青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すると~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

すべて~ ~すまし すまし~ すみ~ ~すむ すむ~ ~する する~ ~するだろう ~するであろう
すると~
~するなら するなら~ ~すれ すれ~ ~すわっ すわっ~ ~ず ず~ ~ずいぶん ずいぶん~

「すると~」 13430, 145ppm, 729位

▼ するとその~ (783, 5.8%)

23 男は 17 人は 7 うちに, 日の 6 中の, 女は, 拍子に, 時に, 男が 5 中から, 子は, 時まで, 瞬間に, 途端に 4 うちの, 声が, 辺の

3 [11件] 下から, 主人は, 人が, 少年は, 日に, 時, 時彼の, 時私の, 瞬間である, 途中で, 頭の

2 [69件] あとから, お供の, きらきら光る, せ高, たびに, たんびに, とき, とき浮びでる, とたんに, なかの, はしらは, ふたみたいな, 一人が, 三人の, 下に, 中で, 中に, 中には, 内に, 前に, 同志は, 地方の, 声に, 声を, 夜風が, 大陸は, 夫人は, 奇体な, 女が, 娘が, 婦人は, 子の, 子も, 学生は, 年の, 店に, 度に, 座に, 役人が, 役人は, 方は, 星には, 時どこからとも, 時の, 時ふと, 時自分の, 晩の, 棒が, 沈黙の, 熊の, 男の, 眼は, 瞬間から, 石の, 翌る, 翌日から, 荒れ果てたの, 裏側に, 言葉が, 農家の, 返事は, 途端である, 途端でございます, 途端です, 部屋の, 門の, 隣の, 隣りに, 顔が

1 [491件] あたりに, あとで, あとに, あとは, いやな, うちから, うら若い佛蘭西人, おかげで, おげん, おしめを, お国, お女中, お客が, お客の, お方が, お糸, くさめ, こえは, ことを, こどもが, ころほうぼう外国の, ころ臣下の, ご家来, さまざまな, しばは, たってという, つぎの, つじつまを, ときこの, ときど, ときどう, ときどこからとも, ときどやどや, ときふしぎな, ときまで, ときリンゴ売と, とき一ぴきの, とき一台の, とき不意に, とき以外は, とき何か, とき先生は, とき古谷局長が, とき寒い, とき少年の, とき恐ろしい, とき珍しく, とき素子の, とき船を, とき遠方に, とたん道の, となりの, どちらかは, ばけもの, ひっそりした, ひとは, ひばりの, ほかに, ほの, まえから, ようすが, わざとらしさ, アーティストは, エレーナという, カンも, カーテンの, キズから, ゲルセミウムは, スッバ・ハルカマンという, スパイが, ボオイは, マキゾイで, ママさんが, ラマは, 一人は, 一号法廷の, 一寸した, 一日二日の, 一番兄の, 一面に, 三カ月は, 上か, 上へ, 下の, 下へ, 不敵な, 不満組の, 中お, 中からは, 中が, 中での, 中心の, 中途で, 事が, 二つの, 二人の, 二字の, 二階に, 人々の, 人から, 人がね, 人を, 人物は, 人物を, 人達は, 仏蘭西の, 仲間は, 伊藤君が, 伸子は, 使者は, 侍は, 供養の, 側へ, 傍に, 傷ついた虫, 僕は, 元吉が, 先祖は, 先輩は, 八兩は, 六角形をと, 共犯者は, 兵たいは, 兵士は, 兵曹は, 其蝶が, 凍結の, 刑事は, 利目が, 刹那に, 刹那ぱっと, 前の, 力が, 力は, 印を, 又返事, 友から, 友を, 友人が, 友達が, 口笛に, 可愛らしい声, 台を, 名が, 向うから, 品物は, 唾液が, 問に対して, 土ぼこりは, 土地に, 土地の, 地点の, 地獄の, 地獄は, 坊さんが, 塊は, 壁の, 声だけを, 声は, 外へ, 夜おそく, 夜の, 夜主税之, 夜早や, 夜聖母, 大川の, 大男が, 大蜘蛛, 奥さんの, 女, 女性は, 女給さん三十万円を, 妻君も, 姿に, 姿の, 娘の, 娘は, 婦人を, 嬉しさ, 子が, 子供が, 子供の, 季節に, 学校では, 安全剃刀の, 安全燈の, 容子が, 寝床には, 寝床の, 小僧め怒りまし, 小兒, 小坊主という, 小説が, 尾が, 屋根が, 山が, 山の, 島の, 川端に, 巨大な, 席上で, 帰って, 帰途を, 年増が, 店員は, 形容の, 彼等の, 後ろ姿に, 御容子, 御馳走の, 微小人間は, 徳寿とかいう, 思いが, 怪しいもの, 恨まれること, 情熱は, 愛らしき眼, 感じの, 態度が, 態度を, 戸も, 扉の, 扉は, 手から, 手に, 手紙には, 投影の, 捉まえられた, 掌の, 掘出し物で, 方からの, 方からも, 方どもを, 旅人は, 日にな, 日は, 日も, 日四峡の, 日天気は, 日近在の, 明るいもの, 時あの, 時お, 時おなじ, 時から, 時すぐ, 時そばの, 時だった, 時であった, 時である, 時でございます, 時どう, 時はじめて, 時はるか下の, 時ぽう, 時までとも, 時ギックリと, 時ボオイが, 時一人の, 時三人は, 時又, 時取りまいた, 時君の, 時呼吸とも, 時園丁と, 時声を, 時夕刊の, 時外の, 時大将の, 時天井から, 時家人の, 時寝, 時屏風坂の, 時座間の, 時怪物の, 時意外にも, 時戸外の, 時横合から, 時次の間から, 時江上一面に, 時秤杆へ, 時突然, 時竹童は, 時竹筒を, 時老人の, 時背後から, 時胴の間の, 時藪の, 時行手の, 時襖を, 時認識の, 時足を, 時足音が, 時遠藤は, 時部屋の, 時鋸が, 時隣の, 時館の, 晩おそく, 晩この, 晩どうしても, 晩は, 晩中村が, 晩偶然倉田について, 晩夜中過ぎに, 晩子供が, 晩男の子は, 晩遅く, 暴風雨の, 最中に, 最後の, 月の, 木偶の, 梢からは, 横に, 橙色の, 機に, 次には, 歌は, 歓呼の, 母の, 母親が, 気配を, 氣持が, 決心を, 沢庵が, 河原の, 法則は, 洋杖が, 潮水が, 潰れた屋根, 火花の, 灰の, 無数の, 無電員は, 煙の, 熱が, 片方に, 犬は, 犯人と, 生徒が, 生物が, 男がね, 男たちの, 男たちは, 留守に, 異人が, 疲労に, 白いもの, 白い物, 白い袋, 白く凍る, 白の, 白巌窟の, 百姓が, 百姓の, 看護婦と, 真黒な, 眼の, 眼瞼は, 眼鏡の, 瞬間川口氏の, 瞬間戸口の, 知らない男, 知人は, 石は, 硝子の, 私の, 私を, 穴は, 窓を, 立って, 立留った, 端れ, 笑い声だけが, 笑い声の, 笛は, 答へが, 米粒が, 糸の, 純な, 紫ばんだ, 細眼, 紳士も, 統領なる, 繭の, 群の, 翌日, 翌日の, 翌日は, 翌日も, 翌日三月一日の, 翌日或, 翌日日ごとに, 翌日高等学校の, 翌朝に, 翌朝故国から, 老人が, 老人の, 老爺の, 老翁は, 者は, 耳に, 耳の, 耳もとへ, 肩に, 肩を, 肺病患者は, 背中に, 背後で, 脂肪腫も, 腹の中から, 艇も, 花が, 花という, 芽が, 若い人, 若い尼さん, 若日子, 若者が, 蚊帳に, 行手から, 衣ずれの, 表面が, 袂の, 袖を, 襖側の, 覆面の, 言葉の, 言葉通りに, 計算には, 評判を, 話が, 話を, 豆腐の, 貧弱な, 貯金が, 赤い色, 赤ん坊は, 赤色の, 超人は, 越後屋重吉と, 足が, 路の, 路次の, 車を, 軸は, 辺に, 辻から, 近くの, 返事には, 通りに, 連れが, 連中は, 連感で, 運用が, 部分の, 部屋が, 部屋と, 部屋に, 金ボタンの, 金魚が, 鏡の, 閉じた眼, 閉ぢた, 開店第, 闇の, 附近の, 際液体の, 障子の, 電信を, 電車から, 霊とは, 青年は, 面白さ, 靴音は, 音は, 音色の, 音響を, 頃から, 頭は, 額から, 首は, 馬が, 駅馬車が, 駒と, 騒ぎで, 鬼が, 鬼っ, 麦酒罎には, 黒い少年

▼ すると~ (300, 2.2%)

119 はその 8 は私 6 はまた, はもう 5 の心, は急 4 の頭 3 の眼, の胸, はそれ, は彼女, は意外, は突然, は自分

2 [15件] はあたかも, はいかにも, はいきなり, はすぐ, はそこ, はへん, は一寸, は例, は厭, は外, は娘, は彼, は深い, は間もなく, は非常

1 [195件] がいう, がのっかっ, が急, が戻っ, が顔, が驚き狼狽, とすれすれ, にはすべて, にはそういう, にはラエーフスキイ, には一昨日ここ, には空白, には遠い幼い, に苦言, のいう, のからだ, のひどく, のほう, の人, の仲間, の伴, の冷たい, の前, の少女, の後ろ, の思い出, の恋人, の想念, の意志, の態度, の憎み, の気持, の男, の癇癪, の真後, の眸, の眼蓋, の笑い, の背後, の視界, の言葉, の運命, の頭上, の馬の脚, の鼻先, はあいつ, はあらん, はいささか, はいつ, はいつの間にか, はいー, はからかわれた, はこう, はこまかい, はこれ, はこんな, はさつき葡萄棚, はそのまま, はたぶん, はちっ, はちょこちょこ, はつと, はつとめ, はどさっと, はにこり, はにわかに, ははずみ, はびっくり, はふさふさ, はふりかえる, はほとんど, はほほえんだ, はまさしく再び, はまっ先に, はもつ, はやがて, はやっと, はやつ, はややしばしじっと, はわが, はダイ一カイノヒゲキハオコナワレタリ, はピアノ, は一体こんなに, は一層しげしげ, は一方, は一旦, は一種, は一言, は不思議そう, は仏頂面, は何, は何ごと, は何処, は修道僧, は全身, は写真, は出, は分った, は卒然, は単純, は口笛, は右側, は名刺, は名残惜し, は君, は吸血鬼, は周章, は命, は喉もと, は喜び勇ん, は器械, は四人, は夢想, は大きな, は大変機嫌, は大方, は妙, は存外, は学校, は宵の口, は密輸業者, は小僧, は尾張, は左, は帰っ, は床, は得々, は心細, は怖し, は恰, は悦ん, は應, は揚々, は既に, は日本人, は普通, は木肌, は次, は歯, は歯ぎしり, は毒口, は気分, は決して, は波, は泣き叫び, は渋々, は漠然と, は熱帯地, は狼狽, は現代, は皿, は盃, は直截, は相棒, は硝子窓, は端然と, は答, は答えた, は答える, は紫色, は耳, は腰, は腹だちまぎれ, は興奮, は若し, は落ち着いた, は襖, は言, は言った, は言葉少な, は記録, は詩, は軽く, は輕, は近づけた, は遁走中, は遽, は陰鬱, は雲, は静, は靴, は音読, は頸, は顔, は飛び上がっ, は鬼, は黙っ, もまた, も亦, も出版, も往生, も私, も続い, れから, を囲繞

▼ すると~ (203, 1.5%)

4 蘭は, 雪は 3 勢は, 嫁さんも, 延が, 芳が, 豊は

2 [18件] あにいさまは, かみさんは, みやが, 互ひ, 八重は, 勢を, 夏が, 夏は, 姉様は, 嫁さんは, 島に, 師匠さんの, 民は, 父さまが, 蔵が, 見えに, 通は, 駒を

1 [144件] おかみは, きみは, くみが, さいが, さやが, せい様は, たかがね, たがいは, たずね申すまでも, ぢいさん, つか, つし, なくなりに, にが眼, ほくめ, みねが, みゑが, めえ, もての, 七が, 三は, 主は, 久良という, 二人とも, 互に鼻, 住は, 使いの, 使は, 兄上の, 兄上は, 八代さんも, 六は, 六を, 其は, 兼さんは, 内儀さんがね, 冬は, 別れした, 加久に, 勝手に, 化どもは, 北は, 医者も, 医者様が, 十夜も, 千が, 吉といふ, 向うの, 君は, 国へ, 園は, 坊さんは, 増の, 夏さんがね, 夏さんの, 大名は, 天気が, 天気の, 姉さまは, 姉様が, 嫁の, 孃さんが, 孃さんは, 孃樣と, 宅で, 島という, 島は, 巡査さんは, 庭の, 役人は, 徳が, 思いなさる, 敏は, 敏も, 日さまは, 春という, 時が, 末が, 杉は, 染は, 柳は, 梅が, 梶さんは, 梶様が, 殿様の, 殿様は, 母は, 民が, 氣の, 浜は, 涌は, 濱は, 爲ご, 父上は, 父様これが, 父様には, 狩場の, 百姓は, 直さんの, 直は, 砂糖でも, 祖母さまは, 神さんに, 秀が, 秀の, 秀を, 種が, 米は, 粂は, 糸さんは, 糸さんを, 給金も, 絹が, 絹も, 繁さんは, 繁は, 聞きなさい婦人, 聞きなさい婦女, 聞きに, 艶は, 花いきなり, 芳は, 菊が, 菊は, 葉は, 蓮は, 蔵に, 蝶は, 衣ちやんが, 袖の, 見それ, 見合ひもよし, 角を, 豊が, 起きに, 辰が, 鈴も, 關母子は, 雪も, 雪伯母が, 駒は, 駕籠に, 高さんの, 鶴の

▼ するとまた~ (200, 1.5%)

3 他の, 別な, 後から 2 それが, ほかの, 一人が, 一人の, 咳が, 次の

1 [179件] あの正覚橋, あの薄, あの風, ある日, うしろの, お光, お姉様, かの夢, こう非難, ここに, ここへ, この人獣, この紳士, この話, こんどは, しばらくお, しばらくしずか, すぐに, すぐ後, すぐ罅, ぜひ媒酌, そこに, そのうしろ, その人数, その傍, その婦, その子供, その客, その山ふところ, その後から, その翌, その翌日, たまらなそう, だれかが, ちょうどそんな, どこからか, ひとしきり腹, ふと眼, まずい須磨子, もうひとり, やはり突如と, シナ語の, 一つのは, 一ぴき背中の, 一人立った, 一人続い, 一匹あらわれた, 一座は, 一方では, 一方の, 一本べつな, 一発聞こえ, 一軒の, 一騎追いかけ, 三名は, 三年目か, 上がって, 上総介広常が, 不思議な, 両親は, 二三の, 今度は, 今日も, 何といふ, 使いに, 元気の, 兄さん達は, 先程の, 六時五十分には, 凩の, 別人の, 前と, 前句, 十日くらい, 十日ほど, 古畑老人が, 可笑しくなつた, 右の, 吐いた, 向こうから, 向ひ, 呼出しの, 喉へ, 四ヶ月ばかりの, 垣根の, 外に, 夜中に, 大騒ぎである, 奇態に, 奥の, 女中が, 妙な, 娘の, 孔子が, 学校へ, 実平が, 宮中です, 帰って, 彼の, 彼は, 彼方で, 忍び笑いが, 思兼尊が, 恐ろしくなっ, 或日, 戸口の, 扉が, 数百人の, 斜めに, 新しい草, 新たに, 新手の, 日本の, 明日から, 暖簾の, 暫く経っ, 更に頑強, 書家の, 木戸を, 柱廊や, 橇が, 正造に, 水先案内は, 池の, 熱い涙, 犯人は, 王さまが, 環がね, 田中君は, 画面が, 盗人の, 直ぐに, 眼無しの, 眼白籠が, 破れ障子を, 私の, 秋の, 秋津大助の, 突然自分, 第二, 紋也は, 罹災民は, 羞恥とは, 翌年の, 翌朝土地会社の, 老人は, 聞えて, 腕白者が, 舟は, 船頭達の, 薄情だ, 薄氣味, 行列が, 西の, 言いたい事, 誰か, 誰か外に, 赤ん坊の, 辻の, 追いかけに, 逆の, 逆まく, 部下の, 野戦病院の, 金陵へ, 鉛筆が, 階下の, 隣座敷で, 雨の, 雪の下から, 電話の, 青侍の, 頭の, 饒舌な, 馬の, 駈け戻って, 駕籠から, 鶯笛が, 鶴村は

▼ するとこの~ (190, 1.4%)

5 男は

2 [12件] 下は, 俗語への, 女は, 娘を, 子は, 家の, 手紙は, 時まで, 時不意に, 漢学者は, 激しい暴風雨, 青味が

1 [161件] おかあさんは, お二人, お嬢さんが, こけ猿, これが, だだっ広い倉庫, ときその, とき雲間から, ところこの, ひとは, へんズーッと, エチル, トランクに, バラバに, ンを, 一歩専門的に, 一種の, 一萬圓は, 一言が, 下部の, 世界全体この, 両人は, 中である, 中に, 主観的虚偽に, 二つを, 二度目の, 亭を, 人は, 人造人間は, 人造人間めが, 人骨の, 人骨は, 仏さまは, 付近の, 仮名書の, 住宅の, 作は, 作家は, 作物に, 俺は, 假名書の, 兄が, 光りは, 兵隊は, 冷静なる, 別荘は, 前の, 前鉱山で, 助造, 合歓の, 名刺は, 吹上を, 問題は, 四つの, 四角を, 国に, 土地の, 地では, 地の, 堰堤工事は, 場合の, 墓は, 夜陰おく, 女の, 子が, 子供は, 室内に, 家も, 家中には, 宿の, 富士と, 小父さんが, 少年は, 度は, 座へ, 廊下は, 彗星は, 忠実な, 怪力を, 手ヌグイ包みは, 指は, 救世軍の, 方の, 日本人たちは, 時いままで, 時けたたましく, 時そばの, 時どこからとも, 時に, 時もがい, 時何者かが, 時信玄公が, 時前, 時去来の, 時又もや, 時奥の, 時女王は, 時妙な, 時帳の, 時忽ち, 時教会の, 時橋の, 時皆の, 時表の, 朴直な, 東洋ふうの, 松は, 様子を, 歌に, 死体は, 流れも, 煙の, 白刃の, 相図を, 真理, 矛盾は, 研究所の, 私なども, 私の, 秋には, 窓は, 立場が, 竜宮の, 箱が, 粉末が, 粘土質の, 紳士は, 老尼, 胤が, 膝の, 船は, 若い鳥, 虫にとっては, 蝶々の, 行列に, 被害者らしい, 裸の, 計略が, 話を, 豆潜水艇は, 踊りの, 辺は, 辺りは, 邸の, 部屋に, 部屋には, 銀の, 銀貨を, 鎧を, 関係は, 附近に, 青年は, 頃人不足で, 顔の, 風景の, 飛行島は, 馬鹿げた遊び, 駒込千駄木は, 騒ぎの, 龍宮の

▼ するとそこ~ (186, 1.4%)

2 [14件] から, にはいろいろ, にはルラ蛙, には三人, には僕, には年, に書い, に立っ, へ, へどこ, へひょっこり, へまた, へもう, へ一人

1 [158件] いら, から下僕たち, から信じ, から先, から嘲笑, から姑息, から技師, がぼこん, が忽ち, が頭, では平素, では親鸞聖人, でも雍, で不思議, で柿江, で自分, で院長, で面白い, にいあわせた, にお寺, にだれ, にできた, になんだか, には, にはいつの間に, にはいつも, にはいま, にはお婆さん, にはかわいらしい, にはつ, にはなんだか, にははっきり, にはもうく, には一人, には三名, には五つ, には依然として, には兄, には先生, には医薬, には十二, には十二三, には十四, には召使, には吉野紙, には大和, には太陽, には帆村荘六, には毛, には洋一, には白, には白い, には真四角, には素戔嗚, には船員, には色, には花市君, には見おぼえ, には道徳, には野天, にぼうっと, にぼんやり, にまったく, にゐた, にアルチュ・ラマ, にマチア, に一つ, に一つ冠, に一筋, に人, に代金, に先刻注意, に十人, に坐, に夥しい, に大きな, に宇乃, に小さな, に微か, に応挙, に思い, に思いがけなく, に柱, に洋食屋, に犯人, に現れる, に生え, に目, に細君, に結節, に縫いこまれた, に耳より, に腰囲何尺, に色々, に若い, のうちの人たち, のお寺, の主, の人影, の入口, の国造, の小さい, の床, の旦那, の踏切番, の青, はあの, は小さな, は薪小屋, へいそいそ, へざッ, へちいさな, へひき, へひとり, へもしも, へよぼよぼ, へポッカリ, へ三ツ木, へ上品, へ下宿, へ付け込ん, へ余計, へ俊夫君, へ八月十五日, へ医者, へ又, へ取調べ, へ召使, へ向う, へ向こう, へ四郎右衛門, へ大きな, へ当の, へ急使, へ折目, へ村, へ栗, へ気狂い, へ江岸, へ江戸川行, へ法正, へ現れた, へ移っ, へ荊州, へ薄い, へ襖, へ誰, へ誰か, へ象, へ走っ, へ通り, へ通りかかった, へ遣っ, へ闇, へ隣村, へ頂上, へ駆けこん, へ駈けこん

▼ すると彼女~ (140, 1.0%)

3 の眼, は, はまた, は自分 2 の方, はすぐ, はめそめそ, は何, は俄, は彼, は急, は眼

1 [112件] から遊離, が出, が地団駄, には自分, のからだ, のすぐ, のほう, の元気, の命ずる, の唇, の心, の想像通り, の手, の手術, の歌, の水, の涙, の癇, の瞳, の精神分裂症, の顏, の顔, はいつも, はいよいよ, はうち, はうとうと, はきまり, はくるり, はこう, はさも, はしまいに, はすっかり, はずるい, はそうっと, はその, はちら, はとたんに, はどんな, はどんなに, はなにか, はにやにや, はびっくり, はぴたり, はぷいと, はますます, はもう, はようやく, はよく, はわたし, は一寸, は一層, は一生懸命, は両手, は二こと三こと何, は今, は仰向き, は何事, は元気, は別段, は力いっぱい, は口, は可愛い, は同じ, は君, は唐突, は啓示, は嘲弄, は固苦しい, は夫, は安心, は家庭, は平気, は廓, は得意, は微笑み, は忽ち, は思いがけず, は恐ろし, は態度, は扉, は景気, は朗らか, は本能, は死にたい, は泣聲, は激しい, は片方, は疎か, は疲れた, は益々, は私, は空二, は突然, は答えた, は絶えだえ, は茶化した, は變, は身, は退院, は逆らい得ない, は鉄門, は門口, は頭, は頷いた, は顔, は顔色, は首, は黙った, も, もがっかり, も密, も私

▼ すると今度~ (134, 1.0%)

11 はその 3 は, は反対, は右, は私 2 はお, は三千代, は健, は又, は少し, は彼ら, は急ぎ足, は着物, は自分, は階段

1 [91件] の事件, はあなた, はある, はいったい, はいよいよ, はお嬢さん, はすぐ, はそれ, はどこ, はふろしき, はほん, はまた, はやう, はイキナリ宙ぶらりん, はグレゴリー七世, はサラサラ, はスイス, はタラス, はチョビ髭, はポゴレーリツェフ氏, は一番安心, は三番目, は上, は不意, は与次郎, は両, は主, は人丸左陣, は今, は俊亮, は俺, は僕, は兄, は八方, は冷泉華子, は原作, は叔父, は受刑者, は土居画伯, は多吉, は大納言, は妻, は宗助, は寝, は小夜子, は山の上, は山岸主税, は左, は形, は後方, は急, は我, は手くせ, は数馬, は木唄, は未亡人, は林, は栗毛, は櫛, は次郎, は歯, は法師, は浪人, は浪江, は湖水中, は煙, は燐寸, は猶一層, は町内, は突然, は窓, は第, は紋也, は純, は細君, は耕雲斎, は聳え, は背中合せ, は胡桃, は若林博士, は英軍, は裸体武兵衛, は誰, は返辞, は逆もどり, は道, は飲みます, は馬車, もしかけた, もそこ, も前

▼ するとそれ~ (132, 1.0%)

3 が合図, は, はチョコレート, を見た 2 がいつの間にか, といっしょ, と一所, につづい, はそれ

1 [110件] からはたとえ, から一週間, から三日, から二, から二週間位, から又, から騾, が, がいや, がいわゆる, がおいら, がしきりに, がしも, がじつは, がすでに, がちゃんと, がなにか, がぱっと, がまた, がホン, が一種, が一羽, が主事, が今, が何, が僕, が先方, が却って, が夜, が大蔵, が屍体, が平和, が彼, が愛子, が更に, が気, が清水寺, が藤井, が行われる, が非常, が頭, じゃ怪しい, だけが急, だけで彼等, でその, と同時に, と向きあっ, にこたえ, につい, につづく, につれて皆, に刺, に対して弟, に対して彼女, に対し某, に對, に当った, に應, に押しかぶせ, に答える, はかね, はこの, はどこ, はほんとう, はチヨコレート, は一人, は一体どう, は何時頃, は十, は多く, は女部屋, は宗教的, は小笠原流, は幾多, は普通, は水分, は水平線, は草, は資本主義, までいっこう, までにその, まではただ, まで岩, まで老い, まで被害者, まで黙っ, もまた, ももの, も見知らぬ, よりも先, より四年後文政元年, をきい, をきっかけ, をどう, を傍ら, を又, を合い, を合図, を実行, を待ちかね, を御, を感じた, を懷良親王, を玄関先, を眺め, を縫う, を苦, を補充, を近江め, 迄は一言

▼ すると~ (128, 1.0%)

4 の方, はそれ 3 はその, は急

2 [14件] がいった, がまた, が急, が私, が突然, が突然少し, の人, はいきなり, はいった, はこの, はご, は彼, は涙, 主人は

1 [86件] が, がもし, がやつ, が不機嫌, が何, が囁き返した, が声, が振り返った, が水引, が言下, が身體, が默, などは浅, のかざした, のよう, の一人, の乞食, の年始, の態度, の猿廻し, の答える, の胸, の艶書, は, はいよいよ, はかすか, はけろりと, はこんな, はさき, はさも, はすぐ, はたちまち, はにこり, はにやりと, はひょいと, はふい, はますます, はまた, はやがて, はやっと, はやっぱり, はやはり, は不相, は両手, は云いました, は伊沢, は先生, は兎, は其晩, は大, は妙, は始め, は娘, は尻, は怒っ, は或, は振り返った, は泣い, は炉, は猫, は男, は矢矧, は確, は突然, は笑声, は自分, は跣, は連れ, は邸内, は野原, は青く, は頷い, は顔色, は驚いた, は驚き, は黒い, も俯, も母親, も真面目, も笑い, 主人も, 猿廻しは, 皇が, 馬子は, 鬼どもは, 鳥王も

▼ すると~ (127, 0.9%)

5 はその 4 はこの 3 の友人, の心, の目, の眼 2 には思われます, の顔, は自分

1 [100件] か夫, がジャジャ, が会, が何だ, が依怙地, が引っ張っ, が心, が思はず, が教諭, が見落し, が言う, とは一, なぞは資格, にはおばあさん, には凍った, のいちばん, のこの, のすぐ, の下宿, の下男, の世界, の前額部, の外, の悲鳴, の愕, の態度, の所, の手, の推察通り, の書記し, の母, の火鉢, の生涯, の相手, の相手役, の真面目, の知己, の耳, の荷持, の衰弱, の視覚神経, の記憶, の足, の踊友達, の追跡, の遣り, の頭, の魔術, は, はある, はここ, はそれ, はちょっと, はどう, はぴょいと立, はふたたび, はまた, はもう一度, はやはり, はオブラート, はゾッと, はムラムラ, は一つ自分, は一時, は不愉快, は今後日記, は今更, は例, は初めて, は唇, は四囲, は実は, は幽か, は扉, は早く, は普通, は気, は無上, は犬, は独り, は生気, は男の子, は白い, は真, は穉, は終る, は続い, は認め, は馬, への反感, もお祖母さん, もさう思ふ, もついに, もスコップ, も同じ, も妻, も直ぐ, も眠られる, も馬, をジーッ

▼ するとあの~ (111, 0.8%)

9 人は 4 鳥捕り 3 女は, 男は 2 人が, 子は, 美しい娘

1 [86件] おとなしそう, お高さん, まぶしく光る, やわらかい弾力, ジョン, ピストルは, 三十郎と, 上り龍下り龍の, 下手人は, 中の, 二人は, 人も, 佛像は, 八人の, 六万何千トンか, 内儀を, 勝藏は, 吉三郎の, 唐艸を, 夜彼に, 奥さんは, 女の, 娘が, 娘は, 子の, 宮次という, 家は, 寺の, 小人は, 小田原の, 少年は, 巳之, 幽霊は, 床の間から, 建物には, 建物の, 弱さ, 御隱居, 怪物は, 意気地な, 手は, 抉れたよう, 方が, 時の, 時も, 時丸吉は, 時刻に, 有名な, 機密文書は, 毒気の, 毒物学の, 沼の, 洋服は, 爺さんが, 犬本当に, 猪首の, 男が, 男と, 男も, 盲目の, 研究ノートは, 窓は, 竜宮劇場の, 繪の, 美しいかた, 胡麻の, 自分と, 血は, 衆奴皆逃げ出しやがっただ, 袋入の, 被害者が, 谷博士は, 貧しい女, 野郎, 野郎に, 隕石だ, 離縁状は, 青年は, 青瓢箪野郎が, 青竹の, 騒ぎで, 騷ぎです肝心の, 騷ぎでせういや, 騷ぎで一たん水の, 髪切りと, 黒田先生なくなられた

▼ すると~ (94, 0.7%)

3 まで気 2 は地下生活時代, まで過, まで黙っ, 一人の, 夜中に

1 [81件] いったとおり, から三年, から十年, こしらえて, しその, だに先生, のところ, の主人, の五倍, の家, の曲者, の細君問題, は, は真人間, まであの, までうとうと, までお前, までがやがや, までず, までただ, までだまっ, までつつましや, までなんと, までの事件, までの百倍, まではただ, まではっきり, までは気がつかなかった, までは灼熱, までひざまずい, までまるで, まで丁寧, まで三人, まで上ずった, まで何, まで元気, まで卓子, まで只, まで外面, まで始終, まで室内, まで寝入っ, まで床柱, まで恐る恐る, まで抑えつけ, まで気が付かなかった, まで狂熱, まで生徒, まで皮肉, まで目, まで相, まで着た, まで私, まで見え, まで親切, まで跪い, まで踊っ, まで身動き, まで遠方, まで邪魔, まで野良, まで針, まで鈍い, まで静か, まで顔中皺だらけ, まで黙, もある, も夕日, ゐる女, 其奴が, 地面に, 学期中お, 手に, 見た手紙, 見て, 迄あつ, 迄机, 迄気付かず, 迄狂い叫ん, 迄風, 迄黙っ

▼ するとどう~ (86, 0.6%)

9 いふこと 6 でしょう 3 だらう 2 したこと, したはずみ, したもの, だろう, です, でせう, なります, なるか

1 [52件] いふ事, いふ立場, した, したの, したもん, したわけ, した都合, しました, じゃ八重め, だ, だい君, だす電話, だらうあたり, だらう三日目, だらう白壁, だろうその, だろうふしぎ, だろうわし, だろう増田長盛め, だろう立派, だろう飛田林覚兵衛, だろう馬, だ君, でがせう, でございましたろう, でしょうあなた様, でしょうあの, でしょういま, でしょうお, でしょうおじいさん, でしょうきのう庭, でしょうその, でしょう兄上, でしょう提燈, でしょう木, でしょう私, でしょう鏡, ですその, ですチョッキ, ですホームズさん, なります数百年, なります親分, なりませう親分, なるかね, なるだろう大, なるでせう, なるでせう親分, なるん, なん, 云う拍子, 云ふ, 言ふんです

▼ するとある~ (82, 0.6%)

