青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

せよう~ ~せられ せられ~ ~せられた せられた~ ~せられる せられる~ ~せる せる~ ~せん
せん~
ぜひ~ ~そ そ~ そい~ そいつ~ ~そう そう~ そういう~ そうした~ そうして~

「せん~」 4952, 53ppm, 2175位

▼ せん~ (2235, 45.1%)

8988 するもの 82 するの 58 するに 42 する者, 欲し 37 して 30 するは 29 欲す 27 するが 26 した, する 24 欲するもの 22 するも 20 欲せば 19 したの, するには 18 すれば 17 すること 16 する時 15 しつつ, する人 13 するや, するを, せば 12 したが, した時, する場合, する心 11 する傾向, 欲するも 10 する努力, 試みたり 9 欲する者 8 したもの, したる, するとき, するところ, 欲するなり 7 する人々, ならば, 欲する, 欲するか, 欲するの 6 いて, するならば, する所, する際, せり, 欲するのみ 5 する乎, する意図, せしに, 不可ん, 企てた, 欲するところ, 欲すれば

4 [19件] いかんぜ, したり, しつ, するなり, する事, する意志, する目的, すれども, せしが, つとめて, 云ふ, 努めた, 努力した, 努力する, 欲するが, 欲するならば, 欲するは, 欲する所, 試みて

3 [27件] いかん, いかんよ, いふ, しあるいは, したこと, したとき, したところ, するこの, するものの, するよう, する人口, する人間, する力, する形勢, する方向, する方法, する欲求, 云うの, 企てたり, 努力し, 欲した, 欲したる, 欲する時, 欲せは, 欲せり, 計畫, 試みたの

2 [87件] いう, いかんぞ, いかんで, いかんです, いかんと, いひぬ, かわって, したと, した彼, し来たりて, すと, するあらゆる, するかの, するその, すると, するにあたって, するにも, するに際し, するので, するのみ, するまでの, するよりも, する一, する一切, する也, する人類, する以上, する企, する傾き, する処, する因循, する国民, する場所, する大衆, する意見, する慾望, する我々, する或, する手続き, する日, する気魄, する決意, する真面目, する社会, する第, する考え, する衝動, する諸, する議論, する軍隊, する運動, する願い, たくらんで, てこの, 上人も, 今度といふ, 企てたるもの, 企図し, 健康が, 出でしが, 力むるもの, 力めるであらう, 努めて, 努めるであろう, 努めるの, 工合わるい, 思う, 思えば, 思って, 思は, 思わば, 招くも, 望んで, 欲したりき, 欲したるなり, 欲したれ, 欲するや, 欲する乎, 欲する目的, 決心した, 田舎者やと, 盗んだ金, 良くない, 言明せり, 試みる, 途, 風邪を

1 [859件 抜粋] あかんと, あせって, あせるに, あの森, ありしには, いいしも, いいたるに, いい張った時, いうと, いうのに, いかないと, いかんがな, いかんなあ, いかんわ, いきまき豕, いたそやさかい, いって, いつまでも, いひき, いひしを, いふが, うかとは, おいしいおいしいお, おなじやう, おもえば, お呉れやす, お登和嬢熱心, ここで, こって, し, しおしお日の出町, しかえって, しけるも, しこれ, しそして, したかの, したがる, したその, したに, したらば, したるごときまたあるいは, したる也, したる罪過, したる點, したを, したインド, したル・サージュ, した内容, した刹那, した唐時代, した大, した所, した新しい, した李唐, した漢, した爲め, した現象, した第, した言葉, した野心作, しつれど, してるこの, してる前兆, してる悩ましい, しなかったらかえって, しぬ, しはじめたの, しまたは, しマックス, し卻, し同座一部, し屡々, し幸村, し彼, し愛, し我, し或, し春, し欧羅巴洲, し烏, し自ら強権的, し遂に, すなわちそれ, すまんでのう, すらん, するあまり派出, するありて, するいっさい, するか, するかに, するごときは, するごとくいわゆる, するそれら, するだろうか, するつもり, するといふ, するとも, するにあたり, するにや, するに当たっては, するに際しては, するのに, するのみにて, するの意味, するの状, するの結果, するやから, するよりは, するをば, するをや, するアイノ人種, するキリスト教的世界思想, するゲルマン民族, するダンテ, するデマ, するドラマ, するベルン経済学会, する一定, する一般諸君, する不断, する主体, する事実, する人達, する人間的機能, する企て, する何等, する余輩, する作者, する個人, する偏見, する僧侶, する優婉, する共同働作, する兵力, する冷酷, する前, する剣捌き, する努力時代, する動機, する原因, する可, する史料, する同一, する否, する吾, する呼吸, する唯物論, する商業界, する問題, する塲合, する多かれ少なかれ, する多く, する大悲大慈, する夫, する如し, する姿, する学問, する宗教的赤熱, する害悪, する封建社会, する山岳, する希望, する幕府, する強力, する彼ら, する復興, する必要上, する志士, する性, する悲壯, する意図あからさま, する意気, する意識, する感情, する態勢, する我世界, する手始め, する抒情詩, する推論, する文芸院, する新人, する明, する最高, する未来, する本能, する柳生, する概, する此, する気, する江戸, する汽車, する活溌, する瀬戸ぎわにあったのかも, する無, する熱望, する状, する現在, する現象, する生きもの, する生活, する画工, する疲れたる道楽者, する盲目的, する真意, する真摯, する私, する純情, する美, する習性, する背後, する自己任命, する自然的傾向, する航空界, する芸術上, する萌芽, する著者, する行動, する要求, する計, する計画, する誤つた見方, する説, する議題, する貴族的, する超人, する軽信家, する迷妄, する途中, する途端, する連中, する雄藩ブロック, する青年, する革命家, する頑固さ, する風, す之, す人, す元, す当時政論, す復, す思ふに, す我, す本日天候晴朗, す汝, す而, す随分, せざる時, せしかど, せしも, せし阿難, せし頃, せっかくの, せるも, せる馬, せんか, その釁, ためらうところ, ついて, つとむるものがありますが, つとめた, つとめても, つとめてる力強い, つねに尽力, とんでもない, なぐるぞ, なす準備行動, ならば更に, ならんじゃ, ならんぞ, なれば, はじめの, また宅, まだ置いとい, もっと元気出し, よく云, イカンてや, スイスイ行っ, マニラへ, 一日ふさぎ込ん, 一言の, 並松の, 主張してる, 久左衛門が, 云いたい事, 云い出しかねぬ父, 云うなり, 云う事, 云ったね, 云つたのは, 云ふんだらう, 云われ, 仇口に, 今度は, 仕事を, 仰せられしなりき火氣, 企つる, 企つる者も, 企てしか, 企てしこと, 企てたの, 企てたるごときその, 企てたるは, 企てたる彼等二千五百, 企てたウェルマン氏, 企てた馬鹿さ加減以上, 企てられたりしも, 企て時, 企て窃, 企て音楽部, 企んで, 來る, 俄に, 傍に, 共謀し, 其のま, 写真の, 判りませんが, 創造した, 力めおれ, 努めた如く, 努める, 努めること, 努めるもの, 努力したる, 努力するであらう, 努力せり, 勉むるの, 勉めき, 勉めたる所以, 務めた, 卒業し, 危ないよ, 参加した, 取て, 向ひ, 唯懐, 商量し, 困るぜ, 堂々花嫁, 境内あちこち逍遙されし, 大童に, 存じ居りますいつか昨年暮あたり, 宮将軍が, 寒うおす, 少しも, 届かんかと, 岡に, 張飛は, 待ちうけて, 待っと, 待構へけれど, 心に, 志したの, 志したもの, 志し芸術, 怒り立っ, 思いしに, 思いしには, 思いし如くそろ, 思い候えば, 思い居りしが, 思い詰め西向, 思うなりと, 思うや, 思う折, 思ったが, 思ひしが, 思ひ立ちて, 思ふ, 思ふべからず偏に, 思ふ以上, 思ふ程, 思案せし, 恐ろしい猛烈鋭利, 息まいて, 息まく始末, 惑って, 意を, 慰めつ, 振舞うだろう, 提議した, 故郷へ, 數さんが, 日々夜々虚を, 早ようガッ, 時間が, 曰えば, 望むならば, 村人に, 村外れの, 桃園に, 案じわ, 案じ煩, 楽める, 機会を, 欲したる当時, 欲したる清浄心, 欲し先生, 欲すゆえに, 欲すること, 欲するすべて, 欲するもの也, 欲するゆえん, 欲するよりも, 欲する人, 欲する仏菩薩, 欲する傾き, 欲する厳格, 欲する娯楽的写実, 欲する念, 欲する日, 欲する程度, 欲すれ, 欲す若, 欲す飯食, 欲せしなり, 欲せしむるものなり, 欲せしむるものにあらで, 欲せず, 歩む足, 江戸に, 汲々たり, 決心する, 決心せる, 決意せり, 満枝は, 濁乱, 為るなり, 無造作に, 焦慮し, 熱心の, 猛ったが, 申されたが, 申し合った, 町辻を, 病人の, 目ざす所, 真実もっ, 私どもへ, 窃に, 筋書が, 答えて, 策するが, 約し女, 置きやす, 習慣に, 聞いて, 自分の, 致して, 苦心する, 苦悶し, 血走る目, 行かん, 行くての, 要するならば, 覚悟する, 言いし忠臣義士, 言い交わしまた, 言う奴, 言ひたる, 言を, 計ったの, 計てた, 計ります, 試みしもの, 試みたが, 試みたに, 試みたもの, 試みたるも, 試みたれども, 試みた事, 試みた学者, 試みてるナポレオン, 試みるは, 試むここにおいて, 誓いおわって, 誓いぬ, 誓って, 誘い行きし, 説客に, 請うごとく作り合祀, 請うた事, 謀りあらかじめ, 謀りしなり, 謀る, 貰ろときない, 貴船神の, 辛くも思ひ決め, 近習の, 送別の, 運動せん, 金は, 金を, 集ひたりし, 頭を, 願ったが, 願懸した, 飮みなれ, 馬車にて, 駄目だ

