青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ず~ ~ずいぶん ずいぶん~ ずし~ ~ずっと ずっと~ ずる~ ~せ せ~ ~せい
せい~
~せう せう~ ~せざる せざる~ ~せし せし~ せしめ~ ~せしめる せしめる~ ~せず

「せい~」 6897, 75ppm, 1509位

▼ せい~ (1858, 26.9%)

10 何か, 彼の, 彼は 8 妙に, 急に 7 それが, どうか, 私は 6 それは, 今日は, 自分の 5 きょうは, この頃, して, 彼女の, 私の 4 今朝は, 知らないが, 私が, 非常に

3 [13件] いつもより, いやに, お前は, これを, その日, それとも何, それを, どこか, わたしは, 変に, 女の, 海の, 父の

2 [78件] いろ, いろいろな, お北, お顔, かれの, がっかりし, けさは, ここの, このごろは, これ程の, その時, その顔, その顔色, どうかは, どうもすこし神経質, どこと, ばかに, ひどくのさばり出し, ひどく頭痛, ほかの, まだ江戸, まるで人, よその, 一寸した, 人が, 人に, 今でも, 今夜は, 今度は, 何を, 俄に, 俺も, 僕の, 初めは, 十二時ごろに, 口が, 右の, 境遇の, 夫人は, 婦人の, 子供が, 子供ごころに, 室の, 家の, 峠の, 広い風呂場, 彼には, 料理は, 昔から, 次の, 気が, 気の, 池の, 物を, 男の, 町の, 眼が, 眼を, 瞼の, 知らないけれど, 私には, 翌日は, 肌が, 自分は, 西洋種の, 言葉の, 誰も, 調子が, 足が, 近年は, 道誉も, 門に, 雨の, 額に, 顔が, 食慾が, 馬鹿に, 黒眼鏡の

1 [1537件 抜粋] あいさつも, あたしは, あちこちボッコリと, あなたは, あの大森, あの蝶々, あまり高尚, あるいは単に, あるいは退屈, ある部分, あんまり感心, いい具合, いたく窶れ, いっこう昂奮, いつに, いつもあざやか, いつもにきび, いつもぴいぴい風車, いまだに覚え, いやあな顔, いやらしいくらいの, うとうとと, おばさまの, お客が, お描き, お熱, お通, お雪, かからなくなって, かなりに, からだの, くるりと, こいつは, ここに, ここらの, このごろほんとうに, この上り, この二, この付近, この十分, この子, この日, この自発的出迎人, この間の, これだけは, こんなもの, ご門, さっきほど, さほどに, しきりに母親, しばらくは, しらん, じめじめし, すきすきと, すこしは, すこし顔, すべてが, ずいぶんなお, ずいぶん雨, ずっと肉, そうして日毎, そこに, そのあと, そのころ, そのでっ, そのへん, その光り, その割, その口もと, その夜中, その女滝, その当時, その怪しい, その晩, その煙霧, その笠, その美しい, その蒼白い細, その邸宅, その音, それでなく, それともこっそり, それともまた役に立たない, それともランプ, それとも値段, それとも夜眼, それとも床, それとも教養, それとも硝子窓越し, それとも薄暗い, それとも飛行島, それほど寒い, それ以来すっかり, そんな場面, そッちで, たいてい, たいへん低い, ただ茫漠, だいぶん混み合っ, だんだん大きく, ちっとも私, ちょっとお, つばめが, とおも, ときどきふらふらっと, とっても気, とにかくスポーツマン, どうか分りません, どうしても光線, どうもそれ, どうも女, どうも寝足りない, どうも胃, どうも調子, どうやら蛇, どことなくおかし味, どこやら, どっかで, どのグループ, どんなに酔っ, なお煤, なか, なかなかむずかしい, なかなか捉, なみだに, なんだかサバサバ, なんとなく感傷的, なんとなく険相, はっと顔, ぱあっと石油色, ひところよりも, ひどく上機嫌, ひどく大きな, ひどく熱情的, ひどく身, ぴらりっと南の, ふっと気, ふと手品, ほっそりと, ほんとうは, ぽっと虹, または彼の, また何だか, まだかわいた, まだ何, まだ学校, まだ書生, まだ茄子, まるっきりチンプンカンプン, まるで聴き取れなかった, みな誰も, みんな大した, むしむしし, むしろ非常, めしの, めっぽう冷えこむ, もうヒヤシンス, もう閉, やさしいほんとう, やや蒼味, よく, よくわかった, よく澄み徹っ, よそ目には, わいわい冷かす, わくわくした, わずか数日, アルコールには, エドナンガサキキリシタンなどの, カンが, ケンビ鏡の, ジョルジュの, チョッと, デストゥパーゴ万歳という, ハダカの, パラオの, ブルジョアの, ポチは, ミス, 一々記憶, 一人も, 一向に考慮, 一寸僻み, 一層大きく, 一所小さな小さな, 一日山路で, 一望に, 一目にも, 一筋の, 一羽も, 一面に, 上の, 下の, 不作法な, 不思議な, 不良じみ, 両方共遠慮がちで, 主膳を, 九時半に, 乾物や, 二三欠伸を, 二人ばかり, 五年漬の, 人々が, 人にも, 人より, 人物画が, 人間の, 今までの, 今中軍の, 今夜はさのみに, 今日の, 今暁の, 今朝も, 仏像趣味な, 他に, 他処, 仲, 会話は, 伝染病が, 体重も, 何が, 何だか一寸東京, 何となくなつかしい, 何となく物凄い, 何んだ, 何処かで, 何者かが, 侍の, 傑出する, 僕には, 元気の, 先ず無難, 光の, 児太郎を, 全くのぼせ, 全く耳, 八帖寺と, 六度九分近く出た, 其中に, 内輪同士の, 冷たい雨, 出獄し, 初めての, 前こごみ, 劇場は, 匂いの, 千古の, 半兵衛の, 却ってスラスラうまく, 又は分岐点, 双翼を, 口許などの, 古い絵像, 同じぐらいの, 向うの, 吠える声一つ, 吹曝しの, 周囲の, 和琴の, 啓吉は, 喜右衛門は, 四条の, 土曜日の, 坊介は, 塗に, 声は, 変色した, 夕道を, 多分に, 夜ぞ, 夜気の, 大丈夫だ, 大分人間変っ, 大変急に, 大層御, 大概は, 大隅の, 奥深いよい音, 女が, 女武者の, 妖魔の, 姿までが, 嫂は, 子供の, 子供心に, 孔融は, 存外危げ, 安福せっけんの, 実によく荷馬車, 客は, 宿の, 寒くなった, 寝室の, 小さい上, 小便近くなし, 少々期待外れ, 少しずつ, 少しばかり, 少し上ずっ, 少し気分, 少年は, 屋根の, 山葵卸で, 峰頭は, 川幅も, 常から, 平をんで, 年に, 年中じめじめした, 幸太郎は, 幾らか風, 床に, 座敷が, 延ばした左足, 弟子は, 当に, 役者どもの, 後伏見, 復一は, 心が, 忙しい, 思い掛けず美しく, 思わずハッと, 恐らく私, 悪党らしく, 愈, 態度に, 或いは米友, 戛然けら首の, 手持無沙汰で, 招待状を, 掴まった時, 提灯と, 数奇な, 敵の, 斜め後に, 旅行用品部の, 日にちが, 日本海も, 明るい夜, 春先の, 昨日より, 時々あの, 時たま十五メートル, 時折うわ言を, 景色の, 暫らく私たちの, 曽ての, 最初に, 有色人蔑視を, 本を, 杉江は, 東京の, 枕に, 格子戸内の, 案外明るい, 梁間の, 榛名は, 横浜の, 次郎の, 正季は, 武骨で, 残照を, 母は, 氏の, 気力も, 気持は, 水際だった, 江戸川の, 汽車の, 法外先生の, 海水着の, 涙が, 涼しい風, 深い歎, 渾身に, 湯が, 湿気が, 溜らなく厭, 火が, 灯ともし, 無口の, 焦, 熱いお, 燈火の, 物も, 犬まで, 狂気に, 獣の, 甚だ不満, 甚だ詩境, 生理が, 甲府の, 町から, 町内の, 異様に, 疲れるね, 病気の, 癇癖を, 皮膚が, 目と, 目鼻立ちが, 真っ赤な, 真直ぐに, 眠れないまま, 眼も, 眼鏡を, 知らないけど, 知らんけれど, 知ら今日, 知れません, 神経の, 秋だ, 空の, 突然牢, 第一, 米友としては, 精力家で, 紋附の, 素敵な, 経過は, 絵から, 繊維の, 美しかった, 翌る, 老けて, 老猫, 肝賢, 背恰好も, 胸部腹部は, 脾腹から, 自分でも, 自尊心が, 臭いよう, 舟から, 船へ, 花の, 若い者, 草の, 落ちるほど, 蒼白いくせ, 蓄積の, 藤崎さんの, 蟹の, 表情の, 襄陽の, 西洋探偵小説には, 見る見る色, 見違えるほど, 覚悟を, 言い知れぬ暗, 詩で, 読者に, 誰の, 財布が, 賑わしい座, 赤坂のや, 足腰が, 身ギレイで, 躯中に, 軽い汗, 辿, 近頃しきり, 近頃めっきり, 途中には, 通る人, 進取的だった, 道の, 遠くは, 都に, 野良犬兵は, 長い堤, 長ずるに, 開けず温泉場, 関口君の, 陰気な, 階下の, 離被, 雪洞の, 青色の, 面倒臭そう, 頗るおとなしく, 頬辺に, 頭脳が, 頸と, 顔だけ, 顔の, 風が, 風邪を, 颯爽と, 食物について, 馬車に, 高く上がっ, 鬢の, 鯨が, 鶯の, 黄いろいジャケツ, 黒ずんだ赤の, 黙りこんだまま返辞

