青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「じつは~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しん~ ~し得る し得る~ ~じ じ~ じい~ じき~ ~じっと じっと~ じつに~
じつは~
じみた~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~ じゅう~ ~す す~ すえ~ ~すき すき~

「じつは~」 1481, 15ppm, 7603位

▼ じつはこの~ (69, 4.7%)

2 私な

1 [67件] あいだから, あたりの, おれが, おれも, ごちそうは, さきの, たびの, たびわたくしの, つえの, とき竹見にも, ところちと, まま帰らす, ような, わたしに, わっし, オヤとか, クイクイの, サクラン坊を, ポチの, マウナ・ロア観測所を, 一坪館を, 一週間ほど, 二つの, 二本の, 会に, 信仰には, 列車で, 前の, 原の, 原稿を, 問題から, 国の, 地方には, 奥河内の, 女は, 姉なる, 娘は, 子の, 宋江は, 家の, 小林君の, 山の, 才女廉子の, 文章は, 新聞には, 春の, 春瀬戸の, 晁蓋とは, 時もう次々, 本が, 東京の, 清高鎌倉へ, 父親も, 物語の, 猿の, 箱には, 紫藤は, 美花を, 老人は, 若者は, 街道は, 論文では, 近くの, 金の, 際の, 離れに, 青州所轄の

▼ じつはその~ (56, 3.8%)

2 ことが

1 [54件] うちに, お姫さまの, お方という, お方より, ことについては, ためだ, ためな, ために, ちょいと, ちょっと, ちょっと東京, とき戴宗その, なん, なんでご, カテリーナ・イリヴォーヴナお願いという, コース帰りの, 不審を, 人だった, 今日おとよの, 今日は, 作者を, 声を, 多年獄吏を, 大石殿が, 失礼も, 宋江その, 実物は, 少々人目, 少年探偵団員の, 帰途正季さまの, 御禮, 怪塔は, 折わが, 日の, 日は, 昨夜の, 果実の, 案を, 正反対な, 殿様にも, 清河県の, 用意の, 着物は, 篠村の, 袋の, 裏を, 記事は, 謀を, 貸方の, 通りな, 関西の, 頃婚約し, 風説を, 鬼が

▼ じつは~ (34, 2.3%)

2 はこれ

1 [32件] からのつけ, がこの, が勝手, が電車, こう考え, という一個, としてはまったく突如, には愉しかっ, にもよく, にも長らく, のところ, のもっ, の主人, の子, の家, の王さま, の身, はいろいろ, はこういう, はこれこれ, はこんな, はその, は敗戦, は昨夕, は昨日ようよう, は死んだ, は王公, は神さま, は近日, もそう, も散歩, も考え

▼ じつは~ (25, 1.7%)

1 [25件] あたしもうすこし, あたし今日まで, いま明智先生と, うちが, おかみさん, こういう女, この信玄袋, この間町の, こんな所, ご内緒, さっき向うで, その, ている, アレクセイ・イヴァーノヴィチあんたと, アレクセイ・イヴァーノヴィチ私は, ナタリイふとした, 今度ね, 例によって, 僕も, 大いに助け, 妾君に, 旦那たび重なっ, 私たちは, 親分, 記念に

▼ じつは~ (22, 1.5%)

2 宅の

1 [20件] じいさまと, むかえに, 二人の, 冬自身が, 別れに, 国の, 嬢さまが, 宅へ, 小遣いも, 恥ずかしながらさる, 手もとに, 手紙を, 渡し申した, 精進ものである, 耳を, 見と, 討死とは, 邪魔に, 雪献上の, 頼みが

▼ じつはぼく~ (20, 1.4%)

2 のほう

1 [18件] がある, として最, にもいろいろ, の家, の少年助手, の義兄政広, の腹心, は何, は外, は大阪朝日, は急い, は足, もきみたち, もそう, もそれ, も一度, も疲れた, も鰻釣り

▼ じつはもう~ (17, 1.1%)

1 [17件] きめて, くるか, これだけの, これ以上やれきれない, その卯木, ひとつ聞い, ひとり子どもを, ほんの目, 一つあれの, 一つほかに, 一つ問題が, 一ど, 一人て, 一人の, 一人報告を, 二三軒さる, 胸を

▼ じつはわたし~ (17, 1.1%)

2 はこういう

1 [15件] なども食べ, にもよく, のほう, のボディーガード, はあんなに, はおばさん, はおり入っ, はむかしなにがし, もさっき, もその, もやっ, も今, も箱, も責任, も鬼

▼ じつはあの~ (16, 1.1%)

2 人の

1 [14件] お方に, ビルが, 両国の, 事件が, 人には, 人は, 前後に, 変な, 夜の, 子の, 晩ほんとに, 男が, 真珠塔の, 磯五という

▼ じつは自分~ (13, 0.9%)

