青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せざる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ずっと ずっと~ ずる~ ~せ せ~ ~せい せい~ ~せう せう~ ~せざる
せざる~
~せし せし~ せしめ~ ~せしめる せしめる~ ~せず せず~ せた~ せっかく~ せない~

「せざる~」 2647, 29ppm, 4102位

▼ せざる~ (1220, 46.1%)

211 得ない 173 得なかった 96 得ないの 44 得なかつた 41 得ず 31 得なかったの 22 えない 18 得ないもの 14 得ないこと, 得ません 13 得ませんでした 12 得なくなった, 得なくなる, 得ぬ 11 えず, 得ないよう, 得なくなって 10 得ないであろう 9 得ざら 8 もって, 得ざるに, 得ないでは 7 えないの, 得なくなるの, 得んや 6 えなかった, 得ないから, 得ないという, 得なかったが, 得なかったと 5 得ないわけ, 得なかったから, 得まい 4 えぬ, えません, 得ないが, 得ないだろう, 得ないで, 得ないと, 得ないところ, 得なかつたの, 見る 3 得ざりき, 得ざるもの, 得ずまた, 得ない事, 得なかったという, 得なかったわけ, 得なくなつ, 得ぬの

2 [37件] いふ, えないという, えぬが, 奈何せ, 得ざらしめ, 得ざるは, 得ざる事情, 得ざる所以, 得ずと, 得ず又, 得たりと, 得ないだろうと, 得ないといふ, 得ないやう, 得ない時, 得ない状態, 得ない立場, 得ない筈, 得ない衝動, 得なかったろう, 得なかった動機, 得なかった理由, 得なかつたが, 得なくな, 得なくなったの, 得なくなること, 得なくなるだろう, 得なくなるに, 得ぬこと, 得ぬよう, 得ぬ故, 得ぬ立場, 得まいと, 得むや, 得んの, 見て, 覚え候