▼ せん~ (398, 8.0%)

142 ために 30 ためには 25 ための 23 為に 12 爲に 11 為めに 6 ためである, 為の 4 ためであった, ためにのみ, 為には, 為めの 3 ためなり, 爲めに 2 ため, ためで, ためであっ, ためであり, ためでは, ためな, ためにこそ, ためのみ, 為である, 爲で

1 [101件] あっしゃ炭屋, あんたの, あんな不実, あッしも, いいよ, お内儀さん處, お旗本, きこえて, ここんところ, これが, しかし, せっかくの, せめて死際, その代り僕, それでもその, それに, それにしてもだれ, ためあくまで, ためその, ためだ, ためであります, ためでございます, ためなりと, ため不都合, ため全然, ため同, ため己, ため描写, ため新しき, ため獅子奮迅, ため神, ため賞, ため道灌山の, ちょくちょくもみ療治, ちょっくら月代, でて, なかなか鮮やか, まあね, よい, よいもの, わたくしどもの, タチの, ナニその, マア一俵が, 世を, 人間は, 今日は, 今朝もち, 以下は, 倅を, 出て, 同じ筋, 四か所出, 大好きだった, 夭折した, 好い皆, 如き猛威, 宜い, 宜いと伯父, 宜しいと, 宜ろ, 実は袖, 家屋敷なら, 察する, 寺場って, 小学校を, 小山三に, 後で事, 御覧なせ, 御身分, 手のひらで, 打棄, 早足の, 柱本岩といふ, 止むを, 此方へ, 為か, 為なれ, 為めのみ, 為め日本に対する, 為め熱誠之を, 為め蓄妾の, 為進発せしむ, 無駄に, 爲であります, 爲なり, 爲めで, 爲め彼の, 爲め遺言し, 相手が, 老人の, 聞き及びますりや, 背に, 自体八幡船の, 若旦那だけは, 茲で, 落語, 誠に静か, 貴公の, 躑躅も, 面目ない

▼ せんこと~ (225, 4.5%)

7 を希望 6 を, を恐れ 5 は到底, を欲, を求めた 4 を望む, を求む, を目的 3 である, もおま, を企てたる, を勸め, を希, を期し, を期す, を衷心, を願

2 [19件] に候, をつと, を主張, を乞, を切に, を勧む, を思う, を懇願, を望み, を期する, を欲す, を欲せし, を欲せしなり, を求むるゆえんなり, を私, を競, を約す, を請, を請うた

