青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しめ しめ~ しめた~ しめる~ しょ~ ~しよ しよ~ ~しよう しよう~ ~しら
しら~
しらべ~ ~しるし しるし~ ~しれない しれない~ ~しれぬ ~しれません ~しろ しろ~ しん~

「しら~」 1421, 15ppm, 7590位

▼ しら~ (225, 15.8%)

48 をし 7 して 6 の脇差 5 をした 3 だ, であった, にかかった

2 [11件] の父, の男, の道具, もし, も厳重, をしました, をする, をするらしい, を始め出した, を手伝った, 足ご

1 [128件] あれよ, からはじめる, から子供, から察します, から推量, から身支度, がし, がすっかり, がちゃんと, ができ, がはじまった, が二人, するため, する女房, だあな, であらわれる, である, であろう兵, であろう字, でさわいだ, です, ですか, ですけれども, でその, ではあるまい, でゆっくり, で白襟花色地, で終日, という柳鞘, どう見, など, などする, などということ, などは年, などをしなく, など直し, なんともいえない, にいそがし, にすぐ, にはワラ草履, にもなる, に急, に手, に立ち働い, の, のできた, のまま, のよい, の七兵衛, の三人, の上手下手, の主従, の五目鮨, の仕度, の出来, の変, の変った, の小城, の山一丸, の悪い, の残部, の水独楽, の用意, の町人, の真似, の眼, の絵図面, の腰掛, の語学, の軽装, の電信局, はし, はやめ, は八ツ緒, は出来た, は出来ました, は吸いかけた, は改まった, は爽やか, ばかりと聞い, ます間一時遺骨を, まですっかり, まで済まし, もちゃんと, もものものしい, も感興, も無し, も穏, も軽快, も長く, や支度, や槍, や荷, や訛り, をかため, をさせ, をされる, をしっかり, をしない, をしなく, をはじめ, をはじめた, をよく, を堅めよう, を済まし, を監督, を直し, を見, を言いつけられる, フランスじこみ, 一般は, 三輪漬は, 下着の, 乳を, 厳重な, 厳重の, 口火落しすべて当人以外の, 小僧に, 尻の, 手甲に, 洗濯から, 濡れつばめを, 用意周到の, 甲斐, 荷ご, 酒を, 長脇差すべて俗体である, 黒い頭巾

▼ しら~ (167, 11.8%)

4 涙を 3 熱いもの 2 ぎて, ながれたり, 一人の, 向って, 建具屋の, 涙が, 漂えよ, 肘を, 顔を

1 [142件] お節が, かけて, からみついた, きゃっというような悲鳴, ぐいと抱きしめよう, こういっ, さはさ, し今朝輝, すぐそないいうのんです, そこを, たたずんで, ためて, ちょっと姿, ちょっと袖口, つかへた, つかまって, どんと安兵衛, ながるるもの, ながるれば, にじもうと, ばったり婆惜, ぱったりと, ぱったり顔, ひょいと横, ひるがえし船楼, ふっと顔, ふれて, むこうから, カアーンという, ドドの, バッタリと, バッタリ顔を, ルーシンが, 一と, 一同は, 一曲を, 三十四五の, 上から, 人が, 人は, 伏せた弦, 伸子を, 体つきの, 倒れて, 先頭の, 光った悲涙, 刃を, 刎ね, 前後左右から, 包は, 十七八の, 十数名の, 吉右衛門の, 呼びかけられた, 喧嘩を, 大人と, 大和街道から, 女と, 家長たち, 寧子が, 小手を, 山から, 川上機関大尉に, 川角へ, 平太夫, 廊下の, 引きつけた長刀, 当って, 往来ばた, 忍川の, 思いも, 扱ふ, 押しあてた, 持つて, 指先を, 数名の, 来合わせた誰, 枝の, 柑子坂の, 棒を, 横溝を, 止まって, 止まりました, 残って, 母と, 水鶏でも, 汗を, 法水の, 浮ぶとき, 渡して, 渦の, 湧き上った, 湿布を, 満つて, 源十郎の, 滲み出す熱い, 滲み出て, 漂う次郎, 灰掻きならす, 父は, 現れて, 用は, 畳を, 眼と, 短氣, 石でも, 秋の, 突き当る者, 突然お供, 突然ばったりと, 立つ, 笑はれます, 絶えず脅かされ, 置き添えて, 老臣から, 背を, 背中に, 胸を, 腰を, 落ち散ったので, 董卓の, 蒔絵の, 虎斑の, 虐げられ生れながらの, 蝉鳴く, 衣笠久左衛門と, 見つ, 觸つた, 訊ねた, 誰か, 誰でも, 赤とんぼう, 重兵衛, 金環が, 降る秋, 障子を, 電燈の, 顔の, 飛んで, 駈けて, 高田に, 麦こがし

