青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すむ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

すばらしい~ ~すべき すべき~ ~すべて すべて~ ~すまし すまし~ ~すみ すみ~ ~すむ
すむ~
~する する~ ~するだろう ~するであろう すると~ ~するなら するなら~ ~すれ すれ~ ~すわっ

「すむ~」 1836, 18ppm, 6275位

▼ すむ~ (836, 45.5%)

19 彼は 18 今度は 14 すぐに 10 こんどは, 私は 5 先生は, 思うか, 急に 3 あとは, みんなは, 土地の, 平次は, 彼女は, 思うと, 思うの, 思って, 村の

2 [30件] いう, かれは, これを, すれば, そのこと, また前, ラツールは, 一人の, 主人は, 二人の, 兄は, 別の, 同時に花嫁, 四人は, 夫人は, 女は, 妖女は, 宗匠は, 彼らは, 後は, 思いだした, 手を, 明智は, 李幕事は, 次郎は, 毎晩の, 皆が, 自分の, 装束や, 軍人会館へ

1 [663件 抜粋] あたしは, あたしを, あとの, あと片づけ, あなたは, あるもの, いうので, いつでも, いつもの, いつも焼, いやその, いよいよ待望, いよいよ煙, いよいよ自分, お, おうち, おかあさんと, おかみが, おくみ, おじさんは, おどったり, おばあさん方は, おれは, お君, お定まりの, お客さまを, お島, お母さんは, お気に入りの, お葉, かれら, きっとつれ, きまって庭, くづれ, こうして一つ, こそこそその, こっそり後, こっそり逃げ出し, こどもたちは, この父親, この街, さお, さっさと帰郷, さっさと歩く, さっさと自分, さて何, さほ, さも困った, じきに, じゆんが, すぐ, すぐそこ, すぐモーニング, すぐ三人, すぐ世田ヶ谷, すぐ亭主, すぐ伸子, すぐ出, すぐ出かける, すぐ居間, すぐ座, すぐ彼, すぐ既決, すぐ次, すぐ火, すぐ相, すぐ私, すぐ肇, すぐ藤枝, すぐ起っ, すぐ閑山, すぐ駕籠, すずしくなる, そこに, そこの, そのうち, そのまま忘, その両手, その受胎, その大きな手, その子, その床屋, その父親, その男, その筒, その観音像, その讓, それから宵, それで一息, それなり書室へ, それを, たちまちすさまじい, たつた今, だん, ちょうど午前, ちょうど昼飯時, ちょっと一服, てきぱきと, どこから, どこからか, なんだか胸, にわかに大勢, ぬいだ背広, はめるん, ひどいスランプ, ふたりは, またうわおい, またし, またもと, また二つ, また列, また圧迫, また文学論, また次, また秘書, また茶の間, また車, まったく夜, まづ氣, まもなく吉原神社, まるで気違い, みなは, みんながっかり, みんなちりぢり, みんな夢中に, むこうの, むっつりした, めいめいが, もうお父さん, もう一方, もう何となし, もう古くからの, もう秋, もう髭, やがて二人, やがて張昭, やっと物, よくモード氏夫妻, よく考えなさい, わたしも, アブハジヤ人と, アルカージイを, アントワアヌは, エミリアンの, カシタンカは, カピは, キチンと, キンちゃんが, ギヨティーヌの, クリストフは, クリームと, クープ博士は, サイン攻め, サリーが, サン, ジイドは, ジョウが, ジョウは, セインタキス, ソファに, テナルディエは, デリケッセンから, ナイフを, ハスレルの, ピチンと, プカは, ベスは, ホテルの, ホテ・グリ迄, マチアは, ミサ子と, ラプンツェルは, リューシーは, ワーリカは, 一たんは, 一人ずつ, 一人前に, 一同は, 一寸小首, 一時間ばかり, 一秒も, 七時の, 七月八月の, 三角形の, 三郎兵衛が, 上官に, 下の, 下は, 世の中が, 