青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

せう~ ~せざる せざる~ ~せし せし~ せしめ~ ~せしめる せしめる~ ~せず せず~
せた~
せっかく~ せない~ ~せぬ せぬ~ ~せね せね~ せめて~ ~せよ せよ~ せよう~

「せた~」 8801, 95ppm, 1161位

▼ せた~ (2012, 22.9%)

255 である 129 です 125111 であった 48 だった 45 では 33 はその 27 だと 26 であろう 24 はこの 2322 か, でした 18 だよ 17 だが 16 であるが 15 であったが 14 かも知れない, だろう, であります, ですが 13 でしょう, もこの 1210 だという, は何 9 だから, だそう, であろうか, は誰, もその 8 はそれ 7 かもしれない, だらう, だろうか, ですから, は彼 6 じゃ, であるか, でも, と同じ, は自分, も彼 5 ぢや, ですね, ですよ, はあの, は私, もやはり, も無理

4 [11件] かい, かも知れません, だったが, だつた, だな, でありました, であるから, であると, でございます, はお, は実に

3 [13件] かもしれません, がこの, だ殺したの, ですか, はいう, はお前, はこれ, はわたし, は一体, は今, は実は, も, も私

2 [58件] かあるいは, かその, かそれ, かそれら, が不思議, が今, が惡, じゃよ, だといふ, だろうが, だろうと, であって, でありましたが, であろうと, でしたが, でしょうか, はいつ, はかう, はただ, はちょうど, はどなた, はなん, はひとえに, はほか, はまことに, はまったく, はもちろん, は他, は余程, は例, は全く, は勿論, は単に, は土曜日毎, は外, は大, は女, は妹, は孫六, は当然, は彼女, は板垣伯, は気の毒, は疑い, は蛙, は銀之助, は音楽家, もある, もまた, もわるく, も一つ, も今, も全く, も家康, も皆, も道理, を見, を覚え

1 [584件 抜粋] あたしも, かあれ, かこの, かそれとも, かちっとも, かという, かといっ, かと甲斐, かと詰問, かなと歩き, かね, かまたは, かまったく, かもしれぬ, かも知れなかった, かよく, かわからない, かを置い, か一人, か一応, か二つ, か分らなかった, か判然, か城, か娘, か彼, か悪, か私, か自分, か解らなかった, か警官たち, か頗る, か魔女, があった, がありました, がある, がお, がかの子, がかわいそう, がす, がみんな芝居, がむしろ, がゆかいだ, がようやく, がアレキサンドリア, が一因, が一番, が一等, が三つ, が不憫, が人気, が何, が先代, が光圀, が午, が南蛮寺, が原因, が四月以来, が四高, が多かっ, が大日枝, が天皇, が失敗, が小俣村, が常友, が後, が悪い, が悪かっ, が愉快, が我藩, が所謂孝行, が景, が更生開店, が正しい, が江戸時代, が神, が耳新しく, が自分, が薄い, が誰, が随分, さ十分, じゃありません, じゃない, じゃないです, じゃなかろう, だからのう, だけれども, ださうだ, ださうでございますが, だったし, だったね, だったらいい, だつたが, だとか, だとかいう, だなどと, だらうか, だらうと, だろうよ, だろう彼, だわ, だわい, だ其の, だ小説, だ然し, だ随つて行乞相, であったと, であったろう, であったろうか, であったろうけれど, でありまして, でありましょう玉, であるかも, であるに, である事, である酔中, であろう眠, であろう頼朝, でございましょう, でございましょうが, でございますお, でございますが, でござるよのう, でしょうこれ, でしょうね, でしょう彼, ですけれどもなあ, でないかという, でない證據, でなく異状性格, でなければ, でもあった, とによつ, と一人ぽっち, と同様, と味, と百姓おやじ, ならば, なら一, なら泰文, なんかも近頃, にちがいありません, についてそれぞれ発音, にはなお, には少しく, に乗っ, に書い, はあつし, はあなた, はいい, はいったい, はうず, はおかあさん, はおそく, はおれ, はかなり, はかの, はかわいらしい, はきたならしい, はきっと, はけっこう, はこういう, はことに, はせめて, はそういう, はそして, はたしか, はたしかに, はだれ, はどうやら, はなぜ, はね, はひと束, はふと, はほんの, はまだ, はまん中, はみな, はみんな, はみんな若松屋, はもう, はややもすれば, はわれわれ, はオルガン, はカント, はガスケル老人, はキリスト教, はジプシイ, はトック, はトツク, はナポーレオン, はノア, はハイド, はフェノロサ, はフェラポント, はフオン・ハイゲンドルフ夫人, はヘンデル, はマヤさん, はヤス, はレウナ, は一つ, は一人, は一切, は一年前, は一攫千金, は一棟, は七名, は三之助君, は三人目, は上品, は上總屋, は不可, は不届き, は不思議ぢ, は不愍, は丘田医師, は両, は中村屋, は中村清太郎氏, は主として, は乗組員, は事実勘助, は云う, は今回, は今日, は仏頂寺, は他人, は伝六, は低い, は何故, は余りに, は余吾, は便宜上, は信長, は俺, は傳六, は僅か, は僕, は元, は兄, は兇悪無惨, は八五郎, は公理主義, は其珠, は凄い, は出たら, は初めて, は制作者, は劇ごっこ, は勇, は北京, は北方, は十九くら, は半紙半枚, は友達, は吉太郎, は同棲後, は同胞, は君勇, は味方, は問, は土人部落, は土地, は地球, は大きい, は大きな, は大八, は大分日, は夫人, は好い, は妻, は始めて, は安富喜四郎, は官兵衛, は定家伝統, は実に実に, は寂しい, は實, は寧ろ, は寧ろ当然, は将, は小峰助右衛門, は小竹さん, は少年, は展覧会, は左方, は希望, は弁信, は当時, は彼ら, は彼奴, は彼等, は後, は御嶽冠者, は忠右衛門, は忠相, は恐らく, は悪, は悪意, は惜しい, は意地悪, は意外, は慥, は手際, は政府, は政略以外, は新星, は日本一州未来記, は日本人, は旦那, は明治末年, は春隆, は晝, は曲者, は更に, は最近スメルジャコフ, は有名, は朝日融渓師, は村, は松居松葉君, は柳まつり, は校長, は横浜, は檣頭横桁, は止む, は此方, は残念, は母指, は母親, は水, は池, は波子, は清水, は湯殿, は演出, は瀑壺, は無理, は焼, は父, は父俊亮, は父親, は猿楽, は画像, は画家田崎草雲, は畑, は痛快, は矢張り未知, は知合, は石原, は確か, は確実, は私共, は私軽率, は稲田屋, は突然, は窮極, は立派, は第, は米艦隊, は紀元前四四七年, は素直, は絵双紙屋, は美しい, は能楽, は脱字, は腹の中, は至当, は芸者たち, は若い, は英吉, は萩ちやん, は葦城邸, は藝, は藤木氏一門, は蘇秦, は虐, は蜷貝, は衛生上, は西田幾多郎先生, は親, は言, は訪客自身, は象, は貞丈雑記, は貴公, は赤阪, は躑躅, は身装差刀, は近所, は道庵先生, は道誉, は酒代, は錠, は錦子, は長老, は陰謀, は雁, は雲仙, は電気鳩, は青, は頭, は餘程經つて, は首, は高坂甚太郎, は高氏, は黒人, は黙ろう, もあった, もあるらしい, もあんた, もお, もおまえ, もかつて, もそう, もつまり, もなんと, もまず, もみんな, もみんなきみ, ももとより, もわれわれ, もガンジス河中流, も一, も一半, も二人, も住田, も余り, も俺, も先生, も剣技, も十郎左, も同君, も嘘, も大黒屋日記, も天, も如水, も安倍源基, も宵, も小, も少く, も尤も, も巧妙, も庄八郎, も彼ら, も彼女, も後で, も怪む, も斯, も昔, も杉, も松木, も某, も桁外れ, も此, も江村さん, も狩尾君, も疑い, も白川, も皆お前故, も矢野, も短刀, も自分, も若し, も要さん, も貴女, も養源寺, や, らしい, をうらやまし, をぐつと飮, をそのまま, をつらく, をひ, を伝えた, を何, を信長, を前, を受売, を喜ん, を当選, を後悔, を忘れた, を思い出した, を思ひ出す, を懸け, を文部省, を書く, を毒酒, を混ぜる, を源三郎, を甚だ, を細く小さく, を縁, を聞く, を見れ, を親方, を試運転, 何んの, 手を

▼ せたもの~ (565, 6.4%)

56 である 3922 であった 21 です 17 だった 10 だと 9 でした 8 だが, であつ, であるが 7 があった, であろう, に違い, はその 6 なの, はなかっ 5 だそう, であると, では, は何, らしい 4 か, だという, だろう, ですから, と見える 3 があります, がある, さ, だったが, だろうか, であったが, であります, に相違, は, もある

2 [19件] かその, かもしれない, で, であったに, であらう, でございます, でしたから, でしょう, ですよ, でも, と見る, にちがい, に違, はない, はなん, は一人, は寺町, は彼, は本所

1 [214件] かさすが, かそこ, かと思い, かと思った, かと絶えず, かと考えた, かどちら, かなどと頻りに, かも知れない, かも知れぬ, かも知れん, かわかる, か何方, か急い, か或いは, か考えつく, か見当, か高氏, がありました, があるであろう, がついに, がどれ, がない, がまた, が一つ, が二つ, が今日, が住吉, が出, が尤好み, が成功, が用いられ, が途方, が霊気退散, じゃ, じゃった, だから, だけにそれ, だったかも, だったろう, だったわね, だつた, だつたか, だな, だのに, だらう, だろうかと, だろうと, だ今回, だ以前東京, だ短い, だ福井, であ, であったよう, であったろう, であって, でありました, でありましょう, でありまた, であるから, であること, であるという, であるとも, であるに, であろうかと, でかかる, でがす, でけっして別途, でこの, でござる, でしょうな, でせう, でない, でね, で丈夫, で五千坪, で大, で大勢, で天皇高倉, で形, で彼ら, で彼自身, で御座います, で機織, で海, で烏羽玉, で画工, で織り出された図, で自然競争, で蘆屋, という, といえる, としても余りに, とすれ, とはいったい, とは別, とばかりには思われませな, とみえる, とみない, とも思はれる, とも考へる, とも見られない, とも解釈, とわかつた, と世間, と伝右衛門, と受けとった, と思いこみ, と思います, と思う, と思はれる, と思われる, と考えられる, と見えます, と見るべきである, と見るべきであろう, と見れ, と言, と認められ, と通じ, なので, ならとてもとても, なん, にございましょう, にしよう, には, に他, に彼, に眼, に過ぎない, のうち, のやう, のよう, はあさましい, はあの, はかの, はこの, はすべて, はそこ, はとても, はなかつた, はほとんど全く, はやはり, はアメリカ, はイタリア, はキラキラ, はダイナマイト, は一つ, は一体全体, は三峠, は例, は単に, は取, は和見, は城下, は塔, は女房歌, は実に, は必, は悲劇それ自身, は或いは, は校当局, は武田勝頼, は歴史家, は水鳥, は演劇文化, は漢中, は灼熱, は無学, は独逸, は畢竟, は私自身, は第, は自ら, は自分, は英雄, は蘇我氏, は蠅男, は衝撃隊, は誰, は赤裸, は近, は近所, は針金, は音響, もあっ, もあつ, もやはり, も同時に, も姑くに, やら大枚百両, らしいという, らしい子供, らしかった, らしかつ, らしく精読, を, をペン, を一言, を何本, を全部, を同封, を含む, を彼, を後に, を我筆, を混ぜ, を細い, を話す, を読む, を運ばせた, 即ち社会主義的問題劇, 白い水, 第一

▼ せた~ (535, 6.1%)

8 それは 6 私は 5 これは, その時 4 急に 3 これも, それが, それに, つてゐる, 今度は

2 [25件] あの人, この際, これを, すぐに, その場, その姿, それから数カ月, それよりも, つて先づ自分が, なんとし, よい, 何と, 僕は, 其の使者, 別に, 少年の, 広忠, 彼は, 彼女は, 最後に, 次の, 沼田城を, 深い井戸, 道中の, 酷い目