1 [114件] がない, こそ思へり, にしとる, にはあかん, にはいざ, にはそのうち, にはやっ, には僕等, には破傷風, にゃ, にやわし, に定まりぬ, のいと, のみでございます, はよく, はわが, は今余, は余, は作左, は吾, は大, は少しく, は強, は彼, は最早, は杓子定規, は煩瑣, は理屈, は益, は非常, ゆめゆめ疑い, をいかほど, をおそれ, をおも, をきめた, をこそ思うべきであろう, をのみ望みたれ, をもくろみ, をもとめ, をわれわれ, を一般民衆, を上書, を乞うた, を以てし, を企てた, を企図, を促し, を促す, を信じ, を冀, を努むべ, を努力, を勉, を勉むる, を勉めざる, を務め, を勧めた, を勧告, を勸誘, を奏請, を奬むるものは僅, を平常時に, を心から, を思い, を思い立ち, を思え, を恐るる, を恐れし, を惧, を想っ, を慫むる, を懇請, を政府, を敢, を日本国政府, を望めり, を望ん, を欲したる, を欲するなり, を欲求, を母上, を求むる, を求め, を汝, を決議, を熱望, を熱願, を申出でた, を知, を祈り, を祈る, を祝願, を神仏, を祷りぬ, を祷る, を競爭, を要す, を要求, を要請, を言い, を許し, を試み, を試みる, を誓, を誓う, を請う, を謀り, を謀りたる, を謀る, を迫る, を願う, を願えり, を願つた, 惜しければ

▼ せん~ (125, 2.5%)

5 んと, 左せん 432 これを, ア, 南せん, 彼は, 徳の

1 [98件] ああ我が, あっしも, いい顔, いかにし, いや腰, いよいよ以, うれしがっ, えあの, かの近来, こ, この場合, この黄色い, これから貴方, これただ, これまで, さらに光彩陸離, しかも遂に, すなわちこれ, そのご, その上陸, その名分, その感覚, その機会, その経費, その論壇, そは, それは, それも, ついきん, なあおい, なにか, はよう, ほとほと定めかね, むろんの, もし引越し, よくご覧, わからんじゃ, アン, コラ, ツ, ナア, 一般労働者は, 一躍子爵, 三十一日に, 下枝は, 乙に, 予は, 今夜あたり, 今度の, 代るに, 仮令山木, 何という, 何時代に, 先の, 八田は, 初めて闇, 則ち, 前と, 南進せん, 即ちその, 和歌の, 多助さんも, 多少の, 女が, 如何に, 姉さんも, 子爵と, 山容全く, 左すべき, 左答えんかと, 市街でも, 幸何ぞよく, 当に, 恐らく仏蘭西, 我も, 敢て, 敵前ぢや, 既に衣服有つて其水, 日ごとに, 日本も, 有った時, 東天漸く, 正にわが, 此の程御, 汝の, 満天下に, 満里子五時だ, 然ら, 番茶も, 眼界の, 知らん, 織田に, 胡人は, 腹が, 虫の, 見に, 須らく男児, 魏と

▼ せん~ (124, 2.5%)

137 じゃ 6 です 42 だが, だよ, ぢや, 女の, 心のみ, 手紙に, 頃は

1 [80件] いいなずけの, うちに, うま, お妾さん, かなぜ, かね, かふーん, が仕合, が利口, が武士, じゃがその, じゃけど, じゃで, じゃもん, じゃよ, せえ, だかように, だから, だろう, ぢやらう, である, ですかい, ですよ, では, ともう, に生み付けた, はいかにも, はよく, は困った, は心, は心配, は肴町, むすめ, も悪い, も無理, や, ように, よりもよけい, んかな, ウィットに, テラテラツルツルした, ベコベコとうた声の, 三人は, 三人会が, 上がる前, 上を, 下げ髪を, 四十ばかりの, 四隅を, 大廻の, 女に, 家の, 小金井の, 心が, 情夫と共に, 情夫にて, 情夫には, 惜いなんち, 掛念より, 方が, 方を, 旦那の, 木の, 桂文楽, 様に, 死と, 準備と, 犬の, 男の子に, 絶大理想あり, 花の, 花を, 襟首冷やり, 言葉を, 語音に, 談志, 速記が, 頤へ, 顔には, 顔を

▼ せんとして~ (76, 1.5%)

3 反撥される 2 おるの, ゐる

1 [69件] あたわざりしもの, いたく骨折ってる, おられる自余, おる, かえってその, これが, その時, その種類, その糟粕, その途中, たけり立って, ゐるので, ゐる部分, ゴドウィン氏は, シシとして, 一時の, 世人の, 互いに性質, 五円也, 作為せし, 僅に, 到る所, 力を, 努めて, 南下した, 大倫, 大負傷, 失敗し, 奨励した, 尚俗悪, 居る, 居るが, 居ると, 廓に, 彼れ, 復讐し得ざる, 志を, 急に, 意地悪い, 把握出來ず, 接近し合ってる, 数千円の, 断行した, 新たに, 曲亭馬琴の, 未だ成らず, 来た, 歌集を, 母に, 決し得なかつた問題, 流石に, 無理に, 玄関に, 発途せ, 石山寺に, 結局無為に, 続けて, 襲来した, 訪ねら, 諸将, 買収した, 起つた哲學, 辛うじて解決, 郷中諸, 醍醐の, 雲に, 静かに, 鞍の, 首輪や

▼ せんとて~ (70, 1.4%)

2 自ら我僑居に

1 [68件] あやまりて, いまだその, お庭, ここを, ただ一方, なり, やり損, わがかの, イタリアに, 一生懸命なり, 二三日分を, 会社なり, 余が, 作りし願書, 優しく抱き上げたる, 先ずその, 出かけたる壮士連, 出かけると, 出でしにぞ, 召させたまいたる時, 右の, 呼びに, 土間桟敷に, 墓を, 大兵を, 大木の, 奪い去ったの, 家人に, 寺の, 少しか, 少時し, 山に, 山口県等では, 岩に, 川中に, 師子に, 庭前を, 彼の, 心も, 恐らくはその, 我傍に, 押し来りければ, 排異教徒史七卷を, 昔から, 是非安市城攻撃を, 暴れ廻る, 書きたるもの, 最初, 棟の, 殊更山の手, 火の, 画板など, 登山せり, 知る人, 神社合祀を, 種々の, 立てり, 筆を, 紺青色の, 自ら進み, 行為言動を, 迎えに, 近村より, 通るもの, 香華燈塗の, 鹽肉團を, 黒坂備中守に, 鼻を

▼ せんばかりに~ (68, 1.4%)

5 なって 4 して 3 驚いて 2 なった, よろこんだ, 喜んで, 愕いた

1 [48件] あわてた, おどろいた, しながら, それを, なったところ, はいはいし, びっくりし, へたばって, 乱打し, 仰天し, 吹きだしながら, 喜びました, 喜んだ, 喜んだの, 喜左衛門夫婦と, 大鳴り, 天を, 嬉しく感じた, 守は, 幾日を, 弱り込んだ, 彼女の, 恭しく仕え, 悦び実は, 悩まされること, 悲しい, 悲嘆した, 愕い, 批評を, 歪めて, 泣き伏して, 激動せり, 激怒し, 狼狽した, 福知山の, 腹が, 興奮した, 苦しんで, 苦悶した, 身に, 近づけて, 駭いた, 驚いた, 驚いたが, 驚きました, 驚きホテル, 驚き人, 鼓動し出す