15 日の 54 日い 3 人が, 夜の, 年の 2 日一人の, 晩の

1 [45件] ときそう, ときそれらの, 一つの, 夜, 夜わたしの, 夜葉子は, 寂しい町, 巷の, 店先の, 恐ろしい想像, 日うさぎはかまを, 日きゅうに, 日ふい, 日人々の, 日六七台の, 日夜半に, 日天羅国の, 日太子は, 日女たちは, 日岡っ, 日帯刀様から, 日当時の, 日彼は, 日彼等の, 日戸口から, 日浩之介に, 日猿が, 日町から, 日約束の, 日藏座敷で, 日課長に, 日雨蛙が, 時ライオンが, 時報恩講が, 時池田中納言という, 晩とつぜん, 晩観世様が, 朝パリから, 朝ルーサン夫人から, 朝夙く, 校長さんは, 火ともし, 蒸暑い午後, 親切な, 農家の

▼ すると~ (75, 0.6%)

7 ですか 4 だな 3 ういふ, だね 2 か, かの折

1 [54件] うしても, うだす, うだ己, うでしょう, うや, かありゃ, かいこちら, かい月給, かい焼き殺された, かえ, かお, かおちつい, かそち, かその間, かにおどろいた, かに踏み殺されるであろう, かね婿, かの因縁, かの経験, かの話, かの間違い, かふくよか, かまた, か不審, か今更, か傍, か僕, か君, か外, か大きい, か彼, か心あたり, か忘れ物, か盗まれました, か舌, か話し, か透明, か重大, か顔, か飲む, がうるせえんだ, だ, ですね, でも早稲田, ということ, といっ, のこと, よりもまず, をお前, を入れる, を捜す, を考えた, を見た, 思ったか

▼ すると突然~ (74, 0.6%)

3 私の 2 会場の, 彼は, 彼女の, 聞えて

1 [63件] あの尼僧, ある日, うしろから, かあ, さっきの, その笑い声, その群集, その荒地, どこから, に全く突然, ひどく悲しくなった, エスキモーの, オルジェル伯爵が, ヒイといふ, ブロンドーは, プリュタルク婆さんが, ホールの, ヱヴェレストの, 一人の, 与次郎が, 仰向けに, 何か, 傍の, 僕は, 先刻の, 光子さんの, 剣付き鉄砲を, 原口さんが, 向こうで, 壁に, 大きな声, 大変な, 夫人が, 夫人の, 妹の, 子供は, 山口は, 幅の, 弟は, 彼の, 彼女は, 後から, 怒ったよう, 思いがけないと, 或声, 控え室の, 横の, 横合から, 濠の, 照子は, 皆の, 目の, 私達は, 縁談が, 耳もとに, 聴衆の, 虚無僧は, 裸体画の, 親族席に, 障子の, 雲の, 音楽の, 黒の

▼ すると~ (73, 0.5%)

4 はこの, はその 32 はあの, はさだ子, はどう, は僕, は悪い, は自分

1 [50件] からの返事, がやっ, が気, が頸椎, と恒子さん, なんぞはなにか, のお, の予想, の云う, の兄さん, の初恋, の報告, の姓名, の様, の細君以上, の結論, の血判, はこれ, はじゃあ, はなん, はまだ, はやはり, はわし, はシュテッヘ大尉, はディグスビイ, は上海, は今度, は今日, は六時半, は坐っ, は外国, は大川, は女, は容疑者一号, は岡田道彦, は当事者丈, は当時者, は昨日夕方自宅, は景色, は木村博士, は東小路, は死んだ, は秀岡氏殺害犯, は編輯部長, は背景, は風, は飛び込まない, もいかん, もこの, もなにか

▼ すると~ (64, 0.5%)

13 る日 4 る時 3 る朝 2 るとき, る人, る折, 寝台の, 時智恵子は, 評論家は

1 [32件] ときでした, る夏, る夜, る日警察, る晩, る考, 停留場から, 夜日暮から, 夜琴之, 奥さんが, 寂しい町, 寝だい, 年の, 年下の, 日の, 日七面鳥さんから, 日久しぶりに, 日夫人が, 日小使が, 日少女の, 日彼の, 日知己の, 日藪の, 日陳山茶が, 時子, 時朝っぱらから, 時歳時記の, 時神様は, 晩主人が, 晩秋の, 秋の, 者が

▼ すると先生~ (62, 0.5%)

63 がまた, はその 2 が言った

1 [48件] が, がいきなり, が一喝, が三年間無料, が突然, このおれ, にどんな, の姿, の方, の眉, の話, はいつもにやにや, はおれ, はお前, はこれからどう, はさも, はそこ, はだんだん, ははっきり, はまた, はまっすぐ, は今頃, は何, は俺, は僕, は先生, は刀身, は天来, は始め, は孟子, は帰っ, は心から, は昨日, は机, は田鶴子さん, は病院, は私, は突然, は葛岡, は蒼白, は袖, は軽快, は高田さんこっち, は鹿爪, は黙っ, もあと, もやさしく, やるなら勝手

▼ すると~ (62, 0.5%)

4 か後ろ 3 だか 2 かが, かがアノ隅, か叔父, か彼, やらが小声

1 [45件] か, かおお, かがだしぬけ, かがとん, かがまぜっかえす, かがクスツ, かが外, かが赤く, かためらい, かの手, からともなく, か一人, か入っ, か出会い頭, か喜次郎, か将門将門, か戸, か既に, か槍, か知ら, か締め, か誘ひ出し, がした, がやった, が一体, が一體, が動かした, が斯ん, が此繩, が殺した, だったか, だ誰, です, です下手人, でせう, とも知れず, もいない, もいねえ, も縛らず, やら, やらが答, やら来, やら若い, やら路傍, よりも先

▼ すると~ (61, 0.5%)

4 はその 2 の, の妹, の方

1 [51件] がすばらしい, がそれ, が出た, が呆れ果てた, が品川湾, が訊ねた, が賭, だけということ, と富子, なんぞも今, には君, にもやつぱりエミル, にも妙, のなか, のほう, の今, の体, の健康, の前, の友人, の姿, の家, の母, の気, の目, の眼, の考, の考え方, の芸術, の読んだ, の足許, の部屋, の隣, はこんな, はそこ, はとんでも, はどうも, はもはや, は一層, は人, は大, は恋しい, は意外, は毒壺, は気分, は病人, は直覚力, は知らぬ, は賊, も戦闘員, を追いかける

▼ すると間もなく~ (59, 0.4%)

3 凄じい音, 彼の 2 そこへ, 四方が, 裏口から

1 [47件] あんな大事, お松さんが, かわいらしい芽, さっきの, して, その女, その男, その隣り, ひどいしけ, また外, また夢, アンドロメダの, ソフィーさまが, ハスレルは, 乙羽も, 二葉亭は, 先に, 入口の, 十時頃とも, 吉の, 向うの, 大阪から, 奥から, 実は何, 平和な, 御方の, 戸が, 戸口で, 日本の, 書が, 月が, 村瀬が, 柿の木には, 比良の, 湯気の, 白い馬, 皆さんに, 私は, 穴の, 美留藻の, 誰の, 赤ん坊を, 赤黄色の, 部屋靴に, 雨が, 頭の, 鬼王丸は

▼ すると~ (53, 0.4%)

3 に私 2 にその, にまた, に何, に眼, に脊丈

1 [40件] に, におまえ, にぐらぐら, にさめ, にそれ, にとめど, にみんな, にわし, にロオレンス先生, に三人, に下宿, に元気, に全身, に博士, に夫人, に屈托, に山田, に彼, に彼女, に恐懼, に慶子, に扉, に正一, に活, に火焔, に犯した, に生徒監, に目, に硝子盤, に秀子, に秋風, に突飛, に篤, に胸, に自分, に落着き, に血, に西風, に電灯, に頭

▼ すると一人~ (51, 0.4%)

7 の男 32 の子供, の青年

1 [37件] がどうしてどうして, が切りかかっ, が厩, が反対, が言った, のあやし, のお客様, の中尉, の侍女, の兵隊, の判事, の壮, の大兵, の女, の女中, の子, の家来, の巫女, の年老いた, の思付, の水夫, の活溌, の目付, の着流し, の米殻商, の美しい, の老, の老人, の脊, の薄ぎたない, の赤い, の酔漢, のMP, は, はそれ, は頭, よがりの

▼ すると~ (50, 0.4%)

73 は急 2 は一刻, は子供

1 [36件] が, がいま, がこう, が二間, が後悔, といふもの, と女, には匂い, のエロチック, の人, の児, の声, の手, の抱く, の片腕, はあわて, はその, はちょっと, はどう, はひたと, はびっくり, はふざけ, はふっと, はふらふら, は不意, は今, は大儀そう, は妙, は怒った, は急い, は暗黒, は源十郎, は立ち去っ, は立った, は躍起, は金

▼ すると博士~ (49, 0.4%)

43 はジョバンニ, は首

1 [39件] が, が怪人, が死体, のキド現象, の火星探険計画, の頭, の頸, の顔, はあわて, はこの, はどう, はにやりと, ははたと, はびっくり, はコーヒー, はジヨバンニ, はニヤリ, は一体, は主任, は人並, は令嬢, は千二, は吐息, は声, は大きく, は彼ら, は快活, は怒った, は急, は椅子ごと, は気がつい, は眼鏡, は笑い, は笑っ, は苦笑, は言下, は軽く, は非常, 御発明

▼ するとこれ~ (48, 0.4%)

2 は, はやはり

1 [44件] がまた, が初日, が夢, が葉桜, が踏み躙った, が運び込まれた, が雨, でも毒殺, で三人目, で間に合う, なんぞはきっと, にお, に応じ, はあの, はいったい, はさっきモルフィス船医長, はどう, はなかなか, はまた, はやっぱり, はフランス人, は一体, は一度, は何, は例, は偽, は公開, は分る, は別人, は前, は危, は古く, は所謂ヒューマニズム, は片方, まで朱子, もある, もちょうつがい, も江戸っ子, をものものしい, を御覧, を獲っ, を聞きつけた, を見る, を返し

▼ するとお前~ (44, 0.3%)

2 その支那人, の姉, の眼, は, は或

1 [34件] お繼, が命, が火鉢, が脾腹, が見た, だ, に淺田屋, の処, はお前自身何, はお玉, はこの, はそういう, はその, はどう, はもう, はわし, はアルバイト, は云う, は伊勢新, は僕, は内儀さん, は北川千代, は十円, は定次郎, は家, は恥ずかし, は村田銃, は毎日ただ, は泰山, は神経質, は藻西, は髻, また轟, も上京

▼ すると~ (44, 0.3%)

3 それに

1 [41件] いつのまにやら無く, おっ母さん, そのうち, それと, にわかにもはや又, にわかに怒り, のつ, べつな, わけられながら, バタバタ虐殺, 一しきり泣く, 一疋やがてすっかり, 不思議な, 不思議にも, 人足を, 其あとから, 可哀相に, 右手に, 向うの, 塔に, 娑婆へ, 娵に, 心に, 戦争が, 新たな, 明日は, 東側の, 根を, 沈澱物が, 海豚の, 生憎な, 稲荷山へ, 突然褌一つ, 突然褌一点, 笑えて, 第二, 紛失と, 距てられた, 農村工業の, 運わるく, 駄夫は

▼ すると~ (42, 0.3%)

2 の顔, は, はわざと, は何, は急

1 [32件] から非常, がまた, が変, が憤然, が眞, が自分, とわたくし, のそば, の言っ, はいつ, はかう, はすぐ, はそういう, はそれ, はだ, はひどく, は二, は借金, は僕, は即座, は却つて, は大, は崖下, は手紙, は書物の, は玄関, は突嗟, は竹槍, は自分, は顔, は首, も或は

▼ するとすぐ~ (39, 0.3%)

1 [39件] お返事, この平靖号, そばで, に, にお婆さん, にその, にもう, に反感, に折り返し, に書き馴れた, に海岸, に父上, に縁側, に返辞, に電車, わきに, ベエトオヴェンが, 会堂の, 作品そのものに, 僕の, 分家の, 前に, 前を, 四倍と, 四年生たちが, 引きかえして, 玄関わきの, 男の, 目の, 真後の, 眼の, 私の, 背後に, 草に, 近くで, 隣の, 頭に, 頭の, 顛倒し

▼ すると二人~ (38, 0.3%)

2 はまた

1 [36件] がやって来た, が一の橋, が今, が立っ, が融け合った, とも喜ぶ, に忘れられた, のゐる, の中, の乙女達, の乞食, の侍, の声, の妖女, の姿, の嫌疑, の客, の御, の恋, の掃除人夫, の立っ, の背後, の舟人, の若い, は, はお, はぎょっと, はそういう, はちょっと, はハツハツハツ, は一しょ, は其所, は小声, は恋仲, は暫くもじもじ, は無言

▼ すると~ (38, 0.3%)

3 は, は私 2

1 [30件] がこう, がその後, がまた, が今度, が引取つて, が思ひ出した, が此度, に叱られた, に話し, は世にも, は何, は何とも, は何時の間にか, は僕, は凄い, は大層, は子, は家, は少し, は引つたくる, は弟, は彼, は暫く, は真面目, は眼, は袖, は非常, は顔, もムッ, やはり気

▼ すると不思議~ (37, 0.3%)

7 なこと 5 な事 2 では

1 [23件] です, なの, なるかな, な事実, な侵入者, な現象, にいま, にも, にもその, にも今, にも城, にも妖精達, にも彼, にも悪病, にも押し寄せ, にも直ぐ, にも葉, にジャネット, に向う, に艇, やくら, やな, や青眼先生

▼ するとあなた~ (36, 0.3%)

42 はこの, は犯人

1 [28件] がお, がハンケチ, が大鹿君, が奥さん, が御, が段々, が間接, でもまだ, の目的, の眼, はあなた, はいったい, はいよいよ, はこういう, はここ, はつまり, はどう, はまだ, はアタピン先生, は一人, は九百三歳, は僕, は僕たち, は全く, は喜ん, は夢, は必ず, は恰も

▼ すると~ (36, 0.3%)

2 夜目で

1 [34件] ああちんぴら絵描き, あたしは, あの人, あの人あたし, あまり外へ, お母, きょう聞いた, くいほじった柿, ぐるッと, これから滑稽, すいかつら, その事, その坂, その子ども, その男, その見物人, だんだん奥, ちょうど後れ, どこかで, ぼくの, ぽっかり今日さま, ガヤガヤ云うだろう, 二人の, 今度は, 以前の, 六年の, 円髷に, 向うの, 君大抵の, 村長父子は, 眠ろうとは, 突然玄関, 蚊帳が, 運転手の

▼ すると~ (35, 0.3%)

3 から, から返事 2 にはへえ

1 [27件] からしづか, からだれ, からは総一郎, からパイナップル, から一人, から一尺四方, から侍かつら, から元気, から声, から店主, から板戸, から現われた, から赤黒い, から青い, がモヌケ, ではかすか, で一人, にはネルロ, には口, の一文, の人間, の兄さん, の妓, の砂, は砂利, 三月おい, 浮に

▼ すると主人~ (35, 0.3%)

3 は, はその

1 [29件] が, がいった, がその, がにわかに, が剃刀, が死ん, が殺され, が犬, が突然, が言った, の一軒, の方, の興奮, の話口, はあとひとり, はたちまち, はまた, は一たい国, は剃刀, は又, は失望, は木, は淋しい, は私, は細君, は自分, は袂, は飛, は高利貸

▼ すると向う~ (35, 0.3%)

2 から断髪, の窓硝子

1 [31件] からお嬢さん, からこれ, からすぐ, からも中心, からガフーリ, から歩い, で, では少し, でもおい, でも同じ, で作り声, にちら, にゐた, にポーセ, に一人, のくら闇, のすすき, のまがり, の低い, の室, の方, の牛, の窓, は値切っ, は擽たい, は耳, へ落ち着い, むきに, もまた, も四五歩, 横町へ

▼ すると~ (35, 0.3%)

2 の方, は, は急

1 [29件] から電話, がこんど, が下, が大久米命, が追, が追っかけ, のいる, の云った, の悲嘆, の手, の申し分, の申分, はあわただしく, はこうして, は俄, は口, は唇, は寂しく, は将棋, は怒っ, は悪びれず聞き取っ, は涙, は脣, は自分, は術, も刻限, も私, も紋切り型, も覚束

▼ すると老人~ (35, 0.3%)

4 の声, は 2 が私, はその

1 [23件] がまた, がムー, の答え, の顔, はあまりに, はじろりと, はそれ, はジロリ, は一, は両手, は何, は優しい, は子供, は座敷, は得意, は忍び音, は急, は所, は手, は振り返った, は猫背, は申されました, は自分

▼ すると相手~ (34, 0.3%)

32 の男, は誰

1 [27件] が大きな, が真似, のねずみ, の一刀斎, の女, の言葉, はあ, はええ, はさう, はさも, はすぐ, はそれ, はにやりと, はますます, はキョトン, はテーブル, は嘲る, は女, は流し, は狡猾そう, は獣, は立ちどまり, は笑っ, は給仕, は身, は首, も

▼ するとここ~ (33, 0.2%)

2 にマウント・モウリス町, に不思議

1 [29件] に, にいる, にそこ, にその, にまた, にめずらしい, にも向う, にも鍾縉, に一つ, に上甲板, に健吉くん, に十一月中旬, に城中, に彼, に怪しげ, に果たし, に熱烈, に美貌, に金さ, に風来, の鬨の声, はすばらしい, は一体, は地上, へかの, へまた, へ牛, へ警察, 両三年

▼ するとたちまち~ (33, 0.2%)

2 女の, 彼の

1 [29件] あのおばけ, そこへ, どこからと, どこやら, のうち, 一人の, 一群の, 人心は, 今度の, 大きい音, 妻の, 学校が, 将軍の, 山ぎわの, 彼女の, 彼方の, 思い出したの, 悲哀の, 指輪の, 最近に, 活溌な, 王の, 美しい妹, 耳元で, 臆病らしく, 誰やらに, 道ばたに, 鉄甲の, 鋭どい

▼ するとこんど~ (32, 0.2%)

3 はその 2 は急, は杉作

1 [25件] はうまく, はお, はにいさん, ははつきり, はぴくぴく, はもういろいろ, はイギリス, はカシタンカ, はツルガ博士, は何時, は前の, は動揺, は口, は大きな, は子供, は小さな, は少女たち, は旅館, は架台, は白象, は第, は蛤, は退屈, は長く, は雲

▼ すると~ (31, 0.2%)

9 主人は 2 廊下が

1 [20件] 主人, 主人と, 主人には, 主人も, 主人を, 亭主の, 兄さんが, 天気の, 尻が, 常の, 常は, 心配でも, 書院番士の, 父さんが, 神さんが, 米が, 米と, 米は, 自分を, 隠居さんは

▼ すると彼ら~ (30, 0.2%)

1 [30件] から買うた, がいい, がやって来る, が入場, には明, のすべて, の一人, の立ち際, は, はあの, はしつこく, はそこで, はみんな, はわたし, は一人一人, は不平, は余儀なく, は十人あまり, は博士, は各自, は大人, は怒っ, は急, は急い, は気, は気の毒そう, は百本, は真直, は街頭, は討ち死に

▼ すると~ (29, 0.2%)

3 の者 2 の一人, の四人

1 [22件] のもの, の一匹, の一疋, の三人, の三頭, の人々, の僧侶達, の取りまき, の可能性, の四年, の坑夫, の声, の婦人, の子供たち, の小, の男, の社員, の者ら, の虎, の詩集, の連中, の選手たち

▼ すると先師~ (29, 0.2%)

13 はいわれた 6 がいわれた 2 はこたえられた 1 がこたえられた, がまた, はさびし, はしばらく, はほか, は深い, は答えられた, は自分

▼ すると其処~ (28, 0.2%)

1 [28件] にいあわせた, には, にはどう, には八重, には自ら別, には誰, には通路, には麗々しく, にみよちゃん, に大きな, に彼, に時間的, に立つ, に自転車屋, の階段, の電燈, へお, へ丑村刑事, へ侍, へ検事, へ総, へ葛飾, へ葦原醜男, へ通り, へ釈迦, へ野牛, へ須世理姫, を一人

▼ すると不意~ (26, 0.2%)

3 に私 2 に, に男湯

1 [19件] とした, にがやがや, にどこ, にテーブル, にフォン・リンリンゲン夫人, に人, に何, に前, に岩壁, に彼, に流れ, に空, に茂作, に茅野雄, に葉, に西方, に長, に陣地, に頭

▼ すると~ (26, 0.2%)

1 [26件] へんな, 丼に, 博士は, 喜びで, 地震の, 多数の, 多根子は, 天狗は, 女の, 山守命は, 扇風機から, 旦那の, 楯連の, 機は, 殿様は, 烏が, 県主は, 芝居だ, 虎は, 變な, 部分かも, 部分の, 金剛石の, 金持に, 錦関は, 體七十子以後孟子以前の

▼ すると~ (26, 0.2%)

3 の方 2 にはお前

1 [21件] からつい, から一人四十三四, から上級生, から低, から女大臣アサリ女史, から忠義, から清之介, から覗い, から追, から難詰, から骨董屋, にいた, には別れた, に軽い, の三人, の二人, の条件, の條件, の籠舁, の馬車, は出ず

▼ すると意外~ (26, 0.2%)

3 にもその

1 [23件] なこと, なる話, な答, にも, にもお, にもここ, にもこれ, にもスルリ, にも亜砒酸, にも其処, にも嗣二, にも国民皆兵主義, にも官舎, にも実に, にも明智探偵, にも極端, にも機体, にも炉, にも片田博士, にも眼, にも背後, にも若者, に上機嫌

▼ するとどこ~ (25, 0.2%)

4 かでふしぎ 2 からか河童

1 [19件] かその, かで, かでびゅうッ, かで宝鈴, かで彼, かで馬, かに小犬, かの国, かの木蔭, からか一ぴき, からか大井篤夫, からか遠い, からともなく, からともなくいい, からやって来た, からやつ, にもにげ, にも人影, に残っ

▼ すると下手人~ (25, 0.2%)

76 は誰 3 はその 1 はあの, はやはり, は家, は寅刻, は待たれた, は無い, は矢張り手代, は若旦那, は離れ

▼ すると夫人~ (25, 0.2%)

2 はもう, は男

1 [21件] が, が答えた, には何, の愛用, の肥立, の言葉, はいつもさらに, はこの, はしっかり, はまた, はやがて, は可, は困った, は懐中電灯, は撲られた, は新吉, は狐, は獅子, は私, は穴, は頷い

▼ すると自分~ (25, 0.2%)

2 の前

1 [23件] からさっさと, から出た, が円い, が動け, が耐力, でその, でもつい, の室, の履い, の心, の書いた, の生れた, の盗む, の端, の領分, の頬, はこれこれ, はそう, はどうしても, は真昼, も同じ, も馬鹿正直, より一歩先

▼ すると其の~ (24, 0.2%)

2 年の

1 [22件] 先頭の, 夫人を, 女に, 客は, 室の, 家に, 寝台の, 川に, 席に, 年も, 後から, 時二階から, 晩は, 男は, 石の, 翌年に, 翌年寛政十年と, 翌日から, 途端に, 鍛冶屋は, 隣りに, 隣りの

▼ すると~ (24, 0.2%)

2 のいつた, は急

1 [20件] がこう, がその, が彼, はあなたついで, はいつ, はその, はただ, はつつしんで, はやや, は又, は子供たち, は存外, は突, は突っ伏した, は笑い, は袂, は重吉さん, は間もなく, は馬鹿馬鹿しい, も気づいた

▼ するとかれ~ (22, 0.2%)

3 らは 2 らの

1 [17件] といっしょ, の心臓, の頭, の頭越し, はきまり, はこの, はちょっと, はにっこり, はまた, はわたし, は例, は悲し, は憂悶, は懸命, は炉ば, は自分, らが

▼ するとつまり~ (22, 0.2%)

1 [22件] あいつとうとう, あなたの, こうした文化主義, こうな, この狭義, この科学的精神, これは, クオラックス内閣は, クオラツクス内閣は, 今度の, 何か, 僕が, 卑怯な, 却って科学的, 国民文学として, 大阪には, 彼を, 彼等天下の, 技術的精神が, 残る途, 私は, 賊に

▼ すると~ (22, 0.2%)

2 とした, の心臓, は, はひどく

1 [14件] かな, が何処, と一緒, にはこの, のやり, の方, は何時間位, は四合瓶, は彼女, は流俗, は自分自身, は貧乏人, は車, も帯広

▼ すると彼等~ (22, 0.2%)

1 [22件] の云, の身, の間, はいつも, はすぐ, はたちまち, はまた, は一つかみ, は不思議そう, は倒れ, は四本柱, は大, は大人しく, は奇妙, は孰, は急, は数日前仲間, は日焼け, は更に, は機嫌, は逸, もいつの間にか

▼ すると~ (22, 0.2%)

3 の部屋 2 の女, の時

1 [15件] の人, の叫声, の女房, の婦人, の嫁, の子, の様, の歌, の犬塚, の狂歌師, の痕, の薄い, の藤本, の辺, はもつ

▼ するとみんな~ (20, 0.1%)

2 はぼち

1 [18件] がまるで, が一ぺん, が一緒, が声, が急, が遁げ, で三十一疋, の話, はじ, は一ぺん, は勿論, は口, は口々, は太郎左衛門, は火, もしぶしぶ, も声, 黙って

▼ すると三郎~ (20, 0.1%)

42 はいきなり, はさっき

1 [12件] が, がいつのまにか, はこんど, はすっかり, はずる, はどこ, は国語, は大きな, は少し, は顔, もすっかり, もなんだかはじめて

▼ すると~ (20, 0.1%)

3 が, が突然 2 が急, の神, は急 1 が私, の眼, はいよいよ, はす, ははら, は何, は案外, もそれ

▼ すると~ (20, 0.1%)

3 の目 2 は眞蒼, も微笑

1 [13件] がそれ, が今, が柔, のほう, の岳神, の弟宇迦斯, の杉作, の柳沢, の跛足, はいや, はにいさん, はまっ青, はチラリ

▼ すると青年~ (20, 0.1%)

4 は自分 2 の方, は云いました

1 [12件] が後, はくるっ, はすぐ, はばあや, はポケット, は云った, は却って, は室, は感激, は慇懃, は顔, も何かしら急

▼ するとさっき~ (19, 0.1%)

3 の若い 2 と同じ, の白服

1 [12件] からの主張, から云っ, から内側, から岸, から焚火, から見物, から退屈そう, の人, の大きな, の女, の鬼, ゆするよう

▼ すると大きな~ (19, 0.1%)

2 海水帽の

1 [17件] ビーカーが, 人形が, 体の, 扉は, 棗の, 洗面器に, 洞穴に, 熊が, 猿が, 穴が, 袋へ, 診察机に, 部屋が, 雌熊が, 鳥でも, 黄金いろ, 鼻を

▼ すると~ (19, 0.1%)

5 の日 3 の瞬間

1 [11件] から次, の刻限, の建設者, の戸, の禿鷹, の編隊, の頁, はいきなり, は三井, は秘密, 客の

▼ すると~ (18, 0.1%)

2 の北支

1 [16件] のいちばん考え, のお, のジロリ, のブリキ箱, のマッチ, の不具者, の人, の女の子, の如く, の婆さん, の小峯, の教師, の神経胃弱性, の許攸, の話し声, の通り長屋

▼ すると~ (18, 0.1%)

3 かに私 2 かに心持, かに慶次郎, に頭 1 かにリンリンリンリン, かに下, かに彼, かに白馬, かに監督, かに風, に凡て, に此度, に玄関

▼ すると~ (18, 0.1%)

4 紳士は 3 僧は, 浮浪者は 1 主人は, 婦人の, 料理人は, 樵夫は, 武士は, 母さんは, 浮浪者はかぶりを, 看守は

▼ するとなん~ (17, 0.1%)

4 じゃな, ですか 3 だな, だね 1 ですかい, ですかな, でも楽

▼ すると~ (17, 0.1%)

2 にいた

1 [15件] から, から主人, から例, から又, から声, から職人, にいる, についてゐる, にひかえ, にゐた, に聞い, に聽, の姉夫婦, の硯箱, へ大きな

▼ すると子供~ (17, 0.1%)

2 は, はうんうん, は歩く

1 [11件] からよく, が泣い, はかえって, はつぶやいた, はよく, は少し, は泣きじゃくり, は涙, は窓, は駈けだし, らしい房子

▼ すると~ (17, 0.1%)

3 の子供ら 2 の方

1 [12件] はしばらく, は何時の間にか, は大胆, は屋根, は肩, は草, は訝し, もけろりと, もその後, も気, も跡, 大いに力

▼ するともう~ (16, 0.1%)

2 細君でも

1 [14件] あの時分, あれから, その墓, それだけ, キミ子の, 一方の, 一服残っ, 二十六七年も, 人間に, 出発前には, 火の手が, 知ってるな, 見て, 魚は

▼ すると~ (16, 0.1%)

3 の方

1 [13件] と同じ, には見えなかった, に不足, に写真機, に居た, に来た, に述べた, のと, の背むし, の論士, の讀方, 大蔵大臣は, 村長は

▼ すると同じ~ (16, 0.1%)

1 [16件] くらいな, ような, ように, 一つ家に, 三十日の, 仲間の, 声が, 大和の, 安政二年の, 恐怖の, 森の, 絵の, 視線が, 言葉である, 道理である, 頃合いに

▼ すると少年~ (16, 0.1%)

2 が言った

1 [14件] が答えた, のすぐ, の面上, の顔, は, はきまつ, はげらげら, はまもなく, はもう, は意外, は泣く, は答えました, は苦痛, は頭

▼ するとまもなく~ (15, 0.1%)

1 [15件] うるさいこと, お前の, とめ子さんは, ぼぉというようなひどい音, ぼぉといふやうなひどい音, ぼおという, ムジナが, 主人の, 二年ほど, 天子さまの, 尾張守高経が, 玄関の, 紙の, 道夫は, 邸の

▼ すると何処~ (15, 0.1%)

2 かで, からともなく

1 [11件] かでき, かにこそこそ, からか微風, からか琵琶, からか聞きつけ, からか金糸雀, からともなし, から飛ん, ともなく, にいらっしゃる, やらでく

▼ すると細君~ (15, 0.1%)

2 がすぐ, の腹の中

1 [11件] が, がハンケチ, が彼, が突然, の顔, はお金, はほっと, はほつ, は私, は至極, は躍

▼ するとおれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] があいつ, ときみ, のひがみ, の旅, は, はお前, は一生板ばさみ, は夢, は第一義, は總理大臣, は金, は黒, もいつの間にか, も拾った

▼ すると~ (14, 0.1%)

2 の腹の中

1 [12件] がただ, がびっくり, が来, が縛つた, に懐い, の手, はきっと, は不運, は遠眼鏡, は青年, を喰, を殺す

▼ すると~ (14, 0.1%)

2 から入, から支那人 1 から二十日過ぎ, から入っ, で, にどんな, にも反対論者, に靴磨き, の人, の大名たち, の者等, の辻

▼ すると婆さん~ (14, 0.1%)

2 は驚き

1 [12件] が, がこう, が捜し, が搜, の真名娘, はいきなり, はきっと, はそれ, はやさしい, は外, は後ろ, は膝

▼ すると~ (14, 0.1%)

2 の一人

1 [12件] は, はしげしげと, はだいぶ, はなにおれ, はにわかに, はみんな三人組, はやや, は卓, は店, は恐ろしい, は突然, をこの

▼ すると~ (14, 0.1%)

2 悪魔は, 狐紺三郎が 1 三治に, 侍は, 供達と, 兎が, 大名は, 父さんの, 窓の, 翠が, 艶へ, 萩さんは

▼ すると~ (14, 0.1%)

1 [14件] が勢, が止め, に荷, の口, は, はお互い, は又, は安心, は益々, は納得, は若者, は軽い, も創, 騰が

▼ するとあいつ~ (13, 0.1%)

2 のゴム靴

1 [11件] が云った, に変つて, は, はあの, はもう, は大, は好い, は嫉妬, は支払, は死んだ, は私達

▼ すると向こう~ (13, 0.1%)

1 [13件] からもその, から与次郎, から姫苦蓬, から年, から老, から身分, から返事, から電話, ではどう, にも部屋, に見える, の武士, の淵

▼ すると奥さん~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこう, が今日, が妙, が急, が私, の獅子, は, はたいへん, はちょっと, はまた, は懐, も何かと, らしい人

▼ すると小さな~ (13, 0.1%)

2 姪は

1 [11件] きれいな, 万年筆ながら, 小供, 小川の, 炎が, 眼を, 羽ばたきが, 茶がまの, 路が, 雫が, 鞄の

▼ すると次郎~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] が, がふたたび, が上, が言った, の誕生日, はすぐ, はそれ, はにたりと, は外来, は急, は私

▼ すると母親~ (13, 0.1%)