1 [442件] あしなか, あの最初, ある日, ある症状, あれが, あわよく, あんまり御座, あんまり急い, いい, いいです, いいと, いいの, いっこうに成績, いつかそれが, うち半数は, うつかり口走られる, うまく晦, おまえは, おみや, お元, お出でましは, お吉, お安, お延, お福, お綱, かえって探る, かの僧, かれが, こいつは, こうして夏休, この三成, この世に, この人, この兄, この日, この時僧, この風習, これからは, これが, さあそれ, さいご, さっき死刑囚に, さてまたすぐ, さもあわれ, さらに一層の, さんざんな, しかしその, しかし小切手, しかし思いとどまる, しかし自然, しかし鎌倉文化, すぐ, すぐ気, すぐ立ち帰っ, すぐ要領, すぐ馴染んだ, すでに孫堅, すべての, せめ三郎, そ, そういうもの, そういえ, そうばかりも, そう云い, そこは, そしてそれら, そのこと, そのたび, そのなか, そのまま何, そのまま盃, そのまんま, そのポーズ, その不, その中, その人, その子供, その室, その家, その家康, その年末, その後で, その後また, その文理, その水, その為, その癖彼, その磯五, その行く, その話, その途端, その通り, その金, その間に, その面, それから, それからは, それぎり暫く, それこそ, それつきり, それでも中途, それでも死んだ, それでも耐え, それと, それに対しても, それも, それより, そんなもの, そんな場合, たまらない髪, ために, だん, ちがうと, ちっともきかない, ちょうど向う, ちょっと躊躇う, ついに小, ついに自分, つい先頃, つづいて, つても, とてもだめ, とにかく今日, どういうもの, どうしても今度, どうしても咳, どうしても明瞭, どうだい, どうにもホットケーキ, どうもその, どうも嫁, どこも, どちらも, どんな馬鹿, なおその, なおもなおおもいわび, なかなか承知, なにか白い, なにしろふとってる, なんだか不安心, のち中央アジアより, ひとり私, ふと, ふと振り向く, ほとんどだれ, ぽつりと, また今日, また俄, また疑わしく, また見直す, また身, まだそれ, まだ親がかり, みわには, みんなの, むざん神品では, むしろ唖然, もうその, もうわらわなかった, もう動く, もう間にあわなかった, もしこれ, もし見破られ, もともと銀ちゃん, もとより窮乏, やがてその, やがてわれ, やがて美津, やっぱり帰っ, やはりその, やはりわけ, やはり通ぜぬ, よいか, よいははははは, よかろう, よくよく見れ, わざと平, オイオイ声を, キリスト教発生前後に, チマ子は, ティトレリに, デッサンと, ハッと, ハルビンの, バクスターと, パッと, フトぐったり, ペトゥルーシカに, ホイトウは, ムクそのものが, ユリ子は, レコードにも, ロダン翁丈は, 一向火の気, 一日遅れ, 一時は, 丁度その, 三人とも, 三代将軍家光の, 三分の一も, 三女雪子の, 三木一城の, 中, 中野権太丞も, 乳は, 予も, 五分ばかり, 五年前肝心の, 五日十日を, 人に対しては, 今も, 今もっ, 今日では, 今日に, 今日は, 今日程続けざま, 今晩も, 今朝妹の, 今降りつ, 他の, 何ぞ知らん, 何とも答, 何もかも一向にその, 何分にも, 余り信用の, 余り長く, 例えば尾崎士郎, 値段は, 元はと, 兄では, 兄は, 兄弟の, 先生が, 八學士は, 其の後, 其任に, 其自身は, 内へは, 円養は, 冬坡は, 出し惜しみを, 出る時, 切支丹の, 初期の, 刮と, 到るところ, 加集の, 助同心, 勘忍し, 勝頼は, 十五の, 十分に, 午前九時から, 半兵衛は, 半分も, 半年とつ, 博士は, 却つて大敗した, 又何となく, 反撃の, 収支が, 叔父は, 叱られたり, 各部門, 同じこと, 同時にその, 向うへ, 君達は, 吾等は, 均一も, 城中は, 堂助の, 多左衛門, 夜が, 大井は, 大変な, 大村兵庫に, 夫も, 奥女中上りの, 女が, 女だ, 如何なされる, 娘は, 孔明は, 安心した, 定例であっ, 実はあの, 実はそれ, 家々の, 家を, 小柳は, 少しギゴチ, 尾根に, 帆村記者が, 強いて平気, 強制調停で, 形の, 形は, 彼らの, 彼処の, 彼奴には, 徒労に, 御方便, 心の, 心持ち眉を, 忽ちポン, 思うよう, 思ひ返したの, 性来まことに, 怯みを, 恰も之, 愈々左, 意外にも, 意気地の, 感覚を, 成善の, 我々は, 戦後の, 戸口の, 所有者の, 打たれると, 打ち殺すこと, 扨それを, 指が, 掘つて, 散らかってること, 数日経つ, 敵を, 新吉は, 日本人は, 是でも, 是には, 昼と, 時折その, 暫くし, 暫らくする, 曇って, 最初から, 月が, 朝もやが, 朝長は, 来たの, 梢に, 櫟の, 次に彼, 次第に東京, 次第に路, 正太や, 此の, 此方を, 此時には, 歩いて, 死骸の, 母親は, 氏郷は, 気を, 水の, 永正十七年飯田河原で, 汽車の, 清三の, 渠は, 源氏を, 熱い煉薬, 熱心に, 爆然墜落し, 狼狽から, 王婆は, 生れて, 申の, 病んで, 百合子を, 盜まれた, 目的地へ, 石棺の, 確かな, 秩父の, 箱を, 終には, 結局それも, 結局行く, 結果は, 續い, 美しい女王, 美酒に, 義雄は, 股の, 肩が, 背後から, 脚が, 自分が, 自分に, 自分には, 自分にも, 自分の, 自分は, 船が, 船長二人だけは, 蒼茫と, 蔭では, 虫の, 蛇つかい, 行けども, 見て, 見れば, 話に, 誰も, 誰一人見知り越しの, 調べて, 買っといたスダーク, 近ごろは, 近頃世間, 追い出される役, 通して, 逢つた, 遂にスペイン人, 遂に二つ, 遂に彼, 遂に或, 遅かった, 部屋は, 部屋へ, 里好の, 金兵衛は, 鈴江の, 長いこと, 長い間, 開く間もなく, 間に, 間もなくラジヴィール公, 間もなく夏休み, 間もなく表門, 霊鳥と, 頭を, 馬は, 馬琴は, 駄目だつた, 騎馬武者は, 驚く事, 鷲は, 麻薬が, 黒い顔

▼ せたこと~ (445, 5.1%)

35 がある 17 もある 15 があった 11 があつ 9 でしょう 8 か, があります, であろう 6 だらう, はない, もあった 5 がない, だろう, であった, のない 4 がありました, である 3 だ, でせう, にある, になっ, になる, は申す, もあります, もない, もなかっ

2 [22件] がわかった, だった, だつたか, であ, であらう, であります, です, では, にもなる, のある, はいう, はなく, は事実, は事實, は非常, もあつ, もありました, も度々, や, をおぼえ, を見, を記憶

1 [217件] から半蔵, から対話, から起った, から足, が, があるだらう, があるだろう, がいくらか, がうれしく, がこの, がご, がとよにとっても私, がなかつた, がわかり, が一度, が不安, が何十遍, が出来た, が分つた, が原因, が唐, が奏功, が屡々, が思いやられる, が是非, が有, が有りました, が残念, が無い, が發見, が矢張嘉代, が私, が起った, こそ重大, さえ後悔, じゃ, じゃった, すると人形, だがね, だけはよかっ, だったろう, だらうと, だらう我慢, だろうが, だろうその, だろう主人, であつ, でありました, であろうし, であろうと, でございましょう, でした, でしたが, でも, でゴーリキイ, で太后, といったら, とそれ, とは云う, とは夢, と思います, と思う, と思え, と思われる, と明治卅三年頃, と裏面, なぞ覚束, などいろいろ, などは今, などは著, などは誰, なども, などもあった, など斉彬, など自分, なの, なん, なんぞもある, にする, にち, についてかれ, についての責任, について正確, について立派, にどんなに, になります, になんとなく, にはその, には余りに, には理由, にもなりましょう, によって美しい, に付, に対する非難, に就, に気がついた, に違い, に驚いた, のつぐない, の償い, はあっ, はあった, はあまりに, はありません, はありませんでした, はいなみえない, はいよいよ, はごめんなさい, はざつと斯, はせっかく, はとり, はどうしても, はどの, はなお, はなかっ, はひと通り, は一通り, は争えない, は争われない, は云う, は何と, は何とも, は全く, は勿論, は同時に, は同様, は否定, は吾妻鏡, は失敗, は実際, は尤も, は幾度, は当時, は後, は想像以上, は斉彬贔屓, は日本, は時宜, は有名, は歴史, は死刑法, は注目, は無理, は疑い, は疑ひない, は皆私自身, は確か, は老人, は自分, は西鶴, は見逃せない, は認めなけれ, は誰, ばかりで, まで口説く, も, もあの, もありません, もいまいまし, もたびたび, ももちろん, も一理由, も争われず, も博士, も含ん, も多, も幾度, も有った, も有りました, も無かっ, も皆んな, も話した, やあるいは, や娘, よりもより, をあらためて, をおもいだし, をお前, をすべて, をすまない, をすまなく思った, をひどく, をもう, をわたくし, をわたしたち, をわびた, を今なほ貴方, を内心ひそか, を告発, を告白, を大変相, を如何にも, を序, を後悔, を忘れない, を思い出した, を思い出す, を思う, を思ひ出す, を思ふ, を思出, を持出し, を新聞, を根から, を残念, を気の毒, を知る, を私, を羞ぢ, を考へる, を覚え, を話しかけた, を諷する, を責める, を述べ, 再三ならずございました, 及び過去

▼ せた~ (262, 3.0%)

14 云ふ 11 思うと 7 見えて 6 いう 5 いって, 言ふ 4 あっては, ある, すれば 3 いうが, いえば, 云った, 思う, 聞きますが

2 [21件] いうので, いうよりも, いった, したらどう, したら何, みえて, 云う, 云うの, 云う事, 云って, 云われて, 同時にそれ, 同時に母, 思える, 申します, 見える, 見ゆ, 見ると, 見る見方, 観察される, 言って

1 [145件] あのきりりと, あやまちを, あります, あり青島, あるが, あれば, いいます, いうから, いうじゃ, いうだけの, いうに, いうほど, いうより, いうよりは, いえよう, いえようか, いたします, いっちゃ, いっても, いつて, いひます, いふ, うそにも, おっしゃるの, お前は, したらあの, したらこれ, したら作者トルストイ, したら全, したら彼ら, したら彼女, したら腹, した所, します, すべきであろう, する, すると, せられる, その銭, なったら事, なって, なつたら仕, なれば, ひどく怒っ, よくのみこめました, スミス博士は, 一条兼良の, 主張し, 云いふらした, 云うから, 云うが, 云うこと, 云うだけ, 云うては, 云うので, 云え, 云ったと, 云ったよう, 云っても, 云ふと, 云ふも, 云われちゃあ, 云伝へられ, 今さら悔まれ, 信じて, 信ずる親, 信ずる駝鳥, 全く同じ, 同じ呼子, 同じ運命, 同じ酒, 同時にその, 同時にもと, 同時に一般, 同時に安里, 同時に庭, 同時に彼, 同様に, 報告した, 大笑いでした, 妹の, 彼は, 復命した, 思いこんで, 思います, 思い込んで, 思うが, 思うほか, 思ったとたん, 思ったの, 思って, 思はれては, 思われるが, 思われるばかりの, 思われるほど, 思われる口吻, 悔いるよう, 憤る内, 新聞に, 書いて, 有っては, 漢書には, 申すこと, 申す事, 疳違いし, 目される, 直ぐわかるぢやないか, 知つて近所の, 知れたあの, 私は, 素子は, 考えても, 考へて, 聞いたならば, 聞いた晩, 聞いちゃあ, 聞かれちゃ, 聽い, 致しますと, 見え, 見えた, 見えます, 見えますな, 見えるの, 見え島名, 見え村人, 見え髪, 見せかけて, 見て, 見られる場合, 見做, 解釈するなら, 言いつべき切れっぷり, 言いますがね, 言うこと, 言う事, 言ったらその, 言つたらう, 言はれた, 記し往年英人ゼブラ, 詰り職権, 話し出した, 認める, 説明した, 載せて

▼ せたよう~ (195, 2.2%)

11 なもの 4 だった, です, なこと, に 3 であった, でした, な形, な気, にし, に二人, に思われる, に見える 2 だね, なその, な声, な恰好, な白い, にお, にその, に次

1 [128件] だ, だったからね, だったが, だと, であったが, であります, である, でしたが, ですが, でわるい, で弟, で苦しい, なあの, なかっこう, なもん, なシャレ, な不遜, な世上一般, な両国, な人間, な伝説, な古典, な娘, な字, な寂し, な感情, な拙い, な暗い, な有様, な格恰, な極悪人, な模様, な点, な燻んだしなびた生気, な独言, な異様, な疑惑, な眼鼻, な硬く鋭い, な笑い, な素早, な結果, な胸, な芦, な血, な表情, な言いよう, な記憶, な詩, な陰気, な頬, な顔, にある, にいずれ, にきょときょと, にこちら, にこの, にしばし, にしぶとい, にそちら, になっ, にまた, にむこう, により, によろよろ, にキャッキャッ, にコックニー博士, にペタペタ, にホッ, にリュックサック, に一度, に一服, に一致, に上洛, に両方, に云い継ぎ, に亡き人, に仰天, に何時の間にか, に前後甲乙, に動こう, に南東, に古い, に同型, に吹き出した, に呀ッ, に呼びかけた, に声, に大きな, に実際, に客車, に屋根, に幸内, に後, に思われた, に感情, に晩飯, に曝, に東, に民弥, に気, に物凄い, に皆, に睨みつけ, に空中, に突っ, に立ちどまっ, に立ち止っ, に立上, に箸, に緑, に美しく, に聞こえた, に膝, に落下傘, に街道, に西, に見えた, に貴方二人, に走りだしました, に足, に道, に隣り, に雌, に順々, に頬, に顔, に黒い

▼ せたという~ (164, 1.9%)

9 ことである 7 ことは, のは 6 話も 5 ことに, のも 4 ことだ 3 ことが, ことを, のが, のである, ような 2 ことです, のであった, ものは, 伝説が, 記事が, 話が, 話である

1 [92件] あの珍談, かの怪しい, こと, ことだけ, ことだった, ことで, ことでございます, ことについて, ことには, ことも, ことをも, その不思議, その辞世, その青年, ところが, ところに, のでしょう, のです, わけさ, わけで, わけです, わけは, ハイドンの, 事だろう, 事です, 事実だけ, 事実も, 事実以外に, 二つの, 人が, 位である, 作も, 例も, 勇名の, 口碑が, 噂が, 噂であった, 噂は, 噂を, 因縁の, 場所に, 場所へ, 外国の, 女賊の, 幼穉な, 思い出でも, 情話を, 意表外の, 所から, 手利な, 手柄自慢が, 新派の, 新聞の, 新聞広告を, 方が, 昔の, 木牛流馬なる, 本質的には, 次第でござる, 次第な, 正義観で, 段取りに, 漆の, 点から, 点は, 物語は, 由緒付の, 目的は, 秘事さえ, 秘密も, 笑話を, 精巧な, 結論に, 自信を, 茶室彼が, 行事も, 記事とが, 記事も, 証拠を, 話だ, 話を, 説は, 責任も, 超人間力, 鉄製の, 鎮西八郎の, 限りの, 非難であった, 類の, 風な, 風に, 鴎外の

▼ せたので~ (153, 1.7%)

25 あつた 10 ござります 9 あらう 8 せう 4 私は 3 彼は

1 [94件] あらうかなり, いずれも, うまいジャコ, おかげで, おりる事, お関, この馬, これを, ござりましょう, しや, そこを, そのあと, その勘定, その名, その当座, その恐るべき効果, その男, その騒ぎ, それが, それで我, それ以来二人は, それ等の, たちまち魏, とうとうそれなり海の, どれほど私, びっくりした, みんなが, めった斬り, もう言う, もとよりなん, やや見どころ, わざわざ彼, スッカリその, ボートは, 一種の, 不機嫌な, 京大工は, 人びとは, 伯母は, 公所には, 六時すこし, 其男が, 再び塁, 助かり, 周公自らも, 周防殿にも, 士卒等これを, 大分評判が, 奮って, 奴の, 学校は, 実際そんな, 寵姫の, 少しい, 少将は, 当日までに, 忽ち路, 怒る, 思わず元気, 我々は, 戸締りだけは, 新しい材木, 有ります, 朝顏の, 母は, 渠は, 無論父, 焼大根, 熱いの, 生れた翌年, 百城様の, 眉間尺は, 神様が, 福太郎は, 空腹に, 聖光房の, 胸が, 臼杵病院の, 色々変った, 茶の湯は, 荷元の, 親分が, 訳なし, 誰よりも, 調べて, 調子が, 逢った, 釘勘が, 錯覚に, 雨で, 韓馥の, 飛んで, 馬鹿の, 黙って

