青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しら~ しらべ~ ~しるし しるし~ ~しれない しれない~ ~しれぬ ~しれません ~しろ しろ~
しん~
~し得る し得る~ ~じ じ~ じき~ ~じっと じっと~ じつに~ じつは~ じみた~

「しん~」 2335, 24ppm, 4815位

▼ しん~ (404, 17.3%)

106 して 13 した 10 なった 8 しました, する 6 した夜 5 静まり返って 4 なって, ぶつかった, 腰を 3 したなか, した教室, した空気, するほど, 尻餅を, 音が

2 [22件] お美代, させて, したその, した声, した家, した寂しい, した山, した所, した朝, した気持, した淋し, した部屋, した静けさ, してるよ, しながら, すると, 來ました, 四辺は, 坐って, 焉馬, 物の, 黙って

1 [174件] いひうち, かぶさる, からだを, しすぎて, しずまりかえった中, したあたり, したうすぐらい, したうす暗い, したさなか, したそ, したたのし, したなに, したの, したまま, したもの, したよう, したアカシヤ, したホール, した一時, した世界, した中, した中空, した乙, した内, した冷気, した凍った空, した力, した勝手許, した午後, した境内, した夕暮, した外, した夜々, した夜ふけ, した夜半, した夜景, した夜気, した大きな, した天地, した太陽, した奥, した妙, した学校, した室, した室内, した宿直室, した寂けさ, した寒い, した小路, した山岨, した平和, した庭, した廊下, した廣間, した影, した後庭, した御, した御堂, した心, した心持, した心持ち, した教會, した昼間, した景色, した月, した林, した森, した楼, した正午近く, した此, した気, した水の上, した沈黙, した涼しい, した湖面, した澄みわたった夜, した町, した真夜中, した真昼, した蒼い, した蒼黝, した蘆洲, した表, した農園, した道, した遠近, した重量感, した長い, した長椅子部屋, した闇, した陰気, した階段, した雪, した青い, した静か, した静寂, した顔, しづまりかへり, しばらく何, しまった, する程門, つきあたりました, とろりとして, なったところ, ぶつかって, もう一人, テーブルを, ドアに, ピンを, 一つき, 一つ与吉を, 一つ卓子を, 一つ足を, 三度程, 下へ, 世界中の, 乗りかかるの, 体当りした, 何ものか, 保証し, 入口に, 卓子を, 博士に, 地ひびきの, 地びたに, 地面に, 坐った, 壁に, 壺の, 大きなひびき, 大きな沈黙, 大きな音, 大隈に, 屈強な, 当たり先生, 息を, 撲わ, 板の間へ, 森の, 正面から, 氷上に, 熊谷は, 甲板の, 私の, 秋の, 縁へ, 縁側を, 背中で, 胸に, 胸を, 腰掛に, 臀餅を, 船を, 落着く, 虫の, 足を, 身體を, 軟い白い, 転がった, 重く客車, 鎮まった空気, 静まった, 静まった一点, 静まった夜, 静まった様子, 静まりかえった表情, 静まり返った, 音させ, 音たて, 頭を, 顔を, 鳴りを, 默つてしんと, 默つて顫えて

▼ しんから~ (349, 14.9%)

9 嬉しそう 5 底から 4 うれしそう, 身を 3 いやに, それを, 喜んで, 嬉しかった, 愛して

2 [18件] うれしいこと, おね, お礼を, かわいがって, げっそりし, のびて, 人を, 嘆息した, 大事に, 好きな, 尊敬し, 悪い人, 愉快そうに, 感じて, 感心した, 自分の, 言った, 骨身に

