青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そうして~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

せん~ ぜひ~ ~そ そ~ そい~ そいつ~ ~そう そう~ そういう~ そうした~
そうして~
~そこ そこ~ そこで~ ~そこら そこら~ そして~ そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~

「そうして~」 17110, 185ppm, 548位

▼ そうしてその~ (1625, 9.5%)

16 中に 15 ような 11 ために 10 上に 8 うちに, 時に 7 中から, 人が, 結果は 6 ことを, 中で, 年の, 瞬間に, 結果を, 翌る 5 下に, 代りに, 日の, 時の, 時は, 次の, 顔を

4 [12件] あとで, あとに, 中の, 人は, 声は, 夜の, 娘は, 家の, 日から, 次に, 結果が, 色は

3 [21件] あとから, たびごとに, たびに, たんびに, 一つを, 一人の, 上には, 上へ, 二人の, 国の, 夜は, 恐ろしさ, 感じが, 晩から, 晩の, 正体を, 理由は, 眼は, 花は, 頃から, 頭の

2 [88件] あいだに, あげくに, あとには, いずれもが, うちの, お姿, ことは, ころの, せいか, ためには, ひとは, ほかに, ほかには, ように, 一つ一つの, 一方私は, 上で, 上の, 不安の, 中には, 中へ, 二つの, 人たちの, 人の, 人を, 僅かな, 光の, 冷静な, 前に, 前には, 力が, 台に, 周囲には, 墓には, 声が, 多くの, 失敗を, 女の, 女を, 嬉しさ, 子の, 少女の, 底から, 店の, 度に, 廊下の, 心も, 思想が, 手紙を, 拍子に, 揚句に, 時には, 時も, 最後の, 木の, 次は, 次第を, 死骸は, 死骸を, 洗練された, 火薬庫付近の, 灯を, 父も, 犠牲を, 生活は, 男の, 眼には, 眼の, 石の, 穴の, 立場を, 紙幣を, 美を, 翌年からは, 自分に, 自然の, 苦しみを, 記憶の, 話が, 話を, 財布の, 逆照手段, 金は, 闇の, 附近を, 音の, 顔の, 鳥の

1 [1178件 抜粋] あい間には, あとを, いずれをも, いやなこがらし, うつくしい人魚, おのおのの, お店, お松と, お母様が, お痛わし, お蔭という, お連れ, お金は, かわりに, きわどい瞬間, ことが, さきには, ざらざらした, すぐ後, たつた, ためこの, ため二人の, つど人に, でっかち, ときに, ときは, とき自分の, のびて, ひとたちは, へやの, また子孫, また幾分, まちがった見解, まんまどこかへ, まん中に, めざす相手, わけを, アルバムを, オトウカシが, ギリシア的な, ゴロゴロした, テエブルの, トリックの, ドキドキした, マガという, レターが, 一半を, 一幕の, 一挙一動を, 一曲の, 一端を, 一言が, 一面は, 七年目の, 三人の, 三段落が, 三色版じみた, 上にも, 上昇の, 下が, 下巻を, 両岸, 中でか, 中一つさだ子の, 中心には, 丹色が, 主人の, 主義の, 九人の, 予言が, 事に対し, 事件の, 二つは, 二人は, 二組は, 云った事, 五兵衛の, 井戸水を, 人々は, 人に, 人世観は, 仏たちの, 仔細を, 代りどれが, 令嬢達が, 以後は, 仲間が, 企ては, 低徊が, 何とも知れない, 何れである, 何万という, 余力を以て, 余裕が, 作家の, 使命を, 信じ方, 信仰の, 信書は, 個人の, 個所に, 側に, 偶然の, 僧職の, 償には, 兆を, 先輩という, 光で, 光景を, 入り用な, 全体の, 内に, 冒頭には, 出来事を, 刀自の, 分立を, 切尖, 利き目, 刺戟は, 前を, 前面の, 力と, 動きが, 勢いで, 匂いを, 十日という, 十月京都の, 千二という, 南京玉が, 危険を, 原因は, 原文は, 又翌日, 反動が, 叔母にあたる, 取締りという, 叢林の, 可愛らしい種子, 同化しない, 名前に, 吸い方, 周囲を, 唐が, 唯物文化を, 問題と, 啼く声, 四角な, 団十郎が, 固有性を, 土に, 土産だ, 地所という, 坊さんが, 城の, 堕落の, 堕落史を, 場に, 場合には, 場限りで, 増加率は, 声に, 声を, 変るところ, 変態的に, 夏休みに, 外へ, 夜ふけに, 夜彼女と, 夢の, 大姉は, 大引出を, 大船が, 奥さんが, 女と, 好きな, 妹は, 姉の, 娘が, 娘に, 婦人が, 婦女子の, 子が, 子猿も, 学ぶこと, 学校騒動を, 定型の, 実行上お, 家へ, 容貌の, 寂寥なる, 寝台の, 対抗により, 小さいベル, 小犯罪, 小知恵, 小説には, 尺八は, 屋敷に, 山々は, 山椒魚に, 川の, 左右に, 巨大さを, 差出人は, 帝都空前の, 帰路不幸にも, 年も, 年齢下の, 幸福の, 幽霊が, 幾分は, 広さ, 序に, 庭の, 引き出しの, 弱くて, 強い力, 強さ, 当時の, 形状が, 影響を, 征御, 後足には, 御礼には, 心の, 心中者の, 心相当な, 忍耐には, 忘れた時, 怪しい女, 恩は, 悪魔の, 悲しげ, 悲しみをも, 悶々の, 想念の, 意味は, 意志は, 意見を, 意識は, 感じは, 態度の, 憎い奴, 成功した, 戦争の, 所謂, 手が, 手へ, 手付きや, 手紙に, 手紙も, 折の, 抽出し, 指揮者の, 捕獲としましては, 推測の, 揚句男は, 放ける奴, 数々の, 数年後たしか, 敵国たる, 文明の, 方の, 方法を, 旗頼母という, 日その, 日において, 日も, 日光を, 明りと, 明るい方, 星の, 時お前を, 時こそは, 時ラジオを, 時代の, 時分人ごみの, 時小夜子の, 時歩き, 時軽い, 晩蒲団の, 暖かい希望, 曠原を, 最後の審判の, 有望な, 服従において, 期間は, 未知数を, 材料から, 杖の, 来る所, 根源は, 桜並木の, 極いつ, 構図の, 権威は, 橋の, 欠陥が, 次には, 次に最後, 歌が, 正体は, 武士の, 死という, 死人の, 残りものという, 殺し合う仇敵, 殿宮の, 気分に, 気持の, 水には, 求心系は, 決心と共に, 決心を, 洪水の, 流した子, 浅ましさ, 海の, 涙を, 清貧と, 温度を, 溜め息が, 漢詩も, 濁りが, 火の, 火焔が, 点に, 無意味な, 無識, 焦点は, 煙が, 熊という, 燃えがらを, 物語の, 特徴を, 特色に, 犬は, 独楽には, 独立自存の, 玉は, 現世の, 理由を, 生前の, 男が, 男性の, 畠の, 異人と, 疑いを, 病人に, 痕跡は, 白い尾, 白状によって, 白骨という, 盗った金, 目的が, 相手の, 相間には, 真ん中の, 真中の, 眺めて, 眼蓋を, 短冊やら, 石を, 破裂の, 社会構造をも, 神様が, 秀才が, 秋には, 科学は, 種子の, 空は, 空間を, 窓が, 窮策から, 笑いの, 第一句, 第一歩から, 第二, 筋向いの, 管の, 籤の, 紐の, 純粋種の, 紙に, 経路が, 結婚披露が, 結果の, 結果彼女は, 結果正木先生は, 結果色々, 絵巻物を, 継続の, 緊張の, 縊死の, 織物を, 美意識によって, 翁は, 翌夜, 翌晩は, 翌朝一九一六年四月十一日に, 老嬢たちそのものも, 聯絡が, 肉体は, 背後で, 背景や, 腐りかかった間に合わせの, 自動車の, 自由さと, 良心に, 花の, 芸術家が, 苦しがっ, 苦悩を, 英霊は, 落ちつきを, 蒲団の, 蔓の, 薬と, 蛇は, 血で, 行き詰りには, 行燈の, 衝動が, 表紙を, 裂け目からは, 裏側へ, 見解を, 見識や, 親分に, 触れる所, 言葉が, 言葉の, 記事によって, 記憶に, 証拠と, 評は, 詠嘆に, 話すところ, 話の, 語通り翌日の, 説明は, 誰にも, 調子には, 論争種子は, 論旨は, 謙譲な, 象の, 貧困な, 質素な, 起った時, 趣味が, 跡を, 車窓の, 転機は, 辺を, 途中か, 造り方は, 運動の, 運命に, 運命も, 道義的である, 適用せられない, 都度いくらかでも, 酒と, 醜さ, 銀貨を, 鋭いうち, 錠を, 鏡が, 長い鬢, 門から, 関ヶ原という, 陥欠, 際に, 際使われた, 集会の, 雌牛は, 難問題を, 雲の, 電灯の, 霜や, 露わな乳房の, 静かな, 非常手段に, 音は, 頃の, 頃まで, 頭を, 顔は, 顕現は, 類似を, 風呂場の, 風説の, 驚きが, 驚ろき, 高慢な, 鳥を, 鵜呑みに, 黄色い着物, 黒い表紙

▼ そうしてこの~ (610, 3.6%)

7 ことは 6 ことを 5 二つの 4 ような, 手紙を 3 ことが, ように, 傾向は, 頃では, 頃の

2 [19件] 一夜の, 両者の, 中で, 二人は, 人は, 優しい花, 問題の, 子は, 島の, 年の, 感じは, 点が, 現在の, 現象の, 種の, 自分の, 表情の, 話を, 道を

1 [531件 抜粋] あたりの, ありがたいは, いじけた流行, いずれの, うず巻の, おれは, お方の, お芝居, お触れ書きは, お雪ちゃんという, こて, ことと, ことへの, ことほど, さいく, しんみりした, じめじめした, すべての, たくさんの, とき卑怯な, ふたりは, ままうっちゃっ, ままこの, ままに, みじめな, やからは, インド劇の, エチュードを, カトリックの, ガラスぶたの, コースが, ヘリウムは, ヘ長調の, ヨハネ伝が, 一つの, 一両を, 一個と, 一瞬の, 一言にも, 三つの, 三人は, 三日の, 上に, 上は, 上も, 下に, 不可能は, 不為合せな, 世の中で, 世の中に, 世界の, 両つ, 中から, 中に, 中には, 中庭の, 主義が, 事件に対する, 事件は, 事件を, 事実が, 事実にも, 事実は, 二つは, 二の丸の, 二三年の, 二人を, 二十三夜と, 二婦人が, 二様の, 二種の, 二種類を, 二群の, 人たちから, 人へ, 人も, 人間が, 人間の, 人間性は, 仕事に, 仕事の, 仕事のみ, 仕事を, 他の, 仮定は, 伝統は, 位置に, 体験は, 何と, 供養の, 俗人の, 信徒に, 信念において, 信念ほど, 俺が, 偉大な, 偶然の, 偶然を, 傾向が, 傾向の, 僧侶の, 全く破壊, 八つの, 八日の, 六回も, 円い頬, 冷たさ, 凡庸な, 分離が, 分類を, 別荘を, 前うけた, 前よりも, 努力の, 効果は, 勢の, 十二歳以後の, 千百の, 半島への, 協団が, 単純な, 原動力としては, 厳密な, 双眼鏡の, 取捨は, 各々の, 同情は, 同感は, 名古屋に, 吐瀉物が, 和歌は, 和歌を, 品位は, 唐人小路の, 唐辛子目つぶし弾の, 問題は, 問題より, 問題を, 四肢五体の, 回春現象は, 困難に, 国の, 国中の, 国語と, 土地へ, 地の, 地へ, 地上を, 地方にも, 坊主という, 場を, 場合いったん, 場合この, 場合においても, 場面にも, 墨絵も, 壮麗な, 声が, 変化を, 夜は, 大きい字, 大乗仏教が, 大宇宙, 大政治家, 大理石の, 天災非常時の, 失敗の, 女が, 女に, 女には, 女を, 娘は, 子の, 子供が, 子供の, 宗教生活という, 宝石を, 実験に, 宣伝には, 室には, 害鳥獣の, 家の, 宿に, 宿は, 寂しい世の中, 寛仁な, 寺で, 尊いところ, 尊敬する, 小判の, 小品を, 小林文吾にとっては, 小気味の, 小説は, 少女の, 少年たちは, 少年は, 少年を, 少量の, 屋敷には, 屋敷の, 屋根の, 山を, 山科の, 島に, 島民の, 崖と, 工事の, 巨大な, 巻骨の, 師匠の, 帰趣なく, 帰途は, 平凡な, 年若, 幸福な, 幽かな, 幾棟かの, 床の, 度入るべき, 度失った, 庭が, 強さ, 後ともに, 後の, 後も, 後ロシアが, 後者すなわち, 後者は, 従妹とは, 御用聞き, 心がけが, 心の, 心は, 志賀直哉などに, 思想の, 急劇, 性質が, 怪奇までが, 恐ろしい形容詞, 恐ろしい悲惨, 恐怖の, 悩ましい日, 悪口は, 情の, 意外な, 意識が, 意識の, 意識は, 愛と, 感情が, 慈悲を, 成長突破が, 我々の, 戦争だ, 戦争は, 戯曲の, 戸籍数五十の, 所業の, 手には, 手紙下さいました, 支那未曾有の, 敬虔の, 敵同士は, 新しいの, 新しい日本人, 新しく編成, 新理想主義, 方が, 方は, 旗を, 日の, 日本産の, 日本領の, 日漸く, 日高郡を, 明るい灯影, 星雲が, 時から, 時ほど, 時代に, 時以来あゆの, 時以来仙台第二高等学校を, 暗い勢い, 暗殺の, 暗雲は, 暗黒な, 書物の, 木鉢を, 未来派に, 本を, 本館も, 村で, 村に, 根の, 根拠から, 根本原因の, 業縁以上の, 極端な, 様式こそ, 模擬戦に, 樹の, 樹立の, 欠如が, 次には, 正面である, 武士も, 歯の, 歴史を, 段に, 母人は, 比較を, 民間の, 気の毒な, 氛囲気の, 水音を, 永遠の, 池を, 沈黙の, 法に, 法を, 泰伯篇と, 流し釉, 浜の, 浜松の, 海を, 淡い牡丹色, 湯本の, 滝壺で, 火を, 災難だ, 点においては, 点について, 無定見は, 無恰好, 無残な, 無視は, 無言の, 熱が, 牝鶏と, 物狂おしきまでに, 物理の, 物語の, 物語を, 犠牲という, 犬は, 犯行を, 独特の, 狭山という, 猟師の, 珍しい強震, 現代精神は, 現実は, 理想が, 理想の, 理想は, 理想を, 理由は, 生きて, 生れ故郷の, 生気説は, 生活の, 生涯を, 男が, 男に, 男は, 男も, 町から, 町の, 町を, 番附面の, 異様な, 畳の, 疑問には, 病友を, 病院の, 盆蓙を, 目の, 相違には, 真の, 矛盾を, 知らるること, 祖父が, 禅の, 私の, 私自身も, 秋秀も, 秋議員を, 科学特に, 秘密が, 程度まで, 種族には, 種類に, 窓に, 竹は, 第一, 箱を, 箸で, 簡素な, 精神と, 精神病科病室に, 糸の, 約束に, 紅梅派という, 紙を, 紳士を, 紹介の, 経験は, 結合, 結合は, 結婚を, 結論は, 絶対者に, 絶滅した, 線を, 義務を, 老人は, 考えを, 考え方が, 考から, 胆吹山の, 自分も, 自動車が, 自然の, 自由が, 自虐的な, 自覚心なる, 苦しい内省, 荒海は, 蒸気から, 薄暗い灯影, 薬が, 藁屋の, 蘆葦茅草の, 蜒々と, 蟹に, 行為の, 街で, 衝動本能こそは, 西域が, 要求が, 要求によってのみ, 要素を, 解散の, 言葉は, 詩だけは, 詩句と, 詩編は, 話が, 話は, 語は, 誤解の, 象は, 貴様が, 赤ちゃんは, 起原は, 身を, 身心の, 車を, 軒下雨だれ伝いに, 辺に, 辺は, 通りジッと, 通り踏み潰し, 連合脱出隊の, 遊びも, 過去の, 重大閣議を, 針路を, 鉄片の, 鉱毒を, 鏡の, 長い窓, 門の, 開墾王国の, 開展を, 陰惨な, 際兼三には, 際采配を, 電気心働計こそは, 静かな, 非シナ的傾向, 音から, 音楽の, 頂角を, 頃すでに, 頃は, 順序で, 領域における, 顕著な, 顕著に, 類の, 香気が, 騒ぎは, 驚嘆すべき, 高い石壁, 鳥は, 鸚鵡蔵も, 鼓も, 鼻を

▼ そうして自分~ (262, 1.5%)

4 の家

2 [17件] がこの, で自分, で靴, とは縁, のそんな, の名, の命, の子供, の座敷, の方, の眼, の身, の部屋, の顔, はこの, はその, も死ぬ

1 [224件] から河, から美しゅう, がその, がそれ, がそれら, がなぜ, がめくらである, がめんどう, がもはや, が今ここ, が切腹, が天皇, が彼, が想い, が手ずから, が指揮者, が斬った, が新しく, が欺かれた, が爪, が病院, が自分, が買っ, が遠から, が長女, が高師直, こそ絶えず, だけがもと, だけよい, だけ助かりました, だってもし, でぎょっと, でこんな, でその後, でそれ, では容易, では知らず, では飽くまで, では駕籠, でほんとう, でもおかし, でもそれ, でも人, でも喜ん, でも浮世, でわざと, で思う, で煖炉, で芥子, で葬儀屋, で踊る, というこの, とおなじ, とこれら, とそれ程, との恋, とも親類, と反対, と長蔵さん, ながら数えきれない, ながら甚だ, ながら顔, にかしずい, にこの, にたのむ, にはかえって, にはその, にまいた, にまるで, にもあまり, にもっとも, に冷淡, に出来る, に同類, に救い, に用, に聞える, に足, に近接, の, のあやまれる, のいる, のからだ, のかんがえ, のこうした, のこしらえ, のこと, のしどけない, のせっかく, のため, のなか, のはき出す, のまだ, のまわり, の一喜一憂, の事, の仕事, の作, の傾向, の僧官, の内部, の出番頃, の右, の国, の執るべき, の外出, の多年, の好き, の娘, の子女, の実際, の寝よう, の将来, の差し, の席, の年齢, の座, の後脳, の志, の恋し, の想像, の態度, の所有, の手紙, の時間, の書いた, の書物, の木下, の未来, の本職, の本領, の机, の枕もと, の歩調, の死ぬる, の気質, の炬燵, の為体, の生涯, の用事, の画才, の畑, の疑い, の癒, の目, の眼ざとい事, の研究題目, の罪状, の考え, の耳, の肉心, の能力, の船, の蓬, の誤解, の財産, の起き, の足, の足もと, の跪いた, の運命, の道, の青年時代, の音楽, の頭, の駈け, の骨折, の鼻, は, はここ, はこれから, はそのままそっと, はという, はどう, はどっち, はますます, はまた, は一度, は一心に, は一生懸命勉強, は何時も, は全く, は出来る, は古い, は地獄, は夢, は寒, は寛永寺裏, は彼, は暖, は有り合う, は真白, は科学者, は群集, は自分, は船長室, は蒲団, もいっしょ, もいつか, もその, もまた, も一緒, も乳牛, も劇中, も坐り, も手伝っ, も案内者, も細巻, も胡座, も話し, よりも年, をごまかす, をし, を不面目, を信じる, を哲人, を村境, を滅ぼす, を田口, を茶, を見た, を見下した, を見縊る, を頭

▼ そうしてまた~ (204, 1.2%)

3 それを 2 それが, それらの, 一方では, 例の, 急に, 日本の, 現在の

1 [187件] あてはめて, ある特別, ある者, あれだけ, おげんき, おさないあなた, おそらく最後, おなじこと, お君さん, お延, お雪ちゃんの, かくの, きめる事, こういうこと, こうも, このいわゆる天秤棒, このモンテー, この二つ, この人, この変化, この景色, この理由, この距離, これからも, これと, これらの, これを, こんなこと, さけんだ, さっきこの, さっきの, さっき一度歩いた, しずかに, しばしば起き, そういう好み, そういう安易, そういう独創的, そこに, そのよう, その上, その不徹底, その前, その太刀, その手法, その故郷, その根底, その舞い, その足軽, その跪拝, その運動, それと, それには, たちまち走り去っ, だるま米久世界そうした, だんだんに, つけ加えた, どうして道庵, なぜおれ, なぜこんな, ふたりの, ふた月あまり, ほぼ前, みずから名を, みんな申し合わせた, ショオ自身の, スヤスヤと, ハカマの, 一つには, 一つ所に, 丁寧に, 世論を, 九州の, 二そうの, 二人に, 二人の, 五, 今までは, 仏教とも, 他方においては, 代表者な, 会った, 何らの, 何時間かが, 兄貴は, 凝と, 加速度の, 動機も, 動物性の, 北上川なる, 医師としては, 十二の, 卒然として, 危い, 友人の, 反対の, 同じよう, 同時にその, 吐いた, 唐崎浜に, 坂の下で, 場外の, 壮士坊主は, 多くの, 大きな声, 大江山課長の, 夫は, 奥さんを, 如何に彼, 始めようでは, 宇宙艇の, 実に驚くべく, 実際それら, 対内的である, 山の, 工事に, 廊下を, 彼の, 彼女を, 御本人, 御酒が, 心細いこと, 思いました, 恐しく眺め, 恐ろしく仕事, 情人の, 愛を, 慄と, 我々の, 我等の, 手や, 教える側, 敵の, 断えず推移, 断末魔の, 新しくおかき, 新らしい, 旭川で, 昏睡状態に, 昔は, 時間を, 暗い谿谷, 更に時, 最後の, 桃も, 極めて狭い, 正雄は, 歩きながら, 段々が, 殿の, 沈むでしょう, 油壺を, 海から, 烏を, 父の, 独りで, 生垣の, 留り木に, 畠の, 相手の, 真にそれ, 眠って, 眼を, 確かに, 社会の, 私が, 私の, 私は, 突然何, 立派に, 第一, 箪笥の, 細君の, 線香を, 耀や, 考えた, 自分も, 舞台の, 若松屋の, 行きつまった, 話し出した, 読者側から, 誰をでも, 途中極めて, 青年の, 首を, 驚いた, 驚いたよう

▼ そうしてそれ~ (171, 1.0%)

8 と同時に 3 と一緒 2 があの, がその, が何, は本当, をこの, を聞い

1 [148件] あるが, から, からし, から三日, から二人, から五町, から受ける, から妾, から姦夫姦婦, から間もなく, から騒動, が, がいかなる, がお母様, がため, がついに, がどうにか順序よく, がどの, がなお, がまた, がみんな鏡, がもう, がもしか, がポン, が一年, が二つ, が人, が人間, が仮り, が兄, が冷却, が取り返し, が唯一絶対, が家, が寂, が少し, が彼, が心臓, が必ず, が悉く, が我々, が我が国, が所謂民衆, が指紋, が日の本, が最初, が本当, が果して, が水, が決まっ, が現われなくなった, が簡単, が紀元千二百八十八年, が聚楽第, が誰の, が飛ん, くらい離れ, こそありったけ, こそ本当, こそ身悶え, だけであった, とともになんだか, とともにやる, とともに相手, とほとんど同時に, と一所, と共に, と共に云い, と共に力, と共に彼, と共に恐ろしい, と反比例, と同じ, と向い合っ, にあけ, につけ, につれ, によってその, に一種, に代っ, に代るべき, に伴っ, に似た, に動かされた, に対して, に対する諾否, に武器, に縋りつい, に関するいろいろ, の傍, はあなた, はごく, はただ, はどう, はまさに, はやはり, は事実, は人, は何者, は切支丹, は嘘, は小一郎, は当時, は怨恨, は成功, は昨日誠太郎, は極めて, は武家, は真実, は神, は舊式, ばっかりじゃない, までは与えられたる, まで幾多, をいい加減, をいまわれわれ, をえい, をお, をした, をしも御, をとげる, をどう, をはきはき, を一つ, を三人, を世界, を僕, を功, を南向き, を吸っ, を売っ, を実行, を封印, を小一郎, を役人, を後下り, を感じさせない, を或, を投入, を椀, を無遠慮, を相手, を私, を自覚, を虫眼鏡, を螺旋, を見る, を高い

▼ そうして~ (159, 0.9%)

3 父様が, 経を, 絹の

2 [12件] あげに, 世辞半分に, 二人の, 名前は, 延の, 延は, 紅は, 置き, 置きなさい, 酒を, 銀様の, 隣りへ

1 [126件] あげなさいよ, かおが, かみさんおかみさんと, かみさんも, げんは, たがい腕, ぬしには, ねむり, みやの, めえ, めぐみぶかい, やりお, やりなさいませ, やんなさい, わりには, 上げなさい, 上げ申した, 世辞では, 久美の, 二人で, 二階の, 京さんは, 仕えさせて, 代官を, 休みに, 作に, 働きなさいまし, 元が, 兄様の, 兄様も, 六は, 内儀さんが, 内儀さんの, 内儀さんは, 別れし, 助け下されました, 勢との, 北も, 半の, 印は, 厭に, 君との, 君は, 君も, 呉れな, 呉れ私, 品は, 固めが, 城あとの, 堂も, 好み焼の, 妙が, 姿を, 婿さんの, 嫂さんに, 宅は, 岩を, 師匠さんの, 帰りぎわに, 店の, 延を, 心を, 悦の, 懐かしいお, 探し桔梗様, 支度が, 月様に, 杉は, 歩きに, 汗が, 洗足を, 渡しいたしましょう, 灸は, 父さまは, 父様と, 父様には, 父様の, 父様は, 父様も, 登久の, 眠りなさりませ, 石は, 祖父様に, 祭りから, 竈の, 竜ちゃんの, 笑い声などが, 筆の, 篠は, 米さんに, 粂と, 紅に, 紅の, 綱の, 縁側の, 置きあそばせ御簾, 置きと, 置きなさいまし今私, 置きに, 義兄様は, 葉の, 蓮の, 蝶が, 見送り申せ, 言葉に, 話合いで, 豊さんわしは, 豊と, 輿入れの, 道化を, 邸の, 酒やら, 銀の, 銀様は, 銀様を, 隣りの, 預かりの, 頭は, 顔を, 顔色は, 食事は, 餅を, 館の, 饅頭を, 髭が, 鶴を

▼ そうして~ (130, 0.8%)

3 になっ 2 でもなお, となっ, のこの, の自分, はこの

1 [117件] いう通り, から二十分, がちょうど, こそその, この同じ電車, この窓, し馬の背, じゃ結婚, だにどういう, ちょうどその, ちょうど気分, ちょっと手, では人, では木橋, では物, では西域夷蛮地帯, でもこの, でもさまざま, でも善く, でも迫害, という大地, とても之, に見ろ, のあの, のうち, のよう, の中, の先, の廊下, の新, の旅人, の東京, の独語, の皇居, の私, の私たち, の話, の鉢, はああ, はその, はどこ, はなん, はほぼ, はガラ空き, は二人, は何時, は何等, は全く, は八犬伝, は奥那須, は既に, は暁, は木曽, は木芙蓉, は満, は神尾主膳, は細々, は舷下, は雀色, は難波, は鼓賊, まったく異なった, までつけ, までに読んだ, までのカタキ, までの原料, までの頓興, までは玉藻, までよりは一層, まで何, まで岩村氏, まで平凡, まで彼, まで忘れ, まで我慢, まで気, まで漠然と, まで焦らされ, まで生き, まで立っ, まで見えなかった, まで近島, まで退屈, まで馬鹿, もその, もなお, も云った, も今, も彼, も思い詰め, も悩ん, も聖母マリア, よりほか, ロシアが, 一人の, 一度よく, 一度シッカリと, 一度吾児の, 一度彼の, 一度私たちの, 一遍よく, 二つ三つ烈しい, 云った手順, 何気ない風, 女に, 嫉妬の, 床屋へ, 弁護士です, 急に, 揉み合い押し合い, 朝来幾度か, 眠くなる, 眼を, 聞いた電話, 自分が, 読んだ書物, 逃げ出して

▼ そうしてあの~ (119, 0.7%)

2 ような, 人が, 人の, 人を, 単純な, 晩の, 男が, 男は

1 [103件] あなた様の, お柳, お母様の, お里さんと, お里という, ころんで, たましい, ときは, ねちねちした, はがきは, はげしい火勢, まっしろなし, ヌーボー式の, 一種特有な, 一篇は, 不貞な, 中を, 事件以来名乗っ, 何畳かの, 公会堂裏の, 制多, 劇場の, 古い建物, 可哀そうな, 君ちゃんの, 啼き声, 啼声を, 地震に, 堤の, 女が, 女に, 女の, 女は, 妙な, 娘さんは, 宇宙艦は, 安っぽい亜鉛板, 室に, 家を, 小坊主も, 少女は, 尾張名古屋の, 屋敷へ, 帯を, 平凡な, 幾多の, 恐ろしい夜, 恐ろしい経験, 悪魔の, 手紙を, 方との, 方は, 日マア坊が, 日記には, 時から, 時に, 時分の, 晩は, 晩見た, 暗がりの, 有名な, 松浦頼母めを, 板塀や, 橋梁や, 気の, 池の, 無心な, 熱い田舎ぜんざい, 爆音は, 特一号室の, 特徴の, 玉が, 用いられた雑器, 白い雲, 破れ上衣の, 神様の, 箪笥の, 素晴らしいテオリー, 縮緬の, 美しいお, 美しい候補生, 美しい化粧室, 美の, 花嫁花嫁, 苦しみが, 薬屋の, 解しきれない, 謎の, 赤褐色に, 跡は, 退屈な, 酒乱の, 釉剥げに, 鐘が, 長い鼻, 長浜に, 階下の, 面白い石神, 響きを, 頸の, 香気を, 魔女の, 黒いもの

▼ そうして~ (113, 0.7%)

3 の, はあの, はそれ 2 がこの, のその, の顔, はこんな, はその, はまた

1 [92件] があなた, がお母様, がここ, がその, がどんなに, がベンチ, が他, が女, が少し, が平田伍三郎, が彼女, が後, が旅行, が気がついた, が片方, が特に, が語り終る, その手代, でよろしけれ, とゴリラ, と同様, と探偵, と染, にとって貘, にはその, にはどうしても, には何となく, には感ぜられた, にも別, のお母様, のからだ, のわからない, の仲間, の体格, の喜ぶ, の寝, の尻, の田舎, の病いも, の知り得た, の矮鶏, の考え, の視線, の赤鬚, の運命, の顔色, はああ, はいろいろ, はこう, はここ, はこの, はこれから, はさんざん, はすべて, はそういう, はそこ, はちょうど, はとうとう, はまだ, はやはり, はリュックサック, は三十分, は下宿, は不安, は世の中, は今日, は何ん, は再び, は唯, は喜び, は定められた, は帯, は彼女, は心, は或, は殺される, は毒, は汗だく, は父, は私, は私自身現在, は秋, は芸術, は貴, は非常, へもそれ, もいま, もその, もそれ, もやっぱり, も鬼, を差し招く

▼ そうして二人~ (105, 0.6%)

2 とも自分, の顔, はこの, は長い

1 [97件] がいる, が思案, が死ん, が神田, が腕, が黙っ, して, でひそひそ, でまた, で二三度, で天下, で宿, で方々, で滅茶苦茶, で笑い出した, で顔, ともこっち, ともそれ以上, ともなんとなく, ともまるで, ともタッタ, とも並ん, とも大, とも小, とも新婚生活, とも確, とも秋, とも美しい, とも聖書, とも酒, とも驚いた, ながら死ん, ながら襤褸, ながら貧しい, ながら長髪, のす, の乙女, の人間, の兄さん, の兄さんたち, の児, の博士, の向側, の周囲, の女, の安全, の客, の影, の手, の捕虜, の父親, の生んだ, の男, の秘密, の立っ, の言葉, の銭勘定, の間, の間柄, はいつ, はお, はその, はそのまましばらく, はなおも, はもう, はようやく, はオシャベリ姫, は再び, は力, は友達, は地下, は安住, は巌, は当分鎌倉, は手, は抱き合っ, は暫く, は消息, は演説会場, は無言, は白樺, は監禁, は相, は組みあった, は結婚, は胸, は落下傘, は陶酔, は黙っ, は黙り込ん, を割き, を夫婦, を奥, を恋, を抱い, 並んで, 揃って

▼ そうして~ (92, 0.5%)

4 はその 3 はそれ 2 が眼, の姿, は, はまったく

1 [77件] がその, がひそか, が何, が再び, が自分, が身体中, とこれ, としては機会, にはこの, に約束, のあ, のお金, のこの, のレンズ狂, の両, の厚い, の命じた, の唇, の執った, の幼年時代, の快楽, の指, の気持ち, の片, の眼, の胸底, の見た, の詭策, の足どり, の長, の頭, の魂魄, はいま何処, はお, はこの, はこれ, はなお, はひとり, はやはり, はフランス, はポケット, は上尾街道, は不, は今, は伊太利, は先ず, は兵士たち, は凡て, は半, は名門, は呟いた, は嘆息, は回, は天真爛漫, は実際, は宮殿, は感謝, は数人, は最後, は次, は殴り疲れ, は永久, は漸く, は独り, は眼, は立ち上った, は臨川寺, は自分, は薫炉, は蘭語, は蟇, は街道筋, は西, れは, を戸外, を無理, を近づけない

▼ そうして最後~ (72, 0.4%)

62 に彼, の節

1 [62件] にあげた, にお, にかなしみ極り, にこう, にこの, にこれ, にこれ等, にはそれら, にはただ, には何, には文字通り, には殺人罪, には火, には自分, には色彩, にむごたらしい, にブル階級, に乗り込ん, に何, に何事, に僕, に到着, に君, に呼び出した, に地質学者等, に嬲り殺し, に小町, に床の間, に彼女, に未だ, に来た, に残った, に消しゴム, に灰色, に現在, に生き残る, に立箪笥, に結論, に考えついた, に自分, に自分自身, に茶, に角砂糖, に関ヶ原, の, のリフレーン, の一枚, の世界, の二三頁, の六句, の判断, の刹那, の密林行, の御, の日付け, の枯木林, の禅, の紅, の結果, は自殺, へ持っ, を見

▼ そうして~ (55, 0.3%)

5 何という 2 こんなこと

1 [48件] あなたでなけれ, あのお話, うつむいて, お前さんは, この平凡, この町はずれ, これ程の, しても, じッ, その実際, その暗黒, それが, それと, と役に立たん, ふらりと, もしもそんな, もペッタリ, も不思議そう, も人, も悲し, も涙, ギラリと, ドクドクドク, 不可解な, 今朝から, 仏教以前から, 例の, 俄の, 元の, 出来るだけ, 半月ばかり, 同時にこれ程の, 女の, 如何に, 岡沢先生の, 思い出したよう, 急に, 是によって, 歩きつづけた, 甘えるよう, 生き返った女, 登って, 白金色に, 私の, 私は, 胸が, 見る見る真青, 見れば

▼ そうしてそういう~ (52, 0.3%)

3 ものが 2 ような

1 [47件] ことが, ことを, ふうな, ものの, ものは, ノワイユ夫人の, 不純な, 人々の, 人たちを, 人は, 人物は, 人達に, 人間が, 人間こそ, 冷やかな, 出会いは, 君主の, 味いは, 境遇を, 学者の, 富と, 幼稚な, 性質の, 恰好を, 戦争すらも, 接触に, 日には, 昔の, 武士の, 気流が, 漠と, 爺やの, 状態が, 生活から, 癖にさえ, 確実なる, 神話にたいして, 私は, 罪悪を, 芝居染みた, 草の, 虚栄心や, 都市は, 音では, 風な, 風に, 馬飼の

▼ そうしてただ~ (51, 0.3%)

2 一つの

1 [49件] あなたの, いたずらに, いも虫の, えばるの, お母さまの, がやがや云う, さえ豊富, そのひと, その人力車, その芽, それだけ, それだけでしょう, つまらない話, なんとなくおかしい, ぼんやりと, もうにこにこ, もう不愉快, もう悲しくっ, もう気取っ, もう自分, もう自惚れ, もう馬鹿げた, やたらに, インスピレーションを, ギリシア的な, 一人でも, 一名の, 一言, 一言和歌以外の, 不機嫌そう, 今までの, 参木だけは, 召使の, 呼吸を, 外部の, 小さな蒸汽船, 差し当ったその, 正直な, 漫然とその, 現象の, 生きて, 眼前の, 知らないと, 碧鼠二君らと共に, 笑った, 自分だけが, 自然の, 遊んで, 間違って

▼ そうして置い~ (49, 0.3%)

2 てその, て彼, て彼等, て黒い

1 [41件] ている, てお, てお話, てお雪ちゃん, てください, てこの, てすっかり, ては兄, てもいい, てもう, てもと, てわたしたち, てグルリ, てナイフ, て一同, て一方, て万吉郎, て上げ, て下さい, て世話, て丸山勇仙, て何, て何と, て全く, て寺, て年月日, て弁信, て戻り道, て掌, て残る, て私, て立とう, て萩, て行くなら, て行った, て西国, て言う, て警視, て量り出す, て陰険, て頃

▼ そうしてこれ~ (48, 0.3%)

1 [48件] があらゆる, がお母さま, がもしずっと, が一, が世界, が彼, が画, が真, が科学的, だけのお, にかれん, によって見る, に内応, に取っ, に対しましてわれわれ, に対するこの, はいい, はかなわん, はじつに, はまったく, はもちろん, は一条さん, は他, は何, は何事, は喜劇, は彼, は後, は数学, は板敷, は芸術, ほどの闘い, まで注文, も帽子, も日本新聞, も長く, も頭, を叮嚀, を失わない, を妨げる, を年齢, を御, を斬っ, を目下, を知った, を読め, を近来急, 見たっとく

▼ そうして今日~ (44, 0.3%)

3 になっ 2 のよう

1 [39件] が一年目, が日, でこそ自分, ではその, ではようやく, に及んだ, に立ち到ります, のこつて, の午後, の女子, の数理的, の新, の新聞事業, の明方, の望遠鏡, の私, の竜吐水, の言葉, の趨勢, の通り, の飛行機, はかなり, はその, は三味線, は全く, は垂井, は心, は相川, は頼母, までこの, までその, までに彼, までの探索, までもこうした, までズーッ, まで交う, まで充分, も公判廷, 迄幾多

▼ そうして~ (41, 0.2%)

2 から女, は何, は月子, 馬子は

1 [33件] がどういう, が力, が聞きくたびれた, だとか, であった, であること, に尾, に終る, のひと, の一団, の価値, の冷やか, の名, の心, の歌, の美しい, の肩, の顔, はこっち, はついに, はなんと, はまた, はもうほとんど, は其昔, は夜もすがら, は数年, は殆ど, ばかり三, もし, をじっと, をなかなか, 角力を, 運転手に

▼ そうして今度~ (40, 0.2%)

3 はお, は自分 2 はその

1 [32件] こそはと注意, こそ一生, のえ, のこと, の事, の仕事, の市, の籠城戦, はあんな, はさらに, はすぐ, はどっち, はまつ, はもう一度, は仲よく, は前, は夷岐戸島, は当分, は意識的, は新聞, は末女, は水, は清子, は熊本, は石, は義士, は野路, も一昨日, 再び自覚, 呼ばれれば, 引っ越して, 逢うまでに

▼ そうして彼女~ (40, 0.2%)

2 はその, を殺した

1 [36件] がもし, が何気なく, が枯枝, が目, が第, に対して私, の, のため, のひどく, のゆく, の右手, の姿, の影, の様子, の母, の父, の答え, の肩, の臨時, の足, の返事, の部屋, の頬, は, はすぐ, はヴィール夫人, は今日, は参木, は反, は左右, は時どき, は時代, は私達, も語らなかった, を引き寄せた, を追う

▼ そうして~ (40, 0.2%)

4 の前 2 の球

1 [34件] がしら, がすてき, が潰れ, が覚め, が覚めた, が醒め, が醒めます, だけが二つながら, だけを大きく, と頭, につく, にも見えず, に痛い, に見えない, の疲れる, は不自然, は今, まぐる, も眩む, や耳, をあげ, をおとした, をかけてる, をつぶっ, をつぶった, をパチパチ, を一点, を皿, を硝子窓, を醒ます, を閉じ, を閉じ黙っ, を開い, を開けた

▼ そうしてついに~ (39, 0.2%)

1 [39件] お悦, この大, その金額, はそれ, は世界征服, は卑怯, は幾月, は身, また心, 一つの, 一八三八年に, 今唖, 伸び切った時, 何も, 八時を, 力の, 千二少年は, 大きい時代, 宇宙へ, 山口氏に, 左枝は, 巫に, 忘れられて, 思い切って, 扉が, 書けなかった, 最高温度に, 正義は, 決行した, 混乱を, 皇太子は, 空しくなった, 窃盗の, 行きとまるべきところ, 誰一人として, 迎えた八月十五日, 隣へ, 頭を, 養育院に

▼ そうしてもう~ (39, 0.2%)

4 一人の 3 一つの 2 一つは, 女らしくなくなっ

1 [28件] あつめるだけ, いちどやっ, ここへ, この永年, こん度の, じきおしまいに, その家, そんな七, はち切れそう, ピヨピヨと, ヤングと, 一つおもしろい, 一人は, 一匹の, 二週間にも, 今までに, 何も, 前から, 十何年という, 十年に, 合奏が, 呼んでも, 日も, 暗いところ, 済みかけて, 百年も, 相談が, 睡眼

▼ そうしてとうとう~ (38, 0.2%)

1 [38件] がんりきの, これを, そのため, その儘, それを, たまらない好奇心, 一度お目にかかっ, 一町半ほど, 両国の, 二つの, 今の, 今日はじめて, 動かなくなった, 家中は, 底まで, 引っ担がれて, 思いに, 恐るべき四月二十五日, 或る, 新吉は, 晩に, 次の, 死んで, 流して, 海に, 瀬戸内海の, 火星の, 犬の, 生蕃が, 目を, 縁側から, 自殺の, 血を, 身親しく, 里らしい, 革命が, 頂上まで, 高円寺の

▼ そうして一方~ (37, 0.2%)

2 にはまた

1 [35件] が姫神, ではこの, ではまた, では刀, では気軽, では狡猾, では直に, では身, で生きる, にはお, には中国, には仙境, には劇烈, には南方, には油壺, には焼失, には現実, には神社, に於, に理性, の手, の木製, の端, の自分, の血路, の麦焦し, はたまたま, は元気, を指しました, 亦西洋文芸, 小さな樽, 手を, 沖縄の, 舞妓の, 雌蝶の

▼ そうして~ (37, 0.2%)

1 [37件] から受, が到底, が愉快, が攻撃, が来る来る, が機械, が訪ね, でもない, とあらそわぬ, とともに泣き, との接待面, と人, と物, なき夜, にわからない, に拾われる, の, のまだ, のよい, の住み, の前, の嫌い, の弟子, の腋の下, の観察, の言い古さない, の通らない, の門, の魂, は個々, は千里眼順風耳, は案外, は生き, をその, を二人半食い, を頼る, を飛ばせ

▼ そうして~ (36, 0.2%)

1 [36件] うしても, かこもっ, かしきりに, かのはずみ, かの仕事, かひそひそ, かを聞き澄まそう, かを計画, かポンポン, か事, か星, か物, か見え, か言おう, か頻りに, がなし, て神々しい, という奇怪, という醜態, とこの, にしたら, にする, のため, の声, はともあれ, もしない, も知らん, も私, をか目ざし, をこしらえる, をやろう, を与八, を商売, を盗まれ, を盗まれた, を言っ

▼ そうしてしばらく~ (34, 0.2%)

5 の間 3 のあいだ, 真っ暗な 2 してから, 二人は

1 [19件] すると, つぶって, はそこ, は黙然と, ぼんやりし, やすんで, ピントを, 口の, 待って, 悶えたが, 持ち耐えた, 景色に, 毛の, 気まり悪, 溜息を, 火の, 穴ぐらを, 耳を, 行きますと

▼ そうしてすぐ~ (34, 0.2%)

2 自分の

1 [32件] ああ騙された, お忘れ, かばんの, そこに, その後から, その足, と手, にお, にまた, にも私, に入口, に前足, に周章てた, に子供, に左, に笑い出した, また他, サラブレッド系の, 上がって, 口の, 失策った, 寝入りました, 彼の, 揚場の, 樋口さんの, 横仆わり, 河童の, 消えた, 着物を, 考えるの, 酔うから, 顔を

▼ そうしてそんな~ (34, 0.2%)

2 ような, 時の

1 [30件] お客が, ことに, ところに, なりを, ものの, もの以上に, トンチンカンな, 不満足な, 中に, 乱暴が, 事の, 仕事を, 兄の, 処を, 器械と, 場合には, 夢の, 弘よりも, 悪るい教師, 感情が, 私を, 興奮から, 荒仕事が, 薄ぐらい道ばた, 虚無の, 記事が, 趣味の, 連中が, 連中を, 風に