1 [13件] がびっくり, と妹, の熊, の青白い, の顔, は, は吉田, は大きな, は定, は怖く, は急, は首, ももう

▼ すると犯人~ (13, 0.1%)

1 [13件] の名, の名前, の目星, は, はただ, は加助, は外, は東洋人, は松山, は猛烈, は窓, は誰, は麻雀牌

▼ すると秀吉~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] につ, のその, はカラカラ, は忘れ, は急, は笑っ, は苦笑, は見向き, は顔, も破顔一笑, 初めて額

▼ すると若い~ (13, 0.1%)

2 男が

1 [11件] もの達は, 主人夫婦が, 人の, 人もね, 土工が, 女の, 文士は, 男は, 船頭の, 雌鶏は, 青年が

▼ するとお母さん~ (12, 0.1%)

32 は今年八十歳 1 が行っ, の方, はお勝手, はその, は大, は大人, は笑い

▼ するとまだ~ (12, 0.1%)

1 [12件] きまったわけ, 乳くさい, 交換手が, 六十日ばかりにしか, 声を, 始まつたばかりの, 寝つかれないで, 年の, 朝の, 滞在し, 親分は, 言葉も

▼ すると与次郎~ (12, 0.1%)

1 [12件] がすぐ, が大きな, が少し, が石, が突然, が美禰子, が言った, の言った, は, はなんにも, は大いに, も笑いだした

▼ すると兄さん~ (12, 0.1%)

2 が豆 1 が, が突然, の態度, の松吉, の答, は, はたちまち, は外, は真面目, は突然

▼ すると~ (12, 0.1%)

1 [12件] からの返事, から手紙, がすぐ, がまた, はありがた, はまた, は何, は私, は首, や浅川, らしいの, らしい方

▼ すると彼方~ (12, 0.1%)

1 [12件] からひとり, から一彪, から十人, から文聘, から炎天下, から百騎, から辺り, で自分, の堤, の暗い, の林, の道

▼ すると~ (12, 0.1%)

2 羅の, 賀が 1 らしく線路, 公と, 助は, 十郎は, 嘗の, 教派の, 蔵は, 賀は

▼ すると梅子~ (12, 0.1%)

2 は, は何故, は忽ち, は真面目 1 はさも, は左, は黙っ, は黙つ

▼ すると~ (12, 0.1%)

6 の奥 2 の中 1 のよう, の木の葉, の鳥, までががあっと

▼ すると~ (12, 0.1%)

2 八は 1 一の, 一回の, 一場第, 三ヒントの, 二の, 二も, 二研究室の, 五字, 十六世紀に, 四の

▼ すると老婆~ (12, 0.1%)

21 が, が答え, が答えた, はまた, は松, は益々, は解, は解った, は言った, は金髪

▼ すると親分~ (12, 0.1%)

2 の文身, は 1 が百両, でも主人, には下手人, の前, はごく, はわざと, は扇屋殺し, 締められた上

▼ すると~ (12, 0.1%)

2 にいた 1 にゐた, に腰, のよそ, の台, の吊革, の干鰯船, の扉, の男, の部屋, の金三

▼ するとふしぎ~ (11, 0.1%)

6 なこと 1 とそこ, な釜, にもへびはひとりでにひきかえして, にも日, にも風

▼ すると先方~ (11, 0.1%)

1 [11件] から一人, から合図, では, ではもう疾く, では惚込ん, の女, はそれで, はホラ気違, はホラ気違い, は不相, もいと

▼ すると~ (11, 0.1%)

4 貢が 2 狐紺三郎が, 貢は 1 烏は, 飼から, 鶉の

▼ すると孔子~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一人, が云った, の顔, はすかさず云った, はすっと, はその, はそれ, は今度, は念, は急, は笑い

▼ すると曲者~ (11, 0.1%)

2 は, は外 1 はお, はお前, はこの, は主人, は五貫目, は大, は家

▼ すると池上~ (11, 0.1%)

2 はしばらく 1 は, はわたくし, はナフキン, は人, は右手, は手, は笑み崩れる, は諾い, は酒

▼ すると遠く~ (11, 0.1%)

2 の方 1 から, から子守唄, で, でわからなかった, でキラリ, でゴロ, で誰, の奥, の男の子

▼ するとあれ~ (10, 0.1%)

1 からすぐ, がない, が自殺, は, はあわて, は嬌声, は家, は皆, を使っ, を本気

▼ すると~ (10, 0.1%)

4 神水が 1 ていねいに, ほご, んごろ鐘の, 持病で, 新造さんは, 新造は

▼ すると三人~ (10, 0.1%)

1 がそれ, がドラゴン, が一時, じゃよ, とも二学期, とも落第, の女, の騎馬, はすさまじい, は素直

▼ すると~ (10, 0.1%)

3 の方 1 からお, から下士, から声, から梯子段, じゃその, に示す, の病

▼ すると~ (10, 0.1%)

2 ふの, ふやう 1 ふても, ふと, ふと一向差支, ふよりは, ふ事ぢ, ふ恐れ

▼ すると天皇~ (10, 0.1%)

31 がツカツカ, はしまいに, はまた, はまもなく, は時, も, もいっしょ

▼ すると家康~ (10, 0.1%)

2 が意志, も一兵卒 1 が俄, が相手, はその, は景勝, は笑った, もまた

▼ すると小林~ (10, 0.1%)

1 がこんな, がなお, がまた, がまたぐるり, が突然, の態度, の方, の調子, はすぐ, はそれ

▼ すると少女~ (10, 0.1%)

1 がすぐ, がもう, が莞, のうしろ, の鶯, はもう, は急, は意外, は舞臺, は身体

▼ すると曹操~ (10, 0.1%)

21 がジロリ, はいった, はかぶり, はふい, は皮肉, は聞く, は自ら法, もすぐ

▼ すると~ (10, 0.1%)

6 の前 1 がぐるぐる, がはっきり, が廻りだした, のところ

▼ すると~ (10, 0.1%)

1 がくらくら, が冴え, が慣れたせゐ, と鼻, に涙, に見えない, の下, の前, の小さな, 映しいやう

▼ すると福富~ (10, 0.1%)

42 は又 1 は今日, は今月, は眞面目, は真面目

▼ すると紳士~ (10, 0.1%)

1 が口, と貴, は, はいよいよ, はその, はにっこり, は例, は医者, は待っ, は笑う

▼ すると長蔵さん~ (10, 0.1%)

2 がまた, は 1 が暗闇, はいきなり, は前, は勢いよく, は草鞋, は返事

▼ すると~ (10, 0.1%)

4 捕りが 1 がまた, が始め, が飛ん, はおり, はにわかにしいんと, は降り

▼ するとお祖母さん~ (9, 0.1%)

32 はこわい 1 が心配そう, が言った, は, もすぐ

▼ するとじいさん~ (9, 0.1%)

1 がいきなり, の眼だま, はこんな, はとぼとぼ, はほんとう, はまた, はまるで, はやにわに, は高く

▼ するとどんな~ (9, 0.1%)

3 事に 2 ことに 1 ような, 態度で, 態度に, 機械な

▼ するとやはり~ (9, 0.1%)

1 あれかな, キリシタンの, 一緒の, 不動様の, 不動樣の, 大人の, 武家屋敷な, 海賊の, 田代屋一家内の

▼ するとクリストフ~ (9, 0.1%)

1 はきっと, はそれ, はひきやめた, はもう, はピアノ, は恥ずかしく, は祖父, は自分, は飛び上がっ

▼ すると一方~ (9, 0.1%)

1 から, に強く, の奥さん, の恭順派, の極, の紅い, は, はバス, は先

▼ すると三沢~ (9, 0.1%)

21 が突然, といっしょ, はまだ, は多少, は怒った, は真面目, は突然

▼ すると二階~ (9, 0.1%)

1 から, でごとごといふ音, でコトンコトン, で髭, にいる, に誰, の向側, の窓, の障子

▼ すると先刻~ (9, 0.1%)

1 からの疲れ, からジッ, から踊り, とは違った, の, のやつ, までは何処, 見た梧桐, 黒い影

▼ すると~ (9, 0.1%)

4 さんは 3 さんが 1 さんも, 世が

▼ すると~ (9, 0.1%)

3 ふの 1 に見える, ひ側, ふで, ふに, ふへ, 岸の

▼ すると~ (9, 0.1%)

1 が, がかせがなけれ, が説明, が電話口, のお, のお玉さん, はそう, は即刻殺人容疑者, は微笑

▼ すると~ (9, 0.1%)

5 の中 2 の近く 1 の主人, の女

▼ すると小さい~ (9, 0.1%)

2 蛆が 1 のが, みじん玉が, 唇の, 火の玉が, 者達も, 雄は, 飛沫に

▼ すると帆村~ (9, 0.1%)

1 がいった, が警部, はいきなり, はいつのまにか, は右手, は検事, は洋杖, は無言, は首

▼ すると後ろ~ (9, 0.1%)

1 から, から白髪, で, であッ, で不意, にトンカタントン, のほう, の方, の森

▼ すると~ (9, 0.1%)

1 が安静, が弛ん, に刻ん, に從つて氣, の底, の暗雲, は叫ぶ, は洗われ, までが僻ん

▼ すると旦那~ (9, 0.1%)

1 のやう, はあいつ, はお, は今, は何, は武者修行, は若し, も黙っ, 貴郎

▼ すると武蔵~ (9, 0.1%)

1 が一人, はうなずい, はおまえ, はすぐ, はその, はどこ, は一方, は軽く, は途端

▼ すると~ (9, 0.1%)

4 の外 1 から流れこんだ, から覗い, のくもり, の中, の女

▼ すると翌日~ (9, 0.1%)

2 の新聞, の真昼間 1 その呂布, には棟梁三次, は半日, ひょっくり帰っ, 長い返事

▼ すると途中~ (9, 0.1%)

2 からもう 1 で, でうし, でそこ, でなん, で別れ, で太僕韓融, の林

▼ すると~ (9, 0.1%)

2 闍利さまは 1 兄は, 宝が, 母が, 父さんが, 繊は, 闍利が, 闍利は

▼ すると~ (9, 0.1%)

4 の上 1 から脱, の切れた, の隣, はくだけ, は透明

▼ するとその後~ (8, 0.1%)

1 からお, から一人, から押しかかっ, から糸子, から追いかける, で御, で授業, また一週間

▼ すると~ (8, 0.1%)

3 常は 2 日の, 是非な 1 まえは

▼ するとどういう~ (8, 0.1%)

2 ことに 1 ことな, ご用件, まじめがい, ものか, わけか, 仕掛けで

▼ するとほか~ (8, 0.1%)

1 にある, に男, に真犯人, のこどもたち, の商売, の盗人たち, の羊たち, の若者たち

▼ するとやっぱり~ (8, 0.1%)

1 あのボジャック氏, お芳, このテント, これは, シャカイシュギかい, 幽霊を, 江州へ, 蓄電池か

▼ するとわたし~ (8, 0.1%)

1 の枕もと, の涙, はこちら, はすぐ, は新しい, は止所, は自分, を餓死

▼ するとデストゥパーゴ~ (8, 0.1%)

1 が, はいきなり, はたった, はちょっと, は安心, は返事, も労, も踊りだしました

▼ すると信長~ (8, 0.1%)

21 がいきなり, の側, は即座, は大喝, は存外, は弓三人

▼ すると~ (8, 0.1%)

1 づ二見が, づ以て, に帰っ, に隠れた, に駈け, の一人, の男, へ下りた

▼ すると医者~ (8, 0.1%)

1 が来た, の内弟子, はこの, はそれ, はたいへん, はまた, は叮嚀, は診察

▼ すると和尚さん~ (8, 0.1%)

1 が顔, のそば, の手許, の顔, はその, はびつくり, は怒, も笑

▼ すると~ (8, 0.1%)

1 から問い合わせ, たるあなた, とも親, と一緒, はやや, は併, は意外, は頼まれ

▼ すると~ (8, 0.1%)

2 から出, の方 1 から衣冠, から鈴江, のほう, の部屋

▼ すると明日~ (8, 0.1%)

2 の晩, の詩人たち 1 の新聞, の日曜, の朝妻, はご

▼ すると父親~ (8, 0.1%)

1 がうま, と少年たち, の顔, はきわめて, はみるみる, はもう一度, は煙管, よりも先

▼ すると~ (8, 0.1%)

1 くぐりほどの, はうるささうに, はこの, はそれ, はボネエ将軍路, は僕, は右, は吠えたけり

▼ すると~ (8, 0.1%)

3 の子 1 はあなた, はいませんでした, はその, は気の毒そう, を始め一同

▼ すると白い~ (8, 0.1%)

1 きれいな, ふくらんだ腕, ほうが, 女の, 男が, 花を, 靄が, 髯の

▼ すると直ぐ~ (8, 0.1%)

1 そこから, にどしり, に幾ら, ドナウの, 其れ, 扉が, 横に, 頸を

▼ すると看護婦~ (8, 0.1%)

1 か女医, が手術, が気, は医者, は滿, は軽く, は首, もその

▼ すると~ (8, 0.1%)

2 つ張り 1 つ張り若旦那, は兜, 張りあの, 張り大地, 張り曲者, 張り田代屋一家内

▼ すると祖父~ (8, 0.1%)

1 からぐずぐず, が, はわたしたち, は上機嫌, は兄, は大, は既に, は重々しく

▼ すると若者~ (8, 0.1%)

1 が怒っ, が木, の方, はまだ, は北山, は最敬礼, は物憂, は鼾

▼ すると貴方~ (8, 0.1%)

1 の前, は, はまだ, はシュテッヘ, は八住, は必ず, は矢張り, は車内説

▼ すると門野~ (8, 0.1%)

2 がもう, は, は何時, は例

▼ するとあと~ (7, 0.1%)

3 はもう 2 の二人 1 から来た, に燠

▼ するとあんた~ (7, 0.1%)

1 が妾, の両親, の妹, の心中, は, はぷいと, は父親

▼ するとお宮~ (7, 0.1%)

41 はそれ, はどう, は私

▼ するとかっこう~ (7, 0.1%)

1 が大, はあわて, はたいへん, はどしん, はにわかに, はまた, は残念そう

▼ するときみ~ (7, 0.1%)

1 の知らぬ, は, はあの, はこの, はひとり, はぼく, は見た

▼ するとしばらく~ (7, 0.1%)

3 して 2 たつてから 1 のあいださる, 歩いて

▼ するとイワン~ (7, 0.1%)

4 は言いました 2 のお 1 のおどろいた

▼ するとカムパネルラ~ (7, 0.1%)

43 がすぐ

▼ すると一同~ (7, 0.1%)

1 の者, はそれ, はだまっ, はなぜ, は急, も聲, を整列

▼ すると~ (7, 0.1%)

2 の方 1 から落ち, で見, に示す, の姉, の竹

▼ すると二つ~ (7, 0.1%)

21 が抜ける, の場合, の桶, の目, の顔

▼ すると友人~ (7, 0.1%)

21 から自分, が他, の一人, の批評家, は酸

▼ すると女房~ (7, 0.1%)

2 が内 1 が内証, が出, が言下, の声, や娘

▼ すると婦人~ (7, 0.1%)

2 が, が下 1 は両手, は燻ゆ, は私

▼ すると~ (7, 0.1%)

2 がそれ, が一寸 1 の方, は変, は真面目

▼ すると廊下~ (7, 0.1%)

1 に男, に軽い, は突き当たった, をドンドン, を一つ隔, を曲る, を隔てた

▼ すると張飛~ (7, 0.1%)

21 がそば, が前, が河北, はうしろ, は横口

▼ すると怪物~ (7, 0.1%)

1 の一団, の身体, の首領, は, はたいへん, はまた, はやはり

▼ すると恭一~ (7, 0.1%)

1 がすぐ, が急, が言った, の代り, はもうとう, は今度, も淋しく

▼ すると悪魔~ (7, 0.1%)

1 が俯向, のからだ, はひらり, はまるで, はピョン, は急, は皆ドン

▼ すると~ (7, 0.1%)

1 あひ, からとびだし, から権六, から武者, に渡した, の窓, の軸

▼ すると次の間~ (7, 0.1%)

1 からほどき物, から声, から魚, ですぐ, では畏まっ, に居りました, に立っ

▼ すると~ (7, 0.1%)

21 と並行, の説, はす, は夫人, は妙

▼ すると爺さん~ (7, 0.1%)

1 がすぐ, がせっかく, がまた, が青く, はハンカチ, は逃げ後れた, も中折

▼ すると~ (7, 0.1%)

2 がまだまるで, の子 1 が, は傍, もいよいよ

▼ すると王さま~ (7, 0.1%)

1 の兵たい, はいいました, はその, はただ, はたった, はふしぎそう, はまた

▼ すると生徒~ (7, 0.1%)

2 の一人 1 が, の方, の父兄, はめいめい, は全部

▼ すると自然~ (7, 0.1%)

1 にわかつ, にパイプ, にワシントン, に腹の中, に體内, の勢い, は人間

▼ すると良寛さん~ (7, 0.1%)

1 の口, はさつき, はさつと, はびつくり, は下男, は前, は或

▼ すると部屋~ (7, 0.1%)

2 の中 1 が白, の入口, の片隅, の真中, は再び

▼ すると驚いた~ (7, 0.1%)

3 ことには 1 ことに, のは, 事に, 事には

▼ するといつ~ (6, 0.0%)

2 来て 1 でもそう, でも嘉吉, でも近所, までもこの

▼ するとおばあさん~ (6, 0.0%)

1 きっとお, の妖女, は, はずんずん, は急, は悲し

▼ するとお嬢さん~ (6, 0.0%)

1 がソワソワ, が昏酔, が言った, の声, は私, を殺した

▼ するとこれから~ (6, 0.0%)

1 なにを, はどこ, 一同は, 大学へ, 私が, 話すこと

▼ するとしゅっこ~ (6, 0.0%)

2 が吉郎, はいきなり, はさっき

▼ するとそこら~ (6, 0.0%)

2 の物陰 1 がぼうっと, にいる, にだらし, にゴロチャラ

▼ するとです~ (6, 0.0%)

1 ちょうど大晦日, な土居画伯, ね, ねやはり, ね彼女, ね相手

▼ するとどてら~ (6, 0.0%)

1 の方, は, はさも, はそう, はなかなか, も

▼ するとなにか~ (6, 0.0%)

1 おれに, ねこの, ね君, ね明日, ばかな, 百両貸し

▼ するとひとり~ (6, 0.0%)

1 の子ども, の客, の旅人, の浮浪少年, の鬼, は影そのもの

▼ するとジョバンニ~ (6, 0.0%)

3 はいきなり, もなんだか

▼ すると人々~ (6, 0.0%)

1 は, はかれ, はまた, はまたもや, はまるで, は私

▼ すると今夜~ (6, 0.0%)

1 お稲さん, はもう, は京都, は結局何, も博士, も自分

▼ すると俊亮~ (6, 0.0%)

1 が今, が傍, が笑い, が言った, はいかにも, もそっと

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 にいた 1 にゐた, に二十一, に立っ, の扉

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 から白娘子 1 から, から防禦, 箱の, 骨屋町筋から

▼ すると助役~ (6, 0.0%)

1 が言いました, は, は一寸, は不意, は意外, は首

▼ すると友達~ (6, 0.0%)

1 がその, が追憶, の一人, の悪太郎, の方, はその

▼ すると叔父~ (6, 0.0%)

1 が突然, は, はさすが, は卓子, は大人気, は山

▼ すると叔父さん~ (6, 0.0%)

1 から電話, は, はそう, はそれ, はただ, は急

▼ すると和尚~ (6, 0.0%)

2 はいきなり 1 があなた, が割っ, は即座, は真面目

▼ すると大変~ (6, 0.0%)

2 です 1 な事, な騒ぎ, にびっくり, に感心

▼ すると女中~ (6, 0.0%)

1 がまた, が先刻女, が帰つて, は両足, は少し, は頓狂

▼ すると~ (6, 0.0%)

1 の眼前, の答え, はしばらく, は又もや, は孔雀, は驚き

▼ すると子供たち~ (6, 0.0%)

1 が走つ, の眼, は, は学校, は彼等, は杉本

▼ すると孔明~ (6, 0.0%)

2 の車 1 のほう, は, はすぐ, は笑い

▼ すると小僧~ (6, 0.0%)

1 が出, はすまし, はたちまち, は困った, は布団, も大急ぎ

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 の中 1 がそっと, のすき, のなか, を閉し

▼ すると~ (6, 0.0%)

3 が開いた 1 が開い, が開かれ, の窪み

▼ すると新聞~ (6, 0.0%)

2 や雑誌 1 が真っ先, の折, はその, や小説

▼ すると日本~ (6, 0.0%)

2 は否 1 などは何, の技術, の歌, は亡国

▼ すると早速~ (6, 0.0%)

2 私を 1 その少年, また女中, 其人は, 賄賂が

▼ すると暗い~ (6, 0.0%)

1 げっそりした, ところを, 不可思議な, 竹むらの, 縁側の, 蔭から

▼ すると最初~ (6, 0.0%)

1 お濱, が京都系, にからだ, には青山, に入れた, の神官

▼ すると朝倉先生~ (6, 0.0%)

2 が言った 1 が冗談, が言われた, はそれ, もむろん

▼ すると東屋氏~ (6, 0.0%)

1 は, はうす暗い, は再び, は扉, は私, は考え

▼ すると森本~ (6, 0.0%)

1 が傾げた, は, は倦怠そう, は比較的, は自分, もまるで

▼ すると正面~ (6, 0.0%)

1 にきちんと, に大山, に我ン張つて, の大黒柱, の太い, の幕

▼ すると此方~ (6, 0.0%)

1 から狙, でも誠に, で太陽, は引手茶屋, は猿子橋, もジリジリ

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 がいった 1 が呼びかえした, が金, が頷い, は用意

▼ すると~ (6, 0.0%)

1 が妙, が言った, なが, はその, も釣り込まれた, 申し合せたよう

▼ すると私たち~ (6, 0.0%)

1 の席, の戀, の頭上, は入口, は月世界, は椅子

▼ すると~ (6, 0.0%)

4 に手 1 の元, を澄

▼ すると~ (6, 0.0%)

1 がさらさら, さわぎは, にどんぐり, にどんぐりのきしゃうをつけた, の奥, をしめつけられる

▼ すると~ (6, 0.0%)

1 から, の中, の窓, はみごと, は凄, は黄海

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 つらの, と白 1 の士, んぼ

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 の下 1 が土, の位置, の方, の裏

▼ すると運転手~ (6, 0.0%)

1 はすぐ, は吃驚, は気, は益々, は苦り切った, も何

▼ すると酒倉~ (6, 0.0%)

4 の亭主 1 の横, の横っちょ

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 が外 1 の心, はじろりと, は瞬間, 老五

▼ すると隣室~ (6, 0.0%)

1 から民弥さん, から笑う, で聞き馴れない, に商人, のすゝ, の方

▼ すると雛妓~ (6, 0.0%)

21 は再び, は殆ど生娘, は胸, は言った

▼ すると~ (6, 0.0%)

1 から六インチ, がカッ, が濡れる, は丑年生れ, を見ます, を赭くし

▼ すると~ (6, 0.0%)

2 ちャん, 一が 1 日子根神は, 時は

▼ するといきなり~ (5, 0.0%)

1 こんな会話, サンドリヨンは, ジョバンニは, 上から, 耳もとで

▼ するといま~ (5, 0.0%)

1 は夕方, までふい, まで日, まで見慣れない, まで青かっ

▼ するとお父さん~ (5, 0.0%)

1 がびつくり, が鍋, は, はじっと, はびっくり

▼ するとお祖父さん~ (5, 0.0%)

1 が松吉, のお, は, はやさしい, は言っ

▼ するとこれら~ (5, 0.0%)

1 の会社, の侏儒, の団体, の夥しい, の黝ん

▼ すると~ (5, 0.0%)

1 いぜんからの, きみ, つと靄, なきだに, むらいがすらり

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 いさんは 1 いさんが, いさんの, やな

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 先生 1 ア仕様が, 太閤さんが, 雷師匠と

▼ するとなに~ (5, 0.0%)

1 かお前, かな, かほか, か宮, よりも空しい

▼ すると一時間~ (5, 0.0%)

1 が三本, につき三十五分六, に三〇〇立, ばかりたつ, ほど前

▼ すると不破~ (5, 0.0%)

1 の関守氏, の顔, はニコニコ, は家, は憐れむ

▼ すると世間~ (5, 0.0%)

1 から云, で言う, の人, はそういう, も広く

▼ すると乞食~ (5, 0.0%)

1 は之, は急, は落着, は負われ, は追

▼ すると今日~ (5, 0.0%)

1 の仕儀, の瀬, は二十八匹, は盆, は薬師温泉

▼ すると伯爵~ (5, 0.0%)

1 が, はくわっと, はやさしく, は三番目, は顔

▼ すると何ん~ (5, 0.0%)

1 かなあなた, だか, とも云, と恐ろしい, な事

▼ すると俊夫君~ (5, 0.0%)

1 の眼, は, はいつも, は意地, は私たち

▼ すると其所~ (5, 0.0%)

1 には思ひ, には時々, には残忍性, にも悪場, に長方形

▼ すると其處~ (5, 0.0%)

1 で院長, にはあらゆる, にゐた, に經濟上, の友人

▼ すると叔母~ (5, 0.0%)

21 が, がでは, は大息

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 の手 1 の人物, の肩, 隣りに

▼ すると司法主任~ (5, 0.0%)

1 が待, は, は傍, は急, は浮き腰

▼ すると喬介~ (5, 0.0%)

2 は笑い 1 は上, は生き生き, は重々しく

▼ すると坊さん~ (5, 0.0%)

1 はお, はたいそう, はまた, は菅谷, は驚いた

▼ すると大抵~ (5, 0.0%)

2 の人 1 の客, の家, は二人

▼ すると奥様~ (5, 0.0%)

1 からの拝領品, は, は元々, は彦田博士, は眉

▼ すると女の子~ (5, 0.0%)

1 が答えた, の重い, は, は彼, は目

▼ すると女神~ (5, 0.0%)

1 はお, は兄, は出石川, は日, は残念そう

▼ すると奴さん~ (5, 0.0%)

1 すっかり悦び, むらむらとして, やられてるな, 怒りましてね, 苦しいもの

▼ すると~ (5, 0.0%)

3 なこと 1 なの, な口つき

▼ すると少し~ (5, 0.0%)

1 あります伊達, うしろの, ずつだ, は善く, は柔かく

▼ すると平岡~ (5, 0.0%)

2 はすぐ, は実業界 1 も手真似

▼ すると彼奴~ (5, 0.0%)

1 が己, はかね, は正直, は気, は真

▼ すると我々~ (5, 0.0%)

1 があんなに, のやすむ, の考へ, は曾, は熊本

▼ すると我我~ (5, 0.0%)

2 の自己欺瞞, も創痍 1 の目

▼ すると昨日~ (5, 0.0%)

1 から始めた, の乞食, も晝, 現われたという, 見た蒼

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 の人達 1 の子供ら, の老人たち, の者

▼ すると校長~ (5, 0.0%)

1 がいきなり, と話し, はもう一度, も, をご

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 が幾何 1 が乳, が著しく, は如何にも

▼ すると泥棒~ (5, 0.0%)

2 は外 1 がソッ, がソツ, の方

▼ すると為朝~ (5, 0.0%)

1 に打ち従えられた, のため, はあざ笑っ, はおそれ, は笑っ

▼ すると~ (5, 0.0%)

3 の家々 1 の人, の人々

▼ すると病人~ (5, 0.0%)

1 が悲鳴, が葡萄糖, が言う, はまだすやすや, は二

▼ すると百姓~ (5, 0.0%)

1 が, がやおら, はそれに, は態度, は田

▼ すると皇帝~ (5, 0.0%)

21 はすぐ, はその, は私

▼ すると~ (5, 0.0%)

1 になった, に翅音, の上, の鴉, は無論

▼ すると空中~ (5, 0.0%)

3 にざあっと雨 1 にざあつと雨, の声

▼ すると素子~ (5, 0.0%)

1 がかすれ, が幾分, が閃く, はいつたい, は伸子

▼ すると給仕~ (5, 0.0%)

2 はてかてか 1 が待っ, の女, は火夫

▼ すると船頭~ (5, 0.0%)

2 は通り矢 1 が一人, が何, は良寛さん

▼ すると良人~ (5, 0.0%)

1 はひどく, は例, は思慮, は私, は逞

▼ すると葛岡~ (5, 0.0%)

1 はど, はもう, はわたくし, は世にも, は何気ない

▼ すると~ (5, 0.0%)

1 がすぐ, がたくさん, が飛び散ります, の帯, の方

▼ すると~ (5, 0.0%)

1 に櫺子窓, の壁, の戸, をがらがら, 格子で

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 ひながら 1 ひ出し, ふ事ぢ, ふ語

▼ すると記代子~ (5, 0.0%)

1 がさえぎっ, の目, はいつも, はその, は放

▼ すると貴様~ (5, 0.0%)

1 の再, はなん, は昨日どこ, は涙, は虫

▼ すると~ (5, 0.0%)

1 のほう, はひどく, はまたまた, はまだ, は非常

▼ すると返事~ (5, 0.0%)

3 があっ 1 が参りました, をした

▼ すると~ (5, 0.0%)

1 かにおばさん, かに彼, かに眼, かに頭上, に成

▼ すると隣り~ (5, 0.0%)

1 に腰, の家, の深井, の親切, の部屋

▼ すると~ (5, 0.0%)

2 の又 1 が下, が来, を引

▼ すると~ (5, 0.0%)

3 は蛍 1 がはたして, は螢

▼ するとあすこ~ (4, 0.0%)

4 にいま笛

▼ するといつか僕~ (4, 0.0%)

2 の影, の目

▼ するとおじさん~ (4, 0.0%)

1 は, はあの, はまだ, より先

▼ するとおとうさん~ (4, 0.0%)

2 はまた 1 が, はこんな

▼ するとお前達~ (4, 0.0%)

1 が困るだらう, は一人, は親方, は銭儲け

▼ するとお婆さん~ (4, 0.0%)

1 がねあの, が微笑, はうしろ, は俄

▼ するとお客~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が目, は手, は飛鳥

▼ するとお寺~ (4, 0.0%)

1 の中, の内儀, の坊さん, の大門

▼ するとこいつ~ (4, 0.0%)

1 がたいへん, はとても, は妙, も香木

▼ するとこちら~ (4, 0.0%)

1 のテーブル, の追分, はいきなりがばと, は自分

▼ するとそち~ (4, 0.0%)

1 の心入れ, の見越し, はなかなか, は数馬

▼ するとたぬき~ (4, 0.0%)

1 のおばあさん, は, はその, も負けない

▼ するとほんとう~ (4, 0.0%)

2 にその 1 にそこら, の仮面

▼ するとまあ~ (4, 0.0%)

1 ただ御, 体の, 大体あの, 結局どう

▼ するとまア~ (4, 0.0%)

1 どうで, ピストルは, 一人前に, 私が

▼ するとわし~ (4, 0.0%)

1 の方, は, はドイツ, は人

▼ するとわれわれ~ (4, 0.0%)

1 はいっさい, は今, は東京, 笑ったもの

▼ するとアラジン~ (4, 0.0%)

4

▼ するとドア~ (4, 0.0%)

2 に鍵 1 がスウッ, には錠

▼ するとナオミ~ (4, 0.0%)

1 は, はその, はむッ, は好い

▼ するとメルキオル~ (4, 0.0%)

1 が媚びへつらいの声, はうまい, は彼, は金

▼ するとラクシャン~ (4, 0.0%)

2 の第, 第四子

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 しよに, と月, は名詞, ぽうから

▼ すると一本~ (4, 0.0%)

2 のくるみ 1 の卷煙草, の徳利

▼ すると一番~ (4, 0.0%)

1 しまいの, ちいさな子, 憤ったの, 酔って

▼ すると一週間~ (4, 0.0%)

2 ばかりし 1 ばかりたっ, ばかり過ぎた

▼ すると三日目~ (4, 0.0%)

1 に葉子, に雨宮紅庵, の午ごろ, の日暮方婆ア

▼ すると丸木~ (4, 0.0%)

1 はふてぶてしく, はぶるぶる, はむっと, は手

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 はもう, はクリティシズム, は他人ごと, れを

▼ すると住職~ (4, 0.0%)

1 は, は云った, は心もち顔, は指

▼ すると佐太郎~ (4, 0.0%)

1 が, はいきなり, はにわかに, は袖

▼ すると何者~ (4, 0.0%)

1 かがバタバタ, かが確か, がこんな, にも追跡

▼ すると使~ (4, 0.0%)

