青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すぎない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

じゅう~ ~す す~ すえ~ ~すき すき~ ~すぎ すぎ~ すぎた~ ~すぎない
すぎない~
~すぎる すぎる~ ~すぐ すぐ~ すぐれた~ ~すこし すこし~ ~すこぶる すこぶる~ ~すすめ

「すぎない~」 1531, 15ppm, 7585位

▼ すぎない~ (520, 34.0%)

144 である 9437 です 22 だから, だが 14 であります, では 12 だと 11 であった, であるが 9 だつた, であって 6 だった 5 か, かも知れない, だという, でございます 4 さ, だし, であろうか, ですが 3 だよ, であったが, でした, ですね 2 かもしれぬ, じゃない, だろうと, でありました, でありますが, であるから, であろう, ですけれど, はひど

1 [49件] かこんな, かその, かと左門, かと暗に, かは分らない, かもしれない, かもしれません, かも知れなかった, かも知れなかつた, か信長, がこれから, が日本語, が残念, が源氏, が選ばれ, じゃあるまい, じゃがしかし, だがね, だけれど, だぜ, だだが, だったが, だなという, だね, だもの, だらうと, だろう, だろうか, であったから, であったら私たち, でありましょうか, であり赤坂城, であるか, であるけれども, であろうが, でございますから, でしょうか, ですから, ですがね, ですけれども, でなかったならば, に気づい, は何と, もそう, も故, を知っ, を知らなかった, を考え合せる, を腹立たしく

▼ すぎないこと~ (139, 9.1%)

4 を知る 3 が多い, だ, は明らか, を彼, を知った

2 [13件] がわかった, がわかりました, がわかる, である, になる, は前, は彼等自身, も知っ, を, を気づいた, を知っ, を私自身, を見抜い

1 [94件] がある, があるでありましょう, がよく, がわかっ, がわかるであろう, が分かる, が分つた, が分り, が分る, が推論, が明, が明々白々, が明か, が明らか, が漠然と, が知れる, が蛙, が見いだされる, が証明, だね, でしょう, ですよ, で世間体, で毒草事件, で男心, で証拠, となる, などを誓, になります, にはぜんぜん, に思われた, に比べる, に気付いた, はこう, はその, はたしか, はわれわれ, は左膳, は彼, は思う, は百, ばかりを行っ, もありうるであろう, もあります, もある, もまぬかれ, もまぬがれ, も当然, やしかも, をお, をさとる, をたちどころに, をつくづく, をはつきり, をひろ子, をみやぶった, をやっぱり, を先づあらかじめ明瞭, を内部, を否定, を咒, を家康, を思わされた, を悟, を悟るだろう, を悲しい, を感じる, を教え, を断っ, を明示, を曾, を次第に, を池田, を漠然たる, を申し上げれ, を痛ましい, を知ったなら, を知ってる, を知つて, を知り, を知りました, を知り始める, を知るべきである, を祈る, を考え, を考へ, を自ら証明, を自分, を表し, を見のがし, を見出さず, を解明, を誰, を述べ

▼ すぎない~ (105, 6.9%)

3 私は 2 しかもその

1 [100件] いくら書い, いつかは, いろいろ眺め, おめでたい記念号, お前には, お袖, かかる禁令, かくの, このオヤジ, この奥, この弟, この林間, これが, これに, さすがは, しかしこれ, しかしその, しかしわれわれ, しかし当時, しかし散, しかもこれ, しかも全体, せんじつめれば, そういう種類, そのあと, その一項一項, その小さな焼跡, その量, それが, それでも上っ, それにしても大きな, それらを, た, はいって, まあそういう, もう五たび, もつと, やはり古い, わたしは, 一作家における, 不思議にも, 京都の, 亭主を, 今吾, 併し, 信徒に, 僕は, 北方からは, 同胞相剋の, 夫人の, 妙に, 姫路の, 実感的には, 尊氏は, 尼は, 尾張の, 島井宗室も, 平たい野, 弥兵衛は, 当時は, 彼の, 彼は, 彼らにとっては, 彼を, 彼女が, 探偵小説では, 旅客機の, 昼間だったら, 時が, 椎や, 津浪の, 淀みも, 清洲と, 満身これ岩石の, 激流だった, 然しここ, 獅子の, 現実の, 甚だ手ごわい, 生憎これ, 盃を, 真珠塔も, 神聖という, 私にとっては, 算筆が, 缶詰工場でも, 罐詰工場でも, 自分は, 花崗岩の, 蔦之, 要するにエゴイズム, 見すごしに, 読んで, 謙信は, 警官にとっては, 警察にとっては, 輿入れや, 近隣配達には, 郷土人の, 駿河台の