1 [231件] いうなり, えざらむ, えざるが, えざるなり, えざるほど, えざる要点, えざれば, えじ帝國, えずその, えず而, えず諸, えないこと, えないし, えないでありましょう, えないでは, えないわけ, えない段階, えなかったお前たち, えなかったでは, えなかったという, えなかったの, えなかった形, えなくなった, えなくなったよう, えなくなって, えなくなる, えなくなるの, えぬよう, えませんですから, えんや, その代り, 一様に, 云う, 匡済する, 可と, 咎めたるもの, 天道と, 如何せん, 孝道の, 家憲の, 尤むこれ曲汝に, 常と, 得ざるなり, 得ざるべきも, 得ざるべし, 得ざるも, 得ざるよう, 得ざる一大要件, 得ざる也, 得ざる次第, 得ざる現在, 得ざれば, 得ずかつ, 得ずして, 得ずそこ, 得ずそして, 得ずそれ, 得ずで客人, 得ず今日, 得ず候えども, 得ず兩國間, 得ず常備軍, 得ず従って, 得ず然, 得ず皇帝, 得ず終日, 得たるのみ, 得ないくらいの, 得ないけれども, 得ないし, 得ないじゃ, 得ないじや, 得ないだが, 得ないだけ, 得ないだけの, 得ないであろうが, 得ないであろうと, 得ないです, 得ないとは, 得ないと共に, 得ないなどと, 得ないならば, 得ないに, 得ないね, 得ないので, 得ないのに, 得ないほど, 得ないまでに, 得ないらしい, 得ない不埒, 得ない事実, 得ない事情, 得ない事柄, 得ない人間, 得ない内心, 得ない原因, 得ない国, 得ない場合, 得ない夫, 得ない始めて, 得ない子供, 得ない実際, 得ない客観的事情, 得ない宿命, 得ない工合, 得ない必要, 得ない思慕, 得ない所以, 得ない換言, 得ない条件, 得ない根本的, 得ない機運, 得ない歴史, 得ない歴史的宿命, 得ない気持, 得ない点, 得ない現代, 得ない発展的意慾そのもの, 得ない矛盾, 得ない破目, 得ない等, 得ない紀元前, 得ない者, 得ない腐敗, 得ない自分, 得ない若し, 得ない親, 得ない譯, 得ない都會, 得ない門, 得ない非我, 得なかったけれども, 得なかったその, 得なかったであろう, 得なかったでしょう, 得なかったです, 得なかったに, 得なかったので, 得なかったもの, 得なかったよ, 得なかったよう, 得なかったらしい, 得なかった事情, 得なかった十三歳, 得なかった宿場本陣, 得なかった所, 得なかった次第, 得なかった武家時代, 得なかった狼狽, 得なかつたから, 得なかつたくら, 得なかつたと, 得なかつた一つ, 得なかつた事情, 得なかろうと, 得なくさせたの, 得なくさせるまで, 得なくなったこと, 得なくなったころ, 得なくなったし, 得なくなったという, 得なくなったに, 得なくなったよう, 得なくなった事, 得なくなった今日, 得なくなった処, 得なくなった悲痛, 得なくなった時, 得なくなった時代, 得なくなりそして, 得なくなりは, 得なくなりました, 得なくなりましたから, 得なくなります, 得なくなりますから, 得なくなりもし, 得なくなり其処, 得なくなり陰鬱, 得なくなるにつれて, 得なくなるまで, 得なくなるよう, 得なくなる場合, 得なくなる結果, 得なくも, 得ぬでは, 得ぬと, 得ぬほど, 得ぬ不運, 得ぬ事情, 得ぬ実, 得ぬ心, 得ぬ必然性, 得ぬ様, 得ぬ気持, 得ぬ状況, 得ぬ現実, 得ぬ理由, 得ぬ程清潔, 得ぬ資本部分, 得ませぬ, 得ませんな, 得ませんもの, 得ません仰天, 得るか, 得んよ, 得ん宿命, 得ん幕臣旗本, 心敏し, 恥ずるが, 恥ぢた時代, 恨み歎, 悟るべし, 悪み, 感ずること, 感得すれ, 憂い廃藩, 憂へて, 明確に, 特色と, 病と, 知つてこれに, 知りぬ, 知り救, 知る, 笑ひ, 美徳として, 義として, 覺え, 証明し, 誇りと, 認めたる後

▼ せざるもの~ (131, 4.9%)

7 なり 4 あり, なし 3 である, なれども, はない, 多しと 2 あらんや, があろう, である限り, として相互, とする, なく余, に接すれ, 共に彼

1 [88件] あらざるべし, あらざる草, あらむ, あらん, ありたれば, あり一方, あること, あるとの, あるは, あるを, ある時, あれども, いくばくぞ, かへつて死地, があ, があらう, がある, が多, が山麓, が暫く, だ, だとの, といい, というべし, として扨, との妄想, とを集め, と云, と成果候段, と知る, なきに, なき能はず, なしと, ならずかすか成とい, ならば, なりと, なり即ち, なれば, に, においてすべし, にし, にて眞, にはこれら, には金十八両, に三倍, に天来, に思いこがれる, のおの, のため, の多かっ, の所業, はすべて, はなかつたろう, はまず, はシナ人, は何, は何ぞ, は健全, は其内容, は十四, は幾稀矣, は弾力, は心, は愚か, は独立, は皆, は稀, は肝胆相, は自, をほしい, をもっ, を一口, を劣等種, を実行, を實行, を拒む, を書きうる, を有し, を有す, を認めず, を選ん, を避け, を間人百姓, 多きこと, 多し, 少し, 悉く内属, 甚だ多し

▼ せざる~ (96, 3.6%)

68 からず 9 からざる 72 からざるもの, しさりとて, し而 1 からざりし, からざる事, からす, く此意義, し乃ち憲政党内閣, し乃ち憲政黨内閣

▼ せざる~ (86, 3.2%)

