青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

せし~ せしめ~ ~せしめる せしめる~ ~せず せず~ せた~ せっかく~ せない~ ~せぬ
せぬ~
~せね せね~ せめて~ ~せよ せよ~ せよう~ ~せられ せられ~ ~せられた せられた~

「せぬ~」 3829, 41ppm, 2805位

▼ せぬかと~ (312, 8.1%)

10 思ふ 7 思って 6 心配した, 思つた, 思われる 4 思うと 3 それを, 云ふ, 心配し, 恐れて, 私は, 立どまる途端

2 [29件] ちよつと, ひそかに, 云うよう, 余は, 危むのである, 存じまする物, 幾度も, 彼は, 心の, 思いながら, 思うて, 思うほど, 思つたから, 思ひます, 思ふの, 思われた, 思われます, 想像する, 期待し, 気を, 直ぐにも, 眼を, 私を, 耳を, 見て, 遠慮し, 遽に, 非常に, 額際を

1 [197件] いうに, いうので, おそれたの, おっしゃりますから, おもつ, かわるがわる甲板, ぎゅうぎゅういわせ, これは, ご立腹, そういうよう, そこが, そのこと, そのそう, そのへん, その事, その夜, それが, そればかり, そんじょそこらの, そんな事, ただそれ, つねに心, どきどきする, なおも彼, ひどく苦労, またし, また一日外, みずから虞れ, もう首, よくよくあたり, よくよく見きはめ, わざ, ホームの, 一心に耳, 一散に, 一昨日より, 一歩々々に, 一生懸命見張っ, 三人皆思った, 上を, 不安で, 不安に, 二三度耳を, 云うこと, 云うだろう, 云うと, 云う原因, 云う相談, 今度は, 今更冷汗色, 今朝も, 仰いで, 其方ばかりを, 内心それを, 冷, 前から, 勧めるので, 危ぶまれて, 危ま, 危むのです, 周囲を, 唯其計り, 問ます, 場所柄だけに, 外界を, 夢想し, 大笑, 女中に, 存じて, 存じますが, 宮は, 寧ろそれ, 少し後ろ, 常に戦々兢々, 幾度と, 彼女に, 彼方此方見廻し, 待たれたの, 待構え, 待構へて, 御煩悶, 心待ちに, 心配, 心配するらしく, 心配に, 心配の, 思います, 思い如何にも, 思う, 思うから, 思うところ, 思うばかりの, 思う点, 思ったこと, 思ったので, 思ったらさすが, 思はれた, 思はれる, 思はれるばかり, 思ふと, 思ふやう, 思ふ物凄, 思わるるもの, 思わるる事, 思わるる程, 思われて, 思われるだけ, 思われるばかりに, 思われるほど, 思われるよう, 怪しんだ, 怪ま, 恐れたの, 恨らまれて, 悟られぬ様, 惧れた, 想像した, 惴, 感じた, 懸念した, 懸念しつ, 懸念に, 懼れた, 戦々兢々たる, 振り動かし, 探して, 散りかけて, 時々気, 書物屋乞候故, 案じたため, 此の, 気が, 気づいたため, 気に, 気にか, 気味わるく, 気遣いながら, 気遣いながらも, 気遣った併, 気遣って, 気遣わしい心, 気遣われるほど大袈裟, 氣づかつ, 氣遣つて來た, 泉原は, 深く省, 片方の, 独り心配し, 生きた気, 申します内, 疑いの, 疑い朝夕, 疑った, 疑った点, 疑って, 疑つた, 疑つて, 疑はれた, 疑わしめた, 疑わるまで, 疑わるる事, 皆と, 真面目に, 瞳を, 禁足された, 私ヤ其れ, 竦んで, 竹丸は, 絶えず其顔色, 絶えず心配, 絶えず注意, 絹川の, 考えたので, 考えて, 考える, 考え付いた, 考へ, 考へた, 考へら, 胸が, 腕時計を, 自ら疑う, 自然に, 見ましたが, 見廻したが, 見廻しながら, 見張つて, 言ひ, 言へば, 豫期恐怖する, 躊躇し, 透かして, 長く見, 雨が, 首を, 高田中を, 鵜の

▼ せぬ~ (195, 5.1%)

8 よい 4 よかろう 3 いい 2 いいぞ, よいぞ, 多分新, 好い, 工面の, 憎くし, 浪は, 私は

1 [164件] あたしゃ知らない, あゝ賢い, いいの, いずれも, いづれに, ええ生意気, おかしくかなた, お前に, かりにこれ, けれども朝夕膏薬, こういう目, この一首, この二, この初度, この城, これは, しかし先生, そうかと, そなた, その善助, その敗北者, その時代, その発達, その茶山集, その輪廓, その骨相人品, それが, それでも蕪村句集, たっての願い, ためであった, ちとお話し, でもどういう, とにかく完成, なう, なんの, ましと, またしたく, まだ春, やはり夜, ゆうべは, よいか, よいぞや, よいと, よいという, よいよう, よいわい, よい事, よろしい, よろしかろう, わが賢明, わたくしは, オットマック土人は, ピアノなし, 一方には, 不審じゃ, 世の中が, 世間である, 久しぶりで, 事実であろう, 二氏の, 五回目走りおわる, 京水の, 人々は, 人殺しと, 今は, 他に, 何にでも, 何アに, 併し, 信長公を, 僅に, 元禄宝永年間この, 兄さんは, 兄君の, 先づ八俵九俵十俵十一俵十二俵半と, 先帝, 兵法の, 其頃は, 初代善好とは, 利益である, 前後の, 功徳じゃ, 北遊の, 十三日の, 卑俚には, 古い昔, 古人に対して, 右大臣さまほどの, 右衛門さんが, 同時に消え, 唯近年, 唱門支配の, 嘗をもって, 外國人から, 夢中で取られまい, 大局を, 大方この, 大方は, 好いといった, 好いよ, 如何にも追, 安全じゃ, 安政の, 定まる配偶, 宜しいと, 宜で, 実あこないだうちここ, 尋常の, 少さい時, 常時その, 幼時一たび安藝に, 広場一ツ越し, 底一面に, 弘化三年以前の, 強盜に, 形式としては, 彼批評家には, 彼方では, 往古唐通詞の, 得策, 必要だ, 恐らく南支那, 恥ずべきこと, 憐愍の, 打ちゃって, 拙者の, 掟だ, 損と, 支那人の, 攻め味は, 故で, 故に農業, 故意と, 既に元禄頃, 日本博物学年表嘉永二年の, 昔を, 最早全快, 最近日の, 月に, 東大寺の, 此の, 此の方が, 此処に, 此處に, 永仁三年以後である, 火に対する, 為にか, 爲に, 申さば, 百姓への, 秀子の, 總ての, 良策と, 芋粥でも, 華だ, 薄絹, 蟾蜍が, 西暦紀元五世紀から, 赤平川の, 躋寿館の, 長尾氏の, 関羽を, 香液は, 鹿児島

▼ せぬよう~ (194, 5.1%)

19 にし 8 に, になった 6 になっ 5 にする 4 にした 3 であるが, に心, に注意 2 にしなけれ, にそっと, になる, に努め, に御, に思われる, に用心

1 [121件] いて, お子達, お諌めしなけれ, くれぐれも注意, じゃ, せねば, だ, だったら, であるにも, でうるさく, では, との意, なもの, なを, な不都合, な傾き, な口吻, な品, な場合, な変わったこと, な思い, な犬畜生, な男の子, な立木, な行い澄し, な顔, にうまく, にお, におうしたてられ, にきっと, にしかし, にしない, にしなく, にしよう, にしろ, にすれ, にせい, にせね, につとめた, にとくれぐれも, にとちょっと, にとつとめ, にとのお, にとばかり桑港, にとまたし, にとヤキモキ, にと口舌, にと執事, にと始め, にと心, にと父, にと祈っ, にと繰り返し繰り返し, にと覚悟, にと計り考え, にと重ね, にと野獣, にと長々, になさいませ, になり, になりました, にの, にまた, にまとめる, にソッ, に一文, に一時, に一緒, に不自由, に予, に仕合, に何とか, に何ヶ月前, に儲かる, に入口, に内々, に努める, に励まれよ, に命じた, に女, に始末, に寧, に工夫, に布団, に廊下, に引き戻す, に引き開けた, に引こ抜き, に後悔, に思う, に抜き放ち, に掘出せ掘出せ, に明ける, に明り, に櫂, に気, に源氏, に潜戸, に熊笹, に着物, に程度, に致し, に襖, に話, に軍人式, に辛抱, に鍵, に開け, に難民, に難詰, に雨戸, に首尾, に骨, また人, もし再発, 堅く口, 心がけること, 極めて注意深く, 緩かに, 致しますか, 踏み固めると

