青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「すき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

じっと~ じつに~ じつは~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~ じゅう~ ~す す~ ~すき
すき~
~すぎ すぎ~ すぎた~ ~すぎない すぎない~ ~すぎる すぎる~ ~すぐ すぐ~ すぐれた~

「すき~」 2255, 24ppm, 4785位

▼ すき~ (426, 18.9%)

30 んだ 15 んです 14 のです 13 のだ 10 ように, 方へ 6 ことを, ものを 5 のを, 時に 4 の, のは, のよ 3 おみやげを, のが, ものだ, もので, 事を, 人が, 本を

2 [18件] え物, のか, ものばっかり, んだろう, 人であり, 人ほど, 人も, 位とれ, 女が, 女を, 子に, 所に, 方に, 物を, 男だった, 私の, 私は, 鷄二は

1 [243件] あいつの, あのマカリッチ, あの人, あの法親王, うたを, おさかな, おとなしい子, おともだち, お友だち, お友達, お方と, お米, お考え, お芝居, お菓子を, かたでした, かたです, くせに, くらいそこら, けもの, ことが, ことで, ことな, こと二つあり, そうしてちょうど, そしてもっと, たばこを, ために, だけ女, だけ板じき, だけ泣い, だけ重ねる, という, とおりに, ときだけ, ときに, とき人を, とこのぞいたら, ところに, ところへ, とこ見られる, のかい, のかしら, ので, のであります, のである, のでいつも, のでご, のでした, のでそれ, のでそれだけ, ので今日, ので御馳走, のね, のもしか, のよとおっしゃっ, のらしい, のネキット, はずだった, ひとが, ひとと, ひととは, ひとの, ほどやっ, ほど使いよる, ままに, みぞれ, みちで, ものから, ものが, ものであった, ものの, ものは, もの何でも, もの許り, ようだった, ような, りんごを, わけを, んだいこんな, んである, イギリス産の, エジプトたばこを, カイ, カイちゃんの, カイちゃんは, カシオペヤ, キヤラメルは, キヤラメルを, ゲルダちゃん, ビスケットを, マスノは, リスから, 一人の, 丈心を, 三ツ星さん, 亀菊さんが, 事が, 事の, 事も, 二人は, 京都へ, 人, 人々であった, 人々は, 人たちには, 人だ, 人です, 人でも, 人な, 人なり, 人に, 人の, 人は, 人はね, 人種で, 人種であった, 人自分の, 人間の, 人間氏よ, 仕事に, 仕事を, 伯母さんは, 伸子には, 位持っ, 作家の, 兄と, 処で, 処へ, 劇は, 勉強が, 勉強や, 北村さんが, 十九の, 千世子は, 半衿, 卵黄色の, 友だちな, 古人の, 古道具の, 名前考える, 壺を, 女であった, 女の子が, 妹は, 子だ, 子どもたちと, 子供が, 子供の, 子供らには, 子守唄を, 室であった, 小さい神さま, 小林団長が, 少女らしく, 年頃の, 彼女が, 御方でありました, 所へ, 手の甲の, 指輪だの, 探偵小説であった, 政党に, 政党を, 教えに, 文学書を, 文学物の, 方です, 日本人中野が, 星の, 時が, 時である, 時自分が, 時被, 晶子さんに, 曲は, 書物を, 服あつらえなさい, 本は, 柳を, 柿を, 植物研究に, 様に, 歌うたえ, 歌も, 歌を, 歌沢も, 海か, 点であろう, 熱を, 物で, 犬, 玩具を, 男を, 男をからか, 男性は, 白いひ, 相手も, 真似を, 神様でありました, 私には, 筈も, 納豆が, 素子が, 組み合わせでの, 結婚を, 綾子の, 者なら, 者にとって, 自分は, 花聟を, 花袋は, 芸者と, 若い人たち, 草深い小道, 葦の, 蘇小な, 見物の, 言葉は, 話題に, 讀書に, 豆の, 豹の, 赤烏帽子を, 身ごなしに, 連中だった, 連中は, 遊びは, 部屋へ, 都合が, 酒も, 野村の, 陽気な, 雨の, 青年を, 額と, 顔が, 顔芝居の, 食物を, 香を, 高踏的情趣を, 鶏の, 點は