▼ そうして日本~ (34, 0.2%)

2 の, の維新

1 [30件] でいちばん, ではとても, との間, とアメリカ, と戦争, と柬埔寨国, においては日本人, にはあてはまらない, には禾本科植物, に他, に於ける, のあらゆる, のうち, のブル思想, の人, の作物, の俳諧, の労働者, の国, の外交, の大人ら, の方, の歴史, の民族生活, の生活, の能楽, は大, へ来る, へ飛来, を立ち去るだろう

▼ そうしてもし~ (33, 0.2%)

2 それが, 私の, 自分の

1 [27件] あなたが, あの子, ある恒星, ある真理, このこと, この冒険, その時, その神, その通り, わたくしが, ホントの, 事情が, 人間が, 児童が, 又万が一, 君が, 和歌子が, 子供が, 巧みに, 彼女が, 御運, 支那が, 日本民族の, 暇が, 札の, 自分より, 雨だったら

▼ そうして人間~ (33, 0.2%)

1 [33件] から, がかく, が生活, でも木偶の坊, と猛獣, などがどんな, にはこれ, のため, の内部, の力, の常に, の性情, の想像力, の意思動作, の意識的生活, の愛, の慈悲心, の所造, の数, の権威, の生活, の生活程度, の生滅, の祖先, の胸, の血, の財産, は, は利口, は完全, は生物, をやっつける, を押し流した

▼ そうして時々~ (33, 0.2%)

1 [33件] お前の, お目にかかったなら病いも癒, こいつを, そのカレー粉, ちょっとしたスキルラ, なんの, に笑い声, は例, は気, は泣い, は白く, は面白, は首, やさしいことば, 不眠の, 二人で, 仔細らしく, 例の, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏という, 声に, 思い出しては, 泣きぬれたり, 溜息を, 片靨, 理由なし, 眠れない眼, 短い膝, 突拍子も, 笑いかけさえ, 笑う時, 若い侍, 部屋の, 針の

▼ そうしていつも~ (32, 0.2%)

3 のよう

1 [29件] かなりに, こういう時, さだめの, する通り, その眼, のとおり, の可愛らしい, の縁, よりもずっとハッキリ, よりもっと, よりも一層, ルルに, 三鷹の, 丑松めが, 前進すれ, 反対側に, 同じよう, 団十郎らしい, 孤独である, 日比谷公園を, 物蔭から, 用の, 瞑想的で, 磔柱を, 自分の, 貧乏で, 走り廻, 遊ぶ事, 電灯を

▼ そうして~ (32, 0.2%)

4 になる 2 が明けます

1 [26件] おそくなっ, おそくまで, おそく床, があける, が明ける, が白, が訪れました, となく, なかにも彼, になっ, にまぎれ, に入っ, のあける, の八時, の十時頃, の更ける, の東海道, の深, はきっと, はひとり, は中, は皆, は観音講, は零度, も昼, 寝る時

▼ そうしてこういう~ (31, 0.2%)

2 ことが, 話を

1 [27件] ぐあいにふうっと, ことの, ことは, ことも, ことを, とびとびの, 例として, 哀れな, 廊下に, 影に, 情勢は, 態度で, 時には, 時は, 権家の, 死を, 点から, 特色ある, 状態が, 生活も, 矛盾した, 話の, 語彙自身の, 説明を, 道徳思想が, 風に, 風の

▼ そうしてまだ~ (31, 0.2%)

1 [31件] その日, ほんとうに, 三日と, 保険を, 出来上らないもの, 十分も, 十間とは, 子供が, 山を, 年若い, 捕まらずに, 昔の, 時間は, 海上の, 生きて, 生ま生ましいような, 疑うよう, 発起人連中の, 睡い眼, 知らない国, 粉飾や, 素直に, 結婚しない, 自分自身が, 若いからだ, 若いの, 解決せられ, 誰も, 醒めきらぬ酔眼, 雪の, 雪も

▼ そうしてあなた~ (30, 0.2%)

1 [30件] か私, がわたし, が私, ご自身, というかた, とこうして, としんみり, と同じ, に安全, に手紙, のお, のお家, のこの, の場合, の妻子, の愛人, はお, はこれから, はどこ, はアパート, は山崎さん, は成功, は私, は秋山殿, は鐘撞堂, もあの, も私, も虫, を捜し, を長火鉢

▼ そうしていよいよ~ (30, 0.2%)

1 [30件] あの夢, この俺, これはという, その白川郷, と極めた, まじめに, ポルトガルの, 一ツの, 今日と, 公判期日の, 刑場まで, 包物の, 危険と, 吟味の, 夜が, 大罷業, 婚礼の, 寝込む頃, 当日の, 断崖談と, 暗い方, 棉種の, 死んだという, 油断も, 無茶先生の, 窮した, 第一回, 総上陸, 院が, 鷹が

▼ そうして~ (30, 0.2%)

4 の中 2 の内, を利かない

1 [22件] から泡, が大きく, では大阪, でぷうとふけば, でもっ, で先, にくわえた, にする, のうち, の上, の代り, はありました, へ運ん, までつくだろう, も筆, をつぶっ, をふさい, をもぐもぐ, を利き交わし, を利く, を大きく, を開く

▼ そうして少し~ (30, 0.2%)

1 [30件] こらしめて, ずつ何度, でもうさん臭い, でもそば, でもなにか, でも今以上, でも以前, の後, は他国者, ばかり咽喉, ばかり感動, も不平, も動かない, も取り繕わない, も弱った, も疑念, も笑わず, も見つからず, も言い残し, 不良の, 事情が, 以前長崎地方の, 慌てたよう, 派手過ぎる, 涙ぐんだまま頬, 煙ったがって, 笑いながら, 走って, 身動きを, 黴臭いけれどな

▼ そうして見れ~ (30, 0.2%)

2 ば, ば当時

1 [26件] ばその, ばともかく, ばわれわれ, ば不正直, ば人, ば何もかも, ば僕, ば君, ば哲学, ば唯物論者, ば因果相続, ば姉さん, ば宇宙, ば小説家, ば嶺松寺, ば明治八年, ば朝目, ば機械, ば檀家, ば此方, ば求め, ば西洋, ば訳本, ば道純, ば霊魂, ば飾磨屋

▼ そうしてやがて~ (29, 0.2%)

1 [29件] ごうんという, しずかに, その弁当, その硬, どさり, は彼ら, は誰, は館全体, またかた, また日, ハーゲンは, 一と, 上州の, 具足も, 冬も, 又ふるえ, 地球に, 場面と, 夜に, 大師の, 帰って, 時間と, 来て, 歩かなくなった, 異国の, 私は, 自然の, 船舶局には, 話しを

▼ そうして~ (29, 0.2%)

11 の中 4 のうち

1 [14件] が極, が頑固, で呟いた, で罵った, で考えた, に, の作品, の傷, の底, の裡, は千里, も全部, やさしい中宮, を合わせ

▼ そうしてこんな~ (28, 0.2%)

5 ことを 4 風に 2 事を

1 [17件] お祈りを, お説教, だらし無い, ものは, ように, 不思議な, 人に, 何気ない御堂, 土地が, 場合に, 夕がたその, 日に, 時に, 歌を, 淡い薄い風景, 炭山の, 細い小さな

▼ そうして~ (28, 0.2%)

1 [28件] が一人ボッチ, こそその, とだんだん, に, にとりましても, にプロポーズ, に何, の恋しい, の生涯, の秘密, の競争相手, の許婚, はあなた様, はその, はそれから, は何故, は力一ぱい貴方, は女, は幾度, は申し上げました, は矢, は矢張り彼, へは悲哀, も及ばず, を安心, を愛撫, を見送っ, を覚え

▼ そうして~ (28, 0.2%)

2 にお

1 [26件] から後, から顧みる, にいる, にその, になっ, にはこれ, には異変, にまた, に不利, に僕, に却って初めて, に固定, に根気, に泊まった, に続く, に織田信長, の半分, の四五人, の方, の黒幕, は森閑, へ手, をつけ, を振り向き, を詰めかえる, 後で恥しかろ

▼ そうしてそのまま~ (27, 0.2%)

2 二人は

1 [25件] いつまでも, という状態, の心理状態, を人, テレ隠しらしく, 二人の, 今年に, 保存って, 又ピッタリ, 又二人, 大忙しに, 嫁を, 密着し合っ, 小坪へ, 帰して, 気を, 猟奇の, 男は, 盗賊の, 立ち止まった, 立去って, 表の, 踏切を, 逃げ去って, 静止した

▼ そうしてやはり~ (27, 0.2%)

2 何の

1 [25件] いいところ, この上, のちに, ドナウに, 三日に, 不純な, 両国橋へ, 人命財産の, 何かしら淡い, 思いどおりに, 押えたまま, 捨てられたとき, 捨てられた時, 断られた, 旧の, 歴史は, 無言の, 琺瑯引きで, 私が, 私は, 穴の, 笑って, 肉体的には, 角笛を, 黙殺される

▼ そうして同じ~ (27, 0.2%)

2 ような, ように, 語でも

1 [21件] くらい嬉し, 丸の内の, 会社の, 博士に, 唐人の, 屋敷に, 彼等の, 日本の, 模様を, 死ぬならば, 状態の, 縁側を, 見せられるならもう少し, 言葉を, 語において, 遊戯を, 道へ, 那谷に, 部屋に, 韻で, 黒い色

▼ そうして~ (27, 0.2%)

2 米が, 米の

1 [23件] 一緒に, 主人からの, 主人に, 互に敬服, 互に空間, 互に腹の中, 亭主に, 亭主の, 俊も, 倉さんの, 奉行様の, 姓名は, 工夫が, 当人の, 承知かも, 神さんの, 神体は, 約束の, 経を, 腹を, 自分で, 自慢なさる, 自身は

▼ そうしてその後~ (26, 0.2%)

1 [26件] からつい, から二人, から暗に, から葉, から雲霞, でおそろしい, ではきっと, で紋也, につづく, には徐に, に九十郎, に何物, に来た, に生活そのもの, に起こった, のデモクラシイ, の四百何年間, はこの, はただ, は徐々に再び, は悪い, へはすぐ, へはすべて作, へ持っ, へ自分, を知らなかった

▼ そうして~ (26, 0.2%)

1 [26件] が痛撃, と同じ, と呼ん, と逢いました, なる太陽, に背, の依頼, の墓, の後, の殻, の王, の病状, の罪, の聞えない, の許, の遺品, の遺志, はたしかに, は奈々子, は最後, は消える, は衰弱, も兄, や母, よりも賢, を叱っ

▼ そうして現在~ (26, 0.2%)

2 この子, もわたし

1 [22件] あるもの, ではロマノフ王家, では天国, では更に, でもやはり, でも大して, のすべて, の二人, の十四郎, の品夫, の山名そのもの, の教団, の日本, の歌仙, の民族芸術尊重熱, の私, の藝術, の魔酔的雰囲気, は黒船, も, もまた, 用いて

▼ そうしてここ~ (25, 0.1%)

2 でアーヴィング

1 [23件] でもまた, でも根, で何, で心置き, で香潮, にいる, にこう, には銀簪, にも首, に一つ断案, に何物, に地底, の地点, はお, はと思われる, は宝隆寺, へこの, へどうして, へ来る, へ迷い込んだ, までおびき寄せられ, まで飛ん, を立去る

▼ そうしてさらに~ (25, 0.1%)

1 [25件] この六月, その死骸, ちがった一段, つぎの, のぞきや, また山幸彦, 一時間の, 中ソ日米, 六年の, 冷却する, 厭うべき遼東の豕, 手のひらを, 推古時代の, 珍しいこと, 知らなかった, 美しきもの, 言上した, 話しつづけた, 詳しくいえ, 重大の, 門内に, 降神術方面, 頭を, 驚くべきこと, 驚くべき事

▼ そうしてそこ~ (25, 0.1%)

1 [25件] いら, からヒラリ, から呼んだ, から幾多, から短い, で金兵衛, にはいろ, には単なる, には常に, には彼, には自分, にぺったり, にもう, にもやはり, に不意, に坐っ, に崖, に有縁無縁, に疑い, に落ち込ん, の大, の薄暗き, の街, へ行く, まで黙っ

▼ そうしてこう~ (24, 0.1%)

2 いう, やって, 云われました, 言った, 言って

1 [14件] いいました, いった, 云いました, 云う小さな, 云われた後, 変るの, 思った, 気がついて, 申したの, 答えた, 答えるより, 考えると, 言うこと, 骨に

▼ そうして~ (24, 0.1%)

1 [24件] が彼女, が是非, が秋坂, が自殺, に紙片, のその, の体, の努力, の動脈瘤, の同室, の悪い, の想像通り, の枕もと, の目, はそう, はもう, はマア坊, はムレアド, は再び, は惜しげ, は沈黙, は眼, は酒井, は青幇会員

▼ そうして~ (24, 0.1%)

1 [24件] いそぎで, そう悧巧そう, そう立派, なる力, へん親し, ビラで, 仕事を, 先生は, 参事は, 多数の, 屋根まで, 悲劇を, 揺れの, 格闘の, 森林の, 満足で, 連名物の, 部分は, 都会の, 里だ, 閤秀吉は, 隊長は, 馬鹿の, 鯛な

▼ そうして~ (24, 0.1%)

10 の瞬間 2 のよう

1 [12件] の一本, の停留場, の土曜, の日, の日同僚, の書類, の朝, の樽, の機会, の結果, の結論, の色彩

▼ そうしていま~ (23, 0.1%)

1 [23件] おみや, この私, そのメイフェア, ではお母さま, でもその, でもやっぱり, でも私, に残っ, に海, は, はいよいよ, は兄さん, は苦しく, までよりかみんな, までより広い, もなお, もみじめ, も笠井さん, よりもっと, 帰らなければ, 申し上げたよう, 申す間, 見て

▼ そうしてじっと~ (23, 0.1%)

5 して 2 考え込んだ

1 [16件] みつめて, ダイヤに, 七兵衛の, 何か, 俯向いた, 動かない, 心が, 横に, 気を, 画面を, 眼を, 耳を, 見て, 蹲ったまま, 階上の, 頬ずりを

▼ そうしてすべて~ (23, 0.1%)

2 の他

1 [21件] がまき, が灰白色, そのよ, にこの, に共通, の上, の下, の人達, の企業家, の可能, の方向, の物, の生きもの, の良き, の虚無主義者, の過去, はお, は五分間, をさとった, を変化, を考えた

▼ そうしてわたし~ (23, 0.1%)

2 の家

1 [21件] がどう, がほっと, がほんとう, が予期, が言葉, が靄, ちゃあん, なんぞもなるべく, に何, のあとつぎ, のため, の屋敷, の手, の父親, の髪の毛, はこの, はぜひ, はその, は自前, もまた, も昼間

▼ そうして~ (23, 0.1%)

3 の多く 2 の一方

1 [18件] から犯される, にその, にはこれ, には新た, にもう, に種々, のひと, の人, の国々, の地方, の客, の差添え, の書留便, の能楽師, の諸, の部分, の鏡, を偽らざる

▼ そうして再び~ (23, 0.1%)

1 [23件] ここへ, この享楽, この小さなカンヴァス, さっきの, その眼, エンジンの, 六人の, 北へ, 地の, 床に, 彼の, 彼女は, 彼等の, 打ち揃って, 故の, 潜行し, 目覚めた時, 貴方の, 起きあがった時, 醜が, 野暮に, 鋏が, 長い間隔

▼ そうして~ (23, 0.1%)

4 者は 2 る日

1 [17件] るところ, るひとり, る土曜日, る場合, る晩, る晴れた日, る朝, る朝何, る機会, る深刻, る眠られぬ一夜, る者, る言語を, る路傍, る関係, 事に, 時こんな

▼ そうして相手~ (23, 0.1%)

2 の心

1 [21件] がうなずく, が今, が気, が聞こう, が自失, にしない, に馬鹿, のいう, の呼吸, の弁慶, の心理状態, の方面, の様子, の腹, の驚き, もなく, をあせらせ, をごまかした, を動かし, を眺め, を近づけない

▼ そうして遂に~ (23, 0.1%)

1 [23件] ある思い付, すえ子の, そのため, その継子一人, はその, はわが, 一方が, 七日目が, 今度の, 以前の, 君にまで, 大勝利, 大雲, 夫婦約束を, 小さいの, 彼女は, 敵機の, 私に, 私は, 肺炎にか, 自暴自棄に, 重太郎首尾よく, 雑魚寝という

▼ そうしてどこ~ (22, 0.1%)

2 へ行っ

1 [20件] かけがらわしく, かずる, かへつれ, かへ逃げ, から来た, かハイカラ, におる, に休ん, に出勤, に隠れ, のお, へいった, へ上った, へ行きなさるだ, へ行きました, へ行こう, へ行った, へ行ったら, までも図々しけれ, までも王子

▼ そうしてやっと~ (22, 0.1%)

2 私たちの

1 [20件] その家, のこと貴下, 一枚の, 不覇独立, 二丈か, 今一段落, 全体の, 分光器が, 各自が, 壁に, 心の, 文科の, 気を, 深いところ, 滝に, 盃が, 笄橋の, 笑うの, 謡って, 豊橋の

▼ そうして先生~ (22, 0.1%)

1 [22件] からのたより, から返事, が大学, が童貞, といっしょ, と千二, に今一度あなた, に宥め, のお, の今, の揮毫, の方, の無, の著書, はお前, はただ, はどう, は大江山課長, は時々, は火星人, もし盗めたら, をドン底

▼ そうして間もなく~ (22, 0.1%)

2 私は

1 [20件] この, わたしは, 少年は, 戦いが, 明るい外廊下, 根気よく, 梅島は, 死ぬだろうじぶん, 死んで, 泉の, 無心に, 独木船は, 病院の, 私が, 私の, 翌年の, 腹一パイに, 見えなくなった, 貴方の, 飄然と

▼ そうしてこれから~ (21, 0.1%)

3 どこへ

1 [18件] この餓鬼大将, どっちの, のこと, の行動, も周さん, わたくしは, 何処へ, 先何を, 先何千年何万年呼び続ける, 彼等が, 後は, 後何万年経っ, 生れ出ると, 私の, 美い, 買物に, 迫った時間, 遊ぼうという

▼ そうしてどう~ (21, 0.1%)

5 するの

1 [16件] かそう, した, したえ, したらかかる美し, したん, した訳, しましたか, しようかと, しようと, するでしょう, するん, だったい, だね, でも死ななけりゃ, なすったの, なの

▼ そうして同時に~ (21, 0.1%)

1 [21件] あらゆる芸術, その, またそう, また年, タッタ一人私だけを, 二人が, 今日まで, 伊達正男の, 信仰の, 博物館であり, 吾輩, 固いもの, 好きな, 彼女は, 日本魂も, 永遠な, 笑った, 締められるには, 自分の, 規則を, 鹿爪らしい

▼ そうして~ (21, 0.1%)

1 [21件] な草深い, にうら悲しい, にき, にその, になぜ, にはちょっと, にひえびえ, にひしと, に世の中, に人, に右, に夢, に大きな, に弱く, に思い立った, に恐ろしく, に悪く, に持ち交えた, に考え, に谷川, に靴

▼ そうしてあと~ (20, 0.1%)

1 [20件] いくらでもま, から続い, がたまらなかっ, でそれ, にはこの, にはまだ, には二千五百米突, には只, には大袈裟, に残, に残った, の三羽, の人, の半分, はオフィリヤ, は奥さま, は気, は長州, をも見ず, を云われぬ

▼ そうしてかれ~ (20, 0.1%)

4 らの

1 [16件] がはいる, が再び, として能う, と巡査, のその, の目, はあわいあわい, はいつも, はそういう, は寝入っ, は道, より貧しい, らが, らは, ら七人の, ら苦力は

▼ そうして大きな~ (20, 0.1%)

3 声で 2 声を

1 [15件] おどろきをもって, ひびきを, 感じの, 松の, 枯木が, 歯を, 涙を, 穴が, 空を, 腹に, 花を, 荷物の, 長い板子, 雑草の, 面で

▼ そうして~ (20, 0.1%)

2 三日に, 五回の

1 [16件] 一その, 一に, 一冊の, 一回の, 一次大戦が, 一番に, 三に, 三の, 三回目には, 二に, 二の, 二次の, 二次的には, 八日第, 四, 四が

▼ そうして~ (20, 0.1%)

3 の色

1 [17件] がどこ, などを引っ掻かれる, にあかり, にいや, の筋肉, は洗った, をあげた, をしかめ, をまっか, を上げ, を上げた, を下げ, を合わせた, を押しつけ, を洗う, を空, を見合せた

▼ そうしてお前~ (19, 0.1%)

2 は私, を変え

1 [15件] が言わなけれ, その車, となら, と一緒, の一生, はどう, はなに, は好い, は好き, は死ぬ, は爺さんたち, は聞く, は誰, も喉, 逃げて

▼ そうしてその間~ (19, 0.1%)

1 [19件] いまだかつて院長, からちら, からまっ, にその他, にちょいちょい, には学徒みずから, に何, に居睡り, に川合清丸, に於ける, に真, に立った, に緑葉菁, に錯雑, の時代, の雨降り風間, はいつも, をモウ, を通っ

▼ そうしてそれから~ (19, 0.1%)

2 後は

1 [17件] ここに, つかつかと, と云う, どの位時, れいの, ヨシ子に, 印度紳士の, 後に, 後の, 後三太郎君の, 後小高い, 後斎田氏は, 槍で, 海岸の, 若い中尉, 静かな, 鴎外は

▼ そうしてだんだん~ (19, 0.1%)

2 草の

1 [17件] いけなくなって, とし, と指, と調子, と里心, に沈積物, に話, に読ん, 使って, 吟味する, 岩は, 彼女を, 日が, 森の, 深みへ, 社会が, 言葉少なに

▼ そうして~ (19, 0.1%)

2 のごとく

1 [17件] によってその後, によってはっきり, によって天井, によって消極的, のガウン, の女, の幕の内, の怪獣, の濛気, の物慣れた, の異様, の白粉, の薬屋, の街道, の通り, の通り下女, の通り音

▼ そうして~ (19, 0.1%)

2 は君

1 [17件] ああいやしい, がいちばん長生き, が世界中, が帰っ, が食事, と一緒, と国, の云う, の所謂有, はその, はまさか, はまた, は京都, は何, は泣いたろう, は熊谷, も僕

▼ そうして~ (19, 0.1%)

2 に持った

1 [17件] だか, にした, に取る, に提げ, の指, をあげ, をうち, をとりあっ, を上下向い合せ, を伸し, を合わせ, を抜い, を拍, を拭い, を洗う, を組んだ, を離し

▼ そうして~ (19, 0.1%)

3 が暮れ

1 [16件] がたつ, がとっぷり, がむやみ, が傾く, が暮れる, に何遍, に増し, に夜, の暮れ, の暮れる, も夜, をきめ, を数, を算, を経, を経る

▼ そうしてそれら~ (18, 0.1%)

2 の人々

1 [16件] のこと, のため, の一切, の人びと, の人物, の修行法, の妖怪ども, の寄附者, の怪物, の旅芸人, の松明, の漢文, の生物, の蠕動, の遺留品, はすべて一日

▼ そうして子供~ (18, 0.1%)

1 [18件] が成長, が無い, だちは, と二人, につづり, に調戯, のほう, のよう, の頃, はこの, は一切, は熊, も, をよく, を作りたい, を持つ, を連れ, を電車

▼ そうして~ (18, 0.1%)

1 [18件] がある, が出来た, が失くなっ, が賑やか, に帰ったら, に帰りまし, のない, の中, の商売, の畳, の者, はどう, は森, へ帰っ, へ戻っ, まで送っ, を建てた, を見渡した

▼ そうしてそう~ (17, 0.1%)

1 [17件] いうものの, いってるん, するだけの, するには, だどっち, でありましただけ, なると, やって, 云う人, 云う呑気, 云う気, 呼ぶ侍, 思って, 着実に, 考えて, 考えるの, 自分で

▼ そうして~ (17, 0.1%)

2 高く

1 [15件] がでなかった, がよくっ, など力, には魅力, のある, のした, のする, をあげ, をたより, を大, を押え, を掛けた, を立てず, を聞く, を震わせ

▼ そうして~ (17, 0.1%)

2 婢に

1 [15件] 一年も, 三治を, 六の, 六を, 刻に, 向かいで, 圓太お前はな, 抽斗から, 新聞と, 枝と, 桜草である, 笊を, 造りであり, 鉄が, 門へ

▼ そうして暫く~ (17, 0.1%)

2 の後

1 [15件] お隠れなすっ, して, してから, しますと, すると, そのあと, の間何, は森閑, 二人の, 何か, 居ると, 沈黙し, 考えて, 静かに, 黙って

▼ そうして~ (17, 0.1%)

1 [17件] から離れられぬ, が包丁, が多妻, というもの, と同様, のくせ, のよう, の俳優, の叱る, は各国人, は妻妾以外, は気味, も女, よりもいさましく, をためそう, を待っ, を検め

▼ そうして長い~ (17, 0.1%)

2 年月の

1 [15件] あいだじっと, には及ばない, 哲学の, 夜は, 夢から, 岬が, 廊下に, 時間を, 月日の, 煙管で, 論判の, 間お前の, 間啼き止まなかった, 間話し, 鞭を

▼ そうして~ (17, 0.1%)

1 [17件] から静か, から顔, には一本, にまいた, の上, の中, の毛穴, の皮, の真中, の透る, の髪, は昨日, を冷す, を左右, を後, を新しく, を露

▼ そうしてあらゆる~ (16, 0.1%)

1 [16件] 人間の, 優れた芸術品, 困難と, 国々の, 国から, 小説稗史よりも, 悦楽とに, 方法で, 方面から, 方面に, 淫蕩と, 生命は, 罪悪を, 美の, 膠質的浮游物で, 駄々を

▼ そうして三人~ (16, 0.1%)

1 [16件] あった娘, がこれ, が三人, でちょっと, でトックリ, で町, で笑った, で話, に取, の助手, の寝, の落第, の間, は滝壺, は階段, は鼻

▼ そうして初めて~ (16, 0.1%)

1 [16件] お作, ほんとうに, まじり気の, フロイト主義を, 会ってから, 口に, 和やかに, 戦争ジャーナリストと, 持ったわが子, 教えたの, 新聞は, 本職の, 狩野氏に, 現在の, 私たちの, 第五

▼ そうして~ (16, 0.1%)

3 よりも一層

1 [13件] にある, におい, にもいう, にも申, にも申した, に倒れた, の山, の弁財天, の通り, は吉川夫人, は大海, よりももっと, よりも軽く

▼ そうして~ (16, 0.1%)

4 れは

1 [12件] である男, と共に表向, と顔, に案内, は外国船, や弟, れが, れに, ればかり, れを, れ等, をいまだに

▼ そうして実際~ (16, 0.1%)

1 [16件] あらゆる駄々, その時以来, それらは, と云う, の印象, の必要量, はかなり, はそれ以上, は双方共, またそれら, 三度どころか, 上には, 孤独の, 幾つかの, 私は, 金時計の

▼ そうして更に~ (16, 0.1%)

1 [16件] うれしかった, こういうこと, その中, その以上, つっこんで, 其に, 初から, 大胆なるある, 彼らに, 恐るべき事, 新しく偉大, 無数の, 犬に, 考えて, 面白いこと, 驚くべき事

▼ そうして静か~ (16, 0.1%)

1 [16件] である, で何とも, な中, な思い, な見沼, な議論, に, にこの, に兵馬, に台所, に志免警部, に意見, に紅矢, に述べ出し, に静か, に顔

▼ そうしてようやく~ (15, 0.1%)

2 にし

1 [13件] お正午時分, この木蔭, できあがった鐘, 一粒の, 不安の, 内治, 彼らの, 最後の, 枯林の, 目的の, 目的を, 眼を, 谷川の

▼ そうして一度~ (15, 0.1%)

1 [15件] に大きく, に笑いだした, はその, は必ず, 取り逃せば, 押戴く, 日本を, 死んだと, 海外で, 無性に, 終れば, 見たり, 訪うた者, 踊り出したらいつ, 頓挫した

▼ そうして両手~ (15, 0.1%)

2 の指

1 [13件] でしがみついた, で下腹, で顔, に灯火, をポケット, を差し出し, を握り締めた, を支え, を突いた, を組み合わし, を縛られ, を頭, を頭上

▼ そうして~ (15, 0.1%)

3 の手 21 せんか, と左, にも左, の二通, の四人, の掌, の片手, の眉, の諸, をふり仰ぐ

▼ そうして~ (15, 0.1%)

1 [15件] からも離れ, が電車, と約束, に約束, に言いつけ, のこと, の前, の妃, の娘, の来る, の死, の死んだ, の血, は死に, は飽くまでも

▼ そうして~ (15, 0.1%)

2 を換える

1 [13件] がつかない, が向け, が結ぼれ, のせい, の強い, の落ちつかない, もかるかっ, をつけ, を失っ, を落, を落ち着ける, 不味さ, 長く待たせる

▼ そうしてもっと~ (14, 0.1%)

2 重大な

1 [12件] いい国家, こっちへ, 効果的な, 広い区域, 広くその, 度胸の, 悪性に, 日々の, 早く喋っ, 暗示的で, 甚だしいもっと, 近くへ

▼ そうして今や~ (14, 0.1%)

1 [14件] ここへ, この北国, この邸, そういう異性, っとここ, 一切の, 世界は, 卑弥呼を, 将に, 庄三郎も, 彼らは, 私が, 美と, 赤帆の

▼ そうして全く~ (14, 0.1%)

2 不思議な

1 [12件] お眼, その旨意, 動かなくなった, 動けないよう, 可笑しな, 呼吸が, 心を, 江戸時代の, 百日振りくらい, 自分とは, 降り切ると, 静かに

▼ そうして彼ら~ (14, 0.1%)

1 [14件] から絶えずもっとも, が明治, に代っ, のうち, の傷口, の弓弦, の心, の真中, はこれ, は一斉, は云う, は勘右衛門, は安心, は獣人

▼ そうして明日~ (14, 0.1%)

3 の晩

1 [11件] からちょっと, からの旅, からまた, の代数, の文学, はひとつ天下分け目, は何, は昨日, は笑っ, また来, も又

▼ そうして非常~ (14, 0.1%)

1 [14件] ないびき, な漁色家, な風流人, にゆっくり, に不自然, に動かされた, に喜んだ, に失望, に怖く, に急ぐ, に恐ろしく, に欝陶, に独創的, に規則正しい

▼ そうしてこんど~ (13, 0.1%)

2 は僕

1 [11件] のお, はその, はアベコベ, は一, は側面, は彦太忍信命, は彼, は生れる, は真面目, は葛西さん, もまた

▼ そうしてしまいに~ (13, 0.1%)

1 [13件] はその, はとうとう, はわれわれ, は人間, は何, は友達, は昼, は焼, は私, は腹, は黙っ, 二人共狼に, 大きな声

▼ そうしてなお~ (13, 0.1%)

2 念の

1 [11件] よくあたり, 位田と, 凡人大衆の, 後から, 悲惨な, 死体の, 深い闇, 独言を, 言うこと, 話を, 附け加えて

▼ そうしてなるべく~ (13, 0.1%)

1 [13件] その生徒, ならいっしょ, なら戦争, は道, 呑ん気そう, 多くの, 大きい音, 家の, 少ない時間, 手数の, 木戸前に, 考えないこと, 音の

▼ そうして一人~ (13, 0.1%)

1 [13件] しか居ない, でおもしろ, で煙草, で笑っ, のおいらん, の丈, の力, の支払い額, の美男子, の老年, の頭, は若い, も戸外

▼ そうして一旦~ (13, 0.1%)

1 [13件] これを, そういう法則, コンクリート塀の, 交際を, 加入した, 女子を, 室の, 思い込んだこと, 敵に, 死んで, 盗んで, 行われるや, 逃がして

▼ そうして~ (13, 0.1%)

1 [13件] から時々, が死ん, が病床, とのあまり恰好, に昇汞, に言いつけ, の体, の焦躁, の病室, も殆ど三十年前, を不幸, を喜ばせる, を迎え

▼ そうしてある~ (12, 0.1%)

1 [12件] まっくら, 城下町に, 夜余程, 大きさ, 日彼らの, 時に, 時には, 時は, 点へ, 父めいた, 見方で, 週期の

▼ そうしていつの間にか~ (12, 0.1%)

1 [12件] このアイロニー, そんな事, ホテルへ, 一月二月と, 不思議に, 不良化し, 他の, 其処に, 夜が, 心地よい夢路, 消極的で, 頬杖を

▼ そうしてかの~ (12, 0.1%)

1 [12件] チャンバレーン氏や, 七兵衛は, 二通の, 仮面の, 唐人飴は, 執事は, 女も, 手斧を, 水野が, 犬を, 絶倫なる, 音に対する

▼ そうして~ (12, 0.1%)

1 [12件] ったくやと, ていねいに, 上人様を, 主君とは, 定紋は, 弁解なさりませ, 本人が, 殿女中は, 禁制の, 老師に, 自身に, 返辞を

▼ そうしてせっかく~ (12, 0.1%)

2 接待の 1 あたらしい世の中, の愛人, の提灯, 出来て, 喜び勇んで, 忘れかけて, 捜して, 新たに, 生き長らえた一生, 近くすすめ

▼ そうして今夜~ (12, 0.1%)

1 [12件] こそは自分, こそイヨイヨ本気, その女, に限っ, の瀬踏み, の行動, はこの, は之, は人後, は月, は飲もう, も可愛い

▼ そうして何事~ (12, 0.1%)

4 もなかっ 1 か囁いた, が起こる, と驚く, もなく, も考えられぬ, よりも民藝, をか言おう, をも非

▼ そうして多く~ (12, 0.1%)

2 の場合 1 の人, の信徒, の労力, の卑怯, の場合おかあさん, の草, はこれ, はその, はその間, はたった

▼ そうして~ (12, 0.1%)

4 から晩 1 っ腹, になっ, になる, の光, は大概カレーライス, まで, までにのこらず, 早く起き

▼ そうして白い~ (12, 0.1%)

1 [12件] ハンケチを, 両手を, 影の, 指を, 歯を, 泡を, 粉末を, 繊い, 臈たけた, 雪が, 風呂敷包を, 鴎の

▼ そうして~ (12, 0.1%)

1 [12件] がさめ, がさめる, されて, にはね, に見えない, に見えぬ, の, の前, の廻る, はいつか姦通, をつぶった, 眩しい影像

▼ そうして~ (12, 0.1%)

5 る朝 3 る日 1 る年, 二十年の, 八月の, 早朝は

▼ そうしてああ~ (11, 0.1%)

1 [11件] いうよう, いう人間味, いう条件, するとか, でもない, やっぱり何, 今夜己は, 何たる乱暴, 好い心持, 毛沼博士の, 爾は

▼ そうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] あの人, お雪様ここは, まだ私, もしお, イー, 余り可哀そう, 俊雄君が, 着物も, 私の, 途中で, 進も

▼ そうしてほか~ (11, 0.1%)

1 [11件] から人, と同じ, の中間ども, の人, の先生, の女, の官僚, の役人, の筆, の議員, の鰻

▼ そうして世間~ (11, 0.1%)

1 [11件] からも相当, から教育家, から迫害, ではあまり, では職人, というもの, というやつ, にはどれ, の一部, の人, を避け

▼ そうして右手~ (11, 0.1%)

1 [11件] で半分, で襟元, にも左手, にドンヨリ, に抱えた, の取付き, の小刀, をふり上げた, を上, を指, を離し

▼ そうして恐らく~ (11, 0.1%)

1 [11件] この地図, この女, それは, 友禅との, 夫人は, 彼らの, 新しい転向, 最後と, 私は, 自分の, 草木などは

▼ そうして早く~ (11, 0.1%)

1 [11件] あれ位の, お父様, この空想家, とんで, もその, も退路, 奥さんを, 家へ, 帰りたい, 引いて, 日の目を

▼ そうして昨日~ (11, 0.1%)

2 のよう 1 のこと, の残り, の身, はちょっと, までの生きた, まで殆, まで部屋, やはりまた, 鋳たかの

▼ そうして最初~ (11, 0.1%)

1 [11件] からの問題, に数式化, に沈黙, に眺めた, に計画, の一分間, の二ヵ年計画, の光明, の通り, はそれ, は尾州側

▼ そうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] の事件, の二人, の信念, の如く, の床, の探偵, の新, の案, の死んだ, の状態, の頃

▼ そうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] が生活, と機械, の低下, の王国, はかかる, は実用, は民衆, は醜, を最も, を現実, を見失う

▼ そうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] が苦しく, と腹, のうち, のところ, の上, の中, の筋, の鼓動, を圧, を抉られた, を痛め

▼ そうして~ (11, 0.1%)

1 [11件] かを待っ, か一緒, が参っ, が言い出した, でもこういう, に, にも知られず, にも覚られない, に言う, もその, よりも私

▼ そうしていろいろ~ (10, 0.1%)

1 と分析, と思い, と説明, な仕事, な可能, な考え, の具体的, の変った, 悩み始める, 足りない台所道具

▼ そうしておしまい~ (10, 0.1%)

31 になっ, にはきっと, にはほとんど, にはキット, には群集, には肩, よ

▼ そうしてたった~ (10, 0.1%)

1 いま帰還し, 一つ持っ, 一人あとに, 一人大きな, 一晩ふっと, 一週間前に, 二人だけで, 今しがた怪しい, 十円ばかりの, 拾円ばかりの

▼ そうしてつい~ (10, 0.1%)

1 この湖岸, て歩い, 今しがたの, 今しがた傍に, 今しがた同じ, 四五年前まで, 気が, 身に, 通しの, 鶏の

▼ そうしてどうぞ~ (10, 0.1%)

2 私の 1 お父様, この妾, 一刻も, 内密に, 妾達と, 妾達の, 桔梗様へ, 私達と

▼ そうしてどうやら~ (10, 0.1%)

1 この寺, それは, 一巻わななく, 事を, 人形の, 床の間の, 故障を, 斯う, 服装が, 負けそう

▼ そうしてもう一度~ (10, 0.1%)

1 これなら, 内部の, 千鶴を, 又機, 徳川殿を, 手拭を, 旅へ, 無二無三に, 若返ったよう, 葉書に

▼ そうしてよく~ (10, 0.1%)

1 また記憶, 出来上りました茶, 呑みよく, 噂に, 図々しく来られた, 湖の, 眼を, 考えさして, 考えて, 須永の

▼ そうして不思議~ (10, 0.1%)

2 なこと, な事 1 なお方, な重苦しい, にもこの, に手足, に明るい, に腹

▼ そうして両方~ (10, 0.1%)

1 から姫, が心中, でしきりに, とも同じ, とも嘘, のたぼ, の村, の腕, の頬, を一つ

▼ そうして主人~ (10, 0.1%)

1 が驚い, すなわち主膳, にはドッサリチップ, にむかっ, のみならず, の伊太夫, の勤め先, の居間, の気色, を殺し

▼ そうして其の~ (10, 0.1%)

1 お金で, まま去っ, 人今何処に, 側に, 夜着を, 日一日かかっ, 次の, 葉の, 言葉を, 高みから

▼ そうして其処~ (10, 0.1%)

1 から小鳥, から棒, から頻りに, でまどろん, で鶉, にある, にその, に坐っ, に此, を気

▼ そうして常に~ (10, 0.1%)

1 その時代, 下読, 仏法を, 官能の, 幾分か, 成長し, 文事の, 自然から, 註を, 讒を

▼ そうして思わず~ (10, 0.1%)

2 もその 1 つかんで, 下くちびる, 口を, 声を, 大声で, 彼の, 微笑した, 熱海検事の

▼ そうして~ (10, 0.1%)

1 がただ, がまた, が忙しい, が旧, だけは古い, には鼠, は事実, は忠実, は理想境, は考古学

▼ そうして~ (10, 0.1%)

1 から雲, で風, にかけ, にのこる, に掛けた, に満月, をすぼめ, をそびやかし, を怒らし, を痛く

▼ そうして自己~ (10, 0.1%)

2 の心 1 とその, と周囲, に立つ, に終る, の有する, を客観, を悪漢, を提げ

▼ そうして自然~ (10, 0.1%)

1 が如何, と抱合, には反逆, に一切, に対する人工, に抱かれ, に頭部, のうち, の位置, の児

▼ そうして色々~ (10, 0.1%)

1 と実験, と考え, と頭, な事, な方面, の変った, の好い, の違った, ひねくり廻して, 考えて

▼ そうして若い~ (10, 0.1%)

2 頃などは 1 のを, 割に, 女と, 娘と, 学者達の, 小柄な, 数百の, 馬商人を

▼ そうして~ (10, 0.1%)

2 をする 1 が終る, に興, の角度, はまた, は前, を他, を決め, を済ました

▼ そうして~ (10, 0.1%)

2 をため 1 にあかし, につまった, はいくらでも, より外, をたくさん, を千ドル以上, を持っ, を掴め

▼ そうしていつ~ (9, 0.1%)

1 こんなところ, さいの, となく, までもいつ, までもその, までもやめなかった, 立ったの, 迄も上げなかった, 迄も止めなかった

▼ そうしてどんな~ (9, 0.1%)

2 事が 1 むごい会話, 場合に, 工人たちが, 悪いこと, 注文が, 美が, 話を

▼ そうしてひどく~ (9, 0.1%)

1 下膨れであった, 侵略的だ, 傲慢だ, 元気であった, 悄気たり, 悲観した, 蒼い顔, 迷語的であった, 速力が

▼ そうしてやっぱり~ (9, 0.1%)

1 この倦怠, 弱い, 朝は, 泥棒さ, 私だけ, 窓の, 言葉でなけれ, 途方に, 青春

▼ そうしてわし~ (9, 0.1%)

1 から身, に従い, のところ, の問い, はお前, はわし, は変, は外, は職

▼ そうして一つ~ (9, 0.1%)

1 だけの出入り口, にはその, のもの, の樽, の遊星, 怖い話, 拵える, 謡いませんかと, 跳ねあがると

▼ そうして俳句~ (9, 0.1%)

1 という自然詩, として文字, とはいえない, についても談話, に適した, の分量, の友, はかなり, は地獄

▼ そうして学校~ (9, 0.1%)

1 から帰っ, から帰った, がすめ, のお, の往き来, は小学校, へ着い, へ行った, を出

▼ そうして特に~ (9, 0.1%)

1 その作者, アレキサンドリア学派の, 和平交渉の, 女子供が, 海の, 自分にばかり, 自分の, 見知り越しの, 近代の

▼ そうして生き~ (9, 0.1%)

4 ている 2 ながら焼かれる 1 てい, ております, て行っ

▼ そうして直ぐ~ (9, 0.1%)

1 にたおれ, にもう, にも室, に別れよう, に布教, に帰っ, に独り, に表, 女の

▼ そうして突然~ (9, 0.1%)

1 とは言い, に大きな, に長助, チビ公の, 原稿を, 口を, 右手で, 意識を, 隔ての

▼ そうして絶えず~ (9, 0.1%)

1 その立ち上がった, それに, マヌエラの, 一身の, 亢奮させ, 地中の, 昔を, 済まないと, 耳もとで

▼ そうして~ (9, 0.1%)

2 を飲んだ 1 がもたらす, でも飲ん, の席, をのむのはばかばかしかったが, を飲む, 臭い相手, 臭くって

▼ そうして~ (9, 0.1%)

3 の中 1 あがりの, がザーザー, が時々, の濛々, の降る, の音

▼ そうしてあたかも~ (8, 0.0%)

1 お兼, その永遠, その隠れ家, 何事も, 健三を, 謝罪でも, 遊星が, 酒顛童子の

▼ そうしてあれ~ (8, 0.0%)

1 からのさまざま, が勝浦, が圓朝, が爺むさい, だけの精彩努力, ば部下, ほど秩序, を

▼ そうしていきなり~ (8, 0.0%)

2 私の 1 ひばりを, 座敷の, 彼女に, 愛子の, 盃を, 盗人に

▼ そうしてこれら~ (8, 0.0%)

1 のもの, の不幸, の人種, の問題, の産地, の種じゅ, の連中, の静的

▼ そうしてちょうど~ (8, 0.0%)

1 あのが, ここに, この点, 今三太郎君, 四十歳近くで, 壁孔から, 振動感覚の, 犬の

▼ そうしてともかく~ (8, 0.0%)

1 もながい, もまた, も一町あまり, も夜もすがら, も汽車, も相当, も饂飩, もBC

▼ そうしてどの~ (8, 0.0%)

1 くらいの時間, くらいの期間, 壁も, 家も, 新聞を, 方向に, 民家でも, 都市が

▼ そうしてなおも~ (8, 0.0%)

1 先の, 夢中に, 念入りに, 感激に, 時間の, 相手を, 笑いながら, 縋り付こうと

▼ そうしてほとんど~ (8, 0.0%)

1 一人残らず, 一日がかりで, 例外なし, 現代までも, 眠りかけて, 神の, 等身大の, 走るよう

▼ そうしてまもなく~ (8, 0.0%)

