青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ずし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~するなら するなら~ ~すれ すれ~ ~すわっ すわっ~ ~ず ず~ ~ずいぶん ずいぶん~
ずし~
~ずっと ずっと~ ずる~ ~せ せ~ ~せい せい~ ~せう せう~ ~せざる

「ずし~」 5418, 56ppm, 2070位

▼ ずし~ (4924, 90.9%)

53 何ぞや 28 唯だ 27 これを 19 之を 14 他の 13 自然に 11 他に, 却て, 而も 10 それを, 世を, 自から 9 彼の 8 動も 7 これに 6 そこに, 世界の, 何ぞ, 日本の, 能く, 自己の

5 [19件] ここに, 一致した, 人に, 人を, 今日に, 吾, 彼は, 徒らに, 心の, 明らかなり, 止みぬ, 此の, 死せる, 死んだ, 死んで, 知るべし, 終った, 而し, 自分の

4 [29件] いた, かえってこれ, た, 一人の, 一個の, 一同の, 一種の, 之れ, 人の, 人間の, 何の, 作った, 其方に, 却り, 命を, 大に, 実際の, 已む, 彼らは, 彼れ, 我に, 時代の, 末に, 直接に, 真の, 社会の, 精神の, 詩を, 身を

3 [50件] これと, これらの, すんだ, その名, その心, それの, まずその, やみたり, 二人は, 今日の, 他人に, 以て, 作者の, 内に, 出て, 可なら, 固より, 多くの, 多少の, 孕む, 家の, 家を, 實に, 實は, 工藝の, 彼等の, 彼等を, 得た疾病, 恨みの, 政府の, 日の, 死せり, 歿した, 沒, 漫に, 無言に, 皆, 目を, 直あゆみ, 筆を, 罪を, 自己に, 自然の, 自由に, 語るに, 誰ぞ, 豊富な, 身に, 軒ばの, 進んで