▼ しら~ (155, 10.9%)

6 ぐんたいは 5 ように 4 上に, 碍子が, 露を 3 ぐんたいの, ごとくなり, 列が, 方へ, 頂に 2 下の, 中から, 列の, 列を, 力が, 土, 所が, 涙を, 飛ぶ火の

1 [99件] あつくなり, あつくなり来る, あつくなる, ある湿地, お市, お絹, かきあげを, ことが, ことである, ごとくいでたるところ, ごとく立ち伝わって, ために, つかう剃刀, とこまで, ところに, とも, ひろ子の, へんを, オルゴール, 一つ一つが, 三百諸侯つづい, 上で, 上にも, 上まで, 下に, 乱立と, 予感に, 仄く, 侍が, 先に, 切り口は, 切り方の, 前へまッ, 前身は, 力とも, 匂いを, 唸りが, 商売から, 喧嘩なら, 声に, 天っ, 太左衛門, 女房を, 如く出でたる, 妻ハ日, 子供に, 存念を, 宮のみ使の, 容喙は, 尖から, 屋敷に, 帯刀では, 影の, 所に, 手がかりを, 挨拶が, 方も, 木立みぎはを, 杖も, 林の, 根に, 根もとの, 根を, 模様に, 此歌の, 武者に, 気まぐれ碍子の, 水差しを, 江戸行, 熱くなる, 物思ひ, 白いの, 白さ, 目を, 眼を, 砕けたよう, 碍子, 突端へ, 立ち話が, 立ち迷う中, 立つ如く烈風, 精巧な, 罪も, 老人ほら, 考えは, 考えるところ, 船に, 色を, 荷は, 護らんという, 赤い碍子, 金具であろう, 針金を, 陰影を, 音を, 頂には, 頂の, 驚きに, 鴉よ

▼ しら~ (125, 8.8%)

7 切って 3 切っちゃ, 押えながら 2 きるな, 切っても, 切るの, 向けて

1 [104件] うるませて, おさえた, お切り, きったが, きったもん, きった其の, きって, きりそう, きりゃ勇ましい, きるつもり, きるなら責め手, きるねえ, けって, さし, しきりに裾, しずかに, して, じっとふさいだ, すぼめて, そめるの, ちょっと押え, なぐりつけた, にじりよせて, のぞかせながら, はっしと打った, びッしょり, ふりたてて, やや皺め, ゆきあへ, ソッと, 並べて, 並べ街, 作って, 備え髯, 切っては, 切つた, 切らねえで早く, 切り召さること, 切り抜くの, 切り通すの, 切るため, 切るたア, 切るつもり, 切るとは, 切るな, 切る事, 切る平中, 切る弥兵衛さん, 切れ, 切ろうと, 切ッたっ, 反胸, 受けるだけ, 叩いて, 噛んで, 固くつかん, 好んだなに, 宙に, 寄せに, 寒くした, 尋ねて, 少し外れ, 少し摺り, 少し擦り剥いた, 引っかいた, 弾きながら, 当てて, 彼の, 心に, 手の甲で, 手術椅子の, 打ちつづけた, 折って, 押えそれから, 押さえ笑顔, 押しぬぐいました, 拭いて, 拭っては, 振って, 探して, 揃えて, 握りしめおのずから, 撫でると, 撮み徳田, 斬った白刃, 斬られた, 暖める日, 求めつつ, 渡し苫, 熱くうるおし, 立てて, 組み直した, 背に, 見るよう, 覗かせ素足, 起し小さな, 踏んで, 蹴つて, 躍らせて, 逃げるこつ, 通って, 離れて, 養子の, 鼓として

▼ しら~ (87, 6.1%)

6 頭に 5 熱くなっ, 熱くなる, 頭を 3 熱くなった 2 あつくなっ, どなりました, まじりの, 丁度両方, 急に, 立って, 頭の

1 [49件] あたま, あつくなり, あやうく岸, あること, かぶったよう, きて, し, ちくちく痛痒い, つく木綿, どんどんやって来ます, なりたてた伝六, のぞくほど, ひとりでに震へる, ぶるぶる震える, みんなほろ酔い加減だった, ズウーと, マストにの, 丁度兩方, 上がり万山, 何処までも, 動いてるも, 可笑しい程, 唸って, 少しづつ震, 平家である, 影を, 搖る, 林立し, 潤むの, 熱くうるおいそめ, 熱くなり, 痛むかの, 痛んで, 立ち倉庫, 立つの, 聳えて, 臆病に, 螺線の, 音の, 順序よく波, 頭, 頭あの, 頭が, 頭は, 頭も, 頭老眼鏡の, 頭顔中を, 飛び石を, 高い眼形