1 [276件] あんぽん, いとおしまなかった, いとしくて, いまいましさうに, いまいましさうに顔, いまいましそう, いやな, うれしいと, うれしいの, うれしかった, うれしくうれしい丈, うれしさ, うれしさうに, おかしいよう, おかしそう, おしむらしく話した, おどろいたの, お咎め, お慕ひなさつて, かれこれ思っ, がっかりし, きらいだった, きらいで, こう云う, このまま, この世が, この憂慮, こみあげて, さう思ふ, さめて, して, しんから, しんじつつまらなくっ, しんじつ浮身を, じれつたさ, すいて, すうっと, すきで, すきに, ずっぷりと, そういう単純, そう思い, そう思う, そう思っ, そう思った, そう感じ, そう答えた, そう言われる, その母, その陳腐さ, そよぎ出すよう, それの, それらの, それ一つに, たけりたったらしいお, たのしく暮す, たのしんで, つかまないうち, つかれた様, つかんで, つきぬけては, つくため, にがり切った, ぬ万, のみこませた, のんきそうに, ひっそりと, びりびりッ, ふっ切れては, ほっとしました, ほっとなされた, まじめで, まじめな, むず痒いもの, むっとした, やぼに, よく眠り, よろこんで, らしく云った, わかったわ, わかる結果, イヤらしい, グロッスの, ファシズムに, ラプンツェルを, 不機嫌さうに呟いた, 不機嫌そうに, 不機嫌に, 云った, 人なつこかった, 人民の, 人間を, 今の, 休まるでしょう, 会得し, 低頭した, 体じゅうを, 信頼し, 偶然の, 傷けられ怒っ, 優待したい, 共感できた, 冷静な, 出るかるい, 分るまでには, 切なさそう, 別れを, 力を, 叫ぶ, 可哀そうな, 可愛がっ, 可愛がらなくちゃ, 可愛らしい感じ, 可笑しそう, 可笑しゅうございました, 同情される, 同感する, 呆れた眼色, 呑もうと, 和一郎と, 哀れに, 困った, 圓太郎は, 好きだ, 好きだった, 好きである, 好きに, 好きには, 嫌い, 嫌った, 嫌ひなんだ, 嬉しい, 嬉しくなっ, 嬉しん, 安全で, 安心した, 実感されるなら, 尊敬出来る, 山本を, 希望し, 平気で, 幸福そうな, 当惑の, 彼の, 彼を, 御満足, 微笑みたい気, 心配し, 心配した, 怒って, 怒り, 思いました, 思います, 思いやり苦悩, 思う, 思うよう, 恐縮し切つ, 恥ずかしそう, 悦び迎える者, 悦ぶ彼, 悦服し, 悪いやつ, 惚れて, 想って, 愉快に, 愛した, 愛するもの, 愛らしい心持, 感嘆し, 感嘆に, 感激した, 憎々しそう, 憎く思いました, 憎んだ, 我がもの, 戦争を, 戦争挑発者たちに対する, 戻りがけ, 手もち不, 打ち解けて, 打込んだ男の子, 承認され得る, 敬服されたい, 敬服出来る, 日本人の, 時間を, 暖く, 書きたいもの, 望んだ, 楽しい旅行, 楽しくて, 楽しくは, 楽しさうに, 楽しそう, 樂しい, 歴史を, 残念そうに, 民主的に, 気に入って, 気の毒よ, 気を, 気持よく, 気落ちした, 氣の, 求めるもの, 治るまで, 泣吃逆り, 淋しいなんて, 湧いて, 満足出来る, 狂って, 猫好きね, 理解した, 理解出来ましょう, 甘えて, 生命の, 疲れを, 病気は, 真剣な, 真実賭けたる, 真蒼, 眠氣が, 眺めるよう, 知って, 知りたがる方, 確立しきっ, 祈つて, 祈りたい気持, 神経が, 私たちが, 科学の, 笑うという, 笑った, 笠井さんは, 美しく貴い姿, 羨しがった, 考えて, 聞き惚れて, 胆を, 腑に, 腹が, 腹を, 自信つきし, 自分自身の, 自由な, 自由に, 自覚し, 舌うちしたい, 色の, 苦笑しました, 解り合う友, 誰でも, 謙譲な, 資本主義の, 身が, 身に, 軽蔑し, 軽蔑しきっ, 軽蔑しました, 輝く一本路, 辛そう, 近づいて, 迷わなくなった, 途方に, 酔っ払ってること, 鎌倉の, 閉口し, 陽気で, 離れさせたの, 震えて, 面白くは, 音を, 音楽ずき, 頭を, 頼りの, 黒く粟

▼ しん~ (198, 8.5%)

