青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ずる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

すれ~ ~すわっ すわっ~ ~ず ず~ ~ずいぶん ずいぶん~ ずし~ ~ずっと ずっと~
ずる~
~せ せ~ ~せい せい~ ~せう せう~ ~せざる せざる~ ~せし せし~

「ずる~」 1431, 15ppm, 7288位

▼ ずる~ (87, 6.1%)

2 それは, つれて, 彼の, 拘らず識慮, 自然に, 至りあるいはまた, 蛇は

1 [73件] あの税, あらざれば, あらずして, あらずまた, あらずんば, あらゆる進歩, いたれること, こういう事, さへ, すべてを, その, ただ真, たちまち酔, たとえたな, 一の, 一種の, 三体同時に, 主人に, 人間は, 会しこれ, 似たり, 似たれば, 作者の, 先だつこと九年, 先立ちて, 兵火の, 利用した, 剣術使いで, 半ば死したる, 及び一鯨波, 及んで, 因るなり, 如くは, 当らないと, 当り先生, 彼らの, 彼岸の, 從ひ, 忽一発の, 我が心, 此両記幽斎紀行は, 火事が, 烈しい恋, 申出兼ねて, 私の, 缺くべからざる, 罪以上の, 臨みて, 自他の, 自分を, 自然は, 至った動機, 至る, 至るべく貨財, 苦むものもある, 苦ん, 要領は, 言訳沢山の, 諦めたこと, 質が, 越した事, 踏破し, 車あり食う, 農奴なる, 過ぎなかつた, 過去は, 道理を, 適す, 金を, 随ひ, 非ず, 食物上の, 香玉

▼ ずること~ (84, 5.9%)

5 が出 3 が多い, なし 2 ができない, は出, を得る, を敢

1 [65件] あた, あたわず, あり, がある, があろう, がそれほど, が出来, が出来ず, が出来る, が必要, さえある, となり, なから, なからん, なく可憐, なく眞, などその, にし, になっ, になつ, になり, によつて自分, のできない, の困難性, の絶對, はけっして, はなく, は出来, は出来ない, は出来ぬ, は同じ, は比較, は深き, は疑い, は言, もあらん, もありましょう, もなく, も出, も出来る, も或は, を, をがえんじさせない, をさえいとわぬ, をのみただ, を信じます, を好み給わざる, を得, を得ざりき, を得ざる, を得た, を得なかつた, を望まざるべからず, を歸誠, を歸順, を知らず, を窟禅定, を要せず, 勿論なり, 多しと, 少なからず, 必ず数等, 正に二十年, 能わじ, 難く再三

▼ ずるもの~ (81, 5.7%)

5 では 4 である 2 とは同日, なし, にし, 洵に

1 [64件] あらず, あり, ありあるいは, ありと, あり煙草, あれば, かと誤, がある, がない, が他, が科学, ぞ, だが, であって, であります, であること, であると, でその, でないこと, でないと, で多く, というべし, とお, として信ぜられ, とせ, とせん, と確信, と言うべし, なきを, なら何等, なり, なること, にあらざる, にあらずや, につきこれ, にもあらず, に外, のない, のみのこと, の取るべき, の袖, はいずれ, はまず, は人生, は國民中, は汝, は甚だ, は甚多, は生れさせなけれ, は自, は衣服, ほど一般, もあれ, もなき, もまた, も唐代, ゆえ気の毒な, を, をもった, を最後, を見ず, 一個の, 多し, 追ひま

▼ ずるそう~ (75, 5.2%)

4 な目つき, に笑った 3 な微笑, な眼, な笑い, な顔, に彼, に笑い 2 なところ, な顔つき, に微笑, に私, に笑いました, に笑っ

1 [37件] だけれど, でニヤニヤ始終, なあなた, なしかし, な人, な影, な意志, な横眼, な率直, な穏やか, な笑い声, な笑い方, な表情, な青年, な面, な面構え, にき, にそう, ににやりと, にわらった, にニヤリ, に一寸, に並ん, に彼女, に彼等, に微, に微笑みあう, に微笑ん, に念, に横目, に次, に白い, に目配せ, に眼, に細め, に訊ねた, に首