▼ すき~ (350, 15.5%)

11 もない 9 からのぞい 7 から中, ができました 6 からのぞく 5 から外, がない 4 から部屋, がある, ができ 3 からじっと, からそっと, から手, から目, に目, のない

2 [19件] からそ, からその, からちよいちよい紫色, からときどき, からはいっ, からほの暗い, から下, から漏れ, から逃げだす, から雨, から風, があい, があります, に手, に見ゆる, をつくる, をねらっ, をもれ, 越しに

1 [232件] から, からあかり, からうっすら, からお, からおぼろ月, からかすか, からかれ, からここ, からこっそり, からこの, からささやく, からさしこん, からしわがれた, からすこし, からすべりこむ, からするする, からそこ, からそつ, からそとに, からそれら, からだれ, からでもはいっ, からでも出, からでも幽霊みたい, からのぞきこみました, からのぞき見, からはいつ, からはいる, からはきれ, からはその, からはなれ, からはひやひや, からはピストル, からは匂う, からは遠慮なく, からは黄金色, からひとり, からぼんやり, からまた, からまっ, からまっさきに, からまでハミ, からまるで, からむちゅうになってのぞいていた小林君, からもやもや, からやっと, からカーテン, からキラキラ, からチラッ, からビックリ箱, からローソク, から一本, から丘, から中庭, から仄, から伝書鳩アシガラ, から何気なし, から内, から内部, から冷たい, から前足, から北, から午後, から吹きこん, から声, から外一面, から宝石, から山, から息, から悲しい, から懐中電灯, から政子, から新聞, から新鮮, から星, から月, から月光, から朝, から来る, から東, から洗面器一杯, から消え, から涼しげ, から煙, から燈火, から甲板, から甲板上, から白木, から皮膚, から眞, から眠, から確認, から空気, から糸, から紅い, から脾腹, から藤枝はちよ, から裏, から見え, から見たら, から見る, から財布, から逃げだした, から透明怪人, から金色, から長汀曲浦, から障子, から隣, から顔, から黄色い, があっ, があつ, があり, がありました, がありません, があれ, がだんだん, ができる, がなく, がほそ, がみるみる, がわかる, が二十センチ, が五十センチ, が作っ, が星, が見わけられる, が通れる, だった, だらけです, だらけに, だらけの, ない様, なくあたり, なくおおわれ, なくつまっ, なくはりめぐらされ, なくみえる, なく一面, なく並び, なく並べ, なく吠えかかる, なく天下, なく文字, なく書いた, なく植え込んだ, なく立並ん, なく茂り, なく蚊, なく覆い, なく飾られ, などからじっと, にうまく, にかくし, にかける, にかご, にきらめいた, にその, につけこん, につんぼ, になにか, になりました, にむかっ, に双眼鏡, に右手, に外, に宮, に巨男, に投げ込み, に暗けれ, に朝, に板ぎれ, に片足, に生え, に足, に身, のある, のいちばん, のつっかい棒, のでき, のむこう, の中, の埃, の広い, の無い, の風, はあっ, はあります, はどこ, はない, は埋めたかった, へかくした, へずうっと, へひきつけられ, へ出くわす, へ山, へ強く, へ手, へ逃げこん, へ頭, もなかっ, も許さない, より寒き, より射し入る, をあちこち, をうかがっ, をしっかり, をしらべ, をつくりました, をのぞい, をはいる, をほじく, を作っ, を作り, を埋め, を声, を後続部隊, を残さず, を残し, を求め, を縫う, を虚ろ, を見, を見せ, を越え, を通して女, を通して火, を除い, を鮮ら, 林の, 洩れる明り, 鉄格子の

▼ すき~ (193, 8.6%)