▼ せぬ~ (167, 4.4%)

6 いう 4 いふが 3 いふこと, すれば, 云ふ 2 あれば, いふの, 折紙が, 気が, 申さば, 申さるるに, 申すか, 申すの, 見えて

1 [130件] あとで, ある, あるいは一大事, いいそして, いいなましたので, いい月, いうから, いうたらなんと, いうだけに, いうて, いうならば, いうばかり, いえば, いずれか, いって, いつたやう, いふ, いふても, いふので, いふを, おっしゃると, がんばる, この冬風, すると, とうから言いくらし, どこへ, なったらそこ, なると, にかかはらず觀賞, はよう造った, また一枚, まん, みえて, よいもの, わからないの, わが軍, ダダを, 七生唖にでも, 云いたげな, 云い切って, 云うこと, 云う事, 云う約束, 云う誓い, 云う請合, 云う風, 云えば, 云って, 云つた, 云つた様な, 云つた樣な, 云つてゐ, 云はれた, 云われました, 京都に, 他に, 仰せられても, 仰言, 何も, 信じられて, 信じ必ずまず, 信ずる, 先刻も, 先刻言伝てが, 助六太神楽, 労働は, 叫んで, 可け, 同時に人, 同時に何, 同時に学問, 大きく出, 大本を, 天狗の, 安二郎は, 幾度も, 御先代, 心に, 思う, 思うふう, 思った人, 思つたから, 思つてゐる, 思はれたくないため, 思わる, 思われたくないため, 思われるよう, 意を, 承った, 拡がつて, 敬四郎だんなを, 村境いの, 村境ひ, 毒は, 気に, 決心し, 物の, 申しましたら, 眉間傷も, 真実の, 眼が, 石が, 砂糖八分の申し開き, 称して, 答へ, 約して, 翻訳の, 聞いた, 聞きも, 聞く正成, 腹の, 褒める代, 見える, 言うて, 言う消すと, 言った, 言っても, 言つてどこまでも, 言つて居つた, 言ふ, 記して, 誓書を, 誓約する, 説いても, 謡が, 貴様の, 部落の, 釣合が, 限らぬ余, 顔が

▼ せぬ~ (162, 4.2%)

31 である 125 か, じゃ 4 であった 3 が常, だから 2 が気, だが, ぢや, です, では

1 [89件] かしらえい, かそれとも, かと思う, かと思った, か波打つた, があっ, がかえって, がその, がよい, が一つ, が何より, が信心, が利益, が多い, が当然, が恥ずかしい, が掟, が普通, が気に入らぬ, が進化論, だな, だらう, だろう, だ心, であるから, であると, である云々, である余輩自然論者, である自然, である進化, であろ, であろう, でございますのに, ですつかり安心, です少し, とそんな, とは問題, と言, にはそれ相当, に上がり込んだ, に向う, に大, に読んだ, に踏込ん, に食べた, はその, はそれゆえ, はもちろん, は七生, は他人, は共同, は其為, は可笑しい, は右, は大佐, は奇怪, は妙, は実に, は平生, は年越し, は当然, は怪しから, は悪人ども, は惜しかっ, は本篇, は米, は見知らぬ, は関東, は随分, は非礼, もお, もやむをえざる, も夜なか, も思いがけない, も無理, をちよ, をとりよせ, をみせつける如く, を例, を僕, を初瀬, を原則, を君, を家憲, を此奴め, を痛く, を知る, を見, 別と

▼ せぬもの~ (156, 4.1%)

11 はない 10 である 6 じゃ 5 のあるべき 4 はなかっ, よ 3 がある, が多い 2 だから, だと, であった, です, でも, なれど, に, に對, はなかつた, を

1 [90件] かと愕, かと浮き, かと考え, があっ, があるであろう, があれ, があろう, がない, が与えられる, が何枚, が尠, が現に, が確, が職業的野心, が胸中, こそすれ, ぞ, ぞかし, ぞと誡め, だ, だぞ, だなど, であつ, であります, であるが, であるけれども, であるとでも, であるま, でございますが, でございますよ, でしたならば, で同じ, とが有る, とされ, とすれ, とてない, となった, となつ, となほ, と信じる, と思え, と思はなけれ, と思わなけれ, と老人, なく隨分苦勞, ならその, ならば, にぞありける, には他, に与えられた, に対して, に対してすらそれ, に対し他, に対する盲目, のよう, の方, の生命, の間, はありません, はあるまい, はすべて省略, はなから, はなかりけり, は一つ, は少ない, は恋, は恐らく, は無, は無い, は自然法それ自身, も尠, やな, よしよし, らしい, をつくり出す, をもたらせた, を勝手, を家来, を持つ, を探, を母子, を生木, を用いた, を盗った, を籠, を見た, を視えた, を頻りに, を飾, 故ややもすれば

▼ せぬこと~ (130, 3.4%)

5 にする 4 である, にし, になっ, はない 3 にした 2 だ, であるから, もない

1 [100件] か, があっ, がありました, がありましょう, がそれ, が可能, が少く, が既に, が明かで, が明瞭, が立國, が起った, こういうの, こそ近代的修養, これからも, しばしばである, しばしばなる, じゃ, するは, その応用, だと, であ, であって, であつ, でありまして, でありトルストイ, であり主従, であると, でいよいよ, でございましたから, でございます, です, でも, で史學史上注意, というの, とする, など, なの, なり, にいたします, にきめ, になった, になれ, にはこの, にはバス道路, には解釈, にみずから, にも又, にも奔走, によって徐々に, によつて, に命じ, に定めた, に決めた, に用, に相成った, に覚悟, はありますまい, はできない, はもちろん, はよう, は今更ら, は先覚, は勿論, は無い, は西洋, ばかり考え, も感情, も知っ, も第, や直接受領, ゆえ前もって, をあり, をいう, をし, をした, をし言わぬ, をする, をつい, を云わぬ, を仮にそう, を信じたがらぬ, を前提, を当然, を想像, を民, を独力, を発見, を知っ, を知る, を縷々, を考え, を触れ, を言つて, を詰ったら, を誓約的, を非常, を頭痛, 乃至は, 正に新

▼ せぬ~ (77, 2.0%)

4 えと誘はれ 3 それが, ッ, 何が, 何故逢 2 これは, これを, それも, それを, 悲しや, 美登利が, 足に

1 [47件] あるいは何, えと誘われ, おくがた, お肚, きめて, ぐや姫に対して, けれど手紙, このタブノキ, この文, この母, この私, せぬかと, そこどころちと, その女, その男, どうか見, どこかで, なれなれしすぎ, またはその, 丁字さんの, 他人の, 再び何, 分らぬが, 双方の, 問い合わせて, 嘲られは, 大問題, 女連は, 心に, 憎まれは, 或は公書, 捜して, 政府の, 日本の, 春の, 月見を, 来は, 此の, 洩れは, 田にでも, 病み臥しは, 知って, 知ら, 知れぬうち, 石が, 聞き定めた後, 荷馬車が

▼ せぬうち~ (70, 1.8%)

2 にせめてもう, にまた

1 [66件] から, からあの, からはっきり, から何, から子, から已に, から敗北, から敵, から物思い, から玄関, から玄關, たとえ一時, にいきなり, にご, にたちまち, にだまし打ち, にだまっ, にと刻まれた, になく, になくなっ, にはやく, にまたもや, にタラタラ, に一生, に下, に久枝, に二人, に僭越千万, に加藤次, に又新, に合祀, に吻, に味方, に城太郎, に娘, に尼二人, に彼, に後学, に暴力, に死ん, に母上, に消え, に父, に白馬, に簡単, に組, に自然, に追い追い, に遊ばう, に遊ぼう, に鈴木君, に飽和, の養生, はここ, はこれから, はその, はちと, は口外, は夢, は帰らぬ, は故郷, は東京, は永遠, は玉, は総理大臣, は肩

▼ せぬという~ (60, 1.6%)

