青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~せよ せよ~ せよう~ ~せられ せられ~ ~せられた せられた~ ~せられる せられる~ ~せる
せる~
~せん せん~ ぜひ~ ~そ そ~ そい~ そいつ~ ~そう そう~ そういう~

「せる~」 22867, 247ppm, 388位

▼ せること~ (2416, 10.6%)

137 にした 68 が出来る 57 になった 52 ができる 46 にし 30 が出来た, になる 29 ができた, である 28 にしました 27 になっ 24 ができない 22 がある, もある 21 では 19 が出, が出来ない, に成功 18 が必要, だ, はできない 15 にしよう, の出来る, は出来ない 13 ができなかった, になつ, になりました 11 が出来なかった 10 なの 9 だった, にする, はできなかった, もできる 8 とした, はない, は不可能, もあった 7 があった, ができよう, がない, にします, になり, によつて, に役立つ 6 であった, にある, のできない, のできる, の出, の出来ない, はできる, は出来ません, は容易, もなかっ

5 [15件] が出来たら, が出来るだろう, が出来れ, が好き, が第, が肝要, になります, はできません, は出, は出来る, もあつ, もなし, も出来ず, も出来ない, を目的

4 [20件] ができ, ができません, が出来ず, だろう, であつ, であろう, です, になつたの, になつて, にもなる, によってこの, によってそこ, はあるまい, はなかっ, はよく, は何, もありました, もできない, も出, を怖

3 [50件] ができます, ができるでしょう, がよく, が不可能, が出来ました, が出来ます, が出来よう, が困難, が自分, だから, だと, となった, なしに, にあった, にいたし, になろう, には, に決心, に致しましょう, の出来た, の必要, はこの, はその, はでき, はできないだろう, はとても, はなかなか, はむずかしい, は事実, は出来ないだろう, は出来なかった, は出来ますまい, は困難, は実は, は決して, は無理, もあります, もあるまい, もできた, もできます, も不可能, も出来る, も可能, を, をし, をしない, を忘れ, を恐れた, を楽しん, を許す

2 [110件] あり, が, があっ, があつ, がいい, がおの, ができただろう, ができたら, ができなかつた, ができぬ, ができるだろう, がどんなに, が一層, が何, が出来, が出来るであろう, が出来るなら, が可能, が多, が多い, が急務, が最も, が最大, が私, が評論, さ, さえあった, さえできる, さえ出来る, じゃない, だってできる, だらう, だろうと, であって, であるかは, であるからと, であるが, であろうと, でした, でしょう, ですな, でその, でも, でもなかつた, となり, となる, なくし, など思ひ, なれば, にきめ, にきめた, につとめた, になれ, にはならない, にもなった, にも成功, によって初めて, によって現在, に依っ, に力, に外, に失敗, に定, に定めた, に役立ち得た, に於, に決めた, に由っ, のできなかった, のない, の出来なかった, の困難, の容易, の方, は, はそれ, はできた, はできぬ, はなく, は人倫五常, は出来ぬ, は出来ませんでした, は同じ, は実際, は平次, は最も, は禁物, は考えもの, もあり, もならず, も容易, も馴れ, をいう, を努めた, を報告, を心得, を心配, を必要, を忘れなかった, を恐れ, を教え, を楽しみ, を無上, を知つて, を知り得, を考える, を許し, を避け, 又それ, 夥しい

1 [876件 抜粋] あれど, いづその, か, かと思われた, からはじめた, から出た, から米, から言, がありましたなら, があるでしょう, がお, がかなり, がこれ, がすでに甚だ, がそれ, がたくさん, がつまり, ができたでしょう, ができないでしょう, ができなかったで, ができねえ, ができましたなら, ができませぬ, ができやしょう, ができるであろう, ができるなら引かせ, ができれ, がとうさん, がどんな, がなけれ, がならねえ, がはやっ, がよけい, が一つ, が一番大切, が一般, が人間, が先ず, が出来ただろう, が出来たなら, が出来なくなるであらう, が出来ましたなら, が出来るだらう, が出来るでしょう, が分明, が割合, が危険, が即ち, が壮快, が多く, が女, が嬉し, が容易, が常識, が当然, が彼ら, が心靈研究會, が思いつかなかった, が怪しまれなかった, が悲しい, が日本, が書かれ, が本当, が流行りました, が漢時代以後, が病魔, が私たち各自, が空間, が経済, が自己, が若き, が若し, が藤枝, が許されぬ, が起りました, が面倒, くらい許し, こそ方法, こそ私, この心理的欠点, さえする, さえわたし, さらにまた, しかできない, しかどう, しか能, すらあつ, すらある, すら未来, そうし, そのこと, その三, ただそれだけ, だけが, だけで, だけであった, だけで満足, だけは出来ない, だけは避け避けした, だけを考え, だったが, だったもの, だって勉強, だという, だらうからね, って何, つまりディフォーム, であ, であったこと, であらう, であります, でありまた, であるから, であるという, できやしないん, でしょうか, でしょうな, でせう, でわたし, でヒューマニティー, で人間, で判つて, で即ち, で妹弟, で彼ら, で打開, で有ろう, で自分, で貧しい, といたします, とし, とです, となろう, ともう, と中宮, と思っ, と思われます, と話談, と関係, なくここ, なくこれ, なく事物, なく冷淡, なく広く施され, なく思想, なく清々しい詩的感動, などで, などはできない, などは出来, などは夢にも, などもあった, などをとりきめ, など考へる, なり, なんか全くすぐ, にあつ, にいたしました, にいたしませう, においてで, において文芸, にかかりました, にしか役立たなかつた, にしたい, にしてやる, にしましょう, にしようで, にすれ, について, についていろいろ, について熟議, につとめる, になってる, になっとります, になつた話, になるだらう, になるでございましょう, にはからいました, にはならなかった, にはなるであろう, には成功, には独特, にひとしい, にまでプログラム, にもこの, にもよる, にも妙, によってそういう, によってやがて, によって世界観, によって仏, によって創作的詩歌, によって合理的, によって味方, によって実力的, によって常識, によって快哉, によって急激, によって文学, によって日本人間学, によって模倣芸術, によって浪人, によって益々, によって社会, によって素人, によって終局, によって落胆, によって豹一, によって逆, によつて氏, によつて美果, により, により春の海, に不安, に他, に依, に先方, に凝り出し, に努めました, に取りきめた, に大体, に奇怪, に寧ろ, に専念, に尽しましたなら, に巧み, に役立ち, に急, に慣れ, に成った, に或は, に楽しみ, に気, に氣, に決っ, に決めました, に由つて, に相談, に終わった, に能, に自信, に致しませう, に計らった, に趣味, に運動, に過ぎない, に骨折った, のある, のできぬ, のひどい, のほか, のみだ, のみ専念, の上手, の代り, の口惜し, の多い, の如何, の少, の役, の悲し, の無益, の遅かっ, の隠れた, はあった, はあの, はあまり, はあらゆる, はある, はいたしますまい, はいま, はお, はお祖母さん, はきまっ, はさして, はし, はしのびません, はそう, はそれほど, はたいてい, はだ, はつね, はできず, はできなかったろう, はできねえ, はできやしない, はできよう, はともかく, はないです, はならぬ, はならん, ははつきり, はまた, はみっともない, はむつかしい, はやさしい, はわたくし, はカント, はヒトラー, は一, は一度, は万, は上, は世界, は両者, は人, は今, は何びと, は余り, は併せ, は俗悪, は其の, は出来た, は出来ないです, は出来なかつた, は出来まい, は創作, は勘定, は勿論, は危険, は取締当局, は君, は周知, は地球上, は場合, は大して, は大切, は好き, は家門, は屡々, は幕府, は彼, は彼女自身, は御, は心苦しく, は忘れなかつた, は悪徳, は惜しく, は慎, は敗戦後, は文学技法, は断る, は断念, は日本, は普通, は最初, は最小限度, は案外, は無, は無く, は無くなった, は疑い, は省略, は確か, は社会観察, は空間, は自分, は至難, は良い, は虚弱, は言, は許されない, は許し, は請合, は近代, は避けられぬ, は難, は雨後, ばかりしか口, ばかりをつとめた, ばかり考え, ほとんど疑うべからざるなり, ほど意外千万, またはかつて, または全部, まで受けつぎました, もあそばした, もあらね, もおぼえた, もこの, もしなかった, もすべて私, もその, もたくさん, もでき, もできないでしょう, もできねえ, もできません, もできるであろう, もともに, もなかなか, もなくなっ, もむずかしい, も与へられた, も亦, も今, も出来, も出来ないでしょう, も出来ます, も出来ません, も出来るであろう, も勿論, も場合, も多, も少く, も必要, も怖く, も或は, も控え, も減じるであらう, も現代, も申せない, も社会的, も自由, も随分, も静か, や二つ, や紺屋, をいうらしい, をおくらした, をかく, をさえ, をしでかした, をしなかった, をしらぬ, をその, をむこう, をもっ, をも禁じ, をやった, をやめる, をアナーキスト仲間, を不用意, を世間, を他, を付記, を伴う, を依頼, を僕, を其まま児童, を努めたい, を厭, を同志, を告げ, を堂々, を好まない, を妨げ, を妨げた, を学び, を宣言, を己, を得た, を心付く, を忘れぬであろう, を思いついた, を思っ, を怠っ, を急い, を悔ん, を悟っ, を意味, を慎まなけれ, を或, を控, を望まない, を期待, を楽, を楽しむ, を欲する, を決して, を深い, を潔し, を發見, を知ってる, を知らないなら, を知らなかった, を知れり, を祈つ, を約し, を約する, を考えた, を考へた, を自分たち, を自分達, を表, を覚え, を記しおきけれ, を許さない, を許されない, を話したかった, を躊躇, を述べた, を遺言, を避ける, を面白, を面白く, 及び悪条件, 少なからず, 日ごろ二十何貫, 甚だ多し, 疑うべからず

▼ せる~ (2057, 9.0%)

166 である 109101 であった 87 です 68 だった 58 でした 40 では 29 だと 23 だが, であるが 17 だつた, だろう 15 だから 1413 が常, は 1211 だったが, であったが, はその 10 であります 9 が目的 8 だそう, であるから, ですが, は惜しい 7 であろう, に十分, はお, は何 6 が気の毒, だらう, ですか, ですから, でも, はこの, はそれ 5 だな, だよ, ですね, はかわいそう, も面白い

4 [16件] かね, が一番, が好き, が当然, でありました, であると, でしょう, ですもの, はあまりに, はむずかしい, は容易, は当然, は無理, もこの, もその, を見たで

3 [33件] かも知れません, が, がいい, がお, が商売, が悪い, が癖, だけれど, だけれども, だつたが, だね, だろうか, だろうと, であって, であるか, ね, はあの, はいつも, はよく, は不安, は人間, は何ん, は愚, は雑作, もある, もいい, もまた, も可哀そう, も気の毒, も無理, を楽しみ, を見た, を見る

2 [89件] かその, かまたは, かもしれない, か私, がこの, がその, がもう, がよい, が代, が何, が何より, が例, が可哀そう, が大好き, が嬉しい, が彼, が成功, が本当, が氣, が私, が自分, が自慢, さ, じゃ, だという, だとも, でございます, でございますか, でございますが, ですけれども, ですよ, でないか, でなければ, と同じ, には大いに, に充分, に役立った, に役立つ, に欠くべからざる, に相違, に足る, はあまり, はいけない, はいや, はおもしろい, はさ, はなかなか, はほんとう, はまさに, はまた, はみじめ, は一方, は不可能, は事実, は今, は代, は何故, は全く, は勿体ない, は千代松, は困難, は大, は大抵, は怒らせる, は残酷, は無意味, は親, は面白い, もお, もおもしろい, もお前, もそれ, もよく, も一つ, も女, も心, も殺生, も罪, を, を何より, を例, を商売, を常, を樂, を見, を認めた, 何の, 兆と, 日は

1 [732件 抜粋] いや守れない, かあるいは, かしらと思っ, かといふ問, かと思う, かと思っ, かと疑い, かと考へた, かどうしても, かな, かについてその, かまるで, かもしらぬ, かもしれません, かもしれん, かもわからぬ, かも知れない, か一向, か人間, か初め, か千人彫り, か妙, か寒い, か新吉, か時に, か相手, か花, か荒庭, があった, があの, がいかに, がいかにも, がいくら, がいけない, がいちばん, がいちばん安全, がおもしろい, がおもしろく, がこっち, がこれ, がしみじみ, がすき, がすまない, がちか, がつらい, がどう, がどうして, がなお, がなに, がふつう, がほとんど, がよろこびであった, がよろしかろ, がわし, がイヤ, がジャーナリズム, がラシイヌ探偵, がリアリズム, が一問題, が一流, が上手, が上策, が不快, が主, が人, が人情, が今, が何故か, が偉い, が僕ら, が内職, が利口, が割に, が可, が可哀相, が嗜, が困難, が地味, が大変, が好い, が好き人, が孝行, が実に, が容易, が宿屋, が少し, が山科, が常習, が得意, が得策, が心, が応急, が怪しい, が恐ろしい, が慣例, が所謂芸術, が教室, が文章, が明治大正以来, が最も, が最上, が本意, が本物, が權力, が欠点, が此の世, が死んだ, が気色, が淺, が特長, が狡策, が當つて, が目下, が祖母, が精, が能率的, が苦しゅう, が薩長側, が藤尾, が衛生上, が見えた, が見える, が誰, が貴女, が追, が通例, が遊び, が適当, が間, が間違ってる, が難儀, が順序, が骨, じゃその, じゃな, だからな, だそうですね, だぞ, だったのに, だったよ, だとさえ, だとして, だなと, だらうが, だろうという, だサア此処, だ何しろ, だ特に, て座敷, であったから, であったと, であったなら故人, でありますから, でありますが, であり十畳, であるけれども, であること, であるむろん, である尾, であろうと, であろう青年, でございましょう, でしたから, でしょう幾重にも, ですすると, ですわ, です根本的, です若しも, でないこと, でなく処, で御座いますから, という技芸, とちっとも, とは種, とも違う, とよく, と二つ, と二種類, と同時に, と同様, と本陣, と舌打, ならば, なら差支, なら差支えないが, なりと, なんか二の次, にすこし, にそれ, にとどまっ, にはどこ, には仕舞, には全く, には容易, には少し, には恋愛関係, には随分, にまだ, にも人手, にも相当, にも骨, によい, によらない, にペコペコ, に不自由, に似, に便宜, に努めた, に器用, に困っ, に堪へ, に当惑, に役立つた, に手間どった, に持っ, に特別, に睦じい者, に過ぎぬ, に驚いた, ねあんた, はあ, はあんまり, はい, はいい, はいくら, はお前達, はかはいさうです, はここ, はごめん, はご免, はじ, はすべてヤミ成金, はせいぜい, はそっち, はたいていいつも, はたとい, はつまらん, はとても, はともかく, はどういう, はどこ, はなんと, はにが, はまだ, はみごと, はむごい, はむつかしい, はもちろん, はやっと, はよい, はよくよく, はよし, はわけ, はわざと, はアンニユイ, はカンタン, はドイツの, はビフチー, はランボオ, はワケ, は一般, は不憫, は不道徳, は不都合千万, は並大抵, は丸, は主として, は人間ぢ, は今日, は何だか, は何分, は作文上, は俳優, は偽善そのもの, は僕, は儂, は先ず, は勝手, は危ない, は却ってさっぱり, は受け合いだ, は古代日本, は可哀そう, は外聞, は大して, は大局, は太田邸, は失礼, は女, は女の子, は嫌, は嫌い, は子, は宗教, は定め, は実は, は家中, は容易ぢ, は寧ろ, は少佐, は展望, は山男, は岸野さん, は当り前, は彼, は彼奴等, は彼自身, は御免, は心もとない, は心苦しかっ, は忍びぬ, は志貴子, は怪しから, は悪かっ, は悲しむべき, は悲痛, は意識, は憚, は所謂民間語原説, は手段, は折角, は新, は新語, は是, は時に, は最も, は朝飯前, は本意, は東男, は楽, は橘南谿, は止し, は止め, は此根底, は武器, は歴起, は毒, は比較的, は気の毒, は気まぐれ, は清澄, は渡邊君, は無論, は無駄, は畜生, は皆, は矛盾, は矢張り, は神さま, は私, は立派, は竹丸, は第, は米国造船能力, は細い, は絶対, は罪, は考えれ, は自信, は船, は良から, は良心, は苦痛, は蓋し, は訳, は訴え, は誰, は財政上, は軽率, は進化論的根拠, は間違い, は雑誌本来, は難しい, は難船, は非常, は頭痛, は風, は馬鹿正直, は骨, は黒髮, ばかりが商業, もあまりに, もあり, もあれ, もいけません, もおっくう, もおぼつかなく, もこれ等, もさすが, もせめて, もつまり, もどう, もほか, もみんな, ももうこ, もやつぱり乃公, も三月, も不作法, も人間, も今, も修業, も其後, も冒険, も切ない, も却って, も可哀相, も同じ, も大人気, も大抵, も好し悪し, も好物, も娘, も孝行サ, も御, も心理的, も心苦しく, も急務, も恐らく, も悪い, も惜いも, も愉快, も愚か, も数年間, も木造円形, も楽しみです, も此霊力観, も滿更惡, も牡丹屋, も皆私次第, も眠気, も私, も稀, も程, も考え物, も自分, も至当, も若槻, も西洋食事, も誠に, も道理, も酷い, も面倒, も風流, やいろんな, やむなきに, やら彼女, をあたかも, をしいて, をつねに, をまたす, をも楽しみ, を一本槍, を主眼, を今, を余儀なく, を偉い, を唯一, を妨げ, を嫌った, を寐, を少年, を弟子たち, を当時, を彼, を得意, を忘れた, を忘れなかった, を恐れる, を感じる, を拒む, を断念, を残念, を氣, を特色, を目, を目的, を眺める, を絵解, を芸当, を苦しむ, を見慣れ, を観, を雑誌記者, を非常, んです, ウ私に, 例は, 価値が, 別ある, 外は, 後二十余年に, 心意を, 意なる, 時は, 時ニ当り多数の, 状ほぼ, 結果をしか, 舞台では, 調子で, 類に

▼ せる~ (1566, 6.8%)

37 いふこと 16 云ふ 12 すれば, それは 11 なると 10 いって 9 それが, 彼は 8 云う事, 言って 6 思って, 言ふ 5 いうので, これは 4 いふの, いふよりも, すぐに, それを, 云って, 今度は, 自分は

3 [13件] いう, いうところ, いうよりも, いふ事, かれは, これも, それに, 云うの, 女は, 彼の, 思う, 言ふこ, 静かに

2 [69件] あとの, いい, いうが, いうに, いうよりは, いう以上, いけないと, いふもの, おれは, かれの, こちらの, これが, しよう, しようか, すると, その上, その下, その物音, そんなこと, たいへんな, ぷいさ, まくれた白い, もう何, 二人は, 云うこと, 云うよう, 云った, 云ったの, 云つた, 云つてその, 云ふこ, 今度こそ, 伸子は, 何か, 何でも, 別所が, 同時に, 同時にその, 同時にまた, 国民学校の, 女の, 娘の, 平次の, 当人は, 彦太郎と, 彼も, 彼女は, 思うん, 思ふと, 慌てて, 手に, 東京の, 検事は, 沢庵の, 濁った世の中, 無造作に, 牛は, 生意気に, 田崎さんは, 男は, 確かに, 私の, 私は, 称して, 筋も, 約束し, 見えます, 見れば, 言った

1 [1207件 抜粋] あいつも, あかんぼ, あって, あとは, あの事件, あの身代, あの野郎親, あらゆる病気, あるいは右, あれで, あわてて, いいですああ, いいん, いうから, いうだけ, いうだん, いうのみ, いうほどの, いう際疾, いけないから, いちいち母, いってるそう, いつた野心, いふところ, いふよりは, いふ語は, いわゆる, うるさいぞ, おとなしくねよう, お互に, お前は, お房, お神, お絹, お酒, かえって雑沓, かような, がっくりと, きょうばかりは, くつろげるとも, こういうよう, こういう筋, こうだ, ことによったら, このお話, この大きな震災, この復活, この方, この点, この糸, この願望, これで, これほど, これ程憐れ, こんなくだらない, さうでも, さすがウト, さながらに, さらに多く, しかりつけるよう, したらその, したらやはり, した處, しまいには, じきにいろいろ, すぐ向う, すぐ地, すこぶるありがたい, すでに鎌倉, すらりと, すツ, そういうふう, そうするとあれ, そこから, そのこと, そのま, その二人, その囚人, その小, その憂い, その折返した, その柴野, その波長, その犬, その翌々日, その花世, その金, その額, そりゃ植物, それで機嫌, それならこの, それ等の, ぞろぞろ外, たたみかけた啖呵, ただちに武州, ただ一つ, たとい僧籍, ちゃんとしてる, ちょっと神経病, つかつかと, つまり実行, とかく角十, ともかくそれだけ熱中, どういうこと, どうもそうらしく思われるで, どじょう髯の, なおのことその, なかなか足角, なれば, にわかに点滴, ばたり, ふたたび装置, ふんとに, ほんとに素敵, まごう方, また以前, また接眼レンズ, また私, まだ足, まつる, まるで心理的哲學的, まるで神様みたい, むしろ嘆願, もうあの, もう夢中, もう懲りごり, もしこの, ものすごくあばれる, やがてまた, やっと正気, やつぱり目の, やはりふと寿枝, やはり肺, よい, ようございます, よくもこう騒がれる, よく分った, われにも, イデオロギーなんて, カジョー神戸が, キューネも, ケエダンに, ゴロツキは, スパイな, ソヴァージュって, ツト片足が, ドイツや, バラバラと, パタンと, フラフラと, フランス人は, ペラペラと, モッと, ユーゴーは, ラッパチーニが, ワトソン君窓に, 一も, 一九三五・六年が, 一同は, 一散に, 一日の, 一緒に, 一風変っ, 万葉集には, 三度目に, 三毛の, 上意の, 上手に, 不思議でも, 不用な, 世には, 両手で, 中から, 中津川あたりと, 丸で, 丹念に, 之を, 乾分達を, 二両取りの, 二人も, 二十面相は, 二日ばかり, 云い出した, 云うと, 云うので, 云う字, 云う極めて, 云う約束, 云ったが, 云ひ出した, 享保以前までの, 亭主が, 人情という, 人間が, 人間の, 今度の, 今日世界は, 仏祖来也と, 付き添いの, 仲間が, 伝えられる護身, 似る, 何の, 何んで, 何事ぞ, 何故で, 倫理道徳風な, 元気が, 充分日本, 光秀は, 全く, 全然別人, 其の時, 其ままズイと, 冗談云っ, 冷り, 刀に従って, 刑事は, 別の, 剛情で, 功徳に, 勢い今日, 十二時も, 十種類ほど, 印度人は, 危険な, 却って話, 原稿料問題を, 又三日, 反って, 叔孫は, 古来慣用せられた, 可愛い芍薬, 右門は, 同じく, 同じ事, 同時にかよう, 同時にこちら, 同時にひも, 同時にもっと自分, 同時に今日, 同時に別に一層広い, 同時に同夜, 同時に技術, 同時に正木先生, 同時に狂, 同時に自身, 同時に食物, 同氏には, 君は, 否とに, 吾, 呑んだと, 喜んで, 嘉吉は, 四郎が, 園子の, 垂れさ, 塗物類は, 売れ口に, 多少物, 夜鳥が, 大だ, 大変だ, 大変やかましい, 大層よろこん, 大概桀紂に, 大阪の, 天から, 天下第, 失敗する, 奥へ, 好塩梅, 妙に, 始て, 威喝した, 嬉しそう, 子供などは, 子音群数は, 学問した, 学理上実際, 宗介蛇蘭語で, 宣言なされたでしょう, 宮は, 家中の, 寂しい心, 寒中アイスクリームを, 専務は, 尊攘という, 小鼓を, 少し涙, 少尉は, 山容の, 岡氏は, 巌之, 巡査部長は, 差う, 師直は, 常識的である, 幕府有司の, 平安朝ごろにも, 年ごろの, 幻滅の, 廊下へ, 当分の, 当時は, 役人は, 彼こそは, 彼女が, 彼女らは, 彼等より, 御飯の, 心持ど, 必ず首, 忙しげ, 忽ちサーヴイス振り, 忽ち威張り返っ, 思い歯, 思うと, 思えん, 思つたら, 思ふ, 怪しい人物, 恐れ入りまする, 恰も活動寫眞, 悪酔いし, 想像される, 愉快な, 意表を, 感じられる気分, 我々こそ, 或はこれ, 所持金も, 手前で, 承りました, 挨拶は, 探偵は, 改めて, 教師ほど, 散文は, 数学ほど, 敵に, 料理屋の, 斯う, 新助, 新撰組の, 旅行と, 日本人が, 日清日露の, 早瀬君は, 明日に, 春菊は, 時に高まり, 時間が, 暫くし, 書院の, 最初から, 朝鮮はても, 末子の, 本案は, 松吉も, 板葺きは, 果して締, 果たして其の, 柵を, 栗島スミ子という, 正しい考え, 此が, 死んだ夫人, 殺してから, 母は, 気やすめ, 気違いの, 永劫の, 汝に, 決してつつみ隠す, 泣き濡れたお, 洪濤の, 流れを, 浪士も, 消化が, 清盛は, 湯巻の, 源氏が, 火事の, 火花の, 無邪気な, 父は, 物も, 狂的な, 狹いお, 獲りたて, 玉子一つの, 生徒の, 田螺見たい, 申して, 男が, 男の, 異人は, 疑ひしなり貫一, 疲労素は, 病人の, 発散せず, 百円である, 百日にも, 皆心から, 皮膚病では, 目方が, 直ぐ大高方面, 直ぐ死ぬ, 相手が, 相手は, 真名古, 着物の, 矢張時々, 禅家では, 科学的範疇に, 立働きの, 竹一や, 笹木野の, 米人は, 紋切型である, 細身の, 結局陳東海は, 緑色に, 續い, 老人は, 胸に, 脅かしたり, 自分も, 自動車を, 興奮の, 艶麗な, 花子と, 若い時代, 若い長谷戸検事, 苦も, 葉子は, 葬式の, 薄雲, 薬を, 蝶子さんあんたは, 行末の, 表向きは, 褥が, 西行は, 見える, 見ず知らずの, 見せて, 見て, 見ると, 覚えず釣込まれ, 親爺の, 言い出した, 言うもの, 言う記事, 言っても, 言つても, 詩子が, 誓って, 読み方が, 調子を, 警官の, 貞子が, 責め方, 赤児は, 身も, 軍兵衛も, 辰公は, 近代病だ, 迷ひ悩ん, 逆上は, 透さんは, 遊んで, 違うサモア島, 酒場の, 重症の, 金には, 針の, 釣りは, 銭の, 鍋に, 長三郎は, 間もなくかなり, 間もなく母, 関羽の, 隣の, 隣人を, 雨だらう, 露と, 面倒だ, 順々に, 頭から, 額さえ, 飛行機に対する, 飲まされまいとの, 馬鹿の, 鬼も, 鳥群の, 黙って

▼ せるよう~ (1540, 6.7%)

105 なこと 79 なもの 58 にし 35 になった 33 にした 24 な事 20 にする 17 なところ, になっ 1211 になる 8 な結果, に仕向けた, に出来 7 では, な言葉, な調子, に仕向け 6 な, な声, にしなけれ 5 なそんな, なの, な態度, な気, な物, にしました, にでき, に仕向ける, に努力

4 [14件] であった, なこの, な人, な人間, な大きな, な女, な真似, な美しい, な話, にこう, にしたら, になりました, に私, に言った

3 [25件] である, なお, なおそろしい, なへま, なもん, な一種, な不安, な何物, な凄味, な効果, な場合, な大, な思い, な恰好, な日, な男, な白い, な空気, な表情, な隙, な顔, にいった, にしたい, にしむけ, に御

2 [87件] だ, だが, でした, です, でならなかった, なある, ないい, なじつに, なすばらしい, なその, なふしぎ, なロマンチック, な事情, な作品, な光, な出来事, な勾配, な匂い, な原因, な古い, な土地, な夕方, な奇怪, な妙, な姿勢, な小説, な影響, な怖, な手段, な歩き方, な残酷, な母, な気持, な深い, な珍しい, な現象, な癖, な立派, な答え, な美し, な色, な芸当, な記事, な身ぶり, な酒, な重大, な陰謀, な雰囲気, な青木湖, な静か, な面白い, な音, な響き, な顔付, な風格, な騒々し, にあなた, にあらゆる, にいいました, にいろいろ, にお, にされた, にしない, にします, にしよう, にそう, にそれ, になったら, になれ, にもなった, にもなる, に仕組んだ, に作られ, に努めなけれ, に取り計らった, に命じた, に導いた, に導く, に工夫, に引金, に思われた, に思われる, に成った, に言いました, に言います, に響い, に骨

1 [709件 抜粋] いいつけたので, じゃあまだ, じゃなにもかも, せいぜい尽力, だった, だったらそれ, だね, であったらかまわねえから, でありました, ですきっと本当に, でその, でもあっ, で床しい, で苦しい, なあの, なありきたりの, ないいかえれば, ないきれを, ないろいろ, ないろんな, なうつくしい, なうら悲しくなまめかしい, なお前, なお払い物, なお方, なか, なけいりゃく, なこういう, なことば, なさまざま, なしぐさ, なしなやか, なすごい, なそういう, なただ, なとぼけかた, などんな, などんより, なねばっこい細い, なはげしい, なはたらき, なひそまりを, なぼっと, なまた, なものの, なやわらか, なら外, なわき, なわけ, なカムフラージュ, なシッカリ, なジメジメ, なニュース, なバレー, なポーズ, なモンタージュ, なリアル, な一切, な一大椿事, な一番機, な七月, な上唇, な不遜, な不馴れ, な事件, な事実, な五人, な人々, な人なつこい, な人肉, な什器, な仕事, な仕掛, な伏線, な似よりの, な低, な作用, な保守主義, な傾き, な傾向, な僭上沙汰, な優しい, な光りを, な公儀, な六百年来, な円柱, な冷たい, な冷たく, な凄まじい, な凄惨, な制度, な刺戟, な剣術, な功名心, な勝負, な匂, な午後, な単調, な厳重, な収入, な口調, な古風, な吉野大竜, な同じ, な同情, な名前, な名文, な向日葵, な吾, な唄, な問題, な善良さ, な器物, な回答, な型, な執こ, な場所, な大きい, な大胆, な大雪, な天下どこ, な奇怪不思議, な奇抜, な奇異, な奔放, な女性, な好, な好い, な妖気, な姿, な威嚇, な字句, な学説, な客, な寂しい, な寒, な小さな, な小じわ, な小春, な小村, な小鳥, な屍体, な工夫, な帝国ホテル, な幅, な年頃, な幻想的, な広, な弊, な弱体ぶり, な強い, な強震, な形式的, な彼ら, な微か, な心地, な心持, な忙しい, な性格, な性質, な恐怖, な悪い, な悲しむべき日, な悲痛, な情熱的, な意外, な意表外, な愚行, な愛嬌, な感情, な感銘, な慇懃さ, な成果, な戦略戦術, な所, な所説, な手土産, な手軽い, な批評, な抑揚, な拵え事, な挨拶, な振舞, な掟, な改革, な攻撃, な故意, な教科書, な文化上, な文句, な文字, な新緑, な方向, な早川, な昨今, な時勢, な景気, な景色, な書きぶり, な月明, な朝威, な朝雲, な本能的, な柳, な極, な様子, な歓楽, な殺気, な民衆自身, な気合, な気運, な水族, な沈厳, な沈黙, な沢山, な涼し, な淋し, な混み方, な清らか, な渋い, な温情, な滑稽, な激しい, な濁り, な火, な無残, な無気味, な無電, な煙, な爽快, な片々, な物珍, な物的証拠, な物象, な特長, な状態, な猥, な理論, な琴, な甘い, な生, な生活, な生涯, な異様, な異状, な痕跡, な目, な直感, な真赤, な眼, な眼隈, な研究, な破天荒, な社會, な神, な科白, な程度, な種類, な空漠, な笑声, な筆法, な筋, な粋, な紅い, な素振り, な結婚, な結論, な罪, な者, な肉欲, な色あい, な色気, な芝居, な菜の花, な薬品, な虚脱状態, な虫, な行動, な行為, な街道, な表現, な西, な視線, な親しい, な計, な諸, な警告, な譬喩的, な貝, な質素, な贈物, な趣味, な辛辣, な返事, な迫力, な追憶, な速, な速く冷たい, な遊び, な遠, な遠い, な遺産, な配列法, な醜い美し, な醜悪, な野鄙, な鋭, な鋭い, な鎧, な険悪, な雑誌, な雨, な雪, な青黒い, な非, な音響トリック, な響, な頼もしい, な顔立ち, な風, な風景, な食べ方, な馬, な馬鹿, な高声, な鬼気, な魅惑, な黄土色, な黒い, にあかるい, にある, にいいつけ, にいそいそ, にいっ, にいっとい, にいつ, にいま結婚, におし, におたがいに, にお松, にお誘い, にこれ, にこんなに, にごまかし, にしてやった, にしてやる, にしなく, にしなさい, にしむけた, にすき間, にするです, にそして, にそっと, にそれでも, にたより, につぶやいた, にと, にとあらかじめ, にということ, にという奥様, にといっ, にとか女房ら, にとし, にとの御諚, にとばかり気, にと再三, にと力説, にと命じた, にと沙汰, にと言っ, にど, にどうして, にな, になりゃ, になんて私, にのみ導い, には, にはしなかった, には暮らし, には見えない, にばかり仕向ける, にひたひた, にますますはっきり, にまた, にもされる, にもっ, にもまた, にも思われる, にゃ気精, にゆっくり, にゆったり, によく, にッ, にポツリポツリ, に丁度, に三造, に事もなげ, に云っ, に云った, に人工, に今, に仕向けないで, に仕向けます, に仕向けろ, に何等, に俯向き勝ち, に八絃, に再読, に処理, に切りぬきまし, に前髪, に努め, に努めた, に勉強, に勧め, に勧告, に反響, に向い, に吹いた, に呟いた, に命じ, に命ぜられ, に哀れ, に喨々, に土, に夫婦中, に孫兵衛, に家, に小声, に巧んだ, に彼, に彼女, に応待, に思うだろう, に思え, に感じた, に感じられ, に我々, に手配, に掛け, に改良, に敬太郎, に書いた, に書きます, に木曾街道, に椅子, に極めつけました, に気, に気味が悪かっ, に注意, に消え残っ, に溝, に漂っ, に為, に焼く, に煮る, に琴, に瑠璃子, に申しつけられました, に痙攣, に痩せ, に皮膚, に目まぐるしく, に確乎, に突き立っ, に窓, に答えられるべき, に答える, に精神力, に練り, に繕っ, に自分たち, に至極, に術, に見え, に触れ, に言っ, に計らった, に話し, に警句, に質問, に趣向, に迎える, に遣っ, に都市施設, に野太い, に鎮, に隙間, に霧, に青年, に響いた, に願い, に香辛入り, に馳, に鬱陶しい, 努めなくては, 取り計らわせたという, 命じまた, 描いた画, 闘わなければ