▼ せんでも~ (66, 1.3%)

11 いい 5 ええ 2 よろしい

1 [48件] あの女, いいさ, いいぞ, いいでしょう, いいなあ, いいに, いいのよ, いいよう, いい早く, えい, ええし, ええぢ, ええです, ええなあ, ええに, ええわ, ええん, ええ気, この叡山, さ, すでに美味い, すんだん, そう事, その点, ほかに, みこしを, よいが, よかった, よかろう, よろしおまっ, わかっちょ, わしの, 人生の, 好い, 好えに, 宜い, 宜しい, 宜しいよ, 宜しい何, 宜しい傷, 宜しい礼, 家は, 済むじゃから, 済むよう, 牧に, 田舍者には, 直りやせん, 酒などは

▼ せん~ (60, 1.2%)

2 あなたが, まずこれ, われ慈悲哀愍を, 其の供養, 第一

1 [50件] おくるお客たちの, お父さま, きれいに, これを, しても, すると, するという, そこに, その絵画, たとえば英国, なにが, まず瑣末, まず言語, もし果たして狐狸等, ゅうえ, よく源さ, ペンで, 一二度名だけは, 一度あたしに, 丁度これ, 云く, 働いて, 僕は, 其の主, 其の事, 凡そ他人, 初五, 十年空い, 右の, 如かじ, 宜しからん, 彼は, 憎むべき馬丁, 所論あまりに, 新しき政事思想, 書きなぐって, 未だ菓子, 末に, 概して土地, 殿様の, 母の, 流れもんの, 浅が, 浦上どのの, 源二郎爺さんが, 珊瑚を, 私ん, 西牟婁郡川添村は, 違いない, 露国も

▼ せん~ (52, 1.1%)

2 とのこと, の掌, は直子

1 [46件] がいつた, がいつも, がひそひそ, が庭先, が直子, が第, でなければ, で直子, と粒子, なぜ上らない, などを相手, にこんな, にだけは直子, に似, に渡し, に聞かせる, のいふ, の伯母, の佇つ, の唇, の帰らない, の気, の相手, の言葉以上, はせん子, はその, はどんな, はま, はゴトゴト電車, は今更, は何とも, は子供, は小ぢんまり, は小布施, は思ひ出した, は扉, は胸, は赤子, は風呂敷, をい, をも咎める, を小布施, を当分, を時々, を相手, を見返つ

▼ せんため~ (47, 0.9%)

3 にその 2 である, に, に他, に自己

1 [36件] この頃, じゃ, その家, その父ラバン, その記録, であって, で理想, とある, と見るべき, なり階段, にあらかじめ, にかく, にはまず, にはわれら, にも, にロンドン, に伊太利, に副, に安藤太, に新撰隊, に日々群集, に日輪, に来りし, に生きとる, に穿った, に群れ, に評論, に読者, に青草, に駒ヶ岳, の不思議, の力, の奸計, の物, わが願, 老グイード

▼ せんには~ (47, 0.9%)

2 すでに社会的集団的性格, その歌

1 [43件] あまりに迂遠, おしやれを, お母さんと, その人, その眼光水戸黄門, ちとま, なお足らざる, なほ足らざる, まずもっ, まず第, まず門戸, ドロア・ムュール街の, 一萬六百餘里に, 三年はか, 三日の, 三隻の, 今日の, 全然別様, 其歌は, 其間五六十年に, 勢ひ, 嚢中足らずし, 如かじ, 尚ほ, 履を, 希くば, 常住観測の, 彼らいたずらに, 情を, 折々自己, 是れ, 是非にも, 材料未だ, 果していかなる, 欧州各国の, 浮世絵各派画風の, 王政維新の, 白鳥氏の, 縹緻わるく, 荒川に, 藝術家は, 謙虚でなかった, 身体を

▼ せんとの~ (46, 0.9%)

2 事なりき, 事に

1 [42件] ある為, しらせ, 予想にて, 仁心より, 僭上心より, 先決問題起り, 刹那すこし, 前触れと, 勇猛心であった, 合理的探究にも, 大陰謀, 委員会が, 宗旨であれ, 希望の, 御至情, 心掛は, 念を, 念を以て, 意ありし, 意である, 意中もっともな, 意図も, 意志あり, 意欲は, 慾心を, 戦略であった, 斡旋を, 熱意に, 申し入れには, 目的の, 目的を, 祈りである, 符号を, 考えが, 行動に, 言なれ, 計画も, 計畫, 誓ひ, 野心を, 願ひ, 願望と

▼ せんかと~ (43, 0.9%)

3 思うて, 思って 2 思う

1 [35件] さっき下検分に, まア思う, 一度は, 一所懸命に, 主人が, 云ひたれ, 兎さま角さま思ひ, 刃を, 同意を, 夜も, 工夫し, 心を, 心配し, 思いしところ, 思いつめた時, 思い煩って, 思うそれ此, 思う念, 思ってね, 思つてゐました, 悩み奇怪, 惑ったもの, 想像します, 手前に, 探ろうと, 松蔭大藏も, 欲せし事, 泣き顔の, 私は, 私を, 紛らせば, 苦心した, 見据えるよう, 議するが, 雁の

▼ せん~ (40, 0.8%)

2 いとほし, を以てす, を切望, を要す

1 [32件] がある, ついにここ, にある, にしよう, に决, はない, ゆめゆめ疑い, を, をとて熱心, を予め, を予期, を余, を図り, を希, を希望, を庶幾, を必, を思い, を思う, を思ひ, を恐れ, を望みしなり, を望む, を期す, を東亜, を求めぬ, を熱望, を祈っ, を誓いおりし, を願, を願う, 庶幾うところ

▼ せんもの~ (36, 0.7%)

2 と機会

1 [34件] かなと惘然, が縁談, じゃ, じゃよ, じゃ真言, とお, とし, として選り, とすでに, とする, とペン, と人交ぜ, と今や, と夜, と大雨, と引っ, と志し, と思い, と思い直し, と意気, と決心せり, と燐閃, と稍決心, と考える, と身許, と魏, なら今, なら此地, に前, は寂寞, は幸福さ, は心得置くべき, は必ら, をと

▼ せんよう~ (35, 0.7%)

