がけて, 立った, 見つめて, 覗いた, 貫いて, 辞した, 通りながら, 通り過ぎると, 通る時, 通る者, 降りて

3 [72件] うごくな, お立ちに, くぐって, しも, つけ込んで, てらしました, でて, やめて, 上から, 二人の, 二人は, 何んとか, 出ました, 出る, 出発した, 利用し, 去ろうと, 君は, 唯一の, 左へ, 幾度も, 引きあげた, 引き揚げて, 思へば, 押して, 指して, 掘って, 掘り始めた, 放せ, 止めて, 歩きながら, 歩き出した, 私は, 突破した, 立ちさった, 立ちの, 立ちました, 立ち去りかねて, 立つて, 立去ろうと, 縫って, 考へて, 脱け, 自分に, 見た, 覗くと, 覘った, 覘って, 訪れて, 訪問した, 走って, 起った, 起って, 踏んで, 退いた, 逃げだした, 透して, 這い出して, 通ったこと, 通りかかった時, 通りぬけた, 通りぬけると, 通り合わせた, 通るたび, 通る人, 過ぎて, 選んで, 避けて, 開いた, 開いて, 開けた, 離れたの

2 [207件] あけると, うろうろし, おりて, お前が, お角, かけあがって, きいて, くぐり抜けなければ, くぐると, さがして, てらして, でると, とんで, どうした, のんべといふ, はいると, はずして, ひらいて, まげて, また, また右, まわって, よく考え, よく考へ, わたしが, 一つお, 一つ御, 三人は, 上って, 不意に, 中心として, 付け目に, 付け込んで, 仮の, 住居として, 何とか御, 俺が, 借りて, 入って, 入ると, 兵曹長が, 出かけて, 出た時, 出で, 出ること, 出るとき, 出れば, 出抜けると, 出立しました, 切れあすこ, 割って, 動いては, 動こうと, 占めるもの, 去ったの, 去つた, 去つて, 去ると, 去るな, 去れ, 右手へ, 合点した, 嘗めて, 囲んで, 基点として, 大いに重宝, 大きな荷物, 奥院と, 左の, 幾度と, 廻って, 引きあげて, 引返して, 強調し, 往来する, 待ち受けて, 待ち構えて, 急いで, 我慢し, 折れ曲って, 抜け出して, 押えて, 押し通って, 拔け, 捕まえて, 掘り返して, 支配し, 改造し, 曲って, 最後の, 根城に, 標準と, 標準に, 横に, 歩み去って, 汽車が, 流れる川, 海岸と, 渡ると, 游いで, 潜ると, 無理に, 照らして, 照らしました, 片手で, 狙ったわけ, 生きて, 畠に, 番頭の, 発った, 発って, 発車し, 知って, 確かめて, 私が, 私達は, 突いて, 突破する, 突破すれ, 窺って, 立ちさろう, 立ち去ったが, 立ち去つた, 立ち去つて, 立ち去りかねた, 立ち去りながら, 立ち去ると, 立ち去る事, 立ち去る前, 立ち退いて, 立ったの, 立とうと, 立去って, 立去つた, 立去りました, 立退いて, 經て, 考えたの, 背後から, 自分は, 色々と, 行って, 襲って, 見こんで, 見たの, 見ました, 訪ねた, 訪ねると, 訪れた時, 説明し, 読むと, 調べて, 走り去って, 超えて, 足がかりに, 足場に, 踏み外しては, 辛抱する, 辭し, 追い討ちすれば, 退きなされ, 退転し, 逃げて, 逃げ出すの, 逃げ出そうと, 通ずる道路, 通ったの, 通ったので, 通らなければ, 通らねば, 通りかかりました, 通りすぎました, 通りぬけながら, 通りぬけようと, 通り合せ, 通り合せた, 通り越した, 通り越すと, 通り過ぎた, 通り過ぎようと, 通るから, 通るの, 通る人々, 通る樹木, 通れば, 通過した, 閉めかけると, 閉めた, 閉めると, 開けたの, 開けに, 開けようと, 附け込んで, 隠れ家に, 離れずに, 離れること, 雲の, 飛びだした, 飛びだして, 飛びついて, 飛び出すと, 飛び越して, 飛んで, 駈け下りて, 駈け出して, 駈け抜けて, 黒い犬

1 [2188件 抜粋] ○子は, あきるまで, あちこち覗い, あとに, いい加減, いま少し, うごかずに, うごくなよ, うまいこと, うまく利用, おくの, おふくみなされ, お主筋, お打ち明けなされまい, お聞き申したい, お退き, お閉め下さいまし, かきわけるよう, かれは, きれいに, ぐる, ぐんと, こう言っ, こすれば, ごたごたやっ, ごらん, さがった, さして行っ, さらにぎん, しかるべくお, しつかり教育さ, しらべますと, すいすいと, すかさずわし, すかして, すすんで, すみからすみ, ずっと突き当っ, そっちへ, その板囲い, そんなり, たずねて, たち去った, だれかに, ちやんと, ちらちらする, ついと出る, つかまないで, つかんで, つけ入るべしと, つらぬき通せば, でた家, とおりす, とおりぬけ分譲地, とって, とびのいた, とりあげて, どうか, どうぞ甘く, どう成長, どきなさい, どんどんいく, なんとかいたし, なんとか工夫, ぬからず, ぬけ出して, ねらってたのに, のきたまえ, のぞかれて, のぞくと, のりこえなければ, はたきて, はっきりつきとめたい, はつきり見分け, はなれました, はなれる機会, ひき千, ひとつ何とか, ひとつ無理し, ひょいとまがる, ひろひを, ふり仰ぐと, へらで力, ほんとにわかつ, またうしろ, また土葬, また牙, まっ黒な, めざした論, もう一度走りこむ, もう矢代, もっと明らか, やって, やはりパリの, やられて, ゆるゆる地平線, ようごろうじませ, よう考えたら, よぎると, よく気, よして, わが家として, わたって, カンポ・ステラ, ギュッと, コルサコフと, ジッと, チョコチョコと, ドナウは, バスや, ピッシリと, ロンドンじゅうで, 一つ強く, 一つ聞きたい, 一ツ泣きつい, 一寸手入れ, 一度通り越し, 一日一円から, 一歩も, 一生懸命で, 一目みる, 一重下っ, 三段ほど, 上ると, 下へ, 不思議な, 両脇, 丸く切り, 乗り越えて, 二三丁行っ, 二度目に, 二神は, 些し, 今云おう, 今鉄道が, 他人の, 伊勢路へ, 住居に, 何う, 何とかごまかし, 何とか工夫, 何となく立ち去り, 何気なく折れ曲っ, 信長が, 修理し, 借りては, 先占しよう, 入り日本女, 兼好流に, 写生したるなり, 冷静に, 出たかった, 出たり, 出た男爵, 出なければ, 出ようという, 出るつもり, 出る気, 出入りしなれ, 出発なさろう, 出野道, 切られちゃ, 切り上げて, 列が, 削って, 助けたの, 勉強部屋に, 動かず必ず, 動かなかったの, 動きませんでした, 動くん, 動こうとも, 十分に, 半分ほど, 卒業する, 占領され, 厚く中, 去った様子, 去らすなっ, 去らんと, 去りかねて, 去り塾長室, 去り難い, 去るよう, 去る時私, 又あなた, 又手習台, 取りおさえて, 叩きつぶし千石堀, 叩こうとは, 吉乃は, 君, 君一つうまく, 咄嗟の, 四人の, 固守するであろう, 埋める, 塀の, 塹壕に, 売却され, 多宝塔中釈迦多, 大勢に, 天然記念物保護地に, 奥様に, 好い加減に, 委しく教え, 孔雀の, 安全な, 実際問題, 宿所として, 察してやらにゃ, 尋ねあてた時, 小刻みに, 小野派の, 少しも, 少し読ん, 居室兼寝室と, 岡持を, 川と, 左にとって, 巧みに, 帛紗包みを, 幾つにも, 引あげ, 引きあげ上, 引き払いたいという, 引き揚げること, 引き返して, 引揚げ, 強調しよう, 彷徨し, 往復します, 待って, 得たりと, 御見物, 徹底的に, 忍耐しなく, 念を, 思うのよ, 恰度一畳敷位ひな広, 惧れ, 懐中電灯で, 手に, 手紙の, 打破って, 扼したよう, 抑え河ッ童, 折返して, 抜け出したの, 択んだの, 押し切る気, 押へながら, 拠点に, 指さして, 指すの, 挾んで, 捕らえれば, 掃出して, 掘ったらば, 掘りまわした形跡, 掘ると, 探して, 探って, 揉みそれから, 描き出した一片, 撃つならば, 擲られない, 支えて, 故郷と, 教室らしい, 散歩出来る, 敲きさえ, 斬り破って, 新助, 旗上げの, 旦那方の, 明神峠又は, 晩酌の, 曲がると, 曲つて行つた入口の, 曲る, 書く前, 最も猛烈, 望遠鏡で, 東の, 枕に, 根拠地として, 案内も, 楠木殿にも, 標準として, 横切った, 次郎さんが, 正すべきなの, 歩いてる群集, 歩き去る, 歩くこと, 歩く時, 歯科医院とは, 比丘尼剥と, 気遣ったが, 泳ぐの, 活かすの, 流れるごみ, 浮いて, 清涼殿と, 渡るは, 漂ひ過ぎ, 火が, 焦土と, 照らしたの, 片附け, 特に面白く, 狙ったらしい, 狙つて取材し, 猟師が, 申したん, 発して, 発つ仕度, 登つ, 登り詰めたあたり, 白無垢や, 目じる, 目指されて, 目掛け博徒権六, 相手の, 真直行っ, 眼がけて, 睨んどる, 知らぬ彼, 石鹸で, 破ってからは, 確かめで, 神殿の, 空廻りする, 突きぬけよう, 突き抜けた正面, 突け込んで, 突っ切ろうと, 突然に, 窓を, 立かけよう, 立ちかけた, 立ちさる, 立ち上がったとき, 立ち入って, 立ち出でてから, 立ち去ったん, 立ち去つて行, 立ち去らぬと, 立ち去る, 立ち去るよう, 立ち退いた, 立ったが, 立つ勇気, 立上がった様子, 立去らうと, 立去ること, 立退きましたので, 紛れ出, 終始緘黙, 結わえて, 締めろ, 縫う道, 老人の, 考えなけりゃ駄目, 考えると, 聞かして, 背割りにと, 脱ける, 脱出し得なかった, 自在に, 自覚したなら, 芝地から, 荷舟が, 蔽ひ尽し, 血田と, 行きやい, 行く日, 行ったり, 衝き破ったよう, 襲撃した, 見あげますと, 見せなければ, 見つめました, 見な, 見まわしましたが, 見る気持, 見付け大工, 見届けた以上, 見渡したとき, 見詰めて, 見込まれての, 覗いたが, 覗きながら, 覘い, 観察したら, 言って, 訪いまた, 訪ね次第に, 訪れるという, 訪わぬうち, 詩人は, 語ろうという, 読みかえした, 読み終るまで, 読んだ, 諦めて, 讀書の, 買いしめて, 貸して, 走ったとき, 走る, 起して, 起っても, 越すと, 足ばやに, 足緒と, 踏み切るに, 踏むばかり, 転び出して, 辞しそれ, 辞去した, 近所の, 追いすがって, 追ひだ, 退かなかった, 退がるや, 退って, 逃げだして, 逃げ出したの, 逃げ去る足, 逃しは, 逆用し, 這う蟻, 通して, 通った時, 通つ, 通つた然し, 通ふ, 通らぬわけ, 通りかかったの, 通りかかった内儀さん, 通りかかった漁夫, 通りかかりサンドウィッチ・マン, 通りかかる前, 通りが, 通りすぎるだろう, 通りぬけお, 通り合は, 通り抜けました, 通り抜けるだけの, 通り抜け駆け出さんばかりに, 通り過ぎたふたり連れ, 通り過ぎること, 通るとき, 通る人達, 通る旅客, 通る若い衆, 通抜け, 通過中だった, 進めば, 遁げて, 過ぐる, 遠ざかつた, 適当に, 避けさせ母屋, 避け八畳, 酌を, 金助が, 閉めかけましたが, 閉めながら, 閉める音, 開けたま, 開ければ, 間違えては, 防空壕がわりに, 降りはじめて, 除いては, 隣りの, 離れた三橋, 離れた近代化, 離れました, 離れるあらゆる, 離れる頃, 雲霧たちこめる, 面白いと, 頭の, 頼むわけ, 風間に, 飛びは, 飛び出すこと, 飛び越えようと, 飛出した, 飛出そうと, 館長室と, 馳け, 駈けだした, 駈け去ってから, 驚かす勇気, 鹹湖

▼ そこ~ (3277, 5.0%)

12 彼の 9 さすがに, 私の 8 よくした, 例の 7 女の, 家の, 私が 6 人情で, 山の 5 人の, 男でも 4 そのままに, ぼんやり白く, もとの, わからぬ, 一面の, 広々と, 昔の, 林の, 海の, 自分の

3 [32件] うしろに, お前の, お察し, お角さん, 一面に, 両が, 二階の, 人間の, 以前に, 何と, 俗に, 僕の, 凡夫の, 君の, 天井の, 女だ, 完全に, 小さな林, 少しも, 峠の, 店の, 彼が, 心得て, 日本の, 昔から, 暗いので, 流石に, 男と, 町の, 畳の, 蛇の, 雪が

2 [181件] あまり端近, あんまり急, うつくしい黄金, おせんが, お互いに, お広い, お手, かなりの, かの道, がらんと, きれいな, この土地, この家, この建物, ご承知, さつきの, すぐ廊下, その先刻, それ風呂敷か, たくさんの, たしかに去年, ちやうど, ちよつと, どういうもの, どこか, どこの, どこまでも, ひろびろと, またお, まだ子供, まだ考え, まっくら, まばらに, まるで地面, まるで法廷, むかしから, もうイギリス海岸, もう笛ふき, やや広い, よく判らない, よく注意, れいの, わいろ役人に, わからない, わしが, わたしが, ガランと, ゴミゴミした, 一方の, 一本の, 一段高い, 一段高く, 三吉が, 上の, 二つの, 井戸の, 交番の, 京の, 京都の, 人通りの, 人間が, 今は, 今も, 他の, 他国の, 何の, 倉庫の, 僕が, 僕も, 僕らの, 六畳の, 兵隊の, 分らないが, 分りませんが, 前にも, 前の, 北向きで, 危い, 厳重な, 商買の, 夏の, 大きな洞窟, 大人物の, 夫人の, 女です, 女らしいとか, 如才なく, 子供の, 学校の, 宇品の, 完全な, 室の, 宵から, 少女の, 山の手の, 崖の, 巨大な, 巴里で, 常に心, 平地に, 年中暗い, 幽霊, 広い野原, 床に, 庭の, 彼女の, 御安心, 心得たもの, 悪魔に, 愛の, 慣れたもの, 拙者も, 支那人の, 断崖に, 日当りが, 日当りの, 早や, 昔きたえた, 昼も, 時計や, 普通の, 暗い, 朝鮮が, 村の, 板敷きに, 柏や, 武蔵野の, 死人を, 気を, 水も, 永年の, 沖の, 海岸の, 深い谷, 渡し舟の, 瀬の, 火災を, 田舎の, 町を, 百姓の, 相変らず, 相変わらぬ停車場前, 相当の, 神聖な, 私は, 私も, 空っぽだ, 窓の, 立派な, 第三紀, 緑の, 老巧な, 自分が, 自分にも, 英国でなく, 茂りあった枝, 草ぼうぼう, 藩主山内侯の, 血の, 血を, 裏の, 誰も, 賑かな, 賑やかな, 足がかりも, 農家の, 部屋ぜんたいが, 郷里の, 酒を, 銭湯の, 陽の, 隣りの, 集団の, 電車の, 静かな, 順平に, 風が, 馬籠の, 馬鹿の, 鷹揚な, 龕の