8 ゐた 7 いた 5 いる 4 來た, 居ります 3 いるの, いるよう, ゐる, ゐるの

2 [12件] いたが, いたの, お出遊ばす, ね面白く, ゐたが, ゐると, ゐるもの, 世を, 何や, 居る, 自分の, 頬っ

1 [134件] いたから, いただきたい, いたんだぞ, いたんで, いた男, いた酒, いられるから, いられる彼, いるかが, いるからこそ, いるだろう海老団治, いると, いるらしいが, いるらしく見えたので, いる国ことば, いる様子, いる者, いる菌, おいでに, おくれ, おさうしき, おります, おろうと, かかる方, かすかに, くれこんな, くれるだらう, くれる一二, くれる釘勘, くれる骨肉, げす, これを, ござりました, しかもあの, しまうから, しまうに, しまった, そうれん, その場かぎり, その神威, つかわせよ, はる子は, もつ, もらいたいですね, やらうかと, やらうと, やれと, よくよく見れ, わが関東, ゐたから, ゐたさ, ゐたと, ゐたといふ, ゐたの, ゐたので, ゐたらしいが, ゐたん, ゐた人達, ゐた男, ゐた興味, ゐた遊戲, ゐた頃, ゐました, ゐます, ゐらっしゃった, ゐられたの, ゐるかの, ゐるさ, ゐるところ, ゐるやう, ゐるらしいの, ゐる家庭, ゐる時, ゐる時代, ゐる様, ゐる私, ゐる者, ゐる錢形平次, ハしんるいという, 主人に, 事実を, 働く人, 博物館に, 呼ぶ場合, 問うと, 學校の, 居つた日出雄, 居らる, 居りました, 居りましたが, 居りますが, 居るが, 居るの, 居るやう, 居る丈, 居る人, 居る折柄, 居る樣子, 差控へ, 往てこう, 待って, 承り實行, 描いた唐画風, 斧鉞を, 旅を, 書くため, 最早取る, 来る, 来る姿, 樹木を, 沈香の, 無精煙草に, 献杯仕ります, 珠の, 皇叔の, 眺める, 知性を, 祖法を, 神田伯龍の, 精神も, 給も, 考えに, 考へながら, 聞いて, 腹肋皆白し, 行かうと, 言った, 讀むこと, 讀んで, 貰ひたいね, 遠きを, 避けて, 飛んで, 飽きること

▼ しんとして~ (198, 8.5%)

12 いて 11 ゐた 8 いました, ゐる 7 何の 3 しまつ, ゐて, 人の, 静かな 2 なんの, ゐます, 居た女, 居りました, 春の, 来て, 水の, 静まり返って

1 [124件] あまりに静か, いかにも淋しい, おる, きわめて静か, さびしい磯, しつとり, しまつてひとりも, すべての, その声音, その美しい, た, ただいかにも, ただすずめ, ただ聞える, たつた二疋, だれ一人, べつにおとずれる, べつに暴れ, ほうぼうに, まじめに, まだ芽, もとの, ゐました, ゐるので, 一同禹徳淳を, 了つて虫の, 了ひ, 人が, 人影が, 人気の, 仙太の, 何か, 來る, 全く緑葉, 冷たく白, 凝ったよう, 別に異常, 化石され, 四辺には, 固唾を, 夏の, 外から, 夜も, 夜間開場の, 大ひろま, 大風の, 子供は, 実に静寂, 寂しいこと, 寂しいほど, 寂莫たる, 寒かった, 小鳥の, 居た, 居たこと, 居ります, 居る, 居ると, 展望し, 幅広き街, 広場には, 広場は, 庭では, 強い夏, 彼は, 悲しい, 意識が, 支へ, 日光の, 映って, 昨夜の, 暗くさびしくなっ, 更けつ, 来ました, 来るので, 来る時, 淋しい, 淋しうございました, 淋しくなっ, 燈一つ見えない, 物の, 物寂しいもの, 物音が, 物音一つしない, 独り温もった, 白けて, 真剣な, 眠れる街, 笑い声ひとつしない, 答えるもの, 答が, 箱の, 聞耳を, 聴き惚れて, 薄寒いよう, 薄曇の, 薄気味の, 藁が, 蝉の, 行つた, 表庭, 誰も, 誰方の, 赤い腰巻, 赤子の, 返事も, 退けた様子, 重な, 鉄瓶の, 雨の, 雨垂れほどの, 雨氣が, 静かに, 静であった, 静まりか, 靜で, 靜まり返, 音する, 音なく, 風だけが, 首の座に, 駒を, 鳥の, 鼠一匹騷が