6 ことを 4 ような 3 ことは, のか, のが 2 ところに, のだ

1 [37件] ことが, ことだった, ことである, ことに, ことらしい, その人, た, のは, わけで, 一点を, 事は, 事を, 人も, 人間で, 以上に, 保険付だ, 修養を, 反抗心も, 古人の, 堅き約束, 契約を, 定則は, 強い決意, 悪い傾向, 態度じゃ, 戒懼の, 村落が, 模範を, 気分が, 気勢を, 法は, 病気に, 者あら, 至って気楽そう, 誓いを, 誓約の, 風な

▼ せぬから~ (54, 1.4%)

5 だである 4 である 3 安心し 2

1 [40件] あるいは此, おどしつけたらじぶん, この兩人, この点, じゃ, そちには, だと, であるけれども, である完全, であろう, でまた, とにかく素直, なんとも断言, ストーヴで, 一寸判定, 何の, 保守主義一方の, 先生の, 其の效果, 其の眞僞, 内の, 刈入れを, 勝手に, 奉公人に, 安心し給え, 安心せよ, 悠々と, 成る丈, 折角の, 早くかかれ, 是れ, 暫く其の, 無事だ, 生計に, 矢張り斬罪に, 知った方, 知らぬ, 私しは, 絶對に, 餘程技倆も

▼ せぬのに~ (53, 1.4%)

2 テツさんを, 思案深

1 [49件] いかにも自慢, きやんきやんごうごう, こうして主君, そこまで, その心, その荷物, そんなこと, そんな事, ただただお, つまらない役, どうして中毒, よく高瀬, わざわざ何だかだ, ヒドク酔っ払った, 一人で, 三四日逗留し, 世話を, 五百年生きる, 人に, 佐佐木, 何でこれ, 作家よりも, 先進国から, 八尾の, 共鳴の, 化粧を, 夜通し痛がっ, 天下国家社会民衆の, 女中の, 室の, 寺の, 強て, 感激し, 抜足差足音は, 拔足差足音は, 指井が, 是を, 時々昔話, 此の, 気が, 深川行の, 深潭に, 突然わん, 自分の, 色々と, 血道を, 襟巻を, 訪づれるあの, 饒舌り出した

▼ せぬやう~ (51, 1.3%)

7 になつ 3 にお, にそつ 2 である, にし, になり, に成りぬ

1 [30件] おねが, とのいましめ, な口, な外観, な怪しから, な態度, な無作法, な種類, にしたい, にしよう, にする, にと自ら努力, になど, にみえ, にワザ, に其女事務員, に制御, に少し, に廊下, に注意, に為れ, に用意, に眼, に程度, に練習, に育てられ, に自分, に致します, に落, に障子

▼ せぬ~ (50, 1.3%)

3 しても, 何の 2 女と, 散りはつる

1 [40件] おれから, かぎる, きまって, きまって居る, ここへ, しくはござりませぬ, せよ出雲, せよ発電, その重, その顏, その顔, ほひを, 下層凡俗それ相応に, 下手も, 似合わぬ中, 何し, 依って, 口あんぐり, 向こうから, 塩壺を, 大路は, 小説家に, 引出した米友, 御一同, 提燈持ち, 散る青葉二つ三つ, 映画の, 槍を, 死んで, 毎日用, 然う, 相違ない, 私に, 絆を, 荒木と, 要らぬ詮索止め, 越したこと, 跳び上がり沈み, 長政を, 飛んだ御苦労

▼ せぬ~ (47, 1.2%)

2 になっ, を根問い, を誓

1 [41件] お調戯, かと腹, からはしなくも, が色色, だ, である, として澄まし返, とそれから, となっ, と頷い, などがある, にし, にします, にする, にはここ, に成っ, に成れ, に確定, に苦労, はない, はやはり, は明かであります, ばかり起る, までも馬, をし, をする, をクドクド, を一々, を予期, を吹聴, を大, を島, を悟り, を教える, を敢, を自信たっぷり, を見, を遣, を隠し, 多きに, 第二

▼ せぬ~ (45, 1.2%)

4 はない 3 はなかっ 2 とに論, は無かっ

1 [34件] がありましょう, がある, がなかっ, がまだ少し, が下等, が亡びる, が多い, が大, ぞと云う, だけにかぎる, である, である将軍政治, との間, と彼, にはみんな鬼, のあるべき, の所為, の最期, はなかろう, はなく, は人間, は宜しき, は成る, は斬首, は終, もあっ, もある, も多く, も段々, をお, を乗せず, を憎む, を罰し, 無く惡縁

▼ せぬので~ (41, 1.1%)

2 うつくしい可愛らしい, のぞいて, 彼は, 晩成先生は

1 [33件] あつた, あて字を, お蔦が, これ以上に, さてこそ, どう手出し, ひとりで, まだそれほどの, やっと安心, ブロックは, 一人の, 二人は, 京橋口も, 仲間同志で, 卓の, 又もや大, 同志の, 地獄から, 子を, 往復数十回を, 後に立ち戻, 時による, 東京と, 止めた, 毎度かの, 男爵は, 異様に, 私は, 腹が, 自由に, 警視総監への, 貞固, 遂に免れた

▼ せぬ~ (28, 0.7%)

2 にし, に仕

1 [24件] きびしくいい渡し, だ, だが, な人, な教育, な語り物, な風, な高尚, にした, にしたく, にする, にせさせた, になつ, に云う, に口, に堅く, に守つて, に徐々, に水, に注意, に漉毛, に運ん, に階下, に障子

▼ せぬかという~ (27, 0.7%)

2 ことを, ような

1 [23件] ことが, 不安に, 予想が, 位の, 危惧から, 危惧ほど, 困難が, 女気の, 好奇心が, 心配は, 怖ろ, 惧れだ, 懸念の, 懸念は, 懸念も, 懸念牢屋への, 期待に, 気が, 気に, 点は, 考えを, 観念が, 迷いを

▼ せぬところ~ (27, 0.7%)

3 である 2 がある, であろう

1 [20件] からついに, から場中, さればぞ, だったの, だったので, であると, でいささか, で生ずる, に内心, に到達, はこれ, は不思議, は二者, もあっ, もある, やひとりぎめ, より子供, をうろつい, をみる, を見る

▼ せぬ~ (24, 0.6%)

6 がよい 2 がいい, がよろしい

1 [14件] がい, がむしろ, がよかろ, が万全, が利益, が却って, が可, が宜, が望ましい, が美しくっ, が若く, なる上, には幽霊, よしと

▼ せぬけれど~ (23, 0.6%)

3 何も, 朝飯あがる 2 それは, 妻は

1 [13件] せめて母, ひそかに, ズッと, 下の, 両親も, 僕が, 同じ日, 夫れ, 心の, 棚に, 殆ど落ちん, 浮名が, 爾でない

▼ せぬため~ (23, 0.6%)

2 であろう

1 [21件] であって, である, で今日, にいくら, にかく, にこの, にそれ, にはまず, に一方, に中沢氏, に布海苔, に思想, に我是鬼, に掛ける, に放免, に自分, に青年, に青年たち, に馬, の反響, の軍備

▼ せぬかといふ~ (20, 0.5%)

2 ことである, 心配が

1 [16件] ことが, ことなぞも, ことを, こと若し, やうな, 危惧を, 妙に, 懸念も, 打算的杞憂から, 様な, 用意の, 疑を, 程なる, 論旨で, 警戒を, 風な

▼ せぬ~ (20, 0.5%)

1 [20件] からそれ, から先刻, から従兄, であるから, とどこ, と後, にどうか, にもう, にわかる, に廢物, に有力, に木村父子, に東京, に殺戮, に皮細工, に言うべき, の瀧口, の越方, 岳の, 懇望され

▼ せぬ~ (19, 0.5%)

2 が多い

1 [17件] がある, が見た, であったから, であったらしい, で優善, と君, にあんまり, に何で, のごと, の恋しく, の批判, の片手, はあるまい, は上, は見届ける, までぐいぐい, もなく

▼ せぬ~ (16, 0.4%)

1 [16件] すべなき, ない, ないが, なかった, なく意外, 上に, 世上の, 人坐さぬらしすさぶ, 仏で, 仏というまでに, 勿論の, 如何なる意, 未だ勢力, 汐も, 稀な, 陛下の

▼ せぬつもり~ (15, 0.4%)

62 だが, である, で病院 1 じゃ, であったと, の声

▼ せぬ~ (14, 0.4%)

3 返しは

1 [11件] え, ッ, 余の, 己れ, 必ず其方, 早く死ぬ, 来い, 江戸に, 癡呆の, 観念しろ, 長居を

▼ せぬといふ~ (14, 0.4%)

