青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ず~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~するだろう ~するであろう すると~ ~するなら するなら~ ~すれ すれ~ ~すわっ すわっ~ ~ず
ず~
~ずいぶん ずいぶん~ ずし~ ~ずっと ずっと~ ずる~ ~せ せ~ ~せい せい~

「ず~」 120848, 1306ppm, 64位

▼ ず~ (27935, 23.1%)

322 いた 288 いられなかった 152 いる 145 いるの 135 ゐられなかつた 123 いて 121 いたの 109 はいられませんでした 101 いると, しまった, 自分の 93 はいられません, 帰って 91 ゐた 88 いられない 74 いたが, 出て 66 ゐる, 黙って 64 死んで 62 しまつ, 置いて 59 なって 58 それを 55 残って 54 済んだ 53 いること 51 歩いて 50 持って 48 待って 47 すんだ, 寝て 46 立って 45 いられないの 44 生きて 41 ゐて 40 見て 38 ゐたの 37 ある 35 居る, 彼は, 濟んだ, 言った 34 いました, いるもの 33 ゐるの 32 聞いて 31 しまったの, ゐられない, 私の, 答えた 30 いられなかったの, 何か 28 いたこと, いるよう, た 27 やって, 彼の 26 いられないよう, すんだの, ゐられないの, 終った 25 いつまでも, ゐると, 彼を, 暮して, 済んだの 24 死んだこと, 行って, 話して, 過して 23 いなかった, 自分で 22 いって, いられよう, いるん, して, しまいました, 居た, 居たの, 居る筈, 泣いて, 私は 21 いった, いられません, 居られなかつた, 来て, 済んで 20 なつた, 云った, 逃げて, 過ぎて 19 おくもの, すんで, 家の, 居るの, 笑って

18 [13件] あった, いたもの, いるという, これを, じっとし, そのま, 一人で, 手を, 持つて, 書いて, 眠って, 言って, 静かに

17 いない, いられようか, いられるもの, いるうち, 家を, 居ると, 待つて, 来たの, 私を, 話を

16 [11件] いるはず, おいた, すむの, その場, ゐること, 働いて, 坐って, 居て, 終って, 置く, 進んで

15 いたので, いられないもの, そのままに, 僕の, 居たが, 消えて

14 [12件] いたという, いても, すみました, そこに, ゐたが, ゐました, 口を, 急いで, 暮らして, 済むの, 眼を, 私が

13 [18件] いられるか, いるが, いるので, いれば, ここまで, しまって, 云って, 外へ, 帰った, 平気で, 戻って, 放って, 歩いた, 眺めて, 走って, 遊んで, 過ぎた, 部屋の

12 [14件] あつた, すむ, ゐられません, 下を, 來た, 先へ, 居られない, 帰るの, 来た, 置いた, 置くもの, 自分を, 過ごして, 金を

11 [19件] います, いるわけ, おかなかった, すぐに, すむよう, そつと, サッサと, 人の, 人を, 今日まで, 別れて, 声を, 奥へ, 彼女は, 此の, 済む, 苦しんで, 通って, 飛んで

10 [20件] あるの, いましたが, いられなくなった, いられませんでした, すんだかも, 例の, 勝手に, 家に, 家へ, 教えて, 死んだの, 流れて, 男の, 立つて, 言つ, 身を, 返事を, 通り過ぎて, 酒を, 黙つて

9 [24件] いたん, いられないほど, いられるの, ここへ, なったという, ゐるが, 了った, 仕事を, 他の, 何も, 取って, 困って, 女の, 済みました, 済むこと, 済むもの, 父の, 直接に, 続いて, 続けて, 育って, 逃げ出して, 顔を, 駈けて

8 [52件] あなたの, いつもの, いては, いられなくなる, いるから, いるところ, おいて, おられましょうか, おります, ここに, しまったこと, すむこと, すんだが, そこを, なった, なったの, ひとりで, ぼんやりと, やつて, ゐたこと, ゐるもの, 一生を, 下さい, 二つの, 人間の, 今の, 今まで, 入って, 外の, 女を, 子供の, 居られなかった, 居られません, 居りましたが, 居れば, 山の, 彼女の, 心の, 息を, 悠々と, 日が, 死ぬの, 済んだこと, 物を, 真直に, 終つた, 而も, 自由に, 見つめて, 門を, 頭を, 食べて

7 [54件] いたと, いよう, いられないと, いられない気持, いられぬよう, いるか, いる間, いろいろの, おけば, おこうと, おりました, きいて, ぐずぐずし, こ, このまま, しまったが, そこへ, たった一人, だまって, ついて, なったと, ゐられなかつたの, ゐられなくなる, ゐるやう, 二人の, 何を, 倒れて, 姿を, 帰ること, 帽子を, 彼に, 控えて, 昔の, 机に, 机の, 来たもの, 東京へ, 死んだ, 済むと, 済んだかも, 済んだが, 無事に, 熟睡し, 生活し, 素直に, 考えて, 自分が, 起きて, 足を, 返して, 通り過ぎた, 部屋を, 頭から, 首を

6 [78件] あって, あると, いたところ, いたのに, いたんだ, いた方, いられないこと, いられなくなって, いるその, いる人, おられません, おられよう, お帰り, ここで, こっちへ, さつ, したがって, すまして, すめば, すんだと, そこの, その前, それに, それらの, どうする, どんどんと, なるの, ふいと, ゐるので, ゐるん, 両手を, 云つた, 今度は, 元の, 先生の, 出掛けて, 前へ, 博士の, 去って, 夜を, 大事に, 子供を, 室の, 寐て, 寢て, 居ましたが, 居られよう, 居りました, 居るが, 居ること, 庭の, 庭へ, 彼女を, 忍んで, 日本の, 書斎へ, 最後まで, 朝から, 残されて, 残して, 母の, 済むという, 済めば, 私に, 窓の, 終ったの, 耳を, 行くこと, 見詰めて, 言つた, 踊って, 辛抱し, 逃げだした, 連れて, 遣って, 降りて, 食って, 食事を

5 [135件] あなたを, いたわけ, いた自分, いちゃ, いながら, いられなくて, いられぬという, いるとは, いるなんて, いる筈, いる者, おいたの, おいで, おかないもの, おくこと, おくと, おられなかった, おりましたが, ここを, こっそりと, これも, こんな事, しまうかも, しまうの, すぎて, すむと, すむもの, そこで, その日, ただ, どこまでも, ひそかに, まっしぐらに, ゐても, 一散に, 一目散に, 上から, 上って, 世話を, 主人の, 之を, 二階へ, 今に, 使って, 僕に, 僕は, 先に, 冷然と, 出かけて, 勝手な, 口の, 吹いて, 坐つて, 堂々と, 壁の, 夜に, 夢中で, 夢中に, 大急ぎで, 女に, 姫の, 居たこと, 左へ, 席を, 帰つて来た, 床の, 引き返した, 往来の, 心配し, 急に, 愛して, 感じて, 成長した, 或る, 戸を, 扉を, 手に, 手紙を, 捨てて, 日を, 最後の, 横に, 次の, 歌って, 此處へ, 水の, 汽車に, 沈んで, 済まして, 済みそう, 済むし, 済むよう, 済んだと, 済んだという, 済んだろう, 濟んで, 無理に, 照し, 独りで, 玄関から, 現在の, 目を, 直ぐに, 眠つてゐる, 着物を, 竜之, 終わった, 結婚を, 絵を, 続けた, 置いたの, 置くと, 置くの, 考へ, 膝を, 自分と, 自然に, 茫然と, 行き過ぎて, 行ったの, 覚えて, 言いました, 言ふ, 言葉を, 語られた, 読んで, 送って, 途中で, 過ごした, 長い間, 降って, 頭の, 飛び出して, 首席に, 駆けて

4 [228件] あたりを, あったこと, あるから, あれ瑠璃子, いいました, いたとは, いたよう, いたり, いたんだが, いた人, いた私, いましょう, いますと, いようと, いられたの, いられないだろう, いられない心, いられぬ, いられましょう, いられましょうか, いられるわけ, いるかと, いるだけ, いるのに, いるらしい, いるらしかった, いる事, いる時, おかない, おかなかつた, おこうか, おられぬこと, おられようか, おりますが, ぐったりと, こんどは, こんなこと, さつさと, しまう, しまったかも, しまったよう, しまふの, しまふやう, じきに, じつと, すごして, すむから, すむだろう, すむところ, すわって, すんだであろう, すんだよう, すんだらしい, そっとし, それは, ただもう, ただやたら, ちよいと, ぢつ, ぢつと, ともかくも, どこかの, どこかへ, どこへでも, なったので, なったもの, なつて, なりました, なる, なんでも, はいられますまい, ほって, またその, まっすぐに, もつと, やったの, ゐたので, ゐたり, ゐなかつた, ゐられなくなるの, ゐられよう, ゐるうち, ゐるか, ゐる間, グッスリ, スラスラと, 一つの, 一緒に, 不意に, 中途で, 二階の, 人に, 人生の, 今も, 今日に, 仕舞つた, 他人の, 仰しやつ, 仲間の, 住んで, 來て, 俺の, 働いた, 兄の, 先き, 先の, 内へ, 出来るだけ, 前の, 動いて, 口へ, 叫んだ, 右へ, 向うへ, 城を, 多くの, 夜が, 大切に, 妙に, 娘の, 安らかな, 寝た, 居たから, 居たん, 居つたの, 居られようか, 居られるもの, 居ります, 居る事, 左の, 帰りました, 床に, 店を, 座を, 廊下に, 引込んで, 弟の, 彼が, 彼等の, 往って, 後へ, 我慢し, 戻つて, 扉の, 手で, 措くもの, 放つて, 斯う, 普通の, 暮した, 書いた, 本を, 村の, 来たか, 来たが, 来たこと, 枯れて, 横たわって, 正直に, 正面から, 此処へ, 此方へ, 歩き出した, 死んだと, 死んだ樣子, 母親の, 気を, 浮いて, 涙を, 淡々と, 済むかも, 済むだろうと, 済むわけ, 済む事, 煙草を, 生活する, 生涯を, 町の, 留守に, 盃を, 目に, 相手を, 看病を, 真直ぐに, 知って, 石を, 空の, 突進する, 立ち去った, 笑つた, 答へ, 糸を, 終ったが, 終ること, 縁側に, 置きません, 置くが, 置けば, 老人の, 肩を, 腰を, 自分は, 自己の, 船を, 表へ, 裏口の, 親分, 訊いた, 記憶し, 許して, 語って, 読んだ, 誰が, 走った, 車を, 逃げたの, 逆に, 通して, 通りすぎて, 野口の, 開けて, 隠れて, 離れて, 雪の, 飛び込んで, 飲んで, 馬の, 馬を

3 [453件] ああし, あきらめて, あちこちと, あったので, あったり, あなたは, ありの, あります, あるが, あること, あるところ, あるもの, あるん, いう, いたなあ, いたに, いた時, いないと, いないの, いないもの, いません, いら, いられない心持, いられない性質, いられなかったろう, いられなくなるの, いられぬこと, いられぬもの, いられまい, いられますか, いられるであろうか, いるお, いるくらい, いるでは, いるに, いる伸子, いる何, いる子供, いる法, うつむいて, うつらうつらと, うろうろし, おいたこと, おいたもの, おいでに, おかないと, おかないの, おくの, おくれ, おくわけ, おこう, おこうや, おしまいに, おつきあい, おられない, おられぬの, おるの, おるよう, おれば, お染, お綱, かかって, がまんする, きたの, きて, ください, くるりと, ぐっすり眠っ, この世を, この娘, この小説, さう, さへ, しかもこの, したこと, しまいましたが, しまう事, しまったから, しまったという, しまったところ, しまふ, じっと見, すうと, すぐ引返し, すごした, すましたこと, すむか, すむという, すらすらと, する, するすると, すんだこと, すんだもの, すんだろう, せつせと, そう言っ, そこから, そのお, そのままそこ, その人, その話, それが, そんなこと, ただおじぎを, ただの, ただ笑っ, ただ自分, ただ見, だしぬけに, ちょいと, つづけた, つづけて, つれて, どこか, どこへ, なってから, にやにやと, はおりませぬ, はおりません, ひかえて, ひっそりと, ひれ伏して, ぶっきらぼうに, ぶらぶらし, ぶらぶらと, ぼんやりし, また, またそれ, また同じ, むやみに, めいめいの, もがいて, もとの, やたらに, やってきたの, やめて, やり返した, ゆっくりと, よその, わたしの, わたしは, ゐたと, ゐたといふ, ゐたところ, ゐます, ゐられないで, ゐられないと, ゐられない私, ゐられなかつたと, ゐられなかつたので, ゐられなくな, ゐられなくなつ, ゐられぬと, ゐられぬやう, ゐられる, ゐるから, ゐるらしい, ゐる事, ゐる私, ゐる筈, プイと, 一と, 一夜を, 一本の, 一生懸命に, 一種の, 三人の, 三吉は, 上がって, 下つて, 下へ, 世の中を, 世を, 世界の, 世間を, 事を, 二人は, 云う, 云ったの, 云わば, 亡くなって, 亭主の, 仕事の, 仰向, 何かに, 何でも, 何の, 何処かへ, 何時もの, 何時間も, 僕を, 兜を, 八五郎は, 出して, 出た, 出たの, 出ようと, 前に, 勤めて, 却て, 参ったの, 参りましたが, 友だちを, 反って, 反対側の, 取引する, 受取って, 右の, 名を, 周囲の, 呼吸を, 唯, 喜んで, 單に, 土蔵の, 坂を, 垂れて, 堤の, 外から, 外に, 夜の, 夢の, 大きな声, 大勢の, 大声に, 大声を, 夫の, 夫婦の, 奥の, 女と, 好きな, 嫁に, 存在する, 安心し, 安楽な死に, 家にばかり, 寄って, 寐た, 寝床の, 少しは, 尼に, 居たので, 居た当麻語部, 居ます, 居よう, 居ようと, 居られないよう, 居られぬ, 居るうち, 居るという, 居るなんて, 居れなかつた, 山を, 己の, 帰して, 帰ったの, 帰つた, 帰る, 帰る事, 幅の, 平氣, 座敷の, 庭に, 廊下の, 廊下へ, 廊下を, 引きこもって, 弾いて, 形を, 彼らは, 彼れ, 後から, 後の, 後を, 得られるの, 心が, 思って, 息子の, 愉快そうに, 愉快に, 意識し, 愛の, 我慢を, 戸外へ, 戻ろうか, 手ばしこく締めたる, 持ちつづけて, 挨拶を, 斬って, 斯うし, 斯んな, 旅に, 日本媼の, 早くお, 早く寝, 明かして, 易々と, 暇を, 最初から, 最初の, 朝まで, 本の, 本當, 来たという, 横を, 次の間に, 此方を, 武蔵の, 歩きながら, 歩く, 歩くの, 歩んで, 歸る, 死ぬ, 死んだので, 殆ん, 母と, 永久に, 汗を, 江戸へ, 泣いた, 泣いてばかり, 泣く, 注意し, 消えた, 涙が, 済むだらう, 済むはず, 済んだもの, 済んだわけ, 源氏の, 溜めて, 無断で, 無暗に, 無言の, 熱い涙, 熱心に, 独断で, 率直に, 生かして, 生きること, 生命を, 畳に, 登ること, 目的を, 相対し, 相手の, 眉を, 眺めた, 眼前に, 着て, 石段を, 研究を, 私だけの, 穴の, 空に, 突っ立っ, 立ち去って, 立ち去りました, 笑った, 第二, 答える, 答えるの, 籠って, 純粋に, 終りました, 終るの, 終わるの, 結婚する, 続けました, 綱を, 綺麗な, 繰り返して, 罪を, 置いたもの, 置きました, 置く物, 置く訳, 置こう, 考えこんだ, 考えこんで, 考えること, 考え込んで, 考へて, 肌を, 育ちました, 胸に, 胸を, 腰かけて, 腰から, 自分から, 自分たちの, 自分に, 自分ひとりで, 自活の, 自身の, 船に, 花の, 草の, 草履の, 落ちついて, 蒲団の, 蒼い顔, 行くと, 行われて, 裏口から, 裏口へ, 見せて, 見事に, 見届けて, 見張って, 親の, 言うて, 言ひた, 言へ, 説明し, 走つて, 起きあがる, 跣足で, 身に, 近寄って, 近所の, 迷って, 逃げ去った, 通り越して, 通り過ぎようと, 通過した, 過ぎたが, 過ぎたの, 過ごしたこと, 過ごすよう, 過した, 過すこと, 過去の, 道を, 部屋から, 酒ばかり, 鉄砲を, 長々と, 長火鉢の, 隙を, 隣りの, 顫え, 風の, 食べさせて, 食べた, 食卓に, 飲んだ, 馳け, 駈けだした, 骨を, 魂の, 鳴き続けて

2 [1550件 抜粋] あえいで, あたふたと, あつしの, あなたが, あまりに深く, あるという, あるよう, あれこれと, いいと, いきなりそれ, いくの, いたいもの, いたか, いたこの, いたため, いたら, いたろう, いた事は, いた伸子, いた彼女, いっしょに, いないでしょう, いなければ, いませんでした, いらっしゃるの, いらりょう, いられないが, いられないだけ, いられないのに, いられないわけ, いられない題材, いられなかったと, いられなくなったの, いられますかね, いられるであろう, いられるほど, いるこの, いるだろうか, いるとの, いるひろ子, いる中, いる女, いる気, いる私, いる訣, うちの, おいたが, おかれよう, おきます, おくところ, おだやかな, おっとりと, おられないの, おられませぬ, おりましたの, おりまする, おれぬ, お互, お君, お庭, お置き, お辞儀を, かえって, がんりきの, きょとんと, こうして毎日あたり, こう言っ, こっちの, このお, この事件, この手紙, この私, この老人, この部屋, これだけの, これへ, こんなに遠く, さっきから, さめざめと, しても, しまうこと, しまったそう, しまったん, しまひ, しみじみと, すくんで, すぐ右, すたすたと, すべてを, すまないこと, すみましたが, すむかも, すむはず, すんだでしょうし, すんだので, ずんずんと, そこそこに, そっちへ, そのまま別れ, そのまま過ぎ, その儘, その家, その方, その男, その鍵孔, それから, それ等の, そんな私, ただこう, ただ一人, ただ彼女, ただ私, ためて, ちゃんとし, ちょっとお, ついには, つぶやいた, とうとう小刀, どうか, どうして生き, どん, ながめて, なった花嫁, なるという, ぬうと, のぼって, のんきな, はいられめ, ひっそりし, ふらふらと, ほかに, ほッ, ぼんやりしてる, まごまごし, またそっと, まつすぐ, もうつづけ, もって, やって来た, やって来る, やること, ゆつくり, よく眠っ, れいの, わたくしは, ゐたもの, ゐた田舍暮し, ゐられないこと, ゐられない心持, ゐられなかつたに, ゐられぬもの, ゐられるであらうか, ゐるかと, ゐるといふ, ゐるほど, ゐる者, キチンと, グッと, ジッと, スタスタと, チラと, テエブルの, ドタドタと, バラバラッと, ピアノに, ベッドの, ヴェリチャーニノフは, 一家団欒の, 一族を, 一枚は, 上げて, 上へ, 下に, 下山する, 世の中に, 主人に, 乗物を, 事が, 事物を, 二年三年と, 云いますが, 云う方, 亡びて, 人々は, 人は, 人間が, 仆れた, 今なお, 今日の, 介抱した, 他を, 付き添って, 伸びて, 何う, 何かを, 何処か, 何處かへ, 來る, 保存され, 信吾は, 俯向に, 停車場へ, 働いたん, 僕が, 先祖代々の, 入れた, 全路, 其抑揚を, 冬子は, 出かけようと, 出た事, 出発した, 切符を, 別れた時子, 前進する, 勉強が, 北を, 半日を, 単純に, 又も, 反対に, 口ずさんで, 古本屋の, 只今の, 台地の, 右門は, 同じよう, 君は, 周馬の, 呼んで, 唯だ, 喋舌る, 国を, 坊さんは, 変らずに, 外国人を, 夜中に, 大いそぎ, 大事な, 大将の, 大阪へ, 天皇の, 夫人を, 失礼し, 奥さんの, 女は, 姉の, 始終微笑, 婆さんに, 存分に, 学問の, 安, 宙に, 客間へ, 宮は, 寝台に, 寧ろ, 小倉の, 少年の, 居たところ, 居た所, 居ました夫, 居られないの, 居られない気持, 居られなくなつ, 居りますが, 居るので, 居るん, 居る人, 居候し, 山や, 川の, 市役所を, 帰つて来, 帰りましたが, 帰るん, 帰途に, 平和に, 平気な, 平然とその, 幾日も, 床板の, 廊下から, 引いて, 引き取つた, 張る氣, 彼等を, 往来を, 後ろへ, 徒歩で, 御読下, 心と, 忍び寄って, 思いつづけて, 急いだ, 恋人の, 悪いこと, 意志の, 慌てて, 憶えて, 我が家へ, 戦いました, 戦場へ, 手っ取, 手代の, 打ち棄てて, 投げて, 押付けられたもの, 持続する, 捨てられて, 控へて, 掻きあつめること, 握って, 撲ったの, 放棄され, 散って, 斃れる, 斯る, 旅行し, 日盛りの, 早く奥, 星の, 昨夜の, 普通は, 暗がりの, 暮せる, 書いたの, 月日が, 本舞台, 材料を, 来ました, 枕の, 格子の, 楽々と, 横合いから, 歌の, 止めたもの, 此處に, 歩きました, 歩くので, 歳を, 歸らなけれ, 死ぬと, 死ぬ者, 死んでも, 殆ど虎の, 残つて居る, 殺したの, 殿様に, 母国の, 気が, 永い間, 江戸の, 河の, 泣き出した, 注意を, 海を, 済ますかが, 済ますわけ, 済まそうと, 済みますよう, 済むかと, 済むん, 済んだかと, 済んだに, 済んだ筈, 湯に, 澄んで, 濟み, 火鉢の, 無意識の, 煖炉の, 片足で, 物置の, 猫の, 生きてる人, 用が, 申し上げたこと, 申立てた, 留守居を, 疲れて, 白娘子に, 百までも, 盛に, 直ぐと, 直言する, 看病し, 眞直ぐに, 真剣に, 眠つ, 眺め入ること, 睡って, 矢張り憂鬱な, 知識ある, 破牢した, 社会から, 秀吉の, 私たちは, 秘められて, 空から, 突き膝で, 窓から, 立ち止まって, 立て, 竿を, 第一, 箪笥の, 簡単に, 紙の, 素通りし, 終ったこと, 終ったわけ, 終つてゐる, 終る, 終るらしい, 終わったの, 練習を, 縁側を, 繰返されて, 罪の, 置いては, 置かなかった, 置くこと, 置く事, 美人の, 義務を, 考えた, 考え抜いた揚句, 聞きなさい, 肩で, 背戸の, 胸中に, 自分だけ, 自分一人で, 自力で, 至極のんびりし, 船は, 花嫁の, 苦しみつづけるの, 英語を, 草鞋を, 萎んで, 蒲団を, 虫の, 行きました, 行く, 行こうと, 行つた, 行る, 街を, 裏から, 見せたもの, 見に, 見れば, 見物し, 親が, 観察し, 言い争った, 計算の, 話しかけた, 話の, 読むこと, 謙遜に, 議論を, 貧乏し, 買いに, 走り出した, 路を, 辻本には, 追われるよう, 逃げだして, 逃げ出そうと, 通いつめ出来るかぎり, 通へば, 進むこと, 進行する, 過ぎました, 過ごせたもの, 過せば, 遠くを, 酒場の, 針仕事許りし, 鏡の, 長椅子の, 開いて, 闇の, 階段の, 難儀した, 雪が, 静, 靜かに, 面作りの, 顏を, 飛び越えたので, 飛出しました, 食卓の, 駈けだして, 駈け出して, 驚いて, 鷲の

1 [13952件 抜粋] ああいう, あたった人, あつさ, あの娘, あらゆるところ, あるだろうか, ある父, あんなまね, いういうとして, いきなり庭木戸, いくらか残し, いたしかし, いたもっと, いた一定, いた家, いた白銀屋新七, いた馬春堂先生, いつそ飛, いてさえ, いのちを, いやむさぼる, いられないところ, いられない容子, いられない華やかさ強烈さ, いられなかった情熱, いられぬ数学者, いられるよう, いるであろうと, いる両親, いる小鳥, いる準之助氏, いる車台, うかうかあそん, うとうとと, うろたえたところ, おいてけぼりは, おかなかった社会生活, おき隠し立て, おしまいまで, おとなしく聞い, およそ六日, おりおり主人, おれぬよう, お供に, お勝手で, お屋敷, お柳さん, お答えは, お訪ねいたす, お馴染, かえって政客, かしこまって, かれこれ批評, きた咲耶子, くすぐること, ぐっと飲ん, こうしてお力, こそこそと, このこと, この僧, この急, この町, こびりついて, こんなに心, さういふ血液的, さっさと執行, さまよ, しかも得々, した労力, しぶしぶ寝, しまったらしい, しめった声, じっとがまん, じっと見つめる, すぎるとき, すぐ拳闘, すごしてからは, すでに悠然と泰軒, すますため, すみますこと, すむ夏, すんだだろうと, ずかずか玉座, せせら笑った, そうくり返した, そして家出, そつくり広の, そのままぶら, そのまま引っ返そう, そのまま落ち, そのハッ, その友人, その尻, その日いち, その物語, その証言, その駅, それ散歩へ, たすきを, ただたんに, ただヤミクモ, ただ古代悲劇, ただ折々, ただ物理学教科書, ただ舞台, ただ首, たまらなくなっ, ちゃんと食卓, つい一息, つこりしたこと, でかけたの, ときどき起き, とろとろと, どうして病い, どこの, どんどん三隅さんたち, なおも続けた, なして, なった時, なりましたが, なんで再び郷土, ねて, のんびりと, はいれないから, ひき始めた, ひと息に, ふさぎこんでること, ぶらさげ下品, ほしいと, ぼんやりそこ, まして素人, またすぐ, また子供, また立つ, まだ石段, まるで自分一人, みんな澄まし, むしろ静か, もう一杯, もたらされたもの, ゃいられないことなんだ, やがて逃げ, やっとめざす, やはり将棋一筋, やり遂げるという, ゆっくりやる, ようぞ, よく遊ん, わが身を, われわれが, ゐたらきつ, ゐた自分, ゐられないくら, ゐられなかつた程, ゐられます, ゐるな, ゐる機関車, ウオツカを, ガヴローシュの, グングン突き進ん, シナの, スタスタ歩きだした, タタミと, トットと, ネイル族の, バルブレンの, フエアリイ・ランドの, ベッドに, ポンポン通関済み, モヒの, 一々検温器, 一人前に, 一学期から, 一所懸命に, 一時間半以上煮る, 一生すませる, 一言でも, 三メートルほど, 三日も, 上手な, 下駄を, 与八は, 並べること, 丸善へ, 乗り込んだの, 了つた者が, 二つ三つ書いた, 二度も, 云えと, 五十銭玉の, 交互に, 人様に, 今夜ここへ, 仏と, 他所に, 伊勢へ, 会話が, 低く呟いた, 何だか待っ, 何事をか, 何為死ぬ, 使い倒して, 侍長屋で, 信じて, 倉皇として, 偶然に, 働いてる, 僧が, 先きの希求を, 入らっしゃいまし, 全体へ, 八合目あたりを, 其の肉, 其處に, 再び屍者, 冷酷な, 出かけた, 出なかったこと, 出来てから, 切り込んだの, 別人の, 前進し, 努力の, 勝則は, 北海道へ, 千数百年を, 南へ, 危惧しても, 却つて自然を, 参詣し, 収容しました, 受けるん, 古い形, 只自分, 各々浮びあがるだらう, 同じ道, 君と, 呆れかえった話, 味噌汁の, 咲耶子は, 唯坐っ, 唸りを, 喜久家を, 四つに, 団長団長と, 國も, 地元の, 城下外れの, 塚田巡査が, 夏の, 多計代, 大きなあくび, 大体に, 大概の, 天井裏の, 失わしめようと, 女中を, 妻恋の, 威張るよう, 子として, 学者達を, 完成した, 実験室の, 寂しい退屈さ, 寝られないと, 寧ろ面白, 将軍家から, 小六, 小藤次風情, 少尉に, 居たっけ, 居った, 居やすし, 居られない点, 居られよう約束, 居るから, 居る左孝, 届いたと, 山科街道まで, 川へ, 差向で, 帯刀は, 帰りましたので, 帰宅し, 平手で, 年魚である, 幾太郎を, 店に, 延喜式の, 引き返しました, 引揚げた, 強い大将たち, 彼へ, 待ち焦れて, 後日奥州の, 御用を, 心安くうなずいた, 忘れかけて, 怒って, 思ひ知る恋, 怺えた, 恬然たる, 悲しげなす, 愛すること, 憤慨し, 成長し, 戰ふこ, 扉口へ, 手短に, 打ち沈んで, 承知するだろう, 抜き出せそう, 押し戻します, 持ち上げた, 振り返れば, 探検隊員めがけ, 提げて, 支度を, 故郷へ, 散乱した, 斉整し, 新に, 旅立玉う, 日毎あはれなり, 早く品川, 昂奮し, 明神樣の, 時々刻々に, 暁を, 暫くつづいた, 暮らす女, 書いたら大丈夫, 書けない, 月見橋を, 朝日会館へ, 末梢的な, 朽敗した, 来た吾輩, 来る二日前, 松五郎が, 柳屋の, 森と, 楼上に, 横ひろがり, 權六が, 歟上人様に, 此れ, 歩いちまおう, 歩みつづけながら, 死なしたら忘れっこねえきっと, 死ぬ人, 死んだ子供たち, 残すは, 段々塩梅, 母親と, 民謡的情事の, 水泳の, 池の, 河岸縁の, 波止場へ, 注いで, 流れる, 海や, 深いところ, 済ましたいところ, 済みましたから, 済む人, 済んだでしょう, 温い人, 溺れるくらい, 漕ぎ去ったの, 濟むか, 火花を, 無分別な, 無限の, 熬りつくよう, 爺やと, 物思いを, 犬を, 独立した, 獨立も, 理解出来る, 生きてる方, 生れた土地, 田丸は, 申刻, 畦道を, 病気といふ, 発足する, 白面の, 皆持っ, 目当ても, 直ちに離縁, 省略は, 真理を, 眺めた人物, 睡気, 知らないうち, 硬直し, 神田猿楽町の, 秋氣が, 穀物を, 突きまくったん, 突然鉱業, 立ち去ったの, 立上った, 端ばかり, 笑ふべき, 節子は, 糸が, 素足に, 終つて何時までも, 終るわけ, 終日相変らず, 結構通っ, 続けなさいな, 縛るかも, 續い, 置いた草木, 置き去りに, 署名したら, 翌々日は, 考えたって, 耳に, 聴きたいから, 育ち木下, 胸が, 腹の, 自分勝手の, 自身その, 船員から, 花なら, 苦しみの, 茫やり, 菓子だけを, 落語も, 蔭口を, 藤作一人が, 血氣に, 行き着けた奴ら, 行ったのよ, 行過ぎ薄暗い, 袖を, 襖の, 見せよう奴等, 見當, 親爺の, 言い続けた, 言つて見ろ, 討たれるよう, 話してる人, 語り合うつもり, 読むの, 諦めて, 豆腐屋の, 貴女が, 質札を, 走りこんだ, 起上った, 跣足の, 踏切を, 軍部の, 轉が, 近所を, 追い返しては, 退屈を, 逃げ出したわ, 途切れ途切れに, 通りすがりの, 通り過ぎ藤木村最終, 逢わせたとこう, 逸すること, 運動に, 過ぎ去って, 過たろう, 遠くへ, 還っては, 酔い乱れて, 野宿し, 針を, 鍵を, 長安へ, 開封書状に, 阿行, 陽子は, 集められて, 青々と, 面白くばかり, 頤で, 顔さえ, 飛びこむ, 飛付いた奥宮鏡太郎, 食べたらよかっ, 飲みほした当の, 餓死する, 駄夫は, 駈け歩行, 高尚な, 鹽でも, 默り

▼ ずには~ (5060, 4.2%)

768 いられなかった 297 ゐられなかつた 287 いられない 161 居られなかつた 111 いられなかったの, ゐられない, 居られない 91 いられないの 87 いなかった 83 おられなかった 75 おられません 53 居られなかった 52 おかない 48 ゐられないの 46 おかなかった 42 いられないよう 41 いない 37 居られないの 33 居られません 30 居られなかつたの 28 居られませんでした 27 置かない 24 いられなくなった, ゐられません 23 置かなかった 22 いられまい 19 いられなくなって, おられない, おられませんでした 18 いられないだろう, おかないの, おきません, ゐなかつた, 居られぬ 16 いられないであろう, おられないの, ゐられないやう 15 ゐられなかつたの 14 居ない, 置かないの 13 いないの, いられぬ, 居られなくなつ, 置きません 12 いなかったの, おかないよう, おかぬ, 居られなかったの, 生きて 11 ゐられないで, 居なかつた, 措かない 10 いられないほど, いられなくなる, おかなかつた, 措かなかつた 9 いって, いないだろう, いないであろう, いられないという, いられないもの, いられぬの, ゐられないので, ゐられなくなつ, 居られないと, 措きません 8 おられなかったの, ゐない, ゐられませんでした 7 いられなかったが, いられなくなりました, おかないと, おかないという, 置かないと, 置かなかつた, 置きませんでした

6 [12件] いなかったであろう, いません, いられないこと, いられない気, いられなかったから, いられなかったろう, おかん, おられまい, ゐられないと, ゐられなくな, 居られないよう, 済まなかった

5 [16件] いられないし, いられないはず, いられないん, いられなかったこと, いられなくなるの, おかないだろう, おられますまい, ゐなかつたの, ゐられないといふ, ゐられないほど, ゐられなくなる, 居られぬだて者, 措かなかった, 置かないという, 置かないよう, 置かぬの

4 [40件] いまい, いまいと, いませんでした, いられないでしょう, いられないと, いられない自分, いられなかったほど, いられなかったよう, おかないもの, おかぬぞ, おきませぬ, おられないよう, おられなくなりました, おられぬの, おられませぬ, おられん, おれないの, おれなかった, すまない, ゐないもの, ゐなかつたで, ゐられないこと, ゐられない私, ゐられぬの, ゐられぬもの, 何とも計, 居ぬ極度, 居られないで, 居られないといふ, 居られないん, 居られなかつたから, 居られなくなるの, 措かないと, 措かないの, 措かぬ, 濟ま, 置かないやう, 置かなかったの, 置かぬ, 置きませぬ

3 [63件] いないもの, いられないが, いられない事実, いられない場合, いられない心持, いられない気持, いられない気持ち, いられなかったくらい, いられなかったであろう, いられなかったはず, いられなかったん, いられなくなったという, いられなくなったの, いられぬという, いられぬもの, いられまいと, おかないといった, おかない不思議, おかなかったの, おかなかつたの, おかぬという, おかぬよう, おくまいと, おくもの, おけない, おられぬ, おられぬこと, おられぬよう, おれぬ, おれぬの, ゐられないから, ゐられないでは, ゐられないほどの, ゐられないん, ゐられない事, 如何なる表現, 居なかった, 居まい, 居ません, 居られないだろう, 居られないので, 居られないほど, 居られないやう, 居られない心持, 居られない様, 居られない気, 居られない気持, 居られない程, 居られなかつたこと, 居られなくな, 居られなくなる, 居られぬの, 居られまい, 居られまいと, 居れなかった, 居れません, 措かなかったの, 措かなかつたで, 措かぬと, 生きられぬ, 置かなかつただらう, 置くまいと, 通れない

2 [132件] いないであろうと, いないでしょう, いないと, いないという, いないところ, いないよう, いない力, いられないお, いられないから, いられないそれ, いられないだろうと, いられないで, いられないであろうと, いられないでは, いられないところ, いられないに, いられないらしかった, いられない事, いられない人, いられない位, いられない力, いられない女, いられない彼女, いられない心, いられない感動, いられない熱い, いられない私, いられない程, いられない筈, いられない衝動, いられない連中, いられなかったと, いられなかったので, いられなかつた, いられなかつたが, いられなくて, いられなくなるであろう, いられなくなるよう, いられぬから, いられぬこと, いられぬだろう, いられぬであろう, いられぬはず, いられねえ, いられまいて, いられませんでした, おかないから, おかないが, おかないであろう, おかないやう, おかない事, おかない春, おかない筈, おかなかったであろう, おかぬから, おかぬが, おかぬと, おきませんでした, おくまい, おられないはず, おられないもの, おられないらしい, おられない一つ, おられない道理, おられなかったこと, おられぬという, おられまいと, おれない, すまなかつた, すまぬ, ゐないだらう, ゐないの, ゐない世界, ゐまいと, ゐられない力, ゐられない女, ゐられない程, ゐられない酒, ゐられなかつたと, ゐられぬであらう, ゐられぬやう, ゐられぬ心, ゐられまい, ゐられまいと, 居なかつたけれど, 居らぬ, 居られないから, 居られないが, 居られないこと, 居られないもの, 居られない事, 居られない人間, 居られない位, 居られない心, 居られなかつたで, 居られなかつたと, 居られなかつたほど, 居られなくなった, 居られなくなりました, 居られなくなるので, 居られなく成りました, 居られぬから, 居られぬ階級本能, 居られませんの, 居れなかつた, 成り立たない, 我慢が, 措かない眼, 措けない, 書けない, 檻の, 止まないたち, 此の, 気の, 済まぬ訳, 濟みません, 生きられないの, 立って, 納まらない, 置かないぞ, 置かないだろう, 置かないって, 置かないであろう, 置かぬと, 置かぬよう, 置かねえの, 置かれない, 置かれませぬ, 置かれませんでした, 置くまい, 置けぬ, 置けぬ醜怪

1 [997件 抜粋] あり得ないこと, いたが, いないあなた, いないからな, いないすぐれた建築, いないぞ, いないだろうという, いないはず, いないん, いない一々, いない利益, いない様々, いない社会的, いない程度, いない限り, いなかったころ, いなかったと, いなかったほど, いなかったろう, いなかったわけ, いぬであろう, いねえ甚藏, いませなん, いられず大方, いられず子, いられず私, いられないある, いられないか, いられないくらいに, いられないさ, いられないたち, いられないだろうという, いられないといった, いられないとしても, いられないね, いられないのに, いられないひとり, いられないもっとも, いられないらしい, いられないわ, いられないクセ, いられない一方面, いられない下らなく悪騒々しい, いられない人間, いられない例外, いられない公理, いられない同情, いられない哲学, いられない国内, いられない大岡忠相, いられない尊い, いられない巴里, いられない幼年時代, いられない彼, いられない思い, いられない恋, いられない悲喜劇的性格, いられない愛, いられない所以, いられない日本, いられない曙, いられない本能的憎悪, いられない様子, いられない欲求, いられない氣持, いられない状況, いられない現実, いられない矛盾, いられない立場, いられない素直, いられない美しい, いられない菜穂子, いられない調子, いられない速, いられない馬, いられない鼓動, いられなかったそう, いられなかっただろう, いられなかったでは, いられなかったという, いられなかったもの, いられなかった問題, いられなかった自分, いられなくさせて, いられなくされて, いられなくなったくらい, いられなくなったらしかったわ, いられなくなった妹, いられなくなってよ, いられなくなりそう, いられなくなるかも, いられなくなるはず, いられなくなる一方, いられなくなる山, いられなく成ったの, いられなく成りました, いられなく成るの, いられぬくらい, いられぬよう, いられぬ人, いられぬ原因, いられぬ微妙, いられぬ憐れ, いられぬ歴史, いられぬ老人, いられぬ藤村自身, いられぬ道化者, いられまいこと, いられません, いられんね, いる瞬間, おかせないの, おかないくらい, おかないこの, おかないすべて, おかないその, おかないため, おかないで, おかないでしょう, おかないふう, おかないほどの, おかないやさしき, おかない仲春, おかない場所, おかない年増振り, おかない彼ら, おかない悩まし, おかない所以, おかない朗かさ, おかない決心, おかない準備, おかない迫力, おかない飛行, おかなかったから, おかなかったもの, おかなかった異種文明, おかなくなった, おかなくなる, おかぬだろう, おかぬであろうそして, おかぬはず, おかぬ隠居, おかねえつもり, おかれない, おかれないので, おかれぬくるし, おかんかく, おかん今, おくまいぞ, おく訳, おけないの, おけない気質, おけぬ程, おさまらぬという, おらない, おらぬところ, おられずなんとなく, おられないかの, おられないであろう, おられないでしょう, おられないという, おられないほどに, おられない事情, おられない名篇, おられない感情, おられない深, おられない理由, おられなかったから, おられなかったのみ, おられなかったろうし, おられなかったん, おられなくなった, おられなくなった自分, おられなくなるまで, おられなくも, おられぬだろう, おられぬもの, おられぬ底, おられぬ御, おられぬ本能, おられまいが, おられませんからね, おられませんでしたの, おられませんもの, おられません天地, おられんの, おらんです, おれないさ, おれないそう, おれないです, おれないほど, おれない財政状態, おれなくなった, おれぬげすな, おれぬとき, おれまい, お前さんの, しまったものの, すまさなかった, すまされない墻, すまされない心持, すまされない種々, すまされぬこと, すまされまい父, すまないこと, すまない素地, すまなかったろうが, すまなかつたそれ, すまぬ抜目, すみは, すみません, その与えられたる, それは, つけられないよ, とてもしんぼう, どうしてもいられなかった, どうしても死ぬる, ならないので, なれられる関係, ひつて, まさかこの, もはや役に立たない, やまないかに, やまなかった, やまぬであろう, やまぬ巨浪, ゐないから, ゐないこの, ゐないと, ゐないはず, ゐない心持, ゐなかつた筈, ゐません, ゐられず梨枝子, ゐられないくら, ゐられないし, ゐられないそんな, ゐられないため, ゐられないところ, ゐられないならば, ゐられないまつたく粒々辛苦, ゐられないロマンチシズム, ゐられない一昨年, ゐられない不思議, ゐられない乞食坊主, ゐられない今, ゐられない入浴, ゐられない双, ゐられない場合, ゐられない家, ゐられない彼等, ゐられない必然, ゐられない手紙, ゐられない朝, ゐられない次郎さん, ゐられない気持, ゐられない澄太居, ゐられない生, ゐられない結果, ゐられない草, ゐられない酔うて, ゐられなかつたこと, ゐられなかつたそして, ゐられなかつただらう, ゐられなかつたので, ゐられなかつたやう, ゐられなかつたわけ, ゐられなかつた北朗兄, ゐられなかつた早, ゐられなかつた程, ゐられなかつた自分, ゐられなくつて, ゐられなくなりますね, ゐられぬので, ゐられぬ事, ゐられぬ如水, ゐられぬ孤獨, ゐられぬ性質, ゐられぬ見解, ゐられぬ道化者, ゐられませんね, ゐられませんよ, ゐられよう, ゐられん, ゐること, 一ぶで, 一年と, 一歩も, 一箇の, 不可能である, 事件の, 享け, 人類の, 体が, 何とも, 働けない, 全くの, 出来なかったから, 動き進ん, 受けいれなかった, 城を, 娑婆苦に, 存在の, 実在し得ないだろう, 寝られない, 居ないて, 居ないでしょう, 居ないの, 居ないよ, 居ないツワイライト, 居ない男, 居なかったの, 居ぬ, 居ません完全, 居らしめないだけの, 居らぬところ, 居られずそれ, 居られず研究, 居られないか, 居られないぞ, 居られないだらうな, 居られないでは, 居られないねえ, 居られないのよ, 居られないほどの, 居られないわ, 居られない人, 居られない俺, 居られない凄まじ, 居られない問, 居られない場合, 居られない宮部, 居られない平次, 居られない性分, 居られない時, 居られない極めて, 居られない母, 居られない決意, 居られない私, 居られない習癖, 居られない胸, 居られない自, 居られない花やか, 居られない見え難い, 居られない陥穽, 居られなかったであったろう, 居られなかったもの, 居られなかった作品, 居られなかった時代, 居られなかつたといふ, 居られなかつたもの, 居られなかつた必要, 居られなくさせたもの, 居られなくなって, 居られなくも, 居られなつ, 居られなん, 居られぬそれ, 居られぬという, 居られぬもの, 居られぬ人, 居られぬ心, 居られぬ理由, 居られぬ養分, 居られまじき天晴小気味, 居られませぬ, 居られませんでしたの, 居られませんもの, 居られん, 居られんで, 居られ無くなる, 居りますまい, 居りませぬ昨日, 居るもの, 居れないの, 居れない気, 居れなかったが, 居れぬ理由, 已ま, 已むまじと思われ, 引き倒すこと, 彼らの, 彼女が, 得られない一種, 得られなかったの, 恋愛も, 慕わずには, 我慢しきれない, 手段も, 批評は, 措かないから, 措かないその, 措かないはげしい, 措かないほど, 措かないもの, 措かないよう, 措かない人, 措かない妖術的, 措かない気, 措かない葉状, 措かない関係, 措かなかったに, 措かぬぞ, 措かぬといふ, 措かぬ威厳, 措かぬ鼻, 措かんの, 措くまい, 文学すべきで, 有り得ないで, 根本的であり得ない, 權力の, 止まないの, 止まない真実, 止まぬ事柄, 歩くこと, 歸るまい, 死なれない, 死にたくない, 死んで, 決してすまされぬ, 決して町, 治まらぬの, 済まさぬ性質, 済まされないだろうという, 済まされない羽目, 済まされぬこと, 済ませなかった, 済まないから, 済まないでしょう, 済まぬと, 済まぬ余, 済まぬ雷, 済むはず, 満足する, 濟むまい, 無論いられない, 独で, 理解し得られないであろう, 生ききれないに, 生きられなくなる, 生きられませんよ, 生活されない, 発達しなかった, 眠れぬ, 科学の, 紛らし兼, 終らなかったという, 終るまい, 置かないだろうと, 置かないといった, 置かないところ, 置かないほどの, 置かないわけ, 置かない一種, 置かない事々, 置かない仕事, 置かない強い, 置かない故, 置かない様, 置かない稀, 置かない箸, 置かない船長, 置かない非, 置かなかつたで, 置かぬこれから愈々, 置かぬだけの, 置かぬという, 置かぬやう, 置かぬ人類, 置かぬ男, 置かねえさ, 置かれず脚本, 置かれない筈, 置かれまい, 置かれまじ例, 置かれませんから, 置きにくい, 置きませんよ, 置くまいとして, 置くもの, 置けない様, 置けん事, 考えられないし, 考察を, 聴いて, 自分を, 行なわれないという, 表象し得ぬ, 解釈し得られない, 説明されない, 読むこと, 誰一人博士に, 足を, 返事出来ない, 通られません, 通り過ぎること, 通れなかった, 通れぬらしい, 過ごせなかった

▼ ず~ (2686, 2.2%)

161 雖も 160 いえども 43 云ふ 35 するも 31 いへども 30 いう, いふ 29 せば 27 いって 23 云って 19 見て 16 せんや 15 思って 11 ある, 言う 10 言ふ, 謂ふ 9 存候, 知れて 8 いえり, 云ひ 7 あって, いうが, せず, 云う, 書いて 6 なす, 云へ, 思う, 知るべし, 考えて, 言って 5 いふを, するか, すれば, なって, なり, 思った, 思はる, 思へば, 為す, 論ずるもの

4 [18件] いうから, いうに, いひて, して, せん, せんか, なして, なすもの, 主張する, 云うこと, 云うよう, 為んや, 申します, 知れた, 聞く, 見ゆ, 言うに, 謂ふべし

3 [39件] あっては, あり, あれば, いいじゃ, いうと, いうので, いうべし, いえば, いつたやう, いひき, いひたり, いふ事, いわれて, いわんが, するもの, せむか, 云々, 云うて, 云えば, 云ふこ, 云ふも, 口の, 思ったか, 思ったから, 思ふに, 我儘を, 断定し, 断定せし, 決心し, 爲し, 知れたこと, 知れたその, 答う, 見たの, 言うが, 言えば, 言ったよう, 言はむ, 黙って

2 [140件] あきらめて, あるから, あるが, いいしも, いいて, いいと, いうて, いうほどに, いうよりも, いうを, いえど, いったが, いひ以, いふこと, いふて, いふの, いわんや, ここへ, これを, すること, するこの, すると, するとも, するの, するは, する点, する者, せむか即ち, なすが, なせし, なった, ならば, よい, よいと, 主張し, 了った, 云, 云いたいが, 云うが, 云うじゃ, 云うの, 云うので, 云うわけ, 云う一句, 云う様, 云う程, 云えり, 云っても, 云つて今更, 云わば, 仰せられ候, 余も, 信じたり, 信じたるを以て, 信じたれば, 信じて, 信ずるなり, 信ずるに, 傲語し, 前へ, 古人の, 古人も, 号し, 名を, 唐土の, 好い事, 存じ候う, 定め候哉, 彼は, 心得られ候まま, 思いながらも, 思ったの, 思ったので, 思ふ, 思われる, 思惟し, 思惟する, 憲法に, 揚言したれ, 教えて, 敢然立つ, 散々に, 旅舎に, 早よ, 昔し, 昔の, 是れ, 橋の, 此に, 此方へ, 気を, 演説し, 為ば, 熱心に, 申したる事無, 申しますが, 申すなり, 白す, 知って, 知らば, 知る可, 知れたお, 知れたこの, 知れた彼, 知れた火葬場, 答ふる, 絶叫し, 罵るもの, 考えたの, 胸裏に, 見えしが, 見えたり, 覚悟を, 覺し, 言うこと, 言うた, 言うとこ, 言うの, 言うも, 言うもの, 言ふも, 言明し, 認めた, 認めら, 誓へ, 説きたり, 説き侯, 説けり, 調べて, 謂は, 謂はず, 謂はんや, 身支度せい, 退社しろなら, 通告し, 酒もて, 閑静なる, 雖ども政治家としては, 雖ども遠から, 雖其の

1 [1401件 抜粋] あきらめたか, あつて, あらば, ありしかるに, ありては, あるごとく馬, あんな雑誌, いいから, いいし, いいてえが, いいに, いいますお話し, いいモーリシャス島人, いい内君七年, いい社会, いい薩長兵, いうじゃ, いうとも, いうならば, いうほどの, いえどもという, いえるのみ, いくらでもお代り, いたしては, いつたもの, いつた顏, いはねば, いひ, いひしは, いひに, いひ信じて, いひ沒却理想, いふべしだ, いわざるべからず, いわるるも, いわれた伝説, いわん, うとうと鳴りわたっ, おけいと, おなわう, お出でよ, お春どの, お見受け申す, お辰, かがり火を, かれの, ぐっすり寝る, こしへに, こっちを, この中, この戦場, こは, ご番所, さあ早く紅い, さけぶ子, さっそくに, されて, した, したの, した薩派系, しれたこと, しれた二十面相, しれた新参, し世間, し人間, し古記, し早晩, し若くして, すっぱり吐いちまえ, すと, すむもの, するが, するに, する所, する日本古来, する處, する逍遙子, ずっと前, せよ, せよ是, せられ候, せん二本, そこ退きゃ, そのまま焼餅坂, その旨柳吉, その限界, そんな野暮, ちっと言っ, ちやんと, ていねい反覆その, どかっしゃ, なされたれどこ, なしたるその, なしはじめ, なし全く, なし屡, なすで, なす技巧批評, ならば君, なんとか知恵, はやご, ひそかに, びさってしまったのです, ふ男童, ほうに, ぼとぼと杖, まあかういふ, まるまる一ヶ月ぢ, みて, みれば, もう一辺これ, もっと力, やうに, ゆっくり喰, よいに, ようござんす, よかった, よく分った, よべ乳母, わかってる, わざと冷淡, コン吉においては, ポルトガル人の, 一つ奮発し, 一人活かい, 一喝し, 一概に罵詈, 一般です, 三嘆し, 下さいませ, 世へ, 乗り込みな, 事もなげに, 云いただ, 云いな, 云い或, 云うか, 云うと, 云うのみ, 云うキリスト, 云う古い, 云う堅い, 云う梅雨あけ, 云う考え, 云う自, 云えども, 云ったそう, 云ったよう, 云つた, 云つた処で, 云つてね, 云つて衆人の, 云は, 云はんや, 云ひ得ませう, 云ひ放つ, 云ふべしだ, 云わしむる, 云われて, 些と, 人々不審しく思う, 人びとは, 今に照, 令ありし, 仰せの, 伝えられるの, 何う, 何の, 余窃かに, 來て, 信じたるもの, 信ず, 信ずるとき, 信ずる者, 信ぜしが, 信ぜら, 倉地を, 働いて, 全盛を, 内に, 冷凍る, 分り大笑い, 判ったこと, 判断す, 利家諸, 剃った痕, 力んだが, 勧告する, 医書に, 即ち曩日, 即座に, 厳に戒め, 取って, 口を, 古来から, 叫びあげたと, 叫んで, 可知矣, 同時にあの, 呟いたこと, 呼ぶじゃ, 命ずるに, 唱えて, 喝破せし, 嘲らるる米国人, 地下でも, 堅く盟, 墨象一派の, 大いに落胆, 大事ございません, 大呼する, 天下に, 奉存候, 好いの, 始めて重井, 子々孫々にまで, 子爵からの, 存じ候, 存ぜられ候, 安心すべき, 定まって, 定められたる文部大臣, 実の, 客の, 宣告する, 家に, 察した黒衣婦人, 察せられたから, 少しく窘, 屋根を, 工夫したる, 師直も, 庭へ, 弁ず, 引き下がった方, 強いて思い, 当らぬ八卦, 待って, 御城代大石内蔵助様始め, 心づいたによつて, 心にも, 心痛し, 心配し, 応接室へ, 思いこれ, 思いし如く, 思いし継母, 思いたり, 思いぬ, 思い一物, 思い定めたること, 思い直して, 思い込んだの, 思うても, 思うもの, 思えるなり, 思った刹那, 思つて英本土なり, 思ひ, 思ひそのまま, 思ひ続いて, 思ふなり, 思ふ今, 思へるによるか, 思われたので, 思案いたし, 思考致し候う, 恐ろしく堅, 悟つた方が, 悟りて, 愼重を, 懇に, 我は, 戒めたが, 手に, 才蔵は, 打ち連れて, 抗弁する, 拒んで, 損害賠償の, 支那の, 教うれ, 敵も, 断じ, 断りて, 断定す, 断念めた, 断言すべし, 斯うである, 斷定し, 斷言せり, 日記する, 早々退散, 早くお, 早く大統領, 早く逢わせろ, 明言した, 時代を, 曖昧の, 曰ふや, 書いた紙札, 最初から, 本邦で, 来た, 東妙和尚も, 椅子を, 権之, 歎き叫んだ, 歩け, 母者人へ, 気質が, 汝悟るべし, 決定せられた, 決裁が, 泣きさ, 泣くわが, 泰助は, 涙を, 済む, 済んだ, 潔よう縛に, 為ししか, 為し此, 爪立足で, 物蔭に, 独り今夜を, 独り愁然苦悶に, 玉梓の, 申けれ, 申したること, 申しましたな, 申しますこれ, 申し上げろっ, 申し渡されて, 申すより, 申す規則, 申候え, 畏れ敬って, 白き旗, 皆打寄り, 目せられたる山県侯, 目を, 直ぐまた, 直覚した, 看破する, 眺められたその, 知ったところ, 知りつ, 知り玉, 知れし胸, 知れたれい, 知れたドーブレク, 知れた亀背, 知れた今朝がた, 知れた前, 知れた十吉, 知れた喧嘩, 知れた夜泣き, 知れた天草商事, 知れた子孫, 知れた広, 知れた恋, 知れた攘夷, 知れた東方力士, 知れた武田博士苦心, 知れた浅草馬道, 知れた祐筆頭大口三郎, 知れた米, 知れた羽織芸者, 知れた葬具屋主人, 知れた親族, 知れた近藤ツル子, 知れた重, 知れた金八屋敷, 知れた駒形, 知れた鼠谷仙四郎, 確信せる, 神社滅亡を, 称されて, 称する人々, 種々当路者, 立ちあがった, 立ち上って, 笑ひつ, 答えたが, 答へしかば, 精を, 終に要港部, 絶叫した, 総力を, 翁の, 考えた, 考えられた結果, 考え絶版, 考へたの, 聞えたら成都, 聞かれいと, 聞きたる夫人, 聞き笑い半分, 聞くに, 胸を, 臆断し, 自ら進ん, 自記され, 若武士ども, 莊嚴の, 衆人が, 表向の, 見えた, 見えて, 見え折々, 見たところ, 見た尊氏, 見て取ったから, 見ゆるがそんな, 見ら, 見るとき, 見るや, 見做す, 見極めの, 見縊たの, 覚えたり, 覚ぼしく, 覚ゆ云々と, 観ずれば, 観念し, 觀じたる, 觀念した, 言い, 言いよるに, 言うこれ, 言うなかれ, 言うの外, 言うを, 言う者, 言った, 言ったの, 言った児, 言っても, 言つて普通の, 言はれ, 言ひしと, 言ひ置い, 言ふべし, 言わなければ, 言われて, 訂正した, 託宣ありし, 記したるあり, 記しまた, 記せるなど, 訴うる, 評するは, 詩人が, 該事件の, 認められて, 誓い直して, 誓は, 誓わしめたので, 誘拐の, 説く, 説く者, 誰が, 誰やら, 論じ次いで, 論断し, 諾いて, 謂うに, 謂つべし, 謡ったの, 豪傑の, 貫一は, 賞賛せり, 踏ん込みましょうよ, 車を, 辞みて, 迫るの, 逆あがっ, 運んで, 遠方より, 遺言され, 部屋へ, 釈尊も, 金庫の, 長太息に, 附け加, 雖これを, 雖どもその, 雖ども國を, 雖ども然, 雖其入りたる, 雖可なり, 雖抑, 雖神味頓に, 雖面授し, 静かに, 非難も, 頻りに利害, 食堂の, 馭者は

▼ ずその~ (1933, 1.6%)

3121 うちに, ために 15 人の 14 上に 12 代りに 10 ような, 手を 8 場に 7 中に, 中には, 夜の 6 方に, 日の 5 ことを, ためには, 中の, 人は 4 人に, 場で, 日は, 時は, 男の, 結果として, 身は, 頃の

3 [14件] あたりの, ことが, 前に, 力によって, 名を, 問題の, 夜は, 意味に, 方へ, 方を, 晩は, 結果は, 記事を, 頃は

2 [107件] あたりは, あとを, いずれかの, かわりに, ことで, ことの, ことは, すべては, たび毎に, ための, ため食事が, ときの, はっきりした, ほかに, ほかの, 一人が, 一人は, 一匹を, 上お, 上品さで, 下に, 不満を, 両親の, 中で, 中へ, 中間に, 人を, 人影は, 人間が, 作品の, 価も, 価値は, 僧侶は, 儘に, 全体の, 八つ折りの, 内容は, 前を, 力を, 効果は, 動物の, 午後の, 口の, 品格より, 善良な, 回転の, 国の, 土地の, 地を, 声が, 声は, 多くは, 存在を, 実際上, 家に, 小説を, 年も, 当時は, 形を, 形式そのものが, 御心, 性格を, 悲劇を, 想像する, 意味において, 感情を, 我々が, 手前で, 手紙を, 数は, 方面の, 日も, 時々の, 時から, 時代の, 晩の, 木の, 欠点を, 死の, 水流の, 游泳者は, 炎と, 理由は, 男に, 皿を, 目的に, 眼の, 短所を, 社会の, 私が, 結論に, 美しさ, 翌日も, 背後には, 要求が, 記憶を, 質は, 足の, 辺に, 辺を, 部屋の, 音の, 頃古今伝授を, 頃私は, 頭の, 顔を, 魔力が

1 [1450件 抜粋] あかしを, あひだ, あやに, いやな, うちの, お嬢様に, お庭, お花見, かはり, かわり気の毒な, くせお, くせ両, くせ微妙に, くせ高木の, ことに, ことによって, これに, ころ林三郎も, しばらくの, たしなみに, ため, ため一生泳ぎを, ため平素は, ため留さんは, たるを, つづきとして, とき, とき背ろ幕が, どこまでも, どぶ, ひとたび鋒を, へんは, ほかは, また思想, まっ黒な, まんま後をも, まん中へ, もてあます思案, よさ, わけを, クビ根ッこを, ズックの, ドン仲間の, ヒドイ目に, リアリスティックな, 一つ一つの, 一人甚だ, 一所に, 一種類の, 一門は, 万代を, 三太郎の, 上こんな, 上の, 上を, 上一等国と, 上何時まで, 上向後の, 上家屋の, 上張物の, 上御殿場へ, 上昨年の, 上標品を, 上灰吹を, 上窓の, 上菊次郎は, 上近所には, 上食糧の, 下における, 不分明, 不愉快さは, 与える印象, 両側の, 中でも, 中一度は, 中間の, 主張を, 乏しい余裕, 予言者たるの, 事の, 事実を, 二フランを, 二村の, 人々について, 人において, 人びとの, 人品が, 人数万余に, 人気に, 人生観でも, 人間業には, 仕事に, 仕組及び, 代りあまり重要でない, 代りまたの日を, 代り何だか, 代り彼が, 代り泣い, 代り金を, 以前に, 以前より, 仲間に, 伜の, 似顔を, 体系ある, 何れにも, 余波引い, 作家が, 作用を, 信条を, 健康から, 傳來し, 儘寓居に, 儘沈黙を, 元は, 先見に, 光沢は, 入獄の, 全部を, 兵馬は, 内の, 内容に, 内心の, 再録, 冷淡の, 処に, 出来た作品, 判断の, 刻々に, 前へ, 前後の, 剣を, 力が, 加害者が, 効果が, 動かざること石人, 勢力を, 十分のみ, 卓子に, 印象を, 原因を, 原稿料乃至, 又枝, 反作用性と, 叔父独得の, 取捨を, 叙述方法に, 口ぶりにも, 句には, 史料も, 司令官の, 合理的核心に, 名前そのものまでも, 君の, 周囲には, 呼ぶところ, 唇元を, 問題は, 嘘を, 四斗も, 困難と, 国中に, 土および, 土地を, 圧迫は, 地の, 地方において, 垣根の, 執着力の, 報いられなかった世界的, 場かぎりの, 場合に, 境遇は, 墨の, 壁は, 声きこえざる, 声を, 変形の, 夕方に, 外くさ, 外見に, 多数が, 夜上った, 夜遅く, 夢を, 大小の, 大躰, 天井の, 天職に, 夫人の, 失策を, 奥まったところ, 女と, 女房衆まで, 好むところ, 好意を, 妻と, 始めにおいて, 姿も, 威力に, 嫌味な, 子を, 子孫を, 存在は, 学問, 官兵衛を, 実はその, 実は病症, 実密, 実現は, 実際で, 客は, 室内から, 家庭に, 容貌には, 宿に, 富が, 寸前に, 小勢は, 小屋掛けの, 少ない材料, 尻の, 山中に, 嵩が, 巻き添へを, 希望で, 席上で, 平均数は, 年の, 年齢も, 幼い私, 幽霊が, 店は, 座談会について, 廃屋を, 弁舌と, 弊害は, 張り切った肉体, 当座女の, 影は, 役によって, 御主人, 徳が, 心では, 心志怯弱に, 必然性を, 必要に, 志を, 思ふ所, 思惟の, 急行列車の, 怪奇現象ソレ自身の, 悪人は, 悪風を, 悲傷において, 情熱が, 想に, 愁訴を, 意見を, 愛の, 感じに, 感化が, 慈愛心も, 懐にもの, 成り行きを, 我の, 戸の, 所得によって, 扉を, 手へ, 手當が, 手製だった, 才能の, 折は, 抜いた脇差, 拾つた冠を, 持って, 採用と, 掴みそこねたこっち, 提案の, 操縦室に, 改善の, 政治上, 政論を, 救出し, 教義の, 数を, 文化その, 文法や, 文相であり, 断片は, 新来の, 方向へ, 方角に, 日から, 日ばかりは, 日サンフランシスコに, 旦那たるべき, 昏に, 昨夜という, 時でも, 時一匹の, 時代において, 時兄が, 時持出され, 時程, 晩年は, 曲線の, 最も然らざる, 有機網の, 朝早く, 本質から, 杖は, 板刻時に, 枝の, 根本に, 根本理由を, 桟敷も, 森の, 極み国家の, 権能は, 機会も, 櫃は, 欲求を, 歌詞にも, 正反対が, 歯を, 死んだとは, 残りを, 殺された後, 母賢に, 気候は, 気流なりに, 求める善, 河を, 治療を, 流儀に, 深い嘴, 渉猟しえた, 滑らかな, 潜在力の, 火を, 点で, 点にかけて, 為いろいろな, 為め人にも, 烟を, 無理を, 爆發の, 父済政今日この, 物質的な, 犬さへ, 犯行の, 狼狽に, 現世的刑罰の, 現状から, 理は, 環境によって, 生前に, 生得の, 生産機関の, 申出に, 男を, 画像を, 画面に, 異質的な, 病んで, 癖何かと, 発現を, 白い白い舞台顔, 皮肉は, 目的と, 相手の, 真っ只中, 真情を, 眺望の, 眼は, 眼界の, 着色中の, 矛盾の, 知識の, 短篇小説も, 石牢の, 砌は, 研究に, 破綻と, 硝子窓の, 社会認識は, 神秘主義的, 祭儀に, 秕政なり, 程年十三より, 穀物に対しては, 窓の, 立錐の, 笑い声は, 笙も, 筋の, 答案の, 節人, 籠には, 精力も, 精神霊魂をも, 紙面の, 細君が, 組織の, 結果, 結果において, 結果北方の, 給与は, 綱を, 編纂の, 罪の, 美しい四つ手網, 翌の, 翌日は, 習性感情から, 肉体は, 背上に, 背景から, 脇に, 腹は, 自惚心, 自生的発達を, 興行者は, 色が, 色彩は, 芸術的進化の, 草の根を, 萎むこと, 著わ, 蘆の, 血刀と, 行為が, 術が, 表現は, 袖を, 裏側に, 裡に, 見通しが, 解決に, 言ふ, 言葉尻を, 記事の, 詩よ, 話しつぷり, 誇りを, 語その, 請求額だけを, 諸法則, 講釈の, 貧乏の, 貴きゆえん, 賦課が, 購讀者勉學者自, 趨勢に, 足を, 踏台を, 身体の, 輝いて, 辺, 辺には, 辻斬りを, 退屈を, 通りに, 造型構成の, 進歩の, 過程は, 道場に, 選択配列の, 部屋で, 醜い顔, 金額要件は, 鎖国の, 長い細そり, 長い髪, 門を, 間違いを, 限界を, 際に, 雑沓の, 雲には, 霊異に, 非論理性, 面を, 音は, 音楽的教養も, 順序を, 頭に, 顔も, 願ひ, 風雲に, 香を, 馬鹿さ加減は, 高い峯, 高貴なる, 鬚の, 魚の, 麓に, 麾下は

▼ ず~ (1321, 1.1%)

100 間に 87 うちに 19 お絃, 裡に 18 たは 16 調子で 11 中に 8 間の 7 事を 6 番を 5 ような, 間が 4 ように, 人の, 返事を

3 [15件] お絃ちゃん, ことを, 人魚を, 元気で, 内に, 女が, 姿の, 態度で, 生活を, 美くし, 美しさ, 谷の, 間だ, 間で, 雪隠

2 [53件] あいだに, お金を, くつで, くんの, ことが, そりと, ところで, ところに, ままで, ものさ, ものである, やうな, やうに, ギコウに, 上に, 下に, 世間話に, 中ぐらいの, 今いくつ, 古歌, 命, 報告を, 声を, 大満員, 奴が, 彼の, 彼女は, 御豁達, 心に, 思い出が, 恥辱と, 意, 手紙の, 文体が, 方へ, 日も, 最中野天丁半の, 材料は, 極めてつまらない, 水に, 海だ, 満たされぬ望み, 腑に, 若い者, 要領を, 野心も, 門, 間だった, 間と, 間という, 関係に, 顔付で, 高聲

1 [857件 抜粋] あなたです, あるの, あわてた調子, いたずらで, いたみも, いやらしい属性, うた, うちにも, えだ, えね, おくびょうもの, おばあさんを, おめかしです, おめしもの, おらでも, お先煙草大して, お品物, お客です, お朝, お膳, かさなるにつれ, かはい, がぶ呑みだった, こうした氣持, ことしか, ことである, ことばかり, ことまで, ご小身, すくない, すくないたち, すこし悲し, たとえの, ちらかった二階, ついた暖簾, つそり, ところが, ないこと, なかなる, ねえの, はしる芸術, ばあさんだろう, ふえを, へまを, ほうが, まだ知らない, まにまに, ままいさせた, ままに, もとに, ものに, もの最後に, やつと, よう, ようです, ようには, わがままもので, アパツシユ気どり, アプレゲール流こそ, オランダの, キンキンした, ステキ滅法界, ストライキが, テーマです, ドイツの, ドイツ人が, ハムレットさまです, ヒョタヒョタした, ビラが, ピイピイで, ピョートル・サヴェーリエフ, プロレタリアが, ヘタクソじゃなあ, ベッドが, ボンヤリした, 一句易の, 一徹さ口では, 三武が, 三武でも, 三武という, 上機嫌で, 下等な, 不便な, 不実な, 不精煙草です, 世間が, 世間の, 中なる, 中へ, 中間に, 丸損役が, 乱暴で, 乱暴者である, 乱暴者の, 亂暴で, 事物, 亡霊を, 人が, 人を, 人影が, 人物が, 人間が, 人間も, 仕方たくさんで, 他人だ, 他人の, 他人をでも, 代物で, 件その他色々, 佐藤一斎先生の, 侠なる, 侠気な, 俗謡の, 偏屈者では, 偶然の, 偽善者より, 儀式も, 儚なき境涯, 儲けを, 元気一杯の, 先夜の, 八つ当りと, 公憤より, 兵で, 兵器が, 内庭の, 冗談口が, 冷笑主義を, 凄惨なるあり, 処であり, 凹んだところ, 刊行物の, 刑期の, 利かん気, 前で, 割合が, 勢で, 医学生あがり, 博引旁証を, 原則が, 厠の, 反対で, 収入で, 受け応えを, 口吻半ば嘲, 句は, 合いかぎだ, 名前を, 吹き降りの, 呪いの, 呼吸で, 命と, 品でござん, 哥薩克はい, 商法の, 啼く音, 喜頓と, 嘆息も, 四十男の, 因果な, 国民より, 土間の, 坂とも, 坊ちゃんの, 坊屋三郎トチリ心がけが, 場末小屋の, 境遇に, 声が, 変に, 多いばかりが, 多くの, 夜あるき, 大丸髷, 大将かと, 大恩, 大活動, 大笑, 大衆性へ, 天候である, 夫人と, 女では, 女には, 女人を, 好い性質, 好きな, 妙技を, 始末道具が, 姫君は, 姿で, 姿勢で, 娘と, 娘は, 婦人では, 子という, 子や, 学生っぽい, 官有林には, 家である, 家と, 宿直や, 密謀や, 寝坊だ, 寵臣であった, 小づくりながら, 小天地に, 小市民的, 少いふっくり, 少ないたち, 少ない潔癖, 少人数, 尠い, 居喰い, 屋根へ, 山伏と, 山桜夢の, 川口の, 川見張, 巣には, 希望現在の, 幅で, 年輩であり, 広さ, 座席あらそひである, 庭が, 廓ばなしなどを, 廿両, 彌次馬の, 影が, 御不幸, 御嬢さん扱い, 御座形で, 御手並, 御鴻恩, 循環論に, 微笑が, 心持で, 心長く, 快活さで, 念仏雨降った, 思いを, 思い出は, 思わせぶりが, 性格の, 恐ろしい光景, 恨みを, 息つぎとして, 悪事に, 悪口の, 悲喜の, 惟光が, 惡戲氣分にな, 惨敗組だった, 意である, 意見を, 愕くべき, 愛くるしいその, 愛想の, 感が, 感を, 態であった, 態度では, 態度を, 我儘から, 戦争火つけ人でも, 戸, 扉, 扉や, 手下が, 手紙を, 扱いを, 技能が, 抱擁の, 挨拶を, 掃溜漁り, 推理を, 攻撃を, 政治方針, 教訓が, 教訓を, 数奇な, 文化を, 新吉と, 新吉という, 方が, 方なれ, 方江戸へも, 方針を, 族を, 日本が, 早寢, 明るい狡そう, 星辰は, 映画, 時である, 景気であります, 暫しの, 暮しが, 曖昧な, 書籍を, 最中とは, 月給に, 有村は, 朗かな, 木の葉たちまち, 条に, 棒切れ一本だ, 棒書きで, 楽しい暮し, 楽屋入りが, 槇の, 標札は, 歌, 歌は, 歌への, 歎を, 歳月でしか, 残れる一人川田義雄, 残念な, 母親の, 気もちで, 気持だった, 気構え, 氣紛れらしい, 氣違ひ, 氣違ひじみた, 水夫が, 池が, 池に, 沢, 油照手も, 泰然自若たる, 流儀だ, 浮気を, 涙を, 淡い魅力, 深壑, 深酒を, 湯せんき, 源七達から, 火といった, 無分別な, 無器用さを, 無精煙草に, 無駄と, 煩瑣派な, 煮え切らない受け答え, 父の, 物が, 物を, 物語に, 状態が, 狼煙を, 猛者が, 玉の, 理由で, 甚助か, 生命について, 生活が, 生活に, 生活も, 田舎者なれ, 男で, 男であった, 男らしい元気, 画を, 畜生, 番が, 番は, 疑問が, 痛手を, 白水の, 目ざめるばかりの, 着物の, 短い間, 石碑や, 破れ靴に, 神秘を, 禁じゃ, 私どもは, 程度よ, 穏か, 穴, 空想と, 空気で, 立札にも, 策謀を, 粉煙草を, 粋様めおかしき, 絵を, 經驗を, 継子扱いを, 罪人を, 義に, 習慣の, 老人が, 考えに, 者さえも, 者に, 者を, 腕を, 腕前を, 自炊生活の, 花の, 芸術上人生上の, 若いおん身, 若い男, 若い身, 若者の, 苦しい暮し, 苦労の, 草履屋へ, 荷物が, 著書は, 蒸気機関が, 薔薇, 薔薇の, 虫よけ, 行動に, 行動は, 行燈だ, 表象に, 西の, 見聞の, 親不孝な, 親孝行だ, 観世様で, 言葉の, 言葉を, 話したいと, 話しも, 誤りを, 調子です, 論語知らずが, 謎と, 譬えで, 譬の, 豊富な, 貝の, 貧しい板屋囲い, 貧しさ, 貧乏と, 貧農の, 貯蓄会社の, 資金という, 赤の, 走るほど, 越権目に, 路を, 身と, 軽いキヤベツ一箇, 辛苦を, 辺に, 返品主義と, 退却を, 逆な, 通俗味に, 速力で, 連中が, 道なら, 道庵は, 部屋, 部屋の, 酒を, 醜さ, 重い扉, 金が, 金で, 金三郎の, 鈴も, 銀子も, 鐘と, 長平が, 門が, 間, 間あり, 間すなわち, 間について, 闇を, 陽気な, 雑沓だつた, 雨と, 雨とも, 雪隠と, 雪隠祟り, 青地の, 青春に, 音舌が, 顏觸と, 顔を, 類であろう, 颯爽たる, 館で, 館であった, 館の, 駁論を, 騎士音楽家さては, 高声, 高音に, 鷹の, 黄いろい顔

▼ ずとも~ (1271, 1.1%)

26 よい 16 好い 9 自然に 8 よいの 7 よかった, 知れて 6 よし, よろしい, 宜い 5 すべての 4 これに, よいこと, よいと, 女を, 明白な, 氏, 知れたこと

3 [20件] すぐに, それが, 他に, 十分に, 可なる, 善い, 多くの, 宜かり, 彼の, 心に, 我が子, 此の, 済む, 済むであろう, 済むの, 済むもの, 私は, 自分の, 誰も, 霞の

2 [74件] ある, いい, いいと, いいの, いいん, いつまでも, いわれて, お身, こちらの, この方, これを, さてはまた, すぐ近く, すむ, すむよう, それを, だ, だが, ひとりで, よいか, よいでは, よい事, よい出, よい筈, よい身分, よかろう, よさそう, よしと, よし食, わしの, われわれが, シーザアの, ストーリーの, 一般に, 世間の, 事実なれ, 何か, 作った, 信仰のみは, 傍につき, 充分に, 先方から, 分って, 判って, 可い, 同姓の, 好いはず, 好い時, 少くとも, 彼に, 心ある, 手に, 済む事, 済んで, 狸の, 生活とは, 異しむ, 相当の, 知って, 神が, 私だって, 立派に, 維持の, 臣は, 自然が, 自由に, 自由自在に, 訣る, 誰でも, 貴女は, 遠からず, 闇に, 電話で, 驚くべき美し

1 [939件 抜粋] あたしゃおまえの, あって, あなたは, あやしむに, あるべ, あるべきもの, い, いいしかし, いいせめて, いいであろう, いいに, いい様, いい結果, いい豚, いうよう, いかなる寒村僻地, いくらか見てくれ手, いく分かする, いったん親, いつか一度は, いつどこで, いつの, いふべきならん, いろいろの, うぬ, えらい事務家, おくつろぎ下さいませ, おのずから一團, およそ外界, おれの, お傍, お女中がた, お抱えお, お芳, お隣屋敷浮田中納言様迄, かならず認められる, ぎょっとした, ここに, このぶ, このラジウム, この光線浴, この名, この季節, この機会, この物語, こりゃきっと, これから社会, これによって, これほどの, これ以上探し, ご承知, さうし, さっさと妻, しまいには, じっと走らず, すぐこれ, すでにそこ, すでに社会, すべて御, すみましたろう, すむでしょう, すむべし, すむわけ, ずいぶん幻覚, せめてよそながら屋敷, せめて一切, せめて人, せめて太宰府, せめて父祖, そういう間, そこは, そのいずれ, そのこがれた, そのまま黙っ, その下手人, その名所, その境地, その容貌, その影, その思想, その恩義, その手下, その穢, その職, その趣き, それくらい, それは, それより, た, たしなみの, ただ吾が, たれか, だけれど, だな, つい垣, である, できます, でご, ではご, とうぜん勝ち, ともに住む, どこぞに, なすべきこと, なので, なるの, にさ, はなはだ困難, ひだるく思はん, ひとりでに朝, ほかにも, ほんの二こと三言交, ぼくは, まざまざ, また一方労働者, また平俗, また明日, まだ父, まったくたまらない, みえなかった, みずから明らかで, むずかしい, もうわが, もしなんらかの, もっと力強い, もはや私, やられたくなるはず, よいお辞儀, よいであろう, よいという, よいに, よいはず, よいみっしり, よいわ, よい一息, よい可, よい多数, よい山荘, よい御, よい我慢, よい言葉, よい豪家, ようございます, よからず, よかろうに, よくなら, よく知つて, よく解つて, よさ相, よし傑作, よし此, よろしいだいたい, よろしいでしょう, よろしいと, わかって, わかるじゃ, わが身, わたしでも, われらが, イスラム教徒が, エッと, グッと, ズンと, トルストイならず, フルステンボルグ城とのみで, ラッサが, 一人前の, 一国の, 一度これ, 一漁場で, 一生の, 一門衆は, 三つの, 三木の, 上高地又は, 与えられる当然, 世の中は, 世界を, 中国艦隊に, 主客の, 予道路に, 二つとも, 二十年経つ, 二週間か, 云ひ, 人々弁う, 人に, 人様の, 人間の, 今の, 今朝宿屋を, 仏前に, 他を, 他人は, 他國, 付近に, 仮りにも, 体操の, 何となくエラ, 何処の, 何者が, 余は, 余技の, 便利な, 俺の, 倒れる, 健康な, 傍観の, 元の, 兄貴は, 先づ絶無に, 先生と, 公, 共和主義ならず, 其処は, 其意思を, 冬の, 凡て與へ, 刃物を, 分かりましょう, 分て居る, 分るだでね, 分る時, 切ては, 判りそう, 別って, 前記小川正子女史の, 割拠の, 勘によって, 北沢は, 十分好意を, 半農, 又自分, 叔父は, 口さえ, 口を, 古え, 古浄瑠璃, 可い事, 可かろう, 合羽の, 吾が輩, 咲くこと, 唯だ, 善いと, 善心に, 固より, 国民性は, 在すが, 声だけは, 外的な, 多少植物通, 夜は, 大丈夫じゃ, 大抵は, 大方諳んじ, 大概お, 天与の, 夫の, 女新聞記者という, 奴等には, 好いの, 好いん, 好い借金, 好かつた, 如何で, 妻や, 妾なら, 娘の, 子は, 孔明は, 孤立せずし, 安心し, 宜かろう, 宜しいでしょう, 宜しとて, 家から, 尋ねて, 小原自身が, 小説から, 少しは, 少し召し上がれ, 少なくとも吾輩, 少なくも十八世紀, 尽きる気づかいは, 山に, 崩壞する, 差支ない, 市中到る, 帰ります一人, 常に成都, 平馬, 幸ひ持ちし, 当り前の, 当方より, 彼は, 彼等の, 従来ごとく, 御全快, 御坊は, 御本, 御解りでしょう, 心が, 必ずしも得られぬ, 必ず濟む, 必ず自ら, 必ず風, 志村の, 思い切ッ, 思つたで, 思はれて, 思われまする, 急遽一読, 恋は, 悪人大野惣兵衞を, 惡氣は, 愛国の, 感じ得る, 憎いやつ, 懐かしかった, 成立つもの, 我々の, 我を, 我邦には, 或は通れぬ, 或は風, 或点, 戦に, 所謂, 手懸りでも, 折々に, 支那で, 散策運動の, 数百年を, 文法の, 料理店待合など, 断定し, 既にその, 既に了, 日本には, 旧来から, 早く立派, 旭日きら, 明です, 明日の, 映畫的, 是非とも, 時期が, 晴々しい, 暮されるよう, 暴力これ貴んだ, 書き残して, 有象無象の, 朝家の, 未来にて, 本有心蓮の, 本自即一, 朽ちに, 村の, 松心あら, 某御前, 梅桃桜ひと時に, 棗が, 極めて近親, 次兄の, 正に明治廿五六年頃, 正月の, 此部分だけ, 歴史が, 死して, 死ぬこと, 殆どすべて, 殺人犯の, 比較的軽く, 民主主義と, 気が, 氣を, 永田氏を, 汝が, 決してこれ, 沢山の, 河野家に, 法規に, 泣き伏すに, 深かるべし, 済むこと, 済むのに, 済む時節, 済んだかも, 済んだで御座いましょう, 済んだの, 満足する, 火が, 煩悩の, 物事万事小細工に, 現世に, 現在ゆるせし, 生き永らえるだけの, 生まれながらに, 生れつきの, 男の, 町屋の, 疾くに, 百五六十日の, 百日の, 皆んな知つて居ります, 盛岡市の, 直ぐどうだ, 直接被告を, 相恋, 相談の, 真の, 真正面に, 知れた, 知れてると, 知れよう, 短銃を, 神の, 神気爽やかに, 祟を, 私ごとき, 私などで, 秩序の, 積極的に, 空気の, 第二詛, 篤疾, 精霊が, 細君だけは, 組頭ぐらいには, 維持確実なら, 綺麗さっぱり, 縁あッ, 罪その, 美女に対する, 美男の, 習った通り, 聞くことこれ, 肉の, 肉食の, 肉食妻帯を, 胡桃を, 脚色の, 腹の, 臣臣たらざるべからず, 自ら人に, 自分が, 自分を, 自力で, 自然の, 良いでしょう, 良い事, 花の, 苦しかるまい, 草は, 菖蒲よ, 落ち果てた, 虚偽を, 衆人が, 行かなかった訳, 見て, 親しみを, 解ると, 言はめ, 計り難し, 討つべき機, 証明を, 説くこと, 読者諸君は, 誰かが, 課税だけで, 諸君は, 諸君方多数の, 諸国へ, 谷を, 責めて, 貴方の, 資本主義が, 農民の, 近辺の, 追い追いいろいろ, 追ってわかる, 通り共同の, 遂には, 遠からぬ, 遠島は, 邸中の, 野山の, 金吾は, 鈍根の, 鑑賞し得る, 間に, 限らなかつた, 雁坂峠の, 雲の, 霊の, 頭に, 顔が, 風邪など, 飛馬に, 驚く人

▼ ずまた~ (1261, 1.0%)

12 それを 8 これを, それが, 自分の 5 他の, 彼の, 私の, 私も 4 しても, もって 3 いまは, 他に, 日本の, 神の

2 [46件] いかなる困難, いづれの, この上, この俗語中, こんどの, すべての, そういうもの, そのよう, その箇々, その限り, それぞれの, それへの, それより, そんなこと, どうしよう, なりたいもの, なんらの, もはや拒むべからざる, 一面の, 世界の, 人から, 人の, 何の, 信長の, 和の, 善く法典, 墓を, 山の, 後世の, 徹底的に, 恐れも, 或時, 新らしい, 時の, 普通の, 最善の, 期待し, 社会を, 笑いも, 紐育の, 西洋でも, 諸種の, 適当に, 釣や, 霊魂にも, 高氏の

1 [1093件 抜粋] あきらめては, あたりにも, あの美しい, あらゆる科学的考察, あらゆる觀念論, あり得るもの, あるもの, あんな結果, いかなる罪, いくら化粧問屋, いつもの, いまもっ, いわんや人, おからだ, おそらくみずから, おそらく前, おそらく得るであろう, おん健やかに, お前も, お話を, かかる善根功徳, かくて, かつて存在, かと苦笑い, かの洋学者流, かろうじての, ぐみの木を, けっしてしよう, こういう境遇, こっちから, この写真, この家, この弊, この荷物, これと, これは, これらと, ご身分, さっきの, さらに汝, しないこと, しばしば相殺, しばらくせ, すぐ山崎, そうあるべきである, そうすれ, そう大きな, そこは, そち自身が, そのある者, そのため, そのひま, その一日熱, その不安, その他には, その伊勢, その個々, その分布, その勇気, その去る所, その場合, その妻, その実施, その家族全部, その引力, その心得, その思索, その性質, その数, その根本精神, その死, その気力, その漆黒, その用, その神秘的, その臍, その読者, その鉤, その題目, それで, それにたいする, それの, それほどはっきりは, それ以上には, そんな元気, そんな勇気, ぞっとし, ただちにそれ, たとへ, つけ入って, できれば, どう心, どこへ, どんな大, なきも, なる考え, はしごを, ひどいの, ほかの, ぼくも, みだりに出版, もしその, もし両者, もし彼, ものを, やり直さなくっちゃ, よくすべて未来, より以上, より多く, より貧しく, れいの, わが凡て, わる酢ッぱくない, アブサロムや, ウェルギリウスは, カメラの, コッツンと, サドー, ジャアナリズムに, セロファン屑とも, ダイヤモンドを, ドイルの, ニライの, フランスにおいては, ママゴトの, ミケランゼロが, ミヤ子を, 一つの, 一人が, 一人民の, 一切の, 一千鉤を, 一屯千四百ドル相場に, 一方から, 一日の, 一日延びました, 一杯ついで, 一矢も, 七徳の, 三十銭を, 三日の, 上流地方の, 下宿の, 不当にも, 与えられようとも, 乃公も, 之を, 争われない過去, 事実上それは, 事業を, 二日酔に, 互いに手, 五六歩あるいた, 人にも, 人口の, 人死すれ, 人間相互の, 今まで, 今度も, 他を, 他人の, 以前の, 仮に存在, 仲間の, 会議を, 低い出生率, 住民も, 佐幕思想の, 体操に, 何かに, 何事も, 何故に, 何物の, 來世を, 信じたくも, 修行者へは, 假り, 傍に, 傲慢にも, 働く意思, 元より, 先代の, 先方からも, 先生の, 光の, 八九月には, 内からは, 写本の, 冷遇に, 出されたくも, 初期の, 創成当時に, 力役の, 努て, 勅命を, 動作の, 勿論私, 北町奉行の, 匿くす, 十分理解も, 千の, 単語としては, 卯木夫婦の, 參禪論に, 反対に, 取戻しにくく, 受け継ぎ得ない結果, 口頭による, 叱ったり, 吉重との, 同じ作者, 同一の, 同僚たちも, 名乗りも, 向うの, 吠え立てて, 呪を, 和文家と, 咳が, 唄うこと, 善き友, 喧しい人間共, 嘶きて, 国外に, 国際共産党同盟の, 地位の, 地獄に, 地球の, 場合によっては, 壁へ, 変りませんでした, 夕暮と, 外部からの, 多くは, 夜なかでなく, 夜も, 大いに乱れる, 大した害, 大声を, 大小と, 夫も, 奠酒, 女なかるべからず, 好きな, 妓楼全体の, 始終一言, 姿も, 子供に, 学校の, 学者の, 完全なる, 宗教芸術の, 実にその, 実に世界, 実際きれてる, 実際の, 宮の, 害われない, 家族を通じて, 寄せ来る敵, 寒からぬ, 対者にも, 将来も, 尋ねたに, 小商人, 小流ならず, 小遣が, 少し経つ, 居士と, 山上の, 山腹は, 巨躯偉, 希望も, 幕府の, 年配も, 建設の, 弁護される, 強いて反対, 強い地震, 当時の, 彼らに対し, 彼らは, 彼一名の, 彼孫権は, 彼自身で, 従って, 從つて私自身が, 御常, 心理学的方面社会学的方面にも, 忙しく逸作, 忠誠の, 恋愛以外の, 恕する, 悪いこと, 悲しくも, 悲しみも, 想みちたりと, 意義を, 愛重みたま, 我が一身, 戒壇院の, 戦乱の, 手本という, 手腕が, 托しては, 拡大する, 持って, 捉まえられ, 推理によりて, 損失も, 改良すべき, 政府は, 教区が, 教授方法の, 敬し, 文化の, 文明的結成躰に, 斉民教に, 新聞雜誌の, 旅先でも, 日本と, 日頃貝独楽や, 早婚が, 明日に, 昨日の, 昼とも, 時々頓狂, 時務を, 書く必要, 曾て, 最も自由, 有名な, 朝廷を, 木屋でも, 未来世, 本書の, 来も, 来世を, 根岸氏の, 格別落ちも, 森先生より, 極めて殺伐, 正当でも, 正確を, 歩く者, 死者の, 母に, 気づかずに, 気波も, 水中より, 永続的で, 求めようとも, 決して十分, 決して自分, 決して鶏, 法律も, 泣きだした, 洋杖を, 流言あり, 浮世絵の, 消費者をも, 添い遂げ得られようとも, 渋田が, 満足し, 漠然たる神秘主義, 濁撥音, 火を, 火山の, 為ようとも, 無形の, 無限に, 然する, 熱くも, 燃えつぎぬとよみ響, 片づけら, 牛を, 特に何等, 特色が, 狂女物は, 独言, 猶予う, 現在森林で, 現實性, 理解しよう, 甚だ男子, 生けるにも, 生産機関の, 田舎の, 由井錦織籾山などの, 男の, 病まず, 白金と, 盛大有力なり, 直ぐに, 相当な, 看護婦の, 眼に, 眼前の, 矢代に, 矢張り机に, 知らせては, 短所の, 社会は, 社会党共産党は, 神意に, 秀吉の, 租税に, 程の, 穀物輸出奨励金は, 究察力を, 穿索好きの, 竹冷氏も, 筆談も, 答えも, 籾摺臼も, 精神的な, 終りの, 絵筆を, 縦横に, 美が, 美術の, 義助に, 習慣も, 考えようによっては, 耕作者の, 聞かず胸, 聞見を, 育つても, 自分が, 自分に, 自分も, 自宅に, 自然に, 船舶に, 苦熱の, 茶の, 蒲団も, 藤田東湖の, 蛭子と, 蝋燭を, 行く處, 裸にも, 西洋人と, 見ようとしても, 覚えて, 親戚に, 言っても, 訴えも, 話したとて, 話相手の, 誤った麦門冬, 誰が, 誰にも, 諸仏諸, 諸民, 貧苦の, 貨物が, 責むべから, 責任を, 買うべからず人, 超然として, 躍り上る浮気心, 身代の, 身体を, 軍備縮小に関する, 輪を, 返事を, 通俗の, 逸作に, 遠慮なく拍手, 避けようとも, 部屋へ, 都会の, 酔人を, 野心の, 金額も, 鏡に, 間実に, 陋巷に, 陸送する, 随分外, 離れた後, 青白い満月, 面白くない, 鞘から, 音楽家でも, 領土の, 顧みる遑, 飛鳥山より, 食糧騒動が, 飽かすべき地位, 首無の, 馬を, 馬鹿丁寧な, 騰貴せる, 體操に, 高城の, 魔王の, 黒装束を, 黨派に

▼ ずただ~ (982, 0.8%)

7 これを, 一人で 5 それを, 一つの, 静かに 4 ひたすらに, 歎け, 黙って 3 機械的に, 眼が, 私の, 自然の, 黙々として

2 [38件] あるが, うろたえた, おろおろと, さへも, その日, それが, にこやかに, ぼんやりし, ぼんやりと, ぽろぽろ涙, 一人この, 一人の, 一名で, 一筋に, 一途に, 一騎で, 俯向い, 傍を, 古歌, 大体の, 大隊長, 彼の, 心あてに, 手を, 時々飼われ, 無心に, 現在の, 真面目に, 空箱の, 立派な, 笑って, 胸を, 自分は, 苦笑し, 茫然と, 見て, 頭を, 黒いびろう

1 [850件 抜粋] あたりが, あの神々しい, あの赤蛙, あられも, ある筋, いかにし, いたずらに, いたずらに宙, いちめんの, いっこくに湛え, うかうかと, うち案じ, うち震え, うなづきて, うれしそう, うろうろする, うろうろ病床, おそろしくその, おぞましい悲しさ, おたがい, おもしろくも, おりおり手, お一人, お宮と, かちかちと, かの青年, がちゃがちゃと, ぎらぎらした, こういう山, こうしたい, ここで, この海産動物, この物乾熱, この語, この身, こまかく自在, これが, これは, これ一心なる, こんな誤解, ご一人, さまよいつづけて, じっとこらえる, すこしも早く, すべすべし, そう呟いた, そこが, そこここの, そこには, そこらじゅう拭きまわる, そのやう, その両者, その主義, その人, その傍, その儘, その前後, その友人, その味, その大, その奥, その急, その数少なく, その無限, その白い, その自滅, その言の葉, その面影, それと, それに対して, それは, ただそなたの, たまに中, だれの, とにかく十五貫入り, どすん, なんだか胸, なんとなく心, のびるままにのびていた, の一人, の一発, の人間, の風説程度, ひしめいて, ひたすら先, ひたすら屁理窟, ひた走りに, ひとつの, ひとり, ひとりきりの, ひとり捨て去られた, ふっともの悲しい, ふらりふらりと, ぶらりとぶらさがっ, へんに, ほとんど閉じた, ぼー, ぽかんと座敷, まだほんと, まっ白で, みなごろし, むかしの, むずかしき顔, もういらいら, もうべったりと, もうブルブルと, もう妹, もう息, もう毎日あなたさま, もう泣く, もう眼, もう終日湯槽, もう追い立て, もだして, やさしく会釈, やさしく手, わが母, わが輩の, わずかに, わるい人, ウイスキーを, オーク樹の, ギーザの, コンコンと, ジーッと, タドンの, トキショトキショと, ハタハタだけが, プロレタリアートの, ヘンな, マリイの, ローラーで, 一つだけ, 一事無益の, 一人先立っ, 一人地獄を, 一人長安の, 一刻も, 一句ありがとう, 一図に, 一応だけの, 一戦に, 一日も, 一晩中うねる, 一本の, 一様に, 一痕の, 一種変った, 一聯の, 一般に, 一身の, 一陣蜀の, 一面に, 三つの, 三角帆の, 上等社会は, 世に功名, 世の中に, 世界に, 世間にて, 両者の, 久子の, 九歳の, 事実を, 二人の, 二人は, 二人話しもて, 二度あるいは, 二褌を, 二郎は, 交通の, 人力を, 人数だけを, 人間の, 仄明るき, 今日いう, 他の, 伝聞の, 低く泣い, 低廉なら, 何か, 何となくズルズルと, 何ものの, 何処に, 何時の間にか腰, 余技の, 作家には, 信心を, 倶楽部員の, 倹約という, 偶然に, 傲然と, 傷口と, 充実を, 先輩の, 光景を, 全身を, 六郎兵衛の, 内心を, 冷たい片手, 凝と, 処々に, 出来るとき, 判断力批判の, 前へ, 労働のみを, 勇躍し, 北村長谷川両, 卓子に, 単に勝気, 単独に, 去年の, 双頬, 口惜しく腹, 古書に, 台詞回しにばかり, 右往左往の, 同感をのみ, 向う見ずの, 君の, 呆れ顔, 呻吟ていた, 品位ある, 喘ぐ息遣い, 喜びの, 団々として, 国家の, 團, 在るもの, 垢を, 塁壁を, 変ったこと, 外套が, 夢心地今なお, 大きな炉, 大元明王, 大殿が, 天下の, 奇しき陽かげ, 女の, 女珍し, 妻にだけ, 姑が, 嫌悪だけを, 子供らしく, 存在の, 孜々として, 定家の, 対症的に, 将来布教の, 少し感じ, 屋根を, 屏風絵の, 峻谷の, 市木さんというだけで, 常葉木, 帽子の, 平均の, 幼稚な, 廊下を, 弓矢の, 強い火薬, 弾圧だけ, 当時の, 影の, 彼らの, 彼らみずからの, 征夷大将軍たる, 待って, 御近衆, 微笑し, 心の, 心のみ, 心理学研究の, 忍耐せね, 忠僕の, 念仏を, 思い入って, 思想の, 急いで, 怪しんで, 恍惚と, 恙なく, 息つき, 息苦しい空気, 悲しみの, 想像で, 意味も, 愛し憐れむ, 愛し黙る, 愛すること, 愛児嬢次が, 感ずるまま, 慇懃な, 憤怒に, 成長する, 我が当時, 戦場の, 手のひらの, 手前の, 手拭で, 打ち振る火縄, 打ち捨てて, 抱いて, 挨拶に, 推し移されつつ, 放恣な, 政府に, 救うべき多く, 敗戦後の, 教師の, 敵が, 敵愾の, 文雅に, 日本の, 明暗の, 昏迷が, 時々は, 時々隣席, 時間が, 暇乞いに, 暗雲に, 暴君に, 曲折の, 最も有利, 月のみが, 月給を, 有志士の, 朋友視あるいは, 服の, 本職は, 東京まで, 枕に, 林を, 極めて正当, 樹の, 欠伸を, 欲求だけを, 正理, 正統に, 正面を, 武門の, 歯が, 死人が, 段物の, 母は, 民心の, 気の毒がる, 水にだけ, 氷の, 決心を, 油断なく, 法律の, 洋法に, 浄水を, 浮かれさわぐ群衆, 海鵝の, 涙だけが, 深々と, 深く御, 温厚な, 溜息を, 漫然と木曽, 火の, 無事な, 無暗, 無理押しを, 燻んで, 父と, 父の, 牙を, 物事を, 物質的生活關係すな, 独りで, 独断的に, 獨り, 玄徳の, 現象的に, 生きて, 生きねば, 生死の, 生理的に, 生産費が, 申歳からの, 男女の, 畳の, 疲れはてて, 痛みを, 発達に, 白, 白い塊, 白無垢のみを, 白雲について, 眺めてるだけ, 眼を, 瞬息の, 知ること, 社会の, 神前に, 神魔の, 私が, 稀れ, 空しく有耶無耶, 空気が, 窮乏を, 竜に, 端的に, 竿先だけが, 管理し, 管理部長に, 簡単なる, 籠の, 紀久子さんに, 純情多感の, 結婚の, 繰返し繰返し民さんの, 羅漫的な, 美色と, 肉の, 肉感的な, 肩を, 胸の, 胸苦しい悲しい甘い心地, 腕組し, 自から, 自分で, 自分にも, 自分らが, 自分自身の, 自利をのみ, 自尊心を, 自然主義風に, 自然自体として, 舌根を, 艶かに, 花橘や, 芸術院賞という, 苦笑した, 草が, 蒼々茫々と, 薄い白い紙, 行険の, 街路樹の, 表面に, 裏の, 西洋の, 西洋音楽が, 見せかけだけ, 見る六尺, 見る金毛燦然, 見物し, 覚悟ばかりで, 観察し, 言葉と, 許して, 話しかけた, 説教席の, 諸方へ, 貧乏の, 質問が, 赤人の, 足あとを, 足に, 足手まとい, 軽く弔辞, 近所の, 退路を, 遊びに, 過去ばかりを, 遠くだけを, 遠巻きの, 遡つて, 野原と, 野良犬の, 鍋釜バケツ水がめ米とぎ, 隣りの, 隱れたる, 雑然たる集合, 雷の, 青い卓布, 青を, 革命の, 音楽芸術に, 頂上の, 頑強に, 頭だけを, 頼むもの, 頼朝の, 顔を, 食後には, 香の, 騒音だけが, 驚くべきこと, 高原の, 鮮血と, 黒い無地, 默, 黙々と相, 黙つて笑つて, 黙も

▼ ずこの~ (928, 0.8%)

7 上は, 種の 6 ような 4 ことは, 二つの, 室に, 家の, 歌の, 辺の

3 [15件] ままに, 事件は, 何者か, 商売を, 国の, 女に, 女は, 小娘は, 山の, 方は, 時は, 時代の, 本は, 男の, 男は

2 [42件] ことを, ましいい, ように, 一両年の, 一年の, 上なし, 上も, 事を, 事件の, 二人は, 人の, 仲間の, 処置を, 国においても, 墓地の, 女の, 妻と, 娘を, 家に, 小屋の, 平安朝の, 度は, 手紙が, 方か, 日は, 旨を, 時に, 村の, 歌は, 点に, 環境は, 界隈の, 素朴な, 英語の, 著者は, 通りの, 道を, 部屋の, 重大なる, 際は, 頃の, 頃は

1 [755件 抜粋] あいだからの, あたりが, あたりは, いい形, いたずらは, うなぎ何, えたいの, おれと, お仕合せ, ききとりも, きわめて見やすい, ことわりを, ころから, たつた, たびの, ために, つつましや, とおり曹操から, ときすでに, とき支配階級が, ところさすが, ぬし, のぞみの, ひとは, ひと月あまりという, へんの, へん地球の, ままお, ままお送り致します, ままで, ままわかれ, まま君に, まま家に, やうな, やうに, ゆゑに, よい庭, アフリカ大陸は, カイロへ, キャゼリン・ジャルディン嬢の, ゴールデン・ハマーこそは, テーマの, ニンファ, ピラミッドの, ファシズム現象が, マナサルワ湖から, ラボアジェーの, 一体の, 一句は, 一座には, 一条は, 一点に, 一瞬間に, 一節を, 一篇は, 一行の, 一身の, 一週間という, 三人の, 三成は, 三菱村の, 三階に, 上ヒラメの, 上展望室に, 下鳥羽の, 不安は, 不思議な, 不撓不屈な, 不束を, 不気味な, 世の中が, 世界に, 両の, 中だ, 丸の内の, 丸福商店に, 主觀想, 九州でも, 事が, 事は, 事件だけは, 事件を, 事実は, 事業に, 二三年厄介に, 二人が, 二品は, 二大, 二畜の, 二者の, 二者互いに, 二階じゅうで, 交換は, 人が, 人なりける, 人に, 人天性勇猛で, 人民と, 人生に, 人短小と, 人達と, 仏の, 付近には, 会合の, 佐久間を, 何という, 何と申される, 何やつじゃ, 作は, 作品の, 作品を, 作家は, 作用に, 使命の, 信助だけは, 俥上に, 修道院が, 俺を, 停車場の, 傲慢不遜な, 働きあらざれば, 元春の, 元素的な, 先天的殺人者は, 先生の, 光によって, 光の, 光子は, 入江の, 全集の, 八つの, 八木独仙君であっ, 六通りの, 冴えた夜, 凄じい洪水, 判断によ, 制作刺戟の, 刺激に, 前きた, 前菜が, 前途の, 勁敵, 勝負に, 区別が, 十円を, 半世紀, 半年の, 南陽を, 単純さこの, 厄介者を, 原著の, 叔父の, 古革鞄, 句を, 句手料理も, 合理的解釈を, 君が, 君に, 哀れなる, 哲学プロパーの, 商売にも, 問題の, 問題を, 善良な, 噂は, 嚢に, 図の, 国か, 国では, 国なほ愛すべし, 国体意識だ, 国家の, 土地に, 土地は, 土地を, 地へ, 地上から, 地所の, 地方に, 地点よりも, 場から, 場で, 場合お松にとっては, 場合においては, 場合仮令, 場合何より, 境内の, 壁書を, 夏の, 夕, 夜は, 夜更けに, 大それた, 大事態, 大名旗本の, 大役を, 大能は, 大野川へ, 夫人は, 失態, 失業者の, 奇怪な, 奥さんの, 女を, 女形を, 奴國は, 奸計に, 妹娘を, 始末, 娘はじぶんの, 婦人の, 実は食べられない, 実事を, 実験を, 室を, 宵, 家へ, 家計を, 宿場の, 密接な, 寒僻地の, 小き, 小坊主だけが, 小次郎へ, 少年が, 屋敷を, 岸を, 峠を, 嵐の, 工場の, 巨木は, 席の, 席上で, 平均性に, 年で, 年月を, 年頃における, 広大な, 床下に, 店に, 店の, 庭に, 廓を, 弊に, 当時母の, 形式は, 形而上学的な, 忙しさ, 思想も, 恋愛の, 悩みを, 悪鬼の, 惨めな, 想より, 感じは, 感性的直観を, 態度で, 態度は, 憤慨には, 我儘と, 我武者らな, 戸を, 手紙だけで, 手紙は, 手紙差上申候, 技術家の, 挙国一致的街頭風景や, 捻平, 提唱の, 故に, 教の, 教室で, 数日湯に, 文化上の, 文化的病理現象は, 文化的自由主義は, 文学主義的自由主義, 料理を, 新らしい, 新兵衛餅, 方には, 方法に, 方法も, 方面に, 旅路が, 旗は, 日この, 日ごろ博多附近, 日暮に, 日本型ファッショ支配に対する, 日頃から, 昭代であり, 時すでに, 時だけは, 時もう, 時両国の, 時代は, 時代前後の, 時節には, 晩の, 暗黒期を, 曲者を, 書き出しは, 書物の, 曹司なら, 月の, 朝の, 朝日の, 村が, 村道を, 条件を, 果てかで, 果てに, 果てまで, 果で, 某が, 校長の, 格段なる, 條項を, 様な, 樗には, 機運に, 欅の, 欲望さえ, 欲望さへ, 正面において, 死が, 残滓の, 段御, 民衆は, 気持は, 水墨画偏重の, 水菓子屋にも, 沓掛からも, 法典の, 法則につき, 法外の, 法律万能主義の, 法自身を, 海底大陸の, 海産日本周辺に, 消息である, 深山にも, 温泉の, 準備を, 点においては, 点を, 熱海で, 牛を, 物影が, 物語以来彼女は, 特種の, 犬を, 現実に, 界隈を, 畑道の, 疎外圧迫を, 病人の, 病棟に, 病院を, 発展を, 白衣の, 百姓の, 目の, 相手を, 眼鏡丈けは, 碌でも, 碑に, 神社も, 私が, 移動の, 税関吏が, 空なりとも, 空へ, 空間であり, 突然な, 窓を, 立憲的ファシズムが, 章において, 竹藪や, 筆間茶話で, 筑波の, 粗末な, 精神は, 純情な, 純粋な, 結果と, 絵を, 絶世の, 絶対的区別の, 綽名を, 縁の, 縦深, 美しき姿, 美少女が, 老人が, 老先生, 者わが, 背景論によって, 脇差一本で, 膝一たび屈し, 自我な, 自然とも, 自由の, 至妙なる, 興行の, 舞台にも, 航空船の, 船に, 花を, 花柳界や, 若やぎよう, 苦しい思い, 草の, 草を, 荒れ模様, 荷物ぐるみプラットフォームへ, 著作権審査会なる, 血の気の, 街道筋に, 袋へ, 西市に, 要点わからぬ, 親子づれの, 観察は, 言い廻し, 言良に, 計画に, 試験を, 認識論の, 語誠に然, 説に, 読書の, 誰じゃ, 誰の, 調子です, 論文中に, 諸件, 諸現象, 貴婦人は, 貴重な, 赤い小さな, 身を, 軌道の, 軍は, 辺へ, 辺りまで, 辺一帯の, 返事を, 通り乗り込みも, 通り真っ直ぐに, 通り眼も, 連中からは, 連中よく, 遅くまで, 過程を, 道場を, 道庵の, 邸内の, 部分としても, 部屋を, 郷に, 都会の, 里かで, 重大な, 金の, 針の, 鉾ぞ, 鎌倉へ, 間隙に, 関係に, 闇が, 關係に, 防空第一線を, 附近は, 険しい道, 隔日も, 際それを, 際御, 際敢然孤立を, 集団的な, 雑誌の, 雪ちゃんの, 雪の, 霖雨に, 青年の, 頃あなた様は, 頃では, 頃中の, 頃先生が, 頃相, 頃私の, 領内でも, 領域をこそ, 顔面も, 願ひ, 風車の, 飲食店も, 魚を, 鼠駆り

▼ ず~ (817, 0.7%)

88 なるまい 18 なるまいと 10 なりますまい 9 なるまいが 7 生きて 6 なるまいて, 器は 5 あらず, 我は 4 なるまいぞ, なるめ, 人の, 侍とは, 工藝の, 彼の, 此の, 汝の, 汝は, 誰か 3 これを, た, たりと, なるまいな, 何ら道, 大器晩成の, 天に, 天の, 天国に, 自分の

2 [46件] さらずば, その意味, その時, ただ一つ, ならず, なるまいかな, なんめえ, ひじり, ほんとうの, めでたきもの, 一家を, 上杉さまにて, 不運も, 人々の, 人に, 何の, 其処を, 出世前の, 分娩覚束なし, 口を, 君が, 吾れ, 吾夫に, 唯だ成る, 彼は, 彼らの, 御母上, 御胸, 心を, 成るまい, 我が方, 我も, 撃たれまいに, 教えて, 日々を, 正覚を, 母の, 涙に, 甲斐なし, 真の, 神の, 神を, 美しくならないで, 軒の, 道行く人, 高山の

1 [501件 抜粋] あきないにや, あっと, あに仁義礼智信, あらざる也, あらじ, いかでその, いかなる願ひも空, いかにか, いかにし, いかに易, いかに雪, いつでも, いつまでも, いつを, うまい酒, おのずから雪, おのれ眼に, おれと, お捨てなされ, かえって不忠, かぎりなく澄む, かれこれ不明, きっと帰参, げに我, こ, こうしたこと, ここで, こちらが, この世は, この墓, この小さき, この瓶, この窓, この脂, この鉄扇, この鐵扇, これに, これより, これ不仁いづれ, さぶしき, そこの, その先, その席, その氣質, その首, それまで, それまでよと, それを, そを, ただ雉, たと, たりめ組, たり膝, たを, ついに空しく, とくにも, ともかくもし, ともかく知り, どうしてそこ, どうして多く, どうして安く, どこへでも, なかなかこの, なにか旅, なにか移る, なほ幾世をか, なほ永く, ならず末, ならないであろうと, ならない訳, ならなかったの, ならん, なりますまいよ, なるまいおま, なるまいお前, なるまいから, なるまいその, なるまいという, なるまいなど, なるまいなんぞと, なるまいね, なるまいのう, なるまいよ, なるまいテ, なるまい仔細, なるまい位, なるまい何と, なるまい嗚呼, なるまい国, なるまい父さん, なるまい飯, なるまじと, なるめい, なんとせう, ねぐらの, はや, ぶった切るぞと, ほろぶる, またもし, また益, めだかの, めを, もう一つ右門流, もう人間, もっと痛い, やがて選ろう, やまじの, よろしく彼, わがこの目利, わが成さん, わが物, わが王, わが身が, わしは, われこ, われは, われも, われ何ぞ, われ正覚を, われ食事せん, アカイアの, ウンガリアは, エタに, ガイアの, ッと, ブッタ斬る, ユクハ, 一の, 一人籠り居, 一度北国, 一族天に, 一時の, 三月に, 上なる, 上命あり, 不可能である, 世界は, 中田といふ, 事や, 二人もろとも, 二十世紀の, 二生も, 云って, 亦然, 人は, 人を, 人善を, 人知らずひそかに, 人間が, 今の, 今より, 今夜新しい, 今日は, 今日を, 仏にも, 他人に, 他処, 代って, 以て, 仲, 仲之町の, 体を, 体操だ, 何うも, 何か, 何かせ, 何が, 何ぞまた, 何ぞ従, 何ぞ我, 何で差し図, 何と, 何とかで, 何となく気, 何ものも, 何わざを, 何を, 何を以てか, 何故にか, 作り得ない, 來り, 信ぜじ, 俺兵を, 個物の, 元より, 元よりの, 免る, 其の素性, 其窮屈は, 其職繁昌せず, 凡人に, 則ち退く, 力及ばざる, 勇士等一人たり, 動かじと, 勝敗利害は, 勿体ないと, 十二時の, 千種の, 千里を, 半, 即ち馳せ, 参り得ぬ所ゆえ, 又これ, 古作品, 可し, 同朋とともに, 名を, 名乗り給へ, 君に, 君は, 君一, 吾も, 告訴する, 唯一つ, 善かりし, 在家にて, 城より, 堪へ難し, 堪忍し, 外套内を, 多くドイツ文で, 大事は, 大津絵の, 大金いたずらに, 天下に, 天馬空を, 奉仕の, 奧樣らしく, 奪わむ, 好ましとせむ, 如何で, 如何に, 妻泣く, 妾は, 姑く, 子は, 子を, 子供にでも, 孕む事, 存命すべからず, 実の, 家に, 寂しかろ, 富を, 寛大なる, 審美的価値にも, 射たれまい, 将軍家に, 将軍家を, 小屋へ, 屋敷の, 屋敷へ, 嶮しからざる, 工藝たり, 工藝は, 己が, 布留川のべ, 帰らぬと, 常に戦, 年中音なし, 幸なり, 幾何も, 広く民衆, 弓彎かむ, 引裂き棄, 弥不忠不義の, 彼を, 彼穹窿と, 彼等を, 彼群の, 往かぬという, 往生の, 後刻に, 御自害沙汰, 御門溝石の, 心地死ぬべし, 必ず一, 必ず岩根, 必ず汝, 必ず祟, 必ず縛, 必然体は, 怖気は, 思いに, 悉くここ, 悔いても, 悪名を, 悪魔の, 悲嘆君に, 惡名を, 意の, 慰まず, 慰まずけり, 憂からん, 戀あらじ, 成り立たないと, 成るまいテ, 我に, 我ひとりあとに, 我よく, 我れ, 我を, 我等は, 我等意を, 我胸の, 我衆人を, 或者, 戰鬪に, 打擲せ, 承知せぬ, 抱付きても, 拔けて, 捨てて, 損害を, 撃たれまい, 撃たれめ, 撥ひ, 放って, 放捨御免, 效なし, 教へて, 敵は, 敵對の, 斯く迄, 既に民画, 是れ, 是非も, 時は, 晩く, 替へ, 木の, 末を, 本国をも, 本國, 本意なく, 机の, 来って, 枕を, 某の, 栄螺も, 槍飛ば, 権勢である, 権君御, 次には, 止まざらん, 止まざるもの, 止まじと, 止まなかつた, 止まぬ工合い, 止まぬ態, 正しい工藝, 此力以て, 此方より, 死すべし, 死するばかりの, 死にきれぬと, 死ぬと, 死んでも, 殊に春秋, 殿の, 毫釐も, 水戸より, 永え, 汝ら疾く, 汝ら魂は, 汝ベアトリーチェを, 汝己が, 汝等の, 汝等疾く, 汝賞を, 泣くのほか, 流行し, 浮世の, 海に, 海寇撃退の, 湿れざらまし, 滄桑の, 潮の, 火の, 無なり, 無下にも, 無事なるべき, 無御遠慮, 照る日さ, 煩悩なし, 熄ま, 燈火の, 爾も, 牛馬七珍も, 牡丹ちら, 物力の, 独聞くべき, 猛獣かと, 現れない美し, 現代に, 生きながら, 生き死, 生けては, 生れし性, 甲斐なからむ, 病根は, 白金清正公の, 百まで, 皆な, 皆敵と, 目的でも, 直く, 直ちに此劍, 直に緑野, 真に美しい, 眠らすこと, 知らして, 知らぬでよろしい, 矮人觀場なりしか, 砂糖に, 社殿を, 神に, 神よ, 神汝等に, 禍ひなりや, 私は, 穗を, 篠崎流折紙つきの, 納まりゃ着くめ, 納まるまい, 罪と, 置きますまい, 美しき畫, 美しくは, 美しさ, 美の, 美を, 聞えず, 職業上彼らと, 肩のへ, 胸臆沈滯し, 腹を, 臆した, 自から, 自ら果を, 自力の, 自己, 自己の, 自由は, 自由詩の, 船が, 船尾まで, 芝居の, 蕎麦などは, 薬用に, 藤間が, 虎に, 衆生を, 表沙汰, 裾の, 見おとすべし, 見ざるも, 見知らぬ恋, 言いも, 言は, 許し給へ, 語れかし, 誰ぞや, 誰に, 諸天香華, 諸河汎濫鉄道不通米価, 豕もて, 賣られじを, 賽の河原は, 赦すまいぞ, 蹴破るぞと, 身が, 身上打込ん, 身命亡び, 轉用し, 逃げて, 途中において, 速に, 過も, 道中師屋胡麻の, 酒壺に, 鎖国の, 開闢以来五千年, 関を, 隊長を, 隠れ去っ, 隣人は, 雉も, 雉子も, 電氣力と, 露の, 頼長も, 馬上巻煙草を, 騎士の, 高い工藝, 高い美, 黄昏, 黄玉石くらいの, 黙つて

▼ ず~ (690, 0.6%)

17 れは 9 の心 7 はその 6 は自分, れの 5 の方, の精神, は, は何, もまた 4 の女

3 [13件] の姿, の曠野, の顔, はこれ, はそんな, はなお, はもう, は一切, は全く, は如何なる, は最後, は私, れが

2 [46件] がこの, と此, に彼女, に話し, のため, のほう, のまさに, の体, の作品, の傍, の前, の勧めた, の右, の左右, の心臓, の思惟, の教師, の文章, の考え, の胸, の言葉, の話し, の軍人, の頬, の頭脳, はお, はこう, はこの, はまた, は今, は前, は巧み, は政治家, は真面目, は眠った, は節子, は西洋史, は遂に, よりも甚, れと, れ亦, れ自身, をし, を動かす, を失望, を愛し