▼ しん~ (93, 4.0%)

3 何か 2 なるもの, 兄は, 山の, 水を

1 [82件] あるせゐか, ある意味, ある真白, いのつて, いひました, うづい, お祈りを, きたないもの, これ丈の, さがしもの, さがし出さうと, さびしいぞ, しみこんで, ずんと響く, ぞんじて, たべて, つよいピューリタン的精神, とっさの, なる確り, のこったかす, ひびいた, ぴんとした, ふりおとされるか, ぽつりと, よたよ, よろこぶと, ドロリと, 一つの, 今も, 仲よくはたらい, 働きて, 入った箇性, 入れる毛, 冷たいもの, 凄愴, 力が, 勉強しなけ, 勉強しなけあいけない, 否定し得る, 夕の, 奇蹟とは, 姫の, 実行可能な, 廻つてゐる, 弱気な, 後悔を, 徹って, 心から同情, 思った, 悪い所, 悲しくても, 感じられて, 押して, 提灯ふり, 朗らかな, 来年の, 残って, 浮んだ, 滓が, 火が, 珊瑚の, 畔を, 異様な, 疲れが, 痛いよう, 研究し, 置いて, 聴いて, 舞台に, 血を, 見て, 解した人, 言いきかせたこと, 言いたい事, 課する, 身の毛の, 近いところ, 迫って, 釘を, 間一髪を, 雨を, 響くよう

▼ しん~ (81, 3.5%)

3 やみです, 闇です 2 しんまで, ところでは, はりが, 姿を, 底から, 春の

1 [63件] あねのよ, うちに, お宅, しんから, しんに, しんの, だからや, つよい情熱, ていである, てり焼, ない甘つたれた, のぞいて, まわりと, むすぶ幻術, ものである, もの音あり, やみ, ゆずらなさ, ようでした, ような, ように, よせぶりです, わからぬところ, 中に, 人間の, 光耀に, 入れて, 冷たい男, 冷たさ, 出たの, 出た帯, 割れるよう, 匂ひ, 墓は, 女も, 子酒の, 意思, 感じられる元気, 感覚に, 手を, 抜けてるよう, 振付を, 方が, 明るさ, 束が, 生涯を, 糸目を, 経験した, 繁凝, 胎中に, 腐って, 自覚と, 苦痛の, 蝋燭が, 親友と, 貴族は, 配役喜多村緑郎焉馬, 闇で, 闇でした, 闇に, 闇にも, 闇の, 闇夜で

▼ しんせつに~ (73, 3.1%)

15 して 11 いって 3 ありがとうございます, いいました 2 世話を

1 [39件] あしらうの, ありがとうぞんじます, おしえて, お教えなすった, お母さんの, してやったけれど, してやったのに, してやらないから, してやらなければ, してやろうと, しなければ, するもの, せいかくに, そこらで, たずねて, なでて, なにから, びんの, もてなして, も仕事, も傷口, も持つ, も浅川, 世話し, 世語を, 二人の, 人が, 介抱しました, 宿の, 建て, 情が, 感じて, 教へ, 泊まって, 男を, 知らぬ人, 答へて, 言わっ, 電話で

▼ しん~ (60, 2.6%)

2 つうんと, 命返し

1 [56件] いやに, がらんと寂しかっ, きまって, くらくらし, ことぢや, さえて, しいんと空虚, しびれるよう, すでに民, たよりなく, つきませんでした, とおく旅, とろりで, ほのぼのと, ぽうる, やわらかいと, ジーンと, ズキズキと, ムズムズし, 丈夫らしかった, 乗って, 人しれず, 何だか私, 先手と, 冴えて, 冴え返った, 冴え返りながら, 冷えて, 冷たいうつろ, 出て, 刺すよう, 多少痛み出す, 妙に, 寂し, 巻きかかって, 張りきって, 明かるく, 森に, 植え添って, 氷の, 燃えつきると, 疲れたこと, 疲れて, 疲れると, 痛いよう, 痛くなった, 痛くなる, 痛む, 痛んで, 皆抜け, 縄張りを, 脆い, 酸っぱくしみる, 鈍くうずい, 非常に, 魚類に

