青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~すむ すむ~ ~する する~ ~するだろう ~するであろう すると~ ~するなら するなら~ ~すれ
すれ~
~すわっ すわっ~ すん~ ~すんだ ~ず ず~ ~ずいぶん ずいぶん~ ずし~ ~ずっと

「すれ~」 26258, 261ppm, 365位

▼ すれ~ (25313, 96.4%)

823 それは 319 いいの 264 するほど 165 よいの 142 私は 134 これは 131128 いいん 124 よかった 98 よい 94 それが 92 彼は 78 いい 77 する程 61 彼の, 私の 56 自分の 51 それを 48 僕は 46 すぐに 40 いいと, 何の 38 そこに, それでいい, 好いの 35 あとは, その人, 彼等は 33 それで, 他の, 吾 32 よいと 31 これらの, 今の, 何か, 何も, 私が 30 自分は 29 いいか 28 よいか 27 何でも 25 これを, なり 24 いつでも, それこそ, 好い, 日本の, 現在の, 直ぐに, 自然に 23 いいという, それも, 人間の, 夫は, 次の 22 いいだろう, 彼女は, 第一, 自分が 21 人の, 則ち, 彼が 20 ここに, わたしは 19 あなたの, お前は, これも, よろしい, 僕の, 彼らは, 誰が 18 そこには, それでよい, それに, よいかと, われわれは, 人間は, 問題は, 我々は 17 いいかと, いいのに, その結果, よいという, よろしいの, 宜い, 此の 16 いいじゃ, すべての, 人を, 今日の, 何を, 好いん, 少くとも 15 君は, 我々の, 誰でも 14 いいこと, それらの, 容易に, 立派な, 足りる 13 あなたは, きつと, そこから, どんなこと, よかろう, 一切の, 人は, 天下の, 好いか

12 [11件] いいでしょう, いいわけ, これに, こんなこと, さう, するだけ, 之は, 当時の, 彼女の, 空間は, 金は

11 [18件] いいんだい, このよう, これが, そのこと, そのよう, その時, 一つの, 二人の, 俺は, 前に, 可い, 右の, 多くの, 左の, 確かに, 第二, 自分も, 誰にでも

10 [21件] いくらでも, いやでも, おのづか, お前の, この, この場合, この男, その中, その男, その間に, それだけで, なにも, なんでも, われわれの, 一種の, 之を, 後は, 或る, 犯人は, 良いの, 非常に

9 [19件] おれの, おれは, その場合, それでもう, そんなこと, よいので, よいわけ, わたしの, 事が, 余は, 好いと, 如何に, 彼らの, 彼等の, 敵の, 普通の, 社会の, 私も, 誰も

8 [30件] いいかという, いいので, いくらか, このこと, この問題, すぐにも, そは, それと, だ, どうした, どうなる, 万事は, 事は, 二つの, 人々は, 人が, 今まで, 今度は, 前の, 宜いのだ, 少しも, 帰って, 影とやら, 彼れ, 是は, 自然と, 話は, 足りるの, 足るの, 金が

7 [30件] あの男, いつかは, きみは, こうなる, そのうち, その日, それだけでも, それだけの, それには, 一国の, 二人は, 今は, 俺の, 出來, 多少の, 大抵の, 女の, 好かつ, 子供の, 家の, 少しは, 彼も, 必らず, 我々が, 文学の, 昔の, 男の, 男は, 財産は, 貴方は

6 [54件] あの人, いいが, いいで, いいよう, おまえの, かくの, こいつは, このまま, この上, この人, これほど, すぐわかる, その内, その方, その責任, それで充分, どこか, どこかに, どこに, どこへ, なんの, もうこの, よいこと, よろしいん, わけも, 一般に, 世界の, 世間の, 之に, 今までの, 他人の, 何故に, 却て, 君の, 吾人の, 好かった, 實に, 幾らでも, 幾分か, 影, 後者は, 必ずその, 明らかに, 明日の, 気が, 水の, 火も, 生きて, 生活の, 相当の, 神の, 結果は, 自から, 自分に

5 [110件] ああいう, あなたが, いいのよ, いいわ, いいんで, いつまでも, お筆, きりが, ここで, ここの, ここは, ここへ, こっちの, この国, この女, この子, この点, これまた, こんどは, そのため, その内容, その点, その言葉, その間の, それでい, それですむ, それで満足, だね, どうで, どうにかなる, どうにでも, どこまでも, なおさらの, ほかの, ぼくの, もうそれ, よいかという, よいよう, わしの, わしは, わずかに, わたくしは, わたしが, われわれが, 一方は, 世間は, 之が, 二人とも, 人口の, 人間を, 今度の, 今後は, 他に, 他方の, 他方は, 何事も, 何時でも, 例の, 僕が, 兎に, 其は, 其れ, 出生の, 前者は, 勢ひ, 夜が, 夫人は, 女は, 好いかと, 妾は, 娘の, 子供が, 子供は, 完全なる, 宜いのである, 宜かった, 少くも, 山の, 己れ, 当然その, 当然の, 彼らが, 彼を, 後に, 後の, 心は, 必然的に, 恥多し, 是非とも, 更に美しい, 楽に, 此方の, 死の, 死んで, 現代の, 現実の, 直ぐわかる, 相手の, 社会は, 私たちは, 罪は, 肩が, 自分を, 自己の, 親の, 諸君は, 酒を, 際限が, 際限も, 非常な