3 にし, になった

1 [29件] がある, ですから, でもあり, と大, なきを, なところ, な人, な仕組み, な曖昧, な歯痒い, な生徒, に, にお, にしなさい, にしよう, にと心がける, にと祈った, になっ, に何, に取計ろう, に同時に, に工夫, に思われる, に段取り, に気, に注意, に見張り, に雨戸, を見

▼ せんばかりの~ (33, 0.7%)

2 地獄である, 状態な

1 [29件] お蓮様, その見上げる, ていで, もどかしさ, 世上の, 地方が, 小市民生活, 心持で, 思いいまや, 思いです, 恐怖の, 息苦しい瞬間, 悪寒に, 惨状だつた, 態度であった, 我々も, 日光が, 有様であった, 母親の, 気配に, 激動に, 烈しき歔欷, 状態に, 眼つきで, 科で, 聲で, 醉態を, 顔で, 顔色である

▼ せんから~ (32, 0.6%)

3 言ふ 2 そのつもり

1 [27件] お慈悲, じゃ, そうきめ, それを, どういう事, どんどん飲ん, なんだ, ひとつどう, ヴェニスへでも, 上り口で, 予め申, 云いよるが, 人間が, 北牧の, 咄には, 困るですがね, 安心しろ, 尊敬してた, 尽さないなんて, 強え, 御安心, 江戸っ子の, 知って, 私の, 虫が, 言うが, 貴下方

▼ せんばかり~ (32, 0.6%)

4 だった, であった 2 苦痛だ

1 [22件] くるくる廻った, そっくりかえってその, だ, である, で談, なり, なる声, な目, な顔, 常陸の, 愕いた, 欣んで, 涙を, 燃え熾った, 相抱き合っ, 罵倒され, 面色を, 顔いろ, 驚いた, 驚いて, 驚きおびえた, 髪ふり乱し

▼ せん~ (30, 0.6%)

2 なき, なし

1 [26件] うるさければ, おん身に, つぼみを, ない, ないどこ, ない今, ない私, なしゆふ, なや, びっしょり濡れ, 京ニて, 他面悲哀厭世の, 似つかは, 儂には, 其相続者摸擬者等の, 古代に, 古来パリイ市中に, 怪しむべきに, 惜く, 断じて酒盃, 未だ知る, 氣の, 物憂くて, 若し件, 落語には, 袂に

▼ せん~ (28, 0.6%)

1 [28件] あれから, いいました, いかが, いとあしき, おん宅ならではと, この海塩, こんなこと, さう, さびしい面輪, とっても親切, なんにも, ゆうべいろいろの, わが徒, 一朝一夕の, 二階から, 余の, 再び拘引, 女房の, 好いぢ, 弱ったな, 断じてそんな, 本末違うべし, 獨斷に, 病を, 蓋し至當, 要なし, 足腰が, 通り庭に

▼ せん~ (26, 0.5%)

2

1 [24件] あぎで千松, あの時叩, いいもの, いたところ, ええ, ええの, おいて, おけば, お出掛け, くれ, くれい, ともかく引き取っ, もっと男らしゅう, 上手に, 五百円の, 待って, 暮して, 着々実行, 竹の, 行こうや, 行って, 行っといで, 起きて, 食べて

▼ せん~ (23, 0.5%)

2 して

1 [21件] こされたま, とって, ぬいて, ぬくと, はねかえしてから, ひけ, ほうりだして, り汝, カタカタと, ゲルダが, 取つて灰, 取り上げ, 合わせますの, 待つものの, 抜きコツプ, 拾っては, 最後に, 要するなり, 見れば, 車夫が, 食べたので

▼ せん~ (19, 0.4%)

11 んの 51 んは, んも, ん橋を

▼ せんとは~ (19, 0.4%)

2 云は, 誰か

1 [15件] あまりに能, この謂, しなかったの, すっかりうっ, する, 不義とや, 企てゐたり, 思はず, 思ひたらずこ, 我妻に, 是れ, 未だ云, 片腹痛し, 計らざりけるよ, 限らんだろうと

▼ せんすべ~ (18, 0.4%)

4 もなく 2 だにもなき, なし 1 がなかっ, しらぬごとくなれども, なかりしなり, なしや, もありませんでした, もない, もなし, も無い, を知らない, 無く只声

▼ せん~ (16, 0.3%)

2 である, ないか, ろかと, 想ふ 1 そのこれ, その前汝命盡, だ, とうとう白骨, 先代文楽や, 否や, 鉛筆や, 随分お力

▼ せんという~ (14, 0.3%)

1 [14件] ことは, のが, やつで, 大行動, 屋台店の, 左右に, 操の, 法は, 理由を, 町の, 者七蔵と, 芸者が, 訳には, 随分不人情

▼ せんかた~ (13, 0.3%)

2 なし, もなし 1 ない, なく, なくめい, なしに, なしや, もあるまじ, も尽き, 尽きて, 泣く泣く大きな

▼ せんとうに~ (13, 0.3%)

2 なって, 立って 1 うしろから, した一隊, たって, たてて, 一歩も, 天野勇一少年明智探偵のか, 小荷駄後備え, 朱柄の, 立ったの

▼ せん~ (12, 0.2%)

1 [12件] そりゃ, たしかに海, たまにゃ, だが君の, つて今度の, なにも, 一寸モデル, 交易を, 出入も, 勲章を, 大丈夫, 皆な困る

▼ せんかて~ (11, 0.2%)

2 よろし 1 あの人, ええねんで, ええわ, かめへんわ, よろしい, よろしいのに, 何で, 大手振っ, 良え

▼ せんこく~ (10, 0.2%)

1 から聴く, から見物, ご承知, の奇態, の小娘, の戦慄, をあたえました, 不意に, 帰陣しました, 申し上げたとおり

▼ せん~ (10, 0.2%)

2 ゅたちは 1 てゐる, ゅに, フラフラッと, 今さしずめ, 先生も, 内輪の, 根つ, 油は

▼ せん~ (10, 0.2%)

1 え, しっかりと, しつかりと, そこの, ッ, 僕は, 尼さッさ, 悪党だ, 手に, 親爺だ

▼ せんどと~ (10, 0.2%)

1 がらがらやりだした, しがみつくでしょう, やかましくどなり, やかましく始めた, 伝六の, 地団太を, 大浮かれです, 得意顔を, 急がせました, 雛人形を

▼ せんたく~ (9, 0.2%)

3 ものを 2 物を 1 をいつ, 女も, 物の, 物までも

▼ せん~ (9, 0.2%)

3 もなし 2 がない 1 がなき, なければ, もあらざれ, もない

▼ せんじゃ~ (8, 0.2%)

4 ないか 1 ろか, アその, アない, 後住を

▼ せん~ (8, 0.2%)