▼ しん~ (55, 2.4%)

26 しらの 12 しらは 2 しら, しらがことに, しらが互に, しらに 1 いうたか, うして, うだ, し, しらも, しらもけは, しらや, 英才の, 重複し

▼ しんがり~ (47, 2.0%)

3 になっ 2 に, の椅子, 四本が

1 [38件] がまだ続々, が四本, だつた, で夜, で子供たち, で歩い, との烈しい, にいま, におとな, になつて, になる, にはシルクハット, に乗りこん, に伸子, に昨日, に残った, に立っ, のお, のかたち, のほう, の一群, の男先生, の組, はひも, はわれわれ, は宗七, は張, は李俊, は私, は鞠躬如, は顔, まで伝えられ, をし, をつとめる, を務め, を呼ぶ, を残し, を注意深い

▼ しんせつな~ (45, 1.9%)

2 おじいさんが, 人々が, 人でありました

1 [39件] あひるさんの, おじいさんです, おじいさんに, おじいさんも, おばあさんだ, おばあさんふしん, お子さんは, ことばを, ことを, とんぼこぞうに, のです, もっと善良, ものだ, 人が, 人であっ, 人です, 人らは, 人情深い, 人間の, 介抱を, 医者を, 友だちが, 安藤は, 小人たちは, 心がけが, 方です, 方の, 方らしい, 正直な, 水先案内人の, 父君額の, 男でした, 男では, 私の, 老人が, 老人だつた, 腰元が, 親孝行な, 鳥は

▼ しんけん~ (43, 1.8%)

9 な顔 5 な顔つき 3 になっ 2 そのもの, に考え

1 [22件] さに, なちょうし, なふくしゅう, な復讐, な気持, な空気, な話, な語調, にお, にさけぶ, にじ, にたのみこん, につまり, になった, になり, に好き, に相談, に考えこんだ, に芝居, に見えました, べい, 率直な

▼ しんせつ~ (43, 1.8%)

3 でありました 2 だつた, でありましたから, でていねい

1 [34件] からだ, がかえって, じゃない, だから, だった, だ友, ついでだ, で, であったの, であった町, できやす, でこまめ, でじぶん, でそれ, でなければ, でなに, では, でも女中, でわたしたち, で何かと, で手柄, で柔和, で気にいらないこと, で級長, で謙遜, ならば, に対してお礼, ね美味しい, のお礼, のよう, は忘れません, をした, を心から, 忘れません

▼ しん~ (37, 1.6%)

3 のおふくろ 2 のおっかさん

1 [32件] いくら江戸, がしょんぼり, がひょいと, が外, が稼ぎ, が血だらけ, が顔, であった, というの, という江戸, とは違っ, と思う, に浮かれ, に預ける, のす, の姿, の泊まっ, の襟首, の野郎, はいい, はお, はどう, はやはり, は一体どう, は世間, は先月, は小さな, は死ぬ, は死罪, は降り返った, は黙っ, を幸次郎

▼ しん~ (31, 1.3%)

2 もって, 見つめて

1 [27件] おこさせとしごろ, かじる鉄砲虫, して, すー, たうとう, つくる, とめるの, なさい, ぬいて, のこらずくり抜いて, 作つてそれに, 使う仕事, 傾けて, 削りながら, 剪り, 噛む蠧, 地上で, 嫉妬の, 掴みたく思う, 揺り動かして, 止めて, 理解し, 発見する, 細くけずらなけれ, 見た, 買いました, 路傍へ

▼ しん~ (24, 1.0%)

11 んな, んに 2 んだ

▼ しん~ (24, 1.0%)