▼ せるもの~ (1119, 4.9%)

74 がある 59 である 47 では 43 があった 24 はない 2316 なり 15 にし 1412 だと 11 があつ 10 であった, です 9 だった 8 があります, だが, でなければ 7 あり, がありました, であるが, はありません, は何 6 なれば 5 あるを, がない, であつ, ですから, なの, のごとく, もある, を持っ

4 [12件] が十分, だつた, であります, と見, ならば, に非ずし, のよう, の如く, はただ, はなかっ, らしい, 多し

3 [11件] かね, があっ, が何, じゃない, であると, ですが, でない, ならん, なりと, にあらず, の如し

2 [40件] があり, があるなら, が他, が多い, が多分, が待っ, だなどとは, だらうか, だろうか, であって, であるか, であるから, であろうと, ですか, でないこと, と云, なく常に, なら隱, なるべし, なれは, に同じ, に非, に非らざる, のない, の一つ, の生命, は, はどんな, はやはり, は之, は今, は休ませ, は少ない, は樺山伯高島子, は無い, は神仏, ばかりだった, ばかりである, を人, を見

1 [486件] あらざりき, ありて, ありと, ありや, あり依つて年号, あり新潟県下, あり特に, あること, あるに, あるの, あれども, および自ら実地, お豆腐, お酒, かあんな, かいどうか, かさあ, かしら, かその, かと, かと力説, かと思つた, かと感心, かと自分, かな, かなと大いに, かも知れぬ, から來, から大字, から蓋老, か二月, か或いは, があったでしょう, があるであろう, があるらしい, がうごいた, がこの, がその, がただ, がなく, がはなはだ, がまた, がプロレタリア, が一つ, が一見反対, が人間, が今日, が例, が俳優, が又, が少なから, が彼, が彼女, が彼岸, が意地, が故, が書きたい, が有りませんでした, が有る, が次第に, が沢山, が無い, が現れ, が用いられ, が目, が秘密文書, が置かれた, が過去, が適当, が隔て, さえあった, じゃあない, じゃありません, じゃございません, じゃねえと, じゃよ, じゃア, すこぶる勢力, だから, だけにても七十四カ寺, だったかも, だったから, だったし, だったの, だったので, だつたが, だて, だよ, だろうあれ, だろうかと, だ女の子, であ, であったか, であったが, であったこと, であったとしても, であったの, であらう, でありあるいは, でありそして, でありたいと, でありつねに, でありました, であり又, であり晴朗, であり特別, であるかも, であるかを, であること, であるだけに, であるという, であるに, であろうか, でお, でおの, でご, でした, ですな, ですよ, でそれ, でないが, でないそれ, でないと, でないにも, でないやう, でなくて, でなくては, でなくば, でも, で今, で今日, で単に, で当時, で彼, で思想運動, で戯曲, で有る, で東西, で死, で源三郎, で男, で自分, で詩中, で逃避的満足感, で道誉, とあり, とある, というべき, といえ, といはね, ときたら, ときどきだまされ, とし, としたるなり, としてそれ, としての又は, としてはなお, としてはマイクル・トマス・サドラア, としては本当に, としてもっと, としてわれわれ, としてアンナ, としてブッセ, として作用, として区長, として否定判断, として否定判斷, として憎悪, として日本人, として期待, として注意, として絶対的, として絶對的, として語る, として退院, として逆, とす, とする, とぞんじます, となさなけれ, となし, となせり, となつ, となり, となり得る, となるだろう, となれる, との交渉, との信仰, との比較, とはなっ, とは思われない, とは懸け離れた, とは根本, とは雖, とみえ, ともう, とを編纂, と云わなけれ, と仮定, と会し, と信じ, と信じた, と信ずべき, と定め, と少し, と希望, と思います, と思わる, と思われる, と爲, と理化博物農業等, と知らる, と私, と考えざるべからず, と見え, と見えます, と見くびっ, と見ね, と覚しき, と覚っ, と認む, と認められ, と調和, と雖, なし, なしと, などの散佚, なので, ならずして, ならと, ならなん, ならもう, ならや, なら使って, なら吐出して, なら第二義, なら陥して, なら風, なりき, なりされど, なりしが, なり全身自由, なり満身独立, なるか, なること, なるに, なるべく漢人殊, なるやいなや, なるを以て, なる事, なる可, なれど, に, にあらざる, にあらずや, にある, にいたっ, にしあらず, にたいする直接, にちがいありません, にて, にて一睨みごと, にて今日, にて古代, にて団十郎, にて文章, にて新栄町, にて東京附近, にて由緒, にて類, にはみずから, にはバット二つ, には非ずし, にもせよ, に他, に墨色判断, に外, に御座候, に応用, に支那, に毎度, に猛りきっ, に異, に見受け申し, に足, に酒, に関して最も, のある, のうち, のごとき, のごとく見, のその, のため, の一生, の下, の中, の再, の刑罰, の名, の多い, の少い広, の由, の相互, の角, の話, の責任, の駆逐, はあの, はありませんでした, はある, はいわゆる, はかならず, はこの, はこりや, はこれ等, はしばらく, はすなわち, はすべていや, はすべて呪い, はそれ, はそれ自身生, はた, はど, はなかつた, はなんにも, はひどく, はぼんやり, はまた, はもっぱら, はドストエフスキイ自身, はバアク, はフランス人, はリオン, は不幸, は不思議, は人倫, は人間以上, は他, は何一つ, は何物, は判断, は利潤, は十分, は単に, は即ち, は史記, は夏, は大逆罪, は夫, は妻, は完成, は宗教, は実は, は専政, は小学校時代, は尽く, は市川, は希望, は常磐津, は当時軍職, は彼ら, は御覧, は忘れた, は急, は恋, は抽象的概念, は明らか, は有形無形, は汎神論, は無かっ, は無論, は煽てる, は狐狸, は甘い, は男々しき, は當時軍職, は皆おれ, は真理, は確か, は空, は筒袴, は純, は行く先, は要するに, は見られなかつた, は詩人, は誠に, は誰, は辻聴花先生, は近頃, は逐次, は難し, は電気化学的伝導, は音楽, は顕微鏡的映画, は食事時, ばかりであった, へ砂糖, または地方, または研究会員, またみな因果, もあった, もありましょう, もない, もなかっ, も三四年, も出, も品性上, も多い, も少しく, も彼, も我人, やらそれ, や綾織, よりもよく, わずかに, を, をここ, をさしたる, をしばらく, をそれ, をつまらない, をと嘆いた, をと思っ, をひっくるめ, をひつ, をもっ, をホシイ, を中略, を何とか, を備え, を写す, を出す, を切りすてる, を刊行, を取る, を受取るであろう, を古代人, を君, を否定, を周章て, を失う, を宛, を宮廷, を實, を少し, を恢復, を感傷, を手, を持つ, を挙, を挙ぐる, を擧げし, を日頃, を更に, を書く, を現象, を用, を續出, を見る, を見受ける, を詠嘆, を読み, を買い, を身, を陸上, を雄蕊, を集めたる, を顕力, 之を埋み, 再た, 即ち世, 即ち又, 及び, 及び追, 多しと, 夥し是時島, 往々これ, 往々に, 往々誑惑, 忽ちこの, 或人曰く, 第三, 第二, 約千人

▼ せるため~ (837, 3.7%)

1613 に自分 9 にわざと 8 であった, である, なの 7 にその 6 だった, です, に必要 5 にいろいろ, に彼, に私 4 だ, なん, に何, に彼女

3 [13件] だったの, であつ, でした, にはその, には私, には自分, にわざわざ, にクリストフ, に大, に工場, に心, に書かれた, に最も

2 [52件] かも知れない, さ, だと, であろう, でしょう, ではない, ではなかっ, で母, という, と彼女, にあらゆる, にある, にいつ, にお, にこの, にじ, にそして, にそれ, にそんな, にで, にときたま, にはここ, にはただ, にはどんな, には約, にまず, にもこの, に一つ, に一日, に不断, に使用, に僕, に声, に如何なる, に存在, に弟, に故意, に母, に生成, に社, に自分達, に著席, に驚く, のもの, のよう, のカラクリ, の一つ, の努力, の右翼, の好意, の手段, の言葉

1 [576件 抜粋] あらゆる智能, ありあわせの, ある者, おもしろい野蛮, かと聞く, かどう, かのよう, ことに用意, しばらくそのまま置かね, じゃない, その聲, だが, だけに存在, だったかも, だったが, だったという, だったとも, だったん, だって僕ら, だね, だろうという, であったが, であったこと, であったよう, であります, であり半ば彼女, であること, であるらしい, でございましょう, ですか, でする, ではなく, ではなくし, では決して決して, でもあったろう, でもあつ, でも自分, で人, で第, で自分たち, とあっ, という触れ込み, ときどきそれ, ともう, と傾斜急峻, なら自分, にあいつ, にあった, にあの, にあまり, にいかなる, にいった, にいま, にいろんな, におれ, にかえって, にかく, にかれ, にきわめて, にくれる, にこの世, にこれ, にこんな, にした, にしなくっ, にしばらく, にじまん, にすっぽん, にすでに, にすら, にそこで, にそのまま, にそれぞれ, にたくみ, にだけに場面, にだんだん, にちょっと, につくられた, につけ足した, にである, にできるだけ, にでもなぜ, にでもナイチンゲール, にとくに, にとっくに, にとっさん, にとった, にと毎月費用, にと言っ, にどこ, になお, になされた, ににせもの, にね, にのみ上京, にのみ在る, にはいい, にはいささか, にはいま, にはいま言, にはいろいろ, にはげしい, にはこれ以外, にはごまかさない, にはしなけれ, にはすこしも, にはすべて, にはそして, にはそれで, にはたつた, にはたとえ, にはとても, にはどういう, にはどうしても, にはどこ, にはまず, にはもう, にはもう一度, にはやはり, にはよほどしっかり, にはより, にはトリック, にはロス氏, には一つ, には一歩, には万骨, には二つ, には二つ三つ銀貨, には人間, には以前, には何, には作中, には価格, には俳優, には借金, には先ず何より, には全, には兵隊たち, には口説く, には同じ, には君自身ひとつ, には土木, には女, には実に, には彼, には彼女等, には急, には慎重, には戸賀港, には新聞社, には是, には時に, には有, には有益, には母, には無, には特別, には申し分, には男子, には盲目的, には社会, には経済学, には色々, には著しい, には見える, には見極め, には足, には身体, には遺憾, には銃殺, には隣組, には頗る, にひいてる, にひろ子, にぴったり, にふりおとされ, にますます, にまねごと, にもその, にもまた, にもろもろ, にも実は, にも家出, にも役立った, にも必要, にも懇話会, にも浅い, にやった, によい, によく, によろひ, にわざと近近, にわざわざここへいらしったと言明, にわたくしたち, にわたし, にイタリア, にオランダ, にクロラル, にコカイン, にシルヴァン・コーン, にシルヴァー, にジャーナリズム, にステージ, にソヴェト, にソヴェート, にバイオリン, にパリ, にピイタア, にベル, にヤケ, に一層, に一番破壊的, に一行, に丈, に上さん, に上半身, に与えられた, に両, に主婦たち, に二人, に二箇所, に云っ, に云った, に人間, に今, に今度, に今日, に伝道, に体, に余, に余儀ない, に使われ, に供給, に俺, に借金証書, に側, に働い, に働いた, に僧, に僧院, に元気, に光る, に八五郎, に冴子, に冷飯, に几帳, に切手, に刷毛, に前提, に剣客, に劉備, に力任せ, に努めたでしょう, に努力, に十九日頃, に十呂盤, に十尺四方, に即ち, に叔母, に取っ, に叫ぶ, に君, に命がけ, に唄う, に四時位, に国立修道院, に墓石, に夏目文学博士殿, に外, に外部, に多少, に大豆, に天, に夫人, に好ん, に安全, に実演, に室内射的場, に家, に小舟, に川, に市, に帆, に帝国ホテル, に常に, に平民, に年金, に序幕, に座席数千, に建て, に形容詞たくさん, に形式論理学, に役立ち, に役立つ, に往き, に後, に従僕, に御所, に必, に忙殺, に怪力, に恐ろしい, に恩, に息づまった, に手巾, に手首, に持田家, に捏造, に放った, に放浪, に放火, に教師, に新しい, に施し, に日本人, に早く, に暗い, に書いた, に書く, に最大, に材料, に来た, に松山, に柿の木, に案内, に梓さん, に此, に此方, に死ぬ, に死んだ, に死体, に死苦, に殺人強盗, に民衆, に水夫, に氷, に江戸, に汲々, に沖縄語, に準備中, に点ぜられた, に為, に無限, に照準, に熱心, に燃焼, に爺さん, に牝牛, に牢屋, に犠牲, に犬, に犯人, に生, に生れ, に生れました, に用い, に用います, に男, に病気, に発明, に白木, に百姓, に皇帝, に盛ん, に目蓋, に相, に知らせなけれ, に知る, に確か, に社会主義的リアリズム, に祝福, に神様, に私達, に稼いでる, に空腹時, に立ち上る, に精力的, に精魂, に納めとい, に綴る, に綿, に緋目高, に考えだした, に職, に胎内, に自殺, に自然, に船, に色々, に苦心, に落, に蒸留器, に虚構, に行われる, に被害者, に被衣, に裁判, に親方, に言い, に設けられた, に語り教え, に読者諸君, に誰, に貨幣, に買った, に資本家団, に起った, に起る, に身, に逃走, に途上, に連れ, に過去数年間, に遠い, に酒, に鉄砲, に電報, に電鈴, に音楽会, に頭, に顔, に駆使, に騾馬, に骨, に骨格, に魚, に黒い, に鼻血, のあの, のきたない, のごちそう, のカイグリカイグリ, のスクリーン, のスローガン, の人民戦線, の修養書, の公然, の出血, の労, の匂, の単なる, の右門流, の合図, の合言葉, の呪文, の大き, の実力, の帝国主義戦争, の役, の忙しい, の快い, の手紙, の投資, の拷問, の操作, の新しい, の最良, の条件達成, の正当, の気, の渡瀬, の犯罪者, の現実, の理由, の生活, の畫, の研究費, の神仏, の種々, の第, の純, の苦心, の行為, の補強作用, の見せかけ, の訓練方法, の設計, の謂わ, の譬喩, の貴重, の資本家, の賢, の賭試合, の足がかり, の遠謀深慮, の適任者, の野鳥小鳥, の障壁, の飛躍, ひきつけでも, むす子, やむなく各, わざわざ断っ, 動く能わざりしを, 或は世間一般, 折々訪う, 改める, 第九嚢, 買って, 辛い目

▼ せる~ (502, 2.2%)

15 しても 12 充分だった 11 充分な 9 十分であった 8 よる, 十分である 7 違いない 6 ある, 相違ない, 至った 5 あらず, ちがいない, 十分だ, 必要な, 過ぎない 4 充分であった, 足りた, 足るもの, 足るよう, 非ず

3 [16件] あらずただ, とどまって, 似たり, 充分だ, 充分で, 充分でした, 十分だった, 對し, 当って, 文句が, 至つた, 越したこと, 足りなかった, 足る程, 限る, 限ると

2 [30件] あらずして, あらずやと, きまつて, しては, すぎぬもの, ふさわしいもの, や, よると, 充分です, 十分だつた, 及んだ, 役立ちました, 役立つだけ, 拘らず彼, 拘らず獨, 於いて, 最も都合, 最適当, 有効である, 決つてゐる, 異ならず, 至るの, 若くは, 足るだけの, 足るほど, 過ぎないの, 過ぎなかった, 限るという, 際立ちて, 非ざる

1 [261件] あいぬ, あらざるかと, あらざること明らか, あらざるなき, あらざるを, あらずや, あらず又, あらず決して, あらぬかといふ, あるという, あるを, い, いたった, いたったの, いたった原因, いたらなかつた, いひ熟まざる身, いふ, およべり, かかはらず或, かかわらずなお, かぎる, かぎると, きまってるの, こは, これだけの, したが, した處, しろ結句, すぎない, すぎないこと, すぎないだらう, すぎない場合, すぎなかったが, すぎぬ, すぎぬ機械的, すぎまいから, すぎんから, その日陰, それは, それ実に, ちょうど適当, ちょうど都合, とどまる, とどめるか, どれだけ, ふさわしいと, ふさわしい人物, ふさわしかった, もう十分, もってこいの, ゃかえっていいかもしれねえ, よい仲の間, よく北京市内, エジプトの, シドニーよりは, 一番宜, 丁度い, 不足の, 乗じて, 他が, 付未だ, 会し欧化主義, 似ざるを, 似たる如此, 似て, 余りが, 便利な, 傚つて大, 充分かも, 充分だっただろう, 充分であります, 充分である, 充分であろう, 充分でない, 充分で御座います, 充分なる, 充分の, 先立って, 到った, 到った動機, 到った諸, 到っては, 到らしめた責任, 到るであろう事, 到る前, 力の, 力不足である, 効う, 十分で, 参照し, 及ばず黙って, 及ばぬ若しも, 及ぶまいという, 反して, 反し南軍, 反し尚書, 反し明智, 同じ, 同じくその, 吾儕は, 因する, 因るならん, 因れる, 因んで, 困るだろう, 困るよう, 在るの, 基づくと, 基督と, 堪えただろうか, 外ならじ, 外ならず, 外ならぬ, 夥しい錯誤, 大いに役立った, 大事大事な, 大功が, 女は, 好都合だった, 如かざるなり, 如くは, 存する, 尠から, 就いては, 巧みだった, 当たりて, 当つて, 当りて, 当り大義, 役立ち文学, 役立った, 役立ったの, 役立ったばかり, 役立って, 役立つこと, 役立つた, 役立つだけの, 役立つに, 役立つの, 役立つもの, 役立つ場合, 彼答へて, 往々麦田, 後ろより, 必要でない, 忍びなかっ, 忍びなかつた, 恰好な, 拘らずあたかも, 拘らずこの, 拘らず之, 拘らず孔子, 拘らず彼等, 持って, 效果が, 数万の, 整理人まで, 料理人は, 於ても, 日光丸船長の, 最も相応しい, 最好適, 本妻の, 松島さんの, 格好な, 止まり顕, 止まる, 止まるそう, 止るだけの, 止る限界, 気を, 決って, 波の, 海面に, 無駄な, 熱中した, 由る, 由るならん, 白衣を, 相違なかつた, 相違なし, 程近い, 耐えなかった, 膜全たきも, 至ったが, 至ったに, 至ったの, 至ったもの, 至ったわけ, 至った満蒙事件, 至った神尾, 至って, 至つたのです, 至つた元である, 至つた程の, 至つた自分の, 至つて甚だ当然, 至らず当面, 至らず約, 至りし以上, 至るあの, 至るまでの, 至るもの, 至る物象, 菓子を, 處は, 足りない, 足りないの, 足りないのに, 足りる, 足りるなに, 足りる繪, 足ること, 足るであらう, 足ると, 足るの, 足るばかりの, 足るほどの, 足る一現象, 足る刺戟, 足る力, 足る国禁事件, 足る専門的技術, 足る山容, 足る廣さだつた, 足る挿話, 足る根拠, 足る深い美しい, 足る示唆, 足る私自身, 足る説明, 足る超, 足る金, 遇ひ, 過ぎざりき, 過ぎざるが, 過ぎざるもの, 過ぎないかも, 過ぎないから, 過ぎないだらう, 過ぎないで, 過ぎないであろう, 過ぎないと, 過ぎないならば, 過ぎない恐るべき, 過ぎぬ, 過ぎませんから, 違いありません, 違ひない, 違ひなかつた, 適したもの, 適した三つ, 適して, 適当な, 重大な, 鑑みて, 関係の, 限りますよ, 陥りて, 非常の

▼ せる~ (388, 1.7%)

16 が出来る 12 がある, にした 11 が出 10 が出来た 9 が出来ない, になった 8 になっ 6 である 5 になつ, になる 4 があった, にし, は出来ない 3 ができ, が出来なかった, だ, になりました, によつて, は出来ぬ, もある

2 [24件] があり, ができる, が出来たなら, が出来たら, が出来ます, が出来ません, だと, だろう, であらう, では, でも, にある, にしました, にしよう, の出来ない, の出来る, の社会的危険, はできる, はない, は不可能, は出, は大, も出来よう, を私

1 [204件] あない, あり, ありこれ世界, ありしも, あり回向院門前, あるを, あ出来ねえ, か, があら, があります, があるらしかった, ができた, ができない, ができなくなっ, がよく, が不自然, が倉地, が其力, が出来, が出来ず, が出来たろう, が出来なかったら, が出来なかつた, が出来なく, が出来ぬ, が出来よう, が同時に, が多い, が多く, が必要, が愉快, が有っ, が果して, が毎度, が自分, が重なった, この一挙, さえ美, じゃ, じゃない, すこぶる詳らか, だけがやっと, だけは事実, だけは即決否決, だけは続け, だった, だったの, だつたので, だとばかり, だらうと, であった, であつ, であり自分, であるそうした, であると, で其, で其報告祭, で殊に, とかう, と人, などもわたくし, なの, なら自分達, なり, なりき, においてさ, にきめ, にされた, についても一層, になり, になるだらう, にはつく, にはなかなか, にばかり夢中, にもなる, によってごまかし得る, によってその間, によって信念, によって彼ら, によって新しき, に一決, に仕ましょう, に他, に努め, に同意, に定め, に定めた, に対していろ, に尽力, に役立ったら, に役立つ, に愉快, に成っ, に極めました, に異議, に能事, に致します, に計らいます, に話, に話し, のあり, のできる, の危険, の外, の必要, の甚しき, はいかなる, はいくら, はいふ, はかなり, はだれ, はできない, はできないであろう, はできなかった, はならん, はフランス女, は一面木村, は云わない, は僕, は先ず, は出来, は出来なかった, は出来ねえ, は出来ません, は出来る, は到底, は勿論, は堪えられない, は容易, は必然性, は日, は日本人, は決して, は疑, は皆僕, は知らない, は私, は読者, は辛らい, ばかりだった, ばかりを話した, ばかり考え, ばかり考へ, もあつ, もあります, もありません, もせず, もできない, もできよう, もない, も一つ, も出, も出来ず, も出来まい, も出来ましょう, も出来ます, も出来る, も出来ん, も彼ら, も忘れた, も忘れなかつた, も時々, も有る, も珍しく, も皆さ, も面白く, や其他ヅボア, や専門的, や近頃, をせなかつた, をつい, を中心, を何, を喜ぶ, を喜ん, を大変, を好み, を已めなけれ, を得た, を御馳走, を忘れ, を忘れなかつた, を思ひ付いた, を思ふ, を恐れ, を情なく, を意味, を掌, を暗示, を書く, を条件, を煩わしく, を申し立てぬ, を発見, を發見, を目的, を知る, を筆, を説きぬ, を警察令, を運動, 及び同家, 多きは, 多し

▼ せるやう~ (352, 1.5%)

16 にし 15 なもの 14 なこと 96 になつ 4 なところ, な事 3 な, な妙

2 [21件] なそんな, な人物, な強い, な形式的, な心もち, な息苦しい悪い, な恰好, な晩, な氣持ち, な美しい, な舞台, な色彩, な風貌, にした, にしたい, にする, になりました, になる, にもなる, に心, に見える

1 [236件] お取, その全力, だから, だつた, であるが, でした, でも, なあの, なしつかりした理智, なだしぬけの, なの, なやはりチラチラ, ならイツソ, なシイン, なリズム, な一種, な一篇, な一語, な下腹, な事さ, な事実, な人間, な仕末, な作用, な円まつちい顔, な冬, な出来事, な剛毅質朴, な力, な力強い, な努力, な勇ましい, な包丁, な半ば眼, な又, な古風, な名前, な向日葵, な噺, な土地柄, な場合, な変, な夕風, な大, な大き, な大きい, な大きな, な太陽, な女, な好い, な寂しい, な寒い, な對手, な小さな, な小細工, な小舟, な小説, な少しく, な履歴, な工合, な庖丁, な強, な徴候, な悲壮, な惡口, な愚鈍, な感覚, な態度, な或, な戯曲, な手段, な改良, な教育, な文化, な日光, な日常, な旦那ぢ, な時代, な木ぶり, な柔, な殘酷, な気分, な気持ち, な気配, な活きた歴史, な涼しい, な演芸, な瀟洒, な火, な無間, な物, な男, な異色, な疳, な癖, な発音, な白い, な白痴振り, な白雲, な盛子, な目ざましき, な真似, な石垣, な穂, な空模様, な答, な結果, な美し, な習性, な聞きての, な胴間声, な自然, な苦痛, な荒れさびた浜, な荒涼, な蕭条, な薄, な見識才能, な言葉, な豊富, な赤煉瓦, な跳躍ぶり, な身じろぎも, な途, な遠い, な酒, な重荷, な雑談, な青味, な青年患者, な靡曼, な響, な頑丈, な顔付, な風格, な飮, な馬鹿げた大, な鮮明, な黒味, にいつ, にいつた, にいふ, にかう, にぎらぎら, にぎろ, にさ, にしなけれ, にしろ, にするでごわす, にちよ, にといふ御, にとのこと, にと仰せられた, にと男, にと苦心, にと話, にと頼みました, にな, にならう, にはめ込む, にまた, にもう, にゆ, にわざと, に上眼, に云, に今, に伯父達, に内儀, に出, に出来, に出来た, に努め, に努力, に取り, に命じた, に太, に女, に家, に宿, に工夫, に己, に平次, に御, に忙, に念, に手段, に押, に掛け, に握られ, に日, に書い, に書かれ, に書く, に椅子, に此處, に母, に民衆, に気紛れ, に氣紛れ, に永年, に決して, に決心, に淡い, に瑠璃子, に申しつけました, に疏音, に私, に突き出した, に突進, に純白, に細く, に細密, に考慮, に聴こえ, に腕組み, に表現, に見せかけなくつ, に言, に言つた, に言付けた, に計る, に設計, に話, に語つて, に調子, に貫一, に赤, に跡腹, に踊り出した, に隙間, に頭巾, に鼻, の夕, 話し十円, 話す

▼ せる~ (342, 1.5%)

19 よい 16 いい 6 宜い 5 ごとし, ために, よかろう, 如し 4 可い 3 いいさ, いいと, これは, 自分は

2 [17件] これが, これに, ごときは, ごとくに, その代り, よいと, よいわ, 右は, 好い, 如きは, 如きもの, 如きを, 如くに, 如く枯坐, 己は, 御前は, 早いか

1 [231件] あれは, いいお, いいか, いいかい, いいじゃ, いいじゃあねえか, いいぞ, いいとも, いいなんて, いいワサ, いい互いに, いい腹, いつまで, おれは, こころよかりし, この像, この実験, この母, この踊り屋台, この静寂, ごとき, ごときが, ごとき変化, ごとき敗れて, ごとき時彦, ごとき病者, ごとき節, ごとき観, ごとくなりき, ごとくまさに, ごとく人, ごとく人っ子, ごとく今日英国, ごとく俘囚, ごとく夢見, ごとく横たわる浪子, ごとく蔵, ごとく認めたること, ごとしと, さもねえ, しかしそれ以外, しかしまたそういう, しかしまた同時に, しかし一たび不潔, しかし金田中, しばらく経つ, しんに, そのとき, その働き, その各種, その多く, その精力, その門, それでもいい, それでも結局, それと共に, それに対する, それも, それよりも, そんなもの, そんな修業, ただそれ, ためであった, ためならずんば, ためなれ, ため沙門と, ため独身, どうしても結び, どうもはた, なにしろこの, ふと眼, まず急い, また一方, まだ勉強, まだ夜明け, もっと後, ものは, ものはねえ, やがてそれ, やはり一作, ゆゑにこゝにあり, よいという, よからう, よく不法者, わけても少年義夫, オーヘンリーほど, コレ女だ, ファラデーには, 一婦人特に, 一空は, 一間ばかり, 上にも, 下谷の, 中にも, 二人だけの, 今では, 他の, 何う, 何か, 偉大な, 僕が, 其後原因取調中一時は, 凡て石造だ, 出ないもの, 切めて, 君に, 善い, 四五日前より, 土地の, 在り, 多かろう, 女房が, 好いの, 好うござん, 如きある, 如きその, 如きその大いなる, 如きそれ, 如き冷, 如き厳島, 如き場合, 如き夜陰, 如き奇縁, 如き官覚的浅薄, 如き廃寺, 如き無人, 如き痴態, 如き藻鹽木, 如き言語道斷, 如き語調, 如き類, 如く, 如くぞ, 如くなり, 如くなりしとかや, 如くなるあらゆる, 如くにて, 如く七夕, 如く何, 如く出て, 如く国旗席, 如く復, 如く枯草, 如く老, 如く醫療手, 如く驅, 如く髪髭自在, 如けむ, 如しと, 如し大, 如し故に, 如し毎日, 宜う, 宜しい自訴, 寄席の, 少しは, 尚よく, 山登りが, 差し当たり牛込, 市の, 帝銀事件の, 師匠は, 年来盆栽, 形は, 彼は, 彼女は, 彼等の, 心は, 怖くって, 怖くつて家, 搜し出せる, 政宗だ, 故なりといへる, 故にそれ以上発展性, 故に人間, 故に出家, 故に国家, 故に外, 故に群衆, 故に非, 既に今日, 明治九年以来当地に, 昔ここに, 曲者は, 未曾有の, 樽野は, 気の毒な, 江戸時代に, 流石に, 渡良瀬川は, 温度の, 為めなりと, 為めに, 然し又さ, 焼余の, 焼岳は, 熟睡, 爲めなりと, 田舎の, 疑い深い者, 登って, 直ぐに, 睦ましげに, 社会認識の, 神門の, 私は, 私娼は, 笠森の, 第一策, 結局は, 美食は, 聴手が, 肝要である, 肝要であろう, 肩幅が, 若し木像, 苦るし, 薄く切った, 虎に, 要するに宋代, 該劇は, 趣意を, 距離は, 道のりの, 遠国は, 野郎と, 陽を, 額の, 驚くほど, 高いもの, 鶴見には

▼ せるという~ (330, 1.4%)

29 ことは 17 ような 12 ことを, のは 9 ことが 8 ことも 5 ことに, のが 4 ことで, のである, 意味で 3 のだ, 様な, 考えです, 話を, 風に

2 [16件] ことである, ので, のです, ものだ, わけである, わけには, 事に, 事は, 例が, 力を, 意味である, 方法が, 方法を, 残酷めいた, 点から, 骨な

1 [174件] あたり, あの心理, あれとは, いきおいでした, うまいこと, うわさを, ことだけ, ことなどが, ことについて, ことには, ことによって, ことに対しては, ことの, ことばかり, こと面白, さもしい手, そういう玩具, その技術上, ちょっと聞く, つまり平面, つもりで, とるけに, とるげ, のなら, のも, やり方では, やり方は, らいてうの, れいの, わけだ, わけで, わけにも, わざとらしさ, んだ, テオリーも, トリックなど, 一つの, 一手だ, 一策で, 世にも珍, 主題を, 事が, 事じゃ, 事だ, 事実かつ, 事実が, 事情は, 人が, 人を, 人類の, 仕かけ, 仕置きで, 作者の, 俥を, 傾向の, 先の, 具体的な, 内約束, 冒険ものであった, 凝り固まりでは, 処も, 処置しか, 分裂症的習慣を, 効能を, 勝負の, 医学上の, 卑怯千万な, 危険が, 反抗の, 口実で, 名義を, 噂, 噂だ, 報せが, 大事業, 大浦博士の, 奇抜な, 奇談も, 女房なら, 好きな, 実行価値または, 家で, 寸法だろう, 寸法は, 師匠の, 年ば, 廻り道によって, 御法令に, 徴罰の, 徹底ぶりにまで, 思惟経済上の, 恐しい, 意味でありません, 意味でございます, 意味においても, 意味ふかく, 意外な, 意気込みで, 感激振りを, 手は, 手段が, 手段も, 扱いに, 指の, 掟に, 敵の, 方が, 方法も, 方針を, 時分大した, 景気であった, 書きぶり, 条件を, 次第でした, 武蔵野の, 段に, 母に, 気は, 気分が, 法は, 点だけ, 点で, 点に, 点において, 特技を, 狂い方でございまし, 玄怪, 現実をも, 甚だ有害, 生々した, 目的だけで, 目的だけの, 目的で, 目的なら, 目的の, 程にも, 程の, 筋の, 策を, 精神と, 約束に, 結果にも, 練習には, 習慣が, 考え方は, 自動調整器を, 芸当も, 虞が, 要は窮屈, 規則が, 言わば物質科学的, 計は, 計画が, 計画の, 記事が, 話, 話だ, 話だった, 話である, 話と, 話に, 調子で, 請負を, 趣向の, 農民の, 過程によって, 類の, 風だ, 風であった, 風な育て, 風にも, 騒ぎだった, 騒ぎであった, 騒ぎにまで

▼ せるには~ (217, 0.9%)