▼ ずる~ (71, 5.0%)

8 です 4 である 2 であります, であるが, 大略ある

1 [53件] あまりその, か二三ヶ所, がいちばん, がよい, が昔, が法家, が都會, だ, であり聖武天皇, であるから, でした, では, にはどう, はいかが, は不思議, は張惟驤説, は当然, は愚か, は我が, は正しい, は此巻物, は石段, は餘, やうな, を強いて, を待っ, を禁じ得ない, 一点に, 側へ, 力なき, 勢あり, 同じところ, 喜びは, 噛み工合, 士は, 必要は, 意思ある, 時に, 有樣, 法も, 眼を, 腹案ありし, 苦痛に, 見地を, 記, 記を, 説, 諸君子, 輩は, 迂濶, 類いかなる, 類か, 風を

▼ ずる~ (50, 3.5%)

3 のせい 2 が孜々, によって処理

1 [43件] いいかげんが, から出る, から救い, があり, がたまらなかつた, がなかっ, が少し, が差し当り, が悪徳, が此, だの人, で, ではない, で寝る, というよう, と子供, と戦い, と最も, と激しい, にたけ, になつて, によつて口べり, に冷や, に見える, の自覚, の限り, はこれ, はひとり指導層, は仕方, は作者, は紋兵衛, まいと, も持っ, や野蛮さ, よりもずっと, をむきだし, をも持っ, を一ぱい, を加野, を反省, を憎んだ, を考へ, を見抜く

▼ ずる~ (43, 3.0%)

2 きめて

1 [41件] いふ, きめこまないで, きめこんで, この鷲郎, したの, すれば, まちぬ, まって, もっての, 下ろし, 吉次は, 得, 得ず, 得むや, 得るが, 得るもの, 得る自然, 恃むべから, 恐れて, 望むが, 目撃した, 知らざるのみ, 知らざるもの, 知らず即ち, 知る, 禁め得ない, 聽聞した, 補わんが, 要せず, 見ざるゆえ, 見て取れる, 見また, 見む, 見ると, 見るなり, 見ん, 見送った, 許さずしかして, 認めしばらく, 認められたの, 負った文覚上人

▼ ずる~ (40, 2.8%)

2 いえども, 云ふ, 白や

1 [34件] ある, いいければ, いいしとなり, いいし家, これは, すれば, そこには, それを, なでて, みるや, 丁度眼, 云うより, 十四五間うしろへ, 可心, 同時にその, 夢中に, 尋の, 庭内に, 忽然とし, 思えるに, 思はれたが, 思ひます, 思われる, 抜けて, 数十間の, 晴天と, 杉の, 極めて内証, 此の, 火藥が, 直ちに自身直属, 相模灘は, 落ちて, 見申し候

▼ ずる出生~ (32, 2.2%)

30 の超過 2 の年超過

▼ ずる~ (30, 2.1%)

2 と落ち, と辷る, と靴

1 [24件] とその, と一尺, と下った, と乗出し, と出す, と前下り, と咽喉, と大地, と宙, と弛んだ, と後脚, と滑っ, と滑る, と滑ろう, と火鉢, と生産文学, と硝子窓, と縁台, と腰, と落ちた, と解けた, と詰めた, と這い出し, 腸が

▼ ずる~ (27, 1.9%)

2 よろしい

1 [25件] あを, けだし彼, ごとき人, ごとくひらり, ごとくひらりひらり, ごとく泣いて, しこいいたずら, どうか, ままに, ゆえにその, ゆゑに車轍の, ように, 一個の, 如きこと, 如きも, 如きよ, 如き痴態, 如くうち, 如くという, 如く平易, 如く恐る, 如く江, 如く言, 如く逃げ帰った, 如し