1 [2690件 抜粋] あたいだ, あなた方に, あの切支丹屋敷, あまり小奇麗, ある大きな, あんた俺が, いくらおさえつけ, いったい人間, いつも渦, いまあらかた, いわゆる, いわゆる階段廊, うまくバツ, おた, おとよ, おらが, おんなじさ, お前さんに, お危う, お屋敷, お燈明, お艶, お高, かなり広, がらんどうに, きわめて広く, けっこう腐られねえ, ここに, この作, この屋根部屋, この町, この金助, ごまかしが, さっきボートで, さびしいやしき町, さる者, しばらくがやがやし, じつになんともいえない, すぐ石垣, すこし天井, すでにその, ずっとある, そういう気風, その傍, その新宿, それそちの, それ在に, それ痛みが, それ誰の, たしかに上山君枝, ただでは, たぶんめずらしい, だれからも, ちょうど, ちょうど国電, ちょうど死霊, ちょっとした宿場外れ, ちよッと, とある店屋, どういうわけ, どうしても野, どうやら海, どこに, どての, どんな鬼仏像, なかなか食えない, なんとかなる, にんげんひとり, のんきです, はっきりしない, ばかに, ひそまり返る, ひろい池, ふつうの, ほとんど想像, ほんの立ち話, まあ仮に, まことに便利, また主観主義, また彼等, まだしも, まだ分らない, まだ新しい, まだ誰, まったくの, まっ暗でした, まるで箱, むしろ取引, もうおおかた刈られ, もうただ, もう三叉路, もう何度, もう別世界, もう奔流といつて, もう川, もう普通, もう根岸, もう白国, もう藩主, もう隣, もとヨシ, もはや, やっぱり狸, やはり利害一致, やはり旅, やはり芸術, ゆるやかな, よく分らない, よく承知, よして, わからないがね, わたしたち実習生が, アムステルダム市外に, イージーで, カシワの, グレー街であった, コンクリート壁の, スケートリンクの, チスパニーと, トンネルの, ハツキリ区別し, ビラを, ブレーデの, ボヘミア人が, マンも, モスク, リット少将の, ワルシャワの, 一トかたついた, 一坪ばかりの, 一年の, 一時間に, 一段低く, 一部の, 丁度お通夜, 丁度鏡を, 万国公法の, 三つ眺めとよむ, 三日前までは, 上って, 上手の, 上野公園でした, 下水の, 下鴨神社の, 不明, 世界一を, 両側に, 主に, 久しい馴染, 事務室の, 二六時中霧の, 二十畳敷き, 二階と, 五年の, 人どおりの, 人氣の, 人間に, 今博物館, 今蝋燭の, 仕事部屋に, 以前彼が, 伊吹山麓の, 休暇を, 伯父の, 佐久間町の, 何とかうまく, 何とか女学院, 何に, 何人にも, 使われて, 保福寺峠と, 修羅暗, 倉田工業から, 働いてるだろうのに, 儀式の, 先ずお, 先日磯五が, 入り込んだ町, 入間川と, 全く内地, 全く見覚え, 八十三郎の, 八月から, 共に大志, 円い築山, 冬雪の, 処女で, 分からないん, 初めの, 前に, 割烹旅館に, 勅使の, 北さんから, 医師だ, 十分承知し, 十日町だつた, 千曲川と, 半畳敷ほどの, 南と, 印度の, 厳寒の, 叔母さんも, 古代波斯の, 台所と, 合点だ, 同じ歐陽修, 名高い小, 味噌納屋の, 商人素速く, 商売柄だけ, 喜撰という, 嘗て彼等, 四国屋の, 四時に, 回向院境内の, 国道が, 土牢も, 地下室だ, 地方から, 地階七階に, 城山の, 塔の, 増上寺の, 壮麗な, 夏でも, 外来者の, 外郭だった, 多勢の, 夜叉達が, 大きい町, 大きな寺院, 大きな邸, 大体好奇心である, 大広間に, 大気な, 大胆な, 大門町の, 天に, 天井も, 天然記念物に, 太田媛神社の, 奥さま世の中で, 女だけ, 女の子さ, 女親娘を, 好く判らない, 如水さすが, 始めに, 嫁の, 子供心で, 学園の, 宇治の, 安心する, 宗像博士の, 実に上下左右, 客室であった, 家具も, 寄席としては, 寝台にも, 寺でも, 小さい山, 小さな室, 小じんまり, 小太郎山の, 小川を, 小熊さんたちの, 小高い丘, 少しの, 尼さんが, 屋根裏部屋で, 山川の, 山陰に, 岩形氏の, 崖に, 川づたいの道でした, 左右とも, 已にいくらか高く, 市外に, 帝王の, 幅約, 年の, 年長者に対する, 広い広い河原, 広くもと, 広瀬川が, 庭に, 廊下で, 建築した, 引っこん, 当意即妙で, 影に, 彼奴男で, 後で洗う, 御互, 御嶽山に, 御相談, 心がけ一つで, 必ずボロボロ, 応接間の, 急所と, 恐ろしいほど, 恰度玉乗小屋の, 悪党の, 情実で, 愛宕山の, 憚りながら芸, 或る, 所謂御方便な, 手前の, 手練だ, 打って, 押入らしく, 掃除し, 播但線の, 支那料理店だ, 教祖ぞろいの, 文人気質の, 新しく建つた, 方丈から, 日が, 日本では, 日比谷公園の, 旧式の, 明るい灰色, 明神の, 春の, 昼間でも, 時勢だ, 暑い, 暗い酒藏, 曙町の, 最も深い, 最早森林帶, 有繋, 木曾の, 未だ戦災, 本題ぢや, 村正, 東京の, 松や, 板の, 果しない, 某新聞記者, 栗田さんの, 桜の, 森林が, 業病人が, 楽しき花園, 樹に, 機械室に, 櫟林の, 正しく昼, 武ちゃんや, 歩くしか, 殺生禁断で, 毒を, 気丈夫です, 気随の, 水内の, 水精たちや, 永年こうした, 池上本門寺の, 没収され, 河水と, 沼に, 注意してる, 洞庭の, 浅草公園の, 海へ, 海洋の, 涯り, 深い静穏, 渡辺橋の, 湖と, 湯殿よ, 溝だった, 漁師です, 激しい往来, 灌木帶といふ, 炭屋らしく, 無数の, 焼け残った丘, 片方に, 牧野とも, 物置同様で, 狭いが, 狭い黒ずんだ, 玄関と, 玻璃窓の, 瓦を, 生粋の, 田舎で, 男の, 町奉行でも, 畳だった, 病気と, 登れまい, 白糸村の, 百鬼夜行の, 直径二十センチぐらい, 相州さま入道さま等の, 真っ暗な, 真弓が, 真空の, 矢場の, 知れきって, 石造りの, 破れ鍋に, 礼子の, 禁猟区だった, 私を, 秋三の, 稼業こいつあ, 空き間に, 空気を, 竹童も, 笹の, 米が, 精力絶倫の, 純然たる, 終日明るい, 綿屋に, 縁側も, 美術建築などに関する, 老功, 老獪の, 耳朶じゃね, 肉色の, 脛の, 腹心の, 自然の, 船の, 色彩において, 芥捨て, 花畑だ, 若ーさん, 草地で, 荒涼と, 葦簾の, 蕭条と, 藍丸王は, 虐げられ苛まれた人間, 蜻蛉売り, 街裏の, 裏が, 裏通りに, 西北に, 見おぼえが, 見知らぬ土地, 親子の, 解りの, 読書力の, 諸国の, 講談の, 豪いもの, 貧乏たらしく, 貴方府中の, 質素な, 赭土の, 趙雲の, 身体に, 軒なみに, 退きさ, 通り角の, 通信機器の, 遊園地と, 道中の, 達雄の, 遠慮を, 邪魔だ, 郊外に, 都合が, 重力平衡圏という, 金の, 銀座裏の, 長いもの, 長櫃の, 門も, 間違ひなく, 阿片窟である, 陰気な, 階下に, 隣との, 雑居の, 雨しげき, 雲水風の, 震災に, 青山の, 青江三空曹の, 静の, 音楽よりも, 顧祝同の, 食物庫です, 馬場で, 駅から, 高い上, 高さ一間, 高度も, 鬼みたいな, 黄色い塗り壁

▼ そこ~ (3057, 4.6%)

2120 待って 19 働いて 17 彼は 15 何を 14 私は 12 始めて, 急に 11 言葉を 10 自分の, 話して, 足を 9 だね 8 かれは, もって, 遊んで, 食事を 7 それを, 止まって, 酒を 6 一緒に, 休んで, 暮して, 聞いて, 話を, 顔を 5 いった, とまった, 仕事を, 思いついたの, 思い切って, 手を, 死んで, 考えた, 見て, 飲んで

4 [17件] ちょっと言葉, とって, なにを, 云いました, 何か, 切れて, 別れて, 声を, 帰って, 彼の, 急いで, 暮した, 生れて, 立ちどまって, 話が, 降ります, 黙って

3 [31件] いろいろな, かう云, ほんとうに, やって, 一つの, 二人は, 人を, 休息し, 何んな, 別れを, 多くの, 女を, 彼に, 彼女は, 思いきって, 昼飯を, 横に, 止まった, 死ぬの, 水を, 泣いて, 用を, 着て, 笑って, 考えました, 考えられるの, 言った, 話は, 途切れて, 静かに, 首を

2 [175件] あなたは, いう, おれは, お茶を, かように, きいて, けんめいに, しからば, しばらく呆れ, しんみりと, すんだもん, それに, だよ, だ俺, だ若し, なされて, はじめからの, ひと休みする, ぴたりと, へたばって, またしても, まるで一目散, みんなは, やっと安心, よろこんで, エセックスは, エンゲルスも, ハッと, フリ廻さず, 一人で, 一人の, 一杯飲ん, 三娘の, 不思議な, 両手を, 事情を, 云った, 互いに顔, 今度は, 仕方なし, 会う, 何かを, 使って, 例の, 停止する, 僕は, 冗談を, 出会って, 出来るだけ, 出来るだけの, 別れること, 又苦い, 口の, 口を, 句を, 吾, 唱つてゐる, 問題の, 喜んで, 執筆も, 夕飯を, 女の, 女中に, 始まる, 娘の, 安い車, 安心し, 密会する, 寝て, 尋ねるが, 小さな雪沓, 少年の, 岐れ, 岡田の, 岡田は, 度胸を, 引返して, 待ってるの, 待っとりや, 得意に, 心を, 念を, 思い付いたの, 思ひ出したの, 悠々と, 或る, 持ち耐えようと, 持って, 振り返って, 数日滞在し, 断って, 旅装を, 暮したこと, 暮すの, 暮らすこと, 更めて, 望んで, 李幕事の, 村の, 林を, 椅子から, 止って, 止めて, 止る, 毎日無聊に, 気が, 気がついて, 流した血, 消えて, 牛の, 物を, 現実の, 生活し, 産する, 申して, 男は, 留まった, 白娘子と, 盗賊の, 眠って, 知ること, 私たちは, 私の, 突き放されて, 立ち戻って, 立ち止って, 第二, 筆を, 終って, 終りを, 終わって, 結婚する, 結論を, 美しい結婚, 考えたの, 考えたんで, 考えて, 聞えた, 育ったの, 育って, 育つの, 胸を, 腰を, 腹を, 自分が, 自然哲学が, 行って, 言って, 計らずも, 訊いた, 訊問が, 説明した, 買った, 買って, 買物を, 起きて, 起って, 身動きも, 車を, 逃げて, 途絶えて, 逢ったの, 運算書の, 過して, 過って, 選択が, 酔って, 長い間, 開かれた, 降りた, 降りて, 食べさせて, 馴れ合って, 驚いたの, 髪を

1 [2227件 抜粋] あかしました, あっしの, あわてて, いおうと, いくらか太く, いって, いつも勇ましい, いろ, うすい唇, うろうろと, おさまって, おそろしいの, おのれを, おろされた, お手本を, お話は, かう言, かたまって, からすに, かわいらしい, きょうまで, ぐるツと, こおって, この不定限, この流れ, こんだはこつちが, さがした, さびしくこの世, しずかに, しばらく佇ち, しゃべり散らされてるつまらない, すぐさま向う見ず, すごされるたのしい, すすり泣いて, すっと室, するらしい, そういう, そのまま眠, その家, その目的, そろりそろりと, ただちに応急手当て, たまって, だかんじん, だその, だわし, だ己, だ節ちゃん, ちょっと叔母, ちりちりばらばら, つかみ合いが, できるもの, とまったぎり, とまりました, とんぼ返り, どうなるだらう, どんな遲, なくした瞳, なら斬られても, ぬがねば, のんだレモナーデ, はじめて少年, はじめて花子, ばかばかしい療法, ひきわたすの, ひどく愛しあっ, ふいに, ぶつかって, へまを, ぼんやりと, まごまごしてる, まず第, また一夜, また気味悪く, みんなばらばらに, もう一度君, もう道, もみ合った, やっと落着, やむをえず鈴木氏, やれ, ゆるく, よく子供, よろしい悟り, わが京都, わたしが, アッシェンバッハは, ガリレイ, クリスト教信者として, ゲーレスは, テントーし, ニッコリと, ノックした, ピーと, ペンを, ポンと, ロザリオを, 一つ意味あり, 一人に, 一個の, 一問答が, 一寸櫛, 一応果たされた, 一拝に, 一服吸っ, 一杯飲む, 一面の, 万事を, 三十人の, 三日間仕事に, 上京公演の, 上陸致し, 下りますの, 下車する, 与えられた時, 両性の, 中座し, 中食を, 乗り換えて, 亀さんは, 二三番打った, 二十六年の, 二時間ほど, 云いよう, 云ってるには, 互に眼, 亡くなられたから, 人が, 仇討に, 今日まで, 介抱を, 付け加えて, 仰せられたまま, 仲間と, 休みます, 休安する, 会うこと, 会った屋井, 会はつしやる, 伝右衛門左馬助の, 佐古は, 何が, 何もかも他, 何時間でも, 作る葡萄酒, 修業しました, 俺達は, 倫理的に, 停る, 偶然富井さんに, 働かせて, 僕達の, 充たされそう, 入って, 六ヶ月の, 兵馬に, 円錐の, 写生文家なる, 凍える子供, 凝結し, 出た料理, 出会い互いに, 出家を, 出来るだろう, 出発し, 切った皮膚, 切れてるよう, 初めての, 初めて大蔵, 別々の, 別れたよう, 別れると, 別れ古い, 力学的構成を, 勇んで, 動くという, 勢いボンド街, 医員を, 千三屋, 卒業と, 又, 又一人, 友達の, 取り扱われる事実, 取れる魚鳥, 取次ぎに, 古い草鞋, 可能な, 吃ったの, 同座の, 名状すべからざる, 呆れ返ったもの, 呱々の, 呼ぶ声, 命を, 唸って, 喋りつ, 喰い止めるだろうと, 四五日ダンスを, 困った, 国の, 地べたに, 基調として, 壊して, 売れるため, 夢の, 大勢の, 大将の, 大抵の, 天子の, 失われた童貞, 奏されて, 奪った宝石, 奴め墓場で, 始まって, 姿態を, 嫂が, 学ぶめぐり合わせ, 學ばれたもの, 完成した, 定刻まで, 客観写生という, 家を, 寄り添おうと, 寝ころんだり, 寝起きを, 対岸の, 小さい声, 小屋掛の, 小畑さんに, 尽きようとも, 展開させ, 山々の, 崩れるよう, 左翼学生は, 帰る撃つな, 幸に, 床几の, 廃娼説は, 弓之助は, 引き返って, 弱ったの, 役割を, 彼らに, 待たっしゃい, 待ち合わせること, 後見の, 得意げに, 心付いて, 必要であった, 忠実な, 思いついた水, 思い出させるの, 思う, 思ひがけ, 思ひ切つて, 思ふのに, 急にに, 怨んだ, 恐ろしい目, 悉とく顔を, 悲鳴を, 惴り, 意味の, 慎重に, 成立つ, 我等の, 戦闘隊形を, 手分けし, 手習ひ, 打ち砕いた殻, 投げ出される不可解さ, 折れ曲がって, 拾ったの, 持ちこたえたの, 按摩に, 振り向いて, 捕られた魚, 捜索が, 採集した, 探るよう, 揃って, 揚がった, 支えて, 救い上げられたとは, 教わったとおり川, 整然と行われ, 料理法という, 断れて, 新しいオヤジ, 新しい木, 新たに, 旅川周馬の, 既に暗い, 旧い話, 明らかに, 春雄にも, 晩の, 暫くうろうろし, 暮したが, 暮した新しい, 暮そうと, 暴風雨を, 書いた, 最初の, 最近再度, 木いちごの, 村井君に, 来るべきところ, 松本が, 柔かく遠く, 栽培され, 検屍官は, 楽書きなどを, 檀寺に, 歎願の, 止った, 止まる訳, 止る意志, 武士とか, 歯ブラシを, 死にたがるもん, 死ぬるまで, 死んだ冬, 死刑の, 残りの, 殺して, 毎朝六時に, 水芸の, 池の, 河岸の, 泊ったの, 泊らせて, 法衣の, 泥を, 洗い落された貴方, 浣腸したら, 消えた卓子, 深いため息, 湯を, 溜息を, 演奏を, 火の手が, 無事に, 焼いて, 煙草を, 燃やした, 牡兎が, 物音を, 狐を, 猫は, 王成の, 現在の, 生き残りたいという, 生れた, 生命の, 産を, 用いられた鎧, 申しわけの, 疱瘡の, 発掘致しました, 白虎太郎の, 盃を, 目立った成績, 相談が, 看守さんは, 真面目に, 眼立っ, 知ったこと, 短冊を, 研究は, 碎けないさき, 礼を, 祈り子, 科学自身と, 稼いで, 空しい逡巡, 突き刺さった矢, 立ちあがって, 立ちどまったまま, 立ち上って, 立ち止った, 立ち止まり自分, 立ち騒いだ八王子組, 立どまると, 章へ, 第一, 筆屋さんの, 精進料理を, 素っ裸かに, 細君の, 終らざるを, 終わってるかの, 結婚した, 絶えて, 絶命し, 縄を, 繰り返し読んで, 美しい遊女, 翩翩と, 考えずには, 考えられる進歩, 考え込んだが, 考へられたの, 耕す為, 聞える武穴, 聯合艦隊の, 育った, 胡乱な, 腕組を, 臨検者達の, 自動車の, 自然科学は, 芝居或は, 苦々しく笑った, 英語の, 落がんなどを, 落ち会ったジャアナリスト, 落合ったこと, 葬式の, 蔦代の, 蜆を, 行きづり, 行き逢う人々, 行われるよう, 衾を, 複雑と, 見かけたいや, 見かける多く, 見た屏風, 見る, 見送って, 解雇を, 言い合わせたよう, 訊ねて, 註文は, 詩や, 話しは, 話の, 語られる言葉, 読んでるの, 論じたこと, 警戒する, 象徴的な, 貴公を, 買おうとは, 買物が, 起きねば, 起ち上つた, 起る当然, 足留めを, 踊りと, 踏み止まって, 躊躇うよう, 身の, 輕く, 辞し度い, 辷るの, 述べて, 追いぬかれた, 送り極, 途切れたが, 通訳の, 逢おうと, 連城に, 進んで, 遊ぶには, 遊んだの, 過ごしながら, 過した子供時代, 過すよう, 避けて, 酒の, 醸されたつくづく, 金兵衛を, 鉄棒の, 鍋焼を, 長く立ち話, 門を, 開かれるよう, 降ろしたから, 陳氏と, 隠した場所, 雑誌を, 雷が, 静まりました, 靴の, 頬笑みを, 風を, 飛び違い遣り違わせ機, 食い留められて, 食う林檎, 食べた, 食事した, 飲んでるん, 馬から, 駄菓子と, 高村東雲と, 鳴るまで, 黎明の

▼ そこまで~ (2008, 3.0%)

47 来て, 来ると 46 行くと 44 行って 30 考えて 20 いって, 一緒に 19 送って 17 行けば 15 考えると 14 行かなければ 13 出て 12 歩いて 11 進んで 10 考へて, 読んで 9 ゆくと, 持って, 聞くと, 話して 8 いうと, きて, 手が, 書いて, 見て, 話を 7 云うと, 分って, 来た時, 言って 6 くると, ついて 5 云ふと, 出かけて, 来たの, 気を, 行くの, 言うと, 読むと, 近づいて, 連れて