▼ せい~ (761, 11.0%)

104 はない 41 もある, もあろう 36 はなく 24 はなかっ 17 はありません, もない 14 もあるまい 9 はあるまい 8 もなかっ 7 はなかろう 6 もあらう, もありましょう 5 私は 4 あらう, ござりましょう, もえ, もなく, もなけれ 3 それが, はなかったろう, もあるらしかった, もよい, 彼は, 私の

2 [18件] か, ござります, はありますまい, はございません, はな, はないでしょう, もあり, もありますまい, もありません, もあるでしょう, もございましょう, もな, もなかろう, もよう, 大した水, 女学生の, 急に, 観賞に

1 [352件] ああ息, あたし達は, あつた, あなたも, あのよう, あの通り, あまり湯疲れ, あらうか, あらゆる余裕, あんなにこっち, あゝ見える, いかなる時, いくらか, いたし方も, いっそう素ッ頓狂, いよいよ長く, おこうか, おこうもの, おじゃるの, おられましょう, お出ましなさるなら, お父さんが, かたまって, かみんな, からだつきが, か不機嫌, か二十日, か宵, か私, ぐずぐずする, ぐったりと, こいつが, このところ, このひと, このまま, この人, この艇, この長い, この頃彼, ござりました, ござりましょうなれ, さ, さう, さえ眠れず, しようが, すこし眼, すこし頭, そうなった, そう思う, そう悲観, そう感じた, そう見えた, そう見える, その一枚, その代り天真ランマン, その手, その気, それで蒼白く, それは, それ以外の, そんないやがらせ, そんなこと, そんなふうに聞えた, そんなもの, そんな事, そんな夢, たいそう風情, たちとまり, たちまち五円, ちっと取り逆上せ, ちょいちょいタイヤ, ちょっと変, つい酒, つまり自己, て, どうかしてる, どうならう, どうやらこうすやすやと, どこに, なんだか嘘, なんでも, にわかに辛辣, のどかはく, のどが, はあった, はあり, はありませぬ, はある, はあろう, はいられません, はございますまい, はございませぬ, はござらん, はっきりそれ, はなるまい, はほんとう, は御座いますまい, は済まない, は無い, は無え, は無く, は無し, ひどく疲れました, また寂, また着換え, まづい, まもなく明け, みょうに白っぽく, むしろ健康, もあります, もありませう, もあるらしい, もいい, もいちおう, もうその, もえいがな, もえいのに, もええ, もお, もございました, もございません, もござりましょうか, もないだろう, もないでしょう, もなん, もよ, もよかろ, も世の中, も世間, も天下, も御座いましょう, も櫓, も無かろう, も無く, も目, も私, も良, も行雄, ゆるりと, よ, ようよう持っ, よくない, よく一緒, よく吹ける, ギラ・コシサンは, サンマに, ストリップに, ダメでした, ヒステリーん, ルミ子の, 一匹でも, 一家の, 不機嫌, 久しぶりに, 事件の, 京都の, 人を, 人通りも, 人間としては, 今なら, 今に, 仕事が, 仕方が, 仕方ない, 他に, 伊勢では, 似合うの, 何か, 何でも, 何と, 何を, 余裕の, 例年の, 保が, 保身のみを, 働け働け, 僕に, 僕にも, 僕の, 僕は, 兄が, 兄さんが, 先方でも, 先生が, 光って, 入るとは, 六十を, 冗談半分に, 冷汗の, 別府の, 勝手に, 十分な, 友に, 反妙椿派, 口調が, 古いもの, 吐き苦しんで, 咽喉の, 善い事, 地上の, 地下労働者の, 垂れは, 声が, 大きな地面, 大河無, 大番狂わせ, 大薙刀, 女史の, 女房に, 女房を, 妙に, 子が, 子供を, 実は四五人, 実際以上, 宣伝文の, 少し彼女, 少し跛, 尿に, 居られては, 左様な, 幸福に, 建物の, 廻米に, 形の, 彼が, 彼には, 彼の, 彼らから, 彼女が, 彼女は, 後日改められた, 御追放, 心に, 心当りの, 急速に, 惜しいと, 憑き物でも, 成立しなかった, 或る, 手足は, 敏感だった, 文学者に, 文章が, 断髪の, 日が, 早くから死, 早く暗くなる, 昔ながらに, 時々此, 暑さ, 本来は, 本来大, 来訪者は, 梅の, 次には, 歌が, 死んだの, 死んで, 殺されるの, 殺される方, 毎日お, 気が, 気に, 決して殿様, 浅茅生を, 浮世が, 済むでしょうか, 湿度百パーセントなんと, 火の, 火の手が, 火事の, 無い方, 無口な, 熱が, 爆発と, 父上の, 物事気に, 独りで, 生きて, 生きるとか, 用ひ, 由来足利家には, 町の, 畑は, 疲労し, 発育の, 皆に, 相当の, 真実は, 眼が, 眼を, 祖母が, 神も, 神聖な, 私も, 私共も, 秋から, 穏やかな, 立去る気, 笑神経の, 第一, 籐イスは, 紛れて, 細君に, 終りの, 老人は, 背骨は, 腰が, 腹が, 腹は, 自分の, 自然に, 致し方が, 舌が, 色が, 色を, 苦しい目, 苦労しなく, 荒れて, 菩提寺に, 蔵経も, 藁草履を, 蝋搾, 蠅ほどの, 行つたのだ, 街は, 要は教養, 誰を, 貧乏くじを, 貴様が, 赤インクは, 身うごき, 軽蔑され, 近頃は, 部屋には, 錯覚に, 鎌倉で, 間に合わせなかったなどと, 雄猫一匹, 雑所様に, 面会は, 預かりまして, 頬が, 頬を, 頭あ, 頭が, 頭脳の, 顔色が, 食べられなくなる騒ぎ, 鶴谷が, 黒田藩士に

▼ せい~ (491, 7.1%)

14 の家, はお 11 は磯五 9 のこと 8 と磯五 6 の金 4 からお金, とお, と歌子, のこころ, のところ, のほう, んところ 3 が磯五, だ, といっしょ, のまえ, はそれ, もお

