青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しまう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しばしば~ ~しばらく しばらく~ しま~ ~しまい しまい~ しまいに~ ~しまいました ~しまいます ~しまう
しまう~
~しまえ しまえ~ ~しまおう ~しまし ~しました しました~ ~しましょう ~します します~ ~しません

「しまう~」 13104, 126ppm, 840位

▼ しまう~ (3430, 26.2%)

490 である 451395 です 201 だった 146 では 122 であった 63 でした 50 だが 49 だから 42 だよ 35 だと 34 が常 29 であります 27 さ, ですから 25 であるが 24 だろう 23 ですよ 21 ですが 20 でしょうか 18 か, は惜しい 15 でございます, でしょう 14 であろう 11 が落ち, だそう, だろうか 10 かと思う, じゃ, だという 9 だからね, でありました 8 かも知れない, を待っ 7 が例, が当然, じゃない, であったが, ですね, は残念, もある 6 が残念, であろうと, ですもの, はもったいない, は当然, を感じた

5 [15件] かもしれない, がある, がいい, が惜しい, が普通, だったが, だろうと, であるから, であろうか, ですか, はあまりに, は何, も無理, を見, を見た

4 [13件] がいちばん, が惜しく, が癖, だぞ, だろうが, と同じ, に違い, は, はそれ, はまだ, はまったく, は実に, を見る

3 [25件] かい, かしら, かそれとも, かね, がこの, が目, じゃないでしょう, だか, だし, だとか, だな, だもの, だわ, でございましょうか, でしょうね, はあまり, はいつも, はどういう, はひどい, は不思議, は如何にも, は少し, は悪い, を例, を私

2 [76件] かということ, かとおもう, かとその, かも知れぬ, か知らん, がお, がおしく, がおちであろう, がきまり, がこわかっ, がよろしい, が一番, が不思議, が今, が何より, が多い, が当り前, が心外, が惜, が本当, が気, が習慣, じゃありません, だからな, だって, だらう, であって, でありそして, であると, であるという, であろうが, ですからね, ですけれど, と同様, はあんまり, はいい, はいささか, はいや, はおかしい, はかわいそう, はこの, はちっと, はどう, はどうも, はなにか, はもう, はやはり, はよく, は何故, は余りに, は是非, は気の毒, は無論, は甚だ, は考えもの, もあり, もかまわず, もかわいそう, もこの, もやはり, も何だか, も困る, も失礼, も当然, も惜しい, も残念, を, をどう, を恐れる, を惜し, を知っ, を知らない, を見定め, を見届け, を見送っ, を黙っ

1 [540件 抜粋] あたりめえ, かいっこうに, かおとなしく, かすこし, かその, かただ, かちょうど, かという, かとざんねんでたまりません, かとひどく, かとふと, かとまるで, かとハラハラ, かと審, かと幸, かと彼女, かと心細かっ, かと心細く, かと心配, かと思います, かと思っ, かと思った, かと思われ, かと果敢ない, かと残念, かと生きた, かと私, かと考え, かなおかしな, かも知れません, かわいそうだ, かわかる, か兎, か現在, か生命, が, があたりまえ, があっけなかっ, があまりに, があります, がいけない, がいや, がおそろしかっ, がおちである, がこれ, がしのび, がせいぜい, がその, がつね, がつまり, ができなくなった, がどうにも, がなに, がなんだか, がなんで, がほとんど, がむしろ, が一時, が一番安全, が一番悧巧, が一番簡単, が上, が人情, が人間, が今度, が何と, が何となく, が余所目, が僕, が劇, が厭, が大変心残り, が寂しかっ, が寂しく, が小人, が少し, が少なく, が居る, が常例, が常習, が当世, が彼女, が心, が急, が急務, が恐ろしい, が恨めしい, が悪い, が惜し, が惜しかっ, が惜しくっ, が惜しまれました, が慣い, が慣例, が掟, が探偵小説, が日本, が最善, が殆ど, が毎年初秋, が気の毒, が火箭, が無難, が物理科学, が物足りなく, が特色, が礼儀, が私ら夫婦, が秘訣, が腹立たしかっ, が自分, が自慢, が自然, が落ちでしょう, が訓練, が賢かっ, が辛い, が通例, が運命, が露八, さえ珍, じゃあ完全, じゃそう, じゃぞ, じゃないです, じゃなかろう, じゃよ, じや, そして泣く, それでわたし, だう, だおどかしでは, だけれども, だその, だそれで, だっ, だっしゃろ, だったそう, だったと, だってやっぱり, だつまり, だとかいう, だところが, だなどと, だらうとも, だろうな, だろうよ, だろう情けない, だわし, だオホホ, だト, だ住民, だ同じ, だ雇人, であったその, であったと, であった入浴, でありましょう, でありましょうか, でありますが, でありますそういう, でありまた, であり従って, であり貧乏, であるそれ, であるなどと, であるまいかと, であるやめた人, であるらしいけれども, である相, である食糧, であろうかを, であろう助かりそう, であろう木の芽, でございました, でございましたけれども, でございましょうが, でございましょうね, でございますから, でございますな, でございますよ, でございます怖, でしたから, でしたが, でしたらいったい, でしたらそれ, でしょうが, でしょうそれ, でしょう早々, でしょう歓迎, ですかな, ですからねえ, ですがねえ, ですこれ, ですって, ですつまり, ですと, ですどんな, ですの, ですわ, です新, です母, です私, でないかと, でないかという, でないと, でなかった, でも, とおなじ, とてもおかしゅうござんすわ, とどちら, と一歩, と同時, と変り, と直し, どんなにつらい, なかなか勇気, などはせっかく, ならあまり, なんかいや, にかぎる, にきまっ, にさえ, にちがい, にちがいありません, にはちょっと, にはまだ, にはもう, には二分間, には何, には辟易, に因りましょう, に気が付かなかった, に足る, はあたし不賛成, はあたりまえ, はあながち, はあわれむべき, はあんた, はいかが, はいかにも, はいくらか, はいけない, はいたいたしい, はいったいどう, はいつのまにか, はいまいましい, はおしい, はかげろう, はさしたる, はざんねんです, はそういう, はそして, はその, はそれだけ, はたいへん, はたしかに, はだれ, はちょっと, はつまり, はとり, はどうにも, はなおさら, はなぜ, はなんと, はぶ, はほとんど, はほんとに, はまことに, はむしろ, はもちろん, はやぼ, はよし, はよろしく, はわるい, はチベット語本来, はヒド, はマユミ, はワケ, は不, は不利, は事実, は人口調節, は人情自然, は人間, は仕方, は伸子, は何だか, は余り, は俺, は六月中ごろ, は冥加, は出過ぎた, は刈込み, は勿体ない, は単純, は危険, は口惜しい, は可, は可哀そう, は名誉, は善事, は四人, は夢, は大抵, は嫌, は学者, は実は, は実際, は容易, は少々, は少ない, は弱気すぎ, は当らない, は心, は心残り, は心細かっ, は必ずや, は必定, は恋愛, は恐ろしい, は悲しい, は悲しゅう, は惜, は惜し, は惜しく, は愚, は愚か, は敵, は文芸家, は日, は早, は易い, は昔, は月日, は本意, は正しい, は正直者, は死ぬべくし, は母, は気, は決して, は注意, は浅はか, は珍, は目, は眼, は知っ, は知れきっ, は神, は私, は私たち婦人, は第, は腰抜け, は自分, は自然, は舷, は蝶子さん, は視神経, は親類一門, は解り切った, は誤り, は識者, は賢明, は軽卒, は進歩, は適當, は酷い, は間違っ, は風土, は餘, ばかりが見られる, ほかない, ほかは, もあたりまえ, もあっ, もあった, もありましょう, もあります, もあるだろう, もあれ, もあんまり, もいや, もうねむく, もがまん, もございます, もさすが, もさびしい, もざんねんです, もじつに, もずいぶん, もぜひ, もちょっと, もとても, もまた, ももっとも, もやむを得ない, もよく, もよろしく, もわるく, も一つ, も中, も事実, も二人, も何, も何となく, も冥利, も出来る, も口惜しい, も同様, も多かっ, も好い, も妹, も当り前, も後数時間, も心もとない, も心残り, も悧口, も惜いが, も早まりすぎる, も有名, も残り惜しい, も気の毒, も浅ましい, も浅慮, も淋しい, も狂的, も独り合点, も率直, も皆, も皮肉, も知らないで, も結句, も考えもの, も藩, も謂わ, も道理, も遠い, も遠く, も都合, も間近い, も間違い, も非常, も面白い, をいったい, をおしん, をおぼえる, をかなしく, をかわいそう, をさも, をながめた, をみ, を不平, を不眠症, を兵馬, を前, を嗤, を大いなる, を好ましく, を如何, を娘はじッ, を常, を待ちかね, を待つ, を御存じ, を心もとな, を怖, を恐れ, を惜むもの, を感じ, を感じる, を文明人, を痛快, を確かめました, を聞く, を見すまし, を見なけれ, を見ました, を見届ける, を認める, を諸戸, を躊躇, を防い, を防ごう, を願わしく, んが, んです, ん当り前や, ん待っ, サ, サそれから, ンです, 一生お, 厭だ, 大変可愛い, 惜しく島巡り, 欲しい, 状態と, 虞れ, 鉄砲で

▼ しまう~ (2069, 15.8%)

39 今度は 31 彼は 28 急に 26 私は 16 いう, こんどは 14 彼女は 13 すぐに 10 いって, それを 9 言って 8 あとは, 云うの 6 それは, 後は 5 そのあと, それが, 二人は, 云って, 彼らは, 法水は 4 いわれて, そこに, 二人の, 僕は, 思って, 私の, 言った, 誰も

3 [29件] あとの, いけないと, これは, さすがに, すれば, そこには, そこへ, それからは, ほっとした, もうそれ, わたしは, 云うこと, 云う風, 今まで, 君は, 女の, 女は, 小僧は, 彼の, 彼等は, 後には, 後の, 思ったもの, 手を, 直ぐに, 自分の, 茂太郎は, 静かに, 鳥は

2 [99件] あたりは, あとには, あの人, あわてて, いい, いいます, いいん, いうから, いうが, お清, お言い, かれは, こう云う, さすがの, さっぱりする, したところ, すぐまた, すっかり気, せっかくの, その下, その中, その人, それこそ, それに, それまで, どうした, なると, にわかに何気ない, また何時, みんなが, もうこの, もう与平, もう取返し, もとの, よかった, マチアが, ヴェリチャーニノフは, 一つの, 下駄で, 両手を, 云う, 云うので, 云われて, 仕方が, 以前の, 何か, 何でも, 例の, 例年の, 博士は, 又八は, 又女, 同じで, 困るが, 地の, 婆さんは, 彼女の, 後から, 思うん, 思った, 思ったから, 思ったの, 怪物は, 手筈が, 新子は, 暫くし, 書いて, 楠公さんの, 次の, 歩き出した, 母は, 母親が, 気分が, 法水の, 海の, 火の, 熊城は, 犯人が, 男は, 私が, 私達は, 竜之, 第一, 続いて, 聞いて, 背後に, 胸が, 舞台は, 菊太郎君が, 葉巻を, 誰に, 鉄さんは, 間もなく日, 雌は, 非常に, 頭を, 額の, 騒いだの, 鬨の声を

