青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「す~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

じき~ ~じっと じっと~ じつに~ じつは~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~ じゅう~ ~す
す~
~すき すき~ ~すぎ すぎ~ すぎた~ ~すぎない すぎない~ ~すぎる すぎる~ ~すぐ

「す~」 14579, 157ppm, 679位

▼ すつかり~ (1545, 10.6%)

13 考へ 12 暗くな, 有頂天に 10 夢中に 7 安心し, 恐縮し, 氣が, 氣に, 私の, 興奮し 6 氣を, 良い心持, 葉を 5 きれいに, 平次を, 緊張し

4 [16件] それに, 元氣, 姿を, 悄気て, 悦に, 感に, 感心し, 截り離され, 手入れが, 昂奮し, 明るくな, 變つて居た, 酔つ, 閉口し, 顛倒し, 顫へ

3 [35件] これに, 上機嫌で, 乘氣にな, 仕度を, 僕を, 元気に, 元気を, 堅くな, 変つ, 変つた, 変つてし, 変つてしまつ, 変つてゐる, 変つて居た, 好い気持, 好きに, 嬉しが, 安心を, 度胆を, 彼女の, 御無沙汰し, 改心し, 春だ, 機嫌が, 気を, 町人に, 目を, 眤懇に, 自分の, 落着い, 退屈し, 違つた胸の, 障子を, 面喰つて居ります, 駄目に

2 [89件] あつしと, いい気持, おとなにな, お正月気分だ, お見, さめきつ, と見透される, ぼんやりし, 丈夫に, 上氣て, 仕事を, 仰天し, 信用を, 判つた, 力が, 卑屈に, 台なし, 呼吸を, 変つた処に, 夏にな, 夏の, 夜にな, 大人に, 大人らしく, 好い心持, 嫌に, 嬉しくな, 安心した, 安心しました, 年を, 当時の, 得意に, 御無沙汰しました, 心配し, 息が, 感心した, 感激し, 感違ひし, 態度を, 憂欝, 手に, 手を, 日が, 昔の, 暴風雨が, 有頂天にな, 朝寢を, 機嫌をな, 毛が, 気が, 気の, 汗にな, 洗はれ, 満足し, 用意が, 直つて, 眠りに, 眼の, 着物を, 私に, 秋だ, 秋に, 空虚に, 立派な, 羽を, 耄けて, 腹を, 自信を, 自分を, 自尊心を, 自然と, 自然描寫, 興を, 葉の, 葉桜と, 虎に, 裸に, 覺え, 角を, 話を, 變つた處に, 貴方の, 途方に, 道を, 醉つ, 醉つてしまつ, 霧に, 霽れ, 面喰つてを

1 [1076件 抜粋] あかくな, あたりま, あては, あなたの, あの娘, あんしんしました, いいん, いい気もち, いつもの, うだつた, うらはらに, おあり, おしまひ, おつかなく, おびえあがつてしまひ, おびえてしまつて, おまかせ下さい, おもて, お丈夫, お吉, お母さまに, お祭り氣分, お話し, お馴れ, かの行者, からだ, が, きまりが, ここへ, この商人, この青い, さう, さつきの, さらへ, すり減つた日和を, そのひと, その列, その後添の, その物語, その眺望, その蔭, それを, そんなこと, つなぎ合せました, でんと, とガツカリ, と拡げ, と晴れ, と神事関係, と解つた時, どぎまぎし, なかよしに, なくな, なくなつた, なまけ者にな, のんきに, の空虚, はいつ, はら, ひでり, びんば, ぶちこ, ほんた, みんなが, もう三国一, もう板, ものに, よい兄, よくなります, よろ, をさ, イギリスの, イヤ氣が, オドオドし, オロ, キキ等との, コケ落ち, ゴチヤゴチヤに, ソルボンヌの, タガの, テレ抜い, ドイツの, ハンドルが, フェヤウェーに, フラフラにな, ヘトヘトに, ベソを, ボロに, マツ裸で, ヤケ糞な, 一つに, 一人前に, 三人を, 三角にな, 上機嫌です, 上機嫌にな, 下つた, 下剤を, 下火に, 不機嫌です, 世帯く, 主人氣取で, 乘氣に, 了解した, 云はう, 人夫たちの, 人氣が, 人間を, 仄暗く, 今日の, 仕事が, 他意の, 仲好しにな, 佐平次を, 何う, 何もかも, 保護し, 信用し, 信用の, 修養が, 倦き, 健康に, 僕は, 元気が, 全快した, 其の表情, 其圖に, 冬に, 冬仕度が, 凋れ, 出揃つていつも, 初夏です, 初夏風景と, 判つてゐた, 刻込ん, 労れ, 効果を, 勞れ, 匙を, 午後の, 厭らしい, 參つてゐた, 反対に, 叔母の, 取り払ひ, 受持教師の, 口癖にな, 同じ泣き声, 同情を, 君の, 呑込んだ, 商賣替だ, 喰ひ, 噂通りで, 四散し, 固くな, 地方人らしい, 塗つたうすい, 壓倒され, 声が, 変つたあたりの, 変つたな, 変つてゐた, 変つて了つた, 変つて高流には, 変化し, 変形し, 夏でした, 夏姿にな, 夏景色夏心地だ, 外套を, 夜の, 大人にな, 大日向教に, 天の, 失つてカアテンの, 失望させられた, 失望した, 奥様が, 女に, 女嫌ひ, 女房任せ, 好い機嫌, 好い気嫌, 好奇心を, 妾は, 姉妹の, 娘を, 嬉しくなります, 季節外れにな, 学校へ, 宇野さんに, 安定し, 安心しち, 実にな, 家の, 宿題を, 寢そびれ, 寺庭に, 小室に, 少女らしく, 山中が, 巧く, 平らに, 平次に, 平静に, 年期を, 度を, 座を, 廻つて了ふ, 弱くなりました, 弱味を, 彌三郎, 当惑し, 彼が, 彼女自身の, 徒労で, 御店風に, 御無沙汰を, 復りました, 微禄, 心よく, 心安くな, 心細くな, 心醉し, 忘却し, 快くなる, 恐ろしくなり, 恥かしが, 息の, 悄氣て, 悄氣返つて居ります, 悪心を, 情熱が, 意固地に, 意気投合した, 愛想が, 感, 感動した, 感心させられた, 感心したらしく, 感心しました, 慘めに, 懇意に, 我を, 戦勝気分に, 戸惑ひした, 手拭の, 打明, 拍子抜けし, 指さきが, 捕虜に, 掃除を, 揃つてし, 改造し, 敬禮の, 敵を, 文壇から, 新しくなる, 新時代, 日は, 日本化せられ, 日蔭に, 明けは, 明け渡つて子供たちも, 明るくなつた, 明るく取拡げられ, 春だつた, 春めかしくなつた, 春景色に, 昨日の, 時代が, 時間が, 普段の, 暑さ, 暗い氣持, 暗くなつた, 暗くなり, 暮れきる, 曇つ, 有がた, 朗かに, 朝の, 本当の, 机の, 板に, 桑畠と, 楽に, 樣子が, 機嫌よく, 止絶え, 此の, 武裝し, 殘し, 毒氣を, 気に, 気嫌よく, 氣位が, 水田に, 江戸ツ子の, 沮喪し, 油斷し, 治つて了ひ, 沼波氏の, 泥だらけに, 泥を, 洗ひ清められた, 洗ひ落し, 流ちやんを, 浮世離れを, 海に, 海邊の, 深井君の, 準備が, 滅茶滅茶である, 滿足させた, 滿足した, 濟まして, 火に, 火星嫌ひ, 灰儘に, 灰色にな, 無くな, 無気力であり, 無駄話ばかり, 煙草は, 片付迄, 片附いたら, 物質の, 狂つてし, 狐に, 生彩を, 用意を, 異つて, 當惑し, 痛快に, 癒つて了つたと, 癒り, 白い霧, 白と, 白状し, 白状を, 皆さんに, 皆を, 盲目的な, 相好の, 相談を, 眞劍に, 眞黄色にな, 真に受けられ, 真赤に, 眠気が, 知つてゐる, 石で, 確定し, 磨いちやつた, 社の, 神殿に, 私を, 秋の, 秋赤とんぼと, 積み寄せられ, 空気だ, 窒息的な, 競馬フアンに, 精進に, 素直に, 結節も, 網を, 緊張を, 締めきつ, 繃帯に, 群青色と, 老齢に, 職工気どりで, 聽き入ります, 肉づいた, 肌を, 肥つて來た, 胸を, 脱けた親戚, 脳を, 腰を, 腹痛を, 自分が, 自殺者で, 興味で, 興奮したらし, 舌が, 良い心持ち, 色が, 色氣づい, 若くな, 若葉, 苦労を, 茹つて愚痴を, 草鞋まで, 菜つ, 萎氣切つて居りました, 落付きはらつ, 落胆し, 葉桜の, 蒼ざめて僕が, 虎にな, 蜜柑党に, 血に, 表書を, 裸体で, 西洋人らしくなり切る, 見えの, 覚悟を, 親に, 解つてゐる, 言ひ, 言葉といふ, 言葉の, 訓練され, 記憶し, 詠嘆的に, 誇張され, 語序の, 調べが, 調子を, 談し, 證明せられ, 變つたのさ, 變つた人間に, 變つてゐた, 變つて了つた髮かたちを, 變つて居りました, 變つて雲の, 貝の, 買つ, 赤くな, 赤化し, 赧く, 足を, 路を, 身に, 身体が, 身體中が, 轉倒し, 追ひ出され, 逆上し, 通りすぎてしまつた後で, 違つ, 違つてゐます, 違つてを, 違ひます, 選択する, 酒に, 酔つた酔つた, 酔ひがまは, 酔ひを, 醉つた, 醉つて居りました, 醉拂つてし, 金づくめだつた, 鈍つてし, 銀髮にな, 銷沈し切, 錢形平次の, 間拔けの, 防水の, 陶醉し, 陽氣にな, 隱れ, 集つたら, 雨だ, 雨戸が, 雨装束に, 雪に, 露店も, 靈公を, 青田で, 青葉にな, 静かな, 靜まりかへ, 面くらは, 面喰つた樣子です, 面喰つてその, 面喰つて居りました, 面目を, 音沙汰が, 頭を, 頼りに, 顏を, 顏馴染だ, 顔馴染に, 顫へてを, 食ひ, 食ひ尽す, 首垂れ, 馴染みにな, 高くとまり, 魂が, 鵜呑みに, 黄葉し, 黄金の, 默り込ん

▼ す~ (1173, 8.0%)

36 いう, 雖も 34 云ふ 19 いふこと 17 ある 15 いえども 13 いふ 9 云々 8 いふと 7 いうもの, 言ふ 6 いうこと, いへども 5 いふ事, 云, 云ふこ, 見ゆ 4 あり, いうの, いって, いふの, それは, 信じて, 謂ふ

3 [13件] いうとき, いうに, いうべし, いうよりは, いかにも可愛き, いふに, 云って, 云つてある, 平次は, 想像し, 申して, 稱し, 聞けり

2 [65件] あって, あるが, いい, いいその, いい出した, いうと, いうを, いう事, いえど, いえば, いふよりも, いふ如きは, いふ如きも, いわざるべからず, うぶを, しよう, せば, だと, だッ, とこの, なる, ふ, ふ安見児, めすとは, フロラも, 乗るべき自動車, 云うを, 云う積極的, 云つても, 云はば, 今度は, 伝えその, 卓の, 告げたり, 威かして, 宣言し, 屋形船は, 心得たから, 教の, 曰うと, 森には, 殆ど問題, 爲し, 石垣の, 私は, 称して, 納戸で, 緩い勾配, 聞いたが, 聞く, 聞くこの, 聞く間, 臭い, 袂を, 見れば, 言う, 言って, 言つた, 言は, 謂ふべきなり, 謂ふべし, 酒のまぬ, 鋭い光, 雖ども固, 駄菓子に