▼ すぎない~ (97, 6.3%)

3 云って, 思って 2 思はれる, 断定する, 甲斐は, 私は, 考えて, 言うの, 言ふ, 認めたとき

1 [75件] いう, いうのに, いって, いっても, いふ論も, おとうさんは, かう思つたの, この人達, ごく平凡, した, したら, したら入って, し或は, すれば, そういうこと, そこでさっそく, みずから考え, ベシイ・マンディの, 主張した, 云いました, 云うじゃ, 云うの, 云う人, 云っても, 云ひきつても, 云ふ, 云へる, 僕は, 君らは, 心得て, 思います, 思いますね, 思いますので, 思い込んで, 思うから, 思うが, 思ったから, 思ってるの, 思ひ返した, 思ふ, 思ふと, 思われた, 思われたから, 思われたこと, 思われる暗黒, 教えてでも, 断定し, 断定した, 断言し, 時流の, 桂介は, 知りつつも, 知りながら, 知ると, 答えるかも, 答える外, 考えても, 考えられる, 考えられるの, 考える, 考えるだけの, 考えるほう, 考えるもの, 考えるよう, 自分では, 見たならば, 見る方, 言いうる, 言い切って, 言ったという, 言ふ如き, 説明する, 連綿さだめられ, 非難される, 高を

▼ すぎないもの~ (81, 5.3%)

157 である 3 だと 2 だった, であった, でそこ, では, で自分

1 [46件] か, かどう, が, が今や, が古典, が君, そして老父, だから, だったと, だろうと, であって, であるから, であるかを, であること, であるのに, であろう, でいつか, でさりとて, でしたが, ですが, でなに, で一アマチュア, で決して, で物事すべて, で端坐, として扱われ, として砕花老, となっ, となった, となつ, とは分っ, とみる, と自分, と認めるなら, と諦めかけ, なの, のやう, のよう, もある, よ, をいかに長々, を凝視, を強, を田舎式, を発表, を身勝手

▼ すぎないよう~ (56, 3.7%)

8 なもの 43 だが, に見えた 2 な女, な気, な点, にする, に思われる

1 [28件] だけれど, だという, だね, である, です, なこと, なとき, なの, な心持, な情熱, な気持, な沈黙, な病気, な空, な銀河系, に, にし, にしない, にはた, にみんな, にも思われた, にも思われます, に思われた, に思われます, に水, に白色, に考え, 早ねも

▼ すぎないという~ (51, 3.3%)

10 ことを 4 ことは 3 ことに, のである 2 ことも, のが

1 [27件] ことから, ことが, ことこれは, ことしたがって, ことで, ことである, ことと, こと以外には, ところ何と, のだろう, ので, のです, ふうな, ような, わけでした, 主張は, 予備知識を, 事実については, 感じは, 批評も, 気が, 気持が, 点である, 結果が, 結論に, 自意識から, 識者も

▼ すぎないから~ (42, 2.7%)

9 だ, である 5 です

1 [19件] あとで, ここでは, これに, これ以上は, その少しく, それを, でその, で決して, オルゴールの, 一切薬は, 主従の, 之と, 価値的に, 別に改めて何, 君主その, 女性中心思想によって, 彼らにとっては, 紙一重の, 逃げ足の

▼ すぎない~ (39, 2.5%)

144 だよ 3 だが, だと, ですよ 2 だからね, です, ですもの 1 だから, だし, だろうがね, でありますが, でありますけれども, ですからねえ

▼ すぎないので~ (37, 2.4%)

2 あつた, あつて, あらうが, 古い道具, 生きる人間

1 [27件] あらう, この男, すべての, そういう非, そのあと, それから先, それは, たいがい港の, どうしてつまらん, はたから, われわれの, 他の, 信玄を, 初は, 古い所, 城では, 巧みに, 彼の, 彼は, 文学は, 本質に, 某家の, 殊さら論ずる, 理論上の, 笑いが, 笑ひ, 筒井自身は

▼ すぎない~ (21, 1.4%)

1 [21件] おそらく老中, その男, それに, それより, ふだん家の, また, みずから信ぜずし, もしそれ, ドイツの, 別に手, 岡部の, 彼の, 快楽の, 新しい発見, 昨日の, 永遠の, 無能な, 現代に, 知的な, 私は, 茶の間に