1 にも久保田君, のところ, の生涯, の目, の胸, は心配, は暗い, も扇朝

▼ せんとも~ (7, 0.1%)

1 可い, 思へる貫一, 書いて, 死なめと, 私が, 限らん, 限らんし

▼ せん~ (7, 0.1%)

2 厭らしい 1 おもて, みたいに, 新聞に, 泣いてる子供, 行くや

▼ せんなら~ (7, 0.1%)

1 んからのう, んぐらい, んであと, んと, ん因縁に, ん思てた, ん言う

▼ せん~ (7, 0.1%)

2 とすべき 1 でも早く, でも自分, の様, も材料, をか民権論派

▼ せん女さん~ (7, 0.1%)

2 は俳句 1 がある, がもつ, が寂しく, は一人生活, も初め

▼ せんかの~ (6, 0.1%)

1 一問題に, 問題に, 御気色, 欲求が, 生活問題から, 迷でも

▼ せんこの~ (6, 0.1%)

2 機会に 1 ところ山岳地方の, 下に, 妓心ざま素直にて, 病体

▼ せん~ (6, 0.1%)

2 いな 1 うだ, う沢山, だが先生, 鮭の

▼ せんので~ (6, 0.1%)

1 あつた, いくら観察, してね, しまいには, 世人は, 勤務中坑内仮寝

▼ せん~ (6, 0.1%)

2 の世に美しくも 1 さりとては, は容易く, も失せ, よな

▼ せん~ (6, 0.1%)

3 りに 1 りで有名, りな, りの

▼ せんかい~ (5, 0.1%)

1 この罰あたりめ, しながら, をつづけた, 撲ん殴るぞ, 馬鹿が

▼ せんかん~ (5, 0.1%)

1 たる渓流, として小川, とそこら, ね, ねそれ

▼ せんさい~ (5, 0.1%)

1 な官能, な彫刻, な無, な風, に捉え

▼ せんさん~ (5, 0.1%)

1 じゃあ夫婦喧嘩, はおっかさん, はそこ, は御, ゐるかい

▼ せん~ (5, 0.1%)

1 あったくサァヴィス百パアセット, お前此処へ, それが, 判りますかい, 若旦那

▼ せんつもり~ (5, 0.1%)

1 だ, だここ, でいる, ですが, や

▼ せん~ (5, 0.1%)

1 こら惡, びた銭一文なんて, らん所を, 御前なんぞは, 金偏に

▼ せんのに~ (5, 0.1%)

1 いくら親, 吹聴し, 外国まで, 脳髄にだけ, 親に

▼ せんやう~ (5, 0.1%)

1 なきを, にしとります, にの, に仲良う, も知らで

▼ せんより~ (5, 0.1%)

1 しばらく山林, めでたからん, 今生は, 無意識的に, 西洋人と

▼ せん~ (5, 0.1%)

1 が届かねえ, には健康, は放浪者, も一緒, も我儘もの

▼ せんうち~ (4, 0.1%)

1 にやめ, に御飯, はウッカリ, は岸

▼ せんかという~ (4, 0.1%)

1 位に, 最も基本的, 疑いの, 見込の

▼ せんかに~ (4, 0.1%)

1 ある, 迷う, 迷って, 迷わしめて

▼ せんなどと~ (4, 0.1%)

1 仰せ出られたら和氏, 口に, 急に, 狭量な

▼ せんなどとは~ (4, 0.1%)

1 われ實に, 考えたこと, 言語道断だ, 身の程を

▼ せんなや~ (4, 0.1%)

1 われも, 出窓の, 喃, 夜の

▼ せんにも~ (4, 0.1%)

1 よくあった, 予め主人, 余り可愛らしい, 其の途

▼ せんべを~ (4, 0.1%)

1 かじりながら, 添えて, 焼いて, 犬の

▼ せんぽう~ (4, 0.1%)

1 として二, につけるという, のことば, はいよいよ

▼ せん~ (4, 0.1%)

1 て二升五合, て報恩講, て新田, て村方お構い

▼ せんよりは~ (4, 0.1%)

1 ずっと声, 寧ろ火焔, 小さき店, 幾分に

▼ せん~ (4, 0.1%)

1 して, に云う, もあるべし, を見

▼ せん為め~ (4, 0.1%)

1 に当地, に殊更, のひめや, 勧めて

▼ せん~ (4, 0.1%)

1 あらば, はつゐに, は五戒, を此男

▼ せんお前新網~ (3, 0.1%)

2 へ歸 1 へ帰る

▼ せんがね~ (3, 0.1%)

1 これが, そこは, ただ時日

▼ せんそう~ (3, 0.1%)

1 じゃが考え, じゃねえ, でことに

▼ せんそんな~ (3, 0.1%)

2 ことばかり 1 言葉なり

▼ せん~ (3, 0.1%)

1 めんたりず, めんたる, めんたるも

▼ せんといふ~ (3, 0.1%)

1 意なし, 意味で, 模範兵であります

▼ せんとう~ (3, 0.1%)

1 のあばれ, の明智探偵, はもちろん

▼ せんとおい~ (3, 0.1%)

3 とくれやす

▼ せんとか~ (3, 0.1%)

1 あはれ草臥もうけに, 但は, 何とかそんな

▼ せんとしても~ (3, 0.1%)

1 其思惑資金だけの, 気がかりやの, 進んで

▼ せんとには~ (3, 0.1%)

1 あらず, あらず唯, あらで友

▼ せんとを~ (3, 0.1%)

1 促すの, 標準と, 遮二無二十七人

▼ せんならん~ (3, 0.1%)

1 ことは, のです, のに誰

▼ せんねん~ (3, 0.1%)

1 おだに, 小谷らくじょうのみぎりのぶな, 飛騨守どのが

▼ せん~ (3, 0.1%)

2 んな 1 んだ

▼ せん~ (3, 0.1%)

2 屋の 1 屋と

▼ せんもん~ (3, 0.1%)

21 の店

▼ せんりょう~ (3, 0.1%)

2 して 1 したの

▼ せん~ (3, 0.1%)

1 の心, の相する, は望むべからざる

▼ せん日本~ (3, 0.1%)

2 のあらゆる 1 は古来

▼ せん~ (3, 0.1%)

1 には先祖, にゃあ, を待ちぬ

▼ せん~ (3, 0.1%)

1 であったと, なり, に候

▼ せん~ (3, 0.1%)

1 と推測, にさて, に幾千

▼ せん~ (3, 0.1%)

1 して, に, にあの

▼ せんあと~ (2, 0.0%)

2 の兄弟

▼ せんある~ (2, 0.0%)

