青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ずいぶん~ ずし~ ~ずっと ずっと~ ずる~ ~せ せ~ ~せい せい~ ~せう
せう~
~せざる せざる~ ~せし せし~ せしめ~ ~せしめる せしめる~ ~せず せず~ せた~

「せう~」 1983, 21ppm, 5368位

▼ せう~ (385, 19.4%)

8 私は 7 それは 5 それが 4 これは 3 これも, さう, それよりも, 兎に, 車を

2 [11件] この騷ぎ, よくも倒れず, 今に, 併し, 兎も, 娘の, 私が, 私には, 私の, 線香を, 若旦那の

1 [324件] あとは, あのお, あの内儀, あの四人, あの巡回器, あの惡, あの本所, あひにく, あらたかな, あれは, あんな仲, いつかの, いつたいその, いつも憤つ, いや私, うらやましいのね, おつる, おへや, およそ同じ, お帰り, お搜, お目, お祭騷ぎの, お紋, お鈴, お隣り, こ, この三年, この含蓄, この場所, この娘, この家, この玉, これで, これでは, さうなる, さすがに, しかしあの, しかしその, すこしお待ち, そいつは, そこに, そのうち, そのまま幸徳等, その一つ, その人, その他何, その代り, その勇太郎, その大, その子, その折彼得, その日, その活動, その男, その節, その頃, それだけ私, それでお銭, それでも下手, それによ, それも, それゆえ進歩した, そんなところ, た, たいしたこと, ちよつと, でも影, とにかく全, どうか一々こらえ, どうしてあの, どうもな, どうもわかりません, どれも, どんな長, なア, はつきり返事を, ひげ, ひどくが, ほかの, ほんのちよ, まあ, まあうまくいつ, まあさう, まあ叔父, まあ疎開, まあ行つてごらん, また同時に, また強い, また翻つて農村自体, まだ今, まだ其処, もう一つ古島さん, もう一度, もう帰しました, もどきの, もんさんも, やがてその, わかり易い芝居, わたくしには, わたしの, わたしは, わたし其時は, ツイ二三日前雪が, ハタが, 一々菊坂, 一体阿, 一寸見は, 一寸附き, 一年間毎月一本づつ決つた日に, 一度よりは, 一度銀簪, 一方の, 一面当然, 一面的な, 一體阿母さんは, 七日前の, 下甲板, 世帶の, 世故にも, 世渡り術にも, 世間の, 中, 中には, 久離切つた兄の, 之の, 之は, 乗るか, 乞食に, 二三日商賣, 二十三四の, 二十年や, 二度三度と, 二間や, 亡くなつた父一色清五郎, 人の, 人形荒し, 人心の, 人氣者の, 人間の, 今日いろ, 今日とな, 今日の, 仏力で, 会話が, 伜が, 何うし, 何しろゼッテルベルグ, 何処でも, 何分毎日二三十づつ, 傍若無人な, 先ず生命, 兵庫は, 其の總論, 其記事中に, 助言は, 努力の, 勝氣らしい, 十手捕, 同時にそれだけの, 吾, 品物は, 喜三郎と, 四番書記の, 四角なか, 困ると, 国語教育に, 堪忍し, 壞れやしません, 外国からの, 外国の, 外面てん, 多くの, 多分お, 多分に, 夫婦約束まで, 奥山の, 好い齢, 如何にも愚直さ, 娘が, 娘一人を, 子として, 子供の, 子供は, 存分に, 実はこれ, 実はそんなに, 実はわたし, 実は風流, 実際は, 實は, 寺院建築は, 専門家ならざる, 小夜菊の, 小意氣, 小柄で, 少し嫁ぎ, 少し贅澤, 少し邪惡, 山を, 岡つ, 常に陥り, 平安朝時代には, 平次は, 幸か, 幸ひ, 座敷からは, 形が, 彼等の, 忘れて, 念の, 思ふ程満足, 怪我を, 恐ろしく利息, 慈悲善根の, 戀の, 折惡しく, 揺蕩ふこ, 擬古文を, 文字通り神出鬼沒で, 新石器時代, 新聞は, 日光の, 日本では, 日本人には, 早くも, 昔の, 春木屋の, 時刻の, 曲者は, 書く私, 最初に, 最近新野の, 有難いこと, 朝寢と, 未だ少しも, 本當, 本郷で, 本間先生は, 来ると, 板倉屋の, 柄は, 根が, 森本君といふ, 此家には, 歸る, 死ぬ事, 毎年の, 洗ひ, 流されたといふ, 浪人と, 清水屋敷の, 然しその, 猪や, 猿が, 現代の, 生えること, 生きた人間, 生まれて, 田村義雄君です, 田畑の, 由には, 男前が, 番頭手代は, 當然鎌倉へ, 病身と, 皺が, 眼玉を, 着物の, 石川の, 破れ靴で, 磯の, 私共の, 私驚きも, 紙数が, 組織は, 絶えず處處, 續い, 耳の, 腐り易い, 自分の, 自分一代に, 船頭の, 色も, 色戀とは, 芥川ほど, 若くて, 苦勞を, 茶屋娘といふ, 薄菊石, 血を, 要は治國食糧政策, 見惚れたらしい, 親の, 觀音樣の, 貨物の, 貴女の, 足跡は, 身の, 軍艦の, 近所の, 近頃大, 近頃山の手, 近頃深川一番, 迚も, 遂にその, 運の, 達者な, 配偶も, 醫者は, 金づく, 金の, 錺屋の, 鐵砲で, 長い間, 陽に, 随分違つて, 隣りの, 離屋を, 飛んでも, 餘ツ程, 馬鹿に, 高が, 鳩の