▼ ずる~ (25, 1.7%)

1 [25件] あり一座, であった, である, なからん, なきか, なきのみ, なきを, なく今, ならむや, なり, なるは, なれば, にし, に些少, に就, の他, の何たる, の前, の物, は人物, は旧, は私, を知らない, 多しとて, 尽く取

▼ ずるよう~ (24, 1.7%)

3 にし

1 [21件] なこと, なその, なる声, な微笑, な心持, な憤るよう, な生命, な空想, に, にお, になりました, に削り, に思われた, に泣き声, に移動, に総, に踏ン, に頸, に鳴った, もなかっ, 見る目

▼ ずる~ (21, 1.5%)

2 はありません

1 [19件] がなかっ, がなくなりました, が無い, ぞ, で二重橋, にはピン, によつて, の産声, はおろか, ははなはだ, は他, は学理, は誰, もあります, もなく, や数千, を容赦, を懼, 蓋し端

▼ ずるところ~ (20, 1.4%)

2 がある, は異

1 [16件] いよいよ多けれ, であって, である, となつ, となり, にし, に刮眼, の毛虫, の細糸, はかならず, は同じ, は風流, より推す, をも究め, 例へば齊, 有っても

▼ ずるやう~ (19, 1.3%)

4 にし 2 になつ

1 [13件] でした, ないとも, なる詞, な低い, な眼, に, にお, にせり, にと気, になる, に店, に物々しい, に男

▼ ずるとき~ (16, 1.1%)

1 [16件] においてはもし, には自分, には角, に戸口, に皮肉, は, はおのおの, はその, は不覚, は他人, は女子自ら櫓, は学者, は棒, は習慣, は難, んば

▼ ずる~ (16, 1.1%)

2 既に憲法

1 [14件] これ相続の, ないと, なかった, 主観的願欲を以て, 哲學上の, 幾分か, 必ずしも六字の名号, 快は, 恐らく事実, 恐るるの, 老夫, 赤い頭巾, 迂濶千萬, 錦絵なり

▼ ずる~ (14, 1.0%)

1 [14件] いかがと, よし, 修羅止まる, 可なり, 味方以外は, 室中を, 尚肩, 日の, 無かろうじゃ, 理なき, 知らず識ら, 自然に, 雲会する, 面倒と

▼ ずる~ (13, 0.9%)

2 が多く

1 [11件] がいるであろう, でない事, なり, にし, に対しては私, の中, の夫人令嬢等, の少き, は必ず, もある, 程却つて他人

▼ ずる~ (11, 0.8%)

1 [11件] いよいよかたき, が出来ない, なかれ, なら何, の好き, の早い, も高, を好む, 少なからぬ, 甚だしく新婦, 能わざるが

▼ ずる~ (10, 0.7%)

2 太だ 1 からでもまだ, たんぽぽや, ね, プティー・ジェルヴェーと, 人々は, 及び智歯, 否やを, 生物の

▼ ずる~ (10, 0.7%)

4 があります 2 がありました 1 あり, が滅法, もなく, を作

▼ ずるという~ (9, 0.6%)

1 ことじゃ, ことは, なり, のが, ドフリスの, 弱点が, 方法です, 泳ぐの, 風であった

▼ ずる~ (9, 0.6%)

1 お登和嬢送り, しばしば振返っ, しらずと, などは三衣種子袈裟, には一ヶ月, の竜, は後列, は甲斐, まで即ち

▼ ずるにて~ (8, 0.6%)

52 候ぞ 1 候あわれ

▼ ずる~ (7, 0.5%)

21 な音, に見える, の会, みて, やあるいは

▼ ずるため~ (6, 0.4%)

1 にここ, に一方, に常に, に紡いだ, に經書, 出来る限り

▼ ずる~ (5, 0.3%)