▼ しら~ (52, 3.7%)

2 まるで川, もうみんな, 少し歩調

1 [46件] あの宝, あんたの, いっせいに火山, おひ, お杉ばば, しずかに, しづかに, すへてを, それを, たの, ちゃんと台詞, ま, みるみるうち, みんなあんたの, みんなぴったり, みんなぴつたりとまつてすつかり, みんなまっすぐ, みんなまつ, もう掘りおこした, もし折合いせ, やさしく白い碍子, やって来ます, やつて, よう御, ナイフの, 五十名ほど, 交互に, 今にも折れ, 今日までも, 何九叔って, 出發, 哀願しよう, 善良な, 執事殿の, 夢の, 太い, 女房子供どうのこうの, 折れ船側, 柘榴の, 涙で, 獅子の, 空しい不幸, 自分の, 若いッ, 鏡の, 風流人で

▼ しら~ (36, 2.5%)

8 の米 52 のごと, のましら玉, の清ら, の雀, は常に, 貧しとて

1 [11件] と名, ならず尖る砲弾, の卵, の名, の柱, の露上り, ひびきして, よ香る, 揺れつつや, 清けみ, 選りて

▼ しらない~ (31, 2.2%)

2 うちに, で, わよ

1 [25件] けれど, ことは, ことよ, ぞ, でいる, では, ということ, ねえ, のかね, はずだ, ものだ, わ, ゐなかびとすら, んだろう, 人に, 人を, 国の, 孫娘は, 政治的な, 横道へ, 男の子まで, 秘密の, 穢辱と, 立派さの, 雑用が

▼ しら~ (27, 1.9%)

3 して

1 [24件] かけて, させその, させては, しがみついた, してるの, し乍ら, た, た硝子, た跡, た銀色, であるそれ, はしつかりし, はりめぐらして, 一太刀うけ, 三輪漬は, 乗せた指さき, 向って, 寄った白眼, 打ちつけて, 泛か, 涙さえ, 當て, 移転し, 身ごなし

▼ しら~ (21, 1.5%)

2 どっちが

1 [19件] いたち, だだと, ようよう身, ジリジリ前, パラピンの, ポキポキ折り, 一角の, 人のせ, 四つ偃に, 床へ, 戀路の, 抑え鳩尾, 朝顔を, 相手の, 瞼を, 起き上がろうと, 過ぎし日, 過しに, 鏡に

▼ しら~ (19, 1.3%)

1 [19件] あたりを, いっしょに, お成道, した往来, 一つに, 一緒に, 両手とで, 口の, 夜の, 早や, 明けて, 明ける頃, 照し, 畳との, 白んで, 直線に, 言ふ, 降れりと, 頬の

▼ しらばっくれ~ (18, 1.3%)

4 ている

1 [14件] ちゃいけない, て, てい, ていられる, ておいら, てしかし, てしまえ, てはいる, てまた, て云っ, て唯今一見, て武士, て素通り, て酔っぱらっ

▼ しら~ (15, 1.1%)

2 倒さな

1 [13件] まるで玩具, やがては, ヘタを, 助かろうわい, 堅い足場, 抜かりあるなよ, 気の毒に, 無しに, 目に, 知って, 顔を, 鳴り, 黒も

▼ しら~ (14, 1.0%)

12 げの 1 そ, の戯れ

▼ しら~ (13, 0.9%)

5 の花 1 だくと, なので, のはな, の朝, の衣, は袖, や二百六十二人, を嗅ぐ

▼ しら~ (12, 0.8%)

2 の消 1 が一日じゅう, に, のかからぬ, の岫, の聯想, の裳, はいつ, やにび色, を, を呼ば

▼ しらしら~ (11, 0.8%)

31 とした, と夜, と早, と明け, と明ける, と照, と白ん, と降れり

▼ しら~ (11, 0.8%)

2 まぎく, 言葉の 1 パイプの, 建物や, 春より, 篝屋番の, 綱の, 舳には, 齋居精進

▼ しらあけ~ (10, 0.7%)