1 お妃, すました面, それが, 彼は, 日本の, 木曾川の, 橋を, 砂の

▼ そうしてまるで~ (8, 0.0%)

1 凍えかかった魚, 恋人同志の, 死にたえたよう, 生き物の, 誰かの, 酒顛童子の, 青い南瓜, 黒い風

▼ そうして一日~ (8, 0.0%)

4 も早く 2 のうち 1 が暮れた, の記事

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 したに, にいった, になれ, に述べた, のお, の女の子, の幌, を見上げた

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 の手, 人気を, 岸の, 眼の, 眼を, 腕を, 膝へ, 軍の

▼ そうして人類~ (8, 0.0%)

2 の本務 1 の出現以来, の大, の恥, の歴史, の生活, の鼻

▼ そうして~ (8, 0.0%)

2 助の 1 から代, は代, 助が, 助と, 助には, 助は

▼ そうして偶然~ (8, 0.0%)

2 に私 1 にもその, にもと, にも予想外, にヰロリ, に逢着, のゆかり

▼ そうして~ (8, 0.0%)

2 にあった 1 で見る, にだれ, に寝, に立っ, に置いとく, を

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 に私, に行った, の方, へ進みたい, へ進む, へ進ん, を争う, 供が

▼ そうして兵馬~ (8, 0.0%)

1 が自分たち一族, が長持, には姫君姿, の剣道, の抱え, の面, はずかずか, は二人

▼ そうして口々~ (8, 0.0%)

1 に, にさいぜん, になにしろ, にまた, に先生, に叫び合った, に喚き出した, に外人

▼ そうして天皇~ (8, 0.0%)

1 から公布, が世界, に反逆, の御歌, の権力, の歓待, は, をし

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 には一言, に生き永らえ, のいる, の葉末さん, はお, はどう, は両手, は居ず

▼ そうして実に~ (8, 0.0%)

2 不思議な 1 この事件, またいかなる, ワトソンこの, 僅少な, 十年後に, 同じ話

▼ そうして~ (8, 0.0%)

4 の手 1 っ手, に一例, のポケット, の眉

▼ そうして~ (8, 0.0%)

3 の上 1 が敷ける, につい, の上っ, へ倒れた, へ穴

▼ そうして~ (8, 0.0%)

2 も絶え絶え, を切らし 1 が詰まっ, せきあえぬ早口, をころし, をはずませ

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 から云い習わし, し兄, と同等以上, にも増した, の俺, の日, の母屋, は薬箱

▼ そうして~ (8, 0.0%)

2 を移さず 1 がくる, とする, によってはそれ, は刻一刻, をすごす, を過ごし

▼ そうして東京~ (8, 0.0%)

1 という大都市, に帰っ, の女, の方, の街路, はこの, へ出られた, へ帰った

▼ そうして次に~ (8, 0.0%)

1 その一枚, はこんな, はそれ, ペテロの, 三において, 今一つある, 気がついた時, 自分の

▼ そうして歩い~ (8, 0.0%)

5 ている 1 てい, ていたかった, て行け

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 がこぼれる, の中, の途切れ, をのん, をぽたぽた, を一パイ眼, を流し, を流した

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 かどを三つ, から町, のかわる, の中, の人, の方, へ引き返し, を練り歩いた

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 変らずにこにこ, 変らず夢, 変らず彼ら, 変らず殺生, 変らず賭博者, 変らず遅々, 携えて, 擁したまま

▼ そうして立っ~ (8, 0.0%)

2 ている 1 てい, ていた, ていらし, ておれ, てお待ち, て下

▼ そうして置け~ (8, 0.0%)

1 ばすぐ, ばそれ, ば世間, ば私, ば菰田家, ば萬一僕, ば誰, ば過失

▼ そうして腹の中~ (8, 0.0%)

1 であした, でなるほど, ではどこ, で余計, で先生, で千代子, で平岡, で斯

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 が長崎, で毎日, の船首, はいかに, はもう, は助かった, は平野, も其日

▼ そうして~ (8, 0.0%)

3 ている 1 ていたらしく, ていれ, てもまた, て行く, 覚の

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 にはやはり, の周囲, の振り, も痩せる, をおこし, をかがめてる, を学問, 軽くくぐり抜け

▼ そうして部屋~ (8, 0.0%)

3 の中 1 には何, の向こう, の外, の戸口, を出

▼ そうして~ (8, 0.0%)

1 から離れ, だの蛇, に向かっ, に映る, のなか, の前, を丁寧, を見

▼ そうしてあたり~ (7, 0.0%)

1 の者, の蓮, の静か, は薄暗かっ, を眺める, を見まわし, を見廻し

▼ そうしていくら~ (7, 0.0%)

1 かの金, かの附金, しらべて, 区切が, 疲れても, 相手の, 調べても

▼ そうしていずれ~ (7, 0.0%)

1 おなかで, へなり, また刑事, も云い合した, も内容, も枯れ, 明日あたりは

▼ そうしていつか~ (7, 0.0%)

1 この努力, はこいつ, はたとえば, はアドリアチック海, は行き, やって来るに, 戴くところ

▼ そうしてお互い~ (7, 0.0%)

1 どうしても釈然, にお互い, にその, に疲れ, に進ん, に間隔, の

▼ そうしてお母さん~ (7, 0.0%)

1 とこの, には, には姉さん, の傍, は病気, も梅, を引っぱり出し

▼ そうしてかく~ (7, 0.0%)

2 のごとき 1 あるうち, も有名, 六ヶしい, 創造せられた, 透明な

▼ そうしてかなり~ (7, 0.0%)

1 しめやかな, つまらない西洋, ながい時間, の教養, の遠く, 急な, 深刻に

▼ そうしてきっと~ (7, 0.0%)

1 おしゃれである, どこへ, 今帰った, 偉くなる, 水を, 窓の, 金を

▼ そうして~ (7, 0.0%)

2 ぶんが 1 つと見, ぶんだけが, ぶんの, ぶんは, ッと

▼ そうしてすこし~ (7, 0.0%)

1 の遮る, やすんでは, 嘔げてから, 坂道に, 荒い呼吸, 違法で, 首を

▼ そうしてすっかり~ (7, 0.0%)

1 しばりあげて, じゅんびがととのったのはもう, わがもの顔, 安全な, 手入れが, 毒を, 身体を

▼ そうしてそれだけ~ (7, 0.0%)

1 だろうと, のもの, の善い, の恐怖, の苦労, の音, 早く彼ら

▼ そうしてできるだけ~ (7, 0.0%)

1 お互いの, ふりこ, 丁寧に, 原書の, 大きな声, 広く明け, 早く大会

▼ そうしてどうして~ (7, 0.0%)

1 あの苦力, この小, そういう光景, フォーデングブリッジから, 命を, 手に, 蓉子に

▼ そうしてふたたび~ (7, 0.0%)

1 出発点に, 宝石売り, 彼は, 文子の, 筆を, 部屋の, 静かに

▼ そうしてふと~ (7, 0.0%)

1 んを, ドアの, 昔自分が, 正面の, 目を, 考えた, 触れる路傍

▼ そうしてぼんやり~ (7, 0.0%)

2 して 1 とした, と夜, 厳粛だ, 意識を, 私の

▼ そうしてまず~ (7, 0.0%)

1 始めから, 弟に, 神尾の, 第一, 築地の, 造作も, 養子縁組の

▼ そうしてみんな~ (7, 0.0%)

1 がひきあげ, がわき目, でおもしろく, で一日, で豹, 長い髯, 飲んで

▼ そうしてわざと~ (7, 0.0%)

1 この孤島, 唇を, 彼女の, 蝋マッチを, 説明も, 静かに, 黙って

▼ そうして一切~ (7, 0.0%)

1 が, の工程, の覚悟, を忘れ, を洞察, を話し, を顧

▼ そうして一同~ (7, 0.0%)

1 が出, が私, が高く, はめし, は今更, は大急ぎ, は高鳴る

▼ そうして一時~ (7, 0.0%)

1 ちかくなっ, はその, はそれ, は仏説, は免れる, は大, 素晴らしい盛花期

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 が済んだ, による, に触れ, の序, の許す, も無く, を完

▼ そうして今にも~ (7, 0.0%)

1 くちはてそう, こわれそう, その恐ろしい, われわれに, 咳が, 藤次郎が, 逃げ出しそう

▼ そうして他人~ (7, 0.0%)

1 からキチガイ, が横, には財産, に説明, のつもり, の不道徳, の中

▼ そうして以前~ (7, 0.0%)

1 にはあれ, に多く, の夢, の庵, の日本人, はその, よりはいっそう

▼ そうして何だか~ (7, 0.0%)

2 非常に 1 そこに, 筋が, 自分の, 解から, 逢いたくない様

▼ そうして何とか~ (7, 0.0%)

4 して 1 やれて, 芝居を, 言いましたかい

▼ そうして僅か~ (7, 0.0%)

1 な瑕瑾, な野, な間, に一年足らず, に残った, に開けられた, の沈黙

▼ そうして~ (7, 0.0%)

2 来た道 1 のよう, の七号室, の穴, の精神集, の通り三郎治

▼ そうして其所~ (7, 0.0%)

2 にある 1 にわが, に一種, に寐, に溜っ, に胡坐

▼ そうして~ (7, 0.0%)

5 絵の 1 キリスト教同盟は, 絵が

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 の高僧達, 因子が, 家庭は, 府各, 流派流派の, 点における, 瞬間における

▼ そうして向う~ (7, 0.0%)

1 からこう, から出, にも自己同様, の壁ぎわ, の室, の方, 山と

▼ そうして~ (7, 0.0%)

2 へ帰っ, へ帰ったら 1 の公債証書, へ引, へ戻りました

▼ そうして将来~ (7, 0.0%)

1 にいたっ, には光明, の商売, の禍根, の詩人, もそれ, 益々その

▼ そうして~ (7, 0.0%)

2 の中 1 に着いた, のよう, の最も, の村, を悪く

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 からいえ, が年中, とともに自然, に一度, に増し, を経る, 若い女将

▼ そうして幾度~ (7, 0.0%)

1 か打ち, か読み直し, か越兵, も休息, も幾度, も躊躇, 思い返しましても

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 のすぐ, の樹立, の隅っこ, へはいりこみ, へ下りた, をあちこち, をぐるぐる

▼ そうして当時~ (7, 0.0%)

1 この先覚者, の人, の弥陀浄土, の玉屋, の自分, の評論, はこれ

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 に一二度, の世界, の御殿, の晩, はその, はまるで, をめがけ

▼ そうして次第に~ (7, 0.0%)

1 全軍, 口金の, 呼吸苦しく, 山を, 彼らの, 私は, 酒宴の

▼ そうして此処~ (7, 0.0%)

1 から逃がし, では日本人, にも茶褐色, は桔梗ヶ原, まで来, まで来れ, も大陸

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 にもぐっ, はこれら, は深かっ, をなくし, を汲ん, を浴びせ, を飲み

▼ そうして無事~ (7, 0.0%)

1 に久しぶり, に別れた, に十五歳, に十日余り, に帰りました, に暁, に浅間

▼ そうして無言~ (7, 0.0%)

2 のまま 1 でいる, で私, で酌, のままハルスカイン家, のまま窓

▼ そうして現代~ (7, 0.0%)

1 がスピード, では俳優, のヨオロッパ, の俗作, の探偵小説, の生活, を改革

▼ そうして生活~ (7, 0.0%)

1 して, と戦う, の大難, の時間, の輪, へ戻った, もやや

▼ そうして米友~ (7, 0.0%)

1 が, がさいぜん, が身構え, の到着, の唯一, はそこ, はその

▼ そうして翌日~ (7, 0.0%)

1 になっ, になったら, になる, は早速, は流感, は翌日, 帰って

▼ そうして考え~ (7, 0.0%)

2 ている 1 てくれ, てゆく, て下さい, て考え, 深く

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 が曲る, が細く, に一本, までボタン, をかがめ, をかけ, を縛った

▼ そうして自分たち~ (7, 0.0%)

1 が必ずしも, の文化, はほぼ, はやがて, は今, よりもはるか, を取囲んだ

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 がある, がしだいに, さえも汚い, の浅黒い, の白い, も冴えなかった, も黒く

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 が出来上る, に出まし, の入り口, の障子, は大変, へ出た, へ錠

▼ そうして話し~ (7, 0.0%)

6 ている 1 ていた

▼ そうして赤い~ (7, 0.0%)

1 ものに, 切布です, 毛布が, 火を, 舌を, 色の, 運命の

▼ そうして道庵~ (7, 0.0%)

1 がうん, の淡々, の脱線, はまた, をいやがらせ, を北国街道, を取逃し

▼ そうして遠く~ (7, 0.0%)

2 から見る 1 からきこえ, から自分, こし方, へやる, へ行く

▼ そうして~ (7, 0.0%)

2 の方 1 から更に, に向かった, に応わし, は開かなかった, を這入る

▼ そうして電車~ (7, 0.0%)

2 の中 1 に乗った, の停留場, の動く, の床, の音

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 がはなれ, には珠, をつけぬ, をのばし, を上げ, を切られた, を左右

▼ そうして~ (7, 0.0%)

1 じしん, に跨った, の一匹, の先, の足音, をいくら, を打たせ

▼ そうして黒い~ (7, 0.0%)

1 ものが, 六つの, 布で, 眉毛と, 眼を, 瞳を, 髪毛ばかりが

▼ そうしてあたし~ (6, 0.0%)

2 が電話 1 が生まれました, に着せ, のほう, はお前

▼ そうしてあんな~ (6, 0.0%)

1 低い点, 処で, 気取り屋の, 水浸, 陰気臭い伝説, 風に

▼ そうしていただけれ~ (6, 0.0%)

21 ば何より, ば時間, ば私, や結構

▼ そうしていったい~ (6, 0.0%)

1 この乙女達, これは, その敵, 何という, 何者が, 旅へ

▼ そうしておのずから~ (6, 0.0%)

1 そこに, その残虐, 人口調節に, 早駕籠, 老い疲れ, 身ごもって

▼ そうしておれ~ (6, 0.0%)

1 には特別, の家, はいらいら, はおれ, は当時西国, ば決して

▼ そうしてお雪ちゃん~ (6, 0.0%)

1 その人, のすすめる, の枕許, は屋形船, は誰, を再び

▼ そうしてかえって~ (6, 0.0%)

1 この子供, 予期以上おかしく, 俗物の, 厭味が, 所要の, 自分の

▼ そうしてかつて~ (6, 0.0%)

1 一人も, 多くできた, 民器の, 私に, 虐げられたもの, 高遠城下で

▼ そうしてきのう~ (6, 0.0%)

1 の夕方, の夜, の途中, の通り, はじめてアップ, まで歩い

▼ そうしてさも~ (6, 0.0%)

2 苦しそう 1 うまそう, 恥か, 悲しそう, 本当らしく読ませなけれ

▼ そうしてしきりに~ (6, 0.0%)

2 地震の 1 団扇を, 屠蘇を, 感心し, 襟元を

▼ そうしてたしかに~ (6, 0.0%)

2 大尉殿の 1 その辺, 仏頂寺の, 父兄の, 蟹が

▼ そうしてなかなか~ (6, 0.0%)

1 の街頭哲学者, 出て, 利口そうな, 商売は, 大きいの, 笑わない人

▼ そうしてなん~ (6, 0.0%)

2 でございますか 1 だ俺, ですかい, にもならなかった, にも知らず

▼ そうしてはじめて~ (6, 0.0%)

1 あなたを, 何物にも, 文学にも, 母から, 比叡の, 法水は

▼ そうしてひとり~ (6, 0.0%)

1 でいばっ, でずいぶん, でぶつぶつ, でやれ, で心配, の艶

▼ そうしてまあ~ (6, 0.0%)

1 こうして人間, りっぱに, 何という, 取敢, 明日に, 立派に

▼ そうしてやや~ (6, 0.0%)

1 ともすればその, もする, 下品な, 長い時の間, 長方形の, 間を

▼ そうしてポケット~ (6, 0.0%)

1 からさっき, から名刺, から新しい, から琥珀, から青大将, におしまい

▼ そうして~ (6, 0.0%)

2 から十 1 と晩じゅう, と月, と通り繃帯, まず関宿

▼ そうして一緒~ (6, 0.0%)

1 にどっか, にコップ, に押し出そう, に木曽, に歩い, に研究

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 さりませ, すったからと, すった紳士, の土, の根もと, を向い

▼ そうして世界~ (6, 0.0%)

1 が共倒れ, にたった, の可, の文化, の現実, は快楽

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 から四角い, から聞こえる, にいる, に居る, に書い, 気病みの

▼ そうして人民~ (6, 0.0%)

1 からは離れさられ, が天皇, の権利, の空しく, の精神教育, をし

▼ そうして今朝~ (6, 0.0%)

1 すこしばかり, になっ, になる, の通り, はもう, 早く来た

▼ そうして仕事~ (6, 0.0%)

1 が大きい, にいそしん, にかけては機敏, に疲れた, の邪魔, を手伝った

▼ そうして低い~ (6, 0.0%)

4 声で 1 けれども底力, 静かな

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 サモア人が, 人類とともに, 国民に, 宇宙の, 職員先生の, 道の

▼ そうして全体~ (6, 0.0%)

1 がぐんなりしている, が平和, が肉太, としての気分, に厚い, の中心

▼ そうして~ (6, 0.0%)

2 て来る 1 て来ね, て行こう, て行った, 邸へ

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 が鍔もと, の冴え, の柄, をさし, を引き抜いた, を構え

▼ そうして単に~ (6, 0.0%)

1 そういう心, その説明, それが, 兄妹らしい, 出来事の, 雪後の

▼ そうして国民~ (6, 0.0%)

1 の一般知識, の健康, の先導者ら, の内部, の選良, をし

▼ そうして大いに~ (6, 0.0%)

1 余裕を, 感服した, 物産を, 疑わねば, 遣って, 酔うが

▼ そうして天井~ (6, 0.0%)

1 から釣った, から飾り燈火, がなかっ, に映った, も高く, を睨み

▼ そうして夫人~ (6, 0.0%)

1 と彼女, に逢った, の懐中, はいかにも, はその, へ頭

▼ そうして姉さん~ (6, 0.0%)

1 と何, の絹, はお, はその, はまず, は理性

▼ そうして寝台~ (6, 0.0%)

2 の上 1 に倒れかかった, に身, の一方, の周囲

▼ そうして小さな~ (6, 0.0%)

1 国の, 心を, 経済から, 胸の, 花壇を, 試写室を

▼ そうして左右~ (6, 0.0%)

1 に部屋, の岩壁, の腕, の頬, を新規, を見た

▼ そうして幾年~ (6, 0.0%)

1 かの後, か後, か経る, のあいだ, も待っ, を送る

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 で主人, の者, の隅, へ入る, をし出した, をもつ

▼ そうして強い~ (6, 0.0%)

1 けもの, 光に, 太陽の, 決心と共に, 閃光で, 鳥が

▼ そうして彼等~ (6, 0.0%)

1 が本当に, の怨念, の貧しい, はまた, は催眠術, は無言

▼ そうして思い~ (6, 0.0%)

3 もかけぬ 1 にたえられなくなっ, もかけない, もよらぬ

▼ そうして改めて~ (6, 0.0%)

1 その力, それを, 土耳古, 女人を, 少年の, 長い長い深呼吸

▼ そうして是非~ (6, 0.0%)

1 その人, ともすぐ, ともその, とも桔梗様, とも現代, 僕に

▼ そうして暗い~ (6, 0.0%)

1 なかを, のを, 中で, 晩に, 晩を, 林の

▼ そうして最も~ (6, 0.0%)

1 あたらしい, 忠実に, 性急ならざる, 純潔な, 落ちついた地味, 賢明な

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 からは弓材, からは霧, とし, のほう, の中, や草叢

▼ そうして機械~ (6, 0.0%)

1 ができ, が与える, にはそれ, のみになっ, を停止, 漉きの

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 が各人, ぬること, ぬるなんて, のあなた, の痙攣, は明け渡る

▼ そうして民衆~ (6, 0.0%)

1 とは第, の凡庸, の品物, の生活, の用, を放棄

▼ そうして~ (6, 0.0%)

2 の底, の水 1 の上, の中

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 というもの, の子, の河, は私たち, をかけられた, を沢山

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 さびしい粗末, に病みつき, の二三間, の真相, 優しくありました, 狂わしく呼びつづけました

▼ そうして犯人~ (6, 0.0%)

1 の冷酷, の名, の所在, は白状, は確か, は自殺

▼ そうして田舎~ (6, 0.0%)

1 では運河, に土地, の, のシミッタレ, の景色, へ行け

▼ そうして~ (6, 0.0%)

2 の重み 1 に憩う, のよう, の飛ん, を運ん

▼ そうして確か~ (6, 0.0%)

1 な証拠, にその, に人間, に生き, に聞き覚え, に露国

▼ そうして私たち~ (6, 0.0%)

1 がその, のよう, の虔, は馬小屋, もいい, を苦しめ

▼ そうして私達~ (6, 0.0%)

1 はある, は又, は少し, は殆ど, は間もなく, を取り囲みました

▼ そうして背後~ (6, 0.0%)

1 で発せられた, にはとりわけ, は岩畳, へ引き下がった, を振り返った, を振返り

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 の匂, の名, の散り終わる, の香, を引い, を立ちはだかっ

▼ そうして言葉~ (6, 0.0%)

1 の一区切りごと, の終る, の説明, はいつ, を切り, を改めて

▼ そうして~ (6, 0.0%)

1 に鹿, の下, の指, の眼, は一文字, を出した

▼ そうして身体~ (6, 0.0%)

1 がよく, はいよいよ, は思う, は痩せ衰える, を動かす, を悪く

▼ そうして途中~ (6, 0.0%)

1 でまく, で注射, で真白い, で程よく, で降り, で驟雨

▼ そうして過去~ (6, 0.0%)

1 にあった, のこと, のベース, の中, の彼方, の甘

▼ そうしていい~ (5, 0.0%)

1 かいこの, かいしかも, 処に, 本です, 機会が

▼ そうしていかに~ (5, 0.0%)

1 使いやすく, 創るべきかの, 彼らの, 荒みがち, 野生的である

▼ そうしてうしろ~ (5, 0.0%)

1 のお, の横町, へもたれ, へ手, を向い

▼ そうしてお前さん~ (5, 0.0%)

1 の情人, は, はいったい, は旦那さま, は私

▼ そうしてお松~ (5, 0.0%)

1 が主として, の表情, は能登守, は自分, は親柱

▼ そうしてお母さま~ (5, 0.0%)

2 のお 1 にご馳走, は冬, は毎日マスク

▼ そうしてお金~ (5, 0.0%)

1 ができた, だけで事, につもれ, をそっと, を拵え

▼ そうしてかよう~ (5, 0.0%)

1 な罵倒, な資料, にし, に区別, に申しまする

▼ そうしてこちら~ (5, 0.0%)

1 がじっと, が呼べ, はルル公爵, は好かれる, を暢気

▼ そうしてことし~ (5, 0.0%)

1 の二月, の四月, の正月, も二十二, も春

▼ そうしてこの間~ (5, 0.0%)

1 から捜査課, に祭, のお祭, の晩, 売り払った抱一

▼ そうしてこんなに~ (5, 0.0%)

1 夜更け, 大きく引伸し, 度胸の, 恥か, 酔って

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 いぜん観察, のみ苦しい, もくさくさ, もさも, ような

▼ そうしてちゃんと~ (5, 0.0%)

1 つかまえられて, 天頂を, 孤独に, 握手を, 聡明な

▼ そうしてとうてい~ (5, 0.0%)

1 また元, 及ばない恋, 当分これという, 浪人に対して, 見るに

▼ そうしてどういう~ (5, 0.0%)

1 ものか, わけか, 字と, 語の, 風に

▼ そうしてどうか~ (5, 0.0%)

1 こうか生を, このマント, すると, 士族の, 風雨の

▼ そうしてふたり~ (5, 0.0%)

1 がぼんやり, であえば, はたっぷり, はだんだん, はわかれました

▼ そうしてもしも~ (5, 0.0%)

1 その法悦, 俺が, 彼女が, 死なねば, 男子が

▼ そうしてようよう~ (5, 0.0%)

1 お分り, のこと, の事, 今日呼びこまれた, 血色を

▼ そうしてわずか~ (5, 0.0%)

1 でも食料, な平地, に消え残っ, ばかりの個人, ティコ・ブラーヘの

▼ そうして一層~ (5, 0.0%)

1 の雄々し, ヒス気分を, 泣き声を, 肥えても, 阪井に

▼ そうして一本~ (5, 0.0%)

1 につき三センチ, のくすぶっ, のやや, の前足, まいらせたり

▼ そうして一週間~ (5, 0.0%)

2 ぐらい休暇 1 ばかり経った, ばかり過ぎた, も高い

▼ そうして不意~ (5, 0.0%)

1 にとりで, に消え, に自分, に驚く, を喰らった

▼ そうして世の中~ (5, 0.0%)

1 が旧, が案外, の運転, をさわがす, を憚

▼ そうして丸木~ (5, 0.0%)

1 のからだ, ののっ, の話, は, は遂に

▼ そうして互いに~ (5, 0.0%)

1 意見を, 有力な, 自らを, 衝突り合い, 衝突り合う

▼ そうして人々~ (5, 0.0%)

1 のどよめき, の心持ち, は僕, は組合, は談笑

▼ そうして人形~ (5, 0.0%)

1 のこと, の存在, の踊っ, は踊り, を扱う

▼ そうして今後~ (5, 0.0%)

2 ふたたび湖心寺 1 いかなる困難, の日本, は一層

▼ そうして今晩~ (5, 0.0%)

1 から母屋, のお, はこの, はゆっくり, も泊る

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 が片, もたいして, も健康, を出来る, を寄せ合った

▼ そうして何かしら~ (5, 0.0%)

2 買って 1 その相手, 小さな観察, 思い切った冒険

▼ そうして何時~ (5, 0.0%)

1 か黄昏, ともなく, に帰っ, までも同じ, までも独り

▼ そうして兄さん~ (5, 0.0%)

1 が兄さん, に向っ, はお前, はその, は少し

▼ そうして冷たい~ (5, 0.0%)

1 のを, 女主人の, 水を, 蒲団の, 飛沫が

▼ そうして凡て~ (5, 0.0%)

1 が幸, に逆, の事柄, の美しき, の見極め

▼ そうして前後~ (5, 0.0%)

1 の人, の捕り, の連絡, を忘れ, を見廻し

▼ そうして千二~ (5, 0.0%)

1 がとびこむ, との三人きり, の乗っ, の体, は丸木

▼ そうして去年~ (5, 0.0%)

1 と同じ, の秋, は暮れた, まで確か, も登った

▼ そうして四人~ (5, 0.0%)

1 が交, ともその, のうち, の兄弟姉妹, は前方

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 からかえって, からの侵入者, に出る, へ出る, を歩く

▼ そうして多分~ (5, 0.0%)

1 そのため, もうそ, 一箇月前も, 他所で, 彼の

▼ そうして多数~ (5, 0.0%)

2 の人 1 の人命, の作者, は最後

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 から覚めた, だから, に見ない, のよう, の中

▼ そうして大勢~ (5, 0.0%)

1 と共同, においては日本民族, の中, の人々, の友達

▼ そうして大変~ (5, 0.0%)

1 つまらない作家, とは, に真面目, 初々しい, 悪いこと

▼ そうして天下~ (5, 0.0%)

1 は完全, を動揺, を取っ, を握った, 晴れて

▼ そうして奥さん~ (5, 0.0%)

1 に飛んだ, の一生, の不行跡, の出, もやはりずっと

▼ そうして女房~ (5, 0.0%)

1 だけへは云った, と番頭, には充分金, に怒られ, はその

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 がこのあいだ, に安心, のお, のお前, は十一

▼ そうして実は~ (5, 0.0%)

1 お品, こっちで, そういう場合, そんなこと, はなはだ心もとない

▼ そうして~ (5, 0.0%)

4 の中 1 のまん中

▼ そうして~ (5, 0.0%)

2 ていた, てまた 1 ている

▼ そうして小さい~ (5, 0.0%)

1 一匹の, 声で, 手を, 机が, 谷川へ

▼ そうして師匠~ (5, 0.0%)

2 の慈愛 1 にも可愛がられた, の英善, は昨夜大

▼ そうして~ (5, 0.0%)

2 のあいだ 1 のよう, の結び目, を解きだした

▼ そうして平気~ (5, 0.0%)

1 である, で手, で揚々, で話, に

▼ そうして広い~ (5, 0.0%)

1 原の, 地域に, 田の, 空間の, 闇を

▼ そうして待っ~ (5, 0.0%)

1 ていなけれ, ています, ていられた, ておいで, てはいられなかった

▼ そうして得意~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 のよう, のイギリス文学罵倒, の冗談口

▼ そうして必ず~ (5, 0.0%)

1 ある人ら, 後を, 徹夜だ, 恵んで, 早く帰っ

▼ そうして急い~ (5, 0.0%)

1 でその, で室, で寝室, で彼, で返答

▼ そうして技巧~ (5, 0.0%)

1 が主たる, なら戦争, の達人, の重荷, を無用視

▼ そうして普通~ (5, 0.0%)

1 なら玄関, の上空気温低下率, の人, の夫婦, の意味

▼ そうして本人~ (5, 0.0%)

1 がなる, の光井金之助, の希望通り, の願, は勝手

▼ そうして本当に~ (5, 0.0%)

1 この鼓, 其決闘は, 恐ろしいの, 日本と, 私達も

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 に凍り付いた, の上, や椅子, を一つ, を叩い

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 が上らない, につく, に頭, の上, を高く

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 にあります, はまた, をうたう, をよみつける, を唄い出した

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 がぬけた, をほじくっ, をギリギリ, を切っ, を喰い締め

▼ そうして死ぬ~ (5, 0.0%)

1 から少し, なんて私, まで忠義, んだって, 現にこれ

▼ そうして比較的~ (5, 0.0%)

1 安全な, 明暸な, 真面目な, 立派な, 通りやすい

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 の作品, は熱烈, もこれ, もなかなか, を送り出すべく

▼ そうして永久~ (5, 0.0%)

1 に亡び去るべき, に古い, に死骸, に気高い, に花

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 からやや, の魚, を真前, を眺める, を見

▼ そうして火星人~ (5, 0.0%)

1 から奇妙, がそこ, の弱点, の意, を追いはらう

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 けなしの, 字で, 検束に, 生の, 終に

▼ そうして片手~ (5, 0.0%)

1 で李, で薄, に笠, を椅子, を罎

▼ そうして玄関~ (5, 0.0%)

1 にかかっ, に脱ぎ棄てた, のあたり, の間, へ飛び出した

▼ そうして現実~ (5, 0.0%)

2 の世界 1 の大, の恐怖, の時

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 からひらひら, に輝く, の朧月, の爆音, 怖ろ

▼ そうして立派~ (5, 0.0%)

1 な自分, に改正, に日本再建, に死ぬ, に生き甲斐

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 が主, のしまった, の厚み, の臭い, の註文

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 が立った, に子, の子, の底, を充分

▼ そうして自ら~ (5, 0.0%)

1 この中, の力, の生活, また深く, を捧げ

▼ そうして自分自身~ (5, 0.0%)

1 にはそれ, に言っ, の向日葵, の表現, もやっと

▼ そうして苦し~ (5, 0.0%)

3 そうに 1 がって, そうな

▼ そうして~ (5, 0.0%)

3 之助 1 の捲き, も少し

▼ そうして見た~ (5, 0.0%)

1 ところが, ところで, のであった, 処優美で, 結果が

▼ そうして読者~ (5, 0.0%)

1 は旦那, もこの, もこれ, を助手, を引っ張っ

▼ そうして近い~ (5, 0.0%)

4 うちに 1 ところで

▼ そうして連れ~ (5, 0.0%)

1 て来, て行く, て逃げた, に別れ, は誰

▼ そうして適当~ (5, 0.0%)

2 な時機 1 な判断, な御, な監督

▼ そうして~ (5, 0.0%)

1 に埋もれ, の山, も深かっ, をかぶる, を掃い込ん

▼ そうしてあなた様~ (4, 0.0%)

1 にお, はその, はどちら, は囚人

▼ そうしてあらかじめ~ (4, 0.0%)

2 考究され 1 これに, 早駕籠

▼ そうしてあらためて~ (4, 0.0%)

1 この小僧, 数えて, 玄関を, 親子の

▼ そうしていかにも~ (4, 0.0%)

1 人間らしい強い執着, 悪いこと, 美味しそう, 老夫婦

▼ そうしていっそう~ (4, 0.0%)

1 おもしろいの, 人の, 足音を, 難儀な

▼ そうしていったん~ (4, 0.0%)

1 宇治の, 敵に, 白刃を, 破壊すれ

▼ そうしておそらく~ (4, 0.0%)

1 それを, 一器物の, 石原すえ子に対する, 諸君の

▼ そうしておもむろに~ (4, 0.0%)

1 こちらへ, 振り返った私, 間毎の, 電気を

▼ そうしてお嬢さん~ (4, 0.0%)

1 とやらに会わせ, の結婚, の綺麗, を見た

▼ そうしてお父さん~ (4, 0.0%)

2 やお母さん 1 と長女, を心から

▼ そうしてお礼~ (4, 0.0%)

1 が十八文, には小さな, には履き物, を沢山

▼ そうしてかかる~ (4, 0.0%)

1 ことについても, 境地に, 彼らにとって, 日は

▼ そうしてきちんと~ (4, 0.0%)

1 した服, 両手を, 指輪を, 締めて

▼ そうしてこっち~ (4, 0.0%)

1 の人数, の慌てる, の舟, へ踏み込ん

▼ そうしてことごとく~ (4, 0.0%)

1 余の, 切先へ, 別々な, 笑った

▼ そうしてしかも~ (4, 0.0%)

1 その軟らかい, 満足した, 現在の, 美くしい

▼ そうしてしずか~ (4, 0.0%)

1 なあたたか, に二階, に会議, に笠

▼ そうしてしっかり~ (4, 0.0%)

1 した分子, とおさえつけた, と抱きしめ, 栓も

▼ そうしてすまし~ (4, 0.0%)

1 ている, て夜, て掛け, て相手

▼ そうしてそいつ~ (4, 0.0%)

1 の満足, を手, を水, を蘭医

▼ そうしてその他~ (4, 0.0%)

1 のもの, の人々, の力, の者

▼ そうしてそれっきり~ (4, 0.0%)

1 しかもその, だ, またなんにも, 来なくなって

▼ そうしてそれでも~ (4, 0.0%)

1 お父様, この事件, 七人の, 辛うじて広い

▼ そうしてたいてい~ (4, 0.0%)

1 のけが, の情事, 失敗する, 失望し

▼ そうしてたとい~ (4, 0.0%)

1 その困難, 一瞬間でも, 乱離骨灰に, 自分は

▼ そうしてちっとも~ (4, 0.0%)

1 恐くなくなった, 愛嬌の, 教育の, 退屈させない

▼ そうしてちょっと~ (4, 0.0%)

1 いいお, でもあたし, の間, 男の子みたいな

▼ そうしてとうとうしまいに~ (4, 0.0%)

1 はその, は彼, は誰, は越中褌一つ

▼ そうしてときどき~ (4, 0.0%)

1 お互, こうして孤独, 思い出したよう, 熱の

▼ そうしてなぜ~ (4, 0.0%)

1 それが, そんな注文, 人を, 基康の

▼ そうしてなに~ (4, 0.0%)

1 か電, くわぬ面, もそれ, を云い出す

▼ そうしてなんだか~ (4, 0.0%)

1 人に, 大切な, 寒そう, 急に

▼ そうしてなんと~ (4, 0.0%)

2 かして 1 いう事, 思ったか

▼ そうしてはなはだ~ (4, 0.0%)

1 合目的な, 好都合な, 拙劣な, 苦々しくも

▼ そうしてひと~ (4, 0.0%)

1 たまりも, では何, コマの, 風呂浴び

▼ そうしてぶらぶら~ (4, 0.0%)

2 して 1 と室内, 歩いて

▼ そうしてほんとう~ (4, 0.0%)

1 に死ん, に目, の客, の生

▼ そうしてまっ~ (4, 0.0%)

1 てい, ていた, ぱだかにパンツ一つもちろん, 平らに

▼ そうしてもう少し~ (4, 0.0%)

1 材料を, 簡単な, 行けば, 長く後進

▼ そうしてもしや~ (4, 0.0%)

1 いつかの, 一ツでも, 兄さまが, 自分に

▼ そうしてもと~ (4, 0.0%)

1 の場所, の御, の材料, の鉄砲

▼ そうしてもの~ (4, 0.0%)

1 のみごと, の五分, をも云わず, を買っ

▼ そうしてやたら~ (4, 0.0%)

1 に人, に怒り, に水天宮様, に自分

▼ そうしてゆうべ~ (4, 0.0%)

1 と同じ, の出来事, の話し, また帰っ

▼ そうしてゆっくり~ (4, 0.0%)

1 とこの, わたくしが, 腰を, 進退を

▼ そうしてわたくし~ (4, 0.0%)

1 の耳, はうつくしい, ばかりでなく, を背中

▼ そうしてわれわれ~ (4, 0.0%)

1 の文学, の目, は奇蹟的, を湖

▼ そうしてイヨイヨ~ (4, 0.0%)

1 その刺繍, 動き出してから, 総攻撃, 腥くない

▼ そうしてズク~ (4, 0.0%)

1 が面倒, と呼ん, は両人共, もあの

▼ そうしてムク~ (4, 0.0%)

1 だけを助け, にそこ, によって失われ, を連れ

▼ そうしてヤット~ (4, 0.0%)

3 の思い 1 の事

▼ そうしてルル~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が陸, とミミ, を陸

▼ そうして一体~ (4, 0.0%)

1 この女, 何の, 刺客達は, 又あなた

▼ そうして一番~ (4, 0.0%)

1 しまいにぴたりと, になりたい, 恐ろしいこと, 旅だった

▼ そうして一般~ (4, 0.0%)

1 から見, にはそれ, に棒, の民衆

▼ そうして七兵衛~ (4, 0.0%)

1 と打合せ, に馴, はその, は針ヶ別所

▼ そうして丑松~ (4, 0.0%)

1 の五人, の部屋, へ組み付いた, をそそのかし

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 と共に変遷, に出た, の同情, を済おうと

▼ そうして事件~ (4, 0.0%)

1 からまる, が一段落, の真相, の第

▼ そうして二つ~ (4, 0.0%)

1 ともたいへん, の慾望, の結合点, 並べた蒲団

▼ そうして京都~ (4, 0.0%)

1 では何人, に出, の月, の貧しい

▼ そうして人生~ (4, 0.0%)

1 から食物, のいかなる, の嶮路, の意義

▼ そうして今更~ (4, 0.0%)

1 すえ子を, に宿命, に火事, に青眼先生

▼ そうして伸子~ (4, 0.0%)

1 が階下, と自分, の嘘, は自分

▼ そうして何となく~ (4, 0.0%)

1 これは, 手もち無沙汰そうに, 話を, 重い物

▼ そうして何時も~ (4, 0.0%)

1 お極り, この俳優たち, 困つて, 眼に

▼ そうして先方~ (4, 0.0%)

1 に心配, の意志, の註文通り, へ行く

▼ そうして全身~ (4, 0.0%)

1 の細胞, の診察, をあらわした, をふるわせ

▼ そうして全部~ (4, 0.0%)

1 の人夫さん達, は私, を白い, 漏れなく出席

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 が中, が乾く, が民謡, れを

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 になっ, に入りました, に近づく, 籠りを

▼ そうして出来た~ (4, 0.0%)

1 ものだった, 作物が, 縁今度も, 自然草の

▼ そうして別に~ (4, 0.0%)

1 今一つ三尺ほどの, 厭な, 新しい説明, 深い考え

▼ そうして十分~ (4, 0.0%)

1 たたぬうち, に弄んだ, に成長, も待ったでしょう

▼ そうして十年~ (4, 0.0%)

1 たった明治二十八年, の間, 経ち大正七年, 近いシナ滞在

▼ そうして午後~ (4, 0.0%)

1 に帰っ, の三時頃, の茶, はもう

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 は自分たち, 刻も, 太夫という, 里ばかり

▼ そうして卑弥呼~ (4, 0.0%)

1 の前, の手, は再び, は管玉

▼ そうして博士~ (4, 0.0%)

1 だけが知っ, はその, は一体, を怖

▼ そうして危険~ (4, 0.0%)

1 な場所, になったら, にぶつかったら, は一刻一刻

▼ そうして双方~ (4, 0.0%)

1 が正直, とも鎧通し, の家, 歩み寄って

▼ そうして古い~ (4, 0.0%)

1 ものの, 意味での, 血痕と, 関係を

▼ そうして同じく~ (4, 0.0%)

1 人間としての, 兇悪なる, 市の, 明治四十年に

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 ながら驚いた, にもあらず, れと, を忘れ

▼ そうして国家~ (4, 0.0%)

1 が精神的才能, の大事, も役人, をし

▼ そうして夕方~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 から夜, には村

▼ そうして多少~ (4, 0.0%)

1 の冒険, の食料, 得意に, 頭の

▼ そうして夢中~ (4, 0.0%)

1 でしゃべり出したは, で下足, で傍, にもの

▼ そうして大川~ (4, 0.0%)

1 があせり, がその, にとって最も, に飛び込もう

▼ そうして女中~ (4, 0.0%)

1 が遁げ, と睨めっ, に手伝わせ, を使っ

▼ そうして如何なる~ (4, 0.0%)

1 反応と, 名家名手が, 場合においても, 心理において

▼ そうして如何に~ (4, 0.0%)

1 ゆるやかな, 日本が, 良いもの, 荒みがち

▼ そうして如何にも~ (4, 0.0%)

1 大事件, 感服した, 日本的な, 苦しい寂しい悲しい今にも

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 な啼声, な頭巾, にひがん, に鬱い

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 さえ出来た, や孫, 独楽の, 鯨を

▼ そうして子供たち~ (4, 0.0%)

1 が低い, とわかれ, と遊ぶ, を遊ばしとい

▼ そうして完全~ (4, 0.0%)

1 なマン, な密室, にすべて, に権力

▼ そうして宗助~ (4, 0.0%)

1 の傍, の持っ, の方, の顔

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 でもある, とわかれた, に来た, は端然

▼ そうして家庭~ (4, 0.0%)

1 としては欠くべからざる, とラボラトリー, のこと, や学校

▼ そうして屋根~ (4, 0.0%)

1 の上, の端, は二つ, は妻入式

▼ そうして工藝~ (4, 0.0%)

1 と美術, に対する機械, の世界, は実用

▼ そうして平生~ (4, 0.0%)

1 と何, のよう, の彼, の通り

▼ そうして幾多~ (4, 0.0%)

1 の優秀, の実例, の数学家, の新しい

▼ そうして往来~ (4, 0.0%)

1 のすき, の見える, へ出, をあるく

▼ そうして後者~ (4, 0.0%)

1 のほう, の価値, は老婆さん, をよし

▼ そうして徐々に~ (4, 0.0%)

1 堅実に, 孛藍色と, 改良を, 自分の

▼ そうして微笑~ (4, 0.0%)

1 えまれるの, した, して, する

▼ そうして戸棚~ (4, 0.0%)

1 のところ, の中, の出外れ, の扉

▼ そうして手紙~ (4, 0.0%)

1 のお, の消印, をやる, を見せ

▼ そうして~ (4, 0.0%)

2 の先 1 がいかにも, で

▼ そうして支那~ (4, 0.0%)

1 の書物, の現状, の知識人, は支那

▼ そうして故意~ (4, 0.0%)

1 と己, と快活, と道化, に反対

▼ そうして故郷~ (4, 0.0%)

1 のそれ, の母, へ呼びかえされる, を出

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 日本憲法は, 時代の, 玉の, 銭座の

▼ そうして新た~ (4, 0.0%)

1 な形, に作り直されるであろう, に来合わせた, に民族

▼ そうして日本人~ (4, 0.0%)

1 だけの感じうる, の名誉, の大, の生活

▼ そうして明るい~ (4, 0.0%)

1 光の, 家の, 意思が, 所へ

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 になる, の返っ, の驕り, まで休ませ

▼ そうして昨夜~ (4, 0.0%)

1 の夢, の柱, もお, も同じ

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 すら何, でもまた, のうち, の食事

▼ そうして時間~ (4, 0.0%)

1 に流れる, はすぐ, をつぶす, を潰し

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 の廊下, の瑞泉寺山, の空, の肩

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 の大木, の小, の木蔭, の間

▼ そうして格子~ (4, 0.0%)

1 をぴしゃり, を掴む, を開け, を開ける

▼ そうして殆ど~ (4, 0.0%)

1 丸裸体の, 佐瀬のみに, 凡ての, 自分独り決めに

▼ そうして残り~ (4, 0.0%)

1 の一日, の五十円, の布, の花

▼ そうして江戸~ (4, 0.0%)

1 の同志, の客, の方, へも持っ

▼ そうして油断~ (4, 0.0%)

1 しないよう, なくその, なくピストル, なく二人

▼ そうして深い~ (4, 0.0%)