▼ せた~ (137, 1.6%)

3624 です 7 ですよ 6 だが 5 だろう 4 だから, だよ, でしょう

2 [12件] じゃない, じゃねえ, だえ, だな, だね, だもの, だろうと, ですか, ですつて, ですね, ですもの, ですネ

1 [23件] か, じゃ, じゃなかった, だがなあ, だけれど, だつて, だつてさ, だつて噂, だと, だらうと, だろうなどと, だろうね, だゾ, だッ, だ道理, でござんすか, でしょうか, でしょうね, でしょうネ, ですがね, ですの, で御座いますわ, や

▼ せた~ (97, 1.1%)

16 相違ない 12 違ひない 11 違いない 7 ちがいない 4 相違あるまい, 違いなかった 3 ちがいあるまい, 相違ありません, 過ぎない, 過ぎなかった 2 しても, 相違なかっ, 過ぎなかったの, 違ひあるまい

1 [23件] した所, しては, しろ彼, すぎない, すぎないと, すぎないの, すぎなかったが, ナラダこれを, 他ならなかった, 止まる, 相異, 過ぎないだらう, 過ぎないの, 過ぎなかつた, 過ぎませんでした, 違いありません, 違いは, 違えねえ二人, 違ない, 違ひありません, 違ひなかつた, 違ひなく, 違わん

▼ せた~ (85, 1.0%)

8 がある 3 があった

2 [12件] があつ, がありました, がございません, だろう, であつ, であらう, でしょう, に邪魔, のない, はない, もあった, を雅俗折衷

1 [50件] あったらしく西鶴, から其の, があと後, がいっそ, がございました, がしばしば, がない, が毎度, が無い, そうして本物, だ, だった, だってある, だの寝小便, で, である, であろう, でせう, では, で私, とまた, と見えます, には違, にも興味, のある, は一度, は今更別, は八日, は是, は有, は言う, まで無茶苦茶, まで覚え, もあっ, もある, もあろう, もござりますが, もない, も少く, も私, やこれ, をも思ひ出す, を其話, を嬉しく, を思い出した, を書いた, を知った, を考える, を考へなけれ, を記憶

▼ せた~ (73, 0.8%)

43 に自分

1 [66件] あんな虐, いきなり私, かよわい体, からまた, このよう, このトランク, さて鑿, そのまま極楽安楽国, その晩, たつた一人娘, ついには, つらつら眺めたい, でずらりと, でそっと, でなければ, でのこと, でまた, でもう一度, でやがていつの間にか, でゆっくり, で一番, で三枚, で世界, で二人, で云いだした, で今一度右, で双方, で吾輩, で後, で最後, で無ければ, で田舎, で真実, で私, で素晴らしい, で草案, で試み, どうしてもこれから道庵先生, どつさり, に, にあられ, にお家, にかの, にこんな, にだ, に姿, に家ごと, に彼, に復, に手, に捨て, に暈繝, に玉, に生命, に病人ども, に竹, に羅陵, に色々, に近所, のこと, は手討, ぼつぼつ本題, ポイと, 御赦免, 改めてお越し, 是非今夜

▼ せたところ~ (70, 0.8%)

3 で何 2 による, の友人たち, の夢

1 [61件] からただ, からでた, から与八, がこの, が手柄, ご禁制, その矢, その遠祖, たちまちよくなった, だったから, だと, であった, であの, である, でいつ, でいま, でおもしろく, でこの, です, ですよ, でそれ, でそれに, でという顧慮, ではその, では敵, で再興, で大した, で笑, で結局, で裾風一つ, で逃げられる気づけ, にこの, によれ, に依る, に固有, に現代, に美, に裾野, のあの, のある, のアドルフ, の一種, の三つ, の古城址, の図読法, の宇宙, の死体, の自己統御のち, の超凡, の鞣外套, はかうである, は仏画師眠白, へひょっくり, も帰順朝貢, を思ひ出した, 少々腑, 思ふこと, 果して今度, 果して鉛, 果たせるかな, 重い重いと

▼ せたから~ (65, 0.7%)

11 である 42 で, であった, であるそれから, でした, でも, 今度は

1 [38件] お前の, お梅, これからは, その代り, その守護神, だそう, だったに, だつた, だと, であらうと, であること, であろう, であろうと, ですが, でそして, では, で今, どうだ, なかから, なんだ, ッて, 僕は, 夜明け前に, 安心しろ, 尚トン, 当然と, 怒ったの, 松吉と, 板敷山は, 止むを, 研究所に, 群衆は, 蓋を, 負けて, 起った名, 近代科学が, 鮑は, 鮮明遍照天女の

▼ せたまま~ (59, 0.7%)

2 になっ

1 [57件] いつの間にかぐっすり熟睡, かろうじて胸, がっかりし, ころがった, さも魔術, しかつめらしく控え, しばしいう, しばらくは, しばらく言葉, じっとし, すぐ座敷, その光, その前, その羽織, その背骨, その脊骨, だんだんと, ちょうどその, ちょっとマッグ, であったが, でいまだに, でお, でした, でその, でわざわざ, で先, で同じ, で暗然, で暫く, で書庫, で連れ出し, にし, に足, ほんのり眼, もうおれ, 丁度その, 全然当面, 呑んでしまつたとよ, 少しも, 帰りましたが, 待って, 恐れる色, 悠々と, 振りほどこうとも, 捨てて, 暫く勝負, 生かして, 素早く三度目, 考えて, 聞きました, 聞けば, 行きすぎた, 起き上がること, 逃げようと, 頷きも, 飛び降りどこ, 黙然とその

▼ せたやう~ (58, 0.7%)

3 なもの

1 [55件] だ, だね, であつ, な, なこと, なその, なみち, な中年者, な単純, な娘, な家, な柳条, な珍, な皮肉, な細身, な舌つたるい戀文, な草木, な調子, な質, な醜男, な非凡, な顏, な顔, に, にあらゆる, にい, にぞろぞろ, にち, になる, に一度, に一張, に不, に何時の間にか, に侮蔑, に光つて, に変, に席, に彼女, に思はれる, に戸田, に掌, に皆, に米華, に職業, に自分, に西, に見えた, に見える, に言, に轉室, に返事, に雌, に首, に馬越氏, に黙

▼ せた~ (56, 0.6%)

3 しれない, わからない 2 それは, どうかは, 知れません

1 [44件] あねえでしょう, あんなこと, ぐはしい夜風が, げに当代, これも, その訳, それが, ちよつと, でなければ左手, とおも, とまれ謙虚, どうして潤い, どうだ, ないん, はっきりと, はりに, わかるまい, 一斉に, 一部始終, 不思議に, 人と, 今と, 何かの, 分らないの, 判らない, 判然お, 君は, 如何に, 御承知, 想像できる, 楽屋の, 生産における, 目潰しの, 知らなかった, 知りませんけれど, 知るもの, 知れない, 知れないの, 知れないので, 知れなかった, 私も, 等の, 蕾の, 貯金は

▼ せたかと~ (52, 0.6%)

21 思うと 3 いうと, 思ふと 2 いえば, 詮議する

1 [21件] いうに, いつたつて, おもうと, じつに気の毒, 云うこと, 云うに, 云うよりも, 云う事, 云う点, 云ふ, 取り返したいくらいに, 思いますと, 思うが, 思えば, 思ったが, 思へば, 思われるほど, 痛ましかった, 見れば, 言えば, 頭取を

▼ せた~ (49, 0.6%)

7 がいい 2 がい, がよい, の東隣

1 [36件] がかえって, がかえって本当に, がさ, がずつと利益, がそういう, がたしか, がどう, がどれ, がよう, がよかっ, がよかろ, がよく, がよろしく, が一番, が万事, が余計, が効きます, が効果的, が増し, が大小長短自在, が好かろ, が宜, が實入り, が御, が手, が才, が早道, が理ヅメ, が穏やか, が良, が行く行く, が道, が都合, でせう, で何ん, の手

▼ せた~ (48, 0.5%)

76 ひぬ 2 いぬ, ひき, ひき短, ふ御

1 [27件] うらんよ, づ少年読物と, はず, ひしとぞ, ひつ時雨し, ひぬとや, ふかおいと, ふか琴に, ふことも, ふこれ, ふとき雪, ふな, ふなかハハハハ, ふに, ふのみにて, ふは, ふもの, ふやを, ふらむ閨, ふらめ, ふ事, ふ前, ふ幸, ふ御身, ふ氣色無し, ふ疾く, ふ鉢植

▼ せた~ (47, 0.5%)

1 [47件] ああこれ, おたがいに呆れ返っ, お粂, かう云つて笑つた, から山荘, がと言う, が身代限り, さすが強情, さすが鈍感, そのたたき込んだ, その手綱, その老人, だ, であったから, である, と所, にはくだらない, にはなんとも, には下, には彼女, にもこの, に一人, に敬太郎, のこと, のよう, のウイスキイ天狗, の勇ましかっ, の名状, の声, の奴, の強い, の歌, の面, はもう, はよろけ加減, は何ん, は僕, は友達, は夜, は彼相応, は直ぐ, は見る, ニッコリした, 初めてわたし, 常に, 直ぐ別れたら, 見た川

▼ せただけ~ (45, 0.5%)

4 である 3 だ, であった, では 2 だつた, でこれ

1 [28件] だったでしょう, だったとも, だったの, であと, でありました, でこの, でじつは, です, ですが, ですわ, でそそくさ, でその, でその間, でどっち, でなん, でほとんど, でまた, でもう, でやがて, でマドロス, で一文, で地中線, で多く, で大した, で拍子木, で直吉, なの, なん

▼ せたその~ (40, 0.5%)

2 ような, ベンチの

1 [36件] あとで, あと二杯酢と, ころの, ために, ときの, オリジナリティに対する, トンネルだけは, レコオドは, 下で, 中の, 人たちの, 人は, 仕事の, 働きは, 償いに, 刃であった, 刹那であった, 原動の, 叔父の, 台所の, 夜の, 妻もろとも, 姿が, 子供の, 技巧が, 棒の, 真中に, 結果を, 背後に, 腕く, 責めは, 轟九蔵って, 鉢植を, 顔は, 魅力は, 魔力が

▼ せたばかり~ (37, 0.4%)

5 では 2 で, であった

1 [28件] だ, だった, であって, である, であれ, です, でだいたいそのまま, でなく, でなくこの, でなくさらに, でなくその, でなくそれから, でなくちょうど, でなくまた, でなくブルジョア・インテリゲンツィア作家たち, でなく中国経略, でなく今日, でなく兵粮丸, でなく半, でなく営業歌手, でなく旱魃, でなく更に, でなく検事, でなく祖母さん, でなく筆者自身, でも, で気持ち, 目に

▼ せたあの~ (35, 0.4%)

1 [35件] すなわちその, はしゃいだ若い, 一瞬を, 三日月の, 世界劇場の, 事実を, 人魚の, 吉之助なかなか, 呪わしい人達, 場を, 声は, 女たちの, 女な, 女の, 子供を, 少女な, 後家さんの, 御新造と, 必然的な, 怪人黄金仮面が, 悲鳴が, 戦慄すべき, 新しい和音, 時の, 残忍な, 水, 無遠慮な, 熱意を, 病気であった, 程度とは, 空想の, 美少女の, 話を, 騒動を, 鳥居の

▼ せた~ (35, 0.4%)

6 がある 3 があった 2 は誰

1 [24件] あると, があっ, があつ, があります, がいる, が居る, こそ悲しむべきである, でも, で天子様, のあつ, の作物, の痺れた, はこの, はない, はないだらう, はドレゴ, は皆吃驚, は莫大, は黒田官兵衛, もあった, もまたさせた, も負わせられた, 又著作者, 故可笑しい

▼ せたといふ~ (34, 0.4%)

2 ことで, ことである, 事だ

1 [28件] ことが, ことだ, ことなぞも, ことに, ことは, ことも, ことを, に過ぎなかツ, のだ, ものだらう, わけで, んだ, んです, 事実であります, 交互相照の, 伝へが, 八五郎の, 史実の, 平たい石, 昇降機の, 東山の, 私の, 自動車の, 話が, 話だつた, 話を, 逸話は, 遠州流

▼ せたわけ~ (32, 0.4%)

7 では 5 です 2 であるが, ですね, でも, はあの

1 [12件] がわかったろう, が彼, じゃあねえ, じゃア, であった, であつ, である, ですよ, でなくそれに, で僕達, なの, なので

▼ せた~ (31, 0.4%)

2 がある, である, は決して

1 [25件] があった, が期せずし, が言った, が選定, だから, だが, として知られ, の別荘, の子ども, の微笑, の皮肉, の財宝, はかなり, はもうちゃんと, は一人, は僧侶たち, は女帝, は旅, は烏丸, は自分たち, は迎えざる, は金井烏州, もある, もその, や立ち待ち

▼ せた~ (30, 0.3%)

2 とうとうあきらめ

1 [28件] あらためて手, かねて狙い, からで, その口, その蔵幅中, でこう, では南部氏, でまた, で一緒, で人々, で今日吾, で信長, で叔父, で正成, で病, で立たし, で自分, で言った, に, に人, に半, に恐多い, に演奏不能, に生, の爛熟, はじめて教壇, また中途, 御主人

▼ せたって~ (26, 0.3%)

2 いいじゃ

1 [24件] いいの, いいん, かならず自分, げっげっ, このごろの, それで, どうせじゃま, どうなる, やっぱり全身, ろくろく分り, わかっちまわア, わからねえ, 云う話, 切手代の, 君が, 差支え無い, 構わんさ, 母の, 糸口は, 興奮剤には, 邪魔に, 酔わないん, 陰影の, 面白くも

▼ せたほど~ (26, 0.3%)

2 だった, なの

1 [22件] それは, だ, だったので, だつた, であつ, である, でございます, です, でレヴェズ, なので, な地, はっきりし, ネブタと, 伊達の, 意外にも, 派手だつた, 深刻な, 用心ぶ, 真剣な, 秀吉の, 立派な, 考えこんだの