4 [165件] あれは, あんたは, いいって, いいもの, いくらも, いずれの, いろいろな, おそらくそれ, お互に, かくなる, かれは, かれら, きっといい, きっとうまく, ここでも, ここを, こちらの, この事件, この二つ, この大, この時代, この部屋, これだけの, これで, さうし, すぐその, すぐ分る, すべてが, せっかくの, そこは, そこへ, そのお, そのほか, その原因, その国, その手紙, その瞬間, その者, その説, その辺, それでこの, それでよかっ, それにも, そんなら, たいていの, たと, ついには, ですね, どこで, なんという, ほかに, ぼくは, もつと, やがては, やはり亦, よいかも, よいでしょう, よいでは, よいのに, よいもの, よく分る, わけは, 一人前の, 一体誰, 一刻も, 一度は, 一方に, 万事が, 下の, 不思議は, 世間が, 主人が, 事の, 事件は, 人に, 人間が, 今から, 今後の, 仔細は, 代助, 何とかし, 何にも, 何んで, 何んな, 何んの, 作者が, 価値尺度財で, 俺が, 兄さんは, 兄の, 先に, 先生の, 出生は, 判ること, 別の, 利益が, 努力する, 取りも, 可いか, 可なり, 各人は, 君が, 命が, 問題に, 問題の, 外の, 奇蹟談の, 好いので, 学問性は, 少しでも, 島は, 平次の, 当然この, 影だ, 彼と, 彼女が, 彼女も, 心の, 必ずこの, 急に, 我国の, 手を, 敵にも, 文句は, 文学は, 斯んな, 春の, 東京の, 次には, 死は, 母の, 水を, 水平線に, 江戸の, 火の, 無用の, 父の, 犯人の, 疾風の, 相当な, 相当に, 私たちの, 私には, 科学は, 種々の, 立派に, 第一階選士, 繕ひ, 自分で, 自分へ, 色紙も, 花の, 芸術は, 莫大な, 衆人は, 西方海中に, 許して, 詩の, 誰にも, 誰れ, 諸君の, 貴方の, 賊の, 骨を, 黙って

3 [340件] あとに, あとの, あなたに, あなたも, あの大, あの女, あの子, あれが, あんなこと, いいから, いいかを, いいさ, いいだ, いいであろう, いいといふ, いい事, いうまでも, いずれも, いまごろは, いやな, いよ, ええ, おれが, おれも, お夏, お延, お母さんは, お父様, かえって人, きっとあなた, きっとこの, こういうこと, ここでは, こちらが, こちらは, この三人, この世の, この事, この区別, この商品, この山, この物, この私, この種, この苦しみ, この辺, この頭, これまで, すぐにでも, すこしは, すむこと, そういうこと, そうなる, そう云う, そこが, そこでは, そこまで, そしてそれ, その, その二つ, その人自身, その他の, その味, その外, その女, その差, その時間, その晩, その次に, その理由, その自然価格, その話, その際, それから, それだけ, それでその, それでは美登利さん, それでよ, それで万事, それで事, それで済む, それで良い, それによって, それまで, それまでの, それらは, そんな風, た, ただ一つ, だれも, つまりは, である, ともかくも, とりも, どうだ, どうだろう, どうであろう, どうにかなるだらう, どこから, どこでも, どこの, どこへでも, どのよう, なお更, なるほど, ほんとうに, ぼくらは, まずこの, まずその, またこれ, またもし, また私, もって, もとの, もとより, やはり, やはり同じ, よいが, よいじゃ, よく利, よし, よろしいので, わかる, わかるの, わたしを, われらは, われわれに, フランスの, モスク, 一人が, 一人で, 一人を, 一方の, 上に, 上の, 下に, 下手人は, 世の, 世界は, 両者の, 両者は, 主君の, 主體, 之も, 事実は, 二階の, 五本ついた, 人並の, 人口は, 人民は, 人生は, 人間に, 今ごろは, 今日は, 今迄, 仕事は, 他は, 任意の, 何と, 何という, 何よりも, 何らの, 何人も, 何故私, 何時の間に引出した, 何等かの, 余の, 作家の, 作者の, 俺も, 個人の, 僕も, 充分に, 先生は, 其間に, 内に, 凡てが, 凡ての, 出来るだけ, 分ること, 別に, 前述の, 十人の, 十人前や, 単にそれ, 即座に, 又その, 口が, 可いと, 可いんだ, 可かつ, 各種の, 同様に, 向うから, 命は, 問題が, 喜んで, 單に, 嘘を, 土地は, 多少は, 夜の, 夜は, 夢の, 大したもの, 大なる, 大事に, 大変な, 天の, 夫が, 夫人の, 女も, 好いという, 好いのに, 好いわけ, 妻の, 娘を, 宇宙の, 宜かつ, 宜しいん, 実際の, 家族の, 察する, 己の, 幕府の, 幸福に, 幾多の, 形の, 影と, 心配らしく, 必しも, 忘れて, 思想の, 我は, 我も, 我我は, 所謂, 手も, 政府に, 教会の, 教育の, 敵が, 敵は, 文明の, 文明女子の, 斯う, 日本には, 日本は, 明かに, 昨夜の, 昨日の, 是が, 是れ, 時間は, 曲者は, 月かたぶきぬ, 村の, 格別跋渉の, 梅花に, 次は, 此文は, 此文書は, 武士の, 武蔵の, 歯を, 死ぬ者, 殆ん, 母は, 氏の, 氏郷は, 気の毒な, 汝も, 激する, 火が, 無限に, 無限の, 父は, 父母の, 父親の, 牛の, 牡丹と, 物の, 物質は, 狐は, 猪の, 猶更, 猿は, 現実に, 用は, 甲は, 男も, 男女の, 目の, 目ッかち, 目的を, 目鼻が, 相応に, 相手は, 相手を, 眼の, 福を, 私と, 私共は, 私達の, 穀物の, 窓の, 第二期, 米友は, 結婚は, 絶世の, 腕が, 腹が, 自然その, 親父に, 訳は, 説明が, 読者は, 誰か, 誰かが, 誰しも, 貨物の, 赤面する, 足利時代は, 身の, 身を, 身体が, 逃げて, 逆に, 途中で, 通ず, 通ずという, 通ずといふ, 通ずる, 陛下の, 音が, 風の, 飯の, 驚くべきこと, 高氏の, 鮎を