3 用語の, 莫し 2 あらず, ない, なきこと, なく阿波聖人, 何ぞや, 何の, 勇なき, 孝の, 必しも, 無論なり

1 [60件] あらずなりぬ, この別天地内, これが, その人, その必然, ただ一時仏者, ないと, ない彼, なかった, なかつた, なかりけり, なかりしぞ, なきところ, なくいかなる, なくこれ, なくしかも, なく則, なく実行, なく快く, なく村民, なく痘疹, なんとやらで, 不俊論, 之を, 仏法に, 何れも, 僥倖なり, 内面的必然によ, 勿論有形, 単に教育, 即ち婦人, 可なり, 学者の, 実にこの, 実に優勝劣敗, 寔に, 年中強風, 当然の, 彼れ, 怪むべし, 恐くは, 惜福である, 惡を, 或は可, 教育上の, 昇進なり, 明白だ, 未だ達人, 死を, 気の毒なり, 無く人, 無く富, 無く従, 無し, 熟眠の, 男子の, 蓋し怪しむ, 言を, 身を, 過ちなり

▼ せざる~ (84, 3.2%)

3 よる

2 [11件] あらず, あらずと, 似たり, 在り, 拘らず常に, 於ては, 早くも, 異ならざりき, 至る, 至れる, 非ざる

1 [59件] あらざれども, あらずこれ, あらずその, あらずただ, あらず他, あらず能わざるなり, あらねど, あると, あるも, かかわらずなおかつ, さへ, なお天気鶏, なほ革命を, よらざるはなし, よると, 一切の, 似たれども, 依り去夜深更, 先だちあるいは, 先だち氏, 先だつて, 先づ休養を, 先立って, 到れり, 南陽から, 反し平凡, 喩ふ, 因る, 失敗した, 如かず志, 如かず煙, 如かんや, 強いて, 当たりて, 当たりては, 当つて, 当て早く, 拘らず政変, 拘らず政變, 漸く怺, 猶かつ, 知らされた事実, 至ったこと, 至りき, 至りしたがって, 至りしだけにても, 至り惜, 至るこの, 至るこれ, 至るは, 至るべし, 至るもの, 至れば, 若かざるなり明日, 起因する, 近きもの, 錢を, 非ざれ, 非ずして

▼ せざること~ (74, 2.8%)

5 を得ない 3 あり, を得なかつた 2 あるは, あるを, なり

1 [57件] あたわざるべし, あらざれば, あるため, あるにおいては, あるの, あるの類これ, あるべし, あるべしと, であると, なきを, なく我書, なし渠, にならね, によってそれ, によって低落, によって双方とも, に従わぬ, のはなはだしき, のみだつた, のみに在る, の不覚筋動, の甚しき, はあらず, は当然, は明らか, は爲, もわかりきっ, も幼少, を, をコックリ, を不満, を以つて, を保証, を初めて, を問う, を学べ, を學べ, を學ん, を得ざる, を得ず, を得なかった, を明らか, を是, を欲す, を知らざる, を知らず, を確認, を示す, を表, を言つて, を証明, を説い, 久し, 久しかつ, 多しと, 第二点, 貴賤上下

▼ せざる~ (59, 2.2%)

4 如し 3 ごとし, 原因にて 2 ゆゑに, ゆゑに之, 故に, 故に今日, 故に失敗, 故に彼

1 [37件] ごときは, ごときもの, ごとしまた, ためなるべし, ゆえにあらずや, ゆえに俗人, 如きうち, 如きもの, 如き愈, 如くし, 如くに, 如く如何に, 如く應對等, 如し云々, 故なり, 故にさ, 故にその, 故に仏, 故に他, 故に偉大, 故に其事, 故に唯々眼前, 故に多く殺風景, 故に帝, 故に排斥, 故に日月両神, 故に此等, 故に遠大高, 為なり, 為に, 為めなり, 為めのみに, 爲なり, 爲に, 爲めなり, 爲めのみに, 若きに

▼ せざる~ (45, 1.7%)

