青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すすめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

すぎない~ ~すぎる すぎる~ ~すぐ すぐ~ すぐれた~ ~すこし すこし~ ~すこぶる すこぶる~
すすめ~
~すっかり すっかり~ ~すった すて~ ~すでに すでに~ すなわち~ すばらしい~ ~すべき すべき~

「すすめ~」 1242, 13ppm, 8255位

▼ すすめ~ (682, 54.9%)

34 いた 17 いる 14 いるの 13 くれた 12 いたの 8 来た 7 いった 6 来たの 5 いたが, いるという, おいて, くれたが, くれました, ゆく, 行く, 行った 4 いう, きた, くれる 3 います, いるが, いるん, くれたの, しまった, みると, ゆくため, ゆくの, 来て, 置いて

2 [30件] いって, きたと, くださるの, くだらないお, まいりました, みた, みたが, みました, やって, ゆこうと, ゐる, 下さい, 下さったの, 來た, 出して, 妹を, 居た, 居るの, 旗を, 来たもの, 来たわけ, 無理に, 行くその, 行くと, 行くの, 行こうと, 行ったが, 行って, 行つた, 見た

1 [429件] あげて, あちらの, あった, あなたを, あのよう, あの人, ある, いうには, いかでこの, いきましょう, いく, いくこと, いくつもり, いくとともに, いくの, いこう, いたから, いたこと, いたところ, いたのに, いたわけ, いた例, いた南党再起, いた男, いた老母, いた者, いっしょに, いったが, いったの, いて, いない雑文家, いなければ, いますが, いよいよそうと, いよいよ今明日, いよいよ金魚, いるうち, いるかと, いるから, いるだけ, いるだけじゃ, いるだろう, いると, いるところ, いるに, いるひと, いるよう, いるようす, いるらしかったが, いるッ, いる伸子, いる由, いる結婚, いる縁談, いる藤吉郎, いる通り, うまいなんて, おいたが, おいたの, おいたん, おいた運びどおり, おく, おくから, おくべきだったと, おられた, おります, おる次第, お呉れ, お地蔵様, お母さんを, お金持, きたが, きたという, きたの, きましょう, きょうにも, ください, くださる, くる, くるはず, くる兵, くれたけど, くれたこと, くれたせつ子, くれたので, くれたまえ, くれたよう, くれた友人, くれた椅子, くれた舞台用, くれないか, くれましたが, くれます, くれようと, くれるけれど, くれること, くれると, くれるの, くれるので, くれる疎開, こう呶, ここで, ここ麻生う, このごろどうやら, この君, この堂中, この挙, この方面, この本, この男, この行あら, この複雑, これは, これら伽藍の, こんなアパート, さきに, さらに第, じっとみつめ, すっかり一応もっ, そうしてこの, そして七瀬, そして私たち, そちらへ, そのうえで言った, そのとき, そのよう, その中, その介錯, その先, その力, その手, その玄徳, その隣り, それは, だなあ, だらく, だんだんに, つかわさぬか, とうとうほ, ともかく被害地, どうしても待っ, どうやら百枚, ならせること, にぎやかの, はじめは, ひそひそひそひそいっ, ほんの少し, まいりたいと, みたけれども, みたところ, みたの, みだ, みては, みても, みなければ, みますが, みる, みるよう, みろ, もうはや半年, やがて伊豆, やさしい参考書, やったに, やった由, やっとその, やつた, やまなかった, やれと, ゆかれたので, ゆくうち, ゆくこと, ゆくその, ゆくスピード, ゆく上野介, ゆく心, ゆく潜勢力, ゆく線, ゆく要求, ゆく途中, ゆけば, ゆこう, らいてう氏を, りょう場へ, ゐた, ゐたが, ゐたさ, ゐること, ゐる此, アグネスの, イタリーの, エレン・ケイの, コカインの, タンクの, ドノバンは, ノールエイだの, 