青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すぐ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~すき すき~ ~すぎ すぎ~ すぎた~ ~すぎない すぎない~ ~すぎる すぎる~ ~すぐ
すぐ~
すぐれた~ ~すこし すこし~ ~すこぶる すこぶる~ すすめ~ ~すっかり すっかり~ ~すった すて~

「すぐ~」 34255, 370ppm, 263位

▼ すぐ~ (9890, 28.9%)

84 それを 78 出て 45 帰って 39 自分の 37 彼は 36 来て 35 行って 33 返事を 31 消えて 29 わかった, 眼を 24 支度を 22 それと 21 私の, 覚った 20 彼の, 立って 17 それが 16 答えた 15 ここへ, 忘れて, 戻って, 気を 14 わかる, 私を 13 そこへ, それに, 私は, 立つて, 続いて, 訊いた 12 人を, 分った, 判った, 手を, 持って, 死んで, 目を, 起って, 近所の 11 それは, 二階へ, 家へ, 来た, 消えた, 知れた, 警察へ 10 例の, 口を, 声を, 姿を, 家を, 寝て, 後を, 承知し

9 [11件] その場, もとの, 仕事に, 僕の, 奥へ, 引っ返して, 表へ, 言葉を, 連れて, 降りて, 飛んで

8 [15件] お帰り, また, やって来た, わかつた, わかります, 取って, 同意した, 女の, 彼を, 応じた, 眼に, 着物を, 知らせて, 覚られた, 進んで

7 [16件] あとから, して, わかりました, わかること, 一緒に, 二人の, 何か, 分る, 呼んで, 家の, 床を, 彼女の, 後から, 言った, 返事が, 顔を

6 [30件] うなずいた, これを, そこから, そこの, その女, その手, そんなこと, また元, わかるの, 他の, 其は, 分りました, 外へ, 奥の, 家に, 寝た, 封を, 引返して, 応じて, 東京へ, 次の, 眠りに, 知った, 窓を, 立ち上った, 立上っ, 箸を, 自分を, 警察に, 飛び起きて

5 [56件] いった, いつもの, おいで, ここを, これへ, そのあと, その言葉, どこかへ, なくなって, またその, もどって, わかって, わかるよう, ペンを, 一つの, 一人の, 主人の, 二階の, 仕事を, 兄の, 出かけて, 出して, 出発する, 動き出した, 医師を, 取つて, 口に, 席を, 帰ろうと, 座を, 彼らは, 彼女を, 後悔した, 徳利を, 思った, 戸を, 手紙を, 書いて, 歩いて, 江戸へ, 父の, 私に, 立派な, 老人の, 自分が, 茶を, 見舞に, 視線を, 賛成した, 走って, 起きて, 足を, 身を, 酒を, 頭を, 飛び出して

4 [82件] あとを, あの人, いって, お供, お供を, お城, お見舞, ぐっすりと, こちらへ, この家, この話, そこを, そのお, そのこと, その眼, わたしの, 云った, 人が, 人の, 今の, 元の, 先生の, 内へ, 分ること, 去って, 又, 同意し, 呑み込んで, 夫の, 子供を, 家来に, 宿を, 察して, 山へ, 帰ると, 庭へ, 引き返して, 彼に, 彼らの, 御案内, 心を, 息を, 手拭を, 支度し, 暇を, 東京から, 母の, 気が, 気の, 津の, 消え失せて, 王さまの, 目が, 目に, 眠って, 眼が, 眼の, 立上った, 答えました, 自分は, 自然に, 荷物を, 落ちて, 見つかった, 見て, 誰か, 誰かが, 走りだしました, 跳ね起きて, 返して, 追いかけて, 部屋の, 金を, 長火鉢の, 隠れて, 隣の, 電話を, 飛び起きた, 首を, 馬を, 駈けて, 駈け付けて

3 [174件] あけて, うとうとと, うなずいて, お母さんに, かけつけて, かれの, きて, くだって, ここから, このこと, これが, その中, その人, その客, その家, その山, その方, そばに, それへ, それも, だよ, つかまって, とんで, まじめな, またお, またそれ, また飛び出し, まっすぐに, みんなは, やってきました, やつて, わたくしの, わたしを, 下りて, 世の, 中から, 二人は, 二人を, 云い出した, 京へ, 人家の, 以前の, 仮面を, 仲よしに, 会得した, 何処へか, 僕は, 僕を, 其の場, 円に, 出せ, 切れそで, 判ったの, 前の, 動いて, 北に, 北へ, 医者を, 半七, 参ります, 又もと, 取り上げて, 台所へ, 叱られる, 右の, 吉原へ, 大きな声, 女中が, 妻の, 娘を, 嫁を, 子分の, 実行に, 室を, 寝台の, 尋ねた, 左の, 師匠の, 床に, 店へ, 廊下を, 彼女は, 心が, 必要な, 思つた, 急いで, 悟った, 悟ること, 悲鳴が, 愛宕下の, 手に, 手の, 打ち消した, 承知した, 明智先生に, 書斎の, 本国へ, 本文に, 机に, 村中の, 来るよう, 楽屋へ, 止んで, 正気に, 気がついて, 気づいた, 気づいて, 水を, 消えたが, 消える, 火を, 焼いて, 疲れて, 病院の, 白状し, 直覚した, 知れる, 石を, 神田の, 私と, 立ち上って, 立った, 立とう, 笑い出した, 筆を, 答えること, 答へ, 紙帳の, 緑の, 腰の, 腹を, 自動車で, 自動車を, 行くからね, 行くと, 行け, 行こう, 行こうと, 表に, 表の, 見せて, 見分けが, 解った, 許して, 話を, 調べて, 赤くなる, 跡から, 踏み込んで, 身支度を, 返事の, 返辞が, 追い付いて, 追い払われて, 通して, 部屋へ, 金に, 電話で, 露顕する, 静かに, 非常な, 頭に, 頭の, 顔の, 飛びかかって, 飛び込んで, 食べ物を, 食事に, 飽きて, 馬に, 馳け, 駈け出して, 駕籠を, 鼾を

2 [606件 抜粋] あとの, あなたが, あなただ, あなたの, あなたを, あなた方の, あの事, あの子, あれから, あわてて, おいでを, おれが, おれは, お兄上, お前は, お医者, お品, お宮を, お帰りなさい, お庭, お役所, お米さん, お邸, お金が, かかって, からだに, かれを, くるりと, こいつは, こういっ, こう云った, ここで, ここに, この問題, この女の子, この支店, これからお, これは, ころりと, こんどは, さんせいしました, しゃがんで, するすると, せがれを, そいつが, そう思った, そこで, そこに, そこらを, そのお金, そのわけ, その仕事, その噂, その声, その子供, その後から, その後を, その心, その意味, その整理, その晩, その次, その男, その痛み, その筋, その蟹, その通り, その部屋, その顔, たずねて, だ, だぞ, つかまえて, つぎの, できた, です, ですよ, でて, ばたばたと, ばらばらと, ばらばらに, ひとりで, ぶくぶくと, またいかにも, またそこ, またもと, また以前, また出, また声, また御, また晴々, また消え, また駈け出した, まとまって, みんなを, もう一つ, もとへ, やってきたの, やめて, やめれば, やんだ, やんで, れいの, わかつて, わかるし, わかるはず, わかるもの, わかるわ, わかるん, わかる事, わかる通り, わっと, われわれは, アリ, ゴロリと, ジョウが, ニコニコし, バラバラと, パタンと, ポケットから, メリヤスの, 上陸し, 下田の, 下駄を, 不審を, 両国へ, 両手を, 中野の, 丸善へ, 主人に, 了解し, 了解した, 事の, 事を, 事務所の, 二三の, 二人で, 二階から, 二階を, 五人の, 京橋の, 京都へ, 人々は, 人相書を, 仕度を, 代りが, 会いに, 使っては, 使を, 來て, 侍女の, 便々と, 俊助の, 信用する, 停まって, 傍へ, 傘を, 優伎の, 兄に, 先生に, 入って, 入口の, 入口へ, 其の手, 其処へ, 内と, 出かけた, 出かけました, 出かけよう, 出かけるん, 出た, 出ようと, 出掛けて, 出来て, 出発し, 出発すれ, 出発できる, 分かった, 分ったが, 切符を, 刎ね, 判りました, 判る, 判るの, 判る筈, 別れた, 力なく, 午餐の, 卓子の, 去つて, 参って, 参ろう, 又どこ, 又ばたばた, 又鉄冠子, 友達の, 合点の, 吐いた, 吐いて, 向島の, 君の, 喬生を, 固くなる, 圓に, 地方の, 壁の, 外に, 外出の, 夜の, 大な, 大学の, 太刀に, 太田は, 奥に, 女に, 始末が, 姫の, 姿は, 婆さんに, 安くなった, 客の, 家から, 家へは, 宿の, 寂々と, 寝室へ, 寝床に, 察せられ嬉々, 察知したらしく, 対手の, 尋ねました, 小声で, 小幡の, 小石川の, 屋敷へ, 山の, 崩れて, 左へ, 左手の, 帰す, 帰った, 帰つ, 帰りかけようと, 帰るの, 床から, 床の, 店から, 座敷に, 庭に, 庭の, 廊下に, 式場の, 弓矢を, 引き挙げて, 引っ担いで, 引っ立てられて, 引越します, 引込んで, 当兵衛, 彼へ, 得意に, 御前へ, 御返事を, 心に, 心配し, 忘れる, 応急の, 思い出した, 思い出して, 思い切って, 思い返した, 息切れが, 想像が, 想像できる, 意味が, 愛想を, 感づいて, 感染する, 態度を, 或精神病院, 戸口を, 扉の, 扉を, 手近の, 手配を, 打ち消して, 承認し, 押し倒される, 拘引し, 持ち出したが, 持つて, 指月ヶ岡に, 挨拶に, 捨てて, 掛けながら, 故郷へ, 散歩に, 数式を, 敵の, 新聞社へ, 日本を, 昇つてゆき, 明いた, 明智探偵事務所へ, 映った, 會得した, 服を, 朝飯を, 本題に, 李の, 李白は, 杖を, 来い, 来いとの, 来たもな, 来なかったの, 杯を, 枕から, 根岸の, 格子戸の, 案内を, 椅子を, 様子を, 横倒しに, 止めて, 止んだ, 正体が, 正体を, 武器を, 歩くこと, 死の, 死んでも, 死骸の, 殺すの, 母に, 母親の, 気がついた, 気がつきました, 気に, 気分が, 水に, 水の, 河を, 治して, 注意を, 浅草へ, 浜へ, 海へ, 涙が, 涙を, 深い眠り, 源氏の, 漕刑場へ, 灯を, 炉の, 父に, 物に, 物蔭に, 犯人を, 玄妙観へ, 玄関の, 申せ, 男の, 男は, 町内の, 番屋へ, 疲労が, 疵が, 病室に, 病室の, 病室へ, 癒った, 皆の, 盛り返した, 目の, 相手が, 真顔に, 眠った, 眠るの, 知れて, 知人の, 祖母の, 福岡へ, 私が, 私たちの, 私どもは, 私にも, 私も, 窓から, 窓の, 立ち上がった, 立ち上がって, 立戻っ, 笑い出しました, 笠とは, 第二, 答えて, 答へる, 築地の, 紙が, 続く卯月八日, 網を, 綺麗に, 線路を, 羞かしくな, 老先生, 耳を, 聞こえて, 胸に, 膳を, 自分で, 自分にも, 自首し, 船で, 良人の, 良秀に, 花の, 芸者に, 草を, 菊村の, 行かうよ, 行きます, 行く, 裏切られて, 襖が, 見えなくなったが, 見おぼえの, 見つけた, 見つけて, 見て取った, 見付けた, 見抜いて, 覚えて, 覚ったと, 覚って, 覚られたので, 解いて, 解るとして, 言って, 訊き返した, 訊ねた, 話が, 認めた, 警視庁へ, 負けて, 貴女と, 賛成し, 赤くただれ, 走り出して, 起きなおって, 起ちあがって, 踏掛けた, 踵を, 軍勢を, 辞し去った, 辞職し, 近づいた, 返事は, 追いついて, 追いやって, 追っかけて, 追って, 送って, 逃げだしたくなるの, 逃げて, 酔いが, 鉄砲を, 銀座の, 銀杏の, 鍬を, 鎌を, 長吉の, 門を, 開いた, 開封し, 降りろ, 陣を, 障子を, 隣りの, 雨戸を, 電気を, 電話口へ, 電車が, 額を, 飛び揚がって, 食事を, 飯の, 飲んで, 馬の, 馬車を, 駆けつけて, 駆けて, 駆け寄って, 駈け付けた, 駈け寄って, 駕を, 駕籠に, 髪を, 麦の, 黙って

1 [5969件 抜粋] ああこれ, あげますから, あちらへ, あのステーション, あの新聞, あらあらしく両, ある薬問屋, いかだを, いやに, うす暗い彼, うなづけるでありませう, おおぜ, おた, おまえの, お乳, お備え致しましょう, お別れ, お厭, お寺へ, お暇, お父様, お神さん, お見分け, お送り願います, かかれ, かたわらに, がみがみ叱りつけた, きまるよ, くずれて, ぐっすり寝入った, こういうの, こう答えました, こっそりまずファティマ, このすき間, この器, この新しい, この遠い, これから都, こんな不良, ご診察, ささやかな, さらさらと, したしくなっ, しんみりした, すべてが, せめてその, そこが, そのこく, そのガラス戸, その何で, その古い, その奉公人, その市, その怪物, その旨, その気持ち, その疵口, その糸, その蓋, その足あと, その隣り, それから, そんな秘密, だれそれ, つきぬける人物, つっ込んで, つれだって, とっつかまえて, とめなくては, どこへでも, なさいますか, なれて, にっこり笑った, のび, はたして郵便, はね返して, ひとつご, ぴたっとしめ, ぶちまけようと, ほんものか, まいりますゆえ, またうなだれた, またしゃべりだした, またぴしゃり, また一つ, また佐久間信盛, また午, また哀訴, また左, また彼, また戻つ, また横, また物, また祖母, また老, また言った, また阿波, まっ暗な, みつかった, むぐむぐと日向に, もう二百ルーブル, もう生れ, もと支度に, やってこい大急ぎ, やりますか, よくしてやる, わかったの, わかる筈, わたしに, アンナ・グリゴーリエヴナの, ウーンと, カチカチと, ギョッと, グラスを, ゴツホを, スウィッチを, チベットの, トロッコが, ニコヨンは, バスに, パリスの, ピカピカ光る, プティー・バンキエ街の, ボイが, マブーフ氏の, ユダを, 一しょには, 一人旦那が, 一層熱心, 一枚の, 一行に, 万事を, 三四人ずつ, 上り口から, 上衣を, 下ろした, 下駄ば, 不道徳を, 両親の, 中部消火区へ, 乗合自動車の, 了解された, 事情が, 二倍と, 云い切れるか, 五六の, 亡くなって, 人手が, 今までの, 仏罰を, 代官所へ, 伊豆守様の, 会おうとは, 伝説, 伺えませんでした, 何もかものみこん, 使えるフィルム, 係りの, 信西入道の, 俺の, 偶然の, 元気に, 先で, 入り込んで, 入院でも, 八百屋へ, 其の午前, 其方は, 内通しろ, 冷たくなっ, 処分を, 出かけ晩, 出ました, 出懸けるからと, 出発させた, 刀を, 分つた, 分るわ, 切れそう, 初めての, 判るよ, 別れました, 前と, 劇場を, 勅し, 勘定を, 匙を, 千里の, 博士を, 厳粛らしい, 又お, 又垂れた, 又立ち直る, 友達仲間で, 取って返せば, 取り上げ婆さん, 取押えて, 受け合って, 叫び出した, 召捕られた, 司法主任と, 同一視する, 名乗らないの, 向うから, 君子の, 味方し, 呼ぶと, 和睦する, 問屋の, 喜平の, 噛みつくぞ, 回復される, 国境の, 圧迫け, 地面へ, 堀中村宮部などの, 壇上に, 変って, 夕方まで, 多勢の, 夥しく血, 大なる, 大将華雄に, 大洋丸へと, 天井と, 奉公先へ, 女中は, 奴に, 妻に, 威厳を, 嬰児の, 学生が, 安心した, 実を, 宣告する, 家来を, 寐床へ, 寝入って, 寢入つた, 対手を, 小さな鮮紅, 小平太と, 小野へ, 少年審判所送りに, 居間であっ, 屋根を, 屹っと, 島田を, 川鱒や, 巴里の, 帝大, 帰らせた, 帰り来べしゆっくり, 帰る筈, 常木鴻山を, 平民の, 幾分か, 底に, 庭番らしい, 弓の, 引き出して, 引っ込んだが, 引込む筈, 弱音機を, 当面の, 役者の, 彼女らを, 往っても, 後悔しよう, 御伴, 御徒目付へ, 御酒宴, 徳蔵の, 忘られ, 応じたそして, 怒り出した, 思い出すこと, 思い詰める奴, 思ふほど, 恐ろしい憂が, 恵那山を, 惟光朝臣の, 感じたろう, 感心し, 憤然と, 我々は, 戸塚の, 扉が, 手当に, 手配りを, 打解けて, 投げ捨てた, 抜き合うが, 押し倒されて, 拭うよう, 持参いたす, 捉まえ, 捨てる様, 探るよう, 揉み消すこと, 撲ち殺して, 改心しろ, 敏ちゃんも, 整い全, 斎藤氏の, 新しい住居, 方々へ, 日当りの, 早船を, 明智たんていじむ所の, 晩秋の, 暗い影, 曙立王と, 書けるよう, 月光が, 木影へ, 本庁へ, 朱雀院へ, 来なかった, 東京行きの, 林檎を, 栓を, 案内に, 椅子に, 樟材で, 機械室へ, 次郎八, 正金に, 歩く練習, 死ぬより, 死斑を, 殺られる, 民弥と, 気づいたろう, 気附い, 水面へ, 江戸湾の, 汽車が, 沼の, 泣くところ, 洋行帰朝し, 流されて, 浮き出して, 海軍へ, 消して, 涙の, 済んだ, 湯から, 漕ぎ戻れますよ, 激怒に, 炉ばた, 無名の, 煎茶を, 熱も, 父が, 片隅に, 狂信者に, 猿を, 王の, 現代は, 生欠伸を, 用談に, 男女の, 畠へ, 畳屋に, 病所の, 癒っちまう, 発表せよ, 登る三, 白犬は, 盛り返して, 目的地に, 相槌を, 真っ赤に, 眠ったふり, 眼前の, 瞳を, 知れたから, 石の, 破れて, 碧海島の, 神の, 私たち三人の, 程近い, 穴は, 突き飛ばされ意気地, 立ちあがる気, 立ち上り二人肩, 立つの, 立去った, 笑いは, 第四号, 筮竹を, 籠の, 納屋を, 細まっ, 絆創膏くらい, 結論に, 綾衣を, 縄を, 署へ, 羽織を, 老栓, 考え直した, 聞た, 肺病で, 脱ぎたがり肌, 膝を, 自動車が, 自転車を, 船体が, 芝居を, 若君を, 茶屋に, 荘園の, 落して, 葉子の, 蔽いかかった, 藤屋へ, 蝋人形を, 行かねば, 行くが, 行こうとは, 行綱の, 袂に, 裸にな, 西洋館の, 見えなくなつ, 見つかってよ, 見つめながら, 見付かれば, 見当は, 覚えられたので, 覚明殿に, 親類と, 言いかけました, 言つた, 訊きました, 訳の, 詫び入る態度, 話に, 読みとること, 諦めが, 警部補派出所に, 貫けば, 赤くなった, 走つて丘, 起きては, 起き直って, 起ち上がって, 越せたろう, 跡を, 踏み込み遊ばすよう, 車から, 辞し去るべきか, 近寄って, 返すべきところ, 追いついた, 追ひ付い, 逃がして, 逃げ出した, 途切れがち, 通りがかりの, 逢うよう, 進みながら, 道を, 遠慮し, 部屋から, 都城より, 里見十左衛門が, 野猿梯子を, 鉄の, 錆さして, 鐵道へ, 門が, 開かれた, 開けると, 防寨を, 院長室に, 階子段を, 隣家に, 雑巾を, 電信を, 露われます, 静まった, 頂けないと, 頷き怒り, 顔も, 飛ばせて, 飛び出すと, 飛び降り彌, 食べられて, 飲み干される, 首根っ子を, 馳けて, 駈けだして, 駈け込んだの, 高いや, 魚に, 黒くなる

▼ すぐその~ (785, 2.3%)

68 足で 38 あとで 26 場で 23 あとから 12 眼を 10 あとに, 前に 9 日から 8 あとを 7 下に, 場から 6 方へ, 日の 5 あとへ, 下から, 前の 4 そばへ, 上の, 下の, 手で, 手を, 次の, 気に

3 [15件] とおりに, 上に, 上へ, 中に, 人の, 先に, 手紙を, 持ったもの, 由を, 眼で, 者を, 話を, 辺まで, 近くに, 音が

2 [50件] あとについて, あとの, うしろの, ことは, ことを, そばまで, ひとの, ように, わけが, 一本を, 下には, 下は, 中へ, 人と, 人を, 側から, 側に, 傍に, 先の, 向うが, 向うに, 喚き声, 場に, 場へ, 女を, 家を, 尾について, 屋根の, 年に, 心の, 意を, 意味が, 指の, 方に, 旨を, 木蔭で, 男の, 白い岩, 目を, 花へ, 表情は, 裏に, 見知らない町, 言葉に, 誘惑を, 足を, 跡を, 辺に, 障子の, 隣りに

1 [367件] あたりの, あと, あとこの, あとでは, あと入れ違いに, うちの, お口, お絹, お腹が, お顔, かげを, かごに, かたわらに, ことが, ことばに, ことばを, さきに, さきの, そこに, そばから, そばに, そばには, つづきがだらだら, つもりでした, ときわたしは, となりに, なかへ, ぬれた水着, のろいの, ばから, まえに, まわりを, まんまで, むずかしい空気, ような, わけを, クリムスビーへ, スキー服を, スリの, ドアに, バザアに, ピート機を, マフラーを, 一つに, 一塊り, 一本栓を, 一枚の, 一軒の, 一頁を, 三名は, 三畳の, 上を, 下で, 下を, 不正を, 中から, 主が, 乗馬ズボンの, 乘合馬車が, 事も, 二つの, 二三間の, 二百兩を, 人が, 人だ, 人に, 人に対して, 人は, 人宛ての, 人形を, 人足の, 人間に, 仕事が, 仕事の, 代りに, 伝言を, 体は, 作品の, 作者の, 修理に, 側で, 傍から, 傍の, 傍へ, 傍を, 先で, 兵を, 内容を, 写真を, 刀を, 判定を, 前あすこで, 前にも, 前へ, 前まで, 剣客者を, 効果を, 十美人も, 卓の, 反対説が, 右手から, 合羽の, 名を, 向うを, 周囲に, 咳は, 四人の, 土地に, 土地の, 地圖が, 坑道から, 埋蔵物を, 声に, 変調を, 外に, 夜半だった, 大きさ, 天井の, 奇計に, 奥に, 女が, 女中を, 女客が, 姿は, 姿勢の, 子が, 子の, 子供を, 官吏に, 家です, 家は, 宿を, 対照として, 尊い場所, 小女を, 小門から, 尼の, 尾を, 巻紙を, 希望には, 席を, 帽子を, 年後, 序文を, 店と, 店へ, 店を, 弁口に, 式の, 弛緩を, 弟の, 張り出しの, 影に, 影は, 役人は, 後ろについて, 御手洗の, 微笑を, 心が, 心中に, 心持を, 思いの, 息の根を, 悪戯の, 惨めさが, 意味を, 意志を, 慾張屋の, 戦力を, 所在を, 所在地が, 扉を, 手へ, 手前に, 手当を, 手桶に, 手続きを, 手綱を, 手袋の, 手配を, 手首を, 指揮者を, 探險, 教誨師が, 方の, 方向に, 方角から, 方面に, 日からでも, 日その, 日蓮台寺村に, 日陸で, 時に, 時の, 晩, 晩か, 晩から, 晩に, 晩の, 晩は, 晩枢機官に, 晩浩は, 暗闇を, 曲を, 書留である, 朝から, 木の, 松明の, 枝から, 栗毛の, 棟を, 椅子が, 榎の, 槍で, 標札を, 横に, 横手裏は, 樽を, 橋の, 機に, 機械の, 欄干と, 欄干に, 次には, 次に文芸一般, 次を, 正体を, 気もちを, 気イに, 気分が, 気持を, 沿岸まで, 洋間に, 浜に, 渡辺の, 瀕死の, 無愛想な, 無理な, 玄関の, 理性の, 理由を, 用事の, 用意を, 男だ, 男である, 町に, 病人へ, 盃を, 直後に, 相手から, 相手の, 真似が, 真似を, 眼は, 瞬間から, 砂州に, 確的さの, 禅師の, 私に, 種を, 窓が, 窓下に, 立ち往生から, 端の, 竹片を, 笑いを, 笑ひ, 筋だ, 筋へ, 答えから, 築工, 籃を, 籠を, 紙幣の, 組は, 続きへ, 縁には, 縁談は, 縺れが, 翌々日は, 翌年に, 翌日から, 翌日だった, 翌日に, 翌日再び, 翌日家族づれの, 翌日新賀と, 翌日退院処分を, 翌晩月の, 翌晩芳一の, 考えに, 考えの, 考えは, 者は, 肩先へ, 背後で, 胸の, 胸を, 自然美と, 自由を, 船で, 若者が, 蒲焼の, 蘭丸が, 虚を, 袂を, 製品の, 角封筒の, 言葉が, 言葉じりを, 言葉の, 話が, 話の, 語気から, 誰人である, 諍いの, 赤ん坊をか, 趣向に, 足にて, 足の, 跡から, 跡で, 跡とりに, 跡に, 跡へ, 身なりの, 身を, 辺の, 近くの, 近くへ, 近所の, 返事が, 通り家臣を, 運びに, 運動帽子の, 遣戸の, 部下の, 配りいたします, 金が, 鉄棒が, 鍬を, 鎧を, 鐺の, 間違いが, 院政の, 隣に, 隣りが, 隣りの, 隣室へ, 隣村では, 難を, 電報を, 電燈を, 非に, 非を, 面を, 鞴の, 音を, 頃から, 額を, 顔いろは微笑を, 顔が, 顔に, 顔を, 顛末を, 首を, 麦菓子の

▼ すぐ~ (445, 1.3%)

12 にある, の席 8 にいる 7 にいた, に立っ 5 の庭, を通っ 4 を走っ 3 にあった, にその, に腰, の壁, へ来た

2 [27件] だし, なので, にい, に並ん, に在った, に大きい, に大きな, に居た, に来, に来ました, に横たわっ, に立つ, に見え, に顔, の, のところ, の低い, の小高い, の川原, の広場, の木, の林, の渚, の溝, の舗道, を歩い, を通り

1 [316件] から, からの続き, から主人矢之助, から庭, から手伝っ, か台所, が改造, が空堀通, その同じ日, だ, だった, であったが, であつ, でしたから, でしたと, でしょう, ですのに, では早く, では配給もの, でぼ, でやつ, でジープ, でピタリ, で八ツ手, で淫ら, で煙草, で玄関, で皺だらけ, で立ち, で立ち止っ, で雨, で雪, で飛びちがった, なのよ, なる橋, なん, に, にあっ, にあつ, にあり, にいかにも, におく, にき, にきこえた, にきた, にし, にした, にそこ, にそれら東洋, にちょっと, につくろわなけれ, になっ, になほり, にのぞき, にのん, にはあなた, にはオピタル大通り, にはトム, には佐々木, には何年ごろ, には優美, には可, には大工, には富士川, には本当に, には私共, にひかえ, にひと組, にひらけ, にまだ, にみき, にもっ, にやはり, によせ, にゐたい, にアシ君, にアレオパゴス, にキネマ館, にサラダ菜, にファラデー, にポスト, にマダム, に一人, に三本, に下っ, に下り, に久保, に五, に井戸, に低い, に僕たち, に同君, に在る, に坐, に坐っ, に坐つ, に坐らせ, に坐り, に坐り直した, に大きく, に女, に安治川屋敷, に寝させ, に小さい, に屋台店, に帽子, に彼, に新しく, に望む, に木, に杉浦, に東京, に桟, に森, に横, に歌舞伎座, に止まっ, に比叡山, に水, に池, に汽船, に沖, に河, に海棠, に渋沢山, に潜ん, に濃い, に現れ, に生じた, に産室, に田原氏, に白い, に穂高, に立ちはだかっ, に立ち塞がっ, に立ち止った, に立ってる, に立てかけ, に竹藪, に置い, に美くし, に腰かけ, に荷上げ, に落ちました, に襖一つ, に見える, に見開かれ, に誰, に起った, に足, に近, に述べた如く, に運転手台, に避雷針, に陣取っ, に階段, に青々, に黒, に鼻面, のあき, のうち, のこと, のこんもり, のとうもろこし, のわずか, のカンバ, のコンクリート, のストーブ, のテーブル, のドア, のパン屋, のブリッジ, のベルクハウス, のポスト, の一室, の上がり段, の井戸, の交番, の人, の今年, の停留場, の八谷家, の刀屋さん, の別, の労働, の医者, の十三屋, の卓, の卓子, の台所, の場所, の大きい, の孟宗籔, の家, の屋根, の山, の山道, の岐阜ヶ嶽, の岬, の川, の左, の左右, の年, の彼女, の所, の新聞社, の昔, の木立, の木賃宿, の本能寺, の椅子, の楼, の正面, の池, の河原, の河筋, の波うち, の洗面室, の炭屋, の玄関, の田, の畠, の番屋, の硝子ばり, の秋子, の空, の空地, の空家, の竪川, の竹藪, の築山, の紅葉, の綱倉, の聖なる, の腰掛, の自分, の草, の草叢, の蕎麥屋, の薔薇, の西洋樫, の角, の註, の諸, の車輌, の農家, の部屋, の酒場, の鉢もの, の鏡, の階, の障子, の電車甲, の頃, の馬鹿, はモダン, は低い, は何とか, は四辻, へきた, へのめっ, へやっ, へドサン, へ出, へ出た, へ出る, へ棲, へ片, へ腰, へ落ちた, へ飛び出し, までいた, までこんなに, までずっと, まではパーシウス, までやってきました, までやって来, までやって来た, までやって来ました, までやつ, まで停車場前, まで夕張炭坑, まで持っ, まで来, まで歩み寄っ, まで自分, まで行った, まで送っ, より一層, をいろいろ, をなにか, をも通りすぎた, をギャンギャン, を一人, を九郎御曹子, を厚い, を啼い, を往く, を楢夫, を流れ, を漕い, を蓋, を見る, を通るらしい, を鉄道, を雌狗, を雪解, を飛ん, を黒い, 仆れ, 同じ年, 岸に, 房で, 横に, 通りに, 隊との

▼ すぐまた~ (377, 1.1%)

7 眼を 4 元の, 出て, 戻って 3 それは, それを, 三浦は, 次の

2 [22件] くるりと, ぐったりと, その足, どうしても一度お, どこかへ, ほかの, むずかしい顔, もとの, ドイツへ, 一本の, 他の, 前に, 台所へ, 右へ, 帰って, 忘れて, 死んだよう, 砂子屋書房から, 自分の, 草鞋を, 言葉を, 逃げて

1 [302件] あとを, あはれみいた, あらわれる町, いった, いって, うち解ける, うなずきはじめる, うなだれて, おいでよ, おとなしくなった, おどけた身振り, おなじ附近, お中食, お代りに, お伺い致します, お目にかかるか, お願いお願いと, かげって, かつぎ上げられしばらく, かぶせて, がッくり, ぐるりと, こう尋ねず, ここに, ここへも, こそこそと, こちらに, こんな皮肉, さし俯向い, せっせと出, そこを, そっちを, その友情, その家, その後から, その後へ, その手, その檻, そばから, つつましい伏眼, つづいて, つづけて, どっかの, ひざを, ひたと高氏, ひとりの, ぴたりと, ふところに, まるで離れた, もっと長い, もとに, もとへ, カフェーの, コンパクトを, サロンに, ザフレービニナ夫人にも, ストライキ問題が, ドアが, ドアを, パリへ, ベッドに, ベッドへ, ホールの, ボートルレは, ポロリと, 一つした, 一つの, 一人の, 一人立った, 一昨年の, 一種くすぐった, 一種の, 一高の, 三人の, 三保へ, 三度めの, 上って, 上る, 上京し, 下りて, 下を, 不機嫌に, 九時ま, 乱暴な, 二人し, 二人の, 五十余年を, 他へ, 仲よしに, 伏眼にな, 佐吉の, 例の, 俺を, 倒れて, 側に, 僕は, 元気を, 全速力で, 六波羅の, 内地の, 冗談まじり, 出かけたという, 出かけて, 出発, 出直して, 別の, 別れて, 前どおり平気な, 前の, 前より, 前言を, 勝気に, 勤務に, 半泣き, 卑屈に, 参りますから, 參ります, 反対側の, 取って返した使者, 古くなる, 合して, 吉川の, 吊り上げられます, 同じところ, 味方同士味方内の, 四五名の, 圓生の, 土佐へ, 地べたに, 塾長室に, 夏に, 外に, 夢うつつの, 天気だ, 奥へ, 女の, 女王は, 子貢, 家に, 富岡に対して, 寒い寒いを, 寒さ, 封筒を, 少しの, 川へ, 帰るという, 平然と大, 平静な, 引きかえして, 引きずり落されるの, 引き返して, 引っ張ってしめハンカチ, 引っ返して, 引つ返すつもり, 引上げ上に, 彼が, 彼は, 往来を, 従僕の, 御後室さま, 心中の, 思ひ返して, 急いで, 急ぎ足に, 急に, 悲しげ, 悲しそう, 戒告の, 戦地に, 戦地へ, 戸外へ, 戸隠山へ, 戻つて來, 打ち臥して, 捕まって, 捜し始めるの, 捜索を, 提灯が, 政公が, 教員室の, 旅臭い, 明るい色, 晴れて, 暗闇へと, 書類に, 机に, 来ます, 横に, 次に別, 此処へ, 歩き出した, 歩き出したが, 母の, 民弥を, 気にも, 気を, 水が, 水面を, 汗に, 池の, 沈んだところ, 波を, 泣きはじめなければ, 泳ぎま, 浮気を, 海嘯の, 海外へ, 無一文, 無一文それで, 無一文だ, 物すごい丘陵, 現れた地獄絵図, 現われたが, 田代の, 田代は, 由良は, 甲丙の, 甲斐信濃を, 病床に, 白い姿, 百眼の, 皇子の, 盗賊稼業を, 目を, 目白の, 直截に, 相手が, 真っ蒼, 真顔に, 眠って, 矢を, 石の, 私は, 稚児の, 空に, 空へ, 立ち上がった, 立とうと, 立上つて工場の, 筆に, 篠村の, 紀久子の, 細君に, 結婚しちまう, 続いて, 続けて, 續けて, 考えこんだ, 聲を, 背中を, 臆する風, 自分は, 自動車の, 自転車に, 舌を, 苫の, 菊亭晴季と, 落ちるそれ, 血書の, 見えなくなるに, 覗きに, 言い出す, 話を, 語を, 読本の, 諦め返して, 谷の, 赤羽橋へ, 起きあがって, 起きて, 起こるもん, 足許に, 跡かたも, 踊りの, 軽便に, 辻燈籠と, 逃げだして, 部屋に, 郵便局へ, 都へ, 都扮装に, 酒に, 酒を, 酒場に, 酒場へ, 酒盛が, 鉛筆を, 鎌を, 鏡を, 降りなければ, 雲で, 電車で, 静かに, 静寂に, 鞍の, 頭を, 顔に, 飛んだり, 食べたくなるんで, 食べられるん, 馬田を, 黙ると

▼ すぐ近く~ (361, 1.1%)

16 にある 7 にいる 6 にあった 5 に見える 4 のところ 3 だ, なので, にあつ, に立っ, の, の井の頭公園

2 [18件] だと, です, で叫ん, で雲雀, なの, にいた, になりました, にまで達し, に建っ, の友人, の小さな, の波止場, の海上, の焔, へ来, まで下げ, まで来, を通過

1 [269件] おいた籐椅子, からながめた, から呼ばれ, から喨々, が吉原, じゃありません, じゃもん, だった, であつ, である, であること, でこういう, でささやいた, でした, でしたので, でしょう, ですが, でせう, ではまもなく, ではる, でひばり, で両親, で二人, で人, で人間, で今度, で会合, で咲かない, で子守唄, で學校さ, で安直, で店, で柱, で炸烈, で爆雷, で網, で聞え出した, で自動車, で返事, で追いはぎ, で部下, で開店, で電話, で鳴り響き, と海岸地方, なって, なのに, なもの, に, にあかちゃん, にあっ, にあの, にあるらしく, にいけ, にいました, にいます, にうろつい, におられます, におりました, にかくれ, にすわっ, にちらりと, にとどまっ, にど, になっ, になった, にはもう, には二人分, には川口, には日本, には渦巻, には盛ん, には赤い, には郵船ビルデング, には鼠, にまで波, にまで逼, にみずみずしい, にもひん, にもりあがっ, にも出た, にやはり, にゐたらしい聞きおぼえ, にガスタンク, に不意, に乙女, に二人, に二軒, に人, に位山, に住ん, に入湯, に去年私, に喫驚, に固体表面, に在った, に坐っ, に大きな, に宿屋, に寝る, に寢, に小さい, に小さな, に小太郎, に居た, に席, に張り, に手, に村, に来, に来る, に東京市立, に殆, に水, に氷山, に汐, に湯村, に爆弾, に異形, に碇ヶ関, に空い, に立った, に網, に聞え, に聞えた, に聞える, に聞こえ, に聞こえる, に背後, に胸, に自分, に自分自身, に落ち, に落ちた, に藪, に見え, に見えはじめ, に見おろせる, に見た, に親愛, に迫っ, に迫つて來, に造作, に難民区, に靖国神社, に響いた, に魚屋, のお寺, のもの, のアパート, のコンクリート塀, のシドン, のスタンド・バア, のテエブル, のバス, のホテル, のモン・パルナス, のレストーラン, の下宿屋, の交番, の他, の停留場, の傾斜面, の加古川, の卓子, の周り, の四十九聯隊, の土地, の地, の地球, の地面, の大, の安養寺, の室, の寄宿舎, の小, の小学校, の小川町小学校教員, の山口, の山麓, の岩石, の岸, の岸の上, の川端, の工場, の師匠, の店, の料理屋, の新宿, の日本国, の日本國, の日比谷公園, の朋友, の木陰, の机, の村, の杭, の栗林, の桃, の森林, の椅子, の樹陰, の河田町, の波間, の海, の海中, の灌木, の無線会社, の物, の畳屋, の病棟, の矢野さん, の神社, の禅林寺, の空地, の窓, の竹藪, の笹, の聚楽館, の自動, の自宅, の芦, の花, の蜂小屋, の街角, の襖子, の西洋料理屋, の角, の足もと, の通り, の闇, の防波堤, の階段, の電線, の鳥金, の麹町一丁目, ひたひたと, へひきよせ, へ下り, へ来る, へ登つて, へ血, へ行く, までき, までせまっ, までのばし, まで小, まで押しよせ, まで泳い, まで肉迫, まで落ち, まで行っ, まで行った, まで行つた, まで行つて, まで襲っ, まで襲つて, まで進ん, まで達し, をすぎ, をよろよろ, を回っ, を流れ, を通っ, 大きくきこえました, 来て, 聞えること, 見える, 高い石磴

▼ すぐそば~ (353, 1.0%)

10 にいた, に立っ 5 にある, にいる, を通っ 4 に人 3 にすわっ, にもいた, に大きな, に立つ, の小, を通った

2 [17件] だよ, で, ですよ, にあった, にあり, に居る, に立った, に見える, に近づいた, の椅子, まで来た, まで来ました, まで行っ, まで近づいた, をとおっ, を流れ, を流れる

1 [262件] から叫び, から声, から灌木, から葉子, から野原, が外麹町, だ, だし, だわ, であった, である, できこえました, でこう, でさせ, です, でずっと, でその, でそれ, でなれた, ではなしました, ではポオランド語, では友吉, では火花, でひっくり返った, でホテル, で三四年前, で五体, で冷やかす, で前後, で吠えつづけた, で大将, で寝, で息づき, で捕虜, で揚がる, で揺ぐ, で死んだらしい, で気, で沿線五十メートル, で流木, で海豹, で深, で漏らされた, で然し, で燃える, で町會所, で私, で経験, で起っ, で風, と書い, なん, に, にあたろう, にあっ, にあなた, にあの, にい, にいたんだ, にいろんな, にお, においてもし, におろされ, にかかる, にかや, にき, にきた, にくっつい, にそこ, にたくさん, にでもいる, にどっしり, にはおいし, には新しい, には緑, には菜葉服, にひざまずいた, にひとり, にみえた, にみえる, にものすごい, にも睡っ, にゐた, にジナイーダ, にジャックリーヌ, にズネーム, にセルロイド, にテーブル, にノック, にハットン・ガードン, に一寸, に一本, に一脚, に一軒, に下宿, に交番, に休ん, に住む, に住ん, に何, に來, に勝手, に北山, に十二間道路, に口, に呂宋兵衛, に呼吸, に坐っ, に坐った, に声, に女, に寄っ, に寄った, に小さい, に尻, に居たら, に山野さん, に建っ, に感ずる, に接し, に木, に来たなら, に松明, に正吉, に歩道, に死, に浮き, に浮きあがっ, に湯殿, に生え, に白樺, に砲座, に神社, に私, に突っ, に立っとる, に竜太郎, に置い, に置かれ, に聞こえる, に自分, に花道, に落ち, に薪, に藤枝, に西洋暦, に見た, に誰, に貴方, に身近, に近づく, に騎馬, に高い, に高射砲, に鹿島明神, のところ, のなの花, のまがり角, のよう, のわら, のアサヒ屋, のアパアトメント, のテーブル, の一将, の一船上, の下駄屋, の便所の, の回向院前, の土堤, の垣根, の堤, の壁際, の妻戸, の寄りつき, の寒竹, の小高い, の岩, の川, の平たい, の広い, の広場, の廉子, の恐ろしい激しい, の数寄屋, の新築, の日向, の木, の杉林, の村落, の柳, の桜紅葉, の江津良つて, の河, の海ぞい, の海員地区, の瑞雲寺, の町, の畑, の石, の硝子戸, の神馬小屋, の竹やぶ, の竹葉, の細い, の美しい, の花, の茶店, の茶棚, の草むら, の菜園等, の見世物小屋, の通り, の部屋, の郵便局, の電話, の露地, の高い, へおい, へき, へちかよりました, へとびおり, へも出られる, へ口, へ夜具, へ寄っ, へ橋, へ火の粉, へ走っ, までいきます, までおり, までき, までとびおり, までやってきた, までやって来た, までやつて, まで引きよせ, まで持っ, まで来, まで来られた, まで歩い, まで近づい, まで連れ, まで顔, まで馬, やほど遠から, をいく人かげ, をかけ出し, をスーッ, をライン河, を歩い, を流し, を深, を漂流, を白い, を足, を通られる, を通りかかった, を通り抜ける, を通り過ぎなけれ, を通る, を飛行機, を駈け

▼ すぐにも~ (350, 1.0%)

7 自分の 4 飛んで 3 家へ

2 [15件] その手帳, ものが, 今戸へ, 全軍, 幕が, 彼は, 彼を, 手紙を, 東京へ, 焼いて, 私の, 蒲田へ, 見せなければ, 詮議に, 錆が

1 [306件] あとを, あなたの, あのパーヴェル・パーヴロヴィチ, あわせて, うその, おしんに, およぶまい, おりて, おん許を, お伽堂とかへ, お供もうしましょう, お出かけなさいませ, お客樣に, お宮で, お宿, お礼かたがたお, かきたいこと, かつての, きき尋ねるだろうと, きっぱり譲歩, きれいに, くだけて, ここから, ここの, ここは, こっそり掘り出し, この世を, この人, この家, この書面, この鎌, ご対面, ご返事, さとりこれ, すって, するし, すれば, そこへと, そこを, その人, その話, その赤い, それが, それを, だれかに, ちょっと家, つかまり相, できる事, できる重要研究, とび出しそう, とんで, なににも, ひっくりかえして, ふたたび中国, ほんもの, まいりたかったの, やっつけられるの, やって来ること, やりそう, よき導師, わたしたちを, アッサリと, ピストルを, ホテルを, 一人で, 一刀浴びせよう, 上がった私, 下へ, 下城し, 不審を, 中仙道を, 云い出, 京都から, 人が, 人手に, 他の, 以前に, 会えると, 伝六へ, 何もかもすて, 使者を, 俺は, 倒れようと, 兄の, 先生の, 兜町へ, 入院したい, 出かけられるの, 出かける支度, 出て, 出動するだろう, 出向いて, 出掛けそう, 出掛けたい気, 出撃しよう, 出来るか, 出来ること, 出版の, 出立し, 出立する, 切腹しかねない, 刊行され, 前川氏を, 割れる, 動きだしさ, 北条美作の, 医者の, 医者を, 取ること, 取結ばれましょうが, 吉報を, 名乗って, 名乗ろうかと, 呉青秀の, 味方したがる, 呼びかけて, 呼びよせたい, 命にか, 噛みつくと, 困るん, 困る家, 埋宝個処, 報道に, 塔は, 売りたい顔, 外出の, 大きなち, 大兵の, 大看板, 夫婦に, 奥田は, 女を, 姿を, 娘は, 宇乃に, 安土へ, 宝鏡先生に, 実現する, 実験に, 家の, 家を, 寝室, 尋問が, 小, 小太郎の, 小谷の, 山から, 山村の, 岐阜へ, 岐阜城へ, 帰して, 帰りたいよう, 帰りますゆえ, 帰りますよ, 帳場の, 張飛は, 彼処へ, 彼女は, 後悔しよう, 従容と, 御門前, 思い当ったでしょう, 怪塔の, 息の, 悪戯の, 戦場を, 戸倉を, 手を, 打ち融けかねた, 承知し, 承知の, 承諾し, 抱きついて, 押えに, 持たれる代物, 捕手が, 探し出して, 描いて, 撓って, 攻略したい, 新子が, 旅支度し, 日が, 日和佐に, 来そう, 来て, 来ようと, 松本へ, 枕へ, 果さなければ, 校長の, 森を, 歌集の, 止まりそう, 死ななければ, 死にたくなるでしょうが, 殴りつけようと, 気を, 池か, 泣き出しそう, 泥棒を, 浸水し, 溶けて, 潰れそう, 瀬戸へ, 燃えあがるよい, 燃えさしが, 燒い, 父に, 父子相伝の, 物を, 獄内は, 生氣, 癒るであろう, 発射せん, 発散した, 発砲し, 発表する, 発見されなけれ, 登りたがった, 百姓に, 盡き, 眼を, 知れる筈, 私と, 私を, 稽古にか, 穢されて, 立たして, 立ち上がるだろうと, 立ち上りそう, 立ち去らなくちゃ, 立ち去りたかったけれど, 立ち去る気, 笑いかけて, 筆を, 筒井を, 粉砕撃滅を, 美沢の, 聖徒の, 聖者の, 自分が, 自分で, 自身山まで, 舎人に, 荏原屋敷へ, 菩提山の, 華々しい初, 葡萄酒の, 行きたいの, 行き着くこと, 行けそう, 行つて祝いを, 見たいの, 覚えられるでご, 親方様の, 解って, 解決され, 解決を, 討ち取れそう, 訪ねたいと, 訪ねて, 謙信の, 貴女に, 貴方様に, 賣つて金, 起きます, 起き上らねば, 起こって, 起ちあがりそう, 起るよう, 足利へ, 身に, 軽騎七八十を, 辞職しよう, 迎えて, 返して, 返事を, 追って行っ, 逃げ出したいよう, 運転させましょう, 都に, 都へ, 都を, 金が, 金銀廟まで, 鑁阿寺の, 開けて, 附合ひ, 降って, 陸奥に, 隣室へ, 雑司ヶ谷の, 電報と, 露骨に, 革擲すべき, 領事館を, 頬ぺたを, 頭を, 飛びかかるだろうと, 飛び出しそう, 首を, 駆けて, 駈けつけん, 駈け出そうと, 魔法使い退治の

▼ すぐには~ (347, 1.0%)

10 返事が 8 返事を 4 それを, 口が, 腑に 3 それに, 口を

2 [22件] いって, ことばも, そういうお前, その意味, のみこめなかった, ものも, 何も, 何んとも, 出て, 呑みこめなかった, 帰らない, 彼の, 彼女を, 手が, 答えないで, 答へ, 舌が, 見つからなかった, 見当が, 起きも, 返事も, 返辞を

1 [267件] あかなかった, あがれなかった, あけない, あとを, いけないこと, いつて, いるから, いわないの, いわなかったが, うんとは, おいそれとはっきりした, およらないで, お城, お帰り, お目, お礼も, お礼状, お立ちにも, お詫びも, くさらないん, こたえなかった, ご信用, したがわなかった, しないだろう, すかひ, その傷, それと, たべません, だかに, ちょっと浮かん, ついていけなかった, できなかった, できませんが, とけそう, とびかかれませんが, とび越えられぬ, どうにもなる, どうも, どっちの, なかった, なかなか上がっ, なんとも挨拶, ぬけられそう, ねむりつけなかった, ねむれなかった, はあロック, ひらいて, ぴったり来ない, ぴんと結びつい, まにあわない場合, まねの, みつからないため, やめて, ゆかなかった, わからないが, わからないだろう, わからなかったが, わからなかったの, わからなくても, わかりません, わかりませんでしたな, わたしも, キリスト教徒には, クランク出来ず, クリストフの, 上らず婆さん, 了解できる, 二度とこんな, 云い出さなかった, 云ひ出せなかつた, 人には, 仕事に, 何とも言えない, 何とも返事, 作品も, 來ない, 例の, 信じなかつた, 信じられないだろうさ, 信じられませんでした, 傭えなかっ, 傭へ, 冴子の, 出そう, 出ませんでした, 出られないよう, 切り込まず悠々, 判らないさ, 判らなかった, 判らなかったらしいん, 刻つ, 動かなかった, 去りかねて, 及ぶまい, 反対しない, 反応が, 取りつくこと, 取り片付けようとも, 取り留めた分別, 口も, 合戦と, 合点が, 名前が, 向けられまい, 呼び入れようとも, 声が, 声援が, 売れなくたって, 室を, 家へ, 寝つかれなかった, 寝ないで, 封を, 小ツル, 届けられなかった, 岩は, 島へ, 帆村の, 帰るめ, 帰れない, 広海屋, 弁明しなかった, 彼だ, 彼を, 彼女の, 往けなかった, 応じかねて, 応じられなかった心持, 思いだせなかった, 思い出せないほど, 思い出せなかった, 思い出せぬ風, 思い当らなかったので, 思ひ出せなかつたけれども, 思ひ浮べること, 思出せませんでした, 感じられないが, 手を, 手出しも, 承諾しなかった, 拝もうと, 持ち上らなかった, 掛けようと, 撒こうと, 支払いません, 放れぬ, 書き直そうとも, 書けなかったの, 服を, 服用いたしません, 来ないで, 来なかった, 枕に, 止みますめ, 気が, 気がつかなかった, 気づかなかったが, 決しかねたの, 決しかねて, 決断しかねた, 浮かんで, 涸れて, 無い, 燈火も, 物も, 猩々に, 現れ出ない, 理解し得ないであろう, 生きませんでしたが, 申せませんわ, 発見されず, 発見しなかった, 直りかねまする, 眠つく, 眠られなかった, 眠ること, 眠れない, 眠れなかった, 眼を, 知らすこと, 磯五の, 私だ, 私に, 稿料が, 立ち上らなかった, 立ち去る様子, 立ち去ろうと, 立上らう, 立去らずに, 立去りも, 筆も, 答えずに, 答えずまず, 答えずみんな顔, 答えず口元, 答えず四辺, 答えなかった, 答えられなくなった, 答えること, 箸を, 結論を, 絶えなかった, 縄を, 考えられません, 聞かせて, 聞かなかったよう, 肯定しなかった, 腰を, 行かれなかったの, 行くめ, 行っちまわない, 見えは, 見つからず佐柄木, 見つけられないので, 見られないと, 見分けが, 見分けの, 見当たらなかった, 見当の, 見当らなかったの, 解けなかった, 解らないの, 言うこと, 許しも, 註文を, 話せないで, 話に, 語れぬもの, 読まんですな, 誰だ, 誰と, 警戒を, 警視庁へは, 賛成し, 質子も, 起きなかつた, 起きられなかった, 起き上がりそう, 起てなかったの, 起とうと, 足の, 足腰も, 返すまいし, 返す言葉, 返事しなかった, 返事は, 返答が, 返答しかねる, 返答に, 返答を, 退けない, 逃げださないで, 通らうと, 通り抜けられないという, 部屋を, 釣れない, 開かれない, 開けられなかった, 電車に, 静止の, 面会が, 頭に, 頭の, 顔を, 食へ, 飲みこめなかった, 馴れられない

▼ すぐ~ (342, 1.0%)

168 の前 36 の下 12 のまえ 11 をそらし 8 のさき 6 の上 5 につく, を伏せ 4 の中 3 についた, をさました, をそらした 2 がさめる, と鼻, にとまった, にはいった, にはいりました, に映る, に見える, をふせ

1 [62件] があくでしょう, がさめ, がさめちまう, が落ちくぼん, が覚め, が覚めた, が覚める, が開い, にあった, にうかべた, についてひき戻される, につきました, につくだろう, にとまる, にカド, に付く, に入る, に浮かぶ, に浮ぶ, に浮べる, に浮ん, に着きました, に着く, に這入ります, のさめる, のした, の先, の悪い, の球, は地上, は閉じ, まいが, をあけた, をあける, をうごかした, をさまし, をそらせた, をつけます, をつぶった, をつぶる, をひからせ, をひからせた, をふさい, をふせた, をむい, を伏せた, を元, を反らし, を反らした, を外, を外した, を外せた, を左, を挙げる, を放し, を曇らせ, を覚ました, を覺, を転じ, を返し, を閉ぢ, を開いた

▼ すぐそこ~ (333, 1.0%)

98 にある 7 だと, です, ですから 5 だから, にあった, にいる 4 で降ります, のよう, の角 3 だよ, に見え, に見える, へ来た, まで来

2 [18件] だし, でした, なの, なん, に居た, に感じられる, のアスカ農場, のホテル, の国境, の家, の川, の庭先, へ飛ん, まで来た, まで近づい, よ, を出た, を游い

1 [217件] からはじまっ, からバス, から出, から嘘, から奥, から市, から弁護士, から曇天, から省線, から這い出す, から離れ, から電信柱, から駈け出した, からPCL, が十町, が宿場, が小太郎山, が脱衣場, が軽焼屋, さ, じゃ, じゃない, じゃ五条大橋, ぞ, だからね, だが, だがな, だす第, だった, だって, だつて, だで, だもの, だ寄つて, で, でございますよ, でしたしや, でして, ですいらっしゃい, ですよ, でする, ですれ違ったらしい, です人, でつかまる, で下ります, で凍てつい, で大きく, で女事務員, で小畑さん, で拾った, で拾つたの, で断わった, で旅装, で着, で聞える, で買う, で返事, で食い留められ, なもの, なる甘酒茶屋, に, にあつ, にあり, にいた, にいま, にいます, にくつきり, にすくん, にたたずん, にどれ, にはいった, には人, には右衛門, には塵埃, にひとかたまり, にべつ, にまるい, にも安井曽太郎, にわれわれ, に一つ, に一条, に互いに, に低く, に住もう, に信濃町, に六七軒, に到達, に坐っ, に宙, に寝かされました, に川, に待たし, に感じ, に手, に据えられた, に来, に来た, に東さん, に椎の木, に横たわっ, に気づいた, に燕子花, に犬, に目指す, に知った, に私, に移る, に置きすてられ, に聞えた, に腰, に自動車, に落ち, に行っ, に行った, に裏口, に見えなくなっ, に見え候, に近々と, に近年新, に過去, に鍛冶場, に陶然, に電車, に響いた, に馬, に黙っ, の, のあき, のあの, のポーチ, の三年坂, の今, の何, の別館, の四ツ辻, の奥, の学校, の安井, の寮, の小藪, の山屋敷, の広い, の建物, の料理屋, の月, の木, の松山, の枳殻垣, の横町, の汀続き, の池, の活版屋, の海津城, の炉, の煙突, の田中町, の番小屋, の百姓家, の窓, の竹垣, の茅屋, の草, の街道, の谷水, の道路, の部屋, の銀閣寺, の鏡台, の雨戸, の鶏鳴館, の鼻, はグレー街, は孫堅, は長良, は黒砂, へいく, へいっ, へお立ち, へかけつけます, へかけつける, へそ, へやって来た, へ人, へ加わろう, へ参っ, へ向っ, へ寄っ, へ持っ, へ早打ち, へ来, へ気, へ流れこん, へ臥, へ自分, へ行っ, へ行つた, へ迎え, へ雇われました, へ馬, へ駈け登っ, へ髪, ほんの十分, までき, まで上つて, まで來, まで吹い, をすいすい, をピタピタ, を仰いだ, を去っ, を去り, を疑, を窺った, を退がっ, を開け, を飛び出し, を飛び退いた

▼ すぐそれ~ (308, 0.9%)

64 だから, を自分 3 とわかる, と分る, と判, と判った, に気づいた, に賛成, を何

2 [20件] と分った, につづい, に応じ, に応じた, に気がついた, に気がつきました, に氣, に眼, に答え, に返事, はお, もつまらない, を思いだした, を手, を持っ, を殺し, を発見, を見, を読ん, を追う

1 [233件] かと思う, から六日, から特派員, が, がお, がききとうございます, がまちがっ, がわかりました, がアッシャー, がガスパールおじさん, が一角, が作, が作品化, が倉地, が僕ら, が分かった, が分かる, が動機, が古藤, が天平時代, が夫, が夫婦, が実行, が工夫, が巴里前衛画派中今, が弾正, が後悔, が思い出せた, が捲き込まれ, が斉彬擁護, が映ります, が汚れ, が老, が誰, が間違っ, が青木, が馬鹿げた, さえも茫, じゃ性急, だなと, ですから, ですもの, とわかった, とわかります, と入, と分かりました, と察し, と察した, と悟った, と感づいた, と気, と気がついた, と気づい, と気取られる, と氣, と知れた, と見分, と解った, にいや, にこたえ, について極めて, につづく, につづけ, につり込まれ, にとって代わっ, にならいました, になる, には金, にもぐりこん, にも倦, に乗りこんだ, に乗込む, に代っ, に共鳴, に参加, に反対, に反応, に取縋つ, に同乗, に同意, に和, に対する感情, に引っ, に心, に慣れる, に投稿, に描く, に気, に気がつい, に気づい, に注意, に甘え, に甘く, に目, に答えられる, に続い, に続く, に縋りついた, に署名, に見ゆる, に近い, に適った, に附し, に食いつく, に飽い, ね, の代り, はおしまい, はまちがい, はもと, はガラス, は下します, は勇ましい, は味方, は探偵, は秋, は若松屋さま, は行動, へなみなみと, へは手, へ乗った, へ何, へ合体, へ振向いた, へ来た, へ行く, へ跳び乗っ, へ近づい, までは仲間, もとっくり, も何, も忘れ, らしい雪, を, をうちけす, をおぼえ, をかくして, をごまかす, をたずねた, をとり入れ, をなげすて, をぴりぴり, をもち, をもっ, をもつ, をもらっ, をやっ, をやぶき, をクラム, をボート, を下, を仏壇, を会得, を作らう, を使った, を信じた, を俳句, を六人, を切っ, を厠, を反撥, を取っ, を取消した, を受け, を受けた, を古本屋, を可愛, を呑みこみました, を呑み込ん, を外, を女たち, を室, を小姓, を床の間, を引っこ抜い, を彭, を後悔, を忘れ, を忘れちまう, を思, を思い出し, を思う, を悟っ, を感じ, を感じた, を感づいたらしかった, を打ち消す, を投げすてる, を抜き出し, を抱え, を抱き上げ, を担い, を拾っ, を拾つて, を探しあてる, を携え, を撫で臥せる, を教えたまえ, を敷い, を昇り出した, を期待, を材料, を模倣, を歌い出した, を混乱, を源次, を灯, を生理的, を癒す, を相手, を着, を知ったらしく, を笑い, を納得, を聞きつけた, を膝, を船頭, を葉子, を見つけた, を見つける, を見とがめ, を見ぬい, を覚え, を言う, を誇大, を読み出した, を遮, を開こう, を隠しました, を食, を食べる, を食われ, を首肯