2 其の存在

1 [43件] これを, すべての, その学力, そは, たとい亡国, なほ盗まん, また後年彼, やはり霊魂不滅説, よく成長, パンを, 之を, 二神を, 亦勿論, 亦此, 今日だけは, 余が, 其根本, 内には, 内心相互に, 出来合, 列國の, 同意なるべし, 女心には, 姉妹説話に関する, 小田原に, 尚植物, 必ずや現に発, 或伝承, 或物, 月々十数円の, 本人の, 死者四名重傷者六名軽傷者数名に, 猶題號, 真の, 虎亀などの, 行政が, 西方に, 要するに同, 誰か, 議論は, 郵便は, 陰に, 食物に

▼ せざる~ (42, 1.6%)

5 故を以て 2 奇法に, 時あら, 永訣と

1 [31件] 事を, 事実ある, 事實ある, 事情に, 嘆きの, 国は, 実を, 志なり, 惨状に, 意なり, 憂いあり, 故を, 止むなき, 甚しき, 由之を, 眞面目あり, 真面目あり, 知ある, 罪なり, 罪に, 義務も, 習を, 自信と, 自信に, 致す所, 解なり, 論理は, 遺憾を, 間は, 類を, 風ある

▼ せざる~ (41, 1.5%)

3 なし, はない

1 [35件] あらんやと, あるが, が尠, であります, と誤, なり, なる事, にてはとうてい, のごとし, の如何, の必ず, の怒る, の愚行, の手, の爲, は, はさまざま, はその, はなかっ, はスワデシ運動, は兌, は勢い, は大, は夫, は少なし, は春, は目, は神人共, をも救い, を一括, を叱責, を指し, 多し然るに, 有り, 無く此日出家

▼ せざるところ~ (36, 1.4%)

6 なり 3 を人 2 から出発, だ, にある

1 [21件] からおのずから, じゃ, であった, である, で上, となりしなら, なきが, なくともに, ならん, なりという, なれども, にし, に存す, はこれ, は決して, むしろ愧, をすべて他, を他, を以つて, を決して, を見れ

▼ せざる~ (33, 1.2%)

3 なり, なるべし 2 である, なりし, なるか, を行

1 [19件] ありと, が真, ぞ, であつ, であるから, であるが, であるらしい, でまた, となつ, となり, ならん, なり何, なるが, なるを, のもの, はない, を他, 其の知覚鋭敏, 其の知覺鋭敏

▼ せざるのみ~ (28, 1.1%)

3 ならずかえって 2 ならず, ならず侯, ならず其の, ならず反, ならず現に

1 [15件] か一時, か洗われる, か知らせ, です, と, ならずあたかも, ならずつねに, ならず一たび, ならず七月以來, ならず士女, ならず必ず, ならず批評家そのもの, ならず普通人, ならず毎年, にとどまらず

▼ せざる可ら~ (14, 0.5%)

82 ざる位地, ず葢 1 ざる運命, ず宮殿新設

▼ せざる~ (13, 0.5%)

1 [13件] ありや, こそ眞, なり, なれば, にてその, には私, に慧, の出入り, の怒, の自由, はしからず, は婆羅門, を愛せず

▼ せざる~ (12, 0.5%)

2 なり 1 のため, はなし, は封建時代, は言, むしろ憐むべきもの, を注告, を知る, を聞く, を茲, 多し

▼ せざるを以て~ (11, 0.4%)

2 一に 1 これに, なり, 事実の, 儂は, 凡て一個の, 別に催促, 十二月に, 往々不慮, 追

▼ せざるがため~ (10, 0.4%)

1 にあらずし, におのれ, にやむ, に外, に家, に後進, に折角, に社会全般, のみ, のみ新聞記者

▼ せざる以前~ (10, 0.4%)

1 にいくばく, にすでに, に信州方面, に於, に早く, に至, の本色, の状態, よりインニッヒ, より深く

▼ せざる~ (10, 0.4%)

1 においてすら彼ら, に其要, に当っ, に撮させ, に食, は厳罰, は後, もしくは牧馬, 平洲, 生ずるもの

▼ せざるうち~ (9, 0.3%)

2 にその 1 からのヤケ酒, にこう, に同校, に我, に筆, アッと, 再び突如と

▼ せざるとき~ (9, 0.3%)