▼ せう~ (245, 12.4%)

37 親分 6 知ら, 親分さん 5 それは 4 私は 3 さう, それとも, 旦那, 錢形の 2 あつしは, それに, ちよいと, むかしも, 私には

1 [165件] ああ好い, あちこちの, あなた, あなた覚え, あのお方, あのきりやう, あの人, あの頃, あの鯉, あまりかけ離れ, ありませんでしただから, あれは, あんまりやかましい, あゝいふ, いえいえ決して, いきなり後ろ, いとしい方, いろんな条件, お屋敷, お待ちします, この近く, これが, こんどは, しかしそれ, そして一, その時何, それから配偶, それが, それぢや, それともそこ, それともどちら, それともなにか, それともまだ, それとももしや, それとも徽宗皇帝, それとも毒, それとも素姓, そんな不自然, そんな恐ろしい, ちよつと, ぢや, つひお召物, とにかく日, どうしてさう, どうしても止さなけれ, なんとなく目鼻立, ねえ貴方, びつくりし, ほんとに御, また, また出来る, まだ世馴れない, まるで浮き, もしおい, もし代表, もし左右, もとは, わたしは, ケチ兵衞なんか, ケレ共何処の, ッ, 一つ間違ふと, 一応承, 七色の, 下船する, 二十一で, 今でも, 今思っ, 会社の, 何万といふ, 作家は, 先生, 八五郎といふんで, 其が, 其れ, 分りませんが, 刻みの, 十日前に, 千次郎さんで, 口數の, 口汚く山羊, 唯平凡, 四尺に, 夢見るやう, 大層遠方, 大言壮語を, 女にと, 妹の, 姉さまの, 婦は, 実は今大, 審査員の, 小男は, 少しばかり, 少し病身, 少し粗野, 左吉松親分は, 常識は, 底の, 彌太郎の, 後前の, 心いきを, 恐ろしい美貌, 恐ろしく小柄, 恰幅も, 悪く云え, 手が, 接摩さんの, 控へ, 新円, 新助, 是れ, 朋輩とか, 木戸を, 本当に恐ろし, 松原の, 母上樣, 滑かな, 滿洲へ, 物の, 甚だ覺束, 男は, 疾に, 痘痕でも, 癆症は, 白金にも, 皆な, 皆を, 相変らず, 矢絣に, 神山様赤痢が, 神山樣赤痢が, 私が, 私なんか, 私共は, 私達の, 空しく年, 笑つ, 粉雪で, 細くて, 考へ, 自分は, 色の, 色白の, 艶子は, 若い女, 萬七の, 藥研だけ, 行くん, 補充兵といふ, 詐欺愚鈍卑劣漢と, 詳しくお話, 誰が, 財産税などの, 身なりも, 身の, 身体が, 身扮の, 身體が, 金森家を, 間さん私貴方を, 離屋が, 難しいで, 青白くて, 馬場樣

▼ せう~ (110, 5.5%)