1 [743件 抜粋] あたりが, あたりは, あり其次, あるから, あると, あるなど, あるばかり, あるも, あんな妙, あゝと, あーと, あーとの, いいます, いい二四〇巻, いい信仰者一名, いい重忠, いうから, いうが, いうべきである, いえよう, いえるを, いかにも大儀そう, いくらか心, いけないから, いったら, いつた御, いでましたま, いは, いはれしも, いはんばかりに, いひて, いひ孫子, いひ管仲, いひ關尹子, いふか, いふかど, いふが, いふにや, いふべきである, いふわけ, いふ以上, いふ所にて, いふ流義で, いへるも, いわねば, いわゆる洗湯, いわれたが, いわれて, いわんばかりに, うぶや, おずおず壁上, お園, お奈加, お紋, お胸, かならず骨傷, かれは, き, きかねえぞ, こっちにも, この時間近く, これも, これらは, ございます, ごー, さへ, しいんと夜, したら茂山, しようか, すぐに, すと, すばらしく上手, する, すると, すれば, ずらりと車座, そうだった, そこから, そこへ, そのことば, そのま, そのまま風, その味, その壁, その復讎, その時神社, その次に, その美し, その足, その身体, その間から, その顔, それと, それなり口を, ただそれだけ, たちまち歩き去った, たましき, ちやうどかうした, とんす, とんと, どうも反響, どちらの, なす, なすもの, なりますと, なりやせうからの, なるほどそこ, なるほど地引網, なる但し, ばらの, ひとしく, ひとは, ひと様の, ふとこんな, ふら, ふ汝, ほぶの, ぼんぼん時計花瓶の, また雨, まもなく戦況, みえず, みのりあらばこそ, みゆ, もう姿, やがて帰っ, やや久しく, やや拠り, わが弟子ども今後俗家, わけも, われにも, アクが, ガラツ八を, グスタフソンと, シャムでも, スッと, タツノは, タンカを, ッと, ハ此直次郎きす, プツと, プリニウスは, モツレルばかり, ーぶ, ーんと, 一同急に, 一度は, 一時に, 一気に紙帳, 一般に, 丁度その, 七八十名の, 七日めの, 三浦半島の, 上の, 不在地主みたいに, 不氣味, 丘の, 中は, 主人の, 九つの, 乾き切った往来, 乾き切つた往來, 二つの, 二三間飛退つ, 云々件の, 云々同夜火葬す, 云々此輩悉く, 云い, 云いやすけれど, 云う, 云うから, 云うこと, 云うと, 云うは, 云う不, 云う大, 云う条, 云う灌頂, 云う精神, 云う自然, 云う訳, 云う話, 云う論語, 云ったの, 云ったよう, 云つた方が, 云つてゐました, 云は, 云はれ, 云ふから北寮丈に, 云ふから十五から, 云へ, 云へど, 云も, 云わんか, 些と, 京に, 仕事が, 他に, 以後承知せぬ, 仮定せ, 伊太利の, 伊集院が, 伝えたの, 伝えて, 何か, 何ぞ夫, 何だか遣る, 何やら低く, 何時の間にやら, 何時私が, 何處も, 促音化した, 信じたであろう, 信じ崇拝, 信ず, 信ぜざるなり後者, 信ぜられた, 信ぜられたもの, 信ぜられたれば, 傍らから, 僕は, 兄妹が, 先ずこんな, 入口の, 全く疲れ, 其處に, 其處は, 円朝の, 処々に, 分けて, 切の, 匕首を, 十束の, 危険な, 厭に, 口先で, 口説くかも, 叩き伏せて, 右近丸は, 同じ事, 同時にあわよくば天下, 同時に僕自身, 同時に天下, 同時に氣息, 同時に泣き倒れた, 同時に猿殿, 同時に皇帝, 向うへ, 告げ召喚, 呼ばるるほどに, 唱ふる, 唱へ, 喜太郎が, 嗽いを, 囁き声と, 四方は, 土人いへり, 圧倒的に, 声明した, 声言し, 夜明近く, 大いに叫んだ, 大変な, 大平の, 太郎は, 夫が, 奏す, 奧平さんといふ, 妾狂人に, 姉上の, 子供が, 子供達の, 実に簡単, 宣言した, 室内の, 宮は, 家の, 家光の, 密と, 尋ぬる, 小庭, 小暗い家蔭, 居ります, 山, 山の上で, 岩角に, 崖の, 左へ, 巷の, 庭の, 弥次, 後が, 後戻りする, 心得て, 忌わしき使者, 思った, 思ったの, 思はんか, 思ひながら, 思ふ時, 怪しの, 恥に, 恰度加藤が, 想像せりと, 感ず, 扉は, 手に, 挫げたやうに, 振りむき, 掠めて, 播磨は, 数十回も, 斜に, 断言し, 新たに, 既にまばら, 早速見とがめられ, 昔は, 春の, 曰く鍋で, 曰ひ, 更に怖, 書いたや, 書いて, 書きいると, 書くなんて, 杉野は, 東西に, 枕元に, 果して笹尾, 果せるかな, 柏餅の, 極まったの, 欠伸を, 次第に本, 欺さない, 死者達の, 殺されるぞ, 水牛必ず, 水蒸気さえ, 江戸中が, 決議し, 消える処, 渋団扇とか, 湖水は, 湧き上がるやう, 漸次机上, 潟の, 火を, 為し中, 為す, 為すなり, 熊谷が, 爲したる, 片手切り大刀宙へ, 牛乳中の, 物音は, 特筆し, 特記されなけれ, 獅子王の, 生垣の, 申し伝えられて, 申すけれども, 申すに, 申すは, 申す瓦, 男の子はくくく, 画家が, 番頭の, 百獸の, 的の, 直ぐに, 直ぐ別れた, 真くら, 真暗で, 矢も, 矢を, 短刀一口, 石の, 確に, 確信し, 私の, 称えながら, 称し火薬, 称する予言者, 称せらる, 称へ, 穀賊さて, 窓の, 立ち騒ぐ漁師, 第一番, 答えた, 答へ, 答白し, 約束し, 紙片に, 細木と, 結合した, 締めるやう, 縦一すじに, 罰せられること, 羅什は, 翌日逢蒙, 考えられし条件, 耳の, 聞いて, 聞えしかば, 聞えた, 聞えたり, 聞かば, 聞きその, 聞きて, 聞くやいなや, 聞く人々, 胸を, 脊負梯子に, 自分の, 至って容易, 若し, 草の, 華やかな, 蒸気は, 藻西太郎は, 表現の, 見え, 見えしが, 見えたりと, 見えて, 見せながら, 見ゆべし, 見るを, 覚しく灰色, 覚ゆや, 解したの, 觸れ, 言いはったとか, 言いました, 言うべし, 言うも, 言えよう, 言えり, 言った, 言ったら大, 言つた挙動が, 言つては, 言はれ, 言ひ, 言ふこ, 言ふべし, 言わねえばっかり, 言われたり, 記された, 記して, 詠めり, 誇るなるべしいざ, 誇称する, 認められ発売, 誘ったが, 語序は, 説かれた, 説く仏教, 誰も, 謙斎が, 貧乏神は, 貸して, 足跡は, 蹄の, 身を, 転じたの, 載す, 辞書に, 辞表を, 近くの, 近間の, 述べて, 述べ孟子, 遥か下の, 酒飲まぬ, 重豪は, 野郎も, 銘仙, 鍵穴が, 阿片戦争以来各国の, 雖今に, 雖其要點は, 雖社會國家の, 雖間葛藤を, 離れ, 霞棚引き隔てつる, 青色の, 非常な, 響は, 題したる文及此頃, 風が, 食事を, 食料に, 驢馬の, 骨格逞しい, 黒の

▼ す~ (854, 5.9%)

54 である 2719 であった 14 でした, です, では 12 だった 7 であったが 6 じゃ, だと, はな, を聞い 5 であるが, は, 上に 4 だから, だが, だつた, まに, ように, を見る, 公開状を

3 [11件] か, が, が好き, ことは, こを, さへ, だろう, ぢや, であるから, は容易, も無理

2 [51件] うち, かえ, がお, がその, がもっとも, が何より, が厭, が心, が気の毒, が落葉, が面倒, こが, この中, であって, であります, であろうか, でございます, ですか, ですが, ですと, と星, は人, は何ん, は名聞, は外, は失礼, は實, は当然, は罪, ひきだしの, もその, やが, をさ, を待つ, を止めない, を轡頭, んで, 中の, 位地に, 外には, 大監督, 太甚しきや, 形を, 必要なく, 決議を, 理を, 花が, 花を, 道は, 間に, 障子の

1 [491件] あいだこの, あいだに, あいだの, あしに, あったこと, あること, いい女, いい浴衣がけ, おしろには, おしろの, おしろへも, おぼろ, かい, かいの, かけら, かこの, かこれ, かそれ, かと思っ, かと恐懼, かね, かねだとさ, かへつて, かみが, かも知れない, かも知れねえ, か宮, か肩, か院, がある, がいや, がきっと, がすでに, がたまらなく, がほんとう, がまこと, がわし, が一番手輕ぢ, が一番確か, が一貫, が不自然, が今宵, が何, が何となく, が俺, が即ち, が合理的, が商売, が多い, が大勢, が大好き, が実に, が小春日和, が希望, が常, が常道, が役, が恥, が悪い, が悪から, が惡いや, が慣, が慣ひで, が我慢, が断ち切れぬ, が新聞, が普通, が本意, が楽しみ, が武士, が現に何より, が生, が癪, が相当, が私, が穀, が第, が精一杯, が習, が習慣, が聞える, が自然, が至当, が適当, が間違っ, が面白かっ, こ, こには, このよう, この上, この左手, ころに, こんに, こ完成, さえ恥, じゃあ, じゃあるまい, じや, すか, そばにおいて, そばの, だこれら, だそう, だつて, だとか, だとも, だなア, だらうと, だらう私, だらう鳥, だろう私, だ現に, であった田舎, であらう, でありそして, であると, であるとの, である返送, でございましたが, でございましたらこの, でございましたらその, でございましたらまた, でしたらかわいそう, でしょう, ですからね, ですって, ですよ, でなく宴, でなく覗くよう, でも, でも強いる, で御座いませうが, ときでありました, ときの, とこで, ところへ, ところまで, とでは大, とはちがっ, とは大分事情, とりぞ, と凝る, と同じ, と幾度, と殆, と殆ど, と白刄, と結果, と違つて, ないこと, なかなか骨, なかにはね, ならしかた, ならその, ならヒルトン, においが, においの, にね, にはホント, には僅, には南方氏, には如何, には適当, にほひふふむ, に先立っ, に十分, に反し, に用いる, に都合, はかかる, はこの, はこれ, はご, はしかし, はしのび, はその, はそれ, はなお, はまだ, はやっぱり, はわけ, はワケ, は一つ一つ, は不名誉至極, は世間騒がせ, は中, は二階, は人里, は今, は何, は何だか, は例, は働き, は兎, は兎角, は全く, は六ヶ敷, は内裏, は判っ, は夕方, は大, は大切, は大嫌いさ, は天下, は太, は好き, は如何, は如何にも, は尤も, は年甲斐, は張合, は彦兵衞, は徒ら, は必要, は思ひつき, は恰幅, は悪い, は惜, は惜しい, は按摩, は損, は斯ん, は日常茶飯事, は日本酒, は昨夜治郎助達, は本意, は止めろ, は此, は無情, は無知, は特に, は独断, は猶, は甚だ, は生理学者, は田邊獨歩, は男子, は目ぶん, は真に, は私, は竹筒, は素子, は老人, は考えもの, は考へ, は興行師, は落語的, は街灯, は褒める, は許し, は誤り, は誰, は遊女, は遜つた, は遠慮, は野球, は金, は間違い, は面倒, は音頭, は馬鹿氣たこ, ふちから, ほほほほ, みたてる蓮, もあった, もあります, もい, もお, もこの, もしばしば, もそれ, もどう, ものてんぷらなどに, ものに, ものを, ももっとも, もやつぱり継母, もやめ, もよから, も不憫, も二週間過ぎ三週間過ぎ, も亦, も人, も今, も仕方, も何だか, も億劫, も儚い, も共に, も其, も可哀相, も同じ, も大儀, も忠, も時, も此, も残念千万, も気の毒, も決して, も良法, よき朝光, よさ, よしな, を, をお, をどすおさく, をわざと, を何だ, を例, を名, を喜ん, を堪へ, を寧ろ, を差, を巴里, を常, を強, を待受けた, を後, を感じた, を憂ふる, を橋, を止め, を潔し, を特色, を甚, を目的, を眺め, を知つて, を衷心, を見, を覚えた, んなら, んや, エア, サ前から, トンネルを, 一助なるべけれ, 一重の, 三種揃っ, 上から, 上で, 上を, 下手人の, 世界が, 中で, 中どこを, 中に, 中には, 中へ, 主意たるや, 二十日あまり一日の, 人で, 人であり, 令を, 例に, 例を, 価あり, 光輝とも, 入り乱れたるそれ, 兵児帯おこそ, 冒険をも, 出ぬ前, 分化であり, 前帳場格子の, 動機に, 卵などは, 原則通り檀那はんは, 咲き乱れた生垣, 啼くの, 因と, 固定した, 地と, 声でも, 声も, 声愈々, 夕光も, 夕闇に, 外なき, 外に, 外は, 外へ, 失体ある, 失體ある, 女でした, 女とさえ, 娘が, 子供が, 子供らや, 子供等の, 少年を, 山木さん, 帯さえ, 帯に, 帯の, 帶を, 弾力の, 心なからむ, 必要を, 志を, 思想を, 性ある, 惧ある, 意あり, 意なら, 愚を, 愛の, 憾あり, 戒心なり, 手入れを, 才能が, 打合, 抽斗から, 抽斗に, 掛け換へも, 故を以て, 方だ, 方法なかるべし, 日であった, 時に, 時の, 時恐らくは, 時書し, 梅見, 様な, 横町に, 歌, 止むを, 水と, 海岸線を, 爛れた手, 牙の, 獅子は, 王朝文学を, 生垣に, 生垣について, 生垣の, 田舎では, 男, 男でした, 男性的活動に, 略形恐らく, 種と, 窓に, 窮途に, 端緒と, 竹は, 筆抄を, 筆法で, 素足から, 結果を, 絵を, 綿入れの, 罪は, 群れが, 翻訳, 考えること, 考にては, 花, 花などが, 花の, 苦悶なり, 袷衣か, 製造者あり, 要あら, 見に, 言葉か, 言葉を, 説は, 謂れなく, 謡あり, 責任は, 貴婦人の, 路を, 蹴出しで, 軒燈さては, 道といふ, 違わないこまどり, 間天皇の, 間御, 陶鑄力あり, 際に, 難きは, 類, 類の, 類も, 風呂敷づつみをそれでも, 風呂敷の, 風花淋しから, 香にや, 鳴音

▼ す~ (844, 5.8%)

20 たが 1915 ありません 13 へすも 10 しさ, すがと 8 よい 6 たして, たよ 5 がきを, 宜い, 早いか 4 うた知り, おまはん, しきは, しくて, たで, つてゐる, 如し, 眼に, 見えるよう

3 [15件] ありませんでした, いい, おいて, がきに, すが, それを, つて, つてゐた, つて聟の, ないので, なかった, へんな, ように, わかるだろう, 手に

2 [48件] ありました, おを, お目, がき, しい香り, しかりけり, しかりしか, しき, しきこの, しきこのごろ, しき戸は, しき鴨萱は, しと, し下, し蜆, するよう, それが, たかたちも, たかな, ただ, たであつ, たでそんな, たで何もかも, たみの, つてその, つて向う側に, つて谷を, ひに, ふたつ, ぼんやりと, やかな, ゆゑに, よくわかります, よく見える, わかって, わかると, わかるよう, 変わって, 夏は, 如きは, 如くに, 役目じゃ, 御免なさんせ, 押原横町の, 目に, 糸を, 見えませんでした, 間断なく