1 微笑である, 意味を, 水の上を, 溜息を

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 手の平で, 腹の, 膝を, 頬を

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 がしきりに, が別に少し, や猫, 射復六

▼ そうして独り~ (4, 0.0%)

1 でつくねん, で居る, で暮し, で立っ

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 が軽く, の一家一族, の顔, を追い出し

▼ そうして現に~ (4, 0.0%)

1 その不自然, 今も, 日本の, 驚いて

▼ そうして生命~ (4, 0.0%)

1 なき美, のある, は, を亡

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 のため, を済ます, を聞き, を離れる

▼ そうして甲府~ (4, 0.0%)

1 の乱脈, の城下, の市中, の町

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 が黙っ, な笑って, をこと, 酔って

▼ そうして相当~ (4, 0.0%)

1 に節度, の年輩, の理由, 着実でも

▼ そうして真に~ (4, 0.0%)

1 一雄作である, 平和な, 生活する, 美しき世界

▼ そうして着物~ (4, 0.0%)

1 の血, をぬぐ, をほころばせ, を着かえる

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 っ張り懸賞, つ張り唯一人, 張りその, 張り聴衆

▼ そうして知らん顔~ (4, 0.0%)

3 をし 1 して

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 の国, の思し召し, はなんじ, を敬遠

▼ そうして程なく~ (4, 0.0%)

1 ある女学校, また第, 帰って, 或人

▼ そうして~ (4, 0.0%)

2 之助 1 という不可思議, の小さな

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 一ヵ月ほどの, 一年ばかり, 三四十時間も, 半年後の

▼ そうして結婚~ (4, 0.0%)

1 した後, して, するや, には花柳病

▼ そうして結局~ (4, 0.0%)

1 お秋, こんなこと, の大団円, はその

▼ そうして置く~ (4, 0.0%)

1 がよい, が好い, とやがて, 方が

▼ そうして翌朝~ (4, 0.0%)

1 になっ, を待っ, 出かけて, 行った時

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 が採, に口, を傾けた, を傾けました

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 が低い, が非常, に廻ろう, を閉めた

▼ そうして自由~ (4, 0.0%)

1 にある, にお, に息, に放恣

▼ そうして自身~ (4, 0.0%)

1 にそれ, は制服, もかぜ気味, も弱く

▼ そうして舞台~ (4, 0.0%)

2 でする 1 に於ける, を斜め

▼ そうして良雄~ (4, 0.0%)

1 の情熱, の甘い, の胸, は自然恥

▼ そうして苦笑~ (4, 0.0%)

1 した, してばかり, しながら, と哄笑

▼ そうして~ (4, 0.0%)

2 で舌 1 では哲学者, へ廻っ

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 あかい合歓, 明るい往来, 赤いその, 黒い懐中

▼ そうして諸君~ (4, 0.0%)

1 の前, の土地, の常識, はそんな

▼ そうして警察~ (4, 0.0%)

1 から縁切り, が五里霧中, では相手, の方

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 官, 郎の, 郎は, 郎様の

▼ そうして貴下~ (4, 0.0%)

1 が仏像, に差上げましょう, の御, の潔癖

▼ そうして貴様~ (4, 0.0%)

1 から暗示, が持っ, はどういう, はやっぱり

▼ そうして近所~ (4, 0.0%)

1 のカフェー, の女房, の牛込亭, へ触れ

▼ そうして遠い~ (4, 0.0%)

1 ロシアの, 国境の, 昔からの, 白樺の

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 のなか, の一所, の中, の夜

▼ そうして隣り~ (4, 0.0%)

1 の大吉, の部屋, の陶器師, 同士とは

▼ そうして離れ~ (4, 0.0%)

1 ていらっしゃる, て見れ, 小岩の, 岩の

▼ そうして電話~ (4, 0.0%)

1 がかかる, がきれました, に出た, を切ろう

▼ そうして~ (4, 0.0%)

1 が出る, の振動数, も電気, を聞き澄ました

▼ そうして駕籠~ (4, 0.0%)

1 が重く, が飛ん, の背後, を乗物

▼ そうして黙っ~ (4, 0.0%)

1 て女, て直治, て見せ, て長い

▼ そうしてあいつ~ (3, 0.0%)

1 が何, だとか, はいま鉄塔

▼ そうしてあそこ~ (3, 0.0%)

1 の遊園地, はどこ, へ着いたら

▼ そうしてあべこべ~ (3, 0.0%)

1 に佐々, に私, に舅

▼ そうしていちばん~ (3, 0.0%)

1 つよい子, 危ないもの, 肝心な

▼ そうしていっしょ~ (3, 0.0%)

1 に西洋, に食事, に高野登り

▼ そうしていつのまにか~ (3, 0.0%)

1 この二匹, また僕たち二人きり, 映画と

▼ そうしていまだに~ (3, 0.0%)

1 この妾, その行方, 我慢し

▼ そうしていや~ (3, 0.0%)

1 な気, にニヤニヤ, に卒直

▼ そうしていわゆる~ (3, 0.0%)

1 流転の, 温帯の, 詩歌と

▼ そうしておいで~ (3, 0.0%)

1 ては身体, なはるなあ, になる

▼ そうしておじいさん~ (3, 0.0%)

1 がもらっ, と幼児, はトウナス

▼ そうしておまえ~ (3, 0.0%)

1 がりっぱ, は世にも, は多年わたし

▼ そうしてお母様~ (3, 0.0%)

1 はおっしゃられる, は私達二人, を殺し

▼ そうしてお気~ (3, 0.0%)

1 が向いた, に入った, に向く

▼ そうしてお話~ (3, 0.0%)

1 の上手, をいたしました, を承りたい

▼ そうしてきょう~ (3, 0.0%)

1 と同じ, は器量一杯, まで姿

▼ そうしてこっそり~ (3, 0.0%)

1 ああそう, ご自分, 馬小屋の

▼ そうしてこのごろ~ (3, 0.0%)

1 の自分, はまた, は全く

▼ そうしてこの世~ (3, 0.0%)

1 で日, の終り, を終ろう

▼ そうしてさっき~ (3, 0.0%)

1 から自分, の電話, 聞こえて

▼ そうしてさっさと~ (3, 0.0%)

1 僕の, 廊下に, 私は

▼ そうしてしばしば~ (3, 0.0%)

1 乙姫様という, 病的な, 醜悪を

▼ そうしてすでに~ (3, 0.0%)

1 個人主義と, 呉軍の, 開かれて

▼ そうしてずっと~ (3, 0.0%)

1 其処に, 向うの, 奥の

▼ そうしてそこで~ (3, 0.0%)

1 お暮らし, イヨイヨの, 声を

▼ そうしてそっと~ (3, 0.0%)

1 お妃, 横目を, 私を

▼ そうしてその小さな~ (3, 0.0%)

1 深みの, 茂みが, 門を

▼ そうしてそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 の世代, の峰, の附添婦

▼ そうしてそれなり~ (3, 0.0%)

1 に地面, 寝ついて, 死んで

▼ そうしてたびたび~ (3, 0.0%)

1 あなたの, いって, 韻文に

▼ そうしてつくづく~ (3, 0.0%)

1 あなたを, この多く, 相手を

▼ そうしてなんとなく~ (3, 0.0%)

1 にこやかに, 夢を, 空虚と

▼ そうしてひそか~ (3, 0.0%)

1 にじゅんびをはじめたのでした, に云う, に吉井勇

▼ そうしてひたすら~ (3, 0.0%)

1 おびえ, に天下泰平, 縋り付いて

▼ そうしてほんの~ (3, 0.0%)

1 もう一歩, 暫らくふっとそう, 詰まらないいたずら

▼ そうしてぼく~ (3, 0.0%)

1 が入れかわった, の名, を見はっ

▼ そうしてまさに~ (3, 0.0%)

1 この点, その点, 日本の

▼ そうしてますます~ (3, 0.0%)

1 大きくなっ, 宮子を, 感心し

▼ そうしてまたもや~ (3, 0.0%)

1 お島, 横に, 無一物の

▼ そうしてみずから~ (3, 0.0%)

1 の力, は, 慰められて

▼ そうしてむしろ~ (3, 0.0%)

1 抽象的でした, 時雨を, 科学者に

▼ そうしてむやみ~ (3, 0.0%)

1 に広い, に急ぐ, に癇

▼ そうしてもちろん~ (3, 0.0%)

1 名医でも, 帽子も, 水路には

▼ そうしてもっとも~ (3, 0.0%)

1 らしい顔, 危険区域と, 顕著に

▼ そうしてもはや~ (3, 0.0%)

1 傍観的客観的見物的である, 自分に, 葬られてる私

▼ そうしてわが~ (3, 0.0%)

1 世を, 教団は, 日本の

▼ そうしてわたしたち~ (3, 0.0%)

1 がたまたま, はたぶん, は早く

▼ そうしてコップ~ (3, 0.0%)

1 の中, の円筒面, はない

▼ そうしてバルブレン~ (3, 0.0%)

1 がいくら, に目, のおっ

▼ そうしてヨーロッパ~ (3, 0.0%)

1 の国々, の戦地, の諸

▼ そうしてロオラ~ (3, 0.0%)

1 のあの, は主人, も追

▼ そうして一家~ (3, 0.0%)

1 が寝鎮まった, の生計, を動かし

▼ そうして一年~ (3, 0.0%)

1 なり二年, に一回大演習, 経ち別府

▼ そうして一種~ (3, 0.0%)

1 の宗教的気分, の遊戯, 云うべからざる心持

▼ そうして三つ~ (3, 0.0%)

1 の輪, ほど町, よりほか

▼ そうして三度~ (3, 0.0%)

1 となり, とも失敗, に一度

▼ そうして下根~ (3, 0.0%)

3 の凡夫

▼ そうして与八~ (3, 0.0%)

1 が若干, はさむ, は西

▼ そうして中学校~ (3, 0.0%)

1 から高等学校, にはいる, の参考書

▼ そうして久し振り~ (3, 0.0%)

1 で旦那さま, で酔いました, に舞台

▼ そうして九月~ (3, 0.0%)

1 にはすぐ, の末ごろ, もいつか二十日

▼ そうして事実彼~ (3, 0.0%)

1 にとって再度, はいろんな, は綾子

▼ そうして事情~ (3, 0.0%)

1 の許す, はすっかり, を聞い

▼ そうして事毎~ (3, 0.0%)

1 に, に拙者, に論争

▼ そうして二三度~ (3, 0.0%)

1 お逢いした, 強く頭, 軽く頷き

▼ そうして二階~ (3, 0.0%)

1 のいちばん手, の窓, へ連れ上げた

▼ そうして五月~ (3, 0.0%)

1 の太陽, の青い, もすむ

▼ そうして井伏さん~ (3, 0.0%)

1 かられい, にはとうとう, はその後

▼ そうして享楽~ (3, 0.0%)

1 して, しよう, しよう享楽

▼ そうして人数~ (3, 0.0%)

1 が出る, はやっぱり, も多かっ

▼ そうして今頃~ (3, 0.0%)

1 はどうして, は奥さん, までどこ

▼ そうして仔細~ (3, 0.0%)

1 にその, ぶれば, らしい文句

▼ そうして仲間~ (3, 0.0%)

1 と別れ, の一人, の狼

▼ そうして何もかも~ (3, 0.0%)

1 お話し, がわからなくなりました, 打ち壊して

▼ そうして何人~ (3, 0.0%)

1 にもできる, もその, よりも強い

▼ そうして何時の間にか~ (3, 0.0%)

1 全部を, 軽い眠, 離れ離れに

▼ そうして何者~ (3, 0.0%)

1 かに幽囚, がそんな, に殺された

▼ そうして作家~ (3, 0.0%)

1 が命, の作, の生活

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 とは一切合財, は思った, を行かせ

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の見た, よりも長命

▼ そうして充分~ (3, 0.0%)

1 に生き甲斐, に袋叩き, 延び切ってから

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 にも角, もする, も角

▼ そうして全然~ (3, 0.0%)

1 この力, 別の, 夜が

▼ そうして六月~ (3, 0.0%)

2 の末 1 に入る

▼ そうして兵部~ (3, 0.0%)

3 の娘

▼ そうして其奴~ (3, 0.0%)

1 が見付かりましたなら, に案内, の首

▼ そうして~ (3, 0.0%)

2 の舞台 1 どおし

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 ある声, を協, 無く笑っ

▼ そうして動い~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていろ

▼ そうして勝利~ (3, 0.0%)

1 が, の快感, の確信

▼ そうして勝手~ (3, 0.0%)

1 に出あるい, に帰し, に帰っ

▼ そうして勿論~ (3, 0.0%)

1 同情を, 支那からの, 生命を

▼ そうして千世子~ (3, 0.0%)

1 の前, は, は頭

▼ そうして半年~ (3, 0.0%)

1 の間二人, ばかり経過, ばかり過ごす

▼ そうして単純~ (3, 0.0%)

1 なほど, の中, は生命

▼ そうして友人~ (3, 0.0%)

1 に教えられた, のところ, の家

▼ そうして反対~ (3, 0.0%)

1 に, になった, に彼

▼ そうして叔父~ (3, 0.0%)

1 と声, にあたる皇太子, を探し

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 さえ弓なり, 圓翁の, 東京の

▼ そうして只今~ (3, 0.0%)

1 はどこ, は観世様, も取っ

▼ そうして台石~ (3, 0.0%)

1 から引きずり下ろされた, にはこう, の表面

▼ そうして各自~ (3, 0.0%)

1 に刀, の志, の部落

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 一物質の, 博士は, 大学からは

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 と眼, の下, はしかつめらしい

▼ そうして問題~ (3, 0.0%)

1 はなお, は只, をすぐ改めて

▼ そうして四方~ (3, 0.0%)

1 から火, へ石段, 取放しの

▼ そうして四辺~ (3, 0.0%)

1 には人影, に山, を見廻

▼ そうして国内~ (3, 0.0%)

1 でもまだ, には社会主義, を統一

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 に居つい, の中, を流し

▼ そうして土間~ (3, 0.0%)

1 に立っ, の割座, の片隅

▼ そうして地下室~ (3, 0.0%)

1 に泊っ, の古, へ這入っ

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 な偉く, にスベスベ, に思った

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 の夜, の暑い, も過ぎ

▼ そうして大河~ (3, 0.0%)

1 が驀地, の帆掛け舟, の音

▼ そうして大衆~ (3, 0.0%)

2 は自分 1 は多く

▼ そうして大野~ (3, 0.0%)

1 ともいわず, とも云わず, の潮湯治場

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 に限り, の一部屋, の方

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 が毎晩, にいま, を連れ出した

▼ そうして宿~ (3, 0.0%)

1 の丹前, へ帰っ, を出

▼ そうして小さく~ (3, 0.0%)

1 ても美しい, なって, なる

▼ そうして少く~ (3, 0.0%)

1 とも外見, とも明治以来男子, も現在

▼ そうして少なくとも~ (3, 0.0%)

1 二十匹の, 日本の, 自分は

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 じっと, その上, ぢつと

▼ そうして屋敷~ (3, 0.0%)

1 から引き上げた, でも建て, の人たち

▼ そうして島田~ (3, 0.0%)

1 が再び, に対するよりも一層, の事

▼ そうして帰り~ (3, 0.0%)

1 には又, に破廉恥, はいつ

▼ そうして幕府~ (3, 0.0%)

1 に恐れ入っ, や大名, を京都

▼ そうして幾日~ (3, 0.0%)

1 か匿われ, か経った, も幾日

▼ そうして庄三郎~ (3, 0.0%)

1 の四つ, の天幕, は孤児

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 にただならぬ, の方, 寒い

▼ そうして廊下~ (3, 0.0%)

1 では塾生, の左右, をおく

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 から上原さん, の仇, の襄成王

▼ そうして当分~ (3, 0.0%)

1 はこの, は隠れた, もがもがし

▼ そうして徐々~ (3, 0.0%)

1 とまた, と歩み寄る, と足

▼ そうして徐ろ~ (3, 0.0%)

1 に山, に春, に酔眼

▼ そうして従来~ (3, 0.0%)

1 とは全く, の官吏道徳, 見た火山

▼ そうして御飯~ (3, 0.0%)

2 を食べさせ 1 が透明

▼ そうして復讐~ (3, 0.0%)

1 をしたい, を終った, を計画

▼ そうして心配~ (3, 0.0%)

2 して 1 になっ

▼ そうして忘れ~ (3, 0.0%)

1 ている, てならない, ても並木通り

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 いりだしいつも, のため, を押す

▼ そうして忽ち~ (3, 0.0%)

1 その通り, の間, 動けなくなった

▼ そうして思い思い~ (3, 0.0%)

2 の方向 1 に花火

▼ そうして性質~ (3, 0.0%)

1 からいう, は明るく, は穏

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 と金, の敗北者, を拒絶

▼ そうして患者~ (3, 0.0%)

1 が無言, のため, は額

▼ そうして悪い~ (3, 0.0%)

1 ことは, わけは, 魚が

▼ そうして愈々~ (3, 0.0%)

1 に幸, 強直し, 彼が

▼ そうして意地~ (3, 0.0%)

1 の悪い, わるく秘し, を張り

▼ そうして意外~ (3, 0.0%)

1 にも和歌, にも突然, に疲労

▼ そうして意気揚々~ (3, 0.0%)

1 として松の木, とれい, と引上げ

▼ そうして意識~ (3, 0.0%)

1 せずに, の拘束, をさえ取り返したなら

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 から例, から綺麗, へ入れ

▼ そうして懸命~ (3, 0.0%)

1 に彼, の力, の憎悪

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 のかぎ穴, をあける, を締め

▼ そうして所々~ (3, 0.0%)

1 に家, に露出, の縁日

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 のノッブ, の把手, を開け

▼ そうして手早く~ (3, 0.0%)

2 からだを 1 杉の

▼ そうして手足~ (3, 0.0%)

2 から血 1 をぶるぶる

▼ そうして支那人~ (3, 0.0%)

1 が日本, に, の後

▼ そうして文学~ (3, 0.0%)

1 に於, はこういう, は日本

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 う男, う見た, んな

▼ そうして斯様~ (3, 0.0%)

1 な立場, に明朗化, に老年

▼ そうして~ (3, 0.0%)

2 をし 1 を続け

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 がちょうど, もない, も海

▼ そうして昼間~ (3, 0.0%)

1 のうち, の岐阜提灯, 見た特等一号室

▼ そうして時たま~ (3, 0.0%)

1 口を, 私に, 虎の尾を

▼ そうして時計~ (3, 0.0%)

1 の下, の音, を見た

▼ そうして景気~ (3, 0.0%)

1 というもの, よくまず, よく斬り込ん

▼ そうして書い~ (3, 0.0%)

1 ている, ては破り, てゆく

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 に竹, の幹, の蓋

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 から少し, をよむ, 居宣長翁は

▼ そうして本物~ (3, 0.0%)

1 と掏, の不良, は窃

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 で徐かに地, につく, は女

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 のよう, の一方, をぬける

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 のよう, の先, の突端

▼ そうして椅子~ (3, 0.0%)

1 にかけた, の排列通り, を立ち上がっ

▼ そうして極めて~ (3, 0.0%)

1 スペシァルな, 低い声, 幼稚な

▼ そうして機会~ (3, 0.0%)

1 は案外, を窺っ, を見

▼ そうして次第~ (3, 0.0%)

1 次第に早く, 次第に腕力, 次第に辻褄

▼ そうして次郎~ (3, 0.0%)

1 がそれ, と君枝, のあと

▼ そうして正直~ (3, 0.0%)

1 である限りだれ, にこういう, に答えた

▼ そうして此度~ (3, 0.0%)

1 の歌舞伎座, は其の, は泊った

▼ そうして殺伐~ (3, 0.0%)

2 で危険 1 になっ

▼ そうして母子~ (3, 0.0%)

1 して, の者, は程よい

▼ そうして毎日~ (3, 0.0%)

1 そのスープ, また漠然と, 出て

▼ そうして永い~ (3, 0.0%)

1 こと御霊所の, 日が, 間雪の

▼ そうして汽車~ (3, 0.0%)

1 で東海道, のこと, の感情

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 にしめした, の中, も水

▼ そうして満足~ (3, 0.0%)

1 して, し野方図, に生き

▼ そうして滝人~ (3, 0.0%)

1 の心, の手, はこれ

▼ そうして無数~ (3, 0.0%)

1 に皺, の人間, の囚人達

▼ そうして無理~ (3, 0.0%)

1 な注文, ににこにこ, にも一等国

▼ そうして物心~ (3, 0.0%)

1 が付い, ついてからの, つくと共に

▼ そうして王子~ (3, 0.0%)

1 がほか, のこと, は家来たち

▼ そうして甘い~ (3, 0.0%)

1 ところの, ものだ, 汁すっ

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 のまま, はトラ, も死

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 に罹った, の重い, を解し得ぬ

▼ そうして病人~ (3, 0.0%)

1 に斟酌, の介抱, は臨終

▼ そうして病気~ (3, 0.0%)

1 の方, も癒し, を口実

▼ そうして白骨~ (3, 0.0%)

1 から白川, にいる, のお湯

▼ そうして目的~ (3, 0.0%)

1 でなかった, のアパート, へ向かっ

▼ そうして直ちに~ (3, 0.0%)

1 これを, その悲しみ, 射術の

▼ そうして直治~ (3, 0.0%)

1 がたんとたんと, が東京, は無事

▼ そうして真暗~ (3, 0.0%)

1 な夜, な座敷, な部屋

▼ そうして知識~ (3, 0.0%)

1 が智慧, が自ら, よりもなお

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 かに云っ, かに曳い, かに話そう

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 からこっち, から唾液, のある

▼ そうして立ち~ (3, 0.0%)

1 ながら外国, ながら果物, 初めた

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 の穂先, をさし置い, を執っ

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 にふた, の中, の葢

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 で綴った, の性質, は鍵穴

▼ そうして紋也~ (3, 0.0%)

1 から応じた, に訊ねられた, の介抱

▼ そうして終い~ (3, 0.0%)

1 には口, には殺し, 迄読ん

▼ そうして終に~ (3, 0.0%)

1 死は, 私も, 紫色に

▼ そうして結果~ (3, 0.0%)

1 はあなた, はどう, は彼

▼ そうして綺麗~ (3, 0.0%)

1 な指, に刈り込んだ, に剥いた

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 儒者と, 先生の, 夫婦は

▼ そうして老人~ (3, 0.0%)

1 と美少年, の名, を囲繞

▼ そうして肉体~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, の温顔, 及び精神とも

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 が利いてる, が立っ, を組み直し

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 からその, からの, からを

▼ そうして船室~ (3, 0.0%)

1 に引, の天井, の灯

▼ そうして花嫁~ (3, 0.0%)

1 と折り重なり, へ手, を呼び迎える

▼ そうして芸術~ (3, 0.0%)

1 なの, に理解, は枯れ

▼ そうして苦い~ (3, 0.0%)

3 顔を

▼ そうして茂太郎~ (3, 0.0%)

1 が前後, が去っ, の口

▼ そうして荷物~ (3, 0.0%)

1 の受取, はラターク, を二つ

▼ そうして蒲団~ (3, 0.0%)

1 のまん中, の敷布, の温み

▼ そうして藩主~ (3, 0.0%)

1 のみならず, の代理, は常に

▼ そうして被害者~ (3, 0.0%)

1 と食事, の写真, を河

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 も脱がず, をつける, を裾短

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 が一二度, の隙, を明けれ

▼ そうして西~ (3, 0.0%)

1 に傾きかかった, の国, の方

▼ そうして見る~ (3, 0.0%)

1 からに外国製, ともなく, ともなし

▼ そうして読み~ (3, 0.0%)

1 ながらいつか午睡, ながらこんなに, ながら種々

▼ そうして読む~ (3, 0.0%)

1 ともなく, 方が, 時の

▼ そうして課長~ (3, 0.0%)

1 に向かい, の部下, は新田先生

▼ そうして諸国~ (3, 0.0%)

1 の貸元衆, をまわる, を巡った

▼ そうして貰いたい~ (3, 0.0%)

1 と思っ, ね重要, 尤もホテル

▼ そうして貴女~ (3, 0.0%)

1 のお, は江戸中, は男

▼ そうして趣味~ (3, 0.0%)

1 と教養, に夢中, の方面

▼ そうして足音~ (3, 0.0%)

1 が家, の響き工合, をしのばせ

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 に積ん, の中, の軋り

▼ そうして返事~ (3, 0.0%)

1 が来れ, さえしない, の声

▼ そうして連句~ (3, 0.0%)

1 というもの, に現われ, のこれから

▼ そうして運命~ (3, 0.0%)

1 がわざと, の一万数千日, の導く

▼ そうして道元~ (3, 0.0%)

1 の解, の説く, はそこ

▼ そうして道場~ (3, 0.0%)

1 の武者窓, の皆, を持っ

▼ そうして邪魔~ (3, 0.0%)

1 した男, もはいるだろう, をされまし

▼ そうして都会~ (3, 0.0%)

2 の子 1 にいた

▼ そうして釣竿~ (3, 0.0%)

1 で打たれる, を右, を火鉢

▼ そうして開いた~ (3, 0.0%)

2 口が 1 掌には

▼ そうして阿Q~ (3, 0.0%)

1 が手, は依然として, を伝える

▼ そうして陽気~ (3, 0.0%)

1 で賑やか, なジャズ, に暮す

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 だ事, な暗闇, にしてる

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 と顔, の色, は頭巾

▼ そうして頂けれ~ (3, 0.0%)

1 ば何より, ば助かります, ば好都合

▼ そうして頗る~ (3, 0.0%)

1 人使いが, 複雑な, 非良心的

▼ そうして食卓~ (3, 0.0%)

1 には少女, にむかっ, の上

▼ そうして駒井~ (3, 0.0%)

1 の後ろ, は夕方陣屋, は陣屋

▼ そうして驚き~ (3, 0.0%)

1 とを同時に, と疑, 怪しんで

▼ そうして高い~ (3, 0.0%)

1 山の, 所に, 本が

▼ そうして高木~ (3, 0.0%)

1 から二つ, という男, をその

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 から黄金, は島田, は月代

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 の名人, を打っ, を抱い込んだ

▼ そうして~ (3, 0.0%)

1 から下, の根, を高く

▼ そうしてあえて~ (2, 0.0%)

1 みずから疑っ, 叱ろうとも

▼ そうしてあくまでも~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 小説だけを

▼ そうしてあけ~ (2, 0.0%)

1 がたに, ておかない

▼ そうしてあした~ (2, 0.0%)

2 の晩

▼ そうしてあす~ (2, 0.0%)

1 から潔白, は鴉

▼ そうしてあちら~ (2, 0.0%)

1 でその, の日本海

▼ そうしてあなた方~ (2, 0.0%)

1 は失礼, は自分

▼ そうしてあの世~ (2, 0.0%)

1 で待っ, へ行っ

▼ そうしてあまり~ (2, 0.0%)

1 成効しなかった, 退屈させない

▼ そうしてあまりに~ (2, 0.0%)

1 正直に, 歴史的事実を

▼ そうしてあやめ~ (2, 0.0%)

1 という曲独楽使い, に逢いたい

▼ そうしてあるく~ (2, 0.0%)

1 ことも, 者が

▼ そうしてあんなに~ (2, 0.0%)

1 立派に, 親切な

▼ そうして~ (2, 0.0%)

2 らッし

▼ そうしていう~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことには

▼ そうしていかなる~ (2, 0.0%)

1 動きかたを, 意識の

▼ そうしていちばん上~ (2, 0.0%)

1 のさびしい, の妹

▼ そうしていっそ~ (2, 0.0%)

1 のこと, 二つの

▼ そうしていつごろ~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 帰って

▼ そうしていやいやながら~ (2, 0.0%)

2 顔だけ

▼ そうしていらいら~ (2, 0.0%)

1 して, しながら

▼ そうしてうっかり~ (2, 0.0%)

1 昨日会社でも, 買物の

▼ そうしてうとうと~ (2, 0.0%)

1 と眼, と酔いかけ

▼ そうしてうまく~ (2, 0.0%)

1 入学した, 祖父を

▼ そうしてうやうやしく~ (2, 0.0%)

1 直立不動の, 礼拝した

▼ そうしてうれし~ (2, 0.0%)

1 がらせを, そうに

▼ そうしておい~ (2, 0.0%)

1 でなされ, で遊ばす

▼ そうしておくれ~ (2, 0.0%)

1 な, よ

▼ そうしておくれなら~ (2, 0.0%)

1 どんなに私, わたしが

▼ そうしておし~ (2, 0.0%)

1 べはと見る, 縮められた肉体

▼ そうしておそらくは~ (2, 0.0%)

1 これが, その恋

▼ そうしておとなしく~ (2, 0.0%)

1 して, 彼女の

▼ そうしておのおの~ (2, 0.0%)

1 寝室を, 談論を

▼ そうしておまえさん~ (2, 0.0%)

1 は何処, は其後

▼ そうしておまけ~ (2, 0.0%)

1 にいう, に税金

▼ そうしておもしろい~ (2, 0.0%)

2 ことには

▼ そうしておよそ~ (2, 0.0%)

1 二時間を, 数里日本の

▼ そうしてお嬢様あなた~ (2, 0.0%)

1 のごらん, はこれから

▼ そうしてお玉~ (2, 0.0%)

1 が行け, もそこ

▼ そうしてお玉さん~ (2, 0.0%)

1 はこの, は此

▼ そうしてお話し~ (2, 0.0%)

1 のよう, を致しましょう

▼ そうしてからだじゅう~ (2, 0.0%)

1 がぞくぞく, がたがたふるえ

▼ そうしてかりに~ (2, 0.0%)

1 それらの, 人間として

▼ そうしてがんりき~ (2, 0.0%)

1 の胸倉, は南条

▼ そうしてきょう一日~ (2, 0.0%)

1 の活動, 聞きこみを

▼ そうしてきわめて~ (2, 0.0%)

1 明確に, 良心的な

▼ そうしてげた~ (2, 0.0%)

1 のあと, をひきずりひきずり

▼ そうしてここだ~ (2, 0.0%)

2 ここだ

▼ そうしてこと~ (2, 0.0%)

1 さらに余, はなはだしきに

▼ そうしてことに~ (2, 0.0%)

1 よったら先生, 私の

▼ そうしてこび~ (2, 0.0%)

1 とがまた, とは三

▼ そうしてこれからどう~ (2, 0.0%)

1 しょうかと, しようと

▼ そうしてこれ等~ (2, 0.0%)

1 のこと, は云う

▼ そうしてこんなにも~ (2, 0.0%)

1 多く手工, 開化した

▼ そうしてごく~ (2, 0.0%)

1 ひくい声, 少数の

▼ そうしてごろごろ~ (2, 0.0%)

1 して, 転がりながら

▼ そうしてさかん~ (2, 0.0%)

1 に与次郎, に引っ越し

▼ そうしてさまざま~ (2, 0.0%)

1 な物語, に新し

▼ そうしてしだいに~ (2, 0.0%)

1 白くなる, 私は

▼ そうしてしみじみ~ (2, 0.0%)

1 と山, 故郷が

▼ そうしてするする~ (2, 0.0%)

1 と二三寸, と屋根

▼ そうしてすんなり~ (2, 0.0%)

1 した長い, と御

▼ そうしてずんずん~ (2, 0.0%)

1 いくうち, 霧の

▼ そうしてせっせと~ (2, 0.0%)

1 働らか, 搓んで

▼ そうしてせめて~ (2, 0.0%)

1 はさびしい, 永久に

▼ そうしてそうして~ (2, 0.0%)

1 ええと, 自分の

▼ そうしてその或~ (2, 0.0%)

1 る点, 部分に

▼ そうしてその頃私~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, は犬

▼ そうしてそば~ (2, 0.0%)

1 にいた, に虔

▼ そうしてそれきり~ (2, 0.0%)

1 でゆるし, 又見えなくなっ

▼ そうしてそれほど~ (2, 0.0%)

1 世話に, 疑ぐる

▼ そうしてそれ等~ (2, 0.0%)

1 のすべて, の表現形式

▼ そうしてそんなに~ (2, 0.0%)

1 もほめ, も清

▼ そうしてたいへん~ (2, 0.0%)

1 たのしかった, 活溌な

▼ そうしてただ一人~ (2, 0.0%)

1 でか, の咽喉

▼ そうしてたちまち~ (2, 0.0%)

1 手を, 金に

▼ そうしてたとえ~ (2, 0.0%)

1 人間が, 十瓦の

▼ そうしてたとえば~ (2, 0.0%)

1 日本の, 真上を

▼ そうしてたま~ (2, 0.0%)

1 の多く, を

▼ そうしてたまたま~ (2, 0.0%)

1 この話, 彼の

▼ そうしてちちと~ (2, 0.0%)

2 鳴いた

▼ そうしてつぎ~ (2, 0.0%)

1 に, の日

▼ そうしてできた~ (2, 0.0%)

1 五七また, 綿の

▼ そうしてところどころ~ (2, 0.0%)

1 で悪口, をあけ

▼ そうしてとても~ (2, 0.0%)

1 秀才らしく見えた, 貧しい服装

▼ そうしてとどのつまり~ (2, 0.0%)

1 に来た, 短歌の

▼ そうしてとにかく~ (2, 0.0%)

1 会計方士官たちの, 幸福な

▼ そうしてどうせ~ (2, 0.0%)

1 作り話では, 再縁するなら

▼ そうしてどっちみち~ (2, 0.0%)

1 夜が, 淀屋の

▼ そうしてどれ~ (2, 0.0%)

1 ほど飲んだろう, も最近

▼ そうしてなにか~ (2, 0.0%)

1 の話, 小声で

▼ そうしてなるたけ~ (2, 0.0%)

1 世間の, 長く生き

▼ そうしてにやにや~ (2, 0.0%)

1 とまた, 笑い出した

▼ そうしてのほほん~ (2, 0.0%)

1 で字, 顔で

▼ そうしてはっきり~ (2, 0.0%)

1 とした, とすじ道

▼ そうしてひと晩~ (2, 0.0%)

1 のうち, は花菱

▼ そうしてひどい~ (2, 0.0%)

1 慾張りな, 泣き虫の

▼ そうしてひま~ (2, 0.0%)

1 があれ, さえあれ

▼ そうしてひょいと~ (2, 0.0%)

1 私と, 立って

▼ そうしてふい~ (2, 0.0%)

1 っと声, と切っ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 がらかに, の赤い

▼ そうしてほっと~ (2, 0.0%)

2 したよう

▼ そうしてほとんど同時に~ (2, 0.0%)

1 二人が, 挨拶を

▼ そうしてほどなく~ (2, 0.0%)

1 あのラジオ, 急いで

▼ そうしてまえ~ (2, 0.0%)

1 のもの, の晩

▼ そうしてまたも~ (2, 0.0%)

1 四日ばかりも, 気絶した

▼ そうしてまだまだ~ (2, 0.0%)

1 このあといくつ, このほか

▼ そうしてまったく~ (2, 0.0%)

1 その通り, 同感だ

▼ そうしてみごと~ (2, 0.0%)

1 に失敗, に自説

▼ そうしてみるみる~ (2, 0.0%)

1 うちに, からだ

▼ そうしてむろん~ (2, 0.0%)

2 司令部からも

▼ そうしてめでたく~ (2, 0.0%)

1 カテリーナ・リヴォーヴナの, 閉会を

▼ そうしてめんどう~ (2, 0.0%)

1 でもその, な積分的計算

▼ そうしてもっぱら~ (2, 0.0%)

1 睡眠の, 自分の

▼ そうしてやおら~ (2, 0.0%)

1 手に, 立ち上がった

▼ そうしてやがて全く~ (2, 0.0%)

1 御無沙汰という, 暗くなった

▼ そうしてややしばらく~ (2, 0.0%)

1 するうち, 痛い腫物

▼ そうしてゆくゆく~ (2, 0.0%)

2 の将来

▼ そうしてより~ (2, 0.0%)

1 以上に, 多く食いたい

▼ そうしてりっぱ~ (2, 0.0%)

1 なびろうどの, な儀式

▼ そうしてわけ~ (2, 0.0%)

1 のわからぬ, もなく

▼ そうしてわざわざ~ (2, 0.0%)

1 手紙を, 障子を

▼ そうしてイエス~ (2, 0.0%)

1 もこう, を抱擁

▼ そうしてイキナリ私~ (2, 0.0%)

1 の前, の胸

▼ そうしてイヤ~ (2, 0.0%)

1 なおばさん, にていねい

▼ そうしてイワン~ (2, 0.0%)

1 とナタアシャ, は少し

▼ そうしてエリーザ~ (2, 0.0%)

1 は両手, は香り

▼ そうしてギリシア~ (2, 0.0%)

1 の劇, の彫刻

▼ そうしてシヅ子~ (2, 0.0%)

1 が社, と

▼ そうしてジョン~ (2, 0.0%)

1 は鈴, を睨み付けた

▼ そうしてソレ以外~ (2, 0.0%)

1 にも以上, の何物

▼ そうしてソロソロ~ (2, 0.0%)

2 と歩き出した

▼ そうしてタッタ今~ (2, 0.0%)

1 その大, 生れて

▼ そうしてテーブル~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ そうしてトルストイ翁~ (2, 0.0%)

1 では男, のこれ

▼ そうしてドッ~ (2, 0.0%)

1 と先, と病床

▼ そうしてニッコリ~ (2, 0.0%)

1 とあざみ笑い, 笑って

▼ そうしてバラバラ~ (2, 0.0%)

1 と礫, と逃げ出した

▼ そうしてバーンス~ (2, 0.0%)

1 のこの, は更に

▼ そうしてブルジョア~ (2, 0.0%)

1 に接近, の子供

▼ そうしてベッド~ (2, 0.0%)

1 に近づき, の縁

▼ そうしてベンチ~ (2, 0.0%)

1 へどたりと崩れ, へ凭れ

▼ そうしてホテル~ (2, 0.0%)

1 のボーイ, の前

▼ そうしてボーイ~ (2, 0.0%)

1 が持っ, を呼ん

▼ そうしてマユミ~ (2, 0.0%)

1 がタッタ一人, を中心

▼ そうしてモンゴリヤ人~ (2, 0.0%)

1 の多数, は勉強

▼ そうしてルリ~ (2, 0.0%)

1 の裸, をなぐりつけ

▼ そうしてロシア~ (2, 0.0%)

1 になら, の大

▼ そうしてワザ~ (2, 0.0%)

1 とこだわる, と遠廻り

▼ そうして一つ処~ (2, 0.0%)

1 にい, に翼

▼ そうして一人一人~ (2, 0.0%)

1 に授けられた, の人間

▼ そうして一夜~ (2, 0.0%)

1 ふいと, を女

▼ そうして一定~ (2, 0.0%)

1 の場所, の意図

▼ そうして一寸~ (2, 0.0%)

1 さわったり, 窮屈そうに

▼ そうして一心に~ (2, 0.0%)

1 吾輩の, 眼の

▼ そうして一撃~ (2, 0.0%)

1 に所知, の下

▼ そうして一斉~ (2, 0.0%)

1 に弓, に水禽

▼ そうして一日一日~ (2, 0.0%)

1 でも親, と膨らん

▼ そうして一時間~ (2, 0.0%)

1 でも永く, ほども先生

▼ そうして一枚~ (2, 0.0%)

1 に一句, の硝子戸

▼ そうして一歩~ (2, 0.0%)

1 を進めた, 退って

▼ そうして一点~ (2, 0.0%)

1 にとどまった, をよく

▼ そうして一生~ (2, 0.0%)

1 の中, を台無し

▼ そうして一通り~ (2, 0.0%)

1 きき終って, の身の上話

▼ そうして一里~ (2, 0.0%)

1 ばかりごく, ばかりも隔

▼ そうして丁度~ (2, 0.0%)

1 いい加減, その次に

▼ そうして~ (2, 0.0%)

2 に一つ

▼ そうして万一~ (2, 0.0%)

1 おれが, 森本から

▼ そうして万事~ (2, 0.0%)

1 に意地, をそれから

▼ そうして三四郎~ (2, 0.0%)

1 の方, の頭

▼ そうして三年~ (2, 0.0%)

1 の年月, の間

▼ そうして三度目~ (2, 0.0%)

1 の質問, は

▼ そうして三日~ (2, 0.0%)

1 たったらきっと, の後

▼ そうして上げ~ (2, 0.0%)

1 て貴方, て頂戴

▼ そうして上京~ (2, 0.0%)

1 して, を致しました

▼ そうして上手~ (2, 0.0%)

1 なん, に嘘

▼ そうして上方~ (2, 0.0%)

1 へ立とう, へ行く

▼ そうして上眼~ (2, 0.0%)

1 づかいに, を使っ

▼ そうして下された~ (2, 0.0%)

1 のだ, 判決は

▼ そうして下女~ (2, 0.0%)

1 が来る, に茶

▼ そうして下宿~ (2, 0.0%)

1 へ帰る, を出る

▼ そうして下界~ (2, 0.0%)

1 の人, の真人間

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 必要で, 本意ながら

▼ そうして不二男さん~ (2, 0.0%)

1 が爺, と妻

▼ そうして世の常~ (2, 0.0%)

1 の女, の文明

▼ そうして世人~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を啓発

▼ そうして世界中~ (2, 0.0%)

1 で本当, の人類

▼ そうして両脚~ (2, 0.0%)

1 を上, を狹

▼ そうして両親~ (2, 0.0%)

1 と差し向い, の大

▼ そうして両足~ (2, 0.0%)

1 を伸し, を押えられた

▼ そうして中味~ (2, 0.0%)

1 が変っ, の不完全

▼ そうして中央~ (2, 0.0%)

1 の入り口, の平坦部

▼ そうして中途~ (2, 0.0%)

1 でたおれた, で帰っ

▼ そうして主として~ (2, 0.0%)

1 フランス語と, 金銭の

▼ そうして久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に下駄, に見れ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 なら天井, れは

▼ そうして乞食~ (2, 0.0%)

1 のよう, や旅人

▼ そうして乱暴~ (2, 0.0%)

1 な無作法, にわたし

▼ そうして事実~ (2, 0.0%)

1 は無論, は足

▼ そうして二三日~ (2, 0.0%)

1 帰らなかった, 経って

▼ そうして二三歩~ (2, 0.0%)

1 も大股, 歩いてから

▼ そうして二十年~ (2, 0.0%)

1 もいっしょ, も昔

▼ そうして二年~ (2, 0.0%)

1 の月日, 程這入っ

▼ そうして二度目~ (2, 0.0%)

1 にはひらり, に行く

▼ そうして二日~ (2, 0.0%)

1 がたった, 経って

▼ そうして二時間~ (2, 0.0%)

1 ばかり煮たら, ほどの後

▼ そうして云い~ (2, 0.0%)

1 わけを, 難そう

▼ そうして五人~ (2, 0.0%)

1 の悪漢, の生存者

▼ そうして五年~ (2, 0.0%)

1 が経ち, も十年

▼ そうして五郎蔵~ (2, 0.0%)

1 が来栖勘兵衛, の手

▼ そうして井戸~ (2, 0.0%)

1 の一方, を掘る

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 とも云う, と遊び

▼ そうして亜米利加~ (2, 0.0%)

1 の船長, の若い

▼ そうして京助~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の直感力

▼ そうして人びと~ (2, 0.0%)

1 はまた, は自分

▼ そうして人格~ (2, 0.0%)

1 が高い, というもの

▼ そうして人類文化~ (2, 0.0%)

1 の進歩, を日に日に

▼ そうして今お~ (2, 0.0%)

1 八重にとって, 菊は

▼ そうして今ここ~ (2, 0.0%)

1 に一人ぼっち, に彼

▼ そうして今しがた~ (2, 0.0%)

1 その人, 訪ねて

▼ そうして今日美~ (2, 0.0%)

2 が痛ましく

▼ そうして今私~ (2, 0.0%)

1 が見た, と春一

▼ そうして今自分~ (2, 0.0%)

1 だけひとり二度と, の女房

▼ そうして介抱~ (2, 0.0%)

2 して

▼ そうして仏像~ (2, 0.0%)

1 の側, をきざん

▼ そうして他日~ (2, 0.0%)

1 その匂い, また同じ

▼ そうして以上~ (2, 0.0%)

1 のわれ, の説明

▼ そうして仮り~ (2, 0.0%)

1 にあなた, に大きに

▼ そうして仮面~ (2, 0.0%)

1 が血, の城主

▼ そうして仲よく~ (2, 0.0%)

1 なったの, 抱き合って

▼ そうして伝統~ (2, 0.0%)

1 への帰依, への忠順

▼ そうして伯母~ (2, 0.0%)

1 は問題, を起こし

▼ そうして伯父~ (2, 0.0%)

1 と自分, は当時

▼ そうして位置~ (2, 0.0%)

1 と名誉, の関係

▼ そうして何やら~ (2, 0.0%)

1 作者の, 幸蔵主は

▼ そうして何より~ (2, 0.0%)

1 気味の, 面白いこと

▼ そうして何故~ (2, 0.0%)

1 にただ, に飛田林覚兵衛

▼ そうして余分~ (2, 0.0%)

1 に儲ける, に子

▼ そうして作者~ (2, 0.0%)