1 のは, 夜怪しい美しい

▼ せんいう~ (2, 0.0%)

1 ことあの, て約束

▼ せんいや~ (2, 0.0%)

1 少し位, 織田と

▼ せん~ (2, 0.0%)

1 ほしたて, 宅に

▼ せんかって~ (2, 0.0%)

1 よろしや, 苦労の

▼ せんかとの~ (2, 0.0%)

1 思いがけない話, 迷ひ

▼ せんかも~ (2, 0.0%)

1 しれんが, 知らんが

▼ せんぐみ~ (2, 0.0%)

1 ですって, とはどういう

▼ せん~ (2, 0.0%)

1 おれの, アなんねえ

▼ せんけど~ (2, 0.0%)

1 それは, 乾鰯も

▼ せんけれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば宜しい

▼ せんけれど~ (2, 0.0%)

1 何だかかう, 愚図

▼ せんけれども~ (2, 0.0%)

1 ざっと三十, 毎日襯衣を

▼ せんこそ~ (2, 0.0%)

1 この上, 此の世の

▼ せんこれ~ (2, 0.0%)

1 ばかりは, を実行

▼ せんごく~ (2, 0.0%)

1 の世, の武将ども

▼ せんさかい~ (2, 0.0%)

1 ちと笑ろ, 安心し

▼ せんその~ (2, 0.0%)

1 悪弊は, 身は

▼ せんそれ~ (2, 0.0%)

1 が当然, とは全く

▼ せんたく屋~ (2, 0.0%)

1 のシナ人, の場面

▼ せんたしかに~ (2, 0.0%)

1 抱茗荷肥前の, 揚羽の

▼ せんただ~ (2, 0.0%)

1 あの光子, その盗賊

▼ せんちよ~ (2, 0.0%)

1 が, ふむてい

▼ せんです~ (2, 0.0%)

2

▼ せんといった~ (2, 0.0%)

1 のは, 由

▼ せんとお~ (2, 0.0%)

1 みつつ, もひしと

▼ せんとぞ~ (2, 0.0%)

1 いうなるいと, 嘆きける

▼ せんとにも~ (2, 0.0%)

1 あらざるべし, あらずまた

▼ せんとのみ~ (2, 0.0%)

1 噪ぐにあらずや, 悶き

▼ せんどの~ (2, 0.0%)

1 いいたて, 大貫さんの

▼ せんなど~ (2, 0.0%)

1 種々の, 言い罵られけるを

▼ せんなどは~ (2, 0.0%)

1 以ての外の, 思いも

▼ せんねんに~ (2, 0.0%)

1 働けといふ, 句稿整理

▼ せんばい~ (2, 0.0%)

1 でお, で飲ませ

▼ せんべだの~ (2, 0.0%)

1 おこしだの, 巻きせんべだの

▼ せんべの~ (2, 0.0%)

1 売りどころ, 田丸屋や

▼ せんほう~ (2, 0.0%)

2 がいい

▼ せんもし~ (2, 0.0%)

1 お逝去, 一人を

▼ せんもはや~ (2, 0.0%)

1 書きつ, 書きつづける自信

▼ せんやと~ (2, 0.0%)

1 云ひ, 声甚だ

▼ せんよりも~ (2, 0.0%)

1 命の, 暗く低いよう

▼ せん~ (2, 0.0%)

1 ちきと, 一切断る

▼ せん主客平等~ (2, 0.0%)

1 と思はつ, と思わっし

▼ せん~ (2, 0.0%)

1 が棲む, に身

▼ せん何と~ (2, 0.0%)

2 いはん言

▼ せん~ (2, 0.0%)

1 が現在, は倶

▼ せん共に~ (2, 0.0%)

2 死なめと

▼ せん喜劇~ (2, 0.0%)

2 は他

▼ せん女氏~ (2, 0.0%)

1 には病, は大正女流中

▼ せん姉さま~ (2, 0.0%)

2 這入つて

▼ せん~ (2, 0.0%)

2 微より

▼ せん我が~ (2, 0.0%)

1 ものに, 威力彼に

▼ せん歌麿~ (2, 0.0%)

2 と北斎

▼ せん決して~ (2, 0.0%)

1 い, 心配する

▼ せん浮むよしなき埋れ木~ (2, 0.0%)

1 のわが身, の我が身

▼ せん覚悟~ (2, 0.0%)

1 でいます, を様子

▼ せん~ (2, 0.0%)

2 せん何

▼ せん限り~ (2, 0.0%)

1 あるいはその, は一日

▼ せん~ (2, 0.0%)

1 を叶え, を起さしめし

▼1* [372件]