1 [485件] から訊ねた, から離れ, が, があえて, があたかも, がいかによく, がう, がかね, がその, がのそり, がまた, がよろめき, がわずか, が不十分, が世俗的, が二三日中, が人, が他, が入り来った, が半身, が受けた, が墓, が好み, が好もしい, が子弟, が実験, が広い, が役人, が徳子, が心, が怒, が思慮, が悲鳴, が打擲, が捕縛, が捨てた, が文学的円熟期, が新田郡西谷場, が書斎, が未来, が気に入ったらしい, が求め, が犯人, が用いられ, が眼中徳川氏, が私, が秘密, が終生, が経済, が経験, が自ら間部, が自分, が自然, が芸術作品, が訪ね, が身, が遠方, すなは, ただちに平等, だけはどこ, でなくては, としてはすでに, としては何となく, とその, とつきあっ, とともに心から, とは人間, と一緒, と共二人, と同じ, と同様, と孔子, と小, と添, にいらえ, にとってはただ, にとっては役所, にとつて, にはいろんな, にはその, にはわかつ, には不服, には何, には僧, には私, には自分, にばつ, にもひきうけられる, にも自分, によっては必然性, によって支えられ, によって残された, にクロムウエル, にレコード, に借用, に向かっ, に告げ, に従ってしかもなお, に愛される, に最も, に望み, に此, に由, に眼, に空海, に背中, に語つたの, に警告, に逢うた, に非, の, のあ, のあの, のお喋り, のこと, のすぐ, のふしぎ, のもの, のわがまま, のアントロポロギー, のディアレクティック, の一国, の一族, の一生, の一生涯中, の一門, の両手, の中, の中年, の主義, の予言, の二重生活, の五体, の五行論, の人物, の代り, の作つた歌, の健康, の元, の兄, の内心, の内面的, の初期, の判断, の博士, の友人, の友人二人, の収入, の口, の名, の吐きだす, の唱道, の地, の執, の大きな, の如く諷刺, の室, の宿命的, の居所, の希望, の平民, の幽霊, の床几, の後, の心眼, の思い続け, の思想, の恋ごころ, の悔, の感情, の態度, の慾, の所持品, の手, の才志, の批判, の持物, の推察, の文化社会学, の文学, の文学上, の日常生活, の書斎, の最初, の本性, の杞憂, の業績, の様, の歩き, の残した, の洒落れる, の洗礼, の活劇, の消化器, の漢詩論, の潔白, の潜伏場所, の物言はず, の狡智, の瓢箪, の甘言, の生活, の申出, の男泣, の皮肉以上, の目, の目下, の眼, の眼界, の知る, の知識社会学, の社宅, の神経, の立場, の終始, の絵筆, の綱, の罵る, の考, の考える, の耳, の背, の背後, の胸中, の自, の芸, の芸術探究, の若い, の草廬, の虚栄心, の見知らぬ, の観照, の記者, の詩, の貌, の貴族, の足もと, の躍動的, の身辺, の軌道, の軍, の迷信, の進路, の過失, の部下, の部屋, の金起, の関心, の青年, の静か, の音声, の馴, の齡熟, の齢, はあたかも, はあの, はいかなる, はいつ, はいは, はいらだたしく, はうとうと, はおとなしく, はぐつすりと, はこうした, はことわった, はさ, はさっそく, はせっかく, はそこ, はそれ, はた, はたぶん, はつい, はついに, はつねに, はのそのそ, ははやく, はぱっと, はふい, はほか, はますます, はまたぞろ, はまだ, はまもなく, はまるで, はやっぱり, はやはり, はよく, はわが, はわざと, はイノチ, はカーライル, はグロテスク, はロンドン, は一心, は一行, は両, は丸の内, は事実, は云った, は今や, は今夜, は今度, は仕事, は何処, は供養, は依然として, は信玄, は元来直面, は元気一ぱい, は先祖, は兵庫, は其の, は到る, は力, は匹夫, は千里, は千鶴子, は口笛, は古い, は同じ, は吸い寄せられる, は唐紙, は唯, は唯病氣故, は固, は変, は夜, は大坂新城, は大義親, は大軍, は奥羽両国一万余, は妻, は学校, は宏大, は実に, は家, は富之助, は尊王家, は尚, は山林, は師直, は帰らう, は常, は幼稚, は幾たび, は建立, は彼, は後, は徹底的, は忠実, は恨み, は恩顧, は恭しく, は悲しん, は惰夫, は感ずる, は慄然, は戦地, は戦場, は手, は折角, は振りむこう, は攘夷, は支倉, は敢然, は暖炉, は本邸, は果して, は業, は極度, は横田君, は橇, は正, は此誤信, は歩い, は死ん, は毎, は比較的, は毛頭, は湯, は満足, は溜息, は燎原, は特赦状, は狼狽, は理想, は理想主義, は相手, は睡, は神田, は祭っ, は私たち, は笑つて, は約ふた, は終始, は絶望, は繰返し繰返し署長, は翼, は胸, は腕, は自己, は落胆, は蟋蟀, は行ける, は規則的, は言いつづける, は谷底, は赤黒く, は足, は躊躇, は身動き, は返事, は逃げ場, は道鏡, は遠く, は部屋中, は関白, は陣駕籠, は陸, は隙, は非凡, は非常, は革命家, は頑として, は頭, は顔, は高城, は鱶, へ近づかせ, もいわず, もかなり, もき, もぼくたち, もむろん, も一歩, も中, も亦, も何処, も団菊, やこれ, よりもいっそう, よりも年, らしい気短かさ, れ必ずしも, れ自ら曰く, をある, をいつも, をいら立たせなかった, をおい, をのぞく, をむかえた, をイライラ, を人気者, を僕, を写す, を又, を嗤, を困窮, を囲ん, を天才, を子亭, を引き出す, を待望, を微笑, を恋い始め, を惱, を愛する, を歓待, を死, を注意深く, を生み出したる, を目的, を知らぬ, を祀った, を組み伏せ, を躊躇, を迎え入れた, を追いかけ, を追窮, 実に日本, 既に身, 毫も遅疑, 満村恭平, 重んずる處吾却

▼ ずそれ~ (654, 0.5%)

7 がため 6 はまた 5 と同時に, を見 4 はそれ, をまた, を自分 3 かと言っ, はむしろ, は彼ら, は私, を平気, を眺め, を見る

2 [30件] かと云っ, がこの, がなお, が一旦, が口, が常に, が集められた, でゐ, ならば, ならばと, につづい, にもともと, によってその, に対して彼, のもつ, はただ, は一種, は佐渡屋, は却って, は存在, は決して, は聞え出した, は自分, も道理, やこれ, をききつけました, を忘れ, を真に, を見た, を過去

1 [538件 抜粋] かって坐, かって恋, かって椅子, かといっ, かと云つて, かと言つて, からの三百年間, からは単に, から一層, から一歩, から七年, から二三日, から五十年, から寄っ, から数日, から続い, が, があった, があばかれるであろう, があまりに, がいけなけれ, がいちばん, がさも, がし, がせり合っ, がたとい, がたまたま, がどう, がどんなに, がふさわしい, がほとんど全く, がますます, がまた, がもどかし, がわかりました, が一つ, が一切経, が一度, が一方, が一月, が万事, が世界, が世間普通, が主人, が五度, が人情, が今日, が低, が何, が作, が倍加, が先生自ら, が全く, が出来ない, が切支丹, が単なる, が却って, が又, が反, が名物, が多数, が夜, が太郎, が失神, が奥州方面, が女, が如何なる, が実行, が家庭, が山嶽, が弛んだ, が強く, が微細, が必要, が意識的, が戦争目的, が手っ取り早く, が技術, が日中, が日本, が日本人, が有害, が本当, が楮幣, が機縁, が正しい, が気, が為, が無責任, が発売, が発見, が百五対四百三, が相寄っ, が真, が知識, が積もっ, が第, が終っ, が翌朝, が若し, が英雄, が萬事, が表面ファッシズム, が見, が見える, が認識, が読者, が論理的, が軽部, が都, が門番, が陽子, くらいな, こそずっ, こそ女難, こそ心頭滅却, こそ日本晴れ, こそ本統, こそ猿面, こそ私, こそ縋る, こそ血, さえどうか, さえ思い切れ, じゃそう, すらもいろいろ, ただ積誠これ, だから, だからこそ, だからとて, だけが独立, だけで, だけで予算, だけで己, つきり, つきりぢ, であった, であるから, でいつ, で咎められる, で図々しく, で慰められ, で満ち, で留守番, で透い, という, というの, としての必然, とても湯浅少佐あたり, との間隙, とは全く, とまったく, と共にその, と共に内侍使, と同じ, と対蹠的, と決められた, と無関係, と知った, と聞く, にあばれ廻る, にあまり, にいつ, におかあさん, にお代先生, についての知識, について又, につき, には前, には正月興行, には現在, には續きもの, にもう, にもかかわらず, にもまだ, にも一種, にも係, にも厖大, によってのみそ, によって史料, によって幾分, によって文化的, によって殷代文化, によって自己自身, によって苦しみ, によって重大, によって非難, によりて起りし, にポプラ, に一番, に中, に乗りこん, に乘つて, に事柄, に人, に人間各個, に今度, に例, に先だって, に先刻来, に冷笑, に加え, に助手, に反し, に取押えられ, に召され, に合図, に向かっ, に吸いつけられた, に囚われ, に外国, に女房, に媚び, に家中, に対して批判, に対処, に小屋, に少し, に岩吉, に従うだろう, に思い到る, に慣れ, に打, に持っ, に捲かれ, に敗け, に比し, に比べ, に気付いた, に永びいて, に猫, に皮, に神出鬼沒, に秋山さん, に第, に練達, に証拠, に賛成, に身心とも, に長い, に関する伝説, に風雨, のお, の存在, の批判, の本質, の無, の看病, の虚僞, の解らぬ, はあの, はい, はいつ, はいつの間にか, はおつき, はかえって, はかつて, はつまらぬ, はともかく, はと私たち, はほんの, はまだ, はゴーリキイ, はハーキユリイズ, は七二〇磅, は上方, は世界, は仕方, は何, は作者自身, は全然, は其後, は単なる, は却つて効果, は又, は取り, は古代人, は吾, は善意, は国, は土地, は大, は定評, は屋内競技場, は引越す, は御, は微妙, は必ずしも, は必然的, は想像, は明らか, は時間, は晩春, は最後, は正に, は歴史, は決して嘗て, は発音, は確か, は稍, は立派, は経験, は結構, は総, は肢体, は花房一郎, は要するに, は見えない, は見る, は誰, は軒, は野鍛冶, は電気性, は鞍馬, は駈け, ばかりかこの, ばかりかなお, ばかりで, への悲哀, へ主力, へ墨書き, へ攀じ登っ, へ来, へ身, までにも春一, までの女たち, までは雑誌, まで妻, まで父, も, もこのごろ, もすぐ, もその, もたちまち, もてんで, もぴしぴし, もやがて, も一足, も上代, も後, も成功, も死者, も直ぐ, も習慣, も脱, も金髪, も関取, も非常, よりはるか, よりもせっかく, よりもひさしぶり, よりも一層, よりも大切, よりも自分, より一時間過ぎ, より久しい, より以後, より古く, より早く, より遙, らしい様子, を, をあづか, をかい, をくわえさせ, をこの, をさけられない, をすっかり, をすり変えた巧み, をずらし, をそう, をそういう, をそのまま, をその後, をたどっ, をつい, をとやかく, をなし得る, をば踏み付け, をほのめかす, をみ, をもっ, をもつ, をやはり, をよい, をよける, をわからない, をアハアハ笑い, をカンニング, をナポレオン, をヘンゼル, をモクモク, を一々, を一大事, を一族限り, を一面, を不注意, を与えざる, を主張, を人形, を人生, を人生的, を介抱, を他人, を使用, を信ずる, を倒され, を兵馬, を写真, を出し, を参考, を又, を取得, を口実, を吸込ん, を周旋, を大, を始終, を子供, を守っ, を守り得た, を実施, を実行, を寺, を左, を引きうけられた, を強, を彼女, を心, を心配, を思ふ, を悔いた, を悪し, を意識, を愛する, を憧れ, を我慢, を手, を打消す, を投じた, を持っ, を掲載, を故意, を敢, を新子, を書いた, を最近, を東洋文化, を枕元, を案じ, を歓び, を歯牙, を歴史, を気, を滑稽, を無視, を犯せ, を理由, を甥, を畳ん, を痛感, を盗み取った, を目, を目がけ, を瞞著, を知っ, を知り, を知りつ, を確実, を突破, を紙幣, を緊, を聞かされ, を聞かされた, を藝術, を裸, を西洋文化, を見いた, を見たい, を認可, を説き勧めた, を證明, を超越, を越えよう, を追いかけ, を追いかけました, を追いかける, を追いこむ, を造り出す, を避けず, を長い, を降参, を預かろう, を頭, 故に四角, 故に未来, 故却って, 故宋翔鳳, 自體, 迄に帰る

▼ ず~ (613, 0.5%)

7 あるかな 6 此の 5 ここに 4 あらなむ, あれ 3 あらなん, ここで, ずして, 一人の, 当時の, 彼の

2 [36件] お玉と, このたび, この事件, これが, そこに, それが, それを, なりに, 一つの, 今この, 其甘い, 其香を, 十九年ぶりにて, 吾, 多からず, 多くは, 大御命, 妹が, 意外な, 我が父, 我は, 手に, 搗くたび, 故人に, 日を, 昔の, 杵の, 溝口医師の, 火の, 白絹めく, 眼を, 自分が, 自分の, 郊外生活一年の, 露しげき, 頼家の

1 [497件] あくびで, あつけ, あなたに, あの, あの本物, あの男, あばいて, あらず, あらず見も, あらぬか, ありがたき御, ありけむ, あるし, あると, あるべし, ある名士, ある日, ある犯罪事件, あれかれを, あれこの, あれせめて, あれ吹き荒みて, あれ大きく, あれ妙齢, あれ彼, あれ摩耶, あれ末葉, あれ梅, あんな羽目, いちど信じ, おおいので, おがみました貴方, おじさんの, おどろいて, おもいうかべた, お互いの, お名前, お君, お変りなき, お蝶, お訪ね, お身, お身達, かかつたが, かかる錯誤, かくの, きかずうなだれてばかり, きかないし, きょうまのあたり, こ, こうお, こうしてあなた, ここの, ここまで, こちらの, この両者, この二人, この原稿, この地, この山, この市, この種, この自滅, この苦々しい, この農村対都会, この酒場, こよひ, これに, これは, さよ子と, しなかったの, しれない, すがりつくが, ずうごめいた, ずさせながら, ずするの, ずと, ずやって, ず這って, そっちこっち旅を, そのお, その中, その人, その仮面, その先生, その夢寐, その女陸, その巻, その欺まん, その求むる, その滞留, その目, その目的, その知識, その種, その群, その術, その調査項目, その頭目, そんな連想, ただに, だもだして, ぢ付かず, つい四日前, どんな大, ない七寸, ない雪, なく身上, なければ, のめいた色, ひき留められて, ひよどりも, ほの, ほんとを, また人間, また思い出した, また類, めぐり会った, めぐり逢って, やむなく戰鬪, よいご, よい折, よかろう, よしと, よみがえったので, わが家にか, わしは, ガスコンの, ゴーリキイは, ザフレービニン家の, ダンスの, デモクラシーの, ドリアンの, ドーンと, ハワイで, フツと, メイ子に, ラジィゲの, ヱネチアが, 一両の, 一九三四年の, 一句うかんだ, 一変した, 一大事の, 一大事件が, 一度起き, 一度集る, 一拝した, 一生に, 一種悪質な, 一緒に, 一致した, 一軒の, 三十六窯を, 三河の, 上人が, 上田万年芳賀矢一二博士から, 不在証明が, 不思議な, 不覚を, 世俗の, 久しい間, 二つも, 二人の, 二十六七年前の, 二度までも, 二度三度頻々として, 互し, 五六里の, 五十人は, 井伏君から, 井手の, 井泉の, 京水の, 人ごみの, 人の, 人格化せられ, 今ここで, 今回の, 今夜の, 今夜君といふ, 今度の, 今度は, 今度役に立つ, 今日の, 今日拝姿の, 今日秋日の, 今朝黄金郷の, 今生き, 今般岡田小, 他の, 他日この, 件の, 伊織の, 会って, 伸子に, 何か, 余計な, 作者の, 便宜を, 保一くんにとって, 信濃桜といふ, 僕は, 兄に, 先に, 先ゆく, 其一女の, 出会った, 出会ったの, 出来した, 切戸口より, 刑事に, 前に, 剣影見ざる, 加賀屋の, 動いた母, 十七年間重用し来つた, 十兵衛が, 十兵衞が, 南無阿弥陀仏々々々々々々と, 合して, 同海底, 同然ゆえ利き, 名人の, 君に, 君等の, 告白し, 問ふ, 啼て, 国もとに, 国際世界の, 壁ご, 外山正一氏の, 多くの, 多く大, 夜の, 夢見たり, 大もの, 大人に, 大佐と, 大劇場, 大声を, 大形の, 大方直る, 大赦に, 天下の, 天城更子嬢と, 天外萬里の, 天涯萬里の, 天霧らひ, 奥が, 奥田早苗氏ほか三名の, 女の, 妊娠可能である, 妹と, 妻登山し来り, 妾が, 妾の, 婦女子の, 媒酌人に, 安井国手来り診, 宿の, 密着し, 寒夜, 尊公が, 小さい雨, 小野家へ, 小鳥は, 少いの, 少しの, 少なく武士, 少なく立ち居, 少年の, 居館を, 山の, 山中に, 山口屋善右衞門に, 山陽先生に, 山麓有志者の, 峠の, 川舟の, 巨額の, 己れ, 平常の, 幼な, 幾人か, 幾枚かの, 彼が, 彼は, 彼らの, 彼女の, 待ち佗, 御心配, 御恩, 御身の, 微妙な, 微笑した, 心の, 心得違いにて, 念願が, 思い出したの, 思ったが, 思ひぞ, 思ひ浮ぶの, 怪しいホテル, 恐ろしい不安, 息軒撰の, 悪いウサギ, 悪い兎, 愚堂と, 感じ合つた, 感傷的に, 感心な, 慄然たり, 懐かしい旧, 懷かしい, 我と等しき, 我れ思ひ, 我母上を, 我等の, 或る, 戯れたので, 戰慄した, 戻つて, 手先の, 投げ出して, 抽斎に, 拾いしに, 拾ったもの, 持って, 掲げ得る機会, 描いた白昼, 支倉の, 攻め寄せて, 故正岡先生, 救抜し, 数ページの, 数人の, 数十年後自分と, 斉しく, 斯んな, 日本の, 早い, 昨暁有明荘において, 曇りも, 曹操に, 曾良の, 最後の, 月が, 有意義な, 朕の, 杜鵑と, 来て, 某に, 森さんと, 検事は, 極めて類, 橋本幸三郎が, 次ぎ次ぎに見送つた, 欧羅巴から, 歌を, 此処に, 此所讚岐の, 歯を, 殺風景の, 殿たち二匹の, 母様の, 水牛の, 永禪和尚に, 汝に, 汝等の, 江州春照村の, 江戸へ, 泥の, 注意を, 洋臭を, 洩らした問わず語り, 流れ入るなり, 火星人一人が, 無事なる, 熊の胆を, 父の, 物語は, 特に幸い, 犯人いや, 玄徳の, 玉璽を, 王政維新いよ, 現出し, 甚兵衛の, 生まれその, 田舎縞手織縞に, 田鶴見の, 異性の, 病にか, 發した, 白島山平が, 白骨が, 目の, 目を, 目前に, 眉を, 眠りて, 眼前で, 矢柄喜兵衛に, 知らずに, 知れた青海, 知れん, 短命と, 石井氏の, 硝子目玉を, 社會の, 神戸に, 神田で, 禍いに, 私は, 私を, 稀なる, 稚子, 窓から, 笑ひさざめく, 篠田は, 粛親王の, 系図の, 結ばない髪, 結果した, 絶て久しき, 絶望の, 綾織り, 羇旅の, 美濃幾十の, 聞きつけたその, 聯合軍の, 聲を, 聴いたが, 能楽を, 腹背に, 自ら吹き出した, 自分たちの, 自分は, 自身にとって, 興味深い數頁, 良いこと, 若様が, 英一の, 茶わん坂で, 荒々しい音, 莞然, 萩の, 萬葉の, 蘆屋の, 虚を, 裏から, 西田渡邊二君の, 見た, 見のがせないもの, 見るべく雲, 覚えて, 語って, 貴方に, 貴翰到来大いに, 貸主が, 賊難を, 赤駒の, 起った格闘, 足に, 身辺近く見た, 軍中の, 近代の, 迷亭先生の, 途中で, 通り掛って, 運命の, 道に, 道庵先生の, 遥かな, 邂逅せる, 邪魔扱ひ, 重ねて, 金森家の, 長くなった, 間借りを, 陸の, 隣りの, 難波大助で, 雲井なにがしと, 霊感の, 青山六道の, 静かな, 顏を, 飛んだ御, 飛鳥山で, 馬琴の, 鮨屋の, 鮮かな, 黄蝶の, 鼻子の

▼ ず~ (598, 0.5%)

9 はこの 7 の心, はその 5 の方, の顔, は作品 4 の家, は, はそれ, は自分 3 のうち, の愛情, の生活, の背中, の胸, はいきなり, はいつも, は彼, は此, は私

2 [36件] が世界, が現在, が自分, が見た, と同じ, と同化, と品吉さん, にし, のいう, のため, の友人, の好奇心, の正確, の苦心, の読んだ, の身, はあの, はある, はさらに, はそこ, は今, は周圍, は夫人, は愚鈍, は或, は歩み, は神, は英語, は跨ぎ越した, は身勝手, は随分, も亦, も娘, も知らず, 共兄妹, 共狐

1 [442件] から直接, が, がお目にかかった, がかく, がここ, がすぐ, がそれ, がためらっ, がみずから道徳家, がインド, がカワカミ, がハッ, がロンドン, が上, が二つ小説, が二十年, が亜米利加旅行中, が以前, が兼, が出かける, が外, が大, が学習院, が尚そう, が引き受ける, が当る, が当時本書, が復讐, が徹底的, が惨め, が愛, が感覚, が政治, が文典, が日本, が楽しみ, が欲する, が歌舞伎劇, が此処, が歯医者, が殺した, が永遠, が無, が無数, が熱中, が特に, が登った, が直接, が窮極, が立聞致, が細君, が経済上, が聲, が行く, が見, が言葉, が訪問, が貰っ, が貴方, が通る, が遠慮, が附い, が電燈消, が頂きます, が頂戴, が顏, しをまで, だけで調べた, だけを勘當, だちは, である, という亭主, という人間, といわず, としては最も, とて今, と一緒, と仰有る, と彼女, なども子供, なども雑誌, など苦心惨憺, なりの素人評, にいただい, にいろいろ, にかえし, にかかる, にその, にとって, にとってはこれ, にのしかかっ, にのみ多く, にはここ, にはその, にはまるで, にはやはり, にはよく, には仕方, には存在, には最も, には痛ましく, には私, には自分, には解らない, には賽の河原, にも品物, にも私, にも釣具一式, にわかる, にポール遊園地, に与えられた, に久しく, に云え, に向い, に向っ, に対しても深, に弥勒, に手紙, に背, に言っ, に送っ, に靡く, のお話, のからだ, のきい, のこの, のざんげ話, のすき, のその後, のとおり, のひとみ, のほう, のみは既に, のもつ, のもの, のよう, の一番好き, の不, の不利益, の世話, の両手, の主張, の人間, の仕向け, の余命, の作品, の出発, の判断, の判斷, の前, の剣幕, の創作集, の力, の助, の口, の地元踏査, の地方, の執筆能力, の墓, の声, の夢, の好み, の如き, の室, の家屋続き, の家庭, の小説, の少年, の居る, の延し, の後日, の従つた忠告, の心配, の性分, の性格, の想念, の意, の感情, の態度, の所, の手, の捜索材料, の最初, の机, の機関助士, の泣き, の潔白, の為, の無謀, の片手, の特別, の獣性, の現実, の理性, の病い, の病的, の病院, の目, の知らない, の示す, の精神状態, の絵, の置鈎, の聴神経, の膝, の自信, の虚偽, の覗き眼鏡, の足, の身の上, の部屋, の金, の頭, の顔色, はあくまでも, はあなた, はいつ, はいつのまにかぐっすり, はいつもそう, はうつむいた, はお, はおどろき, はお嬢さん, はお母様, はかえって, はかつて, はぐっすり, はけっして, はこうして, はここ, はこれ, はごらん, はさ, はしつこく, はしばしば, はしばらく, はしょう, はすぐ, はぜひ, はそう, はそういう, はそんな, はた, はつい, はつくづく, はとある, はときどきやや, はどうか, はどうしてもまったく, はどうも, はどこ, はなお, ははじめて, はひと息, はほほ笑む, はむしろ, はもう, はもともと, はもはや, はやつぱりいろんな事, はやはり, はよく, はよっぽど, はランプ, は一つ, は不実, は中心, は丹田, は九州, は仲間, は何となく, は俗句, は元, は先, は全く, は再び, は出かける, は出発, は分らない, は劇, は努め, は勧める, は勿論, は医者, は午後, は厭いません, は又, は又次, は呟いた, は唇, は唯, は夏, は大, は大人, は大正十一年, は安心, は小さな, は少々, は少し, は少なから, は山, は川, は常に, は年おい, は幾多, は当今, は当時, は彼ら, は志望, は思わずぞっと, は怪談, は息, は恰, は悶々, は感動, は慌て, は憫, は戯曲, は指先, は指揮官, は敗軍, は敢, は文芸作品, は文藝作品, は旅館, は日本, は早く, は明, は春先, は晴れ晴れ, は暫く, は曖昧, は最初, は最近, は本校, は桃太郎, は横光君, は欺, は氏, は決して, は流, は涙, は深入り, は溜息, は獨, は玉音, は王様, は現に, は現代, は異常, は眼, は窃, は笑われ, は紅く, は緑, は聴く, は自, は自ら, は花, は若松町, は落ちつかぬ, は行かざる, は街, は裏通り, は西田哲学, は見せつけられた, は詩, は諦め, は諸君, は賛成, は身体中汗, は農科大学, は遂学科, は遂學科, は遺棄, は部屋, は階, は隣室, は雑草, は非常, は頑固, は顔, は首, もある, もからり, もその, もだまっ, もまた, もダージリン, もレエヌ, も中村屋, も今, も余りいけぬ, も危険性, も原子, も吻, も坊や達, も尚, も弱気, も忘れた, も昂奮, も格別気, も武士, も溜息, も矢張, も祖母, も遂に, も酔わず, も面識, も驚きました, をたぶらかし, をどこ, をねらっ, を信じる, を先輩, を受け入れ, を地蔵起し, を奥, を宿, を引い, を引っぱり上げよう, を応接室, を恋する, を愛し, を打ち, を拝ん, を無心, を生かそう, を睨みつけ, を睨ん, を笑わせた, を総て, を自動車, を苦しめます, を診察, を責め, を迎えました, を驚かした, 共に奇異, 共に濟, 多し, 迄手

▼ ず自分~ (511, 0.4%)

5 の仕事, の身, の部屋, の頭 4 の心, の眼, はこの 3 がこれ, が自分, のうち, のした, の手, の方, の過去

2 [43件] からすすん, から進ん, がその, がどんな, でそれ, でも不思議, で自分, にも三千代, のこと, のする, のとうに, のほう, のまわり, の前, の周囲, の好悪, の姿, の子供, の家, の思う, の思想, の手一つ, の新妻, の死後, の母, の母親, の気, の為すべき, の爲, の生活, の考え, の肉体, の胸, の計画, の身体, の運命, はまだ, はむしろ, は云, は古い, は手, は自分, を驚かせた

1 [372件] からいろんな, からさき, からも近づかう, から叫んだ, から好ん, から書く, から自害, から茶盆, から落第, から階段, か自分, があの, がうごく, がこう, がここ, がこの, がたまに, がはばん, がまだ, がようやく, が世話, が人生, が今, が今ここ, が今どこ, が代り, が何, が作家, が大海, が女帝陛下, が引受け, が拡充, が插入, が曹操, が此の方, が死ん, が毎日隣, が法然上人, が物, が盗まれ, が目, が社会的, が経験, が絶對, が背負っ, が行っ, が降る, が革包, こそ稍, さえやる気, しか書けない, だけが絶頂, だけにとってはこれ, だけには直截, だけに変更, だけの仕事, だけの心, だけの生活, だけの解釈, だけは少し, だけは通人, だけわき, だけをときたま, だけを犠牲, だけコツソリ, であること, でさがしまわる, ではなかっ, ではもう一度すっかり, では国文学者, でまっすぐ, でもそう, でもそれ, でもそれっきり, でも少々, でも武運, でも見ない, でも驚く, でやっ, でキッティ, でハサミ, で今度, で何, で倉庫, で働きたい, で医者, で吃驚, で小器用, で工夫, で市, で書い, で気, で無我, で燈, で生き, で直接, で祭, で窓, で考える, で診療, で話, で身, で連句, で選び取った, で選んだ, で餌, としていや, としてはこのごろ, としてはテムペラメント, としてもそういう, としても断じて, として何処, と共に討死, と分る, と同様, と相手, と良人, と親, と親密, と違う, にさえ知られず, にその, にとっては大, には最早, にひけ, にも捉えられない, に出来る, に向っ, に対する新聞雑誌記者, に当初, に従えよ, に思えた, に求め, に訴え, のうしろ, のからだ, のしたい, のしっぽ, のすべて, のため, のやっ, のやる, のよう, のゐる, のデスク, のピストル, の一挙一動, の不器量, の不幸, の不心得, の不運, の中, の中学生, の主張, の事, の云, の云う, の人体, の人生, の今, の今為, の伴, の位置, の体, の使用, の出来ない, の利益, の前途, の力, の功名, の動悸, の勘一つ, の勲功, の半生, の卑屈さ, の名誉, の命令, の地金, の堅忍, の声, の夫, の妻, の娘, の子, の完全さ, の実力, の室, の寝, の専門, の将来, の小指, の属す, の弱, の役, の役儀, の得手, の從來, の心得, の心臟, の心配, の思いつづけ, の恥ずかしい, の愛する, の感情, の成績, の手足, の技術, の持場, の掌, の損, の書く, の本名, の本当, の村, の正義, の歴史, の氣, の泣き声, の父, の物, の独立, の生れ育った, の生命, の生活ぶり, の生活圏, の生涯, の男, の病気, の目標, の目的, の直轄地, の着物, の知っ, の秘書, の穉, の素性, の罪, の義務, の考, の肉, の肩, の肩車, の背, の背中, の脚本, の腕, の自由, の良心, の若い, の血, の行動, の製作品, の見聞, の見識, の言葉, の記憶, の詠まれた, の警句, の讚め, の負うべき, の身の上, の身上, の身元, の身分, の通り, の過ぎ去つた, の道, の遠征, の邸, の都合, の醜聞, の面倒, の領分, の頸, の額, の顔, の魂, の麾下, はいたしません, はいつも, はうつら, はかう, はこれ, はなった, はよく, はホロリ, は一種, は何, は其那単純, は勝手, は同氏, は唇, は噴き出し, は家, は少し, は後, は急い, は悄然, は故郷, は教師, は次第に, は気, は男, は益, は神尾主膳, は耐ら, は聲, は脚, は裏面, は西洋, は近頃, は銀座近辺, は長火鉢, ばかり先, へともつかず, もいつのまにか, もする, もなに, もまた, もめきめき, も他人, も佃, も半分, も大分, も大島郡, も子, も子供, も宇宙, も往かん, も心, も批評家, も早速, も殺さず, も母, も気, も気に入らない, も渠, も甲, も発砲, も知らない, も知らぬ, も立った, も紙白粉, も老, も許し, も迷惑そう, より下, より劣った, をその, をそれ, をも殺そう, を内海, を凝視, を出そう, を動かした, を失わず, を守る, を常に, を庇, を弁護, を捨て, を棄て, を浮き, を父無し児, を相手, を破い, を表わす, を表現, を見, を見究める, を辱, を閉じ

▼ ず~ (510, 0.4%)

7 それを 4 それが, 之れ 3 他を

2 [36件] あらゆる作家, これを, その一部分, た原理原則, た深く, た聖者, 一方に, 事物は, 人の, 信用し, 先生は, 其の性格, 内治外交, 凡俗の, 国家の, 國家の, 地方官憲は, 大隈伯爵の, 夫を, 家の, 己の, 幸に, 成らうとも, 明かに, 時節が, 更迭せし, 板垣伯の, 此未曾有の, 毫も自分, 當時の, 私の, 育つこと, 自分の, 言い得ない, 長江大河一瀉千里の, 首領と

1 [420件] あくせくし, あなたの, あまり勉強, あまり緩く, あれ以来, いかなる困難, いかに足, いかばかり探る, うつむいて, おまけも, お母さんの, お疲れ, お賤, かかる何もの, かたぶけんとや, こそ御, この覚悟, したい, しても, しばらく言葉, し得るの, すべきであるという, すべきでも, そうある, そういう力学的構造, そういう連関, そうでなく, そうなけれ, そこで, その, その何れ, その出, その大小強弱, その実証, その機会, その筋, その逢着, その道から, その重大, その限り幾何学, その麓, それぞれの, それで, それに, それによって, それ自身實在者の, そんな元気, た之, た學問, た故, た新聞紙, た民友子, た濃, た爰, た皆様方, た自己, た雄, つづけて, できないもの, とり直して, どうして終り, どうなる, どなる, どの位, なっても, はじめに, ほかに, ほり返し, ものを, よろしくない, わしの, アダリンを, ギリシア古典と, ゲエルの, ゲーリングの, ザーザーきもち, センチメンタリズムの, テヱエルの, ハキダメの, バリカンを, ヒューマニズム反対者が, ブルジョア文芸理論は, ベルナルドオは, マリヤンが, マントルの, ユマニテは, 一つも, 一冬分を, 一切の, 一句を, 一字を, 一時密, 一般に, 下手の, 下町の, 与えられては, 世間の, 両者の, 中等学校に, 丸窓から, 主觀想, 之に, 之を, 九日に, 予期し, 事実そう, 事実に, 二三歩する, 二名の, 云うべきこと, 云わば, 人目に, 人間の, 今まで, 他の, 他人にも, 他方生物学的, 企画せられん, 位置なども, 何か, 何の, 何も, 何人との, 何人にも, 何時にても, 何時の, 何程幸福と, 余り快く, 使われ得ない, 來る, 価値関係づけ, 信じないの, 倒れた, 偽作は, 先天的に, 兩造に, 八とやら, 六万遍の, 其の亡父, 其を, 其以後も, 其教義も, 其死を, 具備し, 兼ねても, 別の, 前の, 労働力に, 動ぜずその, 動員され得る, 十何年か, 半銭をも, 単なる階級主体, 原の, 友人に対して, 取り上げること, 古今東西に, 叫んで, 叱られも, 同じ支那人, 同性の, 同時に事行, 同様に, 君も, 吾, 呶鳴った, 命令に, 和辻哲郎教授の, 咎めらる, 哀れで, 唯一の, 唯物論である, 唱歌學校にも, 善く交譲, 善く交讓, 喋りも, 嘆息を, 国の, 國庫を, 場合によっては, 壁の, 士人以上の, 声を, 外形上は, 多くの, 大きすぎ, 大寺一郎をも, 大自然, 大詩人, 大野惣兵衞に, 天下第, 太郎は, 失業半, 女の, 女房にも, 妓楼全体の, 婦人として, 嫌な, 子供に, 孝道の, 學ばざるにて, 宇野浩二は, 実に天下, 実に富, 実に恬然, 実に百世, 実に相愛, 実に醇篤, 実証的に, 実践的な, 実際よりも, 家臣の, 容易に, 寂照の, 密集体形を, 實の, 實際の, 寿江一人も, 将来だって, 將來に, 專ら五經の, 居ないと, 已に長, 帝國の, 幕府に対しても, 平仄が, 平生は, 庭に, 引いては, 引止めたところ, 強力を, 彼は, 彼を, 彼等の, 待設けて, 御質問, 徹底的には, 心に, 必要とも, 怠慢の, 性格概念である, 恋を, 情意的である, 意識としての, 愛するもの, 成立し得ない, 成立に, 我が識, 戚, 所有しない, 所謂モダーンに, 所謂後進に, 手を, 持ち得なかつたもの, 持つこと, 振返って, 描かんと, 描くべからざるもの, 撞着を, 擾亂の, 改革されね, 政党を, 政黨を, 故郷からも, 文化運動が, 文太郎の, 新しい敷島, 新しき經驗, 既に其時, 既に国民, 既に國民, 旨い味, 旨い物, 明晩も, 春や, 暗うし, 更に単に生産力, 書く言葉, 月のものを, 有っては, 有機体, 本国へ, 果して恋物語, 梓にも, 楽しませたつもり, 概念である, 次々に, 正しき本能, 正しき鏡, 正宗氏自身も, 此世に, 此偶然さへ, 此処に, 此力を, 歩きださうと, 歩きだそうと, 母には, 水仕事なども, 江戸に, 決して世上, 決して国家, 決して國家, 決して用, 油断も, 深く自然界, 漢文の, 灼けませんでした, 烟とも, 無視しなけれ, 煙突から, 物に, 特に文化的, 特異なる, 犯人の, 犯罪の, 現にし, 現にそうなり, 現に有らず, 現実を, 理論的に, 生れない, 生を, 生涯所天を, 畫に, 病の, 発明技術家が, 皇后自身の, 目も, 盲目の, 直ぐ忘れ, 直覚を以て, 相当に, 眞の, 睡りけるを, 知ろうとも, 社会的存在である, 神とまで, 私生児を, 科学的認識に, 種子も, 空に, 空想に, 立還り, 紀伊の, 素志を, 累は, 結婚後家庭外に, 統一の, 絶対的に, 絶對的に, 総理大隈伯の, 總理大隈伯の, 義淨の, 老子を, 考える余裕, 聖人を, 聞き耳を, 肝胆相許し意気相投じたる, 肝膽相許し意氣相, 能は, 自らは, 自分が, 自分といふ, 自分を, 自己の, 自決する, 自然の, 自由に, 自由党多数の, 自由黨多數の, 色々の, 色ならず, 若し, 苦笑を, 茶を, 落つく椅子, 蔭に, 行き得るだろうという, 衝突を以て, 西洋の, 要らないと, 見出して, 見出すこと, 見識も, 親切であった, 解したる, 解釈を, 言わぬ筈, 言葉では, 訪ねよう, 試合を, 認める必要, 語る必要, 調査の, 論理的な, 論理的に, 貫一が, 質問を, 近く立つた, 近時の, 逆に, 逢うては, 運動し得ない, 道徳の, 選ばれるの, 長さ, 門口に, 陳腐でなき, 隅から, 階級に, 随順せざる, 集録せし, 露地の, 面白いとも, 頭から, 顔を, 食慾を, 香を, 鳥の, 麻雀を

▼ ず~ (493, 0.4%)

8 目に 5 銀様も 3 口が, 達者で, 酒も

2 [33件] からだも, ほいなる, わかりに, 世辞を, 互の, 仕舞には, 元気です, 君の, 味方に, 品の, 園の, 庭先と, 弓町の, 思いに, 文庫の, 料理の, 柳を, 盛んで, 目を, 看とり申, 秀の, 米は, 精靈さまの, 絹が, 絹さんも, 絹も, 角の, 貞は, 通は, 酒を, 金持の, 隣りの, 霜婆さんは

1 [405件] あがりに, いたわしいお, うい, かく婆に, かた様は, かへし申します, かみさんと, かみさん歸に, かよさんの, きみの, きれいでいらっしゃる, さよを, さらいを, ずして, せきを, たかには, たがい同士, たっしゃで, ちかへの, つづきください, とうさま, とらの, なくなりです, なくなりですなんて, にぎやかしい伝あにい, にげ下さい, ぬいさんが, ぬし, ぬしの, ぬしら, はいりなさい, はす事, はまには, ひ, ふさへ, ふたり様の, ほかた, ほきな, ほといふ, ほほほほ笑声, みつに, みねは, みやは, むこさん, もつた, もてに, もてには, もひ, もひぬ, もひ侍る, やさしく私共, やめ, ゆるしおき下さい, よしなさいあなた, よめさん, よろこびに, シンは, ミヤさんで, ーんと, 一人で, 一人は, 丈夫かね, 下げに, 世辞で, 世辭で, 二人で, 互が, 互に習性, 京は, 人よし, 仕えに, 仕へ, 仕事を, 仕舞なさい, 付き申し上げた, 代官の, 任かせしよう, 休みと, 休みなされい, 休み下さい, 会いして, 使いに, 供し, 信さんを, 偉いところ, 元気で, 元気の, 兄様の, 六は, 内儀さんが, 内儀さんに, 冬の, 出しなされ, 出入を, 出回り先, 別れ致しましたが, 加代は, 加代を, 助けなされ, 勘定は, 勝手口の, 十夜が, 十夜は, 十夜や, 千の, 千代ちゃんは, 千代の, 半を, 友達遊びも, 受けしたやう, 受けを, 口の, 口へ, 口上手でありまし, 召捕に, 吉は, 吉を, 吉十兵衛めが, 吉十兵衞めが, 向うの, 向きか, 君さんにも, 味方も, 呼び出しに, 呼び止め申した次第, 咎めにも, 咲の, 品は, 品も, 喜び遊ばし, 固いん, 国で, 国に, 国は, 国侍の, 園のや, 城の, 城へ, 増などに対する, 夏と, 夏は, 大名の, 天気の, 奈美殿の, 女郎を, 妙と, 妻の, 妾さんとも, 妾は, 姉さまの, 始めさせ, 嬢さまが, 孝に, 孝は, 宅様へは, 寄りくださいます, 富は, 寒いこと, 寒い外, 寝みに, 察し申し, 尋の, 小姓星川余一の, 小屋と, 小遣が, 居間へ, 屆けだけを, 屋敷へも, 峯の, 峯は, 島は, 島を, 市か, 師匠さまも, 師匠様と, 師匠様なる, 年は, 幾にも, 幾の, 幾は, 庇護に, 庭へ, 庭先を, 延に, 弁当の, 弁当を, 弓は, 引き取りください, 引き取りくだされますよう, 引受した, 弟子とも, 弟子の, 役所に, 後を, 御籤の, 徳が, 心が, 心に, 心安くお, 心怯れ, 心細く思召, 志乃は, 志保の, 念仏が, 怒りに, 思いやりし, 悦の, 悦びの, 懸りあれば, 手洗ひ, 手紙だけを, 手紙に, 手紙の, 持ちつづけて, 授け申したもの, 推察を, 政は, 教え下さい, 数も, 旗の, 日さまの, 時が, 智恵も, 暑うござん, 暮らしなさる, 月さまは, 村の, 染と, 染の, 案じ下さらぬよう, 梶さんと, 梶さんの, 楽しみです, 正の, 歩きに, 母堂さまの, 民は, 気の毒に, 気楽で威張った, 汝に対して, 江戸の, 浜には, 浜の, 浜は, 清の, 清へ, 照が, 燕も, 父様が, 玉さんを, 琴は, 甘しい, 用いは, 由羅派を, 甲は, 甲も, 留守組町まで, 疲れでも, 登和さんが, 登和嬢一, 百合しかと, 百姓さんの, 盛んでございます, 目が, 目にか, 目の, 目通りお許しくだされまし, 眼が, 眼を, 眼通りを, 眼鏡で御座います, 祖母さまと, 神楽の, 祭りもうし, 稽古に, 稽古も, 竜ちゃんだった, 竹は, 筆の, 答へまで, 米の, 粂までが, 粒の, 粥に, 精霊さまの, 糸さんが, 糸さんを, 糸の, 糸は, 紋に, 組の, 給仕ごとに, 絹さんを, 絹としては, 絹の, 続けめされい, 綱は, 綱や, 縄にか, 縫お, 縫には, 縫は, 縫も, 置き下さい, 美しくて, 美夜ちゃんにも, 耳に, 耳にも, 聞き下さいと, 胸を, 腹の, 膝元の, 膳を, 臀だ, 色は, 艶に, 艶は, 艶様, 花の, 花は, 花や, 花見させ, 芳に, 茂世が, 茶碗ひとつ洗わぬ, 菊だけは, 葉の, 葬式の, 蓮は, 蓮様と, 蔵に, 蘭が, 蘭どのは, 蘭に, 蝶によって, 行儀よく, 行方を, 袖と, 袖は, 裁きなさる時, 見うけ, 見かけどおりの, 見せに, 見舞にも, 角が, 角さんの, 角さんを, 角親方には, 討死と, 訪ねして, 許しくださいます, 許の, 詣りの, 説教を, 調べに, 請せり, 豊さん, 負けに, 賤が, 身は, 身体の, 輿を, 辞義の, 辰いとし, 辰様が, 近づきに, 通に, 通夜を, 道の, 達者, 達者じゃが, 達者に, 邪魔を, 部屋へ, 酒ばかり, 酒や, 銀様が, 銀様でありました, 銀様という, 銀様との, 銀様の, 銀様を, 銚子の, 関所を, 關の, 雪も, 電話も, 靜からの, 靜が, 靜に, 靜の, 靜を, 題目を, 顔さえ, 風呂へ, 風呂も, 館或いは, 香物や, 駒との, 駒の, 駒を, 骨を, 高いところ, 高が, 鬮を

▼ ず識ら~ (419, 0.3%)

98 ずの 36 ずに 18 ずその 7 ず私 6 ずこの, ず自分 5 ず, ずそれ 4 ずこれ, ず手 3 ず人, ず影響, ず生活, ず眼

2 [16件] ずお, ずわたし, ずポケット, ず友人, ず彼女, ず扁理たち, ず抱き込むの, ず深い, ず発して, ず発現, ず目, ず足, ず身, ず近づいて, ず隆吉, ず頬

1 [186件] ずあい対して, ずあしき, ずある感動, ずいつのまにか, ずこういう, ずここ, ずさ, ずそ, ずそう, ずそういう, ずにも, ずばけもの, ずウツケ千萬, ずタッチ, ずブリ, ず一種, ず一致, ず不徹底, ず与へられる習慣, ず与八, ず世に, ず中正公明, ず事務, ず二人, ず互いに, ず互に, ず人々, ず人後, ず人間生活, ず人麿, ず今日, ず今晩, ず代弁者, ず似たよう, ず体じゅう, ず作者, ず併行, ず使つて, ず保子, ず偏狭, ず傷, ず傾聽, ず働き出したこと, ず其の, ず凶方, ず出来て, ず前提, ず前途遼遠, ず動揺, ず勝負, ず受驗生, ず同じ, ず向う, ず和合, ず因襲, ず国民, ず圧迫, ず坂, ず垂れた頭, ず墜ち込んで, ず声, ず変, ず変化, ず多き, ず夢中, ず大きな, ず妥協, ず官僚的障碍, ず害する誘惑, ず尊敬, ず導くため, ず巣喰, ず工夫思慮, ず帽子, ず引, ず役に立つて, ず彼, ず待って, ず微, ず微笑, ず念仏堂, ず悪い, ず悪魔, ず愛国的義憤, ず感傷的, ず我唇, ず手足, ず救命具, ず教訓, ず文学, ず日常, ず日本, ず旧, ず昨日来, ず暗い, ず杯, ず東照宮, ず架空的, ず染まつて, ず根, ず標題それ自身, ず次, ず歌舞伎, ず歩いて, ず歩まされて, ず歩み, ず歳月, ず歴史, ず死者, ず母, ず毎日, ず気, ず気イ, ず泥足, ず浦安, ず海上, ず涙, ず深入り, ず準備, ず物語, ず特別, ず現実, ず皆, ず盃, ず眦, ず研究, ず神, ず神尾, ず禅, ず私たち, ず私達, ず秋子, ず竜子, ず競争, ず笑顔, ず筋動, ず筋肉, ず精神, ず索漠, ず綾子, ず縋りついて, ず考え込む癖, ず肝腎, ず背負つて, ず胸, ず自, ず自問自答, ず自堕落, ず自己, ず興味, ず芸術的, ず芸術的衝動, ず若, ず若い, ず英雄主義, ず茶, ず落ちて, ず落ち入, ず薫育, ず藤の木, ず覗き出したとでも, ず親, ず言葉, ず訓, ず詩, ず話す, ず読者, ず走る己, ず軽く, ず通じて, ず造り出した幻, ず酒杯, ず野口, ず釣込まれ感心, ず鏃, ず陥り込んだ女, ず雄蕊, ず震慄, ず頑冥, ず頭, ず顔, ず風貌, ず風雅, ず馴れて, ず髪の毛, ず齎して

▼ ず~ (409, 0.3%)

6 君が 4 では, 人の, 道を 3 だと, 余は, 君, 而し

2 [35件] ありけむ, かっきょの, これが, さならずや, そは, それに, である, はらかく, 上野の, 且つ閣下, 云々, 云々と, 今若し, 何ぞ其の, 其他最近の, 其蝮蛇の, 又宗教法案, 垢ぬけのせし, 如何に, 彼の, 彼は, 我輩の, 所謂る, 故に室内, 然るに閣下, 狸公の, 而も, 胡笳の, 茶儀は, 葉牡丹値は, 蓋し自治制度, 身の, 閣下尚, 雙眼の, 霜月酉の

1 [309件] あな哀れ, あの濡れた, あはれ, あはれな, あはれを, あはれ此の, あらむまた, あらん未だ, ありけん, ありけん今, ありけん今にも, ありけん卒, ありけん又, ありけん大和, あるべき, あれを, いかなる境界, いかなれ, いかに, いかばかり我, いざとぞ, いざ汝なほさき, いつの間にか帰りし, いのつそりめ, うたが, おなじ紅, おもうに, お前さんが, お歸, お絹, かざりの, かしこ掻曇る, かなたの, かなた翡翠の, きみや, こ, この二人, この勘定, この夕, これは, これを, さきに, さるに, さんなぜ, しかるにその, そのいたいけ, その宵, その昔イデー, その直前, その筋, その雛, そも, そも妾, それとなく, それ等の, たがいに, だ, だつた, だとは, だな, だなあ, だなと, つて來る, であった私, とおも, とこよの, とられつ, なおわが, なほも, ならんと, なりなむ, にべにかはこそ, ひよどりでさえ, ひ人, またまた一万円, また曰く, むかし彌次郎と, やがて女房きぬ, やがて忽然とし, りつぱなしで, わが天, われを, オーストリアも, クロニオーン永遠の, コホンコホンと, ッと, テフ声忽ち, ビスマークビューローを以て, ベルナルドオは, 一国の, 一層カサ, 一年は, 一杯みいだされたらう, 三代目小さんの, 三鞭酒をな, 不忠を, 世にふしぎ, 世の, 世間には, 両人とも, 両人ともに, 並木の, 中川様さへ, 主人は, 之より, 之を, 事業は, 二郎も, 人々の, 人か, 今, 今の, 今度は, 今我が, 佇立む二勇士を, 何となれ, 何を以てか, 何故なれ, 侍りけん, 依然として上半身, 信玄公以来不敗の, 個人若く, 光なき, 其の伝記, 其の傳記, 其の敵党, 其の敵黨, 其不平は, 其無邪氣の, 冷泉さま榮華の, 凡神的とは, 分福の, 勇猛の, 北斎は, 厳顔, 君は, 君よ, 君何ぞ, 否それは, 吾人が, 吾人は, 吾谷の, 呉越の, 命令を, 哀れを, 哲学を, 唯だ, 囚人の, 四海皆, 地蟲を, 壁の, 夕ぐれを, 外人は, 夜も, 大きい翼, 大臣殿, 大輪の, 天の, 太史慈, 奮は, 妹も, 婬賣, 嬰児を, 嬰兒を, 子も, 孔明は, 定遠, 宜敷く足らざる, 宵の, 将また, 山の, 山県大弐を, 市肆の, 帰らずやと, 幸助を, 広い屋敷, 弦之, 彼無, 彼等の, 彼等は, 彼答え, 徒らに, 従容として, 御心がけ奉, 心狂へる, 必然の, 思はれけん平家の, 思ふて, 急に, 恋ひむ, 恋人よ, 悠々閑々として, 惑ひあり, 我が宗教世界, 我今, 我友二葉亭の, 我商業世界に, 我国語に, 手古舞の, 故人太祇が, 敢て, 敵の, 斯かる, 方今漢文を, 旗亭へ, 日記買ふ, 早く帰れ, 昔イリオンに, 春の山ぶみ, 晋朝の, 曹操の, 月さへも, 有りけん其夜駅亭, 朝に, 木造の, 机の, 机竜之, 栄達の, 梅は, 棊技漸く, 檀那トルレデルアヌンチヤタへ, 正しくわれ, 此中日本を以て, 死に, 母は, 毎の, 毒鬼を, 永遠の, 汝が, 汝の, 汝人間に, 汝命數既に, 波は, 流れ流れ, 浅見絅斎を, 清國は, 渠は, 漢家山東の, 火坑あらん, 無限の, 然れ, 父上の, 片手の, 猶且美, 生命を, 生豆, 白歯の, 百万の, 百獸の, 百羊に, 看よ儒教道徳, 看よ天下, 矢きず, 確かめようと, 神を, 秦, 竹内式部を, 筏は, 答えて, 答曰, 算を, 紅の, 羽将軍, 而かも, 自ら試す, 自然の, 自然は, 荒海の, 蜜に, 見えざるかと, 見よ世間, 記憶より, 許り, 許都の, 詩人よ, 語部も, 諸国の, 財に, 財政窮迫の, 踏入る, 身こそ, 軍色が, 近くたと, 連は, 過ぎゆく時劫, 過失を, 道庵先生は, 酌参る, 金を, 鉛錐は, 関平, 雷神坂の, 青山を, 青海の, 非職官吏の, 風は, 風雨いと, 風雨いとわず, 飄日の, 飛龍天に, 餘に, 骸骨は, 高き遠き見, 高らかに, 高山彦九郎を, 鬼蓼の, 魔神の, 鴫は, 鶴は

▼ ずこれ~ (399, 0.3%)

7 がため 5 に反し 4 には別に

2 [16件] が武芸, ではどうにも, でもっ, について論じなけれ, はその, は一層, は世, は何, へ来た, ほどひねくれた, また蕪村, も亦, を思え, を採録, を玄牝, を駒場

1 [351件] かえって健康, がたべたい, が中心, が二千米前後, が今度, が大衆的人気, が妄作, が寄宿舎, が専ら, が年中行事, が拙者, が文芸, が最後, が松茸飯, が解決, が配給貯蔵方法, が鉄則, が随筆, が隻手, が顔面筋肉, けだし余, こそ望む, こそ真に, こそ純文学, こそ誠に, この国人馬, だから, だけのこと, だけの前芸, だけの命, だけの注意, だけの資料, だけはちゃんと, だけはまことに, だけは確, だけを書い, では, ではいけない, ではいっそ, ではならぬ, では二号, では余り, では全, では料理, では永久, では立つ瀬, でもう, でもまだ, でも言わねえ, で安心, で熱海, という道楽, といふ傑作, とよく, と同一, と婚姻, と戰, と等しい, なければ, ならという, なりと, なりにやがて, なる兵簿, なる女子, にあたった, にある, におりますれ, にてさらば, にて許されよ, にはお, には下男達, には傲然, には困りきっ, には疑っ, にも景気, によってその, によって周囲, によって本質上, によりて未来, に供, に依る, に倣わん, に先立つ, に加, に向う, に嘱する, に囚われ, に回転運動, に基づいた, に対して愛, に対して絶えず, に対して鑑賞, に対する深刻, に対する精神上, に悠長, に應, に打勝つ, に接する, に接近, に気づい, に準じ, に答えました, に連関, に過ぎたる, のみひとり昼夜二回, はあなた, はこのごろ, はただ, はただならぬ, はどうも, はまた, はやはり, はヨタモノ, は一体, は与えられた, は世教, は事実, は事實, は人口実測, は人生, は全体, は動物時代, は単に, は向, は堪らぬ, は多少, は完全, は家ニレ, は左手, は彼, は彼ら, は思ひ, は明瞭, は昨晩, は最も, は柳橋, は機会, は歐羅巴, は清澄, は画ぢ, は私, は精神的, は美しい, は自分, は自分ら, は詰み, は證人, ばかりはすっかり, へ, へじかに, へ出る, へ向っ, へ呼ばっし, へ引きずっ, ほどつよく, ほどな大事, ほどに早い, ほどのお方, ほどの一大勇猛心, ほどの大, ほどの悲境, ほどの粗画, ほど大胆, ほど敬慕, また国民論派, までいっしょ, までその, までとても, までと帰っ, までどおり, までなら, までについぞ, までのよう, までの怨敵, までの新劇, までの災難, までは夢中, までもたびたび, まで以上, まで住ん, まで何かと, まで共に, まで斬り取った, もいつはらざるなるべし, もその, も三月目, も前, も力み返る, も夫婦, も嬲り殺し, も少時, も彼女, も眼, も立, も立盡, も署長, も腰の物, も芸, も若, も西, も語らざりき, も起きる, も難役, も黙つ, よりまた, より兎, より北進, より投壺, より百歩, を, をあくまでも, をいつ, をおの, をかく, をかたく, をここ, をしる, をすすぎかけ, をとり, をもつ, をもまた, をやり終る, を一体, を一切平等, を一概に, を不十分, を五官内, を人道的, を今度憲政会, を今生, を以て国民その道, を以て楽, を供す, を倫理, を儀礼, を先生, を公, を出だし, を切り抜い, を創り, を卑し, を受ける, を受け入れる, を口, を古, を叩く, を善玉, を大いに, を大槻文彦さん, を天下, を天災, を太子建立, を奏聞, を奴隷以下, を如何, を妨げ, を威服, を家庭倫理, を實世間, を巷談, を広く, を引きずっ, を征服, を忌避, を怨ん, を恐れ, を想い, を戒むる色, を所有権, を承諾, を持續, を捲い, を排斥, を掲載, を描写, を携え, を攻むる, を政府, を文化開發, を新聞, を是正促進, を智, を最も, を最少限度, を最後, を殺さん, を殺し, を殺す, を殺せ, を気, を汲ん, を決定, を活動運転, を流行, を消す, を渡り, を滅ぼさん, を焼け, を物, を特に, を犯さるる, を猟, を用いたれ, を畏怖敬遠, を皮切り, を省略, を真実, を破らん, を示す, を節約, を築き上げた, を統治, を罪人, を罰する, を肉声化, を腕, を自己, を舞台, を芭蕉, を行い, を行政的, を袖, を見る, を見落し, を解決, を言わば, を評し, を試むるものは大抵みな, を説明, を論ずる, を諭す, を謀収, を警戒, を貫い, を責むるにまた理屈, を超越, を躊躇, を軽蔑, を辿り, を通常, を遠く, を間違えず, を防ぐ, を阻み, を離せ, を養う, 争うべからざる衆知, 或は山岳, 或は山嶽, 永く相, 譲らず龍攘虎搏

▼ ずという~ (334, 0.3%)

12 のは, ような 10 ことなし 9 のが 8 ことは 7 ことに 6 ことが 5 ことを 4 わけで 3 ことだ, ことで, ことである, ことも, のである, ふうに, んだ

2 [20件] ことであった, ことなく, ことなり, なり, のであった, のであろう, のを, ように, わけだ, わけです, 事なく, 事なし, 古言, 守りも, 彼の, 意味の, 有様です, 者も, 類の, 風に

1 [200件] あらぬこと, いわば祈り, お話で, きびしい触れ, くされ縁に対して, ぐあいに眺めわたした, こういう言葉, ことと, ことな, ことならん, ことばが, ことばも, ことや, ことわざの, ことわざを, こと許り, この求めざる, そこは, その次第, た, たとえの, ところが, ところだ, ところで, ところです, ところなし, ところも, ところ実に, なるほど日本, のだろう, ので, のであったろう, のです, のよ, ひどく中途半端, ふうで, むねを, ものでありません, もんだ, やつだ, やつです, わけ, わけか, わけだった, わけな, んじゃ, んで, んでございましょう, ドイツの, モットーを, 一かば, 一種の, 一部と, 一項が, 主張を, 主義によって, 予も, 事が, 事である, 事に, 事を, 二人は, 二兎両, 亡国の, 人は, 仕儀です, 仮処分方を, 位の, 体だった, 信用が, 個条は, 出征では, 勇気が, 勢いであった, 危い, 即ち俺, 原則が, 厳令を, 古来の, 古語を, 名論を, 固い信念, 固陋なる, 国がらです, 境に, 大課題, 奴さ, 奴は, 妹が, 始末から, 孔子は, 家憲でございます, 小鳥だ, 工合でした, 常に, 常識も, 廉で, 建前に, 強面を, 思いが, 思いも, 悲しい詩, 意, 意も, 意味が, 意味であります, 意気込みで, 意気込みです, 感じで, 感を, 感懐を, 態度です, 憎々しい剛情, 戒めが, 戒律の, 手強い決心, 指令を, 改正法令を, 故猟師, 教も, 教育の, 文句である, 文句の, 文句を, 断り書を, 新しい数法, 時には, 時節, 最初の, 有様, 有様だ, 有様であった, 有様である, 有様実, 朝命だった, 未練も, 格言, 様子であった, 欠陥が, 武将の, 気概の, 決定は, 法は, 浩然の, 潔癖さから, 濃霧である, 点に, 無理数的存在な, 状態です, 状態に, 珍現象です, 理は, 理を, 理屈は, 甘睡, 男なんどに, 盛大な, 相談を, 真理も, 程度である, 程度な, 立前から, 米友の, 結果に, 縄張の, 罪名の, 自信の, 自然の, 表情だ, 西郷隆盛の, 要心深い人間, 見るべし蕪村, 規則が, 規定を, 覚悟の, 観察と, 観念を, 解放主義でなけれ, 言葉だの, 言葉の, 言葉は, 訳だ, 誓いを, 説, 諺が, 諺の, 諺も, 辞令を, 返事を, 連中である, 道場を, 部, 鎌倉の, 限りは, 陳情書を, 際どい間際, 風は, 風景が, 風格, 風采で

▼ ず~ (325, 0.3%)

3 かにつけ, の気, も感ぜず, も考えず, も聞かず

2 [22件] うした, うして, うしても, かある, かひどく, かを摘んでる, か心, か自分, があっ, でもない, とも言わず, につけ, のため, の学歴, の表情, の返事, の音, べん, もしない, も見えない, よりも先, よりも本来

1 [266件] うあっ, うかして, うならうと, うも, うも俺, か, かあ, かうごかぬ, かおいしい, かかに, かが眼, かこの, かさばさば, かさらさら, かし, かしら催しもの, かそちら, かそれ, かといえ, かと言っ, かなく, かなつかしい, かにせき立てられ, かにブツ, かに噛まれ, かに托す, かの予想, かの動く, かの役, かの気持, かの犯罪者, かの画策, かの繊維工業, かの足し, かの都合, かひそひそ, かひとり, かもう, かもっと, かもてなしたい, かより勁, かをしなけれ, かをじっと, かトピツク的, かリアリスト, か一生懸命, か一言, か不安, か世紀, か世間, か事, か人, か人生的, か今度, か仕事, か他, か全く, か前方, か動き, か取る, か同感, か喋り, か因縁, か外, か外部, か多少, か大きな, か失った, か寄生, か徴発, か心当て, か心配, か怖し, か思い当る, か思い悩ん, か思案, か怪しい, か恋, か感じ, か探す, か掴みたくっ, か文学, か書いた, か書きたい, か書物, か末世, か権威, か機会, か注文, か海中, か涜, か特別, か狼, か田舍, か異変, か疑, か疑わし, か相談, か確乎, か私, か考え, か考えこん, か考えてる, か考え込んだ, か評, か話, か距離, か車夫, か追, か酸っぱい, か駿三, か黒い, がうれしい, がそれ, がどう, がなし, が何, が何だか, が何ん, が故に, が面白い, くそと, しに, ぜあれ, だ, ですと, でも利, でも好い, でも好き, でも婆, でも心, でも時計, でも渋谷, でも焼跡, でも能, でも見れ, でも近い, でも食べた, というこの, という強い, という物, といっ, といふこと, といふぞ父親, といわず, とされ, とした, とはや, ともおっしゃらない, とも云われぬ, と云っ, にし, にしろ, にても真面目, にもする, にもできず, にも了解, にも学ぼう, にも感ぜず, にも理解, にも考えず, にも耳, にも聞かず, にも聞こえず, にも記憶, にも語る, にも読め, によらず, に対しても極めて, に致せ焼け, のそぶり, の何某, の余裕, の前触れ, の取柄, の噂, の広告, の役, の応答, の思慮, の意味, の掴みどころ, の摂理, の早馬, の時代, の有余, の本, の某, の機会, の気配, の沙汰, の注意, の消息, の点, の獣, の理由, の疑い, の皮, の目的, の答, の織物, の芸術家, の話, の象, の質問, の身振り, の返答, の雑作, はしかれ, はともあれ, は扨, もいわず, もし, もしなかつた, もなさなかった, もなす, も俺, も出来なかった, も商売, も実行, も彼, も御, も思わず, も恐れなかつた, も書かず, も欲, も決定, も理解, も疊, も知らず, も知らなかった, も知らぬ, も確定, も考えない, も考えられず, も考へたくなかつた, も耳, も聞えない, も聞かずにおったなら, も聴こえない, も見分ける, も話し, も語らず, も買っ, も買つて貰, も開い, も食わず, よりも媒介, よりも弱った, よりも注意, をいう, をおもった, をし, をやっ, を以て他, を以て天地, を以て能わざる, を問う, を憚り, を措い, を欲する, を聞い, を聞く, を訊こう, を買う, を隠そう

▼ ず~ (299, 0.2%)

4 の下, の心 3 なれば, には褒められる, を殺し, を殺す

2 [16件] に教唆, のため, の信用, の懼, の気配, の聞え, の肩, の苦しみ, の記憶, もし, もまた, をそねまず, をも尤め, を圧する, を食った, を馬鹿

1 [247件] いずくんぞよく鬼神, いたらぬこと, いたらぬ風情, からは擯斥, から物, がさまざま, がその, がよ, が一杯, が作品, が噂, が寄っ, が尋ね, が悪く, が是, が死, が見た, が豕, が通った, でもすぐ, というもの, としてその, とその, となれ, と人, と待つ, と生れ, と談話, なつっこい, なみはずれて, なりしこと, なりと断言, にお前, にそれ, につかえた, には愚, には知られない, には祕, には誰, にほめられたい, にまける, にもかかる, にも侮られまじき, にも家, にも愧, にも聞いた, にも見られない, にも言わなかった, にも逢, によい, にわずらわされない, に会う, に使われてる, に勧められ, に向かい, に問, に大便, に対しては丁寧, に心, に慣れ, に憚ら, に會はず, に物, に由る, に疑い, に術, に見せ, に見せよう, に言い伝える, に話す, に誉められ, に誤解, に誨, に譲り, に資本, に軽蔑, に逼, に重んぜられざる, に金, に頼ん, に顔, のあまり, のいた, のいはぬ, のいる, のいわぬ, のうち, のかお, のこと, のもの, のアラ, の一人, の上, の世, の之, の仕業, の住ん, の信ずる, の傳, の勉, の友たる者, の口, の呼ん, の命, の善果, の国, の声, の天性, の好, の好い, の好意, の姿, の家, の小僧, の差図, の己, の弱, の恨み, の悪い, の悲痛, の情, の情け, の情操生活, の或, の数, の末路, の業作, の欠点, の母, の気に入る, の気持, の氣分, の注意, の環, の生血, の知れる, の秘密, の積んだ, の精神, の脂, の花, の花輪, の行李, の褒貶毀誉, の見知らぬ, の言葉, の言語, の言路, の記憶そのもの, の評判, の話, の語る, の謗, の身体, の近付く, の金, の門, の間, の面前, の頭, の顔, の驚異, はいろいろ, はしなく, はすべて, はわが, は之, は乗り来る, は何となく, は常に, は理想, は皆, は真理, は馬, もあらず, もなげなる, もゆるす, も來, も咎めぬ, も多かれ, も居ない, も我, も病み, も許すなり, ようやく長, より問われ, より推し, をおそれ, をかきわけ, をさえ見れ, をし, をしかり飛ばし, をせきたて, をつかっ, をもっ, をも困らさなく, をも怨まず, をも煩, をも王, をも知らず, をも驚かさず, を介し, を以て天, を侮り, を信ぜぬ, を働かせる, を呼ぶ, を喰った, を喰つて, を害め, を容, を待たぬ, を待つ, を恐れず, を恨まず, を慄然, を押し分け, を描かず, を欺かぬ, を殺すべからず, を殺せ, を殺そう, を犠牲, を知らざる, を知らず, を突き退け, を縛る, を自説, を苦しめ, を見送る, を誡むる, を読ませる, を讒すべからず, を迎, を避け, を限らず, を飛ばし, 懐しく思った, 懐しそう, 斬りが, 斬包丁, 無き処, 生れながらに, 知れぬ献身, 若し斯く, 行かず, 豈自ら

▼ ず~ (288, 0.2%)

28 して 22 しました 5 した 4 すると 3 したの, しながら, 仰ぎに, 持って

2 [13件] うけて, かぞえて, したが, しなければ, します, しますと, するため, するの, 下して, 受けて, 待て, 歌ひつくす, 身に

1 [191件] あけて, あたえました, あたしに, いいこと, いやすただ一つ, うかがって, うけただけ, うけた者, うけないうち, うしな, うたがった, おくらない, おくると, おさえて, お出し, お受け, お詮議, かさねて, かしさ, かぞえたあの, かぞえるだけでも, かんだその, きかせられ或は, きかない世帯, きかなかった, きめて, この二日間, こぼして, さなごの, されずに, されて, さを, したうえ, したうえ潜航艇, したらうしろ, したり, した上, しないから, しないでも, しないのに, しない限り, しまた, しらない, し度, し服, すまし客殿, するから, するく, するし, するだけの, するばかり, するやら, する気もち, する知らせ, せ, ただすと, つかむとき, つけずに, つけたよう, つけて, つけるの, どっさり差し向かい, どなって, なおして, なおしてやる, なさるなど, なされ大, ねがいますと, のけて, ばメモの, ひきつれて, ふやしそのうえで, ふんで, もって, もよおして, やって, やると, よい機, よけいく, よみながら, よむ, りしも, ギルビイへ, 下し, 下した, 下したまわりたく, 与えた, 与えて, 並べ立てて, 二三あたえ, 仕れば, 仰いだ, 仰いだので, 仰いだもの, 仰いで, 仰がなくても, 仰がねば, 仰ぎたい, 仰ぎたい儀, 仰ぎまする, 仰ぎ一益, 仰ぎ次第, 仰ぐの, 会得する, 伺うため, 作りは, 使って, 兵隊に, 反芻し, 受けたから, 受けるもの, 受け林, 啜った, 垂らししまいに, 垂らして, 塗られた浴衣姿, 増して, 増すばかり, 太原, 始めると, 尽くした自分, 帰しあと, 平等に, 幾度にも, 座談した, 廻り三方, 引きつれて, 待たないで, 待ちかねるふう, 待ちかまえた, 待ちかまえて, 待って, 待つが, 待つ奉行, 後悔し, 得血, 心の, 忘れること, 恩智左近に, 悲しむかの, 承れと, 招いて, 拭った, 持ちつづけて, 持った奴, 捜す, 摘むの, 擁し両々相, 擁する関東組, 教えることしきり, 数えるよう, 斜めに, 洗った古湯, 物語ると, 率い予, 理解しなかった, 痛く感ずれ, 眼で, 知らず或いは, 知らず斬っては, 移したに, 箇条書として, 置かんと, 聞いて, 聞くと, 聞けと, 見たまえ, 見つけて, 見つめて, 見よとか, 見届けたもの, 誘って, 語りおわると, 語りつづけようと, 読んで, 請うた, 負って, 負わせるだけという, 費やされたの, 費やしましたが, 送った, 透して, 重ねた, 重ねて, 防ぐと, 隈なく, 順々に, 顔でした, 願って, 顧みれば, 飲むに

▼ ず~ (278, 0.2%)

9 にある, へともなく 7 に, にありや 6 へ, へとなく 4 よりともなく 3 にいる, へなり, へ行く, へ行った 2 で果てる, にあった, にまします, にも, に身, へともなく走り去った, へ参る, よいの, より来たる, を見

1 [198件] いかなる戦い, かに, かにて世, かにひそか, かに動い, かに在る, かに蟄居, かに進発, かの片すみ, かの陸影, かはわからない, かは存じませぬ, かへ去り, かへ姿, かへ手, かへ消え失せ, かへ飛び去っ, から出た, から学び得た, から渡っ, から現れ, がよい, だはり, だろう, であるか, であるかも, であるやを, でご, でもありません, でもわれら二人, で終わる, として疵一つ, にあっ, にあり, にお, においても同じ, においても隅田川, におらるる, におるやらん, にかある, にかその, にかなお, にかもり行く, にかナロードニーキ, にか何, にか去り, にか失踪, にか姿, にか持, にか生き, にか立ち寄られ, にか身, にか隠れ, にこの, にていかに, にてお, にてもあれ, にても一般, にても有, にても縊, にて造り, にともなく, にと聞け, にひがし西, にひそん, にもいず, にもきみ, にもない, にも六波羅者, にも宇治山田, にも浮ばざりき, にも矯飾, にも籍, にも見いだす, にも見えませぬ, にも見られざる, にも見られる, にも開かれ, に住め, に住もう, に動乱, に南, に向かう, に向っ, に在す, に在る, に売っ, に大月玄蕃, に失せ, に如何なる, に宿, に居る, に己, に帰っ, に帰る, に忍ん, に戦っ, に指導原理, に正直, に求むる, に求め, に牢舎, に繋がれたる, に置きし, に至っ, に花, に蔵め, に行かん, に行く, に迷える, に露命, はさき, はその, はミケーレ, は嘗て, は大伴卿, は天上, は我, は朝集使, は汝, は眼鏡, は神明, は都, へお出で, へか二, へか去っ, へか喪, へか埋め隠した, へか立ち去っ, へか身, へか陣所, へか飛び去っ, へか飛ん, へでも馳せ向わす, へともなく立ち去っ, へとも無く, へなと身, へなと遠く, へのお, へまいる, へ伴い参らす, へ出かけ, へ参ろう, へ奔, へ往く, へ捨て, へ消え去った, へ臨んだ, へ落ちた, へ行きましょう, へ誘う, へ走った, へ赴いた, へ赴くべきであろう, へ逐電, へ飛ばせよう, までか登り得ざる, までゆかん, もおの, も参詣人多く花屋, も変りません, も恋, も戦場, も掃き清め, も散策, も朝廷, も松, も田, も肉闘, も茂っ, も荒涼たる, も道, やつは, よいこそは, よいは, よりき, よりきたる, よりきたれる, よりとも知らず, よりも早く, より借り来, より又, より得, より来, より来た, より来る, より生れ, より登りし, わが冷た, わが脣, わが静かさ, を, をもっ, を叩い, を尋ね, を知らず, を過ぎ, 迄もなが

▼ ず~ (273, 0.2%)

7 の世 4 のうち, 以て, 松は 3 が今, はもう, は御免, もって, もなお

2 [16件] にし, になっ, に至る, のところ, のところ季節柄河豚料理一点張り, のストリントベルグ, の今, の分, の彼, の村越家, の詩人, はその, は全く, 五年がほど, 利他本位で, 迄通り

1 [207件] あっしが, あるま, お金が, からは容易, から顧み, こそ一寒書生, しばらく前説, しばらく待ち, しも目科, しも金蘭橋, じゃあんな, すぐここ, すぐに, すぐ口, だに麦畑, でいえ, ではあの, ではむしろ, では下谷, では堂々たる, では外, では女, では文化的, では極めて, では死んだ, では甚だ, でもたった, でもやはり, でも世界各国, でも久しぶり, でも分らない, でも双方, でも口, でも大, となっ, となつて, ともつかぬ, なお固有, なお大目村, なお法律家, なお衛生当局, なお道子, なお鬼二郎, なお鼠, なほ衆を, においてなお, にでもすぐ, に伝へ, に終らず, に至っ, のい, のいわゆる, のまま, のを, のインド人, の人民, の住居, の処, の勤務, の化身, の北海道, の史家, の唐音, の場合, の場所, の太郎坊, の姿, の家庭, の恋人, の所謂歌よみども, の政府, の文化, の日本, の時代, の次第尤, の次郎左衛門, の歌, の武蔵, の社会, の神書, の秋田県, の程度, の細, の自分, の自力, の見る, はこうじ, はこの, はこれ, はさまざま, はそれ, はそんな, はたこれ, はただ, はどっちみち, はない, はな来そ, はゲルマン帝国, はサーベル, は一人, は世, は之, は人人, は何, は南海, は大ごえ, は専ら, は少し, は恰も, は改装, は教養, は断念, は新しい, は止む, は此処, は死んだ, は殆, は湘南, は片手, は盗, は聞こえない, は鈴江, また兄, また半途, また坂田, まですごし, までそのまま, までどこ, までに彼女, までの七兵衛, までの忍苦, までの道筋, までも町道場, まで云った, まで余り開拓, まで国家, まで棄置, まで眼, まで知らず, まで知らなかった, まで考へ続け, まで胸, まで非常, めかしき石煉瓦, もかうし, もがんばっ, もたえず, もどうか, もなほ一字, もやはり, もわれわれ, もインド, もエタ, も云う, も提督, も櫛笥, も気胸, も然なるべく, も申します, も祭礼, も紀州, も諸国, よりその, よりは昔, よりも昔, より後, 一人の, 一応検分, 世仏国の, 云ったよう, 云ひ放つ, 会って, 伝わって, 兩國にて, 其以後に, 切られたばかりの, 劉寳楠論語正義に, 吾, 壕の, 大名を, 少く事, 少しお, 少しく彼, 少し先へといふ, 引返したところ, 思出したる, 文尚書の, 斯る, 既に其處, 日程, 本式に, 机の, 此の, 死たるが, 江戸八百八町において, 泰助の, 猩々の, 皇命の, 目先に, 直ぐ, 聞いたこと, 言った文叢, 評論の, 読んで, 迄さほど, 迄歩い, 迄餘り病氣

▼ ず~ (212, 0.2%)

8 と奥 5 と入る, と寄っ 4 とお, と遠く 3 と出た, と前, と続い, と高く

2 [20件] とここ, とこちら, とそう, とそれ, と下流, と入った, と出, と向う, と寄る, と川下, と引, と御, と昔, と書院, と来, と立っ, と胸, と若い, と近い, と長く

1 [134件] こけろ, こけろ若い, たりかすれ, ていた, ている, てねヘッヘッヘ, て奴, て行っ, と, とあと, とあの, といいです, といらっしゃい, とかかっ, とこの, とず, とただ, とちがった, とどこぞ, とはずれ, とはなれ, とまえ, とむこう, とわたし, とオレ, と一わたり, と一通り, と一面, と上っ, と上州, と上手, と不入り, と乗, と乗出し, と乗物, と伸した, と低い, と傑作, と出し, と勝負, と十三歳, と台湾, と右, と地下, と垂れ, と城下, と壁, と変っ, と大きく, と学問, と家, と寄った, と山, と崖, と工合, と帰る, と年, と年若, と広い, と広く, と廻りました, と引込んだ, と張っ, と強い, と往, と後, と心強い, と心得た, と慶応義塾, と懇意, と手, と抱きつづけ, と押す, と放し, と早い, と格闘, と楠田, と此方, と歩, と段, と毎夜, と水, と沢, と河上, と派手, と浮上, と消えた, と深入り, と減っ, と港板, と漕げる, と畑, と眠り, と私, と立った, と立つ, と立派, と美しい, と背中, と腹, と膝, と自, と色, と芸妓, と行く, と裏, と裏庭, と見, と見まわし, と見廻した, と見渡された, と見物, と覗, と親もと, と足, と身, と透る, と途中, と通, と通る, と遠い遠い, と遥, と避け, と開店休業, と降りつづく, と離れ, と雨戸, と静浦, と食堂, と食物屋, と高, と鶏, ぽうに, ぽに

▼ ずそして~ (208, 0.2%)

3 すべての, それが, 私が

2 [11件] この教区, この運動, それは, 事の, 吾, 彼は, 彼らの, 恐らくあの, 我々の, 時にしくじり, 残りの

1 [177件] あすから, あの丸源たち, いかなる個人資産家, いつまでも, いやしくも人道, うとうとした, お勢, このうつくしい, このこと, このもの, この内容, この名づけ, この困難, この国, この技術学, この様, この点, この貧困, この附加的租税, この際選択, この騰貴, これが, これら租税の, しずかに, しばしば播種, そこまで, そのほか, その価値, その価格, その分量, その同意, その多く, その忠魂塔, その現在, その相対価値, その製造者, その要求, その話, その銀, それと, それには, それの, たうとう, だんだん訊く, ちょっとした見かけ, つぎの, みんなに, もう神, もし彼, もって, わずかに, オプチミストたる, シェストフは, 一定の, 一結婚当り七人の, 一般に, 一般により, 一般的に, 不安は, 丘の, 之に関する, 事実上ほとんど全く, 二人の, 互いに間断, 五六〇〇は, 人々の, 人々は, 人一倍に, 人口の, 人口は, 人民は, 人間は, 今とな, 今再び, 今日に, 今日ロンドンに, 他の, 住民は, 何らの, 何を, 何思つた, 何物も, 価値において, 価格が, 入植者の, 利潤の, 労働者は, 十六歳以上の, 単に所有者, 各人は, 各期末, 同一額が, 同時に首相, 土地に, 地主は, 坂本と, 外国市場における, 外国穀物の, 多年の, 夢は, 始終にやにや笑っ, 子供を, 実感をもって, 富める国, 専制主義の, 少くとも, 少しでも, 局の, 屈託の, 市場利子率及び, 平年には, 彼が, 彼も, 彼れ, 彼女が, 必然的に, 恐らくはそれ, 恐れずしばらく, 感覺そのものから, 我々に, 我々は, 戦争なども, 戦争は, 所得税を, 散文的な, 時代の, 時間が, 晴やかに, 更に彼, 月も, 村で, 極めて好奇心, 決して垢, 火刑台に, 物体に, 物體に, 狩猟者及び, 独りで, 獲得すべき, 現に又, 理性こそが, 生活資料従っ, 男たちに, 発育や, 盃を, 監理の, 目下の, 相続権は, 真理は, 祈りを, 祖母の, 私には, 私の, 穀物は, 窮乏が, 第一, 米作は, 綿織物業者の, 耕作者が, 英国の, 英蘭では, 著者達は, 薬を, 見る見るうち, 貨幣が, 貨物の, 販売に際しては, 貴金属は, 輸入制限条令は, 通貨が, 運命の, 適度の, 長生きする, 闇の, 食物の, 馬の, 高地の

▼ ず~ (203, 0.2%)

3 ならず戻らうか, 人知れず習, 承りたい物

2 [12件] あらじ, あらねども, いいました, うけない, すぎの, なるまい父さん, なれず付纏, ぶとが, 不意に, 叶ふまじ, 生きて, 目的でも

1 [170件] あたりを, あと口を, あの楼, あらじまた, あらず, あるべからず, あるべからず今, いかむか, いけますまいか, いこんで, いちいち気, いってるん, いっと, いつもいつ, いまだ幾年, いること, うけないぞ, うけないよ, うけん, おそらくはなほ速, お主様, かくまで, かならず汝, くちばしを, これまで, ころろそこも, さざなみの, して, しなかった, しばらく思案, しばらく考え, すきでなかった, すぐに, そうあった, そう早く, そのまま許し, その手, その神, たいしたこと, たずねました, たといわずかで, だんだんふえる, ついこないだ, ついて, ついにその, つとお, どうして生き, どんなに用心, どんな事, なおりましたけれども, なりぬ, なるまいといふ, なれずといふ, ねむそう, はあこりゃやはり, はじめてそんな, ひまはる, ひ毛虫林, びっくりし, ふしぎに, ふりの, ふり落ちる涙, ぶとに, ぶとの, ほかの, ほんとうに, まちがえまじを, みな一ぺんに, もう年, もともと私, サテサテまあ, デマで, 一坏の, 一声高く, 一杯の, 一殺多生の, 世の, 世を, 世間が, 二つあっ, 人を, 今朝鳴きし, 他人の, 以上の, 何時か, 余りに少なく, 信無しと, 倍加した, 僅かに, 全く感心, 兵法の, 出奔せん, 十六人です, 十枚揃っ, 千世も, 即むかし, 受けません, 受けん必要, 口を, 喜びました, 営巣を, 四五日で, 四十より, 四間の, 困って, 國成り, 報或, 夜も, 夢のを, 太夫幕下までは, 奥様らしく, 奧樣らしく, 審美學は, 少くしきりに, 山から, 巣を, 帯右衛門に, 廓の, 彼が, 御不自由, 御話, 心の, 思いました, 思ひたまひ, 急であった, 情け無い, 我が天, 我れ, 或は女性, 持たないだろうが, 文字どおり枚挙に, 日の, 暑気や, 服部の, 朝は, 木の, 机の, 正直な, 正覚を, 毘布羅山の, 汝が, 池の, 燈火の, 目のあたり日西に, 目を, 知らえずしか, 秋から, 立ち行かんところ, 立つて, 粗が, 糸しい, 考えました, 聞かせ玉, 背きたま, 能を, 自分からは, 補佐の, 記憶し切れない, 謀り難, 遂にあり, 酒壺に, 野原を, 閑雅なる, 雨が, 青空を, 青菜つむ, 音羽屋の, 驚き惑ひ, 高山の, 魏延どのに

▼ ずしかも~ (197, 0.2%)

2 その外的, それで, 人口が, 俗気なき, 僕が, 常にバラバラに, 手に

1 [183件] あきたり, あまり探求, ある点, あんな真夜中, いつでも, おおように, おのおのの, お城, このもの, この位, この場合現在, この村長, これが, しづかに, そうと, そう云う, そこから, そのため, その一人, その人, その仕事, その僅か, その僅少, その十人, その声, その大半, その戦争, その最も, その欲望, その武勇, その異郷, その皮膚, その苦悩, その計画, その訓練, その風雨, それが, それに, それらの, それを, それ以後まもなく, それ等の, そんなこと, そんな汚, ただちに彼岸, だまって, どうしてそんな, どこか, どこかに, はきはきせず, ほのかに, まだ無意識, まだ総角, もっとも正しく, わが人格, われに, バトラーを, バルナバスの, 一度しか, 一方では, 一朝夢, 一条の, 不平も, 事大的に, 事実の, 互いに見とれ合っ, 人間の, 今陶, 他方私の, 兄さんが, 先を, 先年の, 全幅的に, 全表中最大, 六条河原で, 出入坐臥飲食ともに, 割合に, 力の, 劣等地には, 十分仕事としての, 吾, 和気あいあいと, 嘔吐しつづけた, 四時明るく, 国家は, 地合光沢等すべて一見毫も, 報酬を, 変幻出没し, 外部の, 大将義景の, 大財閥, 天縁尽きずして, 太く濁りたれ, 女房が, 姿が, 子を, 孝行な, 官僚統計は, 家の, 家中売れる, 少女の, 巧に, 巧みに, 平和な, 年百年中圧制政治, 弱々しい情, 形体の, 彼のにも, 彼れ, 彼女との, 彼等に, 怠たらしめず五千円, 急調に, 急速に, 恋の, 悪辣なる, 意に, 手本も, 押戴かんず, 描写として, 政治の, 敵に, 敵の, 敵は, 日ごとに, 日野資朝らの, 明ならざる, 普通の, 未来を, 東海坊と, 根強い生活力, 桓公に, 椿事の, 楽に, 機械製でなけれ, 次々に, 残すと, 気がさ者の, 気で, 気象学の, 水一滴浸透し, 永く強力, 波紋の, 浪費に, 無限に, 焼打ちを, 父なる, 独りぼっちの, 猶, 用箪笥が, 福を, 突然いずれ, 絢粲しう, 絶えず抑圧, 絶倫なる, 綴本として, 美徳の, 胴体の, 脆弱, 自分たちの, 自分は, 自由意志で, 自覚された, 蔵合の, 蘖たる, 蛇や, 製造貨物が, 西欧の, 論理は, 議事規則に, 貴嬢, 足なみい, 身に, 輪車も, 都会人的要求を, 重将, 離れられない情愛, 静かに, 領内に, 飽くこと, 駅は, 騒々しく種々, 鷹揚に

▼ ずそのまま~ (172, 0.1%)

9 にし 7 になっ 2 凍死した, 帰って, 急いで, 玄関から, 立って

1 [146件] いずく, いなくなって, うや, えっちら, この張, さきを, そこに, だが, だまつて立ち上る, つづけて, つんのめるよう, でいた, でいる, です, でだんだん, では, で橋, で終った, となっ, とほり過ぎ, とぼん, どこかへ, どたりと, には帰らない, に一間, に放任, に書い, に立て懸け, のこと, べつの, ぼんやりと, またもと, また山, やみの, クツを, ゴカイを, ロンドンへ, 一緒に, 一週間ばかり, 不可避的な, 中に, 中将は, 二階に, 体を, 何年かが, 俊亮の, 冷たい夜具, 出て, 出発した, 出発の, 別れました, 半年その, 受取るほど, 口惜しがり, 同じ区内, 喪然, 四名は, 図書室の, 固つ, 土に, 地底へ, 城中に, 夕暮の, 外に, 夜を, 夢の, 姿を, 子舎へ, 家の, 寝床には, 小庭, 居間へ, 屍蝋に, 岸野に, 差伸し, 席を, 帰ります, 帰寓した, 廊下を, 引き返して, 引返して, 彼女の, 御返し下さるべく, 息を, 悶絶し, 懐中へ, 放置され, 文字に, 昼も, 暗くなる, 机にも, 楷書で, 槌を, 橋詰を, 櫃を, 正使の, 段梯子を, 江戸の, 海中を, 炎天の, 直進し, 着いて, 着物を, 禁足の, 私の, 私を, 空しく引取, 立ちさって, 立上っ, 答えた, 簡単に, 素直に, 綴じ合わせる場合, 縁から, 繋留し, 考えこんでしまつた, 肉親との, 脳裏を, 臥床した, 自分に, 自分の, 自動車に, 舞台へも, 襞の, 見返りも, 走りつづけて, 走り出した, 起きた, 足を, 踏み板へ, 辞去した, 近江屋に, 逃げだす機, 連れて, 遊ばせ人, 還って, 長い時刻, 長雨に, 階段を, 隣村の, 雨に, 風に, 馬を, 駈け出した, 黙って, 黙りこんでしまつた

▼ ず~ (165, 0.1%)

3 自分の 2 ところに, 廊下を, 愛顧を, 政治の, 町内の, 精が, 迷惑を

1 [148件] いそがしい事, いそがしさうに, かざりの, さえ, つとめで, ひいきを, ぶさたの, よろこびに, 一族の, 丁寧に, 不快か, 両親も, 中止に, 主, 主人様を, 主人樣ことの, 主君が, 主君の, 互に現代, 交際費も, 仁恵を, 修行かの, 元気じゃ, 元気です, 元気な, 兄弟では, 入院なんて, 全快と, 全盛で, 円満でございました, 出精なされ, 刀の, 分の代に, 勉強です, 厚意に, 参詣を, 同意と, 回復に, 坐ますや, 城内へも, 報まで, 報告申上べく, 報明日午前会いた, 報明日午前会ひたし, 壮健で, 声に, 大名には, 姫様は, 子息の, 子息チャアリイの, 守殿の, 宝我は, 客の, 客も, 家中の, 家老様の, 容赦を, 寶我は, 対面, 庭中の, 式の, 心の, 心を, 心入れを, 心地宜, 心境日々に, 心配ある, 心配は, 快癒に, 態度も, 手紙を, 招きに, 持なすった, 挨拶にも, 挨拶迄, 推察なし, 推察致しまする, 文やら, 新政の, 本家大事という, 果しなされ, 様子を, 機嫌が, 機嫌で, 機嫌よく, 機嫌宜し, 機嫌宜しく, 機嫌能く, 檢屍を, 母おや, 水を, 注進に, 活動です, 深志忝存候, 清適, 無事の, 焼香に, 熟睡の, 熱心だ, 爽快の, 番疲れも, 盛な, 相談を, 禁制の, 禮申し, 立派に, 立腹遊ばされ, 精進に, 納戸町の, 繁昌の, 老中方に, 老中方にとっても, 老人の, 自分で, 自分を, 自分自身も, 自身で, 自身も, 自身中国まで, 興味を, 舎弟様を, 花畑の, 茶を, 見知り置き遊ばしたい, 諒察の, 謀叛とこそ, 贔屓を, 贔屓御, 軍議も, 辞儀も, 近所から, 近所の, 近況如何に, 返じを, 返辞までを, 迷惑被, 遊びも, 邊に, 都合も, 都合を, 闊達でいらっしゃいました, 隠家様, 隠居様の, 面会を, 風味被, 食事の, 養生専一に, 鷹匠小頭より

▼ ず~ (162, 0.1%)

3 だ夫, をどん

2 [11件] いつと, おどん, しんみりと, だ, だ一時的, だ我が, の一度, モウ暗い, 何事も, 呆然として, 外物に

1 [134件] うろ, おのれの, おはる, お勢, お口, お客様御, かの尼僧, これまでと, そういう運命, その自然, それだけの, ただ舞台, だ一たび相, だ人, だ其性質, だ写実, だ劇中, だ匂, だ単に, だ吾が, だ左, だ年, だ弟, だ忽ち, だ意外, だ我来也, だ政友会, だ政友會, だ斯, だ極, だ独り, だ画題, だ紅葉, だ自分, だ読者, だ郷党, だ郷黨, だ間斷, ながいこと可哀そう, の用心棒, の百文, ひとまけ, ひとりだった, ぼんやりし, ぼんやりと, みこ, むやみに, ガヤガヤ意味を, シクシクと, ジッと, 一つのみ, 一つ違つた例は, 一念に, 下座敷, 主人の, 之を, 今朝は, 仏蘭西の, 仰せに従い, 何か, 何でも, 公平に, 公開の, 其形を, 其期する, 其美名を, 内側の, 南海の, 古来からの, 塩原の, 多年来心, 大物忌神, 察し玉え, 屋敷の, 左の, 平然下座敷に, 強い電気, 強い電氣, 当り前に, 役人達が, 彼等の, 念の, 思入つて然, 恋しさ, 恐れて, 惜しむ無, 慌てて, 懐かしの, 我意を, 打捨て下さるか, 春の, 是より, 是れ, 書類に, 月を, 有りの, 此信認ある, 毎年神の, 無暗にがつがつ, 独りで, 独り世の中を, 田人の, 畏りました, 異様なる, 當夜兩替屋の, 疲れた体躯, 神としての, 純粋に, 絃を, 絶世の, 縁の, 繞石君の, 聊其奇あら, 臆面も, 自家の, 蜘蛛に, 血族一統の, 話の, 語るのみ, 誤魔化して, 足だけは, 身を, 軽く笑っ, 逃れようと, 遅れじと, 運命の, 邪魔に, 酒を, 針音だけを, 難有, 音を, 鳥語の, 鵠立で, 鷹揚に

▼ ずそこ~ (161, 0.1%)

2 にあった, にいる, には, に滞らない

1 [153件] いら, からは断じて, からめいめい, からも此処, からカフエ, から一段と, から却って, から又, から向う側, から学び得る, から山, から峯子, から流下, から生活費, から自分, から読みはじめました, から飛びおりた, が便所, が大木, さえ明暸, だけは知つて, でしか生きないなら, でして, では互に, で食わせる, で飲ん, にある, にうずくまっ, においでた, におの, にくりひろげられ, にたおれ, にちやん, につけ込ん, につつ立つた, にでなけれ, にならびました, にはどんな, には一本, には世界的, には何, には六十, には別離, には大きな, には大井篤夫, には想像以上, には欧羅巴的伝統, には死, には田舎, には表立っ, には階級的対立, にひかえ, にひとり, にひれ伏しました, にもつ, にも困難, にも探索, にゆあみ, にブルガーコフ, にボンヤリ, に一人, に不思議, に人, に人生, に住む, に倒れ, に倒れた, に先刻, に全国, に出, に半, に参集, に國民全体, に天皇, に平伏した, に弛み, に彼等, に念, に悩み, に惱みのたね, に日本, に極めました, に模する, に横たわっ, に泣きくずれました, に泣きわめき, に浅薄, に漸次, に無理, に焦燥, に生ずる, に生っ, に生活, に皇室, に突っ, に立ち留る, に自分, に見えない, に起こった, に足, に陳列, に駆けつけた, のところ, のトンカツ, の土産物, の戸棚, の曲り角, の生活, の間, はかなり, はどんより, は何とか, は何処, は家, は悩ん, は自分, へたかつ, へはいっ, へもつ, へ三人, へ倒れた, へ友清君, へ坐, へ寝, へ寝込んだです, へ庇護, へ当の, へ悠然と, へ来, へ来た, へ桜, へ泣伏, へ現れた, へ疾風, へ膝, へ行く, へ足, へ追いつい, へ釘, までかよわせられた, までゆく, まで自分, まで行っ, もとは帰られよ, を又, を旅人, を突い, を終始, を見, を貫い, を通っ, を開け, を飛び出し

▼ ず~ (159, 0.1%)

13 の中 3 の底, を痛め 2 が重く, ざすは, にもない, に叫び, に嬉し, の迷い, ひそめて, を決して

1 [124件] あるも, ある人, ある歐米人, ある者, いそぎて, がそれ, がとろ, がひかれる, が乱れ, が動い, が動いた, が救, が蒼ざめてしまふのだ, くだいて, くらべの, さらにあしく, せくまま, つねに平, で滑稽, で行こう, と筆, なき草, なく降る, なし, なしそこ, なるか, にうつりたる, にかかっ, にこびりつい, にこれ, にせまる, にのこっ, には悪徳, にばかり泣, にも残らぬ, にも聞えない, に叫ぶ, に天冥, に念ずる, に怒鳴つた, に思う, に思ふ, に懸けられ, に懸った, に曠野, に染むる, に止め, に浮ぶ, に深く, に穴, に触れる, に訴, に関するところ, に驚いた, のときめき, のまま, のやさしい, の内, の動く, の尤むら, の平安, の怯, の浮き立つ, の滅入る, の片隅, の神聖, の言葉, の語る, の講義, の転た, の遣り, は不思議, は全く, は慕っ, は由子, は自由, は重く, は防寨, ばかりあせっ, ばかりに白仙羹, ひかれた相手, ひかれる芸術家, ぼそいこと, もおの, もそぞろ, も傾けず, も失せ, も痺れ, より発する, をいため, をいためた, をしらず, をとめ, をとらわれ, をひかれた, をも顏, を一つ, を一ぱい, を労し, を動かさず, を動かされた, を動かした, を外, を失わした, を奪, を引かれる, を引き包ん, を悩まし, を慰する, を照ら, を用, を痛めた, を痛められた, を練っ, を苦しめ, を配らなく, を金石, を開い, を開かれた, を騒がせられる, を驚かすであろう, 乱れて, 諸欲, 鎮まりたるやう

▼ ず彼女~ (157, 0.1%)

5 はその 3 の顔 2 から眼, がその, と話し, の傍, の息, の方, の服装, の眼, もいつか

1 [131件] から若い, が, がたしかに, がほのめかす, が一言, が何分, が持ち続け, が時折, が最近, が辰吉, が露店, と顔, などに対して示す, について恐る恐る, にとって復活, に一目, に会い, に対して鋭い, に知れ, に答, に見つかる, に語った, のごま塩, のため, のところ, のやさしい, の体, の前, の命, の好奇心, の妹, の実家, の家, の後, の必死, の快活さ, の情感, の愛くるしい, の手, の数々, の死後, の活動, の為す, の特色, の生涯, の瞼, の肩, の胸, の腋の下, の蓑, の言った, の言葉, の誇り, の足, の身の上, の身体, の躯, の顏, は, はいつの間にか, はじっと, はすくなくとも, はすたすた, はすでに, はそこ, はそれ, はそんな, はただ, はぽ, はまた, はまだ, はややともすると, はスタスタ, はパラソル, は一人, は一度, は一応, は中, は人, は今にも, は何, は例, は全く, は公, は冷静, は到頭, は前, は単, は夫, は平然, は店, は忘れられた, は息子, は振り, は日給三十銭, は朝座敷, は決して, は流石, は犬, は甚三郎, は甚大, は生命, は緊張, は老人, は血汐, は言, は身, は青春, は風呂敷, は食堂, ひとりゆく, もしばらく, もそれ以上, もたま, もやはり, もダンスレコード, も夕化粧, を, をだまし, をもかき, を乗せ, を僻ませない, を囲む, を幸福, を惜ん, を愛し, を抱擁, を死以上, を送, を避け, 恋しさ

▼ ずかえって~ (151, 0.1%)

5 これを 4 私は 2 効あり, 反対の, 味を, 裏を

1 [134件] あの噂, あべこべに, あんな賤, こうした感情, このつつましい, この事業, これに, これによって, さばさばした, したり顔などを, そういう状態, そのおん眼, その上, その体裁, その兇威, その反対, その意匠, その智慧, その無邪気, その逞, その陳腐, それよりも, それ見ろ, そんな言葉, ただ火, はるかに, べつな, みなが, むしあつい, わが和島丸, わが朋友, わざわいした, トック君自身に関する, ボルトリの, 一夜中疲労困憊の, 不仁の, 不思議として, 与えられた交通機関, 世の中から, 主の, 主君の, 乱世の, 人が, 今の, 介の, 仕合せである, 便利なる, 偽君子, 全国の, 公衆の, 利に, 反対に, 同志小林を, 同情を, 向こうから, 君自身の, 喝采鼓舞する, 声を, 大名の, 天真らんまんに, 姫の, 完璧の, 害を, 家も, 小児を, 平凡だ, 延長年間焼失の, 弊害ある, 彼に, 彼は, 得意の, 必然的に, 志士の, 怒り猛っ, 恐ろしきSASEBOKIN, 悪魔の, 悲劇は, 我々自身の, 打ちしおれて, 抽象的な, 文学的だ, 文科関係の, 新しき占領地区, 旅人の, 旧物を, 時流に, 最後に, 月に, 有害だ, 朋輩の, 本店の, 枯死せし, 正当と, 民心を, 気の毒がり, 汚名を, 汝の, 深くなる, 為に, 焔を, 無邪気なる, 無頼漢どもに対して, 生活程度の, 男の, 私を, 競争の, 緊張した, 聖人の, 胸間の, 自ら旃陀羅の, 自分も, 自身を, 芭蕉の, 芸術的の, 茶に, 薄に対する, 藩土の, 蜀の, 諄々として, 貧窮時代に, 賞讃を, 跋提河の, 逆に, 進歩を, 過ぐる日, 邪魔を, 金の, 金を, 鋭い光, 防者の, 随喜し, 障害に, 隣国に, 顛倒を

▼ ず~ (149, 0.1%)

5 の諸 3 の一面, の人, の多く 2 のいずれ, の事, の口, の方向, の方面, の者, の藩閥元老, は全部

1 [119件] からも侵される, が右, すっかり揃, ではない, ではなくなる, と自分, にもおそらく, にもまだ, にも諸々, によって誘導, に何, に例, に千種万状, に同様, に婚, に害, に良地図, のある, のいう, のこと, のどんな, のは, のスポーツ, の一人, の一方, の中間的, の事情, の二氏, の人々, の人妻, の人種, の人間, の個人, の光, の凡百, の劇団, の力, の労働者, の動物, の友達, の同時に, の同種, の国民, の團體, の場合, の失われた, の好意, の官人, の客, の客車, の家臣達, の小僧, の山間地方, の府県別, の府縣別, の建物, の憐れ, の指紋等, の探偵小説集, の教区, の文壇, の新しい, の時, の景色, の有力, の木の実, の本, の標準, の樹, の民族, の無理, の片方, の獣, の町村, の病院, の百般, の相当, の着物, の神社, の経験, の総て, の美し, の老巧, の者達, の見方, の詩歌, の論文, の貧民階級, の運, の道, の部分, の金髪美人連, の階級, の領域, の飼犬, の高い, はことごとく, はほとんど, は和本唐本, は好ましい, は皆横浜, は近所, へも洩らした, へ移し, より妻, をねたまず, を導く, を愛する, を羨まざれ, 吉は, 士族と, 大字と, 所行姿で, 村の, 村より, 村人が, 村他, 證是れなり, 農場も

▼ ず~ (148, 0.1%)

5 に汗 3 に持つた 2 に入れた, に持っ, の中, を上げ, を出す, を合せ, を引い, を掛け, を離した

1 [122件] か足, がかかった, がかかりました, がこんでる, がとどかない, が滑つて石, が触る, くびにかけた, で廻す, で引き立てる, で引立てる, で形, で押, といわず, と口, どり足どり, などを合せ, など握られた, にかけ, にし, にしかと岸, にとって見る, にはいっ, にはとら, にはとれなかった, にも取られぬ, にも取れぬ, にも持っ, にも捉えられず, に入った, に入れよう, に取る, に合うた, に手, に持, に持った, に持添, に武具, に白羽扇, に触るる, に顔, のあい, の人たる, の先, の切れる, の方, の煙草, の筋肉, の込ん, はふるへ, はまるで, は刀, は忘れた, は持っ, ばかりでつくる, ばかり焼け, もださず, もって, もなく, も上がらぬ, も休めなかつた, も利きませんでした, も合わせられませぬ, も足, も鳴らなかつたら, や顔, わななきて, をあげ, をうしろ, をうしろへま, をかけ, をこすつ, をこすり, をつない, をとっ, をとり, をひっこました, をまわし, をむなしく, をもがい, をもっ, をジエンナロ, を一つ上, を下そう, を両人, を休めない, を伸ばさう, を伸ばし, を伸ばしかけた, を伸べ, を出し, を取っ, を叩いた, を合, を合せる, を差し伸べ, を廻しました, を引き, を拍つた, を挙げた, を振り, を振り払っ, を掉, を揚げ, を握り, を擧げ, を擧げた, を洗う, を焼い, を焼いた, を當, を頭, を鳴らし, 一つに, 傳は, 捕りに, 掌が, 欄に, 水鉢の, 箪笥の, 習に, 討だ

▼ ず~ (147, 0.1%)

4 を丸く, を見 3 の前, をつぶった, を閉じ

2 [17件] が冴え, と眼, に見る, の色, の配り, をあきました, をそらさう, をつぶ, をとぢ, をぱちぱち, を伏せ, を円く, を白黒, を視, を覚す, を通した, を醒す

1 [96件] あり耳, から眼, が合った, が曇っ, が覚める, くらみ槍, さとく起き, ざしも, だけが見えた, だけ横眼, で以, にさえ見せない, についた, には一杯涙, には柔和, にも触れない, に付く, に働き, に映った, に涙, に経済書, に耳, に見えない, に触れ, に訴える, のくぼに, の下, の人, の光, の所, の落ちた, の行く先, の隅, の黒い, はじっと, はすでに, はちかちか, は半眼, は落着, は閉じ, ばかりき, もあきかねる, もかすん, もみえない, も見えず, も見かわさず, も見開かない, も遥か, や眉, をあげる, をか, をきらきら, をこすり, をすえ, をそらし, をそらした, をそらそう, をつぶっ, をふさいだ, をみはり, をやらず, をグルグル, をパシパシ, をピカピカ, を上げず, を伏せました, を光らせ, を光らせた, を全局, を反, を反らせた, を合, を外らした, を怒らし, を手帳, を挙げ, を据え, を据ゑてこつちを, を皿, を瞑つ, を舞台, を蔽うた, を見はり, を見合せ, を見合わす, を見張りました, を見開い, を見開き, を視張っ, を視張る, を逸らしました, を閉, を閉じた, を閉ぢ, を開いた, を開け

▼ ず~ (146, 0.1%)

2 きましたよ, ための, できて, 一番好い, 多い, 多いの, 巣を, 走るほど

1 [130件] あが, あったから, あったぞ, あったので, あったんでね, あって, あつて, ありすごい, あり一般的, あるとね, あるの, あるよう, あるわけ, あろうと, いか許りか, いくつある, いつまでも, うたた寝を, お弁別, お組頭, かかる仕掛, かくの, かたまって, きれいに, くれに, ぐっとくいこん, このと, しゃりと据, すくなく, すくなくなっ, すぐと, すっかり減っ, すッ, ずが, そうでございます, そなわった, そのままあ, その難, たくさん啼い, だんだんふえ, ついたよう, つかぬよう, つかりさせられた樣子, ないところ, なおって, なければ, なりました, はなはだ少ない, はれて, ひとり不足だ, ふえて, へって, まあ, ましい事, まるで千疋, まるで音譜, みんな憎らしい, むしやらに, めっきりと, もう今, もう席, やかましいので, やかましく鳴いた, やった仕業, よかった, キビ, ダイヤモンドと, ッかりした, ッかりする, ッが, 一つしか, 一つの, 一度に, 一様に, 一番早い, 三人, 下って, 世間へ, 両国の, 俺は, 全部もう, 出て, 出来たばかり, 列べて, 十や, 十六むさし, 参って, 回復した, 多いだけに, 多いので, 多くなっ, 夜ごとの, 大きいだろう, 大きすぎる, 宵, 少いん, 少くなった, 居るって, 幻と, 康子の, 戸口に, 朗らかに, 本当の, 来て, 死ぬとは, 流行で, 深ければ, 無事で, 現在の, 癒える, 矢ばねを, 知れなかった, 神様の, 終わりますと, 経つて, 絶えないかれは, 見ると, 記して, 走って, 針の, 関, 集って, 非常に, 風の, 飛び立ちます, 駈けあがって, 鳴いて, 鳴くやう, 鴨下ドクトルの, 黒姫の

▼ ず従って~ (146, 0.1%)

3 人口は 2 その価値, 上部構造は, 歴史は, 穀物の

1 [135件] あらゆる見地, うちを, おそらくはこれら貨物, この国一般, この気安, この理解, すべての, そういう作家, そういう労働, そのままの, その価格, その処女, その夢, その家具, その意味, その数, その本格的, その標準, その発明, その研究, その結果, その言う, その限り個性的, それだけ形態学, それだけ現実的, それを, ただ一図に, ちっとも信念, もしその, もし農業者, より少い, サア・フランシスの, スプールスが, 一クヲタアにつき, 一億二千一百万が, 一日の, 一時的原因から, 三人は, 世間の, 予が, 二つの, 人口に対し, 人口稠密に, 人間性も, 他の, 何事が, 何等の, 作品の, 価格は, 全百封度, 利潤は, 労賃を, 単に人口, 却ってみずから, 厚い本, 又その, 又何等, 又歴史, 又社会的生命, 又科学, 叙事妥当を, 同格だ, 吾, 喫う, 営利的商品に, 営業の, 土居との, 地主により, 地主の, 地代は, 地方の, 変化に, 外のも, 多くは, 多分まだ句, 夢見ること, 大きな人口増加, 大善人, 夫は, 女が, 婦女が, 存在を, 家の, 寄稿者を, 寒気甚しく, 年出生は, 彼は, 必然的に, 怒らせたつもり, 怠惰な, 意志は, 感情を, 星学も, 有害な, 有能性が, 歴史科学的方法の, 民衆の, 溌溂と, 無産階級芸術運動に対する, 生産物の, 甲と, 百幾十年来数億の, 真埋, 矛盾の, 研究の, 社会の, 社会主義は, 私有財産は, 科学論は, 移民を, 種々ある, 粗悪な, 経営費の, 結論は, 耕作に, 草木も, 行動出来ず, 裸体か, 製造貨物の, 要素と, 言論の, 課税されない, 論理を, 貧民の, 販売者の, 貴重な, 資本の, 資本は, 農業者の, 鎮は, 電車も, 非合理な, 風が, 高い山, 高射砲で

▼ ず今日~ (143, 0.1%)

3 に於, に至る 2 のよう, の世界, の如く, の日本, の生活, は平生, まで安全

1 [123件] かあすか, が日, すでにその, ではすでに, ではその, ではそれ, では既に, では水呑百姓, でもあれ, でもなお, でも史料, でも回, でも来る, とても我々, となっ, と云う, と云はず朝, なおその, なお事実捜索中, なんかは江戸, にい, にいたる, においては非常, にかぎっ, にてもなお, に及んだ, に在っ, に至, に至った, に至り, に至れり, に限り, のこの, のわれわれ, の句, の多く, の婦人全体, の実情, の小乗仏教徒, の常識, の彼ら, の彼女, の御, の悲境, の我, の我が身, の折衝, の政治, の文化, の文明, の時運, の機會, の激化, の社会, の職業作家, の荒い, の観客, の言, の試合, の諸, はこの, はまた, はもうケロリ, はもはや, はやすみ, はレーニ, は世界強国, は九時, は今日, は其の, は又, は川口, は得られ, は明日, は昨日, は暖, は消息, は谷中, ほとんど全国, ほんとに世界, またしても, までお世話, までこういう, までこれ, までのところ, までのよう, までの忠勤, までの情勢, までの演劇, までまだ何ら, までよく, まで一日一日, まで実行, まで得々, まで捨てられ, まで放っ, まで殘つて, まで民間, まで私, まで自他, まで見過ごし, まで過し, まで遺憾千萬, もいい, もなお, もまた, も一日琴, も京子, も午前中, も君, も女房, も陳列, やっと平熱, ゆくりなくも, より建設, を一年, を以て始め, を知り, 何一つのこる, 学ぶ所, 越しなせえ, 迄よい, 迄放つ

▼ ずながら~ (139, 0.1%)

4 私が 3 お力に 2 お世話も, 仲に, 出来るだけの, 心配し, 斡旋の, 色々と

1 [120件] あたしが, あなたの, いつも塾生たち, おてつだいする, おれも, お互に, お助け, お引受, くれ竹の子, こうし, このお, このほう, この六部, この塾, この己, この後, この機会, この泰軒, この鬼王丸, ご加勢, ご尽力, さう, さらに進ん, その与えられた, その費用等, それがしも, それに, それを, できるだけの, とっくりと, どこまでも, どんなお世話, なんとかしよう, ばば殿の, よしみを, わたくしが, わたくし共も, わたしが, わたしの, ポローニヤスも, 一生懸命駆け, 一臂の, 世話し, 世話を, 亀みたいもんだ, 事情が, 人々の, 何かと愚見, 働いて, 僕が, 僕は, 僕も, 充足したい, 児子家の, 共に共に天父, 力に, 力を, 医師の, 千蛾が, 双方の, 吉野山花に, 同じ江戸っ子, 君の, 善財童子の, 図書殿の, 多少の, 大原君を, 天下ニ心ざし, 奈何様にも, 奥方は, 女の, 媒妁する, 己一人は, 常に男子, 弊藩の, 弦之, 後々は, 御一緒, 御世話, 御案内, 御面倒, 忠義一図に, 愚老が, 手ほどきを, 拙者が, 新九郎も, 日下部も, 旦那様と, 早く処置, 板切を, 某一肢, 次第に深く, 歴史を, 気を, 淫奔者の, 父上に, 疾うにお力にも, 病気した, 相談に, 相談にも, 私がね, 私たちは, 私を, 立ち向おうと, 竹童も, 精いつ, 老彭, 自分が, 自分の, 自分も, 芸術家の, 補助する, 見証, 読みならひ十三, 諏訪藩では, 身を, 通子が, 長五郎助太刀で, 雲竜二刀の, 馬岱も

▼ ず~ (137, 0.1%)

5 も利かず 4 が悪い, もきかなかった 3 の裡, もきかず, もきけない, も利けず, をきいた, を動かし

2 [12件] から出任せ, から泡, が惡, といはず, といわず, と云わず, に入れる, に出し, の上, の中, もきかない, を開き

1 [82件] から出た, から口, から滑り出た, が小さく, が悪, が辷った, くどうせっつきました, だけが自由, だけはさかん, でもそんな, でも入った, でも言, で言, と心, にこれ, にし, にでかかる, にとりあえず, には, にまで出し, にも出せなかった, に修身論, に偏, に出, に出した, に出す, に含め, に糊する, に藁作り, に言はず, のあたり, のうち, のきき, の先, の内, の腐る, は左様然, は開かず, へ出し, へ出た, へ手, もきかれず, もきけなく, もって, も働かず, も利かさず, も利かない, も利け, も利けなかった, も開かない, も開かなかつた, も顎, よりもれ, をあけ, をあけた, をあんぐり, をきい, をつい, をにごし, をはさんだ, をぽかんと, をもっ, を入れました, を入れる, を出した, を利かう, を利き, を利く, を噤ん, を塞ぐ, を大きく, を尖らせ, を揃え, を滑らせたら, を漏るる, を箝, を緘, を見, を閉じ, を開く, を開けた, 小さく歯なみあらあら

▼ ず~ (134, 0.1%)

16 の中 3 なる妹, にいる, のなか, の方, の者, を出, を外 2 にある, の内, の前, も佐竹, を出た

1 [87件] ありとも, からの行き帰り, から出す, から斉眉, が貧窮, が近所, ではことに, ではたらき, では侮辱, では親達, で薄茶, で静か, というよう, と言, と言う, なくし, にあっ, にい, にいました, にかえりました, には一寸, にひとり, にもいない, にもどりたく, にも入れ, にも居れ, にツィシアン, に伝わる, に住ん, に小金, に少, に帰ら, に帰る, に戻つた, に打ち捨て, に担い帰る, に来, に歸つて, に籠ってるだろう, に那倶羅虫, のこと, のない, の事, の人, の入り口, の入口, の召使たち, の戸障子, の業, の横, の灯, の畳, の窓, の貧富, の近く, はがら明き, は増, は狹, は甚だ, は至つて地味, へかえる, へ帰っ, へ帰った, へ帰る, へ戻つた, へ逃げ帰っ, もなし, も人, も国, も教え, も旧家, も暗い, も有らず, も治らず, も見えない, も金, も開けつ放し, を出られ, を囲んだ, を建て, を建てた, を建てる, を愛する, を納むる夫人, を開け放した, を飛び出した, を飛出し

▼ ず~ (133, 0.1%)

4 を赤く 3 といわず, をそむけた, を見た, を見合, を見合せ

2 [15件] がほてる, と云わず, の色, も見ない, をあげる, をしかめ, を上げる, を伏せた, を出し, を前, を見合せました, を赧, を顰め, を顰めた, 打ちおおい

1 [84件] あかめしが, から髯, がきき, が赤く, が青く, さえ見おぼえ, せば, だけちょっと, だけは不思議, だけ出し, だちは, とも云わず, なる, にあたった, には折々, には赤い, にもお, に一粒, に微笑, に暗い, に現し, に蔽いかかった, の上半分, の不, の形, の涙頬, の真中, の細く, の道具, はいきり立っ, はおろか, はもとより, ばかり振向く, へ来る, もおのずから, もその, も上げず, も向けられない, も識ら, や手足, をあかく, をさらし, をしかめる, をそむけ, をそむけました, をふせ, をふせた, をほてらした, を上げず, を上げなかった, を伏せ, を傍, を出さなけれ, を出す, を利用, を反, を合せた, を合せれ, を崩した, を引, を挙げ, を挙げた, を掩, を横, を洗い, を洗おう, を洗っ, を紅う, を背, を膝, を見, を見あ, を見あはせ, を見あわし, を見あわせました, を見せ, を見せず, を見せなかった, を見る, を見れ, を見合せた, を見合せてた, を赧らめ, を隠し

▼ ずむしろ~ (132, 0.1%)

4 鄭重に 2 その両端, それを, 喜んで, 環境に, 自分の, 近世の

1 [116件] あたりが, あとから, あの中世紀, おとなしくまじめ, かきたてられる場合, かれは, この原則, これらの, これらは, これを, こんなところ, そういう事, そういう社会, そうした質問, そこから, そこには, そのみずから, そのヒタムキ, その一点, その人態, その反対, その味, その味方, その坂, その感情, その教え, その正反, その正反対, その結果, その説明者, その高度, それである, それと, それは, はるかに, わが党, アヤマチとして, カレー, ペン代用と, 一種の, 一葉の, 不自由な, 両者は, 他の, 伊達者の, 促進する, 個体と, 光琳風の, 党派の, 初めより, 募って, 原始を, 反対に, 反對, 反感を, 可なりに, 唐様なり, 喜んだの, 單に, 多くは, 多年婦人美の, 天の, 女に, 好奇心に, 孔子が, 存分に, 孟子が, 家康と, 容認し, 平凡に, 当惑し, 念力の, 恥を, 意味あり, 意識的に, 愚直の, 憐れむべきのみ, 我々の, 我が軍, 拡張した, 政治の, 日本の, 書きすぎたの, 有害に, 有益であった, 朗らかな, 木曾御嶽山に, 末枯れそめた葉蔭, 松村の, 正當, 民族を, 気味悪がっ, 気恥かしく応待した, 洒蛙洒蛙として, 浅草の, 滑稽に, 激しい生活, 無気味な, 焦土から, 犯罪は, 狐疑逡巡し, 病気をさえ, 相手の, 私を, 童心にも, 総括的な, 考えないわけ, 自分らの, 芸の, 見ぬ前, 読書そのものに, 谷村以上の, 道徳や, 部屋の, 陣中だ, 青い顔

▼ ず~ (129, 0.1%)