5 言つた 3 云はれた, 思ひます, 父の

2 [11件] いふ, するの, 云つて私を, 問ひます, 屯せりけり, 思つた, 思ひますから, 曰はれました, 決心した, 答へ, 言ふ

1 [74件] あつた, いふこと, いふたれば, いふの, いふので, おきよも, ぐる, さう山村さん, さつき学校で, したが, した日蓮, すれば, せいならしま, よし, グイグイ, 云って, 云つた, 云つたの僕の, 云つてゐた, 云つてヌット突出した, 云つてヌツト突出した, 云つて分れた, 云つて賛成した, 云ひ, 云ふ, 云ふん, 僕は, 冷かして, 取出す手箱, 堂守に, 女中は, 妻や, 存じたれば, 守一が, 将軍家に, 尋ねました, 小島君に, 年寄の, 志して, 思うたの, 思うた人, 思つてゐた, 思つて筆を, 思ひますがね, 思ひますの, 思ひ立つた, 思ふ, 思ふたが, 断じた, 書いて, 書きました, 望んだ, 来た, 欲ふ, 此處まで, 決心し, 瞼に, 私が, 私は, 私も, 聞いたところが, 聞き, 聞くの, 若い紳士, 言つ, 言は, 言はれた, 言ひました, 訊いて, 訊ねるの, 訴へる, 評定し, 里子は, 降りくるもの

▼ せう~ (86, 4.3%)

12 親分 2 先生さん, 痛みませんか, 私は, 親分さん

1 [66件] あそこでは, あの話, あれは, あゝした, うちの, お内儀さん, お宅, この騒ぎ, これで, こんな處, さうし, しかし私, しかもそれ, すると, そしてさぞ, そちの, その浪人者, それから何, それでもまだ, それに, ただ僕, ぢや, ですけれど, ところで孫三郎さん, とてもあんなに辛抱づよく, とる年, どうか惡, どしり, なにしろわたし, ひどい事, まあ, 一人ぽ, 一体この, 一度逢つて印刷, 一體, 三輪の, 上高地は, 人に, 今度の, 仕様の, 凜と, 叔父さん, 女房にも, 威嚴が, 嫁の, 孤月には, 小母さんは, 尤も私, 御迷惑, 心配な, 惠齋先生, 我慢出来る, 揉んで, 旦那, 檜木さん, 此れ, 此黒い, 然しまあ, 矢張社団法人と, 私, 純ちや, 若い衆さん, 若旦那, 谷が, 錢は, 飛んだお

▼ せうから~ (62, 3.1%)

3 私は 2 私たちは

1 [57件] あせつても, あなたが, あの塀, いづれまた, おとなしく控, お通, ここで, こつちの, ことわつて, この世に, これが, さう, すでに拙者, そのうち, その文学, そんな事, つて言つと, どうぞお, どうぞ楽しみ, なう其処, まして疲れた, もうお, もう何, もう先, ようござん, ケチな, ハハ, 一寸行つて話, 二人で, 二週間以内には, 今ぢ, 何んとも, 僕は, 公然と, 動かぬ證據, 大きい目, 娘, 少くとも, 少し傍聴, 必要の, 才の, 文部当局や, 本署へ, 止めます, 歩いて, 海の, 眼か, 矢張り遠縁の, 私たちダンスも, 素人が, 緩くりし, 腹も, 見せて, 誓つて私は, 誰か, 質が, 近くの

▼ せう~ (36, 1.8%)

3 はどんな 2 にもの, はさ, は私

1 [27件] があなた, だつて, の問, の女房, の嬉しく, の態度, の知つて, はあなた, はこの, はたうとう, はよつく, はケエキ, は今, は何ん, は何為, は兎, は或は, は考へる, は貴方, は随分, もさう思ひます, もゆきませう, も貴所方, よ, をねかし, 息せき切つてポスト, 見て

▼ せうけれど~ (33, 1.7%)

2 先方の, 私は

1 [29件] お甘え, これからは, これが, そこらの, その深い, それは, でもこれ一つ, なるべくつけない, もつと, やつぱりねえ, トンちやん, 一日や, 一旦妊娠, 世間の, 人間は, 今日の, 兎に, 全く私, 半月も, 吉原の, 子供を, 少しも, 心を, 死んで, 私の, 私一人で, 貧富を, 貴女の, 逃げられるもの

▼ せう~ (31, 1.6%)

2 それでは安藤先生, それに

1 [27件] あなたホントに, あの人, うちには, お役場, それが, それは, それを, ただそれつ, できること, なる様, ひどく其処, また分つ, また底, また病人, また芸術, や, わたしは, 一人ぼつちな, 二時ごろに, 仕事の, 勤労の, 又皆さん, 少年として, 店の, 役場には, 手順を, 死ななかつたとしても

▼ せうその~ (26, 1.3%)

1 [26件] かはり, たんびに, ほか馬は, 一つの, 人, 人も, 人達の, 台詞は, 夜なかに, 夜は, 弁解の, 息子さんよ, 手で, 方も, 時の, 時私は, 晩鍵屋の, 相手は, 私が, 蜂を, 言ひ, 證據には, 道具は, 邊は, 音楽が, 頃私の