2 [36件] から出, から金, がすっかり, がはいっ, がわたし, と話し, にお, に挨拶, に自分, に話し, に身分, のことば, のよう, の声, の寮, の手, の手紙, の眼, の証文, の部屋, は, はいっそう, はその, はそんな, はちょっと, はにこにこ, はまた, は急, は洗われた, は男, は赧, もびっくり, をいい, をだまし, をだます, を苦しめる

1 [311件] お駒, からお前さま, からきた, からそこ, からもしょっちゅう, から取れる, から吸い取っ, から大小何口, から引き離し, から残っ, から聞いた, から話し, から預かった, があった, があぶな, があまりに, があらわれる, があわて, がいう, がいっ, がいつ, がいらない, がいる, がおっしゃいました, がここ, がこの, がこれ, がさき, がしんみりそう, がそう, がそば, がそれ, がちっとも, がつづけた, がどう, がふところ手, がほっと, がやかましい, がわたくし, が久助, が人, が何, が吉田屋, が大家, が失望, が店, が引きうけ, が待っ, が手, が来る, が気, が泣き出し, が熱心, が相手, が看病, が矢, が知っ, が磯屋, が若, が若松屋さん, が顔, が黯然, こそばか, だけです, だろう, だ磯五, であった, でございますか, とああ, というの, という名, という女, といっ, といっし, とかいう四十島田, とかいう色きち, とがこうして, ときく, とすっかり, とのあいだ, とは大, とは雑賀屋, とやらいう, と二人きり, と会話, と初, と別れれ, と同じ, と同道, と夫婦, と江戸, と深く, と近い, なの, なりあの, にい, にいっ, にいった, にいらぬ, にお前さま, にお前さん, にき, にすまない, にだけかるく, についてこっち, にとうとう, にとってこの, になりかわっ, にはたとえ, にはできなかった, には何, には何とか, にばれたら, にほんとう, にまかせられ, にもお, にもそうそう, にも丁寧, に交わっ, に代わっ, に会いたくない, に会ったら, に何, に向かっ, に問い詰められ, に対する磯五, に思いとどまっ, に打ちあける, に招, に無心, に知らせ, に知られる, に知れた, に聞かされ, に聞こえ, に見つかっ, に遊び, のうしろ, のお, のおかげ, のお金, のからだ, のそば, のため, のてまえ, のとこ, のほがら, のま, のまわり, のようす, の冬, の出寮, の前, の取り立てごと, の小作, の居間, の待っ, の微笑, の心, の心もち, の怒り, の情夫, の感情, の手前, の書状, の気, の煙草, の玄関, の純情, の純真, の肩, の胸, の膝, の表情, の見, の近く, の道, の顔, はああ, はあけすけ, はあの, はあわて, はあわてた, はあんな, はいそいそ, はいつのまにか, はいつも, はいよいよ, はうっかり, はおなじ, はおめでた, はお人好し, はお客さま, はきょう, はきれい, はこの, はしとやか, はしんみり, はじっと, はすっかり, はすわった, はそういった, はときどき, はどうしても, はな駒形, はにっこり, ははじめて, ははじめわたし, はびく, はふっと, はまるで, はみじめ, はもう, はもうすっかり, はやはり, はわき, はわたくしども, は一すじ, は三十五, は下谷, は今, は伊勢参宮, は何と, は何やらいっこう, は入り口, は内心, は初め, は呉服太物, は商売, は奉公人, は娘, は小, は少女, は帰っ, は年齢, は座, は待っ, は得意げ, は心から, は忘れ, は怒っ, は日々, は歯, は気がつい, は気の毒, は泣い, は泣き出し, は灯, は真剣, は眼, は知っ, は考えた, は胴, は自分, は若い, は若松屋惣七, は行く手, は西京, は見たく, は語, は誰, は金, は雑賀屋, は高音, は鼠小紋, ばかりで, ばかりでなく, へお下げ, へ知らせる, へ金, まあこの, もおろおろ, もこれ, もすぐのんびり, もせっかく, もはしゃいだ, も何, も何だか, も何やかや, も感心, も気, よりもわたし, をあざむい, をあわれ, をお, をごまかそう, をそそのかし, をたぶらかし, をたぶらかしつづけ, をだまかす, をだました, をだまそう, をひとり, をふり切る, を一瞥, を丸め直す, を呼び, を女たらし, を抱き込まなけあなら, を比較, を焚きつけ, を突, を見, を見る, を訪れ, を迷わせ, を通して若松屋さま, を釣っ, んとこ, んとこほか, んところで

▼ せい~ (454, 6.6%)

46 あろうが 39 あって 38 あるが 28 あろう 26 ある 17 あった 14 あったが 10 あるかも 9 あったの, あるでしょうが, あるの 8 あるであろう 7 ありますが 6 あったでしょう, あったろうが, ありましょうが, あるだろうが, あるでしょう 5 あったろう, あらう, あるだろう 4 あったかも, あらうが, ありましょう, あるし, あろうか, あろうし 3 あったであろう, あるか, あるけれど, あるけれども, あると, あるらしい 2 あつた, あるわ, あるん, あろうと, 手伝って, 高く大きな

1 [95件] あったかから, あったし, あったであろうが, あったでしょうか, あったでしょうが, あったでしょう真っ, あったでは, あったろうし, あったろう別段, あっても, あらうし, あらう何, あらう八分弱, あり, ありかたがた, ありこっち, ありそれ, ありました, ありましたが, ありましたろうし, ありましょうし, あります, ありますけどさ, ありませうが, ありまた, ありやしょう, ありよむもの, あり一つ, あり一方, あり今度, あり出来, あり又, あり大柄, あり少し, あり強気, あり彼, あり此の間, あり気, あり私, あり組合, あり調子, あり過労, あるけど, あるじゃろうが, あるだろう余輩, あるであろうが, あるでしょうけれど, あるでしょうし, あるでしょうツイ日頃, あるでしょう何時も, あるでしよう, あるとは, あるらしいが, あるらしいし, あるらしく気味, あるんでさ, あろ, あろうあ, あろうお, あろうけれど, あろうけれども, あろう主人, あろう今, あろう衣装, あろう髪, いくらかあった, いくらかは, ございましょうが, ございますの, さすがに, すこしは, そこへ, ない妖女, なく飲みあまし, むろん反対, やはり執念深く, ゐて, 亭主と, 低くやせ, 出た敗けたんぢ, 加わって, 多少あろう, 大いにあるでしょう, 大きな原因, 手伝つては, 斯う, 洋服を, 湯殿へは, 確かに, 身体のは, 邦子も, 駆けて, 驚いたと, 高いし, 高くなり

▼ せい~ (446, 6.5%)

40 して 10 した 6 しようと, 違いない 4 するの, 手を, 相違ない 3 したが, しては, すること, ちがいない, 帰して, 彼の, 拍手が, 違いなかった

2 [19件] したり, する, その蜜蜂, なって, 叫んだ, 向けて, 声を, 外へ, 射かけて, 彼に, 彼を, 後を, 火蓋を, 眼を, 背中を, 違いありません, 頭を, 顔を, 鳴きは