5 ゆるぎも 4 につけ 2 には微傷, に著, のまわり, も動かず, を処する

1 [110件] うごきも, から出た, がまえ, しばしば自動車, じくり出づる, にしみ, にしむ, につける, には汚い, には法服, にほくろひとつ, にまといかけた, に余暇, に佩, に入, に応, に感じた, に染みる, に沁みる, に浴び, に添う, に添っ, に破, に翼, に覚えたる, に附く, に黒子一, の廻り, の影ひとつ, の滋養, の皮, の置き, はおおとり, はさながら, はすなわち, は人, は国民, は広く, は放蕩無頼, は死すべし, は老い, は離陸, は雲, は靜, ぶるひを, まず死す, をいれ, をうらず, をおおう, をかくして, をかへし, をちぢめ, をなげし, をのり出し, をひねっ, をふるわせ, をもっ, をもつ, をも損ぜぬ, をも沈めつ, をクルリ, を乗り出し, を以てすれ, を任せ, を任せた, を修め, を動かす, を圖中, を大きく, を寄せ, を引い, を引いた, を忘れ, を悶え, を慄, を投げた, を投げ倒す, を持する, を振, を捨て, を掻きむしる, を斜, を横たえ, を沈める, を温め, を狭められ, を真向, を竦め, を縮め, を縮めたる, を翻, を翻し, を責め, を購われ, を起こし, を起し, を起した, を跳, を軽く, を辱, を迎え, を退い, を退いた, を避けた, を震はせ, を顫, を飜, を養う, 退ぎ, 退く振られ客

▼ ず日本~ (128, 0.1%)

2 の文学

1 [126件] からも必ず, ではほとんど, ではまだ, では中村武羅夫, では何でもかでも, では天下り, では夫, では芸人, では諸種, でも撫子, で新た, との交際, との戦争, と同じ, と日本人, にあ, にあっ, における, におけるヒューマニズム, におけるプロレタリア文化運動全体, におけるプロレタリア運動, における推理小説, にこの, にその, にとっては遠い, にはない, にはもう, には沢山, には無い, にも花驢, に対する理解, に就い, に居, に於ける, に行, のあらゆる, のため, のなか, のインテリゲンツィア, のクリ, の下級武士, の九谷, の事, の人々, の人心, の伝統的小説, の全, の北, の各, の商法家, の国, の国法, の場合, の夏, の大, の大衆的読みもの, の天皇, の女, の女子, の姿, の婦人, の子供たち, の学者, の学者達, の家, の實業家, の工業者, の性格, の憲兵隊, の戦争, の挫, の支那学, の支配機構, の政府, の敗北, の教会, の教育テレビ, の文化人, の文学全体, の文學, の料理, の新しい, の映画人, の映画製作, の最も, の材料, の歌, の歴史家, の民主化, の民衆, の演段術, の現代文化, の画学生, の真髄, の社会, の節操, の芝居, の花見, の英雄, の言論, の詩人, の警察, の軍律, の農村, の農民, の近世史上, の近代風景, の野心的, の隅ずみ, の風土特有, はおろか世界中, は人材, は北支那, は日本民族独特, は未だ, は負ける, へはその, へペルシャ研究, へ遁, を去った, を師, を本当に, を民主化, 全国民, 全國, 及び世界各国

▼ ずいつも~ (127, 0.1%)

7 のよう 2 おなじほどの, のとおり, よりかえって, 同じ量

1 [112件] あの, いいつけられた通り, うすら寒いすばしこさ, お弱くっ, お水, かう言, かくしに, この聖霊, しーん, そのこと, その外, どの船, なにかしら, のあの, のお上さん, の悪い, の薫, の親しい, の足取り, の身装, は, はたった, は心, は聞こえる, ひとりきりで, ひどく疲れはてた, ぼくは, よりかその, よりかも, より早く, より疾く, シムボリックであった, ヒレを, リアクショナルな, 一人極めの, 一種の, 不平や, 主観の, 二人で, 二人にばかり, 人に, 他の, 伊予から, 偸み, 働いて, 充分な, 冗談という, 受けるとこ, 同じ間隔, 名状の, 呑ンだくれ, 和服に, 商売が, 四方八方を, 外で, 奥御殿に, 完全に, 家敷の, 寂然として, 寝て, 対象を, 将軍尊氏の, 彼の, 後へ, 微笑を, 心に, 心理的抵抗が, 忙しい世界, 忙しく暮し, 恥かし氣に, 悦子より, 悪い醜い方面, 手遅れだ, 敬虔の, 新しい村, 斷片的な, 旅行癖に, 最良の, 最高点で, 机に, 様々の, 権柄であった, 次の, 水中を, 沈黙を, 消極的な, 涎を, 滅多に, 漢字と共に, 片目まばゆ, 独りで, 真剣そのものといった, 短いゆとり, 私一人です, 耻かし気に, 肩を, 自分が, 自分の, 自分等だけの, 自己の, 落付いた, 街頭で, 襷掛けの, 見込の, 赤い顔, 跣足で, 路傍の, 身辺で, 車の, 関羽や, 雲のか, 鳥の

▼ ず其の~ (127, 0.1%)

4 中に 3 考に 2 一たび重大なる, 主義綱領は, 他の, 内閣は, 割合に, 政治の, 目的未だ, 足で

1 [104件] くらいの事, ことが, ことに, ほか峯打ち, ま, まこと, まま立っ, 一切に, 一塊物の, 上に, 上下に, 世態人情を, 中私の, 中途は, 予期したる, 事が, 人々が, 人としての, 人の, 人一たびは, 人情に, 他種々, 代りとして, 位置たる, 作の, 作物が, 儘崩折れる, 儘船の, 内追, 初めに, 前を, 前後徳川征討の, 功を, 勇に, 反對, 名も, 名声は, 名聲, 土地の, 多くは, 夜は, 夜通して, 妙を, 嫁の, 子を, 子を以て, 子政豊に, 存する, 実は驚くべき, 将来の, 將來の, 属僚の, 屬僚の, 岩の, 心を, 思想と共に, 恩恵に, 手と, 挿絵の, 政府党らしき, 政府黨らしき, 文の, 日其の, 旧事, 望みを, 本の, 本物の, 東を, 根底に, 様な, 権勢を, 權勢を, 死体まで, 法則と, 爲すべから, 爲すべき, 牲を, 當時一般の, 看護も, 真実性を, 真情をも, 瞳は, 社会的境遇は, 社會的境遇は, 神通力によ, 筆記を, 紅葉を, 経典の, 結果が, 胸中を, 胸算用を, 製作に, 語るところ, 説の, 豫期したる, 身の, 軍勢は, 進歩の, 間は, 関係者の, 關係者の, 隣接する, 香を, 魂までも

▼ ず二人~ (124, 0.1%)

4 の間 3 の子供 2 が二人, で桶, ともしばらく, の娘, の武士, の者

1 [105件] からそっと, がいのち, がお, がこの, がめぐりあった, が銀座, でずんずん, ではじめて, でひと, でもします, で仲直り, で喋り, で暗く, で涙, ともつかず, とも傷, とも四十, とも四十位, とも好き勝手, とも微行, とも私, ながら何となく, ならずさまざま, ならず土蔵, にまで結婚, に浴びせかけた, に電気鳩, のいう, のうち, のかこむ, のからだ, のどちら, の一方, の両親, の中, の交通労働者氏, の人物, の仲, の前, の友, の収入, の名, の姿, の婦, の巨漢, の思想家, の方, の日本人, の水夫, の生酔い, の男, の男の子, の盗賊, の相違, の耳, の話, の話し, の談話, の跫音, の頭, の顔, の駕籠, はあくまで, はいかにも, はいた, はお, はその, はそのまま, はどんどん, はなかなか, はますます, はもう, はゆっくり, はようやく, はわれ, はピッタリ, は丁度, は今, は仲, は全く, は全国二府二十二県, は固く, は尠, は愛し合っ, は戦った, は抱き合っ, は本門寺, は母, は熟, は異, は綱利, は美しい, は自分, は言い, までに見られ, まで同時に, まで殺した, もあっ, もまっすぐ, もまつ, を脅かし, を見, を離し, 来て, 欺くんじや

▼ ず~ (124, 0.1%)

5 といはず 4 の人 3 というもの, の方 2 に制服, の声, の浮気

1 [103件] がお払い箱, がその, が他, が加集, が敢, が特別彼, が男, が男の子, が良夫, であった, でだんだん, でつひ, でない女, でもです, という響, として侮蔑, と生活, と酒, ならば, なんぞを引きずり込まれ, にかけての成功率, にからかいかける, について云われる, には上さん, にひきずられ, にもあらぬ, にも非, に凝る, に向う, に囁い, に対したとえば, に掛け, に深入り, に見せ, に近づかず, に霊魂, のうえ, のくせ, のこんな, のそば, のなまめいた, のみがそれ, のもと, のわるく, の上っ張り, の不審, の何, の前, の反抗, の心, の感傷, の感覚, の手, の持ち, の操, の歩調, の用, の眠り, の知った, の節制, の胸, の許, の話, の農作, の道自然, の鑑定, の顔, はこう, はしんみり, は切符, は恐る恐る, は悄然, は惑わされ, は本当に, は極めて, は歩き出します, は突然, ばかりが三人, ばかりの党, ほど頼み, もまた, も出, も本心, も為す, も男, よりは金, をつくっ, を信ぜず, を大事, を攫っ, を求めざる, を物色, を相手, を知らず, を見る, を追, を逮捕, 事務員たちの, 何すれぞ守るべき, 学校にも, 弁護士と迄, 親だけ, 遊びも

▼ ずここ~ (122, 0.1%)

3 にある, まで来 2 にまた

1 [114件] からは淀, から入る, でお, でお目にかかった, では却つて, では実は, では思わざる, でめぐり合っ, でも大切, でわざわざ, で一応, で一生, で会う, で出会った, で啖呵, で喧嘩, で打ち切っ, で明らか, で木のぼり, で清算, で身, にあっ, にい, にいつか二年, にいられる, にいる, においてかその, において前後, において守らざるべからず, において攻めざるべからず, において貴族, にぐずぐず, にさえ逃れれ, にずら, には, にはげしい, には一つ, には何かしら奇態, には依然として, には樹, には水軍, には省略, にもう, にも多分, にわし, にツチハリ, にパーシウス, に二, に來, に來集, に入城, に全く, に在る, に坐った, に実験, に待っ, に挙げる, に攻め, に新しい, に新た, に於, に日本, に来かかり, に着い, に立っ, に紹介, に至りし, に詳説, に語らせ, に集っ, の助手さんたち, の国庁, の士風, の屋敷, の息子, の本陣, の林, の氏子, の海, の造船作業, はこう, はぜひ, は一歩自重, は一番, は引っ返し, は彼, は御, は掛茶家, は死, は殆ど通路, は眼, への入国, へやって来る, へ伴っ, へ合流, へ姿, へ来, へ来る, へ死に, へ相談, へ茣蓙, へ足, へ響い, まで来た, まで送っ, もクビ, も互い, を以て君子, を以て果たさず, を歩い, を発っ, を立つ, を落ちろ, を飛び出し

▼ ずあの~ (121, 0.1%)

3 ような, 人が, 男は 2 やうに, ように, バカ, 人の, 人は, 別れの, 娘の, 男の, 番頭は, 説教の

1 [92件] お化粧気, ほっそりした, オオデンゼの, ギルドから, クレインが, トマス・ア・ケンピスの, バクー大学の, ピンク色の, 一年の, 一敗を, 一角は, 上階の, 不思議な, 乱酔を, 二人の, 二通の, 人だけ, 人に, 仁の, 作品を, 傷は, 公主の, 凄艶無比, 分なら, 剣の, 古雅な, 品物が, 善良なみいどん, 場へ, 壁の, 大名の, 奇怪な, 奥さんが, 女にも, 女の, 妙に, 妙法様が, 娘に関しては, 婆さん天晴れ術者でございます, 子に, 子の, 家に, 宿へ, 峰へ, 年に, 幻想の, 幽遠の, 恐ろしい音, 憲法の, 折の, 方が, 日誌じゃ, 昼には, 時は, 時以来澄江の, 時長浜から, 暗黒を, 水底の, 沢は, 淋しい薄暗い山道, 深いしわ, 清川侯邸の, 火精よ, 燃えさかる火, 燃える瞳, 爺は, 狼藉の, 猪口で, 生真面目な, 男が, 男でしょう, 皿が, 筒提灯だった, 者たちを, 胴も, 計画だの, 読谷山地方に, 贋金使いに, 赤坂の, 躾の, 通りに, 連判状が, 運命的な, 重い砲丸, 金は, 関所の, 際お, 飄逸な, 飴屋は, 駝鳥の, 騷ぎもよそに誰かを, 高窓

▼ ず~ (118, 0.1%)

12 うして 11 ういふ 8 ふらふ 5 うした 4 みを 3 つさ, つさと, みに 2 う云つて, う思ひました, はらずの, びしくてそれにむしゃくしゃして仕方ない

1 [61件] あっしは, う, ういつて, ういふと, ういふとき自分, ういふ批評, ういふ頭, うかな, うさう, うだはからずだ, うも, う不自由, う云, う云つた時, う口走つ, う口走らず, う叫ばず, う叫んだ, う声, う思ふ, う悪口, う感心, う考へる, う訊き返さう, お前の, お母さんに, がはっきり, ぐりさぐり米友の, こりゃお時さん, だから神様, にあらず, はつた, はらずに, はりし故人某, はる同志, は思ひ, びしがりゐつ赤き, びしくなつていきなり, ふらふか, へ織, み, みか, みとて, みながら, みは, もあるべきである, やら葉, ような, よく勉強, わざ立て, ッき, ッと, 下宿屋家業まで, 中川勘右衛門を, 九州へ, 仕方が, 気が, 瀬ぶ, 簪だ, 茶も, 足も

▼ ず~ (115, 0.1%)

4 ならん 3 うたてあり 2 すが, はかなはず, ふ, われ恋ひ, 御歌を, 泣く涙, 駈けたり

1 [94件] ありけり, ありねかし, あれ, あれ今, うたてけに, うどかのみ, うららか, おろかさよ, お念仏, かれ妾, く, くる, この, すな, その后, その御船, その神, でございます, なにを, なほありけり, なほその, なほ大, ならじと, ならない, ならないの, ならない雑言, ならぬ, ならぬこと, ならぬぞ, ならぬみだら, ならぬ事, ならぬ申し条, ならぬ隠し人, ならねえ色, なりませぬぞ, はたとせを, はつひ, はねて, ふ信条, ふ思想, ましけり, みじかに, やいと心づよし, よみける, よるは, ハはりへ, 今ぞ, 今日け, 今日の, 八拳須心前に, 其処さへ, 其御子を, 内より, 友は, 取らずかも, 古りに, 君を, 吾は, 告り, 呼ばなくに, 哭きいさ, 夕帰る, 大后, 寂し三四, 寝たれども, 御琴, 忍ぶる, 怠に, 怠緩, 惚めたまひき, 愛しきやし, 我恋ひ, 日ながく, 日長く, 明日の, 暮れて, 染色黝し, 桜は, 梅の, 榜ぐらむ, 母父に, 物思はしめ, 相戰ひき, 置きつ, 荒草立ちぬ, 莠しげ, 蝨等は, 行かむ, 衰へ, 遂に海, 過ち作れる, 長き春日, 障子いつ, 隠ります事

▼ ずとは~ (115, 0.1%)

5 このこと 3 云ひ, 古今の 2 これも, 何を, 至極の, 言ひ

1 [96件] いいがたい, いいながら, いいにくい, いうや, いえ, いえあれ, いえお前, いえとにかく, いえ探偵小説, いえ詮索, いかにも人間らしく, いはじ, いへ, ええところ, けんか一つした, ここの, この事ぢ, この人, この類これ, これを, これチルゴーが, その文句自体, なんという, ひどく綺麗, まだ悟れぬ, まだ道破, よく云った, よく申した, よく言った, 三楽の, 争われぬが, 二人の, 云い難し, 云うもの, 云は, 人は, 仰せられ候えども, 何という, 何の, 何をか, 何事ぞ, 何事だ, 何處まで, 余の, 侍奉公の, 保証出来ざる, 元来余計, 先年度々, 切ない話, 即ち菊, 取りも, 古きより, 古人も, 古今世界中に, 君の, 吾友フエデリゴの, 大黒天神を, 女子供までが, 如此の, 嫌疑を, 孔子も, 寡黙を, 尤至極の, 御当家, 徳化も, 心に, 志ある, 念入りたる, 思うが, 思はず, 我は, 我輩は, 我輩も, 戰爭だけに, 断言の, 斯くても, 是なり, 是れ, 枝に, 歌人俳諧師等が, 正にこの, 父子の, 父母たる者は, 申しながら, 申し候, 申せ三軍, 真の, 笑ふべき, 解しがたし, 言いながら, 言ふ, 言譯これに, 謂へ, 貞女が, 驕れるもの如何, 鼠の

▼ ず更に~ (115, 0.1%)

5 進んで 3 他の 2 これに, これを, それは, またその, 善く馬車, 皇帝の, 第二

1 [93件] あらゆる点, こういう主題, この土地, すべての, その価値, その危険, その増加, その富, その最後, その申口, その立脚地, その背後, その貨幣, その貨物, その進展, その間の, それが, は偽り, またこの, またより, また二百年, また多く, また必然的独占物, また永続的, また額, 一つの, 一段の, 不思議な, 人間の, 個人の, 儒家の, 其角が, 加うる, 又, 又この, 又世論, 各一結婚, 唇形科の, 喰料にも, 嗜好や, 土人及び, 地主に, 地代として, 声を, 大きな複数, 奥の, 奥へ, 奧の, 宇宙の, 実践的概念として, 家族扶養の, 将来の, 幸福だつた, 幾日かかる, 彼の, 彼は, 彼らが, 彼らの, 彼れ, 彼及び, 彼等二人に, 心理現象は, 忠実に, 思想的経済的政治的社会的の, 悪化する, 手が, 改訂を, 新に, 映画など, 本党, 本黨, 枢機官職と, 梅沢君を, 極端に, 死体の, 王国内の, 理解されるべき, 理論的世界観, 画を, 祭壇の, 租税という, 秦を, 競走に, 良質の, 薩長彈劾の, 製造必要品の, 貴金属の, 資本の, 起って, 邸内に, 門人村岡晋を, 頭を, 驚いたこと

▼ ずといふ~ (112, 0.1%)

9 ことなし 5 事なし 4 有樣 3 のが, やうな, 次第か, 風に 2 ことを, といへども, 句が

1 [76件] がなるほど, がね, が人, くらゐだ, ことが, ことだけは, ことである, ことに, ことにな, ことも, ことウェルギリウスの, こと無, さあれ今, といへる, なるそ, のである, のと, のは, はかの, ふうに, ものにも, やうで, やうに, カマジン国の, 一事で, 主張は, 事, 事なり, 事に, 事の, 人あり, 人あれ, 人生観の, 信念です, 前章の, 呑気な, 場合に際して, 如く多年, 律義な, 怠け者の, 意味です, 意味の, 意味よりは, 政治上の, 故に刑, 文句が, 日頃の, 春眠いぎたなく, 極微の, 樣な, 殺鼠剤を, 決心を, 状態に, 精神から, 腹の, 見るべし蕪村, 規則である, 覺悟が, 言葉いかに, 言葉の, 証状を, 説の, 説を, 論, 論旨の, 論法に, 議論に, 身構へで, 軍医の, 近代婦人の, 遺旨, 顔を, 風な, 風の, 風を, 點より

▼ ず~ (112, 0.1%)

12 れを 4 に反し 2 が世間, は必ずしも, れ詩人, を統一

1 [88件] からはずれた, から区別, が当った, が極めて, が為, が為め, が結局, である, と相, と相容れない, と矛盾, と通信, になる, によって自然科学, に依らない, に入り, に因り, に就い, に引代, に応ずる, に抵抗, に次ぎ, に羊脯, に逆, に遭え, は云わ, は何, は全く, は前, は双, は外, は生物学的, は相対化, は空間的, は階級意識, は駸々乎, ほど国, れが, れに, れ実に, をめぐり, を久しゅう, を以て研究, を公, を出す, を半, を収録, を取, を叱咤, を同じ, を問, を夢, を大きく, を天下, を山, を彼, を恐るる死の如し, を愛する, を戒むる色, を折らず, を抜き去らん, を摂取, を撃た, を教法, を数万尺, を本人, を標準, を模刻, を歴史的, を歴史的進歩, を求古楼, を灰, を理解, を発見, を示す, を聽, を腰部, を自分自身, を要し, を試, を諒, を赦さん, を鋳る, を鏡檢, を食, を飮, を首肯, 即ち前

▼ ずどこ~ (108, 0.1%)

3 をどう 2 の家, へ行った

1 [101件] かしっかり, かでずっと, かでねじ, かで栖方, かにかくして, かに実にのんびり, かに懐かしみ, かに生き, かに若い, かに軽微, かの地中, かぶらりと, かへお, かへす, かへ姿, かへ山, かへ逃亡, からが事実, からどうして, からどこ, か中, か優しい, か別, か南, か商い, か堅苦しい, か子供, か山の手, か往還の, か或, か暮し, か気合, か海底, か淋しい, か清楚, か理窟, か肩, か軽々と, か近く, か遊戯, が道, が鼻, でも一体, でも男女二体, でも蛙, でも騎馬歩兵, で逢った, で電車, となくしい, とも知れず, とも知れぬ, にでも追い使われ, にどんな, にもやさしい, にも分らぬ, にも堅固, にも彼処, にも明り, にも筆, にも行かれなくなっ, に住まっ, に彼, に潜ん, に窓, に隠れ, に風, のどなた, の国, の女, の馬の骨, へいった, へか姿, へでも入り込ん, へでも歩き, へでも融通, へどう, へ参っ, へ姿, へ往, へ赴こう, までもあるい, までもお, までもこの, までもその, までもつい, までも主人, までも些末, までも優しく親し, までも客観的, までも弱い, までも日本, までも明瞭, までも瀬戸内海, までも蔭, までも親切, までも追っかけ, まで客観, まで行っ, まで高く, も鉄扉, やら神経質

▼ ずそう~ (107, 0.1%)

13 かといっ 10 して 8 かと云っ 6 かと言っ 5 いって 3 なると, なるの 2 だと, やって

1 [55件] いったが, かといつ, かと云つて, かと軽く, かと頷いた, させられて, しなければ, すりゃあれ, すること, せざるを, だった, だったら迚, だとも, だ一昨日, であった, ですとも, でないかも, でないもの, でない場合, でない話対手, でなくてさえも, とし, と決まれ, なったもの, なったら万事休す, なって, なるまいと, なん, に博士, に食らう, はならず, 不自由なく, 主張出来る, 云うと, 云う圏境, 云う後天的思想, 云う心, 努力し, 古くない, 叫ばずには, 叫んで, 多く愛し, 大勢と, 大胆に, 小声で, 差別されなくなった, 思うと, 思った時, 把握した, 気にも, 答えた, 致すこと, 行動しなけれ, 言った, 読むし

▼ ず~ (107, 0.1%)

2 せつにおもうべし, に疲れたる, 寺院を, 汗に, 聲で, 規模の, 部分は, 酒を

1 [91件] あぐらを, くさりなり, そうしづか, それた奴, それた慾望, それた枕, つまらず物, なり, なる危機, なる石柱, な尻, に怪むが, に悩まされる, の男, びらに, ダレの, テントに, ドストヱフスキイ先生こそ, ブカリアを, ムカデを, ムクレの, ランプが, 下手切り, 不安を, 不機嫌で, 不道徳を, 仕掛に, 先輩岡本綺堂先生に, 劇場主義は, 勇猛心を, 包囲網を, 博士の, 友は, 哭して, 地震とばかり, 坐しますによりて, 多数の, 太刀を, 威張りで日本六十余州, 學に, 小便ただ好く, 弁護士という, 往生を, 怪音が, 恩受けた, 悪魔の, 扉を, 損害を, 景気で, 會式の, 検事局そのものの, 檣を, 殿様はじめ若殿様に, 母病気に, 氷山なら, 汗だくで, 浪の, 海人の, 渦巻の, 満悦で, 濠へ, 版の, 理想なりと, 町人は, 百姓, 盾の, 祭日にも, 福運を, 聲に, 胆で, 胆に, 自然と, 芸術を, 苦しみ汗かきつ, 英彦全体を, 親分で, 詩人の, 變が, 變な, 變の, 躰に, 辻を, 道場の, 部分外国の, 金庫の, 鉱脈が, 閻魔と, 音に, 飢饉に, 體南朝の, 鼓の

▼ ず~ (106, 0.1%)

5 の上 4 といわず, の中 2 がさがり, と云わず, に上らず, に入れ, の周囲, をがくんと, を下げた, を丸め, を掻い

1 [75件] からこの, からふりかけました, からガン, からショール, から云った, から何杯, から押え付け, から押しつけ, から狐, から現実, から落ちよう, から蒲団, から身, がしんしん, がどうか, がふらつい, がイライラ, が下がりました, が割れる, が痛, が非常, だけを下げる, だけ遠く, では間断, にのせる, に兜, に入れる, に浮かん, に眼, に近き, に響く, のいたき, のつるりと, のよ, の力, の君, の慈姑, の改善, の毛, の頂辺, の高い, は妙, は止すまら, は燃える, は蓬, べを垂れ, もふらず, も上, も上げず, も下げない, も五分刈, も出さず, も動かさず, をあげ, をかきかき, をかしげました, をさげ, をふらず, をもち, を下げぬ, を丸坊主, を使う, を先, を垂れた, を布団, を悩ました, を悪く, を挙げ, を掻く, を掻廻, を数字, を暗く, を留める, を痛める, を高く

▼ ず~ (105, 0.1%)

6 の前 3 を閉じ 2 が潤む, のさめし, ふたぎて, も見えず, をそらし, を覺, を閉じた

1 [82件] ありて, がまわり, が一つ, が見えなく, が覚めた, くばせも, じろぎもしないですたすたと, です, でたく, で下女, なんぞは水晶, には見れ, に両手, に入, に入れたい, に映じた, に立たぬ, に袖, に見えない, に見える, に見る, のそむけられる, のただれた, の中, の動き, の届く, の縁, の見えない, はただ, はまっすぐ, は星, は藍光, は蠣, ばかりいたずら, ばかりぱちぱち, へチリ, まじろがず佐沼, まじろがず口, まじろぎも, まぜで, もなし, も向けず, も放さず, も見えなくなっ, も鼻, をかけ, をさまさせられた, をさまし, をさました, をさましました, をさます, をしば, をそばだたしめる, をそばだてた, をつぶった, をつぶつて, をつぶり, をとじた, をはなす, をぱちくり, をふさぐ, をみはった, をパチパチ, を上げ, を光らせ, を外した, を大きく, を定めた, を常に, を打たれ, を掩, を擧げ, を正面, を煩っ, を聳, を見合わせ, を通し, を遠く, を閉ぢ, を開いた, を開ける, 眩しくとうとう

▼ ず~ (104, 0.1%)

5 あつた 3 げすから

1 [96件] あらうと, いる人, お茶を, がたがた震える, げす何, このこまやか, さまよって, しりきれとんぼ, すぐ引きとっ, すむかも, その時分, たずねた揚句, できる商売, どうも, もござりませぬから, もござりませぬが, もすぐになほるのです, もって, やって, やめて, ゐるしさ, ゐる人, カステラの, ゲス, コンナ船の, フランスを, ヤ繁ア死ん, 下火に, 二百年も, 五両其の, 仕事を, 仕様が, 仕様がねえ, 仲よく暮し, 働いて, 働き通したの, 入っしゃいますから, 兩方とも, 却って気, 向きあって, 呆然と, 喰べ, 四方を, 困り切って, 囲った楽屋, 堪らない, 場所は, 大役が, 夫の, 対陣し, 居るの, 居る沖仲仕, 彼女は, 後家に, 我慢し, 手前を, 捜しあぐんで, 描けめ, 暮して, 暮らした, 歩く, 毛唐から, 深山の, 煩悶し, 物足りない気, 生きて, 生まれましたの, 病死する, 眼張が, 私は, 稼がせるほか, 笑うべき田舎者, 終りが, 絶えず心, 継母の, 美しくつくられた, 聞き流して, 聴衆には, 臆病で, 良書カード, 薄暗い風景, 行けるところ, 行けるよう, 行軍し, 見ン事, 解せずで, 話が, 蹲まっ, 迷い歩いた兵隊, 追いかけて, 逼塞し, 金が, 雑誌を, 雲の上にばかり, 飮んで, 黙々とやっ

▼ ず~ (104, 0.1%)

5 を出し 4 を上げ, を立て 3 を出した 2 もきこえず, も出せない, も立てず, をかけ, をたて, をのん, を出す, を放つ, を立てる

1 [70件] あげて, がタンタン, が大きく, が曇っ, が荒く, せず一人丈長, だかに, だけが聞え, だけが聞えた, だけが聞えました, と動作, に出し, のある, のする, の優しい, の聞, はひ, はまだ, は優しかっ, ばかり残る, ふるひ耳遠く, もい, もごく, もしない, もしなかった, もなく, も凜, も出さうな, も出し得ず, も出ず, も出ませぬ, も合わせられず, も大きく, も決して, も無く, も立てません, も聞えず, も聞かなかった, も聞かなかったら, も聞き得ぬ, をうち, をかけよう, をかけられ, をからし, をしる, をそろえ, をはずませ, をはなつた, を低め, を出さう, を励まし, を吃らせ, を合, を嗄らし, を密め, を張り挙げ, を懸ける, を挙げ, を挙げよう, を掛け, を掛けた, を揚げ, を放ちました, を立てず, を立てた, を継い, を養生, を高め, 細くし, 高く叫ん

▼ ず人間~ (103, 0.1%)

3 と自然, の歴史 2 の力, の社会, の運命, は変化

1 [89件] ありのままな, からの持てあまし, がもつ, が三人以上, が文化生活, が誰, たると, だってこと, というもの, という名, としてこれ, としてはなおさら, として最も, とはこういう, とはそんな, とは全く, と人間, と社会, と言わず, なら人間, なり, において, にはそういう, にむかっ, にもあらず, にもなり得ない, に一種, に不完全, に対して動く, に対する愛着, のより, の中, の住む, の典型, の可能性, の周囲, の善惡, の声, の多く, の大, の子, の存在, の宿命, の延長, の形, の心血, の性質, の愛, の感情, の文化, の方, の智能, の本能, の物質, の生, の生活, の相集つて社界, の眼, の社会的, の神性, の神経麻痺性, の窮通, の精神生活そのもの, の糞, の聲, の肉体, の自信, の血液, の証跡, の食べる, はいつも, はそれ, は人間, は形而上的, は恋, は自分, は貧乏, は遂に, ばなれした, もとんび, も亦, をその, を以て始まり, を又, を成長, を立て, を自然, を見, 到るところ

▼ ず~ (103, 0.1%)

5 も彼 4 れも 2 ならむたまぎる声, にも興味, にも顧みられず, も, もその, 言うと

1 [82件] かほか, からも勧められず, からも尊重, か他, か僕, か名誉心, か是, か爾, か色, がし, が汝, が造りし, しもそう, しも経験, だって肉親, でもそれ, でもやつ, でも出来る, でも創造, でも気, でも空中, でも考え, でも表, でも食糧一荷, とでも杯, とでも腹蔵, とでも酒, との交際, と一緒, と共にか曾遊, にでもこの, にでも不快, にでも笑いかけ, にともなく, にも心配, にも構わず, にも知らせず, にも聞かなかった, にも逆らわなかった, にも逢, にも逢いたがりませんでした, にも遇わず, に会, に言う, のせい, のもの, の唇, の声, の好み, の妻, の姿, の言う, の言葉, ひとり愛するで, ひとり知らぬ, もあなた方, もがそれ, もが来かかろう, もが食傷, もこっち, もまだ, も云う, も居ない, も思わない, も批判, も疑い, も知っ, も知らぬ, も秀子, も蚤, も説き及んだ, も返事, も連れぬ, より先, れに, れにも, れもが, をその, をも愛さず, をも訪ね, を助太刀, を縛

▼ ずまひ~ (101, 0.1%)

18 を直し 5 を正し 4 さながらで, を幾分 3 をなほした, を直した 2 である, の身, をし, を直しました, 振りさ

1 [54件] かうして, がとても, が何ん, が前方遙, が武藏野, が野分, この風, して, ですが, で例, にもげに, にも街路樹, に堪へられなかつた, に春以来君, に返り, のこと, のなぐ, のみ致, のやう, のわれら, の人, の地藏尊, の崩れ, の杣猟夫, はさすが, はすさまじい, はみな, は一錢銅貨, は安価低調, は石濤, は路, もた, も取り乱し, も可愛らしく, も眼, も道, をただし, をなほさう, を仰ぎ見, を叙, を崩さなかつた, を崩した, を改めた, を改めて, を更に, を正された, を正した, を正したらしく, を直さう, を立て直した, を考へ, を見る, 白い水, 直して

▼ ず常に~ (101, 0.1%)

2 これに, もあらず, ホーマアの, 前の, 各大臣, 夫の

1 [89件] これらと, さうい, しめって, そこから, その反対物, その模写作用, その言文一致, たのしく大概, は閉じ, ほうらつで, もがもな常, よい趣味, 一定の, 一義的に, 一貫した, 不変な, 世俗から, 中庸を, 予期しなけれ, 人に, 人目を, 仁義という, 何か, 冗談や, 半開きで, 同一な, 執柄者が, 外出がちで, 多くの, 大阪商人の, 失わざら, 女形の, 好ましい刺激, 子供らしい, 子孫に, 宜しきに, 少佐と, 屋根に, 左右に, 常識的で, 平均結婚年齢に, 弓矢を, 心着け, 怒って, 思想發表の, 恋しくばかり, 我といふ, 或距, 技巧的なる, 昂然と, 春信の, 春琴を, 暴酒は, 武芸を, 満足な, 溌剌と, 特殊の, 独自の, 現実の, 生きかえる力, 田の, 白粉などを, 白綿を, 直線的に, 礼節を, 私たちの, 経済法律の, 絶対に, 自分の, 自己解剖の, 萬物の, 董卓の, 袂時計を, 袞竜の袖下に, 袞龍の, 言葉の, 誠実な, 論理として, 議論の, 軽く軟かき感情, 返事が, 通行人から, 逢見て, 進歩と, 遠く人里, 金剛草履を, 門弟等を, 養性に, 黒き袈裟

▼ ず~ (101, 0.1%)

46 して 4 も何, も其の 3 るに 2 も前者, も唯, も尚, も閣下

1 [36件] かも之, かも恒, かも意, してこ, も, もこの, もそう, もその, もそれ, もそれら, もちゃんと, もまた, も人, も他, も国家合唱, も多く, も子供, も市中, も得意, も文学者, も晴やか, も木造, も此, も真実, も福, も私, も科学的, も聊, も自分, も芸術, も衰弱, も詩人, も話そのもの, も諸, も過去, れども

▼ ずなお~ (99, 0.1%)

4 これを

1 [95件] いろいろ山, かかる迷信, かくあるべき, この上, この区別撤廃, この旗竿, この書, しばらくの, じろじろ見, すすんで, その人, その先, その根拠, ぱちくりと, むなしい死守, もう一つ, イデオロギーの, オシラ神の, スルスルと, 一の, 一人の, 一学者としての, 一層青々と, 上の空で, 且つ之, 且つ科学的認識, 且つ科学研究上, 世人の, 世界の, 今日に, 他人によって, 低くうなだれ, 何か, 依然として我々, 依然として社会, 全然季題, 典型的な, 凝然と, 前に, 原隊に, 口を, 右の, 同一傾向, 君に, 坊ちゃんで, 大きな声, 大悪, 奇怪にも, 女同士, 対象的客体的に, 尽くせるだけの, 屏風に, 幕府の, 当時の, 彼は, 彼らの, 懸命に, 成長した, 或る, 手首を, 技術と, 拮据経営あるいは, 文芸に, 新らしい, 未丁年状態, 本来の, 根よく, 樹下に, 注意深い区別, 無数の, 無限なる, 猛攻を, 甚三は, 白, 相当の, 知らぬ間, 社会的, 禅坊主の, 米友は, 背後には, 自己の, 自由主義が, 花紅葉につけ, 芸術家が, 著しい封建制, 調子はずれな, 諸境, 貧富智愚の, 通り過ぎようと, 進んで, 都の, 鎖国の, 長らえあと, 長防革命的運動, 魂は

▼ ず遂に~ (97, 0.1%)

2 はその, 今日に

1 [93件] あしたは, おきまり, かかる怪物, そこまでは, その何れ, その夜, その現実, その頭上, とび出して, はやはり, は大将, は私, は食物, われわれの, ツルリと, トラックを, 一人も, 一部分を, 七ヶ月目と, 三日目に, 不本意, 中河与一氏の, 乳飲児, 二十圓程の, 云った, 五年も, 会社を, 修行を, 其大を, 同氏の, 命令的に, 図書館の, 売れ残つたの, 多病を以て, 夜が, 大坂の, 天皇の, 天神の, 夫人と, 女性を, 官費で, 実行に, 寸磔せらる, 小頭組合を, 巌に, 弥次馬と, 彼は, 恨を, 悲愴なる, 憚れ, 或店, 手に, 打破的革命派の, 捗々しき事, 政府は, 最近問題に, 東雲まで, 果無い, 死を, 水戸の, 永眠仕, 江戸町一丁目辨天屋の, 清雅の, 澄見の, 煮たつて, 狂ほしき, 病と, 病魔に, 矢川氏を, 神と, 空間が, 籠城説が, 絶好の, 腐り果てて, 自由黨を, 舞台に, 船に, 芸術の, 行くこと, 行く所, 襄陽方面へ, 西加茂なる, 警察まで, 財政委員會席に, 赴くところ, 軽率とは, 辭表を, 闇の, 防火服や, 革命は, 須原の, 風間は, 鴨川の

▼ ずすぐ~ (96, 0.1%)

3 そのあと 2 兄の

1 [91件] あとには, うつむいて, お目通り, その一本, その足, そばへ, とその, なんでも, に, にうとうと, にうなずい, にその, には手出し, にほっそり, にまた, に三郎, に下駄, に代っ, に体操, に勅, に又, に夜, に大声, に嫁女, に安く, に彼, に後方, に忘れ, に手, に気, に産土神, に疲れはて, に眼, に磯貝, に移り住もう, に竹籠, に線路, に訊いた, に許し, に起き, に跡, に飽き, ひどく居心地, またかぶせ, またぐったり, ボーイたちに, 二丁目の, 二夫人の, 仕事に, 傍に, 僕に, 入湯朝食, 出さねば, 劉皇叔の, 召使たちへ, 吉野川を, 坂を, 坐り盤面, 外へ, 奥の, 奥へ, 姿が, 寝房, 屯所から, 帝に, 帰って, 帰ると, 待合室に, 手下に, 承諾の, 教えて, 様一般的な, 次ぎの, 田舎で, 矢代と, 矢代の, 立場を, 紅茶を, 義太夫を, 肚の, 自分の, 行水の, 表に, 見付かるでせう, 返済しなけれ, 通せと, 鎌倉へ, 門を, 食堂で, 馬に, 馬を

▼ ずじまい~ (95, 0.1%)

9 であった, になっ 8 になった 4 だった 3 だ, になる 2 だったが, であったが, であったの, でただ, ではあっ, になりました, に終っ

1 [45件] じゃない, だったし, だったという, だったの, だったらしいが, だった検事団, だと, であったこと, であったという, であったろうか, であっても, でいつか沙汰やみ, でしばらく, で一同, で今日, で帰っ, にこの世, にさぞ, にし, にした, にその, になされた, になっちゃう, になり, になるだろう, にまして, にむなしく, に三人, に五十, に今日, に兄, に唯, に帰っ, に江戸駒込, に発っ, に終った, に終られる, に終り, に終るであろう, に過ごし, に郷里, に骨, の人, の処, の形

▼ ず~ (94, 0.1%)

6 といわず 4 になる 3 が明ける, の白む, も昼 2 に日, の眼, はしみじみ, は月, も眠られぬ, を行く

1 [63件] おそく新聞, がふけた, が更ける, その闇, といわず上っ, といわず喘ぎつづけ, な, にあらざる, にも行, に入っ, に入り, に放てる, に結ぶ, のくらけれ, の九時, の十二時, の十時, の場面, の帰宅時間, の明ける, の更, の燎火, の色, の間, の闇, はいたく, はいつの間にか, はまた, は今, は千鳥, は大きな大きな, は大戸, は尽きじ, は数々, は更け, は更けてるらしかった, は盡きじ, は眠る, は縄, は風, までチカチカ, もおちおち, もなかば, もねむらず, もろくに, も同じ, も晝, も毎晩, も白みかけ, も闇, も駈け, をかけ, を待った, を惜むなり, を捨てず, を日, を明し, を更かし, を更かした, を睡れ, 振と, 更けて, 話しに

▼ ず~ (94, 0.1%)

4 のからだ 2 の姿

1 [88件] から枝, がかかえ, がつい, がやっとどうにか, が一本, が叫び, が大きい, さす立樹, であった, とわかれ, と一緒, にかかつてぐらぐら, には梨, にぴったり, にぶらさがる, にわがまま, に枝そ, に生き残らせ, に目, に相談, に言わせ, のその, のやつ, の下駄, の傍, の叔父, の口, の声, の小さい, の左手, の着物, の肩, の蒲団, の袷, の隙間, の髪, はあわて, はぐうぐう, はすぐ, はすし, はすっと, はその, はたっぷり, はだめ, はなにか, はひくく, はふっと, はほとんど, はまじめ, はまた, はめ, はもっと, はサイダー, はハンケチ, はモダン日本, は一瞬, は傍, は口, は嘉七, は大笑い, は安楽そう, は活気, は特売場, は甘え, は甘栗, は着物, は聞い, は背, は雑誌, もかあい, もだんだん, もつづいた, もときたまふっと, も下手, も台所, も足袋, や幹, をかき分けかき分け, をさしかわし, をはなれ, を店, を張った, を抱きかかえ, を捜した, を死なせ, を自動車, を見る, を連れ

▼ ず~ (92, 0.1%)

2 の作品, の厄介, の手, の視野, も名

1 [82件] がいのこっ, がおろおろ, がここ, がピストル, が乗っ, が勝手, が必死, が植ゑるからと女形, が第, が肉, とし, と家内, にかう, には有効, にも豹, に一人, に上田敏, に似合う, に例, のこの, のはいった, の一家, の人格, の前, の家, の帰り, の心, の思想, の為す, の眼, の考え, の見覚え, の言う, の足さき, の身体, の透谷, の部屋, の隣, の顏, はあて, はあなた, はあらゆる, はその, はそんなに, はとかく, はどうにも, はもう, はやはり, はチェーホフ, は一足, は主, は云った, は今君, は他, は何, は僕, は元来, は危険, は幌, は彼, は怒声, は救済事業, は池上權藏, は決め, は沼尾君, は熱心, は真実, は竿, は絶えず, は苛, は見, は買物, は銀座裏, は非常, は驚いた, もまた, もシャツ, も妻, も話頭, より後, を苦しめ, を選んだ

▼ ずついに~ (90, 0.1%)

1 [90件] お位, お銀様, かれを, ここへ, このさびしい, この男, この議定, この鉱毒問題, さいごまで, その財産生命, その霹靂手段, は, はかの, はこんな, はまったく, は健全, は崖, は彼ら自身, は彼女, は骸子そのもの, 一同滝つぼの, 上に, 主魁九名, 二つの, 今回の, 今夜は, 今日に, 伴われて, 何事をも, 傷ついて, 充分の, 全軍, 出家しなけれ, 労れ死ん, 北亜米利加へ, 双方の, 取り返しの, 合して, 味は, 味覚する, 商品の, 土蔵建築の, 太刀の, 姑息の, 季春が, 宗教へ, 帰りぬ, 座から, 当人は, 彼の, 御意を, 心の, 志を, 意を, 意表に, 捕縛の, 敬太郎という, 新聞に, 明治二十三年の, 昨年末県庁より, 暁を, 暇を, 暴力を, 木立の, 柳州の, 死後その, 民俗までで, 渋民の, 発して, 発見出来なかった, 相手の, 禍いわれに, 立って, 節操を, 自分の, 艸を, 蔓延し, 諸公卿, 諸藩版籍奉還, 財物の, 身体全体が, 返事を, 遠方へ, 金の, 銀行から, 面会を, 顔を, 高氏の, 魏王を, UR

▼ ずよく~ (87, 0.1%)

1 [87件] ある事, おチエ, お札の, かみこなして, この人, これを, その情実, ぞ我, てか, てよく, て高津, できた娘, ない妻君, なったり, まアねえ, まア貞操, もいわずだ, 事物の, 似たり, 似てるの, 似合う黄粉色, 供養なさる, 保たれたと, 個性を, 働いて, 光る眼, 内に, 出来るとの, 判らずに, 刻苦す, 匍って, 受けるが, 呑んだ, 堪えて, 外で, 外国語, 大局を, 大智を, 妬きました, 実って, 寝むと衾, 寢むと衾かつぎ, 工場で, 左大臣家を, 御幣を, 徳を以て, 憶えて, 散じ極めて, 斬り殺されたもの, 日に, 早ねを, 来てるじゃ, 柔順に, 気を, 氣の, 水月の, 泣き立てたが, 泣き立てるので, 活くべき, 物を, 物事の, 用兵にも, 痛は, 眠って, 眠ッた, 眺めて, 私の, 自己の, 苦笑する, 蜀の, 街を, 見た, 見れば, 視ると, 親分の, 解って, 進退し, 遊んで, 運んで, 食ひ, 食べ物などを, 飲むので, 養生した, 饒舌り, 饒舌る, 馬車が, 魏の

▼ ず彼等~ (87, 0.1%)

2 のまん中, の中, の多く, の後ろ, は, は唯, は恋人同志, は私, は閣下

1 [69件] がうるさく, がそれ, がはじめ, が我々, が芸術家, に対して兎角, に対する宛然非人乞食, に比較的, に眺め, に誨, のそうした, のもっ, のローマ字論者, の一人, の作品, の信号体操, の前, の名, の女, の嫉妬, の心, の必要, の思想文藝, の愛, の感傷, の或, の教育, の方, の早熟, の爲, の犯罪, の生活, の着, の誤信, の間, の陳述, の鼻, はあらゆる, はすでに, はそれ, はどんどん, はふたたび, はやって来た, は一時間半, は他, は何, は僅, は劇塲, は口々, は古代, は官爵, は宝石, は我々, は新しい, は曠野, は最初, は現実, は田舎, は砂, は腹の中, は諸方, は避けられ, は静か, は飽くまでも, も亦, をむざむざ, をシベリア, を一, を襲っ

▼ ず~ (87, 0.1%)

3 といわず, を止めた 2 の裏, は棒, をゆるめ, を止め, を紐, を緩め, 重く

1 [67件] がすっと, が向い, ごしら, だけは幸, で水, で踏みにじつた, と言わず, には遊方, には靴, にまかし, にまかせ, に力, のくせ, のさき, のとまる, の向った, の垢, の爪一本, の疲れ, の疵, の速い, の運び, はなるべく, は弱りきっ, は氷, は速度, へも縋らぬ, もその, もまた, も不自由, も二本, も亦, も伸ばせない, も動かさず, も踏まず, も軽く, も餘, よ行く, をすべらし, をそこ, をとめた, をぶらさげ, をぼう, をバタ, を一歩うしろ, を付け, を停めます, を大の字形, を引かれ, を引きずっ, を折り曲げ, を早めました, を止めよう, を洗つて行, を淀ませました, を真直, を緩めた, を縮める, を踏み入れよう, を踏鳴, を蹂, を蹈外, を辷らし, を遮る, を駐, 動かず目, 踏も確

▼ ず~ (86, 0.1%)

8 のよう 3 にまた, のネタ, ゐを 2 がひらめい, づ明るい

1 [65件] いも正しく, かしら, がはしる, が又, ことの, ざるを, しろききぬ, じゃない, つくらな海, づしうしてあたゝかなりいちに, づはじめに九四歩と, づ右手を, づ面わに髪に, にあちこち, にこの, にし, にたとえられる, にもう, にもすぐ, に不義, に二度三度, に人影, に善く, に小, に書く, に歩き続け, に清水山探検, に結婚, に義母, に薄気味悪く, に身, に追いすがり, に通っ, のごとく, のやう, の光, の波, の浦, の渡, はらない舌, ふ, ふに, ふは, ふ見れば, へうる, へられければ, へられたれば, へる納蘇利崑崙八仙, ぼろしの, ぼろし目, ゐで, ゐである, ゐの, ゐをな, ゐ別荘風, ゐ正し, を起す, を降らせた, ん円, 一文字にかけ, 八荒, 形の, 昼にすら, 目が, 言と

▼ ずとて~ (83, 0.1%)

4 之を 2 これを, そを, 人々の, 底をかへ

1 [71件] いかに神林, おのれを, ここにおいてか, しきりにこれ, その死, つねに生活, ひとりでにスルスルと, 一本人妻所有之, 一閑斎味方を, 七郡を, 予は, 人も, 価を, 充分に, 先づ救民小屋造立の, 全然之, 八雲琴月琴などさえ, 兵ども帰りけり, 半時間ほども, 壮年後進の, 声聞と, 夫婦喃々の, 女ども苦情たらだらなり, 専ら其一方, 屡ば, 強いて謁, 彼は, 彼地は, 怒を, 恣に, 悦ぶ者, 或る, 日ごろ熟練, 更に本国, 材料を, 棄つ, 極力計画, 次の, 死ぬる, 淵に, 独りわが家に, 独り我家に, 用ひられざりしか, 留守を, 目を, 福沢先生一篇の, 種々と, 竈辺の, 竊に, 立ちぬる, 筆拭草と, 結婚したる, 縁の, 聴かず, 茲に, 茶の湯生花裁縫諸, 落伍しました, 表向の, 見る間, 見物人に, 謝絶しけれ, 讚め稱へて, 躊躇する, 迎取られし, 遂に母上, 都下の, 金を, 銘々に, 集まる者, 首陽山に, 麾いて

▼ ずそんな~ (82, 0.1%)

7 ことを 3 風に 2 ことには, ものは, 事は, 妓の, 考えを

1 [62件] あれこれが, ことから, ことが, ことだった, ことは, ことまでを, ところに, のは, のを, はいからの, ぼくを, ものが, ものを, わけで, 下手な, 事には, 事ばかり, 事を, 仮名によっては, 余計な, 健康的な, 噂は, 因果を, 埒も, 声を, 多鶴子を, 客の, 山間でない, 御註文, 悔いを, 悪事を, 愚痴を, 慾ばつた要求を, 所で, 手つきを, 手紙は, 断定的な, 方面を, 時が, 時に, 権利は, 気で, 物を, 状態が, 甘い手, 真似を, 空気の, 空疎な, 空疏な, 答へを, 素晴しい, 習慣が, 蠅を, 表現を, 言葉が, 言葉を, 記録も, 話には, 話題を, 道に, 金が, 鳴き声を

▼ ず~ (82, 0.1%)

51 れども 7 らば 2 らざれ, りと, るを

1 [18件] かも日に, かも竟に, かる後, に略海軍, もセリファン, も安心, も徳川氏三百年, も心, も胴体, りとて, りながら, り爾, るのち, るも, れかく, れど, ればこそ, れ共

▼ ず~ (82, 0.1%)

4 といわず 2 が張り裂ける, が迫つた, の上, の中, の奥

1 [68件] がつまつ, がひらけ, がスーッ, がド, がドキドキ, が妙, が混乱, が痛みだす, が鳴り出し, といわず浴びせかけた, ときめかすあやしい, と胸, にあたりついに, にしまつ, にしみ入る, には滿, にひめ, にふれ, にジリジリ, に企ん, に在, に手, に浮んだ, に積, に締つて, のいたき, のうち, のときめき, のふさがる, の嵐, の底, の痛み, の裡, の跳, の迫っ, ははだけ, へのうけ, もはだけた, も腕, も躍る, をあけ, をそそる, をつい, をつまらせ, をどきりと, をはだけ, を一ぱい, を傷めた, を出さずし, を叩いた, を張つて, を張つてスッスッ, を後ろ, を打たれた, を打ち明けよ, を打った, を拡げた, を明かせ, を焦がす, を痛め, を痛めた, を細い, を衝く, を裂かれる, を躍らせ, を躍らせた, を躍らせました, を重く

▼ ずとの~ (81, 0.1%)

3 ことは, 御論 2 一条は, 事なりき, 思想は, 意に, 結論を, 評を, 趣旨の

1 [61件] ことです, ことなり, こと也, こと蒼顔髯濃く, さまも, たまひぬ, たまふ, 一事なり, 一語である, 主人筑前守の, 事でありました, 事である, 事を, 二点に, 仮定から, 仰せに, 信念によって, 信念何人も, 制禁を, 原理を, 問題あれ, 報らせ, 天戒を, 嫌疑の, 弁護の, 引札を, 御事ならん, 御意見, 思想で, 悲観を, 意である, 意味ならん, 意味を, 意外の, 意見で, 故を, 故を以て, 数理を, 旨を, 有力な, 漁夫の, 理由とかにて, 生活であり, 用意に, 結論に, 義, 義のみに, 考えは, 自信を, 菊池氏の, 見解を, 言葉添え, 評判高く, 説なき, 説を, 説明が, 諺も, 譬喩に, 間へ, 非難は, 非難を

▼ ずぼん~ (80, 0.1%)

11 をはいた 5 をはい 4 の隠し, を穿い 2 にまぎれ, の死体, は見あたらない, を求め, を穿いた, を脱ぎ

1 [44件] がいつ, がからみつい, が少し, が鞍, だけもちろん, ちょうど休憩, てん即, でちゃんと, とを着た, と川, と沈んだ, と裏返し, にお, にかじり付い, になほし, には尻尾, にわらぢ, に毛皮, に白い, に白靴, に血, に襞, に黒, のよごれる, のポケット, の上, の人波, の夜業工夫, の大, の寸, の横, の縞, はぃでさ, は出, は半, は膝切り, は黒, へいっぱい, まで粉, をだぶだぶ, をはく, を引き上げ, を端折, 前掛

▼ ず少し~ (80, 0.1%)

2 も早く, も眠る, も驚く, 間を

1 [72件] お轉婆, くれると, ずつよい, づゝよい, でも特需景気, でも自分ら, の手あか, の自由, の課役, はあっけ, は痛め付け, は附き, ばかりでやめ, ばかり水, ばかり血, ふるえながら, ふるへながら, もおしやれ, もこれ, もそれ, も厭, も報恩, も妻, も嫌疑, も彼, も感情, も欺く, も気, も結果, も腹, も親, も迷わず, も醉つて, も音響, わきへ, 上ずったよう, 体の, 兄の, 先には, 前かがみに, 前の, 勉強しすぎた, 危うご, 去つて下, 及び腰に, 及び腰にな, 反り身に, 呆れ顔, 味が, 大きな商店, 太い筆, 張合抜け, 後れて, 御相談, 愚鈍で, 慌てながら, 本を, 歩を, 気が, 気の, 物を, 甘い, 疲労した, 直段, 眇目だ, 眠ると, 突飛な, 舌の, 萎びかけて, 身輕な, 間抜けた, 離れてた

▼ ず~ (79, 0.1%)

3 も見ず 2 にはか, に至り, を追って

1 [70件] からその, から呼び迎える, から尾, から廻った, から汗だく, から私自身, から続く, から追った, しざりを, とはいはず, にいたっ, になっ, にのこし, には, にはみづか, には気絶, には若気, にもあらず, にも従わず, にも退かず, に不愉快, に廻り, に従い, に志, に清朝, に続く, に聖武天皇, に至つて, に至る, に退っ, に遺る, の人, の介抱, の代, の伝説, の優曇法印, の句, の壁際, の我等, の源平時代, の芸術, は宋忠, は彼女, は誰, へしりもち, へまわっ, へも戻れず, へも退かず, へも退かぬ, へも退れない, へ下, へ引っ返した, へ手, へ退く, また魏, までもここ, も亦, よりは兇刃, をふり, を約さず, を見た, を跟, を追, を追う, 南朝と, 宰門から, 文中に, 甲板の, 甲板は, 魏または

▼ ずこと~ (76, 0.1%)

47 もなく 4 もなく立ち去った 2 もなく立ち去っ, も知れぬ

1 [21件] いえど, さらにわれ, なく海, にこのほど, もなくす, もなく去っ, もなく消え去るごとく, もなく立ち去りけり, もなく立去った, もなく走り行く, もなく起こった, もなし, も分らない, も存じませぬ, も知らぬ, も知れず, りとの, 心得て, 思うぞ, 捜しまわって, 知らば

▼ ず一人~ (76, 0.1%)

2 で歩い, は一人, もさしいださざる

1 [70件] いい気持, が, がてんで, が正, だけのこっ, だけ木曾川, でこう, でそんな, では, でふらり, でぼんやり酒, で八役, で六畳, で嘸, で女, で姫君, で帷, で東京行き, で氣, で疲労, で登った, で研究室, で色々, で苦しんだ, で苦労, で走り去る, で部屋, で飲ん, として其目的, として疑わしい, として筆, とぼとぼと, ならず二十三十, に媚態, のうつくしい, の個人, の先覚者, の女, の娘, の子供, の守護霊, の尊敬, の少女, の巡査, の放蕩, の看護者, の短, の美, の老母, の身の上, の鼻液, はニヤリ, は人, は急ぐ, は身, ぽつねんと脇息, も入れず, も同じ, も踏まぬ, ゆっくり横柄, よがりに, 使うよりは, 加わり二人, 思ひ思ふ, 有ったが, 残って, 残らず斬り殺せ, 残らず阿片丁幾, 生き残った妹, 立ち二人

▼ ず~ (75, 0.1%)

2 つたのは, つた爲に, 唐土の

1 [69件] いやもう, お嬢さま気質, お嬢様とが, お転婆で, その他数え切れない, その男, つたと, つた事それより, つた前から, つてあばら家の, つてから, つてしまつ, つても, つて唯一むらの, つて後世間の, つて此上先生に, つて波の, つて跡には, つて轉宿し, つて頻りに, どうにも動きよう, どこでも, どんな乱暴, ながば, なぜならそれ, やつが, ヤンキーたちによ, 一商会が, 一本調子に, 任務を, 口調で, 同類の, 声を, 女で, 奴が, 子でした, 子供で, 容色が, 小なず, 小暴君, 幼稚な, 弟たちばかり, 御母堂, 忰が, 思い上り, 性分が, 我儘な, 日本の, 次郎が, 気持の, 無頼漢の, 発音では, 着ながし, 禁ずべき企図, 英介が, 血が, 親仁で, 話の, 話も, 誓いが, 調子で, 賭け方, 連中を, 運動競技を, 野郎が, 野郎で, 顔し, 顔の, 體は

▼ ずある~ (74, 0.1%)

5 時は, 者は 3 ものは, 夜新聞紙に 2 ときは, とき親戚の, ひは, 人々は

1 [50件] おじけた焦躁, がま, ところは, 一人に, 一室の, 一致を, 人たちには, 作品が, 個所は, 共通の, 垣を, 場合に, 場合には, 夜は, 夜ふろの, 夜また, 夜赤井と, 季節には, 尊きもの, 店が, 意味から, 意味での, 意味では, 数学者の, 日そのうち, 日ふらり, 日巡廻し来れる, 日立ち出でし, 時には, 時の, 時代に, 時代には, 時學士が, 時庭の, 時期における, 時署員が, 点で, 点には, 点まで, 点までは, 物質をも, 理由により, 男の, 異常な, 筋を, 純良なる, 舞踊発表会の, 距離を, 電気工場へ, 題の

▼ ず~ (74, 0.1%)

1 [74件] おのれに, かしかし, そこに, そのま, その声, その甘言, その背, だ南無阿弥陀仏, だ燃え立つ復讐, だ目, なるほど, にもあらで, の堅気, ひとへに, ひとりヒラリ, ひと目あ, ふし沈ん, ぶら, ぼうと, わが前, をり, 一途に, 一間に, 一間にのみ, 世の中はの, 九州の, 云うなり, 他の, 会ったと, 何か, 個人的に, 其水平, 凝然と, 吃驚し, 地団太を, 学校だけで, 小さな虫穴, 彼の, 御互, 御学友, 心あてに, 怖ろ, 感情ばかりにて, 我さきに, 日曜日を, 昇に, 柳の, 椽側に, 歳末に, 氷の, 沈んで, 油で, 狂気の, 獨り, 白くあれ, 目下の, 砂の, 祈りを, 空しく一身一家, 空虚な, 管走り, 脚早き, 自分にて, 興を, 萬一の, 行を, 見ますと, 親指に, 賤しんで, 遠巻きに, 難有, 静かに, 餓死を, 黒光りする

▼ ずあらゆる~ (73, 0.1%)

2 地方の, 建築様式を, 種類の

1 [67件] ものに, ものについても, ものの, ものを, わが国の, 一般の, 主要な, 事物悉く, 享楽の, 人間が, 人間の, 作家大衆文芸作家が, 偏執に, 傑出した, 兵営内の, 創造的な, 動物は, 反撥を, 反物の, 国防の, 場合を, 天下の, 天地の, 実務という, 家財を, 心理作用の, 思惟も, 情熱を, 意味に, 手段を, 支那の, 政治家有名な, 文化が, 文化上の, 文化部面, 文明の, 文芸に, 文芸は, 方面にわたって, 来し方の, 植物に, 権威に, 漁夫は, 点から, 点で, 物から, 物に, 犠牲を, 獨創的な, 生きものは, 生物に, 生物の, 生物殊に, 社会の, 科学について, 立体においても, 職業を通じて, 芸術あるいは, 親戚の, 語を, 部門で, 野卑と, 階級あらゆる, 階級を通じて, 青春が, 音震にも, 食味に対しても

▼ ずいきなり~ (73, 0.1%)

2 久吉に, 引きかえしたが, 背に, 鏡台の

1 [65件] おうち, けたたましい笑い声, こちらの, こちらへ, こつちで, こんな深夜, どこかへ, に雛形, わたくしの, サヨナラと, ノドチンコが, ハンドバッグを, 下男の, 久慈の, 二階へ, 五造の, 井戸辺に, 仕事の, 体じゅうで, 冗談を, 凄い顏, 勝手口から, 十八日の, 単行本として, 声を, 外へ, 奥へ, 工場へ, 後ろ手に, 手近の, 振り向いた, 本名で, 本文を, 柱の, 格子戸を, 棺の, 機先を, 熱り立って, 狆を, 猥談を, 用事に, 男の, 百済観音の, 真青な, 矛を, 突立って, 立ち上がると, 立ち上ると, 肉づき, 肩越しに, 自分の, 蒲団の, 蕎麦まんじゅうを, 裏木戸の, 解れと, 解散を, 責め折檻に, 逃げだして, 道子の, 部屋を, 阿鼻叫喚の, 飛び出した途端, 馬上から, 高橋警部の, 鶴子を

▼ ずまだ~ (73, 0.1%)

2 その上, 余熱を

1 [69件] あったの, いのこって, おゆう, この二三年來, この人達, この念願, この甲府, こんな教育, しぐさも, しと, そういった田園的特色, その標準, どこかに, ぬれて, ほんとうには, ほんの少し, ロシアの, 三つ一も, 不安を, 不明の, 今夜の, 今日でも, 住み込みの, 体操を, 何処やらに, 偉大な, 健康も, 半分ぐらいしか, 喫して, 四十台の, 夜中と, 妻でない, 娘の, 実の, 家に, 店の, 彼を, 思いきって, 愁いには, 打ち騒いで, 支配的に, 故人が, 新しい木標, 新しい紺暖簾, 日本人の, 明るみを, 春の, 朝飯も, 梶は, 歩き続けて, 深く語る, 澄子の, 焔を, 無限に, 牛蒡種に, 私の, 秋の, 結婚の, 続いた, 職業らしい, 肥らないで, 脚氣ばかり, 薄暗かった, 藩は, 語の, 逃げて, 部下に, 風雨さえ, 魚群も

▼ ず全く~ (72, 0.1%)

1 [72件] おとなしくなった, このふくろう, そのよう, その詩趣, の作り笑, の在野, の無, の病犬, の空白時代, の逆風, ワグナーと, 不明に, 久しい旧友, 予想外の, 人の, 今回の, 似合わずいい, 余が, 傍若無人の, 先生と, 反対の, 同一世界, 国防国家の, 姿を, 婦人の, 寿の, 封鎖の, 常を, 心の, 忘れしまったよう, 意味を, 意識に, 我が目, 手に, 手のか, 手足が, 日清戦争中戦場にて, 時代と, 普通自然の, 消息を, 灰燼に, 無事であった, 無智, 無智蒙昧, 無邪気であった, 無関心, 狂人の, 独自の, 生気を, 白昼なり, 真の, 眠りに, 私に, 私は, 経験感覚以外の, 胆を, 自分の, 自力にて, 自己に, 自然に, 自身の, 落城し切っ, 裸で, 豚小屋同様の, 逃る, 闇に, 闇川吉人の, 非人間, 面負けの, 魔障の, 鳴りを, 黙過する

▼ ず~ (71, 0.1%)

5 る程度 3 ひは, る意味, 時は 2 るところ, る人, る勢力, る時, る者, 幻影の, 者は

1 [43件] るときお祖母さん, るバラモン, る一人, る一定, る事実, る人民, る先輩, る勤労条件, る名称, る場合, る場所, る強大, る性格, る日, る時ヒマラヤ山, る時代, る本, る村, る理由, る疑点, る瞬間俄, る神聖, る種, る縁故, る論理学的, る避けること, る限度, 人の, 処にて, 効果を, 士官の, 宿屋へ, 年の, 思想によって, 日ふらり, 日再, 日目科は, 時大きな, 時期までは, 時私が, 程度まで, 種の, 興味を

▼ ず~ (71, 0.1%)

10 二の 6 二に 3 一に 2 一矢の, 三矢の, 二第, 五句九字に, 四次内閣の

1 [42件] 一あれ丈の, 一きたない, 一その, 一てんで, 一どうしたって, 一には, 一三千両を, 一三千兩を, 一予が, 一京都まで, 一公式の, 一回平和会議の, 一家庭の, 一巻として, 一案に対してのみ, 一次五カ年計画が, 一次大戦前後の, 一次欧州大戦以後は, 一氣味が, 一浅草や, 一演出法が, 一番の, 一病婦の, 一絵に, 一聯では, 一鍬の, 一非常に, 三と, 三流国に, 二句想像の, 二回目の, 二図については, 二期既に, 二次世界大戦を, 二次世界戦争の, 二次補充計画に, 二等地が, 二級の, 二軍司令官を, 六には, 十子檀を, 四階級に

▼ ずあるいは~ (70, 0.1%)

1 [70件] おとよ, かえってむしろ必要, かえって忌避, ここでは, ことによる, これを, さとって, そこに, そこには, その人, その原稿, その愉快, その醜, それをも, でたらめの, ひょっとする, ぼんやり笑顔, まったくもたず, むしろ愚作, もうその, クサされる, ツルゲネーフの, ボートを, 一人あり, 三角や, 不縁に, 両親よりの, 人心頑冥固陋に, 仔細に, 例の, 信州などの, 全国の, 別の, 十年二十年中には, 千年後かも, 千年後である, 千辛万苦し, 同志の, 国家の, 土方草などという, 学校から, 少なくともそう考えられるべき, 少なくとも自然, 山の, 思想や, 怪獣の, 文部省あるいは, 日光の, 時々山, 曲解ばかり, 気の, 無二の, 百編で, 皆無には, 目が, 目的を, 真理を, 知ろうと, 禍を, 私の, 稀には, 縁語駄洒落に, 華族の, 行過ぎあるいは, 言語運動ともに, 詐る, 論者の, 諸生, 貶しあるいは, 馬神と

▼ ずこんな~ (69, 0.1%)

7 事を 2 思いを, 調子で

1 [58件] うれしいこと, ことが, ことに, ことを, すさまじい折, てれた笑い, ところに, のは, ふうに, 一つの, 不平を, 不束な, 事ばかり, 人の, 人間の, 他国へ, 冒険を, 出来事が, 名所圖繪にも, 問いを, 問答が, 喋り方, 喧しい調和, 地へ, 場合にも, 場所に, 場所子供芝居の, 女づれを, 娘達だ, 学名が, 寒い真暗, 寧ろ云, 山中の, 工合では, 店に, 怪物を, 悪女に, 情けない境遇, 所に, 所は, 手合ひ, 折にも, 泥水稼業を, 田舎の, 皇室の, 私立学校と, 精神が, 結構な, 肩書も, 見得, 調子でした, 足に, 辛い思い, 返事を, 迷惑な, 遺憾な, 静かな, 風に

▼ ずやがて~ (69, 0.1%)

1 [69件] お隣り, かの慈悲, その名, ちいさな寝台, のこと, の日, は我, は身ふたつ, またこれ, また何処, ゴンクウルアカデミイ, ツカ, ハタと, 一つ二つ口に, 一人で, 一声高く, 一室に, 一般的な, 三十九歳の, 二筋の, 備前の, 切られた窓, 北斗を, 周囲から, 哀れは, 夕陽が, 外に, 夜が, 大崎宇右衛門が, 婆が, 小十郎, 山陰道を通じての, 幕間の, 平気な, 待合を, 御持参, 御用事, 御飯時に, 急速に, 扇橋の, 折あるべし, 持参の, 捜し出されたの, 日が, 曙光の, 朝飯の, 波江は, 物理学に, 生む者, 産業, 発見され, 發見した, 百名の, 監視人たちに, 社会に, 笑ひ, 絵の具を, 絶家の, 絶望へ, 翌る, 船内より, 藪地へ, 袋を, 辞任を, 遅い番所頭, 運んで, 関羽は, 障子を, 霰降る

▼ ず~ (69, 0.1%)

3 に入っ, も溺らす 2 に入れ, に潜っ, に落ち, の流れ, ばかり飲ん

1 [53件] がえられない, が干上ろう, でひやした, と滴り, なども落ち, にあらざる, にあらず, になった, になります, にもおかされず, にもぐる, にも溺れまい, に任せ, に依らずし, に流し, に浸, に浸っ, に溺れず, に腐蝕浸透, のよう, の如き, の干た, の引く, の温度, の絶えざる, は南方, は土地, また水, も入れね, も洩らさぬ, も溶かさぬ, も滴れ, も濁らず, や空気, ゆかず潟, らしい水, をかけ, をこぼしたるなり, をそそがれた, をふりまき, を向けたりき, を呑ん, を巻込む, を掻く, を汲みにかよう, を注入, を浴せられた, を透ます, を離れた, を静的, を飲み, 無くて, 腐りした藁

▼ ず~ (69, 0.1%)

2 いひかければ, にし, の幽, の根

1 [61件] あり物, いわねど, おもは, が生えない, ご, さびた美しい, その物, でも, と氣, なれたふう, にはそれぞれ, によっては一生, に動じない, に拘らぬ, に拘泥, に馴れた, に驚いたらしい, のある, の底, の役, の悲, の悲し, の数理, の穿鑿, の精髄, の色, の軽重, もあまり, もいわない, も云わず, も焼かれず生きのび, も言, も言わず, も言わぬ, も食, も食べず, も食わず, を乞い, を受取, を忘れた, を教える, を書く, を煮, を生産, を盗む, を見るべき, を言いません, を買っ, を費えず, を遣る, を隠す, 分れと, 売る店, 妬むにも, 干などへ, 思はしげに, 思わしいふう, 狂わしい囁き, 盗りの, 置き同, 置き小屋

▼ ず~ (68, 0.1%)

3 も知らず, を忘れ 2 に勝つ, の方, は踏み, れに

1 [54件] から立ち, から釈明, が思ふ, この所, すなわち彼, た, に告げよ, に執, に年来地, に復, に返る, に関せず, の神, の習慣, はこれ仏法, はそ, は一個, は七, は人, は今, は入り, は唯, は啻, は心, は悟らず, は早, は汝, は白状, は自然, は逍遙子, ま, また盜人, また許すまじ, も世, も亦, も我もとふぐ料理, も死なず, も汝, れ, れとわ, れは, れも, れやか, れ自身, れ西郊, をし, をた, を狂せしめずし, を英剛, を虚しく, を遺しし, 今かく, 知らずハッ, 見る処

▼ ず~ (68, 0.1%)

3 になっ, になる 2 に病ん, の弱い

1 [58件] が, がさす, がちがっ, がつく, が咎めた, が引け, が弱い, が抜ける, が挫け, が揉め, が揉めました, が晴々, が滅入る, が遠く, さえ漸次, にかかる, にした, にもか, にもかけ, にもとめない, に向いた, に懸る, に食わなくなった, のきいた, のない, のねれた, のむく, の人, の利かない, の向く, の小さなあの, の早い, は凝っ, は揉める, ばかりは急く, みじかで, ももまず, も合わない, も晦, も狂つて, も顛倒, やすい三流ホテル, や周囲, をうしなっ, をもみ, をもみました, を取直し, を吐き, を呵し, を喪う, を失っ, を紛らせ, を詰め, を遣った, 拙い思ひ, 既にさしもの, 遠し雷, 障な

▼ ず~ (68, 0.1%)

5 の目 2 が監房, といふ男, の顔

1 [57件] から男, がかけない, が独り, だけで餅, だつた, とも附かない, と云わず, と女, にすれ, にだまされた, には好かれ, に入, に投, に服従, に肌, に肩先, のうち, のがっしり, のこと, のところ, の与らぬ, の人, の仕事, の全て, の力, の帶, の店員, の心, の拳, の方, の気持, の牙, の眼, の美, の肩, の芸人たち, の道, の魂, はそれほど, は二つ, は其, は多情, は男, は直ぐに, もいろいろ, もどんな, も後々, をこめ, を家, を悩, を枉げ, を無上, を生む, を相手, を見る, を見れ, を離し

▼ ずかつ~ (67, 0.1%)

2 この所有量, 利潤の, 和歌もしくは, 権力の

1 [59件] え死に, おもに偽, かかる事情, この場合, これまでに, これを, そこで, その主, その事, その労賃, その日, その水滴, その薬剤官, その言説, その進歩, それに, それを, は名門, は敵, は途中, は頭領, や文学, わが眞, 一度封じ, 一時的には, 事物の, 先へ, 全く無限, 卑劣なる, 取らない方, 同一比例, 変動が, 外国語の, 多寿, 少しも, 心を, 悦ばしき聲, 折れること, 支那には, 文芸全体に, 易へて, 毛が, 気にも, 父と, 直接に, 短から, 私をも, 竜既に, 競争によって, 職業という, 自分たちに, 自分の, 視るに, 課税されないであろう, 談話し, 諸共に, 諸国間の, 身体各部の, 需要が

▼ ずとうとう~ (67, 0.1%)

1 [67件] あの体裁, おそくまで, お手伝いの, お父さんが, この源氏閣, こんな棒立小屋, その仕事, その印刷所, その日, それっきりわからず, たるに, たる金鼓や, オジャンに, ヘボ脚本屋に, 一度も, 三人の, 三十九度の, 中途で, 二代目の, 二年足らずで, 二月五日に, 今日まで, 僕の, 兄の, 其の儘, 力負けが, 善光寺まで, 四代将軍家綱が, 坂の下の, 大声を, 奥庭の, 妻や, 家は, 小百合, 岩蔵の, 店を, 彦根測候所に, 彼等を, 後家殺しの, 徹夜でさ, 徹宵し, 情けないこと, 放棄し, 明日に, 本尊の, 来たな, 棟に, 森中の, 決鬪を, 源三郎様がまに, 烏丸家の, 牛に, 白状に, 筋書どおりに, 若い学生, 見つけられずに, 見出しました, 諦めて, 費用が, 質流れに, 追い返されて, 野枝さんという, 閉口し, 阪神国道を, 餓死した, 高等師範に, 高野果物店の

▼ ず~ (67, 0.1%)

2 に云った, の世, の言, へ前, 夜話半ばに

1 [57件] からあった, からすでに, から所領, から漁師, から自分, から部屋, つ殿戸, なる者馬, にいった, には旧, には誰, にみた, にも一度, にも述べた, に云うた通り亜米利加人, に作った, に対して彼, に控えた, に村, に立った, に言, に述べた如く, に進もう, のいきさつ, のよく, のテレビジョン, の主人景親様, の家, の御歌同様集中傑作, の手入れ, の方, の晩毎, の甲板, の通り, へしゃがみこむ, へしゃがみ込む, へわりこまれ, へ出, へ出よ, へ廻っ, まず隙, よりは更に, よりもまた, よりも一層, よりも重く, より以上, をまくっ, を通り, 九・後三の, 二代に, 以て, 向に, 掛で, 校長の, 狂言としての, 解の, 蹄に

▼ ず却って~ (67, 0.1%)

6 それを 2 之を, 彼の, 自分の

1 [55件] うまさ, うるさくて, こっちに, この横断面, この自由, この邪道, これが, そこに, その形式, その支配的, その故, その物体, でこぼこの, よろめく女, わるいという, ポリニャークに, 一ふきする, 久米正雄その他の, 今は, 仏蘭西や, 余の, 共産党が, 具体化され, 化膿し, 卑俗な, 反対の, 右の, 多くを, 夢遊病の, 夫の, 実は如何に, 小さい商人, 帝の, 年を, 幾分か, 彼らの, 彼等は, 恐怖を, 悪辣なる, 悲惨な, 死因までを, 無と, 生物的な, 白々しい態度, 益, 神秘性と, 私に, 私自身が, 空間的運動に, 義兄に対して, 西郷の, 過去半年の, 間接に, 闇に, 防壁の

▼ ず~ (67, 0.1%)

2 が仕業, の家, の薄, はさらに, は習慣, も娘

1 [55件] からも聞き, が机, が私部, が長火鉢, とも名, と叔母, と呼ばるる, と母, なる人, にしろ, にはとお, に似, に感, に逢えた, のいる, のもと, の代, の作男, の同意, の大ざっぱ, の安行, の忌日, の急変, の意, の憲之, の手, の数度, の死, の死後, の死後私, の美作, の葬り, の遺産, の顏, の養, はおと, はピカリ, は又, は合羽, は存外, は学究, は旧来, は逝っ, へあんな, もそれ, も叔母, をせり立てる, を促し, を大切, を手古摺らせた, を抱き上げた, を殺す, を狙っ, 得て, 御の

▼ ず同じ~ (66, 0.1%)

7 ことを 4 ような, ように 2 ようにしか, 場所に, 屋根の

1 [45件] お紺婆, であること, ところを, ほどの, わびしい歌, 一群の, 一軒の, 二週間の, 仕えるなら呉, 位置で, 個処を, 傾向に, 傾向の, 名の, 商売の, 国土の, 地域に, 場所で, 家にも, 席で, 年ごろの, 年に, 建物に, 所にて, 損でも, 方面に, 日の, 晩は, 朝代の, 様な, 歩幅を, 町内に, 病いに, 神に対しても, 科学的な, 種類の, 蕪村の, 見物帰りの, 調子で, 運命に, 運命を, 過程を, 間隔で, 陵を, 馬籠の

▼ ず~ (66, 0.1%)

4 を経る 3 が暮れる, に一度, に幾度, の光, の暮れる, は暮れる 2 が照っ, に夜, の御

1 [38件] が暮れ, が暮れれ, が来る, といわず, と云はず, ならずして, に四度, に増し, に幾回, に百遍, のある, のあんまり, の暮れ, の永き, の照る, の眞洞, の短, の車さ, はいつか, はくれる, は春, は暮れ, は暮れた, は朱, もあらず, もこぼれ, もすでに, も分らず, も照らず, も高けれ, を待っ, を蔽い, を送っ, を送る, を過ごし, を過し, 久しくし, 照る近山

▼ ず~ (64, 0.1%)

4 れ伊藤侯, れ即ち 2 の如き, れ唯, れ彼, れ政府, れ最初, れ朝野

1 [44件] あるは, がひとたび外, が皇室, が非, ぞ即ち, で最う, と関係, なりに隠居, にし, にて藻西太郎, に寄り, に於い, に随, は不思議, は全く, は汝ら, は過ぎ, まで夫婦, もまた, も全く, も我子, も背かれぬ, も腰の物, も誰, れまた, れ亦, れ全く, れ只, れ洋式医師, れ知る限, れ結末唯豫想, れ自由党, れ自由黨, れ豈, を以て其文明, を以て己, を名, を吹きます, を故郷, を遁, 亦斥, 実に頼朝, 故にピッカルダ, 豈に

▼ ずじっと~ (63, 0.1%)

9 して 2 彼を

1 [52件] いつまでも, からだ, かれの, こらえて, したまま, しては, すわって, その動作, それに, ながめて, みつめて, スクリーンを, セエラを, 下の, 前方を, 動かず居残って, 友達の, 地に, 坐ったまま, 垂れた頭, 外を, 天井の, 妹の, 寝て, 山と, 平静に, 机に, 池の, 沈黙し, 潮時を, 火を, 男の, 相手の, 眺めました, 眼を, 瞳を, 矢の, 私の, 立って, 聞いて, 聞き澄まして, 自分を, 舵を, 船頭の, 菊の, 見つめてるだけ, 見入るよう, 見詰めて, 読んで, 身を, 頬を, 頭を

▼ ず~ (63, 0.1%)

3 のため, の姿

1 [57件] か味方, だ, といわず, として遂に, との切レ, と名, と言わず, には備え, に会っ, に向, に対して自然, に尊敬, に従っ, に総角, に近づくべし, に逢ったら, に都, のアイネアス, のパリ方面, の両側, の兵糧倉, の利劍, の力, の勇將ヘクトール, の勢力範囲外, の右眼, の射撃, の岩崎山砦, の押し寄せ来る, の本隊, の樊城, の機敏, の気づかぬ, の注意, の為, の矢道, の第, の陣営内, はあり余る, はすべてそれら, は常に, は来り, は答, は遁げた, へ当っ, も傷つけぬ, を作っ, を切伏せ, を深く, を破る, を見, を認め, を軽んずる, を追い, を避け, を降し, 引き寄せぬ

▼ ず~ (63, 0.1%)

2 は死ぬ

1 [61件] からの返事, からは取返, が, が一人きり, が丹精, が聞い, が聞取り, だという, としてあれ, としての無責任, と姉, なの, にお金, にさう, にだけ私, にはなりたい, には少し, にも逢, に仕ふる, に奉ずる, に対, に想, に来られ, に死なれた, に矢代, に稍, に連れられ, のいいおい, のところ, の一部分, の側, の妊娠, の手, の書い, の枕元, の氏, の眼, の裡, の言いつけ, の食事, は勝手元, は呆然, は心配, は我が, は次男, は気位, は火鉢, は病気, は百, は道理, へ尋ねます, へ返事, もそう, もその, も半年, も床, よりも六つ, を寝台, を満足, を知らず, を託する

▼ ず静か~ (63, 0.1%)

2 だ, な御, に傾聴, に寝

1 [55件] が好み, であった, である, でした, で安易, で恐れ, で温和, となり, なの, なるとき, な一足, な声, な夜みち, な小屋, な広々, な微笑, な心持, な猫, にこう, にこの, にし, にそこ, にだが, にね, にもと, にゆっくり, に云い返した, に其時, に問いかけました, に坐っ, に寝床, に床, に庭, に応対, に恐ろしく, に時, に期待, に枕元, に森, に歩き出した, に死人, に燈, に玄也, に眼, に私ら, に答, に糸, に納戸, に薬王樹, に討究, に話し, に謙遜, に随, に静か, に首

▼ ずさりとて~ (62, 0.1%)

2 この語, 人の

1 [58件] あの画面, いわゆる非人, うちとけて, けちで, このまま, このまま傍若無人, これからどこ, これに, これを, そのままはいる, は世の中, まだ離婚, みすみす全部, チワ的手紙書く, 一気に攻め, 主家の, 五郎を, 人に, 今更断り, 使用人の, 俗を, 兄を, 卑しく諂い, 又た, 否とも, 地球の, 天狗の, 実際から, 家出する, 寝つけば, 己が, 幕政の, 急病とも, 手柄顔も, 捨ておかば, 政事からは, 政治的な, 新しいもの, 旧いパリ市内, 東京へ, 物語を, 猫を, 理念と, 登代の, 白と, 社会的な, 立去りも, 肥桶を, 自から, 自嘲でも, 自身の, 花も, 軽佻にも, 鎖が, 長浜姉川その他で, 離別する, 青筋たて, 頭から

▼ ずすべて~ (62, 0.1%)

2 の人, の人間, の人類, の宿屋, の點

1 [52件] が, がそう, が平和, が枯色, こういうふう, に忍従, の, のこと, のもの, のものごと, の事態, の事柄, の出来る, の判官, の大衆的小説, の学芸, の弾性体, の敬愛, の文化民族, の文学, の浮世絵作家, の点, の物ごと, の理, の男, の者, の草屋根, の行動, の詩歌, の近隣諸州, の部分, の陣法, の階級, の雑誌, の顔, は柔, は自己, は雲, わが一族, をそう, をぶちまけよう, を冒し, を成行き, を新しい, を暗黒, を滅亡, を自力, を貴方, 伸び育つもの, 実際の, 少しく陰気, 薄暗いもの

▼ ずもう~ (62, 0.1%)

2 マッカ酔眼モーローたる, 半年ちかく, 陽が

1 [56件] お輿入れ, かいがいしく立ち上がり, そのこと, その花, の勝負, をはじめた, グデ助じゃのう, パーリーまで, ホテル生活は, 一つの, 一つは, 一つ特殊の, 一人が, 一刻もう, 一台の, 一息といふ, 一枚もう, 一歩強がっ, 一般化したならわし, 一足飛び退いた, 一軒近くの, 一辺国道を, 一遍, 三度の, 上洛途上の, 人生の, 何処かへ, 候補者まで, 先へ, 六十にも, 内海の, 冬近い, 半年ばかりの, 半年以上も, 奥へ, 年頃に, 幾十回と, 彼女に, 御飯も, 愚にも, 懸命に, 数年来思い浮かべた, 数里を, 新たな, 永久に, 点々と, 用事が, 私が, 脚が, 自分の, 起きてるよ, 間に, 頭の, 顔さえ, 體が, 鼾を

▼ ず~ (62, 0.1%)

3 へ出る, へ飛び出し 2 にあらず, に出で, の景色

1 [50件] からその, からヴェランダ, から人目, から僅, から受付, から銃器室, から食堂, でニタニタ, で遊ぶ, で飲ん, にあたり, にあっ, にあり, にこれ, には依然, に佇ん, に囲っ, に対しては卑屈これ事, に待っ, に楽, に知音, に親類, に追い出された, に顛落, の人, の仕事, の勢援, の形, の意味, の料理, の清い, の者, の肉, の見えぬ, は非合法, ばかり氣, へこぼれ, へはしっ, へ出, へ出し, へ出た, へ出ました, へ引張り出しました, へ心, へ行っ, へ遊び, へ飛び出しました, も内, をしらざる, を重んじ

▼ ずにも~ (61, 0.1%)

5 いられなかった 4 いられない 2 いられぬ, ぢ, ゐられない, 居られませんから

1 [44件] いたん, いないわけ, いられないが, いられなかったの, いられまいと, いられません, いるが, おられなかった, すむよう, すんだの, その遠謀, では, なる, よくきく, ゐられなかつた, ゐられなかつたで, ゐられません, ゐられるから, 一度梁木, 一節切の, 亦ゐられなかつた, 今時そんな, 入りませんもの, 女の, 客間に, 居まじく知りたりとて, 居よう, 居られないので, 居られなかつた, 帰られぬと, 措かれまい, 暮すこと, 歩く, 済みそう, 済むだろうかと, 済むなり, 済んだの, 疲れにも, 看護を, 窺われるよう, 置かれないから, 脇差しを, 行くが, 長い将来

▼ ず単に~ (61, 0.1%)

2 遊謙と, 間接の, 集団的にしか

1 [55件] この木, この論派, その始まっ, その性質, それが, よりゆるやか, 一片の, 一種の, 人間の, 余の, 信仰の, 反動的存在でしか, 国家補助員と, 妹に対してのみ, 存外に, 小生の, 強く刺戟, 形状の, 横を, 殺人, 気分上の, 水に, 消極的の, 演劇の, 牛馬を, 物ず, 物語の, 独りに, 生活上の, 生物の, 男とか, 疾病の, 神と, 穢れて, 筆鋒なり, 紫花を, 耕作者または, 職業としての, 肉欲の, 自分の, 自己の, 自然科学と, 薔薇の, 衣服の, 表現された, 話題を, 読むため, 趣味性の, 遊芸乞食物貰い等に, 過去の, 過去を, 金が, 金高のみに, 音読だけでも, 飛翔機と

▼ ず多く~ (61, 0.1%)

3 の人 2 のこと, の人々, の文学

1 [52件] あつまって, あつめて, あらわれた, ありましょうが, つたわって, ながめて, なったこと, のお, のこって, のもの, のマルクス主義者, の不法, の事, の仲間, の作家, の傳記, の噂, の場合, の大人物, の子, の子孫, の学者, の学者自身, の展覧会, の山, の山人, の御, の教区, の文章, の日本製, の日輪, の歌人, の汚れ, の状況, の登山者, の者, の芸術家, の見物人, の註釋者これ, の誤解, の資本, の農村漁村, の青年, はなかば裸, は二度目, は焚料, は若返る, スリッパを, 与え過ぎて, 並んで, 動かされて, 心を

▼ ず~ (61, 0.1%)

2 がこぼれた, が浮ん, が落ちた, を流し

1 [53件] がこぼれ, がこみ上げ, がこんこん, がさしぐん, がほろほろ, が光っ, が出, が出た, が底, が彼女, が流れた, が流れる, が頬, さえ一滴, さえ流した, であたり, なが, ながらに諫むる瀧口入道, にくれる, に濡め, のこぼれました, のねえ, の方, の浮び, の迫り, の迫り来, の間, の頬, は丑松, は潜, は無念, までもこぼれ, もこぼさない, もわかず, も出ず, も流さないでしょう, をこぼし, をのん, をはら, をほろほろ, を一杯, を以て竹, を催した, を催す, を呑む, を怺, を流した, を流しました, を浮かべ, を浮べ, を落し, を誘はれた, を鎧

▼ ず一方~ (60, 0.0%)

2 にはこの, にはまた, に於

1 [54件] からは愛, から云え, が二十七万円, が仏語, が必ず, が芸術, その事実, その害毒, だけがだまされる, では, ではまた, では女, では妙, で三田伸六, で我々, には人類, には仙台以北, には天狗, には少く, には年, には徳川家, には極端, には生活上, には身請, には遥か, に偏, に充分, に皇統一系, に社交界, のやぶれる, の足駄, の送られ, の遠く, はそれ, は巾, は幅, は渺々, は網, は親子, は費すべから, へ身, へ進行, もわざわざ, をもって万病, 云わずに, 多すぎる, 女性の, 字形の, 小さい方, 彼の, 惡い, 新造の, 映畫的内容, 狭い機内

▼ ず大きな~ (60, 0.0%)

7 声で 5 聲を 4 声を 3 聲で 2 ことばかし, 目を

1 [37件] えく, おけを, くしゃみと, ことばかり, ものな, マスクの, 二銭銅貨を, 人口が, 体躯を, 卑怯な, 口で, 口を, 問題として, 土塊を, 塊り, 家の, 息を, 手先だ, 暗示の, 木が, 木盃で, 桐紋の, 棒を, 欠伸を, 正札が, 溜息を, 皸が, 石塊も, 質量を, 足を, 足音が, 都市の, 鉢に, 錠は, 隙間が, 鰻を, 鳥の

▼ ず~ (60, 0.0%)

5 に男 4 にも聞えない 2 にきたなく, にした, のきこえない, を傾け, を澄まし

1 [41件] がきこえない, がはや, が聞こえない, が聞こえなくなりはじめた, といはず, と口, にしまい込ん, にて聴きたれ, にはした, には非常, にもきこえない, にも止まり, にも聞えず, にも聞かざりし, にも聞かぬ, にも聞こえぬ, に偏, に入れ, に入れた, に留め, に老, に聞えぬ, に蓋, に響く, のうしろ, の役, の聞えない, もきこえず, もきこえなくなる, も洗わず, も聞こえません, も藉さ, も近頃ほとんど, や鼻, よく聴くべからず, をあかく, をふさい, を抑, を掩, を襲う, 聞くべからず売買

▼ ず自然~ (60, 0.0%)

2 にそう, に出, に化し, の制裁

1 [52件] その話, であった, であつ, とこの, とそこ, と不惜身命, と初対面, と知れます, なまま, ならぬ事, な文化的信用, にお客, にその, にたまった, にのびやか, にぼろぼろ, にまかせ, に明るみ, に欠けた, に死ぬ, に気質, に無理, に生え, に結婚, に解決, に言っ, に逆らっ, のまま, の佳, の傾, の前, の力, の命ずる, の成行, の手, の方, の生え, の眞理, の草道, の調子, の風景, は意味, は秋草, は自然, は黙し, もなほ, や社会, や社会そのもの, を征服, を研究, 及び人生, 手伝うよう

▼ ずやはり~ (59, 0.0%)

2 隣の

1 [57件] いくらかは, うんと食わせる, この国際的主題, この江戸, これも, その主観, その畠, それは, それを, まじめな, よかった, マハツブの, 一つ財布で, 三食とも, 二年越し, 今までの, 傘を, 充血し, 取敢, 国を, 大聲, 天人は, 委員の, 実感に, 寝られなかったです, 心の, 思ひきつ, 愛は, 持って, 指導者たちも, 支那の, 文学に, 新鮮な, 晶子以前には, 最後には, 歩くより, 法律上の, 消毒液の, 焚出しの, 煙草を, 犯罪人の, 生きて, 田辺に, 着物の, 石太郎の, 自分たちの, 自分で, 自分の, 自分は, 自分も, 自白を, 荷物へ, 身を, 道徳と, 達者で, 馬鹿げたもの, 鮮新な

▼ ず必ず~ (59, 0.0%)

2 これを

1 [57件] いたします, お賽銭, こういうしきたり, これを以て, その一部分, その中間, その都度驢, ひとつひとつの, わが輩の, われ是なり, ジャパニーズと, 一人物を, 下馬し, 二十里ずつの, 仏の, 代表し, 何, 何事か, 何分の処置が, 作用する, 侮り給うな, 充分の, 出席した, 十一時の, 同情の, 善本を, 坐して, 大付録, 官府に, 当方より, 徒党を, 時代世相の, 時弊に, 書を, 来って, 死ぬ事, 洋袴の, 活用の, 病人に対して, 目の, 目的が, 相前後, 相談せよ, 縦に, 胸に, 自分には, 自分の, 若干差し引かれる, 規則約束なる, 親密と, 言語を, 負けると, 遣り返したが, 鄰あり, 陰陽の, 隣あり, 馬超と

▼ ず~ (58, 0.0%)

2 にありし, には人, には伊藤侯, の人, の古今, の所謂, を経る

1 [44件] から顧みられない, と浮沈, にときめきし, には何染, には山師流, には更に, に処す, に知られず, に知られぬ, のあわれ, のいろいろ, のたのしみ, の創, の奥, の安寧秩序, の所謂文人墨客, の指弾, の文明, の無常, の紛々, の良民, の言論, はおしなべて, はまだ, は塞翁, は楽しけれ, は樂, は永く, は漸く, もあらで, をも愛せざる, をも益する, をも益するなく, を儚, を去り給いし, を忍ぶ, を憚り, を救う, を知らざる, を経, を経れ, を經, を蓑虫, 降って

▼ ずしたがって~ (57, 0.0%)

1 [57件] あの自動車, あの血みどろ, あまりに知られ, いつまでも, お客さまには, この一句, この統一, これを, その後は, その恩恵, その真意, その美, その豊産, それが, どの役所, ほとんど何等, まず政治力, やや低能, オラン・ラウト人ごとく, ハンスと, 上下貴, 他人の, 俳聖歌聖と, 偽証罪を, 僕は, 兄弟や, 刀を, 勇怯の, 同氏が, 天下の, 女殿さま, 子どもも, 専門家という, 少なくともひとつ, 屋根の, 工藝の, 常人は, 弱者の, 恋しいとも, 是が, 江戸ッ児は, 汽車の, 王に, 王冠が, 発明も, 私は, 能率が, 自分の, 街の, 誰からも, 諸街道, 責任を, 送っても, 金が, 雑然と, 高踏的に, 魅す事

▼ ずまるで~ (57, 0.0%)

2 半病人

1 [55件] あほう, かき消すよう, けらいの, その大いなる自ら, ぼろ布の, やわらかい餅, わからん処, パリに, 一人前で, 上役が, 中世に, 了見が, 人々を, 人形の, 人気が, 兄妹の, 別世界に, 勤めにでも, 家来の, 寝た振り, 平気な, 幽霊の, 彼女を, 御冗談, 怒ってでも, 急坂を, 息子の, 方角の, 日向ぼつこに, 月の, 木偶の, 木彫の, 様子が, 機械の, 港口に, 湯の, 演説でも, 無分別な, 独房に, 盗人の, 目にも, 眠って, 矢の, 秋雨の, 縁なき, 職人が, 自分の, 良いし, 蜘蛛の, 身体中の, 酔っぱらいの, 音信が, 顔が, 駄目だった, 魔術で

▼ ずわが~ (57, 0.0%)

2 思ふこと, 邦の

1 [53件] こころ, ことの, むっつり右門, アレクセイ・フョードロヴィッチの, 一代儲けさせた, 一挙手一投足はなはだ, 乳牛は, 人心を, 人民は, 仁君玄徳には, 儘娘だ, 古仏, 名を, 命拒める, 城中に, 声も, 姿を, 娘をば, 封建の, 庭の, 悪因業ここ, 意志の, 憤激は, 文学は, 文章に, 新劇が, 方に, 日光および, 本分は, 本土内に, 死後決して, 父祖の, 物に, 琉球語には, 生ある, 生れた村, 痴かな, 秘密をも, 空想の, 耳に, 肩は, 腕は, 良心に, 血を, 行険者流は, 観察推究の, 言ふ, 記憶に, 越後では, 邦は, 頭脳優秀の, 駒に, 魂も

▼ ずわたし~ (57, 0.0%)

2 が手, はなかなか

1 [53件] が支那芝居, が珍しい, が記憶, とあなた, としては全く, と人力車, におこりつけ, にとつて, にはかんにん, には日, に人, に決闘, のいう, のマッチ, の世界一, の仕業, の心, の感情, の襟上, の言葉, の逸る, はあの, はいたましく, はこの, はこんな, はすくんじまう, はその, はそれ, ははみ出された, はへたばっ, はまだ, はクラリモンド, は一緒, は冗談, は御, は早速いつも, は気, は町家, は知らず, もこれ, もすべて玩具, もどっか, も云, も江戸, も病身, をひいき, を弄ん, を恨ん, を悲しく, を睨む, を認め, を警察署, を適当

▼ ず世間~ (57, 0.0%)

3 に媚びざる 2 の人, も知らぬ

1 [50件] からは色々, から誤解, がだんだん, では之, では決して単に, で云う, で何, で認め, にてはこれ, にも知られず, に忘れられ, に比し, に珍ら, に生き, に肩身, のため, のならい, のはばかられる, の一部, の不景気, の人々, の人達, の何事, の功利, の大, の大衆, の底, の快楽, の悪口, の抜け目, の模倣, の流行, の生きた, の男, の真実, の礼儀, の罪, の習慣, の若い, の読者, の附合, の風潮, の風習, はた, は盛ん, へ出し, もあらずなり, も認めぬ, をある程度, 往々学者

▼ ずひたすら~ (55, 0.0%)

2 自分の

1 [53件] そんな馬鹿, そんな馬鹿馬鹿しい, にまた, にわ, に実, に我が身, に老いたる, ほんとうの, まつしぐら, アメリカの, エンジンを, 世の, 世界の, 世路を, 主水兄妹, 仏を, 佐久間勢の, 信心の, 僥倖を, 公平紳士の, 写像の, 古書に, 呂宋兵衛の, 和を, 喪に, 国家国民の, 女の, 好機会, 安息王朝の, 家路を, 小使が, 己の, 彼の, 彼女単身で, 深き嘆き, 潰走する, 狼狽しきっ, 神の, 禅尼からの, 穏便にとのみの, 竹さん竹さんな, 維新以来経営の, 羨しがっ, 自分ひとりで, 西涼へ, 議長を, 退院の, 長久保小萩の, 関白の, 陣を, 頑丈に, 養狐場経営の, 魔神の

▼ ず~ (55, 0.0%)

75 てある 32 が, ていた

1 [36件] あきでも, あるなどと, ある場所, ずが, ずの, た, たまま店先, たもの, た土地, た金額, だッ, てあった, てあるらしい, ておい, ておいた, ておかね, て引きあげ, て盛り上がっ, て逃げ, です, というグアイ, ながらそこ, ながらそば, に笑っ, に降り, ばおち, ば山, ば水音, ば風, ました金銀, またあの, りゃア, り乳母, ると, る状, 給いて

▼ ず実に~ (55, 0.0%)

1 [55件] うまい, この天地, そっけなく, その八割, はづべきことなり, は却って, は心, まごついた, わが健蔵先生, 不幸と, 人民に対して, 他人の, 八万四千の, 北海道に, 卓越した, 厄介物である, 厭に, 受け身に, 可笑しな, 君は, 四苦八苦の, 困ります殊に, 夷輩の, 奇人なり, 奸臣の, 妾輩を, 巧妙に, 巧妙を, 平壌の, 幸運だった, 当惑し, 彼の, 後悔だ, 急速な, 恐るべきこと, 惜しいの, 惨憺たるあり, 愚の, 我は, 日本新劇の, 明日の, 残念に, 永久の, 永代橋下流即ち, 法を, 浮かぬ気持, 無限絶対なり, 申訳が, 私は, 立派だ, 素直な, 聖教の, 親切な, 進退谷つ, 遥かな

▼ ず~ (54, 0.0%)

3 やうな 2 やれ, ッと, 其樣な, 言譯し

1 [43件] あっか, うして, お君, お構いなし, ぎざおをたずさえて出張っ, しかろうと, しめると共に, そのままに, それを, そんな事, たよりと, ないし, なかった, なぐり棄てて, なし, なんか知らん, ぶりを, もう夜なべ, やるまいか, やれやれま早く, ような, るる貴婦人, アハハ, 人なき, 代表し, 仲人が, 佐助以外の, 其処まで, 別に, 女一人で, 孔明は, 忽ちにか, 或はひよわ, 打明けた所, 暫く騒がしい, 特に自身, 簡単に, 絶えず小, 老神官, 色浅黒く, 言訳し, 誰しも, 釘勘は

▼ ず一般~ (54, 0.0%)

2 に今日, に科学, の人々

1 [48件] にはよく, にイデオロギー, に不安, に人類文化, に僞書, に凡そ, に博物学, に学問, に弁証法, に従来, に想像, に或, に戦記文芸, に批評, に新聞現象, に日本ファシズム思想, に時評, に本尊, に極めて, に湯本, に理論そのもの, に生産活動, に科学的精神, に結晶, に緩慢, に芸術, に複雑, に認められ, に開戦論, に随筆, に頭足類, の不評, の事務, の人, の人智, の人間, の例, の場合, の定評, の心得, の日本画家, の普通人同士, の規則, の貧乏人, の農民, の通俗小説, の選択権, の鎌倉武者

▼ ず平次~ (54, 0.0%)

2 に説明, の活動, はとぐろ, は精一杯手, もさすが, を現場

1 [42件] が活躍, にお, にせがみます, に喰つて, に縋り付かぬ, に言い付けられた, に誘はれ, に頼む, の心境, の歸, の潔白さ, の袖, の調べ, は, はお, はこの, はこんな, はさ, はそういった, はその, はもう一度, は其儘出雲屋, は其儘隣, は奥, は妻楊枝, は庭, は思ひ, は最後, は神田ツ子, は諦め兼ねた, は閉口, は黒星, もす, もその, もまた, も唸, も妙, も宜, も忙しい, も諦らめ, をほ, を呼んだ

▼ ずかく~ (53, 0.0%)

5 のごとき 3 の如き 2 の如く, 多数の

1 [41件] いひて, こそあり, するが, たへ, てここ, てこそわが, てこの, てはお, てはわたくし, ては国内市場, ては時, てシグツナ, て五月, て供給, て其動力, て右左兩眼, て国, て客體面, て小暗き, のご, のごとくし, のごとく語り伝え, の如く神, は, はかなき罰, は用いし, まちまちな, までの苦患, まで忠義, まで用意, も一心に, も冷静, も果敢なく, も科学的, も紛糾, 久しく断食, 叫ぶとともに, 平然自若たるを, 物騒な, 祕めらる, 見苦しい所

▼ ず一度~ (53, 0.0%)

3 は経験 2 は經驗, 乱された彼

1 [46件] いったこと, お手紙, ずつは学校, だって念頭, だって見た, づつは, でいい, にどつと, にぱっと, にバンザイ, に備え, に矢, に花, の文通, はお, はそこ, は危篤状態, は死ぬ, は泥棒, は神仏, は自分, も戯院, も柱, も考へた, も花, も芽, も顔, や二度, 作品が, 兵を, 喪つたと, 外国へ, 失敗した, 引返したり, 往復した, 我々青年の, 殺さうと, 気に, 気にか, 決潰したら, 熟睡さえ, 熟睡さへ, 異境に, 経験しなけれ, 選んだその, 閉まって

▼ ず~ (53, 0.0%)

6 を呑んだ, を殺し 2 をはずませ, を凝らし, を呑みました, を呑みます, を引い, を引きとる

1 [29件] が止つた, のできない, もし, もつかず, もできず, もろくに, も凍っ, も自由, をこらし, をさ, をつまらせ, をつめた, をつめました, をのん, をのんだ, をひきとっ, をひきとる, をひそめ, を交じえる, を入れ, を切らし, を吸いこんだ, を呑ん, を引, を引いた, を弾ませ, を抑, を潜め, を詰めた

▼ ず時々~ (53, 0.0%)

2 別の, 午後の, 短い言葉

1 [47件] うしろの, うすら, かなしそう, これが, ながら苦し, にバラリバラリ, のもの, の欠伸, の音信, はいかがわしい, はそろりと, ははるか対方, は先手, は友達みたい, は夢, は室内, は書類鞄, は発作的, は發作的, ひどい音, ぶつかり合うほど, ニヤ, 一種特別な, 予の, 余の, 僕の, 出して, 咳を, 嚔が, 墨流しの, 崩れる頽雪, 得意とも, 御得意, 快い音, 思い出したよう, 思い出しては, 懐中時計を, 来て, 来るが, 病院に, 自分の, 話声だけ, 金魚の, 降る雨, 額を, 顫わ, 鬢の

▼ ずいや~ (52, 0.0%)

2 が上, だ, な声, な気持, に気

1 [42件] かえ, さらに燃えさかる, しげに, したかな, その心, それだ, それである, それどころで, それらの, だったの, だったので, だとは, でもおう, といえ, とも言い出さず, どうもご, ならば, な事, な人物, な咳, な姿, な気, な氣持, な顔一つ, につんと, に他人行儀, に開けた, に高慢ちき, に鬱陶しく, ますます燃えさかる, むしろいけすかない, 何と, 却って効果的, 却って小酒井さん, 大石先生が, 寧ろわれわれ一同提案者, 寧ろ一層図々しく, 放しませぬ放されませぬお前さま, 疑う事, 自由への, 貸すまいとして, 頬杖で

▼ ずもの~ (52, 0.0%)

3 のよう

1 [49件] ぁ贅六の, うんと仰天, がやつ, が出, ことだ, ことです, ことという, だと, である, とは何, とも知らぬ濁みたる, と主君因幡守, と呼ばれ, と言, と遊冶郎, などと声, などを雇い, なる兄弟分, にくっ, にさえうやまわれ, にされ, になっ, になった, には節度, に扮, の凄, の陰気, はちっと, は松井, は誰一人, もお, もおりなかつた, もたべない, もやつぱり救, も現れぬ, も置けず, も言, やさしい, らしい三人, わかりの, をこそおも, をひきいれ, を尋ねた, を教える, を映さぬで, 仲間の, 扱いを, 歳月を, 見高く

▼ ず~ (52, 0.0%)

3 に付き 2 ひしが, へども三句切

1 [45件] あわれ犠牲, おさなくより, おちかづき, か, か成, このこと, た, ては相成り, てハ, て然, と云う, と思, と情合, と書い, と書いた, と書きました, と雖, につきご, はざる, ひし, ひし事, ふや, へかし, へどもその, へども其内, へども大体, へども怜悧, へども掻い撮ん, へども知名, へども箇様, へど姉, へど弟, へど自明, へば未練, ほどに, ほどにこの, も其原形, よし, よしは, よし申参候, を當方, 再三申し, 故に化け, 故手紙, 然して此処

▼ ず彼ら~ (52, 0.0%)

2 の為す, もまた

1 [48件] から自由, が敵, が期せずし, が毎日, とても同一, とともにつぶさに, なおこれ, にもやらせる, に向かい, に特殊, のところ, のみが特に, のみはいつ, の中, の人口, の側, の哲学, の多く, の手, の有する, の爪, の父祖, の番号, の背後, の跡, の迷妄, の通有性, の鉱山, はあてこすり, はその, はムロラン, は一組, は何, は例, は依然, は少し, は峠, は引続き, は彼ら, は怖, は数多く, は来, は植物性食物, は次, は自動機械, も正しい, をつかっ, を御

▼ ずいつ~ (51, 0.0%)

2 の時代, までもいつ

1 [47件] そう戻る, だって私たち, でもあちこち, でもすぐ, でも一死, でも二度, でも無数, でも申す, でも立ちたい, でも話, でも長兄, にない, になっ, のゆ, の世, の時, の朝, までつづく, までで, までもある, までもくすぶっ, までもじ, までもそれ, までもどこ, までもながめ, までもポリス的, までも他人行儀, までも入口, までも写本, までも姫君, までも小さい, までも彼ら, までも成就, までも手元, までも朝子, までも泣い, までも浮浪民, までも深く, までも生ま生ましく残っ, までも竹, までも絵葉書, までも黙っ, まで経っ, 死ぬかも, 着くとも, 研いだ事, 迄たっ

▼ ず~ (51, 0.0%)

4 は今 2 に対しては実に

1 [45件] が今日, が日本, が黄色, とお, とぜんざい, と碧梧桐君, に告げる, のそれら, の商品, の大, の心, の想像, の意見, の膝, の船, の見たる, は, はある, はしばしば, はじめて船病, はその, はついに, はなはだ恐る, はむしろ, はトランク中, は今日二時間, は他, は刻一刻死, は唯, は寧後説, は強, は恐怖, は意気地, は此際, は生き, は真に, は聊余, は自ら, は血走る, は長谷川君, も叔父, も知らぬ, よりも工夫, を, を茲

▼ ず~ (51, 0.0%)

2 ありて, とする, と場合, には不自然, には得々, には意識的, を忘れ, を過した

1 [35件] あっていう, あれば, が経つ, が經, し, とすれ, ならねば, なれば, にはお, にはバケツ, には勝手口, には半, の古今, の司法大臣, の宜しき, の来る, の熟, の眞中, の自然, の要素, の鐘, は必ず, は本質上何等, もこんな, もその, をきざん, を作り, を定めず, を経, を見, を送った, を送つた, を限らず, 未だ春, 稚み

▼ ず~ (51, 0.0%)

2 か彼, に於, の如き, の時, の歸依, の頃, れと

1 [37件] だけ形式, で唯, にも稲虫, のお, の三業道, の中, の丸部道九郎, の事, の二人, の人民, の儘, の叔父, の坊主, の夏, の天窓, の如く, の學派, の小原山, の少なから, の後高波, の御馳走, の念, の根源, の男, の突騎襲撃, の自分達, の興, の茣蓙, の谷川, の車體, の難い, の風, ま, れに, れ自ら生, わっち, 傷ついた娘

▼ ず~ (51, 0.0%)

4 変らずの 2 も変らぬ, 変らずにやにや, 抱いて, 率いて

1 [39件] かわらずの, そむくもの, ともに, も変わらず, 不変愛嬌を, 並んで, 交わるか, 勤め申す, 受ける, 変らず, 変らずじっと, 変らずせっせと, 変らずそれ, 変らずクチャクチャ, 変らず不味, 変らず俘囚, 変らず公設, 変らず家, 変らず店, 変らず怪しい, 変らず日, 変らず無頼, 変らず猫魚, 変らず遊山気取り, 変らず黙々と, 對に, 更らず, 済まなく思わせた, 異なる二つ, 當な, 當の, 知れざる形, 見て, 見るたび, 變らず, 逢う賀蘭山前, 闘うて, 顧みて, 鬪ふこ

▼ ずそういう~ (50, 0.0%)

3 ものに

1 [47件] いきりたち精神そのもの, きびしいリアリズム, ことが, ことに, ことは, ことまで, ところから, ものの, やりかた, 一体の, 不満の, 世間的な, 主観の, 人間は, 今日では, 伝統も, 低さ, 作家と, 前進をも, 変動の, 妥協に対しては, 宇宙創造説には, 実例も, 工人たちにも, 幅の, 御文, 政治形式とは, 昔の, 潤沢なあふれる, 点を, 無意味な言い, 矛盾には, 研究を, 破壊作用を, 種類の, 精神的にも, 組織そのものの, 舞台を, 蓄えを, 観念に, 触れれば, 言葉を, 計画を, 誤謬に, 諸物体, 軍人の, 連中と

▼ ずつい~ (50, 0.0%)

2 連日の

1 [48件] うつかり, おそくなっちゃっ, お上の, このごろまで, こんな不要, そこで同僚, そのあと, その幕, それが, それを, はなしの, もつこと, クスクスと, 一時間か, 一晩泊っ, 一部始終を, 仕舞い込んで, 代表の, 仲間の, 先刻まで, 利を, 口を, 吹出して, 和しく, 喫って, 坂一つあっちの, 家の, 小牧以来会う, 小猫, 思案に, 意外な, 斬り棄てて, 旅先で, 昨今まで, 書いて, 月日を, 横に, 申しましたが, 目を, 眼を, 美和子の, 腕を, 行動を, 言出しそびれ, 逃げて, 遅れて, 道ならぬ, 駈け交うところ

▼ ずとして~ (50, 0.0%)

3 これを

1 [47件] あえてこの, ある也, ある支那, いつでも, おられた, きいて, これも, さきに, その一分子, 上下尊卑の, 世上に, 人生的な, 他に, 他の, 別に一政党, 別に一政黨, 問うこと, 天下の, 天使が, 孟子をも, 安心せん, 家康に, 差支は, 彼は, 彼を, 意を, 排した歌, 排斥せられ, 採用されなかった, 擯出した, 政戦略の, 日満, 松前若狹の, 棄てたり, 棄て置くべき, 此書を, 江淮に, 活溌な, 甲府表から, 笑つたで, 考うるも, 自らの, 衢や, 謙り嘆き仰ぎ見る, 貰えば, 貰へば, 載って

▼ ずまして~ (50, 0.0%)

1 [50件] あの日, お頼み, ここに, これより, そこから, その人, その記号, それが, それを, 一打ち打ち勝つ, 三十七年前に, 二人の, 人にも, 人間の, 他の, 位置配合技術など, 十一隻からの, 厚生参与官の, 又自然科学, 墓に, 女と, 嫁入, 山伏す, 当人は, 悪事も, 手を, 故郷の, 文学の, 新聞の, 日本を, 日本詩壇の, 替玉に, 無礼の, 爽か, 現在の, 田原の, 病気も, 病身もので, 科学的な, 経験などの, 自分の, 自分は, 自発的に, 行動に, 言葉を, 諸君と, 鄰室の, 頼まれも, 高氏が, 鳴声

▼ ず~ (50, 0.0%)

3 の如く 2 のごとく

1 [45件] せば, になく, によって日あたり, によって自由, によつてひとり, の, のジロリ, の一枚絵, の乗り合い馬車, の五頭, の他界的, の偏光硝子, の各派, の喪章, の外套, の大石, の如く家, の宿, の寂光院, の弱い, の想像, の愛馬, の慇懃, の映画, の有名, の殺人洋杖, の法然頭, の派出, の測り, の無駄口, の煮え切らぬ, の甘い, の眸つて, の者, の自由主義的, の蝶鮫, の覗き眼鏡, の角行燈, の調子, の趙雲, の通り, の通り静か, の鐘楼, へやう, も大雨

▼ ず子供~ (50, 0.0%)

4 のよう 2 の命, の頃

1 [42件] が成長, じみた感激, というもの, ときく, にお, について考えない, に乳房, に対して真摯, のそだち, のやう, の事, の何, の入学試験, の声, の心, の心理, の感情, の方, の時, の機嫌, の食い, は時々, は母, は泣き叫び, は相, もこしらえず, もつまらなく, も出来, も四人, らしい泣声, らしくおかまいなし, らしく愛らしく, をしかる, をつき放し, をつれ, を一人, を仏壇, を使いまわす, を叱り飛ばす, を恵まれなかった, を棄て, を連れ

▼ ず故に~ (50, 0.0%)

2 彼は, 甚しく

1 [46件] いうその, いわく, ここには, これを, その人, その性慾, よくその, フ氏が, 一時逆流に, 三条西家から, 不滅の, 事物に, 人来れ, 今の, 今鯉, 其の軌道, 内部の, 前将軍家慶予, 割れ目より, 古来の, 君主立憲に, 吾人は, 子を, 宋の, 完全なる, 小, 属僚の, 屬僚の, 思い切りて, 支那に, 支那には, 政府に, 果すに, 深し, 狩猟の, 疑ふ, 盗賊なかりし, 神である, 神社を, 競い掛かり, 答弁せず, 純文学なる, 羊を以て, 美は, 走者は, 食わずまた

▼ ず~ (50, 0.0%)

8 を出しました 4 をあげました, を立てました 3 が高く, を立て 2 をあげた, を出した, を出す, を放ち

1 [20件] が濡れます, が聞える, だかに, により, に出し, に出した, もせぬ, も立てず, も立てません, をあげ, をたてた, を上げた, を出させない, を呑みました, を掛け, を掛けた, を擧げました, を放つた, を立てる, を顫

▼ ず~ (50, 0.0%)

2 に奢らない, のよう, の如く, より疾く, 一しきり颯と降くる

1 [40件] がつめたかっ, がぱったり, が吹け, が強い, が荒れ, が誘う, と烟, な境遇, にあおられ, にふかれ, にも乗らず, に吹かれ, に吹き飛び, に謙遜, のごとく, のごとく引返し, のたより, の埃, の如く来り, の音信, はいつも, は休まず, は烈しく, は試, ふけば, また腥し, もあたたかく, もそよがず, もまた, も吹かず, も寒く, も烈しく, も答えない, を切っ, を孕んだ, 去って, 吹かず, 烈し, 然と, 荒れ波吼

▼ ずこう~ (49, 0.0%)

8 やって 4 いった 3 して 2 云った

1 [32件] あらぬもの, いい切り横, すべきで正札, すること, ていねいだった, である一方, とし, なっては, 云う態度, 僕に, 受けた, 呼ばせて, 声を, 大きく呟い, 少年に, 左手を, 思うと, 思った, 思って, 性急に, 悲鳴を, 放言し, 断ずるの, 正直に, 答えた, 胸の, 言いました, 言った, 言った今, 言って, 遅れたの, 頻々と

▼ ずもし~ (49, 0.0%)

2 強いて

1 [47件] おまへ, くば世に, この基金, この現象, これが, そういう立派, そのとき, その病症, それが, それ失念すれ, それ胸中の, また運送, よんどころなき用事, ショペンハウエルの, 一国の, 一毫だ, 一流二流どころの, 万一内より, 京都在住の, 侵したるとき, 僧事ある, 出れば, 反対に, 君が, 失なった, 妻が, 尋常の, 幸いに, 心にも, 投馬と, 政府に, 来た時, 此の, 異なること仔細, 盲目に, 秀長秀次の, 花の, 葉石と共に, 血に, 被糾弾者, 裏面を, 製造業者が, 詳かに, 誤って, 誰か, 農業者も, 雨ふれ

▼ ず一つ~ (49, 0.0%)

2 の型, の欲望

1 [45件] こしらえて, ずつは持っ, だからと, だけ嘘, であの, として領主, には一同, には唯, には喜多床, に纏め, のある, のイデオロギー, の主題, の問題, の声, の尨大, の形式, の心, の性格, の憂, の方針, の東洋文化, の柱, の独創的発見, の生活, の確信, の確実さ, の社会, の社会的, の競走, の肉体, の胎児, の脱落, の衰えた, の観念, の身振り, の遺棄死體, の面白い, は以, も壁, も殘ら, や二つ, 残る, 間違わば, 食べると

▼ ず~ (49, 0.0%)