1 がこの, は前編

▼ そうして依然として~ (2, 0.0%)

1 できるよう, 寸断の

▼ そうして便所~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, へはいろう

▼ そうして信仰~ (2, 0.0%)

1 というもの, を疑った

▼ そうして信州~ (2, 0.0%)

1 から尾州, のひと

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に揺られ, を命じ

▼ そうして俯向~ (2, 0.0%)

1 いて, せに

▼ そうして俳諧~ (2, 0.0%)

1 となる, の華実

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の行方不明さ, の課長さん

▼ そうして個人~ (2, 0.0%)

1 が欠く, について個性

▼ そうして個人作家~ (2, 0.0%)

1 の名, はこれ

▼ そうして個性~ (2, 0.0%)

1 に立つ, は主任

▼ そうして傍ら~ (2, 0.0%)

1 にあった, の伝二郎

▼ そうして僕たち~ (2, 0.0%)

1 が悦び, はその

▼ そうして元気~ (2, 0.0%)

1 がなくなった, よく笑い声

▼ そうして先刻~ (2, 0.0%)

1 まで何本, まで自分

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 さえお, の速度

▼ そうして全国~ (2, 0.0%)

1 の人民, の小学児童

▼ そうして共に~ (2, 0.0%)

1 怪我を, 第二高等学校

▼ そうして冷却~ (2, 0.0%)

1 した放射性物質, するという

▼ そうして出た~ (2, 0.0%)

1 ついでに, 自分だ

▼ そうして出世~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ そうして出来あがった~ (2, 0.0%)

1 のが, 店の

▼ そうして出来上った~ (2, 0.0%)

1 品物は, 時鮮しい

▼ そうして分相応~ (2, 0.0%)

1 にたのしみ, の地歩

▼ そうして刑事~ (2, 0.0%)

1 になった, の佐々

▼ そうして初め~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は彼ら

▼ そうして別段~ (2, 0.0%)

1 ハミ出された, 勉強も

▼ そうして刹那~ (2, 0.0%)

1 に一切, に二人

▼ そうして刺戟~ (2, 0.0%)

1 が俗悪, を求める

▼ そうして刻々~ (2, 0.0%)

1 と血, 無我無性の

▼ そうして前者~ (2, 0.0%)

1 の場合, は個人的

▼ そうして力いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に堀部君, 相手を

▼ そうして加藤清正~ (2, 0.0%)

1 の唯一真正, の正しい

▼ そうして動かない~ (2, 0.0%)

1 確かな, 証拠を

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 や山岡, をゆずった

▼ そうして十一日~ (2, 0.0%)

1 のあいだここ, の会合

▼ そうして十一月~ (2, 0.0%)

2 の初め

▼ そうして十二時~ (2, 0.0%)

1 が鳴り出したら, の休み

▼ そうして十日~ (2, 0.0%)

1 と経たない, ほどたて

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 之丞, 切れるよう

▼ そうして千三~ (2, 0.0%)

1 にキャッチボール, の顔

▼ そうして千二少年~ (2, 0.0%)

1 が先, とがいかめしい

▼ そうして千代子~ (2, 0.0%)

1 に対する己惚, の眼

▼ そうして半ば独り言~ (2, 0.0%)

1 のよう, の様

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の人たち, へくだる

▼ そうして単なる~ (2, 0.0%)

1 冷かな, 文献考証だけ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 で黒い, を沢山

▼ そうして厚い~ (2, 0.0%)

1 札束と共に, 洋書の

▼ そうして厳しく~ (2, 0.0%)

1 しつけられた形, 警戒した

▼ そうして取り~ (2, 0.0%)

1 はずれの, 次の

▼ そうして取りあえず~ (2, 0.0%)

1 主人に, 関井さんの

▼ そうして古人~ (2, 0.0%)

1 の作, の心

▼ そうして古風~ (2, 0.0%)

1 な芝居言葉, な門

▼ そうして台所~ (2, 0.0%)

1 へ立った, を公開

▼ そうして名工~ (2, 0.0%)

1 としての栄誉, の作

▼ そうして向こう~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, を屹

▼ そうして吾が~ (2, 0.0%)

1 想像に, 日本民族は

▼ そうして周囲~ (2, 0.0%)

1 には彫刻, の光景

▼ そうして和算~ (2, 0.0%)

1 の方法術理, は学

▼ そうして和算家~ (2, 0.0%)

1 の中, は種々

▼ そうして品格~ (2, 0.0%)

1 もあった, も卑しく

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 早くしろ, 驚いて

▼ そうして善く~ (2, 0.0%)

1 兄さんを, 怒る

▼ そうして喧嘩~ (2, 0.0%)

1 したい奴, をし

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 から出た, 云うの

▼ そうして嘲弄~ (2, 0.0%)

2 を受け

▼ そうして四つ~ (2, 0.0%)

1 のその, の敵国

▼ そうして四十~ (2, 0.0%)

1 を越し, を越せ

▼ そうして四囲~ (2, 0.0%)

1 の山, を見廻した

▼ そうして四季~ (2, 0.0%)

1 の推移, の風物

▼ そうして四年~ (2, 0.0%)

1 たってから, のいつ

▼ そうして図書館~ (2, 0.0%)

1 にはいった, に帰った

▼ そうして固く~ (2, 0.0%)

1 握り詰めた左手, 眼を

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に落ち, の細孔

▼ そうして地上~ (2, 0.0%)

1 に躍る, へ跪座

▼ そうして地下~ (2, 0.0%)

1 から聞え, の営み

▼ そうして地面~ (2, 0.0%)

1 につもる, の真中

▼ そうして垂井~ (2, 0.0%)

1 のお, へ帰った

▼ そうして報酬~ (2, 0.0%)

1 とまるで, を取っ

▼ そうして場合~ (2, 0.0%)

1 によっては死ぬ, に応じ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のよう, の上

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の傍, の姿

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 をよこさなけれ, を含ませた

▼ そうして変化~ (2, 0.0%)

1 が乏しい, を求める

▼ そうして外人~ (2, 0.0%)

1 の嗜好, を追いはらわん

▼ そうして外国~ (2, 0.0%)

1 にいる, のゴルフ場

▼ そうして外記~ (2, 0.0%)

1 から綾衣, にむかっ

▼ そうして多四郎~ (2, 0.0%)

1 とであった, との子

▼ そうして多年~ (2, 0.0%)

1 の友人, の経験

▼ そうして夜具~ (2, 0.0%)

1 の中, をのべ

▼ そうして大きい~ (2, 0.0%)

2 声で

▼ そうして大事~ (2, 0.0%)

1 の一点, を畢了

▼ そうして大層~ (2, 0.0%)

2 立派に

▼ そうして大抵~ (2, 0.0%)

1 は老人, 毎日買っ

▼ そうして大概~ (2, 0.0%)

1 きまって尻, の見当

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 から落ち, の潮路

▼ そうして天国~ (2, 0.0%)

2 は彼ら

▼ そうして夫婦~ (2, 0.0%)

1 としての二人, のあいだ

▼ そうして失望~ (2, 0.0%)

1 すると, せねば

▼ そうして奇妙~ (2, 0.0%)

1 な心持, な決心

▼ そうして奇怪~ (2, 0.0%)

1 な光景, な妖怪舞踊

▼ そうして契沖~ (2, 0.0%)

1 が研究, の研究

▼ そうして女子~ (2, 0.0%)

1 の涙, よりも迅速

▼ そうして女王~ (2, 0.0%)

1 に害, に無礼

▼ そうして女王様~ (2, 0.0%)

1 のひとり言, の嬉し

▼ そうして好い~ (2, 0.0%)

1 かほか, 頃を

▼ そうして如何~ (2, 0.0%)

1 して, にこの世

▼ そうして妾達~ (2, 0.0%)

1 はどの, を嘲笑

▼ そうして始めて~ (2, 0.0%)

1 いわゆる活弁, つぶれ家

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 と娘, に言いつけ

▼ そうして婆さん~ (2, 0.0%)

1 の理由, の部屋

▼ そうして婦人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の寝室

▼ そうして子規居士~ (2, 0.0%)

1 との音信, はと見る

▼ そうして子規氏~ (2, 0.0%)

1 はかよう, は何

▼ そうして学問~ (2, 0.0%)

1 の資料, よりも信心

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に垂, を運ばれ

▼ そうして宝石~ (2, 0.0%)

1 の塊, は首尾

▼ そうして室内~ (2, 0.0%)

1 に何, へ入る

▼ そうして家康~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ そうして容易~ (2, 0.0%)

1 ならぬ顔付き, にまね

▼ そうして容貌~ (2, 0.0%)

1 の醜, を妖艶

▼ そうして宿屋~ (2, 0.0%)

1 から借りた, を出る

▼ そうして寝た~ (2, 0.0%)

1 きりで, というすこぶる

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の栄枯盛衰, は神

▼ そうして対座~ (2, 0.0%)

2 して

▼ そうして対象~ (2, 0.0%)

1 は紋兵衛, を金

▼ そうして小僧~ (2, 0.0%)

1 はついに何ら, もいる

▼ そうして小声~ (2, 0.0%)

1 で森ちゃん, で熊蔵

▼ そうして小太郎~ (2, 0.0%)

1 が下, の両親

▼ そうして小次郎~ (2, 0.0%)

1 が帰りましたなら, には自分

▼ そうして少女~ (2, 0.0%)

1 の呼吸, の顔

▼ そうして尚も~ (2, 0.0%)

1 不思議に, 私は

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に対して丁寧, の死体

▼ そうして居れ~ (2, 0.0%)

1 ばなんにも, ば佐古

▼ そうして山骨~ (2, 0.0%)

1 は露出, へぶつかった

▼ そうして岡田~ (2, 0.0%)

1 の通っ, の顔

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が二つ, の岬

▼ そうして岩村県令~ (2, 0.0%)

1 に対してもさほど, の下

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の一夜, や島々

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 から十四五間, には長い

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の下, の縁

▼ そうして巡査~ (2, 0.0%)

1 が何, と押し合う

▼ そうして巨大~ (2, 0.0%)

1 な檜丸太, な行者

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が栄耀, を見ろ

▼ そうして市民~ (2, 0.0%)

1 が慰安, と同じ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に従って欣, 直一門滅亡

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 につく, を博士

▼ そうして帰っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て呉れ給え

▼ そうして帽子~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を脱ぐ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が開い, が降りる

▼ そうして幡江~ (2, 0.0%)

1 に映った, の心

▼ そうして平凡~ (2, 0.0%)

1 な東京, の世界

▼ そうして平和~ (2, 0.0%)

1 な周囲, な美し

▼ そうして平岡~ (2, 0.0%)

1 と一所, はちらりちらりと何故

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 にも数々, に一度

▼ そうして幸内~ (2, 0.0%)

1 の傍, の手首

▼ そうして幾ら~ (2, 0.0%)

1 ぐらいまでの金, もない

▼ そうして広東~ (2, 0.0%)

2 の三水県

▼ そうして座間~ (2, 0.0%)

1 が放った, は黒人

▼ そうして庭園~ (2, 0.0%)

1 のよう, はついに

▼ そうして建具屋~ (2, 0.0%)

2 のおじいさん

▼ そうして弁信~ (2, 0.0%)

1 がおもむろに, のよう

▼ そうして弱い~ (2, 0.0%)

1 人たちを, 火へ

▼ そうして強いて~ (2, 0.0%)

1 落ちついた態度, 落ち付いた声

▼ そうして強度~ (2, 0.0%)

1 な放射性物質, の乱視

▼ そうして当座~ (2, 0.0%)

1 の中, の仕事

▼ そうして形相~ (2, 0.0%)

1 が異なる, の上

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が当てられ, を取上げられまする

▼ そうして役人~ (2, 0.0%)

1 に反抗, は公私

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 兼ねた私達, 構えて

▼ そうして待つ~ (2, 0.0%)

1 ていた, 間思出す

▼ そうして後ろ~ (2, 0.0%)

1 には山形雄偉, は何千丈

▼ そうして後世~ (2, 0.0%)

1 の人, の人々

▼ そうして徒ら~ (2, 0.0%)

1 にその, に組織

▼ そうして必死~ (2, 0.0%)

1 にやっ, の覚悟

▼ そうして~ (2, 0.0%)

2 るべからざる二十四日

▼ そうして怒り~ (2, 0.0%)

1 と恨み, を吐き出し

▼ そうして思い出す~ (2, 0.0%)

1 とその後, 時には

▼ そうして急激~ (2, 0.0%)

1 な勢, に色

▼ そうして恋人~ (2, 0.0%)

1 お妙, を欺く

▼ そうして恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 危い, 貧乏し

▼ そうして恰も~ (2, 0.0%)

1 嘲るが, 空っぽに

▼ そうして悉く~ (2, 0.0%)

1 単独らしく思われた, 跡形も

▼ そうして悠々~ (2, 0.0%)

1 と引上げ, と波間

▼ そうして悪く~ (2, 0.0%)

1 なって, 落着きすまし

▼ そうして悪魔~ (2, 0.0%)

1 から受ける, の

▼ そうして悲し~ (2, 0.0%)

1 げに, そうな

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 忍な, 酷な

▼ そうして想像~ (2, 0.0%)

1 に描く, は一転

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 よ二人きり, 平岡と

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のため, は

▼ そうして慌て~ (2, 0.0%)

1 て扉, て走り

▼ そうして慰め~ (2, 0.0%)

1 てやる, の愛

▼ そうして憎い~ (2, 0.0%)

1 多四郎へ, 相手の

▼ そうして懺悔~ (2, 0.0%)

1 しましたなら罪, の生活

▼ そうして成功~ (2, 0.0%)

1 して, しよう

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 れと, を富ます

▼ そうして戸口~ (2, 0.0%)

1 の方, までぐんぐん

▼ そうして手ざわり~ (2, 0.0%)

1 がしなやか, のいい

▼ そうして手工~ (2, 0.0%)

1 から機械, が追放

▼ そうして手当~ (2, 0.0%)

1 した者, として年金百円

▼ そうして手術~ (2, 0.0%)

1 は行われよう, をし

▼ そうして折角~ (2, 0.0%)

1 その相手, 穏やかに

▼ そうして拙者~ (2, 0.0%)

1 がここ, に友造君

▼ そうして持っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て戻った

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 で以, に落ちた

▼ そうして探偵小説~ (2, 0.0%)

1 は大衆文芸, を高級

▼ そうして攘夷~ (2, 0.0%)

1 の仮面, の時日

▼ そうして支那間~ (2, 0.0%)

1 のお, の寝

▼ そうして政吉~ (2, 0.0%)

1 の冤罪, は昨夜どこ

▼ そうして政府~ (2, 0.0%)

1 とその, に何千万円

▼ そうして政治~ (2, 0.0%)

1 の実際, は力

▼ そうして故人~ (2, 0.0%)

1 の家, の追憶

▼ そうして救い~ (2, 0.0%)

1 を必要, を求むる

▼ そうして教授~ (2, 0.0%)

1 の唯一, の娘

▼ そうして数学~ (2, 0.0%)

1 にも通じた, をヴァン・ショーテン

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が第, の二本腕

▼ そうして文字~ (2, 0.0%)

1 が書かれ, なき真理

▼ そうして文鳥~ (2, 0.0%)

1 が鳴かない, をこの

▼ そうして新しく~ (2, 0.0%)

1 唐新, 駕籠を

▼ そうして新田先生~ (2, 0.0%)

1 に一人, のそば

▼ そうして旅宿~ (2, 0.0%)

1 に残され, へ帰った

▼ そうして旅行~ (2, 0.0%)

1 して, する前

▼ そうして既に~ (2, 0.0%)

1 汚れたもの, 詩人と

▼ そうして日常~ (2, 0.0%)

1 つつしみ深く, の生活

▼ そうして日記~ (2, 0.0%)

1 に書いた, の白い

▼ そうして旦那~ (2, 0.0%)

1 あの御, の処

▼ そうして旦那様~ (2, 0.0%)

1 は何処, は知行所

▼ そうして旧来~ (2, 0.0%)

1 の平面, の自然科学的文化

▼ そうして旧知~ (2, 0.0%)

1 の人, の村上家

▼ そうして旨く~ (2, 0.0%)

1 往けば, 見込に

▼ そうして早速~ (2, 0.0%)

1 ウイスキイの, 家の

▼ そうして明らか~ (2, 0.0%)

1 な仏眼, な教育

▼ そうして明智探偵~ (2, 0.0%)

1 と話し, のあと

▼ そうして明治以後~ (2, 0.0%)

1 になっ, にはすべて

▼ そうして映画~ (2, 0.0%)

1 によってのみ現, の驚異

▼ そうして昨晩~ (2, 0.0%)

1 つかまらなかったの, はどこ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 になれ, にもっと

▼ そうして晴れ~ (2, 0.0%)

1 の流鏑馬, ばれしいと

▼ そうして最もよく~ (2, 0.0%)

1 きく頼み方, 話を

▼ そうして最早~ (2, 0.0%)

1 この問題, スッカリ原始生活に

▼ そうして最近~ (2, 0.0%)

1 に及ん, は母

▼ そうして月日~ (2, 0.0%)

1 が九鬼, が立った

▼ そうして朝晩~ (2, 0.0%)

1 にこうして, に一度

▼ そうして木下~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の娘さん, の弟

▼ そうして末起~ (2, 0.0%)

1 は病む, は郊外

▼ そうして本当~ (2, 0.0%)

1 の伊丹屋, の腰弁

▼ そうして本気~ (2, 0.0%)

1 でまじめ, で真面目

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の善良, の連中

▼ そうして東巖子~ (2, 0.0%)

1 とが小鳥, の頭

▼ そうして松本~ (2, 0.0%)

1 のそういう, をめざし

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 から転がり落ちた, の重なり合った

▼ そうして枯草~ (2, 0.0%)

1 の間, を薙ぎ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 には彫刻, に合わない

▼ そうして柚湯~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の木, の木の下

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 を突き倒し, を連れ

▼ そうして校長先生~ (2, 0.0%)

1 が私, はしばらく

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 よく探し, 掘り葉

▼ そうして案外~ (2, 0.0%)

1 にも同種, に寄付

▼ そうして植込~ (2, 0.0%)

1 から泉水, の茂み

▼ そうして検事~ (2, 0.0%)

1 の問, は悪夢

▼ そうして構え~ (2, 0.0%)

1 ている, 上げた人間

▼ そうして様子~ (2, 0.0%)

1 をうかがっ, を探っ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に倒れ, の暗がり

▼ そうして横文字~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ そうして機嫌~ (2, 0.0%)

1 の好い, を直そう

▼ そうして機敏~ (2, 0.0%)

1 でありました, にやった

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 で梳く, を落し

▼ そうして正当~ (2, 0.0%)

1 な, な心

▼ そうして此家~ (2, 0.0%)

1 に著い, へ何

▼ そうして歩き~ (2, 0.0%)

1 ながら彼, にくく思われる

▼ そうして歩く~ (2, 0.0%)

1 かたとえ遂に, にも何

▼ そうして死骸~ (2, 0.0%)

1 のだんだん, は

▼ そうして段々~ (2, 0.0%)

1 こんがらかって, と山本

▼ そうして殿様~ (2, 0.0%)

1 はお, はこれから

▼ そうして毎夜毎夜~ (2, 0.0%)

1 そのよう, その独特

▼ そうして毎日朝~ (2, 0.0%)

1 から晩, だけ来

▼ そうして気の毒~ (2, 0.0%)

1 で済まなくっ, なもの

▼ そうして気狂~ (2, 0.0%)

1 になっ, のよう

▼ そうして永遠~ (2, 0.0%)

1 にケチ, に御身近く

▼ そうして決して~ (2, 0.0%)

1 いらぬこと, 人を

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 には高麗丸, の方

▼ そうして法律~ (2, 0.0%)

1 で許され, と命令

▼ そうして泣く~ (2, 0.0%)

1 がいい, ひろ子を

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 でよごれた, を流す

▼ そうして津田~ (2, 0.0%)

1 が自分, の愛

▼ そうして活用~ (2, 0.0%)

1 の例, もしました

▼ そうして浅草~ (2, 0.0%)

1 の方, の盛り場

▼ そうして消え~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまった

▼ そうして深く~ (2, 0.0%)

1 考へなければ, 見える

▼ そうして清三~ (2, 0.0%)

1 が蹲っ, は

▼ そうして温室~ (2, 0.0%)

1 では冬, の飾方

▼ そうして湖水~ (2, 0.0%)

1 の名, の近く

▼ そうして湯上がり~ (2, 0.0%)

1 の肌, の薄

▼ そうして湯屋~ (2, 0.0%)

1 の留桶, の近所

▼ そうして源女~ (2, 0.0%)

1 であった, と福島

▼ そうして溜息~ (2, 0.0%)

2 を吐いた

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 とそれ, との事

▼ そうして漸く~ (2, 0.0%)

1 午後の, 跪拝い

▼ そうして濡れた~ (2, 0.0%)

1 所は, 跡が

▼ そうして火星~ (2, 0.0%)

1 のボート, をりっぱ

▼ そうして炬燵~ (2, 0.0%)

1 の中, の形式

▼ そうして烈しく~ (2, 0.0%)

1 咽び泣いた, 手を

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 はその, は海

▼ そうして無学~ (2, 0.0%)

1 とか凡庸, な画工

▼ そうして無心~ (2, 0.0%)

1 にこの, の驢馬

▼ そうして無意識~ (2, 0.0%)

1 に天井, のよう

▼ そうして無断~ (2, 0.0%)

1 に仙台家, に来る

▼ そうして無茶先生~ (2, 0.0%)

1 と一所, に

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 も昇らず, を輪

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 そうな, を出さず

▼ そうして熱い~ (2, 0.0%)

1 お茶を, 涙で

▼ そうして燈火~ (2, 0.0%)

1 も何, も外

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に拾われ困った, やが庭

▼ そうして牛乳~ (2, 0.0%)

1 に入れる, やいわゆる

▼ そうして物質~ (2, 0.0%)

1 を救う, を離れ

▼ そうして特別~ (2, 0.0%)

1 に横顔, に自分

▼ そうして猪口~ (2, 0.0%)

1 へつごう, を下

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は西林院

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 でも, のよう

▼ そうして獲物~ (2, 0.0%)

1 は頭上, をねらう

▼ そうして王女~ (2, 0.0%)

1 がまた, が窓

▼ そうして王宮~ (2, 0.0%)

1 からは, にお伴

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 らしい品物, らしくも

▼ そうして現われた~ (2, 0.0%)

1 この一団, ところの

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が非, もなく

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のかけら, のよう

▼ そうして生きよう~ (2, 0.0%)

1 とする, と努力

▼ そうして生れ~ (2, 0.0%)

1 て初めて本当にこんなに思うさま, て始め

▼ そうして生れた~ (2, 0.0%)

1 孫が, 新しい恋愛

▼ そうして生年月日~ (2, 0.0%)

1 は全く, を書いた

▼ そうして生徒たち~ (2, 0.0%)

1 がその, にもの

▼ そうして生物~ (2, 0.0%)

1 の世界, を圧迫

▼ そうして男性~ (2, 0.0%)

1 に対する貴女, の貞操

▼ そうして男鹿~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の天然

▼ そうして番小屋~ (2, 0.0%)

1 の日南, の炉

▼ そうして異国~ (2, 0.0%)

1 じみて, の土地

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 といわず, へころがった

▼ そうして疲れ~ (2, 0.0%)

1 ておられる, て戻っ

▼ そうして痩せた~ (2, 0.0%)

1 片手を, 牛であった

▼ そうして登り~ (2, 0.0%)

1 が楽, よりも降り

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 ばっくれて, もやはり

▼ そうして白娘子~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ そうして白眼~ (2, 0.0%)

1 で見, は血

▼ そうして白雲~ (2, 0.0%)

1 の心, は駒井

▼ そうして百年後~ (2, 0.0%)

1 の今日只今, の日本

▼ そうして皮膚~ (2, 0.0%)

1 の青白い, はたるみ

▼ そうして目玉~ (2, 0.0%)

1 が大きく, をむい

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 また扉, 崖下の

▼ そうして相変わらず~ (2, 0.0%)

1 二銭団洲で, 短いしっぽ

▼ そうして看護婦~ (2, 0.0%)

1 が持っ, を押しのける

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 なるもの, 暗闇の

▼ そうして真っ直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に三浦, に前方

▼ そうして真面目~ (2, 0.0%)

1 で無邪気, に芝居

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 ている, 京後間もなく

▼ そうして短く~ (2, 0.0%)

1 ても一週間, 枕ぐらいの

▼ そうして確実~ (2, 0.0%)

1 な結果, の希望

▼ そうして社会~ (2, 0.0%)

1 からは徳義上, の状態

▼ そうして社会人~ (2, 0.0%)

1 として必要, の認識

▼ そうして祖父~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, は一方

▼ そうして神信心~ (2, 0.0%)

1 という言葉, を怠っ

▼ そうして私益~ (2, 0.0%)

2 への情熱

▼ そうして私自身~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の中

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の心

▼ そうして科学~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の中

▼ そうして秩序~ (2, 0.0%)

1 のよい, の世界

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 ともする, 疲れたよう

▼ そうして空虚~ (2, 0.0%)

1 とであった, なもの

▼ そうして空間~ (2, 0.0%)

1 の何物, を平面

▼ そうして立った~ (2, 0.0%)

1 まましんぼうづよく, ままで

▼ そうして笑う~ (2, 0.0%)

1 の余裕, 時は

▼ そうして笑っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ そうして笠井さん~ (2, 0.0%)

1 は旅, は自分

▼ そうして籐椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰かけ, に靠れ

▼ そうして精神~ (2, 0.0%)

1 だ, の領域

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 は空解け, を解くであろう

▼ そうして素早く~ (2, 0.0%)

1 擦れ違おうと, 身仕度を

▼ そうして細かい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 雨と

▼ そうして細君~ (2, 0.0%)

1 の肺炎, の顔

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 には彼, ひに

▼ そうして結論~ (2, 0.0%)

1 は, は同じ

▼ そうして絶望~ (2, 0.0%)

1 の悲哀, を怖

▼ そうして絶滅~ (2, 0.0%)

1 させること, の日

▼ そうして続い~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て倒れる

▼ そうして緩く~ (2, 0.0%)

1 り御, り晩食

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のところ, の結ばれた

▼ そうして縁側~ (2, 0.0%)

1 におろされた, の小松

▼ そうして置いた~ (2, 0.0%)

1 って, ままに

▼ そうして美し~ (2, 0.0%)

1 さと, さの

▼ そうして群衆~ (2, 0.0%)

1 は白河戸郷, は足

▼ そうして考えれ~ (2, 0.0%)

1 ば考えられない, ば考える

▼ そうして聞く~ (2, 0.0%)

1 に堪えない, は一時

▼ そうして育っ~ (2, 0.0%)

1 てみた, て来た

▼ そうして背中~ (2, 0.0%)

1 には何物, の斑

▼ そうして胎内~ (2, 0.0%)

2 に一つ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に穴, は焼け落ちた

▼ そうして脳髄~ (2, 0.0%)

1 に関する一切, はその

▼ そうして自分ひとり~ (2, 0.0%)

1 で頭, の懊悩

▼ そうして自分ら~ (2, 0.0%)

1 の安全, の身体

▼ そうして自分等~ (2, 0.0%)

1 がたとえ, の都合

▼ そうして自動車~ (2, 0.0%)

1 に脅かされ, の中

▼ そうして自殺~ (2, 0.0%)

1 した後, を果した

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の中, は湖面

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 お師匠様, 夫婦を

▼ そうして若し~ (2, 0.0%)

1 それが, 嘔吐か

▼ そうして若殿~ (2, 0.0%)

1 の手前, はどこ

▼ そうして苦労~ (2, 0.0%)

1 しながら, するの

▼ そうして苦労人~ (2, 0.0%)

1 の二人, の神尾様

▼ そうして英語~ (2, 0.0%)

1 などで人, の力

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を淹

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, を取り

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が咲い, の花

▼ そうして萩野~ (2, 0.0%)

1 であった, へ眼

▼ そうして落ちつい~ (2, 0.0%)

1 ていた, て本

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 がコジ, のとられた

▼ そうして薄汚い~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 身なりの

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の利き, をのまし

▼ そうして薬屋~ (2, 0.0%)

1 の戸, の者

▼ そうして藍丸王~ (2, 0.0%)

1 が軽く, と抱き合っ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

2 の這う

▼ そうして蝋燭~ (2, 0.0%)

1 に火, の光

▼ そうして蟻田博士~ (2, 0.0%)

1 が来た, はその

▼ そうして行手~ (2, 0.0%)

1 にある, は石垣

▼ そうして行為~ (2, 0.0%)

1 と思考, の善悪

▼ そうして行燈~ (2, 0.0%)

1 のあかり, の向こう側

▼ そうして街路~ (2, 0.0%)

1 にまた, を歩いた

▼ そうして衣食~ (2, 0.0%)

1 のため, を作っ

▼ そうして袈裟~ (2, 0.0%)

1 などを拵え, を掛け

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の中, はどこ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 作虐的な, 居るあなた

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 には, にも横

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 じゃいられません, になっ

▼ そうして裸体~ (2, 0.0%)

1 であるにも, になっ

▼ そうして見つめ~ (2, 0.0%)

1 ている, 合つた

▼ そうして見事~ (2, 0.0%)

1 な望遠鏡, に記録

▼ そうして見出した~ (2, 0.0%)

1 はこの, 仏躯も

▼ そうして見物~ (2, 0.0%)

1 ができれ, もやはり

▼ そうして覚悟~ (2, 0.0%)

1 の自殺, をきめる

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 となる, をさんざん

▼ そうして親切~ (2, 0.0%)

1 です, に二人

▼ そうして親方~ (2, 0.0%)

1 の指さす, の首尾

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 をこしらえた, を並べた

▼ そうして解決~ (2, 0.0%)

1 されて, を付ける

▼ そうして記録~ (2, 0.0%)

1 なしに, の天然

▼ そうして許宣~ (2, 0.0%)

2 は夢

▼ そうして訶和郎~ (2, 0.0%)

1 の二つ, の馬

▼ そうして話し込ん~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ そうして詳細~ (2, 0.0%)

1 な考察, の地図

▼ そうして諭吉~ (2, 0.0%)

1 がかんがえ, にたいしては役人

▼ そうして諸方~ (2, 0.0%)

1 から来る, の国々

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 はその, を取り巻い

▼ そうして財産~ (2, 0.0%)

1 の隠匿場所, はどれ

▼ そうして貧乏~ (2, 0.0%)

1 の家, より生ずる

▼ そうして貰えれ~ (2, 0.0%)

1 ば僕, ば私

▼ そうして貰おう~ (2, 0.0%)

1 か, かね

▼ そうして貴方~ (2, 0.0%)

1 の御, をかばっ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 は主人, を叱った

▼ そうして身動き~ (2, 0.0%)

1 もできない, も出来ない

▼ そうして身震い~ (2, 0.0%)

1 したため, の出る

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 っている, 瞬の

▼ そうして軽部~ (2, 0.0%)

1 に殴られ, は小宮町

▼ そうして辛うじて~ (2, 0.0%)

1 生活し, 生活した

▼ そうして近く~ (2, 0.0%)

1 から仰ぐ, の古着屋

▼ そうして運動~ (2, 0.0%)

1 のエネルギー, の消失

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 ぐる夜衣笠山まで, ぐる日その

▼ そうして過度~ (2, 0.0%)

1 の刺激, の感覚

▼ そうして郷介~ (2, 0.0%)

1 の姿, の実父

▼ そうして酔い~ (2, 0.0%)

1 の勢い, の醒める

▼ そうして酷く~ (2, 0.0%)

1 年寄である, 憐れっぽかっ

▼ そうして醜い~ (2, 0.0%)

1 のも, みつくちであった

▼ そうして金庫~ (2, 0.0%)

1 にもその他, の鍵

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に出, を垂れ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 と御幣, の音

▼ そうして~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のよう, のケース

▼ そうして鋭い~ (2, 0.0%)

1 爪で, 虫の

▼ そうして長羅~ (2, 0.0%)

1 を先駆, を戴く

▼ そうして長蔵さん~ (2, 0.0%)

1 から坑夫, と談話

▼ そうして~ (2, 0.0%)

2 も無く

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 に帰ったなら, の鐘

▼ そうして随分~ (2, 0.0%)

1 と厄介, 立派じゃ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 をうかがっ, を見

▼ そうして隠し~ (2, 0.0%)

1 ている, て置く

▼ そうして雑草~ (2, 0.0%)

1 が靡き出した, を踏みしだい

▼ そうして雑誌~ (2, 0.0%)

1 か何, を読ん

▼ そうして雨滴~ (2, 0.0%)

1 の下, の音

▼ そうして電車通り~ (2, 0.0%)

1 の向う側, を半

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が立ち, のなか

▼ そうして青い~ (2, 0.0%)

1 火を, 紗の

▼ そうして青年~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の手

▼ そうして面白~ (2, 0.0%)

1 そうな, そうに

▼ そうして面白い~ (2, 0.0%)

1 ものである, 話でも

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 からそこ, の中

▼ そうして音楽~ (2, 0.0%)

1 の場合, を奏し

▼ そうして頂け~ (2, 0.0%)

1 ばわたし, ば難

▼ そうして頂上~ (2, 0.0%)

1 の峠, の弥勒菩薩

▼ そうして頂戴~ (2, 0.0%)

1 すこし寒い, よ

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 はどう, は戦闘的

▼ そうして願わくは~ (2, 0.0%)

1 善良な, 御前に

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 のふく, のよう

▼ そうして風呂場~ (2, 0.0%)

1 と平行, へ顔

▼ そうして食う~ (2, 0.0%)

1 ことに, ものか

▼ そうして食物~ (2, 0.0%)

1 の安全, も衣服

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 が好き, の上

▼ そうして養父~ (2, 0.0%)

1 と一緒, や養母

▼ そうして馬場~ (2, 0.0%)

1 のひとりごと, の砂地

▼ そうして驚い~ (2, 0.0%)

1 て何, て振り返った

▼ そうして高く~ (2, 0.0%)

1 蔽うて, 頭上へ

▼ そうして高価~ (2, 0.0%)

1 な和服, な米

▼ そうして髪長彦~ (2, 0.0%)

1 がまた, の油断

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の群, を自分

▼ そうして~ (2, 0.0%)

1 の畑, をこい

▼ そうして黄色い~ (2, 0.0%)

1 声や, 声を

▼ そうして鼻血~ (2, 0.0%)

1 が止まらなくなっ, をポタポタ

▼ そうして龍安寺~ (2, 0.0%)

2 の石庭

▼1* [5171件]