4 [17件] いつて, ごいっしょ, 云って, 來て, 信仰に, 入って, 動いて, 帰って, 心を, 散歩に, 知って, 考え続けて, 行かないと, 行くには, 見とどけると, 言ふと, 語って

3 [36件] いったとき, おりて, おわかり, たどりつくと, では, やって, ゆくには, 云ったとき, 伸びて, 來る, 到達した, 御一緒, 来た, 案内し, 発達し, 眼を, 私は, 突込ん, 考えたとき, 考えを, 腹を, 自分を, 行き着けば, 行くだけの, 行く間, 行こう, 行つ, 見送って, 詮索する, 話したとき, 走って, 足を, 身を, 進むと, 運んで, 駈けて

2 [105件] いいますと, いくと, いっしょに, おくって, おっしゃって, お伴を, お顔, きくと, して, たどって, たどり着くと, だ, だよ, つきあって, つき合って, ですよ, はいって, はっきりした, まいりましたから, もって, やると, ゆかなければ, ゆけば, 上がって, 下りて, 二里に, 云うん, 云つた, 伺えば, 出迎えに, 到達し, 参りますと, 回復し, 察して, 彼が, 彼女を, 往って, 御案内, 徹しなければ, 念を, 思い切って, 悟りが, 意識し, 手を, 掘れば, 書いたとき, 有頂天に, 来かかると, 来たか, 来るには, 歴史的に, 気がついたの, 気がつかなかった, 気づいて, 気の, 氣が, 波が, 泳いで, 深く考え, 漕ぎつけて, 登って, 研究を, 社会の, 私と, 私に, 突き詰めて, 突込み得, 筆を, 考えては, 考えるの, 考える必要, 聞いて, 聴いたとき, 腰を, 至って, 至ると, 行かない, 行かないで, 行かなくても, 行かねば, 行きました, 行き届いて, 行き着いて, 行くこと, 行くひと, 行く路, 行っても, 行つて草を, 見届けて, 言いかけたとき, 話が, 話すと, 辿りつくと, 迎えに, 迫って, 送りに, 這って, 通って, 進んでも, 進歩し, 達して, 達すること, 飛んで, 高めて, 黙って

1 [1078件 抜粋] あとしさりし, あるいた, い, いうなら遠慮なく, いくこと, いくの, いけば, いそげと, いった, いったんだ, いつては, いらっしゃいよ, いわないでも, うか, うたがわなかったの, おしすすめられて, おとも, およいで, お付合い, お倉, お出でなされた, お前さんの, お母さんが, お聴き分けなさいました, お見とおした, お見送りいたしませう, お迎えが, お送りしませう, かよわせられた, きたか, きたらこわい, きみは, くわしく知る, こじれて, この手籠, この騒ぎ, ご一緒, ご承知, さへ, しゃべったとき, しらべたの, しんとして, すでに企らん, する間じゅう, そういう言葉, そちは, その方, たどりたる標準, たどりつくこと, だから, だんだん考え, ちょっと送ろう, ついて行って, つきつめずには, つき当たると, でて, とどかざりけり, どうしても踏み込ん, どうやら着きます, どの位, なすって, ならいいでしょう, なら集中力, なんとかし, のぼって, のぼると, はきて, はっきりいいません, はっきり断定, はっきり見分ける, はね親分, はやって, ひきだして, ひとつ来, ひろがって, ふたりの, ほとんど一気に席巻, まいりますと, まだ誰一人攀ぢ登つた者, みそつ, もうちやん, もと, やったらむこうは, やって来た, やって来た旗二郎, やって来て, やらなくても, やる必要, ゆかない間, ゆかねば, ゆきは, ゆくこと, よくこの, よんで, わかるまい, わざと男, わたしが, わたしは, われわれの, クダケテ下さらなく, デュ・ガールは, ハッキリ考え, レターを, 一つだ, 一人で, 一団が, 一般が, 三十分の徒歩は, 上つて見た, 上昇し, 乗込んだか, 了簡を, 事態は, 云いつづけて, 云えば, 云った帆村, 云った政, 云ってから, 云つてふと, 互いを, 人を, 仔細に, 伝わって, 伝説化し, 伸びぬので, 住馴染まない, 使ひ, 俊基の, 信用し, 信頼され, 俺の, 俺らが, 僕が, 充分には, 入れて, 兵を, 内輪の, 出か, 出かけた人たち, 出かけます, 出たの, 出ると, 出掛けるよう, 出迎えて, 分りかけた人, 切迫し, 判って, 判らねえでも, 判るまい, 判断力を, 到って, 到達しなけれ, 到達する, 剣法なんぞ, 力を, 動いたという, 十ぺんで, 占って, 参ってるよう, 及べば, 取越苦労を, 古い大木, 各自の, 同道する, 味い, 呼びよせて, 哀憐を, 問題を, 囁いた時, 回想した, 土に, 坂を, 執拗な, 堕落した, 墮ちなけれ, 声が, 大衆の, 夫婦を, 女の, 妾に, 存じて, 官軍に, 宥めて, 寄る間, 尋ねること, 導いたの, 小布施さんの, 小銀, 届かない, 届かないで, 届かなかったの, 届きません, 届けて, 左手に, 常識が, 干渉する, 引き上げそして, 引き摺り落された時, 引き返して, 引下げて, 引摺って, 強くも, 御供しやせう, 御断言, 御注進, 御調べ, 徹したいと, 徹する, 徹底させました, 徹底しない, 徹底を, 心境が, 心服し, 忍んで, 思いだして, 思い出すと, 思い及びながら, 思い至らなかったは, 思ったけれど, 思ひつめる, 思ひ浮べて, 急げや, 患者の, 悪気が, 悲しく無知, 想像が, 想像する, 感づかれたらいずれ, 成長いたしました, 成長した, 戯曲に, 戻るぐらゐ, 打ちあけて, 押されたの, 押して, 押つめ, 押詰めて, 招き上げられた小次郎, 拡って, 持つて, 掘りあてないの, 探り出さっしゃったなあ, 探り当てられると, 掣肘を, 描かずに, 散歩を, 文化的に, 明かして, 明確に, 曲解され, 書くの, 望むの, 村の, 来いと, 来かけて, 来たから, 来たついで, 来たとき, 来たには, 来たやう, 来たんで, 来た時駕籠, 来ては, 来とる, 来ながら, 来ましたやつ, 来るて, 来る道筋, 来れば, 案内した, 案内しよう, 槙三が, 歌って, 歩くにも, 歩み出せば, 殆ん, 民主的に, 気がついたかい, 気がつかない, 気がつきません, 気が付いたか, 気が付けば, 氣持がね, 江木さんが, 決心し, 汽車を, 洗練し, 洩れて, 深い愛, 深く探究, 深く知らない, 深刻に, 源十郎は, 溢れ出して, 溯らなければ, 漕ぎつけない以上, 漕ぎつけるまでには, 炎の, 無事でいる, 照らして, 物を, 犬も, 猛進する, 理屈らしく, 生かすこと, 用意が, 用足しに, 由良は, 申して, 町を, 疑念を, 登るには, 白雲を, 盲目に, 直徑, 眞面目には, 真実が, 着きまして, 睨んで, 知られて, 研究しない, 磅, 私たちは, 移動し, 空想する, 突きつめて, 突っこんだ言質, 窮める力, 立ち入らなくても, 立ち入る事, 立入った問, 筆が, 素早く走った, 絹子が, 緑色の, 習いこんでこそ, 考えたねえ, 考えた彼, 考えた時彼, 考えた空想, 考えついたの, 考えつづけた, 考えないと, 考えなければ, 考えようと, 考えられない, 考えるひま, 考えるわけ, 考える程, 考え続けると, 考へなかつたけれど, 考へられるの, 考へると, 考へる筈, 聞えて, 聞かなかったわ, 聞こえて, 聴くと, 肉の, 自信の, 自分にも, 自省し, 至らなかつた, 苦心し, 落ちたら焼け死ぬ外, 葉を, 藤棚の, 行かずあがったが, 行かずに, 行かないに, 行かない分, 行かなくっちゃ, 行かぬと, 行かれるか, 行きその, 行きつくと, 行きつけば, 行きませう, 行き兼ねないこと, 行き得たの, 行き着くと, 行くから, 行くという, 行くべきであったその, 行く事, 行く要, 行けと, 行けない時, 行ける, 行ければ, 行こうとは, 行ったが, 行ったら男, 行った時, 行った茅野雄, 行つた, 行つてその, 行つては, 行つてゐない, 行つて夜汽車で, 行て, 覆面抜刀の, 見たとき, 見に, 見やぶること, 見ると, 見破られるほどの, 見送つて, 見送り申そうず, 見送ろう, 見透す力, 観察が, 観念として, 触れると, 言いかけた時, 言ったとき, 言つ, 言つてさすが, 言つてもう, 言つて康子は, 言ひかける, 言ふともはや, 言ふべきで, 言わなくても, 言われれば, 計算し, 記憶は, 詮じつめ, 詰ったゆきどまり, 話し進んだ時, 語ったとき, 読みかけると, 読んだ, 読んだ時, 調べた奉行所, 調べませんでした, 論理を, 負って, 貴公が, 賛成する, 走つて行つて, 跟い, 踏切って, 身に, 辛抱し, 辿つて, 辿りつきぐったり, 辿りつけば, 辿り着いた庭, 辿り着いて, 迂回する, 近づいた父親, 近道を, 迫りながら, 追いこんで, 追いつめられたので, 追いつめられて, 追い付いて, 追っかけて, 追及する, 追求し, 退引き, 送つて來, 送らうと, 送りとどけて, 送り出そうと, 送ろう, 這入るんで, 連想を, 進み得しめたもの, 進む過程, 進めるかとも, 進んだ新, 進んでる様子, 進歩した, 逼迫し, 運びこんだという, 運び上げるトラック, 運んだ時, 運命に, 達した彼女, 達しないで, 達し得なかったよう, 達するのに, 野心を, 金吾が, 降りれば, 離れて, 震えて, 靡くの, 頭の, 風に, 飛びこんで, 飛躍する, 馬車を, 駆けつけ得られたか, 高いと, 高まるため, 高潮されなけれ, 髪を

▼ そこ~ (1527, 2.3%)

10 問題だ 9 私の 7 人間の 6 こっちの, 女の 5 妙な, 彼の, 男の, 芝居だ 4 僕の, 君の, 彼女の, 日本の, 畜生の, 自分の

3 [16件] お前の, この事件, この句, それ, 一番大切な, 僕と, 又面白い, 問題です, 問題な, 大事な, 彼等の, 日本人の, 現代の, 町の, 非常に, 面白いところ

2 [69件] あなたには, あなたの, い, いいところ, いいの, いきどまり, いまの, おれには, お前さんの, かねての, この作, それ三輪の, どこである, はっきりしない, はつきり違ふ, ほんとうに, またおれ, また大変, むっつり右門, よかろう, わからないの, 一つの, 不思議な, 乱雑に, 今の, 代助, 僕らの, 先生の, 凡夫の, 哲学の, 商売で, 嘉ッコの, 大きに蓑笠軒隠者, 大切だ, 妻と, 宝塚の, 岸本の, 峠の, 彼らの, 御婦人, 微妙な, 昔と, 此の, 武士の, 母様の, 気に入らん, 洞の, 火の, 猫の, 産卵を, 百姓だっ, 目の, 相談, 私には, 私達の, 老人の, 肝腎な, 興味津々たる, 苦しいところ, 見ものだ, 貴様の, 辛抱だ, 運の, 違う, 違うん, 都合が, 酒だ, 難しい, 面白いん

1 [1259件 抜粋] ВОКСの, あいにく馬, あたいの, あの仁, あの山, あの細心, あまりおり, あらゆるインスピレーシヨン, あり人, あるので, いいん, いけないから, いったいどこ, いつも話し, いやだった, いやね, いらないと, いわゆる狐疑逡巡, うずき走るよう, うまくて, うれしいじゃ, おかしいので, おげん, おそろしいところ, おもしろいとおも, おれにゃ, おわかり, お前さま福島の, お困り, お宅, お留, お話だ, かげると, きっと急所, くっきりと, くり抜いて, このひ, この人物, この家, この干天, この花, この頃, さいご, さすがは, さびしい四辻, さア男, すきな, すぐ唐招提寺, すっかり焼け, すなわち墓場, すなわち長い, すべての, せきや, そそっかしや, そのまま大, その一席, その微妙, その蜻蛉, それあなたの, それぞれ面白い, それ下世話にも, それ前にも, それ君と, それ山の神が, それ心に, それ情慾に, それ殿様の, それ穢多の, それ軍機の, それ退屈だ, それ釜石の, それ魚心に, たいへん僕, だめだ, だめでも, ちがうん, ちと違う, ちょうど現実, ちょうど銀, つい親心, つまりあなた, つまりむずかしい, つまり同時に, つらい, どういうところ, どういう風, どうな, どうにも行悩みだ, どうもよくわからない, どうもよく分りません, どうも合點, どうも難解, どう行く, どこな, どんなにか, どんなに危険, どんな筋合, なお都合, なかなか面白い, ならない者, はっきりしなく, はっきりと, ひもじい時, ひろくあい, ぺこんと凹ん, ほととぎすの, ぼこんと, まあ人間, まず台所, またたいへん, また俺, また勇者, また女, また彼ら, また時代, また特色, また通街, また鴎外, まだ判らねえ, まだ私, ままならぬ, まるで別, むこうの, むずかしいん, めざすところ, もう戦線地帯, もって, やっぱり女, やはり吉岡君, よいと, よくわからなく, れいの, わからないで帰って, わがままッ子の, わしの, われわれの, アストージェンカだった, イワノフ博士の, オツネサンの, キズなら, コマ村だ, サラリーマン根性と, シルヴァーです, セールスマンの, ソレただ, ソヴェト政府の, チユウチユウさんの, デュアメルで, トランクに, ドストイェフスキーの, パリーの, ピストル強盗よりも, プラトニックの, ホコトン, ホテルの, ポンペイの, ミリアムと, ヴェルダンの, 一寸不審, 一方から, 一番お前の, 一番カンジンカナメの, 一番知りたかった, 一番賑か, 一般の, 一部の, 三四寸ほど, 三岐の, 三百四十年前の, 上野の, 不便な, 不安である, 不審である, 不思議で堪らない, 不愉快だった, 世捨人の, 中仙道の, 中心と, 主な, 主要建物らしい, 事情じゃ, 二人の, 二十面相な, 五十円ぐらい, 京都では, 人情吹く, 人間である, 人間知識の, 人類発祥の, 今でも, 今は, 今度の, 今悶着中, 仏性現前の, 仕事場である, 他人の, 代地河岸で, 伊東の, 伯父の, 住居な, 何だか腑, 何よりいけない, 何処だろう, 例の, 保の, 俺が, 俺の, 個人的独詠歌などと, 健吉くんの, 傷兵の, 僕らと, 兄の, 先年から, 六代目の, 其中庵の, 内だ, 凍傷にか, 凡夫で, 出る, 出発点だ, 分らないと, 分らんもの, 切つた, 判じ物で, 判然し, 前に, 前栽に, 劉大人の, 勿論私, 区民としては, 半獣児ドド, 南部の, 占領された, 即ちこの, 即ち哲學, 又いけない, 又うまく, 又悪い, 又横着政治家, 又面白く, 取柄さそれに, 古今の, 古寺の, 台所であった, 司馬先生の, 否なら, 和女の, 商売の, 問題である, 嘘を, 団十郎の, 困ります, 国民的な, 国際学生会館を, 地上への, 城あとでありました, 場馴れた, 塗りつぶされたよう, 売り手の, 変った, 外国の, 夢だけに, 大きに蓑笠隱者, 大丈夫の, 大分人よりも, 大原君の, 大変気に入っ, 大沢岳の, 天意に, 夫婦の, 奇術師の, 女作家, 好きかと, 好きな, 如何にも遺憾, 妖怪変化だ, 嫌味と, 子供部屋に, 学者である, 宛かも, 実に怪しい, 宮川の, 家だ, 寂しいと, 密林の, 将軍の, 尊い, 小さな板廊下, 小太郎山じゃ, 少々世間, 少しも, 少し裂け, 少女の, 居士の, 屠牛場だった, 岡の, 岩亀です, 工夫だ, 巨人の, 平べ, 年の, 広間の, 庇髪の, 弟の, 強制疎開こちらへ, 彼だ, 彼女を, 彼自らも, 御奉公, 御門前, 志貴子の, 忽ち細長い, 急所だった, 性分で, 怪盗の, 恃みだった, 息子の, 悪人達の, 愉快でした, 意気地で, 戦争で, 所謂穢多町です, 手つかずあの, 手妻だ, 技師の, 折れるよう, 捻平, 控え室に, 教主くらの, 敵の, 文学的で, 斉彬の, 方便内に, 旅の, 日あたりが, 日本には, 日記の, 早川口, 明るくつて, 星岡と, 昨今急に, 暗くつて, 暗く寒くわびしく, 曲者な, 書院で, 最上の, 最後の, 本国であった, 本家だ, 本校の, 本阿弥, 東洋に, 東野の, 柔和な, 桂班長に, 極めて中途半端, 橋場の, 欺すに, 正一君たちの, 武蔵の, 残念です, 気に入ったと, 気安い物, 気転の, 江戸川乱歩の, 江戸花魁の, 波羅葦僧の, 洒落に, 流れである, 浪漫家だけ, 海面であっ, 淋しいの, 済んだら, 満員に, 火口に, 無数の, 煤竹色の, 牧夫の, 物足らぬ, 特長の, 狂言で, 率八の, 現世の, 現実である, 生死の, 田舎豪傑たる, 男だ, 畢竟一時, 病気の, 痛くなつ, 痛めば, 登りの, 百面相役者たる, 目指す北極, 相撲の, 看過する, 真剣勝負, 眼目だ, 矢はり殿様で, 石膏の, 破損しかけ, 社会主義の, 神, 神秘さ, 秀吉の, 私に, 私事と, 私達夫婦の, 秘訣だ, 空いたもの, 突起する, 竹中半兵衛の, 第二, 紙帳の, 素人には, 終りで, 終焉の, 総体に, 繁栄する, 纏る, 義理です, 考えものだ, 職業だ, 肝心かなめ伝六がて, 肯定されれ, 胡乱な, 腫れて, 自分には, 自動車練習場に, 興味が, 良いの, 芭蕉一派の, 芸術な, 芸術的でない, 若い者, 苦しみという, 苦沙弥先生, 莫迦な, 薔薇の, 蘇我氏の, 行きどまりだ, 裁判官の, 裏山に, 複雑に, 西堀で, 見えないよう, 見たければ, 見ものである, 覗ける様, 親馬鹿てえ, 解決点で, 詩の, 詮議物です, 誠一と, 談判の, 議論の, 貝類の, 贅沢で, 赤毛布の, 軍工路守備隊の, 軍略である, 辛抱である, 通れねば, 遊びと, 過信だ, 違うと, 遠慮, 遺骸の, 部落の, 酒場に, 野三昧の, 釣り師の, 鉛色に, 門番の, 開いたらどう, 開きかけて, 開化とやら, 間違いの, 闘牛場で, 附目よ, 階段の, 難かしい, 雪で, 青い沼, 面倒な, 面白いです, 面白いのね, 頂上だった, 頭山翁の, 頼朝の, 食物の, 首領の, 馬鹿, 駄目に, 高平太の, 高麗村さ, 魔人の, 魔法な, 鶴雄の, 麻痺し