▼ せうあの~ (25, 1.3%)

1 [25件] 人なぞも, 人は, 今年の, 停車場の, 働き者の, 光りは, 初日です, 加集さんに, 右の, 大学教授つたら, 娘, 寂しい夜, 方は, 日に, 日何時頃に, 時は, 晩の, 氣むづかしやの, 池永さんサ, 汽車は, 清らかに, 無口で, 脂ぎつた慇懃無, 變な, 顏を

▼ せう~ (25, 1.3%)

2 それにしても少々, だ

1 [21件] あけ頃から, その角, それからといふ, それではそれとお, それに, つて噂し, どうせ私, どつちもどつちで, ふびんな, 何だか知らない, 偉いなあ, 兎も, 出戻りの, 我々小説家なんぞの, 斯うし, 横町の, 清親さんの, 琴とか, 矢沢さん, 私し, 色出入と

▼ せう~ (23, 1.2%)

2 入んなさい, 孃さん, 醫者樣でも, 願ひです

1 [15件] テクちやん, 一人なら, 医者様でも, 園は, 富が, 寒ぶ, 察しします, 忙しいんで, 探しを, 気の毒でした, 町に, 舟さんの, 辨さんの, 通さんの, 願ひ

▼ せうけれども~ (21, 1.1%)

2 これは, さう

1 [17件] あのやう, あゝした, いまは, この建保元年, この技術, そのま, もとは, やはりその間違, 七日ばかり, 其当然, 外から, 多くは, 大変深切でした, 後の, 歩いて, 私からも, 蟹は

▼ せうそれ~ (18, 0.9%)

4

1 [14件] が何, が嬉しい, だけでも勿論, つきり二階, ならば, に何故, に命がけ, に引き, に間違ひも, に關, も止む, も私, をお, を一概に

▼ せう~ (16, 0.8%)

2 ア, 御主人

1 [12件] あれは, これは, その阿, ところで先生, まア, 下總, 城といふ, 私は, 親分, 親分方, 言ひ, 酒が

▼ せうねと~ (14, 0.7%)

1 [14件] いふが, いふを, きかれた時, たづねた, よく小石川, 仮に悪い, 呟いて, 念を, 書いて, 私が, 老婦人, 言つた, 頑是ない, 頭上から

▼ せうかと~ (13, 0.7%)

1 [13件] きくの, こちらでは, その眞僞, また問, 其の, 問うた, 差し出すと, 私は, 聞いて, 聞くと, 言ひ出しました, 訊くの, 訊く是非

▼ せう~ (12, 0.6%)

2 うして 1 ういふ意味, うしたなら食べられ, うで, うなること, うを, う云つて渡辺さん, う云つて渡邊さん, う思ふ, アさ, 両方の

▼ せうこの~ (11, 0.6%)

1 [11件] 人は, 仇は, 半歳か, 国で, 子は, 物音で, 男を, 紙不足の, 蝙蝠と, 通り外に, 頃の

▼ せうあなた~ (10, 0.5%)

1 がこの, がその, ご自分, のお, の外, の女房ぢ, は, はさ, はよ, は急

▼ せうかね~ (9, 0.5%)

2 す, 親分 1 あちらの, お内儀さん, その時, はじめからの, ウールリヒ叔父さん

▼ せうけど~ (9, 0.5%)

1 あたくし, でも好い, ほんとの, 一思ひ, 与里の, 今の, 何を, 女一人で, 私ね

▼ せうそして~ (9, 0.5%)

1 お, それは, 上野から, 何が, 宅の, 私の, 私は, 端の, 紅葉の

▼ せう平次~ (8, 0.4%)

1 が引受ける, はその, はもう, は紙袋, は舌, は追, もや, を迎

▼ せうあれ~ (7, 0.4%)

1 からまだ, だあ, ならあたし, は買つて, へお, よ, よその

▼ せうこと~ (7, 0.4%)

5 なしに 1 なしにつき, なしの

▼ せうだから~ (7, 0.4%)

1 あんな事言つてミルさん, といつていきなり, 余ツ程, 此方は, 眠つてゐる, 私は, 自動車が

▼ せうといふ~ (7, 0.4%)

1 その寂し, 家主の, 意だ, 意気組持つ, 氣持ちを, 考へは, 返事だつた

▼ せう~ (7, 0.4%)

1 主人, 尊父の, 気分は, 用人, 聞きでしたか, 転任といふ, 都合は

▼ せうそれに~ (6, 0.3%)