▼ すぐ~ (300, 0.9%)

14 帰りに 7 判りに 5 暇を 4 わかりに, 届けいたします, 帰りです 3 分りに, 友達に, 嫁に, 寝みに, 眼に, 見えに, 高の

2 [19件] あとを, かみさんの, せい様の, 二階へ, 傍に, 出を, 君の, 城へ, 帰り下さい, 延の, 後から, 念仏, 支度し, 料理が, 父様の, 由の, 耳に, 調子に, 酒が

1 [203件] あがりに, うかがいいたします, おかみだ, かたづきに, くやみに, しょげなさるから, すゑが, すゑの, せい様に, たがい, つうじが, つれする, つれに, なくなりに, のり下さい, もてに, もてへ, もて窓, もなる, もんの, やりなさい, ゆきを, わかりでございましょう, わかりでしたろうのに, わかりでしょう, わかりです, わかりで私, わかりと, ビールに, 久が, 乗り下さいまし, 互に二人, 互に眼, 互ひ, 代わりが, 会いくださりさえ, 会いしたいの, 会いできようなどと, 伺いする, 伺い出来ます, 伺ひします, 使ひ, 供申そう, 八重の, 内儀に, 出かけなさい, 出ましあれば, 出掛けに, 出立の, 分りの, 別れです, 別れに, 別れを, 別れ申したい, 別れ申す, 助けします, 助け致しましたものの, 医者様の, 口に, 口を, 口説きなすっ, 吉ッつ, 君は, 味噌汁の, 品に, 喜代は, 囲いの, 園さん三野村さんが, 奉行所まで, 嫁さんの, 嫁さんも, 嫁さん話で, 嬢さまが, 宅に, 宅へ, 寄りに, 寝なされたの, 寝みなさらなければ, 察しが, 寢み, 寿の, 小僧が, 小夜に, 小遣を, 尻が, 帰えりです, 帰りください, 帰りで, 帰りなさいまし, 帰りなさるよう, 帰りねがいたい, 帰りよ, 帰んなさい, 帰んなさいナ, 床から, 床を, 店の, 店へ, 庭方を, 延に, 延は, 延を, 引っ越しに, 引返し遊ばされます, 後が, 後より, 徳さんを, 心安だてを, 忘れに, 思に, 悟りが, 悟りに, 感じに, 戻りあって, 手当てを, 抱えの, 攫まえ, 支度あっ, 支度ある, 支度します, 支度なさい, 支度の, 政が, 敏へ, 料理を, 旅立ちの, 暇いたし, 暇します, 暇する, 替りを, 望み遊ばすわがまま, 染を, 歸り, 殿様の, 水, 水かえる, 沙汰を, 浜に, 浜を, 渡し申し上げました, 湯漬を, 瀧を, 熱いの, 燕を, 燗が, 父さまの, 甲と, 甲の, 番所へ, 目に, 目の, 目通りなされる, 目通りを, 眼の, 着きに, 秀の, 立退きを, 糸さんを, 美夜ちゃんを, 耳を, 聞きに, 脱ぎなさい, 艶と, 薬湯を, 蝶は, 見せしましょう, 見破りに, 覚えなされましたのう, 覚りに, 解りに, 読みくださりませ, 跡を, 近所に, 返事が, 追従を, 逃げなさい, 通の, 通りナ, 連れ下さるか, 連れ申し, 道化た, 酌や, 酒だって, 酒を, 酒盛でした, 里が, 重と, 重の, 間に, 隣りの, 隣りは, 隣りへ, 電話下さらない, 願ひします, 風呂を, 飲み込みに, 飽きに, 館様へ, 駈けつけあれ, 駈けつけ下さい, 駒ちゃんを, 高は, 鶴の

▼ すぐ~ (284, 0.8%)

9 なりに 6 まった 5 いうわけ, なりの 3 いう訳, いっても 2 いうこと, それに, つつきの, なりから, んで, 答えましたもの, 運動を

1 [239件] あき家, あとから, あの生物, いうと, いうの, いっしょにおどりださずにはいられないくらいでした, いふこと, いふの, いふべき所, いわれたので, うわおいぐつ, おかに, おこられて, おまえを, おれに, お内儀, お出かけ下さりまする, お出でに, お勝手へ, お岩, お引ぎずりを, お由, お針に, かぎつけます, かんづいて, こたえるよう, この事務所, この家, ころんで, こんどは, ご城中, さがしに, しごと, しゃべりかけました, じれて, そいつが, そう取っ, そこから, そのあくる日, そのなぞ, そのままどこ, そのままに, そのリンネ, その上, その後から, その気持, その猪口, その稽古, その足, その駕, それが, それを, つづいた二戸前, でかけよう, どけて, なりは, にこやかに, はいって, はしごを, ばけの, ひいさまたち, ひつじ飼い, びらが, べつな, ほかの, また, またお, またそれ, また上, また同じ, また席, また広島, また来なく, また見たくなっ, また飲みたくなった, まったの, まって, めいめいの, もう名人, もう瓦版, りっぱな, わかったから, わからあ, わかりました, わかるもの, わたしは, カイは, カピや, ザイルでも, バルブレンの, 一枚の, 一流二流の, 上の, 不自由な, 不覚に, 世間に, 中へ, 主人を, 了解が, 事件の, 事件を, 二階へ, 仕事に, 伺わせまするでご, 僕の, 出て, 出陣の, 刀を, 前へ, 力ない, 勢よく, 原へ, 又下, 叔父に, 右平を, 右門が, 右門の, 向こうだって, 図案は, 土間へ, 地の, 増長さるる, 夜番は, 大石練吉の, 大通りへ, 奥まった一室, 女を, 女給が, 客間へ, 小生の, 少してれ, 展いた, 島君と, 幸福な, 床に, 庭へ, 引き揚げたが, 彼の, 彼は, 御返し, 応じたの, 恐れ入りやしたよ, 悪漢達に, 愛の, 手の, 手を, 手前たちの, 抜かれた, 拡まった, 持前の, 捕まって, 掃除しおった, 散る花片, 数寄屋橋の, 新聞売り, 日田の, 書斎へ, 来たられべしと, 栄三郎と, 森の, 森のけだ, 権之, 次に止刀, 次の, 毛抜きを, 水の, 水を, 江戸を, 河霧の, 海へ, 海部代官所の, 深川へ, 滑り去っ, 父の, 理屈で, 用談に, 申しましては, 申しましても, 申すわけ, 男の, 病苦の, 百合江が, 目に, 目を, 真顔に, 眼に, 眼の, 眼前に, 知りました, 知ること, 知れるだ, 祖母に, 私の, 私は, 笑って, 答えました, 紋也は, 納得の, 結ばれるの, 続いて, 綺麗に, 老人が, 老人の, 背後を, 自分たちを, 自分で, 自然の, 花畑の, 茶の間へ, 茶の間を, 蔵へ, 要心深い挙動, 見つかりました, 見つかりましたもの, 見つけて, 見わけ, 言うたところ, 言は, 訴訟箱を, 認められるにも, 足の, 足を, 跡を, 路が, 踵は, 近くで, 近所で, 運ばれたもの, 部屋の, 重苦しく舌, 鉄砲を, 門の, 閉った, 開始され, 馳け, 駕籠で, 駕籠の, 黒い雲, 黒きから

▼ すぐ~ (251, 0.7%)

6 から, から行く 4 からまた 3 にいた, に続い, に続いた, のこと

2 [17件] からお, からそれ, から来, から準備, から落下傘, だつた, にいる, にふらふら, に小さい, に随, の寺, の扉, の方, の檍原, を云った, を奇妙, を歩い

1 [189件] からい, からいく, からお宮, からこれ, からさう, からそいつ, からそっと, からだしぬけ, からつづい, からはいっ, からは立派, からまるで, からむさぼる, からやって来た, からわざわざ, から一人, から一頭, から一馬, から二人, から二階, から今村, から作品, から來, から兄さん, から出, から出かけます, から出発, から十兵衛, から参, から参ります, から安藤対馬守, から官兵衛自身, から実行, から寝室, から寢室, から将, から居酒屋, から山伏, から左右太, から幌馬車, から店, から弟, から御, から来ます, から来る, から次, から歩き出した, から気軽, から消え, から濡れた, から犬山, から瑾, から生れ, から登った, から真白, から眼, から落た, から行っ, から行われる, から褪げた, から跟, から追いかけた, から追いつい, から追い込ん, から鞭, から飛び下り, から駈け続い, から駿三, が不, が御神輿, さぼく, だと, でした, でしたが, ですからね, ではさすが, では恥ずかしく, に, にあった, にあり, にある, にい, にきっともう一度, にくっつく, にこれ, につい, について来た, につづきます, になる, にはアテーナイ, には峨々, には艱苦以上, には蔵造, には通常以上, には馬鹿ばやし, にひた, にぴったり, にまた, に京都大学, に仮面行列, に伏せた, に便所, に出, に出くわした, に城壁, に始まっ, に尾, に引添, に従うた, に從, に拳, に日本, に海, に消え失せ, に牧, に猿, に生まれた, に空車, に立っ, に続き, に自分, に見るだろう, に言う, に跟, に近寄り, に迫っ, に述べる, に追いついた, に違, に附いた, に頼り, に驚いた, に高木, の一つ, の二月, の二月十三日, の桟敷, の椅子, の百代子, の空, の舞踏室, の諏訪, の車夫部屋, の陸, の馬車, は小さい, は徳川時代, は閉められた, へ, へレール, へ七十, へ伸ちゃん, へ台風, へ引いた, へ引添, へ来, へ来た, までズカズカ, も先, やったから, をかけた, をつける, をふり向いた, を乗っ取っ, を付け足した, を向い, を尾, を引, を引き取っ, を彼, を振り返った, を振向く, を歩き, を満, を継ぎ足した, を続け, を続けなけれ, を話した, を追, を追う, を追っかけ, を追っかけた, を追っかける, を追った, を追って, を附, を附加, 堂へ, 恩賞を

▼ すぐ~ (249, 0.7%)

8 のところ 6 の妹 5 の方 4 に肋骨, の弟 3 の河原 2 である, にある, に置く, に花畑, の崖, の所, の青い, は水, へ降り, へ降りた

1 [199件] あたりを, からお, からその, からは窓, から又, から暗い, から聞こえ, から菜の花, から道江, から長根, から鮮やか, がその, がそれ, が庭, が池, が玄関, が県道, だ, だから, でありその, です, でね, では船頭, でも駈け, でコオロギ, でバタ, で事務長, で口, で喜んだ, で大勢, で横, で焼けた, で立ち止まった, で船長室, で輪, で鼠縞, にあ, にあっ, にあった, にいる, にうずくまっ, においた, におり, にくる, にそれ, にはいくつ, にはお, にはほか, にはスナイダー, には僅, には古, には日本人, には材木, には東北, には濛々, には碧玉, には私, には黝, にまで出られる, にもう, にゐる, にサンフランシスコ, にソビエト領事館, にベンチ, にボタン, にポッツリ, に一杯水, に下した, に二本線路, に位する, に低い, に千鶴子, に叔母, に大きな, に女, に小, に年級, に当たる, に想像, に掘っ, に昔, に望む, に来, に横たわる, に水, に浮い, に浸っ, に渡船夫, に湧水, に澄ん, に珍しい, に私, に肩, に背, に膝, に落ち, に行った, に褐色, に見え, に見おろされる, に見下ろす, に通路, に鋪道, に陣取っ, に飛び, に高等学院, のなあ, のひ, のイェレミーアス, のベンチ, の中川, の伯父, の別荘, の十六歳, の卯女子, の固い, の土管, の土間, の塔, の外部, の夜, の娘, の子, の家, の家屋, の山寺, の岩, の岸辺, の席, の店, の庭, の役, の戦況, の扉, の敵兵, の書斎, の曾つて, の木戸, の氷, の沓, の沿岸, の波, の流れ, の濱邊, の瀑壺, の瀧, の灌木, の炊事場, の燈心草, の玄関先, の畑, の発動機, の着物, の石細工, の磯辺, の祭壇, の級, の藪山, の裁判官, の谷間, の通り, の道, の部屋, の郵便局, の関ニ, の風呂場, は小, は川, は日蔽, は薄暗い, へとおり, へもひらひら, へ殿, へ置い, へ落した, へ行っ, へ降りなかった, まで, まできました, までしかなかっ, までつながっ, までのぼり, まで廻させます, まで来, まで水, まで花, をちょろちょろ, を向い, を向いた, を流れ, を私, を見る, を通っ, を通った, を通りすぎた, 吟味を, 深さ, 甲板へ, 隣りに

▼ すぐ~ (232, 0.7%)

138 の前 11 につく, のまえ 10 と鼻 6 についた 5 のさき 3 の先 2 に付く, に入った, に入れた, をさまし

1 [40件] つかつた, にあて, にいれた, にかどを立て, にくる, についてくる, につきました, につくだろう, につけ, にとまる, にはいった, にもつける, に入, に映った, に映る, に浮ん, に立つ, に見える, に附く, の上, の中, の色, の近く, をあげ, をさました, をそらした, をそらせた, をつけ, をつける, をつぶった, をつむ, をとぢ, をやはら, をやります, を上げ, を伏せ, を反らし, を反らせ, を醒ました, を醒ます

▼ すぐあと~ (198, 0.6%)

5 のこと 4 からまた 3 からつい, だった, でこの, でその, を追う, を追って 2 から小, から行く, で彼女, につづく, に来た, に続いた, へ, を付けた

1 [155件] から, からあやふや, からおっかけた, からかけ, からき, からくっつく, からすこし, からその, からそれ, からたべられぬ, からついて行きます, からまあ, からわたし, から一本, から三四郎, から不破, から丸, から別, から加賀見忍剣, から又, から同じ, から妹, から子供, から尾, から山門, から彼等, から持っ, から新聞屋, から曹操, から本部, から来た, から来る, から楽々, から武者ども, から母, から泰軒先生, から猟, から箱屋, から続い, から罪深い恐ろしい, から美妙斎, から自分, から茉莉, から行った, から追, から追っ, から追っかけ, から駆出し, から鮮, だいたい十一時半ごろ, だったと, つまり武右衛門, で, であった, であったので, であらゆる, でかういふ, でからだ, でかれ, でけろりと, でしかも, でした, です, ですね, でどういう, でないと, では, ではっきり, では何, でまるで, でも自分, でわたしたち, でポケット, で下げ渡し, で何故か, で使い, で出歩く, で国, で小池さん, で小田原, で思い出した, で打ち消し, で本郷座, で来る, で楽屋, で玄関, で疫病, で矢代, で破産, で結婚, で腿, で自分, で藤田東湖, で西野文太郎, で重臣, などにはフョードル・パーヴロヴィッチ, なの, なので, にあの, におこった, について出た, について坊門, について登つて行つた事, について階段, につまり, にはわれ, には幼い, には斉魯河間九篇本, にわし, にイタリー, にマリー, に一度, に幸福感, に断っ, に続い, に貝原, に起った, のけさ, のよう, の一隊四千, の女, の湿った, の瞬間, の組, の道, の長途, の附木, の静寂, へつい, へは惜しい, へ取って返し, へ忍び込んだ, へ押寄せ, へ正直, へ隠退, へ駈け, ほんの数秒後, もなくなり, よりつづきます, より屋根, をぎっしり, をこしらえます, をつけた, をつけました, をつけられ, をつけろ, をのしのし歩い, を尾けた, を続ける, を言いつづける, を追いかけました, を追っかけ, を駈ける, 戻りした, 立ち並んでる遺族

▼ すぐ~ (191, 0.6%)

4 にある 3 で, にいた, の壁, の椅子 2 です, で破れる, にながなが, に坐っ, の水の上, の路上, へ寄っ, を向い, を滔々, を通り

1 [155件] から一羽, から家, から聞え, から見, がホテル, が黒い, さ, だ, だよ, だ僕, だ土, であらあらしい, でかわされた, でございますから, でさつき, でじっと, でそよ風, でぽんぽん, で声, で大, で居眠り, で左右, で底, で暖房, で梭, で淋しい, で生み, で答えた, で聞えた, で自然, で虫, で見つめ, で見る, なので, に, にあたる, にあった, にあつ, にあまり, にいる, にし, にど, にどしり, にはこれ, には両親, には新しい, にひっそり, にも澤山蕈, にやつ, によこたわっ, にゐる, にスカンセン, にスチーム, に丞相, に五十, に仁王立ち, に何, に停まった, に坐つ, に墜ちた, に室子, に寄っ, に寄りつかう, に寝ころん, に寝そべった, に居る, に岡野, に彼, に忍びやか, に挿しこん, に来, に泥まみれ, に牛, に病院, に盆栽, に着席, に空しき, に突立, に立っ, に立った, に繋れた, に聞こえた, に脊中, に衣摺, に轉, に近づいた, に電柱, のひょろひょろ, のテーブル, のバナナ畑, のボックス, の二等室, の二階家, の井戸, の交番, の停留場, の堅い, の室, の小, の小さな, の小川, の岩, の川端, の弟子待, の弥勒寺, の扉, の料理屋, の木影, の東野, の柳, の狭い, の理髪店, の男, の省線駅, の空中, の竹垣, の箪笥, の籐椅子, の自分, の舗石, の芝生, の若い, の茶店, の行雄, の西洋料理, の觀音像, の部屋, の陶, の障子, の隣, へと行, へやつ, へ往, へ来, へ来る, へ避けた, までこつ, までやつて, まで来, まで来た, まで行っ, をすり抜けた, をよくよく, を人, を分別顔, を力づよく波, を同じ, を和船, を小, を流し, を石炭, を見物人, を通っ, を通りました, を通る

▼ すぐ~ (166, 0.5%)

8 にある 4 に立っ 3 にあった 2 にいた, には傷ついた, にゐる, に乱雑, に坐っ, に若, に顔, の者, まで来

1 [133件] かい, から声, から藁, から逃げ, が海, でお, でこう, です, でまた, でやさしい, でやっ, でわしら, でルスチニア鳥, で八字髭, で同じ, で感じた, で高城, で高野川, で鳴り, にあの, にある知らない, にいるだ, にたてかけた, につっ立ってる, にはまだ, には天水桶, には女の子, には崖, には幾つ, には怕, には桜, には発電用, には軽やか, にやってくる, にやつ, に一丈, に一人, に一台, に乗込ん, に便所, に呼ん, に在る, に大きな, に安らか, に寄り添っ, に小さい, に小さな, に居た, に居ない, に居る, に居流れ, に山, に建物, に引, に彼女, に後髪, に恋人, に感ぜられた, に据えつけられ, に掛けられる, に松, に第三者, に米, に背, に腰かけた, に若い, に見慣れた, に見識ら, に親類, に這い出し, に銀杏, に高野金剛峯寺蔵, に鳥, に黒い, のそれ, のキミ子, のサロン, のソバ屋, のハツチ, のヤコブス・ウエルス・ミュース, の人, の叢, の吉川町, の太い, の巨, の建物, の彦島, の所, の旅館, の木立, の林, の椅子, の樹, の欄干, の池田病院, の瓦, の眞闇, の石川剛造, の窓, の茶店, の葉, の薮, の西側, の長岡佐渡, の陣幕, の雑草, の顔, の馬上, は火葬場, へおい, へ乗りつけ, へ来た, へ来る, へ流れ, へ落ちた, へ蓄音機, へ馬, までその, まで平常, まで来る, まで行つて, まで進ん, まで駈け, を呑気そう, を摺り抜け, を歩い, を流れ, を自動車, を通っ, を通りすぎ, を通り過ぎた, を駈け, 迄来た

▼ すぐこの~ (147, 0.4%)

4 足で 3 先の, 手紙を 2 ことを, 下の, 女は, 支那人は, 男の, 綱を, 近くで, 高子は

1 [121件] あとへ, お堂, お近く, ことが, ことは, ご本殿, さきの, じゃまの, とおりな, ような, よろこびを, トリックに, ハンケチに, 上だ, 下です, 下で御座んす, 下まで, 下を, 事を, 人が, 人命救助に, 伊豆の, 便船で, 傍に, 先じゃ, 先だ, 先で, 先です, 先に, 公示所を, 前に, 動物の, 原則を, 向うです, 問題を, 器械に, 噴行艇アシビキ号の, 圃の, 地から, 地へ, 地方に, 坂の, 型を, 城に, 城を, 場で, 場ででも, 場に, 場合弱, 天狗が, 奥に, 奥まった座敷, 家に, 家へ, 家を, 寺に, 尼の, 屋敷を, 崖下の, 川上に, 席で, 平靖号の, 後において, 御用の, 恐怖政治が, 愚答を, 感情を, 憂鬱性と, 戦車から, 手で, 操縦室に, 文豪の, 明かるい美しい水, 時の, 暗闇の, 書面を, 月十一日の, 有様です, 根城を, 機を, 殺人光線灯を, 母をも, 気拙, 水音以上に, 溜を, 濡縁に, 特殊な, 状を, 猪口才な, 由が, 由を, 町で, 異動をも, 私の, 細い紙, 結果を, 絵の, 装甲車へ, 裏手の, 裏通りです, 訴訟抗告を, 話に, 話を, 辺を, 近くノナン・ディエール街と, 近所だった, 近所で, 近所でございます, 近所の, 部屋で, 部屋の, 部屋を, 野菜が, 阿闍利, 陰氣な, 陳腐な, 階の, 際の, 駕で, 駕籠を, 騒ぎだった

▼ すぐ自分~ (145, 0.4%)

4 の家, の部屋, の顔 3 のそば, の心, の方

2 [12件] でさつ, で自分, の夫, の居間, の席, の後, の手, の書斎, の横, の胸, の言葉, の鼻

1 [100件] から先, から塾長室, から引い, から言った, から身体, がほん, が勝手, が捨てられた, が社長, だけで事実, でその後, でもそう, で床, で店, で彼, で打ち消し, で正木, で気がつい, で氣, で笑いだし, で買える, で閉店, にか, にはそれ, に乗り移っ, に反映, に援, に疑い, に酬いられる, のお, のおんな, のその, のところ, のほう, のわき, のコップ, のホテル, の上, の事, の仕事, の作品, の側, の傍, の傍ら, の兄, の前, の口, の嘘, の国土, の子供, の室, の寝床, の小, の少年時代, の居る, の居場所, の左, の左わき, の後ろ, の後部, の応援, の想像, の懐, の懐ろ, の持っ, の日常, の机, の村, の気持, の無学, の父, の真面目, の眼下, の瞼, の立っ, の考え, の者, の職務, の脚下, の興奮, の調べ物, の足, の足元, の近く, の過失, の雑嚢, の頭, の養母, はふんどし, は女, は是非, もこれから, も太刀, も日頃, も笑い, も飛降りた, をかこん, を呼ぶ, を病室, を許す

▼ すぐ~ (119, 0.3%)

5 の前, の眼 3 の姿, の手, は 2 のあと, の気, の目, は自分

1 [92件] がこれ, がそれ, が機嫌, が自分, が龍王山, とふたり, と今度, につづいた, には感ぜられた, には自分, にもロセッティ, に会った, に嫁いだ, に対して, に帰っ, に竹刀, のほう, のカン, の側, の傍, の先, の名, の完全, の少年, の帳場, の後, の心, の意識, の所, の方, の書斎兼応接室, の棒立ち, の父, の申込み, の疑い, の眸, の答え, の縄, の肩, の芸術, の虚, の言う, の許, の足, の隣, の鞍わき, の駒, はうち, はそれ, はばか, はまえう, は一室, は二夫人, は会いたかった, は侍部屋, は厩衆, は受け取った, は右手, は善人, は妻, は帷幕, は庭, は庭田恒吉, は思いかえした, は恭一, は歌, は歩き出した, は湯殿, は私, は誰, は諸家, は追い払う, は道江, は電話, へ聞こえ, も山, より聞いた, らしい卑屈, れ丈, をそうした, をも馘, をわが家, を伴っ, を千住, を取りまい, を引見, を愛した, を縛りあげ, を襲うた, を訪うた, を訪ねた, を銃殺

▼ すぐ~ (118, 0.3%)

7 になった 5 になっ 4 にある 3 を向い 2 でもの, にい, にいた, にその, になる, には黒塗り, に坐っ, に黒い, の壁, を向いた

1 [79件] から, から奪い取っ, から突, から足もと, がグイ, が石段, でうんうん, でした, で丸木, で井戸, で船荷, にあつ, にあり, にいる, につきそっ, になつ, になり, になりたい, にね, にはまだ, には疏水, には白ペンキ塗, には荷車, にゐる, にリラ, に例, に便所, に出た, に十七位, に台所, に父, に突, に細く暗く, に置いた, に置く, に血, に見下せる, に足, に酒樽, に開い, に青白い, のところ, のはばかり, のベッド, の三畳, の佐女牛, の兵, の化粧品店, の台所, の四年生, の大きな, の小, の小道, の岩, の岩盤, の崖, の扉, の暗い, の本屋, の枕木, の桟橋, の椅子, の植込み, の母屋, の畑, の石炭置場, の薄暗い, の階段下, の障子, は梯子段, へやっ, へ切れる, へ向いた, へ廻っ, へ折れる, へ暗紫色, へ飛ん, をむい, を通っ

▼ すぐうしろ~ (116, 0.3%)

3 の天気輪, の席 2 から来た, で, で息, にある, にいた, に来, に立っ, の山脈, の方, の窓

1 [90件] から, からあるい, からからのタクシー, からさっき, からとびつい, からもう, からテント, から声, から豹, から金色, がカウンター, が大川, が太平洋, が崖縁, でくすんくすん, でふい, で出し, で大きく, で大喝, で石灰, で聞えた, で聞えました, に, にあたる, にいねえ, にいる, におとなしく, にかなり, にこの, についてきてる, につづい, につづく, になっ, ににやりと, にぬっと, には摩耶山, には白樫, には第, には見る, にまっ, にゴリラ, に一人, に三十四, に佇ん, に何, に加山耀蔵, に又, に右頬, に坐っ, に太い, に妹, に思いがけず, に来たら, に武者, に物, に磯五, に立った, に腰, に赤い, に跟, に近づい, に近づき, に迫っ, に追っ, に馬, のまろ, のやみ, の丘, の土台柱, の壁, の天氣輪, の屋根, の松の木, の棕梠, の横町, の用水桶, の砂原, の蒲団, の藤堂子爵, の駕籠, は光, は栗, へ落ち, へ迫っ, まで担い上げ, まで追いつい, をみだれた, を一騎, を通った, を閉めい

▼ すぐ~ (109, 0.3%)

6 の兄, の姉 4 のところ 3 の階級 2 にあった, に四尺, の壁, の崖, の杉, の枝, を通っ

1 [76件] からで, からふろしき, から声, から大きく, から大きな, から蓋, がその, が広場, が火葬場, が照彦様, が荵, だぞ, である, です, では澄みわたっ, でウ氏, でベロヴゾーロフ, で多く, で引き, で強く, で数発, で突然, にあがりなさい, にある, にいる, にぐうっと, には棚蜘蛛, には浅い, にぼ, にまだ, にまで垂れ, にザラメ雪, に住ん, に堤, に展開, に引っかかった, に当たる岡, に拡, に放送局, に監房, に立つ, に続く, に落ち, に見え, に迫り, のホテル, の二階, の今, の兄さん, の処, の古木, の四十四番, の塒, の姉特実, の小高い, の峰道, の嶮, の方, の有明荘, の段, の浄土寺, の者, の脚, の軒庇, へあがった, へいかなく, へ近づい, まできた, まで来, まで法王祈祷台, を一隻, を低く, を物凄い, を登っ, を飛ん, を黒い

▼ すぐ~ (105, 0.3%)

14 て来 11 て来た 9 て行った 5 てき 4 て行け 3 ていけ, てきた, てくる, て來, て往, て行っ 2 てくれ, て来る, て行く, て行つて了つた, 來る

1 [34件] ていった, ていつた, ておい, てくれる, てしまう, てしまった, てちょうだい, ては来なかつた, てみた, てもらう, てゆかなけれ, てゆく, て八州亭, て応じた, て来たくなっ, て来ました, て来ます, て来られた, て来り, て来るでしょう, て第, て行, て行かう, て行かれました, て行きなさい, て行きました, て行きます, て行けだ, て行こう, て見た, 來さうに思へた, 來て, 來ます, 發と

▼ すぐ~ (104, 0.3%)

9 ところに 3 ところで, ところの, 壁に, 所に 2 ところから, 姉の, 道を

1 [77件] いま角に, お船手組, ことで, ことであった, その下, だだッ, ときも, ところが, ところでございます, ところでした, ところです, ところや, ように, んだ, 一叢の, 一本街の, 一枚は, 一枚を, 下肝, 五日執行テイ止の, 兄さん, 兄さんだ, 兄に, 兄の, 兄は, 六疊か, 処で, 向こうに, 味を, 土の, 坂道へ, 夕日, 夜行に, 大広間に, 妹という, 妹の, 姉は, 姉も, 子供にとっては, 家の, 小暗い一室, 小間で, 崖下だ, 左土間です, 左手の, 座敷で, 弟, 弟であった, 弟である, 御船出, 御諚, 所が, 承塵, 日である, 時期から, 梶原源左衞門の, 河口まで, 湯町の, 田畝が, 発足と, 白いポーチ, 真上に, 義, 背後に, 背後を, 萩尾花葛女郎花藤袴, 街路だ, 角の, 角家です, 身近に, 身體な, 返事は, 長火鉢の, 門へ, 間には, 階子段を, 頃私は

▼ すぐ~ (101, 0.3%)

4 の頭 3 の家, の言葉 2 のため, の傍, の前, の目, の眼

1 [81件] がその, がそんな, がわかりました, が二階, が取つ, が思いつきませんでした, と一, にこんな, には思ひ出された, に出来るです, に向かっ, に寝床, に昨夜, に譲った, のあと, のいつも, のいる, のうしろ, のこと, のそば, のところ, のゐる, のベッド, の入る, の後ろ, の所, の旅館, の本心, の注意, の背後, の言, の足もと, の足許, の部屋, の顔色, の馬車, の黒眼鏡, はお, はからだ, はこの, はこれ, はそういう, はそこ, はその, はそんな, はめす, は上京, は不安そう, は出掛け, は助け, は土人ら, は小便, は常, は幽霊, は後悔, は承知, は散歩, は机, は柔, は横手村, は武蔵, は洋食屋, は浦上天主堂, は秋川邸, は草履, は詩, は迎, も天国, も家, も診察, より先, をうながし, をつれ, を促し, を導い, を打っ, を襲った, を見つけ, を迎, を迎え, を遮ります

▼ すぐ帰っ~ (93, 0.3%)

13 て来る 11 てくる 9 て来 7 て来ます 6 てしまった 4 て行った 2 ていった, てき, てきた, てこい, てしまう, て来ない, て行かれた, て貰おう

1 [27件] たっていい, ちゃ不可, ていただきたい, ていらっしゃい, てきます, てくるだろう, てくれ, てしまいました, てしもうた, てねる, てもらった, ても暑い, てらっしゃい, て下さい, て仕舞った, て仲間, て参ります, て吸入, て手配, て来い, て来ちまった, て来べき, て来られる, て蒲団, て行きます, て裸体, て貰う

▼ すぐ~ (91, 0.3%)

4 の部屋 3 にいる, の室 2 にある, にいた, にも同じ, のベンチ, の三等客車, の席, の教室

1 [67件] から大経師以春, がよく, が待合さん, が後藤貞行先生, すなわちピヤノ, であったから, で二人, で何, で手伝い人たち, にあり, にこんな, にすわる, にはけばけば, にはオタツ, には少, には狂人, にもう, にパン屋, に並ん, に仁王, に今, に住む, に住ん, に取っ, に坐っ, に多, に寝, に寢, に居る, に当世風, に接し, に眠った, に立っ, に立葵, に聳える, に腰, に薄い, に豌豆, に首, に魚河岸, のある, のうす暗い, のもう, のハッピ, のベッド, のベータ, のロンサン堡塁, の三等車, の事務所, の二軒, の地点, の女優養成所, の官邸, の家, の屋敷地面, の屋根, の山吹町通り, の桝, の椅子, の玄関脇, の者, の英世博士, の間, は相当, へ往来, へ徃來, へ行った

▼ すぐ~ (90, 0.3%)

2 いらっしゃい, 一人立ちました, 三年後の, 何かが, 元の, 石本を, 自分の, 表へ

1 [74件] あとから, いそがしく鉛筆, お隣り, くさりだ, しょむない, しらを, すべては, そういっそ此事, つづきの, なんでも, にた, ぱあと, キャッキャッと, ドイツへでも, 不良く, 乳首を, 他の, 何処かへ, 冬が, 出て, 前は, 口を, 右に, 向うへ, 喧嘩が, 四丈許り, 夜の, 大急ぎで, 大阪へ, 始めちまった, 帳面を, 床に, 座へ, 引返して, 引返す, 待ちの, 戻って, 所用で, 手帳の, 明智が, 暗くなる, 書きます, 東京, 松平誰かの, 横眼で, 正面を, 歩き出した, 沖から, 深い眠り, 無くなつて, 爐邊に, 独りぼっち置い, 現れた, 真面目くさつた貌, 社長の, 稚児の, 空に, 立って, 立つて, 糸の, 聞え始めた, 表情を, 語を, 読み直すという, 調子を, 走って, 足を, 長崎へ, 障子の, 電文の, 頭を, 顏を, 飛び出す体裁, 食堂へ

▼ すぐわかる~ (85, 0.2%)

85 ことだ 4 はずだ 3 ことで, ことです, わ 2 ことじゃ, ことである, のだ, のである, のです, はずじゃ, ように, んだ

1 [43件] から, からねつまり, から正一君, が現在, けれど土, ことだろう, ことであっ, ことであります, ことな, ことは, ことばかり, この一種, これは, さ, じゃこの, じゃない, ぞ, ぞとおどかしただ, とおりわが, ところに, と思った, と言う, に違, に違い, のであったら, のでいっそう, のよ, はずです, もので, ようで, わけに, わよろしい, んです, 事だけ, 人であった, 塔の, 大木刀を, 批評文を, 目じる, 程度の, 色白の, 話です, 飛脚や

▼ すぐ向う~ (81, 0.2%)

3 の家 2 にある, の丘, の川端さ, を飛ん

1 [70件] からのよう, から二人, から声, から局面, がそう, が台所, が高台, ではい, で豚, に, になっ, には例, には内乱, には工業都市, には朝, には社用, にも一艘, に一宇, に一本, に住む, に十七, に古い, に岩壁, に愛宕山, に木瓜, に松尾山, に消えた, に烏帽子, に煙, に現れた, に紺屋, に縁先, に聞え, に見え, に見て取られた, に警察署, の井戸端, の六畳, の反物屋, の奥, の山下町, の岸, の左手, の席, の方, の梅ヶ辻, の樺の木, の物音, の畑, の石畳, の組, の腰掛, の茄子畠, の草原, の警察署, の長く, の黒い, は焼け跡, は通用門, は饒津公園, へかけ返した, へ寝返り, へ走, まで寄っ, をむい, を向い, 前の, 柳原の, 裏です, 際まで

▼ すぐ~ (81, 0.2%)

6 を出し 4 の届く 3 のとどく, をあげ 2 にもった, を伸ばし, を出した, を廻し, を洗っ

1 [55件] がとどいた, がふるえ, が廻っ, だの足, ぢかの, っぴどく小言, で拒絶, で掬, にはいらず, にはいりました, にはいる, にはひりました, にふれた, に入る, に入れ得る, に取っ, に取らるる, に取る, に答える, に触れた, の出したい, の届き, の短刀, まへに, もちの, も足, わけし, をお, をくだす, をつかえ, をつけ, をつける, をつっこんだ, をとる, をのばし, をのばしたら, をひっこめた, をふっ, をふりほどこう, をやっ, をやれる, を下, を休め, を出したがる, を出せ, を夫, を廻しましょう, を廻せ, を挙げました, を放した, を洗った, を離し, 討ちに, 近いところ, 近い所

▼ すぐその後~ (79, 0.2%)

4 で彼女 2 から, で, です, で彼, に随, を追って

1 [63件] からいっ, からさっき, からついて行く, からもつ, からギー, からドイツ軍, から下っ, から出羽守, から別, から嘲笑, から妖精, から後陣, から持ち出した, から来た, から歸, から生ずる, から続いた, から自分, から見せ, から追い着く, から追っかけ, から陰険, から飛び込む, から馬鹿らしい, から駸々乎, じゃったよ, でいい, でお, でおおげさ, でこう, でさだ子, ですぐ, でそんな, では彼, では気, で二人共, で京子さん, で友人ら, で女王, で子, で幕僚たち, で手, で笑い声, で花嫁, で蜀, につづいた, につづけ, に之, に引きつづい, に手, に続い, に続いた, に続きました, に跟, の皇妃, は体, は眠気, へついて行った, へ入る, へ女, へ島村, へ濡れ手拭, を自分

▼ すぐ~ (71, 0.2%)

3 にある 2 がもう, のつい, のところ, の山

1 [60件] からとびだし, があい, がやや, が塗料工場, が寄席, が小さい, で, で手, と南門, なもん, にどっさり, になっ, にはレスラア某氏, には極, にびっくり, にインチキホテル, に之, に住ん, に公園, に本能寺, に田, に立つ, に繋い, の, のわずか, の井戸, の冬田一面, の地続き, の墓地, の小山, の庵寺, の教会, の教會, の方, の板新道, の森, の樅, の河岸, の泉谷山, の浜辺, の浪人者, の畑, の竹藪, の通り, の野菜畑, の階段, の鶴ヶ岡, はとど, は海峡, は海峽, へまわり, へまわり裏口, へ廻っ, へ頭, まで忍び寄っ, まで押し迫っ, を今年, を川, を返し, 隣りとかに

▼ すぐ~ (70, 0.2%)

20 てくれ 7 てくれる 5 てください, て下さい 3 て, ておくれ, てくださる 2 ておく

1 [22件] てあげる, ていい, ていただいた, ていただきたい, ていただけます, てくれい, てくれた, てくれまい, てくれろ, てほしい, てみ, てもいい, てもらいたい, てもらう, てもらえ, てもらつ, て下さる, て下すつた, て礼, て読ん, て貰いたい, て雅楽頭

▼ すぐ返事~ (69, 0.2%)

4 が来た 3 が出来なかった, をした, をしなかった, を書い, を書いた 2 がき, ができなかった, ができる, が出来ない, しなかった, しようと, をしなかつた, をしろ, を出し, を書く

1 [30件] があっ, がした, ができなけれ, が参りました, が聞える, して, しないで, しなくても, しやう, せんならんこと, の出来る, はしない, もできず, をかく, をかこう, をくれた, をし, をしかねた, をしず, をしたためだした, をしない, をしよう, をする, をもっ, をやりましょう, を伝えさせた, を奪っ, を彼, を書こう, を認め

▼ すぐここ~ (68, 0.2%)

4 へ呼ん 3 へ帰っ 2 へ呼べ, へ来た, へ通し

1 [55件] から出, から取って返し, から室, から引越し, から江戸, から身装, から逃げましょう, でおしまい, でこんな, で兄弟喧嘩, で審判, で暇, で読ん, で黄巾賊, にいた, にさきごろ, にだせ, には見えない, に切死, に呼ん, に引っ越し, に来た, に来る, の根元, の陣中, へ, へつれ, へやってきた, へやって来, へやって来ない, へ召された, へ回し, へ戻っ, へ持っ, へ来, へ来い, へ来させ, へ来る, へ柵, へ通せ, へ駈けつけ, まで知らし, も炭坑, より父孝高, をお発ち, をお立ち出, をにげましょう, を出, を出発, を去れ, を引上げ, を立ち, を立つだろう, を脱, を逃げ

▼ すぐにでも~ (67, 0.2%)

2 事を, 叔母さんの

1 [63件] あえるの, お前たちを, お引き, くりかえし其の, この馬車, たたき返さなければ, できること, できる者, どうにでも, やるが, 三吉の, 仕事を, 会えないこと, 会えるに, 伴れ, 何とかしたい, 侍女たちを, 働きたいの, 冒険旅行に, 出て, 出来そう, 出来ること, 出来るん, 出発しよう, 切ろうとでも, 刻つ, 刻つてあげ, 参ろうが, 取りかからなければ, 呉へ, 呼べるん, 大雑誌, 届け出れば, 彼の, 従軍したい, 御一緒, 戻って, 手を, 打ち立てる面々, 文子に, 東京に, 東京へ, 梨枝子を, 死にますわ, 殺せるん, 牢に, 矢代家から, 結婚し, 結婚しましょう, 結構できる, 自分で, 菜園に, 言われる重要, 貰って, 起したい心持, 蹶飛ばしそう, 転機を, 追ん, 退院させれ, 間に, 集金は, 駆けつけますから, 鯛に

▼ すぐ分る~ (66, 0.2%)

4 のです, やうに 3 のだ 2 からね, ことである, はずだ, よ, ような, んだ, 事だ

1 [41件] から大した, が旅, が面白味, くらいの差異, けれども代議士, ことじゃ, ことだ, ことだった, ことであった, ことであります, ことであろう, ことな, ことを, さ, じゃありません, そうだ, だけ大人, という方法, とおりである, と云う, の, のである, のは, はず, はずだった, はずでございます, はずです, はずも, やうな, ように, よし, 事じゃ, 所などへ, 筈だった, 筈です, 者です, 訳だ, 通り, 通りハーキュリーズは, 通り悪い, 通り禅家の

▼ すぐ~ (66, 0.2%)

7 へ出 4 に出 3 のところ, へ出た 2 の頁, まで来

1 [45件] が中, であった, で吹く, で鳴い, と思われる, にある, にする, には好い加減, には鹿, にバカ, に三段, に出た, に圍つて, に在っ, に宙乗り, に感じ, に李, に枯草, に糸瓜, に編笠茶屋, に聞いた, に跪い, に飛び出す, に高い, のこと, のプラタナス, の人, の密林, の庭, の廊下, の扉, の狭苦しい, の話題, は中庭, は崖, は横町, は線路, へお, へ出よう, へ回っ, へ行っ, へ飛びだした, へ駈けだし, まで身, を何

▼ すぐ後ろ~ (65, 0.2%)

1 [65件] からきた, からグリゴリイ, からロープ, から来ます, から秋山, から聞こえた, から駈け上がっ, で, でいや, でのこと, で人, で御, で窪地, で若い, に, にある, にい, にいた, にくっつけ, にこの, について来た, について来てる, にぴったり, に一人, に三人, に受話器, に従え, に無関係, に生き生き, に立った, に聞こえ, に腰掛けました, に草の根, に行き, に見える, に迫ってる, のわが家, の丘, の中央, の傍, の土堤, の小屋, の席, の幕, の廂, の方, の樹蔭, の物蔭, の番, の長椅子, は海, は高台, へひたと, へまで近, へ尼, へ廻り, へ戻っ, へ続い, へ肱, へ誰, へ迫っ, まで迫っ, まで迫った, を丈, を振向く

▼ すぐ~ (63, 0.2%)

36 の上 2 に浮ぶ, のうえ

1 [23件] から去っ, が痛う, が軽く, が重く, にえがいた, にきた, にのぼっ, にひらめいた, に来た, に浮べた, に浮んだ, のなか, の力, の屋根, へくる, へとひどく, へ手, を丸刈り, を包ん, を向けかえた, を射, を掻き掻き, を突きぬく

▼ すぐ戻っ~ (57, 0.2%)

16 て来 10 て来る 6 て来た 4 てくる 3 てき, てきた, てきます, て来い 2 て参ります, て行く 1 てきました, てくるだろう, て予定どおり, て来ます, て行った

▼ すぐこれ~ (56, 0.2%)

532 だから, は危, へ見えられましょう, を秀吉

1 [40件] が伝播, が尊氏方, が田口, だけのこと, だと, です, はかるはずみ, はきっと, はと直感的, はどんな, は不完全, は単純, は城隍祠, へお, へつめかける, へつれ, へといえ, へと言伝, へ伴え, へ伺いました, へ参る, へ召, へ呼びます, へ呼べ, へ来, へ来る, へ迎え, へ運び上げさせ, より立ちます, を十八万騎, を各, を後方, を持たせ, を本丸, を漁獲, を知った, を肌, を警察, を買いたい, を高氏

▼ すぐ~ (55, 0.2%)

4 へ帰っ 3 の中, へ帰った 2 の前, へかえった, へ取り, へ帰り, へ帰る

1 [35件] が立ち並ぶ, が見つかっ, でしたし, に入ろう, に帰, に帰す, に帰り, に帰りました, に帰ろう, の側, の外, の欄, の母, の者, の金, の門, は引, へいっ, へかえっ, へかえり, へかえりました, へかえる, へこい云う, へとってかえした, へ入れる, へ向っ, へ帰ろう, へ戻されました, へ戻らず, へ来た, へ来る, へ連れ, を出かけ, を移っ, を飛び出し

▼ すぐ行く~ (53, 0.2%)

65 から 3 ぞよ, わ, んだ 2 ことに, といった伊作, ように

1 [27件] かと思う, かと思つて, からあんまり, からお前, からそこで, からと伊作, からと言っ, からな, からね, が向, ことを, さきに, ぞ, ぞえ, ぞよしっかり, というわけ, という返事, といったじゃァない, と彼, と打電, と新橋, と虎, の, わよおばさま, わ少し, 冬村君とも, 気に

▼ すぐ近所~ (53, 0.2%)

3 なので 2 にある

1 [48件] が今暁, だから, だつたかしら, であった, である, です, ですがね, でつねに, で仕出屋, で迷児, なの, にあるかれ, にいた, にいる, にはずっと, にコレラ, に住ん, に住んでる, に小さな, に岩崎, に拡がりました, に甲州屋, に祈祷, に見つけた, に鰻屋, の, のデュブール街, の小, の小ぢんまり, の屋根越し, の山女衒, の市立公園, の怪しげ, の新聞社, の根津, の町, の町角, の白井氏, の砲台, の神社, の肴屋, の自分, の路地, の農夫仲間ロフベルグ, の防空壕, の須藤さん, の鰻屋, まで焼け跡

▼ すぐ~ (52, 0.2%)

6 の瞬間 3 の部屋 2 の日, の暗い

1 [39件] がお, の一ノ谷, の一枚, の一行, の問, の問題, の嘘, の報道, の壁, の外題, の妹, の姉, の室, の将来, の年号, の廊口, の弟, の弾, の息, の戦い, の敵, の晩, の月, の札, の汽車, の沼, の波, の狩, の章, の茶の間, の裸馬, の語, の賄部屋, の通り, の駕, の高時, へ代る, へ移っ, 郎を

▼ すぐ~ (52, 0.2%)

2 の上, の前, をあげ, をそむけ, を赤く

1 [42件] いろを, があらわれ, のそば, のちかく, の下, の傍, の写真, の処, の生え, の近く, へ出, をその, をそむけました, をひきほぐし, をひっこめた, をふせ, をむこう, をもどし, を上げ, を上げた, を出さない, を出した, を反, を向, を和げ, を外, を引き下し, を引っ込めます, を振った, を曇らし, を染め, を歪めた, を洗い, を洗う, を洗っ, を見せた, を見られる, を解した, を赤らめた, を赧らめ, を輝かし, 出すよう

▼ すぐ消え~ (51, 0.1%)

10 てしまった 4 てしまいました, てしまう, て行く 2 ていつた, てかわり, てしまっ, てなく

1 [21件] がてにまたたく, て, てあと, ている, てしまい, てしまうべき, てしまひました, てしまッ, てなくなっ, てなくなり, てふたたび, て仕舞, て何, て室内, て彼, て白々しい, て行った, て見えなくなる, て黒く, はした, やがて身体

▼ すぐ隣り~ (51, 0.1%)

6 のテエブル 3 にいた, の席 2 に新しい, のが

1 [35件] から口を, にある, にはよく, には中年, には仲間, には映画, にも作家, に住みつい, に坐っ, に居る, に居るらしい, に馬田, のうち, のおとなしい, の土井邸, の大きい, の大きな, の宝塚少女歌劇学校, の室, の家, の布団, の撞球室, の新宅, の桟敷, の男, の病室六号, の県庁, の草, の荷馬車, の部屋, の雪, の首, は叔父, 国の, 村でございまし

▼ すぐ帰る~ (50, 0.1%)

3 つもりだった 2 から待っ, と云っ, よ, ように

1 [39件] かね, からいらん, からお, からって少し, からつて, からね, からッ, から留守, ことも, しい, だけだ, つもりで, つもりである, といいだした, という返電, とおっしゃった, としよう, とは云い出せず, とは言, と云う, と書面, と言っ, と言った, にきまっ, ので, のであった, のでしょう, ものと, やうに, わ, んだ, 人間みたいじゃ, 挨拶を, 故, 気かも, 法は, 筈です, 筈な, 馬鹿な

▼ すぐ行っ~ (50, 0.1%)

2 ておくれ, てくれ, てみよう, て来い, て見よう

1 [40件] てあげ, てあげる, ておい, てお宮, てきなさい, てください, てくれまい, てくれる, てくれれ, てこられ, てごらん, てしずまれ, てすぐ, てとびこむ, てまいりましょう, てみました, てみましょう, てみます, てみる, てもらいたい, ても差支, てやろう, て先生, て千鳥ガ淵, て家財秘密書類, て彼, て御上, て放し, て来た, て来なさい, て来ましょう, て来る, て欲しい, て渡場, て見, て見ましょう, て見る, て解散, て訊い, て謝罪

▼ すぐ背後~ (47, 0.1%)

2 に低い

1 [45件] からそう, からつい, からまた, から来た, でしゃがれた, で聞えた, で誰, で階段, にある, にくっつい, には桜台, にひっそり, にまで近, にまで近づき, にもせまっ, にゐた, にファッショ, に冬, に居る, に山, に息, に気忙しい, に添う, に湧き, に矢岳, に立っ, に立つ, に聞えた, に見え, に鏡葉, に鱶, のあたり, のところ, のほう, の仕切り, の危険, の土間, の安心, の山, の方, へ廻り, まで来, まで追い付い, も人, を背

▼ すぐわき~ (45, 0.1%)

4 に立っ 2 のところ

1 [39件] から部屋, が雑司ケ谷墓地, です, でまじめ, で庭, で本, に, にあった, にある, にいた, にお, にしゃがんだ, にもと, にコップ, にジャンダーク, にソレ, にバス, に下, に六月ごろ, に宿, に手頃, に時間表, に来, に白い, に足, のフトン, の岩くず, の戦士, の果物屋, の椅子, の歩道, の窪み, の築山, の部屋, へ出られ, へ出る, を二つ, を流れ, を駈け

▼ すぐ~ (45, 0.1%)

4 のつく 3 が付いた, のついた 2 がつき, がつきました, をとりなおし, を取り直し, を変え

1 [25件] がつかなけれ, がまわる, がゆるん, が付い, が変る, が附き, にかかりました, にかかる, になった, に懸る, のつき, の付く, の変, の抜けた歩き, も挫け, をとられた, をとりかえした, をとり直した, を取り戻した, を取直し, を失う, を失っ, を廻す, を落さない, 附くこと

▼ すぐあの~ (44, 0.1%)

2 人の

1 [42件] あとから, お坊さん, それそれが, ときパタパタ, なつかしい研究室, ばば殿へ, ひげ, 一節を, 二百尺も, 人に, 信号の, 地獄の, 大雨が, 大雨がど, 娘に, 娘を, 子の, 宿から, 山まで, 幅の, 後首を, 忘却の, 恐ろしいゴーゴン達, 戸を, 手紙を, 方が, 方の, 晩夜逃げし, 木を, 柳の, 水色の, 浜で, 畸形児を, 目の, 編隊を, 葛籠を, 薄月, 蛇の, 辺の, 近所の, 通りだ, 通り財布財布と

▼ すぐもう~ (44, 0.1%)

4 一人の 3 そこに 2 そこには, 一つの

1 [33件] あなたの, あんたは, お目, お腹が, ぐらつくの, こっちを, そこで, その気, やって, 一ぺん引き返し, 一人が, 一方の, 上海へ, 冗談まじり, 千恵だ, 半ば眠った, 垣の, 夜の, 夢中に, 寒さ, 小説を, 川の, 広い原, 折れて, 熊に, 燗が, 片づけて, 自分で, 行って, 見張りの, 隣と, 雪が, 麦畑の

▼ すぐ~ (42, 0.1%)

2 友達の, 家老に

1 [38件] 一緒に, 一見あっ, 伴を, 全快です, 出馬あら, 分りに, 同伴申す, 同道いたそう, 婚礼の, 帰りに, 帰途に, 常の, 当家の, 承知くだす, 放免と, 放免に, 文を, 本屋へ, 本陣へ, 案内にと, 案内申そう, 機嫌と, 気性が, 決心あそばしまし, 法事で, 病間へ, 着へ, 知らせする, 神火を, 自宅から, 草庵へ, 覽に, 車寄まで, 近所の, 返書を, 隠家, 隠家様, 馬前へ

▼ すぐ立っ~ (41, 0.1%)

32 て行っ, て行った

1 [34件] ていった, てお, てしまいましょう, てしまう, てその, てたずねた, てまた, てモト, て中庭, て兄, て出かけたい, て各, て四人, て外, て奥, て孟達, て寝室, て山神堂, て床の間, て廊下, て彼女, て数歩, て机, て歩け, て縁側, て背広, て舞われ, て茶の間, て蒲団, て行き, て行く, て見せた, て部屋, て食事

▼ すぐそう~ (40, 0.1%)

3 思った, 言って

1 [34件] いった, がむしゃらになってしまうのがいけないっていうんです, して, しますけれど, じゃない, するには, だ, と察し, なって, なるから, なるの, ばかりとる, ひがむの, 云って, 分るの, 叫びました, 告げた, 察したの, 心に, 思いましたよ, 思う, 思うだけでも, 思うと, 思ったが, 思ったよ, 思って, 感じられる位イヤ, 感ずるもの, 感づきました, 申して, 考えて, 言ったん, 言わないん, 賢三郎に

▼ すぐ二階~ (40, 0.1%)

5 へ上っ 4 の自分 2 へあがった, へ上がる

1 [27件] から細い, にあがった, にかけあがった, にかけた, にも上っ, に上がっ, に上つて林田, に呼ばれた, に行った, に通つて, の一室, の刑事部屋, の寝室, の様子, の火, へあがっ, へあがれる, へあがろう, へ上った, へ來, へ戻, へ行こう, へ行っ, へ連れあがっ, までお越し, をおり, を下り

▼ すぐ~ (40, 0.1%)

3 を出した 2 になっ, を閉じ, を閉じた, を開いた

1 [29件] が開き, じりに, で編集, どめし, にする, には出, にもっ, に上せた, に出させた, に出し, に噴きこぼれない, に表す, のよう, へ入れ, へ出し, をきっ, をそろへ, をつぐみました, をつぐんだ, をとがらしまし, をひらく, を出す, を切る, を利い, を塞いだ, を尖らせた, を添えました, を緘むの, を開かなかった

▼ すぐ来る~ (38, 0.1%)

7 ように 4 ようにと 2 がら, ということ, どうだ

1 [21件] かも判らない, から, からといっ, からね, から待っ, ことが, ことを, って, つて, つて云つてた, といいました, という返事, と云っ, のみならず, ものを, やうな, やうにと, よ, わ, わね, 相です

▼ すぐ東京~ (37, 0.1%)

3 に出 2 へ出, へ帰っ, へ帰ろう, へ行っ

1 [26件] でも屈指, にという気持, に帰らなくっ, に帰る, に引上げ, に行く, に行っ, の実家, の方, の方さ, の様子, の腹心, へ, へかえって, へやる, へ帰った, へ帰っちまわ, へ帰りたかった, へ帰る, へ怒られ, へ戻, へ移せない, へ立ちたい, へ遊び, へ飛び出し, まで寝台

▼ すぐ二人~ (36, 0.1%)

1 [36件] が武蔵, が聞いた, でこの, でどこ, で家, で此居酒屋, で見, ともお, とも目, とも私, になった, のいる, のうしろ, の前, の女, の姿, の後, の後ろ, の後方, の男, の番人, の目, の若党, は出発, は別れ, は寄り, を呼べ, を客間, を平身低頭, を庭, を案内, を楽屋, を殺し, を殺す, を自動車, を食卓

▼ すぐ~ (36, 0.1%)

2 のところ, の足もと, の顔

1 [30件] が出直し, ぐらいになる, にすがりつい, には思ひつきません, にもドラマー, にも映, に分ります, のホテル, の側, の前, の名, の家, の方, の目, の眼, の短い, の縛しめ, の耳, の職業的良心, の蒲團, の蹠, の釣り, はボーイ, は上海, は例, は暗い, は甲板, は紳士録, を叱る, を連れ

▼ すぐ近い~ (36, 0.1%)

5 ところに 3 ところで 2 から, のである, 坂の

1 [22件] から人手, が石川淳, ところである, ところな, ところの, のにそんな, もみぢの, エンマ堂で, 函南の, 別荘の, 地所へ, 奈良の, 所に, 所まで, 日に, 木の, 村へ, 海ぞいの, 矢口の, 範囲に, 美作の, 自分の

▼ すぐこう~ (35, 0.1%)

4 云って 2 言った

1 [29件] いった, お通り, たずねました, だ, つぶやいた, なるから, なるの, 云いながら, 云うと, 云った, 切り出して, 判断する, 口を, 命令した, 奏上した, 復興する, 思いかえした, 思うに, 思った, 気を, 答えた, 答えたの, 聞いた, 言って, 訊いた, 訊ねた, 訊ねて, 詠んだ, 詠んだので

▼ すぐ~ (35, 0.1%)

3 道が

1 [32件] そうだ, の, のだ, のでそこで, のでたとい, のも, のよ, んだ, んです, 人間ぢや, 善良さ顔の, 字を, 影の, 心を, 恰好と, 旗立て, 枝を, 歩き方で, 突張った, 竹が, 線が, 線な, 舗道, 茎の, 街でした, 赤松が, 逢へるよろこび, 運河も, 道で, 道を, 郊外の, 雨に

▼ すぐ右手~ (35, 0.1%)

3 にある

1 [32件] で益満, にあっ, にお, にそれ, にはおそらく, にテント, に一寸, に住みすてられた, に取りつけられ, に奥, に小, に横山町, に海, に箱根八里, に茶箪笥, に近づいた, に頭, の, のところ, のセーヌ河, の丘, の例, の壁, の広い, の方, の構内, の狭い, の玄関, の納屋, の茶箪笥, の部屋, はシュトラールエックホルン

▼ すぐ彼女~ (34, 0.1%)

2 の不, の口, の家, の心持

1 [26件] から冷, が何, が来た, と自分, のいう, のこと, のまわり, の味方, の問題, の室, の後, の迷惑, の部屋, の頭, の顏, はその, は床几, は暗いかなし, は歩き出した, は起き上る, も同じ, をあま, を宥める, を支配, を東京, を死

▼ すぐ~ (31, 0.1%)

7 から 42

1 [18件] からね, から一寸, から遠山巡査, がその, けれども自動車, けれども阪急, すぐやっ, それ, というその, とおっしゃいました, とさ, ねそりゃ, よ二本目, よ心配, ヨ, 俺達に, 秋風が, 速刻

▼ すぐ判る~ (30, 0.1%)

6 ことだ 2 があの, がいま, ことじゃ, ことで, じゃありません, ように

1 [12件] お俊, ことは, さ, という, のだ, ものか, ものも, よ, ような, わおじいちゃん, わけだ, 道理じゃ

▼ すぐ~ (30, 0.1%)

2 にはいった, の上, へ入る

1 [24件] から起き, にお, についた, につく, につける, に入, に入り, に入る, に就い, に横, に落ち, の中, へはいった, へ入っ, へ入った, へ泣きくずれ, へ這入っ, をしい, をしき, をとる, をぬけ出, を延べ, を敷い, を敷かせ