1 あるいは夢, そればかりが, ないわよ, もしくは勝利者, 二者中の

▼ ずるその~ (5, 0.3%)

1 価格の, 価格超過が, 変化が, 市場価格の, 瞳

▼ ずるといふ~ (5, 0.3%)

1 ことと, 風が, 風に, 點では, 點に

▼ ずるには~ (5, 0.3%)

1 あらざるかと, 仏国葡萄の, 何年か, 余りブールジョア, 当らん

▼ ずる~ (5, 0.3%)

2 はざれ 1 はざりき, はざりし, はざる

▼ ずること能~ (4, 0.3%)

2 はざる 1 はざる時, はざる者

▼ ずるさうに~ (4, 0.3%)

1 ながれ, また, わらつた, 細めわざと

▼ ずると共に~ (4, 0.3%)

1 一面に, 下層社会に, 余の, 天皇を

▼ ずるよし~ (4, 0.3%)

1 して, の命, の幕府, 言い出せる者

▼ ずる~ (4, 0.3%)

1 かずるッ, かそこ, か脱げた, と背中

▼ ずる~ (4, 0.3%)

2 れ水 1 れ, れと

▼ ずる~ (4, 0.3%)

1 ありて, にひるん, の方, はなくし

▼ ずる政治家~ (4, 0.3%)

2 は伯 1 であつ, の繁忙

▼ ずる~ (4, 0.3%)

1 であつ, には奧州人, には細かしい, に作つた

▼ ずるから~ (3, 0.2%)

1 そう呼ぶ, であろう, では

▼ ずる~ (3, 0.2%)

2 な同時に 1 な顔

▼ ずるごと~ (3, 0.2%)

1 に其処, に妙光, に新た

▼ ずるとか~ (3, 0.2%)

1 で叔母, 何にでも, 某を

▼ ずるにも~ (3, 0.2%)

1 かかわらず一事件, かかわらず深く, 増して

▼ ずるまで~ (3, 0.2%)

1 十九年間彼は, 御主, 浪子を

▼ ずるものの~ (3, 0.2%)

1 如くひびく, 如し, 起稿第

▼ ずる人々~ (3, 0.2%)

1 はまず, は多少, 乃至は

▼ ずる人間~ (3, 0.2%)

1 が口, と云, に對

▼ ずる休み~ (3, 0.2%)

1 もしなかつた, も平気, をした

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 あらば, ある意味, を名乗

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 に私, の, の最後

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 と言われ, の大, の民

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 がした, のあはれ, は峰

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 に何ぞ, に吉凶, は今年中

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 が美奈子, の川, を手

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 の怒れる, 朱學派に, 長かつ

▼ ずる~ (3, 0.2%)

1 がし, がした, をさせ

▼ ずるかと~ (2, 0.1%)

1 思いましたが, 思えば

▼ ずるこけ落ちた~ (2, 0.1%)

1 代物を, 緋縮緬の

▼ ずるつもり~ (2, 0.1%)

1 で有馬, はさらさら

▼ ずるというも~ (2, 0.1%)

1 二十歳前後に, 十に

▼ ずるとの~ (2, 0.1%)

1 ことなれ, 説明じゃ

▼ ずるとも~ (2, 0.1%)

1 いえば, それが

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 おこずる, ア

▼ ずるなく~ (2, 0.1%)

1 不斷, 愛念する

▼ ずるので~ (2, 0.1%)

1 あつた, それを

▼ ずるのみ~ (2, 0.1%)

1 ならず昨年, 若し海嘯地震

▼ ずるほど~ (2, 0.1%)

1 くやしく思い, な難

▼ ずるほどの~ (2, 0.1%)

1 作とも, 羞恥の

▼ ずるまでに~ (2, 0.1%)

1 もっと荒野, 仕上げた根氣

▼ ずるまま~ (2, 0.1%)