7 なって, 乗じて 3 なりました, なれそう 2 きみは, するが, なった, なったん, なる, ぼくは

1 [161件] あいつは, あたりの, おなりでしょう, おばさんは, お思い, かれは, きっとこっち, ぐつと河下へ, こけ転んで, こっそり肉体, こつそり, こびとは, して, しなされ, すてぜりふ, すばやく一味, そのソフト, その人, その場, だれかが, つい菊王め, つけ込んで, とつぜん身, なったお客, なったと, なったという, なったね, なったらどう, なった魚, なってな, なつたらう, なにかやろう, ならせられる, ならない, ならなくっちゃあ, なりじき, なりましたが, なりません, なり王女さま, なるかも, なるところ, なるには, なるもの, なるよう, なれず, なれずには, なれったって, なれて, なれない, なれない態度, なれなかつたの, なれませんでした, なれませんのよ, なれるか, なれるもの, なれる物, なんか細工, にげなければ, のがれた, はさんで, ひとにぎりの, ふいに, ふしぎな, ふたたび鷲, べつの, またし, またどこ, まったくべつ, もう一度山吹き色, もう姿, ゆっくり責め立て, シロと, ソーツと, タイヤを, ボールが, ポケットの, ポケット小僧は, ラルサンと, 一斉に, 一軍は, 三公が, 下に, 人形の, 伊具越前ノ, 伊東は, 伝馬船へ, 何か, 何かの, 何事か, 例の, 全く姿, 円盤から, 勝つ, 十間とは, 博士に, 呂宋兵衛と, 呂宋兵衛は, 因ると, 城内では, 太刀川さんの, 夫は, 奥から, 如何にも爽快, 妙に, 嫂の, 守人は, 宝石箱の, 室外に, 家康を, 小太刀を, 小屋の, 山下君の, 岡の, 幽霊は, 彼は, 彼方の, 御なり, 心得顔し, 忍剣の, 思うの, 思われる, 手綱を, 文代さんを, 早いところ, 易々として, 月は, 横の, 河の, 泥棒が, 男は, 皆殺しに, 目あてと, 着物の, 知りつつ, 石見守の, 私は, 穴を, 純金の, 紙きれに, 結って, 結んで, 締めこんで, 縁側に, 聴衆が, 自転車を, 自領, 若い銀行員, 若者は, 蜂矢は, 行くん, 袖を, 警官隊を, 近くの, 逃げうせちまった, 逃げ失せたの, 過ぐる, 道化師は, 部屋から, 隣へ, 鞍馬の, 鷲が

▼ すき~ (190, 8.4%)

37 見て 25 ねらって 19 うかがって 10 みて 7 狙って 5 ねらつて 4 窺って 3 窺っては 2 ちょろりと, ねらっては, みつけて, めがけて, 見つけて, 食ふ

1 [68件] うか, うかがい一夜千々岩, うかがい伯爵夫人, うかがい箪笥, うかがう, うかがうため, うかがってるよう, えた富士男, かけながら, かけ何, きょうも, くぐって, こしらえて, して, つかれた, ねらいつめる, ねらい合って, ねらう身ぶり, ねらった一本, ねらった老婆, ねらつてと, ねらわれた様, のがさず五人, のがさなかつた, のがすこと, のがれた一疋, はずして, みせたらこの, みつけた, みては, もって, やったウイスキー, やるうまい, 上下し, 伺うそれ, 伺った, 伺って, 伺っては, 作らないよう, 利用し, 取って, 取る, 取るが, 失わず小手, 待って, 拾った, 持たずに, 持出して, 掠奪し, 機と, 気遣いて, 気遣ひ, 求めて, 狙われては, 発見した, 目がけて, 窺いう, 窺い宵, 見すまして, 見せたら切り返すからと, 見せるの, 見た, 見ちゃあ, 見ては, 見る者, 見出さないの, 覗っては, 閉めて

▼ すき~ (136, 6.0%)

14 ほつて 12 ほって 7 ほるやう 5 ほつた風 3 ほったつめたい, ほる風 2 ほったもの, ほった風, ほつた声, ほり, ほるばら

1 [82件] いうけれども, いうよりは, いわれたが, おしてそら, おしで, きまってから, くわと, したる黒餡, なぜ二つ, ほして, ほすばかり, ほったばら, ほった何, ほった奇麗, ほった手, ほった氷, ほった球, ほった硝子, ほった羽, ほった羽虫, ほった聲, ほった雨つぶ, ほった露, ほってくらい, ほつた, ほつたきれい, ほつたつめたい, ほつたばら色, ほつたほん, ほつたスヾメ蛾, ほつた大きな, ほつた河, ほつた海, ほつた球, ほつた硝子, ほつた秋, ほつた空気, ほつた綺麗, ほつた船, ほつた鼻筋, ほつてそこら, ほつて火, ほつて縞, ほらせる為, ほりせはしくせ, ほりゆく, ほりリチウム, ほりリチウムよりも, ほり外, ほり大王, ほり小さな, ほり青く, ほる, ほるつめたい, ほるほど, ほるまで, ほるもの, ほるガラス函, ほる位, ほる手, ほる死, ほる雨, ほる青, ほる青白, ほれる海, みえて, やるたっぷり, ゆとり, ゆとりとは, 云うに, 云う人, 云えませんけれ共, 全治ただ, 思って, 恋との, 承よき, 池の, 知って, 知れば, 船乗りは, 見えたもの, 見えるね