2 の世界, 識に

1 [45件] の方, の果して, よりの形成, を化し, を斥ける, 何有郷裡の, 刀の, 動機である, 名刀と, 媒質的に, 定数に, 意識に, 意識の, 愛措な, 愛相な, 感動であった, 感動な, 感激に, 慘にも, 所有無取なる, 抵抗, 教育の, 教養の, 智と, 智の, 暗に之, 暗に参る, 暗に友染縮緬, 暗に唯, 暗に手荒, 暗に腹, 暗に足, 楽還, 氣味な, 理想とも, 理想に, 理論的に, 知識を, 聊甚し, 表情に, 造作でした, 造作に, 遠慮に, 頓著に, 風流な

▼ ず~ (49, 0.0%)

5 の物 2 しり給う, と悪魔, と比較

1 [38件] から永劫, か仏, が人間, じゃない, と動物, と國家, と戰, なき世, にまで引き上げられ, によつて, により, に向, に對, に神楽, のため, の下, の威力, の子みずから, の御, の性格, の恩惠, の所作, の技, の擔任, の正しい, の罰, の道, はじいっと, は人間, もあえて, も頼まず, やクリスト, や仏, よりも悪魔, を失はう, を愛, を敬, 鳴も

▼ ず美しい~ (49, 0.0%)

2 の, ものだ, ものであった, 顔を

1 [41件] おまえさんの, お女中, からすき, ことだ, といふ感じ, とすれ, と思った, のが, のであります, のは, ひろ子を, ものだった, ものである, ものに, ものを, ネ, ネ罪, レムブラント光線を, 不思議な, 五彩の, 作品である, 十八娘の, 品は, 声である, 声と, 夢を, 女だ, 女中達も, 妹お, 娘でした, 子供の, 山容を, 形と, 物語は, 癖に, 皿に, 眉が, 自然の, 色を, 色彩が, 顏を

▼ ず~ (48, 0.0%)

9 に立っ 3 きに 2 に述べた如く, の宿, へも行かれず, へやっ, へ先

1 [26件] あゆむ妻, す恭一, づ一個人より, づ劇界内部の, づ自己一人の, づ黒の, にもならず, にやすめ, に二人, に蜥蜴, に行っ, に裂き破った, に言う, のいらだたし, の周馬, の子供たち, はどう, ばかり急ぐ, へズンズン, へ云い続けた, へ行きやれ, へ行っ, を喋る, を急い, 仏の, 秦と

▼ ず~ (48, 0.0%)

1 [48件] が僕, が臣, と共に一杯, と民, と行く, におくれ, にて御, には腹立たしい, に出逢っ, に手紙, に打明け, に食, の, のいつも, のしたい, のため, の云う, の仲間, の城郭, の恋しき, の手, の手紙, の扶助料, の望む, の相続者, の耳, の行方, の詩, はそれ, は何, は何所, は性格, は武蔵野, は気, は猪子先生, は素足, は美人, も口, も来ず, やしら萩われやしろ百合, よく我, よ今わ, よ許せ, をこそ頼め, を店内, を弑し, を思う, 見えず

▼ ず~ (48, 0.0%)

7 から晩 2 になり, 参りの

1 [37件] おそくなるまい, からお, からかご, からずっと, から夜中, から夜更, から寝る, から書齋, から画室, その前, でも來, となく, なさ, になっ, になる, のいちど, のやう, の光, の掃除, の最初, の着物, の空気, の食卓, は従前通り九時, は早く, は早天, は早起き, は遅い, までぐっすり, まで待てない, を待つ, を軽んずる, 早くから戸外, 早くから起き, 早く取れた分と, 書けない, 起きると

▼ ず~ (48, 0.0%)

2 は飲まず, ばかり飲ん, を飲み, を飲む, を飲ん

1 [38件] から酒, が出ます, が尽きない, が振舞われた, が飲みたくなっ, だけを飲んだ, でも飲まなけりゃ, と催眠剤, と女, と媚, には弱し, に酔っぱらっ, に非, のみと見え, のん, の小売値段, の悪癖, の粕, の血, は若い, は飲む, までやめられた, もつまらぬ, ものまず, も飲まず, をあおり, をたのんだ, をのみ, をのみ煙草, をも過し, を持ちこむ, を知らず, を賞する, を飮, を飲ませ, を飲むで, 臭い気息, 飲まずなら

▼ ず二度~ (47, 0.0%)

7 も三度

1 [40件] ならずいまわし, ならず三度目, ならず何遍, ならず失敬千万事, ならず嵐, ならず幾度, ならず度, ならず手許, ならず既に, まであるかれ, までの羽柴殿, までも, までもあまり, までもおれ, までもだまし, までもなんと, までもわれ, までも一人, までも人, までも仕損じた, までも侵入, までも出合っ, までも右門, までも彼, までも憂鬱, までも某, までも流され, までも溜息, までも現, までも確, までも確か, までも私達, までも罪, までも自分, までも軽々と, までも重役たち, まで敗北, 出直す時間, 程ガシャン, 迄も信者

▼ ず~ (47, 0.0%)

4 もあつく 3 に手, を打つ 2 つきぬ, の上, の頻りに, を攫んだ, を進めました

1 [27件] かぶを, が立たなかった, っ小僧, で追っかけ, にとりおろした, に乗せた, に節, に縋れり, の手, は炬燵, まではいる, もくずせず, も突かず, より低く, をすすめた, をつい, をり, を乗り出し, を乘出, を叩いた, を叩く, を固めず, を屈する, を打ちました, を突い, を立て直しました, を辷らした

▼ ずほとんど~ (46, 0.0%)

3 無意識に 2 人の, 木石では

1 [39件] あなたを, これは, これを, それを, なにも, わたしを, 三月ぶりで, 乞食の, 五分時ばかりの, 信用されず, 全部を, 半日銀流しの, 反対に, 口も, 口を, 同一量の, 土葬らしい, 壁から, 店は, 彼の, 息もしないで, 意識しないらしい, 手も, 放ち飼いの, 断念し, 柳桜の, 森林地帯を, 消滅し尽せる, 無限に, 皺も, 相並ん, 窒息死の, 立場を, 自分は, 自分一人で, 記憶上に, 顔を, 養殖うなぎばかりと, 黒死病の

▼ ず~ (46, 0.0%)

2 と先, と安く

1 [42件] くの, てある, とお, とひどい, と上流, と下, と伸し, と先生, と初め, と前, と反身, と可, と右, と呑氣, と多い, と安い, と容易い, と川下, と己, と年, と年下, と引込ん, と後で, と後ろ, と恐るべき, と早く, と昔時芝, と時代, と有形的, と格, と正確, と海, と深, と現代的, と畑, と疑ひ, と痩せた, と脊, と自分, と若い, と親しみ, と長い

▼ ず~ (46, 0.0%)

4 を向い 2 の世話

1 [40件] から吹く, で主人, で煙草, にころがる, ににほへる, には濠, にまじわり, にコト, に仆, に置い, に落ちた, のプロペラ船, の六畳, の字, の方, の様子, の遠藤, の食堂, は一家, は俺, は千仭, は深う, は矢, は身, へも置かない, へも降りず, へ落ち, を苦しめ, を見渡した, ッ引を, 人民に, 俯向いた, 億衆の, 半分に, 唇を, 座敷の, 曾我まで, 甲板は, 葉の, 賤困窮人共に

▼ ず或は~ (46, 0.0%)

2 意を

1 [44件] あなたを, これを, じっくり育てなかった, ほ, 一時にも, 之を, 他人の, 偽名した, 其以前にも, 凶を, 初めて雪渓, 命を, 嚴島行幸に, 土壌に, 多少認められ, 嬶の, 心神恍惚たり, 忘るる, 手細工或は, 故ら理解, 朧氣に, 松本善光寺又は, 死に, 母が, 気が, 注釈を以て, 流れて, 浅草今戸町その, 深く味, 源光圀を, 激しくない, 爵位をも, 町名だに, 直ちに医者, 笑い或は, 自然に, 舞台そのものの, 良人と, 若し何, 観破せざるが, 言を, 誤字あらん, 連続を, 遠く或は

▼ ず相手~ (46, 0.0%)

2 の肩, の顔

1 [42件] がこちら, ができた, が何人, が凡て異国人, が判った, が判つた, が正直, が死ね, が自分, が高城, にしない, にしなかった, にならない, にひったくられる, に反感, のさした, の云, の全部, の出る, の出鼻, の坊主, の意見, の持つ, の横, の独自性, の眼, の秘密, の言う, の言葉, の議論, の身分, の頭, はまた, は平気, は頭蓋骨, もまた, を判らず, を呪誼, を巻添え, を笑, を要せず, を見た

▼ ず若い~ (46, 0.0%)

3 時は 2 ものの, 中は, 方も, 者は

1 [35件] つもりだ, ですね, ときから, のと, のに, 人々が, 人々の, 人達は, 同性の, 坊さんを, 声である, 女が, 女という, 女に, 女の, 女を, 女性に, 女性の, 娘さんの, 娘にから, 娘の, 娘は, 娘らしい, 娘らしく, 専門学校の, 尼は, 彼女が, 息子だけが, 男の, 男子には, 番頭の, 紳士は, 者並に, 虚無僧の, 連中の

▼ ず非常~ (46, 0.0%)

2 によく, に窮屈

1 [42件] な値うち, な怪力, な早, な速度, にいい, においしく, にかわい, にはやく, にやさしい, にロシア政府, に一般, に不, に伝染病, に冷静, に危険, に周章狼狽, に困難, に大きな, に巧み, に怖, に恥ずかし, に悲しむ, に早口, に晴れ晴れ, に涼しい, に綺麗, に緻密, に聡明, に臆病, に良く, に落着, に親切, に道路, に重要, に雑多, に静か, に驚いた, に高価, のここ, の勇力, の喜び, の士

▼ ずあなた~ (45, 0.0%)

2 のお, の事

1 [41件] おひとり, が去年お出で下, が屍体, が生徒, が私, が菰田源三郎, こなたに, という人, といっ, としてお, との間, と一, にせめて, にも会わない, に一つ, に話し, に関しては二郎, のお母さん, のお目にかかった, のこと, のそれ, の兄さん, の向上心, の役宅, の感情, の文章, の時代, の演説, の臆病, の進退, はいつ, はお, はその, は心配, は感傷的, は言った, への愛情, も癇性, らしくも, を探しあてよう, 御自身

▼ ずどう~ (45, 0.0%)

4 したこと 2 かこうか, したもの, して, しようかと, すること, 見ても

1 [29件] あっても, あつて, かどう, したかと, したって, したといふの, したね, したらい, したらよい, したら宜, した事, した訳, するつもり, する訳, だい今でも, です犯人, でも, でもぜひ, でも纏め, とまろんだれ, と大地, なされたかと, なったか, なること, にでも取れる, にもならぬ, 仕様も, 切られたもの, 行けば

▼ ず一切~ (45, 0.0%)

2 が宙, の生活

1 [41件] が実に, が果, に勇氣, のもの, の事, の人間, の原因, の子孫, の宗教, の実証的, の建物, の形式的仮象, の形式破壊, の我見, の所應行, の手当, の文化, の文芸, の書物, の概念, の活力, の生, の真, の眺望, の社会的関係そのもの, の社會的關係そのもの, の科学, の秘密, の芸術, の芸術家, の著作権者, の認識, の顧客, は余, まっくら, やつて, をかれ, を愛せしめ, を捨て, を秘密, を自然

▼ ず寧ろ~ (45, 0.0%)

2 それを, 技倆の

1 [41件] この間うちから, これが, これによつ, これを, そこに, その故, よまされぬ, ゲーテは, マダケの, 一種の, 中農地主から, 之を, 信用し, 内気な, 冷たすぎる, 利益と, 唇頭には, 喜んで, 喫煙せざる, 多難な, 天の, 天真流露自ら知らずし, 夫よりも, 如何に, 広大なる, 心理, 散開せる, 日夜を, 未存, 正月の, 此上も, 無視され, 熱烈に, 独自の, 産業の, 真の, 神尾と, 私達の, 興に, 親切を, 輕蔑を

▼ ず我々~ (45, 0.0%)

2 が家庭, の生命, の生活, の観察, の頭

1 [35件] がお互い, が主体, が今, が即座, が大気, が憂うる, が追う, と同じ, の住む, の作為そのもの, の先棒, の口許, の国民性, の方, の日常生活, の日用品, の耳目, の要求, の過去, の間, の魂, はあくまでも, はた, はたとえば, はつねに, はどこ, はホール・ケイン, はラロ, は今日, は彼ら, は汽艇, は物, は白鳳天平, は自ら, は馬

▼ ず殊に~ (45, 0.0%)

2 一軒家あけ開いた

1 [43件] お前の, この頃, これを, そこは, その方面, その赤, わが日本, 一言も, 一頃半熟の, 丹治も, 人口の, 何よりも, 其夜中の, 初巻快晴, 初版に, 印度へ, 古墳の, 喜劇に, 女子の, 子供迄が, 少い婦人, 島に, 常から, 年の, 日本の, 昨夜から, 書載, 曹達の, 測器, 溝, 煙草は, 男は, 私は, 空軍や, 筆を, 織元その, 老幼婦女の, 花時には, 賤しい, 越前勢は, 近世は, 近頃の, 霊験ある

▼ ず~ (45, 0.0%)

1 [45件] いづれも, えっちらおっちらと, からはひどく, がわざと, が其, が卓, が食べ残した, くさる, その本源, その窓, それて, たそがれぬ, でたのしむ, でやっ, で手足, と一緒, と花, なぜとも, な黙って, に別れた, に別れる, の気分, の氣持, の笑い, の者, まで分らぬ, 一様に, 云い合わせたよう, 入用だ, 前朝廷, 単に宗淳, 悉く花, 悠々と, 打捨て申候, 敵じゃ, 末席と, 此に, 死す, 涼しい顔, 睡りに, 知って, 育ち切らない作文, 輝き皆笑う, 違った類, 重い

▼ ず自己~ (45, 0.0%)

2 の立場

1 [43件] と自己, に甘える, のある, のうち, のみにて之, の一挙手一投足, の健康, の力, の力量, の可能性, の品位, の唯物論, の問題, の存在, の弱点, の心法, の思念, の意志, の意欲, の最良, の本性, の根源, の滅亡, の為, の爲, の生, の生活, の種属, の缺乏, の職分, の講義, の道程, の陣所, の館, も諺, を唯物論, を從, を拡大, を捲き込ん, を書い, を生かさん, を覗, を責むる

▼ ず~ (45, 0.0%)

3 を振っ 2 はとび, をすくめ, を縮めた, 垂れて

1 [34件] うちおとしけるが, から離した, が締められる, っ骨, にかけ, に鎖, のねを引きぬい, の包物, の頭, へ巻きつけ, も据わらぬ, や手足, をくくらなけれ, をすくめました, をち, をちぢめ, をふる, を上げ, を伸ばし, を低, を出さう, を出しました, を垂れ, を小刻み, を左右, を引つこませた, を引込め, を掻かれなかった, を擡げかかる, を斬られ, を籠, を縮め, 垂れながら, 長きところ

▼ ずさらに~ (44, 0.0%)

4 これを 2 進んで

1 [38件] お輿, こうした方向, すぐれた景勝, その上, その時刻, その集団, それ以上に, は二次, また平和, また眷属郷党, また薄田, また難戦苦闘, ウルリーケに, 一の, 一日または, 一歩を, 一歩前に, 他の, 余計な, 厳正絶対な, 善照寺の, 大きくお, 当家所有の, 復活再起し, 新田勢へ, 最高裁に, 柳鞭を, 死体発見を, 海尊の, 深く暗闇, 珍らしき, 知らない顔, 考えさせられたこと, 薩長公卿の, 軍紀を, 遊女を, 遠く芸州吉田, 開運の

▼ ず~ (44, 0.0%)

2 なら廢, にすり寄り, れ今日

1 [38件] が依然として, が死んだ, で足, として妻, と聟, なり別れ, にし, に売られる, に離れぬ, のため, のほう, の不在, の側, の後, の性格, の恩, の気, の狡, の自由党, の自由黨, の蛮的行為, の親しい, はファシズム理論, は不思議, は夫, も咎めぬ, も心配, も授業中, や兄弟, れから, れに, れ国家, れ國家, れ有司, れ軟毛, を促し, を勧め, を慕い

▼ ず~ (44, 0.0%)

2 藩の

1 [42件] さやかな, ならずその, なりとも, なる小, な心, ましや, まめに, ランプに, 三郎に, 供の, 供や, 供時代の, 信の, 光と, 兒の, 初を, 劇場へ, 商, 圓太は, 地主の, 婢の, 學校に, 山内君に, 左衞門の, 市民性的要素を, 布施の, 庭に, 手招きする, 染は, 氣味よ, 法師と, 溝も, 當り, 百合の, 箪笥の, 箪笥も, 紫に, 義に, 芒の, 農民階級や, 魚を, 鳥屋の

▼ ず微笑~ (44, 0.0%)

11 した 3 したの, して, をうかべ 2 しながら, を含ん

1 [20件] が唇, させられたの, したよ, してじつと, する, するレオナルド, にあらず, の影, の浮んだ, も湧く, をかえした, をさ, をさそはれず, を交換, を含んだ, を洩し, を浮かべ, を湛え, を漏らした, を禁じ得なかつた

▼ ず生活~ (44, 0.0%)

3 して 2 が変化, する自己, の次第に, は日

1 [33件] が一定水準以下, が曖昧, しなければ, する者, というもの, と文学そのもの, にとって何, にひしがれ, に喜び, に於ける, のたたかい, の中心, の今日, の便宜, の全部, の具体的, の力, の向上, の品位, の形態, の必然性, の日々, の本質, の棹, の総, の苦し, もあまり, を共に, を托し, を押し, を新, を欲, を簡単

▼ ず~ (44, 0.0%)

4 ひながら, ひ出して 3 つて, ひ出した 2 つたので, ひ女の子, を含み

1 [24件] が込み上げ, くぼを, の外, の浮, はせ, はせられた, ひこける, ひに, ひました, ひわたし, ひ出したので, ひ出しました, ひ出し候, ひ出すの, ひ声, ふ, ふて暮らす春, ふときには, ふなりけり, ふにも, へさ, へて來, へり, をうかべました

▼ ず~ (43, 0.0%)

3 に見入つて 2 の姿, の穴

1 [36件] おろしの, かと思え, が好き, が照り耀く, といわず, と云わず, ならぬ人世, なる長兄, にある, にも帰れず, に入り, に分け, に小, に強い, に残れる, に見入っ, のなか, のよう, の中, の名, の奥, の背, の鳴動, の麓, へ行きたい, へ行く, へ遊び, ほと, また山, も川, や墓所, を下っ, を仰い, を海, を購, 又山

▼ ずお前~ (42, 0.0%)

2 の個性, の手下

1 [38件] がやす子, が來, が此様, が殺した, が逃げた, とやっ, にわかれ, に呼入れられ, に懸想, に見, に逢った, のおかげ, のよう, の兄さん, の出入り, の奉仕, の學, の家, の左, の言, は, はお先, はお前, はここ, は一たいいつ, は女, は気楽, は氣樂, は眼, は神變不可思議, は頑固, は飛んだ早まった, は飲み, もそう, もなんにも, らしくて, を庇い, を抱きあげ

▼ ず~ (42, 0.0%)

7 ようと 5

1 [30件] お連れ, き真夜中, たそう, ただ徳, たっぷりなお, たと, たとおり, たの, たらどう, たんです, た処, た苦心, た違い, なくちゃ, なすったん, ふの, ふ見る人, もうします, ようとの, 下されても, 人穴の, 四国山陽山陰の, 左右に, 悠々成都, 易い, 易いが, 時が, 治安を, 玄明や, 隠宅の

▼ ずされど~ (42, 0.0%)

3 そは 2 か, 一般に

1 [35件] かくいへる, かの少女, これを, その人, その信仰, その言, もヘクトール火焔, わが歸, わが目迷, わが若き, パオロに, ヘスペリアは, 亭主之を, 人には, 今俄, 今斯程, 他は, 其は, 其隊に, 告げよ, 問ふ, 地水火風の, 年経, 愚に, 我上に, 手を, 明日の, 相異なれる, 眉濃く, 罪ある, 聲は, 英武の, 記憶ある, 語れるもの, 郷土フィレンツェの

▼ ず人々~ (42, 0.0%)

1 [42件] いかにともすべき, がその, が忙し, が耳, に奇異, のその, の一番前, の声, の往き来, の往来, の心, の注意, の笑い崩, の胸, の話, はその, はた, はただ, はなお, はナとン, は依然として, は再び, は初め, は単に, は学問, は往々, は快活, は日常, は極度, は気味悪, は無論, は異様, は皆其, は直観, は聲, もまとも, をし, をわけ, を悲, 其の分, 甚だ持て余し, 自から

▼ ず早く~ (42, 0.0%)

2 なった

1 [40件] きちんと着かえ, ねる, もなく, も一升ビン, も悟った, も橋, も甲冑, も笑い, も逃散, 云へば, 休む, 出かけて, 切り上げて, 取って, 咲くという, 売りたくて, 夜が, 大人に, 天に, 家に, 寝台へでも, 崇神帝の, 帰りたがりました, 往けもし, 心がけて, 既にその, 既に廃っ, 死んで, 毀れて, 片を, 眼醒めつ, 自から, 茶づけ, 茶漬と, 行くよう, 起きて, 逃げろと, 閃光も, 降参し, 食卓を

▼ ず~ (42, 0.0%)

2 に同, の折め, の行手

1 [36件] あれども, がついた, が悪くっ, といわず, なき所, にあらず, に入る, に志し, に敷いた, に沿うた, に迷った, のため, の楽, の片側, の神, もつい, もはっきり, もろくに, をかえ, を失っ, を学んだ, を守り, を尋ね, を尋ねる, を左, を急い, を急いだ, を急ぎ, を横ぎって, を横切っ, を見つけよう, を踏み迷いまし, 修まらざれば, 引かへて, 得ること, 直に公

▼ ず長い~ (42, 0.0%)

2 手紙を

1 [40件] ことお世話に, ことかかっ, ことさがし, こと丹念に, こと枕もとに, ゆすぶる様, キスを, プラツトフオームを, 下りであった, 坂路を, 夜の, 尻尾を, 年月それで, 廊下だ, 廊下に, 戦争の, 時間の, 時間を, 時間御, 木剣を, 歴史を通じての, 沈黙の, 熱心な, 簀子縁を, 脚での, 脚を, 蜘蛛の, 袖の, 間そのまま, 間ただ黙っ, 間何処かに, 間御, 間湖心に, 間無, 間睨み合っ, 間私は, 間要らない, 雪に, 顎を, 鼻を

▼ ず~ (41, 0.0%)

2 には多, へはいっ, 世紀末の

1 [35件] からヨチ, でかすか, ではいっこう, にいた, にはかえって, には劇毒無類, には反抗的, には四段, には多少, には小田原あたりさ, には極, には気味, には睨む, には立派, には肉, には至って, には迎合さ, にも台湾, に入っ, に這入り, の土間全体, の數人, の様子, の空箱, はひっそり, はひつそり, はシーン, は真, へ這入っ, べい, よくし, を取っ, 実は甘い, 軍曹真も, 項は

▼ ず我が~ (41, 0.0%)

2 あゆむなり, 代りの

1 [37件] シバルリイの, シバルリイは, 一般国史の, 乳牛は, 力の, 古伝説や, 后に, 国民性に, 國自動車界の, 声の, 子の, 家族悉皆然るに, 帝国の, 弦月丸を, 彼と, 徳風斯く, 心に, 心にては, 愛讀の, 方へ, 日本が, 日本国の, 林田英三君は, 歴史的文化との, 眼くらき, 眼盲ひむ, 知音中村何某其の, 碧梧桐氏の, 神話中に, 福無, 視界も, 言葉をも, 農業者または, 辺海の, 邦人は, 顏な, 顔な

▼ ず~ (41, 0.0%)

4 から外 3 の外 2 からからだ, から棒, の方, をあけ

1 [26件] からといわず息づまる, から半身, から地上, から戸外, から逃げ出そう, から顔, から飛び出し, だけを改めた, に坐っ, に巣, に駆け寄れ, のある, のそ, のそば, の前, の戸, の雪明り, も玄関, も門, をあけたら, を一つ, を密閉, を背, を通して映る, を閉め, 打つ落葉

▼ ず~ (41, 0.0%)

2 も官位, も欲しがらずで

1 [37件] がはいった, が無くなった, で巻い, になる, に代, に就, に添え, に見積る, の事, の冠, の割合, の勘定, の工面, の星, の為, の相談, はいつ, は必, もそれだけ沢山, ももうからない, ももっ, もマネージャー, も七八両, も女, も時間, をそこ, をとらぬ, を使わず, を取つ, を取らなく, を払った, を溜める, を用意, を貴く, を釣る, を預け, 貰って

▼ ず他人~ (40, 0.0%)

2 に外

1 [38件] からも自分, とは交渉, と同じくなんら, と接触, ならず, に云わせ, に對, に尽くしたい, に強いる, に知れない, に譲る, に非, のため, の仲介, の制作, の勉強, の名前, の姓名, の娘, の存在, の家, の座敷, の心, の抜書きし, の描いた, の摸倣, の書, の物, の田, の目, の精神, の罪, の達する, は己, より冷刻, を傷つけ呪う, を受けいれよう, を咎めず

▼ ず~ (40, 0.0%)

2 のお, の家出

1 [36件] お百合, から少し, がマリユス, が丸っこい, が感心, が採る, が死ん, が積極的, でなく年増, といわず, にもその, に忠告, のお萩, のこと, のエリゴーネ, の体温, の側, の入水, の君江, の嗚咽, の多く聚, の大成, の子, の手首, の持ったる, の方, の民弥, はひらたい, は古, は唯, は母屋, は泣い, を引ッさらッ, を愛し, を腕, 盛りお

▼ ず~ (40, 0.0%)

2 の中, はすぐ, をし, をつづけた

1 [32件] がはずむ, しかくる, するにも, としても稚気, と身振り, に時, の後, の最中, の次, の相間, はそのまま, は以前, は直ちに, は着々, は私たち三人, もしなかった, も出来ず, も聞い, をした, をしつづけた, をすすめる, をする, をつくり変え, をつづける, を傍, を続ける, を續, を聞い, を進め, を進めた, を進めます, を長引かせ

▼ ずしばらく~ (39, 0.0%)

2 すると, 一人で, 俯向い, 考えて

1 [31件] お耳, そこから, ただそこ, つきあって, の間, の間引, はこの, はただ, は何, は友, は奇異, もぢ, も傍, やったあげく, 亂戰の, 刺し込んだまま放置, 天井裏からの, 無言で, 窺い合って, 聞き澄まして, 腕を, 自分の, 苦りきって, 蘆を, 見送って, 覺醒と, 道に, 遠のいて, 黙ったまま, 黙って, 黙然と

▼ ずぼんやり~ (39, 0.0%)

3 して, 立って 2 立つたま, 立つて, 鍬に

1 [27件] した, してるみたい, たばこを, として安, として居る, とながめる, と取残された, と寢床, と暮らし, と最前, と眼, と車外, なされて, 坐ったまま, 庭の, 微笑みながら, 微笑んで, 晴耕雨読などといふ, 晴耕雨讀などといふ, 止り木にと, 湯気の, 湯氣の, 物思いに, 眺めて, 縁側に, 見とれて, 陳述し

▼ ず~ (39, 0.0%)

3 も二 2 の的, は最も, は武骨

1 [30件] かかえに, から十, から図, こうはかばかしく, だけにし, と思い, と晩じゅう, と通り, にし, にも二, にも十, に蜀, の人語, の抱く, の白, の石, の魂, は他, は以, まず家, も他, も判然, も外国, も意味, も満足, より二, を考える, 呑みに, 小事件, 小舸

▼ ず~ (39, 0.0%)

3 を読む 2 を開かぬ

1 [34件] がなく, がよく, が読めない, なんか持っ, の上, ばっかり読ん, までみてない, もよめず, も書けず, も読まず, より恙無き, より真情, をよみ, を持っ, を書く, を読み, を買う, 仕立は, 仕立御望次第と, 來, 党総理として, 問題を, 回の, 居先生などは, 是れ, 氣に, 當に, 百姓四半軒の, 著者が, 葺の, 邑に, 釣鐘時の, 銀町も, 黨總理として

▼ ず社会~ (39, 0.0%)

2 の落伍者, の関心

1 [35件] がこれ, がそれ, が一旦すでに, が単純, が遍く, と歴史, と生物, と自分, と融和, において彼等, に存在, に於, に於ける, の一般通念, の下層社会, の交際, の先達, の全体性, の各層, の歴史的発展, の精粋, の経済的安定, の自存, の進歩, は何程毀損, は彼, は無表情, も亦, や法律, をも過る, を今, を客観的, を持たない, 又は国家そのもの, 各方面

▼ ず~ (39, 0.0%)

3 喰った 2 を打ち, を赤らめ, 喰らった

1 [30件] かへし, といわず, と向う, に仕事, に出し, のあたり主, のみなり, の色, の輪廓, は厳重, をそむけ, をそむけしか, をジッ, を冒し, を出した, を剃っ, を剃刀, を反, を和げ, を振っ, を背け, を背ける, を蔽う, を見合わせ, 喰う, 喰って, 喰らって, 喰らわせた, 喰らわせられた, 見し人

▼ ず~ (39, 0.0%)

7 を反 3 を赧らめ 2 をそむけた, を上げ, を合せ, を見合, を見合せ

1 [19件] がそむけられました, つくりながらも, に繰る, に過ぎ行かれ, の此宿, の烟草ふか, の色さ, の賣れ, の面もち, や手, をそむけ, を上げる, を信如, を掩, を擧げました, を背けました, を見ず, を見合せた, を見合せました

▼ ずけさ~ (38, 0.0%)

3 の中, をやぶっ 2 にみちた, を破っ

1 [28件] うれしさ, がかえって, がこめ, がひとしお, がキャラコさん, が感じられる, が落ちた, こんな光, で若葉, という思い, とは何, につつまれ, にどこ, の, のあはれ, のうち, のなか, の上, の底, の朝気, はかれ, は深夜, ばかりでない, も講義, をかきみだし, を漂, 早くおき, 明るさ

▼ ずそれに~ (38, 0.0%)

4 よつて 2 舟を, 越中屋の

1 [30件] あの方, あの透き通った, あの透き通つた感じ, うつとりと, お体, このころお礼, この奈良, これを, よつて史料, よつて自己自身, 一遍の, 三千両の, 三千兩の, 何か, 何だかずっとぼそぼそ話, 何よりも, 何らかの恣, 何処の, 傍点を, 又私, 圧迫されず, 安定感を, 手を, 接觸し, 江戸表は, 私は, 私ゃア馬が, 自らも, 葬ひ, 高松宮様に

▼ ず且つ~ (38, 0.0%)

1 [38件] そのいずれ, その刺戟, は余りに, は娘, は秘密, またこの, イザヤ書の, 上代の, 久しからずし, 人肉は, 其の中, 前者に対する, 勇武なりとの, 又どの, 外交官として, 女人の, 女子は, 宋代のみ, 峰から, 当時最も, 彼等の, 彼等は, 戰ひ, 所持品等は, 捕かまったら少なくとも, 日本の, 明日を, 曰く, 毒藥を, 氣にも, 求めざるの, 病身で, 知らず知らずそれに, 臨終最後の, 自分の, 自身で, 記文も, 長身に

▼ ず~ (38, 0.0%)

2 なこと, な事, にその

1 [32件] なところ, なカッ, なマスク, な神戸辺, な笑い声, な考, な苦笑, な音, な風, にいそいそ, にこじれ, にグラグラ, にソーケ, に冷たい, に力もぬいたす, に厳粛, に塩野, に奥歯, に心配, に意味, に意気, に気がね, に沈ん, に焦り気味, に白けた, に真剣, に粘っ, に考, に考え込ん, に胸, に遠慮勝ち, に陽気

▼ ず実際~ (38, 0.0%)

2 にまた, に於

1 [34件] それが, どこか, においては幸, には単に, には疎い, には第, にも賭博, に力尽き, に役せられず, に日常目撃, に目的地, に真面目, に言文一致, の上, の人生, の効果, の政治問題, の歴史社会, の気持, の犯罪事件, の犯行, はかう, はまだ単に, は太陽, は滑稽, は逆, 幾人かの, 心服し, 有益でも, 生活の, 的に, 短刀を, 自分が, 行われて

▼ ず東京~ (38, 0.0%)

3 へ出

1 [35件] から二百里, から妹, その物, ではあまり, ではそれら, では史談会, で老人達, にては借家住居, にて日, にて相当, に出た, に往, に慣れない, に打電, に殘つて, に着きました, の下町, の作家, の大学, の小学校, の市中, の支那料理, の方, の秀調, の芝居, は大した, ばかりで, へも帰れなかった, へ学問, へ逃げ, へ連れだしました, へ飛び出し, へ飛ん, より秩父, 及びその

▼ ず現に~ (38, 0.0%)

3 自分の 2 吾, 此の

1 [31件] その知識みずから, わが国でも, クラでも, チベットに, モロー彗星は, 一般裁判官によって, 両国境, 今死なう, 会堂を, 余輩学問の, 内外の, 嘉吉元年将軍義教は, 天気予報が, 憲政党内閣時代に, 憲政黨内閣時代に, 昨夜殺された, 朝夕ハムを, 朝鮮人の, 木沢氏も, 為しつつ, 無罪と, 物理学の, 生きて, 矢代は, 私に, 私の, 維新の, 自由党が, 自由黨が, 首脳部の, 骨肉の

▼ ず~ (38, 0.0%)

2 から呼掛けた, つぽ, とも付かず, は色

1 [30件] から飛ん, つとぼけた, つ尻, な生活, になった, には桐, に翔り, に非, に飛行機, のもの, の一点, の光, の如く, の底, の白雲, の縄張, の見張り, はひく, は掻き曇つ, まで届き, も晴れ, を仰い, を染め, を見, を見つめた, を見上げ, を見上げる, を黒雲, 頼めと, 飛ぶに

▼ ず~ (38, 0.0%)

2 といわず, と咽喉, の下, を掩

1 [30件] から口, が利く, つ張り, であしらい, で扱っ, とも云わず打たれる, と口, と言わず, なしに, にかかつ, にかかる, のさき, のわき, の低い, の先, の孔, の良い, の表現, の間, の頭, の高い細長い, も鳴らさなかった, をすする, をつままれ, をつまらせ, をつまんだ, をヒクヒク, を天井, を衝いた, を鳴らし

▼ ずから~ (37, 0.0%)

2 だが, だを

1 [33件] あらためてこころ, こぼれるみどり, こぼれる花, そうは, だじゅう, だに, だは, だも, で無理, ふかした薯, みつけましたから, アレキサンダー大帝チムールを, 全くの, 動く, 半分尻を, 失おうと, 始まるアガったの, 守るに, 師を, 引き離して, 御返事を, 才徳を, 打ち消して, 揚々として, 火の元が, 玉箒を以て, 知らずして, 神道碑を, 第一, 薦めて, 血を, 行って, 責め虐

▼ ずわれ~ (37, 0.0%)

2 を忘れ

1 [35件] からすすん, から寄手, が帰っ, ただ泣か, とわが, ながら有耶無耶, に眼力, に語り, に青, に非, のみ公務, のもっとも, の戰慄, の猛威, はそれ, は一目見, は人生, は北極, は実に, は尚, は復誦, は昼, は沒理想, は烏賊, は爰, は胸, またさ, また他人, また更に, もまた, も一句, も其, も早く, も突き出し, も長

▼ ずわれわれ~ (37, 0.0%)

2 の伴侶, の住む, はこの

1 [31件] がそれ, が互に, が実際, でブッ, のかくれたる, のこと, の世の中, の事, の企図, の周囲, の方, の日常生活, の祖先, の膳, の視覚, はその, はわれわれ, はクラム, はチト, は便宜主義者, は十日目, は少し, は幸福, は心ゆく, は皆, は皆呼吸, は習慣, も何, を取りかえし, 全人類, 全生物

▼ ず再び~ (37, 0.0%)

2 心に

1 [35件] ここで, その愚, その袖, 一郎の, 主家へ, 優しく問いただした, 元通りの, 六年後の, 出て, 十日斎戒薫沐し, 城に, 室に, 寝込んで, 店内に, 彼等の, 斯うし, 新聞, 新鮮な, 橋の, 渾身の, 監禁同様に, 眼醒めかかった, 私の, 立歸る, 第一圈, 第一線に, 羸馬に, 腕を, 自分の, 落城の, 訪ねる機会, 訪ひ, 起とうとして, 身を, 隊伍を

▼ ず現在~ (37, 0.0%)

3 の日本 2 の, の吾

1 [30件] あまり質, あらず過去, ではますます, では四人, では純潔無垢, でも学者, でも時々, においてこの, においてもその, においても実は, に至る, のこれら, のみといわず, のやう, のわれわれ, の事実, の勢い, の国防上, の大連, の彼, の彼等, の放蕩, の政治, の映画, の現実, の社会, の舞台, は母親, 既にその, 既に其の

▼ ず~ (37, 0.0%)

2 といわず, ともいわず, と云わず, を並べ

1 [29件] が小刻み, で風, とも言わず, と言わず, にすがらせ, にも卷かず, のあたり, のわらん, の付け根, の辺, は温かっ, へ力, も凝らず, も反らず, も震わせず, より垂れ, をすくむる, をすぼめ, をだらし, をふる, をふるわせ, を乗り出した, を叩き廻っ, を張つて, を怒らし, を抱かれる, を揺すぶる, を落しました, 並ぶるを

▼ ず~ (37, 0.0%)

2 の蹄, の頭, の首, よりも容易, を引い

1 [27件] が荒れ出し, と人, なり弥, にも通じた, に乗り, に打, に津水, に鞭打った, に騎ら, のウィリアム, の膝, の鞍, は舌, ばかりが独り, ばかり飛ばし, もまた, も少なく, をいたわっ, をやってくん, を出し, を置く, を躍らし, を連れ出し, を雇う, を飛ばし, を駆り, 倒れて

▼ ずかの~ (36, 0.0%)

2 花園の

1 [34件] ひめいち, ヱズヰオの, 井上伯は, 人魚の, 便宜主義の, 大勢は, 女は, 実の, 封建的伝統を, 恐しい, 悦びの, 所謂, 折助は, 政府高官を, 樹の, 水兵の, 洋学者流の, 犬を, 瓶を, 男子と共に, 社会的意識を, 美しき目, 翁は, 荒尾譲介は, 蕨村子の, 蛇女の, 製造人, 赤犬の, 軍備の, 軍勢の, 輩は, 退職金, 速水氏は, 遊星の

▼ ず先生~ (36, 0.0%)

2 のお, の御

1 [32件] がやってきた, がベル, が十年, が膏薬, であること, には毎日, にもご存知, に教, のほう, の作品, の内, の別荘, の前, の大, の嫌ひな芝居, の小説, の手, の推挙, の日記, の頭, はすべて, はその, はだんぜん, はとうとう, はどう, は臆病, は裸松, また余, もとばしてた, を招き打たすべし, を襲う, を顧み

▼ ず~ (36, 0.0%)

2 あらば, に任せ, の限り, を入れ

1 [28件] ある者, があっ, がこもっ, がはいっ, が落ち, なく, なげに, に合せん, のつよい, のない, の美, の足らざる, ははなはだ, は未だ, もこめず, もようやく, をあわせ, をこめ, をつけ, を尽くし, を用いず, を籠め, を覚, を量らず, 尽くして, 弱くし, 抜けて, 足らざるを

▼ ず~ (36, 0.0%)

6 の手 2 の腕

1 [28件] からも吹き, と左, に三軒, に北荒川, に引きたる, に当り, に述べた, のよう, の一句, の内, の奉行, の如く, の小, の小坊主, の尺八, の捕方, の方, の書き出し, の目的, の表現, の隅, の青年武士, の鮨, の鶴屋, へ主脈, まで申し上げる, も眺めず, 御誤解

▼ ず~ (36, 0.0%)

2 に落ちず, を照

1 [32件] かへ失せ去っ, かへ運び去ろう, からいろ, が教, だん, で行っ, と, ならず, には木の葉一枚, にひざまずい, にも属, に入りし, に埋め, に敷き, に満つ, に瓜, の上, の小言, の工合, の底, の遠近, は東南, へぬかずい, へ首, も見得ぬ, も載する, ゆるさず天, よりも湧かね, より生ずる, を以てすれ, を憚, を賜はるこ

▼ ず~ (36, 0.0%)

2 蒼な, 逆に

1 [32件] つ先, であるから, の優秀者, の勇気, の卑下, の国力, の大知, の宗教, の思想家, の悪人, の意味, の愛, の日本文化, の暗闇, の父君母君, の犬死, の益友, の緊張, の表現, をさえ包ん, を体, を愛し, を自分, ッ裸で, ッ赧な, 定城に, 日あかるき, 気山の, 淵景樹の, 箇大丈夫の, 裸体で, 逆さまに

▼ ず空しく~ (36, 0.0%)

2 帰る, 床屋の

1 [32件] この辺土, これより, これを, アウリスに, 一方においては, 不平を, 世路を, 中に, 京へ, 其の年, 回っては, 堂守を, 宝を, 尋ねて, 帰府致し, 恨みを, 悶えいると, 探して, 故郷に, 欧米人を, 此世を, 死んで, 水と, 海底のも, 渺茫たる, 窮乏の, 立ち帰って, 立帰る, 見て, 言を, 迎えの, 霧の

▼ ず部屋~ (36, 0.0%)

5 の中 3 の外 2 を出, を出た

1 [24件] から外, で正月, にても巻莨, に坐った, のあらい, のいっぽう, のなか, のまん中, の出口, の四壁, の片隅, の眞ん中, はあたり前, は乱雑, へお通し, へかえりし, へころがり込んだ, へとつ, へ参り, へ帰っ, へ帰る, へ還りし, も狭く, をあちこち

▼ ずにか~ (35, 0.0%)

3 夫人は 2 お君

1 [30件] いかに彼, いつの間にか乗っ, こういう物凄い, この雪, とにかくこの, とにかくもうこれ以上, とにかく曖昧, へりました, またはかれ, 七人の, 上人様に, 依然として放心, 俊彦は, 前川を, 唯々として, 壺の, 子供の, 彼は, 或は知りつ, 振り返って, 源三郎は, 無敵の, 百二十五名の, 相も, 素気なく, 義枝は, 能登守ほどの, 自分と, 表に, 金茶金十郎が

▼ ずまたは~ (35, 0.0%)

2 それを, より多く

1 [31件] その家人, それが, それに, それに対し, まるまる結果, もしなされた, 一時に, 先輩の, 句に, 婆娑羅大名の, 存在するであろう, 少なくとも戯笑, 岡ッ引の, 幸いに, 彼を, 必要を, 戦争の, 換言すれ, 支払われ得ない所, 数百万かも, 普通労働の, 死にそう, 死亡は, 瀬待と, 用途が, 病気中でなくっ, 祭りにすら, 祭前, 紙を, 自覚せずし, 部分的に

▼ ず不思議~ (35, 0.0%)

7 なこと 2 と川, なの

1 [24件] とこの, とだれ, と言, なほど, なるかな, なる何事, な密室事件, な思ひすら, な思ひに, な悪戯者, な生命力, な生存, な美音, にもはっきり, にも死ねなかった, にも自分, に大森氏, に彼, に悲しい, に暖かく, に穩, に身体中, や, を挟む

▼ ず世界~ (35, 0.0%)

2 の中

1 [33件] が死んだ, が詩人, が闇, でも類例, にも良心, に共通, に冠絶, に對, に幾つ, に行わん, のどこ, のトルストイ, の交通, の人, の人情世体, の人民, の凡, の学界, の平和, の文化, の最大, の注目, の短篇小説, の至る, の視聴, の軍備縮, はきっと, は実に, への自分, をあげ, を一貫, を治める, を統轄

▼ ず仕事~ (35, 0.0%)

3 をし

1 [32件] がし, がもてた, が出来ない, が終れ, して, だけはやらね, でやっ, といふ事, としても張合い, にかかっ, に励まず, に対して真剣, に没頭, に没頭致居連日, に追われぬ, のキメ, の中途, の出来ない, の口, の腕, の閑散, はもっと, は思いの外, もしなかった, もせず, をする, をちょっと, をもっ, を持ち続ける, を早目, を続けた, を自由

▼ ず元気~ (35, 0.0%)

2 だな, だね, で御座います

1 [29件] あの男, かね, がいい, じゃな, だなあ, で, であ, であつ, でいます, でしょうか, ですね, で御, で愉快, で結構, なこと, なし, なもの, な少年, にみちた, に書き物, に毎日, に汀, に精一ぱい, に話, はあっ, もなかっ, よく, よくやる, をもりかえした

▼ ず~ (35, 0.0%)

2 が討たるれ, の心, の理想, は親

1 [27件] が斃, が笑え, としてその, として孝, なども持たない, に非, の一人, の劉煕, は親知らず, まで生したる語らひなれ, もあやさず, もし, もちの, も泣いた, も親, をばよく, を他家, を儲けたい, を思ひくるる, を捨て, を捨てろ, を知る, を親, 夏が, 姑く, 養いから, 鳥が

▼ ず~ (35, 0.0%)

5 れを 4 れの 2 が好む

1 [24件] がお話し, が囲まれる, が国土, が妻, が意, が生れし, が職分, が衷, に誇る, のため, の利益, の意志, の愚, の本分, の枕, はこの, はその, も男, れが, れに, れは, を以て他, を淨め, を知らざれ

▼ ず~ (35, 0.0%)

2 を求めず

1 [33件] に一層, に購求めし, らしい何物, らしい定説, らしい時代, らしい鉄瓶, らしかったと, らしきも, らしく知り合い, 主に, 体制運動を, 俳句を, 六や, 助が, 十郎が, 吉の, 唐志の, 唐書が, 型式俳句という, 官僚の, 工風を, 市街を, 思想界と, 政府においても, 教徒の, 日本の, 理論の, 眼新選廣く, 羅は, 見解が, 詩形豈, 麥の, 麦の

▼ ず若し~ (35, 0.0%)

2 伯に, 強て

1 [31件] あのとき男, お前の, その時, その道を, ひとが, やという心持, 世の, 人家も, 僞造に, 君に, 單に, 夫れ, 学制調査会の, 學制調査會の, 實と, 少法, 己を, 平等に, 強ひ, 心術の, 情夫あり, 文学を, 日本文化の, 有つた, 此時に, 氣を, 点火されたら, 調べた上, 遊びしなら, 過多に, 違反する

▼ ず言葉~ (35, 0.0%)

2 の調子, もかけず

1 [31件] がつづかない, すくなく, と論理, など至極, にこもる, にも表, に潜む, に稜, のききとれる, の心理的ニュアンス, の止絶, の無い, の自由, は不, は純粋, は重吉, も丁寧, も少なかっ, も碌, をうつされ, をかきわけ, をかけ, をかけよう, をつぐ, をつづけた, をも発しなかった, を交え, を出す, を毛嫌, を滑らし, を継い

▼ ずいずれ~ (34, 0.0%)

4 にし

1 [30件] かといえ, が新, その乞食, その辺, のところ, の処, の国, の時, の法案, は車椅子, へも出入法度, もおばあさん, もその, もたちまち, も充分, も同意, も意匠図案, も梵語, も武装, も甚だ, も直参, も神, も緊張, も顔立ち, を正説, 帰洛の, 援兵を, 揺り返しが, 近日また, 道誉から

▼ ず~ (34, 0.0%)

2 あれば, による, の始末, は一切顛倒, を一定

1 [24件] あるたび, が起る, こそあれ, すでに足る, なく許された, におき, に会え, に臨ん, に関係, のあらまし, の一端, の実否, の性質, の意外, の難易, は成らずし, も荒だてず, を大きく, を急い, を計れ, を運ん, 更に彼, 苟も我國, 遂に発し

▼ ず別に~ (34, 0.0%)

2 一種の, 人間大に, 偉人の, 善後の

1 [26件] おつくり, これと, これを, また口, また屁, タクシを, 他の, 其が, 大に, 天真の, 女客が, 寝所と, 小石川見附内の, 工夫も, 得意にも, 急養子, 怪しい事, 情交の, 欲しいもの, 溺れ漂いたりと, 稲実公等の, 解釋を, 道理上証明すべき, 避難も, 金子平十郎等の, 項を

▼ ず手紙~ (34, 0.0%)

2 が来, を書いた

1 [30件] が來, が来る, が来るらし, が浦和, さえも自分, だの人, に接吻, に書き, の催促, の末, はもらえなかった, は書けず, は退屈病患者, もよこさない, も差し上げず, も書けませんでした, も見ず, も附けず, をとどけた, をもらう, をやりとり, をやる, を出し, を出す, を寄越し, を常陸夫人, を怠らぬ, を書き, を書く, を遣る

▼ ず~ (34, 0.0%)

42 つた, つて, にさ

1 [24件] つたけれど, の如く, はざる, はばお, ひきりました, ひつくし思ふこと, ひなりに, ひ値, ひ出された言葉, ひ廻し, ひ掛けて, ひ換, ひ返さうと, ふこと, ふとまた赤く, ふの, ふべき言葉, ふ迄も, もしどろ, を余, を左右, を換, を継ぎ, 絶えて

▼ ずかへ~ (33, 0.0%)

4 つて私は 2 つてその

1 [27件] つてが, つてこまちや, つてこんな, つてそれを, つてただ, つてまつたく, つて一見愉快さうに壺を, つて不忠の, つて兩者の, つて喜びを, つて富士と, つて富者の, つて必然的に, つて愈, つて我を, つて来る, つて油画の, つて滿足の, つて無限に, つて照されし, つて物に, つて芭蕉の, つて藪を, つて過, つて道を, つて頭を, つて願ひ

▼ ず悠々~ (33, 0.0%)

2 とし, と歩い

1 [29件] かけまわりたい人, たり天地, たる口調, とあの, とした, として人智, として天分, として居ます, として月, として月夜, として蒼く, と一場, と呑ん, と土手, と巻煙草, と歌, と洗濯, と煙草入, と盃, と相手, と粟田口, と紋付袴, と芝生, と落ち付い, と落付き, と西, と逃げ去った, と部下, 彼の

▼ ず最も~ (33, 0.0%)

2 不自然な

1 [31件] かすかな, その弱, アリストラチツクな, 不健康な, 便よき, 冷静なるべき, 利害の, 印象的な, 喰料には, 基本的な, 大きな功績, 思考しない, 敬わなくては, 整然たる規律的動作, 新マイ, 早く修業, 早く復興, 注意すべき, 淑徳なる, 深い悲哀, 特色ある, 生産力の, 目に, 着実な, 磊落最も, 緊急を, 自然で, 自由に, 蕪村らしい, 資本に, 近代を

▼ ず極めて~ (33, 0.0%)

4 樂しく 2 少数の

1 [27件] おとなしく説明, 低廉であろう, 優れたカント, 冷淡に, 冷静に, 原始的な, 多数の, 失望の, 安らかに, 平和である, 平和な, 平気に, 平靜に, 快く結, 急進突飛の, 恭順な, 明白な, 有用な, 朧げに, 欣ば, 特色的で, 生真面目に, 自然な, 象徴的な, 遅々たる自分, 闃寂として, 高価の

▼ ず~ (33, 0.0%)

2 にすら捨てられたら

1 [31件] から承け継いだ, がこうして, が子供, すら捨て, でもない, としての生活以外, ともならない, にする, に苦労, に阿る, の争, の仇, の仕送り, の付けた, の心, の手前世間, の義務, の身, の鰡, はもう, もなき, も消, をば大切, を床, を欺けと, 佐の, 兄弟には, 兄弟歎き, 兎が, 燕は, 雀が

▼ ず身体~ (33, 0.0%)

2 といわず, を動かす

1 [29件] から身, が利きませんでした, が常に, が熱く, が縮こまっ, が震える, といはず, と言わず, と魂, に満々, に自信, の上, の具合, の堪え得る, の平均, はといったら, はやせる, は小さい, は氷, は硬直, は空っぽ, も動かず, も固く, も達者, をしやん, を傾け, を前, を少し, を苦しめ

▼ ず閣下~ (33, 0.0%)

8 の内閣 2 の意思稍, は曾, は清浦曾禰等, も亦, 何ぞ之, 何ぞ早く

1 [13件] と自由党, と自由黨, に彼奴, の属僚, の属僚等, の屬僚, の屬僚等, は此点, は此點, 或は議会, 或は議會, 若し当時, 若し當時

▼ ず~ (33, 0.0%)

3 も降らず 2 に濡れた, に驚い

1 [26件] が降っ, が降る, が降れ, には風, にも成らぬ, に笹, のあと, のため, のよう, の中, の如き, の日, の降り出した, の音, はいよいよ, はさ, は夜, もよい, も上がった, も降らずで, も降らない, も降る, も風, や霧, を衝, 降るを

▼ ずうつ~ (32, 0.0%)

2 と向う, と西

1 [28件] かり, かりすると, かり口, かり物, とお先, とかすか, としづ, とりさせられます, と一直線, と一間, と佐渡, と來, と分りません, と南, と向, と夢, と奧, と川下, と森, と汀, と町, と秩父, と立罩め, と縁側, と言, と貸, と電信棒, と首

▼ ずけて~ (32, 0.0%)

1 [32件] あったの, いたあぶれ者, いると, いるという, いるん, いろいろ問いただし, おいた程度, おいて, おくため, おくほう, かかったが, しまい従って, しまうに, それぞれ養子に, もらいましょう, シャツを, 仕返しし, 例の, 北軍を, 我が子, 文の, 旨く味方, 歌の, 沢山の, 犬と, 用う, 終に伊豆相模, 置いた, 置きたいという, 置くに, 自分の, 自家薬籠中の

▼ ずしかし~ (32, 0.0%)

1 [32件] お恙, お手前, これ丈は, すべてを, とぼん, どうしよう, どこかで, コータンの, フレザーが, 今やそれ, 何処よりも, 健全性の, 入りは, 分らなければ, 十分ひろ子を, 又格別喜び, 向うから, 幸いに, 彼は, 戦国に, 日に日に死, 明るい朝, 決して淑かさ, 流動する, 知らぬ顔も, 自然発生的には, 蕃情は, 言合わしたごとく, 赤い顔, 道祖神の, 飽くまで実際の, 黒川に対しては

▼ ずとい~ (32, 0.0%)

6 へり 32 はむか, へるは, へる者

1 [17件] えり誠, はひ, はむ, はむや, はるる, へりいか, へりまことに, へりわれ, へるなり, へるに, へるもの, へるキリスト, へる二語, へる原因, へる福音, へ對相對逍遙, へ我乃ち

▼ ずといった~ (32, 0.0%)

10 ような 3 のは 2 具合に

1 [17件] あの東洋, あんばい式で, ごとく自然, さて翌朝, その道も, それらの, ところかな, ところで, のも, 久米正雄氏の, 位だ, 命令を, 喜び方, 孟子の, 心境だ, 見識から, 頃合では

▼ ずやの~ (32, 0.0%)

1 [32件] おやじが, お父さんなら, しみつたれは, てめえたちが, ひどい人, ように, 一種の, 中から, 僧侶に, 公卿を, 叔母だ, 夫も, 子だ, 川番役人共が, 張本烏金の, 役人どもを, 徹底抗戦派や, 意地わるの, 旦那だ, 母だらう, 民衆を, 狂気じみた, 社人に, 私では, 私の, 窮措大の, 群衆だの, 老よりを, 虎髯め, 親父には, 語あり, 馬鹿野郎だ

▼ ず一種~ (32, 0.0%)

1 [32件] のいかめしい, のおどろき, のなつかしみ, のゆるやか, のニヒリスチック, のヒステリー, の信仰, の剽軽, の壮快さ, の妖怪, の学究者, の宗教, の形式, の怒気, の情感的ムーヴマン, の愉快, の楽隠居, の無頼漢, の生活, の神学, の神秘, の私有財産, の美し, の芸術以外, の近世唯物論史, の運命悲劇, の階級対立, の雰囲気, の魔力, の黙契, むっとする, 低い階級性

▼ ず~ (32, 0.0%)

2 二屋に, 覺の

1 [28件] キゲンだった, 仕合わせらしい, 信用の, 合理に, 安心に, 審也, 得手だった, 成功の, 料簡を, 斷この, 景氣で, 景氣な, 本意ながら, 本意ながらと, 本意乍ら惡者の, 機嫌に, 死人について, 直の, 真面目至極とは, 筋の, 自然である, 自然な, 自然を, 良性を, 虞に, 覊放逸な, 規律に, 関気な

▼ ず~ (32, 0.0%)

3 世界の 2 村を, 軍の

1 [25件] き人間, 世界に, 世界は, 世界を, 人類の, 作品に, 勤労人口の, 勤労大衆を, 国民ひとしく, 宇宙の, 家中を, 店員の, 文化, 文壇を通じての, 期間の, 県下に, 財産を, 身心の, 躰は, 軍を, 軍目ざましい, 部屋外に, 部隊は, 関西を通じて, 隊が

▼ ず~ (32, 0.0%)

3 の中

1 [29件] だって飾, であきない, ではいつか先生, で働いた, には誰, に働い, に坐り込ん, に寢, の前, の商, の塵, の戸棚, の支配人, の番頭さん, の金, はいたっ, はいつ, は番頭, へ入っ, へ参っ, へ来る, もある, より台所, をしまう, をしめ, を掃い, を移した, を賑, を開け

▼ ず~ (32, 0.0%)

3 になっ 2 といわず, に枕, に流され, を向い

1 [21件] から腰, なぐりに, にころり, にし, になった, になつて默, になりたい, にもならず, に払い捨て, に見, に身体, はば, はり候, はり続けて, はれるを, わったまま, わり続けて, を向いた, を向かせた, 坑と, 添に

▼ ず~ (32, 0.0%)

7 の中 2 にそそぎ込ん, は流れ

1 [21件] から出た, が手, といわず, とも知らず, なき美濃, に, にあらず, に入り, に小さな, のもの, の上, の向う, の女, の彼方, の水平線, の泡, の都, は勿論, は毎日不気味, へも出られない, 近い焼津

▼ ず特に~ (32, 0.0%)

2 何を, 恥しいといふ, 私の

1 [26件] この遊び道具, そのよう, それが, アテーネー戰利の, 今日の, 仕事には, 何事かを, 免除された, 堀尾茂助一箇を, 大将らしい, 存在論的構造から, 差し当りて, 恋愛は, 批判的な, 新婚の, 昨今においては, 母は, 社会から, 米国は, 翻訳ものの, 自然科学に, 西湖に, 都会生活でない, 革に, 馬上歴々の, 鱗に

▼ ず自身~ (32, 0.0%)

1 [32件] が客観的, そのなわじり, でここ, で手際, に取っ, のため, の世界観, の乳, の事大主義的, の仕事, の側, の到達, の女, の好み, の娘, の存在, の恋, の業績, の眼, の純情, の自尊心, の見込所, の道徳律, の重, の階級的立場, は直接肉, は遠のい, ものち, もまた, も知らず, わざわざ見, をこめ

▼ ずかかる~ (31, 0.0%)

1 [31件] とき肱を, なめげの, 事件の, 傾向を, 冷酷なる, 処にこそ, 卑近の, 場合には, 場合の, 塞堡にて, 学校への, 宗教とは, 式楽も, 御寛度, 悲境に, 悲惨の, 想像の, 挙動に, 敗れを, 時を, 木像や, 異名は, 異様の, 私行の, 臆病神の, 虫も, 説は, 質的の, 重傷者を, 間にも, 類の

▼ ずこういう~ (31, 0.0%)

2 不意討ちの, 歌が

1 [27件] ありがたい文相, お願いを, ことは, ことを, ように, 事を, 仕返しを, 偶, 区域の, 口上を以て, 口碑は, 句を, 場合には, 大衆の, 悪い風俗習慣, 扉を, 手違いと, 折には, 昔の, 時お, 様相が, 無意義な, 立派な, 結果が, 話を, 貧弱な, 郷土的色彩の

▼ ずすでに~ (31, 0.0%)

2 時を

1 [29件] このよう, は席いっぱい, マルクス主義的鋒芒が, 一種動物的な, 三時を, 下ゆく, 主體, 五一年から, 今日脅やかされ始め, 何年か, 外国には, 大差別, 定評の, 就学せる, 左手に, 市内の, 徳川殿の, 戦争の, 日本文学博士の, 来て, 東洋には, 柳生殿には, 汝の, 生きて, 競争という, 紙の, 衆生あらん, 誰の, 難を

▼ ずそれら~ (31, 0.0%)

2 のはたらき

1 [29件] がみな他, が種々, についての認識, のこと, のさまざま, のもの, の人々, の人物, の人間的, の労働者ら, の名作, の問題, の学科, の悪行, の感じ, の映画, の点, の男, の硝子器, の者, の説明, の警戒網, の運動, はいずれ, はなるほど, は御, は皆, は皆母親, をたずさえ

▼ ずひとり~ (31, 0.0%)

1 [31件] が長, こうして田舎, それを, でこう, でこの, でその, でとうとう, で勝手, で山, で帰り, で恋, で泣い, で浴場, で無鉄砲, で父, で異様, で立った, で綴じ, で考えごと, で鍋, の武者, の淑女天, の酒, も降伏, よがりで, 勇潔に, 寂しくニヤニヤ, 怒りながら, 思いだすだけ, 旧穢多, 行くを

▼ ず~ (31, 0.0%)

2 とそこ

1 [29件] があんがい, がおい, で, でからげ, とずり落ちた, とその, と一つ枝, と並び, と並べたてられる, と並ん, と列記, と密生, と広間, と生籬, と目, と裏返し, と詰めかけ, と連続, と配下, と降っ, に寄りたかっ, のかかる, の編ん, はしい, やふじ, や眼鏡, をふん, を頼み, 並んで

▼ ず主人~ (31, 0.0%)

2 だ, に取っ, は自分

1 [25件] が, が串談, としても貧乏, とともに妻子, と思わず, と私, と細君, に通じる, の中川, の代り, の宗右衞門, の市兵衛, の平吉, の思惑, の書院, の背後, は一生懸命, は岸近く, も心配, も白, や親, らしき人, らしく行わずして, を思う, を殺し

▼ ず何と~ (31, 0.0%)

23 なれば 1 なしわざとらしさ, なし兄さん, なし斜, のう中味, はなしに, 人の, 答えて, 自分は

▼ ず~ (31, 0.0%)

2 に同情, も亦

1 [27件] からよく, がこの, が寓, とともに忙しい, とやらもその, にともつかず, には自分, に持たし, に類似, のところ, のもと, の健吉くん, の帰り, の後, の日曜, の眼, の興味, の身, の重蔵, は, は他人, は兄, は妹, は嫁, は弟, は快く, も意地悪さうに

▼ ず~ (31, 0.0%)

6 りて 2 て半身

1 [23件] てこの, てそれ, てゲーテ, て両者, て之, て互に, て僕, て具體的, て凡て, て友人, て好まぬ, て学問, て廊下番, て彼三右衛門従之, て恩愛, て悪魔, て時間, て特別, て特殊, て生, て益々, て聖人, て至尊

▼ ず~ (31, 0.0%)

7 の方 2 の便所, の室

1 [20件] では一盃, にかけこん, に勤め, に籠っ, のすみ, の二階, の人たち, の別, の寝小屋, の座敷, へあがりこん, へすすんだ, へ引, へ担ぎ込みます, へ蚊帳, へ通した, へ通っ, へ通る, へ駈け込ん, よりその

▼ ず~ (31, 0.0%)

2 と我, のお

1 [27件] が一手, という世俗, として孤閨, として迎え, とも見えず, と云う, と相, と言わず, にし, に休暇, に対して誠実, のどんな, の一人, の傍, の生きた, の留守, の肩, の自由意志, の親しみ, も子, も私, よ妻, を娶る, を庇い切る, を持たなかった, を虐待, 失いしこと

▼ ず煙草~ (31, 0.0%)

2 ものまず, も吸, も吸わぬ, も喫, をふかし, を捨て

1 [19件] から女, に火, は, ばかり喫, もすわず, も吸はず, も喫はず, も服, も買えず, も買はず, も飲まず, をくゆらせ, を取り出し, を吸う, を呑ん, を喫, を廃, を用いず, を輪

▼ ずいい~ (30, 0.0%)

2 声である, 気持だった

1 [26件] お話ね, しれぬ戦後的思想, つけも, でしょう, なあ, ようにより, ようの, 下着を, 事ばかりが, 人である, 加減で, 加減に, 子だ, 子でした, 対象を, 心持ちに, 心持で, 感じの, 気持が, 気持ちだった, 気持で, 濁して, 物は, 若い衆だった, 訳でも, 音を

▼ ずいろいろ~ (30, 0.0%)

1 [30件] で妙, とお話, と尾鰭, と思いがけない, なこと, な云いまわし, な印象, な木, な機密, な歌謡俗曲, な海草, な物, な獣, な空想, な色, な雑音, な驚いた顔, に胸, のこと, の事情, の人, の場合, の大, の性格, の手, まとまらなかったが, 地方を, 批判さるべき, 文化を, 独りで

▼ ずしんと~ (30, 0.0%)

2 何か, 腰を

1 [26件] しずまりかえって, その松, それこそ, 侘しげ, 十七人の, 南の, 卸して, 叩いた, 和らか, 地ひびきし, 地びたにころげ落ちました, 地響きを, 坐って, 大地を, 床の, 当たるきみょう, 枕元で, 水を, 深ま, 目の, 腰の, 落ちて, 誰か, 車輪が, 音たて, 鳴った

▼ ずその後~ (30, 0.0%)

2 も元気

1 [28件] で, なお引, にあらはれた, にはあの, にもかつて, のかれ, の冷静, はいよいよ, はぶらぶら, はメンコ屋, は一九四一年十三月, は常に, は憶え, は深, は種々, は西洋, は音, また事, むなしく都, も外戚, も町, も絶えず, を襲うべき, を読みつ, を追, を追いかけ, を追う, 軽い下痢

▼ ずわずか~ (30, 0.0%)

2 にある

1 [28件] なる往来, な側臣, な街灯, な衣食, にお, にこれ, に一筋, に不退転, に二十語, に低く薄く, に先祖以来, に寺泊, に小屋, に帯, に槙島, に荊州, に諸所, に開いた, に頭, の人, の車賃, イゾンゾ河の, 一書簡の, 一週間でも, 五六十騎を, 十日ばかりの, 筆の, 銀一粒で

▼ ず不安~ (30, 0.0%)

3 の念 2 になっ

1 [25件] があ, だった, でたまらない, でなりませぬという, で自分, と不審, と危惧, と寂寥, と混乱, と猜疑, と疑懼, な印象, な心持, な悔, な読者, にさえ思われ始める, にした, にしました, に思い, に襲われた, の文学, の状態, の裡, を感じ, を覚えさせられた

▼ ず何処~ (30, 0.0%)

1 [30件] かにおどけた, かに悲哀, かの男, かへ辿り着く, から何処, か気持, か辺陬, か遠く, でも地方, でも好き, で殺害, となく, にでも飛びこむ, に住んだ, のやしき, の河, の野末, へ, へともなく, へ行, へ行った, までもそれ, までも一人, までも多, までも弱い, までも活きたる, までも生前, までも私達, までも自分, 迄もそれ

▼ ず~ (30, 0.0%)

3 も要らず 2 を知らず, 胡桃を

1 [23件] に負, に高き, のある, のため, のみ家来, もきかず, もしらぬ, もない, も勝入, も無き, も知らず, も覚えられない, を問はずここ, を留めた, を聞いた, を言, ピアニストに, 宣合へるかれ, 實共に, 探偵は, 知らぬ寒しき人, 稱すら, 譽より

▼ ず~ (30, 0.0%)

2 それである

1 [28件] こうした広範, この優美, そのデモクラシー, それが, それであれ, それ故にこそ, なその, な徳川, な日米, ほとんど死, むしろ粗服, ラシーヌを, 作らんとして, 古池以外に, 多分は, 大学においてさえ, 好まぬどころ, 寧ろ他, 寧ろ是, 常識的, 昔懐かし, 果し得ない, 滑稽中の, 物理的に, 知るに, 自由によってこそ, 造化といふ, 遂に比肩

▼ ず~ (30, 0.0%)

1 [30件] にお立ち, にお腹, について行く, にもの, にギュッ, に世の中, に世間, に何, に入塾, に出, に動き始めました, に坐り, に声, に怖, に東, に気がついた, に気分, に泣きだし, に泣き出した, に無口, に犢鼻褌, に生活様式, に田螺, に白けきっ, に脅えた, に行方不明, に語調, を新太郎, 劇に, 歩に

▼ ず~ (30, 0.0%)

3 を切った 2 が立っ, の袋, を抱

1 [21件] が減っ, が立つ, では煮え, でも切らなき, と云わず, と尾, と腹, に入り, は減る, もへらない, も立っ, も立った, も立てず, を切る, を前, を抱え, を据ゑて長考幾度, を立て, を立てたらしい, を立てない, を立てました

▼ ず~ (30, 0.0%)

2 も咲かず, を生ける

1 [26件] がたくさん, が小さく, にも興味, のみは春, の上, の君子, の浮彫, の美点, の萎む, の高い, は木ごと, は開かず, も咲かせず, も咲きません, も訪い来ず, を二つ三つ, を包ん, を咲かす, を摘み取った, を活け, を看, を見, 咲かぬ山椒, 散る, 満ち溢れた牧場, 降り樂

▼ ず~ (30, 0.0%)

2 の方, を飛ばせ

1 [26件] が重く, で湯之島館着, にのっ, にも乘, に乗せられ, に乗っ, に乗らず, に速度, の中, の後, の後押し, の支度, の榻, の走っ, の蹴込みの板, は走り出した, は軋まず, へも乗れず, より下り, を下り, を下り雨, を走らせ, を雇うた, を飛ばした, を飛ばせ来る, を馳せ

▼ ずいわゆる~ (29, 0.0%)

2 濡れ鼠を

1 [27件] ぴかをも受け, ポリチカル・エネミ, 万葉式の, 不一不二, 世と, 余所の, 公認教なり, 古い殻, 和学の, 天下の, 常に存す, 御用聞き, 恐いもの, 恥も, 数学パズルと, 敵愾的精神を, 日本アルプスに, 松柏後凋の, 無偏, 経済学とか, 維新の, 美術骨董品などの, 職業という, 部落民全体に対して, 間人同様の, 風声鶴唳にも, 高級品を

▼ ずおまけ~ (29, 0.0%)

3 に私 2 に濡れた

1 [24件] にお, におしん, にそこ, にガレ, にシャツ, に下, に不器用, に口, に園井, に強度, に彼女自身, に忙しい, に手足, に此処, に毎日毎日ひま, に父親, に目, に社主, に継子, に舟夫たち, に見向き, に身寄, の積り, までつけ

▼ ず~ (29, 0.0%)

1 [29件] いっしょに, きげん, ざいましたでせうがそれと, そもそ, ったくやとか, もごもと, 主君を, 亭主に, 先途を, 内分に, 厄介に, 報告いたしたく, 壮健で, 奉公の, 奉行としても, 尊顔を, 心底を, 思案の, 息女の, 教導も, 本城へ, 武術ご, 病死なされた, 自分の, 自身の, 諒承下さいます, 講義を, 辺は, 辺らは

▼ ずそれから~ (29, 0.0%)

3 それへと 2 それと, 左手に

1 [22件] というもの, ぼんやりと, まア漸, 上京し, 不吉な, 事件が, 先の, 先は, 又合理主義, 又長い, 喰み出せ, 因縁あれ, 大騷動, 官吏に, 宿帳に, 山林牧畜などにも, 引っ返して, 怪漢の, 毎夜ぐる, 気を, 竹町の, 細君を

▼ ずにおいて~ (29, 0.0%)

2 やる

1 [27件] あしたの, あったこと, ある, いいもの, いつまでも, ください, くれたところ, そっと勝手, どうする, やって, やろうと, よろしかろう, 下さいませ, 下さいワ, 今更のめのめと, 地に, 彼らが, 彼自身の, 想像の, 手紙を, 放すの, 晩に, 殉死者一同と, 自分の, 苦しませて, 足腰たたなくさせれ, 身を

▼ ずにゃ~ (29, 0.0%)

2 いられない, いられないん

1 [25件] あ居られない, いないぞ, いないの, いられないから, いられないのよ, いられないよ, いられないよう, いられなかった, いられません, いられませんでした, いられるもの, おられないよう, アいられねえ, ア居られ, ア置きません, 居られねえな, 居られん, 帰らねえや, 村へ, 生きとれねん, 置かねえ, 置かねえという, 置かんつもり, 腹が, 飛び込めめ

▼ ずまことに~ (29, 0.0%)

2 残念に

1 [27件] かたじけなく思う, ご無礼, とり乱して, は文時, ふしぎな, ハヤだれ, 不思議の, 世捨て人の, 世間で, 厄介千万な, 右門は, 味気ない, 噴飯に, 困って, 埒の, 失礼ながら, 妖気肌を, 常の, 幸いなりき, 忠実な, 手に, 明かるい声, 率爾で, 融, 裸体山なり, 食膳の, 鷹揚な

▼ ず伸子~ (29, 0.0%)

1 [29件] がやり切れなく, が力いっぱい, と話し, に会った, に向っ, に挑みかかっ, に示された, に解釈, のいう, のこころ, の云う, の云おう, の体, はうなずく, はしばしば, はそろそろ, はぼんやり, はもう, は一日, は仕度, は他, は優しい, は夫, は家, は素子, は自分, は黄疸, もその, を喚んだ

▼ ず何事~ (29, 0.0%)

2 も知らぬ顔

1 [27件] かと出, かの希望, かひとり胸, でも茫大, においても必須条件, にも一番大切, にも寸法, にも欧米, にも注意, によらず, の職司, もなかりし, もなく, も平尾さん, も手, も日, も書くまい, も楽しく, も気, も消極的, も祭酒, も訊い, も起こらなかった, も過ぎし, をも知らず, をも行わず, を考えた

▼ ず反対~ (29, 0.0%)

2

1 [27件] した, にいかなる, にけしかける, にこっち, にこの, にそれ, にただ, に個性, に僕, に危険思想, に彼女, に有閑, に槍, に武家, に男子, に箕島, に自分, に貴女, に飛び退く, に首相寺内氏, の側, の方角, の狼岩, の結果, の言, もしなかった, もせず

▼ ず同時に~ (29, 0.0%)

2 又乙

1 [27件] かかるアイロニー, この屈従, ふきだしたが, 世間多数の, 五斗米に, 他の, 作家としても, 又それ特有, 又宿無し猫, 右の, 各作品, 国語乃至, 多くの, 天文學者でなく, 展開する, 怪しくも, 所謂科学という, 支那婦人の, 文学作品なら, 狩猟の, 矢代の, 社会の, 社會學や, 空間の, 立つて, 粗暴な, 還り得べからざる王朝文学

▼ ず平気~ (29, 0.0%)

4 な顔 2 でやる, なが, な顔つき

1 [19件] であと, でその, でどしどし, でやっ, でゐられる, で仕事, で使っ, で局, で持っ, で済まし, で澄まし, で現れ, で生き, で着せ, で窓, で笑っ, で細田さま, で買っ, で飲み

▼ ず~ (29, 0.0%)

2 は草深く, も掃かず

1 [25件] から古い, から忍び寄る, というもの店舗, と云わず, など落ちつい, にある, にし, にとびだし, にはまだ, には梧桐, には涼しく, に出, に池, に飛び降り, の井戸, の北, の杉垣, の百日紅, の袖垣, へみえた, へ降り, までも検べた, を掃除, を斜, を横切っ

▼ ず~ (29, 0.0%)

2 う云, の如く

1 [25件] ういふ, うして, うすれ, う云う, う云ったら悪かろ, う云って, う云つて, う申しては, う言, う言つたの, う言つて溜息, う言われる, かる天変地異, かる思惟言行, かる氣質, かる話, のごとく, の如き, の通り致した, の郊外, も不規則, る不徳, る危険, る醜行, 云う中

▼ ず~ (29, 0.0%)

2 として一般的, のよう, は何処

1 [23件] あり, が來つた時, が強調, さえすれ, という遠い, と破滅, にもあらず, にも為ず, にも遣らね, ぬること, の国, の後, の様, の考, の運命, はいざ, もはてず, を以て之, を希, を求めず, を決して, を生, を覓め

▼ ず私たち~ (29, 0.0%)

2 の前, をはじめみんなこっち

1 [25件] がそれ, が生き, が突っ, そうした人, としては私たち, と同じ, にとうとう, の一群, の今度, の助け, の家, の心, の止宿, の氣持, の生活, の生活態度, の着いた, の肉体精神中, の行く手, の間, は多く, は数時間, は生き, をジッ, を彼

▼ ず~ (28, 0.0%)

4 ツと 2 つと叫んだ, つと同音, われに

1 [18件] がつて來, たくしと, たまが, つからざる故, つけなく山中, つけに, つと叫び, つと叫び声, と叫び, ね様はじめ, ね様ひとり, はた, へて, われにも, われを, ツといつてと, 佐助様に, 寒さ

▼ ずいよいよ~ (28, 0.0%)

1 [28件] その地歩, となる, 一生懸命で, 万代に, 不びんを, 主人には, 光を, 内部へ, 唯物的に, 嘲り気味, 大声で, 奥深くはい, 御奉公大事, 御葬式, 心元の, 忠綱さまと, 急激に, 本筋へ, 治め難く, 深い眠り, 生命終るべく定まり, 糧尽く, 縁遠くする, 苦りきった不愉快そう, 落成の, 親しみが, 親類の, 赤味を

▼ ずまず~ (28, 0.0%)

1 [28件] いらせられ, ここに, これを, その人, その外見, サロンを, ドドを, 一番の, 二人を, 何よりも, 何者かを, 先年の, 可かった, 孫権の, 府下の, 数日は, 東に, 母親の, 泰平であった, 無事に, 用心し, 盲従という, 第一, 紹介状の, 自分が, 自分を, 自己の, 質屋から

▼ ず~ (28, 0.0%)

2 の急足, 気の, 氣で

1 [22件] のと, の二階, の仰向け, の位置, の個人的意識, の名, の姿, の宿, の岸, の席, の座, の方, の極楽地下街, の笛, の貧書生, の通り, の道, 來八度以上の, 氣なる, 氣なれ, 氣に, 氣よく始終

▼ ず天下~ (28, 0.0%)

2 を統一

1 [26件] にさらけ出し, にも幾, に一ツ, に天下, に発表, のため, の事何者, の公議輿論, の勢, の名, の大将軍, の奇談, の威武, の嫁, の慶祝, の憤, の政治, の物, の独立, の病, の英雄眼中, はいよいよ, は天下, を狙いたい, 之士, 到る処

▼ ず~ (28, 0.0%)

2 の曲つた老人

1 [26件] から上, が据わっ, と云わず, にし, にぶら下げた, にフロシキ包み, に下げた, に帯び, のあたり, の抜け, の辺, もかけず, もかけたがらず, も低く, も立たず, をおろした, をおろしたく, をくだい, をずらし, をのばし, を下し, を抜いた, を据えぬ, を放し, を浮かせました, を落着けた

▼ ず返事~ (28, 0.0%)

3 がない, もしなかった 2 もせず, をし

1 [18件] にまごついた, の代り, は晩, もし, もせぬ, もなかっ, もよこさぬ, も二, も出さなかった, も出し, も碌, をした, をしなかったら, をしました, をする, をと責めし, を取っ, を取り

▼ ず~ (28, 0.0%)

2 に表現

1 [26件] と云, にことさら, に人間, に南欧, に吹きつけられた, に女, に対象, に尻火, に常陸丸, に当方, に役割, に心理学, に心理學, に怨ん, に或, に本当は, に甚だ, に生, に蝶番, に鎌倉幕府, のぼって, へ逆, らいも, を捨て, 手を, 氣生じ

▼ ず遠く~ (28, 0.0%)

1 [28件] からでもすぐ, からは大きな, から微笑みかけ, から探る, から眺め, から眼顔, から長い, て見えぬ, で吠える, の方, の野ら, はその, は多く, は奥南蛮, へ退い, まで歩い, まで高く, もなく, もならず, 南北アメリカまでも, 南鄭の, 母親の, 沖に, 海外を, 西空の, 辺陬の, 野外に, 陸地とは

▼ ず~ (28, 0.0%)

5 もなく 3 の濃淡 2 の形

1 [18件] かとまがう, から射す, がくり, が多く, にあらず, のかなた, の海, の湧, は低く, は動かなかった, は地, は暗く, ひくい海上, も地上, も見ず, をけり風, を掴む, 隠り

▼ ずつまり~ (27, 0.0%)

1 [27件] いたわるところ, いらい疎遠, それだ, はひがみだった, は何, は日本, は木炭, は煮え切らず, 世間が, 同じ過ち, 名古屋式か, 奉行所が, 子供の, 子宮も, 少しも, 帰着する, 恋愛も, 戦争に, 文学は, 東京市街の, 満州及び, 獨占的社會力に, 白紙的な, 直指人心, 私は, 肉体的の, 酷暑酷寒という

▼ ずみんな~ (27, 0.0%)

1 [27件] いいあわ, から恐れられ, が会社, が声, が心, きてるな, さびしい色, つまらなそう, で上京, で夕飯, で庇, とりか, に嫌われ, のいる, の方, の話, はほん, は一体どう, まざり合って, まざり合つて混沌, もいで, もうヤケ気味, 恐ろしく元気, 知らせたん, 話して, 長くのび, 黒い頭

▼ ず~ (27, 0.0%)

3 眼を 2 岸の

1 [22件] の手, の拳, の掌, の眼玉, 便とも, 兄曰く然, 天を, 手の平で, 特使を, 眼に, 眼明かに, 箇が, 組相談の, 肌脱い, 肩は, 腕は, 腕を, 膝を, 袖に, 袖を, 角田君は, 難に

▼ ず~ (27, 0.0%)

2 は文人趣味

1 [25件] が報国, が家, が曩, が漢中, この十二年間, とお, には彼, に先, のとりし, の手許, の為す, の身, はかかる, はただ, はわが, は会長, は冬, は実に, は時, は渠, は特に, も, もまた, も嘗て, を感動

▼ ず人生~ (27, 0.0%)

2 の大道

1 [25件] から期待, がどう, という, という杯, という盃, にちゃんと, に対して相当, のあらゆる, のこちら側, の一部, の厳粛, の景物, の暁, の片隅, の約束, の陰翳, は一個, は確実, は確實, は社会周辺, は総て幻滅, は謙遜, を与えよ, を其或, 終に奈何

▼ ず何故~ (27, 0.0%)

2 肝腎の

1 [25件] この言葉, こんな性質, さきに, それらの, それを, だか, と云え, にあの, にこれ, にハルトマン, にブラームス, に心理学者, に支配, に薄手, に遅く, に除け者, 人間は, 今まで, 今回ばかり, 今度の, 先き, 彼は, 徐州に, 私は, 結局は

▼ ず作者~ (27, 0.0%)

1 [27件] からもまた, が企図, が強い, が捉えよう, としての眼, と思われる, にも訳者, によってはその, の個性, の傀儡, の奇智, の座右, の情熱, の想像, の感興, の矛盾, の興味, の若, は, は主人公, は作品, は全く, は各, は彼等, は汗水, も秘, 自から

▼ ず依然として~ (27, 0.0%)

1 [27件] この曲, そのあッ, その指導的態度, 一夫多妻が, 七月の, 三の, 主義の, 今も, 個人的意識の, 包蔵し, 四五間の, 山野に, 平社員, 旧態に, 時間を, 構造上内向型である, 此の, 浮かれ人, 現在の, 百年以前の, 第二次的, 美なり, 解消しない, 身動きも, 都人観花の, 酒を, 鶏商を

▼ ず~ (27, 0.0%)

7 も角 5 に角 2 にかく, に角一個, もあれ彼 1 だったので, に角一日, に角日本人, に角避暑地, の為す, の義侠的, の陰部後, もすれ, も角警察

▼ ず当時~ (27, 0.0%)

1 [27件] この国, にあり, のイギリス, のプロシヤ外相, の世界文学, の世評, の人々, の婦人, の庶民生活, の文壇, の文学的欲求, の新派, の方針, の為替相場, の自分, の複雑, の記憶, の試み, の進歩的, の陳列品, の音楽家, の頑冥, は一足飛び, は実に, は通俗小説, を回顧, 若し此

▼ ず新しい~ (27, 0.0%)

1 [27件] が新しい, ことを, ものの, より生産的, 世界を, 傷を, 女に, 家に, 形を, 応用方面の, 性格が, 文学的価値を, 方を, 方向に, 方面ばかりを, 朝が, 機会を, 気組で, 煙草に, 犠牲の, 生活へ, 社会に, 精神で, 肉體とか, 趣向では, 造語も, 領主を

▼ ず普通~ (27, 0.0%)

2 の人, の梅, の顔, はみな八畳

1 [19件] だろう, な大きい, にはこれ, に差し, に日本人, に流布, のとおり, の女, の意味, の方法, の日, の村役人, の状態, の者, の談話, の道理, ソメと, 一般に, 大体の

▼ ず最後~ (27, 0.0%)

1 [27件] には自分, にチェイン・ロー, に丁度, に作家, に喉笛, に平次, に栗鼠蛇, に至っ, に車夫達, の一つ, の一瞬, の五分間, の伊勢屋押込み, の客, の断案, の斷案, の時, の杯, の板梯子, の瞬間, は郡部, までそれ, までやりとおす, まで勇敢, まで悲風, まで追いつめられ, を取乱した

▼ ず~ (27, 0.0%)

8 から次

1 [19件] のこと, のよう, の問題, の如く, の幕, の弟, の成長, の方, の日活, の時勢, の用, の百万増加, の瞬間, の秋, の行先, は深川高橋, へ時代, へ次, 弟は

▼ ず毎日~ (27, 0.0%)

6 のよう 2 の市場行き

1 [19件] お部屋, かせぎに, が未知, せっせと精出した, そわそわ仙台, つづけて, のやう, の中, の小屋代, の授業, ぶら, やって来て, を泣い, 凝と, 平然と奉行所, 御墓参, 泣いて, 泣くやう, 黙々と何事

▼ ず江戸~ (27, 0.0%)

2 の侍, の市中

1 [23件] から歸つて, じま, では此蔵前, ともつかずで, に出る, に行く, に走, の両国, の人, の奉行所, の學生たち, の将軍一族, の往時, の御用聞, の文化, の街, の諸, の重役, はちと, への貢獻物, へ向く, へ行っ, へ飛脚

▼ ずあと~ (26, 0.0%)

2 からあと

1 [24件] から土台石, から自分, が一, でもつい, で女将コボ, のひと, の二つ, の二人, の五人, の仕事, の手, はすぐ, はまだ, は一日中源氏, は家, は臨時, は醉, へ入っ, へ退る, もいわせず, をいつ, をつけた, を振返る, を追いかけ

▼ ずさっさと~ (26, 0.0%)

1 [26件] いくもの, いちばん前の, お組屋敷, とおって, のみこみ以前, やるが, 上へ, 二階へ, 出て, 布団を, 帰って, 引き上げて, 引き揚げました, 引込んで, 弥生座の, 歩きだすと, 蒲団を, 行って, 註文し, 走らせた筆, 起きて, 足を, 通りました, 銀子の, 雪路を, 靴を

▼ ずなん~ (26, 0.0%)

2 だそんな

1 [24件] しろ高級, じゃ, だね, であるの, でもない, でもよく, でもパン, でも世の中, でも春日, でも話す, でも隠さず, なら二人, のこと, のため, の不平, の実質的, の抵抗, の権利, の気配, の生き物, の生き甲斐, の福, の風情, 成りぬる事

▼ ずひどく~ (26, 0.0%)

3 びっくりした

1 [23件] あわてて, おちつかないよう, それを, つまらなさそう, でたらめの, びつくりした, 丁寧に, 不機嫌な, 出鱈目に, 動悸うつ, 安心しきった, 年を, 強情だ, 心臓の, 折入, 歯痒がっ, 深い穴, 深閑と, 無駄を, 老けこんで, 老けて, 苦しんだこと, 貧乏である

▼ ず凡て~ (26, 0.0%)

3 のもの 2 の国家, の言葉

1 [19件] が憂, が空, のイデオロギー分野, の事, の事柄, の個人, の哲學上, の國民, の幸, の文章, の民族, の男女関係, の研究者, の結晶, の芸事, の芸術, の近代, を七輪, を落

▼ ず姿~ (26, 0.0%)

5 を消し 3 を隠し 2 も見えない, をやつし

1 [14件] の見えない, ばかりはありました, ばかりは年齢, も見えなかった, も見せない, も見せなかった, をも知らない, をも見かけなかった, を変え, を消した, を現, を見せず, を見せた, を隱

▼ ず実は~ (26, 0.0%)

2 何かといや

1 [24件] これ, これこれで, これこれでと, そうでなく, それが, ぼく当人の, アベコベに, 之こそ, 二度と再びその, 今朝がたまで, 初めから, 却って全く非, 唯物論的な, 彼等は, 政治学の, 次元数においても, 祖先来自分が, 純粋な, 芸術くらゐ, 茲に, 蔭で, 講演者たる, 農村の, 近いうち

▼ ず~ (26, 0.0%)

4 の上 2 といわず, につい, の中

1 [16件] から胸, にくだけ, について眠った, に入っ, に入る, に就いたつ, に降り立った, のうへにた, ばかりで, へ這入った, もしっかり, もしつかりし, もその, も天井, を這い廻っ, 粗く光

▼ ず~ (26, 0.0%)

3 ずと 2 かされた, ずあたり, ず彼

1 [17件] かされ, ず, ずこう, ずこの, ずこんな, ずふり, ずまた, ず三枚, ず二人, ず堂, ず差し出されて, ず店, ず椅子, ず私, ず窓, ず行きかけると, ず話

▼ ず明日~ (26, 0.0%)

2 の我

1 [24件] からは是, からは車, か明後日, が日, にまわします, に向っ, に成り, の十時頃いらっしゃい, の日, の日本, の晩, の為, の運命, はなおる, は新左衛門, も明後日, をも知れぬ, を信じ, を期せん, を約束, を考へず, 帰ろうという, 更に審査, 発つて

▼ ず~ (26, 0.0%)

2 も今

1 [24件] からあった, からほぼ, からよく, から支那日本, しの, と同じ, なつかしいよう, のともだち, ののんき, のま, のまま, の剣法, の友, の友誼, の天狗文字, の教え子, の景気, の砲台, の腕, の記録, は昔, をただ, を偲ぶ, を忘れない

▼ ず残念~ (26, 0.0%)

3 に存じ 2 でした, をいたしました

1 [19件] した, であった, でたまりません, でならなかったこと, では, ながらつい, ながら動揺, ながら彼, ながら私, な気, におもいました, にも医者, に存じました, に心得, に思います, に思っ, に思った, に思わず, に思われます

▼ ず綺麗~ (26, 0.0%)

3 だから, だな 2 に化粧

1 [18件] さっぱり持っ, ずきの, だが, だぜ, だつた, だと, だね, である, ですが, ですなあ, で上品, なくせ, なん, な姿, に別れましょう, に持ち出した, に掃除, やなあ

▼ ず自ら~ (26, 0.0%)

2 起つて, 進んで

1 [22件] その頭, のため, の定め, の職業的特権濫用, は気, も世間, も求めよう, を不変, を愧づる次第, を抑制, 利せん, 択んで, 押して, 推して, 楽しんで, 求めざる無心, 求めて, 湧き立たせた雲, 甘んじて, 起き上るでも, 躍り出でて, 高しと

▼ ず~ (26, 0.0%)

2 にいた

1 [24件] がローリング, が一舳, にしました, にながれ込みました, に乗つ, に届いた, に逃ぐべしと, に醉つて, の上下, の中, の人達, の出る, の動揺, の外形, の震動, は何物, は北緯二十八度, は油, は異域, も散り散り, も潰れなかったら, も見えない, を出しちまった, を家

▼ ずあまり~ (25, 0.0%)

1 [25件] おやじを, の不意, の事, よい名, ブルジョア社会的信用を, 与次郎の, 仕事に, 傍へ, 好意をも, 安売りを, 怪しければ, 日本の, 時代が, 期間を, 泣くので, 注意し, 深くも, 異例な, 直観的手段を, 真面目に, 詳しいので, 誰も, 重要に, 金持でない, 長くない

▼ ずくに~ (25, 0.0%)

3 か在る

1 [22件] か, かある, かいかなる, か一番鶏, か其実, か去り, か存, か居た, か帰せん, か求むべきだ, か汝, か潜ん, か祥兆たる, か空谷, か立去り, か行きおれる, か行き給う, か車井, か通う, か適従, か隠し, か隠した

▼ ず~ (25, 0.0%)

2 なたに, はその

1 [21件] あるらん島里, がこれ, が儘街, と他国, なたの, なたを, はこの, はまた, はわが, は人自ら, は子午線, は岩, は未だ, は本能, は此男終身, は汝, は汝等, は重井, は馴染みたる, よとの風, を知らん

▼ ず~ (25, 0.0%)

3 きっとし, つと笑

1 [19件] うんと, うんと腰, おりさっそく, おり一九四五年八月, おり殿さま, きっとなりました, くっど, さりと, たりどたりと, たんばでの, っきり胸も, つきり胸, つさりお, つちを, つち附かずの, ろぼう, ろぼう襲来の, ッと, 忘れも

▼ ずどうか~ (25, 0.0%)

7 すると 4 して 2 この次に

1 [12件] この償, この次, したの, したら權八, した拍子, した調子, なされた事, 今度の, 呉, 国庁の, 御家臣, 条理の

▼ ずどんな~ (25, 0.0%)

1 [25件] ことで, ことにもね, ふうに, 事で, 事を, 事業でも, 人か, 人をも, 傀儡にも, 地位官等に, 場合でも, 場合にも, 場所にも, 工事でも, 悶着でも, 新来者が, 暮しやすい, 液体でも, 物で, 男とでも, 突然の, 組合に, 藪の, 賤しい, 重症患者どんな

▼ ずもっと~ (25, 0.0%)

1 [25件] いい別, その植物, たべさせたいと, わがままに, 人間の, 人間感情を, 別な, 大いなる意義, 実生活に, 後ろに, 打ち解けて, 抵抗を, 文学の, 早く連絡, 早く雪, 民間に, 泰然と, 深く本質, 独創的な, 直接に, 端的に, 自分の, 自身を, 読者の, 面白い獲物

▼ ず事実~ (25, 0.0%)

1 [25件] かどう, が判明, たと, だ, である, なん, においてすでに, においては漠然と, において問題, にこの, によって人民, に符合, はいつも, はかえって, は十一人, は大黒島, は山村, は案外, は生活力, は精神, は論証, をありのまま, を概念, を申, 又夫

▼ ず今度~ (25, 0.0%)

2 は何となくフワフワ, は印半纏

1 [21件] という今度, とは本当に, の, の一件, の暴行沙汰, の病気, の領主, はこんがら, はその, はもう, はテーブル, は一つ, は反対, は妻, は居間, は板垣, は源七, は総て, は親類, ばかりは運, 逢うまでに

▼ ず~ (25, 0.0%)

2 から内, には従来簒奪征服

1 [21件] ではおもむろに, において政権, にとどまっ, にはいれ, には神, にもいない, に人心, に行く, に食, はいと, へにじり入っ, へ帰れ, へ這入っ, をしらず, を外, ポケットから, 卦が, 君は, 御融和, 舎人を, 行防禦の

▼ ず~ (25, 0.0%)

2 一の, 一主義の

1 [21件] 一に, 一主観の, 一事を, 一人の, 一個人でも, 一処を, 主義を, 人間では, 咆し, 図の, 女が, 姓婚を, 年配の, 教会に, 時代の, 業者と, 県下の, 県同, 翁の, 藩の, 門の

▼ ず~ (25, 0.0%)

3 を噛ん, を噛んだ 2 を合す

1 [17件] が真青, と歯, の処, の色, までも青み, もそんなに, や歯ぐき, をおそろしくぎゅっと, を噛み, を噛みました, を噛む, を噛締め, を固く, を壁土, を指環, を閉ぢ, を震

▼ ず心配~ (25, 0.0%)

5 して 3 した 2 になっ

1 [15件] させた, したそう, したところ, しましたが, になった, になつ, に沈ん, のあまり, の多い, の念, もされず, もし, もせず, も知らず, をし

▼ ず文学~ (25, 0.0%)

1 [25件] が新しい, とライフ, なら文学作品, なりにマルクス主義, にもならず, に対する関心, に縁, のよう, の中, の外, の影響, の手法, の方法, の本質的審美観念, の流派, の現実, の香気, は下士, は常に, は職業, や思想, を知り, を職業, 乃至純文学的表現発表, 乃至芸術

▼ ず~ (25, 0.0%)

2 といわず, となく, と夜, と言わず, も夜

1 [15件] ともつかず, になつ, の中, の暑, はさすが, は昼, は時, は木小屋, は毎日, は間, は雪隠, は香, も喰わず, も食べず, を前

▼ ず決して~ (25, 0.0%)

1 [25件] そちを, それに, また餓えむともせず, ドイツ的で, ヤソ教の, 一義的には, 事實上單獨に, 他に, 外戦をば, 子分や, 広い交際, 弱国を, 成長した, 普通の, 歴史哲学である, 火を, 現実を, 現實, 科学主義工業には, 統計的方法としての, 聞えぬ風, 自棄すべからず, 酒を, 金持では, 鼻唄の

▼ ず~ (25, 0.0%)

2 ともし頃

1 [23件] あるところ, では衣食足らず, にかけた, になった, になる, にも焼けず, に困る, に薪, の供養, の所, の狂う, もこれ, も見えない, も起さず, をかけた, をかけろ, をたい, をたき, をもっ, を呼んだ, を放けた, を見, を避けよう

▼ ず無言~ (25, 0.0%)

5 のまま 2 にて思案

1 [18件] だった, でその, でそれ, でながめ, で支倉, で歩いた, で白け, で門, にさし出す, に地べた, に神, のま, のまま二人, のまま梯子段, の儘, の答, の頑張り合い, をつ

▼ ず狼狽~ (25, 0.0%)

9 した 2 させました, して

1 [12件] させられながらも, したが, したけれども, したの, した程, しながら, てまた, に狼狽, の容子, の者, へたり, もせず

▼ ず~ (25, 0.0%)

6 のよう 2 の如く, 之助

1 [15件] から岩, が凸凹, という石, といわず, に化したる, に打たれ, の上, の框, はだいぶ, は案外, や土, をおく, を打ち欠い, を投げられた, 投げ高飛び

▼ ず自由~ (25, 0.0%)

1 [25件] なもの, な信仰, な動詞状形容詞, な国民, な社会, にしん, に信ずる, に大, に大胆, に掴まれ, に歩み去った, に活, に発揮, に空中, に自分, に自国語, に試みられる, に読ん, に進退, に階段, の意思, の身, は智識, をも徳義, を主義

▼ ず~ (25, 0.0%)

3 の上, の中 2 といわず, の葉

1 [15件] さえ枯れた, で作った, といえ, と言はず, には穂, にも付かぬ, に埋もれ, に埋れ, に蹲っ, の生えた, の茂み, も成長, も生えず, を踏み分け, を飛ばし

▼ ず過去~ (25, 0.0%)

2 に於

1 [23件] あらざるなり, からの影, である時, においてかく, にのみそれ, にはなかっ, に化し, の, のフランス, の世界, の例, の功徳, の善行, の文学, の日本人, の映像, の殻, の浪漫主義, の湿度, の習慣, の面子, への悔, を眺める

▼ ずいま~ (24, 0.0%)

2 のうち

1 [22件] お手, こそ決然, しも林, すぐ川, ではどうやら, では南京, においてはせっかく, に六畳, に時節, の御, の時世, の男, はここら, はもう, はアンドレア・デル・サルト, は傾きぬ, は大, は自ら死, までは小男, まで持っ, もって, よりはるか

▼ ずいわんや~ (24, 0.0%)

1 [24件] そのつながり方, その世界, その利害, その宗教, その道は, また他人, また別, わが国体, 一人の, 今更に, 伯爵の, 其の下手人, 区々たる, 夏侯淵張, 夫人の, 子守に, 快く語らせる, 枯淡とか, 正しいと, 汝よく, 法律家を, 漢語以外に, 祖先の, 苦痛とまでは

▼ ずかと~ (24, 0.0%)

3 いって 2 いつて

1 [19件] 上がって, 前へ, 寄って, 廻廊の, 思うけれど, 思うても, 思って, 思ってよ, 思ふが, 支いて, 灰の, 無遠慮には, 袖裏へ, 言いますが, 言つて隅つこ, 諸手を, 銅像の, 顕われた, 高時の

▼ ずさうかと~ (24, 0.0%)

5 いつて

1 [19件] 云つてその, 云つてまた, 云つて不, 云つて変名の, 云つて留守を, 思ふと, 言つて, 言つてまさか, 言つてまた, 言つてわが国独特の, 言つてノメノメと, 言つてモノが, 言つて大金のか, 言つて夫の, 言つて平次の, 言つて此態も, 言つて田島屋の, 言つて親旦那の, 言つて評判の

▼ ずしきりに~ (24, 0.0%)

1 [24件] かきあつめた小, ため息を, また鶏, コツプ酒に, ポケットの, 世を, 京へ, 南極探検船を, 同じ方向, 吹習う, 喋る, 左右に, 引渡しを, 本堂の, 杖を, 柚木に, 案内を, 波立つ胸, 流れて, 礼拝し, 神仏の, 管を, 荷物を, 話しかけて

▼ ずそれで~ (24, 0.0%)

2 いきなり夫婦

1 [22件] このよう, こんなに遅く, とうとうここ, みだらな, ようやくこのいわゆる, 争いに, 人の, 今でも, 今度は, 仕方なく, 先ず官軍, 参ったの, 姫を, 婚礼の, 急病人, 摘む方丈, 日本文学の, 月々仕送りは, 柔和で, 武士道とやらが, 気が, 衣装を

▼ ずたまたま~ (24, 0.0%)

1 [24件] かの事情, これを, そういう疑い, それが, それとの, それなし, できたに, 一人互いに, 不用意に, 云へ, 前世紀末, 土民の, 大劇場, 我が大和, 春琴の, 来れば, 現代作家の, 画像を, 相見た, 芝居小屋の, 茶碗を, 親里, 路傍に, 領主に対して

▼ ず~ (24, 0.0%)

42 つとして, つと車, やない

1 [14件] つとこつち, つとその, つとど, つと待つ, つと空, つと立つ, つと苦しみ, つと見, つと見詰め, つと長老, つと隱, やうまい, やねえよ, り

▼ ずとても~ (24, 0.0%)

5 神や 2 何事ぞ

1 [17件] おほめ, かくても, の事, 下女や, 京大阪へ, 人間わざでは, 何事か, 及ぶべくも, 困ったそう, 坐つてさ, 天下は, 守りたまわん, 歩いて, 気の毒な, 町へは, 知って, 自然に

▼ ずともの~ (24, 0.0%)

6 事だ 4 ことだ

1 [14件] いけずな, こと, ことじゃ, ことで, ことである, ことと, ことな, こと桂月様を, 不利な, 事, 事であった, 事であり, 事を, 事外に

▼ ずなど~ (24, 0.0%)

2 いうは, いふは, して

1 [18件] いう女房, いはんもの, いふ心, はしたなげ, 云ひ, 云ふも, 云へ, 例の, 先日皆, 思ひつつ, 我父母か, 揚言し, 根拠も, 物とも, 百方周旋する, 言うは, 言ふ, 訴ふる

▼ ず~ (24, 0.0%)

2 で居る, に価値, まで静

1 [18件] で居りました, と言い棄てられぬ, について私, の俤, の存在, の対象, の屍蝋, の手, の標示, の痕跡, の考, は吾, を持つ, を考える, を考へる, を見出しぬ, を頌榮, 観れば

▼ ずやっと~ (24, 0.0%)

2 夕刻私が

1 [22件] せと, その内容, のびをしながらでてきたときはもう座敷, の想い, 今頃に, 動いたと, 医師の, 十六人に, 吉次山中まで, 安心した, 帰って, 廊下を, 弁護士の, 我れ, 旦那さんだけ, 木賃宿生活を, 来た頃, 柔らかに, 火打を, 自分の, 落ちついた宿, 見物席の

▼ ず二階~ (24, 0.0%)

2 の窓

1 [22件] から下りる, であけ, で膝詰, で討っ, にあがった, にじっと, に三十, に床, に登る, の大広間, の客, の寝床, の手すり, の部屋, へあ, へあがる, へ上っ, へ上ろう, へ戻ろう, へ来, へ消えた, まで驅上つて

▼ ず~ (24, 0.0%)

1 [24件] がくるしかっ, がふるえ, がぶるぶる, がよく, が半分, が浮い, とにらみ合わせ, にもよく, のいい, の動く, の雪, はベッド, もうごかせない, もまだ, よく断る, をちぢめ, を前後, を動かし, を大切, を少し, を楽, を気, を硬く, 正しからざれ

▼ ず大いに~ (24, 0.0%)

1 [24件] くさる, けしかけたの, どなったが, よろこび総見, 乗り気に, 人心蕩乱気風壊敗を, 即興的効果に, 変らずには, 失望した, 怒って, 恥じ入った, 敬服仕り, 断々乎と, 期待し, 民衆の, 空語でない, 肚裡に, 諸邦, 質素倹約の, 雑談にのみ, 面喫う, 風景を, 食って, 食ひ

▼ ず~ (24, 0.0%)

2 の時

1 [22件] かくすまで, から焔, が代っ, ついにここ, にも地, に合し, に帰し, の与えと, の星, の正しき, の理, は雨, も地, ゆるさず, をみない, をも咎めず, を拝, を敬, を焦がす, を相手, 特にわれ千々岩安彦, 高く露気

▼ ず夫人~ (24, 0.0%)

2 の態度, はその, はそれ

1 [18件] がいらいら, がそこ, には殆, に対しては必要, に近づき, のお客様, のほう, の体, の膝, の荷物, の貴美子, はすぐ, はちょい, は気軽, は老い, や姫, よ, を脅迫

▼ ず殆ど~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるか, しゃべり続けだった, しや, そのこと, それとは, 不安を, 住むところ, 何の, 全部御, 出来ぬ事, 卷數も, 各宗, 困つて仕舞つた, 困りましたけれども, 寸暇も, 御自分, 忘れて, 椅子から, 無関心, 素顔と, 肩で, 肩口を, 諦めて, 道徳的である

▼ ず深い~ (24, 0.0%)

2 のと, 溜息を, 眠りに

1 [18件] ところへ, のを, わけを, 内面性と, 千古の, 客観的な, 影響を, 意趣が, 愛の, 愛を, 感じも, 感銘を, 欠伸を, 沈黙の, 沈黙を, 溜息が, 睡りに, 見得を

▼ ず直ぐ~ (24, 0.0%)

2 田甫へ

1 [22件] さまこれをも, さままた, そこに, その場, それが, と母, に, に健康, に古く, に新, に検屍, に消える, に起き返った, 下に, 二三名は, 出来るよう, 執行する, 引き返さなければ, 所轄署へ, 答えるでしょう, 訪れよう, 駕籠後に

▼ ず直ちに~ (24, 0.0%)

1 [24件] この国宝芸術, その後の, 上り來て, 事件の, 人の, 他方に, 又言葉, 唯今から, 城へ, 大島氏の, 学説の, 廩米二万五千俵を, 後ろから, 御報告, 故主の, 本住んだ, 桟敷に, 森が, 神に, 羊鳴, 肉を, 自分も, 金銭に, 陣触

▼ ず突然~ (24, 0.0%)

1 [24件] おかく婆, おこった死, この企劃, たづね, にというの, に来た, に水司又市一刀, に熱度, また大きな, 下の, 予定を, 君江は, 変な, 帰ろうと, 彼は, 手を, 拳骨を, 推参いたした, 横合いから, 現れた思想, 疑問の, 自分自身の, 與助の, 起って

▼ ず立派~ (24, 0.0%)

1 [24件] でございましたが, でした, でないと, なナリ, な与力, な公開浴場, な兵士, な家, な履物, な手, な攘夷家, な牧師, な社会人, な辞世, な進歩, にしゃんと, に一人, に暮し, に美しい, に胴, に自力, に行われた, に足, の忠臣也

▼ ず米友~ (24, 0.0%)

1 [24件] がそれからまた, が手練, が返事, だけが毎日, にも同意, の眼, の面, はその, はまだ, は一応, は呆然, は本堂, は無人, は約束, は絶対的, は重ね, もがんりき, もつづい, もまた, も問わない, も無論, も立, を引きおろし, を的

▼ ず絶えず~ (24, 0.0%)

1 [24件] あの音, バッハの, 一国の, 人生の, 仕事を, 何か, 何かを, 何ものかに, 作者が, 元の, 去勢しよう, 居場所を, 悩まされつづけて, 感謝の, 戦いを, 是から, 時代の, 流る, 涙を, 神経が, 観衆の, 警戒し, 身体を, 首筋は

▼ ず~ (24, 0.0%)

1 [24件] が変っ, が抜ける, が蒼い, こそ暖かい, だけ見事, にあらず, のつい, の惡, の白い, はなか, はもと色, は例, も不快, も色, やや蒼き, をいふ, をなし, を変, を失っ, を失つて, を用いず, を變, 即ち是, 青白く頸

▼ ずあたかも~ (23, 0.0%)

1 [23件] かねて, その線, それを, 主家を, 人の, 他国の, 四壁に, 報復の, 己が, 当時彼らが, 彼女が, 思ひ始むる, 拳固で, 日本国中の, 正造の, 母の, 注意深さ, 活物を, 火が, 無人の, 盲腸の, 維新前の, 草木の

▼ ずてに~ (23, 0.0%)

3 して 2 する, ならぬ, 何地ゆくらむ, 眦に, 衝と 1 されて, される因縁, すること, ならないの, ならぬの, ならぬ事, ならぬ暴言, ならんと, 伸を, 尻を

▼ ずとか~ (23, 0.0%)

2 申しますが

1 [21件] いて, お知り合い, で境界, んがへ, アンな, 万人は, 云うよう, 何んとか, 何んとかいう, 余輩出ずれ, 夫婦は, 昔から, 書いて, 殆ど神經過敏, 生来少し無事, 申します, 申せば, 男女は, 聞いて, 聞き及びます, 近代イソップ物語の

▼ ず~ (23, 0.0%)

2 のもの, へ上

1 [19件] から言い返す, から飛び下り, にいつた如く, に傚, に平地, に聖天子, に見習う, のため, の女, の子, の守衛, は素戔嗚, は見ゆれ, へとびあがり, へ引っ張っ, へ聞えた, も下, よりの生命, 御一人

▼ ず両手~ (23, 0.0%)

3 で顔

1 [20件] でたる, で愛撫, で払いのける, で把手, で葉, にその, にコップ, に顔, の指, は空, は膝, をうしろ, をおま, をふりあげ, をもっ, を帯, を挙げ, を握り合わした, を頭, を顔

▼ ず事件~ (23, 0.0%)

2 は迷宮

1 [21件] から事件, が人間, の匂, の匂い, の眞相, の説明, はきわめて, はそのまま, はそれつ, はついに, はますます, は今, は又もや, は完全, は寧ろ, は極めて, は益々, は進行, を持ちあげ, を考えつづけた, を起こす

▼ ず~ (23, 0.0%)

7

1 [16件] が, がとりあげられ, が大きく, が第, でも相応, には人間, に五十句, は神我, れ何, を信じ, を口, を外, 去る所, 拠るところ, 極めて多言, 為す所

▼ ず勉強~ (23, 0.0%)

4 もせず 3 で御座んすか

1 [16件] がすんだら稼がなけれ, した, すること, するの, ですか, と云, な女, のため, のよう, の徳, の机, もしたくない, もできず, も出来ない, をしなかつた, を斥ける

▼ ず即ち~ (23, 0.0%)

1 [23件] その限り対象, それだけ, アンカットが, 一馬先生の, 両者を, 人生居家の, 今回日清争端を, 今日の, 内部の, 北原君の, 又社会的存在, 唯一性, 完全なる, 彼は, 思ふ猶, 武道第, 烏帽子に, 社会は, 結局収入の, 華氏の, 言葉の, 謂ふ, 馬琴の

▼ ず古い~ (23, 0.0%)

2 ものは

1 [21件] ことであります, ものから, もので, ものの, ヴェダの, 型か, 天鵞絨の, 寺までが, 小説の, 尚徳館の, 形容では, 心持は, 插楽劇を, 橋の, 橋のか, 歌とともに, 洒落ね, 煙を, 茨の, 語學を, 長靴の

▼ ず大声~ (23, 0.0%)

2 で話し, をあげ, を挙げ

1 [17件] でただ, でアイヅチ, で叫んだ, で怒鳴つた, で泣き喚いた, で突然, で笑いだし, で身の上話, に, に叫び出したい, に叫ん, に泣き放った, をあげました, を出す, を張りあげ, を振り絞っ, を発し

▼ ず~ (23, 0.0%)

2 のなか

1 [21件] が多かっ, としてこれ, にし, にはよけい, に出す, に逆, のカエサル, の一挙一動, の体, の半分, の用, の難題, は這, は食ひつき損, よし, よし終っ, を招く, を残した, を送り, を陸, 至れば

▼ ず小説~ (23, 0.0%)

2 は小説全体

1 [21件] が書けぬ, でも詩論, で読む, といわず, とした, と云わず, にとつ, に夢中, に必要, に描いた, のこと, の中, の形, の書きかた, の達し得る, はかかれなけれ, はそのもの, は他, は小説作家, も思う, をひつ

▼ ず既に~ (23, 0.0%)

2 十三十四十五十六といふ, 数年前早く

1 [19件] して, その事, どこかの, 一人前の, 万葉時代の, 三尺の, 世界的水準に, 中毒性の, 今日激しく, 傾いた西日, 問題そのものに, 浪人した, 相當, 社会的に, 第十四議会, 第十四議會, 貴方の, 道化の, 骨肉の

▼ ず~ (23, 0.0%)

3 の上 2 に向っ, の前

1 [16件] にかじりついたら, にもたれ, に凭, に向, に向い腰かける, に向う, に獅, に頬杖, のま, の側, の性格, の抽斗, の蓋, の足, は之, を打つ

▼ ず熱心~ (23, 0.0%)

2 に四辺, に舞台

1 [19件] なる渓谷, な凧上げ, な議論, に, にしゃべり, になつ, にソヴェト同盟, に周囲, に小さな, に師父ブラウン, に彼等, に忠実, に本, に爺さん, に草花, に見いだした, に見つめ, に見守つ, に話した

▼ ず現実~ (23, 0.0%)

2 の世界, の生活

1 [19件] にはおのずと, にはかく, には善意, に人間, に女, に安住, に於, に近づかう, の仮想, の全, の我, の暴威, の特殊, の現象性, の生存, の直視力, の裏付け, は動い, を語る

▼ ず種々~ (23, 0.0%)

2 の固有性

1 [21件] と泣い, なる文化上, な努力, な話, の不平, の佛教, の場合, の境遇, の好, の怪事これ, の意味, の改訂, の文章, の用途, の発展的, の突き方, の花, 御心配, 考えて, 雑多な, 非行を

▼ ず~ (23, 0.0%)

4 を組んだ 3 を組ん 2 や腹, を伸ばし

1 [12件] がない, でずる, といわず, の冴, をサッと, を伸す, を凝固, を拱い, を挙げ, を組み冷然, を組む, を組んでしまつた

▼ ず途中~ (23, 0.0%)

1 [23件] から上, から笑, から自分, でうろうろ, でちょッ, ではぐれよう, でウロウロ, で抑, で挫, で暇, で氣, で眼, で船, に行つて, の兵糧, の大江山, の寂しい, の旅籠一切, の温泉宿, の湯ヶ島, の電信, は笠, へ来

▼ ずことに~ (22, 0.0%)

1 [22件] あの人, それから, よると, 三年前に, 今世紀に, 佐田やす子には, 個々の, 夏侯徳韓浩が, 女にとって, 家老の, 小さな離れ島, 小説家の, 尼御台さまに, 当時の, 文学関係では, 母親からは, 永年にわたって, 着慣れない, 芸術の, 近年は, 頼まれて, 骨牌では

▼ ずこれから~ (22, 0.0%)

1 [22件] のちは, の仕事, の身, はこの, は何ら, は駒井甚三郎, も女性, も邪魔, やる中味, 一人で, 三里も, 何処へ, 出掛けようと, 原田雲井の, 広島へ, 後は, 急角度, 我々の, 泣くの, 火星人と, 焼けようという, 私の

▼ ずこれら~ (22, 0.0%)

2 の什必ずし, の歌

1 [18件] のものみな, の二児相憐愛, の人びと, の分類, の句, の同情者, の店, の技芸, の文句, の東方民族, の榮, の演説, の物, の絵, の諸, の青年たち, はもとより, を主題

▼ ずそれでも~ (22, 0.0%)

3 夢中に

1 [19件] いたと, これらの, なにかの, ふみ耐え, まだ敵方, まだ私, まだ足りない, やっと二人, やはり文学, 久しく平和, 優しさ, 兄の, 又逢つて給はるか, 寝るとき, 徳が, 旅行者に, 立派に, 絵は, 親は

▼ ずだんだん~ (22, 0.0%)

1 [22件] いびきを, お互に, と碓氷, に低く, に堕落, に粘っ, に踏み越え, に顔, めしが, やりきれなくなっ, ようすが, 人手が, 南へ, 増長する, 増長を, 年は, 微禄, 心細くなっ, 揺れ出して, 気息が, 物覚えが, 私を

▼ ずちょうど~ (22, 0.0%)

1 [22件] あの娘, いい時機, この前後, その事, その五六日前, その反対, その年, その方, その時, その猫, まばたきでも, 三日目の, 井上様が, 先月までくらい, 同じ小さい, 好い程, 寝棺の, 海の, 私が, 胆礬でも, 見つけたの, 身体中の

▼ ずともかく~ (22, 0.0%)

1 [22件] それに, ねぐらを, もお, もこの, もと大急ぎ, もにせ, もビルディング, も会, も共に, も工夫, も形, も賑, ゆけるところ, 何か, 四十台で, 町家並が, 私の, 網走へ, 芸術という, 荷担ぎを, 袋に, 袷羽織と

▼ ずなどと~ (22, 0.0%)

2 支那でも

1 [20件] いうば, ゾッとする, 云う布告, 云ふ, 云われる心持, 云われれば, 他愛ない, 大変な, 強がりを, 教場の, 既得権への, 書いて, 申して, 考えて, 考えては, 至って漠然たる, 言って, 言つて豪雨の, 誹りの, 陽に

▼ ずひそか~ (22, 0.0%)

1 [22件] な反抗, な身振り, にそこ, にその, に公園裏, に出発, に喜悦, に小谷, に彼, に心, に戸, に探し居らるる, に探偵, に款, に毛利家, に油断, に牢屋, に狡猾, に睨んだ, に細作, に赤面, に連れ帰りたる

▼ ずまったく~ (22, 0.0%)

1 [22件] おなじでした, その数瞬間, の単身, の自由, 何が, 坊ンち, 夢の, 完全に, 少女たちの, 彼女を, 敵地に, 最後という, 朕の, 無効なる, 無政府状態, 無知同様である, 知らぬ顔でございました, 確証が, 空の, 純なはにかまし, 静かに, 頼りの

▼ ずゆっくり~ (22, 0.0%)

2 構えて

1 [20件] お正月気分を, した情熱, とうなずい, と丁寧, と御寝, と構え, と櫂, と歩い, と着物, と頭, ねること, マントを, 会えるから, 大使館の, 横ひろがり, 歩るいて, 歩を, 考えた, 蜜柑ばかり, 足を

▼ ずわざわざ~ (22, 0.0%)

2 このわたくし

1 [20件] お届け, この古典学的骨董品, この樺, てまえ, 下総の, 中村屋に, 二階へ, 人眼を, 会うこと, 北方スコットランドの, 太い線, 実家に, 富士の, 日本から, 本質を, 歩いて, 葉書を, 見に, 雪の, 飛んで

▼ ずわたくし~ (22, 0.0%)

1 [22件] が家, にかがし, のお話, の官覚, の心, の方, の秘密, はあゝ, はここ, はこれ, は三度, は其幹, は唖, は現代, は相, は立ち, は酸っぱい, までもむかで, もその, も精, も面目, をよろこばせ