1 にし, に生ま, はこれ, は不死, は床, は病, は足, は錯乱雑駁, または山間深林

▼ せざるよう~ (9, 0.3%)

2 にし 1 さらに第, になります, に心掛, に情, に注意, 望む, 正しく平均

▼ せざる~ (9, 0.3%)

6 はざる 2 はざりき 1 はざるもの

▼ せざる~ (9, 0.3%)

2 はただ 1 に多く, は善人, は惡人, は愚者, は盤, は眞實永遠, は禍惡

▼ せざるより~ (8, 0.3%)

2 起こるところ 1 両者の, 來れる, 来れる暗愚, 生ずる, 自然女子にも, 青梅の

▼ せざるなき~ (7, 0.3%)

2 を知ら, 能はず 1 なり, は君子, 有様で

▼ せざる~ (6, 0.2%)

1 国民は, 愛は, 知らず, 等の, 財物を, 近鄰称

▼ せざるため~ (5, 0.2%)

1 ならん, には適当, に死する, の予防策, 出來

▼ せざるものの~ (5, 0.2%)

2 ごとし 1 ごとく得意, 如くであった, 如く裝

▼ せざる以上~ (5, 0.2%)

2 は我輩 1 は其の, は必ず, は警吏

▼ せざる~ (5, 0.2%)

2 に内閣 1 である, に芸術化, はみな水

▼ せざる場合~ (5, 0.2%)

2 に於, に於い 1 に際して断然

▼ せざる~ (5, 0.2%)

1 でマホメット教徒, を以つて, を以つて擯斥, 且つ又, 我が協會

▼ せざるさき~ (4, 0.2%)

1 に, にあり, に肉體, に評價

▼ せざるとに~ (4, 0.2%)

1 かかわらずおのおの, かかわらず絶えず, 在り, 帰す

▼ せざる~ (4, 0.2%)

4 けんや

▼ せざる~ (4, 0.2%)

3 をもっ 1 をもつ

▼ せざる~ (4, 0.2%)

1 は休居候, は存分, は引力, は能わざる

▼ せざる~ (3, 0.1%)

1 ような, 思屈する, 汝は

▼ せざるかを~ (3, 0.1%)

2 疑は 1 問う

▼ せざるところこれ~ (3, 0.1%)

3 を人

▼ せざるはなし~ (3, 0.1%)

1 あるいはいわく, と出, と知るべし

▼ せざるほどの~ (3, 0.1%)

1 事にて, 意気が, 歳月間それを

▼ せざるまでも~ (3, 0.1%)

2 之れ 1 その日本化

▼ せざる人々~ (3, 0.1%)

1 によつて, の上, の中

▼ せざる人物~ (3, 0.1%)

1 でありました, は必ず, 亦少なき

▼ せざる~ (3, 0.1%)

2 に付質問書 1 に付質問理由

▼ せざる可らざる~ (3, 0.1%)

1 の時, よりも甚, を

▼ せざる意見~ (3, 0.1%)

2 は之 1 を以つて相爭

▼ せざる~ (3, 0.1%)

1 とては無き, に旅行, の十日續

▼ せざる~ (3, 0.1%)

3 に於

▼ せざる社会主義~ (3, 0.1%)

1 があつ, である, は独り平八郎

▼ せざる~ (3, 0.1%)

2 の忍耐力 1 の高

▼ せざる結果~ (3, 0.1%)

1 が生じない, として客観的, を將來

▼ せざる~ (3, 0.1%)

21 しと

▼ せざる限り~ (3, 0.1%)

1 は殆, は火中, は熱意

▼ せざる~ (3, 0.1%)

2 そしてより 1

▼ せざるいろいろ~ (2, 0.1%)

2 の竹

▼ せざる~ (2, 0.1%)

1 全体の, 宣へ

▼ せざるとの~ (2, 0.1%)

1 区別は, 原因は

▼ せざるとは~ (2, 0.1%)

1 たいてい家, 平生の

▼ せざるとを~ (2, 0.1%)