1 [1482件 抜粋] あすという, あちらには, あっちでも, あなたは, あの大きなかん, あまり不自由, あるじの, いいの, いい伝えて, いうだけの, いうより, いきなり, いきなり二つ, いきまきはじめた時, いけない, いけませんし, いっときピタッ, いつのまに用意, いつもむっつり黙り込ん, いままで, いよいよ面白く, いろいろ弊害, うちの, えへん, おかみさん, おしいー, おっしゃるの, おのおのの, おもしろそう, おれも, お前が, お国, お師匠さん, お母さんが, お経, お花, お釈迦様が, お雪ちゃんは, かえって二人, かえって自分, かねて手筈, がぜん十八番, がらりと, きまれば, ぐうぐうねむりはじめました, こう云った, こどもの, この世から, この会見, この夜, この謙遜, これから先, これで, これも, さあまるで, さだ子は, さっそく小林少年, さば, さらに袋, したら, したら何, しますね, すぐエー, すぐ目, すぐ髪, すっかりさっぱりし, すべてが, すること, するの, せっかくミミ族, そう云った, そこから, そこは, そっと釣, そのと, そのままじっと動かなくなった, その侍, その場, その実感, その後は, その後五六日間に, その灰色, その物, その絶対速度, その鉄管, その駅員, それから三月, それきりだった, それで, それなし, それも, そんな弱い, そんな考え方, たいへんに, たちまちやつ, たちまち自分, だれもが, ちょうど音, つい又, つぎは, てんで唄う, とたんにはくちょう, とにかく吻, どうしてあんなに悪鬼, どかどかと, どちらを, どんな人, なおさら小さく, なじめない気持, なにやらがらがら, なみ子は, なんだか模糊, にわかに近代小説, はじめてホッと, はやくも, ひいさま, ふたたび主従, ふたりは, ふと思いついた, ぷんぷん腹, ほかの, ほとんど無意識, ぽいと, まずおらんだ, またあたり, またこちら, またふらり, また一人別, また云いました, また別, また声, また廊下, また新しい, また毛ぶとん, また竹筒, また部屋, また黙り込ん, まもなく後家さん, まるきり物忘れ, みせかけて, みんな言っ, もうありません, もうご, もうその, もうそんな, もうほんとに新しい, もうめったに目, もうダメ, もう剣, もう彼, もう我々, もう落付き, もう豹一, もどって, もはや誰一人声, やがて大阪, やがて鈍い, やっぱり民弥, やみの, やらいう噂, よい, ようやく眠気, よこちょう, わき目も, わたくしの, われわれは, ウィレムの, エミイは, オーレ・ルゲイエは, カテリーナ・リヴォーヴナは, グット邪慳に, コッソリと, サッとむき, シューラは, ジョウが, スルスルと, ゼフリズは, ダイヤモンドが, トオサンも, ドレゴは, ハリスは, ハンスは, パイ軍曹は, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ピョンピョン片足, プリューシキンに, ペガッサスは, ボーイは, ポケット小僧は, ミンチン先生は, モリイシャが, ランヴァンの, ローリイに, 一つ一つの, 一大事です, 一寸得意, 一念こう, 一時は, 一番がっかり, 一般である, 丁坊は, 七瀬が, 三井銀行の, 三人は, 三月末の, 三越の, 上半身を, 下総十五郎が, 不意に, 不用心だ, 与右衛門は, 両方の, 丸太の, 主膳は, 久助君は, 事件そのものは, 二人とも, 二隻の, 云うし, 云うと, 云うよう, 云う様, 云った, 互に手, 京山は, 人は, 人間の, 今までの, 今更何, 仏前から, 以前暗号という, 仰しゃってお暇, 仲人は, 伊太利へ, 伝えられて, 低雲一過, 体の, 何かと一人, 何だか右, 何もかも台, 何処へ, 余所から, 侯爵は, 俊寛の, 信一郎は, 俯瞰した, 倭文子は, 先ずそんな, 先生目を, 入れ違い, 全く今, 六畳の, 其内に, 再び旧, 凄文句, 初て, 別にいそぐ, 利助も, 前にも, 剥げるもの, 加代姫が, 勝平は, 勢子達は, 十五分くらいで, 半ば折りめぐらされた, 半刻, 博士の, 却って妙, 厳粛に, 又その, 又包み, 又書く, 反家康党, 叔母は, 古手屋津賀閑山は, 可哀そうだ, 台所の, 同じです, 同時にこの, 同時にそれで, 同時に今, 同時に名人, 同時に気付いた, 同時に糸, 向い小路で, 君枝は, 啓吉は, 喚きよったは, 四大海と, 固定した, 地べたに, 城内の, 堪えがたく恋しい, 墨塗りの, 外に, 外記は, 夜の, 大きな声, 大急ぎで, 天井が, 奥さんは, 女客は, 妻は, 娘は, 婢が, 子供らは, 安二郎は, 定紋打ったる, 室内には, 家の, 寝たり, 小さいゴーリキイ, 小塚ッ原から, 小翠, 小鳥は, 尚一そう, 山へ, 山路は, 岩田元彦は, 左近は, 巻きおさめながら, 師匠は, 平素の, 幹や, 広大の, 庄三郎は, 庸三は, 弥五郎親分, 当分は, 当然妾, 彼には, 往々神経衰弱, 律は, 後では, 後で紋付の, 御面師, 徹夜し, 心の, 必然犯人が, 忙しげ, 忠次が, 忽ち真実, 思いましたから, 思いやると, 思うかと, 思うの, 思ったので, 思ひながら, 思わず知らず, 怯えた子供, 恥ずかしい目, 惜しいと, 感情なる, 我々は, 戸を, 手水を, 探るよう, 放りださずに, 料理女は, 新吉は, 新関は, 旗岡巡査は, 早速開票, 明智は, 春の日も, 時経っ, 暫くあっ, 暫くぼんやり, 更新が, 最後には, 月の, 木村は, 机の, 東中野駅の, 松吉は, 栗田銀五は, 桂子は, 案外元気, 森閑と, 機械という, 欠かしては, 次に柳行李, 次郎も, 正勝と, 正造たちの, 武蔵は, 残念の, 母が, 気の, 気持は, 永いこと, 池の, 河原に, 法水には, 浜辺は, 涎を, 渡り鳥の, 湯檜曽川の, 澱んだ水, 瀟洒な, 熊さんの, 父の, 片時も, 物に, 犬共は, 独りで, 狭山にたいする, 獅子は, 王女は, 甚だ殺風景, 生きた文字, 田山白雲としては, 甲谷の, 町は, 白面に, 益満が, 目に, 目的が, 直ぐ跡, 相手が, 眼が, 知識も, 祖母は, 私には, 程なく清子, 突然にたりと笑いました, 立上って, 節子庄平の, 米友の, 紋太郎は, 給仕方に, 絶望の, 縛られた夫, 美和子は, 群衆も, 老博士, 老若男女が, 考えると, 考え直して, 聞いては, 背中が, 脆くも, 脱ぎ捨てた着物, 自動的に, 自然報福寺も, 舷を, 芝居を, 花嫁の, 茶の間には, 菓子器を, 董卓は, 薬は, 蜂雀の, 血であった, 行手に, 袂を, 裏口から, 襖の, 要するにこうだ, 見える, 見分けること, 言い出した, 言うけれども, 言うん, 言ったが, 言ってや, 言われる, 話に, 語った白い, 論争一過後の, 豆の, 貰ってから, 跳返す, 身辺大に, 軽蔑する, 逃げては, 通り一遍の, 遥かに, 部屋の, 金五郎は, 針が, 銘々に, 長崎奉行役替りの, 門弟たちを, 間もなく兼ね, 間もなく片隅, 阿能, 階段の, 雨が, 電球の, 静に, 音次郎君は, 風の, 飯田新町の, 駄々を, 驚いたよう, 高い空, 高利貸の, 鳥の, 黄金怪人が

▼ しまうこと~ (950, 7.2%)

45 になる 35 がある 33 もある 2220 ができる 19 が多い 17 だろう 15 は出来ない 13 が出来る, である, になっ, になった 12 もあった 10 だった, です 9 があった, であろう, のできない, はできない 8 はない 7 があります, ができた, でしょう 6 ができなかった, がよく, になります 5 がない, さえある, もできる 4 ができない, が仕方, が多かっ, であろうと, では, なん, にした, にしよう, にする, になり 3 がこの, が必要, ですが, にある, になりました, もあり, もあります, もできず, もできない

2 [60件] がしばしば, がたびたび, ができるであろう, がまま, が出来た, が出来なかった, が出来ぬ, が出来れ, が分った, が可能, が多く, が少く, が度々, が自分, さ, だってできる, だと, でそう, となった, と思う, などもある, にし, にしました, になるで, になろう, にはならない, のできる, のない, はいや, はこの, はこれから, はできなかった, はできませんでした, はどうしても, はないだろう, はなかなか, はよく, は不可能, は出来なかった, は出来ぬ, は容易, は明らか, は明白, は許されない, は誰, は請合い, もあっ, もあれ, も事実, も出来なかった, も度々, を云う, を彼, を怖, を惧, を意味, を望ん, を知っ, を考え, を考える

1 [375件] かとその, かと思われた, から守る, から考え, か世間, があっ, があまり, があり得る, があるであろう, があるらしい, がいくら, がかえって, がございます, がしかた, がその, がちゃんと, がつい, ができず, ができたでしょう, ができないだろう, ができないなら, ができました, ができましょう, ができます, ができません, ができませんでした, ができるなら, がどうして, がどうしても, がなんとなく, がね, がひとつ, がわかる, がカンジン, がノカンゾウ, が三人とも, が不可能, が世間, が今日, が何となく, が何より, が僕, が出, が出来たろう, が出来ない, が出来ませんでした, が出来よう, が出来るだろう, が出来るでしょう, が分らない, が判っ, が呉, が唯, が大きな, が天, が好き, が嫌い, が宮, が往々, が怖, が思いがけず, が恐し, が恐ろしい, が悲しく, が惜しい, が我, が昔, が最善, が期待, が果して, が残念, が甚だ, が習慣, が聡明, が起きた, ぐらいは承知, こそ折角, さえ時々, さえ稀, じゃろうが, だけが生, だけであった, だこっち, だぜ, だったろう, だったろうそして, だってある, だってこっち, だってこれ, だってわけ, だとさ, だろうか, だろうと, だろうよ, だわ, で, であって, であまりに, であらね, であります, でありまた, であると, であるのに, でいくらか, でいろいろ, でございましょうよい, でしか, でした, でしょうが, でしょうけれど, ですか, ですから, です返歌, でどうやら, でなければ, でも, となり, となる, と他, と思われます, と生活力, なぞを胸, などあり, などがある, などが資本, などとても, などもありました, などもまま, など気, なのに, なんて出来ません, にいたしましょう, にかけてはなかなか, にきめ, にきめました, にしたい, になったら, になつて, にならない, になり得る, になるだろう, になるなら, には当, には疑問, には頓着, にもこの, にもなりかねない, にもなります, にもなる, にも多大, にやぶさか, に依っ, に努力, に外, に彼, に成功, に新しく, に書い, に気がつい, に決める, に決心, に致しましょう, ね, のできた, のできぬ, のほう, のわかっ, の不, の不可能, の出来ない, の出来る, の多い, の平凡さ, の必要, の水音, の無知, は, はあっ, はあるまい, はあろう, はあんまり, はいう, はいかにも, はいくら, はいま, はお, はかまきり, はご, はさすが, はし, はしなかった, はすぐ, はそう, はそれほど, はだれ, はちょっと, はできますまい, はできませぬ, はできません, はとうてい, はどう, はどうして, はないです, はなおさら, はなかっ, はなく, はなん, はなんと, はほぼ, はめったに, はもう, はもちろん, はわかりきっ, はわかりきった, はわが輩知人, はアメリカ, はグレ, は一つ, は一再, は不断, は事実, は人間わざ, は何だか少し, は何とも, は俺, は出来, は出来ないだろう, は出来ません, は努め, は勿論, は十, は厳に, は古風, は周馬, は多く, は夢, は大川, は夫, は実, は実に, は度々, は当時, は彼, は彼女, は後, は心細い, は心細かっ, は必然, は思い, は急, は悲しい, は惜しむべき, は憚, は明かだった, は明かであった, は明かである, は本望, は本統, は本質的, は正しい, は正しく, は決して, は淋しい, は火, は燕, は爺さん, は理性, は眼, は知っ, は確か, は空しく, は結局公理, は自分, は覚悟, は訳, は辰雄, は造作, は院, は非, またそれぞれ, また音響砲, もありました, もあるでしょう, もあるです, もあるまい, もお, もこまるだろう, もございます, もしばしば, もすっかり, もたびたび, もできなく, もできます, もできるだろう, もならない, もまた, も一度, も不可能, も不本意, も体裁, も優雅, も全く, も出来ず, も出来ない, も出来ました, も勿論度々, も多い, も多かっ, も幸福, も忍び得ない, も恐しかった, も波風, も父宮, も珍しく, も私, も考えられなかった, も見苦しい, も過り, も雲, も顕然, やまた, よもし, よりもよい, より外, を, をあえて, をいつ, をいとい, をいとっ, をお, をかんがえる, をしん, をその, をちっと, をどう, をなんと, をねがった, をひどく, をまったく, をよく, をモーパッサン, を前提, を十分理解, を君, を希望, を彼女, を心得, を心配, を忘れない, を思わず, を恐れ, を恐れる, を悲しむ, を惜しむ, を惜しんだ, を書い, を望まず, を期し, を注意, を確か, を私達, を米友, を粟刈り, を経済的構造, を考えなけれ, を自分, を良心, を覚悟, を許しませんでした, を話したら, を身, を非常, 及びこれ, 覚えて, 逢えても

▼ しまうよう~ (568, 4.3%)

71 なこと 34 な気 31 なもの 13 な事 12 になる 9 になった 7 な感じ 6 である, です, なところ, な場合 5 に思われた 4 だ, なそんな, な結果, に思われる

3 [12件] であった, では, なもん, な人, な声, な大きな, な始末, な態度, な気持, になっ, に思う, に感じた

2 [33件] だった, でした, ですね, な, なお, なきびし, なそういう, なとき, な事実, な出来事, な大, な小さな, な弱い, な心地, な心持, な性格, な恋, な所, な方法, な物, な状態, な風, に, にこの, にし, にしなけれ, にと希っ, になっちまった, に女房, に思った, に思われ, に注意, に見える