2 [292件] あること, いずれに, いて, いるの, おのおのその, おのづか, お勢, かえって崖, かえって自己, かくも, かれの, かれら, この日, すべての, すべてを, そが, その上, その前, その形, その手, その身, それが, それに, それは, ただ彼ら, たちどころに虹, ついには, どうして多く, どこに, ほかの, まずこれ, また歿, みだりに卜筮, もって, コックリに, フレデリツクオヴヱンデス卿に, 一つだに, 一事を, 一人も, 一敗する, 一致し, 一般に, 一行はや, 世界を, 世界開闢の, 中途で, 中道に, 主義政見に, 予が, 事, 事を, 二人とも, 二人の, 人が, 人心変革の, 人民の, 人類の, 他人の, 他国に, 伊藤侯と, 伊藤侯は, 何うし, 何か, 何と, 何を, 何をか, 何ん, 何故に, 何樣し, 何物にか, 余の, 使用する, 依然内閣, 信じて, 信ずるもの, 個人的なり, 僕が, 僵れ臥した, 全く変ずべし, 全く日本政府, 其の主義綱領, 其の他, 其の住居, 其の勢力自ら天下, 其の幾分, 其の所信, 其の施設, 其一疋の, 其他の, 其領分は, 内より, 内容である, 冗談を, 冬の, 出でても, 分離し, 別に之, 別に自家, 前にも, 勉て, 動機を, 十二歳以上の, 十年前に, 単純に, 即ち伯, 却つて其の, 却つて鞏固なる, 原因たる, 去った, 去る, 又一家, 又國民, 又徳, 反つて, 反つて人, 反つて伊東男, 反つて彼, 反りて, 口に, 古来の, 只だ, 可なり, 吉住求馬の, 同じよう, 和議を, 品質の, 單に, 国を, 国民の, 地獄の, 坊主と, 坐ながらに, 多くは, 多忙なる, 多数の, 夜を, 夢は, 大隈板垣の, 天を, 夫の, 夭した, 女の, 如何なる新, 如何に, 妄に, 妻を, 始めて, 始終逆境, 孜々として, 実地に, 実行する, 宮廷の, 家に, 家族的なり, 寧ろ之, 寧ろ大, 寧ろ閣下, 将に, 導く可, 小山田某に, 小松原内務次官の, 屡ば, 山地の, 工業が, 已み, 已んだ, 希望の, 帰る, 廃刊しき, 彼を, 彼等は, 御頸, 心に, 恐くは, 悉く後俊, 想なりと, 愁ひ無き, 意見を, 我の, 我儘に, 我儘を, 手を, 抑, 推察せられる, 敗北なり, 敵に, 敵の, 新たに, 日本人なりき, 日本画の, 早くすでに, 早く第, 早く藩閥, 明である, 明らかである, 明らかな, 是れ, 是を, 曰く君に, 曾て, 未だ返納, 末松男を, 東京駐在の, 果実なり, 横に, 歌ひ, 死す, 死骸は, 民衆に, 気分を, 永遠に, 求めざるもの, 汎く, 汚名を, 汝も, 活写以上の, 海に, 消えて, 済む, 渠身不相応なる, 温かなる, 然も, 獨り, 理窟に, 理窟を, 生への, 異形の, 當時の, 皆出席簿に, 皇帝の, 目地を, 盲進する, 直に内閣大臣, 眞に, 知己にな, 確乎たる, 神の, 私たちの, 私の, 種々の, 空間を, 立派な, 第二, 粗放なる, 紛々として, 終ったの, 終つた, 終れり, 絶えむ, 罪に, 置く方, 肯定する, 脳細胞が, 自らこれを, 自らの, 自ら伯と, 自ら其の, 自殺した, 自身の, 英国の, 草を, 草木の, 薨じたりき, 薩摩琵琶浪花節の, 藩閥に, 藩閥の, 虚名を, 血へどを, 行って, 行為を, 観る者, 誰が, 財政漸く, 貫徹した, 貴族院なりき, 輿論の, 通俗の, 通過せらる, 逝きぬ, 遂に今日, 遂に半ば公, 過去の, 道の, 関東に, 閣下の, 陰に, 頭の, 頷きぬ, 首相と, 香り高き, 驚くばかりに, 鬱屈し