▼ そこでは~ (1033, 1.6%)

7 すべてが 5 彼は, 私は 4 人の, 人間が 3 一切の, 人間の, 人間は, 何の, 何も, 理論は, 自然と

2 [37件] お話も, すべての, ただの, ない, ないか, なんでございます, モラルが, 一人の, 一年間に, 事物は, 人々が, 人類学的, 個物は, 動物も, 問題では, 問題に, 声を, 女が, 存在, 存在と, 常識は, 彼の, 抽象は, 梅子が, 死も, 現在は, 理論と, 社会人の, 私の, 聖くき, 自分たちの, 自分の, 話が, 認識の, 遠い, 部分的計算や, 雲の

1 [913件 抜粋] あたかもメロドラマ, あまりに端近, あらゆること, あらゆる事, あらゆる文学上, ありふれたもの, あるひとつ, いかに端厳, いくら引っかけられた, いくら歌つて, いっさいの, いつもうま, いつも時間, いつも西風, いろいろな, いろいろの, うすら寒い鋼鉄, おのずからな, おほ, おれの, お処刑, お危う, お家の, お律, お立ちの, お釜, かつてベートーヴェン, かつて私, きまつた顏, こう云われるであろう, こそりとも, この上, この世に, この常識, この愛, この最大, ご挨拶, さすがに, さも感服, しきりにコップ, しづかに, すぐ眼, すでに今, すでに哲学, すでに帝国大学, すでに時間, そしてすでに, その利子, そもそもいかなる, それらしい, そんなにひどく, そんな陰口, たくさんの, ただすわっ, ただ疲れる, ただ遠く, たれも, だれも, とてもむずかしい, どうした, どうやら面会, どっさりの, どんなこと, どんなに屡々所謂事件, どんなもの, どんな他人, ないでしょうか, なお世界, なくて, なにもかもせん, なにもので, はじめて草, はっきりとは, ひろびろと, びっこがなんの役にも, ほっと大息, まず手始め, また会議, また何とも, また彼, まだなっ, まだ商店, まだ戦い, まっくろな, まったくコルシカ, みなつかのま, みんな人でも, もうあらゆる, もうだいぶ深く, もう夏, もう大分知れ, もう活動, もう秋めいた, もう過去, もとから, もともと欲求, もはや人々, もはや奥羽征討, もはや本, もはや知識, もはや酒盛, もろもろの, やはりその, よく入れ替る, よごれた水, わきに, わたくしの, わたしたちは, アカデミズムとの, ウルービノの, カザノヴァは, カント・ラプラス仮説や, クリストフは, コロリの, サン, スペースよりも, テーゼと, ナポレオンの, パンツの, ビイルや, プロレタリアの, ホッと, ボートにおける, マルクス主義は, マルタンヴィル氏は, マーガレット太陽は, 一つの, 一ねんじゅう, 一切が, 一大血戦を, 一定の, 一応論理, 一本の, 一群の, 一間隔てた, 丁度古典語, 七八人の, 三人が, 三四十本の, 上の, 下手の, 下足番の, 不滅の, 世相が, 並んで, 主としてメロン, 主として自然的対象界, 主任は, 主観および, 主體, 乗合自動車を, 事件そのものが, 事物の, 事物存在は, 二人の, 云わば, 五十ぐらいに, 人々の, 人は, 人中では, 人智は, 人間という, 人類意識の, 今日と, 今時分は, 他人と, 他者性は, 仮説の, 伊部熊蔵が, 会いたくて, 会の, 伸子と, 何かの, 何です, 何よりも, 何人かが, 何回も, 何等の, 作られるが, 例の, 信二は, 個々の, 個人が, 假説の, 偽りの, 儀式と, 元来観察が, 充分に, 先日家が, 全く無力, 八百人の, 典型的な, 再び空間, 再び英雄的行為, 凡ての, 出發點, 切手も, 制作と, 前にも, 前半は, 勉学が, 十年前に, 単なる感覚, 単に一定, 単に教法, 単純に, 印象が, 却って谷川, 却つて意識的な, 又別, 又小頭, 叔父の, 受動性の, 古国の, 右の, 各個人, 合戦が, 同一の, 吐き出された炭酸瓦斯, 君長は, 吹雪の, 和らいだ心, 哲学は, 唯純枠感情, 善人と, 單に, 四十幾種類かの, 固形の, 国家の, 土着の, 埃を, 埋没し, 壜の, 売った花束, 外的事件の, 多くの, 多数の, 大いなる山塊, 大きなきらきら, 大きな変動, 大問題, 天吹といふ, 妻は, 始から, 娘たちが, 婦人の, 子供が, 存在が, 存在者に, 学問の, 学生の, 完全に, 実は絶対的, 実在と, 客の, 家に, 家の, 宿の, 対資本家的労働組合は, 専ら諸, 専門的な, 小倉氏の, 小説を, 少しも, 屈強な, 山本有三が, 島全体が, 左翼的な, 巨大な, 帆村の, 干物を, 平素から, 床へ, 庭の, 弁証法は, 弁護しない, 弥陀と, 当り前な, 形より, 形而上学という, 影法師の, 彼自身よりも, 従来の, 御酒を, 心理學的知見が, 必殺を, 思想に, 思想も, 恋愛も, 恐らく元来心理学的, 恐らく幾万, 息苦しい, 悲劇が, 情熱が, 感情と, 慰藉料問題に, 懇意な, 我々の, 戦地の, 手出しを, 批評の, 技術という, 投げら, 掛値なく, 支配者ならぬ, 政治の, 政治家が, 数学だけ, 数学的な, 文化的意識は, 文学が, 文学上の, 新しい光栄, 新型式, 新民法, 新調の, 既に牛鍋, 日夜大江山の, 日本でのみ, 日本に, 日本人夫の, 旧いオランダ語, 昔ながらの, 昼ごろに, 時ならぬ, 時にそれ, 時間が, 時間上の, 普通でない, 暗黒の, 書生と, 曾つて見た, 最も具體的, 最も風, 最早老, 有頂天に, 望みが, 朝も, 本名を, 本当にプロレタリア, 松魚を, 桂月氏の, 桜の, 概念の, 権五郎の, 樽で, 次の, 歩みとは, 歴史の, 歴史上従来の, 歴史社会の, 死んで, 殺戮強姦狂暴拷問えぐり出された, 比較的末稍的, 民主主義は, 民族性を, 気ままに, 水が, 水を, 決定とか, 沢山の, 洋画家の, 浴びる程, 消防設備方法に関する, 混同し合った, 清算と, 満し, 滅多に, 漁村の, 激しい戦闘, 灸は, 炉は, 無意味な, 無条件には, 無論環, 煙管を, 物が, 物の, 物質的精神的人間の, 狎れ合ひで, 猥談より, 王様の, 現在をば, 現在結婚数の, 現実の, 理智の, 理論が, 生と, 生やさしい, 生存競争が, 用役の, 町の, 番僧から, 痛いでしょう, 白い上, 白い画布, 白絵刷毛目流し, 盛んに, 直観という, 真澄の, 眼を, 矛盾という, 矢部田鶴子が, 知性のみ, 研究者は, 社会全体が, 社会的意識が, 社大, 神の, 私的個人の, 科学と, 空気が, 立派な, 箱入, 篝火が, 米国官憲の, 精神が, 純文芸的, 組織的な, 絶えずいろいろ, 絶対無の, 総括的に, 羞恥は, 群衆の, 老人の, 耳と, 職人気質名人芸といった, 能率が, 自分は, 自分を, 自己を, 自然や, 自然科学そのものの, 自由に, 自由は, 艇長の, 良心的な, 色あせて, 花と, 芸者は, 若い生徒, 荒物屋の, 虎列刺が, 虚僞は, 行きなやむに, 表面に, 複雑な, 要談も, 見えません, 見知らぬという, 親鸞聖人の, 訳書で, 試みられて, 詩語の, 説教的美辞麗句の, 誰をも, 谷底の, 豚の, 資本家乃至, 起こっては, 路が, 身を, 軍医の, 近代的に, 近所に, 述べては, 逆に, 通行人に, 連中の, 遊ばず木片, 邪魔っけな, 都の, 酒よりも, 野良犬や, 鐘の, 長いこと闇, 闇の, 阿賀妻が, 隠忍と, 雉も, 雌鳥を, 雑誌の, 雲雀が, 露骨に, 青年達が, 静かに, 静止は, 非常時的な, 音楽を, 響きを, 風も, 飛沫を, 食物の, 首領らが, 高重たちは, 鮎が, 鳴り出す, 黄蓋と, 黒の, 黒百合の

▼ そこ~ (889, 1.3%)

187 らの 166 らを 163 らに 52 らで 45 らは 34 らが 28 らには 23 らまで 20 らへ 14 らから, ら中を 13 ら中が 12 ら中に 7 ら中の 5 らでは 4 らじゅうに, らまでは 3 らじゅうの, らにも, ら一杯に, ら一面に 2 ら, らあたりの, らと, らも, ら一めんに, ら中は, ら御, ら界隈の

1 [70件] おかけ, な大きな, らかな, らかも, らぐらい, らしか, らじゃ, らじゅうが, らじゅうつっつき廻るだろう, らじゅうで, らじゅうへ, らじゅうを, らじゅう本箱だった, らぞ, らでなけれ, らでも, らにかの, らにしか, らぽい, らをの, ら一体に, ら一帯に, ら一帯の, ら一帯を, ら一面には, ら一面は, ら一面を, ら一面真赤に, ら中あの, ら中あるきまわった, ら中から, ら中こつこつ, ら中で, ら中とりちらかし, ら中には, ら中ほっつき, ら中むしゃくしゃ, ら中ガタガタに, ら中ギラギラ, ら中メチャメチャです, ら中一面に, ら中家中に, ら中引っ掻き回し, ら中細に, ら中這い廻っ, ら中騒い, ら何軒か, ら屋敷町の, ら差触りなく, ら探っ, ら気を, ら白鷺の, ら皿小鉢が, ら耳を, ら聴合わせ, ら行方を, ら誰に, ら辺が, ら辺の, ら辺りに, ら辺を, ら選り抜い, ら邊が, ら雲を, ピカドン, 便衣隊が, 厨川が, 大分県の, 断食する, 横田の

▼ そこにも~ (712, 1.1%)

99 ここにも 2813 此処にも 7 ある 6 人の 4 かしこにも, 何の, 彼は

3 [11件] あった, あつた, あると, いなかった, たれて, なかった, 一つの, 一人の, 女が, 妻が, 姿は

2 [37件] あらわれて, あるここ, あること, あるといふ, あるどころ, あるの, いない, いる, しろし, じつは人間, ぽつぽつ別荘, また日本, やはり一人, 一枚の, 五分とは, 何かの, 何人かの, 労働者が, 医者の, 可憐な, 多くの, 大紙屋, 女の, 妻の, 姿を, 居らず探して, 帰依や, 彼の, 敵が, 春の, 書いて, 武蔵の, 無數, 男や, 自分の, 説くなき, 部落は

1 [440件] あいて, あったの, あやしいもの, あらずこ, あらそわれない師, あらはれて, ありません, ありませんでした, あるこ, あるでは, あるという, あるよう, ある海棠, あんずの, いくつかの, いた, いたたまれないよう, いて, いないこと, いないらしかった, いらっしゃらねえし, いられなくなるし, いるから, いろいろの, ういなけれ, うかの, うちやんと, おっかさんは, おなじよう, おもしろいわれ目, おられない, おられなくて, お千, お墓, お杉, お母さんは, お粂, お糸さん, かしこに, かたい壁, かれの, きらりと, ぐっていらっしゃるのねそれから, こういう考, ここにもといった, このくらい, さまざまの, さみしい木立, じっとし, すでに人影, そのなつかしい, それぞれに, たけの, ちらちらと, ついに父, どの位, ない, なかつた, なかつたもの, なぞを, なにか陰謀, なほかつ, なんだか変, なんの, なんらかの美, ひとつの, ひろ子の, ふらふらと, まざまざと, またいろいろ, またお, またたくさん, またひとつ, また一悲劇持, また写真, また力, また多少, また実に, また序, また忘れられた, また悪党, また新, また浩, また無数, また皮粕, また秋, また複雑, また黄菊, まだ冒険, まだ木香, みな土が, もののあわれが, やって, やっぱり, やっぱり才覚, やはりやや細目, やはりニンゲル, やはり同じ, やはり多く, やはり大きな, やはり平家, やはり文化生活, やはり文学, やはり細い, やはり魚, ゆうべの, よう行つて見る, よく見え, わかき木, ゐたたまらない, ゐて, ゐなかつた, アルプス藍の, オリヴィエは, ガラスの, キヤンデー売店そして, ピストルが, ベッドが, ムクの, ローソクが, 一つより, 一つ沼が, 一ぴきくらゐ, 一ぴきの, 一ぴき大, 一人ある, 一人いらっしゃる, 一人二人の, 一兵を, 一手の, 一本という, 一本の, 一疋の, 一種の, 一種優越感の, 一穂の, 一篇の, 一部屋を, 三味線の, 三越や, 三重の, 不思議な, 不滿足, 不眠不休の, 乗客が, 二つの, 二ツの, 二三十人の, 二三名の, 二人の, 五つばかり, 交番が, 亦ひとつ, 亦卑小, 亦馬脚, 人かげが, 人かげは, 人が, 人けは, 人なつこいところ, 人影が, 人影は, 人間が, 人間性の, 仄かな, 今云った, 付きまとう世の中, 伯父さんに, 伸子は, 似た婦人, 何か, 何も, 何者か, 余り関心, 作者の, 侍女ひとり侍い, 保たせなければ, 傷んだ跡, 僕は, 儕輩の, 先生の, 光は, 入学試験は, 全く姿, 兵が, 内地では, 冷たい秋, 刀は, 初秋らしい, 別に掘り出し物, 別の, 創造と, 動いて, 匂いますか, 十個ばかりの, 卓子や, 博士自身が, 卵の, 厭きて, 又二, 又問題, 又尊い, 古い墓, 同じく銀砂, 同じしか, 同じよう, 同じ年配, 同じ果実, 同じ自分, 吾が墓, 唐招提寺などの, 問題が, 問題の, 嚴重な, 四五本松の, 四時の, 困難と, 土手の, 変わり者, 多少の, 夜叉の, 夥しくい, 大きな檻, 大きな邸, 大勢の, 大名衆の, 失望の, 女子挺身隊の, 女学校入学試験の, 好感が, 始まって, 姿が, 嫉妬は, 子供たちは, 安井曽太郎が, 宝石の, 実に云え, 客は, 家が, 宿直の, 小さい軸, 小さな主人, 小さな掘, 小さな生, 小女の, 尚木村重吉, 居たたまれなくなって, 居ませんでした, 屍が, 川の, 川獺の, 巡礼者が, 幅広い手, 幕が, 幾人かの, 広瀬さんの, 広瀬さんや, 店さきに, 引き窓が, 張りこの, 当然抜け道, 影が, 彼等は, 徳利の, 必ずある, 性慾を, 怪老人の, 恨みが, 情けないもの, 愉悦を, 意味が, 感じるの, 懷しき, 我々人間の, 我等の, 或る, 戸じ, 手がかりが, 手ごたえが, 手具脛ひい, 抜け出られるよう, 抽斗が, 掃除夫が, 探偵小説の, 探索の, 摺硝子の, 支配階級の, 救済は, 教へる, 敵, 敵軍が, 新来の, 旅人が, 日本人の, 日本精神の, 明るいほど, 春子さんは, 時勢の, 暫く立とう, 暮らしい感じ, 有る, 有るぢ, 木美子の, 未だ雪, 本堂にも, 本陣らしい, 柱が, 桂月氏の, 樹の, 樹間を, 次の, 歌舞伎の, 止ること, 此處にも, 氷の, 求めるもの, 沢山の, 法然その, 流行という, 深いもの, 深い傷痕, 満水の, 満足を, 溝が, 漢青年は, 濡れたまま, 火の粉が, 煙は, 熱の, 燈火の, 爰にも, 爺さんと, 片隅に, 犬ころ一匹の, 犯し難い, 狐が, 狼群の, 猛毒アリ危険, 玄徳の, 珍しい街, 現代日本の, 理論が, 生じたであろうに, 生活の, 異状が, 百余名の, 皿へ, 目に, 目を, 真の, 眼を, 矢代たちは, 矢代には, 矢張り, 祖母と, 神の, 私が, 私は, 私自身の, 竜胆, 竜胆ここにも, 競うよう, 竹の子が, 糸子の, 紙や, 累々たる, 緋の, 繰り返して, 羊齒や, 聴えるでしょう, 自動車のかべが, 自然な, 良太おじさんたちの, 艶, 花に, 花椰菜が, 若侍, 若干の, 茨の, 茶わんを, 荷物が, 落ちた, 落ちて, 落ちては, 落とし穴が, 落着い, 蜀旗林立し, 蝉は, 街路が, 見いだすこと, 見えなかった, 見えません, 見はり, 見られるかも, 見張して, 記者が, 訪客や, 誰か, 誰も, 警官が, 警戒兵が, 警護の, 豆腐やの, 赤い実, 赤く塗った, 起こった, 起って, 足を, 運気が, 避難し, 酒場は, 金網が, 鉄の, 長い獣, 長くいられなかった, 長くは, 開けて, 陳列棚が, 隙が, 雑支出や, 雑草が, 雪が, 雪国の, 需要と, 霊泉を, 青々として, 靡いて, 須美子の, 風が, 風波は, 飛び道具を, 馬蹄の, 驚かれるほどの, 高瀬は, 魔王バリの, 魚の, 鰯を, 鳥らしい, 鴉が, 鴎外の