2 [1288件 抜粋] ああした, あくの, あたしが, あちらへ, あとで, あなた方にも, あのよう, あの石, ありありと, あるいはその, あれも, あれ程, いいかが, いいし, いい人, いかる家なく, いくぶんか, いつの間にかその, いつまで, いつ迄, いまに, いろいろの, うっかりし, おきえさん, おのずからこの, おのずからそれ, お前が, お前には, お勢, お帰り, お次は, お金が, お金を, かうな, かう云, かくも, かならず祟, きっと, きっと癒, きゆる, こうと, ここまで, このお, この一つ目, この世で, この他, この俺, この実験, この手段, この方程式, この機械技術, この石, この話, この際, これからが, これすら, これより, これ又, こんなところ, こん夜の, さしずめそれ, さだ子が, しめたもの, すぐ安之助, すべては, するよう, する程馬鹿, そうし, そうも, そしてその, そのあと, そのままに, その上, その人たち, その仕事, その全, その国境, その子供, その家, その底, その思想, その毛, その生産, その研究, その種類, その要素, その身, その金, そやつは, それでお, それでよく, それで一切, それで好い, それで本望, それで私, それで良かっ, それの, それ以外に, それ等は, たいへんです, ただその, たちどころにその, だが, だよ, だれにも, つけ上る, できるかも, とても駄目, どういうこと, どうしても二十五六, どうして自分, どうすれ, どう変化, どう言う, どこへだって, どちらに, どんなにか, どんなに姿, どんな女, なにが, なるほどこれ, ひなは, ひよつと, ほんとうの, ぼくも, まことに気の毒, まず第, またほか, まだほか, まづ何者, みんなはかなく, むしろ内容, もうしめた, もう一人, もう占めた, もう彼, もう死んだ, もはやその, やはりこの, よいであろう, よいはず, よい気, よししなけれ, よしや六郎, よろこんで, わかること, わかる筈, わたしに, われ, アリストテレスの, イヤな, クリストの, スタアだけは, ダンスも, ブルジョアジーは, マッチの, モリエールが, 一と, 一体何, 一命を, 一大事である, 一家の, 一尾それだけの, 一日に, 一昼夜二十四時間内に, 一様に, 一目で, 一羽の, 一週間も, 七十郎は, 万葉集は, 三尊仏の, 上段の, 下手な, 不幸な, 世に, 世は, 世間から, 両者とも, 丸窓の, 主客の, 之れ, 予定の, 事情が, 二人で, 二者の, 二重の, 京都の, 人も, 人力車か, 人口を, 人生の, 人間も, 人類は, 今までに, 今より, 今回の, 今日より, 仏様の, 他人に, 以上に, 伯の, 伯を, 伸子は, 何かの, 何とかします, 何もかもすっかり赦し, 何んと, 何事に, 何方が, 作品と, 併し, 価格の, 保守主義に, 俳句は, 健康を, 働かねば, 僕等の, 充分です, 充分の, 先方の, 先行者の, 全くの, 兩者とも, 其の人, 其の美麗, 其処に, 其方が, 其等の, 内容を, 冒頭に, 出合ひがしらに, 出血多量で, 分ります, 判ると, 別に何, 前後の, 力量や, 加賀薩摩にも, 助かる見込み, 助六, 労働者の, 動物の, 勿論そんな, 十分だった, 十分に, 単語の, 博士は, 厭世主義に, 又新しい, 叔父も, 可い人, 可むしろ, 同時に日本, 向うの, 吾人は, 周章狼狽し, 唯泥臭い, 問題を, 善いの, 四周の, 因縁の, 地方の, 地球の, 城ヶ島の, 声は, 夕方の, 外国に, 多分外国, 夢を, 大に, 大丈夫だ, 大体に, 大切な, 大抵お, 大概は, 天下に, 天地の, 太平洋西面すれ, 奉仕の, 女が, 女性は, 好いだろう, 好んで, 妹の, 姉が, 婚姻は, 嫁に, 子供に, 子供を, 子規の, 学問の, 学問も, 宅の, 安いもの, 安心で, 完全に, 宜いんだ, 宵の, 家を, 容易ならぬ, 實は, 少しの, 屹度この, 川へ, 己も, 幕府は, 平生の, 年の, 庭の, 弛むの, 強いて知ろう, 当然それ, 当然また, 影で, 彼には, 彼らを, 彼等が, 待ったなし, 後日に, 徒らに, 心も, 心臓から, 必ずや一方, 必ず苦労, 忘れられぬ, 思うに, 思想が, 恐らくそれ, 恐らく心, 恕すべき, 意味が, 意識が, 愚痴に, 成るほど, 我らの, 我輩も, 或はそれ, 或者, 所詮は, 拙の, 挨拶を, 換言すれ, 改めて祝言, 教養ある, 敵に, 文化の, 方程式, 日の, 日本人の, 日沒の, 旦那の, 明日と, 明日は, 是等の, 時は, 時間に, 暴動の, 最初に, 最高の, 月額五百円近い, 本当の, 来月の, 松の, 校則として, 検事局では, 極端なる, 楽な, 此は, 此処に, 此方は, 此等二つの, 歴史は, 残りは, 比沼, 氏は, 水無瀬殿にのみ, 汝が, 沙翁の, 治るだろうと, 法律規則を, 海の, 消え失せて, 済むの, 湯屋の, 満足な, 演劇の, 濡手で, 火を, 無人の, 父と, 物に, 物理的空間は, 狂気の, 現代に, 理想的な, 理窟ばかり, 生は, 生憎に, 産児の, 甲子の, 画に, 畢竟それ, 疝気に, 病人が, 病的な, 皆から, 皓腕の, 直ぐその, 直接その, 相手に, 真先に, 真実は, 眠つ, 眼を, 瞿麦は, 研究する, 破壊を, 祖先を, 神様は, 秀子は, 私とは, 科学の, 租税が, 秤座役人の, 空地を, 空間と, 端の, 答の, 簡単である, 精一杯の, 紙の, 結婚の, 結局おんなじ, 結構私たち, 綺麗な, 総菜畠の, 罰を, 義雄の, 耳に, 肉類も, 自分たちが, 自殺の, 自然の, 自由が, 自由自在に, 興味が, 船が, 良いという, 芝居の, 花を, 若い女, 苦楽座の, 菓子やる, 蕪村は, 蘿月は, 衆議院の, 袋の, 製造業者は, 西洋の, 親でない, 解るの, 言へ, 詩が, 詩は, 誇張に, 誰の, 課税する, 議場を, 責任は, 賢にでも, 足が, 足るであろう, 足跡を, 身体に, 車輪に, 近代に, 運動時間を, 道に, 部屋の, 金の, 鈍するという, 鋼鉄の, 間違いなく, 関係深い, 關係深い, 随分長い, 雪之, 需要は, 静かに, 面白いが, 順序も, 頭脳が, 風が, 馬に, 馬を, 高く澄む, 魚に, 鶯の, 默然と