主人の, 二三の, 二人は, 二十分とは, 云ふ, 井戸や, 人々は, 人形を, 人相見は, 今夜の, 仕事に, 他の, 伊津野氏の, 伸子たちの, 伸子は, 何喰ぬ, 使者を, 例の, 俊夫君は, 信長は, 俳人の, 傍に, 先生たちが, 先達の, 全軍, 六時から, 其後に, 再び旧, 凡て此祭りに, 分って, 初めて書斎, 別室で, 前に, 前足を, 動力は, 北村さんは, 医師が, 半七老人, 卒業証書授与式が, 卓子の, 卜者に, 厚ぼったいフェルト, 又七つあん, 又十分, 又関東, 又馬, 古来此の, 古田中, 台を, 司令部の, 吊して, 同日後醍醐へは, 同時にそこで, 同時に大講会三日, 向こうの, 周囲の, 和一郎は, 和助君は, 善吉と, 嗅覚の, 国歌の, 国議は, 坊さんは, 城山の, 堅き粒状, 夕方活動写真でも, 多くは, 夢に, 大変な, 大広間に, 大泉旅館へ, 夫は, 奥から, 女が, 女中が, 女中の, 女裁判官は, 妙に, 始めに, 委員が, 婆さんは, 嫂と, 子どもは, 子房が, 孔生は, 安先生委せ, 射場を, 尊氏の, 尊氏は, 小唄を, 小山嬢は, 小林少年は, 小田さんは, 小田急沿線梅ヶ丘って, 小石川の, 山へ, 山下氏が, 山口が, 岸の, 川北先生は, 工場クラブに, 左に, 巨人は, 己が, 師匠の, 干場の, 幾島は, 庭へ, 廊下を, 弁当もちで, 弓の, 弟子の, 当店の, 形の, 彼れ, 彼等は, 後村上, 徒歩で, 御寺の, 御茶, 忠相の, 忽ち崩, 忽ち数十人, 思うが, 思うちょ, 思った, 思ったので, 思ったら大変, 思っては, 思ってるのね, 思つて, 思ひますが, 怪人物は, 恩田さんは, 戻つて來, 房一は, 房子が, 手紙書く, 折りかがみの, 捨次郎は, 教区学校以来二十年の, 新右衛門, 日張博士は, 日本人の, 早々に, 早々寝, 時を, 晩方から, 普通の, 更に下, 有楽座の, 朝ごはんの, 朝倉先生の, 本人の, 来賓も, 枕を, 枕頭の, 校友会の, 校長の, 案内の, 棒頭が, 椀は, 検事は, 次の, 次は, 次郎たちは, 此を, 此陰陽二つの, 武助さんは, 殆どお茶を, 残って, 母は, 民芸に, 水夫たちは, 水桶の, 永島は, 江戸から, 河底には, 洗濯を, 浦島は, 海蔵さんは, 清水一学は, 清造は, 渡り廊下づたひにホテルへ, 満寿子さんの, 満腹した, 炉の, 熱いチョコレート, 燃えて, 牀几に, 牛巻の, 獣の, 玄翁は, 王様だけが, 王様は, 瑠美子の, 生徒たちは, 甲谷は, 申すなら置いて, 町は, 番頭さんが, 疲れた子供, 病気に, 白馬は, 皆田畑に, 皆谷へ, 直ぐ, 直ぐせき立てられ, 直ぐ仮装行列, 直ぐ小川, 直ぐ帳簿調, 直ぐ彼, 直ちに枯死, 直に翌日, 眉香子は, 眼っ, 眼に, 着物を, 碌々話も, 祖母の, 祝言の, 祭壇の, 私が, 私たちは, 私と, 私に, 私達は, 程なく赤穂, 空の, 突如, 突然立ちあがつた, 立派な, 章は, 箪笥の, 純白の, 素子の, 給仕は, 絵団扇で, 絶望の, 羊三は, 老女を, 老婆の, 老母は, 考えたの, 考えて, 考えられます, 聞きて, 育児係大西は, 背広服を, 膳を, 自動車で, 自家の, 良斎は, 芥川の, 花隈や, 萍郷が, 董卓は, 藤と, 蚊の, 蝶蝶ばかり, 街は, 被害者の, 裏の, 西洋悪魔は, 要吉にとっては, 親子は, 親類の, 讃祷, 豆撒きの, 貞水の, 起ちあがって, 軍楽隊の, 軽い夕食, 道場で, 道士は, 道草食う, 部屋を, 酋長の, 釈放された, 重そう, 重ねて, 野見は, 鉛筆を, 鉱山で, 長い竹, 長くお世話, 門人たちは, 間もなくあの, 間もなく俊亮, 間もなく四畳半, 間もなく寝, 間もなく源太夫様, 間もなく賣, 陰の, 陽に, 隣に, 隣の, 隣りでは, 雑誌など, 雪の, 雪深い, 静かに, 静江は, 非常に, 飛ぶよう, 飛脚は, 飛行島を, 食卓を, 駈け寄って, 駿介は, 黙々と供

