青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「じい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しれない~ ~しれぬ ~しれません ~しろ しろ~ しん~ ~し得る し得る~ ~じ じ~
じい~
じき~ ~じっと じっと~ じつに~ じつは~ じみた~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~ じゅう~

「じい~」 1094, 11ppm, 10236位

▼ じいつと~ (63, 5.8%)

7 見て 2 思ひを, 本を, 河の, 眺めて, 眼を, 耳を, 見つめて

1 [42件] いつ迄も, お互, その派手, だよ, のぞいて, みつめた, みつめながら, やすんで, ゆき子の, ゆき子を, 一点を, 何かを, 合掌し, 天井の, 娘へ, 室内を, 富岡の, 屈伏し, 平べつ, 息を, 手の平を, 握り締めながら, 時計の, 机を, 棺に, 死人の, 煙草の, 畳に, 病気に, 眺めながら, 睨みすゑてゐたが, 瞳を, 立つて, 老人の, 考へて, 聞いて, 自分の, 見詰めて, 視つめる, 鉦を, 頭を, 顎まで

▼ じい~ (63, 5.8%)

17 を立て 7 がし 4 がした 3 をはためかせ, を立てた 2 が家全体, が続いた, と共に烈風, をし, をたて

1 [19件] がします, が聞える, が起った, だった, で, である, で喞筒, で続い, で顛動, と共に一なだれ, に起され, の下, の中, の時, は巻立ち, もたてかねまじき, を形, を立てる, を立て過ぎた

▼ じい~ (61, 5.6%)

5 見て 3 して, 音を 2 眼を, 鳴った, 鳴る, 鳴るの

1 [42件] いうか, うつむいて, おまえの, からんで, きいて, しゃがれ声, みつめた, みつめて, やかれた時, 事件の, 云う音, 云っても, 人を, 刻んで, 堪えて, 変な, 奇妙な, 寝て, 幽かに, 怪しく灯, 息を, 放電の, 棒組で, 正面を, 消えかかって, 炒ためて, 点滴が, 燃えつづけて, 眺めて, 私の, 腕を, 蜂の, 蝉の, 見すえたきり, 見送って, 覚ゆる, 近づくもの, 陰に, 電気火花を, 音が, 鳴いて, 鳴って

▼ じいさま~ (51, 4.7%)

4 の代 2 です, ですよ, に頼ん, のお, は毎晩, やおば, をし

1 [33件] がい, がお, がおい, がこう, がフランス, が御, が来たでしょう, が生き, って上田, ですか, ですって, とはどの, と口論, の御, の気, はお, はおい, はちがっ, はもう, はよく, はローリイ, は槍, は起き, ばあ, ほんにいや, も, もお, もお客さん, もどうか, もほか, も心残り, よ, を怒らせ

▼ じいやは~ (34, 3.1%)

1 [34件] あっちを, いい捨て, いまにも, うなずいた, きのうだんなさまの, じろりと横目, そこらの, そこを, それに, だまって, ひどく同情, やっぱりねむ, わたくしの, ゾーッとして, ニヤリとも, 一向そんな, 切株の, 可哀そうに, 唸るよう, 思い出したよう, 懐中電灯を, 手柄顔を, 曲った腰, 次の, 死体を, 母屋から, 決してしゃべった, 犬を, 繰り返して, 苦笑いを, 鉈を, 鑑定し, 門口へ, 食料を

▼ じい~ (31, 2.8%)

2 さんが, とその

1 [27件] おはる, から聞かされた, が, がくに, がむすこ, が一通, が相談, ここの, さんこの, さんちょっと, さんは, じいやと, すこしほっ, そのほう, たいへんだ, だがね, てめえが, でした, とばあや, とほか, 人足を, 向から, 夫婦と, 御苦労だ, 気が, 汝が, 田舎には

▼ じい~ (28, 2.6%)

2 とした, と見た, と見詰め

1 [22件] からってそんな, とし, とみつめる, と主水, と伴藏, と司法主任, と川, と気合, と眺めてる, と睨みつけ, と考え込ん, と考え込んだ, と聴い, と見つめ, と見眺める, と視, と視つめ, と視つめなさる, と視つめる, と視線, と退屈男, と黙っ

▼ じいじい~ (26, 2.4%)