▼ すぎないけれども~ (16, 1.0%)

2 堕落の

1 [14件] おそらくはこれ, かかる通俗人情, そのどの家, その泣き言, その頃, それが, それでもいいかげん, とかく発見, 世間には, 持久戦争に, 森木の, 深く思え, 終生の, 職業によって

▼ すぎないやう~ (16, 1.0%)

3 な気

1 [13件] である, なもの, な原始的, な山底, な思ひが, な悲し, な意味, な氣, な興ざめを, にしなく, に仕向けた, に夜, に感じ

▼ すぎないといふ~ (13, 0.8%)

3 ことを 2 やうな 1 ことが, ことで, のである, のは, 御叱, 意義において, 気が, 氣持を

▼ すぎないのに~ (9, 0.6%)

1 あなたは, そこは, そのはたらき, それを, どうして死, オトメは, 比べると, 私は, 窓の

▼ すぎない~ (8, 0.5%)

1 あらう, あらうか, せう, せうし, せうね, はっきり拒絶, 何ともい, 生涯を

▼ すぎない程度~ (8, 0.5%)

2 のもの 1 である, でかかれ, となった, に日, に腰, の曖昧

▼ すぎないかも~ (7, 0.5%)

2 しれない, しれません 1 しれませんが, しれませんほんの, 知れぬ

▼ すぎないけれど~ (6, 0.4%)

1 これから先, その奥ゆかしく, それが, わが悲哀, ケリは, 通り名だけは

▼ すぎないところ~ (6, 0.4%)

1 の卓一, の反応, の山, の左門, の愚鈍, の醜怪

▼ すぎないとも~ (6, 0.4%)

1 思われるの, 知らずに, 考えられる, 考えられるに, 見うけられた, 言えた

▼ すぎない場合~ (6, 0.4%)

1 がある, がさうだ, がそう, がわが国, が多い, も多い

▼ すぎないからと~ (5, 0.3%)

1 いう気, 一応辞退, 先方は, 言う, 言ふ

▼ すぎないその~ (5, 0.3%)

1 患者に, 時代において, 芸術的な, 裏にこそ, 解決は

▼ すぎないとしても~ (5, 0.3%)

2 私は 1 それに, 作品の, 自分を

▼ すぎない~ (5, 0.3%)

1 に大兵, に絶望, のこの, の返事, は野戦病院

▼ すぎないこの~ (4, 0.3%)

1 ような, 二条を, 自分だ, 青年は

▼ すぎないじゃ~ (4, 0.3%)

3 ないか 1 ありませんか

▼ すぎないとして~ (4, 0.3%)

1 お笑いに, それを, ゐたの, 下田歌子女史は

▼ すぎない~ (4, 0.3%)

1 ですら, のため, はそう, を訪ね

▼ すぎない~ (4, 0.3%)

1 だ, だつた, だと, であ

▼ すぎない~ (4, 0.3%)

1 が, なので, もある, を

▼ すぎないうち~ (3, 0.2%)

1 に休み, に外国, に歩きだす

▼ すぎないかと~ (3, 0.2%)

1 存ぜられました, 存ぜられます, 思ふと

▼ すぎないなどと~ (3, 0.2%)

1 人間感覚の, 書き立てられたの, 自分が

▼ すぎないかを~ (2, 0.1%)

1 みきわめようと, 示すもの

▼ すぎないだから~ (2, 0.1%)

1 この差, 道徳と

▼ すぎないだけの~ (2, 0.1%)

1 人も, 話である

▼ すぎないとでも~ (2, 0.1%)

1 いうよう, 云われかねない様子

▼ すぎないとの~ (2, 0.1%)

1 素朴な, 自覚にまでは

▼ すぎないなどという~ (2, 0.1%)

1 のは, 怪談を

▼ すぎないはず~ (2, 0.1%)

1 がまるで, だが

▼ すぎないほどの~ (2, 0.1%)

1 者までも, 近隣であり

▼ すぎないわたし~ (2, 0.1%)

1 でさえこの, の健康

▼ すぎない~ (2, 0.1%)

2 は数多い

▼ すぎない~ (2, 0.1%)

1 すらある, でもあつ

▼ すぎない有様~ (2, 0.1%)

1 である, になつて

▼ すぎない本当~ (2, 0.1%)

2 の意味

▼ すぎない~ (2, 0.1%)

1 ですと, はその

▼ すぎない表現法~ (2, 0.1%)