1 [310件] あげ, あると, あろう, いかりを, うつむいて, うむと, おこなわれたの, おこなわれた日, おどりだすよう, おべ, がさがさと, こちらを, こっちに, この彼, この猿, ささげるつもり, さっきは, さっと淡い, された, されちゃあ, しずかに, したがった, したって, したと, したん, しちまったわけ, しても, しないでよ, しなくっても, しはじめたの, しました, します, しょうと, しよい, しジェネレーション, すぎないと, すぐ, するかも, するけどさ, するとは, するなよ, するなら裏切者, するなんて, するもの, するよう, するわけ, する気, すれば, そ, そこの, そつと, そのなか, そのほう, その問題, その弁護士, ちがいありません, ちがいが, ちがいなかった, とびこむの, どっと笑い出した, どよめいて, なさるが, なると, ぴつたりついて行かない, ふりかえった, ふるい起つ, またしいんと, よしわかった, わっと, カナ, サイレンの, スタートを, トロ族が, ニヤニヤ笑いだした, バッグを, ボートから, 上陸を, 両手を, 並んだ桜, 乗り込んで, 乱声, 云った, 云つた, 云は, 仕事を, 他ならない, 他ならぬ, 似て, 低い礼, 何となく反感, 働く事, 兄の, 先生の, 光った, 入口の, 六波羅攻めと, 兵を, 円筒の, 出払って, 分解し, 刑の, 剣を, 動きまわるの, 反對, 叩きつけるさ中, 叫んだライオン, 叫声を, 叱るよう, 右へ, 同じ方向, 向つて, 吹き出したもの, 吹奏され出した, 呀っと, 呟いたが, 呼集め, 咲き鳥, 唸った, 唾を, 啼く, 嘘の, 噴火が, 囃し立てた, 夏に, 外ならない, 大声を, 大河を, 太刀川の, 失笑する, 奏で出し連れて, 孔子を, 家の子郎黨を, 寝かされた, 寺門や, 小屋を, 小樽で, 山門の, 峠の, 帆村の, 帰着させ, 平尾を, 座を, 引き揚げて, 彼女を, 彼達の, 後ろを, 応えて, 念仏を, 思つて居た, 怪船の, 恭一を, 悲鳴と, 扇を, 扉の, 手足を, 打って出で, 打寄せて, 拍手した, 拍手しました, 拍手の, 挙手の, 振り向かせた, 振返って, 掲げられたヘルバート・ドゥ・レルナーク, 揃い戸外, 揺らいで, 撥ねあげる, 播州加古川へ, 攻撃に, 攻撃を, 敗北した, 散兵, 敬礼を, 斜に, 旗手を, 日比谷公園から, 明りの, 暗天, 書いて, 最敬禮, 會つた, 梅本に, 棄権し, 棍棒を, 椅子の, 橋桁の, 次郎に, 歓呼の, 歓声を, 死のう死のうと, 気を, 水夫の, 水面から, 河内野から, 泣き顔である, 注がれて, 洩れたという, 浴びせかけて, 消えて, 涙を, 漕ぎ寄せて, 火事に, 火焔に, 火粉を, 点火された, 無期限スト, 煙り鵲, 燃えること, 爆発させる, 爆発した, 獰猛な, 生き返つたやう, 生徒の, 生田か, 田植が, 田植は, 男の, 男側を, 異様な, 発った, 白い息, 目を, 相手の, 相違無い, 砲弾を, 破壊しよう, 私を, 突端の, 窓から, 立ちあがりまっ黒, 立ちすくんだの, 立ち向いかけたが, 立ち止って, 立ち騒ぎだしたの, 立った, 立って, 立上っ, 立上り石川の, 笑いこけたり, 笑い声を, 笑つた, 腹を, 自分に, 自分の, 致したと, 致したは, 致すとは, 舵を, 色めきたつ人々, 花を, 芽吹かうと, 若芽を, 苫へ, 荷物を, 萬歳を, 落ちるよう, 蒲の, 行きあつ, 表情を, 襲いかかって, 襲せろ, 見て, 視線を, 覗いて, 観音寺へ, 解きほぐすの, 言わして, 話しかけたり, 認めて, 賊の, 走り出した, 起き上って, 起き出して, 起ちその, 起ち上がって, 起ち道誉, 起立した, 跪いた会衆, 躍りあがった, 身装を, 車窓から, 轅を, 迎ひ, 追かけ, 退いて, 逢つた, 逢つてゐる, 逢ふ, 進撃する, 違ない, 遺言した, 都へ, 釣り手の, 長島へ, 雪の, 非難と, 靡く不思議, 頭部を, 飛下り息, 馬を, 馬車の, 駆け出すという, 駈けこんだ, 駈け上がったが, 騎を, 騒ぎ出した, 騒ぎ立ちあるいはまた, 高くさしあげた, 鳴き出して, 鼓を

▼ せい~ (370, 5.4%)

11 ように 5 家の, 高い男, 高い眼, 高さ 4 亭主に, 家で, 高いかたち, 高いひどい近眼鏡, 高い子供, 高い車掌, 高い青年, 高い黒いか 3 たかさ, 亭主の, 立つところ, 高い立派, 高い草

2 [33件] お母さんなぞも, お母さんの, お袋さんだけに, お袋さんや, こども, ぢいさん, むやみに, やうに, ような, 一族との, 亭主が, 亭主は, 低い太った, 低い犬, 低い顔, 声に, 姉の, 方で, 涙は, 為に, 眼の, 義兄の, 肉体を, 腹の, 親父がは, 親父さんと, 親父と, 親父には, 顏を, 顔が, 高いこと, 高いの, 高い二本

1 [226件] あまりに思い入った, あんまり高く, いいこと, いい声, いい押送, いい論文, いい音, うちから, うちの, お酌, かくれ家みたい, くりの, ことが, じゅんに, そばに, そばを, たかいし, たかさ一メートル, ただ口を, つまった燈籠, ところと, ところへは, どつ, ない浮かない, なさ相, ひくい, ひくいむさくるしいようす, ひくいやせた, ひくい子どもみたい, ひくい木, ひくい毛並, ひくい雪子ちゃん, ひどく高い, びしてしばらくかんがえこんでいましたがやがてぽん, びをすればとどくやうに, やうな, やうにも, よいビラ, ようだ, ようでした, ようにも, ゐないベッド, ゐない事, ベッドで, 三倍も, 上京, 下女待遇, 下駄を, 丸く紅い頬桁, 丼の, 事な, 事に, 事は, 事も, 事よりも, 事を, 事件が, 亡くなつた時, 亡霊から, 亡霊に, 亭主も, 人と, 仏を, 似たよう, 低いおかしな, 低いずんぐり, 低いひどくね, 低いひどくねじれた, 低いを, 低いダルゲ, 低い変, 低い子供, 低い小太り, 低い支那馬, 低い滑稽, 低い男, 低い色, 低い花, 低い電信柱, 何倍も, 借りた部屋, 働いて, 冷い, 分と, 前を, 化粧品を, 叔父にも, 口を, 哀れな, 唄を, 問題が, 問題だけで, 問題も, 問題傍, 夜は, 女心が, 女心を, 奴に, 如く考えられて, 姫鏡台の, 姿が, 嫂さんが, 家から, 家に, 家は, 家への, 家具や, 帰りの, 幻影から, 幻影が, 幻影に, 弁護人を, 強さ, 強情な, 後から, 後の, 心づくしの, 思ひ出, 悪に, 感じでは, 所謂キユーピーさんの, 拍手, 方に, 方を, 方をも, 最後の, 様に, 様子を, 死体は, 死邦子の, 水槽の, 注意で, 消息は, 演じたお, 無表情な, 爺さんが, 爺さんと, 甘酸っぱいよう, 由である, 看病で, 看病を, 眞劍な, 眼に, 眼は, 眼を, 算段から, 粉白粉や, 紫めいせ, 綿入を, 老父と, 耳を, 肩を, 背後に, 脚肉に, 腰を, 膝に, 良い壮, 良人に, 荒々しさ, 衣類を, 表情を, 裸が, 裾に, 親父招壽軒淺見安太郎さんは, 親父招寿軒浅見安太郎さんは, 話で, 話を, 誘惑に, 誘惑によ, 身に, 身体には, 身内に, 逞ましい, 部屋から, 部屋で, 部屋な, 間が, 隙を, 頭らしい, 顏に, 顏や, 顏田舍の, 顔は, 食物を, 首から, 首は, 首を, 騒ぎの, 高い, 高いおじいさん, 高いからだ, 高いからだに, 高いしじゅう, 高いすらり, 高いとどまつの, 高いもの, 高いやつ, 高いクーボー, 高い兵士, 高い堅, 高い大きな, 高い娘, 高い山, 高い帳場, 高い後列, 高い方, 高い百姓, 高い目, 高い私, 高い紳士, 高い美しい人, 高い肉感的, 高い肥った, 高い自転車, 高い船, 高い若者, 高い赤いあかり, 高い顔, 高い黒い髯, 高い鼠色, 高い鼻眼鏡, 高い鼻筋, 高き山伏, 高くない, 高くひと, 高さ三尺