4 と音

1 [22件] というかなり, という声, としゃがれ, とやかれた, と刻ん, と変, と奇妙, と幽か, と怪しく, と放電, と炒ため, と点滴, と燃えつづけ, と蜂, と蝉, と陰, と電気火花, と鳴い, と鳴る, 残って, 言わせて, 鳴いて

▼ じいやの~ (25, 2.3%)

3 小屋へ 2 声は

1 [20件] ふたりが, むすこに, 作衛と, 働く木小屋, 助造, 口から, 声を, 女房を, 小屋で, 小屋へも, 所に, 持って, 朴訥な, 留守に, 胸ぐらを, 腕を, 言い振り, 詞は, 詞を, 足が

▼ じい~ (17, 1.6%)

2 家に

1 [15件] かということ, が当然, ことばの, だがそう, は音, を知っ, を自分, を見る, 何の, 倅の, 国にて, 小言は, 思いつきで, 所に, 膝に

▼ じいやが~ (16, 1.5%)

1 [16件] あんまり変, かけつけて, ぞっとした, たまたま追払った, フレームの, 一人で, 下で, 丹精した, 何か, 思わずとんき, 村へ, 村まで, 植木の, 氷の, 行ける所, 行って

▼ じいやを~ (15, 1.4%)

2 連れて

1 [13件] お連れ, せわし, つれて, とまらして, にらみつけて, やとったの, よんで, 叱って, 呼びたて, 最後に, 相手に, 起こして, 追いかえしましたが

▼ じい~ (15, 1.4%)

2 で妹

1 [13件] であつ, でこの, でぱつと屋根, で南, で流れ出し, で激流, で濁水, で発火, で結跏, ひに, をなし, を以て立, を恐れながら

▼ じいいっ~ (13, 1.2%)

2 と考え込んだ

1 [11件] とその後, と刃並み, と望遠鏡, と沈黙, と考えた, と考え込む, と耳, と見上げた, と見入っ, と見入った, と鳰鳥

▼ じいやに~ (12, 1.1%)

1 [12件] おきき, きこうと, やりました, ゆうべ叱られ, 化けて, 悪いむすこ, 押つける, 縁先から, 話しかけました, 連れて, 連れられ村, 顔を

▼ じい勢い~ (12, 1.1%)

1 [12件] だった, で僕, で動い, で呀, で噴出, で滑っ, で滔々, で生き, で空, で行われ, で蹴放された, を示した

▼ じい~ (12, 1.1%)

1 [12件] がお, というよう, のいう, のよう, の八郎次どの, の思想, の薫育, は使え, は口, ほどかれ, も控え, 呼んで

▼ じいもの~ (10, 0.9%)

1 があった, がある, があるだろう, だが, であった, であらう, である, であると, になりました, をあらわした

▼ じいやと~ (10, 0.9%)

2 一緒に, 二人で 1 わたくしの, 乳母が, 二人し, 慕い小娘, 澤と, 申すと

▼ じい光景~ (9, 0.8%)

1 が幻影, ですから, でも如何に, で下ろし, になつて, はかれ, を呈し, を見, を見た

▼ じい~ (7, 0.6%)

1 こんなくるしい, それを, ひとりぼっち, みょうな, 御月給, 眩ゆそう, 酒造用の

▼ じい~ (6, 0.5%)

1 あひ見る, そんな事, 便りを, 怒られるからね, 打明けて, 於ては

▼ じい~ (6, 0.5%)

2 で喚きました 1 だ, で唸り出した, で怒鳴り出した, で言葉

▼ じい風雨~ (6, 0.5%)

2 の音 1 がやつ, と怒, の吹き込ん, をきい

▼ じい~ (5, 0.5%)

1 こういった, つまり文章, 丁で, 聞いたばかり, 言うの

▼ じい形相~ (5, 0.5%)

1 になっ, になった, になり, をし, を見た

▼ じい様子~ (5, 0.5%)

2 に縮み上り 1 で眼八分, に身の毛, を見せ

▼ じい~ (5, 0.5%)

1 となっ, となつ, になっ, に成つて, を作つて

▼ じい爆音~ (5, 0.5%)

2 を立てた 1 がした, が暁闇, が聞えた

▼ じい物音~ (5, 0.5%)

1 が監房内部, が聞えた, が聞えます, が起り, をたて

▼ じい~ (5, 0.5%)

1 どころか両, にあ, をした, を見せる, を見る

▼ じい~ (5, 0.5%)