1 問はず一面には, 問わず唐天竺

▼ せざると共に~ (2, 0.1%)

2 又公衆

▼ せざるなく~ (2, 0.1%)

1 助けに, 道俗男女極楽に

▼ せざるなし~ (2, 0.1%)

1 すなわち四兵, と

▼ せざるにおいては~ (2, 0.1%)

1 権利者に, 決して己

▼ せざるにも~ (2, 0.1%)

1 せよ, せよまた

▼ せざるによる~ (2, 0.1%)

1 ふたたび兵, 者あり

▼ せざるに際して~ (2, 0.1%)

1 予算編製の, 豫算編製の

▼ せざるはず~ (2, 0.1%)

1 なしと, なり

▼ せざるはなんぞ~ (2, 0.1%)

2

▼ せざるものこれ~ (2, 0.1%)

2 をここ

▼ せざるもの真~ (2, 0.1%)

2 の寐

▼ せざるやう~ (2, 0.1%)

1 にしたなら, 密密豫審

▼ せざるゆえん~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ せざるよりは~ (2, 0.1%)

2 活写する

▼ せざるをば~ (2, 0.1%)

1 奈何とも, 汝に

▼ せざる世間~ (2, 0.1%)

1 の群集, は藤岡

▼ せざる事情~ (2, 0.1%)

1 の為, をいう

▼ せざる人物一たび首領~ (2, 0.1%)

1 と為れ, と爲

▼ せざる人生~ (2, 0.1%)

1 の境遇, の肯定

▼ せざる今日~ (2, 0.1%)

1 においてその, 断然その

▼ せざる仕合せ~ (2, 0.1%)

2 に逢

▼ せざる~ (2, 0.1%)

1 の保護國, の原因

▼ せざる修練~ (2, 0.1%)

2 を重ねる

▼ せざる品位~ (2, 0.1%)

2 の貴

▼ せざる唯一~ (2, 0.1%)

1 のもの, の祖師伝

▼ せざる多く~ (2, 0.1%)

1 の場合, の部分

▼ せざる~ (2, 0.1%)

1 なる白痴, 英帝国を

▼ せざる實行~ (2, 0.1%)

2 の生活

▼ せざる~ (2, 0.1%)

2 であらう

▼ せざる幸福~ (2, 0.1%)

1 であった, は極めて

▼ せざる心事~ (2, 0.1%)

2 をも表明

▼ せざる思想~ (2, 0.1%)

1 と雖, は凡て

▼ せざる憲法~ (2, 0.1%)

2 を制定

▼ せざる日本~ (2, 0.1%)

1 の国, の文明

▼ せざる~ (2, 0.1%)

2 れなり

▼ せざる時代~ (2, 0.1%)

1 にて機根, の人

▼ せざる欧羅巴~ (2, 0.1%)

1 の動物説話, の地方

▼ せざる状態~ (2, 0.1%)

1 にある, を指す

▼ せざる範囲~ (2, 0.1%)

1 に於, の芸術

▼ せざる行動~ (2, 0.1%)

2 あるは

▼ せざる証拠~ (2, 0.1%)

1 なり, には己

▼ せざる迄も~ (2, 0.1%)

1 悦服し, 甘受し

▼ せざる道徳~ (2, 0.1%)

2 は愚

▼ せざる長期~ (2, 0.1%)

1 の舞台, の舞臺

▼ せざる階級~ (2, 0.1%)

1 の跋扈, 或は利害相反

▼ せざる頑愚~ (2, 0.1%)

1 の属僚, の屬僚

▼ せざる~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ せざる魂苦悩~ (2, 0.1%)

2 せざる魂

▼1* [313件]