1 [14067件 抜粋] ああ, あたかも自分, あなたぐらい, あの事件, あの息子, あの虫ばん, あらうが, あり難, ある個人, あんた方まで, いいたがる, いい彼, いかなる難病, いくらか解り, いずれ何, いったいどうした, いつのまにここ, いまさらそんな, いよいよ堅く, うたれそう, ええんぢ, おそらく一ノ関, おてい, おぶさつて, おれたちの, お前様も, お昼すぎには, お縋り申す, かえって事態, かかる有限性, かならずそこ, からかわれ悪戯, きっとすばらしい, きっと幾何, きっと覚光, くすぐつたがるといつてお国さん, こういう読み方, こころよく貸し, このかご, この一句, この事態, この凹凸, この場合結婚, この対決, この意地, この本, この物理的時間, この空魔艦, この船, この身, この香気, これだけでも, これ理想的の, こんな中心, ごろりとなっ, さっぱりした, しくじらねえよう, じっさいあまりにも, すぐ二番手, すぐ理解, すっかり変っ, すなわち期せ, する程神經, せめて他人, そういう心, そうですね, そこにこそ, そのいくぶん, そのまま葬られた, その両者間, その傍, その勢, その圧縮力, その富, その心理, その描方, その根源, その物事, その科学, その胸, その親し, その週期的疫病, その風俗, それだけわれわれ, それでも善けれ, それで日本, それに次いで第, それ等も, そんな言葉, ただちに周囲, たちまち合戦, たといその, たぶんヌケ道, だれの, ちょうど今頃熊谷, つまらぬこと, ですがね, とにかく無事, どうしてもこれ, どうしても自分, どうやらぼく, どっちが, どんなにで, どんな恐ろしい, どツ, なかなかに, なほなほ泣きたてる, なれないこと, のぶ公が, ひどくがっかりさせた, べつだん何, ほぼ真名古, まことに器械的, ましてそれ, まず十九, またさき, また僕, また末, まだしも少しわかり, まったく薄氷, みなさんに, むしろ家相, もういちど陣営, もう二度とあの, もう息, もしあの, もっとくわしく, もどって, やがて国中, やつぱり他人の, やはり感想文, よいお, よい作家, よくなった, よほどその, ろうの, わが身の, わずか十二, われ等は, アンは, エンジンや, ギャングの, ゴギノゴギオホン銀を, ジャーナリズムと, タリム盆地は, デモクラチックの, ナポリの, バターの, ファシズム, ブルジョア社会に, ボイラーの, ムグラの, ラムネの, ワザと, 一七〇クヲタアの, 一体どうしたら, 一割や, 一層の, 一応安心, 一日早く, 一片哀憐の, 一秒だけ, 一週間で, 七月十四日は, 三ツの, 三四の, 三通りの, 下さること, 不吉なり, 不決定論, 世界中日本領に, 両漢紀, 主が, 之等を, 乱すちょう事, 事件の, 二三百両の, 二千万円以上の, 二郎さん見たい, 五六間は, 五時頃ででも, 亦憎く, 人事をも, 人目を, 人間的本質に, 今までより, 今後日本政府の, 今更容易, 仔細なし, 他面この, 仲, 会わない方, 佐々さんも, 何かを, 何とか出, 何れほどか, 何天子や, 何程でも, 作品における, 侍側の, 俗悪を, 俥夫に, 俺一人頑固に, 假令其の, 傳吉も, 僕らも, 元来, 先ずこの, 先斗町を, 光線の, 全く同等, 全市廃墟に, 八九十から, 公衆の, 兵三郎さんを, 其の林檎, 其儘完全な, 其曲者は, 内容の, 冒険心と, 凡人たらざる, 出来るが, 分るとの, 初冬の, 別荘とおらん, 前とうしろ, 助かったかも, 勇敢なる, 勢い他, 勿論肉体, 