▼ せた~ (26, 0.3%)

3 の顔 2 は追

1 [21件] いかにも日本左衛門, から月給, が世間, が子供, が承知, である, です, ではなく, とを見た, なのに, にはデカダンス以外, に天麩羅, に対する貸し, の下駄, の右, の生活, は実に, は本名, を憎ん, を生かし, 段々隣保館

▼ せたそう~ (25, 0.3%)

76 である 5 です 1 じゃの, であるから, である若君, ですな, な気, にさり気, につかつか

▼ せた~ (24, 0.3%)

1 [24件] が後, が死に, だと, である, であるが, であるならば, ですの, でそれ, でもない, でもなく, で初め林中, で牡馬, で蛇鱗, といい, なの, の始末, は非凡, も引っ込ん, を引, を忘れ, を成長後自分亡妻, を誤魔化し, を邪魔, 狗なり

▼ せたつもり~ (22, 0.2%)

2 でも, なの

1 [18件] だ, だったが, である, でいた, でしょう, です, でその, では, でもう, で下, で喜ばし, で小姓, で後, で煙草盆, で言った, にし, の凄味, はない

▼ せた~ (22, 0.2%)

2 が憎く

1 [20件] かえ, が奇怪, が閣下, だ, だらうと, であった, である, ながらもと, なり, の中, の人, の名, の声, の父, の話, は照, も少くなく, を前妻, を品物, を恨み

▼ せたあと~ (21, 0.2%)

1 [21件] で, でお, でお座敷, でお銭, で主家, で吐かせる, で唐ヶ原, で娘さん, で宿屋, で怪物, で源氏, で熱い, で直ぐ, で絶交, なので, に機関車, の大臣, はこの, はむつつり, へあたかも, 少しから

▼ せた~ (20, 0.2%)

1 [20件] いずれに, そのうえいつ, その後には, それに, でミイ, ばれかかったお, またルオー, また他, また宿, わざの, わたしの, ソヴェト同盟が, 何やかやともの, 小島喜久雄氏は, 彼に, 彼にも, 秀吉は, 精神的にも, 聞いて, 雨戸の

▼ せたかも~ (19, 0.2%)

4 知れない, 知れません 2 知れぬ 1 しれない, しれないの, しれぬが, 判りません, 知れないが, 知れないでは, 知れない水落, 知れねえ, 知れませんが

▼ せたとは~ (19, 0.2%)

1 [19件] いへ, どうだ, 云い得なかったが, 云う者, 何事, 口に, 名ばかりの, 夢にも, 後にぞ, 思えない, 思えませんでした, 思ひも, 気が, 申されぬ高倉利吉どの, 考えないの, 考えられないの, 見えない, 言へ, 誰も

▼ せた原因~ (19, 0.2%)

3 の一つ

1 [16件] だったの, だと, であろう, であろうと, でしょう, というもの, となった, なの, にもなるでしょう, はお, はどこ, はもつ, は世間, は単に, を一目, を知っ

▼ せた結果~ (17, 0.2%)

2 はお, 出て

1 [13件] がこの, が今日, だけを見れ, だそう, であった, であって, になってる, になりました, に赴いた, もあろう, をあなた, を利用, 極秘密裡

▼ せたかは~ (16, 0.2%)

1 [16件] あなたも, いまここで, 他人の, 伸子に, 分らない, 彼自身にも, 想像以上な, 想像出来るであろう, 永遠の, 申さずとも, 皆さんも, 行き交, 言うまでもない, 言うまでもないくらい, 諸君の, 諸君も

▼ せたのに~ (16, 0.2%)

2 相違ない, 相違なかつた

1 [12件] この歌, ちがいない, 予想を, 今は, 口やかましく悪口, 打った上, 満足したらしい, 滿足し, 片膝, 相違なかっ, 違いない, 違ひない

▼ せた~ (16, 0.2%)

1 [16件] いいが, さすがそ, たれでも, 一竿子忠綱月光を, 二十人は, 今より, 伊之助ゆえと, 住職, 何んの, 可笑, 可笑い, 奥ゆかしゅうて, 我誤り, 浮気男に, 秀吉の, 返すがえすも

▼ せたまひ~ (16, 0.2%)

1 [16件] けり, しかば, しかば我, しより, し元, し契約, たれど, て, てさらば, てのお, て何不自由, て力, て心, て法, て碁, て血の気

▼ せた~ (16, 0.2%)

2 である

1 [14件] だった, です, のもの, の冷た, の太綱, の弁舌, も異様, も非常, 明智勢の, 激しかった, 素ツ気なく, 身辺は, 軍律には, 麗は

▼ せたけれど~ (15, 0.2%)

2 女房は

1 [13件] さっぱり合点, 乱暴人の, 勇吉は, 夢中に, 巣は, 幸いに, 暖簾なんて, 清十郎は, 皆目その, 私は, 蛇は, 見えなかつた, 車夫は

▼ せたため~ (15, 0.2%)

1 [15件] かもしれない, か僅か, か出っ尻, こんなこと, さすがの, つい牛, でせう, にお, にこんなに, にさっそく, にボタ, に右近, に平次, に規則正しい, の失費

▼ せたとき~ (15, 0.2%)

1 [15件] あるおぼろげ, この海老塚, と同じ, にいっ, にこの, には後醍醐, にも苦り切つ, に例, に学生, のこと, のよう, の思出, の晴々, の靴屋, はすぐ

▼ せたのみ~ (15, 0.2%)

2 である

1 [13件] であった, でなかった, でなくマルクス主義文学理論, でなくマルクス主義文學理論, では, で一火, で武蔵, で汗, で炭鉱業者, で終に再び, ならず常軌, ならず本来, ならず精神文化

▼ せたほどの~ (15, 0.2%)

1 [15件] それは, はんもんと, 人な, 出来事が, 古い青山, 奇蹟を, 女それは, 小遣いと, 怪異な, 政宗だ, 目ざましい超, 綺びやかな眩惑は, 緻密な, 罵り言葉, 豪奢を

▼ せた~ (15, 0.2%)

3 うたのである

1 [12件] あの敵ども, あれも, うた, うたことを, うたという, うたなどとさえ, うて孫将軍, ざいくのお菓子の, 彼が, 無理は, 皆貴方が, 道理です

▼ せた~ (15, 0.2%)

2 もある

1 [13件] があり, がある, が世間, しが, しは, のお茶の水事件, の校長, は, はない, はまだ, は今, もあり, を知っ

▼ せたこの~ (14, 0.2%)

1 [14件] おれは, なつかしい都, わたしを, 人類論法の, 作は, 単純さ今も, 夜の, 怪事件は, 故郷の, 旅館は, 社会についての, 覆面の, 辺一帯の, 鉄の

▼ せた~ (14, 0.2%)

1 [14件] の男, 之進うしろ飛び, 地震が, 坂城は, 建築の, 怒形, 恩人で, 才能の, 旗が, 曼陀羅の, 果樹園が, 泥棒蝙蝠冠兵衞を, 火災の, 閤大得意の

▼ せた~ (13, 0.1%)

8 あらう 3 せう 1 ごぜえやしょう, せうその

▼ せたものの~ (13, 0.1%)

2 町会では

1 [11件] いよいよ出で, それだけまた, どうも気, もう事件, トド彼らの, 一つに, 如く, 意味深い, 数倍の, 気配を, 称で

▼ せた~ (13, 0.1%)

2 がある, が鼓 1 が名誉, が居た, だ, であろうとも, と睨み, と見た, に明日, の最期, はア

▼ せたとか~ (12, 0.1%)

1 [12件] いう, で京, で大, のちに, 三好長春が, 云う位, 云う話, 伺って, 書き立てたるを, 申す事, 申す品物, 磯五からも

▼ せたとも~ (12, 0.1%)

1 [12件] いうべきもの, いえると, 云える, 思えます, 思われない状態, 気付かなかった, 知らぬけれど, 考えられるが, 考えられるの, 聞き及ぶが, 見られるが, 言われなくは

▼ せた~ (12, 0.1%)

2 じゃ, だと 1 かも知れません, だったかも, であった, であろう, でございます仔細, ではなく, で彼女, と言うべき

▼ せた自分~ (12, 0.1%)

2 の子供 1 という女, の力, の噂, の手, の男性, の言葉, の責任, の首, は開国後, を死

▼ せたかという~ (11, 0.1%)

2 ことが 1 ことこそ, ことの, ことも, ことを, そのこと, 悲痛な, 文学上の, 現実を, 私の

▼ せたけれども~ (11, 0.1%)

1 [11件] あけて, かういふ豪傑, しかしせめて, それは, 家庭教育取調べの, 文太郎の, 是らは, 福太郎は, 葉子は, 見つからない, 馬上で

▼ せた場合~ (11, 0.1%)

1 [11件] があります, が一二度, とまたは, と全然, にできる, にはその, の効果, は理論上斬罪以上, は絞, を想像, を考える

▼ せた~ (11, 0.1%)

2 でチャン 1 がすぐ, がチラリ, が貴方, にふん, も尠, をし, を出した, を蒼く, を衝立

▼ せたかの~ (10, 0.1%)

4 ように 1 ごとく鉄瓶, やうに, 不思議な, 定さんの, 方が, 知れた遺産ぢ

▼ せただけの~ (10, 0.1%)

1 ことさ, ことです, ことは, ものでした, ものは, 効果と, 威厳の, 思わせぶりで, 経験より, 金を

▼ せた二人~ (10, 0.1%)

2 の西洋人 1 の仲, の娘, の子供, の男女, の秘密, はまず, を, を置き放し

▼ せた~ (10, 0.1%)

1 あまりに鄭重, からは繻子, がこの, が彼, として名, の奇怪, の学者, の郷介法師, は笠, 何だか馬道

▼ せた言葉~ (10, 0.1%)

1 が多い, だそう, であつ, ではなかっ, にすぎない, によって出来上っ, のうち, はほんとう, は胆, ばかりでなく

▼ せた~ (9, 0.1%)

1 徳が, 杉は, 楽は, 祭佐七が, 美夜ちゃんか, 蘭しごき, 角さん, 言葉は, 雪は

▼ せたかを~ (9, 0.1%)

1 よく物怪, 咎めねば, 忘れること, 歌ったもの, 知った, 知つてゐる, 研究すべきである, 考えるとき, 語った

▼ せたきり~ (9, 0.1%)

2 で私 1 だった, で, で云, で何ん, で彫刻工芸, ろくにもの, 尚も項垂れ

▼ せたほう~ (9, 0.1%)

2 がいい 1 がはるか, がまし, がまだ, がよい, がよっぽど, がよろしく, が好い

▼ せたんで~ (9, 0.1%)

1 せう, せうね, せうほん, ついうっかり, まだ尿, 一等の, 合百も, 尤も氣味, 怒ってるのね

▼ せた~ (9, 0.1%)

1 が一生, こそファシズム, といふもの, について深い, の主要, はあくまでも, は何, は此處, を誰

▼ せた大きな~ (9, 0.1%)

1 一つの, 原因であった, 原因に, 原因の, 岩石の, 提示が, 条件な, 松と, 雑誌を

▼ せた~ (9, 0.1%)

1 であったそして, である, でございます, と正成, もまた, や白, を原版者, を持ち運ばせ, 思わしそう

▼ せた理由~ (9, 0.1%)

1 があった, がある, であった, のあった, はあった, は何, は充分, は相手, も勘づかれ

▼ せた~ (9, 0.1%)

1 にちょっと, の人指ゆびでもつて, の内気, の姿, の後, の本, の生活環境, の絶望, を見た

▼ せた~ (9, 0.1%)

2 を詰る 1 であるから, ですから, なわざ, の怖, の苦悩, は, は私

▼ せた~ (8, 0.1%)

1 うだつた, が確信, でいっぱい, にいろんな, にわざわざ, に捨吉相方, に無理, 安心させた

▼ せたばかりの~ (8, 0.1%)

1 ところじゃ, ところだ, ものだった, ロシヤへの, 下駄だ, 外出着の, 宝剣が, 鏡の

▼ せた~ (8, 0.1%)

1 でもあつ, には, にはもう, には一日, には忽ち, には真面目, にゃ取返し, にゃ対手

▼ せた~ (8, 0.1%)

1 であるが, は次, は至る, や自分, をお前, をした, を伝う, を読んだ

▼ せたうえ~ (7, 0.1%)

1 いよいよおそろしい, さも両, その本, でお断り, でないと, で追出された, にその

▼ せた人間~ (7, 0.1%)

1 がもしいる, の仲間, の腕, の行為, はなかっ, は私, をやがて

▼ せた~ (7, 0.1%)

1 だ, だから, だもの, であった, でありそして, に急激, のこと

▼ せた~ (7, 0.1%)

2 で何時しか 1 うす暗いランプ, するすると, ぶらつと, 暫しは, 目まぐるしい往来

▼ せた次第~ (7, 0.1%)

2 であります, である 1 じゃが, であった, でございます

▼ せた~ (7, 0.1%)

2 です 1 から, と比べ, には星影, の晩年, の浴衣

▼ せたそれ~ (6, 0.1%)

1 がこの, が苦しく, はお, はろうそく, は一軒, まではよかつ

▼ せただけでも~ (6, 0.1%)

1 ただの, ひとくに, 下から, 大いなる成功, 嬉しくて, 恥辱の

▼ せたところが~ (6, 0.1%)

1 あいにくお腹, いきなり下, その奇態, 思うほどに, 買い手が, 酒を

▼ せた~ (6, 0.1%)

21 おしを, どれ許し, みんなの, 八

▼ せたにも~ (6, 0.1%)

1 かかわらず照彦様, よるが, よるだろう, 似て, 拘らず今, 拘らず刃

▼ せたもん~ (6, 0.1%)

1 だが, だな, だね, だわ, です, よ

▼ せた~ (6, 0.1%)

1 から指し物, であつ, のもの, の概念, を糟屋助右衛門, 大きによろしい

▼ せた子供~ (6, 0.1%)

1 があった, であった, の手, の頬, を引取つて, を探し

▼ せた~ (6, 0.1%)

1 が眼先, な奇妙, な始末, な顔, に何, に見えた

▼ せた様子~ (6, 0.1%)

21 だった, である, です, とかすか

▼ せた樣子~ (6, 0.1%)

5 です 1 がいかにも

▼ せた~ (6, 0.1%)

2 にこんな 1 か白状, であって, に大坂じゅう引廻し, に稍

▼ せた~ (6, 0.1%)

1 が祈る, が養子, の復讐, の心, の言葉, の詫び

▼ せた~ (6, 0.1%)