1 [13件] がやった, が人, が女, が生れ, じしんが, のほか, の中, の徳, の本質, はなん, は花前, も勝負, を突き放し

▼ じつはそれ~ (12, 0.8%)

1 [12件] が誹謗, だけの話, とはくらべ, には長良川博士, にぶつかっ, に尽き, はあんまり, はもっとも, はイヌ, は子房, をお待ち, をつきとめ

▼ じつはまだ~ (10, 0.7%)

1 ゆうべしたたかに, 完全には, 我らの, 数え年の, 申上げませんでした, 祝言前です, 肉体的にも, 解けて, 言い残して, 開封の

▼ じつは~ (10, 0.7%)

1 が新宿, と時, にとってどう, の勤勉, の十八番, の欲望, の米, は巴里, は提灯, もあと

▼ じつはここ~ (9, 0.6%)

1 にいられ, にいる, にかくれ, に持っ, に残っ, の客舎, へくる, も今, より遠から

▼ じつはこれ~ (8, 0.5%)

1 がわし, が老父, が頼み, こそすばらしい, でも吉原, はこの間, はコウヤノマンネングサ, までにも二人

▼ じつはそう~ (8, 0.5%)

3 では 1 じゃねえ, すッ, なん, 思いましたよう, 思って

▼ じつはあなた~ (7, 0.5%)

1 がた, とおなじ, にぜひ, に少々, は共産主義者, もご, を待つ

▼ じつはあれ~ (7, 0.5%)

1 からの旅路, からもう, から君, なの, にすこぶる, は一時逃れ, も自身

▼ じつはこういう~ (7, 0.5%)

2 わけです, わけな 1 わけが, わけだった, 計略を

▼ じつはちょっと~ (7, 0.5%)

1 おねがいが, こみ入った事情, まずいこと, 他の, 相談が, 話しが, 話したいこと

▼ じつは~ (7, 0.5%)

1 かねて宋江, 元成どのお, 宋先生, 師直, 御夫婦, 法師, 浮橋

▼ じつはわたくし~ (7, 0.5%)

21 はある, はお, は鷲, もこの, も先刻

▼ じつはこう~ (6, 0.4%)

2 なん 1 うまくいく, だ, だと, やって

▼ じつは~ (6, 0.4%)

1 か食べたく, がこの, にも言う, の考え, も深く, も知らない

▼ じつは~ (6, 0.4%)

1 は今朝, は心配, もこの, もこんど, もほん気, も発起人

▼ じつは~ (6, 0.4%)

1 あて外れだった, へんひどい, むかし原住民が, 坂城の, 奇術師の, 部分愛で

▼ じつはおれ~ (5, 0.3%)

1 から頼んだ, のもの, ははだかな, は天照大神, もいつ

▼ じつはちと~ (5, 0.3%)

1 その, 世相憂うべき, 妙な, 恥ずかしいこと, 申し憎い

▼ じつは~ (5, 0.3%)

1 亭主, 坊おじさんは, 宋清, 戴宗, 権三

▼ じつはなん~ (5, 0.3%)

2 でもない 1 であろうと, です, にもなかっ

▼ じつはわし~ (5, 0.3%)

1 のうち, の家内, も, もこれから, も元

▼ じつは人間~ (5, 0.3%)

2 が一人 1 としてはまったく, の動力, の最も

▼ じつは~ (5, 0.3%)

1 のうち, の中, の外, ばかりに酒一壺, ぼそいの

▼ じつはあまり~ (4, 0.3%)

1 よくない, 大したこと, 案内者の, 高くも

▼ じつはきみ~ (4, 0.3%)

1 がひとり, だから, にたのみ, にひとつ

▼ じつはこんな~ (4, 0.3%)

1 ものが, わけがらでし, 地下室の, 始末だった

▼ じつはさっき~ (4, 0.3%)

1 からトミー, から上手, から隣, ぼっちゃ

▼ じつはそんな~ (4, 0.3%)

1 ことは, ものに, わけで, 部屋が

▼ じつはただ~ (4, 0.3%)

1 たまたまこの, の人間, の慰み, テレサの

▼ じつはよく~ (4, 0.3%)

1 ひっこしを, わからないの, わけが, 分って

▼ じつは~ (4, 0.3%)

2 まで御 1 たいへんに, もっと大きな

▼ じつは今日~ (4, 0.3%)

1 さるところ, ちと忙しい, ばかりは勝った, までつづけ

▼ じつは~ (4, 0.3%)

1 には宝, の話, は足, もその

▼ じつは拙者~ (4, 0.3%)

1 の品, の道づれ, はただ, は穴山

▼ じつは昨日~ (4, 0.3%)

1 あの日, から風邪, の材料, も一昨日

▼ じつはお前~ (3, 0.2%)

1 の居所, の母親, を晩飯

▼ じつはかく~ (3, 0.2%)

1 いう私, のごとき, 申す私

▼ じつはこちら~ (3, 0.2%)