十一円四十銭也であった, 十分わかるであろう, 千島アイヌ即ち, 半蔵ごとき, 単に空中, 即ち一萬二千人, 却って死, 参詣者にも, 又親, 叔父は, 口説上手に, 古風な, 右之助に, 各要素, 同じ印象, 同時にすべて, 后, 君自身われわれを, 呼びとめたい程, 哲學の, 問わずして, 喧嘩を, 四五日の, 囮鮎ぐるみ道綸が, 国家社会の, 土壇場に, 地球全体を, 埒が, 塩胡椒を, 変に, 多くこの, 夜明けと共に, 大した困難, 大凡左の, 大將晩年, 大正二年の, 大阪お祖母さんは, 天地人これは, 太陽には, 奥さんから, 奴等が, 好くなります, 妙義は, 婦人が, 子爵が, 孝道にも, 學問は, 宏遠の, 宜いよ, 実に右, 実力の, 客人神は, 家内らも, 寂しからしか, 寧ろ其人, 将来批評の, 小丘, 小説に, 少なくとも主観, 尚更迂闊, 山人は, 屹度五六寸のが, 巡査の, 差支は, 師匠は, 常識では, 平軍は, 幽里子, 広く受入れられた, 弄り殺し, 強いて変人, 当局が, 当然早く, 彦三郎は, 彼女等は, 待ちかまえて, 徒一年半父祖が, 得脱は, 御貴殿, 心中する, 必ずそこ, 必ず何, 必ず按摩, 必ず賣れる, 忘られない, 忽ちに大, 忽地全快なさん, 急いで, 恋も, 恐らく吾, 恐れも, 悪である, 惠果自身は, 愚民が, 慾の, 成功し, 我が國固有, 我身の, 戦争の, 所詮国事, 手箱から, 折角の, 指揮権発動ぐらいの, 推斷する, 支那流の, 敏子を, 数の, 文字に, 料理にも, 新らしい, 方言そのものに, 日も, 日本国中を, 旧教の, 昆虫館主が, 易々と, 是公が, 時計の, 暴ぶ, 書かれた物, 最も忘れ得られない, 月までの, 朝学校へ, 未だ小, 本書の, 村とか, 東京に対する, 松尾を, 果ては, 根本から, 桶屋の, 極めて正確, 槌が, 櫻庭兵介は, 止まる自由行動, 正式に, 此処でも, 此迄禁中に, 歴と, 死ぬべき人, 残りの, 殺人犯人の, 毎晩聞ける, 気を, 水分と, 汝は, 決して無能, 沙上に, 法世は, 洋酒の, 浜で, 海螢は, 清原眞衡が, 温厚な, 滅入るよう, 漸, 灯台の, 無益だ, 無頼漢どもばかり, 熱湯は, 爻辭の, 物事かえって, 特別席につけ, 独り政府が, 猿では, 王朝の, 現在日本劇壇の, 琉歌の, 生きられる, 生活資料が, 田畑も, 男に, 異教の, 疲労言句に, 発作的に, 百は, 百本ながら, 皿数への, 盲腸からの, 直ちに二国間, 直に白状, 相当脂肪, 真に純粋, 眼も, 知れる, 破ったもの, 社会的事実を, 神楽場の, 福原の, 私たち二人の, 秋田氏の, 稻を, 空虚を, 立處に, 第一鎖国, 篤り, 精神を, 紅く染まり, 素人衆には, 経済の, 結局相手を, 絶対的多数の, 總ての, 美しい橙黄色, 翌日から, 耶蘇教の, 肉が, 能登で, 腕白盛で, 自ら寸毫半, 自分達を, 自然主義の, 自由主義の, 舞ッた, 良く行つて歴史家, 花鳥諷詠と, 若しや, 茲にも, 萬事不, 蓄音器を, 藩内の, 蛋白質を, 行く手の, 表の, 裏と, 西窓の, 見事に, 親も, 角張つた感想を, 言語道断だ, 註文は, 話しは, 誠に無理, 誰を, 謀殺か, 豈図らん, 貧窮組も, 貴衆両院, 赤は, 足るが, 路地は, 車中の, 辛くお, 返す筈, 逃げだすひま, 通れるけれども, 遅くも, 道教も, 遭難者は, 部面おのづか, 里よりは, 金一両に, 鉄鉢が, 長いです, 閉口する, 間違ひもなく, 陰の, 随分危険, 隨分長い, 難民の, 需要が, 静葉の, 音楽劇は, 風と, 食物が, 首の座に, 駒込の, 高崎から, 鳥獣は, 黒くつぶ立