▼ そこまでは~ (527, 0.8%)

11 気が 9 よかった 7 手が, 考えて 4 わかりません, 合理の, 知りません, 考えなかった, 行って 3 わかりませんが, 分りませんが, 彼も, 氣が, 覚えて

2 [24件] いいとして, いわれて, おれも, はっきりと, まだ良, まだ良かっ, スキーを, 僕も, 分って, 分りません, 判りませんが, 判然わかりません, 口に, 思い及ばなかったの, 気付かなん, 無事でした, 眼が, 知りませんでした, 私も, 聞いて, 解らない, 解りません, 誰も, 進まなかったの

1 [410件] あたし気が, あっしにも, あなた認めました, あのよう, いいが, いいっこなし, いいん, いい切れないが, いえないで, いえないの, いえませんでございましたが, いかぬとしても, いかれないの, いきませんの, いきゃしないから, いわずに, いわなくたっても, いわば人間進歩, うたひませんでした, うまくいった, おげん, おぼえて, おもわなくても, お前も, お引きう, お聞き, お話ししませんでした, お話しました, お雪ちゃんも, からだを, きっと知らない, きょう申しあげ, こぎつけた, こちらで, こちらも, この一座, この出来事, この方々, この越前, ごめんだ, さすがに, さっしが, それで, たいへんよろしい, たいへん結構, たしかにうまく, だまを, だれにも, ちと念, ちと行きすぎます, ちゃんと見, ちょっとむずかしい, ちょっと気, ついて行く気, つき留めないが, とどかない, とにかく役徳, どうかと, どうせ気, どうだろう, どうも私, なんとかつい, のびて, はっきりしない, ぼくも, まあよ, まいって, まじめだ, まず大過, まず好い, まだおれ, まだかなり遠かっ, まだわかっ, まだ二三町, まだ八町, まだ十七清里, まだ手, まだ打ち解けぬ, まだ研究, まだ考え, まだ考へ, まだ誰, まだ調べ, まったく申し分, みと, もう一町, もう何十歩, やれない, ゆかないけれど, ゆけない, ゆけない新聞, よいが, よく分らない, よく分りました, よく分りません, よく考え詰め, よもやと, わかって, わかつても, わからないが, わからぬが, わからねえが, わかりませんがね, わかりませんでしたが, わかり兼ねます, わかり兼ねますが, わしにも, わしは, わしも, わたしにも, わたしも, われ関せず, シリメツレツであった, ステーションから, ハッキリしなかった, ハッキリ姿, ボクには, ワラジを, 一心不乱に, 一軒の, 三十露里も, 三千マイルの, 三百メートルも, 上の空でも, 上れぬ, 下女に, 並木の, 乗合自動車が, 乗込まぬ, 予言の, 二人の, 二分ぐらいの, 云いかねました, 云えない, 云ひ出せず, 五間も, 交際たまへ, 人に, 人形でも, 人生という, 他奇, 伺って, 何の, 信用が, 俺にも, 僅かに, 僕に, 僕の, 僕等の, 充分明, 先ず判った, 先ず好都合, 入り込まない, 全く氣, 八里ばかりも, 兵法に, 兼好も, 内儀も, 分ったけれども, 分ってないが, 分らないが, 分らないだらう, 分らなかった, 判って, 判つ, 判らないが, 判らねえが, 判りません, 判明した, 到達する, 前進する, 力が, 勇ましかった, 勢に, 半蔵らも, 卑怯にも, 去年の, 又八, 及ばなかつたけれども, 取りにも, 可恐がっ, 各選者, 同じである, 同じ事, 問わず語りに, 四郎にも, 堕落し, 堕落すまい, 声が, 外からも, 大成功, 大方察した, 夫で, 女である, 好い, 威勢の, 存じませぬが, 存じません, 存じませんが, 宜い, 察しが, 察して, 察しない, 少なくとも三里, 屆きません, 屆くまい, 届かず婆裟, 届きません, 届くまい, 平凡だ, 平助も, 平素の, 幽かに, 当り前の, 彼女も, 往って, 御存知ない, 心着かねえ, 忖度し, 思ひ至つて, 急いで, 意が, 慰めで, 慾が, 探索が, 探索は, 教えなかった, 数個の, 敵の, 断言出来ない, 新設の, 明瞭に, 昔の, 昔噺だ, 時田は, 書く事, 書けねえや, 書物によって, 望まぬと, 望めまい, 未だ未だ手, 未だ調べ, 本能に, 村から, 来て, 比較的楽, 比較的自然, 気がつかないが, 気がつかないと, 気がつかないの, 気がつかなかった, 気がつかなかったらしい, 気がつかなかった愚楽老人, 気がつかなかつた, 気がつかねえや, 気がつかんさ, 気が付かない, 気が付かなかった, 気が付かなかったが, 気が付かなかったの, 気が付きません, 気づかない, 気づかなかった, 気づきませんでしたが, 気を, 気付かなかつたと, 気附かぬ, 水口の, 決して入っ, 決定的でありたくない, 深く考えねえで, 深く考へ, 溯らなくても, 漏らさなかつたの, 漕ぎつけたいもの, 漫画化され, 無事だった, 無事であった, 無事に, 無理が, 牛馬も, 理解した, 甚だ平凡, 疑わない事, 痛快だ, 白みかけて, 目が, 知って, 知らないが, 知らないけれども, 知らないと, 知らないはず, 知らなかった, 知らなかった筈, 知らんがね, 知りませんよ, 知るまい, 私にも, 私の, 私は, 究めて, 穿鑿する, 突き留め, 立派であった, 簡単である, 約八里, 経って, 結構だった, 結構です, 美佐子という, 考えおよび, 考えたこと, 考えても, 考えとらん, 考えない, 考えない考えて, 考えなかったが, 考えなかったけれど, 考えなかったけれども, 考えなかったろうが, 考えませんでした, 考え分けて, 考へずに, 考へて, 考へてを, 考へなかつたよ, 考へられますが, 聞いても, 聞かなかったと, 聞かねど, 聞きませんでした, 聞きませんよ, 聞き洩らしたが, 聴かなん, 聴きません, 聽きません, 脱がせません玉, 自覺, 航路どれほど, 船を, 良いん, 行かないで, 行かなくても, 行かれない, 行きつけなかった上級裁判所, 行きは, 行きませんな, 行き届かなかったと, 行くまいが, 行けそう, 行けまいしかし, 行けませんでした, 行けると, 行つ, 行つてゐない, 行届かないから, 見えません, 見て, 見分けが, 見届けないから, 見抜かれまいと, 見破ること, 見究めなかったけれども, 覚えないが, 観察を, 覺えて, 解けた, 解らないが, 解らないと, 解らなかつた, 言いえなかった, 言って, 言ひたくなかつた, 計算し, 訳なく, 証明ずみです, 詮索の, 話に, 話の, 説明したくない, 誰でも, 調べが, 調べて, 請け合いかねますが, 論断する, 豈夫, 踊るまいと, 追いかけて, 追って, 追っ手の, 追わなかった, 追掛けて, 追究せず, 這うよう, 這ふ, 進んだが, 進んだの, 進んで, 運ばないかも, 運びが, 達しえない咄, 達しられない, 遠いやう, 遠く列車, 野薔薇なぞの, 鏡を, 鐚一文の, 開けませんの, 隣組を, 鮮明り解らない

▼ そこここ~ (408, 0.6%)

4 に残っ 3 となく, に見えた, 見て

2 [26件] から煙, と歩き, に, にあっ, にちりこぼれたる, にまだめらめら, にも訪れ, に人, に低い, に散っ, に散らばっ, に散乱, に新しい, に枯れたる, に死骸, に生え, に立っ, に立つ, に聞える, に花, に話声, に赤い, に首, に黒, の家々, の薄墨

1 [343件] うろぬきながら, からこの, からなき声, からまた, からも竜燈, から仮, から失笑, から抱えた, から拍手, から湧き起っ, から火事, から聞え, から聞えた, から聲, から起った, から飛び立った, でかれこれ, できかれました, でこれ, でこんな, でした, でせっせと, でもうすでに, で助け, で取っ, で圏, で小刻み, で忽ち, で急い, で悪戦苦闘, で情報, で捕まった, で殺戮, で疑問, で聞えた, で行, で見かけた, で話題, で起っ, で顔, とかけまわっ, とひきよせ, とめぐっ, と一本一本分散, と三十分以上, と仔細, と位置, と動かし, と原, と口, と嗅ぎ廻った, と尋ねあぐん, と手伝見舞, と捜し, と方角, と木, と検閲, と水, と洛中洛外, と流れ渡っ, と聞き廻っ, と見下す, と見廻し, と調べおわる, と透かし, と配れる, にあかき, にある, にあるうごめき, にあるであろう, にあるは, にいぎたなき, にいくつ, にいる, にうろつい, にかたまっ, にこうして, にこの, にした, にそうした, にその, にちらちら, にでき, にともされた, にどれほど, には, にはあの, には人馬, には伊那丸, には山門, には明智衆, には杉, には炭, には空掘り, には腐れた, には護衛顔, にひそひそ, にもある, にもみあい, にも荷物, にやたら, にやや, にわりあてられた, にゐる, にバタンバタン, にポケット, にポツリ, に一団, に三人, に乱れ, に二, に二三, に五人七人, に五百三百, に佇ん, に何らかの, に俯向, に凍てついた, に出, に割拠, に千年以上, に卵白色, に口早, に同じ, に君, に吹きためられ, に咲きこぼれたる, に咲き乱れ, に土蜘蛛, に大きな, に大輪, に姿, に実際, に小さい, に屹立, に常磐木, に得物, に徳川時代, に感歎, に戻っ, に戻つ, に所謂泥火山, に投げ出された, に持っ, に据え置かれ, に接吻, に描く, に揺れ, に散りこぼれ, に散りしける, に散在, に散点, に数本, に敷い, に断続, に既に, に日没, に星影, に映す, に最も, に本, に桃, に楽しい, に構えられた, に横行, に止まっ, に止まる, に歸, に死体, に残骸, に流れ, に浅い, に消えのこっ, に満ち溢れ, に溜息, に滞在費, に滞留, に点々, に点在, に煉瓦, に燃えだした, に燈, に玩具, に珍, に瓦, に瓦斯燈, に生垣, に白い, に白く, に白楊, に皺, に盛り上がっ, に盥, に目, に真紅, に着物, に矛盾, に穀類, に突起, に立てた, に立てられてる, に立話, に粗末, に紙燭, に細い, に繁殖, に置い, に群れ, に群生, に聚, に聞えた, に聞こえた, に花壇, に若い, に萩, に落ち, に葦簀囲い, に藁, に虫, に血潮, に行き, に行なわれ, に見え, に見えだした, に見られます, に見られる, に見付からない, に見当らぬ, に解, に認めた, に貴婦人, に貼付, に赤く, に起こった, に起る, に路次路次, に退屈そう, に退職官吏, に部落, に銀, に陰影, に陽気, に雨戸, に青青, に高く, に黒い, のくらみ, のすみ, のたかい, のドア, の一木一草, の下水, の人家, の侍部屋, の傷痕, の几帳, の別, の塀越し, の室, の家, の家裏, の宿屋, の小, の小さき, の島々, の崖, の巌蔭, の床, の彫刻, の往来, の救命艇, の散歩, の明るい, の有力者, の木戸, の木陰, の板塀, の林, の柱, の森蔭, の植物, の樹下, の樹蔭, の毛, の水面, の油障子, の湿つた, の火, の火薬庫, の焚き火, の生垣, の病棟, の百目蝋燭, の皆さん, の矛盾, の窓, の美術展覧会, の草叢, の薄暗い, の蘆荻, の血, の街路, の道, の隅, の隅々, の雅会, はがされ, はぶいて, へ光, へ落ち, へ逃げ散っ, や杉, や町屋, をお, をそそっ, を修繕, を切りとれ, を孔だらけ, を引っ, を忘却, を拡大鏡, を指し, を捜し, を掘返し, を歩い, を歩きまわっ, を歩き廻った, を汚損, を汽車, を見まわし, を見廻せし, を覗きまわり初めた, を追いまわる, を飛びかう, を駈けまわっ, 乱れたところ, 捜して, 掘返されて, 残る花, 汚れて, 洗い出した, 疎に, 近処

▼ そこでも~ (237, 0.4%)

17 ここでも 5 彼は 3 かしこでも, 此処でも 2 し十台, 二人の, 天才だ

1 [203件] あととり息子が, いろいろと, うどの, うまく行かない, おだやかに, お久良, お前火災に, かなり大きな, かれは, かれら, きいたらない, こ, この兵士, この自家, さっきと, さっそく取調べ, さんざんな, さんざんに, しかりに, しきりに鳴いた, しこれから後で, し後, し芸術上, すぐ追いだされ, すでに物質, そのオウイ, その背後, その臭気, その郁, そよ風は, それは, そんな人間, そんな噂, そんな親類, たかって, だまって, ついに話し得ず, とまらなかった, ない三番目, なお長い, ながく見つめ, なにやら問題, なほ現在の, なるべくそんな, またかれ, またしばらく, またべつ, またぼんやり, またわれわれ, また再び, また同じ, また呼ん, また大きい, また猛火, また自分, また葉櫻, また赤旗, また雨, まだ男女, みな菊五郎氏の, もちろん例外, やつぱり事実らし, やはり, やはり二人, やはり同じ, やり出すつもり, よろい武者一名突き殺した, よろしう, アナタハンと, ククと, チェッコ機関銃が, チュウチュ, ハッキリした, バタクランで, メッタに, ラジオ大学の, 一万両に, 一心に傍聴, 三代鶴や, 三名の, 下の, 乗客が, 事実世界観, 二人は, 二階の, 亦人, 亦彼, 亦相, 人が, 人込みの, 今年の, 今年は, 仕事は, 他の, 会所は, 何か, 例の, 修行と, 兄に, 全く失望, 全く斷, 全然邪魔, 切り合いが, 又笑い, 又身分証明書, 受付の, 受持の, 句会を, 叩かれ川, 同じこと, 同じやう, 味い剰, 和蘭式の, 喧嘩を, 噂に, 四五日を, 土産物や, 坑夫は, 大声かけた, 大声に, 失敗を, 女の, 姉さん天と, 始まった, 嬉しいと, 子供が, 学士の, 宝鏡先生の, 家康の, 容易に, 少し楽, 少し考え, 少年は, 尨大な, 岸本は, 巣箱ぐるみ鶏が, 左の, 市民たちは, 平生の, 弾を, 彼の, 彼を, 彼女は, 忽ち群, 思わしいもの, 愈々働けなくなった, 慾張る, 戦争の, 手懸りが, 新らしく, 春昼を, 晴朗な, 暫く私達, 暫く腰, 柱棟木廂の, 格闘が, 止まりません, 正成に, 此處でも, 氷の, 泊めて, 浪士らの, 無論大切, 特種料が, 甘寐, 生きる最後, 町を, 百人近い, 相變ら, 矢張り世界観と, 研究生の, 社員の, 私が, 私は, 空間的表象は, 筵織る, 紛糾と, 群衆が, 考えられて, 聞こえる, 能を, 自分が, 良いの, 茶の, 萩乃は, 行きづまってしまいます, 見かけないという, 見られたの, 記念にと, 詩は, 豆菊は, 軍勢の, 酒を, 里の, 金は, 鍋茶屋その他を, 除け者に, 雍, 頭を, 飛脚組の, 馬を, 駅員の, 黄色い貼紙

▼ そこからは~ (222, 0.3%)

3 なれて 2 丘の, 何等の, 呻きも, 巨大な, 途切れ途切れな

1 [209件] いかなる人, いけないから, いること, いるの, いるん, いる夜, いわゆる殿上, うす赤い煙, お部屋はちようど二階, かつての, くさったよう, こけ桃, この三月時分, この島, この都会, さらに近々と辻, しのび足, しめっぽい風, すぐパスカル, すぐ表, ぜったいににげられない, その人物, そよ, たえず人々, たえず笑い, ただ一気に, どうしても下りなかつた, なにも, なるほど, なれない理由, なれませんでした, ほの, ほんの一, ほんの一丁場, ほんの一二丁, また喜怒哀楽, また結婚, まだ寒, まだ細い, まったく出, まるで仕掛, もう信濃, もう先刻, もう山頂, もう法蓮, もう留守宅, もう聞え, もう自分, もはや何, やはり湿つ, アカシアの, サモエードが, セラダの, ディエナ通が, トロッコで, ドス黒く, バラツクも, パンクしなくなる, ユニクな, 一哩くらいの, 一度も, 一歩も, 一歩一歩が, 一里も, 一面に, 下り電車, 乘客が, 九江の, 事務所の, 五フィート以下の, 井戸の, 今下り松の, 何が, 何の, 何も, 何者も, 便利だった, 信越の, 元へ, 入りくんだ, 八方の, 凍結した, 利根渡良瀬の, 加茂川の, 加賀の, 動こうと, 動物の, 卓子の, 厭な, 吏員の, 唇の, 問題の, 噪音の, 四方が, 土人の, 地球上の, 壮大な, 夜にかけて, 夜店の, 大学の, 太洋の, 太陽が, 室内の, 小さな土色, 少しも, 屡々火の玉, 岩蔵が, 嵐の, 幅三尺ばかりの, 平野の, 幽かな, 庭の, 庸三の, 廊下や, 引ッ込みの, 弟達の, 当然楽観的, 彼女の, 心理の, 必ずしも通俗的, 思わず尻込み, 急に, 愛宕の, 慄然と, 救いを, 断じて新しい, 新しい才能, 新しくは, 旦那様の, 晴れやかな, 智的な, 曲りくねった海, 有名な, 東京全市は, 森と, 歩いて, 死生を, 段々海岸, 気息づまる, 沼が, 法廷も, 波濤の, 海が, 海の, 海蔵川原の, 深夜の, 湖心へ, 湖水が, 湿っぽい土, 濁りきって, 灰色の, 灼熱せん, 無数の, 熟れいきれ切ったまったく, 燈火が, 特別席の, 狭い泥濘だらけ, 現在われわれの, 町が, 畑の, 直接に, 瞼しい, 石鹸くさい, 私の, 窮屈で, 紫だった, 細燈が, 翼ある, 腰の, 自分の, 色蒼ざめた旅人たちが, 芝居の, 若いきれい, 落寞たる, 裏庭の, 裕佐が, 見えない, 見えなかった, 見えません, 言論の, 谿川に, 赤い鹿の子絞り, 趙雲の, 轡を, 近い, 這うよう, 運動場や, 道あるいは, 道が, 道も, 遙かに, 遠く農園, 遥かに, 鏡の, 長い段々, 陸地を, 隣りの, 電気の, 電車で, 露西亜煙草の, 青い松原, 青い空, 鞄が, 頻に, 頻りにいや, 頼りに, 風致上よろしく, 首しか, 馬上の