▼ せい~ (315, 4.6%)

3611 と思っ 9 という, と思う 8 ということ 6 と思った 4 というの, という気, とした, ね 3 といっ, と思います, と思われる, と考えた, と言った, な, わ

2 [13件] か何だか, ぜ, そうです, ぞ, と, とお, としよう, とは思い, とばかり思っ, とも云い, と云っ, と気づいた, と考え

1 [173件] あね, あの畜生, あの馬, あれだけ, いよいよ御, か, かあの, かあるいは, かいくらか, かいつの間にか, から, からつまるところ, からという, からね電車, から今さら, から今に, から仕方, から心配, か二人, か何, か分っ, か暑い, か知らない, か私, か精進男, か自分, が, がこれ, が今や, が当人, が浮気, が物, が荒れた, しお前, し親類, そうでございます, つたのか, とあきらめ, とあっ, とあなた, とある, といいふらし, といいます, といううわさ, というのほか, というはなはだ, というふう, という位, という話, といえ, といふ, とうぬぼれ, とおいいだ, とおとうさん, とか, とかいう訳, とか云う, とか癇, とさ, とし, としか思へない, としか思われなかった, としたかった, としても見, としてジャンナン, として一笑, として自分自身, として読者, として面白, とする, とはいわれまい, とは云う, とは云わせない, とは信じられませんでした, とは少し, とは思えない, とは思わなかった, とばかり解釈, とみんな, とむしろ, ともいう, とも云いました, とも云う, とも云った, とわかっ, とわかった, とプンプン, と云, と云う, と云え, と云われた, と人, と仰有る, と信じ, と信じ込ん, と僕, と出入り, と分っ, と呪わしかっ, と喜兵衛, と嘆く, と大抵, と女房自身言明, と形, と彼, と心得, と思い, と思いまし, と思い消した, と思い込む, と思い込んだらしい, と思うらしい, と思ったらしかった, と思ったらしく, と思ふ, と思わせたかった, と思われない, と教え, と早合点, と時々, と申し, と申します, と私, と笑っ, と笠井さん, と答える, と系図, と考えざる, と見なし, と見られた, と見られない, と見る, と観念, と解釈, と言, と言いきれない, と言いました, と言うだろう, と言われる, と記代子, と論ずる, と責め, なこ, なという当然, など, などと人, などと思う, などと誤解, なんてあ, なんて当時, なんて言, ねエ, の, のと, よこんな, よそう, よそりゃ, よそれ, よ陽気, んなあ, ア, 体が, 兄が, 君が, 大いに学ん, 彼奴が, 断じて大阪人, 来月は, 熱だ, 眼の, 私が, 自分の, 豚の

▼ せいかも~ (240, 3.5%)

78 知れない 31 しれない 13 知れないが, 知れません 11 知れないと 6 しれないが, しれません, 知れなかった 5 知れぬ 4 知れないけれども, 知れぬが, 知れませんが, 知れん 3 知れないがね, 知れないよ, 知れませぬが 2 しれないけど, しれないし, しれないと, しれん, 知れないし, 知れませんね

1 [34件] しれないけれど, しれないぞ, しれないの, しれない始め, しれなかった, しれぬが, しれぬとも, しれぬの, しれませんな, わからなかったの, 判らないの, 知れないけど, 知れないけれど, 知れないそう, 知れないぞ, 知れないな, 知れないなどと, 知れないの, 知れないわね, 知れない大事, 知れない朝, 知れない東京, 知れない汽車, 知れない脱線, 知れなかったが, 知れねえや, 知れまい, 知れませんけれど, 知れませんでしたけど, 知れませんな, 知れませんわ, 知れません多分そう, 知れんが, 知れんよ

▼ せい~ (141, 2.0%)

6 云ふ 4 仰せられるか 3 思われる, 言うて 2 いうよりも, おふく, 云う託宣, 云う訳, 己が, 思う, 思って, 言ふ

1 [109件] あきらめて, いい着る物, いうから, いうて, いうを, いえば, いたしおり申候, いつしよ, いつもお母さん, いわるるの, いわれれば, おっしゃいましたがね, おっしゃいまして, おっしゃって, おっしゃられたこと, おっしゃれば, お前なら, お声, お嬢さん何か, お高, きまるくらい, さすが差配, された, すれば, どこに, ぬかすか, のか, ひたすらに, ひとつには, みたいにから, わかった, わかって, 一本ずつ, 二人で, 云い直したの, 云うの, 云うよりは, 云えば, 云は, 云ひ棄て, 人に, 今石見様から, 仰せか, 仰せられた時, 仰せられるかと, 仰ッ, 仰有っても, 伝えい, 伝えて, 僕の, 儼然として, 内命した, 初めて気, 合図を, 同棲する, 呶鳴っ, 命じた, 命ぜられたなら今, 察せられた, 庄吉との, 後でわたくしたち, 御邸, 忌憚なく, 思い込みその, 思うか, 思えば, 思ふ, 思われます, 思召し, 急がせて, 悪いこと, 手を, 指図した, 教えたかい, 教えて, 書いた女文字, 格二郎の, 申したいこと, 申したでは, 申したら何, 申して, 申しましたゆえ, 申し伝えい, 申せ, 疑って, 突放して, 而し, 腕自慢の, 自分の, 荒尾先生に, 萬屋も, 見るほか, 見做, 見破ったガラッ, 見遁, 言い付けたの, 言い附けられて, 言うたじゃ, 言う口, 言った, 言つて二十だつた, 言ひ附けた, 言ふと, 言われても, 言わんばかりに, 責められて, 遠乗りの, 関東地方の, 風向きの

▼ せいだろう~ (115, 1.7%)

348 と思う 32 と思います, と思っ, と思った, と思われる, と私

1 [60件] かこの, かと思う, かと私, かねえ, か急, か胸, か良人, か部屋全体, がこの, がこれ, が彼, が料理, が木ベエ, ぐらいに思っ, けれどはてな, ここは, さ, じゃありません, それとも何時も, とありがたく, という, ということ, という工合, という者, という説, とかねがね, とつい, ととかく, とは思う, とも思う, とブツブツ, と人, と伸子, と判った, と医師, と思ったらしく, と思われた, と打ち消した, と気, と考えた, と訊い, と邪推, どこにも, な, なあ, もしその, よ, 不眠も, 位に, 僕が, 前庭に, 夜中まで, 少しは, 少し歩く, 彼の, 物干, 私は, 近年に, 門燈は, 頭痛が

▼ せい~ (100, 1.4%)

3 高くて 2 ひくいの, めきめき高く, 云つた, 低いので, 來た, 出ますね, 打つた電報, 高いので, 高かった

1 [79件] あがりました, あった, あって, あのひと, ありません, あるかも, あるの, いいじゃ, いいな, いる, うつくしく唄, きれて, この上二重三重, さかんに, すぐ立つ, ずんと高い, そつと, でますな, でるね, とどきません, どんな風, ない, ないやう, ひくいので, ひくくって, りゅう, テレ隠しに, 一ばん, 一体どうした, 三尺か, 主膳の, 亡くなつたから, 亭主に, 亭主の, 伸びた, 低いん, 低かった, 低かつ, 低くつて, 低くなっ, 低く五尺, 何百人何千人と, 借りられて, 出ない, 出ますな, 十月初旬出, 向井清吉の, 居たため, 届かなかった, 強いて貰い受け, 強すぎる, 憎くて, 扉を, 朝運ん, 横にな, 歩いて, 清吉に, 無い, 父の, 生きて, 生れつきの, 確かに, 私たちを, 話の, 躍起と, 顏色を, 飛び上って, 馬鹿に, 高いで, 高いでしょう, 高いばかり, 高くなっ, 高くなった, 高くなりました, 高くなる, 高くやせ, 高く岩, 高すぎる, 高過ぎ

▼ せいばかり~ (96, 1.4%)