せざるかぎり仁清は再び, せざるかぎり真のプロレタリア芸術, せざるかと懐中鏡を, せざるかはむしろ作者, せざるこそ終生の, せざることこれなりと, せざることそれとそこはかとなき, せざることなにごとも明日, せざることに或重, せざること一喫煙せざること, せざること一四時間の睡眠, せざること七日に及んだ, せざること何日早くズブリ, せざること天下政道の乱れ, せざること幾時なるを, せざること彼敢えて為さん, せざること懐石料理に牛豚, せざること確かなり, せざること能はざる, せざるこれ無形なり, せざるさすがに御, せざるため種々の誤解, せざるときこれを人語, せざるとき奉仕とは畢竟, せざるとき我等は対象, せざるとき自己の判斷, せざるところ大に喜ぶべし, せざるところ後者即ち所謂高級神話, せざるところ鐚の計画, せざるとにもかくにも, せざるとによってその人, せざるとによりて分かります, せざるならめと問, せざるにつきただ語学, せざるには非ず, せざるにより公判を, せざるはいふまでもなく, せざるひまに, せざるにいま一, せざるまた一因なり, せざるまでに思ひこがれたる地, せざるまでの見識を, せざるむしろ可なり, せざるものこれコックリの原因, せざるもの十二人有するもの四人, せざるもの大地母神の恩惠, せざるもの惡所に停, せざるもの現在あるがま, せざるもの竟に何処, せざるもの自己の獲得, せざるもの詩家の常, せざるやう敏活の手段, せざるやからの出処進退, せざるやもしれず先生, せざるゆえをもっ, せざるゆゑ通訳に由り, せざるよう注意を起こさし, せざるわけにはいかない, せざるをも顧みず軽々しく, せざるインスピレーションのお, せざるエフェクトの適用, せざるダブリンにて日本語, せざる大ニ故, せざるロンドン船渠の労働者, せざる一人の女, せざる一種の家系, せざる一種戦国時代相応の理想, せざる万物の本体実質, せざる三百年来未だ曾, せざるに普通, せざる上古武内宿禰や日本武尊, せざる不十分さがある, せざる不審人物が姿, せざる不幸がひそん, せざるに惜福, せざる中央派とでも稱, せざる也只今籠城いたし, せざる事これなり官府, せざる事件勃発したるにより, せざる事象に時代錯誤, せざる人間性滅落せざる人心, せざる人類に対しては神仏, せざるの社会, せざる仏性あらざるなり, せざる以上仁の範圍, せざる以上労働者は自ら譲歩, せざる以上究極の抽象, せざる何日ぞや, せざる信念の高貴さ, せざるあり, せざる傾向あり, せざるにま, せざる光栄ある訪問, せざると横, せざる内部の人生, せざる凶報であつ, せざる利己主義に伏在, せざる剛毅にし, せざる功利の創造, せざる効果が現れた, せざる勇敢の気象, せざる勇気で変, せざる勇氣を與, せざる千万年の過去, せざる半面を故, せざる即ち沿道以外の, せざる獲で, せざるに身, せざる可能をもつ, せざる名優なるよ, せざる名誉弁護者の役目, せざるむしろ一種, せざる吾等若き東洋人, せざる哲理なり前提, せざる問題が充ち満ち, せざるを美しき, せざる喜劇である笑劇, せざる單衣をまとへる, せざる噴出であつ, せざる噴水よ, せざる国家永久平和の国家, せざる国家理論だという, せざる国法の罪人, せざる國家に過ぎない, せざる土地なり, せざるで行われる, せざる基督教国の代表者, せざる報告に接する, せざる場所に遊び, せざる塩煎餅や餡ころ餅, せざる塩田氏の観劇談, せざる変化であつ, せざる多数の天才, せざるのしぶき, せざる大いなる啓発であり, せざる大言壯語の徒, せざる天人間に横, せざるとして現, せざる女性の心, せざる如くでもあり, せざるな現象, せざるは入会, せざる学徒である, せざる学説すなわち教場, せざる実例など私, せざるなれば, せざる小説家なるを, せざる少壮者に, せざる少年の刀, せざる少数異端者は禍, せざる平和を齎, せざる年数を記し, せざる広大なるペルスペクチイウ, せざる庶幾は以て, せざる弟子の語七章, せざるの行方, せざる当時にあり, せざる彼らは限り, せざる彼等文芸家が少し, せざる待遇を受ける, せざるなくなりそして, せざるの襞, せざる心霊現象にぶつかりました, せざる恐るべき大盾, せざる恐れあれば, せざる意気を粧, せざる意義を附与, せざる愚人であるに, せざる愚物が存する, せざるなり, せざる我輩の振舞, せざる所いはゆる知らず, せざる所之を人, せざる所以である, せざる所老兄ハ小弟を愛する, せざる近き原因, せざる手腕と性行, せざる批評家あり, せざる抗弁的にきこえた, せざる摩擦を起し, せざる政友会に投じたる, せざる政友會に投じたる, せざる故にや地理学者, せざる效果に驚く, せざる教育は堅実, せざる教訓に盲従, せざる新しき生活を, せざる方面に奔馳, せざる旅人にはげに, せざる日本的音楽を聴き得る, せざる旨誓紙を書いた, せざる明らかなる証拠, せざる明治の学界, せざる明白なる事実, せざる明証に非, せざる明證に非, せざる時に同じ, せざる時側用人を勤め, せざる時節いまだあらず, せざる景物人物人の行為, せざる暴行を受け, せざる最初の状態, せざる未開民族のそれ, せざる梵音はた, せざる椿事のため, せざる模様夫妻の間, せざる樣心掛くべき筈, せざる樣看守に注意, せざる正反対の心理, せざる歩みのとられる, せざる死刑銃弾の疼痛, せざる母権も全く, せざるの上, せざる気持であったが, せざる江戸気質の他, せざる決断負托, せざる決斷負托, せざる浄行童女善比丘尼を犯し, せざるが意気, せざる渦流に巻き去られ, せざるなる可, せざる無業の人, せざる熱心と勇気, せざるなる可, せざる牢人の境遇, せざるの観察奈何, せざる特性は確か, せざるは野犬, せざる狂風となれり, せざる現実が起きる, せざる理想は理想, せざる理想家もあらん, せざる理由を説明, せざる生活事情のなか, せざるにて前記銅像, せざる男性の神, せざる異風でした, せざるの漢, せざる県庁の迂闊, せざる着手で奇異, せざる知識を以て史料, せざるが人間, せざる福運を授け, せざる種々の運命, せざる種子中に含有, せざる稽古を怠りがち, せざる空気が至る, せざる立場にあっ, せざる一の, せざるなれども, せざる等不敬の事, せざる箇所に苦痛, せざる米食米酒醤油のごとき, せざる精霊であったこと, せざる紙幣を破棄, せざる組織の見えざる, せざる絶対の実在, せざる繁殖の行為, せざるなり, せざる美人は膝, せざるにて人, せざる聴講生その人, せざる自己は否定, せざる芸術家だと, せざるはまったく, せざる著作物及び, せざる蒙昧の時代, せざる藍子喧嘩せる黒川, せざるはあるまい, せざる處古人が殘, せざる虚偽の通信, せざるの如く, せざる衆生の一, せざる西洋の方, せざる見込み立ちたれば, せざる言語上の暗黒時代, せざる言説が予期, せざる記憶として彼, せざる評家の為, せざるがあり, せざる詩祖ホーマーを, せざる語句の佶屈, せざる調子によって述べられる, せざる藩の, せざる諸君よ諸君, せざる諸説がある, せざる謙徳の大君, せざる身動きが自然, せざるが土着, せざる進歩の動力, せざる運転手の自動車, せざる過去の如く, せざる道理を証明, せざる遠き以前に, せざる遭遇でありまた, せざる都会を焚き, せざる都合なりとい, せざる銀杏の大木, せざる関係の構成, せざる限り二五磅以上のいかなる, せざる限り内省は唯, せざる限り凡ての人, せざる限り彼れの, せざる限り我等が如何, せざる限り數年來否十數年來執り來, せざる限り耕作され得ずかつ, せざる限り自分の世界, せざるの音, せざる静かな悲苦, せざる靴屋の一職工, せざる音響を感ずる, せざる食餌をなす, せざる香水一本着更