一命を, 一応の, 一戦にも, 一挙に, 一日も, 一緒に, 七日の, 三四里ほど, 三歩に, 上げろと, 下さったわけ, 下さつたの, 下さる服薬, 不落, 世間の, 両手を, 両者箱根の, 中原へ, 中軍の, 主人の, 主君に, 主客対等に, 久し振で, 九月十月十一月三つきめに, 了いました, 事の, 二人で, 二冊の, 二匹の, 云い出した, 云った, 五湖の, 人民に, 以て, 休ませた高鼾, 会釈す, 何か, 信長は, 候補者という, 健吉と, 僕の, 兎にも, 全軍, 六百両までに, 共に鬱気, 兵を, 其処に, 再び月見草, 出る事, 利家に, 助成金を, 医者に, 半兵衛とともに, 口を, 可笑しき中, 号令を, 同道いたしました, 呉れた, 呉れましたので, 四国町の, 因幡伯耆の, 坐りながらに, 声ひそめ, 声を, 多額の, 大功あらん, 大心院の, 天下統一の, 天晴彼を, 太史慈は, 太郎の, 失敗した, 女達に, 子供取り戻し, 孔明の, 官人に, 宝暦の, 客に, 客人に, 家に, 富田附近の, 寝かしたうえ, 対座する, 尋ねた, 小宰相, 居ます, 居ります, 居る理由, 左京路之, 市街の, 帰ったあと, 幼い将軍家, 廓の, 張, 当今の, 彼を, 後主人が, 後私に, 從來の, 御城内, 思案の, 恥づかしく, 恵比寿講の, 意地悪く, 慇懃に, 戸簿を, 捨戒還俗の, 損を, 故郷へ, 敵の, 日常口誦させたい, 日本の, 旧館内という, 更に柴栗, 最後の, 朝の, 朝夕お題目を, 来たから, 来たが, 来ただが, 来たとき, 来たので, 来たらこれ, 来たプロレタリア文学運動, 来た文化, 来た文学, 来ました, 来るとも, 来るの, 来る手紙, 根本から, 椅子へ, 次の, 止まない, 止まないので, 止まなかつたかも, 殺したの, 海底都市を, 海道口の, 源一も, 潮見博士を, 牛乳二杯とらせた, 獄に, 獅子を, 玄徳を, 玄関の, 王子の, 生作りの, 田舎出の, 由比ヶ浜から, 百姓から, 直治は, 相対坐し, 相手に, 相模の, 看護婦を, 碁会所を, 神妙に, 秀吉は, 私は, 私も, 立った, 笑った, 筆を, 節子を, 精神分析的に, 糞便でしたら, 結婚さした, 給もれとの, 続々と, 総攻撃, 置く, 耳を, 胃弱に, 自分で, 自分の, 自分達の, 自身の, 自身まつさきに, 芸の, 若い小間使, 草の, 虎を, 行かなければ, 行かれた, 行きましたが, 行くうち, 行くだろう, 行くので, 行くべき原動力, 行くもの, 行くよう, 行く上, 行く事, 行く伝教, 行く孫策, 行く形, 行く方, 行く条件, 行けば, 行ったら, 行った宇野千代, 行った彼, 西班牙と, 見ましたが, 見るが, 見ると, 見る價値, 訊問を, 詰問った, 貰いたいと, 貰う努力, 車に, 軍事的な, 近づいて, 道を, 酔いつぶした, 金を, 長者も, 関屋さんを, 関羽の, 関羽へ, 障子を, 隠居願を, 頂戴, 食べさせようと, 饗応した, 馬を, 馬上に, 馬超の, 馬車に, 馬馴らし, 魏延に, 鮑忠を

▼ すすめ~ (53, 4.3%)

6 したがって 4 依って 3 まかせて, 来た

1 [37件] かかる夫人, きたの, くるなど, くる地紙売, こられた次第, したが, したがっては, その上明治大学, まかせ仕えても, もちろん玄徳, 任せて, 任せ称名念仏, 來て, 参ったの, 同意する, 帝も, 彼と, 従おうと, 従った, 従ったらしかった, 従わされて, 応じこの, 応じて, 来たこの, 来たな, 来たの, 来たもの, 来た時, 来た母, 来た牢人者, 来ても, 来る奴, 正成も, 行ったわけ, 見えられたか, 賛成する, 逢うと