1 [545件 抜粋] あたしゃいまも, あたりまえ過ぎる, あった, あなたが, あなたさんの, あなたまで, あの浪人者, あまりへ, あまりむじゃきで, あまり自信, あらわれて, ありましたが, あります, ある, あるの, あるわけ, あわれ, あんたも, いいおれ達, いいか, いいさ, いいぞ, いいだろう, いいました, いいよ, いかにもおかしい, いかにもかわいそう, いかにもしおらしかっ, いちばんり, いったいあっしゃ, いつに, いつもの, いままでと, いるからな, おかしい, おかしいので, おきぬね, おちつき, お会いくださいましょう, お前は, お前様の, お座興, お手下, お父様, お由さん, お経, かかって, かわったの, かわって, がきで, がきのみ, がきは, がき琴よ, がさに, きのうまでの, ぐちに, こいつあ, こうして土地, こえを, ここばっかりは, こずえの, こちらの, こっちへ, このごろなんだか, この十八文, この娘さん, この寒空, この方, この時, この有り様, この紅筆, この肩書, こりゃどうしたわけでござんすかいな, これを, こんなに大, こんな汚ない, ごと, ごときは, ごとき趣, ごとくに, ごとし, ごとしその, さえなくなって, させたが, しき夏立ちに, しくさ, しくやあらむ, しく篁, しく開きましし父, しといねつたるみ, しました, しみおほどかに, しみを, しむき, しめ, し眼, し花雪間, し葉, し雨, じっとゲルダ, じつにおそろしい, じつにゆか, じゅうぶんに, すがとして, すこしばかり, すする父親, すと, せめてお, そういった, そっちでは, そのかっと, そのほか, その今年八つ, その余り, その光り, その思想, その方, そりゃ庄吉, それでも諸国修行, それ以上文学的人間的感動を, たいかなる, たか, たかがや, たかたちの, たかたちを, たしかに手文庫, たたみ, ただから, ただごとでない, ただつた, ただ通りがかり, たつと, たであなた, たできちんと, たでこの, たでずらりと, たでそこで, たでその, たでどこ, たでなくては, たでもの, たでツカツカ, たで一望, たで人数, たで刀, たで台座, たで地, たで塾, たで外, たで女, たで女房, たで当歳, たで意識, たで手, たで暢気, たで桶, たで横坐り, たで歩いて, たで真珠塔, たで腰, たで膝, たで菅笠, たで蝋燭, たで螺旋状, たで踊りぬいたが, たで車, たで面目, たで馬, たと, たとが, たとしか, たとして, たとな, たとを以て, たみでも, たみも, ために, たゆゑ, たより美しい, たらしい黒い輪郭, たわが, だいたいわかった, だれかに, だんだんさびしく, ちがって, ちと厚かましい, ちょっとお断り, ついたさ, つくられたこと, つたと, つた下駄と, つた宿の, つた淋しい, つた老人が, つた郷田廉介が, つちよう, つてお, つておや, つてただ, つてどうやらこう, つてなまなか, つてなんか, つてひ, つても, つてよろ, つてゐず, つて上り下り三十二きろ, つて不思議さうに窓の, つて乳を, つて到頭, つて南から, つて叫びつ, つて手を, つて楽を, つて歩い, つて歩みを, つて泣い, つて片足を, つて畳の, つて痛む, つて私しも, つて私やつと, つて策を, つて育つ, つて胸も, つて自分の, つて行つた, つて連日女を, つて頼ん, とびまわって, どうだ, どうなる, どうも, どうも十郎兵衛, どうも心配, どことなく変わっ, どれが, どんなだ, どんなであろう, ない, ないから, ないが, ないそれ, ないと, ない何, なか, なくなったので, なくまるで, なす明神様, なにぶんお, なにを, なんだか十歳, なんといっ, なんとなくみじめ, にわかにかわりました, ぬいの, ねえ, ねぎの, はっきり見え, はつきりしました, はなはだ快から, はら, ひどくぶ, ひゆく間, ふせって, ふたりの, ふ子, ふ雀, へすしたり顔, へす文学雑誌, へす淺, へす無礼千万, へす言, へり, へんだった, ほのかに, ますますおかしく, まったく変わっ, まったく狐, ままこれを, ままに, まる, ま能, もう何事, もつとは, やうに, やかだった痩せては, やかな朝, やって来る, やはりどうもそうらしく思われる, ゆえにいつも, ゆゑにしかすることなし, よいか, よいまた, よかろう, よくわからない, よくわかる, よく見えます, よろしかろう, らしい光, わかった, わかるとな, わかるの, わしは, わたしには, わっし, アリアリと, オレは, カアカアない, カツオ船や, ガラツ八の, キャラコさんの, キラキラする, ッた, ッて, ナア, ハア日, 一人前に, 一元の, 一変する, 一寸お断り, 一寸位袖口から, 一本燗けて, 七割の, 中に, 云ふまで, 五両の, 人は, 今は, 今度は, 今日は, 仔細あっ, 代を, 伊達を, 伊香保に, 体は, 何うし, 何うだ, 何を, 何卒この, 余程癪, 儘に, 八才ぐれ, 公卿には, 兵馬には, 其れ, 凧, 凧などが, 凧売り, 分かって, 初会の, 別に檀家, 割って, 十年に, 去ってから, 又御, 及び神奈川縣湯河原, 取り混んで, 只た, 可から, 唯ならぬ, 喃, 変つ, 変つてしまつたのでございます, 変わり獣, 夜は, 大事に, 大友少年が, 大石誠四郎高木顯明崎久保誓一小池一郎同, 如きけに, 如き結果, 如き者, 如き響, 如くす, 如く下り行き, 如く冉, 如く最も, 如く美, 如しで, 姉さんが, 安下宿屋, 宮下太吉新村忠雄古河力作で, 宮下太吉新村忠雄新村善兵衞新田融古川力藏, 家へ, 寂莫たる, 寺の, 尋ねて, 小さなもの, 小三さん, 少々変, 少しおかしい, 少しばかり, 巣の, 師匠は, 帶に, 座敷へ, 座頭の, 弟の, 彼の, 彼自身でも, 御用が, 徳利を, 心易い, 忠の, 思われる, 急に, 悪いこと, 想像される, 故に, 故にかかる, 故に他, 故に其の, 故に大事, 故に本来, 故に疑ひ, 日本人は, 旦那何か, 晩も, 景気づけに, 朧気ながらも, 木の下に, 栗の, 案じられ小次郎, 楽にさえ, 構えて, 槍なら行けます, 此の, 此邊に, 気の毒な, 水へ, 湿気が, 漏したる, 漸, 爺様まだ, 現われた, 理屈に, 生憎と, 疵なるべし, 目でありました, 目には, 目の, 目のと, 直と, 相手が, 眼を, 眼気味の, 眼鏡が, 知りたいもの, 知りたかったし, 知りたくなった, 私い, 私は, 私も, 私種々, 種々深い, 空家らしい, 突走れ, 等の, 糸, 糸で, 糸です, 糸も, 聡明の, 聴くも, 背が, 腹立たしくも, 自分の, 自分も, 花魁今おま, 若いもの, 袖, 複合し, 要するに旦, 見えたが, 見えたの, 見えたら彼, 見えて, 見えない, 見えないの, 見えました, 見えません, 見える, 見つからないらしい様子, 親に, 誠に御, 誠に有難う, 読めねえだ手習, 變です, 豚は, 貴方の, 贅沢などを, 赤え, 道が, 道です, 違いますかい, 里に, 針が, 飛ぶと, 飛んで, 鳴きだした金亀虫

▼ す~ (714, 4.9%)

607 はち 2 え, のを, はち天翔る, はち阿, ほさが, 真菰真菰が

1 [95件] いかなる邪魔, いざ斬れっ, うるさい, おばけが, おんなは, お仲, お便り少, お前は, お秀, かり我, このお, この乗鞍, すぐに, そばに, である, なにか御利益, なまじい浮き上っ, ぬかるな, のかも, ので先生, はちいふ, はちか, はちころすべし, はちさ, はちどる, はちの, はちのちの相州さま, はち作る, はち取り出で, はち喚び入れ, はち挙る, はち散り積む, はち流れ, はち生きられる, はち生れ, はち疑ひ, はち立ち, はち見, はち見得, はち語り, はち逃げ去, はまの, はら, ひらめさめ, へたに, ほさあるべし, ほさでありた, ほさのびやかさしたし, ほさを, ほなつ, ほなとら, ほなコロボツクルの, ほな一日, ほな優しいい, ほな味, ほな心がま, ほな掌, ほな日, ほな朝, ほな格構, ほな死, ほな身心, みんな寝, もとより汝, やい, わ, わり前代社会における, んでいた, ア籾の, ズーグードと, ッ, ビールビルビルビルと, 亭主の, 今日の, 仲よく暮らせよ, 何か, 前後を, 助けて, 勝太郎は, 心得たか, 日本橋, 梅の, 次郎, 此船には, 殺して, 決して, 決して惡, 清忠, 牧は, 猿轡を, 證人は, 長追いす, 面々, 馬肥せ, 馬鹿野郎

▼ す~ (679, 4.7%)

60 して 51 見て 23 見ると 20 うかがって 11 ながめて 9 見に 8 見守って 7 みて 5 うかがいました, 眺めて 4 みると

3 [11件] うかがった, さぐりに, した女, する, のぞいて, もって, 見た, 見ても, 見ながら, 見る, 見るより

2 [29件] うか, うけて, うること, えじ, した, したこの, した人, しました, じっと見, じろじろながめ, じろじろ見, つくづくと, つくりながら, ながめました, やさしみ, 例と, 梅子は, 注意し, 知ろうと, 祭れ, 見たり, 見つけました, 見てから, 見ますと, 見ようと, 見ること, 見るに, 見れば, 語る

1 [385件] あとにも, いえば, いちいちじっと見守っ, いっしんに, いふと, いふピーリ家, う, うかが, うかがいはじめました, うかがい始めた, うかがうと, うかがおうとして, うかがったところ, うかがったならば, うかがったり, うかがってから, うるの, うるや, うる事, えざらむ, えざる事, えざる寶, えしめ給, えじ是, えたり, えば, おいたわしい, おそろしい目つき, おぼえしかば, お妃, お知らせしたい, お知らせにも, お聞きしたい, お藤姐, お見せ, お話し, かけて, き, きいて, ききそれから, ききとると, きく, きくと, くどく聞きたがった, くれて, くわしく知っ, くわしく聞かし, くわしく聞きとった, くわしく話し, こきみよげに, ごらんに, さぐって, さぐらせました, さぐりそれ, さぐりにきたのかもしれない, さぐりやがて, さぐるから, さぐるため, さぐるの, さぐるべくみずからスパイ, さぐるよう, さっきから, さはお, さびしそう, しかと見とどけさせましょう, しかと見とどけた, しげしげと見, したあの, したお姫さま, したひと, したもの, したり, したチンドン屋, した十, した取調べ官, した幸子, した愛すべき鶴, した旅人, した浪人者, した男, した白髪頭, した老婆, した脊, した運転手, しって, しながら, しなければ, しのんで, しばらく見, しばらく黙, しましたから, しましたが, しゃべりたてた, しようと, しらべました, しらべようと, しり, し気持, し食べもの, じっと見なおしました, じろじろ眺めました, すき見して, すっかりカメラ, すっかり見とどけた, するが, するので, せず平気, そへ, それと, たえず知らせました, たずねさせて, たずねたり, たずねて, たずねるため, ただごとでは, たのんで, ちらりと見た, つく, つくつて, つくり, つくり横臼, つくろうて, つけた, つけたもの, つついたよう, とくと見さだめた, ながめたうえ, ながめときどき, ながめると, なさいます, なさること, ねがは, のぞいたり, のぞきこんだでは, のぞきに, はじめて知らせた, はじめ礼拝を, はっきりみる, はっきり表わし, ば植福といふ, ひっくりかえしたよう, ひと眼, ふり返り, ぼんやり網膜, みき, みせたこと, みせなかった, みつめて, みてから, みながら, みる, みること, もう一度見たい, もて却, ゆるさざる永劫, よくしっ, よくしり, よく見, よく調査, よしと, よそおって, よんで, りしも, りに, われは, カメラに, グッと, ジッと, ジロジロと, 一刻も, 一渡り見た, 予て知っ, 人に, 今さらの, 仏さまは, 仲間が, 伊達君に, 休息所の, 何とも思わない, 俯瞰し, 偵察し, 先奥様が, 免れ, 免れず西紀二二四, 免れぬ, 兵馬は, 凝視した, 取り出し玄関式台上, 嘲笑った目, 城内へ, 報ぜるより, 報告させ, 報告しました, 報告します, 声の, 多少ながら, 奪われその, 好まざること, 好まぬと, 姉は, 嫌って, 守る京弥, 導くこと, 嵌めたる, 左膳は, 常と, 幕切と, 引つたくつた, 引撲く, 強そう, 当り前の, 当番の, 彷彿させ, 待ちかねて, 待ちつ, 後から, 得さしめ, 得ざるなり, 得ず, 得たの, 得ば, 得べ, 得べからず捕ふること, 得べきである, 得べきも, 得べくもって, 得べし, 得る者, 心ゆくばかり, 心配げに, 心配そうに, 念じて, 思いうかべて, 思いだした, 思いだす, 思い出して, 思い出すにつけ, 思って, 恥じざるのみ, 恥ずかしいなどと, 恥辱と, 患ひ, 惜まね, 感じて, 憚らざる, 憚らざるべし, 懲らす, 手柄めかす, 打ちながめぬ, 打撲くんです, 承諾の, 拾つて食べた, 持つて, 挫き殺した, 探って, 探るよう, 探ろうと, 探索に, 教えて, 斜めに, 村人に, 検査し, 楽の, 止めたり, 湯こぼし, 生家の, 畏れて, 目ばやくみつけた, 相手の, 眺めてから, 眺め乍ら, 眺め候眼, 眺め見て, 着せて, 着て, 知って, 知らざる可, 知らない, 知りたいと, 知ること, 知るため, 研ぎすましたよう, 示されるので, 示したが, 示すよう, 禅の, 私は, 窺うという, 窺った, 窺ったこと, 窺つた, 笑いながら, 笑止らしい, 絶えずうかがっ, 老女は, 考えて, 聞いた, 聞いて, 聞きたかったから, 聞きただそうと, 聞きますと, 聞きもし, 聞のみ, 聽い, 肯ぜんや, 船岡の, 芳夫は, 表わした, 要せず別に, 要せぬ如く文化的生, 見かえり見かえり行き過ぎたり, 見くらべて, 見ことば, 見させしなりき, 見させ小次郎, 見さだめたうえ, 見ざる程, 見ざれば, 見すまして, 見ずや, 見せたが, 見せたこと, 見せたの, 見せたらその, 見せた天皇, 見せだしたとき, 見せて, 見せなかった, 見せまいとして, 見せられつつ, 見せるくせ, 見せると, 見たうえ, 見たお, 見たが, 見たため, 見たという, 見たので, 見つめて, 見つめる, 見ては, 見とどけに, 見とどけようと, 見にか, 見はからいぼく, 見はって, 見はらせること, 見まもったの, 見まわしたあと, 見まわし見まわしこちら, 見るにつけ, 見るは, 見るべく武士たち, 見上げて, 見下ろしながら, 見深く, 見直した, 見詰めて, 見送つて御機嫌よう車夫さん, 観察し, 観察した, 覺え, 言ふ, 訊いた, 訊ねようとして, 許す恩惠, 許せ我, 註文した, 語る者, 護って, 趣旨と, 踊った, 逐ったけれど, 通し雪, 連想し, 遠くから, 遣らじもの, 邪視に, 開けひと, 間延びした, 防ぐとて, 防ぐべきため, 預かって, 頼みまして, 頼んで

▼ すこと~ (668, 4.6%)

22 が出来る 19 が出 13 ができる 10 がある, の出来ない, は出来ない 9 にした, になる 8 が出来た, が出来ない, である 7 にし, のできない 6 ができない, の出, の出来る, はできない, は出 5 になった, をすまい, を得 4 あり, では, なしに, にもなる, のできる, はできぬ, もあった, もある, もなく, も出

3 [14件] ができた, ができぬ, が出来なかった, が出来なけれ, が出来ます, だ, にする, になつて, になり, の出来た, はできなかった, はない, は不可能, を知らない

2 [48件] あるも, か, があります, ができ, ができました, ができましょう, がない, が出来, が出来たなら, が出来よう, が無い, だから, だと, だらう, だろう, であ, であろう, です, となる, なし, に, になつ, に成功, に於, はありません, はしない, はなき, はならん, は出来た, は出来ません, は出来る, は到底, は在宅, は容易, は彼, は極めて, は自分, も出来ず, も出来る, も無く, をせずし, を得た, を得る, を敢, を欲, を欲する, を目的, 頗る難事