▼ すぐ~ (29, 0.1%)

4 のよう 2 の方

1 [23件] に戻った, に流し, のしじま, のすがた, のまじめ, の不安, の問題, の場処, の姿勢, の室, の寝息, の広間, の態度, の暗闇, の河原, の温和, の無力, の軽い, の通り, の静寂, の顔, へ帰っ, 柳町一帯の

▼ すぐ~ (29, 0.1%)

4 へ行っ 3 へ入った

1 [22件] から出, に入っ, に彼, の広い, の座敷, の押入れ, の細工場, の隣家, へ, へこんがら, へとおせ, へはいっ, へは通らず, へもどっ, へ廊下, へ引つこんだ, へ来, へ来る, へ立っ, へ通され, へ通される, へ通っ

▼ すぐ忘れ~ (29, 0.1%)

5 てしまう, てしまった 4 てしまふ 2 てしまいました, てしまっ

1 [11件] て, ている, てしまえた, てしまえるだろう, てしまつ, てしまつて, てしまひ得る, て了, て晴れ, て男, 了つた

▼ すぐ~ (29, 0.1%)

6 の下 5 のところ, の外 2 をあけた

1 [11件] からそ, から春子, から真っ逆さま, のある, のそば, の内部, の前, の左手, をあけ, を閉めました, を開け

▼ すぐ~ (28, 0.1%)

4 へ出た 2 へ出, へ行き

1 [20件] からも土足, ての四条通, でぱったり, で聞こえ, に出, に飛び出し, のそば, の入口, の坂, の川, の方, の書院, の部屋, へとびだせます, へ出ました, へ駈け出す, を思い出し, 庭に, 庭の, 書院の

▼ すぐ飛ん~ (28, 0.1%)

7 で来 3 で行った 2 でき, でしまっ, で來, で来た 1 でいっ, でいった, できた, でまいります, で出, で出なかった, で帰ろう, で行く, で行こう, で行っ

▼ すぐ~ (28, 0.1%)

4 をとばし

1 [24件] から飛ん, が見え, でとん, で城下, にとび乗っ, によって平地, に乗っ, に乗った, に跳び乗っ, に鞭, のかしら, のしり, の傍, の口, の用意, をすすめた, をめぐらした, を乗り放し, を呼んだ, を回し, を引っ返し, を立て並べろ, を雇っ, を駆っ

▼ すぐ~ (27, 0.1%)

2 いけません

1 [25件] あがれなかつた, いつて, いるよう, いれるよう, づれるからだ, なれた, はあよく, 何とも云え, 出なかった, 出来ないよ, 切らないで, 利かぬが, 受けとらなかったが, 困る, 売られへん, 寝つかれなかった, 思い出せなかった, 来ないかも, 結婚が, 行けま, 見えません, 言わないで, 買へ, 返答しかねる, 食慾が

▼ すぐ~ (27, 0.1%)

2 に立っ, の加古川

1 [23件] が行き詰り, きの活動に, なの, にある, にいった, に出さう, に立った, に笠置, のだらだら, の一叢, の丘, の浅草阿部川町, の見通し, の道, は厳重, は嚴重, へ出た, へ出発, へ急いだ, へ急ぎ, へ行った, を流れ, を駈けい

▼ すぐ持っ~ (27, 0.1%)

4 てまいります, て来, て来る 2 てい, ていく, て参ります 1 ていた, てこい, て帰る, て来ます, て来られない, て行かう, て行かし, て行き, て行こう

▼ すぐ来い~ (27, 0.1%)

2 って, という, といっ, と申せ, と言っ

1 [17件] っていうん, って船長, って速達, という電話, といえ, といふ知らせ, といふ電話, とし, と云う, と吩咐けた, と呼ん, と言う, と言つて, と返電, の電話, よ, ッ大変だ

▼ すぐ電話~ (27, 0.1%)

5 をかけ 3 をかける 2 で知らせ, へ出

1 [15件] かけて, が懸, したの, して, すべきが, で打ち合わし, で模様, で知らせる, に出, をかけたい, をかけたら, をかけなさい, をかけろ, を切った, を思いついた

▼ すぐ~ (26, 0.1%)

2 にやつ

1 [24件] が出, だちが, と争い猜疑心, なき所, にあやしまれ, に取り巻かれた, に同情, に騙される, のいう, の失策, の心, の目, の眼, の股, の鼻, は思う, も頷く, をやっ, をブッタ, を上, を信用, を派し, を甘く, を選ん

▼ すぐ~ (26, 0.1%)

2 から入っ, である, というもの, の方, へ切れ

1 [16件] が靴, にある, にひらけた, に入っ, に折れ, に曲, のこれ, の壁, の手, の赤い, へとっ, へ切れた, へ刎, へ折れ, 隣りに, 隣りの

▼ すぐ~ (26, 0.1%)

2 引き上げられねば

1 [24件] あくこと, えらい者, この技術水準, さがしに, その手段, それだけの, そんな事, つきる, には精密, にもわし, ねられるよう, は信用, は賛成, わかるよ, 同じに, 喜ぶ理由, 実は社会科学, 更に一九三〇年, 気づく処, 片づく筈, 猛然と出発, 第一, 結びついて, 結び付くこと

▼ すぐ~ (26, 0.1%)

1 [26件] がつく, が消え, が消えた, が燃えついた, が自分, と火, になる, に焼け, に燃やし, のそば, のやう, も点けず, をおこしかけた, をかけろ, をつけ, をつけた, を入れ, を持っ, を放け, を放たれ, を放ち, を消し, を点じた, を焚きつけ, を焚きつける, を闘争

▼ すぐ~ (26, 0.1%)

18 の先 4 のさき 2 っ先 1 っさき, の前

▼ すぐ~ (25, 0.1%)

1 [25件] かいう, かいすくめられた, かかに, かにつけ, かにはっと, かはっと, かぴんと, かもつと, かわけ, か云, か云い, か云うでしょう, か思いあたった, か持っ, か書き足りない, か決心, か答えたかった, か答えよう, か蜀, か造えさ, がおかしい, でもない, のこと, もする, を思い出し

▼ すぐ出発~ (25, 0.1%)

4 して 3 した 2 すること, だ

1 [14件] します, しますから, しよう, しようと, し夕方, する, するか, すると, するという, だそう, できるか, の号令, は出来なかった, を令

▼ すぐ~ (25, 0.1%)

4 ふの 2 ひの, ひ側, ふに

1 [15件] にいる, に橋, の田, の縁側, は他所, は饒津公園, ひに, ふが, ふだと, ふには, ふを, ふ側, ふ岸, ッ腹を, 柳原の

▼ すぐ承知~ (25, 0.1%)

6 して 3 した, しました

1 [13件] されました, し, したが, したの, したのに, しちゃ, しないという, しないとも, しなかった, しろと, するかね, の返事, をし

▼ すぐどこ~ (24, 0.1%)

2 かへ行っ, かへ飛ん

1 [20件] かその, かで一杯, かで新しい, かで見た, かに下僕, かに出かけ, かに職, かに走っ, かへ勤めさせる, かへ流され, かへ消え, かへ走り去った, かへ駈け, か遠い, が悪い, の誰, へかかる, へか行つて, へ行く, やらへ駆けた

▼ すぐ~ (24, 0.1%)

2 すぐに

1 [22件] からでもそれ, からわたし, すぐしっかりしない, すぐしつかりしないと, すぐ御, すぐ開けます, の, のフランス, の今, の次, の自分, の騒ぎ, は震災, ほして, までの話, までわし, まで左側, 切藤五は, 来た道, 松が, 聞きたいという, 誰かが

▼ すぐ~ (24, 0.1%)

3 から左 2 に曲る, の手, 隣りに

1 [15件] がその, だ, ですよ, にある, に四本, に折れ, に曲っ, に直す, の尾根, へ切れ, へ切れた, へ折れ, へ抜けよう, へ曲っ, へ曲った

▼ すぐ~ (24, 0.1%)

52 へ出る, へ帰る, を立った

1 [13件] についた, のなか, へかけつけ, へ引返し, へ引返す, をあらため, をすべった, を下, を去った, を立ちかけ, を立ち上がっ, を立っ, を起った

▼ すぐ目の下~ (24, 0.1%)

1 [24件] からぎっしり, で白く, にあたり, にあった, にこの, にその, には城下, にウヂヂ, にエイヴォン, に大きな, に寝, に河口湖, に湖畔亭, に見え, に見える, に青々, のすさまじい, の入江, の大きな, の山間, の庭, の麦畑, へ展開, を鹿股川

▼ すぐ賛成~ (24, 0.1%)

6 した, して 2 したが, しました 1 されたの, されました, したね, したの, しなかった, しや, するかと, 出来ないと

▼ すぐ部屋~ (24, 0.1%)

2 のなか

1 [22件] から出, から現れた, から軽く, から追い出し, にごろつい, にひきこもっ, に入る, に兵児帯, に引, に見えなくなった, に飛び込ん, のなげし, の中, の空気, へもどった, へ引き返し, へ戻, へ来い, へ行つてタオル, を出た, を飛び出し, を駆け出し

▼ すぐ~ (23, 0.1%)

2 に下り, へ出

1 [19件] から井戸端, で木戸, で池, にとびだし, に出, に出た, に出る, に見えた, のむこうです, の方, の裏, へ下りた, へ下りる, へ出まし, へ出る, へ駈けおり, へ駈け下りた, を掃い, を造り直し

▼ すぐ~ (23, 0.1%)

3 をかえ 2 のわかる

1 [18件] がはずん, が出, が終る, にかかります, につりこまれ, の焦点, の種, をお, をその, をそらした, をそらす, をついだ, をつづけた, をわき, を元, を外, を続け, を転じた

▼ すぐ~ (23, 0.1%)

2 を横

1 [21件] が生え, が飛ん, だ首, の飛ぶ, をだす, をふっ, をふつ, をぶち, をまっすぐ, をもたげ, を出し, を刎, を叩つきつて, を垂れ, を引い, を引っ込めた, を打っ, を振っ, を振った, を据え, 斬られて

▼ すぐつたい~ (22, 0.1%)

2 氣持が, 笑ひ

1 [18件] からこれ, が自分, こと夥しく, に違, もうやめ, ものでした, ものを, やうな, やうにも, 南風が, 心持で, 心持と, 感じだつた, 感じの, 次第で, 氣持だつた, 許り, 返事を

▼ すぐです~ (22, 0.1%)

532 よ動く

1 [12件] かそれとも, からちょうど, からどうぞ, が見ない, が車, すぐです, って, ね, ものぢき, よいらっしゃい, わ, 今すぐ

▼ すぐ引返し~ (22, 0.1%)

2 て, てくる, て來, て来, て来た, て電車 1 てき, てこられる, てしめた, て來い, て又, て夜, て寝た, て構外, て赤門, もっと東

▼ すぐみんな~ (21, 0.1%)

3 が続い, 来た

1 [15件] が人格的, が續, でその, でイナゴとり, で山鳥, で飯, と一緒, と馴れちまわ, にこの, の方, の頭, は手, を呼ん, 走って, 返して

▼ すぐ右側~ (21, 0.1%)

2 にある, の席

1 [17件] だった, にあった, には真土山, に四方硝子, に坐, に坐っ, に石, に赤い, の列, の室, の小料理屋, の柳生家, の特等席十三号, の窓硝子, の角, の路次, の隣りだった

▼ すぐ~ (21, 0.1%)

2 が出

1 [19件] が代, が来た, が薄い, だと, に代っ, に同情, に同意, のあと, の声, の部屋, の青白い, はスルスル, は斯, は源吉, を捨てる, 学校の, 学者の, 狩りを, 車掌が

▼ すぐ~ (21, 0.1%)

2 ですから, を降っ

1 [17件] が迫つて, で社, の木, の脚もと, の裾, の関所, へた, へ帰りませう, へ木の芽草, へ立, へ行く, むこうまで, や谷, を下っ, を下り, を下りた, を下ろう

▼ すぐ~ (21, 0.1%)

2 が流れる, を催し

1 [17件] がこぼれ, がにじみ出し, がスーッ, が出, が出ちゃった, が出ます, が目, になっ, の落ち, は流れる, をいっぱい, をうかべる, をこぼし, をもった, を催しかけた, を拭いた, を流す

▼ すぐ~ (21, 0.1%)

2 の所, の関係, は私, を怒らし

1 [13件] からきめつけられた, と並ん, と同, のあと, のそば, のところ, の声, の居間, の愛, の白髪, の肩, の陳大夫, は必ず

▼ すぐ起っ~ (21, 0.1%)

72 て行った, て障子 1 ていなかった, ておりた, て出, て剣舞, て室, て彼女, て来る, て縁, て茶室, て覚えず

▼ すぐ~ (21, 0.1%)

5 の下 2 を止め

1 [14件] がつきませう, がつく, が浮く, が痛く, が立てなかった, の先, の爪先, の裏, の迅, をかける, をふい, をグッ, を早め, を近く

▼ すぐあなた~ (20, 0.1%)

1 [20件] お一人, と行っ, にし, のお, のお隣, のこと, の側, の前, の品物, の困難, の寄宿舎, の戦列, の話, の身元, はいらっしゃる, は起し, を未決檻, を殺す, を見付けます, を送っ

▼ すぐ其処~ (20, 0.1%)

2 だ, ですから

1 [16件] が金剛寺坂, ですと, どすよ, にいる, にカッフェ, に一人, に小屋, に橋, に立っ, に立ってる, に見えさせ給う, の横町, の百本杭あたり, の鳥屋, へ坐った, まで来

▼ すぐ続い~ (20, 0.1%)

7 て次 32 て第 1 ていた, てその, て今度, て孔明, て展開, て打電, て来い, て生ずる

▼ すぐ~ (20, 0.1%)

1 [20件] がお, がおどおど, がどき, がどきどき, が重苦しく, にうかぶ, にひびいた, に当たる, に溶けなかった, のところ, のなか, の傍, の裡, や足, をかすめる, をつい, をついた, を一ぱい, を惡, を離した

▼ すぐ警察~ (20, 0.1%)

2 へ, へ引っぱっ, へ電話

1 [14件] でつかまる, にとどける, に知らせる, に訴えます, に電話, の草履, へうったえさせる, へお, へとでも云うだろう, へ屆, へ突き出す, へ行つて, へ訴える, へ走った

▼ すぐ~ (20, 0.1%)

3 を起し 2 につけ

1 [15件] づくろい, をくねらせた, をその, をひるがえし, を任せなけれ, を伏せた, を引い, を横, を横たえた, を浄め, を翻し, を翻した, を起した, を退きかけた, を鎧い

▼ すぐこっち~ (19, 0.1%)

2 へ来い, を向いた

1 [15件] い来るだよ, から先, から往こう, に上った, に話, の月番, へ, へお通し, へもどっ, へよこし, へ向け, へ戻っ, へ持っ, へ来, へ駈け

▼ すぐそのまま~ (19, 0.1%)

2 自分の

1 [17件] のって, を自分たち, プランタンへ, 一人の, 一服も, 反映する, 地獄の, 塩田大尉の, 引っ返して, 明日から, 病院の, 真正直に, 立ち出でます, 若松屋に, 返そうと, 鋭角と, 開いた

▼ すぐそんな~ (19, 0.1%)

7 ことを 3 風に 1 けちな, しゃれを, 上滑りの, 位なら, 同情と, 心づかいなどは, 気に, 疑問なんか, 目つきは

▼ すぐ~ (19, 0.1%)

3 はありません

1 [16件] あつた, いいか, せう, てき, てきた, て迎, はありませんでした, はない, はなかっ, はなく, はなし, は心構え, は無理, よろしい, わるいけれど, 後の

▼ すぐむこう~ (19, 0.1%)

2 の方

1 [17件] にあった, には町, にまがり, にまぶしく, にカンチェンジュンガ, にトンネル, に一台, に底, に着陸, に見え, に観音様, のお湯, の山, の数寄屋, の街路灯, の警視庁, まで来

▼ すぐ~ (19, 0.1%)

4 をかけた 2 をかけ, をそろえ

1 [11件] が聞こえ, なき列, に応じ, のした, をかけなかった, をかけよう, をたて, を出せなかった, を柔げ, を落し, を落した

▼ すぐ後で~ (19, 0.1%)

1 [19件] いけなかつたと, 僕は, 内相にも, 判る, 取調べられた鈴本, 受持の, 唱歌を, 姉さんが, 思った, 正直な, 氣力の, 爆弾を, 父が, 考えて, 萱野夫人が, 表明しよう, 賤しい, 起ったこと, 道化姿で

▼ すぐ~ (19, 0.1%)

4 の上 3 の前

1 [12件] によりその, に向う, に向っ, に坐ります, に返っ, に頭, のひきだし, のまえ, の引き出し, の引出し, の方, へ向った

▼ すぐ~ (19, 0.1%)

2 を迎

1 [17件] から来た, が出, が發狂, と姉, と弟, に渡した, のところ, の居間, の弱った, の悲し, の手紙, の方, の枕頭, はそれ, は夫, を呼び, を見つけ

▼ すぐ病院~ (19, 0.1%)

2 の方, へ電話, へ飛ん

1 [13件] にかつぎ込まれ, につれ, にはいり, に入る, に入れられた, に行っ, へ, へかつぎ込まれる, へ伝わった, へ入れた, へ担ぎこんだ, へ担ぎ込んだ, へ運ん

▼ すぐ真下~ (19, 0.1%)

3 に見える 2 に階段

1 [14件] がえ, だという, にある, に木々, に火事, に繋いだ, に聞かれる, の作事場, の地上, の渚, の矢草, の路上, まで来, を掘りはじめた

▼ すぐ真顔~ (19, 0.1%)

8 になっ 6 になり 2 にかえって, にかえり 1 に返っ

▼ すぐ~ (19, 0.1%)

2 が来ます

1 [17件] で, で一休庵, で京極, で出た, で帰る, で来, で田端, で近所, に乗っ, のそば, の中, はもう, をおり, を仕たて, を引出します, を止め, を止めれ

▼ すぐ向こう~ (18, 0.1%)

1 [18件] から十数間, だから, である, で行き停り, におるです, に三上山, に交番, に艇長室, に連れ, に黒い, のしげみ, のすみ, のへい, の朱塗り, の目, は逃げた, へ来, まで来

▼ すぐ~ (18, 0.1%)

2 坂から

1 [16件] いびきを, さわぎに, カスを, 友に, 叱言, 坂の, 坂へ, 庁へ, 循環の, 海原で, 火事に, 烈風へ, 玄関へ, 竜出版へ, 笹の, 鼾だ

▼ すぐ手紙~ (18, 0.1%)

2 をよこし

1 [16件] が参りまし, の上, の封, の返事, をかい, をかいた, をかき, を出し, を出した, を出す, を拾い上げた, を持っ, を書き, を書きました, を認めた, 寄越さうぞ

▼ すぐ支度~ (18, 0.1%)

4 をし 3 して

1 [11件] ができた, させい, しねえ, しますから, しや, し電気倶楽部, でも始まった, に取, をおし, をしろ, をする

▼ すぐ死ん~ (18, 0.1%)

5 でしまう 4 でしまった 2 でしまいました, でしまいましょう 1 でしまうであろう, でしまっ, でしまふだらう, でもかまいませぬ, でもよい

▼ すぐ~ (18, 0.1%)

3 を立て 2 も立つ, を立てる

1 [11件] がすいた, がふくれやがる, が一ぱい, にこた, にこたえた, のところ, をきめ, をたて, をたてる, を割っ, を決め

▼ すぐ足もと~ (18, 0.1%)

2 の小さな

1 [16件] から三十丈, から百丈, でわあ, で星, で水, にあった, にあつ, にいた, にかなり, にたしかに, にも感じられた, に小さな, に来, のく, の土佐堀, の舷

▼ すぐ仕事~ (17, 0.0%)

2 にかかろう

1 [15件] がある, が出ました, しようと, にか, にかかっ, にかかった, にかかり, にかかる, にかかれ, にかかれる, にとりかかれ, に取りかかりました, へ飛びこもう, をはじめよう, を片づけ

▼ すぐ~ (17, 0.0%)

4 を指しました 2

1 [11件] にはベルジク王国, に向かっ, に在る, に駢, の伊吹山, の山, の岸, の峰, の戸, へ廻っ, へ廻つて

▼ すぐ~ (17, 0.0%)

2 に入っ, の傍

1 [13件] から視線, が溢れた, が濁, でそこ, にしずん, にはいっ, にもどっ, に入れ, の上, の青い, をかけ, を吸っ, を飲まし

▼ すぐ~ (17, 0.0%)

2 に続い

1 [15件] が見える, だ, だった, であり北, でした, で船渠, なり, にはいつ, に入っ, に出られる, に向っ, に面し, のおそろしく, の方, へおりられる

▼ すぐ玄関~ (17, 0.0%)

1 [17件] から匂っ, から取って返した, から茶の間, から表, で帰る, になっ, に上がっ, に出, に舁ぎ据ゑた駕籠, に行っ, の戸, の方, へお, へ出, へ出ます, へ出る, へ取って返した

▼ すぐ自動車~ (17, 0.0%)

2 を呼ん

1 [15件] が引き出された, が間に合いました, で停車場, で千人, で牛込署, で行っ, に乗せ, に乗つ, に乘, は動い, は走り出した, へ担ぎこん, をトバ, を森, を用意

▼ すぐから~ (16, 0.0%)

3 だを

1 [13件] うっかり傍, すこしゆれだした, ないない誰, もう退屈, ドイツの, 今まで, 取って, 吹雪に, 妾を, 少しゆられた, 本に, 行つて居た, 誰に

▼ すぐこんな~ (16, 0.0%)

4 ことを

1 [12件] ものにも, 事に, 勝手な, 口が, 問題に, 所に, 片田舎で, 理屈っぽいこと, 皮肉を, 立派な, 話を, 風に

▼ すぐ~ (16, 0.0%)

2 案内し

1 [14件] いっしょに, ほんご, 信用に, 先祖様を, 処分を, 報告すれ, 本城へ, 来診ねがいたい, 案内いたしましょう, 機嫌が, 用意あっ, 足労を, 返事が, 返事するでしょう

▼ すぐまえ~ (16, 0.0%)

2 にある, のこと

1 [12件] で立ちどまった, にでも与えた, にりっぱ, に席, に見え出した, に近づい, のところ, の席, の庭, の果実店, の青, コウスに

▼ すぐわし~ (16, 0.0%)

2 に知らせる

1 [14件] が言いき, が隠居, と同道, に報告, に知らし, のうち, のところ, の戦袍, の馬側, はあんた, はお前, はそこ, は舟, を呼ぶ

▼ すぐ使い~ (16, 0.0%)

3 の者 2 をやっ, を出し 1 は帰っ, へ戻した, を出した, を向け, を姫路, を派した, を走らす, を走らせ, を飛ばし

▼ すぐ入口~ (16, 0.0%)

4 から三番目, の室 2 の戸, の計算台 1 にまごつい, に聞え, のテーブル, の羅生門

▼ すぐ~ (16, 0.0%)

5 てしまった 3 てしまう 1 てしまいました, てしまいます, てしまふ, て了つた, て十一時頃, め, 房へ, 衣の

▼ すぐ~ (16, 0.0%)

3 の中 2 の裡

1 [11件] が砕け, が落ち付い, と心, ない童たち, に読ん, のうち, の空, の調子, を思い起させる, を無念無想, 易くなりました

▼ すぐ横手~ (16, 0.0%)

4 をいま 2 にある 1 つまりこの, でしたでしょう, にお, についてゐる, に土蔵, に立っ, に草原, の崖一面, の草, の障子

▼ すぐ~ (16, 0.0%)

2 をあげた

1 [14件] が痛い, に差した, のサツク, をあげ, をあげかけた, をおろした, をこごめ, を上げ, を上げた, を下し, を下した, を立て, を立てました, 立つよう

▼ すぐお前~ (15, 0.0%)

3 のところ 2 の苦しん 1 が来る, だと, と来る, のお, のカン, の家, の跡, はそれ, は燕路, を元気

▼ すぐかれ~ (15, 0.0%)

2 らに

1 [13件] がわが, に注意, の住居, の手, の蒼ざめた相貌, の頭, は息子, は支度, は猪口, は稽古, は芝居, を見つける, 自身にも

▼ すぐ仕度~ (15, 0.0%)

6 をし 2 して 1 が, しますから, せて, にとりかかりました, に取り懸る, をたのん, を始めました

▼ すぐ出し~ (15, 0.0%)

2 てくれ

1 [13件] て, ている, ておく, てくれる, てもらつ, てやった, てやる, てやろう, て来る, て渡した, て貰, て貰える, て貰っ

▼ すぐ寝床~ (15, 0.0%)

2 にはいつた, へはいった

1 [11件] から飛, にはいっ, にはいる, のそば, へもぐりこんじまった, へもぐり込み, へ入っ, をのべ, をひとつ展, を出た, を敷かせた

▼ すぐ~ (15, 0.0%)

32 ると, るよ 1 ったし, ったもん, つから, りますから, りますわ, るから, るさ, るよう

▼ すぐ~ (15, 0.0%)

3 にある

1 [12件] で釣り始めた, にあった, にありました, にいなけれ, にこの, のほう, のマリア, の一膳めし屋, の卒業生, の地面, の泥濘, を向いた

▼ すぐ起き~ (15, 0.0%)

1 [15件] かえってしばらく妹たち, て, ていたい, てきました, てガス, て下, て城太郎, て寝室, て寢室, て廊, て欄干, て私, て講義, 上つた, 上つてかんしや

▼ すぐ~ (15, 0.0%)

1 [15件] にならぬ, になる, にはし, にもなっ, に換え, のたま, の入用, を出し, を出せ, を埋け, を拵, を浚っ, を渡した, を突, を融通

▼ すぐいっ~ (14, 0.0%)

2 てしまった

1 [12件] てお, ておくれ, てさっき, てひと, てみる, てもいい, てやろう, て三ノ輪, て取返し, て応接, て空, て見た

▼ すぐつづけ~ (14, 0.0%)

41 さまで, てかいた, てそれ, てマア其, て千世子, て原作, て念, て日本側, て考えた, て言った

▼ すぐ~ (14, 0.0%)

3 の男

1 [11件] から排斥, で模倣, のこと, の二艘, の尾行, の本, の枝, の話, の話題, の説明, へ翻っ

▼ すぐ~ (14, 0.0%)

4 軍の 2 城の 1 城へ, 機で, 艇に, 軍に, 軍は, 軍へ, 軍を, 體主義國家へ

▼ すぐ出かける~ (14, 0.0%)

1 [14件] か, から乗物, がいい, が君, つもりだ, といふ, ところだ, とやいぶん, のは, よ, んだ, 用事が, 第一窟, 高橋さんの

▼ すぐ分った~ (14, 0.0%)

1 [14件] からである, が, がたった, がね, が唯, が鐘巻, が靴音, のだ, のである, ので行く, のよ, のよあたし, んだ, 鉢前の

▼ すぐ引っ返し~ (14, 0.0%)

3 て来 2 て来た 1 て, てきた, てそこ, て富山城, て春日町, て来ました, て来る, て民弥殿, て追い来る

▼ すぐ手近~ (14, 0.0%)

2 なところ

1 [12件] かなところ, かにあった, から聞こえる, なベランダ, な所, にあり, にある, にいた, にその, に現われよう, に見つかった, の畳

▼ すぐ次に~ (14, 0.0%)

1 [14件] うつる, くる, そなえて, は, 下すべき他方, 奥から, 女の, 矢代を, 絶望が, 続いて, 起つた最後, 輪王寺の, 述べるとおり, 道誉は

▼ すぐ~ (14, 0.0%)

4 がついた 2 がつく, が付きました 1 がつい, が付きます, づいて, づくの, を利かし, を取りな

▼ すぐ相手~ (14, 0.0%)

1 [14件] が帰る, になった, に気づかれ, に認められ, に通じる, の妨害, の寸尺, の心, の気分, の者, の藤の里, は四足, をよろこばす, を見くびる

▼ すぐ知らせ~ (14, 0.0%)

2 てくれ

1 [12件] ておきました, てくる, てくれい, てくれない, てくれる, てもらいたい, てやる, てよこす, て下さい, て来る, にやる, に来た

▼ すぐ知れる~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] かと思っ, ぢや, と思つたの, ので沢山, ものを, わ, わけだ, 事で, 事である, 所に, 筈だった, 筈の

▼ すぐ秀吉~ (14, 0.0%)

2 の前

1 [12件] からも戦捷, が天下, に, に会っ, に復命, に注意, に謁, に頷かれた, のうしろ, のまえ, はこの, も床几

▼ すぐ立ち上っ~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] て一人, て応じる, て懐中爪磨き道具, て次の間, て次郎, て答え, て行こう, て言った, て議席, て部屋, て間

▼ すぐ~ (14, 0.0%)

3 二の 2 一の 1 一回の, 一番に, 一等の, 七十七回目の, 三第, 二のが, 二十九号室へ, 二報が, 五室に

▼ すぐ~ (14, 0.0%)

1 [14件] で大連, にかへる, に乗った, に乗らなく, に呼び返され, のそば, の上, は右舷, へ乗り込ん, へ帰っ, へ帰る, よひ, を出た, を岸

▼ すぐ~ (14, 0.0%)

3 てとった 2 てとつ 1 ておいた, てとれる, にいった, に行, に行っ, わけの, 失つ, 拔いた, 顕わ

▼ すぐ言葉~ (14, 0.0%)

2 を継い, を続け 1 が出ない, すくなに, をかけた, をついで, をつづけ, をつづけた, を抛り返す, を継いだ, を続い, を返した

▼ すぐ間近~ (14, 0.0%)

2 に迫っ

1 [12件] かにひびく, かにやつ, でしたので, で鋭い, には二条城, にまいりました, に居た, に彼女, に聞えた, の岸, ひとまずそこ, まで来

▼ すぐこれから~ (13, 0.0%)

1 [13件] あげます, か, ですか, 会いに, 出かける, 城父に, 往きませう, 月ヶ瀬に, 発つん, 行くから, 行こうと, 行進の, 足に

▼ すぐとは~ (13, 0.0%)

1 [13件] ただ今お, 中へ, 云い悪い, 参らぬ, 思いませんでしたからね, 望みも, 気が付かなかった, 申しませんが, 行かないだろうけれど, 言わんでゆ, 計らえぬが, 起きられない, 返事も

▼ すぐ下り~ (13, 0.0%)

3 て来 2 て来る 1 ていっ, ておいで, てくる, てずっと, て来たです, て行, て行っ, 桑谷で

▼ すぐ同じ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことが, だった, やり方で, ような, 下宿に, 京浜国道を, 口上を, 樣に, 浅草育ちの, 眼で, 街の, 車台に, 車室へ

▼ すぐ実行~ (13, 0.0%)

2 にうつすべきでしょう, に移した 1 すべきか, する, するが, する性質, せよと, にうつす, にお, に移し, に移せ

▼ すぐ宿~ (13, 0.0%)

4 へ帰り 2 の主, へ帰る 1 の前, の軒端, へ乗り込む, へ伺う, へ帰ろう

▼ すぐ彼方~ (13, 0.0%)

1 [13件] じゃ, にまざまざ, に注連縄, に見え出した, の加納, の対崖, の小高い, の木蔭, の柵門, の櫛田神社, の群れ, は田楽狭間, へ行っ

▼ すぐ手配~ (13, 0.0%)

4 をし 1 いたしましたが, が行われ, しましょう, するいうとりました, を, をしろ, をする, をすれ, を致します

▼ すぐ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がすでに, と味方, と見, にみつかっ, に分っ, に斬られ, に面, の本営, の目, の華雄, の進路, は逆巻い, を軽

▼ すぐ~ (13, 0.0%)

2 つて, ると 1 されたので, って來, つたさうで, りました, りますから, るから, るつて云, れといふ, れツ

▼ すぐ気がつく~ (13, 0.0%)

2 がつけ焼刃, のにいま 1 からいい, が雌鶏, けれども文化, ことが, と寂し, と急, にちがい, のです, のは

▼ すぐ連れ~ (13, 0.0%)

3 て来い 1 だって近く, てきた, てくるんだ, てこよう, て戻ります, て来られる, て来る, て行かれ, て行ける, て行っ

▼ すぐそちら~ (12, 0.0%)

1 [12件] にうつります, には三尺, に廻り, に行く, へお出まし, へつなぎます, へむけます, へ一冊, へ出かける, へ廻る, へ行く, へ足

▼ すぐつづい~ (12, 0.0%)

2 て太宰 1 て, てでも, てはからせる, てタミ, てレアンデル博士, て妹深雪, て時政公, て男, て第, て繩上

▼ すぐもと~ (12, 0.0%)

1 [12件] にかえって, のとおり床板, の位置, の姿勢, の歩調, の深夜, の白楊, の笑顔, の街道, の通り, の鈍重, の静か

▼ すぐやっ~ (12, 0.0%)

3 てくれ 1 てくれる, てしまう, てしまえ, て下さい, て参りまし, て呉れ, て見ます, て貰えます, て貰える

▼ すぐ医者~ (12, 0.0%)

2 に来, を呼ん 1 が駆けつけ, にかける, に注射, はやってくる, はやつ, を呼び, を呼んだ, を迎え

▼ すぐ友達~ (12, 0.0%)

3 になれる 2 になった, になり 1 となっ, なぞは一人, になっ, になれ, をつれ

▼ すぐ台所~ (12, 0.0%)

4 の方 1 だという, に行く, に行っ, の板の間, へかけこん, へとん, へ入った, へ走った

▼ すぐ向う側~ (12, 0.0%)

1 [12件] から紙, でしたので, でやっ, にその, に寒川氏, に真紅, に腰かけしめ, に風呂屋, のミンチン女塾, の厨, へ行っ, まで来た

▼ すぐ大きな~ (12, 0.0%)

3 声を 2 声で 1 ものを, 不安が, 亀に, 囲炉裡が, 川で, 民衆の, 矢羽の

▼ すぐ子供~ (12, 0.0%)

2 の生れた 1 が相続, に影響, のやう, の世話, の側, の守, の病気, の菓子, を帰し, を降し

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, で水面, なの, になっ, に面し, に飛び込み死ん, のところ, の側, の汀, の見える, を渡る, を越え

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

2 をあけ 1 があいた, がしまった, がひらかれ, に隠れた, のすき間, のところ, の外, の脇, をノック, を開け

▼ すぐ手前~ (12, 0.0%)

2 のところ 1 にショール, にペンキ, に刈り込んだ, に落ちた, のうしろ, の曲り角, の畑, の踏切, まで来, よ

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が私, とつれ立っ, にこの, の人, の居る, の手, の方, の方二人, の無情, の身, の邪念, は肩

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

3 のそば 1 につく, のうしろ, のところ, の下, の傍, の間近, へ持っ, へ混み入っ, を峙

▼ すぐ走っ~ (12, 0.0%)

2 ていっ, て行った 1 てきた, てしまった, て出, て彼方, て来た, て行かない, て行っ, て追いついた

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がありました, に添う, の兩側, の左右, は上り, は千早, は暗く, をかえ, をかくし, を外れ, を失い, を西

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が開いた, のそ, のところ, のわき, の中, の前, をかためよ, を出た, を辞し去った, を閉め, を開け, を開けます

▼ すぐ~ (12, 0.0%)

4 け寄つて手綱 1 けつけ, けつけた, けつける, けよって来た, け入っ, け出し, け出した, け寄っ

▼ すぐこちら~ (11, 0.0%)

1 [11件] でございますから, に来た, の考え, の親分, へ, へお出で, へお通し, へ参った, へ来, へ返し, を振り

▼ すぐつぎ~ (11, 0.0%)

2 に舌切雀, の駅 1 にいた, に移っ, に移つて, のこと, の室, の船, の限界

▼ すぐやめ~ (11, 0.0%)

1 [11件] てきみ子さん, てしまう, てしまうでしょう, てしまった, てその, て今度, て仕舞う, にし, にしろ, また身体, 額の

▼ すぐ~ (11, 0.0%)

2 でばちや 1 からとびだし, にはいり, に入っ, へはいっ, へ這入, へ這入る, 國の, 廊下を, 禅寺の

▼ すぐ傍ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] でふざけ合っ, にいる, にはモーナルーダオ, には胴まわり, にもあった, に家, の山林, の木, の板石, の炭壁, の畑

▼ すぐ分ります~ (11, 0.0%)

52 からね 1 か, からどう, が, がその

▼ すぐ~ (11, 0.0%)

6 の部 1 があける, が明けよう, が明ける, の会合, の帳

▼ すぐ察し~ (11, 0.0%)

51 がついた, がつく, ていた, てしまった, てはいた, て父

▼ すぐ~ (11, 0.0%)

2 を離れた 1 から立っ, に腰, の組みかえ, へもどっ, へ参る, へ来た, を立っ, を立った, を起っ

▼ すぐ廊下~ (11, 0.0%)

2 になっ, になつて, を引き返した 1 があり, に山内, へ出た, へ足音, を隔てた

▼ すぐ往来~ (11, 0.0%)

2 に出た 1 から蚊帳, ですよと, で往来, のはず, の一人, の戦語り, へ向いた, へ崩れ出す, へ躍り出

▼ すぐ来た~ (11, 0.0%)

2 があんまり 1 から疑う, が母, が非常, まえ, んだ, んです, ビルを, 中に, 宮部の

▼ すぐ気がつい~ (11, 0.0%)

2 て, ていた 1 てにっこり, て云った, て右, て妻君, て瞬間, て立ち上がった, て見る

▼ すぐ江戸~ (11, 0.0%)

2 へ帰る 1 へ, へ向かう, へ帰るであろう, へ戻る, へ立とう, へ舞いもどった, へ舞い戻る, へ行く, を立っ

▼ すぐ~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはいる, にはひつ, に入っ, に入れ, に行った, のよう, の中, へおいり, へゆく, へ入っ, を汲ん

▼ すぐ用意~ (11, 0.0%)

1 [11件] されるし, して, してあつ, にかかっ, にかかれ, の俥, の山駕, の防毒面, をした, をしろ, をととのえ

▼ すぐ眠っ~ (11, 0.0%)

4 てしまった 2 てしまう 1 て, てけさ, てしまいたかった, てしまいました, て次

▼ すぐ~ (11, 0.0%)

7 上って 1 上った, 上ったが, 上ろうと, 停まり

▼ すぐ西~ (11, 0.0%)

1 [11件] がわ, にあった, に三里半, に羽柴どの, に隣る, に青く, の塚, の対, の山中, の木戸, の谷

▼ すぐ逃げ~ (11, 0.0%)

3 てしまった 1 ちやつた, ていっ, てしまう, て姿, て来りやい, て行け, て行っ, て隠れた

▼ すぐ~ (11, 0.0%)

2 にとび乗っ, をとばし, を降り 1 の口輪, の支度, は疲れた, をとい, を打っ

▼ すぐうち~ (10, 0.0%)

3 へ帰る 1 に引か, の若い, へ帰れない, へ帰れる, へ歸, へ行, やめぬ春

▼ すぐつれ~ (10, 0.0%)

2 て來 1 てくる, てっ, てまいれ, て来, て来い, て来る, て行かなきゃいけない, て行きます

▼ すぐほか~ (10, 0.0%)

2 の者 1 の人夫, の実際, の歴史, の病院, の群れ, の考えごと, の顔, へ逃げ

▼ すぐわかっ~ (10, 0.0%)

5 てしまう 1 ていただける, てくる, てくれ, てしまった, てそこ

▼ すぐわたし~ (10, 0.0%)

2 はまた 1 が行っ, てくれました, といっしょ, にください, に入りかねた, はこの, はそれ, をつれ

▼ すぐ今日~ (10, 0.0%)

2 にでも来る, もらって 1 からでもお, にでも金, に直結, のうち, の味方, の実際

▼ すぐ~ (10, 0.0%)

2 に乗った, を雇っ 1 で女, に乗っ, をつらね, を停車場, を呼んだ, を引き返させた

▼ すぐ入院~ (10, 0.0%)

3 して 1 させたいが, させるし, したい, しろって, すること, というわけ, の準備

▼ すぐ女中~ (10, 0.0%)

1 が去っ, が参るでしょう, が立っ, にいいつけ, にもつ, の戸籍, の案内, はコオヒイ, をふりかえり, を雇っ

▼ すぐ~ (10, 0.0%)

1 ねずみに, 傳馬町の, 圓太は, 大名ほど, 松屋へ, 蒸気が, 蒸気に, 藤次の, 郡だ, 鈴に

▼ すぐ左側~ (10, 0.0%)

1 が私, に大きな, に小さな, に石灰工場, の壁, の小高い, の山, の木, の部屋, は薬局

▼ すぐ帰ろう~ (10, 0.0%)

3 とした 1 か, かと考えた, として踵, とする, とはしなかった, と思った, 具合が

▼ すぐ~ (10, 0.0%)

3 に出る 2 ごしら, の支度 1 に出かける, に出ます, の空

▼ すぐ日本~ (10, 0.0%)

2 の駆逐艦 1 にある, の事情, の近代民主化, は真似, へ持つ, を去った, を去る, を思い出し

▼ すぐ気がついた~ (10, 0.0%)

1 が, がそんな, が真逆, のだった, のである, のは, ほどお, よ, ように, 風だ

▼ すぐ~ (10, 0.0%)

2 の方 1 から小半町, でまだ, になっ, にはいろう, のおれ, の人たち, の店, へ向っ

▼ すぐ真面目~ (10, 0.0%)

2 な調子, な顔 1 な話, になっ, になつ, になり, に心配, に答えなけれ

▼ すぐ立ちあがっ~ (10, 0.0%)

1 て, てあたり, てめった, て二階, て云, て何, て姿, て河瀬, て部屋, て電話室

▼ すぐ立つ~ (10, 0.0%)

2 て壁 1 ことは, ておばあさん, てシャボン箱, て出, て肩, と言う, んだ, 構えを

▼ すぐ葉子~ (10, 0.0%)

2 の神経 1 が何, にきびしく, に向い, の母, の自由, の顔, はもう, を理不尽

▼ すぐ行こう~ (10, 0.0%)

21 か, かとも思ったけれ, ぜ, といっ, とはせず, と思った, と答えた, サゾ待っ

▼ すぐ部下~ (10, 0.0%)

1 がき, に電報, のひとり, の孫乾, の検事, の火星人, の警官, の高順, への罵倒, を会し

▼ すぐ階下~ (10, 0.0%)

3 へ降り 1 にいる, によびよせ, に降りた, の上り口, へ下げた, へ来, を騷騷

▼ すぐ駈けつけ~ (10, 0.0%)

3 て来 2 てやる 1 てこう, て来た, て行かれました, て行かれる, て行った

▼ すぐ鼻先~ (10, 0.0%)

1 きに, にある, にぶつかる, に彼女, に立っ, に置き, の土蔵, の塀際, の小島, の拱廊

▼ すぐいつも~ (9, 0.0%)

1 する様, のよう, の仲間, の傲岸, の天気, の彼, の格子, の通り講義, 雪の

▼ すぐお送り~ (9, 0.0%)

4 します 2 しましょう 1 いたしました, いたします, して

▼ すぐどう~ (9, 0.0%)

5 した身分 1 しようといふ, しろとは, だったと, でもいい

▼ すぐもり~ (9, 0.0%)

2 の空 1 のしかし, のパリ, の日かげ, ぽつつり, 春に, 春雨の, 風もに

▼ すぐわかった~ (9, 0.0%)

21 がまったく, の, のだった, のでしょう, ようである, んだ, んです

▼ すぐ上京~ (9, 0.0%)

4 して 1 したいと, したけれど, したの, するから, するつもり

▼ すぐ出かけ~ (9, 0.0%)

1 ていっ, てお通夜, てかたづけ, て私, て蟻田博士, て行く, て行ける, て行っ, 一時四十分の小田原ゆきを

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 な旨, な波, の一団, の声, の形, の想念, の方面

▼ すぐ千鶴子~ (9, 0.0%)

2 の部屋 1 からのも, と会う, に会わね, に対, に握手, に近, はコップ

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

3 べられます 1 つちま, はう, ひ破りますよ, べてしまふ, べよう, べられる

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

2 を切っ, を切った 1 をし, をやぶった, を切る, を開い, を開いた

▼ すぐ左手~ (9, 0.0%)

1 には粗い, に米倉, のテント, の壁, の天幕, の広間, の藪, の隣り, へ曲がっ

▼ すぐ座敷~ (9, 0.0%)

2 の方 1 から僕, から声, である, にとおされた, になっ, の中, の机

▼ すぐ後方~ (9, 0.0%)

1 から一梃, から同じ, で聞え, にある, につづい, には水雷戦隊, に掛け, へ, へ来た

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

2 を開け 1 の前, の向側, をしめ, を三つ, を明け, を閉, を閉め

▼ すぐ書斎~ (9, 0.0%)

2 へ入った, へ来 1 の煖炉, へ行き, へ通された, へ通す, をあけ

▼ すぐ来ます~ (9, 0.0%)

3 から 21 からあなた, からね, からねじきに, ばい

▼ すぐ汽車~ (9, 0.0%)

2 の事 1 が来, でダージリン, で帰ろう, で東京, に乗っ, へ乗っ, を出

▼ すぐ眠り~ (9, 0.0%)

2 にはいった 1 が私, と連れ立っ, におちた, にかかった, についた, に落ちた, に陥ちました

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

3 をとっ 1 の下せる, をとった, を取つ, を執っ, を執った, を走らせた

▼ すぐ縁側~ (9, 0.0%)

2 へ廻っ 1 に出, に達する, の下, の近く, へ出, へ出た, へ通った

▼ すぐ翌日~ (9, 0.0%)

1 からあんなに, から政治, から曹操, から源氏, かれの, であつ, にも分っ, に邸, のこと

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

1 から跳ん, があった, に家族, に立っ, のうち, の方, は棹, へ移った, を出させた

▼ すぐ見える~ (9, 0.0%)

1 から私, ぞここ, ところに, ところには, のだ, ように, 汚ならしい, 空は, 部屋の

▼ すぐ警視庁~ (9, 0.0%)

3 へ電話 2 へ来 1 に出頭, に帰っ, に電話, へ送りかえされる

▼ すぐ身近~ (9, 0.0%)

1 かにあつ, かにきく, でしたよう, なところ, にきく, にウロウロ, に人, に妻, に放置

▼ すぐ~ (9, 0.0%)

1 つかけて, つかれて, つ驅, ひかけられちや, ひつきましてね, ひ落すやう, ッつい, 捕が, 被せるよう

▼ すぐ食堂~ (9, 0.0%)

1 でお, でよみ始め, に案内, へ, へ下り, へ同車, へ帰京, へ戻られました, へ案内

▼ すぐそこら~ (8, 0.0%)

1 で買う, にいくら, の揖保, の祭具, の闇, の雑木林, をかぎ, を忙し

▼ すぐちかく~ (8, 0.0%)

2 に赤い 1 に坐っ, のお, のトンネル, の伊藤嘉奈子刀自, の花川戸, の鈴岡さん

▼ すぐなる~ (8, 0.0%)

1 とをば愛せず, のだ, ほどと思った, もの地面に, を踏ん, 人大, 柿の木植竹の, 澁柿の

▼ すぐにと~ (8, 0.0%)

1 いっても, お仮屋, そこ, 今日は, 応ずるぐらい, 私が, 言わないまでも, 鞭打たぬばかりに

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

2 こに 1 この応接室, この窓ガラス, この鳥常, こを, だってお母さん, 五分

▼ すぐ一人~ (8, 0.0%)

2 の踊り子 1 が, でお, で公朝, の娘, の男の子, は彼

▼ すぐ主人~ (8, 0.0%)

1 がお目にかかりますれ, にしかられました, に倣っ, に帰りました, の寢部屋, の手, の方, の馬

▼ すぐ元気~ (8, 0.0%)

2 になり 1 な声, にかえった, になっ, になった, をとりなおし, をとり戻した

▼ すぐ先生~ (8, 0.0%)

2 にし, のところ 1 にママ, の家, の手紙, を見付け出した

▼ すぐ入浴~ (8, 0.0%)

3 して 2 する, そして一杯 1 りこむ

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

2 をやっ 1 の反省, をあげ, を向け, を引っ返せ, を率い, を進めよ

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

1 からいった, からは侍者, から引き摺りこみあう, から返辞, がわ, の夫婦, へはいり, ポケットから

▼ すぐ内側~ (8, 0.0%)

2 のところ 1 にあっ, にある, にはビール瓶, には鉋屑, にわたし, は畑

▼ すぐ判った~ (8, 0.0%)

1 がその, がそれ, が勿論, のか, のだ, わ, んだ, 振りを

▼ すぐ問題~ (8, 0.0%)

2 を易 1 となる, になる, の話, を, を区切っ, を呈出

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

1 から知らし, のあと, の事, の従弟, の方, の莫大, の非常, を呼ん

▼ すぐ姿~ (8, 0.0%)

2 を消し 1 が見えなくなっ, が見えなくなった, をかくして, を見せ, を隠さね, を隠し

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

2 れを 1 が強, の懐, の手, の背後, れに, を殺す

▼ すぐ帰ります~ (8, 0.0%)

3 から 2 から傘 1 さかいいう, ちとお, わよ

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

2 の者 1 に走っ, のカウンタア, の浜納屋, へ出, へ出る, を畳ん

▼ すぐ後悔~ (8, 0.0%)

3 した 1 したこと, して, しながらも, しましたが, するに

▼ すぐ想像~ (8, 0.0%)

1 がついた, が出来た, されそれ, される, して, できた, にのぼっ, 出来たが

▼ すぐ戻つ~ (8, 0.0%)

2 てき, てくる, て来ます 1 てぐつすり, てしまひました

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

1 の七宝寺, の半鐘, の娘, の有志たち, の者, へいこう, へ伝わっ, を出

▼ すぐ椅子~ (8, 0.0%)

1 からとびあがっ, にかけました, に反り返り, に掛けよう, の上, の脚, をわき, を立っ

▼ すぐ死ぬ~ (8, 0.0%)

1 ことに, ということ, とは気の毒, ような, わ, んだ, 虫さえ, 身な

▼ すぐ津田~ (8, 0.0%)

1 と自分, にこれ, の咽喉, の後, の次, の眸, の背後, への来客

▼ すぐ発見~ (8, 0.0%)

1 されきびしく, されすぐ, された, された筈, されぶじに, される恐れ, され父親, して

▼ すぐ真上~ (8, 0.0%)

1 から見おろす, ちかくで, にぱらぱら, に来, に見られた, の伊吹山, を走つた, を高架線

▼ すぐ眠る~ (8, 0.0%)

1 ことは, とまた, と熟睡, のが, ような, わけにも, 式に, 習慣な

▼ すぐ眼前~ (8, 0.0%)

2 に聳え 1 にある, に歴然と, に物凄い, の松林, の状態, を通過

▼ すぐ矢代~ (8, 0.0%)

1 が帰っ, と自動車, に対, の方, の肩, の質問, は受け, は彼

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

6 る日 1 八日には, 未明に

▼ すぐ視線~ (8, 0.0%)

2 を転じ 1 を俊三, を反らせた, を地, を外らし, を次郎, を正面

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

1 に馬肉屋, の生えた, の豆腐屋さん, の酒井出羽, まで左側, を合, を曲る, 突きあい

▼ すぐ解る~ (8, 0.0%)

4 ことだ 1 のだ, よ, 事です, 筈な

▼ すぐ起きる~ (8, 0.0%)

1 とその, のが, よ石, 了簡では, 六時の, 明星は, 東雲神社の, 細い雨

▼ すぐ返辞~ (8, 0.0%)

1 が聞えた, のやれなかった, をした, をしない, をと求め, を承りたい, を書い, を聞かせい

▼ すぐ~ (8, 0.0%)

1 となった, と悟った, になっ, に走る, のしみ, のみらしく, を注文, を運ぶ

▼ すぐ釈放~ (8, 0.0%)

1 された, されたが, されたの, されるだろうと, され私, せられよ, はされた, を要求

▼ すぐ鎌倉~ (8, 0.0%)

1 の二使, の延福寺, へいらっしゃいまし, へそれ, へ歸, へ肉薄, へ追い下せ, を去った

▼ すぐ附近~ (8, 0.0%)

2 の藁屋根 1 にも一つ調馬場, のカフェ, の山芝, の林, の警察, の貧民窟

▼ すぐ電車~ (8, 0.0%)

2 へ乗った 1 で帰りましょう, に乗った, に乗れない, に引き殺される, へ乗っ, へ飛び乗っ

▼ すぐ風呂~ (8, 0.0%)

1 があつ, にはいっ, にはいり, に入りなされ, に飛込んだ, へ入り, へ入れ, をすすめられる

▼ すぐああ~ (7, 0.0%)

1 いいと, いう感じ, これは, して, そうか, それだ, 騙されたなと

▼ すぐある~ (7, 0.0%)

1 かもしれない, 事を, 欲求を, 田の, 社会問題の, 誘惑を, 雑誌社へ

▼ すぐお父さん~ (7, 0.0%)

2 の書斎 1 ですよ, に見せました, のところ, の書, の書齋

▼ すぐお返し~ (7, 0.0%)

2 いたしますが 1 します, するわ, できます, になりました, に上る

▼ すぐかえって~ (7, 0.0%)

1 くるという, くるよう, こられるよう, もいい, 来た, 来て, 来る

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 げんを, さまを, てくれない, てくれる, てほしい, て話, ッと

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 ういふ, ういふ風, うした, こうして持ってる, そこにな, つと飛び込ん, とつた

▼ すぐつい~ (7, 0.0%)

2 て来た 1 ていた, てしまう, て来い, て来ました, て来る

▼ すぐでも~ (7, 0.0%)

1 いいわ, いいん, お雷さん, とりこめるよう, 下手人を, 踏込んで, 間に合うよう

▼ すぐもどっ~ (7, 0.0%)

1 たりしない, てき, てきた, てこられるだろう, て参る, て来, て来た

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 たさ, たもの, た手勢三百, て十七, て来た, て白馬, て駆け出しました

▼ すぐホテル~ (7, 0.0%)

1 に伺候, のランドリイ, へ帰る, へ行っ, へ電話, を出た, を出る

▼ すぐ一つ~ (7, 0.0%)

2 おいて 1 ではない, の庁堂, の心配, の提案, の膳

▼ すぐ上り口~ (7, 0.0%)

2 で草 1 に投, に校長室, に脱い, の間, の鼻先

▼ すぐ下山~ (7, 0.0%)

2 しようと 1 して, すること, する気, する者, できないつらい

▼ すぐ両手~ (7, 0.0%)

1 で眼, にいっぱい, にそれ, をさしのべ, をつかえ, をぴしゃり, をタクト

▼ すぐ何処~ (7, 0.0%)

1 かで紐, かに飛ん, かへ吸い込まれる, かへ行った, かへ行つたぢ, かへ飛ん, からでも目

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 い室, てくれ, てくれる, て下さいつ, て又, ると, るやう

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 のとおり, のポスト, の件, の円い, の流行性感冒, の緑, の酒

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 に働け, の名, の耳, の脚本, は今, も出立, を反噬

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 と道誉, の何進, の前, の月清, の神経, の身, へ忠告

▼ すぐ其の~ (7, 0.0%)

1 世の中の, 傍から, 傍の, 子爵夫人の, 晩辻の, 火事と, 翌月の

▼ すぐ出来る~ (7, 0.0%)

1 から印, ことじゃ, ことである, と云ってた, のに首, 技では, 自信ついた

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

2 を鞘 1 に屆, に届く, に手, をふり上げ, を抜いた

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

2 の方 1 の丘陵帯, の方角, の砂漠, の香坂越, へ下る

▼ すぐ叔父~ (7, 0.0%)

2 の所 1 に向った, に暇乞い, の後, の方, の賀相

▼ すぐ取って返し~ (7, 0.0%)

1 て三百万, て押入, て来, て来た, て来る, て自分, て芝口

▼ すぐ同意~ (7, 0.0%)

3 した 1 したという, して, しました, を示し

▼ すぐ向側~ (7, 0.0%)

1 で何, と覚, にある, に安, に立っ, の家並, の石段

▼ すぐ坑夫~ (7, 0.0%)

2 になれりゃ, になれる 1 になっ, になる, になろう

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 だと, だなと, な顔, な鳴き声, におとり, になっちまう, に思っ

▼ すぐ夢中~ (7, 0.0%)

3 になっ, になる 1 になった

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

2 の方 1 と仲よく, に訊ねた, の上, は傍, を遮

▼ すぐ左右~ (7, 0.0%)

1 から飛びかかっ, に問うた, に散開, の将, の小姓たち, の者, を一気に

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

2 続いて 1 寄せる力, 揚げよ, 揚げよとか, 移さうと, 移ること

▼ すぐ彼ら~ (7, 0.0%)

1 から別れ, の兄妹, の気持, の背後, の足下, を二列縦隊, を呼び出した

▼ すぐ微笑~ (7, 0.0%)

3 して 1 が消えた, だと, に消し, を消し

▼ すぐ怒る~ (7, 0.0%)

2 からいけません 1 からいけない, からいや, だけに又すぐ, ところなど, んだ

▼ すぐ持つ~ (7, 0.0%)

3 て来 1 つもりじゃ, て行, て行き, て行く

▼ すぐ曹操~ (7, 0.0%)

1 にまみえ, に会い, に文書, のところ, の居館, の耳, の面前

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 とした, になっ, に移った, の中, の口, を駈けぬけ, 隣りであった

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 でなくなる橋, のそば, の上, の下, を引きかえし, を渡っ, を渡つて

▼ すぐ次の間~ (7, 0.0%)

1 から, から引きかえそう, でもう, で花嫁, に案内, の梯子段, の襖

▼ すぐ正月~ (7, 0.0%)

1 がき, だ, だなあ, であった, また旅路, をまたい, 久しゅう母子一緒

▼ すぐ決心~ (7, 0.0%)

1 がついた, した, した毎夜課業, して, すること, をきめ, をし

▼ すぐ消える~ (7, 0.0%)

2 には消えた 1 さかい, と, のを, もんつまり, 淡いにおい

▼ すぐ消し~ (7, 0.0%)

2 てしまう, てしまった 1 ておく, て紙, に行かれました

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

2 の側 1 に出た, へぬけ, へ追, や田圃, や鶏舎

▼ すぐ目前~ (7, 0.0%)

1 にせまつ, に聳え, に迫っ, に迫った, に迫りあう, に顕, の砂利

▼ すぐ眠く~ (7, 0.0%)

1 てたまらなく, なった, なったが, なる, なるくせ, なるの, なる死んだよう

▼ すぐ着物~ (7, 0.0%)

1 にくつ, に拭く, に目, をきかえろ, を着換えた, を脱い, 着る

▼ すぐ結婚~ (7, 0.0%)

2 というわけ 1 して, しよう泊り, でもなさる, を強制, を申込まれた

▼ すぐ聯想~ (7, 0.0%)

2 せられるの 1 された, される柴田錬三郎, した, して, する

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

3 の下 1 が生え, の生え, をひっ込めた, を引っぱり

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 かがいう, かがまた, かが言った, か来, か行った, が居, にもたのまず書いた

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

3 将に 1 大将を, 将の, 将を, 所の

▼ すぐ足許~ (7, 0.0%)

2 からも, のところ 1 にも死, のいつか, へどっかり

▼ すぐ返し~ (7, 0.0%)

2 てくれ 1 てください, てもらいたい, てやらう, て下さいませ, て敵

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 の高氏, へいくなら, へのぼれ, へ引, へ急使, へ立たね, へ立ち帰っ

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 が沁み, が泌, だ, になっ, の中, の降る, を思った

▼ すぐ電報~ (7, 0.0%)

3 を打っ 1 で知らせる, をうっ, を出した, を書い

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

1 に出し, の上, の近く, や姿, をぱあ, を染め, を赤く

▼ すぐ~ (7, 0.0%)

2 で消えた 1 がどう, に乗っ, に攫っ, に消えるであろう, に盗られ

▼ すぐ馴れ~ (7, 0.0%)

2 てしまう, てしまふ 1 てしまっ, てしまった, てしまつ

▼ すぐあちら~ (6, 0.0%)