▼ そこ~ (172, 0.3%)

3 今は 2 こ, ここも, しまって, スコープでは, 一つの, 一町とは, 一面の, 人で, 震災後は

1 [151件] あるですね, い, いかないそこ, いけないいけないいけないで, いつの間にか魏軍, いまは, い云々, お針の, かかるらしいのよ, かしこも, からっぽでした, がらりと, きらら, くまなく, すでに呉, すでに曹操, すでに荊州, そう広から, そっくり大将, たちて, ちがうらしい, とらしいが, とらは, どくだみの, なお物騒, にぎやかな, ひつそりとして, ほとんど全滅的, またたく間に, またふだん, また一めん, また両, また屋台, また抜け穴, また直義, また通り越し, また雨, まるで人影, やがてぐるりと, やっぱり開いた, やっぱり開かない, やはり同じ, やはり賑やか, やられたここ, よそに, アパートな, ガランとして, スコップでは, スコツプでは, ヒダ人の, ホッと, 一つ撮りたい, 一杯の, 三高生の, 乾からびた, 亀裂の, 亦ふだん, 今日は, 以前の, 伺って, 兄弟だけ, 入れられて, 全く同じ, 六波羅広場の, 六畳で, 分らない, 切ッつ切られつした返り, 判る, 別段変った, 劉備の, 勿論曹操, 又危く, 又白砂, 右手は, 同じよう, 大地まで, 大山の, 大激戦, 好きだった, 安全で, 安手の, 容易に, 屋内では, 岩だらけの, 平定を, 廓の, 怪しげなる, 恐らくはひどい, 捕手だ, 敵に, 文学にとって, 新田義貞の, 既に火, 早や, 昨夜わが, 昼に, 暑し, 松林の, 桜の, 水が, 流れに, 海軍が, 済み良人, 火に, 火の粉が, 無限の, 焼かれた, 焼け残った建物, 燐や, 父さんの, 狐狸妖怪の, 狭い土間, 畑に, 留守だ, 畳に, 畳んで, 疑えば, 直ぐ巖, 知って, 磯屋の, 磯崎恭介が, 私には, 空に, 空家だ, 立退かねば, 管理し, 納屋だ, 素通りし, 罷業する, 羽目板の, 考へて, 自分の, 落されて, 蔭で, 蘆や, 見えないほどの, 見つかり易かっ, 見物は, 身を, 追はれる思ひな, 通り抜けて, 通り越したと, 門から, 門前払いを, 閉めようと, 阿弥陀ヶ峰も, 陥落し, 雨は, 面白いところ, 首に, 龍淵の

▼ そこ~ (159, 0.2%)

2286 て, よ君 43 といふ, ね 2 から, が, そこだ, という, とわかる, と思う, もの, よそこ, よ俺

1 [89件] いやもっと, からすぐ, からそい, からだれ, からちょっと, からちよ, からね, からキャッシュ, からッ, から一緒, から兎, から早く, から歩かう, がこんな, がその, がな, が五丁, が今日, きみは, けさ海蛇たちは, し, しかも安く, しこ, しここ, しまだ, し町, そこ迄, その陰, たとい第, たとえばだ, っけと勘考, つたのです, つて, つてどんな, てこの, てなあ, てねまあ, て俺, で, というもの, といえない, といふその, とする, とばかりに, と云い伝えられ, と云う, と云わぬ, と分った, と容易く, と彼, と教えられた, と気がついた, と要塞, と言う, なるほど号外, のに何故, のは, もの我慢おし, よおれ, よそう, よその, よつまり, よ傷, よ先月, よ八, よ問題, よ場合, よ大切, よ大手門, よ親分, よ貴様, テ西洋婦人だって, 不思議な, 仁王門だ, 今ソン, 僕の, 先生, 呂布君, 寄つてけよ, 憖じい出来る, 日頃の, 植え込みの, 現代の, 盛んに, 直き, 私の, 親分ちょっと, 谷の, 陸上の

▼ そこ~ (156, 0.2%)

23 んだ 15 んです 4 のだ, のである, のです 2 つた, つたのだ, つてし, つては, つてゐた, つてヒヨコンと, の, のよ, はぬ

1 [88件] うそよとの, おせん様, お方どなた, つたかう, つたから, つたが, つたこう, つたとんだ, つたのか, つたほんた, つたもの, つた五人の, つた伽羅蕗は, つた奴が, つた山頭火か, つた後の, つた父親が, つた私を, つた自分の, つた若者は, つた蛇か, つた話を, つて, つてしまつたのである, つてやめた, つてゐる, つて寫眞屋に, つて徒らに, つて綱が, つて虎に, つて虫を, つて顔を, のだった, のでもちろん, のよあたし, のよわたし, のよ兄さん, はず, はずに, はせ, はなけれ, はれず, ひだつた, ひなの, ひもあつ, ひもまた, ふから, ものです, やあがって, やがった, やしない, やつ, んで, ッたら, 下郎の, 下郎は, 人, 人も, 人よ, 人間殿先程黙っ, 侍も, 呆痴者めが, 坊さま, 大学生, 女中この, 女性, 女性と, 奴こいつが, 客座敷は, 山の, 武士無礼と, 父親も, 片目の, 犬殿の, 猿面郎理も, 瓜番小屋へ, 男, 男女を, 石河岸の, 老耄を, 若入道, 若衆, 若雑ども, 親爺様も, 遠見の, 郎従と, 酸模蚊帳釣草の, 鉄砲持ち

▼ そこだけ~ (131, 0.2%)

2 望遠鏡の, 色が, 草が

1 [125件] いち早く朝, いまだに頭髪, かわらでなく, きこえた, きゅうに, くりぬいて, くり抜かれたよう, ぐっしょり濡れ, しめり気, だ, つつきだされるよう, であと, である, ですが, ですよ, とれば, なの, ぬき取って, のぞいて, はっと月, ぱくんと, ひどく賑やかそう, へんに, ほかより, ほの, ほんのりと, ぼんやりと, ぽかっと空虚, ぽこぽこと, ぽっかりと, ぽつりと, まだ一面, まだ雨戸, まるく芝, わずか糸, ん, ガヤガヤと, キラキラと, ズキズキし, ピクリと, 一つドアが, 二三段高く, 光つて流れる, 光り輝いて, 冷たくなる, 凹みそう, 凹んだやう, 切って, 切つてと, 切り抜いたよう, 割いて, 取って, 取は, 周囲と, 周囲の, 埃を, 墨で, 墨汁が, 声を, 外界を, 大きなカンヴァス, 妙に, 小さく板, 少し分厚, 引き抜いたよう, 影が, 御勘弁, 折れて, 抜きに, 揺れるよう, 敷いた花, 新開地の, 明るく, 時の, 暗くなった, 暗紫色に, 桃色に, 椅子の, 歯の, 河へ, 洗い残して, 派手な, 海亀の, 深い水, 湖底に, 湿って, 湿つたすぢ, 火事に, 焼いて, 熱さえも, 特に大きく, 狙つて荒した, 生きて, 申し控えて, 皮膚が, 目だたないよう, 真暗な, 真白な, 眺めて, 硝子の, 穴が, 空かして, 空が, 空所が, 突起する, 立ち木が, 築地が, 粉雪見え, 縄張りの, 脱け, 草木の, 蝋燭の, 見る間, 見れば, 読むぜ, 読んで, 貰って, 踏みつぶされて, 間が, 隙を, 雨戸を, 霧が, 青い灯火, 静かな, 黄金色に

▼ そこまでの~ (124, 0.2%)

12 ことは 4 ことが 2 事は, 意気も, 時の, 腹は, 通路を

1 [98件] おはなし, お腹を, お言葉, お運び, こと, ことを, こらえじょうのないのが, つきつめた憂い, ところへ, ケルミッシュは, コジツケは, 不安は, 事が, 事情は, 人物と, 企みは, 会得が, 供述が, 供述の, 修養は, 冒険には, 判断を, 勇気と, 厚顔には, 告白を, 和意を, 域に, 大事は, 大望を, 完全性を, 尊氏の, 尻を, 彼は, 往き帰り秋草を, 御出精, 御寸法, 御確信, 心に, 心の, 心構えある, 思いきりが, 思慮が, 怺え, 悪事を, 情愛が, 慎重さも, 指図は, 整理が, 智慧が, 智慧に, 機嫌を, 歴史性に, 残忍さは, 母親の, 決心が, 消息は, 深慮遠謀が, 深淵に, 混乱を, 炎熱の, 状態に, 狼狽など, 現実を, 真味, 秀吉の, 穿鑿は, 粋を, 細心な, 考を, 考証は, 能が, 自信は, 航海は, 苦心と, 行動は, 要求を, 見透かしの, 覚悟が, 親切が, 言を, 詮議だ, 話の, 話は, 認識が, 説明の, 調べが, 論理的準備を, 負担に, 足数時計の, 距離が, 踏んぎりは, 辛抱ぞ, 運賃を, 道楽気は, 道程とては, 長道中を, 間に, 間には

▼ そこへは~ (111, 0.2%)

5 いつて 3 ひつて 2 顔を

1 [101件] あちらの, いこんで, いつでも, いるには, いる前, いる滝, いる鍵, さっきの, とても潜り込む, どうしてゆける, どこから, どの様, どッ, のぼって, はいること, はいれません, はやり唄の, ひつた, ひりこんで, ひること, もう既に自分, もう東木曾, やがて金吾, やつて, よく脚, 一度何かの, 一日も, 一歩も, 一種の, 一艘屋形が, 五月の, 何でも, 俺が, 優先的に, 先程も, 入口の, 兵を, 出て, 出られぬ, 利助兄哥と, 可愛い女の子, 同じ現実, 夏の, 多計代, 宮中の, 寄らぬ, 寝室兼用の, 届かなかった, 川師仲間でも, 差し出しかねて, 差し込まなかったの, 帰らないでしょう, 廊下と, 建物の, 当時一しよ, 必ず常に何もの, 打つまいと, 政宗が, 数里それも, 日々行っ, 時々百舌, 月光が, 月光は, 村の, 村長や, 案内も, 梅茶亭の, 毎年きまって, 毒瓦斯が, 沢山の, 海岸の, 海賊どもが, 無数の, 理性が, 病気の, 矢代と, 移らなかった山, 立ちよらなかったという, 第一番, 籠の, 紀伊国熊野浦長島外町の, 縄梯子を, 船路或は, 行かないと, 行かなかつたと, 行かねえぜ, 行かれぬか, 行かれる自信, 行っては, 話が, 誰をも, 足を, 近処, 近所の, 達しなかったけれど, 遠いか, 遠くも, 鍋を, 隣村の, 駈け出して, 鼠一匹も

▼ そこ~ (102, 0.2%)

10 しも 4 なき湯 3 なく 2 こことは, なき春, なく応, なく霞ん

1 [77件] おなじです, おもうあたり, きまった, ここから, こちら側との, さされその, して, それから斜違い, なう節, なきこゑ, なきびんつけ, なき寂しさ, なき月かげ, なき櫂, なき物, なき髪の, なくおとづれくるをいかにせましや, なくを, なく南かぜふく, なく噴水, なく囃子, なく忍ばるる, なく星明り, なく洩れ来る, なく涙, なく漂, なし, なしに, べり灯取, もう一つ, ニルヤとの, 云うの, 交通の, 他とを, 元捻, 六時との, 分らねど, 取極め, 同じよう, 外務省とで, 大石との, 天つ, 奈落の, 奥との, 岸辺の, 崖の, 廊下と, 往来し, 思うの, 思う壁, 思う灘, 思って, 指す指, 教えられた病室, 書斎との, 東京との, 正文夫婦の, 母屋は, 気取ること, 知られぬ吹上, 知られぬ深み, 知られる柾, 知るべく, 社殿との, 私が, 答ふる, 自分との, 自分の, 菊水とが, 見えるに, 見きわめられたの, 見つけて, 言うと, 言うの, 言うんで, 馳せ向えば, 鼻筋の

▼ そこ~ (99, 0.2%)

21 ところを 9 ところは 7 とこを 6 とこに 4 ところに, ところへ 3 とこは, とこへ 2 とこが, とこで, とこな, とこにも, ところがどうも, ところの

1 [30件] とこ, とこあ, とこだ, とこだけがね, とこだけは, とこです, とこの, とこら, ところが, ところがあんまり, ところがどうして, ところがなあ, ところがまだはっきり, ところがオレ, ところがハッキリ, ところが不思議, ところだ, ところだけで, ところで, ところでジッ, ところで突然, ところも, とこ何とか, とこ変ね, キビ畑左い折れる, 処だ, 処を, 処をも, 所ご, 行く筏

▼ そこです~ (77, 0.1%)

304 から傘, わ 3 から, よ親分 2 そこです, よあなた, よ私

1 [27件] いらっしゃい私一人です, か, からまあ, から主人, から夕立, が, がな, がね, が本, その土地, その坂, と洋剣, ね, ねそれ, ね弁信さん, よあの, よわたしたち, よ世間, よ手前, よ肝要, よ謎, わたしの, テ, 人の, 太閤さん, 私が, 私の

▼ そこより~ (72, 0.1%)

3 他に 2 して, ほかは, 入り幸, 出発し, 猛き

1 [59件] いで, かえして, ほかに, ほかには, もっと間近, アルフレッド大王時代および, イウバの, ズッと, 一里内外の, 三十歩以内を, 三里私宅へ, 上は, 不思議な, 二神歩を, 人力車に, 伊勢の, 低い所, 内へ, 冠毛を, 出で, 出入せん, 力を, 動かうと, 十七八町わきの, 墮し, 声あっ, 外に, 多数入れ, 少し東, 崩壊を, 幸でまし, 彼を, 徒歩し, 急ぎ一切, 我が庭, 我等を, 救ひ出し, 数歩進んだ, 更にアリスベー, 木曾停車場に, 来る, 歸る, 殘つてゐる, 汽車に, 海水は, 真上に, 瞰む糺問法官の, 硫黄の, 臟腑溢れいで, 自然の, 街, 購ひ, 跨に, 車を, 逃れて, 離れて, 飛来した, 馬車の, 鳥が

▼ そこにこそ~ (70, 0.1%)

2 あったの, 人間の, 俺の, 最も豊か

1 [62件] ある超, このひとつら, すべての, その作家, その御身, ひそかな, ほんた, まことの, まさしく日本憲法, オリヴィエの, フーシェは, プルウストの, モンタージュの, ラジオ放送の, 一八三〇年の, 之の, 人々が, 人の, 人生の, 今なお, 他の, 作家の, 全能の, 初めてこの, 初めて新聞紙, 初めて本当にマルクス主義的, 初めて歴史, 初めて論理, 剛勇無双の, 創造の, 句の, 唯一の, 問題が, 外部の, 大なる, 大樹の, 寧ろ現在, 尽きないテーマ, 工藝の, 彼は, 悩殺の, 文学の, 新聞の, 普通の, 本当の, 深いリズム, 湧く爽爽, 焦点が, 疑いも, 真に底, 知恵が, 社会主義的生産の, 神の, 科学の, 科学的精神の, 第二期, 縊死せるあわれなる, 自然ならざる, 自然科学が, 蒼沼の, 藝術上の, 青年の

▼ そこだけは~ (59, 0.1%)

2 地面から, 月が

1 [55件] あくまで私, ありありと, いつも明るく暖かく, かな文字に, きわめてはっきりし, この水滴, しっかりし, とばして, どこよりも, ひっそりし, べつだんに, ぽかぽかと, まあ仕合, カタログ室からも, 一日じゅう日蔭で, 人吉の, 兄さんも, 先生の, 動かないで, 古風な, 圓朝の, 少し遠慮, 常に広く, 幄舎形に, 平家だ, 改まって, 明るくあわただしく松林, 星が, 榎や, 歯が, 湯の, 申し合わせたよう, 男に, 白, 白くはっきり, 相当の, 真ッ, 真直に, 知つてゐ, 花崗岩の, 草も, 西洋風に, 見せたくなかったと, 触って, 記録にも, 錠前も, 閑静です, 防ぎ止め, 降り風, 除けたが, 雪が, 雲の, 高い崖, 高く彼, 黒

▼ そこへも~ (59, 0.1%)

4 行って 2 往って, 火の手が, 行った

1 [49件] あがる氣, あらわれません, いったらしいて, えび錠を, さし込んで, ちょいちょい立, のびて, また畠山重忠, よくめづらし, 一つ投げ込んだ, 一パイ頭から, 一人の, 一応行っ, 下ず巌角, 五平が立っ, 伺候し, 使者を, 停車場が, 出席した, 加盟させられた, 叔父の, 図々しく這入りこん, 導かれるの, 当りようが, 彼は, 往った, 御消息, 扉の, 手傳ひ, 押しかけて, 日本軍が, 来た, 来て, 歸らず, 漢学の, 爺さんと, 私は, 立ち廻った形跡, 節子が, 緑は, 聴え, 行かず, 行ったが, 訪ねたこと, 訪ねて, 足を, 通って, 鍵を, 頼んで

▼ そこからも~ (57, 0.1%)