1 が仰向き, が竹矢衆, が馬方, に乗ろう, に跨ります, の尾

▼ せたからと~ (5, 0.1%)

4 いって 1 国男さんには

▼ せたくら~ (5, 0.1%)

2 ゐの 1 ゐ, ゐですから, ゐに

▼ せたなどと~ (5, 0.1%)

1 あっては, いうが, そんな不行跡, 云うの, 聞えては

▼ せたには~ (5, 0.1%)

1 坐らせたが, 弱らせるだけの, 智識的幇間の, 相違ない, 相違なかっ

▼ せたばかりに~ (5, 0.1%)

1 あえなき死, ざぶりと味噌汁を, すつかり, それを, 終には

▼ せたもう~ (5, 0.1%)

1 や, ように, 一つの, 姿には, 景行帝その

▼ せた一つ~ (5, 0.1%)

2 の原因 1 の力, の理由, の確信

▼ せた一事~ (5, 0.1%)

2 がある 1 があった, はこの, を聞いた

▼ せた一人~ (5, 0.1%)

2 の青年 1 ずかと, のおだやか, の女

▼ せた人々~ (5, 0.1%)

1 から異口同音, がやがて, であった, によつて, もなく

▼ せた以上~ (5, 0.1%)

2 はそのまま 1 その者, どうで, はほか

▼ せた動機~ (5, 0.1%)

1 がこの, が親しく, と云, と成つて, は主人公

▼ せた問題~ (5, 0.1%)

1 ことに農民, の九四歩突き, の解決, や事件, 殊に農民

▼ せた平次~ (5, 0.1%)

1 は, はそれ, は乾物, は吉三郎, もそれ

▼ せた意味~ (5, 0.1%)

2 もあつ 1 での, でやはり最も, と実は

▼ せた~ (5, 0.1%)

1 だけでも困った, でエコール・ポリテクニク, で北, にある, を特色

▼ せた相手~ (5, 0.1%)

1 がない, の親戚, を取っちめ, を取つち, を知らない

▼ せた~ (5, 0.1%)

1 でその, のあと, の先, を持たせる, を持っ

▼ せた自動車~ (5, 0.1%)

1 が矢, で稲村ヶ崎, に乗りこみ, はまだ, を飛

▼ せた若い~ (5, 0.1%)

1 お上さんが, お上さん達が, 娘と, 男達が, 蕃王の

▼ せた~ (5, 0.1%)

1 だね, で, であるか, ですが, でも

▼ せた通り~ (5, 0.1%)

1 だ, だが, の姿, の次第, ほとんど同時

▼ せたくらい~ (4, 0.0%)

1 だったが, だったもん, だもの, です

▼ せたじゃ~ (4, 0.0%)

2 ありませんか 1 ないか, ねえか

▼ せたせい~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, だという, であると, もある

▼ せたとかいう~ (4, 0.0%)

1 どこにでも, 奇兵隊節に, 新しい鉄砲, 等身の

▼ せたとしても~ (4, 0.0%)

1 この慣行, それは, より多く, 十に

▼ せたとて~ (4, 0.0%)

2 長もちの 1 仕方が, 野暮な

▼ せたとでも~ (4, 0.0%)

1 いうの, いったよう, 云ふべき, 言ふ

▼ せたとの~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことである, ことでした, 意である

▼ せたまえと~ (4, 0.0%)

1 こそ, ね, 掌を, 神昇降の

▼ せたまでの~ (4, 0.0%)

1 こと, ことです, 事で, 苦心の

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 から青い, でも特に, にリャボーヴィチ, 世紀の

▼ せた事件~ (4, 0.0%)

1 であって, なので, の全, も一つ

▼ せた事実~ (4, 0.0%)

1 であった, に就, に見られる, を湮滅

▼ せた人達~ (4, 0.0%)

1 だ, はじ, はみんな, は惚

▼ せた作品~ (4, 0.0%)

1 であつ, であるの, で一人, は誰

▼ せた八五郎~ (4, 0.0%)

1 が取次, にこんな, の假名文字, 照れ臭さ

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 になる, は奥, までのまる, を衷心

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 が眼, と生き, にむかっ, の記念

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 が数十戸, でその, の座敷, も少く

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 圓太は, 枠を, 馬車で, 鳥飼と

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 である, で追求, のない, をし

▼ せた時代~ (4, 0.0%)

2 があった 1 があっ, がかつて

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 だ, にとまった, に現し, のなか

▼ せた経験~ (4, 0.0%)

1 こそあれ自身, は持たぬ, も無く, をもつ

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 の中, は一枚, をかき得る, をかく

▼ せた覚え~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はねエぜ, は無い

▼ せた責任~ (4, 0.0%)

1 が自分ら, をご, をとれ, を感じ

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 が現れ, にする, にともかく, にのつて

▼ せた~ (4, 0.0%)

1 でつくった, で彼, の利廻り, の商人

▼ せた馬車~ (4, 0.0%)

1 が一台一叢, が押し通っ, をば谷村, を持つ

▼ せたあげく~ (3, 0.0%)

1 それではと, だが, であるから

▼ せたかに~ (3, 0.0%)

1 ある, きまつてるが, 見えたが

▼ せたきもの~ (3, 0.0%)

2 なり 1

▼ せたくせ~ (3, 0.0%)

1 に五郎吉, に今, に公定

▼ せたここ~ (3, 0.0%)

2 の十字路 1 に枕

▼ せたそして~ (3, 0.0%)

1 めい, 河原の, 沼地の

▼ せたつて~ (3, 0.0%)

1 ふきだしたくなるばかり, 何だ, 呑ませなくたつて

▼ せたとともに~ (3, 0.0%)

1 民族の, 私は, 自分が

▼ せたどんな~ (3, 0.0%)

1 人にも, 美しい音楽, 美しい音樂

▼ せたのち~ (3, 0.0%)

1 いよいよ親子, に云った, やっと諦め

▼ せたのみか~ (3, 0.0%)

1 上の, 北海道へ, 親の

▼ せたばかりか~ (3, 0.0%)

1 村の, 陽気に, 非常に

▼ せたふう~ (3, 0.0%)

1 だった, である, に泣き泣き

▼ せたほどに~ (3, 0.0%)

1 この富源, もう二, 京都一円荒れ

▼ せたまでは~ (3, 0.0%)

2 よかった 1 筋書通りだった

▼ せたまま自分~ (3, 0.0%)

1 で警察, はやはり, は後

▼ せたわざ~ (3, 0.0%)

1 だったの, であらう, なの

▼ せた一種~ (3, 0.0%)

1 の木幣, の課役, の面白い

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 ですん, で何故か, の兄妹

▼ せた~ (3, 0.0%)

2 つ引 1 股の

▼ せた乳母~ (3, 0.0%)

1 じゃとかいう, の息子, の里

▼ せた仕業~ (3, 0.0%)

1 であるかも, ではなかっ, の一つ

▼ せた伊賀~ (3, 0.0%)

2 の暴れん 1 の暴れン坊

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 が朝, に乗る, を見る

▼ せた場所~ (3, 0.0%)

1 であったかも, と時刻, はどこ

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 じゃった, のぬ, をおさえ

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 だ, だけれど, だとか

▼ せた如何にも~ (3, 0.0%)

2 田舎者らしい 1 田舍者らしい

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 で神, の伯父, の死顏

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 がある, だ, だからとて

▼ せた対馬守~ (3, 0.0%)

1 が老, じっと宗匠, はその

▼ せた小さな~ (3, 0.0%)

1 バクダンを, 機帆船に, 竹の

▼ せた小説的世界~ (3, 0.0%)

3 である

▼ せた張本人~ (3, 0.0%)

1 だ, でもあった, は

▼ せた当人~ (3, 0.0%)

1 だ, だけに秀吉, に聞い

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 主人は, 心理も, 番の

▼ せた恨み~ (3, 0.0%)

1 がある, のせい, を聞く

▼ せた恰好~ (3, 0.0%)

2 で縁側 1 は何時

▼ せた所以~ (3, 0.0%)

2 でもある 1 である

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 が, をじっと, を挙げ

▼ せた手前~ (3, 0.0%)

1 がだ, もあっ, 生かしては

▼ せた揚句~ (3, 0.0%)

1 に僕, に自殺, やっと目的

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 様式の, 発明品で, 青年の

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 の光, の宇宙, はいったい

▼ せた時分~ (3, 0.0%)

1 だったか, には人影, に傍道

▼ せた最初~ (3, 0.0%)

1 の人, の機会, の秀才

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 なの, もない, を紹介

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 の声, の身, を見る

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 に着, を, をそこ

▼ せた犯人~ (3, 0.0%)

1 に対するその, の名前, の詭計

▼ せた狂言~ (3, 0.0%)

2 に過 1 でうまく

▼ せた白い~ (3, 0.0%)

2 額を 1 丈夫そうな

▼ せた立派~ (3, 0.0%)

1 な女, な成績, な青年

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 一の, 三種めの, 二の

▼ せた~ (3, 0.0%)

21 だが

▼ せた~ (3, 0.0%)

2 を貼り出させた 1 でその

▼ せた老人~ (3, 0.0%)

1 が起き, などもあった, の寝顔

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 が對岸, のよう, の中

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 が二艘, が長島, は汽笛

▼ せた芸術家~ (3, 0.0%)

2 として近代ドイツ文学 1 の感ずる

▼ せた~ (3, 0.0%)

2 侍が 1 獅子の

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 ざるは, の無, を情なし

▼ せた親仁~ (3, 0.0%)

1 が篤実さうに, だのその, はと唯

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 で本, で直ぐ, で間もなく

▼ せた連中~ (3, 0.0%)

1 が敵意, だが, をみんな出版部

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 はあの, をのんだ, を飮

▼ せた~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ せた青年~ (3, 0.0%)

1 がね, であるが, の一人

▼ せた~ (3, 0.0%)

1 っぺた, の猫, の色

▼ せたあたり~ (2, 0.0%)

1 なかなか昭和文学史, は一歩

▼ せたある~ (2, 0.0%)

1 ねん, 旅行者も

▼ せたいわゆる~ (2, 0.0%)

1 オカミサンであった, 妖物を

▼ せたうれし~ (2, 0.0%)

1 さで, さを

▼ せたからとて~ (2, 0.0%)

1 それが, 一味に

▼ せたからには~ (2, 0.0%)

1 おれの, 責任を

▼ せたぐらい~ (2, 0.0%)

1 で生き返るでしょうか, な気

▼ せたこれ~ (2, 0.0%)

1 が道庵先生, で許し

▼ せたころ~ (2, 0.0%)

1 の食堂スケッチ, の鰻屋

▼ せたこんな~ (2, 0.0%)

2 ふうの

▼ せたそば~ (2, 0.0%)

1 に多, のちいさい

▼ せただけで~ (2, 0.0%)

1 終つた, 追い返した

▼ せたつけ~ (2, 0.0%)

1 な, なア

▼ せたとたん~ (2, 0.0%)

1 にがぜん, に亡父

▼ せたなどは~ (2, 0.0%)

1 一例といへ, 実に他人

▼ せたなども~ (2, 0.0%)

1 多分嘘, 輪廻眼に

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 濟まねえ, 覚えてるだろう

▼ せたはず~ (2, 0.0%)

1 であったが, はない

▼ せたひどく~ (2, 0.0%)

1 古びて, 淫らな

▼ せたままジッ~ (2, 0.0%)

1 と目, と考え

▼ せたまま屋根~ (2, 0.0%)

1 の前, を降り

▼ せたもと~ (2, 0.0%)

1 の起こり, を搜

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 胸三寸の, 觀る

▼ せたんぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, や全く

▼ せたアあなた~ (2, 0.0%)

2 には貸し

▼ せたガーゼ~ (2, 0.0%)

1 が棺桶同然, を巻い

▼ せたゲーテ~ (2, 0.0%)

1 にはなはだしく, は然し

▼ せた一個~ (2, 0.0%)

1 の人間, の壜

▼ せた一因~ (2, 0.0%)

1 なの, らしいの

▼ せた一本~ (2, 0.0%)

1 のひも, の丈

▼ せた三人~ (2, 0.0%)

1 の侍, は等しく

▼ せた上下~ (2, 0.0%)

2 の旅客

▼ せた上今~ (2, 0.0%)

1 の総, の總右衞門

▼ せた上後~ (2, 0.0%)

1 からきっと, から追っ駆け

▼ せた上番頭~ (2, 0.0%)

1 から靜, の泊つた晩

▼ せた不動~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ せた不思議~ (2, 0.0%)

1 なこと, な美し

▼ せた事奉行所~ (2, 0.0%)

1 に來, に来

▼ せた五挺~ (2, 0.0%)

2 の駕籠

▼ せた人形~ (2, 0.0%)

1 が座, を塔

▼ せた人物~ (2, 0.0%)

1 があった, で神出鬼没

▼ せた人生~ (2, 0.0%)

1 の憂愁, の経験

▼ せた代物~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ せた会話~ (2, 0.0%)

1 の中, をぽつりぽつり

▼ せた低い~ (2, 0.0%)

1 乗りものが, 赤格子の

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 か博士, か憎悪

▼ せた停車場~ (2, 0.0%)

2 から鋭い

▼ せた傾き~ (2, 0.0%)

1 が多い, さえある

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 にはおそらく, の力

▼ せた其の~ (2, 0.0%)

1 堅い蒲団, 愛妻を

▼ せた列車~ (2, 0.0%)

1 が緩やか, はまだ暗に

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 幌の, 袴の

▼ せた即ち~ (2, 0.0%)

1 孔子を, 定基夫婦の

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 に, や部下

▼ せた口調~ (2, 0.0%)

1 ですらすら, で勢

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 時代人が, 時代人は

▼ せた吹雪~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ せた~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ せた唐櫃~ (2, 0.0%)

2 が百貫

▼ せた報い~ (2, 0.0%)

1 が来た, と噂

▼ せた多く~ (2, 0.0%)

1 の人達, の日本人

▼ せた大釜~ (2, 0.0%)

1 があった, の下

▼ せた女中~ (2, 0.0%)

1 がまどから牛みたい, に聞きなれない

▼ せた女房たち~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の中

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 のこと, をとら

▼ せた実例~ (2, 0.0%)

1 がある, は朝鮮

▼ せた家中~ (2, 0.0%)

1 のもの, の者

▼ せた寂しい~ (2, 0.0%)

2 眺めが

▼ せた小姓~ (2, 0.0%)

2 の懐中

▼ せた小娘~ (2, 0.0%)