1 どうして石川さん, 何を, 巧いこ, 私に, 菊三郎と, 近頃よく四萬

▼ せうとの~ (6, 0.3%)

1 君, 君かかる, 君これなく, 君娘など, 意見で, 深いたくらみ

▼ せう~ (6, 0.3%)

1 あの木挽小屋, におきん, の状態, は他人, までは先づ其爲, 直に

▼ せうあつし~ (5, 0.3%)

1 が行かなかつた, なんかはもう, には少し, は叔母, は見

▼ せう~ (5, 0.3%)

1 あなたつて忘れつ, い, いくら故, 本当にすみません, 輝きます

▼ せう~ (5, 0.3%)

1 にはしよつちゆう, の性質, の物, の秘書官, をせう

▼ せう親分~ (5, 0.3%)

2 あつしには 1 あの旅, の口, は

▼ せうあんなに~ (4, 0.2%)

1 して, 光って, 光つてゐます, 泣いたの

▼ せうかとか~ (4, 0.2%)

2 答へる 1 左様で, 左様な

▼ せうきつ~ (4, 0.2%)

21 とね, と私電話

▼ せうこれ~ (4, 0.2%)

1 は, はほん, は本, ほどの大事

▼ せうだが~ (4, 0.2%)

2 私は 1 私には, 稀には

▼ せうねえ~ (4, 0.2%)

1 あんなにあなた, けさ方二時, それから西班牙, 駄目よ

▼ せうほん~ (4, 0.2%)

1 たうにわたし, たうは, とのこと云, とのところ

▼ せうまだ~ (4, 0.2%)

1 だあれ, 十二時には, 解らなければ, 達者で

▼ せう今日~ (4, 0.2%)

1 の戸数, の戸數, はすこし, は折

▼ せう~ (4, 0.2%)

3 も今さら 1 てお節介

▼ せう~ (4, 0.2%)

21 その金, は御礼申さ

▼ せう~ (4, 0.2%)

1 が私, の子等, の容子, の純潔

▼ せう~ (4, 0.2%)

2 は生き 1 が水, で打ち割つた

▼ せう貴君~ (4, 0.2%)

3 の事 1 だつて

▼ せう貴方~ (4, 0.2%)

1 と御, などは才智, のお, はあの

▼ せう近頃~ (4, 0.2%)

1 の円タク, は主人, 兩國の, 大騷ぎになつて

▼ せうあんな~ (3, 0.2%)

1 お孃さん, ひどい惡戯, 綺麗な

▼ せうこんな~ (3, 0.2%)

1 ことを, 事が, 事を

▼ せうしかし~ (3, 0.2%)

1 お可笑, ねネイヤ, 何国でも

▼ せうそれで~ (3, 0.2%)

1 お父さんの, 二人は, 其様な

▼ せうそんな~ (3, 0.2%)

1 事で, 意地張りを, 祭りを

▼ せうとは~ (3, 0.2%)

1 思はぬが, 思はん, 想は

▼ せうなと~ (3, 0.2%)

2 青筋を 1 いはれた

▼ せうほんに~ (3, 0.2%)

3 私さへ

▼ せうまあ~ (3, 0.2%)

1 ずゐぶん, ところにも, 那奴は

▼ せうもう~ (3, 0.2%)

1 最後の, 貴下は, 間に

▼ せうやはり~ (3, 0.2%)

2 前のと 1 僕を

▼ せうわたし~ (3, 0.2%)

1 にはあの, はこれ, も遂に

▼ せうモウ~ (3, 0.2%)

3 いひませぬモウ

▼ せう何しろ~ (3, 0.2%)

1 あゝや, その熱心さ, 明日祝言と

▼ せう全く~ (3, 0.2%)

1 お察し, 二た, 僕の

▼ せう~ (3, 0.2%)

1 お龍, れでこそ, 汚れた世

▼ せう其穢多~ (3, 0.2%)

1 が皆さん, は今, は御

▼ せう國松~ (3, 0.2%)

1 の嘆き, の眼, はなほ

▼ せう~ (3, 0.2%)

21 の処ぢ

▼ せう我身の上~ (3, 0.2%)

2 にも知られまする 1 にも知れまする

▼ せう~ (3, 0.2%)

1 う云, う見えた, の御

▼ せう自分~ (3, 0.2%)

1 が逐, の畑の, の目

▼ せう錢形~ (3, 0.2%)

3 の親分

▼ せうああ~ (2, 0.1%)

1 こんな浮気者, して

▼ せうあゝ~ (2, 0.1%)

2 此樣な

▼ せういきなり~ (2, 0.1%)