1 の家, の縁側, へ, へお立ち, へまいりまし, へ参ゆ

▼ すぐあれ~ (6, 0.0%)

1 だ, だもの, と同じ, なのよ, なん, を渡し

▼ すぐおれ~ (6, 0.0%)

1 について行く, のところ, の祖先, はここ, もここ, を東京

▼ すぐお出で~ (6, 0.0%)

2 を願います, 下さるやう 1 をねがいたい, 下さい

▼ すぐお寺~ (6, 0.0%)

21 か監獄, の横, へおしらせ, へやっ

▼ すぐお茶~ (6, 0.0%)

2 を入れます 1 もわかせ, をお, を入れさせる, を召され

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 てしまった, て下さい, て立ち, にする, ッぺ返しを, 初めた

▼ すぐそっち~ (6, 0.0%)

1 に気, の方, へいっ, へ歩いた, へ自分, へ行く

▼ すぐなおる~ (6, 0.0%)

2 のです, よ 1 から心配, さ

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 近に 1 への大きい, へを歩い, ん前の, 近かで

▼ すぐやん~ (6, 0.0%)

2 でしまった 1 でいつ, でしまいました, でしまうだろう, でサヤサヤ

▼ すぐベッド~ (6, 0.0%)

1 に倒れ, に寝, の上, へひきかえし, へ寝かす, へ行っ

▼ すぐ一緒~ (6, 0.0%)

1 にき, にどっか, にならなけれ, になれる, に行きます, に行こう

▼ すぐ三千代~ (6, 0.0%)

2 の心, の所, の様子

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 が止る, の瓶, は放し, をもっ, をもつ, を赤児

▼ すぐ京都~ (6, 0.0%)

1 へまいっ, へ向っ, へ往, へ行こう, へ足, をおびやかしうる

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 で知っ, には以前, に出し, をもてあます, を与えなけれ, を起し

▼ すぐ俊亮~ (6, 0.0%)

2 に言った 1 がたずねた, だと, とお祖母さん, をとりかこんだ

▼ すぐ其處~ (6, 0.0%)

1 が店, なん, に涼しい, に立つ, の擔當者, の襖

▼ すぐ出る~ (6, 0.0%)

1 ことが, つもりで, のよ, わい, んだ, 処へ

▼ すぐ出立~ (6, 0.0%)

2 して 1 させるが, するから, せい, の用意

▼ すぐ前面~ (6, 0.0%)

1 にありし, に探し出される, に馥郁, の人穴城, の岩の上, の茂み

▼ すぐ反応~ (6, 0.0%)

2 を呈する 1 がある, して, する, を呈し

▼ すぐ取っ~ (6, 0.0%)

1 て, てこれ, てまいります, て参りましょう, て喰, て来る

▼ すぐ向い~ (6, 0.0%)

1 でご存じ, にあった, にある, に茅屋根, の小路, の書斎

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 と僕, に林田, に逢いたくなる, の家, の所, を見つけた

▼ すぐ周囲~ (6, 0.0%)

2 をぞろぞろ 1 でさ, のあらゆる, の環境, を見まわし

▼ すぐ呼ん~ (6, 0.0%)

1 できたげる, でまいります, で上げます, で手当て, で来い, で来ます

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 の三門, へ伴う, へ届けられた, へ帰ろう, を空, を訪れ

▼ すぐ城門~ (6, 0.0%)

2 をひらい 1 の内, へ向っ, へ馬, まで出迎え

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 におそわれる, にまで出, に見, をかきたてる, を見, 之助

▼ すぐ大声~ (6, 0.0%)

1 で, でどなっ, で歌いはじめる, につっ込ん, に笑い出した, をあげ

▼ すぐ好き~ (6, 0.0%)

3 になった 2 になる 1 になつ

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 をよび付け 1 になれる, のところ, の出, の評判

▼ すぐ孔明~ (6, 0.0%)

1 の中軍, の本陣, は鉄甲, を呼び, を諫め, を迎え

▼ すぐ寝た~ (6, 0.0%)

1 がなかなか, 今夜は, 句も, 対座する, 方が, 熟睡夢も

▼ すぐ寝所~ (6, 0.0%)

2 を出 1 から出, へ入った, を出た, を抜け出し

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 の上 1 で崖, につきあたり, の下, の傍

▼ すぐ帰った~ (6, 0.0%)

2 のです 1 が目的, し来る, とのこと, と答えた

▼ すぐ帰れ~ (6, 0.0%)

1 ってこんな, とあれ, という母親, という速達, と云, なんて

▼ すぐ引きかえし~ (6, 0.0%)

1 あちこち見廻し, て三時頃, て左, て来, て自分, て黙々

▼ すぐ彼等~ (6, 0.0%)

1 と知合い, に親しんだ, の方, の村, は飛び起き, をこっち

▼ すぐ忘れる~ (6, 0.0%)

1 からそう, から後腐れ, ことが, のでしょう, 事も, 愚か者めが

▼ すぐ快く~ (6, 0.0%)

1 おなりに, なつた, なるだらうて, 承諾された, 承諾し, 承諾した

▼ すぐ思い出し~ (6, 0.0%)

21 ていた, てくれるだろう, て下さっ, て噂

▼ すぐ戻る~ (6, 0.0%)

1 が長々, ついでに, と呉氏, はずの, よ, わ

▼ すぐ手当~ (6, 0.0%)

3 をし 1 をしねえ, をする, をすれ

▼ すぐ振向い~ (6, 0.0%)

1 て, てその, て眺めた, て立去, て逃げ去っ, て逃げ去つ

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 賀の 1 政府に, 武器の, 蔵が, 賀が

▼ すぐ新しい~ (6, 0.0%)

1 のを, 人生を, 普請を, 草鞋を, 貝が, 音が

▼ すぐ新聞~ (6, 0.0%)

2 を膝 1 にそれ, を棄てた, を目八分, を見る

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 を告げ 1 をとっ, を出す, を告げかけた, を貰っ

▼ すぐ暗い~ (6, 0.0%)

1 ものを, 不安に, 中で, 心に, 表情に, 顔に

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

3 をぬい 1 をぬいだ, をぬげ, を着

▼ すぐ本陣~ (6, 0.0%)

1 から急いだ, から様子, から進軍令, の幕舎, へ飛ばし, を離れた

▼ すぐ横町~ (6, 0.0%)

1 にはいった, に曲がりました, の有島家, の路地, の路次, へ飛び込ん

▼ すぐ次ぎ~ (6, 0.0%)

1 にアルマン, に続け, に肩, の妹, の枝, の瞬間

▼ すぐ正面~ (6, 0.0%)

1 にある, に大きな, の小島, の方, は小さい, より少し

▼ すぐ武蔵~ (6, 0.0%)

1 が立っ, のところ, の人物, の眼, はそこ, はまた

▼ すぐ母親~ (6, 0.0%)

1 にあまったれ, にパラソル, のそば, のもと, は, を見る

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 になる 1 になっ, になった, もしとど, 拭きとか

▼ すぐ泣く~ (6, 0.0%)

3 んだ 1 と云う, ふうの, ように

▼ すぐ済ん~ (6, 0.0%)

3 でしまう 2 でしまいます 1 でまた

▼ すぐ湯殿~ (6, 0.0%)

1 で幅濶, の方, へ入る, へ廻っ, へ東京, へ通ろう

▼ すぐ玄徳~ (6, 0.0%)

1 に帰り, に追いつい, のほう, の営, へ向っ, へ求めた

▼ すぐ疲れ~ (6, 0.0%)

1 てしまいます, てしまうらしい, て二等席, て力, て曇つて來, て来る

▼ すぐ白い~ (6, 0.0%)

1 つばを, ボールが, 前掛けを, 瀬戸物の, 眼を, 足に

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 して, で蟹田, なが, に詫, に通知, を好い

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 に迫っ, に迫り, に針, の上, をしかめた, をピリッ

▼ すぐ看破~ (6, 0.0%)

2 した 1 されるに, して, しました, できる

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 うしろに, をなし, 事の, 背後の, 近かに, 近の

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 に出かけ, の方, へ向け, へ来, へ行っ, へ電話

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 にあ 1 から庭, から犀川, にある, まで線路

▼ すぐ耳もと~ (6, 0.0%)

1 でささやいた, でしゃべりつづけ, でしゃべりつづけます, でどいつだ, で笛, で聞こえ

▼ すぐ胡坐~ (6, 0.0%)

6 をかいた

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 の前 1 から手, に抱く, を拍, 近く坐らせた

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

2 を命じた 1 にした, をくむ, を入れよう, を汲み

▼ すぐ茶の間~ (6, 0.0%)

1 から見える, に顔, の光景, へ出, へ這入った, へ通された

▼ すぐ草履~ (6, 0.0%)

2 を穿いた 1 にのせ, へ足, を穿く, を穿こう

▼ すぐ行きます~ (6, 0.0%)

2 から 1 からって, がその, ってそう, わ

▼ すぐ行つて~ (6, 0.0%)

1 こい, もよう, 丁度駅, 見て, 見よう, 見ると

▼ すぐ裏口~ (6, 0.0%)

1 から彼, から抜け出, に面し, の外, の方, へ戻っ

▼ すぐ裏手~ (6, 0.0%)

1 が晩, だ, に出張所, の馬淵, へ立て, を誰

▼ すぐ話題~ (6, 0.0%)

2 を変えた 1 が別, になる, をうつした, を換え

▼ すぐ調子~ (6, 0.0%)

3 に乗る 1 をかへて言, を張りあげる, を抑えた

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 からそんな, からはいる, だと, の蓋, を絶たな, 取を

▼ すぐ身支度~ (6, 0.0%)

1 した, して, にかかった, もすまし, をし, をせい

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

4 処の 1 さうなので, 邊です

▼ すぐ追いかけ~ (6, 0.0%)

1 てお呼び, てこれ, て人間, て旅籠, て来る, て途中

▼ すぐ降り~ (6, 0.0%)

1 て中庭門, て來, て来る, て行った, て鵠沼, 家までの

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 でぞんぶん, を執った, を当てる, を打っ, を西北, を返し

▼ すぐ顔色~ (6, 0.0%)

2 を変え 1 が変わっ, に出す, を和らげ, を変える

▼ すぐ飽き~ (6, 0.0%)

2 てしまう, てしまふ 1 て倦怠, て次

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 から這い出し, になっ, のあと, の側, の屋根, を上げる

▼ すぐ~ (6, 0.0%)

1 にある, の桑実寺, の樹, の法師温泉, の海岸, へ向っ

▼ すぐあいつ~ (5, 0.0%)

1 に十七日, の在所, を捜し, を片づけ, を追いかけ

▼ すぐあそこ~ (5, 0.0%)

1 に見える, の浜, へいっ, へ来, をお

▼ すぐいや~ (5, 0.0%)

2 になる 1 な心持, になっ, になった

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

21 か, しろからさ, らの

▼ すぐお知らせ~ (5, 0.0%)

1 します, するはず, するわ, に駆けつけた, 下さい

▼ すぐかえる~ (5, 0.0%)

1 からおじさま, ためにね, といってた, と手旗信号, んだろう

▼ すぐかたわら~ (5, 0.0%)

1 からもう, に網行燈, の大将史渙, の松の木, の矢

▼ すぐくる~ (5, 0.0%)

2 ように 1 といいました, にきまっ, のは

▼ すぐさり気~ (5, 0.0%)

2 なく 1 ないようす, ない声, ない面

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

5 ぶんの

▼ すぐじゃ~ (5, 0.0%)

1 すぐじゃ, ない, ないあの, ないか, 毒だ

▼ すぐでございます~ (5, 0.0%)

3 から 2

▼ すぐなおります~ (5, 0.0%)

41 さかいお

▼ すぐなくなっ~ (5, 0.0%)

1 てしまいます, てしまう, てしまった, て了うし, て燈

▼ すぐにかの~ (5, 0.0%)

1 のっぺらぼうの, 女は, 女を, 手紙を, 黒犬を

▼ すぐやる~ (5, 0.0%)

1 けい古不足で, ことに, ので是非, んだ, 大した受け方

▼ すぐよく~ (5, 0.0%)

2 なるの 1 なるでしょうし, なるに, なるよ

▼ すぐわかります~ (5, 0.0%)

31 がふるぼけた, よ眼

▼ すぐドア~ (5, 0.0%)

1 があいた, がしまった, が開かれた, のそ, を開け

▼ すぐ上陸~ (5, 0.0%)

2 して 1 した, し兵七百, をくわだてた

▼ すぐ事実~ (5, 0.0%)

2 となっ 1 だと, になった, を彼等

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

2 つた, ひました 1 つて

▼ すぐ以前~ (5, 0.0%)

1 とは言, にもむつみ, のよう, の思いやり, の鬼柴田

▼ すぐ会っ~ (5, 0.0%)

1 て, てくれた, てくれました, て彼, て返辞

▼ すぐ何とか~ (5, 0.0%)

1 いいたがる人々, いうはず, かんとか, すること, 付けなければ

▼ すぐ信長~ (5, 0.0%)

1 の前, の耳, の身, は正面, を営中

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

3 いて 1 きたあ, きて

▼ すぐ其所~ (5, 0.0%)

1 だ, だよ, の鶏鳴館, へ坐り込ん, へ胡坐

▼ すぐ出来ます~ (5, 0.0%)

31 わ, 記念の

▼ すぐ分っ~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 てくる, てくれ, てたかい

▼ すぐ判ります~ (5, 0.0%)

1 からそんな, と云った, 地位の, 淫婦を, 貴女の

▼ すぐ前後~ (5, 0.0%)

1 に起っ, の社会的事情, の足音, をつつみ, を見まわした

▼ すぐ前方~ (5, 0.0%)

1 の八幡原, の広縁, の扉, の谷陰, へとグイ

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

2 になる 1 になっ, になっちまう, になりました

▼ すぐ反対~ (5, 0.0%)

1 しました, な苦笑, の声, も起った, を表明

▼ すぐ味方~ (5, 0.0%)

1 となり, につける, の宇野伝十郎, の衆目, を呼び集め

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 がある, のつかない, の上, を掘り, を耕し

▼ すぐ土間~ (5, 0.0%)

1 から往来, で敷居, の草履, へとび降り, へ降り

▼ すぐ報告~ (5, 0.0%)

2 して 1 ができるだろう, をした, を頼む

▼ すぐ塾長室~ (5, 0.0%)

2 にはいっ 1 にはいり, に行き, に飛ん

▼ すぐ壊れる~ (5, 0.0%)

2 ことが 1 ものなり, ような, ように

▼ すぐ女房~ (5, 0.0%)

1 が妬く, に巻, に持つ, に葛根湯, をもらっ

▼ すぐ学校~ (5, 0.0%)

1 に出, に通い出した, のこと, へ出懸けた, へ行く

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 に入った, に抱え込ん, の外, へ入る, を出た

▼ すぐ家康~ (5, 0.0%)

1 に知らせた, の前, の将座, へ伝令, へ急

▼ すぐ寄っ~ (5, 0.0%)

2 て来 1 て打ち所, て来た, て行っ

▼ すぐ寝る~ (5, 0.0%)

1 つもり, という, 支度を, 石油も, 酒よりも

▼ すぐ対岸~ (5, 0.0%)

1 だ, であった, の大湊, の山岳, の高松

▼ すぐ小さな~ (5, 0.0%)

1 川が, 木立に, 柾屋が, 池と, 片に

▼ すぐ小説~ (5, 0.0%)

2 なぞを書くんださうだ 1 としてまとめられない, に書けたら, の中

▼ すぐ尻尾~ (5, 0.0%)

1 に現れた, を出し, を出す, を振, を掴まえられる

▼ すぐ崖下~ (5, 0.0%)

1 から聞え, に一人, に住ん, に咬みあう, に狐

▼ すぐ帰つ~ (5, 0.0%)

1 ちや不可ない, てきた, てくる, て来るだらう, て行く

▼ すぐ帰り~ (5, 0.0%)

1 そうな, を命じた, パン食し, 仕度を, 明日早い

▼ すぐ引き返し~ (5, 0.0%)

21 てす, て同じ, て来た

▼ すぐ張飛~ (5, 0.0%)

1 の縄, もおどり出, を向け, を呼ん, を荊州

▼ すぐ役に立つ~ (5, 0.0%)

1 ことに, しかも一番重要, のであった, ように, 資料を

▼ すぐ御返事~ (5, 0.0%)

1 があった, がある, しますから, をいただきとうございます, を上げます

▼ すぐ思った~ (5, 0.0%)

1 からだった, がでも, が日課, ことだった, のである

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 きこんだ, に忠相, 傾斜の, 行列車で, 角度に

▼ すぐ恭一~ (5, 0.0%)

1 と次郎, に合槌, に向かっ, のあと, のほう

▼ すぐ意識~ (5, 0.0%)

1 となっ, のうち, はよび戻した, はよみがえった, を取り戻した

▼ すぐ感じた~ (5, 0.0%)

2 からである 1 がなんと, ことは, 不安が

▼ すぐ日吉~ (5, 0.0%)

1 の側, の姿, の横顔, の顔, を引き摺っ

▼ すぐ書物~ (5, 0.0%)

1 に遠ざかっ, の上, を伏せ, を受け取っ, を離れ

▼ すぐ枕元~ (5, 0.0%)

1 で, に腰, の地獄, の太刀, へ来

▼ すぐ次郎~ (5, 0.0%)

1 にたのむ, に言った, の小刀, の手, の気持

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

2 の痙攣 1 ぬるの, の予感, を考え

▼ すぐ気づく~ (5, 0.0%)

1 ことだ, ことだろう, ような, わけには, 程きわだっ

▼ すぐ注意~ (5, 0.0%)

2 した 1 が擾, して, を集中

▼ すぐ浅草~ (5, 0.0%)

1 の富士小学校同窓会, の方, へ, へ取り寄せ, へ帰り

▼ すぐ消えた~ (5, 0.0%)

1 が謙蔵, すぐ消えた, と余, のかも, んです

▼ すぐ済む~ (5, 0.0%)

2 から 1 さ, すぐ済む, わよほら

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 がつく, がつくだろう, ッ方は, 膝を, 袖を

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 の仆, の頸, の首, を二階, を見る喜ん

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

3 の上 1 についた, のうえ

▼ すぐ発足~ (5, 0.0%)

1 した, したらしいが, しようじゃ, するが, すること

▼ すぐ知らせる~ (5, 0.0%)

1 といっ, と小穴, と約束, のだ, ように

▼ すぐ祖母~ (5, 0.0%)

21 と母, にうつし, は激しく

▼ すぐ立ち上がっ~ (5, 0.0%)

1 て, ていた, て土間, て猫, て紳士たち

▼ すぐ笑顔~ (5, 0.0%)

3 になり 1 になっ, にもどり

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 が執れる, と茶碗, をとりかけた, を持った, を置い

▼ すぐ細君~ (5, 0.0%)

1 に知れ, に質問, の命令, の注意, を不快

▼ すぐ耳元~ (5, 0.0%)

1 で大きく, で歌っ, で話す, に近づい, に迫り

▼ すぐ蒲団~ (5, 0.0%)

1 から出る, の上, の下, をかぶっ, を蹴っ

▼ すぐ藤枝~ (5, 0.0%)

1 から林田, がきいた, が例, のあと, の事務所

▼ すぐ見せ~ (5, 0.0%)

1 てあげましょう, てあげませう, てくれた, てやる, て下さい

▼ すぐ見つかっ~ (5, 0.0%)

2 てしまう 1 てしまいます, てしまった, て話

▼ すぐ見る~ (5, 0.0%)

2 ように 1 ことが, ことであろう, 氣にも

▼ すぐ覚っ~ (5, 0.0%)

3 ていた 1 て, て遁げよう

▼ すぐ走り~ (5, 0.0%)

4 戻って 1 軍人会館

▼ すぐ身体~ (5, 0.0%)

2 を拭い 1 が腑, に障っ, に障つ

▼ すぐ辞し~ (5, 0.0%)

1 て四条, て毛利, 去ること, 座へ, 鶴舞公園で

▼ すぐ通り~ (5, 0.0%)

2 になる 1 だし, の曲り角, へ出

▼ すぐ邸内~ (5, 0.0%)

1 から師直方, から顔, の召使, の異様, の鶉小屋

▼ すぐ間に合う~ (5, 0.0%)

1 あの, だけの材料, というよう, ものを, わけである

▼ すぐ間近く~ (5, 0.0%)

1 お現われ, に日本, まで来た, 見えて, 迫ったよう

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

2 の中 1 にまぎれ, のなか, へこう

▼ すぐ階段~ (5, 0.0%)

1 になっ, をおりよう, を上らず, を軋らせ, を馳

▼ すぐ障子~ (5, 0.0%)

1 が締, の中, をすらり, を開け, を開けた

▼ すぐ隣室~ (5, 0.0%)

1 から水, で泣き叫ぶ, には万一, に座, へ急い

▼ すぐ隣家~ (5, 0.0%)

1 だったので, の座敷, の格子, へでも行く, 即ち南隣

▼ すぐ頭上~ (5, 0.0%)

2 に墜ち 1 には一層, には土堤, に閃く

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

3 のうえ 1 から鼻, のうへをいつ

▼ すぐ飛び出し~ (5, 0.0%)

1 てその, て来, て火事場, て神田, て行

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

2 の方 1 の俥, の近く, へおかえり

▼ すぐ~ (5, 0.0%)

1 が聞こえ出した, になっ, になる, をかい, をたて

▼ すぐあたし~ (4, 0.0%)

1 といっしょ, と帰っ, のあと, のうち

▼ すぐおり~ (4, 0.0%)

1 てお出で, てき, てこい, て来ました

▼ すぐお金~ (4, 0.0%)

1 がはいる, のこと, を渡されました, を送っ

▼ すぐこういう~ (4, 0.0%)

1 ふうに, 場合に, 答えが, 返事が

▼ すぐこうした~ (4, 0.0%)

1 ちぐはぐな, わがままな, 明るい光線, 目に

▼ すぐごろりと~ (4, 0.0%)

1 その上, 仰向きに, 寝て, 横に

▼ すぐさき~ (4, 0.0%)

1 がピヤノ, が沖, が海, に表方

▼ すぐつかまっ~ (4, 0.0%)

3 てしまう 1 てしまいましょう

▼ すぐできる~ (4, 0.0%)

1 かと思います, のだ, もので, 種類の

▼ すぐでなく~ (4, 0.0%)

1 てはいけない, てはならない, ともよい, 一と

▼ すぐとん~ (4, 0.0%)

1 でいっ, でいったろう, でしまいました, で行きたい

▼ すぐにとは~ (4, 0.0%)

1 いわぬ, なぜ云わん, 申しません, 言わないで

▼ すぐばらばら~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 と墓, に壊され

▼ すぐひろ子~ (4, 0.0%)

1 にとめられた, に会, の方, は

▼ すぐまじめ~ (4, 0.0%)

4 になっ

▼ すぐまだ~ (4, 0.0%)

1 やり遂げられなかった, 夏に, 煙が, 釘店の

▼ すぐみち~ (4, 0.0%)

4 を開い

▼ すぐるる~ (4, 0.0%)

1 も塵界, オレステス, 彼を, 者は

▼ すぐわかりました~ (4, 0.0%)

1 か, が一杯, が軽業小屋, けれど

▼ すぐわかるだろう~ (4, 0.0%)

1 が私, これから行っ, と思われる, に

▼ すぐわれ~ (4, 0.0%)

2 に返る 1 て, に返っ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 向いて 1 ばさんに, 見つめた

▼ すぐテーブル~ (4, 0.0%)

1 の上, の下, の前, の近く

▼ すぐパリ~ (4, 0.0%)

1 の在り, へ出かけた, へ戻る, へ立つ

▼ すぐピストル~ (4, 0.0%)

1 をうたなけれ, をぶっぱなす, を出す, を撃て

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 っ走り益満さん, ねむりして, 曲り上, 跨ぎの

▼ すぐ一室~ (4, 0.0%)

1 から一室, へ吉次, へ監禁, を閉じ

▼ すぐ上っ~ (4, 0.0%)

1 てくれ, て来, て来た, て来るだろう

▼ すぐ不安~ (4, 0.0%)

1 にとらわれた, になっ, に変, の念

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 がわ, 眼に, 肘が, 肱を

▼ すぐ乳母~ (4, 0.0%)

1 にあずけられた, に抱かれ, を寝ませる, を雇い入れた

▼ すぐ二つ~ (4, 0.0%)

2 に分れ 1 の塗駕籠, 鳴らして

▼ すぐ仕事場~ (4, 0.0%)

1 が続きます, になり, へいく, を立ち去る

▼ すぐ仲間~ (4, 0.0%)

1 がその, の一人, の新聞, の蛇

▼ すぐ伸子~ (4, 0.0%)

1 が隣室, は, はクラマール, は壁

▼ すぐ低い~ (4, 0.0%)

1 ようで, 声にな, 手摺で, 答えが

▼ すぐ信じ~ (4, 0.0%)

1 てしまった, て何, て真夜中, 易い千世子

▼ すぐ停車場~ (4, 0.0%)

1 へまだ, へ直行, へ私, へ行け

▼ すぐ入れ~ (4, 0.0%)

2 かわりに 1 かはり, てやります

▼ すぐ出かけよう~ (4, 0.0%)

1 ぜ, とした, とはしなかった, と意気込ん

▼ すぐ出した~ (4, 0.0%)

1 がその, ぜ, のです, 早馬に

▼ すぐ出掛ける~ (4, 0.0%)

1 から, としよう, と致そう, 用意を

▼ すぐ分かる~ (4, 0.0%)

1 はずであります, やうな, よ, 詩壇の

▼ すぐ判っ~ (4, 0.0%)

1 てあと, ていた, て乾板, て了

▼ すぐ別れ~ (4, 0.0%)

1 てし, てしまう, てもいい, て酒三杯

▼ すぐ助け~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てやる, にやつ, に來

▼ すぐ千世子~ (4, 0.0%)

1 は, は大きな, は聞い, は銘仙

▼ すぐ参れ~ (4, 0.0%)

1 という使い, といえ, と伝えよ, と伴っ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 にする 1 になつ, を改め

▼ すぐ同化~ (4, 0.0%)

2 した 1 しえても, すること

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 たんていの, も何, 乘つ, 乘りかけ

▼ すぐ呼び~ (4, 0.0%)

2 にやった 1 にやりましょう, に来る

▼ すぐ喧嘩~ (4, 0.0%)

1 となりかねない, の繩ばり, を仕かけ, を吹き懸ける

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 の外 1 で裏木戸, になっ

▼ すぐ変る~ (4, 0.0%)

1 じゃない, もんや, ような, 顔いろはまだ

▼ すぐ外出~ (4, 0.0%)

2 した 1 しなけれゃいけないんですから, のしたく

▼ すぐ大きい~ (4, 0.0%)

1 あくびを, 声で, 影が, 花籠を

▼ すぐ大勢~ (4, 0.0%)

1 して, の中, の人々, の部将たち

▼ すぐ夫婦~ (4, 0.0%)

1 して, になろう, に旅装い, の胸

▼ すぐ失礼~ (4, 0.0%)

4 しますから

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 の方, の明るい, へと入, へ行つて

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 に質した, の卯木, の死体, の言葉

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 に, のお, の候人殿, は文

▼ すぐ家臣~ (4, 0.0%)

1 にその, に三箱, に命じ, を走らせ

▼ すぐ宿屋~ (4, 0.0%)

1 の二階, へ入っ, へ帰っ, まで一走り

▼ すぐ寝台~ (4, 0.0%)

1 から離れ, から飛びあがりました, にど, へ入る

▼ すぐ尊氏~ (4, 0.0%)

1 にも聞え, のむね, はきのう以来, はたちあがっ

▼ すぐ少年~ (4, 0.0%)

1 に聞きかえさず, の声, の肩ごし, の頃

▼ すぐ屋敷~ (4, 0.0%)

1 に居合す, の竹藪, へ帰っ, へ来る

▼ すぐ屋根~ (4, 0.0%)

1 になっ, に火, の上, の向う

▼ すぐ川下~ (4, 0.0%)

2 の方 1 に見える, のほう

▼ すぐ工場~ (4, 0.0%)

1 で金属, のはう, のほう, を休む

▼ すぐ帰し~ (4, 0.0%)

1 てしまふ, てやっ, てやる, て仕舞え

▼ すぐ帰つて~ (4, 0.0%)

1 おやすみなさい, くるんだよ, こいと, 来た

▼ すぐ帽子~ (4, 0.0%)

1 のある, も冠ら, をかぶった, を脱

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 の若い, は暮れ, をとら, を取った

▼ すぐ床几~ (4, 0.0%)

1 から立った, の脇, をたたませ, を立っ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 が割れる, が見え, を割っ, 熱い昂奮

▼ すぐ引き取っ~ (4, 0.0%)

1 て, てもらえる, て興奮, て髯侍

▼ すぐ引っ~ (4, 0.0%)

2 こんで 1 かえして, こむ勿論

▼ すぐ引返した~ (4, 0.0%)

2 ことなども 1 とする, んです

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 に物語つて 1 と妹, の正季

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 っちゃったわ, ってしまわれる, ってやらなく, って旦那

▼ すぐ往く~ (4, 0.0%)

1 から, からお, よ, んだ

▼ すぐ思いだした~ (4, 0.0%)

2 ように 1 が今, わけです

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 付かれて 1 付いて, 附いた自分

▼ すぐ感じ~ (4, 0.0%)

1 ていた, てうれしく, て後ろ, て藤五

▼ すぐ戸外~ (4, 0.0%)

1 に飛び出し, へ出, へ出た, を駈け

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 つた善哉, つて來て, つて來ます, つて来た

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 の中 1 にマメ, のうえ

▼ すぐ援軍~ (4, 0.0%)

1 にお, のご, をお, を送り

▼ すぐ散歩~ (4, 0.0%)

2 に出た 1 するの, をする

▼ すぐ新子~ (4, 0.0%)

1 に, の手, の肩, の部屋

▼ すぐ旅装~ (4, 0.0%)

1 して, をととのえ, を整え, を調え

▼ すぐ明るい~ (4, 0.0%)

1 日本室の, 硝子戸を, 街の, 顔に

▼ すぐ朝倉先生~ (4, 0.0%)

1 が言った, といっしょ, と二人, のあと

▼ すぐ本庁~ (4, 0.0%)

1 に送, へたのむ, へ知らせる, へ行かれます

▼ すぐ本気~ (4, 0.0%)

2 にする, になる

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 にすがった, のため, の後, を捨て

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 が, の家, の後, をビクター

▼ すぐ案内~ (4, 0.0%)

1 して, せい鄭重, にたつ, をする

▼ すぐ様それ~ (4, 0.0%)

1 が何, が実験的方法, が民衆, は識別

▼ すぐ死に~ (4, 0.0%)

2 そうな 1 そうには, 二番目の

▼ すぐ殺し~ (4, 0.0%)

1 てしまいました, てしまわね, てもいい, て下さい

▼ すぐ気づい~ (4, 0.0%)

21 て不思議そう, て肯いた

▼ すぐ気づかれ~ (4, 0.0%)

21 てしまいます, てホッ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 にとん, のほう, の向う側, の端

▼ すぐ決定~ (4, 0.0%)

1 されべき性質, した, を下す, 出来る程

▼ すぐ沈ん~ (4, 0.0%)

1 でしまった, で彼, で水, で行った

▼ すぐ治る~ (4, 0.0%)

1 と言, にきまっ, よ, よ苦く

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 にまみれた, に黴, をはく, を吐い

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 なの, に出, の方, へ出

▼ すぐ海岸~ (4, 0.0%)

1 にちかい, に迫つて, へ引っ張っ, へ日本茶館

▼ すぐ無くなっ~ (4, 0.0%)

2 てしまう 1 てしまった, て無くなった

▼ すぐ現われる~ (4, 0.0%)

21 かと思っ, はずの

▼ すぐ現場~ (4, 0.0%)

1 にかけつけた, の近所, へ案内, へ馳

▼ すぐ理解~ (4, 0.0%)

1 されなかった, されなかつた, されるよう, できると

▼ すぐ病気~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 で死ん, になります

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 別れて, 変らずの, 府から, 府に

▼ すぐ眼近~ (4, 0.0%)

2 に見える 1 にあ, にあった

▼ すぐ知った~ (4, 0.0%)

2 のである 1 とみえ, ものらしい

▼ すぐ知れた~ (4, 0.0%)

1 のだ, ので九鬼嘉隆, よ, 筈であった

▼ すぐ私たち~ (4, 0.0%)

1 の列車, の方, を光, を綺麗

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 になり申す, のよう, のシーズン, の扇

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 から外, があく, のはし, の所

▼ すぐ突き~ (4, 0.0%)

1 かえしたと, すすむよう, とめて, 當る

▼ すぐ立て~ (4, 0.0%)

1 ばいい, ば白川, 今夜にも, 膝に

▼ すぐ笑い~ (4, 0.0%)

1 ながら云い出した, ながら大きな, にまぎらし, を呑んだ

▼ すぐ答え~ (4, 0.0%)

1 ができなかった, て, に移った, もし得なかった

▼ すぐ答えた~ (4, 0.0%)

1 がその, がそれでも, が小さい, のは

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

2 を切っ 1 を引く, を繰る

▼ すぐ素子~ (4, 0.0%)

1 が, がよっ, が否定, に告白

▼ すぐ終る~ (4, 0.0%)

1 からな, から待っ, すぐ終る, ところだ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 にかかりましょう, を打つ, を解い, を解かせる

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

3 の方 1 まで来る

▼ すぐ翌年~ (4, 0.0%)

2 の小牧 1 は天慶元年, また一千石

▼ すぐ老人~ (4, 0.0%)

1 だなと, であること, の声, の詞

▼ すぐ考え~ (4, 0.0%)

1 がまとまっ, ている, てそれ, てよかっ

▼ すぐ考えつく~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことだろう, ところだ, のは

▼ すぐ聞い~ (4, 0.0%)

1 ている, ておられた, てもいい, て馬

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 に聞えた, に聳え, を伸ばせ, を向け

▼ すぐ背中~ (4, 0.0%)

2 にガラス戸 1 にせまっ, の瘤

▼ すぐ自由~ (4, 0.0%)

1 になる, に分離, に運転, を取もどし

▼ すぐ自身~ (4, 0.0%)

1 から先, の家来, の馬, を責め

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 ぞの, のところ, の咲い, を凋ませ

▼ すぐ苦しく~ (4, 0.0%)

1 なって, なつて, なつて來, なり出した

▼ すぐ荊州~ (4, 0.0%)

1 へ下っ, へ参られよ, へ引っ返し, へ早馬

▼ すぐ落ち~ (4, 0.0%)

1 ている, てしまう, ても差支え, てダメ

▼ すぐ落着~ (4, 0.0%)

2 いた 1 いて, かない

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 が効きました, を受け取り, を塗りかえ, を拵え

▼ すぐ行かれる~ (4, 0.0%)

1 といふ, よと云う, 所です, 所は

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 へいつも, へ出かける, へ出る, を横切っ

▼ すぐ裏側~ (4, 0.0%)

1 にある, には今, には美しい, の谷

▼ すぐ裏町~ (4, 0.0%)

1 に娘, の奥まった, の汚い, の湯屋

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 のかげ, の隣, を積み, を閉めた

▼ すぐ見え~ (4, 0.0%)

2 てきた 1 てくる, て来た

▼ すぐ見えなく~ (4, 0.0%)

2 なつた, なつて

▼ すぐ見えなくなった~ (4, 0.0%)

1 がここ, が屈曲, が父親, のだ

▼ すぐ見つかる~ (4, 0.0%)

1 くらいに切り返さなけれ, ことよ, にきまってる, ような

▼ すぐ見破っ~ (4, 0.0%)

3 てしまう 1 て彼ら

▼ すぐ解決~ (4, 0.0%)

2 した 1 する事, のつく

▼ すぐ言っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ておく, てみる, て聞かせよう

▼ すぐ説明~ (4, 0.0%)

1 した, し出した, によって諒解, をつづけよう

▼ すぐ諒解~ (4, 0.0%)

1 した, できました, できるじゃ, 出来ないという

▼ すぐ諸方~ (4, 0.0%)

1 の味方, へ人, へ伝令, へ立たせた

▼ すぐ赤児~ (4, 0.0%)

1 の綺倆, の顔, を, を見

▼ すぐ起きた~ (4, 0.0%)

1 けれどもう, そして街, 勢いだった, 火を

▼ すぐ起る~ (4, 0.0%)

2 夏祭の 1 にちがい, 私の

▼ すぐ足元~ (4, 0.0%)

1 がぐらつく, で白い, で鐘, に寝

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 に近づい, を回らし, を回らした, を返した

▼ すぐ輿~ (4, 0.0%)

1 に乗せ, のタレ, の戸, の者

▼ すぐ迎え~ (4, 0.0%)

1 に参じましょう, に来, の車, の駒

▼ すぐ追っかけ~ (4, 0.0%)

1 て, て来た, て行く, て行った

▼ すぐ退却~ (4, 0.0%)

4 した

▼ すぐ連想~ (4, 0.0%)

1 されがち, される, するの, にのぼっ

▼ すぐ部署~ (4, 0.0%)

2 につけ 1 につく, へ駈け向おう

▼ すぐ長い~ (4, 0.0%)

1 列の, 手紙を, 水晶山の, 着物を

▼ すぐ間もなく~ (4, 0.0%)

1 であったかも, テラテラした, 中学へ, 浜中氏帰宅昼一時も

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 が来, にかくれる, に入った, は下っ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 がか, がはれ, の中, 消して

▼ すぐ露見~ (4, 0.0%)

1 して, する, するから, すること

▼ すぐ静か~ (4, 0.0%)

2 になった 1 な調子, に上っ

▼ すぐ風呂場~ (4, 0.0%)

1 にいき, へ入り込んだ, へ行っ, へ行つて水

▼ すぐ飛びこんだ~ (4, 0.0%)

4 んだ

▼ すぐ~ (4, 0.0%)

1 ひつくもの, ひつけ, ひ付いて, ふこと

▼ すぐ駈け~ (4, 0.0%)

2 て来 1 て横, て行った

▼ すぐ駕籠~ (4, 0.0%)

1 が上, に乗せられ, に乗っ, のうち

▼ すぐあいさつ~ (3, 0.0%)

1 に来た, に行きます, をかえした

▼ すぐあらわれ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て彼女, て杖

▼ すぐいい~ (3, 0.0%)

1 ものなんか, 心持ちに, 気に

▼ すぐいろいろ~ (3, 0.0%)

2 入用な 1 考えて

▼ すぐいろんな~ (3, 0.0%)

1 ことに, 工場の, 色の

▼ すぐうなずい~ (3, 0.0%)

21 て小舎

▼ すぐおぼえ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, てしまった, てしまふ

▼ すぐお側~ (3, 0.0%)

1 に住ん, に行っ, へゆく

▼ すぐお出かけ~ (3, 0.0%)

1 になっ, になりました, になる

▼ すぐお通し~ (3, 0.0%)

1 して, 申させた, 申せと

▼ すぐお隣~ (3, 0.0%)

1 の国, の小母さん, よ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 すぐと, よい, 六畳奥が

▼ すぐくるり~ (3, 0.0%)

1 と向き直っ, と座敷, と弾

▼ すぐさては~ (3, 0.0%)

1 と感じなけれ, と考え, と読めました

▼ すぐしんみり~ (3, 0.0%)

2 して 1 した調子

▼ すぐすん~ (3, 0.0%)

2 でしまう 1 でしまいます

▼ すぐそういう~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことを, 話題に

▼ すぐそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 の支度, の陣所, 殺される準備

▼ すぐたずね~ (3, 0.0%)

1 てみた, てみる, 顔を

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 かではない, やない, や困る

▼ すぐつく~ (3, 0.0%)

1 ことかと, ものなら, ように

▼ すぐつたい思ひ~ (3, 0.0%)

1 がした, と共に一種, を致しました

▼ すぐつぶれ~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 てしまう

▼ すぐでした~ (3, 0.0%)

1 から, からもうかれこれ, よ

▼ すぐでなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばいけない 1 ば厭

▼ すぐとっつき~ (3, 0.0%)

1 が中, に表, の砂浜

▼ すぐとろとろ~ (3, 0.0%)

2 する 1

▼ すぐどうか~ (3, 0.0%)

1 しなければ, すると, なったの

▼ すぐどんな~ (3, 0.0%)

1 ご質問, 廷丁でも, 職人にでも

▼ すぐなくなる~ (3, 0.0%)

1 って, つて, のだ

▼ すぐなら~ (3, 0.0%)

1 ば何とか, 六百円も, 札幌の

▼ すぐなん~ (3, 0.0%)

1 です失礼, でも話し, にでもなら

▼ すぐにこにこ~ (3, 0.0%)

1 した, した執事, した顔

▼ すぐについて~ (3, 0.0%)

1 来られないの, 来るの, 来自分

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 てしまいまし, てしまいました, てしまう

▼ すぐねむく~ (3, 0.0%)

1 なり一時前, なる, なるよ

▼ すぐのみこん~ (3, 0.0%)

1 で, でしまう, で頂け

▼ すぐはいっ~ (3, 0.0%)

2 てき 1 て来た

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 ばの, ッこん, ツぱたくのでした

▼ すぐひきかえし~ (3, 0.0%)

1 てきた, てふたり, でお送り

▼ すぐひとり~ (3, 0.0%)

1 が下, が何人, で立ち上る

▼ すぐぷんと~ (3, 0.0%)

1 して, 怒るかと, 血の

▼ すぐべつ~ (3, 0.0%)

1 な十冊, な心, な群れ

▼ すぐまわり~ (3, 0.0%)

1 から歓談, のしずか, をひらいた

▼ すぐみな~ (3, 0.0%)

1 に通じた, に通じる, の心

▼ すぐむき~ (3, 0.0%)

1 になった, にならず, になり

▼ すぐもどる~ (3, 0.0%)

1 かと思, からといっ, ほどにのう

▼ すぐやってき~ (3, 0.0%)

1 てこれからすぐ, て曾呂利, て札

▼ すぐやつ~ (3, 0.0%)

1 てきた, て來, て来

▼ すぐよこす~ (3, 0.0%)

1 やうに, よ, 筈だ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 にほそき 1 な壺

▼ すぐわかり~ (3, 0.0%)

1 それからそれ, それでまたおっかさん, またその

▼ すぐイタリー~ (3, 0.0%)

2 へ行こう 1 へ帰っ

▼ すぐスイッチ~ (3, 0.0%)

1 をきろう, をひねっ, をひねります

▼ すぐピアノ~ (3, 0.0%)

1 で弾き始め, の蓋, は鳴り出した

▼ すぐピリッ~ (3, 0.0%)

2 と破け 1 と破れるらしい

▼ すぐピン~ (3, 0.0%)

1 と来る, と羽根, と頭脳

▼ すぐフランス~ (3, 0.0%)

1 とイギリス, の労働運動, の国境

▼ すぐボート~ (3, 0.0%)

1 がひろいあげます, をおろし, を海

▼ すぐママ~ (3, 0.0%)

1 が出, と云い直し, のところ

▼ すぐロビイ~ (3, 0.0%)

2 へ行きます 1 の新聞台

▼ すぐロンドン~ (3, 0.0%)

1 へいらっしゃるでしょう, へ東京, へ行つて

▼ すぐ一同~ (3, 0.0%)

1 に身支度, の神経, を笑わせた

▼ すぐ一方~ (3, 0.0%)

1 から出る, の大将, の敏感

▼ すぐ一杯~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 やる

▼ すぐ三人~ (3, 0.0%)

1 のため, はかたまっ, は帰途

▼ すぐ上洛~ (3, 0.0%)

1 して, のとき, の途

▼ すぐ上流~ (3, 0.0%)

3 の浅瀬

▼ すぐ下宿~ (3, 0.0%)

1 か何, へは戻らなかった, へもどらず

▼ すぐ下手~ (3, 0.0%)

1 から第, に緑, の汚い

▼ すぐ不審~ (3, 0.0%)

1 と感じられなかった, の正体, を起した

▼ すぐ世間~ (3, 0.0%)

1 からは忘れられる, で働く, へばれ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 のうしろ, の下, の下あたり

▼ すぐ並ん~ (3, 0.0%)

2 で歩き出した 1 で欄杆

▼ すぐ中庭~ (3, 0.0%)

1 から外, の池, へ出る

▼ すぐ乗っ~ (3, 0.0%)

1 ていただきます, てきた, て来

▼ すぐ了解~ (3, 0.0%)

2 した 1 された

▼ すぐ事務室~ (3, 0.0%)

1 にもどっ, の前, の掃除

▼ すぐ事務所~ (3, 0.0%)

1 に来, に電話, へ来い

▼ すぐ二三人~ (3, 0.0%)

1 が室, が渓流, が真似

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 へ入らん, へ知らせるべく, を立っ

▼ すぐ人目~ (3, 0.0%)

1 につく, に見られます, を思っ

▼ すぐ今夜~ (3, 0.0%)

1 にでも仕入れ, の明方, 行きなさい

▼ すぐ今度~ (3, 0.0%)

1 の汽車, は帽子, は若者

▼ すぐ何事~ (3, 0.0%)

1 か云いはじめた, が起った, もない

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が眼, に話しかけた, の出先

▼ すぐ作っ~ (3, 0.0%)

1 て出す, て呉れる, て渡す

▼ すぐ使~ (3, 0.0%)

1 が来, をやっ, を出す

▼ すぐ使える~ (3, 0.0%)

3 ように

▼ すぐ使用~ (3, 0.0%)

1 が出来, する為, できる物

▼ すぐ使者~ (3, 0.0%)

1 を京都, を山, を選び

▼ すぐ信玄~ (3, 0.0%)

1 のまえ, の幕営, の床几

▼ すぐ倉地~ (3, 0.0%)

1 が思わず, が階子段, と悟ったらしかった

▼ すぐ傾い~ (3, 0.0%)

1 てしまいました, てしまひました, でしまう

▼ すぐ僕ら~ (3, 0.0%)

1 に貸し, の所, は小

▼ すぐ元通り~ (3, 0.0%)

2 になった 1 の姿

▼ すぐ入っ~ (3, 0.0%)

1 ていきたい, て来た, て行く

▼ すぐ入り口~ (3, 0.0%)

1 で漁船, の室, の鍛冶屋

▼ すぐ八方~ (3, 0.0%)

1 に知れ, の野, へ追手

▼ すぐ其場~ (3, 0.0%)

1 から何処, で一層, で此男

▼ すぐ其後~ (3, 0.0%)

1 から出る, につくべき, に土烟

▼ すぐ冗談~ (3, 0.0%)

1 とわかった, にし, 云っちゃ

▼ すぐ冷静~ (3, 0.0%)

2 になりたがる 1 になり

▼ すぐ出せる~ (3, 0.0%)

2 ように 1 財布は

▼ すぐ出た~ (3, 0.0%)

1 のよあれ, 女だ, 小川君を

▼ すぐ出向い~ (3, 0.0%)

1 てその, て病状, て荷物

▼ すぐ出掛け~ (3, 0.0%)

1 てくれるなら, て来, て行く

▼ すぐ出来~ (3, 0.0%)

1 そうに, てきれい, 上つ

▼ すぐ出迎え~ (3, 0.0%)

1 て, てくれる, て座敷

▼ すぐ出馬~ (3, 0.0%)

1 の準備, の用意, を計った

▼ すぐ分かっ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てしまった, てたまる

▼ すぐ切り出し~ (3, 0.0%)

1 てしまった, て仕舞, て差上げます

▼ すぐ切れ~ (3, 0.0%)

1 さうなの, てしまい, て見

▼ すぐ前進~ (3, 0.0%)

1 しろ, に移っ, の貝

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が尽き, が足りなくなっ, のない悲し

▼ すぐ千代子~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 の胸

▼ すぐ南側~ (3, 0.0%)

1 にある, に当る, に見えます

▼ すぐ博士~ (3, 0.0%)

1 に電話, は元, を引取り

▼ すぐ原稿~ (3, 0.0%)

1 を持っ, を書い, 引受けた

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 の方, へ飛ん, を掃除

▼ すぐ去っ~ (3, 0.0%)

1 て欲しい, て行きました, て行く

▼ すぐ参る~ (3, 0.0%)

1 から待たせ, とそち達, と申しました

▼ すぐ参内~ (3, 0.0%)

1 した, して, するでしょう

▼ すぐ反抗~ (3, 0.0%)

2 して 1 を眼

▼ すぐ取りかかる~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことに, ことを

▼ すぐ受け~ (3, 0.0%)

1 て, てそこ, て蔦

▼ すぐ君前~ (3, 0.0%)

1 に暇, の首尾, まであるい

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に漏れ, の諜報機関, 主孫権

▼ すぐ周瑜~ (3, 0.0%)

1 に向っ, を引い, を斬っ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

3 鳴った

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に関係, をかけ, を拝

▼ すぐ咽喉~ (3, 0.0%)

1 が乾い, に障った, へ通り

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 があっ, をつい, をとじ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 のあたり, をしめつけられ, を鳴らす

▼ すぐ四五人~ (3, 0.0%)

1 の人だかり, の看守, の荒ら

▼ すぐ団扇~ (3, 0.0%)

2 を出した 1 をもっ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 にのっ 1 に乗る

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 へ帰, へ帰ったぎり, へ戻れ

▼ すぐ土手~ (3, 0.0%)

1 になっ, の上, の煮

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 だん, に仆, をけっ

▼ すぐ地上~ (3, 0.0%)

1 の方, へ描け, へ跳びおりた

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に続い, の途中, を降りました

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 がある, の外, の際

▼ すぐ城兵~ (3, 0.0%)

1 のなか, も奔出, を取鎮め

▼ すぐ城内~ (3, 0.0%)

1 の奥, の者, へお迎え

▼ すぐ城外~ (3, 0.0%)

1 からもと, の寺院, まで移し

▼ すぐ執っ~ (3, 0.0%)

1 てまいります, て来るなら待っ, て盃

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 にかかげた, にぶつ, の小

▼ すぐ売れ~ (3, 0.0%)

1 てしまいました, てしまった, てたつた

▼ すぐ変っ~ (3, 0.0%)

1 たりする, てしまう, て来る

▼ すぐ外れる~ (3, 0.0%)

2 やうに 1 ように

▼ すぐ夜具~ (3, 0.0%)

2 を頭 1 を上

▼ すぐ大きく~ (3, 0.0%)

1 なった, なってよ, 映りはじめて

▼ すぐ大仏開眼供養~ (3, 0.0%)

2 が行 1 が行われた

▼ すぐ大川~ (3, 0.0%)

1 になっ, に飛出せる, へ出さない

▼ すぐ大急ぎ~ (3, 0.0%)

1 で帰っ, で戦場, をし

▼ すぐ大河~ (3, 0.0%)

1 に代わっ, をさそっ, 無門

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 から硫黄, の命, へ昇つた

▼ すぐ失敗~ (3, 0.0%)

1 する, に終わった, をし

▼ すぐ始める~ (3, 0.0%)

1 のだ, ように, んだ

▼ すぐ婆さん~ (3, 0.0%)

1 から鍋, と半分, のふところ

▼ すぐ安土~ (3, 0.0%)

1 の一千余名, へ伺い, へ出発

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 で浮かん, に飛ん, を飛ん

▼ すぐ富士山~ (3, 0.0%)

1 の方, の裾, の話

▼ すぐ寝入っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てしまいました, てしまったらしく

▼ すぐ寝室~ (3, 0.0%)

1 にはいり, に入られた, へもどっ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 ついて, てし, てゐる

▼ すぐ小さい~ (3, 0.0%)

1 姿を, 手頸を, 香筥を

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が割れ, をくるり, を向け

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 けてみろ, をたれ, をふり

▼ すぐ居眠り~ (3, 0.0%)

1 をした, をはじめた, を始め出した

▼ すぐ届く~ (3, 0.0%)

2 ところに 1 ところな

▼ すぐ届け~ (3, 0.0%)

1 ておくれ, てくれた, て上げる

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 の石段, を突いた, を離れる

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に行かなけれ, の都市課, へ行っ

▼ すぐ布令~ (3, 0.0%)

1 しろ, ておけ, をまわせ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 にまみえ, のいる, へ奏聞

▼ すぐ帰す~ (3, 0.0%)

1 から, って警視庁, ッて

▼ すぐ帰らなく~ (3, 0.0%)

2 てはいかん 1 てもいい

▼ すぐ帰国~ (3, 0.0%)

1 して, します, せねば

▼ すぐ帰宅~ (3, 0.0%)

1 しいま, したから, して

▼ すぐ平静~ (3, 0.0%)

1 な態度, に立ちかえる, に返った

▼ すぐ広い~ (3, 0.0%)

1 土塀に, 溝川の, 荒れた庭

▼ すぐ広間~ (3, 0.0%)

1 に用意, のお, へ通された

▼ すぐ庭先~ (3, 0.0%)

1 に離れ, の鶏舎, へ飛び下り

▼ すぐ引っ込ん~ (3, 0.0%)

2 でしまった 1 で行っ

▼ すぐ引返す~ (3, 0.0%)

1 やうに, ように, 事に

▼ すぐ後で再び~ (3, 0.0%)

2 自分に 1 述べるが

▼ すぐ御飯~ (3, 0.0%)

1 にし, にする, をあがります

▼ すぐ応じ~ (3, 0.0%)

1 てきた, てきます, て酌ぎ返し

▼ すぐ応じた~ (3, 0.0%)

1 が三人, 男は, 者が

▼ すぐ応援~ (3, 0.0%)

1 に出た, に来, をよこし

▼ すぐ快活~ (3, 0.0%)

1 にかえっ, に笑い出した, に語りはじめました

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 つた 1 出すの

▼ すぐ思いついた~ (3, 0.0%)

1 ことです, のは, ように

▼ すぐ思い出す~ (3, 0.0%)

1 ことが, ともう, ほどの金満家

▼ すぐ思い返した~ (3, 0.0%)

1 いまここで, ように, 重蔵は

▼ すぐ思う~ (3, 0.0%)

1 のであった, のである, ような

▼ すぐ思ひ出される~ (3, 0.0%)

1 がその, のは, 話は

▼ すぐ思出~ (3, 0.0%)

2 された 1 して

▼ すぐ急い~ (3, 0.0%)

1 て来る, でここ, で取っ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 をふき甦した, を吹きかえすであろう, を吹き返します

▼ すぐ恰好~ (3, 0.0%)

2 なの 1 をつけ

▼ すぐ恵瓊~ (3, 0.0%)

1 との会見の, にむかい, のところ

▼ すぐ悪く~ (3, 0.0%)

1 なる, なるの, なるん

▼ すぐ愉快~ (3, 0.0%)

1 な気持ち, な空気, な遊び

▼ すぐ感じる~ (3, 0.0%)

1 が冷徹, ことが, のだ

▼ すぐ感心~ (3, 0.0%)

3 したがる癖

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 から言った, に返っ, に返る

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 る人, る犯行, る種類

▼ すぐ手あて~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をしてやろう

▼ すぐ手勢~ (3, 0.0%)

1 をひい, を伴っ, を糾合

▼ すぐ打ち消し~ (3, 0.0%)

1 てかえって, てしまった, て仕舞

▼ すぐ打ち消す~ (3, 0.0%)

2 様に 1 ように

▼ すぐ承諾~ (3, 0.0%)

1 して, の使者, の返事

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の股, を私

▼ すぐ掛り~ (3, 0.0%)

2 にある 1 の小綺麗

▼ すぐ支那~ (3, 0.0%)

1 の方, へ二ヶ月, や外国

▼ すぐ放送局~ (3, 0.0%)

1 から迎, と絶交, へ明日放送

▼ すぐ教え~ (3, 0.0%)

3 てくれた

▼ すぐ教室~ (3, 0.0%)

1 の先生方, の方, の隅

▼ すぐ新聞社~ (3, 0.0%)

1 が三合配給, へ行つて, へ駈けつけた

▼ すぐ旅行~ (3, 0.0%)

1 しなくちや, に立たう, の準備

▼ すぐ旅館~ (3, 0.0%)

1 に鎮座, へ出かけた, へ行かず

▼ すぐ旗本~ (3, 0.0%)

1 の一人, の数騎, の梶浦兵七郎

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 どおりの, の通り前後, 主人の

▼ すぐ明け~ (3, 0.0%)

1 ていく, てくる, 放れた

▼ すぐ明るく~ (3, 0.0%)

1 なった, なるん, 眉を

▼ すぐ書き~ (3, 0.0%)

1 にか, 加へて, 御近況

▼ すぐ書ける~ (3, 0.0%)

1 ように, よという調子, 自信が

▼ すぐ書簡~ (3, 0.0%)

2 をしたため 1 を書い

▼ すぐ書面~ (3, 0.0%)

1 にし, を認め, を認めい

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 から達し, と接し, の體温

▼ すぐ朝日講堂~ (3, 0.0%)

1 へ, へかけつけ, へ又

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に兎, の中, の頂

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 をそっち, をほし, を下

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 にはメンヒ, に分れ, の方

▼ すぐ東京駅~ (3, 0.0%)

1 へ, へ行こう, へ行っ

▼ すぐ林田~ (3, 0.0%)

1 にしらせ, の好意, の家

▼ すぐ根岸~ (3, 0.0%)

2 の大川屋 1 のお

▼ すぐ格子~ (3, 0.0%)

1 のそ, のところ, を締めました

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 からめいめい, の上, へ返さない

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 な暮し, にさせ, になります

▼ すぐ様之~ (3, 0.0%)

1 が研究, を同, を科学

▼ すぐ樋口さん~ (3, 0.0%)

1 に見, の白い, を呼んだ

▼ すぐ機嫌~ (3, 0.0%)

1 もよく, をなおし, をなほし

▼ すぐ欄干~ (3, 0.0%)

1 から身, に手, へ足

▼ すぐ止ん~ (3, 0.0%)

1 でしまっ, でしまった, でまたもや

▼ すぐ正成~ (3, 0.0%)

1 のいる, の顔, は快

▼ すぐ此処~ (3, 0.0%)

1 で食っ, を出, を開けます

▼ すぐ死んだ~ (3, 0.0%)

1 とする, のでここ, 物らしい

▼ すぐ死骸~ (3, 0.0%)

1 の懐中, の背, をここ

▼ すぐ殺す~ (3, 0.0%)

1 つもりで, のです, 習慣を

▼ すぐ殿~ (3, 0.0%)

1 からお, が美濃, へこの

▼ すぐ水際~ (3, 0.0%)

1 に沿っ, に立っ, まで襲

▼ すぐ決然~ (3, 0.0%)

1 とした, として, となっ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 の中, の小路, を差した

▼ すぐ泣き出し~ (3, 0.0%)

2 そうに 1 てしまう

▼ すぐ注射~ (3, 0.0%)

1 をうちましょう, をした, をしましょう

▼ すぐ洛中~ (3, 0.0%)

1 の尊氏, へ帰った, をくま

▼ すぐ流し~ (3, 0.0%)

2 へ下りた 1 へ下り立っ

▼ すぐ清子~ (3, 0.0%)

1 の一通, の手, の挨拶ぶり

▼ すぐ温泉~ (3, 0.0%)

1 に浸り, に行こう, へ出かけ

▼ すぐ湧い~ (3, 0.0%)

2 てくる 1 て来た

▼ すぐ準備~ (3, 0.0%)

1 します, にかかっ, のため

▼ すぐ火鉢~ (3, 0.0%)

1 にくべられた, に手, を引

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 になっ, のよう, は迫っ

▼ すぐ焼け~ (3, 0.0%)

1 てしまいまする, てしまった, て来る

▼ すぐ熱い~ (3, 0.0%)

1 うどん鍋へ, 湯に, 風に

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 を立てる 1 をあて

▼ すぐ父親~ (3, 0.0%)

1 と母親, に取りついた, に抱きつい

▼ すぐ牛込~ (3, 0.0%)

1 に行っ, へ帰っ, へ帰つて

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 がなくなる, が言える, を恐れる

▼ すぐ物見~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, して, の一兵

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 が九疋 1 を手

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 寧を 1 垂れるよう

▼ すぐ生命~ (3, 0.0%)

1 に危険, をおびやかされる, を捲きこん

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に立つ, をすまし, を始めた

▼ すぐ田圃~ (3, 0.0%)