1 からあまり, から隊員, へも密書

▼ じつはこれから~ (3, 0.2%)

1 あたくし, お山へ, でかけて

▼ じつはぜひ~ (3, 0.2%)

1 あなたに, おゆずりねがいたい, にもだんなさま

▼ じつはつい~ (3, 0.2%)

1 この春, 先おとといこの, 十五分ほど

▼ じつは~ (3, 0.2%)

2 まえも 1 まえども

▼ じつはどんな~ (3, 0.2%)

1 ことを, 女とでも, 風に

▼ じつはなかなか~ (3, 0.2%)

1 剛情な, 困難な, 難かしく

▼ じつはにせもの~ (3, 0.2%)

1 で仮面, で外, で怪人二十面相

▼ じつははじめて~ (3, 0.2%)

1 で様子, の者, 気がついた

▼ じつはひとり~ (3, 0.2%)

1 そこへ, でなくちいさな, の小さな

▼ じつはまた~ (3, 0.2%)

2 名づけ親 1 京へ

▼ じつはまったく~ (3, 0.2%)

1 さに, その, のたばかりだ

▼ じつはみんな~ (3, 0.2%)

1 その小さな手鏡, で協議, に相談

▼ じつはもっと~ (3, 0.2%)

1 ほかに, 年とっ, 早く帰る

▼ じつはゆうべ~ (3, 0.2%)

1 おそくに, ちょいと, とうとうやった

▼ じつは~ (3, 0.2%)

1 に手, の日, の月

▼ じつは千恵~ (3, 0.2%)

1 の実, は姉さま, も学校

▼ じつは半分~ (3, 0.2%)

1 のまじめさ, は歌, もない

▼ じつは女房~ (3, 0.2%)

1 が機, のやつ, の高音

▼ じつは子供~ (3, 0.2%)

1 に大, のころ, の人

▼ じつは山神さん~ (3, 0.2%)

1 から赤子, がその, でありまするぞよ

▼ じつは彼ら~ (3, 0.2%)

1 があの, の哲学的理論, の悲泣

▼ じつは彼女~ (3, 0.2%)

1 が咽喉, が戻っ, とは深間

▼ じつは手前~ (3, 0.2%)

1 が盗んだ, が調べ, の店

▼ じつは昨夜~ (3, 0.2%)

1 からかぜ, この銀座, は女房

▼ じつは最も~ (3, 0.2%)

1 憎悪し, 豐かに, 遠いもの

▼ じつは豹一~ (3, 0.2%)

1 はここ, はその, は多鶴子

▼ じつは~ (3, 0.2%)

2 ではなく 1 を買い

▼ じつは非常~ (3, 0.2%)

1 な苦境, にかぎられ, に苦心

▼ じつはあたし~ (2, 0.1%)

1 にも何, のほう

▼ じつはいずれ~ (2, 0.1%)

1 あなたがたを, も真説

▼ じつはいぶかしく~ (2, 0.1%)

2 思うて

▼ じつはいま~ (2, 0.1%)

1 の日本, 抱いて

▼ じつはうち~ (2, 0.1%)

1 のアンネ, へ帰りたくなった

▼ じつはおまえさん~ (2, 0.1%)

1 が見えるだろう, のびっくり

▼ じつはお父さん~ (2, 0.1%)

1 からの言づてがあったのでまいりました, にお話

▼ じつはきょう~ (2, 0.1%)

1 こんな手紙, の午

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 う安直, う思

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 ぶんには, ぶんの

▼ じつはそういう~ (2, 0.1%)

1 理由そのものが, 話を

▼ じつはそこ~ (2, 0.1%)

1 に小林少年, んところが

▼ じつはたった~ (2, 0.1%)

1 これだけの, ひとりの

▼ じつはちょっとした~ (2, 0.1%)

1 密告が, 経緯が

▼ じつはつぎ~ (2, 0.1%)

1 のこと, のよう

▼ じつはとう~ (2, 0.1%)

1 からもう, のさき

▼ じつはどう~ (2, 0.1%)

1 だか, 思った

▼ じつはどうして~ (2, 0.1%)

1 嬉しさ, 捜し出したもの

▼ じつはどっち~ (2, 0.1%)

1 もあて字, も不完全

▼ じつはない~ (2, 0.1%)

1 と思った, のだ

▼ じつははじめ~ (2, 0.1%)

1 からその, から閉

▼ じつはひどく~ (2, 0.1%)

1 おくびょうだ, 用心ぶ

▼ じつはふたり~ (2, 0.1%)

1 が出, とも町

▼ じつはほか~ (2, 0.1%)

1 にすすめる, の予定

▼ じつはまえ~ (2, 0.1%)

1 からいちど, から定め

▼ じつはわが~ (2, 0.1%)

1 日本国内にも, 若き日

▼ じつはわが輩~ (2, 0.1%)