▼ すれども~ (198, 0.8%)

7 姿は 3 今更何, 網せず 2 一たび難局に, 予が, 人間の, 今日の, 其の文采言語, 友に対して, 図を, 敢て, 身を, 鳴く音

1 [165件] いかにもかな, いつも真先, いまだ上古, おきず猶, お俊, お姿, かえって一方, この山谷, これに, これまた, これ等の, さすがに, さらに目, すれども, そのゆめ, その一部分醒覚, その人, その他を, その本質, その権理, その腰, それは, できも, ともに謬, なほ歳の, ならず, また即興, むかしより, ナニ不正の, ハルトマンは, 一人として, 一人の, 一度の, 三五郎は, 三合までは, 中, 主人は, 久保田君は, 之とても, 二つには, 二人は, 五体すくみ, 亦敢, 人に, 人の, 人和せず, 今日ばかりは, 仏願力に, 他方は, 伴いたまえる親王, 体痺れ, 何に, 何分にも, 依然として暗夜, 假令婦人なりとも, 元來愚鈍, 元来河原者, 其処なく, 其力なし, 其実地を, 其記事何れも, 内部は, 出る事, 効なし, 南都と, 友に, 合ふかた, 四を, 天照らす, 夫妻に, 妻は, 子を, 家々皆低き, 家屋は, 岡崎氏は, 川下を, 干戈すでに, 度らむ因なかりしか, 得がたし, 心は, 志千里に, 忘れられず心ならずも, 惨として, 意義に, 我が言語, 戦国割拠の, 折々赤き, 折から, 折からの, 政府聴されず, 教育上には, 日と, 日本の, 旧時の, 明, 明るさ, 昔時の, 是ぞと, 是れ, 時に西, 時移りお待ち兼て, 更に其驗, 曾て, 未だ得ざる, 未だ見たる, 本当に私, 本篇の, 柴くべず, 梢に, 權三助十ばかりは, 止らずアイスピッケル, 此の, 此國より, 此方へは, 汝らわれの, 江戸っ, 流急, 渠は, 無意力論者, 燃えず止むを, 燕王疑いて, 物質分子元素の, 生得律義の, 生計の, 田舎育ちの, 発言権なき, 白晝の, 百姓とは, 益なし, 直にこれ, 直に言, 眩からず, 短き會釋, 私は, 給金を, 總ての, 美人に, 而も, 耗らず, 聞入なけれ, 肉体よわく, 能は, 能はずと, 膺懲の, 花の木なども, 要するに二劉, 見当たらず, 解する能はず, 詠吟いまだ, 詮方なく, 身は, 輝祖始終, 辞を, 途次さらに, 通ぜず, 遂に不動公共図書館自体, 遂に路, 適譯を, 金時計は, 鉄石ごとくで破れず, 静かに, 順風を, 顔を, 驚かずや, 鳥仏師知る

▼ すれ~ (144, 0.5%)

3 名物の, 更に宿かす人, 馬鹿ばやしの 2 我家かな, 機にか, 花いはず, 露も

1 [127件] いたずらに齢, いや珍, お登和嬢, こは, これだけは, しかも我が, すぐにも, そのかい, その作る, その姿, その後は, それだけまた, そんなに多く, たよるべきす, どうです, なお妙, なみあれ, みな静まれる, めを, ものは, やがて再び思い返し, わが害心, オ, キリスト教徒を, ヘーレーと, 一たび死ね, 一切の, 一向心, 下りという, 不安なり, 不快の, 与えず髪, 之を, 人々その, 人が, 人の, 今にその, 今に此城主, 今に至つて甚悪筆, 今は, 何れの, 全く息, 出ず, 参来つると, 受取らず, 呼ばず彼, 執拗の, 声の, 声出でず, 夏の, 大発明, 子供は, 実はこの, 宵, 容易に, 少しも, 左の, 左向に, 年少美貌の, 広い寺, 張るに, 形なし, 心いら立ち, 必しも, 思はるるは, 悲しや, 意気地も, 應ぜ, 所詮我, 拙者は, 捗行ず漸, 攀じ切れぬ絶壁, 放たざるを, 暮に, 最後の, 朝の, 朧夜の, 木戸には, 来るたび毎, 棄子が, 楚の, 止らず, 武家にも, 歩まれぬかも, 水に, 求むる者, 涙のみ, 滴水も, 滿足に, 狂女の, 狭い広いは, 猴殊に, 猿なれ, 理なく, 留まらずわが, 疑も, 皓腕の, 目にも, 立ちか, 粗製の, 網せず, 綾衣は, 縁絶え, 耳に, 聞入れざるを, 聲出でず, 肉膚は, 胸に, 能わず, 自の, 虎が, 見当らず憊, 言ひ, 諸事は, 路上坐禅を, 身, 身が, 身じろぎに, 返り事, 迫り來, 金も, 闇中不意に, 非道は, 頭割りでは, 風や, 飼主あり, 鶏一向

▼ すれ~ (53, 0.2%)

7 いて 2 ゆく

1 [44件] いた, いない, いないこと, いないこれ, いないという, いないのね, いない主人, いない娘, いなかった, いなかったの, いなくて, いらっしゃらないで, いるだけの, いるよう, いるん, いる有識階級, きて, くるいが, しまって, たっていう, へって, ゆくこと, ゐるやう, ゐるよ, 主水正, 信頼出来なくなる, 切れたん, 堅いカラカラ, 小さいアセモ, 少し隔, 少し隔つて, 居て, 居る小面憎い, 曲がって, 来たお, 来て, 武者振りつく, 滑らかな, 痛いもの, 発火し, 突起した, 糸の, 線の, 薄の