2 お照さん

▼ せういや~ (2, 0.1%)

2 もう

▼ せうかつて~ (2, 0.1%)

1 おつ, 他の

▼ せうかとて~ (2, 0.1%)

2 問ひかける

▼ せうかの~ (2, 0.1%)

1 フン言ひたい熱を, 仮令急

▼ せうからと~ (2, 0.1%)

1 云つた, 言ひかけたら

▼ せうけれどもと~ (2, 0.1%)

1 云つて一円五十銭の, 云つて一圓五十錢の

▼ せうこいつ~ (2, 0.1%)

2

▼ せうそれから~ (2, 0.1%)

1 娘の, 持つてる丈

▼ せうぞの~ (2, 0.1%)

1 い, 凶と

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 やない, よ

▼ せうでも~ (2, 0.1%)

1 私その, 默つ

▼ せうとお~ (2, 0.1%)

1 もひます, もふ

▼ せうとして~ (2, 0.1%)

1 ゐるやう, 極端な

▼ せうとも~ (2, 0.1%)

1 スラリと, 私が

▼ せうどうせ~ (2, 0.1%)

1 あなただつ, 處刑臺に

▼ せうなんだか~ (2, 0.1%)

1 あなたが, それが

▼ せうなんて~ (2, 0.1%)

1 あんまり思, 入歯の

▼ せうねなどと~ (2, 0.1%)

2 お見舞ひ

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 い, 芽を

▼ せうほどに~ (2, 0.1%)

1 お良人, 近う寄つて

▼ せうもう少し~ (2, 0.1%)

1 待つて, 耳を

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 て, て云

▼ せう乞食~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 た実に殆ど, た御

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 としてこれ, 直にまた

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 にとつちや何方, の心

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 でもネ乳母, へ往き

▼ せう少し~ (2, 0.1%)

1 休んでも, 働いて

▼ せう尤も~ (2, 0.1%)

1 あんな具合, 僕此二三日風邪を

▼ せう年會~ (2, 0.1%)

1 ちうもん, やおま

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 れも, を引取

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 である, とでもいふ

▼ せう然し~ (2, 0.1%)

1 昔から, 生活の

▼ せう現に~ (2, 0.1%)

1 庭に, 高等学校に

▼ せう臆病~ (2, 0.1%)

2

▼ せう自身~ (2, 0.1%)

2 が遠い

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 だつて, も見てる

▼ せう錢形平次~ (2, 0.1%)

1 は少し, は額

▼ せう間もなく~ (2, 0.1%)

1 没くなられた, 苦しみ出しました

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 の日, は五彩

▼ せう~ (2, 0.1%)

1 は此處, は死骸

▼1* [452件]