1 はもと, も二龍山

▼ じつはわたしたち~ (2, 0.1%)

1 は何百億, は田楽者

▼ じつは主人~ (2, 0.1%)

1 の御, の成輔

▼ じつは二人~ (2, 0.1%)

1 ともわざと, とも知っ

▼ じつは二十年~ (2, 0.1%)

2 じゃなく

▼ じつは今夜~ (2, 0.1%)

1 おそろしいこと, の会費

▼ じつは今年~ (2, 0.1%)

1 こそはと氣, 出た葉腋

▼ じつは今度~ (2, 0.1%)

1 のわし, の旅行

▼ じつは今度クウトベ~ (2, 0.1%)

2 から同志

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 にも数限り, の縣

▼ じつは偶然~ (2, 0.1%)

1 なん, に正名

▼ じつは先日~ (2, 0.1%)

1 てまえ, のあの

▼ じつは全く~ (2, 0.1%)

1 無視されてる, 隠密の

▼ じつは内々~ (2, 0.1%)

1 それを, 悩んで

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 歌舞伎に, 蝦蟇の

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 にはたびたび, に塾内

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 で衆議院, なの

▼ じつは多鶴子~ (2, 0.1%)

1 から同じ, は隠し

▼ じつは大将~ (2, 0.1%)

1 にこれ, に聴い

▼ じつは天災~ (2, 0.1%)

1 であって, というの

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 が舞いこみまし, の人

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 稲の, 鰭の

▼ じつは少し~ (2, 0.1%)

1 お願いしたい, も決定的

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 出立の, 心配申しあげ

▼ じつは怪人~ (2, 0.1%)

1 そのひと, はコップ

▼ じつは怪人四十面相~ (2, 0.1%)

1 だったの, なの

▼ じつは明智探偵~ (2, 0.1%)

1 だったの, の変装

▼ じつは村上時雄~ (2, 0.1%)

1 という役者, なの

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 が看病, にある

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 が四五日前, の蔡大臣

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 でありいろいろ, なること

▼ じつは病人~ (2, 0.1%)

1 がありまし, のはず

▼ じつは私たち~ (2, 0.1%)

1 は二人ぎりでさびしくてしかたがないのですから, もあの

▼ じつは貴方~ (2, 0.1%)

1 が訪ね, のお嬢さん

▼ じつは~ (2, 0.1%)

1 もでき, をなくし

▼ じつは銀河系~ (2, 0.1%)

1 に属する, の一つ

▼1* [769件]