▼ すればこそ~ (46, 0.2%)

2 そこに

1 [44件] いろいろの, こうしてお前, こうしてわたし, この道行, じっとがまん, すべて世の中が, その人々, その存在理由, その悲運, であった, であったの, である, なれ, もろもろの, ハイデッガーの, 一カ月辛抱が, 一般に, 両者は, 些細の, 京弥も, 初めて思惟, 割烹店という, 友達が, 哲学的に, 回顧の, 夜にも, 天賦人権の, 奔走し, 好な, 妖魔が, 存在する, 学問だ, 思想である, 愛嬌も, 新しさ, 更にこの, 標準を, 歩みを, 永い歳月, 災を, 種々の, 良人の, 行き得ると, 覚悟の

▼ すれ~ (39, 0.1%)

3 ひに, ふ, ふ時 2 つた, ひながら, ひました

1 [24件] つたさうです, つたり, つて, はう, はうとして, ひ, ひくら, ひさ, ひざま, ひひそか, ひ居並ぶ時, ひ段丘, ふとちよ, ふと強い, ふと径一寸, ふと青蜜柑, ふの, ふばかり, ふまでには, ふみちみち, ふ人々, ふ度, ふ男, ふ自動車

▼ すれ~ (36, 0.1%)

32 いいん, 何でも, 何日でも, 可い

1 [25件] いいじゃ, いろんな点, お前たちゃ, この世に, どんな難病, なんでも, もうとうの, わしと, わしは, 一大事だ, 万事好都合だろう, 任務は, 僕は, 元々北条家, 十万も, 嫌でも, 小言言, 御祝着, 浅見の, 熄められる, 百人力だ, 紅頭嶼万歳だ, 紛れも, 背中を, 逃がしやしないが

▼ すれ~ (35, 0.1%)

2 左の

1 [33件] ありきたりの, いいの, いいん, する程宗教, その男, それとは, それは, どうでも, またひきかえし, よいこと, キリストの, 下劑, 不知不, 今を, 僕は, 唯其感覺, 大に, 岩に, 工夫するほ, 日本も, 木ネジの, 此間に, 武器の, 無意識に, 物価が, 皆是家母の, 私は, 縱令充分の, 良いの, 記憶力も, 貴公の, 飯の, 高雅である

▼ すればと~ (34, 0.1%)

4 云ふ

1 [30件] いうの, いうので, うながされて, おかしい位, がめも, しばらく時間, てこの, どこおりなく, 一図に, 云う詞, 云ても, 促されて, 呟いて, 好い加減な, 妻の, 念じて, 念じながら, 思うと, 思った, 思ったが, 思って, 書かれて, 机の, 汗するおもい, 聞いて, 言つ, 言つて來ました, 言ふ, 路地の, 齒を

▼ すればよ~ (31, 0.1%)

24 かつた 2 かつたん 1 うく鳴る, かつたし, かつたです, かんべ, ござんすか

▼ すればとて~ (21, 0.1%)

1 [21件] いやしくも主, これを, その尊卑, 乗りたまはずさらば, 乗りたまわず, 人様の, 何の, 例の, 出て, 慢心増長なせ, 敢えて拒む, 敵対の, 是を, 現代に, 男書生の, 相手を, 終には, 結局においては, 美尾は, 誰に, 面白い議論

▼ すれ決して~ (19, 0.1%)

1 [19件] これを, 不満には, 劣ること, 単調平坦な, 反感は, 否定しない, 怒っては, 恐ろしい魔所, 恨まれる理由, 惜しいなどとは, 排斥すべき, 救おうとは, 有難いとは, 減じない, 減じは, 減りは, 真の, 科学の, 薄らぐ筈

▼ すれずれ~ (18, 0.1%)

1 [18件] にかすめ, にだんだん, になっ, になびい, に円舞, に吹きちぎられ, に広がっ, に彼女, に眼, に立つ, に腰, に船, に落ち, に近寄つ, に通つて先, の処, の顔, まで舞い上っ

▼ すれ~ (16, 0.1%)

1 [16件] ここは, それで, つてさへも, つて音を, ほかに, ほんとに一門, コロリと, 二十円取れる, 二月三月埋, 十日ぐれ, 嬉しい首尾, 己にだって, 彼奴が, 殿様が, 良え, 買つ

▼ すれから~ (8, 0.0%)

2 しと 1 したとも, した雰囲気, しぢ, しで, しに, し物

▼ すれ~ (6, 0.0%)

1 あの娘, いい, いいん, とんでけ, 大した失態, 宜かんばい

▼ すればね~ (5, 0.0%)

1 あなたが, しくとか, 持って, 物々交換といふ, 私は

▼ すれやあ~ (5, 0.0%)

1 おれの, どんなにで, 今生の, 大したもの, 癒して

▼ すれ~ (5, 0.0%)

1 一向咽, 先づは四人の, 兩人の, 彼勿, 我も

▼ すれ~ (5, 0.0%)

1 つたか, はなく, ひ舟, ふやう, ふ音

▼ すれ~ (4, 0.0%)

1 ふためきて, よく思へ, 消極とを, 矢つ張り

▼ すればという~ (4, 0.0%)

1 ことは, 意味です, 時期を, 気に

▼ すればに~ (4, 0.0%)

2 う木 1 ふなみの, らい國は

▼ すればも~ (4, 0.0%)

1 うい, しさうだと, 一つその, 一人も

▼ すれ~ (4, 0.0%)