1 [3702件 抜粋] あえて自ら保守, あったそう, あまり変化, あるいはひそか, あわせて, いかに忠, いたずらに十七字, いた縄, いつも三十センチ, いよいよ浅草オペラ隆昌, いる米友, うつむけば, おのずから型, おもに薪炭, かえってかの, かえって下落, かえって害, かえって活動, かえって過ち, きかぬ薬, この一団, この処, この妖怪, この新, この独断, これだけの, こんなに簡単, さも感心, さわやかな, しかも十分, しかも鋭敏, しばしばその間, すぎる, すでに明かであろう, せめて今宵, そこへ, そのままと, その人力, その側, その南部, その妙理, その屋敷, その意, その旨, その理論的価値, その競争, その蕎麦, その路, その音, それより, ただひとり陵戸, ただ単純, ただ教育法, ただ自分自身, たまたまか, ちゃんと小乗, つとに早く, といへるは, どうしてこの, どうも兵馬, なお熱, なほしばらく, なんとかし, はかなき最後, ひたすら疎, ほかより, まことに學殖, まず相, また次々, みずから供する, みだりに外国人, むざむざ又五郎, むしろ全, むしろ朋友, むしろ醜, もっぱらその, やがて本堂, やまぬでは, よくこれ, よく平均, より進歩, わが身に, ゐる程, キリストが, ゾオラが, ドクトル, バイロンの, ピンと, ベルナルドオをも, ミルトンに, ヨブは, ヴァンダル族は, 一カ月後の, 一切夢中何時の間にか, 一團の, 一山風静かに, 一旦之, 一歩遠ざかりつ, 一端これ, 一躍男子, 七節以下ヨブに, 三人同時に, 三年, 上帝自身によって, 下層に, 不善の, 不生産的, 世に, 世界中上流の, 丙もしくは, 中りしなり, 主人に, 乃舅を, 了うのである, 二三百人の, 二羽帰る, 五里十里離れた, 亦実に, 人々自由の, 人口を, 人為に, 人間に, 今この, 今急に, 仕舞う, 他日みずからこれを, 会す, 伽藍を, 何であらう, 何よりも, 何事をも, 何物をか, 作り得るまでに, 來會せざる, 俗様に, 信仰強き, 修道院じゅうにも, 個々獨尊の, 偉である, 傍に, 僧堂を, 元鼎, 先ずその, 光を, 入るとき, 全く改革, 全人類, 全部の, 公然と, 共同した, 其の儘藏, 其の文化, 其儘又, 其字句を, 其方法を, 其翼を, 具体的の, 内部の, 再び此書, 再建に, 凄まじい歓声, 凡夫の, 出入あれ, 分家分家と, 別に一種, 制裁を, 前田利家は, 功成りたまわ, 労働者は, 勘によって, 勝つの, 勝負は, 北宋や, 千波万波鼎の, 卒す, 単に其意, 単に統計学的偶然, 印刷に, 却って経験, 却つて深き, 厚く之, 去りぬ, 又国民, 反って, 取るるなり, 古今の, 只徒ら, 叱らるること, 各自動車, 吉田氏を, 同じ考え, 同氏が, 君に, 吾は, 味の, 品行の, 唯山戎, 唱門辻子なる, 啓発原理の, 嘗みん, 回ること, 国内だけに, 國民の, 土間なり, 地価は, 埒が, 塾の, 声が, 外の, 多少基づく, 大いに緩和, 大事に, 大寺警部と, 大法要, 大體, 天下国家の, 天才とともに, 夫自身が, 奧妙なる, 好く事, 妥協を, 姦淫の, 嫁し, 子子たり, 学問それ自身が, 宅へと, 宗教の, 宜敷事, 実に時勢, 実はもう, 実業者を, 実際に, 家名断絶する, 容易に, 富士見西行なる, 實在を, 寧ろペン, 寧ろ古, 