1 [244件] じゃ, じゃどうせ, じゃ商売, だから, だが, だったらば, で, であって, ですみません, でなかなか, で小机, なあまり, なあるフーリエ, なあんばい, ないい, なおいしい, なおかしい, なお話, なぐうたら, なこの, なし, なしろ, なその, なそんな大きな, なたいへんあっさり, なだぶだぶ, なちっぽけ, などこ, ななまやさしい, なの, なのにも, なひろい, なへま, なまた, なものの, なやつ, なやり方, なよく, なん, なシキタリ, なピアニシモ, な一種, な不安, な不思議, な不覚者, な不調和, な不足, な事件, な人びと, な仕掛け, な伯父さん, な作品, な例, な俳句, な健康, な傷, な公卿一般, な具合, な冷やかさ, な凝ったもの, な凡俗, な剣士, な力, な原因, な厭, な各地, な呼吸, な喘ぎと, な困難, な国, な圧倒的, な場所, な夏, な大波, な天才, な太陽, な女, な女魔法使, な姑息, な媚, な子, な学生, な完全, な実に, な室, な家, な寒気, な局面, な工合, な工夫, な常, な広治, な底, な弱気, な形式, な彼, な微妙, な心もち, な心理作用, な心細, な快, な怖, な思い, な性質, な恋以外, な恐ろしい, な悲哀, な惑乱, な惧, な愚か, な感覚, な憂暗, な撫子, な方, な時, な時代, な時期, な時間, な有様, な有為転変, な木, な木の実, な村, な次, な欲張った計画, な殺人鬼的, な殺虫剤, な毒薬, な気分, な気持ち, な沈黙, な泣き面, な涙, な淡雪, な深み, な無自覚, な焦躁, な状況, な猛烈, な現象, な現金, な甘ったるい, な生活, な異様, な皮, な相談, な種類, な穏かな日, な穴, な練り方, な羽目, な考え, な者, な臆病者, な自由さ, な芸術, な苦悩, な苦戦, な蒸し蒸しする静か, な薄い, な薄弱, な視線, な言葉, な言葉遣い, な訳, な調子, な諭吉, な量目, な金づまりだの, な陶酔, な雪, な音, な順序, な飛んでも, にあなた, にあまり, にいっ, にいつか, にかえって, にきまり, にこんなに, にさえなり, にさえ思われました, にしました, にしましょう, にする, にといのっ, にとおっしゃいました, にとわたし, にと店員たち, にと忠告, にと言い付け, になりました, になります, にね, にばかり思われ, にまた, にみなさん, にもっ, にもなった, にもはや, にもろく, にも思われた, にも見え, にわが, に不機嫌そう, に与えられた, に出来, に取られる, に固く, に女王, に子供, に家臣, に幸運, に強く太く, に思います, に思われました, に恐らくは, に恬淡, に情緒, に感じられた, に感ずるらしい, に慄, に描かれ, に新しい, に殆, に母親, に水, に泣い, に烈しく, に無遠慮, に積極的, に空中, に考え, に考える, に聞かされた, に自分, に興奮, に苦心, に見せかける, に造った, に遊ん, に響いた, に骨折っ

▼ しまう~ (487, 3.7%)

13155 です 30 ですよ 28 だよ 26 ですもの 19 だから 17 だもの 12 じゃない, だね 10 ですね 9 だろう 7 だからね, だぞ, だと 6 ですから, ですからね, ですって 5 だな, だわ, では 4 だそう, ですか 3 だぜ, でございますよ, でしょう 2 じゃないだろう, だからな, だが, だし, だろうね, だネ, でしょうか, ですが, ですの

1 [49件] じゃありません, じゃあわたしゃ, じゃあ有るまい, じゃいつ, じゃないです, じゃなかった, じゃねえ, じゃア, じゃ思い, じや, だがと, だがなあ, だがね, だけど, だけれど, だこんな, だった, だったに, だって, だっていう, だってそんなに, だとめるな, だど, だなあ, だもう少し, だわかるね, だわねぇ, だッ, だ俺ら, だ私, でございます, でございますから, でしょうかしら, でしょうから, でしょう自分, ですお, ですがねえ, ですけどねえ, ですけれど, ですぜ, ですその, ですってよ, ですと, ですな, ですのよ, ですものネエ, ですワ, でないだろうな, ならルロイ・ソレル

▼ しまうという~ (404, 3.1%)

32 ことは 25 のは 23 ような 11 のです 9 ことを 8 ことが, ことも, のが 5 ことだ, ことである, ことに, のだ, んだ, 話である 3 ことであった, ことです, のであった, のである, のも, 風で, 風であった

2 [19件] ことでした, ことと, ので, のに, のを, わけだ, わけな, わけには, わけにも, 事に, 事は, 妙な, 始末, 手の, 訳に, 訳には, 話であった, 風に, 騒ぎであった

1 [191件] いつもの, いわゆる啄木, おそるべき武器, おそろしいリンゴ, かなり悲壮, こと, ことさえ, ことだから, ことだけで, ことだけは, ことだった, ことで, ことな, ことほどに, ことまでは, ことや, こと角力と, これは, ごくごく悪い, さわぎであった, さわぎです, しかたは, すごい過敏ぶり, そういうやり方, たちであった, なら痛く, のだったら, のとも, はなしな, はなしは, はなはだもっ, ふうだった, ふうであった, ほとんど定見, ものと, やり方である, ようすであった, ような聞く, ように, わけ, んじゃ, テイタラクである, テイタラクまったく, トリックを, マージ様は, 不安が, 不正義, 世にも恐ろしい, 主題な, 乱暴ぶりで, 事である, 事も, 事を, 事実の, 事態を, 人達は, 他の, 位に, 位の, 例も, 信仰が, 傾向は, 具合である, 具合に, 勘定さえ, 勢いで, 印度の, 印象を, 危険, 危険が, 厄介な, 可能性を, 喜びの, 噂であった, 器械が, 困難な, 困難を, 埓の, 場合が, 場合も, 塩梅さ, 声を, 大手術, 奇妙な, 奇抜な, 女じゃ, 奴は, 始末の, 実に大変, 対照の, 工合であった, 工合でした, 形が, 心配の, 思いきったやりかた, 恐るべき行為, 恐れも, 恐ろしい毒薬, 恐怖を, 惨敗を, 意味だろう, 意味では, 意味に, 意気込みな, 愛が, 感じが, 戦法も, 手だ, 手一つでした, 手記を, 技法は, 放心振りが, 新しい兵器, 新発見, 方法である, 方法でした, 方法を, 旅館の, 早業に, 時に, 最も明かな, 有様が, 有様である, 有様でした, 有様です, 権利は, 欠点が, 武器が, 残忍な, 残酷な, 段どりです, 段に, 段取りで, 毒草だ, 気に, 永遠の, 温度の, 瀬戸際で, 火焔山では, 点である, 無責任な, 物語である, 状態であった, 状態な, 狡い常套手段, 現象は, 理屈が, 理解に, 生れつい, 生活力では, 相談を, 着想です, 確率が, 種類の, 空想であった, 空気を, 筋を, 約束で, 経験の, 結果と, 結果にまで, 置手紙が, 臆説の, 色彩的カッティングを, 術を, 表面の, 親さえ, 観念の, 言語道断な, 訳で, 訳です, 話が, 話しだ, 話な, 話は, 話も, 話を, 誓いを, 調子らしい, 謎な, 質で, 趣向で, 趣好が, 過程を, 頂点に, 頼りない, 風なやり, 風聞が, 風説の, 騒ぎ, 騒ぎだ

▼ しまうかも~ (318, 2.4%)

66 知れない 55 しれない 26 しれません 13 知れません 8 しれないの 7 しれないと 6 知れないから 5 しれぬ, 知れないの 4 しれないん, 知れないが, 知れないと, 知れないよ 3 しれないから, しれないからね, しれないが, しれないという, 知れませんから

2 [13件] しれないけれども, しれないぞ, しれませんし, わからないの, 分らない, 知れないので, 知れないわ, 知れないわね, 知れないん, 知れぬ, 知れぬが, 知れませんな, 知れん

1 [70件] しれず, しれないからな, しれないからなあ, しれないがね, しれないし, しれないところ, しれないね, しれないよ, しれないよう, しれない一片, しれない場所, しれない想像, しれない衰退期, しれなかった, しれぬからな, しれぬけれども, しれぬそうした, しれぬその, しれぬと, しれぬという, しれぬ大きな, しれねえ, しれねえん, しれませんから, しれませんからな, しれませんぜ, しれませんね, しれませんの, しれませんよ, それは, わからない, わからないし, わからないそれ, わからなかったの, わからんけ, わかりません, 分らないわ, 分らぬ, 分れへん, 分れへん思, 知れずその, 知れず私, 知れないかな, 知れないぜ, 知れないぞ, 知れないぞと, 知れないでは, 知れないという, 知れないなぞと, 知れないのよ, 知れない処, 知れない様子, 知れない牛, 知れなかった, 知れなかったから, 知れなかったが, 知れなかったの, 知れぬから, 知れぬと, 知れぬの, 知れねえ, 知れねえじゃ, 知れねえぜ, 知れませんが, 知れませんて, 知れませんでした, 知れませんねえ, 知れんが, 知れんぜ, 解らない

▼ しまうから~ (298, 2.3%)

41 である 2616 です 7 そう思え 6 であった 4 であります 3 なの, なんだ, 何にも 2 いい, そのつもり, だと, 仕方が, 自分が

1 [179件] ああいう, あとから, あなたが, あなたも, あの習慣, いいわ, いけない, いけないと, いけないゆききん, いつどんなに, おもしろい, おれを, かくごする, こいつは, ここらで, このへん, この危険, この地方, この探索, これが, これは, こんなこと, こんなにし, そういうの, そう心得ろ, そう思いなさい, そう思っ, そう感じる, そこに, そのままで, その瞬間, その跡, その間に, それこそ, それで急, そんな精神, ただ名誉, だった, だね, だろう, ちょっと失敬, つまらない邪推, つまりは, でありました, であり女, であるという, であろう, でいつ, できるだけ, でこれ, でした, でしょう, ですよ, で御座います, どの事件, なお駄目, なんです, なんでも, なんとかしてやらね, まだ潜水夫, やはり腕, よくよく心得, よく気, よく覚え, わたしそれが, わたしも, オカカは, サ, ダシだ, ナカナカ見付からない, 一緒に, 一間も, 一馬先生顔色を, 下まで, 不可, 不思議であった, 世間に, 中村屋の, 中間だけが, 人に, 今の, 今まで, 今日は, 他人の, 他流試合には, 余計に, 例によって, 俺などの, 先方から, 全体が, 出て, 到頭政治家, 勝手まで, 勢い強く, 危いんだ, 友情さえも, 古い書物, 可笑しいよ, 吐き方, 命を, 四日に, 困る, 変な, 夜に, 大丈夫だ, 大切だ, 大師が, 天秤を, 太古ながらの, 妙さ, 始終氷, 宙に, 宜い, 実に堅固, 家の, 家内で, 容易に, 寧ろ椅子, 少しも, 少し距, 居酒, 島さんは, 巡査に, 左様心得ろ, 帰って, 当分余り, 役に立たんのみか, 怖ろ, 我々の, 手を, 打たれ損, 抱きつぶして, 描くべき性能, 損じゃ, 旨く真直, 明日からは, 映像を, 是が, 時々少々ずつ, 月夜でない, 来年は, 東京さでも, 此処へ, 死屍ルイルイこれだけは, 毎月に, 毒物が, 気が, 永く木, 沖で, 浅ましい, 海の, 涎でも, 然う, 煙を, 用心しろ, 療治も, 白翁堂も, 皆んな分れ, 眠くなったら, 知らないん, 私い, 私は, 私も, 私知らさない, 米は, 糸を, 自ずと衰退, 自ら真相を, 苦情を, 見て, 見兼ねて, 見物が, 誰も, 貧乏徳久利で, 靴下一足買う, 養殖者は, 首は, 馬を, 黙ったまんま

▼ しまうもの~ (275, 2.1%)

36 である 1716 だから 15 です, では 7 だと 5 がある, なの, もある 4 だが, だった, らしい 3 か, だろうか, であると, ですから, ですよ, もありました, を

2 [16件] があった, だね, だよ, であった, であったならば, であります, であるから, であるが, であろうか, ですが, とがある, なん, のよう, はありません, もあれ, よ

1 [89件] ありその, かあいつ, かといっそ, かと思う, かと昔, かと間, かね, かもしれない, かも知れない, かも知れません, かわかった, か全く, か考えれ, があり, がありゃしない, がない, が今, が多い, が多かっ, が大, が実に, が少なく, が沢山, さ, さえできた, しかし白濁全体, じゃ, だからな, だそう, だという, だな, だなあ, だろう, つまり紳士荘, であったから, でありますある程度, でありません, でありカトリック, であり社会, であるか, であるに, でございます, ですね, でなく何, でまして, でみんな, で夜, で歌子, としてそれ, としてで, として見, とそれ, となった, とみえる, と信じ, と危まれ, と思わなけれ, と思われ, と思われた, と思われる, と断定, と考えられる, と見えますだ, と見える, ならあの, ならいくら, ならば, ならステージ, なら入れさせて, なら男子, なりしかど, にまさか, ね, はこの, はどうしても, は世間, は仕方, ばかりでありました, ばかりでした, ばかりと言っ, または百桝洗い, もあります, も多い, も決して, やすいから, より遥か, らしいん, 多きは, 来ないと

▼ しまう~ (239, 1.8%)

43 違いない 37 きまって 32 ちがいない 18 相違ない 8 ちがいありません, 限る 5 しても, 限ると 4 如くは, 決って, 違いありません 3 しては, ちがいなかった, 定って, 決まって, 違ない 2 かぎる, きまってる, ちがい無い, 忍び得ない, 相違ねえ, 違いあるまい, 違いなかった, 違いなかろ, 限ります