せうたくし, せうあいつは蟲, せうあすこですよ, せうあたいなぞ一家五人, せうあたしは, せうあたし達は此処, せうあつちへ, せうあてになる, せうあや子と云, せうあんたは清治, せういかに武藏の, せういくら着ても, せういちど見せて, せういつでせう, せういつのまにかお役人, せううちが困る, せうえうしけるとも, せうえ御覽に, せうおまけに父さん, せうお供しませうもう, せうお家ぢや, せうお待ちなさいまし旅籠, せうお母さんをひと, せうお父さんどうぞこれ, せうお腹の皮, せうかかへつてガミガミ, せうかしらなどと満面に, せうかといふことな, せうかなと云つてゐた, せうからな私達も, せうからね見ず知らずの, せうがな女なんか, せうがねどうしても離れません, せうがも一度あれ, せうきれいな岩, せうけどさあたし一人で, せうけどね序曲だけ, せうけども米ちやんの, せうを請はる, せうこの間私の友人, せうこれからひと仕事, せうこれ以上長々と, せうこんなに血が, せうさびくちた鉄, せうしねそれにおんなじ, せうすると氣も, せうそいつは, せうそうなふう, せうそこなし, せうその間に戰亂, せうそれ此所にゐる, せうそんなら一所, せうそんなにからかふも, せういと言, せうだんだん岩が, せうちやんと解, せうちよいとの間, せうついでに少し, せうつてなこと, せうつて云ふの, せう云や, せうという誠實は, せうとか不作法な, せうところが大違, せうとてひとり寢, せうとてもなりさうな, せうとと呼び合ったこと, せうともかくその男, せうどうしたと, せうどうぞ重三郎さんを, せうどうも上野の, せうどこへ消え, せうどこつてかけた所, せうなぜならば, せうなどいふを, せうなどともよくいはれる, せうなんとか精一杯の, せうになどと言ふと, せうにはかに激しい, せうのと横歩行きし, せうのに雪ちやんは, せうはいとお, せうはつきり見える姉さま, せうひとつ今度はかう, せうひどく尾羽打枯らした, せうツへ, せうんの, せうほら外國渡航を, せうほんとうに, せうづいで, せうまあずいぶんね, せうまことに情緒の, せうまたあとあといい, せうみんな夕餉の卓, せうもう直ぐ帰りますから, せうもし貴方自身が, せうもしか仰有る通り, せうもしも伯母さんが, せうもとの方, せうもの床の山, せうよく出て, せうよとユキは, せうわがこの恐れるところ, せうわけても澤庵の, せうイビキのきこえない, せうガラツ八は危ふく, せうスルと貴, せうダアダアと云つて笑, せうチラと御, せうツイ先に立つ, せうツイ敷居を跨ぎそびれた, せうドクトル未だ隱居, せうナニ節糸織渋い事, せうハツとして飛, せうハヽヽ願クバ骸骨ヲ乞ヒ卒伍ニ帰セン, せうペルシャ猫が一匹, せうマリオの市, せうメチール入りの葡萄酒, せうランスには巴里, せうワイセツ感を与, せう一つ比べて, せう一つ大急ぎにお, せう一ツ人參を澤山, せう一ト通りは, せう一処に行け行け, せう一切の問題, せう一周忌が済ん, せう一噸二百七十円位で約束, せう一所に付合つて, せう一文にもならない, せう一昨年の暮, せう一本の線, せう一端怒つて, せう三十二三の少し, せう三國屋の二人娘, せう三條天皇なども好, せう三津五郎なら居ますよ, せう不思議な傷, せう不思議ぢやありません, せう両方へ嫁, せう丸々と肥つた, せう丸窓の灯, せう主人の徳右衞門, せう二つの土藏, せう二人で行つて, せう二年生の時, せうはば麦稈帽, せう五つの鐘, せうが集まりませう, せう今にも飛びかゝりさうな氣組です, せう今夜はお, せう今年は皆, せう今度降つて, せう今時そんな値段, せう今晩三浦屋迄御, せう今朝までグツスリ, せう仕度をしませう, せう仮装の人達, せうをよく, せう仲人を立てる, せう伊與之助, せう伊藤侯と云, せう伯爵若し大変, せうを苦しませる, せう何だか名も, せう何やら道具類で, せう何んとなく, せう何故と云, せう何時お持ち, せう何様な人, せう余り晩くなるです, せう來年の事, せう鳥越の, せう先生のこと, せう全然裸に, せう八五郎の剛力, せう八五郎親分を一, せう公衆の面前, せう其儘夜の町, せう其場に居る, せう其所まで私, せう其活動の根源, せう兼吉が執つた, せう兼吉君の阿, せう内儀と金之助, せうの鳥, せうより却つて肥つた位, せう加留多なんか余り, せう北海道の秋, せう十一時までいらつ, せう十二社の榎長者, せう十手冥利にたま, せう千兩箱は三つ盜, せう千駄木から急, せう半官半民風にやらう, せう友達の手前, せう双子が体, せう叔母さんが手紙, せう口惜しいことだ, せう古いものを, せう可哀想にあの, せう同じ道を, せう名前なん, せう君苟くも今日社会に生き, せう唖娘はどんなに, せう變化する, せう問題は, せう喧嘩はします, せう四万円といふ事, せう地面にくつ, せうちやん, せう坊さんの講義, せう墓所へ詣りまし, せうの雨, せう嫌ひ, せう大したことは, せう大抵なら見て, せう大樹を頼ま, せう大豆もこれ, せう大黒さんなぜあんなに逆さま, せうてえ, せう太ツ腹で妾, せう太刀は勿論, せう失敗だつたかな, せう失礼します, せう奥さんがいらつ, せう奴輩は喫驚, せう好い男の, せう如何にも嚴重で, せうのお, せう孔雀は私, せう学校の校長, せう実は先頃剛一君とも, せう家庭の歓楽, せう寒くさへ, せうは私, せう審査当日審査員間で論争, せう寺皆破れくづる, せう小銭を一枚, せう山路の方, せうもすぐ, せう巨大な竪琴, せう幕府の威信, せう氣な, せう平山平助は語る, せう平松屋源左衞門は三年前, せう平野さんぢやない, せうに描いた, せう座敷の中, せう廣くもない家中, せうの奴等, せう弟さんはこれ, せうには立ちますまい, せう役者になる, せう彼女は頭, せう彼方此方から小判, せう後ろに手, せう後生だから, せう後者の社会性, せう從つて小夜菊の家, せう御免なさい, せう御前何卒讐討つて下, せう御苦労だけれど, せう微妙な心理, せうに, せう怪談噺などはこ, せう恐らく聲位は, せう恐ろし漏斗に, せう恰幅の立派, せう暑さ, せう感傷的でせう, せう慈悲心正助さん, せう惡と, せう或は専門語で, せう所天はもう, せう所詮叶は, せうを切る, せう手前共もあの, せう打越さん横井さん刄物を引い, せう按摩の笛, せうに灰, せう放心したやう, せうは狙つて, せう既此様なつた暁, せう日曜に勉強, せう日頃にも似ず, せう旦那はどうしても, せう早くも大振り, せう明後日で六十五, せう明神下に殺し, せうと今, せう是私が一部分, せう時々口笛な, せう時には鼓の, せう迄に整理, せう普通の人, せう暗くなつて, せう暫らくの間, せう朝五時頃今度は心臓, せうの青々, せう木戸札を鳴らし, せう木綿物ですが, せう當に, せう格子の底, せう梅子さん貴嬢, せう梅雨明けにはよく, せう梯子もか, せう梯子段の下, せうや前, せう檜物町の小夜菊師匠, せうのやう, せう歌留多なんか餘, せう此家は一人, せう此頃この邊, せう此魚は變, せう毎晩毎晩何処へ行く, せうは, せう水郷は好い, せう江戸の水, せう江戸名題の豪族, せう河原さんといふ人, せう法被を著, せう温泉もある, せう湯島の生, せう滅多ねえ, せう瀬川さん其時は最早, せう瀬川君の素性, せう火星の人間, せう無理をする, せう無論わたくしは, せう無造作な身扮, せうも会期中, せう然しながらこの風船, せうが大, せうは私, せうして, せうをも云はず, せう物集北劍君あの人, せう玉枝の口, せうも貴族, せう甚麼立派な生活, せうは江戸一番, せうの男の子達, せう界隈一番の物持, せうの上, せう疱瘡除けの, せう病院へ担ぎこんだ, せう白い花の, せう白犬と來, せう皆さんも御覧, せう皆んな一緒に飛ん, せう直しにやらう, せう相手は名主樣, せう省吾の奴, せうの先端, せう眉宇の間, せうつ向, せうが, せうつて, せう知吉さんといふ人, せう册に, せう硝子戸がびりびり, せう確かに左樣, せう確り者といふ, せう神山さんも, せう神山様も, せう私子供なりにもそんな, せう私達もこんな, せう秋ちやんが遊び, せう稻田のうへ一面, せうから見える, せう竹箆とか餅菓子, せう一疎開の, せう精一杯なところ, せう素人の出, せう結構だわ, せういて, せうの當つた野郎ぢ, せう美保の關, せう美緒の具合, せうる朝, せうすると, せうの方, せうに擔い, せうは感染つて, せう背中へは打ち貫きません, せう脅喝新聞破廉耻漢, せう脳貧血よきつ, せうから下, せう自己の魂, せう色事も其處, せう色彩も剥落, せう若くて綺麗, せう苦痛を輕, せう英語の勉強, せう茶の湯生け花歌ヘエケエの親類, せう菊坂小町と言, せう萬兵衞の表情, せう蒼白くて虫食, せう薄墨華魁のこと, せう行儀よく並ん, せうに自身番, せう裾模様に大, せう襟垢の着いた, せう視学に密告, せう親分さんこんな娘, せう親分さん私は, せう親分私はもう, せう親分誰がそんな, せう觀音樣の裏, せうつたわよ, せうつて, せうひその, せう詩人といふもの, せう譬へばはいからと, せうに窶れ果て, せう嬢は, せう貴方達が気分, せう身上などは持てる, せう近いとお, せう近代的な街, せうひましたよ, せう遁れつこはありません, せう達者で顔色, せう邦枝完二の, せう部屋の中, せう酷く私を, せうさう, せう金兵衞を松, せう金澤町の岡崎屋三十郎, せう鈴木さんにはバー, せうを五百圓, せう間一髪を入れない, せう間部福子つていふ上の級のひと, せう隨分念入りに拙い, せうの中, せう青白く引緊つた顏や, せう青草が気持, せう非常に美しい, せうは花, せう面白いでせう, せうだつて年, せう順吉さんを學校, せうに現, せうひつくどころか, せう饑饉でみんな貧乏人, せう騎士が馬, せう騒ぎが少し, せう高久君はどう, せうが差した, せうを一食, せうの代り