1 の声, は金髪

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の井さん, の薯

▼ せた弟子~ (2, 0.0%)

1 には林美雲氏, の芸

▼ せた当の~ (2, 0.0%)

1 敵役の, 責任者に

▼ せた当時~ (2, 0.0%)

1 から今日, の下手人

▼ せた彼女~ (2, 0.0%)

1 の尊い, の美しい

▼ せた彼等~ (2, 0.0%)

1 の活溌, の真実

▼ せた後勝平~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ せた心持~ (2, 0.0%)

2 はまあ

▼ せた思案~ (2, 0.0%)

1 でしょう, でせう

▼ せた怪物~ (2, 0.0%)

1 はその, は本当に

▼ せた恐怖~ (2, 0.0%)

1 とまで言うべき, の念

▼ せた悲し~ (2, 0.0%)

1 さが, さの

▼ せた惡者~ (2, 0.0%)

1 の面, を擧げ

▼ せた態度~ (2, 0.0%)

1 といい, はきわめて

▼ せた戦争~ (2, 0.0%)

1 によって財, の犯罪性

▼ せた手拭~ (2, 0.0%)

1 で顔, に吸

▼ せた手筈~ (2, 0.0%)

1 により投獄, をした

▼ せた手紙~ (2, 0.0%)

1 です, はどんな

▼ せた手際~ (2, 0.0%)

1 なんぞも鮮, は実に

▼ せた才女~ (2, 0.0%)

1 である, のかた

▼ せた提灯~ (2, 0.0%)

1 が黄, の火

▼ せた支那~ (2, 0.0%)

1 の文献, の社会的政治的状態

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 であったろう, 中山雅吉君が

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 に思ひ知らせ, の首級

▼ せた新しい~ (2, 0.0%)

1 板塀に, 烏帽子の

▼ せた新太郎~ (2, 0.0%)

2 とお

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の人, の東洋人

▼ せた時間~ (2, 0.0%)

1 のあった, の長

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の花嫁, の駄菓子屋

▼ せた柑橘類~ (2, 0.0%)

2 や紅い

▼ せた根本要求~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ せた~ (2, 0.0%)

2 の入口

▼ せた模品~ (2, 0.0%)

2 が北

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 な氣分, に一齊

▼ せた権七~ (2, 0.0%)

1 に見せる, の顔

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の円盤, の角棒

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 で雪, に乗

▼ せた機械~ (2, 0.0%)

1 であるから, にはかないません

▼ せた水の上~ (2, 0.0%)

2 からの註文

▼ せた水色~ (2, 0.0%)

2 の事務服

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 にも洗心亭, もある

▼ せた汽車~ (2, 0.0%)

1 が, が静か

▼ せた深い~ (2, 0.0%)

1 声で, 沈黙は

▼ せた滑稽物語~ (2, 0.0%)

2 でもあらう

▼ せた牡牛~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ せた牡豚~ (2, 0.0%)

2 を殺し

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 であるから, を記しおれ

▼ せた甲斐~ (2, 0.0%)

1 にこの, もなく

▼ せた男達~ (2, 0.0%)

2 は慌ただしく

▼ せた病躯~ (2, 0.0%)

2 を運んだ

▼ せた痕跡~ (2, 0.0%)

1 があります, であること

▼ せた直接~ (2, 0.0%)

1 のきつ, の原因

▼ せた~ (2, 0.0%)

2

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の動機, 堀の

▼ せた着物~ (2, 0.0%)

1 と丸帯, を湯殿

▼ せた瞬間~ (2, 0.0%)

1 に急, に曲者

▼ せた社会~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の創造的可能性

▼ せた神秘~ (2, 0.0%)

2 から自由

▼ せた秀吉~ (2, 0.0%)

1 の女房, の策

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 は流れ, を開く

▼ せた箇所~ (2, 0.0%)

1 をぼりぼり, を拔

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 に林檎, や車

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 であって, ではなく

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 坑夫の, 武者が

▼ せた老爺~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の不行儀さ, をゆるく

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 から噴き出す, を手帳

▼ せた芸術的神様~ (2, 0.0%)

2 の集まり

▼ せた若君~ (2, 0.0%)

1 を御簾, を懇望

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の上, もみじの

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 であった, は夫人

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の為め一時病気, は麻痺薬

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, を開いた

▼ せた諸星~ (2, 0.0%)

2 の働き

▼ せた途端~ (2, 0.0%)

1 に, にハッ

▼ せた逸話~ (2, 0.0%)

1 がある, の持主

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 であるが, はそれ

▼ せた重い~ (2, 0.0%)

1 蒲団を, 車を

▼ せた鉄砲~ (2, 0.0%)

1 で彼, を献物

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 のシガレット, の盆

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 庵十徳の, 茄子の

▼ せた闖入者~ (2, 0.0%)

1 はげんなり, を見まもっ

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 の光景, やはり彼ら

▼ せた~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ せた霧雨~ (2, 0.0%)

1 がぼけ, もやんだ

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 が固い, で覗き

▼ せた~ (2, 0.0%)

1 になつて, をし

▼ せた鬢出し~ (2, 0.0%)

2 で前髪

▼ せた魅力~ (2, 0.0%)

1 でしょう, でせう

▼ せた~ (2, 0.0%)

2 が一條

▼ せた黒幕~ (2, 0.0%)

1 が武州公, の策師たち

▼1* [1559件]