じつはあすの日曜日, じつはあっしのせい, じつはあっぱれ宝塚の大, じつはあまいのである, じつはあまりに大きいので, じつはありはしない, じつはある日野原へ, じつはあんたが開封, じつはいかに何も, じつはいくらか信仰, じつはいささか持ちあつ, じつはいたって眼, じつはいつ頃いかなる, じつはいつか新聞に出た, じつはいつぞやお話し申しあげました, じつはいつの間にか筒を, じつはいなくなったのでしんぱい, じつはいまごろは泰軒, じつはいま総監の公舎, じつはいま船長とふたり, じつはいま非常に重大, じつはいよいよ喧嘩を, じつはいらないことだ, じつはいろいろ根拠が, じつはいろは長屋そのものに特殊, じつはうしろをふりむい, じつはうちあけたおはなし, じつはうちポケットに入れた, じつはうるさいくらいしつっこく, じつはおおむね自分の, じつはおかしいんでご, じつはおとうさんも緑, じつはおとといからめんどう, じつはおとといあたりから風邪, じつはおなじ割長屋に, じつはおばあさんは今朝, じつはおばさんおれたちの腹, じつはおふくろがやっぱり, じつはおまへの留守, じつはおまえと同様, じつはおやじのところ, じつはおよそ涙脆かつ, じつはおり入ってあなた, じつはお出でを願おう, じつはお前さんに金, じつはお子さんがお, じつはお待ちして, じつはお願いがある, じつはかくかくの次第, じつはかけがえない家宝, じつはかなり薄れたわけ, じつはかねて意中を, じつはかわいそうな人間, じつはかんがえている, じつはがっかりして, じつはきのうの朝, じつはきのう金座から出た, じつはきょうわたしはこの, じつはきょう君に用, じつはけがをし, じつはけさから水一, じつはけっして敏感に, じつはここらでその, じつはここ私はイタリア歌劇, じつはこちらさまにきっと, じつはこっちの都合, じつはこなたも極秘, じつはこのごろ御府内で妙, じつはこのごろ新聞でさわい, じつはこの間から聞い, じつはこれお迎えの軍卒, じつはこれからすぐこの足, じつはこれからたいへん遠いところ, じつはこれこれしかじ, じつはこれらの事実, じつはこれ一つきりしか私, じつはころあいのうち, じつはころころころがって, じつはこわいからです, じつはこわくてしかた, じつはこんどいって, じつはこんど山内に施餓鬼堂, じつはこ心にもない, じつはご覧のとおり, じつはさき頃ご舎弟直義殿, じつはさっきお話しした青木学士, じつはさっき正太君から聞いた, じつはさっき電話で相談, じつはさる高貴な, じつはざわめきではなく, じつはしゃべってみたかった, じつはじつはねえ師匠, じつはじゅうぶんにその, じつはすこしからかって, じつはすこぶるの仲よし, じつはせめて二三本も, じつはせんだってまたこまどり, じつはなたさま, じつはそうした人々が, じつはそこンところ, じつはそちだけにいっ, じつはそちたちも知っ, じつはそちらのやかましい, じつはその後故郷における私, じつはそばの局, じつはそれゆえの御, じつはそれらの作品, じつはそれ以前に吉野, じつはぞんざいな見方, じつはたいがいくだらないところ, じつはたいへんでした, じつはたそがれ俄に九条殿, じつはただいま筑紫表に, じつはな, じつはだいぶんちがって, じつはだんだん空の, じつはだんまりの身ぶり狂言, じつはちっとのんきすぎる, じつはつまるかつまらない, じつはこの話, じつはとうてい得られるもの, じつはとっくにぬすんで, じつはどうしてもあきらめきれないこと, じつはどうも怪しいから, じつはどこかに秘密, じつはどの人間よりも, じつはなかば棄鉢になっ, じつはなくてあった, じつはなにひとつ信拠するに, じつはなんだかわからない, じつはねえ師匠, じつはねえお嬢さまあ, じつはねむったので, じつははいらなかったので, じつははげしい一種放心した, じつははっきりとした, じつははなはだ模糊と, じつははるかに大掛り, じつはひじょうに重大な, じつはひそかに心, じつはひとつうまい考え, じつはひょいとこんな惡, じつはびつくりしたん, じつはふしぎなこと, じつはふわふわして, じつはほかならぬこのあっし, じつはほんとの亭主, じつはほんとうのこと, じつはほんの微かながらも, じつはがひも, じつはまことに少し当惑し, じつはまだいろいろお話を, じつはまだはっきりとお, じつはまだよく読まないと, じつはまちかまえていた, じつはまんじりともして, じつはみずからの背負う, じつはみどり色にぬった, じつはみなさんにしらせない, じつはみんな人くい鬼, じつはめずらしくはいった詩, じつは提灯も, じつはもうずいぶん前の, じつはもう少し以前に, じつはものすごい森の, じつはやつぱりぼくの身, じつはやはり電気の, じつはやめさせていただきたかった, じつはやられたのです, じつはゆうべいやな夢, じつはゆうべ晩飯を食べなかった, じつはようやく仕事に, じつはよけいなおせツかい, じつはよそで泡, じつはよっぽど可咲, じつはよほどきびしい恐い人, じつはらくなん, じつはわからないのである, じつはわが家にもそんな, じつはわざわざ出むいて, じつはわずかなもの, じつはわたくしめは年, じつはわたくし夢をみました, じつはわれわれが苦心惨憺, じつはアメリカでなくて, じつはアルミ製の釜, じつはイギリスの情勢, じつはイトランの方, じつはウソの皮, じつはカラス山のカラスたち, じつはカークいまマヌエラとも相談, じつはガンピ属である, じつはガンマ星のこと, じつはコウノトリだが, じつはゴーシュも悪い, じつはシナマツの一品, じつはセメントをかため, じつはセロリイみたいな野菜, じつはトマト姫さまのこと, じつはニイセ新しいセ, じつはノロ公だけのとくべつ, じつはノーマ号が火薬船, じつはハワイ大学で今度, じつはパイ軍曹はさっき, じつはパッカアこそはジャック, じつはパホエホエの岩原一面, じつはピエロ・ガールスを見る, じつはフランス密偵部の同志, じつはポケット小僧の歩い, じつはポリティックでありまた, じつはミドリのお, じつはムーランのわかい, じつはモデルにした, じつはヤナギタデでこの, じつはヨシ子ちゃんだったの, じつはルウレットの研究, じつはレーダーもはたらかし, じつはロケットであって, じつはヴェリチャーニノフとしては誰, じつは一つの難所, じつは一ばん怖ろ, じつは一人だったん, じつは一場の狂言, じつは一年休学すること, じつは一度私はこの, じつは一戦の所存, じつは一月ほど前, じつは一枚彫では, じつは一生一度と契り, じつは一種の航空母艦, じつは丁度そこへ, じつは三日も居た, じつは三根夫は反射鏡, じつは三種類の魔人, じつは御所さまの, じつは不徹底である, じつは不思議はない, じつは不穏当である, じつは不都合を感ずる, じつは与次郎がとうてい, じつは両天秤で二股, じつは中央アジアの方, じつは中村君と打ちあわせ, じつは中津のいとこ, じつは丸の内の山根さん, じつはの心, じつは主人高氏には何やら, じつは久我なんじゃない, じつは久米八の兄妹, じつは九時すぎたら人通り, じつはた月, じつは二代目で初代, じつは二十面相かかれ, じつは二年ほどまえ, じつは云々な仔細, じつは云々先祖には申し訳, じつは五分五分なの, じつは五官をその, じつは亭主には女, じつはに気づかれない, じつは人形であったこと, じつは人心が幕府, じつは人手に渡し, じつは人知れず心は, じつは人造人間だったん, じつは人間好きで弥次性, じつは今俺もその, じつは今午睡をとっ, じつは今度いっさい家の方, じつは今日学校で達ちゃん, じつは今日自然主義という名, じつは今暁かすかなる噂, じつは今朝から方々持, じつは今朝茶堂に用意, じつは今正木から至急, じつは仔細あって, じつは仕事らしい仕事, じつは他家へ吹聴, じつは伊貝さんにもお話, じつは似せ物だった, じつは住吉の家, じつは佐々木が金, じつは佐々木君のところ, じつは佐野のお, じつは何ごとかあなた, じつは何とかして, じつは何もかもつつ抜け, じつは何千年も前, じつは余りに戯れ言めいた, じつはに, じつは保護してるつもり, じつは信州ですこし, じつは借物であること, じつは偶然高等学校で教わった, じつは僕日比谷公園のそば, じつは僧正谷の果心居士さま, じつは兄弟子の和助, じつは兄貴の女房, じつは兄貴うわさどころかこの, じつは先ほどから明石, じつは先刻も申し上げました, じつは先年帰国のさい, じつは先日あなたを怪しん, じつは先日洗耳房のため, じつは先祖の時代, じつは先達てお君はん, じつは先頃の旅帰り, じつは入れかえなかったのさ, じつは風速圏の, じつは全身で聞い, じつは公用でなくあたし, じつは六波羅の検断所, じつは共産主義者であるか, じつは兵らの欲望, じつは兵力の充足, じつは兼好のほう, じつは内々不安とし, じつは内心いさぎよしとは, じつは内心叡山にある, じつは内心胸を痛め, じつは円タクの運転手, じつは出してくれる, じつは出陣表の上, じつは分つてゐ, じつは分らないのであっ, じつは初期農法の残っ, じつは初音町付近までネギ, じつは判らなくなってしまう, じつはな船, じつは前後の考え, じつは加賀田のお, じつは助けだしてしまった, じつは動物ではなく, じつは十ワットぐらいのうす暗い, じつは十両だけ取っ, じつは十字架への烈しい, じつは十手をお, じつは十日以上も居る, じつは十軒店から本, じつは十里牌で居酒屋, じつは千人の神経, じつは千代田の密偵, じつは千島の無人島, じつは卅余歳の老嬢, じつは寝ぼけであった, じつは半信半疑の態, じつは南番所じゃアなに, じつは単に形式的な, じつは厚いコンクリートの, じつは原始仏教そのもののもつ, じつは去年いらいの, じつは去年三月のこと, じつは太郎の, じつは叔父君を四天王寺, じつは古島雛にかかわり, じつはの内容, じつは右馬介の隠密情報, じつは同志の一人前原伊助, じつはを変え, じつは名づけ親の, じつは名前もよく, じつは君たちにはすこし, じつは呉果で朝鮮語