寧ろ顧問的関係, 対象のみ, 将来永遠に, 小さい者, 小泉の, 少しく奇怪, 尾山城へ, 屍体そのものの, 山を, 峠の, 川中島四郡に, 己, 已むのほかなき程に, 布教し, 帰り候わば, 帰京の, 幅一二間も, 平次に, 年方の, 幽暗に, 度外に, 建設悪, 弘教を, 強盗であった, 当時教科書ならざりし, 彼らの, 彼自身の, 往来に, 後世子孫みずからその, 徒に一篇, 得たる智識才能, 得るもの, 微に, 心理上の, 必ず噬臍, 必らず退, 応ずる者, 怒らば, 思索的に, 怪足力に, 恢復した, 悉くせり, 悪る, 惜ま, 意外なる, 愛すべきである, 慶雲元, 懺悔の, 我々の, 我が習俗, 我前に, 我謀は, 或事, 戸外の, 手早く荷物, 打算から, 抜道を, 拙な, 捕虜に, 描く喜び, 攘夷論を, 政党の, 政権を, 救い薬餌, 教果を, 数十年甚き, 文化の, 文學が, 斜歪に, 新ローマン主義, 新橋柳ば, 旗を, 既に表面, 日本人は, 旧の, 早くも, 旭に, 明らかであります, 明白だ, 明瞭なる, 春季中山の, 時としては, 晉に, 暮るる, 曰く皇考の, 更に匡衡, 書いたので, 書籍上の, 會名を, 有理想, 末節に, 来たの, 来るくらいの, 東京を, 松助片腕を, 架空の, 梅雪の, 極めて広大繁多, 様々の, 權門の, 止だ, 止む, 止んで, 此等古文古句の, 歩めば, 歸れる, 死なむ, 死んだのに, 死罪に, 殺したよう, 比企氏に, 民生そのものに, 氣は, 永くリムボ, 汐風を, 江戸に, 沒却理想即, 治者の, 泣く人, 洛陽の, 浮萍の, 淡水の, 混沌の, 渠等を, 溯つて素問, 漫然抄写した, 潮流ある, 濫り, 為定が, 無心の, 無益の, 熊沢蕃山は, 父の, 特に出雲地方, 狂うもの, 独り疾視の, 独逸に, 猶其の, 率意に, 現今に, 理想的精神の, 甚だ容易, 生れたる造化, 生涯旅の, 用をと, 畑也, 畳の, 病勢にわかに, 癒ゆべし, 登山し, 白雲は, 皆国民性の, 益す盛, 盛んに, 直ちに勞働組合, 直に老中, 相応ず, 眉毛の, 真我, 矢走りの, 知識及道徳が, 研究の, 礼拝する, 祈祷なりき, 神と, 禍に, 私たち日常生活の, 私徳を, 秩序を, 空しくこの世, 空気中の, 竟に, 答へ, 精神的の, 純然たる, 終に彼, 終るが, 組織の, 結婚する, 絶対の, 緊縮し, 織田家に, 羅馬の, 義仲の, 考え合せ, 職務の, 胃の, 腹を, 自ら公民の, 自ら治むるを勉むべし, 自ら臣隷せしめよ, 自分自身の, 自己及び, 自然界改良の, 自由黨と, 舅夫の, 良人を, 若し我, 英蘭から, 草案たるに, 萬物を, 蒔き散らし或いは, 藝術である, 蝦夷へ, 衆評者の, 行くの, 行わんと, 表現し, 西洋の, 見るに, 親しみを, 解る, 言説し, 設けられた小さな, 誠実な, 誰の, 諸, 講談筆記の, 讀者に, 負くる, 貫之紀と, 貸殖, 走って, 起り政体, 距離自身に, 軍人の, 農業に対する, 近藤に, 退いたる兵一人, 逃げて, 逃去する, 速かに, 遂にかう罵つた, 遂に男子, 遊ぶもの, 運命を, 道を, 達すべきの, 遥かに, 邪を, 里人の, 金御, 鏡を, 長男の, 闘志を, 降る落葉, 陥れる偏頗, 随つて国民の, 集合し, 雨餘の, 霊の, 静止的でなけれ, 非暴力, 革命と, 音樂の, 頼朝は, 飛羽を, 飲む為め, 馬糞焼芋の, 驚嘆の, 高級を, 麺包の