▼ すき~ (129, 5.7%)

3 あつた 2 ごぜえやし, すきで, な, ね

1 [118件] あつたらしく, あられる, あれを, いつしかペロリ, いつでも, いつも針, いらっしゃいますの, いろいろと, うまいという, おじさんの, か, かわいらしい機, ききは, こっそり研究, この画家, ござりまする, さして居る, すきな, ずっといろいろの, そこに, そのお孫さん, そのひかれる, その塔, その大会, その姿, たべました, たまらなくなりました, たまらん風, だれにも, とうとうこんな, とりわけよそ, ね大白猿, ね死ぬまえ, はたらくよう, ひまが, またそんな, また舞, むれるん, むれるんぢ, もしあなた, もし才気, もっともっと自分, もんぺいの, やって, やってるから, やってるん, よくたのまれ, よくアバレ者, よく傍聴, よく明智探偵, よく牛込, りっぱな, わたしたちの, わり合に, ウイを, ビールの, メンコや, ローラー, 一里四方の, 下手でございます, 中学時代に, 亀の, 二十ぐらいに, 今度の, 仕事が, 仕事も, 仲よしであった, 伸子が, 作文の, 信州の, 傘張に, 出て, 同じ絵, 商売は, 多分平和博覧会, 娘義太夫の, 家や, 寝て, 小学校時分から, 少し位, 屡々見るらしい, 常に読ん, 年の, 彦兵衛方にも, 從つて家中が, 御飯へも, 捕って, 教室に, 普通よりは, 暫くイタリー, 東京中の, 東京淺草の, 板前に, 毎度鹿を, 毎日ほとんど, 毎日殆どか, 洒落が, 焼跡の, 燕の, 理科を, 祖母と, 胸の, 膳の, 芝居が, 苦しいこと, 茶棚には, 虎は, 身ぶり手まねを, 遊んで, 酒の, 鉛筆の, 閑さへ, 面白い, 面白くて, 領地へ, 食事し, 飯を, 黒い大きな

▼ すき~ (95, 4.2%)

65 な, わ 4 ということ 3 と云う, ね 2 からそう, からです, というよう, と見える, のきらい

1 [59件] あそこに, か, からお, からその, からだろう, からという, からといっ, からね, からねえ, から伸子, から十一月十二月皆好き, から塾, から思わず, から手伝っ, から昨日, から百姓風, から美しい, がもう, がプリシヴィン, が三度三度ウナギめし, が働く, が文学, けどあれ, けらで, けれど, けれどもこれ, けれど取り, ことに旅費, そうで, ぞ, だから私達, だけで, つた, つた東京を, とああ, という, というの, という妙, という心情, という話, といっ, といったとき, といふ, とか誰, とどうしてもそれだけ, とは申しません, と云っ, と思います, と思ふ, と思われ, と母, と申します, と見え, と言った, なんて書い, ねえ, のう, もので, よすき

▼ すき~ (82, 3.6%)

6 なかった 5 ない 4 ないの 2 あったもの, ありゃしない, ないほど, なくなって, ならない, ならないといった, なりやしない

1 [53件] あったもん, あらば, ありゃしないとこう, ありゃしないのね, ありやしねえ, ありァ, ある, あろうかと, そよがないゆ, できないから, ないいわば, ないこと, ないと, ないぬ, ないので, ないもの, ないよう, ないん, ない理詰め, ない身なり, なかったら, なき, なくことごとく, なくしっかり, なくちょい, なくまとめる, なくヒシヒシ, なく二人, なく二十面相, なく人形ども, なく動いてる, なく武田伊那丸, なく決闘, なく用意, なく白足袋, なく突っ, なく繹如, なく金儲け, なしに, ならなかった, ならぬ世の中, ならん, なりは, なりますまい, なりゃしないよく, ハッと, 与えず彼, 与えず斬り立てて, 与えないで, 与えないもの, 出来ない, 機会も, 無い奴