1 のもの, の人, の者, ひ殘

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 は少し, は押し黙り, は説明, は顔色一つ

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 がやっ 1 が怒り出した, のお父さん

▼ すると全く~ (4, 0.0%)

1 の叛乱, 思いがけなく彼, 思いがけなく鬢, 魚なし

▼ すると凡太郎~ (4, 0.0%)

2 の相場, はしまいに

▼ すると助手~ (4, 0.0%)

1 が鉛筆, は小さな, は彼女, は解剖台

▼ すると勘次~ (4, 0.0%)

1 は, は力, は家, は擔

▼ すると医師~ (4, 0.0%)

1 の仔猫連, の右手, は屍体, は鋸

▼ すると千代子~ (4, 0.0%)

1 の濃い, はやっぱり, は一種変, は大事そう

▼ すると右門~ (4, 0.0%)

1 がうそうそ, はいよいよ, は即座, は気色ばみ

▼ すると呂布~ (4, 0.0%)

1 は何, は勃然, は大声, は急

▼ すると商人~ (4, 0.0%)

1 はそれ, はまた, は困った, は笑い出した

▼ すると問題~ (4, 0.0%)

1 の燐寸, の物質, は二つ, は益々

▼ すると嘉六~ (4, 0.0%)

1 ははっ, はわたくし, は笑っ, は解せない

▼ すると四郎~ (4, 0.0%)

2 が決心 1 の答, は

▼ すると国民~ (4, 0.0%)

2 は泣い 1 という大, はそういう

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 を積んだ 1 がガラガラ, は地下戦車

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 が, の中, はだんだん, は鍵

▼ すると夕方~ (4, 0.0%)

3 になっ 1 になつて

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 計代は 1 緒子も, 計代が

▼ すると夜中~ (4, 0.0%)

1 になっ, に神, に糞, の一時頃

▼ すると大井~ (4, 0.0%)

1 はプログラム, は俊助, は内懐, は卓子越し

▼ すると大勢~ (4, 0.0%)

2 の客 1 がまた, の人

▼ すると女将~ (4, 0.0%)

1 の言葉, はいきなり, はすぐ, は怖

▼ すると子路~ (4, 0.0%)

2 がいった 1 があわれむ, がはた

▼ すると官兵衛~ (4, 0.0%)

2 はからから 1 はその, は杯

▼ すると家内~ (4, 0.0%)

1 はそれ, は別に, は澄まし返っ, は言下

▼ すると寺尾~ (4, 0.0%)

2 はいや, は真面目

▼ すると小使~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が部屋, は法螺貝, は自分

▼ すると小屋~ (4, 0.0%)

1 から人, のなか, の中, は轟然

▼ すると小田さん~ (4, 0.0%)

1 の部下, は, はにっこり, は初めてにっこり

▼ すると少佐~ (4, 0.0%)

1 は, はジープ, は急, も同じく

▼ すると少将~ (4, 0.0%)

1 の妻, の機嫌, はにやりと, は蒼い

▼ すると山姥~ (4, 0.0%)

1 が追っかけ, が追っつい, はまた, は疑い深

▼ すると岡田~ (4, 0.0%)

21 が藪, は高

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 に着きました, のふち, の水, はむっくり

▼ すると巡査~ (4, 0.0%)

1 がね, が來, が金庫, は笑っ

▼ すると幸い~ (4, 0.0%)

1 だれも, にもその, にも主税, 当時若年寄を

▼ すると座敷~ (4, 0.0%)

1 から美禰子, で, のうち, の中

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 いたこと 1 くでは, くべし俄然

▼ すると愕ろ~ (4, 0.0%)

4 いたこと

▼ すると慶次郎~ (4, 0.0%)

2 はまるで, も顔

▼ すると戸外~ (4, 0.0%)

2 の雨 1 の其音, の老人

▼ すると提督~ (4, 0.0%)

1 はなに, は失心, は安心, は私

▼ すると支那人~ (4, 0.0%)

21 の博士, はむき

▼ すると教授~ (4, 0.0%)

1 はこんな, は一層, は不機嫌, は顔

▼ すると文吉~ (4, 0.0%)

1 はそれ, は擽った, は面白い, もお

▼ すると早く~ (4, 0.0%)

2 も役人 1 もその, も彼

▼ すると昨夜~ (4, 0.0%)

1 の發作, の花, の記憶, 見たあの

▼ すると更に~ (4, 0.0%)

1 その声, 僕を, 強い抵抗, 激しい怒り

▼ すると最前~ (4, 0.0%)

1 からそれ, から伽藍, から溜まっ, から聞き入っ

▼ すると最後~ (4, 0.0%)

1 にある, に取りあげた, に教会, まで黙っ

▼ すると~ (4, 0.0%)

3 のじ 1 に相違

▼ すると此処~ (4, 0.0%)

1 にもバクテリヤ, はあっし一人, はもうどうせ, を四時

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 がすう, の利いた, の弱い, の所為

▼ すると汽車~ (4, 0.0%)

1 がトンネル, と云, は堤, や電車

▼ すると泰さん~ (4, 0.0%)

1 は熱心, は落着き払っ, は面憎い, もその後

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 が急 1 の熱, の球

▼ すると火星人~ (4, 0.0%)

1 が自分たち, の首, はいつそこ, は踊り

▼ すると熊城君~ (4, 0.0%)

1 こうして今, この場合鐘楼, その脳組織侵害法, のルキーン説

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 が, がもう, はいいました, は木

▼ すると猿沢~ (4, 0.0%)

1 はにやりと, は急, は戸, も手

▼ すると玄関~ (4, 0.0%)

2 の方 1 で, に車

▼ すると理助~ (4, 0.0%)

2 は歩き, は笑っ

▼ すると男女~ (4, 0.0%)

2 の客 1 の学生たち, の笑ひさ

▼ すると白衣~ (4, 0.0%)

2 の男 1 の助手, の妙

▼ すると真佐子~ (4, 0.0%)

2 は漂渺 1 は無口, は相手

▼ すると神さま~ (4, 0.0%)

1 からはこの, はかんしゃくをおおこしになって, はたいそう, は大

▼ すると私達~ (4, 0.0%)

1 の車室, はもう, は私達, もいつか

▼ すると結局~ (4, 0.0%)

1 かういふ事, かねて, どうなる, どんなこと

▼ すると老女~ (4, 0.0%)

1 はこれ, は二足三足, は仮面, は頷き

▼ すると背後~ (4, 0.0%)

1 でわ, で大, で扉, の中門

▼ すると自動車~ (4, 0.0%)

1 が玄関, はそのまま, はたちまち勢いよく, は途端

▼ すると自転車~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, に乗った, に乗つ, に乗つた

▼ すると船長~ (4, 0.0%)

31 は笑い出した

▼ すると良秀~ (4, 0.0%)

2 は畏, は畏まつ

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 殿様は 1 奴も, 日子の

▼ すると虔十~ (4, 0.0%)

2 のお父さん, の兄さん

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 がだんだん, が刺しません, の群, も

▼ すると親父~ (4, 0.0%)

2 は悦ぶ 1 は妙, も負け

▼ すると親爺~ (4, 0.0%)

1 が首, は, は一寸顔, も主婦

▼ すると警部~ (4, 0.0%)

1 が怪訝, の曰く, の目, は遮切る

▼ すると赤彦君~ (4, 0.0%)

31 は辛うじて

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 が早く, の上, の揺れる, は引き返し

▼ すると辰夫~ (4, 0.0%)

2 は此等私, は粛然

▼ すると~ (4, 0.0%)

2 は急 1 はいや, は更に

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 わるく石塊, 悪くきのう役人, 悪くその, 悪くまた

▼ すると遥か~ (4, 0.0%)

1 の奥, の川上, の行手, の霧

▼ すると野々宮君~ (4, 0.0%)

21 はもう, は少し

▼ すると野呂~ (4, 0.0%)

1 はそう, は口, は困り果てたらしく, は少し

▼ すると門番~ (4, 0.0%)

1 がい, がいった, が敲く, は綱

▼ すると阿賀妻~ (4, 0.0%)

1 の気持, はそれ, は目尻, は立ちどまった

▼ すると電車~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の回数券, を下り

▼ すると~ (4, 0.0%)

1 からは血, に深く, の皺, はない

▼ すると高氏~ (4, 0.0%)

1 のお, は不快, は弟, もすぐ

▼ すると~ (4, 0.0%)

4 と青じろ

▼ するとあちら~ (3, 0.0%)

1 でもこちら, でもポア, の方

▼ するとあっち~ (3, 0.0%)

2 でもこっち 1 からもこっち

▼ するとあなた方~ (3, 0.0%)

1 が仕事, は何, は東京

▼ するといったい~ (3, 0.0%)

1 だれの, どういう方法, どういう種類

▼ するといよいよ~ (3, 0.0%)

1 ウララ夫人という, 男は, 私は

▼ するといろいろ~ (3, 0.0%)

1 と腑, のこと, の説

▼ するとうち~ (3, 0.0%)

1 のなか, の宿六, の鬼瓦

▼ するとおく~ (3, 0.0%)

1 からこども, がたが, がたは

▼ するとおじいさん~ (3, 0.0%)

1 が顔, は木の実, は顔

▼ するとおまえ~ (3, 0.0%)

1 の体, の悪筆, は箱

▼ するとお前さん~ (3, 0.0%)

1 はあの, はその, は近頃

▼ するとこういう~ (3, 0.0%)

1 保守的な, 噂を, 排列に

▼ するとここら~ (3, 0.0%)

1 だね, の空気, は天智天皇

▼ するとこっち~ (3, 0.0%)

1 では四人, のほう, の思惑通りジョンめ親父

▼ するとこんな~ (3, 0.0%)

1 ところに, 恰好の, 所に

▼ するとさだ子~ (3, 0.0%)

1 は君, は意外, は隣室

▼ するとしばらくたって~ (3, 0.0%)

2 から年老 1 から年

▼ するとずいぶん~ (3, 0.0%)

1 いいよ, 先の, 古い家がら

▼ するとそこで~ (3, 0.0%)

1 スパルミエント大佐の, 新八郎, 紙くずが

▼ するとたま~ (3, 0.0%)

1 とたま, には良い, の性質

▼ するとだんだん~ (3, 0.0%)

1 夜にも, 時が, 気が

▼ するとちょうど~ (3, 0.0%)

1 そのとき, 真中辺だ, 隧道に

▼ するとつづい~ (3, 0.0%)

1 てその同じ, て塔, て足

▼ するとどうしても~ (3, 0.0%)

1 ここの, この長い, 先生に

▼ するとなぜ~ (3, 0.0%)

1 か, だらう, 話さないの

▼ するとなる~ (3, 0.0%)

1 とジャイランダス, と今度, ほどと感心

▼ すると~ (3, 0.0%)

3 はりと

▼ するとふたり~ (3, 0.0%)

1 のインド人, の視線, の青年店員

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 づ一足でも, づ記憶に, の悪い

▼ するとむこう~ (3, 0.0%)

1 の闇, も危, 岸に

▼ するとやがて~ (3, 0.0%)

1 そこへ, 猫いらずは, 鉄砲撃ち

▼ するとドクトル~ (3, 0.0%)

1 の情婦, はひどく, は平気

▼ するとバツグ~ (3, 0.0%)

1 はどう, はのけぞつた, は恐れ入つた

▼ するとベラン氏~ (3, 0.0%)

1 が躍りあがった, の手, はその

▼ するとボイ~ (3, 0.0%)

1 がまた, はまた, も気の毒

▼ するとマネージャー~ (3, 0.0%)

1 がしびれ, が心配, が苦い

▼ すると一つ~ (3, 0.0%)

1 が, の可能, の怪物

▼ すると一ヶ月~ (3, 0.0%)

1 の賃金, ほどし, ほど前

▼ すると一日~ (3, 0.0%)

1 その袁譚, にどの, 動かずにおったもの

▼ すると一月~ (3, 0.0%)

1 た, ばかりたつ, 程し

▼ すると一緒~ (3, 0.0%)

2 にいた 1 についてきた

▼ すると一軒~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の絵双紙屋

▼ すると一郎~ (3, 0.0%)

1 は, はびっくり, は木

▼ すると三浦~ (3, 0.0%)

1 はしばらく, は例, も盃

▼ すると上さん~ (3, 0.0%)

1 が, がまた, のいふ

▼ すると下僕~ (3, 0.0%)

1 が, は, は非常

▼ すると下男~ (3, 0.0%)

1 が, が答えた, の猪

▼ すると不幸~ (3, 0.0%)

1 だと, なこと, にし

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の頬, 脇に, 袖の

▼ すると両方~ (3, 0.0%)

2 の鼻 1 へどこ

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が阿波, は傍ら, 翁が

▼ すると事務長~ (3, 0.0%)

1 の八木稔, はぴくり, は電気

▼ すると二三日~ (3, 0.0%)

1 たって, たつてから, で痂

▼ すると二日目~ (3, 0.0%)

1 に一つ, に途中, のこと

▼ すると二番目~ (3, 0.0%)

2 の兄さん 1

▼ すると云つて~ (3, 0.0%)

1 も知, よい, 居りながら

▼ すると五助~ (3, 0.0%)

1 はかるく, は一言, は目

▼ すると五右衛門~ (3, 0.0%)

1 のこと, はカラカラ, もその

▼ すると井伏君~ (3, 0.0%)

1 は急, は路, もしかた

▼ すると亭主~ (3, 0.0%)

1 の方, はさすが, もやっと少し

▼ すると人形~ (3, 0.0%)

1 が叫んだ, はその, は大きな

▼ すると人間~ (3, 0.0%)

1 という動物, は呼吸, は薄情

▼ すると今年~ (3, 0.0%)

2 の一月 1 で何

▼ すると仲間~ (3, 0.0%)

1 に出会った, の水兵, は彼

▼ すると伝声管~ (3, 0.0%)

1 からまた, のなか, は二本

▼ すると伯母さん~ (3, 0.0%)

1 は, はよく, は心得

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が神経質, は眉毛, は自分

▼ すると何故~ (3, 0.0%)

1 さっき自棄起した, ともなく, 自首しなかつた

▼ すると何時~ (3, 0.0%)

1 か母, か火鉢, か見たい

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が最近, の傍, は必ず

▼ すると俊三~ (3, 0.0%)

21 はちょこちょこ

▼ すると偶然~ (3, 0.0%)

1 にも千代子, の結果, 向うから

▼ すると元気~ (3, 0.0%)

1 で正直, のよ, よく走

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 と物質, の縞, を喪った

▼ すると入口~ (3, 0.0%)

1 に細君, の方, の鍵

▼ すると公子~ (3, 0.0%)

2 が言った 1 が笑っ

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の一人, は足もと, をあつめ

▼ すると兵士~ (3, 0.0%)

1 はなかなか, はわれ先, は受刑者

▼ すると兵隊~ (3, 0.0%)

1 のシモン, の耳, は黙っ

▼ すると兵馬~ (3, 0.0%)

1 は一歩, は覆面, も振り返っ

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が段々, 暗い書割, 赤い色

▼ すると再び~ (3, 0.0%)

1 ガストが, ヒステリーの, 揚幕から

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 てきた, て来る, て行きかけた

▼ すると初め~ (3, 0.0%)

1 の声, の覆面, はひどく

▼ すると前方~ (3, 0.0%)

1 から一列, が真昼, の声

▼ すると勝手~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の上り口

▼ すると十日~ (3, 0.0%)

1 ばかりたっ, ばかり立っ, もたたない

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 三郎は, 九郎笑い出し, 刻もか

▼ すると半兵衛~ (3, 0.0%)

1 の閑居, の静か, は

▼ すると反対~ (3, 0.0%)

2 の側 1 の方

▼ すると叔母さん~ (3, 0.0%)

1 はあなた, は例, は僕

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 には出さね 1 入宿

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 のない, の上, の後

▼ すると右手~ (3, 0.0%)

1 にちょっとした, の細い, の絵馬堂

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が云, のその, は跣足

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 圏内で, 樣であります, 程度に

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 は, はある, はますます

▼ すると土民~ (3, 0.0%)

2 は口 1 の子

▼ すると地球~ (3, 0.0%)

1 の上, の姿, は空っぽ

▼ すると坊主~ (3, 0.0%)

1 が今本郷, の奴, はぐっしょり

▼ すると城介~ (3, 0.0%)

1 のやった, はしゅんと, はそれ

▼ すると執事~ (3, 0.0%)

1 はなお, はほっと, は言いました

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が明けた, の女王, の明けがた頃

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 にお告げ, の中, を見

▼ すると大使~ (3, 0.0%)

2 の奥様 1

▼ すると大将~ (3, 0.0%)

1 の首, の鬼, 大喜び

▼ すると大月~ (3, 0.0%)

1 はそれ, は笑い, は静か

▼ すると大沢~ (3, 0.0%)

1 が言った, は今度, は恭一

▼ すると大神~ (3, 0.0%)

1 はその, はまもなく, は手

▼ すると大臣~ (3, 0.0%)

1 が徐ろ, は, は眉

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 に向つた, の助, の穹窿

▼ すると太郎~ (3, 0.0%)

1 は可愛い, は狼狽, は眼

▼ すると太陽~ (3, 0.0%)

1 が云, の輻射熱, もまた

▼ すると奇体~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 にも彼

▼ すると奇妙~ (3, 0.0%)

1 なこと, なもの, な可笑し

▼ すると奇怪~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 な不安

▼ すると妻君~ (3, 0.0%)

1 がいきなり, が御, は少し

▼ すると妻木君~ (3, 0.0%)

1 はあと二つ, は眼鏡, は私

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 にとって赤沢, の心, の母

▼ すると子ども~ (3, 0.0%)

1 はおとなしく, は顔, も立ちどまっ

▼ すると子供ら~ (3, 0.0%)

2 はその 1 は怖

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の鸚鵡, は, はにやりと

▼ すると安斉先生~ (3, 0.0%)

1 がお, は, は涙

▼ すると宗助~ (3, 0.0%)

1 がいつ, は肱, よりも気分

▼ すると尊氏~ (3, 0.0%)

21 は初めて

▼ すると小母さん~ (3, 0.0%)

1 が何もかも, は, は昨夜

▼ すると左右~ (3, 0.0%)

1 からいずれ, に立った, を鎖す

▼ すると左門~ (3, 0.0%)

1 はその, は民弥, も笑った

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の跡目, もお前, も今晩

▼ すると帽子~ (3, 0.0%)

1 のこと, の廂, は頭

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 の切れ目 1 になる

▼ すると平八~ (3, 0.0%)

1 は声, は苦笑, は頷いた

▼ すると広田先生~ (3, 0.0%)

21 がまた

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 にはうすぐろい, の灯, の爺さん

▼ すると当然~ (3, 0.0%)

1 その竜舌蘭, その首尾, 水銀の

▼ すると役人~ (3, 0.0%)

2 は二人 1 が依然として

▼ すると忽ち~ (3, 0.0%)

1 どこからとも, 彼女は, 怖ろ

▼ すると思いがけない~ (3, 0.0%)

1 三沢の, 二階の, 場所の

▼ すると思いがけなく~ (3, 0.0%)

1 ソーダ, 事務員風の, 彼女の

▼ すると怪塔王~ (3, 0.0%)

1 の腰, は又, は逃げた

▼ すると患者~ (3, 0.0%)

1 はせめて, はたちまち, は首

▼ すると悪者~ (3, 0.0%)

1 ははやく, はやって来, は愛子

▼ すると意地~ (3, 0.0%)

1 がきたない, の悪い, 悪く強く掻き

▼ すると憂鬱~ (3, 0.0%)

2 な気持 1 に黙っ

▼ すると憚り~ (3, 0.0%)

3 もなく

▼ すると所長~ (3, 0.0%)

1 はまだ, は一枚, は私

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 ッつけられた, ッ斬る, 悄れ

▼ すると拙者~ (3, 0.0%)

1 が怪しい, についてあれ, は左

▼ すると政府~ (3, 0.0%)

1 から棺, のスポークスマン, の方

▼ すると斜酣~ (3, 0.0%)

1 は二分, は蛇, は蜂

▼ すると方々~ (3, 0.0%)

1 でも菓子袋, の王さま, の部屋

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が暮れ, に二度, に焼けた

▼ すると旦那様~ (3, 0.0%)

1 の御, はあそこ, はお

▼ すると明方~ (3, 0.0%)

1 の天空, まだ日, 未だ日

▼ すると明智探偵~ (3, 0.0%)

1 はいす, はにっこり, は名刺

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 は又, は古く, は如何

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の中

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が笑っ, は急, は飄然

▼ すると李白~ (3, 0.0%)

1 が後, が笑い, は声

▼ すると来年~ (3, 0.0%)

1 の元旦, はもう, は次郎さん

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の浮根, はプツ, は立ち

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の中, の木々, はそれだけ

▼ すると案外~ (3, 0.0%)

1 にもすぐ, にも岸様, 上等だった

▼ すると検事~ (3, 0.0%)

1 がひき, がまた, はにやにや

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の上, の下, の間

▼ すると機械~ (3, 0.0%)

1 で組立て, の方, の活動

▼ すると正午~ (3, 0.0%)

1 だわね, のちょっと, のサイレン

▼ すると此家~ (3, 0.0%)

1 には殺されなす, の中, の何處

▼ すると此春~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 になっ

▼ すると死体~ (3, 0.0%)

2 はどう 1 の謎

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 んど 1 その途端

▼ すると残り~ (3, 0.0%)

1 の一回, の連中, は六人

▼ すると毎日~ (3, 0.0%)

1 その時分, のやう, 決まったよう

▼ すると氏郷~ (3, 0.0%)

1 は一寸, は物, は警告

▼ すると水銀~ (3, 0.0%)

1 がみんな蒸発, がみんな蒸發, の表面張力

▼ すると浪人~ (3, 0.0%)

1 はつけあがり, は微笑, は自身

▼ すると火事~ (3, 0.0%)

1 ではござりませぬ, で金庫, のあつ

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 が二つ 1 ともし頃

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 批判な, 暗に現実, 極氏は

▼ すると牛若~ (3, 0.0%)

1 は, はとうに, は叱られる

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 の十間, 干に, 干台

▼ すると玄也~ (3, 0.0%)

1 がお茶, は急, も立ち上つ

▼ すると王女~ (3, 0.0%)

1 は, はしばらく, は間もなく

▼ すると王様~ (3, 0.0%)

1 はお, は俺, は暫く

▼ すると甚内~ (3, 0.0%)

1 の申します, は不平顔, は云わない

▼ すると田口~ (3, 0.0%)

1 の主人, の玄関, は案外

▼ すると由子~ (3, 0.0%)

1 の沈黙, の瞳, はそれ

▼ すると番頭~ (3, 0.0%)

1 が変, の林三郎どん, はほう

▼ すると病院~ (3, 0.0%)

1 で書い, の監守, へ行く

▼ すると皇后~ (3, 0.0%)

1 は, はその, もたいそう

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 きに, 傍に, 須永と

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 からそこ, 事が, 闇な

▼ すると矢張誰~ (3, 0.0%)

3 にも書け

▼ すると確か~ (3, 0.0%)

1 にあの, にその, に彼奴

▼ すると祖母~ (3, 0.0%)

1 が赤い, は誰, を始め

▼ すると祖母さん~ (3, 0.0%)

21 が出

▼ すると神様~ (3, 0.0%)

1 の傑作, は喋り出した, は私

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 がうまい 1 は蜘蛛

▼ すると続い~ (3, 0.0%)

1 てお姫様, て伊勢備中守, て向う

▼ すると~ (3, 0.0%)

3 江は

▼ すると縁側~ (3, 0.0%)

1 で文鳥, の日なた, の障子

▼ すると美佐子~ (3, 0.0%)

1 はすぐ, は泊まっ, は顔

▼ すると美禰子~ (3, 0.0%)

1 が聞いた, はなお, は石

▼ すると翌朝~ (3, 0.0%)

1 いざ立ち, その高瀬, はまた

▼ すると老爺~ (3, 0.0%)

1 はこの, は何ん, も惶

▼ すると耕介~ (3, 0.0%)

1 があなた, はさも, は他

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が流れ, の列, はようやく

▼ すると花嫁~ (3, 0.0%)

1 のすぐ, の随行者, は今晩

▼ すると若旦那~ (3, 0.0%)

2 はあの 1 の甲子太郎

▼ すると若林博士~ (3, 0.0%)

1 もちょうど, も満足げ, も籐椅子

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 がひっそり, のしまっ, の陰

▼ すると詩人~ (3, 0.0%)

1 は砂, は笑, は顔

▼ すると諸君~ (3, 0.0%)

1 どうした, の主人, の仲間

▼ すると赤シャツ~ (3, 0.0%)

1 がまた, はそれ, は山嵐

▼ すると足音~ (3, 0.0%)

1 がすぐ, に比例, は聴

▼ すると路地~ (3, 0.0%)

2 のど 1 のうち

▼ すると路易~ (3, 0.0%)

1 はさも, は以前, は夢中

▼ すると近く~ (3, 0.0%)

1 でくすくす, に四ツ目屋, の人々

▼ すると速水~ (3, 0.0%)

1 は今, は床, は怒った

▼ すると造酒~ (3, 0.0%)

1 はうなずい, はまた, はニヤリ

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 三の, 二郎の, 武が

▼ すると銀之丞~ (3, 0.0%)

1 は吹き出し, は頷ずい, は顔

▼ すると錢形~ (3, 0.0%)

3 の親分

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 年月の, 沮が, 裃で

▼ すると長塚君~ (3, 0.0%)

2 は池邊君 1 は池辺君

▼ すると長老~ (3, 0.0%)

2 は僕 1 は深く

▼ すると長者~ (3, 0.0%)

1 はうなずいた, はこの, はまた

▼ すると階下~ (3, 0.0%)

1 から, から給仕, の大

▼ すると障子~ (3, 0.0%)

1 には部屋, のはまった, を明けた

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 で粘土, の間, はこう

▼ すると電話~ (3, 0.0%)

1 に出, のある, の声

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 緑色の 1 扇は

▼ すると青木~ (3, 0.0%)

1 の立場, はいつの間にか, もいよいよ

▼ すると青眼先生~ (3, 0.0%)

1 はどう, は女王, は間もなく

▼ すると青空~ (3, 0.0%)

2 は無限 1 が自分

▼ すると静か~ (3, 0.0%)

1 な足音, な野, に石

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 も無く

▼ すると飛行機~ (3, 0.0%)

1 づきの, は猛烈, は翼

▼ すると馬田~ (3, 0.0%)

1 が, はこの, はわし

▼ すると馬車~ (3, 0.0%)

1 はいつ, はまた, は突然

▼ すると高い~ (3, 0.0%)

1 所で, 柿の木の, 石の

▼ すると魔女~ (3, 0.0%)

1 がほら, が恐ろしい, はこの

▼ すると~ (3, 0.0%)

1 が芝草, はまた, は鳩

▼ すると鸚鵡~ (3, 0.0%)

1 は, は体, は氣

▼ すると麻川氏~ (3, 0.0%)

21 の顔

▼ すると黄奎~ (3, 0.0%)

1 はその, は大いに, は驚いた

▼ すると~ (3, 0.0%)

2 の奥 1 の形

▼ すると龍馬~ (3, 0.0%)

1 がさ, が出, はプイ

▼ するとあさ子~ (2, 0.0%)

1 がことば巧み, が出

▼ するとあちこち~ (2, 0.0%)

1 から, から溜息

▼ するとあなた様~ (2, 0.0%)

1 の奥様, はおっしゃいましょう

▼ するとあるじ~ (2, 0.0%)

1 の坊さん, はまた

▼ するとあんなに~ (2, 0.0%)

2 元気に

▼ するといつか道~ (2, 0.0%)

1 を間違, を間違え

▼ するといつの間にか~ (2, 0.0%)

1 どっかで, 空二は

▼ するといろんな~ (2, 0.0%)

1 お化, 時の

▼ するとおっかさん~ (2, 0.0%)

1 のねずみ, はもう

▼ するとおどろいた~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことは

▼ するとおばさん~ (2, 0.0%)

1 が優しく, は悲し

▼ するとお前たち~ (2, 0.0%)

1 が心静か, はたがい

▼ するとお姫さま~ (2, 0.0%)

1 は, も悲しく

▼ するとお松~ (2, 0.0%)

1 という十六, は何

▼ するとお母様~ (2, 0.0%)

1 が笑つて云, はすこしも

▼ するとお父さんたち~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ するとお爺さん~ (2, 0.0%)

1 は何やら, は満足

▼ するとかよ~ (2, 0.0%)

1 は, は立っ

▼ するとから~ (2, 0.0%)

1 だは, だ中

▼ するとかん子~ (2, 0.0%)

2

▼ するときのこ~ (2, 0.0%)

2

▼ するとこう~ (2, 0.0%)

1 ですね, 全身の

▼ するとこの間~ (2, 0.0%)

1 に女中, もちょっと

▼ するとさしづめ~ (2, 0.0%)

1 君も, 自分の

▼ するとしま~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, はむっと

▼ するとしまいに~ (2, 0.0%)

1 はまた, 彼は

▼ するとすべて~ (2, 0.0%)

1 のもの, の亡者たち

▼ するとする~ (2, 0.0%)

1 とどう, と早苗さん

▼ するとすゞちやん~ (2, 0.0%)

1 の黒い, はかご

▼ するとそいつ~ (2, 0.0%)

1 はみんな, は急

▼ するとその間~ (2, 0.0%)

1 あのおかしな, に立っ

▼ するとそれから~ (2, 0.0%)

1 ものの, 君は

▼ するとそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の兵隊さん, 他の

▼ するとそれら~ (2, 0.0%)

1 の一枚, の一点

▼ するとそんな~ (2, 0.0%)

1 時春子おばさんの, 男にでも

▼ するとただ~ (2, 0.0%)

1 科学的精神, 親切ずくで

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 ん, 初江は

▼ するとだしぬけ~ (2, 0.0%)

1 に, に時計

▼ するとだれ~ (2, 0.0%)

1 かつえ, へきい

▼ するとちやう~ (2, 0.0%)

1 どそこ, どそれ

▼ するとちやん~ (2, 0.0%)

1 が怒つた, と画

▼ するとちよ~ (2, 0.0%)

1 つと舌打, つと苦し

▼ するとなおさら~ (2, 0.0%)

2 主人は

▼ するとなか~ (2, 0.0%)

1 からは肺臓, みは

▼ するとなかなか~ (2, 0.0%)

1 もどって, 放さない

▼ するとなるほど~ (2, 0.0%)

1 刈り取り生え, 登に

▼ するとねえ~ (2, 0.0%)

1 向こうの, 本所北割下水に

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 ぢを, ょいとかれはほかのえだにとびついてしまった

▼ するとひよめ~ (2, 0.0%)

1 はやはり, は頭

▼ するとほん~ (2, 0.0%)

2 たうに

▼ するとぼく~ (2, 0.0%)

1 が, やトオサン

▼ するとまず~ (2, 0.0%)

1 今の, 標準は

▼ するとまたし~ (2, 0.0%)

1 てもまひ, ても虚弱

▼ するとまったく~ (2, 0.0%)

1 の出合, 完全な

▼ するともしや~ (2, 0.0%)

1 姉が, 父が

▼ するとやつぱり~ (2, 0.0%)

1 この別荘, この惡臭

▼ するとらくだ~ (2, 0.0%)

1 が驚い, に似た

▼ するとりす~ (2, 0.0%)

2 は木

▼ するとわが~ (2, 0.0%)

1 マルモ探検隊の, 偉大なる

▼ するとアサリ女史~ (2, 0.0%)

1 が鸚鵡, はいっこう

▼ するとアダ~ (2, 0.0%)

1 がくすくす, はレデイ

▼ するとアルカージイ~ (2, 0.0%)

1 は, は御前

▼ するとイワンデミトリチ~ (2, 0.0%)

1 はその, は其度毎

▼ するとオリヴィエ~ (2, 0.0%)

1 とクリストフ, はびっくり

▼ するとオレ~ (2, 0.0%)

1 がここ, のスパナー

▼ するとオースチン師~ (2, 0.0%)

1 は意外, は雪

▼ するとオートバイ~ (2, 0.0%)

1 で乗りつけ, は僕

▼ するとカン蛙~ (2, 0.0%)

2 の載った

▼ するとキミ子~ (2, 0.0%)

1 の目, は彼

▼ するとクルリ~ (2, 0.0%)

1 と弓之助, と身

▼ するとゲエル~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ するとゲルダ~ (2, 0.0%)

1 は前, は泣きだしました

▼ するとコトエ~ (2, 0.0%)

1 ははじめて, やミサ子

▼ するとゴーリキイ~ (2, 0.0%)

2 は真面目

▼ するとジヨバンニ~ (2, 0.0%)