▼ ずし~ (176, 3.2%)

2 [31件] あらず, そうで, 主義を, 之れ, 人間の, 偉大なり, 其の公衆, 剛情我慢他を, 力を, 同一の, 大臣の, 好で, 孤立ならず, 強て, 彼れ, 晩れ, 極冷, 消極的政策に, 温暖なる, 無意義なら, 無用なり, 焦燥煩悶し, 異論群疑, 社交の, 私たちを, 積極主義の, 膨脹せざる, 身を, 近代の, 適材を, 難事に

1 [114件] あらじ, あらねど, かくの, これより, しないで, しなかつた, せねば, そうは, そうばかりとは, そう思えない, そこから, その価値, その小説, その手荷物, その老朽, それは, それほどに, はっきり意識, ダニヱルの, プレトーを, 一人若しくは, 不健全の, 不意打では, 之と, 之を, 人を, 人形のみが, 信憑すべからざる, 偉大なる, 全く儒教基督教, 全く秦皇統一, 全美全, 兵書軍籍には, 其形象に, 写実的の, 凡ての, 功を, 勇士のみ, 勇将ならず, 勝つに, 北辰新報時代に, 区々常, 厭を以て, 参河武士ならず, 合理的な, 名を, 名文である, 君の, 吾, 和蘭王の, 哲学研究の, 問ふところでは, 国家を, 多く売れる, 大久保党たり, 大久保黨たりと, 女が, 子由と, 宗教上の, 巣林子以下の, 忠実訳に, 忠實譯に, 性によって, 悲しむもの, 悲を以て, 或見ゆべき, 手切れ金が, 支那傳來で, 政党の, 政黨の, 敗る, 斯の, 最初から, 泣きを, 活用と, 消極的ならず, 清河らの, 無用でない, 無関心, 然り, 然樣, 狂人たり, 狂妄放漫の, 瑣細な, 生きたもの, 睦まじくは, 社会に, 社會に, 福に, 福神を, 積極的で, 終生を, 絶対に, 能く, 自分の, 虚栄に, 要らないと, 見るべきの, 見得, 規則通りには, 解釈学的哲学に, 読むの, 論ずるに, 豪傑ならず, 資本主義の, 超卓抜群, 軍務の, 遠藤から, 酬報の, 重箱の, 金を, 開港の, 雨霰の, 顔そのものを

▼ ずしては~ (63, 1.2%)

2 何等の, 温かくこの世, 満足しない

1 [57件] あり得ないでは, あるべからず此, いかなる道, いわゆる将器, お互いに, かかる大作, けっしてアイルランド, この書, これらの, その真理, その霊魂, とうてい足利時代, もはや毫釐, やみなんと, 不可能である, 不可能です, 不正確なる, 之を, 事が, 二三倍の, 十分に, 単に衛生状態, 反ファッショ, 叶わないもの, 問題の, 大なる, 大變, 天性と, 如何とも, 妨げられ得ず人生, 居られない, 帰すこと, 帰ること, 彼は, 愛し難, 我らの, 我らは, 把捉されない, 日々を, 朝鮮に, 根本的に, 正しく理解, 武門の, 民衆の, 済むまいと, 減少され得ない, 理解せられない, 生きても, 真の, 知らないと, 神に関する, 私の, 納まらないの, 置かずという, 至難の, 調和する, 香料貿易を

▼ ずし~ (28, 0.5%)

1 [28件] お皿, つくりました, つくる, つまんで, らしきが, オシメに, トラ十が, 一杯に, 一箱届けられる, 事務所で, 二十個も, 作り娘, 作る役, 口に, 四十五なんて, 売り歩くの, 夢声さんが, 届けさせといたが, 握っては, 盛つた皿が, 自慢に, 買はせ, 頬張りながら, 食う, 食った, 食ひ, 食ふ, 食べて

▼ ずし~ (26, 0.5%)

1 [26件] あの手ぬぐい, うまかった, ことな, ことを, すしと, すし三四個食ふ, すし五六個, めしを, ように, 三軒が, 主人は, 主人曰く丸梅の, 二階で, 亭主は, 件の, 出来るよう, 包みなど, 屋台店が, 店の, 旦那に, 材料をととの, 盛合せ, 看板娘であった, 美味さ, 若い衆は, 贅沢さを

▼ ずし~ (23, 0.4%)

3 すしを, ひらめ五六個 2 食って, 鯛を

1 [13件] すし数個食った, ひらめ, ひらめ数個食, ひらめ食っ, ひらめ食った, 休んでも, 又七八つ, 夕食日劇の, 平目を, 胡麻化す, 食うの, 食事すませ, 食事すませる

▼ ずし~ (15, 0.3%)

1 [15件] 中西の, 云つた, 力の, 千住の, 地が, 小戻り, 押通り兵馬の, 揺られて, 染め抜いた柿色, 歩んで, 跫音重く, 踏みしだいて, 辨當を, 離れて, 鞍から

▼ ずしずし~ (10, 0.2%)

1 と力, と地, と小, と押通り, と揺られ, と歩ん, と踏みしだい, と離れ, めりこんだ, 踏み渡って

▼ ずし~ (10, 0.2%)