せたあげく今度は私, せたあげく僕がその, せたあげく四人ものアンチャン, せたあげく腹膜を起させ殺し, せたあげく袁更生の一団, せたあと一緒に歩い, せたあと折柄雪も止ん, せたあと顔を伏せた, せたあなたの腕前, せたあまたのすばらしい, せたあらしのすさまじさ, せたいきさつあつしは, せたいたずら者の何者, せたいちばん大きな原因, せたいものぢ, せたいやにお, せたいろんな小説や, せたいわば涜職事件の, せたうえきょうの夕がた, せたうえそこに半円, せたうえどこかへ隠し, せたうえ今度の土曜, せたうえ全国を興行, せたうえ女のいう, せたうえ家中から選抜, せたうえ旅費を持たせ, せたうちの一つ, せたうねりはまっ, せたうら悲しさで, せたおかげにいいかげん, せたおかず味噌で霜焼け, せたおせんのふみ, せたおそらく飛び上がろうと, せたおそらくは最初の, せたおのが門弟ども, せたおびただしい人々が, せたおれの傲慢, せたおん爺があった, せたお伽噺もお, せたお前が何, せたお婆さんが寝転ん, せたお客はいつ, せたお方は余人, せたお金の名, せたお雪さん自身さへ思ひ遣り, せたかぁありません, せたかおつぎはふいといつた, せたかがいろいろに, せたかくして大人たちの, せたかこが, せたかっていうこと, せたかなり大きな裕福, せたかについては世間の, せたかねこの壕, せたからかも知れない, せたからこそぞうさなく, せたからじゃないかね, せたからでもあったろう, せたからとか何か, せたからの由, せたからは生命の, せたかわいそうな二人, せたかんしゃく玉はそれ, せたがいの思い, せたがっておいでに, せたがねあの中山, せたきっかけを自分, せたきよと, せたきりやうです, せたくだんの, せたくらいに撮影した, せたくらいのころだ, せたげたのん, せたことそれらすべてのこと, せたことそれ自体いわば親兄, せたこと一方でなく相手, せたこと十七歳の自分, せたこと容易なるもの, せたこと非常なもの, せたこまごました印象, せたこれらの方法, せたごまの灰, せたご馳走をのこらず, せたさの心として, せたしと年を, せたしとの意ある, せたすえこれから一年間, せたすてきな上着, せたすなわち彼は, せたすらりとした, せた先生私あ, せたなたを, せたそいつが誰, せたその同じ豪傑とも, せたそんな張り切つた頃, せたッ, せたたあいない寝言, せたたいへん喜ばれた, せたたった十一文の, せたため不測の災い, せただけと云って, せただけに過ぎなかったの, せただしの味, せたちょうちんがつい, せたちょうどその時, せたっきりあとは顔, せたつい居廻り, せたついでの誡め, せたつて文句はない, せたつて猫に小判みたい, せたつて面白かありません, せたでもあろうほどの, せたというくらいだ, せたというのかい, せたといった文字だ, せたといふほどの心の, せたとおりわしはそこもと, せたとかいうには確かな, せたときそれがどの, せたとき亂れるだけ, せたとき二人の少年, せたとき僕は僕, せたとき大統領は有頂天, せたとき怪人はかっと, せたとき政治家達はそんな, せたとき早苗は教師, せたとき私は子ども, せたとき私たちは心から, せたとき長十郎は, せたとこう私は, せたところが或いは二万と, せたところこれは金井, せたところ何さま遠方の客, せたところ効目があった, せたところ右門のため, せたところ工事終って, せたところ工事終つて潅漑の便利, せたところ当人同志の意, せたところ御難という程, せたところ意外なほどに, せたところ教えを乞いたい, せたところ父親がさっそく, せたところ男は手かげん, せたところ目賀野がびっくり, せたところ陣十郎は無数, せたところ隣家から火, せたとしか思われない, せたとしてピチピチと, せたと迄思われたの, せたどろりとした, せたなあ誰だい, せたなあと恰も私, せたなぞと云うの, せたなどの政治的手腕にも, せたなほ仙臺名産の埋木, せたなんて言うけれども, せたにせものなん, せたについて俺どもも, せたについては道子の, せたによって形は, せたぬいとりがあった, せたのち海面にうきあがっ, せたのち犬を捕まえ, せたのち自分のは実に, せたのち裏木戸から忍び, せたのよ城壁が, せたはなしがある, せたあいは, せたばかしである, せたばかりじゃないか, せたばかりと言つた樟腦臭い, せたばかりという娘の, せたばっかりの白髪頭の, せたひそかな動機, せたほかにかの, せたほどな彼が, せたぼくのピストル, せたまあね, せたまででカラクリ, せたまひこれにはいろいろ訳, せたまひ二時がほどに世に, せたまひ彼岸の遠き, せたまふたものである, せたままいつまでも放抛っ, せたままお供もつけず, せたままきょうも暮れ, せたままささえになっ, せたまましとやかに僕等, せたままそよりともせず, せたままそっぽむきにたっ, せたままそれにかかわり, せたままぢつと立どまつ, せたままぼんやりと庭, せたままものが云, せたままエサウシ山下の絶勝, せたままコメカミをヒクヒク, せたままスルリと脱ぎ抜け, せたままズーッとその, せたままホームズの後, せたまま一人の人, せたまま一昨年江戸表より姿, せたまま一進ごとに念, せたまま不安をまぎらわす, せたまま両手で顔, せたまま主人の所, せたまま五千年間立ったまま, せたまま五階へ上っ, せたまま何度もいつ, せたまま入用の書物, せたまま冷然と眼, せたまま北へ流れる, せたまま半身を縁先, せたまま受付の中, せたまま口だけを動かし, せたまま右手を男4, せたまま壮年武士と向かい合い, せたまま大の字なりに寝ころん, せたまま天魔太郎と虎吉, せたまま山の中, せたまま帰途についた, せたまま幸福にし, せたまま床から生えた, せたまま当惑らしい眼つき, せたまま彼を見た, せたまま彼女が反問, せたまま彼等の問答, せたまま往来へとびだした, せたまま徐ろに歩み, せたまま愛玩の籠, せたまま折重って, せたまま時を忘れ, せたまま東京を離れた, せたまま横はりそして, せたまま河へ沈め, せたまま演説でもし, せたまま灯を頭, せたまま煙の下, せたまま爺を横町, せたまま獄死しついに, せたまま瓦町は書, せたまま生き埋めに埋め, せたまま疲れといっしょ, せたまま盤上を見つめ, せたまま相手の危急, せたまま眠りに落ちた, せたまま眼はいつしか, せたまま瞬一つせず身動き一つ, せたまま神様の前, せたまま私が出札口, せたまま船に乗った, せたまま蒼白の顔色, せたまま虚脱のてい, せたまま行方不明となった, せたまま調査部を出, せたまま講武所から聖堂, せたまま返辞もせず, せたまま電話の前, せたまま電車を下りた, せたまま音楽と花, せたまま首を横, せたまんま動き出した, せたもうことは村, せたもう余りに逼って, せたものここに大賀弥四郎, せたものそこに私たち, せたものぢや, せたもの憂いパステルの, せたもの懐炉温石のたぐい, せたもの釣殿というの, せたもはや秘訣は, せたやつなんのこと, せたやや自己満足の, せたやり方を如何, せたゆえんだろう, せただから, せたりくびのまわりを這わせたり, せたろうがの, せたざなのでござります, せたわが計画は, せたわけぢやない, せたわざと見て, せたわしの罪, せたわずか方三尺たらず, せたわねもう二時半, せたわねえフフフ, せたわねエ八五郎親分, せたアゲクに, せたアジアの嵐, せたアッと言う, せたアラビア人が介, せたイキトス号はいよいよ, せたイギリスは新教, せたウイスキイの会社, せたエジプトの女王, せたエニグマチカルな生態, せたオゥジエさんの口癖, せたカーテンか敷物, せたガラッ八には, せたガラツ八と三人, せたキャビアのサンドウィチ, せたケイ紙を見せ, せたコルセット様のぴったり, せたコーヒーにはねむり, せたサタンの蛇, せたサツパ舟の中, せたショパンの天才, せたスキャンダルはだいたい, せたスパイ組織の功績, せたゼムの広告, せたチエルケス人は胴, せたチカマーソフ夫人の眼, せたチマ子のいる, せたチャラピタは大熊, せたヂッケンスも然し, せたて, せたツベルクリンの一プロセント溶液, せたテオダル・ルーズベルトの偉大, せたテーマです, せたドクトルがなぜ, せたドドの魅魍, せたナポレオンの一個, せたニュアンスでいわれた, せたノミの先, せたハンケチ付きの古い, せたパナマ帽の頭, せたピストルへ手, せたピストル強盗清水定吉とか稲妻小僧坂本慶次郎, せたピンと来, せたフライ鍋やヘツト, せたフランスの社会, せたフリジアの花束, せたフン族の抗, せたブドリだな, せたプログラムで公演, せたポリドーロスはその, せたマスノはひま, せたマッタク博士の, せたメジィチ一家は一つ, せたモノが日本, せたヤジローの消息, せたラテン語字体である, せたラディオをもっ, せたランプが微か, せたルバーシカ一点張でこんな, せたルラアが此, せたワシントンの要路, せたヰルヘルム第一世, せたヴェランダの涼風, せたヴェリチャーニノフをさも, せた一万円をフトコロ, せた一伍一什を物語りまする, せた一体のもの, せた一作品が, せた一例ということ, せた一刀は釣瓶落し, せた一分銀貨も贋貨, せた一列の竪壁, せた一報は, せた一室がある, せた一座は, せた一徹らしい川森, せた一方の足, せた一枚絵を描い, せた一老人があった, せた一講演者に云った, せた七人のかたき, せた丈夫な麻繩, せた三人山屋敷の仲間, せた三人組の大, せた三人連れで村, せた三十女です, せた三塁から一塁, せた三木の資質, せた三次元の世界, せた三蒸籠の今, せた三角形に結ばれた, せた上あとへさがっ, せた上お前達夫婦の手, せた上り船が白地, せた上一人殺して, せた上一生懸命十銭玉の穴, せた上一番手丈夫さうなの, せた上三百九十人の囚人, せた上中尉と三人きり, せた上主人の勘兵衞, せた上五貫目玉五十丁撃に成功, せた上人夫を引具し, せた上仲人を頼ん, せた上位牌をば片隅, せた上使が乗り込ん, せた上先に縄, せた上夜になる, せた上女房のお, せた上姉の死ぬ, せた上実家へ厭, せた上家作を取上げ, せた上平次は其處, せた上幸吉に用事, せた上手足を厳重, せた上最後に彼等夫婦, せた上有金から地所家作皆んな自分, せた上毎度落をさらっ, せた上焼死の一歩手前, せた上犠牲に上げた, せた上異状無しと見, せた上異議がなけれ, せた上眠り薬を嚥, せた上石灯籠の下, せた上紋服を一襲, せた上総介忠輝は有名, せた上肝腎の所, せた上自分の命, せた上自殺と見せかける, せた上裸體で井戸端, せた上贄卓に登らせ, せた上雁字がらめにし, せた上麻繩を持つ, せた下げ髪好ましい形, せた下女の暖か, せた下着を買う, せた届な, せた不具者だから, せた不出来な仕事, せた不可思議な激励者, せた不名誉な事件, せた不満も化石, せたのこと, せた世にも美しい天馬ペガッサス, せた世の中の変化, せた世態を思はせ, せた世界地図を拡げ, せた世紀の物語, せた世阿弥は尭孝, せた袖堅く, せた両翼と全然, せた両院が承認, せた中国人の腹, せた中型小型の辞書, せた中尉ルドヴィッチは後, せた中島元八がいた, せた中年者夫婦が一緒, せた中興の宗匠, せた丸々した顔, せた丹下左膳はチョビ安, せた丹波とお, せた主馬之進の兄, せたはいわば, せた乙女を拙者達, せた予備行為であります, せた予測が実現, せた事さへない, せた事ものを云う, せた事實を擧げ, せた事情が終了, せた事柄は, せた事等は如何にも, せた事罪に非, せた二つの手, せた二十七八の小柄, せた二十五歳のナターリア, せた二十四五の男, せた二本の石柱, せた二百米に余る, せた二輪車に乗り, せた五代の最明寺時頼, せた五十兩は決して, せた五尺ほどな, せた五百羅漢の腕, せた井伏鱒二は余計, せた京極家の若, せた人たちです, せた人工冷却で乗客, せた人形師がぜひとも, せた人影だ, せたの時代, せた今日の黒吉, せた今朝の態度, せた仔細これで相, せた仕掛けのある, せた仕返しをし, せた国民の, せた代りに, せた代償に酒樽, せたの制度, せた以上吉川の方, せた以外に彼女, せただから, せた仲人の源六, せた仲買人整形外科医心臓病患者を探しだした, せた仲間の印刷屋, せた伊三郎といふ背負, せた伊太夫の独り子, せたの吉之助, せた伸子に対する寂し, せた位置で頗る, せた何となく田舎爺の, せた何ものかを種, せた何人も彼, せた何者だッ, せた何處か其處ら, せた余一元協承緒, せた余興である茶番狂言, せた余輩は斯, せたでありました, せた作り話であるに, せた作家がその, せた作家漱石の自己, せた作者の腕, せたし子供, せた使の者, せたは, せたの男, せた侮蔑の情, せた保姆さんは何, せた信徒の細胞, せた信者達は四福音書, せたのよめでございます, せた倉造が洋服箱, せた健三はその, せた側近といえ, せた偶然が試写, せた似思想警察, せた傍ら柄杓を取っ, せた傾向ここにも現れ, せた往きて, せた儘嚥下して, せた兄忠通の非常識, せた兇賊で人, せた兇賊黒雲の彌, せた先輩の襟懐, せた光景である, せたに力, せた党員の誰彼, せた兩手の上, せた八橋の景, せた八溝山もその, せた公卿達はお許し, せた六角形のもの, せた兵士らを御, せた兵庫の薙刀, せた兵部が毒, せた其女の容色, せた其等の歌, せた典型的な下男, せた再度の家宅捜索, せた写真を示しました, せたの上, せた冷やかな秋, せた凡ての論争, せた処全身不随の老, せた凧絲の上, せた凶事のもと, せたをまた, せたもある, せた切りだムカ, せた切先は輪, せた切長の眼, せた列国も甚だ, せた判決文もまた, せた利休の心, せた刷毛をシュッ, せた刹那ふと思ひ, せた刹那ビシリと肩先, せたで計っ, せた前年を思い出した, せた前後にかの, せたを持っ, せた馬に, せた創作がだ, せたしい呼吸, せた劇場主は世間, せたはおろそか, せた努力をむしろ, せたも思いやられる, せた勅令に相当, せた勇敢な汐汲み少女, せた動顛と苦し, せた勘定であつ, せた勝利の傷, せた包みの中, せたの新地槌屋, せた北岸の要塞, せた医学生その医学生, せた医者は最後, せた十八ばかりの可憐, せた十月革命を通して贅沢, せた千浪が前, せた半面は僕, せたの海, せた南瓜は最早, せた南蛮菓子を器, せた南蛮薬草のききめ, せた博士は急性胃腸加答児, せた占いと同じ, せた危機一髪の情景, せた危険人物だという, せた即興にすぎなかった, せた卵色の散歩服, せた原動力の問題, せた原稿を読む, せた又八はこれ, せた及川にどんな, せた友達を見, せた措定としての, せた反撃をうけず, せた叔父は例, せたの中, せた口元については気, せた古い型の, せた古楽の調べ, せた可愛いい薔薇色の, せた可能が封じられ, せた台所からお, せた台湾人の子供, せた史上の美女, せた右近のよう, せた司令官の一人, せた司法大臣の口, せた同人の伯父, せた同室の者, せた同志小林の不断, せた同時に自分は, せた同級生がある, せた同腹の女, せたであろう, せた名津子さんの場合, せた名誉だけを取ろう, せたは大した, せた君らの態度, せた君香はもう, せた吾が趣向を, せた呂宋兵衛はいきなり, せた呉羽之介, せた周圍一里の圓形, せた味方からも何ら, せた命令は信忠, せたなどはおかし, せた咒禁師を再び, せた哀れな中小僧サーシャ, せた品々を尼, せた品物をその, せたの皮, せた唐紙である, せた唯一の男, せた唸りを響かせ, せた嗜人草はこうして, せた嘉永の末年, せたで平久, せたの中, せた四次元もしくは五次元, せた四角な鱗, せた四角い箱を, せた四輪馬車の上, せた回答文なるもの, せた因子のうち, せたの多い, せたは戦争, せた圏境に依ります, せた太なんかを, せた土地にまず, せた土産物をもっ, せた地上わずか十余年, せた地蔵菩薩の守り袋, せた城介の子供, せた執政官時代でありコルシカ人, せた基督だつて, せた堅い靴を, せた報知というはいずれ, せた報道はありません, せた場合いつでも徹底的, せた場合自分は其, せた塩野が上着, せた境地でございましょう, せた境遇に抗, せた変化を自分, せた外国語は要するに, せた外界というもの, せただつたの, せた大きい体を, せた大乱であったから, せた大事な赤児, せた大功のある, せた大勢の知人, せた大御所がすなわち, せた大時代な活劇, せた大次郎は思わず, せた大江朝綱の家, せた大河が雲, せた大石なども更に, せた大貫村の幽霊話, せたの羽車, せた天保改革の主, せた天変地妖の形容, せた天女のよう, せた天才的なそして, せた天魔太郎にみごと, せた太陽模様図の, せた夫人は津田, せた失敗だ, せた奇抜な構想, せた奇觀である, せた奇貌を浮かし, せた奇馬マホメットは加減, せた奥州中村の領主相馬大膳亮, せた奥方の所為, せた奥書院のほ, せた女主人お釜, せた女優にアドリエンヌ・ルクウヴルウル, せた女子に家庭, せた女性美は彼, せた女房船供船などの数十そう, せた女等の眼, せた女髪を短く, せた奴等にぶち投げるだろう, せた好い箏も, せたの面影, せた始末だった, せたを主役, せた姥ヶ餅を賞翫, せた娼婦たちもいた事, せた婆さんのところ, せた婦人さえありました, せた婦人連が亦, せた婿の新兵衞, せた嫌いがあり, せた季節雨雪の彩色, せたに物, せた学科はみな, せた学者達は学界, せた学館の組織, せた學校友達の一人, せた宇津木兵馬と仏頂寺, せた安積艮斎はこの, せた安西の子供, せた官軍が五六人, せたの市, せた宝船文芸懇話会というもの, せたの子, せた実基手に寸鉄, せた実績にてらし