3 充分でした, 十分だった, 十分である, 十分な 2 どうしたら, 何か, 何でも, 充分であった, 充分の, 十分で, 十分であった, 及ばない, 相当の

1 [187件] あの碧空, あまりに惜しい, あまりに惨め, あまりに華やか, あまり自分, あらずやと, あらず病, いったいだれ, いったいどうしたら, いつでも, いろ, お前を, お誂え, かう云, こうした蹉跌, この六個, これに, これは, これほど, これ以上に, させます, しのびないでは, じゅうぶんであった, せめてあの, ぜひとも議員, それで, そんな結構, たいへんな, ただその, だいぶ時刻, だれが, どういう風, どうしてもついその, どうしても金, どうすれ, どんな糸, なによりも, まず僕, まず単独スキイ, まだあまりに高かっ, まだなかなか骨, もうこれ, もうエキゾチシズム, もう正午過ぎ, もってこいだ, もっとそれ, もとより力, よほどたくさん, よほどの, キスを, コゼットを, ドイルの, 一向差支えなかった, 一寸した, 一度の, 一朝の, 一筋の, 丁度手頃, 上品でなく, 世間の, 二つの, 二三十円であった, 二人で, 五週間に, 今日煮た, 他の, 何うし, 何んで, 余りにぶくぶく肥え, 余りに遅く, 作家が, 便利だろう, 傍に, 充分さ, 充分だった, 充分だろう, 充分であろう, 充分でなかつた, 充分な, 先ずお前自身, 先ず以, 先ず自分, 先立って, 共かせぎ, 共産政府を, 写真を, 判断と, 到らなかった, 前述の, 劒へ, 力が, 加奈子は, 医学的に, 十分すぎ, 十分だ, 十分だつた, 十分でありました, 原料の, 又今, 及ばないこと, 及ばないと, 及ばなかったでしょう, 及ばなかったと, 及ばぬという, 及ばん, 及ぶまい, 塔の, 多くの, 大声を, 太股の, 好いからって, 学問と, 定基の, 実際こんな, 少し危い, 少し気の毒, 少し痛々しい, 屈強な, 山田を, 差し当りどう, 当らない大した, 当りませんわ, 彼に, 待ってるよ, 忍びない, 忍びん, 快適な, 恰好であった, 感心せり, 感覚的な, 手持無沙汰すぎる, 持って, 文学の, 料理人において, 新らしい, 既に遅く, 是が, 普通の, 曲線を, 最も適当, 最適温度の, 杯の, 根の, 此の, 殴りつけなければ, 殺させたが, 殻を, 気の, 水を, 浪士を, 片端から, 理窟では, 田舎通人の, 痛々しいと, 相当意識的, 砂糖を, 禅寺あたりで, 種々な, 第一, 紅葉の, 絶好の, 聞かせて, 自分も, 自然的な, 自然的条件以外に, 至らなかった, 至らなかったでしょうが, 良い機会, 色々な, 苦心を, 訳ある, 誠によい, 足りたが, 足りなかった, 足りなかつた, 遠いもの, 適材である, 酸味を, 重味が, 鎌倉どのの, 非常に, 食べさせる卵, 飲ませても, 驚かせたが, 驚くべし, 驚けり, 高すぎる

▼ せる~ (215, 0.9%)

4615 だから, です 10 ですよ 7 だよ, ですもの 5 だが, だろう, ですか 4 だぜ, だね, だもの, ですな, ですね 3 じゃねえ, だった, だな, でしょうね 2 だからな, だて, だと, だなんて, だわ, ですから, ですって, ですわ, でね

1 [50件] じゃ, じゃありません, じゃけ, じゃない, じゃなかった, じゃなく, じゃねえと, じゃア, だあ, だお金, だか, だがねえ, だけど, だけれど, ださうで, ださうですよ, だそう, だぞ, だったならなに, だって, だってそりゃ, だって朝野さん, だつたかなと, だつていう, だつて云, だという, だとこう, だとさ, だなあ, だらう, だろうねえ, だナ, だ恰度土佐絵, だ新派, でございます, でございますよ, でござんすか, でしたら車, ですからなあ, ですからね, ですからねえ, ですが, ですってさ, ですつて, ですのよ, ですもの何, でやすべ, ならその, ならふん縛っといても, やっても

▼ せるつもり~ (209, 0.9%)

11 なの 9 だった 6 だ, です 5 か, であった, では 4 だったの, らしい 3 だったん, でしたが, ですか, で書いた, で来た, はない, はなかっ

2 [13件] だったが, だつた, だと, であつ, である, でいた, でこの, で御輿, なん, にちがい, のところ, の平次, もなく

1 [107件] かい, かそれとも, かどう, かもしれません, かも知れない, か周子, か知らん, か聞い, がありゃ, がなかっ, が鼻, さ, じゃありません, じゃったが, じゃなと, だが, だそう, だったと, だったのに, だったらしいが, だったらしいな, だつたが, だつたの, だつたのさ, だつたらう, だつたらうかと, だという, だらう, だらうとおつし, だろう, で, であったが, であったに, であること, であろうか, であろうと, でいます, でお, でおいで, でか, でございますが, でした, でしたこと, でしたろう, でした病人, でしょうし, でしょうね, ですから, ですよ, でそう, でただいま, でちようど音楽, でないの, でなく先方, ではるばる, でも, でやつ, でジュピター, で久美子, で云, で伊都子, で兵馬, で出, で口々, で吹いて, で呼びに, で唱ったらしかった, で夢, で子供, で家内, で富岡, で岸本, で建てた, で旦那, で書きました, で渡す, で点検, で祝い, で私, で美味, で自分, で言った, で言ってる, で買っ, で足, で頼んだの, で餘計, と心得ます, と眠く, なのよ, ならそれ, ならば, ならもつと, なんで, にし, の椅子, はありません, はなかつた, はなく, は少し, もあった, もありませんでし, もなかっ, もなかつた, らしいが, らしいと, らしかったの

▼ せるところ~ (181, 0.8%)

8 がある 5 があった 4 だが 3 だ, であった, にある, にし

2 [11件] があり, があります, がない, による, のある, のもの, の固有性, の環境的, もある, も見当らず, を見る

1 [130件] あったの, あり, ありしなるべし, あるが, かの地底, からこの, から娯楽, から娯樂, が, がありました, がこつ, がこの, がまた, が存在性, が直感, が興行師, が見つかった, が赤一流, さえある, その牧師先生自身, ぞ, だった, だったの, だつたの, であったが, である, でした, です, で氏, となり, と同じ, と故人, なかなか油断, などが書い, などはなかなか, などは自分, など相変わらず, なので, なるか, なるが, なるや, なんか大胆, に, にあった, にいたれる, にこの, にその, によっていかなる, によるにその, に一層, に反し, に太陽, に存する, に我々, に拠る, に映画, に来る, に津田, に生ず, に異ならぬ, に興味, に蓬州和尚, に行きあわせつ, に近い, ね, のすでに, のすばらしい, のすべて, のプラットフォーム, の原形, の四五尋, の多い, の多少, の実, の手法, の明らか, の明滅, の最も, の有害, の梶太郎, の狐, の者, の若々しい, の落し金, の蕎麦パン, の見え, の追憶, の邪道的暴論者流, の障碍物, の霊性, はいくら, はその, は少く, は尨, は皇祖, へ来, へ行, へ譯者登場, へ足, また通詞側, までには至らず, まで持っ, まで捻伏せる, まで掘り下げられ, まで来, まで行く, まで行つて, まで駕籠賃, もあった, もあらう, もありました, もあるでせう, もなく, もロンドン, も尠, やり切れず, や物凄い, より推定, より起つ, をひい, をみれ, を以てすれ, を堂々, を学ん, を荷, を見せつけられ, を造り, 先ず日本, 即ち, 思いがけずも

▼ せる~ (176, 0.8%)

24 見る 8 いふ, 見て 4 見るに 3 見るは 2 望む, 発見せり, 知る, 見ば, 見む, 見るのみ, 見れば, 見出したが, 覺え

1 [111件] あきたらず思いて, あやしみその, いへるなりと, おも, このたび會所銀, ほくと, みたり, みまた, もてこれ, もて正法, や, り, りに, りの, り御座船やう, われなお, ヨシュア上帝の, 三國志は, 了る, 云ふ, 云るなるべし, 仰ぎ見て, 仰げる時, 伺ひ知りし貫一, 假葬した, 参考すべし, 叩いて, 叱責する, 告ぐるもの, 哀れみ新た, 報じたるに, 好まない, 如何思ふ, 嫌ふ, 寸善尺魔の, 幸い平素, 幸い病身, 幸として, 引用すれ, 彼は, 思えば, 思ふこと, 怪くも, 怪しみて, 恠み, 悲しみて, 惜まず, 想像し得べき, 想出しぬ, 感じ実, 感じ蹶然, 拍子に, 指せりといふ, 指せるなりとも, 指摘し, 整理し, 書きかつ, 望むのみ, 朝廷憫んで, 検校し, 止め, 毛黒から, 浦戸紋三郎に, 珍しく思い, 男に, 畫き, 発見し, 發見す, 目撃せり, 眺む香雲は, 眺めし時, 眺め見る, 知らず, 知れるため, 確めた, 示す, 窺い突然, 老蚕, 聞きフランチェスコ派, 西へと, 見すでに, 見たりというは, 見よかれの, 見ると, 見るもの, 見るを, 見僕, 見出すに, 見将, 見己, 見舞ひ, 見酒倉, 覚える, 覚ゆ, 覚ゆる, 觀たりと, 觀る, 言う, 証示し, 認むる事屡, 認め, 認めたるもの, 語るもの, 読むに, 諸人火葬し, 辨ず, 連行せり, 鍋山側火口と, 閲するに, 風早は, 食はんためなり

▼ せるだけの~ (145, 0.6%)

4 ことだ 3 ことで, 価値は, 力は, 力を, 根拠は

2 [14件] ことである, ことです, ことは, ことを, ものが, ものであります, ものは, ものを, 値打は, 力が, 実力を, 話だ, 返答を, 金を

1 [98件] ある物, こたえは, ことが, ことぢや, ことであった, ために, つまり深刻, ものであった, ものでありまし, ものである, ものでした, ものでしょう, ゆとりが, 不気味さが, 事だ, 事に, 体力が, 余裕を, 作家としての, 作用ある, 価値が, 偉力が, 偉大深刻な, 働の, 光が, 六年間が, 内容を, 内部的な, 分量は, 力の, 力量を, 労を, 勇姿を, 勇気も, 勇気を, 動作を, 呼吸量が, 命令であっ, 問題であった, 因縁は, 堅固な, 境遇に, 大金を, 女は, 好意を, 学費の, 実感を, 強い光, 強い魅力, 形似, 役目で, 役目に, 後の, 意味の, 意味を, 手を, 才能が, 才能を, 效果が, 方法が, 日數の, 暗示を, 条件を, 根拠が, 気は, 氣概と, 注意を, 活きた眼力, 特性を, 猶予を, 理由が, 環境は, 甚しく, 百面相を, 目的で, 目的である, 秘術を, 程度が, 立派な, 素質を, 結果に, 結果にな, 縁故も, 腕も, 芸術家は, 親しさ, 言葉を, 証拠も, 話であろう, 語彙を, 説を, 資力も, 返辞を, 金が, 難題を, 飾棚や, 魂胆が, 魅惑を

▼ せるので~ (135, 0.6%)

62 あつた 2 あらう, ござります, 人でも, 本郷中村屋の, 私は

1 [63件] あらうか, あらうと, あらう青年, あんまり速く, こういう機会, これを, ござりましょう, しぶしぶ穴, せう玉枝, その声, その習慣, それが, それは, で馬, どこも, ひどく参っ, ふくらは, わたしは, 一つ所に, 一層懐しみ, 他人を, 余程体, 僕も, 其度毎に, 半開人に, 好い心地, 少々煩, 島内の, 彼女は, 性質から, 手近い, 掛金は, 有った, 有る, 東の, 歌を, 止めたこと, 止めて, 此頃では, 母親は, 漬け方と, 特に興味, 狂言では, 目立って, 知られて, 社会ファシストを, 私が, 空気の, 笑って, 聞えた人, 自然に, 船手は, 著て, 蛸さんと, 評判であった, 評判に, 語彙の, 負けたの, 軍人は, 辻村氏が, 近所の, 途中で, 隣席に

▼ せる~ (129, 0.6%)

3 誰ぞ 2 むしろ見聞, 山と, 星氏の, 霊なり

1 [118件] あらざるべし, あゝかの, この一例, この曲中ダンテ自ら, これ有り, すなわちほいと賤人, その二十五歳, その宜, その速力, その鑛夫ども, そも如何なる, たまたま件, はなはだ怪しむべし, ぽん子, またこの, また旅中, また木像, アッシリアの, アルベエル・サマンにや, アンナアカプリイの, ウェルギリウスの, キケロが, クロノスの, ダンテの, チリ出航以来の, トチラに, トメと, ボニファキウスと, マタイ二七・五一に, ローマ皇帝等, 一に, 一三〇四年にて, 一二八〇年に, 一見同人, 上に, 久しき以前, 之を, 九月十七日なれ, 二八ばかりの, 二十前後の, 今の, 以て, 何ぞ, 何故なる, 余りに当然の, 余り不思議, 例に, 僅に, 全国に, 全島一般なる, 其の注意, 冀字北を, 内藤六四郎氏の, 去年末の, 右の, 同じく高き, 唯, 唯彼等, 多數, 大喝采, 天元五年の, 太祖の, 如何なる訳, 妾に, 安樂, 実に奇縁, 実に奇観, 実に奇遇, 少しく覚束, 尤千万と, 山木梅子の, 己より, 廿一王記さざる, 当時の, 彼万年松の, 彼等の, 怙る, 思想家の, 恐らく魏略, 悲劇の, 惜しいと, 惜しい大月先生, 早稲にや, 明の, 是れ, 最も惜しむべき, 格別なり, 楠公に, 櫻島の, 正に佳人, 此想像を, 汎く, 決して不注意, 瀬戸脇有の, 無かりき, 無情の, 猶ほ, 理あり, 當時の, 當然と, 病ありし, 病めるが, 癪だ, 社中の, 福田なり, 興趣相同じ, 苛酷に, 表面の, 見世物師らが, 親の, 言わずもがなピアノ, 誰狂女は, 謬り, 貫一と, 閲覽の, 雲雀の, 魏略の, 鼠の

▼ せるばかり~ (128, 0.6%)

14 である 11 だった 8 です 76 では 4 であった 3 だつた, でした

2 [11件] じゃ, だから, だと, で, であつ, でしたが, ですからね, ですもの, で一向に, なの, なので

1 [50件] だし, だろう, であったが, でありましょう, であると, であるのに, であるわけ, である名のり, でいずれ, でこの, でございました, でさ, でさっき, でしょう, でなくこうして, でなくそれ, でなくもつと, でなく他, でなく倫理的, でなく八丁四方, でなく博物館, でなく夏, でなく外國語教授, でなく子供等, でなく少しく, でなく真理, でなく簡潔, で一歩, で世間, で仕舞, で何, で何ら, で何等, で別に, で回復, で失礼, で容易, で必然性, で気の毒, で物質的, で答えようとは, で言葉, で静か, なあと, な脂粉, な酒樽, な黒煙, 決して以前, 源介の, 直接に

▼ せる~ (127, 0.6%)

5 なり 4 がなかつた 3 はない, よ 2 あり, がある, さえもあったであろう, もある

1 [104件] ありき, ありしが, ありと, あるいは老いたる者, があつ, があり, がすく, がなかっ, が先輩, が居, が父, が男王, が石, が見つかった, さえまた, そも幾百千人, た, たること, だ, であって, である, というところ, といふ, としてこ, としてより, となり, と見倣し, などがいなかった, ならば, ならん, なりし, なるが, なること, なるに, にし, にて別に, にて詩人等, にはその, には各, にむかひ, に似る, に即座, に取り, に向かい, に命じ, に対する途半ば, に非, のこと, のみが死, の上, の中, の二名, の体量, の多き, の建て, の肉, の詠嘆, の説, の間, の鬼, はありませぬ, はと云え, はなかつた, はなく, は只, は土木, は女, は婦人自ら, は幸, は思想, は悉く, は斉黄練方, は禍, は言, は誰, は貧, は難し, まで其理法, もあった, もあつ, もあり, もありますまい, も作る, も口惜し, も少しく, も甦らう, よろしく相, をし, をその, をも生ける, を写す, を取らしめ, を救ハ, を置き, を見, を見れ, を除い, を除くべし, 及びその後, 多きを, 多し, 少からず, 有り身, 老いたる者

▼ せる~ (125, 0.5%)

4 どうか 2 それすら, どうかと, どっちか, わからない, 何か, 又は全然, 悪くさせる, 知らんが

1 [105件] あるいは知りませぬ, あるいは音楽学校, いずれか, いまだに, え, おそろしい魔物, かたを, これを, させないかは, させぬか, さもなければ首, しない限り, しなければ, しようと, しれない, しれないの, じらせるか, するため, そしてさらに, そのほど, その二つ, その場合, その時こ, その点, その男, その職分, それとも夫人, それとも毒矢, それとも病, それとも自分, それとも自殺, それは, それを, それ以上の, です, でなきゃ止めちまえ, どうかし, どうかは, どうかを, どちらかによる, どつ, ないしはまた遅れ, なんかした, ぶち殺す, またその, または妻妾, または彼, または省線電車, また右, もし万不可能, ゆっくり拝見, ゆつくり, りやより, ッ, ドウカしたら, 一々干渉, 一學生の, 不しあわせ, 二つしか, 今皆確知する能わざるなり, 何う, 其は, 分らない, 分らないよう, 判ったもの, 判りませぬ, 刺し違へて, 即ち人間, 又はお, 台所の, 否か, 否かは, 坐らせるかして, 夭折させられる, 属国と, 思半ばに, 怪しむべし, 恋の, 或いは文学, 或いは空中分解, 或はあなた, 或は余技的, 或は少く, 或は当人これ, 或ひ, 推伏せられたる, 方途の, 暇を, 然う, 熱情という, 現福, 登美君に, 知らないの, 知れたもの, 知れないのに, 社会の, 自分か, 自分で, 蟻が, 見込んだ蛇, 誰が, 辞職する, 食わせないうち, 飯を, 鴉片を

▼ せるから~ (124, 0.5%)

11 である 64 であった 2 であります, です, でも, むしろそこ, 助命させ, 平次の

1 [91件] いけないん, いっこうかまわない, いまの, いやだ, お前が, お前ひとりで, こっちへ, こんなに高価, じゃ, そういったもの, そうしたら白薔薇, そう思え, そのつもり, その意味, その指揮, その日, その罰, そんな仕事, だもの, つて此の, で, であらう, であるそんな, では, で銀, なんでも, まあゆ, まあ此方, もう少しこの, よろしいが, 一つ俺たちに, 一枚見る, 一緒に, 世の中が, 了簡しろ, 人から, 人間が, 今までの, 今晩そつと, 仲良くしてやっ, 伏せては, 何にも, 何は, 俺は, 先ずの, 公平且つ, 其処を, 冷たい皿, 出せと, 割りに, 劇場向きでは, 却って特許, 君が, 君は, 周辺の, 商業に対し, 国境へ, 壊れるん, 外国人の, 大丈夫よ, 奥床しい, 妙さ, 宜いと仰し, 少し貸せ, 左様心得ろ, 待つて, 心を, 悪く思わ, 明日ゆっくり, 暫く八丁堀, 楽しみに, 此足で, 気に入らずば, 消化が, 痛い目, 直ぐ癒, 私は, 細君は, 罪悪感によ, 罪悪感によって, 見て, 起きて, 進みも, 道楽者には, 道樂者には, 遠慮しない, 闇会社の, 離縁状を, 静かに, 静まれ, 面倒な

▼ せる~ (107, 0.5%)

8 を持っ 6 があった, がある 5 となっ 4 をもっ 3 のない, をもつ 2 がない, でもある, になる, のある, はない, はなかっ

1 [60件] あるは, があっ, があるらしかった, がそらされ, がなくなっ, がひそめられ, が弱い, が後光, が意識的, が自分, こういう点, だ, ではない, となった, となり得たであろう, となる, とはならず, と勇気, などはもちろん, なの, について深く, になった, になつ, にはならなかった, によつて, に乏しい, に駆られ, のなかっ, の方, の来た, の混沌, はありませんでした, はある, はこれ, はないだろう, はなくなっ, は単に, は感傷, は持つ, は絶対, もある, もない, も人, をそ, をもたない, をもたなかったら, をもった, を与, を与えた, を天性, を持った, を持つ, を有し, を有する, を有っ, を真直, を示す, を結合, を讃, を讚

▼ せるだけ~ (103, 0.5%)

9 である 86 では 5 だった, だと, であった 3 です, ですから 2 でいい, でした, 言わせて

1 [53件] いっそう怪しから, だから, だからな, だったん, だよ, だらう, であって, でありその, であるが, ですな, ですよ, でどうにも, でなくて, でなくやはり, でなく天下収攬, でなく恐らく, でなく調査, でなん, でばかばかしく, でもの, で一体, で一向, で一度, で二階, で何ん, で前, で場所, で外, で大した, で実際, で平太郎, で後, で愈々, で撥泥機, で結婚, で自分, で言葉, で跡, で返事, で速戦即決, なら云うまでも, なら別に, のぼせ上らせて, よけい伸子, らしいこと, 云わせた方, 人を, 尖らし視線, 批評させ, 燃焼させた, 膨脹する, 親密であっ, 費わせて

▼ せる~ (99, 0.4%)

4 がある 3 だ, を我 2 あり, がいる, である, の如く, を供養せん

1 [79件] ありと, あるいは登山, かわしゃもう, があったら, がいない, がいねえで困ってる, がすこぶる, がない, がみんな藝事, が一二時間前, が先生, が目立っ, だけれど, だったので, だったらどうして, だと, で, であった, でこの, で今, で作品, と始め, などならずや, なる乎, なん, にあらわし, について聞いた, につきいちいち, にてすらなほ他, にて就中ボルセーナ産, にとっては危機, にとつて, にはきっと, には怖畏, にも不, に会し, に現し, に聞く, のいう, のやう, のよう, の十六分の一, の多, の年齢, の影, の情, の手足, の曾, の無感覚, の無邪気, の特異, の眼, の絶無, の罷り往く, の脚, の講義, の頭脳, の額, はあるまい, はすでに, はどこ, はないだろう, は二人, は仏性, は大, は如何なる, ばかりだったら, ばかりだつたら, もあった, もあつ, もあり, もある, も小さく, よりも優良, を失ひ, を弔う, を目のあたり, を精神上, を見る

▼ せる~ (90, 0.4%)

9 な事 7 になつ 4 にし 3 なこと, に鳴りわたる 2 なもの, に, にな, になる, に拵えられ

1 [54件] であります, です, では, ではと, なこの, なのに, な一つ, な一種異様, な不審, な内容, な出来事, な国, な変, な姿, な御仁, な心持ち, な恰好, な手紙, な方法, な書きぶり, な書き方, な機関, な歩き方, な気違い, な演芸, な著述, な部分, な髪, にこの, にした, にしてやらう, にしなさい, にする, にすれ, にて書, にどの, にはすっ, にもなつ, に仕向け, に仕度, に余, に例へば, に出来, に口, に命じ, に思い出された, に成る, に智慧, に曲りくねり, に注意, に私, に認め, に農作物, に香水

▼ せるほどの~ (84, 0.4%)

6 ものが 2 もので, 恐ろしい毒

1 [74件] ことは, ことも, ものだった, ショウ, モダンな, 下地を, 不健康, 世間話も, 人生的文学的程度である, 仇な, 体格が, 働きでありました, 元気な, 公儀衆が, 判断を, 力が, 力を, 勢ひ, 口実は, 名人だった, 堪能の, 声で, 大したお客, 失恋の, 姿に, 完璧な, 寒さ, 御実行, 快い日, 怖ろ, 性急さで, 恐ろしい眼, 悪気は, 悲しい事件, 情熱私は, 情趣に, 愛を, 愛欲生活が, 憐れ深い, 懇意は, 文才を, 激しい調子, 物を, 物語り上手, 率直が, 用意を, 目に, 眞に, 真に危機一髪, 知識は, 立派な, 素直な, 細雨である, 美を, 者が, 聖人である, 自信も, 荷物の, 親父な, 計画を, 諧調の, 貧しい荒れた, 資産は, 贖物の, 身の上話を, 軒並であった, 重大な, 離れ業を, 雨, 雫に, 風も, 食物の, 饒舌な, 騒然たる凱歌

▼ せるわけ~ (83, 0.4%)

6 には行かない, はない 5 にはゆかない 4 では, には行きません 3 にいかない, にはいかぬ, もなく 2 です, にはいかない, にはいきません, には行くまい, にもいくまい, にも行きません, に行きません

1 [35件] がねえ, が無い, だが, だがね, だった, だったの, であり又, である, でそれ, でも, なん, にいかん, にはいかなかった, にはいかん, にはまいりません, にはゆかぬ, には参りません, には行かないであろう, にもいかない, にもいかねえ, にもいきません, にもいく, にもならず, にもゆかない, にもゆかなかった, にもゆきませんでしょう, にも行かなかつた, にも追, にゃいかん, にゆかない, にゆかぬ, に行かぬ, に行くまい, のもの, はなく

▼ せる~ (83, 0.4%)

2 にしばらく, に舶来, のもの, の弁論

1 [75件] か小さい, か方向, だから, であった, であったこと, である, であるから, であろうと, でございます, です, では有るまい, でも何, で此考, ならば, にかう, にこんな, にはいかなる, にはこの, には其心芽, には古く, には彼等, には曙覧自身, には炭, にも中央, にやる, にガラス, にクロール泳ぎ, にワザ, に二人, に云, に人, に人形, に仮り, に作った, に俺, に傭っ, に先ず, に公開, に六ヶ月, に副, に変更, に姓, に尽す, に待たし, に手燭, に敢, に時代, に書きたい, に本手, に此の世, に沖, に火, に特に, に現世, に生き, に生れ, に罠, に自分, に落ちた, に袂, に西, に証人手許, に赤坂, に辺患無し, に連れ, に鎮花祭, の努力, の役, の手段, の改作, の祭り, の祭事, の群集舞踏, の詞, 又は互

▼ せる必要~ (79, 0.3%)

23 がある 10 はない 5 があった 4 のある, もない 3 が起こっ, のない 2 があるだろう, もなく, もなくなった

1 [21件] からまた, から特に, から私, があつ, がありましょう, があるなら, がない, が出来た, が御座る, が生じた, に迫られ, はあります, はどこ, は少し, もありました, もあろう, もなくなる, を感じ, を感じた, を感ずる, を生じた

▼ せる~ (78, 0.3%)

4 なの 3 だ, だと, に相違 2 じゃ, であった, である, です, でなければ, ではある, ではない, でもなけれ, にほかならなかつた

1 [47件] かこの, かとに角, か今, か生活, すなわち宿命, だが, だった, だったな, だつたらう, だろうか, で, であったかも, であったの, であって, であつ, でありましょう, であるとは, である人, でこの, でしょう, でせう, ではなかつた, ではなく, でもあらう, でもありました, でもと, で芳賀氏自身, としか思われない, としてでなけれ, とはいえる, とは毫も, と信じ, と好意, と思い, と思へ, と明らか, と見る, なだめて, なので, ならん, なん, にちがい, には違い, にや造化, ばかりで, らしい, を視

▼ せるより~ (77, 0.3%)

7 ほかに 6 他に 5 ほかは 4 外に 3 仕方が, 外は, 見れば 2 仕方は, 外には, 表具屋の, 連合する

1 [38件] いふ, ぐっと功徳, この方帝王, しかたが, その方, ほかあるまい, ほかない, 一目見た, 一萬二千石の, 今の, 仕やう, 他には, 先き, 八の, 出でたる誤解, 功徳の, 却って手間, 外ありません, 外なかっ, 外の, 外道が, 己も, 懐しがらせる, 推すに, 政道その, 方法が, 治安維持法は, 無理な, 福原辱なく, 私は, 続かせる方, 蟲下しを, 起りし者, 起ります, 起る, 起ると, 途は, 黒きといふ

▼ せるほど~ (74, 0.3%)

4 だった 3 であった, である 2 では, なので, な力

1 [58件] あくどくすべて, あやしい神秘的, ある地方, いく種類, おとなしく従順, しを, すなお, その報告, その生活, だ, だまりこくって, つくづくと, であったが, であつ, であるが, でした, でただ, で御座います, なもの, なら味方数万, なら怪獣, なり, な余裕, な参詣人, な家風, にてその, の光った, の心づかひ, ふりかけて, ますます隙, ものすごく深いもん, やるせないもの, よろこばしたこと, 丸々と, 備え居る, 光った御茶屋, 光るもの, 又一月, 吸って, 大きくする, 好い機嫌, 強くさし, 悩ましい節子, 掘りましたよ, 暗く淋しかった, 烈しかった, 献じて, 真にユニイク, 知った, 素晴らしいもの, 纏まっちゃ, 美しいもの, 美しかった, 美しくひたむき, 美しく大人ツ, 賢くなかった, 頗る巧み, 驚かした

▼ せる~ (69, 0.3%)

2 何も

1 [67件] あり, いとほしい, かえって催眠, この気, させないも, さらに知らざる, そのいふ事なほ我, そのほか, その財源, ないもん, なほ間接の, ねえもん, のち失明し, また気の毒, みな天狗の, よいわれわれ, よからう, よし, よし馬車, パリ最も, フトンを, 一二度で, 一向見当らぬ, 亦多い, 亦多し, 亦真に, 亦知るべし, 人情風俗すべて英国と, 似気無しまして, 何時如何なる, 修行の, 先年と, 内に, 前項の, 医門の, 双脚, 可かろう, 同所が, 大将王権は, 天子の, 女の, 宜しいが, 少なからず, 尚完全, 左に, 幾度び, 心ない, 心なき, 怪しむに, 技一千数百年の, 指環を, 故ある, 敵は, 日本に, 本船は, 果てず席亭, 気の毒だ, 永くその, 畏怖し, 皆大に, 空電俄に, 肥料として, 辛し夫, 返すも, 速力の, 逢わせないも, 郷土の

▼ せる~ (69, 0.3%)

2 が来た, に, にも彼

1 [63件] いつもこう言った, お延, があっ, がきた, が来, すでに又, すなわち世界統一, その五十, その妻セミラミス位, その説く, その領地, だけしか開きません, とほぼ, などには二人, など尻, なりけれ, なるを, にお母さん, にさ, にだけ使う, にのみ必要, にはじっと, にはよほど, には再拝, には握りこぶし, には軍治, には額, にもしぐさ, にわれ, に一々, に必ら, に思わず, に於, に済せ, に源, に溶液, に漁どりし, に藝術, のきまり文句, のやう, の外, の如く, の様, の種, はいくら, はいつも, はげしき屈托, はない, は三十六人衆, まっしぐらに, までは何ん, も, も押返し, も有ろう, も毒, も粗壁, やや前方, よりはずつと聞きわけ, を同時に, 何ぞ至善, 其の剪, 突如その, 追っても

▼ せる~ (66, 0.3%)

3 からし, がある 2 だった, である, にし, を如実

1 [52件] あって, あり, あり是昔時, あり物価, あるを, から愛相, があり, がない, が京吉, が甚だ, が磐, だと, であった何, であります, であると, であろう, であろうが, でつれづれ, ではない, ではなかっ, で有った, で有ろう, とか牛, と云, なり, なりしを以て, に係る, に雨潦, のもの, のよう, の一群, の所謂, の手下, の肥料, の自由, の花, は博物館, は興味, へ案内, もあります, もある, も少なく, をふと, を以て得意, を其特色, を見れ, を陥, 多いに, 多し, 最も興味, 有りしならん, 著しいの

▼ せる~ (56, 0.2%)

5 がいい 4 がよい 2 が結局両方

1 [45件] がと改めて, がなんぼ, がはるか, がまし, がむしろ, がよ, がよほど, がよろしい, がよろしく, が例年, が可, が多い, が大事, が得策, が有利, が無事, が無理, が良い, が行儀, が訓練, が面白い, だ, だから, ですわ, で二本, に導いた, に手落ち, に話, に進ん, ね, ねえ, のもの, の動作, の心, の諸, の足, はその, は簾, へ傾き, へ働いた, へ導い, もありますまい, もまことに, もまた, も一種

▼ せるのに~ (54, 0.2%)

2 都合の

1 [52件] あまり大して骨, おしもを, かなり油, かなり骨, さらに現在, その同じ時下界, それが, それほど分析的, そんなに金, どの出版屋, どれ程, どんな気苦労, なんらの, わたしは, オリヴィエは, 一番便利な, 何よりも, 充分効果的, 先生を, 前者の, 力が, 勢ひ, 口を, 君の, 如才が, 宛も, 家で, 寧ろ苦痛, 差支えが, 役に, 彼女は, 忍びなく, 忙しかった, 效果的である, 普通は, 最も便利, 最も劇的, 最も都合, 東京へ, 梅の, 残酷めいた, 灰吹の, 発車までの, 目を, 老母加世は, 船が, 苦勞し, 西洋人にと, 西洋人の, 適して, 頭を, 骨を

▼ せる~ (54, 0.2%)

3 か, になった 2 なん, になれない, にはなれない, はない, は少し

1 [38件] かい, かと押し返し, かはい, がし, がする, じゃ大概寸法, だ, だったが, だったん, だつたか, だね, だらうと, だろう, だろうと, であった, でい, でいた, ですか, でその, でただ, で居る, なの, なら十七年前, なら本当に, になつ, になり, になりません, にはならぬ, にはなれなかったろう, にはまだどうしても, のなかっ, の多門, の戯談, はしない, はなかっ, は無い, は無かっ, 遣ねえ

▼ せる~ (50, 0.2%)

3 のもの 2 だった, である, のこと, の上手, の事, の力

1 [35件] それ程美しく, であるが, でした, では, なら拙者, な反響, にいつか一ぱい, には峻, にも濃い, に虚栄心, の仕事, の偉大, の寒, の恐怖, の悪法, の情味, の戦, の手柄, の款待, の議論, の雨, の魅力, の魔力, はっきりし, までにすでに, も有名, ゐる, 優れた美貌, 強い胃袋, 御守備, 近々に, 錆びて, 飛び出して, 高い声, 高くも

▼ せるなんて~ (48, 0.2%)

3 そんなこと

1 [45件] あたしな, あまりと, あんまりです, いうとったこと, いくら旦那様, えの, え馬鹿, おもしろくない, おれの, ことが, この馬鹿ッ, じいさんも, そんなチョボ一, そんな気, そんな無茶, そんな酒, つもりは, とんでもない, ひどいやつ, ふ珍景, まあ馬鹿げた, バカな, 云ってね, 仰って, 余りぢや, 前者にとって, 埒も, 大きなばか, 威張り過ぎるさ, 実際あなた, 嵬の, 平吾, 弱い音, 旦那も, 法が, 社長が, 私って, 罪です, 罪な, 罪よ, 罪悪犯罪です, 考えただけでも, 考える単純, 警察も, 馬鹿な

▼ せる結果~ (45, 0.2%)

6 になった, になる 3 になつ 2 なり, になり, をまねいた, を避けた

1 [22件] がその, しか見せません, となっ, となった, となつ, となり, となる, と云, と言, にたちいたった, になっ, になつて, にならない, にはあらずし, にはなる, に依, に導く, に至つて滿足, を将来, を生ん, を産んだ, を見る

▼ せるとは~ (43, 0.2%)