1 ごごごー, ずしん, っ, という地響, という足どり, とはげしい, と横, と頭, どんどんと, 地の

▼ ずしてかへ~ (8, 0.1%)

2 つてこれを 1 つてわれらの, つて彼の, つて悪, つて打擲し, つて梅の, つて活動する

▼ ずし~ (8, 0.1%)

1 寄って, 寄り一時, 寄り数個, 寄り有, 寄り食べる, 来る客, 行って, 車を

▼ ずし~ (7, 0.1%)

1 ある, お前を, すきと, 一折と, 好きであった, 沢山届く, 美味しいという

▼ ずし~ (7, 0.1%)

1 それらの, なんと言っ, アパートの, 他の, 以前広小路に, 椎茸を, 近年に

▼ ずしながら~ (6, 0.1%)

1 いず地, しきりと, 一同へ, 亭主が, 興奮の, 茶の間に

▼ ずし~ (6, 0.1%)

1 ならずに, 姿を, 寄り白い, 対すべしと, 現れ九時前後, 行けば

▼ ずしても~ (5, 0.1%)

1 亡ぶるもの, 想像の, 本質上成り立ち得る, 社会に, 道に

▼ ずし~ (5, 0.1%)

1 はりまん, ぶしや, べりまくる, ぼん玉を, 巻ずしを

▼ ずしきり~ (4, 0.1%)

1 とからん, とぶつぶつ, と寝, にむづかしい經義

▼ ずし~ (4, 0.1%)

1 が引導, というの, ように, 小孩

▼ ずしてかの~ (4, 0.1%)

1 使徒達を, 先祖の, 地を, 竿を

▼ ずしてなんぞ~ (4, 0.1%)

31 蜀軍来る

▼ ずしての~ (4, 0.1%)

1 今度の, 心理的慧眼とは, 意, 闘いよりは

▼ ずしやうじん~ (4, 0.1%)

1 のなか, の如き, は三个日, を実行

▼ ずしごと~ (2, 0.0%)

1 をし, をつづけました

▼ ずしたり~ (2, 0.0%)

1 して, すべてを

▼ ずしでも~ (2, 0.0%)

1 するの, 売って

▼ ずしという~ (2, 0.0%)

1 のは, 小さな飲食店

▼ ずし~ (2, 0.0%)

1 りと, んがら

▼ ずしーん~ (2, 0.0%)

1 とし, と落した

▼ ずし事件~ (2, 0.0%)

1 のこと, はよほど

▼ ずし吉野ずし~ (2, 0.0%)

1 がある, の三軒

▼ ずし金ずし吉野ずし~ (2, 0.0%)

1 がある, の三軒

▼ ずし~ (2, 0.0%)

1 ひ楽屋, へた

▼1* [47件]

ずしかもちゃんちゃんと, ずしから四布蒲団を, ずしがのすめ神, ずし馬面を, ずしにかかわらず, ずしさんと遊び, ずしすしあは, ずしずしずしと小, ずしその話で, ずしっと大きな跫音, ずしつぎにのこった, ずしつまんで帰る, ずしてかこの二人, ずしてこそ人たる, ずしてしかする者, ずしてというごとき簡単, ずしてどつと噴き出し, ずしてなどという生ぬるさ, ずしてをらずで, ずしであって江戸風, ずしですし五つ, ずしとの優劣を, ずしとは昔から, ずしどうぢや, ずしのだ, ずしなども時勢には, ずしなるものを, ずしにてお待ちいたす, ずしにはそんな懐しい, ずしひのきやかし, ずしぶりがちでしかも, ずしまひには鳥, ずしやがみに, ずしやもももんぢ, ずしょうことなしにつまり石が水, ずしより夜油を, ずしと草, ずしーンと司令塔, ずし一個食ひ演舞場, ずし一品料理など暖簾, ずし吹矢小見世物, ずし少々食ふ, ずし来り五六個行き, ずし立った湯, ずし踏み渡っていた, ずし身体の位置, ずし行って