1 [305件] あらば, あらんとの, あるその, あるべきも, から始められた, があ, があっ, があつ, があるまい, がいくら, がお, がこの, がたま, がちょっと, ができなかった, ができよう, がとても, がむづかしいので, が不合理, が不足, が事実上, が先, が六, が出来ず, が出来ないだらう, が出来ぬ, が出来ましょう, が出来ますまい, が出来ません, が善意, が困難, が堪えられなかった, が多, が多かっ, が大事, が始まり, が実現, が小説, が必要, が忌嫌, が憚, が時々, が有り, が有る, が目下, が目的, が第, が表現, が許される, が誰, が起っ, が難く, ぐらい容易, こそが望ましい, さえ俺, しか出, じゃ, すらおっくう, すら羞, た, だとだけ, であつ, であるかも, であるの, であろうこと, であろうと, でしょう, でしょうか, でなく日本自ら, でも, でも重大, で唯一, で夢中, で横田さん, で深刻, と, といえ, とこの, となった, となり, となりける, となるであろう, なかりき, なかれ, なきなり, なきを, なくこの, なくし, なくその, なくた, なく一切, なく一定, なく一齊, なく常人律, なく旭, なく申, なく示す, なく窓, なく聴き得たる, なく重大時局, なければ, なしと, なしには, などいつ許しました, などは時, なども欠くべからざる, など何ん, なの, にいたしたい, にきめ, にされ, にしたら, にしませう, にしよう, にす, につき不断, にでもなった, になっ, になったです, になつたの, になつて街, にならう, になるだらう, には氣, には間違, によって, によってしか可能, によってそれ, によって気もち, によって社会, によって自己, によって自然弁証法, によって解消, によつて, によつて死, によりて其の, にコクトオ, に仕, に何, に大, に存する, に捧げられるであらう, に決心, に特別, に由つて, に由り, に眼, に致しました, に興味, に苦心, に難渋, に餘, のあり得べき, のできなかった, のできぬ, のない, のなか, のなき, のならねえ, のみで, のよう, の出来, の出来なかった, の出来ぬ, の出来るふい, の好き, の技巧, はあ, はあり, はあり得ない, はあるまい, はあろう, はいけない, はえ, はその, はできませぬ, はどう, はなく, はなし得ない, はなりませぬ, はなりません, はまずかっ, はまた, はやめよう, はゆるされなかつた, はわたし, は下劣, は伯, は先づ斷念, は免, は其の, は出来ず, は出来なく, は出来ぬ, は出来まい, は出来ませんでした, は出来ん, は嗅がす, は嘗て, は大きい, は寧ろ, は当らない, は往々, は必ずしも, は忘れ, は我々, は文太郎, は決, は無い, は相成らん, は私, は苦しかっ, は虎, は誠に, は読ます, は誰, は議会, は賢明, は難, は非常, ばかりがつのっ, ばかり工夫, ほぎのよごとにはほく, ほど彼, もあっ, もあつ, もあり, もありましょう, もあります, もあるなら, もあるべし, もございません, もでき, もできず, もできない, もできなく, もできぬ, もできる, もならず, もまた, も一通り, も不可能, も今, も出来ないなら, も忘れ, も敢, も決して, も矢張箏, も言, やらと順に, よりはもつ, を, をあきらめた, をいたす, をえしめよ, をさせる, をしなかつた, をやめなかつた, を不自然, を他人, を令, を以てした, を以て独り, を以て自分, を何かと, を厭, を吝, を命じた, を喜ん, を好まない, を屑, を引きのばし, を忘れた, を忘れなかつた, を怖, を怠り, を恐る, を憚, を憚ら, を教, を明, を条件, を歌, を正面, を白状, を知らざる, を知らね, を禁じ得なかったであろう, を考えた, を舊弊, を要せん, を認めなけれ, を諾, を辭, を避け, を閑却, を頼んだ, 如何にも窮, 少き痴, 少なく, 浅く民, 無からしめ丁寧, 無かりせば, 良久しきところ, 近きに

▼ す~ (455, 3.1%)

4027 からざる 26 からず 15 しと 13 きは 12 きに, きや 11 き所 9 きか, きこと, きものなり 8 きなり, きを 7 き一, き者 5 き事 4 きである, きものと, き乎, き大, き筈 3 からざるもの, きで, きでは, きなれども, きものである, きものなりや, き価値, き力, けむや

2 [31件] からざりし, からざる千古, からずし, きところ, きのみ, きのみと, きの約, きものあり, きものならん, きものなる, きものに, きもの滑稽笑ふ, きをや, き一個, き也, き作品, き場所, き幕, き性質, き究竟, き義務, き船舶, き謂れ, き賢人たる, き長老, く余り, く努めた, く憲政, く藩閥, ければ, しとは

1 [128件] からざる事, からざる事實, からざる所, からざる点, かりしが, き, きあるを, きかが, きかと, きかに, きかの, きかを, きが如くである, きが如し, きだが, きだ権田の, きであらうか, きであるが, きであると共に, きです, きでないと, きでオエタ, きで三山, きなの, きの官符を, きの旨諸国の, きの海浦に, きの由今日武州伝へ, きの由其沙汰有り, きの由其沙汰訖んぬ, きの由同心の, きの由宋人和卿に, きも, きものだ, きもので, きものとの, きものなき, きものは, きものを, きもの多し, きもの多少, きもの少から, きやと, きやは, きニイチエ, き三個, き事実, き事實, き事項, き二個, き二百幾名, き人, き代表的運命, き任務, き伝承, き体, き何ら, き使命, き分際, き卒業論文, き名, き地名, き天帝, き契点, き契點, き女, き對象, き山, き左, き彼等, き恐ろしき, き或, き文, き有力, き有益, き根拠, き様, き機会, き歡喜, き洪量, き準備, き特殊, き理由, き目標, き真白, き立山山脈, き緒, き者也, き譯, き豪傑, き連續, き運命, き道筋, き適当, き重任, き雄大, き駅, き高峰, き魂, くして, くまた, くもなかつた, くも思ふ, く一方, く余儀なくされた, く例えば, く其他, く决, く凡て物, く努力, く彼女, く従って, く感傷, く更に, く汽車, く現今, く罪悪, く要するに, く身, く量, く陰, し云々, し仮初, し勤, し単に, し又, し單, し大

▼ す~ (422, 2.9%)

21 なって 7 しても 5 充分な, 相違ない, 至つた 3 して, 忍びない, 眼を, 至った, 至れり, 足るだけの, 足るもの, 違いない

2 [28件] あらざれば, なった, なり, よりて, 上世には, 依りて, 十分であった, 就て, 手なし, 気づいて, 気を, 決つて居る, 洒落くさい, 用ゐられる, 用ゐる, 當り, 耳を, 腰かけて, 至つては, 至る, 至る人, 至れる, 見えた, 足らず, 足りないという, 違ひない, 適当な, 馬鹿を

1 [299件] あたつ, あらねば, あらんか, ある, あるか, あると, ある日, あれば, いい生活, いくばく, いたらじ, いたりたれば, いたる, いたれば, いたれり, いたれる, いたれるこの, いたれるなれ, いたれるもの, いたれるや, いたれる意, いたれる淑女, いたれる處, いらしった方, おつきなされます, おどろいて, お藤, お露, かいが, かの乙女, かわったこと, がらんとして, きまったあるさかい, きまつて, きまつてるな, けおされて, こちたし棄てまく, ことかいて, こわいの, ござんした, さすがの, さへ, しその, したこと, したもの, しつくり, しましたとのう, しめて, しろお, すぎなかつた, すぎぬけれども, すこしも変わり, するん, せよなお, せよ個人, その場, その毛, それは, ただ気, だも, だんだん伝法, ちかづいて, ちがいありません, ちがいない, とまど, どことなくのんき, どこへも, なか, なすって, なったから, なったが, なったので, なほ早く, ならない前, なりはてては, なりチャチ, なり是, なり空, なると, のりかけて, はいり込んだり, はって, ひとりは, ふさは, ふさわしくない, ふつに, ぼくは, まきつけて, やあらむと横目に, やきもきと, やられたと, よく注意, よこたわって, よしとて, よりかかって, キッスしました, ギョッと, シャンデリーが, ホンの, マタンじいさんは, 一定せし, 三根夫自身も, 三次は, 上から, 並んで, 乗じて, 乾雲鍔まで, 事を, 今度旦那様が, 任すべし, 任せて, 会へ, 似たり, 似たるを, 似合はず此の, 何か, 余も, 便なれ, 便よから, 便利な, 優れり余, 充分でありました, 免し, 共に共に勸め, 出て, 利を, 到つた責任, 力相若く, 動かされて, 十分な, 十分力が, 十分足りる, 及ばざりしかば, 及ばざる程, 及ばないこと, 及ばないでは, 及ばなかつた黄葉村舎牀頭, 及びて, 及ぶ, 及んだ, 及んだ次第, 及んで, 及んでは, 反して, 同じと, 向かって, 向こうへ, 四天王の, 四目格子を以て, 四肢の, 困らうかや, 在らず, 堪へざる一つ, 堪へしむる, 変ったところ, 変わった, 変化が, 多少変わった, 大いに役立つ, 大之, 如くは, 安心しきっ, 家来たちも, 対手を, 尊親の, 少しの, 尚ほ, 山深う, 巧み, 幾久しく辛抱強く, 幾度も, 廃し, 廢し, 引代て, 当りて, 役立たせる可能性, 役立つのみ, 往来へ, 從ひ, 必要な, 忍びぬ処, 忙き, 応は, 忠相は, 急なる, 意が, 慣れざりき, 我性格と, 手を, 支配され, 数葉の, 於いて, 於て, 於ては, 日も, 時日を以て, 最もふさ, 最も適したる, 最も適当, 最も都合, 極めて縁, 止まって, 止まるもの, 止めおけば, 比す則, 比例し, 気が, 気がついた, 気がついたか, 気がつくと, 汲々たるに, 決って, 決つてゐる, 注意を, 添つてある, 源三郎は, 物惜しみす, 現われて, 甘んじたり, 用いる特別, 用ひし, 由ない, 由れり, 當つて自己の, 當つて違算失計, 疑無い, 白河夜船を, 皆家屋敷を, 相当の, 等き, 精緻を, 絶好な, 罪人は, 老婆也と, 腰かけながら, 膝を, 至ったについては, 至ったの, 至っては, 至つたのである, 至つてゐる, 至らしめ其の, 至らず, 至らずその, 至り, 至りたり, 至りたるの, 至りたるは, 至りたる動機, 至り其僞, 至ること, 至るであろう, 至るには, 至るの, 至るべきなり, 至るべしと, 至るべし法律, 至るまでは, 興味を, 花を以て, 若くは, 若くもの, 荒き夷ども, 裾を, 見上げまだ, 見惚れながら, 譬たま, 足らざるに, 足らずとして, 足らないの, 足りない, 足りないし, 足りないもの, 足りなむ, 足る, 足る充分, 足る力, 足る均斉, 足る程, 足る芸, 通ふ, 造作は, 過ぎず, 過ぎず醫術, 過ぎぬと, 適する所, 適せざる, 適當な, 里芋豆腐に, 銃剣型の, 鍛冶富の, 集まって, 非ず, 非ずや, 餘りあり, 香餌を, 驚いて, 鮎を, 黒衣は

▼ す~ (270, 1.9%)

17 ありません 9 なかった 4 可なり 3 すこしもありません, ない

2 [14件] あまりに遠し, うしろの, かけ戻りながら, して, すこしも, つて, どうだ, どこにも, 同じとこ, 明午を, 紅毛碧眼の, 羊を, 野暮の, 顔いろ

1 [206件] ありませんでした, いかにもおかしい, いかにも哀れ, いかにも生き, いつか透明な, いつもと, いつもとは, いとやすい, いままでと, いよいよただごと, いよいよへん, いよいよ決死, おのずから言葉, おふと, かなた, かわりが, ここだった, この弱い, この陰気, これまでとは, こんどは, さびしそう, さらに見えない, しょせん身, す一分の隙, せ, せしほとけあやし, せつす, その前, ただごととは, ただ僅, たちまち笑顔, だいたいわかった, だれが, だんだんおかしく, ちょっという, つてぢつと, つてゐる, つて一点を, つて手紙を, つまりさ, とてもかわっ, どうした, どうしても魔物, どうだい, どこか, どこかで, どこへ, どんなである, どんなでしょう, ないか, ないから, ないの, ないのよ, ないン, ない女, なかつた, なかつたので, ながめられました, なくおたがいに, なくおまけ, なくしずか, なくつかつか, なく三本, なく皆, なさんす, なにも, なにを, なんといっ, なんとなくさびし, なんとなくその, なんともいえ, にわかにうろたえ, ぬ素子, はじめて田舎, はたからみ, ばさばさと, ひどくへんだった, ふるといふ, ほかの, ほぼ予想どおり, まだいちど, まだ世界中どこ, まるで異う, もちろんみかけ, もとより論, ものものしいと, よいが, よく判らない, わかうど, わかった, わかるの, わたしたちとは, オヂュシュウス, グロッスの, ポルバスの, 一層ひどく, 丁寧法即, 万更嘘でも, 三尺の, 三百年ま, 下二段の, 不意に, 世の, 人間が, 人間と, 人間にと, 今は, 今や全, 以て, 以前の, 何と, 何ともくらべ, 何もかもこころえ, 何事ぞ, 何処っ, 何故ぞ, 何等の, 僞り, 光の, 児戯に, 全くわからなかった, 全然光, 十二の, 即其形見, 又日子, 変わって, 女たちが, 女の, 姑に, 嫌いだ, 嬉しき人, 容易でない, 寂しそう, 實感なり, 少しも, 山男が, 島を, 年に, 引撲か, 彼の, 彼等の, 徒に新, 御冠, 微塵も, 急に, 悟って, 想像も, 愛の, 我々を, 我一人と, 手に, 早くから子供たち, 早稲の, 春に, 時分は, 杞柳を, 極めて微量, 榮耀の, 此の, 此時と, 歴史の, 母の, 毒婦とも, 水上氏の, 水戸様石置き場の, 決してつき, 法式の, 津波こそ, 消えて, 火事よとて, 狐の, 生憎君, 直覚的に, 眞に, 眼の, 知りませんが, 知れるだろう, 神の, 笑いながら, 筒ぬけ, 素より稗官, 老いて, 聊か深刻, 至難でない, 若くして死, 蓋しこの, 衰えはて, 装って, 見えぬな, 見えません, 見せない, 見せないが, 見られなかった, 見る眼, 言葉の, 謬見なり, 貞操の, 都会の, 重い傷, 長い旅, 間, 霧が, 面白い勝手, 食ふ, 鳴きながら

▼ すよう~ (249, 1.7%)

22 なこと 14 にし 5 なもの, な事, になった, に言った 4 であった, な声, に

2 [15件] な, な口調, な大, な太い, な小銃, な調子, な騒ぎ, にこう, にした, にしなけれ, にそう, になり, になりました, に云った, に急

1 [151件] いたします, がす, がす一番, がす船長, だし, で, でがした, でしたら私, ですから, ですが, では, で非常, なお, なこと絶対, なこの, なそして, なみじめさ, なら始め, な三浦, な争, な事件, な事柄, な人, な仕方, な仲, な低迷, な何, な余裕, な作家態度, な光, な具合い, な力, な努力, な匂い, な口吻, な句調, な品物, な夕暮, な女, な奴, な姿勢, な娘, な宝石, な寒い, な工合, な心持, な心配, な想像, な愉快, な憐れむよう, な戸外, な方, な日, な明るい, な機会, な此, な残酷, な気, な気取り, な深い, な無分別, な男, な眼つき, な種, な空, な笑談口, な笛, な結婚, な緩慢, な苦しい, な街, な表情, な言葉, な計略, な諄々, な豊麗, な酷い, な鉄砲, な雰囲気, な電磁波, な音, にあけ, にあたり, にいい, にいう, にいちどに, にいった, にかたわら, にさした, にする, にその, にところどころ, にとグラフ, にと書き添えた, になっ, にひっくりかえる, にひとつここ, にまた, にもならない, にも思われた, にわざと, にオースチン老師, にチヨ, に三尺, に云う, に云っ, に些, に今, に優しく, に力, に同情, に呼んだ, に問, に嗅, に大気, に寛三, に小林, に座間, に弾, に怒鳴り付けた, に思った, に思われた, に感じられ, に成った, に投げ, に描かれ, に教えた, に更に, に書い, に書かれ, に栞, に注意, に無言, に相次い, に私, に立ち上る, に聞え始めた, に聞こえし, に落ち, に西, に言いかけられ, に言っ, に身, に軽, に軽く, に轟々と, に逃げでる, に餓鬼, 取做, 活かすよう, 骨折って

▼ すもの~ (236, 1.6%)