▼ すき~ (62, 2.7%)

4 あると, あれば 3 ありません, ない, ないの, なかった 2 あったと, ありそう, ある, あるの, 無いん

1 [32件] あったが, あったこと, あったもの, あったら逃走, ありしだい, ありますわ, ありませんもの, ありや, あるかと, あること, あるらしい, あるん, ある様, うねうねと, できたの, ないからこそ, ないこと, ないでも, ないもの, ないん, なくその, なくなったの, なくなって, なく大きくふり, のこされた, 出来た時, 出来る, 出来厚, 無いの, 無かった, 見えて, 見付かりません

▼ すき~ (51, 2.3%)

4 を食 2 が東京, となっ, の方, も亦

1 [39件] かなんかで, から網清, が進出, するいろ, ってもの, って感じ, でささやか, でジョニ黒, で心, で飯, というの, という名, といふもの先, と東京, と称する, と関東, なるもの, なんか思いたっ, に三階, に必要, のネオン, の天下, の店, の支度, はなかなか, はやっ, へという時代, もできない, をする, をつくり, をはじめて, をやつ, を思い出す, を語った, を頼む, を食っ, を食べ, を食べた, を食わせた

▼ すきから~ (43, 1.9%)

2 のぞいて

1 [41件] さながら春, なかの, はいりこんで, ひょいとみる, もぐりこんで, わたしは, 世の中を, 何か, 出して, 外の, 外へ, 女の, 女将が, 寝息を, 巻いた柔か, 庭先に, 彼の, 昼はね, 林町の, 此方を, 毛深い胸, 流れるなか, 漏れる光, 漏れる焼きざかなのにおいをかぐと, 獰猛な, 生じた個性主義, 病棟に, 縞の, 縦に, 見える踊り, 覗いて, 覗きこんだ, 覗くいくつ, 覗くと, 誘惑に, 辛うじて自由, 農園の, 頭だけ, 頭を, 額へ, 風は

▼ すきです~ (32, 1.4%)

732

1 [20件] から, からたのしかっ, から毎日, がそれ, がよく, が其, が又, が甘い, きくだけ, しスティーム, の, のどうして, もの, わ, ワだから, ワ私, 冬の, 寿江子みたいに, 濃いこっくり, 荷風は

▼ すき~ (31, 1.4%)

2 ある様, ないほど

1 [27件] あとが, あるよう, ある心, いつまでも, さきに, ない, ないいで, ないたしかに, ないにせもの, ないまじり, ないよう, ない六波羅勢, ない室内, ない家, ない感じ, ない目, ない紳士振り, ない身, ない身装, ない顔, ようだ, ようで, ようです, 場にて, 有るよう, 穂, 翌日は

▼ すきだらけ~ (21, 0.9%)

2 だから

1 [19件] がむかし, だあんな, だった, だったらありゃしないまるで, であったが, でかえって, でしたが, で何, と乱脈, なは, なもの, な本郷, な気持, のみっともない, のよう, の人間, の枸橘, の様, の気持

▼ すき透る~ (21, 0.9%)

10 ような 3 やうな, ように 2 やうに 1 ばかりに青白い, ほど白い, 様な

▼ すきだった~ (18, 0.8%)

2 のです, わ

1 [14件] あの夢, からです, から会社, から店, から志願, じゃない, ね魚つり, のが, のさ, のでそんな, ばかりでなく, わね一寸, んじゃ, 赤いくつを

▼ すきやき~ (18, 0.8%)

3 うまくなし, 食ひ 2 屋が 1 きしめんに, ねぎの, まづかった, 会で, 会を, 僕は, 十何人で, 宮川さん一緒, 屋の, 青い葱

▼ すきまもなく~ (17, 0.8%)

1 [17件] そしてあまりに, なって, ならんで, 並び立って, 切りかける, 十重二十重に, 取りまかれたので, 張り渡されて, 満ちあふれて, 紅蓮白蓮の, 背中を, 脊中を, 逃げだす見こみなど, 通過した, 重なりあって, 野に, 鼠色に