1 [38件] あったの, あらずや, おのればかりは, きまってるよ, きまってるわ, きまって居る, してもさ, しのびないで, しろ断わりなし, じゅうぶんな, ちがいあるまい, ひとしいこと, まかせて, 先だってもう, 到った, 及ばなかった, 堪えない, 忍びない, 忍びなかっ, 手間暇は, 極まって, 決まってるわ, 相違ありません, 至るでしょう, 若くは, 越したこと, 造作も, 過ぎない, 過ぎまい, 違いございませぬ, 違なかろ, 都合が, 限りましょう, 限りますよ, 限るが, 限るさっぱり, 限るの, 限るよ

▼ しまうので~ (236, 1.8%)

3 今度は, 私は 2 ござりまする, 上田屋も, 倍増しはら, 御座います, 肝腎の, 見世物としては

1 [218件] あとは, あとを, あまり騙す, あんな手紙, あんまり眠むたいばかりに, いちいちうそ, いつも母, いつも貧乏, いつも養子, うっかり種も, お前は, お姫さまの, かえるとき, きょう一日しか, ぐん, こういう深い, こういう設備, こうなる, ここに, この半球, この日, これは, これも, ござろう, さぞお, しかたが, しずさんだけは, すぐに, すなわちまた一つ, そういう処, そう簡単, そこでどうにか, そこへ, そのほう, そのままで, そのままの, そのまわり, その作用, その前, その味, その寂しい, その師匠, その形相, その後は, その心配, その無慾さ, その財布, その降参, その高粱飯, それが, それきり一切金魚は, それでお母さん, それではいくら, それは, ただ残っ, だんだん以前, ときどきパッパッと, ときどき足, ときに, どうしても縁, どうする, どうもこれ, どっこもしいーん, どんなにエライ博士, なおさら昏迷, なかなかうまく, なくて, なしに, なにも, なんにも言いたくなくなります, はござりますまいか, ばからしくなりました, ふだんは, ぼくが, めったに坑夫達, もう余り使われなくなっ, もう自然, もし聖者, もはやそれ, もはや矯正, ややもすればいい, ゆだ, よい料理, よこす米, われわれは, アイヌは, スパークは, ドアに, ヘチマか, ベルナアルさんを, 一人の, 一家の, 一層悪魔, 一度も, 一言二言いえ, 一郎は, 三人の, 三度めには, 中止, 中気で, 主婦の, 交通などは, 人間は, 今は, 今まで, 休みで, 公園の, 冴え渡った月, 劒沢とは, 十五六にも, 又の名を, 古いランプ, 名が, 向うでは, 問題は, 土地は, 土地馴れない, 地面に, 城太郎は, 夕には, 夜半の, 大分損を, 大助かりだった, 大洋の, 太十, 太郎冠者が, 女は, 子供の, 実はこんど, 容易な, 小さいもの, 小さな砂漠, 小林君が, 岩を, 巧みなる, 已を, 師匠は, 帰する, 平常の, 幾日を, 彼は, 彼女も, 後から, 後日の, 御下男, 恰度その, 悪むべ, 愛子は, 懲りること, 手の, 折角いい, 拳闘は, 摩擦熱の, 改札口は, 救われないほど, 日が, 是にも, 昼間だったら, 朝から, 次の, 正午に, 正当な, 武村兵曹は, 殆ど口, 残念ながら, 民子が, 気が, 気持が, 気軽に, 水としては, 油断が, 泣寝入りです, 淵の, 滋幹も, 漁師が, 無理な, 片手と, 目など, 相変らず, 眼底を, 石炭を, 碧虚両氏と, 私が, 私には, 種田も, 稼ぐ張り合いが, 笠原団長は, 紐を, 結局お互いの, 結局宿命の, 結局来ない, 聞いて, 肉の, 自分の, 自然に, 自然茎の, 舟は, 船に, 良人は, 葭原に, 衛門督は, 訓詁の, 証拠が, 話の, 誰にも, 誰も, 谷底は, 起こしたところ, 身を, 運が, 金を, 釣りも, 雑誌と, 雨漏りが, 非常な, 風通しの, 馬は, 駄目そう

▼ しまう~ (179, 1.4%)

21 いい 12 よい 3 好い 2 いいか, いいじゃ, いいん, 僕は

1 [135件] あったら城, あの婆, あの朱鼻どの, あの頃私, あんなところ, いいお前さん, いいかい, いいさ, いいぜ, いいぞ, いいって, いいでしょう, いいと, いいという, いいなあ, いいの, いいや, いいよ, いい問題, いい年玉, いい豚, いずれも, いわゆる異人, ええだ, おまえを, おれは, お雪, こうして猫撫声, このいそいそ, この子供, この焦げた, これは, これも, ごときパラドックス, ごとしと, さいわい今, さりとてニヒル, さりとて其, しかしやっぱり, しかし源氏, しっかりと, しばらくする, その中, その手, その端的, その雪, それだけ, それでは故, それと, それまでは, それも, ただ筋とは, ために, とたんに手, どうだ, どうだい, ましか, まだやっと四日目, むしろ慈悲, もう数え日, やがてまた, よいこう, よいでしょう, よいみせかけ, よい男, よかろう, よろしい, よろしいと, よろしいという, よろしゅうございます, わたしが, わたしこの, オチだ, ジイドの, ボル派の, マニラにまで, 一度は, 一方ならない, 一通り腹が, 一部は, 下戸は, 中には, 事実を, 二等車の, 今から, 今の, 以前は, 例であった, 信長は, 先生には, 典木の, 半年も, 反対に, 取り出して, 吉次は, 問題は, 団体と, 地底の, 大波は, 大阪は, 太田さんは, 好いし, 宜い, 実はこう, 実は俺ら, 実を, 小説で, 崖の, 市十郎は, 後者は, 惜しいと, 成長の, 教養豊かな, 敵は, 日本人は, 暫くし, 月は, 根は, 毛髪は, 気の毒だ, 治まれる御世, 猶太人, 理性や, 笑い声は, 結局やっぱり, 縁談な, 翌朝重信に, 聖徳太子の, 肥り肉, 自分だけは, 落ちや, 落である, 身なりは, 黙々先生, 鼻眼鏡の

▼ しまう~ (144, 1.1%)

4 しまわないうち 3 だ, わからない, 判らない 2 さもなく, して, する, それは, どうか, どちらか, なんだ, または自分, 分らない, 知れたもの

1 [111件] あとの, あるいはかえって, あるいははなはだしい, あるいは他殺, あるいは土地, あるいは重要書類, いずれかに, おたけさん級, さなく, さもなければあなた, さもなければこっち, さもなければ自分, しからざれば, したいと, したかったの, したその, しなければ, しまわないうち僕たち北極行き, しれない, しれないから, すこしは, するだけ, するだろうよ, するであろうほか, それでなけれ, それとも下郎, それとも他, それとも動物, それとも多く, それとも皆殺し, それとも親船, そんなこと, ただしは, たとえ焼かれなく, つまり此の世, である, です, でなければ又, でなければ完全, とにかくその, どうかという, どうかは, どうか知りたい, どうだ, どちらかに, ないし切腹, なにかの, またはたま, または光, または全く, または自然, まるで生きた, もうよい, もちと, もっと悪い, やはりさら, わかったもの, わからないよう, わからないん, わからない恐れ, わからぬ不安, わかりません, バラバラに, ホッホッホッどっち, 一千万円か, 両者同時に, 中途半端な, 予想も, 二つに, 何か, 余計な, 全身貧血の, 分からない, 分からないと, 分らないであろうと, 分らないと, 分らないという, 分らないほど, 分らないよ, 分らないん, 別に嘘, 又は, 又は縛り上げ, 収拾の, 吉良の, 命が, 和服に, 地の, 失って, 恐らく必死, 或いは相当期間禁錮, 或はまたそれ, 或は旨く, 戦うか, 殺されて, 気違いに, 焼き棄てるもの, 由良は, 百スーを, 知らと, 知れたもん, 知れないの, 知れなかったの, 自分が, 解らないよう, 誰も, 途中を, 離縁にでも, 飛んで, 馬鹿に, 鶏に

▼ しまうところ~ (132, 1.0%)

23 だった 17 でした 7 であった 3 だ, だが 2 があります, だったが, だったよ, であったが, でしたよ, です, なん, にある, にこの

1 [61件] かも知れない, から出た, があっ, がある, がお, がない, がわたし流, が一寸, が先生, が出来る, さ, だからな, だったけれど, だったぜ, だったと, だったの, だったのよ, だったん, だった襤褸, でありました, でありましょう, でさえあった, でしたし, でしたな, でしたね, でしょうが, ですが, なかなか大した, なの, に一瞬, に大きな, に藤村, の中途半端, の大, の存在, の形, の軽蔑, はちょうど, はないだろう, へ参ります, までと言い, まで一気に, まで飛躍, もあっ, もあります, も同じ, も見た, よろしい, をそう, をみとどけました, をよくも, を二人, を十分, を危, を書く, を片山, を見, を見ました, を見れ, 全く眼中, 面白いと

▼ しまう~ (130, 1.0%)

2 それに, 女の, 自分の, 良い人間, 長の, 面白くない

1 [118件] あたしゃ百いくつとかの, あとの, あまり尾, あるいは知識, いつまでも, いなごや, いまは, おかげで, おたね, お客さまに対しては, お父様, お米, お通, かつ, かんじんな, こっちでも, この頃, これじゃあ, せっかくはじめた, そうかと, そうなれ, そのほか, それから夫, それっきり鼬の, それにだいいち, それは, それを, そんなら, たくさんの, ちがった女中, とてもなまけもの, とても山越え, どう手, ひどいの, またちょうど, また暑く, また被害者, まちがわなくとも, まったく正岡さん, みなは, もっと重要, わたしは, コスモスの, バアーッと, パーヴェル・パーヴロヴィチの, ロッチェンが, 上の, 乗ってる者, 二度とふたたび思いだし, 今じゃ, 今度は, 便りに, 公爵夫人は, 兼八は, 凧を, 加うる, 午からは, 名人と, 嚊は, 四男五郎右衛門は, 圧制教育が, 地上は, 城太郎の, 城太郎は, 大きな声, 大工さんだって, 女たちは, 娘は, 子供たちの, 子供は, 室蘭横浜間は, 家の, 宿の, 宿屋でも, 小僧は, 庭の, 弾薬は, 彼も, 彼方の, 性格的に, 手持不, 捜しても, 授業中は, 支配人も, 旨く行っ, 暴れる吠えるほとんど, 朝起き, 木の根や, 本国まで, 李異は, 東へ, 校舎には, 正夫も, 武蔵の, 死ねば, 汝は, 流線の, 父上の, 牛肉を, 物の, 目が, 石垣は, 私は, 義元の, 肉など, 船員が, 菓子屋の, 血を, 観光客にも, 逆効果, 遣いぐせ, 雪の, 頑固であっ, 頭髪さえ, 顔色も, 馬騰, 鴎外の, 鼓や

▼ しまうまで~ (125, 1.0%)

3 見送って 2 ここに, 働いた, 双方全然, 母も, 私は, 聞きとれて, 見て, 黙って

1 [106件] あいつを, あかずに, あそびました, あの人, くりかえす, ぐったりと, こうな, この返事, こんなに世間, しばらくたたずん, じっとこらえ, じっとし, じっと坐っ, そうして居りました, その攻撃, その男, そよっ, だ, ちょいと, つ, でございます, なか, ほうきの, ぽかんとした, むちゅうになってあそびつづけました, もう二度と人間世界, もちこたえさえ, やって来るだろう, やって来るに, やろう, ゆうゆうと, ゾッとし続けた, ナオミは, バルザックは, ミサ子は, ルール関門の, 一句も, 一時間ほど, 一通りならぬ, 丘の, 二時でも, 人の, 他人の, 以前は, 休まらなかった, 伸子は, 何も, 何より大切, 何百年でも, 信一郎は, 僕は, 千世子は, 半七, 同じのろい, 夫人は, 寝通したい, 少女は, 山の上に, 幕間い, 彼の, 彼は, 待った, 待ってて, 待つん, 息の, 抵抗する, 押しきりたくなるの, 放さなかった, 暗い壁, 横に, 橋は, 死なないでしょう, 死体が, 気づかなかった, 気まぐれな, 海の, 海を, 男には, 発火坑には, 眼を, 睨んで, 私達は, 穀精納屋に, 空けたよう, 素知らぬフリ, 繰返して, 署長にも, 聞いて, 肉体の, 茂みの, 見届けなかったこと, 見極めずに, 見送りとろとろ, 見送りながら, 親分は, 話しながら, 読んで, 誰にも, 踊って, 長年の, 闇に, 離さなかった, 頭も, 顔から, 顧みられた, 飛行機の

▼ しまうつもり~ (117, 0.9%)

8 だ, なの 5 だった 4 だよ, です 3 だったが, だったの, だと, であった, であったの, である, でいた, なん 2 でしょう, らしい, らしかった