2 一札を

1 [12件] やうな, やうに, 位の, 信念の, 家憲を, 手合が, 理由も, 諭旨を, 迷信, 非難は, 風潮で, 點で

▼ せぬとも~ (14, 0.4%)

4 限らぬ 1 あるいは病い, かぎらぬ, かぎらぬからのう, 宜しいもの, 限らぬが, 限らぬであろう, 限らぬと, 限らぬという, 限らぬのに, 限られぬ

▼ せぬわけ~ (14, 0.4%)

2 である

1 [12件] では, にいかなかった, になる, にはいかぬ, にはゆかない, にはゆかなかった, にはゆかぬ, にはゆきません, にはゆくまい, には行かぬ, には行きません, もなかろう

▼ せぬとか~ (13, 0.3%)

1 [13件] あるいはまた充分, あるいは俺, あるいは自分, お前さまお, ように, カフエエに, 云うこと, 云ふ, 何とか程よく, 理屈でも, 称めも, 西洋の, 除名する

▼ せぬとは~ (13, 0.3%)

2 限るまい

1 [11件] いいながら, いはず我, なぜである, 何と, 何事だ, 余り馬鹿, 申しません, 知って, 約束せぬ, 能う造つた事, 言えない

▼ せぬまでも~ (13, 0.3%)

1 [13件] これへ, その進行, それと相, もう御, 世間の, 冥々の, 十三歳や, 喜んだ傾向, 園絵様の, 常から, 石が, 肺を, 虐待し

▼ せぬほど~ (12, 0.3%)

2 恬澹であった 1 その筆力, それは, であ, なるに, な功, な防備, 彼は, 源氏は, 物静かな, 稀薄で

▼ せぬ~ (12, 0.3%)

2 である 1 から世人, から之, だから, であるが, でもあつ, で有っただろう, はない, もあり, もある, を見る

▼ せぬ~ (12, 0.3%)

1 [12件] こんどは, それ自らの, であらう, まず当分, 今日の, 何やら分らず, 古来無用の, 帝様は, 或る, 活きいるつもり, 遠近の, 錐で

▼ せぬ~ (11, 0.3%)

1 [11件] かどう, から突然, が現れた, じゃ, だ, だけれど, だな, で人, の冷, よ, を好こう

▼ せぬ~ (11, 0.3%)

1 [11件] に先, に折角, に死んだ, に漲りわたっ, に直に, に芟除, の夢, はその, は今後, は家, は生得

▼ せぬ~ (9, 0.2%)

1 つとりした大まか, むづかりやうぢや, 人の, 勢の, 君の, 国侍の, 声がかり, 心に, 立ち合いなされ

▼ せぬ~ (9, 0.2%)

3 此方は 1 便る方, 地方や, 家名の, 知りも, 許すこと, 語りも

▼ せぬ人間~ (9, 0.2%)

1 が今, が嚴, が多数, が自分, で理論的, の, の在り, は決して, は社会

▼ せぬ~ (9, 0.2%)

1 が続い, その井戸, には利息, のこと, は妻, は拷問, は是等, は無理, 入ったので

▼ せぬ~ (9, 0.2%)

1 なるに, な小心者, になり, に喧嘩, に思った, に月, に窓, の冷, 彼は

▼ せぬかとの~ (8, 0.2%)

1 憂を, 最後の, 期待が, 気遣, 疑念から, 疑念も, 老婆心から, 非難を

▼ せぬかを~ (8, 0.2%)

1 人々は, 実物について, 決し智力, 虞る, 訊ねた, 調べたが, 調べるため, 調べる爲

▼ せぬぞと~ (8, 0.2%)

3 威張たてるを 1 いうかの, いきまき居り候, いわぬばかり, 知らぬ事, 逼る

▼ せぬほどの~ (8, 0.2%)

2 彼の 1 あの子, ことが, 問題を, 朗らかさと, 物を, 風に

▼ せぬ~ (8, 0.2%)

1 しょせんは, なかつた, 一日一日の, 初めから, 単に私, 同じとて, 残念である, 長いと

▼ せぬ人々~ (8, 0.2%)

1 がこれ, が古い, のこと, のその, の一団, の余った, の夢, までも強

▼ せぬ以上~ (8, 0.2%)

2 この傳 1 この伝, この伝え, はスコット, は何, は写さるる, 主體

▼ せぬ~ (8, 0.2%)

1 が生活, だったが, である, なの, なれば, に艶書, の画姿, 賊と

▼ せぬ~ (8, 0.2%)

3 にゆかない 1 にいかなかつた, にはまいられませぬ, にはゆかぬ, には行かぬ, に行かぬ

▼ せぬ限り~ (8, 0.2%)

1 はいかなる, は断定, は荒き, もない, 何ぞ首, 即ち自他共存, 唯無限, 崇めろと

▼ せぬ~ (8, 0.2%)

41 がそ, で屹, ばかりが今, をみてとる

▼ せぬかも~ (7, 0.2%)

3 知れぬが 1 しらぬ, しれぬ, しれぬという, 知れぬ或いは

▼ せぬけれども~ (7, 0.2%)

1 しかも外, せめてお前様, 普通人狐の, 暗黙の, 畫伯たるには, 穏やかな, 道を

▼ せぬ~ (7, 0.2%)

1 にその, に伯父さん, に彼, に殺され, に直ちに, に突然, は此通り

▼ せぬ様子~ (7, 0.2%)

1 だ, であつ, です, で立ち上がった, なれど, を現, を聞き

▼ せぬ~ (7, 0.2%)

2 である 1 な六月廿五日, になつたの, にもせね, に水, に障子

▼ せぬ~ (7, 0.2%)

2 である 1 じゃ, だ, だのに, だ余, であるが

▼ せぬそれ~ (6, 0.2%)

1 がわからない, で取るべき, で媾和, は十日前故郷, は昨年, よりは気

▼ せぬとの~ (6, 0.2%)

1 争い不, 事である, 分量の, 厳しい父, 如きは, 結果であろう

▼ せぬ~ (6, 0.2%)

1 さあこの, マーガレットの, 叱りは, 女など, 崇めるばかり, 永生の

▼ せぬ代り~ (6, 0.2%)

3 のある 1 にはびこり, に一旦, に平和

▼ せぬ~ (6, 0.2%)

1 から國粹, から夫, から突然, から胸算用, に, に見せ

▼ せぬ~ (6, 0.2%)

1 か, があり, であっても, にてありな, の大いなる, は何となく

▼ せぬ~ (6, 0.2%)

3 しと 1 からの定法, がかえって, の私

▼ せぬ理由~ (6, 0.2%)

1 から自然, があつ, がある, が可, は, はこの

▼ せぬかぎり~ (5, 0.1%)

1 はコタツ, ほとんと, もない, やがては, 到底できる

▼ せぬこの~ (5, 0.1%)

1 利己主義男か, 巾着も, 役目は, 辺の, 頃殊に

▼ せぬこれ~ (5, 0.1%)

1 が注意, は互に, は浴衣がけ, は私, より伊勢路

▼ せぬそう~ (5, 0.1%)

31 である, です

▼ せぬだけの~ (5, 0.1%)

1 本来の, 自負心を, 装飾仕, 話かも, 財を

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

1 あらう, あらうが, あらうに, いた方, せうが

▼ せぬのみ~ (5, 0.1%)

1 ならずその, ならずそれ, ならずたまたま, ならずまた, ならず吾等

▼ せぬはず~ (5, 0.1%)

1 だが, である, であるが, と説い, なり彼

▼ せぬゆえ~ (5, 0.1%)

1 であって, に, ようやくご用, 知らぬが, 責めて

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

3 のみ立派 1 をばここ, 文章だったろう

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

3 こんな風 1 異国から, 貧乏で

▼ せぬ場合~ (5, 0.1%)

1 がある, が多い, が多く, で思, には急

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

2 の反骨 1 が後, だった, の姿

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

1 方針で, 決断と, 縁と, 縁の, 覽なされまし

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

1 が帰り, で他人, のときめき, の錠, の闇

▼ せぬ態度~ (5, 0.1%)

1 だと, と麗わし, に出る, は変らなかった, をとる

▼ せぬ清い~ (5, 0.1%)

5 心に

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

1 がある, が多い, が譬喩, もあった, を憫笑

▼ せぬ自分~ (5, 0.1%)

2 だけの独自 1 がこの, の不思議, の其学校

▼ せぬ~ (5, 0.1%)

1 だった, で答えた, と花房一郎, は憂へず, をこの

▼ せぬかの~ (4, 0.1%)