原, じつは呉用学人の添え, じつは周通のほう, じつはを愛し, じつは和太郎さんも牛, じつは和尚の挙動, じつは和泉屋が熱, じつは和辻思想の方法, じつは唐船が相, じつは喧嘩の因, じつは四つあるの, じつは四五日まえ鎌倉, じつは国老就任の交渉, じつは国許から妻, じつは国際法の先占問題, じつは土地を高く, じつは土曜日の晩, じつは土門はこの, じつは坊城君にすすめられた, じつは坪井伊助氏著の, じつは塊茎で真, じつはなこと, じつは夏萩ではなく, じつは多くない, じつは多年日野家に仕え, じつは夜分になる, じつは大いにあなたへ, じつは大事にされ, じつは大判小判のかたまりな, じつは大勢の客, じつは大半以上であった, じつは大名華族の和泉家, じつは大宮山博士をいつも, じつは大昔の竜宮訪問, じつは大蔵の足利屋敷, じつは大西洋の底, じつは天井も床, じつは天平の一仏性, じつは奇術師なん, じつは女たちの前, じつは女先生の自転車, じつは女殺しの科, じつは好まないのです, じつはなもの, じつはが二人それぞれ子供連れ, じつはも私, じつは姉上のお, じつは姉小路大納言公量の四女, じつはのはなし, じつはもいま, じつは宇宙怪人にばけ, じつは守備隊にはて, じつは安土の城, じつは宋公明さまが云々, じつはの歌集, じつはにのこし, じつは家内が女の子, じつは容易ならぬくせ者, じつは藤清郷という, じつは察しのとおり, じつは寨主宋江先生の秘命, じつは寫樂自體, じつは将軍家からお, じつは尊氏さまの御, じつは尊氏自身で丹波, じつは尋常一様でないとき, じつは小林少年だったの, じつは小泉氏のあと, じつは小遣銭ならあり余って, じつは小鳥のこと, じつは少々難儀な, じつは少年探偵団なんて子ども, じつは屋上さらに屋, じつは山之内は情報探り, じつは山寨の大, じつは山形警部は博士, じつは山男であったが, じつはの手, じつは左膳これでも胸中, じつはは汝, じつは師弟の間, じつは師直も聞かされ, じつは帰りますとす, じつは幕府はまえ, じつは幸福がこぼれ, じつは広田の家, じつはをしめ, じつは建康府に安, じつは建碑の日取り, じつは弟たちが出, じつは弱者なん, じつは寺の, じつは当座のその, じつは当時幕政の一端, じつは当直の友田看守, じつは彼女三味線はペン, じつは彼自身の金, じつは待っていた, じつは後醍醐の落胤, じつは御所へおい, じつは心から服したい人間中, じつは心がかりのまま, じつは心ならずもとし, じつは心待ちがあった, じつは心配してるん, じつは必ずしも明瞭で, じつは必要な二十円, じつは思つたのでした, じつは怪人ガスコ氏の兇暴, じつは怪盗二十面相だったなんて, じつは怪老人の車, じつは恐しい米国海軍, じつはかしいこと, じつは恩人の平岡円四郎殿, じつは恩賞のご, じつはを引きとる, じつは息子にいち早く, じつは悪性の腫物, じつは悪者に脅迫, じつは悪魔の国, じつは悲哀じゃなく, じつはのいっ, じつはに充ち, じつは愚僧はまだ, じつは愛してはいない, じつは愛しないのである, じつは愛一郎のこと, じつは我々両名の者, じつはる主体, じつは戰爭中から終戰後, じつは扇ヶ谷までまいる, じつは手のひらの上, じつは手兵の演習, じつは手前どもはもう, じつは入って, じつは折角なその, じつは控訴公判の日, じつは掲陽鎮の兄, じつは擬果すなわち偽, じつは数日前から見はり, じつはのとりこ, じつは文学史的研究に役立つ, じつは文無しだ, じつは文芸時評がいけない, じつは新しい近衛, じつは新春早々悲愁な場面, じつは新聞をにぎわし, じつは新聞一枚満足に読めなかった, じつはの沈む, じつは日ごろから諸政軍事, じつは日本にばかり特別, じつは日本出来である, じつは早々取り消しに, じつは昌造や嘉平, じつは明日の単, じつはは普通, じつは昔のと今の, じつは昔私の教えた, じつは昨夜あなたがここ, じつは昨夜妙な夢, じつは昨夜木津さんに見つかっ, じつは昨夜来の戦い, じつは昨年の春, じつは昨日わたくしは未知, じつは昨日朝湯で顔, じつは昨晩ご悲嘆, じつはより外, じつは時にどうも氣分の, じつは時代や社會條件, じつは晩年の児島高徳, じつは最初のうち一卷, じつは最前あなた様を佐々木殿, じつは最後だったの, じつは最近この解釈, じつは木村さんのつかい, じつは本人に対する周囲, じつは本当の茎, じつは本船の上, じつは杉箱なの, じつはの者たち, じつは東京名所という錦絵, じつは東市正どのを立てろ, じつは東洋新報は創立以来, じつはの中, じつは方面に, じつはではなく, じつは格納庫の扉, じつは案じて居つた, じつは梁山泊のひとり時遷, じつはは房枝, じつはのなか, じつは欠勤した同僚, じつはの言葉, じつはが良く, じつはのおれ, じつは此處へ伺ふ, じつは武具仲買の大手筋, じつは武士の手, じつは武家の娘, じつは武松もすでに, じつは歩いている, じつは歴史の主流, じつは歴史そのものが生きもの, じつはの国