8 ここからも 2 夢は, 此処からも

1 [45件] ある種, いくらでもくる, いちど振り向い, いちど西園寺公宗公重を, おし流れ, さきほどの, どつて來, ひろえるこの間うち, またいろいろ, わっと, フホホーイの, 一ツつかつか, 不意に, 亦重ね, 人は, 入り得ずに, 出る人, 北山の, 原因が, 察せられる, 小径が, 快い感触, 或る, 挙がらなかった, 排泄物も, 数名の, 旧来の, 時々に, 来るので, 此處からも, 武士道の, 深まった, 燈火の, 猿でない, 男くさい, 盛んに, 血が, 見える, 見えるでしょう, 話が, 誘導された, 誰にも, 身を, 逃げだせるはず, 風が

▼ そこなった~ (56, 0.1%)

5 のだ 2 のか, ような

1 [47件] あとで, かな, かもしれぬ, からといっ, から明日, がかれ, がどうやら, が最後, が隠居, ことが, ことも, その事情, ときい, と世間, のでありましょう, のでした, のを, ものです, ものと, ものは, ものらしい, やつを, わいと評判, んだ, ゴンドラの, ピスカトールと, 三千夫少年は, 上に, 佐分利五郎次井戸が, 個所が, 傅の, 大物だ, 小数と, 小説という, 張宗昌が, 或る, 数の, 晩これも, 渡辺の, 猫を, 米友は, 絵を, 蛇か, 蜂谷が, 資金と, 釘の, 鶏が

▼ そこだけが~ (53, 0.1%)

1 [53件] いくらか薄, いつもの, こんもり明るい, ちがって, はっきりと, ぽつんとあいた, カッと, ガラ空きだ, ポツンと, 一軒目立っ, 不思議と, 五分程も, 仕合せなら, 何とも云えず, 刳り抜かれ業そのもの, 垂れて, 塗り込められた, 夕陽で, 大人であった, 実を, 彼の, 急に, 悪くなっ, 日没まで, 明いて, 昔の, 昼であり, 時を, 曇りその, 此の, 気に, 気の, 氣のせゐ, 水溜りの, 現実感を, 琥珀色の, 生きて, 生白く見える, 痒いの, 直吉, 突き出して, 考えて, 茶褐色の, 蒼白い蝋, 薄暗く陰つて, 薄汚いややこしい闇市場, 赤かった, 赫と, 透明に, 鉛筆で, 鋭く冷たく光っ, 闇市場の, 青々と

▼ そこにおいて~ (50, 0.1%)

3 ある場所 2 であった, 精神に

1 [43件] あらゆる事変, ある, あるの, あるらしいの, あるランプ, ある呼鈴, ある大きな, ある現在, ある蝿, いなさるの, おきました, かつて感じた, こっそり部屋, だ, はじめて成立つ, ばっと, われわれは, ゐたにも, トム公は, ブルックナーの, 上がった, 人は, 企業内の, 個性概念を, 出て, 安全静穏な, 家祖八幡殿からの, 帆村は, 悪と, 描かれるの, 最もよく生かされる, 有したみごと, 机の, 法律と, 理論そのものの, 生きて, 発揮され, 直接に, 種々の, 終生, 行けば, 貰つて夜は, 長老たちから

▼ そこでの~ (49, 0.1%)

2 媒介は, 現実の, 生活を, 講義は

1 [41件] ことだった, ことを, んで, コモンセンスとは, シニスタースの, バンドの, 一家の, 不足を, 二人の, 亮は, 企みも, 反対派として, 口吻は, 名代の, 大名風を, 大衆は, 実感という, 必要を, 恐ろしい記憶, 感銘深い, 戦いは, 戦争の, 政情不安は, 日常的な, 日本技師の, 暮しの, 権勢家とか, 決定と, 演説を, 生活から, 生活は, 社会主義への, 結びつきなる創作行為そのもの, 自分の, 見聞と, 計劃, 記憶は, 速記を, 道徳的行状は, 鶏の, 鼎坐は

▼ そこからの~ (48, 0.1%)

2 出口を

1 [46件] かえり雨中, ことな, ぬけ道, スイセンコーホを, リアリズムを, 一便らしい, 乖離の, 出口として, 出道について, 刊行物で, 回復の, 圧迫が, 夏蜜柑の, 天明りは, 完全な, 展開の, 帰路芝居を, 当然の, 必然性を, 悲劇が, 悲喜劇である, 成長として, 掩護は, 早馬が, 未知の, 沈黙の, 滋養分を, 発展を, 眺めは, 眺望を, 祈念である, 秘密の, 結論として, 脱出として, 脱出を, 脱皮が, 脱皮とを, 行く先は, 表現の, 解放が, 試作の, 進発者は, 遠目にも, 間道は, 預り娘だ, 高まりかたの

▼ そこもと~ (42, 0.1%)

1 [42件] からでした, がかかる, がかの, がここ, がこの, がご, が公書, が同席, が宮本武蔵, が小四郎, が帰国, が思わず, が急, が病態, が苦心, が郡上氏, これからは, それが, だけで, でござったか, でもこの, とこうして, とは武士, と同じく, などにはお, などには理解, にいろいろ, にはとうから, には天草, には男きょうだい, にも, に用事, に聚, へお, へ即時返上, や乾児衆, をよく, を他人, を実, を手, を知っ, を鎌倉殿

▼ そこ~ (35, 0.1%)

2 考へて, 行って

1 [31件] いって, いつて, お越し下さらぬ, お迎, でいい, でない恋愛, なら何で, ぼく達は, ゆかなくつて, ゆくには, 一緒に, 二人で, 二等の, 人力車で, 佐多は, 何うでしょう, 参つた時の, 參つた時の, 引き下げ止めて, 御出迎, 手を, 漕ぎつけたか, 行かうと, 行きは, 行くこと, 行くと, 行く人, 行ったとき, 行ったの, 見とおしたでしょうか, 見送つて

▼ そこかしこ~ (31, 0.0%)

2 はらひも

1 [29件] から, それから丘, で圓朝, で私語, で話合い, と散歩, と歯磨, にあり, にはごみ, には不滅, には雪白, に三味線, に卒然, に咲い, に常, に愛人, に点々, に篝火, に見られ出し, に馬, の小さい, の山, の散, の海戦, の灯, より観光, を歩き廻った, を装飾, を見まわし

▼ そこもとの~ (31, 0.0%)

2 身には

1 [29件] お得意, お手, ご希望, ほうが, ほうで, 偉功を, 兄と, 厳父越前守殿の, 名を, 女房と, 妻だ, 役目では, 得意な, 御息女, 意見な, 手へ, 気が, 気の毒な, 父御, 生国は, 疑心を, 発願が, 発願も, 立場として, 考えは, 謀計も, 身の上ばなしも, 運命は, 館へ

▼ そこである~ (29, 0.0%)

3 人が 2 日の

1 [24件] ことを, という, とき巫女を, と思う, のに一体, 園芸種物会社へ, 夜僕が, 夜村長が, 家に, 年村人たちは, 弁護士に, 悪い医者, 日お姫さまに, 日先生に, 日包孝粛の, 日天気も, 日妻を, 日文福茶がまを, 日親父が, 時には, 時天羅国に, 時思いあまっ, 種の, 食い物店へ

▼ そこなっ~ (28, 0.0%)

2 たりし, てしまった

1 [24件] たり, たり地球, て, ている, ておっこち, てから自分, ては成んねえ, ては首, てまんまと, てもイクラ不運, て一層, て一生, て不用, て大, て家出, て恥かしく, て批評, て死なない, て死ぬ, て清書, て職, て虎, て逃がし, て首尾

▼ そこなら~ (28, 0.0%)

2 もうほん, もうほんとう

1 [24件] あのとき, ちょっとした木立ち, ばいっぱい, ばお, ば充分, ば助手たち, ば市中, ば落着, ば都合, もっと傍, サワ蟹だって, 七八歳ばかりの, 佃も, 南洋行きの, 呑気に, 安全だ, 提供し, 水の, 潜水作業も, 相談に, 誰も, 近い所, 電報一つで, 風も

▼ そこじゃ~ (26, 0.0%)

5 そこじゃ 4 ないか 2

1 [15件] あたしの, ありゃせんよ, お前様, それそれ次の, ないですか, わしが, 五条大橋まで, 困るん, 堀口君の, 実に困った, 御挨拶, 流れの, 給仕が, 話が, 遠くて

▼ そこにて~ (23, 0.0%)

1 [23件] お待ちうけです, お待ちなさる, た, ひとびとあしたのごとく, われらは, キロンに, 両人其材木より, 信雄の, 児を, 刈稲を, 吻と, 天下を, 尻尾ふる, 待て, 御起居, 掘りたて, 昼食を, 松本の, 申して, 疲れを, 自炊し, 譏らるべし, 鳥兜と

▼ そこへの~ (23, 0.0%)

3 つそり

1 [20件] まれ去った, アメリカの, 侵入者は, 出口の, 取引に, 取次であった, 奉仕なく, 御用の, 復歸は, 旅行を, 無理は, 用を, 石段を, 稽古にも, 視野を, 輸送路は, 途中脳貧血を, 道を, 道程は, 需要も

▼ そこへと~ (22, 0.0%)

2 歩を

1 [20件] まつた, まつたきり, まつて, 動かされタクシー, 味方の, 存じましたが, 心ざし, 思って, 手で, 正成は, 武蔵と, 歩いて, 翩翻として, 落ちて, 見遣るに, 話が, 近づいたの, 逗留する, 関羽が, 飛んで

▼ そことも~ (20, 0.0%)

2 なしに, 交際し, 知らぬ靜歌

1 [14件] なく, なくおもかげ, なくさ, なく仰いだ, なく御, なく横町, なく流れ, なく裏小路, なく霧, わかぬ森かげ, 分かず彷徨, 分からない玉藻, 知らぬ夕暮, 見えず一昨日

▼ そこなひ~ (20, 0.0%)

2 の飯

1 [18件] てかたは, て何だか, ながらさんざ, にハッ, のその, のやう, の三文詩人, の忍術, の忍術使ひなの, の酵母, の雑炊, はおや, は兩親, みたいな, をされ, をする, 實を, 野郎に

▼ そこまでに~ (20, 0.0%)

2 自己の

1 [18件] なって, なると, 事を, 到る彼, 到る裏面的事情, 学者の, 強い想い, 立到らない, 立至らぬ前, 至らない, 至る間, 行かなかった, 行くべきだ, 行く手前, 行く道程, 行った心, 長政どのの, 頭が

▼ そこもとは~ (19, 0.0%)

2 誰だ, 身軽だ

1 [15件] いずれの, しばらくそこ, そんな人間, とりも, どうも気, なんだ, 何人, 売込み先, 好んで, 帰られよ, 新田殿の, 日野俊基朝臣との, 残る十七名, 気転が, 黙って

▼ そこはかと~ (18, 0.0%)

2 たちまよ, 鬚長頴の

1 [14件] して, わびしい初秋, 巡り漕ぎたみ, 愛するもの, 朱をば, 水面に, 籠を, 粉雪ふり, 認めたる一封, 走り続けて, 走り續, 身なりを, 部屋を, 餌を

▼ そこ~ (16, 0.0%)

1 [16件] が果たして, との試合, にはじめて, のいわゆる, のこと, の世評, の中条流, の元気, の気性, の疵, も久々, も必ら, や数, りが, りを, を掠っ

▼ そこ~ (15, 0.0%)

8 ここかと 2 此処かと 1 え, どうかを, らいらし, らい号の, 部屋が

▼ そこない~ (15, 0.0%)

2 である, はない

1 [11件] であたし, であっ, であるという, でひとり, と謂っ, などは見のがし, なのかしら, の恥知らず, はしない, はわし, は見

▼ そこでと~ (14, 0.0%)

1 [14件] いうなら話, きまり四月, つて來た, まつた, まつて, わっし, トルーソツキイさん, 一体どうした, 何だって, 何にも, 差当っ, 特に留学生, 第一, 藪殿いかがでござる

▼ そこまでが~ (13, 0.0%)

1 [13件] いっぱいであった, ひと骨, ほんとの, 一般水準とは, 吉川町一番地にな, 吉田が, 女性文化じゃ, 日頃の, 激流で, 発端であった, 真実であっ, 近づけないの, 駄目な

▼ そこ此処~ (13, 0.0%)

2 と市中

1 [11件] から異論, にあらう, にひろがっ, に二, に二三軒今戸焼, に二百余り, に家, に屯, に打ち水, へ尻, へ無造作

▼ そこだけに~ (12, 0.0%)

1 [12件] 住んで, 光を, 小さな電灯, 残って, 珍らしく生え, 空席の, 芒が, 芽を, 触れないで, 閉鎖され, 露台が, 高張提灯が

▼ そこどころ~ (12, 0.0%)

2 か, じゃねえ, では 1 じゃあない, じゃ有りません, ちとあやふや, でない喧嘩, の沙汰, まで手

▼ そこだけを~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぱっと赤い, 伺おうじゃ, 何度も, 僅かな, 心に, 掘り抜いて, 明るめて, 虫歯の, 見て, 見るなら地上, 辺りの

▼ そこまでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いかない, 夜分参る, 手がと, 残虐を, 私達を, 終いに, 行き得ずに, 行くこと, 行ったこと, 行った御, 見えて

▼ そこにと~ (10, 0.0%)

1 うとうと地ひびき, ぢこめられてる, ぢこもつ, まつたからと, 思うと, 思うの, 思われる中空, 理右衛門爺さま, 絶えて, 許り

▼ そこばかりは~ (10, 0.0%)

1 いつも日, とりわけ黒く, どうしても近寄る, ものの, 堂々たるタケニグサ, 夥しい火, 天井が, 昼の, 朝から, 特に明るい

▼ そこ迄は~ (10, 0.0%)

1 いいが, まだ無, 云えなかつたので, 人力車で, 好かった, 実によく行った, 探って, 知らない, 聞いて, 自分を

▼ そこだけの~ (9, 0.0%)

1 ものが, 一廊を, 夜を, 空地へ, 興味に, 葉を, 覚醒した抜け, 設備では, 違いであります

▼ そこなる~ (9, 0.0%)

1 か, ご床几場, 周馬を, 姫御寮より, 庭の, 影もか, 橘に, 甘酒茶屋を, 馬に

▼ そこにしか~ (9, 0.0%)

1 この統一, ない, ないただ, ないという, 存在しない, 寝ようと, 無い, 自分の, 自己を

▼ そこにのみ~ (9, 0.0%)

1 人間の, 仏の, 所謂文学的価値の, 最高の, 本当の, 真の, 育つ植物, 解放せられた, 誠に清新

▼ そこまでを~ (9, 0.0%)

1 お聞かせあった, フランス語で, 一瞬間に, 出来るだけ, 慥かめた上, 望むの, 見て, 見とどけたの, 触れないの

▼ そこ~ (9, 0.0%)

2 ここに 1 あれそこ, かしこに, かしこの, ここを, さかえこれ, 一戸などに, 箆目に

▼ そこん所~ (9, 0.0%)

1 に芋屋, は, はもつ, は安心, ばこん通り, もう一度, を, をもう少し, を聞かねえ

▼ そこ動く~ (9, 0.0%)

32 なッ 1 なっとばかり抜く斬る, なツ, なピカリ, な真っ

▼ そこでこそ~ (8, 0.0%)

1 あなたは, 一九一八年に, 中村氏の, 国家乃至, 始めて, 彼は, 怒りの, 愈々文化

▼ そこでございます~ (8, 0.0%)

21 からひとり, から自然, そこの, て伯母様, ね, 御新姐

▼ そことは~ (8, 0.0%)

1 だいぶ離れ, だいぶ離れた, べつにどうと, 別に門, 君が, 平地に, 板一重の, 目と

▼ そこなったら~ (8, 0.0%)

1 あいつは, あの壺, すっぱりあきらめ, だめだ, 大へん, 更に第, 最後まず, 頂上の

▼ そこばかり~ (8, 0.0%)

1 ぐっしょり汐, でなくよく, でなく原っぱ, では, 一心に, 大きい硝子戸, 海が, 降るの

▼ そこまでしか~ (8, 0.0%)

1 なかった, 云わなかった, 判明し, 知らなかった, 突っこんで, 考えの, 達すること, 針が

▼ そこをも~ (8, 0.0%)

1 ふり切つて, 一ツ打つ, 事なく, 息をも, 深くご, 渡りかけた, 越えて, 通った

▼ そこいら~ (7, 0.0%)

1 じろじろと, めらめら燃えあがる, よなあ, 中反射鏡ダラケ, 中馳, 実にデリケート, 遅くなった

▼ そこからが~ (7, 0.0%)

1 くりと, すなわちこの, 一番便利である, 瀞を, 自慢な, 芝居小屋の, 険しい山路

▼ そこさえ~ (7, 0.0%)

1 わかって, 低地である, 明暸に, 直れば, 看破し, 確かなら, 越せば

▼ そこだけで~ (7, 0.0%)

1 一廓を, 叫ぶべきこと, 心の, 独自の, 解決出来ない, 道徳的に, 鎮る

▼ そこらく~ (7, 0.0%)

2 を明り 1 の冬, は萌, まじる豆蓼, 赤き寺, 赤し掻き

▼ そこン処~ (7, 0.0%)

2 は梅林 1 の棒杭, はね, は分らねえ, をその, をな

▼ そこ以外~ (7, 0.0%)

1 ではいけない, にどこ, にはあるまい, には秋田県, には隠れ場所, に別, の場所

▼ そこ~ (6, 0.0%)

1 おれが, へ丘陵, へ極まれ, へ潰せ, ッて, 行くん

▼ そこだった~ (6, 0.0%)

2 のです 1 と思い, な, のか, わ

▼ そこでし~ (6, 0.0%)

1 てい, ている, てゐる, ながらふたり, やうことなし, ゅろは

▼ そこでした~ (6, 0.0%)

1 か, がその, ことは, しや信濃路, し番頭, し豐田さん

▼ そこどこ~ (6, 0.0%)

2 じゃない 1 じゃありません, ではありませんでした, ではない, はたしか

▼ そこにおいては~ (6, 0.0%)

1 しばしば極めて高い, すべてが, である, 愚昧な, 愛と, 観照も

▼ そこにおける~ (6, 0.0%)