1 はいきなり, もなんだか

▼ するとスミ枝~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, はとんとん

▼ するとセロ~ (2, 0.0%)

2 の独奏

▼ するとタガメ~ (2, 0.0%)

1 は, は手

▼ するとダシコフ~ (2, 0.0%)

1 は再び, は悪意

▼ するとダンチョン~ (2, 0.0%)

1 が叫び, も云う

▼ するとトニオ・クレエゲル~ (2, 0.0%)

1 が進み出, はすっかり

▼ するとトビアス~ (2, 0.0%)

1 は賞め, は黒い

▼ するとトン公~ (2, 0.0%)

1 は得意そう, は近寄っ

▼ するとニキタ~ (2, 0.0%)

2 が躍

▼ するとハンス~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は庭戸

▼ するとバウン~ (2, 0.0%)

1 が答えました, もすぐ

▼ するとバッグ~ (2, 0.0%)

1 はどう, は恐れいった

▼ するとパッ~ (2, 0.0%)

1 と視界, チリ二つに

▼ するとピカ一~ (2, 0.0%)

1 がさえぎっ, が口

▼ するとピストル~ (2, 0.0%)

1 の音, を持っ

▼ するとフランス~ (2, 0.0%)

1 においてもある, の風船代表

▼ するとブロンドー~ (2, 0.0%)

2 の奴

▼ するとホテル~ (2, 0.0%)

1 にでも居る, の人

▼ するとボーイ~ (2, 0.0%)

1 が扉, は

▼ するとマカール~ (2, 0.0%)

1 はた, は笑つて

▼ するとマクシム~ (2, 0.0%)

1 はあっち, はアクリーナ

▼ するとマタン~ (2, 0.0%)

1 の耳, の頭

▼ するとマリユス~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は彼女

▼ するとマリ子~ (2, 0.0%)

1 という女, はその

▼ するとミーロ~ (2, 0.0%)

1 の仲間, はとうとう

▼ するとモウ心~ (2, 0.0%)

1 にも身体, にも身體

▼ するとラップ~ (2, 0.0%)

1 はこの, ばかりで

▼ するとラツプ~ (2, 0.0%)

1 はこの, ばかりで

▼ するとラマ~ (2, 0.0%)

1 はいろいろ, は右

▼ するとランゲナウ人~ (2, 0.0%)

1 は半ば, は物悲しく

▼ するとリーズ~ (2, 0.0%)

1 が父親, はほとんど

▼ するとレエン・コオト~ (2, 0.0%)

2 を着た

▼ するとレヴェズ~ (2, 0.0%)

1 は三叉箭, は困憊

▼ するとロカール氏~ (2, 0.0%)

1 はまず, は嫌疑者たち

▼ すると一さん~ (2, 0.0%)

1 は大事, へは上げられません

▼ すると一分~ (2, 0.0%)

1 もたたない, 立つか

▼ すると一匹~ (2, 0.0%)

1 の小, の蠅

▼ すると一名~ (2, 0.0%)

1 すぐ起っ, の老

▼ すると一存坊~ (2, 0.0%)

1 の脅かし, は何ん

▼ すると一室~ (2, 0.0%)

1 に籠つて, に赤い

▼ すると一度~ (2, 0.0%)

1 にこの, に山羊

▼ すると一座~ (2, 0.0%)

1 が急, の者

▼ すると一時~ (2, 0.0%)

1 にどっと, に向う岸

▼ すると一木~ (2, 0.0%)

1 が, が正造

▼ すると一枝~ (2, 0.0%)

1 が抗議, はあざわらっ

▼ すると一艘~ (2, 0.0%)

1 のモーターボート, の蒙

▼ すると一陣~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ すると一隅~ (2, 0.0%)

1 から黙れ, に侍女たち

▼ すると一馬~ (2, 0.0%)

1 がいささか, がふと

▼ すると万太郎~ (2, 0.0%)

1 はまた, らしい声

▼ すると丈助~ (2, 0.0%)

1 と申す, は屋敷

▼ すると三千代~ (2, 0.0%)

2 の口元

▼ すると三尺~ (2, 0.0%)

1 の開口, ばかり前

▼ すると三度~ (2, 0.0%)

1 か四度目, とも八ツ

▼ すると三方~ (2, 0.0%)

1 からバラバラ, の軍勢

▼ すると三月~ (2, 0.0%)

1 の場合, ばかり經つてひよ

▼ すると三毛~ (2, 0.0%)

1 は, はもう一度

▼ すると三番目~ (2, 0.0%)

1 に私, の駕籠

▼ すると三馬~ (2, 0.0%)

1 がいま, はこんな

▼ すると上人~ (2, 0.0%)

2 は頷い

▼ すると下座~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 図娘の, 愛想を

▼ すると与吉~ (2, 0.0%)

1 が例, はやっぱり

▼ すると丑松~ (2, 0.0%)

1 は地面, は自分

▼ すると世界中~ (2, 0.0%)

1 が彼, の芋

▼ すると中央~ (2, 0.0%)

1 のテーブル, の画壇

▼ すると中尉~ (2, 0.0%)

1 の朧げ, は

▼ すると丸窓~ (2, 0.0%)

2 の他

▼ すると丸髷~ (2, 0.0%)

1 の女, の美しい

▼ すると丹泉~ (2, 0.0%)

2 は莞爾

▼ すると主任~ (2, 0.0%)

1 が, がすかさず

▼ すると主婦さん~ (2, 0.0%)

1 と人相, は

▼ すると久米~ (2, 0.0%)

1 も腹, 之丞

▼ すると乙女~ (2, 0.0%)

1 は今, は泣く

▼ すると九月~ (2, 0.0%)

1 になり, の末ごろ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はこの, はもうとても

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 によったら吊, の次第

▼ すると二三人~ (2, 0.0%)

1 の侍女, の者

▼ すると二十三日~ (2, 0.0%)

1 に未亡人, の夜

▼ すると二十面相~ (2, 0.0%)

1 はうそ, はふてぶてしく

▼ すると二度目~ (2, 0.0%)

1 の早馬, の駆

▼ すると二月~ (2, 0.0%)

1 から二三四, の末

▼ すると二葉亭~ (2, 0.0%)

2 は眼

▼ すると五日目~ (2, 0.0%)

1 の土曜, の日暮方

▼ すると五郎~ (2, 0.0%)

1 は呪術, は酒

▼ すると井上~ (2, 0.0%)

1 がうしろ, という男

▼ すると人民~ (2, 0.0%)

1 が王, はもう

▼ すると今度はず~ (2, 0.0%)

2 うっと

▼ すると今朝~ (2, 0.0%)

1 の新聞, はここ

▼ すると他殺~ (2, 0.0%)

1 だという, の疑い

▼ すると仙台~ (2, 0.0%)

1 に高尾, の者

▼ すると代官様~ (2, 0.0%)

1 と家来たち, の一行

▼ すると以前~ (2, 0.0%)

1 の悪, は馬鹿

▼ すると伊豆~ (2, 0.0%)

2 はふい

▼ すると会社~ (2, 0.0%)

1 の男, は職工

▼ すると会社員~ (2, 0.0%)

2 らしい男

▼ すると伯父~ (2, 0.0%)

1 は其間私, は返事

▼ すると低い~ (2, 0.0%)

2 松の

▼ すると住居~ (2, 0.0%)

1 の方, まで大巻さん

▼ すると佐渡屋~ (2, 0.0%)

2 の家督

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が段々, の内

▼ すると何で~ (2, 0.0%)

2 ございますか

▼ すると何事~ (2, 0.0%)

1 かそこで, も話

▼ すると何年~ (2, 0.0%)

1 かの間学校生活, か前

▼ すると何處~ (2, 0.0%)

2 からともなく

▼ すると余程~ (2, 0.0%)

1 古い国, 楽だつた

▼ すると俊ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が喜ぶ, は

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 に申す

▼ すると信一~ (2, 0.0%)

1 は図, は本物

▼ すると信之~ (2, 0.0%)

1 は土, は日に日に

▼ すると偉大~ (2, 0.0%)

2 なる神秘主義者

▼ すると健策~ (2, 0.0%)

1 はその, もそれ

▼ すると偶然顔~ (2, 0.0%)

2 を合せた

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の後光

▼ すると僕たち~ (2, 0.0%)

1 どうすれ, は

▼ すると僕ら~ (2, 0.0%)

1 はのらくら, を驚かせた

▼ すると僕等~ (2, 0.0%)

1 が逃げ出す, を驚かせた

▼ すると元木武夫~ (2, 0.0%)

1 はくわっと, は堰

▼ すると光子さん~ (2, 0.0%)

2

▼ すると八日目~ (2, 0.0%)

1 になっ, の朝

▼ すると八時~ (2, 0.0%)

1 から始めた, 過ぎて

▼ すると八段目左端~ (2, 0.0%)

2 も1

▼ すると六年生~ (2, 0.0%)

2 の一郎

▼ すると兵曹長~ (2, 0.0%)

1 は大尉, は頭

▼ すると其奴~ (2, 0.0%)

1 が俺, は怒った

▼ すると其時夕刊~ (2, 0.0%)

2 の紙面

▼ すると内側~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, の者

▼ すると写真~ (2, 0.0%)

1 がすんで, が三

▼ すると冬子~ (2, 0.0%)

1 が同じ, の蔭

▼ すると凡て~ (2, 0.0%)

1 が何とも, の頭

▼ すると刑事~ (2, 0.0%)

1 は一枚, は蝙蝠

▼ すると初日~ (2, 0.0%)

1 からもう, の幕

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 な機械, の水兵

▼ すると利休~ (2, 0.0%)

1 はますます, は哄然

▼ すると利家~ (2, 0.0%)

1 はやにわに, は好意

▼ すると前面~ (2, 0.0%)

1 からりんりん, の西国街道

▼ すると割合~ (2, 0.0%)

1 に晴々, に晴れやか

▼ すると劉備~ (2, 0.0%)

1 の母, はより

▼ すると加十~ (2, 0.0%)

1 はいま田村町, はここ

▼ すると勇斎~ (2, 0.0%)

2

▼ すると勝負~ (2, 0.0%)

1 の上, は僕

▼ すると化物~ (2, 0.0%)

1 はど, は皆

▼ すると北沢~ (2, 0.0%)

1 はその, は無意識

▼ すると十一日~ (2, 0.0%)

1 になっ, には予

▼ すると十歳~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ すると午前~ (2, 0.0%)

2 ほどには人通り

▼ すると半兵衛重治~ (2, 0.0%)

1 はすこし, はつらつら

▼ すると半平~ (2, 0.0%)

1 が又, の冷たい

▼ すると卜伝~ (2, 0.0%)

1 は二膝, も手

▼ すると原口さん~ (2, 0.0%)

1 は無造作, は続き

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 つて増長する, つて足が

▼ すると受付~ (2, 0.0%)

1 とかい, の巡査

▼ すると古典~ (2, 0.0%)

2 と呼ばれる

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 哀らしい, 怪しなことに

▼ すると台所~ (2, 0.0%)

1 の方, の板の間

▼ すると右馬~ (2, 0.0%)

1 之丞樣, 之丞殿

▼ すると司馬徽~ (2, 0.0%)

1 は顔, もわれ

▼ すると吉さん~ (2, 0.0%)

2

▼ すると吉次~ (2, 0.0%)

1 は一本足, も安心

▼ すると周作~ (2, 0.0%)

1 は莞爾, は頷いた

▼ すると周囲~ (2, 0.0%)

1 にひそひそ, の草

▼ すると周子~ (2, 0.0%)

1 はウツ, は得意

▼ すると周瑜~ (2, 0.0%)

1 はきっと, は瞼

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が抜ける, と芸術

▼ すると味瓜畑~ (2, 0.0%)

2 の両端

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 と乾ききった, のない

▼ すると喜び~ (2, 0.0%)

1 で胸, のひらめきが

▼ すると喧嘩~ (2, 0.0%)

2 のやり方

▼ すると嘉助~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, が突然

▼ すると囚人~ (2, 0.0%)

1 はしずしず, は一人

▼ すると四日~ (2, 0.0%)

1 というの, ばかりし

▼ すると四月四日~ (2, 0.0%)

1 のこと, の衝突

▼ すると地面~ (2, 0.0%)

1 と坑道の, の下

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 つちやん

▼ すると坊ちゃん~ (2, 0.0%)

1 だね, を誘拐

▼ すると堺屋~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の中, へあがる

▼ すると塩田先生~ (2, 0.0%)

1 が電話口, は何

▼ すると増さん~ (2, 0.0%)

1 はいっとき眼, はえ

▼ すると壮年~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ すると夜中裏木戸~ (2, 0.0%)

2 からは入れない

▼ すると夜分~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ すると夢酔~ (2, 0.0%)

1 が答え, はその

▼ すると大夫~ (2, 0.0%)

1 の季康子, の言葉

▼ すると大学生~ (2, 0.0%)

1 がやう, は荷物

▼ すると大山~ (2, 0.0%)

1 はまた, も立ちどまっ

▼ すると大月大佐~ (2, 0.0%)

1 はぬっと, は少年

▼ すると大河~ (2, 0.0%)

1 が言った, はまた

▼ すると大王~ (2, 0.0%)

1 は, はまがった

▼ すると大阪~ (2, 0.0%)

1 では吉右衛門, へ降り

▼ すると天井~ (2, 0.0%)

1 からす, から鍋

▼ すると天和堂~ (2, 0.0%)

1 のお, の奥さん

▼ すると天幕~ (2, 0.0%)

1 がば, の中

▼ すると天野~ (2, 0.0%)

1 がじろり, が静か

▼ すると女給~ (2, 0.0%)

1 の顔, も富子

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 気に, 運にも

▼ すると妖女~ (2, 0.0%)

1 のお, はこちら

▼ すると始め~ (2, 0.0%)

1 の文字, は極

▼ すると姐さん~ (2, 0.0%)

1 はお, は尚

▼ すると娘さん~ (2, 0.0%)

1 の身, はすぐ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はまた, は益々

▼ すると嬰寧~ (2, 0.0%)

1 がいった, はむせび泣き

▼ すると学問~ (2, 0.0%)

1 だな, のある

▼ すると学校~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ すると学生~ (2, 0.0%)

1 は, はばか

▼ すると孫策~ (2, 0.0%)

1 が, は

▼ すると學生~ (2, 0.0%)

1 は, は答

▼ すると宇受女命~ (2, 0.0%)

1 は, は怒っ

▼ すると宇野さん~ (2, 0.0%)

1 の頭, は駒

▼ すると安藤巡査~ (2, 0.0%)

1 は, は昂然

▼ すると安雄さん~ (2, 0.0%)

2 が小さい

▼ すると宗七~ (2, 0.0%)

1 はもうすっかり, は何

▼ すると実験~ (2, 0.0%)

1 という規定, は産業

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の中央, の光線

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 に私, に顏

▼ すると家々~ (2, 0.0%)

1 から店, ではかね

▼ すると宿~ (2, 0.0%)

1 の女, へ二百円

▼ すると宿主~ (2, 0.0%)

1 が五時半頃, の珊瑚虫

▼ すると宿屋~ (2, 0.0%)

1 で断られ, の主人

▼ すると富子~ (2, 0.0%)

1 が大声, は清人

▼ すると富田六段~ (2, 0.0%)

1 はひょいと, は背中

▼ すると寝台~ (2, 0.0%)

1 も一人, を並べ

▼ すると小児~ (2, 0.0%)

1 は, は言う

▼ すると小笠原~ (2, 0.0%)

1 は, はしずか

▼ すると小間使~ (2, 0.0%)

1 が出, は伸び

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 は先夜, は微動

▼ すると尼さん~ (2, 0.0%)

1 の持つ, の有

▼ すると山崎~ (2, 0.0%)

1 の上, の神主

▼ すると山猫博士~ (2, 0.0%)

1 が立ちあがりました, はいきなり

▼ すると山男~ (2, 0.0%)

1 は, は面倒臭

▼ すると山陰~ (2, 0.0%)

2 の藪

▼ すると川内警部~ (2, 0.0%)

1 がやってき, ははっ

▼ すると工場~ (2, 0.0%)

1 の中, の歸

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の手, の方

▼ すると左伝次~ (2, 0.0%)

1 はヒョイ, は苦笑い

▼ すると左膳~ (2, 0.0%)

1 は得意, は手

▼ すると帆村君~ (2, 0.0%)

1 はその, は紅子

▼ すると帰り~ (2, 0.0%)

1 に雨, はその

▼ すると平二~ (2, 0.0%)

2 も少し

▼ すると平次~ (2, 0.0%)

1 はこちら, はだまつ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 とった牧師さま, を取

▼ すると年増~ (2, 0.0%)

1 の一人, の女中

▼ すると年老~ (2, 0.0%)

1 った声, った女

▼ すると幽霊~ (2, 0.0%)

1 が宙乗り, はその

▼ すると幾らか~ (2, 0.0%)

1 お気が, 気の

▼ すると広い~ (2, 0.0%)

1 原の, 牧場の

▼ すると広田さん~ (2, 0.0%)

1 が, もようやく

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の一部, の上

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 から温かく, に女

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 には宇野浩二君, に居た

▼ すると弾丸~ (2, 0.0%)

1 は客, は高く高く

▼ すると当人~ (2, 0.0%)

1 にあんた, の持っ

▼ すると彦兵衛~ (2, 0.0%)

1 は冗戯, は十日程以前

▼ すると彼女ら~ (2, 0.0%)

1 の心, はきまり

▼ すると彼女等~ (2, 0.0%)

1 はしきりに, は単に

▼ すると待っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が追って, は

▼ すると後妻~ (2, 0.0%)

1 の女, は右

▼ すると御免~ (2, 0.0%)

1 とも云はず, とも云わず

▼ すると御者~ (2, 0.0%)

1 はあわて, は右

▼ すると心臓~ (2, 0.0%)

1 がどきん, の苦し

▼ すると忠相~ (2, 0.0%)

1 はやにわにひとつかみ, は何

▼ すると怪人集団~ (2, 0.0%)

1 があの, がどんどん

▼ すると恋愛~ (2, 0.0%)

1 の讃美, は熱

▼ すると恐し~ (2, 0.0%)

1 い働き者, い苦痛

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 どそこ, ど其処

▼ すると悟空~ (2, 0.0%)

1 の心臓, は立処

▼ すると愚助~ (2, 0.0%)

1 は, は答

▼ すると慶四郎~ (2, 0.0%)

1 はつかつか, は一寸

▼ すると戦争~ (2, 0.0%)

1 のまだ, は戦争

▼ すると戸倉老人~ (2, 0.0%)

1 の心, は卒倒

▼ すると手前~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, も少し

▼ すると技師~ (2, 0.0%)

2 は黒光り

▼ すると折角~ (2, 0.0%)

1 の計画, の話

▼ すると拳銃~ (2, 0.0%)

1 か石火矢, の音

▼ すると指井~ (2, 0.0%)

1 が非常, は早速

▼ すると指先~ (2, 0.0%)

1 にザラザラ, に何

▼ すると按吉~ (2, 0.0%)

2 はうぬぼれる

▼ すると按摩~ (2, 0.0%)

1 が我, は意外

▼ すると挨拶~ (2, 0.0%)

1 しては, もせず

▼ すると捕手~ (2, 0.0%)

1 の方, は直ちに

▼ すると政子~ (2, 0.0%)

1 が, が久五郎

▼ すると敏子さま~ (2, 0.0%)

1 があれ, を芸者

▼ すると数馬~ (2, 0.0%)

1 はそち, も得心

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 は山城, も彼等

▼ すると文鳥~ (2, 0.0%)

1 が行水, は急

▼ すると新吉~ (2, 0.0%)

1 の血, は雷

▼ すると旨く~ (2, 0.0%)

1 中った形容, 泣きやむ

▼ すると昌作~ (2, 0.0%)

2 は忽ち

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がかう, が目

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 から新しい, が過ぎ

▼ すると昨年~ (2, 0.0%)

1 の十一月, の暮廿九日

▼ すると是等~ (2, 0.0%)

2 の元素

▼ すると昼間~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ すると時計~ (2, 0.0%)

1 が柱, はまた

▼ すると書物~ (2, 0.0%)

1 の内容, を投げ出し

▼ すると書生~ (2, 0.0%)

1 の一人, の徳吉さん

▼ すると曾根少佐~ (2, 0.0%)

1 がいかにも, がどなる

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 には四ポンド五志, の二十五日

▼ すると朝野~ (2, 0.0%)

1 は, は抑える

▼ すると木の下~ (2, 0.0%)

2 から他

▼ すると木の間~ (2, 0.0%)

1 から三人, をぬふて

▼ すると木曾~ (2, 0.0%)

1 はいかにも, は岩の上

▼ すると木樵~ (2, 0.0%)

2 はだんだんぐるっと

▼ すると木立~ (2, 0.0%)

1 の中, の稍

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 を改め, 月の

▼ すると本当~ (2, 0.0%)

1 の人間, の吸血鬼

▼ すると杉作~ (2, 0.0%)

2 はうしろ

▼ すると村中~ (2, 0.0%)

1 のアイヌ, の段取り

▼ すると村井~ (2, 0.0%)

1 が中館, は酷く

▼ すると村瀬~ (2, 0.0%)

1 は一寸, は太い

▼ すると東京~ (2, 0.0%)

1 が暖, はよい

▼ すると東山~ (2, 0.0%)

1 の方, の鬼瓦

▼ すると松吉~ (2, 0.0%)

2 はこんな

▼ すると枕もと~ (2, 0.0%)

1 からまだ, には依然として

▼ すると枕許~ (2, 0.0%)

1 に誰, のスタンド

▼ すると林太郎~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, もたまらなくさびしく

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 にいる, に辰吉

▼ すると枯草~ (2, 0.0%)

1 の中, はすぐ

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 の木大王

▼ すると柳沢~ (2, 0.0%)

1 と違う, は階下

▼ すると桀溺~ (2, 0.0%)

1 がいった, は急

▼ すると案内人~ (2, 0.0%)

1 がぴくんと肩, もここ

▼ すると梯子~ (2, 0.0%)

1 の上り口, を下り

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 とわれ, に並べ

▼ すると権助~ (2, 0.0%)

1 が答える, は不服そう

▼ すると横田~ (2, 0.0%)

2 が云う

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の向う, へ出た

▼ すると機械人間~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ すると次ぎ~ (2, 0.0%)

1 のが, の十字架

▼ すると次兄~ (2, 0.0%)

1 の声, は

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の形, の意味

▼ すると歌子~ (2, 0.0%)

1 の股間, の返事

▼ すると正成~ (2, 0.0%)

1 が, ははじめて

▼ すると正気~ (2, 0.0%)

1 で残るの, の間

▼ すると此時~ (2, 0.0%)

1 すぐ家, 忽ち室

▼ すると此木田~ (2, 0.0%)

2 が突然

▼ すると此處~ (2, 0.0%)

1 から, はあつし

▼ すると武兵衛~ (2, 0.0%)

1 が後, は驚き周章て

▼ すると武士~ (2, 0.0%)

1 についてゐた, は頭巾

▼ すると歩く~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 にも透る, の痛み

▼ すると死んだ~ (2, 0.0%)

1 のは, 筈の

▼ すると死刑~ (2, 0.0%)

1 になる, の執行者

▼ すると残る~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ すると段々~ (2, 0.0%)

1 あの角, 見物の

▼ すると殺された~ (2, 0.0%)

1 のは, 女の

▼ すると殿~ (2, 0.0%)

1 が仰せられた, にはどう

▼ すると殿下~ (2, 0.0%)

2

▼ すると殿様~ (2, 0.0%)

1 は, も

▼ すると毎朝~ (2, 0.0%)

2 の六時

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がもじゃもじゃ, が生え出す

▼ すると気候~ (2, 0.0%)

2 は恐しく

▼ すると永井~ (2, 0.0%)

1 は何やら, は立ち上がっ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の上, の面

▼ すると沢庵~ (2, 0.0%)

1 が, がまた

▼ すると河童~ (2, 0.0%)

2 は逃げ腰

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 のはねる, のやう

▼ すると法王~ (2, 0.0%)

1 の言われます, は其事

▼ すると法螺忠~ (2, 0.0%)

2 は後架

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が立ちます, 喰いながら

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はすこし, は高く

▼ すると津田~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, も微笑

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 べにはいつのまにか, べの敵影

▼ すると浜田~ (2, 0.0%)

1 は今度, は意外

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が荒れ, の遠く

▼ すると海螢~ (2, 0.0%)

1 の體, は臭

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が出, が溢れ

▼ すると深井~ (2, 0.0%)

1 が彼, が黒い

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 のなか, の向う岸

▼ すると清二~ (2, 0.0%)

2 は恰度

▼ すると湖水~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ すると源一~ (2, 0.0%)

1 は首, をよんだ

▼ すると源三~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は何

▼ すると漁師~ (2, 0.0%)

1 と彼, は鰍

▼ すると演奏~ (2, 0.0%)

1 が終っ, を求められ

▼ すると火夫~ (2, 0.0%)

2 はいきなり

▼ すると火星~ (2, 0.0%)

1 には大きい, までもとべる

▼ すると無数~ (2, 0.0%)

1 のお, の羽根蟻

▼ すると無色~ (2, 0.0%)

1 であつ, のエーテル

▼ すると焼夷弾~ (2, 0.0%)

1 がクラクラ, が上

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の高下, を起します

▼ すると熱い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 涙が

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 眼の, 頬に

▼ すると片山助役~ (2, 0.0%)

1 がこう, はその

▼ すると片方~ (2, 0.0%)

1 の蒲団, の貰

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はおこっ, はこれ

▼ すると犬神~ (2, 0.0%)

1 はぎゅっと, はまるで

▼ すると独仙君~ (2, 0.0%)

1 はああ, は例

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の遠, は急

▼ すると猩々~ (2, 0.0%)

1 が走っ, が閉ぢ籠め

▼ すると獅子~ (2, 0.0%)

1 はこんど, は安楽椅子

▼ すると玄徳~ (2, 0.0%)

1 は一時, も容

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の飾り, 依姫様

▼ すると王城~ (2, 0.0%)

2 を忍び出た

▼ すると現代~ (2, 0.0%)

1 の子供, の青年

▼ すると甚兵衛~ (2, 0.0%)

1 は一きわ声, もそれ

▼ すると甚吾~ (2, 0.0%)

1 のやつめ, は真

▼ すると甚太郎~ (2, 0.0%)

1 がこんな, はクスクス

▼ すると産婆~ (2, 0.0%)

1 が急, が身

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 は早く, もそれ

▼ すると田川~ (2, 0.0%)

1 の死骸, は

▼ すると田部井氏~ (2, 0.0%)

1 は意外, は私

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 のほう, は巻煙草

▼ すると甲板~ (2, 0.0%)

1 の大きく, は火花

▼ すると甲田~ (2, 0.0%)

2

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 と背中合せ, を描いた

▼ すると留守~ (2, 0.0%)

1 が下女一人, に黒鴨

▼ すると異教席~ (2, 0.0%)

1 からすぐ, はもう

▼ すると疑い~ (2, 0.0%)

1 が大きく, もない

▼ すると病気~ (2, 0.0%)

2 でないもの

▼ すると痴川~ (2, 0.0%)

2 もぼんやり

▼ すると白服~ (2, 0.0%)

2 を着た

▼ すると白粉~ (2, 0.0%)

1 が引い, の剥げた

▼ すると百位~ (2, 0.0%)

2 から千位

▼ すると百合子~ (2, 0.0%)

1 は不機嫌, は急

▼ すると皮肉~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ すると益々~ (2, 0.0%)

1 あが, お前が

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 には毎夜三更, の数字

▼ すると直義~ (2, 0.0%)

1 が横, は憤然

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 変らずお, 當な

▼ すると看守~ (2, 0.0%)

1 の奴等, は横

▼ すると看護人~ (2, 0.0%)

2 に伴

▼ すると真夏~ (2, 0.0%)

2 の太陽

▼ すると真犯人~ (2, 0.0%)

1 はこの, は玩具ピストル

▼ すると知識~ (2, 0.0%)

1 と視, のある

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の下, の方

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が洩る, は先刻

▼ すると磯五~ (2, 0.0%)

1 が縁切り状, はお

▼ すると礼子~ (2, 0.0%)

1 が言った, に生き生き

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 に歸つて, の薄田氏

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 が言った

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 から姜, の矢

▼ すると神さん~ (2, 0.0%)

1 が, は何

▼ すると神山東洋~ (2, 0.0%)

1 が, がうなずい

▼ すると福次郎~ (2, 0.0%)

1 が何, は隣県

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 には小さい, れには

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 上って, 停ツ

▼ すると立ちあがり~ (2, 0.0%)

2 つつある

▼ すると童子~ (2, 0.0%)

1 は笑い, もきょう

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 に居た, を切

▼ すると竹山~ (2, 0.0%)

2 は以後毎日東京

▼ すると笑い声~ (2, 0.0%)

1 の静まった, よりも坑夫

▼ すると笛辰~ (2, 0.0%)

2 は夕方

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 のなか, は花

▼ すると米主~ (2, 0.0%)

1 は振り返った, は揶揄的

▼ すると米粒~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ すると糸子~ (2, 0.0%)

1 がおどりあがっ, は煙

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 七八百名の, 六百円です

▼ すると紅矢~ (2, 0.0%)

1 はニコニコ, は不

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がぱっと, は下層

▼ すると紺三郎~ (2, 0.0%)

2 は尤も

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 にピッタリ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の目, は即座

▼ すると綾子~ (2, 0.0%)

1 は決然, も一度

▼ すると緑樹~ (2, 0.0%)

2 にとり囲まれた

▼ すると緑色~ (2, 0.0%)

1 が出る, の怪物たち

▼ すると署長さん~ (2, 0.0%)

1 がなんだか, は

▼ すると美少年~ (2, 0.0%)

2

▼ すると群衆~ (2, 0.0%)

1 の一人一人, はおどろい

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の顔, はうるさ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 る朝, 六日の

▼ すると耕助~ (2, 0.0%)

1 はうらめし, もおこっ

▼ すると聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ すると背中~ (2, 0.0%)

1 の籠, はまた

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が柳, の上

▼ すると艇長~ (2, 0.0%)

1 はその, はにやにや

▼ すると艦橋~ (2, 0.0%)

1 から大きな, の艦長

▼ すると艦長~ (2, 0.0%)

1 は, はおちついた

▼ すると芥川~ (2, 0.0%)

1 はこれ, はたちまち

▼ すると芭蕉~ (2, 0.0%)

1 の一生, は詩語

▼ すると花崎さん~ (2, 0.0%)

1 はじ, はモジャモジャ

▼ すると芳子~ (2, 0.0%)

1 が云った, はまた

▼ すると茉莉~ (2, 0.0%)

1 が京ちゃん, は急

▼ すると茶屋~ (2, 0.0%)

1 の姉さん, の裏山

▼ すると荻原~ (2, 0.0%)

1 はぐっと, は遠慮

▼ すると菅沼~ (2, 0.0%)

2 の卒業

▼ すると菊池~ (2, 0.0%)

1 は眉, は苦笑

▼ すると落ちた~ (2, 0.0%)

2 櫓の

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 のかげ, 之助

▼ すると葉子~ (2, 0.0%)

1 が三百万円, も行きかけ

▼ すると董卓~ (2, 0.0%)

1 ははったと, は色

▼ すると蓉子~ (2, 0.0%)

1 はこう, は床

▼ すると蔵海~ (2, 0.0%)

2 は晩成先生

▼ すると薄い~ (2, 0.0%)

2 足袋の

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はいつも, 之介

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 の音, は怒り

▼ すると蜂雀~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, は話しました

▼ すると蜻蛉~ (2, 0.0%)

1 の翼, の足

▼ すると蝶々~ (2, 0.0%)

1 のはう, は高く高く

▼ すると蝶々さん~ (2, 0.0%)

1 の伯父さん, はピンカートン

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はあざ笑っ, は口

▼ すると行者~ (2, 0.0%)

2 は尚も

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がふくらん, の口

▼ すると被告~ (2, 0.0%)

1 は暫く, は自分

▼ すると西山教頭~ (2, 0.0%)

1 が言った, はその

▼ すると西洋人~ (2, 0.0%)

1 は忽ち, は来ない

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 やう見まねで, 掛は

▼ すると見事~ (2, 0.0%)

2 に發光

▼ すると見物~ (2, 0.0%)

1 の一人, は尚

▼ すると見知らぬ~ (2, 0.0%)

1 子が, 男は

▼ すると規矩男~ (2, 0.0%)

1 はさっと, はぽかんと

▼ すると親分曲者~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ すると誠太郎~ (2, 0.0%)

2 は嬉し

▼ すると読み返せ~ (2, 0.0%)