20 である 13 では 4 だから 3 あれども, がある, だと, であった, なり, はない

2 [16件] あり波浪, か, が又, たらざる, であるから, です, なの, ならまた, に非, は, はありません, は一人, は信, は嘗て, もある, を

1 [149件] あらば, あらむ, あらん, あり, ありき, ありと, あるが, あれば, かとて沼, かと銀平, かな, かも, かネ, があっ, があつ, があります, があれ, があろう, がくる, がなくなる, が三番叟, が偶然的, が充分, が出, が出来た, が含む, が家, が有, が無かっ, が生ずる, が見付からない, さえある, ぞ, だ, だった, であったか, であらう, でありこの, であります, であり従って, であり更に, であるかと, であるが, であること, であると, であるといふ, であろう, でない, でないこと, でないという, でなくて, でなくては, でなく優美, でなく壻, でなければ, でも, といひこ, としたい, としていい, としてとある, としては甲斐, として何, として優先權, として歡迎, として贊成, となした, となり, ともきまらない, とも見られよう, と信じ, と信ぜられ, と推測, と見, と見え, と認められ, どうしてお前さん, など言, ならば, ならむや, なら物, なりとして桂昌院, なれば, にあらざる, にあらずや, には因果應報, に外, に相違, に過, ねえ, ねえ何, のよう, の中, の時間, の袖, はいつ, はか, はすべて敵, はその, はただ, はなかつた, ははて, はむしろ, はピオ, は主として, は何, は公卿, は兵学者, は印度, は天, は彼燃, は急い, は指輪, は捨て, は既に, は有, は殺し, は汝, は決して, は炎, は無い, は稀, は空間, は金錢, または意志, もあつ, もあらんなれ, もあります, もない, もなかっ, もなき, もなく, も多い, をかきたい, をば印度人, をば我, を嘲る, を拵え, を搜, を本能的, 也, 唯だ, 多きを, 是れ, 更になし, 猛く, 甚だ少なく, 融くる, 近づきたり, 顏を

▼ す~ (202, 1.4%)

9 あらう 7 あつた 6 立って 4 入って 3 あらうか, ア

2 [11件] あらうと, いいました, せう, ね, ハープを, 机の, 椅子に, 水の, 水を, 眼を, 首を

1 [148件] あがって, あつて, あらうから, あらうかを, あらうけれど, あらうよい, あらう恰も, あらう皮肉, あらう觀想, あらう身装りさ, あらわれだして, い, いきすぎて, いった, いなくなって, うろうろと, おし黙ったままいつ, お目にかからう, お説教, こたえた, こたえると, こちらを, この大, ござりましょう, ござります, さびしいと, せうが, せうな, せき込んで, そこに, その辺り, そらうそぶいて, それを, だまって, つくづくと, なおいい, なよなよと, むっつりと, もうはあ, やってきて, やって来ました, ゆっくりと, ゆんなどに, らせる, ア保險附だ, ウロウロと, エ, オルガンなどを, オルガンを, グッタリと, スラリと, ツイと, ニョロニョロと, ビールを, ヘタヘタと, 一二歩後え, 三四人の, 上框まで, 人からの, 伝兵衛の, 倒れて, 僕が, 凝固し, 出て, 動きまわって, 包んだ双子, 半ば氷に, 口を, 口髭を, 古畳, 向き合って, 呆然と黙っ, 唇の, 問いかえした, 四人の, 坐って, 壁土の, 太郎を, 始終そっぽ, 娘が, 寝床に, 少年名たんていの, 山木の, 崖の, 帰って, 広間の, 床几に, 庭を, 引ッかかっ, 戻って, 扉が, 掛けて, 敬礼を, 数珠を, 斜に, 春一が, 暮して, 暮れて, 林立し, 梓さんの, 楽な, 水が, 水で, 水は, 沖の, 淡谷邸へ, 瀬戸ひきの, 無言の, 焼け残って, 煙草の, 現れて, 現われて, 盗っとと, 目を, 眼に, 私を, 突っ立ち, 窓の, 立ちあがった, 立ちあがりました, 答えました, 紅玉の, 老人の, 考え込んで, 聞くの, 聳え立って, 草を, 薄月, 藤波の, 街路の, 袖を, 見えかくれに, 見て, 見ますと, 見ると, 言いました, 話しだした, 走りだし縦隊, 足を, 足早やに, 転がして, 造つてある, 酒月と, 電車を, 頬に, 顎十郎の, 飛び込んで, 黒へ

▼ す~ (176, 1.2%)

25 ありません 15 ない 6 なかった 5 見えません 3 手の物と 2 なくじっと, 忌は, 忍ばざるに, 汝等には

1 [114件] あすから, ありませぬ戸, ありませんでした, ある, あるに, あるもの, あれば, おいて, これに, さすがに, して, しない, しました, せず庭, たいていは, ただ己, だいぶ変わっ, だいぶ変わった, とり, ないから, ないの, ないもの, ないよ, なく, なくあいかわらず, なくこんど, なくさも, なくさる, なくしきりに, なくすまし, なくそして, なくただ船, なくだんだん, なくひきつづい, なくふりむき, なくまた, なくまっすぐ, なくわずか, なくハイ, なくベッド, なく一日じゅう, なく三人, なく与助, なく丸彦, なく以前, なく例, なく出よう, なく大, なく島, なく平気, なく幸福, なく書斎, なく来た, なく目礼, なく眠そう, なく立っ, なく笑い, なく答えました, なく腕ぐみ, なく腹, なく落ちた, なく落ちつき, なく近づき, なく靴, なく頬, また妨げず, やもめに, よいま, わかうど, ダンテの, ヘッタくれ, 之を以て, 亦可, 亦徒爾, 人を, 仔細に, 伝えて, 何も, 出たようす, 到底我輩, 勝手次第と, 可なり, 君あらぬ, 変わって, 大層違ったろう, 実はやはり, 容さんも, 彼らを, 彼れ, 御無理, 恬として, 惜しいので, 愛の, 斯の, 方便なら, 本書を, 欲は, 此を, 残念である, 気の毒ながら, 洗ひ去り, 無礼には, 煩は, 畢竟從來, 瞬く間, 見えない, 見えなかった, 見えませんので, 見られませんでした, 見るたび, 誰れ, 賤が, 赤土の, 面白かろう

▼ すやう~ (172, 1.2%)

19 にし 7 なこと 5 な事, に, にした, になつ 4 にな 3 に成らう, に言 2 であつ, なもの, な影像, な構想, にする

1 [106件] である, で私共, なあんな, なつもり, なはかなき, なひどく, なまた, なん, な不, な不心得者, な仲, な会話, な位置, な何とも, な例, な冽たい風, な処理法, な口調, な品物, な場合, な場所, な太い, な女, な弱い, な御, な恰好, な惧, な態度, な方ぢ, な残酷, な気味悪い, な気持, な氣持, な深, な滑稽, な火, な物, な畫題, な異様, な眩しい, な砂丘, な空虚, な聲, な芝居, な花, な言葉, な記事, な賻物, な身構, な雪, な風, にあけ, にいふ, にお, にこれ, にさ, にせね, にそつ, につれ, にて化粧, にといふ妻, にと骨折つたの, になる, になれ, にみ, にも思はれ, に云, に仕組まれぬ, に候, に其の, に出し, に出来てる, に勧め, に十本, に卓一, に去来, に右, に密集, に尋ねかけた, に巻き起つ, に幾度, に思はれた, に急, に感じ, に感ずるなり, に成つて, に成りました, に搜, に日本語, に書いた, に月前, に椅子, に独り, に疊, に笑つて, に絶えず, に言葉, に赤染衞門, に退, に開けられた, に間違つた, に隣り, に隱岐, に頭, にS子, わざとさはいふならむと

▼ す~ (131, 0.9%)

6 が出来る 5 が出 3 の出来ない 2 がありました, が出来た, が出来ない, になつ, の出来る, の時, はなかつた, は出来ません, もある, を厚く

1 [97件] あらん, があります, があるらしい, がそれほど, ができ, ができたろう, ができます, ができる, がなかつた, が一日, が出来, が出来たら, が出来ないなら, が出来なかつた, が出来なく, が出来ねい, が出来よう, が多かっ, が屡々, が無かっ, が肝要, が難, さえできれ, すら諦らめ, だ, だけは屹度, であるかも, です, ではない, で神經質, となっ, となつ, と思はれよう, と求むる, と相成, と相成り申すべく, にあるらしい, にしました, になっ, になった, になります, になる, にもなる, によってその, によつて, に化し, に定めた, に決め, に注ぎ, に致しませう, に致候, のごとく, のみ念じ, の出来ぬ, の外, の次第, の習慣, はあった, はそれ禮, はできます, はどんな, はみな神, はむずかしい, はホルムス, は不都合, は何より, は出, は出来さう, は出来ぬ, は勿論, は半, は羅馬王代, もあるまい, もなく, も出, も加茂川, も無い, も無く, も金花, をせず, をばこれ, をわれら, を力めた, を忘れた, を忘れなかつた, を恐れた, を考える, を考へれ, を耻づる人民, を聞く, を覚える, を誓, を説く, を辞さない, 全く支那同様, 及び津軽家, 宜に

▼ すため~ (126, 0.9%)

72 ではなく, にお前, にはこの, の小細工

1 [111件] いっそう身ぶり手ぶり, か, かそれとも, ことさらに, さ, だったか, だったの, だつたが, である, でございます, です, で善人, と考えた, ならば, にあくまで, にあらゆる, にいふ, にいろ, にお, におもい, におらびあっておしかけて, にこそ思想, にことさら, にこの, にぜひ, にその, にちょっと, にどん, には, にはかう, にはこれ, にはさらに, にはその, にはまず, にはもう, には何らかの, には信仰, には君たち, には多く, には平素, には才, には暴徒, にもここ, にも何事, にわざわざ, にギヤマン, にマツチ, にモスタア, に不, に互, に人夫, に今, に何本, に余計, に価値, に出, に動力室, に叫んだ, に変装, に多く, に小説, に尚, に戸外, に手紙, に打寄せる, に挙国一致, に新しい, に日常品, に早く, に時, に曲者, に根, に泥棒, に無神的, に生れ, に発せられた, に皇威, に目, に相当困憊, に真理, に真面目, に矢鏃, に穴, に突然, に笑, に笑い, に紐, に組織, に絶望, に肘, に自分, に色々, に芝地, に藁, に雑誌, に雜巾, に露臺, に青い, に黒田, のもの, の単なる, の厭味, の御用スポーツ, の手段, の指揮者, の気, の自分, の行為, の鼻薬, わざわざ目さき, 大きな声

▼ すなお~ (120, 0.8%)

2 ないい, な眼, にそこ, に受取っ, に白状

1 [110件] さは, であったが, であるが, でどんなに, でなかった, でなかったし, でなかったせい, でなくなったり, で内気, で教養的, で温順, で草, なやつ, なる女, なる竹, なジョウ, な何事, な口調, な妹, な子, な弱々しい, な心, な性質, な気持, な涙, な生命, な男, な百姓, な眉, な細い, な足, な髪, に, にいえ, にいった, にうなずいた, にうなずきました, にお, におっしゃりゃ, にかけて居る, にきく, にざんげ, にじかに, にその, にただ, につれて, にとりこん, になっ, にひきもどし, にみとめず, にもどす, にも想像, にギイ, に任せ, に光っ, に円満, に出, に出し, に升, に反応, に受け, に受けいれ, に受けとっ, に受けとれ, に受ける, に受け入れ, に受け入れられるなら, に受け取っ, に同意, に吾, に帆村, に庭, に彼等, に従った, に得心, に快諾, に思わなかった, に承知, に振舞え, に捕えられ, に描く, に握っ, に浪路, に漕い, に率直, に用いる, に申さ, に私, に私たち, に立, に立ちあがり, に立ちどまった, に立ち上っ, に答え, に結んだ, に考え, に聞き始めた, に育てられた, に腰, に表わした, に話, に話しましょう, に返さなかった, に順, に頷い, に頼んだ, に飲み下した, に高い, らしい人, を装っ

▼ すところ~ (97, 0.7%)

3 もなく 2 である, に, のこと, のもの, のもの是也, の観念, の觀念, はない, は西口

1 [76件] あり, がある, がその, が幾何, が知りたく, ぞ, ただ暗黒, だんだん疎遠, であって, では頓賀, となっ, なきに, なきを, なく, なくそれ, なくブチ, なく備え, なく図, なく捧げる, なく直ちに, なく紀昌, なく自己, なく言つて了, なしと, にしたがい, により, による, に依る, に倣, のすべて, のた, のプラグマチズム, の兵糧, の半時, の品物, の問, の善, の国, の從, の思想, の明るく美しい, の明處, の演劇, の福, の記述, の象, の道具, の鎌槍, はあたかも, はありません, はちょっと, はもうわ, は丸め, は僅か, は實, は御, は數歩, は體, へ王, まで到らぬ, まで話, まで高まっ, もありません, もう法定期限, もなし, も亦, より下方, をはげませしなるべし, を想, を手練, を虎, を見, を見たかつた, 今や僅か, 多かつ, 少い自分

▼ すから~ (88, 0.6%)

3 見て 2 である, 何でも, 何時あばれ出す, 兎に

1 [77件] あんないせい, あんな者, お土産, お嬢さま何, お家が, お母様なに御新造様どうぞ, きまりわるく, くりさ, くる烟草, くる煙草, こうなりまし, これほどの, しのんで, しばらく形勢, すぐには, そこに, その代り楽, それは, ためて, だ, であった, であるか, では, どうか二十両, どうぞ堪忍, どうぞ心配, まだ暮れない, みると, わたくしも, サッサと, マア上っ, 一日か, 二宮先生は, 人民は, 何卒御, 作つたといふ, 先生は, 先生方は, 冬季などは, 出た間投詞, 力ずくにゃ, 助けて, 卯の花くたしだ, 叔父さんお母さんに, 吐かせるの, 命だけは, 喰いに, 噺にや, 大切に, 宜い, 少し脊中, 年に, 心の, 愍然げだ, 木を, 木葉かたよる, 此処から, 泊めましょう, 私が, 私は, 私ア取りや, 胸が, 致します, 舌が, 若旦那さえ, 衣物も, 裸体に, 親父の, 記念に, 誠にせい, 起こるの, 遠慮は, 闇じ, 頼むよ, 餘計見たい, 首を, 魂消て

▼ すとも~ (85, 0.6%)

2 その愛しき, 争で, 彼愛しき, 異しむ

1 [77件] あたしが, あって, ありゃ旧友, ある, あれば, いう, いう口実, いつでも, おいで, お安い, お見せしましょう, こうしてお世話, こは, これによって, こんなおたふく, その光, その髮, そんなこと, どうぞい, どっさり儲け, なく左, なほこれを, また伴わず, ようが, ようござん, ようござんす, 一向言, 一子を, 一方には, 云えるだろう, 交換を, 人の, 何の, 决し, 判などは, 只今は, 可なり, 女の, 女子の, 好かるべき, 始祖の, 審判の, 彼の, 彼女は, 得べからず, 我所説の, 数えがたき, 斯る, 東京から, 東西三十度南北二十五度の, 歌は, 殺すとも, 汝に, 汝の, 汝のみ, 決して憂うる, 泊りさえ, 泣かずに, 泰然自若悠々自適の, 無き月影, 申して, 百世の, 直ちに知識, 米国の, 肯はず, 胃中の, 背後に, 自らは, 自ら到るあた, 親分そんな, 評す可, 誰に, 豈宜しき, 貧乏人には, 鐚公の, 随うべく, 顔かくし