1 地位財産を, 真摯な, 社会状態の, 社会状態は, 艦隊は, 芸術感情が

▼ そこについて~ (6, 0.0%)

1 いて, いる小さい, ゐる, 参考に, 居る足跡, 曲って

▼ そこにまで~ (6, 0.0%)

1 ふき込んで, ふれて, わたっては, 到って, 無数の, 置くこと

▼ そこはね~ (6, 0.0%)

1 あのね, みんなが, 可いよう, 大したお, 性理上も, 本文の

▼ そこへまで~ (6, 0.0%)

1 持って, 沁みとおって, 立ち入らずには, 触れざるを, 進めようと, 進んで

▼ そこまでと~ (6, 0.0%)

1 いい置いて, いって, 云えば, 云ふて置い, 別口の, 名残惜しそう

▼ そこまでには~ (6, 0.0%)

1 なくとも, ならない, ならなかった, まだ百日, 成りきれない, 至らずとも

▼ そこ~ (6, 0.0%)

3 ところ 1 ところが何となく, ところで一つ, ところで次に

▼ そこ~ (5, 0.0%)

4 らの 1 らに

▼ そこからでも~ (5, 0.0%)

1 いいわ, 乳呑み, 出て, 手を, 聞いて

▼ そこからのみ~ (5, 0.0%)

1 われ, 愛情は, 生れるもの, 生れる心理的詩味, 若し生れるなら

▼ そここそ~ (5, 0.0%)

1 マダム貞奴の, 山また, 常に脅かされてる, 東京で, 私の

▼ そこ~ (5, 0.0%)

1 や, やいな, やて, や危, や見える

▼ そこなお~ (5, 0.0%)

1 二た, 二人の, 人御, 侍ようお, 坊様に

▼ そこなつた~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことも, のでその, ものです, ものは

▼ そこにかの~ (5, 0.0%)

2 女を 1 女が, 女は, 馬を

▼ そこにつつ~ (5, 0.0%)

3 立つて 1 ぷしてしまつた, 立つたまま

▼ そこにより~ (5, 0.0%)

1 かかって, たやすい血路, 多く象徴的な, 強大な, 豊富な

▼ そこにを~ (5, 0.0%)

1 つたかと, るの, れ, れば, わる

▼ そこへさえ~ (5, 0.0%)

1 いけば, 帰れば, 行けば, 飛びこめば, 飛び込めば

▼ そこまでで~ (5, 0.0%)

1 ブルジョア文学の, 止まって, 残念ながら, 種が, 終るの

▼ そこもとも~ (5, 0.0%)

1 あの経緯, いつに, おあるきなさる, お聞き及びであろう, 自ら御

▼ そこ~ (5, 0.0%)

1 には誰, の人, の窓, を窺い, を走っ

▼ そこいらへん~ (4, 0.0%)

1 からいきいき, から次第に, には斜め, の感じ

▼ そこだけには~ (4, 0.0%)

1 お筆, 人が, 廃園の, 御簾が

▼ そこつるはし~ (4, 0.0%)

4 はよし

▼ そこでしか~ (4, 0.0%)

1 生きないなら, 生きられなかつた, 生きる点, 起こりよう

▼ そこにだけ~ (4, 0.0%)

1 のこって, 多少の, 妙に, 自分が

▼ そこにゃ~ (4, 0.0%)

1 ア気が, 先に, 動かない証拠, 誰も

▼ そこへだけ~ (4, 0.0%)

1 でなくなお, 光を, 大きな穴, 眼が

▼ そこへでも~ (4, 0.0%)

1 寝ころがって, 沈んで, 泊って, 行く

▼ そこまでずつと~ (4, 0.0%)

4 砂地である

▼ そこ~ (4, 0.0%)

2 て艪 1 に揺る, に足

▼ そこをよけて~ (4, 0.0%)

1 仕事から, 次の, 通らなければ, 通るだけ

▼ そこ一帯~ (4, 0.0%)

1 がざわざわ, の壁面, の風物, の高原

▼ そこいらだった~ (3, 0.0%)

2 から 1 のに建物

▼ そこうごく~ (3, 0.0%)

2 なッ 1

▼ そこかと~ (3, 0.0%)

1 思って, 探し廻ったが, 追って

▼ そこがね~ (3, 0.0%)

1 え辛い, お化けの, どうもちっとお話

▼ そこしか~ (3, 0.0%)

1 なかった, 残って, 頼るところ

▼ そこしも~ (3, 0.0%)

1 不壞, 黄金なす, 齋き

▼ そこしれぬ~ (3, 0.0%)

1 力だ, 悪知恵に, 深さ

▼ そこそこ~ (3, 0.0%)

1 じゃ流れ, とさされ, やあれ

▼ そこだって~ (3, 0.0%)

1 きっとおばさん達, 何か, 旦那御

▼ そこだろう~ (3, 0.0%)

1 とも思います, と思っ, ね

▼ そこでです~ (3, 0.0%)

1 ね, ねえ, ねここ

▼ そこでもって~ (3, 0.0%)

1 友だち同士で, 国の, 家賃が

▼ そこなどは~ (3, 0.0%)

1 いろんな台所道具, いろんな臺所道具, 色も

▼ そこなれ~ (3, 0.0%)

1 ばもう, ば御, ば私

▼ そこにおいてほど~ (3, 0.0%)

2 人情に 1 リアリズムの

▼ そこにしも~ (3, 0.0%)

2 在じ空 1 沈めて

▼ そこにはも~ (3, 0.0%)

1 うくわも, ひとり見知らぬ, 一人正面の

▼ そこのみ~ (3, 0.0%)

1 だった, でなく同じ, でなく湖岸

▼ そこふかく~ (3, 0.0%)

2 しずんで 1 竹生しまから

▼ そこへべ~ (3, 0.0%)

2 ッたり 1 ッたりと

▼ そこ~ (3, 0.0%)

1 ここよ, ここよと, しっかりッ

▼ そこよりは~ (3, 0.0%)

1 まだ湯気, もっとずっと明るい, 進みえずに

▼ そこらくに~ (3, 0.0%)

1 こぼれ松葉のか, 洗ひ落し, 藜を

▼ そこ~ (3, 0.0%)

1 には咲き, も知れぬ, らで

▼ そこを通して~ (3, 0.0%)

1 奇異な, 新たな, 貰った

▼ そこ深く~ (3, 0.0%)

1 はいって, ひそめる聖像, 闇が

▼ そこ迄の~ (3, 0.0%)

1 事情に, 仲でなかつた, 見通しが

▼ そこ退け~ (3, 0.0%)

1 そこ退け, ッ, 下賤

▼ そこいらじ~ (2, 0.0%)

1 ゅうおもしろそうにかけまわってべちゃくちゃ, ゅうにまくしあがっていた

▼ そこいらじう~ (2, 0.0%)

1 におしろい, に蓮

▼ そこいらだろう~ (2, 0.0%)

1 と思った, よ

▼ そこい行っ~ (2, 0.0%)

1 て相談, て聞い

▼ そこえら~ (2, 0.0%)

1 のけちな, 一帯の

▼ そこからか~ (2, 0.0%)

1 またはもっと, またはもつ

▼ そこからずつと~ (2, 0.0%)

1 遠征し, 離れた紡績會社

▼ そこからだけ~ (2, 0.0%)

1 水を, 覗いて

▼ そこからという~ (2, 0.0%)

1 ところも, ように

▼ そこからに~ (2, 0.0%)

1 ちが, ゆつと

▼ そこがかへ~ (2, 0.0%)

1 つてよい, つて物足らない

▼ そこ~ (2, 0.0%)

1 うらめし秋山吾, 恨之

▼ そこじゃて~ (2, 0.0%)

2 そこじゃて

▼ そこすん~ (2, 0.0%)

2 だりだ

▼ そこそこそこ~ (2, 0.0%)

1 じゃ流れ, やあれ

▼ そこぞと~ (2, 0.0%)

1 思う小路, 思ふ天井

▼ そこった~ (2, 0.0%)

1 かその, 間だけ

▼ そこであっ~ (2, 0.0%)

1 しも何, てそれ

▼ そこでじ~ (2, 0.0%)

1 ぶんたちの, ぶんの

▼ そこでだけ~ (2, 0.0%)

1 八重子は, 彼は

▼ そこでばかり~ (2, 0.0%)

1 成長した, 物を

▼ そこでる~ (2, 0.0%)

2 んは

▼ そことの~ (2, 0.0%)

1 境が, 間を

▼ そこどい~ (2, 0.0%)

1 て, てくれ

▼ そこなし~ (2, 0.0%)

1 にたまらぬ, の

▼ そこなふ~ (2, 0.0%)

1 ものには, やうな

▼ そこにかけて~ (2, 0.0%)

1 あつた, 問われるまま

▼ そこにかべと~ (2, 0.0%)

1 同じコンクリート, 同じ厚

▼ そこにこそかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 段階が

▼ そこにさえ~ (2, 0.0%)

1 入りきれぬ七, 場所が

▼ そこにじっ~ (2, 0.0%)

1 としておいで, としてはいられない

▼ そこにだけは~ (2, 0.0%)

1 さすがに, 生きながらえたいと

▼ そこにばかり~ (2, 0.0%)

1 日の, 美しい波

▼ そこぬけ~ (2, 0.0%)

1 の悪党, 囃子

▼ そこばかりが~ (2, 0.0%)

1 ぼうと, 見すぼらしいやう

▼ そこばかりに~ (2, 0.0%)

1 いると, ないこと

▼ そこばかりを~ (2, 0.0%)

1 じっとにらん, 囲んで

▼ そこへかが~ (2, 0.0%)

1 まったので, みこんだまま

▼ そこへかの~ (2, 0.0%)

1 お若, 坂部与

▼ そこへきさま~ (2, 0.0%)

1 がきつねつき, も気がつくた

▼ そこへね~ (2, 0.0%)

1 むくむくと, 先生今度

▼ そこへばかり~ (2, 0.0%)

1 入浸って, 目が

▼ そこへばかりは~ (2, 0.0%)

1 ひるの, 翼を

▼ そこへる~ (2, 0.0%)

2 んを

▼ そこまでとは~ (2, 0.0%)

1 思って, 氣づかせ

▼ そこまではよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ そこもとたち~ (2, 0.0%)

1 がひきおこした, は何者

▼ そこもと様~ (2, 0.0%)

1 が誰, にも進め参らせ

▼ そこをは~ (2, 0.0%)

2 づした

▼ そこをめぐって~ (2, 0.0%)

1 吹くの, 発生した

▼ そこをを~ (2, 0.0%)

1 とこふたりにを, りを

▼ そこ~ (2, 0.0%)

1 エジプトの, 出かけなければ

▼ そこ一軒~ (2, 0.0%)

1 だけから返事, だけが二階建

▼ そこ一面~ (2, 0.0%)

1 にはだかっ, はやはり

▼ そこ~ (2, 0.0%)

1 があたり, 明るくて

▼ そこ動か~ (2, 0.0%)

1 ば早乙女主水, ば江戸

▼ そこ覗い~ (2, 0.0%)

1 てみましたら, て来る

▼ そこ迄に~ (2, 0.0%)

1 凡骨は, 幾つ横町が

▼ そこ退き~ (2, 0.0%)

1 ね疾く, やい

▼ そこ限り~ (2, 0.0%)

1 だった, ですん

▼ そこ離し~ (2, 0.0%)

1 て, やゑゑ

▼1* [274件]

そこつた三角定規で, そこあたりと覚しき, そこいさして, そこいちめんに展げ, そこいっぱいに, そこいなき円い空, そこいもって来, そこいらお暇が, そこいらしきりに, そこいらだんべ, そこいらだつたのに第, そこいらだらうとは思つて, そこいらでこほろぎが, そこいらなら霊魂だけでと, そこいら出して一人, そこい着きましたんが, そこい行きゃお稲なんど, そこい行くとお, そこい行くなら届けてくれ, そこい逃げ込んでみたら, そこい這入ったらもうちゃんと枕許, そこえらい違てて, そこえ御定り, そこかしこ八つ橋を挟ん, そこかしこ彼の矢, そこかしこ硝子に亀裂入り, そこかも知れぬ, そこからかいだん, そこからかへつて来る, そこからけむりがくさいにおいといっしょにやって来た, そこからさえある暗示, そこからしか起らないもの, そこからすぱッと, そこからね是非お, そこからほど隔たったある, そこからむこうは, そこからやッと, そこからより低廉な, そこがけだものの, そこがさ世の中は, そこがと仰せられますが, そこがわーさんの, そこきりで血, そこぎりで蔓先をとめ, そこくらい住み好い, そこけと近づいて, そこここのへいと, そこここのちゃぶ屋や小料理屋, そこここまばらに住む, そこここわがままに生え, そこここ備忘録の頁, そこここ小屋掛けやら飾り付け, そこここ洗いにかかっ, そこここ花見の酒宴, そこここ葉をはらっ, そこここ西洋菓子の間, そこここ附絡うを, そこここ頼みありきたまひ, そここそは自分の, そこさ一面の障子, そこじゃああるまいそっち, そこじゃと思うたので, そこすぎば安, そこすなわち娘の, そこそこそこそこやあれ, そこあどこ, そこたいそこたい, そこだけより人生は, そこだす第二愛知屋, そこだっ松さん, そこだったらまえにもしばしば, そこだらうと, そこだ来てみる, そこってどこです, そこついここにだって, そこであり合せの, そこでありましてこの, そこであれから後, そこであれかれと考へ, そこでかうして, そこでかくて自然, そこできゃつを, そこできまつてほつ, そこでござる御老人, そこでさえ私は, そこでさえも彼等の, そこでしかとした返事, そこでしょうことなし, そこでしんせつにもてなされ, そこでし出してでもいる, そこでじよらうぐもは, そこですつかり体を, そこでだけは武士の, そこでつッぷして啼きだした, そこでつひ思ひ余つて総理大臣へ, そこでなくなってそれから, そこでなければ味, そこでねえ坊や青い, そこでぶッきら棒, そこでもと望むならば, そこでもとの場所へ, そこでもとは同様に, そこでもへいきで, そこで無から創造された, そこというふうに, そことて一面の, そことても世捨て人に, そことめあては, そこどすがな, そこなき心地ぞ, そこなったら死んでくれ, そこなつたらそれこそ, そこなはれていつか, そこなはれ落つ柿の, そこなひたりなど苦し, そこなひたる者には, そこなひ来れる悪癖を, そこなひ解り損ひ, そこなふこと幾たび, そこなる生ける魂よ, そこなんかつまり素敵, そこにおいても確かに, そこにか母の, そこにかけ小屋が, そこにかへって面白味が, そこにがつくりとかが, そこにごろんと横, そこにすら推量の, そこにだけしかない郷土史料, そこにでもと海道の, そこにな魚見小屋が, そこにねとまりいたし, そこにねというふうに, そこにの俺の, そこにはかべがあって, そこにはがいとうと, そこにべッたり, そこにまつわる生活の, そこにもぞろ, そこにもも一つ穴が, そこにもやッぱりいなかった, そこによらくと, そこによって温い紅茶, そこに対し小規模の, そこぬけなんです, そこのてすりにも, そこのと言っても, そこのべンチへ, そこのみが人里近い, そこのみはしばしば家主, そこのみをかたく守れ, そこのやぐら下の, そこはいちめんなる篠, そこはいちめん栗の木, そこはいちめん真っ白な八寒, そこはかと江戸, そこはかともなくかすか, そこはじぶんのへや, そこはやしき町と, そこはわづか二つ, そここきっときっと, そこばかりで遊ぶもの, そこばかりには部屋が, そこばさ何んとか, そこばっかりは子供の, そこひろげろなんて仰有る, そこびかりがして何か人, そこへかへれば, そこへからだは, そこへがたりと投出すよう, そこへそとからやさしい, そこへだけは何物にも, そこへだけはとお祖母様, そこへとのさま方が, そこへとも思わぬでも, そこへどつかの, そこへな背後の, そこへに組の, そこへはと一時の, そこへわーっと, そこへ之き虎, そこへ迄気が, そこほっと息を, そこほど俗悪さの, そこほんの十分か, そこじゃあ汝, そこまでからだを, そこまでけえって, そこまでじゃそら毅一, そこまでってどこまで, そこまでといったぎりでした, そこまではと辭退し, そこまではね親分, そこまでへも買物一つし, そこまでやないか, そこもからッぽ, そこもとたちふたりは若君, そこもとよりはぐッ, そこもと一人の敵, そこもと等が先, そこもと達はどういう, そこもはや潰えて, そこもへば佛の, そこやったら誰にも, そこやれはいや, そこゆきの切符, そこよりも高い位置, そこりや省吾を出した, そこりや貴方に御願, そこどころの, そこれる水脈の, そこわたしというもの, そこをこそ念入りに, そこをずつと前に, そこをぞ去りに, そこをだに超えて, そこをとほるの, そこをねエ若旦那, そこをば滝明神と, そこをばかり主と, そこうまいもん, そこア男だ, そこエレボスの暗き, そこある仏さん, そこユダヤ人白髪を派手, そこンとこ閉めて, そこ一つの方, そこ一ヵ所では, そこ一尺ほどは縫い目, そこ一杯に飾られ, そこ一点だけ陽気, そこ一筋と限られ, そこ一里に騙され, そこ倒れている, そこ光りを擴げ, そこは受け, そこのある, そこ動かずに望みあら, そこ動かないで, そこ北筑後から西肥後, そこしと, そこ及びノルウェイ本土で, そこ取んなア, そこ品位の有る, そこの事, そこ常に白くかの, そこ憎い奴と, そこを些, そこ抜けになっ, そこ持ってやろ, そこ放しやあがれ, そこ放せ明日の, そこ春菜がかわゆけれ, そこ曲ったところ, そこ梯子から上, そこ白く赤す, そこ真上でいやがる, そこあるど, そこうたら此所, そこ締めてしもたのん, そこ肥りのした, そこのしん, そこの花, そこ行くとこれ, そこ趣味といふこと, そこ迄はよかつた, そこ退くなッ, そこ退けといつた歩調で, そこ退け踏んでくれう, そこと名, そこ通る女子とらへては, そこ開くる河鹿かな, そこ開けて遣っ, そこ頃有名な画家