▼ すすめながら~ (49, 3.9%)

3 云った, 自分も

1 [43件] いう, いま荊州へ, おりおり大きな, こんなこと, こんな理窟, さて名, ざっくばらんに, しかもその, しきりに次郎, そう言った, その向う側, それぞれ勝手な, それぞれ年に, つぎの, まだ遠い, コンナ事を, 伸子に, 共に茶, 出現し, 女中を, 孔明の, 屈託しきった, 彼等が, 思わずほろりと, 摘んだ, 旧庄屋, 最後の, 木曾街道の, 李との, 次から, 気軽な, 相手に, 真正面に, 私の, 素子が, 自身も, 裏面では, 覗きこんだ, 言った, 話が, 踊りました, 長椅子に, 防寨の

▼ すすめても~ (41, 3.3%)

2 彼女は, 断り然るべき

1 [37件] あながち深い, いました, うなずくだけ, きいて, すこし多く, それの, それは, ただ父上, だめでした, なかなか受入れなかった, なんの, みたの, やらせたい, よいと, イヤだ, フンという, 云うこと, 信長は, 動かずに, 幾度さとしても, 庫裡へは, 彼は, 承知しなかった, 新王ロロ, 普通は, 正二郎が, 無駄じゃ, 煙草を, 盃を, 真紀子は, 老人は, 腰を, 行こう云うこと, 見たいところ, 見向こうとも, 遂に摂ろう, 遅くは

▼ すすめ~ (34, 2.7%)

2 南仏の, 裏切りの

1 [30件] いそぎ山, ぜひなく, ひさしく忘れ, むらさき出版部から, やむなく電話, イタリーに, ソレントへ, ベルリン大学へ, 一人の, 一台中古を, 丁度学校, 三斎の, 五年前に, 勝頼は, 国老に, 大半伊香保で, 大学は, 姉娘と, 強ってと, 彼が, 彼の, 易経の, 法律を, 社交ダンスの, 私達の, 科学に, 芸妓に, 諭吉は, 里人の, 飲ませられること

▼ すすめたり~ (29, 2.3%)

4 した, して 2 するの

1 [19件] したが, しても, しながら, しました, するから, するだけ, する時, どんな計画, マッチを, 台盤の, 大小便の, 彼の, 彼女が, 心理学の, 手焙り, 枝つきの, 水菓子を, 羊羹を, 頼朝追討の

▼ すすめ自分~ (27, 2.2%)

1 [27件] でも両方, でも昼, でも食った, でも飲み, でも飲ん, の小皿, の費用, はなお, はのっそり, は土, は壁, は意志, もがぶがぶ, もすすっ, もまた, も一本, も一碗, も乗っ, も口, も喫, も彼方, も火, も箸, も腰かけた, も茶, も長い, も食べ

▼ すすめ~ (16, 1.3%)

2 どん底に

1 [14件] ここから, すすむほど, それに, 丸木は, 大別山, 小さくなります, 山へ, 彼も, 彼等は, 敵に, 本艦が, 至難で, 進んだだけの, 道は

▼ すすめに従って~ (13, 1.0%)

1 [13件] いろいろと, すぐ乱暴, それからは, ついに朝命, 一緒に, 三月初旬その, 今度は, 将門は, 急遽書写山, 炮烙の, 田舎の, 腹部に, 蜀の

▼ すすめ~ (12, 1.0%)

2 うけたが 1 いれて, こばむこと, しりぞけかかる, すぐ容れ, 何うかし, 容れて, 容れなかった, 拒んで, 辞退し, 重く考えかけ

▼ すすめによって~ (10, 0.8%)

1 であった, ニューヨークへ, 会いに, 後妻を, 持病の, 猟犬フハンを, 率先し, 白銀屋の, 私の, 首里に

▼ すすめ~ (10, 0.8%)