せんあたりの小紋風, せんあなたとは別世界, せんお世話になっ, せんお前はただ, せんお前さんが今, せんお母さんどうか旨い, せんかいしながらだんだん, せんかうが立て, せんかぎりおとなしいええおかみさん, せんかくてアキリュウス, せんかた藍本ありと, せんかな狼か, せんかなど思ひ出す, せんかねて鐚が, せんかはお身, せんがなわしの, せんきゃあならんなあ, せんくせにけつたい, せんぐり持って, せんぐり着物からおこし, せんぐんばんばのあいだを往来あそばしあした, せんけんで一所に, せんここを立つ, せんこと一大緊要の事, せんこと余輩の懇, せんこと如何にし, せんこと子供に話す云う, せんこと安かるべし, せんこと容易に非, せんこと弓矢の瑕瑾, せんこと我輩の望む, せんこと方今至急の要務, せんこと是なり, せんこと火をみる, せんこと百年ならん, せんこと種に使, せんこれらの文章, せんころみんながあすこ, せんごつねえ, せんさあといっ, せんざんこうという鱗だらけの背中, せんするどくホーベスの, せんずる危急に際して蒸気機関, せんその道ではお, せんぞに私が, せんたくしている, せんためこのごろは小説, せんためこれまで参っ, せんためクリメーネの許, せんため一時権宜に, せんため午前九時に皇帝, せんため名だ, せんため国法を破っ, せんため天より下界, せんため弥勒の代り, せんため急に一手, せんため物言はんとてほどよく, せんため百両の金, せんため目を今輦, せんため竜の身, せんため自己をキリスト, せんため釜に湯, せんだってお嫂さん, せんちなことを, せんちゃよか金持ちどもは, せんちゃんとここに, せんちよ坊にてもきり, せんやらうしかし, せんってねそこへ, せんわしは, せんでがすからね, せんでしたがただ, せんではならぬ, せんでもの事である, せんといは, せんというは曹操と, せんといふは果して何, せんといふも固より, せんとかの噂さえ, せんとかは二の次の, せんときやす, せんとき神は汝, せんとくなはれ, せんとこそあるべきに, せんところをみる, せんとしてはその区々, せんとしてをります, せんとても長くは, せんとやいふ, せんどはえらい御馳走さん, せんどもうちの, せんなお一層の, せんなぞといふもあり, せんなどをして, せんなよ竹の, せんなんぞ情を, せんなんであの時, せんにはと其處で, せんにん草が, せんのうありますわ, せんのかい怪しからん奴, せんのって土台あん畜生, せんのね之を, せんのみ何となれ, せんのみと云い諸, せんはたして文法に, せんはやく行け, せんばいとっきょのよう, せんぱいたちはどんな, せんぱいぶってあれこれとおしえ, せんぱいらしい警官がそう, せんぱんは私, せんぱん地球引力の逆理, せんひまなかりしを, せんひらめいたかと思ふ, せんこう書きなおした, せんべやのお婆さんが, せんほどおもしろくおもわれませんでした, せんほどに驚いたが, せんほどの抱擁が, せんぼんといふ草履, せんんの, せんまず何を, せんまた過を, せんまつってなん, せんまでにして, せんまでの詐に, せんまでも泊って, せんまでもなあ諸君せめて, せんやうなど, せんめんきほどの, せんめん台で顔, せんもう逢つては, せんもと富家に, せんもんじゃからなあ, せんやなどと高飛車に, せんやはたいそうも, せんゆえに塚塔中に, せんよい手蔓も, せんよって何も, せんよりはと丞相の, せんやうの, せんわいわしらが, せんわがこの言葉は, せんわが子は敵, せんわけに行かん, せんわなと彦太郎は, せんわれは車, せんアレ又止った, せんケニ一番恐ろしいナメラ, せんけどが, せんスウともピイ, せんドイツ語ばかりは苦手, せんワザワザ十八文と書い, せんにならん, せん一寸お預り, せん一度此処で, せん一時の悲痛苦悶, せん一面から話す, せん下心なりし, せん好ません, せん不可能なこと, せん不用ごろが一番, せん且つ其遺訓をも, せんならば, せんは話, せんを廃する, せん更に光彩陸離, せん乎伝記の一つ, せん事件はここ, せん事思いも寄らず, せん事残念なり珠運命, せん二本ありとならば, せん云々と, せん京大阪の本場, せんもがなう, せん人間が喧嘩, せん代物じゃて, せん以上待て, せんで居残り, せんの大食家, せん余り果報な, せん余計な事, せん使役する人夫, せん信子さんとこに寄せ, せんは決して, せん充分顔を見て, せんに肉体的, せん先づ日清間は如何, せん全く以て, せんと甲乙, せん憎くまる, せんから毒, せん凡庸はもう, せんであるらしい, せん出征なさる前, せん刀自から先生, せんに精力, せんは侍らず, せんあつた蒙, せん勢いにてひととおり, せん千里のだちょう, せん厄病だよ, せんおえいに, せん合衆国においては法典編纂, せんは君自身, せん吾人は真正, せん吾何をか懼れん, せん味方は寡兵, せんを思へ, せん和一郎さんが茶碗, せん商人衆も泊り, せんも云はん, せん国民の選良, せん地の利を得なかった, せん坊ちゃんはその, せんからも内, せん多くの人, せん夜分は稽古, せんは青き, せん天下後世の識者, せん天地の足り, せんこそは悲し, せん奇陣をく, せん好みはせん, せん嬢さんの御, せん子お茶でも持つ, せん子さんぢやない, せん実は無いもの, せん実情であります, せん実隆所持したところ, せん実際みなさんしっかり, せん富士見で, せん否く, せん小半次と云つた名題, せん島黒髪山島尤大なり, せん希望をうたつた, せん年齢にはかてず老い, せん底意があっ, せんって強情, せん形勢だという, せん彼等がな, せん待給へ諸共, せん後で細かに, せん城内の, せん御意に背くまい, せん心底なり, せん心掛あるには, せん心組なり, せん必ず訪ひ, せんを達せ, せん性根を据ゑて, せん想像もつくまい, せんくみも, せんは心柔和, せんに居られん, せん手前が当家, せん才踈ニ識浅く加, せんなかなかに, せんに臍, せん折助仲間の兄はん, せん拷問に懸け, せん持つ人も, せん改革の政治, せんと, せんにもと, せん料理である, せん方角もわかりませぬ, せんがへり, せんはおま, せん日本服のハルビン, せん日此ゆ鳴きわたれ, せん春子さんをたずね, せん暴人にはあらじ, せん有様でありますから, せんのこと, せん國では, せん本所の相生町, せん来たときは, せん果して文法に, せん果敢なき樓閣を, せん極光淨天の如く, せんへです, せん構え十分になる, せんなくば, せんの家, せん此事必ず我爲, せん此海賊團體の狡猾, せん永い貧乏暮しの, せん江戸と違っ, せんはない, せんの, せん浪子さんも知らん, せんましい恥, せんに入りつけ, せんなどについて今更, せん然るべき途の, せん爲め潛かに御, せん爲魔王ルチーフェロのこと, せんの子, せん牛蒡の椀なんど, せんしたくも, せん玉子と外部, せん理想すぎる, せんあり, せんが一人, せん男得たまうべきたより, せん番頭さん悪い推量, せん白状さえすれ, せんにも十分, せんちりぢり, せん見る時, せんの愛, せん神野の旦那, せん私いだって国, せん空色の洋服, せんはキャンヌ, せん算段が肝要, せん米三日のうち精進, せん約束やのん, せんを翁, せんの春, せん老齢だ, せんうして, せんともといふ談合相手, せんはもはや, せん自分には乏しい, せんは流れ, せんを待っとらねならん, せん花屋町でご, せん苔水の泡草の葉, せん若し人生が, せん落語中の落書詩人たち, せん落語家なんで, せん落語集には私, せん蠅男やな, せん衣類等は如何, せん親分何とかひとつ, せん親分様のお, せん親鳥にでも見つかろう, せん畫を, せんには参らぬ, せん訴えもせん, せんがけられな, せん試験を受け, せんじゃがな, せん貫一が胸, せん貴様は国, せん賊徒平定の謀, せんたるは, せんを間違, せん計に, せんの春, せんさぬ内, せん金公がここ, せんを執る, せん長き世の, せん長江の水, せんは無, せん限り人間に知識慾, せん限り本書の如き, せん降らば, せん電飛の神通力, せん青書生の余, せんもせん, せん頃久しぶりに見舞, せんで最中, せんを, せん高砂の, せん鮨屋のお里, せんならば, せん黒馬の尻尾