1 [24件] あつくて, あまり大きく, いつでも, そんなつもり, ぬれも, べつに変った, ほんとに可哀相, みじめな, ガラン洞の, 何ら公式, 堺町奉行の, 好い娘, 年漸く, 強そう, 徒長し, 情に, 柔靱で, 武州南葛飾郡新宿の, 残つてゐる, 気を, 瑞々しいという, 確かりし, 綿が, 青くなっ

▼ しんまで~ (24, 1.0%)

1 [24件] おしかぶさって, きりこんだので, じいんとくる, ずっぷりの, はいでしまった有様, ほの, ほんもの, むいて, グサリと, 不愉快に, 伝わって, 冷え込んで, 寒気立って, 届いて, 暖い, 洗われるよう, 滲み通らない, 灸かれる, 疲れて, 真紅な, 程よく冷えきった, 紅いの, 貫くよう, 響き渡った

▼ しんからの~ (21, 0.9%)

2 おなげき承り, 好人物であります

1 [17件] お礼を, ドイツ好きで, 人間らしさ, 同感が, 問題だ, 圧倒的の, 好意を以て, 嫌悪を, 孝行息子の, 寂しさ, 尊敬と, 小説は, 悪辣な, 感興と, 理解を, 話相手とは, 魔法使いだ

▼ しん~ (21, 0.9%)

1 [21件] から, からうらみ, からのうれしい, からの人間らし, からの勇氣, からの微笑, からの甘, からわかつ, から冷え, から哄笑, から弱ったらしい, から彼, から愛, から湧き出, から甘え, から異様, から祈らず, でいつも, までは納得, 他人事, 弱って

▼ しんそこ~ (20, 0.9%)

1 [20件] からうれしい, からこまった, からの必然性, からふるい起った, から冷え, から感心, から戦慄, から訴, ぎょッ, のいつわらぬ, の腕前, の風流, はやはり, はイージー, ほっと息, 恐れた, 惚れて, 憎い奴, 祈るの, 羨ましくなった

▼ しん~ (20, 0.9%)

2 方が

1 [18件] おんちやんに, かあなたがた, がこの, がよかろ, けつしんだ, ことなども, そのこと, ということ, という様, といふ, とは思われぬ, と云, のです, のを, もので, ものであっ, ものは, 酒は

▼ しんぞう~ (15, 0.6%)

2 のなか, の中

1 [11件] だよ, でこれ, にかけ, にじいんと, にとりついた, にはいった, の上, の奥, は氷, は皇帝, を氷

▼ しん~ (14, 0.6%)

2 さんの, なんでげす 1 さんとは, さんは, さんまあ, さんも, 可愛ゆ, 女房娘, 寥しう, 恋路が, 様, 高くなる

▼ しんぱく~ (14, 0.6%)

1 [14件] がはえ, の前, の枝, の話, はかつて, はその, はだれ, はまた, は人間, は命, は岩頭, は無事, を岩角, を車

▼ しん~ (13, 0.6%)

7 りと 2 りとして 1 りした感觸, りして, りしんめ, り子供

▼ しんせき~ (11, 0.5%)

1 [11件] があるでしょう, だと, って変, にあずける, にでもお, のうち, のこと, の人, の勇一少年, の子, もない

▼ しんるい~ (11, 0.5%)

1 [11件] からたのまれ, というもの, とかいう人, にといあわせました, のものたち, の人, の奴, の家, の方, の者たち, やしっ

▼ しん~ (10, 0.4%)

2 ゅうの 1 ゅうでできた大, ゅうに, ゅうにぎりの入口扉と, ゅうのうれいをやわらげいつも, ゅうのかごのなかの輪で, ゅう屋の, ゅう板で, ゅう板の

▼ しんでは~ (10, 0.4%)

2 撫でま 1 あるまい妹御, おそらくそう感じ, そして頭, そんなに冷静, ならぬ生きては, 安心し, 極めて物質的, 極めて遠大雄大

▼ しん~ (8, 0.3%)

3 えが 1 えがね, えぞ, えな, えよう, えッて

▼ しんばり棒~ (8, 0.3%)

2 をし 1 として使っ, にかつて, に手, をかう, をはずし, をはずす

▼ しん~ (8, 0.3%)