2 は抹殺

▼1* [159件]

すぎない人へも, すぎないおれのため, すぎない実質的の, すぎないかが暴露され, すぎないかということは, すぎないかとも思って, すぎないかのように, すぎないくらいであるから, すぎないくらいに注意し, すぎないこれは連盟島, すぎないこれらの作家たち, すぎないするともう三時ころ, すぎないせいでもあった, すぎないそうで浅間山, すぎないそれはだめ, すぎないぞよそしてそんな, すぎないただその平凡さ, すぎないだけだ, すぎないってイギリス人自身が, すぎないとかいう, すぎないとしか思われないの, すぎないとは云へ, すぎないながら生存の, すぎないなどとは信じられないに, すぎないなんの役, すぎないしろ心, すぎないはかない女を, すぎないほど感化力は, すぎないぼくのきい, すぎないまさかに行暮れて, すぎないまったくの見, すぎないまめな若者, すぎないまるで化け物である, すぎないゆえ独断は慎まなけれ, すぎないわけであるが, すぎないわざだが, すぎないエルランガーが上, すぎないクラムが, すぎないコツを会得, すぎないジャズやブギウギ, すぎない一孤塁に拠っ, すぎない一平州である, すぎない一時の顔貌, すぎない一機関の勝手, すぎない下絵なので, すぎない不定性の原理, すぎない乏しさいじらし, すぎないを証明, すぎないひに, すぎないの暮らし, すぎない人たちの手, すぎない人生であ, すぎない作品の質, すぎないな事情, すぎない健康のおかげ, すぎない僞善の花, すぎないもと切詰めた, すぎない光秀は当然, すぎない児玉はその, すぎない六条邸であった, すぎない南北朝の乱, すぎない単なる愛の, すぎない原稿を觀次郎君, すぎない各自の生活, すぎない探偵に, すぎない国民意思というもの, すぎないの枝折, すぎない多くの若い, すぎない大学にも境論, すぎない大学講師なんかに停年, すぎないからも皆, すぎない始末である, すぎない孔子の一著書, すぎない存在になる, すぎない宇治の夜, すぎない官軍参謀村田蔵六が湯島, すぎない実情を事, すぎないの前, すぎない屋根の下, すぎないの雛鳥, すぎない帯状のそれ, すぎない幽霊のよう, すぎない床の間を見る, すぎない彼女はまるで, すぎない御方だ, すぎない忍剣のこの, すぎない忠平が政治家, すぎない恋一つのため, すぎないがする, すぎないでそれから, すぎない所得税法に無, すぎないに言語, すぎない数学的真理がたくさん, すぎない明治の夢, すぎない時間が彼ら, すぎないさで, すぎないにといた, すぎない次女今日子のこと, すぎない次第である, すぎない正成がひとり, すぎない武蔵とは比較, すぎないがする, すぎない注釈であるが, すぎない浮き沈みであること, すぎないその水, すぎないに一晩, すぎないを注意, すぎない熟練的技術者を擁し, すぎないさして奥深い, すぎない特状がある, すぎない犯罪ですよ, すぎない獰猛性などは凝っ, すぎない王国の主人, すぎない現実の痛ましい, すぎない生命で消える, すぎない生活の重苦し, すぎない甲斐などの主張, すぎない異国人でもかりに, すぎない畸形児風の男, すぎない発育途上の小娘, すぎない相手があまりに, すぎない禁錮にせよ, すぎないのもの, すぎない空気も変, すぎない第二義的研究とも言い得られる, すぎない算哲博士に不思議, すぎない精神だつた, すぎない経済学はその, すぎない経験の統一, すぎない結婚といふ形式, すぎないとはもっと, すぎない織田信秀にとって五千, すぎない織田家は君臣とも, すぎない繰り言を述べる, すぎない自分を不甲斐ない, すぎない自己の肉体, すぎない色事でその, すぎない落魄の武士, すぎない藤吉郎へ, すぎない行宮だ, すぎない衣服を肩, すぎない要点はどこ, すぎない観念は少し, すぎない言葉だった, すぎない証拠だと, すぎないにも自然世間的, すぎない軽輩と身分, すぎない返事ですよ, すぎない運命となっ, すぎない道徳が本, すぎない選良者野心家虚栄者などにたいしてある, すぎない部落である, すぎない金五郎はこういう, すぎないは別に, すぎない関係をもつ, すぎない遜を, すぎない領土をそこ, すぎない風物と化し去っ, すぎない毬は