▼ すき好ん~ (15, 0.7%)

2 で自分

1 [13件] であなた, でこの, でそんな, でべらべら, でわれと, で不親切, で名代部屋, で外, で憎まれ役, で放浪, で町人, で逼塞, で醜女

▼ すき~ (12, 0.5%)

2 なかった 1 ありませんでした, うまかった, ござりませな, しないだらうかと, せんか, どこにも, ないが, なく数学, 明日俺達総がかりで, 次といふ

▼ すき~ (10, 0.4%)

2 へす人 1 おねえさん, すきかなんて, たのしいかと, どうかしりませぬ, まく暫し, 富貴が, 寝てからの, 母親が

▼ すきという~ (9, 0.4%)

2 ので 1 ことに, ことの, ところ面白い, のは, のも, ような, 動機から

▼ すききらい~ (8, 0.4%)

1 だけです, にした, にもあんな, のぐあいはその年頃, の場合, の多い, を言い張った, 云うて

▼ すきでは~ (8, 0.4%)

2 ない, ないから 1 ありませんが, ありませんでした, ないの, なかった

▼ すき勝手~ (8, 0.4%)

1 なこと, なふるまい, な名, な雑言, に彼, に献立, に遊ん, をし

▼ すきなら~ (7, 0.3%)

1 おでし, これも, ちゃんとした, ば関取り修業, 一生織りつづけ, 受皿に, 水を

▼ すきっと~ (6, 0.3%)

3 した金, 立ったの

▼ すき~ (6, 0.3%)

2 見ゆるその 1 物こそ, 胴間常の, 胸間常の, 見ゆるまで

▼ すきでも~ (6, 0.3%)

1 あれば, きっと救われる, きらいでも, でも手紙, ないわ, なかった

▼ すき~ (6, 0.3%)

1 むかって, 仮面を, 押しこめたのち, 石を, 行く, 釣り下げたおもちゃ

▼ すき~ (6, 0.3%)

2 と禊ぎと, の事蹟, を学ん

▼ すきさえ~ (5, 0.2%)

2 あれば 1 あたえなかったの, ないの, 見出すべく動いて

▼ すきすき~ (5, 0.2%)

1 しくて, でもでも, と池, になっ, に嫂

▼ すき~ (5, 0.2%)

1 て, のできない, の箇所, をした, を企て

▼ すきかけ~ (4, 0.2%)

3 のよろしく 1 て幾代

▼ すき~ (4, 0.2%)

2 へあれ 1 からと思う, もわかった

▼ すきであった~ (4, 0.2%)

1 からそう, からといい, がこの, 絵ハガキを

▼ すきでした~ (4, 0.2%)

1 がお, がつて菜の花, のでこんなに, わね

▼ すきでない~ (4, 0.2%)

1 と云, 人は, 共産党や, 口ばっかりの

▼ すきらしい~ (4, 0.2%)

1 し恰度, と分れ, ものばっかり, わ

▼ すき~ (4, 0.2%)

1 の美しい, やら少し, を一つ買, を買

▼ すき透った~ (4, 0.2%)

1 ような, 皮膚に, 遠い遠い呼び声, 青さ

▼ すきたる~ (3, 0.1%)

2 紙なり 1 柳の

▼ すきだって~ (3, 0.1%)

1 ありゃしません, 云うん, 何にも

▼ すきである~ (3, 0.1%)

1 からといったところ, が瓶, が船

▼ すきばら~ (3, 0.1%)

1 のま, のまま潮, をかかえ

▼ すき写し~ (3, 0.1%)

1 したもの, をし, をする

▼ すき~ (3, 0.1%)

2 がかわい 1 が乾い

▼ すき~ (3, 0.1%)

1 と名, に売りつける, の旦那

▼ すきかって~ (2, 0.1%)

1 にそ, 聞いてるん

▼ すきかと~ (2, 0.1%)

1 いえば, 聴いたら煙草

▼ すきごころ~ (2, 0.1%)

1 に思わず, を疼かせた

▼ すきさうな~ (2, 0.1%)

2 婿が

▼ すきそう~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ すきだろう~ (2, 0.1%)