そうしてあかあかとその, そうしてあからさまに云う, そうしてあかチャンの姉チャン, そうしてあか児を覗き込もう, そうしてあきらめをつけさせろ, そうしてあきれたように, そうしてあくる朝に, そうしてあくる日兄さんは僕, そうしてあくる日女中が灰, そうしてあした人をつけ, そうしてあたし達を突きのけ, そうしてあたり前の百姓, そうしてあたり近所を見廻す, そうしてあちこちとくぐり歩い, そうしてあちらこちらと部屋中, そうしてあっと思う間もなく, そうしてあっという間に千二の, そうしてあっぱれ自然の暴威, そうしてあてのない, そうしてあなたがたの秘密, そうしてあなた平手様にはさらにさらにもっともっと, そうしてあまいぬこまいぬ, そうしてあらしのやむ, そうしてあら玉の春, そうしてあわた, そうしてあわただしく身体を, そうしてあわてて否定, そうしてあわてふためき空中に, そうしてあんまりつまらないから, そうしてあーでもない, そうしていい加減に江戸じゅう, そうしていかな正直者の, そうしていきせき切って, そうしていくつかの火, そうしていざ生命が, そうしていじめられている, そうしていぜんとして一糸, そうしていそがしくそれを, そうしていたずらとしても無下, そうしていただけたら一番いい, そうしていただけりゃ私らの, そうしていちいち私に, そうしていちばんあとから見え, そうしていちばん先に帆, そうしていちばん最後まで榾柮, そうしていちめんに黒い, そうしていち夜があけました, そうしていつかしら私は, そうしていつかどこかでごちそう, そうしていつか一度は, そうしていつか矢来の老, そうしていつか私達の眼界, そうしていつぞや兄の, そうしていつの間にかもう寐入っ, そうしていなよ然うし, そうしていま夕日を受け, そうしていま女は親戚, そうしていま宿へ帰っ, そうしていま年号が変る, そうしていま彼女のいる, そうしていま手許に残っ, そうしていま曲者が入った, そうしていま煙もみえず, そうしていま眼の前, そうしていま社会主義の世の中, そうしていま私のぼんやり, そうしていま馬で盛ん, そうしていやおうなしに泣き泣きおおかみ, そうしていやに黒いね, そうしていろいろ人のいる, そうしていわないでもよい, そうしてうけつつ忍ん, そうしてうごいている, そうしてうしろ向きで膳, そうしてうす目を, そうしてうす暗い夜の, そうしてうずらやこまどり, そうしてうそで固めた, そうしてうたた寝をし, そうしてうた子さんを見る, そうしてうちの親たち, そうしてうちみのしずか, そうしてうっすらと弘仁ぶり, そうしてうつむいたまま通り越し, そうしてうまそうに, そうしてうらやましそうに, そうしてうるおいがなく, そうしてうるさく兄に, そうしてうろうろ歩きまわって, そうしてうろたえている, そうしてうんと云った, そうしてうんと腕を, そうしてへへと実に, そうしておいおいとその, そうしておいらがなぐられ, そうしておえたが彼, そうしておおきなさいまし, そうしておかしいことには, そうしておかしくなった, そうしておかなければ僕, そうしておかぬと気持, そうしておかみさんに何, そうしておこりは一つ, そうしておしえていう, そうしておじさんの教え, そうしておじさんお嬢さんはあたし, そうしておすま親子に対する, そうしておずおずと下, そうしておそらくすぐに令妹律子さん, そうしておちついた邸に, そうしておちゃっぴいが揃っ, そうしておでん屋の前, そうしておとうさんからもずいぶんいろいろ, そうしておとといの午, そうしておどかすような, そうしておなじように, そうしておのおの思い思いに高飛び, そうしておのおの炎のよう, そうしておばあさんは大抵, そうしておぼえたものは, そうしておぼろげながら一つ, そうしておめかしをすれ, そうしておもにおでんやの, そうしておやじさんのひいき, そうしておやすみになります, そうしておりに, そうしておりあるごとに, そうしておれ達にたのめ, そうしてお上さんはこんな, そうしてお世話をなさいました, そうしてお互い相抱き慰, そうしてお仙やお, そうしてお出でになる, そうしてお前さんたちせっかくつかまえた, そうしてお前咽喉を突いた, そうしてお前様の要求, そうしてお喋りを続けました, そうしてお嬢さん方のお, そうしてお客のお, そうしてお家へ, そうしてお巡りさんの目, そうしてお待ちなさい, そうしてお昼すこし過ぎ, そうしてお松さんも郁坊, そうしてお爺さんその色敵, そうしてお祈りをしました, そうしてお腹の皮下, そうしてお茶やお菓子, そうしてお許しを受けます, そうしてお辞儀をする, そうしてお隣のお方, そうしてお雪ちゃんあなたはなん, そうしてような, そうしてかあさん春さんは呼ん, そうしてかいでみた, そうしてかえりにはしん, そうしてかかり合いにする, そうしてかくしのキャラメル, そうしてかく飛び飛びにいくつ, そうしてかすかな叫び声, そうしてかたい手を, そうしてかたく筆を, そうしてかたわらにおい, そうしてかっぽれが, そうしてかなしそうな, そうしてかなしい気持でばっかり, そうしてかなり上まで無理, そうしてかぶっている, そうしてかよわい身にも, そうしてからしばらく法水, そうしてからすの鳴く, そうしてからだをめちゃめちゃ, そうしてからりと晴れた, そうしてかろうじて意識の, そうしてかわいくてたまらぬ, そうしてかわいそうであります, そうしてかんじこよりに, そうしてかんじんな鷲, そうしてがつがつ生命を, そうしてがまんして, そうしてがやがや労働し, そうしてきのう私にむかっ, そうしてきまった所へ, そうしてきみをつかまえる, そうしてきりきりと歯, そうしてきれいに洗い上げた, そうしてきわめてわずかなうねり方, そうしてぎくんと飛び上がった, そうしてくずれた穴を, そうしてくたびれたら岩小屋へ, そうしてくだされたら私どもは, そうしてくどいようだ, そうしてくにの父, そうしてくびれて死ぬる, そうしてくやしくてみんな編輯長室, そうしてくるりと横, そうしてくろや, そうしてぐずぐずして, そうしてぐったり米友の, そうしてぐっと炉辺に, そうしてッと, そうしてけさは又, そうしてけさの井の頭公園のあ, そうしてこいつは生意気, そうしてこうした論理や, そうしてこうして坐って, そうしてこうクルクルと捲い, そうしてこう小ぢんまり片づいて, そうしてこき下されたものが, そうしてここらの芸妓, そうしてこころもちあちらを向い, そうしてここ一帯は, そうしてここ数時間の中, そうしてこそこそ蒲団を, そうしてこたつのそば, そうしてこちら様にだって嫉, そうしてことさらに兄, そうしてこのいわゆる作金者は, そうしてこのごろそれを尊く, そうしてこの同じソファに, そうしてこの大きな工場を, そうしてこの間毎間毎を忍びやか, そうしてこれから何とか方針を, そうしてこれぞ世にいう血の池, そうしてこれら二つの謎, そうしてごはん一杯ぶんの慈善, そうしてごまかすのだった, そうしてごらんなさいましよ, そうしてごらんわたしこんな髪, そうしてご飯をたべ, そうしてご馳走するか, そうしてさあ来いと, そうしてさかしげに, そうしてさきほどの女, そうしてささやかな一包み, そうしてさしもの田村将軍, そうしてさすがの御, そうしてさだめの地点, そうしてさだ子の部屋, そうしてさっき課長になげつけた, そうしてさっそくうたいだしましたが, そうしてさて改まって, そうしてさながら彼の, そうしてさほど太くも, そうしてさめて四周, そうしてさやさやと衣裳, そうしてさらにこういいたせあくまで, そうしてさらにさらに大きなかげ, そうしてさらにまたある一団, そうしてさらに一層まれに, そうしてさらに次にきたるべき時代, そうしてさるぐつわをはめられた, そうしてさわぐことが, そうしてさんざん動した, そうしてさんざんあくびをしたあとのさっぱりした気持ちも大いに, そうしてかばねに, そうしてしいていやな, そうしてしおれかかった花を, そうしてしかけのない, そうしてしかたなく玄関, そうしてしかるべき人に, そうしてしがみついていなけれ, そうしてしきりと渇望, そうしてしくしく泣いて, そうしてしくじってはそれ, そうしてしつこく自分自身の, そうしてしとやかに身, そうしてしなやかな身体, そうしてしばらくそのまま私は, そうしてしまいにとうとうヘクトーを, そうしてしまったと云い, そうしてしめておい, そうしてしめやかな沈黙, そうしてしゅんでくる, そうしてしょんぼり雨の, そうしてしらずしらずのうち, そうしてしらべてみます, そうしてしらべたところに, そうしてしんとした, そうしてしん吉の泊まっ, そうしてじいさんの洋服, そうしてじいっとして, そうしてじきにね, そうしてじっさいつまらなそう, そうしてじつに普通人の, そうしてじりじりと怪塔王, そうしてじろじろ人の, そうしてすえ子の家, そうしてすきを見, そうしてすくなくともこれには, そうしてすこぶる長い毛, そうしてすすめられるままに, そうしてすたすたと歩き出し, そうしてすっと歩き出した, そうしてすでによく知られて, そうしてすばしこく火星人を, そうしてすべてこれらの混乱, そうしてすべて偉大なるもの, そうしてすんで行きます, そうしてずいぶん遠く下流, そうしてずうっと胸, そうしてずるずると斜面, そうしてせがれの顔, そうしてせっぱつまって死ぬ, そうしてぜんぶの投票, そうしてそいつらは海峡, そうしてそいつ達がおれ, そうしてそういった言葉つきの, そうしてそこはかとなく四辺を, そうしてそこらに有, そうしてそこらあたりの島, そうしてそちらで自分, そうしてそのあくる朝師匠の, そうしてそのうちきわめてわずかな者, そうしてそのままふたたびなきだした, そうしてその同じ微分子が, そうしてその子その孫, そうしてその後あなたはその, そうしてその後三十余年の間, そうしてその後二三回の電車, そうしてその後二十年あまりはほとんど, そうしてその後公が四十三年, そうしてその後小康を得, そうしてその恐るべき明察の, そうしてその道の丹青家, そうしてその間じゅう心の底, そうしてその間絶ず例, そうしてその頃或る, そうしてその頃はやりの突如, そうしてそやつは忍術, そうしてそりゃどこから, そうしてそりゃあどこにある, そうしてそれから又十分ばかりの, そうしてそれきり消息を絶った, そうしてそれきり私の左, そうしてそれぞれ失礼のない, そうしてそれぞれ情報を持ち寄り, そうしてそれぞれ有志たちから受ける, そうしてそれで今更取ってつけたよう, そうしてそれでいて同時にまた, そうしてそれどころか私は, そうしてそれにこんな批評, そうしてそれら無数の鳥ども, そうしてそれ以上の何もの, そうしてそれ以来宗室丸は暫く, そうしてそれ以来独りでいる, そうしてそれ以来私には宗吾郎, そうしてたいは伯母さん, そうしてたいまつを照らし, そうしてたがいに打ち解けた, そうしてたくさん飲んでも, そうしてたくみに長, そうしてたこの足, そうしてたしかにそうであると, そうしてたずねあぐんだ末が, そうしてたそがれにいたる, そうしてたたきとお, そうしてただいまその井伏さん, そうしてただ一人杖をつき, そうしてただ口で言う, そうしてたっぷりおのろけを, そうしてたった今の先, そうしてたっぷり五分間ほども, そうしてたとい少しでも立ち聴き, そうしてたのしくくらしました, そうしてたのまれた仕事を, そうしてたぶん釈迦が, そうしてたべ方を, そうしてたまらない可笑味, そうしてたまらなくおなつかしい, そうしてたれもそこで, そうして屯田兵士の, そうしてだから青年は, そうしてだだっぴろいこの秘密室, そうしてだんだんに少しずつ小さい, そうしてようだい, そうしてちかちかと薄い, そうしてちっとばかり聞かし, そうしてちょいと其処, そうしてちょいちょい往って, そうしてちょうさんの罪, そうしてちょこちょことどこ, そうしてついぞ見た事, そうしてついと立って, そうしてつえをつい, そうしてつかつかと傍, そうしてつかまりそうで, そうしてつくねんとして, そうしてつつがなく一年二年を, そうしてつつましく膝を, そうしてつとめて自分, そうしてつねに科学者の, そうしてつぶさなくてもいい, そうしてつぼみの頭, そうしてつまらない問題と, そうしてつまり病人が, そうしてつめたいから風, そうしてつれなく治療し, そうしてくれるわなあ, そうしてできればその, そうしてでき得るなら再びそれ, そうしてみちゃ, そうしてとある扉を, そうしてときにはこの星雲, そうしてところと人, そうしてとっくに消えて, そうしてとっ組合っている, そうしてとつおいつ考えて, そうしてとにかくかなり長い間私, そうしてとびこむよろしいです, そうしてとぼとぼ引き返した, そうしてともすると私の, そうしてとりあえずそれを, そうしてとりあえずパラパラと繰っ, そうしてとんとんと机, そうしてどうしても三回必ず, そうしてどうやらこうやら無事, そうしてどことなく細君の, そうしてどす黒い瓦の, そうしてどちらへおいで, そうしてどっちが逃げる, そうしてどてらに呼ばれれ, そうしてどのみち新撰組を, そうしてどんどん太って, そうしてどんなに好きで, そうしてその百万両, そうしてなあ良助さん, そうしてなおもしきりに望遠鏡の, そうしてなかから顔, そうしてなかば静養を口実, そうしてなかよくして, そうしてなかんずく鉄が, そうしてながながと寝そべっ, そうしてなくなり忘れられたことを, そうしてなじみになった, そうしてなすべき事を, そうしてなだめるように, そうしてなにやらもそもそと語り合っ, そうしてなめらかな泥汁, そうしてなるべく度々休んで, そうしてなをその上, そうしてなんとも物を, そうしてなんにも言わなかった, そうしてなんらの音, そうしてなん十年かなん百年, そうしてにげるわにげる, そうしてにわかに恐ろしくなった, そうしてねえさんから心配, そうしてねずみが騒い, そうしてねずみ色のドルス, そうしてねむりながらわたし, そうしてねられなかった長い間千世子, そうしてんの, そうしてのがれようも, そうしてのこらずのお寺, そうしてのぼせ切って東西南北, そうしてはあ河童, そうしてはあはあと息, そうしてはいまいとつとめた, そうしてはおとよさ, そうしてはかまを高く, そうしてはき物の大き, そうしてはじめはある, そうしてはじめ光子の童心, そうしてはたして大池の, そうしてはち切れそうな, そうしてはてこれは, そうしてはね起きて手さぐり, そうしてはやよろめきながら, そうしてはるかの棒, そうしてばかにする, そうしてばらの花, そうしてぱっちりした眼, そうしてぱッと目, そうしてひきつったような, そうしてひさしぶりに快く, そうしてひたむきに走っ, そうしてひとすじの光, そうしてひとたびかかる文字, そうしてひとつの文章, そうしてひとつ花をつむ, そうしてひとところに群がっ, そうしてひとまず帰って, そうしてひとりでにできたこの, そうしてひとり誇りを高く, そうしてひと月ほどはすんだ, そうしてひと言ふた言, そうしてひどくひっそりとした, そうしてひょっくり読みあてたの, そうしてひょろひょろと足元, そうしてひらひらと女房, そうしてひれ伏したまままだ, そうしてひろい田んぼ道に, そうしてびっこを引きながら歩い, そうしてぴたりと大地, そうしてぴちゃりぴちゃりとさざなみが汀, そうしてふうと長い, そうしてふくらはぎに馬, そうしてふくれた頬っ, そうしてふしぎにただ, そうしてふしぎそうにあたり, そうしてふた口目には, そうしてふたつの眼, そうしてふだんから信仰, そうしてふっと私は, そうしてふらふらと倒れ, そうしてふり仮名つけたの, そうしてふるえる手先で, そうしてふわふわして, そうしてぶってやりたい, そうしてぶつかった勢いで, そうしてぶつぶつ何か, そうしてぶるぶると震え出し, そうしてぷかりぷかりと夜長を吹かす, そうしてぷかりぷかり煙草ばかりふかし, そうしてぷりぷり怒りながら, そうしてこ帯を, そうしてへやのまんなか, そうしてぺちゃんと座って, そうしてほうほうの, そうしてほうほうの体, そうしてほとんどすっかり胸の, そうしてほどなく見た, そうしてほのかな燈火, そうしてほんとに死んだかも, そうしてぼく達のグルウプ, そうしてぽろぽろ涙を, そうしてぼろしの, そうしてまあいい加減ごまかしを, そうしてまあせっかく東京から, そうしてまかり間違えば果ては, そうしてまことに失礼で, そうしてまごまごして, そうしてまさかその乞食, そうしてまさしく官能に, そうしてまずこれから上へ, そうしてまずほぼ決定し, そうしてまたしてもむらむら, そうしてまたそこで地上へ, そうしてまたまた餓え死したくねえ, そうしてまた一方舳の, そうしてまだすやすやねむって, そうしてまだ全然の無根, そうしてまちがつ, そうしてまぢかくはこの, そうしてまっしぐらに水中, そうしてまっ黒な目, そうしてまつげの長い大きい, そうしてまともに寝, そうしてまぶしいほど明かるかっ, そうしてまア家い焼け, そうしてみがかれて来た, そうしてみがけば輝くべき, そうしてみずから神のご, そうしてみだりに鞭を, そうしてみな声を張りあげ, そうしてみな無言のうち, そうしてむこうで尺度, そうしてむこうではのべつ, そうしてむざむざ人の, そうしてむしゃくしゃして, そうしてむしろかえってさんざん道楽を, そうしてむすびには, そうしてむりに殯宮, そうしてめいめいの昔, そうしてめいめい他の人達, そうしてめちゃくちゃになりました, そうしてめちゃめちゃにこわれ, そうしてめったに吹く, そうしてもうこびとのことなんか考えても, そうしてもうそうなると, そうしてもう二度とまろも, そうしてもう二度と再び離れるよう, そうしてもう少し古くなれば, そうしてもえるような, そうしてもしこういった地形, そうしてもしそうなれば, そうしてもしまだそうなって, そうしてもし本当に私を, そうしてもっている, そうしてもっともっと仕合せに, そうしてもっとよく辛抱しろ, そうしてもともとが気晴らし, そうしてものうげに, そうしてもらしたきたない物, そうしてもろたが, そうしてぐらの, そうしてやいている, そうしてやかましくいってるうち, そうしてやがてもう一度心の, そうしてやくざなその, そうしてやさしく老婆の, そうしてやって来たんだ, そうしてやっとこさで, そうしてやつ一生懸命でお雪ちゃん, そうしてやはり何故にそう, そうしてやや暫くの間, そうしてやり過した並木道, そうしてやわらかく撫でて, そうしてだん, そうしてゆくりなくこの渡頭, そうしてゆったり落ちついて, そうしてなが, そうしてようやっと書きあげて, そうしてよくこんなに這入ったもの, そうしてよくもこれほどまでに, そうしてよければ露台, そうしてよそ目には気抜け, そうしてよび込まれて歌, そうしてよもの山々, そうしてよろよろと歩きだす, そうしてろくに口も, そうしてがさわぐ, そうしてわかりしだいグレッス・アンド・ガリーへ, そうしてわが国人をし, そうしてわが国児童のため, そうしてわが子を傷つけられた, そうしてわが家に不吉, そうしてわるびれてはいない, そうしてアアア電車が遠ざかっ, そうしてアッと驚く, そうしてアッシェンバッハはどんな, そうしてアノ狂える美少女, そうしてアパートにおける彼等, そうしてアメリカ語のわかる, そうしてアヤツリ人形のよう, そうしてアリストテレスやプラトン, そうしてアルコールとニコチン, そうしてアルコール分をしっくり, そうしてアンタは, そうしてアンナ苦しい破, そうしてアンモニアのその, そうしてアーノルドの論文, そうしてイエニーへの思い, そうしてイキでいらっしゃるから, そうしてイキナリ眼の前, そうしてイザとなる, そうしてイバニエス氏は詩, そうしてイヨイヨ一生懸命になっ, そうしてイヨイヨ生蕃小僧の本人, そうしてインドのガンジス川, そうしてウイスキイをがぶがぶ, そうしてウェルズの短編, そうしてウカウカと致し, そうしてウルフの帰り, そうしてウンウン云って, そうしてエイズス・キリストスの降誕, そうしてエキモスと金色, そうしてエネルギー不滅の原理, そうしてエプソム丘に夕風, そうしてエプロンの下, そうしてエンマの生涯, そうしてエーテルの噴気, そうしてオキシフルの壜, そうしてオシャベリさえしなけれ, そうしてオニごっこをし, そうしてオフェリヤの屍体, そうしてオランダの片田舎, そうしてオルガンチノとが次, そうしてオルガンチノ司僧をはじめ, そうしてオンコッコは岩の上, そうしてオーナが四つ, そうしてカイロはメムフィス, そうしてカッチャーカンデーとテジーマンデー, そうしてカピはわたし, そうしてカフカズから帰ったら, そうしてカムポスを加えた, そうしてカメラの対物鏡, そうしてカラーもソフト, そうしてカントのいわゆる, そうしてガス砲隊は, そうしてガソリン臭い川風, そうしてガマ仙はにたりにたりと, そうしてガンダーラ地方の簡素, そうしてキラキラキラキラと黄金, そうしてキリスト教と邪教, そうしてキリリとした, そうしてキンカの野郎, そうしてギヤマンの無数, そうしてギューギューと追い詰めた, そうしてギルドの衰頽, そうしてクサカは太った, そうしてクシャクシャに丸め, そうしてクスクス笑って, そうしてクネクネと執念深く, そうしてクラウジウスやティンダル, そうしてクロオジヤスを毒殺, そうしてグッとつかん, そうしてグルグル廻転し, そうしてグレージーが戻った, そうしてケイ子の居間, そうしてケチでした, そうしてケースから一本エーアシップ, そうしてコスモスの花越し, そうしてコロリと地, そうしてコンナにまで非, そうしてコンナ書類を残らず, そうしてコンナ楽書きを勝手, そうしてコードにコビリ, そうしてコーヒーの効果, そうしてゴビの沙漠, そうしてゴロゴロして, そうしてゴロリと草, そうしてサッと後へ, そうしてサモ憎々しそう, そうしてサモサモ嬉しそう, そうしてサラット・チャンドラ・ダース師及びシャブズン, そうしてサンドリヨンの手, そうしてサービスにむかい, そうしてザラツストラはかく, そうしてザヴィエルの後, そうしてシッカリと眼, そうしてシトシトと歩い, そうしてシトロエンの探検隊, そうしてシャガンでその, そうしてシャツもズボン, そうしてシャンとし, そうしてションボリと文机, そうしてショーウィンドに飾っ, そうしてシンと静まりかえっ, そうしてシンミリとした, そうしてシーズンが来, そうしてジッと未亡人, そうしてジャンパーとそれから, そうしてジョコンダに似た, そうしてスウェデンボルクの考えた, そうしてスガの處, そうしてスッカリお化粧, そうしてスッカリ安心するだろう, そうしてスッカリ満腹して, そうしてステッキだけをかかえ, そうしてステッセル将軍だ, そうしてストイックな生活, そうしてストーン氏の言葉, そうしてスプウンを横, そうしてスペクトル分析の結果, そうしてスミスの為, そうしてスヤスヤと眠り, そうしてスルメを二枚, そうしてズンズン的場の板, そうしてセエラが見えなくなる, そうしてソレッキリ切れて, そうしてソレ以上の研究, そうしてソレ以来私は乱歩氏, そうしてソレ以来風邪を引かれなく, そうしてソンナお話の中, そうしてソンナような馬鹿馬鹿しい, そうしてソンナ棚の間, そうしてソンナ種類の人間, そうしてソンナ連中の遺産, そうしてソーントンに送られ, そうしてゾウは消防車, そうしてタイロード氏液を三十七度内外, そうしてタクシへ運び込ん, そうしてタッタ今眼, そうしてタッタ一人で腹, そうしてタッタ今凝視して, そうしてタローは岩, そうしてダイヤモンドの帯, そうしてチェスタアトンの, そうしてチェッキが出来たら, そうしてチエ子が一度, そうしてチクリチクリと妙, そうしてチビ公ににっこり, そうしてチョウド窓枠の処, そうしてヂュパンも同様, そうしてヂリヂリと逼, そうしてツイこの四五日前, そうしてツツンテンテンと口三味線, そうしてツネ子は堀木, そうしてテントから二間, そうしてテンポも早く, そうしてテートやマクスウェル, そうしてデッキに片足, そうしてデッチョウの茶屋, そうしてデューイは制度, そうしてトウトウお礼の言葉, そうしてトウトウニッコリし合う機会, そうしてトウトウ何が何だか, そうしてトウトウ絶対に取り止め, そうしてトムスキイの言葉, そうしてトモからまた, そうしてトラビヤタをかけ, そうしてトランプに負けた, そうしてトンネルの壁, そうしてドイツの人民, そうしてドイツ風の君権万能主義, そうしてドコにおいで, そうしてドストイェフスキイはこの, そうしてドナウの源流, そうしてドラヴィデア王国の星たち, そうしてドロドロした不気味, そうしてドンナに心配, そうしてドンナ間違いから海, そうしてナイル河の氾濫期, そうしてナポレオンは彼, そうしてニコニコしながら, そうしてニコリと笑っ, そうしてニタニタ笑つて, そうしてニッとして残忍, そうしてニッポンの性格, そうしてニルの沿岸, そうしてニルヤの消息, そうしてネクタイを直し, そうしてネパール国王に紹介, そうしてノコノコ高座へと, そうしてノロノロと進ん, そうしてハタチにならない, そうしてハッと気, そうしてハプスブルグ家の王系, そうしてハンカチをお, そうしてハンケチで顔, そうしてハ行の仮名, そうしてバタバタと走っ, そうしてバラック式のリズム, そうしてバルザックはどうして, そうしてパッチリと, そうしてパリへ戻っ, そうしてパリーにゆき, そうしてヒトラーが画家, そうしてヒョロヒョロと歩く, そうしてヒョロ子の腕, そうしてヒラヒラと野路, そうしてヒラメはいつも, そうしてヒラリヒラリと人, そうしてビクビクと大動脈, そうしてビュッフェにも銀, そうしてピストルをもっ, そうしてピッタリ破目板, そうしてピョンピョン飛ぶこと, そうしてピート大尉のロケット, そうしてフォーチューンという支那, そうしてフカダジという禅僧, そうしてフカフカと莨, そうしてフラフラと倒れよう, そうしてフローラは新しい, そうしてフワリフワリと舞い, そうしてブッキラボーに口, そうしてブルブルとふるえる, そうしてプドーフキンがどう, そうしてプロの文化, そうしてプロシァ憲法を逐条的, そうしてプーッと吹き散る, そうしてヘリコプターは山腹, そうしてヘルマンが来, そうしてヘルムホルツによって追究, そうしてベアトリーチェは, そうしてベルを鳴らした, そうしてベルンから南東, そうしてペダルに足, そうしてペチャンコになった, そうしてペペ山をその, そうしてペンキ塗の交番, そうしてペン軸の旧弊, そうしてボオトを止める, そうしてボロンの, そうしてボンをまた, そうしてボンヤリと明かし暮らす, そうしてボートは電光, そうしてポエトリーである, そうしてポカンとして, そうしてポッツリと独言, そうしてポツリポツリと糠, そうしてポローニアスの死骸, そうしてマアこのバラ色, そうしてマア坊はどうやら, そうしてマグネシウムの閃光, そうしてマチアはますます, そうしてマッチを擦っ, そうしてマドロスさんがした, そうしてマハツブという東北, そうしてミドリさん兄妹を洋行, そうしてムシュウ19はあたし達, そうしてムッソリーニは殺された, そうしてモウ弟も大分真面目, そうしてモウ時間ですから, そうしてモチヒがイヒ, そうしてモット大きな袋, そうしてモットモット恐ろしいイヤ, そうしてモット具体的に確かめられる, そうしてモデル屋の持ツ, そうしてモナ・リザみたいに少し, そうしてモネーの霧, そうしてモルトケのオーストリア, そうしてモルモットと共に伴, そうしてモロー彗星が衝突, そうしてモンスーンのない, そうしてモンテ・カアロの中心, そうしてモーター焼切りの犯人, そうしてヤッサモッサやって, そうしてヤットコサと自分, そうしてヤット今その目的, そうしてヤングから教わった, そうしてユックリと放尿, そうしてヨオロッパとは遥か, そうしてヨセフはその, そうしてヨハネなんかには復活, そうしてラケットと靴, そうしてラサ府から茶, そうしてラジオの器械, そうしてラジオセットの前, そうしてラランデ暦書の訳解, そうしてリイの耳, そうしてリヤトニコフの死後, そうしてレーリーの在職中, そうしてロケットはいずれ, そうしてロシア人から憎悪, そうしてロシヤ語とかサンスクリット, そうしてロック氏液は箱, そうしてロビンソンやクライブ, そうしてロマンティックな作, そうしてロロとルル, そうしてワキの録子, そうしてワトソン夫人は町じゅう, そうしてワナワナ震えながら, そうしてヴィデは部署, そうしてヴェルダンそのものは一つ, そうして一々それに, そうして一〇億年あるいは恐らく, そうして一たびも枕, そうして一たんその飽満点, そうして一つどんと素気なく鳴る, そうして一つグルリと廻った, そうして一つ一つ椅子を仕上げる, そうして一つ僕と握手, そうして一つ拳固で頭, そうして一ふりされたらひょう, そうして一ぷくして, そうして一まわり済むと, そうして一めんに生い茂った, そうして一わたりこの披露, そうして一キロも尾行, そうして一ツ橋慶正卿, そうして一ツ辛抱してから, そうして一九四七年十二月二十二日に新, そうして一二丁歩いて, そうして一人ひそかに出発, そうして一人二人姿を消し, そうして一人前になっ, そうして一人決心をし, そうして一仕事して, そうして一代の詩人, そうして一体どうしたの, そうして一体なんのため, そうして一修行すること, そうして一個月たって, そうして一八七九年十二月十二日にこの, そうして一八七四年から一八七九年, そうして一八九六年まで十一年間, そうして一八二三年かれが, そうして一円紙幣の裏打, そうして一列になった, そうして一刻も早く, そうして一区画ずつ出来上る, そうして一合の晩酌, そうして一同新調の絹, そうして一向になって, そうして一命は助, そうして一回ごとになべ, そうして一回一回大便を捨て, そうして一国の民藝, そうして一声も鳴かなかった, そうして一夜泊りでいった, そうして一大発見である, そうして一字ごとにみんな黒点, そうして一室一室と近づい, そうして一年三百六十五日汽車に乗っ, そうして一年二年と経る, そうして一年前の, そうして一年半の後, そうして一年後のきょう, そうして一年許りの, そうして一度人の皮膚, そうして一式小一郎ははたして, そうして一式小一郎様とあなた, そうして一心になっ, そうして一応其貨を, そうして一思いに安心, そうして一所に帰った, そうして一手は右, そうして一日じゅうの大, そうして一日一夜の後, そうして一日中の役名, そうして一晩中寝ないで, そうして一曲をでっち上げる, そうして一服吸いながら, そうして一朝事が無くなる, そうして一本一本積んだ樹, そうして一本立ちになる, そうして一様に胡坐, そうして一歩なかへ入っ, そうして一歩一歩近づいて, そうして一片ずつみんな, そうして一生懸命に御, そうして一町ほどの寒, そうして一番不幸な事, そうして一番奥の窓際, そうして一番新らしい科学, そうして一目散に蘆葦茅草, そうして一直線に兄, そうして一瞬間の後, そうして一瞬間眼の涼しい, そうして一種幻妙不可思議な怪現象, そうして一種特別な笑い方, そうして一種異様な不安, そうして一端は遠い, そうして一端そう思い立つと, そうして一等いい子, そうして一筋ずつ抽, そうして一級から三人, そうして一群の鳩, そうして一羽は窶れ, そうして一般民衆は現, そうして一般話術家は元, そうして一般読者とともにその, そうして一蓮寺のさかり場, そうして一行は東俣谷, そうして一行中の最, そうして一言も口, そうして一言一句に女, そうして一足前へ出る, そうして一軒の家持ち, そうして一途に走り出し, そうして一通り重要の復命, そうして一週間以内に上陸戦闘, そうして一部の人々, そうして一面には頗る, そうして一頭の馬, そうして一飛ずつ大, そうして丁々として盤面, そうして丁度七日目に又, そうして丁度刀を鍛える, そうして七つも八つ, そうして七之助の帰っ, そうして七人の首謀者達, そうして七代のちまで祟られる, そうして七八日ののち, そうして七八杯続けざまに飲んだ, そうして七八階の辺, そうして七化役者と親しんだ, そうして七十歳にでもなったら, そうして七年後の今日, そうして七日ののち, そうして七日目にその, そうして七月のはじめバダジャッカ, そうして七賢人のうち, そうして七里の渡し, そうして七階の一室, そうして七面鳥のよう, そうして万が一にもその, そうして万一そうとすれ, そうして万一金銭上の関係, そうして万事落着しますれば, そうして万人向きな誰, そうして万籟は静まり返り, そうして万葉調に追随, そうして万象は不変, そうして三たびあらん限り, そうして三カ月を限っ, そうして三上が一足先, そうして三井君の親友, そうして三井寺へも参詣, そうして三人ともに女, そうして三人共有の土鍋, そうして三人手を取った, そうして三公九卿の門, そうして三分ばかりし, そうして三十か四十, そうして三十分も待っ, そうして三合会と哥老会, そうして三四回も唾, そうして三四杯父から続けられる, そうして三四軒おいて, そうして三娘子を油断, そうして三宅さまはその, そうして三帰五戒を授け, そうして三年前にお, そうして三年生になる, そうして三文絵として旅人, そうして三方にめぐり立て, そうして三日三晩の間, そうして三日三晩死体と火傷患者, そうして三日目になっ, そうして三昧に没入, そうして三時をうち, そうして三時頃に帰, そうして三晩目に室津, そうして三月になっ, そうして三月あまりを送る, そうして三月九日のところ, そうして三月十五日を以て江戸, そうして三木との同棲, そうして三毛は時折, そうして三沢から今, そうして三田の藩邸, そうして三田循司という名前, そうして三町と五町, そうして三番目の文句, そうして三発の弾丸, そうして三百メートルほど進んだ, そうして三組の人, そうして三蔵琢磨氏の家内, そうして三角点の配布, そうして三部屋ばかりたん, そうして三重吉へ端書, そうして三面記事の代わり, そうして三馬は小, そうして上げなければ万太郎様, そうして上の句をつけよ, そうして上原さんをいい, そうして上品になだらか, そうして上州はどこ, そうして上州屋つるが屋等, そうして上座のひどい醜い, そうして上役人は, そうして上着は十二単衣, そうして上級下級に論, そうして上衣やズボン, そうして上酒一升鴨一羽がよき, そうして上陸早々ホボケン, そうして上陸地点を決定, そうして下せえそんなら, そうして下っ端をおどかし, そうして下座にひかえた, そうして下情に通じよう, そうして下手人が捕まった, そうして下枝の傍, そうして下男たちは私, そうして下腹の方, そうして下足番になぐられた, そうして下駄は黒塗り, そうして不具にされた, そうして不具者などになる, そうして不動坂にさしかかった, そうして不動尊の画像, そうして不可いお方, そうして不可抗な天災, そうして不可能の壮大さ, そうして不可解な運命, そうして不可避的に最後, そうして不味い河魚の, そうして不問に附せられ, そうして不完全帰納法は和算家, そうして不審とながめ, そうして不幸にも妹, そうして不抜の高き, そうして不服を包ん, そうして不滅であればこそ, そうして不甲斐なくも悉く, そうして不空羂索観音の渇仰者, そうして不自由のうち, そうして不良とは知らず, そうして不良少年らしい顔立ち, そうして不要なる物, そうして与八さんの立てた, そうして与八自身も出立, そうして世にも珍らしい, そうして世子の気性, そうして世界一のエライ, そうして世界的に立派, そうして世話役に向っ, そうして世間体はどこ, そうして世間態の表面, そうして世間的には弱く, そうしてを向こう, そうして両々相扶けて原著, そうして両人で相, そうして両国橋の方, そうして両方共それを露骨, そうして両方共両方で云い出す, そうして両者の行先, そうして並木をぬけ, そうして中でもいちばん早く, そうして中世の半野蛮人, そうして中国朝鮮から渡った, そうして中尉の妻君, そうして中心の信仰, そうして中止するに, そうして中腰になった, そうして中腹には雪田, そうして中興の名君, そうして中華民国婦人を妻, そうして丸い形と, そうして丸ビルの階段, そうして丸三年の今日, そうして丸二年間大島氏の家, そうして丸卓子の上, そうして丸多の主人, そうして丸木たちをぐるっと, そうして丸源の仕事, そうして丸行燈だの雁首, そうして丸髷に結っ, そうして丹念にお, そうして丹沢山塊が起る, そうして丹波の山奥, そうして丹生川平から申せ, そうして丹田へ力, そうして水叔父さんも, そうして主たるかせぎ人, そうして主人公の大学生, そうして主唱者であった久万山, そうして主宰者の人物, そうして主屋よりひくく, そうして主従三人は三社権現, そうして主膳の家, そうして主要な名所旧跡, そうして主観のこうした, そうして主謀者は誰, そうして乃公は, そうして久助と町田, そうして久慈はとどのつまり, そうして久我之助, そうして久方ぶりに長割下水, そうして久留島義太などになる, そうして久美子自身は新聞記事, そうして乗客が平等, そうして乗物も二人分, そうして乙刑事の注意, そうして乙女は松虫, そうして乙彦の存在, そうして九九プロセントまでは人間自身, そうして九州に関東, そうして九月一日から数え, そうして九月上旬にもう一度, そうして九条家へはおべっか, そうして乱文斜文をつくり, そうして乱闘の行われ, そうしてを出し, そうして乳房を通っ, そうして乾児らしい乾児, そうして乾漆像の工手, そうしてったん, そうして予定通り一冬をこの, そうして予想以上にこの, そうして事ひとたび鉱毒のこと, そうして事務を取らせ, そうして事務的に葬り去られた, そうして事実それは, そうして事実上政権をもっ, そうして事実上生まれ出たもの, そうして事実俺を愚弄, そうして事実僕はワイフ, そうして事実夫婦なの, そうして事実結果は諸君, そうして事象としては完全, そうしてと五, そうして二つ三つに切った, そうして二ツの死骸, そうして二ヵ月ばかり経った, そうして二ヵ月前には私, そうして二ヶ年間先払いで預け, そうして二丈余りも上, そうして二三の真実, そうして二三冊の易, そうして二三台共また敬太郎, そうして二三年経ってから, そうして二三度先生が訳読, そうして二三度左右に振った, そうして二三日前津田から受けた, そうして二三歩部屋の中, そうして二三歩門をはなれた, そうして二三海里近付いたとき双眼鏡, そうして二三秒間のうち, そうして二三間も行った, そうして二人きりで炉傍, そうして二人ともに藤, そうして二人一時にこう, そうして二人二ヵ月間の病臥中, そうして二人共一度出て, そうして二人共汽車を利用, そうして二人連れだって行く, そうして二分間ほどし, そうして二匹とも今度, そうして二匹相つれて, そうして二十メートルほども歩いた, そうして二十七日に六田, そうして二十七歳まで童貞, そうして二十三夜なども念, そうして二十世紀の初め, そうして二十人に一本, そうして二十円札を一枚ボーイ, そうして二十分も息, そうして二十年後の伊達捷平, そうして二十歳くらいになっ, そうして二十歳以上だろうと, そうして二十面相の頭, そうして二川重明の自殺, そうして二年あまりも一緒, そうして二年前志村のぶ子が持っ, そうして二年後の今日, そうして二年生に昇った, そうして二年目になっ, そうして二度とも戦線, そうして二度三度とちがった, そうして二日三日と日, そうして二日目か三日目越し, そうして二晩も帰っ, そうして二月三日とうとうその, そうして二本指で中り, そうして二杯もって, そうして二枚の紙片, そうして二疋の鱒, そうして二百人以上集めること, そうして二種の宝物, そうして二言三言話しあって, そうして二言目には手, そうして二週間の後, そうして二重瞼の切れ目, そうして二間ほど離れた, そうしてはれる, そうしての微笑, そうして互に懸命な, そうして五六人火を囲んだ, そうして五六年もそれ, そうして五六歩も進んだ, そうして五分たたぬうち, そうして五分間ごとに茶筒, そうして五十という声, そうして五十人の縄, そうして五十日間それを開かなかった, そうして五十音図は後, そうして五十音図表が出来た, そうして五年前に菓子屋, そうして五年目の秋, そうして五所川原の停車場, そうして五日も六日, そうして五日目を御覧, そうして五時まえに, そうして五月十五日上野では官軍, そうして五秒の後, そうして五遁隠形術神人交感予言術九星術乗気術これらに関する大, そうしての口, そうして井原と木戸, そうして井戸端から高らか, そうしてる交, そうして交換手に, そうして交通はそれら, そうして交通掛の警官, そうしてへ出立, そうして京伝は三十歳, そうして京城景福宮内緝敬堂に一切, そうして京橋のすぐ, そうして京都上加茂の社家, そうして京都言葉で喋々, そうしての学校, そうして人さし指の頭, そうして人並でないわが, そうして人体の各, そうして人力車を挽い, そうして人垣の中, そうして人声も聞こえ, そうして人夫共は埋めた, そうして人妻に我, そうして人気がなくなった, そうして人物を厳選, そうして人狩りとは, そうして人猿国の国王, そうして人移り星変るうち, そうして人立ちの中, そうして人質に取った, そうして人通りの絶えた, そうして人間たちもやがて, そうして人間らしさは, そうして人間救済のため, そうして人間最高の表現, そうして人間的に彼等, そうして人間飢えということ, そうして人面疽の女, そうして人馬の悲鳴, そうして人騒がせをした, そうして人魚に伝説, そうして暗い, そうしてだなんど, そうして今どこへ行った, そうして今のはもしや, そうして今や最も時代の, そうして今わしゃつくづく, そうして今一方はそのまま, そうして今回の津浪, そうして今夕の狼藉, そうして今夜一晩は特に, そうして今夜五年振りにしかも, そうして今己の最初, そうして今幸内が語り出す, そうして今度ひとりで旅, そうして今度離縁になった, そうして今彼はその, そうして今後何をなすべき, そうして今日お前の女王, そうして今日じゅうの出来事, そうして今日クリヴォフ様が斃, そうして今日俳諧として鑑賞, そうして今日只今この十字街頭, そうして今日明日のうち, そうして今日限り二度とコンナ危険, そうして今時の腐れ儒者, そうして今晩限りだよ, そうして今朝七時半頃右手のリウマチス, そうして今朝家へ帰っ, そうして今朝忠平の失踪, そうして今清岡さんが子供, そうして今火をあんなに, そうして今神近さんと私, そうして今頃どこへ参る, そうして仏前にむかっ, そうして仏壇に燈明, そうして仏子は最, そうして仏弟子は仏語, そうして仏様の時代, そうして仏法の教化, そうして仏頂寺の倒れた, そうして仏頂寺弥助と, そうして仕切りなしに, そうして他殺から自殺, そうして付け合わせの玩味, そうして付け焼き刃の文明, そうして付焼刃ではない, そうして仙台平の袴, そうして仙太郎さんを追いかけ, そうして代価は仲, そうして代官を斬った, そうしての制度, そうして以來毒は流れ, そうして以前どなた様のお, そうして以前孔雀のよう, そうして以前私どもが教え, そうして仮令他の, そうして仮死を粧う, そうして仰山に眉根, そうして仲見世の実地試験応用, そうして任期の短い, そうして伊井と喜多村, そうして伊勢の国, そうして伊奈子のスゴ腕, そうして伊織は勇気, そうして伊軍の注意, そうして伏見に着いた, そうして伐り倒した木の, そうして休むと又一しお, そうして休んでいるなら, そうして休憩所の前, そうして会いたいのは, そうして会う人も, そうして会員中には主人, そうして会場の片隅, そうして会得させるより, そうして会社へも出る, そうして会話がとぎれ, そうして会議に列, そうして会費のよう, そうしてのゆくえ, そうして伝染の危険, そうして伝法院の横, そうして伝統的権威の高圧, そうして伝馬会所の札の辻, そうして伯爵の死後, そうして伸子一人が残された, そうして位地の都合上, そうして声を, そうして低くかすれた声, そうして低地に対しては堆積, そうして住居は信州諏訪, そうして佐田やす子の場合, そうして佐竹の姿, そうして何かしら学問上の実験, そうして何かと朝の, そうして何しろ価切っ, そうして何だ下らないと, そうして何だか始終おどおどして, そうして何でもかんでも喰うため, そうして何代となく, そうして何処までも責任, そうして何分か後, そうして何千年か暮し, そうして何卒これまでの, そうして何小二の馬, そうして何度か蹌, そうして何度めかに背のび, そうして何心なく潜戸, そうして何故かひどく不機嫌, そうして何方から御, そうして何日目であったかの, そうして何日頃に見物, そうして何時頃来るかと, そうして何気ない恰好で, そうして何百万年もこうして, そうして何百年かたちました, そうして何百里の海, そうして何等かの策略, そうして余す所なく, そうして余り有頂天に, そうして余りに調子に, そうして余物には眼, そうして余程力の, そうして余計食うの, そうして作曲する時, そうして使い古してあるで, そうして使えるのは, そうして使部の膝, そうして例外なく緊張, そうして侍女たちは再び, そうして依子を捉えよう, そうして依然二種族は, そうして安くまた, そうして侯爵夫人をつかまえ, そうして便宜をはかる, そうしての男, そうして係員が受取る, そうして俊夫君は小田刑事, そうして俗世に於, そうして保一くんは悲しく, そうして保名狂乱もどきにボンヤリ, そうして保守的なブル階級, そうして保証者でありこれ, そうして信じている, そうして信心のしるし, そうして信念の許, そうして信濃境にさしかかる, そうして信用は自ら器物, そうして修学旅行で宿屋, そうして修練しませんければ, そうして俯ッ伏したまま, そうして俳優とはなんぞや, そうして俺達はソレッキリ伊那少年, そうして倉田屋の方, そうして個人的作のどこ, そうして個人的作者が常に, そうして個性美が必ずしも, そうして借りようととうとう, そうして倶係震卦教をこういう, そうして偃松の傾斜, そうして偉くなって, そうして偉大なる暗闇, そうして停車した, そうして停車場からすぐ, そうして健三の予期, そうして健吉くんの場合, そうして健吉氏自身は大, そうして健康の時, そうして側目も振らず, そうして偶然眼に留まった, そうして傍若無人とを姫, そうして傍観者たる学者, そうして催眠術施法者の型, そうして傾いた西陽に, そうして働きいいよう, そうして働くにはどこ, そうしては邪統派, そうして儀右衛門がいよいよ, そうして儒家は儒, そうして優にそのすべて, そうして優生結婚健全結婚が慫慂, そうして元来どこで, そうして元気旺盛な若い, そうして元通り工事は続けられた, そうして兄いは何, そうして兄妹の怨恨, そうして充分馬を養わなく, そうして充実した気持ち, そうして先ず皆夢です, そうして先刻岡田が変, そうして先刻裁縫をし, そうして先刻電報を一瞥, そうして先妻の死後半ヶ年, そうして先手を払った, そうして先日来の議論, そうして先王を軽蔑, そうして先覚者だとか, そうして先輩からお, そうして光ちゃんが生れた, そうして光りが十ヤード, そうして光りかがやく紅の, そうして光一を通り, そうして光明優婆塞の顔, そうして光明寺の桜, そうして光沢のない, そうして光線の圧力, そうして克己的の節制, そうして克服し得たつもり, そうして兌換の準備, そうして児童の質問, そうしてらっしゃいまし, そうして入り口はどこ, そうして入れ代りに, そうして入れるが当然, そうして入口の材木, そうして入門をした, そうして全力をこめ, そうして全校の生徒, そうして全身裸でその, そうして全身隙だらけであった, そうして全身麻酔にかかる, そうして全速力で走り出す, そうして八ヶ嶽の窩人, そうして八丁堀へ帰りついた, そうして八十歳になります, そうして八年前に私, そうして八王子を南, そうして八畳の中, そうして公卿衆方に仰せられる, そうして公方様を怒らせ, そうして六さんとの話, そうして六つの部屋, そうして六七名の者, そうして六尺にあまる, そうして六年あまりもモザンビイク, そうして六時までもそう, そうして六歌仙は揃った, そうして六百噸のブイアンシー, そうして共々に遊ん, そうして共産制になっ, そうしてを三団, そうして兵部大輔のこと, そうして兵隊たちは一日二日, そうして兵馬さんの方, そうして其なごりが今, そうして其上トルコ帽いやはや, そうして其中には毎度動物, そうして其儘行きかけましたが, そうして其先が漏斗型, そうして其内側には夏冬, そうして其塊を右, そうして其声には魅力, そうして其屋形にまだ, そうして其序を以てほんの, そうして其役を捨てる, そうして其後三年ばかり経つ, そうして其日の夕刻彼, そうして其書がチベット, そうして其果の幾分, そうして其涕をうまく, そうして其眼を活用, そうして其等の人たち, そうして其絵は掛値, そうして其色は真黒, そうして其責任者は余, そうして其途上に何, そうして其髷へ載せた, そうして供自身も, そうして内々で準備, そうして内側のこの, そうして内儀として当家, そうして内地でも今, そうして内容をほんの, そうして内心は私たち, そうして内心不平であれば, そうして内気でちょっと, そうして内職におろせ, そうして冒頭に書いた, そうして写生文の方, そうして写真で見る, そうして冬季餌のない, そうして冷えびえとした夜を一人, そうして冷たい青白い眼付きで, そうして冷めてから戴く, そうして冷やかに傍観, そうして冷然と佇んだ, そうして冷笑を浮べた, そうして冷静な気持, そうして冷飯草履の音, そうして凄いような, そうして凄くさえ思われた, そうして凝然と見詰め出した, そうして几帳面な生活, そうして凡一月は後, そうして凡庸な探偵, そうして女らしく清浄, そうして凸凹のない, そうして凹んだ眼を, そうして出かけた二人は, そうして出し抜けに, そうして出すんなら, そうして出たらすぐ温泉, そうして出勤俳優の手拭二本, そうして出合う運搬夫たちへ, そうして出戻りの侘び, そうして出来ていない, そうして出来るなら先生を, そうして出来ればあの, そうして出来得るならそれが, そうして出火当初に消防方針, そうして出版の欠損, そうして出版社にまかせ, そうして出発の御, そうして出雲はその, そうして出鱈目な話, そうして刀架へでもちょっと, そうして向えば, そうして刃紋の具合, そうして分配の時, そうして切っ先から四寸, そうして切り口から一匹, そうして切れ切れに尋ねた, そうして切図は薄い, そうして列仙伝を読ん, そうして初代の茶人達, そうして初夏の候, そうして初対面の作法, そうして初恋にさえ捉えられた, そうして判断に迷いました, そうして別れた後で, そうして別れ話を持ち上げさせる, そうして別嬪さんたちを入, そうして別席へ退い, そうして利害を共通, そうして利己的な欲望, そうして利慾に覚, そうして利用するだけ, そうして利益は六万九千円, そうして利目のところ, そうして到頭どの点, そうして制作されて, そうして制服を着, そうして刺し殺される日を, そうして刺すような, そうして刺激を増大, そうして刻限をきざむ, そうして前々に難破, そうして前代日本人のいろいろ, そうして前夜と同じ, そうして前室より先, そうして前年とおなじ, そうして前後矛盾のない, そうして前条に詳説, そうして前足で自由, そうして前述のごとき, そうして前途有望でドコ, そうして前進する事, そうしてを引く, そうして小頭なれ, そうしてを手, そうして割合いに早く小さく, そうして割籠のご飯, そうして創作力が旺盛, そうして創作家もまた, そうして創作集の裏側, そうして創設したの, そうしてしく顫, そうして力弱そうに石段, そうして力業を軽蔑, そうして力窮まり矢も盡, そうして加治木玄白斎にし, そうして助けて, そうして努力する, そうして労働者農民の群れ, そうして効果のある, そうして効用は両方共, そうして勇敢にし, そうして勇造に命じ, そうして勉強して, そうして動かすことの, そうして動く時の, そうして動作を高尚, そうして動物が人語, そうして動静いかにと, そうして勘定になる, そうして勝たなければならぬ, そうして勝ちたまえ, そうして勝ったとか負けた, そうして勝家での話し, そうして勝手次第に精神界, そうして勝敗の機微, そうして勝負事に注ぎ込む, そうして勢力は互格, そうして勤めのない, そうして勾玉をどう, そうして包丁を以て親切, そうして化粧したまま熱, そうしての山, そうして北側の窓, そうして北原さんに事情, そうして北原賢次とお雪ちゃん, そうして北条のお, そうして北条右門様とが抜き身, そうして北沢自身はそれ, そうして北海道全道, そうして匪賊たちは苦力たち, そうして医学を産んだ, そうして医学館に通っ, そうして医者として身, そうして医薬禁厭の効, そうして医院の中, そうして十一時から十二時頃, そうして十七日に行われた, そうして十三人全部が寝そべっ, そうして十九のとき, そうして十九歳より六十五年, そうして十二の仮名, そうして十五両や二十両, そうして十五分もたった, そうして十五回の終り, そうして十五年むかしの妖女, そうして十人近い人数, そうして十六ミリというの, そうして十円もかけ, そうして十分わたしの美しい, そうして十分二十分と無言, そうして十分以上歩き僕, そうして十四日の逮夜, そうして十数分が経過, そうして十日二十日と日, そうして十時ごろやっとホテル, そうして十時間ののち, そうして十月が来れ, そうして十月ごろには春一, そうして十月二十二日から三度目, そうして十月十二日には国会開設, そうして十月十日の日記, そうして十本の短剣, そうして十歳位になられた, そうして十首のおのおの, そうして千変万化する万華鏡模様, そうして千太のゆくえ, そうして千差万別に現われる, そうして千年の闇, そうして千枚沢の一支脈, そうして千枝子にはわからなく, そうして千載に記憶, そうして千載青史に列する, そうして午前中に五, そうして午前九時ごろに箱型, そうして午前五時近く暁の露, そうして午前十時頃彼岩見は彼, そうして午後一時四十分に頂上, そうして午後二時四十分ごろ法医学教室をたずねた, そうして半ばまで来る, そうして半ば予期して, そうして半ば彼の過敏, そうして半分泣き声で早口, そうして半島を通じてヤマト, そうして半年足らずの間, そうして半月とたち, そうして半死半生になっ, そうして半身を月光, そうして卑しげな, そうして卑下せられ等閑, そうして卑劣な精神, そうして卑屈な復讐, そうして卒時に普説, そうして卒業すると, そうして卓子に半身, そうして協力とから工藝, そうして協団は秩序, そうして南京バクチと丁半, そうして南北は百六間, そうして南地に出, そうして南都北嶺の訴え, そうして南面の正門, そうして単身敵地へお, そうして博多でお, そうして博多駅より二つ手前, そうして占筮は当りました, そうして印刷から製本, そうして印度とペルシャ, そうして印籠をすり, そうして即位したばかりの, そうして即座に方向舵, そうしてさ次第で, そうして厚ぼったく塗った白粉, そうして厚朴の花, そうして原始的なるビフステキ, そうして原子弾弁や加速度計, そうして厨川君は犯行, そうして厳密なる学問的方法, そうして厳重に浅田, そうして去年五月発行とある, そうして参木の思想, そうして参籠百日近いある, そうして参考書は一冊, そうして参観人の私たち, そうして又がっくりとうしろに, そうして又もや遠眼鏡を, そうして又ヨチヨチと歩き出した, そうして又次の子, そうして又段々千世子には, そうして友さんはわたしたち, そうして友さん熊はどんな, そうして友人達は私, そうして友木が全く, そうして友達の宅, そうして双眼をまるく, そうして反問した, そうして反歌では, そうして収穫を滅却, そうして叔父様は自分, そうして附の, そうして取り留めもない, そうして取り返した二種の, そうして取れますか, そうして取巻いている, そうして受入れつつユラリユラリ, そうして受取り人には, そうして受持の女給, そうして口上をひっくり返した, そうして口惜しさの, そうして口腔外科と放射線科, そうして口調は伝法, そうして口豆な女, そうして作品の, そうして古うございます, そうして古びて取り残され, そうして古びたネル一枚の, そうして古代における科学, そうして古代時計室を出る, そうして古典を読ん, そうして古参の女房, そうして古来多くあった, そうして古来人類が作っ, そうして古谷君の旧, そうして叩き落とそうとしても離れない, そうして叩頭して, そうして叫天はとうとう, そうして連れた二十人, そうして召集に応じない, そうしてい音楽, そうして可哀そうに思っ, そうして史上に高い, そうして史家が史料, そうして史料として遺存する, そうして右井戸流しの, そうして右製作の主任, そうして右近丸が申しました, そうして右近丸清浄な処女, そうして司会者から意見, そうして各々のもの, そうして各国で年々何十万, そうして各地の未知, そうして合奏をつづけ, そうして合理的にもの, そうして合鍵で扉, そうして吉日を定める, そうして吉次は一本足, そうして吉田光由が寛永十八年刊, そうして同一の画題, そうして同勢が目白押し, そうして同年に柬捕塞国王, そうして同心組の者, そうして同志の宿, そうして同志会の潰裂, そうして同情のあまりに, そうして同時になんとも言えない情けない, そうして同時にまだ謎の, そうして同時にキラリと懐中, そうして同様に蒸, そうして同氏がさらに, そうして名刺を持った, そうして名古屋に於ける, そうして名古屋城下に程遠く, そうして名残の表, そうして名残りもなく, そうして向きを変え, そうして向こう側を隙, そうして君側の奸, そうして君江も小一郎, そうして君自身がその, そうして吹いている, そうして吹き針を, そうして吹き曝しの食堂, そうして吾ら人類がこの, そうして吾児が入学以来ズット引, そうして吾吾はただ, そうして吾知らずカーッと上気, そうして吾輩出ずるにあらずん, そうして呆気にとられた, そうして呆然に取られ, そうして呉一郎を初め, そうして呉州の色, そうして呉服屋であったか, そうして周りの紫, そうして周作の表情, そうして周到な津浪災害予防案, そうして周章てその瓶, そうしてえば, そうして味噌漬の話, そうして味方の砲丸, そうしてりながら, そうして呻くように, そうして呼びかける家が, そうして呼び出しに駆け歩く, そうしての絃, そうして命令を下した, そうして咄嗟の間, そうして和女は外, そうして和尚の首, そうして和歌子が何, そうして和田兵庫とは日置正次, そうして哀願的に, そうして品子が父, そうして品川へ引っ越し, そうして品物をぬすみ出す, そうして品行が正しかっ, そうして哲学や宗教, そうして哲學研究にも心理學, そうしての拍子, そうしてかす聲, そうして唐神という神, そうしてです, そうして唯一人の人, そうして唾液を嚥, そうして商売を早く, そうして問屋の庭, そうして問答のあと, そうして問訊礼拝等は衰微, そうして啻にたびたびそこを, そうして善党はきわめて, そうして善鬼は時折, そうして喉笛を噛み切った, そうして喜三郎となにかひそひそ, そうして喜劇には諷刺, そうして喜怒哀楽に動く, そうして喜界島の方, そうして喝采して, そうして嗅覚説をもう, そうして嗣子の信世さん, そうして嘆いてい, そうして嘉右衛門の見開かれた, そうして嘗てウドン屋で, そうして嘯くように, そうして噎せかえるほど芳烈, そうしての口, そうして器用に見, そうして噴火と地震, そうしてが興, そうして囁いている, そうして囃方は一団, そうして囈語のよう, そうして囚人一人前の費用, そうして四五日厄介になっ, そうして四五時間そこで仕事, そうして四五杯も詰めこん, そうして四十年近い空白, そうして四挺の駕籠, そうして四擒四縦の手, そうして四方八面敵味方の境, そうして四日ばかりは外出, そうして四時に鳴らない, そうして四時頃になっ, そうして四本足を折り, そうして四番目の文句, そうして四畳半の戸, そうして四組の捜索隊, そうして四組一筋に垂れる, そうして四角の光背, そうして四角形の石, そうして四週間に一度, そうして四隅に不思議, そうしてを重ね, そうして回復の上病院, そうして回転が始まる, そうして因習的な価値判断, そうして団体と一緒, そうして団員のどれ, そうして囲炉裏の傍, そうして国々で, そうして国つくりを助ける, そうして国会においてはあらゆる, そうして国司を多く, そうして国土を平和, そうして国境を越え, そうして国家的なるもの, そうして国家的ギルドの理想, そうして国民生活のこの, そうして国目付や老中, そうして国際連盟をののしり, そうして國会は國民ぜんたい, そうして國会以外のほか, そうして園地を配分, そうして園女もそう, そうして園子との間, そうして土下座して, そうして土佐犬ばかりが塔, そうして土地で評判, そうして土山から出た, そうして土牢の一所, そうして土着した住民, そうして圧力が低く, そうして在らっしゃるお積り, そうして在来の哲学, そうして地ひびきとともに大地, そうして地べたに寝, そうして地上無数の精神病者, そうして地下道の出口, そうして地位があがる, そうして地味の小説, そうして地図を手頼り, そうして地方官の中, そうして地方官吏が細民, そうして地方訛ののし, そうして地獄を見物, そうして地球は二四時間, そうして地球上のすべて, そうして地球軍の惨敗, そうして地蔵様も道, そうして均勢を失わない, そうして均衡があり, そうして坊さんに頼ん, そうして坊ちゃんを連れ戻し, そうして坊っちゃん今晩はお玉さん, そうして坊やとわたし, そうして坊主がもと, そうして坐つていた, そうして坐り合いながら, そうして坐れ土の, そうして坐ろうとしたら, そうして坪井と郁子, そうしてばかりの荷物, そうしてで埋まっ, そうして垣根の下, そうして埋葬地はどこら, そうしての方, そうして城下へ下り, そうして執事の差しだした, そうして執念く作り藻, そうして執念深く今も, そうして堂の前は雑木, そうして堅くなって, そうして堅実だった, そうして堕落は酒, そうして塔上の侶, そうして塗板に気がついた, そうしての裾, そうしてと胡椒, そうして塩風に吹かれつけ, そうして塵埃のにおい, そうして増さんが四十五歳, そうして墺国はそれ以前ナポレオン, そうしてに半弓一張, そうして壁際にピタリ, そうして士官になろう, そうして壮厳な仏事, そうして壮士芝居という一種, そうして壮太郎氏は, そうして売れ向きの, そうして売上げを持っ, そうしてを抱える, そうしての文造, そうして変りのあった, そうして変事のあった, そうして夏休みに帰省, そうして夏休み前にいた, そうして夕方灯の点く, そうして夕方真暗になっ, そうして夕暮の空, そうして夕暮れになりました, そうして夕暮れ鉄材を積んだ, そうして夕闇に包まれはじめた, そうして夕靄はピンク色, そうして夕顔との恋, そうして外人たちはだんだん, そうして外側へ行く, そうして外国映画や絵入り雑誌, そうして外套さえ掻き合わせ, そうして外来思想を非難, そうして外部からわがまま, そうしてと廉, そうして多々羅半兵衛の, そうして多代子さんの方, そうして多大の進歩, そうして多摩川縁の停留場, そうして多能な彼, そうして多血性の性情, そうして夜ごとに山, そうして夜なかにわたしたち, そうして夜中に腹, そうして夜分あなたの御, そうして夜明けまで持つ, そうして夜明しした, そうして夜更けから炊き出し, そうして夜網にひっかかった, そうして夜通し起きて, そうして夢見るような, そうして大きく迂回する, そうして大きな大きなあわが, そうして大したことも, そうして大して変な, そうして大の字なりになっ, そうして大人しくなる所, そうして大人びていました, そうして大仏の原型, そうして大体においてまずく, そうして大体一とおり鍛錬を終る, そうして大元帥と軍統帥部, そうして大分若いはず, そうして大分南へ下がっ, そうして大切に鞍, そうして大動脈の筋, そうして大名は芝居, そうして大名衆や旗本衆, そうして大向うからは人気, そうして大和路のどこ, そうして大団円における池田君, そうして大声で眼, そうして大変大胆です, そうして大変平和であった, そうして大変得意のよう, そうして大変滑らかだった, そうして大家伊丹屋は維新, そうして大寺一郎は正しく, そうして大小の領地, そうして大岡越前守は実に, そうして大島司法主任には彼, そうして大平氏は初め, そうして大急ぎで宮中, そうして大成会の券番設置運動, そうして大挙して, そうして大旱に逢った, そうして大槻と直, そうして大正十二年の関東地震, そうして大江の匂, そうして大江山課長という掛官, そうして大沢先生の心臓, そうして大津絵の美し, そうして大浪を打つ, そうして大海の深緑, そうして大深の死刑, そうして大瀬の屋敷, そうして大火の火影, そうして大物をこなす, そうして大理石のよう, そうして大男はたちさり, そうして大相無邪気な顔, そうして大神宮のお札, そうして大空艇は横転, そうして大笑いに笑いだした, そうして大腿まで出し, そうして大薮を分け, そうして大蛇はむかで, そうして大衆向きの蕎麦屋, そうして大袈裟に笑い伏す, そうして大西洋をこえ, そうして大連までおびき出せあ, そうして大部屋のもの, そうして大都市に近い, そうして大重君の腰つき, そうして大騒ぎをし, そうして天一坊の側, そうして天下国家の事, そうして天下泰平であった甲府, そうして天主閣を焼く, そうして天人の戒め, そうして天才すら工藝, そうして天才主義が工藝, そうして天朝様では, そうして天気が悪く, そうして天皇中心主義を組織的, そうして天皇主義にもっ, そうして天皇家が神, そうして天皇紀国紀は編纂, そうして天真な心, そうして天神山へ連れ, そうして天神様のよう, そうして天秤棒を一本, そうして左衞門汝が, そうして太い煙突が, そうして太宰の能力, そうして太郎さんの頭, そうして太陽が没した, そうして夫婦共殆ど同時に息, そうして夫子がそれ, そうして夫等の旗指物, そうして失神の原因, そうして奇麗な手, そうして奈良の家, そうして奈良原少年が消えた, そうして奈良朝でも末期, そうして奈良朝時代において色々, そうして奉仕の美, そうして奉公気じみたこと, そうして奠都が行なわれた, そうして奥州宮古と云う, そうして奥座敷へ通っ, そうして奥様は, そうして奥歯をぎりぎり, そうして奥殿深く進ん, そうして奥深い一室の, そうしてられてばかり, そうして女たちの刈りとった, そうして女中等のそういう, そうして女二人はそれっきり, そうして女史は千八百八十八年三月六日, そうして女性を呪いました, そうして女房ひとりは取り残され, そうして女流もまた, そうして女盛りを無駄, そうして奴国の宮, そうして好きな事, そうして好んで煮きらない思い, そうして好事家の間, そうして好奇心に満ちた, そうして妊娠した今, そうして妊娠時や産後, そうして妙策を献じた, そうして妹さんの指紋, そうして妻子の生活, そうして妾達親子の者, そうして姉妹二人の小鳥, そうして姉様よりも更に, そうしてから取捨, そうして始めにそれ, そうして始終その弟子, そうして姐さんを起しましょう, そうしては高, そうして委員は期せずし, そうして委細の泣き言, そうして委細承知で救い, そうして姦臣たちは国, そうしては敵, そうして姫君を私, そうして姫路で眼, そうして姿は香具師風, そうして姿勢の完璧, そうして威力が減じない, そうして威圧のきく, そうして娑婆の話, そうして媒妁なら何と, そうしてのある, そうしてと相談, そうして嫁御寮はもう, そうしては幕, そうして嫉妬心を十分, そうして嬢次少年の仕事, そうして嬢次様御一家, そうして子どもをつれ, そうして子どもたちのオヤツ, そうして子ども遊びの興味, そうして子供心にそんな, そうして子供達と一緒, そうして子孫に伝わる, そうして子孫連綿として徳川時代, そうして子息藤十郎以下七人は同年七月二十日, そうして子細に考え, そうして子規の名, そうして子規以外にも今日, そうして子路であるから, そうしてのあく, そうして孔叔を救え, そうして孔子の教え, そうして字典を拵えた, そうして字幕との妥協, そうして存外に近い, そうして存置する方, そうして孟子の, そうして孤島の少女, そうして孤独の部屋, そうして学ぶところよりも, そうして学制においてもっぱら, そうして学士会院の表彰, そうして学校一の美人, そうして学界にいく, そうして学者も一般人, そうして学者側の読者, そうして学術のため, そうして学術上の良い, そうして学術的研究の方法, そうして学説と生命, そうして孫弟子たちは皆, そうして學校へ行く, そうして宅悦の顔, そうして守衛長が私, そうして安く売らずば, そうして安価なの, そうして安場がどんな, そうして安島に至っ, そうして安心して, そうして安然とここ, そうしてにむかっ, そうして宋太郎はのち, そうして完納をすませた, そうして近君, そうして宗教すべて欠くるところ, そうして宗祇も芭蕉, そうして定刻前には何度, そうして定昭公は東野, そうして定理ばかり氾濫, そうして定石から素直, そうしていお菓子, そうしては見付かりました, そうして宝剣と鏡, そうして宝貝という本名, そうして実によく見物を, そうして実にわずかばかりの科学, そうして実子が二人, そうして実存せしめられる, そうして実業に従事, そうして実業家になんなさい, そうして実現につとめた, そうして実用に交, そうして客観的実在の一つ, そうして宣長は神代, そうして室町時代においてはこれ, そうしての婦人たち, そうして宮内省からの需め, そうして宮子はこの, そうして宮志多亭の雷隠居め, そうして宮様を総裁, そうして宵暁のいたっ, そうして家々には厨子, そうして家具家財はチャン, そうして家名の存続, そうして家屋は, そうして家督はきよ子, そうして家老が下っ, そうして宿番は宵, そうして宿直の夜, そうして寂しいことか, そうして寄席へ連れ, そうして寄手の一角, そうして寄木親という珍, そうして密かに犠牲者, そうして富まそうと, そうして富三があ, そうして富士の頂上, そうして富士男を片すみ, そうしてられぬまま, そうしてに顫, そうして寒い空と, そうして寒風に吹きさらされ, そうして寝よう何か, そうして寝ることに, そうして寝床へ行く, そうして寝間へはいっ, そうして寺内氏が彼女, そうして寺田もこの, そうして寺田町の電話機消毒商会, そうして対岸には屏風, そうして対座中どうした, そうして寿命の縮む, そうして将軍家のお, そうして尊いものであった, そうして小うるさい社会と, そうして小使が明け放し, そうして小僧さんお前はお化け, そうして小坊主を対手, そうして小太郎山の同志, そうして小姓が凡て, そうして小学校へ入学, そうして小屋の前, そうして小店でも開い, そうして小我を出ない, そうして小松原さんのおっしゃる, そうして小林に対して謝罪, そうして小林さんの話, そうして小栗と駒井, そうして小梅の家, そうして小犬がその, そうして小生の私, そうして小田刑事の来意, そうして小田原を発った, そうして小田夫妻に復讐, そうして小糸新八郎, そうして小胆でいらっしゃること, そうして小舟がするする, そうして小菅刑務所とドライアイス, そうして小説的戯曲的構成という形式的要求, そうして小門の前, そうして少しがっかりして, そうして少しく臆病であった, そうして少なくも有声映画に, そうして少女たちをこきつかう, そうして少女小説によって頭, そうして少尉となっ, そうして少年をあわれん, そうして少時して, そうして少時ズボンの裾, そうして少量なら差支, そうして尖鋭の岩, そうして尚さらいけないこと, そうして尚もこう思った, そうして尚一層自分自身を, そうして尚志会の寄附金, そうして尺八を吹い, そうしてから胴, そうして尽すだけの介抱, そうしてを揺, そうして尾州家は十七歳, そうして尾行しながら, そうしてては, そうして居るのだ, そうして居士は越え, そうして居抜きのまま, そうして居間の外, そうして屈強な若者, そうして届いた書状には, そうして届けに来た, そうして屋賃でも負け, そうして屍体の手, そうして屯所が右, そうして山々はますます, そうして山の上で日の出, そうして山人の特色, そうして山吹の花, そうして山姥のごとき, そうして山尼はどこ, そうして山岡屋の小僧, そうして山崎老が玄関, そうして山榛の木沢胡桃などが悄然, そうして山牢もだいぶ, そうして山神奇童の茂太郎, そうして山野家の空気, そうして岡田君が礼, そうして岩倉会社は表面法律, そうして岩倉大使らの洋行, そうして岩形さんの室, そうして岩形氏の預金, そうして岩木山と八甲田山, そうして岸の上にさして, そうしての頂, そうして峡南の人, そうして峨眉山もどよむ, そうしては霜ふり, そうして島国の交通, そうして島津薩摩守の名義, そうして崇神天皇を生んだ, そうしてにむかっ, そうして崩れてゆく, そうして嵌めていられます, そうして嵯峨の嵯峨念仏, そうして川縁から川, そうしてのある, そうして工事を助力, そうして工場全体の物音, そうして工藝品とはいう, そうして工藤へ何, そうして左右上下に喫, そうして左右動はまだ, そうして左手の爪先, そうして左枝の顔, そうして左膳の文, そうして巨蟹が, そうして差向いになっ, そうして差掛の上, そうしての日, そうして巻末に明治四十三年五月発行, そうして巻煙草へ火, そうして巾着の口, そうして市中を自動車, そうして市内十ヵ所に渡っ, そうして市街地に変っ, そうして市野さんを表, そうして布団の上, そうして帆鳴りの音, そうして希望を受け, そうしての御, そうして帝王の都, そうして師用を済まし, そうして帰りがけにトテ, そうして帰りぎわに墓場, そうして帰りしなに皆さん, そうして帰り路に横道, そうして帰る以上は, そうして帰途は必ず, そうして帰雁の頃, そうして帳面の上, そうしての日, そうして常用すること, そうして常盤御前はその, そうして常軌を逸する, そうして常陸介の母, そうしてを一寸, そうして幕軍大いに潰え, そうして馬が, そうして平々凡々と四五人, そうして平一郎が三つ, そうして平和主義的な文明諸国, そうして平均温度からの全, そうして平安朝以後漢語が次第に, そうして平安朝初期に作られ, そうして平岡夫婦が東京, そうして平常の快闊さ, そうして平常通りに持場持場, そうして平手造酒とが, そうして平民文化はこうした, そうして平湯へ来, そうして平然といる人々, そうして平生夫のする, そうして平穏な生涯, そうして年々数千万円の樹林, そうして年々頻繁に氏神其外, そうして年下の亭主, そうして年代から言います, そうして年頃はうむ, そうして幸い商売繁昌した暁, そうして幸福そうに笑っ, そうしてのよう, そうして幻惑せしめて, そうしてな児, そうして幽霊の小屋, そうして幾そうかの船, そうして幾たびかめの辞職勧告, そうして幾らかの金, そうして幾ら欲いと仰し, そうして幾丁かの鉄砲, そうして幾人は已に, そうして幾分か彼, そうして幾十分かの後腹部内臓, そうして幾千万の名, そうして幾千年来堆積して, そうして幾夜を送る, そうして幾年来の生活, そうして幾時間が過ぎたろう, そうして幾枚縫っても, そうして幾百となく, そうして幾百万の人, そうして幾百代の人間, そうして幾筋とも知れぬ, そうして幾臼かの餅, そうして広場を横切り, そうして広大な植民地, そうして広島や福岡, そうして広間の裏, そうして序破急と言い, そうして底光りのする, そうして店員が夜中, そうしてを失う, そうして度々逃げようとして, そうして度々宗春は香具師, そうして度外れに急き込んだ, そうしてにも堪えぬ, そうして座敷の隅, そうして座頭は其代り, そうして庫裡へ上っ, そうして庭石づたいに座敷に向っ, そうして庶民の生活, そうして康雄の力, そうして廉価でなくば, そうしてに近い, そうして延徳寺建立の時, そうして建陀羅の建築, そうして廻国の遍歴, そうして弁当には偉大, そうしての折れ, そうして籠って, そうして引きつづいて護摩, そうして引き移ってからまだ, そうして引き続いてクレオパトラ, そうして引ったくるよう, そうして引上げたもの, そうして引続き大参事, そうして引越しをしたら, そうして引返したのは, そうして弘長二年の頃法然, そうして弟子たちと共に蘇州黄泗津, そうして弥之助はまた, そうして弥子がその, そうして弱小なる者, そうして張りきって何不足, そうして張作霖や徐総統, そうして張抜きの大筒, そうして強きその面, そうして強くなって, そうして強制的にせんたく, そうして強情にあくまで, そうして強者顔をし, そうして強迫観念からのがれる, そうして強飯でもなく, そうして弾きはじめると音楽, そうして弾力があり過ぎます, そうして当てつけらしく磔刑の, そうして当事者の努力, そうして当今の英雄, そうして当分お前は博士, そうして当分身体を楽, そうして当夜は平然と, そうして当局が憤慨, そうして当局者の好意, そうして当日は乗物, そうして当時それを大変, そうして当時有名な志士, そうして当歳や二歳, そうして当然その結婚, そうしてが各自, そうして形体だけの今, そうして形式的に宗助, そうして彫るものは, そうして彫工会の方, そうしての形, そうして役所か会社, そうして役者を指導, そうして彼女たちがほか, そうして彼女自身は己, そうして彼女達にその, そうして彼奴等よりなお, そうして彼方ではこの, そうして彼等夫妻は千代子, そうして彼自身の眼, そうして征服されたの, そうして待ち草臥れた眼, そうして待ちくたびれた聴衆が, そうして待ち佗びているとふと彼, そうして待ち合わそうぜ, そうして待ち構えている, そうして待合室に立っ, そうして律動的旋律的和声的の進行, そうして後々までも引受けれ, そうして後で私を, そうして後にこの名古屋, そうして後列の方, そうして後家を立て通す, そうして後家さんになっ, そうして後年何かの紙上, そうして後悔する, そうして後方をすかし, そうして後日高い誇り, そうして後生だから, そうして後白河天皇とは兄弟, そうして後進に訓示, そうして後難を無くする, そうして後飢饉地帯の百姓達, そうして徐にパイプの, そうして徒労とはいつも, そうして徒渉りの, そうして従って邪教の, そうして従者ともつかず, そうして従順な帰依, そうして得らるる時間, そうして得体も知れない, そうして得意顔でお, そうして御免といい, そうして御前は旅順, そうして御台の無心, そうして御座って御, そうして御目見得の印, そうして御簾の間, そうして御者台と幌, そうして御身がいま, そうしてた枕, そうして復興の意義, そうして微かなるその, そうして微塵に粉末, そうして微風が吹く, そうして徳子の口, そうして徳川の大, そうして徹底的にやっつける, そうして心こまやかな注意, そうして心しずかに星, そうして心もちも何だか, そうして心もちかかとを浮かせ, そうして心中の仕方, そうして心付いて見る, そうして心安げに, そうして心弱い自分の, そうして心持ち青白い顔, そうして心持ち上半身を傾けた, そうして心持ち俛首れながら, そうして心的な愛好, そうして心臓が不規則, そうして心身ともに鍛え上げ, そうして心配そうな目, そうして必ずしも兜巾篠懸の, そうして必ずすっくと立って, そうして必ずや観正, そうして必要なる程度, そうしてにこもり出す, そうして忌ま忌ましい馬鹿, そうして忍び泣く少年の, そうして忍剣と苦, そうして忘れられていた, そうして忙しい世の中にも, そうして応召の予定外, そうして応接する人間, そうして応接間に集っ, そうして然と, そうして怒られる役は, そうして怒鳴り込むような, そうしてれつつも, そうして怖いものだ, そうして思いのほか手っ取り早く手術, そうして思い出したように, そうして思い出したらその印象, そうして思い通りの調子, そうして思う研究が, そうして思うさまにその, そうして思う存分に絵, そうして思案にも心配, そうして怠けた俳優たちが, そうして急ぎこのとおり, そうしての撰択, そうして怨ずる様に, そうして怨み死にに死ん, そうして怪しい人影の, そうして怪人が手, そうして怪我が急, そうして恋愛は性慾, そうして恍惚とお湯, そうして恐るべきことは, そうして恐る恐るコップを, そうして恐怖に襲われ, そうして恥ずかしがって, そうして恥ずかしくなつかしくああもう, そうして息子を売ろう, そうして恰好な高温, そうしてらしく首, そうして悄然と打ち沈ん, そうして悉皆を見た, そうして悟れよ, そうして悠々然と四方, そうして悠揚と突っ, そうして悠揚自若只もう見事, そうして患者服の私, そうして悪鬼の名, そうして悲しいものに, そうして悲しくなって, そうして悲しむべき事を, そうして悲歎した, そうして悲痛な面持ち, そうして悶えてどうにも, そうして情緒の表現, そうして惚れているらしく見せかけよう, そうして惚れ惚れと嫁, そうして惨事の現場, そうして愉快そうに言った, そうして意味なく昂, そうして意気昂然として川中島, そうして愕然として佇立, そうしてにも麻酔, そうして愚かしくも年, そうして愚図に近い, そうして愚昧な原住民, そうして愛していました, そうして愛吉がお, そうして愛国心なども有る, そうして愛子の挙動, そうして愛情の結果, そうして愛想のない, そうして愛慾の餓鬼, そうして愛読者である, そうして感心した証拠, そうして感情やら利害, そうして感激の燃える, そうして感覚はひどく, そうして慇懃に二十年間, そうして慣用の符号, そうして慧眼な松吉, そうして慰謝のため, そうして慶応の文科, そうして憂いたり喜ん, そうして憂色とがいよいよ, そうして憂鬱になった, そうして憐れな女, そうして憤怒に燃えた, そうして懇ろにおじいさん, そうして懊悩と嫌悪, そうして懐中にはいつも, そうして懐手をした, そうして懐紙のページ, そうして物の, そうして懸賞の金, そうしてれた, そうして成人のよう, そうして成熟し切った花冠, そうして成立するという, そうして我々の遊星, そうして我々仲間をみんな誘惑, そうして我が物と, そうして我が家に温泉宿同様, そうして我知らず刀の柄, そうして我等の同行者二十一人, そうして我藩の士民, そうしては終った, そうして戦争への危険性, そうして戦争孤児に対して贈られる, そうして戦慄の下, そうして戦時には弓手, そうして戦楼にも甲板, そうして戦犯処罰の委員, そうして戦車にぶつかっ, そうして截っ立てた絶壁は, そうして戴けたらわたし嬉しい, そうして戴けましたらまァ妾, そうして戴ければ誠に, そうして所内を案内, そうして所謂その強い, そうして所謂人情にはもろい, そうして所謂官軍は所謂賊軍, そうして扁平な頭, そうして扁理はようやく, そうして扁理自身もまた, そうして手ごろの大き, そうして手ぶらで帰る, そうして手先が幽か, そうして手前共へ御, そうして手塚は箒, そうして手始めに久万山以外, そうして手巾に, そうして手段としての写生, そうして手燭を消す, そうして手真似で話し出した, そうして手酌でこそこそ, そうして手頃な花物, そうして才能を重大視, そうして打たれたり叩かれ, そうして打ちあたったけれども再び, そうして打解けて話し, そうして技術は数多く, そうして投げ槍の, そうして投げた次の, そうして投獄せられまさに, そうして投票の数, そうして折助は大手, そうして折角三人も揃っ, そうして抜差のならない, そうして抱え主も承知, そうして抹香の氷室, そうして拙者一己の安心, そうして拝め唯一なる, そうして拵えますが味, そうして拷問でもされる, そうして拾うや否, そうして拾五円現金で入れ, そうして持ち堪えてきた, そうして持ち込まれた画幅や, そうして持上げたまま屹と, そうして持主を分らなくしよう, そうして持場を離れ, そうして持物を奪い取る, そうして指定の日, そうして挨拶を終る, そうして振り返りもせず, そうして振返って見た, そうして捕えられた者共が, そうして捕え得た虫ケラの, そうして捜したらいいでしょう, そうして捜査に当っ, そうして捜査官の鋭さ, そうして捩じれ固まった神経を, そうして捲土重来するです, そうして授業がすむ, そうして掘り出して用意, そうして掛け声も掛けねえ, そうして掛替えのない, そうして探すんだ, そうして探偵小説家であった, そうして探求者がその, そうして推古様式から天平様式, そうして描いた画が, そうして描かれて行った, そうして提出された論文, そうして揚げたくないような, そうして揚句の果, そうして握り拳でたたい, そうして握り直すたんびに, そうして撮影は一枚看板, そうして撲たれた犬の, そうして操行からいう, そうして擦り替えるが早い, そうして支倉の犯した, そうして支那人紡績会の集団, そうして支那問題とは没交渉, そうして支那農民の技術, そうして支那風の化粧, そうして支配階級よりはより, そうして改進党は生まれる, そうして放って置い, そうして放心して, そうして政令を整理, そうしてフォン, そうして故事来歴等は私, そうして敏子の前, そうして教主をはじめ, そうして教化にしたがわない, そうして教文を読みはじめる, そうして教養があっ, そうして散歩に出掛ける, そうして散漫とがようやく, そうして敬太郎の辟易, そうして敬意を払っ, そうして数カ月の後, そうして数世の権力者, そうして数人毒矢に当たった, そうして数十ペん唱えた, そうして数十世紀後のわれら, そうして数十日を経る, そうして数多くの子ども, そうして数年の後, そうして数年前に分家, そうして数日後二人の行進, そうして数枝の悪意, そうして数珠をかけ, そうして数秒たつと, そうして整理された古着, そうして敵対をしない, そうして敵艦隊に戦闘, そうして敵軍は崩れ出した, そうして文六ちゃんの狐, そうして文化主義は各, そうして文壇に新進作家, そうして文子にこう, そうして文字どおりに剣, そうして文学史上でもこれ, そうして文学者たちは純文学, そうして文庫本を差し出し, そうして文政の某, そうして文明の祝福, そうして文晁がお礼, そうして文芸史家の呼ぶ, そうして文造を見つけ, そうして斉信に彼女, そうして斉彬の生母, そうして斎藤先生の御, そうして斑紋を着けましょう, そうして斜坑が少し, そうしてが取り寄せられ, そうして斬り捨てて巧み, そうして斬新な論旨, そうして断乎たる決心, そうして断末魔よりも深い, そうして断然文科だ, そうして断片的では, そうして斯く云うアンポンタン・ポカン自身, そうして新劇の女優, そうして新子さんを出来る, そうして新小川町に十余年, そうして新町四十七番地鈴木芳吉という湯屋, そうして新築地劇団の, そうして新約の時代, そうして新聞に大騒ぎ, そうして新聞社関係の人々, そうして新高は東京, そうして新高さんの顔, そうして方丈の毛氈, そうして方程式に両, そうして方角は東南, そうして旅心を漂わせ, そうして旅用意の巻帛, そうして旅行記などもほんとう, そうして日々の祈祷, そうして日々何かしら少しでも, そうして日々晨は未明, そうして日一日と目立っ, そうして日中だけは犬, そうして日光がまぶしい, そうして日夕相親しみ古代, そうして日夜あの疑惑, そうして日夜昏冥し陶酔的酒色, そうして日夜衰弱し死, そうして日曜は赤, そうして日曜日を待ちかね, そうして日本一の名, そうして日本中の霊場巡り, そうして日本人そのものはといえ, そうして日本内地にある, そうして日本国の人民, そうして日本学界の名誉, そうして日本性を遠慮なく, そうして日本本州の最高凸点, そうして日本現代の一つ, そうして日本町があっ, そうして日本窯藝への注意, そうして日本赤十字社の顧問使, そうして日本酒のお, そうして日毎に御, そうして日比谷公園の角, そうして日露戦後私は帰っ, そうして旦那さんあれじゃ, そうして事を, そうして旧教の説明, そうして早々自分の, そうして早春が訪れ, そうして昆布を貝類, そうして明くる日の朝, そうして明る年進士の, そうして明るく幾つかの, そうして明和事件の際, そうして明快なおと, そうして明日院長に話す, そうして明晰に爽快, そうして明智の説明, そうして明智先生にいっぱい, そうして明治の後, そうして明治三十二年の秋, そうして明治三十八年一月発行の, そうして明治二十八年一月そうちょうど日清戦争, そうして明治十八年に東京, そうして明瞭な英語, そうして昏酔して, そうして易水の詩, そうして昔ながらの哲学, そうして昔作の農家, そうして昔貴族階級や武士階級, そうして星空の下, そうして星雲に特有, そうして映画見物の小学生, そうして春さんは大好き, そうして春秋社と著者, そうして春野を殆ど一手, そうして昨今国民の耳, そうして昨夕の事, そうして昨夜来の魔境, そうして昨年の十一月, そうして昨日二人で自動車, そうして昨日水品陣十郎がどこ, そうして昨春三周さんの藤浦氏, そうして昨晩備前屋へお, そうして昭和の文壇, そうして昭和三年の四月四日, そうして昭和二十二年五月三日から私たち日本國民, そうして是等は金銭, そうして是非とも大菩薩峠の, そうして是非一度若旦那に御, そうして是非共此の夏中, そうして昼ごろぼんやり家へ帰っ, そうして昼間一人になる, そうして昼食がすんで, そうして昼飯をすます, そうして時々そっと伸びあがって, そうして時どきに逢っ, そうして時によると, そうして時には自分の, そうして時代を経る, そうして時候の挨拶, そうして時刻を隔, そうして時勢とともに万時万端複雑, そうして時折その軒先, そうして時折大通の方, そうして時時とく子の, そうして時節を待っ, そうして時鳥に餌, そうして晏如とし, そうして晩年に近い, そうして晩方お父さんがお, そうして晩秋に生まるる, そうして晩食の時刻, そうして普通人間の手, そうして普魯西から波蘭, そうしての透き通った, そうして暁子は去っ, そうして暁方の五時ころ, そうしてを見, そうして暑い日を, そうして暑くなると, そうして暖まり肉も, そうして暗くなったと, そうして暗に家に, そうして暗示を与えられた, そうして暫くうっとりとわが, そうして暫らくは外, そうして暫らく彼は動かず, そうして暫時考えて, そうして暫時彼は暖味, そうして暮している, そうして暮したいように, そうして暮し始めたが暫く, そうして暮れかかる山, そうして暴動の人渦, そうして暴行の点, そうして暴風に逢っ, そうして曇った空に, そうして曇天降雨の時, そうして曝し場の, そうして曠野へ現われたなら, そうして曲りなりにも思想, そうして曲馬団の楽隊, そうして書きとめておいた, そうして書きはじめたものな, そうして書き進んで神尾, そうして書けという, そうして書店の陳列棚, そうして書斎へ持っ, そうして書状を発し, そうして書生部屋のすぐ, そうして書箱にそんな, そうして書類を見たい, そうして曹操の手, そうして尖端式脳髄学の, そうして最う二つ廻転椅子, そうして最前のよう, そうして最近事情があっ, そうして最近私を苦しめ, そうして最高の美しき, そうして月々十一円ずつ郷里, そうして月々家賃を払い, そうして月光が満ち, そうして月影のさす, そうして月末が来, そうして月給がなくなっ, そうして有名になっ, そうして有島さんの最近, そうして有情の天地, そうして有罪か無罪, そうして有耶無耶のうち, そうして朗読すべき箇所, そうして望みの君, そうして望み通りの結果, そうして朝な夕な名古屋の名城, そうして朝夕の食事, そうして朝夕これと相, そうして朝日を背負った, そうして朝日権現の御前, そうして朝晩花に水, そうして朝暮出入して, そうして朝田社長の邸, そうして朝眼が覚め, そうして朝野は人間, そうして朝霧を破っ, そうして朝飯を食っ, そうして期待したほどの, そうして朧気に迫っ, そうして木島もあの, そうして木戸のあく, そうして木曾街道から名古屋, そうして木村さんの家, そうして木立さえ物々しく, そうして木立ちの代わりに安価, そうして木蔭に身, そうして木間越しには例, そうして未だ深秘, そうして未だにわからない, そうして未だ嘗て喰われた事, そうして未亡人の死, そうして未来の悲運, そうして未決監で正月, そうして未練らしくたち上った, そうして未踏の処女地, そうして本場のと思い較べ, そうして本当はただちょっと, そうして本文は実に, そうして本望を達した, そうして本栖湖は水鳥以外, そうして本棚の上, そうして本道とは別に, そうして本邸との間, そうして本願寺の震災後, そうしての扉, そうして朱鞘の短刀, そうして机竜之助, そうして杉江が現れた, そうして李朝という独特, そうして材料としては芭蕉, そうして材木はいくらでも, そうして村一番のオシャベリ, そうして村里には染屋, そうして束ねた髪の毛の, そうして来た時よりは, そうして来るときは, そうして来客が毎日, そうして来年の七夕, そうして東三とが品子, そうして東京みやげの, そうして東京人の堕落, そうして東京横浜沼津静岡浜松名古屋大阪神戸岡山広島から福岡へん, そうして東京育ちの弁, そうして東京麹町区土手三番町浸礼教会跡に隠れ, そうして東北地方のみにはサス, そうして東方に来る, そうして東栄館に移っ, そうして東洋の邪魔者日本, そうして東洋のをその, そうして東海坊と記し, そうして東西南北を一二三四, そうして東馬とであった, そうして松の木にしばられ, そうして松並み木や杉並み木, そうして松代は美しい, そうして松原へかかる, そうして松山城下は勿論, そうして松岡はひどい, そうして松島の月見御殿, そうして松平元康との和盟, そうしての裏, そうして板の間に手, そうして枕もとの時計, そうして枕元の水仙, そうして枕許にはお松さん, そうして林太郎としろ, そうして林鶴一博士が和蘭, そうして枝笛を吹き鳴らした, そうして枯らしたものである, そうして枯れ枝から古池, そうして染め上りも艶, そうして染織品としての, そうして染色が自然, そうして柔かい肉を, そうして柔らかな無限, そうして柔らかい土を, そうしてへ頭, そうして柱時計の下, そうして柳沢との仲, そうして柳町から六条, そうして柴田は如何なる, そうして栂桜の淡紅色, そうして栄養の乏しい, そうして栄養不良の漢学者, そうして栗栖按吉は辞書, そうして栗鼠が, そうして根元から五寸, そうして根気よく第, そうして根津とは余り, そうして格闘の現場, そうして桂子に逢う, そうして桃色の手絡, そうしての如く, そうして案内を乞いました, そうして案内記などにはてんで, そうして桟敷と高土間, そうして桟橋へ着いた, そうして桶屋町の光永寺, そうして梅子と話してる, そうして梅幸や宗十郎, そうして梅軒との親密, そうして梓川の大動脈, そうして梟物が出来あがる, そうして梧桐のよう, そうしてを作り, そうして梯子を引いた, そうして梳つたやうな, そうして梶川様あなたもどうか, そうしてのかなた, そうして植物の列, そうして植籠の蔭, そうしてして, そうして検地をし, そうして検屍の証明, そうして検束者に塵紙, そうしての葉, そうして極めて恐る恐る弾じた, そうして極り悪そう, そうして極度の失意, そうして極東の小, そうして楼下の町, そうしてに暮らそう, そうして楽々と寝そべっ, そうして楽しみといっ, そうして楽しんで来た, そうして楽天家でもあった, そうして楽天的なおどけ者, そうして楽屋からは朗々, そうして概して小さい作品, そうしての名人, そうして槍ヶ岳や穂高岳, そうして槍持奴の前, そうして少属, そうして権力を握る, そうして権助の事, そうして権十郎と紙屋, そうして横ざまに砂, そうして横手の潜り戸, そうして横柄な方, そうして横浜に着きました, そうして横眼で男, そうしてを一通り, そうして橘奈良麻呂らの事件, そうしては怪物, そうして檜扇を把, そうしてを操っ, そうしての中, そうして櫓下のお, そうして欅箪笥の抽斗, そうして欠陥のある, そうして次々と焦点面, そうして次号を待たせる, そうして次郎左衛門も雷門, そうして欧米には無い, そうしてされ易く, そうして歌い振りに, そうして歌原未亡人の死体, そうして歌口をしめす, そうして歌舞伎劇の美, そうして歎息した, そうして歓楽の室外, そうして止処のない, そうして正しさは, そうして正しき工藝の, そうして正しくは霊魂, そうして正体不明の情夫, そうして正午僕は天来, そうして正常な座席, そうして正式に結婚式, そうして正月になっ, そうして正木先生と私, そうして正木博士の顔, そうして正直一図の阿, そうして正義という事, そうして正雄はまた, そうして此作は暖, そうして此奴を喫, そうして此娘も売られ, そうして此後にある, そうして此頃はまた, そうして武士が白刃, そうして武士どもが三十人, そうして武官と文官, そうして武揚のようす, そうして武蔵には兄将軍, そうして武辺者の目的, そうしてよのお, そうして歩いたところで, そうして歩きかけた小林君の, そうして歩きたくなりましたあの方, そうして歩きつづめている, そうして歩きまわっている, そうして歩き続けるより仕方, そうして歩こうとする, そうして歩一歩おとなびて, そうして歩一歩苦労して, そうして歪みにすら一種, そうして歯ぐきがそれ, そうして歯ごたえのある, そうして歯医者の輝かしい, そうしてを取ったら, そうして歴史家たちにうとんぜられ, そうして死なんばかりに狂い嘆く, そうして死に物狂いに, そうして死にますれば思い, そうして死ねばよかっ, そうして死んでいる, そうして死んだような, そうして死人の室, そうして死体の着物, そうして死神はく, そうして死絵を調べる, そうして死罪に行なった, そうして死肉の主, そうして殊勝らしくひざまずいて, そうして残されたものが, そうして残った臓器の, そうして残らず雨に, そうして残る成戸六松の, そうして残れば残る, そうして残心は剣道, そうして残虐を逞まし, そうして残酷な世間, そうして殘つた部分が本, そうして殺されて食われた, そうして殺された筈の, そうして殺した後に, そうして殺し手が白刄, そうして殺人とか強盗, そうして殺害のモティフ, そうして殿のお, そうして殿下の我儘, そうして母ちょうは, そうして日々, そうして毎回見て, そうして毎年夏にはこの, そうして毎年正月十五日から五日, そうして毎年秋になる, そうして毎日わしはもったいなく, そうして毎日夫と寝, そうして毎日宿直室に泊まっ, そうして毎日川向うの賑やか, そうして毎日毎日書けるだけ, そうして毎日毎日茶屋酒ばかり飲ん, そうして毎日牛を殺し, そうして毎日竹藪に雪, そうして毎晩なんのため, そうして毎晩一度宛たべ物, そうして毎晩社から帰り, そうして毎月千数百円を売っ, そうして毎朝誰よりも先, そうして毒矢が飛ん, そうして毒血を絞られよう, そうして毛利先生にもその, そうして毛唐なんていう, そうして毛布の下, そうして毛皮を其板, そうして毛穴から這い出す, そうして毛糸で編んだ, そうして毬栗と筒袖, そうして氏一流の謹厳, そうして氏名は, そうして民弥と云った, そうして民意を容れ, そうして民藝が廃れるなら, そうして民間伝承の会, そうして気がついてみたら, そうして気の毒千万にも傍聴席, そうして気候風土に叶う, そうして気力が尽きたらしく, そうして気味がわるい, そうして気味わる気味わると自分, そうして気弱そうに無理, そうして気忙しそうに, そうして気持を直す, そうして気持ちよく飲んで, そうして気絶した美しい, そうして気軽なる世間, そうして気違いでないあたりまえ, そうして気配をしのばせ, そうして気高い人な, そうして気高く澄んで, そうしてを許し, そうして水の上の眼, そうして水上は暗かっ, そうして水入の縁, そうして水入らずのお, そうして水分を含んだ, そうして水前寺の吸い物, そうして水原との間, そうして水品陣十郎が父庄右衛門, そうして水天宮前の大きな, そうして水平線は遙, そうして水底から翡翠, そうして水溜りとか蛇籠, そうして水田の増加, そうして水盤をお, そうして水練の上手, そうして水蜜桃の先生, そうして水野の一群, そうして水面を辷る, そうしてに化し, そうして氷丘のまわり, そうして永年さがし, そうして求められたところに, そうして汚辱が清め洗われた, そうしてえ種々, そうして汝ら戸板を担げ, そうして江岸へ出る, そうして江戸末期以来西洋諸国の言語, そうして江戸麹町番町の三宅三郎, そうして池畔を廻っ, そうして汪洋たる本流, そうして決定した伊太夫, そうして決闘へもっ, そうして沈み行く夕陽の, そうして沈着いた様子, そうして沈黙してること, そうして沙金に会う, そうして沢山の首, そうしての上, そうして河向いの高い, そうして河村さんもちゃんと, そうして河畔に茂った, そうして油坂の石段, そうして油揚の胴, そうして油気の失せた, そうしての中央, そうして法則の下, そうして法師の左右, そうして法律家としてあなた, そうして法水は該博, そうして法王あるいは高等ラマ, そうして法門を問う, そうして法隆寺の僧, そうして泡沫のごとく消え, そうして泣いたり笑っ, そうして泣いたあげくの, そうして泣きそうな, そうして泣きたくなった時に, そうして泣き伏している, そうして泣き入る葉子を, そうして泥棒なの, そうして泥棒同志の喧嘩, そうして泥棒泥棒と叫んだ, そうして泥足のまま縁側, そうして泥酔するまで, そうして泥靴を穿い, そうして注射器の筒, そうして注意はすなわち, そうして注意深く何が, そうして注文部と小売部, そうして泰藤という他, そうして洋一の立った, そうして洋卓の引出, そうして洋画によって成功, そうして洋行さきのどこ, そうして洋館の前, そうして洗面所へ駈け込ん, そうして津々浦々一円に正成, そうして津田氏のいや, そうして活きて働く, そうして活きてると思う, そうして活字になった, そうして活溌に論じ, そうして派出な小倉, そうして流るる汗を, そうして流れ渡る月光の, そうして流石は斯界, そうして流転の途次, そうして浄善の死因, そうして浅瀬のせせらぎ, そうして浙江安徽等の町, そうして浜屋の裏, そうして浦和の宿, そうして浪人の背後, そうしてうきした心, そうして浮かしてある, そうして浮世の人間ども, そうして浮橋の袖, そうして浮気な道楽者, そうして海上にぽっかり, そうして海上貿易の遮断, そうして海竜が出た, そうして海竜海竜とさわい, そうして海螺や朱実, そうして海豹漁猟開始期の暗い, そうして海陸の位置分布, そうして海面と同じ, そうして海鼠形に取っ, そうして涅槃経の文, そうして燈された, そうして消化器病の書物, そうして消毒してから, そうしてを垂れ, そうして淀屋の財宝, そうして秘な, そうして深刻な手痛い, そうして深呼吸をしよう, そうして深夜に物, そうして深夜ひとり寝床の中, そうして深夜僕はまた, そうして深緑のころ, そうして混雑に身, そうしてが面白, そうして清らかだ, そうして清川を邪魔, そうして清水山に怪異, そうして清洲から次, そうして清浄な僧侶, そうして清潔室に入れられました, そうしてよりも恐ろしい, そうして済まねえと言っ, そうしてさを, そうして渓谷にはいっ, そうして渦巻きの奥, そうして温かい炉辺の, そうして温泉行の費用, そうして湖中の水, そうして湖岸をめくら探し, そうして湖畔の町, そうして湖畔亭を出発, そうして湖面を見, そうして湯加減を見る, そうして湯呑を置い, そうして湯島へ行っ, そうして湯風呂の前, そうして洲に, そうして源介はその, そうして源氏の大臣, そうして溜池のところ, そうしての中, そうして溯源の結果発見, そうして溶解した氷, そうして滅亡するか, そうして滅茶苦茶に畑仕事, そうして滋養分も存外, そうしてがあった, そうして滞在三日目の夕, そうして滴り落ちる蒼黒い, そうして滴粒が互いに, そうして演劇をする, そうして演劇的になる, そうして演奏が済む, そうして演技によって観客, そうして漠然ながらこれ, そうして漱石氏が朝日新聞, そうして漸次信徒達は, そうして潔く諸肌脱ぎ, そうして潜戸が一杯, そうして潤沢な見料, そうして澄江とであった, そうしてするの, そうして激しよう激しよう, そうして激昂する心, そうして濁った止め桶の, そうして濁りながら動い, そうしてまや, そうして濃い緑色の, そうして濡れ手拭いを肩, そうしての音, そうして瀬戸の火鉢, そうして火の粉も散っ, そうして火吹竹なども手製, そうして火山の存在, そうして火山岩と火成岩, そうして火星兵団の暴力, そうして火星国は新, そうして火星語でこたえた, そうして火燵にかじりつい, そうして火箸を扱い, そうして火鉢の火, そうしての下, そうして災害当時まだ物心, そうしての傍, そうして炉辺の一方, そうして炎々と燃えさかる, そうして炭車の左右, そうして為政者の間, そうして焚火をはじめた, そうして無きに如かざる, そうして無事二十里の道, そうして無事太平らしい家, そうして無口だ, そうして無形の鎖, そうして無心そうにあちこち傍, そうして無意味に手, そうして無料で子供, そうして無条件にその, そうして無理矢理高座へ, そうして無産者は屠殺場, そうして無用な宣伝, そうして無神論虚無思想が色濃く, そうして無茶苦茶にキス, そうして無邪気に他, そうして無風のうち, そうして焦慮や神経, そうして焦眉の急, そうして焼かれて立派, そうして煙りがポ, そうして煙斗へ詰める, そうして煙草をふかし, そうして照彦は逃げ, そうしての出ない, そうして熊さんの顔, そうして熊城の話, そうして熊野参詣の道すがら, そうして熔けて燃え, そうしてとあの, そうして熨斗目の紫, そうして熱射も避け, そうして熱帯などにある, そうして熱情と意志, そうして熱海ホテルでお茶, そうして熱燗でいっ, そうして燃え易い性質, そうして燈下で何, そうして燐寸を擦っ, そうして燐寸箱のレッテル, そうして爆音勇ましくアタマ飛行場, そうしての先, そうしてにはまた, そうして父母未生以前と御, そうして父親も, そうして爺さん稼人はお, そうして爽快なシャワア, そうしてに飾られる, そうして片恋というもの, そうして片息になっ, そうして片方の手, そうして片言のマレー語, そうして片雲が帆, そうして牛車を戻せ, そうして牟田先生を崇めました, そうして牧師は自分, そうして物わかりがよく, そうして物事に精魂, そうして物心一如の思想, そうして物珍らしそう, そうして物理学の課程, そうして物理学者としての最高, そうして物蔭にい, そうして物語に綴る, そうして物質的にも精神的, そうして物静かにおとない返した, そうして物音もしなかった, そうして特志者にはいつ, そうして特殊な個性的表現, そうして犬ころでも棄てる, そうして犯人自身が知識階級, そうして犯罪の科学的捜査, そうして犯行は屋上, そうして狂わせて置き, そうして狂人の名, そうして狂喜した被告, そうして狂気のごとく, そうしてがまだ, そうして狡猾にごまかし, そうして狩尾博士は, そうして独り何事か考え, そうして独り唇に幸福, そうして独り言のよう, そうして独自の境, そうして独言のよう, そうして狭い艦内を, そうして狭く小さくなった彼, そうして狭隘で一面的, そうして猛烈な争い, そうして猛然として唸りつけます, そうして猩々から命ぜられた, そうして猩々緋の花火, そうしての年, そうして猪太郎は十歳, そうして猫撫で声に似た, そうして獄門にかけられました, そうして獅子顔を現, そうして獣医学校に籍, そうして玄女である, そうして玄白たちが小塚原, そうして率直に申しますれ, そうして玉島を刺し殺した, そうして玉葱と葱, そうして王妃と王, そうして王子様がその, そうして王政維新後滔々たる西洋崇拝熱, そうして王朝の主権, そうして王様は真赤, そうして王氏は喜び, そうして玩具の仏法僧鳥, そうして玲子さんはもう, そうして珍奇な器具類, そうしてわした, そうして現れた黒頭の, そうして現在お嬢様が殺されかかっ, そうして現在そこには騎西一家, そうして現在彼はその, そうして現在行方の知れねえ, そうして現存の, そうして現象の真, そうして球技場の眩しい, そうして理想郷を見つけました, そうして理由のない, そうして理解ある凡て, そうして理論的に自家血液刺激療法, そうして理髪屋が二人出張, そうして琉球にはもう, そうして琵琶湖の大, そうして瑪瑙で刻, そうして環状に集まった, そうして甘藷の蔓, そうして甚だ気味の, そうして甚だいい加減の小説, そうして甚右衛門の死骸, そうして生きがいのある, そうして生きたここちも, そうして生きてるのが, そうして生きとおした苦難の, そうして生き残ったものらの, そうして生じい藤井の, そうして生ぬるく頬へ, そうして生徒は法律, そうして生徒自身の研究慾, そうして生死がわからない, そうして生活状態の変化, そうして生活現象を説明, そうして生涯遂に相, そうして生涯安穏に世, そうして生理と心理, そうして生産するの, そうして生産本位を農業, そうして生蕃小僧に別れる, そうして産まれ故郷は, そうして産地にいた, そうして産後幾日も経ずし, そうして用心をし, そうして田の神の祭, そうして田圃を隔てた, そうして田山白雲がその, そうして田村麿将軍の手, そうして田舎者を魘えさ, そうして田舎芝居の盲景清, そうしての国, そうして甲州の上野原, そうして甲府勤番には骨, そうして甲府城の土蔵, そうして甲板から投げ込まれる, そうして甲谷は参木, そうして合せた様, そうして申し訳がない, そうして申訳に箒, そうして男の子の鳥追い, そうして男らしく未練の, そうして男一匹手をつい, そうして男同士の間, そうして男子より軽侮, そうして男爵夫人を乞食, そうして男鹿人のごとき, そうして町なかにある, そうして町井さんの予言, そうして町人へ組み付いた, そうして町会は決議, そうして町住居をいたします, そうして画風も全く, そうしてる畏, そうしてには麦, そうして留守宅の万事, そうして留守居をし, そうして留守番を一人位, そうして畜生のため, そうして畢竟悪いこと, そうして異なる印象の, そうして異人さんなるもの, そうして異国ふうの大, そうして異国風の雅味, そうして異常運動はごくわずか, そうして異性の弱点, そうして畸型かと思われる曲った, そうして疑問をかけた, そうして疑惑と苦悩, そうして疲れ切って倒れ, そうして疲労に少し, そうして病室へはいる, そうして病床に就い, そうして痙攣して, そうして痛々しそうに, そうして痛い腹を, そうして痛むか痛まない, そうして痩せていました, そうして瘤附との異常, そうして高い小, そうして発作が甚, そうして発射された, そうして発展して, そうして発見次第その名前, そうして発達した両方, そうして発電所がある, そうして登山者が踏み降した, そうして登様とお松, そうして白い小さい菊でも, そうして白い長い眉を, そうして白く輝いた, そうして白く青く絶えず光っ, そうして白帝城下の名, そうして白昼酔って, そうして白木の卓子, そうして白楊のそよぎ, そうして白樺の幹, そうして白状すれば, そうして白痴同様の私, そうして白絹の上, そうして白羽二重の小袖, そうして白蛇三つの死骸, そうして白銅一つやって, そうして白露八月となれ, そうして白髪小僧自身の姿, そうしてに近い, そうして百両金があったら, そうして百人に一人, そうして百匁が六貫文, そうして百姓一揆は革命的, そうして百姓達は粟, そうして百聞は一見, そうして百花でもなん, そうして百蔵の胸倉, そうして百足の草履, そうして百面相自身も天保, そうして皆さんが後に, そうして皆何か相談, そうして皆哂いながら, そうして皇室の大権, そうして皇室直轄領の民衆, そうして皇居にお, そうして皇帝の御殿, そうしての鞴, そうしてをたたき, そうしてと御, そうしてと正月, そうして益インデペンデントに御, そうして益勝手気儘になる, そうして盗まれたと言う, そうして盗むように, そうして盗人のよう, そうして盗難は, そうして盛んに啼き立てた, そうして盛装した植民地美人, そうして監視船に海, そうして目下自分の所, そうして目前の要求, そうして目印にこちら, そうして目明が多く, そうして目的地に着い, そうして目立って食欲, そうして目論見通りをやった, そうして盲人の訊問, そうして盲目である, そうして盲目同士の夫婦, そうして盲目的に水沢, そうして直そうとでもする, そうして直にこの紅, そうして直接の答え, そうして相互の理解, そうして相合傘の主, そうして相対して, そうして相川君たちをおどしつけ, そうして相当流行問題になっ, そうして相撲の結果, そうして相談に水, そうして相談ずくに致しましょう, そうして相馬大作の顔, そうしての間, そうして眉間には深い, そうして看病に手, そうして看病治療をおろそか, そうして看護婦さんたちは助手, そうして看護婦たちは彼, そうして県内を六区域, そうして真っ黒な少し, そうして真冬にならない, そうして真剣味を以て響いた, そうして真夏が来よう, そうして真夜中にこの, そうして真実に一切, そうして真実私と彼女, そうして真岡の街, そうして真理を愛する, そうして真相を知っ, そうして真紅の一点, そうして真黒なレデー, そうしてに入った, そうして眠るの, そうして眺めている, そうして眺めた星の, そうして眼前の男, そうして眼鏡は近視眼, そうして眼鏡越しにじろりと, そうして着々と今日, そうして着くと早々, そうして着席いたしますとな, そうして睡たもまた, そうして睨みの松あたり, そうして瞬時も人間, そうしてを合せる, そうして矢張見ずに, そうして矢張り折々は, そうして矢張り切手の侍, そうして矢張り最前の酔払い, そうして矢張り本を読まなけれ, そうして矢張り本能的に懐中, そうして矢立を取り出し, そうして矢鱈に変テコ, そうして知らぬ顔をし, そうして知念城間の二派, そうして知県の妻, そうして知識的富者がかえって, そうして短刀を取り出す, そうして矮小な人, そうして矮鶏のよう, そうして石垣の下, そうして石川は稲村, そうして石渡三蔵であったが, そうして石碣の矢, そうして砂地に腰, そうして砂漠の南, そうして砂糖なしの, そうして砂糖壺とが置い, そうして研究所に一つ, そうして砲塁の中, そうして破局に向っ, そうして硬く曲った背中, そうして硯席に侍らせた, そうして碓氷を越え, そうして碓氷峠の上, そうして碧梧桐氏や虚子氏, そうしてと湖水, そうして磨きをかけたなら, そうしての鳥居, そうして社会主義を認めたなら, そうして社会全般の制度, そうして社会性を持っ, そうして社会進歩はもたらされなけれ, そうして社殿へ通じ, そうして社長に売渡した, そうして祖先は宗介, そうして祖先たちはよい, そうして神さまからおまえたち, そうして神中のこと, そうして神主がまた, そうして神主さんあなたは, そうして神前に供えよ, そうして神国不滅だの神風, そうして神尾主膳が西郷, そうして神様のお, そうして神殿のご, そうして神秘的な歴史, そうして神経を使う, そうして神聖なもの, そうしての仕方, そうして祭祀を掌, そうして禁慾同盟をせよ, そうして禅宗を信じる, そうして福井の足羽山, そうして福岡から二里半, そうして福田君を社長, そうして秀吉の後, そうして秀吉時代に一時杜絶, そうして私たち三人は黙っ, そうして私たち人間というもの, そうして私たち学生はその, そうして私一人の幸福, そうして私共の気, そうして私娼宿の門, そうして私服に真, そうして秋田市のいわゆる, そうして秋草が花, そうして科学上のピュリタニズム, そうして科学的に教えられた, そうして科学者に固有, そうしてっそり, そうして秘かにスピノザ, そうして租税課出張所において二, そうしてに見る, そうして程遠からぬ七条油小路, そうして稍暫らくしてから, そうして税金をドシドシ, そうして種々の雑説俗説, そうして種族にはいった, そうして種族中で一番知恵, そうして稲作は特に, そうして積り積って行った, そうして積極的中立政策を行なう, そうして穴蔵に二, そうして究極するところ, そうして空しく最後の, そうして空中の旅, そうして空気に異状, そうして空気銃を肩, そうして空間中の旅, そうして突かれた紙帳は, そうして突き立ったまま彼女の, そうして突き飛ばされて突き飛ばされ, そうして突っ立って, そうして突如とし, そうして突破があった, そうして窓際の小さな, そうして窮屈そうな袖, そうして窮迫した生活, そうして続けに, そうして立ちすくむ足を, そうして立ちすくんだその姿, そうして立ち聞きをした, そうして立ち退くかと思う, そうして立上り深く溜息, そうして立居ふるまいの, そうして童子を走らせ, そうして端席を打つ, そうして端役に出る, そうして端書と郵便, そうして端正な感じ, そうしての管, そうして竹さんのお父さん, そうして竹内式部をはじめ, そうして竹内氏が出征, そうして竹林の中, そうして竹竿を抛り捨て, そうして笑いを噛み殺し, そうしての音, そうしてに描いた, そうして笠沙の宮, そうして筆写するならまだ, そうして筆者等の予算計画, そうして筋肉がひきしまっ, そうして箱根のトンネル, そうしてで僕, そうして節子に働く, そうして土の, そうして築地隅田川の近く, そうして篠崎仁三郎の一生, そうして簡単な私, そうして簡易な解析, そうしての中, そうして米倉の盛名, そうして米吉の手, そうして米国の国歌, そうして粉雪の降る, そうしても日本, そうして粗末なつぎ, そうして精一杯の声, そうして精神生活の特色, そうして精神的であった, そうして精神的打撃を与えしかる, そうして精細な観測, そうして精進にはじまっ, そうして糠味噌だの醤油樽, そうして糸子の替え玉, そうして糸底の姓名, そうして糸車とまきわく, そうして約束のお, そうして約束どおり私は三日後, そうして約束通りに堅気, そうして純粋に映画的, そうしてにはただ, そうして紙屋の久次郎, そうして紙幣と云っ, そうして紛らしたようである, そうして破という, そうして素ッ裸体のまま, そうして素人のかいた, そうして素手で向った, そうして素晴らしく高貴に, そうして素知らぬ振りし, そうして紫ばんで来た, そうして紫錦の綱渡り, そうしてを殺し, そうして細い針金の, そうして細かな比較考慮, そうして細事をも粗末, そうして細帯を長く, そうして細引のよう, そうして細長い島国の, そうして終局において大きい, そうして終戦後全国各地に悠々, そうして終日不機嫌であった, そうしての頭, そうして組み合ったままの, そうして組み打ちがはじまった, そうして経ち午頃ごお, そうして経済でもある, そうして経済力は, そうして結ったばかりの銀杏, そうして結城孫三郎やダーク, そうして結婚式の晩, そうして結局この世で我々人間, そうして結局それは時鳥, そうして結局京子さんや星田さん, そうして結局全部を一つ一つ綺麗, そうして結局其人の極印, そうして結局剪り取って, そうして結局各国ともに社会的不安, そうして結局完全な幸福, そうして結局法律の原則, そうして結局裁判所はこれこれ, そうして結局酒を飲ませる, そうして結果的には私, そうしては特に, そうして給仕をし, そうして統計的に期待, そうして絵巻物を奪い去った, そうして絵描きになりたい, そうして絶えずぶるぶると躯, そうして絶壁の上, そうして絶大な希望, そうして絶対に多聞兵衛, そうして絶対安静を守る, そうして絶縁であった, そうして絹本を表装, そうして継子の何, そうして継布のあたった, そうして維新以後の今日, そうして維新改革後父母と共に先祖伝来, そうしてをするする, そうして綺麗好きの若者, そうして綾子には, そうしてる人界, そうして総体の意識, そうして総司様の前, そうして総花として今坂, そうして緑青と朱, そうして緞帳芝居を三軒, そうして締りなくしゃべり歩い, そうして練り上げた思想を, そうして縄のれんをめがけ, そうして繰返すたびに, そうしてのある, そうして罪人の私, そうして罪条は高い丘, そうして置いたら大丈夫かも, そうして置きざりにし, そうして署長に報告, そうして罷業紡績会社の損失, そうして罹災民諸君は狭い, そうして羅山は結語, そうしての毛織り, そうして美くしい悲しみ, そうして美事に禿げ, そうして美人だ, そうして美佐子から但馬, そうして美作はその, そうして美作自身においてもそういう, そうして美女の名, そうして美男でありました, そうして美禰子を振り返っ, そうして美術のみが美, そうして美貌だのに, そうして美醜の運命, そうして羨望の色, そうして義太夫節は大阪, そうして翌日静かに水面, そうして翌朝百姓によって呼び覚まされた, そうして翌朝蛸は若殿, そうして習慣に縛られた, そうして老中に面会, そうして老女に勧め, そうして老女たちに神秘感, そうして老翁よりはより, そうしてへつめ, そうして考えあまった様に, そうしてもそれ, そうして耕作力に大きな, そうして耕地を失った, そうして聖ユーラリ教区の役僧, そうして聖典コーランこそ完全, そうして聖書の小さい, そうして聖柄の太刀, そうして聞きように, そうして聯隊がつくりつけ, そうして聴いている, そうして聴き手を, そうして聴くと鳥, そうして聴手の心, そうしてを辞した, そうして職業は政治家, そうして職業婦人の話, そうして肉体上の関係, そうして肉屋と憲兵隊本部, そうして肉慾で享楽, そうして肉桂酒甘蔗竹羊羹そう云った, そうして肉片を鋤, そうして肉親の者たち, そうして肌理が非常, そうして肘付椅子の上, そうして肝心の社会学そのもの, そうして肝腎の君側, そうしてかけ椅子, そうして育てられたのは, そうしてが悪い, そうしての潰れる, そうして胆吹山までなるべく, そうして背のびをし, そうして背ろの一部分, そうして背中いっぱいに龍, そうして背筋から冷水, そうして胎児の夢, そうして胎龍は精神, そうして胡座をかいた, そうして胡桃割りの様, そうして胡瓜の音, そうして胴中からへん, そうして胸部全体から言え, そうしてが済ん, そうして脂布のはし, そうして脅迫めいた響き, そうして脇下まで捲れた, そうして脇差を差し, そうして脇差しを引き抜いた, そうして脇差坤竜丸は諏訪栄三郎, そうして脈搏を数えなけれ, そうして脚色者としては菊池寛君, そうしてけ出した, そうして脳髄以外の全身, そうして脳髄自身の権威, そうして腕組をし, そうして腰かけていた, そうして腰の物は, そうして腰掛けていた, そうしてを出し, そうして腹だちまぎれに右足, そうして腹掛けの饅頭, そうして腹立たしそうに, そうしてには種々, そうしてを吸っ, そうして臣座を超えた, そうして臨時の切符係, そうして臨終のお父さん, そうして自らそうだと, そうして自ら取止めのない, そうして自ら機械のごとき, そうして自他共に他, そうして自作は宮内省, そうして自信のある, そうして自分一人なら車, そうして自分一代では, そうして自分一流の的確, そうして自分以外の者, そうして自分現在の俸給, そうして自分達の送った, そうして自国の言葉, そうして自在も鉄瓶, そうして自己化したその, そうして自己独得の芸術的感興, そうして自我への執着, そうして自暴に漕ぎ出し, そうして自来也を, そうして自然それが出来ない, そうして自然天然話頭をまた, そうして自然科学の方法, そうして自然自身をし, そうして自負せず, そうして臭くて青い, そうして至れり尽すところが, そうして至当な観方, そうして至急鬼王丸殿に, そうして舅姑の葬式, そうして興味ある問題, そうしてや歯, そうして舌鼓を打ち, そうして舗装道路の両側, そうして舞い手が, そうして舞台芸術は一見, そうして舞踊としての苦しみ, そうして舟宿がペコペコ, そうして般若の面, そうしてにとりすがった, そうして舷窓からはいっ, そうして船そのものも動かす, そうして船長室で船長, そうして艇全体がにわかに, そうして良人の家, そうして良心的な男, そうして色んな噂が, そうして色気も何, そうして色気無しの親愛, そうして色沢の悪い, そうして色男気取りでシャッポ, そうしてめかしい, そうしての茎, そうして芝居の複製, そうして花やかな衣裳, そうして花婿との親, そうして花弁は瑪瑙色, そうして花桐を長い, そうして花江さんをダメ, そうして花聟の家, そうして花道を行く, そうして芸術以外には何もの, そうして芸術的にも深刻, そうして芸術的労力そのものが先生, そうして若木若餅の如く, そうして若林博士は現在, そうして若様には, そうして若殿頼正は今夜, そうして若葉の美しい, そうして苦しく愛惜の, そうして苦痛のかげ, そうして英国は海国, そうして茄子一個の値, そうして茅野雄に対しても伯父甥, そうしてに二十年, そうして茶の間の障子, そうして茶わんの縁, そうして茶人達が選んだ, そうして茶代をいや, そうして茶器として最初, そうして茶屋は武蔵屋, そうして茶碗は多く南朝鮮, そうして草いきれなんかもまさに, そうして草の根を分け, そうして草屋根の保存年限, そうして草川巡査の一個人, そうして草鞋がけで竹, そうして荒縄で縛られ, そうして荒野の洞窟, そうして荘厳な大, そうしてを背負っ, そうして荷船は必ずや, そうして荻野山中はどの, そうして莫大な金, そうして菊池さんの小説, そうして菊路が折々, そうして菓子を出し, そうしての上, そうして落ちかかった日が, そうして落ちつきのない淋し, そうして落ちつく先は, そうして落下して, そうして落書の筆者, そうして落着いて, そうして葉子は倉地, そうして葉子さんが木村さん, そうして葉巻を吸っ, そうして葉末にはその, そうして葉末さんは事実琢磨氏, そうして著者に対しては十二分の反抗心, そうして著者みずからのその, そうして葛湯の分量, そうして董卓は貂蝉, そうして葬儀場は時として, そうしてや蘆, そうしてを手, そうして蒋介石の北, そうして蒔いて僅か, そうして蒸気の力, そうして蒸留された国民思想, そうして蒼味を帯び, そうして蒼白い顔を, そうして蒼白く冷笑し, そうして蒼空に富士, そうして蓄積した不眠不休, そうして薄くて丸い, そうして薄れ行く意識の, そうして薄手の薄手, そうして薄暗い影に, そうして薄暗くなって, そうしてに盃, そうして薔薇の香, そうしての円座, そうして藤原は丈, そうして藤尾さんの前, そうして藤屋デパートにはさらに, そうして藤野先生は愕然, そうして藤野厳九郎という先生, そうして藩知事勝成公は余儀なき, そうしてが清水, そうしてと藺, そうして蘆葦茅草が枯れ枯れ, そうして蘇州へ行った, そうして蘇我氏は厩戸皇子, そうして蘇生したところ, そうして蘭法附木で袂, そうして虎視眈々として長浜, そうして虎間先生を奏任待遇, そうして虚心なる仏祖, そうして蛇使いの婆さん, そうして蛇口の処, そうして蝋鞘の長い, そうして融けかかった霜で, そうして螺旋の階段, そうしての方, そうして蟇口から五十銭銀貨, そうして蟹口さんの怨み, そうしてのよう, そうして血みどろになっ, そうして血判を押す, そうして血痕らしいもの, そうして血筆帳を示し, そうして血管の破裂, そうしてと共にする, そうして衆生を度, そうして行きかえり, そうして行きついた所が, そうして行く雲は, そうして行く先は, そうして行く行くその設備, そうして行儀よく右左, そうして行列の果てなく続く, そうして行進に出かけ, そうして行違いになった, そうしてを横切っ, そうして街頭録音の放送, そうしてがその, そうして衣服全体が甚だしく, そうして表面には出さない, そうして表面平静な挙動, そうして表面自由に暮し, そうして表題を少し, そうして衰えは感じられた, そうしての手帛, そうして袈裟掛けに斬り伏せた, そうして袋戸に張った, そうしての袖, そうしてで額, そうして袖たけの松, そうして裁縫を勉強, そうして裂き残しの分, そうしての長, そうして裏切者の岩形圭吾, そうして裏塀の切り戸口, そうして裏町の隅々, そうして裳裾はともかく, そうして裴世清は饗応, そうして裸体武兵衛は, そうして裸蝋燭は卓子, そうして裸連のいた, そうして製本に廻した, そうしてをさばく, そうして裾野には風, そうして複雑な苦しみ, そうして襖一つ向うの座敷, そうしてへしみる, そうして襦袢は五分長, そうして襯衣だけになっ, そうして襷掛であった, そうして西洋の芸術理論家, そうして西洋人の前, そうして西班牙では五十年間, そうして西郷薬局と書いた, そうして西鶴を研究, そうして介は, そうして要するにこの記事, そうして要之助が握った, そうして見たくさえ思われた, そうして見たくなる位には, そうして見たらふだんは, そうして見つけ次第連れ, そうして見つけ出したのが, そうして見ますれば特に, そうして見上げたからといっ, そうして見出された真理を, そうして見廻したところ相手は, そうして見比べてみる, そうして見渡す限り瓦の, そうして見物人もいっぱい, そうして見込みのある, そうして見送りに来た, そうして視覚から来る, そうして覗き込んだ上, そうして覗くと彼, そうして覚えてい, そうして覚めたときは, そうして覚兵衛と勘兵衛, そうして親しみなじむことが, そうして親たちが迎え, そうして親分と博士, そうして親子は夜空, そうして親子三人あかるい電燈, そうして親子相談の末, そうして親父にせびっ, そうして親身の兄, そうして親達の手, そうして親鸞の徹底的, そうして親鸞聖人のよう, そうしてて行っ, そうして観客の眼前, そうして観念して, そうして観者の頭, そうして観衆の頭, そうして言い訣の, そうして言い合せたように, そうして言うことには, そうして言ってしまっ, そうして言わず語らずの間, そうして言わば自分で, そうして言語としては昔清音, そうして計算すると, そうして討つことの, そうして討論をする, そうして記事の範圍, そうして記号の合った, そうして記念の袂石, そうして記憶して, そうして記録所決断所を置かれた, そうして許しを乞うだろう, そうしてを訊きます, そうして訳文の末, そうして評判は広告, そうして試みたものだ, そうして試験管の掃除, そうしてなど作っ, そうして詩人はけっして, そうして詫びるように, そうして詮方なく苦笑い, そうして詰むにきまっ, そうして詰襟の白い, そうして話し終りながら如何にも, そうして誇らしげに雅子, そうしてされた内容, そうして認識への強烈, そうして誘い合せたよう, そうして誘うように, そうしてによっていずれ, そうして語学の出来ない, そうして誤りを発見, そうして説教したり, そうして読み終ってから, そうして読み終ると旧, そうして読み進む文面を, そうして読もうと思います, そうして読んでいけない, そうして読んだ後は, そうして読後十分くらいで, そうして読書の才, そうして読者自身の研究心, そうして誰々の作, そうして調べている, そうして調査が赭岩, そうして談話の潮流, そうして談話室までまた, そうしてより証拠, そうして論者が孔子以前, そうして諦めきれないで言おう, そうして大名は, そうして謎語を解くであろう, そうして謙さんは人間, そうして講義のあいだ, そうして講習会場の入口, そうしてを謡った, そうして謹直な叩頭, そうして識らず識ら, そうして警報が出た, そうして警官の腕, そうして警官たちが懐中電燈, そうして警部だとかいう, そうして譬喩であると, そうして議論の季節, そうして譲吉が改まっ, そうして谷底を駈け廻, そうして谿底へ下りた, そうして豆太郎である, そうして豆腐屋の喇叭, そうして豊かでなければ, そうして豊ちゃんと三万円, そうして豊富でよかろ, そうして豊後領に寄った, そうして豊豊という母, そうして豫め主人三成とし, そうしてまでも走り出し, そうして負けた方が, そうして貧窮組はついに, そうして貪慾で貰うこと, そうして貫禄では劣りません, そうして貯水場の建物, そうして貯金を始めた, そうして貰いましょうよ, そうして貰うと, そうして貰えばこんな, そうして貰わないでもどうか, そうして貰わんことに, そうして貴族中でも最も, そうして貴殿はあの, そうして貴重なすべて, そうして買うともなんと, そうして買収された罪状, そうして買物をし, そうして費される時間と, そうして費用を出し, そうして賃餅引受けの予約法, そうして資本主義文学が新しく, そうして資本家です, そうしては捕らえました, そうして賞味され享楽, そうして賢くなったところ, そうしてをなすった, そうして赤ショウビンなどと二重, そうして赤チャンを扱う, そうして赤犬を撲殺, そうして赤線で消され, そうして赤色の側, そうして赤裸裸な人間, そうして赤面した, そうして走りながらみんな, そうして走り出すと, そうして起きも上れない, そうして起こすとぷんぷん, そうして起請はつめたい, そうして越えて来た, そうして越し方をなつかしみ, そうして越中守がよろめき, そうして越後獅子の懐, そうして足早に階子段, そうして足袋の先, そうして足許を見詰め, そうして足蹴にされ, そうして跛行を引き, そうしてにのこる, そうして跪座いては, そうして路ばたに, そうして路傍で冗談, そうして路地へ戻し, そうしての中, そうして踊り狂いながらも, そうして蹌踉たる老, そうして身なりをきちんと, そうして身の丈六尺に近い, そうして身もだえをした, そうして身代りの男, そうして身体中至る所, そうして身分は何ん, そうして身動き一つ出来ず微睡むこと, そうして身持ちがよろしく, そうして身繕いをし, そうして身辺のもの, そうしての微妙, そうして躯ぜんたいで良人, そうして軈て相当の, そうして車体の屋根, そうして車座をつくっ, そうして車輪も鉄, そうして軌道の両側, そうしての移動, そうして軍人に似合わない, そうして軍医の診断, そうして軍隊を舟, そうしてから軒, そうして軒下に積んだ, そうして軟らかい気合いと共に, そうしてが一つ, そうして軽いものであった, そうして軽く足早に, そうして軽捷抜群の者, そうして輝くような, そうしての上, そうして輪廓からいっ, そうして轅馬にゃミニャイ小父, そうして轟く胸を, そうして辛くも旧門旧領, そうしての同意, そうして辻斬をし, そうして辻番の者, そうして辻褄の合わなくなる, そうして迂路ついて, そうして近々と向き合って, そうして近ごろ最も日本文学, そうして近ごろ都会で行なわれる, そうして近づいて來, そうして近世の人間, そうして近代リアリズムという, そうして近代精神の造り出した, そうして近時刊行される一切, そうして近頃の新, そうして述懐のひとり言, そうして迷信たるや一切, そうして追い払おうと努めた, そうして追っ手が駈け寄った, そうして追及される伸子, そうして退引させず, そうして退きジリジリと, そうして退こうと思え, そうしてがるまじき命数, そうして逃ぐる間もなし, そうして逃げ出すところを, そうして逃げ場を失い, そうして逃げ迷う人々の, そうして逃走の第一歩, そうして歯の, そうして逍遙うた揚句には屹度上野, そうして透明な棒, そうして途中かなりの難儀, そうして途方にくれ, そうして通いつづけている, そうして通勤寄宿の如何, そうして通帳に金額, そうして逞ましく前, そうして造酒にはその, そうして逢いたい時は, そうして逢うのは, そうして連れ込んだ先は, そうして連呼をつづけ, そうして連日の満員, そうして連絡を取っ, そうして進めば進む, そうして進んではならない, そうして進化の経過, そうして進行を停止, そうして逸子にはその, そうして遊びの責任, そうして遊びたいだけ遊ん, そうして遊んでやがて, そうして遊星系はもともと, そうして悪くこの, そうして運座がはじまった, そうして運転手が眼前, そうして過分の労力, そうして過労が盲腸炎, そうして過去一ヶ年の間, そうして過去未来にわたる全, そうして過失死と断ぜられ, そうして過渡期の日本, そうしてと田, そうして道了塚の上, そうして道具が一切これ, そうして道庵並みに軽い, そうして道庵先生の方, そうして道徳と名, そうして道徳的には一種, そうして道楽ものによく, そうして道益先生は山, そうして道端の石, そうして道筋は狭く, そうして道雄少年の顔, そうして遠からずわたし, そうして遠慮のない, そうして遠浅の磯近く, そうして遠眼鏡を取り直した, そうして遠藤の寝顔, そうして遠見の番所, そうして遥々迎えにまで, そうして遥かの湖水, そうして遭難の夜, そうしてに入った, そうして選挙民と代議士, そうして遺憾ながらその, そうして避けようとすれ, そうして避難方法に関する平素, そうしてつておいでに, そうして邸内至る所, そうして郊外に一軒, そうして郎女の耳, そうして部下を呼び集め, そうして部屋全体がこまかく, そうして部落へ帰っ, そうして郷党の老人, そうして都合によれ, そうして都新聞の片隅, そうしての年, そうして酒乱の時, そうして酒徒としての私, そうして酒癖もよく, そうして酔うたような, そうして酔っぱらいが副業, そうして酔っぱらい並みに頭, そうして酷いのあの, そうして酸素吸入をかけ, そうしてつぱらつてとどまり, そうして醉漢の一人, そうして醍醐村上の御代, そうして釈尊の教えられた, そうして釈明して, そうして釈迦でも孔子, そうしてたげな足どり, そうして重い口を, そうして重ねて一層, そうして重力に逆らい, そうして重吉さんに会っ, そうして重用されるの, そうしてに出, そうして野々宮君の穴倉, そうして野宮は女, そうして野崎と僕, そうして野生の鳥獣, そうして野趣がある, そうして金助を追払っ, そうして金善がまだ, そうして金曜に起こった, そうして金目を積み込ん, そうして金箔がぴかぴか, そうして金縁の眼鏡, そうして金色になった, そうして金魚売がその後, そうしての火, そうしてのよう, そうして針路をそちら, そうして針金のよう, そうして釣鐘のよう, そうしての籠, そうして鉄かぶとも眼鏡, そうして鉄路の附近, そうして鉄金具を四隅, そうしてで打ち斬る, そうしての花, そうして鉢植のアマランス, そうしての重み, そうして銀之丞との恋, そうして銀座ではものすごく, そうして銀杏の根本, そうして銀次と絡み合った, そうして銀河は佐渡島, そうして銀貨まで拵え, そうして銃剣をもっ, そうして銃殺に処す, そうして銃身の撥条, そうして銘々は黙っ, そうして銚子へ着け, そうしてをしきりに, そうして鋼鉄の方, そうして鋼鉄製あるいはジュラルミン製, そうしてを貰う, そうして鎮撫隊士が逃, そうして鏡葉之助, そうして撞き堂, そうして鐘声が単純, そうして鑑賞が製作, そうして鑑賞者もまた, そうしてとなる, そうして長く延び過ぎた髪, そうして長五郎はなんと, そうして長居をすれ, そうして長年の留守, そうして長押の写真, そうして長持も当然, そうして長浜へは何, そうして長火鉢へたくさん, そうして長襦袢と肌襦袢, そうして門前につない, そうして門口の団子, そうして閉じた眸を, そうして開かれる小包が, そうして開けたドアから, そうして閑却されて, そうして閑寂趣味のもの, そうして間もなくすっかり消えた, そうして間近には警視庁, そうして間食なんて一度, そうして関係を続けよう, そうして関口屋から弔い金, そうして関孝和と建部賢弘, そうして関敬吾君などのいう, そうして関東に武士, そうして関白殿の日常, そうして閣下自身もその, そうして闇夜に絞り取った, そうして闊達に鳥打帽, そうして闘病との間断, そうして防堤の上, そうして濃は, そうして阿弥陀如来の前, そうして阿賀妻の前, そうして附き添って来た, そうして附加えて言う, そうして附添の小間使い, そうして附近の遊廓, そうして降りて行く, そうして降りたあと興奮し, そうして降伏の直前, そうして降参しなければ, そうして限られた手法以外に, そうして限度まで味わえ, そうして陛下みずからの御, そうして陣屋の方, そうしてで親, そうして陰性な母, そうして陰森とした, そうして陰部へもまた, そうしての司城, そうして陳列場はとかく, そうして陳述を終る, そうして険要の地, そうして陽熱と地熱, そうして隅田のご, そうして隆起したくびれ肉, そうしてがその, そうして階段を降り, そうして階段通路をその, そうして随身した兵, そうして隔意なく彼, そうして際限なく北, そうして隣室へはいっ, そうして隣席の女の子, そうしてのよう, そうして隼二郎なの, そうして隼人はまた, そうして雀三郎の政岡, そうして雄略と武烈, そうして雑器を作る, そうして雑木に蔽われ, そうして雑談が変じ, そうして離別になった, そうしてを遁, そうして難関に出会っ, そうして雨戸を窃, そうして雨量と売り上げ, そうして雪ぐもよい, そうして雪子が椅子, そうして雪洞の光, そうして雪白の布, そうして雲竜に駕, そうして雲竜二刀が双, そうして電柱の影, そうして電気を消した, そうして電気灯の光, そうして電灯が消え, そうして電燈に照らされた, そうして電車停留場の安全地帯, そうして電車線路を横切っ, そうして震災当時まで三十余年, そうしてに坐る, そうして霜月三夜はことに, そうしてはただ, そうして露わな剣を跳ね, そうして露台のデッキチェアー, そうして露路から往来, そうしてが立っ, そうしてべかからおり, そうして青々とした, そうして青大将の顔, そうして青差とに人形, そうして青白い頬の, そうして静けさを欲, そうして静也は演説, そうしてに絡み付い, そうして非道い不眠症, そうして面作師月子という女, そうして革命家をこころざし, そうして脱ぎ石, そうしてばかりを頭上, そうして鞭撻して, そうして音楽師が来た, そうして音頭取りの美しい, そうしてから頁, そうして順境と云っ, そうして順慶は却って, そうして順次に消え, そうして順礼姿わしは縮布屋, そうして領主となりました, そうしてを突き出す, そうして頬かむりをとっ, そうして頭上を通ッ, そうして頭巾を見つけ出し, そうして頭痛を伴っ, そうして頭脳が昏迷, そうして頭腦のない, そうして頭髪もポマード, そうして頻繁な地震, そうして頼みはせぬ, そうして頼むと必ずよく, そうして頼母様が今日あたり, そうしてに皺, そうして額際から頬, そうして顔中皺である, そうして顔全体の印象, そうして顔色は悪く, そうして顔色一つ変えずに, そうして願いごとがかなう, そうして願意の貫徹, そうしてえて, そうして風の音にも油断, そうして風来坊の教師, そうして風流才子であった, そうして風見さんは社会部, そうして風貌との相違, そうして飛び出したほどの弁信, そうして飛び立つほどに名乗りかけ, そうして飛び立とう飛び立とうとした, そうして飛び込んだその時, そうして飛び離れて風体, そうして飛ぶ鳥に, そうして飛行島の耳, そうして飛騨の平湯, そうして食いかいた柿の, そうして食べ物や着物, そうして食事のとき, そうして食糧の包み, そうして飢餓との頂点, そうして飢餓同盟をせよ, そうしての中, そうして飯場の娘さん達, そうして飽きたら金沢へ, そうして飽くまで楽天的に, そうして飽く迄も天才的な, そうして養女の葉末さん, そうして養蚕の忙しい, そうして養魚場のあたり, そうしてについたら, そうして餓鬼のよう, そうしての裏側, そうして饒速日は神武, そうして首尾よく目的, そうして首級の切り口, そうして馬の背の上, そうして馬糞の重み, そうして馬融の言, そうして馬車が高い, そうして馬鹿のよう, そうして馬鹿共が居なくなったら, そうして馭者と談判, そうして馴れて忘れ, そうして駄々っ子のもつ, そうして駄菓子屋の上さん, そうして駆け抜けて行こう, そうして駒ヶ岳と対, そうして駒井さんあなたの腹の中, そうして駒井甚三郎はかねて, そうして駿三が伝え, そうして駿河守の娘, そうして騒ぎ出すかも知れなかった, そうして騒動の元兇, そうして驚いたか, そうして驚くような, そうして驚嘆の余り, そうしてを折っ, そうして骨おしみの横着もの, そうして骨身を惜しむ, そうして骸骨と少年, そうして声機を, そうして高き美すら, そうして高利貸の手代みたい, そうして高君は銀座, そうして高山へ着いた, そうして高慢面に忠告, そうして高村卿の一行, そうして高蔵尼という一女性, そうして髪の毛をもっと, そうして髪毛や眼色, そうしても顔, そうしての毛, そうして鬨の声をあげ, そうしての眼玉, そうしてのうめき, そうして魅惑的で肉感的, そうして魔女のよう, そうして魔法のよう, そうして魔法使いの婆さん, そうしてえたよう, そうしてかに長時間, そうしてか何, そうして鰍沢の藤兵衛, そうして鰡八という奴, そうして鳥打をま, そうして鳳仙花とは思われない, そうしての鳴く, そうして鹿島の神威, そうして麦畑や野菜畑, そうして麹町の火, そうして麻油の頬, そうして黄いろいけむりがむくむくと, そうして黄味を帯び, そうして黄色に染められた, そうして黄金の甲冑, そうして黄金色の蜘蛛, そうして焦少女, そうして黒光りのする, そうして黒気の行き止まり, そうして黒野田の宿, そうして黙々塾をも, そうして黙々と肢や, そうして黙殺されるの, そうして黙示図の余白, そうして黴菌を振り蒔いた, そうしてを駆除, そうして鼠色のオオヴァ・コオト, そうしてはお, そうして鼻以外の処, そうして鼻梁にあざやか, そうして鼻歌を唄い唄い, そうしてKABUKI