▼ すむ~ (144, 7.8%)

18 である 15 です 1412 を待っ 6 を待つ 3 だから, であった, であります, では, を待ちかね 2 か, かい, だが, だし, だと, ですけれども, をまっ

1 [50件] かときい, かと思っ, かと思ったら, かな, かね, がありがたい, が多い, が平生, が普通, さ, じゃない, だがという, だった, だったら日本, だらうか, だろうか, であって, であるから, であるが, であろうが, でした, でしたらいい, でしたらどうぞ, でしたらどんな, ですけれど, とどちら, とまた, ならいい, ならさっぱり, ならそれでも, にと云われ, にと考えたらしかった, にわざと, に十分洞穴, に矢鱈, はのぞましい, は午後二時, は四時頃, は役人, は毎夜今頃, は袈裟, よ, よお, をお待ち, をきっかけ, をさっき, を待ちわび, を待ち兼ねた, を待った, を静か

▼ すむこと~ (98, 5.3%)

64 である, では, なの, になった, を 3 です, なん, になりました 2 だと, でしょう, なのに, もあった, を一日中

1 [53件] か, か俺たち, ができず, ができた, が出来る, が喜ばれた, さぐらいの気持, さだめなければ, じゃあない, じゃない, じゃないだろう, じゃろうよ, そしてわたし, だが, だけは安心, だつた, だで, だろう, だ一度, であるから, ですか, ですから, ですもの, でないかと, で表, となった, とは思へなかつた, と呂宋兵衛, と思います, と思う, と悟っ, なら, ならいつ, ならどんな, ならよい, なら大概, なら放したくは, なら明日, なんぞあり, になる, になるで, のできない, は楽修行, もある, もこの, も惨め, も愉快, やなし, をし, をする, を知っ, を高遠めかしく, 出来ましたら知らぬ他国

▼ すむよう~ (97, 5.3%)

75 にし, になった, になる 3 になっ 2 なもの, に築き上げ直そう

1 [68件] ですから, ないつも, なすばらしい, なそんな, なものの, な事, な事柄, な人, な出来事, な対手, な建物, な所, な時代, な本当に, な碁力, な綺麗, な視野, な解決, な返事, にいたします, にしなさい, にする, にそッ, にたった, にちょっと, につい, にということ, にと云う, にと壁, にと実に, にと思っ, になさいまし, になさいませ, になったら, になり, になりました, になるだろう, になるでしょう, になん, になんとか, に一番, に二重三重, に人, に仕, に勉強, に取りはからっ, に君, に問題, に大いに, に存分, に小説, に彼女, に後, に戦争継続派, に探偵小説, に日程, に書い, に最少限度, に母上, に盲目, に礼儀作法, に社会的地位, に神, に自分, に身柄, に郵便局, に骨, に魔法使い

▼ すむまで~ (62, 3.4%)

4 待って 2 縁近くに

1 [56件] いること, うっかり病死, おまえたち本村の, おらが, お聞きなさい, お責めください, かくして, さがしましたので, しばらく待っ, そちらの, ただの, はじつと, ままに, やらなければ, ゆっくり涼ん, わたしどこかで, われわれの, プライヴェイトに, 二, 二時間ばかり, 井戸の, 他の, 他社に, 何処の, 使っては, 侍所に, 厳粛でなけれ, 受付に, 吾, 地から, 外に, 姉の, 学校へ, 家の, 宿を, 居て, 待つてるわけ, 待つより, 御一同, 心を, 我々が, 我慢し, 戦争を, 打って, 押込めて, 旅し, 校番室に, 残る事, 波の, 泣いて, 監禁し, 縛ること, 腕ぐみし, 自由な, 貴公は, 顔から