2 何の, 何事だ

1 [39件] このたび, それ故, ちとあくどく, どういふ, なにごとです, なんたる, なんという, もってのほかの, 一を, 不埓, 不届至極, 不都合千万と, 云え却って, 何うだ, 何たる悲しい, 何たる醜い, 何という, 何を, 何んといふ, 何事です, 大違い, 思いも, 思うねんわ, 思えない, 思えないよう, 思わなかった, 思われず, 怪しからん, 憎っ, 旧時の, 早過ぎる, 林殿に, 知るまい, 私には, 聊か心細い, 言うまい, 限らない, 限らないだろう, 飛んだこと

▼ せる場合~ (42, 0.2%)

3 がある 2 に於, もある

1 [35件] ある哀訴, ある説明, ある述懐, があつ, が多かっ, が起る, さえ多い, その身心, であるらしい, では無い, と誓, にお客, にはいろいろ, にはそれ自身, には便宜, には赤貝, には通らない, にも三銭, に一方, に最中, に現, に見ゆる, に鳴き出し, のほか, の如き, の特規, の費用, はその, は少い, は法務官殿, または精神, も少く, をのぞき, を描い, 決して死骸

▼ せる方法~ (42, 0.2%)

9 はない 3 もある 2 が無い, である

1 [26件] ありて, があります, がない, だつた, だと, であった, ではなかっ, で即ち, で現に, となった, なりと雖, なんて絶対, について何ごと, に賛成, はかつて, はなん, は山, は至極, も知っ, をとつて, をもつ, を採るべきです, を知っ, を考え, を見出すべきである, を講じた

▼ せる積り~ (39, 0.2%)

2 だが, だったん, で仕立

1 [33件] かい, だ, だったろう少し, だつたので, だつたらう少し, だらう, だらうが, だろう茲, で, であつ, であらう, でしたが, でした事, でその, でで, ではない, ではなかつた, でやつ, で今, で仕, で余計, で宜しい, で思わず, で態と, で書いた, で此處, で細工, で自身, で誰, と見える, なの, のよう, の倅

▼ せるかも~ (37, 0.2%)

9 知れない 6 しれない 3 知れないが, 知れぬ人 2 しれないと, わからない

1 [12件] しれないの, しれないよう, しれない事柄, しれん, 知らざるごとくに, 知れないこと, 知れないじゃ, 知れないという, 知れない奇怪, 知れぬぜ, 知れぬ盲人, 知れません

▼ せるその~ (37, 0.2%)

1 [37件] ことの, 一なり, 一種の, 上に, 下絵を, 不思議な, 人こそ, 力を, 力強い槌, 夕暮の, 夜の, 市街から, 幾つもの, 弾く力, 心持の, 急流に, 恰好が, 悪臭は, 愛情は, 手ぎわから, 手の, 杜黝し, 柔らかな, 気分の, 状は, 用意の, 癇の, 笹の, 背景が, 脱帽と, 花の, 誇らしさ, 鐘の, 面が, 音の, 黒づく, 黒髪を

▼ せる原因~ (36, 0.2%)

4 の一つ 3 となった, になる 2 になった, にもなり

1 [22件] があつ, がある, がまず, であるらしく苛立てば, である名著, でもあった, となっ, となつ, となり, と一方, になっ, になつ, になつたの, はただ, は他, は其最初, は船, は該要保護人, をなした, をなしました, をなす, を語つて

▼ せる~ (35, 0.2%)

6 はない 5 はありません 2 はなかつた, は術

1 [20件] ありませんね, になん, にはない, には望み, には術, には食餌療法, にもはや, に何, に余地, に工夫, に手段, に盛り, に術, は, はなく, は無, は無い, 一向追憶, 往々橄欖石, 為方

▼ せるとき~ (34, 0.1%)

2 に劣らず

1 [32件] うつくしきもの, お島, があろう, がくる, が来る, すこし手間, だけである, だったわけ, っとびっくり, であろう, でも子供, なり, にその, にはこんな, には少し, には牢番, にも龍, に多く狐惑, に大炊介親行, に獨, のほか, の塩化鉄, の孔内, はこはぜ, はさぞ, は好, は子供, わが郷土, を想, を潜力, 先ず資産, 往々我々

▼ せるとか~ (33, 0.1%)

2 種々の

1 [31件] あるいは大砲, あるいは筋肉, いって, さう, させないとかの, するの, そういう風, で午後, どうも文明開化, なんとかもう, 人間が, 何とかいっ, 何とかもう少し現実的, 何とか言った, 大英断, 妻自身確信と, 愚痴ったと, 或は利害, 或は筋肉, 或は考, 手足を, 提灯屋を, 殺される前, 母の, 罰せられるよう, 良人に, 芝居や, 若しくは頭, 蛙の, 路地の, 身の

▼ せるよりも~ (33, 0.1%)

1 [33件] いまの, かえってへん, かえって頑固, こうした婿, さきに, なるべく自我, ひどく静か, むしろお, むしろ人々, むしろ喜ばせた, むしろ狼狽, むしろ破壊, むしろ芸術的, むつかしいと, わが輩が, 万人に, 事態は, 二人で, 京鎌倉へ, 何か, 何百何千倍の, 先に, 入学試験を, 多くそこ, 妙に, 姉の, 家の子がけが, 寧ろ宗教内部, 狼狽させた, 私が, 過剰の, 酒を, 険難な

▼ せる~ (33, 0.1%)

4 のもの 3 にし, に強烈 2 でしたら私, の器用さ

1 [19件] いののびやかさ, だ, だから, だった, つよい作用, であるから, でした, で以下これ, なもの, なら, なら女優, なら飯島, な事, になる, に船, のこと, の事, の力, の気

▼ せるかと~ (32, 0.1%)

6 思うと 3 云えば 2 存候ほどの

1 [21件] いうと, いえば, はらはらし, われと, 乗り気に, 云うこと, 云う見本, 云ふ, 存候程の, 思えば, 思って, 思ふと, 思われます, 思われるほどに, 疑へ, 自分ながら, 見えた, 見る間もなく, 覚きも, 言えば, 訪問者に

▼ せるにも~ (32, 0.1%)

1 [32件] あずかって, あたらないから, あらずまた, かかわらず一人, かかわらず三度くり, かかわらず予約, かかわらず民間, それと, まず一番上, 先ずそ, 前よりも, 力が, 及ばぬこと, 及ばぬと, 及びませんから, 及ぶまいと, 及ぶまいという, 命令する, 当たらぬと, 当らないと, 必ず親, 必要であった, 手を, 手心を, 拘らず金星, 拘わらずその, 湯を, 程が, 草鞋を, 足らぬと, 関はらず, 雑巾掛を

▼ せる~ (32, 0.1%)

3 もある 2 のひとつ

1 [27件] あらば, から伝説的, がある, がなかっ, だ, でも, で十分頭, で危険, で天狗党, で酒, などは明, にある, において後者, にし, に関しても亦, はこの, はむしろ, は南米移民, は官学派, は捕虜, は日本, よりいえ, を持っ, を挙, を若し, 多きは, 多くさすが

▼ せる~ (31, 0.1%)

2

1 [29件] かお, が少く, だっけ, だった, とも聞きにくう, ならん, にある, に大きな, のもっと実際, のもの, のも一つ, のフランス印象派, の丁度そのもの, の今日, の動機, の原則, の失業問題, の慣性, の方法, の社会関係, の見る, の観念的技術, はありません, はあるまい, は世界, は唯二軒, は墓地, は子房, を通る

▼ せるといふ~ (30, 0.1%)

2 やり方は

1 [28件] 不思議な, 事実は, 勉強の, 協力が, 南風氏一流の, 役割を, 徹底的な, 意に, 意味である, 意気組みで, 態勢を, 手段は, 敬之進の, 映画の, 条件で, 流儀をと, 特長を, 痛快至極な, 目的が, 矛盾も, 罪悪を, 美人画は, 腕つ, 話です, 話を, 證文まで, 豪勢さで, 風である

▼ せるのみ~ (30, 0.1%)

2 であった

1 [28件] その肩, だ, だった, だったでは, だつた, であつ, である, であろう, でかろうじて, で何人, で決して, で籬, ならずこれ, ならずして, ならずその, ならずとく, ならずなほ洋学, ならず一層, ならず世界, ならず両人, ならず其殉死者, ならず彼等, ならず生理的, ならず直接, ならず身, なれども, なれば, ウゴリーノの

▼ せる~ (29, 0.1%)

54 がある 2 も描かせる

1 [18件] がおる, さ, じゃ, だが, だそうして, だろう, と戦う, の目, はない, はまあ, は驚き, もあっ, もさせる, もない, もねえ, も遊ばせる, よ, をとかく

▼ せる~ (29, 0.1%)

4 の語部 2 であったが, はない, もありません

1 [19件] だつた, だつたが, であったとも, であつ, である, でもなかつた, になっ, になつ, になつて, のお, のもの, の人間, の家, の歌, の貰, はありません, はなく, もあるまい, もない

▼ せるくらい~ (27, 0.1%)

2 であるから

1 [25件] お金に, だ, だから, だった, であった元気, でしたが, です, でなくては, で云わば, なら, ならそんな, ならまア, ならわれわれ, なら世の中, なら何, なら私, なら自分, なら苦労, なんだ, はげしかった, 何でも, 文字通り蒼然たる, 無謀な, 目的に, 静かに

▼ せる~ (27, 0.1%)

2 があっ

1 [25件] がある, がこの, がたしかに, ができた, がなく, が少く, が満員, が諸, が随分, だ, だから, だったが, ではなく, というところ, に寄る, に渋々, の明るく, は小, は少い, は東京, は終戦後, もある, やら写真屋, をうどん屋, を見つけよう

▼ せる手段~ (27, 0.1%)

2 がある, として佐川, はない

1 [21件] がわからない, が絶無, じゃない, だったの, であった, であること, ではなかっ, とした, として東京, として登山, なん, になる, は, は酒, もある, らしく思われたので, をとるべし, をもった, を施す, を考えなけれ, を講じ

▼ せる~ (26, 0.1%)

7 がない 4 もない

1 [15件] かね, がありません, があろう, がなく, が無い, だ, だったから, である, なの, の上, はない, はねえ, はひどく, もありません, もなかっ

▼ せるかの~ (25, 0.1%)

6 ように 5 ような 2 やうな

1 [12件] ごとく肱, どっちか, ふしぎな, ようにも, 二つの, 問題に, 問題にも, 大問題, 実行問題に, 構想力の, 疑惑を, 白色の

▼ せるわざ~ (25, 0.1%)

4 なの 3 だと 2 だ, だという, です

1 [12件] じゃよ, だから, だわ, である, であると, であろうと, ですか, でせう, にや, によって罰せられ, に違い, の如く

▼ せる~ (25, 0.1%)

3 がある 2 はない

1 [20件] があるだろう, がない, が有る, が起きてる, でしたが, で三十, で詩, なり, の奉納, はどこ, はないでしょう, は数え切れない, もあります, もある, も狭い, を持てる, を浅井, を知っ, を見つけた, を造っ

▼ せる~ (25, 0.1%)

3 では 2 には行かない, には行かなかった, に行かなかった

1 [16件] がない, だから, だね, でも, なん, にいかなかつた, にはいかん, には行かぬ, には行きません, にもゆかず, にもゆかない, にも行かず, にも行かなかったろう, に行かない, に行かなくなった, に行きますまい

▼ せる~ (24, 0.1%)

2 森は

1 [22件] そういう生活, その他の, また一方, また彼ら, また町人, ナチュラリズムの, 利子も, 又そこ, 友だちに, 宗次郎を, 山と, 差入れも, 徹太郎だ, 悪口ついでに, 敢て, 施物も, 治る見込み, 眼鏡も, 脂肪の, 要するにこの, 轢殺しも, 阿父さん

▼ せる~ (24, 0.1%)

2 もない

1 [22件] いと久しく, お待, がなかっ, にいらち, に今, に彼, に忽然天狗, に窮まり, に第, に素早く, のしり, のなかっ, はその, は眠れる, もなし, もわたし, も折々, も無く, を縫い, 万, 多き広々, 遊んで

▼ せる~ (23, 0.1%)

2 厦なり, 旨義は

1 [19件] なる才覚, 事件が, 事件だった, 偉人は, 勢力に, 問題の, 喜びだ, 変改なりき, 政治家の, 業績に, 熱演で, 発明です, 盾の, 盾を, 臼三十貫も, 舞台が, 蜥蜴類の, 豪傑も, 鼎

▼ せる~ (23, 0.1%)

2 がいる

1 [21件] が嫁, が来る, が眼, だ, であった, でありました, でないなんて, ではなかつた, の事, の侮辱, の像, の帰国, の指, の象かしこ, はみだら, を, をも許さじ, を女房がわり, を婬, を競争者, 仲よく徳利酒

▼ せるもん~ (22, 0.1%)

6 ですか 5 じゃない 41 じゃありません, じゃねえ, だから, だよってねえ, です, ですわねえ, でねえああ

▼ せる機会~ (22, 0.1%)

3 を与える 2 が多く

1 [17件] がありませんでした, が些, となつ, にめぐまれた, に過ぎなくなる, はいくら, は永遠, をとらへる, を一句ごと, を与え, を与えん, を作っ, を作つてやつ, を得る, を得るだろう, を発見, を覘

▼ せる~ (22, 0.1%)

2 だから

1 [20件] さ, ですから, でせう, で三芳屋, といふ觸, なれば, にあつ, にお, には第, に列車, に啼い, に多少, に家, に建てる, に生き, に盜つて, に種馬, に苦心, に養つて, の樣

▼ せる~ (22, 0.1%)

1 [22件] があるで, がなくっ, が動け, であつ, では, で昔, となっ, と定, にのみ寄想, のある, のない, のみを陳列, のよう, の出し, はうまい, はない, は忘れた, ばかりであった, を仕上げ, を受け容れ, 有り又, 置きの

▼ せる~ (22, 0.1%)

2 です, ではない

1 [18件] がなかっ, が放歌高声, が白ペンキ, だ, でいつぞや, でした, ではなかっ, でもない, なり遠, なん, に与, の偉, の眼, の脛, の顔, は憎むべき, もいる, よ

▼ せる~ (21, 0.1%)

2 それが, 心が

1 [17件] それも, つる坊とは, 二人だ, 加女夫人にてぞ, 化粧する, 君は, 呪いを, 咎めも, 妻な, 心は, 汝らは, 艶では, 艶を, 説教を, 貞は, 酒じゃ, 靜姐さんの

▼ せるなり~ (21, 0.1%)

2

1 [19件] かく記せる, この時ヨーロッパ各地, して, すれば, とおも, と物語る, 人心は, 何なり, 其摺着を, 前年と, 彼は, 彼等は, 慌てて, 曙光差し来る, 次第によ, 死灰なり, 百瀬しのぶへの, 繩を, 金星この

▼ せるほどに~ (21, 0.1%)

1 [21件] いやがるお, して, すらすらと, なってからは, 優美であり, 凄惨酷烈を, 厳格で, 圧迫し, 彼を, 成功し, 描いた, 描き得よう, 物凄く描い, 画面の, 痒ゆ, 笑った, 荒れて, 錯誤を, 静かな, 驚かせました, 高かった

▼ せる所以~ (21, 0.1%)

3 だつた 2 だと, ではあるまい, なり

1 [12件] だった, であらう, でありそれ, である, であると, であるに, となつ, はそこ, はたとい, は主として, は其の, は生活

▼ せる~ (21, 0.1%)

2 を心得, を知らない

1 [17件] においてはみごと, にはそつ, に長け, はありません, はいくら, はまだ, もあら, もあらう, もあります, もなかっ, をしっかり, をまったく, を体得, を十分, を神, を覚え, を覚えた

▼ せるこの~ (20, 0.1%)

1 [20件] か, のんきな, ような, 世界の, 二つの, 偉人の, 大木の, 女が, 寒い暗い森, 嵐の, 帝国は, 怖ろ, 時突然, 有様は, 様相を, 美しいでっぷり, 言葉が, 赤裸な, 長物と, 間貫一は

▼ せると共に~ (20, 0.1%)

1 [20件] じかに救っ, それぞれの, 一面には, 万葉ぶりだ, 世界的に, 他方に, 労働の, 印象の, 四辺の, 後句, 文学を, 有名なり, 真に恃むものは自力以外, 知識の, 緊要である, 自分の, 自分自身にも, 自己を, 舌をも, 黒田長政小西行長加藤清正を

▼ せる一つ~ (20, 0.1%)

2 の原因, の尾

1 [16件] のもの, の世界, の力, の圧力, の大きな, の姿, の必然的, の手だて, の手段, の文化, の理由, の総状花穂, の要因, の要素, の証拠, の階

▼ せる~ (20, 0.1%)

3 なこと 2 に鳴りわたる

1 [15件] な事, な他, な作物, な名人作家, な異, な當來, な靜, にしてやらう, につとめた, になつ, にぼう, に必然, に書い, に書き卸し, に金

▼ せる為め~ (20, 0.1%)

1 [20件] だと, にことさら, にその, にとうとう, には, には仮令, には印刷材料, には矢張, にも各自, に一つ, に匕首, に大きく, に文人, に書く, に自分, に行つた土地解放, に造り事, のもの, やや遅れ, 若くば

▼ せる~ (20, 0.1%)

5 にならぬ 2 であった

1 [13件] だったの, であらう, となった, となつ, となる, と成る, と考えられる, なので, になつ, になり, にもなる, の一つ, ばかりで

▼ せるじゃ~ (19, 0.1%)

11 ないか 4 ありませんか 1 ないかね, ないよ, ねえか, ろうがの

▼ せる~ (19, 0.1%)

3 がした 2 がする

1 [14件] がし, がひびい, が少し, が絶え, が聞こえ, それから教壇, それから稀, であった, に聞えた, に雑, のよう, は大広間一面, ばかりがした, をたて

▼ せるやら~ (18, 0.1%)

2 象牙の

1 [16件] そんな風, ジョニイと, 介抱し, 女たちは, 小田原に, 懇意な, 或は又, 手に, 桂州の, 水源地の, 濡れたところ, 茶道具を, 萎びた乳房, 薬を, 近所の, 香木の

▼ せる事実~ (18, 0.1%)

2 がある, のみが残る, を信ずる

1 [12件] およびその, があった, だと, である, であること, であると, として浩, なり, に徴する, に想到, を一個, を土台

▼ せる~ (18, 0.1%)

3 でやつ 2 か, になつ

1 [11件] があるなら, がしない, だつたが, でせう, でゐます, で平次, なんかございません, になつた, になつたの, になれ, は無

▼ せるあの~ (17, 0.1%)

1 [17件] ペテルブルグの, 仏像の, 八人芸という, 味である, 子供の, 小犬の, 念入りな, 怨み深い, 毒々しい感情, 油学士の, 漠と, 種類として, 花の, 荘厳な, 観念性, 雄勁な, 電光は

▼ せるはず~ (17, 0.1%)

6 はない 2 がありません, がない 1 がなかっ, である, であると, の子, の金庫, もない, もなかろう

▼ せる姿~ (17, 0.1%)

3 である

1 [14件] がある, だった, でお, ですら, でないて, とし, において神, になれり, は何れ名, は年紀二十六七, をし, をそれ, をながめ, をジロリ

▼ せる~ (17, 0.1%)

1 [17件] のこの, の一命, の何某, の内, の凝り性, の天才主義, の怪物, の手, の方針, の祖國, の自然, の衣, の顔, の風貌, はかく, は私, は誰そ

▼ せる相手~ (17, 0.1%)

2 というの, の女

1 [13件] がとんでも, が居る, が順次, だつたの, ではなし, に對, の男, の胸, はわたくし, は昨夜此處, も無, も無かっ, も見し

▼ せる人々~ (16, 0.1%)

1 [16件] が待っ, すら世に, というもの, によりこ, のこと, の剣戟, の名誉, の小島, の所説, の道徳, の霊魂, はこれ, は勘次, を投げ捨て得よう, を指さし, 恐らくはパルナーゾ

▼ せる工夫~ (16, 0.1%)

4 はない 2 をした 1 が当然, と見える, など愚か, のある, ばかり尤も, もあるだらう, もしてやった, をしなきゃなら, をしなけれ, をする

▼ せる言葉~ (16, 0.1%)

1 [16件] からその, すら知らぬ, だろうと, である, です, でないか, ではない, にもなろう, に外, の塊, の多く, はない, を使い, を知つて, を織り込ん, を附け加えます

▼ せる~ (16, 0.1%)

2 はない

1 [14件] が今一つ, が書い, だ, である, としては鳥, などをし, になっ, になりました, までも聞かせ, もやはり, も持っ, やその, をした, を持ちこんだ

▼ せるそれ~ (15, 0.1%)

2 がまた, へ直れ

1 [11件] いつぞやお, がつまり, が交易, が今, が何より, が彼, が紳士, が酒, である, はそれ, は構

▼ せるまで~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] しずかに, じっと忍耐, つづくよう, つづけたいと, ロシアの, 其方を, 動かさせて, 叱り付けずには, 吾, 導くこと, 待たなければ, 暗黙に, 歌ったり

▼ せる性質~ (15, 0.1%)

6 のもの 1 があつ, が派手, が潜ん, であったこと, であった漱石, の人, の男, をその, をもっ

▼ せる意味~ (15, 0.1%)

1 [15件] から出た, から男雛, だ, でこれ, でも女, とこの, なん, になる, にも取れる, に於, の補強作用, もある, をなさない, を知っ, を貫通

▼ せる目的~ (15, 0.1%)

1 [15件] だと, でこの, でそんな, でないもの, でなかったこと, でもあった, でやった, で人々, で計画, なんてこと, のため, または方向, を以て梨, を達し, 即ち社交的

▼ せる~ (15, 0.1%)

1 [15件] がある, がこの, が次第に, が死ん, が真, であったが, にて立ち尽くす, に飛ばされぬ, のいろは, の変化, は沛然, は誇, は身心, よ, を導いた

▼ せる~ (14, 0.1%)

2 だ, の力, の口実 1 けとわかり, である, で棒, で間, なん, に全力, に民人, の力量

▼ せる~ (14, 0.1%)

2 に暑く

1 [12件] から是非, において必要, にくつきり, にも, に一つ, に丸屋根, に大きい, に役立つ, に於, に置き, に都合, に非常

▼ せる傾向~ (14, 0.1%)

4 がある 2 に出た, のある 1 あるを, があり, がない, であり描写, の中野, をもつ

▼ せる~ (14, 0.1%)

2 もう一遍母

1 [12件] にあなた, にきつ, にすでに, にもう, にチョット, に一ツ約束, に友釣り, に口, に日本左衛門, に是非, に町, に聞い

▼ せる~ (14, 0.1%)

1 [14件] がある, があろう, であった, でしょう, です, とし, の一日, の光, は大抵, は有り, まで續, もなく, を待った, を待つ

▼ せる習慣~ (14, 0.1%)

3 がある

1 [11件] があった, がありなさる, になつて, の一切, は決して, をつくらせる, を与え, を作らせたい, を尊んだ, を持った, を覚え

▼ せる~ (14, 0.1%)

2 問題の

1 [12件] 原因について, 命令諸, 學者も, 官衙を, 書を, 条件についての, 條件である, 結果について, 線路に, 論文である, 變革の, 象および

▼ せる~ (14, 0.1%)

1 [14件] がある, がない, であったとは, でない, として考えられ, なり, なり一, にもなる, の向, はあるであろう, はないだろう, は之, を歩まん, を開く

▼ せるまでには~ (13, 0.1%)

2 幾月も

1 [11件] こまごました, ずいぶん長い, どうにか文句, やはり半月, 一刻の, 募らなかつた, 大分手間が, 大変な, 至らなかった, 行きますまい, 随分手

▼ せる~ (13, 0.1%)

2 否やを, 知るべから 1 たちまちに, はらかい, 北条美作に, 否やに, 否やは, 好し, 我知らず, 或ひ, 満枝は

▼ せる~ (13, 0.1%)

5 はない 1 がある, であります, などをも試み, のある, はないだろう, もある, や枯れ, を教

▼ せるうち~ (12, 0.1%)

2 にはそれ, に宿 1 に, にいつ, には日限, に三角, に熱い, に蠣めし, はない, はまだしも

▼ せるさま~ (12, 0.1%)

1 [12件] あたかも細長き, こそ珍, さながらに, の山賊, はポンチニイ, は猶, または人形芝居, も天皇, を想像, を描きし, を敍, を示したる

▼ せるといった~ (12, 0.1%)

4 ような 1 ところで, ように, 具合, 処が, 方法です, 調子で, 躰の, 途方も

▼ せるばかりに~ (12, 0.1%)

1 [12件] した, なって, 嵩じて, 役立つわ, 株が, 泣き立てる赤ん坊, 立ち罩め, 終った, 計画は, 計畫, 運んで, 過ぎて

▼ せるほか~ (12, 0.1%)

3 はない 2 はありません, はありませんでした 1 しない身, には安全, に仕, に良策, はなかっ

▼ せるまでに~ (12, 0.1%)

1 [12件] しながら, なって, ヂブラルターさへ, 何ほどの, 入り組んで, 反映する, 掘り尽くしたと, 昂進した, 美濃守は, 肝煎を, 興奮し, 進んで

▼ せる一方~ (12, 0.1%)

1 [12件] だった, である併, ではその, には女中, に一時平静, に事情, に愚かしい, に甲斐, に自分自身, の手鉤, の支柱, ひろく賢才

▼ せる代り~ (12, 0.1%)

1 [12件] にせめて, には行末, にますます, に事, に二百兩受取つた, に周囲, に少し, に注意, に神, に自腹, に訓練, に話

▼ せる心算~ (12, 0.1%)

1 [12件] だったの, だつたの, だつたん, だつたんで, だろうか, であった事, でせう, で云, で店, で歸つて來, で落した, にて郷里

▼ せる~ (12, 0.1%)

2 に出れ 1 がある, がない, だったの, のない, はない, はなかっ, は探偵小説, もある, を使, を考えついた

▼ せる~ (12, 0.1%)

1 [12件] がねえ, が流れ出し, ぐらいはここ, でもあった, にむかひ, のやう, の女, もなく, をくませる, をくん, を入れた, を見

▼ せる爲め~ (12, 0.1%)

1 [12件] この囘答, に, には序例, にも此, にわざと, に啼い, に待たし, に急い, の大, の運命, 一方のみを, 又一面

▼ せる理由~ (12, 0.1%)

1 [12件] お雪, がいろいろ, がない, が他, が無かっ, だったらしい, である, となる, はない, は必ずしも, は重き, も無い口惜し

▼ せる生活~ (12, 0.1%)

3 はその 1 が始まつた, である, とか云っ, に困じ, の容赦, の本能, は生活, を求める, 及び思想

▼ せる程度~ (12, 0.1%)

1 [12件] であるが, であるならば, と同一, には書け, に於, に達した, のいい加減, の卒読, の柔弱, の興奮, の薬量, は暗黒物体

▼ せるかという~ (11, 0.0%)

2 ことは, ことを, 点に 1 ことで, ような, 問題を, 舞台効果のみを, 難問に

▼ せるだけでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] つまらんからね, まア立派, 大したこと, 容易でない, 必要と, 怨念退散する, 愛読書という, 戦争は, 用は, 銀座へ, 銀座や

▼ せるって~ (11, 0.0%)

2 法は 1 いうんで, ことも, そう云った, どういうこと, どうする, 奉行所へ, 是迄, 法が, 話が

▼ せるよりは~ (11, 0.0%)

1 [11件] いっそその, かえって元気, その方ども, 今は, 今一思いに, 太陽の, 無難だろう, 田圃の, 直接に, 越前も, 踊りに

▼ せるを以て~ (11, 0.0%)

1 [11件] 三人の, 世其の, 廣く, 後に司馬光, 復両氏の, 新記憶, 最上の, 有名で, 炳文は, 直に米国, 関東にては

▼ せる仕事~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, だけをお願い, であ, ではない, でもない, なの, に必要, はいかに, をお, をさせ, を推進

▼ せる~ (11, 0.0%)

2 もなかっ 1 かがあった, かがある, かがこの, かが無い, かの足し, かの魔術, か特別, の描写, をもつ

▼ せる~ (11, 0.0%)

1 [11件] あり, があっ, がたくさん, であった, に照, の方, は, はいくらでも, は處, も少く, 甚だ多し

▼ せる~ (11, 0.0%)

2 は稻魂 1 かお, が見ゆる, なきにし, にし, に埋め, に從つて, に葡萄, より人家兩側, を記録

▼ せるからと~ (10, 0.0%)

1 お答えに, しきりに誘われ, 云い老人, 云つて利章が, 云ふ, 厳命を, 夕方使が, 言って, 言ふ, 遂に彼等

▼ せるすべて~ (10, 0.0%)

2 のもの 1 のこと, の事情, の事物, の人々, の児童, の学者, の理由, の直接的妨げ

▼ せるなどは~ (10, 0.0%)

2 平次の, 悪い洒落 1 あの忠顕, およそ自己, むごい言, 居士の, 殆ん, 甚だしばしば僕

▼ せるほう~ (10, 0.0%)

4 がいい 1 が安全, が彼, と溶ける, に観客, に進む, はどう

▼ せるまでの~ (10, 0.0%)

2 仕事一切を 1 事さ, 事である, 家人の, 熱心が, 理由には, 経路を, 里程は, 馨しい匂い

▼ せるまでも~ (10, 0.0%)

2 あるまい 1 ありません, なくよく, なく小次郎, なく当人自ら, なく葵, 当家で, 渠を, 無かった

▼ せるをもって~ (10, 0.0%)

1 かえって思想, ただちにこの, 世間普通の, 余の, 大いに新, 御安心, 新旧相合し, 本会には, 水を, 第一

▼ せる場所~ (10, 0.0%)

1 がいくら, であ, で雨風, などがある, などはあらう, にも当て, に来る, は清風入り, もなかっ, を与

▼ せる~ (10, 0.0%)

1 刀を, 嬢様坊ちゃん方を, 寵愛ぶりね, 母さんが, 気に, 決心も, 約束を, 考へで, 隠家様, 領主も

▼ せる~ (10, 0.0%)

1 が作用, くばりよりも, であつ, にとってはすべて, に迄触れたい, の影, の持方, も知られね, をもっ, 覗けば

▼ せる社会~ (10, 0.0%)

1 である, においてはたいてい, において農業, に於い, の縮図, の進歩, へ反抗, または進歩, をつくる, を鎮護せり

▼ せる趣向~ (10, 0.0%)

2 である 1 か, がうまい, が秘め, が誰, だったんで, だと, で殿様, の店

▼ せるある~ (9, 0.0%)

2 ものが 1 なつかしい響き, ひは, 夜の, 日の, 物が, 物も, 狡猾さが

▼ せるぐらい~ (9, 0.0%)

1 だった, なもの, ならと, なら女房, なら男, 大葬儀, 小心で, 平氣, 顔が

▼ せるそう~ (9, 0.0%)

2 である 1 だ, だが, だぜ, だなし, です, ですが, な

▼ せるだけで~ (9, 0.0%)

1 あとは, ほんとうに, 土産話の, 愛想一つ言わず, 朽ちて, 済まして, 満足し, 結構で, 顔の

▼ せるなと~ (9, 0.0%)

1 いふの, おっしゃっても, 云うの, 全東京方棋師, 命じた, 強意見を, 思つてゐる, 言った, 言つたので

▼ せるなど~ (9, 0.0%)

1 その外, まるで野遊び, 一切が, 余裕綽々であった, 佛縁つき, 彼女だって, 種種様様の, 粛正の, 経策も

▼ せるなどと~ (9, 0.0%)

1 ご心配, そうとうの, 云う事, 云ふ, 余り甚, 申したの, 考えて, 脱線した, 言いくさる

▼ せるなどという~ (9, 0.0%)

3 ことは 1 ことが, ことには, ことも, のは, 悪どい, 手腕も

▼ せるものの~ (9, 0.0%)

4 如し 3 ごとし 1 この二三日, 最も内面的

▼ せる~ (9, 0.0%)

1 に, に今, に大中比, に岸本, に恋, に最大, に終に, の最高点, を上り

▼ せる人間~ (9, 0.0%)

1 が全部実在, ですから, に働きかける, に対する言辞, の眼, の言う, は今, もある, らしい

▼ せる以外~ (9, 0.0%)

3 に何 1 にさらにさらに, に面倒, の何もの, の何物, の存在物, の役

▼ せる価格~ (9, 0.0%)

2 で売る, という形, を支払う 1 でより, で市場, を支払わね

▼ せる危険~ (9, 0.0%)

3 がある 2 をもっ 1 が多い, なる反, もまた, を冒す

▼ せる唯一~ (9, 0.0%)

2 の途 1 の, のもっとも, の手頼り, の救い, の方法, の理由, の逃げ道

▼ せる~ (9, 0.0%)

2 になつ 1 が動き出す, になっ, に大, に手, に置いた, の美し, を表

▼ せる~ (9, 0.0%)

1 にも猶, に出, に至り, に齎らせり, はあの, またもや打ち, まで生き, 再び乗船, 再び父

▼ せる~ (9, 0.0%)

1 が殊に, それから癩, と色, には冷, のやう, をもった, を其方, を持ってる, を涼しく

▼ せる精神~ (9, 0.0%)

2 について見るなら 1 がひとつ, である, と実力, により, のうち, の問題, の活動

▼ せる計画~ (9, 0.0%)

1 あるも, だった, であったらしい, である, であるという, は当事者, をし, をする, を立てた

▼ せるかを~ (8, 0.0%)

1 察すべき也, 明らかに, 決定しなけれ, 知った, 知らないからに, 自ら責めた, 見よ, 論じて

▼ せるくらいの~ (8, 0.0%)

1 お礼は, ものが, ものだ, ものは, 大きさ, 女の, 朗々たる, 論文資料は

▼ せる~ (8, 0.0%)

1 さア此処, それにおれたち, ツ, 君, 早く料理, 畜生, 白状すれ, 誰か

▼ せるぞと~ (8, 0.0%)

2 伊皿子あたりの 1 仲居は, 憤る, 罪人を, 言い切った一条, 言つて義智に, 言われるの

▼ せるとの~ (8, 0.0%)

3 こと 1 ことを, こと何より, 二点に, 呑気な, 旨を

▼ せる一種~ (8, 0.0%)

2 の聯合内閣 1 の強味, の意識, の新, の精神, の遊園地, の雰囲気

▼ せる余地~ (8, 0.0%)

3 のない 1 がある, は必ず, もない, を与えた, を敢

▼ せる努力~ (8, 0.0%)

1 が彼女, さえすれ, でありました, と計画, のいる, の余力, をしなけれ, をほか

▼ せる婦人~ (8, 0.0%)

1 がかく, が夫, には会った, の埋葬費, の情緒, の聖, を, を見る

▼ せる子供~ (8, 0.0%)