1 に打つ, に語ろう

▼ ずる一種~ (2, 0.1%)

1 の変態性格, の空論

▼ ずる会津武士~ (2, 0.1%)

1 であった, は敵

▼ ずる勢い~ (2, 0.1%)

1 なり, を見せ

▼ ずる~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 はありません, 又支那政府

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 で同時に, なりただ

▼ ずる姿~ (2, 0.1%)

1 に平次, も斯く

▼ ずる季節~ (2, 0.1%)

1 に島原半島, に漁舟

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 が, が殊に

▼ ずる心地~ (2, 0.1%)

1 して, せるなり

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 は入る, を厳

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 である, ではない

▼ ずる所以~ (2, 0.1%)

1 なるを, のもの

▼ ずる所苦痛~ (2, 0.1%)

1 も快, も快楽

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 しもい, しも何処

▼ ずる日輪~ (2, 0.1%)

2 の在る

▼ ずる機転~ (2, 0.1%)

2 の遅鈍

▼ ずる次第~ (2, 0.1%)

1 である, ではなく

▼ ずる~ (2, 0.1%)

2 で欠かさず

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 な笑い, な頬骨

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 が水, のあはれ

▼ ずる~ (2, 0.1%)

2 は形

▼ ずる親分~ (2, 0.1%)

1 は孫六, もそんな

▼ ずる詩人~ (2, 0.1%)

1 に限る, よ

▼ ずる賤者~ (2, 0.1%)

1 で杖, の称

▼ ずる超過~ (2, 0.1%)

1 が徐々, よりも大

▼ ずる野郎~ (2, 0.1%)

1 が来, てエ奴

▼ ずる鉄胤~ (2, 0.1%)

1 の方, は一切

▼ ずる~ (2, 0.1%)

1 がなかつた, が無い

▼ ずる駿馬驅~ (2, 0.1%)

2 り去りぬ

▼ ずる~ (2, 0.1%)

2 の料理

▼1* [368件]