2 な華やかさ 1 昂奮し切っ, 激昂した, 煽られて

▼ じい~ (5, 0.5%)

1 が聞える, で流れた, の聞えた, を伝えた, を出し

▼ じい~ (5, 0.5%)

1 が吹き附け, だと, に押され, の音, もある

▼ じいこと~ (4, 0.4%)

1 が少し, でお, はさながら, より知らぬ

▼ じいじいじい~ (4, 0.4%)

1 というかなり, と変, と奇妙, と放電

▼ じいじい音~ (4, 0.4%)

2 をたて 1 を立て, を立てる

▼ じいほど~ (4, 0.4%)

1 ささやかな, で京助, 気高い顔, 流れて

▼ じいほどの~ (4, 0.4%)

1 みだらな, よい精神, 真実性を, 霜に

▼ じいやも~ (4, 0.4%)

1 しまいには, わたくしも, 元気が, 荷物を

▼ じい~ (4, 0.4%)

21 ですが, として来た

▼ じい~ (4, 0.4%)

1 っと, っと土人, っと見つめた, っと見詰め

▼ じい思い~ (4, 0.4%)

1 はせず, をかける, をさせられた, をし

▼ じい~ (4, 0.4%)

1 であったから, のまずい, の何ん, はお腹

▼ じい暴風雨~ (4, 0.4%)

2 となった 1 であったの, の時

▼ じい~ (4, 0.4%)

1 かかえて, はふくれ, をし, を思い

▼ じいという~ (3, 0.3%)

1 かなり高い, 声が, 音を

▼ じいとして~ (3, 0.3%)

2 ゐた 1 ゐた由

▼ じい~ (3, 0.3%)

1 斉しく, 松尾も, 気が

▼ じいよう~ (3, 0.3%)

1 すで門扉, なそう, に思う

▼ じいわり~ (3, 0.3%)

2 滑り抜けて 1 とした

▼ じい~ (3, 0.3%)

3 を鞭打ち

▼ じい~ (3, 0.3%)

1 が口元, が籠っ, でその

▼ じい唸り~ (3, 0.3%)

1 が惰気, と歯, を生じ

▼ じい地響~ (3, 0.3%)

2 をさせ 1 を立て

▼ じい~ (3, 0.3%)

1 の体, 爆音が, 雷雨が

▼ じい~ (3, 0.3%)

1 とも考えられる, のひとこと, は博文館主大橋新太郎氏夫人須磨子さん

▼ じい容子~ (3, 0.3%)

2 を見 1 を見る

▼ じい~ (3, 0.3%)

1 がこんな, などはいだい, を起こした

▼ じい~ (3, 0.3%)

1 に堕ち, をし始めました, を人

▼ じい有様~ (3, 0.3%)

1 でござる, となった, にき

▼ じい殺気~ (3, 0.3%)

1 が迸った, が迸つた, だった

▼ じい気持~ (3, 0.3%)

1 になっ, になつて, の瞬間

▼ じい群集~ (3, 0.3%)

2 である 1 の仏蘭西国歌

▼ じい~ (3, 0.3%)

2 の唸 1 が居た

▼ じい要素~ (3, 0.3%)

1 という, とはそれ自身計量, を考えね

▼ じい響き~ (3, 0.3%)

1 と共に此, になつ, をあげ

▼ じいいと~ (2, 0.2%)

1 深くそれ, 深く寸

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 二人だ, 経か

▼ じいじい蝉~ (2, 0.2%)

1 がまた, の声

▼ じいその~ (2, 0.2%)

1 雨の, 音響に

▼ じいたしたく~ (2, 0.2%)

2

▼ じいところ~ (2, 0.2%)

1 がある, を見る

▼ じいます~ (2, 0.2%)

1 とかにやす, 人の

▼ じいまでに~ (2, 0.2%)

1 荒れて, 静まった

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 が帽子, をさせます

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 とこちら, とひと

▼ じい人間~ (2, 0.2%)

1 の悲鳴, の皮膚

▼ じい侮辱~ (2, 0.2%)

1 であった, をここ

▼ じい勢ひで戸外~ (2, 0.2%)

2 へ出

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 千屋の, 美術に

▼ じい叫び声~ (2, 0.2%)

1 が忽然と, をどこ

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 声と共に, 声を

▼ じい唸り声~ (2, 0.2%)

1 を出し, を洩らす

▼ じい噴煙~ (2, 0.2%)