▼ す~ (85, 0.6%)

15 しっこく 6 しっこいの 4 しっこいやつ, しっこいポケット小僧, しッ 3 しっこ, しっこい少年, しっこくて, しっこそうな

1 [40件] しっこいし, しっこいそう, しっこいたって, しっこいと, しっこいところ, しっこいな, しっこいねえ, しっこいので, しっこいひと, しっこいもの, しっこいりこ, しっこいん, しっこいウサギ, しっこいマダム・ルセール, しっこい二十面相, しっこい信長, しっこい元気者, しっこい助手, しっこい少年助手, しっこい少年探偵, しっこい怪物, しっこい怪盗, しっこい摺, しっこい火箸, しっこい目つき, しっこい者, しっこい若者, しっこい連中, しっこい青年, しっこい飛び出し方, しっこい黒い, しっこくあたり, しっこくそれ, しっこく握飯, しっこく馳, しっこさ, しつこいね, しつこい足, しつこくつて, しつこくミス

▼ すがた~ (84, 0.6%)

3 でした 2 をし, を見, を見せない, 寂しとぞ

1 [73件] お見送り, かな, がすぐ, がその, がはつきり, がみんな, が小さく, が少し, が年, が春, が見えた, じゃ, で, である, であろう, でいっせいに, で草履, とは彼, に, にじっと, にち, にて出, にサーッ, にネオンサイン, に一種, に似た, に似合わない, に哭け, に持った, に明滅, に気づいた, に現, に眼, のうわべ, のおばさん, のしぐれ, のまま, の上, の全体, の女子, の男一人入り, の若, の若衆, は今日, は平民的, は彼女, は断じて, は旅, は法印, は階下, ひとりは, へ何, もかいがいしく, やきしきし, やその, わが文章, をした, をじろじろ, をゆびさし, を何ん, を信長, を揃え, を見かけた, を見せず, を見た, を見送り, を見送りました, を調べ, 意氣なる, 来りしに, 花やかに, 見つ, 鈴ふり

▼ すので~ (75, 0.5%)

26 あつた 6 あらう 2 あつて

1 [41件] あらうから, あらうが, あらうと, ありました, この頃お母さん, さなき, すこしばかり, せう, せうが, そのやう, その死馬, それが, とうとう市中取締り, はてはその, わたし達の, 一時すぎに, 三日に, 修験の, 十人に, 同業者間, 夜半まで, 庶民の, 悩み煩ふも, 或僧, 日蓮宗は, 早々蚊帳, 會計の, 末と, 決して四谷, 淺野は, 滿足し, 石買っ, 私の, 私達は, 穴蔵の, 自分も, 自刻, 見も, 詮ずるに, 起き上って, 餘計に

▼ す~ (74, 0.5%)

3 のもの 2 となる, なきに, を知らず

1 [65件] あたかも最, あらんと, あるは, いで我, が明白, が猶, だった, である, であるが, とかいふ諸説, なく写され, なく描き出し, なく獄中血, なの, なりと云, なり先づ蜂起, にし, にはあらず, に倣はん, に傚つたの, に出, の, のサルゴン王ハルディア征討行, の他, の光線, の問題, の墓場, の意味, の支那, の春, の総て, の總, の衾褥, の證, は, はない, はわづか, は一千三百餘里, は三女長, は下女, は僅, は只, は如何, は幾, は張る, は燕麦, は田内主税, は皆我地, は皆自由黨, は豚料理, は韓國, は黨首たる, へ車兵, をどこ, を以て痴態, を學ぶ, を後ろ, を憂ひ, を憚, を暁, を知らざる, を見, を見る, を見るべきである, を見れ

▼ すには~ (72, 0.5%)

2 恰好の

1 [70件] あまり上等, あらずや, いい伴, いかなる手段方法, いくらも, かならず相手, くっきょう, ござんす, さしあたり火, じじむさいとか, すばらしいお, その根幹, どうしたら, どこか, なにか底, まいらない, やはり法定, ゐられなかつた, 不正な, 之を, 他に, 他の, 何だか不安, 何の, 余りリアル, 充分である, 充分でなかった, 充分な, 先づ用語例を, 其の力, 十分であっ, 及ばずとも, 及ばないこと, 及ばなかつたの, 及ばんぞ, 善し悪しである, 器によつ, 多少残酷, 大いに士気, 好都合です, 少しも, 工合が, 必ずしもいづれ, 持って, 早や, 最後に, 法律では, 注意を, 為の, 異存は, 相当の, 私が, 究竟であろう, 自分達の, 自然対流を, 至らず諸事万事御意, 至らなかった, 至らなかつた, 血液を, 裸蝋燭で, 足らない, 足りないの, 足りなかったの, 足りなかつた, 造作は, 造作も, 適して, 適当だ, 附木か, 餘り

▼ す~ (69, 0.5%)

3 もあった, もある 2 があった, がない, もありました, もなかっ

1 [55件] あらば, ありて, ありと, かれら, が一部面, が出, が多い, が幾ら, こそ多けれ, さえ出, ぞとなり, たらんか, だろうと, であるが, でないこと, でなくて, でもある, といふべし, として手討, として支那國民間, として放逐, と見たら, なるが, にあらざれ, には人, に比す, に非, の在る, の意志, の者, はあるまい, はいくら, はその, はなかっ, は一人, は亦, は客觀的, は斬る, は書, は未だ, は誰, は論語よみ, は阿波, もあつ, もあり, もない, も出来, も出来た, も社内, よりも欺, よ我, よ汝等, を指すなり, 即ち法王ボニファキウス八世, 多し

▼ すつかり忘れ~ (65, 0.4%)

21 てゐた 8 てしまつ 7 てし 4 て居た 3 てしまつて 2 ちやつた, ていた, てしまひました, てゐる, て仕舞, て居ました 1 ちやつたわ, て, てしまつた, てしまはう, てゐたらう, てをつた, て了, て了つたやう, て了つて, て静か

▼ すという~ (64, 0.4%)

4 ような 3 ことは 2 旗を, 言葉が

1 [53件] こと, ことだ, ことな, ことより, ことよりも, ことを, ところも, ので, のは, ふうな, まさにさもあるべし, やり方は, わけには, クワルティーラを, 不当な, 久米島の, 事が, 事だけが, 仕事をば, 児の, 前に, 勢いであった, 勢いに, 危険が, 反対論多く, 名代の, 大罪悪人である, 威相は, 御孝心, 心は, 悪意は, 意を, 意味が, 意識が, 感じであった, 最大眼目の, 様な, 欺罔の, 段に, 法は, 為政的見地から, 理由から, 由, 目的から, 節子の, 話じゃ, 話である, 趣, 迷信が, 雰囲気を, 風な, 風に, 龍教と

▼ す~ (60, 0.4%)

46 りと 2 りすぽ

1 [12件] うつに, すと, つと嵌め, ぬけで青空, ぬけの, ぬけを, り, りっと, りとは, ッと, ツと, ーんと

▼ す~ (56, 0.4%)

3 何か 2 なにごとが, 一大事, 何事か, 敵の

1 [45件] あぶない, それこそ, それ逃がし, なにかこと, またも不覚, また事件, また何, また何事, また喧嘩, また大戦, ッて, 事おこりし, 何かの, 何事, 何事であろう, 信長, 信長の, 元兵, 城内城下は, 大へん, 大乱が, 大事, 大事が, 大事だ, 大事と, 大変, 大敵, 大殿には, 大異変, 将門が, 御国の, 手を, 抜かったり, 搦手の, 最後の, 来たぞ, 来て, 油断ならじ, 異変, 総くずれだ, 若殿の, 衛兵だ, 追手船だ, 退路を, 高順の

▼ す~ (53, 0.4%)

2 あり稚

1 [51件] あれど, があつ, がじき, が一番生甲斐, が来たら, が来る, その時住民, と云つた, などむらむら, など翌朝, に, にす, にすぐ, にその, にはいつ, には其齒切, には実に, には火星, にも芭蕉, に久求都彦, に其の, に別段用, に大雨, に天皇答, に小, に年九十有五, に御, に比比, に用, に當つて, に薄ら, に詔, の如, の実用, の悪戯性, の様子, の清爽, の苦み, はそれ, は一ツ, は何處, は刀屋, は實際持ち前, は砲彈, は至極, は麻川氏, もまた, 初めて完全, 忽ちに凝り, 殊更に, 無かる可

▼ す~ (46, 0.3%)

1 [46件] いっそ加賀, いつどこへ, うっかりした, おばあさんに, おみやげに, お前さんが, お嬢さん, お礼なんぞは, この賽, これじゃ, さあ兄, さア, そうして旦那さん, それで忽ち, それ日本一の, たんと御, だんな, どうか, どこへ, ねえ旦那, ねえ本當, のみならずここ, まア正孝はん, もう, もう沢山, もつと, オーシップ・ニキーフォロ, フランス料理っ, 今夜は, 何か, 何でも, 其の為め, 可ござんす, 大切に, 奥さん, 奴酒食いで性の, 本当におま, 本当に馬鹿らしい, 正孝はん此方, 此方へ, 淋しい処, 済まないが, 結構です, 血気に, 諦めねえば, 関ヶ原の

▼ すといふ~ (45, 0.3%)

2 いや左樣, ことは, やうな, 歌も, 趣きの

1 [35件] いやさうは, のは, やうでなけれ, やうなる, チェホフの, 事実から, 位で, 処が, 処に, 動機に, 囘答を, 夜などは, 始末だ, 役目は, 意味である, 態度に, 書付に, 最大眼目の, 条件付なら, 欺罔の, 此處は, 浪の, 海の, 点で, 程の, 罪にも, 自説を, 莊子の, 蒙昧な, 處が, 言葉あり, 話は, 語さへ, 順序の, 風にも

▼ すとは~ (45, 0.3%)

2 たしかに盗, 何事だ

1 [41件] あんまりじゃ, ええ意気地, お情ない, お隠し, このこと, この事, こりゃ何, こりや, さても, その事物, どうする, ねえ, はなはだ迷惑, わが上, ツと, 上の, 不埒千万藤作殿嚇し, 不敵至極, 之を, 人の, 何事である, 余り不思議, 兵法の, 卑怯な, 又何ぞ, 夢にも, 大衆が, 天人共に, 天晴な吹き, 奇の, 如何にも誠, 当時に, 御挨拶, 思はなかつた, 思へぬが, 怪しからん奴, 抒し得, 普通人の, 考えられない, 言わせませんや, 面白しオーケストラ

▼ すだれ~ (42, 0.3%)

2 の外

1 [40件] うごかし秋, から奥, がかかり, がさがっ, がさらさら, がバラッ, が下げられ, が下り, でもその, で遮りきれない, にかけぬ, にむささび, に上三分, に樽床几, に紫, のあいだ, のかかった, のかげ, の下, の中, の奥, の小, の隙間, もまだ, もズタズタ, も軒, や雪の下, をおろし, をおろした, をかけた, をとおし, を下ろし, を分け, を垂れ, を垂れこめ, を店さき, を掛け, を無遠慮, 吹く夕風, 掛け干す浦

▼ すばかり~ (41, 0.3%)

3 であった, 暖な 2 だつた, であつ, でなく必ず

1 [29件] だ, だが, だと, だ物置, であったから, であって, である, であるから, です, でちつとも, でなくむしろ, で不断, で何日, で其中, で動けない程, で宜, で抜, なる金銀, なる鳥島, ひたすら物思, シーンと, 世に, 変つた, 専門に, 搖れうつる灯, 沈々として, 立派に, 聲で, 近く合ひぬ

▼ すその~ (39, 0.3%)

1 [39件] うごめく純白, くらいなら, つもりで, 一呼虎嘯き, 一年前に, 上なる, 中, 人人よ, 例を, 四五名も, 因と, 外に, 姿その, 帝様は, 弟子中道で, 怨府と, 指した所, 文学を, 日が, 時兎偽っ, 最も透純, 有様を, 死は, 母素性良善ならず, 水今なお, 泉を, 深さ, 畜の, 目つきまた, 脳を, 言ふところに, 酔わせる成分, 際に, 雄です, 面前に, 顔を, 香油が, 香盒とやらの, 馬重きに

▼ す~ (38, 0.3%)

2 も有る

1 [36件] があつ, があの, がある, がうしろ, がゐなく, が幾人, が美, が羨し, だ, とを一つ, などハ銃, には神信心, にハーモニー, に依頼, に見せ, の功徳, の如く, の尊敬, の普く, の起居, はただ, は只, は未だに, は歸, は衆, は談理, もあらまし, もしそ, も有った, も生じさせ, よ見, らしく芸術的, を殺し, を驚かす, 或は物, 若し他人

▼ す早く~ (35, 0.2%)

2 身を, 逃げて

1 [31件] かったいぼう, その場, その怪我, その狭い, はね起きた, カーキ色連中と, ボクさんを, 働かせる, 入り交, 動いて, 半ダースほどを, 口を, 廊下へ, 彼の, 房代が, 手術臺に, 投げあう, 涙を, 眼界を, 着物を, 私に, 突進し, 立ち直って, 竹の, 考へて, 茨の, 蜂矢は, 見つけました, 走った, 走つた, 酒を

▼ すなり~ (34, 0.2%)

2 松に

1 [32件] あはれなる, いざその, いざ行け, これと, そこらは, と古人, ほのぼのしかも, みのり淺き, もののふの, 両手た, 亥の, 大和は, 巷の, 思はざること, 朝狩に, 朝猟に, 朱雀の, 然るに三味, 瓦も, 石も, 碾石の, 神の, 竹立てか, 粟津野の, 紫の, 花に, 観兵式に, 觀兵式に, 谷一面の, 赤きとまや, 金も, 錦帯橋の

▼ す~ (34, 0.2%)

3 否や 2 人の

1 [29件] かんなくずの, きの大きな, しめえ, なかなかなお, やるせなく, われらの, 今度は, 公は, 叱, 否や周章て, 已に恋愛, 当時の, 手くだは, 数限りなき, 数馬は, 星は, 月夜蟋蟀, 板戸, 板戸を, 濁り酒, 秋の, 芋の, 葢し, 銘仙で, 銘仙でも, 銘仙を, 顔は, 鷲の, 鼻の

▼ すつもり~ (32, 0.2%)

32 か, なの

1 [25件] かな, じゃあありません, じゃなかった, じゃ土地, だから, だったの, だつた, だつたが, だつたらう, だな, であったこと, であったの, であつ, である, でいる, でここ, でこの, でございましたか, でそんな, でペン, で介抱, で十二人, で近づい, と了, なん

▼ すとんと~ (32, 0.2%)

2 空虚の

1 [30件] ベッドの, 二人の, 倒れた, 入れると, 初太郎の, 別の, 前へ, 呼吸で, 善平は, 地べたに, 墜落する, 尻もちを, 底へ, 延し斜, 掘り倒したと, 日本の, 景気よく, 枕から, 架け渡すこと, 気持よく, 沈んだ, 深更の, 着くしいんと, 笠を, 落された, 落ちた, 落下する, 落下する気づかひ, 踏み外すが, 馬車使を

▼ すとか~ (30, 0.2%)

3 ここに 2 君を

1 [25件] したら随分, で住まい, へる, または象, よく古典, 不規則生活を, 云う様, 仏頂面を, 何か, 何とかいふ, 何とか言っ, 帯は, 手品を, 歸る, 灰の, 煙草を, 申す事ぢ, 種々の, 總大, 自慢を, 芯がまが, 行きいす, 襟足を, 貧しきもの, 追手に