1 [58件] か, かい, かとびっくり, かもしれない, かも知れぬ, かも知れません, か又は, か諸方, じゃない, だからな, だが, だがね, だけれど, だったと, だなんて, で, であったが, であったし, であったところ, であったので, であったろうか, でありました, であろう鋭い, でいたんだ, でいよう, でいらいら, でいる, でいるらしい, でおりました, でございます, ですかい, ですから, ですが, でその, でだいたん, では, でふと, でも, でやっ, でレーヤーチーズ, で参りました, で吹い, で待ち, で近ごろ, で養父, と見えた, なぞは少し, なのね, なら, になっ, のよう, はありません, はなかっ, やない, よ, らしいの, らしくいっしんに, らしく早速

▼ しまうほど~ (96, 0.7%)

9 でした 6 だった 4 であった 2 である

1 [75件] あったの, いそいそと, おいしい, おまえさんを, お人, お美しかっ, きまりの, この年上, たくさん針が, だ, だったが, つまらないもの, でありました, であるならそれ, でしたのに, とめどなく枝葉, なぎさから, なのに, な始末, な激流, な魅力, はげしいもの, ふくらんで, もう深い, ヒステリックな, 交際を, 人的にも, 低く長く垂れ, 何百年もの, 厚くふんわり, 可愛がられたくないの, 大きい巨大, 大きなショック, 寂しく思われました, 小さくなっ, 庸之, 彼の, 彼らの, 忙が, 怖しい, 恋しく思います, 恐ろしい後悔, 悲痛また, 悶えて, 愚劣が, 感じやすい, 折檻を, 暑く土用, 気が, 決定的で, 沢山咲い, 涙を, 熱が, 熱心に, 珍妙な, 白くて, 真ッ赧, 短い期間, 空は, 突然由良, 続く, 耕しも, 背の, 腹の, 自分が, 荒れて, 血肉に, 追い払っても, 金の, 鋭い血走った, 長くそして, 駈けました, 騰貴する, 驚いた, 鷹揚に

▼ しまうわけ~ (91, 0.7%)

10 です 7 である, にはいかない 54 だが, にも行かない 3 がない, にはいかなかった, にはゆかない 2 でも, にはゆきません

1 [41件] か, さ, じゃない, だから, だからね, だそう, だった, だと, だね, であります, でしょう, ですから, では, なの, になる, にはいかず, にはいかん, にはいきません, にはいきませんでした, にはゆかなかった, にはゆかぬ, には参りかねる, には行かない, には行かないであろう, には行かなかった, にもいかない, にもいかねえ, にもいくまい, にもならず, にもゆかなかった, にもゆきませんでした, にも行かぬ, にゆかない, に行かない, に行かなくっ, に行かぬ, ね, はない, はなかっ, はなかろう, は無い

▼ しまうじゃ~ (89, 0.7%)

49 ないか 20 ありませんか 12 ないの 2 ねえか 1 いわからん, ございませんか, ないかい, ないですか, アありません, アねえか

▼ しまう~ (85, 0.6%)

7 になる 6 がある, もある 3 が多かっ, もあった 2 があります, が出来ない, が出来る, である, を思う

1 [50件] か, かもしれない, があっ, がありました, ができなかった, がズットズット, が出来たなら, が出来れ, が判るだろう, が堪えられなかった, が多い, が多く, が度々, が流行, さえある, だから, だけがせめて, だろうなどと, ってあるでしょう, であらう, とはなり, なん, なんか何, にし, になっ, になった, になれ, にもなる, のあまり, の出来ない, の出来る, はしなかった, はのこり, は出来ない, は辛い, は近代技法, もありました, もございます, もない, も出来る, も多く, も少く, も度々, も怖, も明白, も毎度, も空想, を何, を考え始める, を自分

▼ しまうなんて~ (75, 0.6%)

3 そんなこと, なんという 2 いうこと, ことが, 考えられないこと

1 [63件] あの執念, あの子, あまり万事筋書, ありえないこと, あり得ないこと, いかにも此奴, いったいどうしたし, いやです, うそっぱち, えこと, おかしかったでしょう, ここの, ここらが, ことは, これが, じつになんともいえない, そそんな, そんなばか, そんなひどい, そんなむごたらしい, そんなもの, そんな馬鹿, とんだこと, とんでもない, どう考え, なかなか喧嘩, なるほど毛唐, ばかに, ひどい奴, へんだ, ほんとうに, ほんとに可哀そう, まあなん, まったく考えられない, まるで惚れた, わたし信長という, 一体どういう, 一体どうした, 事出来ない, 云うの, 人殺しという, 人間の, 人間わざでは, 何という, 只事じゃ, 君は, 怪しからん仁, 日ごろの, 昔なら, 殆ん, 残酷な, 気ちがい沙汰よ, 男らしくない, 神さままあ, 科学の, 筋書の, 脅かしなすったくらい, 莫迦莫迦しい, 言いだして, 言って, 詰らないという, 誰でも, 金持が

▼ しまうより~ (50, 0.4%)

10 ほかは 9 ほかに 4 仕方が, 他に, 外は 3 ほかなかっ 2 ない, 外には

1 [12件] ほかありません, ほかには, 仕方の, 他は, 別々に, 外ない, 外なかっ, 方法は, 為方, 策は, 虫が, 馬鹿げた大

▼ しまうまでは~ (48, 0.4%)

2 風に

1 [46件] ある書物, いよいよ暇, おそらくそうであろう, こういう義理, こうしてわざわい, この手紙, そのいたずら, それ以外に, とうとう御, どうした, どうしても湖畔亭, なかなか分らなかった, まだまだ安心, やめに, ゆだ, ハナレの, 一が, 一人も, 仕合せと, 何にも, 余所行きの, 傍離れなされしません, 僕が, 充分慎重, 友人をも, 土地に, 安心が, 安心しなかった, 寸時も, 引続きますます多量, 形を, 彼らの, 待って, 死ぬまじ倒れまじと, 決して脱がなかった, 満足されなかった, 男女の, 縛られても, 翳す両手, 自分の, 落ち付く事, 見えてるよ, 見て, 身動きも, 選り好みなし, 静に

▼ しまう~ (45, 0.3%)

4 がある, もある

1 [37件] かな, かなと思った, があった, があったら, があり, があります, がいつ, がちっと, がよく, が主, が時々, だってあります, だってある, である, でした, です, ですのに, ですよ, ではなかっ, と人, などさえある, のため, のよう, の多い, の面前, は別, は話せない, もあっ, もあります, もあるでしょう, もあるまじき, もいます, もいる, も多い, も少く, よ, よりも道

▼ しまう~ (45, 0.3%)

11 がいい 2 がかえって, がよい, がよかろ, が本当, が良い

1 [24件] がいろいろ, がまし, がまだ, がむしろ, がよかっ, が倖, が優, が優し, が却って, が善かろ, が国家, が多い, が好い, が宜, が宜しゅう, が楽, が汚なく, が清潔, が益しです, が通常, が遥か, でしてね, ですもの, はまだ

▼ しまうには~ (44, 0.3%)

2 十分な, 忍びない, 惜しい気

1 [38件] あの人達, あまりにその, あまりに奔騰的, あまりに強い, あまりに無力, あまりに複雑, あまり奥床しく, あんまり意地, あんまり罪, いたらなかった, お延, かなりの, その言葉, それは, どうもすべて, なお聊か, アジア的範疇は, 一時間か, 五時間以上も, 何でも, 何週間かかる, 余りにも, 余りに人, 余りに複雑, 余り価うちの, 努力が, 年処を, 当るまい, 彼は, 忍びません, 惜しいから, 惜しいくらい, 惜しいし, 惜しい問題, 惜しくて, 若いの, 閉口する, 驚いた

▼ しまうばかり~ (44, 0.3%)

156 です 3 だから, だった

1 [17件] だいい, だと, だもの, だよ, だわ, であった, である, でございます, でなくある, でなくその, でなくそれ, でなくどんな, でなく当人, でなく彼女, でも, で常住, な勢い

▼ しまうはず~ (43, 0.3%)

10 である 6 はない 43 がない, です 2 であります, はありません

1 [13件] がありません, じゃ, だと, だという, であった, であったが, である隠しては, でしたが, ですが, では, のもの, もなかろう, もなし

▼ しまうかと~ (42, 0.3%)

4 思うと, 思うほど, 思われた 3 思われるよう 2 思われる

1 [25件] いうと, いうに, おもえば, たびたび思った, 云うと, 思いためらったが, 思いの, 思いましたよ, 思いましたん, 思い込んだの, 思うばかりの, 思う位永シ, 思った, 思ったが, 思ったほど, 思って, 思われた一瞬, 思われるほど, 思われる程びっくり, 恐れた町人たち, 惜しまれた, 申す目論見, 疑われる程, 見えた, 見えました

▼ しまう~ (41, 0.3%)

6 にはなれなかった 5 がする 3 がした 2 がし, がしなかった, でいる, なの

1 [19件] か, であったか, でいるか, でも, どしたの, なん, にあの, になった, になります, になれ, になれたろう, にはどうしても, にはなれない, にはまだまだ, にもなったろう, にもなれず, のする, の咎め, はない

▼ しまうほどの~ (39, 0.3%)

1 [39件] ある出来事, お辞儀を, かわいい服紗, ことで, はげしい胸, はげしい驚き, もっと深い, 人群が, 努力を, 変化を, 大きさ, 大発明, 小心者と, 尨大かつ, 峠, 巨人の, 底なし泥砂に, 弱い心臓, 思想が, 怪我じゃあ, 怪物かも, 恐怖の, 情熱で, 打撃を, 時間が, 根深いある, 残忍を, 決心は, 激動が, 無理を, 無碍の, 男では, 細いもの, 興味を, 話をね, 重さ, 重大性を, 重患なれ, 騒音が

▼ しまうだけ~ (37, 0.3%)

95 である 3 だった 2 であった, でした, です

1 [14件] だぜ, だったもの, だわ, であります, でございます, ですから, ですからねえ, では, でよけい, で事前, なよう, なん, 物自体の, 長い夜

▼ しまうそう~ (36, 0.3%)

9 です 8 である 2 だ, だから, だよ, な

1 [11件] じゃ, だが, だがね, だという, だね, で, である宿, ですからな, ですよ, でその, 云う場合

▼ しまうため~ (32, 0.2%)

2 か働く, だった, にその

1 [26件] か闇, さ, じゃ, その晩病, であるらしい, ではなく, でもない, なの, なま返辞, に, にこの, にはこの, にも批評家, にパン, に今夜, に協同, に彼, に敵意, に祖父, に私, に蝋燭, に遂に, に長い, の戦争, の本気, 一体どの

▼ しまう~ (32, 0.2%)

2 ゐる, ゐるの

1 [28件] いたらく, いま庄さんの, しかも雨, すゝめれる, はしつくり, また一人, まだ棚, よそに, ゐたよ, ゐねば, ゐるが, ゐる私, んも, 今年もを, 余等の, 使へん, 冬物を, 副詞の, 居なければ, 後三月昭和二十一年一月の, 椹野川尻に, 歯の, 爐の, 田舎で, 画家として, 萩も, 駄目です, 駅へ

▼ しまうとは~ (29, 0.2%)

2 何という

1 [27件] あまりにあっけない, あんまり意気地, いえ直ちに, きゃつ年寄り甲斐, じつに用心, なんというだいたん, まことに不人情, よくよく道, 何たる非道, 何んという, 余りと, 余りの, 勿体ね, 思いきった手段, 思わなかったこと, 思わなかったろう, 思われなかったよ, 恐るべき人物, 情けないこと, 情ねえ, 知らずに, 私も, 考えない, 考えられない, 考えられぬこと, 言うまいか, 驚くぢ

▼ しまうくらい~ (28, 0.2%)

2 であった, である

1 [24件] あるじゃ, いいもの, うっとりと, だ, だった, だらしなく, なら, ならいっそ, ならば, なら私, なら自分, ひどく痛い, 偶然を, 全然何, 冷やかであった, 十年一日の, 唐突に, 寒いん, 小三郎に, 毎日浪花節を, 毎日逆立ちを, 猛毒の, 肯綮に, 面白かった

▼ しまうほか~ (27, 0.2%)

9 はない 5 はなかっ 2 ない, に手, はありません 1 ないの, ないので, なかった, にはなんら, に仕様, の者, の親父

▼ しまう~ (27, 0.2%)

3 がある 2 が来る

1 [22件] かも知れない, がきた, がきました, が来, こそもう, せめては, である, でも私, と一度, など貞, なん, にかう呟いた, にこう, にも格別, に仮に, に心, のよう, はある, は善い, は失敗, までそんな, 濃くなる

▼ しまう~ (26, 0.2%)

20 それが 1 せいさん力持の, それも, みのさん, 約束でした, 考えだった, 面の

▼ しまう~ (23, 0.2%)

3 には行きません 2 であります, である

1 [16件] でございましょう, でしょう, です, ですから, ですが, では, で私, には参りません, には行かない, には行かないだろう, には行かん, にも行かない, にも行かなかった, にも行きますまい, に行かなかった, のもの

▼ しまうとか~ (22, 0.2%)

1 [22件] あるいはその, あんなとこ私, して, そういうプロバビリティー, そういう事, でもう, なんとか, もとの, ゆうべも, 云うこと, 云う話, 何とか, 働き盛り, 嚇か, 悪人の, 申すそう, 私は, 種々さまざま, 種々の, 義理を, 自然の, 麻布の