2 ば読み返す

▼ すると誰か~ (2, 0.0%)

1 が戸, が跣

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 名士の, 葛瑾が

▼ すると諸井看護婦~ (2, 0.0%)

1 が意外, が水死人

▼ すると谷博士~ (2, 0.0%)

1 の研究所あと, は口

▼ すると谷間~ (2, 0.0%)

1 から一軍, から吹き上げる

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 は向う, は柵

▼ すると貞任~ (2, 0.0%)

1 も負けず, も逃げ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 官がたは, 客赤城の

▼ すると貴下~ (2, 0.0%)

1 は, は一体

▼ すると赤い~ (2, 0.0%)

1 玉が, 顔を

▼ すると赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 は嬉し, を背負つた少女

▼ すると赤井~ (2, 0.0%)

1 は, は何

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が間違った, の傍

▼ すると踊り子~ (2, 0.0%)

2 はすばやく

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 を震わし, 振いと共に

▼ すると身体~ (2, 0.0%)

1 がくたびれ, はぴんと

▼ すると車夫~ (2, 0.0%)

1 が呆れた, は十二銭

▼ すると軍事教育~ (2, 0.0%)

1 と言, と言う

▼ すると辰子~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は弄ん

▼ すると近所~ (2, 0.0%)

1 の人, の会社員

▼ すると迷亭~ (2, 0.0%)

1 の答え, は

▼ すると逸作~ (2, 0.0%)

1 は答えた, は腕組

▼ すると遅配~ (2, 0.0%)

2 だの飢餓

▼ すると遊んでる~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ すると運動場~ (2, 0.0%)

1 には小さな, のほう

▼ すると道ばた~ (2, 0.0%)

2 に女の子

▼ すると道具屋~ (2, 0.0%)

1 がまた, が来

▼ すると道士~ (2, 0.0%)

1 は言った, は鋤

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 かの行く手, か前方

▼ すると郡長~ (2, 0.0%)

2 は君

▼ すると酋長~ (2, 0.0%)

1 の夢枕, は身

▼ すると采女~ (2, 0.0%)

1 の領巾, は

▼ すると里子~ (2, 0.0%)

1 は平気, は狼狽

▼ すると野ねずみ~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, は何

▼ すると野鼠~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, はびっくり

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 は地, をハンド

▼ すると金三~ (2, 0.0%)

1 は, はしばらく

▼ すると金釘流~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 にはどこ, は折れ

▼ すると銀河~ (2, 0.0%)

1 というの, の形

▼ すると鋭敏~ (2, 0.0%)

2 な辰夫

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がそれ, 鳴器室

▼ すると長谷川君~ (2, 0.0%)

1 の場合, は梅君

▼ すると門口~ (2, 0.0%)

1 から, から背

▼ すると門外~ (2, 0.0%)

1 から返辞, にどかどか

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が外れ, を抜く

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の襖

▼ すると関羽~ (2, 0.0%)

1 は, は答え

▼ すると閣下~ (2, 0.0%)

1 はこう, は第

▼ すると閻魔大王~ (2, 0.0%)

1 は持っ, は持つ

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ すると阿呆~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれた, や悪党

▼ すると陳さん~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, は且つ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が出, は笑っ

▼ すると陽貨~ (2, 0.0%)

1 はいった, はここ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 にいた, に押しつけ

▼ すると隆夫~ (2, 0.0%)

1 はとつぜん, は大いに

▼ すると隣近所~ (2, 0.0%)

2 の人情

▼ すると~ (2, 0.0%)

2 の河童

▼ すると雨谷~ (2, 0.0%)

1 の方, はますます

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が降り出し, もぜい

▼ すると雪の下~ (2, 0.0%)

1 から, に埋もれ

▼ すると雪子姉さん~ (2, 0.0%)

1 はいったいどう, は四次元世界

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 が落ち, は大

▼ すると電灯~ (2, 0.0%)

1 がまた, を暗く

▼ すると靈媒~ (2, 0.0%)

1 が返事, に現

▼ すると青山さん~ (2, 0.0%)

1 がその, は戸外

▼ すると非常~ (2, 0.0%)

1 な勇気, に熱

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 ぬぐいの, の踵

▼ すると音無~ (2, 0.0%)

1 は, は生真面目

▼ すると頂上~ (2, 0.0%)

1 に敵, までの処

▼ すると順一~ (2, 0.0%)

2 のひとり

▼ すると須佐~ (2, 0.0%)

2 之男命

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 て人, と相手

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 に深い, のあたり

▼ すると頭上~ (2, 0.0%)

1 に天地, の霧

▼ すると頼光~ (2, 0.0%)

1 が, がいきなり

▼ すると驚くべき~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がピリツ, に好く

▼ すると高木~ (2, 0.0%)

1 は東京駅, は被っ

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 がざらざら, は若い

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 は思わず, は顔じゅう口

▼ すると魚たち~ (2, 0.0%)

1 の, は

▼ すると鳰鳥~ (2, 0.0%)

1 はどう, は頷いた

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 に屍体, の左大弁様

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 はさびし, ももう

▼ すると~ (2, 0.0%)

1 のほう, の人家

▼ すると黒塚氏~ (2, 0.0%)

1 は口元, は軽く

▼ すると黒川~ (2, 0.0%)

1 は, はちょっと

▼ すると黒服~ (2, 0.0%)

2 の役人

▼ するとM子さん~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, は何

▼1* [3717件]