, せたの中, せた宮本武蔵は一夜, せた宴会場はなかったろう, せた家族の思い, せた家柄店構へは唯, せた家財道具が逆もどり, せた容子を見, せた宿場人足の中, せた宿屋の伜, せた富田六段は抱かれた, せたさに, せた寛活衣裳鮫鞘の一腰落し差し, せたの息子, せた寫眞が時刻, せたの御方, せた寺内とかいう人, せた対立物は私ども, せたに間違, せた封物の中, せた将軍家のゴマすり老中, せた導引はふところ, せた小型落下傘を用い, せた小指を振っ, せた小母さんに会つたの, せた小牛はいう, せた小牧の役, せた小説なの, せた小間物屋まことは山崎譲, せた弐妙恵と, せた少なくとも引きとめなかったん, せた少女が鼻血, せた少女心には浅ましく, せた少年に対し謝罪, せた少年少女が列, せたは父, せた居留民保護の一隊, せた屋敷の風, せた屍体の顔, せた山々の形, せた山村の定紋, せた山蔭の道, せた山駕籠が一梃森, せたに綸, せた岩の上の黄金色, せた岩石の大, せたから始め, せた川本千里であった, せた川瀬勇が答えた, せたの義足, せた左右大臣多治比島の子孫, せた左団次の富樫, せた左膳乾雲丸を引っさげ, せた巨大な人間, せた巫女のよう, せた市川義平太があらあら, せた帆村荘六の大胆, せたで自分, せた夜は, せた帽子を戦く, せた幕府一部の者, せた猴を, せたであり, せた幼児は母体, せた幽霊は知っ, せた幾条かの打ち, せた幾通かの書類, せたに呉羽さん, せた底力をもっ, せたや彩色入り, せた座敷ばかりの建物, せたで蜂, せた建物の間, せた之丞, せた張飛は眞鶴駐在所, せた強い本能は, せた当局の明断, せた彗星でさえもすべて, せただった, せた影武者だった, せた役者である, せた後ウィレムの批評, せた後不思議に清々しい好い, せた後六時奈良に着いた, せた後別室で軽い, せた後型の如く, せた後大学へ行っ, せた後女は岩, せた後孔明はややしばし, せた後帆村は, せた後平次はガラッ, せた後彼は黙っ, せた後意味ありげ, せた後指の節, せた後窓の先, せた後箱根方面へ逸走, せた後胤か不審, せた後自分の詞, せた後賊は己, せた後金助は次の間, せた従者と人夫, せた得態の知れぬ, せた御法度の三階建, せた復一は力, せた微妙精英の有, せた心友である, せた心地と同じ, せた応仁文明の下, せた忠魂碑かなんぞのよう, せたろしい, せた思わせ振りを書き送っ, せた急激な霊感, せた性格である, せた怪談を頭, せた恋人と相連れ, せた恐ろしい顔を, せた恒温室の中, せた恩人であり後者, せたのやう, せた患部はすっかり, せた徒も, せた悪い友達に, せた悪天候も嘘ごと, せた悪戯者としてあの, せた悪病の印, せた悪魔の脅迫, せた悲劇と生死, せた情事は洩らすべき, せた情夫を突き留め, せた情慾の対人, せた惣平次はその, せた虐さは, せた意見書の中, せた愛嬌のある, せた愛子は丸髷, せた感情の中, せた憎い人は, せた憑きものが最早, せたが多い, せたから赤い, せた懐剣の柄, せた成行に過ぎない, せた戦のとがに, せた所彼はまったく, せた所為であろう, せた所瓶の酒, せた手の甲に額, せた手代の金之助, せた手巾を鼻さき, せた手引もおれ, せた手枕の形, せた手柄は抜群, せた手桶の底, せた手段にすぎぬ, せた手裏剣へつと, せた手記ではいくつ, せた手間として幾分, せた手際平凡では, せた手頃な奴, せた才気などが思い出される, せた才能と努力, せた打粉を取出し, せた批評家は殆, せた技巧などは他, せたにも民, せた抜刀の影, せた拍子に水, せた拷問と刑罰, せた挙句やっと怪我人, せた挙句五時間待たせた手前, せた探偵さんくいつきそう, せた揚げ句の果, せた揚句月並なセリフ, せたを知っ, せた支那人の荷馬車, せた支那軍閥の一頭目, せた支配人民五郎を擧げ, せた支離遜だった, せた故人の衣裳, せた教訓を一つ, せたも赤松, せた数値の一等, せた敵味方の万骨, せた文句を使はん, せた文太郎だった, せた文字は右下り, せた文学士二十五歳の森田草平, せた文学的大才能, せた文学者がありました, せた斜めの体, せた新三郎この二人, せた新九郎が一心, せた新興の藩力, せた新鋭はたまたま, せた方一丈の魚桶, せた方角と反対, せた方面においてすら誰, せた旅僧めもその, せた旅商人らしい男, せた旅嚢をすっかり, せた旅籠に泊つて金, せた旅行用衣裳掛けなる怪物, せた旅費の問題, せた日本の同, せた日本服を脱がぬ, せた日本水聯の愚行, せた旦那がある, せた旧友遠山三郎とはその, せたまつた親切, せた昇汞をひろ子, せた明け方ちかくまで, せた明日子に拍手, せた明治の御代, せた明色の髪, せたのインバネス, せた春日は中央, せた春重の上気, せたれ即ち, せた時あいつ等が私, せた時一通りならぬ反響, せた時代それに夫, せた時以外は廊下, せた時初さんは急, せた時夫人は, せた時娘はわたし, せた時寂然として言, せた時己は自分, せた時最初の講演, せた時横の松の木, せた時沙漠も堤, せた時法文科のベル, せた時玄関の方, せた時私は何處, せた時自分は茫々, せた時莫大な財宝, せた時計を見, せた時路地に居た, せた時錢形の平次, せた晩竹竿で菊次郎, せたかけて, せた暗い力に, せた暗雲を一掃, せた暴力が何, せた暴風雨の晩, せた曠古の大, せた曲者はまことに, せたですが, せた書生さんが手, せた書簡は急遽, せた書類束をとりだした, せた最後の疑問, せた最近の大井, せた最高の可能, せた月桂樹の葉, せた有力な動機, せた有様が歴然と, せた朋輩やお客, せたの空, せた朝月のこ, せた隠龍太郎, せた木曾が研究所, せた未亡人が二年後, せた末ホテルの裏, せた末黒焼でも買い, せた本人ゆえ遠慮のう尋ね, せた本体というもの, せた本国の政策, せた本家本元である, せた本屋のオヤジ, せた本所石原町の街, せた本願寺の黒幕, せた李陵であって, せた材料を蒸気, せたも測量, せた条件を認めた, せた東京の小, せた東海道を下る, せた松平竹千代にその, せた板倉屋が側, せたを私達, せた枝どもの中, せたの樹, せた株屋が現金, せた根本的原因である, せた格好は如何にも, せた桔梗河原の大, せたもやがて, せた植木鉢をちょっと, せた植込みがあり, せた検使の手前, せた椿事あり, せた楊柳のこずえ, せた極悪人の主, せた楽団だろう, せた楽曲的構成にある, せたを咄嗟, せた様々の形, せたの下, せた樋口さんも大した, せた権十郎も近年, せた橋渡しは餓鬼, せたの実, せた檳榔毛の車, せたを鑑識課, せたの年, せた次手にうっかり, せた歓びを語りあい, せた正月らしい飾り, せた此種の本, せた武具の中, せた武士であった, せた武蔵太郎を栄三郎, せた武道の達人, せた歩兵の服装, せた歴史的な戦い, せたはいつの間にか, せた殊勲の二人, せた残りでお, せた残酷な迫害, せた殺人強盗強姦の犯人, せた母親をその, せた比翼指輪を自分, せた剃丸, せたになっ, せた気忙しさに, せた水沫の中, せた水野出羽守はいつも, せた水鳥というの, せた永久にいつ, せた汚水が罪, せた江島屋の宗三郎, せた江戸の名残り, せたの水面, せたに火, せた泉山蔵相は現代, せた法律というもの, せたは彼, せた波越といい, せた泥棒の始末, せた洋服に細身, せた洋服姿の店員, せた津多子をここ, せた浪路ちょいと, せた浴客であるといふ, せたが, せた海員仲間にありふれた, せた海外事情通覧である, せた海岸の方, せたが今日, せた液體が自分, せた傷や, せた深刻な怨み, せた淳于丹は思い, せた清子の一筋, せた清親が静か, せた渡しだった, せたをかれ, せた満足だけで大きに, せた源さんにかたき, せた源氏は前, せた漁船の群, せた漱石の観念, せた激しい現実を, せた濛気か, せた濾気器で博士, せた火の車に乗る, せた火薬とバルチック艦隊, せた火遊びに過ぎない, せたを引, せた点無視すること, せた烏鶏とは烏骨鶏, せた無名氏の智能, せた無花果の木, せた然し製本は, せた煙草を与え, せた照井静子の奔放, せた煮え湯を今度, せたきもろこし, せたに亡者, せた爲め老母の怒, せた父親を怨み, せたは味, せた牛糞の籠, せた牡鹿半島の月, せた物々しさで, せた物好きな男, せた物某の傑作, せた物珍らしいので, せた物語体であり天下, せた物質を箱, せた特別の事情, せた犠牲者が発生, せた犯罪の痴情的動機, せた狂暴な権力, せた狙撃犯人の父, せた狩猟笠に似た, せた狩衣に着, せた猟犬も二, せた玄洋社の諸, せた玉蜀黍のその, せた珍談があった, せたを持つ, せた現在の儘, せた環状歩行が起っ, せた生きかたを自分, せた生れたての鷄卵, せた生命保険に貴方, せた生活が彼女, せた生活様式に興味, せた産婆はたちまち, せたの房吉, せた用紙獲得を行った, せた用言形式の類似, せた田中君である, せた田中義一の内閣, せた男の子が日本女, せた男らしくどれも, せた男前は我, せた男文字で見る見る, せたでありある, せた装優形の, せた異人娘は詩人, せた異様な予感, せた當年の麥, せた疑問が一層, せた疑獄事件に連坐, せた病毒の府, せた病院のベッド, せたが微か, せたに触つた, せた発想法であり文法, せた白木の乗物, せた白湯を味, せた白痴少年の一本気, せた白象といふの, せた百姓の人員点呼, せた百姓たちには伐木, せた百姓面の小, せた百間なるもの, せた皮肉な見立, せた盆栽がすえ, せた盛子の靱, せたのやう, せたを正直, せた目の下の谷, せた目的物即ち腕足類, せた直後であったから, せた直訴お聞き届け, せた看板だからな, せた眞鐵の鏡, せた真中に置い, せた真珠の玉, せた真紀子の勝気, せた真綿をたくみ, せたをふと, せた眼中が気, せた眼瞳孔は空虚, せた眼附だった, せた瞋恚は奥歯, せた瞬間三度廊下につづく, せたを曇らせ, せた矢倉伝内が今に, せた短冊を自分たち, せた短刀には既に, せた短篇の一つ, せた石川杉弥の牢前, せた石綿板の一点, せたを残し, せた礼服を著, せた大党, せた社交婦人が三, せた社会事情が他面対立的, せた社会問題や政治事件, せた祐親は後, せた祖父江出羽守を大次郎, せた神々しくもあれ, せた神尾主膳は自分, せた神武以来大和は発祥, せた禍いの一部, せた福松はここ, せた福田徳三氏は無遠慮, せた禿頭白髯の見, せた秀子は誰一人同情, せた私たちこそ済まない, せた私一家へ対し, せた秘蔵のもの, せた稀世の妖僧, せた程度でなくなにか, せた種族の最後, せたなたらし, せた穢い顔を, せた穴だらけの古, せた空華なもの, せた窓窓風に靡く, せたを両方, せた筆先からは色々, せた筆法で, せた筆端はしばしば, せた筆者の氣轉, せたの中, せた節子の方, せた範疇あら, せた簡単な表現, せた米友は持っ, せた米屋だ心, せた米饅頭のあつ, せた粉末で防水, せた粋ごとに相違, せた粗悪な漫画, せた粗悪銀貨の代名詞, せたに蒲焼, せたの一, せた婚の, せた紅い唇が, せた紋着に手, せた紙幣を, せた素子が伸子, せた紫檀の台, せた紫苑の丈, せた細工はうま, せた細香女史や星巌夫人, せた紳士とても一度, せたの前, せた経済界を恨む, せた結びで技巧, せた結果兄の死, せた結果戦争の動機, せた結果本郷の中央公会堂, せた結果確実に将来鉱毒, せた絵画はその, せたを引く, せた網代車が通った, せた綺羅の袂, せた綺麗な車, せた綿をちぎっ, せた緻密な細工, せた縄ばしごは人間ふたり, せた縄束を持たせ, せた罪科を乞うた, せた置床もあった, せただと, せた美しい作である, せた美服をいろいろ, せた翌日アンナが台所, せた習慣もある, せた老いの繰り, せた老人夫婦も當, せた老女が仆, せた老木として置い, せた考えかたがふわけし, せた者その他の自殺, せた者数百人金剛千早の日, せたをおさえ, せた肉親に最大, せたを跳ね, せた肥料を受けとる, せたの上, せた背後の力, せたから水, せたをどすんと, せたを堕落, せた脇差にきまつ, せた脱脂綿で妻, せたの形, せた腰蒲団をあて, せたの間, せた臥竜梅の下, せた自然科学の余勢, せた自身を彼女, せたの先, せた般若がヨヨ, せたが廻送, せたの白い, せた色々の東京土産, せた色白の男, せた色黒の武士, せたなの, せた芝居に過ぎん, せたが表, せた苗字からし, せた若旦那の彌, せた若槻総裁の言論, せた茄子胡瓜などの野菜, せた茅花の火口, せた茶室で中, せたの實, せた草履を穿い, せた草色の壁, せた荒川の水, せた荘厳な衣服, せた荷物列車の一臺, せた荷車を曳いた, せた荷鞍山までも皆, せた菓子の残り, せた落し穴が下っ, せた落着きぶりも十郎左, せた葉藏の兄, せた葛巻の我儘, せたが互いに, せた蒲団に替えた, せた黒い皮膚, せた蕎麥をその, せた薄墨がきの歌, せた薄情男を許し, せたやいろいろ, せた藁半紙を署長, せた藝名である, せた藝者や女郎, せた藤吉は子分二人, せた藩主並びに中根氏, せた藩兵達の大, せた蘭陵王の着用, せた虚無世界の十字街頭, せたの垂衣, せた蚊帳がそのまま, せた蚯蚓でこいつ, せたの声, せた蜂達が飛びかゝつて, せた蜘蛛の魔物, せた蝋銀色の翼, せた蝶々のやう, せた蝸牛の粘ついた, せた血塊が今, せた血塚の前, せた衆議院の特別調査委員会, せた行き先は紛れ, せた行司が物, せたの仕事師, せた街道ではない, せた衣服の波, せた衣裳でございまするの, せた表現をし, せたを見, せた裂地でネクタイ, せたには悪い, せた製図鉛筆が三本, せた要因の一つ, せた見世物興行ではない, せた見積り書とを出し, せたへがあるだらふ, せた親たちの立つ瀬, せた親たち結婚という風, せた親心にし, せたがあります, せたえはねエぜ, せた解答がのっ, せた記念の品, せた記憶は思ひ出し, せた証拠です, せた証文そちの意志, せた詐術なの, せた評定のもよう, せただが, せたがなかっ, せた試しに乗った, せた詩合せや聯句, せた詫びを云った, せた読者の随喜, せた誰彼がわけ, せた調子となった, せた調度類が永らく, せた調査の結果, せたが能, せた談話まで憶, せた外国の, せた謀略である, せた警官が指す, せた警察自動車は現場, せたです, せた豊太閤は現代, せた豌豆の数列, せた豪傑兼大飲家白井, せた豪宕なあるいは, せた豪華な専用プール, せたはせない, せた貧弱な朝顏, せた責任者のよう, せた貴い力であり, せた資本家共の瘡蓋だらけ, せた贈り物などする, せた赤報隊は意気揚々, せた走り書きは, せたでや, せた趣向がひどく, せた路端の石ころ, せた踊場は一層, せた蹴出しでね, せた身体がいっそう, せた車夫が, せた軍閥ののこり, せた軍閥呉佩孚に対して中国労働者, せたの低い, せた舟が, せた軽妙な筆味, せた軽快な美しい, せた輿の内, せた轉任の鐵道員, せた辣文家とは夢にも, せた辻自動車運轉手のエドヴインソン, せた迄は無事でした, せた近東風の輿, せた返報に昔, せた退潮は今度, せた逆賊の墓, せたひ船, せた通りここはわたし, せた通り實に墨子, せた通り左記のよう, せた速力のおそろしい, せた造酒がグッ, せた連判状であつ, せた連山が真菰, せた逸品の中, せた道元にとっては仏像堂塔, せた道具が並ん, せた道行の勘平, せたへ浮舟, せた郎党と土民軍, せた郷里の家, せた都合上この二獣, せた重大な点, せた野蛮な力, せた金五郎はやがて, せた金助の告げ口, せた金吾は直ちに, せた金蜘蛛は壁, せた鈴江の口, せたの被覆, せた鉄道工事の監獄部屋, せた鉛活字を用, せた銃声であった, せた銅瓦の贅, せた鐵心道人が何百兩, せた鐵雄といふの, せた長女糸に高橋圭三郎, せた長政の武勇, せた長柄がさつづい, せた長物語が少から, せた長雨も一カ月, せた門前の大, せた門野幾之進氏, せた間子で日本, せた間接の, せた間柄だから, せた闘牛場から聞え, せた陰謀であっただけに, せた陰険なからくり, せた陰陽電氣を隔離, せた陰鬱な空, せた陽気な節, せた階級がある, せた随身も添え, せたに二人, せた際二つのもの, せた隠顕扉の記録, せた隣家の柄本又七郎, せた隻手の甲, せた隻眼片腕の刃妖左膳, せた雑巾で卓, せた離屋の一室, せた難波津の歌, せた電報であった, せた電車は見附, せた霊感の微妙, せた露通な性, せた青年達の自由さ, せた静子が階下, せた面前でその, せた面影などではなく, せた革命ではなかっ, せた鞣革であります, せたを聞いた, せた頂上の小さい, せた頃大勢の児童, せたとたぼ, せた頓阿の側, せたの真下, せたの裏, せた顏立ちだつた, せた顔つきで父親, せた顔付になり, せた顔立ちとぶつかっ, せた顔色だった, せた顕著な例, せた風呂に入っ, せた風変りな門, せた風情の松, せた風景へ望遠鏡, せた風流もこうした, せた飛行将校の一人, せた飛行機がヴィテル飛行場, せた食料容器の蓋, せた飾窓の硝子, せたもやはり, せた養子が浄瑠璃, せた餓鬼だけはたった今, せた首尾電光石火早いところ, せた香爐に線香, せた馴染の床屋, せたすなわち, せた驛員は, せた骨太な子, せた高次の指導精神, せた高鼾で寝た, せたの聲, せたの勘兵衞, せた魂胆というもの, せたの業, せたには鵜, せた鮮血の詩, せたの七五郎達四人, せたのやう, せたを殺し, せた鶴子の雄弁, せた鹿島丸は九月二十五日午後四時三十分バッサン・アヴァル, せた麦粥にことならず, せた黄いろい呪符も, せた黄色い部屋の, せた黄金塔が同じ, せた黒紋服の一人