▼ すむもの~ (38, 2.1%)

6 では 3 か, である, を 2 でありますしかも

1 [21件] かそれ, がことわり, が幾ら, さえ妖怪, だ, でしょうか, でなくては, となり, と気, なの, ならどの, ならば, なら代々, なら刑部様, のこらずなげ, の好み, はない, はよい, をだまし, を奈良, を手間

▼ すむという~ (32, 1.7%)

5 ことを 3 もの 2 ものだ

1 [22件] ああいう, ことには, ことの, ものです, わけである, ギリギリの, 不便を, 事そして, 仰せだ, 便宜が, 南国阿久根の, 問題では, 安心が, 心安さ, 意味である, 淵の, 生活だ, 砦の, 程度, 計算な, 豊前坊の, 運命は

▼ すむ~ (25, 1.4%)

75 だから 2 だよ, ですか 1 じゃない, だった, だな, だらう, だろう, でしょ, でしょうけど, です, ですよ

▼ すむわけ~ (23, 1.3%)

4 である, です, はない 21 だから, だった, だと, ですから, なの, にはまいりません, のもの, はなかっ, はなく

▼ すむところ~ (20, 1.1%)

1 [20件] から真暗三宝, が私, だが, でも君, で三人, なので, になる, に背景, の家, の欠乏, はなぜ, もある, をその, をわざわざ, を二本引き三本, を好ん, を小半刻, を故意, を硬派, を道

▼ すむから~ (18, 1.0%)

1 [18件] おりゃあ, して, すぐ来る, そこへ, たいへん利益, ちょうど幸, である, です, ですが, ですよ, どうも触覚, 何か, 四五十円でも, 気が, 生活が, 私も, 茶の間へ, 返事は

▼ すむ~ (18, 1.0%)

2 早いか

1 [16件] いよいよ帰ろう, うちに, お嬢様が, お孃樣, まあ嫁はん, 今日の, 他の, 俺たちは, 如実に, 学術あるいは, 時々可, 為政者の, 綱の, 酒代が, 飲みだしたら徹底的, 鷹を

▼ すむまでは~ (18, 1.0%)

1 [18件] ここで, そこを, なんとも断定, ほんとうに, まだまだたいへんな, 一日中でも, 仕方が, 割合静か, 君とも, 帰ろうとも, 毎日降りつづい, 治郎君は, 現場を, 秋川や, 胡座にも, 茶で, 袋町へ, 軍勢すべて洛中洛外に

▼ すむ~ (18, 1.0%)

2 では

1 [16件] そうだ, だ, だが, だったの, だと, である, でございまする, です, でも, なの, ならわけないけれども, なら八所借り, なり, もあります, も殿様, をかよう

▼ すむかも~ (16, 0.9%)

3 しれないと, 知れない 1 しれないから, しれません, しれんねえ, 知れないが, 知れないけど, 知れないといふ, 知れなかった, 知れぬなどと, 知れません, 知れん

▼ すむやう~ (15, 0.8%)

2 にな, になつ

1 [11件] なところ, な気, な生活方法, な目, に, にし, にでございませう, になる, になれり, に村山, に極力

▼ すむ~ (10, 0.5%)

2 である, はない 1 だ, だから, です, では, のない, はなかっ

▼ すむ~ (9, 0.5%)

1 けっしてもの, こんな目, エステル夫人や, 吾輩も, 復員し, 本当の, 父様は, 覚一が, 食糧に

▼ すむので~ (9, 0.5%)

1 あつた, その帰り, その後の, 一杯詰め, 何より助かります, 利益は, 大仕合わせ, 非常に, 風袋まで

▼ すむはず~ (9, 0.5%)

2 はない 1 がありません, がない, だと, である, でした, です, のお前たち

▼ すむといふ~ (8, 0.4%)

2 ものだ 1 ことが, その心得, のだらう, やうな, 一事からも, 意味です

▼ すむ~ (7, 0.4%)

2 どうか, 済まぬに 1 かう考へたならば, 不都合が, 蛇が

▼ すむ方法~ (7, 0.4%)

2 はない 1 はある, もある, を一つ, を考え, を見出したい

▼ すむ~ (6, 0.3%)

1 そこ, どの梢, 否や, 否わが, 小倉山, 行水の

▼ すむのに~ (5, 0.3%)

1 その御, なんという, イヤヨという, 多くの, 家の

▼ すむこの~ (4, 0.2%)

1 ときわへ, とんがり長屋, トラピスト修道院へ, 現実に

▼ すむ~ (4, 0.2%)

1 にはなる, は幸福, もなき, もなく

▼ すむ場合~ (4, 0.2%)

1 が多い, もある, も度々, 或は武力

▼ すむ~ (4, 0.2%)

1 と仲, は, もたてました, もなく

▼ すむ~ (4, 0.2%)

1 になつ, にばかりさせ, にまでし, に思っ

▼ すむ~ (4, 0.2%)

1 だ, である, です, のもの

▼ すむ~ (4, 0.2%)

1 からこの, にはもう, には丁度, には妹達

▼ すむ~ (4, 0.2%)

2 の蛙 1 のあしおと, は何種類

▼ すむかと~ (3, 0.2%)

1 いうと, いへば, ホツと

▼ すむころ~ (3, 0.2%)

1 から話, になったら, 吹くと

▼ すむじゃ~ (3, 0.2%)

2 ないか 1 ろか

▼ すむため~ (3, 0.2%)

1 ならば, には自分, に村

▼ すむだけの~ (3, 0.2%)

1 互いの, 生産能力が, 遺言を

▼ すむ地上~ (3, 0.2%)

1 かと忘我, にあった, には所在

▼ すむ~ (3, 0.2%)

3 の子等

▼ すむ程度~ (3, 0.2%)

1 だったと, ではない, のなまやさしい

▼ すむあの~ (2, 0.1%)

1 人の, 秘境へは

▼ すむうち~ (2, 0.1%)

1 あの請負, に大奥

▼ すむかの~ (2, 0.1%)

1 ように, 瀬戸際に

▼ すむとは~ (2, 0.1%)

1 まさか思う, 何とよかっ

▼ すむとも~ (2, 0.1%)

1 心根の, 思えない

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 きまって居る, 似たりといふ

▼ すむには~ (2, 0.1%)

1 これが, どういう降り

▼ すむ~ (2, 0.1%)

2 由縁の

▼ すむまでの~ (2, 0.1%)

1 御辛抱, 精進を

▼ すむ~ (2, 0.1%)

2 すまないも

▼ すむ世界~ (2, 0.1%)

1 の相違, をつくろう

▼ すむ人たち~ (2, 0.1%)

1 は女, を興奮

▼ すむ同郷~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 ではございますまい, はない

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 が便利, にしましょう

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 の影さ, や髭

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 の皮, よりも人

▼ すむ獣物~ (2, 0.1%)

1 も小鳥, や鳥たち

▼ すむ生物~ (2, 0.1%)

2 とイオナ

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 になる, の空

▼ すむ~ (2, 0.1%)

1 彼は, 私も

▼ すむ~ (2, 0.1%)

2 ならじ

▼ すむ~ (2, 0.1%)

2

▼1* [186件]