▼ しまう~ (22, 0.2%)

2 に腹

1 [20件] がっかりした, だ, だが, だった, だったと, であった, でありました, ですよ, に効果的, のさわぎ, の凄惨, の出来事, の恐ろしい, の根気, の決心, 浅い薄, 深い斬り, 烈しくなりました, 現実の, 身体を

▼ しまう~ (22, 0.2%)

4 はない 2 がない, だった, である

1 [12件] だし, だと, であるという, ですから, なのに, なん, のお, の金, はございますまい, はなかっ, は無い, もなかろう

▼ しまう~ (22, 0.2%)

3 がある, が多い, もある

1 [13件] あり或いは, があったら, があろう, が続出, などもあっ, のほう, の行為, はあるまい, はなかっ, は決して, もあっ, もありますまい, も居る

▼ しまうだけの~ (21, 0.2%)

2 ことだ

1 [19件] ことである, つもりで, ものだった, ものだろう, ものです, 事だった, 事で, 力を, 勇気も, 動力を, 土台は, 威厳を, 決心も, 洋画芸術に, 答に, 色香も, 証拠も, 話だ, 話で

▼ しまう場合~ (21, 0.2%)

4 が多い

1 [17件] がありうる, があります, があり得る, がある, がない, がよく, が多かっ, とがあります, には下, に無, の方, は往々, は自分, は話, も多く, も往々, を不安定

▼ しまうその~ (19, 0.1%)

1 [19件] ことが, ことにも, ときどこから, どっとなだれこん, ほか晋太郎に, イメェジが, 了見が, 位だ, 土地でなけれ, 女の, 家が, 底から, 日までは, 早さ, 最後に, 罰だ, 責任が, 酸素と, 量対時間関係が

▼ しまうのに~ (19, 0.1%)

2 相違ない

1 [17件] お前は, これを, そんな面倒, どのくらい, 一時間余りを, 一番早道です, 七, 三日も, 今日き, 十分だった, 気が, 況んや, 法水は, 目前の, 相違あるまい, 眠らないで, 長く耀

▼ しまうほう~ (19, 0.1%)

9 がいい 2 がまし, がよかっ 1 がいわゆる, がほんとう, がよい, が先手, が多い, が結局

▼ しまう危険~ (18, 0.1%)

5 がある

1 [13件] があった, があり, がたぶ, が実に, とおなじ, と何, の生じた, の非常, は問う, をはげしく, をふくん, を敵方, を有し

▼ しまうけれど~ (17, 0.1%)

1 [17件] あいつは, あの雲, えいッと, けっして, さりとて自分, しかしまあ, それは, つまりやはり, もしその, 中には, 人間は, 千鳥だけは, 少なくとも時々自分, 彼等自身は, 後から, 良ちゃんだけは, 辻堂は

▼ しまう~ (17, 0.1%)

6 がある 3 があった, がつい 1 があり, がありました, があります, があるらしい, のある

▼ しまうそれ~ (16, 0.1%)

1 [16件] がうまく, が妻, が紅色, が罪状, が自分, だから, のよう, はおそろしい, は城太郎少年, は此処, までは, も十六, も宜, よりほか, を冷たい, を怖

▼ しまうけれども~ (15, 0.1%)

2 しかも吾

1 [13件] そうなる, やけに, ロシアの, 不安の, 今の, 以前は, 使われる身, 団結した, 婦人作家を, 平気で, 心の, 戦利品は, 魂という

▼ しまうぞと~ (15, 0.1%)

2 云うから

1 [13件] おどかしたうえ, おどかすばかり, きついお, やにわに接吻, クリストフから, 勿論これ, 嚇したこと, 実物で, 彼は, 思った, 思つ, 気がついたもの, 驚かしても

▼ しまうまでの~ (15, 0.1%)

1 [15件] あいだの, こと, ことが, ことじゃ, ことだ, ことです, ことは, 少しの, 数年間伸子は, 時間について, 時間を, 期間が, 間が, 間だった, 間の

▼ しまう必要~ (15, 0.1%)

7 がある 3 はない 1 あり, があっ, はないでしょう, は全然, もあった

▼ しまう恐れ~ (15, 0.1%)

15 がある

▼ しまう運命~ (15, 0.1%)

4 なの 2 にあり 1 が気の毒, が自分, であったもの, であろう, です, にありました, にある, に立, を持っ

▼ しまうまでには~ (14, 0.1%)

1 [14件] お前たちは, そのくらいの, その火焔, その緑, どうしても何遍, なりませんでした, まだもう一つ, 何百年も, 少なくともそれから, 尖った岩, 思いの外に, 指導が, 絶えず偶然, 風説が

▼ しまう結果~ (14, 0.1%)

4 になる 1 たましい, となっ, となる, なの, になった, になったでしょう, にもなります, の事, をあせる, を見る

▼ しまうあの~ (13, 0.1%)

1 [13件] おそろしい武器, ときは, ひと時, ロフォーデンの, 人を, 場面を, 女が, 娘の, 気持です, 無為と, 程度に, 空々漠々たる, 見据えるよう

▼ しまう~ (13, 0.1%)

1 [13件] あたいちいちゃい, いかが, おっかさんに, それで, それに, ねえ何, みんな兄の, やけに, ッ, 何か, 女だって, 屹度, 縞の

▼ しまう積り~ (13, 0.1%)

2 だったの, でした 1 かそれ, かな箪笥, だ, だ己, であったらしいの, でいろいろ, ですよ, で通りかかった, やろ

▼ しまう~ (12, 0.1%)

41 さア金, さ命, ォ, 坐れ, 早く下り, 此方が, 泣顔する, 速かに

▼ しまうとも~ (12, 0.1%)

1 [12件] いいますし, いった, いって, うじッとして, 云った, 思えない, 思っちゃ, 早や, 知れません, 言える, 言って, 言われて

▼ しまうほどに~ (12, 0.1%)

2 毎晩提灯を 1 である, なった, なりました, 偶然とも, 全身に, 強力な, 無執着, 熱い涙, 物思いを, 萩や

▼ しまう人間~ (12, 0.1%)

1 [12件] がいくら, が何人吝嗇家, だ, でありもう, ですが, とを比較, のこと, の成功, もあるだろう, もうじゃうじゃ, も頼もしい, よりも尊重

▼ しまう~ (12, 0.1%)

3 なこと 1 だねと, なもの, な恐れ, な顔, になりました, に愁傷, に気, に見えた, を兼好法師

▼ しまうこの~ (11, 0.1%)

1 [11件] うずの, わたしが, 傷を, 夫人が, 家の, 持ちにくいしろ, 放浪画家も, 時まで, 点についても, 町にも, 習癖

▼ しまうといった~ (11, 0.1%)

4 ような 1 ひとな, ふうの, んです, 工合で, 調子, 風な, 風潮であった

▼ しまうとき~ (11, 0.1%)

1 [11件] であろう, になっ, にはいつも, にはこの, にはそのまま, にはもう, には友人ら, には庶民, にむす, にもお, に弁護士

▼ しまう傾向~ (11, 0.1%)

6 がある 1 があった, です, に対して前者, のある, を持っ

▼ しまうころ~ (10, 0.1%)

1 から吉田茂, その謎, である, になっ, になる, には海, は野菜, まだ日本, までせっせと, まで捨て

▼ しまうしか~ (10, 0.1%)

4 なかった 2 しかたが 1 ありません, ない, 他の, 出道

▼ しまうもん~ (10, 0.1%)

2 だ, だから, だが 1 かね, ですか, ですから, ですわ

▼ しまう~ (10, 0.1%)

1 からずっと, からままごと, にこうして, にみんな, に大急ぎ, に少なくとも, に岸本, に往来, に死ん, に自分

▼ しまう~ (10, 0.1%)

2 になる 1 からからり, だった, にはそれ, にはもう, にはやはり, には沢山, に彼, までに彼女

▼ しまうかの~ (9, 0.1%)

4 ように 1 ような, 二つだ, 二つに, 外ありません, 如く恐怖し

▼ しまう~ (9, 0.1%)

5 否や 2 ないか 1 ないの, 否や門の

▼ しまう~ (9, 0.1%)

1 がオチさ, じっと目, だった, であった, である, です, なので, の間違い, 実にわけない

▼ しまう~ (9, 0.1%)

2 だった 1 がある, だか, の作業, の方, の頭, は外套, もあった

▼ しまう~ (9, 0.1%)

1 から十七, だった, である, でしょうが, ですよ, なぞは面白い, などもあった, などを読ん, を睨ん

▼ しまう~ (9, 0.1%)

2 が来たら 1 が暮れる, が来る, のある, もあった, も折, を待つ, を想う

▼ しまうって~ (8, 0.1%)

1 あなたは, あの不具者, いうんで, そう容易く, どうする, 弱って, 言い出したから, 言うん

▼ しまうのよ~ (8, 0.1%)

1 おじさまの, きっと三月, きょうは, そしたらもう, それからこの, それが, ひどくて, 待ちに

▼ しまうまでに~ (8, 0.1%)

1 かの不断, こちら振向く, なったの, 一時間以上も, 三十秒も, 何かに, 打ち砕いたの, 自分の

▼ しまう~ (8, 0.1%)

2 がある 1 が出来た, に彼, の速, はさま, も大, を持っ

▼ しまうなどという~ (7, 0.1%)

2 ことを 1 ことが, ことは, ことも, やり口は, 論者も

▼ しまうのね~ (7, 0.1%)

1 ここへ, だから日記, わたしだって, 健坊は, 先生も, 現実の, 自分という

▼ しまうよりも~ (7, 0.1%)

1 もっと強い, 多い計画的, 少数の, 月に, 生きたまま, 私は, 種子から

▼ しまう傾き~ (7, 0.1%)

3 があります 2 があった 1 がまた, を示し

▼ しまう始末~ (7, 0.1%)

2 だ, である 1 だった, で, で同心

▼ しまう心配~ (7, 0.1%)

4 がある 1 から気持ち, の方, はあるまい

▼ しまう~ (7, 0.1%)

2 はけんめい 1 が人足部屋, だった, なの, の言葉, もこの

▼ しまうからと~ (6, 0.0%)

1 いうこと, いった, それは, 侍従が, 教えられる, 言いました

▼ しまうくせ~ (6, 0.0%)

1 があっ, がある, に, に今日, に何, に姉

▼ しまうくらいの~ (6, 0.0%)

2 税金の 1 ごくごく小型, 小さな声, 損を, 美しいひと

▼ しまうそして~ (6, 0.0%)

1 いつも我々, すまないと, その期間, その男, 自分の, 蒸餾水などとは

▼ しまう工夫~ (6, 0.0%)

1 が出来たら, だが, はないだろう, はないでしょう, をしたい, をしなけれ

▼ しまう~ (6, 0.0%)

5 れが 1 れも

▼ しまう方法~ (6, 0.0%)

1 である, でした, としてこの, と子供, は微分積分, をかんがえた

▼ しまう有様~ (6, 0.0%)

1 が見, だ, であった, なの, になり, は逃げ

▼ しまう~ (6, 0.0%)

2 なの 1 があった, で彼自身, も確か, らしい

▼ しまう自分~ (6, 0.0%)

2 をどう 1 になにか, の腑甲斐, の頭, を急

▼ しまう~ (6, 0.0%)

5 れが 1 が充分

▼ しまう計画~ (6, 0.0%)

2 です 1 がある, であったと, について繰り返し繰り返し, ばかりに夢中

▼ しまうかという~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 ことだ, 一つの, 風に

▼ しまうそんな~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことも, ところから, ところにも, 懸念が

▼ しまうとともに~ (5, 0.0%)

1 あらゆる困難, うしなわれ単なる, こんなこと, それ以外の, 駅の

▼ しまうとの~ (5, 0.0%)

2 ことであった 1 ことで, 事だ, 説も

▼ しまうなど~ (5, 0.0%)

1 そんな芸, とても一ヵ月, どう贔屓目, 心得たもの, 愚の

▼ しまうなどとは~ (5, 0.0%)

1 不人情と, 夢にも思っ, 夢にも気, 実に言語道断, 残念至極だ

▼ しまうなどは~ (5, 0.0%)

1 どう考え, まったく怪しから, 何と, 心憎い, 近ごろ愉快きわまる

▼ しまうなんと~ (5, 0.0%)

1 いうこと, いう乱暴, いう無慈悲, かして, 云う為組

▼ しまうんで~ (5, 0.0%)

2 せう 1 さあ向う, やりきれませんて, 誰でも

▼ しまう~ (5, 0.0%)

1 だが, だったの, のもの, も方々, 誠になんともはや

▼ しまう可能性~ (5, 0.0%)

2 がある 1 のある, のよう, は多分

▼ しまう~ (5, 0.0%)

1 がある, が多い, さえでき, もあった, を少なく

▼ しまう~ (5, 0.0%)

1 だった, なき業, なの, の寛大さ, はさすが

▼ しまう性質~ (5, 0.0%)

1 がある, ですから, でだが, のもの, の女

▼ しまう決心~ (5, 0.0%)

1 だ, でいる, もできず, をかため, をした

▼ しまう~ (5, 0.0%)