するとまつ, するとああいう事件, するとああああこれも, するとあいつらにぺこぺこ, するとあいつ二言三言話して, するとあかりがはいっ, するとあくる二十八に, するとあくる日はまだ, するとあすの朝, するとあそこは, するとあたしの情人, するとあたりの調子, するとあたりまえなら弾丸, するとあっち側の直, するとあつちこつちの暗がり, するとあつしをつかまへ, するとあと二十四時間後には生きのこった, するとあと二日しかありません, するとあなたがたを後, するとあなた自身血書を撤回, するとあのお稲という, するとあの副司令を, するとあの大地震で, するとあの貸下宿の, するとあまい香料が, するとあまり仏蘭西語の, するとあまんじゃくがこわい, するとあや子は去年, するとあらふしぎ川上のからだ, するとあらゆる事柄は, するとある時倉持の座敷, するとあろう事か, するとあわてて降りる, するとあんなもんで, するとあんまの顔, するとあんまり一生懸命に, するといかほどですの, するといそがしい写象が, するといちばん年かさの子供, するといちばん年上の娘, するといっそうあぶねえもの, するといっぽうの急坂, するといつか僕等の前, するといつか天井からは火, するといつか妻がおふくろ, するといつか白ズボンの先, するといつか馬はぐるっと, するといつどこから出, するといづれは内閣, するといふ術のあり, するといふ風はなく, するといまのは, するといま僕達の立っ, するといま帆村の頸, するといま柳の間, するといやそんなこと, するとうっとりして, するとうつとりして, するとうつむいてはきもの, するとうまくゆけば, するとうめがとても, するとうらなり君は, するとうわさを言え, するとおいらも居候, するとおおぜい, するとおかあさんは驚いた, するとおかしなことに, するとおしまいに大空, するとおそらくゆうべの, するとおっかあ, するとおとといの辻猿楽, するとおどろくべし後方百メートルの, するとおなごどもはまだ, するとおばあさん家鴨が, するとおばけはふたたび, するとおば上からはご, するとおまへらは, するとおまえたちが飛び出し, するとおめおめと降伏, するとおやぢは, するとおやじが出, するとお仙が山瀬さん, するとお供の者, するとお前あれに行く, するとお前さまのおふくろさん, するとお前さん大将が私, するとお前さん達は小橋屋, するとお前何所へ行く, するとお前旦那を揉ん, するとお力は, するとお嬢様がこっ, するとお子さまはちゃんと, するとお客さんはそれ, するとお家の屋根, するとお昼ごろになっ, するとお昼近くなって, するとお正月が来, するとお母さまは, するとお腹の物, するとお茶を持つ, するとお袋なもん, するとお隣のおじいさん, するとお雪さんは何故か, するとへるとき, するとかあさんは悦, するとかう云ふ, するとかういふのも, するとかけた水が, するとかげろうは手, するとかげろふは手, するとかこは笑い出した, するとかごがいります, するとかしらが明智, するとかたわらの沢, するとかつおぶしが, するとかなたの花畑, するとかの音吐朗々たる, するとかみさんはそんな, するとかみなり様も, するとかもめはからす, するとかやも, するとからすはひどく, するとか細い黒犬が, するとちゃりと, するとがっくりとなり, するときいちやん曰, するときじが屋根, するときっとわきに, するときつと西山, するときつねはそれ, するときのうまでほん, するときゅうに大きく, するときょうの会議, するときりぎりすは申しました, するとくすりをつけなけれ, するとぐでりんは相変らず斜め, するとぐれて身, するとものかな, するとけさのこと, するとけっきょく闇, するとけつきよく三通, するとどき, するとこうした静かな, するとことによると, するとこないだあそこのとこ, するとこのおそるべき怪物という, するとこりゃ恐入りやした, するとこんど桑名のほう, するとこん度は意地, するとこッちの南京虫は, するとさあ大変です, するとささやかれた子は, するとさしあたりご用は, するとさすがは商売人, するとさっき彼が云った, するとさっき所長が機械人体, するとさっき望遠装置にうつった, するとさっき橋の上, するとさっき私たちの見た, するとさっそくおなかの, するとさつきと同じ, するとさつき凸凹な石疊, するとさつき自分がはひつ, するとさつき靴を見, するとさながら私達は, するとさよなきどりは, するとさらにその翌日, するとさんび歌の本, するとしかし夫人は, するとしくじらあ, するとしめた障子のむ, するとしんぞうは皇帝, するとぶんに, するとじきまた白い, するとーッと, するとすぐそうじゃない, するとすこしはうそ, するとぜにあふひや, するとそいつめいよいよ腹, するとそいつらは金, するとそう気もちに, するとそういうふしぎは, するとそちらの山の上, するとそっちから叫び声, するとその大きな人が, するとその後間もなう, するとその道は夢, するとその頃父のミルトン・ソムマース, するとそばへ一人, するとそもそもの間違い, するとそりゃなん, するとそれぎり死ぬ, するとそれぢや私, するとそれならそれで, するとそれなりすっと魔物は, するとそろそろ秋が, するとぞうきんの取り, するとたいの言う, するとたいてい彼らは, するとたいへんですよ, するとたくさんの子供, するとたちまちいったいずいぶんのさいづちあたまなのが, するとたちまちまるで彼の, するとたつの髪, するとたつたもう一つ質問, するとたれやらそれ, するとだらけ切った男の, するとちっちゃなお茶碗, するとちゃんと極めて上げるのに, するとちょうざめがううと一つうなりました, するとちょっと見は, するとちょっとした言葉から, するとつい死ぬふつ, するとつぎの朝, するとつつましく頭を, するとてぐす飼いの, するとてきた, するとほくから, するととうぶんお別れ, するととつぜん異様の, するととなりの部屋, するととにかく戸の, するとともだちは, するとともよは面倒臭, するととりこわしの人夫, するととり残されるかとり残されぬ, するととろりとろりと最後, するとどいつかワザワザ, するとどうしてあんなにめじろも, するとどうもすつかり異なる, するとどっからか男, するとどっちみちわれわれじゃあ, するとどなたが失踪, するとどよめきに沸き返り, するとなお笑って, するとなめくぢが, するとなめくじが云いました, するとなわばりの, するとなんだか急に, するとはかに, するとにがわらいを, するとにぎやかな灯火, するとにわかにいずこと, するとねエアンタ書生, するとつそり, するとはえはたちまち, するとはじめの人間, するとはるか彼方に, するとばあさんはきちがい, するとぱらりと大きく頁, するとひつそりした山麓, するとひとでが怒っ, するとひとりいちばんちいさい子, するとひとり評議の席, するとぴたつと鳥の群, するとふだんは如何にも, するとふと臺所へ, するとふわりとからだ, するとぷっぷくと音がでた, するとし折れること, するとへっついの, するとへびの媛, するとべつに秘密に, するとべつべつになるん, するとほたるは, するとほどなく主, するとほのぼのと浮かぶ, するとほらあなの, するとほりになつて, するとぼくたち四人は力, するとぼんやりした人, するとまう一つ我々の, するとまさ子は袂, するとまるで孔子の, するとまるでとても馴染みの, するとまるでガラリと問題, するとまわりのもの, するとづ江の, するとみごとなみかん, するとみそのが膝詰め, するとみつ子は不意, するとみなさんはわたし, するとみのりは不意, するとみよはふい, するとみるみる棒は, するとみんなおれも素人, するとみんな一生懸命グワッグワッと真似, するとみんな集つての相談, するとむしろここで, するとむすめは, するとむつは教會, するとむやみに女, するとむらさき色の雲, するともうむんむんと膿, するともうもうと火焔の, するともう二度とこの娑婆, するともう少しも飛び降りたい, するともう決してはなさないと, するともし殺されたもの, するともともと音楽好きな, するとものを考える, するともはや彼は, するとッぱりこれは, するとやす子は手早く, するとやたらに茨, するとやっぱりそうなん, するとやつと夕方近く, するとやつぱり其方に加勢, するとやつぱり大声でから, するとやつらは僕, するとやはり多少は考えた, するとやぶの中, するとやまは難, するとゆっくりと俥, するとようやくわかったこう, するとよくねえからな, するとよけい彼は, するとりゅう宮の三年, するとわが国には幽霊軍隊, するとわが輩も大, するとわきからミソッ歯, するとわきできいている, するとわずか六人の, するとわたしたちの後, するとわたし達のうしろ, するとわれわれ人間は蠅, するとわれわれ人類は, するとアイヌの酋長, するとアキ子が喜び, するとアグーの太守, するとアザミさんは彼, するとアシダ・グループとかヤミ成金グループ, するとアジスキはオレ, するとアタピン女史がキンキン, するとアッシャーは, するとアッサリ失敗した, するとアニサカンの向う, するとアニュータが伸子たち, するとアノ誰も彼, するとアプッと云っ, するとアプレゲールの政治家, するとアマーリアはきょう, するとアメリカ人はいっそ, するとアリクスさんは私, するとアリスチドの云, するとアレキサンダーは大変, するとアンソニー夫人の方, するとアンドレは実際, するとアンドロンが火繩銃, するとアーニャは父親, するとイエズスは, するとイギリス人は赤く, するとイソクソキは, するとイデンの蛇, するとイベットの代り, するとイワノフ博士はそれ, するとインドの高僧, するとインド洋からポートサイド, するとウツラウツラする, するとウラゴーゴルなどという怪物, するとエセックスは自分, するとエヂソンは先刻, するとエフ氏もまた, するとエミリアンはマント, するとエリーザはふと, するとエレーナがはしゃいだ, するとオコウちやんが横, するとオッカサンが忽ち, するとオナラも一しょ, するとオペラは南米, するとオロシャにはアイヌ, するとカイはまるで, するとカッと血, するとカピは, するとカメはねむたい, するとカモ七は, するとカランの言う, するとカルクシャイヤのおやじめ, するとカルクシヤイヤのおや, するとカルルはまるで, するとカン高い女, するとカンタイは孔子様, するとガウンはまっか, するとガン人はハイロ, するとキエフやガリシヤ, するとキキは彼, するとキャッという女, するとキャラ侯はかん, するとキュリー夫人が, するとキレイな川, するとキヱフの王さま, するとキーシュもゆっくり, するとギンネコ号は女王号, するとギーッという物音, するとクイーン・メリー号はどうしても, するとクスリと総髪, するとクラス会の夜, するとクラナガ及オガミの三者, するとクラバックは立ち上がる, するとクラバツクは立ち上る, するとクララは急, するとクリティシズムはそれ自身, するとクレオパトラは, するとグランテールはますますよく, するとケイの言つた事, するとゲンノショウコを袋, するとゲーレスは云つた, するとココミミ君は触角, するとコゼットは更に, するとコッペ先生は, するとコレットは涙, するとコレラ菌を知らない, するとコロリと斃, するとコンガラかすの, するとコンクリートがバラバラ, するとコンブフェールが次, するとコーツとなあ, するとゴイゴロフはひどく, するとゴカイがいなくなっ, するとゴソリゴソリの音, するとゴトリという音, するとゴムの蒲団, するとゴングは右手, するとサア・ロバアトは, するとサア二十日の期限, するとサイレンも鳴らない, するとサクラの佐々木, するとサチ子がやってき, するとサムは鞄, するとサヨはポロポロ, するとサラット先生が出, するとサーちゃんと眼, するとサーシャがいきなり, するとシエクスピイアだらうが, するとシモンの兵隊, するとシャボン玉がなく, するとシャリアピンは舞台, するとシュエスターが立っ, するとシュテフェンス氏はまた, するとシュピネル氏はき, するとシルヴァン・コーンはやさしい, するとシルヴァーが平手, するとシローテは頭, するとシーモノフはソヴェト, するとジェルテルスキーは例, するとジャックリーヌはもうどう, するとジャッコは彼, するとジャンとケン, するとジャーナリズムとは新聞雑誌界, するとジュネーヴじゅうが騒ぎだした, するとジユウルがそれ, するとジョンドレットはテーブル, するとジョーヌは聞き, するとジヨンソンはさも, するとスタールツェフはすっかり, するとスダレの向う, するとスッポリ填って, するとステパンが怒つ, するとストラルドブラグたちはしばらく, するとストルキオは, するとストーブを独占, するとスピードは充分五万キロ, するとスープがおいしく, するとセシルは溜息, するとセト物だか, するとセミョーンの他, するとセメント柱はやっと, するとセラダも今度, するとセラ寺の小僧, するとセリーヌはクリストフ, するとセルゲイが, するとゼ号は空中, するとソフィヤも叫び声, するとソローハが独り, するとソンキはちょこちょこ, するとタイムレコーダーは情容赦, するとタクマ少年は目, するとタラスのお, するとダイヤモンドはもう, するとダン艇長は, するとチェーホフは当惑そう, するとチタ教授は今, するとチベット人の妄信, するとチャックは大口, するとチヤツクは大口, するとチューブの娘, するとチョロはその, するとチンセイはぷいと, するとチンピラ動物はとたんに, するとツァ・ルンバ夫婦のいいます, するとツネ子がふきだし, するとツルガ博士は玉太郎, するとテねずみは紙切れ, するとテねずみはぶるるっと, するとテコでも動かない, するとテナルディエは言った, するとテル子は鋭く, するとテレビジョンはすぐさま, するとテントのなか, するとテーモも夏フロック, するとデニー博士はこの, するとデモは書かない, するとデュムーチエは火, するとデロレン祭文が出来る, するとトックはため息, するとトック君の自殺, するとトツクはため息, するとトツク君の自殺, するとトムさん何と思つたの, するとトライチケの主張, するとトラックは驚くべき, するとトレヴォは始終, するとトントンと二階, するとサリといふ, するとドイツ語の分らない, するとドサリと畳, するとドストエフスキーは又, するとドッと一つ血, するとドレゴがわ, するとドロボー君の様子, するとドン助は, するとドン助教授はただちに, するとナルシサスは黄, するとニューラはうしろ, するとニワツトリが私, するとヌケ道がなく, すると学生さんの, するとネッドがいった, するとネネムの頭, するとネルロは顔, するとネロが旅行中, するとネーチュンはその, するとノブ子がツ, するとノブ子さんは自分, するとノリ子さんの代り, するとノロちゃんはへん, するとハイロは首, するとハツと三太, するとハボンスのシャボン玉, するとバタンという音, するとバラバラと馬上, するとバルブレンはその, するとバーユー将軍はこんど, するとパリイにい, するとパンパンと兄弟分ぐらゐのチンピラ, するとパン屋は俺, するとパークスは慶喜, するとパージュとベルグヌー, するとパーヴェル・パーヴロヴィチはまったく, するとヒステリイもことに, するとヒスパニオーラ号は急速, するとヒトミさん次に樽, するとヒメはオレ, するとヒロシはぴつたりと身体, するとピアノはその, するとピイプザアムのほう, するとピエロがギヤン, するとピピーと口笛, するとピューッピューッというぶきみな笛鳴り, するとフィロセヌスは何, するとフィンランドの女, するとフイと飛ん, するとフェチニヤもでは, するとフェーディンが, するとフォン・コーレンが撃鉄, するとフックはもう, するとフラテは何, するとフランクはこの, するとフランケが青い, するとフリーダがおびやかす, するとブブンはとびあがった, するとブランは一寸, するとブルトーザーがやっと, するとブーゴン婆さんのでない, するとプッチーニはその, するとプラットは七時, するとプラットフォームの端, するとプーリはみる, するとヘルンは, するとヘンリイは額, するとベラン夫妻がくすくす, するとベルが鳴っ, するとベルリン劇場にかかっ, するとベルリン大学に居る, するとベンジンの臭い, するとペテロは急, するとペンダア君はわが, するとホエールが昂然, するとホモイのお父さん, するとホラブンのモチ竿, するとホワードがしかた, するとホーちやんがそれ, するとホーベスとロック, するとホームズは, するとボオイはかの, するとボクも飛鳥, するとボチヤン頭をイヤ, するとボックスの方, するとボンは喜ん, するとボートの漕げない, するとポオル・モオランの短篇集, するとポプラア倶楽部の芝生, するとポーデル博士は答えた, するとポーニンのやつ, するとマグロアールはまた, するとマタ・アリもランドルフ, するとマダムがスタンド, するとマダム・レムブルグは素早く太い, するとマチアは片手, するとマッグは椅子, するとマツグは椅子, するとマドレーヌ氏の足音, するとマニラへはだんだん, するとマネエジャアは話, するとマブーフ氏は花栽培, するとマユミも亦, するとマリはくす, するとマリちゃんは自分, するとマルで死人, するとマントオを着た, するとミカエラが小声, するとミチ子もそれ, するとミハエルの眼, するとミヤ子は多く, するとミンチン先生は初めてはっきり, するとミンデルニッケルはめちゃくちゃ, するとミンミン島の原地人たち, するとミーちゃんが, するとムッシュウ・ヤマカワはだいぶ, するとムルタックはその, するとメティエンヌ爺さんの番, するとメフィストフェレスはこの, するとメントール侯の音, するとモスクヴァつ児, するとモチを踏みつけた, するとモルジアナは落ちつい, するとモルモットはキュウキュウ, するとモンチヴィエーの馬商, するとモーティがすっかり, するとヤットいくらか打ちとけ, するとヤリウスという人, するとユウは三十二, するとユールマン氏は忽ち, するとヨットは急, するとヨハネス・ニーマントがこっち, するとヨーロッパのどこ, するとラケルがリエー, するとラシイヌは科学的, するとラジオは昨夜, するとラスコーリニコフは, するとラスネールは司法官, するとラツールも笑っ, するとラフカの女, するとラマルチン町の所, するとランプは目, するとリット少将から意, するとルウズ氏は頑強, するとルピック夫人は両, するとルポルタージュとルポルタージュ文学, するとルーサンはその, するとレアンデル博士がかなり, するとレオナさんはその, するとレデイが非常, するとレーダー手はブラウン管, するとレーニは弁護士, するとロザーロがだまっ, するとロダンの成長, するとロッセ氏はとつぜん, するとロッビイへ出る, するとロツビイへ出る, するとロープのはし, するとワウモウは孔子様, するとワシには金, するとワシレンコは姉さん, するとワトソンは, するとヴィタリス老人が軽く, すると一すじの白い, すると一つ家の前, すると一とこ窓が一分, すると一ばん上の男の子, すると一ぴきのとんぼ, すると一ノ関の耳, すると一ン二が二, すると一世紀頃には百二十艘許, すると一体婆さん自身は, すると一個所面白い場所, すると一億五千万円は夏川左近, すると一口にいえ, すると一同ゲタゲタ笑って, すると一同声を上げ, すると一団は俄, すると一堂の竹扉, すると一声笑うよう, すると一夜暗にまぎれ, すると一寸法師はさも, すると一尺四角ばかりのスクリーン, すると一層大声で, すると一年の殆, すると一度目が一月十三日, すると一心が通りまし, すると一族の薬師寺公義, すると一日一人の老, すると一日四・三七家族のうち, すると一日天気のいい, すると一日彼が閣外, すると一日桂が僕, すると一昨年の夏, すると一時半頃館林警察署長今鉄平, すると一時恢復したよう, すると一時間おきに鳴る, すると一晩泊てどいつも, すると一月半ばかり前, すると一本よけいになります, すると一条の鎖, すると一枚岩の上, すると一桁狂つたと云, すると一歩一歩と進む, すると一河の水, すると一生涯に作つた歌, すると一町ほど歩いた, すると一番奥の長屋, すると一番最後にペンペ, すると一番末席に妙, すると一瞬間のうち, すると一瞬間真っ暗になった, すると一種奇妙な気分, すると一端戻って, すると一箇所一間四方ぐらいその, すると一羽のかわいらしい, すると一般の科学主義工業, すると一色さん何のかの, すると一言もいわず, すると一軒隔いて, すると一造兄さんが穴, すると一週間目に箱丁, すると一道の電気, すると一部の人達, すると一間ばかり向う, すると一隊の人馬, すると一面に陣竹, すると一頁と読まない, すると一風宗匠代参の腰元, すると一首の意, すると一馬さんが海老塚さん, すると一騎むらがる城兵, すると一體誰が彌, すると丁度結局舟は, すると丁度一年程たっ, すると丁度下を通りかかった, すると七つに迫つた時, すると七八間のところ, すると七十五銭はま, すると七十郎が云った, すると七日も休んだ, すると七日目毎に盗られた, すると七郎の隣, すると七部集の監修, すると万事が旨い, すると万作は睡く, すると万年筆と手帳, すると万治は三年, すると万葉集における語, するとの戸, すると三ちゃんは滅相, すると三つの井戸, すると三ツ木は久能, すると三人目の角刈, すると三位卿はもう, すると三分ばかりし, すると三十もありました, すると三十八年に買, すると三十分ばかりの内, すると三千兩は何處, すると三千子が恋敵, すると三四回目の白洲, すると三四日経ったある, すると三圍前にお, すると三声目は泣き声, すると三好が居ず, すると三宅さんはその, すると三年前からあの, すると三年後に三倍, すると三年目の丁度嫁さん, すると三度目の記憶, すると三成はにこと, すると三日ばかりたつ, すると三時半から死体, すると三時半頃一台のジープ, すると三時間ばかりで, すると三枝が立っ, すると三枝子さんが手燭, すると三根夫はすっかり, すると三段目がそれ, すると三津五郎は苦笑, すると三浦さんは, すると三田村技手が押しかぶせる, すると三百年たてば, すると三行目から四行目, すると三谷氏はまだ, すると三軒ながら私, すると三重吉が, すると三高は候補者, すると上り口の障子, すると上り端に腰, すると上司氏はその, すると上坂の細君, すると上奏に及んだ, すると上役らしい警官, すると上様は, すると上機嫌で先棒, すると下女は立ち, すると下界は王子たち, すると不人情な惚れ方, すると不動様は何, すると不孝になります, すると不測の戦闘, すると不発もあった, すると与助は相手, すると与右衛門はかつて, するとの人間, すると世にも無残な, すると世界はパリー, すると世界中眼玉ばかりが横行, すると世界観に就い, すると世話して, すると世辭のい, すると世間いっさいと自分自身, すると両人ともずかずか, すると両足がすくん, すると中井が犯人, すると中学も応戦, すると中学校も案外, すると中川があわてた, すると中年の男, すると中座は御幣, すると中心から梅干, すると中戸川氏の小説, すると中村座の初日, すると中村警部が首, すると中毒物件は飲食物, すると中澤君が來, すると中程に摘み, すると中野は, すると中間の草むら, すると中高になった噴き, すると丸木さんはあの, すると丸薬は動物, すると丸辰は思いついた, すると丹下様は中村, すると丹下船長は, すると丹尾は鹿児島, すると丹後が, すると丹後弓彦と内海明, すると丹波先生はズボン, すると丹生川平から鉄砲, すると主事がこう, すると主人善右衞門を始め多助, すると主人竜太郎氏が片手, すると主婦は化粧, すると主将の八郎さん, すると主計官はもう一度, すると丼メシが恋しい, すると久しぶり空蝉のくだり, すると久保はそれ, すると久助君はひどく, すると久原老も, すると久太郎秀政もなお, すると久慈は突然, すると久我はその, すると久能は自分, すると乗合自動車だって電車, すると乗客の降り終る, すると乗数の十位, すると乘數の十位, すると九日の会, すると九月三日に五八, すると九月初旬になっ, すると九月十日に駒込白山前, すると九百三歳のあなた, すると乳母のお, すると乾葡萄など大分高価, すると了局に那奴, すると予審判事はそれ, すると予想通日本流の宿屋, すると予感というもの, すると争議やぶり, すると事ごとに周囲, すると事代主神は父, すると事務室の前, すると事業好きな彼, するとた晩, すると二つ長屋の事, すると二ばんめの弟さま, すると二ツ耳も亦, すると二三年の後, すると二三日後にその, すると二三日後彼から端書, すると二三歩遅れて, すると二三段足を運ぶ, すると二三町行った所, すると二三百人の連中, すると二二ンが四, すると二匹のネズミ, すると二十一日になっ, すると二十二三年経て, すると二十人ばかりの人, すると二十八日の朝, すると二十六いやこれ, すると二十日鼠はつぶっ, すると二千百六十米の小圏, すると二日の夜十二時頃, すると二日めの夜, すると二時間ちかい穴, すると二時頃になっ, すると二月十九日には妾, すると二本の鉄棒, すると二次元世界の生物, すると二段目がすぐ, すると二番バスには矢代夫人, すると二郎忠頼が, すると云つた方が好い, するとひの, すると五万円から十万円, すると五人組の連中, すると五六日たってから, すると五六町も行つた所, すると五兵衛どんは令夫人, すると五十人は屹度当選, すると五十男は急, すると五日目頃の夜中, すると五月の末, すると五歳になつ, すると井上先生が, すると井戸へ石, すると亜太郎の屍体, すると亜鉛の海鼠板, すると亡くなつた女房を, すると亡魂が返る, すると京助は首, すると京子はうつら, すると京子はさも待ち構えた, すると京都の北部, すると亮太郎はからから, すると人ちがいなの, すると人夫が, すると人形たちはさっそく, すると人殺しの下手人, すると人民たちは言いました, すると人皇何代かの後, すると人相の方, すると人造人間はきっと, すると人間以上の力, すると人間山は不忠, すると人類は人生, すると仁太は得意, すると今お会いなすったあの, すると今ごろは金吾さん, すると今しがただれか呼んだ, すると今にもあの女, すると今やつてゐる, すると今われわれの宇宙艇, すると今井は万事澄子, すると今僕の背後, すると今奇剣乾雲は左膳, すると今宵もやがて, すると今年還暦の江戸川君, すると今度はじょあんなおすみも足に踏んだ, すると今度春が戻っ, すると今日あかねの会合, すると今日おまえの足, すると今月になつて, すると今木君は例, すると今木戸博士は, すると今門の方, すると仏前に向っ, すると仏壇の間, すると仔狐達は, すると仕事が厭, すると仕舞には手, すると他人か知らん, すると他所の葡萄, すると他方がおなじ, すると付箋づきで, すると仙七はすでにちゃんと, すると仙吉はにやにや, すると代官が馬車, すると令嬢は不意, すると以南さんは気軽, すると仮面は鴨居, すると仰しゃって実に, すると仲弓がまた, するとの書生, すると伊三郎はこの, すると伊佐比宿禰はそれ, すると伊兵衛は居ません, すると伊勢守は, すると伊太郎が師匠, すると伊藤が脚本, すると伊藤一刀斎はご存じ, すると伊藤公が撃, すると伊賀だの, すると伊賀裏まで来る, すると伊達のこと, すると伊都子は, すると伍長は一人, すると会衆のなか, するとの野郎フン, すると伝吉が嘘, すると伝市は急, すると伯父さんは学部, すると伴蔵が蒼い, すると住持さんは魚, すると佐々は手帳, すると佐吉もいんぎん, すると佐太夫は, すると佐川二等兵は複雑, すると佐治さんが来, すると佐藤さんもまだ, すると何ごとにもムキになる, すると何だつて勘當に, すると何と殺されても, すると何となくどうしても見にだけでも, すると何十台の自動車, すると何千とない, すると何国人のギャング, すると何日か後, すると何日頃からか知らない, すると何時の間に出来たの, すると何時の間にかおもしろくな, すると何派ですか, すると余りにおいしいので, すると作楽井は独り感, すると作楽井さんはもう, すると作者は果して, すると作蔵君はよほど, すると例えば情意内容を, するとが宇乃, すると侍女の玉章, すると侍女達も手, すると侍従の一人, すると依子はぐったり, すると便乗ですね, すると係員がノコ, すると係長は巡査, すると係長さんは大声, すると俊吉が向う, すると俊秀は笑っ, すると俊頼はすぐ, するとはなんとなく, すると保吉は厭, すると保子はしみじみ, すると信友より一段, すると信号員が窓, すると信虎はカラカラ, すると信長公は事もなげ, するとが私, すると修行者に首領, すると修験者は哄笑, するとは蟹, すると倉市は脚, すると倒れた方の, すると候補生はわな, すると値上がりのところ, すると倦怠と脅え, するとりに, すると偉丈夫はいきなり, すると停車場の方, すると健吉くんはそれ, すると側役がそこ, すると偶然そこへ中村弼氏, すると偶然下のよう, すると偶然阿寒国立公園に探鉱者殺到, すると傅次郎が殺された, すると傍らの人, すると傍聴者のなか, するとのない, すると備前は話し, すると催眠術かね, すると僅か二ヶ月ほど, すると僕たち白鳥会員はいつお別れ, すると僕校長先生のお, すると僕自身の自慢, すると僕達が, すると僮子は, するとだけは安全圏内, すると儲かるのは, すると元就は家来達, すると元康は, すると元木は教師, すると元来猜疑心に富ん, すると元来神奴が持ち伝へ, すると兄上は前, すると兄哥はこの, すると兄夫婦だつて, すると兄様はそれ, すると兄神はその, すると兄貴の方, すると兆象以前に御, すると兇器は, すると先ずやっぱり一月ばかり, すると先ほども申しました, すると先夜桟敷の中, すると先日妻が用達し, すると先月の末, すると先生がたのお, すると先生学校の送別式, すると先生火星の生物, すると先程より藤野屋杢左衞門, すると先輩のベン, すると先週の月曜日, すると先達て前町の風呂屋, すると先頃から嵐山, すると光りかがやく衣裳を, すると光悦は厚, すると光線蔽いの, すると光花が, すると光輝を放っ, すると免疫性もあまり, すると党員の中, すると入学試験の前夜, すると入物を受取った, すると入道は, すると全体君は何, すると全然過失という, すると全身はどう, すると全部の水夫, すると全面的にわが, するとの間違, すると八すつかり樣子, すると八ツ時今の三時半頃殿様, すると八十助は今しがた其処, すると八玉神はうに, すると公卿たちのあいだ, すると公園の中, すると公園内の老木, すると公爵は上品, すると公認競馬で馬券, すると六人出て, すると六十フラン飛んで, すると六十八にもなる, すると六尺の床, すると六日目の三月十四日, すると六時迄仕事, すると六樹園は面白, すると六疊の小, すると六郎兵衛は聞き, すると共産主義に反, すると兵庫島は, すると兵治君は登れるなら, すると兵衛佐は勾欄, すると兵部が云った, すると兵部尚書陳矯がまた, すると兵隊シモンのところ, すると其の小さな瓜が, すると其中にふと, すると其人は主, すると其先はどう, すると其友は返書, すると其同族の聲, すると其国が天皇, すると其壁に蛸, すると其少尉の一人, すると其役人の曰く, すると其敗滅の上, すると其方もネ可, すると其時に舞台監督, すると其時うしろの方, すると其時船底に当たってコトコトコトコトコトコト, すると其晩方誰れとも, すると其男は俯向, すると其畜生は速, すると其瞬間に彼, すると其等の事柄, すると其結果はどう, すると其蟲の中, すると其許はやはり, すると其足が変, すると其軍の大将, すると其返事にはそれ, すると其邊の生, すると其間には, すると具体的な実行, すると具教は師, すると兼好は大いに, すると内儀は金, すると内原訓練所の生徒, すると内妻ですな, すると内海がその, すると内部から障子, すると円朝さんその死骸, すると円板ロケットの中, すると円陣の者共, すると冉有がたずねた, すると冒頭の, するとでも沓, すると冠者は手, するとつて鏡の, すると処女たちは叫び声, すると出し抜に, すると出し抜けに笑声, すると出会がしら, すると出会ひがしらにばつ, すると出先きで酔, すると出入口は木戸一つ, すると出口の桜, すると出合頭に父, すると出掛けて行く, すると出発当日艇のそば, すると刀柄を叩き, すると刀身が現われた, すると分遣隊も呑気, すると切株の上, すると切通一帯の路地路地, すると刈谷老人のところ, すると初めて美しいから, すると初代勘兵衞が江戸, すると初秋の風, すると判官が言った, すると判決言渡より五日, すると別れた男からは, すると別所信濃守は, すると別荘なん, すると利常公が, すると利根子がなんとなく, するとへきれない, すると刺したお糸, すると刻々にその, すると前厄か, すると前室の湯滝, すると前日の十九時, すると前足で格子, すると前途が真暗, すると前途遼遠という気, すると剣突を喰つて, すると劉伶はにっこり, すると劉曄は一笑, するとの籠った, すると力蔵はすこし, すると加十さんは結婚, すると加奈子は体, すると加納さんが前, すると加納屋の金, するとを經, すると効験あらたかでしたよ, すると効驗あらたかでしたよ, すると勃然として舊水戸藩出身, すると勅使はそれ, すると勇助の奴, すると勇君の説, すると勇敢なる日本男児, すると勇治も金太, すると動く道路という, すると勘三もやはり, すると勘八の野郎, すると勘兵衛という男, すると勝入は, すると勝太郎は確か, すると勝子が静, すると勝田さんはちょっと, すると勝田氏は馬, すると勝負ごとは何, すると勢いでスルスル, すると勢い金が欲しく, すると勢力の均等, すると勾引しの, するとち戦争, すると勿論そのタンク機関車, すると匈奴では蘇武, すると化助といわれた, すると化学者は手, すると化粧台の上, するとの海, すると北側の三軒長屋, すると北向きの格子戸, すると北小路の通り, すると区役所とか国家, すると区裁判所のそれ, すると匿い料か, すると十一になる, すると十一時三十五分前後ですね, すると十一月の二十日, すると十一月二十九日ぐらいと見, すると十三郎もズット, すると十二吋の砲塔, すると十二時前に決まっ, すると十二月の二十日, すると十二月二十日の夜, すると十五六の女の童, すると十人目の貴さま, すると十円を返す, すると十四五分歩いたところ, すると十日間にふくれあがっ, すると十時ごろまでかかります, すると十時五分過ぎに電話, すると十時半に僕, すると十枚で三百円, すると千ちゃんはまっすぐ, すると千二が, すると千代乃は長谷川, すると千代乃さんや, すると千代重の深切, すると千斎は気の毒そう, すると千浪はにっこり, すると千石旅館の番頭, すると千葉の旅籠屋宛, すると千里は松江, すると千鶴子たちを乗せた, すると升田幸三氏やら誰, すると升田相手が二時間, すると午前九時五十分に幸手, すると午前八時か今, すると午前十時頃になっ, すると午後二時の検温, すると午後五時にアルベール・ソレイラン, すると午後四時半ごろ右の狼, すると午過ぎに瀬川, すると半ば開いた戸口, すると半之丞は大, すると半分開いて, すると半分土にうずもれ, すると半可通をふり, すると半年もたって, すると半月ほどたっ, すると半纏男は笑い, すると半鐘の音, すると卒業論文の題目, すると南平がまだ, すると南瓜のやつ, すると南町へ行っ, すると博士夫人は生み立, すると卯平の手, すると印度人は自分, すると即座に山彦, すると却ってそのほう, するとの殻, すると厖大な量, すると厚いのが, するとの道, すると原さんは自分, すると原口が例, すると原型を包んだ, すると原子爆弾は人類, すると原田左馬介宗時という一老臣, すると厳氏は, すると去年の始, すると去年虱を閉ぢ, すると参事官のすぐ, すると参籠人が丸亀, すると又もや蛸氏は, すると又八は気, すると及川は案外, すると友だちが門口, すると友田屋これで逢痴, すると双手を挙げ, すると双方合意の上, すると双生児と称, すると反って私, すると憑いた, すると取るわ取る, すると取次に出べき, すると取調べは簡単, すると受付氏はいよいよ, するとは笑っ, すると口元に笑靨, すると口笛が遥か, すると口辺に力, すると靴屋は, すると古人の行, すると古典的な格式, すると古墳の山, すると古本屋の主人, すると古谷君も少し, すると古道具屋の子, すると叫びは急, すると叫び声をたて, すると召集をうけた, すると台所口から忍び込んだ, すると言でも, すると右京次郎は自信, すると右筆等は集まつ, すると右肩が左肩, すると右舷の大砲, すると右衛門はすっかり, すると右陣の劉封, すると司令は, すると司僧はまた, すると司教はおごそか, すると司馬仲達はその, すると合図に応じ, すると吉公はお婆さん, すると吉宗はこう, すると吉宗何を思った, すると吉屋女史が, すると吉岡は苦笑, すると吉川の夫人, すると吉川さんがそれ, すると吉川夫人は見舞, すると吉弥がそば, すると吉彦さんが, すると吉田の母親, すると吉田山の兼好さん, すると繃帯が, すると同乗の村田君, すると同時です, すると同時に碁盤の, すると同期の店員, すると同行の四十起氏, すると名人盤にか, すると名取屋の家, すると向いのうち, すると向い待という役, すると向かいの家, すると向こう岸についた, すると向方の男, すると君たちが大挙, すると君ほかの連中, すると君不思議な事, すると君自身の特に, すると吸血鬼というの, すると吾輩は元来地上, すると蒙は, すると呆れたことには, すると呆返つたやう, するとの宿将張昭, すると呉夫人はけげん, すると呟きの終えない, すると呪いの人形, すると呪言の中, すると咄家の税金, すると和子がそう, すると和尚さまは, すると和尚めよい匂, すると和歌子が堪らない, すると咲耶媛は, するとをぜい, すると咽喉を鳴らし, すると哀れな悪魔, すると唄う声が, すると唐突に向う脛, すると唐紙をぴたり, すると唖娘は早速, すると確かな, すると唯一の女, すると唯二人で叩く音, すると唯物論と観念論, すると商人たちは私, すると商館の番頭, すると問官が訊いた, すると問屋から二十, すると問者の方, すると善い野菜が, すると善八を鯨幕越し, すると善兵衞は自分, すると喉仏のとんがり, すると喜三郎親分はお, すると喜助がね俺, すると喜楽が蒼い, するとは七十五日, するとの材料, するとの中, すると器械の壁, すると囚人たちはわれがち, すると四万円が野呂, すると四五日経った後, すると四人は自分, すると四十円の月給, すると四斗樽は楽々, すると四日目の午前, すると四時十五分前頃から今, すると四月此処に逃げ, すると四本がそば, すると四条坊門の辻, すると四番目の女の子, すると四角が出来る, すると四邊四五間四方位ゐに, すると団長は大, すると図らずも意外, すると図書館の係り, するとが車庫, すると国司はうるさ, すると国庁の広場, すると園田さんはにっこり, すると園長は日露戦役, すると土井鉄之助はあの, すると土人はその, すると土塀の正面, すると土居先生がアイビキ, すると土居画伯がゲタゲタ, すると土手の片側, すると土曜までここ, すると土曜日は発て, すると土着の人, すると土着精神の高揚, すると土蔵の屋根, すると土蜘蛛は一, すると地下壕の中, すると地丸は大, すると地方政府の役人, すると地方新聞の社長, すると地炉は泥池, すると地蔵さんはいい, すると地蔵様が汝, すると地謡の中, すると坂の下のところ, すると坂井は用, すると坂本八郎左まっ赤, すると坂田屋の者, すると坊さん達はその, するとつた形の, すると坐つたまま小水を, するとじみた継ぎだらけ, すると城介君はお祖父さん, すると城内の石倉, すると城地はどちら, すると城壁の上, すると城太郎はいつも, すると執念にもそれ, すると埼玉県警部長五十村良行保安課長楢崎次郎八等がやって来, するとはあご, すると堀秀政の旗本, すると堅気かい, すると堪えがたい気特に, するとを切った, するとに顔, するとまって, すると塩化エチレンは蒸発, すると塩野は悲鳴, すると塾生同士がまた, するとから大蛇, すると墓地裏の八幡坂, すると増賀は忽ち, するとに絡んだ, すると壁下の暴将兵, すると壇上の椅子, すると壓力と濕氣, するとい男, すると壮士は哄笑, するとの下, すると声楽は自信, すると売子に砂糖, するとから逃げる, するとなこと, するとの暑い, すると夏川はむら, すると夏川ヤス子夫人は三船君, すると夕刻頃またべつ, すると夕方林田さんが見まい, すると夕暮れの風, すると夕飯の席, すると外出される時, すると外科だね, すると多くの場合, すると多吉は突然, すると多四郎はひょいと, すると多少真面目に, すると多量の沈澱物, すると多門の塀際, すると夜中すぎに酒, すると夜具の中, すると夜外へ出る, すると夜目遠目では随分, すると夜間に此界隈, すると大きな大きな欅の, すると大久米命が, すると大井子は夜, すると大人は反駁, すると大佐は彼, すると大佐どのは前, すると大凡白むか, すると大分に温度, すると大分落ち付きました, すると大利根博士は急, すると大前小前の宿禰, すると大口を開い, すると大国主神はもと, すると大変恐縮して, すると大変感心したと, すると大変熱狂したお客様, すると大奥と天主台, すると大学を卒業, すると大学総長はいつも, すると大官は肥満, すると大将二の腕, すると大尉はテーブル, すると大岡育造が立っ, すると大工たちの働い, すると大晦日の晩, すると大月氏はいらいら, すると大槻氏は孔, すると大正十四年八月アララギの安居會, すると大江戸の夜景色, すると大池が怒った, すると大王はまがつた腰, すると大納言の首, すると大統領始め陸海軍の大将連, すると大蔵はいきなり, すると大蛇は身, すると大西三津三は瀬戸, すると大西洋の海底, すると大観さんがこの, すると大路の一つ, すると大辻はからから, すると大野田の旦那, すると大野順平は気がつい, すると大頭怒るまい事, すると大黒屋の中庭, すると天上の神, すると天使がやってきます, すると天保十年頃意外にも服部平四郎, すると天光教の執事, すると天引き二割月の利息二割, すると天然自然割かれた面, すると天草次郎が小さな, すると天見の高原, すると天香さんは, すると左衞門が, すると太い男の, すると太一郎は渚, すると太公望云々といふ説明, すると太子の愛, すると太平の顔色, すると太田ミサコはソファ, すると奎吾よりもさき, すると奥さまのお, すると奥まつた場所, すると奥方は鍼, すると奥方様は彼女, すると奧さんが旦那樣, すると奧樣は, すると女たちはキヤツキヤツ, すると女史はゆうぜんと, すると女子は俺, すると女房たちが遊び, すると女王はとろけ, すると女組がまた, するとは僕, すると奴さん僕の荷物, すると奴さん澄しこんだ顔付, すると奴めモミ手しながら, すると奴二十七歳か, すると好い工合に, すると好奇心に駆られ, すると好意をもっ, すると如來樣がおいで, すると妖婆は顔, すると妖怪變化と見せ, すると妙秀はさも, すると妻君箪笥の抽斗, すると姉さまがい, すると姉上は仰せられましょう, すると姉達はこの, するとは何, すると姫君は少時, すると娘達の, すると婆さん等は思案, すると婆様が又, すると婆様其処をがらり, するとは二人, すると婦人関係の怨恨, すると嫂たちが方々, すると嫌疑が自分, すると嬉しがって, すると嬋娟に盛粧, すると嬌娜は笑っ, すると嬰児は泣き止んだ, すると子どもたちはすぐ, すると子房の中, すると子爵は早く, すると子犬はくんくん, すると子猫もほとんど同時に, すると子規氏と意見, すると孔生が問うた, すると孔雀は急, するとを書いた, すると孤塁の裏側, すると孤独はその, すると学生たちは奇妙, すると孫伍風が丼, すると孫堅は, すると宇乃が彼, すると宇佐美さんは, すると宇利氏は黙った, すると宇吉はふと, すると守宮がここ, すると安川のみならず, すると安彦氏のニセ, すると安心したもの, すると安政六年の秋, すると安物の腕時計, すると宋江が潯陽江, すると宏大な屋敷, すると宗久の語気, すると宗十郎が背中, すると宗悦は何, すると宗易は, すると宗治は片, すると宗湛は傍人, すると宗義惟義等は大事, すると宗謙和尚はからから, すると宗近へでもどこ, すると官私立大學, すると宙ぶらりんになっ, するとまつて, すると定吉は莞爾, すると定夫君の今夜, するとい, すると宝石屋はひざ, すると宝鏡先生にあやまろう, すると実は一人の, すると実君が黙っ, すると実家には居, すると実験室の電灯, すると客人は沓脱, すると室内からの返事, すると室戸博士は首, すると室殿は何, すると宮内官吏の或, すると宮子は参木, すると宮本さんは実は, すると取は, すると宵の口じゃない, すると家中はさつきコーリヤ, すると家主さんは依然として, すると家出したの, すると家名に拘, すると家庭に於, すると家政婦がつけ加えた, すると家族の一人, すると家来達は大はしゃぎ, すると家治は慨嘆, すると家陰から数人, すると宿六もすでに, すると宿場へ遣っ, するとがアッ, すると密室は, すると密訴のこと, すると富士前を通り越した, すると富士男はふたたび, すると寒月が, するとてから何, すると寮監の眼, すると寸法は知れ, するとの本堂, すると寺内首相もその, すると寺田さんはこう, すると寺門の侍, すると対岸の小倉延命寺山, すると封生が怒った, すると射的なんか全然, すると将門は歓び, すると專門の學問, すると尊者はじき, すると對坐して, すると小三郎とお, すると小原の野郎, すると小四郎は笑った, すると小姓の一人, すると小娘は, すると小学生は帽子, すると小宮君が歌麿, すると小川をたおした, すると小布施は, すると小春なるもの, すると小杉はうしろ, すると小杉君が, すると小林君もそれ, すると小次郎はいきなり, すると小母樣がこの, すると小熊が甘える, すると小父はまっさきに, すると小犬は見る見る, すると小田は, すると小田切さんは自分, すると小男は俺, すると小穴君は机, すると小竹は二三回あご, すると小竹さんは首, すると小笠原老人は, すると小舎の戸, すると小船は帰っ, すると小説家のジェームス, すると小郷は必ら, すると小酒井さんは直ぐ, すると小野がふと, すると小間物屋のお, すると少々腑に, すると就職口は見つかった, するとから, すると尼僧様はわたし, すると尾山の顔, すると局面が変った, すると屋敷はそれなら, すると屋根の烏, すると屑屋の周助, すると属官がまた, するとの中, すると山の上の人達, すると山の神の呪詞, すると山キのあと, すると山内の方, すると山城屋の紋次郎, すると山尾がそれ, すると山嵐はともかく, すると山彦が方々, すると山木か, すると山木方の人数, すると山本先生が仏教, すると山田の家, すると山羊小屋の中, すると山道の泉, すると山門の前, すると屹度立派な中隊, すると屹度跟いて, すると岡氏や私, すると岡沢先生も何, すると岡田良一郎が座標, すると岡部はむにゃむにゃ, すると岩太郎がやっと, すると岩山の下, すると岩殿と云う, すると岩竹女史はいつの間にか, すると岩見銀山を見た, すると打つ波, すると峯吉はどう, するとで死んだ, すると島吉が老母, すると島君はきっと, すると島崎氏はぶ, するとはたかまっ, するとしい兄, すると川上が答えた, すると川下へ六回, すると川口不二は荷物, すると川端さんはそれ, すると工場監督は, すると工学士は突然, すると左側に黒い, すると左手にまっか, すると左枝は右側, すると左豊は盧植, すると左足の方, すると巨人の顔色, すると巨大な三頭, するとは猫, すると巫女なる女, すると差し当り困るのは, すると差立ての日, すると己ア友達が羽生村, すると巴里市内ではない, すると巻尾の歌, すると巾着切りで, すると市場に於ける, すると市庁の逓信課, すると市蔵の方, すると帆村さんはやっぱり, すると帆村探偵はにやりと, するとはおん目, すると帝銀先生は又, すると師僧さんはそれ, すると師直が船, すると師秋は一夜, すると席上で出版業者側, するとを解い, すると帰りがけに小夜子, すると帳場の前, すると帳場格子のうち, すると常世の国は古く, すると常氏は笑い出した, すると常連が一勢, すると常陸も頷い, すると帽子屋さんはお, すると幕下のひとり, すると幕僚の劉曄, すると幕面の映像, すると社員は, すると平凡な一室, すると平安朝の宮中, すると平尾の父, すると平尾君が最初主張, すると平常心という, すると平木中佐も立ちあがった, すると平田は喫驚, すると年嵩な男, すると年老いた師匠が, すると幸子は急, すると幸平はいきなり, すると幸民は直ちに, すると幸私の変人, すると幻影は足, すると幼児は大尉, すると幼女が叔父さん, すると幾島は彼女, すると幾歳だっけな, すると幾点の電灯, すると幾百本幾千本とも数, すると茫たる, すると広々した大洋, すると広島の奴等, すると庄助が, すると床屋が言下, すると庖丁使いの馴れた, すると店先の陳列台, すると店内からばか, すると店員や職人等, すると度盛りがまた, すると座中からまた, すると座談会に参加, すると庫輔君が次ぎ, すると庵主はそれ, すると康頼は怒った, すると庸三の思い, すると廂髮にでもしよう, すると廉子はキュッ, するとの上, すると廊下伝に室, すると廷丁は歩み寄っ, すると建内スクネは教祖, すると弁護士が雇われる, するとの時間, すると弓之助が何気なく, すると弓子が腹立, すると弓弦がパツ, すると引潮の中, すると引船は, すると弘化三年から足掛け三年位, すると弟子は今度, すると弥次馬の中, すると弥生はなぜ, すると弱いのろのろした, するとは一つ, すると張りあいがない, すると張昭が来, すると張松はその, すると張氏も可笑し, すると張苞が, すると強い電流が, すると強右衛門は頭, すると強烈な酒, すると強者が弱者, するとれツ, すると彌生は机, すると当分糸公にも逢えない, すると当夜は映画, すると当年の明子, すると当日の朝, すると当時少し大げさ, すると当番はびっくり, すると彗星の態度, すると彦太郎の眼, するとの男, すると役場の返答, すると彼処に御存知, すると彼奴め兵を乗せる, すると彼是半時ばかり経つ, すると彼氏が貯金, すると往来の人, すると待てよ, すると後刻総督から丁寧, すると後方の押し出す, すると後者はその, すると後見の三人, すると徐庶はそこ, すると従兄は返事, すると従弟は不服そう, すると従来唯の替, すると得意になっ, すると御堂はひるまだ, すると御堂殿は解脱寺, すると御家新苦しくなっ, すると御神輿を高い, するとた第, すると微醺を帯びた, すると徳さんが云った, すると徳川家の領分, すると徳松は, すると心中だな, すると必ず素子に, すると必ずしもこの村, すると必然的に屋上, すると忍び廻りで權六, すると志摩はやや, すると志毘は重ね, すると志貴子はシナシナ, すると志賀屋さんは不承知, すると忠明が, すると忠次はいずまい, するとを押す, すると念力の通じた, すると美しい丈, すると忽家蔵も消え, すると忽然太刀打ちの音, すると忽然潜戸の戸, すると怒りが字, するとろしい, すると思つた通り三國屋は八方, すると思つた通り三度までこの, すると思つてゐたよりも, すると思ひますがこれ, すると思元は笑っ, すると思想なんて随分, すると思考がだんだん, すると怨みで殺された, すると怨んでいる, すると怪しや三人, すると怪しいのは, すると怪しくない人間, すると怪しむべし画面の, すると怪人の姿, すると怪人たちはいきなり, すると怪人博士は大きく, すると怪囚人のいた, すると怪影は風, すると怪星ガンは霧, すると怪盗はどこ, するとよりも母親, すると恐ろしさと, すると恐怖がすう, すると恐竜は山, すると恭一さんからさっき, すると息苦しさが, すると恰度そこへ來, すると恰度眼の前, すると恵印がそこ, すると悪い影響は, すると悪気の立ちのぼり, すると悲しくてたまらなく, すると情夫ですね, すると情痴の殺人, すると惟義宗義は明治後, すると惡戯者は誰, すると惣兵衛ちやんは弓, すると胎龍が, すると意外千万な発明, すると意志の自由, すると意志以前は何, すると意識の連続, すると愕いた事にヒヤリ, するとと憎, すると愛一郎はなにもかも, すると愛吉が飛出しました, すると態とらしく猪首の, すると慌てて頭, すると慧春尼が云った, すると慶喜の声望, すると憂欝な感情, すると憩う遑も, すると憲兵は怒鳴りつける, すると憲兵たちはあなた, すると成層圏のまん中あたり, するとも我もと三人五人, すると我々凡人はいや, すると我が四肢に, すると我我自身の内部, すると我輩の随行, すると戦いをし, すると戦争ニュースも大いに, すると戦艦淡路隠岐佐渡大島や航空母艦, すると戦隊司令パパーニン中佐から間もなく, すると戯曲の書ける, すると戸内から, すると戸口に立っ, すると戸田が, するとつて来た, すると房一は自分, すると房子は夕明り, すると扉口から一人, するとが草臥れるです, すると手めえは, すると手下の蛮兵, すると手塚が思い出した, すると手打にする, すると手提電燈で照, すると手早く三藏の, すると手紙を出し, すると手袋はプラットフォオム, すると手風琴の人山, すると才蔵は心配そう, すると打たれるから引外, すると批評家が, すると承知しねえぞ, すると技術の目標, すると抑圧をとる, すると悪しくそこ, すると折りから吹い, すると折りかえして本隊, すると折りかえし返信があった, すると折返して作者, すると抽斎先生は大分諸君, するとをはねる, すると綱に, すると捨ておかんぞ, すると掘りかへされた, すると掛り合ひだぞ, すると掠奪品が多い, すると探偵はいった, すると接吻の音, すると提げていた, すると提灯の火, すると握飯はハッ, すると摩利信乃法師は傲然, すると摺り剥き傷, すると摺硝子の向側, すると摺粉木の一撃, すると撥形鶴嘴は恐ろしい, すると操縦室にいた, すると支倉君君はこれ, すると支倉君推摩居士に加えた, すると支那はヒリツピン, すると支那美人も僕, すると支那船は動く, すると支配人はびっくり, すると改札口の四五間先, すると放火の犯人, すると政宗は大, すると政枝は急, すると故意か偶然, すると敏子はどう, するとへられた, すると教え得るということ, すると教員はちょっと, すると教官の方, すると教師は椅子, すると教諭の言った, すると散髪屋ですね, すると敦子さまや敏子さま, すると数え年九十四になる, すると数日経って, すると数日後又父, すると敵一人拵へて置く, すると敵勢は近江, すると敵方の大将株, すると敵艦隊は今日, すると敷布団が不自然, すると敷物の波, すると數日の後, すると文六さんは話半ば, すると文化部には何, すると文壇に幅, すると文夫さんがお, すると文庫が創刊, すると文彦もフシギそう, すると文明国の演劇, すると文福茶釜となっ, すると文芸に興味, すると文芸家の理想, すると文観は眠っ, すると斎藤老人の死体, すると斑犬はすぐ, すると料理人ははじめて, すると斜桁上外端が直ちにばったり, すると断食芸人はときどき, すると斯云ふ奴, すると新たな希望, すると新三郎の声, すると新九郎は死, すると新五郎は寝ず, すると新六郎樣もお, すると新生寺さんは非常, すると新米の医師, すると方向は逆, すると於通はいよいよ, すると旅人は生家, すると旅客ははっ, すると旅籠の手代, すると旅順に行く, すると族長は腕組み, するとがすぐ, すると日吉はなおさら, すると日常も奥さん, すると日暮にお, すると日暮れ方から来, すると日本人の生死観, すると日本左衛門の人さし指, すると旦那さまが毎朝わし達, すると主人は, するとや幽霊, すると早苗の顔, すると早見さち子はでは, するとの生前, すると昆布も, すると昌さんは何, すると明けて昨日, すると明け方近くあの火事, すると明るい髪の, すると明恵は言, すると明智は窓, すると明治二十七年の冬, するとから海, すると昔どおり精霊が悪い, すると星明りの下, すると春子は, すると春江は静か, すると春琴が曰く, すると春重はきょろりと, すると昨夕から今朝, すると昨夜のはその, すると昨夜番頭を殺した, すると昨夜自分に, すると昨夜藏に入, すると昨日手紙で頼ん, すると昨日母様がここ, すると昨日返事がきた, すると昨晩の十時, すると是公が笑い, すると昼飯か晩飯, するとも時, すると時代はもっと, すると時江にはもうこ, すると時田がメガネ, すると時田さんがユ, するとになっ, すると晩年の検校, すると晩方の空, すると普通はドア, すると普通男は二十, すると景気がわるい, すると智識で, すると暗くなるに従って, すると暗やみの中, すると暗転寝室の場面, すると暫らくの間, すると暫らく誰も何, すると暴風雨数日の後, するとにカリフォルニア, すると曲り角からつい, すると更によく耐えること, すると書いた人は, すると書かずにゐる, すると書く対象の, すると書斎の鴨居, すると書籍部と札, すると書記はいくらか, すると書院の次の間, すると書類なんぞじゃあない, すると曹丕の随臣, すると曹植はそれ, すると曾婆加里は大, すると曾祖母は, すると最う大屋根に, すると最初口笛が聞こえ, すると最初観世様は妾, すると最前何所かへ逃げた, すると最近その丑松, すると最近同氏の別荘, すると月あかりの泉水, すると月世界の空気, すると月人は土木工事, すると月光と懐中電灯, すると月夜だナ, すると月明の野面, すると月明りによろぼひ出た, すると繋に, すると有村は, すると有村俊斎様が間もなく, すると有難やお, すると朋友親戚の者, すると望月さんの鍵, するとまで御, すると朝倉夫人がいかにも, すると朝廷でも大いに, すると朝露軒どのは, すると朧気ながらあの, すると木の葉も枝, すると木下藤きちろうどのがむかえ, すると木村はトンキョウ, すると木村さんか竹内さん, すると木村少佐はゆっくり, すると木村重吉はその, すると木枯の傳次, すると木箱はすう, すると木菟の先生, すると木蓮によく, すると木陰や岩陲, するとの頃, すると未亡人は暗い, すると未明に私, すると本人もツイ, すると本堂の次, すると本多子爵は私, すると本妻と妾, すると本年の三月, すると本庁では事件, すると本当に仕事を, すると本所北割下水に座光寺源三郎, すると本物の博士, すると本職がです, すると本船の左舷横, すると本艇にはお産日, すると本隊の方, すると本館の五階, するとは, するとの上, すると杉本は, すると李さんはしずか, すると李儒は, すると村山はさ, すると村重は大きな, すると村長は先日, すると之介, すると来るのは, するとから来る, すると東京ポストは何時, すると東屋所長が老, すると東野は自分, すると松ちやんがすぐ, すると松下村塾的な思想, すると松太郎はカラカラ, すると松岡が物, すると松島は近所, すると松川やの女房, すると松平備後守の宏大, すると松本は, すると松林の方角, すると松江は恥らい, すると松浦は微笑, すると松浦頼母は複雑, すると松竹梅の三監督, すると松風の音, するとがクルリ, すると林檎がほとんど, すると林田が, すると果然耳よりな, すると果物の罐詰め, すると友は, すると染吉は近頃, すると柔和なもの, すると柚子がカナダ人, するとの老木, すると柳秋雲はいいました, するとの中, するとの芽, すると栄さんはそういう, すると栄蔵のお父さん, するとは, すると根作が立っ, すると根岸庵の席上, すると格子戸をがらり, すると桂子は, するとはまた, すると桃子が, すると桃水君はフイ, すると案の定老紳士, すると案の定下からニッケル色, すると案の定揃ひも揃つて死んだもの, すると案内のお爺さん, するとの間, すると桑原伊織樣か殿樣, すると桑名のご, すると桑畑を抜け出, すると桔梗様は一層, すると桟橋をだんだん, すると梅本が, すると梅麿は苦い, するとが少し, するとの上, するとの花, すると梶井主膳と云う, すると棒切れがさわる, すると棒紅だけそっと, すると棒頭がその, すると森平親爺は, すると森氏もそれ, すると椅子の前, すると植木屋が物置, すると植込みの向, すると椎根津彦と乙猾, すると検証の鐘巻一火, すると楊懐高沛, すると楊阜はかえって, すると楢夫がしばらく, すると極りで若い, すると楽屋では楽長はじめ仲間, すると楽長がきっと, すると楽隊のセロ, すると榎本はさらに, すると槙三は急, すると樋口が帰っ, すると樟脳や包袋, すると権六は頬, すると権兵衛さんは, すると権右衛門から何, すると権田原先生は如何にも, すると横合から蛇, すると横合いから森虎, すると横向きになっ, すると横川勘平が待ち構え, すると横手の戸, すると横浜の懇意, すると樹上の影, すると樹立の中, するとの鈴, すると橋本がにやにや, すると橋架から半弓, すると機胴の扉, すると機銃みたいなもの, すると次には入りみだれ, すると次第次第に震え出し, すると次第に嘴は, すると次郎ちゃんはどこ, すると次郎君言われたとおり, するとが出, すると歌川先生が殺されました, すると歔欷く声, すると正味は一メートル五四, すると正安三年十一月二十三日に撰集, すると正常に返る, すると正当な万葉集, すると正月の事, すると正木のお祖母さん, すると正次は嘲る, すると正義党というもの, すると正行は, すると正造は体, すると正遠ははや, すると此中へ入る, すると此前のお, すると此奴はぐずぐず, すると此度は前, すると此戸から此方, すると此手紙も尾藤, すると此等四十餘の文字, するとが出し抜け, すると武夫は今更, すると武平次なる人物, すると武田先生は急い, すると武者所鬼王丸は得意気, すると歩兵達は一斉, すると歩調を合せ, すると歴史の透視, すると死ねという, すると死亡時刻は, すると死刑執行人の助手ら, すると死骸には誰, すると殆ど徒勞に, すると殆ど間をおかず, すると殺されるのも, すると殺して了, すると殺っておい, すると殺ったのは, すると殺人事件のあった, すると母さまは可愛い, すると母さんの声, すると母堂からゆする, すると母屋の北側, するとも松井, すると毎日朝も夜, するとだよ, すると毒ずしの件, すると毒蛇のよう, すると比留目奈々子がミス南京, すると毛並は荒々しく, すると氏政は側近, すると民弥は赤面, すると民衆は再び, すると気にいったものなら, すると気合師なん, すると気象台の風力計, すると気違いじみた昨夜, するとも晴々, すると氣層は其透明度, すると水ムシよりも先, すると水中から突如, すると水島さんはそんな, すると水晶を溶かした, すると水江は不意, すると水準のこの, すると水色服の娘, すると水道の鉄管, すると水面の浮子, すると永久機関はどんな, すると永井氏は, すると江木さんがよろこん, すると池田家の墓, すると決して恋を, すると沈没船があの, すると本毘古, すると沙門はさも, するとが二分, すると沢田氏という人, すると沢蟹をつぶし, するとの泥, すると河内介は, すると河合が代っ, すると河村の負傷, すると河田はあの, すると河竹の死, すると沸騰がおこっ, すると治っただな, すると治部殿は俄, すると沼田原の松の木, すると法官はそれ, すると法水はそれ, すると泡鳴氏は傍若無人, すると波江さんはあなた, すると泣いて親, すると泣き泣き歩いて, するとはいつの間にか, すると泥だらけの土工, すると泥棒達は振り向い, するととなつ, すると泰二君ももう, すると泰軒暗いなか, すると泰軒貧乏徳利を平手, すると洋吉氏は, すると洋服を着た, すると洋装の女, すると洋館も歪ん, すると洞穴の中, すると活動の大, すると活動写真の中, すると流されるままに, すると流石の, すると流言浮説がこの, すると果な, すると浅い桐の, すると浜野はあ, すると浦上の村民, すると浩さんの一家, すると浪士は頷いた, すると浪漫主義を中世主義, すると浮橋村から来, すると海ぼうずの, すると海底戰鬪艇の竣工, すると海豹は頭, すると海軍将校は相, すると海面の下, すると消防隊はにわかに, すると淀めが笑い出した, すると淑子はお手玉, すると淨岸の子, すると深く皺の, すると深夜外から扉, すると深尾が, すると深山の小, すると深川八幡の市, すると深田寺は失笑, するとは澄し, すると清作さんの仰有る, すると清十郎は救われた, すると清吉さんもその, すると清国の御, すると清子はその, すると清川はあるいは, すると清逸はその, すると渋面した剥皮体, するとをへだて, すると減圧箱はゴム風船, するとはまもなく, すると渠門の近く, すると渡月橋上下六町の間, すると渡瀬さんは途轍, すると渡良瀬川の水, すると渡辺氏はすでに, すると渦卷は彼, すると渦巻はその, すると温か味が次第に, すると温室のなか, すると港内で待ち構え, すると渺々たる平原, するとはぴくり, すると湯浅氏は禿, すると満願の夜霊夢, すると源七はそれでも, すると源中納言具行卿を六波羅, すると源次が, すると滋養の多い, するとはにはかに, すると滝人は稚, すると滝野は芝居, すると漁夫達はそれ, すると漁業長が, すると演出のペリー先生, すると漠々たる雲, すると漢師長はあたり, すると潜り戸がギー, するとが引い, すると澄憲という山門, すると藍の, すると瀬尾教授は私, すると瀬川君は突然, すると瀬越八段は, すると火星以外のどの, すると火炎の下, すると火鉢を囲んだ, するとのよう, するとに焙っ, すると炭礦主の息子急, すると無人の陳列室, すると無邪気な濃紺, すると無鉄砲な真事, すると焦燥りに, すると和尚は, すると焼き大福売り, すると煎じ詰めたところが, すると煙草屋のむす, すると照子は, すると照彦様は, すると照正様照常様までシャキッ, すると熊さんが, すると熊笹の中, すると熊襲建きょうだいは命, すると熟練の結果, すると燃焼がある, すると燦爛たる光, すると爆弾は土中, するとにはじかれた, すると父さんは小説, するとはそれ, すると爺さん牛は横合, すると爺さん胡瓜畑の傍, するとをける, すると片側へおしつけられた, すると片原饅頭もこの, すると片山は長く, すると片耳の鴫丸, すると片隅の舟木, すると牛丸が笑った, すると牛車の男, すると牛込馬場下の小料理屋, するとはまた, すると牝鹿はふと, すると牡鹿が消え, すると牢内は総立ち, すると牧君は自分, すると牧師や裁判官, すると牧野さんが精しく, すると牧野信一が我が, すると物和らかな豆腐屋, すると物理学者は浪漫的自然派, すると物置の中, すると物蔭で立話, すると物見窓の口, すると特別なつて, すると特許料など他, すると特高の西片, すると犬さんはあわて, すると犬奴は彼等, すると犬屋か, すると犯行はこの, すると狂いがなおる, すると狂うがよう, すると狂太郎はびっくり, すると狩尾君は, すると独りであの, すると独歩の見た, すると狭い谷間の, すると狭山は, すると狸腹の紳士, すると猪右衛門は頷いた, すると猫又の浮力, すると猫吉は, すると猿股の勢力, すると猿蔵の蘭丸, すると獄室の障子, すると獄舎に罪人, するとはたおれた, すると玄女もニコツイ, すると玄竜は急, すると玄蕃は首, すると玉王の五歳, すると玉目は云いたい, すると玉章が囁いた, すると玉蘭は譚, すると王子はこう, すると王宮の方, すると珠緒さんがオカミサン, すると珪次は案外, すると實の, すると現実とは代赭色, するとが縦, すると瓦斯は出なくなった, すると瓶口は革手袋, すると夫人は, すると甘酒屋が, するとく禍い, すると甚太夫は途切れ途切れ, すると甚藏は是, すると生きたとおりの, すると生きてるほうの, すると生まれは江戸, すると生みの母親, すると生れ変ると信じた, すると生徒たちはまた, すると生物だという, すると生駒山の峰, すると産科の主治医, すると用達はもう, すると田上は即座, すると田中がこう, すると田方氏は頤, すると田沼先生は急, すると田豊は顔, すると田辺はペコン, すると由也は君, すると由平の指, すると由雄がまた, すると申し分のない, すると申松は此男, すると男の子は, すると男乞食は欲しく, すると男爵は視線, すると男爵夫人アンナが立ちあがった, すると男衆はすばやく, すると男賊が寄っ, すると男達は極めて, すると町幅の狭い, すると町長は俄, すると画面は刷毛, するとを包む, すると畑中氏は, すると留守中事務所には七時, すると留守番の大辻, すると番人も見物人, すると番茶はいつの間にか, すると番附には, すると異人たちはそれ, すると異国の男, すると異国人のカトリック僧侶, すると異様な人物, するとの方, するとはどう, すると痛みはいくらか, すると痣蟹が吸血鬼, すると痩せた少年は, すると痩せ細った子供が, すると瘋癲院に幽閉, すると瘤村長はいきなり, するとるの, すると癇癪を起こし, するとる, すると癩病の血, すると癩病人は手, すると癩者の身体, すると発止と音, すると発育不全の富次, すると発車間際になっ, すると發光するの, すると白壁の土蔵, すると白昼の邸内, すると白木も気, すると白犬は折, すると白色人種と有色人種, すると白薔薇の最後, すると白金は竹内, すると白頭は矢張り口, すると白鳥は眼, すると白鳥芦花に入る, すると百五十ワットだ, すると百坪ほどもあらう, すると百松さんは怖い, すると百枚にちぢめ, すると百草園は上, すると皆ンなが, すると皇子はいきなり, すると皇帝付天文学者ケプラーは遠路, すると皮肉屋の日野氏, するとの上, すると盗人たちは皆, すると盗賊の這入った, すると盛装した夫人, すると盜んだ奴, すると監督さんはこの, するとに乗れる, すると目星が付い, すると目標が外れた, すると目的地はどこ, すると目高魚を握, すると直ぐ後から江川, すると直下から母, すると直吉は両手, すると直接の貸主, すると直接先生から聞いた, すると相川はむっくり, すると相当な値ごろ, すると相応に商ひも, すると相談所長は, するとを吊り上げた, すると県境の河, すると県知事さんが校長, すると眞夜なかに異, すると眞夜中過ぎても, すると真一は境遇, すると真先の勘左衛門, すると真向いのシート, すると真夜中に喊, すると真夜中すぎになっ, すると真夜中頃とほ, すると真奈ちやんがすぐ, すると真暗な中, すると真正面に停車場, すると真理の階級性, すると真白な烟, すると真赤な頬, すると眩暈が僕, すると眼界が急, するとている, すると着物の下, すると着衣に焦げた, するといたお, すると矛盾が考へられる, すると矢代は今, すると矢倉の上, すると矢島先生は, すると矢張り消えて, すると矢張り不二屋の商, すると矢張り女房のはう, すると矢張り梯子だが, すると矢張り理性の人, すると矢張り謀叛ものですね, すると矢田津世子はその, すると矢留瀬苗子さんと仰し, すると矢部はぎりぎり, すると矢部青年は首, すると知らない間に, すると知らぬ他國, すると知事はそれ, すると册の, すると石井先生にも判定, すると石棺内のミイラ, すると石椅は石, すると石段の下, すると石灯籠を転がし, すると石炭のよう, すると砂利を踏む, すると砕氷船ゼムリヤ号は事件直前, すると砲声がドッ, するとが勝籤, するとに床, するとに近い, すると磯九郎は自分, するとは人生, すると社会の孤児, すると社会部長は急, すると社會の孤兒, すると祝電と見舞, すると神下しがどこ, すると神妙にしろ, すると神棚の前, すると神楽殿の楽屋, すると神父さんはアルカージイ, すると神變不可思議力を得, すると禅超は急, すると福地は土, すると福島左衛門太夫殿が通り, すると福松もそれ, すると福禄寿はまたも, すると禪師は先刻, すると禰衡は言下, すると禿の方, すると秀三君は, すると秀子は荒々しく, すると秀次の返辞, すると私たち全部の調子, すると私どもは夢中, すると私共の下駄, すると私等は脚, すると私自身そのものが取る, するとの空, すると秋子は彼, すると秋川邸内の方, すると秋祭りの直後, すると科学の目標, すると科白に伴, すると経てから, すると程度問題ということ, するとせき込んだ調子, すると稍幅の広い, すると税務署長がすっかり, すると稚い子が, すると種則は患者, すると種子が弾け, すると稲村が傍, すると穢い女が, するとはしだいに, すると空いてるわけです, すると空巣にまちがえられた, すると空気は無数, すると空谷子がさも, すると突如張, すると突然すぐ足元で, すると突然すっくと立上り両, すると突然まったくやぶから, すると突然もう永久に, すると窓硝子を通して映る, すると立つ人の, すると立川さんは目, すると竜女種々の珍饌, すると竜次郎の男振り, すると竜王はまっ, すると章魚は, すると端麗な鼻, すると競争は出来なくなる, するとの中, すると竹一もまけず, すると竹之助様が申されました, すると竹松は矢, すると竹藪のへん, すると竹見の身体, するとつたり, すると笑いも消え, すると笛吹は眼, すると笛吹川はまだ, すると第一義とは非常, すると第三者は女, すると笹紅を含んだ, すると筋向こうにいた, すると筑波におる, するとには, すると策戦はまんまと, すると箒星は, すると箕兵衛直胤, すると管仲は礼, すると管輅はなお, するとの中, すると箱根へ越す, すると箱根口の方, すると節子はすこし, すると築地へ来る, すると築地署の臨監, すると篤胤先生を見失う, すると簀戸越しに見える, すると籠屋は煙管, すると米屋なん, すると米谷が自分, すると粉雪が風, すると粟田口辺でござるかな, すると粥河は面色, すると精霊は其発, すると糜竺が, すると糸子たちがこの, するとの國屋信兵衞, すると紀霊は, すると約束どおり俊夫君がにこにこ, するとの暗, すると紅庵はさ, すると紅木大臣は歯噛み, すると紅蓮の焔, するとはその, すると紋吉は合点, すると紋太夫も鹿爪, するとの終り, すると純白の不透明, すると純真だとか, すると紛れもなく, すると素戔嗚はその, すると細い細い絹糸の, するとの仕事, すると結婚の申しこみ, すると結局ここから動けない, すると結局デニー博士に与えた, すると結局侯爵に御馳走, すると結局六人になっ, すると結局君はこの, すると結局扉の外, すると結局日常生活の仕事, すると給料と同額, すると絲満南風太郎は自分, すると絵の具が云う, すると絵筆の先, すると絹坊はブルブル, すると継子が急, すると続々田ンボ道を, すると網紙は勿論, すると綺麗に切り棄てられべき, すると綾さんは風呂敷包, すると綾子さんは涙, すると綿がふか, すると綿井氏は自殺, すると緋奈子はあの, すると総司は却って, すると総理大臣の言う, すると総監はしばらく, するとが出, すると緑鬼は急, すると線路を越えかけ, すると緞子の帷, すると編中には二十年前始, すると編輯者は弁明, するとの下, すると縁無しの眼鏡, すると縁談をきく, するとにブラ, すると縣知事さんが校長, すると繁吉はいつの間にか, すると繊細な神経, すると屋も, するとの中, すると羅宇しかえ, すると美しき空想も, すると美代吉はあなた様, すると美代子のチンピラ, すると美学者は途中, すると美津子さんは朝, すると美濃清はいつ, すると美留藻は乱暴, すると群雄四方より起つ, すると群集のなか, すると義助ははたして, すると義夫は口, すると義朝は, すると義眼はまん中, すると羽仁さんの行かれた, すると翌年十一月の二十二日, すると翌日主人が私, すると翌日使者が来た, すると翌日叔母さんから絵具, すると翌日小川部隊長は私, すると翌日手みやげを持つ, すると翌日病院へ使い, すると翌日顔をまっ, すると翌日馬車引がそれ, すると翌晩また大きな, すると翌朝サゴ椰子がこんもり, すると翌朝万年橋の上, すると翌朝大井広介がカンカン, すると翌朝巡査と医者, すると翌朝手に残る, すると翻訳の問題, するとの音, すると老いた忠相が, すると老中の阿部侯, すると老人一人で故障, すると老兵はまた, すると老妓は, すると老師は莞爾, すると老母はあわて, すると老爺さまが怒っ, すると考えていた, すると耳もとでそこ, すると聖人は戸口, すると聖書にはかう, すると聖者はやおら, すると聞き終った宇利氏は, すると聞けば北海道, すると聯想がたちまち, すると聯隊長が突然, すると聴衆の半分方, すると聴音手はなぜ, すると職工はいよいよ, すると肉入団子は前, すると肉屋はまた, すると肉桂は皮, すると肉眼で見, すると肋骨君はまた, すると肘枕で寝転ん, すると肝心の發光物質, すると肝腎の船長ロロー, すると股野は今の, すると肥満のタラス, するとが檻, するとの人, すると胤舜は笑っ, すると胴体だけが少し, すると胴服の荒武者, するとく判つて來, すると脇差を取出した, すると脱げた七本の, すると脱税や使役, するとのいたる, すると腕白者の一人, するとをたち割っ, すると腹中の声, するとの所, すると臨検の巡査, すると自分一人が其処, すると自尊心の傷, すると自殺をなさる, すると自治委員の言う, すると自身が錯乱, すると臭い匂いが, するとも, するとが言った, すると與三郎を殺した, すると興福寺の南大門, するとの人々, すると舞台では半, すると舞台裏から二人, すると舞臺のうしろ, すると舟木が横槍, するとに突当る, すると船上に今, すると船島へ着く, すると船底を鈍く, すると船長さんはきっと, すると船頭共が, すると良助も田原さん, すると良平は目, すると色目を使つた, すると色胴衣が, すると芝田さんはまた, すると芭蕉以外の人, すると花垣と呼ばれた, すると花子さんもねむった, すると花房は右, すると花村も舟木, すると花袋からすぐ, すると芳子さんはまた, すると芸人どうしのする, すると芸術を尊重, すると芹川さんはいきなり, すると若しや死んだ, すると若宮さんはその後, すると若様も負けない, すると若者たちも, すると若者どもは両, すると若者達は二人, すると苦い記憶を, すると苦情を云う, すると英学者だその, すると英雄の器, すると茅野雄は行衛不明, するとの心, すると茶の間の襖, すると茶色のは, すると茶飲茶碗を口, すると荀攸が物陰, するとの中, すると草叢から一匹, すると草川巡査はその, すると草鞋の裏, すると荒削りの山, すると荒木はごうせい, すると荒田老はどなる, すると荘王はどう, すると荷持は大変心配, すると莚包と焼明, すると莞爾笑ったから, するとの煙, するとが, すると菅原君には財産, すると菊子さんは大いに, すると菊池技師は落着, すると菓子を持つた, すると華表木の精, すると落ち付いて, すると落ち毛が皆, すると落城のドサクサ, すると落葉松の間, すると葛巻から僕, すると葛籠の中, すると葛飾は裏切られた, すると葡萄牙だ, するとは苦, するとが風, すると葬式も済み, するとを海苔, すると蒲原夫人も乗, すると蒲団の裾, すると蒸気河岸の先生, すると蒼古たる転法輪寺, すると蓄音器係の, するとを織る, すると蓑吉は欲望, すると蓑直しの安蔵, すると蓮香が目, するとの形, すると蕗子がいつも, すると気味わるく, すると薄暗い聖壇の, すると薄汚い支那人が, すると薄荷水はピリリ, すると薦僧も眼, すると薩長などは夙く, するとが喉, すると藁束はバラバラ, すると藤ダナの下, すると藤井先生はあわて, すると藤作老は煙管, すると藤原威夫は自分, すると藤吉郎はまた, すると藤木さんは言った, すると藤枝蔵人の話, すると藤沢幾之輔が立っ, すると藤田師は平生, すると藤蔓橋のある, すると藤野も非常, すると藥局生等はふい, すると藩士らは彼, すると蘆花君は急, すると虎之助が云った, すると虚子が近来鼓, すると虫眼鏡が落ちた, すると虹霓を粉, するとはたちまち, すると蛍光幕に骸骨, するとの心臓, すると蛮僧は身動き, すると重先生, すると蜀勢はその, すると蜂矢探偵はそこ, すると蜂谷が, すると蜂谷良作はしん, すると蜂須賀彦右衛門はやがて, すると蜘蛛の王さま, すると蜜柑は頂辺, するとは穴, するとは蜜, するとはもろく, すると蠅男と僕, すると血気にはやつ, すると行き過ぎた二人連れは, すると行く手から一人, すると行列のはるか後ろ, すると行員は気の毒そう, すると行房が折, すると行長の宝剣, するとの科学者速水輪太郎, すると街上の殺人鬼, すると街角にで, すると街道の松の木, すると衛兵たちの角灯, すると衛士は, すると衛生夫に化けた, すると衣子はそう, すると衣桁の端, すると衣装室と見えた, すると袁尚はしり眼, すると袁氏は既に, するとで顔, すると袈裟はしばらく, すると袋羽が平に, すると被害者はどこ, すると裁判医は歩き, すると裁判官は被告, すると裁判所のこと, すると裁判長が囚人達, するとの田園, すると裏手の松林, すると裏門の潜り戸, すると裸婦が婦人解放, すると褐色のねばねば, すると襖紙の小さな, すると西の方, すると西南に開けた, すると西洋罫紙の第, すると西行や芭蕉, すると西郷は膝, すると覆面の侍, すると見憶えのある, すると見物人は喜びました, すると見覚えがある, すると覚兵衛は子, すると覚海上人が天狗, すると親分どこかに金, すると親分下手人は無くなります, すると親切に遠い, すると親友が取りかえし, すると親父さんは立ちあがっ, すると親類の一人, すると親類會議が濟, すると観世様はこう, すると観客はまた, すると観測当直がすぐさま, すると覺悟が要る, すると覺束なくも, すると角ちやんは真面目, すると角ばった顔の男, すると角度の具合, すると角顔の男, すると言つた容易ならぬ表情, すると言つてゐましたけれど, すると言ふより寧, すると言葉はよく, すると訓練ある沈黙, すると記代子さんは皆さん, すると記録係も立ち去り, すると許攸は憤然, すると診察台に乗っ, すると診察所から紺セル, するとを作っ, するとのついで, すると話し家も, すると語源が要る, すると誠吉が, すると説明すべきもの, すると説明者はぷっとふきだした, すると読書するとにかく, すると誰か後からそっと, すると誰言ふとなく, すると課長が言った, すると論理とは認識主観, すると諸氏の批難, すると謔を, すると警保局長は全然, すると警官も中, すると警官たちの乗った, すると警察医は一寸そのまま, すると警察部長は, すると警察長はびっくり, すると警視庁の連中, すると谷崎氏は, すると谷村は即, すると豊前小倉で親, すると豊島は煙草入れ, するとは私, するとはその, すると貞光も, すると貞奴は, すると財産のこと, すると財神だが, すると貧乏人や小百姓, すると貧乏爺め追っかけるよう, すると貨物自動車は急, すると貪婪な鯰, すると貴下何とその, すると貴下谷の方, すると貴君の唇, すると貴女は推摩居士, すると貴婦人は, すると貴島がなにか, すると貴島君も共産黨, すると貴方がたを殺す, すると貴殿は小, すると買い手の方, すると費用はどう, すると貿易外の受取勘定, すると賊兵のある, すると賊軍方の者, すると賭ければ賭ける, すると購読者は読ん, すると赤シャツさんが手蔓, すると赤帽はもう一度, すると赤木医師は言下, すると赤鬼といわれた, すると赤鸚鵡は静か, するとがれた, すると起こしてまわる, すると越前屋の親方, すると趙咨は腹, すると趙雲は炬, すると趙雲子龍が, すると足もとからするする, すると足下から, すると足柄は山形警部, すると足跡が見えなくなった, すると足輕輕輩のやう, するとで非常, すると路ばたに, すると踊り子たちが脚, すると踏み潰されてしまう, すると踏台は, すると身体ぢゆうの何処にも風邪, すると身体全体が溶ける, すると身寄りのうち, すると身長八尺で一升桝, すると車屋の少し, すると車掌は自分, すると軌道に沿, すると軍治は傍, するとに這, すると軒先へ猪, すると軽井沢に沢山, すると軽口の花車, すると軽部はまた, するとも廻る, すると轡川は今, すると辛毘がこの, すると農場の方, すると農民はブツブツ, すると迎えが来る, すると処では, すると近いうちに, すると近ごろ多い群盗, すると近づいた雷雲は, すると近代の画家, すると近日愛し子の顔, すると近藤平六は表門, すると近藤殿は, すると返答を与える, するとに語原, すると透明な美女, すると透明ねこはいま, すると途上で楼, すると途中待ち伏せして, すると通りへ出た, すると通りかかりにこの, すると通俗の考え, すると通信能力はもう, すると通訳官はこれ, すると速力計の針, すると速達がき, すると連れはやや, すると連中は涌き出し, すると連座の若者たち, すると連想が急, すると連続服用のあと, すると進水式の雑然たる, すると遂には主従, すると遅くも八時半, すると遊びに野原, すると運動を起す, すると運平老は急, すると運用方の佐, すると運転台の大辻, すると運転手風の男, すると過日からの味方, すると過激党の側, するとというよう, すると道三が部下, すると道具が揃え, すると道場はそれ, すると道夫の眼, すると道子は俺, すると道栄は何とも, すると道満はさ, すると道路の方, すると道路係りはいよいよ, すると遠いなつかしい音を, すると遠野は急, するとの下, すると遭難船の姿, すると遺言状の中, すると邪念のない, すると郎党どもは在, すると郡山千冬のはからい, すると部下の男, すると部下どもは口々, すると部屋中にいた, すると部屋部屋の硝子戸, すると郵税収入がうんと, するとの字, すると酒井さまのお, すると酒場のところ, すると酒屋はたちまち, すると醍醐弦四郎という武士, すると醤買石もついに, すると釋言の篇首, すると重たい悩ましい法悦の, すると重ねてその, すると重力が打消され, すると重吉は別に, すると重太郎は牢破り, すると重役会である, すると重忠はさ, すると重治の枕, すると重荷を下ろし, するとだが, すると野々宮さんがまた, すると野上氏はさしずめ, すると野原はだんだん, すると野口は気の毒そう, すると野村も横合い, すると野田は真赤, すると野良を耕し, すると野菜畑を隔てた, すると野郎たち蒼くなっ, すると金さんはやっぱり, すると金ちやんは怒つ, すると金之丞さんが死體, すると金兵衛は, すると金吾さん秩父の方, すると金太郎は, すると金庫はとつぜん, すると金港堂一件の話, すると金貨はてのひ, すると金青年に重い, すると金魚というもの, すると金魚屋はその, すると金龍姐さんは案外, するとはひょこひょこ, すると釜屋半兵衞は自分, すると釣られてルリ, すると鈴木君はその, するとの爪, すると鉄三郎が鍾馗, すると鉄主馬之介, すると鉛筆はまだ, するとの格子細工, すると銀座の, すると銀杏の根もと, すると鋭い苦痛の, すると鋸屋は顔, するとからぱちぱち, すると鍋小路の若殿恰, すると鍔鳴りの音, すると鍛冶屋も肚, するとはうまく, すると之助, すると鎌倉中學の方ぢ, すると鎌田氏は馬, すると鎌鼬かな, すると鏈鎌の名人, すると鐵舟がまた, すると長く伸びて, すると長ちやんは顔, すると長助が座敷, すると長官はびっくり, すると長屋一同から返礼, すると長崎から来た, すると長持の上, すると長椅子の上, すると長次は親, すると長次郎の姿, すると長火鉢の傍, すると長田が横合, すると長者さんはいかにも, すると長良川博士たちはなにか, すると長靴履いて, するとはゆらゆら, すると門内から返事, すると門前の豆腐屋, すると門野君はかうし, すると開けはなした, すると閑雲が, すると間もなくかなり高い丘陵, すると間もなくがらがらッと, すると間もなくきわめて鄭重な, すると間もなくまた投げ出された, すると間二日をこ, すると間木老人が宇津, すると間髪を入れず, すると関上から改めて, すると関口台町の坂, すると関白基経の生んだ, すると関白殿はおん枕, すると関興は夜, すると閻魔はいやさう, すると闘牛士の大きな, すると添って, すると附添夫は寝, すると陛下はまるで, すると院長はちよつと悄げた, すると陣幕の外, すると除幕式が終, すると陳登は, すると陶器師は笑い, すると陶義近が憤然, するとの方, すると陸軍軍部にとって林首相, すると隆法老僧, すると隊長の顔, すると階下全体が工場, すると階子段を下りる, すると階段でモーク, すると隔ての襖, するとかさず俊斎様, すると隠す事程, すると隠居は胸, すると隣家に十二, すると隱居を怨ん, すると雀たちが笛, すると雄二は何, すると雅楽頭の顔, すると雑草のカーテン, するとも帶廣, するとはみんな, すると雜誌は今月, すると離別した方, すると離縁したの, すると雨天体操場の中, すると雨山氏と隣, すると雨戸に外, すると雨風に打たれ, すると雪太郎はにわかに, すると雪子はばね, すると雪子学士の面, すると雪枝は復, すると雪穴の外, するとが答, すると雲八は大きく, すると雷音は横, すると電光のよう, すると電気暖房かな, すると電燈の薄暗い, すると電球に灯, すると電話室の方, すると霊媒人間が心霊, すると霊岸町の手前, すると霞男はいよいよ, すると霧島つつじが二, すると霧粒が衝突, すると露次は真黒, すると青いのが, すると青子さんかしら, すると青年六さんは目, すると青年達は一どきに, すると青木君に新しい, すると青木学士はからから, すると青江はきっと, すると青魚と鯖, するとに襖, すると静子は涙, すると教育映画を, すると面ろかつたん, すると面白い発見を, すると革舟は再び, するとの一番底, するとを揉まれた, すると韋誕はそれ, すると音ちやんのため, すると音楽が又, すると項羽は, すると順平は媚びた, すると順教尼の話, すると須世理姫と葦原醜男, すると須永は淋し, すると須野がちょっと, すると頭立った盗人は, すると頭領は微笑, すると頷いたが乗ろう, するとに痛く, すると頼朝はそんな, すると頼母は訊問, すると顎鬚の長い, するとが二つ三つ, すると顔つきまでがぐったり, すると顔色にはどこ, すると風呂場で主人, すると風呂桶から出よう, すると風船はひとり, すると風見さんは山ヌケ, すると風間老人が, すると風音の高まる, すると飛んだ愛嬌の, すると飛躍するよう, すると飯場掛りは嬉しい, すると飯村はそれ, すると飲まない人は, すると飼主は, すると餓死など言, するとの音楽, すると館林様は不意, すると館野はどう, すると饗庭が, すると斬役人, すると香櫨園の駅, すると馬上の騎士, すると馬岱は, すると馬繋ぎへ駈けつけた, すると馬良が注意, すると馬賊の大将, するとの建物, すると駅員が彼, すると駅路での噂, すると駅長は驚い, すると駐在所の巡査, するとのそば, すると駒三郎は, すると駒井能登守が, すると駒雄は手の甲, すると駕籠の扉, すると駿太郎君は, すると駿河守もその, するとっていた, すると騒ぎを引起, すると驚いてさ京野等志, するとまで挫け, すると高周波の電流, すると高岡只一はすぐ, すると高時があわて, すると高木勇名は何ん, すると高橋君はふっと, すると高等學校で其きり拔, すると高等課の警察行政, すると高覧はつよく, すると高輪田氏は飛び附く, すると髪の毛の伸びた, するとの男, すると鬼三郎さんが死ん, すると鬼使が笑った, すると鬼火のよう, するとが発育, するとの森, すると魔法博士もはっと, すると魔物が反対, するとはどこ, すると魚人たちは奇声, すると魚戸は立ち停っ, すると魯迅さんはその, するとの跳ねる, するとの住ん, するとが怒っ, するとの代り, するとの群れ, するとは腹, すると鳥どもの歌, すると鳥屋は恐縮, すると鴎外は大喝, するとにカビ, すると鴫丸の魯鈍そう, すると鵝鳥の胴体, すると鵞鳥が呼ばれた, するとはいためた, すると鶴さんのお母さん, すると鶴井は突然, すると鶴子は, すると鶴巻が敗, すると鶴村は急, すると鶴松が小便, すると鹿は強い, すると鹿毛はいよいよ, すると麝鹿が草, するとを刈つた跟, するとばたけ, すると麺棒は千兩箱, すると麻布からあつし, すると黄祖のいう, すると黄色いものが, すると黄金の豹, すると黒い幕を, すると黒人の扈従, すると黒点が私, すると黒玉だよ, すると黒田官兵衛が側, すると黒田清隆はひと, すると黒装束の武士, するとつて婦人の, すると鼈四郎は段違い, すると鼎造はその, するとの単物, すると鼬小僧は誰, すると鼻歌をうたった, すると鼻目金をかけた, すると鼻眼金をかけた, すると龍教の密入国, すると19はにこり, するとは何