1 が, と思います

▼ すきとも~ (2, 0.1%)

1 大すき, 知らずに

▼ すきながら~ (2, 0.1%)

1 君の, 己が

▼ すきなく~ (2, 0.1%)

1 ならんで, 配置され

▼ すきにと~ (2, 0.1%)

1 いうまでは, ささやき声で

▼ すきにも~ (2, 0.1%)

1 なれば, 葛城の

▼ すきまで~ (2, 0.1%)

1 す, すから

▼ すきまとい~ (2, 0.1%)

2 うすきま

▼ すきもの~ (2, 0.1%)

1 にて人, の太閤

▼ すき~ (2, 0.1%)

1 と云え, 洗いも

▼ すきより~ (2, 0.1%)

1 うかがい見るに, 台所の

▼ すき~ (2, 0.1%)

1 ですね, なるかも

▼ すき切れ~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ すき徹る~ (2, 0.1%)

2 冷たい雫

▼ すき~ (2, 0.1%)

1 が来た, の女

▼ すき洩る~ (2, 0.1%)

1 現代の, 風に

▼1* [123件]

すきあなからお, すきいうまでもない, すきかげ隔てといへ, すきかってなまねを, すきかなんておっしゃるときらいになっちゃうかもしれない, すきからだはへとへと, すきからは小鳥が, すきがって居る人, すきがる事を, すきくわのは, すきこれからなにかさがしに, すきのみに従って, すきごろ和田金のこんろ, すきさげになさり, すきしくて好色, すきしみを立て, すきじゃないん, すきじゃあないこと, すきじゃというて, すきだけの巾の, すきだったりし, すきだったら二人が, すきだつたものです, すきやない, すきてから桃割れに, すきてによくうれ, すきであったかれはまき舌, すきでありましたのでこちら, すきできてもらった, すきでございましたらお会いくださいまし, すきでございますわ, すきでしたろうね, すきでしょうねえ, すきですきで始めて家族, すきでなかったといわれ, すきといふより畏敬, すきとを与えて, すきなおくさん, すきなき身が, すきなさいましたろうさ御飯, すきなしという拷問, すきなすゐせん, すきなすぐれた漢学者でした, すきなでしこむぎはとまめやはず, すきなどももうチャン, すきなまりなげをし, すきなるものから, すきなるほど太きを, すきにでも彼女と, すきにとり付いて, すき山ほととぎす, すきぬるもの, すきばいすき蝶など, すきばかりつけねらう仕打ち, すきばかりを覗つ, すきびいどろの玉をな, すきほどとなりに, すきまからこんなところ, すきまからじつとそれ, すきまから出ようとして狂気, すきまから出られるほどから, すきまだね, すきまだけはまだ, すきまなんかあるはず, すきまのあたりをじっと, すきやきでないととても, すきやき食ったのでもう, すきやばし尾張町, すきをも自分に, すき一つなかった, すき一刀を引きぬい, すき七時五十何分かにこちら, すき二人で食糧品, すき二国からし, すき余ったのを, すき切るまで思い, すき加減といひ, すき十四の夏, すき好んで凍え死んだの, すき嫌いの激しい, すき嫌ひでいふの, すき成るほど太き, すき支度はかいがいしい, すきオコチャンという, すき文壇人では久米正雄, すきはあまり, すきに照, すき本当にこがれる恋いしいの, すきなど並び, すき漏る風とともに, すき焼ばた焼, すき焼一寸つ, すき焼井上へ久しぶり, すき焼会がありました, すき焼勢の軍門, すき焼天プラすし等はほか, すき焼専門だが, すき焼屋大和ての, すき焼等毎日食べる, すき焼軍勝利のテンマツ, すき焼開始並びに神秘的, すきの心, すき畝傍の山, すき絵風を好み, すきどって, すき自分が激しい, すき自由に掘りかえす, すきなど, すき見するほどの性悪, すき透してしまつて, すき透つた青い眼, すき透つた光の世界, すき透つた水である, すき透つて見えた, すき透つて山を下る, すき透つて藻の蔭, すき透り低く燃えたる, すき透りたる壜の, すき透り吹きまはり, すきつたよう, すきもすきじゃ, すきわき差指揮役の, すき鬚葦にあらね