1 である, で最も, にあった, は相, は神尾主膳あたり

▼ しまう覚悟~ (5, 0.0%)

1 がいる, しろ, であったそう, であるから, でなければ

▼ しまう~ (5, 0.0%)

1 主催者の, 少くも, 瞳を, 私達は, 見送った

▼ しまう迄は~ (5, 0.0%)

1 たとい頼んだ, もとは, 五月蠅くそ, 何回でも, 誰にも

▼ しまうおれ~ (4, 0.0%)

1 がいる, はいや, は出府, は関係

▼ しまうこれ~ (4, 0.0%)

1 が人間らしい, は観念論, へ絡む, を何とか

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 こうな, そのうえ変装, ホラおいらを, 食用蛙が

▼ しまうぞという~ (4, 0.0%)

1 意味に, 最後通牒を, 甚だ辛い, 脅迫状を

▼ しまうだから~ (4, 0.0%)

1 いっそもと, せっかく西郷, 外海へ, 自分は

▼ しまうとしても~ (4, 0.0%)

1 それを, 一軒済ます, 彼女が, 良人に

▼ しまうなどと~ (4, 0.0%)

1 あの方, いうと, そんなにまで, たれが

▼ しまうのみ~ (4, 0.0%)

1 ならずこの世, ならず今, ならず足, ならず過去

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 それより, 必定と, 惜しいから, 惜しいよう

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 い, え, えと思った, 行けるん

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 あるし, おなじです, しまわないも, よし又

▼ しまう不思議~ (4, 0.0%)

1 なかげろう, なこと, な皮袋, な魅力

▼ しまう作用~ (4, 0.0%)

1 と同一視, もした, をした, を強く

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 である, はいくら, は幾ら, もある

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 にはそんな, の体, の議論, は思わず

▼ しまう彼女~ (4, 0.0%)

1 の極度, の横, はまるで, は訳

▼ しまう様子~ (4, 0.0%)

1 が若々しくなつかしい, です, で私, などの可憐さ

▼ しまう理由~ (4, 0.0%)

1 がまことに, じゃない, は, はない

▼ しまう考え~ (4, 0.0%)

1 だった, でありましたから, はない, はなかっ

▼ しまう~ (4, 0.0%)

1 が地方, だし, のひどい, の凪いだ

▼ しまうくらいに~ (3, 0.0%)

1 なるまでは, やって, 泣いた

▼ しまうそうして~ (3, 0.0%)

1 その分身, 今の, 当然その

▼ しまうそこで~ (3, 0.0%)

1 やむを得ず他, 危険です, 板から

▼ しまうたち~ (3, 0.0%)

1 なの, の女, の男

▼ しまうといふ~ (3, 0.0%)

1 やうな, 元気が, 氣もちだつた

▼ しまうとでも~ (3, 0.0%)

1 いうよう, 思って, 恐れたの

▼ しまうとまで~ (3, 0.0%)

1 信じて, 狂い出した, 狂い立つの

▼ しまうまでも~ (3, 0.0%)

1 ずっとずっと隠れ, 彼女の, 念仏し

▼ しまうやう~ (3, 0.0%)

1 な思ひ切り, な氣, に感じ

▼ しまうやつ~ (3, 0.0%)

1 だ, ですから, ではありません

▼ しまう~ (3, 0.0%)

1 ォ, チービソフさん, ハハハ

▼ しまうよと~ (3, 0.0%)

1 いったらば, 独言てど, 賺しても

▼ しまうよりは~ (3, 0.0%)

1 その方, ましじゃ, やはりその

▼ しまう人物~ (3, 0.0%)

1 が出, もある, もいる

▼ しまう以外~ (3, 0.0%)

1 にこの, にはない, に私

▼ しまう勇気~ (3, 0.0%)

1 があったろう, はありません, も出なかった

▼ しまう~ (3, 0.0%)

2 はない 1 には何

▼ しまう~ (3, 0.0%)

1 がある, が起り, もある

▼ しまう思い~ (3, 0.0%)

1 がする, で頭, にとらわれ

▼ しまう~ (3, 0.0%)

1 の形式, の貉, へのつよい

▼ しまう悪い~ (3, 0.0%)

1 やつだ, 癖を, 習慣が

▼ しまう早く~ (3, 0.0%)

1 しろ, とって, 言えば

▼ しまう時間~ (3, 0.0%)

1 のこと, の方, はない

▼ しまう財産~ (3, 0.0%)

1 だけなら, ならば, なら今

▼ しまう道理~ (3, 0.0%)

1 でございますから, です, ですから

▼ しまうあたし~ (2, 0.0%)

1 にばかり頼っ, を捨て

▼ しまうあと~ (2, 0.0%)

1 に残った, は戸口

▼ しまうおつもり~ (2, 0.0%)

1 ですか, らしゅうございます

▼ しまうかとばかり~ (2, 0.0%)

1 次郎吉は, 降りぬいた

▼ しまうかとも~ (2, 0.0%)

1 思ったが, 考えて

▼ しまうからの~ (2, 0.0%)

1 事である, 名と

▼ しまうがと~ (2, 0.0%)

1 彼の, 思う時

▼ しまうきみ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, はおじさん

▼ しまうくだり~ (2, 0.0%)

1 があり, やのち悪事

▼ しまうぐらい~ (2, 0.0%)

1 カゲリと, 松ばかり

▼ しまうぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ことなら, 調子で

▼ しまうけど~ (2, 0.0%)

1 あたしたちの, 誰が

▼ しまうこうして~ (2, 0.0%)

1 アポロンが, 置けば

▼ しまうここ~ (2, 0.0%)

1 が僕, においてか同じ

▼ しまうこんな~ (2, 0.0%)

1 寒村に, 面白い商売

▼ しまうしかし~ (2, 0.0%)

1 格別それ, 涌谷の

▼ しまうせい~ (2, 0.0%)

1 かと思う, でも

▼ しまうそういう~ (2, 0.0%)

1 ものこそ, 状態だった

▼ しまうそこ~ (2, 0.0%)

1 にある, へ外国

▼ しまうその間~ (2, 0.0%)

1 に一つ, に手早く

▼ しまうぞって~ (2, 0.0%)

1 そんなに云っ, 言って

▼ しまうだけじゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, ないの

▼ しまうだけに~ (2, 0.0%)

1 なること, 過ぎない

▼ しまうとかいう~ (2, 0.0%)

1 おどかしの, ことの

▼ しまうとね~ (2, 0.0%)

1 お花たち, ズボンの

▼ しまうどう~ (2, 0.0%)

1 したらよかろ, しようどう

▼ しまうなぜ~ (2, 0.0%)

2 か人

▼ しまうなぞ~ (2, 0.0%)

1 みなむこう, 亡霊でなけれ

▼ しまうなり~ (2, 0.0%)

1 シードを, 致します左様

▼ しまうなんぞは~ (2, 0.0%)

1 お話に, コロンブス以前だ

▼ しまうにも~ (2, 0.0%)

1 殆ん, 気に

▼ しまうばかりか~ (2, 0.0%)

1 時には, 路面には

▼ しまうみたい~ (2, 0.0%)

1 に店, よ

▼ しまうものの~ (2, 0.0%)

1 ほかは, 如く思わせるの

▼ しまうやも~ (2, 0.0%)

1 しれません, 計り難い

▼ しまうやら~ (2, 0.0%)

1 ここへ, また家政

▼ しまうよりか~ (2, 0.0%)

1 そうでも, それ以上の

▼ しまうわずか~ (2, 0.0%)

1 に残っ, 五日前に

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 あんた達の, 年寄りの

▼ しまう一方~ (2, 0.0%)

1 です, に赤ん坊

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 にもたいへん, に自分

▼ しまう了見~ (2, 0.0%)

1 でぶらぶら, なら矛盾

▼ しまう人たち~ (2, 0.0%)

1 ばかりだった, や無

▼ しまう人達~ (2, 0.0%)

1 ばかりだった, もあった

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 の世, の人間

▼ しまう仕掛け~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ しまう以上~ (2, 0.0%)

1 はその, はなんだかちょっと

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 だって打った, にもない

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 し善兵衛老人, し次第

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 の事, はいつもちゃんちゃん

▼ しまう場所~ (2, 0.0%)

1 にさえこまっ, に来

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 などには煩悶, の十時

▼ しまう女子供~ (2, 0.0%)

1 が多く, は外

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 がある, が面憎い

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 が多かっ, もあります

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 がそして, だった

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 れも, ろしい

▼ しまう恐ろし~ (2, 0.0%)

1 い死の, さであった

▼ しまう手段~ (2, 0.0%)

1 がここ, はあった

▼ しまう時分~ (2, 0.0%)

1 である, にはその

▼ しまう最後~ (2, 0.0%)

1 の日, までこの

▼ しまう欠点~ (2, 0.0%)

1 がある, もかえって

▼ しまう~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 と云う, にかよう

▼ しまう現象~ (2, 0.0%)

1 は中国文学, を

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 かどまで来る, のあたり

▼ しまう目論見~ (2, 0.0%)

1 がある, じゃ

▼ しまう相手~ (2, 0.0%)

1 が居眠り, であろうが

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 だの地獄, の葛城

▼ しまう程度~ (2, 0.0%)

1 である, の粗末

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 ではなく, と最初

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 が減ったら減った, が立つなれ

▼ しまう自分自身~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 だもの, は風

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 がはたして, や菅

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 でも知っ, を授かりました

▼ しまう規則~ (2, 0.0%)

1 になっ, を実行

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 がただ, のよう

▼ しまう計算~ (2, 0.0%)

1 となります, になる

▼ しまう記憶~ (2, 0.0%)

1 して, で取り押さえる

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 として語られ, なの

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 がぐらぐら, どりは

▼ しまう都合~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 そうな, 大事だった

▼ しまう鋭敏~ (2, 0.0%)

1 な六感, の才能

▼ しまう~ (2, 0.0%)

1 がない, がなかっ

▼ しまう雲雀~ (2, 0.0%)

1 もある, も多い

▼ しまう魂胆~ (2, 0.0%)

1 であった, であったらしい

▼1* [630件]