▼ ず二つ~ (22, 0.0%)

1 [22件] だよ, ならず無数, には蜀, には貧民たち, に切っ, に割れ, の伝記, の刀, の天性, の小, の拳, の柱時計, の焚火, の科学, の輪, の部門, の首, は一応, は一致, は内部的, は食い違った, も現れた

▼ ず今夜~ (22, 0.0%)

3 のうち

1 [19件] きっと下女, これから案内, すぐに, せめてのうのうと, どころか只今, の内, の席, はここ, はそこ, はつまんない, はどう, はどこ, はもうとても, はわたし, は圓太郎, は大勢, は妙, は馬鹿, 再び現われ

▼ ず~ (22, 0.0%)

2 も今度

1 [20件] が行く, にはこういう, には大変, に教え, の喉もと, の探し, の方, の生活, の登山袋, の眼, の詭計, の頭, はうとうと, はね, はわあ, は世話, は忍辱, は貧乏, は酔っぱらった, を愛さず

▼ ず全体~ (22, 0.0%)

1 [22件] があたかも, が常に, としてかく, としての印象, としての形態, として地味, として奏上式, として教育, として結婚, として遥か, と核心, に明るい, に近代, に連帯性的, に醜く, の公衆, の形体的印象, の感じ, の舞台的構成, の調子, をつかん, を一貫

▼ ず~ (22, 0.0%)

4 つて之 2 つて其失政の, つて次第に, 對に

1 [12件] つてトツク君自身に関する, つて其処へ, つて染吉の, つて深く, つて礼を, つて麻雀牌に, て八ヶ岳, へる反, アカデミーの, 徒の, 應の, 方の

▼ ず~ (22, 0.0%)

3 のため 2 の滅亡

1 [17件] が亡びない, に報ぜん, に帰っ, の徳義, の恥辱, の東西, の権義, の開鎖論, は遂に, へ帰りました, へ引, も立たず, も違っ, を出る, を売らず, を挙げ, 必ず破る

▼ ず小さな~ (22, 0.0%)

2 ことに

1 [20件] うちに, なんの, スーツを, スーツケース一つが, 凄い目, 口を, 叫び声を, 叫声を, 声だ, 子供を, 所で, 洋子を, 洞穴を, 火山弾を, 皺も, 眼を, 石標が, 行燈一つを, 豆ランプの, 驚きの

▼ ず意外~ (22, 0.0%)

1 [22件] だつた, であった, であるらしかった, なの, なる楽天家, な一瞬間, な樣子, にたくさん, にもロマンティーク, にも役人, にも極めて, にも階段下, に卑近, に厳格, に思い, に感じ, に感じまし, に早く, に貧弱, に賑, に進歩, の失礼

▼ ず~ (22, 0.0%)

2 の出

1 [20件] とすっぽん, に一度, に乗じ, に浮かれ, のある, の光, の光り, の光りで, の末あたり, の面, はあり, はよく, は冴え, もその間, もなく, もみえず, も平生, をめがけ, を見上げ, 未だ円か

▼ ず~ (22, 0.0%)

2 ふは

1 [20件] つて, でも唄えない, でも唱, と俳句, にただ, にもうたえない, のほう, の制作, の声, の方, の歌い, の途中, は如何なる, へり, もうたえない, も詠まない, を作つて, を吟じた, を思っ, 知らず

▼ ず~ (22, 0.0%)

1 [22件] が命, が持ちし, が渇, が頭, この旨, に似たる, に請, の乞, の幽遠, の思へる, の落度, の首, はまだ, は一道, は何故, は汝, まことに勇士, まづいそぎ, わが言, を嚇し, を打った, を送るべき

▼ ず無理~ (22, 0.0%)

2 にでもそこ, をせず

1 [18件] でも居候, なところ, なスピード, な急戦, な考え方, な願, にそう, にもしんみり, にも随, に働かせる, に引っ, に拙者, に書いた, に武力, に決行, に笑っ, をした, 無則

▼ ず精神~ (22, 0.0%)

1 [22件] が身体, が身體, さえ朦朧, と呼ばれる, と肉体, と身体, と身體, に於, に重苦しい暑, の世界, の健全さ, の畸形化, の糧, は肉体, は豪壮, もともに, もなく, も清らか, をもどんなに, を僧, を極めて, を読む

▼ ず自分自身~ (22, 0.0%)

1 [22件] が勝手, が經驗, で工夫, と同じ, にも押し隠し, に向っ, に対しても照れ臭い, に恍惚, に満足, のうち, のなか, のもっと, の人格, の心, の成長, の手, の母, の祭壇, の考え, の裨益, も加え, をも忘れはてた

▼ ず興味~ (22, 0.0%)

2 を感じました, を持つた, を覚え

1 [16件] という妙, に引かされ, はいよいよ, をひかれる, をもった, を刺戟, を惹かれた, を感じ, を感じた, を感じたらしく, を感ずる, を持つ, を殺がれた, を牽かず, を覚えた, を覚える

▼ ず~ (22, 0.0%)

2 藩の

1 [20件] 分科の, 士を, 外国にわたって, 大名も, 大将の, 天使もし, 将の, 将功を, 州に, 所に, 文化ジャンルを, 書に, 有る世, 村の, 武臣皆, 民一般は, 民跪き, 軍へも, 邦で, 靈の

▼ ず身動き~ (22, 0.0%)

8 もせず 2 もしない

1 [12件] したが, すること, もしなかった, もしなかつた, もせず考え込ん, もせず黙りこん, もなさいませんでした, もなさらず, もならず, も出来ず, も出来ぬ, を失っ

▼ ずああ~ (21, 0.0%)

2 して

1 [19件] ああと, いうこと, いう土蔵づくり, いう所, こうでしょう, これは, これまた, そうかとも, と嘆声, と声, ほんまに, もう云う, んと, 云う消極, 俺は, 口惜しい, 思へ, 悪い所, 愛したい許したいと

▼ ずあれ~ (21, 0.0%)

2 かこれ, やこれ

1 [17件] から三度三角巾, から毎日こちら, がかといっ, だけの大, だけの物質性, だけの犠牲者, だけの結果, だけはしつかりやらう, にそっくり, はちょっかい, は八百長, は切支丹, は愛好, は詰らぬ, は近所, までには様々, をあげ

▼ ずいかにも~ (21, 0.0%)

2 某は

1 [19件] しないでも, た, 元気に, 強かな, 当惑しきった, 持てませぬという, 日本の, 残念らしく引き揚げ, 濟ま, 無念, 無気味の, 無雑作, 空気の, 自信の, 苦しそう, 辷りやすい, 達磨さんめいた, 遠慮深, 閑静な

▼ ずこうして~ (21, 0.0%)

1 [21件] いつまで, うろうろ女房, お呼びした, お願いに, かけ離れて, だんだん男達, 乞食同様に, 労苦を, 外出にも, 将校連中を, 持って, 日の, 歩き回れば, 物を, 生き伸びて, 田舎に, 白昼の, 立ち話を, 継いで, 非人が, 飾りましたところ

▼ ずずっと~ (21, 0.0%)

1 [21件] いて, その余韻, ひきずり得るくらい, 上京の, 二三寸鎧櫃が, 同じの, 客観的に, 左手奥に, 庭から, 後に, 押し寄せて, 拡大され, 独身で, 石垣の, 第一双十節, 自分の, 落付い, 通って, 通り上座に, 遠方からという, 陥ちはじめたの

▼ ずそうして~ (21, 0.0%)

1 [21件] おめかしを, その利き, その店, その強い, その降られた, まだ生き, もっともらしい, よく噂, ろくに口, 内気で, 厳密なる, 完納を, 平気で, 幾千万の, 彼の, 時々, 気弱そうに, 無事に, 無口だ, 置いて, 自分ひとりの

▼ ずたちまち~ (21, 0.0%)

1 [21件] うるさくお株, お株を, そこへ, に踪跡, 一度に, 世界的に, 八射の, 取付けに, 坐礁不吉きわまる, 妖しい手ツキ, 山と, 揚げ屋, 敗亡し, 教勢を, 数十の, 混乱が, 経営難に, 話題を, 負けて, 趙弘を, 隣国に

▼ ずだれ~ (21, 0.0%)

1 [21件] かが羊, からも助けられなかった, しも或, でも対し, でも自由, にてもただ, にでも急い, にも助言, にも恨まず, にも構わず, にも秘密, の悪口, の意見, の目, の言葉, もいない, もみな遠く, も彼, も心, も甲板, をも責めなかった

▼ ずとにかく~ (21, 0.0%)

2 産を

1 [19件] いま都で, さした屈托, その頃, にそんな, ぼくは, まとめ自分, 一理あり, 一番好きな, 一目で, 一種の, 仏教によって, 内心では, 刀を, 家屋に対する, 密告という, 押しも, 武平次なる, 犬などには, 生きて

▼ ずなに~ (21, 0.0%)

2 くれと, もいわず, も聞えなかった

1 [15件] かほしい, から何, がしか, くは, に由来, ほどの者, も喰, も聞かない, やかや, よりもまず, よりも微笑, をかそ, をこの, を苦しん, 故にワガハイ

▼ ずにやにや~ (21, 0.0%)

7 笑って 3 しながら 2 笑つてゐた 1 して, する, と唇, と薄く, と顎, やって, 手応えの, 笑いながら, 笑った

▼ ず一緒~ (21, 0.0%)

3 になっ

1 [18件] にいる, にし, にする, になつ, になり, にほ, に上, に出かけた, に呑めます, に声, に往かう, に暮し, に歡聲, に現れた, に笑った, に行く, に袂, に還る

▼ ず仕方~ (21, 0.0%)

6 なしに 4 がない 3 が無い 2 がなし 1 がありません, なくあきらめて, なくそれ, なく売って, なく尤も, なく観音堂

▼ ず僅か~ (21, 0.0%)

1 [21件] では, ながら色づい, な言葉, な間, にアントニイ, に京都附近, に十年前そこ, に床, に手近, に日本語達者, に昼夜, に肉, に自分, に遊戯, に魚塩, 三四カ月に, 三四五間とは, 二三十年の, 六七日間の, 幾分と, 改めれば

▼ ず八五郎~ (21, 0.0%)

2 のため, を新

1 [17件] がモヤモヤ, が待っ, が待つ, と腹, のクソ力, の心, の想像, の手, の話術, の豫想, は報告, は太平樂, は平次, は縁側, は茫然, は飛ん, を驚かした

▼ ず~ (21, 0.0%)

1 [21件] えわが, さが, のスパルタ, の劇場, へ念, を信じ, アングロ・サキソン時代に, インドに, ギリシアや, 万古の, 下駄も, 伝説にも, 來よりの, 來或ひ, 新聞が, 新聞に, 暦, 民謡の, 簾, 過ぎても, 錦襴の

▼ ず吾人~ (21, 0.0%)

2 は理想, をし

1 [17件] が敬愛, に嘱, の上, の中, の前, の思想, は不幸, は之, は吾人, は唯, は国民, は常に, は想像力, は生命思想, は福沢翁, は観察, は賛美

▼ ず周囲~ (21, 0.0%)

1 [21件] にある, にも浅から, によらず, に同化, に波及, に漏らし伝えた, のすべて, の人, の人群, の出来ごと, の卓子, の叫喚, の壮麗さ, の況態, の自然発生的, の草, の近郊, は墓石, は苔, も分っ, も静か

▼ ず~ (21, 0.0%)

1 [21件] だと, なやつ, な声, な工合, な眼つき, な臭, な顔, にし, にしつこく汚らしい, にコマッチャク, にソワ, に思った, に悪臭い, に整然, に気取った, に滑らか, に自分, に見え, に雪, は正, は通ずる

▼ ず大抵~ (21, 0.0%)

2 は動機, 跣足なり

1 [17件] この岡, の事, の人, の場合一頭限り, の女, の婦人, の相手, の自然, の責め道具, はバラック, は次の間, は欲する, は直角, は茶の間, みな仮定憶断による, 何か, 華蔵寺の

▼ ず学校~ (21, 0.0%)

3 の先生 2 を出

1 [16件] がめちゃめちゃ, なりなん, にはなんと, にも姿, にも行きませんでしょう, に一人, に出る, の合唱団, の官立, の帰り掛け, の教案, へも行かれず, へ出席, へ行っ, もなくなっ, を休む

▼ ず~ (21, 0.0%)

2 の収容所

1 [19件] から村, でいう, では依然として, ともつかない鄙びた, と云わず, によってはその, によっては今, によつて, に利用, に完納, の区長さん, の知識階級, の者, の聖歌隊, の衆, へ帰れ, も三里, をあげ, を買收

▼ ず次第に~ (21, 0.0%)

1 [21件] あなたを, その體, それが, 伸びて, 好感が, 専門の, 後に, 心気が, 手持無沙汰らしく見え, 放埒に, 横着に, 武家からも, 生活難に, 衰弱する, 衰退し, 遠い幽か, 間遠に, 隣の, 離れ難く, 顔を, 高峰を

▼ ず~ (21, 0.0%)

21 んど

▼ ず母親~ (21, 0.0%)

2 とか乳母, とてもその, の前

1 [15件] からも理解, に強請, に詰め寄つた, のよう, の世乃, の体温, の姿, の想出, の背, の膝, はだまっ, はまた, は彼, は母親, もまだ

▼ ず白い~ (21, 0.0%)

1 [21件] からだを, グラスを, 上被, 刃の, 古風な, 方は, 沫を, 濃霧を, 犬鶏は, 眼で, 眼ばかり, 砂に, 穂先が, 紙で, 肥肉の, 蚊帖が, 蝶形花冠が, 裏を, 詰襟の, 足袋ばかりが, 顔を

▼ ず~ (21, 0.0%)

3 もせず

1 [18件] が不足, という音, なき波, なくし, のつかまえ, のない, の無い, もあげぬ, もさせなかった, も無い, も立てず, も聞えぬ, も聞かれない, も聞こえず動く, をつかん, を立て, を立てない, 強し

▼ ず~ (21, 0.0%)

2 が熱く, といわず

1 [17件] がほてった, がほてつた, じろ, と云わず, と言わず, に涙, の円き, の筋肉, の肉, の色, をおしつけよう, をひきつらせ, を伝っ, を伝つて, を押へた, を流れる, を火照らし

▼ ずこちら~ (20, 0.0%)

1 [20件] からの音信, からもこれ, がこれ, でそれ, の人たち, の剣, の十両, の新聞, の申條, の見た, は無邪気, へよこせ, へ逃げ, もそれ, も話さず, も釣り込まれ, を引っかい, を打っ, を見, を見つめ

▼ ず~ (20, 0.0%)

4 なは 3 なおに

1 [13件] あしに, うつと, が, がす, がたかたち, がたは, がたを, つかりおなほし, つかりともう, でるので, ぱりずんとぞ切りはなちける, や, 法なども

▼ ずどうしても~ (20, 0.0%)

2 三里内地に

1 [18件] うまくいかぬ, お水, この考え, そこを, フツカヨイの, フツカヨイ的に, 上陸しよう, 事の, 六分の配當を, 厳然たる一官庁, 純粋に, 素裸の, 自分は, 見に, 話が, 道筋を, 遠い他人, 首を

▼ ずなかなか~ (20, 0.0%)

1 [20件] こまかい神経, これで, に浅薄拙劣, に細かい, の軍師, 剛情だ, 台所は, 大きくかつ, 大勢集まっ, 学問致し, 学者でござる, 強情であった, 思ったよう, 服しようとは, 殊勝じゃ, 生彩ある, 苦しい立場, 見上げたところ, 話せる男, 面倒な

▼ ずより~ (20, 0.0%)

3 貧しくも 2 多くの, 良きもの

1 [13件] かかって, 厳粛な, 少く享受, 少く買い, 少量の, 少額の, 平衡を, 広くより, 成長する, 根柢的に, 複雑な, 近くすり寄っ, 高くと

▼ ずんで~ (20, 0.0%)

2 見えるの

1 [18件] ぼんやりと, ゐる, ゐるかの, ゐるの, ゐるルル, ゐる女, ゐる空, ゐる自分, 人を, 居る, 来た証拠, 皮膚も, 盛り上っ, 見えまする, 見える眼, 見えリマーンの, 首を, 鼻が

▼ ず一日~ (20, 0.0%)

4 の仕事 2 おいてよりは, も早く, も閣下 1 じっとし, の猶予, は一日丈, は二十四時間, を他愛, を暮らし, 同じひど, 延ばしたところ, 突然広津先生, 鳴った

▼ ず今や~ (20, 0.0%)

2 此等の

1 [18件] この国, その生活社会, それを, プロレタリア独裁の, 三ヶ月後に, 入道相国の, 前方に, 却つて望みなき, 却て, 変ずべきの, 戦史と, 捕吏の, 文化社会学が, 昌平橋から, 武備機関の, 渡良瀬川沿岸の, 袋の, 黎明を

▼ ず何ら~ (20, 0.0%)

1 [20件] か人生, か偉大, か固き, なすこと, の人生, の向上的, の害, の才覚, の権威, の歓呼, の純粋地代, の記憶, の誉れ, の踪跡, の身振り, の進歩, の音, 応急の, 改善の, 警戒の

▼ ず勝手~ (20, 0.0%)

3 なこと

1 [17件] がちがっ, が違った, な懐疑, な所, にしろ, にひとり, にもの, に会え, に処理, に展開, に悪, に歌, に決め, に現金, の熱, の隅, 知ったる寝室

▼ ず~ (20, 0.0%)

2 といわず, にもたれ, の方

1 [14件] から抜け出し, が厚い, ともつかず, に耳, の破, の穴, の面, はよく, は塗りたて, は悉く, は歯, も破らず, を伝わっ, を睨んだ

▼ ず小さい~ (20, 0.0%)

2 コンマの, 下唇, 肩から

1 [14件] が強大, なりはっきり, のは, 両手に, 両眼, 先鋒の, 几帳の, 口つまみ, 日向で, 時から, 欠伸を, 爭鬪と, 足を, 鉢に

▼ ず広く~ (20, 0.0%)

2 一般の

1 [18件] あらゆる国, これを, その当時, アジアの, 一般に, 二派の, 人類一般の, 他邦, 儒教, 古典的造形芸術さえもの, 各地に, 哲学, 新劇に, 新聞現象を, 検察当局と, 現実的存在たる, 社会的規模に, 読んで

▼ ず時として~ (20, 0.0%)

1 [20件] その, はかえって, は主権在民論者, は侵略的, は反感, は君, は小説, は座敷, は戸, は手箱, は旧, は案内記, は身, は進歩党, は進歩黨, またみずからこれ, トット自身も, 何等かの, 現実の, 表面に

▼ ず未だ~ (20, 0.0%)

3 曾て 2 演技直後の

1 [15件] お紺, 一度も, 中學に, 來らざる, 兵馬闘争の, 叫ばず, 実験中の, 廣く知られ, 本懐は, 毎晩の, 結果に, 自分を, 調理されざる, 遽に, 鉱毒は

▼ ず無事~ (20, 0.0%)

1 [20件] か, だったので, であったが, なん, にて過ぎし, にプリューメ街, に下宿, に九十歳, に交番, に今日, に列車, に卒業, に役目, に彼, に東京, に自分, に莚, に過し, に青年, 行くとき

▼ ず~ (20, 0.0%)

2 をひそめた, を寄せた, を顰め

1 [14件] にも頬, は両方, も動かさなかった, も落さず, も落さない, も齒, をしかめた, をひきつり, をよせた, を張っ, 厚く鼻, 深な, 濃からずし, 濃く鼻

▼ ず~ (20, 0.0%)

2 せず堂々, せず手拭, せず話

1 [14件] したと, する色, せざる少年, せずすべて, せずその, せずベロンベロン, せず元気, せず名, せず平気, せず明快, せず案内, せず答えた, せず送り込まれたの, せず驚

▼ ず芸術~ (20, 0.0%)

2 は空間的

1 [18件] では伝統, というもの, と云う, における政治, によって常識, に従う, に錬えられた, に非, の上, の休養, の新, の領野, や道徳, を友, を断念, を研い, を通してしみじみ, 特に文学

▼ ず~ (20, 0.0%)

1 [20件] しおの匂い, で血, になっ, のめぐり, の歴史, の色, の褪せた, はあまり, は気味悪く青く, も出つづけな, も流れ, や泥, をしぼつて食, をどくどく, をもっ, をわかす, をわけた, を上らせ, を吸いとった, を見る

▼ ず~ (20, 0.0%)

3 の中

1 [17件] あるも, が消える, が締, が降る, こそは降り出さなかった, こそふれ, とも見えず, と戰, になりまし, のうち, の朝, の様, の狩猟, の蹄, は滑る, ふかき処, 之丞

▼ ずいかなる~ (19, 0.0%)

1 [19件] ことが, ときにも, 一貨物の, 人も, 人をも, 国においても, 大雨でも, 学者をも, 手段と, 暴政の, 曠原漠野の, 歎願も, 理由が, 種類の, 罪人でも, 茎も, 變化も, 非運に際して, 風にても

▼ ずおれ~ (19, 0.0%)

5 をいとし

1 [14件] がかじらない, がどんな, が教わった, とともにたった, には忍ぶべからざる, の方, の言いなり, はこれ, はシェイクスピア, は三日三晩, は小説家, は幸福, は面, を苦しめるなら苦しめ

▼ ずさすが~ (19, 0.0%)

2 に服, の平次

1 [15件] お疲れ, に寝, に徳, に恥, に春浪君, に自然, のお前, の弁慶, の殿様, の熊谷, の菊五郎, の藤吉, は百戦錬磨, 思いに, 持て餘

▼ ずしかして~ (19, 0.0%)

1 [19件] この最初, この線上, この観念, この觀念, そのため, その世界, その死せし, その理, なおこの, また純乎, アルゴス諸, 一人ならず, 二十二年の, 今しも, 士論の, 早朝より, 時間性可, 礼拝の, 遊戯は

▼ ずせめて~ (19, 0.0%)

1 [19件] あすこ迄はと, あなたに, はその, は声, は師, は当時, は雪, もの腹癒せ, スカンポか, ブルドッグでも, 一軒の, 一面の, 侍従武官と, 別れの, 大石殿に, 女にでも, 嵯峨の, 煩は, 煩わなかっただけでも

▼ ずそこで~ (19, 0.0%)

3 彼は

1 [16件] かえって稼業, しばらく時間, とうとう原著者自身, ヤット一切の, 一同は, 伝言書を, 働く若い, 堪えられなくなったお, 孔子と, 昆虫の, 男先生は, 目礼も, 私は, 米次郎は, 自分の, 虎に

▼ ずそのうえ~ (19, 0.0%)

1 [19件] あいつを, あすにも, うなずいて, これは, それは, なんともいえぬ, に仏, クロクロ島は, 今日は, 出入りの, 十三四歳の, 孔明の, 早く廃盤, 明らかに, 無口と, 父君を, 窓の, 羅針盤は, 自分の

▼ ずにはを~ (19, 0.0%)

5 られなかつた 2 かない, られないの, れなかつた 1 られない, られない無茶, られぬところ, られません, られるもの, られんと, りません, れない

▼ ずやっぱり~ (19, 0.0%)

1 [19件] お宮を, せわしい思, ひやかしだと, 人間生きと, 元の, 寡言家の, 幾ツという, 惜しい, 推測以上の, 新趣向, 毀れた猪口, 無邪気に, 相当の, 眼を, 膳へ, 自分を, 色の, 苦しいせっぱつまった, 食料は

▼ ずわし~ (19, 0.0%)

2 をかばっ

1 [17件] が本心, が食い足りる, だけは密か, の両, の言った, の顔, はただ, はとうとう, はクラリモンド, は今, は会う, は気, は甲斐信濃, へ何と, もいよいよ, もお松さん, をもてなし

▼ ず何物~ (19, 0.0%)

2 をもそれ

1 [17件] とも妥協, とも知れぬ, にもわづら, にも煩わされず, にも眼, にも興味, も創造, も愛せず, も憎まず, も最後, も継続, も見ない, をも幽霊, をも求めず, をも知ろう, をも見誤らず, を聞く

▼ ず何等~ (19, 0.0%)

2 か実質的, 内面性を

1 [15件] かの倫理, かの學術的風波, かの形式, かの方法, か固き, か妨げ, の問, の変化, の実践的, の感動, の積極的態度, の羞恥, の階級的, 信念を, 専門家に

▼ ず~ (19, 0.0%)

2 の寒い, をこごえ, 枯れて

1 [13件] あた, が来, が近づく, でも狭い, といわず, となる, になれ, の外出着, はあつぼったい, は火鉢, もほぐれた, を迎え, 之大旱也

▼ ず又は~ (19, 0.0%)

2 遊びに

1 [17件] その基本的, その薬性, 事実回帰する, 利用も, 女の, 存在し, 寧ろ之, 少くとも, 少しの, 忘られ, 故意に, 日の, 此方から, 決定する, 誰々の, 躁が, 達せんとて

▼ ず女中~ (19, 0.0%)

2 を呼ん

1 [17件] がした, がはいっ, がタケノコメシ, が脱い, ともつかぬ, にさう, にそう, には必ず, に向っ, に命じ, に案内, のきよ, の一人, の助け, の竹, の通り, も読めぬ

▼ ず左右~ (19, 0.0%)

1 [19件] からさっと, から四人一度, から打込ん, されなければ, につい, に分れ, に斬り落す, に相, に逃げ回り, の太刀, の手, の秘書役, の胸, の部下, はゆかしく, ひろかるべしいでさらば, ひろかるべしいでさらば分, より浪子, を見廻す

▼ ず支那~ (19, 0.0%)

2 に於ける

1 [17件] およびインド, では檀那, で日本人, ともつかず, にも行, に翻譯, の名作逸品, の君子人, の哲人たち, の天子, の政治, の方面, の書, の民族, の民衆, の附近, はなほ我々

▼ ず最初~ (19, 0.0%)

2 からで

1 [17件] お千鶴, からその, から帰郷, から楯, には労働者, に一匹, に云った, に空きたる, の一瞥, の富める, の敵弾, の検視, の汽車, の物質, の通り, はただ, は私

▼ ず椅子~ (19, 0.0%)

2 の上

1 [17件] と椅子, にかけた, にかけて話す, に凭りか, に引っ掛け, に引つ掛け, に端然と, に腰, に腰掛け, の中, の脊, へ腰, をかたっ, をぎいと, を一つ窓ぎわ, を跳び越え, を離れ

▼ ず~ (19, 0.0%)

3 の浮く 2 をくいしばっ, を食いしばっ

1 [12件] で齧り取る, にも一面, の跡, の間, もみがかず, も好し, も染め, も足, をくいしばり, をむきだし, を喰, を喰いしばっ

▼ ず~ (19, 0.0%)

1 [19件] が下した, が文学そのもの, が繰り返した, が舎, として自身, の, の体系, の加, の報告以外, の奔走周旋, の筆, の訳そのもの, の語彙, の質疑, はこの, はたった今, は心靜, は故人, を建つる骨肉

▼ ず深く~ (19, 0.0%)

1 [19件] かがみこん, くって, なる, は塩野, 之を, 人間と, 保ちつづける情感そのもの, 取糺しも, 思われて, 戒めて, 柔和の, 沈んで, 淵に, 澱んで, 自ら恥じかつ, 自分の, 覚悟を, 調和が, 貴方へ

▼ ず~ (19, 0.0%)

1 [19件] がしきりに, がその, その約束, にも噛まれず帰っ, に人間同様, に吠え, に呉れる, のよう, の医者, の唾液, の子, の悲し, の方, の皮, の頭, は人, もほえなかった, も吠えず, を相手

▼ ず~ (19, 0.0%)

1 [19件] あるもの, と死, の主人, の好もしい, を守り, を害, を求むれ, を燕獄, を躡, 不動の, 乃至生命, 恥も, 意を, 捕られたぞ, 氣囘り, 眞面目で, 豆府が, 道を以て, 長らえる効

▼ ず苦笑~ (19, 0.0%)

6 した 2 して, ひを, を洩した 1 がわく, させられた, したが, しながら, せるほど, を浮べ, を禁じ得なかつた

▼ ず~ (19, 0.0%)

7 の中 3 から闇 2 の夜 1 にうごく, にただ, にまぎれ, にも落ちない, のなか, は寂, は漆

▼ ず~ (19, 0.0%)

1 [19件] が囀る, が渡っ, とは思いがけず, に動く, のこえ, のよう, の毛, の糞, の羽音, の肉, はすべて魂, は舞いあがった, も啼かない, も居ない, も歌わない, も歌わぬ, も見ず, も飛ばない, 啼かず

▼ ずかつて~ (18, 0.0%)

2 一度も

1 [16件] ありしが, これを, の共産主義, の旧怨, は内地各所, は沖縄文化, 一般に, 内供, 地中海の, 子供の, 孤児院の, 彼らと, 感情の, 沼津行啓のみ, 米銭の, 退屈の

▼ ずさき~ (18, 0.0%)

2 の世

1 [16件] から籾, でも何, にあ, に優渥, に善, に従え, に新田義貞, に発掘, に神文, に鐘, へ言問, ほどからのし, ほどからの率爾, ほどから失礼, ほどから馬上りん, ものこらず

▼ ずどんと~ (18, 0.0%)

2 大尉を, 自分の

1 [14件] どこかで, ぶっ倒れ, ぶつ倒れ, やって, 口火を, 大きな音, 実弾を, 落る, 転んで, 過去へ, 音し, 飛び出した弾丸, 鳴って, 黄色い一条

▼ ずなぜ~ (18, 0.0%)

1 [18件] かしら彼, かそれ, か夢, か無言, か独り者, か病人, そのよう, その道を, その道理, なら色男, にフェリクス, に車坂, 三元が, 仕掛を, 単純に, 私が, 自分は, 評論家と

▼ ずにと~ (18, 0.0%)

3 彼は 2 思って, 申して

1 [11件] いうが, いふの, おっしゃいました, ご諚, つて置い, ほした地方, ぼとぼと洋館, ぼんとして, ニは, 云う, 言つ

▼ ずむば~ (18, 0.0%)

4 未だ之 2 到底伊藤侯, 恐らくは閣下, 止まざらむとせり, 止まざるもの, 決して天下, 現内閣, 直に其閣員

▼ ずもっぱら~ (18, 0.0%)

1 [18件] あやか夫人, ここで, ロケットは, 世間話に, 他の, 先刻の, 出教授を, 労働の, 労働者階級の, 女を, 山越えで, 岸際の, 政治や, 昼寝で, 智略を以て, 深慮遠謀いやしくも軽々と, 生の, 自国の

▼ ずやや~ (18, 0.0%)

1 [18件] ありて, 下流の, 不調和の, 余炎の, 健全な, 多く斯く, 年嵩らしい, 当惑し, 後れて, 憂鬱な, 気むずかしく淋しい作曲, 無聊を, 猶予い, 石段の, 老いての, 落ちついて, 進んで, 難捨

▼ ず~ (18, 0.0%)

7 ばあらず 3 ば止まざる 2 ばやまず 1 ずン, ば人, ば止まず, ば西海, ば軽, 入って

▼ ず一言~ (18, 0.0%)

2 の批評, も不平, 尋ねただけ

1 [12件] するとき, だって愛, でお, の返事, もいわず, も世間, も云わず, も冗談, も口, も発しない, も言わない, 置きに

▼ ず三人~ (18, 0.0%)

1 [18件] が體, で雑談, ならぶと, には早く, のうしろ姿, の児, の愛臣, の手先, の洋服, の白髪婆さん達, の足, の顔, はいっしょ, は家, は後さ, は心, は緩, は金杉

▼ ず国民~ (18, 0.0%)

2 の中, の理想

1 [14件] がそういう, にもたらす, に愛されない, に耐乏, の代表, の名代, の尊信, の状態, の生活, の生活水準, の考え方, の被, はそれ自ら, を成すべき

▼ ず如何なる~ (18, 0.0%)

2 場合においても

1 [16件] 不都合に対しても, 主義の, 人の, 劇論如何なる, 労を, 勢力をも, 命令も, 因縁に, 必要ある, 罪に, 職域も, 職業でも, 職業に, 良家の, 逆境でも, 陰謀秘策をも

▼ ず~ (18, 0.0%)

2 甚しい

1 [16件] おかれこれ, お其盗人, お所々, お折節, お骨肉, この悲しみ, ほ且つ, ほ二十圓, ほ暖かき, 且つその, 交換し得る, 同一視, 悔恨の, 悪いこと, 浪之, 舞う

▼ ず廊下~ (18, 0.0%)

1 [18件] から廊下, で會つて, といはず, といわず, と云わず, にヘタヘタ, に出, に向った, に足音, に辷り出し, に雑巾, に高い, の外, の足音, へ上がり, へ出ました, へ逃げだし, を駆出し

▼ ず往々~ (18, 0.0%)

4 にし

1 [14件] その勢力, その弱点, その骨肉心肝, 上乗に, 公事をも, 恩情主義だ, 旧作を, 村人の, 玄妙に, 竊に, 落書きある, 見受けられるから, 醜聞の, 青年の

▼ ず恐らく~ (18, 0.0%)

1 [18件] この人, ドイツ的に, 一般探偵小説の, 世界の, 世界史の, 両氏は, 名も, 彼女の, 日本歴史の, 書くであろうこと, 欧洲美術史上の, 死の, 永久に, 火にも, 私も, 肉食を, 茶番に, 黄葉も

▼ ず感心~ (18, 0.0%)

4 した

1 [14件] したが, したの, した話, して, しなるほど, しました, なお母さん, なもの, なりと, な人, な好い, に物, の余り, もした

▼ ず政府~ (18, 0.0%)

1 [18件] が当然, と役人, に対して絶大, の上, の事業, の代官, の会計官吏, の内, の怠慢, の精神, は依然, は右翼団体, は将来, は雲上, より売出す, 及びその, 各方面, 待つに

▼ ず暫く~ (18, 0.0%)

2 町角に

1 [16件] の間, の間文殻, の間無事世上, はわし, は茫然, ぼんやりと, 仰向けに, 其処に, 呑気に, 往来で, 皆だまり込ん, 秘して, 話して, 長くなっ, 黙って, 黙りまた

▼ ず~ (18, 0.0%)

3 あるを以て

1 [15件] あるを, にある, にぶっつかる, によって始めて, のくい, の枝, の梢, の茂み, の衣裳箱, はやがて, もて彫り斑, も見えず, を切った, を切る, 之助

▼ ず歴史~ (18, 0.0%)

1 [18件] では傳, とかあるいは, に縛られた, に關, の上, の外, の学, の本質, の研究, の突端, の観察, の轍, はいつも, はなるべく, は伝統, を叙述, を知らない, を編む

▼ ず~ (18, 0.0%)

2 になる, を揉み

1 [14件] あり氣, がせく, が無, が立つ, にも懸けず, に入, の乘ら, の弱い, の意味, は即ち, を吐き, を揉ん, 疎くな, 病みも

▼ ず真面目~ (18, 0.0%)

2 ともつかず, な声

1 [14件] で迷亭君, な挨拶, な様子, な穏, な調子, な顔, にその, になった, に内田百間氏, に家, に挨拶, に遣っ, に首肯いた, 臭って

▼ ず着物~ (18, 0.0%)

2 の裾, を脱い

1 [14件] といわず, の方, の着こなし, の衿元, はぴったり, は破れ裂け, も泥まみれ, も着, も着まい, も着換えず, も破れなかった, も血, をたたみ, を着

▼ ず秀吉~ (18, 0.0%)

1 [18件] にも語らず, に使者, に致され, の威風, の心, の恩顧, の情, の意志下, の掌, の方, の鋭鋒, はさだめし, はもう, は天魔, は浅野弥兵衛, は諸般, も重用, を囲む

▼ ず色々~ (18, 0.0%)

1 [18件] と差入れ, と彼, と想像, と新しい, と細か, と難癖, なる事, のもの, の不利, の事情, の人間, の著述, の重大, 変化する, 持て余した末, 書いたこと, 考えた末, 違った書き方

▼ ずあたり~ (17, 0.0%)

3 を見 2 に見ゆる

1 [12件] に目, の空気, はいや, はインキ, は墓, は静か, をうろつい, をきょろきょろ, を窺っ, を見まわし, を見廻した, を見廻しました

▼ ずうしろ~ (17, 0.0%)

3 に廻り

1 [14件] から切り火, から躍りかかった, に若い, のほう, の井戸, の沢村さん, へすたすた, へ隠れた, より敵, をふりむいた, をも向かず, を振り, を見せ, を顧み

▼ ずうち~ (17, 0.0%)

2 へ帰っ

1 [15件] から一枚, すぎし君, ずまいを, そろって, で洗っ, ながめて, のよう, の前庭, は泰子, 喜んで, 明けた, 明けて, 明けましょう, 破ること, 解けて

▼ ずこっち~ (17, 0.0%)

3 も向かず

1 [14件] からそう, から見, の好意, の生活, の者, はウイ, は洋食ムシャ, は立往生, へ来, へ移される, も出, も飽き, をジーッ, を眺め

▼ ずすなわち~ (17, 0.0%)

2 天下の

1 [15件] あすの, かかる伝説, ピョーストロヴォ村に, 一〇〇クヲタアだけは, 一国を, 冬籠りする, 単に現在, 外人の, 完全に, 対峙連年天下の, 尋常に, 彼らは, 所謂盆の, 棄てて, 相剋し

▼ ず~ (17, 0.0%)

3 つとした

1 [14件] あらまし, おきしも, おっと, くる, くッ, つとして, つとする, つと立ちすくみました, なん来ける, んきに, ッと, 來る, 成りし, 来る

▼ ずどの~ (17, 0.0%)

3 ような

1 [14件] ドアも, 側面も, 公案にも, 国にも, 国の, 場合であっ, 女も, 子供に対しても, 室にも, 山が, 廊下と, 方面も, 袋とも, 門番の

▼ ずどんどん~ (17, 0.0%)

1 [17件] いきましたが, いそぎ足で, いろんなごちそう, と山, と逃げ, と駈けつづけた, やって, やつて, ゆきすぎようと, 云ひたい, 早足に, 枯れ枝を, 歩いて, 歩きだした, 自分で, 話を, 駈けて

▼ ずはた~ (17, 0.0%)

1 [17件] からも申しあげない, から聞い, で気の毒, の見る, まじろがず, またその他, また雪舟, 一人前五十銭位の, 何知らぬ, 又之, 咀ひえぬ, 寸毫も, 悲も, 意に, 覗くこと, 詛ひえぬ, 起直り

▼ ずはっきり~ (17, 0.0%)

2 とした, と見え

1 [13件] した声, した定見, した形, といった, と取り上げ, と白状, と眼, と蘇っ, 応答する, 思い浮かべた, 書きたい, 生きれば, 相手の

▼ ずほか~ (17, 0.0%)

2 の者

1 [15件] ならぬフリーダ, に, に何, に警察力, の人々, の刑事, の奴等, の妹弟たち, の小説, の廷臣ら, の機械人間, の貧民, の連中, の雑談, の高山

▼ ずほんの~ (17, 0.0%)

2 少しばかり

1 [15件] こッた, ちよつと, 一座の, 一時の, 一瞬間に, 二度か, 十分間でも, 少うし, 少数で, 有り合せの, 気休めに, 知人への, 軽い圧力, 輪郭を, 野駈

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 うっと, つとこつち

1 [13件] させようとばかり, つといふ, つとお茶, つとつながつ, つと事務所, つと役所, つと隅, とただ土, と押し動かし, と玄関口, と立, と見まわした, と調子

▼ ず一同~ (17, 0.0%)

1 [17件] がやんや, が手, とともに酒, と共に渡つて, の悄然, の方, の者, はまだ, は引上げ, は私, は顏, へあまねく, もてあまして, をハッタ, を驚かし, 勢いこんだ, 揃うて

▼ ず万事~ (17, 0.0%)

3 につけ

1 [14件] がやり方一つ, に気, に無, に行届き, の交渉, はその, をホーテキ, を山本さん, を現在, を自分, を静養, 小さくなっ, 尽く生色, 極めて自然

▼ ず何となく~ (17, 0.0%)

1 [17件] あたりが, いけなかった, 不興気に, 元気が, 冒すべからざる風, 古雅で, 威だけ, 後見らるる, 心を, 心細い気持, 殺風景な, 痛に, 糜爛した, 自分の, 部屋の, 雪子が, 風韻に

▼ ず何人~ (17, 0.0%)

2 か子

1 [15件] かのため, にし, にまれ利益, にも強いず, にも解し, にも通ずる, の手, も, もこれ, もその, もそれ, も吾, も国, も彼, も適材

▼ ず~ (17, 0.0%)

1 [17件] くさりだ, すぎて, コップの, ズボンで, 七らを, 刻あまりも, 助は, 封建憲法, 左衛門座は, 手拭を, 月来古き, 杓は, 歳の, 狂乱の, 男女同然故, 股引の, 透明体位の

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 がる女, なこと, な顔一つ

1 [11件] だし, なりゃできませぬ, なりや, な寂しい, な心持, な様々, な現実, な聲, な顔, にもならず, らしく動物的

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 藩の

1 [15件] 一結婚は, 人物の, 作家が, 册各自の, 大名の, 家の, 我が鉢, 政党や, 方面を, 民族の, 瞬間ごとに, 自得物を, 藩士の, 部落は, 領主下の

▼ ず~ (17, 0.0%)

3 のよう

1 [14件] からさめた, から覚めた, すらも持ち得ぬ, と現, に現にまざまざ, に見た, のなか, のやう, の中, もまた, や想像力, をもっ, を見, を説く

▼ ず専ら~ (17, 0.0%)

2 人を, 民に

1 [13件] お勝手で, その研究, アバタの, 事実によって, 国威を, 太陽熱を, 師宣の, 欧羅巴の, 犬養健と, 親の, 貯金のみに, 風景全体の, 食ふ

▼ ず少く~ (17, 0.0%)

2 とも, とも近代詩趣

1 [13件] ともある, ともその, とも今日, とも信頼, とも大, とも常識, とも異性理想化, とも私, とも長期, も平塚さん, も私, 百匁五十五円の, 言う文芸

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 の流れ, へ飛び込んだ

1 [13件] ではありません, でも湖, といふ名, と川原, にあらず, にそっ, にはいったん, にはひった, に沿っ, の底, の西北岸, も見えず, や用水

▼ ず~ (17, 0.0%)

4 の手 2 へ左

1 [11件] う云つて夫人, にあらず, に録, に高い, の方, の眼, の肩, は黄銅, も候わず, も見ず, ればとて

▼ ず戦争~ (17, 0.0%)

1 [17件] が起るだろう, してるん, というやつ, などは其方, におよんだ, によって受けた, に訴, に際して動員, のせゐで, の勝利, の問題, の始め, の現在, の翌朝英艦, は空軍, を呪うべし, を狂神

▼ ず文字~ (17, 0.0%)

2 には少し, の形

1 [13件] でないと, に書い, に移し載せられた, に雅致, の形式, の賊, も書せざるべからず, も知らんで, や印刷, を再び, を知る, を解せざる, を離れずし

▼ ず新聞~ (17, 0.0%)

2 へ投書

1 [15件] から切抜, でも, で読ん, には小説, のゴシップ, の報道, の社会部, の第, の編集, の記事, や書信, よみゐし放蕩山人, をよん, を見, を読み

▼ ず昨日~ (17, 0.0%)

1 [17件] この題, のこと, のつづき, のやう, の事, の夕方, の如き, の美少年, の黄玉, はやっぱり, までの殺人暴客, までも一昨日, までも美麗, まで過ぎし, も今日, を知り, 拡げ置いた布

▼ ず時間~ (17, 0.0%)

2 がたつ

1 [15件] がかかる, が来, と空間, になれ, のおくれた, の制限, の無意味, の経つ, は止まっ, もか, をかけ, を取つた, を気, を過ごし, を過し

▼ ず未来~ (17, 0.0%)

3 に向っ

1 [14件] か過去, にたいする心配, にも尽きないであろう, に向, に楽しき, のため, の全体, は知らず, も不安, も踏まるべき, を憂えず, を楽しまず, を説く, を領

▼ ず然し~ (17, 0.0%)

1 [17件] たしかに家, どうも縁談, ぼんやりそれ, もう馴れ, 人通りない暗い, 何か, 平然と彼, 彼らほど, 恐らく私自身, 恐ろしい粘り強さ, 惨めな, 或微か, 木谷の, 泣くには, 私の, 自分の, 若い生活力

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 の人たち

1 [15件] で始末, にい, にも行かない, に住める, に出, の人達, の地理, の彼方, の暗, の殷賑, の闇, へ仕入れ, へ用達, もくらく, を離れた

▼ ず直に~ (17, 0.0%)

2 是れ

1 [15件] その啼く, 一人前の, 一刀を, 人の, 佛の, 其意を, 嘘だ, 岩面に, 明との, 明治三十四年と, 最後まで, 汚物は, 率行き, 筋向なる, 菩提所へ

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 にも書けない

1 [15件] あらば, が指先, にも口, にも書かれません, のついで, の毛, まかせに, も執らず, をつける, をとる, を執, を持つ, を秉らむとすれども能はず, を筆立, を走らせ過ごし

▼ ず結局~ (17, 0.0%)

2 もうマリヤン

1 [15件] うろうろし, この, この科目, そのこと, その作品, その場, その桃林, つまらん, に於, は上代, は何らかの, は溺死, は自分自身, は金, わずか五拾銭値上げ

▼ ず翌日~ (17, 0.0%)

2 からまた, に至る

1 [13件] から全く, になっ, になり, にわたって攻め立てた, の午後, の告別式, の夜中ごろ, の暮方, はけろりと, は麓, もその, も心, 少し早目

▼ ず~ (17, 0.0%)

1 [17件] は身じろぎ, ゆ生ある, ガロエイ卿は, ブラウントの, 人山に, 侠客の, 僧の, 夫人が, 夫婦の, 官僚と, 将山県昌景を, 将頼政も, 懸を, 父老嫗あり, 狐に, 畸人わが, 祖母を

▼ ず~ (17, 0.0%)

1 [17件] から侠客, から六十余歳, から喜ん, から曲げず, から直線的, から良心, から貧, から鄙劣, づと, でに, 働車にて, 儘取扱ひ, 国民を, 矜の, 覺せざる, 詠の, 讃に

▼ ず興奮~ (17, 0.0%)

10 して 1 が胸, させるよう, した三人づれの人たち, した姿, した熱情, のそぶり, の叫び声

▼ ず西洋~ (17, 0.0%)

2 のアルファベット

1 [15件] からはやってこない, でもごく, ともつかない, においても多々, にては声, に在っ, に於ける, のよう, の先進諸国, の新式, の礼式, の精神, の風, の食品原料, 諸國

▼ ず長く~ (17, 0.0%)

2 もあらね

1 [15件] なつた私, 二重にも, 亘りぬ, 以後にわたって, 住みたいと, 使われて, 同じ筋道, 埋れて, 子孫にまで, 宙宇に, 心配しよう, 添いとげると, 生命を, 行きも, 連続した

▼ ず~ (17, 0.0%)

2 の壁

1 [15件] から出る, から外, にしまり, に出, の前, の外, の扉, の方, まで一応, をしめて, をはひりかけた, を出, を閉じ, を閉めた, を開い

▼ ず~ (17, 0.0%)

1 [17件] ず柱, ともいわず, ともせざる, のみ責める, も非, 亜細亜的諸, 僧非, 学術的な, 探偵型であった, 文明な, 法行竜の, 現実な, 理想無, 社交的だった, 禮の, 科学的である, 迷信的で

▼ ず~ (17, 0.0%)

1 [17件] など小鬢, の上, の中, の短, は薄い, もとかさない, も摘まず, も無造作, も縮らさず, をかきむしる, をふり乱し, をオドロ, を小豆納, を引き入れた, を梳く, を結う, を結っ

▼ ずいかに~ (16, 0.0%)

1 [16件] して, すべしと, なりしか, 促せども, 執拗な, 多くの, 彼が, 悍馬に, 断っても, 日記帳を, 昔の, 熟睡し, 短縮される, 貧賤なる, 門前の, 面皮が

▼ ずおのれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] だにこず, に堪へ, に身, の好まざる, の心, の殺した, の生命, の精神, の自尊心, の色慾, の身辺, は人, もまた, を欺かざる, を知らない, を覚らず

▼ ずおよそ~ (16, 0.0%)

1 [16件] ありとあらゆる人間, のこと, ぶら下り, 一流を, 七日ほどは, 二十五六間ほど, 五十畳も, 圃の, 家と, 湾岸全体人影一つなかっ, 父子夫婦兄弟の, 生を, 社会的の, 老実の, 話題は, 食事の

▼ ずすっかり~ (16, 0.0%)

1 [16件] だらしなくなっ, だ畜生, ぶじに, めし上がっ, やって, 参って, 安心し, 弱り切って, 怖気を, 戸を, 泥を, 猛之, 番狂わせに, 胸襟を, 裸の, 返事に

▼ ずたった~ (16, 0.0%)

3 一人で

1 [13件] いま降誕した, お一人, ひとりで, 一つの, 一万七千円かの, 一人ここへ, 一人どこという, 一人家を, 一人頭の, 二人きりで, 二人で, 二言三言ばかり, 五百騎を

▼ ずどうして~ (16, 0.0%)

1 [16件] あなたは, いいか, この山, そこに, 一方には, 供養し, 僕の, 入って, 公務員法案だけは, 加賀まで, 好いか, 嫌な, 文学者に, 私は, 落城しない, 顔も

▼ ずどちら~ (16, 0.0%)

1 [16件] かといえ, かと云う, かと云え, かと言, から来る, か一方, が優っ, に向っ, の方面, も同じ, も極めて, も楽しく, も珍しく, も醜し, を見廻し, 付かずに

▼ ずなつ~ (16, 0.0%)

101 たかと, たもの, たり, た為, てしまひました, てること

▼ ずますます~ (16, 0.0%)

1 [16件] いそがしそう, かわいらしく見せる, この塹壕戦, さびしい屋敷町, すみかふて, わが独立, スピードを, 上きげんに, 主人のみ, 勉強する, 口少な, 御機嫌, 憤発して, 深刻に, 老豪, 蒼白くひきしまっ

▼ ずやと~ (16, 0.0%)

1 [16件] お峯, たづね, ほとほと信ぜ, 云いたもう, 先推し, 台所の, 寺僮を, 彼は, 心はじめて, 思うのみ, 情極りて, 最物, 母は, 申しあげたい, 申上げらる, 疑はる

▼ ずやむなく~ (16, 0.0%)

2 旧稿

1 [14件] がんりきは, んば, 一人で, 三時まで, 予定が, 出家いたしまする, 剣を, 引返した, 御子息, 持久戦争と, 立ち帰りました, 立帰っ, 良雄の, 言語による

▼ ず~ (16, 0.0%)

3 と遠く 2 と前方

1 [11件] っと遠い, といふ字, と丁寧, と何時も, と前, と地平線, と底, と畑, と遠い, と隅, と高い

▼ ず互に~ (16, 0.0%)

1 [16件] いなぎを, しゃべりながら, 微笑を, 爭鬪し, 牽制する, 異同あり, 疑ひ合, 相手を, 睨合うて, 苦しい周囲, 言葉尻を, 誠を, 近づくの, 近よらせ出し, 遠くから, 顏を

▼ ず~ (16, 0.0%)

1 [16件] にその, に一年有餘, に三, に俳句, に兎, に其中, に半円以下, に四春秋, に歌麿北斎二家, に石脈, に訪問, に越後, に雁来紅, の部下, ばかりの距離, ばかりニイチェ

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 の座敷

1 [14件] なこと, なとき臆病, な名, な室, な範囲, のこと, のし, の問い, の方法, の炭焼き部落, の理由, の登場人物, の類, 行

▼ ず呼吸~ (16, 0.0%)

2 の具合

1 [14件] が切迫, が合つて, さえせぬ, して, と血, の触れ合, の音, の風, はふだん, も脈搏, をする, を合わせ, を呑み, を呑みたる

▼ ず如何~ (16, 0.0%)

2 にし

1 [14件] あるか, いう家, して, とも致し方, なれば, な八百善, にかし, にすべき, にすれ, に世間, に勉強, に平, に深厚, 致そうかと

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 にも飛ばず

1 [14件] ではらりと, に, にうなっ, に下る, に浮い, に舞っ, に迷わせ, に釘付け, に飛びあがつてしまふ私, をとぶ, を歩い, を飛びます, を飛ぶ, を飛ん

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 の暮, の若い

1 [12件] から年中日, が年中貧亡, に二度, のくれ, のせい, の老若, を経たれ, を言わず, を追って, を逐, 少くし, 経た亀一般

▼ ず必ずしも~ (16, 0.0%)

2 極端に, 歴史上の

1 [12件] 一致する, 他の, 全般でない, 同一である, 士に, 広く他人, 相手の, 科学的, 絶対的多数の, 絶對的多, 藩閥の, 西洋にのみ

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 ならず無, よりすくい出した

1 [12件] におちいる, は悪, み虐げた報い, より救い出した, より救い出し給え, を為す, 丁寧な, 体を, 妻の, 草で, 趣味を, 霊と

▼ ず~ (16, 0.0%)

1 [16件] が失せない, とまぜ, と無言, によって赦される, のことば, のため, の一言, の力, の反対, の奴, の情, を以て顧みる, を呼號, を得る, を拒絶, を離れ

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 眺めて

1 [14件] かけたの, ッちゃ, 処が, 創かすり, 挫かれず, 捨り, 根の, 棄る, 目守る, 眺る, 笑ふ, 荒れたる広場, 遣って, 開けて

▼ ず本当に~ (16, 0.0%)

2 困って

1 [14件] は文学, よかった, わるくないでしょう, 可恥い, 心残りなく, 日本の, 旨いと, 消化された, 禁酒した, 私は, 自分は, 良い男, 読まなければ, 静かだった

▼ ず注意~ (16, 0.0%)

2 して

1 [14件] されないで, しなくては, せずには, せば, も払わない, をあつめ, をこらし, をひかない, をもっ, を引かされる, を払い, を払っ, を持つた, を集中

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 ほ強

1 [14件] お細君, ほ伊予, ほ風, 博物志の, 唖羊の, 春風春日は, 更二人の, 次篇を, 焔の, 読書が, 謂無き, 越え難い, 進んだ重昌, 鶏卵子の

▼ ず玄関~ (16, 0.0%)

1 [16件] から又, から怯めず, から直ぐ, でガチャ, にま, にまわり, にも廊下, に和一郎, の事情, の方, の間, へかかっ, へ入り, まで男, より外科室, を出

▼ ず真に~ (16, 0.0%)

2 実在した

1 [14件] これを, その理, ひそかに, 幸福なる, 徹底した, 新しいもの, 日本人らしい, 殖産工業の, 浮浪の, 生活と, 自分自身其の, 自然に, 自然の, 自身が

▼ ず科学~ (16, 0.0%)

1 [16件] ずきに, と社会, と芸術, と言わず, にはどういう, に就い, のこの, の世界, の学問性, の専門的知識, の方面, の発展, の驚くべき, はその, 及び技術関係, 未だ起らざりし

▼ ず~ (16, 0.0%)

3 上って 2 上る, 停つた, 停まり 1 停まった渠, 停ると, 向うと, 帰って, 帰りましたが, 淀んだ, 続けて

▼ ず素直~ (16, 0.0%)

3 に答えた

1 [13件] ですこしも, にどこ, に信じ, に元気, に夫婦, に彼, に犬, に申, に療法, に素直, に耳, に育ち進んだら, に認める

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 あって, に腰

1 [12件] から庭, が繋がっ, にたたずみ, に崩れる, に腰かけ, のない, の下, の階下, は不思議, へ上り, へ掴まった, を結びたい

▼ ず~ (16, 0.0%)

1 [16件] と恥, なくし, になる, のない, の赦免, の重荷, は役所, も作らず, も時, よりほか, をゆるし, を憎むべからず, を攘, を犯しおるじゃ, を犯す, 安んぞ逃

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 にも堪えぬ, は簡単

1 [12件] い着物, が輝, くしき, と信仰, なるもの世, なる部分, の一点張り, の片鱗, の理解, の聖書, は形式化, わしき花

▼ ず美しく~ (16, 0.0%)

1 [16件] おもえた, さへ, ないばかり, また健康, もあらざる, 伸びて, 勇しく, 咲かせました, 姿は, 弾き出した, 思われた, 湧き出すでしょう, 紅葉します, 育ったの, 見えた, 見えた豊子姉

▼ ず芝居~ (16, 0.0%)

1 [16件] が, して, でする, といふもの, としては下らない, に流した, の外, の方, の筋, の面白味, も厭ひだ, も自分ら, や夜会, や映画, をやる, を書く

▼ ず~ (16, 0.0%)

2 過るぞ

1 [14件] かめ行かめ, つたり, はれて, はれるいろ, はれるやう, は蛇, ひすましたる瀧口, ふ事, へるトロイア人, れ, を共に, を逐っ, 詰まると, 過た鬼更紗

▼ ず誠に~ (16, 0.0%)

1 [16件] お恥ずかしい, 困ったもの, 大国の, 好い都合, 御尤, 心配致し, 愧入った, 慚愧お, 楽な, 残念に, 毒心を, 気持ちが, 済まない, 私を, 道に, 面白い奴

▼ ず貧乏~ (16, 0.0%)

1 [16件] だつたけれど, であった, でつつましく, でなう, でのう, で冬じゅう何, で困つてるやう, で近頃, な情ない, 臭いのさ, 臭い植木, 臭い粉煙草, 臭い長屋, 臭くて, 臭く暮し, 負けせぬが

▼ ず~ (16, 0.0%)

4 の中

1 [12件] が寂し, に写る, に至つて, のやう, の上, の前, の影, の裏, の間, の顔, を取り落した, 汚れて

▼ ず驚き~ (16, 0.0%)

5 の声 2 の聲, もせず 1 に声, の眼, の色, の視線, の身振り, はした, もしなかった

▼ ずあくまで~ (15, 0.0%)

1 [15件] ここは, その段階, チャンフーの, 召しの, 大ぶりで, 快げ, 普遍的な, 朝権を, 根よく, 相手の, 真理の, 真白の, 知らんフリ, 自己の, 虎井博士を

▼ ずあんな~ (15, 0.0%)

1 [15件] いけない奴, ことばかし, だらしない, 冗談みたいな, 喧嘩を, 声を, 夫婦が, 女が, 年の, 性格の, 科白で, 細工を, 苦しかつ, 軽はずみな, 非常識な

▼ ずいわば~ (15, 0.0%)

1 [15件] わしは, 不文律で, 五尺の, 人と, 仕出し同様の, 作者一人の, 南島の, 喰わず嫌い, 大勢に, 婦人作家の, 孤児の, 往来の, 流転譚の, 肉体の, 虎中の

▼ ずうっかり~ (15, 0.0%)

2 すると, と時間

1 [11件] して, しても, すれば, と他人, と見逃し, と話した, 帽子の, 悪口でも, 手を, 立ち上った拍子, 見のがして

▼ ずかなり~ (15, 0.0%)

1 [15件] なむ, な苦境, の人数, の仕事, の成績, の程度, フェーヴォラブル, 大きな傷, 大胆に, 本質的にも, 無邪気な, 痩せて, 踵の, 頭の, 飢えて

▼ ずこの世~ (15, 0.0%)

2 の人

1 [13件] から絶やし, から追放, では愛, ならぬ朋友, に, にてお世話様, に呼び戻され, のくらし, の生活, の終り, は美しく, を去る, を去ろう

▼ ずしずか~ (15, 0.0%)

2 なしずか

1 [13件] な元日, に一人, に十字, に庭, に息, に振り向い, に歩, に浮浪人, に涙, に漢中, に瞼, に腹ばい, に重ね

▼ ずそっと~ (15, 0.0%)

1 [15件] お辞儀を, して, 墓地へ, 当人に, 後ろを, 後を, 持出して, 横の, 母の, 河原を, 玄関に, 盗んで, 立って, 耳ばかり, 起き上がって

▼ ずたいてい~ (15, 0.0%)

1 [15件] この次, の史学者, の家財, の州, の果物, の絵, はうち, は一処, は母, 両親の, 二五〇グラムだった, 和尚や, 東京の, 眠ってばかり, 銃殺であった

▼ ずとかく~ (15, 0.0%)

1 [15件] して, する中, に自己, は板垣伯, 一般人には, 人には, 富農の, 彼らの, 殆ん, 私たちは, 結婚が, 美貌に, 自分を, 花子にもの, 道く

▼ ずなにか~ (15, 0.0%)

2 特別な

1 [13件] と手狭, と葬儀, の汚れ, ひどくおもい悩ん, 仄暗い, 夢を, 手頃の, 敵意を, 気が, 気に, 王婆に, 異様な, 考え顔

▼ ずにこにこ~ (15, 0.0%)

6 して 5 しながら 2 した 1 と微笑, 笑って

▼ ずやつ~ (15, 0.0%)

2 とそれだけ

1 [13件] たので, てきた, てるから, てゐる, て来た, て来る, て行く, と動いた, と杜鵑, と検, と隙, に出会っ, をつかまえる

▼ ず仕舞~ (15, 0.0%)

2 にこの世

1 [13件] だった, でご, となつ, にし, にした, になつた, になる, に唯, に焼い, に牧野, に自分, ひ, ひ多分

▼ ず他方~ (15, 0.0%)

3 に於

1 [12件] ではこの, では世, では国防充実, に享楽, の問題, の燕麦, はポルトガル, は労賃, また内在的, よりも価値, をしかも, 等しく逃れ得ず

▼ ず以前~ (15, 0.0%)

2 と同じ

1 [13件] あんなに私, から私, に増, に計画, のあの, のところ, の事, の如く, の研究, の通り, の通り生, の連中, を体験

▼ ず何時~ (15, 0.0%)

1 [15件] かは, か彼, でもガラス, でも深い, でも積極的, でも非常, の世, までたっ, までも匂, まで待たする, まで待っ, まで経っ, も悠々, 如何なるとき白刃, 超論理的

▼ ず全然~ (15, 0.0%)

1 [15件] お喋りを, インチキそのものである, スタートの, 一個の, 人ごとの, 光の, 変りは, 枕の, 正反対, 法螺話だろう, 無関心, 無関心な, 理性だ, 相手に, 返答の

▼ ず向う~ (15, 0.0%)

1 [15件] から突き, がわざわざ, には殿様, に静か, のドア, の下心, の四ツ角, の岸, の岸さ, の欄間, の行燈, の角, の話声, へいっ, もこっち

▼ ず~ (15, 0.0%)

2 を棄て

1 [13件] が惜しく, せに, につきささる, の綱, の蔭, の酒うち, はある, も薄, をただ, をも賭ける, を惜しん, を賭けず, 目出度く浪人

▼ ず商売~ (15, 0.0%)

1 [15件] が商売, で働い, には資本, に廻っ, のつまらな, のみで, も出来ません, も栄え, をし, をつづけ, をはじめた, をも努めず, を休ん, を始め, を続け

▼ ず大きい~ (15, 0.0%)

4 聲を 2 方の 1 声も, 声を, 富士が, 柱時計や, 汗の, 眼鏡を, 紙や, 被害を, 頭を

▼ ず大阪~ (15, 0.0%)

1 [15件] で中継, で成功, とのイキ, に合戦, に引越し, に残っ, に残った, に着き, に足, の原総右衛門, の新聞, の方, の片隅, の食いもの屋, へ行った

▼ ず天皇~ (15, 0.0%)

2 の御

1 [13件] という文字, という昔ながら, のお, のため, の供御, の選ぶ, の還, はさらに, はその, は国民, は専制君主, を担ぎださず, 御謀反

▼ ず失望~ (15, 0.0%)

5 した 2 して 1 させた, した様子, し且つ, すること, すると, も有らず, を添, を重ね

▼ ず好き~ (15, 0.0%)

2 である

1 [13件] だった, だったが, で面白く, なお, なという, なの, なよう, ならば, なキザミ, な所, な晩酌, な狩猟, に任せ

▼ ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] あれども, お藤, が園, という感じ, に依り寝, のフトン, の姿, の幸子, の肩, の道子ひとり, は一死以, は婚家, は媚, も人身御供, を誘惑

▼ ず始終~ (15, 0.0%)

1 [15件] わけも, 一貫同志社に, 中鬼, 二無した, 何か, 口元に, 同じ所, 慎くして, 用い慣れ見慣れると, 私を, 立って, 笑顔で, 臥床に, 苛ら立っ, 隙を

▼ ず婦人~ (15, 0.0%)

1 [15件] でも抱かう, としての生活条件, には喉, に向, に向っ, のほう, の卑屈, の嗜好, の月経, の民主的, の為め, の身, は子守唄, は必ず, 服し了つて乳

▼ ず存在~ (15, 0.0%)

2 した, して, である 1 したこと, しもしくは, するとしても, する以上, の存在, の泉, の理由, は還元, もしない

▼ ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] と見れ, のところ, の心, もつけない, も熟まず, も結び, をいう, をいえ, を去っ, を申しあげ, を言う, 之助, 功を, 朝が, 朝に

▼ ず~ (15, 0.0%)

2 のお

1 [13件] からお願い, が手習, が訪ね, に付与, の入, はあはれ, はいよいよ, はうれし, はわざと, は姫君, は捻倒され, もまた, 御自身

▼ ず家庭~ (15, 0.0%)

3 の空気

1 [12件] での仕事, にあっ, においてもよく, において十分の注意, における妻, に於, のキズナ, のキヅナ, の些事, の仕事, の教育, も決して

▼ ず容易~ (15, 0.0%)

2 に動かずし

1 [13件] なこと, にその, にそれ, に吠えない, に変, に抜かせなかった, に揮毫, に燃えない, に立つあたわざる, に答え, に絃, に輕, に面

▼ ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] が兄, が唐, とお, にも子, のやつ, の喜惣, の孔明, の気, の目, はもとより, は年若, までが来つる, もやっぱり, も同様, も草心尼母子

▼ ず強い~ (15, 0.0%)

2 ものが

1 [13件] てそれ, て之, ので, 太陽の, 実生活を, 嵐を, 感情を, 方が, 日差しに, 眼の, 者の, 視線を, 風と

▼ ず彼自身~ (15, 0.0%)

1 [15件] が死者, であった, と姪, に外, の人がら, の人間, の人間的尊厳, の手, はついに何一つ, また石, も知らず, をも焼かず, を信じない, を理解, を理解出來

▼ ず徒ら~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] なモダニズム, に一時, に備え, に半, に夢三昧, に生, に睨みいる, に空, に空虚, に紙屑, に臆測, に遠慮, に頭

▼ ず必要~ (15, 0.0%)

2 なもの, を求める

1 [11件] なこと, なだけ, な方, な点, に応じ, の人, の限度, もない, も感じないなら止めた, も感ぜず, を洞察

▼ ず忽ち~ (15, 0.0%)

1 [15件] 一貫目も, 凡俗の, 又わし, 埠頭場を, 奇蹟を, 守護を, 暗い連想, 本を, 東京に, 甲板上で, 行動は, 行燈を, 見る其甲板, 逃げ上りました, 飄然として

▼ ず日本人~ (15, 0.0%)

1 [15件] といわず, と会談, においても敵味方共, のいる, の平民, の手, の文明史, の正しい, の素質, の芸術, の風俗, は向う, は妻, は日本人, をバカ

▼ ず~ (15, 0.0%)

3 の日 2 のよう, はうごけり, は来る 1 の宵, の海, の終り, の風邪, 立つ日主水司内裏, 行く庭

▼ ず時に~ (15, 0.0%)

1 [15件] いいかげんな, はその, は相手, は頑迷, よると, 一阿羅漢有り, 二階の, 利なく, 我慢なら, 東京へ, 比丘すなわち, 生命さえも, 諸比丘仏, 逸脱し, 飛矢あり

▼ ず暗い~ (15, 0.0%)

1 [15件] から燈火, ところを, ので能登, 天井を, 室内を, 小屋の, 廊下の, 戸外に, 時では, 木立の, 板の間へ, 空からは, 翳の, 顔にな, 顔を

▼ ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] が無, つたとしても, つても, の儘, ゆる感覚, 之この, 之候, 升た, 取の, 合わせた朱筆, 態に, 樣けれど, 機体という, 機体の, 機体を

▼ ず段々~ (15, 0.0%)

2 気にか, 氣にか

1 [11件] 亡父に, 夕方が, 大人らしくやられ, 大儀が, 大評判, 弱るばっかり, 心配に, 更けて, 気に, 熱中し, 笑は

▼ ず~ (15, 0.0%)

2 のほとり, の端

1 [11件] のあの, のべ求め, の夜, の方, の水溝, の面, はたぶん, も見ず, をめぐり, を掘つ, を覗い

▼ ず汽車~ (15, 0.0%)

3 の窓 2 の便 1 が千葉, が決して, が開通, で寝られ, で遠近, の食堂, はボロウニャ, は仕合せ, は混雑, をおり

▼ ず~ (15, 0.0%)

2 も立たぬ

1 [13件] あれども, があらい, に動かされ, のきらめき, のまにまに, の揺れる, の響, は悲, は飽, も暴れざる, も泡, 疑って, 疑敢問

▼ ず独り~ (15, 0.0%)

1 [15件] この牡丹, でぺらぺら, で不合理, で二日三日商売, で困っ, で坐っ, で寝, で満足, で私, で篤と, で苦しん, で運ん, ならば, はあまりに, 寝て

▼ ず現代~ (15, 0.0%)

1 [15件] ではゼネスト, にあっ, においては西洋の, に入っ, に到っ, に生れあわせた, のナチ的, の世界, の力, の宗教, の応用科学, の教育, の知識, の言語, は絶対

▼ ず研究~ (15, 0.0%)

2 して

1 [13件] した結果, し生活, すれば, せぬ故に, だの考究, にもならず, の余り, の方向, の方法, の結果, の隙, またすこぶる, 心強くまた

▼ ず経験~ (15, 0.0%)

2 のある

1 [13件] あつて個人, から独立, から飛躍, された絶望, して, する, するだろう憂愁, するよう, なしには, によって指導, に接, の多寡, 未だ多から

▼ ず縁側~ (15, 0.0%)

1 [15件] から引攫, から滑る, から足, から降り立ちました, などにぼんやり, にたつ, にとぐろ, に置い, に腰, に腹, のくつ, の柱, の硝子戸, へ出, よりに居た

▼ ず考え~ (15, 0.0%)

4 もせず

1 [11件] が浅く, が足りなかった, こんだ, にふけっ, に耽っ, の内側, の到らなかった, の領分, もしない, 明かして, 深い目

▼ ず自動車~ (15, 0.0%)

2 がその

1 [13件] にしがみつい, に乗っ, に乗り, に飛び乗った, の中, の警笛, の通り道, の需要, は彼, へ片足, も響かず, をよべた, を駆っ

▼ ず良人~ (15, 0.0%)

3 に未練

1 [12件] にしたてる, のありし, の口真似, の孟, の書斎, はどうせもう, はやっぱり, は良人, もそれ, や子供たち, を喪う, を弁護

▼ ず~ (15, 0.0%)

2 の音

1 [13件] あり肉眼, が鳴き出す, などは幾ら, のくった, のた, の如く, はどんどん, は葉っぱ, も歌わず, も蠅, も飛ばず, よけのマジナイ, よ花

▼ ず要するに~ (15, 0.0%)

2 其の平生, 其の申出, 彼は, 氏は 1 この論派, これ白面の, 世界の, 地球上には, 文武の, 現代の, 話は

▼ ず親切~ (15, 0.0%)

2 に温和, の上親切

1 [11件] すぎるの, で好き, で私, なお方, なのに, な叔父, には感心, に世話, に吾等, らしいお為ごかし, らしいので

▼ ず読者~ (15, 0.0%)

2 を繋縛

1 [13件] がしまい, がそれに, としても作品そのもの, にもその, に伝, に対してはどう, の感, の感覚, の方, の知っ, の記憶, は一度, よ余

▼ ず遊び~ (15, 0.0%)

2 にき, に来た

1 [11件] けるを, たわむれて, というもの, にも来ない, にゆく, に來, に出る, に来る, に行った, もせず, 暮らすので

▼ ず~ (15, 0.0%)

1 [15件] さ一フートの, ながとも, の歳月, は無事, は高し, まって, わずらいにも, 吏のみが, 吏法師の, 摩納に, 時お, 槍を, 煙管に, 逗留だった, 過ぎる物

▼ ず閉口~ (15, 0.0%)

3 した, して 1 させられたかみさん, させられたといふ, したが, したものの, した由, し乍ら五町, なわけ, の気持, 致し居り候処

▼ ず随分~ (15, 0.0%)

1 [15件] いやな, と心細い, 困難し, 数多くし, 永い間, 淋しい不便, 漢籍をも, 無茶な, 熱心に, 睦まじく相, 苦しい戦争, 邪魔な, 面白い事, 面白く異見, 騒がしい事

▼ ずあべこべ~ (14, 0.0%)

1 [14件] にたいへん, にウヌボレ, にヒョイ, に下品, に内儀, に凭れかかる, に家來, に木, に殖やし, に自分, に追われ, に驚かされ, の方角, の窓

▼ ずうんと~ (14, 0.0%)

1 [14件] くる, しみわたりました, 下るは, 密林が, 据う, 早く他, 水に, 痛む, 肝に, 背筋が, 響いた位, 響くよ, 飛んで, 骨身までが

▼ ずきっと~ (14, 0.0%)

1 [14件] あなたを, あの一件, これと, やられるという, 一軒店を, 半分下さるでしょう, 場長に, 幼稚園の, 快くなるだろう, 父の, 瞻詰め, 自分変な, 貧殺されるだろう, 起き直って

▼ ずしばしば~ (14, 0.0%)

2 ある

1 [12件] これを, リューマチの, 一般に, 不思議なる, 入れ代ったが, 出生と, 心を, 敵の, 次郎に, 消えて, 謙信の, 里の

▼ ずそうした~ (14, 0.0%)

1 [14件] ものとは, 事実を, 啓蒙批評を, 報告を, 外人に, 幻魔作用の, 心配を, 意識は, 戒心を, 物ごとを, 積極的な, 者を, 自分が, 被害者の

▼ ずため~ (14, 0.0%)

1 [14件] に, にいわゆる, にその, になった, にわが, に国家社会, に天雲, に張飛, に当時, に東京, に比隣反目, に水辺, に蒲生家, に車

▼ ずちょっと~ (14, 0.0%)

2 首を

1 [12件] だまって, どぎまぎしたらしい, 会釈を, 失礼いたします, 待って, 気障みたいな, 私の, 統一し, 艀に, 詰るよう, 驚いた, 黙って

▼ ずなんら~ (14, 0.0%)

1 [14件] か楽しみ, の不自由, の人種たる, の共鳴, の印銘, の威力, の感激, の手, の装飾, の誠実, 性格の, 朝廷に, 説明の, 遺書と

▼ ずにな~ (14, 0.0%)

2 つた, つたのは, つてから 1 つたのが, つたのを, つた子と, つてしまつたのである, つても, つてもう, つてゐた, つて三十日も

▼ ずひと~ (14, 0.0%)

1 [14件] が悪い, とび五, にも解らぬ, の口福, ひざ乗り出した, びとは, へにその, へに父, 丁場ずつ, 刺し千鶴子を, 皿だけ, 知れずあなた, 膝乗り出した, 騒動だ

▼ ずふと~ (14, 0.0%)

2 気づいた時

1 [12件] これは, その事柄, ぼんやりと, んや, んを, テーブルを, 劇場の, 彼は, 打みじろげ, 気がついて, 胸を, 迷惑めいた

▼ ずゆえに~ (14, 0.0%)

1 [14件] これを, その権, わが, 三年の, 十九世紀において, 変滅なし, 経済派の, 絶大なり, 自由を, 至幽, 至微, 至明なり, 輪転あり, 高し江河

▼ ず不快~ (14, 0.0%)

2 な感じ

1 [12件] だった, であった, です, なもの, な印象, な気もち, な色, にて候, に感ずる, に感ぜられる, を覚えた, を覚えました

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 觀的に

1 [12件] とも師匠, なる史書, に向, に畑, の命, の嫗, よあなた, 水という, 水の, 水は, 馬之, 體の

▼ ず主として~ (14, 0.0%)

2 雲を

1 [12件] この商人達, それよりも, は屑米, 下僕たちの, 各種の, 外国人の, 実物上より, 情想や, 拙者の, 栂や, 町の, 諸侯の

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 自ら之

1 [12件] これから先, これが, その勇気, た神話時代, 其二親の, 幕府の, 忘れんと, 有亦, 男子の, 當に, 自家三寸の, 見ざるとのみ

▼ ず人類~ (14, 0.0%)

1 [14件] さえももっ, に対抗, のあるべき, のみを特別, の取扱う, の歴史, の経験, の進歩, の運命全体, はそれ, は些, は絶えず, より一等, 全躰

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 が心中, の意見, の政敵, は唯, は天才 1 が戦争, の抱持, の為, の爲

▼ ず何ん~ (14, 0.0%)

1 [14件] かネタ, か愚痴, だろういったい, だ黒鯛, でも, とかし, となく, となく愉しい, となく鋭, と思っ, な意味, にも仕事, の不自由, の言

▼ ず~ (14, 0.0%)

1 [14件] から大事そう, から見る, にあつ, にゐ, にピトチュウス, に眠りおりたる, に突, に走り, に項垂れ, の参謀, の真紀子, の酒徳利, へ寄っ, を顧

▼ ず夢中~ (14, 0.0%)

5 になっ 2 で手 1 で土, で浴槽, で独り, になった, になつ, にならない, に楽屋口

▼ ず学問~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありげ, こそ猶, としては日本精神史, と芸術, と資格, に就い, のため, のない悲し, の何学, の書, の本色, の欠乏, はさ, を習わせ

▼ ず宗教~ (14, 0.0%)

2 の方

1 [12件] といはず, なの, にも自, の, の勞力, の勢力, の名, の統一, の雰囲気, は平和, を何, を司る

▼ ず彼方~ (14, 0.0%)

1 [14件] からその, にあっ, にかけ, には枯れた, の恋, の橋, の白い, の荼吉尼天堂, の野末, へ奔, へ馳, よりも此方, を此方, 向いて

▼ ず往来~ (14, 0.0%)

1 [14件] する村, する程度, で出会った, で摺れち, で摺れちがった, には突, にも見られなくなっ, に腰, の喧嘩, へ走り出る, へ駈け出し, も平気, も絶えたる, を歩い

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 つて, に沈み, に沈む 1 つた, つたこと, に疲れ, のほか, の切れぬ, を掛け, を構, 当ったこと

▼ ず或いは~ (14, 0.0%)

1 [14件] それである, もっと有力, ツノダは, 一種の, 一部分却って, 却ってこの, 名を, 呼ぶに, 将軍家だけは, 打たれ或いは, 故郷の, 法則を, 眼の, 身分を

▼ ず手足~ (14, 0.0%)

2 をブルブル

1 [12件] といわず, と言わず, のこなし, の神, は人, もしびれず, もなく, も共に, をダラリ伸したま, を動かす, を強, を暖める

▼ ず曹操~ (14, 0.0%)

1 [14件] こそそれ, に降っ, のうごき, のかたわら, の前, の大軍, の文, はいびき, はすぐ, は大軍, は馬, も苦戦, を始め幕下, を生

▼ ず此方~ (14, 0.0%)

1 [14件] から手紙, から送っ, から鉄砲, が気まり, が逆, に注意, は低い, は只管, へお上, へ来, も笑つて了つて, を振り, を眺め, を見

▼ ず男子~ (14, 0.0%)

1 [14件] が分担, と男子, に向, の意, の狂乱以, の獣行, の総数, の醜行, はおおむね, は七十歳, は裸百貫, まで頭戴, も女子, より軽侮

▼ ず病院~ (14, 0.0%)

1 [14件] にも之, に入れられた, のうち, の仕事, の内外, の夜半, の死体貯蔵場, の焼跡, へ入っ, へ見舞い, へ運ばれた, へ駈けつけまし, を訪ね, を訪れ

▼ ず結婚~ (14, 0.0%)

1 [14件] して, しては, すると, する仲間, について考え, の出産性, の当夜, の意志, の成り立つ, はすべて調子, はせまい, をし, をとりやめる, を回避

▼ ず~ (14, 0.0%)

3 が高く 2 と言わず, の高い 1 が低く, といはず叩きつけ, に迫る, のひよろ, を向けた, を扉, を曲げ

▼ ず~ (14, 0.0%)

1 [14件] きほどの, き程, くあたり, く之, く人情, く喋, く天下, く福, く自家, く食べます, なしの, はざる事, ふ限り, もなき

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 にもならず

1 [12件] が利き過ぎた, であった, です, でたいてい, の影響, の箱, の話, の香, もいかで, をどう, をのん, をやりたい

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 むきは, を捧げ 1 から来い, と裏, に出, の油障子, へ出, へ飛び出した, まで出, を尺八, を見る, を通る

▼ ず貴方~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] から見れ, か私, がお, が間, と共に此, の御, の眼, の跡, の過去, はその, は刑務所ゆき, を害し

▼ ず遠い~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの夜, この世の, ところから, ところで, ところを, ものが, 上信界の, 伊賀の, 処は, 所まで, 村, 空を, 自由な, 過去に

▼ ず間もなく~ (14, 0.0%)

2 仲間の

1 [12件] お延, その聖書, 三人で, 別れを, 大曲まで, 小山内の, 晴れると, 没落し, 浅草へと, 脚気に, 話に, 零落し

▼ ず面白い~ (14, 0.0%)

1 [14件] が, とも言わず, と思います, のか, ものは, よ, 事に, 事を, 御話, 本でした, 気持が, 言葉だ, 話しぐち, 読み物である

▼ ず~ (14, 0.0%)

1 [14件] からじりじり, といわ, と言わず, にかけ, に乱れた, に手, の中央, の汗, へザクリ, をた, をたたい, を上ぐる, を冷やし, を染める

▼ ず食事~ (14, 0.0%)

1 [14件] す, どきの, にとりかかりました, のまずい, の終る, は近く, もいっしょ, もしなかった, もしなけれ, もとらず, も一緒, をし, をした, を済す

▼ ず~ (14, 0.0%)

2 が来

1 [12件] が島, が食っ, とならざる, に問う, に獻ぐる, のお上さん, のごとく立て籠っ, の三匹, の夜ふけ, の如き, の霍亂, の首

▼ ず黒い~ (14, 0.0%)

2 轅を

1 [12件] から大, つやつやした, びろうどばかり, ジャケツを, 一塊の, 切を, 小鳥が, 布で, 手拭で, 背広服に, 衿巻を, 足袋を

▼ ずいやしくも~ (13, 0.0%)

1 [13件] その品物, それが, 万人の, 人格を, 士族なら, 干渉政略または, 志ある, 数千年の, 文学の, 有識の, 生ける者, 発明される, 航海の

▼ ずおそらく~ (13, 0.0%)

1 [13件] きたない机, この件, この静か, また一種, プロレタリア文学運動を, 傍人の, 地震に対する, 数年ならずし, 日本じゅうの, 日本人の, 異常心理については, 自分でも, 誰でも

▼ ずきり~ (13, 0.0%)

4 ずきり 2 とした 1 と傷み, と痛み出す, と痛ん, と脈, と重く, をやった, 立てしが

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 てか

1 [11件] ありけむ, くだされい, くりあげながら, すしあ, つかりと, てかれに対する, てかツウラ, てか今度, てか儒者風, またはそれ, まひに

▼ ずしまいに~ (13, 0.0%)

1 [13件] はその, は一切口, は何, は唇, は夫, は彼, は料理場, は油汗, は片手, は聞く, は記者同志片隅, は追い払われ, 私は

▼ ずその他~ (13, 0.0%)

2 のこと

1 [11件] いかなる宗教, に至り, のいろいろ, の同, の學問, の客, の群小出版業者, の者, の藩, はくだ, 諸豪

▼ ずなりに~ (13, 0.0%)

2 けるかな

1 [11件] き, きアーメン, き我, き雫, けり, けりさ, けりオホツク海, けり何事, けり赤き, けるかも, 然し私

▼ ずなんだか~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぼんやりした, 不吉な, 低い声, 前進する, 幕に, 戦争が, 横文字の, 此処も, 水臭い裏切り, 舌が, 薄ら眠い, 豪侠な, 頼りなく

▼ ずまっすぐ~ (13, 0.0%)

1 [13件] につん, にスクスク, に停車場, に出かけ, に東京, に橋, に甲板, に窓, に約束, に防波堤, 二階に, 座へ, 歩いて

▼ ずむなしく~ (13, 0.0%)

2 地獄を

1 [11件] お帰り, お断りした, こう漂泊, も敵, 三年の, 帰れば, 引きあげるほか, 日が, 涙を, 生き永らえて, 長安へ

▼ ずもがな~ (13, 0.0%)

1 [13件] ここから, そこの, たとえそれ, ふた心, ハッキリ事, 人猿山椒の, 大したもの, 真の, 総ての, 自分が, 誘い入れの, 足利方の, 黄金の

▼ ずもちろん~ (13, 0.0%)

1 [13件] 一銭の, 他の, 声も, 嫁に, 屋敷へも, 枕から, 歩きも, 波が, 湯島へ, 煙も, 痒さ, 磯には, 速水輪太郎にも

▼ ずよい~ (13, 0.0%)

2 歴史は

1 [11件] ものは, 人で, 具合に, 加減な, 地位を, 工合に, 手がかりを, 折に, 歴史として, 母と, 音だ

▼ ずようやく~ (13, 0.0%)

1 [13件] この孔明, その夕暮時, それを, 三日目の, 三等国ぐらいが, 口を, 声が, 旅の, 甲斐国東山梨松里村の, 癇癪の, 着城四日目, 筆を, 軽蔑する

▼ ずわざと~ (13, 0.0%)

1 [13件] そこから, その背後, 前の, 床を, 怒つた様子, 新聞記者を, 書中に, 病気を, 罪を, 背後に, 自分の, 避けて, 重い背景

▼ ず一家~ (13, 0.0%)

1 [13件] においても表, のもの, の主人, の主婦, の真中, の老若, の警戒係, の運命希望, は餘程, もとより斉, を構えた, 再び倒産, 悉く心

▼ ず丁度~ (13, 0.0%)

1 [13件] さきに, その中間, その前日, よいという, 婦人の, 広場から, 窓際の, 自然科学的知識自身が, 虎の, 資本主と, 赤児の, 電車の, 頭の

▼ ず今朝~ (13, 0.0%)

1 [13件] から探し, のいでたち, の冗談, は何, は心地, は早く, は母もろ, は猶, は至って, までこの, までそこ, までまんじりと, 騒がれて

▼ ず何やら~ (13, 0.0%)

1 [13件] 不可解な, 大声を, 怕う, 決し兼ねる樣子, 物に, 申さんと, 真面目らしい, 笑ひさ, 話して, 賤しむべき, 起きあがるよう, 重苦しい惱, 首肯いたりなんか

▼ ず先ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] は大々的成功, 一人だけ, 今は, 出来るだけ, 小腸を, 屈竟な, 彼等が, 明けまして, 無勝負, 私の, 究竟の, 米国砲艦イロユイスに, 絶対に

▼ ず先方~ (13, 0.0%)

1 [13件] からの挨拶, から名乗っ, から電話, では知つて, でまだ, でもいよいよ, に通ずる, に高圧, のいう, の出, へ何知らぬ顔, へ取次ぐ, へ見せた

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 きの機なりと

1 [11件] い機嫌, きの所淡, き人類, くして, し, なりの抵抗, なり大同小異, 哀ゆく, 恐しい, 惜野へ, 訝な

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] がよい, が変る, が結構, った, って居る, のある, の妙, の想像, の感覚, は変りません, ひ耽るもの, また不, も悪い

▼ ず味方~ (13, 0.0%)

1 [13件] でもない, とせず, にする, にも加わっ, に引き入れ, のうち, のなか, の勝ち, の歩兵, の蛮兵, の馬岱, も動かずであった, をも損

▼ ず四方~ (13, 0.0%)

2 の壁, を見廻しました 1 に人影, の国, の国々, の模様, の風光, は真暗, より禍難, を見廻します, を見廻す

▼ ず土地~ (13, 0.0%)

2 の人々

1 [11件] ではただ, のい, の人, の土豪, の民望, の男たち, の耕作, はある, を持たぬ, を痩せかさない, を耕す

▼ ず変化~ (13, 0.0%)

4 して 1 されて, しつつ, するの, する場合, などがあっ, に富ん, のない, の尠, は単

▼ ず多少~ (13, 0.0%)

1 [13件] そこに, の人材, の侮蔑, の敬意, の暗影, の益, は眉, 不安な, 人間の, 文字をも, 狼狽の, 痩せ形, 虚飾を

▼ ず大事~ (13, 0.0%)

2 にし

1 [11件] なこと, な根拠, な舞台, にかしずかれ, に保存, に致候宝, の前, の大事, の御, をとっ, を取った

▼ ず大切~ (13, 0.0%)

1 [13件] がられも, で親愛, なお客樣, なご, な事, な客, な要点, にした, にする, に仕舞っ, に所持, に抱く, に秘蔵

▼ ず大勢~ (13, 0.0%)

1 [13件] としては益々, と共に騷ぐの, にはソッポ, のコーラスガール, の人々, の力士連, の召使い, の子供たち, の巡礼, の敵, の見透し, の雇人, ゐるなか

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 をつくらず

1 [11件] から妾, が血管, の処, の恐れ, はなお, は唯金起が, は近頃, は離別, は髪結洗濯, を畜, を馬鹿者

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 かず, かぬ, にも貰えず 1 にもすまじ, にもやれず, にもらわれる, にやる, に行く, の時, はあたかも

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 氣で

1 [11件] かならず, げたので, べつたい, ぺたく高まり, ぺつたい顏に, 氣である, 氣の, 穩無事な, 鑿で, 青眼, 馬ほどの

▼ ず幸福~ (13, 0.0%)

2 な機会

1 [11件] きはまる異, で平和, な団欒, な日, な歌, にとり極めて, に思っ, のおののき, の希望, の甘い, を得べき

▼ ず強く~ (13, 0.0%)

2 出られると

1 [11件] いい切った, そう云っ, ならう, なるよう, も打たない, 名乘, 引き離すと, 握つた, 発した語気, 立止っ, 育て上げて

▼ ず当惑~ (13, 0.0%)

3 して 2 した 1 いたして, いたしました, したよう, しつつも, しましたね, のあまり, の色, を感じた

▼ ず当然~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるべきもの, こちらの, それは, とし, のこと, のよう, の事, 予想された, 圧せられて, 支払っただけの, 新聞社の, 結構な, 黄視症が

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] が美しい, において面白い, にもあらはれぬ, の上, はまた, はもと神, は大きく, は角, ばかりの袈裟衣, もなく, も残さず, を改めます, を見る

▼ ず思想~ (13, 0.0%)

2 及び行動

1 [11件] あるに, で見せよう, とか体系, としての直接, に相違点, のない, や理念, をも感ぜず, をも文字, を整理, を超脱

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 を決して

1 [11件] とせず, にあり, にもかけず, に従, は自然, を充たす, を刻せ, を動かし, を尽くす, を決せざるべから, を籠め

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] じまり, の後鎖, は別に, は開いた, は風, をあけ, をたて, を明け, を閉め, を閉めきっ, を閉めた, を開いた, を開け

▼ ず時には~ (13, 0.0%)

1 [13件] ひどい靴, 事實の, 国王の, 地方的にも, 己れ, 彼是小半日も, 徳大寺家などへ, 必要な, 思いも, 私慾を, 自己の, 自身の, 間接とも

▼ ず時代~ (13, 0.0%)

1 [13件] こそ至粋, といふもの, ならびに芸術, において先んじ, に容れられない, の常識, の恵み, の罪, の雰囲気, を問わず, を知らず, を超越, 既に異なれ

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 さえあれ

1 [11件] あるかな, あるを, がかかる, で, で困, な時, に任せ, のある, をつげた, を出し, を取っ

▼ ず此処~ (13, 0.0%)

1 [13件] で聞く, にいる, には我が, に十日, に居る, に淹留五日, に滑り落ち, に籠っ, へ泣き倒れました, まで連, や彼処, を先途, 迄這っ

▼ ず民衆~ (13, 0.0%)

1 [13件] からは悪意, がその, が林内閣, にあんまり, に与えよう, の初歩教育, の味方, の悉く, の眼, の糧, の足, は常に, は常識下

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 の心

1 [11件] が朋友, が裡面, の語る, の養, はその, は一閑張り, は他日, は村越欣弥, は自分, は色, は茶

▼ ず溜息~ (13, 0.0%)

5 をついた 2 をつい 1 が出た, をつき, をもらした, を洩した, を洩らした, を洩らしました

▼ ず漸く~ (13, 0.0%)

1 [13件] にし, に語學, メリイとの, 之を, 千本松を, 日程を, 時計の, 此處まで, 泣ゐる, 癇癪の, 第三版, 見出した隙間, 阿部川町の

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] で明星, という有様, といったふう, とかッ, とし, として月, として焼, とどんどん, とばかりひっそり, とぼんやり, と水口, と逃げた, の態度

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 せず毅然, を感じる, 殺の 1 が高く, さ寒, に浮かされた, のある, のこもった, のさめた, は高い

▼ ず生命~ (13, 0.0%)

2 の最後

1 [11件] と不, と生命, など籠り, の灯, の物質的基礎, の空虚, の辻, はまだまだ, までも奪おう, もない, をも奪わるる

▼ ず~ (13, 0.0%)

4 の上 1 かけるよう, こむ調子, にまでいちめん, に食いつき, のうえ三尺, の新しき, の表, は腸, を拭く

▼ ず病気~ (13, 0.0%)

2 のよう

1 [11件] か衰弱, さえしなかったなら, であること, で死ぬ, と精神力, にもかからない, に慣らされ, もあぶない, もしずしのいだ, もベウキ, を口実

▼ ず百姓~ (13, 0.0%)

1 [13件] が中間, といわず, と言わず, にあらず, になりすました, のたがやす, の仕事, はただ, はクリストフ, は百姓, もし, も商家, を泣かす

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] といわず, となつ, になった, にはなりぬ, に入っ, の人, の夜冷, の日暮, の末, の気候, もたけ, 迄延ばす, 鳴く虫

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 の雲

1 [11件] いと濃し, いろの, と赤, の光, の樹間, の淵, の美しい, の蔓, りとも, りを, 再び染むる

▼ ず義理~ (13, 0.0%)

3 しらずか 2 の幹, の挨拶見事 1 くらき人, にもあらず, にも自ら身, の柵さ, も廉恥, を立つる

▼ ず~ (13, 0.0%)

5 る日 1 る朝さ, 三十一年再び, 二十五日の, 二年手を, 五九年の, 十日は, 四二年三月検事拘留で, 朝日闌け

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 を喰っ

1 [11件] が動く, でも野菜, と皮, の切り, の剣, はキッ, は腐っ, も喰います, も落ちず, も食えなかった, や肴

▼ ず自分たち~ (13, 0.0%)

1 [13件] が不思議, が危難, だけの儲仕事, で作曲, のブラス・バンド, の問題, の希望, の幸福, の拘束, の消息, の生き, の飛空機, を守る

▼ ず至極~ (13, 0.0%)

1 [13件] い, の腰抜け, 凌ぎよい, 名案の, 当り前だ, 悠長に, 打ちとけた家風, 暖かだ, 真面目の, 結搆なり, 自然に, 落ちつきはらった, 顕著な

▼ ず葉子~ (13, 0.0%)

1 [13件] が離れ, と切れ, にとっては一目, には自分, に取っ, に集め, の淫ら, の発作, の矛盾, の顔, は充分, は愛子, をさらう

▼ ず表面~ (13, 0.0%)

2 だけ従っ

1 [11件] だけを見, では彼ら, には隠忍, に停滞, に大, に持ち出されね, に現われる, の事, の交際, はあくまで, はともかく

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] からお, から廻つて, がある, で地主, に余裕, の叢, の奥さん, の空地, の竹垣, の藁小屋, の車井戸, は天地, へ廻つて

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 と云わず, の底 1 によっ, の奥, の水, へ行く, へ通う, より谷, を渡る, を隔て, 深き山路

▼ ず近所~ (13, 0.0%)

2 の湯屋

1 [11件] で訊い, の噂, の山, の川, の建物, の生き, の表, の語学, の貸, の風呂屋, 隣りでこれ

▼ ず~ (13, 0.0%)

2 って一つ

1 [11件] いて, って其の, って対象, って私, って興味, って賃銀, てまた, て婦人, て案外, て消化力減少, て満足

▼ ず馬鹿~ (13, 0.0%)

2 なこと

1 [11件] くさく果, で小児, な猫, な面, にし, にしさっ, にした, になっ, の芳公, を利口, を見た

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] が截, と皮, と身, については貞子, になっ, のずい, の歴史, の破片, までゾッと, も折れねえ, を折, を折っ, を折った

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] のうめき, のうめきはい, のぬけ殻みたい, のひざまずい, のみで経験, の帰趨, の底, の扉, の結び目, はた, は沈みこむ, も消えぬべくおぼえ, を奪

▼ ず~ (13, 0.0%)

1 [13件] が泳がない, が泳ぐ, すらもおらず, にあらざれ, の夢, は鰭, もない, も出さぬ, も浮かばず, も食えず, を出さなかった, を食つて呑氣, 乾く

▼ ずいつの間にか~ (12, 0.0%)

1 [12件] この話, その妖しい, その映, 一人二人と, 境駅の, 戸主に, 昔の, 時が, 欠け落ちて, 真夜半, 誰に, 雑居の

▼ ずおとなしく~ (12, 0.0%)

2 して 1 のんびりと, ふたりに, ものの, 二階へ, 内気で, 口を, 夫の, 持って, 熟睡し, 身を

▼ ずこのごろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことにこの, では, では娘たち, の日本人, はあまり, はしみじみ, は六条院, は妙, は家, 久しく会, 入れた幾多, 益々繁栄

▼ ずさっき~ (12, 0.0%)

2 の続き 1 からお, からここら, からもう, から我々全部, から黙然と, と同じ, の, の婆さん, もいった, 出會

▼ ずじゃ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ええあの, その金, それともこの, といな, ないか, ないですか, ないの, や, 両便, 仮名が, 何うにも, 時にいかが

▼ ずすたすた~ (12, 0.0%)

1 [12件] とその, と川, と役宅, と歩い, と歩きだした, と水牛仏, と足, と足早, 五六歩いそぎ足で, 歩いて, 行き捨てて, 門の

▼ ずその間~ (12, 0.0%)

1 [12件] には非常, にも奴, にも観音坂, にインタヴィユ, に不安, に境界線, に母, に火, に生ずる, に遠く, を逢っ, 次ぎ次ぎに新

▼ ずそれぞれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] にとっても未, に雲, に風, の両, の切先, の効果, の場所, の師匠, の恋愛, の本土, の油田, の紋切型

▼ ずそれ等~ (12, 0.0%)

1 [12件] に対して自ら解答, の事件, の人々, の作品, の向う, の新旧, の標札, の特性そのもの, の高層建築, を書いた, を私, を頭

▼ ずどうやら~ (12, 0.0%)

1 [12件] かうやら, ここまで, それは, 女好きであった, 学校を, 手癖も, 繋いで, 花は, 藩庁にも, 起きて, 迷宮入りを, 鍛えた新九郎

▼ ずにを~ (12, 0.0%)

3 はつた 2 りました 1 つたのでございます, つたのです, はらねば, はる, りましたもん, りますが, りますね

▼ ずひどい~ (12, 0.0%)

2 のに 1 ごたつき, やうだ, ようだ, エディンバラ訛りが, 喫煙家だった, 歯痛に, 病気を, 痕を, 貧乏な, 難儀を

▼ ずほんとう~ (12, 0.0%)

1 [12件] にふるさと, にもう, にやや, に帰っ, に気持ち, に淋し, に竜, に緑平老, に遊ぶ, の事, の絵, はソファ

▼ ずもと~ (12, 0.0%)

1 [12件] からお, からの場所, から詩人, のところ, の地面, の木戸, の椅子, の直立不動, の部屋, より一人一人, 人間の, 羊を

▼ ずもとより~ (12, 0.0%)

2 洋服を 1 お桃, 化石学の, 役者と, 敵討の, 条理の, 此處は, 歴と, 火の手も, 花も, 頼もうと

▼ ずもはや~ (12, 0.0%)

1 [12件] これ以上延引いたす, 使役に, 単純に, 君は, 団体にとって, 従来の, 戦おうとは, 生きるカイ, 芸術家としての, 詮方なし, 頼母子講取り立て候儀も, 鬼籍には

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 つぽ 1 すぎたり, つぎと, つてこの, つて此時始め, みそなはせ春, ろばひ歩く, 冷たき手, 子にも, 旨く行け, 白鷺の

▼ ずッしり~ (12, 0.0%)

2 とした 1 あるん, したお, した品物, とある, とにぎっ, と入れ, と手, と手答え, と黒く, 分厚に

▼ ず一定~ (12, 0.0%)

1 [12件] のインスティチュート, の動力, の境遇, の教養, の時, の社会機構, の社会的地位, の約束, の論理形態, の賃金, の韻律, の順序

▼ ず一年~ (12, 0.0%)

2 か二年 1 か二年おき, たたぬうち, と居着いた, なり二年, に一度, の或, ほど前, を経ずし, を通ずれ, 経たぬうち

▼ ず一応~ (12, 0.0%)

1 [12件] ためらう良心, のケンギ, はうぶ, はやって, は死ねる, は礼, 引揚げ, 彼の, 江島屋の, 興味を, 解りやすい, 静観の

▼ ず一旦~ (12, 0.0%)

2 恥辱を 1 は公園, 亭主に, 出来上って, 外へ, 外務省には, 帰した上, 懸りしもの, 懸ツ, 烈侯, 落ちて

▼ ず不平~ (12, 0.0%)

2 であり自分 1 であった, でむやみ, で相, なの, ならざる時, に思った, も言わず, も言わない, をいっ, を洩した

▼ ず丑松~ (12, 0.0%)

1 [12件] と斯人, の様子, は振返つた, は敬之進, は溜息, は立留つた, は跪い, は顔色, は首, も立留つた, や銀之助, を笑

▼ ず世に~ (12, 0.0%)

2 現実が 1 五大院の, 伝えられて, 名を, 問ふ, 容れられず汨羅, 對し, 従ひ行く, 日影色と, 臨んでは, 隠れない舞

▼ ず両者~ (12, 0.0%)

1 [12件] が相, に就い, の云い, の区別, の折合, の融合統一, の間, の関係, はおのおの, はだんだん, はともに, は又

▼ ず人民~ (12, 0.0%)

2 は政府 1 がその, のつつましい, の一部分, の便不便, の健康, の側, の文学, の間, は困窮, をさらッ

▼ ず仕舞い~ (12, 0.0%)

2 になっ 1 であった, である, であろうし, です, で帰る, で惜しい, で終り, になった, になる, に帰っ

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 て内閣 1 てこれ, てその, て二者, て大樹, て孔子, て家, て彼等, て時機, て権門勢家, て自家

▼ ず作家~ (12, 0.0%)

1 [12件] がどんな, として陥, にし, にとつて, に生活的, のすべて, の恣意, の誰一人, の陣営, は自身, よあばれたけれ, を援助

▼ ず個人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が日々, として大いに, として禍, と集団, に於, の住宅, の天性, の尊厳, の心理描写, の意趣, の自由, の覚醒

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 ある風, の黄金 1 からざる, が一種, と空, に動く, の強弱, の線, もない, を仰ぐ

▼ ず其処~ (12, 0.0%)

1 [12件] から三里, で甘え, にゐた, に並ん, に在る, に性格, に立ちどまつ, に腰掛け, に膝, の名物, を出, を出た

▼ ず~ (12, 0.0%)

1 [12件] だけに於, にあらはる, に晴れやか, の山岳寄り, の島々, の方, の空, は今や, は大川寄り, は巴山山脈, は海, へ南

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 と冬, はむろん 1 になる, には牝牛, の日, の暑い, の暑から, の盛り, の都会, の長き

▼ ず大地~ (12, 0.0%)

3 の上 1 に僵, に崩れました, に座り, に手, に身, のあらん, のなか, もほほえまず, より湧出

▼ ず天井~ (12, 0.0%)

3 といわず 2 を仰い 1 からは何, から舞台, へまでかけ, へ聚, を向いた, を薄目, を見つめ

▼ ず~ (12, 0.0%)

1 [12件] からズツ, ごは, と己, と弟, になった, にも云われず, に二, に報告, に隠し, の一生, の厄介, は挨拶

▼ ず孔子~ (12, 0.0%)

1 [12件] と弟子達, の主張, の人となり, の仁, の偉大, の儒教中心, の教, の殘, の特別, の眼, は春秋, 見て

▼ ず宿~ (12, 0.0%)

1 [12件] ですすめた, で食った, にばかり引込ん, に計り引込ん, のもの, の事, の者, の自分たち, へつい, へはただ, へ帰っ, やにとめろ

▼ ず帽子~ (12, 0.0%)

1 [12件] といわず, は案内係, もかぶらない, もかぶらぬ, もかむらず, もとらず, も被, をつかむ, をとつ, を拾っ, を振る, を膝

▼ ず~ (12, 0.0%)

1 [12件] 取った, 寄せられて, 懸った策略, 抱えて, 括って, 括りなさるとよ, 括り上げるつもり, 括るから, 掴んで, 提げて, 籠りがち, 続いては

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 つた, つたもので 1 て居る, は弱毒, 氣だ, 氣です, 氣の, 過ぎて, 過ぎても, 過ぎる火

▼ ず~ (12, 0.0%)

7 ひて 1 かつた, そうな, て財産, ひても, 勢慈仁の

▼ ず強いて~ (12, 0.0%)

1 [12件] するよう, たべる一杯, 一花と, 云わば, 大璽, 水泳ぎに, 理解しよう, 筏に, 解釈する, 言うならば, 言えば, 迫る時

▼ ず徒に~ (12, 0.0%)

1 [12件] その生命, それも, ゼネストば, 七五若く, 人を, 壮語を, 歳月を, 理想のみ, 腹が, 茶器を, 谷へ, 間がり

▼ ず必死~ (12, 0.0%)

2 になっ 1 となつて金, と成, と槍, と眼, にあえぐ, にバタバタ, の力, の努力, の顔, を期し

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 さは, ろしい, ろしく 1 ずながら, れず, れて, れるに, ろし, ろしかった

▼ ず~ (12, 0.0%)

1 [12件] でも信仰, と不安, に陥る, のしげき, の句点, の夢ただ, の楯, の風流, ひしわたれば, をする, をないがしろ, をも知らぬ

▼ ず恰も~ (12, 0.0%)

2 之を 1 二本の, 先天の, 大山脈, 夫が, 森を, 物に, 琢磨したる, 生存より, 空いて, 窓から

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 のあろう 1 には奔るほう, のふかい, の人, の翼, を主, を含ん, を懸けし, を抑え, を離れざる, 迫れば

▼ ず意識~ (12, 0.0%)

1 [12件] して, してかせずし, しない一つ, する主体, という言葉, なの, に於ける, の奥, の底, の概念, は自然, を超え

▼ ず我輩~ (12, 0.0%)

2 の所謂, は伊藤侯, は尚 1 の堅く, の知らざる, は単に, は單, は自由党中, は自由黨中

▼ ず折々~ (12, 0.0%)

1 [12件] こんな事, の会見, の會見, は京子, は木, 伯の, 女優を, 散歩すらん, 白いハンカチーフ, 考えるよう, 表情の, 霹靂とともに

▼ ず斯く~ (12, 0.0%)

4 の如き 2 の如く 1 して, と知ら, ばかり飛ぶ, 上國に, 多数の, 断りするは

▼ ず昨夜~ (12, 0.0%)

2 と同じ 1 ついに死, のスケッチ, の夜なか, の手紙, の騒ぎ, はなん, は初めてずっと, 泊った所, 逢ったの, 遂に犯罪事実

▼ ず昼間~ (12, 0.0%)

1 [12件] だったら会社, でも役所, と同じくきちんと, のうち, のこと, のよう, の勤務, はそれでも, は一日中, は人気勢, は甲板, 出て

▼ ず本当~ (12, 0.0%)

1 [12件] ともつかない, のこと, の信仰そのもの, の値打, の反逆者, の日本人, の知識, の科学, の芸術的価値, の蝶々さん, の詩魂, の銭湯一式

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 の御 1 から来, とはか, に行き, の方二三里, の空, は東支鉄道沿線, は関東, へ向い, へ折れ, を見れ

▼ ず次に~ (12, 0.0%)

2 展開し, 待ちたる車 1 うたうべきもの, は同志, は間髪, 乗車した, 呆れ終, 織田右大臣よく, 記し置き候, 食膳に

▼ ず正直~ (12, 0.0%)

1 [12件] いって, さうな兩親, な叔父, な答, に云つた, に信じ, に働い, に感服, に無邪気, に申し上げる, は官憲, まつぱうを眞

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 の玉, は袴 1 が出, が滝, さえも出つくし, も出さず, も拭けない, をかいた, 出でて, 垂らし拭ひも

▼ ず無駄~ (12, 0.0%)

2 が多く 1 が多い, とは分っ, とも思はぬ, な話, になった, に時間, に終っ, に過ごした, ばかり言, をいつ

▼ ず然るに~ (12, 0.0%)

2 侯の, 内閣の, 現在の 1 ても昨夜, 人間の, 北斎に, 斯般の, 此の度其許に, 汝の

▼ ず父親~ (12, 0.0%)

3 も無言 1 が去る, が松の木, としての生活, のお, のゐる, の古, の文吉, は, は桃花村

▼ ず片手~ (12, 0.0%)

1 [12件] で顔, なぐりに, にキラキラ, にショウコ物件, の力, をのばし, を以て自分, を地, を差, を曲げ, を泳ぎ, を煙草盆

▼ ず甚だ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ぎこちないもの, 一笑一顰を, 不成績である, 不敵に, 失礼を, 好ましからぬ, 工合の, 平明な考へ, 御無礼, 水準が, 確からしい, 間が

▼ ず眼前~ (12, 0.0%)

2 や電線 1 にある, にウヨ, にトーキー式, に動い, に大衆, に展開, に異形, に私, に起こっ, へ出現

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 つ立つて, 立つ 1 つか, つ拍子, て入り, 立ちながら, 立ち上った, 立ったまま, 立つと, 走る

▼ ず笑い~ (12, 0.0%)

5 もせず 2 の現象, もしなかった 1 をやめ, を含めるあり, 興じながら

▼ ず緊張~ (12, 0.0%)

5 して 1 がゆるもう, が解け, した, した顔面, する, のあまり薔薇色, を欠い

▼ ず肉体~ (12, 0.0%)

2 の健康, の酷使耐乏 1 によつて, のご, の交わり, の方, の死後, の関係, をさえ天国, を離れ

▼ ず背中~ (12, 0.0%)

2 といわず, にそれ 1 に背負った, のほう, は氷, をなでる, を丸く, を丸め, を円く, を向け

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 も飲まず 1 として取扱, にも煙草, の外套氏, の花の, は切れる, は生活, も立てず, をのむ, を啜っ, を立て終え

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 を巻い 1 に継, に顔, は羽, へ手, も袂, を射, を曳く, を湿らしけり, を頬, を顔

▼ ず記憶~ (12, 0.0%)

2 して 1 えて, え込ん, がつい, するやう, という, によみがえっ, によみ返っ, の背景, の能力, をとりもどすでしょう

▼ ず~ (12, 0.0%)

2 の話, 豈活き 1 ともつかない, の世界, の如く歌, はまた, は彫, もまとまらず, も出でず, を作る

▼ ず近頃~ (12, 0.0%)

1 [12件] たまに, では昼夜家, のこと, の多く, の病的, は上流中流, は日本, は明治三十年頃, は欧風, 延した髭, 永井荷風の, 読書界の

▼ ず運命~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいかなる, だけが新規上等, と取り組む, により胸中, に任せ給え, のまわり合わせ, の強力, の神, の神様, の避け, を咎め怨まず, を定める

▼ ず障子~ (12, 0.0%)

1 [12件] から顏, から顔, が震動, に映る, に音, の外, の破けた, も立て切っ, をしめて, を取りはずし, を引きあけた, を閉めきった

▼ ず電話~ (12, 0.0%)

1 [12件] かけても, がかかつて, が掛からず, でメツセージ, で話しつづけ, にて今夜, にも出なかった, は申込者多数, もかけ, も通じ, をそのまま, を掛け

▼ ず青年~ (12, 0.0%)

2 が一生懸命 1 が自分自身, と同じ, と眼, のそれ, はおだやか, はどうしても, は駭きの目, も亦, を単に, を見る

▼ ず黙々と~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるいて, して, たたずみながら, 今畑の, 各地の, 木戸を, 気むずかしい顔, 終る人, 船は, 荊州の, 足を, 黒桃花の

▼ ずいたずらに~ (11, 0.0%)

1 [11件] その名称, その恵み, 他の, 国費を, 安全第, 我が身終ら, 手紙上手の, 時間が, 納屋で, 読者の, 電光の

▼ ずいまだに~ (11, 0.0%)

1 [11件] お手当, きまった職, 一人の, 佐助が, 再会し, 即位の, 妄執を, 帰られないの, 彼女を, 独身で, 目的を

▼ ずかし~ (11, 0.0%)

5 です 1 くっちゃ, と思える, は葉, や, やだから, をさき

▼ ずきれい~ (11, 0.0%)

4 な音 1 な切り子ガラス, な顔, になっ, にのこっ, に上品, に気分, に淡雪

▼ ずきわめて~ (11, 0.0%)

2 自然に 1 むぞうさに, 冷然たる, 動揺が, 多彩な, 平和な, 平気に, 悪い所, 淋しいが, 重要な

▼ ずことごとく~ (11, 0.0%)

1 [11件] がそれら一団, が私, イタリー音楽と, 失敗し, 引き退いて, 獲られ毛氈, 白の, 知って, 紙を, 自己が, 蕃社全体の

▼ ずさも~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありそう, ありなん, あれ君は, つつましや, ないと, のんきそうに, 其画家の, 力な, 太平らしく, 沈痛に, 言語道断である

▼ ずたとい~ (11, 0.0%)

1 [11件] いかようの, かかる急変, 万一一方が, 何か, 偽であり, 女に, 死ぬとも, 気が, 表面何ら, 見えても, 部屋住み

▼ ずたとえ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いわゆる震源, どんな仲, 三年五年過ぎ, 二十万石でも, 具体的には, 力は, 十数秒の, 届いても, 抜け出して, 政略に, 辺鄙でも

▼ ずちゃんと~ (11, 0.0%)

1 [11件] した人, した草稿, そこに, プライドを, 云ったところ, 日本まで, 暮して, 私室に, 袴を, 見張って, 言って

▼ ずといふに~ (11, 0.0%)

3 在り 1 あり, わが銀錢, 似たりき, 導いて, 就いて, 已むを, 常陸介も, 非ず

▼ ずときどき~ (11, 0.0%)

2 アパアトに 1 は傍, ロマネスクの, 不思議な, 土門に, 廊下の, 悲しみに, 視線の, 観客の, 雷鳴あり

▼ ずについて~ (11, 0.0%)

1 [11件] いて, おいでそこには, おいでよ, きた, くる, こい, なろうもの, 来て, 来ようと, 来る, 行つたといふ

▼ ずにや~ (11, 0.0%)

4 ゐられない 1 ついた, ゐられなかつた, ゐられぬ, ゐられぬ心から, ゐられぬ蒔かねば, ッちゃった, 置かないから

▼ ずはっと~ (11, 0.0%)

1 [11件] した, したよう, なった, ひれ伏して, 思うと, 息を, 気息づまりました, 照らされて, 竦んで, 胸を, 顔色を

▼ ずふらふら~ (11, 0.0%)

1 [11件] した生活, となっ, とよろけ, と三昧, と押しだされ, と月日, と立ちあがった, と立ち上っ, と途方, 起き上って, 部屋を

▼ ずまあ~ (11, 0.0%)

2 これは 1 いい加減, この家, わしたちに, 其のつもり, 医者も, 小さくなっ, 当人にとって, 当分は, 鞄持ち程度に

▼ ずましてや~ (11, 0.0%)

1 [11件] その抽出, 初幟, 子供の, 工事向きの, 成就されない, 数ヵ月後の, 明月に, 暖簾の, 現在の, 由縁も, 立ち上がって

▼ ずニヤニヤ~ (11, 0.0%)

2 と笑っ, 笑って 1 して, とピカ一, と黒光り, 笑いながら, 笑て, 笑ひ出す, 酒を

▼ ず一向~ (11, 0.0%)

1 [11件] こちらに, 両者の, 勝身に, 古ぼけて, 句の, 天才が, 平気な, 思想的に, 波に, 父への, 野人の

▼ ず一生~ (11, 0.0%)

2 を教育 1 かうして, そっとし, にかつて, のみれん, の大半, を中人生活, を終る, 低い地位, 何らの

▼ ず世の中~ (11, 0.0%)

2 もこんな 1 から忘れられた, がスクリーン, のあ, のこと, のたれ, の人々, はかうした, は目くら千人目, を横行

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] つた, は, はない, はば何事, はば芸術上, ひますと, ひ出せし不平, ひ過ぎ, ふが, ふまでも, 合したよう

▼ ず今年~ (11, 0.0%)

2 の冬 1 こそ今年, のはじめ, の夏, の暮, は今年, は個人, もその, も虚しく, 取った予算

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 を念ずる 1 が仏, が即, と云われる, にもあらざれ, の力, の心, の済度, も信ぜず, を拝ん

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 が毫も, の統率, は明治年間, を以てメツテルニヒ 1 だけが譴責, は元, は元来政党

▼ ず到頭~ (11, 0.0%)

1 [11件] お終い, その村, どこにも, ふき子に, 一年前に, 三好の, 末代御, 松島が, 生木を, 登校時間を, 虚子が

▼ ず前進~ (11, 0.0%)

5 して 1 させて, するという, する人類社会, する情勢, また前進, をつづけた

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 うるに, けに無 1 けに文章, けに無礼, けに臆病馬, ふるに, るに, 之假令, 之吾人

▼ ず動き~ (11, 0.0%)

4 もせず 2 もしない, をもせず 1 たるたおやか, と表情, もしません

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 なり 1 で例, とたたかわず, に, の存する, の然, ひし夏, ひ能面そのもの, よく囀る, を得た

▼ ず勿論~ (11, 0.0%)

1 [11件] お君, それをすら, 嬉しそう, 學問も, 巣居であり, 広告も, 恐入る必要, 本などは, 極りなど, 水も, 臆した

▼ ず博士~ (11, 0.0%)

1 [11件] が辞職, に会った, の事件, の子ども, の死, の行方, はそのまま, は何者, は無罪, は結局, をてこずらせた

▼ ず即座~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, にお, にその, によっしゃ, にわが, にカッフェー, にスクリーン, に唯々諾々, に席, に見出させよう, の使用

▼ ず却つて~ (11, 0.0%)

2 或る 1 この狂秀才, さう, そのため, その座元所在, その張り, その素振り, につこり微笑み, 互に心, 憎き仇

▼ ず友人~ (11, 0.0%)

2 というもの, の忠告 1 にも離れ, に貸し, の肘, の鳴海三郎, も洋服姿, を傷, を傷つける

▼ ず叔母~ (11, 0.0%)

2 と乳母 1 が気, の心田, の意見, の機嫌, はその, は云つたの, は少しく, もお, も涙

▼ ず同一~ (11, 0.0%)

1 [11件] であったり, である, であるという, な概念, のイデオロギー的本質, のストライキ, の力, の天, の家, の脳髄, の農業

▼ ず地上~ (11, 0.0%)

2 から跡, に於 1 にながなが, には一人俯向き, に一, に尻餅, に崩れ落ちる, のあらゆる, の庶物

▼ ず天地~ (11, 0.0%)

2 の情 1 いつくにも, のくずれ落ちる, のむた, の相, の経綸, は一, は真暗, も星, を動かす

▼ ず太い~ (11, 0.0%)

2 嘴の, 溜息を 1 が卑怯者, しゃがれ声, 先生だ, 奴や, 帆げたも, 文字で, 柱の

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] な形, や立腹, 人物, 加減な, 晴の, 演技を, 色めいたものの, 調子な, 闘鶏鍋つ, 闘鶏鍋つつき合った, 風景だ

▼ ず安心~ (11, 0.0%)