50 では 15 でも 2 でないと, でなくその, でなくて, でなく何

1 [23件] だったでしょうか, ぢや, でないも, でなくこの, でなくこれ, でなくたしかに, でなくつまり, でなくへん, でなくまた, でなくやつれて, でなくやはりまだ, でなくパパ, でなく何だか, でなく前, でなく実際, でなく弱々しく悲し, でなく彼女, でなく心, でなく死人, でなく精神力, でなく色, でもござりますまいが, 高くて

▼ せい~ (95, 1.4%)

15 んだ 11 のか 10 のだ 9 のである, んです 5 んでしょう 4 のだろう, のであろう, のです 3 の, のでしょう, のよ 2 んだろう, んで

1 [11件] あれっ, のかは, のかも, のが, のだった, のでなに, のでもう, ので由良, 怪しみ, 恰好を, 矢の

▼ せいじゃ~ (92, 1.3%)

20 ない 12 ないか 6 ないよ 3 ありません, ありませんよ, ないん, ねえん, よ 2 ないかな, ないぜ, ないの, なかろうかと

1 [31件] ありますまい, ありませんか, ありませんかね, ありませんの, あるまいしと, あるまいて, あるまいと, あるまいな, ございません, ございませんか, ございませんが, ございませんわし, て, なあい, ないから, ないからね, ないが, ないぞと, ないでしょうか, ないでしょう宙, ないや, ないわ, ない私, なかった, なかったか, なくもしか, なーいよ, ねえ, ねえよ, 無いね, 無え

▼ せいです~ (87, 1.3%)

2675432 か私

1 [40件] あなたが, かあなた, かさあ, かしら, かしらどうも, かしらなんだか, かそんなに, かどう, かな, かなと云う, から, からこんな, か中, か土居先生, か急, か想像, か有る, か気分, か自身, か芝居, か落胆, か身体, か隙, がしかし, がね, がよ, が小屋, けれどもまた, ぞ, って, とさ, なわたし, ね何, もうわたし, もの, よお爺さん, よと箱, よよく, よ屹度, 毒の

▼ せいであろう~ (74, 1.1%)

224 と思った, と思われる 2 か或いは, が私, と思う

1 [38件] かしばらく, かとも思った, かの, からよく, か巻物, か彼, か心情, か昔風, がいわば, がその, がそれにしても, がとにかく, がテレビ, が他, が宗教的, が眼, が老人, すべての, そこここに, との話, と土地, と察せられた, と思います, と思っ, と思われた, と思われました, と想像, と林之助, と祖母, と考えた, まるで森林, 暑さもさ, 椅子の, 氣候の, 池の, 耳朶に, 薄茶色の, 首を

▼ せい~ (65, 0.9%)

3 いた 2 い, いるので, 追って来た

1 [56件] いう, いたし, いたの, いたので, いたもの, いましたが, いる, いると, いるよう, いる場合, いる時, お高, きく, くる三, くれるな, しまって, しようがない, たまらなかった, たまらねえ, とうとう何千人, ともすると新居町, どのくらい, なか, もっての外草臥れた, や, やってるよう, やって来ます, ゆっくりし, ゐた, ゐたので, ゐるので, 一刻も, 二つの, 分家の, 学校から, 帰った事, 思うこと, 戻って, 手を, 手近に, 早う早う云う, 早くひとみ, 来た者, 来て, 来ました, 歩いて, 気を, 登って, 目白へ, 私を, 置いて, 落着く, 訊ねると, 額に, 馬の, 駈けて

▼ せい~ (56, 0.8%)

4 出して 2 とった, 何うし, 出さなければ

1 [46件] あきらめ兼, おち, くじかれましたうえ, くずすが, しました, だすよう, とり読本, ねらつた猟師, はなした, みだすやつ, みぬく御, やって, 伴れ, 出しいたが, 出したり, 出しても, 出してるが, 出しとなり, 呼んで, 富岡は, 庇う様, 引張つて帰つて行つたの, 引張つて歸つて行つたの, 得た, 恃み, 恋しいとも, 悩ましたの, 悪い性質の, 惡い, 愛して, 抱いた, 掴み殺して, 撲りころす太い, 正しくする, 殺した下手人, 殺し清吉, 求めた, 見た時, 見つめると, 見るの, 覗きこみに, 追及し, 退却させ, 郷里に, 離別すれ, 高く見せよう

▼ せいだった~ (50, 0.7%)

6 かも知れない 4 かもしれない 3 のかも, のでしょう, のです 2 かしら, かな, かも知れません, のだ, んだ

1 [21件] かどう, かもしれぬ, かもしれません, かもわかりません, からだ, か僻目, か誰, がその, がそれ, そうだ, とそんな, と思う, と思われる, の, のか, のかしら, のじゃ, のだい, ので, のでアメリカ, ようにも

▼ せいでしょう~ (49, 0.7%)

1432 かそれ, かそれとも, と妻, よ

1 [24件] かえって私, かお, かこの, かしら, かね, か今, か今夜, か狐, か自分, か落しちゃった, か親分, がしかし, が問罪, が私, けどいま, こうし, とは云った, と云われ, と思います, にっこりする, 気の, 石像も, 胃腸が, 髀の

▼ せいである~ (41, 0.6%)

3 かのよう 2 と私

1 [36件] かお, かとも考え, かもしれない, かもはや, かも知れない, かも知れぬ, からこれ, か何らかの, か頑固, が悪意, ことが, ことも, ことを, し婦人, ということ, という他力本願, とかデリンジャー現象, とこんな, とばかり解し, ともいえよう, と七兵衛, と嗤, と当直, と思い, と思い込ん, と思う, と思った, と知り, と考え, と自分, のか, のを, ように, よりも鎌倉, 事は, 事を

▼ せいでも~ (38, 0.6%)

14 あった 5 あったろう 4 あったが 3 あったろうか, あったろうが 2 あったでしょうが 1 あったか, あったろう又, いい, ござろう, よい, よかった, 大事ない

▼ せい~ (35, 0.5%)

2 こんなこと, また下宿

1 [31件] あるが, いつもの, いにお, おずおず父, さすがに, しなかった, しみじみと, すらりと, せっせと登っ, その日空手, その永い, どっちかと, どっと悲しく, なかった, ひとりでに襟, びくとも, びくり, ほとんど憤りたい, また湯, もう涙, ようやく父, わざと遠慮, ゐなかつた, ブツブツつぶやき, 低いけど, 勿論な, 富岡の, 小石川の, 少しも, 沈んで, 涙ぐまずには

▼ せいかと~ (28, 0.4%)

7 思って 2 思いましたが, 思ったが

1 [17件] 変な, 平手で, 思い出したらしくまた, 思い夜毎, 思う, 思うが, 思ったわ, 怪しんだの, 擦りながら, 文学好きな, 疑ぐりましたが, 疑った, 疑ったほど, 考えて, 袴野は, 解釈する, 遂には

▼ せいであった~ (26, 0.4%)

4 かも知れない 2 のか

1 [20件] かすべて, かそれから, かそれとも, かと今, かと思い直し, かも知れぬ, かも知れません, から, か歯医者, がむしろ, が残った, ことは, ということ, と分る, に, にし, に相違, に違い, のかも, のだ

▼ せいとの~ (24, 0.3%)

2 問題も

1 [22件] いきさつの, おすすめか, お声, お奉行さま, お達しじゃ, お達しで, お頼み, ことで, ことである, 主人言いつけ, 事情を, 仰せに, 厳命でも, 商売か, 問題が, 御声, 御沙汰で御座います, 思ひ出, 旨か, 謎じゃ, 謎で御座る, 關係を

▼ せいようかん~ (21, 0.3%)

2 がたっ, の中, の外

1 [15件] にかけつけ, にすん, にはおお, にはまだまだもっと, のえ, のおく, のちかし, のまえ, のまどから, の二かい, の方, はむかし, へつれこまれた, をたん, をばけ

▼ せいどう~ (20, 0.3%)

17 のまじ 1 でできた, のま, のまじん

▼ せいかとも~ (17, 0.2%)