, じつは残念さ彼以上にもち, じつは殿が男山供奉, じつは殿さまのご, じつは母子のしがない, じつは毎夜徹夜して, じつは水上少年は学士, じつは江戸の東北七十六里, じつは河内の水分, じつは沼波がわし, じつは法制局で知った, じつはの中, じつは澁澤敬三さんといふ罪, じつはに帰した, じつは無断借用といったところ, じつは無益であった, じつは煩悩小僧の口, じつは熊本にいた, じつは獄舎のうち, じつは玄王のこと, じつはなの, じつは王さまのお姫さま, じつは理解の上, じつは生きている, じつは生涯の千言萬語, じつは田舎の息子, じつは田辺には下車, じつは申しあげたいことが, じつはなん, じつは男の子の変装, じつは男二人を付け, じつは畑浦からも色々, じつは夢同, じつは當地にさる, じつは疑っている, じつは病気ではなく, じつはを病ん, じつは白井美術店の主人, じつは百鬼跳梁の海, じつは皆頼朝のため, じつは盗人です, じつは相談のすえ, じつは県知事の命令, じつは睡蓮はおろか一草, じつは知事の公命, じつは研究ねっしんのせい, じつは碓井貞光といっ, じつは示談にする, じつはを尽すべき, じつは礼拝堂にすぎなかった, じつは祝氏の一男, じつは神経状態にある, じつは秀吉公の密命, じつは私どもは地球, じつは私一人の考え, じつは私共の先人岡鬼太郎さん, じつは私自身もアメリカ, じつは秘事念仏の黒仏, じつは秘書官などと申しまする, じつは秩序立った法則, じつは移轍なん, じつは穴山梅雪もこれから, じつは空中楼閣のよう, じつは空想ではなく, じつは突然かの櫛まき, じつは立ち上ろうとした, じつは立派な赤, じつは二研究室では, じつは精密な考案, じつは精進揚げのこと, じつは約束を忘れた, じつは純然たる種子, じつは終始一貫彼の, じつは結婚してたん, じつは統領の晁蓋, じつは絲満をやった, じつはの針葉樹, じつは義貞もすん, じつは学者にも, じつは考えている, じつは考えられていなかった, じつは聖人の父親, じつは脱出に成功, じつはを噛ん, じつは自分たち二人の歴史, じつは自分自身の姿, じつは自然に野生, じつは至急お力を, じつは興味ももちません, じつは興奮しそう, じつは船長達が一人, じつはのあせた, じつはのよごれ, じつは花栄燕順らのすべて, じつは芳衛さんなん, じつは芸道執心の者, じつは若松屋も内心, じつは茶釜じゃなく, じつはではなく, じつは萩乃この数日なに, じつは葡萄酒のはいった, じつはでは内々, じつはだろうと, じつは蝙蝠が, じつは蟻田博士と新田先生, じつは裂石山の古寺, じつは裏山の網引き地蔵尊, じつは裏返された卑屈感と, じつは裾野を落ち, じつは複雑な腹, じつは西の都, じつはてやっ, じつは見合いにかこつけ, じつは見物したの, じつは視覚の錯乱, じつは言いたくても一つ, じつは許婚同様の者, じつははこの, じつは話しのうえ, じつは誉めてる調子でした, じつは誘拐者の名, じつは誠に申訳ない, じつは誤解をし, じつは読んでいなかった, じつはよりも酔っ, じつは誰某がお前, じつは諜者をつかっ, じつは諭吉のようす, じつは越又は, じつは講釈師じゃござん, じつは谷口を君, じつは貪欲でまた, じつは貴女をお伴, じつは買い込んだ書籍の, じつは買う時は, じつはのすみか, じつは賤ヶ岳の一戦, じつは赤坂落城以後の楠木家, じつは赤浪の化けた, じつは人間, じつは足利将軍幕府の創始, じつはをもっ, じつはがつい, じつは転落文士の末路, じつは軽少なれど, じつは軽蔑すべき困難, じつは辰巳の岡, じつは辺鄙な所, じつは近いうちに, じつは近くの原っぱ, じつは迷惑というもの, じつは追手にせまられた, じつは送り出してほっと, じつは逃げていた, じつは逃げだすことばかり, じつはにスウッ, じつは途方もない, じつは運命の従僕, じつは遣りてえんだ, じつは部屋の中, じつは野獸だから, じつは野郎だけが独房生活, じつは金剛山寺へまいる, じつは針目博士はあの, じつは鉄叫子の楽和, じつは鉄石の壁, じつは鎌倉の譴責, じつは鎌倉表を軍立ち, じつは長崎のほう, じつは開封の商人, じつは間違いであること, じつは防空ごうを改造, じつは陸上の物見以上, じつは陸軍省とかの情報少佐, じつは階上で訊く, じつは階下にゐる, じつは隠れない追剥ぎ, じつは隠元禅師とはなん, じつは隣家つまり私, じつは雨合羽を着た, じつはだったという, じつは非情につつんだ, じつは面会の時間, じつは面白いことを, じつは面目ない次第, じつはだけさせ, じつは頼もしい者かも, じつは類型的なもの, じつは風の神さんのお, じつは飄然絵所の一絵師, じつは飛んだので, じつは飢饉がまだ, じつは養い親でしか, じつは首府へイグ市近郊, じつは駅長のかげ, じつは驚いたのです, じつは驚天動地の一大事件, じつは高名な先生, じつは高氏も不用意, じつは高田屋のこと, じつは魔物であったの, じつはの中, じつは黄金豹が近づい, じつは黒岩さまが今