2 になっ 1 にいろいろ, になつて教, に受け答え, に話, のやう, ょうにおがんでいるではありませんか

▼ しんベエ~ (8, 0.3%)

3 を買い 2 はお, はねえ 1 のこと

▼ しんでを~ (5, 0.2%)

21 りました, ります, りますが

▼ しん~ (5, 0.2%)

1 こと, 事, 兄妹を, 同棲者達だ, 少年です

▼ しんない~ (5, 0.2%)

2 ね, よ 1 のにねえと山

▼ しんには~ (5, 0.2%)

1 きりきり真面目さ, どっか強, プリマ, 実が, 派手な

▼ しん~ (5, 0.2%)

1 そういうふう, 心からびっくり, 根も, 漁師の, 知らない

▼ しん~ (5, 0.2%)

1 ですが, で立, と仕事欲, のわたし, の均平

▼ しんでも~ (4, 0.2%)

1 い, つ, ゆけるの, らは

▼ しんとく~ (4, 0.2%)

31 丸の

▼ しん~ (4, 0.2%)

1 になつて行, に劣らぬ, の同胞, の泣き寄り

▼ しんけんで~ (3, 0.1%)

1 きいて, なごやかな空気は, やって

▼ しんさい~ (3, 0.1%)

1 があっ, が怖, はひどかっ

▼ しんした~ (3, 0.1%)

1 のです, 女房の, 支那女の

▼ しんしつ~ (3, 0.1%)

1 にあります, にとじこもっ, の中

▼ しんだり~ (3, 0.1%)

1 したこと, するもの, 喜んだり

▼ しん~ (3, 0.1%)

1 うだて, つおちきましたと, ゆうだて

▼ しんにも~ (3, 0.1%)

1 むちゅうであったにちがいない, 一ぴきゐる, 今日まで

▼ しん~ (3, 0.1%)

1 沁みて, 突きぬける傷, 突き抜けて

▼ しん~ (3, 0.1%)

1 か, しんぼ, の馬

▼ しんみょう~ (3, 0.1%)

1 な顔つき, にさばき, にし

▼ しんよう~ (3, 0.1%)

2 して 1 できないので

▼ しん~ (3, 0.1%)

1 がはるばる, の同志会, の彼

▼ しん~ (3, 0.1%)

1 とした, としてい, と白雲

▼ しんかき~ (2, 0.1%)

1 でぴっしり, のほそく

▼ しんかんしんきみ~ (2, 0.1%)

1 はそこ, はなかなか

▼ しんきみ~ (2, 0.1%)

1 はそこ, はなかなか

▼ しんぎく~ (2, 0.1%)

1 のうま, の胡麻

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 うでその, んの

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 つして, つしました

▼ しんさん~ (2, 0.1%)

1 が家サ行つて, と云う

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 いい許, てゐる

▼ しんし張~ (2, 0.1%)

1 にした, にする

▼ しんずし~ (2, 0.1%)

1 んごごご, んどんどん

▼ しんずしん~ (2, 0.1%)

1 という地響, という足どり

▼ しんせつそう~ (2, 0.1%)

1 なふう, に見える

▼ しんせつなやさしいいい~ (2, 0.1%)

1 かただ, 方だ

▼ しんせつらしく~ (2, 0.1%)

1 それだけの, 御すゝめ申

▼ しんせん~ (2, 0.1%)

2 にする

▼ しんせんぐみ~ (2, 0.1%)

1 ですって, とはどういう

▼ しんぞの~ (2, 0.1%)

1 ことも, 称

▼ しんちん~ (2, 0.1%)

1 とぶきみ, と鬼気胸

▼ しんです~ (2, 0.1%)

2

▼ しんでる~ (2, 0.1%)

1 かのやう, のか

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 しんがら, しんど

▼ しんどしん~ (2, 0.1%)

1 となにか, と重い

▼ しんなし~ (2, 0.1%)

1 に綺麗, 帯なぞ

▼ しんばり~ (2, 0.1%)

1 をかっ, を外し

▼ しんぺえはねえよ~ (2, 0.1%)

2 さあ

▼ しんまいだ~ (2, 0.1%)

1 からなあ, な

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 しんよ, まだ死なねえ

▼ しんらんまん~ (2, 0.1%)

1 たる幼子, な心

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 へ直に, もすこし

▼ しん吉さん~ (2, 0.1%)

1 は体, は先月

▼ しん新地~ (2, 0.1%)

2 じゃない

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 の名, の弟子

▼ しん~ (2, 0.1%)

1 楽に, 沁み込みます

▼1* [147件]

しんあそばしひめぎみばかりを, しんいたしたかいらざる, しんおもはず, しんかとて柴を, しんからがつかりしたやう, しんからは慣れて, しんからをかしさうに笑つた, しんかんしんきみたちはよく, しんきしんくのアヽ, しんきつかひ, しんきみたちはよく, しんくしんと, しんけいすいじゃ, しんけいしつなんだ, しんけどただ大砲, しんけんだったんだ, しんけんなのは, しんけんならこちらも, しんや, しんこれがだいいち, しんさせてもらいたい, しんさったな, しんさまなぐられ賃, しんさま容貌がよく, しんさんお待ちよ, しんざんの花, しんしだいです, しんしつらしく大きなベッド, しんしゆくと澄み, しんしょうを興す, しんしょ持ちだという, しんしよが悪い, しんょ, しんなえ, しんしんと, しんせうそうな, しんせきみたいな人, しんせつないい子だ, しんせつなからすに, しんせつなやさしい人なら, しんせつにけっしてそんなこと, しんせつにこういって, しんせつにそう云ってね, しんせつにまあ喜ばせて, しんせつふしんせつ, しんせつらしくいってくれました, しんせつフラフのどう, しんせつ心がない, しんそこおなかが可愛かっ, しんそこ夫の事, しんそこ女房に春情, しんそこ春菜がかわゆけれ, しんそこ浩然の気, しんそこ父に傾倒, しんそこ肌が粟立つ, しんそこ花のしん, しんそこ驚嘆にたえない, しんぞいとしう見ゆれ, しんぞうさんは両方, しんぞさおまえさんが, しんぞは気が, しんぞをあんな浮気者, しんたてまつる云々, しんだいの上, しんだったのだ, しんだらどうかね, しんぢようゆうしんじやう, しんできた二つの, しんでくださいよ, しんでございますとも, しんで落ちついて読書, しんといへるもの, しんとおいて眼, しんとからだが, しんともお前の, しんとものおも, しんと共に家具を, しんなってよ, しんなりとしたそれ, しんなるの, しんなれば, しんなんかとふざけたり, しんにかけて酸っぱいもの, しんにまで徹して, しんねいがおと, しんねえ真赤な, しんねえよ其の頭巾冠, しんので仕方なく, しんはんじ休むとこまる, しんばかりでは, しんばかりが惡いでねえ, しんばとか書いた紅い, しんぱくですな, しんのある, しんふらんにみつめ, しんうん, しんぶつにき, しんえどの, しんぺえするこたあねえめったに出ねえだ, しんぺんがあやうく, しんぼるとして倉棚, しんぼるだつたところの, しんぼるでありまた米, しんまいのあっし, しんまた腰を, しんみな温かさ, しんみな芸がみせられる, しんみの愛に深まっ, しんみの母親を頼る, しんみの父に対するよう, しんみの親子と変らない, しんむしやうの曲, しんむしょうの曲という白拍子, しんな, しんやうしん流の按摩, しんらいするとともに, しんらんしよふに, しんらんさまの石, しんらんさまつて何, しんりつす, しん入用なればとて, しん吉てめえは太, しん吉親子の顔, しんの底, しん地ひびきするほど, しん実にリアリストなり, しん底冷え切つた朱色, しんをかっ, しん張棒を有り合う, しんのカリンサン, しんの名, しん死去して, しんの按摩, しん深くこの恩義, しん無しの大幅帯, しんをきめこん, しん生龍生馬生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, しん病死せし旨, しんの御歌, しん興味のある, しん葉しんたり, しんりが, しん転宅の様子, しん逝きて後ここ, しん配しています, しんひ虫, しんに金原亭馬生