1 ように, 一つでは, 中に, 様に

▼ せぬかは~ (4, 0.1%)

1 こつちの自由, われわれ自身の, 別問題, 固より

▼ せぬでも~ (4, 0.1%)

2 なかつた 1 いい, かまいませんが

▼ せぬとき~ (4, 0.1%)

1 すなわち理想, は, は大いに, は本

▼ せぬなどと~ (4, 0.1%)

1 いって, 云い欺いて, 仰せら, 父上ちと

▼ せぬのみか~ (4, 0.1%)

1 この窟, コンな, 却て, 時には

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 の世, の度胸, 此の, 迄に書かれた

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 をこんなに, を割かれた, を復讐, を無理

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 じゃ, であっても, でなぐさめた, は

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 作家に, 政治家でございました, 親分として, 食いな

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

2 の方, よりは氣

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 じゃったが, である云々, の歯, を呼んだ

▼ せぬ姿~ (4, 0.1%)

1 であった, でした, です, ながら

▼ せぬ時代~ (4, 0.1%)

1 だから, に建築, の姿, の迷信

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 かはっきり, だな, ですから, になります

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

2 禮を 1 沙汰の, 礼者が

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 だという, は夙, は思い惑う, を多く

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 にた, にわかい, に何, に大切

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 で, で見つめ, の光, をし

▼ せぬ立派~ (4, 0.1%)

1 な女優, な帝国臣民, な身分, な香料師

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 ではない, には行かない, にゆかぬ, はない

▼ せぬ郎女~ (4, 0.1%)

4 のこと

▼ せぬ~ (4, 0.1%)

1 の中, をグビリグビリ, を杯, を注ぎ

▼ せぬあの~ (3, 0.1%)

1 健康な生き, 奇怪極まる, 白々しい無表情

▼ せぬかとも~ (3, 0.1%)

1 存じます, 思はぬでは, 考へられるが

▼ せぬくせ~ (3, 0.1%)

1 に生血, に私, に考へる

▼ せぬその~ (3, 0.1%)

1 さま眞を, 代り, 方も

▼ せぬといふも~ (3, 0.1%)

3 勇さんの

▼ せぬには~ (3, 0.1%)

1 実に感心, 此上も, 限らぬ箪笥釣台

▼ せぬばかり~ (3, 0.1%)

1 でなくまる, よろこんだの, 玄蕃允の

▼ せぬばかりか~ (3, 0.1%)

1 かえって身辺, かつて自分, 路で

▼ せぬばかりに~ (3, 0.1%)

1 副官が, 老審問官, 頼まれたが

▼ せぬほどに~ (3, 0.1%)

1 そのあたり, キッパリと, 止しに

▼ せぬまでに~ (3, 0.1%)

1 なったの, なって, 徐々として

▼ せぬまま~ (3, 0.1%)

1 にこの, に前進, に蒲團

▼ せぬやう自分~ (3, 0.1%)

3 に言

▼ せぬ七日~ (3, 0.1%)

3 の朝

▼ せぬ位お袋~ (3, 0.1%)

3 は時たま

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 の意見, の頭, は迫

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 に, にこれ, に別れ

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

3 形のか

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 がありましょう, と見え, は極めて

▼ せぬ国民~ (3, 0.1%)

1 なりといふ断定, の寄生虫, はない

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 にだにやまず, のよう, を見た

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 であった, に似合, を捨て

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

3 入せぬ

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 だったら, の内, や村

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 い方, 藩だ, 駅が

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 と憎み, の常かげ, の泉

▼ せぬ感情~ (3, 0.1%)

1 が波うっ, も細か, を持ちあつかひかね

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

2 を拍 1 詰の

▼ せぬ故に~ (3, 0.1%)

1 子供を, 発明も, 神に

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 である, に就, を楯

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 の利己主義男, の有様, の蔓草

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 の力, の庭, もない

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 が何故, の心, も貴

▼ せぬ積り~ (3, 0.1%)

21 で有ろう

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

2 に秋 1 のあり

▼ せぬ覚悟~ (3, 0.1%)

1 で遺言, はし, をきめ

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 にいかなかつた, にゆかない, にゆかぬ

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 となっ, なし, の皮

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 で買う, を工面, を盗られた

▼ せぬ~ (3, 0.1%)

1 となり, は一時間, 之丞

▼ せぬ静けさ~ (3, 0.1%)

3 である

▼ せぬいわば~ (2, 0.1%)

1 人殺しの, 敵方の

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 にしという, 大事な

▼ せぬかい~ (2, 0.1%)

1 とんだ暑がり, 飛だ

▼ せぬこそ~ (2, 0.1%)

1 よけれと, 寧ろ意外

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 家人の, 方針とも

▼ せぬさき~ (2, 0.1%)

1 にうり出し, にすり出し

▼ せぬそして~ (2, 0.1%)

1 その場合, 私は

▼ せぬそれそれ~ (2, 0.1%)

2 お法衣

▼ せぬだけ~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ せぬとに~ (2, 0.1%)

1 拘わらず, 關する

▼ せぬなおまた~ (2, 0.1%)

2 想像し

▼ せぬなほ~ (2, 0.1%)

2 また想像

▼ せぬにや~ (2, 0.1%)

2 塵ひ

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 あいには, なりませぬ

▼ せぬふう~ (2, 0.1%)

1 で機嫌, を装い

▼ せぬほう~ (2, 0.1%)

1 がいい, が都合

▼ せぬまだ~ (2, 0.1%)

1 一家の, 固い琥珀

▼ せぬやつ~ (2, 0.1%)

1 じゃ, は木佛金佛石

▼ せぬわれわれ~ (2, 0.1%)

1 でも降参, は平生はさ

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 よしと, 悶かしがり

▼ せぬ一個~ (2, 0.1%)

1 の抽象体, の抽象體

▼ せぬ一双~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ せぬ一本立~ (2, 0.1%)

2 の御用聞

▼ せぬ上人様~ (2, 0.1%)

1 のお召, の御召ぢ

▼ せぬ不安~ (2, 0.1%)

1 の原因, の色

▼ せぬ不思議~ (2, 0.1%)

1 な微笑, な現象

▼ せぬ世の中~ (2, 0.1%)

1 となっ, にあっ

▼ せぬ仕事~ (2, 0.1%)

1 はでき, は出来

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 なものニ, の給料

▼ せぬ何とか~ (2, 0.1%)

1 口実を, 言葉だけででも

▼ せぬ作品~ (2, 0.1%)

1 である, の中

▼ せぬ作者~ (2, 0.1%)

2 がそんな

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 し待てよ, し此

▼ せぬ保証~ (2, 0.1%)

2 を与え

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 が飛びのった, と共に雨

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 れは, を承知

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 から今, がない

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 となっ, を増すだろう

▼ せぬ助太刀~ (2, 0.1%)

2 頼んで

▼ せぬ化学~ (2, 0.1%)

2 の方程式

▼ せぬ去年~ (2, 0.1%)

1 の初秋, の秋

▼ せぬ名残り~ (2, 0.1%)

1 と殺害者, はある

▼ せぬ吾身~ (2, 0.1%)

1 にはその, の運命

▼ せぬ品物~ (2, 0.1%)

1 には売値, に売値

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 しい調子, しさ

▼ せぬ団体~ (2, 0.1%)

1 は滅び失せ, は負け

▼ せぬ土地~ (2, 0.1%)

1 の顏役, へ發向

▼ せぬ土蔵~ (2, 0.1%)

1 の腰部, の間

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 で言っ, まで聞し

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 がつ, のくらやみ

▼ せぬ大家~ (2, 0.1%)

1 として扱, になりました

▼ せぬ天下~ (2, 0.1%)

1 の皮算用, をば

▼ せぬ奧樣~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ せぬ媚態~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ せぬ家庭~ (2, 0.1%)

2 を作つた

▼ せぬ山の上水~ (2, 0.1%)

2 の際

▼ せぬ工夫~ (2, 0.1%)

1 である, に一倍

▼ せぬ幽霊~ (2, 0.1%)

1 の姿, の書物

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 がある, が奈良朝

▼ せぬ往来~ (2, 0.1%)

2 がいつも

▼ せぬ必ず~ (2, 0.1%)

1 二階三階と, 案じるなかれ

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 より出, らしく見えた

▼ せぬ性分~ (2, 0.1%)

1 であったの, ではある

▼ せぬ慣習~ (2, 0.1%)