1 それで気, どちらだって, ナそ, 鶴子づれが

▼ すれ~ (4, 0.0%)

1 しに, として小言, の恨み, の隨喜

▼ すれ~ (3, 0.0%)

1 あの男, 停って, 有難い目

▼ すれその~ (3, 0.0%)

2 時には 1 肌の

▼ すれそれ~ (3, 0.0%)

1 から逃れる, がこの, を奇妙不思議

▼ すれ~ (3, 0.0%)

1 一蹶し, 同する, 文潜之を

▼ すれながら~ (3, 0.0%)

1 お背なかいちめん, フレッシュな, 美くしい

▼ すれ~ (3, 0.0%)

1 いう, 声を, 肩を

▼ すればって~ (3, 0.0%)

1 占ない, 私には, 誰にも

▼ すれ~ (3, 0.0%)

1 からし, からしな, てるん

▼ すれ~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひ行交, るとたん

▼ すれ違つて~ (3, 0.0%)

1 おもはず, から船頭, 通りました

▼ すれたり~ (2, 0.0%)

1 しみが, する上

▼ すれという~ (2, 0.0%)

2 人あり

▼ すればか~ (2, 0.0%)

1 にし, やうな

▼ すればとか~ (2, 0.0%)

1 彼処を, 自分の

▼ すればにや~ (2, 0.0%)

2 多けれど

▼ すればや~ (2, 0.0%)

1 じた, じたじたと

▼ すれまだ~ (2, 0.0%)

1 これに, その深

▼ すれ少し~ (2, 0.0%)

1 の不愉快, も軽く

▼ すれ~ (2, 0.0%)

2 ぶかと

▼ すれ~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ すれ~ (2, 0.0%)

1 の方, はその

▼ すれ精神~ (2, 0.0%)

2 は紛

▼ すれ違つた~ (2, 0.0%)

1 だけぢ, 白い女

▼ すれ違つた後~ (2, 0.0%)

1 でも考へ, も暫く

▼1* [139件]

すれぁ柵越しに話, すれぁ馬車に乗っ, すれあえて異様と, すれあつたときハンコ屋, すれあ可いものだ, すれけっしてそれを, すれこちらから頭, すれこなごなのよう, すれこの貧しい醜少年, すれこれを滅亡, すれもなかっ, すれすでにそういう一角, すれちごた時, すれちごうたよ, すれてもそう早く, すれとても明徳を, すれとも動も, すれどこの家, すれどもやむをえざるがためとははたして他国を, すれ草も, すれなんで粗略に, すれなんら戦闘意識といった, すれにこそたまわりけれ, すればからだが, すればずつと永続性が, すればというくらいのことを, すればといふ利益の, すればとの儚ないた, すればとも思つた, すればなんぞ図らん小生, すればなんぞはからん, すればの話だ, すればのう少しは, すればはア直ぐに, すればばあやは, すればへエ, すればよほどの身柄の, すればをかしな, すれまさか関係し, すれまして悪人はと, すれものだよ, すれゃまた一ついろは屋の親分, すれゃア山木以外の誰か, すれしらべ索, すれアお金もうんと, すれアそれでい, すれアボチヤンとか何とか, すれア人の噂, すれア衆にいい, すれゴリラが女, すれからしでした, すれトガメが来る, すれ又夫, すれバきよふよみ, すれバ一つの大きい, すれバ志をうる, すれバ龍女に下知, すれの用, すれ一向に平気だつた, すれ一年中休むひま, すれ下座にさげられた, すれ不思議の因, すれを分けたる, すれ交つた野良帰りの人達, すれに告ぐべき, すれはぜひ, すれ今更のよう, すれ何とはなしに, すれ何事にも追われ, すれ何条気の弱, すれ何等の反感, すれ俳句は全く, すれ共同人にも動かね, すれ共軍ハ別而然り, すれや, すれ別に気に, すれ厳密な意味, すれ古典的なる品質, すれ同じ仲間には, すれ同じくコバルトを, すれ同情の念, すれふ岨, すれ奇蹟的に助かっ, すれ嫌いも避け, すれ官僚としての支配者的政治手腕, すれ御堂の色硝子, すれ立った伯父, すれ悪いなどとは爪, すれ悪口などは誰, すれ愛惜があっ, すれ感謝されは, すれ憎いとは思っ, すれ拙者に刃向う, すれきは, すれはない, すれ故障などは有りません, すれとしたる, すれ旗太郎を指摘, すれの日, すれ有明の月, すれ未だ彼女を, すれ松かぜは遠く, すれの影, すれはなお, すれ気振りにもうらまぬ, すれ水の上に浮き上, すれ決して心から祝っては, すれよいか, すれ洲走りに砂, すれ減少する心配, すれ無残に見ゆる, すれ獣類的ですら, すれとして得意, すれ當時眞面目に黄禍, すれ白銅一箇快くは, すれ称める気, すれ給金なしの, すれ罪悪の為, すれと一致, すれ自分と同等, すれ自然増加の率, すれ良くして, すれ鳴もろ, すれ草履の足もと, すれが葉, すれ葉ずれ菜種にと見る, すれを恃, すれ違つたのを見る, すれ違つた人があつ, すれ違つた時頭に何, すれ違つた汽車の中, すれ違つた海老茶色のリボン, すれ違つて先になつた, すれ違つて背後なる木納屋, すれ違つて行つたが, すれ違つて通り状に振向いた, すれ鈴虫の啼く, すれ露いささか悪しき道, すれ非難するもの