1 から盛, が一番, であった, です, に小僧さん, に帰った, に我が家, の事, の寒い, の頃

▼ しらから~ (10, 0.7%)

2 踵へと 1 ほば, 下へ, 伝う雨水, 使が, 垂れる雨, 美髯の, 血が, 顔へ

▼ しらしらあけ~ (10, 0.7%)

1 から盛, が一番, であった, です, に小僧さん, に帰った, に我が家, の事, の寒い, の頃

▼ しら~ (10, 0.7%)

1 なす獅子, に岩, に消え, の, のうづみ, のふる, のよう, の牡丹雪, を, をさ

▼ しらしら明け~ (9, 0.6%)

1 から目, から鳴きます, で草木, にふたり, に小僧さん, に眼, に風, に麓, の空

▼ しら~ (9, 0.6%)

2 つくれて, ッくれ 1 つくれてな, ッくれやがる, ッくれる, 摘みにも, 請ふ

▼ しらへを~ (9, 0.6%)

2 して 1 しかけたけれども, したの, しながら, する, するため, なし正午旅館竹家, はじめる

▼ しら明け~ (9, 0.6%)

1 から目, から鳴きます, で草木, にふたり, に小僧さん, に眼, に風, に麓, の空

▼ しらばっくれる~ (8, 0.6%)

32 なとおさい 1 とついそう, とひっくりかえし, のも

▼ しらへの~ (8, 0.6%)

1 ために, バラック建が, 山伏数人それらを, 敏捷な, 最中で, 油の, 連中も, 陣立を

▼ しら~ (6, 0.4%)

1 の月, の水, の池, の露, や唐木くみ, や多き

▼ しらばっくれた~ (5, 0.4%)

1 ってだめ, ってもう, ので, 外交辞令に, 顔で

▼ しら~ (5, 0.4%)

3 はれても 2

▼ しら~ (4, 0.3%)

3 んだ 1 のに何だ

▼ しらぶる~ (4, 0.3%)

2 春の 1 にも洋服, 天使等いまだ

▼ しらへは~ (4, 0.3%)

3 素よりの 1 どうした

▼ しら~ (4, 0.3%)

1 ぱくれて, ぱくれると, ぱくれるならきかなくッ, ぱくれるわね

▼ しら~ (4, 0.3%)

1 ぞ憂き, に, につぶ, へ歌ひとつ染めむね

▼ しら~ (4, 0.3%)

1 が最初カギ形, である, なぞに依, の信仰

▼ しら~ (4, 0.3%)

2 の花 1 さして歌, を折り

▼ しら~ (4, 0.3%)

1 にお, に靡かまし, の, のむすべる

▼ しらたえ~ (3, 0.2%)

21 やむべ

▼ しらたま~ (3, 0.2%)

1 かくる, の, のもち

▼ しらなく~ (3, 0.2%)

1 ては心もとない, ても透明人間, てロマンティスト

▼ しらには~ (3, 0.2%)

1 いって, ない, 涙が

▼ しらへといふ~ (3, 0.2%)

3 正月門松と

▼ しらへに~ (3, 0.2%)

1 余念も, 教育を, 歪みなりに

▼ しらみたい~ (3, 0.2%)

1 なひとつ, な心, になっ

▼ しら~ (3, 0.2%)

1 の足あと, の通り名, の面

▼ しら玉あはれ白玉~ (3, 0.2%)

3 の米

▼ しら~ (3, 0.2%)

2 の花 1 と山吹

▼ しら雲あと~ (3, 0.2%)

3 を消す

▼ しら~ (3, 0.2%)

1 はまさりぬる, をかきたれ来なる, 生やすこと

▼ しら~ (3, 0.2%)

2 まじりあはれ 1 の羽ばたく

▼ しらあつく~ (2, 0.1%)

2 なりにけり

▼ しらえと~ (2, 0.1%)

1 いいその, でこれ

▼ しらかと~ (2, 0.1%)

1 おさなご, 思うよう

▼ しらきちょうめん~ (2, 0.1%)

1 な人間, の人間

▼ しらこそ~ (2, 0.1%)

1 どこの, 何者じゃ

▼ しらしら明~ (2, 0.1%)

1 でも夜中, もおんなじ

▼ しらする~ (2, 0.1%)

1 その声, はなん

▼ しら~ (2, 0.1%)

2 ばくれる

▼ しらでも~ (2, 0.1%)

1 中軸でも, 見えないかと

▼ しらなくっ~ (2, 0.1%)

2

▼ しらにも~ (2, 0.1%)

1 平常野, 涙を

▼ しらばかり~ (2, 0.1%)