1 あった, あったかと, あって, ありてや, あり上京, あること, あるの, しないビール, しなければ, わしの

▼ すすめ~ (9, 0.7%)

1 しない, しないだろうよ, しなかつたし, すまい, その夜, 劉璋の, 大いにありがたかっ, 清貧でした, 秀吉を

▼ すすめ~ (6, 0.5%)

1 ために, ままに, まま彼女の, 仕方であった, 精神作用が, 趣意を

▼ すすめその~ (4, 0.3%)

1 享楽が, 仕事を, 代り自分も, 酔って

▼ すすめそれ~ (4, 0.3%)

1 がもと, がやがて, と同じ, を数学的

▼ すすめては~ (4, 0.3%)

1 いたけれども, いるが, ならぬなどと, 来て

▼ すすめながらも~ (4, 0.3%)

1 また一方, 史料には, 幸雄は, 遺憾に

▼ すすめには~ (4, 0.3%)

1 すぐには, どのよう, 全然応ずる, 耳も

▼ すすめまた~ (4, 0.3%)

1 しばらくする, しりぞく此の世, 私が, 籠城百日に

▼ すすめそして~ (3, 0.2%)

1 いまを, 彼の, 蜀軍が

▼ すすめ~ (3, 0.2%)

1 が盟主, し教師, ともいわれ

▼ すすめつつ~ (3, 0.2%)

1 なお紅, 在ったの, 泣かま

▼ すすめよう~ (3, 0.2%)

1 がない, ではない, を私

▼ すすめ~ (3, 0.2%)

1 の好き, をつぐ, を汲み

▼ すすめかた~ (2, 0.2%)

1 がうまい, には本当に

▼ すすめかつ~ (2, 0.2%)

2 は私

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 あった, ありましたので

▼ すすめこの~ (2, 0.2%)

1 二人に, 戦争が

▼ すすめそれから~ (2, 0.2%)

1 乱軍に, 絵の

▼ すすめそれに~ (2, 0.2%)

2 私の

▼ すすめなど~ (2, 0.2%)

1 した, して

▼ すすめにも~ (2, 0.2%)

1 ふと御遊, 来たり

▼ すすめにより~ (2, 0.2%)

1 口語体に, 幾たびか

▼ すすめに従い~ (2, 0.2%)

1 道草気分で, 部屋を

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 すすめと, 者ども関羽の

▼ すすめやがて~ (2, 0.2%)

1 帝の, 数日の

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 るれば, 御國

▼ すすめ上手~ (2, 0.2%)

1 でへ, にいつか

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 べからず, べし

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 すすんで, 御自分

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

2 被下候

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 が実に, を一緒

▼ すすめ椅子~ (2, 0.2%)

1 に向かえる, をひっぱっ

▼ すすめ~ (2, 0.2%)

1 も同意, も日頃

▼ すすめ途中~ (2, 0.2%)

1 で拾った, の護衛

▼1* [170件]