6 して 1 ができぬ, したよう, だね, な活溌, もせず

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] から責ら, では先ごろ, と師, に一毫, に抗, に頼っ, のお, の廃頽, を売っ, を官, を累

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 の中 1 に入っ, に籠り, に閉じこもった, の予約, の何所, の戸, の眞中, の真中, の隅

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] に一面, に人, に保平, に先生, に半, に又, に缺, の模倣, は吾, は范曄, りは

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] が多かろ, だとか, だらうと, であったに, のよう, の小, の数, の無能, の煙, はいつも, を相手

▼ ず帰り~ (11, 0.0%)

2 の道中 1 には名物, の二つ井戸, の車, は一台, は途中, を待っ, を急ぎ, 去った, 来りし由

▼ ず幾度~ (11, 0.0%)

1 [11件] かに分け, かまろばん, か打, か湯, か長州藩, と無く, も寝, も幾度, も破き, も立っ, も長途

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] からジリ, が浅い, では亢奮, には滑稽, のほう, の中, の判らない, の底, へ手, をぶちまける, をゆく

▼ ず後ろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] から廻った, から浴びせた, から静か, ともつかず, のもの, の壁, へかわした, へ飛びし, を振り返り, を見れ, を顧みず

▼ ず得意~ (11, 0.0%)

2 だつた 1 だつたの, です, な女, になった, の変装, の棒, の表情, の関東節, も有らず

▼ ず思わず~ (11, 0.0%)

1 [11件] ただ正面, に過ぎ, ギョッと, 一枝を, 力が, 噂せず, 外から, 涙あふるる, 自分の, 船底に, 頭を

▼ ず悪魔~ (11, 0.0%)

2 が下す, の描写 1 と板一枚, にもあらず, に欺かれ, の友, の紋章, の象徴, も与り

▼ ず悲し~ (11, 0.0%)

4 そうな 2 さう 1 げに, さとは, さとも, そうで, も思ひ

▼ ず悲しい~ (11, 0.0%)

1 [11件] かな仏教, くらい入りびたりだった, ことも, という言葉, ときも, ように, 事には, 土産ばなしを, 思い出に, 眼付きで, 考えを

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 にふれ 1 からさし, からの雨, があったら, があら, には小金, にふれ思いい, よくすぐ榎本, わるく子息宗矩, を狙っ

▼ ず政治~ (11, 0.0%)

1 [11件] とか読書, としては旧態, とは沒交渉, と離隔, にも商道, に拘らず, の指令下, の運行, はむしろ, は兎, は政治専門家

▼ ず故郷~ (11, 0.0%)

2 に封じ込められ, を憶 1 との音信, に帰つて人々, の宇土, の方, の花, の馬橋村, を去り

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] てこれ, てよき, てペン, て一言, て人, て反対, て委嘱, て建文, て戯曲, て自家, て説明

▼ ず文化~ (11, 0.0%)

1 [11件] といはず, といふもの, にもあらず, のイデー, の本質, の本質的価値, の終局, の自由, の蓄積, は低落, を貫く

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] いらず眼自慢, つきて, でさわりました, に縋っ, をとめ, をひく, を二つ, を振, を振り, を携, を片手

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] にあらず, の一突き, は之, は激しく, や鉄砲, をとっ, をやっ, を交え, を叩き落し, を持っ, を杖

▼ ず正確~ (11, 0.0%)

2 に自然 1 だつた, なもの, なりとして, なる知識, には安政五年, に停止的, に報告, に星占図, に繰り返し

▼ ず正面~ (11, 0.0%)

1 [11件] からおとずれ, からどやし付けない, から切出し, から私, から鳥居, に向き, に輪廓, の壁, の浅間, の茂み, の螺旋階

▼ ず武蔵~ (11, 0.0%)

1 [11件] が唯一名, の前, の姿, の画, は, はえらい, はそこ, はなお, はまだ, もいわず, を討ち

▼ ず況ん~ (11, 0.0%)

1 [11件] やかねて, やこれ, や其学, や大将, や婦人, や存命, や欧洲, や無意義, や狂公子, や現に, や白日

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらず爐邊, その法, とたたかわず, なきも, によらずし, に禁ぜられ居る, のとおり, の外, の爲め國, は司政者, を以てこれ

▼ ず法律~ (11, 0.0%)

2 の前 1 でさえ明, にある, による防衛, のまえ, の名, の目的, ばかり厳重, を知らず, 議せざるべからず工業

▼ ず火鉢~ (11, 0.0%)

2 の側 1 にかじりつい, には烟, のそば, のふち, へ少し, も當, も置けぬ, を後, を控え

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまつ, だけで用, とも分かぬ, と焔, にした, に巻かれ, のごとき, も立てず, をふきだし, を透し, を開いた

▼ ず犯人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいなけれ, がトンマ, が何, に指摘, のす, の仮面, の目星容易, の足跡, はそう, はスタート, も亦

▼ ず狭い~ (11, 0.0%)

1 [11件] のと, 室の, 庭に, 所へ, 球体の, 町で, 範囲で, 胸に, 自分達の, 身辺の, 部屋の

▼ ず相当~ (11, 0.0%)

1 [11件] な人, な地位, に多い, に打つ, に洗煉, の代価, の休養, の年, の年齢, の成績, 腕が

▼ ず簡単~ (11, 0.0%)

1 [11件] なお, な模型実験, な言葉, にこの, にしかも, によそよそしく, に案内, に此, に片, に言っ, に降りこめられた

▼ ず終に~ (11, 0.0%)

2 敗れざる者 1 先生の, 化し, 十九世紀の, 夫人死ぬ, 帳番に, 幕という, 御受け, 直郷, 顛倒し

▼ ず老人~ (11, 0.0%)

1 [11件] じみた調子, であれ子供, の手, の日頃不自由, の殺された, はうなずいた, はポケット, は極めて, は泣き虫, は腰, もめずらしく

▼ ず自殺~ (11, 0.0%)

1 [11件] か他殺, した, したの, しようと, すべしと, せしめる切腹, とも考えられなかった, に用, の発作, の行われ, を企てた

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 ぎらひ山とも 1 かつた, 曇った空, 月の, 樺色の, 汚れた紺絣, 紅くなっ, 紅と, 赧くし, 黒く池

▼ ず警察~ (11, 0.0%)

2 もその 1 ではその, に引致, に毎日, の呼び出し, へ報告, へ引きあげ, へ押収, まで同行, を出し抜い

▼ ず赤い~ (11, 0.0%)

1 [11件] むらむらは, めだかや, 上に, 唇で, 布を, 広場に, 絨毯の, 脣で, 血が, 顔を, 首を

▼ ず近く~ (11, 0.0%)

1 [11件] で静か, の教会, の植込, の海岸, の理智光院, の麻雀クラブ, は他家, は惠果阿闍梨, は雨, をぶらつく, 立ち

▼ ず途方~ (11, 0.0%)

4 もない 2 に暮れ 1 にくれ, にくれた, にくれました, に暮, に暮れた

▼ ず邪魔~ (11, 0.0%)

4 になる 2 の醜 1 だから, だと, にさえならなけれ, には成らん, にもされず

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] との時務, におきのこされ, に出で, の人々大方, の歌妓, の粋客, へ入りこん, へ帰った, を後, を忘, を脱出

▼ ず雑誌~ (11, 0.0%)

1 [11件] さえ恐らく, でも取合っ, でも書かない, なぞ読み, などで, はまた, みせて, も読まず, やパンフレット, をはふりつ, を読ん

▼ ず頗る~ (11, 0.0%)

2 不穏に 1 不体裁を, 妙ならず, 幸福であった, 材能を, 沈寂に, 流行の, 獰猛な, 苦慮の, 遺憾と

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 も食 1 がすむ, が済む, に饑, の給仕, も喰, も碌々, も食っ, も食わず, を忘れ

▼ ず驚嘆~ (11, 0.0%)

3 の声 2 した, して 1 したの, したので, すべきもの, の眼

▼ ず~ (11, 0.0%)

2 も鳴きません 1 の声, の餌, は鳴きぬ, も啼かぬ, や家鴨, や猫, をすべて, を飼う, 好く邪視

▼ ず黙々~ (11, 0.0%)

1 [11件] としていかにも, としてそのまま, としてグリゴリイ, としてズンズン, として何, として働く, として僕, として冷やか, として立ち, として見える, として隠遁的

▼ ず~ (11, 0.0%)

1 [11件] の尻, の汚した, の荒れ, の運動場, の音, もあるかぬ, を多く, を小舟, を持ち来っ, を神, 群れ来って

▼ ずいくら~ (10, 0.0%)

1 出せると, 屑屋だ, 待つて, 教師が, 新らしく書い, 本を, 訊ねても, 達者でも, 面白く威勢, 飲んでも

▼ ずおのおの~ (10, 0.0%)

1 その一身, その権理通義, の得意, の新, の生きる, の舞子, 争うて, 其分に, 独立の, 腰帯一つに

▼ ずけだし~ (10, 0.0%)

1 くも窓の, また人, 地代は, 小児の, 意の, 癩に対する, 盗人の, 簀の子にて, 譎詭変幻中清秀深, 販売による

▼ ずさて~ (10, 0.0%)

1 こそその, つく, どこに, はと人を, まめでも, も小さき, 仕事場へ, 又かの, 思い返して, 聞いて

▼ ずしっかり~ (10, 0.0%)

2 した口調, して 1 かけ金, さっし, した人, した足どり, とし, と目

▼ ずしばし~ (10, 0.0%)

1 ありけるほどに, がほどは或は, して, 大日堂の, 思案に, 掌を, 沈思し, 見つめて, 話者の, 谷間を

▼ ずぜひ~ (10, 0.0%)

1 なくお松, なく多数, なく盲, なく知り, なく立ち, なく老爺, なく衛府, に及ばない, 味方に, 見たいもの

▼ ずそれだけ~ (10, 0.0%)

1 お願いしたい, のこと, の刺激, の用心, の稼ぎ, 世間が, 弁証法の, 社会的リアリティーを, 若い女性, 観念論な

▼ ずそれでは~ (10, 0.0%)

1 この女, もうおしまい, 心もとないと, 拙い一手, 旧主の, 此の際僕の, 私たちを, 科学が, 蔽ひかくせぬ, 辻川博士に

▼ ずだから~ (10, 0.0%)

2 ね, 新聞雑誌の 1 いつもは, どうにかしなけれ, ねあんた, 修一が, 滞って, 要するにこの

▼ ずって~ (10, 0.0%)

1 あまりうまく, えしゃれた, ところだ, 仲間を, 低い縁, 居りますが, 工合に, 来ない, 見たくなった, 靴足袋を

▼ ずつねに~ (10, 0.0%)

1 ぐうたらで, これを, それと共に, 一定の, 不平を, 中間的中庸的でなけれ, 居眠ったり, 平衡を, 無限の, 鎌倉一の

▼ ずともと~ (10, 0.0%)

1 いった, くやしがっ, 君枝は, 娘は, 己れ, 当時たいへん, 思つてゐる, 思われる, 東雲の, 言って

▼ ずどうも~ (10, 0.0%)

1 いくら欲し, こいつあ, この浦, その様子, 乙な, 何事も, 強情でした, 彼の, 近松とか, 重盛みたいに

▼ ずどしどし~ (10, 0.0%)

1 といや, と歓迎, と自分, 云う様, 向うへ, 引取った, 有志らへ, 話を, 買って, 進んで

▼ ずふたたび~ (10, 0.0%)

1 この北, 人心が, 同じ敗戦, 奔って, 山河浪々の, 帰陣仕りました, 彼らは, 死ぬる目的, 門内へ, 集めること

▼ ずまじめ~ (10, 0.0%)

1 な心構え, な書きぶり, に, にきい, に女学論, に狼狽, に考え, に言う, に講義, 過ぎるよ

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 五月雨の, 日に 1 うとうとと, なり, ょうなうわごとばかり口ば, 動きも, 定めなき, 車の

▼ ずもう一度~ (10, 0.0%)

1 そつと, たしかめました, ふところに, 他の, 大体の, 春子さんの, 江戸表へ, 浜町の, 眼を, 財産を

▼ ずやを~ (10, 0.0%)

2 仰せいだされ足もと 1 お言い, 云う, 疑ふ, 知らず, 考ふべし, 考へ次に, 言うなよ, 言うもの

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 に立つ, の土用芽, の岐 1 に巻きのぼり, に露, の眼, を互に

▼ ずカムパネルラ~ (10, 0.0%)

4 ともあんまり, をまん中 2 とわら

▼ ずカント~ (10, 0.0%)

2 がその 1 による, の先, の正統的継承者, の考え, の至完善, やゲーテ, を研究, を通して或

▼ ずテーブル~ (10, 0.0%)

3 の上 1 と椅子, に凭れ, のあいた, のそば, のほう, の花, を拳固

▼ ず一向に~ (10, 0.0%)

1 勝つこと, 名声赫々の, 市が, 広告だけの, 方法という, 毀られたる, 絵としては, 芸術的の, 親身の, 顧られない

▼ ず一層~ (10, 0.0%)

1 その位, のこと, のこと闇屋, の誠意, 小市民的, 性の, 憤ツ, 沁, 簡明なる, 身を

▼ ず一時~ (10, 0.0%)

1 に出, に多く, に急激, に磔刑, の些細, の名声, の権, はこの, は反, は頭

▼ ず一生懸命~ (10, 0.0%)

2 になっ 1 お嫁さん, がさせる, にうたいました, にしのごう, にバンカ, に勉強, に活動, に西山さん

▼ ず万一~ (10, 0.0%)

2 辛辣に 1 この一件, のとき, の場合, の変, 不幸相破れ屍を, 何か, 古典と, 間違った時

▼ ず不幸~ (10, 0.0%)

4 にし 1 である, なその, な境涯, な奴ッちゃ, な娘たち, の末路

▼ ず不満~ (10, 0.0%)

2 と自己叛逆 1 だった, だつた, に似た, も訴えず, を感じ, を感じた, を懐いた, を抱い

▼ ず互いに~ (10, 0.0%)

1 その手, なぐり合った, 体を, 手を, 無邪気に, 熟議相談し, 相手を, 相結托, 近よらせ出し, 顔を

▼ ず低い~ (10, 0.0%)

2 声で 1 か高い, が鋭い, ものだった, 下駄を, 力の, 生活しか, 雲が, 雲の

▼ ず何かと~ (10, 0.0%)

1 いうと, いへば, こだわりを, 云ふ, 心労多かっ, 書附けた, 目まぜ, 評判よろしく, 道綱の, 邪魔に

▼ ず何處~ (10, 0.0%)

1 かに遁げ場, かへ買出, かぽ, か拔目, ともなく, にあつ, の人, へおい, へ持, までの浮世

▼ ず使~ (10, 0.0%)

2 ひ込みそれ 1 つた, は空しく, ひ盡, ひ盡さずし, ひ込み夫, を以て小栗, を以て言, を以て言わせた

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 てゐよ, て呉れぬ, にけれ, りて, り合せたるにく, るからと, るとしても, るの, るので, れば

▼ ず全身~ (10, 0.0%)

1 すこぶる熱暖, に毛, に沁ん, の悲哀, の深い, の筋肉, は長, をかきむしり, を水面, 赤く蠕

▼ ず写真~ (10, 0.0%)

1 がよく, にかかりきっ, に頼る, はあからさま, や見取図, をとっても, をとり上げ, を眺める, を箱, 撮った

▼ ず冷静~ (10, 0.0%)

1 と云, な心地, な目, な笑み, な第三者, に, にし, に全, に応じた, に深い

▼ ず凡そ~ (10, 0.0%)

1 ありと, これほどの, 一切の, 儒家に, 其の日, 医師二人以上立会う, 文久年間から, 此國に, 苦しむ, 過ぎ去った世界

▼ ず初め~ (10, 0.0%)

1 から俳優, から灰色, から終り, から頭, このイデオロギー, の心, はそこ, は覇心欝勃, よりし, より夢

▼ ず努力~ (10, 0.0%)

5 して 1 した跡, と艱難, に就, の好, の結果

▼ ず危険~ (10, 0.0%)

2 を冒し 1 なの, な商売, な商買, な意味, な時期, な考え, のお, もなし

▼ ず同じく~ (10, 0.0%)

1 もろ, 十五六羽どまりで, 手を, 方法という, 明治初年の, 皇室御, 知識の, 自動車に, 間人階級の, 限に

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 直りて 1 でも弟, ひ合つた人, ふも私, ふ見ずといふ, も改, 両国は, 腹を, 顱卷で

▼ ず吾輩~ (10, 0.0%)

2 はこれ 1 にあらず, のマント, はこの, はただ, はほぼ, は寒月君, は最初, は非

▼ ず哲学~ (10, 0.0%)

2 の方法 1 が広く, が文学至上主義化, する精神, だという, に就い, は哲学, を吹い, を寓

▼ ず四人~ (10, 0.0%)

2 で朝 1 して, だけで仲良く, の女達, の舞人二人づつからみ合, の部下, までぼん, も招い, 連れて

▼ ず堂々~ (10, 0.0%)

2 と横行 1 とし, とやっ, とやってのけた, と取っ, と威, と所信, と文部省, と言っ

▼ ず大きく~ (10, 0.0%)

1 うなずいて, そして美しい, なって, なってからも, なりました, は泰平, ダイナミックに, 候, 盛り上がって, 見えたが

▼ ず大方~ (10, 0.0%)

2 の君子 1 が縁, そんなこと, の者, の見物人, は淋, は馬琴, 新橋あたりの, 耳も

▼ ず女房~ (10, 0.0%)

1 が世間, と連添う, になぐられ, のお, の実家, の毎夜, の眼, は返されなかった, は長火鉢, も店

▼ ず~ (10, 0.0%)

3 ひの 1 なもの, な氣持, な顔, になり, ひ, やな, やに成り

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 かなる, ウイスキーだ, ウイスキーを, コートを, 南王が, 喜県の, 樂に, 珍清姫の, 詳に, 陵竜陽みな凶終する

▼ ず完全~ (10, 0.0%)

2 に保存 1 なる三軍, なる愛, な仏像, にあの, に封鎖, に為遂げ, に身動き, の忘却

▼ ず少なくとも~ (10, 0.0%)

1 このあたり, これが, それについては, 京都から, 彼ら以上に, 彼女にとって, 江戸では, 私には, 稲扱き発明以前であった, 近世においては

▼ ず師匠~ (10, 0.0%)

3 の家 1 の屋敷, の志, の月齋, の立場, の絵, の通り, もなく

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 でも櫛, で結ん, にもつけず, もとかず, もよく, も解かず, より先, をきちんと, をとい, を締め直し

▼ ず平和~ (10, 0.0%)

1 でありました, と幸福, な秩序, に恵まれた, に道, の人, の場合, の詩, も安心, を破る

▼ ず従来~ (10, 0.0%)

1 この方面, の仕来り, の形態, の形而上学, の方針, の独占, の精神思想, の組織, の行, 行なわれて

▼ ず思い~ (10, 0.0%)

2 捨てて 1 おもいな, にとられ, のほか, みだれて, もかけぬ, もしなかった, もよらぬ, 遣って

▼ ず悉く~ (10, 0.0%)

1 が上滑り, これを, それを, 失敗つ, 皆戰鬪の, 皆絶やすべし, 神界の, 英国進歩党の, 英國進歩黨の, 身は

▼ ず悲鳴~ (10, 0.0%)

2 をあげ, をあげました, をあげる 1 と共にくたばっ, を, をあげよう, を上げる

▼ ず愉快~ (10, 0.0%)

1 だから, であつ, でもあった, で丁寧, なところ, にあらず, に八ヶ岳, に思はれる, に感じられるらしくあった, に遊ん

▼ ず憂鬱~ (10, 0.0%)

2 な顔 1 だ, な痴想, にさせ, にちかい, になつ, になり, に沈み込んだ, を感じ

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 が開い, などへ叩きつけられる, に固く, のあちらこちら, のほう, の外, の所, の方, はギー, は化性

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 やい寝て, や主人, や此上, や目, や落城, や鎌倉, や鏡, 稻田に, 稻田大, 遣は

▼ ず早速~ (10, 0.0%)

1 かなうこと, にやって来た, ペトゥルーシカに, 二十両の, 手術室に, 明日から, 決心手配した, 申込みを, 要点に, 話し出す渡辺はま子

▼ ず書斎~ (10, 0.0%)

1 に入っ, に引き籠っ, に招, に炬燵, に閉じ籠ってる, の壁, の戸, の跡, へ戻った, へ戻つた

▼ ず書物~ (10, 0.0%)

1 から眼, が五, にはまるで, によまれ, に就い, の体裁, ばかり読みつづけた, ばかり読ん, も読まず, を読ん

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 だけつけ, といわず, なるさ, べ近き, をけとばされ, を動かし, を投げる, を持ち来らしめ, を潤した, を濡らし

▼ ず案外~ (10, 0.0%)

2 其の決意 1 にこの, 一般受けの, 世間では, 無事に, 無邪気な, 理屈ツぽい, 生温い言葉, 論理的思想に

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 の中 1 から外, といわず, とし, とした, として三味線, として樹, の廊下, はやはり

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 く簡単 1 く日, く淋しい処, みなく, 内気でございます, 忙が, 朴実律義で, 構はず屋に, 静かに

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 の上, 流れて 1 から引返, の位置, の影, の裏, をも架, をわたり

▼ ず此處~ (10, 0.0%)

1 にすわつた, にはこの, に亂箱, に捨てられ, に連れ, に重大, へつれ, へ呼び入れる, をよく, 迄懷

▼ ず武士~ (10, 0.0%)

1 には主君, に対して狼藉, に非, の威力, の子, の表芸, の食い詰め, も妻, らしい手筋, を去り

▼ ず永遠~ (10, 0.0%)

2 なるもの 1 にしまっ, にそれ, にという誓い, に他人, に別れる, に黙し, の静止, は顯

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 之助, 立たず 1 が淺, に浚われ, のよる, の立つ, の音, 荒く白馬

▼ ず無邪気~ (10, 0.0%)

2 なる彼等 1 だが, である, であること, で愉快, なる人, にうれし, に先生, に物

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 品川大利根川の, 頬に 1 つ端, ときの, 膝ついた, 膝を, 膝上げ, 膝屹と

▼ ず独立~ (10, 0.0%)

2 して 1 したよう, した個々, した意味, する, で商売, の塾, の外, の活計

▼ ず~ (10, 0.0%)

4 なりけり 1 かと見れ, もなく, 内閣は, 實の, 實世界に, 政府は

▼ ず理想~ (10, 0.0%)

1 であって, と事実, なきを, なるもの, の人, の人物, の有無, の細君, は四種, を直ちに

▼ ず理解~ (10, 0.0%)

1 か同情, して, しもせず, し得ざる故, し得ぬ多少, すること, という事, の性格, は概念, もせず

▼ ず田舎~ (10, 0.0%)

1 といはず, にもあれ, に住む, の下層民, の事, の城, の夏, はいつも, はどこ, へ行く

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 といわず 1 が家内, にかがん, に面し, の半分, をこしらえ, を打ち返す, を耕す, 打つものの

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 きに, ともいわず, と寄つた膝, 助と, 孝は, 孝を, 湿れに, 焼きを, 觀を, 隷永平府地方では

▼ ず真実~ (10, 0.0%)

1 あり丈智慧, でないこと, として保ち得なかった, なもの, にも増加, にロシア, に神, の人口増加, は懸命, を語る

▼ ず~ (10, 0.0%)

3 へた 1 うること, うるもの, うれば, はした, ふれば, へず, へて彼

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 すらもよく 1 でたたく, にする, にも棒, の使い方, も採らず, を休ませず, を投げすて, を置い

▼ ず総て~ (10, 0.0%)

2 のもの 1 の事物, の人類, の外国人, の対照的文字, の文学, の日常, の歌, 単なる金儲け

▼ ず芸術家~ (10, 0.0%)

2 をし 1 というもの, としての無上, のおおらか, のみが為し得る, のヒューマニティ, の人間, の方, の資格

▼ ず苦し~ (10, 0.0%)

3 そうに 2 さうに長く 1 げな, さうです, さに, そうな, そう故

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 にされず 1 だった, にされ, になつて自分, になれ, のまま, の上, の人形, の少女

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 の記印 1 から頸, くび, まで総, をたてた, を併せ併せいう, を正し, を正しました, を締め直した

▼ ず西~ (10, 0.0%)

2 の対 1 でも追, の王子, の空, は九州, は夕焼, は馬喰町, へ西, 帰せし蕉翁

▼ ず足袋~ (10, 0.0%)

2 もはい, も穿かぬ 1 だとか, などはい, の底, の泥, も穿かず, をはかなく

▼ ず軽く~ (10, 0.0%)

1 さわ, ただ頭, なった, なって, 反り身の, 礼を, 答へて, 腰を, 致す旅, 足踏みを

▼ ず辛抱~ (10, 0.0%)

6 して 3 しとげて 1

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 ひかけようと, ひつめられて, ひつめられる, ひ立てる故, ふもの, ッかけ, 縋って, 蒐けて, 還合, 駈の

▼ ず道庵~ (10, 0.0%)

1 が双手, が古今, が津田生, に飛びかかっ, の足許, はいいかげん, は調子, は頼まれ, を取っ, を引き立て

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 でスヤスヤ, のテーブル, の人たち, の先生, の婆さん, の室, の家, の寄席, の庭, の者

▼ ず~ (10, 0.0%)

2 も穿かず 1 したの, のま, の中, の爪先, の紐, の踵, を左手, を穿き

▼ ず頑固~ (10, 0.0%)

1 だった, だなあ, に保守的, に囲爐裏, に愚, に放浪, に消え去らう, に画室, に野蠻未開, に默

▼ ず~ (10, 0.0%)

1 さが, 倉院御, 声に, 巌三面を, 帽子立派に, 様と, 矢倉の, 調子で, 雄の, 麗人が

▼ ず高い~ (10, 0.0%)

1 ものが, 価を, 声に, 天井などからは, 所から, 所は, 空の, 調子で, 足駄も, 鳴咽

▼ ずあゝ~ (9, 0.0%)

2 余は 1 と聲, と言, もう云, わが敵, 云ふ, 我が所天, 汝下る

▼ ずお話~ (9, 0.0%)

2 をし 1 しました, しようと, のならぬ, をこしらえ, をつくっ, をつけよう, 申そう

▼ ずかた~ (9, 0.0%)

1 ことと, でも武具, にか去り, へかちくてんし, へか泊りき, へ参られたであろう, へ行かれた, へ行く, よりぞレモン

▼ ずからだ~ (9, 0.0%)

1 の精魂, は鳥, までがすべて, もあまり, も動かさず, も大きく, を前後左右, を化石, を大事

▼ ずこの間~ (9, 0.0%)

1 でも廊, において文学社会, にフイ, のあの, の産, の約束, の花, も夜中, 会って

▼ ずたしかに~ (9, 0.0%)

1 これはも, 一点の, 一箇の, 其方の, 命を, 屋の, 落手いたし, 見たり, 鼠は

▼ ずただただ~ (9, 0.0%)

1 あわれ深く, アイルランド総督一人に, 両親兄弟に対し, 二階の, 日本古来の, 死屍に, 自然の, 見渡すかぎり, 鑿を

▼ ずただちに~ (9, 0.0%)

2 その血性 1 その法, 同誌翌月号において, 最寄り官憲または, 生徒に, 端舟を, 船尾の, 風土な

▼ ずたとえば~ (9, 0.0%)

1 弥勒二年という, 文学者懇談会は, 昼の, 最近に, 画家とか, 白鳥会などで, 足利将軍の, 通俗小説ばかり, 野蛮国に

▼ ずでも~ (9, 0.0%)

1 いろ, して, テレて, 何故そのままの, 大受け, 客は, 急ぎも, 素直に, 自分の

▼ ずともすれば~ (9, 0.0%)

1 おとうさんおとうさんと, その包紙, 凝滞の, 左舷に, 昔わが, 泣きたくなって, 燃え出, 話の, 風に

▼ ずなるべく~ (9, 0.0%)

2 干戈を 1 おのれを, 人目を, 地面ばかり, 多く諸, 敵の, 無害な, 艇の

▼ ずのんびり~ (9, 0.0%)

3 して 2 とした 1 した料簡, した趣, してらあ, と横

▼ ずばと~ (9, 0.0%)

1 いいあてられたよう, さわぐお節, した発言, ぶしつけ, 図星を, 左右に, 思い詰める, 急心に, 更に念

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 こよい, つくしてん, はりつけて, ヒタヒタと, 吹聴いたしましたら, 大網を, 少しつ, 尻さへ, 社交用微笑を

▼ ずまさに~ (9, 0.0%)

2 抱かねば 1 これを, その中道, アンジョーラに, 伸びんと, 国人の, 国民的自覚の, 拔群でした

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 たの, つくりして, つくりと, つくり一段ごと, つくり心境, つくり歩いて, つくり秋, つくり話す暇, へ陸奥先生義早

▼ ずよき~ (9, 0.0%)

1 人の, 墨なき, 工藝が, 所あり, 所にて, 日いでき, 材料が, 程の, 調和を

▼ ずわりに~ (9, 0.0%)

2 なった, なって 1 くずれたとき, すわったきり, すわって, 座って, 気儘な

▼ ずわれら~ (9, 0.0%)

1 と共に歩きぬ, と共に蜀, の幼児, の楽しき, の調, は, はあえて, は善悪, は落懸

▼ ず一寸~ (9, 0.0%)

1 した亢奮, した強い, つまずいただけ, とも隙, の間, 感情が, 片掌, 立ち留まった, 腰を

▼ ず上下~ (9, 0.0%)

1 し左右, そろえて, に旋, の懸隔, をつけ, を掠め, を繰返し, を通じてこう, 騒ぎ合って

▼ ず下女~ (9, 0.0%)

5 のお 1 のおさめ, のお鍋, の貌, もおかず

▼ ず下手~ (9, 0.0%)

1 だ, なの, な女文字, な字, な鉄物細工, に出, のみ道具詮議, ばかりの故, ノ切

▼ ず不愉快~ (9, 0.0%)

2 になる 1 であったが, ながら本編以下, なもの, な曲折, な表情, な黄土, になっ

▼ ず世人~ (9, 0.0%)

2 の批評 1 いまだこの, のこれ, の忌み嫌う, の斯く, の言葉, はこれ, も我

▼ ず二日~ (9, 0.0%)

1 が三日, つづきと, ならず山, に出発, ばかりし, ばかりする, もと云われた, 攻めて, 経ってから

▼ ず云々~ (9, 0.0%)

1 その上幣美, と, とて古, とて筆, と申す, の意, の旨, は固, は最も

▼ ず人家~ (9, 0.0%)

2 の庭, もなく 1 からはだいぶ, の群, の裏手, の間, や森

▼ ず人物~ (9, 0.0%)

2 に於 1 がわれわれ, と調和, のうち, の挙動, の自然発生, の頭部, も随分

▼ ず今宵~ (9, 0.0%)

1 かの家, こそ幸衛門, のうち, の内, は切め, は月, も明るい, も此處, 逢い申したな

▼ ず何だか~ (9, 0.0%)

1 一人の, 一流の, 借りもの, 変に, 嬉しいので, 悟ったよう, 春の, 落着かな, 訳の

▼ ず何とも~ (9, 0.0%)

1 いえない軽快, 云いよう, 云えない, 名状の, 思いますまいほどに, 思ひますまいほどに, 申しわけご, 知れざる詞, 考えること

▼ ず何度~ (9, 0.0%)

2 となく 1 も何度, も同じ, も日, も水, も海戦, も聞かされた, 行っても

▼ ず余り~ (9, 0.0%)

1 のこと, の御無沙汰, 仰のかず胸, 冷えると, 変っては, 大した秘密, 方正で, 明白な, 自身の

▼ ず作品~ (9, 0.0%)

1 が決して, というもの, として出た, の中, の主調, の真実, は二の次, への愛着, を構成

▼ ず例えば~ (9, 0.0%)

2 明らかに 1 あなた怒ったでしょう, ある一省, ブルジョア経済学の, 今の, 本能的に, 祭を, 窪川鶴次郎の

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 にいう 1 と浮沈, な句, にあらず, にいえ, に新橋, に男, を乱らざる

▼ ず充分~ (9, 0.0%)

1 なもの, な意味, に座席, に教えられ, に薪, に顔, 勉強する, 商業の, 朝廷の

▼ ず全部~ (9, 0.0%)

2 くれて 1 が船室, の者, を売却, を書き改める, を登壇授戒, 捨てて, 知って

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 の政見, は能 1 にし, に枉げず, の弱々しい, の書類, をつれ

▼ ず冷たい~ (9, 0.0%)

2 程に, 風が 1 その死体, 人と, 継母の, 雨も, 顏を

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 を抜い 1 が折れ, に反り, の箱, も抜かず, をさし, を付け, を取出し

▼ ず動揺~ (9, 0.0%)

2 して 1 させて, した, したよう, する, するを, をあたえました, を始めた

▼ ず勝負~ (9, 0.0%)

1 という邪念, にならぬ, によつて, の回數, の願い, は時, は機会均等, をつづけ, を度外視

▼ ず十分~ (9, 0.0%)

2 受け答 1 にお, に休息, に心, に手当, に耕され, の連絡交流, ほどし

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 と共にする, に強い生きる, の戰裝, の挙動, の擧動, は来り, よ, を身受, 無きに

▼ ず友達~ (9, 0.0%)

2 さびしがり 1 として取扱, とよっ, と抱き合っ, と旅行, になる, の, のお父さん

▼ ず古来~ (9, 0.0%)

1 から三国志, この両派, の一切, の偉人勇士, の優れた, の習慣, 多くの, 定まりたる事, 著名の

▼ ず吃驚~ (9, 0.0%)

2 して 1 したが, したよう, した様子, した表情, する程, せざるを, りしたが

▼ ず哀れ~ (9, 0.0%)

1 さんざんの, とも思わず, なマルガレート, な一家具職人, に思われ, に見え, ふかし, や蔕ぐされて, をとどめた

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 あり悪, あれども, なるを, にもあらず, は悪, をおこなおう, をも願わず, を奉行, を積み

▼ ず土間~ (9, 0.0%)

1 から框, での応待, に倒れ, に突っ, の仕事場, の大, の奥, の片隅, も棧敷

▼ ず外国人~ (9, 0.0%)

1 たる彼, といわず, に接し, に理解, のフランス文学研究, はみんな金持, も同様, も知らない, を相手

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 夫多妻野合であり 1 乎哉多から, 加志が, 與里は, 計代は, 計代一流, 辯せず, 門は

▼ ず多分~ (9, 0.0%)

1 この方, に非, の金子, は血, ウカウカと, 今飲んだ, 伜まで, 死んだろうと, 筒の

▼ ず大変~ (9, 0.0%)

1 いい機嫌, なこと, な事, な元気, な屈従, 御厄介, 考えて, 苦しい登り, 遅れて

▼ ず失礼~ (9, 0.0%)

2 を致しました 1 しました, と, とは思いました, なお尋ね, ながら正成どの, な雑言, 致しまして

▼ ず女性~ (9, 0.0%)

1 としては一つ, にあらず, に関する話, の共通本能, の当然, の著作, の霊魂, の魂, を尊敬

▼ ず学者~ (9, 0.0%)

1 にし, にもなれない, の価値, の多数, の孤児, の態度, はわかった, も多く, も書物

▼ ず室内~ (9, 0.0%)

1 にても灯, に入れ, の空気, はまるで, は恰, へ駈け戻つた, をいくら, をぐるっと, を歩き廻っ

▼ ず寒から~ (9, 0.0%)

2 ず, ずです 1 ざる暖房, ずつまり, ずほん, ずまこと独り者, ぬ春

▼ ず将来~ (9, 0.0%)

1 とてもだいたいそう, においても必然的, にし, の保証, は不可能, は知らず, もし縁, を予見, 永く継続

▼ ず小屋~ (9, 0.0%)

1 といわず, のなか, の前, の外, の片隅, の荒い, の隅, へも来ない, へ出

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 いて, だけ撥ね合っ, のない, の異同, は長い, も出さず, も振らず, をふっ, 之とある

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 あり女人国, では小, で泊つて今朝歸つて參, の一個, の主, の姿, へあげ, も大船, をめぐり歩いた

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 もとまらず 1 か幻, と形, のよう, は影, も宿らず, も見えず, も見えなくなっ

▼ ず後悔~ (9, 0.0%)

3 して 1 させられた, した後, しなければ, し出して, と懺悔, の叫び

▼ ず思案~ (9, 0.0%)

4 にくれ 2 の眼 1 に余った, に暮れ, に餘つて

▼ ず悠然と~ (9, 0.0%)

2 構えて 1 吉次の, 左手で, 控えて, 構へて, 正面へ, 落着済まし, 訊問を

▼ ず悪い~ (9, 0.0%)

1 ことが, ことに, ことの, とは知り, とも言えない, のなら, ものを, 事を, 折助の

▼ ず所謂~ (9, 0.0%)

2 る主義綱領 1 る公闘, る公鬪, る新, 固くなり過ぎた, 御出立, 無現, 行きづまった文壇

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 なるかな, に出た, に出る, に口, の僧, の先, の埃, の疲れ, へ出

▼ ず旦那~ (9, 0.0%)

3 よろしいの 1 があわて, で立て, と呼ばず, に命, のお達し, の家

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 は姓名, も手, を作つた月日, を寄せ, を知り, を著, を讀み, 替は, 読むも

▼ ず朝鮮~ (9, 0.0%)

1 と日本, にもある, に事, に支那, の人民日本, の古墳, の宿, の征伐, 迄も大いに

▼ ず様子~ (9, 0.0%)

2 を窺 1 が分らない, が好い, にあれ, にあれあれ, にて覚り候, の聞きたく, も尋ねず

▼ ず次々~ (9, 0.0%)

1 と命令, と希望, と衰え, と陣屋, に六条柳町, に接触, に枯れ, の敵, 時を

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 にいわく, に人, に柏, もこれ, 卒日に, 日曜に, 日石を, 時間あなたに, 金曜日には

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 ともつかぬ, にあらざる, のあつ, のやう, のよう, の中, の裂け目, より霜, を割っ

▼ ず法水~ (9, 0.0%)

2 は奇矯 1 がかたわらウルリーケ, はこの, はさも, はずけずけ, は云い続けた, は仰向い, を鈍重ウイルヘルム侯

▼ ず~ (9, 0.0%)

3 洲の 1 されない期待, 七歳の, 枝に, 船清涼を, 船清涼半輪の, 鉄公所へ

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 が出る, が殺せる, とまちがえ, の乳, の事, の飼草, は常に, は死, ばかりにもならず

▼ ず物音~ (9, 0.0%)

1 せず外, のした, もしなかった, もしなかつた, もせず, も聞えず, をたて出した, を聞い, 高くせざりし

▼ ず特別~ (9, 0.0%)

1 が十銭, な客, に庇い立て, に疎外, に神経質, の上客, の手当, の親しみ, の鳴

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 がうようよ, が大便, でさえも決して, にも非, の不意, はワン, は鼠, を追っかける, を頭

▼ ず玄徳~ (9, 0.0%)

1 がしみじみ, のいのち, のうしろ, のため, の不安, の前, の帷幕, の逃げた, を見

▼ ず現場~ (9, 0.0%)

1 で少し, におもむいた, に出張, の技術者等, は三重, は実に, へ出し, へ急行, を見れ

▼ ず生意気~ (9, 0.0%)

1 でいたずらもの, でいたづら, で憎たらしく, なこと, なり, なバカ, な小僧め, な言葉づかい, を云

▼ ず~ (9, 0.0%)

3 上げます 2 上げますが 1 上げるが, 付けます, 伝えられましたるゆえ, 述べて

▼ ず番頭~ (9, 0.0%)

1 がっぱと, と目, と相談, の用助, の銀次, もいず, も甥, も馬子, を相手

▼ ず異様~ (9, 0.0%)

2 な気持 1 なおそるべき, なにらみあいを, な寥, な淋し, な犬歯, にも引入れられる, の感

▼ ず白く~ (9, 0.0%)

1 すらりと, ない顔, ほろほろと, も見えず, 塗りすぎちまったので, 清らかな, 艶, 雪が, 静かな肥り

▼ ず白状~ (9, 0.0%)

2 した 1 して, しろ, に及び, に及びました, をなすった, 致して, 致しましたゆえ

▼ ず直接~ (9, 0.0%)

1 には政治的価値, に反動的, に政治界, に竜神様, に聴覚, に道徳, の妨害, の監督官庁, の証拠

▼ ず真理~ (9, 0.0%)

1 だろう, です, ということ, にし, に入れる, の探求, の解釈, をし, を顕わし明

▼ ず矢代~ (9, 0.0%)

1 にも出る, の去り行く, の慶び, は呟く, は最後, は眺めず, は芝生, を助け, を見詰め

▼ ず社会的~ (9, 0.0%)

1 なもの, な単なる, な安全, な実行上, な技術水準, にまったく, に公共性, に能力, の地位如何

▼ ず積極的~ (9, 0.0%)

1 です, な作戦, な建設的, な歴史性, にそれ, にとりあげ, に侵略国, に兩國, に養生

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 の値, の粉, はよく, も喰えず, も搗くべし, を作つて林檎, を売つた, を磨いだ, を逐う

▼ ず繁昌~ (9, 0.0%)

5 して 1 か, かどうか, かね, だな

▼ ず翌朝~ (9, 0.0%)

2 遂に意 1 そのまま出かける, になっ, になつて, に到り, は暗い, を迎えた, 遅く眼

▼ ず自信~ (9, 0.0%)

2 がなく, をもっ 1 ある女優, が持てない, と事務, を以て独立独行, を持てず

▼ ず舞台~ (9, 0.0%)

2 の上 1 で使う, とスクリーン, にて日本全国人, に伏, に見入り, を人生, を見

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 の中 1 に乗り, の一方, は力漕, は渡合, は自由, をそっち, を出す

▼ ず落着~ (9, 0.0%)

9 いて

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 之助 1 がくれ, といわず, と云わず, の数, はみんなどこ, は牡丹, を振い落した

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 から出し, から懐紙, で顔, と言わず, にも入れず, のなか, の尖で, も裂けず, をふり

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 に海草 1 があっ, が浮い, といわず, も引かず, も翻らず, をすら掴ん, をまくり上げ

▼ ず見物~ (9, 0.0%)

2 して, すること 1 にでかけ, に出かけた, に行, に行った, や読者

▼ ず諸侯~ (9, 0.0%)

1 きそって, たる資格, にあらず, に諫め, のうち, の内, の国, はみな, は気

▼ ず近代~ (9, 0.0%)

2 の小説, の新しい 1 の俗説, の短篇詩, は二百曲内外, わずかに, を以て之

▼ ず進歩~ (9, 0.0%)

2 の跡, を欲 1 したる今日, と共に進まず, の変化, は転化, を目的

▼ ず遥か~ (9, 0.0%)

2 前方の 1 にソンナもの, に哭する, に押し出す, 隔った, 隔つた前からの, 離れた左手, 離れて

▼ ず適当~ (9, 0.0%)

1 なその, な下宿, な仕事, な先例, な助教授, な時間, な結婚, な雑音, の時期

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 がな, が惡さうに引ツ, には半ば口, に合つて, に心, の山, の抜けた, を措い, 誤ついた

▼ ず電車~ (9, 0.0%)

1 がイクラ迅速, が通わぬ, の中, の出来ない, は燈華燦爛, もなし, もバス, や汽車, をやりすごす

▼ ず~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 が掛つて方角, ともつかぬ, と闇, に吸, に吸われた, を眺め, 原警部

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 にあらず, にて涼風, にひろげる, に傾き尽き, に地平線, に安, に来, に蜂, に風呂敷

▼ ず面白く~ (9, 0.0%)

2 なる, もない 1 ない人, なって, 出来たので, 見ゆるが, 讀む一度二度

▼ ず顔色~ (9, 0.0%)

2 さらにあら 1 にも見せず, に出た, に欺かれず, は艶, もない, も若々しく明るい, を変え

▼ ず~ (9, 0.0%)

1 ずですじかい, は御好, ひて, ふて寝て, ふと却つて珍, ふよりは, をもとらず, を与うれ, を絶っ

▼ ず高く~ (9, 0.0%)

2 もならず 1 なって, なつた, なりて, も舞わず, 町内の, 立って, 聳えて

▼ ず~ (8, 0.0%)

5 はゆる 3

▼ ずいささか~ (8, 0.0%)

1 でも, も疲れた, も触るれ, も身, も酔わない, 寂寞の, 煩わしくさえ, 離れた話

▼ ずいと~ (8, 0.0%)

1 うつくしく微笑みたれ, かすかに, はつらく, まを, 善く識, 寂くも往来の, 細き声, 逞ましき

▼ ずうっとうし~ (8, 0.0%)

5 ろの 2 ろに 1 ろで

▼ ずお金~ (8, 0.0%)

1 には買, の方, はなくなる, もなんとも, も借りた, をため, をだいじ, を融通

▼ ずかぎり~ (8, 0.0%)

3 なき日影 1 なき有形無形, なき私, なくある, なくならん, も無く

▼ ずかしく~ (8, 0.0%)

1 さびしくって, なった, なって, 思います, 思い出します, 思った, 思われます, 感じ孔

▼ ずけっして~ (8, 0.0%)

1 いらいらする, ご無礼, それに, 倦むこと, 城の, 旅行を, 犯罪の, 芝居へ

▼ ずこんど~ (8, 0.0%)

1 こそ天下わけ目, の伯母さん, の旅行中, はみさお役者, は敵, は虎之助, は足, は鎧

▼ ずさながら~ (8, 0.0%)

1 うつし絵と, 凱旋門上の, 同志小林の, 大きい棒パン, 寒潭, 汚れなき小, 荒れ果てた墓地, 路傍で

▼ ずすこし~ (8, 0.0%)

1 の渋滞, むずかしいと, も動かない, 前のめりに, 後へ, 早くおき, 赤茶気た, 身を

▼ ずすこぶる~ (8, 0.0%)

1 これを, 印象的な, 微温的な, 捕えがたい, 文芸的の, 無愛想である, 無造作に, 頑丈な

▼ ずずかずか~ (8, 0.0%)

2 上って 1 っと彼女, とはいっ, と入り込ん, と土左舟, と死骸, 言われる戸崎夫人

▼ ずずんずん~ (8, 0.0%)

1 たって, と引出す, 歩いて, 泳いだ, 筆を, 進んだ, 進んで, 部屋の

▼ ずそれどころか~ (8, 0.0%)

1 いつの間にか鞄, まだ五里, もう少しも, 全く誤った見, 反って, 寄りつかなくな, 討たでは, 適材ばかり

▼ ずそれ自身~ (8, 0.0%)

1 が劇, では論理的, において存在, によって明かであるであろう, によつて, に独立, の美し, は夫

▼ ずただし~ (8, 0.0%)

1 おんなの, アプレウスの, 一度人を, 三心四修など, 性大寒に, 旧慣に, 熱地には, 餓ゆる

▼ ずては~ (8, 0.0%)

2 大事を 1 かなは, 啼き止むまじとて, 悒き, 悒く, 抑えがたきかなしき, 曠代の

▼ ずてん~ (8, 0.0%)

1 がすんなり, じゃない, に出し抜かれ, はいた, 宿で, 芸者という, 芸者の, 芸者を

▼ ずとでも~ (8, 0.0%)

2 いうよう, いふやう 1 いうほど, 云ひたい, 云ふんで, 評せられさうな

▼ ずどういう~ (8, 0.0%)

2 ものか 1 わけと, 料簡か, 時に, 理由で, 素性の, 訳か

▼ ずなんて~ (8, 0.0%)

2 のは 1 えの, そんな野暮, たわごとを, 怒って, 種々様々, 落書が

▼ ずにでも~ (8, 0.0%)

1 すると, とにかく親切, なって, 一日ゴタゴタ, 往くが, 来るの, 絵は, 黙り込む人

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 お母さんは, どこに, どこ這ひで, ばつて, まあ煙草, もっともまあかかり, 二本痩せた, 又阿

▼ ずねを~ (8, 0.0%)

1 くいつかれたと, けとばした, まる出し, 出したり, 出して, 叩き折つて, 現わし, 蹴って

▼ ずはじめ~ (8, 0.0%)

1 から其處, から宿, から醒め, のうち, の細君, よりあまり, より真理, より自己

▼ ずほう~ (8, 0.0%)

4 と叫びました 1 と一息, と声, なしどけ, ばいの

▼ ずみだりに~ (8, 0.0%)

1 儒佛を, 兵を, 師を, 惡聲を, 死を, 血気の, 逸まった, 酒屋に

▼ ずむっつり~ (8, 0.0%)

4 して 1 し藪睨み, とした, と云う, 顔で

▼ ずむやみ~ (8, 0.0%)

2 やたらに 1 に価, に古書, に役人, に復讐, に有難く, に泣い

▼ ずもじもじ~ (8, 0.0%)

6 して 1 してたところ, と赫

▼ ずものの~ (8, 0.0%)

1 あっしが, バナナを, 与兵衛とかいう, 与兵衛とかいふ, 呑んだくれの, 声な, 拍子で, 見本で

▼ ずやむを得ず~ (8, 0.0%)

1 後退させる, 拙者に, 書いて, 熊の, 私は, 米友を, 素直に, 習練させられ

▼ ずよしや~ (8, 0.0%)

2 家督を 1 その由緒, また化粧, 些の, 犧牲者を, 知ったとて, 膝を

▼ ずわり~ (8, 0.0%)

1 して, にでもなっ, にもたれ, のまま, の娘たち, の膝, の足, をし

▼ ずステッキ~ (8, 0.0%)

2 をふり 1 の先, の握り, を持っ, を振つ, を携え, を突い

▼ ずポケット~ (8, 0.0%)

3 の中 1 から一枚, から巻煙草, にはまだ, へ手, へ捻じ込む

▼ ずーん~ (8, 0.0%)

1 ずー, として足, と大きい, と大きな, と気, と脳, と閉, と飛

▼ ずーッ~ (8, 0.0%)

1 とポタポタ, と不在, と並べた, と体, と奥, と数時間, と睨めまわした, と見通せます

▼ ず一々~ (8, 0.0%)

1 のお客, の人, の人物, の具体的事実, 応接する, 数へ, 書物を, 追究しなかつた

▼ ず一心に~ (8, 0.0%)

1 これが, なれた, なッ, バスを, 創作に, 喰へ, 筆を, 部落の

▼ ず一本~ (8, 0.0%)

1 の小, の椰子, の細い赤い, の綱, の菖蒲, の藁, の足, 切込むと

▼ ず一様~ (8, 0.0%)

1 にうつむい, に世界中, に当り, に後, に旦那様, に武者修行, に真, に表情

▼ ず一歩~ (8, 0.0%)

1 はいった, も引かない, も退かない, も進む, を急, 踏み込んで, 進んで, 進んでは

▼ ず一目散~ (8, 0.0%)

2 に逃げ出した 1 に裏山, に走り逃げ, に逃げうせ, に逃げだし, に飛びだし, に駈け出しました

▼ ず一見~ (8, 0.0%)

3 して 1 すべては, それとは, 坊さんの, 外傷の, 天来的破天荒的戦術と

▼ ず三日目~ (8, 0.0%)

1 か五日目, になっ, にはドバ, には四五人, に馬上, の夜, の朝, はとうとう

▼ ず両方~ (8, 0.0%)

1 から沙門, ともそれ, に大岩, の袂, の言い分, の長所, の頬, を含ん

▼ ず主君~ (8, 0.0%)

2 の申, 御自身 1 の二夫人, の楯, の領土, をかこみ

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 にし, にて初めて, に非, の動機, の弾, の柵, の鳥, 大政党

▼ ず二度三度~ (8, 0.0%)

2 の不思議 1 そんな狛犬, だ, と思い, の醜態, までも例, も

▼ ず~ (8, 0.0%)

3 ひに 1 の生活, の眼, の顔, ひの, も口

▼ ず京都~ (8, 0.0%)

1 の大きな, の天地, の如き, の山科, へは出られない, へ行く, へ降り, を明け渡す

▼ ず人心~ (8, 0.0%)

1 の安定, の本源, は統御, をかく, を動かした, を強く, を腐らせる, を解せざる

▼ ず以上~ (8, 0.0%)

1 に仰付けられ, のよう, の国名, の如き, の如く, の考察, は皇典論派, は自治論派

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 だ一字, だ太陽, だ自由党, だ自由黨, 其謂に, 少しく君, 遙に, 門に

▼ ず何とか~ (8, 0.0%)

2 して 1 いう人, これを, なって, 彼とか, 直接消費者に, 銭も

▼ ず余儀なく~ (8, 0.0%)

1 上海から, 寐返り, 席を, 手を, 旅行する, 旅費を, 生家に, 耳目に

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 かにお, かにぞっと, かに心付, かに開け, にふるい, に歩調, に真夏, の御

▼ ず信仰~ (8, 0.0%)

1 と希望, にはいる, には又, に入らずし, の上, の力, はそれ, を捨てず

▼ ず俳句~ (8, 0.0%)

1 では藤, ということ, といふ者, にはきわめて, には極めて, も下品, を作った, を本質的

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 に倚, に坐つ, に寄れ, の箱, へ夫, へ寄つ, へ片寄せた, 近くまで

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 は左 1 けられたこと, けられた表情, にはすべて関心, もつかず残っ, らしいもの, をひどく

▼ ず先刻~ (8, 0.0%)

2 から無言 1 から無礼, から紙帳, はとんだ, 御承知, 渡った吊橋, 遠侍

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 つた, つたが, ッて, 學志願者も, 宋の, 宋求法する, 監前幸徳傳次郎管野すがの, 要の

▼ ず共に~ (8, 0.0%)

1 これを, その毒, 之を, 是れ, 生涯の, 男子の, 眉を, 著しき衰頽

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 が妻, に休息, もせいぜい, も痩せ, を催し, を得る, を整え, 未だ強から

▼ ず兵馬~ (8, 0.0%)

1 からこんな, はこの, はなお, は二階, は痛切, もようやく, を拉し, を自分

▼ ず具体的~ (8, 0.0%)

2 な現実 1 な事実, な形, な結果, な革命的実践, にあの, の事実

▼ ず内心~ (8, 0.0%)

1 では互に, では坂田, では少し, の平衡, の秘密, の驚愕, は少々, 奥深く抱い

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 い壁, かなる, かな調子, かに行き過ぎし, かに頷い, たかつたが, で注い, ゆる日

▼ ず冷然~ (8, 0.0%)

2 と正義 1 としておしゃべり坊主, として一瞥, として客舎, として小杉卓二, と男, と答えた

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 はまた, も届かずです, をとっ, をひきつけ, を学ばん, を学び, を腰, 折れて

▼ ず~ (8, 0.0%)

7 もすれ 1 にあらず

▼ ず右手~ (8, 0.0%)

1 しびれて, の尺八, はポケット, は同じ, をあげ, をまっ, を差出した, を高く

▼ ず同情~ (8, 0.0%)

2 して 1 します, という能力, の乗合自動車, の念, の涙, を寄せ

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 にこの, に之, の名誉, の陣中, はひそか, へ戦い, へ震いかかっ, も救わず

▼ ず困難~ (8, 0.0%)

1 して, であったが, であるが, と危険, なこと, な現実, な生活, をしのい

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 よりその, より代議士, より和蘭, より天保, より明言, より歴, 過ぎたら牛乳, 過ぎて

▼ ず固く~ (8, 0.0%)

2 なりて, 一家を 1 なった, なって, なつたが, 結ばれたまま

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 を装 1 で出来た, に帰っ, の上, の下, や氷, を掘り

▼ ず地方~ (8, 0.0%)

2 の人民 1 でやっ, と時, に対する人口需要, に居る, の公共團體, の教会

▼ ず地獄~ (8, 0.0%)

2 の呵責 1 にも赴けるなり, の苛責, へ堕せ, へ赴いた, めぐりを, を愛し

▼ ず坐り~ (8, 0.0%)

2 もせず 1 もあえず, も果て, も果てざる, も遣らぬ, 通したさうだ, 通したそう

▼ ず執拗~ (8, 0.0%)

1 いですね, にその, にまでかれ, に具体的, に城塞, に誘ひ, に説い, に陳列

▼ ず多数~ (8, 0.0%)

2 の人 1 に分布, の個性, の婦人子供, の子供, の意見書, の日数

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 息吐い 1 ぃやづだ, さも, の声, 息と共に, 息を, 息吐く

▼ ず失笑~ (8, 0.0%)

4 した 1 し, したが, しながら, すること

▼ ず女子~ (8, 0.0%)

1 と共に雇主, においてもまた, の少い, の悋気, の方, の特得, も遅疑, を抱かせろ

▼ ず好い~ (8, 0.0%)

1 一種の, 報知を, 心持さうにニコニコし, 心持そうに, 感じの, 気もちだ, 気持で, 辻占とは

▼ ず如何にも~ (8, 0.0%)

2 して, 急しなく 1 大事そうに, 幽霊らしい, 無雜作, 見すぼらしかつ

▼ ず嫌い~ (8, 0.0%)

1 がきょう, だよ, で一度, で気, と言う, なん, な性質, もせず

▼ ず嬉し~ (8, 0.0%)

1 かつた, がって, さう, さうに笑声を, さに, そうな, そうに, 紛れに

▼ ず宇宙~ (8, 0.0%)

1 に文字どおり宙ぶらりん, の他, の存, の将来, の廻転, の意味, の気宇, は寛洪

▼ ず実行~ (8, 0.0%)

1 して, すべし生命, する, において如何, に於, の上, の権利, をもっ

▼ ず少年~ (8, 0.0%)

1 のぼく, の作品, の家, の思想, の眼, はお, はその, は噴き出した

▼ ず屋敷~ (8, 0.0%)

1 からは誰, から逃げ出し, と並ん, の内外, の聞え, へはこび込まれた, へ来, を逃げ出し

▼ ず屋根~ (8, 0.0%)

1 では雪, といはず, に茂った, の瓦, ばかりの大阪, も周囲, も柱, を痛める

▼ ず希望~ (8, 0.0%)

2 において自己 1 にもえ, も捨て, をかけ, をかけた, を実現, を抱い

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 こがれ果敢なみ 1 と少し, の心, の日以下, の道, の道歩み給ふさ, 燈明の

▼ ず平常~ (8, 0.0%)

1 でも肺, どおり出勤し, の大声, の足どり, よりは乗客, 勝家の, 慕う風, 見ない情景

▼ ず平民~ (8, 0.0%)

2 の為 1 に与える, の変化, の根性, の間, も亦, を士族

▼ ず広い~ (8, 0.0%)

1 ロシアを, 世間から, 参道は, 江戸の, 焼け跡の, 社会に, 面を, 食堂で

▼ ず弁信~ (8, 0.0%)

2 はいよいよ 1 が腰, というもの, の述べた, は一向, は長堤十里見通し, を招ずる

▼ ず当人~ (8, 0.0%)

1 が自覚, たる平家, にはまた, に腹, はいっぱし, は傍, は必然, は犯した

▼ ず從つて~ (8, 0.0%)

1 この事件, この理解, またこの, また我々, むしろ可能的自己性, 其の意義, 又單, 或は有り

▼ ず快活~ (8, 0.0%)

1 だ, でした併, なは, な可愛い, な性格, に, に働い, らしく笑って

▼ ず~ (8, 0.0%)

4 のため 1 に念, ひに, ほゆ, を入れ

▼ ず恐怖~ (8, 0.0%)

1 に加, のなか, の声, の念, の情, の真面目さ, はどこ, を知らない

▼ ず恐縮~ (8, 0.0%)

2 した 1 したが, したの, して, する, するに, に存ずる

▼ ず感じ~ (8, 0.0%)

2 のよい 1 こわす, ということ, のいい, の深い, もせず, 悪い

▼ ず我ら~ (8, 0.0%)

1 が前, の心, の思い得る, はこれ, は僭越, は貴殿, を捉え, を離間

▼ ず手拭~ (8, 0.0%)

2 で足 1 に包ん, の移香, はつけた, を畳ん, を米屋, を顔

▼ ず技術~ (8, 0.0%)

2 の本質, はこの 1 なの, は一面, は所謂経済関係, 乃至技術学

▼ ず教師~ (8, 0.0%)

1 が悪い, が生徒達, に近い, の動作, の務め, の苦心, は細君, をつかまえる

▼ ず文明~ (8, 0.0%)

1 になじまず, に促されたる, に進む, の今日, の利器, の極致, は彼, をきはめ

▼ ず文章~ (8, 0.0%)

2 も千古無窮 1 にし, にも巧み, に対しては寧ろ頗る, の末尾, の美し, も書けぬ

▼ ず日光~ (8, 0.0%)

1 お着手, のさす, の中, の奧, の朗らか, の融解力, も照らず, を見ざる

▼ ず日常~ (8, 0.0%)

1 の事物, の吾, の心, の狭苦しい, の生活, の自然, の色々, の言葉の

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 時代の 1 世界観が, 地の, 思想を, 砲兵営の, 藩主の, 表が

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 優等の 1 はかなく浅, よく看護, 寄区役所は, 平気に, 惜む様なり, 高級の

▼ ず朝廷~ (8, 0.0%)

1 が護良, に帰順, の大, の奉公人, の掌, の積弊, もまた, も裁決

▼ ず根本~ (8, 0.0%)

2 に於 1 から生物学的, が抜け, ではすべて, において享楽人, において極めて, の問題

▼ ず格子~ (8, 0.0%)

3 にがたりと音 2 のかげ 1 から降る, の止め釘, をしめ

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 です, の茶飲茶碗, まず心, み苦むと, をし, を奏, 来れども打, 無く復憂い無し

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 あるを 1 せずして, によりかからず, のない, の梢, は常に, も語らず

▼ ず殺害~ (8, 0.0%)

2 されて, され不束 1 されましょう, され如何にも, したもの, なされて

▼ ず比較的~ (8, 0.0%)

2 年少の 1 新鮮な, 法律思想に, 狹い, 短き歳月, 縁が, 近代について

▼ ず気の毒~ (8, 0.0%)

1 で源氏, ながらも深, なは, なもの, なよう, に思召, のよう, は依然として

▼ ず気味~ (8, 0.0%)

3 の悪い 2 のわるい 1 がわるい, がわるく, わるく凄く目

▼ ず永久~ (8, 0.0%)

1 にといふ決心, に両者, に亡びない, に平和, に心, に生きられる, に続く, に行方不明

▼ ず深き~ (8, 0.0%)

1 が爲, 事情も, 人生の, 子細あり, 思に, 濠, 眠に, 迷ひ

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 ともし頃, のない, は見えぬ, も僅か, を呼びたげな, を消し, を消した, を附け

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 り自由黨 1 りこの, り伯, り國道, り己, り支那, り笑

▼ ず生死~ (8, 0.0%)

2 の程 1 なくし, に処する, の消息, の迷心, をこえ, を知らず

▼ ず男女~ (8, 0.0%)

2 の差別 1 の問題, の性別, の数, の話, 生れて, 辛く神佛

▼ ず皮肉~ (8, 0.0%)

2 な調子 1 な嘲弄的, にも反っ, に出る, のつもり, を云, を知らず

▼ ず益々~ (8, 0.0%)

2 伯の 1 これが, 妾を, 広い社会生活, 日本の, 激しく戦, 遠離

▼ ず目的~ (8, 0.0%)

1 が手段, の, の女, の方向, はただ, を第, を迅速, を達し

▼ ず直義~ (8, 0.0%)

2 と師直 1 が, の小心, はやがて, は無性に, も思っ, をかつぐ

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 つ直ぐ 1 つ裸, であるから, にあらずし, に心から, の自由, 暗に代る

▼ ず真白~ (8, 0.0%)

1 なもの, なるラムプ, なるランプ, なシャツ, な腕, な足首, な雲, に日

▼ ず眺め~ (8, 0.0%)

1 まは, まわしつつ, 入らずには, 入りました, 暮したこと, 暮らす, 深いもの, 興じたであろう

▼ ず神妙~ (8, 0.0%)

1 だった, に, にし, にそして, に家, に寮, に登山, に聴い

▼ ず神尾~ (8, 0.0%)

1 がここ, が突っ, とお, にぶつかっ, の方, の殿様, の面上, もまた

▼ ず私自身~ (8, 0.0%)

1 にも分からなかった, にも分らなかった, の創作, の好み, の教育, の表現, は五, を納得

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 から這い出し, のあいた, の中, の前, の外, の奥, ばかり, を出でし

▼ ず空間~ (8, 0.0%)

1 であるという, に他, のエーテル, の何, は三次元, をば日常的概念, を填, を模索的

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 八は 1 一崇高化し, 八の, 吉は, 奉仕的だ, 知識的と, 粹に

▼ ず絶望~ (8, 0.0%)

1 からくる, し身, せず溌溂, の, のあまり米子, の呟き, の淵, より転化

▼ ず肝腎~ (8, 0.0%)

2 のお 1 なこと, な創造的精神, の新, の植木, の決定的実験, の灯

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 に信, のリズム, をと, をふんばっ, をバタ, をバツタ, を止め, を滑らす

▼ ず自分一人~ (8, 0.0%)

1 が脱した, だけの考, でやった, で勝手, で考, の持つてる, の秘密, の考え

▼ ず自然科学~ (8, 0.0%)

1 がそのもの, が基く, とは違っ, に於, のかの, の実験, はその, 乃至技術

▼ ず至って~ (8, 0.0%)

1 ありふれた人物, みな明るい, 丈夫である, 平和で, 性的欲求に, 義理堅いという, 謹直で, 閑散な

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 と胃の腑, の先, よく味わうべから, を出した, を巻い, を打つた, を鳴した, 舐ずり

▼ ず良い~ (8, 0.0%)

1 のである, ものを, レコードは, 友達で, 声だ, 歌劇だ, 結果を, 雑誌を

▼ ず苟も~ (8, 0.0%)

2 議員の 1 ファッショイ三ぴんの余党でない, 一個の, 共存共榮人類の, 弱者の, 生れ落ちるから, 美術として

▼ ず落胆~ (8, 0.0%)

2 せざるべし 1 したが, したの, しながら, せずには, の危機, もしなかった

▼ ず薄暗い~ (8, 0.0%)

21 ところへ, 中に, 奥の, 書斎に, 林の, 行燈の

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 の左右 1 でよそ, のカフェー, は静か, をぶらぶら, を廻っ, を往きつ

▼ ず表現~ (8, 0.0%)

1 しきれぬもの, したの, しても, し得た, すること, する力, なき, のよろこび

▼ ず警戒~ (8, 0.0%)

1 しつづけた, しろと, の心, の念, ばかりに終った, も解かれ, を嚴重, を續

▼ ず軽い~ (8, 0.0%)

1 お身装, 会釈を, 口笛が, 意味に, 朗らかな, 様で, 背広の, 遠島と

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 ふ御 1 はむ, ひ来るは, ひ詰め, ひ詰めて, へども現に, 越した北口

▼ ず遠慮~ (8, 0.0%)

2 を忘れ 1 するよう, ということ, のない, ぶかいなあ, をし, 深く口

▼ ず重い~ (8, 0.0%)

1 丸ぼうろの, 壺が, 家具類を, 気分に, 足を, 金づちをふりあげることもつらいとも思いませんでした, 頭を, 風呂敷包みなぞ

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 でも山, といわず, と云わず, に在, はくれせまる, も水, も見えず, を横ぎり家路

▼ ず~ (8, 0.0%)

1 のやう, のよう, の垣, の文鎮, の棒, の爆弾, の牙上下, の網目

▼ ず陰気~ (8, 0.0%)

1 だそう, で相当, なだけ, なようす, な唇, な心, な許, に思われた

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 を反らせ 1 と云わず, のまわり, の周囲, をすくめ, をも動かさず, を傳

▼ ず~ (8, 0.0%)

2 えて 1 えたいの, えたの, え顫, へあ, へた, へてゐました

▼ ず食堂~ (8, 0.0%)

1 でばかり暮しました, で和食, には山海, に居, のお客, の長, へ行っ, へ集合

▼ ず飽くまで~ (8, 0.0%)

1 お味方, これを, 両者の, 事件の, 副業に, 夫が, 生きんと, 銃を

▼ ず髪の毛~ (8, 0.0%)

1 が抜け, の中, までも切り取られ, をつかん, をもじゃもじゃ, を剃られた, を沢山, を馬鹿

▼ ずあくまでも~ (7, 0.0%)

1 それに, 女を, 日本滞在を, 狛犬の, 相対的の, 自分の, 金庫の

▼ ずあちこち~ (7, 0.0%)

1 と, と移り住んだ, と見, と野次馬, に咲い, の遊廓, ひねくって

▼ ずあつ~ (7, 0.0%)

31 たが, たくらゐである, たと, た其財産

▼ ずあんまり~ (7, 0.0%)

1 うるさく責めた, そらぞらしいもん, では, とんちんかんな, 感じすぎて, 疑ると, 薄情で

▼ ずいざ~ (7, 0.0%)

2 となる 1 あきらめて, というとき, 今行き, 行かなむ, 買うと

▼ ずいちいち~ (7, 0.0%)

1 信長の, 口喧しく吟味, 婦人たちに, 幕府老中を, 彼の, 言葉の, 重く御

▼ ずいっそ~ (7, 0.0%)

1 いつまでも, それより, のこと今夜, 嬉しそう, 日が, 死のうと, 笹子を

▼ ず~ (7, 0.0%)

3 やむや 1 でを, はづって失敗, まずたゆまず成し遂げた, まず自分

▼ ずうまい~ (7, 0.0%)

1 ですね, ものを, ツ, 汁を, 物は, 物を, 肉を

▼ ずうまく~ (7, 0.0%)

1 もぐりこんだ気, 倒れて, 新海を, 暗示した, 甘味と, 経営され, 青髪山への

▼ ずおなじ~ (7, 0.0%)

1 やうに, ような, ように, 思ひの, 恰好の, 気分で, 調子の

▼ ずおの~ (7, 0.0%)

2 づから 1 がいひたき, が手作り, が朗らか, が素性来歴, づから道

▼ ずお客~ (7, 0.0%)

1 だらうが, にも楽, のよう, の方, の耳, の鼻, や朋輩

▼ ずきちんと~ (7, 0.0%)

1 しうるため, して, すわって, 丈の, 坐って, 席に, 膝に

▼ ずきょう~ (7, 0.0%)

1 この頃, のお, の戦い, は不思議, までなお, まで愚図愚図, まで生き

▼ ずこうした~ (7, 0.0%)

1 一切の, 人間学が, 創意工夫の, 文学的形象は, 浪人輩は, 科学論, 稼業には

▼ ずこそ~ (7, 0.0%)

2 忍びいで, 會ひし 1 かき抱き, 物かげに, 申しけれ

▼ ずこっそり~ (7, 0.0%)

1 とこの, やって, 出発した, 家へ, 村医の, 行かれたあなた様, 袖口で

▼ ずさびしい~ (7, 0.0%)

3 気が 1 だろう, な, 思い出こうした, 氣が

▼ ずしん~ (7, 0.0%)

1 からにがり, ずしん, とした, として赤い, とする, と地ひびき, また腰

▼ ずすぐさま~ (7, 0.0%)

1 その招待, その無礼者, 別れて, 大勢集つてゐる, 恩地の, 立て直って, 自転車預り所と

▼ ずすり~ (7, 0.0%)

3 した 1 して, をし, をした, を始めた

▼ ずせいぜい~ (7, 0.0%)

1 がペソス, それらの, のところ, 二十分か, 二十幾人の, 名人気質どまりね, 社会教育的見地から

▼ ずそつ~ (7, 0.0%)

1 ちへ, とお辞儀, とそこ, と和泉屋, と横目, と玄関, と袖口

▼ ずてんで~ (7, 0.0%)

2 相手にも 1 前売が, 卒業の, 方角が, 私の, 見たこと

▼ ずというも~ (7, 0.0%)

1 およそこの, この懸隔, これ一つとして, その撰者, 世の, 世人の, 片落

▼ ずとんだ~ (7, 0.0%)

1 ぶちょうほうな口, ゆだ, インチキものだ, 失礼を, 失礼平に, 止めだ, 目に

▼ ずどれ~ (7, 0.0%)

2 も一本ごと 1 だけか書いた, でもみな固体, も初め, も大して, をかこう

▼ ずどんなに~ (7, 0.0%)

1 お隠し, 人の, 出来なくても, 明々白々な, 無味である, 笑ったり, 純情で

▼ ずなんとなく~ (7, 0.0%)

1 先頃から, 小気味が, 心細い気持, 気味悪く思いました, 滑稽な, 薄暗かった, 陽気な

▼ ずのんき~ (7, 0.0%)

1 な親方, に仕事, に安住, に暮そう, に構え込ん, に私たち, に遊び

▼ ずはや~ (7, 0.0%)

1 こちらを, 半年は, 幾月かを, 敵も, 法水は, 眠たげな, 間近に

▼ ずばらばら~ (7, 0.0%)

2 と遠藤 1 となっ, と撒きつづけ, と鳴り, にしやしなかったでしょう, になっ

▼ ずまで~ (7, 0.0%)

1 きめたの, 引めくった, 打沈みたり, 有ること, 混ぜて, 聞きたさ, 行房を

▼ ずみずから~ (7, 0.0%)

2 作りし法 1 の法的秩序, も解し果たさざる, を損, 定めし法, 認める過失

▼ ずもしくは~ (7, 0.0%)

1 どのよう, 文化価値を, 注意する, 消し得ないうち, 精神の, 誤解と, 長命し

▼ ずやう~ (7, 0.0%)

1 やくに, やくラシイヌ, やく声, やく年号, やく母親, やく浮世絵, やく涙

▼ ずよし~ (7, 0.0%)

1 この疾痊ゆ, またある, よしこの, ツと, 俺でも, 卿に, 嗅ぎつけられたとしても

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 ざわざこうしておねげえに来た, たらふ秋, ちきにも, つと手放し, づかの, づか一身, 屋

▼ ずわが国~ (7, 0.0%)

1 と隣, にも前, の人民, の実情, の映画界, の生徒, の裁判官

▼ ずアッ~ (7, 0.0%)

2 と声 1 と叫びました, と大きな, と言つて, と驚異, 万歳涙が

▼ ずガラッ~ (7, 0.0%)

3 八は 1 八と, 八の, 八も, 八流の

▼ ずクリストフ~ (7, 0.0%)

1 がいない, とオリヴィエ, と同じ, と同様, は元気, は我慢強く, へ接近

▼ ずグングン~ (7, 0.0%)

1 すすんで, その頭, と歩き出した, はいって, 前に, 女を, 泳ぎきって

▼ ずジッ~ (7, 0.0%)

1 とがまん, と切, と坐っ, と此方, と病的, と目, と見つめ

▼ ずジャーナリズム~ (7, 0.0%)

1 が純文学, に固有, はまた, は出版資本, は卑俗化, を支配, を産み

▼ ずダンテ~ (7, 0.0%)

1 がホラティウス, が讀み, の邪惡, は傳説, やミケランゼロ, をし, 或ひ

▼ ずニコニコ~ (7, 0.0%)

3 して 2 笑いながら 1 しながら, としてこともなげに

▼ ずハツ~ (7, 0.0%)

2 とした 1 として, として言葉, と平伏し, と息, と胸

▼ ずフランス~ (7, 0.0%)

1 からこれ, ではその, とフランス以外, にたいする偏見, には思い, に対しても極めて, のため

▼ ずベッド~ (7, 0.0%)

2 の上 1 にかけ, に入った, に寝そべっ, に顔, の中

▼ ず一体~ (7, 0.0%)

1 どんな取り留め, に俳句, に吾, に空気, に西方諸国, の霧雨, 品質厚く

▼ ず一刻~ (7, 0.0%)

2 も早く 1 の休み, もお, もはやく, も遅れる, を争っ

▼ ず一座~ (7, 0.0%)

3 の者 1 が福島, の気分, の興, の花形カルロ・ナイン嬢

▼ ず一身~ (7, 0.0%)

1 が秀子, つかれて, の上, の小, の汚名, を奉じつくし, を賭し

▼ ず一部~ (7, 0.0%)

1 にはなほ言文一致, に狂い, の人々, の妄誕, の将士, の者, の階級

▼ ず一面~ (7, 0.0%)

1 に刺される, に濛々, に皺, に真白, に縮らした, 極気さく, 疾く檄

▼ ず三度~ (7, 0.0%)

2 の物 1 その職, の食事, の食物, の飯, も眺め

▼ ず中途~ (7, 0.0%)

1 であくび, でやめ, で師匠, で退出, で遷化, にぶらさがっ, まで行く

▼ ず二本~ (7, 0.0%)

2 の手 1 の日本刀, の水松, の脚, の足, までも苦

▼ ず亭主~ (7, 0.0%)

2 に知られぬ 1 には殴られ, の七兵衞, の方, の眼, を上廻る

▼ ず人口~ (7, 0.0%)

1 が急速, が減少, と食物, はほとんど, は一七四五年以来, は絶えず, は著しく

▼ ず人格~ (7, 0.0%)

2 あるが 1 として我々, と人格, の差異, も, を敬する

▼ ず今に~ (7, 0.0%)

2 於て 1 いくらでも, これを, 古儀旧法, 於ても, 継続し

▼ ず今後~ (7, 0.0%)

1 この定められたる, ともお世話, に於, の思想界, は奮つて自ら新, も蝶ちゃん, 益々研究

▼ ず低く~ (7, 0.0%)

1 はあった, 呻いた, 唸りながら, 日常茶飯事を, 歌ひつ, 見ても, 飛ぶ小鳥

▼ ず何もかも~ (7, 0.0%)

1 おのれひとりで, がまどろん, ごちゃ, 着物で, 調和一点張りで, 運命の, 面白くなく

▼ ず何れ~ (7, 0.0%)

2 の時代 1 の圓, の日, も動き, も精采, 近き中父様

▼ ず何一つ~ (7, 0.0%)

1 せず, 勘弁し, 変った表情, 変つた, 恐れなかった, 現れない, 見えず燈火

▼ ず例外~ (7, 0.0%)

1 とみなすべき, なく唯物論, なく表面, なこの, なしに, のよう, をのぞいた

▼ ず価値~ (7, 0.0%)

1 ある芸術家, ある貨物, のある, の増加, は歴史, を相互, を知らず

▼ ず保存~ (7, 0.0%)

2 して 1 されたかも, されて, し保護, せられて, の年限

▼ ず信長~ (7, 0.0%)

1 が婿, の胸, は, はだまっ, は今切, へ訴えた, を客観

▼ ず俳優~ (7, 0.0%)

2 の演技 1 が舞台, たるの, といはず, の, や座付作者たち

▼ ず健康~ (7, 0.0%)

1 でした, と快足, なれば, な伝統, な鼾, のうち, も時々

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 さして朝顔, も差さず, をさし, をさした, をつぼめ, を受取っ, を投げ出す

▼ ず僕等~ (7, 0.0%)

1 が眺める, の散文, の東京, は僕等自身, は往来, も亦, を拘束

▼ ず先頃~ (7, 0.0%)

1 からそこ, からだんだん, からの不作法, から君江, の調停, は新蔵, 推して

▼ ず入口~ (7, 0.0%)

1 にちかい, にどかり, のところ, の扉, の方, へと近づき, へ引き返す

▼ ず入浴~ (7, 0.0%)

2 して 1 したが, する人, せずに, りに, を志した

▼ ず全て~ (7, 0.0%)

2 は常に 1 が巨勢博士, の時代, の札ビラ, の郡民, を殺し

▼ ず内容~ (7, 0.0%)

1 から云え, だけを相手, の空虚, は聞きとれなかった, も品性, を主, を俗

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 じい音を 1 じいことは, じい様子で, 動した, 婉な, 気を

▼ ず前後~ (7, 0.0%)

2 の事情 1 して, に一人, に目, のこと, の弁えなき

▼ ず医者~ (7, 0.0%)

1 が必要, ともつかぬ, にされる, にも診せない, に見せる, の忠告, の手

▼ ず半分~ (7, 0.0%)

2 開いて 1 とし, は嘘, は失業, は文字, も泥

▼ ず去年~ (7, 0.0%)

2 の夏 1 から今度, の春不縁, の暮, の正月初, は諸国

▼ ず古人~ (7, 0.0%)

1 がせっかく, が如何, と共に, のいう, の書, の用い来りし, は銀漢

▼ ず古今~ (7, 0.0%)

1 に偏, の俳句, の博物書中, の歎, を通じての大, を通じて浮世, 欺くべからざる

▼ ず可愛~ (7, 0.0%)

2 がって 1 がつて, さあまっ, しとても, ゆいと, ゆい娘

▼ ず同僚~ (7, 0.0%)

1 との話, にすら一語, に向っ, の国, の教授連, は戦死, も信じ合えず

▼ ず同様~ (7, 0.0%)

1 な笑い, にし, に悪気, に感じた, のこと, の感想, の輔佐役連

▼ ず吾が~ (7, 0.0%)

1 口を, 天に, 志決せり, 恋人は, 植民地は, 長人を, 鳴りの

▼ ず唯々~ (7, 0.0%)

3 と御 1 こころぼそく成ります, としてお, として曳い, と小室

▼ ず問題~ (7, 0.0%)

2 の没批判的拡大 1 が社会的, が自分, にしよう, の公会堂, を提出

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 にトルストイ翁, に一所, に手段, に普通, に氣, に發音, に部分的

▼ ず国家~ (7, 0.0%)

1 の危殆, の大, の大事, の法律, の為め, の秩序, または民族

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 臭い木綿 1 じみず梅林, つかず浄, にて歳, ばかりおちる, 附きまして

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 だけが黒ずむ, の中, の積, の間, を叩く, 臭い空気, 臭い粉煙草

▼ ず場所~ (7, 0.0%)

2 を択ばず 1 の悪い, は限らない, へ坐直し, も分らず, を選ばず

▼ ず外出~ (7, 0.0%)

1 すること, する場合, せなん, できないし, の折, の時, をする

▼ ず外国~ (7, 0.0%)

1 のアラインゲンガー, の人民, の商人, の大衆文芸, へ行く, を旅行, を歩く

▼ ず好奇心~ (7, 0.0%)

1 でじっと, でハチ, なんか全然, を以て見, を動かした, を募らせた, を湧かせた

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 といわず, に暗し, の使, もかけず, も印, を寫し, を解せざる

▼ ず安らか~ (7, 0.0%)

1 で気持ち, ないい, に下関, に日, に泣い, に眠っ, に眠つて

▼ ず官兵衛~ (7, 0.0%)

2 もまた 1 が着席, としても自己, の用意, の眼, はのっそり

▼ ず家族~ (7, 0.0%)

1 のすべて, の一員, の者, の者たち, はしゃべる, までもそれ, も許さない

▼ ず寂しい~ (7, 0.0%)

1 んでせう, 人間としての, 山の, 思いばかりを, 気が, 用だ, 音が

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 が必ずしも, が足る, と価値, に阿ねらず, の不, の渇想, を致す

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 さは 1 からしめた, さに, さの, の水, 戰せり

▼ ず寒い~ (7, 0.0%)

1 じゃありません, とも言わず, のである, 余談に, 夜風の, 程に, 風の

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 かし, たつきり, たふり, てゐる, ねたらむ, ねぬ隱者, 起きの

▼ ず小生~ (7, 0.0%)

1 が苦心, ただいま金, といえ, の受, は自ら許したる, も久しく, も亦

▼ ず尤も~ (7, 0.0%)

1 之は, 御慎み, 濃厚なる, 病院を, 突然と, 親鸞聖人も, 高等なる

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 さえ見れ, でも斜面, で次第に, のさま角, のよう, の中腹, の凹み

▼ ず平然~ (7, 0.0%)

2 とし 1 としていられた, としてやっ, として下級者, として今日, として前

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 ありしにも, ありしよ, か不幸, にし, に其主人, ひ伜, ひ時頼見定め

▼ ず幸い~ (7, 0.0%)

1 いま自分には, に命, に読者諸君, に諒, の折, 夏の, 私は

▼ ず幾多~ (7, 0.0%)

2 の荒寒凄 1 の不備, の不都合, の優れた, の専門的検査, の時

▼ ず床の間~ (7, 0.0%)

1 といわず, に上げ, の脇, の花立て, へ立てかけ, を後に, を背

▼ ず床几~ (7, 0.0%)

1 から立っ, にかかっ, にかかった, に煮売り, に腰, へかかる, を辷っ

▼ ず引っ~ (7, 0.0%)

1 くり返っ, こんで, さらって, 捩って, 籠ってばかり, 縛めろ, 縛られて

▼ ず張り~ (7, 0.0%)

1 たおした, でゴム風船, の小さい, の植木屋, の水茶屋, の茶店, 満つる力極み

▼ ず当の~ (7, 0.0%)

2 青年は 1 奥さんなかなか, 日蓮上人が, 自分たちまでが, 花子夫人に, 責任者の

▼ ず役所~ (7, 0.0%)

1 からあらゆる, が潰れ, にはつとめ, にも送られず, の事務室, の許し, へ勤め

▼ ず後で~ (7, 0.0%)

1 あれを, どんなこと, の悔い, 炊事担当も, 炊事擔當も, 聞こうと, 述べるよう

▼ ず後者~ (7, 0.0%)

1 であるの, においては神, の場合, は急, は服従性, は碧梧桐これ, は適当

▼ ず心から~ (7, 0.0%)

1 われわれの, 彼の, 悲しきこと, 押しいただいて, 民に, 自己の, 藩家の

▼ ず恐れ~ (7, 0.0%)

2 をなし 1 でも悲しみ, もしない, を抱いた, 多くも, 悩めり

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 かしさ 1 かしめられず, かしめる, しめて, も知らない, を知っ

▼ ず感謝~ (7, 0.0%)

2 した 1 された, しなければ, のこころ, の念, の涙

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 から焼き芋, にも背, に入れる, に収め, へ入れ, より懐, をさぐる

▼ ず拙者~ (7, 0.0%)

1 などは士分以外, ならびに同行, の控える, の顔, の首, は何処, も本日

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 が腹, でぱっと, で撥, の先, をぽき, を切る, を立て

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 ふ可 1 うる影, へ得, まえられるだろう, まへられるだらう, まへる

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 をし 1 が次第に, とわかっ, ばかりし, わぬ, を蒙つた

▼ ず散歩~ (7, 0.0%)

2 に酒席 1 したくなったから, したの, する, に出, もできず

▼ ず斯ん~ (7, 0.0%)

2 なこと 1 なトボケ, な嬉しい, な穩, な草深い, な調子

▼ ず新た~ (7, 0.0%)

1 な工夫創意, な面影, な革命的内容, に切り添えられた, に支那中心説, に法学, に移った

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 へなり 1 にか忍ん, に向い, の屋敷, へか姿, より艶書

▼ ず早々~ (7, 0.0%)

3 其筋の 1 に引揚ぐ, 蚊帳の, 逃げ出して, 途上において

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 かに口, かに道破, に意識, に認むるところなれども, 亡び清, 放した窓, 暮れを

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 も別 1 という星, のよう, の光り, の別, の空

▼ ず晩年~ (7, 0.0%)

1 になっ, にはあの, にはあまり, の作, の精力, の門人, は専ら

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 て之, て原敬氏 1 て一般, て君, て自分

▼ ず本来~ (7, 0.0%)

1 そんなにこの, のまたは, の一行五人, の技術, はこの, はすべて浦人, は本

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 の枝 1 の梢, の空洞, の葉かげ, も見ず, や古梅

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 の葉 1 と笠, の下, の句俚語, の葉末, を相手

▼ ず権力~ (7, 0.0%)

1 だけでも捗らない, と商業主義, にも守られず, にも恐れず, の積畳, の遂行, を還した

▼ ず正しく~ (7, 0.0%)

2 ましけり 1 地に, 導き出されるだろうと, 所念述ぶとせ, 暮す者, 神事であった

▼ ず毫も~ (7, 0.0%)

2 名古屋人の 1 それらしい, 小生の, 心に, 精神の, 芸人的

▼ ず永い~ (7, 0.0%)

1 ことそんな, 年代に, 心持が, 時間を, 月日を, 間一度は, 間議論を

▼ ず永く~ (7, 0.0%)

1 世の, 保存せられる, 朋友の, 此の世に, 武州金澤の, 独身で, 西欧の

▼ ず況して~ (7, 0.0%)

1 この秋, それを, や勘藏, 其一方を, 凡愚の, 我恋人の, 解き得ない

▼ ず流れ~ (7, 0.0%)

2 流れて 1 には板橋いくつ, へ飛び込み田畑, もせず, を下る, を泝

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 にし, も掻かず, をかぶつ, をなめ, を市, を衢, を被った

▼ ず烈しい~ (7, 0.0%)

1 ものだった, 好奇心に, 猛断, 秋の, 言葉すら, 鞭の, 風雪中に

▼ ず煩悶~ (7, 0.0%)

3 して 1 いたしました, した, し不安, の余り精神

▼ ず物質~ (7, 0.0%)

1 ということ, に余裕, の変遷, の弁証法性, の最小部分, の概念, を水

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 だから, として自分, と名づけ, の汗, の緒, の肌, もきず

▼ ず甚しき~ (7, 0.0%)

2 に至り 1 に至っ, はある, は婦人, は子, は自家集中

▼ ず生徒~ (7, 0.0%)

1 とは親, に不平, のため, もいわず, も問はず, をつかまえ, を喜ばせよう

▼ ず画家~ (7, 0.0%)

2 としての蕪村 1 が一個, であれ彫刻師, にし, の日常生活, はあまり

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 というもの, にかかっ, の床, もあり, も死, を養, を養えるなりき

▼ ず発表~ (7, 0.0%)

2 して 1 された論文, します, し得なかつたし, し難き, にはならない

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 にあらず 1 がねのこの, ならず恰も, の小袖, の弥四郎頭巾, は誰

▼ ず盛ん~ (7, 0.0%)

2 にわが 1 な文化創造, な食欲, に付物, に討論, に飲み給え

▼ ず目科~ (7, 0.0%)

1 の巧み, の腕, は其鍵, は又, も之, も此上, も頓

▼ ず知つて~ (7, 0.0%)

2 ゐる 1 ゐて, ゐますよ, 居るが, 居るけれども, 居るだらうな

▼ ず私達~ (7, 0.0%)

1 が困っ, の子, の新, は大胆, は始終, は時, は熱海

▼ ず突き~ (7, 0.0%)

1 すすんで, にか, もせず, 倒し襟髪, 損じて, 殺しはじめたこと, 辷ッ

▼ ず~ (7, 0.0%)

7 之助

▼ ず精神的~ (7, 0.0%)

2 の各 1 ということ, には必ず, に結合, の片, 諸観念

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 に背く, を履, 一五〇〇万キロメートル以内の, 一尺角厚, 一年許り, 一月ほど, 二段といふ

▼ ず約束~ (7, 0.0%)

1 が守れない, して, なの, に依, の昨日, を守っ, を履行

▼ ず細君~ (7, 0.0%)

2 と子供 1 にもしよう, に語り聞かす, はのみこめない, も留守, を手伝っ

▼ ず紹介~ (7, 0.0%)

2 して 1 されて, するからと, する事, せられて, をもらつ

▼ ず終り~ (7, 0.0%)

1 にはとうとう, に急, に近づき, まで伸子, まで弾かせ, まで読ん, を全う

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 じて, ての外國人, ての文學, てを事實, てを義母, て既往十餘年間, て統合的

▼ ず背後~ (7, 0.0%)

1 から一生懸命力, に人, に声, の丘, の大次郎, の方, の棚

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 いた眼, が褪せなかった, だちたり, で仇, なしかし, なるもの, に美しい

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 さと 1 やかに, 主人を, 又過っ, 樣の, 黨の

▼ ず苦労~ (7, 0.0%)

1 が伴った, した彼, に苦労, のし, の末, をする, を一つ

▼ ず苦痛~ (7, 0.0%)

1 であった, と悲哀, の底, の署名, の間, を忍び, 少しく息む

▼ ず草鞋~ (7, 0.0%)

1 で踏まれる, ばき, も代り, をぬぎました, を上げ, を取った, を脱いた

▼ ず落葉~ (7, 0.0%)

2 せず透かず薄れずただ上 1 なども払わず, の中, を捲き上げる, を枕, 掃く

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 にもあらず, に近づき来り, の如く, の滝, の髪, は目, 恨んで

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 たれた様子, と後向き, と抱い, と横町, と立っ, と立つ, るを

▼ ず親戚~ (7, 0.0%)

2 にてはもとより 1 なる某, のあちこち, の勧め, の親戚, へお

▼ ず觸ら~ (7, 0.0%)

5 ずの 2 ずに

▼ ず説明~ (7, 0.0%)

1 した, した上, にも堕せず, もすれ, もできず, をする, を始めた

▼ ず読書~ (7, 0.0%)

1 して, と書き, のうち, の分量, はし, もせず, もひとり

▼ ず諸君~ (7, 0.0%)

1 がうらやましく, が原子核, の好奇心, の愛顧, の青春, は依然として, を見知ってる

▼ ず議論~ (7, 0.0%)

1 すること, は多し, は激しかっ, もできず, をなす, を朝, 愈高く

▼ ず~ (7, 0.0%)

2 賤貧富を 1 嬢が, 嬢を, 官の, 賤貧富に, 辺が

▼ ず買い~ (7, 0.0%)

2 のトルーソフ, の佐渡幸 1 が寄りつけない, の手, の欲心

▼ ず赤く~ (7, 0.0%)

2 濁る月 1 なって, なつた, なり彼, 染めて, 熱が

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 から跡, の変化, の始末, をくらまし, を見送り, を追いかける, 追掛け我が

▼ ず躊躇~ (7, 0.0%)

3 して 1 したが, したり, しながら, し躊躇

▼ ず農民~ (7, 0.0%)

1 ではなかっ, とも見えぬ, の地位, の媚び仕へる, の意識的, は忍耐づよい増産, は農民自身

▼ ず迷信~ (7, 0.0%)

1 が付帯, じみた考え, に至っ, に適する, は次第に, よりならず, を伝え広げる

▼ ず迷惑~ (7, 0.0%)

1 した, であった, は申す, らしい樣子, をかけた, をした, を及ばせなかつたなら

▼ ず退屈~ (7, 0.0%)

2 せしめて 1 しきって, して, でたまらない, で困った, まぎれに

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 に他, に來らん, に筆, に過, やけく返し給, 刻打ち首に, 戦速決で

▼ ず進退~ (7, 0.0%)

2 きわまって 1 にも事, に統一, 両難, 谷まって, 谷まりまして

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 すぎず熱しすぎず冷淡, の山川, まきに, まはり, 州屋に, 空の, 行せず

▼ ず重大~ (7, 0.0%)

1 であるという, なこと, な事, な事件, な役目, な社交, な要素

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 がない, が掛かっ, は常に, もおろされない, もて閉す, も外側, を持っ

▼ ず長崎~ (7, 0.0%)

1 で生れね, にお, に生れた, の方, へゆく, へ着い, 御番

▼ ず電気~ (7, 0.0%)

2 の作用, の大将 1 にでも触れた, の下, をつける

▼ ず電燈~ (7, 0.0%)

2 も点かず 1 から豆電燈, にてらされ, の明るい, もない, をあかあか

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 がしたたる, さえも落ちる, の竹藪, はす, はな, われ出ざる, 蹴散らして

▼ ず~ (7, 0.0%)

7 ふに

▼ ず駕籠~ (7, 0.0%)

1 で此處, にうち, にゆられ, のもっ, の上, の客, の棒鼻

▼ ず~ (7, 0.0%)

1 からさき一里余, の宿屋, の寺, の高原, まで下り, まで逃げのびた, を縫う

▼ ずあえて~ (6, 0.0%)

1 この筆, これを, またいいわけ, バク談投下を, 先の, 警告に

▼ ずあっと~ (6, 0.0%)

2 叫んだ 1 でかかる息, 叫んだそう, 愕き, 驚かされて

▼ ずあら~ (6, 0.0%)

1 が見える, けずりの, はれず證, む, むゆたに榜ぎつつ, 垣や

▼ ずありのまま~ (6, 0.0%)

2 を言っ 1 のおのれ, の事情, を申し立てた, 復命した

▼ ずいか~ (6, 0.0%)

2 なれば 1 な寒空, むとなれば予は, ような, 成人の

▼ ずいたずら~ (6, 0.0%)

1 なる情人, に年, に烈しい, に自ら労苦す, に行き暮れ, に長談義

▼ ずいったい~ (6, 0.0%)

1 が加茂家, が大名, どちらへ, 女は, 如何なる思し, 私は

▼ ずいつか~ (6, 0.0%)

1 は, はその, また葛木, 又自分, 書きたいと, 逢えるであろう位

▼ ずいまだ~ (6, 0.0%)

1 ここまでは, にかわききらぬ, 平和に, 情けの, 手の, 文学的批判の

▼ ずええ~ (6, 0.0%)

1 お願いします, その次, その際, と貢租, ままよ, もうこの

▼ ずおどおど~ (6, 0.0%)

2 して 1 しながら, とし, と何物, と後

▼ ずお母さん~ (6, 0.0%)

1 がおっしゃっ, と, の部屋, はやはり, は返事, も亡くなつ

▼ ずお茶~ (6, 0.0%)

1 が全盛, っぴき, とサンドウィッチ腹, を啜, を持っ, を飲まし

▼ ずかい~ (6, 0.0%)

1 たる証拠, だと, であったの, の評判, を貯め, 御褒美

▼ ずかすか~ (6, 0.0%)

2 に現に 1 に呻い, に赧らめ, に顫, に鼾

▼ ずかなしい~ (6, 0.0%)

3 気が 1 やうな, ような, 氣が

▼ ずかも~ (6, 0.0%)

6 あらむ

▼ ずがっかり~ (6, 0.0%)

3 して 2 しながら 1 した容子

▼ ずげに~ (6, 0.0%)

1 ただ一夜, ふびんなる, 夏の, 己が, 平家の, 想ひ

▼ ずこから~ (6, 0.0%)

3 ともなく 1 かウォー, か異人, 身を

▼ ずこま~ (6, 0.0%)

1 でもおん供, でもお供, でもこの, でも夫婦, でも追って, で越した

▼ ずこんなに~ (6, 0.0%)

1 まで良人, 我慢し, 真直わが, 私が, 羨しが, 遠慮深い

▼ ずごく~ (6, 0.0%)

1 あたりまえに, 少數者, 平易な, 細民の, 胸開の, 落ちついた内省的

▼ ずさかん~ (6, 0.0%)

1 な夜宮角力, な火煙, な食欲, に火, に行われ, に飛込ん

▼ ずさぞ~ (6, 0.0%)

1 まっくら, 不自由な, 二人が, 困却し, 困惑し, 無念じゃったろう

▼ ずさっと~ (6, 0.0%)

1 来た道, 氷の, 流れて, 耳の, 踵を, 降出したのに

▼ ずさらば~ (6, 0.0%)

2 石之 1 といっ, とて俗物, とのたまう, 自分の

▼ ずしも~ (6, 0.0%)

2 朝顔夕顔おのづか 1 あらず, あらず大殿, あらず山, なし

▼ ずそこら~ (6, 0.0%)

1 にじろじろ, に遊び, のもの片っ端, をさまよい歩いた, をぶらつい, を打ちまし

▼ ずそちら~ (6, 0.0%)

1 からもチト何, にある, に大, のだんな, へは殆, をふり向いた

▼ ずそのうち~ (6, 0.0%)

1 また一局, 幸ひ, 彼らは, 祖母さんの, 貴島自身が, 馬首を

▼ ずそれ以上~ (6, 0.0%)

1 たずねること, に各, のこと, の何物, は何, 深く考慮

▼ ずぞっと~ (6, 0.0%)

2 した 1 したと, して, 身震いが, 震いつつ

▼ ずたいへん~ (6, 0.0%)

1 がんばって, な感激, 不器用である, 忍耐強い, 見苦しい字, 難儀した

▼ ずたま~ (6, 0.0%)

1 につけ, には好き, には涙ぐん, に出, に帰っ, に通った

▼ ずたまに~ (6, 0.0%)

1 こういう夢, 午過, 帰つても, 話相手に, 通つたのは, 駈る自動車

▼ ずちよ~ (6, 0.0%)

1 つとで, つとや, つと後ずさりした, つと社, つと笑顏, つと見かけない

▼ ずっぽ~ (6, 0.0%)

1 だった, で人, に出かけ, の掘り, を言っ, 返事も

▼ ずつかつか~ (6, 0.0%)

1 と傍, と奥, と海際, と車, 庭には, 廊下へ

▼ ずでは~ (6, 0.0%)

1 しかと申しつけた, どう暮し, どう返事, なくて, 有るの, 軍の

▼ ずでん~ (6, 0.0%)

2 と倒れた 1 とおさまっ, と仰向け, と前, と見事

▼ ずどうぞ~ (6, 0.0%)

1 お見のがし下さいませ, して, と云う, 安心し, 私の, 筒井を

▼ ずどっち~ (6, 0.0%)

2 かという, かといえ 1 もどう, も宿

▼ ずながらも~ (6, 0.0%)

1 この理想, これが, これに, 尽して, 自分は, 致します

▼ ずなり~ (6, 0.0%)

2 まさむ 1 ぬる時, ぬる里人, 申した, 行きし時

▼ ずなるほど~ (6, 0.0%)

1 そういうもの, まったくわずかばかりの, 勤務中にも, 眠りは, 羽柴どのは, 表面に

▼ ずにの~ (6, 0.0%)

1 あんたも, そりと, た打ち廻ります, ぼつて, んだ, 意

▼ ずにやりと~ (6, 0.0%)

1 したと, もせず, 笑った, 笑ったり, 笑った時, 笑ひ

▼ ずによって~ (6, 0.0%)

1 いろいろな, である, 戦ったの, 自動車が, 遠く迂回, 鄭重に

▼ ずはつ~ (6, 0.0%)

4 とした 1 として窓, として顏

▼ ずはなはだしき~ (6, 0.0%)

1 は, はこれ, は弱冠, は心, は旦那, は自身

▼ ずひろく~ (6, 0.0%)

1 一般に, 全世界, 唇を, 多様に, 文化に, 油渡世の

▼ ずふだん~ (6, 0.0%)

1 なら面会, のまま, はその, は似顔, より余計瞬き, 使ってるアドルム

▼ ずぶらぶら~ (6, 0.0%)

3 して 1 と外, 海の, 遊んで

▼ ずほんとに~ (6, 0.0%)

1 ま, 何う, 声を, 天罰は, 彼ら武家が, 笑って

▼ ずみな~ (6, 0.0%)

1 あるいは外国, のでした, の気, ゆだんしきッ, 振り向いた, 生きて

▼ ずむば彼~ (6, 0.0%)

4 れを 2 は妄り

▼ ずやさしく~ (6, 0.0%)

1 いたわって, いって, たずねたの, よう宥って, 使って, 微笑んだ

▼ ずわたしたち~ (6, 0.0%)

1 が女, の一家, の文学, はその, は仕事, は出発

▼ ずアツ~ (6, 0.0%)

2 と驚いた 1 と叫ん, と声, と思つて, と聲

▼ ずゴーリキイ~ (6, 0.0%)

2 の全 1 の健康, の発展, はその後汽船, は机

▼ ずドア~ (6, 0.0%)

1 に鍵, の外, の方, の柱, をあける, を押し

▼ ずドイツ~ (6, 0.0%)

1 から来, ではまた, のもの, のパイロット, の本, の歴史

▼ ずハッキリ~ (6, 0.0%)

1 した流れ, して, しないもの, と, と白い, 分る差

▼ ず一つ一つ~ (6, 0.0%)

1 その犠牲, に取, に取たて, の作, の衣料, ひろって

▼ ず一人前~ (6, 0.0%)

1 になっ, になれ, の人間, の男, の税金, は一反

▼ ず一夜~ (6, 0.0%)

1 のうち, のおん宿, の契り, の幸, を眠っ, 眠らず灸

▼ ず一心不乱~ (6, 0.0%)

1 に動かす, に弟弟子たち, に立て籠った, に繰返し, に茲処, に見つめ

▼ ず一斉~ (6, 0.0%)

1 に同じ, に地上, に棍棒, に歓声, に笠, に絶えず

▼ ず一段~ (6, 0.0%)

4 はなやいで 1 の活気, の活氣

▼ ず一途~ (6, 0.0%)

1 に彼, に後難, に思いつめ, に私, に鶴雄, に1

▼ ず三之助~ (6, 0.0%)

2 に渡し, に聞かする, の死骸

▼ ず三日~ (6, 0.0%)

1 で家, に一度, の後殿, は羊, ばかりすっかり, ほどま

▼ ず下駄~ (6, 0.0%)

1 で蹴とばし, はいつも, も穿かず, をつっかけ, をはこう, 穿きに

▼ ず不審~ (6, 0.0%)

1 にも煙, に思い, に思う, に思った, をいだいた, を抱かれるです

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 その姿, は利, は我子, は此, は身命, や圓朝氏

▼ ず両人~ (6, 0.0%)

1 で腕, とも照れくさく, は現場, は目, も困るなるべし, を鶏冠山

▼ ず~ (6, 0.0%)

21 うして, しからずして, しからぬ内, にし

▼ ず乞食~ (6, 0.0%)

1 からお, からお釣錢, とまで零落, にされる, のくせ, のよう

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 れし心, れず光風霽月, れた髮, れて, れ次第, れ落

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 とばかり西洋医, とも変らず, と流盻, の心, も生, も面白く

▼ ず人形~ (6, 0.0%)

3 のよう 1 にも仕組まれず, も動かし, を持っ

▼ ず人目~ (6, 0.0%)

1 につかぬ, ばかりに鉄砲, もない, も見なけれ, を惹く, 醜きこと

▼ ず人通り~ (6, 0.0%)

2 もなく 1 の少い, はいつも, はちらほら, もまた

▼ ず今にも~ (6, 0.0%)

2 自分が 1 くさめ, この船, なぐり合いが, 追手が

▼ ず仏教~ (6, 0.0%)

1 にてもヤソ教, に敵対, の修法, の勉強, の諸宗, を以て民族

▼ ず仲間~ (6, 0.0%)

2 で立てられ 1 からは笑われました, に絞らせた, のうち, のもの

▼ ず会社~ (6, 0.0%)

2 へも出ず 1 からはわずか, の内幕, の重役, は村長

▼ ず但し~ (6, 0.0%)

1 これについては, その位置, は法則, 画嚢の, 私に, 章程を

▼ ず何ごと~ (6, 0.0%)

2 にも起り得る 1 かがひとりでに, も手, も神, をも頓着

▼ ず何時も~ (6, 0.0%)

1 その儘, よりはだいぶ, スカートを, 心の, 物置か, 身の

▼ ず例へば~ (6, 0.0%)

2 其性情必らずしも 1 その, 夢の, 理化学研究所式の, 福地桜痴居士は

▼ ず便所~ (6, 0.0%)

1 といわず, に往く, に行きたい, へ何度, へ行く, へ行っ

▼ ず個々~ (6, 0.0%)

1 の事象, の事象自身, の位置, の作品, の立場, の誤り

▼ ず優しい~ (6, 0.0%)

2 声で 1 口くらゐ, 慰めの, 詞も, 返事を

▼ ず元来~ (6, 0.0%)

1 が寂光院事件, が越中, た道, は何もの, 支那の, 私は

▼ ず公然~ (6, 0.0%)

1 と手紙, と面, にする, の秘密, 戦衣を, 書面を

▼ ず内部~ (6, 0.0%)

2 の分裂 1 から開いた, に様々, へ入っ, へ内部

▼ ず再三~ (6, 0.0%)

1 に及びたれ, 再四家, 小樽新聞に, 市当局に, 聞き直し候上, 離婚せよ

▼ ず出入り~ (6, 0.0%)

2 して 1 にも危険, の魚屋, をされまし, をし

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 ある争い, で行かず, にあらず, のため, を共に, 獲のみ

▼ ず割合~ (6, 0.0%)

1 につまりませんでした, に多く, に手先, ましな, 円滑に, 広い座敷

▼ ず労働~ (6, 0.0%)

1 と忍耐, に慣れ, のよう, の節約, の過程, 及び利殖

▼ ず勇気~ (6, 0.0%)

1 の凜, は粗暴, への刺戟, もなけれ, をもっ, を振い起し

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 なれば 1 して, に乘, は一代, は小栗

▼ ず勢い~ (6, 0.0%)

1 ここに, こんで, で刀, で大きな, にて, の暴れン坊

▼ ず千鶴子~ (6, 0.0%)

1 から云い出した, と別れ, に渡す, の手紙, の降り, はいつも

▼ ず叔父~ (6, 0.0%)

1 の信任, の半, の思い通り, の言, の言葉, はわけ

▼ ず古代~ (6, 0.0%)

2 に於 1 では印度, と近代, にも仁徳天皇, の文学

▼ ず古風~ (6, 0.0%)

1 な人, な低い, な燭台, な行燈, な黒い, を存

▼ ず只管~ (6, 0.0%)

1 にあせり続けた, にこの, に日常生活, に没落, に考, に自分

▼ ず吉野~ (6, 0.0%)

1 に凭, に凭掛, の奥, の御所, はただ, も強く

▼ ず呆然~ (6, 0.0%)

1 たる彼, としてその, として彼等, として立ち, として立ちつくし, として立ち上っ

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 の鳴る, は, もかわかず, をゴックリ, を乾かし, を鳴らす

▼ ず喧嘩~ (6, 0.0%)

2 して 1 した, するの, だってやった, をし

▼ ず嘆息~ (6, 0.0%)

1 した, するやう, せざるを, になっ, をし, を洩した

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 でなくじっさい, どころか聞きし, になつたの, をつい, をついた, を云わず

▼ ず嘲笑~ (6, 0.0%)

1 すべきもの, するとも, に充ち, の色, ふやう, を口辺

▼ ず固い~ (6, 0.0%)

2 が評判 1 口調で, 墨の, 自信を以て, 表情の

▼ ず固唾~ (6, 0.0%)

3 を呑みました 1 をのみました, を呑む, を呑ん

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 も躑躅 1 の表面, は薄ら寒く, は非常, を登っ

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 と共に討死, のよう, の三方, の中, へ伴い還り飲まし, をほとんど

▼ ず場合~ (6, 0.0%)

2 による 1 によっては全く, によっては帝, によっては非常ラッパ, を問わず

▼ ず夕方~ (6, 0.0%)

1 から日本橋, といわず, になる, は日, 御きかん, 迄か

▼ ず外套~ (6, 0.0%)

2 も着 1 が欲しい, の上, の襟, や背広

▼ ず大人~ (6, 0.0%)

1 が筵, なら軽罪, になっ, にも主観, に助けられ, の世界

▼ ず大胆~ (6, 0.0%)

1 な言いぶり, にはきはき, にも今, にも官金, に言う, に踏み込ん

▼ ず大衆~ (6, 0.0%)

2 の趣味 1 がみずから, に至る, も亦, を永久

▼ ず大門~ (6, 0.0%)

3 から水道尻 1 に赤, の方, の砂

▼ ず天気~ (6, 0.0%)

1 がいい, が不順, のあしき, のこと, は可, は思わしくない

▼ ず夫婦~ (6, 0.0%)

1 が毎日供養, だけで店, にまでなった, のあいだ, の服装, の間

▼ ず失敗~ (6, 0.0%)

1 があつ, が当然, して, に帰しました, の歴史, をも理想

▼ ず奈良~ (6, 0.0%)

4 の都 1 の遷都, を吹く

▼ ず奥様~ (6, 0.0%)

1 が初瀬, との睦まじ, と云え, はお, はまったく, を見習う

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 くこれ, く伝説, く男女同権, く立てるなりけり, とは仲, の手紙

▼ ず孤独~ (6, 0.0%)

1 でいずれ, でかしこまっ, な境遇, な放浪, に暮し, を恐れず

▼ ず~ (6, 0.0%)

3 のうち 1 に逢い, の程幾度, を越す

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 とした 1 として戦わざる, として音, となっ, りした室内

▼ ず富士~ (6, 0.0%)

1 が仰がれた, のお山, の中腹, の室, の雪, も見え出す

▼ ず寝台~ (6, 0.0%)

3 の上 1 のすぐ, の取れなかった, を降り

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 にこもる, に戸籍, の縁, はいよいよ, へ附届, 廻らねば

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 さに, た又, は五指, 又百合, 悲憤慷慨の, 頼は

▼ ず尊敬~ (6, 0.0%)

1 さえした, されたの, されて, して, のま, の気持

▼ ず小さく~ (6, 0.0%)

2 かたまって 1 しきられた感じ, そそたる実, なって, 作った草履

▼ ず小僧~ (6, 0.0%)

1 が人柱, が後で, が求めた, の寅松, の角太郎, の龜吉

▼ ず少々~ (6, 0.0%)

1 元金を, 埃つ, 物足らぬ, 窮屈で, 聞込みし事, 迷った

▼ ず山野~ (6, 0.0%)

2 に出で 1 といわず, の毒草, の番地, を浅草

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 つ引 1 との関係, の華車, を目掛け, を見ず

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 から十間, にはあらゆる, に立っ, の柳, の砂, も路

▼ ず工場~ (6, 0.0%)

1 がひたすら, でよく, にも通, の内部, の方, へつとめ

▼ ず工夫~ (6, 0.0%)

2 に工夫 1 しました今日, もせず, 致しある, 錬り練り刀

▼ ず左膳~ (6, 0.0%)

1 のほう, はあの, はいつから, はもう, は源十郎, は用心深く

▼ ず巧み~ (6, 0.0%)

1 なるは, なる事ラフハエル, な方法, にあしらっ, にこれ, に法

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 が弟子, に負かず, の前, を率い, 無きに, 空しく還る

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 に取, に沈湎, は料理, まで運ばれ, を外す, を立とう

▼ ず常識~ (6, 0.0%)

2 に近づく 1 が, で否定, による実際, の発達

▼ ず幽か~ (6, 0.0%)

1 にフリュウト, に唸る, に啼け, に横, に笑っ, に鳴く

▼ ず座敷~ (6, 0.0%)

1 がぱっと, で妙, ともつかぬ, へ上がり, へ出, もあい

▼ ず弟子~ (6, 0.0%)

1 が来る, にした, にしました, もいない, も取らず, 問うて

▼ ず当家~ (6, 0.0%)

1 で致しまする, においては上州沼田, に奉公, のヤッカイ者, へお, へ来た

▼ ず従つて~ (6, 0.0%)

1 いくら覚え, その手, その歌, また微妙, 御尊父様, 忘れる必要

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 も亦 1 と知識, に入る, に帰し, もなく

▼ ず徹頭徹尾~ (6, 0.0%)

2 私が 1 實在, 毅然たる態度, 私自身の, 零敗なら

▼ ず必ら~ (6, 0.0%)

2 ず支度 1 ず何事, ず政党, ず政黨, ず窃

▼ ず怒り~ (6, 0.0%)

2 もせず 1 と憎しみ, に乗じ, の色, もせぬ

▼ ず思つて~ (6, 0.0%)

1 ゐた, ゐたの, ゐた御家人, ゐる青年, 居た, 居たらう決して

▼ ず思召~ (6, 0.0%)

1 され再度, しかえさせられ, したこと, してねえ, しなされて, 下さい

▼ ず性格~ (6, 0.0%)

1 の力, の描写, は, はその, は大, を有能化

▼ ず怪しい~ (6, 0.0%)

2 蜘蛛の 1 事が, 声も, 癩病面に, 説が

▼ ず怪我~ (6, 0.0%)

2 もしない, もせず 1 はしない, もしなかった

▼ ず悲しく~ (6, 0.0%)

2 なって 1 なった私, なつて, なりて, も恨めしく

▼ ず意味~ (6, 0.0%)

1 ありげ, が情趣, が紛花, もなく, もはっきり, を教え

▼ ず意地~ (6, 0.0%)

1 が悪くっ, だけで或, にも小林, の惡, わるいドロリ, 悪く彼

▼ ず愛嬌~ (6, 0.0%)

1 があっ, があった, と明る, のない, らしいまなざし, を振り撒きはじめた

▼ ず感情~ (6, 0.0%)

1 の峰, の矛盾, の総和, の自由, の量, を大胆不敵

▼ ず感激~ (6, 0.0%)

1 させられたもの, し眩暈, のなみ, の声, の言葉, をもっ

▼ ず懐中~ (6, 0.0%)

1 から二枚, から手拭, から紙袋, さみしくし, すれば, のもの

▼ ず懸命~ (6, 0.0%)

1 にここ, にそれ, にはしっ, に一家, に働いた, に槌

▼ ず我慢~ (6, 0.0%)

2 して 1 しきれない様子, の水, をし, を言っ

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 の交, の手配り, も弾丸, やめるけ, をし, をのせ

▼ ず戦い~ (6, 0.0%)

1 がしばしば, にかたまっ, に勝た, に行っ, の火蓋, を仕掛ける

▼ ず戸外~ (6, 0.0%)

2 へ出 1 へも出た, へ走り出, へ飛出し, も内外

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 きらわず力, もあらう, も聞かず, をきらわず, を移し, 狭いまでに

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 の中, をつくつた, を固め, を振, を握, を用いた

▼ ず指紋~ (6, 0.0%)

1 は全く, もなかっ, も止めない, をとられる, をとる, を取る

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 の中 1 で隱, に掬っ, も開かず, を見る

▼ ず接吻~ (6, 0.0%)

1 させられたの, した, して, せず抱擁, の雨, を返した

▼ ず描写~ (6, 0.0%)

1 した, して, しました, とリズム, の仕方, は平凡

▼ ず提灯~ (6, 0.0%)

2 を振り, を点火 1 が一つ, を打

▼ ず支那人~ (6, 0.0%)

1 の生活, の精神生活, の道徳感情, はよく, を理解, 全體

▼ ず政治家~ (6, 0.0%)

1 が思い, ともならず, に限らず, のよう, の手腕, や軍人

▼ ず散々~ (6, 0.0%)

1 な有様, に落ち, に討ち破られ, の不首尾, の體, 手古摺らした挙句

▼ ず文学的~ (6, 0.0%)

2 にその 1 には貧弱, に再現, に許される, の作物

▼ ず料理~ (6, 0.0%)

1 が進ん, し過ぎたもの, する者, の一種, の御用, へフォーク

▼ ず断然~ (6, 0.0%)

1 この被告, として和親通商, として外国, ゆすられた覚え, 之を, 大学を

▼ ず方々~ (6, 0.0%)

3 はま 1 から自分, から集まっ, の流行地

▼ ず日々~ (6, 0.0%)

1 が空虚, すること, の努力, の生活, を重荷, 存じ出しこの

▼ ず日本国中~ (6, 0.0%)

1 で無類, にその, にヤマノイモ, に在る, に知れ渡っ, 悉く漢学

▼ ず日頃~ (6, 0.0%)

1 からうらみ, の丹田, の道場, はあまり, は絶え, 見なれた部下

▼ ず明らか~ (6, 0.0%)

2 である 1 に一処, に春, に殺気そのもの, に看護婦

▼ ず映画~ (6, 0.0%)

1 だけ見, というもの, に求める, の, は届く, を知らず

▼ ず昨今~ (6, 0.0%)

1 の文化政策, はいくつ, はつる公, は文化, は特に, 大いにその

▼ ず最近~ (6, 0.0%)

1 になっ, に得た, に於ける, に立つ, の労働争議, までは逓信省

▼ ず有名~ (6, 0.0%)

1 な作者, な山, な物持, な自然科学者, な芸術家, になった

▼ ず朗らか~ (6, 0.0%)

1 でありました, であると, ながら, なもの, な温かい, に謳った

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 の見える 1 にはやはり, の外れ, は博士, や草原

▼ ず果して~ (6, 0.0%)

1 ホーマーの, 作者の, 多數者, 富山から, 自由なる, 貴方が

▼ ず機会~ (6, 0.0%)

2 があったら 1 あるごと, さえあれ, は知らず, を窺っ

▼ ず機械~ (6, 0.0%)

1 が回らなけれ, で切る, のやう, のよう, の間, も人

▼ ず次郎~ (6, 0.0%)

1 が歯, が空樽, にすがりつい, にすすめられ, は平気, は彼ら

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 を守り, 智を, 當に, 言し, 途出身の, 造が

▼ ず正成~ (6, 0.0%)

1 くれぐれも有難く, に殉ずるで, のあ, の幼時, をし, を褒め倒し

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 した方 1 っては來, り際, るべき家, る振り

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 には眼色, には腕力, にもプロレタリヤ小説, にも私, にも自分, の他