5 思う 2 思った, 思って 1 かくかれの, 察しられなくは, 思いなされる, 思いました, 思いますけれど, 思ったが, 私は, 考えた

▼ せいという~ (16, 0.2%)

1 [16件] お言葉, お誂, ことじゃ, この湯屋, ご諚, のは, もの, ものが, ものは, 区別は, 役を, 御上意, 文句も, 旨を, 温気を, 鶴の

▼ せいようあくま~ (15, 0.2%)

3 のよう

1 [12件] があらわれ, がぎょっと, がはいっ, につれられ, にばけ, のおそろしい, のからだ, のきみ, のまほう, の黒いす, はびっくり, は三人

▼ せいだけ~ (13, 0.2%)

9 では 1 だね, でなくかなり, でふるさと, で無く

▼ せいとも~ (13, 0.2%)

1 [13件] いえませんわ, 云える, 思いたくありませぬ, 思い寄るところ, 思えるの, 思わず世, 思わず誰, 思われたが, 思われぬが, 思われませんが, 行詰まりの, 見えます, 言えないねえ

▼ せい一ぱい~ (13, 0.2%)

2 であった

1 [11件] しかつめらしくかまえ, に大, に生きる, のし, のもの, の呪い, の大声, の良識, の贈り物, ひろげた, 動かして

▼ せい一杯~ (12, 0.2%)

1 [12件] だった, である, にお, に力, に声, に息, に手, のところ, の努力, の皮肉, の笑い声, の重油

▼ せいであり~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことに清君, でもする, 世の, 世界共通の, 人いちばい貪欲な, 双方文句の, 常に男, 彼女の, 疾病の, 矢田さんの, 自ら知る

▼ せいとは~ (11, 0.2%)

1 [11件] いいながら, いえこの, いえません, いわさぬぞ, し難い, 決して思っ, 真田一族が, 考えられて, 言いながら, 言っとらん, 言や

▼ せいにも~ (11, 0.2%)

3 よるの 1 よるが, よるだろう, よるだろうが, よるん, 亭主にも, 可哀そうだ, 膃肭臍にも, 自分の

▼ せい~ (11, 0.2%)

3 カンの 1 あれへん, かんの, きさ, したか, ぞ, わ, アお, 当人たちの

▼ せいちゃん~ (9, 0.1%)

1 が肩, のうしろ姿, の母親, の説明, は, は二十歳, は姉上, は神様, は話し始めた

▼ せいには~ (9, 0.1%)

2 ならない 1 しなかった, しなくとも, それらの, 所を, 敗けては, 気恥かしい, 違いない

▼ せいばつ~ (9, 0.1%)

3 に行く 1 あそばされるもの, するため, なさる, に行こう, はおもしろかっ, よりも

▼ せいだらう~ (8, 0.1%)

1 か, が, それとも何時も, とても快く, と思った, 十一時迄, 当分酒を, 老人は

▼ せいては~ (8, 0.1%)

5 事を 2 だめだ 1 ことを

▼ せいであっ~ (8, 0.1%)

1 たり茶碗酒, てそういう, てわれわれ, て何, て夏一般, て火勢, て試し, て近代的照明

▼ せいでなく~ (8, 0.1%)

1 おっとりした, かえって自分, て地面, て靄, ねこが, むしろ文学, もともと酒乱, 背の

▼ せいじゃあ~ (7, 0.1%)

5 ないぞ 1 ないか, 無いん

▼ せいでで~ (7, 0.1%)

6 もある 1 もあろう

▼ せいみたい~ (7, 0.1%)

1 に, にし, にも思われ, に喚い, に正季, に罵った, に考えられ

▼ せい~ (6, 0.1%)

1 かが手際, かとこんがら, かとこんがらが, かと一言二言, かのただ二人, かは眼

▼ せいだったろう~ (6, 0.1%)

21 が女, としんみり, と晋作, 起上る

▼ せいであったろう~ (6, 0.1%)

21 とばかりも思われない, と思う, と思った, 私は

▼ せいでない~ (6, 0.1%)

2 ことを 1 かとなお, かと思いました, ことが, のを

▼ せいらしい~ (6, 0.1%)

1 から帯, がそれにしても, ぜ, と思われる, な, 僕は

▼ せいかしら~ (5, 0.1%)

1 いやに, んと, 今のは, 前後が, 酷く滝尾さん

▼ せいかしらと~ (5, 0.1%)

1 二度も, 思いながら, 思って, 町長さんは, 疑いながら

▼ せいかなと~ (5, 0.1%)

1 前方の, 思いながら, 思うの, 辰さんは, 長平は

▼ せいせき~ (5, 0.1%)

1 が段々, で私, で遠洋漁業, はぐんぐん, は諭吉

▼ せいでございましょう~ (5, 0.1%)

1 か昨夜, か若い, よ, 今戸へ, 実は以前

▼ せいばかりとは~ (5, 0.1%)

1 いえず他, 云えない, 思えない, 思われない, 申せません

▼ せい~ (5, 0.1%)

1 うかんで, うかんですが, ッ, 一筋に, 波よ

▼ せいよう~ (5, 0.1%)

3 のよろい 1 のま, のフェンシング

▼ せい~ (5, 0.1%)

1 の中, や蝶々, ん人独特, ん政庁, ん独立新聞

▼ せいゐつ~ (5, 0.1%)

4 ぱいの 1 ぱいに

▼ せい~ (4, 0.1%)

1 困りでご, 新一まず, 汝あたりの, 辰

▼ せいかの~ (4, 0.1%)

3 ように 1 与九郎

▼ せいに対する~ (4, 0.1%)

1 呪いの, 嫉妬で, 恐しい, 漠然たる疑惑

▼ せいろう~ (4, 0.1%)

1 のごとく, のよう, の中, をかけ

▼ せい沈着~ (4, 0.1%)

4 にせい

▼ せいあなた~ (3, 0.0%)

1 がユスリ, の性根, の柄

▼ せいこの~ (3, 0.0%)

1 お福さん, 地方に, 高時

▼ せいこれ~ (3, 0.0%)

1 も何, も処分, やただ事

▼ せいぞろい~ (3, 0.0%)

1 です, をし, をする

▼ せいだったら~ (3, 0.0%)

1 どうでしょう, 私は, 自分の

▼ せいだって~ (3, 0.0%)

1 いう事, きっと考え直す, 気が

▼ せいだの~ (3, 0.0%)

1 仕立屋の, 空気の, 酔っぱらいの

▼ せい~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やねえや

▼ せいでございます~ (3, 0.0%)

1 か, よ, よ御

▼ せいとか~ (3, 0.0%)

1 そこの, 何とか書い, 斬れとかいう

▼ せいとでも~ (3, 0.0%)

2 いうの 1 いうん

▼ せいにばかり~ (3, 0.0%)

1 した, したがる者, しないで

▼ せいばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんよ, ない, ない月ぎめ銀二朱

▼ せい相手~ (3, 0.0%)

1 が唖女, が霞が関, に毎晩

▼ せいかく~ (2, 0.0%)

1 に教, ッきりと

▼ せいかは~ (2, 0.0%)

1 知らないけれども, 知らぬが

▼ せいこう~ (2, 0.0%)

1 しませい, もてなせと

▼ せいこうした~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ せいじゃろう~ (2, 0.0%)

1 とあまり, ひどい汗

▼ せいじん~ (2, 0.0%)

1 をたのしみ, をみと

▼ せいたち~ (2, 0.0%)

1 の間, も舌

▼ せい~ (2, 0.0%)

1 おやおやどっこいす, なあ益満さん

▼ せいでした~ (2, 0.0%)

1 か, かどう

▼ せいでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば大方いたずら猿め

▼ せいとしては~ (2, 0.0%)

1 いたが, その主膳

▼ せいとまで~ (2, 0.0%)

1 お殿様, 仰せられた程

▼ せいなら~ (2, 0.0%)

1 いいが, 仕方が

▼ せいによる~ (2, 0.0%)

1 ので, のであろう

▼ せいに対して~ (2, 0.0%)

1 ゆき子は, 馬鹿に

▼ せいのうと~ (2, 0.0%)