1 の世話, の啼声, の善良, の形, の新鮮さ, は殆ど, は騙せる, らしい微笑

▼ せる恐れ~ (8, 0.0%)

3 がある 2 があった 1 があつ, がない, なしと

▼ せる手筈~ (8, 0.0%)

2 になっ 1 がきまる, だったが, だったという, だつたが, であったが, をきめ

▼ せる材料~ (8, 0.0%)

1 がない, が残っ, である, になった, には持っ, に使っ, に使われた, に就

▼ せる条件~ (8, 0.0%)

1 がいくつ, としての直観形式, とを求め, と自分, なの, になる, の何一つ, は一つ

▼ せる歴史~ (8, 0.0%)

3 であつ 1 であった, である, のうち, の槁木, を

▼ せる~ (8, 0.0%)

3 になる 1 じゃない, になっ, の上, を講釈, 取まで

▼ せる準備~ (8, 0.0%)

4 をし 2 だと 1 もでき, をしなけれ

▼ せる~ (8, 0.0%)

1 なり, なるが, をほのめかしつ, を聞き, を言, を記せり, を述べ, 聞きぬ

▼ せる義務~ (8, 0.0%)

5 がある 1 と呼吸, はない, は私

▼ せる~ (8, 0.0%)

2 である 1 であると, で輝き始めた, と香, の肩衣, の黒い, をし

▼ せる~ (8, 0.0%)

1 にも無限, の爲, の皮, の財産, はあるまい, は進歩的, は馬鹿者, を思慕

▼ せる身分~ (8, 0.0%)

5 でもない 2 なら随分 1 ではない

▼ せる~ (8, 0.0%)

1 が今, とともに死, との間, には死生, に恋, は坩堝, をもてる, を投げ捨てる

▼ せる~ (7, 0.0%)

2 ういふ 1 ういふところ, うである, う云, だがそんな, ア云わん

▼ せるそういう~ (7, 0.0%)

1 ことと, ことな, やり方も, ような, 張りが, 御馳走の, 生活を

▼ せる~ (7, 0.0%)

5 やない 1 やありません, やア

▼ せる~ (7, 0.0%)

3 せう 1 あらうから, あらうと, あらうところ, こんな話

▼ せる~ (7, 0.0%)

1 いいか, ばかな, 困ったもの, 天狗様が, 娑婆ツ気な, 行かうおい, 顔を

▼ せるばかりか~ (7, 0.0%)

1 その一命, 中の, 名簿を, 後進の, 絶えず芸者遊び, 軍需生産という, 頁を

▼ せるばかりの~ (7, 0.0%)

1 なつかしさ, はげしい辛い煙, ものです, ものを, 大袈裟な, 美服の, 苦しみを

▼ せるまでは~ (7, 0.0%)

1 いつ怒鳴り込ん, その確信, 女よりも, 律儀気な, 毎日でも, 決して帰っ, 知らんふり

▼ せるやつ~ (7, 0.0%)

1 があろう, だ, だな, は, はない, は遠藤平吉, もある

▼ せる事實~ (7, 0.0%)

1 あり, であるが, と其記述, に對, の一端, は正しく, を牢記

▼ せる二人~ (7, 0.0%)

1 が笞, ともよかっ, に迫った, の女, の資本家, の間, を見た

▼ せる効果~ (7, 0.0%)

3 がある 1 のある, は十分, をあげ, をもつ

▼ せる動機~ (7, 0.0%)

1 となっ, となった, にならぬ, は一定, を求める, を與, 即ち別れたい

▼ せる役目~ (7, 0.0%)

1 となった, にある, はいつも, をする, を弟, を担, を持つ

▼ せる~ (7, 0.0%)

2 るもの 1 ものを, る恐るべき, る概念, 時は, 物が

▼ せる文章~ (7, 0.0%)

1 が人生, であった, である, はたしかに, は滅多, も亦, を含ん

▼ せる方針~ (7, 0.0%)

1 だから, であると, であるという, でその, でやっ, らしかった, を一貫

▼ せる時間~ (7, 0.0%)

1 がなく, の再現, の知覚, は三晝夜, を与える, を割い, を起き

▼ せる~ (7, 0.0%)

1 が眞, でもある, で人, になります, は図書館, は多かれ少なかれ, 情なり

▼ せる~ (7, 0.0%)

1 がある, が死顔, が自分, の枕辺, の考, の許, よ母

▼ せる~ (7, 0.0%)

2 に同情 1 とし, の眼, は一昨年独逸, は何, を変

▼ せる自分~ (7, 0.0%)

1 がおし, であると, のうち, の手際, の身, は別, は嬉し

▼ せる自然~ (7, 0.0%)

2 の技巧 1 と, と斉, に本質的, の淘汰, の滋味

▼ せる調子~ (7, 0.0%)

31 があります, がある, でなく, の声

▼ せる~ (7, 0.0%)

1 が待つ, ごしら, の気, の荒尾, を, をかしこ, をへだ

▼ せるかに~ (6, 0.0%)

2 ある 1 は色々, 存する, 存するの, 思いを

▼ せるかわり~ (6, 0.0%)

1 にうるさ, にかならず, にちょっと, に医, に混乱, に酒手

▼ せるとともに~ (6, 0.0%)

1 それほど不一致, 世界に, 内部崩壊を, 工業では, 自らは, 自己を

▼ せるとも~ (6, 0.0%)

1 いうて, ない口調, なく斷, なく独りごちし, 分らない言葉, 言って

▼ せるどころか~ (6, 0.0%)

1 かえってそれ, かえって落ち着かした, 時と, 湯殿の, 無邪氣, 犯人は

▼ せる世界~ (6, 0.0%)

1 と国内社会, に比し, の上, の大, の狂暴無稽, を実現

▼ せる人口~ (6, 0.0%)

1 とそれ, と不健全, に対し生活資料, に対する食物供給, を養う, 約二万三千

▼ せる~ (6, 0.0%)

2 の人士 1 ないの, のもの, の一方, の諸国

▼ せる以上~ (6, 0.0%)

1 に自然, の嚴重, の夫, はいかに, は邸内, は青木さん独り

▼ せる位置~ (6, 0.0%)

1 こそ定住, にはあった, にひろく, に坐り込む, に立った, までに進ん

▼ せる何もの~ (6, 0.0%)

2 もない 1 かがあった, かに抗議, もそこ, をも身近

▼ せる何物~ (6, 0.0%)

3 もない 1 かによつてみち, かを含ん, も残っ

▼ せる余裕~ (6, 0.0%)

1 さえでき, をも与えない, を与えない, を与えなかった, を作ります, を示す

▼ せる内閣~ (6, 0.0%)

2 の下, の現状 1 であります, でありますから

▼ せる原動力~ (6, 0.0%)

1 かと思はれる, だ, だし, となる, になつ, のよう

▼ せる大きな~ (6, 0.0%)

1 原因に, 意志の, 書棚に, 机の, 間口と, 雪小屋でなくっ

▼ せる始末~ (6, 0.0%)

2 です 1 でございました, なの, なん, になる

▼ せる~ (6, 0.0%)

1 でした, にあらぬ, に仕立てそこねた, の時, は母親, よりはその

▼ せる希望~ (6, 0.0%)

2 に依る 1 がある, などは人, の光, を捨てなく

▼ せる有力~ (6, 0.0%)

1 なる原因, なる征北軍, なる征東軍, な傾向, な原因, な手がかり

▼ せる決心~ (6, 0.0%)

2 なん 1 をさせ, をしかねない, をした, をし得る

▼ せる~ (6, 0.0%)

1 と種子, にし, は深山, もなし, も無し, を作

▼ せる研究~ (6, 0.0%)

1 が必要, すなわち警視庁型, は思った, を再び, を廃棄, 仕遂げて

▼ せる秘密~ (6, 0.0%)

1 であった, であるという, とはまことに, の黒潮, をあばき出す, を失っ

▼ せる種類~ (6, 0.0%)

3 のもの 1 のこと, の題材, の鶏

▼ せる~ (6, 0.0%)

2 二流の 1 一の, 一回の, 三絶対者をもって, 二の

▼ せる算段~ (6, 0.0%)

1 かもしれません, なん, をし, をした, をする, を為なけれ

▼ せる~ (6, 0.0%)

1 先生を, 助教授に, 執事が, 女中の, 樫の, 詩人かとも

▼ せる考え~ (6, 0.0%)

1 で有った, の嫂, はない, は無事, を抱いた, を着けた

▼ せる~ (6, 0.0%)

1 に, に訓, の五, はない, をまた, を作った

▼ せる~ (6, 0.0%)

2 もなく 1 のない, もあるまい, も与えず, をおい

▼ せる風景~ (6, 0.0%)

1 があった, だった, であった, ではなかっ, はいかにも, をかくし

▼ せるあらゆる~ (5, 0.0%)

1 制度を, 可能の, 材料を, 民族は, 行動を

▼ せるくら~ (5, 0.0%)

1 しっくな, ゐである, ゐならもつと, ゐに, ゐの

▼ せるぐらいの~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことには, ことは, 小さい樽, 才覚が

▼ せるけれども~ (5, 0.0%)

1 なお眼, 実はそう, 小下宿屋, 心には, 言語そのものに

▼ せることそれ~ (5, 0.0%)

1 が蟹江, こそ明らか, に気がつく, は頭, を称し

▼ せるそして~ (5, 0.0%)

1 この材料, この玉子, その言葉, 私を, 自分は

▼ せるなぞ~ (5, 0.0%)

1 いう奇蹟, その変化応用, という悪い, のこと, は思い

▼ せるのどけ~ (5, 0.0%)

5 さな

▼ せるひま~ (5, 0.0%)

2 もなく 1 さえ与えず, もなけれ, も与えない

▼ せるものぢ~ (5, 0.0%)

3 やない 1 やありません, やよ

▼ せるモメント~ (5, 0.0%)

1 とし, となる, の全部, をも持っ, を含ん

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 が面, との何者, の目, の隆三, 權相扶掖し

▼ せる事情~ (5, 0.0%)

2 に同じ 1 がたくさん, とはならない, により人性

▼ せる二つ~ (5, 0.0%)

1 のもの, の人影, の塑像, の墓, の大きな

▼ せる人生~ (5, 0.0%)

1 と文学, の事実, の喜劇, の外, もし

▼ せる作用~ (5, 0.0%)

2 がある 1 のある, をしかなさない, をなし

▼ せる傾き~ (5, 0.0%)

2 がある 1 ありよく, があった, を生じ

▼ せる光景~ (5, 0.0%)

1 が現出, である, でなければ, に出会った, もまた

▼ せる可能~ (5, 0.0%)

2 を与えた 1 な条件, を日夜, を示しはじめた

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 としては大和, なり, にはうれし, に至り, はその

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 がした, だ宮市, であった, でありましたけれど, は聞え

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だこと, だなあ, の復仇, は鬼

▼ せる役割~ (5, 0.0%)

1 がそれ, をもった, を果し, を果たし, を演じ

▼ せる日本~ (5, 0.0%)

1 であるか, のおも, のイデオローグ達, の本当, の権力

▼ せる~ (5, 0.0%)

2 自由党を 1 パリーに, 同窓生の, 陣営に

▼ せる時代~ (5, 0.0%)

1 である, というもの, なり, の一美観, を背景

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 がある, の乳, の心, はそんな, を懐

▼ せる気持~ (5, 0.0%)

1 で外, で肖像, もあった, よさ, を取戻し

▼ せる状態~ (5, 0.0%)

1 からし, にある, の最も, は神, を歌つて

▼ せる用意~ (5, 0.0%)

1 がいくぶん, が必要, としてあらかじめ, のもの, をし

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 がありました, があります, に職業, もあった, もあつ

▼ せる~ (5, 0.0%)

3 の名 1 には限らない, の独り子

▼ せる種々~ (5, 0.0%)

1 な方法, の事柄, の原因, の想像, の表象

▼ せる立場~ (5, 0.0%)

1 から常に, から言え, である, に彼, に立っ

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 であったの, とも見えない, をたてた, をとった, を説いた

▼ せる美し~ (5, 0.0%)

2 さが 1 さである, さです, さに

▼ せる美人~ (5, 0.0%)

1 だなと, の倩眄, の鼻, は只, や女給

▼ せる芸術~ (5, 0.0%)

1 としんみり, にも論議, に接し, の特色, はいう

▼ せる若い~ (5, 0.0%)

1 ものにとっては, 女は, 店員が, 政府であった, 樹が

▼ せる覚悟~ (5, 0.0%)

1 だつたか, であったらしい, で居つた, をし, をなさっ

▼ せる部分~ (5, 0.0%)

1 だけは書きとめ, は水蒸氣, は翌日時政, をも精細, を不断

▼ せる~ (5, 0.0%)

1 があった, の内, の液, ばかりで, も混じりし

▼ せる鉛筆~ (5, 0.0%)

2 を弄び, を納 1 の音

▼ せる需要~ (5, 0.0%)

2 の増加 1 が供給, に一致, を開く

▼ せる風習~ (5, 0.0%)

2 があった 1 である, の非, は方々

▼ せる魅力~ (5, 0.0%)

1 ではなかつた, といふもの, の一つ, を発散, を見出したくなった

▼ せるあなた~ (4, 0.0%)

1 だ, でもないでしょう, に書い, の癖

▼ せるおつもり~ (4, 0.0%)

2 なん 1 ですか, でもないでしょう

▼ せるくらいに~ (4, 0.0%)

1 した, ちょっと凄味, 仕込まれた, 大きな声

▼ せるけれど~ (4, 0.0%)

1 あたし決して, そういう意味, ルポルタージュとして, 木立の

▼ せるだけが~ (4, 0.0%)

1 まだしもの, 厭や, 悪い癖, 惡い

▼ せるについて~ (4, 0.0%)

1 いろいろ相談, 一八一四年の, 二階家の, 大なる

▼ せるについては~ (4, 0.0%)

1 人の, 大変な, 彼, 種々障害

▼ せるばかりが~ (4, 0.0%)

1 仁であろう, 男の, 目的である, 能じゃ

▼ せるひと~ (4, 0.0%)

1 が来る, だという, なのね, もない

▼ せる~ (4, 0.0%)

21 つて飯喰べたらいん, ほんた

▼ せるんぢ~ (4, 0.0%)

1 や, やない, やね, や無

▼ せるキリスト~ (4, 0.0%)

2 を信じ 1 に逢った, の如く

▼ せるトリック~ (4, 0.0%)

1 そのトリック, なの, には随分, は実際

▼ せる一個~ (4, 0.0%)

2 の人才 1 の僧, の説話

▼ せる一篇~ (4, 0.0%)

1 なるべし, の物語, の物語集中, を收め

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 ぶくれの, 準備まで, 積階級の, 賤の

▼ せる不思議~ (4, 0.0%)

1 な力, な存在, な水, の業

▼ せる主義~ (4, 0.0%)

1 であるため防禦的兵科, の争い, もなく, を以て社会

▼ せる事柄~ (4, 0.0%)

1 だからと, であるという, よりもこの, を忽ち

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 の洋学, の荒尾, の身, を迷

▼ せる今日~ (4, 0.0%)

1 の中国, の心, の教育, の文化民族

▼ せる仕方~ (4, 0.0%)

1 だった, だと, で微小表象, もあれ

▼ せる仕業~ (4, 0.0%)

1 だと, である, ですよ, にちがい

▼ せる作品~ (4, 0.0%)

1 である, であるが, の発表, は古い

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 に在 1 なりけり, にむかへり

▼ せる~ (4, 0.0%)

3 がある 1 もなき

▼ せる動力~ (4, 0.0%)

1 である, としての所謂能動的理性, となる, は彼個人

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 海軍将校の, 渓谷の, 県の, 趣味を

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 だった, にもかかわらず, のよう, をへし曲げる

▼ せる問題~ (4, 0.0%)

1 があった, となり得る, なりき, なれば

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 なり, においては地主, のほう, の一つ

▼ せる国民~ (4, 0.0%)

1 からオルレアン, の神話的詩篇, の負担, の間

▼ せる土地~ (4, 0.0%)

1 に譬え得る, の人, や宗祠, や家屋

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 となった, となる, になる, を作りました

▼ せる場面~ (4, 0.0%)

1 があった, があります, が私, として発刊

▼ せる境遇~ (4, 0.0%)

1 である, であるため, に在る, に対して歌

▼ せる孔明~ (4, 0.0%)

2 生ける仲達 1 のそれ, 活ける仲達

▼ せる実験~ (4, 0.0%)

1 だけを試みた, に成功, は吾輩, を進めた

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 もある 1 といふの, に限っ

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 がなけれ, に因り, の割合, の過多

▼ せる巨大~ (4, 0.0%)

2 なる個人 1 な鉄, な額縁

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 が時々, だが, より一三〇〇年, を知らざりしなるべし

▼ せる形式~ (4, 0.0%)

1 に推移, の上, を助長, を用い

▼ せる彼ら~ (4, 0.0%)

1 の足, はここ, を捨て去れ, を遠い

▼ せる思想~ (4, 0.0%)

1 のメカニズム, の生活, は達眼, を載せた

▼ せる恐怖~ (4, 0.0%)

2 である 1 がある, を呼び起させる

▼ せる意志~ (4, 0.0%)

1 があるなら, とを吹き込まれた, と忍耐力, の連續

▼ せる手際~ (4, 0.0%)

1 はない, はなし, をいたる, を要求

▼ せる支那~ (4, 0.0%)

1 で同時に, の士人, の學者, の水墨画

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 ではない, に対しポー川南岸, はよし, 重爆一機

▼ せる文明~ (4, 0.0%)

1 が生める, の不幸兒, の子, の窮極

▼ せる時期~ (4, 0.0%)

1 が我が, ではない, に限る, の來

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 もない, もなく

▼ せる最大~ (4, 0.0%)

2 の理由 1 の原因, の損失

▼ せる有様~ (4, 0.0%)

1 ですから, にて妾, を数年間苦節, を認め

▼ せる根源~ (4, 0.0%)

1 で坊主, にさかのぼっ, の力, をなし

▼ せる植物~ (4, 0.0%)

1 であるとの, の如き, の知識, 及び動物

▼ せる様子~ (4, 0.0%)

1 であるから, にて先, もない, をし

▼ せる権利~ (4, 0.0%)

2 はない 1 がある, を有

▼ せる機械~ (4, 0.0%)

1 にあっ, の改良, を据付け, を棄て

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 である, などを書い, なの, もない

▼ せる民族~ (4, 0.0%)

1 にあり, の神話中, の精神的状態, を形成

▼ せる気色~ (4, 0.0%)

1 は無く, もあらざりし, もございません, もなく

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 と抑揚 1 となる, と力

▼ せる特別~ (4, 0.0%)

1 な事情, な民族, の権利, の種族

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 を開拓 1 は開拓, 氣の

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 である固, に因る, の事実, 形勢刻一刻に

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 がない, は精神其一點, もない, 多き細紐

▼ せる能力~ (4, 0.0%)

1 がある, となる, を具え, を抽

▼ せる自信~ (4, 0.0%)

1 があります, がある, がついた, を得る

▼ せる自由~ (4, 0.0%)

2 の化身 1 がなく, を確保

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 が凋落, です, の中, をお

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 だからとも, のにおい, もあった, を集め

▼ せる表情~ (4, 0.0%)

1 ともなつ, の写真, をする, をたたえ

▼ せる要素~ (4, 0.0%)

1 がある, が十分, が実在せり, の実在

▼ せる見込み~ (4, 0.0%)

2 がない 1 すら有り得る, はあるだろう

▼ せる設備~ (4, 0.0%)

1 がみられ, がチャント, が大切, をなぜ

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 いづ, であった, である, で此処

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 だが, にいかん, にも行かねえ, にも行きません

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 なれば 1 がある, が出る

▼ せる運動~ (4, 0.0%)

1 だ, を含まぬ, を破る, を緊急

▼ せる過去~ (4, 0.0%)

2 の生活 1 の事実, の理想

▼ せる道理~ (4, 0.0%)

1 の存在, はありません, はあるまい, はなく

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 だ, の中, を呑ましめたる, を飲ませる

▼ せる雰囲気~ (4, 0.0%)

1 の中, をつくる, を浮かび出させる, を醸し

▼ せる~ (4, 0.0%)

1 の効果, の自ら, の間, を透かし

▼ せる~ (4, 0.0%)

2 を擡げ 1 の上, の餘地

▼ せる~ (4, 0.0%)

3 ひの 1 の鼻

▼ せる~ (4, 0.0%)

4 を取る

▼ せる麗質~ (4, 0.0%)

1 と相, に紅粉, はすこし, は蕾

▼ せるうまい~ (3, 0.0%)

1 が何とも, 口実を, 訂約

▼ せるお前~ (3, 0.0%)

1 じゃない, の話, はお前

▼ せるかって~ (3, 0.0%)

3 あっちからも

▼ せるかといふ~ (3, 0.0%)

2 一点で 1 その如何

▼ せるからには~ (3, 0.0%)

1 彼女の, 現代の, 襲が

▼ せるきっかけ~ (3, 0.0%)

1 になる, にもなる, をつくっ

▼ せるくせ~ (3, 0.0%)

1 にあの, に機嫌, に演技中

▼ せることぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ せること自身~ (3, 0.0%)

1 がすでに, が既に, が現在

▼ せるこれ~ (3, 0.0%)

1 また術, もオイボレセンチ, を評し

▼ せるしか~ (3, 0.0%)

1 ない, ない沈黙, 手腕を

▼ せるしぐさ~ (3, 0.0%)

1 であった, は一切禁物, をすべき

▼ せるそれから~ (3, 0.0%)

1 半分夢中で, 女持の, 蒔物の

▼ せるたんび~ (3, 0.0%)

1 に変, に煎餅蒲団, に碌さん

▼ せるだけは~ (3, 0.0%)

1 させなければ, 今の, 喰わせて

▼ せるつまり~ (3, 0.0%)

1 伝道する, 正式に, 面あてを

▼ せる~ (3, 0.0%)

2 いの 1 実にどうも驚きました

▼ せるとかいう~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ならくれる, 風な

▼ せるとかの~ (3, 0.0%)

1 世界では, 風習は, 馬鈴薯を

▼ せるとして~ (3, 0.0%)

1 ここに, 二つの, 出発する

▼ せるとて~ (3, 0.0%)

1 ある写真師, オードウヴルと, 麹町の

▼ せるなどとは~ (3, 0.0%)

1 とても役人, 想像を, 論外である

▼ せるなん~ (3, 0.0%)

1 ていうこと, ていうわけ, ていう悠長

▼ せるについても~ (3, 0.0%)

1 これらの, もっと知力, 要領よく

▼ せるまた~ (3, 0.0%)

2 寂し 1 し終

▼ せるまでが~ (3, 0.0%)

1 大そう, 大変です, 長くかかりました

▼ せるもと~ (3, 0.0%)

1 であったこと, となった, になった

▼ せるやや~ (3, 0.0%)

1 急傾斜, 渋いエメラルド色, 薄暗い廊下

▼ せるやを~ (3, 0.0%)

1 しらずと, 信ぜしめる, 知らず

▼ せる~ (3, 0.0%)

2 いど 1 いどである

▼ せるんで~ (3, 0.0%)

1 いいこと, げす, げすか

▼ せるパリ~ (3, 0.0%)

1 ではシュールレアリズム, では藤田氏, の都会

▼ せるピアノ~ (3, 0.0%)

1 がある, ではない, の稽古

▼ せる一人~ (3, 0.0%)

1 だった, なればか, にし

▼ せる不快~ (3, 0.0%)

2 な老人 1 な感情

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 傾向の, 思想の, 民衆の

▼ せる了簡~ (3, 0.0%)

1 ですから, もない, もなく

▼ せる事件~ (3, 0.0%)

1 がおこりました, だ, であろう

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に, 大潮流, 小房

▼ せる人心~ (3, 0.0%)

1 を収攬, を收攬, を結合

▼ せる人柄~ (3, 0.0%)

2 です 1 なの

▼ せる人格~ (3, 0.0%)

1 が自己, であるしかるに, となる

▼ せる人民~ (3, 0.0%)

1 の間, はその, は朝夕目

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 なり, のもの, を見

▼ せる作家~ (3, 0.0%)

1 だと, でちょうど, はクリスチィ

▼ せる儀式~ (3, 0.0%)

1 がありました, が生れ, としての演技

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に大量, に放置, 徐に黙祷

▼ せる先生~ (3, 0.0%)

1 だなあ, であります, もあった

▼ せる光明~ (3, 0.0%)

1 があった, である, の六合

▼ せる光栄~ (3, 0.0%)

1 ある戦死者, を数多く, 若くば

▼ せる兵士~ (3, 0.0%)

1 の義, もこれ, を葬る

▼ せる写真~ (3, 0.0%)

1 だった, に怪し, を打返し

▼ せる制度~ (3, 0.0%)

1 が行, となる, と資本家

▼ せる刺戟~ (3, 0.0%)

1 がこもっ, となる, の半面

▼ せる労賃~ (3, 0.0%)

1 でより, の一部分, の伴う

▼ せる勇気~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, が出せない, は日本

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 でソヴェト・プロレタリアート婦人, で男, ひには

▼ せる十拳剱~ (3, 0.0%)

3 を抜き

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 はある, は角, もない

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 來の, 帝皇奉幣の, 皮の

▼ せる可能性~ (3, 0.0%)

1 がある, はあった, を準備

▼ せる同志~ (3, 0.0%)

2 に背き 1 と共に停車場

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 が筆太, の神, もない

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 かも, こそた, の天才ぶり

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 であります, を取, を與

▼ せる多く~ (3, 0.0%)

1 の人々, の劇場当事者, の魂

▼ せる大いなる~ (3, 0.0%)

1 者ならざれ, 霊的活物と, 馬二頭地上に

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に向っ, のさま, の一部

▼ せる天使~ (3, 0.0%)

1 そのままに, であつ, の頭髪

▼ せる天賦~ (3, 0.0%)

3 の力

▼ せる太陽~ (3, 0.0%)

1 がめぐりめぐり, の光線, は再び

▼ せる女性~ (3, 0.0%)

1 には相手, に似たる, の眼

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 天気が, 画図を, 題目である

▼ せる如く~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にである

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 が上, が子, を贄卓

▼ せる威力~ (3, 0.0%)

1 というもの, をそなえ, を持ってる

▼ せる存在~ (3, 0.0%)

2 でありこの 1 の一つ

▼ せる家庭~ (3, 0.0%)

1 ならば, なり, に人となり

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 みちあり, 市民と, 民彼も

▼ せる小さな~ (3, 0.0%)

1 莊, 西洋館に, 館

▼ せる小児~ (3, 0.0%)

1 の教育, は一方, は天賦的

▼ せる属僚~ (3, 0.0%)

1 の盟主たる, の行動, の間

▼ せる屬僚~ (3, 0.0%)

1 の盟主たる, の行動, の間

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に住む, の夜ふけ, を見る

▼ せる山頂~ (3, 0.0%)

1 が瓢簟形, にありし, を以て古墳

▼ せる平等~ (3, 0.0%)

1 に達する, の幸福境, の状態

▼ せる幾多~ (3, 0.0%)

1 の海賊輩, の自, の質問

▼ せる廊下~ (3, 0.0%)

1 があり, だ, もこの

▼ せる当時~ (3, 0.0%)

1 の将軍, の精神生活, より遽

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 にたつ, には立たない, にも立ち

▼ せる彼女~ (3, 0.0%)

1 のすらり, の境涯, の平和

▼ せる彼等~ (3, 0.0%)

1 にし, は品性, は大抵

▼ せる必然~ (3, 0.0%)

2 のみあっ 1 が感じられる

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 というもの, の技巧, を破り

▼ せる恐るべき~ (3, 0.0%)

1 光が, 神変不可思議なる, 重罪犯嫌疑者として

▼ せる恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 秘密を, 角度とも, 顔つきである

▼ せる恰好~ (3, 0.0%)

1 です, にし, をし

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 結果を, 計に, 金の

▼ せる悪臭~ (3, 0.0%)

1 がいつか部屋, が漲っ, を防ごう

▼ せる情熱~ (3, 0.0%)

2 だつた 1 のモメント

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 は同情, は怨恨, は真理

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 にケシ, の灑脱, の赤味

▼ せる所見~ (3, 0.0%)

2 が見られた 1 が見られ

▼ せる技術~ (3, 0.0%)

1 とを心得, と知識, をけっして

▼ せる文字~ (3, 0.0%)

2 あれども 1 の間

▼ せる断崖~ (3, 0.0%)

1 がなおも, で松柏, の丸木橋

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 スタイルも, 官僚の, 植民地の

▼ せる方向~ (3, 0.0%)

1 の下, へ傾き, を示さない

▼ せる書物~ (3, 0.0%)

1 である, としてはおそらく, を読みつ

▼ せる最も~ (3, 0.0%)

1 尊き賜, 自然な, 非難すべき

▼ せる最後~ (3, 0.0%)

1 の機会, の試験台, の負傷者

▼ せる東京~ (3, 0.0%)

1 へ出, へ賣出します, を焼き払う

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 大官曰くという, 村に, 爺という

▼ せる梅子~ (3, 0.0%)

1 の心中, の面上, は思ひ返

▼ せる概念~ (3, 0.0%)

1 ではない, によって伝えられず, の積木細工

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に, の名, を渡る

▼ せる機縁~ (3, 0.0%)

1 となった, になった, に際会

▼ せる武器~ (3, 0.0%)

1 がある, ですが, を凡て

▼ せる民衆~ (3, 0.0%)

1 と共に樽, はことに, 正にあるべき

▼ せる波瀾~ (3, 0.0%)

1 に苦む, に苦め, を生ぜしめた

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 と力強い, と同じ, の配偶

▼ せる父母~ (3, 0.0%)

2 に對 1 の陰謀

▼ せる物質~ (3, 0.0%)

1 なりである, の事情, の周囲

▼ せる現代~ (3, 0.0%)

1 に於, の古典, の美学

▼ せる現在~ (3, 0.0%)

1 すなわち刹那, の宗教的, の税法

▼ せる現象~ (3, 0.0%)

1 だった, だつた, で大

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に使う, は無く, をしかなさなかった

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 だった, だつた, である

▼ せる發展~ (3, 0.0%)

2 がある 1 を更に

▼ せる目論見~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 であるの

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 の動機, の教育, 体なりと

▼ せる真理~ (3, 0.0%)

2 なり 1 よりも強健

▼ せる秘訣~ (3, 0.0%)

1 であ, に就, を心得

▼ せる空気~ (3, 0.0%)

1 があった, の量, を醸し

▼ せる約束~ (3, 0.0%)

1 で小屋, とした, を寝づく

▼ せる結果機械~ (3, 0.0%)

2 は価格 1 の価格

▼ せる美しい~ (3, 0.0%)

1 型から, 宵闇だった, 色で

▼ せる老い~ (3, 0.0%)

3 たる母

▼ せる老人~ (3, 0.0%)

1 があった, に至る, をまもろうで

▼ せる~ (3, 0.0%)

2 の色 1 に吸い着く

▼ せる腕力~ (3, 0.0%)

2 の次第に 1 がある

▼ せる自己~ (3, 0.0%)

2 の備忘録 1 を観る

▼ せる舞台~ (3, 0.0%)

1 が女優独特, っていうもの, の装置法

▼ せる色彩~ (3, 0.0%)

1 に対してゴンクウル, の庭, は全く

▼ せる花崗岩~ (3, 0.0%)

1 のごろた石, の上, ばかりの山

▼ せる菓子~ (3, 0.0%)

1 の箱, を与え, を女中

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 はありません, は広, は薄

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 が出, はあるでせう, りだと

▼ せる行為~ (3, 0.0%)

1 だつた, の相互間, は非常

▼ せる装置~ (3, 0.0%)

1 であって, は腸, を入れ

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 がある, があろう, もない

▼ せる見解~ (3, 0.0%)

1 である, を欠い, を知る

▼ せる見込~ (3, 0.0%)

1 が立つた, は源治, を立てた

▼ せる詩人~ (3, 0.0%)

1 なり, なれば, 自傳

▼ せる誘惑~ (3, 0.0%)

1 がある, の本体, をこころみた

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 だが, である, もあり

▼ せる貨物~ (3, 0.0%)

1 には關税, の生産者, を流通

▼ せる資料~ (3, 0.0%)

1 である, の甚だ, を鑑賞

▼ せる身体~ (3, 0.0%)

1 の幻, を構造, を白い

▼ せる迄に~ (3, 0.0%)

1 なって, 出しゃばって, 大部時間が

▼ せる近世~ (3, 0.0%)

2 の傾向 1 の理学

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 はない, は無い, もありません

▼ せる途中~ (3, 0.0%)

1 その驚く, で恋, 日ごろ剛直

▼ せる道具~ (3, 0.0%)

1 かあれ, だつたの, とする

▼ せる金額~ (3, 0.0%)

1 でなくては, は一八八八年, は殆ど数万

▼ せる鋭い~ (3, 0.0%)

1 目の, 音です, 高調子で

▼ せる長い~ (3, 0.0%)

1 廂の, 時の, 睫毛其等の

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 などはその, に我国, の

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 だ, である, に気

▼ せる~ (3, 0.0%)

2 けだかく眉あざやか 1 である

▼ せる面白~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さこわ

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 がある, は自分, をいへるなるべし

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 のからだ, を盗み騎, 脱れ

▼ せる魂胆~ (3, 0.0%)

2 なん 1 でその

▼ せる魂膽~ (3, 0.0%)

1 だといふ, と知り, をめぐらし

▼ せる~ (3, 0.0%)

1 に於, に窮極, は加賀

▼ せるあいだ~ (2, 0.0%)

1 にも頬, にわが輩

▼ せるいい~ (2, 0.0%)

1 かたで, 話だった

▼ せるいかなる~ (2, 0.0%)

1 反対の, 反對

▼ せるいくら~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ せるいつも~ (2, 0.0%)

1 かれが, の癖

▼ せるいと~ (2, 0.0%)

1 おもしろし, まいと

▼ せるいわば~ (2, 0.0%)

2 照尺ゼロの

▼ せるうす~ (2, 0.0%)

1 ゆきいろの, 気味の

▼ せるおみやげ~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を買っ

▼ せるかが~ (2, 0.0%)

1 どうしても, 問題に

▼ せるかとも~ (2, 0.0%)

1 思います, 思われた

▼ せるかによって~ (2, 0.0%)

1 全体の, 議論も

▼ せるからとの~ (2, 0.0%)

1 ことおや, ことで

▼ せるがね~ (2, 0.0%)

1 この手紙, 己は

▼ せるこそ~ (2, 0.0%)

1 いたましけれ, 幸いなれ

▼ せること教~ (2, 0.0%)