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 なればとて, にもならざる, にもならず, にもならぬ, のある, を含みます

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 をむしられず 1 の穴, の茶, も抜け, を吹い

▼ ず民間~ (6, 0.0%)

1 では今, にあっ, には別に, にもしばしば, に下り, に反映

▼ ず永年~ (6, 0.0%)

1 のうち, の習慣, 尋ね求めて, 持って, 持つて, 隠徳

▼ ず沈黙~ (6, 0.0%)

2 して 1 がよく, のうち, を噛みしめ, を守ってる

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 の中, の井堰, の流れ, の瀬, はいよいよ, へも附かぬ

▼ ず~ (6, 0.0%)

3 の中 1 のはね, をハネ, 之泥也

▼ ず流行~ (6, 0.0%)

1 して, せるもの, におくれた, の假聲, の帯一本, はあ

▼ ず浪人~ (6, 0.0%)

1 いたしまして, して, し遊侠, に質す, の生業, らしい古

▼ ず海底~ (6, 0.0%)

1 にしずん, にも沈まず, にドラム缶, のみく, の貝殻, またこれ

▼ ず淋し~ (6, 0.0%)

1 がって, げに, さう, さと, とも思はね, 気な

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 にもはいらなかった, にも何, に行った, の音, を出, を飲む

▼ ず満員~ (6, 0.0%)

2 である 1 して, だ, でおまけ, になった

▼ ず源氏~ (6, 0.0%)

2 の君 1 と名, に対する憎悪, の妻, は同道

▼ ず滑稽~ (6, 0.0%)

2 ては聞えぬ, を感ずる 1 なもの, をねらっ

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 から外, の前, の火, の火燗, の隅, ばたで

▼ ず無口~ (6, 0.0%)

2 で陰気 1 だから, であつ, で弱気, になっ

▼ ず無論~ (6, 0.0%)

1 今夜も, 勤番支配であろう, 地蔵さんも, 家中の, 従来通りの, 見に

▼ ず熟睡~ (6, 0.0%)

2 して 1 した, したふり, した容子, の居眠り

▼ ず父母~ (6, 0.0%)

1 たること, に向, に非, の己, は唯, も喜ん

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 き不快, の胸, の高き, れど, 奚する, 曹如き

▼ ず牛乳~ (6, 0.0%)

1 など飮, のよう, はテーブルクロス, をあけ, をたっぷり, を与え

▼ ず物事~ (6, 0.0%)

1 が手荒, に生温く, のあら, をよく, を充分, を詳しく

▼ ず物語~ (6, 0.0%)

1 つたつもり, などする, にふさわしい, の興味, の順序, は

▼ ず理論~ (6, 0.0%)

1 が実践, としては凡て, においても外国, の上, を作らずし, を先

▼ ず甘い~ (6, 0.0%)

1 お芝居, 人道主義の, 囁きも, 気持で, 物好きの, 言葉を

▼ ず生物~ (6, 0.0%)

1 という存在, の生命, の研究, はこの, を食べさせる, を食わず

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 のない 1 ひ盡, ゐて, をし, 立って

▼ ず用事~ (6, 0.0%)

2 も足せず 1 だけを足す, だけ足す, に託け退き去る, をも言わず

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 のくろ, の中, の草, の鎮魂術, も畑, や畑

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 を知らざる 1 の修業, の筆, の花, は此

▼ ず疲労~ (6, 0.0%)

1 あるとて, が出, が増した, のため, の結果, を感ず

▼ ず痛い~ (6, 0.0%)

2 という 1 ほどつめたい, ほど彼女, 気持で, 腹の

▼ ず白粉~ (6, 0.0%)

1 けのない, などは更に, のかわり, の濃い, も嫌つて, をびっくり

▼ ず白雲~ (6, 0.0%)

1 が存在, のよう, は谷, もい, もいゆき, を友

▼ ず皇帝~ (6, 0.0%)

2 は曾 1 が洗面室, の尊厳, の顔, を誘拐

▼ ず真直~ (6, 0.0%)

1 に伸びたる, に平面的, に待合所, に突切, に飛ん, 行くと

▼ ず真赤~ (6, 0.0%)

1 な洋服, な血飛沫, になっ, になつ, になり, に焼けた

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 は的, は若い, を射る, 張りその

▼ ず知己~ (6, 0.0%)

2 に酬い 1 である, にも會, の感, をも持たぬ

▼ ず知識~ (6, 0.0%)

1 あるもの, が充分, という思想界, に乏しく, の成立, はすべて内容

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 の圍, の手, はウワ, ばかり打っ, を圍, を打つ

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 ならん, には篤かっ, のない, をいわず, を以て意, を述べた

▼ ず神田~ (6, 0.0%)

2 などで本, のお茶の水本所 1 から九段下, の様子

▼ ず秘密~ (6, 0.0%)

1 な所, に版行, のヴェール, も知らぬ, を守り通し, を洩らした

▼ ず~ (6, 0.0%)

3 に逢 2 に帰る 1 に将軍

▼ ず空気~ (6, 0.0%)

1 の中, の密度, は我々, は透きとおっ, もくさく, 殊に良好

▼ ず立ち~ (6, 0.0%)

1 さりました, 帰るやつ, 掃く庭, 淀むと, 縮みました, 飽かない

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 の下 1 と合羽, の代り, をならべ, を贈っ

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 から寒, の唇, ばし, ばしっこい, 振に, 速く談話室

▼ ず素子~ (6, 0.0%)

1 と二人, にたよろう, に買われる, の方, は自分, は陳列台

▼ ず細い~ (6, 0.0%)

1 体で, 指で, 管の, 若枝, 足だけに, 首を

▼ ず結果~ (6, 0.0%)

1 から云, だけから見れ, としてそれ, としては自分, はこう, は成功

▼ ず続々~ (6, 0.0%)

1 とまず, と出, と手紙, 対岸へ, 熟練な, 開拆す

▼ ず~ (6, 0.0%)

4 解きを 1 の具, 解きか

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 を蒙るべき 1 が当っ, というもの, も行わず, をうける

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 に粟 1 につける, に納め, ぬぎの, を刺す

▼ ず肝心~ (6, 0.0%)

1 のガラス板, の予算案, の娘, の文太郎君, の水谷八重子, の物

▼ ず肯定~ (6, 0.0%)

3 して 2 もせず 1 しやう

▼ ず自若~ (6, 0.0%)

1 とし, として, としてござる, として取乱した, として往生, として死んだ

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 に乘 1 ついに馬, にのりすぎず書く, に乗っ, をもつ

▼ ず~ (6, 0.0%)

21 に属する, の袖, ひありく人, 上げ舞

▼ ず若く~ (6, 0.0%)

2 は漫 1 ている, てカラリスト, て優しい, て内

▼ ず英国~ (6, 0.0%)

1 がクロムウェル, における一〇〇磅, のワルポール, の一学者, の学問, を経由

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 では関係, で見られる, で見出された, に於, に至る, を去る

▼ ず莞爾~ (6, 0.0%)

1 したよ, して, として, としました, と打, と笑いかける

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 し閣下 1 し帝国党, し帝國黨, し自由党, し自由黨

▼ ず蒲団~ (6, 0.0%)

2 の中 1 のなか, の上, の下, を着た

▼ ず藤吉郎~ (6, 0.0%)

1 と於, はあわて, はやっと, は別間, は寧子, は自分

▼ ず~ (6, 0.0%)

3 に匪 1 に随, に食われた, のよう

▼ ず蚊帳~ (6, 0.0%)

1 などもかならず, の中, をまくる, を吊り, を脱, を蹴上げ

▼ ず表情~ (6, 0.0%)

2 もほぐさず 1 し合ひも, も変えず, も変えなかった, も言葉

▼ ず複雑~ (6, 0.0%)

2 なる意匠 1 なる北斎, なる組織体, な感動, な竹造

▼ ず~ (6, 0.0%)

4 に閣下 1 に拳石, に薩摩縞お召

▼ ず論理~ (6, 0.0%)

1 としては, と論理学, によらずん, に合, に合わない, を無視

▼ ず諸国~ (6, 0.0%)

1 がアメリカ化, に斯, の地方神, の騒乱, の高山, を医者

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 である, のよう, の投身自殺, の解決, めいた微笑, を釈く

▼ ず責任~ (6, 0.0%)

1 がある, がまた, として尽す, のない, の云爲, を感じ

▼ ず貴女~ (6, 0.0%)

1 が其所, が実に, らしい, らしい気品, を見, を責める

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 個人的な 1 国土的に, 常的言語など, 理的妖怪は, 自然の

▼ ず趣味~ (6, 0.0%)

1 としてハイカラ, においてもいくら, のない, の高, を感じ, を規定

▼ ず足もと~ (6, 0.0%)

1 がぐらつい, すらもまっ暗, に乱れ, の危ない, の地上, ばかり見

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 といわず, を廻さう, を立てず, を返し, を返した, を返す

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 のいい, の尽きる, よくは, よくば, よく火事, を天

▼ ず道路~ (6, 0.0%)

1 だけは広く, だけ橋, の人, の石, の開拓, は平常

▼ ず達者~ (6, 0.0%)

1 か, かえ, であった, であはっはっはっはっ, でお, で良い

▼ ず重要~ (6, 0.0%)

1 なこと, なの, な地点, な役割, な役目, な水産漁業

▼ ず鉄砲~ (6, 0.0%)

1 に撃たれ, の威力的, の狙い, の音, を持っ, を放った

▼ ず銀座~ (6, 0.0%)

1 に至り, のカッフェー, のバー, の多く, へ出た, へ泊まり

▼ ず銘酒~ (6, 0.0%)

6 あまた

▼ ず鋭い~ (6, 0.0%)

1 口調で, 爪で, 眼付で, 笑いを, 調子を, 酸性の

▼ ず限り~ (6, 0.0%)

1 なくある, なく流れる, なく相, なく考え, もない, も測り

▼ ず雑草~ (6, 0.0%)

1 がおいしげっ, がはびこるまゝに, が蔓, の代表選手, の花, の踏みしだかれた

▼ ず面白~ (6, 0.0%)

2 そうに 1 がって, さうです, さうに佇ん, 半分に

▼ ず音楽~ (6, 0.0%)

1 と演劇, にもならず, にも亦, に携わる, に関係, を好まなけれ

▼ ず頓狂~ (6, 0.0%)

3 な声 2 な聲 1 な叫び声

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 ふは 1 くは, にかけ, ひの, わくば

▼ ず食はず~ (6, 0.0%)

1 だ, です, ですよ, に居なけれ, の汽車, 長いこと眠つて

▼ ず食卓~ (6, 0.0%)

1 について小, に向, に運ぶ, の前, の談話, へ現れず

▼ ず~ (6, 0.0%)

1 なしに, にかはれた, のくれ, の海老, も糸女, を撮んだ

▼ ず饒舌~ (6, 0.0%)

1 すること, ったの, ながら母親, になつ, り続けます, るの

▼ ず~ (6, 0.0%)

2 煙りに 1 の中折帽, の染衣, の詰襟服, は足

▼ ずあはれ~ (5, 0.0%)

2 ほそぼそと 1 その厭, まるひとり, よりても

▼ ずあまつさえ~ (5, 0.0%)

1 その種, 丹後守の, 古銅瓶に, 同君快諾の, 自然主義が

▼ ずいずくんぞ~ (5, 0.0%)

4 死を 1 わが魚

▼ ずおそろしい~ (5, 0.0%)

1 ところだ, ところでした, 危険の, 手技で, 迅さで

▼ ずおそろしく~ (5, 0.0%)

1 いきごんで, かいがいしい女, ぶあいそう, 心配で, 畸形な

▼ ずおだやか~ (5, 0.0%)

1 な柔和, な調子, にさう, にミサ子, に他

▼ ずお上~ (5, 0.0%)

2 のお, の物 1 の追

▼ ずお話し~ (5, 0.0%)

1 なさること, になるでしょう, 致しましょう, 致しますが, 致します致しますが

▼ ずかき~ (5, 0.0%)

2 がつい 1 が見える, のある, は春

▼ ずかくして~ (5, 0.0%)

1 その人, 彼は, 得られた真理, 時を, 禿の

▼ ずかねて~ (5, 0.0%)

1 その二人, の計, より相州さま, 定まる日, 馬籠の

▼ ずからの~ (5, 0.0%)

1 ことで, ことまた, 事で, 寒暄の, 心安さ

▼ ずかわいい~ (5, 0.0%)

1 ベスの, 前髪だ, 妻子の, 少し意地, 胸に

▼ ずきつ~ (5, 0.0%)

1 ぱりと煩さがりも, ぱりと答へ, ぱり拒絶し, ぱり断言した, ぱり斷言した

▼ ずぎょっと~ (5, 0.0%)

3 して 1 あわつぶだちました, なったよう

▼ ずぐるぐる~ (5, 0.0%)

1 と渡り廊下, におしまい, 回りながら, 巻きに, 廻るほど

▼ ずぐんぐん~ (5, 0.0%)

1 もとの, 奥の, 引張られて, 歩いて, 流されて

▼ ずけろりと~ (5, 0.0%)

2 して 1 した蝦蟆, した顔, してる

▼ ずさまざま~ (5, 0.0%)

1 な男, のこと, の形, の方向, の苦心

▼ ずさんざん~ (5, 0.0%)

1 な敗北, な目, に撲りつけ, 一家を, 弄んだ末

▼ ずしかるに~ (5, 0.0%)

1 この子, 三四五月の, 予が, 王軍行し, 觀點は

▼ ずしたたか~ (5, 0.0%)

1 うって, うつて, な酒, 殴りつけられる音, 食ってから

▼ ずしっとり~ (5, 0.0%)

1 と松葉, と爪, と砂, と荒菰, と落

▼ ずじかに~ (5, 0.0%)

1 上流の, 人情に, 灘兵衛へ, 特高に, 見る事

▼ ずそれでいて~ (5, 0.0%)

1 そのにせもの勤め, 一種の, 彼女の, 疾風が, 非常な

▼ ずそれほど~ (5, 0.0%)

1 あせって, に年寄り, までに日本人, 大事な, 高貴な

▼ ずそれ以外~ (5, 0.0%)

1 には何, に関心, のあらゆる, の何物, の活動

▼ ずそろそろ~ (5, 0.0%)

1 かえり仕度, と泥沼, と睡みました, と研究所, 夜具の

▼ ずたえず~ (5, 0.0%)

1 他人の, 何かしら現実の, 林を, 音や, 飽浦方面に

▼ ずため息~ (5, 0.0%)

2 をついた 1 が出る, をつく, をはく

▼ ずだが~ (5, 0.0%)

1 うまいこと, さう, 又帰る, 眉宇の, 考えること

▼ ずだらけ~ (5, 0.0%)

1 で有馬, で随分, になっ, の人形, の玉

▼ ずちの船大工~ (5, 0.0%)

1 から青, に頼め, の工場, の跡, はつぶれた

▼ ずつぎ~ (5, 0.0%)

1 に役者, に飼った, の日, の瞬間, へ廻した

▼ ずできるだけ~ (5, 0.0%)

1 の力, 主屋と, 國語の, 早く進み出, 自然に

▼ ずでんどう~ (5, 0.0%)

1 という始末, と土俵, と庭前, と逆様, と鋪道

▼ ずといふは~ (5, 0.0%)

2 何に 1 まして飛び去らん, 仏法の, 例の

▼ ずとしても~ (5, 0.0%)

1 世界に, 凡愚の, 古今の, 河太郎の, 自然と

▼ ずとのみ~ (5, 0.0%)

2 答へ 1 云ふなれ, 言うは, 言ひ募り

▼ ずとまで~ (5, 0.0%)

1 いふ者も, 叫ばれるに, 思惟する, 戰慄恐懼する, 書いて

▼ ずとまでに~ (5, 0.0%)

1 切言し, 己を, 思いたり, 思わしめ場内毎日立錐, 決心し

▼ ずともに~ (5, 0.0%)

1 さようの, その, 働いて, 戯れた数夜後, 水平距離六キロの

▼ ずどことなく~ (5, 0.0%)

1 ぬうと, 奥へ, 皮肉な, 間が, 陰鬱な

▼ ずどっか~ (5, 0.0%)

2 へ行っ 1 しらん共通, とその, と坐った

▼ ずどんより~ (5, 0.0%)

2 とした 1 と曇っ, と曇つた空, 薄ぐもりの空

▼ ずなおかつ~ (5, 0.0%)

1 わたしたちは, 侵しがたき, 幡江は, 最後に, 自主的な

▼ ずなおも~ (5, 0.0%)

1 それに, 奇計妙策を, 格子の, 様子を, 石油ポンプの

▼ ずなほ~ (5, 0.0%)

1 いくばくかの, かつそれら, この辺, その影響下, も詞

▼ ずなんと~ (5, 0.0%)

1 かして, その花, なしに, 云うこと, 言ふ

▼ ずぬる~ (5, 0.0%)

2 人の 1 までもなく, 主は, 間には

▼ ずはじめて~ (5, 0.0%)

1 まこと, 女らしく見えた, 御挨拶, 海を, 造られしもの

▼ ずはつきり~ (5, 0.0%)

1 いへば, したこと, した勉強, した想像, と云

▼ ずはては~ (5, 0.0%)

1 人形を, 十幾年の, 彼自身も, 涙まで, 雑職

▼ ずはなはだ~ (5, 0.0%)

1 不思議な, 冷淡であった, 所置に, 確からしい, 落ちついた話

▼ ずひいては~ (5, 0.0%)

1 その女, 子供たちの, 幕府の, 日本婦人全体の, 自分も

▼ ずひた走り~ (5, 0.0%)

2 に走っ, に銀座 1 に走り下り

▼ ずひっそり~ (5, 0.0%)

2 と静まりかえっ 1 とし, とクリティカル, と白い

▼ ずびっくり~ (5, 0.0%)

2 して 1 しました, するよう, すれば

▼ ずほど~ (5, 0.0%)

1 なくその, よく挨拶, 厄介な, 経て, 赤坊が

▼ ずほん~ (5, 0.0%)

1 たうの, たう好い, との一瓢きり, との悪人, との独り

▼ ずぼく~ (5, 0.0%)

1 はあなた, はその, は好き, は子ども, も腹

▼ ずまさしく~ (5, 0.0%)

1 モーパッサンあたりの, 北天に, 国法を, 自分の, 陰門を

▼ ずまたもや~ (5, 0.0%)

1 この一角, その申口, それを, 例の, 四方へ

▼ ずみたい~ (5, 0.0%)

1 した事, なもの, な物, に, に言っ

▼ ずむかし~ (5, 0.0%)

1 お坊ッちやんぐらし, からニューヨーク, の, の有森利七, の生地

▼ ずむろん~ (5, 0.0%)

1 その雑誌, 人間の, 化外に, 姿は, 子供の

▼ ずもう少し~ (5, 0.0%)

1 ここに, テキパキした, 明るくし, 自棄気味に, 高い所

▼ ずもしか~ (5, 0.0%)

1 あちらに, したらあの, したらクリストフ, すると, のレセップス氏

▼ ずゆったり~ (5, 0.0%)

1 した今, した歩調, した頬, と流れ, 流れて

▼ ずわい~ (5, 0.0%)

21 がにでもわたり, 蟹の, 蟹は

▼ ずアメリカ~ (5, 0.0%)

1 では一九四一年, の刑法, の引上げ, の特需, へ行く

▼ ずイデオロギー~ (5, 0.0%)

1 であるの, として捕えられるべく, なの, に帰着, の現実的

▼ ずウロウロ~ (5, 0.0%)

3 して 1 とし, 座舗を

▼ ずエンジン~ (5, 0.0%)

2 の調子 1 に全速力, の操作, は一向

▼ ずサッサ~ (5, 0.0%)

1 とあるく, と下り始める, と休ん, と通り過ぎる, と部屋

▼ ずジョバンニ~ (5, 0.0%)

3 が町 1 が窓, もカムパネル

▼ ずハタ~ (5, 0.0%)

1 と手, と挫折, と留まっ, と顔, と駆け回

▼ ずヒラリ~ (5, 0.0%)

1 とばかり飛び込めり, と山道, と自動車, と鞍壺, と黒塀

▼ ずペン~ (5, 0.0%)

1 と原稿紙, の音, を取つ, を握っ, を走らせる

▼ ずホツ~ (5, 0.0%)

1 とした, としました, と深い, と溜息, と胸

▼ ずホテル~ (5, 0.0%)

2 のポーター 1 の台所, の名前入り, は数年

▼ ずラジオ~ (5, 0.0%)

1 が倫敦, の効果, の時事解説, は単に, も聞かない

▼ ず一代~ (5, 0.0%)

1 で名, の人心, の名人巨匠, の風潮, を甲山越隅

▼ ず一国~ (5, 0.0%)

1 の上, の恥辱, の損亡, の文化, を掌握

▼ ず一歩一歩~ (5, 0.0%)

1 が苦痛, その一歩, その征服, と死に入っ, と高調

▼ ず一気に~ (5, 0.0%)

1 寝所の, 盛り上げて, 肥後橋まで, 走って, 追ひま

▼ ず一滴~ (5, 0.0%)

1 の水, の汗, の雨, も血, も飲

▼ ず一点~ (5, 0.0%)

1 いつわらぬ陳述, の人, の導火, の雲, の黒子

▼ ず一目~ (5, 0.0%)

2 に見わたした 1 に見えますだ, の負け, 見て

▼ ず一直線~ (5, 0.0%)

2 に畑 1 に主人, に尾張中村, に母親

▼ ず一筋~ (5, 0.0%)

1 およそ十四五町, に塔, に我が, の槍, の血

▼ ず一週間~ (5, 0.0%)

1 か十日目, に一二度, の長い, ほど寝込ん, もかかっ

▼ ず七兵衛~ (5, 0.0%)

1 が台所, が船, であります, の頭, は上り端

▼ ず丈夫~ (5, 0.0%)

1 で暮して, なかわいい, なもの, な子, や盜賊

▼ ず三年~ (5, 0.0%)

1 たつて, の喪, の間, を越し, 経っても

▼ ず上京~ (5, 0.0%)

2 して 1 するであろう, するという, の手蔓

▼ ず上手~ (5, 0.0%)

1 がどう, なん, にあ, にそれ, に書かれた

▼ ず上方~ (5, 0.0%)

1 から見, に居た, に往來, に運, へ送られた

▼ ず上等~ (5, 0.0%)

1 の地震計, の方, の洋傘, の社会, の足袋

▼ ず上野~ (5, 0.0%)

1 で教鞭, の山, の彼岸桜, の文展, へ行っ

▼ ず下宿~ (5, 0.0%)

1 に帰る, の万年床, の方, の門, を飛び出し

▼ ず下手人~ (5, 0.0%)

2 はどうして 1 がここ, の見当, を申し受ける

▼ ず不意~ (5, 0.0%)

1 に今夜, に心臓痲痺, に横道, に襲, に顔

▼ ず世話~ (5, 0.0%)

1 になった, のやける, をし, をする, 焼くうち

▼ ず中央~ (5, 0.0%)

1 にぽつり, に立っ, の最も, よりやや, を占むる利

▼ ず主婦~ (5, 0.0%)

1 が食うべし, としての民子, ともあらう, に背中, の世

▼ ず主義~ (5, 0.0%)

2 により 1 という文字, と其の, のため

▼ ず主観的~ (5, 0.0%)

1 で感情的, なる気分, なる盲目, な歓喜, に把握

▼ ず久しく~ (5, 0.0%)

1 劇場に, 火に, 用ゐなれぬれ, 西洋に, 非人扱いを

▼ ず乍ら~ (5, 0.0%)

2 御援 1 この萩江鞍馬, 御力, 御相談相手

▼ ず乗客~ (5, 0.0%)

2 はみんな茫 1 といわず, は勝手, 多くミユキ丸

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 がほとんど, が足, くさいこと, くり合って, を棄て

▼ ず~ (5, 0.0%)

3 の子 1 と化し, の子やう

▼ ず事実上~ (5, 0.0%)

1 かかる怪獣, では, の一妻, の勢力, はこうした

▼ ず事業~ (5, 0.0%)

1 がうまく, に手, の経営, も表面, も遺す

▼ ず二三度~ (5, 0.0%)

1 くり返して, はつかまった, はつかまつた, 揉み合う内, 見かけたところ

▼ ず二三日~ (5, 0.0%)

2 の後 1 は下女輩多忙, 引きこもって, 随分待っ

▼ ず人前~ (5, 0.0%)

1 では工場, で亭主, なので, に臆, をも憚ら

▼ ず人情~ (5, 0.0%)

1 の余り, の味, の美, を棄て, を解せず

▼ ず今晩~ (5, 0.0%)

1 いささか二三子, にもヒスパニオーラ号, はお, はこれ, まで持越した

▼ ず今更~ (5, 0.0%)

1 たよる島, に, 余計な, 国法を, 強ち

▼ ず仮り~ (5, 0.0%)

1 に, に一, に之, に支那人, に私達

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が好い, が悪い, が良い, のよい, の兄馳還

▼ ず伊勢~ (5, 0.0%)

1 の暦, の海岸, へ帰られる, までたれ, 又は尾張

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 の性質上, はいよいよ, はそのまま, は成功裡, ひ日光

▼ ず~ (5, 0.0%)

3 れて 1 の四五歩前, れの

▼ ず何者~ (5, 0.0%)

1 か二人, か失意, と雖, にも干渉, にも関知

▼ ず余りに~ (5, 0.0%)

1 せがむので, も智慧, 大勢の, 奇ッ怪なれ, 無法な

▼ ず信玄~ (5, 0.0%)

1 のどこ, の一面, の棒道, も天下, をし

▼ ず俳諧~ (5, 0.0%)

2 で世 1 の席, の風雅, もお

▼ ず個性~ (5, 0.0%)

1 なしその, に著せず, の表現, の評価, をとぎすまし

▼ ず候間~ (5, 0.0%)

1 かの吉村, ただただ何事, に先手, 御安心, 重なるわが

▼ ず偏に~ (5, 0.0%)

1 慈父悲母波木井殿の, 敵陣へ, 生の, 真なる, 膝を

▼ ず偶然~ (5, 0.0%)

1 にも胸, に出来る, のうち, の暗合, を恃

▼ ず傍目~ (5, 0.0%)

1 にはいかにも, もふらず, も触らず, も触らないで挽きはじめる, も觸ら

▼ ず兄弟~ (5, 0.0%)

2 も知らず 1 のこと, の盟, 残らず母

▼ ず光秀~ (5, 0.0%)

1 のむす, の小袖, の心, は努め, は容易

▼ ず公園~ (5, 0.0%)

2 の暗夜 1 の中, の周囲, の土堤

▼ ず其人~ (5, 0.0%)

1 の一言二言, の力量技術, の境遇, の裔孫, をあわれ

▼ ず其他~ (5, 0.0%)

1 の先輩芸, の六座, の山川, の書類, の諸島

▼ ず冗談~ (5, 0.0%)

1 ともつかず, ばかりいっ, らしいこと, を云, を交換

▼ ず冷やか~ (5, 0.0%)

1 なぶしつけな話し方, な返事, にほほ笑ん, に相手, に突き放しました

▼ ず冷笑~ (5, 0.0%)

1 するが, にあらず, のひびき, ひ, をうかべ

▼ ず凄い~ (5, 0.0%)

1 のです, ほど多く, 人で, 人出だ, 目を

▼ ず出入~ (5, 0.0%)

1 して, するくらい, に氣, の鳶の者, をさせた

▼ ず分析~ (5, 0.0%)

1 され切れない音響, しつくさねば, しつくして, し説明, の範囲

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 なるすすめ, もちたつた, 尖するどく, 従い諸方, 放れも

▼ ず切ない~ (5, 0.0%)

1 やうな, 声を, 息を, 気もちの, 調子で

▼ ず初めて~ (5, 0.0%)

1 の日, 会つた男には, 知るわが身, 範疇の, 耳に

▼ ず助け~ (5, 0.0%)

1 に下り, も届かず, を呼ん, を求める, を求めん

▼ ず勝頼~ (5, 0.0%)

1 がひどく, とは従弟, の性格的, の祖父信虎, の自負

▼ ず千代~ (5, 0.0%)

1 に恋慕, に惚れた, のリンリン, は私, を見上げ

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 に行く 1 にも居られず, へゆく, へ入っ

▼ ず去る~ (5, 0.0%)

1 がま, ものは, 二十日卯の, 八日冷水町へ, 者は

▼ ず叫び声~ (5, 0.0%)

1 をあげ, をあげる, をたてました, をもらし, をも立てなかった

▼ ず台所~ (5, 0.0%)

1 から酒, がきれい, に投りこん, のなか, は横

▼ ず名前~ (5, 0.0%)

1 が何, の外, も分らず, も度忘れ, も知られる

▼ ず名誉~ (5, 0.0%)

1 ある地位, にのみ煩う, にも, の事, も有らず

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 は天, は戰はず, れは, 助お前, 助吾助

▼ ず周章~ (5, 0.0%)

2 したが 1 ず歩いて, として追, として追われる

▼ ず咄嗟~ (5, 0.0%)

2 の間 1 にその, に思い出した, に身構える

▼ ず善く~ (5, 0.0%)

1 し給, ないといふ, 戦ふ者, 敗る, 財を

▼ ず喉笛~ (5, 0.0%)

2 を締める 1 に食いつく, へプツリー, を切つて

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 ずだ, ひしば, ひつき, べてしまった, べ尽し

▼ ず四辺~ (5, 0.0%)

1 に気, の風景, は鎮ま, を素早く, を見巡し

▼ ず困惑~ (5, 0.0%)

1 した, して, のあまり, のあまり幾日, の様子

▼ ず困窮~ (5, 0.0%)

1 すること, な放浪, な者, のあまり, の種類

▼ ず在来~ (5, 0.0%)

1 のそれら, の小説, の探偵小説, の日本, の範囲

▼ ず地面~ (5, 0.0%)

1 がただ, が乾い, にしゃがみ, には落葉, に蹲

▼ ず城下~ (5, 0.0%)

1 から三里, におる, に居る, の外, より嶋

▼ ず城中~ (5, 0.0%)

1 の模様, の私闘, の空気, の食, は寂然

▼ ず堂々たる~ (5, 0.0%)

1 ものであり, 一個の, 態度を, 武士の, 若者たちまでが

▼ ず堅く~ (5, 0.0%)

1 なって, なつて, なりながら, 相信じ, 禁ずる所

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 ごゑを, といわず, の鐘, 御番, 暗の

▼ ず外部~ (5, 0.0%)

1 からの力, からは人, から見た, といわず, の力

▼ ず夜中~ (5, 0.0%)

1 その寝所, にソツ, の二時, 淋しい処, 眠らずで母さん女中さん大

▼ ず夜更け~ (5, 0.0%)

1 の宿, まで坐り, まで書物, まで石コロ, まで警戒

▼ ず大して~ (5, 0.0%)

1 いやがらずに, 得る所, 水も, 病気も, 過激な

▼ ず大体~ (5, 0.0%)

1 に制度, に於, に於い, の本筋, の趣旨

▼ ず大概~ (5, 0.0%)

1 ならと, の古, の国産商品, は著, は軍夫

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 から主人, で甥, に居た, へ踏込ん, 深く潜み

▼ ず妥協~ (5, 0.0%)

2 を卑し 1 しないやう, せずに, を知らず

▼ ず妻子~ (5, 0.0%)

2 の衣食 1 もなく, をいたずら, を持たず

▼ ず威勢~ (5, 0.0%)

2 の良い 1 がいい, がよい, のよい

▼ ず嬉しかっ~ (5, 0.0%)

41 たの

▼ ず学生~ (5, 0.0%)

1 であって, ともつかぬ, のため, の一種, は迷惑

▼ ず官僚~ (5, 0.0%)

1 が屠蘇, と軍部, なの, はしぶとく, 任せの

▼ ず実在~ (5, 0.0%)

1 が主観, して, する大阪弁, する机, にはローマ

▼ ず実験~ (5, 0.0%)

1 であるなし, の客観的, は間然, をし, をしない

▼ ず宮中~ (5, 0.0%)

1 にもいなかった, の宿直所, の慣例, を粛清, を肅清

▼ ず寝床~ (5, 0.0%)

1 からぬけだし, から起き上がっ, のそば, ははじめ, も敷かず

▼ ず少しく~ (5, 0.0%)

2 濃厚な 1 水を, 眠たそう, 酒気を

▼ ず岸本~ (5, 0.0%)

2 は自分 1 が蔭, はもう一度, は巴里

▼ ず島田~ (5, 0.0%)

2 の一刀 1 からのお, で九回, のこと

▼ ず崇高~ (5, 0.0%)

3 と見える 1 で威厳, な姿

▼ ず~ (5, 0.0%)

3 の極端 1 く捌けないと, に

▼ ず平均~ (5, 0.0%)

1 した所, して, の間隔, をとっ, をわが

▼ ず平生~ (5, 0.0%)

1 のお, のもの, の国交際, の自分, の言行野鄙

▼ ず平等~ (5, 0.0%)

1 であると, でなければ, の見, は即ち, を行っ

▼ ず庭先~ (5, 0.0%)

2 から縁側, に筵 1 に置い

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 の工合, の引きよう, の折, の根もと, をにぎり

▼ ず影響~ (5, 0.0%)

2 を受け 1 した, し通俗的興味, に至り

▼ ず役人~ (5, 0.0%)

1 と役人, に向っ, も群衆, よりも毎度, をし

▼ ず待ち~ (5, 0.0%)

2 かくる 1 うけて, 明かす, 明した

▼ ず後世~ (5, 0.0%)

1 になる, のモテナシ, の人, の様, 新古今時代

▼ ず徐々に~ (5, 0.0%)

1 人の, 車を, 近づいて, 逓減する, 間歇的に

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 て俳聖, て原作, て貴兄, はぬ, ひて

▼ ず御存じ~ (5, 0.0%)

1 だし, でありながら, の上, の事, の通り

▼ ず御飯~ (5, 0.0%)

1 がすむ, の世話, もたべず, をたべ, を食べさし

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 なる聲, 声を, 忠の, 笑いながら, 笑みを

▼ ず徹夜~ (5, 0.0%)

1 したこと, し今朝がた, すること, でペン, を生活

▼ ず心持~ (5, 0.0%)

1 おわるかっ, がよい, が悪い, よく滑っ, よし

▼ ず心細く~ (5, 0.0%)

1 てたまりません, なるばかり, なる事, 思はれたが, 感ずる瞬間

▼ ず必然~ (5, 0.0%)

2 の結果 1 にゲーテ, に迫られ, の制

▼ ず忠実~ (5, 0.0%)

1 につとめ, に主人, に働いた, に勤め, に守つて

▼ ず念仏~ (5, 0.0%)

1 にまさるべき, のよう, を申す, を行ずる, 唱えず

▼ ず怖い~ (5, 0.0%)

1 と思え, 事も, 半分面白い, 夢に, 面を

▼ ず恋愛~ (5, 0.0%)

1 ある後, からで, が覚醒, さえ成立, もしなけれ

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 みも 1 まず, まず平和, を破る

▼ ず悲しみ~ (5, 0.0%)

1 があっ, におびやかされず進ん, のあまり息, もしない, 鳴く行人

▼ ず愚痴~ (5, 0.0%)

2 をこぼした 1 だった, ばかり申し上げ, 無智

▼ ず憤慨~ (5, 0.0%)

2 して 1 するもの, の言葉, の調子

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 れざる斯, れずと, れず心, れないと, れないという

▼ ず成功~ (5, 0.0%)

2 に到達 1 した暁, しないで, はその

▼ ず戦場~ (5, 0.0%)

2 にでも出る 1 と味方, のつもり, を落ちた

▼ ず所詮~ (5, 0.0%)

2 は狂言 1 は書斎裡, は曹操, 自然悠久の

▼ ず折角~ (5, 0.0%)

1 きたの, のまぐろ, の取次, 敵の, 永年あこがれ

▼ ず振り~ (5, 0.0%)

1 かえりも, かへられる, もぎって, もはや, 下したの

▼ ず掃除~ (5, 0.0%)

2 も出来ず 1 なども殆ど, の実に, をした

▼ ず探偵~ (5, 0.0%)

1 などの疑い, なり切取強盗人, の事件, の仕事, は秘密裡

▼ ず支度~ (5, 0.0%)

3 とても唯今 2 はし

▼ ず改めて~ (5, 0.0%)

1 がんちゃんの, ゆきそれに, 又, 天に, 神田明神の

▼ ず政事~ (5, 0.0%)

1 と学権, には君臣上下, に係る, もそこ, をもっ

▼ ず政党~ (5, 0.0%)

2 を基礎 1 と提携, の真似, を論じ

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 あらんと, らに, れ還りたま, 右大将さまの, 舊音なふ

▼ ず故意~ (5, 0.0%)

1 か偶然, なるは, に叛逆, に目だたざる, に空々しい

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 あり, の力, の諸, はれる, を求め

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 はってゐます, ふべからずとして, ふる事, るなり, をしらず

▼ ず敢えて~ (5, 0.0%)

1 ここに, ジャーナリズムに, 正面の, 発起者中の, 隊伍諸卒の

▼ ず敬意~ (5, 0.0%)

2 を払っ, を表する 1 を表す

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 は手, をつけた, をはこぶ, を抱き, 之丞

▼ ず文学者~ (5, 0.0%)

2 の頭脳, の風上 1 は本当は

▼ ず文法~ (5, 0.0%)

1 のあやしい, の例, はさらっ, は不得意, は事実

▼ ず文芸~ (5, 0.0%)

1 にあっ, に於ける, の領域, は文芸, をも統制

▼ ず新聞社~ (5, 0.0%)

1 すら臆測, では慇懃, としてもそういう, に提出, の学芸部長

▼ ず旅行~ (5, 0.0%)

1 した為, して, には慣れない, に費す, の用意

▼ ず日に日に~ (5, 0.0%)

1 南下し, 妻への, 憂欝に, 死んで, 焼けて

▼ ず日常生活~ (5, 0.0%)

1 と直接, の服装, の調子, の間, も極めて

▼ ず早い~ (5, 0.0%)

1 のね, ほどよい, 奴だ, 耳だ, 話が

▼ ず明く~ (5, 0.0%)

2 もならず 1 て山一つ, るを, 賑かに

▼ ず明るい~ (5, 0.0%)

1 まま静まり返っ, 午後の, 方で, 笑声が, 親愛の

▼ ず時計~ (5, 0.0%)

1 でもボタン, までが時, を出し, を見る, を解剖

▼ ず暗闇~ (5, 0.0%)

1 に足, の中, の人間, の部屋, を幸い

▼ ず暫らく~ (5, 0.0%)

1 は焼けた, 休ませた上, 佇んで, 幽里子, 秘して

▼ ず最高~ (5, 0.0%)

2 の存在 1 の一手, の歴史的, の道義

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 いずこ, が命, が黄権, の王冠, は朕

▼ ず望み~ (5, 0.0%)

1 なき世, にもあらず, の綱, をかなえ, 遂げ難し

▼ ず朝夕~ (5, 0.0%)

1 の苦しい, の鏡, を夢うつつ, 唯娘里, 必ず拝ん

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 は何 1 の妹真喜, の松, の長い

▼ ず本堂~ (5, 0.0%)

1 によろめき入り, の中, の御, へあがっ, へ追い込ん

▼ ず本質~ (5, 0.0%)

3 に於 1 から詩, の要素

▼ ず来年~ (5, 0.0%)

2 の年忌 1 の分, は主としてずっと, 使える程度

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 といはず, といわず, に掛けし, に触っ, や扉

▼ ず案内~ (5, 0.0%)

1 すると, もなく, も請わず, を求め, を頼む

▼ ず梅雨~ (5, 0.0%)

2 は向 1 に入, に入った, の日暮

▼ ず森閑~ (5, 0.0%)

1 とし, としてい, としていました, とはし, とひそまりかえっ

▼ ず極端~ (5, 0.0%)

1 な不自由, について見れ, には更に, に云え, に行く

▼ ず楽し~ (5, 0.0%)

3 そうに 1 げなる, と云

▼ ず楽しい~ (5, 0.0%)

1 ことだった, らしい, 日を, 観物である, 食卓に

▼ ず様々~ (5, 0.0%)

1 に傷つく, の学問論, の想像, の筆者, の道

▼ ず横町~ (5, 0.0%)

1 で糸, といはず, の怪我, の稲荷, の角二つ

▼ ず機嫌~ (5, 0.0%)

1 のよい, の悪い, よく迎, を取っ, を害ねた

▼ ず欠伸~ (5, 0.0%)

3 をする 1 をすまい, を感じる

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 かしらねど 1 せざりしに, をもいとわない, 貪を

▼ ず歎息~ (5, 0.0%)

2 をし 1 するの, の声, を洩し

▼ ず正当~ (5, 0.0%)

1 なる権利, な理解, な誇り, に目指した, の加持祈祷

▼ ず正木先生~ (5, 0.0%)

1 がかよう, のそうした, の手許, の頭脳, はいつも

▼ ず正統~ (5, 0.0%)

1 なマルクス, な歴史的, な結婚, を受け継い, 非正統

▼ ず此上~ (5, 0.0%)

1 は一切不吉, は世間, は例, は第, は致し方

▼ ず武家~ (5, 0.0%)

1 からも重, の娘, の子供, の子弟, 及び其被官

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が丁度門, のよい, を移す, を進めた, を駐

▼ ず歴史的~ (5, 0.0%)

2 にも在り得ず 1 な意識, な考へ方, の行

▼ ず死人~ (5, 0.0%)

1 があった, があつ, のやう, の如く, をも葬らず

▼ ず死体~ (5, 0.0%)

1 でさえあれ, のかたわら, の検診, は氷面, は発見

▼ ず死骸~ (5, 0.0%)

1 となり切れない, に手, の口, は勿論, をさがし

▼ ず殿~ (5, 0.0%)

1 の御, へ対し, をさし, を大事, を承った

▼ ず気持~ (5, 0.0%)

1 がいい, がよかっ, が切, の奥底, よく見られた

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 で気味, もきれ, も高く, を塗らず, を流した

▼ ず泣き~ (5, 0.0%)

3 もせず 1 にけり, もしなかった

▼ ず注目~ (5, 0.0%)

2 しなければ 1 すべきもの, すべき一つ, ともつかない

▼ ず泰然~ (5, 0.0%)

1 とし, としてカッフェー, として一心, として濕つた粉煙草, として第

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 つて 1 つたやう, はなく, ひ流されて

▼ ず活動~ (5, 0.0%)

1 が殆ど, としての性格, もせず, をあさる, を以て教え

▼ ず派手~ (5, 0.0%)

1 で大まか, なメリンス羽織, な姿, な寝まきす, に仕度

▼ ず演劇~ (5, 0.0%)

1 に関する諸種, の内容, の向上, の進化, は一個それ自身

▼ ず漠然と~ (5, 0.0%)

1 しかしらず, した国家生活, した復古主義, した恐怖, した願望

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 がところどころ, が騒ぐ, の, の声, の聲

▼ ず焉んぞ~ (5, 0.0%)

2 死を 1 敵ある, 能く, 駑馬視せらる

▼ ず無心~ (5, 0.0%)

1 しなくても, ともせざりき, とも斷, に悪, に眺め

▼ ず無性に~ (5, 0.0%)

1 嬉しがっ, 悲しくな, 悲しくなっ, 疳を, 腹が

▼ ず無数~ (5, 0.0%)

1 のピストン, の写真, の注射, の秋虫一度, 満汀洲

▼ ず無理矢理~ (5, 0.0%)

2 に娑婆 1 に動い, に注ぎ込まう, に私

▼ ず無遠慮~ (5, 0.0%)

1 なる可ら, な笑声, な質問, に庭, に穴

▼ ず無闇~ (5, 0.0%)

1 と大, と辛, に人, に左, に金

▼ ず無限~ (5, 0.0%)

2 に存在 1 につづく, の下, の想像

▼ ず熱い~ (5, 0.0%)

2 涙が 1 口づけも, 手の平で, 泥で

▼ ず燈火~ (5, 0.0%)

1 がポッ, だけ人通り, といわず, のある, も見えず

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 の傷, の先, をこなた, を黒く, 割いて

▼ ず物凄い~ (5, 0.0%)

1 やうな, ような, 感じが, 表情を, 風の音が

▼ ず物思い~ (5, 0.0%)

1 に沈む, に沈ん, の間, をし, を続け

▼ ず犯罪~ (5, 0.0%)

1 が行われ, といふ言葉, の証拠, を為す, を爲

▼ ず狂気~ (5, 0.0%)

1 じみた文句, せしにも, になつて, の翼, めいて

▼ ず独特~ (5, 0.0%)

2 の経営法 1 で調律, の文学, の節

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が影, にも非, の方, も居ず, 若座

▼ ず率直~ (5, 0.0%)

1 に, にかかれた, になん, に人生, に心意

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 と共にフランス万歳, の居間, の念, の足許, らしい終り

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 らしそう 1 しからぬ人立ち, らしい見物, らしくハキハキ

▼ ず現世~ (5, 0.0%)

2 の慾望 1 で叶わぬ, においては永劫, に於

▼ ず理由~ (5, 0.0%)

1 がない, の一つ, はとたたみかけられ, も云わず, も知らない

▼ ず生涯~ (5, 0.0%)

1 の大, の宗教的教養, をささげる, を共に, 忘れられない記憶

▼ ず用心~ (5, 0.0%)

2 して 1 が悪い, きびしく構え, に越した

▼ ず留守~ (5, 0.0%)

1 して, だったので, のひっそり, の婆, の間

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 でも付けよう, で起き, も居る, をした, をしよう

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 ったコフマン, って, みつつ, 心ある, 樣な

▼ ず病人~ (5, 0.0%)

1 にもならず, はまるで, はわざ, は寝入っ, もやはり

▼ ず発見~ (5, 0.0%)

2 する道程 1 したの, して, せられる

▼ ず白き~ (5, 0.0%)

1 は変えぬ, は止まらぬ, 桔梗を, 物を, 蛾の

▼ ず白衣~ (5, 0.0%)

1 すがた, するの, に月, のえり, の勇士

▼ ず目前~ (5, 0.0%)

1 に一目千本, に色, の暮し, の謀, へ押

▼ ず相談~ (5, 0.0%)

1 したいこと, して, に乘, らしい相談, をしろ

▼ ず真剣~ (5, 0.0%)

1 な面持ち, に恋愛一途, に救護, に鍛えられ, を上杉先生

▼ ず真黒~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 なる蛇, な羽, な頭髪

▼ ず着々~ (5, 0.0%)

1 とし, と一歩一歩, 成功し, 普及し, 歩を

▼ ず着流し~ (5, 0.0%)

1 た蓑, に下駄, の散歩姿, の素服, の衣裳

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が黒い, をすゑ, を前方, を恍惚, を痛く

▼ ず矛盾~ (5, 0.0%)

2 であると 1 の上, の形式, は全く

▼ ず矢張り~ (5, 0.0%)

1 この本業, その言論家, はるばる京, 多少とも, 面白いらしく

▼ ず確実~ (5, 0.0%)

1 なもの, な他力念仏, な実証, な証拠, に読者

▼ ず科学的~ (5, 0.0%)

1 であるという, な教養, な認識, に説明, 乃至理論的

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が無けれ, にゃ雀, の収穫直後, の苗, も作らず

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 に歎, に聞く, に自由党, に苦め, りと

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 の濡れ縁, の類, は竹, を取, 取物語

▼ ず~ (5, 0.0%)

3 が出る 1 が出ます, と根

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 のよう, も吐けまい, も通さない, をまい, を巻い

▼ ず素人~ (5, 0.0%)

1 である, というもの, といふもの, ともつかない, の人気

▼ ず素朴~ (5, 0.0%)

1 なる感情, な純粋, な自分等各々, な農民たち, に生き

▼ ず終日~ (5, 0.0%)

2 ありける 1 の来客, の激しい, は

▼ ず経済的~ (5, 0.0%)

1 にも小規模, に損, に粗悪, の点, また習慣的

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 に描きあげよう 1 でも字, といえ, の中

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 ざらへ, 攻撃の, 羽織を, 軍五百余騎をもって, 退却し

▼ ず練吉~ (5, 0.0%)

1 だけは明, にはやはり, には意外, の顔, を同化

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 に身 1 に城, に膝, に頷き

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 の性, の皮, の荷物, を以て牛, 痩せ馬衰

▼ ず美くし~ (5, 0.0%)

2 い温か 1 い姿, かった, くどんな

▼ ず美し~ (5, 0.0%)

3 かつた 1 う優, けれど

▼ ず美しかっ~ (5, 0.0%)

31 たが, たので

▼ ず美しき~ (5, 0.0%)

1 幻の, 懷より, 文體を, 桃の, 辞令に

▼ ず義雄~ (5, 0.0%)

1 から話しかけられなけれ, に一つ買つて, のむし, はどこ, は自分

▼ ず羽織~ (5, 0.0%)

1 ともいわず, の裾, ばかりを着, を引かぶっ, を着た

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 と子, のため, の前, の持つ, は蒐集家

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 でもある, で真白, の折れた, も息めず, を帆

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 にもつかず, は引退, を得たく, を探し, を辞した

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 いて 1 かれまた, き耳, くならん

▼ ず肉食~ (5, 0.0%)

1 が一方, にばかりある, に偏, も勝手, を汚穢

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 よりは足 1 といわず, ともいわず, へ巻い

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 ごしら, の上 1 に向っ

▼ ず臆病~ (5, 0.0%)

2 らしい眼 1 だね, で好事, にかげ

▼ ず自分ら~ (5, 0.0%)

1 がどこ, が注意深く, の姿, の接触, の私謀

▼ ず自分達~ (5, 0.0%)

2 は非常 1 が利慾的盲動, の働き, は新しい

▼ ず自宅~ (5, 0.0%)

1 でごく, でも経書, の庭園内, へも帰らず, もさほど

▼ ず自尊心~ (5, 0.0%)

2 を害した 1 というもの, の振幅, を傷

▼ ず船長~ (5, 0.0%)

1 に報告, に料金, のお, の一言, の腕

▼ ず苦しい~ (5, 0.0%)

1 ときに, と思わない, の苦しく, ようであった, 思いを

▼ ず英語~ (5, 0.0%)

1 ですっかり, もきわめて, も相当, を嫌つて野球用語, を教え

▼ ず荒々しい~ (5, 0.0%)

1 力で, 呼吸を, 言葉や, 言葉を, 調子で

▼ ず~ (5, 0.0%)

4 付いて 1 付くの

▼ ず著者~ (5, 0.0%)

1 がこの, その人, の側, の本傳, も亦

▼ ず蒼い~ (5, 0.0%)

2 顔を 1 火も, 顫え, 顫へて

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 の仕事, の噂 1 ながら心

▼ ず薄い~ (5, 0.0%)

1 唇を, 寝具の, 愛より, 朝霧が, 蒲団を

▼ ず行つて~ (5, 0.0%)

2 しまつ 1 しまつて, ゐるといふ, 見た

▼ ず衣服~ (5, 0.0%)

1 に充満, の紋様, も飾り飲食, を剥, を造る

▼ ず表向き~ (5, 0.0%)

1 に検非違使, に顔, の内証, はどこ, は何所

▼ ず親分~ (5, 0.0%)

1 とも言わず, のハンコ, の錢形平次, の顏, を持たね

▼ ず親方~ (5, 0.0%)

2 には義理 1 が出向い, まことにありがとう, まことに有り難う

▼ ず観察~ (5, 0.0%)

2 して 1 した, に我, や描破

▼ ず言葉少な~ (5, 0.0%)

2 にそして 1 ではあつ, にうなずく, にうなづく

▼ ず記録~ (5, 0.0%)

1 されて, され再現, して, の上, もされぬ

▼ ず認識~ (5, 0.0%)

1 するという, せざるべからず然, の客観性, は常に, を如何

▼ ず諸々~ (5, 0.0%)

2 の有情 1 に存在, の工人, の漢学

▼ ず議会~ (5, 0.0%)

1 の経過, の興奮, の調和伴行, は寧ろ, は解散

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 は本来潔癖 1 あり魚, も彼, や牛

▼ ず貧しい~ (5, 0.0%)

1 宮門に, 然し安穏, 者には, 者への, 調度にも

▼ ず貫一~ (5, 0.0%)

1 はあ, は冷然, は阿修羅, も今, を愛し

▼ ず貴様~ (5, 0.0%)

1 には誠に, の足音, はせわしい, は口先, は色事師

▼ ず貴殿~ (5, 0.0%)

2 が香木 1 と同盟, の御, の落度

▼ ず資本~ (5, 0.0%)

1 が引き去られた, と強権, の利潤, の蓄積, を要せずし

▼ ず質問~ (5, 0.0%)

1 のよう, の鉾先, をかけた, をつづけました, を続けた

▼ ず贅沢~ (5, 0.0%)

1 に傾き, に暮らし, に馴れ, もいわず, 過ぎる心

▼ ず赤ん坊~ (5, 0.0%)

1 のみずから, の母親, の糸, を産み, を見つめました

▼ ず走り~ (5, 0.0%)

21 寄ろうと, 廻った, 歩いて

▼ ず跣足~ (5, 0.0%)

2 で木屑 1 に浅い, に淺, のまま

▼ ず路傍~ (5, 0.0%)

2 の木乃伊 1 にある, の蕗の薹, の酔客

▼ ず踊り~ (5, 0.0%)

1 の手, もいけない, も出来ぬ, を眺め, 狂って

▼ ず軍隊~ (5, 0.0%)

1 が到着, としての士気, の中, の幼稚園, の影

▼ ず軽部~ (5, 0.0%)

2 がそれ, は 1 にだって常に

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 よって行った, よりながら, 來政黨及び, 過ぎも, 鄰の

▼ ず近世~ (5, 0.0%)

2 の都市 1 のいわゆる, の卓越, の預言者

▼ ず近年~ (5, 0.0%)

1 とみに肥満, に至, に至る, は商店, また電車

▼ ず返答~ (5, 0.0%)

2 がない 1 するの, に困った, をした

▼ ず遊歴~ (5, 0.0%)

3 するやう 1 から遊歴, するよう

▼ ず道徳~ (5, 0.0%)

2 の敗退 1 と知識, の根拠, は到底

▼ ず道楽~ (5, 0.0%)

1 するほど, といっ, として斯道, の念, もせず

▼ ず都会~ (5, 0.0%)

1 であくせく, には想い及ばざる, の賑やかさ, の重, は周囲

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 さと, は美, ガイを, 草なほはびこらざれ, 草や

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 さの, そうに, 景が, 炭酸加爾幾は, 過ぎず申分

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 刄は, 次が 1 刄脆く

▼ ず鎌倉~ (5, 0.0%)

1 の山, の新道, の運命, も一挙, をすて

▼ ず長椅子~ (5, 0.0%)

3 の上 1 にフンゾリ, を起つ

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 さえあれ 1 で, にあっ, を得

▼ ず間違い~ (5, 0.0%)

1 のあろう, のない, の出来る, もせず, をやり

▼ ず附近~ (5, 0.0%)

1 に残雪, の医院, の地勢, の山, の消防

▼ ず陽炎~ (5, 0.0%)

5 も立たず

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が可愛く, の影, の日光, は何と, 飛び居りゆらめきつつも

▼ ず~ (5, 0.0%)

3 あるが 1 のひらめき, の勝利

▼ ず露骨~ (5, 0.0%)

1 な北叟笑, な猥談, にその, に云, に現れ

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 ぞら, 井戸とでも, 年輩の, 松園へ, 水晶の

▼ ず静寂~ (5, 0.0%)

2 で無 1 とし, な場所, の谷間

▼ ず頬杖~ (5, 0.0%)

3 をついた 1 ついて, をつい

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 といわずき, の張つた四角, を引きました, を撫でまわし, を明け

▼ ず風流~ (5, 0.0%)

1 であった詩, でもすく, になった, の事誰, を解する

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 せ, ませられたと, まん, み干せる瀧口, み過す

▼ ず高木~ (5, 0.0%)

2 に就 1 にどんな, に何ん, の希望通り

▼ ず鬼神~ (5, 0.0%)

1 ありて, なきの, のなす, の見, 怒って

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 の大軍, の曹操 1 へ接近

▼ ず~ (5, 0.0%)

2 かに鉄棒 1 かであった, かにし, かに的中

▼ ず~ (5, 0.0%)

1 が鼻唄, に攫, のこの, は愚僧, も鳴かず

▼ ずあいつ~ (4, 0.0%)

1 がやって来る, だけが捉, の才分, は深い

▼ ずあす~ (4, 0.0%)

1 の別れ, の朝九時ごろ, は岐阜, は必ず

▼ ずあすこ~ (4, 0.0%)

1 に出, の古道具屋, は全部売却, をどこ

▼ ずあたし~ (4, 0.0%)

1 が参加, の悲しみ, はとにかく, は納屋

▼ ずあたら~ (4, 0.0%)

1 十六の, 絶景の, 英才を, 英雄も

▼ ずあちら~ (4, 0.0%)

1 にも愛着, へ行っ, を見, を見つめ

▼ ずあっけ~ (4, 0.0%)

2 にとられ 1 に取らる, に取られ

▼ ずあっさり~ (4, 0.0%)

1 して, と和解, 詫びて, 蹴られた顛末

▼ ずある程度~ (4, 0.0%)

1 までのある, までは必然, まで互いに, 自由に

▼ ずあッ~ (4, 0.0%)

1 と低く, と声, と大きな, と目

▼ ずいい加減~ (4, 0.0%)

2 のところ 1 な返辞, の報告材料

▼ ずいくらか~ (4, 0.0%)

1 安っぽいブル趣味, 手もちぶさたな, 賑わって, 頬の

▼ ずいそいそ~ (4, 0.0%)

1 して, とおれ, と佐助, と読ん

▼ ずいつしか~ (4, 0.0%)

1 上ずつ, 暮れて, 身に, 非常時の

▼ ずいらいら~ (4, 0.0%)

3 して 1 した様子

▼ ずうかうか~ (4, 0.0%)

2 短い一生 1 とそういう, と行

▼ ずうつろ~ (4, 0.0%)

3 な眼 1 なその

▼ ずうれしい~ (4, 0.0%)

2 気が 1 のです, らしく俗物

▼ ずおもむろに~ (4, 0.0%)

1 住民の, 数字を以て, 確実に, 英気を

▼ ずお家~ (4, 0.0%)

1 の害, の御, をつぶされ, を取りつぶされ

▼ ずお松~ (4, 0.0%)

1 と逢っ, の袂, はそれ, を話し相手

▼ ずお雪ちゃん~ (4, 0.0%)

1 の口癖, の如き, の方, を導い

▼ ずお願い~ (4, 0.0%)

1 まで, 申しあげたい, 申しあげます, 申します

▼ ずかつまた~ (4, 0.0%)

1 それを, 塩文, 嶮岨の, 所有すべからず

▼ ずかなしく~ (4, 0.0%)

3 なって 1 なつて

▼ ずかならず~ (4, 0.0%)

1 よき前例, 彼自身が, 直の, 進の

▼ ずからから~ (4, 0.0%)

1 と笑っ, と高笑い, になっ, に乾き切っ

▼ ずがんりき~ (4, 0.0%)

2 の百蔵 1 の沽券, の百

▼ ずきの世帯もち~ (4, 0.0%)

4 のしまり

▼ ずきょとん~ (4, 0.0%)

2 とした 1 とし, と部屋

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 さめも, はずの, はへ, よ

▼ ずくり返し~ (4, 0.0%)

1 た, たが, ていた, 健康を

▼ ずぐっすり~ (4, 0.0%)

1 と寝込ん, と眠りこんだ, 寐込んだ, 眠る日

▼ ずこいつ~ (4, 0.0%)

1 ただもの, はひどい, を君, を病人

▼ ずことさら~ (4, 0.0%)

1 でも, に, に江戸, に肉体

▼ ずこれ等~ (4, 0.0%)

2 の作家 1 の人々, の公開講演

▼ ずさし~ (4, 0.0%)

1 上げたの, 合わせた釘一本, 当って, 込んだその

▼ ずさび~ (4, 0.0%)

1 である, につなぎし, の記念, の針仕事

▼ ずさびしく~ (4, 0.0%)

3 なって 1 ないか

▼ ずさる~ (4, 0.0%)

1 にても其子何処, ものの, を強, 坐敷

▼ ずさわやか~ (4, 0.0%)

3 なラッパ 1 なラツパ

▼ ずしか~ (4, 0.0%)

1 にあらず, のみなら, のみならず, 故に年の

▼ ずしかく~ (4, 0.0%)

1 あらしめたもの, われ, 人世を, 観ずるとは

▼ ずしかしながら~ (4, 0.0%)

1 人は, 筋書きも, 蕪村は, 闇路を

▼ ずしみじみ~ (4, 0.0%)

1 とした, と都会, 何か, 感じたよう

▼ ずじつに~ (4, 0.0%)

1 きれいな, さっそうたる姿, もの悲しげ, 心中不自由を

▼ ずすこしも~ (4, 0.0%)

2 かびくさくない 1 前進しない, 老いて

▼ ずすごすご~ (4, 0.0%)

1 として引っ返したる, と逡巡, 帰って, 近くの

▼ ずずいぶん~ (4, 0.0%)

1 これらは, 如在の, 恐ろしい魔術, 発句など

▼ ずずるずる~ (4, 0.0%)

1 でとも, で払わない, と金堂, 引摺って

▼ ずずんと~ (4, 0.0%)

1 傾き大船, 大く, 身を, 重く鈍い引っ掻く

▼ ずせかせか~ (4, 0.0%)

1 して, と歩く, と素通り, と裏口

▼ ずせっせと~ (4, 0.0%)

1 石炭を, 老人は, 計り炭, 食べました

▼ ずその道~ (4, 0.0%)

1 での常套, に上達, の当代有数, の手腕

▼ ずそば~ (4, 0.0%)

1 で見れ, に付い, まで歩い, まで行っ

▼ ずそれとなく~ (4, 0.0%)

1 千代子の, 叙景に, 徳兵衛に, 野原を

▼ ずちっとも~ (4, 0.0%)

1 割れて, 変わらないで, 眼を, 面白くない話し

▼ ずついぞ~ (4, 0.0%)

2 心の 1 彼等の, 知ったもの

▼ ずとある~ (4, 0.0%)

1 をひたぶる, を本拠, を見, 日支度整え

▼ ずというは~ (4, 0.0%)

1 あるいはその, とうが, 此の, 決して明日雨

▼ ずとき~ (4, 0.0%)

1 としては恁, なはれ江戸, による, に鳴神

▼ ずとさえ~ (4, 0.0%)

1 云うん, 古来われわれ, 思うに, 見做

▼ ずとぞ~ (4, 0.0%)

1 いふなる, おきし母, 今按ずる, 經机の

▼ ずとっとと~ (4, 0.0%)

1 もとの, 二人の, 押しかえして, 走った

▼ ずともすると~ (4, 0.0%)

1 その二人, 腸チブスでは, 軽く痛みだす, 遠慮に

▼ ずとやら~ (4, 0.0%)

1 でも, で三宅島, 武士の, 聞及申候

▼ ずどうせ~ (4, 0.0%)

1 なるよう, 夢なら, 落ちるの, 頭を

▼ ずどうにも~ (4, 0.0%)

1 しようがない, 出来なかった, 療治の, 致し方は

▼ ずどなた~ (4, 0.0%)

1 かいらつ, ともいっしょ, もおいで, も皆

▼ ずなき~ (4, 0.0%)

2 縁なら 1 ゐたり, 母の

▼ ずなつかしい~ (4, 0.0%)

1 ものを, やうな, 心像を, 誰かに

▼ ずなんとか~ (4, 0.0%)

1 うまく戦争, しようと, するから, なるもの

▼ ずなんにも~ (4, 0.0%)

1 予覚せず, 考えないで, 聞かないで, 願わなかった

▼ ずにこり~ (4, 0.0%)

3 ともせず 1 と媚び

▼ ずにとは~ (4, 0.0%)

1 いつのまに若, いわないで, このこと, 何事だ

▼ ずはるか~ (4, 0.0%)

1 な右手, にデカダン, に眺, に西

▼ ずひろ~ (4, 0.0%)

4 へれど

▼ ずひろ子~ (4, 0.0%)

1 がいそい, がかえって, は東京, は網走

▼ ずふたり~ (4, 0.0%)

1 にさるぐつわ, のため, はさびしい, はふたり

▼ ずへん~ (4, 0.0%)

1 なもの, に早く, に紳士ふう, に面

▼ ずほっと~ (4, 0.0%)

1 した気もち, して, しながら, 安心した

▼ ずほとほと~ (4, 0.0%)

1 かへるべき, に疲れ, 力竭き, 講ずる途

▼ ずほほ~ (4, 0.0%)

3 ほと 1

▼ ずまごまご~ (4, 0.0%)

3 して 1 とする

▼ ずまさか~ (4, 0.0%)

1 あの不埒, おいくら, われら腹黒く, 先生だって

▼ ずみすみす~ (4, 0.0%)

1 仏頂寺の, 助かる命, 栄ない, 黒豹の

▼ ずむずかしい~ (4, 0.0%)

2 顔を 1 ことである, 事態と

▼ ずむだ~ (4, 0.0%)

1 な事, な恐怖, ま, をいわず

▼ ずむっと~ (4, 0.0%)

1 したと, した憤りを, して, しました

▼ ずもしも~ (4, 0.0%)

1 この風習, それに, 人が, 彼らが

▼ ずもともと~ (4, 0.0%)

3 自分の 1 可愛さ

▼ ずやさしい~ (4, 0.0%)

1 ことを, 先生の, 気で, 笑みを

▼ ずやたら~ (4, 0.0%)

1 にこの, にそれ, に木, 長いので

▼ ずやでも~ (4, 0.0%)

1 いくぶん心得, ないかなり, ないと, ないはず

▼ ずややもすれば~ (4, 0.0%)

1 他人の, 眠食を, 自分を, 隙を

▼ ずようよう~ (4, 0.0%)

1 それと, 尋ね寄りたる子, 疎遠の, 竹町の

▼ ずよくも~ (4, 0.0%)

1 いまは, ここまで, 御寝遊ばされない, 演った

▼ ずよそ~ (4, 0.0%)

1 に行っ, に隠しおかれ, の人, もおおよそ

▼ ずよって~ (4, 0.0%)

1 これを, 富井君一個の, 板倉内膳正, 源蔵儀は

▼ ずよほど~ (4, 0.0%)

1 フランスびいきだった, 厳重な, 巧妙な, 永く海中

▼ ずよろよろ~ (4, 0.0%)

1 として紋付羽織袴, となつ, とよろめく, と立かかった

▼ ずわが子~ (4, 0.0%)

1 で実験, の愛人, の顔, を知る

▼ ずわっ~ (4, 0.0%)

1 とばかりに泣き出しけり, と上げる, と泣いた, と集まっ

▼ ずわれと~ (4, 0.0%)

1 わが身より, わが身を, 音に, 驚かされて

▼ ずインド~ (4, 0.0%)

2 の仏像 1 とトルコ, また古来竜

▼ ずウイスキー~ (4, 0.0%)

1 の軽い, ばかりです, も国産, を飲んだ

▼ ずウッ~ (4, 0.0%)

1 と前, と多い, と眼路はるか, と級長

▼ ずカツ~ (4, 0.0%)

1 とし, となつ, となります, と逆上

▼ ずガタガタ~ (4, 0.0%)

1 とひっぱり, と私, ふるえだした, 震えながら

▼ ずクサ~ (4, 0.0%)

2 った, る

▼ ずクレオパトラ~ (4, 0.0%)

2 の鼻 1 の伝記, をローマ

▼ ずシーン~ (4, 0.0%)

1 とし, として人, としました, となつ

▼ ずスタスタ~ (4, 0.0%)

1 と歩い, と雨, 歩いて, 通りすぎて

▼ ずスーッ~ (4, 0.0%)

2 と中の間 1 と出, と開いた

▼ ずゾツ~ (4, 0.0%)

2 としました 1 とさせる, として顏

▼ ずダレ~ (4, 0.0%)

21 た, て九時四十分ハネ

▼ ずチャン~ (4, 0.0%)

1 とした, と出来る, と数学的正確さ, と本文

▼ ずトラック~ (4, 0.0%)

1 がこしらえた, のある, の方, はもとより

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 キツと 1 シコと, ライヴに

▼ ずノコノコ~ (4, 0.0%)

1 やって来た清次郎, やつて, 出むかえに, 高座へと

▼ ずハッ~ (4, 0.0%)

1 とし, とした, と不意, と起きた

▼ ずバラバラ~ (4, 0.0%)

1 と京極方, と山, と庭先, にあちこち

▼ ずパッ~ (4, 0.0%)

1 と編笠, サージ, サージの, チリし

▼ ずビール~ (4, 0.0%)

2 の栓ぬき 1 の小, をおごらね

▼ ずヨーロッパ~ (4, 0.0%)

1 でも自然, の常套性, の幻影, の革命

▼ ずランプ~ (4, 0.0%)

1 のよう, のホヤ, の光, を呼ぶ

▼ ずロシア~ (4, 0.0%)

1 と日本, に紹介, のザリズム, の植物学者マキシモヴィッチ氏

▼ ず一二~ (4, 0.0%)

1 の例, の学校, の特別, の雑誌

▼ ず一冊~ (4, 0.0%)

1 うつせば, の, の写生帳, は備

▼ ず一刀~ (4, 0.0%)

1 の柄, をさげた, をぬきはなっ, を大上段

▼ ず一心~ (4, 0.0%)

1 に描い, に書きつづけ, に登っ, 一向に善き

▼ ず一時間~ (4, 0.0%)

1 でかえって, という開き, ほどすぎ, もお

▼ ず一羽~ (4, 0.0%)

1 が死ん, のほととぎす, の梟, の鳥

▼ ず一致~ (4, 0.0%)

1 したる心性, しを, する事, する多

▼ ず一般的~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 な或は, にいっ

▼ ず三吉~ (4, 0.0%)

1 の顔, は独り, は腕利き, まで病院

▼ ず三味線~ (4, 0.0%)

1 にあらず, に乗らず, の心得, も尺八

▼ ず三度目~ (4, 0.0%)

1 にこそこそ, に直させた, の不思議, の黒姫

▼ ず上流~ (4, 0.0%)

2 の方 1 に逆, の口

▼ ず上海~ (4, 0.0%)

1 でも書けず, にでも行っ, に帰っ, は自由

▼ ず不便~ (4, 0.0%)

2 に耐え得ず 1 この上, なところ

▼ ず不敵~ (4, 0.0%)

1 きわまりない偏執狂的, なほほえみを, な童子, な笑み

▼ ず不断~ (4, 0.0%)

1 から仲, この奥の院, はひどく睦まじく, 面倒臭くって

▼ ず不気味~ (4, 0.0%)

1 だつたさうです, である, に思い, に感ずるらしい

▼ ず不知~ (4, 0.0%)

1 にも属しない, に属, 不識, 不識以

▼ ず不調法~ (4, 0.0%)

1 は特に, をし, 恐れ入った, 恐れ入りまして

▼ ず与八~ (4, 0.0%)

1 と連れ立っ, はこの, はもうすでに, はよく

▼ ず世俗~ (4, 0.0%)

2 の人々 1 をぬい, を助長

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 を下り 1 のしだれ桜, はた

▼ ず両親~ (4, 0.0%)

1 には甘やかされ, の後, の意志, や同胞

▼ ず中世~ (4, 0.0%)

1 の欧洲, の語, の貴族政治時代, まで全く

▼ ず中空~ (4, 0.0%)

2 から石 1 に凧, に金剛山

▼ ず中腰~ (4, 0.0%)

1 でうろうろ, でそわそわ, で筆, のまま

▼ ず丹念~ (4, 0.0%)

1 なの, にやった, に木刀, に雪

▼ ず久しぶり~ (4, 0.0%)

1 だからと, でこの, で山, で通っ

▼ ず乱雑~ (4, 0.0%)

1 して, な読みにくい, にひっかきまわされた, に物

▼ ず乳母~ (4, 0.0%)

1 の両, の懐ろ, を養, を養う

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 か嬰害積殃, でか, はれぬ血統, ひまけて

▼ ず争い~ (4, 0.0%)

1 だけが真理, の形, は争いました, まけて

▼ ず事實~ (4, 0.0%)

1 が已, たと, となり, 全く理解

▼ ず事情~ (4, 0.0%)

1 に迂闊, の許す, を甘く, を話し

▼ ず二三~ (4, 0.0%)

1 の問答, の法弟, の農科大学, の青年女子聽衆

▼ ず二時間~ (4, 0.0%)

1 かかって, という長い, も捜し, も焼い

▼ ず五人~ (4, 0.0%)

1 ならず眉, の少年, の梳, の警官

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 の中, の辺, を毒する, を陷

▼ ず人気~ (4, 0.0%)

1 にも障る, のない, のない淋し, をえた

▼ ず人間性~ (4, 0.0%)

2 に於 1 といふもの, において成り成らん

▼ ず他所~ (4, 0.0%)

2 の口 1 の者, へ嫁

▼ ず代議士~ (4, 0.0%)

2 だの大臣 1 の一挙手一投足, の候補者

▼ ず仮令~ (4, 0.0%)

1 いあるいは, い読んだからとて, い谷間田, 十善の

▼ ず仰天~ (4, 0.0%)

1 しそのまま, しつづけて, して, し甚内

▼ ず仲よく~ (4, 0.0%)

1 して, 泳いで, 話して, 遊んで

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 の山, の帶, の洞穴, の蛇海

▼ ず伊藤侯~ (4, 0.0%)

2 の承認, 亦自ら

▼ ず伝統~ (4, 0.0%)

1 が保たれ, への回顧, を固持, を墨守

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 が彼女, の亡くなった, は丁寧, は椅子

▼ ず低から~ (4, 0.0%)

1 ずそして, ず中肉, ず肉付, ぬ割

▼ ず何しろ~ (4, 0.0%)

1 この世の中, 当時の, 被害者の, 連日飲む

▼ ず何もの~ (4, 0.0%)

1 にも訴えず, も傷付け得ぬ, をもすすめず, をも恐れず

▼ ず何故か~ (4, 0.0%)

1 ふむと, 八方より, 周章い, 髪を

▼ ず余念~ (4, 0.0%)

1 なく移り変つ, なく縫取り, もない, もなく

▼ ず余程~ (4, 0.0%)

1 の利益, の大, の無鉄砲, 楽である

▼ ず余裕~ (4, 0.0%)

1 があった, もあった, も有, をもっ

▼ ず依然~ (4, 0.0%)

1 と南空, 同一であるべき, 減少しなかった, 職人として

▼ ず信吉~ (4, 0.0%)

1 という人物, の仕合せ, はその, は自分

▼ ず信用~ (4, 0.0%)

1 ができない, される, して, 出来ないかは

▼ ず俯向~ (4, 0.0%)

3 いて 1 いちゃあ

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 きく強く, なる哉, らそうに, 頓の

▼ ず偉大~ (4, 0.0%)

1 なる思想, なる魂, な者, に作用

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 へに斯波社寺局長平田法制局長等 1 しないといふ, と旁

▼ ず傍ら~ (4, 0.0%)

1 から烈しい, の宇津木兵馬, の漁夫, 大いに研究

▼ ず僧侶~ (4, 0.0%)

1 にし, に対しても一人平均六円位, はまず, を置かず

▼ ず公衆~ (4, 0.0%)

1 としての広い, の前, の喝采, も亦

▼ ず六月~ (4, 0.0%)

1 に至り, の摂津平, の末, も過ぎかけ

▼ ず六波羅~ (4, 0.0%)

1 からは何, の伯父上, の内, はうごかず

▼ ず共鳴~ (4, 0.0%)

1 して, する人, を覺, を起さず

▼ ず其處~ (4, 0.0%)

1 から人知れず, に同棲, に美しく, より發芽

▼ ず再会~ (4, 0.0%)

1 したこの, したその, して, も出来る

▼ ず冷汗~ (4, 0.0%)

1 が流れる, が背中, を感じた, を拭きました

▼ ず凝視~ (4, 0.0%)

2 して, ていた

▼ ず出勤~ (4, 0.0%)

1 したので, して, する, の時間

▼ ず出版~ (4, 0.0%)

1 されたにも, されて, するそう, に関する煩雑

▼ ず切腹~ (4, 0.0%)

1 した, すれば, なし殿様, も強いられなかった

▼ ず別れ~ (4, 0.0%)

1 なり, の挨拶, もあ, を悲しむなり

▼ ず到底~ (4, 0.0%)

2 其の効果 1 東部日本の, 野武士山賊達の

▼ ず刺戟~ (4, 0.0%)

1 した, して, を与えるだろう, を父

▼ ず前途~ (4, 0.0%)

1 に朦朧, は茫漠, を誤った, 近からざる

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 れた, れた足, れる, を衒わず

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 なしと, ならず, を奮, を鼓

▼ ず勝手気まま~ (4, 0.0%)

1 な囈言, な外界, に晴れ, を流儀

▼ ず勤勉~ (4, 0.0%)

1 だね, で冷静, と努力, に勤務

▼ ず勿躰~ (4, 0.0%)

2 なき身 1 なけれど, なや

▼ ず匕首~ (4, 0.0%)

1 は小, を, をたたき取る, を取落した

▼ ず医師~ (4, 0.0%)

1 の手, の説, の車, は立ち上った

▼ ず十五~ (4, 0.0%)

2 の時舞 1 に為る, の歳

▼ ず~ (4, 0.0%)

3 の上 1 の横

▼ ず単純~ (4, 0.0%)

1 ないくつ, な品位, な自然, に本

▼ ず印度~ (4, 0.0%)

1 にもあり, の古調, の東海岸, や南洋

▼ ず原文~ (4, 0.0%)

1 にコンマ, に三島安, のまま, の通り

▼ ず厳密~ (4, 0.0%)

2 な意味 1 に根本, に言

▼ ず厳粛~ (4, 0.0%)

1 である, な挨拶, な気持, に語るだろう

▼ ず友だち~ (4, 0.0%)

1 が音次郎君, に対して堅苦しい, もごく, も来ず

▼ ず双方~ (4, 0.0%)

1 がしっくり, の五体, の最低賃銀, を両立

▼ ず叡山~ (4, 0.0%)

1 という手, に入った, の上, へお供

▼ ず口先~ (4, 0.0%)

1 だけで, だけの言葉, で叱っ, ばかし元気

▼ ず口数~ (4, 0.0%)

1 の多い, もあんまり, も尠, 多い神さん

▼ ず古き~ (4, 0.0%)

1 もの全体が, を辞, 上手どもの, 伝統による

▼ ず古く~ (4, 0.0%)

1 からあった, からの夫, これを, て珍しかっ

▼ ず叮嚀~ (4, 0.0%)

2 に叩頭 1 に切取っ, に頭

▼ ず右門~ (4, 0.0%)

1 の目, の行き向かった, はさっき, は五右衛門

▼ ず各自~ (4, 0.0%)

1 が自発的, その意, の生活, もそれ

▼ ず同志~ (4, 0.0%)

1 としての彼女, とよばれる, の励み, を糾合

▼ ず名刺~ (4, 0.0%)

1 みなくては, もいらぬ, を置い, を見入り

▼ ず吾家~ (4, 0.0%)

1 でごろ, の晩酌, へお, へ手習

▼ ず吾等~ (4, 0.0%)

1 の先祖, の手, の詩情, も明日

▼ ず呑気~ (4, 0.0%)

2 な事 1 ないたずら, になつ

▼ ず周瑜~ (4, 0.0%)

1 には底意地, の下, の急追, は上座

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 懸けて, 懸ける者, 立てられ得三, 起され世の中

▼ ず品物~ (4, 0.0%)

1 だけ納める, のとり, の貴き, は買う

▼ ず哲学的~ (4, 0.0%)

2 の視察 1 の傾向也, の理想

▼ ず唯一~ (4, 0.0%)

1 の便り, の心, の武器, の頼み

▼ ず商店~ (4, 0.0%)

3 といわず 1 にはとかく

▼ ず営々~ (4, 0.0%)

4 とし

▼ ず嘗て~ (4, 0.0%)

1 はニュウ・フェイス, プロレタリア作家が, 宗濂に, 我が心

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に枝葉, は聞い, も余りいたしませんでした, をし

▼ ず器用~ (4, 0.0%)

1 でした, な生れつき, に煙草, に車椅子

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 きに, に閣下

▼ ず四十~ (4, 0.0%)

1 からそろそろ, にし, に近い, の年配

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 滅するが 1 て之, て聊か

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 のため, を出る, 亦滅び, 未だ富まず

▼ ず國民~ (4, 0.0%)

1 としては餘, は暗雲, も其の, 全體

▼ ず地味~ (4, 0.0%)

1 で健康, で淋し, な話し口, に世帯向き

▼ ず地球~ (4, 0.0%)

2 の果 1 の表, は今日

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 からい冷肉, など舐め, に非, の一味

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に埋らせ, ほどの誇り, を吹い, を吹く

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に詣れ, の検分, を發, 荒しを

▼ ず夕暮~ (4, 0.0%)

2 どきなど 1 や夜, 近い江戸

▼ ず夕闇~ (4, 0.0%)

2 の中 1 に白き, の濃く

▼ ず夕食~ (4, 0.0%)

1 といわず, にも戻りませんでした, のとき, ののち

▼ ず外見~ (4, 0.0%)

1 のはでやか, は民間, は鼻持ち, も飾らず

▼ ず夜ふけ~ (4, 0.0%)

2 て風 1 の人通り, まで縁さき

▼ ず夜具~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の皮, を冠

▼ ず夜毎~ (4, 0.0%)

1 に愉快, に来, に沼, に深く

▼ ず大将~ (4, 0.0%)

1 に急所, の身, は巻き, は素知らぬ

▼ ず大小~ (4, 0.0%)

1 の祭礼, も取上げず, を問え, 差す身

▼ ず大空~ (4, 0.0%)

1 には星, のよう, の星, の霞

▼ ず大隈伯~ (4, 0.0%)

2 は如何, は果して

▼ ず太陽~ (4, 0.0%)

1 が諸々, の光線, の許, を指し

▼ ず失敬~ (4, 0.0%)

2 されても 1 して, しました

▼ ず奉公~ (4, 0.0%)

1 して, するという, に来た, 励んで

▼ ず奉公人~ (4, 0.0%)

1 だと, ともつかず, までが皆, や御

▼ ず奥さん~ (4, 0.0%)

1 が全部丁重, が雲坪, に限らず, の気

▼ ず女給~ (4, 0.0%)

1 になった, のほか, は美人, まで忽ち

▼ ず姉さん~ (4, 0.0%)

2 と呼ばるれ 1 ともつかない, は弟

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 と関係 1 の心, はいたずら盛り

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 あつて猛, にし, を耀かし, を輝かし

▼ ず威厳~ (4, 0.0%)

2 を損じた 1 を傷つけられ, を冒涜

▼ ず娘さん~ (4, 0.0%)

2 の親権者 1 がひとり店番, と二人

▼ ず娘たち~ (4, 0.0%)

1 がやはり, の母親, の顔, は彼女

▼ ず嫉妬~ (4, 0.0%)

2 なども明確 1 の感情, も起さず

▼ ず嬉しく~ (4, 0.0%)

1 て子供, て気持ち, 思いました, 顔が

▼ ず子孫~ (4, 0.0%)

1 の為め, の記憶, も繁昌, を根絶やし

▼ ず孔明~ (4, 0.0%)

1 にも会わず, の容子, の死, の神謀

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 ししかして, したやう, し花さき実, するに

▼ ず孝助~ (4, 0.0%)

1 に斬り掛けました, の血統, は息, を供

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 へ出入り 1 で弟子, の前

▼ ず実現~ (4, 0.0%)

1 したという, しつつ, しないどころか, を急がね

▼ ず客席~ (4, 0.0%)

1 から引きだされ, から舞台, といわず, のざはめきが

▼ ず客観的~ (4, 0.0%)

2 の景色 1 な精神, にはこの

▼ ず客間~ (4, 0.0%)

2 の縁側 1 と名, のこと

▼ ず宮廷~ (4, 0.0%)

1 においてた, にも出入, に近づき, をも占領

▼ ず家人~ (4, 0.0%)

1 という国法上, の看病, の者, も養われざる

▼ ず家内~ (4, 0.0%)

1 が余りに, にも語らず, のある, の者

▼ ず家屋~ (4, 0.0%)

1 にも多大, の内, は高から, を揺り

▼ ず容貌~ (4, 0.0%)

1 いたく憔, こそいたって, の醜, は巳之吉

▼ ず宿屋~ (4, 0.0%)

1 に一日, に日, の奴, の尊敬

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 と家, ならず見るからに, なるも, に堕さぬ

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 る時 1 ねにけら, る工夫

▼ ず寒き~ (4, 0.0%)

2 夜ふけに, 水の

▼ ず寒く~ (4, 0.0%)

2 しも 1 はなる, 思った

▼ ず寺院~ (4, 0.0%)

2 の門 1 の説法, は今

▼ ず将軍~ (4, 0.0%)

1 とは切っ, の威厳, の握手, 代って

▼ ず尋常~ (4, 0.0%)

1 に二の腕, に足音, 極まって, 極まつ

▼ ず小春~ (4, 0.0%)

2 の日光 1 が手, といっ

▼ ず小鳥~ (4, 0.0%)

2 の声 1 がさえずっ, の歌う

▼ ず尚も~ (4, 0.0%)

2 幾杯かを 1 ワツシヨイワツシヨイなど, 三策の

▼ ず尻ごみ~ (4, 0.0%)

1 したの, する錦太郎, をした, をする

▼ ず尽く~ (4, 0.0%)

1 これを, 屠り殺す, 皆, 自己が

▼ ず尾張~ (4, 0.0%)

2 の徳川家 1 に住め, の国

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 ひり虫, もこかず

▼ ず居心地~ (4, 0.0%)

1 よくない, わるい心持, わるい程, わるかった

▼ ず山上~ (4, 0.0%)

1 には灌木, に舟, の大観, の本軍

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 の前後, の方, の茶屋, へかかる

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 から振り向いた, と言わず, の堂, も仰がず

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 といはず, の下, をのぼっ, を一なだれ

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 の下 1 がしずまったら, にあおられた

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 にのみ啼く, に依りたる, のこぶし, のよう

▼ ず左手~ (4, 0.0%)

1 で抜き, の女阪, の音響, を上げ

▼ ず市民~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の好意, の有志, の資格

▼ ず師直~ (4, 0.0%)

1 との妥協, はすぐ, や道誉, を重用

▼ ず帰国~ (4, 0.0%)

1 ののち病, のリバティ船, 大いに残り多き, 致そうが

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 を取り 1 もなし, を脱し

▼ ず平日~ (4, 0.0%)

1 ならそれほど, の心得方, も午前, よりは一層

▼ ず年中~ (4, 0.0%)

1 やって, ボロ服同然, 殆ん, 雪を

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 といはず, といわず, の直径, も朽ちず

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 にもあらず, に非, のよう, の僕

▼ ず幻滅~ (4, 0.0%)

1 させ部分的, されて, のせい, を覚えた

▼ ず幽霊~ (4, 0.0%)

1 にもあらず, のよう, ばかりで, や何

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 さは, 成が, 海子爵は, 葉の

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 を失っ 1 を失った, 重るにつれて

▼ ず座席~ (4, 0.0%)

1 に身, の片隅, もない, を離れない

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 て或は 1 いて, 続けだのう

▼ ず弁証法~ (4, 0.0%)

2 なの 1 が先験的論理学, の自覚

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 な或, の安全, の批評, の日

▼ ず引き~ (4, 0.0%)

1 かへし, つれて, のき, 擦り込む事

▼ ず引続き~ (4, 0.0%)

1 て歩み入れ, 京畿に, 消費されるであろう, 第二等地

▼ ず~ (4, 0.0%)

4 之丞

▼ ず弱い~ (4, 0.0%)

1 から男, ねえ, ようで, 者い

▼ ず強かっ~ (4, 0.0%)

31 たが

▼ ず当代~ (4, 0.0%)

1 の人々, の偉人ら, の歌人, を詛っ

▼ ず当分~ (4, 0.0%)

1 は, は却ってさっぱり, は御, は暖簾

▼ ず彼一人~ (4, 0.0%)

2 はかね 1 だけをつれ, に希望

▼ ず彼方此方~ (4, 0.0%)

1 から見, で城兵たち, に離反, へと駈走

▼ ず往生~ (4, 0.0%)

1 のこと, の願いもとぐる道, 致せよ, 致せ縁

▼ ず後代~ (4, 0.0%)

1 になっ, の川柳, の語りつぐべく, までも稀

▼ ず徐々~ (4, 0.0%)

1 として歩みはじめ, と倉子, と行く, と進歩

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 ってその, て官吏, て通貨, ひて

▼ ず御家人~ (4, 0.0%)

2 に限らず, の株

▼ ず御返事~ (4, 0.0%)

2 まで 1 して, 下さい

▼ ず御馳走~ (4, 0.0%)

1 になった, には敏感, の喰い, をしない

▼ ず微か~ (4, 0.0%)

1 な笑み, にうるむで見えた, にまわり, に昔

▼ ず忍耐~ (4, 0.0%)

1 したこと, すること, と天然, よりも興奮

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 のため, はこの, は飯, を得ない

▼ ず~ (4, 0.0%)

21 られないもの, るるとも

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 がしい, がしいかね, がしく, がず

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 心の 1 と不快, 濶に

▼ ず忽然と~ (4, 0.0%)

4 して

▼ ず急ぎ~ (4, 0.0%)

1 に急いだ, もせず, も致しませんで, 身を

▼ ず急ぎ足~ (4, 0.0%)

2 にドンドン 1 で仕事, に小走り

▼ ず性質~ (4, 0.0%)

1 がひどく, に於, はきわめて, も直に

▼ ず恋人~ (4, 0.0%)

1 の信念, の役, を得ん, を新

▼ ず恐らくは~ (4, 0.0%)

1 ダンテの, 一〇五行の, 進歩党の, 進歩黨の

▼ ず息子~ (4, 0.0%)

1 の愛, の高輪田長三, は商, は返事

▼ ず悄然~ (4, 0.0%)

1 とし, として景色, と何卒, と退がっ

▼ ず悠然~ (4, 0.0%)

1 としてやがて, として流るる, として浮ん, として莨

▼ ず患者~ (4, 0.0%)

1 が死ん, の家族, の平生, はおそろしく

▼ ず悪人~ (4, 0.0%)

1 でも坂下鶴吉, の若, を探す, を看破り

▼ ず悶々~ (4, 0.0%)

1 する, として下宿, と考え続け, の日

▼ ず想像~ (4, 0.0%)

1 すること, するに, によりてしいて, も及ばぬ

▼ ず愚図愚図~ (4, 0.0%)

1 して, すると, とあの, まごついて

▼ ず愛情~ (4, 0.0%)

1 のきずな, の懐, の障碍, はますます

▼ ず感傷~ (4, 0.0%)

1 になる, に満ちた, に落ちない, の人

▼ ず感動~ (4, 0.0%)

2 した 1 させられたよう, のため

▼ ず感嘆~ (4, 0.0%)

1 しました, の叫び, の聲, をした

▼ ず感服~ (4, 0.0%)

2 して 1 し新しい, す可らざる

▼ ず感歎~ (4, 0.0%)

2 の聲 1 して, の声

▼ ず慎重~ (4, 0.0%)

1 なる態度, な観察, にふるまえ, に恒久的解決策

▼ ず憤然~ (4, 0.0%)

2 としてお 1 として坐, と衆

▼ ず我々人間~ (4, 0.0%)

2 の頭 1 が歴代, の間

▼ ず我が国~ (4, 0.0%)

1 ではお, にかかる, に固有, を以て古

▼ ず我等~ (4, 0.0%)

1 かの處, は語りつ, また彼等, をし

▼ ず戦争中~ (4, 0.0%)

1 にこの, の作業衣, の配給, も相

▼ ず戦慄~ (4, 0.0%)

1 しました, するだらう, の中, を禁じ得なかつた

▼ ず戯曲~ (4, 0.0%)

1 にあらず, に於, の方面, を書かう

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 きて, ひの, へた, も彈丸

▼ ず戸口~ (4, 0.0%)

2 へ歩みかける 1 の中, は一つ

▼ ず所持~ (4, 0.0%)

2 して 1 いたして, するよう

▼ ず手当~ (4, 0.0%)

1 たり次第, は減り, を支給, を貰っ

▼ ず手探り~ (4, 0.0%)

1 で捜し, で這入っ, と跼き, に探っ

▼ ず手術~ (4, 0.0%)

1 の最中, の準備, もしませぬ, を怠ける

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 のかぎり, の大, もない, もまた

▼ ず批評~ (4, 0.0%)

1 だけし, に於, のある, もしない

▼ ず承知~ (4, 0.0%)

1 いたし不思議, した, のむね, をし

▼ ず拍手~ (4, 0.0%)

1 した, をおくり, を送りました, を送る

▼ ず挨拶~ (4, 0.0%)

1 し自分, と云, に出た, を書く

▼ ず換言~ (4, 0.0%)

4 すれば

▼ ず攻撃~ (4, 0.0%)

1 しやすい, の陣, を, を受け

▼ ず教会~ (4, 0.0%)

1 の前, の有, の親切, へ届ける

▼ ず散文~ (4, 0.0%)

2 の道 1 という, という結構

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 ある同級生, ある雨戸, の中, 正は

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 の中 1 ならぬ妾, 多き女房曹司

▼ ず文壇~ (4, 0.0%)

1 と劇壇, に限らず, の片隅, は詩

▼ ず新子~ (4, 0.0%)

1 の手, はあわて, は十一時半頃, は真実

▼ ず新宿~ (4, 0.0%)

1 で電車, の停車場, へ連れ, 角筈

▼ ず新鮮~ (4, 0.0%)

1 であった, で初々しい, で本当に, な心地

▼ ず日向~ (4, 0.0%)

1 で煙草, にとぐろ, に不, に寢そべつ

▼ ず日蓮~ (4, 0.0%)

3 は泣かね 1 の幼時

▼ ず昂奮~ (4, 0.0%)

2 して 1 からそれ, したり

▼ ず明るく~ (4, 0.0%)

1 なる迄に, 照らし出されて, 硝子戸を, 輝かな

▼ ず時勢~ (4, 0.0%)

1 にふさわしい, の変遷, を見る, を観

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 とも知らず, はいたく, は各, も寐

▼ ず暗記~ (4, 0.0%)

2 して 1 させられる位, した

▼ ず曖昧~ (4, 0.0%)

1 なこと, な微笑, にされ, になる

▼ ず曲者~ (4, 0.0%)

1 の使つた兇器, はうつ, は他愛, は囃子

▼ ず書き~ (4, 0.0%)

3 もせず 1 もしず

▼ ず最早~ (4, 0.0%)

1 梅花の, 私の, 脈の, 自分も

▼ ず月給~ (4, 0.0%)

1 に貰う, の一部分, を貰, を貰う

▼ ず有力~ (4, 0.0%)

1 なる新兵器, な人物, な竜神様, な証拠

▼ ず有耶無耶~ (4, 0.0%)

2 のうち 1 に彼等, の間

▼ ず木の葉~ (4, 0.0%)

1 の様, を焚い, を着, 沈まず

▼ ず未知~ (4, 0.0%)

1 な生活, にし, の世界, の人

▼ ず本人~ (4, 0.0%)

1 に対してはもちろん, の自白, もどこ, も知らないで育つた

▼ ず東京市中~ (4, 0.0%)

2 の散歩 1 に牡丹燈籠, を見れ

▼ ず松江~ (4, 0.0%)

1 からの便り, の市内, はこっくり, はじ

▼ ず林町~ (4, 0.0%)

1 の二階, の人々, の離れ, へ行く

▼ ず栄三郎~ (4, 0.0%)

1 が躍り出, とも刃, の坤竜, の腕

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 にも劣らぬ 1 がお, の花旭

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 こじ手, に近く, を抜き去る, 掘り葉

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 がどこ, の新緑, の空箱, の葉

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 の花 1 の下, 散り敷く

▼ ず植木~ (4, 0.0%)

2 の世話 1 の新芽, の根

▼ ず検挙~ (4, 0.0%)

1 されたという, されるからさう思へ, に挺身, られて

▼ ず椽先~ (4, 0.0%)

2 の柱 1 で手鞠, の飛石

▼ ず概して~ (4, 0.0%)

1 いうと, そういう種類, 叙事詩は, 幸福な

▼ ず概ね~ (4, 0.0%)

2 四斗樽が 1 人の, 零細な

▼ ず横浜~ (4, 0.0%)

1 のアドレス, のキャバレエ, の女医ドクトル・シモンズ, へ行く

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に応じ, の下, の下敷, を織っ

▼ ず正しい~ (4, 0.0%)

1 と思う, 平和的手段に, 精神と, 裁きを

▼ ず正三~ (4, 0.0%)

2 は広々, は自ら

▼ ず此歌~ (4, 0.0%)

1 に明らか, の姿, は三句切, を選んだ

▼ ず歩行~ (4, 0.0%)

1 が困難, にも一寸, に悩んだ, も出来ない

▼ ず死刑~ (4, 0.0%)

1 とは極, と云, にし, になっ

▼ ず死後~ (4, 0.0%)

1 においてもという, に至っ, の世界, の状態

▼ ず殊更~ (4, 0.0%)

2 岸に 1 に樗, 其日叔父の

▼ ず毅然~ (4, 0.0%)

3 とした 1 として

▼ ず毛布~ (4, 0.0%)

1 に蔽, は着ん, を出す, を腰

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 のうれ, の怨み, をかえりみず, を愛撫

▼ ず気軽~ (4, 0.0%)

1 である, に歩い, に答えた, に自分

▼ ず油断~ (4, 0.0%)

1 して, すべからざる所以, なく構え, をせぬ

▼ ず況や~ (4, 0.0%)

1 また天地作者, 其余を, 東京では, 私の

▼ ず泥棒~ (4, 0.0%)

1 が来, して, と極, もしない

▼ ず洋杖~ (4, 0.0%)

2 に力 1 をつい, を握占め

▼ ず洞窟~ (4, 0.0%)

1 の中, の入口, へ向っ, より出

▼ ず浪子~ (4, 0.0%)

1 は一心に, は海, をば今, を抱き止め

▼ ず消息~ (4, 0.0%)

1 さえもなかっ, もなかっ, もまったく, もよく

▼ ず涼しい~ (4, 0.0%)

1 南風が, 感じをさえ, 顔を, 顔ジッと

▼ ず深々~ (4, 0.0%)

1 とうな, とみな眠り, と太, と考え込ん

▼ ず深刻~ (4, 0.0%)

2 な苦笑 1 に考えるまえ, めいた顔付

▼ ず深更~ (4, 0.0%)

1 になる, に及び, に及ん, に至り

▼ ず温泉~ (4, 0.0%)

1 にでもしばらく, に一浴, の町, へ汗

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に沈めた, に沿う, の冬, の竜

▼ ず満足~ (4, 0.0%)

1 させたもの, して, のよう, を求め

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 と牡丹, に打たれ, の額, を逆さ

▼ ず漸次~ (4, 0.0%)

2 準備の 1 に跫音, 停留場へ

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 が満ち, の満ち, へ漬, を見られる

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 せず熱 1 せず喜ばず悲, せず大空

▼ ず激しい~ (4, 0.0%)

1 が戦況, 労働に, 時代の, 痛みを

▼ ず激しく~ (4, 0.0%)

1 嘆息したい, 抵抗した, 疲れが, 眼を

▼ ず激昂~ (4, 0.0%)

1 した, したよう, して, の余り

▼ ず濛々~ (4, 0.0%)

1 として一町先, と煙, と立ち昇っ, と降りかかる

▼ ず瀕死~ (4, 0.0%)

2 の勝平 1 の彼女, の状態

▼ ず灰色~ (4, 0.0%)

2 の液体 1 の空, の雲

▼ ず無我夢中~ (4, 0.0%)

2 で逃げ 1 でペタル, に二銭銅貨

▼ ず無用~ (4, 0.0%)

1 なこと, に似たる, の殺生, の財

▼ ず無礼~ (4, 0.0%)

1 でないか, なふるまいばかり, のありったけ, を仕りました

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 て仕舞, 棄て玉無し, 締めたもの, 野原と

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 として兩足, と主人, と見られた, と視る

▼ ず熱く~ (4, 0.0%)

2 もあらざる 1 なったが, なっても

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 ゆるに 1 ゆる恋, ゆる焔

▼ ず父君~ (4, 0.0%)

1 がみずから, とても左, や牧, をいとし

▼ ず爾来~ (4, 0.0%)

1 どんな事, 今日まで, 十余年日本文学史を, 頭が

▼ ず片腕~ (4, 0.0%)

1 で顔, に彼女, もあげなかった, を枕

▼ ず物理学~ (4, 0.0%)

1 の急激, の根柢, は近代的形象, をデモンストレート

▼ ず物言~ (4, 0.0%)

2 はずして, はぬ

▼ ず特殊~ (4, 0.0%)

1 な同, な問題, な意図, の固定

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 悖の 1 ならずして, ならぬ

▼ ず狐狸~ (4, 0.0%)

1 にもあらず, のし, の悪戯, の憑

▼ ず独身~ (4, 0.0%)

1 で南仏蘭西, で暮す, で通し, の状態

▼ ず理屈~ (4, 0.0%)

1 ではとうてい, のたった, も立てず, をつけ

▼ ず理性~ (4, 0.0%)

1 に立つ, の尊厳, もした, を失つて太一郎

▼ ず理論的~ (4, 0.0%)

1 な, に偶然性, に文法, に発達

▼ ず瑠璃子~ (4, 0.0%)

2 の手紙, は冷然

▼ ず用語~ (4, 0.0%)

3 多くなれ 1 は同じ

▼ ず甲斐~ (4, 0.0%)

1 がいしく, が彼自身, なきこと, に向かっ

▼ ず甲板~ (4, 0.0%)

1 に上っ, に這, に集まっ, の上

▼ ず画面~ (4, 0.0%)

1 に眼, に見入っ, の小奇麗さ, の微妙

▼ ず畢竟~ (4, 0.0%)

1 人類の, 己が, 手に, 此者共荷高に

▼ ず當つて~ (4, 0.0%)

1 見ましたが, 見る, 見るがい, 見ること

▼ ず當時~ (4, 0.0%)

1 の人, の志, の筆意, 若し此

▼ ず疑い~ (4, 0.0%)

1 の余地, の目, をも挾まず, を千古

▼ ず疲れ~ (4, 0.0%)

1 がぬけなかった, も見せず, を知りません, 果てて

▼ ず疾風~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 のやう, をなし

▼ ず病的~ (4, 0.0%)

1 なの, な熱心さ, になり, のもの

▼ ず発揮~ (4, 0.0%)

1 しつくされまして, しつくしながら, し一片, もせず

▼ ず白馬~ (4, 0.0%)

1 の群, は馬, や杓子, を登る

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に逆巻く, のまんま, の態度, を射る

▼ ず皆さん~ (4, 0.0%)

1 には全く, のお, のする, の行く

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に手, を受け, を唇, を重ねる

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 なは, にべく, に議論, を過ぎる

▼ ず盛大~ (4, 0.0%)

1 な葬儀, にやっ, にやった, に行われた

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 まうと, み聽, られた時, られた物

▼ ず目下~ (4, 0.0%)

1 これを, さがし中, に迫る, 極秘密裡

▼ ず目白~ (4, 0.0%)

1 からもっ, の先, へ風呂, もかくれ

▼ ず盲目~ (4, 0.0%)

1 で聾唖, なのよ, になっ, は相手

▼ ず直ぐに~ (4, 0.0%)

1 二階の, 余を, 又何, 又寝台

▼ ず直線~ (4, 0.0%)

1 に対岸, に谷底, に進行, は矢張り一義的

▼ ず相互~ (4, 0.0%)

2 の間 1 に与えられ, の理解

▼ ず相応~ (4, 0.0%)

1 に働く, に芸術上, の兵力, の己惚れである

▼ ず省略~ (4, 0.0%)

1 されて, せずには, の捷径, の捷徑

▼ ず看護~ (4, 0.0%)

1 した, した滝太郎, の者, もしない

▼ ず真心~ (4, 0.0%)

1 からのやさしい, からの愛, こめて, をこめ

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 そうな, つて, ている, を貪った寝

▼ ず眠り~ (4, 0.0%)

1 に落ちよう, はなかなか, もせず, 通して

▼ ず眼鏡~ (4, 0.0%)

1 の奥, を伸し, を掛け, を正しい

▼ ず知らぬ顔~ (4, 0.0%)

1 でゐた, に一, の木ベエ, をし

▼ ず硝子~ (4, 0.0%)

1 の容器, の破片, は水晶, よりもっと

▼ ず礼儀~ (4, 0.0%)

1 と友情, も捨て, 正しい写真, 正しく生活

▼ ず社日~ (4, 0.0%)

4 や彼岸

▼ ず神経~ (4, 0.0%)

1 だけ尖, は尖る, を太く, を悩まされた

▼ ず私ども~ (4, 0.0%)

1 にはなん, の感情, ももはや, も使う

▼ ず私一人~ (4, 0.0%)

1 で家財道具, で飲ん, としては慎重, の肚

▼ ず私共~ (4, 0.0%)

1 の生命, は両方, もまた, を散々

▼ ず科学者~ (4, 0.0%)

1 が少し, が自分, として職務, や哲学者

▼ ず穀物~ (4, 0.0%)

1 の価値, の価格, の栽培, は非常

▼ ず空中~ (4, 0.0%)

1 に浮かぶ, に浮遊, に飛び, を漕い

▼ ず突っ~ (4, 0.0%)

2 立って 1 立ちながら, 立ったまま

▼ ず窓外~ (4, 0.0%)

2 の景色 1 に飛び行く, の隣り

▼ ず窮屈~ (4, 0.0%)

1 だった, なケチ, に一生, の余りに

▼ ず競争~ (4, 0.0%)

1 が劇, して, と反感, も有らず

▼ ず竿~ (4, 0.0%)

1 の力, の長, もとどきませんでした, を操った

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 を吹い 1 を吹き鳴らす, を吹こう

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 といふ意義, と申し, と申します, と考え

▼ ず答え~ (4, 0.0%)

1 はした, も無い, を得る, 返して

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 の燃え, の爆, もきえ, をたい

▼ ず粉煙草~ (4, 0.0%)

2 をせ 1 に親しん, をハタ

▼ ず紀代子~ (4, 0.0%)

1 の念入り, の顔, は哀願的, は教護聯盟

▼ ず紅葉~ (4, 0.0%)

1 が淡島寒月, しに, の木, もせず

▼ ず純然~ (4, 0.0%)

1 たるひとり者, たる探偵吏, たる自由主義, たる芸術的興味

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に確か, の上, や絹, を布い

▼ ず素性~ (4, 0.0%)

2 の然 1 もなき, をかくして

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 いにな, には永劫, には磯山, も知らず

▼ ず終始~ (4, 0.0%)

1 うな, 一貫し, 孤立し, 無言で

▼ ず終局~ (4, 0.0%)

2 に於 1 において目標, 迄の御

▼ ず経済~ (4, 0.0%)

1 から交際, だし, の世界, の議論盛ん

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 ねられて, ひつけた草履, ひ上げた島田, 了すること

▼ ず絶対~ (4, 0.0%)

1 に人, に人目, に物, の上位

▼ ず総じて~ (4, 0.0%)

2 同一の 1 京風な, 朝日夕日を

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 と平面, の引き, の美, は上

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 をつかん 1 にからげ, は怪獣

▼ ず縦し~ (4, 0.0%)

1 や父上, 一方が, 発起人と迄に, 解釈した

▼ ず美術~ (4, 0.0%)

1 ありとも, の心得大切, の賞翫者, をも感ぜざる

▼ ず群衆~ (4, 0.0%)

1 の, はこね返し, は其處, をかきわけ

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 にのぞん, に死する, の世界, を失ふ

▼ ず義務~ (4, 0.0%)

1 と云う, も徳義, や負担, を忘れ

▼ ず老女~ (4, 0.0%)

1 がい, が花嫁, は疎ら, を掻きむしる

▼ ず老衰~ (4, 0.0%)

2 の極 1 した身体, で死ん

▼ ず職業~ (4, 0.0%)

1 に勉めし, のくせ, の品格いかん, の関係

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 がすわっ, はすくみ, を冷やし, 潰れながらも

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に感じ, の内部, の善悪, を砕き

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 がキリキリ, が悪い, なりと言われました, の通り

▼ ず腹の中~ (4, 0.0%)

2 では父 1 で嘆息, で泣い

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 が君, たらんと, は臣たる, を知る

▼ ず自国~ (4, 0.0%)

2 の物語 1 の文化, の金融資本

▼ ず舅姑~ (4, 0.0%)

2 の跡 1 と嫁, に良人

▼ ず良心~ (4, 0.0%)

1 とか人間性, なく道念, のいかなる, の前

▼ ず色彩~ (4, 0.0%)

1 に分割, に於, に於い, の一点

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に関する限り, の嫉妬, の神髄, は細かく

▼ ず若き~ (4, 0.0%)

1 は十五, 伯爵は, 婦人の, 生命の

▼ ず苦心~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, の払われた

▼ ず茫漠~ (4, 0.0%)

1 たるもの, たる水, と頭, のうち

▼ ず茫然~ (4, 0.0%)

1 たる心, としていよいよ, としてただ, と何

▼ ず茶屋~ (4, 0.0%)

1 から楽屋, ともつかず, の女房, も色町

▼ ず茶碗~ (4, 0.0%)

1 にも後れ, の上, へ一ぱい, を下

▼ ず草木~ (4, 0.0%)

1 といわず, の枝葉, の発芽, は時期

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 が勝ち過ぎ, の上, を付け, を造った

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 の花 1 の新, の首玉

▼ ず華やか~ (4, 0.0%)

1 ならず浮つかず重, な若い, な行事, に囃子

▼ ず蓋し~ (4, 0.0%)

1 今日に, 吾人が, 春寒き, 譎詭変幻中清秀深

▼ ず薄く~ (4, 0.0%)

1 なって, 浮いた錆, 濁って, 髪の毛の

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 から貰う, に対しての身, へも帰れねえ, より支給

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 がひどい, には男竹, には鶯, の中

▼ ず蛾次郎~ (4, 0.0%)

1 がふところ, はむちゅうになって, は目のかたき, を高手小手

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 の木偶, の火

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 か非, と化し, や小鳥, を呑む

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 が立ち働い, にさ, に叫び, を語らっ

▼ ず行儀~ (4, 0.0%)

1 の悪い, は悪く, よく控え, よく椅子

▼ ず行手~ (4, 0.0%)

1 の山の上分明, の方, へ廻, を急ぐ

▼ ず行為~ (4, 0.0%)

1 としても思想, にも出せなかった, の主体, もお

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 ないまま 1 また熱, もつかわず

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 の袖 1 を引っ張り, を解かう

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 殺人者にたいしては, 殺人者を, 為居候は, 護者が

▼ ず被害民~ (4, 0.0%)

1 の歎きが目, の死命, の無知, を憫

▼ ず裸体~ (4, 0.0%)

1 で川端, になっ, の研究, 半裸体

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 といわず, と言わず, をしめた, を開け

▼ ず西洋人~ (4, 0.0%)

1 にもの, に扮する, の前, の模倣

▼ ず親しい~ (4, 0.0%)

1 家従だけを, 情緒を, 氣持に, 者五六人を

▼ ず親友~ (4, 0.0%)

2 を裏切る 1 の為, も依頼

▼ ず親類~ (4, 0.0%)

2 の者 1 と雇人, は知れず

▼ ず観客~ (4, 0.0%)

1 に一種, の位置, の倦怠, の頭

▼ ず観念~ (4, 0.0%)

1 として空, にひき, の中, の白眼

▼ ず言つて~ (4, 0.0%)

21 ほほと, 聞かせよう

▼ ず言わば~ (4, 0.0%)

1 一尾を, 寄らず触らずに, 昔風の, 神社が

▼ ず討死~ (4, 0.0%)

2 せられたの 1 させる也, したとやら

▼ ず詮議~ (4, 0.0%)

1 したが, のため, もすこしく, も竟

▼ ず誰か~ (4, 0.0%)

1 がその, が小用, が腕, が自分

▼ ず調子~ (4, 0.0%)

2 が外れます 1 のいい, よからず

▼ ず警官~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の各種, の注意, は署前

▼ ず譬へば~ (4, 0.0%)

1 一条の, 泉下の, 無邪気なる, 酒飯の

▼ ず豹一~ (4, 0.0%)

2 がキャラメル 1 は唇, は滑稽

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 だのなまぐさ, というもの, の身, を剥い

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 が必ずしも, き女, に恥じず, を憐

▼ ず貧賤~ (4, 0.0%)

1 に素, は不平, も鄙陋, を問わず

▼ ず貨幣~ (4, 0.0%)

2 が購買 1 に變, を造る

▼ ず貴下~ (4, 0.0%)

1 の人格, の心臓, を軽蔑, 御一人

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 しいもの, しい愚痴, しみても, しめられる傾き

▼ ず質素~ (4, 0.0%)

1 にと心, に見せ, を旨, を貴び

▼ ず越後~ (4, 0.0%)

1 の方, の本領, の荒川伊豆守, の謙信

▼ ず足早~ (4, 0.0%)

2 に進んだ 1 に通りすぎ, に馳せゆき

▼ ず足音~ (4, 0.0%)

1 にも気, も聞えない, を忍ばす, を忍ばせ

▼ ず~ (4, 0.0%)

3 いて 1 をも追

▼ ず車中~ (4, 0.0%)

1 でウイスキー, にあり, に安坐, の注意

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 と, に対する命令, の上, の取締り

▼ ず軍事~ (4, 0.0%)

2 と政治 1 にかけては焦心, の万般

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 には糸瓜, に御, の低い, の外

▼ ず軽蔑~ (4, 0.0%)

2 して 1 するに, の意

▼ ず辞書~ (4, 0.0%)

3 もお 1 の上

▼ ず農村~ (4, 0.0%)

1 で文化活動, における力, には残っ, はかく

▼ ず返辞~ (4, 0.0%)

1 もしない, もせず, をし, をせず

▼ ず迷い~ (4, 0.0%)

1 に迷っ, はその, もない, 出でた五人

▼ ず逃げ~ (4, 0.0%)

1 もせず, もできず, もならず, 退かれて

▼ ず逃亡~ (4, 0.0%)

2 して 1 せんと, をした

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 は只, ひ出して, ひ寄つて, ふ蟲

▼ ず進み~ (4, 0.0%)

2 もならず 1 もせず, も得ず

▼ ず運転手~ (4, 0.0%)

1 にさしず, に声, の様子, を促し

▼ ず道中~ (4, 0.0%)

1 で變ら, のなんじゅう, の旅籠, の関

▼ ず道理~ (4, 0.0%)

2 に反する 1 が表, よりはむしろ

▼ ず邪慳~ (4, 0.0%)

2 にもならず 1 な挙動, にお

▼ ず部下~ (4, 0.0%)

2 の者 1 にも帯, の不正行為

▼ ず都合~ (4, 0.0%)

2 のよい 1 いいの, であれど

▼ ず重吉~ (4, 0.0%)

1 と一緒, の最低限, はいつも, は種子

▼ ず野生~ (4, 0.0%)

2 は大工 1 して, の食物

▼ ず金五郎~ (4, 0.0%)

1 とマン, に教え, は不機嫌, は海

▼ ず金銭~ (4, 0.0%)

1 のため, の要求, も有らず, を賭し

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 を引つ 1 をとり, を持ち直し

▼ ず銘々~ (4, 0.0%)

1 にもう既に, のこと, の支度, 脹れ返つて店

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 に傷, の声, は鳴らね, を釣った

▼ ず長火鉢~ (4, 0.0%)

2 の前 1 の傍, の奥

▼ ず間道~ (4, 0.0%)

1 から不意, の突き当り, は途中, を走る

▼ ず間違~ (4, 0.0%)

1 がある, じゃア, ひだらけ, ひを

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 で不平, で心配, の噂, 然相似

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 の陣地, を懼, 遜たる者, 遜は

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 から順々, にしのび, に坐, の雨落ち

▼ ず隅田川~ (4, 0.0%)

1 にも白魚稀, の方, の風景, を往復

▼ ず階下~ (4, 0.0%)

1 に降り, に顏, の四疊半, へおり

▼ ず階段~ (4, 0.0%)

1 の中途, の影, の真中, を登ろう

▼ ず階級~ (4, 0.0%)

1 のいかん, の本質, の違い, を超越

▼ ず離婚~ (4, 0.0%)

1 して, するしか, という面白から, の成立

▼ ず青々~ (4, 0.0%)

1 とし, と一条立, と茂つて, 予を

▼ ず青い~ (4, 0.0%)

2 顔を 1 中折帽から, 筋を

▼ ず青春~ (4, 0.0%)

1 と愛, の甘い, の血潮, を荒廃

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 かに勞作, かに月花, かに横臥, かに鷹揚

▼ ず非人~ (4, 0.0%)

1 ともつかぬ, の餓鬼, は足洗, よ小屋者

▼ ず面倒~ (4, 0.0%)

1 な小学校, をかけ, をみ, を見た

▼ ず面喰~ (4, 0.0%)

3 つた 1

▼ ず革命~ (4, 0.0%)

1 に先だち, の先, の十字架, の課題

▼ ず領内~ (4, 0.0%)

1 の巡視, の美女一人, の者, 聞き傳

▼ ず頻りに~ (4, 0.0%)

1 スースー息を, 四辺を, 機会を, 狼狽へて

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 の煙, もたけ, を留め, 高くある

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 けだした, けつけ, けつける, け去っ

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 からまつ, から東寄り, のスタンド, の者

▼ ず騒々しい~ (4, 0.0%)

3 野郎だ 1

▼ ず高雅~ (4, 0.0%)

1 で大, な中, な団欒, な芸術

▼ ず~ (4, 0.0%)

2 も剃らず 1 に蚊柱, を剃らず

▼ ず鹿~ (4, 0.0%)

2 も見えず 1 も居ず, や羊

▼ ず黄昏~ (4, 0.0%)

1 に此, の微光, の空, の舗道

▼ ず黄金~ (4, 0.0%)

1 に屈服, のみ追い来りし, の林檎, の袋

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 ってお祖父さん, つた, つたまま, りこくっ

▼ ず默つて~ (4, 0.0%)

1 うなづきました, にがり, ゐた僕, 見送つて

▼ ず默然~ (4, 0.0%)

1 と, とした沈んだ, と口, と眼

▼ ず~ (4, 0.0%)

1 がみ, がみし, も染めず, を喰

▼ ずあいた~ (3, 0.0%)

1 口が, 口も, 手で

▼ ずあかく~ (3, 0.0%)

1 なつて, なつて俯, なりその

▼ ずあした~ (3, 0.0%)

1 でも行った, にしたい, の朝

▼ ずあたふた~ (3, 0.0%)

1 と裏口, と階子段, 床几を

▼ ずあっち~ (3, 0.0%)

1 で虚偽, の生活, へ行っ

▼ ずあて~ (3, 0.0%)

1 にし, もない, もなく

▼ ずあの世~ (3, 0.0%)

1 からイーサー, から聞い, の人

▼ ずあまねく~ (3, 0.0%)

2 世に 1 国人の

▼ ずあまりに~ (3, 0.0%)

1 平凡に, 温厚で, 無知で

▼ ずあわや~ (3, 0.0%)

1 という間, と思ふ, 車蓋の

▼ ずいかん~ (3, 0.0%)

1 ぞ対岸, ともしがたい, ともその

▼ ずいそがしい~ (3, 0.0%)

1 から, ですか, んだろう

▼ ずいちばん~ (3, 0.0%)

1 に腰, われわれを, 間近の

▼ ずいっこう~ (3, 0.0%)

1 そんなやつ, 平気な, 恋愛沙汰など

▼ ずいっせいに~ (3, 0.0%)

1 バッタリと, 槍の, 襲いかかって

▼ ずいつのまにか~ (3, 0.0%)

1 家から, 甲斐は, 考えついたこと

▼ ずいまや~ (3, 0.0%)

1 彼は, 新しいかたち, 脆くも

▼ ずいやらしい~ (3, 0.0%)

1 やつと, 事は, 眼つきを

▼ ずいろんな~ (3, 0.0%)

1 病気に, 絵の, 詩小説戯曲を

▼ ずうず~ (3, 0.0%)

1 うと, うぬかせ, う言ってるぜ

▼ ずうっとり~ (3, 0.0%)