1 呼ばれて, 訓ませ

▼ せいのうとも~ (2, 0.0%)

1 発音したらしい, 発音したらしく

▼ せいのみ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ せいばかりとも~ (2, 0.0%)

1 思えなかった, 思われぬその

▼ せいへの~ (2, 0.0%)

1 供養は, 思ひ出

▼ せいほどの~ (2, 0.0%)

1 しほれを, 影が

▼ せいまし~ (2, 0.0%)

1 そこは, 今度の

▼ せいよう人~ (2, 0.0%)

1 がすん, のよう

▼ せいよと~ (2, 0.0%)

1 人様に, 申して

▼ せい二さん~ (2, 0.0%)

1 に尊敬, の厚意

▼ せい~ (2, 0.0%)

2 もどれくら

▼ せい出し~ (2, 0.0%)

1 てやつ, て働きました

▼ せい~ (2, 0.0%)

2 はその間

▼ せい安心~ (2, 0.0%)

2 せい

▼ せい御用~ (2, 0.0%)

1 だぞ, だツ

▼ せい時分~ (2, 0.0%)

1 からのお, の事

▼ せい様わたし~ (2, 0.0%)

1 はおまえさま, は久助

▼ せい清吉今夜~ (2, 0.0%)

1 は酔い潰れろ, は酔ひ

▼ せい~ (2, 0.0%)

1 と西, と見える

▼ せい~ (2, 0.0%)

1 の相国, は忙しく

▼ せい白状~ (2, 0.0%)

1 せい, せんと

▼ せい~ (2, 0.0%)

1 が思うた, は鈍物

▼ せい~ (2, 0.0%)

2 のふられ

▼ せい軽挙~ (2, 0.0%)

2 すなと

▼1* [266件]

せいああして, せいいざと云う, せいいずれおいおい上達する, せいいつぱいの, せいぬから, せいうっかり油断を, せいうてまあそん, せいんを, せいおまえの声, せいお初のお目見得, せいお前でなくて, せいかかッか, せいかからだが, せいかきや, せいかしらなんて悪口を, せいかすつかり変つて, せいかで姿勢が, せいかとでも疑って, せいかな馬鹿に, せいかね動悸が, せいかやくにも, せいから返事が, せいからの傳言など, せいからも泣かれる日, せいと申物, せいきっぱり思い捨てて, せいきょうのお, せいぐらいある灌木, せいけつがなに, せいこうせいと云う, せいここは陣中, せいこそ下手人である, せいことでどう, せいこッぴどい運上やら助, せいそのせい, せいさんせい, せいしきに宮中, せいしずかにせい, せいしばらく暇を, せいや無え, せいじいろの爪, せいじゃという訳が, せいじゃろ時折世の, せいすいのはげしい, せいすぐにまいろう, せいすでにお覚悟, せいそうすれば, せいそしてよい主君, せいそのうちに, せいそもそも我等の, せいそれに此, せいぞうのインテリゲンツィア的屈伏, せいたかくあを, せいたりしては, せいだけじゃない, せいだけでもありませんよ, せいだけにでもきっと彼, せいだけのものであっ, せいだったであろうか, せいだったでしょうかね, せいだってって言いますけど, せいだのんべい, せいだれが行く, せいだろこれも, せいちゃあいけねえ, せいちゃんお前はわたし, せいちゃんのであった, せいってことに, せいてか私よりも, せいてね忘れて, せいても支度に, せいでありましたがしかし, せいでありましょうか, せいであるならばお, せいであろうかれは江戸時代, せいであろうぬれたままで, せいでいじめられたからで, せいでいらっしゃいましたがお茶, せいでかようないわば, せいできないことを, せいでございまして申し訳, せいでござんすよ, せいでして, せいでしたろうがむじながその芸妓, せいでしたろう買ってもらいたい, せいでしょう聞えなかったわ, せいでずつと眠つておられます, せいでなかったとは僕, せいでもよかりそう, せいで怪しまれなかったのかも, せいで濁った黒い滑らか, せいといふ娘不義の, せいとうのしやう, せいとかいうことに, せいとが待つて, せいとしか理解し, せいとしてたじろがない, せいとともになつかしかつ, せいとばかりする輿論, せいとばかりも思えなかった, せいなとつつき場, せいなどあって, せいなどでは毛頭ない, せいなどと言うなかれ, せいなどにしや, せいならず甥を, せいにすら輕蔑され, せいにつけ池を, せいにでもした方, せいにとはゆかないが, せいにまで転嫁しよう, せいによつて初めて, せいによって巧みにも, せいによりそこに, せいぬあるの, せいこんなに帰っ, せいのどつしり, せいのみには考えられない, せいはやくはやく, せいばかりと思えなかったから, せいばかりにする人, せい対しては, せいぼくは時計, せいみんなこっちの心, せいむかいのか, せいやがて一かどに, せいやって理, せいやってんなあ, せいよいか, せいようあくまみたいなきみ, せいよう風のへやの, せいより生きてるせい, せいよりとある, せいよりも自分の, せい等はっきり, せいえさ, せいわずか九隻, せいコーヒーそのものがすこぶる, せい早くッ, せいッ気をたしか, せいッ行軍は厳粛, せいッ談義などは, せいて, せいトバク禁止という結論, せいっぱい僕, せい一ぱい幸福だった智子, せい一ぱい教育しなさいそうして, せい一ぱい走りまはりました, せい一人くらいを家庭, せい一刻を争う, せい一同唱和せいっ, せい一座の仲間, せい一銭じゃ, せい乱射を加え, せい事朝廷へのお, せい二清恵澄太等等等春風いつもしゆう, せい五十円で是, せい人数が少ない, せいは織田軍, せいは派手好き, せい伸びをし, せいあります, せい何ぞ恩返しを, せいなどを殺し, せいに顔良, せい公そうだろう, せいをすすめた, せい卍丸へお座, せい博多中の恵比寿講, せい参りせい祈祷とも, せいい日, せい同類が戦野, せい呉王孫権が可愛, せい哄笑する町, せいが渇いた, せいを出る, せい土民の親, せい地方事情というもの, せい坊主だ, せいでお, せい夜分出歩, せい奴等だ, せいを一軒, せい射撃に出た, せい小児が三人, せい小袋坂仮粧坂, せいせまき土地, せい市街から大内, せいをとる, せい年會だす, せい庭前には弓鉄砲, せいさつせい, せいの助, せい彼方の曲輪, せい老齢の, せい御舘へ帰つて, せいをつよく, せい思ひがけぬ, せい悪意はなく, せい手出しをする, せい拙者は小次郎, せい支度を, せい放さつせい, せいをあげる, せい早うせいと, せい明る戸だに, せい明日は連れ, せい昨今洛内の人口, せいに聞いた, せい暗闇の中, せいれの, せい木石様のこと, せい案内亀清へ, せい様あいつを磯屋, せい様それを伺っ, せい様とんでもないこと, せい様一人にゆっくり, せい様一空和尚につれられた, せい様今までどおり, せい様何かいった, せい様自身わたしにはっきりそう, せい様誰のこと, せいしい, せいの上, せい此方のからだ, せいのせい, せい気候のせい, せい気違いや, せい浮気のせい, せい満さんとあの, せい火急だ, せい物惜しみをする, せいらしいもの, せい甚五衛門じゃ, せい生涯のこと, せいな刺戟, せい祈祷ともいっ, せい筑紫次郎という筑後川, せいにくる, せい美しい容色が, せい羽柴筑前が指揮, せい老齢ではあり, せい聨隊の全滅, せい船大工は要りまし, せい若い男ばかりが, せい荊州は戦禍, せい荒川が見えまさ, せい藩邸の内, せいりでは, せいもある, せい貴様の体, せい過日来のご, せい鄭重に, せい長篇である, せい陣中いずれ鎌倉, せいせったら, せいだなあ, せいをはらみ, せい養父御の長, せい餓鬼だな, せいを, せい騒ぎじゃないらしい, せい騒ぐと殺す, せい高く口大なりや, せい麁相はおれ, せいんねえか