1 つづきの, です, になつて

▼ すぐ甲板~ (3, 0.0%)

1 の上, へあがっ, を歩き

▼ すぐ発覚~ (3, 0.0%)

1 したので, して, する

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 じら, のおじいさん, を一石

▼ すぐ白状~ (3, 0.0%)

1 した, して, すれば

▼ すぐ益満~ (3, 0.0%)

1 の後, の輦台, を呼ん

▼ すぐ直前~ (3, 0.0%)

1 この人, の天井, まで皇帝

▼ すぐ相談~ (3, 0.0%)

1 が出来た, はまとまった, は決まる

▼ すぐ眞下~ (3, 0.0%)

1 に出た, に見える, に迫つて

▼ すぐ真向い~ (3, 0.0%)

1 なん, に狭い, の飲食店

▼ すぐ真赤~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になる

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

3 つて

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に映る, をお, をとめた

▼ すぐ眼下~ (3, 0.0%)

1 に指さす, に見おろす, の崖下

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 に描ける, の顫, をとろり

▼ すぐ知っ~ (3, 0.0%)

1 てしまいます, てしまった, てもらう

▼ すぐ知らし~ (3, 0.0%)

1 てくれた, てやりましょう, てよこす

▼ すぐ知れます~ (3, 0.0%)

1 ね, よ, わ

▼ すぐ神戸~ (3, 0.0%)

1 に出, の先, へ発つ

▼ すぐ神田~ (3, 0.0%)

1 の日大歯科, の賑やか, へ行った

▼ すぐ私達~ (3, 0.0%)

1 と一緒, を倦, を奥

▼ すぐ窓下~ (3, 0.0%)

1 に来, の庭, を通っ

▼ すぐ窓際~ (3, 0.0%)

1 には鳥籠, に女中, に枝

▼ すぐ立ち~ (3, 0.0%)

1 なほる, 六時の, 出そう

▼ すぐ立ち帰っ~ (3, 0.0%)

1 て彦次郎, て来, て東南

▼ すぐ立とう~ (3, 0.0%)

2 と思っ 1 とはしなかった

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 に坊主頭 1 れまで

▼ すぐ笑っ~ (3, 0.0%)

1 たりつまらない, たり叫ん, てしまいます

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が出る, へた, へられなかつた

▼ すぐ簡単~ (3, 0.0%)

1 な食事, に動き出しました, に状態

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 がない, に包ん, を開い

▼ すぐ細か~ (3, 0.0%)

3 に裂い

▼ すぐ結びつい~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てしまふ, てそれ

▼ すぐ続け~ (3, 0.0%)

1 て, てし, ッ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 かがりで一人, 攻撃の, 軍に

▼ すぐ美しい~ (3, 0.0%)

1 娘の, 着物の, 耳朶を

▼ すぐ老臣~ (3, 0.0%)

1 にたずねた, に命じた, をよん

▼ すぐ考えられる~ (3, 0.0%)

1 が足利義輝時代, ことです, とおりキュリー夫妻が

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 のうち, のきまる, をきめ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が痛い, にかつい, を聳

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 を引い, を持った, を退

▼ すぐ自殺~ (3, 0.0%)

1 するつもり, とわかつ, を計った

▼ すぐ自転車~ (3, 0.0%)

1 で警察, に乗っ, に飛び乗っ

▼ すぐ興奮~ (3, 0.0%)

1 したり, した声, して

▼ すぐ舞台~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の上

▼ すぐ良人~ (3, 0.0%)

1 の姿, の許, の赴任先

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 のある, をかえ, を失う

▼ すぐ若い~ (3, 0.0%)

1 仕は, 男が, 郎従は

▼ すぐ英語~ (3, 0.0%)

1 だと, のこと, の教師

▼ すぐ茶碗~ (3, 0.0%)

1 を出した, を奥さん, を置いた

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 にとりつい, のこと, の中

▼ すぐ落ちつい~ (3, 0.0%)

1 て, てもと, て答えました

▼ すぐ葉書~ (3, 0.0%)

1 か電報, を出した, 出しました

▼ すぐ薬局~ (3, 0.0%)

1 の中, の口, の窓

▼ すぐ藤吉郎~ (3, 0.0%)

1 のそば, のほう, は蜂須賀彦右衛門

▼ すぐ蚊帳~ (3, 0.0%)

1 にもぐりこんだ, に入った, の内

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 があがる, が出る, をながす

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 つて 1 はれると

▼ すぐ行け~ (3, 0.0%)

1 とおっしゃっ, ばよかっ, ッ

▼ すぐ行ける~ (3, 0.0%)

1 からいい, その富裕, んです

▼ すぐ街道~ (3, 0.0%)

1 と対, の表, へ出た

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 だつた, に入れ, に手

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 の股, をつけ, を穿きかえた

▼ すぐ見えなくなっ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てしまった, て仕舞った

▼ すぐ見ぬい~ (3, 0.0%)

1 てしまうだろう, てしまっ, てしまった

▼ すぐ見分け~ (3, 0.0%)

2 がつく 1 がつきます

▼ すぐ見当~ (3, 0.0%)

1 がつかなかった, がつきます, のついた

▼ すぐ覚った~ (3, 0.0%)

1 のである, のでもう, わ

▼ すぐ親類~ (3, 0.0%)

2 が出来る 1 や知合

▼ すぐ解ります~ (3, 0.0%)

1 が一寸, よ, よと彦太郎

▼ すぐ解散~ (3, 0.0%)

2 した 1 を許された

▼ すぐ言う~ (3, 0.0%)

1 ことばと, ことを, んだ

▼ すぐ計算~ (3, 0.0%)

1 が出来る, にかかり, をやっ

▼ すぐ訪ね~ (3, 0.0%)

1 て來, て行っ, て行つたの

▼ すぐ詫び~ (3, 0.0%)

1 ている, をいれ, を言えよ

▼ すぐ話し~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てやる, て来ましょう

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 をかえ, をつけたし, を変え

▼ すぐ調べ~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てみね, に出る

▼ すぐ警官~ (3, 0.0%)

1 の前, をよん, を手招き

▼ すぐ警部~ (3, 0.0%)

1 にあい, に電話, をあんな

▼ すぐ買っ~ (3, 0.0%)

1 てすぐ, てよみました, て下

▼ すぐ赤く~ (3, 0.0%)

2 なって 1 なったよう

▼ すぐ起き上っ~ (3, 0.0%)

1 て, て外, て敷居際

▼ すぐ足音~ (3, 0.0%)

1 がした, が寂寞, で逃げ

▼ すぐ身ぢか~ (3, 0.0%)

1 で起った, に起ったらしい, に起つ

▼ すぐ軍議~ (3, 0.0%)

1 の場, をひらいた, をひらこう

▼ すぐ返書~ (3, 0.0%)

1 がき, が来た, を送っ

▼ すぐ返済~ (3, 0.0%)

1 して, しなければ, しろと

▼ すぐ返答~ (3, 0.0%)

1 して, にその, に及ぼう

▼ すぐ迫っ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 ていた

▼ すぐ迷児~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になつて仕舞

▼ すぐ退がっ~ (3, 0.0%)

1 てゆく, て帳, て来た

▼ すぐ退屈~ (3, 0.0%)

1 する動物, をおぼえるらしく, を感じ

▼ すぐ送っ~ (3, 0.0%)

1 たりする, て帰る, て来る

▼ すぐ送る~ (3, 0.0%)

1 よ, ように, 必要が

▼ すぐ逃げた~ (3, 0.0%)

1 からタタミ, という供述, のさ

▼ すぐ逃げる~ (3, 0.0%)

1 くせに, ことだけ, と思つて

▼ すぐ通し~ (3, 0.0%)

1 てくれた, てくれる, てみろ

▼ すぐ通せ~ (3, 0.0%)

1 といった, と命令, 失礼の

▼ すぐ進ん~ (3, 0.0%)

1 で一人, で握手, で行っ

▼ すぐ運転手~ (3, 0.0%)

1 が言った, にフル, をとらえ

▼ すぐ道ばた~ (3, 0.0%)

1 に立ち, の二階家, の畑

▼ すぐ酔っ~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 てしまう

▼ すぐ重く~ (3, 0.0%)

1 なった, なって, なりました

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 だ公, に出る, の木木はみがま

▼ すぐ鉄砲~ (3, 0.0%)

1 に弾丸, の第, をつきつけた

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 で引切つたの, の手, をひきはじめた

▼ すぐ門前~ (3, 0.0%)

1 から右, の往来, へ出られた

▼ すぐ門口~ (3, 0.0%)

1 で数百人, にころがっ, を喰付け

▼ すぐ閉じる~ (3, 0.0%)

1 ことが, のです, 瞬間を

▼ すぐ開く~ (3, 0.0%)

1 ところを, やうに, ように

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

2 に合 1 に合ふか

▼ すぐ険しい~ (3, 0.0%)

1 目に, 目差しを, 緊張を

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 にたたずん, にちゃんと, の処

▼ すぐ離れ~ (3, 0.0%)

21 てもかま

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 の中, の降る, 崩れる

▼ すぐ電話口~ (3, 0.0%)

1 で九太, に立った, へ出

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 れる, われる故, 現して

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 って墨, れた青い, れらん

▼ すぐ面会~ (3, 0.0%)

2 に来 1 した

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が泥, の紐, をつけね

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 から跳び降りた, を外し, を降り

▼ すぐ頷い~ (3, 0.0%)

21 て再び

▼ すぐ飛出し~ (3, 0.0%)

1 て行く, て行っ, 曲者の

▼ すぐ食卓~ (3, 0.0%)

1 についた, の上, へついた

▼ すぐ食物~ (3, 0.0%)

2 の比例的騰貴 1 の準備

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 が喰える, はならぬ, を食わす

▼ すぐ馬上~ (3, 0.0%)

1 から前かがみ, になっ, へ移られました

▼ すぐ駈け寄っ~ (3, 0.0%)

1 て信長, て敵将, て来た

▼ すぐ高い~ (3, 0.0%)

1 崖の, 石囲いで, 石圍ひで石圍ひ

▼ すぐ高氏~ (3, 0.0%)

1 が呼び出された, は, を伴っ

▼ すぐ~ (3, 0.0%)

1 を切っ, を結い, を結いなおし

▼ すぐ麻雀~ (3, 0.0%)

1 が始まった, にとり, を始める

▼ すぐ黒い~ (3, 0.0%)

1 透谷の, 雲に, 風船の

▼ すぐ鼻さき~ (3, 0.0%)

1 に中国少年, に横顔, へ石

▼ すぐあがっ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て松

▼ すぐあくる~ (2, 0.0%)

1 日だった, 朝また

▼ すぐあくる日~ (2, 0.0%)

1 にでも結婚, にもおれ

▼ すぐあけ~ (2, 0.0%)

1 て, て読んだ

▼ すぐあげ~ (2, 0.0%)

1 てください, 足を

▼ すぐあたい~ (2, 0.0%)

1 のそば, の肩

▼ すぐあつく~ (2, 0.0%)

1 して, なる位熱

▼ すぐあなたがた~ (2, 0.0%)

1 のため, の所

▼ すぐあんなに~ (2, 0.0%)

1 ばかに, 怒って

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 らしっ, ッぱいな露に

▼ すぐいう~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことを

▼ すぐいかにも~ (2, 0.0%)

1 若い娘二人, 解せないといった

▼ すぐいく~ (2, 0.0%)

1 ことに, という

▼ すぐいけ~ (2, 0.0%)

1 ばもう, よなん

▼ すぐいっしょ~ (2, 0.0%)

1 にはじめました, に艦長室

▼ すぐいなか~ (2, 0.0%)

1 でもやりだす, へ行っ

▼ すぐいま~ (2, 0.0%)

1 すぐ出, 言った関係

▼ すぐうえ~ (2, 0.0%)

1 で風, に太陽

▼ すぐうつむい~ (2, 0.0%)

1 て, てしまった

▼ すぐうれしく~ (2, 0.0%)

1 なって, なり待って

▼ すぐおい~ (2, 0.0%)

1 で下さい, とま

▼ すぐおいで~ (2, 0.0%)

1 になっ, よ

▼ すぐおかみ~ (2, 0.0%)

1 と對, もそこ

▼ すぐおじぎ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ すぐおだやか~ (2, 0.0%)

1 な寢息, に答えた

▼ すぐおっしゃっ~ (2, 0.0%)

1 てくださらない, て下さい

▼ すぐおと~ (2, 0.0%)

1 なりからはな, なりの羽目

▼ すぐおなじ~ (2, 0.0%)

1 ような, 旨を

▼ すぐおの~ (2, 0.0%)

1 が失態, が恋仇敵

▼ すぐおや~ (2, 0.0%)

1 しきへ, と思う

▼ すぐお伴~ (2, 0.0%)

1 しましょう, をそろえ

▼ すぐお出まし~ (2, 0.0%)

1 できるよう, になります

▼ すぐお宮~ (2, 0.0%)

1 のいる, のところ

▼ すぐお湯~ (2, 0.0%)

1 にいる, をまして

▼ すぐお目にかかる~ (2, 0.0%)

1 からとそう, そうです

▼ すぐお礼~ (2, 0.0%)

1 の詞, を出し

▼ すぐお立ち~ (2, 0.0%)

1 とは余り, なさい

▼ すぐお話~ (2, 0.0%)

1 して, 出来るもの

▼ すぐお越し~ (2, 0.0%)

1 ありたいと, くださるよう

▼ すぐお辞儀~ (2, 0.0%)

1 をし, をするで

▼ すぐお願い~ (2, 0.0%)

1 して, 申します

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ぶりを, へる

▼ すぐかえります~ (2, 0.0%)

1 か, ヘイお

▼ すぐかけ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, てくれた

▼ すぐかけつけ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てケノフスキー

▼ すぐかけつけた~ (2, 0.0%)

1 が昂奮, ところが井伏さん

▼ すぐかげる~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ すぐかすか~ (2, 0.0%)

1 な健康, な登り

▼ すぐかっと~ (2, 0.0%)

1 するね, なって

▼ すぐかの~ (2, 0.0%)

1 女たちが, 女は

▼ すぐかへ~ (2, 0.0%)

1 して, しを

▼ すぐきい~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て見た

▼ すぐきわ~ (2, 0.0%)

1 から斜下, に音無川

▼ すぐぐっすり~ (2, 0.0%)

1 眠って, 眠りますが

▼ すぐぐったり~ (2, 0.0%)

1 とし, となっ

▼ すぐことば~ (2, 0.0%)

1 の下, を続け

▼ すぐこの間~ (2, 0.0%)

2 のメリメ書簡集

▼ すぐこり~ (2, 0.0%)

1 やいかん, や何

▼ すぐご飯~ (2, 0.0%)

1 にし, 焚きを

▼ すぐさっと~ (2, 0.0%)

1 引きぬかねば, 飛び込んで

▼ すぐさま~ (2, 0.0%)

1 にしたく, に出

▼ すぐしたく~ (2, 0.0%)

1 をしなく, をせい

▼ すぐしっかり~ (2, 0.0%)

1 した考え, しないと

▼ すぐしめ~ (2, 0.0%)

1 ていきなり, てし

▼ すぐすべて~ (2, 0.0%)

1 のこと, を知らせた

▼ すぐすま~ (2, 0.0%)

2

▼ すぐずっと~ (2, 0.0%)

1 席を, 思い続けて

▼ すぐそったら~ (2, 0.0%)

1 ことを, こと言う

▼ すぐそっと~ (2, 0.0%)

1 鏡を, 離室へ

▼ すぐそっぽ~ (2, 0.0%)

2 を向い

▼ すぐその道~ (2, 0.0%)

1 のもの, をとっ

▼ すぐその間~ (2, 0.0%)

1 い合せ, に飛び込ん

▼ すぐそり~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を出す

▼ すぐそんなに~ (2, 0.0%)

1 口を, 茶化して

▼ すぐたすけ~ (2, 0.0%)

2 にき

▼ すぐだって~ (2, 0.0%)

1 心からの, 話は

▼ すぐだれ~ (2, 0.0%)

1 かが, て来

▼ すぐちょっと~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 気を

▼ すぐつて~ (2, 0.0%)

1 の盆踊り, を求め

▼ すぐつまらな~ (2, 0.0%)

1 さが, そうな

▼ すぐでかけよう~ (2, 0.0%)

1 よ, よね

▼ すぐという~ (2, 0.0%)

1 仰せです, 程よく眠ります

▼ すぐとぎれ~ (2, 0.0%)

1 てしまいます, て道

▼ すぐとける~ (2, 0.0%)

1 位です, 街の

▼ すぐとびだし~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来ました

▼ すぐとめ~ (2, 0.0%)

2 てあげます

▼ すぐどす黒い~ (2, 0.0%)

2 唇を

▼ すぐどっか~ (2, 0.0%)

1 へでかけ, へ行く

▼ すぐなおっ~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てしまう

▼ すぐなかっ~ (2, 0.0%)

2 たらも

▼ すぐなだらか~ (2, 0.0%)

1 な路, になった

▼ すぐなんらかの~ (2, 0.0%)

1 行動にも, 部門で

▼ すぐにだって~ (2, 0.0%)

1 つけて, シベリヤへ

▼ すぐにね~ (2, 0.0%)

1 あなた丼小鉢お櫃を, 東京へ

▼ すぐにやりと~ (2, 0.0%)

1 微笑し, 笑うと

▼ すぐはじめる~ (2, 0.0%)

1 がよい, んだ

▼ すぐはっきり~ (2, 0.0%)

1 した説明, 分かりました

▼ すぐはっと~ (2, 0.0%)

1 思った, 或る

▼ すぐばたばた~ (2, 0.0%)

1 っと附近, と出

▼ すぐばつ~ (2, 0.0%)

1 が合せられる, になる

▼ すぐぱっと~ (2, 0.0%)

1 世間に, 明るくなった

▼ すぐひどく~ (2, 0.0%)

1 居心地が, 手を

▼ すぐひびい~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来る

▼ すぐひる~ (2, 0.0%)

1 ねをしたい, の部

▼ すぐぴったり~ (2, 0.0%)

1 できるん, 合う切り

▼ すぐふくれる~ (2, 0.0%)

1 やうに, ようじゃ

▼ すぐふりむい~ (2, 0.0%)

1 て受付, て立ち去った

▼ すぐぶんなぐっ~ (2, 0.0%)

2 てやります

▼ すぐへたばっ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまった

▼ すぐほし~ (2, 0.0%)

1 そうな, て義貞

▼ すぐぼく~ (2, 0.0%)

1 だと, のこと

▼ すぐぼやぼや~ (2, 0.0%)

2 の雪雲

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 けっとから, ーっと

▼ すぐまいっ~ (2, 0.0%)

2 てしまっ

▼ すぐまず~ (2, 0.0%)

1 教室を, 驚かされた

▼ すぐまち~ (2, 0.0%)

2 の印刷所

▼ すぐまっ~ (2, 0.0%)

1 赤に, 黒に

▼ すぐまっさお~ (2, 0.0%)

1 な水面, になった

▼ すぐまつ~ (2, 0.0%)

1 しぐらにお城, 青な

▼ すぐまのあたり~ (2, 0.0%)

2 を凄い

▼ すぐまるで~ (2, 0.0%)

1 私に, 親類か

▼ すぐむらむら~ (2, 0.0%)

1 とした, と胸中

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 うその

▼ すぐもうわくわく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐもう一度~ (2, 0.0%)

1 孔明の, 引っ返して

▼ すぐもっ~ (2, 0.0%)

1 て来なさい, て来ます

▼ すぐやっつけ~ (2, 0.0%)

1 ておしまい, てしまえ

▼ すぐやって来~ (2, 0.0%)

1 てねモンパルナス, て下

▼ すぐやめる~ (2, 0.0%)

1 ように, わけにも

▼ すぐやります~ (2, 0.0%)

1 から, からご

▼ すぐよかに~ (2, 0.0%)

2 いみじかれ

▼ すぐよこし~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て下さい

▼ すぐよそ~ (2, 0.0%)

1 へ行かねえで, を向い

▼ すぐらい~ (2, 0.0%)

1 なこと, な程度

▼ すぐわかつ~ (2, 0.0%)

1 たんだ, てしまひました

▼ すぐわから~ (2, 0.0%)

1 あ, あな

▼ すぐわが家~ (2, 0.0%)

1 に引, もかえりみず

▼ すぐわらわら~ (2, 0.0%)

1 と集まっ, と駈けつけ

▼ すぐわれわれ~ (2, 0.0%)

1 に渡し, の目

▼ すぐアメリカ~ (2, 0.0%)

1 へ帰る, へ行った

▼ すぐウトウト~ (2, 0.0%)

1 と眠っ, 眠って

▼ すぐエンジン~ (2, 0.0%)

1 の音, をかけました

▼ すぐカラカラ~ (2, 0.0%)

1 と放, と笑う

▼ すぐキラキラ~ (2, 0.0%)

2 した迸るばかりの

▼ すぐケロリ~ (2, 0.0%)

1 とし, と痛み

▼ すぐシベリア~ (2, 0.0%)

1 へ出かけ, へ逐いやる

▼ すぐストーブ~ (2, 0.0%)

1 のところ, の傍

▼ すぐセエラ~ (2, 0.0%)

1 がいつかパン, は戸

▼ すぐソファ~ (2, 0.0%)

1 から見える, の下

▼ すぐチヨン~ (2, 0.0%)

1 はその, は与兵衛

▼ すぐツケ~ (2, 0.0%)

1 あがる泣き虫, 上る

▼ すぐドミトリイ~ (2, 0.0%)

1 は黙りこん, をお呼び

▼ すぐニコニコ~ (2, 0.0%)

1 して, 大愛嬌

▼ すぐノート~ (2, 0.0%)

1 したので, に書きつける

▼ すぐハッ~ (2, 0.0%)

1 とした, となっ

▼ すぐバス~ (2, 0.0%)

1 が動きだした, には乗らず

▼ すぐバレ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, 易くそれだけ

▼ すぐフロ~ (2, 0.0%)

1 に行った, へはいる

▼ すぐブドリ~ (2, 0.0%)

1 の前, を突き当たり

▼ すぐベルリン~ (2, 0.0%)

1 にいた, へ立ち

▼ すぐペロリ~ (2, 0.0%)

1 とやらう, とやろう

▼ すぐホッ~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ すぐボロ~ (2, 0.0%)

1 をだす, ンを

▼ すぐボーイ~ (2, 0.0%)

1 がやつ, に案内

▼ すぐポケット~ (2, 0.0%)

1 から懐中電灯, の手

▼ すぐラジオ~ (2, 0.0%)

1 の前, は切れ

▼ すぐランプ~ (2, 0.0%)

1 をつけよう, をとっ

▼ すぐ一名~ (2, 0.0%)

1 の役人, の武者

▼ すぐ一時~ (2, 0.0%)

1 だ痴, の怒り

▼ すぐ一枚~ (2, 0.0%)

1 の板, を使った

▼ すぐ一種~ (2, 0.0%)

1 の反撥的, の女傑

▼ すぐ一笑~ (2, 0.0%)

1 に附され, の下

▼ すぐ一致~ (2, 0.0%)

2 した

▼ すぐ一通~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の文

▼ すぐ一通り~ (2, 0.0%)

1 の器械, 認めさせる

▼ すぐ一面~ (2, 0.0%)

1 の雑木林, の雜木林

▼ すぐ七之助~ (2, 0.0%)

1 から返事, が云った

▼ すぐ万年筆~ (2, 0.0%)

1 の中, を走らせた

▼ すぐ三四十人~ (2, 0.0%)

1 が各, ばかりの兵

▼ すぐ上る~ (2, 0.0%)

1 ように, 便の

▼ すぐ上方~ (2, 0.0%)

1 に鏡台山一帯, の悪口

▼ すぐ上海~ (2, 0.0%)

1 に來, へ帰る

▼ すぐ上衣~ (2, 0.0%)

1 の下, を脱いだ

▼ すぐ下っ~ (2, 0.0%)

1 てき, ても危なく

▼ すぐ下りる~ (2, 0.0%)

1 でせう, んです

▼ すぐ下流~ (2, 0.0%)

1 はたちまち, は大きな

▼ すぐ不平~ (2, 0.0%)

1 の後陣, を宥められた

▼ すぐ不快~ (2, 0.0%)

1 な眼, を感じた

▼ すぐ不愉快~ (2, 0.0%)

1 だ, になっ

▼ すぐ中国~ (2, 0.0%)

1 の任地, より取って返し

▼ すぐ中学~ (2, 0.0%)

2 の教師

▼ すぐ中田博士~ (2, 0.0%)

1 の家, を訪問

▼ すぐ丸い~ (2, 0.0%)

1 掌が, 棒を

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 なる家人, 翁が

▼ すぐ主君~ (2, 0.0%)

1 の救援, の身

▼ すぐ乗込ん~ (2, 0.0%)

1 でいっ, で行こう

▼ すぐ九州~ (2, 0.0%)

1 へもおよび, へ立っ

▼ すぐ乱暴~ (2, 0.0%)

1 な字, に遠慮

▼ すぐ予想~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ありげ, は済む

▼ すぐ事務的~ (2, 0.0%)

1 にこの, にもと

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の太刀, の陣

▼ すぐ二三~ (2, 0.0%)

1 の男衆, の者

▼ すぐ二三軒先~ (2, 0.0%)

1 の権作, の權作

▼ すぐ二夫人~ (2, 0.0%)

1 の側仕え, の車

▼ すぐ二月~ (2, 0.0%)

1 に入っ, も終る

▼ すぐ二条城~ (2, 0.0%)

1 へ上っ, へ向い

▼ すぐ云っ~ (2, 0.0%)

1 てしまわれる, て来なかった

▼ すぐ五十年~ (2, 0.0%)

1 の年貢, や六十年

▼ すぐ井戸~ (2, 0.0%)

1 の中, をほりはじめた

▼ すぐ交番~ (2, 0.0%)

1 があっ, へお

▼ すぐ京子~ (2, 0.0%)

1 が何, は来た

▼ すぐ人々~ (2, 0.0%)

1 の注目, へ

▼ すぐ人ごみ~ (2, 0.0%)

1 の中, の隙間

▼ すぐ人間~ (2, 0.0%)

1 の倫理的行為, を蹴る

▼ すぐ他人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の頭

▼ すぐ他所~ (2, 0.0%)

2 へ外した

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 助の

▼ すぐ代り~ (2, 0.0%)

1 が出来るで, の誰

▼ すぐ仲よく~ (2, 0.0%)

1 なれて, 一緒に

▼ すぐ仲よし~ (2, 0.0%)

1 になった, になれた

▼ すぐ伊丹~ (2, 0.0%)

1 の獄中, の獄窓

▼ すぐ伊織~ (2, 0.0%)

1 の頭, を捉え

▼ すぐ伏せよう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ すぐ会い~ (2, 0.0%)

1 にも来られる, に行く

▼ すぐ会える~ (2, 0.0%)

1 のね, ように

▼ すぐ会おう~ (2, 0.0%)

1 とあれ, 右馬介なら待ちかね

▼ すぐ会場~ (2, 0.0%)

1 の猛烈, へ引返し

▼ すぐ会社~ (2, 0.0%)

1 に勤め, へ行き

▼ すぐ伝令~ (2, 0.0%)

1 が聞える, を派し

▼ すぐ伝染~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ すぐ伝馬町~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ送られた

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 れに, をそろえ

▼ すぐ伸びる~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 と一緒, へ行っ

▼ すぐ何より~ (2, 0.0%)

2 先に

▼ すぐ何ん~ (2, 0.0%)

1 でも, のため

▼ すぐ何處~ (2, 0.0%)

1 かに行き, かへ出

▼ すぐ使い果し~ (2, 0.0%)

1 て今, ぶよぶよ太っ

▼ すぐ使う~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ すぐ侍臣~ (2, 0.0%)

1 の堀久太郎, を見せ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の兵, の手

▼ すぐ便所~ (2, 0.0%)

1 に立つ, へほうり込ん

▼ すぐ俊三~ (2, 0.0%)

1 と二人, に言った

▼ すぐ信号~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を送っ

▼ すぐ信用~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 向いた

▼ すぐ俳句~ (2, 0.0%)

1 の文法, の話

▼ すぐ倒れ~ (2, 0.0%)

1 そうな, てしまった

▼ すぐ借銭~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ すぐ偵察~ (2, 0.0%)

1 しなきゃならない, を放っ

▼ すぐ働き~ (2, 0.0%)

1 に出る, 口を

▼ すぐ兄さん~ (2, 0.0%)

1 がお, を伴

▼ すぐ先刻~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ すぐ先方~ (2, 0.0%)

1 から出向い, から変えられ

▼ すぐ光悦~ (2, 0.0%)

1 へそれ, を呼ん

▼ すぐ免職~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ すぐ入り~ (2, 0.0%)

1 ちがいに, 金魚掬ひ

▼ すぐ入れちがい~ (2, 0.0%)

1 に他, に江夏

▼ すぐ入学~ (2, 0.0%)

1 の手続き, を許可

▼ すぐ入用~ (2, 0.0%)

1 のお金, の品

▼ すぐ全身~ (2, 0.0%)

1 の繊維, を耳

▼ すぐ公園~ (2, 0.0%)

1 から出, の一直

▼ すぐ六人~ (2, 0.0%)

1 ともカナダ, の官吏

▼ すぐ六波羅~ (2, 0.0%)

1 の援, へいそい

▼ すぐ兵隊~ (2, 0.0%)

1 に担架, に行き

▼ すぐ内幸町~ (2, 0.0%)

1 の長, へレインボーグリル

▼ すぐ円タク~ (2, 0.0%)

1 で日本青年館, を手前

▼ すぐ再び~ (2, 0.0%)

1 やって来た, 尾張へ

▼ すぐ凍え~ (2, 0.0%)

1 てデラデラ, て死ん

▼ すぐ凍る~ (2, 0.0%)

1 があまり, ほどである

▼ すぐ几帳~ (2, 0.0%)

1 を引い, を隔て

▼ すぐ出かけた~ (2, 0.0%)

1 わけかね, 方が

▼ すぐ出かけなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならなかった, ばなりません

▼ すぐ出かけられる~ (2, 0.0%)

1 ということ, ように

▼ すぐ出す~ (2, 0.0%)

2 といい

▼ すぐ出ます~ (2, 0.0%)

1 から, と答えた

▼ すぐ出来た~ (2, 0.0%)

1 しその, のだ

▼ すぐ出陣~ (2, 0.0%)

1 する事, の用意

▼ すぐ分っちまう~ (2, 0.0%)

1 からいい, からね

▼ すぐ分り~ (2, 0.0%)

1 まさあ, 挨拶お嬢さんも

▼ すぐ切れる~ (2, 0.0%)

1 が腹, のは

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ね起き, ね起きた

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 をつくっ, を作つて

▼ すぐ列車~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 蕈の

▼ すぐ判つた~ (2, 0.0%)

1 といふこと, んだ

▼ すぐ判り~ (2, 0.0%)

1 そうな, 彼は

▼ すぐ判断~ (2, 0.0%)

1 されて, する功

▼ すぐ別れた~ (2, 0.0%)

1 の, 程度の

▼ すぐ利く~ (2, 0.0%)

1 から見ろ, しかしすぐ

▼ すぐ刺激~ (2, 0.0%)

1 を失っ, を失つて仕舞

▼ すぐ前以上~ (2, 0.0%)

2 に乱れた

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の柄, を佩いた

▼ すぐ劇場~ (2, 0.0%)

1 へかけつけ, を飛び出した

▼ すぐ加勢~ (2, 0.0%)

1 に駈けつけた, へ向え

▼ すぐ助けられ~ (2, 0.0%)

2 て大した

▼ すぐ労力~ (2, 0.0%)

2 を金

▼ すぐ動かす~ (2, 0.0%)

1 のは, よ

▼ すぐ動く~ (2, 0.0%)

1 ように, 気に

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ちがいして, 附いて

▼ すぐ勝家~ (2, 0.0%)

1 の命, の寝所

▼ すぐ勝手~ (2, 0.0%)

1 へ引込ん, や風呂場

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 よく廊下, よく水

▼ すぐ北風~ (2, 0.0%)

2 が空

▼ すぐ区別~ (2, 0.0%)

1 がつきます, がつく

▼ すぐ十メートル~ (2, 0.0%)

1 ほどむこう, ほど先

▼ すぐ千余騎~ (2, 0.0%)

1 をつれ, をひっさげ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の上, を隔て

▼ すぐ南方~ (2, 0.0%)

1 の賤ヶ嶽, へ足

▼ すぐ南武者~ (2, 0.0%)

2 の小路

▼ すぐ原因~ (2, 0.0%)

1 の探求, を高取らの

▼ すぐ参ります~ (2, 0.0%)

1 から, と丁寧

▼ すぐ及第~ (2, 0.0%)

1 して, の確信

▼ すぐ叔母~ (2, 0.0%)

1 の傍, の所

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 つきが, つておきの

▼ すぐ取つ~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て来

▼ すぐ取り~ (2, 0.0%)

1 か, に参れ

▼ すぐ取り寄せ~ (2, 0.0%)

1 てお, てもらっ

▼ すぐ取れ~ (2, 0.0%)

1 て終, と命じた

▼ すぐ取れる~ (2, 0.0%)

1 ように, 安ステッキ

▼ すぐ取付~ (2, 0.0%)

1 いた尾根, の襖

▼ すぐ取付き~ (2, 0.0%)

1 の表, は六畳

▼ すぐ受ける~ (2, 0.0%)

1 用意を, 私審判の

▼ すぐ受取っ~ (2, 0.0%)

1 てぱくぱく, てタオル

▼ すぐ叡山~ (2, 0.0%)

1 の行宮, へお

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ すぐ口論~ (2, 0.0%)

1 になるかする, を始める

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 新聞に, 龍亭に

▼ すぐ召使~ (2, 0.0%)

1 の一人, の者

▼ すぐ可愛い~ (2, 0.0%)

1 片手を, 頭と

▼ すぐ叱り~ (2, 0.0%)

1 に立った, もせず

▼ すぐ右馬介~ (2, 0.0%)

1 の介添え, はそこ

▼ すぐ吉田署長さん~ (2, 0.0%)

2 はたしか

▼ すぐ名古屋~ (2, 0.0%)

1 に帰る, へ出

▼ すぐ吐き~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ すぐ吐き下し~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまふ

▼ すぐ向こう側~ (2, 0.0%)

1 に寝, の隣

▼ すぐ向島~ (2, 0.0%)

1 にゆく, の寮

▼ すぐ呼ばれ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ すぐ呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 がよい, のでございます

▼ すぐ呼吸~ (2, 0.0%)

1 が忙しく, が苦しく

▼ すぐ命令~ (2, 0.0%)

1 をしました, を出す

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 になる, をした

▼ すぐ嗅ぎつけられ~ (2, 0.0%)

1 て六波羅, て終った

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が松葉, の下

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が立つ, になる

▼ すぐ国境~ (2, 0.0%)

1 でしょう, にかかります

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の政治, の方

▼ すぐ土神~ (2, 0.0%)

2 は起き直っ

▼ すぐ土間口~ (2, 0.0%)

1 のほう, の柱

▼ すぐ地主~ (2, 0.0%)

1 に交渉, に掛け

▼ すぐ地獄~ (2, 0.0%)

1 で仏, へ飛び込ん

▼ すぐ地震~ (2, 0.0%)

1 で眼, に見舞われ

▼ すぐ埋め~ (2, 0.0%)

1 てある, にかかれ

▼ すぐ城下~ (2, 0.0%)

1 である, 近くまで

▼ すぐ城中~ (2, 0.0%)

1 へ報ら, へ罷らね

▼ すぐ城太郎~ (2, 0.0%)

1 が上がっ, は沢庵

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の跡とり, を庭

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 のてっぺん, の下

▼ すぐ塗り付けられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ すぐ境内~ (2, 0.0%)

1 の検分, へは這入れない

▼ すぐ壊れ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, 易いもの

▼ すぐ売り~ (2, 0.0%)

1 に出されました, 払ふ

▼ すぐ売る~ (2, 0.0%)

1 がいい, のかネ

▼ すぐ売れ口~ (2, 0.0%)

1 がつい, はつく

▼ すぐ壺穴~ (2, 0.0%)

2 の小さい

▼ すぐ変色~ (2, 0.0%)

1 して, するし

▼ すぐ夕方~ (2, 0.0%)

1 その辺, になった

▼ すぐ外側~ (2, 0.0%)

1 に二人, に異常

▼ すぐ外套~ (2, 0.0%)

1 を手, を脱ぎはじめた

▼ すぐ多勢~ (2, 0.0%)

1 の影, の手

▼ すぐ夜来~ (2, 0.0%)

1 の兵たち, の期待

▼ すぐ大いに~ (2, 0.0%)

1 ほめました, 飲みましょうと

▼ すぐ大体~ (2, 0.0%)

1 の様子, を読ん

▼ すぐ大佛開眼供養~ (2, 0.0%)

2 が行

▼ すぐ大地~ (2, 0.0%)

1 がある, に立った

▼ すぐ大学病院~ (2, 0.0%)

2 へ入れた

▼ すぐ大書院~ (2, 0.0%)

1 の袖, へ

▼ すぐ大次郎~ (2, 0.0%)

1 は誰, より先

▼ すぐ大臣~ (2, 0.0%)

1 の子, を言い

▼ すぐ大阪~ (2, 0.0%)

1 へ向け, を立つ

▼ すぐ天守~ (2, 0.0%)

1 から一番貝, へあがっ

▼ すぐ天狗~ (2, 0.0%)

1 というよう, になった

▼ すぐ太刀~ (2, 0.0%)

1 の反り, を持った

▼ すぐ失敬~ (2, 0.0%)

1 します, し座

▼ すぐ奈良崎~ (2, 0.0%)

1 の横, の頭

▼ すぐ奉行所~ (2, 0.0%)

1 の手段, の耳

▼ すぐ奥さま~ (2, 0.0%)

1 がまいります, の目の下

▼ すぐ女の子~ (2, 0.0%)

1 の後, の手

▼ すぐ女王~ (2, 0.0%)

1 と仲直り, と寵臣

▼ すぐ好かれる~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の絵の具, の良人

▼ すぐ始まった~ (2, 0.0%)

1 のです, 第一次五ヵ年計画

▼ すぐ姿勢~ (2, 0.0%)

1 をくずし, を改めず

▼ すぐ嫁さん~ (2, 0.0%)

1 の霊, もろうた

▼ すぐ嫌疑~ (2, 0.0%)

1 がかかり, がかかる

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の心持, を産む

▼ すぐ子分~ (2, 0.0%)

1 の一人, の幸次郎

▼ すぐ子路~ (2, 0.0%)

1 が思い出される, のところ

▼ すぐ學校~ (2, 0.0%)

1 に暴れ込ん, へ寄り

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 はあれ, まで

▼ すぐ安らか~ (2, 0.0%)

1 になりました, に寢

▼ すぐ安之助~ (2, 0.0%)

1 が引き受ける, に直談判

▼ すぐ安全~ (2, 0.0%)

1 な地帯, な場所

▼ すぐ実際~ (2, 0.0%)

1 問題の, 問題へ

▼ すぐ客間~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ すぐ宣言~ (2, 0.0%)

2 した

▼ すぐ家中~ (2, 0.0%)

1 に知れ渡った, へ沙汰

▼ すぐ家庭~ (2, 0.0%)

1 でお, へ帰れる

▼ すぐ家督~ (2, 0.0%)

1 を子, を左兵衛

▼ すぐ寄りたかっ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来る

▼ すぐ密告~ (2, 0.0%)

1 されまする, して

▼ すぐ富岡~ (2, 0.0%)

1 と椅子, の声

▼ すぐ寝こんだ~ (2, 0.0%)

2 ので私

▼ すぐ察した~ (2, 0.0%)

1 ので, のであろう

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の大台所, へ飛ん

▼ すぐ尋常一般~ (2, 0.0%)

2 の極めて

▼ すぐ小林~ (2, 0.0%)

1 の主意, の方

▼ すぐ小次郎~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, の方

▼ すぐ小走り~ (2, 0.0%)

1 に蒲団, に襖

▼ すぐ少女~ (2, 0.0%)

1 がセエラ, に茶菓

▼ すぐ尽き~ (2, 0.0%)

1 て翌年, て電車通り

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ても立っ, 眠が

▼ すぐ居間~ (2, 0.0%)

1 に入, へ這入っ

▼ すぐ山田奉行~ (2, 0.0%)

1 から召し出された, となっ

▼ すぐ山蔭~ (2, 0.0%)

1 の道, へ

▼ すぐ岐阜~ (2, 0.0%)

1 のお召, へ参ります

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の差し入れ口, の裾

▼ すぐ岡本~ (2, 0.0%)

1 に向った, へかけ

▼ すぐ岩木~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, は歩み去っ

▼ すぐ岩石~ (2, 0.0%)

1 でしょう, でせう

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を下り, を下りはじめる

▼ すぐ川原~ (2, 0.0%)

1 なの, の石

▼ すぐ川向う~ (2, 0.0%)

1 には例, の浅草公園

▼ すぐ巡査~ (2, 0.0%)

1 にうながされ, に向かっ

▼ すぐ左折~ (2, 0.0%)

1 して, しテームズ河

▼ すぐ左様~ (2, 0.0%)

1 ならに, 思つた

▼ すぐ左隣~ (2, 0.0%)

1 の, の男

▼ すぐ布陣~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, を立て直し

▼ すぐ帆村~ (2, 0.0%)

1 に会っ, のところ

▼ すぐ希望~ (2, 0.0%)

1 が戻っ, に燃え

▼ すぐ帝大~ (2, 0.0%)

1 の堤さん, の新入生歓迎会

▼ すぐ帰され~ (2, 0.0%)

1 そうなお, その後鮎川の

▼ すぐ帰らない~ (2, 0.0%)

1 でこうした, の

▼ すぐ帰らね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ばなりません

▼ すぐ帰るだろう~ (2, 0.0%)

1 からさあ, ゆっくり話し

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の外

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 へ移行, 氣にな

▼ すぐ平常~ (2, 0.0%)

2 に戻る

▼ すぐ平気~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり

▼ すぐ平癒~ (2, 0.0%)

1 したかに, する妙薬

▼ すぐ広場~ (2, 0.0%)

1 の前, の端

▼ すぐ広小路~ (2, 0.0%)

1 まで帰らう, まで帰ろう

▼ すぐ広島~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ送った

▼ すぐ府堂~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, までお越し

▼ すぐ庭口~ (2, 0.0%)

1 へ, へ廻る

▼ すぐ庭門~ (2, 0.0%)

1 から出, のほう

▼ すぐ建物~ (2, 0.0%)

1 が浮ん, のかげ

▼ すぐ廻廊~ (2, 0.0%)

1 の外, へ立ち

▼ すぐ弁当~ (2, 0.0%)

1 をひらいた, を食べ

▼ すぐ式台~ (2, 0.0%)

1 の方, の端

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 や戟, を取りな

▼ すぐ引きあげ~ (2, 0.0%)

1 てくるだろう, 石田

▼ すぐ引きとっ~ (2, 0.0%)

1 てまいりました, て云いました

▼ すぐ引き続い~ (2, 0.0%)

1 てのお, て死ん

▼ すぐ引き返す~ (2, 0.0%)

1 と車, 列車にばかり

▼ すぐ引取~ (2, 0.0%)

2 って

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 のやう, をけした

▼ すぐ影響~ (2, 0.0%)

1 が現われ, されて

▼ すぐ役所~ (2, 0.0%)

1 から飛ん, のほう

▼ すぐ役立つ~ (2, 0.0%)

1 し八年前, 勉強法だ

▼ すぐ往こう~ (2, 0.0%)

1 と云う, と思っ

▼ すぐ後戻り~ (2, 0.0%)

1 するよう, する修行

▼ すぐ後私~ (2, 0.0%)

1 はある, は自分

▼ すぐ御殿~ (2, 0.0%)

1 へ来, を出る

▼ すぐ御用~ (2, 0.0%)

1 をし, を伺い

▼ すぐ御膳~ (2, 0.0%)

1 に致しましょう, をさしあげます

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 た土佐, た沈んで

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 笑い出しそれは, 速度映画カメラを

▼ すぐ徳川時代~ (2, 0.0%)

1 だと, となり

▼ すぐ心安く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて仕舞

▼ すぐ心配~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり出した

▼ すぐ心配そう~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ すぐ必要~ (2, 0.0%)

1 だから, な書類

▼ すぐ応戦~ (2, 0.0%)

1 したん, にかかった

▼ すぐ応用~ (2, 0.0%)

1 ができる, して

▼ すぐ念頭~ (2, 0.0%)

1 にうかん, に浮ぶ

▼ すぐ思いかえし~ (2, 0.0%)

1 て, てそれ

▼ すぐ思いきった~ (2, 0.0%)

1 ように, 散財を

▼ すぐ思い出され~ (2, 0.0%)

1 てくる, はし

▼ すぐ思い出された~ (2, 0.0%)

1 ことらしい, のだ

▼ すぐ思い出した~ (2, 0.0%)

1 がまた, と見え

▼ すぐ思い立っ~ (2, 0.0%)

1 てゆうべあれ, て順天堂

▼ すぐ思い返し~ (2, 0.0%)

1 てその間, て途中

▼ すぐ思っ~ (2, 0.0%)

1 てしまうらしい, て会える

▼ すぐ急ぎ足~ (2, 0.0%)

1 で歩きだした, で歩き出した

▼ すぐ急使~ (2, 0.0%)

1 をやれっ, を漢中

▼ すぐ恋愛的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ すぐ悔いる~ (2, 0.0%)

1 ような, 者らしい

▼ すぐ悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 顔を

▼ すぐ悲しみ~ (2, 0.0%)

1 の色, を忘れ

▼ すぐ惚れる~ (2, 0.0%)

1 のも, ような

▼ すぐ感じられる~ (2, 0.0%)

1 事は, 筈だ

▼ すぐ懇意~ (2, 0.0%)

1 になっ, になります

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 じて, へました

▼ すぐ懐中~ (2, 0.0%)

1 から例, へ入れ

▼ すぐ成政~ (2, 0.0%)

1 に告げ, をし

▼ すぐ我々~ (2, 0.0%)

1 の新しく, をある

▼ すぐ戦場~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, へ馳せつけ

▼ すぐ戦闘~ (2, 0.0%)

1 に移った, を展

▼ すぐ戸口~ (2, 0.0%)

1 から日, の辺

▼ すぐ戻し~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て欲しい

▼ すぐ手ぬぐい~ (2, 0.0%)

1 で足, を持っ

▼ すぐ手まね~ (2, 0.0%)

2 ぎして

▼ すぐ手もと~ (2, 0.0%)

1 が狂い出し, にある

▼ すぐ手帖~ (2, 0.0%)

1 に書き, に書きとった

▼ すぐ手袋~ (2, 0.0%)

1 をかくし, をはめた

▼ すぐ手配り~ (2, 0.0%)

1 して, するよう

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 伏した, 敷けと

▼ すぐ打ち消した~ (2, 0.0%)

1 がこれから, のでした

▼ すぐ折竹~ (2, 0.0%)

1 にわたし, に気がついたらしく

▼ すぐ抜い~ (2, 0.0%)

1 て来るだろう, て見せた

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 きも, く

▼ すぐ拉致~ (2, 0.0%)

1 されて, したという

▼ すぐ拘泥~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ拾い上げ~ (2, 0.0%)

1 て幌, はした

▼ すぐ拾っ~ (2, 0.0%)

1 てあげた, て来い

▼ すぐ持たせ~ (2, 0.0%)

1 てやった, てやる

▼ すぐ指揮~ (2, 0.0%)

1 を仰がね, を発し

▼ すぐ挨拶~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ すぐ捕まる~ (2, 0.0%)

1 そして幾年, ぞ

▼ すぐ捜し~ (2, 0.0%)

1 て呉れる, にゆけ

▼ すぐ捲ける~ (2, 0.0%)

2 が手拭

▼ すぐ掃除~ (2, 0.0%)

1 が出来, をはじめた

▼ すぐ揚場~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 しあてた, り當

▼ すぐ支局~ (2, 0.0%)

1 へ行け, へ走っ

▼ すぐ改めて~ (2, 0.0%)

1 発送する, 見せた

▼ すぐ改札~ (2, 0.0%)

1 のベル, の男

▼ すぐ政所~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ出

▼ すぐ政治~ (2, 0.0%)

1 の直接行動, や法律

▼ すぐ敏感~ (2, 0.0%)

1 なひびきをもって, な響き

▼ すぐ散らかっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て困った

▼ すぐ敵方~ (2, 0.0%)

1 の陣, へ知れる

▼ すぐ敷居際~ (2, 0.0%)

1 に, に膝

▼ すぐ料理~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ斬る~ (2, 0.0%)

1 ことなく, のは

▼ すぐ斯波~ (2, 0.0%)

2 は例

▼ すぐ新しく~ (2, 0.0%)

1 弾丸を, 買い込まにゃ

▼ すぐ方向~ (2, 0.0%)

1 をかえ, を測り

▼ すぐ旅支度~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が暮れ, が暮れた

▼ すぐ早馬~ (2, 0.0%)

1 の支度, をやっ

▼ すぐ昇降機~ (2, 0.0%)

1 で三階, で上っ

▼ すぐ明日~ (2, 0.0%)

1 からも働き, の踊り

▼ すぐ明瞭~ (2, 0.0%)

1 にいった, になる

▼ すぐ昨日~ (2, 0.0%)

1 の事, の老人

▼ すぐ昼食~ (2, 0.0%)

1 の間に合い, をし

▼ すぐ晴れ~ (2, 0.0%)

1 て快晴, て海峡

▼ すぐ晴れます~ (2, 0.0%)

1 よ, わ狐

▼ すぐ暗く~ (2, 0.0%)

1 なった, なること

▼ すぐ暴露~ (2, 0.0%)

1 する, れまさあ

▼ すぐ曲り角~ (2, 0.0%)

1 から四人, の電柱

▼ すぐ書い~ (2, 0.0%)

1 てちょうだい, て見せる

▼ すぐ書く~ (2, 0.0%)

1 さ, 気に

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 合う金, 楽座へ

▼ すぐ木戸~ (2, 0.0%)

1 の中, の役人

▼ すぐ本丸~ (2, 0.0%)

1 へあるい, へ出かけ

▼ すぐ本箱~ (2, 0.0%)

1 の前, の方

▼ すぐ本署~ (2, 0.0%)

2 へ電話

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を出した, を集め

▼ すぐ来よう~ (2, 0.0%)

2 と思った

▼ すぐ来られる~ (2, 0.0%)

2 機会が

▼ すぐ東大寺~ (2, 0.0%)

1 へはいっ, へはいつ

▼ すぐ東隣~ (2, 0.0%)

1 であった, の邸

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の木の間, の根元

▼ すぐ松本~ (2, 0.0%)

1 の言葉, へ立つ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が出る, にしたため

▼ すぐ板の間~ (2, 0.0%)

2 へ腰

▼ すぐ板塀~ (2, 0.0%)

1 で外, の内

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 に頭, の下

▼ すぐ枕もと~ (2, 0.0%)

1 で聞こえる, の腕時計

▼ すぐ枯れる~ (2, 0.0%)

1 やつも, 稲や

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が乾い, が生え

▼ すぐ格子戸~ (2, 0.0%)

1 へ引き返し, をあけ

▼ すぐ桟敷~ (2, 0.0%)

1 から試合奉行, へ通る

▼ すぐ桟橋~ (2, 0.0%)

1 へ上がろう, へ姿

▼ すぐ梯子段~ (2, 0.0%)

1 が付い, で二階

▼ すぐ椽側~ (2, 0.0%)

1 に上がる, へ飛び出す

▼ すぐ楊柳~ (2, 0.0%)

2 の浅緑

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を向けた, を引こう

▼ すぐ様そう~ (2, 0.0%)

1 は行かぬらしい, は行かぬらしかった

▼ すぐ様問題~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ すぐ様大衆~ (2, 0.0%)

1 が一切, だとは

▼ すぐ様子~ (2, 0.0%)

2 を聞く

▼ すぐ様思想~ (2, 0.0%)

1 の典拠, の表現物

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ すぐ横槍~ (2, 0.0%)

1 が入った, が出た

▼ すぐ止まず~ (2, 0.0%)

2 まあこれ

▼ すぐ止め~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て第

▼ すぐ正しい~ (2, 0.0%)

1 数字が, 道筋が

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の人, の辺

▼ すぐ武士~ (2, 0.0%)

1 に命じ, に立ち返っ

▼ すぐ歸つて來~ (2, 0.0%)

1 たが, るよ

▼ すぐ死ね~ (2, 0.0%)

1 ばよかっ, もしない

▼ すぐ死ねるだらう~ (2, 0.0%)

2 と思つた

▼ すぐ死体~ (2, 0.0%)

1 の引きずり上げられた, を警視庁

▼ すぐ死刑~ (2, 0.0%)

1 にされ, をやります

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の焼ける, をむしっ

▼ すぐ水母~ (2, 0.0%)

2 に刺された

▼ すぐ水野さん~ (2, 0.0%)

2 が来

▼ すぐ水面~ (2, 0.0%)

1 へふう, へ消え

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が来ます, の棒

▼ すぐ氷川下~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, へ廻った

▼ すぐ汗みどろ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて目

▼ すぐ江岸~ (2, 0.0%)

1 から十数艘, の陣屋

▼ すぐ江戸川~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を渡つて

▼ すぐ江戸表~ (2, 0.0%)

1 へ下向, へ召され

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 がわかる, をはきます

▼ すぐ沖合~ (2, 0.0%)

1 の灰色, へ出動

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 だった, を渡れ

▼ すぐ河原~ (2, 0.0%)

1 になる, に下り

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を切っ, を見よう

▼ すぐ泣い~ (2, 0.0%)

1 たりすぐ, たり怒鳴っ

▼ すぐ泣き出す~ (2, 0.0%)

1 が負けぬ, のだ

▼ すぐ注進~ (2, 0.0%)

1 されること, の一通

▼ すぐ洋服~ (2, 0.0%)

1 に着, を脱がない

▼ すぐ洛陽~ (2, 0.0%)

1 へ引っ返し, へ立ち帰った

▼ すぐ浅間山麓~ (2, 0.0%)

2 へ手紙

▼ すぐ浜松~ (2, 0.0%)

1 へ変, へ廻送

▼ すぐ浪岡~ (2, 0.0%)

1 の身体, を厩舎

▼ すぐ浮かん~ (2, 0.0%)

2 で来た

▼ すぐ浴槽~ (2, 0.0%)

1 にあふれる, へ入

▼ すぐ浴衣~ (2, 0.0%)

1 にきかえ, を借り

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 たよう, ゆる堪えも

▼ すぐ消え去~ (2, 0.0%)

2 つた君の

▼ すぐ涙ぐむ~ (2, 0.0%)

1 のだった, のであった

▼ すぐ涙し~ (2, 0.0%)

1 て, てしまう

▼ すぐ深川~ (2, 0.0%)

1 の佐賀町, へ駈け付ける

▼ すぐ清十郎~ (2, 0.0%)

1 だの同輩, の枕元

▼ すぐ清洲~ (2, 0.0%)

1 の本城, へ帰っ

▼ すぐ済みます~ (2, 0.0%)

1 からこちら, よ

▼ すぐ渋い~ (2, 0.0%)

2 顔に

▼ すぐ渋谷~ (2, 0.0%)

1 の春藤家, へ飛ん

▼ すぐ渡れる~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ すぐ湖水~ (2, 0.0%)

1 からひきあげる, を見る

▼ すぐ源公~ (2, 0.0%)

1 に持たし, へじ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ すぐ火事~ (2, 0.0%)

1 がイタリ, を起す

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が見えよう, をつけました

▼ すぐ灯り~ (2, 0.0%)

1 の支度, をつける

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 にもなり, のよう

▼ すぐ炊い~ (2, 0.0%)

1 てパナマ丸, て食べる

▼ すぐ炬燵~ (2, 0.0%)

1 の中, をあた

▼ すぐ烈しい~ (2, 0.0%)

1 便気の, 便氣の

▼ すぐ無視~ (2, 0.0%)

1 されたの, すること

▼ すぐ無言~ (2, 0.0%)

1 のうち, のまま卓上

▼ すぐ無電~ (2, 0.0%)

1 でしらせろ, で問い合わせ

▼ すぐ焼跡~ (2, 0.0%)

1 が物騒, が続く

▼ すぐ煖炉~ (2, 0.0%)

1 のそば, の傍

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を吹き出し, を失っ

▼ すぐ熱心~ (2, 0.0%)

1 に先生, に勉強

▼ すぐ熱海~ (2, 0.0%)

1 へ来, を発っ

▼ すぐ燃え~ (2, 0.0%)

1 そうな, て無くなっ

▼ すぐ燃えつく~ (2, 0.0%)

2

▼ すぐ爆発~ (2, 0.0%)

1 させます, させると

▼ すぐ片づけ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまっ

▼ すぐ牛車~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, の手綱

▼ すぐ物置~ (2, 0.0%)

1 のよう, の道具箱

▼ すぐ犯人~ (2, 0.0%)

1 が分っ, が捕まった

▼ すぐ狭い~ (2, 0.0%)

1 坂道を, 梯子段で

▼ すぐ猜疑~ (2, 0.0%)

1 の刃, をつのらせた

▼ すぐ猪口~ (2, 0.0%)

1 を取り上げた, を空

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の頭, をつれ

▼ すぐ王様~ (2, 0.0%)

1 の服, は通りかかっ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 て来る, わして

▼ すぐ現れ~ (2, 0.0%)

1 て一二分, て凝結核

▼ すぐ現像~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ現実~ (2, 0.0%)

1 に取って返し, の波間

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 がとまった, の主

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 のまんま, 捕られて

▼ すぐ生え~ (2, 0.0%)

1 てくる, てゐる

▼ すぐ生活~ (2, 0.0%)

1 に困らぬ, に必要

▼ すぐ用事~ (2, 0.0%)

1 も終る, を書く

▼ すぐ田代屋~ (2, 0.0%)

1 へ取って返しました, へ取つ

▼ すぐ田舎~ (2, 0.0%)

1 で使い馴れた, の中学校

▼ すぐ申し出~ (2, 0.0%)

1 しました, を撤回

▼ すぐ男子~ (2, 0.0%)

1 たる面目, の心理状態

▼ すぐ町内~ (2, 0.0%)

1 にあそび, の本道

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を感じ, 妖に

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ぐるから, をかけられます

▼ すぐ疲れた~ (2, 0.0%)

1 と云った, と見え

▼ すぐ疲労~ (2, 0.0%)

1 を感じるらしく, を感ずる

▼ すぐ病室~ (2, 0.0%)

1 に行った, へ入る

▼ すぐ癒し~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 にさわった, に障った

▼ すぐ発向~ (2, 0.0%)

1 した, せい

▼ すぐ発射~ (2, 0.0%)

1 する, すること

▼ すぐ発火~ (2, 0.0%)

1 いたしました, して

▼ すぐ登城~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ すぐ白金~ (2, 0.0%)

1 から澄子さん, の傳染病研究所

▼ すぐ皮肉~ (2, 0.0%)

1 な嘲笑, に横

▼ すぐ目撃者~ (2, 0.0%)

1 がある程度, の注意

▼ すぐ直覚的~ (2, 0.0%)

1 に明, に泣き出した

▼ すぐ省線~ (2, 0.0%)

1 で来た, に乘

▼ すぐ県庁~ (2, 0.0%)

1 に出かけなけりゃならん, に出頭

▼ すぐ真に~ (2, 0.0%)

1 うけて, 受けて

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 換えを, 換へ

▼ すぐ矢倉~ (2, 0.0%)

1 の二階辺り, へ上っ

▼ すぐ知る~ (2, 0.0%)

1 ことが, にちがい

▼ すぐ知れ~ (2, 0.0%)

1 ていい, ていただろう

▼ すぐ石山~ (2, 0.0%)

1 と争ったら, にかかる

▼ すぐ石段~ (2, 0.0%)

2 を上っ

▼ すぐ石狩川~ (2, 0.0%)

1 だつた, の川面

▼ すぐ破っ~ (2, 0.0%)

1 てくれました, てしまった

▼ すぐ硝子~ (2, 0.0%)