ずるあなたが出廬, ずるあの日本の, ずるありしに当時王莽, ずるいきをまたず, ずるいやずるいや, ずるかつたんです, ずるかの如く顔, ずるかは知らざれど, ずるからにはそれに, ずるがんりきの地声, ずるくらい纏まらない物体, ずることまれなる身, ずること三十分間にし, ずること二マイルにし, ずること十丈親仁の手許, ずること四万五千であって, ずること奇妙なり, ずること彼れが, ずること得意なれば, ずるこの古都には, ずるこれらの作, ずるころになっ, ずるさいんちきには厭, ずるさうに一寸笑って, ずるさまはあたかも, ずるて途中, ずるすぎて考え, ずるすぎるだろうと, ずるずると抜け, ずるずる藍子のいる, ずるそれは声, ずるたびごとにマジナイ, ずるもの撫でられ, ずるだけでは, ずるだけの力も, ずるだけは從來の, ずると動いたら, ずるっこけることだった, ずるって何だか御存じ, ずるっと上着の, ずるつかして遠足, ずるつこけさうな袴, ずるつと啜り込む音, ずるあらう, ずるというについて大騒ぎを, ずるというは今宵の, ずるところこれを天, ずるところわれわれは決定論, ずるところ人間は閑適, ずるところ人間主義の小説界, ずるところ人間享楽の茶碗, ずるところ倫理的資質に於い, ずるところ凡夫だからなあ, ずるところ利己主義に終わる, ずるところ彼のハルトマン, ずるところ怨親の二つながら, ずるところ愚身が信心, ずるところ教育は個人, ずるところ母の胎内, ずるところ自分を欺かない, ずるところ自己の生, ずるところ近年将門は思い上がっ, ずるとして夕飯は, ずるとしても五分から, ずるとともに人々軍神の, ずるとは何んだ, ずるどころか美しくて, ずるなかれとは大福長者, ずるなき料理人であり, ずるなどといふのぢや, ずるなり五には, ずるなんてえの, ずるにがばりは, ずるにやあらん, ずるにより彼に, ずるのに供を, ずるのみにあらず朝鮮政治家, ずるばかりでありました, ずるばかりにして, ずるほどに其光は, ずるほどには己惚れて, ずるまま座敷へ通った, ずるに卵, ずるめでたき人々には, ずるめ羊羹ひと通り揃ってるもん, ずるめ貴様はいつ, ずるもとは産霊大神, ずるものこれすなわち侍, ずるものどもは近う, ずるもの仏像の尊厳, ずるもの戸をたたく, ずるゆえにクサメ, ずるゆえんなれども, ずるゆえん火を焚き, ずるよう江戸に浅田宗伯, ずるより早くさっと, ずると引きこまれ, ずるわれわれ日本人は武道, ずるをば聞かん願ひな, ずるを以て牧塲に, ずるサモア人の間, ずるテオリーはつまり, ずるトロイア勢を防ぎとめ, ずるファルケンボルグにこころよい, ずるボイオーチア,のプロマコス, ずるメネラオス彼と我が, ずる一室なるらむ, ずる一章は一言一句, ずる上野介に心, ずる上野介義央が江戸城内, ずる不精と怠惰, ずるに墨絵, ずるを二重, ずる九年前の桔梗河原, ずる事内々思食し立つと, ずる事王城の地, ずる二代目のおさなき, ずる京洛の人心, ずる人たちは過半どころ, ずる人口増加を防止, ずる人数あり, ずる人達を罵る, ずる今日のよう, ずる以上もっと合理的, ずる以上人間の肉体, ずる企業者事業に投下, ずる伝あにいです, ずる伝六親方がとうてい, ずる低級の使用人, ずる体勢とによってあたかも, ずるの模様, ずる供給はそれ, ずる信仰作用なれば, ずる俳諧趣味とはち, ずる個人的作家でもわずか, ずるの自己犠牲, ずるに我, ずる内山がゐる, ずるじさに, ずる処妻子眷族つづいては, ずる処過去の経歴, ずる出生超過がこの, ずる剰余を得る, ずる割合なれば, ずるではございますまい, ずるで実, ずるして, ずる千余人の薩摩, ずる危急に際して蒸気機関, ずる即ち今日でも, ずる口調で, ずるはありますまい, ずる同情の海, ずる向きがまだ, ずるを心得た, ずる呼ばわりするの, ずる哲學者と雖, ずる喧擾にくだん, ずる囚人の逆しま, ずる国民なり云々, ずる国際または経済的方面, ずる土佐兵にし, ずるといわざるべからず, ずる城代家老としては主, ずるの日, ずるは濃紺濃紫, ずるなれば, ずる天変の大, ずる天武天皇の御宇, ずる太い鐵鎖とも, ずる夫子あり, ずるは天下, ずる奴隷の意味, ずる好奇心を押さえつける, ずる如き実行の, ずる如くに見え, ずる如しといへる, ずるの寓所, ずる姿鏡花の, ずる学者は己, ずる官女よ大柄, ずる容れられてきた, ずるをしたがる, ずる實際家者流の鑛山師等, ずるならざれば, ずる将軍綱吉公はこの, ずる小禽の声, ずる小鳥と共に歌い暮し, ずる小麦の有効供給, ずる巧妙なる舟子たる, ずるは, ずる平均出生が一八二〇年, ずる平子尚君の, ずる平田鉄胤のよう, ずる年出生の超過, ずるに猛烈, ずる度毎に例, ずるは海, ずる彼らの面目, ずる彼等が一攫千金, ずるめぐみに, ずる心持であったろう, ずる必要なきを, ずるがお, ずる怨みの言葉, ずる怪奇劇を編み出す, ずる怪談なれば, ずる悟者にとつ, ずる悩みがあった, ずる悶々する何, ずる意気軒昂たる青春, ずる感激が身, ずる態度でこちら, ずる所作をこめ, ずる所業を敢, ずる所鼻の下, ずる手づるがない, ずる手際がない, ずるを吸い取る, ずる敵軍の不意, ずる數條を除く, ずる文武天皇の御, ずる文芸家及び文学者諸君, ずる新興文芸の第, ずるを求め, ずる方法としては韻, ずる旋律をすばらしい, ずる日影蔓の足, ずる日西より出, ずる早乙女主水之介, ずる春廼舎主人の所説, ずる是等の作, ずる時之を救, ずる時刻にはよほど, ずる時換言すれば, ずる時牛乳屋の童, ずる時誰とも別れ, ずる智勇が真, ずるに霊夢, ずる有りて定まる無き, ずる本能もある, ずる根ざしが見え, ずる梯子に達し, ずる様みたいになっ, ずる様並みに国公, ずる様子はないです, ずるな言葉, ずる機会もなく, ずる歓喜に泣く, ずる正直者の清吉, ずる毛髪にあらず, ずる遣なし, ずる気勢をしめした, ずるになつ, ずる水源は踏破, ずる水滸伝的豪傑が寄っ, ずるの汚水, ずる沼南にあるまじき, ずるを得, ずる法律家になる, ずる活神のご, ずる清水ならば, ずるをさぐれ, ずる浅黄の, ずる火柱もある, ずる為政家の深い, ずるのため, ずる爲め上京して, ずるを以て占, ずるがある, ずる特殊な空氣, ずる状態である, ずる玄洋社の連中, ずる王者がある, ずる生き方で今日, ずる男子出生の超過, ずる病葉の黄, ずるには相違, ずるある叟, ずる発句と云う, ずる発現として, ずる登るに随, ずる白雲のごとく, ずる目的を達する, ずる直射光を見る, ずると善, ずるのなか, ずる眼鏡を指, ずる瞬間にどう, ずるとでも説くべきであろう, ずる程のことも, ずる穀物貿易はむしろ, ずるであるそれでも, ずる積りで願書, ずるを舞繞, ずる空模様に百計つき, ずる空氣の成分, ずる童女母により, ずるの勢, ずるのこと, ずるな要求, ずるの濃き, ずる紫外光線第二, ずる細君と臆断, ずる緑雨の眼, ずるとが反撥, ずる義侠の白人, ずる義雄は家名, ずる習慣より之, ずる者口に藉, ずる者漫に高壮, ずる者輸菌然たり, ずる肥舟の重い, ずる能わざるほどにこの, ずる色素の準備, ずるやかさ, ずる若い弟子たちを, ずる藍子のいる, ずるとなつ, ずる處君の御, ずる蝦夷松椴松の百尺, ずる行者輩の身, ずるかれ既に, ずる製ゆえ何ともならず, ずる言葉にて, ずるをな, ずる詩情を希, ずる語勢なりき, ずる諸君は宜しく, ずる謙信以来の上杉家, ずる貯蓄の超過, ずる資料とする, ずる趣味を現実せん事, ずるのそれ, ずるを失った, ずるでそれほど, ずる軍人は自他共, ずるは今日, ずる途中今しも琵琶湖, ずる途端に, ずる運命を担っ, ずるはもう, ずる道すがら思ったの, ずる部分を彼, ずる金太親分の言い種, ずる長州の志士たち, ずる門徒その他遠路に立つ, ずるに母親, ずる陸海軍部隊および地方官憲, ずると反対, ずる際右方に小, ずる雲行であつ, ずる需要と供給, ずるか雪, ずる青葉のみは季節, ずる非常な卓見, ずるの如く, ずるである, ずる頃鹿野山宿に達す, ずるをあげ, ずるの姿, ずる顏色は口, ずるの姿, ずる風流気はなかろう, ずる高田文相はこの, ずるの数々, ずるの声, ずる鼻さきへ先妻