しまうひだに, しまうああいうもの, しまうあたりまたじつに, しまうあたり豊かな娘, しまうあどけない笑いが, しまうあの恐るべき年ごろを, しまうあるものに, しまうあんな子供の, しまういっそものを, しまういったい殿様は, しまういまは結核, しまういや何の, しまういわゆる人真似を, しまううえにぐるり, しまううちの師匠, しまうおい子供だって, しまうおれたちの一生, しまうお母さんが悪者ッ, しまうかかと思われた, しまうかくべつの理由, しまうかしらではおやすみなさい, しまうかすにきまる, しまうかとさえおもわれた, しまうかとばかりに縮み上がって, しまうかに困却するであろう, しまうかは人の, しまうからかも知れない, しまうからさおまえは, しまうからでもあったろう, しまうからともいえよう, しまうからにちがいない, しまうからには一日も, しまうからね気の毒だ, しまうからよ私が, しまうかわいそうに誰, しまうかわらかない, しまうかわりくだらないみっともないようす, しまうがなア, しまうがの早よ, しまうきまぐれな条件, しまうきりなの, しまうくらいが関の山であろう, しまうくらいしかできない状態, しまうくらいはお茶の子サイサイであろう, しまうぐらいな甘さ, しまうぐらいはわけの, しまうげに見える, しまうこいつに宛てはめたら, しまうこう口には, しまうこういうことに, しまうこっちでかかっ, しまうことそれを彼, しまうことそれゆえに個性, しまうこと以外にはない, しまうこと位その時, しまうこと子供の守り, しまうこと必定ゆえおそらく漢, しまうこと戦争とそれ, しまうこと桶の輪, しまうこと自身即ち住宅, しまうこと裾衣をふとん, しまうころ変な雲, しまうア悪性男此方へ, しまうさかいきっと堪忍, しまうさまざまな花, しまうしかもなんの, しまうしずかな光, しまうしはははは私しゃ宿なし, しまうじゃあないか, しまうじゃァないか, しまうじれったい人物であった, しまうすぐ真っ暗に, しまうすこぶるおいしいお菓子, しまうすべてが予定, しまうすんなりと志す, しまうそうした犯人の, しまうそうすると海の, しまうそうなると事が, しまうそぞろな空し, しまうそれとも殺させたと, しまうぞうそこから落ちたら, しまうぞなどと言って, しまうたぐいである, しまうたとえそれが, しまうため夜勤の労働者, しまうため立上ろうと, しまうため金を貰い, しまうだんだん日の, しまうだんなだな, しまうやない, しまうってんでほうぼうの, しまうついでにヒキダシ, しまうつまり素人芸です, しまうつめたい水, しまうてから行はれる, しまうてこそ初めて旧, しまうてなキレーに, しまうてねハツハハそこへ, しまう今やなき, しまうというじゃねえか, しまうというじゃあありませんか, しまうというてお父さんかんかん, しまうというほどにも不鍛錬未熟, しまうというもあれば, しまうとからだが, しまうとき俺は呆然, しまうとき室の中, しまうとこなぞよく, しまうとしてゐるの, しまうとたんに気が, しまうととどの結局, しまうとよ一丁位先き, しまうと共に其様な, しまうどうもね相場, しまうどんなに山が, しまうア, しまうなぞということは, しまうなどが極端な, しまうなども一策だ, しまうなにか狂猛, しまうなりという, しまうなんていう法, しまうなんてと怨んだ事, しまうによって出て, しまう僕は, しまうのでねあなた今度見, しまうのと可愛く両, しまうのにと思うこと, しまうのみか味方の, しまうのよねきっと, しまうばかりが能じゃ, しまうばかりじゃないか, しまうひどい毒薬だ, しまうぷつりと切れて, しまうべと思って, しまうほか何の役, しまうほどかもしれない, しまうほどにはして, しまうほどにも苦しくなった, しまうほんとうにこれ, しまうぼくは大抵, しまうぼくたちも彼, しまうまことに哀れとも, しまうまた元の, しまうまでしか栽培されず, しまうまでのであらうが, しまうまるで一疋の, しまうまるでもうお焼き下さい, しまうみさおだ, しまうみじめっぽくて, しまうみだらだと, しまうもしそうしなければ, しまうものすごさ, しまうやがて彼等の, しまうやむを得ずに南京虫, しまうゆえにいわゆる, しまうゆえ個体間の利他心, しまうよう厳重に抗議しな, しまうよう私は考え, しまうよってに, しまうよりはと千世子は, しまうゑゑどうなりとも勝手になれ, しまう見て, しまうアイゼンが煩わしかっ, しまうアラ恐ろしの, しまうエスピオは古, しまうオヤもう見えなくなった, しまうコックやアマ, しまうセメントなん, しまうタチですから, しまうチャイコフスキーの狂気音楽, しまうテイタラクであるから, しまうテナーの命取り, しまうトラックなどがある, しまうバクテリアの数, しまうビフテキを出す, しまうマヌケさ加減東京パレスはアベコベ, しまうモメントというもの, しまうユリがうしろ, しまうだから, しまう一例である, しまう一半の原因, しまう一品であったという, しまう一家の恩, しまう一日それ以上の仕事, しまう一機があり, しまう一瞬であった, しまう一箇の未成年者, しまう一週間でも随分, しまうやむを得ないので, しまう万全の構え, しまうけだ, しまう三河武士ではない, しまう下山家はお前, しまう下民の力, しまう不具の亭主, しまう世界のよう, しまう世間多数の人間, しまう世間的の自由, しまう両者の死, しまうの君, しまう中和剤の名, しまう中毒症状が軽い, しまう中西屋では僕, しまう九時にかれ, しまう了簡でもあった, しまう予感がこの, しまう事件があった, しまう事実を指した, しまう二人が帰る, しまう五体をどう, しまう交番につき出し, しまう交際に慣れ, しまう亭主が驚い, しまう人々が多く, しまう人書類配分をほとんど, しまう人柄だったので, しまう人間いつまで若く, しまう人間性を描い, しまう今宵ともなりがち, しまう今日の古参婦人指導者たち, しまう今日人類に生存競争, しまう仕儀とあいなっ, しまう仕方が無い, しまう以前からすでに, しまうをばお, しまう伝六もおよそ, しまう位いのもの, しまう位寺田は向こう, しまう位非凡な胃袋, しまう余裕がほしい, しまう余韻のない, しまう作家として苦しい, しまう作戦であったもの, しまうの方法, しまう信長の眼, しまう倉橋君は昨夜, しまうしい運命, しまう僕たち人間にとっていつ, しまうに対して不快, しまう先生三十銭御損, しまう唐紙の, しまう再会にも近かっ, しまうがきました, しまう冷酒をち, しまう出来事まで書き記す, しまう刑手首を切断, しまう初めて逢ってから, しまう別製のもの, しまう別製マスクであった, しまうもある, しまう刻限大分酔が廻っ, しまう前多計代に予告, しまう前後の一寸, しまう効果をもっ, しまう動機というもの, しまう動産不動産の価格, しまう勘定である, しまう勝彦では, しまう勢いがあった, しまう千両役者もあります, しまう喪心の, しまう博士も思っ, しまう危ういところを, しまう危ない加減の, しまう危険性のある, しまう原因になろう, しまうアンコール, しまう又八であった, しまう友だちをはげましました, しまう句切の言葉, しまう合羽の袖, しまうももう, しまうが食器棚, しまう唐松の梢, しまう国民もある, しまう土地をもらった, しまう地力がある, しまう地形でもある, しまう坊さんだから, しまう城壁も南京, しまう執着をさしも, しまう塩梅無類だった, しまう墓場だぜ, しまう壮観はちよつと比類, しまう変則釣りである, しまう外遊者の癖, しまうなん, しまう機関と, しまう大きな木々も, しまう大工もそれから, しまう大砲です, しまう大辻助手だった, しまう天火でもあれ, しまう天狗の心情, しまう夫婦がある, しまう失敗もまた, しまう奇術に似た, しまう女子の恋, しまう女狂い賭博狂いをするで, しまう女王に同情, しまう奴らを虫螻, しまう奴等ですが, しまう演技を, しまうな子, しまうが茶, しまう姿に於, しまう姿勢をとっ, しまうにたいするあの, しまう婦人と自分, しまうがいくら, しまう子供たちから受持教師, しまうもの, しまう宏闊な空, しまう宗教的キ印に類する, しまう実に多くが, しまう宿命を負っ, しまう宿命的なたより, しまう寂寞の感じ, しまうさは, しまう寸法がついた, しまう小太郎だった, しまう小屋へ寄った, しまう尾根続きの大, しまう川手氏のこと, しまう工合です, しまう工場の指定宿, しまうい仕組み, しまう己ア稼ぎじゃア夫婦倶稼ぎでなければなんねえに, しまうの侠豪, しまう希望程はかない, しまう帰りの時間, しまうったく云えば, しまう平一郎は冬子, しまう平常時の訓練, しまう年増女もあるだろう, しまう幻影ではない, しまう広々とした, しまう店先が多かっ, しまう廉恥ではなかったろう, しまう弊害を免れない, しまうのコップ, しまう形式である, しまうにしか立たないで御座いましょう, しまう役割を演じ, しまう径路にこういうふとした, しまうまではどこ, しまう後でお定, しまう心がけがある, しまう心地がし, しまう心持がどうしても, しまう心構えができ, しまう必死の術策, しまう志保はそれ, しまうさとだけ, しまう怒りがまた, しまうで新しい, しまう性分なん, しまう性格では大, しまう性癖がなけれ, しまう恐しい夢, しまう恐ろしい深淵です, しまう恐怖でたまらなく, しまう悩みについてあるいは, しまう悪癖がある, しまう悲しみを味わわなけれ, しまう悲劇的な宿縁, しまう惨状なので, しまうであったが, しまう意地のきたない, しまう意気込みでなくちゃ, しまうをくりかえし, しまう感じなん, しまう態度を取り, しまう憎い習性を, しまう憾みがある, しまう懸念の方, しまう程鼠, しまう我等の祖先, しまう我輩ではない, しまう力を, しまう戦火が収まれ, しまう所以でございます, しまう所得税をはらい, しまう扇風機をもっ, しまう手だてとはなる, しまう手はずを決めました, しまう手品の種, しまう手法がある, しまう手袋のよう, しまうもあった, しまう政治家のよう, しまう故方々へ隠し, しまう教育法なん, しまう散文化し方便化, しまう数日前いや数週間, しまう文三は余儀な, しまう料簡だろう, しまうういふ, しまう新聞に黒部保勝会, しまう方向へばかり行動, しまう旅人はたしか, しまう日本などではこういう, しまう日本選手の猛, しまう朝飯を, しまう映画俳優でいざ, しまうの半ばごろ, しまう春さきにこの, しまう春作なの, しまう時刻だった, しまう時彼は急, しまう時期に達し, しまう時機を夢見る, しまう時歌舞伎の生命, しまう時間平ったくいえば, しまう時首をかしげ, しまう暗い運命の, しまう暗殺者の役, しまう暢気極まる死, しまう曙光ともなり得ましょう, しまう曲り路に這入りこん, しまう最も危険な, しまう最初の芸当, しまうがたくさん, しまう本然坊主のケロリ, しまう本能の自然さ, しまう東京というもの, しまう松山は松山, しまう果敢なさを, しまう柳吉の性分, しまう根拠がいま, しまう根気は見上げた, しまうです, しまう森すべて鈍色をし, しまう楽しさである, しまうでないこと, しまう模様です, しまう権利があるだろう, しまう権幕で迫っ, しまう横綱だからと, しまう機会ははなはだ, しまう次郎吉はことごとく, しまう武士社会の鉄則, しまう武蔵であった, しまう武骨者ばかりであります, しまう死人に立派, しまうが殺された, しまう毎日の飯, しまう毒素としての, しまう気さくな梓さん, しまう気分心は見ず知らず, しまう気持になった, しまう気配が感じられ, しまう水底の石, しまう水戸老公を起用, しまうは馬, しまう没入して, しまうや池, しまう油断のならない, しまう沼地を掘りかえし, しまう泥棒渡世も絶えない, しまう活動はもっとも, しまう流儀であるが, しまう浅ましいものじゃ, しまうだで, しまう海戦だった, しまう涌谷さま松山そこもと十左, しまう深い文句それを, しまう深雪だけでも彼等, しまう清盛がわけても, しまう源氏であった, しまう滑稽さがある, しまう演劇じゃない, しまう烏これを見, しまううすれ, しまう熱帯地方では傷, しまう熱心家のある, しまうっちゃ, しまう父母も祖国ロシア, しまう父親であった, しまう特技もある, しまう状態に近づい, しまう狂人じみたラマ教徒, しまう猟士は山刀, しまうらしい若者, しまう現実のカテリイヌ, しまう現金な奴, しまう瑠璃子であったが, しまうであったの, しまう甚だ心細い訳, しまう生え際をし, しまう生きものは争った, しまう生活の些細, しまう甲谷の友情, しまうのまんなか, しまう病人や傷負, しまうを食前一時間, しまう目明しの黙々と, しまう相談をする, しまう黄な, しまう真夏の午後, しまう真夜中涙に濡れた, しまうだ, しまう瞬間にすぎなかった, しまう矜恃終日犬共に拍車, しまうかさであった, しまう破門を, しまう確信ができました, しまう秀吉の装い, しまう私たちの場合, しまう秘密だ, しまうに来る, しまうだろう, しまうの花火, しまう章句だった, しまう笑いであった, しまう二に, しまう算段でしたの, しまう算盤を置く, しまう精神状態が気に入っ, しまう約束であったの, しまう護謨製の, しまう紫苑は弱し, しまう細いしなやかな, しまう細君は畑むき, しまう細工は隆々, しまう結合であろうと, しまう結末となる, しまうを解い, しまう美しい天然の, しまう羽目になった, しまう習性がある, しまう習慣がある, しまう習癖がある, しまう仙人の, しまう老人に, しまうのなかっ, しまう者夜逃げをする, しまう職業に携, しまうだったかと, しまうさを, しまう腕前ならば, しまう腕力派もあり, しまう癒力とも, しまう自分等とはあまりに, しまう自警団員なら綱, しまう花瓶や茶碗, しまう苦痛に堪えない, しまう茶外套の頃, しまう草鞋なんぞをどうして, しまう荷物は何, しまう菓子でもやりたまえ, しまう落付き払った食慾, しまう葬法である, しまう蒙昧生活の艱難, しまう蒲公英がちゃらちゃらと鳴ったり, しまう藕糸を八合, しまうの残酷, しまうであろうと, しまう表現のみじめさ, しまう触れ合うも, しまう装置ですつまり, しまう西洋の旅, しまう西洋人と大, しまう要領で劇場, しまう見苦しいドタン場まで, しまう見込がない, しまうを換え, しまう誤りを犯し, しまうが何と, しまう越中では之, しまうへ若旦那, しまうじゃありません, しまう身上だ, しまう身代の為, しまう身軽さを知っ, しまう軽率放縦な結婚, しまう迄の極度に, しまう迷惑も考えず, しまう途方にくれた, しまう連中に比較, しまう遂には腹, しまう遊びをした, しまう過程があすこ, しまう部分の多い, しまう郷土芸術の伝統, しまう酔漢達の夢, しまう酷しさだ, しまう重い白いたわわな, しまう重大なこと, しまう野菊より棘, しまうですから, しまう長いというの, しまうの岳, しまう間がらではない, しまう間両手をせ, しまう間二人はとうとう, しまう間尺に合わない, しまう間尻骨の痛い, しまう間幸に母, しまう間祖母と病母, しまう陀羅尼など信心, しまう限り相手をも倒し, しまう雪子だったから, しまう青年がいる, しまう青年少女も居る, しまう音楽のない, しまう頃国男春江二人来る, しまう頃山川正太郎は涙ぐん, しまう頃村の入口, しまう順番だ, しまうを彼, しまう題材は早く, しまうの絵, しまうの怖い, しまう顛末から次第に, しまうであったから, しまう風土の特色, しまう食器とがあります, しまう食虫植物には小鳥, しまう飽気なさ, しまうを垂れ, しまう馬鹿力を持った, しまう骨身に泌, しまう鬼子母神の腹, しまう魔力を持っ, しまう魔法を知っ, しまう魔法インキがある, しまうがいる, しまう黒い線を