1 が根強く, を養成

▼ せぬ朝晩~ (2, 0.1%)

1 に何, は何

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 というもの, 障の

▼ せぬ横顏~ (2, 0.1%)

2 を睨ん

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 がどうも, を母

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 のよう, は唯

▼ せぬ江戸一番~ (2, 0.1%)

1 の人, の人入れ稼業

▼ せぬ決して決して~ (2, 0.1%)

2 不了簡

▼ せぬ河柳~ (2, 0.1%)

2 ちらと

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 があろう, もなかろう

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 に特に, の禁欲

▼ せぬ状態~ (2, 0.1%)

1 を詠んだ, 揉ませて

▼ せぬ現在~ (2, 0.1%)

1 は一定, までの有様

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

2 若い者

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 に手紙, を達し

▼ せぬ申しわけ~ (2, 0.1%)

2 を立て

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 の恋愛, 暗闇の

▼ せぬ礼儀~ (2, 0.1%)

1 と娯楽, になっ

▼ せぬ秀子~ (2, 0.1%)

1 は怪しみ, は非常

▼ せぬ筑前~ (2, 0.1%)

1 じゃ, へ和談

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 であるといふ, なの

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 をのばし, を伸さう

▼ せぬ習慣~ (2, 0.1%)

1 が生ずるであらう, になつ

▼ せぬ考え~ (2, 0.1%)

1 であったが, を聞く

▼ せぬ芸術家~ (2, 0.1%)

1 である, に敬意

▼ せぬ表現~ (2, 0.1%)

1 からさ, からそう

▼ せぬ觀念的存在者~ (2, 0.1%)

1 としての本, として主

▼ せぬ言葉~ (2, 0.1%)

1 で息, をしゃべり

▼ せぬ証拠~ (2, 0.1%)

1 でこれ, に車

▼ せぬ詮議~ (2, 0.1%)

2 を蔭

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 であった, である

▼ せぬ諸君~ (2, 0.1%)

2 を毒する

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 で歩い, に下駄

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 の, は住む

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 をその, を出し

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

2 は立派

▼ せぬ静か~ (2, 0.1%)

1 な一すじ, な澱み

▼ せぬ靜けさ~ (2, 0.1%)

2 である

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 だましいは, もある

▼ せぬ面魂~ (2, 0.1%)

1 がそもそも, を三斎隠居

▼ せぬ鴨鳥~ (2, 0.1%)

2 の群

▼ せぬ~ (2, 0.1%)

1 がキリスト教, に於い

▼1* [822件]