1 して, とし, と雪

▼ ずうとうと~ (3, 0.0%)

1 と居眠り, と眠り, ゆられて

▼ ずうれし~ (3, 0.0%)

1 さの, そうな, そうに

▼ ずうん~ (3, 0.0%)

2 ずうんと 1 とおさ

▼ ずえらい~ (3, 0.0%)

1 物言わず, 肩書を, 見識です

▼ ずおいしい~ (3, 0.0%)

1 お茶を, のは, ものであります

▼ ずおしまい~ (3, 0.0%)

1 には爺, は案外, までほった

▼ ずおずおず~ (3, 0.0%)

2 して 1 眼を

▼ ずおそく~ (3, 0.0%)

1 なった, までワアワア, めしを

▼ ずおや~ (3, 0.0%)

1 と思う, と思った, と思つたの

▼ ずお互い~ (3, 0.0%)

1 にどう, にクサクサ, を傷つけ合う

▼ ずお供~ (3, 0.0%)

1 にさそわれる, の国公, を仰せつかり

▼ ずお側~ (3, 0.0%)

2 の衆 1 にも侍らで

▼ ずお前さん~ (3, 0.0%)

1 がまた, に惚れました, はよく

▼ ずお礼~ (3, 0.0%)

1 に出ました, の金, を申上げ

▼ ずかたわら~ (3, 0.0%)

1 にこれ, に人, の友人

▼ ずかなし~ (3, 0.0%)

1 げな, さに, の語

▼ ずかなた~ (3, 0.0%)

2 なる境内 1 の吉里

▼ ずかりに~ (3, 0.0%)

1 なったご, も大小, 父と

▼ ずがらん~ (3, 0.0%)

2 とした 1 として味気

▼ ずきだ~ (3, 0.0%)

1 から坐る, ということ, というよう

▼ ずきっぱり~ (3, 0.0%)

1 といいはなちました, と答えた, 頭を

▼ ずくるり~ (3, 0.0%)

1 と向き, と横, と踵

▼ ずぐいぐい~ (3, 0.0%)

1 グラスを, 飲み干し呆然と, 飲んだと

▼ ずぐずぐず~ (3, 0.0%)

1 して, その言葉, 考えて

▼ ずぐったり~ (3, 0.0%)

1 と, 壁際の, 木椅子に

▼ ずぐっと~ (3, 0.0%)

1 にらみつけて, 引き寄せると, 握るべしさ

▼ ずけれども~ (3, 0.0%)

1 学者と, 明るくなけれ, 毎度の

▼ ずこがね~ (3, 0.0%)

2 を打 1 を打ちのべたるごとくあるべし

▼ ずころり~ (3, 0.0%)

1 と死ん, と老人, と落しぬ

▼ ずごろごろ~ (3, 0.0%)

1 して, と雷, 世間に

▼ ずご覧~ (3, 0.0%)

1 のとおり蒼ざめて物蔭, のよう, 下さいまし

▼ ずさだめし~ (3, 0.0%)

1 いずこいかなる, 御不審, 手持ちぶさたなお

▼ ずさっそく~ (3, 0.0%)

1 不破の, 新会員, 電話を

▼ ずさっぱり~ (3, 0.0%)

1 としかも, とした, 見当が

▼ ずさびし~ (3, 0.0%)

1 かつた, さを, さをも

▼ ずさりとてまた~ (3, 0.0%)

1 その女, 叙景叙事の, 常套にも

▼ ずしくしく~ (3, 0.0%)

1 つづけた, 啜り泣くの, 泣きに

▼ ずしづか~ (3, 0.0%)

2 なしづか 1 にふみよむ

▼ ずしめやか~ (3, 0.0%)

1 なふう, に泳ぐ, に話し合っ

▼ ずしょっちゅう~ (3, 0.0%)

1 寝床の, 手すりの, 酒場に

▼ ずすらすら~ (3, 0.0%)

1 とその, と上り, と来

▼ ずするする~ (3, 0.0%)

1 と寄る, と後, と辷っ

▼ ずすると~ (3, 0.0%)

1 ねえ本所北割下水, 婢は, 或る

▼ ずずいと~ (3, 0.0%)

2 身を 1 入るべし誰方

▼ ずずつと~ (3, 0.0%)

1 前から, 和服を通して, 東の

▼ ずせっかく~ (3, 0.0%)

1 それを, の友達, 狙った要屋

▼ ずせまい~ (3, 0.0%)

1 視界も, 路地に, 階段を

▼ ずそち~ (3, 0.0%)

1 にだけ第, も難儀, を手討

▼ ずそっぽ~ (3, 0.0%)

3 を向い

▼ ずそのもの~ (3, 0.0%)

1 が屠腹, が生き, 堅さ

▼ ずそれなり~ (3, 0.0%)

1 主観の, 別れて, 横倒しに

▼ ずそんなに~ (3, 0.0%)

1 お金も, たくさんな, も酷く

▼ ずぞんざい~ (3, 0.0%)

1 な言葉, に扱った, の言葉

▼ ずたいした~ (3, 0.0%)

1 もので, 団体の, 河童ぶりで

▼ ずたちどころに~ (3, 0.0%)

1 その名, その遂行, 天窓を

▼ ずたびたび~ (3, 0.0%)

1 はいって, 仰出されて, 過去の

▼ ずたより~ (3, 0.0%)

1 ないこと, に思う, 無いよう

▼ ずだに~ (3, 0.0%)

1 なったらなったでまた, なっちゃ, 切られて

▼ ずちょっとした~ (3, 0.0%)

1 ドテラ見た, 炊事場も, 雨降りにさえ

▼ ずついと~ (3, 0.0%)

2 お座を 1 立ッて

▼ ずつつしんで~ (3, 0.0%)

1 うけたまわれ, 一礼し, 永劫の

▼ ずというの~ (3, 0.0%)

1 意味を, 理に, 類みな一方より

▼ ずとうてい~ (3, 0.0%)

1 一人前の, 勝算が, 尊敬できない

▼ ずとお~ (3, 0.0%)

2 もへり 1 聴きゃれ思い出

▼ ずとく~ (3, 0.0%)

1 の先, の昔, 部落を

▼ ずとな~ (3, 0.0%)

1 せる者, 女庭訓にも, 真直ぐに

▼ ずどぎまぎ~ (3, 0.0%)

2 した 1 しました

▼ ずどっしり~ (3, 0.0%)

1 したもの, と人, と持ち重り

▼ ずなつかし~ (3, 0.0%)

1 うか, う御座いましたこと, さと

▼ ずなにごと~ (3, 0.0%)

1 によらず, に限らず, も十二分の満足

▼ ずなにしろ~ (3, 0.0%)

1 この取り込み, 口の, 青天の霹靂とも

▼ ずなべて~ (3, 0.0%)

1 みな, 海月なす筋も, 若者の

▼ ずなまじ~ (3, 0.0%)

1 ひに, 故郷へ, 自信を

▼ ずなむ~ (3, 0.0%)

2 コハこの 1 との意

▼ ずなを~ (3, 0.0%)

1 はなして, ほどき馭者台, 刻むよう

▼ ずにく~ (3, 0.0%)

1 びじろを射った, よ, ッつい

▼ ずにこやか~ (3, 0.0%)

1 な笑み, に坐つ, に答えた

▼ ずにて~ (3, 0.0%)

1 とうとう蜂谷, まえが, 彼の

▼ ずにね~ (3, 0.0%)

1 お客様じゃ, へえそのまま, 心配する

▼ ずのそのそ~ (3, 0.0%)

1 こっちへ, して, と行く

▼ ずのびのび~ (3, 0.0%)

1 とした, と歩き, にし

▼ ずはげしく~ (3, 0.0%)

1 どなり出すの, ドアを, 打ちあうこと

▼ ずはたして~ (3, 0.0%)

1 それからまた二十年足らず, どんな法外, 単純なる

▼ ずはたと~ (3, 0.0%)

1 当惑した, 止って, 首を

▼ ずはて~ (3, 0.0%)

1 は二人, は私宅玄関, 誰れで

▼ ずばかり~ (3, 0.0%)

1 では, なるが, 多くならべた

▼ ずひき~ (3, 0.0%)

1 かへし, とあかざととびつかとで茫々, はがされ

▼ ずひしひし~ (3, 0.0%)

1 と家一ぱい, と感じられた, と攻め寄った

▼ ずひとたび~ (3, 0.0%)

1 ドイツにおいて, 彼の, 毛利の

▼ ずひとつ~ (3, 0.0%)

2 照る 1 ないのに

▼ ずひとりごと~ (3, 0.0%)

1 のよう, をいいました, を言

▼ ずひょいと~ (3, 0.0%)

1 口を, 日本橋一丁目の, 頭に

▼ ずひょっと~ (3, 0.0%)

3 すると

▼ ずひらり~ (3, 0.0%)

1 とばかり跨る, と白く, と穴

▼ ずふた~ (3, 0.0%)

1 太刀三太刀斬りつけ, 葉の, 足三足あるき出し

▼ ずふり~ (3, 0.0%)

1 返った, 返りも, 返りやっとこ

▼ ずふるさと~ (3, 0.0%)

2 は人間性 1 も亦

▼ ずぶくぶく~ (3, 0.0%)

1 した手, なの, の鼻

▼ ずぶらりと~ (3, 0.0%)

1 ただこの, 曹操を, 縁から

▼ ずぶるぶる~ (3, 0.0%)

1 とかすか, と慄, と身ぶるい

▼ ずぷりぷり~ (3, 0.0%)

1 して, と楓, 怒って

▼ ずべつに~ (3, 0.0%)

1 みずからは, 愛国の, 深きゆえ

▼ ずほろり~ (3, 0.0%)

1 とさせられ, とした, とする

▼ ずぽん~ (3, 0.0%)

1 と一, と刀, と路

▼ ずまたぞろ~ (3, 0.0%)

1 そこへ, 頭を, 駿州の

▼ ずまたまた~ (3, 0.0%)

1 こんな情けない, 師子獣王遊戯する, 跡へ

▼ ずまたも~ (3, 0.0%)

1 ここへ, 掛かるとは, 支障を

▼ ずまっしぐら~ (3, 0.0%)

1 にその, に敵, に突入

▼ ずまとも~ (3, 0.0%)

1 なところ, に人, に青年

▼ ずまんまと~ (3, 0.0%)

1 両手を, 泰二少年を, 計略に

▼ ずむつつり~ (3, 0.0%)

2 して 1 と机

▼ ずめいめい~ (3, 0.0%)

1 の感想, の才智, の煩悩

▼ ずめちゃくちゃ~ (3, 0.0%)

1 だった, な語調, にしゃべっ

▼ ずもが~ (3, 0.0%)

1 なでお, なに思ったらしい, なの

▼ ずもしや~ (3, 0.0%)

1 と思っ, 怪塔ロケットが, 王様から

▼ ずもっとも~ (3, 0.0%)

1 らしい道徳概念, 大なる, 至極と

▼ ずもらい泣き~ (3, 0.0%)

2 をした 1 いたしました

▼ ずやとい~ (3, 0.0%)

1 へば, へば主人, へば住持答

▼ ずやに~ (3, 0.0%)

1 なって, 咄し, 違なかっ

▼ ずやにな~ (3, 0.0%)

2 つたのかつて 1 つてし

▼ ずやにわに~ (3, 0.0%)

1 すっぱだ, 寝台から, 拳を

▼ ずゆるやか~ (3, 0.0%)

1 なふう, な雑談, にうしろ

▼ ずゆゑ~ (3, 0.0%)

1 にカッチアグイーダ, に東南, に西北

▼ ずよかっ~ (3, 0.0%)

21 たと

▼ ずよろしから~ (3, 0.0%)

3 ざること

▼ ずよろしく~ (3, 0.0%)

1 これを, その真実, 獄窓に

▼ ずらい~ (3, 0.0%)

1 になっ, の令嬢, をかくる

▼ ずるり~ (3, 0.0%)

1 と下り, と吸い入れられる, と摺っ

▼ ずろくろく~ (3, 0.0%)

1 お吉, 口も, 寝ること

▼ ずわけて~ (3, 0.0%)

1 ご睡眠中, 援軍の, 鎌倉治世も

▼ ずわたくしども~ (3, 0.0%)

1 に奥, に御意, の一世一代

▼ ずアカイア軍~ (3, 0.0%)

1 の中, の遠征, の頭領

▼ ずアヽ~ (3, 0.0%)

2 よからう 1 と出る

▼ ずイギリス~ (3, 0.0%)

1 が取っ, のBC, を学ぶ

▼ ずイザ~ (3, 0.0%)

2 となる 1 身一つで

▼ ずイヤ~ (3, 0.0%)

1 なおばさん, な薄気味悪い, 縦し顔形

▼ ずガラツ八~ (3, 0.0%)

1 の八五郎, も現, を振り返りました

▼ ずキリスト~ (3, 0.0%)

1 がサマリア, の教会, の立場

▼ ずキリストわれ~ (3, 0.0%)

3 において生ける

▼ ずギヨツ~ (3, 0.0%)

3 としました

▼ ずクルリ~ (3, 0.0%)

1 と向う, と正面, と身

▼ ずケロリ~ (3, 0.0%)

1 とし, とした, と断念め

▼ ずコーヒー~ (3, 0.0%)

1 をのん, を口, を飲んだ

▼ ずサト子~ (3, 0.0%)

1 に, にそう, は浮かない

▼ ずシャツ~ (3, 0.0%)

1 に単, はぼろぼろ, や上着

▼ ずジヨバンニ~ (3, 0.0%)

1 が町角, が窓, もカムパネルラ

▼ ずスッ~ (3, 0.0%)

1 とそこ, と並ん, と庶務

▼ ずズタズタ~ (3, 0.0%)

2 に斬る 1 になった

▼ ずズンズン~ (3, 0.0%)

1 上がるが, 読むその, 遣って

▼ ずタバコ~ (3, 0.0%)

1 が欲しい, の火, を知らず

▼ ずダンサー~ (3, 0.0%)

1 という職業, などにならざる, に似合わぬ

▼ ずダンス~ (3, 0.0%)

1 や音楽, をやり, を知らず

▼ ずテレ~ (3, 0.0%)

1 たもの, て彼, て急い

▼ ずトロイア~ (3, 0.0%)

1 の, の軍, の首領將軍もろ

▼ ずニタニタ~ (3, 0.0%)

1 と笑, と笑わせ, 笑いて

▼ ずバカ~ (3, 0.0%)

1 になる, の一念, ほど身の程

▼ ずバタバタ~ (3, 0.0%)

1 と三人あまり, と外, と艫

▼ ずバルザック~ (3, 0.0%)

1 が, の名, よりはレンブラント

▼ ずバルナバス~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の案内, の野望

▼ ずパリ~ (3, 0.0%)

1 で出会った, にいる, やニイス

▼ ずヒョイ~ (3, 0.0%)

1 とさ, と二の足, と眼

▼ ずピタリ~ (3, 0.0%)

1 とお, と差す, と戸

▼ ずフランク~ (3, 0.0%)

1 に客観的, の作品, を嘲笑

▼ ずフランツ~ (3, 0.0%)

1 といえる, と視線, や他

▼ ずブツブツ~ (3, 0.0%)

1 いって, と口, 不平を

▼ ずブラブラ~ (3, 0.0%)

1 して, ですよ, と歩ん

▼ ずプイ~ (3, 0.0%)

1 と姿, と構内, と立

▼ ずプツ~ (3, 0.0%)

3 と笑

▼ ずペテルブルグ~ (3, 0.0%)

1 で, で相当, の彼

▼ ずホロリ~ (3, 0.0%)

1 とさせる, とした, として来た

▼ ずポツリポツリ~ (3, 0.0%)

2 話して 1 風も

▼ ずマダム~ (3, 0.0%)

2 の部屋 1 とは猶

▼ ずマリア~ (3, 0.0%)

1 が美しき, のこまやか, は泣き伏し

▼ ずマリユス~ (3, 0.0%)

1 が声, の方, はその

▼ ずマルクス~ (3, 0.0%)

1 は彼, を信仰, を尊ばず

▼ ずマン~ (3, 0.0%)

1 の心, はそう, は枕元

▼ ずムッ~ (3, 0.0%)

1 とした, と気息, と跳

▼ ずラムプ~ (3, 0.0%)

2 を消し 1 は点され

▼ ずレコード~ (3, 0.0%)

1 して, には注ぎこまなけれ, にも甚だ

▼ ず一ト月~ (3, 0.0%)

2 と同じ 1 の中

▼ ず一世~ (3, 0.0%)

1 に卓越, に理, を風靡

▼ ず一人娘~ (3, 0.0%)

1 に入夫, の十五, を貴方様

▼ ず一匹~ (3, 0.0%)

2 か二匹 1 の子分

▼ ず一命~ (3, 0.0%)

1 をも抛ち, を天, を天主

▼ ず一室~ (3, 0.0%)

1 に封じ込められた, に招ぜられた, を閉めきった

▼ ず一息~ (3, 0.0%)

1 ついた, つよく, にぶどう酒

▼ ず一所~ (3, 0.0%)

1 にかたまった, にまとめ, を見つめた

▼ ず一散~ (3, 0.0%)

1 に外, に波打ちぎわ, に階段

▼ ず一文~ (3, 0.0%)

1 なしと, のお, 失うも

▼ ず一族~ (3, 0.0%)

1 の尊長, は皆んな, も知らず

▼ ず一朝~ (3, 0.0%)

1 にし, 心機転換する, 心機轉換する

▼ ず一枚~ (3, 0.0%)

1 ぐらいは市, ずつの肖像画, だけ

▼ ず一片~ (3, 0.0%)

1 の碑, の遺書, の遺留品

▼ ず一睡~ (3, 0.0%)

1 もしない, もしなかった, もせず

▼ ず一節~ (3, 0.0%)

2 さむろう樣子 1 さむろう様子

▼ ず一般に~ (3, 0.0%)

1 これを, 不遇である, 辛さ

▼ ず一般大衆~ (3, 0.0%)

1 にもっと, の人気, の趣味

▼ ず一般社会~ (3, 0.0%)

1 に容認, の進歩, の集合意識

▼ ず一行~ (3, 0.0%)

1 のため, の文章, も書けない

▼ ず一門~ (3, 0.0%)

1 にも許さぬ, の榮華, までも成敗

▼ ず丁寧~ (3, 0.0%)

1 な御, に, 過ぎるほど

▼ ず七日~ (3, 0.0%)

1 も十日, も経った, も経つた

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に一人, の事物, 諫めて

▼ ず万人~ (3, 0.0%)

1 が同じ, にたいして全然, に喜び

▼ ず三つ~ (3, 0.0%)

1 にはいよいよ, までもカンカン, も手紙

▼ ず三月~ (3, 0.0%)

1 の末, の末藤, も済んだ

▼ ず三条~ (3, 0.0%)

1 の教憲, の方, の橋

▼ ず下車~ (3, 0.0%)

1 しあと, して, のとき

▼ ず不動~ (3, 0.0%)

1 の大陸経営意見, の姿, の姿勢

▼ ず不可能~ (3, 0.0%)

1 だと, である, と無

▼ ず不景気~ (3, 0.0%)

1 だと, のとき, の影響

▼ ず不機嫌~ (3, 0.0%)

1 な唇, な娘, な顏

▼ ず不正~ (3, 0.0%)

2 な要求 1 な批評

▼ ず世上~ (3, 0.0%)

1 の春, の景気, の風説

▼ ず世界的~ (3, 0.0%)

1 なるまた, には余り, に公認

▼ ず世辞~ (3, 0.0%)

1 のよい, も飾り, をいっ

▼ ず世間話~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 も何

▼ ず中国~ (3, 0.0%)

1 と日本, に在る, の人民

▼ ず中学~ (3, 0.0%)

1 へははいられませんでした, をやっと, を中途

▼ ず中身~ (3, 0.0%)

2 を嘗め 1 はもちろん

▼ ず丹波~ (3, 0.0%)

1 の一味, の猪野日村, はハッハッ

▼ ず主要~ (3, 0.0%)

1 な家四軒, な登場人物, な線

▼ ず主観~ (3, 0.0%)

1 の気分, もまた, を生命

▼ ず九月~ (3, 0.0%)

1 に入り, の始め, の秋祭

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にい, にまかせ, 足せず取締

▼ ず乱暴~ (3, 0.0%)

1 に引張りあげられた, に草, 極まるもの

▼ ず~ (3, 0.0%)

21 いさ

▼ ず二年~ (3, 0.0%)

1 が間, も三年, も前

▼ ず二者~ (3, 0.0%)

1 は, を統一, 必ず相伴わざるべからざる

▼ ず二葉亭~ (3, 0.0%)

1 に対していまだかつて, の知友, は一足飛び

▼ ず五体~ (3, 0.0%)

1 がカーツ, が上下, は金

▼ ず五十年~ (3, 0.0%)

1 の永き, も百年, 程前

▼ ず五月~ (3, 0.0%)

1 であれば, になっ, に入っ

▼ ず京師~ (3, 0.0%)

1 には吉岡憲法, に餓, の買人某

▼ ず人並み~ (3, 0.0%)

1 にやらねえ, に寝坊, の分別

▼ ず人力~ (3, 0.0%)

1 で努力, も絶えず, を尽し

▼ ず仁右衛門~ (3, 0.0%)

1 になすりつけられた, の居室, の所

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 を返したい 1 あること

▼ ず今回~ (3, 0.0%)

1 の能力, は思い立つ, 互いに無事出獄

▼ ず今頃~ (3, 0.0%)

2 はどこ 1 の帰り

▼ ず仏法~ (3, 0.0%)

1 が絶えざる, の研鑽, の道理

▼ ず仏頂寺~ (3, 0.0%)

1 と丸山, の剣, は大

▼ ず仔細~ (3, 0.0%)

1 に見る, らしい顔, をはなした

▼ ず仕事場~ (3, 0.0%)

2 の前 1 の隅

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 助の 1 馬は

▼ ず代り~ (3, 0.0%)

1 て其事務, におちおち, に大

▼ ず以後~ (3, 0.0%)

1 の足利勢, も山, も長く

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 を定め, 漆を, 髪も

▼ ず仮に~ (3, 0.0%)

1 その勇気, 千ルーブルやる, 自然哲学という

▼ ず仰向け~ (3, 0.0%)

1 になつ, に倒れた, に寝た

▼ ず任意~ (3, 0.0%)

1 な現象, に人, の部分

▼ ず休息~ (3, 0.0%)

1 したかの, ということ, をし

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 の事 1 も一大夫

▼ ず位置~ (3, 0.0%)

1 でも名誉, も資格, をも変えず近づき

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 かつた, 声で, 脳らしい

▼ ず低き~ (3, 0.0%)

1 に甘んじ, に過ぎざる, 石段を

▼ ず体じゅう~ (3, 0.0%)

1 が熱く, を強ばらせ, を血

▼ ず何でも~ (3, 0.0%)

2 やること 1 これは

▼ ず何より~ (3, 0.0%)

1 は意志, 先に, 強みの

▼ ず何年~ (3, 0.0%)

1 か妻子たち, も暮し, も辛棒

▼ ず何時の間にか~ (3, 0.0%)

1 彼は, 拡がって, 敵に

▼ ず何遍~ (3, 0.0%)

1 でもやり直し, もやったです, も味わっ

▼ ず余裕綽々~ (3, 0.0%)

1 たるもの, な八荒坊, 然として

▼ ず作中~ (3, 0.0%)

1 の人, の人物, の風景

▼ ず作物~ (3, 0.0%)

1 の価値, もない, を一貫

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 して 1 もああなっ

▼ ず侍女~ (3, 0.0%)

1 というもの, のさい, のよう

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 をも連れず 1 をも連れない

▼ ず便利~ (3, 0.0%)

1 にもならぬ, を得た, を得る

▼ ず俊夫君~ (3, 0.0%)

1 は話, は語りだしました, を見つめました

▼ ず信徒~ (3, 0.0%)

1 たるもの, の希望, も近頃

▼ ず信頼~ (3, 0.0%)

1 されて, して, すること

▼ ず俸給~ (3, 0.0%)

1 が一等, も上る, も独り身

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にたく, に収めず, の中

▼ ず借金~ (3, 0.0%)

2 のある 1 せずとは

▼ ず停車場~ (3, 0.0%)

1 から僅か, から外, までつい

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にそれ, には女, 進んで

▼ ず傍若無人~ (3, 0.0%)

1 と思わね, に振る舞っ, に続きます

▼ ず催促~ (3, 0.0%)

1 しないでは, などした, をやめなかった

▼ ず傲然~ (3, 0.0%)

1 とうそぶき, として我前, と立像

▼ ず元々~ (3, 0.0%)

1 女の, 自分の, 通り可愛

▼ ず先ほど~ (3, 0.0%)

1 からずっと, から失礼, から釈迦

▼ ず克服~ (3, 0.0%)

1 されたと, されて, すること

▼ ず児童~ (3, 0.0%)

1 はなお, はもちろん, 走卒

▼ ず全国~ (3, 0.0%)

1 の図書館, をブチ, 到るところ

▼ ず全般的~ (3, 0.0%)

1 にひどく, に女, に於

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 のつく, の宮邸, ぽうさ

▼ ず八方~ (3, 0.0%)

1 から新手, に稼ぎ廻り, へ逃げ

▼ ず公儀~ (3, 0.0%)

1 に楯, よりお, 御腰物方

▼ ず公平~ (3, 0.0%)

1 な態度, な者, に他

▼ ず公言~ (3, 0.0%)

2 して 1 したが

▼ ず六助~ (3, 0.0%)

2 と勘次 1 は大

▼ ず六日~ (3, 0.0%)

2 になった 1 まで待っ

▼ ず共同生活~ (3, 0.0%)

1 がある, における統制組織, に伴う

▼ ず共通~ (3, 0.0%)

1 にそれら, の幹, の感激

▼ ず兵隊~ (3, 0.0%)

1 となっ, とばかり一緒, にしなく

▼ ず其中~ (3, 0.0%)

1 にて相伴, の長者一名, を歩い

▼ ず其儘~ (3, 0.0%)

1 にし, 握らせて, 永いお

▼ ず其場~ (3, 0.0%)

1 から直ぐ, から藩, の樣子

▼ ず其心~ (3, 0.0%)

1 にはあはれ我最愛, また神, を苛立てた

▼ ず其方~ (3, 0.0%)

1 が横笛, は大家, を呼び

▼ ず内々~ (3, 0.0%)

1 で詮議, の御, 姫さまの

▼ ず内弟子~ (3, 0.0%)

2 ともつかず 1 として邸

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 下男召し, 放送された, 書濃

▼ ず再度~ (3, 0.0%)

1 三度かきくどけ, 書面を, 澄江は

▼ ず写実~ (3, 0.0%)

1 の地盤, を解する, 必ずしも善し

▼ ず冷水浴~ (3, 0.0%)

1 をやる, を励行, を継続致

▼ ず冷酷~ (3, 0.0%)

1 とも思われる, な小人, の女房

▼ ず凝然~ (3, 0.0%)

1 たる姿勢, として小さく, と踏み迷い

▼ ず出世~ (3, 0.0%)

1 もしない, をし, をする

▼ ず出家~ (3, 0.0%)

1 いたしましたが, には侍らじ, を断行

▼ ず出席~ (3, 0.0%)

2 して 1 を差

▼ ず出鱈目~ (3, 0.0%)

1 が多い, に雪, を言っ

▼ ず刃物~ (3, 0.0%)

1 との摩擦, も悪かっ, を恐れる

▼ ず分福~ (3, 0.0%)

2 の工夫 1 が必らずし

▼ ず切実~ (3, 0.0%)

1 な理解, な胸, に身

▼ ず列席~ (3, 0.0%)

2 の議員孰 1 する

▼ ず判断~ (3, 0.0%)

1 に迷う, の継続, の還元性

▼ ず判明~ (3, 0.0%)

1 して, しません, にその

▼ ず別々~ (3, 0.0%)

1 に仕立てた, に沖, の軌道

▼ ず別して~ (3, 0.0%)

1 徳川氏の, 私始め村方の, 青木の

▼ ず別段~ (3, 0.0%)

1 御不快, 改まつた人世観, 饒舌にも

▼ ず刻々~ (3, 0.0%)

1 とこの, に移り變, の生きた

▼ ず前年~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の九月, の養子

▼ ず前後左右~ (3, 0.0%)

2 に群つて 1 に深い

▼ ず前方~ (3, 0.0%)

1 に横わる, は省線電車, を見つめ

▼ ず前者~ (3, 0.0%)

1 の勝利, は単なる, は後者

▼ ず前記~ (3, 0.0%)

1 の可, の大, の如く高百五十石

▼ ず剣戟~ (3, 0.0%)

1 の声鏘鏘, の林, も傷

▼ ず創造~ (3, 0.0%)

1 の幸福, の芽, への動機

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 は勞, を成す, 成って

▼ ず助手~ (3, 0.0%)

1 が刑事, が見破れなかった, と共に撮影

▼ ず労働者~ (3, 0.0%)

1 の労賃, の質, を支持

▼ ず効果~ (3, 0.0%)

1 に現れず, もなし, を考えず

▼ ず勇ましく~ (3, 0.0%)

2 聞えぬ 1 出立致します

▼ ず勇士~ (3, 0.0%)

1 はその, も身内, 引きとりて

▼ ず勇敢~ (3, 0.0%)

1 にも船客たち, に闘った, ね

▼ ず動作~ (3, 0.0%)

1 が小さ, におかしな, に不自由

▼ ず動悸~ (3, 0.0%)

1 がはげしく, のする, ばっかりがいつも

▼ ず動植物~ (3, 0.0%)

1 の食物, を受持っ, を観察

▼ ず勘定~ (3, 0.0%)

1 して, も払わず, をすまし

▼ ず勝ち~ (3, 0.0%)

1 な月末, に酔っ, を制し

▼ ず勝利~ (3, 0.0%)

1 のため, の声, は全く

▼ ず勝負事~ (3, 0.0%)

2 には少し 1 に目

▼ ず勤労~ (3, 0.0%)

1 が必要, して, を生命

▼ ず化石~ (3, 0.0%)

1 したよう, にもあらず, のよう

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の奉行所, は神田川, へ北

▼ ず北国~ (3, 0.0%)

1 の十夜, の天地, の強い

▼ ず区別~ (3, 0.0%)

1 されたまま, すること, せられて

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ならず沈んで, の指, 常侍

▼ ず十七字~ (3, 0.0%)

2 でさ 1 でさえ

▼ ず十中~ (3, 0.0%)

2 の八九 1 いくぶんか

▼ ず千載~ (3, 0.0%)

1 にのこさん, の下, の孤客

▼ ず半年~ (3, 0.0%)

1 もたたぬ, も置い, や一年

▼ ず半畳~ (3, 0.0%)

1 も入れず, を入れ, を入れました

▼ ず半眼~ (3, 0.0%)

2 に開かれ 1 のよう

▼ ず卓上~ (3, 0.0%)

1 に両, の皿, を一瞥

▼ ず南北~ (3, 0.0%)

1 から来, は三里, も弁えず

▼ ず単なる~ (3, 0.0%)

1 娯楽奉仕者で, 文化の, 群集としての

▼ ず単独~ (3, 0.0%)

1 でお金, で主上, に貸し

▼ ず単調~ (3, 0.0%)

1 であった, な音, に倦

▼ ず卯木~ (3, 0.0%)

1 がこれ, と元成, の病気

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 い使い, い均斉, みながら

▼ ず厳罰~ (3, 0.0%)

1 に処すべし, のこと, を課する

▼ ず反問~ (3, 0.0%)

1 した, したの, した彼

▼ ず叛逆~ (3, 0.0%)

1 の手, の気もち, の賊子

▼ ず口上~ (3, 0.0%)

1 ともつかぬ, を進める, 言いが

▼ ず口元~ (3, 0.0%)

1 で笑っ, ゆるまず眉, をすこし

▼ ず古今東西~ (3, 0.0%)

1 その例, の人情, の歴史

▼ ず古典~ (3, 0.0%)

1 のうち, のよみかた, の受入れ方

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の品格, の解せざる, は句

▼ ず可笑しい~ (3, 0.0%)

1 晩であった, 月に, 様な

▼ ず合戦~ (3, 0.0%)

1 の始め, を開始, 仕つて幸

▼ ず同伴~ (3, 0.0%)

1 に来る, の外国人, の染子

▼ ず同胞~ (3, 0.0%)

1 であること, の幸福, もあらず

▼ ず同行~ (3, 0.0%)

1 したり, の南日君, の尼一人

▼ ず名人~ (3, 0.0%)

1 の目, はあご, はひざ

▼ ず吐息~ (3, 0.0%)

1 ついて, をつい, を吐きました

▼ ず君主~ (3, 0.0%)

1 の専制, の許可発布, や人民

▼ ず君江~ (3, 0.0%)

1 が始め, は日傘, を残し

▼ ず吝嗇~ (3, 0.0%)

1 で薄情, な人, な奴

▼ ず否定~ (3, 0.0%)

1 のない, もしない, もせず

▼ ず否応~ (3, 0.0%)

1 なくその, なく疑い, なく私

▼ ず呂宋兵衛~ (3, 0.0%)

1 のことば, や吹針, を取りおさえろ

▼ ず味噌~ (3, 0.0%)

1 に非, の代り, もなかっ

▼ ず呻吟~ (3, 0.0%)

2 しながら 1 するやう

▼ ず和尚~ (3, 0.0%)

1 にやって来る, の姿, は兵馬

▼ ず和歌~ (3, 0.0%)

1 にも写生文, の上, はある

▼ ず和算家~ (3, 0.0%)

1 がどうして, が依然として, は次第に

▼ ず咲き~ (3, 0.0%)

1 にほふらん, むかふ芙蓉, 競うた芙蓉

▼ ず咳一つ~ (3, 0.0%)

1 しなかった, せずに, 立てようとも

▼ ず咽喉~ (3, 0.0%)

1 でもの, もいけない, を鳴らし

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 が乏しい, の可, よく凭れかかる

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の后, の新しい, の豊

▼ ず唯もう~ (3, 0.0%)

1 お嘉代, 御二人, 謹直無事な

▼ ず商品~ (3, 0.0%)

1 さえもその, のこの, の影

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ひ返した, を以て答, 疑答離

▼ ず啓蒙~ (3, 0.0%)

1 という言葉, の正, はその

▼ ず喜び~ (3, 0.0%)

1 に面, の叫び, や悲しみ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 さえルビー, で触った, で銜え

▼ ず器械~ (3, 0.0%)

1 なしと, に着し, の巧み

▼ ず四度~ (3, 0.0%)

1 までも留守宅, も五度, 試み勇將

▼ ず四日~ (3, 0.0%)

1 とたて, も出撃, 帰らず或は

▼ ず因果~ (3, 0.0%)

1 のいまだ, の大法, の関係

▼ ず図々しい~ (3, 0.0%)

1 のフフンそう, 犬に, 野郎だ

▼ ず図書館~ (3, 0.0%)

1 といわず, の中, の方

▼ ず国民全体~ (3, 0.0%)

1 がふかき, を指導, を科学教育

▼ ず土手~ (3, 0.0%)

1 のほう, はチラチラ, を行く

▼ ず土曜~ (3, 0.0%)

1 なれば, にし, の午後活溌

▼ ず圧倒~ (3, 0.0%)

2 もされなかった 1 される人物

▼ ず地下~ (3, 0.0%)

1 に潜在円頂丘, の子規氏, 深く掘る

▼ ず地図~ (3, 0.0%)

1 には一〇一〇八尺, の教える, を見

▼ ず地平~ (3, 0.0%)

2 と等しい 1 の上

▼ ず地平線~ (3, 0.0%)

1 の彼方, を取巻い, を見る

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 も溝 1 を潜っ

▼ ず堅固~ (3, 0.0%)

1 にし, に合掌, に歩い

▼ ず報告~ (3, 0.0%)

1 されて, したもん, すると

▼ ず場内~ (3, 0.0%)

1 から拍手, にて八重, の一隅

▼ ず場末~ (3, 0.0%)

2 の街 1 や近在廻り

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に旅行中, や京, や京都

▼ ず塩野~ (3, 0.0%)

1 は矢代, や佐佐, を見る

▼ ず境内~ (3, 0.0%)

1 にある, へ投げ返された, を駈け

▼ ず壮健~ (3, 0.0%)

1 でない, で結構, の時

▼ ず壮年~ (3, 0.0%)

1 といはず, にし, の後

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 にし 1 く強く

▼ ず売手~ (3, 0.0%)

1 が互に, の足許, は売急ぎ

▼ ず夕飯~ (3, 0.0%)

1 の席, の時, を川鉄

▼ ず夕餉~ (3, 0.0%)

1 さえたうべ, の支度, をな

▼ ず多から~ (3, 0.0%)

21 ず多

▼ ず多勢~ (3, 0.0%)

1 に押, の家族, の餓鬼大将

▼ ず多忙~ (3, 0.0%)

2 に見えた 1 か病気

▼ ず夜半~ (3, 0.0%)

1 に一小山, に大声, の夢

▼ ず夜更~ (3, 0.0%)

1 て酔, までもま, まで机

▼ ず夜灯~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ ず夜陰~ (3, 0.0%)

2 に乗じ 1 といえ

▼ ず大助~ (3, 0.0%)

1 と嫁, はなお, も嫁

▼ ず大層~ (3, 0.0%)

1 な腕前, 丁寧に, 快く取り扱う

▼ ず大根~ (3, 0.0%)

1 にならず, の文字, や牛蒡

▼ ず大納言~ (3, 0.0%)

1 の後, を打ちすえた, を打ちのめした

▼ ず大臣~ (3, 0.0%)

2 の無能 1 の進退

▼ ず天上~ (3, 0.0%)

1 においても無辺際, の幸, の空

▼ ず天然~ (3, 0.0%)

1 の定則, の楽, の生木

▼ ず太子~ (3, 0.0%)

1 の正妃, の遺族, はお

▼ ず太鼓~ (3, 0.0%)

1 た, はどん, をトン

▼ ず奔走~ (3, 0.0%)

2 して 1 すれば

▼ ず女王~ (3, 0.0%)

1 にいい, のお, 之所都

▼ ず女遊び~ (3, 0.0%)

1 はその, もめつたに, をする

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 が, が攫っ, をどう

▼ ず好意~ (3, 0.0%)

1 を寄せよう, を持ち続けた, を持っ

▼ ず如何に~ (3, 0.0%)

1 と問, 圧倒的に, 聰明な

▼ ず始末~ (3, 0.0%)

1 が出来ました, して, もせ

▼ ず姓名~ (3, 0.0%)

1 すら記憶, に, を聞

▼ ず姫君~ (3, 0.0%)

1 の名前, の座敷, を賜わる

▼ ず姿勢~ (3, 0.0%)

2 を元 1 もくずれ

▼ ず婆さん~ (3, 0.0%)

1 と声, に案内, も雇わず

▼ ず婿~ (3, 0.0%)

1 となつ, にはなれず, にもせね

▼ ず子分~ (3, 0.0%)

1 のデモ倉あたり, の八五郎, 思ひの

▼ ず子細~ (3, 0.0%)

1 あるまじと, に調べ, は金

▼ ず存分~ (3, 0.0%)

1 な大, な笑, に腐っ

▼ ず存外~ (3, 0.0%)

1 喧嘩には, 打ちとけた話しかけぶり, 辛抱の

▼ ず学問上~ (3, 0.0%)

1 のこと, の立場, の論争

▼ ず宇内~ (3, 0.0%)

1 に称し, の大事, の知識

▼ ず守り~ (3, 0.0%)

2 につい 1 を離れた

▼ ず安く~ (3, 0.0%)

1 んぞ, 売ること, 玉を

▼ ず安全~ (3, 0.0%)

1 なところ, に依頼, に暮し得る

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に非, の桓司馬将, 元時代支那

▼ ず定めし~ (3, 0.0%)

1 御心配, 無禮, 稲葉氏には

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 い機嫌, かろうから, なるかな

▼ ず宜しく~ (3, 0.0%)

1 俊才巧思の, 先方へ, 頼む気

▼ ず実業~ (3, 0.0%)

1 においても涵養, によらず, 之日本

▼ ず実践~ (3, 0.0%)

1 にうつすべく, を社会的, 何ぞ浅し

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 せらるるので, をくわえる, を加え

▼ ず家中~ (3, 0.0%)

1 の口, の武士, 見廻って

▼ ず家出~ (3, 0.0%)

3 をした

▼ ず家康~ (3, 0.0%)

1 の妾, の成人, もうごかず

▼ ず家来~ (3, 0.0%)

1 にしよう, の老爺, 任せという

▼ ず家業~ (3, 0.0%)

1 に熱心, の手伝い, は忘れる

▼ ず家賃~ (3, 0.0%)

1 が手頃, ばかり矢, や地代

▼ ず寂しく~ (3, 0.0%)

1 うなずいたばかり, なつた, 思へたけれど

▼ ず富貴~ (3, 0.0%)

1 も淫するあたわず, も誘う能わず, を望まず

▼ ず寒し~ (3, 0.0%)

3 とも

▼ ず寝間着~ (3, 0.0%)

1 の様, の袂, の袖

▼ ず實驗~ (3, 0.0%)

1 のお, の世界, の條件

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にあれ, の中, へ帰っ

▼ ず寸毫~ (3, 0.0%)

1 の搖ぎもありません, も丹波丹六, も模樣

▼ ず寿江子~ (3, 0.0%)

1 のお, の方, の表現

▼ ず専門~ (3, 0.0%)

1 となる, の学者ら, の時計屋

▼ ず将棋~ (3, 0.0%)

1 の如き, や碁, を指し

▼ ず将門~ (3, 0.0%)

1 が忘れがたみ, の妻子, の弟

▼ ず尊氏~ (3, 0.0%)

1 と共にその, はこれ, は次

▼ ず小使~ (3, 0.0%)

1 がやって来る, が終生, の一人

▼ ず小児~ (3, 0.0%)

1 にとつて, の紙鳶, を抱

▼ ず小林~ (3, 0.0%)

2 ぬしは 1 は真面

▼ ず小田原~ (3, 0.0%)

1 で下車, の古稀庵, へ二女督姫君

▼ ず小石~ (3, 0.0%)

1 のよう, を一パイ, を拾い

▼ ず小脇~ (3, 0.0%)

1 に抱え, に抱く, を払っ

▼ ず少から~ (3, 0.0%)

1 ざるを, ず心, ず椅子

▼ ず少なから~ (3, 0.0%)

1 ず御, ず部分的, ぬ便宜

▼ ず少女~ (3, 0.0%)

1 のよう, の個性, を見

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の方, はゆたか, を向ける

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に従, に從, 合わした客引き

▼ ず居眠り~ (3, 0.0%)

1 する, の熟睡, をし

▼ ず居間~ (3, 0.0%)

1 に一人横, の床, の方

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 といはず, といわず, を踏ん

▼ ず屍体~ (3, 0.0%)

1 のかたわら, を抛棄, を棺

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 反対し, 奇声を, 識者の

▼ ず屡々~ (3, 0.0%)

1 お茂登, 己の, 目が

▼ ず山中~ (3, 0.0%)

1 にのがれ入っ, の怪, ほどの好漢

▼ ず山越え~ (3, 0.0%)

1 た停車場, で来た, にて鞍馬方面

▼ ず山門~ (3, 0.0%)

1 につきあたり, のまわり, を通った

▼ ず巡査~ (3, 0.0%)

1 さえも一緒, の名目, は彼

▼ ず左側~ (3, 0.0%)

1 に列, に向い合っ, を歩む

▼ ず左翼~ (3, 0.0%)

1 と右翼, の政府, の文学

▼ ず巫女~ (3, 0.0%)

1 が行く, の前, をもっ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 へ出, を血眼, を走り

▼ ず市井~ (3, 0.0%)

1 に属する, の人, の頭目

▼ ず市場~ (3, 0.0%)

1 によって決定, の人混み, へ自分

▼ ず市街~ (3, 0.0%)

2 からは遠い 1 も物淋しく

▼ ず布団~ (3, 0.0%)

1 の中, も掛けてない, を撥ねのけ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 は布, は決して, を張った

▼ ず帆村~ (3, 0.0%)

1 の知っ, はえ, は課長

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にとってはこの, に迫っ, をめぐって不眠

▼ ず帝王~ (3, 0.0%)

1 にし, の心狂, の相

▼ ず帰京~ (3, 0.0%)

1 したの, した今日, して

▼ ず帳場~ (3, 0.0%)

1 でも間違えれ, へくる, を仲

▼ ず帳面~ (3, 0.0%)

1 に付け, に円, の方

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 になつた, のそ, の中

▼ ず幕府~ (3, 0.0%)

1 として堀田, に対する苛酷, の方

▼ ず平たく~ (3, 0.0%)

1 いうと, なって, 言ふと

▼ ず平凡~ (3, 0.0%)

1 であるの, な一日, な孤独

▼ ず平家~ (3, 0.0%)

1 に加担, の有, の陣地

▼ ず平時~ (3, 0.0%)

2 に瞞着 1 の嬌態

▼ ず平然たる~ (3, 0.0%)

1 くらいまで, ものが, ものである

▼ ず平然と~ (3, 0.0%)

1 そこに, その悪魔, 沈黙し

▼ ず年々~ (3, 0.0%)

1 さびれるばかり, その害, その毒

▼ ず年月~ (3, 0.0%)

1 が過ぎ, も記載, を過します

▼ ず幾つ~ (3, 0.0%)

1 にも身, の棟, も舟端

▼ ず幾らか~ (3, 0.0%)

1 その用法, の米, 包んで

▼ ず幾人~ (3, 0.0%)

1 であろう, の老人, もの眼

▼ ず幾分~ (3, 0.0%)

1 か仏国, 成否を, 良心に

▼ ず広間~ (3, 0.0%)

1 の中, の縁, へやっ

▼ ず庄三郎~ (3, 0.0%)

1 の鼻先, は, は足

▼ ず店口~ (3, 0.0%)

3 から下駄

▼ ず度々~ (3, 0.0%)

1 境を, 山頂まで, 建白奉り

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 へ, へ出る, へ帰る

▼ ず座蒲団~ (3, 0.0%)

1 から退い, このまま, を前

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の中, の外, へ尋ね

▼ ず弁当~ (3, 0.0%)

1 とって, など食っ, を恵ん

▼ ず弱から~ (3, 0.0%)

1 ずして, ずつねに, ず一語一語

▼ ず弱き~ (3, 0.0%)

1 こといかばかり, に過ぎざる, を虐げ

▼ ず強健~ (3, 0.0%)

1 な体格, な意力, な精神肉体

▼ ず影法師~ (3, 0.0%)

2 は薄く 1 のよう

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 が御, に立てたい, をやめ

▼ ず往來~ (3, 0.0%)

1 した, は到底, を見れ

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 まする來 1 まする来て

▼ ず待遇~ (3, 0.0%)

1 して, の如き, の寛厳

▼ ず後妻~ (3, 0.0%)

1 の気, をめとり, を持ち

▼ ず徒歩~ (3, 0.0%)

2 にて船 1 で来る

▼ ず従者~ (3, 0.0%)

1 ともつかず, も逐電, を連れ

▼ ず御免~ (3, 0.0%)

1 なさい, なさいねという, 下さい

▼ ず御方~ (3, 0.0%)

1 の二, の振舞, の行方

▼ ず御無沙汰~ (3, 0.0%)

1 して, ばかり致し, をし

▼ ず御用聞~ (3, 0.0%)

2 の金杉 1 としては一世一代

▼ ず御覧~ (3, 0.0%)

1 ぜられ, になっ, の通り若林博士

▼ ず御身~ (3, 0.0%)

1 の見た, は今, は愛

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 た父兄今日, ったよ, 仰ぎ視ること

▼ ず復讐~ (3, 0.0%)

1 の積り, の鬼, は敵

▼ ず微妙~ (3, 0.0%)

2 で大切 1 なる精神的作用

▼ ず微苦笑~ (3, 0.0%)

1 せずには, を洩した, を禁じえなかつた

▼ ず徳川家~ (3, 0.0%)

1 に降っ, の三奉行, の使臣

▼ ず徹底的~ (3, 0.0%)

1 な戦捷, に之, に合理的

▼ ず心ならずも~ (3, 0.0%)

1 一日一日と, 局外に, 引出さるるが

▼ ず心中~ (3, 0.0%)

1 に仏, に嬉し涙, の投影

▼ ず心外~ (3, 0.0%)

1 であった, に堪えませぬ, の至り

▼ ず心安く~ (3, 0.0%)

1 なった帯, なつた, 思って

▼ ず心理的~ (3, 0.0%)

1 なるもの, な動き, にごたつい

▼ ず心窃~ (3, 0.0%)

2 に都会 1 に他日

▼ ず心細い~ (3, 0.0%)

2 気が 1 事限りなし

▼ ず必ずや~ (3, 0.0%)

1 なんらかの対立, 学校以外に, 虚妄を

▼ ず必然的~ (3, 0.0%)

1 に他, に引続き, に頻繁

▼ ず応接~ (3, 0.0%)

1 に忙殺, に遑, の主任

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 なき輩, ならん, を盡す

▼ ず快い~ (3, 0.0%)

2 休息の 1 と思った

▼ ず快く~ (3, 0.0%)

1 決行の, 疲れて, 運上を

▼ ず~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ ず忽ちに~ (3, 0.0%)

2 して 1 諾なふも

▼ ず思い思い~ (3, 0.0%)

1 に独り歩き, に逃げ出し, の敵

▼ ず思出~ (3, 0.0%)

1 したよう, にあらず, 多き心地

▼ ず急遽~ (3, 0.0%)

1 六波羅を, 援軍を, 都へ

▼ ず怨み~ (3, 0.0%)

2 もせず 1 を平家

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 じ入り候也, まるる, みも

▼ ず怪しから~ (3, 0.0%)

1 ぬ事, ぬ振舞い致そうと, ぬ野心

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 うした, く叫ぶ, る処

▼ ず恐ろしく~ (3, 0.0%)

1 厳格な, 流行らない医者, 茫然と

▼ ず息つぎ~ (3, 0.0%)

2 苦しむ有様 1 に逢った

▼ ず悟り~ (3, 0.0%)

1 なば, のもと, の明る

▼ ず悩み~ (3, 0.0%)

1 に堪えかね, もせぬ, 狂って

▼ ず情なく~ (3, 0.0%)

1 そこを, 思はれると, 思われると

▼ ず情夫~ (3, 0.0%)

1 とてもあらざれ, にもなれぬ, の朋輩

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 い方, ぶる神, より拯

▼ ず意志~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の発現, の自由

▼ ず意気~ (3, 0.0%)

1 な人, を方寸, を見せました

▼ ず意見~ (3, 0.0%)

1 の合わぬ, は充分, を出した

▼ ず意識的~ (3, 0.0%)

1 にか無意識的, にもせよ, に恋

▼ ず愚か~ (3, 0.0%)

1 なこと, な無稽事, な貧しい

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ありて, に堪えぬ, の人

▼ ず感興~ (3, 0.0%)

1 のない, をひく, を殺がれ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 えておる, え声, へず

▼ ず慄然~ (3, 0.0%)

2 とした 1 として問

▼ ず慈悲~ (3, 0.0%)

1 も憫, も正義, を以ての故に

▼ ず憎悪~ (3, 0.0%)

1 と反感, の感じ, はむしろ

▼ ず憚ら~ (3, 0.0%)

1 ずかつ, ず攻める事, ず涙

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 い出されるもの, うて是, ひ起しぬ

▼ ず成長~ (3, 0.0%)

1 したいわゆる, して, をつづける

▼ ず我我~ (3, 0.0%)

2 の友人知己 1 は皆

▼ ず戦後~ (3, 0.0%)

1 に思慮, の窮民, もなに

▼ ず戰慄~ (3, 0.0%)

1 した, す, を感じ

▼ ず戰爭~ (3, 0.0%)

1 すみても, にならない, に反

▼ ず戸棚~ (3, 0.0%)

1 から布団, には夜具一組, をあけ

▼ ず所々~ (3, 0.0%)

1 にクレバス, に啼鳥, の古

▼ ず所在~ (3, 0.0%)

1 に散, の部落, を知られぬ

▼ ず扇子~ (3, 0.0%)

1 で顔, を動かし, を手

▼ ず手元~ (3, 0.0%)

1 で養っ, にある, へ引寄せ

▼ ず手前~ (3, 0.0%)

1 どうも切腹, に引く, のせがれ孫次郎

▼ ず手数~ (3, 0.0%)

1 がかかる, と手間, のかかる

▼ ず批評家~ (3, 0.0%)

1 に欠く, に過, もまた

▼ ず批難~ (3, 0.0%)

1 して, のしよう, を受けない

▼ ず技巧~ (3, 0.0%)

1 だけを伝えた, ばかりでなく, を無駄使

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 う可, も政治, 賢と

▼ ず抜き打ち~ (3, 0.0%)

1 にみすぼらしい, に斬り付けた, に背後

▼ ず抵抗~ (3, 0.0%)

1 して, し抑圧, もなく

▼ ず抽象~ (3, 0.0%)

1 し公式, し又, を用いず

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 僧と, 為は, 譯を

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ひし石, ひ上げ, ふの

▼ ず指導~ (3, 0.0%)

1 せられて, の重任, もまた

▼ ず捕虜~ (3, 0.0%)

1 としてこらしめ, の分際, らしい者

▼ ず据風呂~ (3, 0.0%)

1 で沸かし, の側, を持ち込み

▼ ず掛金~ (3, 0.0%)

1 もかけてない, も掛っ, も掛つて

▼ ず損失~ (3, 0.0%)

1 が續, も受けない, も蒙らない

▼ ず支配~ (3, 0.0%)

2 する 1 の村

▼ ず放任~ (3, 0.0%)

1 して, すると, に過ぎ

▼ ず放免~ (3, 0.0%)

1 せらる, になる, を仰せ

▼ ず政黨~ (3, 0.0%)

2 を基礎 1 と提携

▼ ず敗北~ (3, 0.0%)

1 して, するの, のため

▼ ず教室~ (3, 0.0%)

1 ではなるべく, の人手, を出

▼ ず教授~ (3, 0.0%)

1 して, の細目, の行届く

▼ ず数万~ (3, 0.0%)

1 の人夫, の利益, の役夫

▼ ず数日~ (3, 0.0%)

1 のうち, は敵, をすぎ

▼ ず敷居~ (3, 0.0%)

1 のところ, の外, の辺

▼ ず文三~ (3, 0.0%)

1 は内心, は只, もその

▼ ず文句~ (3, 0.0%)

1 の口拍子, は抽象的, までも昨夜

▼ ず文太郎~ (3, 0.0%)

1 の夜中目, の顏, は苦痛

▼ ず文献~ (3, 0.0%)

1 に見え, の引用, もまた

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 しく形而上学的, しく情, しく方法

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 にもあらず 1 はってまっすぐ

▼ ず新しき~ (3, 0.0%)

2 国民美術なほ出でず 1 価値を

▼ ず新しく~ (3, 0.0%)

1 なって, 吹くたび, 描かれまた

▼ ず新九郎~ (3, 0.0%)

1 の肩先, もかがやく, もここ

▼ ず新聞記者~ (3, 0.0%)

1 の天職, も現れない, を相手

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 じて 1 えず所應作

▼ ず方法~ (3, 0.0%)

1 が科学, なしには, を変えず

▼ ず方言~ (3, 0.0%)

1 で答える, というもの, の区域

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 になるべき, までも世界, も振らず

▼ ず日ごろ~ (3, 0.0%)

1 勇力ありと, 怖れ, 教えを

▼ ず日本国~ (3, 0.0%)

1 の学問, の英雄, をし

▼ ず日本民族~ (3, 0.0%)

1 の上古, の仲間, の特長

▼ ず日記~ (3, 0.0%)

1 にも書かない, に残し, をつけ

▼ ず早稲田~ (3, 0.0%)

1 に退隠し, まで持っ, や目白あたり

▼ ず明子~ (3, 0.0%)

1 とも口, は足, を点検

▼ ず明方~ (3, 0.0%)

1 うと, にいたり, に及んだ

▼ ず明智~ (3, 0.0%)

1 だけは一層, の救い, の術中

▼ ず明治以後~ (3, 0.0%)

1 に至る, の大, の現金主義

▼ ず明治時代~ (3, 0.0%)

2 にも不老不死 1 のいわゆる

▼ ず易々~ (3, 0.0%)

1 と口, と自堕落, と谷底

▼ ず春子~ (3, 0.0%)

1 が遠く, に対する彼, や敏子

▼ ず春日~ (3, 0.0%)

1 とネネ, に乾され, は暖か

▼ ず是非~ (3, 0.0%)

1 とも元, とも自分, に凱歌

▼ ず昼寝~ (3, 0.0%)

1 して, せんと, をし

▼ ず時たま~ (3, 0.0%)

2 国民学校へ 1 題を

▼ ず時刻~ (3, 0.0%)

2 になり 1 を移し

▼ ず時節~ (3, 0.0%)

2 が来れ 1 が到来

▼ ず時雨~ (3, 0.0%)

1 が降った, ともつかない, の中

▼ ず時頼~ (3, 0.0%)

1 たのむは, にもならず, は兩手

▼ ず普通人~ (3, 0.0%)

1 と雖, の想像, よりも齲齒其他

▼ ず景気~ (3, 0.0%)

1 がいい, がよく, はよく

▼ ず晴れやか~ (3, 0.0%)

1 な樣子, な甘い, な笑

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 あり愛, でおとす, も開くべからず

▼ ず智者~ (3, 0.0%)

1 の相州さま, は實義, は衡

▼ ず暑い~ (3, 0.0%)

1 うえに, 夕立が, 時分には

▼ ず暑から~ (3, 0.0%)

1 ずの, ず至極, ず遠足

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 を劈いた 1 かつた

▼ ず暗がり~ (3, 0.0%)

1 のなか, の中, の座敷

▼ ず暗く~ (3, 0.0%)

1 て気もち, なって, はした

▼ ず暫時~ (3, 0.0%)

1 にし, 叱, 控えて

▼ ず暮れ~ (3, 0.0%)

2 ゆけば 1 かかる峰

▼ ず暴れ~ (3, 0.0%)

1 くるうて, 乱れて, 狂う主君

▼ ず最前~ (3, 0.0%)

1 からこれ, からそこ, 買った絵葉書

▼ ず月夜~ (3, 0.0%)

2 きびしき 1 とばかり思った

▼ ず朋友~ (3, 0.0%)

1 と交つて片言隻句, は相, を責めず

▼ ず服装~ (3, 0.0%)

1 といわず, にも構わず, をはじめ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 かあらず, がおりやる, を嘱

▼ ず朝寝~ (3, 0.0%)

2 して 1 した私

▼ ず朝日~ (3, 0.0%)

2 に干し 1 の昇る

▼ ず朝食~ (3, 0.0%)

1 の時, は家庭的, も取らず

▼ ず朝飯~ (3, 0.0%)

1 でも晩飯, も食わず, を宿

▼ ず期待~ (3, 0.0%)

1 して, に胸, もし

▼ ず木々~ (3, 0.0%)

1 の時雨, の梢, の雫

▼ ず未亡人~ (3, 0.0%)

1 が入院, の室, は人好き

▼ ず本家~ (3, 0.0%)

1 の両親, の嫁, の父劇

▼ ず本心~ (3, 0.0%)

1 からそんな, に眼ざめる力, は心

▼ ず本文~ (3, 0.0%)

1 が発表, には批評, のほう

▼ ず本書~ (3, 0.0%)

1 を一読, を始め, を讀む

▼ ず本能~ (3, 0.0%)

1 に富み, の絶對的價値, の走る

▼ ず本能的~ (3, 0.0%)

1 な貞節さ, に動物的, に貴族風

▼ ず本質上~ (3, 0.0%)

2 に於 1 から詩

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に変りゆく, の色, を流した

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 の葉 1 の枝

▼ ず机竜~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 つるめり 1 つ身

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の木の間, の梢, は

▼ ず材木~ (3, 0.0%)

1 だけはともかく, のはな, の送り出し

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の右手, の間, はなんとなく

▼ ず束縛~ (3, 0.0%)

1 されて, されないといふ, はその

▼ ず来客~ (3, 0.0%)

1 がなく, に差し出だす, に用い

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の数, は重ねた, も唇

▼ ず東奔西走~ (3, 0.0%)

2 して 1 持ちつ持たれつ家老

▼ ず東洋~ (3, 0.0%)

1 で鼠, の歌, 其の他

▼ ず東西~ (3, 0.0%)

1 の一致, の市, 若くは

▼ ず松籟~ (3, 0.0%)

1 のし, のしじま, のほか

▼ ず松風~ (3, 0.0%)

1 の声, は吹け, を切った

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 がこ, ではしよう, では仕様

▼ ず林田~ (3, 0.0%)

1 に草笛, は一番駿三, 程の者

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 しなく見えた, たかの, は匙

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 侯爵邸の, 大臣が, 木材會社の

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 かなすがすがしい, かに陰影, な褄はずれ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の上, を破れ, を躍っ

▼ ず栄達~ (3, 0.0%)

1 も有らず, を得る, を求めず

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 が何だか 1 之進様

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 とりて, に精, の木

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 しろく小竹, に関するもの, の花

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にこたえる, の上, を吊っ

▼ ず極力~ (3, 0.0%)

1 ねりかえすべきである, 実地の, 知識の

▼ ず楽しみ~ (3, 0.0%)

1 のため, もさせず, を知らない

▼ ず横着~ (3, 0.0%)

2 な申し出 1 を極め

▼ ず樹木~ (3, 0.0%)

1 あるが, を愛し, を植え

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 に入れられた 1 のなか

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 とれど, の手, は滑

▼ ず欄干~ (3, 0.0%)

1 にこぼるる, に白, の上

▼ ず次いで~ (3, 0.0%)

1 その騰貴, 新宿の, 突入し

▼ ず次の間~ (3, 0.0%)

1 つまり先頃, にはいった, へはいる

▼ ず歌詞~ (3, 0.0%)

1 に抵抗, の中, を託け

▼ ず歌集~ (3, 0.0%)

2 ばかり読みたる 1 ばかり讀みたる

▼ ず歓待~ (3, 0.0%)

1 される訳, したが, めいた

▼ ず歡聲~ (3, 0.0%)

1 をあげた, をあげました, を擧げた

▼ ず正太~ (3, 0.0%)

1 と名乗る, はすこし, は夜

▼ ず正月~ (3, 0.0%)

1 の儀式, の客, を得顔

▼ ず此所~ (3, 0.0%)

1 で役に立った, に来, へ呼ん

▼ ず此故~ (3, 0.0%)

1 にわれ顏, に彼, に自然

▼ ず武将~ (3, 0.0%)

1 といわず, にせよ, の閨房

▼ ず死罪~ (3, 0.0%)

1 あるいは斬罪, その外重科, に處

▼ ず残り~ (3, 0.0%)

1 の一厘, の二つ, の浪人者

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 りの, る二つ三つ, れるした

▼ ず殲滅~ (3, 0.0%)

1 して, せしめたと, の憂き目

▼ ず殺風景~ (3, 0.0%)

1 なむき出し, な野郎, にも目

▼ ず殿下~ (3, 0.0%)

1 にお, の内殿, 聞しめさずや

▼ ず母子~ (3, 0.0%)

1 して, の情愛, を縛つて番屋

▼ ず毎年~ (3, 0.0%)

1 あるいは二, かならずこの, ほぼ同一

▼ ず毎月~ (3, 0.0%)

1 かならず狂言, ですって, 買って

▼ ず毒々しい~ (3, 0.0%)

1 ほど青い, ラティン語の, 調子だ

▼ ず民子~ (3, 0.0%)

1 はなお, は心, もあれ

▼ ず気前~ (3, 0.0%)

2 が好い 1 のいい

▼ ず気持ち~ (3, 0.0%)

1 がよかっ, のいい, の上

▼ ず気楽~ (3, 0.0%)

1 だぜ, なこと, な事

▼ ず水中~ (3, 0.0%)

2 に落ち 1 に押し出された

▼ ず水口~ (3, 0.0%)

1 から木戸, の戸, の板の間

▼ ず水戸~ (3, 0.0%)

1 からにしよう, は義公烈公以来, へ出掛け

▼ ず水火~ (3, 0.0%)

1 で損ぜられない, に非, をも辞

▼ ず永劫~ (3, 0.0%)

1 にロギカ, の争い, の呪縛

▼ ず汚い~ (3, 0.0%)

1 灰色の, 虫も, 靴を

▼ ず決心~ (3, 0.0%)

1 するまでには, を固める, を変え

▼ ず沈み~ (3, 0.0%)

1 もしない, もせず, もやらず

▼ ず没収~ (3, 0.0%)

1 され整理, し何, する財産刑

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 といわず, やという屋号, をひだり

▼ ず油絵~ (3, 0.0%)

2 や日本画 1 というもの

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 く江湖, 承四年, 承寿永

▼ ず治療~ (3, 0.0%)

1 の実感, の方法, をまかせた

▼ ず泰然自若~ (3, 0.0%)

1 として振りかかる, として検眼, として答

▼ ず洋服~ (3, 0.0%)

1 にしかぬ, の膝, を買う

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 くる罪, を入れ, を論じ

▼ ず活溌~ (3, 0.0%)

1 な馬, にやってる, に展開

▼ ず浮世~ (3, 0.0%)

1 の楽しみ, の荒波, は今

▼ ず浮浪~ (3, 0.0%)

1 して, の者穢者, を問わず

▼ ず海上~ (3, 0.0%)

1 の習慣, はまっ, も無事

▼ ず海水~ (3, 0.0%)

1 が水銀, の温度, はその

▼ ず海砂利水魚水魚末雲来末風来末食来~ (3, 0.0%)

3 寝るところ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 が流れる, さえ流れ出した, をたらし

▼ ず涕涙~ (3, 0.0%)

1 しばしば被, は, 下って

▼ ず淋しい~ (3, 0.0%)

1 ものに, 処を, 気持に

▼ ず淋しき~ (3, 0.0%)

2 貧家の 1 哉左れ

▼ ず深山~ (3, 0.0%)

1 という女, の一部分, を慕っ

▼ ず清書~ (3, 0.0%)

1 したの, して, すれば

▼ ず温泉場~ (3, 0.0%)

2 の料理屋全体 1 らしい淫蕩

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にも部落, の方, 開けて

▼ ず湖水~ (3, 0.0%)

1 の底, の氷, は一めん

▼ ず源太~ (3, 0.0%)

1 に任す, は怒っ, は怒つ

▼ ず滅多~ (3, 0.0%)

1 に箸, やたらに, 無性に忙し

▼ ず滔々~ (3, 0.0%)

1 としてまくし立てる, としゃべりつづけた, と述べ立てました

▼ ず演壇~ (3, 0.0%)

1 に近い, の上, の後方

▼ ず演奏~ (3, 0.0%)

1 がすすむ, しながら, のやや

▼ ず漢字~ (3, 0.0%)

1 に興味, ばかりにし, を用

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 りに 1 に無辜

▼ ず漱石~ (3, 0.0%)

1 には現, は畫家, を讀む

▼ ず火事~ (3, 0.0%)

1 とさ, にし, の火

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 などすえれ, の穴, をすえた

▼ ず炉辺~ (3, 0.0%)

1 で話, に置いた, へしがみつく

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 か立ちつ居つ, に私共, に自分

▼ ず烈しく~ (3, 0.0%)

1 切り結んで, 私の, 継続し

▼ ず無い~ (3, 0.0%)

1 ことだ, 時に, 用を

▼ ず無二無三~ (3, 0.0%)

1 に哮立ち, に天王寺, に道

▼ ず無垢~ (3, 0.0%)

1 で親切, な十六, の童貞

▼ ず無気味~ (3, 0.0%)

1 な光景, な気持, な油汗

▼ ず無精~ (3, 0.0%)

1 でだらし, に伸ばした, をきめ

▼ ず無茶苦茶~ (3, 0.0%)

1 にたどっ, に逃げる, の物

▼ ず無駄口~ (3, 0.0%)

2 を叩く 1 を利い

▼ ず焼亡~ (3, 0.0%)

2 いたしまた 1 す之

▼ ず焼死~ (3, 0.0%)

1 した, した死骸, して

▼ ず熊野~ (3, 0.0%)

1 の咄, の海, の舞一くさり

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 で物語れ, に於, に根來法師大藏房鐵砲

▼ ず父兄~ (3, 0.0%)

1 の病む, の財力, も當然

▼ ず爺さん~ (3, 0.0%)

1 はうそぶい, は夕飯, は自分

▼ ず牛馬~ (3, 0.0%)

1 と同じく全く, に荷車, も穢

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 には入れるだろう, に居る, へ走つた

▼ ず物置~ (3, 0.0%)

1 に入れ, のよう, の一部

▼ ず物資~ (3, 0.0%)

1 の集散, も僅か, をその

▼ ず物騒~ (3, 0.0%)

1 にもならず, に候, らしい顔

▼ ず特定~ (3, 0.0%)

2 のファン 1 の時期

▼ ず狂い~ (3, 0.0%)

1 や罅, 果てた相手, 立つ奔馬

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 が居ない, の穴, を神獣

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 と鷙鳥, に與, に類す

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に出, をつづけました, 取った迄

▼ ず狭く~ (3, 0.0%)

1 して, とも暖, ひがみて

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にも襲われる, は木曾街道, を追払う

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 のよう, の類, 之松

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ともつかぬ, にあらず, もおらず

▼ ず獲物~ (3, 0.0%)

1 あるまじと, のほう, を打

▼ ず玩具~ (3, 0.0%)

1 が分る, にも興味, のよう

▼ ず現状~ (3, 0.0%)

2 に立ち竦ん 1 を押さえられない

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 とたたかわず, と云い, においても情

▼ ず理智~ (3, 0.0%)

1 あるもの, に拘泥, の匕首

▼ ず理窟~ (3, 0.0%)

1 もくそ, も無し, を言う

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 もまた, を引い, 弾かず

▼ ず環境~ (3, 0.0%)

1 のおくれ, の美, を作つ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 しいの, しい筋違い, しく意義

▼ ず生れ死~ (3, 0.0%)

3 ぬる人

▼ ず生気~ (3, 0.0%)

1 なくもの淋しかった, にあふれ, 溌溂で

▼ ず生理的~ (3, 0.0%)

1 な条件, にも案外, に人間

▼ ず生真面目~ (3, 0.0%)

2 な顔 1 な表情

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 である父, の權三, を見た目

▼ ず用意~ (3, 0.0%)

2 して 1 しろよ

▼ ず田地~ (3, 0.0%)

1 は益々, を買はん, を買わん

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 と乙, の飢え, は乙

▼ ず男泣き~ (3, 0.0%)

2 に泣いた 1 に泣い

▼ ず町中~ (3, 0.0%)

1 の目薬屋, を見, を見つ

▼ ず町内~ (3, 0.0%)

1 でも勤め先, の娘, の番太

▼ ず町駕籠~ (3, 0.0%)

1 を拾っ, を拾つて精一杯, を飛ばし

▼ ず異常~ (3, 0.0%)

1 な強迫観念, に緊張, の御

▼ ず疾く~ (3, 0.0%)

1 この場, 帰れとの, 起きいで

▼ ず病床~ (3, 0.0%)

1 で息, に横, の弟

▼ ず痛み~ (3, 0.0%)

1 に堪えかね, を耐える, を起こす

▼ ず痛快~ (3, 0.0%)

1 がつた, にやつ, を貪っ

▼ ず癇癪~ (3, 0.0%)

1 の舌, はひどい, を起し

▼ ず登場~ (3, 0.0%)

1 して, しても, する俳優

▼ ず白髪~ (3, 0.0%)

2 が有 1 という

▼ ず皆んな~ (3, 0.0%)

1 に追, 喜んで, 集まって

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 とも付かぬ 1 を替える

▼ ず盗人~ (3, 0.0%)

1 うがたず盗まざるなり, などとは無礼, の手

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に向った, のま, や針

▼ ず直進~ (3, 0.0%)

2 するの 1 せよ

▼ ず相変わらず~ (3, 0.0%)

1 のサッ, 屋根裏に, 恭一から

▼ ず相撲~ (3, 0.0%)

2 でも野球 1 しすぎるという

▼ ず眉根~ (3, 0.0%)

1 をよせ, を心持ち, を打ち寄せ

▼ ず看病~ (3, 0.0%)

1 したこの, したそう, するの

▼ ず看護婦~ (3, 0.0%)

1 が泊り, や家政婦, を呼び

▼ ず真似~ (3, 0.0%)

1 も出来ない, も出来ぬ, をしよう

▼ ず真夜中~ (3, 0.0%)

1 にアハヽアハヽ笑, のよう, の十二時

▼ ず真暗~ (3, 0.0%)

1 な中, な森蔭, 見透しが

▼ ず真直ぐ~ (3, 0.0%)

1 に下り, に二木検事, に貴金属部

▼ ず着実~ (3, 0.0%)

1 にやっ, に堂々, に永く

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の熱く, を熱く, を開いた

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 はこれ妄覚, をもっ, を藩主

▼ ず知らん顔~ (3, 0.0%)

2 をし 1 いつもの

▼ ず知力~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, のみにても論ずべからず, はほとんど

▼ ず短い~ (3, 0.0%)

1 ものに, 方は, 松原を

▼ ず石原~ (3, 0.0%)

2 の利助 1 といわず

▼ ず砲弾~ (3, 0.0%)

1 か銃剣, と共に躍進, は砂粒

▼ ず硬い~ (3, 0.0%)

2 煎餅でも 1 顔を

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 でなし, なこと, な食糧一つ

▼ ず確か~ (3, 0.0%)

1 な成算, な証拠, に秀子

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 も裏長屋みたい 1 などはありません

▼ ず祖父~ (3, 0.0%)

1 のわれ, の墓, の鎧

▼ ず神様~ (3, 0.0%)

2 の陰 1 に縋っ

▼ ず神社~ (3, 0.0%)

1 でもそんな, に仕える, の破損

▼ ず秀子~ (3, 0.0%)

1 が全く, の所天, を推し退け

▼ ず秋子~ (3, 0.0%)

1 の指図, の腹部, へのどう

▼ ず秋風~ (3, 0.0%)

1 のやう, の嚏, を音

▼ ず科学的精神~ (3, 0.0%)

1 という一個, の提唱, は専門

▼ ず稽古~ (3, 0.0%)

1 に来た, に来る, をした

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 かに言っ, しく控えて, に見えた

▼ ず空々しく~ (3, 0.0%)

2 て観念 1 容体を

▼ ず空想~ (3, 0.0%)

1 が即ち, されないもの, して

▼ ず空手~ (3, 0.0%)

1 でかえったなら, で帰っ, のまま

▼ ず突進~ (3, 0.0%)

1 しよう, する, する現代精神

▼ ず窮極~ (3, 0.0%)

2 するところ 1 の緊張

▼ ず立止つて~ (3, 0.0%)

1 もし狼籍者, もし狼藉者, 聞いた

▼ ず端坐~ (3, 0.0%)

2 して 1 せる姿

▼ ず競輪~ (3, 0.0%)

1 だけに反対, は再開, や競馬

▼ ず竹藪~ (3, 0.0%)

2 をさま 1 はそ

▼ ず笑ひだ~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ず笑声~ (3, 0.0%)

1 だけ高い, とも附かぬ, をもらした

▼ ず第三者~ (3, 0.0%)

1 から観れ, としての読者, には伴

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 を引く 1 をも緩めず

▼ ず筒井~ (3, 0.0%)

2 の水 1 は急い

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 を流れる 1 をながれる

▼ ず節子~ (3, 0.0%)

1 からの便り, は見る, は鬱ぎ込ん

▼ ず粗末~ (3, 0.0%)

1 な支那服, な洋服, にせず

▼ ず精一杯~ (3, 0.0%)

1 のよう, の力, の手当

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 しめて, でまい, をほどき

▼ ず紙上~ (3, 0.0%)

2 ではその 1 に悪口

▼ ず素知らぬ~ (3, 0.0%)

2 顔を 1 風を

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 とか真紅, の色濃き, を曳き

▼ ず結構~ (3, 0.0%)

1 な調度, ひとか, も行屆

▼ ず統一~ (3, 0.0%)

2 の中心 1 の修行

▼ ず絶叫~ (3, 0.0%)

1 した, するの, ともつかぬ

▼ ず絶対的~ (3, 0.0%)

1 に一定, に住民, に必要

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に沿っ, やのお, を踏み外した

▼ ず縁先~ (3, 0.0%)

1 で海老みたい, の柱, へ座

▼ ず美人~ (3, 0.0%)

1 におだてられ, の膝, を引っ

▼ ず美沢~ (3, 0.0%)

1 が自分, に手紙, を深く

▼ ず美田~ (3, 0.0%)

1 の源次, をいまだ, 未だ買い得ない

▼ ず群集~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, の中, は気が付かなかった

▼ ず義貞~ (3, 0.0%)

1 が身, だけはそれ, もまた

▼ ず羽目板~ (3, 0.0%)

1 と云わず, にもたれ, も落ちず

▼ ず翌年~ (3, 0.0%)

1 には市場, へ掛かった, また新た

▼ ず習慣~ (3, 0.0%)

1 に於, のまま, の然

▼ ず老婆~ (3, 0.0%)

1 に向っ, の用心, は繰返し

▼ ず老年~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 の雇人ひとり

▼ ず老爺~ (3, 0.0%)

2 のヴァイオリン 1 が其の

▼ ず耶蘇教~ (3, 0.0%)

1 の文明, の智識, も囘

▼ ず聊か~ (3, 0.0%)

1 でも, 自ら慰む, 記して

▼ ず聴衆~ (3, 0.0%)

1 が感動, の多く, の迷惑

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 をつぶした, をひやした, を冷し

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 を張り 1 を立て

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 がわるい, に於ける, を煩い

▼ ず背筋~ (3, 0.0%)

1 にぢん, へ入れた, をこきおろし

▼ ず能登守~ (3, 0.0%)

1 に向っ, の方, を欺い

▼ ず脂汗~ (3, 0.0%)

1 が流れた, のにじむ, を流し

▼ ず脇差~ (3, 0.0%)

1 の手, の抜打ち, を抜い

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 といわず, もあらわ, をもっ

▼ ず脳髄~ (3, 0.0%)

1 がひきしめられる, を中心, を発達

▼ ず自力~ (3, 0.0%)

1 で立とう, で自身, といわず

▼ ず自活~ (3, 0.0%)

1 して, し土, をし

▼ ず自首~ (3, 0.0%)

1 したりとの, して, に及ぶ

▼ ず舅どの~ (3, 0.0%)

1 からまで予期, が立っ, までの名折れ

▼ ず般若~ (3, 0.0%)

2 の面 1 の智慧

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 には葦原醜男, に立っ, の方

▼ ず船中~ (3, 0.0%)

1 さして逃れん, で下手, を硫黄

▼ ず船頭~ (3, 0.0%)

1 に襟髮, の爲五郎, は得物

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 さそうな, 安本草綱目, 暫くの

▼ ず色気~ (3, 0.0%)

1 がある, がない, や衒気

▼ ず芭蕉~ (3, 0.0%)

1 の句, は十七文字, は言詮

▼ ず芸術的~ (3, 0.0%)

1 にも風俗史的, に厭味, に心

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にもならない, にも楽, まざるべからず甚しき

▼ ず苦々し~ (3, 0.0%)

2 げに 1 げな

▼ ず苦悶~ (3, 0.0%)

1 したま, の指先, 悪闘

▼ ず苦笑い~ (3, 0.0%)

1 した, して, をする

▼ ず茫然自失~ (3, 0.0%)

1 した様子, のてい, の体

▼ ず茶色~ (3, 0.0%)

1 がかった黄色, の石, の謎語像みたい

▼ ず草履~ (3, 0.0%)

1 か雪駄, の裏, を脱い

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にも包まず, をかむせ, をかむり

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にもどう, のうら, を折り

▼ ず落ちつき~ (3, 0.0%)

2 払って 1 を失わず

▼ ず落城~ (3, 0.0%)

1 するに, となる, のほか

▼ ず落涙~ (3, 0.0%)

1 した, に及び, を催した

▼ ず落第~ (3, 0.0%)

1 こそは敗北, となった, もする

▼ ず蒼白~ (3, 0.0%)

1 な薄, の顔, の顔色

▼ ず蒼白い~ (3, 0.0%)

1 冴えた面, 怒りっぽい, 閃光が

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 がきつく, でぐっと, ばかりどこ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 と書い, と菖蒲, も多く

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 に収めず 1 から店

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 のすぐれた, の弾きだした, も低い

▼ ず藤吉~ (3, 0.0%)

1 だけはどこ, は物憂, は葬式彦兵衛

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 ひさしく 1 と鼠

▼ ず蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 か非, のやう, の糸

▼ ず蜜柑~ (3, 0.0%)

1 の汁, の皮, を食べ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 などを用, の声, は飛ぶ

▼ ず蝋燭~ (3, 0.0%)

1 の光, の火, の焔

▼ ず血気~ (3, 0.0%)

1 な若者ばら, に任せ, の論

▼ ず血色~ (3, 0.0%)

1 が好い, なき小指, はいい

▼ ず行動~ (3, 0.0%)

1 こそは彼, した, によつて

▼ ず行方~ (3, 0.0%)

1 は知れぬ, をくらまし, を見

▼ ず行止り~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 になっ

▼ ず行進~ (3, 0.0%)

1 しつづけて, する, するの

▼ ず衣裳~ (3, 0.0%)

1 につける, も色彩, をも同

▼ ず裏口~ (3, 0.0%)

1 から飛び出し, のそ, の通路

▼ ず裏庭~ (3, 0.0%)

1 の古, の方, の隅

▼ ず襯衣~ (3, 0.0%)

1 の儘, の如き, も薄く

▼ ず西方~ (3, 0.0%)

1 に向, の文化全体, の鐵砲

▼ ず西洋演劇~ (3, 0.0%)

1 の既に, の本質, の舞台的魅力

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に随, もない, 介の

▼ ず要点~ (3, 0.0%)

1 だけをきびしく, に達する, を訊きとる

▼ ず見え~ (3, 0.0%)

1 しかば思ひ, にけり, もせず

▼ ず見え隠れ~ (3, 0.0%)

1 にあの, にこの, 通う千鳥

▼ ず見事~ (3, 0.0%)

1 なのり, な鮮やかさ, に二町

▼ ず見当~ (3, 0.0%)

1 がつく, もつかず, もつかぬ

▼ ず見物人~ (3, 0.0%)

1 が押す, の批評, は完全

▼ ず見舞~ (3, 0.0%)

1 にいく, に来た, もしなかった

▼ ず覚悟~ (3, 0.0%)

1 もしない, をかため, を極めて

▼ ず親しく~ (3, 0.0%)

1 して, みかどに, 出入りし

▼ ず親父~ (3, 0.0%)

1 が死ん, の方, を殺害

▼ ず親身~ (3, 0.0%)

1 といっ, の妹同様, の親

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の事, の柱, を突き刺し

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 つたやう 1 ぐれつの

▼ ず言ひま~ (3, 0.0%)

3 するまあ

▼ ず言語~ (3, 0.0%)

1 による表現, も粗野, も賤

▼ ず計略~ (3, 0.0%)

1 が図, に因り, を以て一揆

▼ ず訊問~ (3, 0.0%)

1 が始まります, をする, を始めた

▼ ず訓練~ (3, 0.0%)

1 から渡航, された犬みたい, のとどいた

▼ ず訪問~ (3, 0.0%)

1 して, もしなかった, を許す

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ありて, を下し, を遺し

▼ ず詩人~ (3, 0.0%)

1 としては殆ど, の, の感覚

▼ ず詩作~ (3, 0.0%)

2 その事 1 などには蘆荻とつ

▼ ず詰問~ (3, 0.0%)

1 しましたところ, するやう, の調子

▼ ず話相手~ (3, 0.0%)

1 にもならぬ, の欲しかっ, の若い

▼ ず誇り~ (3, 0.0%)

1 もせず, をもっ, を感じ

▼ ず語句~ (3, 0.0%)

1 において練る, の上, の斡旋

▼ ず誠実~ (3, 0.0%)

2 と熱心 1 から来る

▼ ず調~ (3, 0.0%)

1 はこの, へたる食, へていざ

▼ ず諸事おまかせ~ (3, 0.0%)

3 申すと

▼ ず諸方~ (3, 0.0%)

1 の武士, へ脅迫状, を荒し

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 ること 1 て賊名

▼ ず識らずし~ (3, 0.0%)

1 て後世, て賄賂, て陥れる

▼ ず警視庁~ (3, 0.0%)

1 から捜査班, に挙げられた, の手

▼ ず警部~ (3, 0.0%)

1 が部下, は依然として, をし

▼ ず谷中~ (3, 0.0%)

1 で荒, へ行, へ転宅

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 から針, だの雑穀, 食む故郷

▼ ず豪傑~ (3, 0.0%)

2 の聲 1 の声

▼ ず財布~ (3, 0.0%)

1 が空, にかけた, に入れ

▼ ず貧しき~ (3, 0.0%)

1 もの何ぞ, 者は, 詩魂は

▼ ず貧弱~ (3, 0.0%)

1 であった, な切り具合, な懸崖

▼ ず貪婪~ (3, 0.0%)

1 なもの, な支酎者, の獸

▼ ず貴族~ (3, 0.0%)

1 と小民, と平民, や豪族

▼ ず賃銀~ (3, 0.0%)

1 が安かっ, の五パーセント, は望み

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 が自己, にもあらずし, の懐

▼ ず賑やか~ (3, 0.0%)

1 である, で甲府人, になっ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 がって, こい, なるかなと

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に於, の上, も剛

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 にあらず, に寄っ, 枯れに

▼ ず起居~ (3, 0.0%)

1 にしとやか, につけ, にも忘れぬ

▼ ず起訴~ (3, 0.0%)

2 された 1 すること

▼ ず超然~ (3, 0.0%)

1 おどけて, として心, として独り

▼ ず足利~ (3, 0.0%)

1 とも浅から, も小, 御名代

▼ ず足場~ (3, 0.0%)

1 が再, が悪く, とする

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に近けれ, のべの赤馬, を行きつ

▼ ず身の毛~ (3, 0.0%)

1 のよだつ, をそう, を慄

▼ ず身辺~ (3, 0.0%)

1 だけを描い, の者, の良友

▼ ず身體~ (3, 0.0%)

1 が顫, の方, も動かず

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に斑点, も壮健, を傾け

▼ ず車掌~ (3, 0.0%)

1 に貰う, の姿, もこの

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の骨頂, 芸者を, 輾し

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 き掌上, くや, く答

▼ ず輸入~ (3, 0.0%)

1 する必要, は比較的, もやめなけれ

▼ ず轟然~ (3, 0.0%)

1 たる青天の霹靂, と銃声一発, の響き

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 をとる, をならべ, を並べ

▼ ず辛い~ (3, 0.0%)

1 ことが, ものだ, 心の

▼ ず農場~ (3, 0.0%)

2 と名 1 の底

▼ ず農家~ (3, 0.0%)

1 が肥料, にて雪舟用, の背戸

▼ ず近い~ (3, 0.0%)

1 うちに, ところに, 将来に

▼ ず近き~ (3, 0.0%)

1 にあり, をいふなる, 例は

▼ ず近隣~ (3, 0.0%)

1 の国々, の村, の者

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 つくうち, に三間, に非

▼ ず追跡~ (3, 0.0%)

1 されても, して, せるわれわれ

▼ ず退却~ (3, 0.0%)

1 こそ然, のやむなき, を

▼ ず逆上~ (3, 0.0%)

1 しちまうん, して, する

▼ ず通り~ (3, 0.0%)

1 すごして, のベンチ, はなかなか

▼ ず通りがかり~ (3, 0.0%)

21 に呼びかけた

▼ ず速記~ (3, 0.0%)

2 の文字 1 して

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の者, は品川, 之助

▼ ず連歌~ (3, 0.0%)

1 といわず, に既に, をやっ

▼ ず連続~ (3, 0.0%)

1 した関係, して, の概念

▼ ず逮捕~ (3, 0.0%)

1 されて, したに, して

▼ ず遅々~ (3, 0.0%)

1 とし, として行われる, として進まない

▼ ず遊蕩~ (3, 0.0%)

2 の志 1 などした

▼ ず運動~ (3, 0.0%)

1 が出来ず, が沈ん, をする

▼ ず道ばた~ (3, 0.0%)

1 に出, の軒, の馬糞累々たる

▼ ず道具~ (3, 0.0%)

1 といわず, も無し, をつけ

▼ ず道場~ (3, 0.0%)

1 の屋根, や出稽古, を飛び出す

▼ ず遠き~ (3, 0.0%)

1 も必ずしも, より来る, 物近き

▼ ず適用~ (3, 0.0%)

1 されて, される, すること

▼ ず遭遇~ (3, 0.0%)

2 した事 1 する所

▼ ず遺憾~ (3, 0.0%)

1 しごく, に候, に思っ

▼ ず郊外~ (3, 0.0%)

1 の一隅, へ出, までも自転車

▼ ず郷土~ (3, 0.0%)

1 の名誉, の手みやげ, 即ち本来

▼ ず郷里~ (3, 0.0%)

1 でどんな, の実家, を辞する

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 吝の 1 といわず

▼ ず酒場~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, のボックス, は客

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 つぱらつたやうな恰好, へり, 臥したまひ

▼ ず重く~ (3, 0.0%)

1 ない, 手を, 河原の

▼ ず重三郎~ (3, 0.0%)

1 の襟首, はサツ, を其の

▼ ず野獣~ (3, 0.0%)

1 のよう, の声, の如き

▼ ず金庫~ (3, 0.0%)

1 の上, の前, はアセチレン吹管

▼ ず金蔵~ (3, 0.0%)

1 はついに, を立出, を縛ろう

▼ ず釣り~ (3, 0.0%)

1 のうち, を続け, 落せしは

▼ ず銭湯~ (3, 0.0%)

2 で水 1 で冷水

▼ ず錢形平次~ (3, 0.0%)

1 の代り, はたつた, も指

▼ ず長安~ (3, 0.0%)

1 に帰っ, に往來, へ落ち

▼ ず長年~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の婚約者, の隠密

▼ ず長押~ (3, 0.0%)

2 に埃 1 といわず

▼ ず門口~ (3, 0.0%)

1 に居た, まで握っ, も閉めた

▼ ず門弟~ (3, 0.0%)

1 もまた, や女中共, 為す所

▼ ず間近~ (3, 0.0%)

1 な三斎屋敷, な軒, の山上

▼ ず関係~ (3, 0.0%)

1 してるだけ, する, 深い人

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 合って 1 添わせる

▼ ず陛下~ (3, 0.0%)

1 が愛情, には御返事, に説明

▼ ず陣十郎~ (3, 0.0%)

1 とも勿論, の懇願, は陣十郎

▼ ず陽気~ (3, 0.0%)

1 であった, である, な雰囲気

▼ ず隅っこ~ (3, 0.0%)

1 に引っ込ん, に腕, のボックス

▼ ず隣家~ (3, 0.0%)

1 にて其方, の往来, まで聞こ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 さず事, して, られも

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 でも鴉, のこえ, の如く

▼ ず雑誌社~ (3, 0.0%)

2 へ持ちこん 1 に通勤

▼ ず雨戸~ (3, 0.0%)

1 のこと, をしめて, 打つ雪

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 たなびく 1 にぼかされ

▼ ず靈魂~ (3, 0.0%)

21 はそのまま

▼ ず青く~ (3, 0.0%)

1 けむるその, 湛えて, 湛へて

▼ ず青木~ (3, 0.0%)

1 が雄吉, はその, はほとんど

▼ ず青江~ (3, 0.0%)

1 が黒い, のいう, の手

▼ ず青銅~ (3, 0.0%)

1 つきて, に適, の槍

▼ ず面白かっ~ (3, 0.0%)

21 たが

▼ ず靴下~ (3, 0.0%)

1 をはい, を引っぱり上げ, を脱ぐ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 に仕舞いこまれ, やボール箱, を枕

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 ばかりつい

▼ ず音沙汰~ (3, 0.0%)

1 なし, のない, はありません

▼ ず順二郎~ (3, 0.0%)

1 は, は今頃, は若々しく

▼ ず領地~ (3, 0.0%)

1 にあらず, において暢, に狐狩

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 を撫で, を襟, を解く

▼ ず頭髪~ (3, 0.0%)

2 を蓬 1 を切っ

▼ ず頼り~ (3, 0.0%)

1 なかつた, にする, に思い込ん

▼ ず風邪~ (3, 0.0%)

1 で熱, の気味, を引いた

▼ ず颯々~ (3, 0.0%)

1 とうそぶい, と歩きつづけ, と風

▼ ず食物~ (3, 0.0%)

1 もとらず, も与えられず, も喰

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 は中世以前, は餅屋, もたべられず

▼ ず養子~ (3, 0.0%)

1 が優しい, に心置き, を娶せた

▼ ず馬上~ (3, 0.0%)

1 から見まわし, にし, に揺られる

▼ ず馬琴~ (3, 0.0%)

1 はノッソリ, をとらえた, を択んだろう

▼ ず馬超~ (3, 0.0%)

1 に降伏, は曹操, も張飛

▼ ず馬鹿野郎~ (3, 0.0%)

1 ともいえぬ, とも言, に見えます

▼ ず駄目~ (3, 0.0%)

2 だよ 1 なこと

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 は老, も持たず, を手

▼ ず騎馬~ (3, 0.0%)

1 の与力, の脚, も少なく

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 怖は, 破と, 訝して

▼ ず骨董~ (3, 0.0%)

1 というもの, といふもの, を買う

▼ ず高き~ (3, 0.0%)

1 あたり靜に, 犁もてのびあがり鋤く, 處なる

▼ ず高氏~ (3, 0.0%)

1 は, は野面, も禅師

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 といわず, もつけず, も剃らず

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 は生え, もそらず, を剃らず

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ともつかぬ, は節穴, 誤

▼ ず鮮やか~ (3, 0.0%)

1 な印象, な形, な萌黄

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 の声 1 まぜて

▼ ず~ (3, 0.0%)

2 なら鶴 1 彌氏

▼ ず鶴雄~ (3, 0.0%)

1 の全身, は, を引きとめる

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 こき進ん, の穂, を刈りつづけ

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ともつかぬ, に非, 昏れても

▼ ず黄いろい~ (3, 0.0%)

2 表紙を 1 泥を

▼ ず黄色~ (3, 0.0%)

1 で黒い, の衣, や牡丹色

▼ ず黒く~ (3, 0.0%)

1 湿った土, 濁れる夕暮, 見えて

▼ ず黒人~ (3, 0.0%)

1 じみて, と白人, の先生方

▼ ず黙然~ (3, 0.0%)

1 とし, として暫く, として言

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 の音, も鳴らさず, を鳴らし

▼ ず鼓動~ (3, 0.0%)

1 が高まる, をつづける, 乱れて

▼ ず鼠色~ (3, 0.0%)

2 の中空 1 の服

▼ ず~ (3, 0.0%)

1 ともつかぬ, にも襲, のよう

▼ ずあえ~ (2, 0.0%)

2 かに見え給う

▼ ずあきらめ~ (2, 0.0%)

1 といふ程, ともつかず

▼ ずあくる日~ (2, 0.0%)

1 の朝, は早速

▼ ずあげく~ (2, 0.0%)

1 にここ, には長年

▼ ずあさましい~ (2, 0.0%)

1 多少得意, 考え方だ

▼ ずあしき~ (2, 0.0%)

1 客観主義に, 方角に

▼ ずあそこ~ (2, 0.0%)

1 の赤土, へ泊る

▼ ずあたり前~ (2, 0.0%)

1 にし, のトゥイード

▼ ずあっぱれ~ (2, 0.0%)

1 であったのでな, でしたが

▼ ずあづま~ (2, 0.0%)

1 の奥, の御家人

▼ ずあどけなく~ (2, 0.0%)

1 も彼, 頬笑まれ

▼ ずあなたがた~ (2, 0.0%)

1 の會話, は今後戦争

▼ ずあに~ (2, 0.0%)

1 ただ三世, 四山これを

▼ ずあぶない~ (2, 0.0%)

1 ぞえと, 所だ

▼ ずあまっさえ~ (2, 0.0%)

1 天下一の, 女を

▼ ずあやふや~ (2, 0.0%)

1 に立とう, に過し

▼ ずあらい~ (2, 0.0%)

1 かぜにも, 息を

▼ ずあらめ~ (2, 0.0%)

1 と人, やお

▼ ずあれこれ~ (2, 0.0%)

1 と品数, と馴染

▼ ずあわよくば~ (2, 0.0%)

1 その儘, 此方が

▼ ずあんた~ (2, 0.0%)

1 に話し, の苦しみ

▼ ずあんなに~ (2, 0.0%)

1 まで底, 高い処

▼ ずいいえ~ (2, 0.0%)

1 と挨拶, 寧ろ後姿

▼ ずいい気~ (2, 0.0%)

1 なもの, になつ

▼ ずいかで~ (2, 0.0%)

1 自殺なる, 誤って

▼ ずいきなりそう~ (2, 0.0%)

1 云われて, 尋ねかけて

▼ ずいぎたなく~ (2, 0.0%)

1 打ち倒されて, 熟睡に

▼ ずいくらでも~ (2, 0.0%)

1 自分に, 転って

▼ ずいさぎよく~ (2, 0.0%)

1 立合って, 観念の

▼ ずいずくんぞよく~ (2, 0.0%)

1 自由平等の, 鬼に

▼ ずいぜん~ (2, 0.0%)

1 としてばらばら, として黙っ

▼ ずいつか彼~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ ずいつか微笑~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ずいつか毛唐~ (2, 0.0%)

2 となど得意さうに

▼ ずいつぞや~ (2, 0.0%)

2 お糸

▼ ずいつのまに~ (2, 0.0%)

1 やって来たか, 鍵が

▼ ずいとも~ (2, 0.0%)

1 妙なる, 静かな

▼ ずいまにも~ (2, 0.0%)

1 ざあっと来, 嵐に

▼ ずいやいや~ (2, 0.0%)

1 人伝てに, 正介承諾

▼ ずいやただ~ (2, 0.0%)

1 顏を, 顔を

▼ ずいろは~ (2, 0.0%)

1 のい, の順序

▼ ずうい~ (2, 0.0%)

1 とならび, と歩みよる

▼ ずうき~ (2, 0.0%)

1 世が, 別れ

▼ ずうた~ (2, 0.0%)

1 であり其諷誦法うたふか, ふ

▼ ずうっとうしい~ (2, 0.0%)

1 のが, 貧乏臭い

▼ ずうつらうつら~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ ずうるさく~ (2, 0.0%)

1 てしようが, 拘泥する

▼ ずおい~ (2, 0.0%)

1 いなせえな, で頂いた

▼ ずおいおい~ (2, 0.0%)

1 ご同意, に起り

▼ ずおおよう~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ずおかしい~ (2, 0.0%)

1 とは何たる, と一茶研究家

▼ ずおかしく~ (2, 0.0%)

1 もあり, 妻としての

▼ ずおかず~ (2, 0.0%)

1 の煮焼き, も買

▼ ずおごそか~ (2, 0.0%)

2 に話し続ける

▼ ずおし~ (2, 0.0%)

1 のどん, ょさんがこんなことをいった

▼ ずおじぎ~ (2, 0.0%)

1 のとき, もせず

▼ ずおと~ (2, 0.0%)

1 よさん, よは愛想

▼ ずおとなしい~ (2, 0.0%)

1 ひとの, 正月を

▼ ずおなじく~ (2, 0.0%)

2 も憂ふる

▼ ずおめおめ~ (2, 0.0%)

1 と償金代り, 人に

▼ ずおも~ (2, 0.0%)

1 はず立上つては, ひでは

▼ ずおもしろ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ずおもしろい~ (2, 0.0%)

1 と思う, 事には

▼ ずおもしろく~ (2, 0.0%)

1 ないと, ない素行

▼ ずおろおろ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ずおん身~ (2, 0.0%)

1 のこ, の恙

▼ ずお世話~ (2, 0.0%)

1 になっちまいまし, になってる

▼ ずお出かけ~ (2, 0.0%)

1 の時, の跡

▼ ずお前たち~ (2, 0.0%)

1 の生命, も行く行く

▼ ずお婆さん~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ ずお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 はしとやか, や坊ちゃんたち

▼ ずお嬢様~ (2, 0.0%)

1 がお, には柳島

▼ ずお母様~ (2, 0.0%)

1 から濃, を怨み

▼ ずお菓子~ (2, 0.0%)

1 がある, つままず余り

▼ ずお針~ (2, 0.0%)

2 は二階

▼ ずお隣~ (2, 0.0%)

1 の左母次郎さん, へよった

▼ ずかえっていよいよ~ (2, 0.0%)

1 急に, 狭い谿谷

▼ ずかっと~ (2, 0.0%)

1 なって, 起ち上るなり

▼ ずかっぽ~ (2, 0.0%)

1 れが, れは

▼ ずかるく~ (2, 0.0%)

1 ふうってな, 会釈を

▼ ずかれこれ~ (2, 0.0%)

1 するうち自分, 暇取る

▼ ずがさつ~ (2, 0.0%)

1 でダル, な事務所

▼ ずがたがた~ (2, 0.0%)

1 と慄, ふるえて

▼ ずがみがみ~ (2, 0.0%)

1 とやりだした, と喧しく

▼ ずきつく~ (2, 0.0%)

1 チャンの, 云って

▼ ずきのう~ (2, 0.0%)

1 から早馬, の御

▼ ずきびしい~ (2, 0.0%)

1 から予習, 規律を

▼ ずきびしく~ (2, 0.0%)

1 そう答え, 彼女が

▼ ずきみ~ (2, 0.0%)

1 にしばられ, に邪慳

▼ ずきもの~ (2, 0.0%)

1 のすき, の仕業

▼ ずきよ~ (2, 0.0%)

1 ときよとして, とん

▼ ずきらきら~ (2, 0.0%)

1 と光っ, と天空

▼ ずぎくりと~ (2, 0.0%)

2 した

▼ ずぎよつとして~ (2, 0.0%)

1 慌て, 深い紺青

▼ ずぎよツ~ (2, 0.0%)

1 とした, として眼

▼ ずぎらぎら~ (2, 0.0%)

1 した外光, した日

▼ ずくすくす~ (2, 0.0%)

2 笑つてし

▼ ずくだらない~ (2, 0.0%)

1 物が, 生活を

▼ ずぐち~ (2, 0.0%)

1 っぽく一つこと, を見せ

▼ ずぐッ~ (2, 0.0%)

1 たりし, と一息

▼ ずこうこう~ (2, 0.0%)

2 と枝

▼ ずこそこそ~ (2, 0.0%)

1 とその, と床上

▼ ずこつこつ~ (2, 0.0%)

1 と勤め, やって

▼ ずことごと~ (2, 0.0%)

1 にわたくしども, に幕府

▼ ずことば~ (2, 0.0%)

1 を交わす, を慎み

▼ ずこと更~ (2, 0.0%)

2 の馬車腕車

▼ ずこまかく~ (2, 0.0%)

1 厚手なぶ, 推敲し

▼ ずこまごま~ (2, 0.0%)

1 した點, と気

▼ ずこれこれ~ (2, 0.0%)

1 かうい, のとき

▼ ずこん~ (2, 0.0%)

1 と云う, にち

▼ ずごうごうと~ (2, 0.0%)

1 微に, 荒れて

▼ ずごたごた~ (2, 0.0%)

1 した揚句, する中

▼ ずさしたる~ (2, 0.0%)

1 酒も, 顛倒騒ぎも

▼ ずさしも~ (2, 0.0%)

1 の甲府, 法水でさえ

▼ ずさぞかし~ (2, 0.0%)

1 おうるさい, 物の

▼ ずさもなければ~ (2, 0.0%)

1 とても裁判, 余は

▼ ずさんあなた~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は世間

▼ ずざっと~ (2, 0.0%)

1 次の, 読んだばかり

▼ ずしいて~ (2, 0.0%)

1 いうならば, それよりも

▼ ずしいんと~ (2, 0.0%)

1 したもの, 静まり返って

▼ ずしかた~ (2, 0.0%)

1 がない, なく同村

▼ ずしげしげと~ (2, 0.0%)

1 西原氏の, 見惚れるくらい

▼ ずしたがってまた~ (2, 0.0%)

1 今までよりは, 栄養の

▼ ずしつこく~ (2, 0.0%)

1 かき口説きながら, 私に

▼ ずしとやか~ (2, 0.0%)

1 なもの, に立ちあがる

▼ ずしどろもどろ~ (2, 0.0%)

1 だ, な弁解哲学

▼ ずしなやか~ (2, 0.0%)

1 な優しい, に揺れたわみ

▼ ずしの~ (2, 0.0%)

1 つく大, 方が

▼ ずしょんぼり~ (2, 0.0%)

1 としてわる者たち, と何

▼ ずしをり~ (2, 0.0%)

1 があつ, の細かい

▼ ずしんずし~ (2, 0.0%)

1 んごごご, んどんどん

▼ ずしんずしん~ (2, 0.0%)

1 という地響, という足どり

▼ ずじきに~ (2, 0.0%)

1 水を, 納得し

▼ ずじっくり~ (2, 0.0%)

1 と玄蕃, と腰

▼ ずじりじり~ (2, 0.0%)

1 と爪先立ち, 人の

▼ ずすがすがしい~ (2, 0.0%)

1 気分に, 空気には

▼ ずすがすがしかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ ずすくすくと~ (2, 0.0%)

1 素直に, 衝立つてゐる

▼ ずすくなくとも~ (2, 0.0%)

1 希望を, 私は

▼ ずすごい~ (2, 0.0%)

1 スピードで, 元気だ

▼ ずすすり泣き~ (2, 0.0%)

1 がする, になっ

▼ ずすっと~ (2, 0.0%)

1 はいって, 抜け出した手際

▼ ずすべて一類~ (2, 0.0%)

1 であると, にしました

▼ ずすべて幕間~ (2, 0.0%)

2 の遊歩

▼ ずすべて自分~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ ずすみません~ (2, 0.0%)

1 が然し私, でした

▼ ずするどい~ (2, 0.0%)

1 目で, 苦痛の

▼ ずすゝ~ (2, 0.0%)

2 み出づ

▼ ずそいつ~ (2, 0.0%)

1 が以前, の手

▼ ずそこそこ~ (2, 0.0%)

1 に出, に辞し去った

▼ ずそこもと~ (2, 0.0%)

1 にはとうから, に聚

▼ ずその後何処~ (2, 0.0%)

2 の学校

▼ ずそれなら~ (2, 0.0%)

1 って俗, 廃せとて

▼ ずそれにまた~ (2, 0.0%)

1 あの方, 雪雲らしい

▼ ずそれ丈~ (2, 0.0%)

1 で己, の事

▼ ずそれ以後~ (2, 0.0%)

1 の作品, の研究会はなやか

▼ ずそれ自身社會的歴史的~ (2, 0.0%)

2 に規定

▼ ずそわそわ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ずぞろぞろ~ (2, 0.0%)

2 と流れる

▼ ずたかだか~ (2, 0.0%)

1 休養の, 素人検事というくらいの

▼ ずたくさん~ (2, 0.0%)

1 な兵, の訪問客

▼ ずたすき~ (2, 0.0%)

1 もあ, や鉢巻き

▼ ずたそがれ~ (2, 0.0%)

2 の片隅

▼ ずただならぬ~ (2, 0.0%)

1 様子だった, 気色に

▼ ずただに~ (2, 0.0%)

2 なづみぬうちこもりつつ

▼ ずただ上~ (2, 0.0%)

2 べわづか

▼ ずただ人~ (2, 0.0%)

1 の世, の力

▼ ずただ先~ (2, 0.0%)

2 に立っ

▼ ずたって~ (2, 0.0%)

1 いやだ, 見物し

▼ ずたとへば~ (2, 0.0%)

1 和田左衛門尉義盛さまこの, 私なら

▼ ずためら~ (2, 0.0%)

1 はなかつた, ふ吾

▼ ずたんまり~ (2, 0.0%)

1 とゆすっ, 利権の

▼ ずだいたい~ (2, 0.0%)

1 女という, 田舎者は

▼ ずだけ~ (2, 0.0%)

1 で有頂天, 一人宛百円ずつ

▼ ずちょうだい~ (2, 0.0%)

1 するという, する決心

▼ ずちら~ (2, 0.0%)

2 と眼

▼ ずちらちら~ (2, 0.0%)

1 する感じ, と牡丹雪

▼ ずっていう~ (2, 0.0%)

1 形恰だ, 東洋の

▼ ずっぽう~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかった, 撲りこくっ

▼ ずつくづく~ (2, 0.0%)

1 と子どもたち, 自分は

▼ ずつと~ (2, 0.0%)

1 客間の, 彼女の

▼ ずつまらない~ (2, 0.0%)

1 から大阪劇場, ものに

▼ ずつよい~ (2, 0.0%)

1 きれいな, 好奇心の

▼ ずつらき~ (2, 0.0%)

1 事何ごとも, 錦野が

▼ ずつらつら~ (2, 0.0%)

1 ことの, と濡れ

▼ ずていねい~ (2, 0.0%)

1 に扱う, に繃帯

▼ ずてくてく~ (2, 0.0%)

1 と歩きだした, 歩いて

▼ ずての~ (2, 0.0%)

1 庭の, 方が

▼ ずてを~ (2, 0.0%)

1 するから, だえ

▼ ずででも~ (2, 0.0%)

2 あったよう

▼ ずといふほど~ (2, 0.0%)

1 でも, 本質的に

▼ ずといふまで~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ずといふも~ (2, 0.0%)

1 大体の, 道理ある

▼ ずとおく~ (2, 0.0%)

1 上空を, 海外へ

▼ ずとかいふ~ (2, 0.0%)

2 動作は

▼ ずとかや~ (2, 0.0%)

1 世を, 我ながら

▼ ずときには~ (2, 0.0%)

1 解釈者の, 近所の

▼ ずとくと~ (2, 0.0%)

2 聴聞なされや

▼ ずところ~ (2, 0.0%)

1 きらわずその, もわかりませんでした

▼ ずとどのつまり~ (2, 0.0%)

1 はユダヤ人式, 戯曲を

▼ ずとばかり~ (2, 0.0%)

1 お祝ひ, にんじんは

▼ ずとばかりに~ (2, 0.0%)

2 原稿用紙に

▼ ずともい~ (2, 0.0%)

1 はめ, ひつべし

▼ ずとや~ (2, 0.0%)

1 思いけん, 言わん

▼ ずとら~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, はれの

▼ ずとりどり~ (2, 0.0%)

2 に深き

▼ ずとりわけ~ (2, 0.0%)

1 その頭, 食卓での

▼ ずとんと~ (2, 0.0%)

1 素性も, 風を

▼ ずとんとん~ (2, 0.0%)

1 踏みつけると, 踏んで

▼ ずどうにかこう~ (2, 0.0%)

1 にか最後, にか片

▼ ずどきりと~ (2, 0.0%)

1 した, しました

▼ ずどころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ ずどれほど~ (2, 0.0%)

1 多くの, 暴れまわっても

▼ ずどん~ (2, 0.0%)

1 と背後, 云う大砲

▼ ずどんと一発~ (2, 0.0%)

1 やるか, 放ちました

▼ ずなか~ (2, 0.0%)

1 と言う, にはその

▼ ずなく~ (2, 0.0%)

1 てぞ恋しき, てもいかず

▼ ずなどという~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ ずなにゆえ~ (2, 0.0%)

1 に横蔵, の家出

▼ ずなよやか~ (2, 0.0%)

1 におとなしく, に見せ

▼ ずなるたけ~ (2, 0.0%)

1 それも, 早く右手

▼ ずにかけ~ (2, 0.0%)

1 あがって, おりて

▼ ずにかけて~ (2, 0.0%)

2 学校へ

▼ ずにかへ~ (2, 0.0%)

1 すと, つて親密に

▼ ずにが~ (2, 0.0%)

1 くりと, 笑ひしました

▼ ずにがい~ (2, 0.0%)

1 さ, 味の

▼ ずにさえ~ (2, 0.0%)

1 おけば, 織って

▼ ずにしか~ (2, 0.0%)

1 ならない, 焼酎は

▼ ずにたりと~ (2, 0.0%)

1 笑ったまま, 笑って

▼ ずにはと~ (2, 0.0%)

1 留めるの, 軍議紛々では

▼ ずにわ~ (2, 0.0%)

1 あっ, ッと

▼ ずに従って~ (2, 0.0%)

1 かねて, 進まねば

▼ ずぬうっと~ (2, 0.0%)

1 して, 首を

▼ ずねに~ (2, 0.0%)

1 ぶつかって, 用は

▼ ずのうのう~ (2, 0.0%)

1 そこの, とあそん

▼ ずのっそり~ (2, 0.0%)

1 でも, 出て

▼ ずのどか~ (2, 0.0%)

1 な余裕, に半日

▼ ずのみ~ (2, 0.0%)

1 お我辺, 下して

▼ ずのらくら~ (2, 0.0%)

1 して, の良人

▼ ずのろのろ~ (2, 0.0%)

1 として風呂, と土産物屋

▼ ずはあ~ (2, 0.0%)

1 と云った, 野田で

▼ ずはかばかしい~ (2, 0.0%)

1 結果も, 語形の

▼ ずはなし~ (2, 0.0%)

1 にも口, をし

▼ ずはやく~ (2, 0.0%)

1 この艇, も奥金剛

▼ ずはらはら~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ ずはる子~ (2, 0.0%)

1 が来る, の自由

▼ ずばか~ (2, 0.0%)

1 に小柄, ひなし

▼ ずばったり~ (2, 0.0%)

1 たおれあたりどころ, 黙って

▼ ずばつ~ (2, 0.0%)

2 の悪い

▼ ずばといふ~ (2, 0.0%)

1 唱歌を, 金言を

▼ ずぱちぱち~ (2, 0.0%)

2 音を

▼ ずぱっちり~ (2, 0.0%)

1 と咲い, と目

▼ ずひき草~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ずひさかた~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ ずひしと~ (2, 0.0%)

1 両手を, 兩手を

▼ ずひたぶる~ (2, 0.0%)

1 に信玄, に古き

▼ ずひた隠し~ (2, 0.0%)

2 に隠し

▼ ずひつそり~ (2, 0.0%)

1 した室, としてゐた

▼ ずひとえに~ (2, 0.0%)

1 時流を, 神社神林その

▼ ずひとごと~ (2, 0.0%)

2 ならず思へば

▼ ずひとまず~ (2, 0.0%)

1 小師橋を, 眠るが

▼ ずひび~ (2, 0.0%)

1 がいっ, の出来た

▼ ずひょいひょい~ (2, 0.0%)

1 と彼, と発する

▼ ずひるがえって~ (2, 0.0%)

1 一方で, 思えば

▼ ずびく~ (2, 0.0%)

1 しゃくした, つきながら

▼ ずふだん着~ (2, 0.0%)

1 とすれ, のまま

▼ ずふっくり~ (2, 0.0%)

1 して, 鬢が

▼ ずふとした~ (2, 0.0%)

1 病気で, 錯覚で

▼ ずふわり~ (2, 0.0%)

1 とし, と浮んだ

▼ ずぶつぶつ~ (2, 0.0%)

1 いい出して, 言い出して

▼ ずへどもど~ (2, 0.0%)

1 して, しながらも

▼ ずへの~ (2, 0.0%)

1 字の, 枕詞と

▼ ずほしい~ (2, 0.0%)

2 ままに

▼ ずほどなく~ (2, 0.0%)

1 先に, 四更

▼ ずほぼ~ (2, 0.0%)

1 共通な, 白骨温泉場の

▼ ずほろろ~ (2, 0.0%)

2

▼ ずぼそぼそ~ (2, 0.0%)

1 と生きる, 口の

▼ ずぼつ~ (2, 0.0%)

1 とした, りと

▼ ず~ (2, 0.0%)

1 つと明り, つと血

▼ ずぽかんと~ (2, 0.0%)

1 して, 私を

▼ ずまじまじ~ (2, 0.0%)

1 とその, と半

▼ ずまずは~ (2, 0.0%)

1 大商店, 自分が

▼ ずまっ~ (2, 0.0%)

1 くらだ, 向に

▼ ずまっ先に~ (2, 0.0%)

1 お友達, 楽田へ

▼ ずまのあたり~ (2, 0.0%)

1 みし我, 百代までの

▼ ずまひ樹間~ (2, 0.0%)

2 に仄めく

▼ ずまめ~ (2, 0.0%)

1 でせつかち, に立働い

▼ ずまる~ (2, 0.0%)

1 のまんま, 一日あるきつづけ

▼ ずまるでもう~ (2, 0.0%)

1 夢を, 踊りながら

▼ ずまるで突然~ (2, 0.0%)

1 火星国へ, 火星國へ

▼ ずまれ~ (2, 0.0%)

1 にある, に訪れる

▼ ずまん中~ (2, 0.0%)

1 にとまっ, にとまつ

▼ ずまア~ (2, 0.0%)

1 いっぺん見, 入れ入れ

▼ ずみち~ (2, 0.0%)

2 は大

▼ ずみなさん~ (2, 0.0%)

1 したで, のほう

▼ ずむき~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ ずむき出し~ (2, 0.0%)

1 に答えた, の両

▼ ずむしろ余~ (2, 0.0%)

2 に対して誣告

▼ ずむずと~ (2, 0.0%)

1 曲者の, 羽掻を

▼ ずむっくり~ (2, 0.0%)

1 と湧い, 起き上ったところ

▼ ずむのなごりと~ (2, 0.0%)

1 考へる向き, 見なくても

▼ ずむば一家~ (2, 0.0%)

2 の賀儀

▼ ずむば以~ (2, 0.0%)

2 て内

▼ ずむば休止~ (2, 0.0%)

2 せざる可

▼ ずむば伯~ (2, 0.0%)

2 を誤解

▼ ずむば内閣改造~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ずむば則~ (2, 0.0%)

2 ち行政

▼ ずむば惰~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ずむば憲政~ (2, 0.0%)

1 本党, 本黨

▼ ずむば提携~ (2, 0.0%)

2 を謝絶

▼ ずむば政党~ (2, 0.0%)

1 の弊害, らしき政党

▼ ずむば政治家たる~ (2, 0.0%)

2 よりも寧ろ

▼ ずむば政黨~ (2, 0.0%)

1 の弊害, らしき政黨

▼ ずむば西園寺侯~ (2, 0.0%)

2 を以て文部大臣

▼ ずむば閣下~ (2, 0.0%)

2 恐らく恢復

▼ ずむべ~ (2, 0.0%)

1 からず, し

▼ ずむらむら~ (2, 0.0%)

1 と憎しみ, と湧い

▼ ずめったに~ (2, 0.0%)

1 成功しなかった, 笑わない少女

▼ ずもうこ~ (2, 0.0%)

1 の商売, の種

▼ ずもがなと~ (2, 0.0%)

1 おもわる, 思へど

▼ ずもっともっと~ (2, 0.0%)

1 値の, 奥まった所

▼ ずものたち~ (2, 0.0%)

1 は口, は裏門

▼ ずもん~ (2, 0.0%)

1 の義理, の腕

▼ ずやあ~ (2, 0.0%)

1 やあと, 君が

▼ ずやかましい~ (2, 0.0%)

1 ような, 男だ

▼ ずやすやす~ (2, 0.0%)

1 と中身, と解決

▼ ずやるせな~ (2, 0.0%)

1 さた, さに

▼ ずやわか~ (2, 0.0%)

1 きラムボオ, き男

▼ ずゆうべ~ (2, 0.0%)

1 からとい, の茶室

▼ ずゆえ~ (2, 0.0%)

2 きつい難産

▼ ずゆくえ~ (2, 0.0%)

1 をくらまし, をくらます

▼ ずゆめ~ (2, 0.0%)

1 うわさ話を, に見

▼ ずゆるゆる~ (2, 0.0%)

1 と心長閑, と馬

▼ ずゆるり~ (2, 0.0%)

1 とお, とご

▼ ずよう~ (2, 0.0%)

1 いふて, ございます

▼ ずよしんば~ (2, 0.0%)

1 また私, 処女を

▼ ずよれよれ~ (2, 0.0%)

1 の人絹, の単

▼ ずよろず~ (2, 0.0%)

1 に御, 順調に

▼ ずらく~ (2, 0.0%)

1 でええ, なる

▼ ずらくらく~ (2, 0.0%)

2 と書きたい