1 殘れる, 食った盛親僧都

▼ しらへが~ (2, 0.1%)

1 すつかり, 出來

▼ しらゆき~ (2, 0.1%)

1 の吹雪く, の岩木

▼ しら~ (2, 0.1%)

2 たふれぬべきを

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 でも夜中, もおんなじ

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 のひと柱琴, の三方

▼ しら樺の木~ (2, 0.1%)

1 は, は光る

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 のひる, の立つ

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 の歌, は知らずしらず

▼ しら玉あはれしら玉~ (2, 0.1%)

2 の米

▼ しら神系統~ (2, 0.1%)

1 のとり物信仰, の信仰

▼ しら立て~ (2, 0.1%)

1 て憤る, て然

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 にあ, の

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 に鬢, の鬢

▼ しら~ (2, 0.1%)

2 どり

▼ しら~ (2, 0.1%)

1 が, も今

▼1* [149件]

しら河あ, しらあえが付物, しらあえと雪を, しらあやのおん小袖, しらのでかなわらび, しらいいだろうと, しらいしてましたら, しらうめの褪せゆく, しらえお給仕などを, しらえたへず, しらかしの實, しらかたぶく庵に, しらからは涙が, しらかんばからまつ, しらきりなさんな, しらぎく食すため, しらぎぬかばかりに染めしは, しらぐことをいう南洋系の語スラウ, しらぐとなるやうにひろむしろむはひろみ, しらぐらいの深さ, しらこう初春らしい, しらへも沾, しらさぎに別れ, しらざらましを, しらしらした夜明け方に, しらすれば同じ, しらとか云, しらだけだったのに, しらだけじゃ纒まりそうも, しらだけの白いの, しらだった正成は, しらっとぼけて, しらつゆの草, しらであったので前, しらです立派です, しらではをるま, しらでやは, しらという一番強がった, しらとが見えたばかり, しらとともに前髪は, しらとも頼んで, しらと共に追ってくる, しらどうじゃ, しらどなたか行っ, しらない堪えがたい思いという, しらなり我この, しらににょっきりとそこの町角から, しらによって射落されたの, しらにわッと, しらあふひや, しらはじけて恐ろしく, しらはにの瓶に, しらはのとりの, しらはりの木, しらばっくれてるねえ君, しらばっくれなくてもいい, しらばっくれやがって, しらばっくれるな野郎汝らも, しらばっくれんな貴様党員, しらばつくれりやあ, しらぱっくれてもこっちには種, しらひしていい, しらひではなから, しらひ兼ねてしどろもどろ, しらへてある, しらへでその上, しらへなど手伝ひ, しらへにかかつた, しらへはとつくに, しらへば立派な, しらへも充分に, しらまで白砂青松ことごとく, しらむくづれし牡丹さぎぬに紅き, しらめがけてとびき, しらめぐり逢ひける, しらもけはしい雲, しらふを, しらゆッさゆッさと, しらと夜, しらこは, しらわが現地の, しらがため, しらきったって, しらミおいらじゃない, しらヤチダモ根の木口, しら一同えらいお, しら一旦曹に, しら仕込むべと思つて, しら伴藏は眼, しらしやるの, しら使あれて, しら使つて二三年もたて, しらは神さ, しらを内, しら北畠具行のす, しら問いかけでもしたら, しら寂しからせと, しらの雪, しらに覆へる, しら引眉にもこれ, しら待ち伏せてでもいた, しらかりし春, しら懲りらか, しら掘つ込んで置いた, しら揃えてすわっ, しらでもお, しらや寝ねましぬ, しらの名, しらの人, しら根生ひ据, しら桃枝あまた, しら梅中に白く, しらが人形, しらの折木, しら江州でおこ, しら流れ漂って, しら浪といづれまされりおきつ島もり, しら浪根性に劣り, しら浪辺に寄る, しら満足な五肢, しら漆黒の断髪, しら濡れてつぶやく, しらじろ, しら物頭お医師, しら玉のをさ, しら白く内の, しら白滝を倒, しらに見えない, しらへ導く, しら神時代のそれ, しら立つごとく浅翠, しらの清き, しら胡麻竹の杖, しら臣下の者, しら自然薯の蔓, しらの屋根, しらの金襴, しらに今宵, しら蓮絵師の君, しら蓮色まどはず, しらる樣, しら選仏場をかこみけり, しらの浜, しら長い先の, しら露ちりぬ, しら青山備前守様のほう, しら風情に足蹴, しら髪いさむ越の独活苅, しらの雛