すすめああよい頃おい, すすめあまり好かないこの, すすめあるいは汁の, すすめかくて理想的共同体, すすめかの宇治川先陣佐々木と, すすめきょうあたり徳山の病院, すすめければ申す, すすめこういう形にまで, すすめここに基業, すすめした, すすめさいごに, すすめさっき浜辺では見えなかった, すすめさらに夜明けまで, すすめしかも遠征出發の, すすめすぐ城下近く, すすめその他七カ所に不断念仏, すすめその間にぬけ出, すすめたまへ, すすめたりさえした, すすめたりなどしながら, すすめたるに酒, すすめちゃ悪いから, すすめつよき紅葉なり, すすめてから声を, すすめてこそはじめてご馳走, すすめてね自分は, すすめてばかりいる, すすめであったと云われ, すすめでありますからただ, すすめでもない, すすめ戦法も, すすめという姉の, すすめとうとう城中に, すすめとして今年の, すすめのである, すすめなお二つの, すすめなり後見なり, すすめにでも會へば, すすめに対し依然一笑, すすめばらばらと虚空, すすめひるがえって遼東を, すすめめいめいの皿, すすめめぐりてとぼしたる火もきえぬべく, すすめもう死ぬるばかり, すすめもっと近く, すすめさてまた道, すすめらぎの忍びのみゆきけふありしとぞ, すすめわが子へも遊び, すすめわれも飲み, すすめグージャールはいかにも, すすめコーヒーと乳入りパン, すすめジョウのため, すすめピアノを弾き, すすめペトロニウスを引合い, すすめ一夜にあの, すすめ一幕うったほどでもねえ, すすめ一方船手の, すすめ一路都へ軍, すすめ一軍をかし, すすめ七カ所に不断念仏, すすめ万一朝議の, すすめ不眠不休の状態, すすめ両者を和睦, すすめ中軍に典韋ら, すすめ丹波の源九郎殿, すすめ二杯重ねさせたのち, すすめ五ヵ所の寨, すすめもはやとて, すすめが私, すすめまた自分, すすめ他日の幸運, すすめて三軍, すすめの抵抗, すすめ依然としてなお陥ちずに, すすめ先鋒本軍遊軍などの布置, すすめ先頃から彼, すすめ其人等も精進料理, すすめ冀州青州幽州, すすめ出すものと, すすめ劉備と母, すすめ危機に応じる, すすめ各部の報告, すすめつたり, すすめ同じ城に, すすめ同君もやがて, すすめ呂布もだんだん, すすめ和議の斡旋, すすめ哀願に変る, すすめ喜久子にもすすめ, すすめ四月近くには全, すすめ土産話をうながした, すすめ坐り心地のよい, すすめ夏侯惇はまっ先に, すすめ外人にだまされ, すすめ念を, すすめ女中や帳場, すすめ女流音楽家の一件, すすめ姜維の勢, すすめにもとづくる, すすめ守護霊の存在, すすめ宮廷の外, すすめ将来を励まし, すすめ尊氏のすぐ, すすめ平一郎にもすすめた, すすめ建築の少ない, すすめ弟宮の座主宗良, すすめ弩弓石砲を懸連ね, すすめ徐州も小, すすめ自分では, すすめ徳川勢も槍隊, すすめ念仏即浄土, すすめを抑えん, すすめ手あきの美女, すすめ数日後には一緒, すすめ敵味方見る中, すすめ文学というもの, すすめ文章の切れめ切れめ, すすめゆうは, すすめ旅費のため, すすめ旧恩を思っ, すすめ明日ならば, すすめ最近では核弾頭, すすめ有吉は書棚, すすめ近左衛門, すすめ本分をとげさせ, すすめ柳生家の石垣, すすめの上, すすめ樊城を一, すすめ歌妓楽女をし, すすめ毛利を討つ, すすめ民みなが望ん, すすめ気概をにくみ, すすめ治利を救え, すすめ洗面器へ冷水, すすめ海道の軍勢, すすめ漢帝に説き奉らせ, すすめ火鉢の埋, すすめ煙草盆を出し, すすめ牡丹の花, すすめ犬山の城, すすめ玄鶴の容態, すすめ生死の一大事, すすめ真実をいう, すすめだけで彼, すすめ礼言を重んじ, すすめ精薬を以てその, すすめ羽扇をにぎっ, すすめをすすめ, すすめ自ら茶を煮, すすめ自分たちも灰, すすめ若し敵軍跡を, すすめを烹, すすめ莫大な恩賞, すすめ菩提の眼, すすめ将は, すすめ貫首に訴え, すすめ賊将うごくなかれ, すすめを挺, すすめ通り兼ねて, すすめ逢坂山をこえた, すすめ道路橋梁の工事, すすめをとどむる, すすめをすすめた, すすめ銚子を取る, すすめ関羽の前, すすめ陸上軍は安土その他, すすめ馳走らしい物, すすめを立て, すすめ骸骨のふくめん, すすめ麾下の法師旗本