1 へること, へる風

▼ せること等~ (2, 0.0%)

1 は恐らく, を報じ

▼ せるこれら一団~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ せるさくら~ (2, 0.0%)

2 がもと

▼ せるしかも~ (2, 0.0%)

2 正反対

▼ せるすると~ (2, 0.0%)

1 その火花, 精霊は

▼ せるせい~ (2, 0.0%)

1 か一葉, もあった

▼ せる~ (2, 0.0%)

2 こんちきしやう

▼ せるそこ~ (2, 0.0%)

1 が面白い, の農家

▼ せるその大きな~ (2, 0.0%)

1 力は, 原因とさえ

▼ せるため彼~ (2, 0.0%)

1 が激しく, はそのうえ

▼ せるため自分~ (2, 0.0%)

1 の好奇心, の肩

▼ せるだから~ (2, 0.0%)

1 茗荷を, 鉄道を

▼ せるつゆ草~ (2, 0.0%)

1 の馬, よ地

▼ せるときそれ~ (2, 0.0%)

1 が如何, を外

▼ せるとまで~ (2, 0.0%)

1 おっしゃって, 威した人

▼ せるどんな~ (2, 0.0%)

1 方法が, 考慮をも

▼ せるなかに~ (2, 0.0%)

2 むつかしき字

▼ せるなどの~ (2, 0.0%)

1 ていねいな, 特待が

▼ せるなにもの~ (2, 0.0%)

1 かがある, かが自然

▼ せるにて~ (2, 0.0%)

1 国津神とも, 是れ

▼ せるにや~ (2, 0.0%)

1 ほんの數人, ア国持大名の

▼ せるによりて~ (2, 0.0%)

1 いよ, 證明せられたれ

▼ せるに対し~ (2, 0.0%)

1 右の, 総監が

▼ せるはたらき~ (2, 0.0%)

1 をする, をもっ

▼ せるふし~ (2, 0.0%)

1 が無い, ぶしを

▼ せるふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な作用, な魅惑

▼ せるほか女房~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ せるほど巨大~ (2, 0.0%)

1 なもの, の根株

▼ せるまにまに~ (2, 0.0%)

1 僕も, 退りし時

▼ せるもう~ (2, 0.0%)

2 一つの

▼ せるもっとも~ (2, 0.0%)

1 偉大なる, 苦しいおり

▼ せるものこれ~ (2, 0.0%)

1 を淨火, を言文一致的

▼ せるもんぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やねえ

▼ せるゆえわれ~ (2, 0.0%)

1 もわれ, も彼

▼ せるゆえん~ (2, 0.0%)

1 なのよ, を証する

▼ せるゆとり~ (2, 0.0%)

1 が十分, を知っ

▼ せるよい~ (2, 0.0%)

1 方法は, 草の

▼ せるわけぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やあるまい

▼ せるわだつみ~ (2, 0.0%)

2 の陰

▼ せるカキツバタ~ (2, 0.0%)

2 の花容

▼ せるクリスト~ (2, 0.0%)

2 を求めず

▼ せるコツ~ (2, 0.0%)

1 を実によく, を心得

▼ せるシユロラン~ (2, 0.0%)

2 の高き

▼ せるソ連~ (2, 0.0%)

1 との二大陣營, の外交

▼ せるヂヤスチンマツカーシー氏~ (2, 0.0%)

2 のチヤムバーレーン論

▼ せるツモリ~ (2, 0.0%)

1 だろうな, の政宗

▼ せるバルザック~ (2, 0.0%)

1 がいる, がゐる

▼ せるメカニズム~ (2, 0.0%)

1 は之以外, は範疇

▼ せるヤソ教~ (2, 0.0%)

1 は米国, は西洋

▼ せるリンピイ~ (2, 0.0%)

2 だったろうし

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だがねえ, だって

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の燈火, 無頭婦人

▼ せる一切~ (2, 0.0%)

1 の光線, を遂げ果し得

▼ せる一場~ (2, 0.0%)

1 の戯言, の活劇場

▼ せる一大勢力~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ せる一室~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ せる一寸~ (2, 0.0%)

1 でも危な, 天国

▼ せる一帯~ (2, 0.0%)

1 の樹林, の渓流

▼ せる一書~ (2, 0.0%)

1 を出だし, を著し

▼ せる一束~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ せる一気呵成~ (2, 0.0%)

2 の調

▼ せる一産物たる~ (2, 0.0%)

2 には相違

▼ せる一道~ (2, 0.0%)

1 の迅流, の黒雲

▼ せる一部分~ (2, 0.0%)

1 ありその, である

▼ せる一項~ (2, 0.0%)

1 ありき即ち, を引き

▼ せる三分三厘説~ (2, 0.0%)

2 に折合

▼ せる三角形~ (2, 0.0%)

1 あるを, の鋲

▼ せる上層~ (2, 0.0%)

1 の部分, を代表

▼ せる下心~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ せる不健康~ (2, 0.0%)

2 な寝床

▼ せる世の中~ (2, 0.0%)

1 じゃない, になる

▼ せる世話~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ せる~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ せる主張~ (2, 0.0%)

1 といふもの, と不屈

▼ せる事自身~ (2, 0.0%)

1 よりは怒, よりは怒った

▼ せる事項~ (2, 0.0%)

1 につき児童, のみ報告

▼ せる二個~ (2, 0.0%)

1 の分子, の神話

▼ せる人たち~ (2, 0.0%)

1 がひどい, が立会

▼ せる人人~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ せる人物~ (2, 0.0%)

1 で未, なりしが

▼ せる人種~ (2, 0.0%)

1 はいない, もいる

▼ せる人達~ (2, 0.0%)

1 の頭脳, ばかりの様

▼ せる人類~ (2, 0.0%)

1 の健全, の手

▼ せる今朝~ (2, 0.0%)

1 から火鉢, の写真

▼ せる代物~ (2, 0.0%)

1 だが, らしいの

▼ せる~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 がいろんな, を僕

▼ せる会員~ (2, 0.0%)

2 は下

▼ せる住民~ (2, 0.0%)

1 からオウタハイト, を焦

▼ せる佐伯部~ (2, 0.0%)

1 はいかなる, を求め

▼ せる作業場~ (2, 0.0%)

1 でシボレー自動車用ピストンリング, の中

▼ せる使い~ (2, 0.0%)

1 をすぐ, を立て

▼ せる供給~ (2, 0.0%)

1 が得られる, と両立

▼ せる価値~ (2, 0.0%)

1 が含まれ, をもつ

▼ せる保守的人物~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ せる信州組~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ せる信長~ (2, 0.0%)

1 が死, もまだ

▼ せる俳句~ (2, 0.0%)

2 に新

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 からのどうせ, においてす

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の相, を立て

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だ, だろうと

▼ せる元首~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ せる児童~ (2, 0.0%)

1 のため食事, の母

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 肉体の, 面積を

▼ せる八五郎~ (2, 0.0%)

2 にも

▼ せる共に~ (2, 0.0%)

1 い, 愉快なる

▼ せる具合~ (2, 0.0%)

1 に括りつけ, に舞台以外

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 に元日, に當時

▼ せる内的~ (2, 0.0%)

1 な力, の第

▼ せる写生~ (2, 0.0%)

1 の気味, の筆力

▼ せる処女~ (2, 0.0%)

1 の心, はびっくり

▼ せる出来事~ (2, 0.0%)

1 があったらしく思われる, が起った

▼ せる制作品~ (2, 0.0%)

2 は今や

▼ せる力作~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ せる助け~ (2, 0.0%)

1 となった, にはならなかった

▼ せる労働~ (2, 0.0%)

1 の価格, の対象

▼ せる勇士~ (2, 0.0%)

1 の名, の生命

▼ せる勢力~ (2, 0.0%)

1 に於, もあるいは

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 をば語, 透明の

▼ せる協約~ (2, 0.0%)

2 は朕

▼ せる卜筮談~ (2, 0.0%)

2 の世

▼ せる危機~ (2, 0.0%)

1 だった, やを慨

▼ せる叙情詩~ (2, 0.0%)

2 とも見るべし

▼ せる古い~ (2, 0.0%)

1 句にも, 東洋性の

▼ せる古き~ (2, 0.0%)

1 法被を, 穀倉の

▼ せる古松~ (2, 0.0%)

2 を濫伐

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 もあり, を作る

▼ せる史料~ (2, 0.0%)

1 にもじつに, を生かす

▼ せる各部~ (2, 0.0%)

1 の行政体統, の行政體統

▼ せる同一~ (2, 0.0%)

1 の事項, の帝国臣民

▼ せる名目~ (2, 0.0%)

2 は日常

▼ せる呪文~ (2, 0.0%)

1 などに, の役目

▼ せる品々~ (2, 0.0%)

1 お分り, も多い

▼ せる喜び~ (2, 0.0%)

1 で平素, にいそ

▼ せる団子~ (2, 0.0%)

1 の木, は持っ

▼ せる地上~ (2, 0.0%)

1 に奇蹟, の総て

▼ せる地代~ (2, 0.0%)

1 を受取るべき, を支払い得せしめる

▼ せる地方民~ (2, 0.0%)

2 を掩襲

▼ せる地響~ (2, 0.0%)

1 を打っ, を打つ

▼ せる境地~ (2, 0.0%)

1 ではない, を現ずる

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 に汝, のうて

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 であった, でありました

▼ せる夥多~ (2, 0.0%)

1 の人, の船員等

▼ せる大人~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の頸

▼ せる大手腕~ (2, 0.0%)

1 の歌, をもっ

▼ せる大気~ (2, 0.0%)

1 のなか, の重圧

▼ せる大要~ (2, 0.0%)

1 にし, は左

▼ せる女優~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ せる女友だち~ (2, 0.0%)

2 は如何

▼ せる女子~ (2, 0.0%)

1 よりも男子, を支え

▼ せる奴ら~ (2, 0.0%)

1 です, に対抗

▼ せる妖怪~ (2, 0.0%)

1 にし, の霊

▼ せる妥協~ (2, 0.0%)

1 の外, を心

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 と二人きり, も叱らず

▼ せる子供以外~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ せる孤島~ (2, 0.0%)

1 に就い, の如し

▼ せる宇宙~ (2, 0.0%)

1 の設計, 大精気

▼ せる実例~ (2, 0.0%)

1 として数, は当市発行

▼ せる容易~ (2, 0.0%)

1 なもの, ならぬ罪

▼ せる宿根草~ (2, 0.0%)

2 で水辺

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 あり, は川崎大師

▼ せる対象~ (2, 0.0%)

1 に向, を間断

▼ せる寿命~ (2, 0.0%)

2 を延長

▼ せる對象~ (2, 0.0%)

1 だつた, の力

▼ せる少女~ (2, 0.0%)

1 ありて, の全身

▼ せる少年~ (2, 0.0%)

1 がよっ, ではありません

▼ せる屋根~ (2, 0.0%)

1 なしの, を描きたる

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 と, となる

▼ せる岩壁~ (2, 0.0%)

1 が長く, の天

▼ せる工風~ (2, 0.0%)

1 が必要, はあるまい

▼ せる平凡~ (2, 0.0%)

2 なる人

▼ せる平和~ (2, 0.0%)

1 が本来, な家庭

▼ せる平岡~ (2, 0.0%)

2 の今

▼ せる平次~ (2, 0.0%)

1 だつたの, の側

▼ せる平民~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ せる年ごろ~ (2, 0.0%)

1 で以前, の人

▼ せる年頃~ (2, 0.0%)

1 で背, のハイカラ女

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 さであった, さを

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の気慨, の熱度

▼ せる底意~ (2, 0.0%)

2 は侮蔑

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 に妙, に髯

▼ せる座敷~ (2, 0.0%)

1 の一間奥, の数

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 はおそらく, をながめ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の一つ, は免れ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 であらう, のお辞儀

▼ せる引幕~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ せる形容~ (2, 0.0%)

2 でなく率直

▼ せる後光~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ せる後新た~ (2, 0.0%)

2 に質問

▼ せる心持~ (2, 0.0%)

1 さえ通れ, を加えた

▼ せる心配~ (2, 0.0%)

1 はない, は絶対

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 あり一, のねがい

▼ せる性格~ (2, 0.0%)

1 の人, 少きは

▼ せる怪鳥~ (2, 0.0%)

2 が常に

▼ せる患者~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を医員連

▼ せる悪戯~ (2, 0.0%)

1 であったとは, と思われた

▼ せる悲惨~ (2, 0.0%)

1 なもの, の意識

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 がある, がなかつたなら

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 であつ, を書い

▼ せる愛鷹~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ せる感情~ (2, 0.0%)

1 と深い, のひろがり

▼ せる感想~ (2, 0.0%)

1 と体験, をこ

▼ せる態度~ (2, 0.0%)

1 とはっきり, と異なっ

▼ せる慶事~ (2, 0.0%)

2 なりと謂

▼ せる成分~ (2, 0.0%)

1 には前記, を加へた

▼ せる我々~ (2, 0.0%)

1 の判斷, の後

▼ せる我が~ (2, 0.0%)

1 名例律, 枕辺に

▼ せる我心~ (2, 0.0%)

1 とは日, を少し

▼ せる所存~ (2, 0.0%)

1 か, であった

▼ せる所得~ (2, 0.0%)

1 から彼ら, の五分の一

▼ せる手がかり~ (2, 0.0%)

1 でもあらう, はまるで

▼ せる手拭~ (2, 0.0%)

2 を被せる

▼ せる手数~ (2, 0.0%)

1 と時間, よりかあの

▼ せる手法~ (2, 0.0%)

1 である, を確か

▼ せる手腕~ (2, 0.0%)

1 がない, にめぐまれ

▼ せる手順~ (2, 0.0%)

1 だけはつきました, をあれこれ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 もなかつた, も折

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の鼈甲牡丹, の鼈甲牡丹ぢ

▼ せる支度~ (2, 0.0%)

1 に夜, やその

▼ せる政友~ (2, 0.0%)

2 に別れ

▼ せる政友会~ (2, 0.0%)

1 の創立委員たる, を率い

▼ せる政友會~ (2, 0.0%)

1 の創立委員たる, を率

▼ せる救援隊~ (2, 0.0%)

1 と共に時, より知らせられ

▼ せる教師~ (2, 0.0%)

1 が不心得, の口

▼ せる数名~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ せる敵軍~ (2, 0.0%)

1 に直入, を観察

▼ せる文人趣味~ (2, 0.0%)

2 を軽蔑

▼ せる新しい~ (2, 0.0%)

1 手段によって, 政策へ

▼ せる方便~ (2, 0.0%)

1 だったの, としてのつぎ

▼ せる旅客~ (2, 0.0%)

1 ただちに出発, の伊太利観

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 をいいし, を告ぐれ

▼ せる映画~ (2, 0.0%)

1 が出来る, ですべて

▼ せる時季~ (2, 0.0%)

1 が来た, であるらしい

▼ せる普通~ (2, 0.0%)

1 の小説, の草

▼ せる智慧~ (2, 0.0%)

1 があり, の力

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 をまた, 替を

▼ せる書籍~ (2, 0.0%)

1 の分類, を図書館

▼ せる最上~ (2, 0.0%)

1 の方法, の策

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 であらう, にて発声

▼ せる有名~ (2, 0.0%)

1 なる惡僧, なる獨逸

▼ せる服装~ (2, 0.0%)

1 だった, によって満員

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だつた, はなおさら

▼ せる未曾有~ (2, 0.0%)

2 のリズム

▼ せる本質~ (2, 0.0%)

1 が恋愛, である

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の四方, もあります

▼ せる果実~ (2, 0.0%)

1 とその, を一つ一つ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 が枝, をばあたかも

▼ せる根本的~ (2, 0.0%)

2 な理由

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 のごとく, のごとくなれる

▼ せる楊柳数十株点綴~ (2, 0.0%)

2 する間

▼ せる業風~ (2, 0.0%)

1 と言います, はそも

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 があつ, であつ

▼ せる様式~ (2, 0.0%)

1 の鐘楼, を踏襲

▼ せる樹木~ (2, 0.0%)

1 のよう, を引き抜い

▼ せる機智~ (2, 0.0%)

1 と愛嬌, の続発

▼ せる機関~ (2, 0.0%)

1 が何より, の響き

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 がまたすである, の段松屋

▼ せる武男~ (2, 0.0%)

1 がひま, を説き動かし

▼ せる母親~ (2, 0.0%)

1 の柔和さ, も美味美食

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の王土, を見き

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 に対するあら, に對

▼ せる江戸~ (2, 0.0%)

2 の文学美術

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 がほしい, はことごとく

▼ せる法律~ (2, 0.0%)

1 がない, である

▼ せる浅黄~ (2, 0.0%)

2 の半被

▼ せる液体~ (2, 0.0%)

1 のパン, をしたたらせ

▼ せる深山~ (2, 0.0%)

1 に分け入り, の落葉木

▼ せる深紅~ (2, 0.0%)

1 の色, の花

▼ せる清新~ (2, 0.0%)

1 な眼, の空気

▼ せる湯津津間櫛~ (2, 0.0%)

1 の男柱一つ取り闕ぎて, を引き

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 洲上海事変に, 藪の

▼ せる演技~ (2, 0.0%)

1 の仕方, を見た

▼ せる火山~ (2, 0.0%)

1 は霧島山, を以て山

▼ せる火鉢~ (2, 0.0%)

1 などがあっ, の角

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 となら, の上

▼ せる無邪気~ (2, 0.0%)

1 な利己心, な趣味

▼ せる熱情~ (2, 0.0%)

1 が即座, とならず

▼ せる熱量~ (2, 0.0%)

1 はけっして, は一カロリー

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 なりまた, も睡れ

▼ せる物体~ (2, 0.0%)

1 の電気力学, を飜弄

▼ せる物理的集団的性格~ (2, 0.0%)

2 があまりに

▼ せる特種~ (2, 0.0%)

2 の技倆

▼ せる犯罪~ (2, 0.0%)

1 である, は徳義

▼ せる独逸~ (2, 0.0%)

1 と露西亜, を見よ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 をかしこ, をた

▼ せる王党農民~ (2, 0.0%)

1 の暴動, の首領

▼ せる現実~ (2, 0.0%)

2 の根柢裏づけ

▼ せる現実性~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ せる理想~ (2, 0.0%)

1 によって支配, に依

▼ せる理想郷~ (2, 0.0%)

1 に逆, のサイ象

▼ せる理論~ (2, 0.0%)

1 はデカルト, を前提

▼ せる環境~ (2, 0.0%)

1 から間もなく, とし

▼ せる用事~ (2, 0.0%)

1 ができた, をかね

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 装の, 裝の

▼ せる異様~ (2, 0.0%)

1 なる全体, な無数

▼ せる疑問~ (2, 0.0%)

1 です, の答え

▼ せる疫病神~ (2, 0.0%)

1 が何處, は何処

▼ せる病人~ (2, 0.0%)

1 のせい, もかかる

▼ せる病癖~ (2, 0.0%)

2 を悲しみ

▼ せる病者~ (2, 0.0%)

1 の心事, の膏血

▼ せる発展~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ せる発明者~ (2, 0.0%)

2 は秀吉

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 相当あ, 相肖

▼ せる直接~ (2, 0.0%)

1 な要求, の原因

▼ せる相談~ (2, 0.0%)

1 がきまった, をした

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の縁, を手

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だった, であった

▼ せる眼付~ (2, 0.0%)

2 の薔薇

▼ せる石垣~ (2, 0.0%)

1 には注意, に損害

▼ せる石弟~ (2, 0.0%)

2 が摘み上げたる

▼ せる社会制度上~ (2, 0.0%)

1 の定律, の持場

▼ せる秋風~ (2, 0.0%)

2 と共に銀座

▼ せる秘術~ (2, 0.0%)

1 がある, を知れ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ せる立憲大臣~ (2, 0.0%)

2 の位地

▼ せる端緒~ (2, 0.0%)

1 があり, まで揃っ

▼ せる第一歩~ (2, 0.0%)

1 にそれ, の導き

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 もあるだろう, を演出

▼ せる筋道~ (2, 0.0%)

1 が簡単, をたどっ

▼ せる範囲~ (2, 0.0%)

1 で幾分, で描く

▼ せる篠田~ (2, 0.0%)

1 の面影明, は俄

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 のよう, の痕跡

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 がない, をあまり

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 であります, をば真紅

▼ せる素因~ (2, 0.0%)

1 とならない, を幾分

▼ せる細君~ (2, 0.0%)

1 の手並, はいろいろ

▼ せる細面~ (2, 0.0%)

1 の小, の小造り

▼ せる紳士~ (2, 0.0%)

1 だった, もある

▼ せる組織~ (2, 0.0%)

1 と実力, を造っ

▼ せる結構~ (2, 0.0%)

2 な餌

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 である, はない

▼ せる絶壁~ (2, 0.0%)

1 の面, を見

▼ せる絹物~ (2, 0.0%)

2 ですが

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 は幸運, をもっ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 じゃア, の報

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 くしき, の精粋

▼ せる群集~ (2, 0.0%)

1 との音楽, の震え

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 でふゆ, と解し

▼ せる習性~ (2, 0.0%)

2 をもつ

▼ せる者頃日~ (2, 0.0%)

2 漸く出口

▼ せる職業~ (2, 0.0%)

1 などはこの世, は最も

▼ せる腫物~ (2, 0.0%)

1 を切, を切開

▼ せる興味~ (2, 0.0%)

1 と半分, はなかっ

▼ せる舊自由黨~ (2, 0.0%)

1 を主力, を最大要素

▼ せる舞台芸術~ (2, 0.0%)

2 を吾人

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 が出, ではあり得なくなっ

▼ せる艦隊~ (2, 0.0%)

1 に帰り去りぬ, のレヴュー風

▼ せる花床~ (2, 0.0%)

1 すなわち花托, に正

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 は通常まばら, を食っ

▼ せる荷物~ (2, 0.0%)

1 もその, もない

▼ せる荷車~ (2, 0.0%)

1 だよ, を拵

▼ せる葉陰~ (2, 0.0%)

2 より

▼ せる著述~ (2, 0.0%)

1 は兎, を否認

▼ せる薄ら笑い~ (2, 0.0%)

1 を浮べ, を浮べた

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だ一度, をあなた

▼ せる表象~ (2, 0.0%)

1 から明晰, とを區別

▼ せる西郷内相たる~ (2, 0.0%)

1 が為, が爲

▼ せる規則~ (2, 0.0%)

1 というもの, を意味

▼ せる親心~ (2, 0.0%)

2 察して

▼ せる観念~ (2, 0.0%)

1 が悪き, である

▼ せる觀念~ (2, 0.0%)

1 なり, のみを重く

▼ せる解釈~ (2, 0.0%)

1 が発見, ではない

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 ひ方, ひ訳

▼ せる言語~ (2, 0.0%)

1 と言い, を以て之

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だなと, 劃であった

▼ せる計り~ (2, 0.0%)

1 が目的, のこと

▼ せる計略~ (2, 0.0%)

1 だが, を思いたちました

▼ せる記事~ (2, 0.0%)

1 がある, 多きも

▼ せる記念~ (2, 0.0%)

1 でもあり, と見るべき

▼ せる記憶~ (2, 0.0%)

1 は咄嗟, を再現

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 りだ, りで

▼ せる試験~ (2, 0.0%)

1 というもの, の宿題

▼ せる認識~ (2, 0.0%)

1 というもの, も形成

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 だ, を最後

▼ せる課税法~ (2, 0.0%)

2 は既に

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 を定め, を議定せん

▼ せる諸人~ (2, 0.0%)

1 は今日, を祭り

▼ せる謀略~ (2, 0.0%)

1 で仲達, の首魁勝家

▼ せる議会~ (2, 0.0%)

1 のベンチ, は醜

▼ せる議員~ (2, 0.0%)

2 もありき

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 のやう, を食

▼ せる貫一~ (2, 0.0%)

1 が左, は愛子

▼ せる貯財~ (2, 0.0%)

2 の一部分

▼ せる費用~ (2, 0.0%)

1 にと云っ, を支払い得べき

▼ せる赤い~ (2, 0.0%)

1 テラテラの, 端緒の

▼ せる赤き~ (2, 0.0%)

1 煉瓦の, 袖の

▼ せる超然内閣制~ (2, 0.0%)

2 を主張

▼ せる趣向はじめ~ (2, 0.0%)

1 は恥, は耻

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 は永く, を窺

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の長, を行き

▼ せる農夫~ (2, 0.0%)

1 と少年, の群

▼ せる農民~ (2, 0.0%)

1 や小, を犠牲

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 に近づきつ, の卓

▼ せる迄も~ (2, 0.0%)

2 ないと

▼ せる近道~ (2, 0.0%)

2

▼ せる迫力~ (2, 0.0%)

1 をひそめ, をもっ

▼ せる退屈~ (2, 0.0%)

1 ですから, な田舎

▼ せる連中~ (2, 0.0%)

1 であつ, ですからね

▼ せる遺品~ (2, 0.0%)

1 にし, によれ

▼ せる遺物~ (2, 0.0%)

1 の鐘, を鑑賞

▼ せる部屋~ (2, 0.0%)

1 だけでい, ではありません

▼ せる~ (2, 0.0%)

2 の流れ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 景も, 籐キリキリ

▼ せる重い~ (2, 0.0%)

1 圧迫も, 壓迫も

▼ せる野望~ (2, 0.0%)

1 につかれ, にみいられ

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 の獣, もコンクリート

▼ せる~ (2, 0.0%)

2 を口

▼ せる鋭さ~ (2, 0.0%)

1 であつ, をいう

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 を竹片, を見

▼ せる長き~ (2, 0.0%)

2 睫毛に

▼ せる門下生~ (2, 0.0%)

2 は决

▼ せる間裏口~ (2, 0.0%)

1 から土蔵, から土藏

▼ せる限り~ (2, 0.0%)

1 において眞, に於い

▼ せる雛段~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ せる電気~ (2, 0.0%)

1 がすなわち, の流れ

▼ せる音楽~ (2, 0.0%)

1 と相, の花

▼ せる顔色~ (2, 0.0%)

1 の表, はこの世

▼ せる風情~ (2, 0.0%)

1 ですね, は劍術

▼ せる風物~ (2, 0.0%)

1 である, の味

▼ せる飛行機~ (2, 0.0%)

1 による宝探し, の一万里

▼ せる~ (2, 0.0%)

1 を毎日三斗, を食わせる

▼ せる香気~ (2, 0.0%)

1 が天地, を発する

▼ せる鬚武者~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ せる魔力~ (2, 0.0%)

1 をも備, をも備え

▼ せる魔術~ (2, 0.0%)

1 のよう, を持っ

▼ せる鴫沢~ (2, 0.0%)

1 の椅子, の顔

▼ せる黄金~ (2, 0.0%)

1 の指環, の毒

▼1* [3098件]