せぬあまりの事, せぬある自然的生産物に, せぬあるいはまた責任の, せぬあんなおやさしい, せぬいつでも御, せぬうち先方から中途半把, せぬうち安来節を踊り出す, せぬおとよさん, せぬおもしろさである, せぬおれを壁際, せぬおん犬がなんで, せぬお方であった, せぬお茶をいれ, せぬかから夫婦わかれ, せぬかぎり大抵のこと, せぬかでござりましょう, せぬかとか色々の, せぬかとさえ危ぶまれる, せぬかなどといった杞憂に, せぬかなどとは露ほども, せぬかに山内の, せぬからとてやたらに, せぬからとのことで, せぬからに相違ご, せぬからは美とは, せぬかわりには声音, せぬかわり一年分を元朝, せぬがとにもかくにも, せぬきまりであるから, せぬくらゐであるが, せぬくらいまばらである, せぬくらいの深い眠り, せぬけれどのまずいと, せぬげに右手の, せぬこと他者によつて規定, せぬこと学問に対する尊敬, せぬこと彼は今度, せぬこと文武を磨く, せぬこと頭が自由, せぬこの世の苦しみ悲しみ, せぬころに車, せぬういふ時, せぬさあこのおじさん, せぬさき親どもに手, せぬさまだ, せぬされどこれすら, せぬしおらしい気風が, せぬしかし進取の, せぬしづかな指し方, せぬしろものである, せぬじゃないか, せぬぎはひ人の, せぬすなわち曠職の, せぬそうしてその相間, せぬそこで俗界の, せぬそれから竜が, せぬぞやよしや汝, せぬぞよ餘計な, せぬたのしさに, せぬためマヌエラには猿轡, せぬため武装的平和を維持, せぬだがいったいそれ, せぬだけでも骨が, せぬだけはあやまって, せぬちょう食道楽の一人, せぬついこないだの, せぬつくりごとだったが, せぬつつましい温和な, せぬつまり吾, せぬというはこのへん, せぬといったような, せぬとかいう噂が, せぬとかと冷いやりしない, せぬところであつた, せぬとて裁判所に, せぬとでもあったの, せぬとともに最も卑くつ, せぬとまで威張って, せぬしぶとい女, せぬながら兎に, せぬなど仰山に, せぬなどとは八ツ裂き, せぬなにかの物音, せぬなんてことも, せぬにおいがした, せぬにも関わらず, せぬのにと余は, せぬはかない気分で, せぬばかりの口吻だ, せぬまた両立し得ぬ, せぬまで射て, せぬ空の, せぬみか放鷹, せぬものぢや, せぬものの昔から, せぬもの二種を列記, せぬもの供には鍋, せぬもの明らかに片方, せぬもの變らぬもの, せぬやうやけにならぬ, せぬやう柳から言, せぬやう此もまた, せぬやう用心して, せぬやつらのこと, せぬやら我れ, せぬやわらか味が, せぬゆえにこの乳母, せぬゆえエレベーターやエスカレーター, せぬゆえ大丈夫じゃ, せぬようお伝え下さい, せぬようお気をつけなさいませ, せぬようきみをこらしめた, せぬようこれもまた, せぬようこれ位でやめる, せぬようめいめい五分十分早く店, せぬようわしが留守, せぬようソロソロとしめ, せぬよう三日にいちど, せぬよう今夜これからことし, せぬよう全力を尽し, せぬよう団子になとし, せぬよう理詰めにはします, せぬよう皆家を空しゅう, せぬよう目的の一節, せぬよう眼をはなたず, せぬよう空から威嚇射撃, せぬよう自分に言い聞かせる, せぬよう蓋を懐, せぬよくもおめおめとお供, せぬよけいなもの, せぬよりの牽強だ, せぬよりはましで, せぬりっぱなしょうこ品, せぬわいと額を, せぬわがこころ, せぬわざあり今, せぬわしも忙しい, せぬゑゑ憎くらしい, せぬゑゝ憎くらしい, せぬアベコベに彼奴, せぬアントニオと呼べり, せぬイデアリストでない学生, せぬインドの風, せぬエセックスに見当はずれ, せぬエリスのところ, せぬカプルと評価, せぬコンタンはそも, せぬドイツ語で喋った, せぬビールを飲み, せぬフオレスチャ夫人で依然として, せぬユーゴ一の大, せぬロシアの旦那衆, せぬロシア生活の魅力, せぬヴァイオリンが壁, せぬ一人と一人, せぬ一人立ちの詩人, せぬ一八二一年五月この英雄, せぬ一册がこの, せぬ一原因となる, せぬ一家のあるじ, せぬ一座の大, せぬ一廉の禅師, せぬ一抔の熱燗, せぬ一派の首領, せぬ一流のこころ, せぬ一要求を持ち出した, せぬ一部の一致, せぬ一陣の兵, せぬ一隅の階段, せぬ一面もある, せぬ七歳の日, せぬ万全な宣伝, せぬ万感を誘はれ, せぬ三四人かな, せぬ上位の者, せぬ下心を疑られ, せぬ不審があった, せぬ不気味な白地, せぬ不満がまた, せぬの人, せぬ丞相でもあるまい, せぬ中世英国に行われた, せぬ中年の男性, せぬ中障子に映る, せぬ主人は非道不法, せぬに悪人悪女, せぬ九月二十一日の夜, せぬ乞丐的の人物, せぬ乱れ髪は黒幕, せぬをおいし, せぬ予言ともつかぬ, せぬ予防法引いたとき, せぬ事南方先生の, せぬ事実などの聞かされる, せぬの太刀, せぬ二つに割れた, せぬ二十二日の午後, せぬ二年まえ父, せぬ二月の十一日, せぬ二本差しの武家, せぬ二王子も返還, せぬ五萬の呼吸, せぬ些事だが, せぬ亭主の坂田, せぬ人たちのよう, せぬ人柄です, せぬ人物にはからずも, せぬ人達はその, せぬ人間一生をかく, せぬ今日は誰, せぬ今生の御, せぬ仔細ない, せぬ仕方なしに, せぬ代り下に向, せぬ代り別に何等, せぬ代り勉強するもの, せぬ代り私の外出, せぬ以上時は本質上, せぬ以上過去の克服, せぬ以前まだ小室, せぬ以前銭はこうして, せぬ仮令何んな, せぬ伊賀の暴れん, せぬ伊那丸の旗本, せぬの幹事, せぬ会合にも不義理勝ち, せぬ伝承などは今一度, せぬ伯母の家, せぬ伯父の筆, せぬ体質とみえます, せぬはさておき, せぬ何処までも遣る, せぬ作りごとを言っ, せぬ作品滋味の感じ, せぬが多い, せぬ俗法師となった, せぬ俳句を考え, せぬの人, せぬ傍観者がこれ, せぬ債権者がある, せぬが里子, せぬ先生で通れる, せぬのべたるみ空趁, せぬ光暢べたるみ空趁, せぬ克子では, せぬ八月十七日甲斐の駒ヶ岳, せぬ八月十八日暴風雨を突い, せぬ公園的の美, せぬ公家侍の旅姿, せぬ公平な心, せぬ六月二十二日僕が算術, せぬ兵略や猛, せぬ兵馬のため, せぬ其奴こそ得三, せぬ其時味方は森, せぬ具合に造られ, せぬ兼好もまた, せぬ内土人が作った, せぬ冒険に腕白小僧, せぬ冥府わなわなと, せぬして, せぬ冷淡な, せぬ出放題の広言, せぬ切なさは, せぬに良法, せぬ利章の邸, せぬ制度の起源, せぬ制度ゆえ案内係は余程, せぬしい情愛, せぬ労働者が多く, せぬ勇健なる精神, せぬ動力を供給, せぬ動物はいかなる, せぬ勘定である, せぬ勝気さを見せ, せぬひに, せぬ区域に鍵, せぬ十一月の七日, せぬ十二月二日鴨下ドクトルの留守邸, せぬ十二月十五日であつ, せぬ僧生活を, せぬ半可通を堂々, せぬ南人は概して, せぬ民族だけで, せぬ単に太陽と, せぬ卯平の目, せぬ卯木であった, せぬ厚い緑色の, せぬ原稿に執念深く, せぬ厭世家の皮肉屋, せぬ厳しさが, せぬ又は潔しと, せぬ友人のいく, せぬ口許を氣, せぬ口調でだしぬけ, せぬ池を, せぬ古今独歩の大, せぬその場, せぬ只管怪美人に謝まろ, せぬ吉見の訴状, せぬ一組合内での, せぬ同志の卑し, せぬ同情者となっ, せぬ名人芸にただ, せぬ向きが多い, せぬ吾人は死ぬ, せぬ呉兵の急追, せぬならめ, せぬをし, せぬ哀歎を抱く, せぬの良い, せぬ哲学を呟く, せぬ問題が多い, せぬ喜びが生れる, せぬ四つ又はこんな, せぬ四年以前の事, せぬ団体動物がある, せぬは寧ろ, せぬの香り, せぬ土壌は何人, せぬ地域が広い, せぬ地方もあり, せぬ地獄の最も, せぬ地面の上, せぬ場合俳優はその, せぬ場所であったから, せぬであったのに, せぬの底, せぬ墓守買って, せぬの入り口, せぬ夏子は若く, せぬ夕ぐれを色, せぬ夕暮どきじゃ, せぬからは医学士, せぬ外国で俳句, せぬ多勢に無勢, せぬ大人とてはない, せぬ大人物やら小, せぬ大分に汝, せぬ大将よ, せぬ大小の植木, せぬ大蔵が権三, せぬ大食ひな不汚, せぬのうれひあり, せぬ天文台の報告, せぬ天険に隠れ, せぬ失恋を製造, せぬ奈良の帝様, せぬ奥様のお, せぬ女らしい艶, せぬ女房も娶らぬ, せぬ女毛を切っ, せぬ如水であつ, せぬ姐さん株になっ, せぬの心, せぬ娘たち笑顔を慎, せぬ婿に智識, せぬ嫉妬の念, せぬ嬰児だ, せぬ子供のよう, せぬ子爵から此親爺, せぬ存在であった, せぬ学区取締となった, せぬ安心して, せぬ定め故他, せぬも訴訟依頼人, せぬ客車で行った, せぬ家柄ですが, せぬ家財を売り, せぬ宿縁かそれとも, せぬ寝巻の前, せぬ寢卷の前, せぬ將士の一團, せぬ小さい墓の, せぬ小舟も多かっ, せぬ小説を批評, せぬ小説家の数, せぬ小道具の中, せぬ少しの物音, せぬ少数兵であるから, せぬこきである, せぬへはいった, せぬ山奥へはいりたく, せぬ山毛欅がそれ, せぬ岩根のよう, せぬのあま雲, せぬをその, せぬ巡査の心持, せぬ左舷右舷の吊り, せぬ左門も可笑し, せぬ巧妙な返事, せぬ巻煙草に火, せぬ師家になられた, せぬの騒がしい, せぬ平然たる顔色, せぬ平田を追, せぬ平面的なる顯, せぬは滅多に, せぬ幻影に悩まれ, せぬ幼顔お前の親御孝藏殿, せぬ幽かな姿, せぬ幾月を価, せぬ序詞を, せぬの根強い, せぬになり, せぬ座敷なので, せぬの雑草, せぬ廊下の片隅, せぬ廿一年紀元節の憲法発布式, せぬ弁舌の爽, せぬ弱冠の敵, せぬ張力に変る, せぬ強いところが, せぬ強いて立合いを, せぬ強気者に候, せぬ強者そのお, せぬ形容であったところ, せぬぼふし, せぬ彼らは次第に, せぬ彼女を待, せぬ後夜の靜けさ, せぬ後輩あるいははるばる, せぬのや, せぬ知れぬ力, せぬ御前の云わぬ, せぬ微笑持つて, せぬ徹頭徹尾自力宗の, せぬ心労にたえかね, せぬ心底です, せぬ心掛殊勝に見えし, せぬ心的状態である, せぬ忍び足で, せぬ味が, せぬ快楽すなわち幸福, せぬ快活な鳥, せぬ思想を抱いた, せぬ性質を持っ, せぬの初め, せぬ恋妻を捨て, せぬ恋情はむしろ, せぬ恋愛結婚などはまして, せぬ恐ろしき報酬を, せぬ恥辱に堪へかね, せぬ悔恨と疲労, せぬ患者に, せぬを何時, せぬ悲しみを話題, せぬ悲哀の落ち, せぬの水, せぬと見, せぬ意味を法言, せぬ意地張根性がドン底, せぬ意志がはたらき, せぬ意見があったら, せぬ愚論で中古, せぬ愛情を持っ, せぬ感じこれは知っ, せぬの自信, せぬ態度私の講義, せぬ憎しみもそこ, せぬがない, せぬ憾みがあった, せぬ成之兄上に連れられ, せぬれいかばかり, せぬ我が朝日新聞社員横川勇次氏を, せぬ我れいかばかり憎し, せぬ年, せぬ或はチアム語の, せぬの真先, せぬを自分, せぬ所以なく畢竟, せぬ所存でまだ, せぬ所爲であらう, せぬ手厳しさが, せぬ手柄が立てられぬ, せぬ手筈であつ, せぬ手練の早業, せぬ拙き我らが, せぬ拙者が妻, せぬ指南番はいなかった, せぬ挑戦だった, せぬ振りで見送っ, せぬ捜査官が何, せぬ揺籃の頃, せぬ支那人が戰爭, せぬ攻勢です, せぬ政治家の皆無, せぬ政略としてそこ, せぬ敢為な気象, せぬ文句を取ってつけたよう, せぬ文士のくせ, せぬ文字も多い, せぬ文明も文化, せぬ文禄乙未のとしの秋, せぬ文豪のおも, せぬ斉国を攻むる, せぬ新平でも構, せぬ方々ばかりで, せぬ方向へ向けられた, せぬ方針である, せぬ旅宿に昼餐, せぬ旅寝の果, せぬ旅館改良論を唱える, せぬ日々の快い, せぬ日本の雑誌王国, せぬ日本通だと, せぬ明治三十七年八月の二十日, せぬ明治三十三年二月十七日の未明, せぬ昨年の十月, せぬ昨年十二月十五日一洵老に連れられ, せぬ時半ば学理半ば迷想に由り, せぬ時平気でいる, せぬ時間を選んだ, せぬ時鳥などが啼く, せぬに, せぬに疾く, せぬさを, せぬ暖簾に仕あげた, せぬ暗黒なところ, せぬの, せぬ書き方がし, せぬ書物を買っ, せぬ書生の事, せぬ最大の何ん, せぬ最大理由も亦, せぬは見し, せぬ有様みずからの高慢, せぬは凍える, せぬを枯損木, せぬ木像の安置, せぬ本年一月元旦学校で四方拝, せぬ本年一月元旦學校で四方拜, せぬ本能が芽, せぬを以てこの, せぬの上, せぬがあり, せぬ東京の話, せぬ果実を夢みれ, せぬ枝珊瑚の光, せぬ架空の病気, せぬ柔らか味を持ち, せぬ栄三郎様では, せぬ格闘がつづいた, せぬをもっ, せぬ植木屋の亭主, せぬ極めて多くの, せぬ概念の産物, せぬ様子ぶりに目, せぬ標準語の対訳, せぬ模範的紳士として社交界, せぬまくですから, せぬ横顔を睨ん, せぬであった, せぬ歌ぐちを見せ, せぬ此巾着も半襟, せぬ武家の幕府, せぬ武家姿です, せぬ歴史のしたたる, せぬ殆ど賣買, せぬの兩端, せぬ毒消しを買う, せぬ気候の切迫, せぬ水面に影像, せぬ永遠の天界, せぬ江戸の昔, せぬ決して人に, せぬ決意がありあり, せぬの昼顔, せぬの流れ, せぬ泰然と落ち着いた, せぬもある, せぬ浄土荘厳が現出, せぬの響き, せぬ深淵のよう, せぬに取, せぬのよう, せぬ漢種の人々, せぬ潔い気持でした, せぬ濁流を人類文化, せぬ焚き場, せぬ火事がある, せぬ災禍に会っ, せぬなりけれ, せぬ無理に逃げれ, せぬ無礼を常, せぬ焦燥さに耐え得る, せぬ煙草を無闇, せぬ煩悶をする, せぬ煩悶青年雑誌から月毎, せぬ熱心さが大胆不敵, せぬに難, せぬ物聞橋へ散る, せぬ物語というもの, せぬ犠牲となっ, せぬ犯行を自供, せぬのよう, せぬの動作, せぬ玄徳に横, せぬ理論であるが, せぬ琉球神道では巫女, せぬをかき鳴らせ, せぬ瓊琴の調, せぬ生徒を先生, せぬ生活をする, せぬ生活感情をあてずっぽう, せぬ生煮えの状態, せぬ用心であった, せぬ田山白雲は, せぬ田舎人の心, せぬ男おんなのいたずら事, せぬ畫家の己, せぬ當時の人, せぬ病人の清き美し, せぬ病室の天井, せぬ病気をみつけ出される, せぬ癩運動といふもの, せぬ白々しさで, せぬ白菊の花, せぬ白菜に蕾, せぬ盗賊を芸事, せぬ盛装をし, せぬよりも才子, せぬ真剣な洒落もの, せぬ真暗な家, せぬ真面目の顔, せぬ眼付それに綺麗, せぬ石井みち子は何, せぬ石切屋に入り, せぬい眼, せぬ祖母の亡, せぬ祝言させようと, せぬ神妙さは遊ばぬ, せぬ神的な力, せぬ神経へわれわれ, せぬ秀吉でも, せぬの夜, せぬ科学情報を要求, せぬ程度が必要, せぬ程莫迦では, せぬ種類が多い, せぬです, せぬには海, せぬ童顏の小さい, せぬ筆法である, せぬ箇所がある, せぬ箱入りのむす, せぬ範囲内において知, せぬをつい, せぬ粗末な背廣, せぬ糸瓜垂らして, せぬ純情さ玉のよう, せぬ紙きれだったらこの, せぬ素姓をいう, せぬ素直なかの, せぬ細君に甘んじ, せぬ細工場の陶戸, せぬをはじめ, せぬ結果になつ, せぬ縣廳で買, せぬ纏頭が出された, せぬを世人, せぬに満ち輝いた, せぬ美しい稚兒や, せぬ美人をそこ, せぬ美名をつけ, せぬ群集ではあった, せぬ翁屋の内儀, せぬ習いであったから, せぬ習はしが本, せぬの一轍金鉄, せぬ老人らしい其の, せぬへでゐる, せぬ者眞正に碎かれざる, せぬして, せぬに眠り, せぬ肉闘の最中, せぬ背中の赤ん坊, せぬ脳髄学大博士, せぬ腕利きであるが, せぬの曲った, せぬ腹切って殿, せぬを進めました, せぬ臨時にこひおろす, せぬ自己になつて客觀, せぬ自由なる家, せぬ船島の試合, せぬ良心はいつも, せぬ良民であった, せぬである, せぬ花形曲芸師だった, せぬ芳之助を誘ふ, せぬ若い婦人は, せぬ若しや既に, せぬで一つ我身, せぬ草深さだつた, せぬ荒壁は恣, せぬ葛城家の使者, せぬの匍うに, せぬのま, せぬ薄い黄の, せぬであったから, せぬを飲まし, せぬ藝術ではなく, せぬ藤尾はただ, せぬ藩札の類, せぬに發生, せぬを一所懸命, せぬ蚕一つ桑の葉, せぬの這う, せぬ血潮の跡, せぬ行事も間々, せぬ行列は社会民主主義者, せぬ衝動があっ, せぬ衣髮をつくろふも, せぬ表象より根源的體驗, せぬの鼠, せぬ物は, せぬの塵塚, せぬ裏道傳ひ二町三町町名, せぬ裸蝋燭の蒼い, せぬ襤褸も着せぬ, せぬ西洋のきれ, せぬ西洋料理は到底, せぬ見掛ばかり大きな, せぬ解散しろと, せぬ解釈である, せぬ訓練までつん, せぬ訳筆と相まって, せぬ診察室の方, せぬ註解を加え, せぬ証左で日本, せぬ詩興の泉, せぬだつたの, せぬ語部が出, せぬ調子で掛けた, せぬ論法で論断, せぬ論理の最も実際, せぬ諸国美人の品定め, せぬ謹厳な郷士, せぬ豪邁な性質, せぬを擁し, せぬ財布から五十銭, せぬ財貨特に租税, せぬ貪欲心が生ずる, せぬ貴婦人や金持, せぬ質子を送り, せぬ足どりで双子, せぬ路傍の人, せぬ身代をなくしました, せぬ身分じゃ, せぬ迄になつてゐた, せぬ迄も矢張り, せぬの長い, せぬ逢痴の台詞, せぬ連れの方, せぬがし, せぬ過去で何一つ, せぬ達者が何で, せぬ遠い中でも, せぬ遠くの方, せぬ遠縁のいとこ, せぬ遺骸をば, せぬ部分の事, せぬ郷愁があるで, せぬ鄙ぶりを匡, せぬ重厚さを備え, せぬ野山の霞, せぬであって, せぬの怒号, せぬ鋸屋に憤, せぬのよう, せぬかさ, せぬ閑寂な日, せぬ間親戚の或, せぬは立派, せぬのうち, せぬ阿弥陀様を思い出さない, せぬはあり得ません, せぬ限り大洋の上, せぬ限り根ついて, せぬ限り眞に自由, せぬ陰鬱な結果, せぬ随分呼び活ければ, せぬとつばくらめ, せぬ雅楽の影響, せぬ集配局を全国, せぬ雌魚ははや, せぬといえ, せぬ光りが, せぬ青年はいよいよ, せぬ具体的な, せぬ面影は最, せぬ面持である, せぬ面白さである, せぬにやかけ, せぬの事, せぬ頃洋樂の曲, せぬ領民はなかっ, せぬ頻度をもっ, せぬ頼みです, せぬ頼朝の姿, せぬ顔付を見る, せぬ顔立ちではある, せぬ風の音をきかう, せぬ風ゆえ部族の酋長, せぬ風計りが今, せぬ風雲を地上, せぬ養父を喪っ, せぬを彼女, せぬ香りに濃き, せぬ香屋子はそれ, せぬ骨づくりなど一目, せぬ魅力がそこ, せぬの数, せぬ魚類は一時, せぬだから, せぬ鳴りもせぬ, せぬが一羽, せぬ鶴谷の嫁, せぬ鶺鴒のこゑをたよりに, せぬ黒鞄の陰, せぬ點此等の諸