すむあいだにまた, すむありがたや米, すむかすみもしない, すむかたの山, すむかという事を, すむかといふことである, すむかわせみになりたい, すむかを考えて, すむくらゐならわざわざ, すむくらいな支度, すむくらいには十分教育を, すむぐらい正確且つ, すむけれども私の, すむこそ心やすけれ, すむこつてすよ, すむこと相愛するもの, すむごとに私, すむごとおれはする, すむしかし物を, すむぜと囁く声, すむたびにわれ, すむたんびにひん, すむだけ殴つて, すむだけがせめてもよ, すむだけに最も敬太郎, すむっていうのか, すむつもりではじめたのに, すむといった浅墓, すむとき犬はなに, すむところ二百五十貫といふやう, すむとして男の子は, すむとしてもそれではすまない, すむとともにここから, すむと共にいちどに, すむなり真面目な, すむまたもて, すむばかりでは, すむばくの一種, すむひとり者の老婆, すむかりし也, すむほどなこと, すむまでというほどの, すむまでに明かりが, すむもっとよい方法, すむやいなや富公は, すむやけく去, すむらん浅茅生の宿, すむわれわれ大和民族は決して, すむアカエビやミミイカ, すむクラヤミのジャングル, すむシャイナーやパウト, すむモルヒネコカインの類, すむリノヒリネ・アルジレスカと呼ぶ, すむ一刻ほどのあいだ, すむ一日の生命, すむ世の中になる, すむ主人とはなれない, すむ予定でいた, すむ事ツた, すむ事外でもなし, すむ人々の美しい, すむ人力車夫の音次, すむ人間の幸福, すむ仕事だった, すむ以上な人間, すむ以上深刻なわけ, すむ伊東は汽車, すむ伊東温泉などは物の数, すむ作者は翠岱, すむ便宜がある, すむ光りもののささやか, すむ典鑄司あはれみ思へれば, すむでは表, すむ切手代がない, すむ利益がある, すむ労働力として公然, すむ動物はどう, すむ半日を唯うつうつ, すむがこの, すむの恩人, すむなり, すむ咲耶子とそこ, すむ問題であって, すむ四五時間のうち, すむ地盤に立つ, すむ城下町まで運ん, すむ場所だから, すむがある, すむ夜光虫をよせあつめた, すむ大分前からトゥリローニーさん, すむ大地へ, すむ大学生は身, すむ天女もおなじ, すむ太平洋岸の伊東温泉地方, すむ妙諦である, すむ姫君方はお, すむではなく, すむ家族といえ, すむ家請けまでも兄, すむは訪, すむ蝦を, すむ小天地にも小, すむの遠, すむ年頃だもの, すむ幼虫は日, すむは手, すむ徒士と, すむ恐ろしさ, すむを慰め顔, すむであったか, すむ扇骨木いけがき, すむ明日よ早う, すむ時間によって或は, すむでも自分, すむ最も善い最も, すむがあっ, すむ極めて稀な, すむ母君と弟君, すむでいる, すむ氣易さから來, すむ水晶宮へも孫悟空, すむ水母しもこそうらやましけれ, すむ河獺であった, すむ海人の子, すむ淋しさだ, すむ淫賣女に宛, すむ深更まで坐り, すむ漁夫等を思へ, すむを二本, すむと同じ, すむ田地持ちの娘, すむ田面に落らんかげ, すむです, すむ画師うつくしき今朝山吹, すむ目醒あり茗荷, すむ知識階級の母親, すむ禍いをもある, すむの助力, すむ稲田の上, すむ羊飼やら野人, すむ老幼男女であった, すむ職業は少く, すむ脱出径路と不可解, すむ自分の小さな, すむ自分たちではなかっ, すむ自殺をま, すむ良い計策, すむ芝居だ, すむ草廬の地, すむ草田の低み, すむは壁, すむ蒲田というところ, すむがある, すむともいふべき, すむ蝶々のはなし, すむ見込みがある, すむでありたいゆ, すむもありません, すむではない, すむ赤い魚を, すむの山里, すむ迄はぼんやり暮し, すむ逆上は一時, すむ途端に帰っ, すむ部落だそう, すむが今, すむ金色の瞳, すむ長い間何ひと言和尚様は, すむ間将士は鉄, すむ間沈黙を守りあっ, すむ間駿介は待合室, すむ関係になりたい, すむ関山の庵, すむ隨想も無い, すむかな, すむ雲井をかけ, すむ電報をここ, すむ青いとかげの, すむ青朝山の角, すむ魔物に引, すむ魚人トロ族が双方, すむの若鮎, すむ鯉故人に欺かれぬる, すむの子, すむは千代, すむ鹿もこれ