1 となる, に人影

▼ すぐ硝子戸~ (2, 0.0%)

1 になってる, を閉めた

▼ すぐ碁盤~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を出し

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 で水, へ出

▼ すぐ磯五~ (2, 0.0%)

1 に呼びこまれ, のこと

▼ すぐ礼状~ (2, 0.0%)

1 を出し, 差出したの

▼ すぐ祝言~ (2, 0.0%)

1 したい, をさせ

▼ すぐ種々~ (2, 0.0%)

1 なこと, 調べて

▼ すぐ稽古~ (2, 0.0%)

1 をはじめよう, を始めね

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 へ昇っ, を見

▼ すぐ空きます~ (2, 0.0%)

2 から

▼ すぐ空腹~ (2, 0.0%)

1 にこたえる, になる

▼ すぐ突き当る~ (2, 0.0%)

1 のである, 三畳には

▼ すぐ立ちあが~ (2, 0.0%)

1 つてその, つて抽出し

▼ すぐ立ちどまっ~ (2, 0.0%)

1 てきっと, て後

▼ すぐ立ち上つ~ (2, 0.0%)

1 てその, て去る

▼ すぐ立ち去っ~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ すぐ立ち直る~ (2, 0.0%)

1 ことも, と出鱈目

▼ すぐ立去る~ (2, 0.0%)

1 が, つもりでした

▼ すぐ立派~ (2, 0.0%)

1 な着物, に生き返ります

▼ すぐ竜一~ (2, 0.0%)

1 の方, をつかまえ

▼ すぐ笑い声~ (2, 0.0%)

1 だ, になる

▼ すぐ笑う~ (2, 0.0%)

1 と一般, のを

▼ すぐ答えられる~ (2, 0.0%)

1 ような, 声も

▼ すぐ答える~ (2, 0.0%)

1 ことが, はずじゃ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 にしまう, を開こう

▼ すぐ納戸~ (2, 0.0%)

1 からどてら, の父

▼ すぐ紹介~ (2, 0.0%)

1 された, して

▼ すぐ結果~ (2, 0.0%)

1 を予想, を望もう

▼ すぐ継子~ (2, 0.0%)

1 に伝えられた, の後

▼ すぐ続く~ (2, 0.0%)

1 以下の, 者が

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 で掬い上げられた, を取

▼ すぐ綺麗~ (2, 0.0%)

1 な座敷, になるであろう

▼ すぐ縄目~ (2, 0.0%)

1 を切っ, を解い

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 がは入った

▼ すぐ署長~ (2, 0.0%)

1 に通知, はとってかえし

▼ すぐ羞明~ (2, 0.0%)

2 しがって

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 レグホンの, 先生の

▼ すぐ老母~ (2, 0.0%)

2 の駕籠わき

▼ すぐ考えた~ (2, 0.0%)

1 のである, のです

▼ すぐ考える~ (2, 0.0%)

1 ということ, のが

▼ すぐ聞え~ (2, 0.0%)

2 てきた

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 が来た, はきいた

▼ すぐ脇差~ (2, 0.0%)

1 を取上げ, を持っ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 ちないせい, れそう

▼ すぐ脱い~ (2, 0.0%)

1 でああ, で雨

▼ すぐ脳貧血~ (2, 0.0%)

1 をおこし, を起し

▼ すぐ腐る~ (2, 0.0%)

1 よ, 餅類が

▼ すぐ腰越~ (2, 0.0%)

1 から七里ヶ浜, へ行く

▼ すぐ自信~ (2, 0.0%)

1 と同じ, をもっ

▼ すぐ自宅~ (2, 0.0%)

1 に遊ん, へ戻った

▼ すぐ自害~ (2, 0.0%)

1 して, と心

▼ すぐ自然~ (2, 0.0%)

1 なもの, の裏

▼ すぐ自身番~ (2, 0.0%)

1 の方, へでも連れ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 へもどれ

▼ すぐ芝居~ (2, 0.0%)

1 にうつる, のセリフ

▼ すぐ花婿~ (2, 0.0%)

1 の家, の方

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 先生にも, 松屋惣七の

▼ すぐ苦笑~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ すぐ草鞋~ (2, 0.0%)

1 をはい, をはきかけた

▼ すぐ荒田老~ (2, 0.0%)

1 に言った, の手

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 をすこし, を運ん

▼ すぐ荷物~ (2, 0.0%)

1 をまとめ, を運ぶ

▼ すぐ荻窪~ (2, 0.0%)

1 へは行かず, へもどり

▼ すぐ落ちついた~ (2, 0.0%)

1 声で, 気持ちに

▼ すぐ落ちる~ (2, 0.0%)

1 よ, ような

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 をしめた, をする

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 をのばし

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 紅くな, 色に

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 た, のよう

▼ すぐ行かう~ (2, 0.0%)

1 ぢや, と言

▼ すぐ行かなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, ちゃならねえ

▼ すぐ行きましょう~ (2, 0.0%)

1 かと伺ったら, や

▼ すぐ行止り~ (2, 0.0%)

1 であるが, ます

▼ すぐ衝突~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の首, をさい

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 をとらえた, を掠める

▼ すぐ裁判所~ (2, 0.0%)

1 に大きな, へ出勤

▼ すぐ裏山~ (2, 0.0%)

1 の大, の方

▼ すぐ裏庭~ (2, 0.0%)

1 のあたり, へ通す

▼ すぐ裸足~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ すぐ西洋間~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ すぐ西隣~ (2, 0.0%)

1 にある, の田

▼ すぐ要領~ (2, 0.0%)

1 をいった, を得られる

▼ すぐ見つけ~ (2, 0.0%)

2 てあげる

▼ すぐ見つける~ (2, 0.0%)

1 ことが, ように

▼ すぐ見て取る~ (2, 0.0%)

1 のだ, 事が

▼ すぐ見破られる~ (2, 0.0%)

1 からね, トリックを

▼ すぐ見舞い~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, 申したい

▼ すぐ覚え~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て自分

▼ すぐ覚える~ (2, 0.0%)

1 のだ, よダンス

▼ すぐ覚め~ (2, 0.0%)

1 そうで, て起きた

▼ すぐ親分~ (2, 0.0%)

1 に, に倣った

▼ すぐ観音堂~ (2, 0.0%)

1 のぬれ, の方

▼ すぐ解け~ (2, 0.0%)

1 さうです, て元

▼ すぐ解るだろう~ (2, 0.0%)

1 に診察, 余裕と

▼ すぐ解雇~ (2, 0.0%)

1 して, です

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 はない, ひ出した

▼ すぐ訂正~ (2, 0.0%)

1 された, するでしょう

▼ すぐ記者~ (2, 0.0%)

1 に向, に電話

▼ すぐ許し~ (2, 0.0%)

1 が出た, て頂けるでしょう

▼ すぐ訴人~ (2, 0.0%)

1 したが, して

▼ すぐ診察~ (2, 0.0%)

1 にき, に行きましょう

▼ すぐ評判~ (2, 0.0%)

1 がたっ, になった

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 のよう, を書いた

▼ すぐ認めた~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ すぐ誨淫~ (2, 0.0%)

2 の書

▼ すぐ読む~ (2, 0.0%)

1 こと, ためとばかりは

▼ すぐ読め~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ すぐ読ん~ (2, 0.0%)

1 でみ, でギク

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の下手人, を解く

▼ すぐ警戒~ (2, 0.0%)

1 した, を解い

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 から引きあげさせました, の向こう

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を吹かせ, を吹け

▼ すぐ財布~ (2, 0.0%)

1 を握れ, を解い

▼ すぐ貨物列車~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ すぐ貯金~ (2, 0.0%)

1 して, へ

▼ すぐ貰える~ (2, 0.0%)

1 ことに, わけの

▼ すぐ買い~ (2, 0.0%)

1 にくる, に出掛ける

▼ すぐ買手~ (2, 0.0%)

1 がつい, がつく

▼ すぐ貸し~ (2, 0.0%)

1 てくれました, て下さい

▼ すぐ資本主義~ (2, 0.0%)

2 に堕する

▼ すぐ赤い~ (2, 0.0%)

1 着物を, 道に

▼ すぐ走つ~ (2, 0.0%)

1 てゆきたかつた, て行く

▼ すぐ起きます~ (2, 0.0%)

1 もねい, よ

▼ すぐ起き上がっ~ (2, 0.0%)

1 て, て花房

▼ すぐ起き上り~ (2, 0.0%)

1 押入の, 見かけに

▼ すぐ起せる~ (2, 0.0%)

2 し森

▼ すぐ起ち上っ~ (2, 0.0%)

1 て寄っ, て帰国

▼ すぐ起つ~ (2, 0.0%)

1 ておりた, て行つて窓

▼ すぐ起とう~ (2, 0.0%)

1 とはしなかった, ともしなかった

▼ すぐ越前~ (2, 0.0%)

1 の耳, の腹

▼ すぐ足下~ (2, 0.0%)

1 にある, に小さな

▼ すぐ距離~ (2, 0.0%)

1 がつまっ, は延び

▼ すぐ跫音~ (2, 0.0%)

1 をしのばせ, をひそめ

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 の傍, の片側

▼ すぐ路傍~ (2, 0.0%)

1 から立ちかけ, に沿う

▼ すぐ踏み込ん~ (2, 0.0%)

1 で不意, で取り押え

▼ すぐ身辺~ (2, 0.0%)

1 にあいつ, に迫っ

▼ すぐ軍備~ (2, 0.0%)

1 にはさらに, を令

▼ すぐ軽井沢~ (2, 0.0%)

1 に立っ, を発った

▼ すぐ軽蔑~ (2, 0.0%)

1 されて, の念

▼ すぐ近寄っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ すぐ近間~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ すぐ返す~ (2, 0.0%)

1 けれど, というやり方

▼ すぐ返っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来る

▼ すぐ返電~ (2, 0.0%)

1 が来た, を打ちました

▼ すぐ迷子~ (2, 0.0%)

1 になり, のよう

▼ すぐ追いつい~ (2, 0.0%)

1 て来る, て行く

▼ すぐ追っ~ (2, 0.0%)

1 てゆけ, て行った

▼ すぐ追って~ (2, 0.0%)

1 出て, 来た野武士たち

▼ すぐ追っ駈け~ (2, 0.0%)

1 て往, て聞こえ

▼ すぐ退院~ (2, 0.0%)

1 いたします, するから

▼ すぐ逃げだし~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまった

▼ すぐ逃げだす~ (2, 0.0%)

1 なんていくら, わけには

▼ すぐ逃げ出し~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て行かう

▼ すぐ逃げ出す~ (2, 0.0%)

1 くせに, ことを

▼ すぐ逃げ出そう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ すぐ通つて~ (2, 0.0%)

1 行く, 見ると

▼ すぐ通り過ぎ~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ すぐ速達~ (2, 0.0%)

1 の手紙, を飛ばす

▼ すぐ連絡~ (2, 0.0%)

2 して

▼ すぐ進発~ (2, 0.0%)

1 し出した, の準備

▼ すぐ遁げ~ (2, 0.0%)

1 よ, る

▼ すぐ運ん~ (2, 0.0%)

1 でもらう, でゆく

▼ すぐ運動~ (2, 0.0%)

1 が緩慢, を休ん

▼ すぐ運命~ (2, 0.0%)

1 に対する清らか, に服従

▼ すぐ過ぎ去っ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て小沢

▼ すぐ道場~ (2, 0.0%)

1 の横, へ行

▼ すぐ道徳的~ (2, 0.0%)

2 であるの

▼ すぐ道江~ (2, 0.0%)

1 の気持ち, の眼

▼ すぐ道路~ (2, 0.0%)

1 の側, の改修

▼ すぐ遠く~ (2, 0.0%)

1 から駆け寄せ, 駆ける

▼ すぐ適用~ (2, 0.0%)

1 すること, できるから

▼ すぐ配達~ (2, 0.0%)

1 して, しないで

▼ すぐ配電盤~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ すぐ酒宴~ (2, 0.0%)

1 にしよう, をもうけさせ

▼ すぐ酒屋~ (2, 0.0%)

1 へ飛ん, へ魚屋

▼ すぐ醒める~ (2, 0.0%)

1 たちな, 殆ん

▼ すぐ重吉~ (2, 0.0%)

1 の挙止動作, を車

▼ すぐ釣り込まれ~ (2, 0.0%)

2 てあわて出し

▼ すぐ銀座~ (2, 0.0%)

1 へでる, へ行きましょう

▼ すぐ銀行~ (2, 0.0%)

1 にもどろう, に帰る

▼ すぐ鋭い~ (2, 0.0%)

1 機智が, 眸が

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ すぐ鑑定~ (2, 0.0%)

1 が付くでしょう, した

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 可は, 庵と

▼ すぐ長崎~ (2, 0.0%)

1 のもの, へ庄次郎

▼ すぐ長靴~ (2, 0.0%)

1 送れと, 送れとこうだろうすると

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 めくの, めくので

▼ すぐ開かれる~ (2, 0.0%)

1 かあと, という工合

▼ すぐ開き~ (2, 0.0%)

1 もせず, 扉一つの

▼ すぐ開けます~ (2, 0.0%)

2

▼ すぐ関羽~ (2, 0.0%)

1 のあと, を迎え

▼ すぐ降参~ (2, 0.0%)

1 した, に出る

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 を引払い, を払っ

▼ すぐ陣刀~ (2, 0.0%)

1 の柄, をぬい

▼ すぐ陣地~ (2, 0.0%)

1 へ登っ, へ行っ

▼ すぐ陸路~ (2, 0.0%)

1 を参る, を姫路

▼ すぐ隅田川~ (2, 0.0%)

1 が黒, ですが

▼ すぐ階上~ (2, 0.0%)

1 では与, のバス・ルウム

▼ すぐ隙間~ (2, 0.0%)

1 から顔, をふさいだ

▼ すぐ隣りあっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ておなじ

▼ すぐ隣屋~ (2, 0.0%)

2 の物置

▼ すぐ隣村~ (2, 0.0%)

1 ですの, の豪族

▼ すぐ集め~ (2, 0.0%)

1 てき, にかかっ

▼ すぐ響き~ (2, 0.0%)

1 また大坂方, 微風にさえ

▼ すぐ頂上~ (2, 0.0%)

1 に聳え, へ登れ

▼ すぐ領事館~ (2, 0.0%)

1 なの, へ行った

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 尚は, 尚を

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 がくっつい, の手

▼ すぐ飛びかかっ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, て行く

▼ すぐ飛び出~ (2, 0.0%)

2 てそして

▼ すぐ飛び出そう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ すぐ食える~ (2, 0.0%)

1 という便利, ように

▼ すぐ饗庭~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の庭

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ すぐ馬の背~ (2, 0.0%)

1 にのせ, に返っ

▼ すぐ馬小屋~ (2, 0.0%)

1 に續, をつくり

▼ すぐ馬岱~ (2, 0.0%)

1 の剣, を招い

▼ すぐ馬車~ (2, 0.0%)

1 の支度, を呼ん

▼ すぐ馬首~ (2, 0.0%)

1 を傾斜地, を回らす

▼ すぐ駅前~ (2, 0.0%)

1 の交番, の宿屋

▼ すぐ駆けつけ~ (2, 0.0%)

1 ていった, て行っ

▼ すぐ駈けだし~ (2, 0.0%)

1 ていっ, ていった

▼ すぐ駈け出し~ (2, 0.0%)

1 て行く, て見た

▼ すぐ駈け戻っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て行き

▼ すぐ駐在所~ (2, 0.0%)

1 から銃声, へ知らせなく

▼ すぐ驚いた~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ すぐ高座~ (2, 0.0%)

1 の下, らしく裏木戸

▼ すぐ魯粛~ (2, 0.0%)

1 は彼, を呼ん

▼ すぐ~ (2, 0.0%)

1 のごとく, 越え一の谷

▼ すぐ黒く~ (2, 0.0%)

1 なった, なる部屋

▼ すぐ黙っ~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼1* [5670件]