せるひだにも, せるあきらめもついた, せるあすこの場面, せるあたりには微か, せるあなた様でも, せるあふひ故神, せるあまりにも謙讓, せるあれなので, せるあれらの姿は, せるいかにも日常生活的な, せるいたいたしさだった, せるいっぽうで法定後見人, せるいとも困つた役, せるいまだあらず, せるいやもう来, せるいろいろな方法, せるいろんな厄介な, せるいわゆる高等下宿屋なる, せるうえにも適当, せるうたていの外, せるうつくしい眺めであった, せるおそろしい薬が, せるおどけ者の運命, せるおまへを襪紐, せるおもかげともの, せるおもいで鍛冶富になれなれしく, せるおもりとなった, せるおりにもし, せるお化けを小豆洗ひと言, せるお家の禍, せるお寺にも春, せるお母さんでもない, せるお礼じゃない, せるお金を別, せるかけ菜のある, せるかしなくては, せるかしらないが, せるかたなのに, せるかつすべての, せるかつてあつちから, せるかといった具合の, せるかとの試問に, せるかについて一例を, せるかまた葬式の仕方, せるかまでをも指定し, せるからこそ十両は, せるからという条件で, せるからなそれまで, せるからに神代なす, せるからは本物でない, せるかわいい小甕, せるか細く丸く尖った顎, せるがよかんべ, せるきらいがあります, せるきりだつた, せるくだりにおいては, せるくちおしさと, せるくらいにはじゅうぶんコゼット, せるくらいは朝飯前である, せるぐらいが関の山かな, せるぐらいじゃいかん, せるぐらいな理論を, せるぐらゐのことはさまで苦, せるぐらゐの孔がふた, せるぐらゐはどうかと訊ねた, せるえ, せるこいつを三々九度, せるこういわれて, せるこうして次第にアルコール, せることいつの年も変り, せることこれがほんとう, せることさへあつ, せることそこにほとんど, せることに今夜の, せることひととおりでは, せることほか芸のない, せることヘラクレスのごとき, せることルカヌスの, せること上の如くなれ, せること両親といへ, せること主体のため, せること二十杖の後, せること京師に聞えけれ, せること人類に貢献, せること今日のごとき, せること他人の自由, せること以上に好き, せること位は詩人, せること前にも述べたごとくで, せること十二ヶ月にし, せること博愛的事業や児童心理学, せること圭角を削り, せること多大なもの, せること容易でない, せること幾回なるを, せること幾度ぞや, せること救護班防火班防毒班工作班は大人, せること日常生活の合理化, せること明らかである, せること最寄りの百姓, せること流石は専攻科, せること王者にふさ, せること發覺し遂に, せること美徳に悪徳, せること蔚州を囲める, せること複雑な事件, せること論なく神功紀, せること豌豆の一つ, せること過度の健康者, せること酷えや, せること長期にわたる手術中, せるころである, せるころ砂丘のあ, せるこんなくどくは, せるごと御大将みずから采配, せるさえあるに, せるさすがに規模, せるさま幾箇の火山, せるさらりと簾, せるしずかな微笑, せるしづかでおだやか, せるすじがある, せるすすり泣きの声, せるすばらしく重いハンマアで, せるそれからまた小半刻顎十郎は, せるそれらの知力, せるそんな子供も, せるぞという悪党らしい, せるたいへんな御馳走, せるたくみである, せるたちの女, せるたってあんまり便利, せるたびに左側, せるたびごとに身, せるためお呼びになった, せるためかつはいったん, せるためそこはよく, せるためそれぞれ志す方, せるためバルザックを当時隠退, せるためパリーへ急使, せるためラストのヴァラ, せるため一纒めに要約, せるため三成社を株式会社組織, せるため京子の眠る, せるため代官自身に認めた, せるため停車場の待合室, せるため冥罰により, せるため冷水摩擦のた, せるため別に溜め, せるため唐突な召喚, せるため大牢から出し, せるため宮様御降嫁, せるため家伝を倍加, せるため市之丞殿を土牢, せるため帰宅した, せるため幾度となく, せるため弟子の阿闍梨, せるため彼らのうち頑強, せるため彼女がはじめ, せるため慘死す, せるため戦闘艦にエルネスト・ルナン, せるため手引をする, せるため拷問する芝居, せるため断乎として迫った, せるため旅行中片時も手許, せるため暗澹たる江上, せるため植源を出, せるため楮幣拒否のかどで捕えた, せるため極度の緊張, せるため死に臨む, せるため消防に十分の實力, せるため漁船をおろし, せるため真面目な職業, せるため精霊がおまえ, せるため組合民主化運動と称する, せるため自然と彼女, せるため藩士だけに金魚飼育, せるため貴重な時間, せるため酢にひたした, せるため金米糖を席, せるため鉄串か箸, せるため長州藩が利用, せるたよりだつた, せるだけという結果に, せるだけに発達し, せるだけにしか役立たなかったあの, せるだけをいわせて, せるだに寂寥は, せるだのお前を, せるちょっと見ると, せるついでにクリーム, せるつつじあれども, せるつて奉行所へ行, せるつて言ふ法, せるつめたい北風を, せるつもりぢやなかつた, せるつもり一つは繼母, せるつもり営倉に糺明, せるつやもなく怖し, せるつよい理由が, せるでたらめだとは, せるというは心掛けが, せるといつた東洋的雰囲気は一見, せるといつて白玉椿の実, せるといふだけでは, せるといふだけの目的では, せるとおりのことば, せるとかいふ要素も, せるときこれを左, せるときアッシーリア人の敗れ走れる, せるとき主計之助, せるとき其二子アデランメレク, せるとき忠孝忠孝というかけ声, せるとき正面の戸, せるとこだった, せるところが女の, せるところ何人をも退けし, せるところ夜は則, せるところ妙に弱々しい, せるところ爺の方, せるとさえ言えば, せるとしか見えないの, せるとしては如何で, せるとしても拾った金, せるとても高いどうも, せるとでも思ってるん, せるとにかかわらずこの, せるとりわけ風の音が, せるとわわわしは, せるとを問わずこの, せると迄は行かないの, せる食う物, せるどうせ親父は, せるどころでは, せるなかだちともなった, せるなくもがなと思ふ, せるなぞ明暦以来は一層, せるなぞ胸の空く, せるなつかしさで, せるなつかしい郷里の, せるなとか事を, せるなとでも云いたいよう, せるなどといふことも, せるなにもなかっ, せるなめらかな磯五, せるなりという, せるなんざ僭上の沙汰, せるなんざ助平なお大名, せるなんざ親分も殺生, せるなんぞは時勢では, せるなんらの注意, せるにおいなどのつい, せるにぎやかな声, せるにつれ彼によって, せるにべんりな, せるにもほどがあらあ, せるにより泥士に, せるによるなり, せるによるのみ故に若しよく, せるに際して可煩き, せるあらゆる意味, せるのぞみはなかっ, せるのちにその, せるのみか自分の, せるのみとなつた, せるのみにして, せるのみにて気乗りせず, せるのみのことで, せるの何のと云, せるの妾にする, せるの年月も分らず, せるの快活にする, せるの罪によってまさに, せるの迚も面白い, せるはかへつて素人, せるはげしき相手だった, せるはずみに手, せるはまことは動智, せるつかりでした, せるばかしか安眠, せるばかりかはええはなし, せるばかりじゃない世界, せるばかりでなかなか出, せるばかりにはやや嬉しき, せるひと花も君, せるふうである, せるふたりの者, せるふぶきと大地, せるいげん, せるへとへとのわが身, せるえ, せるべらぼうがある, せるほか仕方がない, せるほか何の目的, せるほか効果はな, せるほか能のない, せるほそ長い赭顔に, せるほどきらびやかな歡喜, せるほどここの風景, せるほどどこの家庭, せるほどには怒らない, せるほどみじめな看客, せるほどエゴイスチックな人間, せるほどテーブルの上, せるほどデリケイトの物, せるほど不愉快に思ひ出され, せるほど何が何やら, せるほど充分に強い, せるほど冷やかに竜, せるほど冷静な態度, せるほど前進し高められて, せるほど力のある, せるほど勇敢なる吉宗, せるほど十分では, せるほど博士に価値, せるほど吸引する, せるほど困難なこと, せるほど国分君はすばらしい, せるほど天道は無慈悲, せるほど夫婦の愛情, せるほど好きだった, せるほど寛大でありました, せるほど封建的な物見, せるほど年は老ら, せるほど幽かな花, せるほど急速にあの, せるほど愕かせた, せるほど有力であったとは, せるほど柔かにする, せるほど根をつめた, せるほど残虐をきわめた, せるほど浮氣な修業, せるほど熱心であった, せるほど物質的に精神的, せるほど特別なもの, せるほど率直な真実探求, せるほど現象的な面, せるほど甚しいもの, せるほど町民が無気力, せるほど窮しても, せるほど筆がいう, せるほど素直な歌, せるほど絶え間ない人出入り, せるほど美くして, せるほど色合の強い, せるほど苛酷でなかつた, せるほど蟹田の町, せるほど複雑怪奇では, せるほど記憶に残らない, せるほど話の局所局所, せるほど豊満でいつも, せるほど豊饒でないから, せるほど貴様の罪, せるほど質問をしなけれ, せるほど陽がある, せるほど雑鬧して, せるほど髪の艶, せるほぼ理想的な, せるほんとうに忠義, せるに竹内, せるまことの力, せるまさに是の, せるまちである, せるまでと笹野新三郎の, せるまでにも何度説いた, せるまま少なくも二日以上, せるまま姿を消したる, せるまま死せる人間, せるまま満枝は儚, せるまま船前を見つめし, せるかみみれば, せるみたいなもの, せるむき出しな人間, せるむし暑さに, せるむやみに多く, せるもくろみだったに, せるもしくはホログ, せるものさへあれ, せるものそれを例えば, せるものユダヤ教ありイスラム教, せるもの一三〇八年反逆の罪, せるもの一二を挙げる, せるもの一人も生れたる, せるもの一千三百二十三万八千百八十四円神会の資本, せるもの也など, せるもの二百三百忽にし, せるもの今なお多く存, せるもの何がし, せるもの全国において四十一個所, せるもの八十五万人ドイツより九十万人, せるもの六十余人あり, せるもの六百二十三万六千九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, せるもの勘からず, せるもの十万人の多き, せるもの南畆の家, せるもの喜多村信節の画証録, せるもの堆積す, せるもの大数七百万人ありと, せるもの大根は下剤, せるもの天父の堂, せるもの夫が実践, せるもの孝子節婦の親夫, せるもの寡なからず, せるもの幾百通なるを, せるもの幾種あるを, せるもの彼等は其の, せるもの後に随, せるもの思想運動の原理たる, せるもの数軒を数, せるもの日本にて作られ, せるもの昔のガレオット, せるもの晩年テバイを出で, せるもの朝鮮より伝来, せるもの父神の堂, せるもの皆直ちにその, せるもの皮やむくべき, せるもの目の位置上方, せるもの社内よりは幸徳, せるもの等数百項の多き, せるもの英国に帰り, せるもの萬國より來, せるもの血汐は顏, せるもの路傍に並列, せるもの雨となり, せるもの頃日ようやく出口, せるもよからむ, せるもんぢやあない, せるもんぺがある, せるやいなや身を, せるやうぢや大した, せるやう尽力を求める, せるやう手配なすべしと, せるやう東向の部屋, せるやう習慣づけた, せるやっぱり渡辺の, せるやとて窺ひ知らん, せるやはりあの時代, せるやり方で面白い, せるゑんともな, せるゆえ嘆くに, せるゆえあちらで待て, せるゆえ一括して, せるよう兄へ諫め, せるよう初めにはわざと, せるよう努力致します, せるよう夫人の註解, せるよう民衆の教化, せるよう貞操にふれない, せるよう飼育班を編成, せるよき物を, せるよくお聞き, せるよごととも言, せるよさとつきるところ, せるよしを述べ, せるよりか自然に, せるよりもも一つの, せるよれよれ銘仙の口綿一枚, せるさにや, せるわが信を, せるわしの苦痛, せるわねあんたは, せるわれの学問, せるわれわれも思わず, せるんだい見えない目前, せるアイスクリームが当時, せるアエネアスを慕, せるアスカニウスの墳, せるアストン先生の書中, せるアナーキズムとおのずから, せるアメリカ追従外交政策によっては断じて, せるアリストテレスの言, せるアルコールに, せるアルゴスの目, せるアンジョーラと相, せるイタリア東北一帶の地, せるインテリであった, せるウィリアムが立ち上った, せるウチがある, せるエスキモーは死んだ, せるエルテルの詩人, せるエレーンと艫, せるエントロピーの量, せるカエサルにむかひ, せるカザクブルトコーカンド等の部落, せるカジョーリ博士なども尽力, せるカテゴリーが生産技術上通用, せるカフェテリヤもなけれ, せるカプリの島, せるカレドニアの海賊, せるキッカケになっ, せるキリストサマリアの女, せるクラヴサンの音楽, せるグエルフィ黨及び寺院, せるケアスの子, せるゲスネルの判断力, せるコマはこの, せるコルトーの方, せるコンソメに魚, せるコンタンさね, せるサンニタ人とローマ人, せるサン・クリストバル山に登る, せるシアトル市の如く, せるシャフトである, せるジャイロです, せるスケヂュールを変更, せるスケッチに拠り, せるスタイルだ, せるスタンダアドとなるべき, せるスペインの人口, せるスペイン王党の騎兵大尉, せるスープというの, せるセリフを皆, せるソンナ奴がある, せるダンテの誤り, せるチャンスはない, せるて, せるテーブルを別ち, せるディレンマについて, せるデモンをもっ, せるトック君の心霊, せるトツク君の心霊, せるトリックそのものがソックリ, せるトルストイの手紙, せるトンビ姿の男, せるドイツの恐るべき, せるドイルではなく, せるドノバンをたんか, せるドーブレクの身体, せるナザレの邑顕, せるナヂェージダが無性に, せるナポレオンはネー将軍, せるネブタというもの, せるハカリゴトにも利用, せるバネがぬける, せるバルコンに登り, せるバーがある, せるパトロクロスを棄て去ら, せるパレットの紅, せるパンをこ, せるパン屑とが混合, せるヒントもまだ, せるビールをとっ, せるピアツツアデルグランヅカ其外美しき古代, せるピュラモスを見, せるファウスト博士の大見得, せるフォスコロの説, せるブリキの大, せるブレトンの男, せるブレンタの側, せるブレーンの時代, せるプリュウンというもの, せるプロシア騎兵の蹂躙, せるプロレタリア諷刺劇又は諷刺小説, せるヘクトール又進ん, せるベッド蚊帳におさまっ, せるベリーを見た, せるベルツ博士にまで診察, せるベルナルドオには殊に, せるペルシック号にてロンドン, せるホーベスに聞く, せるポタアジュとスパゲティ, せるポツシビリテイを持つ, せるポラーノの広場, せるマイナスになっ, せるマッケンゼンモオデルゾオンフォゲラア等の青年畫家, せるマリアなりき, せるミコを慰めた, せるメスに片手, せるモンテェニュのごとき, せるモンテエニユの如き, せるモーメントになるだろう, せるヤクザではない, せるヤツは何ヤツ, せるユトリロふうであるとしても, せるヨオロッパ諸国の初期, せるヨバテースの強兵, せるラムネエが彼, せるリエジョアの手法, せるリギ鉄道に比すれ, せるリバダビット街を一過, せるリンダに於ける, せるルッカの町, せるレオノオレよ, せるレーゲルこそこの, せるローヌ河は水, せるローマ帝政時代の末期, せるローマ教の尼僧, せるワケにもいかない, せるヴァルミキ仙人来って, せる一とつになるなら, せる一世の雄, せる一事は, せる一事件が起った, せる一二語を言う, せる一休禅師のコツ, せる一作物ありて, せる一例であろう, せる一個世伝の君主, せる一典型としてあらわれ, せる一分の用に立たせる, せる一区一万五千坪の地, せる一因になつ, せる一大山脈の一部, せる一大政府党を有, せる一大政府黨を有, せる一大樹の矗, せる一大灣を館山灣, せる一大花崗岩の屹立, せる一女性にあて, せる一如である, せる一字一画は号泣, せる一家を中心, せる一寸品の良き, せる一寺院なりき, せる一少女のため, せる一幕物のご, せる一彩色である, せる一応のデモクラシー, せる一手であるが, せる一手段であるかも, せる一政權と前科者, せる一文あり, せる一文化現象として将来異常, せる一斑を見る, せる一方法になる, せる一方甲斐も知友, せる一方自らはザンブ, せる一方里の範囲, せる一日料の米, せる一時のイタズラ心, せる一時期がある, せる一時間余りやって, せる一書生としての栄誉, せる一根の悪, せる一條の銅線, せる一機関として中央労働委員会, せる一段がある, せる一氣呵成の調, せる一水兵は我太平洋艦隊, せる一火山島にし, せる一炬火を生む, せる一点を私, せる一片の文, せる一生に於い, せる一番大きな点, せる一章に採れり, せる一老女あり定めし此家, せる一致を得る, せる一般の人々, せる一般的尺度に対立, せる一落の山廓, せる一記事がありました, せる一貫したもの, せる一部の日本鑑賞家, せる一隅に在った, せる一隊の兵, せる一青年は一念, せる一面に史上, せる一頌を除け, せる一館あり, せる万感の渦, せる万象万化みなことごとくわれ, せる万顆の零玉細珠, せる万骨にたいしてもわれら, せる三与吉の後家, せる三世紀の異端者, せる三十七名の水兵, せる三十五名のうち, せる三十封度の金, せる三升会は七月七, せる三日間では, せる三椏の蕾, せる三輪の万七, せる上品なていねいさ, せる上山作で之, せる上方言葉をもめずらしく, せる上杉氏を助け, せる上流の人, せる上草履の音, せる上達したらば, せる上野の処士高山彦九郎, せる上長官は自分, せる下女の身の上, せる下宿屋の一室, せる下屋造の煙突, せる下層の三境涯, せる下手の池, せる下拵えであったと, せる下書きをした, せる下男がおもしろ, せる下町の娘風, せる下痢に悩まされた, せる不可分の有機的全体, せる不可思議なもの, せる不安がある, せる不愍さを想います, せる不揃いの文字, せる不粋なやつ, せる不純なる人, せる不自由さもない, せる不逞の者, せる不遇なる大, せる与党の一部上陸, せる与里の母, せるのすべて, せる世にも忌わしき乞食僧, せる世潮の中, せる世間と批評家, せる丘上千年の老, せる丘山は草木絶無, せる丘陵の間, せる中国のプロレタリアート, せる中国人の人物選定, せる中園の酔, せる中央に立ち, せる中村七三郎と五郎, せる中門の力士, せる丸髷束髪のいろ, せる主人は無い, せる主婦に鶏卵一つ進ら, せるを勸め, せる乗り合いは順繰り, せる乗馬車駕駝象の大, せる乘客は恁, せる乞食芸人の徒, せる故に採らず, せる乱行にすぎず, せる乱酔させる, せる乳児は母乳, せる乳兒は母乳, せる乳房のふくらみ, せる乳汁をとる, せる亀背の一寸法師, せる予報は純然, せる予定である, せる事さへあつ, せる事ゆゑここの思入, せる事例なり, せる事功いつまでかまた, せる事変の目撃者, せる事実明白なるにより, せる事実等の一部一部, せる事常なること, せる事彙辞典類の刊行, せる事態を鎮圧, せる事業家は争う, せる事物の縷述, せる事理新たに立てなけれ, せる事神職の言, せる事等はしない, せる事識者の共, せる事雲泥も啻, せる二三の人士, せる二三丈もある, せる二三人の女房, せる二十七日に確答, せる二十世紀の今日, せる二十五三十五十または百冊, せる二十五歳から少し, せる二十余名はここ, せる二十六七の青年紳士, せる二十六七歳の美, せる二十六歳の処女シャロット・ゴルデー, せる二十円あれば, せる二十四篇のソネット, せる二号活字の長文電報, せる二名族の長者, せる二女優と共に場, せる二客軍服の上, せる二心皮が再び, せる二種の人々, せる二重の意味, せる二首の和歌, せる云々という考, せる五六千尺の一帯, せる五千の精鋭, せる五指の間, せる五月蠅さに堪りかね, せる五百の重, せる五百人に余る, せる五絶の如き, せる五通の戀文, せる享楽ではある, せる京伝の口, せる京師の, せる人々さへ, せる人ぢやない, せる人となりて蘇生, せる人以外睦び合う人間, せる人体に生かせる, せる人入れ稼業となり, せる人力車の旅, せる人夫四名の中氏名不詳, せる人数の欲求, せる人文科学にし, せる人格的生活を開拓, せる人衆おほき, せる人込みの中, せる人間精神の発現, せる人骨の遺れる, せる人魚とはこんな, せるよりし, せる今一台の箱自動車一九三六, せる今度は向, せる今度のは丁寧, せる今日三百円の高利, せる今日食ふこと, せる今更児玉希望は, せる仏国ドレフューの大, せる仏国東洋艦隊に属, せる仏教主義の新聞, せる仏教研究学派が世界, せる仏殿があり, せる仏法といえ, せる仕事帰りの農婦等, せる仕儀に到, せる仕向をする, せる仕度にかかつ, せる仕打はこの世, せる仕掛けにした, せる代わりに門, せる代表者の頭, せる令夫人よりは骨, せる以ての外の非行, せる以上僕は君自ら, せる以上彼は當然人肉愛用者, せる以上教学と真理, せる以上誰か糸を引く, せる以上返事をうながす, せる以上駕籠を早める, せる家より, せる仲見世の敷石, せるも或, せる企てを放棄, せる企図を持つ, せる伊兵衛の死相, せる伊勢平氏の子弟, せる伊太夫の命令, せる休み茶屋のよう, せる会友たちのよく, せる伝説の部落, せる伝説等に散見, せる山を, せる低い自嘲の, せる低音部のくりかえし, せる佐久間艇長の遺書, せる体力が心地よき, せる体系によって書かれた, せる何ぞ自ら身を, せる何等かの理由, せるの弟, せる余弊として貧民, せる余興をやった, せる佛詩人モオリス・ド・ゲランの, せるである, せる作他力の作, せる作例が多い, せる作品集です, せる作戦ではない, せる作業者はそれ, せる作法までが一つ, せる作者の言葉, せる例証となし, せる依頼書はほぼ, せる便として洩れた, せる便宜を得させた, せる係累なき青年紳士, せる促進的な機能, せる俊太郎の細身, せる保姆カイエクを葬り, せる信仰を有したる, せる信平さんは此平三郎, せる信者の霊魂天主, せる信頼やたびたび, せる俣野義郎なるもの五六度, せるを只今目前, せる俳人のいかに, せる俳優がゐない, せる個人的特色ある教育家, せる個性を与えよう, せる個所もある, せる個所尠からざる, せる倚子にて昔ローマ, せる倭國の使人, せる倶楽部だのホテル, せる偉人ともいうべき, せる健康の童子, せる偶像崇拝の風習, せるに, せるはありますまい, せる働きさえ私, せる僧正が十字架, せる價値を主張, せる儒教の徳治主義, せる儘主人と相対, せる優しさを, せる元兇だ, せる元林院址とか光明皇后, せる元気の発露, せる元義の歌, せるは屋上, せる光子を彼, せる光明后の面影, せる光景外の山, せる光線が眼, せる児童文学はどの, せる党派政治家と大, せるを貫き, せる入費にする, せる入道清盛さても, せる全く独創的の, せる全体主義国との対立, せる全体性をいう, せる全員を容疑者, せる兩階級の共, せる八つの谷間, せる八代子と千世子, せる八田巡査は思わず, せる八等官コワリョーフ氏のもの, せる八索一個を捨てれ, せる八虐の中, せるの機会, せる公園によって飾られ, せる公子の姿, せる公式用語がこれ, せる公民の多数, せる公然の機会, せる公私逆立ちの形, せる公立小学校を参観, せる共同施設において誠心, せる共和思想なり而, せる共産党員の暴動, せる共通の信仰, せるは無い, せる兵力のため反撃, せる兵器の発見, せる楽しさ, せる其の傍には, せる其上に自分, せる其中に交つて, せる其人なるべし, せる其場の光景, せる其面が憎く, せる内容あり夢幻, せる内情を詳, せる内生から直接, せる内臓の諸, せる円太郎馬車の寂然, せる円柱状の茎, せるが来た, せるい硝子, せる冷やかな東風, せる冷酒はしん, せる冷静を以て, せる凄味の相手, せる凄惨な蠱惑力, せる凍結剤を絶えず, せる凝集せる精神, せる出刃庖丁を蓉子, せる出来の悪い, せる函数四万八千個に及ぶ, せるに片手, せるにはどこ, せる分析をし, せる分裂離反相剋を見出し, せる分量が餘, せる落と両側桟敷の, せる切ない思いを, せる切掛を合図, せる切符は五十七枚, せる刑事も心細い, せる刑場でもあったらしい, せるをなし, せる初々しい高等な, せる初秋の風, せる別勢は日向, せる別天地どうやら昔私, せる別録の殘篇, せる利子率を与えざる, せる利害関係の勢力, せる利潤率を得る, せる利益のある, せる刹那の物凄い, せるが立つ, せる刺撃成分を吸収, せる刻限が近付い, せる前下の関, せる前衛として赤色陸, せる前面の様子, せる剣状で白緑色, せる意義も, せる創造的價値を持たない, せる創造者であると, せる剽悍な顔, せるの問題, せる劇場は美, せる力一杯に警官, せる力士一二人あり, せる力学的原理を認めよう, せる力強い暗示であった, せる力私を生かし, せる功名よりも更に, せる功名高誉とりどりなる中, せる功徳をただ, せる功焉より大, せる加古川の口, せる加藤子爵などはその, せる労働価格の下, せる労資共同委員会の設置, せる効用をもつ, せる勇將は, せる勇猛のサルペードーン, せる勇猛心で表高六万石, せる動作によって緊張努力, せる動機不明の変死事件, せる動物です, せる動的な根本因子, せる勝利となり, せる勝地がある, せる勝手気ままでしかも, せる勧善懲悪美談の趣味, せるに夢心地, せる匈奴人の左右, せる北方でも饒舌, せる北条の失望落胆如何, せる区域甚だ広大, せる十あまり七條憲法見るがた, せる十七ヶ國の末尾, せる十二時間のこの, せる十二段家ではなく, せる十五億の蒼生, せる十拳の劒, せる十拳剣を抜い, せる千万人の中, せる千丈の絶壁, せる千兩箱の中, せる千葉氏の如き, せる半建ての別荘, せる半日画をかかせる, せる半月山社山黒檜岳太平山等を含む, せる半面とその, せる卑しげな, せる卑しい恐怖を, せる卑俗と空虚, せる卑見書を発表, せる南北二個の半球, せる南部混乱せる西部, せる単純なもの, せる博学さまた例えば昨日みたい, せる博物館めいたもの, せる危く鉄瓶の口, せる即ち謙虚な, せる却って田舎には, せるさが, せる素と, せる原則を一般, せる原子を意味, せる原子爆彈に至っ, せる原案を調和整理, せる原理は二百年来, せる原野の中, せるた國益, せると呼ん, せる友だちは南, せる友子が三時, せる友情等々数へ上げれ, せる蒭獣は, せる反対の働き, せる反抗心が燃え, せる反語の圧迫, せる反響としてかく, せる叔母を憎んだ, せる叙事脈の呪言, せる叙事詩であった, せる叙述に至った, せる口上が流れ, せる口吻が感じられる, せる口実を捜した, せる口約もした, せる口約束までしました, せる口調であります, せる古ければ焼く, せる古めかしい手段な, せる古今万国の諸, せる古俗と相, せる古城在り, せる古画の鑒定, せる古都を掩, せる翁の, せる台所と育児, せるの報知, せる各種の珍花名木, せる合図の信号, せる合理性が欠け, せる合間に水, せる吉原一廓の煩悩芸術, せる同じ店頭に, せる同胞を非難攻撃, せる同高の等高線, せる名人らしい方, せる名作である, せる名家の著, せる吏人に久しく, せる吏員により, せる吾等は不覚拍案快哉, せる周瑜は生き, せるの言葉, せる呪言の発言法, せる味噌漉で豆府, せる呼吸がなかなか, せる和やかな雰囲気, せる和文數千の種字印刷機兼植字機, せる咎ゆゑに, せる哀れな姿, せる品物でした, せる哲学館が火災, せる哲理の外, せるにかちかち, せるの作品, せる唐臼などもすぐ, せるの娘, せる唯一匹の悪魔, せる唯物論思想が, せる商人の子, せる商家の婦, せる商戸金色燦爛として遠目, せる善鬼もかねがね, せる喘息の声, せる嗜好品ですが, せるうべきドグマ, せる嘉悦氏もまた, せるとなった, せる器械をもっ, せる噴射艇であって, せる噴火口は西側, せる噴霧器の役, せる嚴命を思ひ, せる四季の人事風物, せる四旬節祭の説教者, せる四角な顎, せる四騎手はいず, せる回春薬の最上, せるとなった, せる困難は自分, せるどりである, せる図々しさと, せる図書館の数, せる国体の原形, せる国土と蒙昧, せる国土計画の下, せる国学者が之, せる国家万能主義を迎合, せる国民生活の反映, せる国民的新特色, せる国民的協力を示され, せる国経は今宵, せる國原にか, せる國家萬能主義を迎合, せる國民詩曲としてまた, せる圓滿を有する, せるをもっ, せる土偶のみ, せる土台となった, せる土地ボロニャに手, せる土地地代集積せる消費税, せる土砂が流れ下る, せる土蔵であった, せる圧迫的な印象, せる地たるを覚ゆ, せる地勢です, せる地名ではない, せる地域であって, せる地方教育官庁はその, せる地方目撃せる事物, せる地方講演に出席, せる地点であって, せる地獄の騒音, せる地球及び他, せる地球人類の総数, せる地道な見と, せる地面を人, せる坊主も罪, せる坦道を小涌谷, せる坩堝のよう, せる垢抜けのした, せるの如, せる城壁今なお存, せる城市われらを守るべく, せる執拗さをもっ, せる培養器だって日光, せる基督教徒非基督教徒, せる基礎に致命的, せる基金が従前, せるより陳, せる場処もなかっ, せる場合何れもこの, せる場合彼女の表情, せる場所ぢやねエ, せる塞外種族の處置, せるからい糠雨, せる塩化鉄で衣類, せる塩竹の子のみ, せる塲合にし, せる墓地に至る, せる墓誌なぞ読み, せる増加に対する奨励, せるには中形, せる士族病人に棄てられたる, せる壮観を呈した, せる声援を与えた, せる売り声を競う, せる変態あり, せる夕方など恋, せる夕雲に仏, せる外界をいう, せる外貌姿態に二人, せる外部的条件に甚だしく, せる計代の, せる多数者である, せる夜半裸蝋燭を手, せる夜叉羅刹だなどと, せるの話, せる夢想や空想, せる夢想家でもなく, せる夥間の一人, せる大切の釣り竿一本, せる大化改新を再び, せる大口を月, せる大和魂という奴, せる大場部隊長の苦衷, せる大学の書生二, せる大学出諸植物学者, せる大家根幾何と云う, せる大工石工人夫ら二十余名が手, せる大廈はすなわち, せる大手を振っ, せる大敗して, せる大敵のあらん, せる大木がまだ, せる大林すなわちタライ・ジャンガル, せる大根の美味, せる大権も与えられ, せる大洋の悠々, せる大洞利八が別荘, せる大火を予想, せる大燃崎野尻持木兩部落の間, せる大物がビクター, せる大王会戦中の傑作, せる大聖大賢の言, せる大胆な冒険, せる大脳の皮質, せる大臣六十余名延べ百三十余名といわれ, せる大蛇のやう, せる大軍器は遂に, せる大通りがある, せる大金です, せる大面な上等席, せる天井から奪, せる天人の像, せる天候を卜, せる天女の松, せる天孫種族の民, せる天津橋は實, せる天真の奇跡, せる太刀風にワッ, せる太陽系の滅亡, せる太陽系統は或, せる太鼓の太, せるれから, せる夫人達を至急, せる夫君の親友井沢判事饗応, せる夫子の弁舌, せる奇声妙音また大正末年, せる奇態な女, せる奇手が現, せる奇癖をもつ, せる奈良朝の古, せる契機をつくつた, せる契約を含ん, せる奥座敷の縁, せる女たちではあるまい, せる女の子を率, せる女らしさが, せる女事務員二名惨死し路上, せる女二人が風景, せる女性植物の大, せる女性観は米国婦人, せる女王あり, せる女髪結の何心, せる奴めで御座るぞ, せる好機会である, せる好範例である, せる好色ものや息子もの, せる好餌として有力, せる如く機より立ち, せる如意珠を贈つ, せる妄想に過ぎぬ, せるのいと, せる妖しい力を, せる妖怪事実のうち, せる妖気は漂う, せるがあった, せる妙念の方, せる妙椿の名, せる妨げになる, せる妨害となる, せる妻恋坂のお, せるをし, せるはそう, せる始末併し心, せる始業の鐘, せる姫君の, せる姿修行に窶れ老いたる, せる姿態をぴっちり, せる婆さんが一人, せる婚約の夫, せると云, せる婦幼に及び, せる婿はお, せる媒介物であったから, せるとしての現実, せるやかな脚, せる嫌味があった, せる嫌悪の情, せる嫌疑で入獄, せる嬰児に与う, せる子らが家ぢ, せる子供だましの壮大さ, せる子供らの頭, せる子供人と人, せる子女を殺し, せる子孫が無い, せる子守唄の中, せる存在ぶりでありましたから, せる季節はずれの南風, せるを義, せる学校制度は恐るべき, せる学長からし, せる學派の中大戴, せる學者にても目録學, せる學者數人召しあつめられむ, せる旗本の, せる安易だらしなき悦楽, せる安穏二字を榜, せる安芸国渟田の佐伯部, せる宋儒理気の学, せる宋軍は幼主祥興帝, せる宗教など昔, せる宗教あらは必, せる宗教団体であります, せる宗教方面の説明, せる宗教的君主と見, せる宗教的思想を交え, せる官憲は彼等, せる官能受用のため, せる宝物を参観, せる実に立派な, せる実体であるから, せる実力をもたず, せる実在の根本, せる実業家成巧せる政治家, せる実現の努力, せる実質的な手段, せる実践をしいられる, せる実際に見, せる実験室がすっかり, せる客観的な形式, せる宮中の雑役等登場, せる宮城野の一望千里雲烟, せるはその, せる家人を自分, せる家族団体であって, せる家柄ですから, せる家業がある, せる家系あり, せる宿舎の帳面附, せる寂しさを, せる寂靜の樂處, せる寃罪には心付くべく, せる密旨を啣むところあるが, せる富人の別業, せる富家の持地, せる寒い白さだった, せる寒さがあり, せる寛けさを或, せる實例と同, せる實在の人々, せる實業界の強硬, せる實物標本を紹介, せる寫眞を掲載, せる寸法にし, せる寸法舞台というの, せる寺院の建築費, せる封筒が飛行士, せる専有である所有権, せる将士の列, せる将来の社会, せる将校下士およびロンドン市民, せる尊厳なる目的そのもの, せる小さい室の, せる小さき影を, せる小僧を見れ, せる小刀をとり出し, せる小判形の桶, せる小天地想の作, せる小室の内, せる小屋を檢査, せる小日向臺は南, せる小松殿と時頼, せる小波が立っ, せる小生の目, せる小説が必ずしも, せる小説家と名, せる小説戯曲の仏蘭西十九世紀後半, せる小遣いなどをくれる, せる小隊を率, せる少なくとも成功した, せる少女たちの姿, せる少数の牛, せる少数者はこの, せる尚書により今, せる屍体の膝, せる山上にぴよこんと, せる山也樹木なき山也, せる山岳は甘楽秩父, せる山徑が裾, せる山村の寺, せる山林よ, せる山椒大夫という分限者, せる山水を要求, せる山水画を完成, せる山県公爵が最も, せる山縣公爵が最も, せる山脈の起点, せる山間の谷, せるの旅, せるに撞き当っ, せる岩峰にし, せる岩石は峨々, せるには最初, せるが大西洋上, せる島田髷の少女, せる崖地の方, せる巌壁を横絶, せると連, せるの水, せる川原もあり, せる巡査は両人, せる工具の感激, せる工合もそれ, せる工場内規に服する, せる工女がなぜ, せる工業会社の毒煙毒水, せる工芸上の原理原則, せるの拙文, せる左翼的な主人公, せる巧妙な手, せる巨人等の骸, せる巨岩の堆積, せる巨瓶の腹, せる巨艦を射撃, せるが影, せる己ア汝を悪, せるで何故か, せる布団や筵, せる布施そのほか葬婚等, せる布衣の学者, せる帝國高等女學校は其の, せる帝王とする, せる師父三遊亭円馬よと前書, せるがある, せる常磐樹のみどり, せる常識的のもの, せる平和論はおよそ, せる平氏の脆く, せる年乃ち紀元前一九年よりキリスト, せる年月の間, せる年結婚率の小さい, せる年貢ばかりをさし出し, せるにはたと, せる幸福な人間, せるの橇, せる幾何学だけが, せる幾分伸びやかな線, せる幾十の美人, せる幾多笑ふべき迷信的行爲, せる幾枚かは必ず, せる広い畳敷の, せる広場が心持, せる広島師範の卒業者, せるに猶, せる店山谷の重箱, せる度合は現実的事件, せる度合いをうすく, せる度毎に剩錢, せる座敷牢へ赴く, せる座標系に干与, せる庭先の芝生, せる庶民の福祉政策, せる康有為君を訪う, せる建築を凝視, せる弁護士にはなるべく, せるではない, せるさである, せる強き人格を得た, せる強く揉ませるの, せる強烈な酸性, せる当ても無かっ, せる当年十四歳の顕家, せる形態である, せる形状との優劣善惡, せる彩色摺を見たる, せる役どころでこの, せる役者の打, せる役者絵を描かず, せる彼ら二騎手の手, せる彼女らの様子, せる彼奴のこと, せる彼岸に求め, せる往年の栄華, せる征北軍を組織, せる待女郎の意味, せる律法中に新しき, せる後裔を数, せる徑路を辿ら, せる徒に華族と, せる徒刑囚の徳, せる従順な遺伝性, せる御前の合奏, せる御坂山塊の節刀岳, せる御神楽嶽飯豊山の腰, せる御馳走を投げ尽くせし, せる復讐の声, せる復讐心満たさるる事なき一つ, せる微妙の帛, せる微笑の釣針, せる微風の卵, せるか技, せる徳山には今月, せる徳次滑つこい, せる心いきはよく, せる心中には百, せる心力の分量, せる心地をなす, せる心境に帰らん, せる心外さにこれ, せる心情を発表, せる心持さへ通れ, せる心持ちとは酷似, せる心理の奥, せる心算ぢやなかつた, せる心算ゆえ大めかしで, せる心組であった, せる必要上特に職業上, せる必要上あとになる, せる必要上ここで登場人物四人, せる必要上私はどうしても, せる忍辱は, せる忘恩のずうずうしい, せる応援旗のよう, せる念珠藻科のネンジュモ属, せる忿を制する, せるれが, せる思いを与えなけれ, せる思つて見れば, せる思想空華なる落想, せる思索家が斷, せる思考力を以てである, せる性癖の如き, せる性的意識並びにその, せる性能がある, せる無きも, せる怪雲の鬱然, せる恋愛の如き, せる恋文のこと, せる恐ろしさでは, せる恐ろしい長い轂が, せる恒例の晩餐会, せるだ, せる息子もある, せる悒鬱な表情, せる患者達が多かっ, せる悩みと苦痛, せる悪名の代り, せる悪夢に脅され, せる悪戯っ子あります, せる悪癖を得た, せる悪食に変化, せる悪鬼の象徴, せる悪魔外道のまやかし, せる悲しさから, せる悲劇が作, せる悲哀の裡, せる悲鳴をあげ, せるもて畫, せる情勢に転, せる情感の深, せる情態に酷, せる情慾的発情に会わない, せる情景である, せる情緒である, せる情調も, せる惑病迷疾も一朝, せる想像ではございません, せる意圖は個人, せる意地の悪い暑, せる意気ごみだけが欠け, せる意見に従, せる意識が強い, せるをやめ, せる愚かな口, せる愛しい者が, せる愛それらが私, せる愛情と堪ゆべからざる, せる愛憐至苦のむす, せる感じが窺, せる感性的な認識, せる感覚の朦朧, せる感銘を持つべき, せる慇懃さがあつ, せる慷慨悲壮の新体詩, せる憎悪美と反逆美, せる憲兵が遣つ, せる懐古の詩, せる懐古談または諷刺, せる懐疑的自覚でなければ, せる懷かしの日本, せる懷疑主義者はいつか徹底的, せる懺悔者の背後, せるれが, せる生ける我, せる我彼を導い, せる我身を棄て, せる或はその神祕, せる戦いがあった, せる戦争の舞台, せる戦友を援, せる戦場は川中島, せる戦慄と興奮, せる戦法の系統, せる戦術なの, せる戦闘的少数者の努力, せる戦陣音信の一法, せる戯曲が低級, せる戸主解放のため, せる房主ではなかつた, せる所作が古く, せる所作事の図, せる所蔵装綴が普及発達, せる所行のやや, せる所説と符合, せる所謂解放せられたる多数, せる手もとや一つづゝ, せる手伝いをする, せる手品はいくつ, せる手管も巧, せる手荷物にはきまって, せる才能に感心, せる托児所がない, せる扮装なの, せる批評なんぞ蹴とばせ, せる批評家をばこの, せる批評眼により, せるではなかっ, せる技巧はさすが, せる技法と精神, せる技能が何, せる抑揚を感知, せる折柄雲間を出でし, せる折竹とはいかなる, せる抱擁を要求, せる押し出しのきく, せる拍子に一尺, せる拍子木をたたかせる, せる拓跋魏の健児等, せる拵え事だろう, せる拷問そっくりの, せる指なよやかな下半身, せる指導精神であり個々, せる挙動を見せ, せる振りをし, せる振舞で理知, せる挿話がゴーリキイ, せる捕物小説はわれら, せるに, せる排水路を作り, せる探偵小説か何, せる推理の鮮, せる描写なの, せる描法が絶対的, せる換言すれば, せる揺籃として役立つ, せる損害と申し, せる擬宝珠附きの, せる擬音の言葉, せる支出をしなけれ, せる支柱となり, せる支那織物に對, せる放言だ, せる政体なり文明諸国, せる政党は未だ, せる政党内閣の建設, せる政友会総務委員等は到底, せる政友會總務委員等は到底, せる政壇演説を聴き, せる政府こそ本当, せる政治をやらせよう, せる政治上の主義, せる政治家が子供, せる政治的効果をねらっ, せる政治的団体は同時に, せる政治的状態の反映, せる政治的知識人が実践, せる政策も時, せる政綱の実現, せる政黨は未だ, せる政黨内閣の建設, せるで予, せる故に私の, せる故馬鈴薯料理の試食会勧誘, せるに御, せる教会と酒, せる教区たる役割, せる教義から超脱, せる教育に力め, せる教育方法とでは, せる教訓でもあり, せる教養ある低い, せるではなし, せる数学的推理の方法, せる数度のテロリズム行為, せる数条の連脈, せる数滴の雨, せる数行の句, せる敵団体の勢い, せる敷島女子の責任, せる敷物や裸婦, せる數分の後, せる數十の島, せる數百の文字, せる文化内容をもつ, せる文化的技術がない, せる文化的条件をなす, せる文句を書きこん, せる文字通り弘法大師以来の新字, せる文学を求め, せる文学者に初めて, せる文学音曲絵画等の特殊, せる文官試驗制度の一般, せる文箱を工夫, せる文芸であった, せる文芸上の作品, せる斉天大聖孫悟空ならん, せる斎水湯の力, せる料理も味, せる料簡なん, せる斜長石の散, せる断崖絶壁を登る, せる断言をし, せるう參, せる新九郎は独り舷, せる新兵器といたしまし, せる新聞中にも右同様, せる新聞記者が大勢, せる斷崖にし, せる斷言は私, せる方恰好に見える, せる方角へ進航, せる方途ではなかっ, せる方面の寺院, せる旅路ではない, せる旅順閉塞の行為, せる旗持ちをした, せる既成の八宗, せる既成事実を成文, せる既成事實を成文, せる日和下駄の薄, せる日常のデリカシー, せる日数の段々, せる日本みやげ的油絵は生長, せる日本固有の言語, せる日本官民一般の需要, せる日本教権に対して一種骨董的好奇心, せる日本演劇の民衆的性格, せる日本画二百点を陳列, せる旦那様では, せる旨太平記に記せる, せる旨往訪の記者, せる早々殿中へ, せる早くいへば, せる早稲田の邸宅, せる早稻田の邸宅, せる明日の米, せる明星派の人々, せる明治の強壮, せる明治三十三年発行の, せる明法会の会員, せる明石龍映富小路, せるの情景句, せるが出, せるになる, せる春信の板画, せる昼飯の支度, せる時いっしょに暮した, せる時おのれも祖父君, せる時ピエールその死因, せる時フランチェスコ來りて, せる時事日報に依, せる時代精神の一部, せる時健康を気遣った, せる時偶冷水浴を爲, せる時公子容を改めて, せる時分に少し, せる時同年三月十六日の日付, せる時吾人が今日, せる時屡次その足, せる時我々の胸, せる時機ではなかろう, せる時節でひつじ, せる時荀子も職, せる時計のみ音しづか, せる時適当なる第, せる時間どおりに薬, せる時頼が陳情, せる景勝の土地, せる景教碑を僞造, せる景況の一斑, せる景色はさらに, せるに二, せる智徳に力, せる智恵と勇気, せる智者となり, せる智識や活用, せるの葩, せる暑い日が, せる暗号を使い, せる暗示のやう, せる暗色の薔薇, せる暫くの間, せる暴君である, せる暴風ともなる, せる曙光にも似た, せる曲死の方法, せる曲線の即ち, せる曲面の背筋, せる更らに完全, せる書ざまなり云々, せる書中に左, せる書中太平御覽, せる書冊出版の義, せる書生物部稲吉を殴殺, せる書目表による, せる書籍中には今日, せる書類の中, せる最初なり, せる最古の法律, せる最大原因だと, せる最良の方法, せる最長国たり, せる月謝が月々, せる來靜香大阪西横堀の, せる有難い母体であった, せる朔風が落ち, せる朝夕のうしろ姿, せる朝寝房むらくも酔いどれの噺, せるに刻み目, せる木の根には蘚苔, せる木像でそれ, せる木曾谷でも最も, せる木村嘉平に命じ, せる木板画の陳列, せる木根所々に散在, せる木鋏の役, せる木馬はアテナ, せる未だ午前であった, せる末裔の健康, せる本丸の地形, せる本文を校正, せる本然生活がなく, せる朱総の十手, せる朽葉の匂い, せる李友直を布政司参議, せる材料苛辣なる皮肉, せる材木なり, せる杖槍を取っ, せるに, せる杭ヤソの踞せし, せるを見, せる東洋文学書類の名目, せる東海道にあ, せる東清鉄道民政部長アファナアシェフ少将同営業部長ギンツェ, せる東都名所御廐川岸驟雨, せるもあり, せる松助も大, せる林氏の所説, せる果心居士の心, せる果断は難しい, せる枯尾花水車踏み出し揺れ, せる枯痩の人物, せる柏門の一人, せるかな風, せる柔らかさ日本音曲の, せる柔軟な身体, せるの幾本, せる柴田環という女, せるの実, せる之歌麿豊国ら, せるより成長, せる根元を無意識, せる根性と少し, せる根本の条件, せる根本条件なの, せる根本精神であるが, せる根柢のモーティヴ, せる根気と体力, せる根源力を描く, せる根生葉を四方, せる格好の目標, せる桂月氏をもつ, せるを立てた, せるの貯え, せるを探りつ, せる梅川忠兵衛の新口村, せる梅林と化け, せる梗端に着き, せる條中に古事記神代卷, せる梨子肌のもの, せるが通りぬける, せる棒みたいにひょろ長く, せる森林の如く, せる森林帯を離れ, せる森栖校長が大阪, せる植民地をさえなし, せる植物学教科書などを覘, せる極めて巧緻なる, せる極端な思ひ入れ, せる楽しさが, せる楽しい鐘の, せる楽器だこの, せる榻列の石級, せる構造は何, せる槓桿だったらしい, せる様只管に寒毛樹立, せる槿が林叢, せる樂音の渦卷, せるがもともたち, せる標師を派出, せる標準は一, せる標石あり, せる模様を描い, せる模様及金箔の装飾, せる模範と言わね, せる樣子はなかつた, せる権利関係の強固, せる権化の再, せる権威と名声, せる権限は警察, せるで小石川, せる樹枝に遮られ, せる機因をつくった, せる機能をもっ, せる檜葉の葉, せるの言葉, せる次序を考, せる次第になつた, せる欧化思想を抱ける, せる欲望が供給, せる欲求に基づい, せる歌五十余首あり, せる歌人にあっ, せる歌風と謂, せる歌麿の形式, せる歓声が聞える, せる倉院は, せる正体を見届けね, せる正直な可愛らしい, せる正義派の疲弊, せる正規の創形, せる此だしは, せる此の方法以外に私, せる此界に喘ぎ悩ん, せる武士を目, せる武士道とに就い, せる武田の家宝, せる武者合戦の錦絵, せる武者振りをあらわし, せる武蔵生ける盗賊, せる歩きつきで修, せる歩兵の小銃射撃, せる歩兵四十二大隊騎兵二十四中隊砲兵十四中隊を備, せる歴代政府の失政, せる歴史的意志は瞬間, せる歴史的状態によつて決, せる死体について実視, せる死後の世界, せる殉教的情熱によつて, せる残刻を悔い, せる残酷を敢, せる段取りには大, せる殷紅なる雲, せる殿様がお, せる毅然とした, せる母音となり, せる毎日であつ, せる毒物が塗られ, せる毒蚋が人々, せる比丘尼の名, せる比喩形容を見, せる比較神話学は宗教学的立脚地, せる毘沙門前の山本, せると種子, せる民族意識を保有, せる民族的文芸を更に更に, せる民衆重荷の下, せる気具合を感じ, せる気兼ねがない, せる気分でした, せる気力にあふれ, せる気勢をみせ, せる気味悪い程の, せる気品があり, せる気持ちで鮎, せる気組みも見え, せる気象学者にとってはこの, せる気遣い無い兎, せる気風をつくっ, せる氣ぢやブチ壞, せる水たまりが諸, せる水の上に無数, せる水夫といえ, せる水平社運動の標語, せる水成岩の丘陵, せる水音が人, せるの葦, せるの中, せるさと, せる汚辱と冒涜, せる汝送りまつれ, せる江戸っ子の群れ, せる江戸九軒の大, せる江戸角力の年寄関の戸住右衛門, せるに, せる池田侯爵の後園, せる決意をした, せる決戦戦争に於, せる決断に変っ, せる汽船の三崎, せる沈沒船の船體, せるを抱擁, せる河流を下り, せる油揚げはよそ, せる油煙の痕, せる油絵は解剖図, せる承四年, せる治者に復せん, せる沼沢の中, せる沼津兵学校に学びし, せる沼澤の水, せるの深い, せる泊夫藍色の浪, せる法力はありません, せる法句は五百偈本, せる法書名画金石彝鼎及び夷蛮, せる法水を恨まず, せる法隆寺非再建論, せるは相, せる波斯民族の植民地, せる波頭は, せる泥中の睡眠, せる注射をした, せる注射薬だが, せる注文をし, せる洋妾を励まし, せる洋館の病児, せる洞察によつて, せる派出所の巡査, せる流れを突破, せる流義では, せる流行競技が恨めしく, せる流謫の形, せる浅き所に, せる浅草を呪い, せる浜村蔵六の石印, せるのやう, せる浪子はまた, せる海外情勢と日本民族, せる海賊の巨魁, せる海軍の將士等, せる消費税騰貴せる労働価格, せるもて, せる涙読者の胸, せる液體の中, せる涼しさを, せる淡い影を, せる淫慾の本質, せる深刻なる記憶力, せる深夜の寂寞, せる清楚と謂, せる清水坂の非人ら, せる清雅できれい, せる渋い筆致と, せる渡唐船を見送つた, せる渡御前の社, せる渦中に投じ, せる温泉へゆき, せる温泉音を立つ, せる湖面にそばだつ, せる湯四方獻令といふもの, せる湯津々間櫛の男柱一箇, せる湯津爪櫛を引き, せる源氏の前, せる源深遠な自然力, せる漁師を埋めよう, せる漁翁が, せる演奏でありきわめて, せる漢子は数歩, せる漢訳の名, せる漫才其他喜劇的な要素, せる潮水のため, せる潮流の中, せる激しさのみが, せるのほのめき, せる瀝青もバイヤール, せる瀧口入道やがて頭, せる火口は西側, せる火星人は給仕, せる火柱はその, せる火花の如き, せる火薬の音, せる灯りの流れ, せる灰色の陰気, せる炊出しの手当, せる炎症をおこす, せる炯眼を具, せる点ローレンスが自分, せる為め一言断って, せる為め甚しき醜, せる為上京したまま, せる為政者識者が徒ら, せる為私が少し, せる為音楽をききたい, せる烏滸の沙汰, せるの迸, せる焚鐘が殆ど一日じゅう鳴りづめ, せる無人島の一, せる無償の献身, せる無味無臭の香, せる無学な醜, せる無学文盲なる男, せる無数の財宝, せる無理が不思議, せる無礼さに対してな, せる無風の一夜, せる松は, せる焼売など又, せる煉瓦の城, せる煎餅を引込め, せる煙草を貰い, せる煤烟を一掃, せる熔岩塊とすれすれ, せる熔岩流は水深二三十尋, せる熟慮と深, せる熱意さえ薄らぐ, せる熱烈な直覚力, せるの火影, せる燈火物音その他のもの, せる燐火であろうと, せるの如く, せる爆弾として完成, せる爲め一厘一錢の差, せる爲め昇があと, せる爲め激烈な絶交状, せる爲め義雄自身は有志, せる爲カエサルの攻むる所, せる父死なんとする, せる父祖が遺著遺書, せる爽快味はえ, せる片足上半身健全にし, せる牝馬らは遂に, せる牡丹の枝, せる牡丹灯籠となん呼做, せる物凄い表情は, せる物哀れな忍従, せる物語が多く, せる物語りをも, せる物騷な次第, せる特別列車は長春, せる特性がある, せる特技を持っ, せる特権を含む, せる特殊なもの, せる特質は果して, せる犠牲になった, せる犬けんかならどの, せる犬ぼくたちを見る, せる犬ビスケットにし, せる犯人自身が飲みこん, せる状一眼見るだに, せる狂歌の流行, せる狂瀾のしぶき, せる狂言できっと, せる狐疑善を脱せず, せる狗奴國を擅, せる狭いところが, せるに破れ, せるのやう, せる猟天狗先生頻に, せる太系独逸人ウンテルベルゲル氏が, せる獄吏は来らず, せる獨白體のわづか, せる獻立までも既に, せる玄徳でもない, せるに満足, せる率直な健康, せる玉井金五郎君に満腔, せる玉質柔肌態媚容冶常倫を絶し観る, せる玩具は学校の, せる玻璃窓をかすか, せる珍話だろう, せるのみすまる, せる現代娘気質とはおよそ, せる現代演劇が存在, せる現象關係の中, せるは出なかった, せる球形多汁, せる理想線のよう, せる理法の中心, せる瑞相のよう, せる瑩白色花蓋六片の中央, せるは現在, せる瓦斯は熱蒸氣, せる甘い言葉は, せる甘ったるい薬品めいた, せる甘美さゆるやかさ和やかさそんなもの, せる甚だ多き事等, せる生命を永遠, せる生徒たち時々顔, せる生活法の発見, せる生活資料以上に増加, せる生物の言葉, せる産女は鳥, せる用例がある, せる用具が真理, せる用途から出た, せる田舍暮らしよ, せる田舎の料理屋, せる田舎暮らしよ, せる由叔母さんせっせと小遣帖, せる由子であつ, せる甲斐の白根山系, せる申し分なく立派, せる男心の余波, せる男性的な美しい, せる町乃ちテバイエテオクレス兄弟の死後, せるである, せる画像あれども, せる画工の制作, せるの中, せる異形の海賊輩, せる當局を刺激, せる當時より遽, せる當番の水兵, せる疲労を以てぐっすり, せるの気配, せる疾風暴雨霹靂に見舞われた, せるがあった, せる痕跡云々と認められし, せる痛語の中, せる瘡痍の體, せる発作はこの, せる発見には電流, せる白々しい悲し気な戯れだ, せる白い恐怖が, せる白く剥落せる, せる白樺の黄葉, せる白百合の香り, せる白砂と青松, せる白色車と云, せる白花がよく, せる白銅貨の効用, せる白雲の間, せる白骨を, せる白鳥の羽箒, せる白鳩の説話, せる白鳳期最高の霊像, せる百戯雜伎皆此處に薈まり, せる皇帝の名, せる皿状花冕を据え, せる盗人は発覚, せるなりきといふ, せるとは体力, せる目あてがついた, せる目出度い語句は, せる目標となっ, せる目録學に無, せる目鼻立に明朗率直, せる盲者の盲論, せる直感は, せる直道は旅行中, せる相互扶助共同生活の社會, せる眉目麗しき一婦人, せる看病人も無い, せるの教育, せる眞理の標準, せる真っ白な屍体, せる真似をし, せる真偽明らかでない話, せる真壁の妻, せる真実をもっ, せる真情はこれ, せる真槍を叩きおとされ, せる真正なる近代人, せる真美を認め, せる眼二重顎大町人, せる着物であるが, せる睡眠瓦斯が余, せる睿智が人間, せる知光を有す, せる知力の時, せる知恵が出る, せる知識階級の女性, せる知里幸恵は旧, せる短篇の外, せる短編小話を左, せる短距離の間, せるであったこと, せる石塊はいつも, せる石壁を透徹, せる石山のみ, せる石工にし, せる石榻に坐し, せる石油なのよ, せる石炭に税, せる石版絵の額, せる石版繪の額, せる石階のほの暗き, せる砂丘のはじ, せる研究費は出す, せる砧木に接がせ, せる破滅の淵, せる硝子の簾, せる確りした平和, せる確約も取った, せる確証がねえ, せる磯屋平兵衛という蒲鉾, せる礼拝堂見ゆ, せるもしくは伐るべき, せる社会主義っての, せる社会主義国を実現, せる社会主義国家と国家, せる社会情操を自由, せる社会段階においてはこの, せる社会状態を見, せる社会現象ではない, せる社会的な動力, せる社会的集団的性格ほど大いなる, せる社会記事が多かっ, せる社務所の灯, せる神仏がしかなさしめし, せる神像を衆人, せる神儒仏三道は唯物, せる神変をもっ, せる神奈川県の志士, せる神徳により, せる神様のお, せる神田三崎町の川上座, せる神經軌道を, せる神軍の鼓, せる神霊界の使徒, せる神驚き乍ら戰爭と, せる禁厭ですかね, せる禪僧よりは關東, せる禮記の中, せる秀吉の才腕, せる私人の事業, せるの夜, せる科学的農業の興味増進, せる秘法を発見, せる租税は消費者, せる稀代の魔術師, せる程おうような評議会, せる程ヒヤリときた, せる程上手でもあつ, せる程不遜な眼, せる程内容的でも, せる程危険なこと, せる程土地の余裕, せる程泣きもしず, せる程深刻に, せる程無限大に相違, せる程獰猛では, せる程達者だ, せる程重大な理由, せる程頭の大きい, せる稜角ある岩, せる種々雑多な色, せる種子の用意, せる種族に尤も, せる稼業をいとなんでる, せる稽古の客, せる穂高岳霞沢岳笠ヶ岳蓮華岳常念岳大天井岳剣岳などはいずれ, せる積極的なもの, せる空地の周囲, せる空気日を照り, せるをひらかない, せる窓口となる, せる立て前をとっ, せるの像, せる竜宮が地下, せる竜王山はクメール民族, せる童子の額, せる端麗で物静か, せると竹, せるひどよめき, せる笑い上戸の猛獣共, せる笑い声が三吉, せる笑顔で傍, せるを目の下, せる符号として使っ, せる筑紫女酋, せるをなし, せるを與, せる策略にほかならなかった, せる箇所あり, せる算木も現に, せるをてら, せる節親戚のもの, せる節間を有, せる篇帙が最初, せる米国生命延長協会の校定, せるはなく, せる紀行文を書い, せる約定条件から喜平, せる収入が, せる純一性ピョートルとキーリロフ, せる純良な少年, せる紙幣などだ, せる素地をつくる, せる素材としてはいろんな, せる素直さと正直さ, せる細工をした, せる細胞のごとく, せる細谷川の音, せる細長い地下茎から, せる細長き細絵, せる紳士淑女などが一番, せる終曲こそは打ち倒された, せる終止形だと, せる経世家桃青は意気地, せる経営をしなく, せる経路ばかりを追っ, せる経験があります, せる結婚式などというもの, せる結婚生活が恋愛, せる結果それが単に, せる結果労賃が騰貴, せる結果夜十時半太陽すでに地平線下, せる結果自意識は病的, せる結社の内偵, せる絢爛たる回想, せる絶体エネルギーに帰し, せる絶対の本体, せる絶対境は要するに, せる絶対的な必要, せる絶対的実在性を要求, せる絶対者に即した, せる絶対論者である, せる絶頂に我等, せる絹笠を被, せる經驗はその, せる継子という言葉, せる維久が故に, せるを擇, せる綱渡りをさせる, せる綱領にあらずや, せるを埋めん, せる緊張がはらまれ, せる緋塩瀬の紙入れ, せる所得から, せる総ての事物, せる緑萼があり, せる緒口となった, せるのゆたか, せる編者の粗, せる縦四寸ばかりの楕円石, せる繁昌地を進行, せる繊弱なかすか, せる繪看板を掲げ, せるの間, せる罪千萬供養を重, せる罪業のむくい, せる罪滅しに真赤, せるが報う, せるにも似たる, せる羅刹の罪, せる羅馬王庁の文, せる羊蹄山も見ゆべく, せる美しき工作ヨーロッパに, せる美人術だとの, せる美作ほどの人物, せる美味みを持っ, せる美女よりも確か, せる美学を建設, せる美果を人, せる美男だから, せる美魚を創造, せる群山波浪のごとく, せる群雄は各自, せる義盛以下の所領, せるしを, せる老人等の生活, せる老大樹林こそ, せる老女あり, せる老舗の下敷, せるの嫂, せる考え方が欠け, せる者らとよみがえった, せる者三名あり倉田安彦, せる者乗り合いの不平, せる者二十四名を除き, せる者二條をつらね, せる者即座に首, せる者喫茶珈琲店の巨魁, せる者四人ありき, せる者我にいひける, せる者数万人に及べるで, せる者発狂に近い, せる者相当数あるものの, せる者背を前, せる者行方知れざるもの, せる者飯がみ, せるも相互, せる耕作の限界以内, せるを冷ややか, せるき是, せる聖人のみである, せる聖書の声, せる職員を国家, せる肉体に特有, せる肉阜が附き, せる肌合の人間, せる肢体を切除, せるを通り越し, せるの低い, せるは幼芽, せる胡蝶の数, せるの紅, せる胸中の煩悶, せる胸底にはたしかに, せる胸部を剛力, せる能率で捗っ, せる脇野軍平は前々日来, せる脈絡の存するあり, せるの低い, せる脛甲の, せる脛甲汝賜ぶべきや, せるに言葉, せる脱漏あるに, せるの鑢, せる脳細胞は若き, せる脳髄をいただい, せるをもつ, せる腕前である, せるを抱え, せる膜嚢数十個を取り出せ, せる膝頭は夥, せる臣下と藩政, せる方の, せる自主的な精神力, せる自動車の車輪, せる自己同一性に置く, せる自意識と取り, せる自然価格でそれ, せる自由人間の築きあげる, せる自由党に援助, せる自由黨に援助, せる自虐的な快感, せる臭骸のみ, せる至純の境地, せる至高至善の感想, せる舊式道徳であ, せる舊知の景色, せる舞台効果によって商業的, せる舞台廻しがいない, せる舞台面があつ, せる舟車を以て突貫, せる航空標識は全部消灯, せる船丁等は宙, せる船屋はみな洗濯屋, せる船長と幽霊, せる船頭は玉網片手, せるもろ, せる良い媒介であった, せる良き林が, せる良人をもっ, せる色々の悪戯, せる色どりに外, せる色悪を代表, せる色情の悪風, せる色調に従つて, せる艶麗なる美貌, せる芥川の歌, せるに結びつけた, せる花体が吹く, せる花宵先生とあっさり, せる花托すなわち花梗, せる花托部を食, せる花托面に散布, せる花毛氈をもっ, せる花火の方, せる花畑にあやめ, せる花蓋片は六数, せる花蓋面に暗, せる花軸である, せる花軸部を食用, せる花面は五片, せるはできない, せる芸子もなけれ, せる芸術性にかけて居ります, せる芸術的遊戯の特色, せる苗族を追, せる柳敏三郎を, せる若き人々に, せる若旦那を痛罵, せる若殿原はあはれ何處, せる苦しさな, せる苦労に竦然, せる苦悶の爆発, せる苦痛のつぶやき, せる英人の大僧正, せる英吉利の詩人, せる英国の画界, せる英語であつ, せる英雄が生ずる, せる茎生葉と成る, せる草刈夥間が三郎, せる草案をもと, せる草樹の間, せる草花もない, せる草鞋の底, せる荒事の新, せる荒屋の塵, せる荘厳な恍惚感, せる菊之助か, せる菩薩こそ真に, せるは蓮華, せる華美な遊楽, せる萬卷の書中, せるの方, せる葉脈が現れ, せる葉頭とその, せる著作文章は真に, せる著作権法改正案に対し文芸家協会案, せる著者が懴悔, せる葛誠盧振等, せる葡萄圃と橄欖樹, せる葡萄牙尼僧マリアンナ・アルコフオラドの遺せる, せる蒼い天は, せる蓮ッ葉です, せるを見せた, せる薄い羽根から, せる薄曇りの寒い, せる薬剤ですから, せる薬法をもっ, せる藝術であ, せる藤原秀衡との両氏, せる藪下の蕎麦, せる蘇満国境をおの, せる蘭書等いづれも, せる蘭軒の孫女おそのさん, せるたらしい男, せる處女の雄, せるれが, せる號筒の小, せる虫歯の哲理, せる虹梁鴛瓦の砌, せる蛇王だとも, せる蜂谷の甘え, せる蜜蝋で倉庫, せる蝋燭となっ, せる蝦蟇法師への貢, せる融合の意識, せるのやう, せるの, せる蠱惑的な女体, せる血涙中より之, せる血液もやがて, せる血色撫でたよう, せる衆合躰に過ぎざるなり, せる衆生の生命, せるないだ, せる行事であった, せる行動感覚は民主主義文学者, せる行燈も灯花, せる行程なん, せる街路を私, せる衝動となっ, せるならむ, せる表現に遊女, せる表顕であった, せると竜胆, せる被告等は第, せる被害品を差し出せ, せる裁判を, せる裁決は決して, せる装置格子露台の手摺, せる補充読本を編纂, せるでゴーリキイ, せる裸体人青物市場などに見る如き, せる製図の方式態度, せる褒美を受持とう, せるが出る, せる西洋が本場, せる西洋曲馬を脚色, せる西洋番国志を採りたる, せる西部ヴァンデ地方に潜んでる, せる要件が具, せる要因が甚だ, せる要点を概括, せる要素すなは, せる見世物を見た, せる見識にある, せる親しさが, せる親切がない, せる親権を造る, せる親達もある, せる観照的意識より生じなけれ, せる觀音山にのぼれ, せる角閃小紋岩から成っ, せる解決ができ, せる解答に達した, せる言葉進退伺に書い, せる言訳さえも持っ, せる訓練を日夜, せる記録を有する, せるである, せる許しをうけた, せる許可を得た, せる訴訟事件示談金の財源, せる証拠を人, せる評論家があつ, せる詞他の著作, せる詩人風の芸術家マリイバシユカアトセフ, せる詩文等多く現, せる詩的動作即茶の湯, せる詩的情熱をもつ, せる詩的氣分の抑揚, せる詭謀である餌, せる誇りあるもの, せる誘導とはなる, せる誘導的な凶事, せる語句を摘記, せるもなし, せる説明的な言葉, せる説明的文章の納得, せる読物ではない, せる読者からそんな, せる課題であり仕事, せる調和せる自然, せる調帯だ, せる談判らしかつ, せる論文に一とわ, せる論理を構成, せる諧調でないでしょうか, せる諸侯大夫に至り, せる諸国に播, せる諸点を感じる, せる諸王をし, せる諸説をすべて折伏, せる謀叛だという, せるは, せるの言葉, せる證明による, せる識得は獨, せる識見の上, せる警官を馬蹄, せる議會は醜, せる讃詞だけを出し, せるにし, せる谷中村を拯, せる谷中村ハ今や奸悪, せる豆腐はない, せる豈宜ならずとせむや, せるも好し, せる豪奢な放蕩, せる豪族の一, せる豪農なり, せる豫定である, せる負担といふかたまらない, せる財宝を購え, せる貧民を養う, せる貧窶の妃嬪, せる貨幣所得を得る, せる責任がある, せる嬢が, せる貴き魂わが, せる貴公子はまた, せる貴重物質ムビウムの採集, せる賃金をはらっ, せる資本主義的機械産業は一般社会生活, せる資本制度の大, せる資格を有った, せる資質を現, せる賞品授与式を傍観, せる賠償といっ, せるしいイタリー道化役者, せるの人間, せる質素さに居よう, せる贈賄の風潮, せる越中富山の米相場師某ら稲垣, せる趣向最中らしい室, せる路三四町にし, せる身長に変化, せる躯體に僅, せるの逆風, せる車輪の歯, せる軌道は機関車, せる軍事外交の問題, せる軍人あり, せる軍功もござりませぬのに, せる軍艦であったけれども, せるをこえ, せる軸物のなか, せる軽い文箱を, せる軽薄なテンポ, せる輝石安山岩にし, せる輪廓を配合, せる輪道の内側, せる辨別なき生命, せる辭書出版せばや, せる然し待つ, せる迄には何遍眼を, せる迄の間は, せる迅速な衝動, せる衞公に, せる近代写生の的確さ, せる近来めづらしくも十余句, せる近衛公に於, せる近衛員外中将兼播磨守陸奥大国造正四位上道嶋宿禰嶋足, せる迷いにほかならない, せる迷信のごとき, せる途上吟十二首あれば, せる途中旅かばんを取り, せる途端にその, せる這般の消息, せる通りなり, せる通り自殺などをした, せる通俗味を排し, せる通俗的な原因, せる通史の編述, せる通貨を再び, せる速記法の便益, せる逢魔が時だ, せる連作である, せる連歌を蕩揺, せる遊戯は古い, せる遊戲の一, せる運びまで行き兼ねた, せる運命の力, せる過度なもの, せる過程は西欧, せる過言が祟っ, せる道さへあれ, せる道具ぢやない, せる道化役をもどき, せる道場かと見える, せる道徳的原因においても同様, せる道程の里數, せる道筋はない, せる道路が問題, せるさだった, せる遠きけちえんの, せる遠くから見る, せる遠因になった, せる部署で働い, せるなれば, せる都市をば四個所, せる都府の陰森, せる都會の子, せる酋長にあらざりし, せる配役である, せる酒瓶を取出, せる酔漢の類, せるの一雫, せるがある, せる重大危機にあっ, せる重苦しい帝都である, せるの空, せる野心など私, せる野心的な劇詩, せる野猪二頭獵犬の群襲, せる野獣のよう, せる野獸は今, せる見かも, せる量感に溢れ, せる金力の動かすべから, せる金壺眼を心, せる金玉の名句, せる金糸の壁, せる金貨と新しい, せる釣り竿を得, せる釣具にせよ, せるも無けれ, せる鉄弓からぶん, せる鉄扇を取り直す, せる鉄条網と万里, せる鉄橋あり, せる鉄砲を目八分, せる鉄鎖の音, せる鉤刺があっ, せる銀平は亭主, せる銀燭の光, せる銀行へよっ, せる銅像の類, せる銅冑のた, せる鋸清澄一帶の連山, せる錫杖の頭, せる錯覚と吉運, せる鍛冶の手間, せるの面, せる鐘形花を一輪, せる鐵丸を食, せる長い遠い見学旅行などによって, せる長史葛誠指揮盧振と, せる長堀橋のちょっと, せる門衛に我, せる開放がない, せる間母さんが二人, せる間良人はフリイデマン氏, せる間違つた処にその, せる間隙から一向に, せる関係ありて, せる関節として人間性, せるの月かげ, せる閨房の扉, せる防空監視哨の報告, せる防空都市に根本改革, せる阿寒岳も見ゆべく, せる阿諛の香, せる附添の婆, せる附近の地貌, せる降灰に就き, せる限り真となる, せる限り行動主義は無条件, せる陣太刀作りの脇差, せる除夜であった, せる陰翳に富んだ, せる陰香である, せる陰鬱さもさる, せる陳勝爼辺に大語, せる陳平窮巷に黙測する, せるがまとも, せる階級鬪爭の實際的, せる随筆程度のもの, せるがなかっ, せる際一巨弾中佐の頭部, せる障壁を突破, せる障子の幽霊, せる障害にすらなる, せる雀部といえ, せる雑報の上, せる雑役に使う, せる雑木林がむずかしい, せる雑音を聞かせる, せるを蘇生, せる雜草を除去, せる離婚理由は誰, せる雨水の注射, せる雨音だった, せる雪隠の瓶, せる雲烟の稍, せるの如く, せる雷霆のクロニオーン, せる電信線路は左, せる電波とをもっ, せる電灯玻窓に映射し来たる, せるの艱め, せる霊廟の構造, せる霊的生活に対する準備, せる霊魂を有する, せるが山, せるの援, せる靈魂の關係, せる青巌に, せる青巖に, せる青年の胸, せる青年ユースタス・ブライトが子供達, せる青年男女の未, せる青木の言葉, せる青江が自分, せる青銅の華麗, せる静けさのため, せる静寂とによって呼び起される, せる静謐な光輝, せる文化的な, せる非国民である, せる非常な力, せる面差しをし, せる面影に驚かされた, せる面憎くさ, せる面白いお嬢さんが, せる面相やそれら, せる面積は些少, せる面紗である, せる革帯よりは, せる鞍部に当っ, せる鞭撻にはなる, せる音声に習練, せる音楽浴をラジオ, せる音樂を感ずる, せる響きがあった, せる頃左千夫におくれる, せる頃彼は額, せる頃急ぎの用, せる頃高楼の窓半ば, せる順序に取計らっ, せる順番になる, せる頑固な釘, せる領主の妻, せる頭三つあり, せる頭脳の一断片, せる頭髮に玉, せるでもあった, せる額後に藏, せるですが, せる顏立ちです, せる顔付きの老人, せる顔立でありました, せる顔立ちだつた, せる願望を捨てないでしょう, せる風さうさうその, せる風体に主, せる風俗の改良, せる風呂は無し, せる風景画が作られなかった, せる風趣が十分, せる飛行船に乗じ, せるひしんぼう, せる食い物なんてあれ, せる食物をせっせと, せる食物量を獲得, せる食糧問題も一挙, せる飯三杯食った, せるは塩冶, せる飾りの多い, せる餅搗きには餅, せる餘裕を与える, せるを築け, せる首相の妻, せる馬来人蛇魅師の一行, せる馬籠の子供, せる馭者にもヲドカ, せる駅駅といかぬ, せる騎兵は敵, せる騎兵四十八中隊砲兵三中隊を以て背水, せる騒ぎが起こる, せる騾馬この騾馬, せる骨折は誰, せる骨頂ね, せる骨髄が取り, せるをえ, せる高価な化粧品, せる高原は, せる高官も勢名, せる高山には足跡, せる高市茂夫氏の遺骨, せる高等商店あり神田婦人倶楽部, せる高級官吏の格式, せるは重く, せるは白き, せるの手, せる魂胆これではいよいよ, せる魔物だそう, せる魚久は当時魚屋, せる鰐淵の高利貸, せるは, せるのシューカナペール, せる鳥類の猛, せる鴈治郎の顔, せる鵜飼とは同日, せるだ, せるの旗, せる麗姫はもと秦, せるがのび, せる麦一面夕日に黄金, せる麦畑の写実, せる麹町区土手三番町旧浸礼教会, せる麺麭お前に飲ませる, せる黄瓦丹壁の大, せる黒川に美枝子, せる黒点は無く, せる黒犬にまで丁重, せる黒砂糖包みの錠剤, せる黒鞘に摺鮫, せる黨派政治家と大, せるをひこつかせる, せる鼻腔をそ, せるの声