2 を見上げ

▼ じい姿~ (2, 0.2%)

1 で目付衆, に膽

▼ じい姿勢~ (2, 0.2%)

1 でつみ重ねられ, の前

▼ じい~ (2, 0.2%)

2 を弟

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 である, になった

▼ じい怒号~ (2, 0.2%)

1 が襲う, でもなく

▼ じい憤怒~ (2, 0.2%)

2 と復讐

▼ じい景色~ (2, 0.2%)

1 なので, の中

▼ じい暮らし~ (2, 0.2%)

2 方を

▼ じい木枯~ (2, 0.2%)

1 が吹き出した, である

▼ じい権幕~ (2, 0.2%)

1 でやって来た, に懼

▼ じい歓声~ (2, 0.2%)

2 を挙げ続け

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 が致しました, を

▼ じい気色~ (2, 0.2%)

1 に見えた, を見せ

▼ じい決心~ (2, 0.2%)

2 の色

▼ じい激動~ (2, 0.2%)

1 が起こった, とともに舞台

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 が燃え, を挙げ

▼ じい熱情~ (2, 0.2%)

1 を以て, を注いだ

▼ じい~ (2, 0.2%)

2 を真中

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 の事, を選んだ

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 を湛え始めた, を目撃

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 がまた, の声

▼ じい血相~ (2, 0.2%)

1 をした, を見上げる

▼ じい見物~ (2, 0.2%)

2 に出

▼ じい電光~ (2, 0.2%)

1 になり, の中

▼ じい~ (2, 0.2%)

1 がずらりと, がまえ

▼ じい音響~ (2, 0.2%)

1 と云, は暗闇

▼ じい風の音~ (2, 0.2%)

2 烈しい雨

▼1* [295件]

じいあなた様と同じ, じいいやなもの, じいおそろしいようだ, じいかに奇矯の, じいから旨いの, じいからとて此の, じいけんまくでしたから, じいこれを絵画, じいばあご, じいはたべ, じいさまおばあさま, じいさま一人だけで, じいしい甕, じいじいじいじいというかなり, じいじいじいじいじいというかなり, じいじいじいじいじいじいというかなり, じいじい静かに蝉, じいじゃないか, じいこに, じいせいだそう, じいせずにノオ, じいそしてふしぎな, じい王の, じいたしておっ, じいたんと云っ, じいだが草かげの, じいとしてゐる, じい立ちの, じいであろうところの, じいとかという程度の, じいとはいえなかったでありましょう, じいどこをウロ付き, じいなんかを知ってよう, じいのというのを, じいばかりである, じいばかりの色感を, じいばばの家, じいひとつの争闘, じいほどに毒々しく惨酷, じいまでの憐れさと, じいめ清らかな, じいものであつた, じいもの音が河原, じいやうでした, じいやだの下女だ, じいやとは買物に, じいやにはなんだか惨, じいやにも手伝わせて, じいやばかりのこの別荘, じいやんや慎吉, じいゆゑ誰も先生, じいせまい畳, じいれるやうに, じいの爪, じいわり締めて抱え, じいアテナイの二人, じいホウゴウ社に住まっ, じい一場が演ぜられた, じい一日が始まる, じい三ツ目の弾, じい不充分さを分たなけれ, じい不遜な節々, じいを縫っ, じい亀裂の上, じい争いを生涯中, じい争闘が展開, じい事天地振動する様, じい云えばお母さん, じい仕事をし, じい仮面のよう, じいなんで, じい伝染力をふるった, じい位猛烈な割, じい作業場と変り, じいから引取, じいには珍しい, じい僭上の到りである, じいを眼, じいがつづい, じいが文学主義, じいが山, じい出来るより全く, じい出来事にたいする心構え, じい別人のよう, じい剣戟の音, じいにはさほど, じい勢ひでぐるぐる, じい勢ひで中国軍を蹴ちらした, じい勢ひで洗つたり, じい危害を与えた, じい反逆的な女, じい反響を傳, じい合唱となり, じいの立つ, じい吹雪の中, じいり声, じい咆哮をつ, じいは聞き知っ, じい四人連れだった, じい回想から解放, じい地響きをさせ, じいをみる, じい大きい姿を, じい大力のほど, じい大蛇の眼, じい夫婦のよう, じい失意を法水, じい姉妹二人の恋, じい御だいそれた, じい威力を表したであろう, じい官女でありさらにさらに, じい小鳥のやう, じいは少し, じい山嘯の洪水, じいがあつ, じい幸福を受ける, じいに悩まされ, じい幼稚な文法, じい底潮の反映, じい弓勢にはかつて, じい強盗のある, じい微笑が一刹那多四郎, じい心持がここ, じい濤の, じい性慾の目覚め, じい性格は彼, じい性質を有, じい怨みに泣く, じい恐怖に歪ん, じいを引く, じい悲しみが宿る, じい情交の起こっ, じいを感ずる, じい感じだし, じい感情がしっとり, じい戦いを極度, じい戦争談に花, じい戸外の嵐, じいへもまいりました, じい批評を繰り返す, じい振舞いだったが, じい掛け声が掛かった, じい掻き音である, じい散歩友を訪え, じい斬り傷を, じい断崖でかえた, じい旋風が急, じい早稲田大学贔負であつ, じい春風が笞, じい時代の推移, じい暴風が潜ん, じいであること, じい有樣となつ, じい来た今日の, じい格闘が行われ, じい様お召物は, じい様石町の垣見佐内様, じい殊勝な心映え, じい残っている, じい殺気立った顔と, じい気分である, じい気力を普光尼, じい気勢に壓, じい気合で拍子, じい気合いを一つ, じい気性のはげしい, じい気焔を示し, じい気配に襲われました, じい気魄にたじたじ, じいが致しました, じい氣組が漲ります, じいの音, じい水勢に潰された, じい水泡と大きな, じい水煙を立て, じい水玉がかぶった, じい水音が響い, じい水飛沫をあげ, じい沈黙で並ん, じい治さんがよかろ, じい洪水の形相, じい活躍を演じ, じいになつて行, じい渓谷であつ, じい渡合の潮, じい激怒が殘つて, じい激闘が捲起された, じい濁流が滝津瀬, じいである, じい火の手が上つて, じい火の粉が花火, じい火災が始まっ, じいの影, じい烈しい濁流は, じい黒色を, じい煤煙をあたり, じい熱っぽい眼が, じい熱気が霧, じい爆弾の音, じい爆風の土, じい父子の酒盛, じいの姿, じい牽引に躯, じいであった, じい玲瓏のなか, じい生涯とは全く, じい生物の名, じい異形をそこ, じい痩せ方を, じい発作は恐らく, じい発展膨脹をし, じい発破の轟音, じい百獣の咆哮, じい相手だったので, じい眼光に打, じいである, じいの原, じい私どもに異, じい程の冷たい表情, じい種族への同族的, じい稽古をつけ, じいの一角, じい空模様である, じい空腹も忘れ果てた, じい立てかたは一度, じい筆勢のもの, じいに入れ, じいの光, じい紙芝居が出来たなら, じい細胞の一つ一つ, じい罪悪と自暴自棄, じい美しさを, じい羽搏の響き, じい羽音と共に頭上三, じいの音, じい聡明な先生, じい自堕落な態度, じい自然の活気, じい色あいの果物, じい芝居がはじまる, じい苦しい表情で, じい蕃人の兄, じい蛇体になっ, じい血戦の後, じいの表情, じい見事さにあッ, じい見幕で手紙, じい視線を自分, じい言わせてガラス管, じい記憶は気の毒, じいの言葉, じいをする, じい誤解などをもいくらか, じい誰かの咳, じい趣きの愴絶, じい跫音と同時に, じいの轟きが, じい車輪の響, じい輝きをとつ, じい迄に高かった, じい逃がさないぞ, じいさを, じい過失を引き起こし, じい酒気をハアハア, じい鈎形に曲った, じい錯覚が非常, じい長櫃十棹の宰領, じい闘争の跡, じい限りであつ, じい障子の紙, じい雷雨があった, じい静かに蝉, じい静かさに包まれ, じい面魂でウム, じいをし, じい顔つきの人々, じい風音と共に吹雪, じい飛沫を蹴立て, じい饒舌家であるにも, じい首領の一人ヒポアリス, じいにとってそれ, じい駅長の女房, じい騒ぎが起った, じい騷音は世, じい髭面が目, じい髯面が目, じい鬨の声が起こり, じいをあらわし, じい鳴いていた, じいさで, じい黒死館の底流, じいの荒れ, じい鼻息であった, じいを聞い, じい龍卷が起つ