すぐぷあぷと顔を, すぐあああの最新式の, すぐあいて黒スカート, すぐあいそ笑いをした, すぐあがった雨の, すぐあがりますか, すぐあがるように, すぐあきてしまいました, すぐあきらかに不愉快, すぐあきらめて木, すぐあきるの面白く, すぐあくる日おれは自分, すぐあぐらになり, すぐあけようじゃない, すぐあげられるのか, すぐあげることが, すぐあしたのうち, すぐあすからどう, すぐあすこへ立てた, すぐあたためて生かし, すぐあたって見ましょう, すぐあたりをきょろきょろ, すぐあたり前のこと, すぐあちらこちらに私語, すぐあって下す, すぐあっさり忘れて, すぐあっしに知らせる, すぐあったじゃない, すぐあっちには広い, すぐあつちへ, すぐあてはめて熱, すぐあとみんながすっかり, すぐあとフリーダが困った, すぐあと七日目に嫁御, すぐあと弟はまた, すぐあと数台の橇, すぐあと方もなく, すぐあと日本へかえった, すぐあと案の條清姫, すぐあと艫の方, すぐあと藤屋の子供, すぐあと門衛がかれ, すぐあふれて來, すぐあべこべに問いかえした, すぐあやしいとか変, すぐあやしまれてしまう, すぐあらぬ方に, すぐありあわせの毛筆, すぐありのまま周都督へ, すぐあわてて声, すぐあわてるもんだ, すぐあんな騒ぎでしょう, すぐあんなに建てやがった, すぐいいつけそれから静か, すぐいい出す言葉は, すぐいえば半兵衛, すぐいかにして, すぐいかれるかい, すぐいきいきとかがやい, すぐいきおいよくおよぎ出すのに, すぐいきなりバキチを, すぐいきますよ, すぐいくらかでもみんな, すぐいじめるのだ, すぐいそいで診察室, すぐいたずららしい微笑, すぐいたせとの大御所, すぐいちどにすべて問題を, すぐいちめんにひろがり, すぐいったガクガク入れ歯を, すぐいつかトラックにいたずら書, すぐいつか掏摸の手首, すぐいつぞや激戦の, すぐいねむりを始める, すぐいびきになった, すぐいふがかうい, すぐいま彼のゐる, すぐいやいやと用心, すぐいらいらして, すぐいらして頂けない, すぐいらっしってよおじさま, すぐいらっしゃいよ, すぐいらっしゃいませね, すぐいらっしゃいませんか, すぐいらっしゃるわけに, すぐいるのかい, すぐいわしは幾ら, すぐいわなかったのか, すぐいわゆる要路の, すぐうかんだ事が, すぐうけついで, すぐうごかされはしなかった, すぐうしろ辺りで峰道, すぐうたひました, すぐうたい出したのでみんなびっくり, すぐうたうなんてこと, すぐうつらうつらと睡魔, すぐうつると見える, すぐうつろいますわ, すぐうなされ出したのだ, すぐうなずいたが急, すぐうなずかれるにちがい, すぐうなづいて去つた, すぐうらなり君が, すぐうれしそうに, すぐうれないのでね, すぐうんそうだ, すぐうんとはうなずかなかった, すぐエどうしてすぐ, すぐおいそれと書いて, すぐおいつきましたがそら, すぐおうかがいいたしましょう, すぐおうとはいわない, すぐおおせの通り, すぐおかえりよ, すぐおかしがった, すぐおかしくなるの, すぐおかみさんがつ, すぐおきていい, すぐおくはるこむ, すぐおこしてください, すぐおこってきた, すぐおこるのだ, すぐおしたおされて手錠, すぐおじいさんの前, すぐおじさんに知らせ, すぐおちそうに, すぐおっかあ, すぐおっしゃったのよ, すぐおでこに平たい, すぐおでん屋を吹きぬけ, すぐおどりかかる事は, すぐおどろきの叫喚, すぐおのれへ帰っ, すぐおのれ一人かねて待たせ, すぐおばあさんのところ, すぐおびえてしまった, すぐおぼえたその道具, すぐおぼえましたが書く, すぐおまえの書きつけ, すぐおまわりさんに知らせる, すぐおめでたがあります, すぐおもしろいお話を, すぐおやすみなさい今晩あなたに, すぐおよったんでございます, すぐおろせるやうに, すぐおわりになるでしょう, すぐお代りを持っ, すぐお供つかまつります, すぐお前さんの家, すぐお前たちの事, すぐお前らを巡査, すぐお喋りして, すぐお宝が頂けます, すぐお座所を点検, すぐお座敷だよ, すぐお昼御飯にします, すぐお母さんの手, すぐお母様の細長い, すぐお目にかからねばなりません, すぐお目にかかりに行く, すぐお目にかかりますから暫時お待ち, すぐお祝いの宴会, すぐお立ち出でになった, すぐお立ち帰りあるほう, すぐお笑いになります, すぐお答えになりました, すぐお茶の水の学生さん, すぐお茶屋に送り込まれ, すぐお菓子をねだった, すぐお触れ状をたずさえ, すぐお話しして, すぐかう独語した, すぐかういふのである, すぐかうして泣ける, すぐかうしたことを, すぐかえして頂戴, すぐかえってもらおう, すぐかえり又留蔵, すぐかえり給えとうながす, すぐかえれ帰らなければこれきり家, すぐかかってくれ, すぐかからず来年は, すぐかかる際に, すぐかがんできれい, すぐかくの如く, すぐかくし戸の, すぐかけだしたがさて, すぐかけつけましたが薬, すぐかけつけますから電話, すぐかけつけると返事, すぐかけつければ間に合わない, すぐかけるからいい, すぐかけ出して行っ, すぐかしこまってうち, すぐかたづけるな, すぐかと思つたら, すぐかなへられる事, すぐかなたの湖畔, すぐかねて賜わって, すぐかばんのなか, すぐかびがわく, すぐかぶせるように, すぐかぶりつけばよ, すぐかまの下, すぐかまえて置きます, すぐかみそりの, すぐかみ殺すはずだ, すぐからかった, すぐからでも何とかし, すぐからになるだろう, すぐからりと気持ち, すぐかわいてしまう, すぐかんに触ったらしく, すぐがばと面を, すぐがらりと開いた, すぐがりがりをやる, すぐきいたふうな, すぐきかせろと言っ, すぐききましたら旅行から, すぐききわけてどこ, すぐきき出されてしまった, すぐきじの立った, すぐきたなくなる, すぐきちんと敬礼を, すぐきっとなられて, すぐきのうお亡くなり, すぐきますからねみな, すぐきまって宮, すぐきまつてかれ, すぐきめてしまった, すぐきよにその, すぐきらきらして, すぐきりきりと齒, すぐぎょっとして, すぐくたばりゃもっと傷, すぐくたびれてしまうらしい, すぐくだけて火, すぐくってかかる, すぐくっついて腰かけ, すぐくっつき合った女じゃ, すぐくっつけても一つ, すぐくっ付いている, すぐくにが出, すぐぐっと詰まって, すぐぐつすり寝た, すぐぐつたりと又俯, すぐぐらぐら眠りながら, すぐけろりとその約束, すぐこいという飛電, すぐこいつらを殺す, すぐこうこうせよ, すぐこうして泣けるには, すぐこしらえて下さい, すぐことの由, すぐことさららしく津田, すぐこないだの夜, すぐこなければならない, すぐこなたへ寄っ, すぐこぼれ落ちるほど柔らかい, すぐこまどりがとまっ, すぐこみあげてくる, すぐこりゃあ難物だ, すぐころころと私, すぐころりと欣, すぐこわれそうな, すぐこわれるんです, すぐこんどはこぼれる, すぐごはんにならず, すぐごらんになります, すぐさうなれる便利, すぐさげてしまっ, すぐささやかな音, すぐさしあたってはなに, すぐさしぬくように, すぐさし出したのを, すぐさせてくれ, すぐさっき岩間角兵衛へわかれ, すぐさっき電報で知らし, すぐさっさと消え去った, すぐさっとそう行かない, すぐさっぱりするの, すぐさとって, すぐさとったようだ, すぐさとられてしまうだろう, すぐさびた青丹の, すぐさましおきの, すぐさま立戻って, すぐさま艇内を全部, すぐさま連れの肱, すぐさめやすし火, すぐさようならと, すぐさよ子をかえりみ, すぐさりげなくせせら笑って, すぐされるように, すぐさんせいしました, すぐざわめき立った女房たちに, すぐしかしきわめて速やか, すぐしがみついてくる, すぐしけるわれ, すぐしずかになった, すぐしずまってしまった, すぐしたしくなりましたが, すぐしないとくっちまう, すぐしなければならない, すぐしぼんでしまう, すぐしまわねばならぬ, すぐしみが出来る, すぐしみじみとそう, すぐしめったつめたい風, すぐしめつたつめたい風, すぐしめるんだ, すぐしゃあしゃあとなっ, すぐしゃべり出していた, すぐしやんとする, すぐしょうちしました, すぐしらがのご, すぐしらせて貰いたい, すぐしらせるようにって, すぐじめじめと泣き出す, すぐじゃあないか, すぐじゃぶじゃぶやる手, すぐじゃんけん, すぐじろりと兄弟三人の, すぐや, すぐすきになった, すぐすくってくれれ, すぐすぐ取つて, すぐすぐもうあなたの, すぐすこぶる大仰に, すぐすすり泣を, すぐすすり泣きはまた, すぐすたすたと門, すぐすたって悪, すぐすっかりいい気持, すぐすっくと起った, すぐすててしまった, すぐすみますから, すぐすらむある日は, すぐすらすらと出し物, すぐすり寄って, すぐするように, すぐすわりもっとよい, すぐすゞがかっぱらわれた, すぐウと, すぐずかずかと二, すぐずきんずきんと頭, すぐずけずけと評す, すぐずつと一列に, すぐせいでも, すぐせかせか急ぎ去ったが, すぐせっこい段々に, すぐせる内に, すぐそいつが頭, すぐそこぢや, すぐそごまでお通し, すぐそちの耳, すぐそちたちがいま, すぐそっくり東京の, すぐそっちイ行きまっさ, すぐそのあくる朝途中の, すぐそのものとして顔, すぐその小さな翼を, すぐそばだったのでまず, すぐそびえたつ岩山で, すぐそれそれそんなに不自然, すぐそれだけ収益も, すぐそれでも分るくらい, すぐそれらの窓, すぐそれツ切りだつた, すぐそんなふうに取るの, すぐもうすぐぞ, すぐぞうきんを返さう, すぐぞっとする程緊張, すぐぞろぞろとひっきりなしに, すぐたかちゃんに電話, すぐたかって来る, すぐたぐり綱を, すぐたぐりよせられてしまいました, すぐたしか十三年に, すぐたたき消している, すぐたちさえすれ, すぐたちなおって表門, すぐたちのくんだ, すぐたちますけれどもこれ, すぐたつことに, すぐたつちまうよ, すぐたのむとこの, すぐたのもうよ, すぐたべたりしない, すぐたべさせなくてはならない, すぐたべられてしまう, すぐたべるものに, すぐためして上げる, すぐためらうことなし, すぐたよりを下さい, すぐたれもかれ, すぐたんかをかつい, すぐだからさいや, すぐだきかかえてソファー, すぐだったが車, すぐだまされてしまう, すぐだまつて裏口の井戸端, すぐだめになっ, すぐだらしのない, すぐだらだら坂にか, すぐだろうか, すぐちぎり取られて意味, すぐちゃんとします, すぐちょんまげの顔, すぐちらちら傘を, すぐちらっと姿が, すぐちりぢり, すぐついたわけで, すぐつかえてしまった, すぐつかえるのだ, すぐつかないにし, すぐつかまえて牢, すぐつかまえましたよ, すぐつかめない崩れた感覚の, すぐつきました私が, すぐつき従う者を, すぐつくづく考えた, すぐつくれと怖, すぐつけ加えて, すぐつけ加えたが, すぐつた大捕物陣, すぐつた客を招く, すぐつた真珠のやう, すぐつた藁も繩, すぐつつましく坐った, すぐつづきますゆえ, すぐつづけられ前隊, すぐつて來た群れ, すぐつて此城にこもり, すぐつながっていた, すぐつながるよ, すぐつぶさに知れた, すぐつぶってしまう, すぐつぶれちまいますぜ, すぐつぶれるという品, すぐつまさきから頭, すぐつまらない母子同士の, すぐつまらなくなって, すぐつれもどそうとして急い, すぐつれ出しておくれ, すぐつれ立つて射撃場, すぐていねいに返し, すぐてきぱき始末を, すぐてっぺんにと, すぐてめえの手, すぐでかけなければならない, すぐでかけるが用意, すぐできそうな, すぐでござるがなお, すぐでないと帰さない, すぐでまつ白で, すぐとうとにとびつい, すぐときさまのよう, すぐとけてしまった, すぐとだえたインターナショナル, すぐとって来ます, すぐとって返しむしゃぶり付い, すぐとね床を, すぐとびおきて私, すぐとびおりて中隊長, すぐとびかかるから, すぐとびだせるように, すぐとびついて抱え, すぐとび乗って物, すぐとらえてヤパーナー, すぐとらえられて牢, すぐとらえることが, すぐとりかからなければならない, すぐとるようにと, すぐとれてしまい, すぐとれますよ, すぐとんとん戸を, すぐどういうものか, すぐどうこうということ, すぐどうせ相手は, すぐどうぞお願, すぐどっかと猿轡を, すぐどなたでもお, すぐどの方角へ, すぐどら声で校歌, すぐないかも知れない, すぐなおしてやる, すぐなかへ入れ, すぐなくなっちまうよ, すぐなくなりそうで, すぐなくなるだろうと未だに, すぐなぐったがただ, すぐなぐり殺されてしまう, すぐなだめられてしまった, すぐなって, すぐなつかしい歴史の, すぐなつくことであろう, すぐなつッこい顔つき, すぐなにかしら後ろ, すぐなにごともなかつた, すぐなべへ入れ, すぐなほりますがねえ, すぐなほるよ, すぐならいるという, すぐなるほど学校の, すぐなれて味, すぐなれるわ, すぐなんてこたあ, すぐなんとなく冷たい感じ, すぐなァんだ, すぐにあがって陽, すぐにおいで下さいとよく, すぐにおわかりになる, すぐにかへつて来る, すぐにからだが, すぐにくさつて了ふ, すぐにげていっ, すぐにさその男, すぐにじむ所へ, すぐにっこりして, すぐにというので, すぐにともいわれまい, すぐにとり返して, すぐになうことが, すぐにによろ, すぐにゃ捜しに, すぐにや分らないかも, すぐにをぢさんたすけ, すぐぬかされてまた, すぐぬかないと根, すぐぬぐことが, すぐぬけられそうも, すぐぬけるやうに, すぐぬげる短靴が, すぐねたようにも思える, すぐねた三時間で五時半, すぐねだって幼年雑誌, すぐねつけよ, すぐねつとりとして氣味, すぐねむってしまいました, すぐねむると言っ, すぐねむろうと骨, すぐねるに限る, すぐのみこめないような, すぐのみこめなかったからだ, すぐのみこめなくてひろ子, すぐのみこめる筈です, すぐのりをかざす, すぐのんびりした気もち, すぐはいと答え, すぐはいらんのだ, すぐはいればせつ子, すぐはくちょうたちはエリーザ, すぐはぐらかされてしまった, すぐはぐれてしまう, すぐはげしく騒ぎ出した, すぐはこびますから先生, すぐはじまったが光, すぐはじまつてよせ, すぐはじめの赤牛, すぐはじめてください, すぐはじめられたのだ, すぐはずさせその物, すぐはずすことが, すぐはずれてしまう, すぐはだしになっ, すぐはつと思ひ, すぐはなしてしまい, すぐはなやかな笑い, すぐはねかえってきました, すぐはね起き帽子を, すぐはね起きたのである, すぐははあと気が, すぐはばかりを借りて, すぐはまっている, すぐはるかに平河町, すぐはるか下には波, すぐばかなこと, すぐばけの皮, すぐばたりと仆れた, すぐばったりと倒れる, すぐばれてしまう, すぐばれる嘘である, すぐぱらぱらと頁, すぐぱッとしてしまいます, すぐひいッという, すぐひがむこの虎, すぐひきうけてくれた, すぐひき受けるものだ, すぐひくい溜息を, すぐひけるんだ, すぐひざを組ん, すぐひしめいて標的, すぐひそかにフランス, すぐひたと両手で, すぐひっくりかえるかもしれません, すぐひっくり返されるに定, すぐひっこんでしまう, すぐひっつかまえていた, すぐひっぱられる自白だけで, すぐひとの国, すぐひびき鉋屑で, すぐひまを取っ, すぐひやしといて, すぐひょいとこの俺, すぐひょうげた顔に, すぐひらいてはいっ, すぐひらめく何かが, すぐひろいあげてぼく, すぐびっくりする, すぐぴりぴり動いた, すぐぴんと足が, すぐぴーんときたらしくかれら, すぐふかいため息を, すぐふきとばされて, すぐふきとばしてしまふ, すぐふさがれてしまうだろう, すぐふさわしい酒場の, すぐふたりを救いあげました, すぐふっとそれは, すぐふとんを, すぐふもとについて山麓, すぐふり返って, すぐふん縛ろうかと思った, すぐぶったおれたロープ, すぐぶっつかりそうに, すぐぶつかるような, すぐぶらりと一台近づい, すぐぶんぶんとひびき, すぐぷっつりきれて, すぐへこたれ明らかに, すぐへばりついて必死, すぐへりくだった調子で, すぐべき様は, すぐべそ口になり, すぐべたりと坐って, すぐべとべとになり, すぐねの中, すぐほっとした, すぐほとんどその瞬間, すぐほど近くの, すぐほどいてやる, すぐほの暗い中から, すぐほら吹きと, すぐほんの一分だけ, すぐぼい出してしまえ, すぐぼくたちを連れ, すぐぼそぼそという音, すぐぼろの出る, すぐぼんやりとし, すぐまいりましよう, すぐまいりますという伝言, すぐまいると申し, すぐまぎれて忘れ, すぐまけてくれる, すぐまたぬッと, すぐまた下の弟, すぐまちがいだという, すぐまっさきにお祖父さんに, すぐまつ川の男衆, すぐまとまったのだ, すぐまとまるという望み, すぐまどから首を出し, すぐまにあわないで見苦しかっ, すぐまま母の, すぐまわって見よう, すぐまわる元気ある, すぐま近かな家の, すぐてあげる, すぐみえたわけである, すぐみごとに子供みたい, すぐみそすって, すぐみだれ勝ちに, すぐみなさん救援にいっ, すぐみんな一列にならべさせられ, すぐみんな來た, すぐむいでゆ, すぐむくむく肥ったかわいらしい, すぐむす子の, すぐむれた足を, すぐだって見える, すぐめしあがりますか, すぐめぼしい相手に, すぐもいでたべる, すぐもうけの方, すぐもうこの牧場, すぐもぐってしまう, すぐもしもしで, すぐもしやと胸, すぐもそもそと, すぐもどしてしまった, すぐもどったがおかみ, すぐもどろうというきわめて, すぐもにはいり向う, すぐもにはひり向, すぐものになる, すぐものの役に立たない, すぐもは淡くに, すぐもらつて来る, すぐもりした春の, すぐもろく折れて, すぐもんておいで, すぐもんぺをはく形, すぐやけくそになる, すぐやすみますと言いました, すぐやったろかとやはり, すぐやっちまえばぽっちり, すぐやってきたが扉, すぐやってくるにちがい, すぐやって来いといっ, すぐやって来たが服, すぐやって来なかったのさ, すぐやって来ますよ, すぐやめさせますが, すぐやめさせるという訳, すぐやめたが, すぐやめなければならなかった, すぐやめねばならぬ, すぐやられちゃあ岐阜, すぐやられますが弟, すぐやられるのは, すぐやりましょうよね, すぐやりますですからあまり, すぐやり始めましょうよ, すぐやり直しつていうこと, すぐやろうと実は, すぐやわらかものの, すぐゆうがたに, すぐゆうべの少年, すぐゆくよ, すぐゆだんしてしまう, すぐゆでますと町, すぐゆるやかになり, すぐよか心も, すぐよかな枝と, すぐよこたわっている, すぐよしてしまう, すぐよした方が, すぐよって行っ, すぐよびこを, すぐよみましょうね, すぐよりたかって, すぐよれよれになっ, すぐよろしいと快諾, すぐよんで来ます, すぐらくに口説い, すぐれきしかれども, すぐわからずにはいられない, すぐわからないのだ, すぐわからなくてもそれ, すぐわからなくなるんです, すぐわかりませんというの, すぐわかるだらうが, すぐわがまま言い出したよ, すぐわが子の御, すぐわが身に戻つ, すぐわき見もせず, すぐわき道へ影, すぐわけを話し, すぐわざとのよう, すぐわざとらしく笑い出して, すぐわすれてしまいました, すぐわずかな従者, すぐわたくしと認め, すぐわたしたちがすすめた, すぐわるくなるから, すぐアタリがついた, すぐアッタスンは腰, すぐアトランチスへ行っ, すぐアトリエから去っ, すぐアフレコを始める, すぐアムステルダム市民の不満, すぐアムブロアジヌお婆, すぐアラジンの首, すぐアルライをよばう, すぐアンチセシスが起こっ, すぐアンナが来ない, すぐイイシへ, すぐイギリス人のまね, すぐイッパ来て, すぐイディルのよう, すぐイボッツフィールドに自身, すぐインキけしでふいた, すぐウイットがこう, すぐウーッと怒る, すぐエキホスの湿布, すぐエデスのふところ, すぐエノケンを見, すぐエホーと声, すぐエリザベートと結婚, すぐエレベーターの方, すぐエロティックなもの, すぐエーは机, すぐオセロに云わなかったろう, すぐオフィスにかけつけよう, すぐオーケーとばかりに承諾, すぐオーストラリアに航, すぐオーディトリアム劇場に出演, すぐオーレーフル油で拭い, すぐカイマナへ行かれた, すぐカステラにナイフ, すぐカタがついた, すぐカタリナが出, すぐカッとする, すぐカッフェへ行く, すぐカツ子姉さんみたいにもりもり, すぐカバンの革紐, すぐカワセつくって, すぐカンづいて, すぐカンベンして, すぐカーッとなる, すぐカーテンの隙間, すぐカ氏は真面目, すぐガヤガヤが返っ, すぐキネマ旬報の田中三郎, すぐキャッチボールを始めた, すぐキャバレー・エトワールの地下, すぐギタを布, すぐギャルド・ロオブを開け, すぐクイクイ岬へおい, すぐクイーン・メリー号を海上, すぐクビじゃ余り話, すぐクラクラとし, すぐクリーバーとも逢わなく, すぐグツと来, すぐグルグルとむぞうさ, すぐグロテスクな顔, すぐケラケラ笑い出して, すぐケンブリッジへ辞表, すぐケーブルのベル, すぐゲエと来, すぐゲルダの立っ, すぐココアを三つ注文, すぐコソコソと戻っ, すぐコップに雪, すぐコツプを取, すぐコルベールの身, すぐコロリだ, すぐコロンタイの, すぐコートを脱い, すぐコーヒーをのませる, すぐコーヒーひきを手放し, すぐゴロリとたふれ, すぐサナトリウムの前, すぐサラブレッド系の馬, すぐシアトルへ飛ぶ, すぐシカゴ第一, すぐシトシトと歩き出した, すぐシャツを着た, すぐシャンパンが氷, すぐシューベルトが美しい, すぐシリアスに考へすぎ, すぐシロオテと別れ, すぐジカに私たち, すぐジュネーヴへ帰る, すぐジュリアを思いうかべる, すぐスキーをまとめ, すぐスッと立ち直った, すぐスティームをとめ, すぐストライキをやれ, すぐスリッパを調べる, すぐスルスルと長く, すぐズカズカ歩いて, すぐズボンの観, すぐセットへ入る, すぐセット入り午前中に三四カット, すぐセラの僧舎, すぐセリフを覚え, すぐセレストに向, すぐゼロになる, すぐ満国境, すぐソヴェト同盟の建設, すぐタイムス一面の上段, すぐタクシイに飛びこみ, すぐタバコに火, すぐタンカがき, すぐタンクをひらい, すぐダイヤモンドの包み, すぐダビットがつづいた, すぐダンシング・チームは二手, すぐチョッキだけ着, すぐて百四五十人, すぐツヤが上つて來, すぐツルリと足, すぐテイブルにつかせました, すぐテイラア課長ダヴィッドスン捜査係長とともに署楼上, すぐトカイ酒を注がせます, すぐトカトントンが聞え, すぐトコトコとひとり駒, すぐトム公の手, すぐドアーは開けられた, すぐドイツへ留学, すぐドイツ行きの仕度, すぐドサ貫とわかった, すぐドストエフスキイが, すぐドノバンイルコックウエップガーネットの年長連, すぐドーンドーンドンドンドンと太鼓, すぐナデシコとなり, すぐヌビアの地理学者, すぐネオン横丁から出, すぐネパールに飛ん, すぐネリたちをつれ, すぐネルを縫い, すぐノルゲ号に種々, すぐノーマ号から返事, すぐハイデッゲル教授を訪ねた, すぐハイフォンへ車, すぐハガキかきましょう又, すぐハダカになつ, すぐハドソン河向うの療養所, すぐハナヤか中之島, すぐハンカチを持たせ, すぐバクロする, すぐバケツの水, すぐバタと仆, すぐバッタリとたおれ, すぐバットに火, すぐバット細工の友達, すぐバラツクの雑沓, すぐバリバリと垣根, すぐバルザックが何脚, すぐバルテモア・ガレイジへお出で, すぐバレるやうな, すぐバール町のメイグレ帽子店, すぐパスカルの, すぐパステルをそば, すぐパッとわかる, すぐパルポ商人に向い, すぐピルコマヨが運ん, すぐピーターに御礼, すぐフォードハム博士に来, すぐフランス国境へ逃げださない, すぐフリント船長の声, すぐフリーダのこと, すぐフレッドさんのこと, すぐブルジョアがいけない, すぐブル根性を出しやがる, すぐブロックは手, すぐプイッと飛びこみました, すぐプロの本, すぐプロシヤに行つて, すぐプロフェッサー自身で出迎え, すぐプロレタリア美術家同盟への紹介, すぐプロ野球へはいりなさい, すぐプーイと飛びだし, すぐプールに案内, すぐヘイツクばつて自然, すぐヘチを釣る, すぐヘナヘナと崩れたふざけた, すぐヘビの體温, すぐベエトオヴェンが好き, すぐベッタリと坐っ, すぐベツドへもぐり込ん, すぐペストにさせられる, すぐペスト菌にたかられ, すぐペンを置い, すぐページを伏せる, すぐペーパーをのべ, すぐペーピーがやってきた, すぐホテ・グリへかけつけ, すぐホノルルと思われ, すぐホホ笑んで, すぐボチャンボチャンと飛び込む, すぐボーイたちにたち, すぐボール投げを, すぐボール箱を持っ, すぐボーレンへ代わり, すぐポカと手放し, すぐポチをさがしはじめた, すぐポリニャークに掬い上げられた, すぐポロポロにこぼれ, すぐマクリイはインド駐屯軍付き, すぐマッチを消せ, すぐマッチ箱はマッチ, すぐマテアスフォルト街の家, すぐマルセイユへ出発, すぐマンキンまで行, すぐムキな顔, すぐムクムクとおきあがっ, すぐムシャとふるいつく, すぐムシャムシャと食べ始めた, すぐムチが飛ん, すぐムックリと, すぐムホンが起っ, すぐメソメソするよう, すぐメリコフのポケット, すぐメルバを引合い, すぐメルボーンを出発, すぐモスクワへ行く, すぐモゾモゾと何十匹, すぐモンパリへ連絡, すぐモンパルナスへ引き返す, すぐヤカンをおろし, すぐヤナツに通じた, すぐユックリ会える, すぐヨハンネスはハンケチ, すぐヨーロッパ人だと, すぐラジオセットの上, すぐラスキン大尉に無線電話, すぐラッセル判事と相談, すぐラッヴレイと答えた, すぐラツヴレイと答, すぐラツールをゆりおこした, すぐラム・ダスの首, すぐリカルドのそば, すぐリーザさんをこの, すぐルイザに知らせ始めた, すぐルキーンによって明らか, すぐルパンの傷口, すぐレイ行出来るけれど, すぐレストランに行く, すぐレドリックに向っ, すぐレールにつけなけれ, すぐロケット隊全部に引上, すぐロシアへ出発, すぐロス夫人が言った, すぐロダンを見棄てる, すぐロープを自分, すぐワッという声, すぐワーナー博士たちの打合せ会議, すぐヴィルダブレイへ, すぐ一〇メートルほど急, すぐ一しょに帰りましょう, すぐ一つ二つ心当りをしらべた, すぐ一つ前の形, すぐ一ぱいにする, すぐ一ドル銀貨をくれ, すぐ一ノ谷へ飛ん, すぐ一乗谷の城下, すぐ一令をくだし, すぐ一円はかかります, すぐ一切を悟った, すぐ一匹づゝ赤い糸, すぐ一号艇へ戻し, すぐ一命の危険, すぐ一変するとは, すぐ一定速度になっ, すぐ一家の人々, すぐ一寸のこって, すぐ一層力んだ調子, すぐ一応の処理, すぐ一手になっ, すぐ一抱えにクラッカー, すぐ一抹の水煙, すぐ一撃をすでに, すぐ一散に走り, すぐ一族をあつめ, すぐ一日置いた日, すぐ一時間勉強すること, すぐ一書を長岡佐渡, すぐ一本の竹切れ, すぐ一本松のところ, すぐ一歩の寢臺, すぐ一歩先へ出ました, すぐ一段高い長, すぐ一波の喊声, すぐ一浴床屋から戻つ, すぐ一父兄から今日, すぐ一町ばかりさき, すぐ一目で特異性, すぐ一策を案じ, すぐ一箇師団を内地, すぐ一粒を需め, すぐ一般に理解, すぐ一色村へ立つ, すぐ一走りで戻っ, すぐ一軍を派し, すぐ一軒の煙草屋, すぐ一軒置た隣家, すぐ一転がらりと, すぐ一郎の頭, すぐ一部の手勢, すぐ一階のとっつき, すぐ一隻を宇宙, すぐ一風呂浴びて, すぐ一騎が追い抜く, すぐ丁坊のうち, すぐ丁字屋をたずねた, すぐ丁寧にボーア, すぐの眼, すぐ七八軒先の向い側, すぐ七時半頃になっ, すぐ七癖の一癖, すぐ万事すぐあした, すぐ万兩息子の半次郎, すぐ万国公法だ, すぐ万寿丸へチャンス, すぐ万端計らって, すぐの矢, すぐ三つボタンの顔, すぐ三ヵ所に橋, すぐ三十万貫の土砂, すぐ三十三間堂だ, すぐ三味線をじゃ, すぐ三四郎の方, すぐ三国の地図, すぐ三年後の平治, すぐ三成が見え, すぐ三方へばらばら, すぐ三月ですもの, すぐ三条の茶屋四郎次郎, すぐ三段隊が出る, すぐ三毛猫をなだめました, すぐ三沢の結婚談, すぐ三河党の諸, すぐ三河守が奥, すぐ三河路へ逃げ, すぐ三渓園へ電話, すぐ三田のケイオー, すぐ三田線に移った, すぐ三脚几を担い, すぐ三階へ行きませう, すぐ上がって来た, すぐ上がり口に行った, すぐ上がるつもりで, すぐ上げても好い, すぐ上げますと云う, すぐ上げ潮へ変っ, すぐ上さんにならない, すぐ上ったの, すぐ上つて來たのよ, すぐ上と下の階, すぐ上の空に長い, すぐ上り湯を, すぐ上りますがしばし, すぐ上塩町の種吉, すぐ上天井裏のトバ口, すぐ上官に献策, すぐ上意を伝えた, すぐ上手において既に, すぐ上野へ駈け込んだ, すぐ上野驛へ駈けつけた, すぐ上院議員のほう, すぐ下がってくる, すぐ下がるというもの, すぐ下げさせて二時間, すぐ下してくださらない, すぐ下る髮を, すぐ下僕たちのいる, すぐ下女に渡した, すぐ下宿人に食べさせる, すぐ下手人を擧げなき, すぐ下田端に乳, すぐ下町へでかけた, すぐ下痢をやります, すぐ下着狩衣を着込み, すぐ下稽古にかけられた, すぐ下第一列へ, すぐ下谷へ川口松太郎, すぐ成功に, すぐ不和ができた, すぐ不安そうに黙り込んだ, すぐ不断の表情, すぐ不機嫌にそれ, すぐ不浄の中, すぐ不測な敵, すぐ不知哉丸をこれ, すぐ不義とくる, すぐ不貞たよう, すぐ不貞腐れるのだった, すぐ不面目な失敗, すぐ不養生をしまし, すぐ与へられたありがたい, すぐ与吉に気がついた, すぐ与次郎の話, すぐ丑之助が, すぐ世田ヶ谷の陸軍病院, すぐ世界戦争が始まり, すぐ世辞を云う, すぐ世間並の恋, すぐ世間話に夢中, すぐ丞相府の兵千余騎, すぐ両方で両方, すぐ並山副領事, すぐ中国女学生たちは仲間, すぐ中央の政界, すぐ中村の家, すぐ中村さんに話し, すぐ中村座へ出かけ, すぐ中村福助を訪れる, すぐ中門から庭, すぐ中間どもの手, すぐ中隊をやっ, すぐ中食を取り, すぐ丸の内蚕糸会館へ, すぐ丸められたがそのうち, すぐ丸ビルの屋根, すぐ丸善へゆきました, すぐ丸太の上, すぐ丸裸となり, すぐ主人公の書齋, すぐ主人政職に告げた, すぐ主人高定に会っ, すぐ久し振りの味噌汁, すぐ久次郎を奥, すぐ久野のいる, すぐから行く, すぐ気な, すぐ乗しかかって行った, すぐ乗りたいんだ, すぐ乗り換えた電車の, すぐ乗り気になっ, すぐ乗換えて城中, すぐ乗鞍岳の名, すぐ乙女が勉, すぐ九十九里へいこう, すぐ九州旅行に出かけ, すぐ九隻の船手, すぐひはじめる, すぐ乞食姿に身, すぐを待つ, すぐ乱れてしまう, すぐ乳腺にひびい, すぐ乳首を離した, すぐ乾かしてくれる, すぐ乾きそうに, すぐ乾きましてよ, すぐの尾, すぐ亀次郎の容体, すぐ予後を判定, すぐ予防線を張った, すぐ争いになり, すぐ事務の方, すぐ事務上の詳しい, すぐ事務長のあと, すぐ事情をうち明け, すぐ事態を察知, すぐ二つめか三つめ, すぐ二つ目に私, すぐ二の句に次ぐ, すぐ二の矢を放った, すぐ二カ所岩にかじりつく, すぐ二丁目の辻, すぐ二万ルーブルの金, すぐ二三千万の金, すぐ二三日して, すぐ二三日来の出来事, すぐ二三歩退きそのうえ, すぐ二三町手前まで来, すぐ二三軒さきの酒屋, すぐ二三間向うに一台, すぐ二倍にでも三倍, すぐ二十畳ばかりの框座敷, すぐ二十足も歩け, すぐ二千兩搜しに, すぐ二名の警官, すぐ二太刀と思う, すぐ二将をかえし, すぐ二日程して, すぐ二日酔をやっ, すぐ二服めを運ん, すぐ二条内裏の御門, すぐ二条烏丸の改築, すぐ二番砲塔へ, すぐ二百騎ほどが夕陽, すぐ二足ばかり前, すぐ二通の手紙, すぐ二郡へ救援, すぐ二間越しのそこ, すぐ云いますがね, すぐ云うので仕方, すぐ云ったので宗助, すぐの言ひたい事, すぐ互に気が, すぐ五六円である, すぐ五六十通複写されて, すぐ五六名を連れ, すぐ五六寸破いて, すぐ五六拾円にはなるだろう, すぐ五六歩後から歩い, すぐ五六町ときいた, すぐ五六盃の酒, すぐ五六羽ばたばたと, すぐ五六軒のごみごみ, すぐ五六間先の敷石, すぐ五六飛六八桂三分考へて, すぐ五月に入った, すぐ五月二十五日長篠の陣, すぐ五百余騎を鳥雲, すぐ井師へ送, すぐ亡くなってしまった, すぐ亡くなったので今度, すぐ交代する, すぐ交渉に行っ, すぐ交通機関が停る, すぐ交際をし, すぐ京極の雑閙, すぐ亭主のほう, すぐ亮太郎に宮内, すぐ人だかりがし, すぐ人ちがいかとも疑った, すぐ人事不省に陥った, すぐ人口に膾炙, すぐ人命の危険, すぐ人垣をつくっ, すぐ人夫役三人を呼ん, すぐ人工心臓を取りつけ, すぐ人情だと, すぐ人懐さうに彼に従い, すぐ人懐そうに彼, すぐ人数を率い, すぐ人波に渦, すぐ人畜が居, すぐ人相を観る, すぐ人眼を惧, すぐ人知れず殺されたでは, すぐ人穴の殿堂, すぐ人見新助, すぐ今一つの剣, すぐ今井の叔父さん, すぐ今別の港, すぐ今日一日は源さん, すぐ今晩するから, すぐ今朝の短刀, すぐ今浜の地, すぐ介錯した, すぐ臭い烟, すぐ仏像の台, すぐ仏印へ呼びもどされ, すぐ仏国禅師の禅門, すぐ仏蘭西語も安, すぐ仕事机の隅, すぐ仕掛けやたらに, すぐ仕止めた方が, すぐ他家へ嫁, すぐ他意のない, すぐ付け上がるからいや, すぐ付近のどんな, すぐ仙台へとばしました, すぐ代えた人が, すぐ代わりの人間, すぐ代地の家, すぐ代用心臓にとりかえる, すぐを下し, すぐ令旨を発し, すぐ以上のやう, すぐ以下三番目の, すぐ父に, すぐ仮面作りの権化, すぐ仰げる四明ヶ嶽の, すぐ仰向けに寝, すぐ仰天して, すぐ善しに, すぐ仲良くなり餓鬼大将ぎみ, すぐ仲間入りさせて, すぐ伊兵衛は夢八, すぐ伊勢佐木署の保科署長, すぐ伊庭杉夫の家, すぐ伊豆山の相州屋, すぐ伊那の方, すぐ伊那丸の許し, すぐ伊那丸さまのおいで, すぐ伊部のうしろ, すぐ伏せ観念した, すぐ伏せ身となっ, すぐ伏目になつ, すぐ伏見稲荷の汚れた, すぐ休む支度を, すぐ休むでは仕方, すぐ休暇をとっ, すぐつて, すぐ会いたいと云う, すぐ会うことが, すぐ会ういうてはります, すぐ会えようものを, すぐ会えればいい, すぐ会わせてくれ, すぐ会堂の裏門, すぐ会得はつく, すぐ会田さんにガーゼ, すぐ会社員になっ, すぐ会話を切り上げ, すぐ会議の席, すぐ伝えておけ, すぐ伝わったとみえ, すぐ伝わるな, すぐ伝平のところ, すぐ伝手を求め, すぐ伝馬牢へ送り戻し, すぐ伝馬船につませた, すぐ伯爵の領地, すぐ伯父の前, すぐ伸ばしてやや, すぐ伸びてしまう, すぐ伸び上がって, すぐ伺いますどうかよろしく, すぐ伺うと云った, すぐ伺って下さるまい, すぐ伺つてもい, すぐ但書を附け加えた, すぐ但馬へ御, すぐに即ける, すぐ低く早口に, すぐ住もうとは考え, すぐ住吉へ立, すぐ住込みを許された, すぐ佐和山の石田三成, すぐ佐女牛の道誉, すぐ佐柄木は立ち上がった, すぐ佐柿弥右衛門を室内, すぐ佐渡はそこ, すぐ佐田やすを捕えた, すぐ体ぐるみ右へ寄っ, すぐ体じゅうが火照っ, すぐ何かというと, すぐ何となし少し, すぐ何とか後の話, すぐ何ものかへ逸る, すぐ何人かの人びと, すぐ何倍も大きな, すぐ何十倍にもし, すぐ何故かじつ, すぐ何時の間にか賣られて, すぐ何時ものに歸つて, すぐ何時代どこの燒, すぐ何気ない風にな, すぐ作つてくれる, すぐ作り上げる頭が, すぐ作れるものいくらでも, すぐ作品に役だたせよう, すぐ作品そのものに何, すぐ作業にとりかかった, すぐ作用する点, すぐ作者の金子洋文君, すぐ佩剣の柄, すぐ使ってしまう, すぐ使わないで暇, すぐ使番を走らせ, すぐ使番頭安藤惣五郎に手渡し, すぐ侍たちがどういう, すぐ侍女に斉彬, すぐ侍者たちから道誉, すぐ侍部屋から走り出, すぐ侘しい病室に, すぐ供奉の全員, すぐ供養にき, すぐを云った, すぐ便りを出し, すぐ便所掃除の手伝い, すぐ便船に乗り換える, すぐの者, すぐ俊夫君は警視庁, すぐ俊寛は妻, すぐ保土ヶ谷の宿, すぐ保証人と相談, すぐ保護観察というの, すぐ保険を附けた, すぐを抱いた, すぐ信じこむ傾向が, すぐ信じるのは, すぐ信尹の前, すぐ信州へ帰ろう, すぐ信州領になつて, すぐ信雄の客殿, すぐ修築にとりかかり, すぐ修繕すると, すぐ俯向いて, すぐのそば, すぐ倅夫婦につれられ, すぐ倉地さんをお呼び, すぐ倉知にことわらせる, すぐ個人関係の推移, すぐになっ, すぐ値段言う思い, すぐつてし, すぐ停ってしまった, すぐ停めて他, すぐ停留所の所在, すぐ停車した, すぐ停車場前の広場, すぐ側方を向い, すぐ側近にいる, すぐ偽り負けて逃げ奔, すぐ傍東洋大学の構内, すぐ催促のよう, すぐ傲岸な眼, すぐ傾斜になつて, すぐ働いた娘さんたちに, すぐ働き出して休ん, すぐ働くように, すぐ働けるところと, すぐ働らいた, すぐ僕等が先登, すぐ僞盲目と判, すぐの行祐, すぐはせるぞ, すぐ優れた政治家に, すぐ元日にこちら, すぐ元気いっぱいに起ち上がる, すぐ兄弟三人を座敷, すぐ兄者人へお, すぐ兇器を引き抜かなかった, すぐ先代をみ, すぐ先帝の御陵, すぐ先発して, すぐ先頃まで海, すぐ先頭に立っ, すぐ先頭のから気ぜわしい, すぐ光った眼で, すぐ光忠へ捧げ, すぐ光治が笛, すぐされて, すぐつて行かう, すぐ入らないのは, すぐ入りこんだ洞門らしい, すぐ入るようじゃ, すぐ入れきれなくなりさらに関, すぐ入れた代りに, すぐ入れ違いにやって来た, すぐ入浴久々の入浴, すぐ入浴吸入する, すぐ入浴大西以下書生三名泊って, すぐ入浴湯滝にか, すぐ入浴食事する, すぐ全員をその, すぐ全校にひびきわたった, すぐ全農東京府連の, すぐ全速力を出せる, すぐ八丁堀へ飛ん, すぐ八八角成同銀, すぐ八大神社の境内, すぐ八幡前の, すぐ八幡神社の森, すぐ八月が出る, すぐ八瀬の方, すぐ八百春の後, すぐ八雲書店が見つかった, すぐ公判を開く, すぐ公卿の一ト群れ, すぐ公然の女房, すぐ六七町さきまで野武士勢, すぐ六右衛門を突っつく, すぐ六波羅衆が天狗狩, すぐ六畳間くらいの部屋, すぐ楽街の, すぐ共に起った, すぐ共産党の合法的活動, すぐ共産黨に加入, すぐ兵一小隊をつれ, すぐ兵一隊に命じ, すぐ兵五十人をつれ, すぐ兵列のうち, すぐ兵士達の背後, すぐ兵役の義務, すぐ兵籍に加え得る, すぐなりにうと, すぐ其処らの物音, すぐ其尾を捕えた, すぐ其方参って, すぐ其用事の何, すぐ其瞬間に起つ, すぐ其處女房のお, すぐ其雜誌へ投書, すぐ具体的事実に対する彼女, すぐ具足を纒, すぐ具足櫃から取出し, すぐ典膳が身, すぐ兼題の葛, すぐ冀城に聞えた, すぐ内地へ帰れる, すぐ内容がわかつた, すぐ内府へ急いだ, すぐ内海孫兵衛丞どのやその他, すぐ内職の木炭画, すぐ内証が困っ, すぐ円山公園につづく, すぐ円廊の扉, すぐ召集が, すぐ再度の獲物, すぐ再版になった, すぐ写真機に目, すぐ写野さんへ電話, すぐを横, すぐになる, すぐ冬季にこころみる, すぐ冴えたものを, すぐ冷えて人々, すぐ冷えますでのう, すぐ冷えるためか, すぐ冷しはじめ十五日には, すぐ冷たそうに, すぐ冷たい眼に, すぐ冷たくなって, すぐ冷やかに眼, すぐ冷やして, すぐ冷房機が調節, すぐ冷然と盤得尼, すぐ凄まじい対峙を, すぐ凍ってしまう, すぐ凍りついてしまう, すぐ処女よお前, すぐ処方して, すぐ出かけますからどう, すぐ出くわしたあのいや, すぐ出さしておくれ, すぐ出さねばいられぬ, すぐ出ちまひ笑の, すぐ出ましょうよ, すぐ出むいてくれ, すぐ出られないように, すぐ出れますね, すぐ出仕いたしまするという, すぐ出刃とまな板, すぐ出動して, すぐ出向いたが馬超, すぐ出向うとして気, すぐ出張して, すぐ出征すると, すぐ出所の知れる, すぐ出掛けましょう御婦人, すぐ出掛けようと思ひます, すぐ出来ねえと断らん, すぐ出来るだろうがね, すぐ出来るなら持って往, すぐ出来上って一々, すぐ出来上りそうに, すぐ出来上るのを, すぐ出港が可, すぐ出直して来る, すぐ出直してこなくっても, すぐ出羽丘陵北端の余波, すぐがくにゃんとまがってしまいました, すぐ刃物を引っこ抜い, すぐ分かったけれども乗っ, すぐ分かりますよ, すぐ分つてし, すぐ分つたが, すぐ分らなくなるもんです, すぐ分りましたが糸巻, すぐ分り申すのだ, すぐ分るだろうという, すぐ分るでしょうが, すぐ分れたぎり今日まで, すぐ分ろうがもうこ, すぐ分別する, すぐ分家の嫁, すぐつて, すぐ切りあげようと思っ, すぐ切り上げてしまう, すぐ切り取りを命ずる, すぐ切り棄ててしまった, すぐ切上げてもいい, すぐ切手をはっ, すぐ切符の手配, すぐ切返して来る, すぐ刈取ることが, すぐ刑務所に入れられた, すぐ刑吏に命じ, すぐ列前に現われ, すぐ初めの一句, すぐ初春だわ, すぐ判ったらしく信吉の, すぐ判つて楢雄はいきなり, すぐ判らなけれあいけない, すぐ判りましたがそれ, すぐ判りもつと早く, すぐ判るじやない, すぐ判るだらう併し, すぐ判事と弁護士, すぐ判定がつい, すぐ判明し嫌疑, すぐ別々になった, すぐ別れようと思う, すぐ別れるのでなかったら, すぐ別れろとうまう, すぐ別室から山岸中尉, すぐ別巻として出す, すぐ別席へと案内, すぐ別間に出, すぐ利かなくなりますので, すぐ利害で打算, すぐ利用できる資源, すぐ津の, すぐ到着の電報, すぐ到達できる海浜, すぐ制作にかかられ, すぐ刺し交えてでも, すぐ前あたしにあれ, すぐ前妻ではない, すぐ前川夫人につかまり, すぐ前日から運転, すぐ前月の六月, すぐ前橋教会で堀牧師, すぐ前田犬千代にその, すぐ前私と久保, すぐ前線の配備, すぐ前線作家同盟を組織, すぐ前路地の外, すぐ前車夫が待っ, すぐ剥いでおしまい, すぐ剥げやすい君子, すぐ剥げない程なら, すぐ割り込んで父, すぐ劉延の前, すぐ劉皇叔のもと, すぐ劉表にまみえ, すぐ力いっぱいに漕ぎ始めた, すぐ力みかえって, すぐ力強い水を, すぐを奏した, すぐ加納は気がついたらしく, すぐ加賀田から知らせる, すぐ劣情とか痴情, すぐ助太刀をしてやろう, すぐ助手さんを呼んだ, すぐれて, すぐ労働組合の労働者, すぐ労協を思い出す, すぐ労咳になる, すぐ労役を命じられた, すぐ効き目があらはれる, すぐ効く素晴らしい薬, すぐ効力発生ですが, すぐ効果の實, すぐ勇治と庄吉, すぐ動き出して一行, すぐ動けなる石に, すぐ動作の上, すぐ動悸の激しい, すぐ勘づく妹に, すぐ勘三郎の家, すぐ勘六さんが入, すぐ勘定しました, すぐ勘違いをした, すぐ勝てるやうな, すぐ勝入の胸, すぐ勝手元の墨江, すぐ勤めています, すぐ勤務にいらっしゃる, すぐ勧めようとは思はない, すぐ包みを解い, すぐ包もののよう, すぐ包囲態勢につく, すぐ包紙を破っ, すぐ化膿します, すぐ北側が鬱蒼, すぐ北方には赭土, すぐ北進の命, すぐ北陸へいそいだ, すぐ北隣に浦上天主堂, すぐをとっ, すぐ医学をやめ, すぐ医専附属の病院, すぐ医師は丸太小屋, すぐ十一人のりっぱ, すぐ十一日十二日と, すぐ十七字にする, すぐ十人ばかりの屈強, すぐ十六夜ぢやない, すぐ十名なり二十名, すぐ十四時〇五分の特急つばめに乗る, すぐ十坪ばかりの植込, すぐ十娘を送ります, すぐ十時五十五分で出発, すぐ十畳の日本座敷, すぐ十軒ばかりさき, すぐ十郎は友田一派, すぐ十間ばかりの向う, すぐ切れて, すぐ千二少年を放免, すぐ千代乃を訪れた, すぐ千仭の谷底, すぐ千兩箱を開け, すぐ千手観音の画像, すぐ千早城の真下, すぐ千枝子の身近, すぐ千歳の女将, すぐ千駄ヶ谷の中村歌右衛門邸, すぐ千駄木へ出掛けた, すぐ千駄谷駅に来た, すぐ半分ほどベッド, すぐ半分夢中でいそいで, すぐ半分意識が無くなった, すぐ半年の冬, すぐ半紙を三枚, すぐ卒業試験にかかります, すぐ卓上の紙片, すぐ協力し完成, すぐ協議会に出席, すぐ南洋の島, すぐ南無妙法蓮華經を, すぐ南無阿弥陀仏を唱へた人, すぐ南玉へ眼, すぐ南町ご番所, すぐ南郡城へ使いした, すぐ南部集五郎の物々しい, すぐ南陽へ進軍, すぐ博士邸へかけつける, すぐ博多へ襲, すぐ博多行と思ってた, すぐ印可の目録の, すぐ危篤の報, すぐ危険視したの, すぐけてよろしい, すぐ厚みにきせた, すぐ原稿用紙にきれい, すぐ原稿紙に向, すぐ原隼人正を呼び, すぐに立っ, すぐの蔵, すぐ厨室の方, すぐ厳重に閉ざされ, すぐ去った松田五郎権ノ, すぐ去りかけたが侍中周, すぐ去りたくなるのが, すぐ去るのだ, すぐ去ろうとする, すぐ参ってしんぜよう, すぐ参られますゆえ暫時お待ちのほどを, すぐ参られるぞ, すぐ参ろうぞ, すぐ參上致しますほどに, すぐ又はあ伜, すぐ又八を考える, すぐ又順天堂へ水気, すぐ及ばないと思った, すぐの梁緒, すぐ反ぱつしたくなる自分, すぐ反動が来, すぐ反古とし, すぐ反問した, すぐ反噬的な態度, すぐ反射しあふもの, すぐ反感を抱く, すぐ反抗的に出た, すぐ反撥して, すぐ反映して, すぐ反響があった, すぐ反駁するよう, すぐ収め今度は, すぐ収入が絶え, すぐ取って返すなり又, すぐ取らなくちゃ大変, すぐ取りおさえますから, すぐ取りつくしてしまうで, すぐ取り上げて目, すぐ取り寄せますからそれ, すぐ取り押えようとし, すぐ取り次ぐようにと, すぐ取り残されてしまう, すぐ取り消したから, すぐ取出せましたので改めて, すぐ取囲んで何者, すぐ取寄せてひらい, すぐ取引をする, すぐ取押えてつきだし, すぐ取替えて来, すぐ取次に出た, すぐ取次いでくれい, すぐ取止めになった, すぐ取立てて送る, すぐ取調べるワケに, すぐ取返さねば百年, すぐ受けとめて深く, すぐ受けとりに来る, すぐ受け出したいからとにかく, すぐ受け取っていたろう, すぐ受け取ったものを, すぐ受け取つて誰, すぐ受け取れるものでなかった, すぐ受付があっ, すぐ受取つた, すぐ叡覧にいれた, すぐ口もとまで出かかっ, すぐ口早に後, すぐ口癖のよう, すぐ口誦さんで, すぐ口輪を把, すぐ古くなったよう, すぐ古くさい歌や, すぐ古城を出, すぐ古田を捕まえ, すぐ古藤の膝, すぐ古調とか擬古調, すぐ古賀さんとこへ行つてごらん, すぐっ斬って, すぐ叩き毀してしまった, すぐ叫ぼうとした, すぐ上るよう, すぐ召し連れよと, すぐ召しあがりますか, すぐ召しつれて来い, すぐ召し呼べとあっ, すぐ召使たちへ暇, すぐ召捕ッて, すぐ召捕っての, すぐ召捕れという下知, すぐ召集されて, すぐ可哀相な人々, すぐの上, すぐ台下へ, すぐ台所部屋のすみ, すぐ台湾に行った, すぐ右手カールの底, すぐ右折して, すぐ右方の眼下, すぐ右肩の上, すぐ号令した, すぐ司令艇へ報告, すぐ司会者が舞台, すぐにつめ込んだ, すぐ各室で相談, すぐ合図いたしますから, すぐ合宿の方, すぐ合槌をうった, すぐ合点がいった, すぐ吉弥宛てで電報, すぐ吉良からきりだした, すぐ吉野川をさかのぼっ, すぐ吊りだせるように, すぐ吊れて今度, すぐ歩, すぐ同年十一月末にはまたも, すぐ同志の赤羽巌穴, すぐ同性愛の美少年, すぐ同様に打ち揚げる, すぐ同腹して, すぐ同行して, すぐ名前をそれに, すぐ名誉村長が笑, すぐ名護城趾へ登る, すぐ吐かせればこんな, すぐ吐きだして, すぐ吐きだすね, すぐ吐き出してしまわない, すぐ吐き出すやうに, すぐ吐出してあと, すぐ向いてる先の, すぐ向い合いに坐っ, すぐ向う岸の木之本, すぐ向き直って音, すぐ向けて, すぐ君たち十六人をこの, すぐ君達にも分るでしょう, すぐ吟味所の方, すぐ吠えつくやうに, すぐ否定したが, すぐ吸い残した敷島の, すぐ吸取紙で, すぐ吹き出したり, すぐ吹聴して, すぐ蒙は, すぐ呂宋兵衛のまえ, すぐ呆気に取られ, すぐ呉会の城, すぐ呉侯のご, すぐ呉夫人の前, すぐ呉服店に引返, すぐ告げに来た, すぐ告げ口をする, すぐ呑みこまれて, すぐ呑み乾されるのを, すぐ呑み込んでしまふ, すぐ呑んでしまう, すぐ周癒に会っ, すぐ周組南とも一人, すぐ味得される筈, すぐ味方じゅうへ, すぐ呼びかけて訊いた, すぐ呼びたてられる, すぐ呼びとめた者が, すぐ呼びもどして来い, すぐ呼び子を吹く, すぐ呼び集めて広縁, すぐ呼出しをかけた, すぐ呼息の塞, すぐ命じて修繕, すぐ命日かと思い, すぐ命松丸は正体, すぐ和歌山方面へ視察, すぐ和泉屋へ出向く, すぐ和田喜兵衛が変死, すぐ咲いている, すぐ咲耶媛とご, すぐせて, すぐ哀しくなって, すぐ哄然として笑う, すぐ唐招提寺の森, すぐ唐紙を開け, すぐを縛り上げ, すぐ唱和するので, すぐ唸るように, すぐみ合, すぐ商売をやめる, すぐ問い合せるわけにも, すぐいた, すぐ喋らされるので何, すぐきあげるよう, すぐ喚びに来, すぐ喜兵衛を殺した, すぐ喧嘩腰になる, すぐ喧嘩面だから, すぐ喪服をかぶっ, すぐ嗅ぎつけますよ, すぐ嗅ぎ知って来た, すぐ嘗めてしまった, すぐいうん, すぐ器械がはたらい, すぐ噴かせられないでしょうか, すぐ噴水のそば, すぐの嫌い, すぐ囈言のよう, すぐ四つ匐いになり, すぐ四ツ本に蹤, すぐ四三か四, すぐ四五名の下役, すぐ四人でつれ立ちこれからどう, すぐ四倍となっ, すぐ四六歩これも二度, すぐ四十という思慮分別, すぐ四十フランという金, すぐ四囲のとどろき, すぐ四年生の一人, すぐ四年生たちが笑, すぐ四方に電報, すぐ四疊半を指し, すぐ四谷署へまわされ, すぐ四谷見附の火の見櫓, すぐ四辺が真っ暗, すぐ回ってくる, すぐ回収し得たので, すぐ回復して, すぐ回覧板が来た, すぐ団子坂にある, すぐ困りだしたのは, すぐ困るじゃ無い, すぐ困窮が生じなけれ, すぐ囲炉裏端へ引き返した, すぐ囲繞した, すぐ固苦しい挨拶を, すぐ国分の家, すぐ国府へ急報, すぐ国技館へ行っ, すぐ国歌に変っ, すぐ国界県界道は何だか, すぐ国許へ早打, すぐ園丁にいひつけ, すぐ土佐へ乗りこん, すぐ土地の事情, すぐ土堤のかげ, すぐ土手下の, すぐ土蔵の中, すぐ土門は, すぐ在京武者に弱味, すぐ地つづきだそう, すぐ地べたに眼, すぐ地下道へ逃げろ, すぐ地中に潜る, すぐ地中海に入った, すぐ地勢を視察, すぐ地団駄をふん, すぐ地子銭の免税, すぐ地方庁に官職, すぐ地物のかげ, すぐ地続きの青木, すぐ地頭へ訴え出る, すぐ坂本町へ飛ん, すぐ坊さんは立去っ, すぐ坊やのお家, すぐ坊中の捕虜たち, すぐ坊主の法衣, すぐ蒲団を, すぐ坐ったように, すぐ坐り盤面に, すぐ坐りこむのも, すぐ坐り直し玄関の, すぐ垂れ幕の後ろ, すぐ垂井を出立, すぐ垂仁陵のそば, すぐ垣根にそう, すぐが立ち, すぐ埋ってしまう, すぐ城南へ出かけ, すぐ城郭の一室, すぐ執り除けますから, すぐ執事に電話, すぐ執着しそれ, すぐ執筆朝食後は読書, すぐ執行停止にする, すぐ基地へ帰る, すぐ堀の内へたずね, すぐ堀井英一と二人, すぐ堀尾吉晴一柳市助木村隼人佑の三部将, すぐ堀木に気附, すぐ堀溝に落ちた, すぐ堀立小屋を建て, すぐ堀藤次の手, すぐの後方, すぐ堆肥をも採れる, すぐ堕落して, すぐ堪えきれなくなって白布, すぐ堪へ切れない内応者が, すぐ報らせて, すぐ報告書を出し, すぐ場外へ出た, すぐ場所を変え, すぐ堺氏を呼ん, すぐ塀際の溝, すぐ塔世坂の急, すぐの横手, すぐをつけ, すぐ塩水をつくっ, すぐ塾生たちを見まわし, すぐを埋め, すぐ墓原なので, すぐ墓地を離れよう, すぐ墻隣の息子, すぐ壊されてしまったらしい, すぐ壊して仕舞った, すぐれるので, すぐ壮烈な気分, すぐ売りつくしその上, すぐ売り切れるのか, すぐ売り始めるかと思う, すぐ売り払ってしまった, すぐ売れた十円札に, すぐ売れますとさ, すぐ売切れになっ, すぐ売薬のこと, すぐ変りますがいま, すぐ変化する, すぐ変質する為, すぐですね, すぐ夏口の城楼, すぐ夕食の膳, すぐ夕飯にし, すぐ外されましたが羽目, すぐ外人の別荘, すぐ外国に行っ, すぐ外国人をきり, すぐ外土蔵の下, すぐ外土藏の下, すぐ外改札口の右側, すぐ多年宿望のクロ, すぐ多摩川の流れ, すぐ夜なかでもいい, すぐ夜中なのに, すぐ夜更けにもかかわらず, すぐ夜汽車で来る, すぐ夜行でパリ, すぐ夜通し積荷を, すぐ夜遊びに出, すぐ夜霧に絞る, すぐ夜食そこへデブ君水谷, すぐ夢みたり, すぐ夢現のたる, すぐ大久保へ出かけ, すぐ大事な問, すぐ大井川だなんて, すぐ大人だけの酒宴, すぐ大使館の方, すぐ大兵を諸所, すぐ大刀を抜き合せた, すぐ大勝館へエノケン, すぐ大君のおわします, すぐ大君ここにまします, すぐ大喝して, すぐ大堰川の流, すぐ大奥の広間, すぐ大学の研究室, すぐ大将が帰っ, すぐ大小を片手, すぐ大山の叔父, すぐ大工が屋根, すぐ大広間を用い, すぐ大津しもが伊庭, すぐ大満寺山の雲, すぐ大理石に過ぎぬ, すぐ大田へ夕立, すぐ大町桂月翁の許, すぐ大砲の引出し, すぐ大空が感ぜられる, すぐ大股で玄関, すぐ大胆な目つき, すぐ大蔵へ向った, すぐ大藏省に入, すぐ大通りの方, すぐ大金持ちになれる, すぐ大阪弁に戻り, すぐ大隊本部へ来い, すぐ大難に罹ります, すぐ天井にぶつかり, すぐ天使の位, すぐ天候を気, すぐ天文台に行く, すぐ天気の都合, すぐ天真の姿, すぐ天稟の才能, すぐ天野新一郎の名, すぐ天野雉彦の夫人, すぐ太夫になれた, すぐ太守韓玄の前, すぐ太陽が現われ, すぐ夫人の押した, すぐ夫婦ものと鑑定, すぐ失うことに, すぐ失くなってしまった, すぐ失望にかわっ, すぐ失策ったと, すぐ失言を謝, すぐ奇兵隊の隊士, すぐ奇科百種新述, すぐ奇襲の敵, すぐ奈良が思い出される, すぐ奉仕の感情, すぐ奉行へ突き出され, すぐ奉行所内に反映, すぐ奏聞にと一種, すぐ奥さんを貰っ, すぐ奥の院へ引き返す, すぐ奥様がお, すぐ奥殿へ消え, すぐ奥羽の旅, すぐ奪う様に, すぐ奪われたのでいけなかった, すぐ奪還される始末, すぐ女中さんたちに輕, すぐ女先生におそわった, すぐ女子職業学校富士見町へ行く, すぐ女将を見分ける, すぐ女王さまはまだ, すぐ女達にたすけられ, すぐ女郎屋をお, すぐ奴さんに自制力, すぐ好奇心を刺戟, すぐ如意輪寺裏の一夜, すぐの君, すぐ妊娠して, すぐ妓たちが鳴物, すぐ妖艶な笑み, すぐな声, すぐ妙ちきりんなこと, すぐ妙見の頂, すぐ妙覚寺へ行った, すぐ妥協しかかる自分, すぐ妻恋坂の道場, すぐと一緒, すぐっていた, すぐ始まり三千ばかりの, すぐ始め給え, すぐ姜維を伴っ, すぐ姫たちのそば, すぐ姫路を想い起す, すぐ姿態をかえた, すぐ威丈高に, すぐ威厳を交ぜた, すぐ娘筆を許し, すぐの後方, すぐ婆様の御, すぐ婚姻の式, すぐ婚家の婢, すぐ婚礼の式, すぐ婦人問題ということ, すぐをふくんだ, すぐに行く, すぐ嫁入りするという, すぐな顔すべ, すぐ嫌気がさし, すぐ嬰ン坊の顔, すぐ子どもをうんだ, すぐ子供たちのこと, すぐ子供らが群れ集まった, すぐ子供達と仲よく, すぐ子供部屋へひっこんだ, すぐ孔子のうしろ, すぐ孔雀の羽, すぐ孝之進は, すぐ孟達は呼ばれた, すぐを振りまわしなさる, すぐ孫乾をかえりみ, すぐ孫兵衛が話, すぐ孫策の身, すぐ宇三郎に喰, すぐ宇宙怪人の変装, すぐ宇田川橋へ挨拶, すぐ守護の武者, すぐ安っぽい涙じゃが, すぐ安値な同情, すぐ安否をきい, すぐ安心しました, すぐ安芸町午前中行乞かなり長い, すぐ宗吉の家, すぐ宗教が厭, すぐ宗時も庭, すぐ宗清が顔, すぐ官兵衛の目前, すぐ官兵衛彦右衛門のふたり, すぐ官有林のある, すぐ官省に見, すぐ官立大学の図書館, すぐ定宿の大, すぐ宜しいと快諾, すぐ宝塚へ向, すぐ宝鏡先生はもう一度, すぐ頼の, すぐ実弟の奥村加兵衛, すぐ実施した, すぐ実物をつくっ, すぐ実現できるかも, すぐ実社会で働ける, すぐ実験を一週間, すぐのほう, すぐ室外へ出, すぐ宮ちゃんをやります, すぐ宮中へ行っ, すぐ宮前の通, すぐ宮川病院へ電話, すぐ宮本武蔵なる人間, すぐになった, すぐ宴会の席, すぐ家中いっぱいになった, すぐ家主を呼ん, すぐ家内のやつ, すぐ家内中の者, すぐ家出を考へた, すぐ家族三人で相談, すぐ家老の竹井惣左衛門, すぐ容れて道, すぐ宿帳を見せ, すぐ宿直という名前, すぐ宿証を上げます, すぐ寂しそうに, すぐ寂滅した, すぐ寄こしたのです, すぐ密使をやっ, すぐ密偵の山崎, すぐ密報する, すぐ富士川の河口, すぐ富子は北村, すぐ寒くなる, すぐ寒子の眼, すぐ寛十郎を家, すぐ寝かされる習慣の, すぐ寝かしてやん, すぐ寝せる大蛇の, すぐ寝そべッた, すぐ寝ちまったからな, すぐ寝つかれそうにも, すぐ寝つけないで深夜, すぐ寝ようとする, すぐ寝られるのでなけれ, すぐ寝入りしが, すぐ寝殿へ入っ, すぐ寝返りをうつ, すぐ寝間に行こう, すぐ察しられて一しお, すぐ察することが, すぐ寢床から飛, すぐ施されて, すぐ寺の前へ出る, すぐ寺田紀念館で御, すぐ対局して, すぐ対応しなければと, すぐ対手の感じる, すぐ対立感をとがり立てた, すぐ対馬守がひとり言, すぐ寿江子にどこ, すぐ封じ目を糊, すぐ封筒に入れ, すぐ専門的生活に入っ, すぐ射撃した, すぐ射殺して, すぐ曹豊後平側用人種子島六郎島津石見が, すぐ将士に渡し, すぐ将棋にかかる, すぐ将門に訴えた, すぐ導びかれてあゆび板を渡り, すぐ小さくなる, すぐ小ぢんまりした洋風, すぐ小人たちに, すぐ小僧を奥, すぐ小出播磨守に案内, すぐ小判を掘り当てた, すぐ小包にし, すぐ小声と前屈み, すぐ小太郎が云った, すぐ小学校へはいった, すぐ小屋から飛び出した, すぐ小屋掛けに取りかかった, すぐ小川町の停留所, すぐ小憩のお座所, すぐ小手返る弦, すぐ小料理屋へ駆けつけた, すぐ小林君の気持, すぐ小林団長のところ, すぐ小波がちゃばちゃばと微かな音, すぐ小牧以上の大戦, すぐ小田原をたった, すぐ小石川へ発とう, すぐ小笹の崖, すぐ小船を雇う, すぐ小菅が助け, すぐ小藪の中, すぐ小袖羽織のその, すぐ小谷城を攻め落したなら, すぐ小路伝いに駿河台下, すぐ小郷事件の記事, すぐ小野の家, すぐ小野派宗家の道場, すぐ小金井太郎と共同生活, すぐ小門がギー, すぐ小頭を呼びつけ, すぐ小高い線路, すぐ小鳩の足, すぐ少し下男たちに, すぐ少ないの多い, すぐ少なからぬ船, すぐ尖る公卿や, すぐ就職するという, すぐ尻餅をつい, すぐ尾藤知定を使い, すぐ尾行を一人, すぐへ出, すぐ局長の方, すぐ居ずまひを, すぐ居ずまいを直し, すぐ居住区に戻っ, すぐ居合わす俥に, すぐ居室に帰る, すぐく, すぐ屈従するよう, すぐ屈曲して, すぐ届けさせますから, すぐ届けなきゃ三人命の, すぐ届けりゃよかった, すぐの上, すぐ屋台骨がぐらつい, すぐ屋形門へ入る, すぐ屋敷じゅうの家捜し, すぐをふさい, すぐ屏風を立てた, すぐ屑籠のなか, すぐ展望室へ来い, すぐ展覧会の方, すぐ屠腹すべく短刀, すぐ屯所から帰される, すぐ山の上にある, すぐ山の神様は, すぐ山内の家, すぐ山向うに見え, すぐ山城の国, すぐ山寺へ往, すぐ山小屋へ引き返す, すぐ山岡にかえる, すぐ山崎へ急行, すぐ山巡吏の監督, すぐ山手警察屯所の出張室, すぐ山林官に命じられた, すぐ山王様の境内, すぐ山田の功績, すぐ山田伸吉を連れ, すぐ山積した他, すぐ山路になっ, すぐ山門のほう, すぐ岡本さんのこと, すぐ岡部をよん, すぐ岨道つづきの, すぐを攀じ, すぐ岩ヶ根の隣駅, すぐ岩魚釣りを初めた, すぐ岸本を紹介, すぐ岸近くを行く, すぐ岸野農場にも入っ, すぐの生成, すぐ島々行の電車, すぐ島田と結びつく, すぐ崩して, すぐ崩れてしまう, すぐ崩れちゃうのに, すぐ崩れるように, すぐ崩れ落ちる頂上を, すぐしい藪山, すぐ川口に連れられ, すぐ川堤を十歩, すぐ川島をつれ, すぐ川崎の方, すぐ川森爺さんの真面目くさった, すぐ川水が濁る, すぐ川越屋へ行っ, すぐ川辺氏が, すぐ巡視だ, すぐ工作をする, すぐ工作隊を出す, すぐ左二百米以内に敵, すぐ左内坂ですよ, すぐ左旋回でうしろ, すぐ左次郎の目, すぐ左翼の運動, すぐ左膳戸を蹴ひらい, すぐ左馬介光春が唱えた, すぐ巫女を呼ぶ, すぐ差し入れるばかりにし, すぐ差押えの手続き, すぐみました, すぐ巳之吉の詞, すぐ巴里へ帰りたくなっ, すぐ市役所に酒君, すぐ市街地の, すぐ市電へ乗った, すぐを張った, すぐ帆村おじさんからの言づて, すぐ希望以上の処置, すぐの病室, すぐ席主の幸七, すぐ帯剣だけで立ち上った, すぐえると, すぐ帰したらまさか番屋, すぐ帰つてしまへるの, すぐ帰らうとする, すぐ帰らしていただきましょう, すぐ帰りかけたのを, すぐ帰りたかったが臆, すぐ帰りたくなる事も, すぐ帰りましたな, すぐ帰りゃしませんぜ, すぐ帰り支度をした, すぐ帰るったってこんな, すぐ帰れたであろうが彼女, すぐ帰れないのだ, すぐ帰れることが, すぐ帰宿又中央亭, すぐ帰庵して, すぐ帰庵敬君は下関, すぐ帰省したいと, すぐ帰郷するつもり, すぐ帰陣して, すぐ帳場にその, すぐ帳面を繰りはじめました, すぐ帷幕のうち, すぐ念の, すぐ常態に返っ, すぐ常盤橋へ訴え, すぐ常識化して, すぐ帽子掛にかけられた, すぐ幕下の群将, すぐ幕僚室に通報, すぐ幕営に引かせ, すぐ干せた木の芽草の, すぐ干上って了, すぐ平げること, すぐ平林さんに動坂, すぐ平次と万七, すぐ平河さんの方, すぐ年々の出水, すぐ年上の姉, すぐ年寄の話し, すぐ若八郎九郎太夫, すぐ幸いに家, すぐ幸太郎は軽蔑, すぐ幼い土民の, すぐ幼時の追憶, すぐ幾十人もの男女, すぐ宗へ, すぐ広々とした, すぐ広まりますからね, すぐ広前に集まれ, すぐ広東へ廻され, すぐ広田先生に関する事件, すぐ庄吉が髪の毛, すぐ庄屋らしい平, すぐ床の間の壺, すぐ床下にうずめる, すぐ床几一つ隔てて, すぐ床続きのヴェランダ, すぐ店先へ引きかえし, すぐ座席の下, すぐ座蒲團をたづさ, すぐ座長の現れ, すぐ庫裡のほう, すぐ庫裡ぢやありません, すぐ庭下駄を穿い, すぐ庭伝いで行かれる, すぐ庭向うの離れ, すぐ庶民に反映, すぐ廃めた稲, すぐ廃れゆく活動写真の, すぐ廃屋の濡れ縁, すぐ廉子がお答え, すぐ廊下伝いに案内, すぐ延命寺山の方, すぐ延岡の胸倉, すぐ建業へ急報, すぐ建築に掛っ, すぐ廻してやる, すぐ廻り縁の座敷, すぐ弁士中止をやる, すぐ弁解する, すぐをあげる, すぐ弓術部へはいっ, すぐ引いたんで安心, すぐ引かえした, すぐ引きあげろと命じる, すぐ引きうけて, すぐ引きつづいて次, すぐ引き上げてくれ給え, すぐ引き上げるのも, すぐ引き上げろという信号, すぐ引き出して相当, すぐ引き受けて, すぐ引き受けたのだった, すぐ引き受けなかったかという, すぐ引き払うつもりな, すぐ引き抜かれなかったという点, すぐ引き揚げずばなるまい, すぐ引き揚げろという, すぐ引き裂いて捨てた, すぐ引き返したそして心ゆたか, すぐ引き返したかういふ場所で, すぐ引くぞというよう, すぐ引っかかるのだった, すぐ引っかきかみつこうとする, すぐ引っさげて禁門, すぐ引っ張ってくる, すぐ引っ捕えて来い, すぐ引っ捕えよと命じる, すぐ引っ繰り返りそうな, すぐ引っ越しができる, すぐ引っ込みやがて雑炊, すぐ引っ返したけれど人力, すぐ引っ返したいのです, すぐ引っ返すといふきは, すぐ引つ張つて来る, すぐ引つ掻くんだ, すぐ引つ込んであと, すぐ引つ返して, すぐ引ッ奪くっ, すぐ引上げた, すぐ引出した手に, すぐ引戻して頭, すぐ引毀して, すぐ引移って住む, すぐ引越ししようと, すぐ引込むことに, すぐ引返へし, すぐ引返さうかと思, すぐ引返そうとした, すぐ弘前へ行き, すぐ弟子にし, すぐ弟子仲間の香蔵, すぐ弥九郎を呼び入れた, すぐ弥次馬が盛り返し, すぐ弱ってほか, すぐ弱点を抑える, すぐ張りあげたようです, すぐ張世平と蘇双, すぐ張松と別れた, すぐ張翼のほか, すぐ張苞を走らせ, すぐ張魯へ讒言, すぐ強い炎を, すぐ強がりもいっ, すぐ強く言った, すぐ強兵をすぐっ, すぐ強情を張っ, すぐ強盗だなと, すぐ弾きだすかと思う, すぐ弾機が見つかった, すぐ惣と, すぐ当たりがあった, すぐ当てたよ, すぐ当の問題に, すぐ当方へ使い, すぐ当時を思い出した, すぐ当時灰のよう, すぐ当然嫌疑の, すぐ当用のため, すぐ形式型といふもの, すぐ彦右衛門どの御案内, すぐ彦太郎を退け, すぐ彦根へきた, すぐに立てる, すぐ役に立たないんだ, すぐ役人をよす, すぐ役場に集まっ, すぐ役宅へ入っ, すぐ役所向きへ訴人, すぐ役立たあ, すぐ役部屋に臨む, すぐ彼女たちの可愛らしい, すぐ彼女らがする, すぐ彼方向きになっ, すぐ往けばよかッ, すぐ待たせてある, すぐ待ち合して, すぐ待ちかねていた, すぐ待ってい, すぐ待合室に行っ, すぐ待合所の方, すぐ待望の湯滝, すぐ後でこう気がついて, すぐ後一分も立たない, すぐ後一燈園から帰った, すぐ後任を任命, すぐ後六・八位が頂上, すぐ後口がかかり, すぐ後浅草金竜山で茶飯, すぐ後釜をかけ, すぐ徒党を作っ, すぐ従おうとは思いません, すぐ従妹と結婚, すぐ得物をふりあげ, すぐ御したくおうつり, すぐ御供申し上げに, すぐ御前へ罷る, すぐ御厨村へ立っ, すぐ御召を持っ, すぐ御岳サンと向い合っ, すぐ御座を洛中, すぐ御息所の一, すぐ御用提灯の鈴なり, すぐ御者台の方, すぐ御覧なさい, すぐ御足労願われまいかという, すぐ御輿をあげ, すぐ復元して, すぐ復習をさせられ, すぐ微笑んで, すぐ微苦笑に代え, すぐ徳山と帰る, すぐ徳川側へこの, すぐ徳川家の家中一般, すぐ徳川幕府に入る, すぐ徳川時代初期に入る, すぐ徹男を良人, すぐ心得て引き出した, すぐ心細くなるん, すぐ心臓が苦しく, すぐ必死の無念無想, すぐ忌むべき姦通の, すぐ志望通り取計って, すぐ忘れたように, すぐ忘れたらしくサン, すぐ忘れましょうが舟, すぐ忘れられてそして, すぐ忘れられるし又, すぐ忘れ去る人々だった, すぐ応えそうな, すぐ応えるべきことばを, すぐ応待する姿勢, すぐ応急に処置, すぐ応急米を渡す, すぐ応接室に通し, すぐ忠利の方, すぐ忠次を召され, すぐ忠行にここ, すぐ忠誠をもち出す, すぐ快諾して, すぐ怒って私, すぐ怖い父の, すぐ思い泛ぶ, すぐ思いあたったらしく名簿を, すぐ思いがけない事が, すぐ思いきりよくポロリ, すぐ思いつくのは, すぐ思いなおしてその, すぐ思い出させ赤瀬春吉は, すぐ思い出されるし桔梗屋, すぐ思い出しましたか, すぐ思い出せませんけれども強い, すぐ思い切ったように, すぐ思い当たったけれども一日一日, すぐ思い当ったので, すぐ思い当りまいたが居合せた, すぐ思い浮ぶからであった, すぐ思い浮べられないかも知れません, すぐ思い浮んだそうでした, すぐ思い直したように, すぐ思い知らしてやろう, すぐ思ったけれ共大方, すぐ思ひ通りに, すぐ思ひついたが取消, すぐ思ひ出して昔, すぐ思ひ浮んで来た, すぐ思わされるようにまで, すぐ思わずにいられない, すぐ思わせる扮装な, すぐ怠けるとか暇, すぐ怠ってしまった, すぐ急がせましてはい, すぐ性根になった, すぐ怪しんで浮き腰, すぐ怪態なかっこう, すぐ怪訝な面持ち, すぐ恋愛になる, すぐ恐ろしかった, すぐ恐慌でかき乱される, すぐ恢復いたしたが, すぐというもの, すぐ恥ずかしくなった, すぐ恭順せられるかも, すぐ息喘れが, すぐ悍馬を励まし, すぐ悟って, すぐ悟るであろうし進ん, すぐ悦んで上, すぐ悪いと思いました, すぐ悪うなる, すぐ悪人になる, すぐ悪口の唄, すぐ悪評がまとっ, すぐ悲劇が十分後, すぐにほだされちまう, すぐ情勢を判断, すぐ惜しいとも思う, すぐ惨烈な血, すぐ意味もなく, すぐ意図されて, すぐ意地をはっ, すぐ意外な事件, すぐ意見を書い, すぐ愛一郎がラウンジ, すぐ愛人の写真, すぐ愛卿の頬, すぐ愛子の額付, すぐ愛宕の下屋敷, すぐ感じさせられるのだ, すぐ感じさせる態度であった, すぐ感じたらしく皆矢代の, すぐ感じますがそれ, すぐ感じられそれでなけれ, すぐ感じ取っていた, すぐ感じ取られたことである, すぐ感じ取り啓示を, すぐ感ずる事が, すぐ感づいて後, すぐ感づかれる恐れが, すぐ感づきまさあ, すぐ感傷的になり, すぐ感動して, すぐ感情は全身, すぐ感情的になる, すぐ感知した, すぐ態度を改めて, すぐ慎み深い給仕, すぐ慕われていた, すぐ慣れたが大阪, すぐ慰めてくれ, すぐ慰めるように, すぐ慳貪に調子, すぐ慶びをのべた, すぐ慶応に入り, すぐ憂鬱になつ, すぐ憂鬱そうに言葉, すぐるよう, すぐ憤り出して済みません, すぐ憶えられたってちっとも, すぐ憶えられないのは, すぐ懇親会にうつります, すぐ懐しさに, すぐ懐しい朋友の, すぐ懐古風に配色, すぐ懸命に身, すぐ懸崖と見え, すぐ成功した, すぐ成効して, すぐ成敗するの, すぐ成都へ飛報, すぐ我ままらしく云い出した, すぐ我ら三人をここ, すぐ我家へ帰っ, すぐ戦争になる, すぐ戦争中のまま, すぐ戦争準備にかかり, すぐ戦備にかかった, すぐ戦況をつたえた, すぐ戦野に出たい, すぐ戦陣には赴きたくない, すぐ戸籍をとどけ出る, すぐ戻ったが俊基, すぐ戻つたといつた, すぐ戻らなかったのは, すぐ戻らなきゃならないのよ, すぐ戻りデリケッセンで, すぐ戻りますよ, すぐ戻りませうよと言, すぐの役人, すぐ所持品を調べられ, すぐ扇屋の若い, すぐ扈従の者, すぐ扉口の外, すぐ手の内に丸め込む, すぐ手はずをととのえた, すぐ手下に軽, すぐ手不足の部署, すぐ手代が金, すぐ手元の日常生活, すぐ手先どもに頤, すぐ手入れの諜しあわせ, すぐ手分けして, すぐ手前みたいな船, すぐ手前イルトゥイシュ河大きい河, すぐ手前事の仕事, すぐ手勢三百を叱咤, すぐ手品の種, すぐ手塚の家, すぐ手帳を出し, すぐ手拭で頭, すぐ手拭調べが始まった, すぐ手数のかかる, すぐ手筈にかかった, すぐ手続きをとっ, すぐ手繰り寄せられるお孃さん, すぐ手萎の乞食ばあさん, すぐ手術をし, すぐ手許であんな, すぐ手足みたいなもの, すぐ手飼のご, すぐ打たせ候ひしか, すぐ打ちこわしに, すぐ打ちきって辞去, すぐ打ちこわされるので根気負け, すぐ打ち立てる心しておけや, すぐ打ち融けてお話, すぐ打ち返してきた, すぐ打って来る, すぐ打てッ, すぐ打倒れる, すぐ打明けていい, すぐ打消されるべきことであった, すぐ打首にし, すぐつて, すぐ払えという激越, すぐ払っていただきましょう, すぐわること, すぐ承服した, すぐ技術を物, すぐへませう, すぐ抑えられたように, すぐ投げたり諦め, すぐ投げだしてしまう, すぐ投げ出してしまった, すぐ投げ捨てられた音が, すぐ投函して, すぐ抗議した, すぐ抗議団として弁護士布施辰治, すぐかへし, すぐ折れてしまった, すぐ折れ曲がっていた, すぐ折嶺居を探しあてる, すぐ折敷をし, すぐ抜けられるように, すぐ抜錨しないと, すぐ披露をする, すぐ抱いてき, すぐ抱きとつて, すぐ抱きとったがしかし, すぐ抱き取って頬ずり, すぐ抱き起こして流れ, すぐへられる, すぐ押入れから垢, すぐ押太鼓を鳴らし, すぐ担いで行っ, すぐ担架をよこす, すぐ拍手して, すぐ拒絶されは, すぐ拘つたね, すぐ拘引された事, すぐ拘禁され場合, すぐ拝領のこれ, すぐいて, すぐ拡がるものだ, すぐ拳闘の構え, すぐ拳骨を, すぐ持たしてやろう, すぐ持ちあたかも不死身, すぐ持ちあがるぞと思ふ, すぐ持ちうる習性を, すぐ持ちぬしが知れる, すぐ持ち出されたのであった, すぐ持ち帰れ仔細は, すぐ持ち直すその白い, すぐ持前の明るい, すぐ持場につい, すぐ指先がかじかん, すぐ指図して, すぐ指定し, すぐ挑戦の第, すぐ振り向いて, すぐ振替えをとる, すぐ振返られさうなの, すぐへること, すぐ捉らえて, すぐへます, すぐ捕えてしばり上げる, すぐ捕えずにはおかない, すぐ捕はれてしまひました, すぐ捕へる積りで, すぐ捕まえられてよ, すぐ捕まってしまう, すぐ捕まったが女房, すぐ捕まりますか, すぐ捕まりませう御安心, すぐ捕りつくせる蚊は, すぐ捕るような, すぐ捕物にかかる, すぐ捕物帳の筋, すぐ捕縛しろこれ, すぐ捜査課に帰っ, すぐ捜査開始だ, すぐ捨ててしまつたの, すぐ捨てられてしまう, すぐ捨てられるかもしれない, すぐ据ゑつけられて, すぐ捲き返して来, すぐ捺して差上げましょう, すぐ掃き捨てたがぞつと, すぐ掃除読経それから炊事, すぐ授与式にあてられ, すぐ掘ってください, すぐ掛けられましたけれども森, すぐ掛合いにいった, すぐ掛金をはずした, すぐつて小さく, すぐ採ってします, すぐ採取すること, すぐ採用して, すぐ探されるからね, すぐ探り合うあの鉤針, すぐ探偵は旅, すぐ探照灯を消せ, すぐ探知して, すぐ接して梯子段, すぐ推察したが, すぐ掲示板の方, すぐ掻き消されて一種, すぐ揃えてやる, すぐ揉ませる強く揉ませる, すぐ揉み消してしまった, すぐ描かなくたっていい, すぐ提出しできれば, すぐ揚げ足をとる, すぐ揚って来た, すぐ握られた手を, すぐ握り返され兄の, すぐ握手をし, すぐ揮発して, すぐけにおいでなさい, すぐ援いを求める, すぐ搦め手門内に, すぐ搦め捕ってこい, すぐ摩擦を起そう, すぐ撃たれるから身体, すぐ撃退する勇気, すぐをなげ出し, すぐ播州へ戻る, すぐ播磨守へ訊ね, すぐ撮って来よう, すぐ撮影開始だ, すぐ撲り倒して撃退, すぐ古木を, すぐ操縦室にとん, すぐ擧げてしまひます, すぐ攪乱を計る, すぐ攫まってしまいます, すぐ支払えとおっしゃる, すぐ支那人の住家, すぐ支那料理だ, すぐ支那風ではない, すぐ支配人に面會, すぐ改変するよう, すぐ改札口に出る, すぐ改築の目算, すぐ改造して, すぐ攻撃しろと, すぐ放して下さい, すぐ放つて, すぐ放免せよという, すぐ放送会館へかけつけ, すぐ放逐するわけ, すぐ政府の役人, すぐ政治上の道義, すぐ政治運動に身, すぐ政職のいる, すぐ政閣へ歩, すぐの通り横, すぐ故意とらしい, すぐ故郷の思い出, すぐ效いちやつて, すぐ敏捷にいつも, すぐ救いあげたが助かるまい, すぐ救い出してくれる, すぐ救助に行かなく, すぐ救援に駈け出した, すぐへてね叔母さま, すぐ教えられた更科蕎麦へ, すぐ教壇に立っ, すぐ教師と喧嘩, すぐ散って行く, すぐ散りましたが後で, すぐ散漫な気持, すぐ敬二郎の死骸, すぐ敬太郎の鼻, すぐ数人の腕利き, すぐ数名の中堅作家, すぐ数日前に伴, すぐ数枝のほう, すぐ数歩前の所, すぐ整然と秩序なり, すぐ整理したと, すぐ敵味方の岸, すぐ敷居の後ろ, すぐ敷島ガレーヂが判, すぐして, すぐ文げい部, すぐ文戦打倒同盟というもの, すぐ文珠屋佐吉の顔, すぐ斉彬の容体, すぐ斉興に, すぐ斎藤氏を訪れ, すぐ料理ゆつくりと, すぐ料紙と硯, すぐ斜いにあたる辺, すぐ斜向いなので, すぐ斜向うに, すぐ斟酌したもの, すぐ斥候を出し, すぐ斬ったではない, すぐをくだした, すぐ断っちまいまさあ, すぐ断りの電報, すぐ断交の書, すぐ断刑の武士たち, すぐ断定もし, すぐ断層の橋, すぐ断崖の真下, すぐ断念する, すぐ断腸の思い, すぐ断行して, すぐう思われた, すぐ新しきわらじをは, すぐ新九郎に言い返し, すぐ新吉兄弟の家, すぐ新宿のほてい屋デパート, すぐ新左衛門は斬り付ける, すぐ新手の勢, すぐ新田先生に会っ, すぐ新田兵の怒り, すぐ新聞記者をよん, すぐ新進作家の芳本, すぐ付いて, すぐ方丈へ誘った, すぐゆうに, すぐ於通は不良, すぐ施策にも出た, すぐ旅人をとも, すぐ旅人蔵へ行った, すぐ旅立ちのお, すぐ旅費等のこと, すぐ旅路へ立て, すぐ旋風が過ぎ, すぐあげを, すぐ旗竿は折れ, すぐ既決に下っ, すぐ日ごろ好む田楽歌, すぐ日光へ出かけた, すぐ日受のい, すぐ日向の匂い, すぐ日常自分たちと混, すぐ日本中へ知れ渡った, すぐ日本国中にひろがっ, すぐ日本文学における, すぐ日本海に出る, すぐ日本語の勉強, すぐ日本軍の方, すぐ日比谷公園へ行っ, すぐ日焼けのした, すぐ日蔭の身, すぐ旧主の源太夫, すぐ旧友福島利通がすゝめ, すぐ駕籠で, すぐ早口にたずねた, すぐ早合点をし, すぐ早打で姫路, すぐ早打ちをもっ, すぐ早月母子を追って, すぐ早漏だ, すぐ早稲田大隈講堂早大商学部大会へ, すぐ早老が押し寄せ, すぐ早耳迅眼の者, すぐ早舟をもっ, すぐ旭町へ入, すぐりつつ, すぐ昇降器へ乗った, すぐ昇降階段の下, すぐ明いた口の, すぐ明きますから, すぐ明け方の夢, すぐ明らかな判断, すぐ明りを消し, すぐ明智さんを呼ぶ, すぐ明智先生とけいさつへ, すぐ明智探偵のところ, すぐ明朗になつ, すぐ明治へ行き, すぐ明治座へかけつけ, すぐ明石夫人の住居, すぐ昔友達そのままに, すぐ昔金持の脛, すぐ映ったり揺れ, すぐ映画なんかのほう, すぐの用意, すぐ春子に繃帯, すぐ春木町の通り, すぐ昨夜の事件, すぐ昭青年を掴まえ, すぐ是等の人人, すぐになった, すぐ昼夜兼行で道, すぐが調和, すぐ時局収拾の相談, すぐ時間を製造, すぐ時雨堂へお, すぐ晩酌がすみ, すぐ晩食を言いつけ, すぐ普通民と区別, すぐります, すぐ晴らす訳に, すぐ晴れやかな顔, すぐ晴れるというよう, すぐ晴れ晴れとしてさ, すぐ智恵に訴えた, すぐくなる, すぐ暖かになります, すぐ暖まってしまう, すぐ暖まれるように, すぐ暖めてやれる, すぐ文にて, すぐ暗号室に行く, すぐ暗室内の実験, すぐ暗黒になる, すぐ暴利をむさぼる, すぐ曇って東山一帯, すぐ曲りかけると, すぐ曳いて来い, すぐ更けていった, すぐを襄陽, すぐ書かないと云ったら, すぐ書きあげたのである, すぐ書きかけて見た, すぐ書きました詳しく, すぐ書きますからこの, すぐ書き物を始めました, すぐ書き直してください, すぐ書けとの注文, すぐ書けなければあと, すぐ書生の方, すぐ書留にし, すぐ書籍を調べ, すぐ書肆に行つて別, すぐ書記が出, すぐ書院番に更, すぐ書類へ飛びかかっ, すぐ曹丕を召捕っ, すぐ曹仁の兵符, すぐ寄の, すぐ最上甲板の, すぐ最大の疑い, すぐ最大多数の仲間, すぐ最寄りにある, すぐ最近の文壇, すぐ最近本所の車輛工, すぐ月ヶ瀬に往く, すぐ月光で消す, すぐ月日がたっ, すぐ月謝の袋, すぐ有島家の黒塀外, すぐ有料の辻便所, すぐ有楽町の徳永医院, すぐ有無なく三浦, すぐ有難うと, すぐ望まれるのは, すぐ朝ぶろにいき, すぐ朝日の投書欄, すぐ朝日新聞に, すぐ朝野は悪夢, すぐ木のはをひろっ, すぐ木の下につない, すぐ木の根や石, すぐ木の葉のよう, すぐ木の間がくれ, すぐ木剣を杖, すぐ木崎を訪ねる, すぐ木沢氏をよん, すぐ木津の早瀬, すぐ木立の深い, すぐ木蔭の馬, すぐ未来に, すぐ未決などへやられる, すぐ末子の竹万丸, すぐ本営に行っ, すぐ本堂の裏, すぐ本当になりました, すぐ本所へ廻りましょう, すぐ本所工場へ向つた, すぐ本社へ無電連絡, すぐ本能の力, すぐ本能寺を引き揚げ, すぐ本艇と連絡, すぐ本隊へ知らせなく, すぐ本音を吐き, すぐ本館の裏口, すぐ杉坂へ追, すぐ杉苔の姿, すぐを呼び, すぐ李剛と向い合っ, すぐ村ソヴェトの活動, すぐ村中にひろがった, すぐ村長のところ, すぐの目, すぐ条約の文書, すぐ来なすつてい, すぐ来らあ, すぐ来られてともに, すぐ来られなかったんだ, すぐ来り会せよ, すぐ来るだろうからとにかく, すぐ来年の準備, すぐ杯周囲には女たち, すぐ東京会館のオザ, すぐ東京堂へまわりました, すぐ東京女子宝塚会のオザ, すぐ東京行を許し, すぐ東京行きの汽車, すぐ東京表へ立ち帰る, すぐ東京見物に行く, すぐ東京駅前にある, すぐ東側から一直線, すぐ東劇へ母上, すぐ東南へ下, すぐ東国下野へ馳せ戻ろう, すぐ東山裾の深い, すぐ東岸を少し, すぐ東海岸の竜飛, すぐ東海道へは下らず, すぐ松の内のすぎた, すぐ松井の顔, すぐ松任へ早馬, すぐ松島は呶, すぐ松平旅館へ, すぐ松江に帰り, すぐ松葉形に切先, すぐ板戸一枚向うにある, すぐ板敷になる, すぐ板木を鳴らした, すぐ枕許のさらし木綿, すぐ枕頭の窓硝子, すぐ林佐渡と佐久間修理, すぐ林町に行き, すぐ果たさないとかいうの, すぐ果敢なくも思出, すぐ果物籃を提げ, すぐから離れ, すぐ枯れて仕舞, すぐ枯れますよ, すぐ枯木を倒す, すぐを投げすて, すぐの垣, すぐ染めかえ, すぐ染奴の髪, すぐ柔らかい心持に, すぐ柘植の驛, すぐか何, すぐ柳生宗厳はただ, すぐが近く, すぐ柵守の一員, すぐ柵門のそば, すぐ柿の木へかけあがった, すぐの深森, すぐ栃木町の宇都宮地方裁判所栃木支部, すぐ栗山渓谷へ行く, すぐ栗林氏の方, すぐ校番室に行っ, すぐ校長に向かっ, すぐ根もとを焼かない, すぐ根元のところ, すぐ格子窓の外, すぐ格闘を挑ん, すぐ桂谷へ行く, すぐ桃井直常に付きそわれ, すぐ框座敷になっ, すぐ案じていた, すぐ案じるごとく申されておられた, すぐ案内人が彼, すぐ桑畑に分け入っ, すぐ桜井野口小野庭田小林宛に廻状, すぐ桜島に発っ, すぐの樹, すぐ梅ノ木橋という橋, すぐ梅本を見, すぐ梅酢をちょこ, すぐ梨枝子の誰憚ら, すぐ梯子だん, すぐ棄てる草の, すぐ棒切を以つて其土, すぐだちやすい, すぐ棧橋の落ちた, すぐ森川夫人がキャラコさん, すぐ森長さんへ電話, すぐを取っ, すぐをということ, すぐ棺車の後ろ, すぐ植ごみがあっ, すぐ植ゑるどうぞつい, すぐ植幸の親爺, すぐ植木屋に手, すぐ検屍官に通知, すぐ検挙されるよう, すぐ検束された, すぐ検束騒ぎをする, すぐ椽先に大きな, すぐ椽鼻へ腰, すぐ楊儀と姜維, すぐ楚々と薬湯を, すぐ楠木どののお, すぐ好い心持, すぐ極めてしまった, すぐ極度に固く, すぐ極楽だ, すぐ楽翁がやって来る, すぐ榎本にも会う, すぐの上, すぐ構えを武蔵, すぐ槍持と戦っ, すぐ槍沢へ吹き下ろす, すぐ様こちらへいらし, すぐ様そこまで行ける, すぐ様どっちとも云え, すぐ様アカデミーそのものと思い誤, すぐ様ジャーナリズム自身の欠点, すぐ様ソクラテスやプラトン, すぐ様フィロロギーのカリケチュア, すぐ様一つのもの, すぐ様一切の科学, すぐ様一般的な古典学, すぐ様不平等になっ, すぐ様中小業者の対抗運動, すぐ様亜細亜的現実とか東洋的現実, すぐ様京へ上ろう, すぐ様人々は社会的批評, すぐ様人心の改革, すぐ様人民戦線を一くさり, すぐ様伏在して, すぐ様何か封建的, すぐ様作家への忠告, すぐ様例の問題, すぐ様助手に手伝わせ, すぐ様右翼弾圧の意味, すぐ様否定されたり, すぐ様大学の植物学教室, すぐ様夫が司法吏道, すぐ様如何に非常識, すぐ様官僚とは一寸, すぐ様実験の用具, すぐ様対外的な要求, すぐ様当局との, すぐ様彼のあと, すぐ様彼女の両親, すぐ様想像出来るよう, すぐ様批評を思い浮べる, すぐ様技術だとばかりも, すぐ様支度にかかりまする, すぐ様政治上の自由主義, すぐ様政治的範疇とは考えられない, すぐ様教育の, すぐ様文学の創作方法, すぐ様文学的範疇だと, すぐ様文芸に対する文学的, すぐ様日本主義へ行かなけれ, すぐ様時事解説の政治的本質, すぐ様暇を取っ, すぐ様本題に入った, すぐ様歴史科学が客観的精神, すぐ様民族主義になる, すぐ様注意を奪われる, すぐ様浴場へかけつけました, すぐ様混乱だと, すぐ様火蓋を切った, すぐ様父親同行で郷里, すぐ様現下の必要, すぐ様目を閉じ, すぐ様真の学問性, すぐ様石井みち子あてに手紙, すぐ様社会に役に立つ, すぐ様社会科学そのものの立場, すぐ様社会観や政治思想, すぐ様社会階級として記載, すぐ様範疇体系に考え及ぶ, すぐ様約束されると, すぐ様結合して, すぐ様統制だという, すぐ様自由主義という哲学的理論, すぐ様芸術的真理に迄媒介, すぐ様行動の党派性, すぐ様街頭においてそのまま, すぐ様製氷作業に着手, すぐ様読者は哲学, すぐ様論理的虚偽ではない, すぐ様責任と良心, すぐ様輸出の増大, すぐ樊川へ急, すぐ樋口の部屋, すぐ樣出動しましたが, すぐ横っ面をはりとばされ, すぐ横丁の, すぐ横仆わり先ず, すぐ横側の部屋, すぐ横山から早打, すぐ横手老人の視野, すぐ横浜に行っ, すぐ横目付が来, すぐ横網へ飛ん, すぐ横隣で博労, すぐ樹明君がやつ, すぐの一つ, すぐ橋袂の町駕籠, すぐ機げんをよく, すぐ機体に妙, すぐ機鋒を転じ, すぐを諸州諸郡, すぐの垣根, すぐを回し, すぐ櫛巻きにし, すぐ櫻内の下敷, すぐ欠けそうに, すぐ欠伸が出た, すぐ次々代には, すぐ次にうかと大事を, すぐ次にやっぱり柏木の, すぐ次のを食べ, すぐ次位に位, すぐ次回の宣伝文, すぐ欣びの動悸, すぐされなはん, すぐ歇んだ, すぐ歌い舞えといえ, すぐ歌口をしめし, すぐになつ, すぐ止まってしまう, すぐ止もうすぐ止もう, すぐ正体を現, すぐ正勝の後, すぐ正坐して, すぐ正時を使, すぐ正木のお祖母さん, すぐ正気に戻った, すぐ正直に, すぐ正眼から頭上, すぐ正金に換, すぐ此あたりの農家, すぐ此の前だ今, すぐ此場で錦太郎さん, すぐ此塔の下, すぐ此家の老, すぐ此寄席の隣り, すぐ此方へお召, すぐ此裏の家, すぐ此陳腐な質問, すぐの家, すぐ武族の充血, すぐ武蔵亭へ来, すぐ武蔵守のそば, すぐ武蔵野の榛の木, すぐ武装いたしたの, すぐを運び, すぐ歩いて行った, すぐ歩きさへ, すぐ歩き出さねばならない, すぐ歩き出して写生, すぐ歩き出しましたしうしろ, すぐ歩き出しますんで, すぐ歩くのである, すぐ歩みをよせ, すぐ歪めたり退い, すぐ歯車を外せる, すぐ歳太郎の爺むさい, すぐ歴史だが, すぐ歸つて行つた, すぐ歸京するやう, すぐ死すと信ず, すぐ死なうと言, すぐ死なないで女の子, すぐ死ななくてはならぬ, すぐ死なねばならぬ, すぐ死なれたので, すぐ死なん哉と, すぐ死にたき思いに, すぐ死にましたが親父, すぐ死にまするぞ, すぐ死ぬだろうなどと人, すぐ死ぬるよ, すぐ死ねるだろうと思った, すぐ死んじゃうそうよ, すぐ死んださうで, すぐ死人よりも青い, すぐ死生の外, すぐ死美人の頸, すぐ死者を探し, すぐ死蝋と窓, すぐ死霊の来る, すぐ残りのもの, すぐ殺されたとすれ, すぐ殺ってくれ, すぐ殺気立った調子で, すぐ殺虫剤みたいなもの, すぐ殿様の所, すぐ母さんが好き, すぐ母上と出, すぐ母君へ会わせ, すぐ母屋へつれ, すぐ母校である千葉県, すぐ母様とふざけふざけ, すぐ毒舌のほう, すぐ毛布にくるん, すぐ毛皮を描い, すぐ毛穴から脂肪, すぐの横, すぐ民子のこと, すぐ民衆におぞ, すぐ民部左衛門の半身, すぐ民間に開放, すぐ気がついたでしょうが夜半, すぐ気がついたらしく部屋の, すぐ気がつくらしいが, すぐ気がるに杯, すぐ気が付きましたが念, すぐ気が付きますよ, すぐ気づいたことは, すぐ気づかれますが十二三歳, すぐ気づきはした, すぐ気どったらしく馬の, すぐ気どられてしまう, すぐ気に入ってしまった, すぐ気分をかへて笑, すぐ気取られて用心, すぐ気味の悪い, すぐ気嫌の良い, すぐ気持を盛りかえす, すぐ気絶したので, すぐ気転を利かした, すぐ気配の立った, すぐ氣持惡くぐぢよ, すぐ水あげにかかっとでっしう, すぐ水ッ洟を啜った, すぐ水上君にそれ, すぐ水上署の方, すぐ水分の多い, すぐ水滸伝の麻痺薬, すぐ水田で隣, すぐ水色の蟹, すぐ氷上へ避難, すぐ永久の支配者, すぐ永徳寺へ知らせ, すぐ永田まで届け, すぐない通り, すぐ汚くなるだろう, すぐ汚点抜きをします, すぐ汝廣き道, すぐ江上から市外, すぐ江夏へ帰る, すぐ江戸番になる, すぐ江東の天, すぐ江船の奉行, すぐ池上のインバネス, すぐ池溝の堰, すぐ決まっていた, すぐ決まるのだ, すぐ決めようじゃない, すぐ決行したよう, すぐ沈没する見きわめが, すぐ沈着に歸つて, すぐの鼻, すぐ沢庵はいった, すぐ河内水分神社の雨乞い神事, すぐ河原町の薬師寺, すぐ河堤になっ, すぐ河岸近くを進ん, すぐ河本老人を呼んだ, すぐ河田のこと, すぐ河童のあと, すぐ治ってこの, すぐ治らないのです, すぐ治りますよ, すぐ治安を布い, すぐ治郎吉は一枚かんばん, すぐの汀, すぐ沼津までの切符, すぐ泊る合客は, すぐ法華僧の事, すぐ泣いちまふから, すぐ泣きくずれてお, すぐ泣きたくなったり悲しく, すぐ泣きだしてしもて私, すぐ泣きふるえ訊ねられた二つの, すぐ泣きやむがおんぶ, すぐ泣きやんで自分, すぐ泣くだろうと思った, すぐ泣く笑いたければすぐ, すぐ泣けて来た, すぐ注文して, すぐで光っ, すぐ泰軒とも別れ, すぐ泳ぎ出て, すぐ洋式の扉, すぐ洋筆を取り上げた, すぐ洋酒を飲み, すぐ洋間へ引返し, すぐ洋風の客間, すぐひさ, すぐ洗い薬をあたえ, すぐ洗えばだった, すぐ洗って来る, すぐ洗つたといつ, すぐ洗つて漬ける, すぐ洗つて拭巾で拭いた, すぐ洗面器に半分, すぐ津本先生が入っ, すぐ津田富田の二名, すぐ津軽鉄道で津軽平野, すぐ洲股のほう, すぐ活動の目標, すぐ活撥な蠕動, すぐ活版にし, すぐ活路を直感, すぐ派出も在る, すぐ流されてしまいます, すぐ流し元の戸, すぐ流れの向う, すぐ流れ出している, すぐ流行して, すぐ浄瑠璃の声, すぐ浄衣に着かえ, すぐ浅ましい妾奉公などを, すぐ浅草松屋のホール, すぐ浅草観音堂の茅葺屋根, すぐ浚って去った, すぐ浜尾組を暇, すぐ浜町浜の家へエノケン, すぐ浜辺の方, すぐ浦和の師範学校, すぐ浪士募集に着手, すぐ浮いてくるっ, すぐ浮かび出て来る, すぐ浮かぶのである, すぐ浮きあがって顔, すぐ浮き腰になっ, すぐ浮び上って来る, すぐ浮ぶのだ, すぐ浮んだえどつこのからと, すぐ浮上り十二三分の間, すぐ浴みをする, すぐ浴室から出, すぐ浴舍の後, すぐ海ぎわで崖縁の小路, すぐ海上に大島, すぐ海峡を隔て, すぐ海底へ突撃, すぐ海底都市へ出発, すぐ海軍へ行き, すぐ海霧に閉ざされ, すぐ浸けておくれ, すぐ消えさってしまいました, すぐ消えましたがあっしゃ, すぐ消えやんでしまう, すぐ消える鳴れ汽笛鳴れ, すぐ消え去って了, すぐ消されてしまう, すぐ消し止めたらしく明けは, すぐ消化され吸収, すぐ消毒したほう, すぐ消滅した, すぐ消防の手配, すぐ涙ぐんて来た, すぐ涙ッぽくなる, すぐ液体を吸いとった, すぐ淋しがつて, すぐ淋しくなって, すぐ淡い恐怖と, すぐ淡谷さんのうち, すぐ深い哲学的なよろこび, すぐ深くも思い決した, すぐ深刻な眼, すぐ深山になっ, すぐ深川要橋ぎわの吉永町, すぐ深谷のねぎ, すぐ深雪が立止, すぐ淺草へかへつて皆なに安心, すぐ清吉は五十両, すぐ清書して, すぐ清江にやれやれ, すぐ清治が生れた, すぐ清洲城へ変, すぐ清音か濁音, すぐ済み十二時に, すぐ渋江村へ, すぐ渋紙色に染る, すぐ渓川道へ降り, すぐ渓流である, すぐ渡辺が帰っ, すぐ温められるように, すぐ温泉場の様子, すぐを警衛, すぐの岸, すぐ湖上を渡った, すぐ湖畔の街道, すぐ起って, すぐ湧いたのです, すぐ湯タンポを二つ, すぐ湯女に案内, すぐ湯屋へゆく, すぐ湯舟へ降り, すぐ帆を, すぐ満山の緑清冽, すぐ満期になっ, すぐ満腹を覚え始め, すぐ源次を近所, すぐ源氏時代になつ, すぐ溜り場へ通された, すぐ溢れて來, すぐ溶けてなくなった, すぐ滅入ってしまった, すぐ滅入りそうな, すぐ滅茶苦茶につぶれ, すぐ滑ってしまう, すぐ滑り墜ちて行, すぐ滑走できるよう, すぐ滿洲に渡り, すぐ漏れて半日經, すぐる咄, すぐ演劇や映画, すぐ演戯が始まる, すぐ漕ぎよせて来ます, すぐ漢中王の内殿, すぐ潔く心の, すぐ潘璋が呼ばれ, すぐ潜戸を締め, すぐ潜水服を脱がせ, すぐ潜航にはいった, すぐ潮來を連想, すぐ潮風に飛ん, すぐ潰れそうな, すぐ潼関へ行け, すぐ澄まし返って武士, すぐ澱んだ古沼, すぐするの, すぐ激しい労働に, すぐ激しく四方八方に, すぐ激昂するあらあらし, すぐ激流へからだ, すぐの小屋, すぐ濡れ縁へ寄っ, すぐ火の玉は見えなくなった, すぐ火夫のため, すぐ火星兵団の方, すぐ火桶の火, すぐ火炉の乳木, すぐ火縄を投げこん, すぐ火花が散った, すぐ火葬場だと, すぐ灯火管制にうつらね, すぐ灰吹きを, すぐ灰皿の上, すぐ灰色の水, すぐで燒, すぐのそば, すぐ炉端でい眠っ, すぐ炭小屋へ帰っ, すぐ点呼をし, すぐ焚けるからねえ, すぐ焚火で乾かした, すぐ帽の, すぐ無いかも知れない, すぐ無くなっちゃうし仕様, すぐ無くなつてしまふ, すぐ無くなるのであ, すぐ無意識にその, すぐ無慙な歪んだ顔, すぐ無数な人間, すぐ無敵一刀流などと誇称, すぐ無理にいただく, すぐ無用になりました, すぐ無益であること, すぐ無精するん, すぐ無線探知器を使っ, すぐ無罪放免ということ, すぐ無邪気な表情, すぐ無電局名だと, すぐ無電班長をよび出し, すぐ無頓着にかえって, すぐ刃の, すぐ焼いてくれ, すぐ焼くと骨, すぐ焼け跡に出かけ, すぐ焼け野原が展開, すぐ焼餅を焼く, すぐをあげ, すぐ煙りのよう, すぐ煙筒をお, すぐ煙草を眩, すぐ煙草入れをスポン, すぐ煤烟のなか, すぐ照れちゃうの, すぐ照井の口真似, すぐ煮えますから, すぐ熄んだ, すぐ熊本へ引き返そう, すぐ熔けてなくなりました, すぐ熱い熱い湯の, すぐ熱く火の, すぐ熱しるがより, すぐ熱海行軽便鉄道に乗った, すぐ熱海警察署へ電話, すぐ熱湯のよう, すぐ燃えました雪の下の, すぐの明るい, すぐの火, すぐがゆらいだ, すぐ爆撃して, すぐ爪先で歩い, すぐ爪先上りになっ, すぐ父子がはしご, すぐ父母から離し, すぐ片づいてしまったで, すぐ片づかないようだったら, すぐ片づけなければと満州あたり, すぐ片づける事も, すぐ片づけるだろうといわん, すぐ片一方の手袋, すぐ片付いてしまった, すぐ片付けてしまわなけりゃいけません, すぐ片付けられるものと, すぐ片山を狂人扱い, すぐ片意地になる, すぐ片手の鉄扇, すぐ片貝へと思った, すぐ片隅に積ん, すぐをむき出し, すぐの手綱, すぐ牛丸君が誘拐, すぐ牛乳のませ, すぐ牛肉屋へ往, すぐ牛若は宮の森, すぐへいれられる, すぐ牧田所長の自動車, すぐ物具に身, すぐ物蔭に隠れる, すぐ物質と精神, すぐ物頭に令し, すぐ特別のはからい, すぐ犬千代が床几, すぐ犬山城の勝入, すぐ狂人になっ, すぐ狂言舞を演じはじめた, すぐるそう, すぐ狩猟せんこと, すぐ独りで頷い, すぐ独創のない, すぐ独軍の将校たち, すぐ狭斜街へ大半以上, すぐが立ち上った, すぐ猛烈に議論, すぐ猟人だと, すぐ猫板の上, すぐ猫達に見つけられ, すぐ献上に行っ, すぐ豫なし, すぐを主人, すぐ猿股一つでか, すぐ猿轡を篏め, すぐ獣医を探し始めた, すぐ玄蕃允は旗本たち, すぐ玄関わきの扉, すぐ玄関先を去らなかった, すぐ玄關に舁ぎ, すぐがお, すぐ王双の知る, すぐ王平を呼んだ, すぐ玩具や人形, すぐ珪次は飽き, すぐ現在の製紙会社, すぐ球台の側, すぐ理智的ということ, すぐ理知によって反対, すぐ琵琶を抱えた, すぐを取りあげ, すぐ瓦屋根に続い, すぐ瓦師を寄こし, すぐ瓦斯を吹き消そう, すぐ瓦解して, すぐ甚三郎を切腹部屋, すぐ甚内は大きな, すぐ甚右衛門の後, すぐ生々して來, すぐ生えたように, すぐ生き埋めになった, すぐ生き身でない死者, すぐ生き飽いてしまう, すぐ生け捕ってみる, すぐ生じてくる, すぐ生存の足, すぐ生家の大きな, すぐ生徒に返し, すぐ生意気だと, すぐ生水を呷っ, すぐ生田川の流れ, すぐ生真面目な表情, すぐ産みますよ, すぐ産土神に集まった, すぐ産室につれられた, すぐ産褥熱じゃなかろう, すぐにあて, すぐ甦りそうに, すぐ用いるところなど, すぐ用件にとりかかります, すぐ用向きを察し, すぐ用立ててくれた, すぐ用箪笥の小, すぐ用談に取り掛った, すぐ田ン圃に入っ, すぐ田原屋へ, すぐ田原町へ來, すぐ田口に向い, すぐ田所町の何丁目, すぐ田舍に行かう, すぐ田越川の流れ, すぐ由造を追いかけさせた, すぐ甲冑を脱ぎすて, すぐ甲州兵の顔, すぐ甲州屋へ行っ, すぐ甲州領へ放ちました, すぐ甲府まで飛ばせ, すぐ甲斐に向かっ, すぐ甲羅がかわい, すぐ甲野さんの眼, すぐ甲館躑躅ヶ崎を立ち, すぐ上げたでは, すぐ男神のお, すぐ町中の埃, すぐ町駕で飛ばした, すぐ画きたくなる僕は, すぐ画家のところ, すぐ画板を引っ掛け, すぐ畑仕事にか, すぐの所, すぐ留守を吉尾, すぐ留置されます, すぐの中, すぐへ出, すぐ番号が来, すぐ番小屋がある, すぐ番所の方, すぐ番町へ廻った, すぐ異人屋敷の雑用婦人, すぐ異様な眼, すぐ畳みかけて質問, すぐ畳屋町の方, すぐ疑いを解く, すぐ疑ったがしかし, すぐ疑られるに相違, すぐ疑問は解けます, すぐ疑心を訂正, すぐ疲れちゃったわ, すぐ疲れますが, すぐ付いたの, すぐ疳癪の種, すぐ疾風陣を作った, すぐで亡くなった, すぐ病人を診, すぐ病体が案じられた, すぐ病床をたたませ, すぐ病院自動車で大学, すぐ痛くなる, すぐ痛みがとまる, すぐぎすな, すぐる方, すぐ癇癪を立てる, すぐてるな, すぐ発つ汽車の, すぐ発動機が降ろされた, すぐ発狂気味になっ, すぐ発芽した, すぐ発車した, すぐ発送したいの, すぐ登って行った, すぐ登つて取るん, すぐ登りかかる箇所であった, すぐ登れるように, すぐ登山は危険, すぐ發見した, すぐ白官舎を出た, すぐ白旗をかかげた, すぐ白服のデンドウイ属, すぐ白木の棺, すぐ白犬と斑犬, すぐ白銅ほどになる, すぐ白鳥をつれ, すぐ百フラン送るよう, すぐ百二百は違, すぐ百城を見た, すぐ百姓になれる, すぐ皇太子の位, すぐがほとび, すぐ皮付の鶏, すぐ皮膚に圧触, すぐを用意, すぐを捧げ持っ, すぐ盗汗がする, すぐ盛り返して来た, すぐ盜汗がする, すぐ監守に見つかっ, すぐ監獄へぶちこまれる, すぐ目のあたりに落ちた, すぐ目マイがし, すぐ目代邸へお, すぐ目先に鉄, すぐ目前紅提灯に景気幕, すぐ目安箱へほうりこむ, すぐ目抜きの町, すぐ目明しの代官松, すぐ目玉をよこせ, すぐ目白署を訪ね, すぐ目立つように, すぐ目籠をおろし, すぐ目近にながめた, すぐ目通りを得たい, すぐ目録や免許, すぐ目鏡やへ行っ, すぐ目鼻がつく, すぐ盲腸炎に罹った, すぐ覺され, すぐ直ぐ直ぐ連れて, すぐ直させてあげます, すぐ直るよ, すぐ直接な火花, すぐ直義が呼ばれ, すぐ直観された, すぐ相槌を打った, すぐ相模を出, すぐ眉間へ深い, すぐ看取すること, すぐ看護に馳せつけ, すぐ看護婦に, すぐ眞白にペンキ, すぐ眞赤になる, すぐ眞鍋を好き, すぐ眞青な稻田, すぐ眞面目な顏, すぐ真っ暗になっ, すぐ真っ赤になっ, すぐ真っ黒に取り囲んだ, すぐ真ん前に看守, すぐ真事についてお, すぐ真似をし, すぐ真似得たことを, すぐ真個に愛し, すぐ真向に立っ, すぐ真後の六尺, すぐ真白な担架, すぐ真空喞筒を回転, すぐ真青になっ, すぐ眠つたふりをする, すぐ眠らず益, すぐ眠られないので昼, すぐ眠りこんでしまった, すぐ眠りましたし私, すぐ眠り得る修養と, すぐ眠り薬をのむ, すぐ眠れそうだ, すぐ眠れずうっとりし, すぐ眠れないのよ, すぐ眠れるということ, すぐ眼ざわりな者でも追う, すぐ眼元にやさしい, すぐ眼先にまざまざ, すぐ眼先さへた, すぐ眼科医へ行き, すぐ眼科教室にはいりました, すぐ眼角をたて, すぐ眼鼻をつけ, すぐ着いた感じだ, すぐ着かえさせなくちゃなりません, すぐ着くだからそれ, すぐ着付にかかる, すぐ着工し始めてから, すぐ着替えますその間くらい, すぐ着替へて女中, すぐ着衣を脱がし, すぐ気が, すぐ睡くなつて, すぐ睡くなって, すぐ睫毛が届き, すぐ瞑りかねてゐた, すぐを放そう, すぐ矢崎舎人辻村平六の二人, すぐ矢立から筆, すぐ知ったらしく供の, すぐ知つたんです, すぐ知らさなくちやいけません, すぐ知らせたものが, すぐ知らせよと達し, すぐ知らせられますよ, すぐ知らない人間に, すぐ知られないうちに, すぐ知らん顔をした, すぐ知りあいになった, すぐ知れわたるのであった, すぐ知れ亙ってしまいます, すぐ知れ渡つてしまふ, すぐ短刀にかけた, すぐ短檠の灯かげ, すぐ短波受信に必要, すぐに手, すぐ石垣の下, すぐ石川の女郎, すぐ石橋を渡っ, すぐ石段下まで少年, すぐ石津右門の居る, すぐ石焼豆腐へ寄る, すぐの中, すぐ砂利を盛りました, すぐ砂土原町の後家, すぐ砂山に運ん, すぐ研究にか, すぐの諸, すぐ砲兵工廠の煙筒, すぐ壞され, すぐ破いてくる, すぐ破けますね, すぐ破けるに相違, すぐ破して結い直しである, すぐ破つてしまふ, すぐ破れて踵, すぐ破談になった, すぐ破門されるといふ, すぐ硝子戸越しに私, すぐ確かめても仕方, すぐ確かめようとも思っ, すぐ確かめられることだった, すぐ礼拝堂を出た, すぐ礼物に書簡, すぐ社会に出す, すぐ社会主義的な規律, すぐ社会民衆党だと, すぐ社会運動に即する, すぐ社長に電話, すぐ社長室へ行く, すぐ祐筆の安間了, すぐ祖母青山の墓地, すぐ祖父に掴まっ, すぐ祝宴がはじまった, すぐ神様からのろわれた, すぐ神社をさして, すぐ神経にピリッ, すぐにあった, すぐ祥子に本, すぐが考えられる, すぐ禰宜の山辺守人, すぐ禿頭だなと, すぐ私どもはき, すぐ私服と一緒, すぐ秋川さんをつれ, すぐ秋川家に行く, すぐ秋虫の音, すぐ秘密の地下道, すぐ秦郵へ往, すぐ秩父へ行っ, すぐ移るのは, すぐ移るつていうこと, すぐ移るべき予定を, すぐ移動出来かねるのよ, すぐ近いすじ, すぐ程度を越え, すぐ稚児落滝である, すぐ種本漁りをする, すぐ種火が点じ, すぐ稲荷さんへお, すぐ稲葉山の兵, すぐ稼ぎの鴨, すぐ穂先をかえた, すぐ積つた雪をふりはらつ, すぐ穢れを連想, すぐ空中にとびあがりました, すぐ空乳首を与った, すぐ空地の草, すぐ空想に入る, すぐ空林庵に引きとり, すぐ空間を捏造, すぐ空馬の口, すぐ穿きずっとおくれ, すぐつ切れなかつた地形, すぐ突き当りに誤字沢山, すぐ突っけんどん, すぐ突っかかって, すぐ突っ返されたなどと沙汰, すぐ突当りにあった, すぐ突当るところが, すぐ突然新しいいろいろ, すぐ突當りが, すぐ突襟のうしろ口, すぐ窒息したよう, すぐ窓ぎわに陣どっ, すぐ窓さきに隣, すぐ窓口から次郎, すぐ窓外の景色, すぐ窓辺にもたれ, すぐの下, すぐ立たうと思つて, すぐ立たせることが, すぐ立たなくちゃ, すぐ立たねば父重明, すぐ立ちあがったがしかし, すぐ立ちあがりそうに, すぐ立ちかかって, すぐ立ちかけたが良人, すぐ立ちなおっていかなる, すぐ立ち上つて其れ, すぐ立ち上がっただけであった, すぐ立ち上がつた丈で, すぐ立ち上がり羊皮紙を, すぐ立ち上がろうとした, すぐ立ち上ったがさほど, すぐ立ち上らずにはいられなかった, すぐ立ち上らねばなりません, すぐ立ち上りつまらぬ事を, すぐ立ち上ろうとした, すぐ立ち停ってどこ, すぐ立ち去り義貞は, すぐ立ち去りかけたがお次, すぐ立ち去りましてご, すぐ立ち去るためだけ, すぐ立ち戻って知らせろ, すぐ立ち直ってこの, すぐ立ったが敷居, すぐ立てつて電報, すぐ立て直しがつかなかった, すぐ立上ってはいっ, すぐ立上つてはいつ, すぐ立上つて今度は三等待合室, すぐ立上り言い訳もしない, すぐ立場を盛り返し, すぐ立座行装触れ潮, すぐ立直ってどこ, すぐ竜ちゃんを呼ん, すぐ竜泉寺の通り, すぐ童子の瞳, すぐ竪坑の入口, すぐ竪穴はどう, すぐ競争が出来る, すぐ竹中さんは立ち上っ, すぐ竹中半兵衛に君命, すぐ竹刀を真剣, すぐ竹童をひっかかえ, すぐ竹篦返しに, すぐ竹藪が出現, すぐ竿を放り出した, すぐを自分, すぐひました, すぐ笑いこけるように, すぐ笑いつつんで人, すぐにつれ, すぐ笠井氏を追って, すぐ笠屋町へ移りました, すぐ第一線に出す, すぐ第六感をおびやかし, すぐの中, すぐ笹田執事が出, すぐ筋肉が目, すぐ筑前へ書状, すぐ筑波の兄良兼, すぐ答えたではない, すぐ答えたら笑い出しました, すぐ答えられるであろう程四方, すぐの敷い, すぐが剥げ, すぐ算盤のこと, すぐ箱根へ戻れ, すぐ箱梯子になっ, すぐ節穴から離れよう, すぐ築地河岸へ出向い, すぐ簡雍は袁紹, すぐの輿, すぐを買い, すぐ米国から帰っ, すぐ籾漏斗に酒, すぐ粉々になった, すぐ粗末なラシャ, すぐとなる, すぐ粥腹に鎧, すぐ精兵を率い, すぐ精神を標的, すぐ糜竺陳登などが代表, すぐ糠味噌に入れる, すぐ糧米を運漕, すぐ系図と一緒, すぐ約束の方角, すぐ約束通りヨセフに現れなかった, すぐ紅茶を口, すぐ紅茶茶碗を持っ, すぐれて, すぐ紋付の男, すぐ紋附袴で新聞社, すぐ納まつたやうで, すぐ納屋の中, すぐ納得の行く, すぐ友に, すぐ紙ぐるみ何のこと, すぐ素直な声, すぐ素知らぬ顔で, すぐの袱紗, すぐ紫色に変った, すぐ殿を, すぐ細いサスペンダアを, すぐ細ヒモで大蔵, すぐ細工人のほう, すぐ細工場のうち, すぐ紳士の傍, すぐ紹介状かきますと, すぐ紺野を連れ, すぐ紺野守夫と二人, すぐ終りホテルへ, すぐ終わるでしょうから来月, すぐ組みしかれてその後頭部, すぐ組ンでそのまま, すぐ組合へ入れる, すぐ経ってしまっ, すぐ経ったがルパン, すぐ経済問題などとの関連, すぐ結びつけてやる, すぐ結婚式を挙げたい, すぐ結婚生活の話, すぐ結論づけられますが半, すぐ給仕が彼ら二人, すぐ給料の減る, すぐ絵筆を動かしはじめた, すぐれて, すぐ絶え入ること幾度か, すぐ絶壁から谷底, すぐ続々と知らせ, すぐ続いた者は, すぐ続かせ鉄砲組は, すぐ続けざまに同じ, すぐにとりつい, すぐ綱憲にその, すぐ綱手に触れた, すぐ緊張した面持ち, すぐ総てを忘れる, すぐ総監にとのこと, すぐの切れる, すぐ緒方先生のところ, すぐ編制された, すぐ編輯長に呼ばれ, すぐ編集次長のカメネフ, すぐ縁切り状を握った, すぐ縁鼻まで歩い, すぐを解い, すぐられて, すぐ縊れて死のう, すぐが戻ろう, すぐつて, すぐ縛めて来い, すぐ縛るといふわけ, すぐ縛れるよ, すぐ縫って上げましょう, すぐ繁華な夜, すぐ繋綱を解い, すぐ繕ってくれるだ, すぐ繕らえ置けよ, すぐりますが, すぐった, すぐ解いて, すぐ置きかえてはやはり, すぐ署名捺印した, すぐ罷るとか, すぐ罷れと申せ, すぐくしいか, すぐ美くしい歯, すぐ美和子がいった, すぐ美沢の脇, すぐ美濃部勘左衛門という地侍, すぐしそう, すぐ羞らいにさしうつ向いた, すぐ羞恥と自嘲, すぐ群衆の中, すぐ義公と東京, すぐ義太夫をやろう, すぐ義観へ, すぐ義貞へ通じるだろう, すぐにかわっ, すぐ羽根の音, すぐ羽目をはずす, すぐ羽織袴に改めて, すぐ翌年そちが岐阜, すぐ翌年三月に忠利, すぐ翌年延宝二年に, すぐ翌日こんどは義盛さま, すぐ翌日元康は今川領, すぐ翌日帰国の途, すぐ翻訳されて, すぐを拡げ, すぐ老婆が自分, すぐ老獪なとぼけた顔, すぐ考えこんでしまった, すぐ考えさせられるに違い, すぐ考えついて素直, すぐ考えなおしたように, すぐ考えはじめていたらしい, すぐ考えられていた, すぐ考えられたが左, すぐ考え出されていた, すぐ考え出せといっ, すぐ考え直したと見え, すぐ考へたのです, すぐ考へ直したやうに, すぐ耳朶を紅く, すぐ耳許でした, すぐ聞いたのです, すぐ聞えなくなつた, すぐ聞えなくなってひっそり, すぐ聞かしていただきたい, すぐ聞かせよというの, すぐ聞かれるは必定, すぐ聞きつけて, すぐ聞こえましたのでシグナレス, すぐ聯絡があった, すぐを落し, すぐえなくなった, すぐ聴手がごそごそ, すぐ聴耳を立てた, すぐ聴衆席へ伝わった, すぐ職方へ申し触れ, すぐ職業が得られる, すぐがしまっ, すぐ肉匙の手, すぐ肉屋に売り払っ, すぐの粗密, すぐ股立取って, すぐ股近くになった, すぐ肥った赤い服, すぐ肩掛けをつける, すぐ肯ける男子一生の, すぐ肺炎の心配, すぐ背中合せの小田原町二丁目, すぐ背嚢をおろし, すぐ背後杉の大木, すぐ背面に迫る, すぐ胡弓を弾き出した, すぐ胡魔化されるの, すぐ胡麻塩おやじにつらまった, すぐ胴中を啣, すぐ胸中に浮ん, すぐ胸先へ浮ん, すぐ脆い硬い物に, すぐの高い, すぐ脚もとに新しく, すぐ脚下の方, すぐ脚元のほ, すぐ脱ぎ始めた服と, すぐ脳天のところ, すぐ脳裡に浮ぶ, すぐ脳髄の命ずる, すぐ腐くなるんで, すぐ腐っていく, すぐに落ちた, すぐが疲れ, すぐ腕利きの若, すぐ腕自慢するといった, すぐ腦貧血を起し, すぐ腰かけて脚, すぐ腰掛の下, すぐ腰障子を開ける, すぐ腹の中で初めた, すぐ腹這ひに, すぐ腹這いになった, すぐ腹部の釦鈕, すぐ膝歩きに帝, すぐ膠鍋の下, すぐ膨らんだカップに, すぐ膳部の運び, すぐを持つ, すぐ臀餅をついた, すぐが伸びる, すぐせず立ち上った, すぐ臆測にのぼせ, すぐ自分たちに都合, すぐ自分らを連れ, すぐ自分等が菊太, すぐ自分自身の言った, すぐ自分達の心構え, すぐ自制した, すぐ自己を戒め, すぐ自然田舎言葉になっ, すぐ自白をいたしました, すぐ自負して, すぐ自責の念, すぐ自身たちで検察隊, すぐ自身摂津へ出陣, すぐ自身救援におもむいた, すぐ致さないとご, すぐ與次郎の古道具屋, すぐ興醒め声に, すぐでその, すぐ舌戦を切り上げた, すぐ船室に横, すぐ船底を見せ, すぐ船手の勢, すぐ船暈ざましの, すぐ船牢の鎖, すぐ船田ノ入道, すぐ船筏をととのえ, すぐ船長に報告, すぐ船頭は帆, すぐ艇内をさがす, すぐ艇員に命令, すぐ艇外へとびだし, すぐ艦隊の司令官, すぐをとっ, すぐの船頭小屋, すぐ良くなるよ, すぐ色あせて失望, すぐ芝居噺の組み立て, すぐ芭蕉が門下, すぐ花やかに芝居がかり, すぐ花前になる, すぐ花房一郎を訪ねた, すぐ花火のやう, すぐ花籠をつかん, すぐ花見の着物, すぐ芳一の正面, すぐ芸人とわかる, すぐ芸者だと, すぐ芹川さんというお, すぐを生やし, すぐ若松病院へ行く, すぐ若葉に対, すぐさが, すぐ苦しいといっ, すぐ苦労人の清音, すぐ英国に渡っ, すぐ英文タイプを習, すぐ茅町までかれ, すぐ茶化して, すぐ茶屋へ廻る, すぐ茶店の外, すぐ茶棚の上, すぐ茶目て伊藤, すぐ茶餉台に持っ, すぐ草むらに仆, すぐ草原へ出, すぐ草取り婆さんを頼む, すぐ草津の門, すぐ草深い裏庭へ, すぐ草臥れてしまつ, すぐ荊州方面へ隠密, すぐ荒らびや生活の推移, すぐ荒木山城守奥田宮内の二将, すぐ荒池に面し, すぐ荷づくりなさいよ, すぐ荷作りを始めたら, すぐ荷造りをし, すぐが敷かれ, すぐ菊池さんに相談, すぐ菓子を食, すぐ華厳の瀑, すぐ萎びてしまう, すぐ萎れていっ, すぐ萎んでしまった, すぐ萩乃のいる, すぐ落して見せる, すぐ落ちつきを取りもどし, すぐ落ち着いた顔つきに, すぐ落人狩をやり出す, すぐ落着きを得られれ, すぐ落葉する, すぐ葉山に小さな, すぐ葉藏のガアゼ, すぐの殿, すぐ蒲團にくるまつた, すぐ蒸気乗りなかま, すぐ蒸気河岸まで水, すぐ蒼くなるくせ, すぐ蒼くこまかくふるえて, すぐ蒼白く笑って, すぐの上, すぐ蓮台寺村へ帰っ, すぐ蓮根のよう, すぐ蓮香の言葉, すぐ蕎麦を播い, すぐ薄いドアは, すぐ薄暗い家の, すぐ薄氏の所, すぐ薄目をあく, すぐ薄縁の敷, すぐ薬師丸という小姓武者, すぐ藁編みの瓶, すぐ藤吉を認め, すぐ藤壺の女御, すぐ藤夜叉への好, すぐ藤尾の事, すぐ藤屋へ引っ, すぐ藤田家へ案内, すぐ藩公の世子, すぐの窪, すぐ蘇越へその, すぐにのっ, すぐ虫気を起しかけ, すぐ蛮語の呪文, すぐの葭萌関, すぐ蜀軍をし, すぐ蜂須賀村の隣村, すぐ蜘蛛を思い出し, すぐ蜜柑畠である, すぐ蝋屋をはじめて, すぐ蝋燭をつけかける, すぐ蝕まれている, すぐ融けるとは思わない, すぐす藪蚊, すぐ蟹糞をする, すぐ血の道を上げる, すぐ血書の方, すぐ血痕が附着, すぐ血眼になった, すぐ血祭だ, すぐを捨て, すぐ行い得る実際的方法, すぐ行かないで, すぐ行かれてはこまる, すぐ行きすぎてしまった, すぐ行きたい様な, すぐ行きたかったけれどもいろいろ, すぐ行きつけの茶屋, すぐ行きましてよ, すぐ行きましょうむこうは暇, すぐ行き詰りになり, すぐ行くなら一緒に, すぐ行く待てと云う, すぐ行く手を一人, すぐ行けないという, すぐ行けますから, すぐ行ッて延期, すぐ行乞をはじめる, すぐ行動だ, すぐ行方を見つけ, すぐ行方不明になっ, すぐ行李をこちら, すぐ行水の盥, すぐ行脚にとりかかります, すぐ行進を起せ, すぐ街路に開かれてる, すぐ街頭音楽者のむれ, すぐ衛士小屋の部下, すぐたれた, すぐ衣嚢に収め, すぐ衣裳を着, すぐ表沙汰にする, すぐ表紙を撫で, すぐ表通りをハッキリ, すぐ被いて一読, すぐ被害者の鑑別, すぐ被害者泰助は付近, すぐ裁判を始めた, すぐ裁判所事務局に来る, すぐ裂いて袂, すぐ裂けるわよそう, すぐ裏二階の老, すぐ裏細廊下の横, すぐ裏返して高台, すぐ裏通りの四つ辻, すぐ裏門から空地, すぐ裏階段から勝手口, すぐ補布を当て, すぐを見る, すぐ裸連の何人, すぐ製作室に入っ, すぐ製造にとりか, すぐをわき, すぐ襖一重の隔たり, すぐ襲撃する, すぐ西下をつづけた, すぐ西側に付い, すぐ西北の空, すぐ西国街道の途中, すぐ西宮を見, すぐ西山をなぐり付けました, すぐ西巻を自動車, すぐ西江戸川端に出向いた, すぐ西洋へ往, すぐ西洋料理へでも飛び込む, すぐ西洋館からすこし, すぐ西片町へ来た, すぐ西陣と清水, すぐ要点へは来なかった, すぐ覆いかぶさりそうな, すぐ見えなくなり木立も, すぐ見えましたが私, すぐ見おぼえのある, すぐ見かけて中, すぐ見くびり抜いた嘲笑を, すぐ見た千世子は, すぐ見つかったのに, すぐ見つけなければならなかった, すぐ見つけられてしまった, すぐ見つけ出してからアトリエ, すぐ見つけ出すので私, すぐ見て取ったらしい世馴れた態度で, すぐ見ないのは, すぐ見ないならけちらすぞ, すぐ見やぶられてしまう, すぐ見わけますけれどももし, すぐ見わけるんだ, すぐ見下ろされるような, すぐ見付かった飲屋縄暖簾の, すぐ見付かるやうに, すぐ見付かるだらうと思ふ, すぐ見付けるわけにも, すぐ見出されて仕え, すぐ見受ける高い死亡, すぐ見失ってしまう, すぐ見抜いたりする, すぐ見抜ける筈でっ, すぐ見棄てられるにきまっ, すぐ見物ながら楽屋, すぐ見破つてしまふ, すぐ見破るにきまっ, すぐ見舞物に持っ, すぐ見透く写真ばかり, すぐ見通しが大きな, すぐ見通せる玄關横の, すぐ視力に影響, すぐ視野を展, すぐ覚えたが意味, すぐ覚えられるのも, すぐ覚ったらしく快然, すぐ覚める四時が, すぐ覚り思わず水, すぐ覚ると正成, すぐ親しげな, すぐ親しくなったが, すぐ親しまれそうな, すぐ親光をつれ, すぐ台の, すぐ観られるやうに, すぐ観念した容子, すぐ観念化されやすい, すぐ観破されたに相違, すぐ観破されるにきまっ, すぐ観破できるので, すぐ観音開きのドア, すぐ角ごと熊にひっくり返され, すぐ角パンを三つ, すぐ角帯や洋服, すぐ解いて帰し, すぐ解き捨て渇望の, すぐ解ける雪の, すぐ解けるだろうということ, すぐ解つてしまひました, すぐ解るこったが飛脚, すぐ解放されたよう, すぐ解釈した, すぐ解除で安心, すぐ触れを廻せ, すぐ言いゆっくりと, すぐ言いつけてそれ, すぐ言い添えてまた, すぐ言い直すように, すぐ言おうとした, すぐ言葉つきに出た, すぐ言訳を添える, すぐに用いた, すぐ計らえますね電話, すぐ計略をめぐらし, すぐ訊いてみた, すぐ訊かれたことに, すぐ訊きたいことも, すぐ訊ねると魏延, すぐ討伐の軍議, すぐ討手にむかっ, すぐ記事さしとめの, すぐ記憶を呼びおこした, すぐりませんが, すぐ訣別の時, すぐ許したが, すぐ許都へ帰っ, すぐ訴え出ろ, すぐ訴えでようと思った, すぐ訴えないものだ, すぐてもらわなきゃ, すぐ註文の薬品その他, すぐ証人たちをつれ, すぐ証明されること, すぐ試してみる, すぐ試験して, すぐの間, すぐ話し始めたが何, すぐ話すから, すぐ話せばいい, すぐ話そうというの, すぐ話頭をそれ, すぐ認めておいた, すぐ誓書を認め, すぐ誓紙を裏切る, すぐ誘惑されて, すぐ語り出したのだった, すぐ語気をかえ, すぐ語韻が喘い, すぐ誤りを覚っ, すぐ読ませて頂きました, すぐ読みとった相手方の, すぐ読みとれていた, すぐ読み出したが詩, すぐ読み分けるかんを, すぐ読み懸けの本, すぐ読めるものだ, すぐ読んだものです, すぐ読者をひきつける, すぐ誰かが弓, すぐ誰それであるという, すぐ課長に報告, すぐ調えられるということ, すぐ調べるでせう, すぐ調査に着手, すぐ請願のこと, すぐ論文のよう, すぐ諦めてよす, すぐ諦らめなければ, すぐ諫めた, すぐ諸所の堰, すぐ諾いくれて共に, すぐ謙蔵の顔, すぐ講義録を遠く, すぐ講談社へ呼ばれ, すぐ講談雑誌なんかに写真, すぐ講釈を始め出した, すぐ謝って, すぐ謝るわ, すぐ識読するが, すぐ警務班長を呼ん, すぐ警報のベル, すぐ警官隊はそれ, すぐ警察官と一緒, すぐ議論をそこで, すぐ譲歩した, すぐ讀賣新聞社にはひつ, すぐ甘の, すぐ谷の口へ馳, すぐ谷山の恐ろしい, すぐ谷川でたしかに, すぐ谷底までほとんど, すぐ谷津であった, すぐ谿川の河原, すぐ豊海橋の船番所, すぐ豹変し変質, すぐをしかめ, すぐ貞世が飛ん, すぐ負けてしまう, すぐ貧しくなって, すぐ貪るやうに, すぐ貫いてゐる, すぐ責め殺したの, すぐ責任者を糺し, すぐ貰い乳をさせ, すぐ貰って置いた, すぐ貴女を駅, すぐ貴方のやう, すぐ貴族臭をあらわし, すぐ貴族院議員となり, すぐ貴殿に詫び状, すぐふ, すぐ買いたくなるんじゃ, すぐ買えるルート知ってる, すぐ買物にいく, すぐ費用の思案, すぐを送った, すぐかな大通り, すぐ賛同した, すぐ賛成者があった, すぐ賤ヶ嶽へむかい, すぐ質問の矢, すぐを工夫, すぐだと, すぐ赤うなって, すぐ赤坂へ帰らなけりゃ, すぐ赤坂御門へすっとん, すぐ赤坊の所, すぐ赤松や細川, すぐ赤蜻蛉の飛報, すぐ赤裸の秀吉, すぐ赤谷川の左岸, すぐ赫怒し易い, すぐ赭ら顔の白髪, すぐ走り出したので追っかけた, すぐ走るだらだらと, すぐ赴任さすこと, すぐ上りましたが, すぐ起きあがつて微笑む, すぐ起きあがつて又, すぐ起きあがろうとおもっ, すぐ起きようと思った, すぐ起きられてしまえる, すぐ起きる酔うてそのまま, すぐ起き上がるのも, すぐ起き直って尻, すぐ起こされてしまった, すぐ起こして参ります, すぐ起こりつづいて仆, すぐ起すわ, すぐ起ちあがって歸, すぐ起ちかけそうな, すぐ起ちかけたが築山様, すぐ起ちかけると, すぐ起ち上がって, すぐ起ち上らうとはせず, すぐ起り上り坐った, すぐ起上る代りに, すぐ越えて一面, すぐ越後へ発足, すぐ越後屋に車, すぐ足どりをたどっ, すぐ足ばやに軍幕, すぐ足助城をやぶり, すぐ足袋をぬいだ, すぐ足軽に担架, すぐ足首までかくし, すぐ跛行をひい, すぐけ廻され, すぐ跣足のまま, すぐ跨がって, すぐ路次の突当り, すぐ路端に百姓家, すぐり出して, すぐ跳ねおきてイルシ航空灯台, すぐ跳ね返して来, すぐ跳びかかって無造作, すぐ跳びついてくるだろう, すぐ跳び乗って馳, すぐ跳べるんだ, すぐ踊り出したりする, すぐ踊り場へ, すぐ踊り子を描いた, すぐ踊ろうとは云い出さない, すぐ踏みとまって太刀, すぐ踏み止まって, すぐ踏んでも消せます, すぐめいて, すぐ上の, すぐ躊躇ってしまう, すぐ躍りかかる奴が, すぐ躍り立つもあり, すぐ躍り込んでき, すぐ身がらをイートン, すぐ身じたくにかかった, すぐ身ぶるいがはじまる, すぐ身仕度だ具足櫃, すぐ身仕舞ひを, すぐ身体中汗まみれになった, すぐ身体検査をされる, すぐ身装を変え, すぐ身許は解るだろう, すぐ身體に變調, すぐじゆう, すぐ車台をふやせなく, すぐ車坂へ行く, すぐ車夫をやっ, すぐ車座を詰めあった, すぐ車騎の用意, すぐをすすめ, すぐ軍人会館の小石川高女, すぐ軍令を認め, すぐ軍勢をお, すぐ軍命を持たせ, すぐ軍馬の令, すぐならびの, すぐ軒下を, すぐ軒先の闇, すぐ転じて大渡, すぐ転地先へ送っ, すぐ転売する気, すぐ転生して, すぐ転科をする, すぐ転覆し父, すぐ騎隊一軍と, すぐ軽い後悔を, すぐ軽くなった, すぐ軽佻浮薄な笑い声, すぐ軽騎軽装して, すぐの横, すぐ轅門に姿, すぐ辞しかけて, すぐ辞し去りあとは, すぐ辞令を渡された, すぐ辞典を引く, すぐ辞去されたよう, すぐ辞書に問う, すぐ辞表を出し, すぐ農家の畑, すぐ辷り出た老臣が, すぐ辷り込めるよう重心を, すぐを捨て, すぐ込み上げるやうに, すぐへをやろ, すぐ近かった, すぐ近くあまたの人, すぐ近くたくさん人がいた, すぐ近く人々のざわめき, すぐ近く兄の膝, すぐ近く前の川, すぐ近く唇にすすっ, すぐ近く大通りにある, すぐ近づこうとした, すぐ近侍を従え, すぐ近傍に彼, すぐ近国からも馳せ集まりましょう, すぐ近所合ひであり東洞院, すぐ近村の同族, すぐ近江様へ年忘れ, すぐ近習の知らせ, すぐ近辺にゐる, すぐ近郊の自然, すぐ近郷に知れわたる, すぐ辭を, すぐ返さなければならない, すぐ返しなさいといふ, すぐ返しますから, すぐ返せよ, すぐ返らうとする, すぐ返事書きそれから旅, すぐ返事申上げます, すぐ返信を書く, すぐ迫られて, すぐ述べておこう, すぐ追いかけるように, すぐ追いかぶさった武者たちの, すぐ追いだされ結局いい, すぐ追いつかれそうに, すぐ追いつくわよ, すぐ追いつめて行っ, すぐ追いつめられてしまった, すぐ追い迫ろうとした, すぐ追い還されてしまう, すぐ追っかけたといったね, すぐ追っかけようと思った, すぐ追っ掛けましたが姿, すぐ追われ敗走行の, すぐ追われるのを, すぐ追手が来よう, すぐ追放ですね, すぐ退いてしまった, すぐ退いたには退いた, すぐ退がろうとする, すぐ退ってゆく, すぐ退りそうに, すぐ退場する, すぐ退学して, すぐ退払うと言った, すぐ退散して, すぐ退校を命ずる, すぐ退治に行け, すぐ退転いたしたが, すぐ局し, すぐ送らぬと間に合わぬ, すぐ送りました訳が, すぐ送り出しましたから, すぐ送り返されて来た, すぐ送るほつとした, すぐ逃げだしたのでございます, すぐ逃げだせば血, すぐ逃げちまうからいい, すぐ逃げろという, すぐ逃げ出したんです, すぐ逃げ去ってしまいました, すぐ逃げ去ろうとした, すぐ逃げ支度のため, すぐ逃亡者を追いかける, すぐ逆上したよう, すぐ逆巻く波が, すぐ逐い出してしまう, すぐについた, すぐ途中の木の根, すぐ途切れてしまった, すぐ途方にくれ, すぐ這い上って真直, すぐ這い出して行く, すぐ這入つていつた, すぐ這入れずに雨戸, すぐ通されて客書院, すぐ通した人なら, すぐ通じて向う, すぐ通じたのか, すぐ通じたらしくつやは, すぐ通じるからユリ, すぐ通せん坊をされる, すぐ通りかかる提燈を, すぐ通り過ぎちまうんだ, すぐ通る欄干に, すぐ通れとのこと, すぐ通人の旦那, すぐ通牒がまわった, すぐ通用門を出る, すぐ通路の左側, すぐ逞しい一頭の, すぐ造らせてくれる, すぐ造営がはじまった, すぐ逢いに行く, すぐ逢うからね, すぐ逢えればよい, すぐ逢坂山にさしかかる, すぐ連れもどしてこいっ, すぐ連れられて福岡, すぐ連れ戻されたけれどさ, すぐ連れ立つて湯田駅, すぐ連絡所へ一走り, すぐ連絡方を通信室, すぐ連絡船で向う, すぐ逮捕されロンドン, すぐ進ちやんを誘つて, すぐ進一が来る, すぐ進歩すること, すぐ進言した, すぐ進路を指揮, すぐ逸らしてしまった, すぐ逸平太が見える, すぐ遁走者には覚られ, すぐ遊びに来, すぐ遊蕩を考える, すぐ運ばせるから, すぐ運ばないか, すぐ運動会を見, すぐ過ぎていた, すぐ過ぎかけていた, すぐ過去に流れ込む, すぐ道後に行っ, すぐ道徳的一人よがりの, すぐ道端にある, すぐ道話めかしくなりましたが, すぐ道誉の馬前, すぐ違反事件がとび出し, すぐ違反検挙その後はまた, すぐ遠い昔の, すぐ遠ざかってしまい, すぐ遠藤博士の署名, すぐ遣れ直ぐに, すぐ適例をあげる, すぐ適宜の処置, すぐ適当な者, すぐ適応して, すぐ適材でないとして, すぐ選んで, すぐ遺憾の意, すぐ遺棄する習慣, すぐ避け得られない門出の, すぐ避難せられたらよかろ, すぐ避難命令を出す, すぐ還ってくる, すぐを固められる, すぐ邸外へ出, すぐ郊外に集団生活, すぐ郎党を四方, すぐ郡長の夫人, すぐ部屋中を起し, すぐ部隊をまとめ, すぐ郭嘉をよびつけ, すぐ郵便で妻, すぐ郵便局に行った, すぐ郷愁へ導い, すぐ都会の呉服屋, すぐ都合問い合わせて, すぐ鄭重に案内, すぐ酌んでくれるだろう, すぐ配下を集め, すぐ配役にか, すぐ配膳となっ, すぐ酒井忠勝から沢庵, すぐ酒井忠次やその, すぐ酒場をやめなけれ, すぐ酒盤が出る, すぐ酔うから困ら, すぐ酔った体を, すぐ酔っちまって海軍さん, すぐ酔っ払うんです, すぐ酔っ払ったが私, すぐ酢味噌になっ, すぐ醒めてしまふ, すぐ醤油につけ, すぐ里子に出され, すぐ里見の家, すぐ重い鞄を, すぐ重病室へ入れられる, すぐ野々村主水, すぐ野原に続い, すぐ野村の前, すぐ野球に入った, すぐ金井君に八王子, すぐ金兵衛にも読めた, すぐ金助町の浪宅, すぐ金博士の手, すぐ金子農商務次官の姿, すぐ金庫の上, すぐ金星堂の方, すぐ金毘羅様の境内, すぐ金色堂を見た, すぐ金金金と言う, すぐ金額をきりだす, すぐに投げこむ, すぐが最高価値, すぐ針ノ木峠へかかる, すぐ釣橋を渡っ, すぐ鈍く澱んで, すぐの戸, すぐ鉄壁に戻っ, すぐ鉄道の試験, すぐ鉄道線路である, すぐ鉄道馬車の客, すぐを取り上げた, すぐの在所, すぐ銀五郎の足元, すぐ銀婚式になっちまう, すぐ銀幣五十個をあげなさい, すぐ銀杏返の, すぐ銀河の空, すぐ銀蠅が来, すぐを取った, すぐ銃口をむけ, すぐ銃殺して, すぐを連想, すぐ銭形の親分, すぐ鋭く咎めた上野介, すぐが来た, すぐ錦屏山へ登った, すぐ錦明宝を見つけ出し, すぐ鍋釜の次に, すぐを持ち出し, すぐをつかんだら, すぐ鍵屋を呼ん, すぐ鎌田氏を慶応義塾, すぐの一部, すぐ鎧直垂に身, すぐ鏑木と二人, すぐを踏む, すぐ鐡瓶の湯, すぐ鑑識の人, すぐ長兄へ返事, すぐ長女の七つ, すぐ長岡佐渡の書面, すぐ長島へ早馬, すぐ長野へお, すぐ門外へ出迎えた, すぐ門弟たちの寄合, すぐが外れたらしく, すぐ閉じられてまた, すぐ閉めたのでよくも, すぐ閉められこうしたドア, すぐ閉会を宣, すぐ開いたのに, すぐ開きしかば, すぐ開けて入, すぐ開けられたの, すぐ開けるよ, すぐ開墾というの, すぐ開始セット赤坂並木で狐火, すぐ開封した, すぐ開拓地へ強く, すぐ開業できます, すぐ閑山は早瀬, すぐ間に合うではない, すぐ間に合わせることが, すぐ間に合わないんだ, すぐ間道を案内, すぐの事, すぐ関市が代り, すぐ関東へ急, すぐ関羽軍へ攻めかかれ, すぐ閥族の勢力扶植, すぐに入った, すぐのよこ, すぐ闕下に伏し, すぐ闘争という言葉, すぐ闡明になった, すぐ防毒室の中, すぐ防禦を見まわった, すぐ阿蘇忠国を案内者, すぐ阿部川町の寄席, すぐ阿鼻叫喚を押し流し, すぐ降ってくる, すぐ降りやんだものです, すぐ降れば里, すぐ降ろすと突然, すぐ降ろせるように, すぐ降伏したの, すぐ陣中に梟, すぐ陣前へ搏, すぐ陣幕を巡っ, すぐ陣廻りに出る, すぐ陣払いを, すぐ陣揃いを触れろ, すぐれるよ, すぐ除いてしまえ, すぐ除くことが, すぐ陥った一つの, すぐ陳倉城へ援, すぐ陳列するので, すぐ陳腐になっ, すぐへ架け, すぐ陸口への赴任, すぐ陸戦隊を用意, すぐ陸軍少尉で出征, すぐ陽子を誘っ, すぐ隆景は云った, すぐへ来, すぐ隊伍を立て直され, すぐ階子段を自分, すぐいて, すぐ随身の兵, すぐ隔てを取り去っ, すぐ隔離するといふ, すぐ障子一重の外, すぐ隠して持ち去るでしょう, すぐ隠れて見えなくなる, すぐ隠れる癖に, すぐ隠居が顔, すぐ隠居はんに祭りこまれ, すぐ隠岐の判官, すぐ隣った所へ, すぐ隣りだったので, すぐ隣り合っている, すぐ隣り合わせになってる, すぐ隣郡には同族, すぐ隧道になる, すぐ集ったが試験表, すぐ集まってくる, すぐ雇うのヨそういう, すぐ雇人たちを集め, すぐ雑木の陰, すぐ雑木山が見えた, すぐ雑木林になっ, すぐ雑沓の中, すぐ離婚して, すぐ離房と向い合っ, すぐ離陸したらいい, すぐかしい, すぐ雨乞い延期の命, すぐ雨天体操場の光景, すぐ雨宿りをする, すぐ雨戸の隙間, すぐ雨龍を抱き起した, すぐ雪害という言葉, すぐ雪隠で刺殺された, すぐなんてをかしいです, すぐ雷神木がある, すぐ雷門を出た, すぐ電報為替で送る, すぐ電気を起こします, すぐ電気灯に紙, すぐ電気鳩をさがさない, すぐ電灯のスイッチ, すぐ電燈をつけました, すぐ電話局へかけ, すぐ電話帳を借り, すぐ霊公にぶッ, すぐ霊屋の石畳, すぐ霊岸島の下田屋, すぐ霊明で而, すぐに化, すぐ露出しに, すぐ露台へ出, すぐ露路の入口, すぐにつつまれた, すぐ燈の, すぐ青山の団十郎, すぐ青山善光院へ行っ, すぐ青山會館へ行, すぐ青山高樹町十七番地の北園竜子, すぐ青柳さんのところ宛, すぐ青田です, すぐ青白き大佐の, すぐに消え, すぐ静ちやんから今度, すぐ静岡へ舞いもどっ, すぐをやわらげ, すぐ面倒なしに, すぐ面倒臭く思はれ出したので, すぐ面白いように, すぐ面白味が判ります, すぐ面罵して, すぐの中, すぐ鞍側へさし, すぐの内, すぐ立てて, すぐ音楽室の方, すぐ音次郎の持物, すぐ響いてまいります, すぐ響くのだ, すぐ頂くのです, すぐ順一の所, すぐけたくなった, すぐの無精髭, すぐ頬べたを抓りあげた, すぐ頭ごなしにやられる, すぐ頭梁の侍, すぐ頭近くの外, すぐ頷かれたとの事, すぐ頷かれることだ, すぐ頷けた様子で, すぐ頼春は馬, すぐ頼朝を扶, すぐ額堂の濃い, すぐ顎十郎のそば, すぐ顔見知りになる, すぐ顔面制動をやる, すぐ願書を出します, すぐ顛倒して, すぐ風師山へ向った, すぐ風邪を引い, すぐ風雨の事, すぐ風雲の裡, すぐ飄乎としてどこ, すぐ飛びかえって注進, すぐ飛びかかろうという身構え, すぐ飛びこんで見せ, すぐ飛びだしていっ, すぐ飛びだしかけたもののもう, すぐ飛びついて口, すぐ飛びつくけどね, すぐ飛び下りて光厳, すぐ飛び出したわけである, すぐ飛び出しましたよ, すぐ飛び出せるための, すぐ飛び去つて行き, すぐ飛び立って行きました, すぐ飛び起きて, すぐ飛び込み夢想境の, すぐ飛び込んで見る, すぐ飛ぶ用意を, すぐ飛出す始末, すぐ飛石洗いをする, すぐ飛脚どもに待たれ, すぐ飛行機で追っかけない, すぐ飛込まれるに決っ, すぐ飛騨側を巻く, すぐ飛魚の光, すぐ食いついて来ます, すぐ食いつくされてしまうで, すぐ食い付いて来た, すぐ食うことが, すぐ食べては楽しみ, すぐ食べないで鉄, すぐ食べようとせず, すぐ食べられるように, すぐ食べることは, すぐ食べればいい, すぐ食わせろ目の, すぐ食ツ附いて, すぐ食事にかかった, すぐ食事場のドーム, すぐ食欲は恢復, すぐ食糧がいる, すぐ飢え死ぬ未開の, すぐ飯櫃を取り, すぐ飲みにいった, すぐ飲みかけたが何, すぐ飲みつくされてしまった, すぐ飲めないから早く, すぐ養子をする, すぐ養家へは内密, すぐ首府へ引っ返し, すぐ首筋を抑えた, すぐ首肯て及ぶ, すぐ首肯かれるこの家, すぐ馬前の人々, すぐ馬籠本陣の裏二階, すぐ馬超へありのまま, すぐ馬鹿と叱られ, すぐ馬鹿らしくなって, すぐ馮習張南の二大将, すぐ馳せあつまるだけの手飼, すぐつくわけ, すぐ馴れちまうそれだ, すぐ馴れはりますえな, すぐ馴れるものである, すぐ馴染んだようであった, すぐ駄目になる, すぐ駅内の一室, すぐ駅通りまで出かけ, すぐ駅長室の方, すぐ駆けだそうとしました, すぐ駆けよってたおれ, すぐ駆け出して行っ, すぐ駆け寄りながら, すぐ駆け足でやっ, すぐ駆出せばよい, すぐ足に, すぐ駈けあがった地所を, すぐ駈けこんだそれを, すぐ駈けだすというわけ, すぐ駈けつけますが, すぐ駈けつづいてきた, すぐ駈けもどって行った, すぐ駈けもどりさらに一ばい, すぐ駈け入って来た, すぐ駈け出て, すぐ駈け出しかけると後醍醐, すぐ駈け出そうとした, すぐ駈け向ってください, すぐ駒込郵便局へペンさん, すぐ駒首をめぐらし, すぐ駿太郎の所, すぐ騎兵がふたり, すぐ騒がせていた, すぐ騒ぎ出すのである, すぐ騙されては困ります, すぐ騷ぎ立てたわけぢ, すぐ驕慢をも持っ, すぐ驚いて追っかけ, すぐ驚かされるほどたかぶっ, すぐへの通り, すぐ骨身へのしか, すぐ脚の, すぐ高いびきです, すぐ高く止まって, すぐ高城のこと, すぐ高山先生を呼ん, すぐ高山右近の部下, すぐ高座着をださせ, すぐ高時の体, すぐ高槻の車, すぐ高橋家へいっ, すぐ高笑いにまぎらし, すぐ高飛びして, すぐの中, すぐ鬢髪の霜, すぐ鬱ぎ込んでしまった, すぐのよう, すぐ鬼相を現, すぐ魚津を退い, すぐ魚雷攻撃をくらっ, すぐだ鱚, すぐ鮎川まで歸つたの, すぐに取りかかる, すぐ鮮やかな身ごなし, すぐを逃がし, すぐ鯉口へ左手, すぐ鰻屋の払い, すぐ鱗型の銘仙, すぐのとまっ, すぐ鳥籠を箱, すぐ鳥越へ寄せ, すぐ鶏舎か畑, すぐが啼き, すぐ鷺山へ馳せつけ, すぐ鹿追い構え, すぐ鹿児島行きに乗り替, すぐ麥畑につづい, すぐ麦畑がひらけ, すぐ麻繩をそば, すぐ麻裏を突っ, すぐ麻酔剤を嗅がされた, すぐ黄色に薄色羽織, すぐ黒川団長のところ, すぐ黒幕の前, すぐ黒板塀を廻した, すぐ黒煙にくるまれ, すぐ黒門町のほう, すぐ黒髪の根, すぐ黙々先生の, すぐ黙々と歩き出した, すぐのいたずら, すぐ鼻ッ先に迫った, すぐ鼻唄に移る, すぐ鼻端に腰, すぐ龍ヶ岳が聳え, すぐNJBへ月七千円, すぐOKして