▼ すのに~ (29, 0.2%)

2 骨を

1 [27件] あんな手, さして困難, さっきの, そんな細工ぢ, ほひも, むづかしかつた, サブシといふ, ナア, 一つの, 二樣の, 何にも, 使ふ, 儂は, 出張りに, 利用する, 十分だつた, 唇の, 四日もか, 困難な, 妙を, 底事ぞ, 心配する, 忙が, 残酷とは, 自在の, 調子を, 適当な

▼ すとて~ (27, 0.2%)

3 お力は, ついと立つ, 小女に, 臆したるさま 2 寄る邊

1 [13件] ありません, 一文銭二文銭の, 前の, 大評判, 女に, 寄る辺なげなる, 少時紛されし, 廊下伝いに, 有名也, 木の実植うる, 獅子州にて, 莊宗の, 迂廻階子

▼ すほど~ (27, 0.2%)

1 [27件] そのなか, その事, だった, でありました, では, なるに, な発見, な神経, ゴットフリートが, 他の, 危険な, 妻は, 子供たちの, 宮城氏の, 少しふくん, 尚お気, 彼の, 待ちましたが, 意地を, 消極的に, 熱かった, 腑抜けでは, 船つきぬ, 親縁, 語気が, 食わして, 驚きたり

▼ すより~ (27, 0.2%)

4 ほかに, 他は, 外に 3 仕方が 2 外は 1 その方, ほかなかつた, ほかは, よし, 外ない, 外には, 外へ, 岐阜ぎふよりあづちと御, 證據を, 遙に

▼ すのみ~ (26, 0.2%)

4 ならずまた 2 であつ, である

1 [18件] だぞ, だと, であった, でした, でなく自分自身, では, で他, で生死, で過ぎて, ならず例, ならず先王, なり, なる, なるこれら, 初詣, 時刻も, 果して卓子其他, 此有様抑

▼ すこの~ (25, 0.2%)

2 夜の

1 [23件] しまえかの, たび帰国する, ときみなそこに, ものまた, 二大部の, 僧渇する, 内海を, 危い, 太田の, 好時代, 時ウェルギリウスこれに, 時喜べる, 書長く, 楔木一たび他国の, 流れも, 犬追物の, 理由に, 目的こそ, 神の, 者詩人等に, 苦しいこの, 辺の, 雌

▼ すぽん~ (25, 0.2%)

2 すぽん, と抜け, と破られ, と音

1 [17件] ととび出しました, とはまりこむ, とひらいた, と一個, と射当てた, と巻いた, と投入, と抜ける, と抜打, と明快, と歩, と突, と納まる, と脱ぎ, と脱げ, と脱げた, と鞘

▼ すわけ~ (25, 0.2%)

2 では

1 [23件] じゃある, だから, である, でないの, でも, ならば, にはいかない, にはいかぬ, にはゆかない, にはゆきませんでした, には参らぬ, には参りませんなれ, には断じて, には行かない, には行かなかった, には行かなかつた, にも參, にも行かず, にも行く, に往かぬ, に行かぬ, はない, もない

▼ す~ (25, 0.2%)

3 ぽり 2 かり忘れて, ぱくして, 飛んで

1 [16件] から親, かり反古, かり殺がれて, かり気に入って, かり知つて, かり調ら, かり譬えて, すッ, て漆, と横ぎったものがあった, と立っ, と開い, と隠れた, ど, なこら, 飛ぶよう

▼ す~ (24, 0.2%)

2 に於, れ正さしく自ら, れ負傷

1 [18件] ぞ汝, の如き, れなん其仁, れまで, れ亦, れ恰も, れ誰, れ諸, を七番島, を三番島, を二番島, を以て同, を以て思想發達, を以て鬼, を八番島, を六番島, を四番島, を川通餅

▼ すけれど~ (23, 0.2%)

2 刺が, 夫れ

1 [19件] あなたは, えいじゃ, お貸し, この替歌, そして何時, それあ, それが, それだ, わたくしの, 一度手, 今顔, 何しろ初産, 出来たにゃ, 山方の, 断じて玩弄, 本当の, 番頭さんの, 直ぐに, 貴下の

▼ すうすう~ (22, 0.2%)

3 して 2 引いて, 通って

1 [15件] いう呼吸, いう御, きこえました, した感じ, できるよう, ながれて, 寝て, 引きさかれそして, 抜けて, 流れたこと, 眠って, 立ちのぼって, 風の, 風通しばかり, 飛ぶ

▼ すにも~ (22, 0.2%)

1 [22件] お金は, せよ只管夫, やはり医者, よしなくこの, 之を, 人た, 似たる歌, 動くにも, 及ばず今, 及ばなかったが, 及ぶまい, 声の, 夥しい犠牲, 当らぬと, 手間どろう, 控たい, 程が, 粗笨に, 至らずして, 賣るにも, 足らざるを, 這入らない事

▼ す~ (22, 0.2%)

2 に, になつたの, に響いた

1 [16件] ならば, な姿, な恐しい眼光, な恐ろしい, な気持, にし, にした, にし向け, になつ, になる, になるであらう, に仕向けね, に工夫, に彼等, に電光, も行

▼ す~ (22, 0.2%)

2 の事, の力, の素養

1 [16件] な悪い, に二十餘人, に切迫, に十時, の代物, の声, の夢, の序, の必要, の感激, の本当, ふり積った, シヨツクの, 余計に, 吹き募れば, 頬骨が

▼ すつと~ (21, 0.1%)

2 入つて, 立ち上つて

1 [17件] お月様, だ, だぞ, 一時に, 今の, 坐る, 奪ふ, 好い気持, 引つ込んぢ, 戻る, 止まるそして, 白い裳, 立ち上つた, 細い頸, 走る, 遠退い, 騰つて

▼ す~ (20, 0.1%)

4 はない 2 もありません, も無い

1 [12件] がない, だった二反, であつ, なし, の受領證, の多く, はあるまい, はねえ, は無い, もない, もなき, もなく

▼ すとの~ (19, 0.1%)

1 [19件] ことが, ことであった, みのりあらばこそ, 事お, 事なり, 信仰に関しては, 信仰を, 古説, 噂付近に, 報である, 声を, 子としての, 届を, 心から, 意味で, 点においては, 評判ありし, 説は, 説中古一般に

▼ す~ (19, 0.1%)

16 して 1 も其下, も此, るに

▼ す~ (18, 0.1%)

2 人の, 八重さん, 心が

1 [12件] いすつきす, それが, もひ観よ, 吉でござん, 孝は, 延だった, 心算な, 梅が, 楽みでや, 菊は, 馬やら, 髪を

▼ すなと~ (18, 0.1%)

2 申したの

1 [16件] いひきかせ候, おっしゃるは, 云ふ, 仰す, 仰せられた, 仰やるは, 制しながら, 命じたの, 命じられて, 御深切, 突然私, 言うて, 言つてる, 許り押し寄せ, 風雨に, 騎虎の

▼ す~ (18, 0.1%)

1 [18件] でしたので, ですし, といえ, にあの, にも睡眠, によく, にヴァンニ・フッチ, に仕上がる, に変事, に常陸, に日本僧虚中, に海鼠, に誰, に速, の人物, は毎日書, を学士, 漸との

▼ すこれ~ (17, 0.1%)

1 [17件] がため, が孔子, が安然大和尚, が山桔梗, にさきだっ, に倣う, のみ, は和歌山, は枯野, は漢名石蛇, もまた, をし, を国, を第, 全き, 実に至大至重, 思ふに

▼ す~ (17, 0.1%)

2 には御灯

1 [15件] である, に, にのみ若く, にのみ配合的, にはあまりに, には上述, には御, に一寸, に変, に大河流, に犠牲, に私, の, の蕗, ばかりで

▼ すつく~ (16, 0.1%)

4 と立つ 3 と立つた 2 と立ちあがり 1 と立ちあがつた, と立ちました, と立ち上つ, と立ち上つた, と立上つて静か, と逆立, と黒く

▼ すほどの~ (16, 0.1%)

1 [16件] ことで, ことも, ごった煮を, ものは, わたしの, 事は, 場所も, 意外な, 憎惡, 気は, 猛獣である, 田を, 聲が, 若い芸者たち, 証拠が, 雑多な

▼ すだけの~ (15, 0.1%)

2 事である

1 [13件] ことが, ことだ, ことで, ことである, ことなら, ことは, 価値が, 心の, 明りが, 氣力は, 目的を, 資格が, 資格しか

▼ す故に~ (15, 0.1%)

2 余は

1 [13件] ダンテは, 今此謀叛, 吾人を, 塗香を以て, 夫婦慎む, 己を, 心眼いよ, 悔改めよと, 打ち捕るを, 此二者は, 火星天の, 經濟的競爭を, 裁判官を

▼ す~ (15, 0.1%)

1 [15件] だった, であ, であらう, である, といふ, と爲, と言つた方, に, に翻訳, に飜訳, の場合, をこの, を教, を話した, を話す

▼ すがも~ (14, 0.1%)

4 ない 3 なかった 1 ありませぬが, ないと, なく, なくつい, なくなって, なし, 曾て

▼ す~ (14, 0.1%)

7 かひ 1 になつて覘, のわかれ, の天の河, もない, や, やねえか, 黒き針金虫

▼ す~ (14, 0.1%)

2 れ曰く

1 [12件] が從來, ではない, の傍, の傾公, の耳, は有, は眞, また伯, また詩文, もし, を手招き, を援

▼ す~ (14, 0.1%)

1 [14件] が一番感情, が上手, が不可能, が余り, が得策, が手際, であったから, なくなりに, にはまた, に向けなけれ, のこと, もいらっしゃいましょう, を見る, 正しからむ

▼ す~ (14, 0.1%)

2 は私

1 [12件] その側, と思われ, に, に下, に二つ三つ, に閑枝, ま荷葉披麻, もない, も時々, も荷葉披麻, を下る, 発して

▼ すだけ~ (13, 0.1%)

1 [13件] きけば, だ, だと, であと, であるが, でございますもの, で一日人, で充分愛, で私, ならい, ならば, なり, 時々徳三郎

▼ すなほ~ (13, 0.1%)

2 に出す, に受け 1 なる我等, にけち, にずばり, に別れける, に受けとる, に受け容れる, に延し, に応答, に返事

▼ すよりも~ (13, 0.1%)

2 はるかに, 易しと 1 もし男, 便利であった, 先づ離さう, 六牙象王の, 寧ろ胸, 明さまに, 生活そのものを, 苦しかつ, 速かで

▼ す可ら~ (13, 0.1%)

72 ずとは 1 ざるもの, ざる布置按配, ざる悲哀, ずと

▼ す~ (12, 0.1%)

1 [12件] いずれに, え, しれないので, それとも外敵, それゃお前の, それ共又, どちらかに, ア, 力を, 大きな図ウ体, 思たら, 知れないよ

▼ すでる~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことの, ことを, といふ誕生様式, のであ, の第一義, は, はま, は母胎, 義が, 者, 者は, 能力の

▼ すとき~ (12, 0.1%)

1 [12件] がない, そうして吾ら人類, その報知, と余, にいつも, は世, は白色, は語, 広き両, 晴れた日, 白い絵の具, 豈に

▼ すなんて~ (12, 0.1%)

1 [12件] えの, ことは, のは, よくねえ, わけには, 出來, 思はないよ, 思わないよ, 新聞記事が, 殘念じゃ, 狡いぞ, 馬鹿が

▼ す~ (12, 0.1%)

2 行きたしと 1 からす思想, きこと, この白封, し殊, し然るに, なかつた, はしらぬ夜あらし, もどって, 置きかえて, 逃がすよう

▼ す~ (12, 0.1%)

1 [12件] に依り, に反し, に報, を, を嫉妬, を潮目, を着ざれ, を着る, を聴く, を行, を譬, を譬へば

▼ す~ (12, 0.1%)

2 がある, を持っ 1 あるすべて, があった, があつ, がいつの間にか, が泌, とその, はなかっ, をもっ

▼ す場合~ (12, 0.1%)

2 がある 1 が屡々, と, と画かきだ, にはこんな, には両方, には事業, には必ず, には穀精, には軸, にも努力

▼ すがと~ (11, 0.1%)

2 笑ませとぞ 1 なって, ほんとうに, 弾いた歌ったいつも, 楽しかった, 洗ったよう, 生きる道, 痩せて, 笑ます君, 見つつ

▼ すっぽ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ないし保険, ろっ, 口を, 喰べ, 御返辞, 抜けようなんて, 指し方, 読んで, 踊れないのに, 金も, 顔も

▼ すつかり見~ (11, 0.1%)

1 [11件] て了, て廻つたら, 失つてゐた, 張つてあります, 拔い, 損つたわ, 違つて今, 違へちまつた, 違へて, 違へる, 限つてゐた

▼ すまで~ (11, 0.1%)

1 [11件] ついに互, 上人に, 二階で, 彼奴は, 恋しくお, 懇, 暖まつた, 来客には, 深くわが, 深く引き下げられ, 胸裏に

▼ す~ (11, 0.1%)

1 [11件] はすなわち, はやや, は大, 其二三を, 其理由を, 始まれること, 密談に, 復我に, 竜岡あり, 茲に, 譯出する

▼ す~ (11, 0.1%)

1 [11件] から平家, で例, になに, にまず, に必ず, に昇降口, に書きかけ, に觀察, 五世紀, 斎宮は, 曲に

▼ す~ (11, 0.1%)

7 れども 2 れとも 1 り而, る所以

▼ す~ (11, 0.1%)

2 の事 1 が家, が独, は八歳, は花川戸, もしみじみ, も其の, も種々訳, 共聴衆, 聞いて

▼ す~ (10, 0.1%)

1 からん, けど, けどぼく, けれどぼく, しこれから, というん, といっ, とたしかに, よ, ッて

▼ すほどに~ (10, 0.1%)

3 少しは 2 さが 1 だんだん深く, 冷やかな, 燦として, 痩せゐたり, 私に

▼ すぽっと~ (10, 0.1%)

2 ぬけて 1 とけて, 合羽の, 嵌まって, 嵌めて, 投げ出しちまうが, 抜き奪われて, 細くなっ, 落ちこんだので

▼ すまた~ (10, 0.1%)

1 かれら, まことに難事, 可ならずや, 後に, 時機に, 武田伊那丸の, 王でなく, 瘧疾を, 見よ主, 辞するに

▼ す~ (10, 0.1%)

1 さまである, 好意を, 心から, 様子で, 様子であった, 様子である, 様子に, 様子の, 痘軽けれ, 諸が

▼ す~ (10, 0.1%)

1 がある, さえ余, によみ, に改築, の吐息, の強い, の正式, の風さき, は吹く, も見せなかつた

▼ すそれ~ (9, 0.1%)

1 が今, じゃァ, じゃア, じゃ何, に又, はた, を売っ, を寝床, 将た

▼ す~ (9, 0.1%)

32 螫す 1 うるむ一瓶, え其字, さうす, よき衆人

▼ すなど~ (9, 0.1%)

1 いうこと, まことにハイカラ, われながら, 塵を, 怪談という, 怪談といふ, 申すは, 考えながら, 誰が

▼ す~ (9, 0.1%)

2 を明け 1 になつ, に添う, のところ, の冷たき, の外, を明ける, を通して庭

▼ すかの~ (8, 0.1%)

1 ガリヴァアの, 人ら, 似而非通人, 平和主義の, 智的不随児で, 沢より, 獣中に, 踵より

▼ すがに~ (8, 0.1%)

1 したいと, したい気持, するため, なると, なるとは, なるもの, なるよう, なる筈

▼ すがの~ (8, 0.1%)

1 今晩先方へ, 何ものも, 如きは, 家で, 荒野, 荒野に, 雨は, 顏も

▼ すじゃ~ (8, 0.1%)

1 あっしは, これからスグに, ひとっ走り今, アお, ア直に, 有りませんか, 泉田筑後を, 私が

▼ すだろう~ (8, 0.1%)

1 がねでも, ことを, と思う, と暗に又, と考えます, にあの, イヤ昨夜, 美しさ

▼ すつかり出~ (8, 0.1%)

2 來て 1 て行つて, 來上つたら, 來上つてなら, 來上つてゐた, 払つて了つて浜の, 払つて了つて浜辺の

▼ すつかり疲れ~ (8, 0.1%)

2 て居る 1 おきみ, ぐつたりとして道端に, てしまつ, てゐた, てゐる, て部屋

▼ すつかり脅え~ (8, 0.1%)

3 てしまつ 1 きつた, てしまひ, て了つて, て今度, て小さく

▼ す~ (8, 0.1%)

1 え, した, たまわずこの, っちまいましょうか, っちまうくらい, とつかわ家, ながしの, 置けぬ

▼ すばかりに~ (8, 0.1%)

1 した, 咬みて, 坐って, 変つて了うた, 撲ちけるを, 照されたる, 耀けり, 近く聳え

▼ すぱっと~ (8, 0.1%)

1 いやしい音, いやア, ねこんな, 一ぷく燻らし, 出刃庖丁で, 吸いつけて, 払って, 斬っ

▼ すふう~ (8, 0.1%)

1 であった, であったから, であるの, でございました, でしたが, で仰せられる, で車, もある

▼ す~ (8, 0.1%)

1 だから, だと, だね, だもの, だろう, だろうなあ, ですか, ですの

▼ す~ (8, 0.1%)

1 これからそうよん, だけど私, ねえ千世ちゃん, 二十日ほど, 妙華園に, 旦那が, 早すぎます, 貴方の

▼ す~ (8, 0.1%)

1 城壁と, 天災の, 小事小利に, 扈従の, 暗くし, 此の, 母様も, 萎黄病の

▼ す~ (8, 0.1%)

2 に何故 1 に尚, に幸子, に怪しまれる, に智恵子, に智惠子, に細川

▼ す~ (8, 0.1%)

21 かと人, かはよう, がせず, にはなれぬ, はなかっ, 遣ひは

▼ す~ (8, 0.1%)

1 がない, である, には参りません, には行かぬ, には行かん, にゆきましょう, に行け, はない

▼ すしかして~ (7, 0.0%)

2 日本人は 1 この幸福, その力, 世人これを, 事やや, 萬物は

▼ すそう~ (7, 0.0%)

1 じゃ不都合, だ, で初手, とわかりゃ, な, に其家, 言いましょう

▼ すつかり暮れ~ (7, 0.0%)

1 てし, てしまひました, てゐた, てガラツ八, て坂, て居た, て山

▼ すつかり消え~ (7, 0.0%)

1 てし, ても歌, てゐた, て了, て新, て松, て雑誌

▼ すつかり腐~ (7, 0.0%)

1 つてし, つてしまつた, つてゐ, つて了ひました, つて居りました, つて居ります, つて落ち

▼ すと共に~ (7, 0.0%)

1 その官位, また當時, 喜びの, 天下を, 実行を, 眷属の, 蹲踞し

▼ すまでは~ (7, 0.0%)

1 いつ迄も, うちへ, 人氣を, 何とかうまい, 大変な, 小勢なりとも, 彼等は

▼ すまでも~ (7, 0.0%)

1 ありません, あるまい皆, ない女, ない岐阜, なからう, なく保さん, なし

▼ すものの~ (7, 0.0%)

1 ごとく見えた, 一科たるが, 如し, 常として, 此処彼処巡拝の, 目の, 首肯せざる

▼ す~ (7, 0.0%)

1 かりおろせたと, かり引きまとめ風呂敷, かり愚老, かり承知, こめ, と明けた, ぽり

▼ す~ (7, 0.0%)

1 の脚, はあまりの, はかかる, はむッ, は其剣幕, は呆然, は目科

▼ す~ (7, 0.0%)

1 なる輸出, 原因と, 地震に, 帶日子淤斯呂和氣の, 都督には, 鈴の, 音響を

▼ す~ (7, 0.0%)

2 の爲 1 がある, で訊く, の庭, の為, へ歸つたつて女房

▼ す~ (7, 0.0%)

1 か明日, の量る, は, はこれ一切, また之, また汝, れ深山

▼ す~ (7, 0.0%)

2 の光 1 でもあつ, に生家, の陽ざし, を見よ, 来腫物

▼ す~ (7, 0.0%)

1 の利, の十八, の国, の國, の村, の流れ, 暗い溪底

▼ すかい~ (6, 0.0%)

1 お綱さん, とでは文法, に並ん, 向って, 心持だ, 眼の

▼ すこそ~ (6, 0.0%)

1 上策なれ, 好い面, 悲しけれ, 此世に, 面白けれ, 面白けれお

▼ すされど~ (6, 0.0%)

1 その名, その後ロメーナ附近に, も勇士, 戰事に, 汝何を, 翁は

▼ すつかりあわて~ (6, 0.0%)

1 てしまつ, てしまひまし, てしまひました, て居ります, て急い, て赤く

▼ すつかり取~ (6, 0.0%)

2 亂し 1 亂した, 圍ませました, 逆せ, 逆上てを

▼ すなどは~ (6, 0.0%)

1 おつ, なにかとりとめなく, 体言として, 凄じい, 悪いコンディション, 沙汰の

▼ すなどを~ (6, 0.0%)

1 しめして, とくと聞い, 思い出して, 目に, 見ると, 訊いた

▼ すはず~ (6, 0.0%)

1 が, がない, だった, なければ, なりしが, もない

▼ すはだし~ (6, 0.0%)

1 であったから, でその, で港, のまま, の黒頭巾, や

▼ すわが~ (6, 0.0%)

1 おちつかぬ旅, 吏の, 師これを, 庵の, 言の, 邦保守論派は

▼ すゐれ~ (6, 0.0%)

6 んの

▼ す~ (6, 0.0%)

1 うも, かを読もう, か特別, そりゃ好いた, でも叶え, も無え

▼ す即ち~ (6, 0.0%)

1 この點, 他の, 供養の, 其丙は, 法王が, 鷲の

▼ す~ (6, 0.0%)

1 で魚市, といふ使, といふ語, と言, のため, の賊子

▼ す彼岸~ (6, 0.0%)

6 かな

▼ す~ (6, 0.0%)

1 があつ, がはつきり, でかし, の中, は鍋, を作る

▼ す程度~ (6, 0.0%)

1 にすぎない, にとどまった, にどの, のもの, の話材, の顔面神経

▼ す~ (6, 0.0%)

1 一に, 三の, 二の, 二は, 二橋辺に, 四には

▼ すかも~ (5, 0.0%)

1 わからぬて, 知れない, 知れないが, 知れないよ, 知れない僕

▼ す~ (5, 0.0%)

1 なんち, 冲へ, 子を, 捨札を, 雲水様

▼ すつかりで~ (5, 0.0%)

1 ちようど二十五人ゐました, 三円五六十銭はか, 二十円か, 幾らか, 矢張七日ほどか

▼ すつかり喜ん~ (5, 0.0%)

1 で三月前, で了, で家中, で居ります, で後

▼ すつかり晴れ~ (5, 0.0%)

1 てお, てしまふ, て南西, て後, て月

▼ すつかり涸れ~ (5, 0.0%)

3 てゐた 1 て斯, て稲

▼ すつかり諦め~ (5, 0.0%)

1 きつた, てし, てしまつ, て待つ, て歸つて來

▼ すつかり離れ~ (5, 0.0%)

1 て, てゐ, てゐる, て彼女, て見たら

▼ すでも~ (5, 0.0%)

1 うか, たんすでも, やはり所謂延言, 幸福に, 無く僅か

▼ すというも~ (5, 0.0%)

1 その力, またこの, 他国に, 日曜日に, 浄土宗と

▼ すもん~ (5, 0.0%)

1 じゃけに, だな, ですか, や, やな

▼ すよりは~ (5, 0.0%)

1 いいけれど, やっぱり養母, 勝だ, 増しだ, 妄想を

▼ す~ (5, 0.0%)

1 三度に, 三枝, 三言さも, 岸の, 種あり

▼ す~ (5, 0.0%)

1 に何ぞ, に求むべからず, に由り, の諸人, はあるまい

▼ す~ (5, 0.0%)

3 で人 1 も違います, を打

▼ す~ (5, 0.0%)

1 かも髪, はどう, もコクリコ我, も生れ, も雛罌粟我

▼ す~ (5, 0.0%)

1 である, でなければ, の白熊テレサ, もある, を生め

▼ す~ (5, 0.0%)

2 に遊就館 1 におどろいた, にそれ, に水輪

▼ す~ (5, 0.0%)

1 からこの, からそれ, から宮, から院, の慰め

▼ す必要~ (5, 0.0%)

2 がある, はない 1 は絶対

▼ す~ (5, 0.0%)

1 ありて, に好ん, に小舟, に記憶, 住民断えず

▼ す~ (5, 0.0%)

1 だ, であるそれ, ならん, にし, の輪廻

▼ す~ (5, 0.0%)

1 が声, この山, と闘わじ, もまた, 出直して

▼ す~ (5, 0.0%)

1 ほ且つ, ほ弓匠, ほ後, 古代の, 留りて

▼ す~ (5, 0.0%)

1 からそ, から狹, のそば, の中, を明け

▼ す言葉~ (5, 0.0%)

1 にもなろう, はなかっ, も出かね, や手紙, を想像

▼ す~ (5, 0.0%)

1 卿も, 天と, 弟子の, 竜中において, 酋長獅の

▼ す~ (5, 0.0%)

1 がする, がどこ, が物凄かっ, はぴったり, を聴い

▼ すがにも~ (4, 0.0%)

1 ならうと, なるだろうと, なるべしと, なろうとは

▼ すけど~ (4, 0.0%)

1 そうでなけれ, 九人の, 今日は, 約束

▼ すごと~ (4, 0.0%)

1 にその, にれい, に薄く, よ傍つき

▼ すごろ~ (4, 0.0%)

1 くで, くは, く用, く盤

▼ す~ (4, 0.0%)

1 すまんことし, すまんとだけ, すると, 済まんこと

▼ すつかりお~ (4, 0.0%)

1 としてしまつた木, ど, なほりなりました, ばあ

▼ すつかりしよ~ (4, 0.0%)

2 げて 1 げた, げ込んだ

▼ すつかり乾い~ (4, 0.0%)

2 てしまつて 1 てもと, て居る

▼ すつかり参~ (4, 0.0%)

3 つてし 1 つてや

▼ すつかり忘れた~ (4, 0.0%)

1 と云, やうに, 足下は, 顔を

▼ すつかり恐れ~ (4, 0.0%)

4 入つて

▼ すつかり持て~ (4, 0.0%)

2 餘し 1 餘しなすつた, 餘しました

▼ すつかり濡れ~ (4, 0.0%)

1 てしまつた街燈, て水, て足袋, 鼠にな

▼ すつかり驚い~ (4, 0.0%)

2 てしまひました 1 てあなた, てし

▼ すとい~ (4, 0.0%)

1 の樣, はむはいとなん影護, は篤信者, へり

▼ すといふは~ (4, 0.0%)

1 あたれり, 国民を, 國民を, 従来の

▼ すとして~ (4, 0.0%)

1 ある, 来たわけ, 矢張り元, 私は

▼ すとを~ (4, 0.0%)

1 ぶに, もつて, 見くらべて, 見比べたなり

▼ すとん~ (4, 0.0%)

2 へんじの 1 すとん音, へんじは

▼ すなあ~ (4, 0.0%)

1 どうも, 清姫様の, 皆さん, 籾の

▼ すなどの~ (4, 0.0%)

1 ことは, 万策も, 吉事の, 記事も

▼ すばかりの~ (4, 0.0%)

1 寒さ, 感銘, 美貌から, 蟇口を

▼ すふた~ (4, 0.0%)

4 めに

▼ すぶる~ (4, 0.0%)

2 やうに 1 ように, んだ

▼ すへき~ (4, 0.0%)

1 に, のみ, 要點, 要點左

▼ すべり~ (4, 0.0%)

1 にすべり出し, のいい, をよく, を防ぐ

▼ すよと~ (4, 0.0%)

1 おぼされしが, こわい顔, 初めに, 思ううち

▼ す~ (4, 0.0%)

1 な内, の, のいい, ません

▼ す~ (4, 0.0%)

1 の現住地紀州田辺, の鮫崇拝論, はこの, は入る

▼ す其の~ (4, 0.0%)

1 最初の, 本殿の, 次第を, 翼に

▼ す可らざる~ (4, 0.0%)

1 か我輩, のみか末段, のみならず, は自然

▼ す吾人~ (4, 0.0%)

2 は之 1 の所謂信条, 若し神佛

▼ す~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はありません, はあるまい

▼ す天下~ (4, 0.0%)

1 の宗教家, の歌人笑つて顧ざる, 何ぞ毀誉, 焉んぞ風靡

▼ す~ (4, 0.0%)

1 がらすが, 世界の, 庭の, 蛇チェラスタ髮に

▼ す或は~ (4, 0.0%)

2 峙立し 1 呻吟し, 寸分の

▼ す早い~ (4, 0.0%)

1 の, のだ, やつでも, 一瞥を

▼ す為め~ (4, 0.0%)

1 でした, にその, に世紀末, に子

▼ す~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 のた, のやう

▼ す~ (4, 0.0%)

1 が坐らず, が空ざま, を放て, 細し児ろ

▼ す~ (4, 0.0%)

1 あふぎ, と思ほし, の威力, 見て

▼ す~ (4, 0.0%)

1 いろ, の事, よ田螺, 一々枚

▼ す限り~ (4, 0.0%)

1 の土地, の野, もない, わが手

▼ す~ (4, 0.0%)

3 になる 1 懐しい小屋

▼ す黒い~ (4, 0.0%)

1 土地が, 土地私が, 影が, 海面へ

▼ すああ~ (3, 0.0%)

1 善き始め, 見えても, 遇ふべくし

▼ すあなた~ (3, 0.0%)

1 ご遠慮, に大阪, 御遠慮

▼ すあの~ (3, 0.0%)

1 上衣, 大菩薩, 鉦たたき虫の

▼ すあの小さな~ (3, 0.0%)

3 子心にも

▼ すうい~ (3, 0.0%)

2 すういと 1 すー

▼ すからと~ (3, 0.0%)

1 いつて, 云い捨て李聖学, 申しますので

▼ すがね~ (3, 0.0%)

1 ありや, わしは, パーウェル・イワーノヴィッチあれも

▼ すがは~ (3, 0.0%)

1 ありません, ない, ないの

▼ すきみ~ (3, 0.0%)

1 が可愛, した主人, のよう

▼ すくらい~ (3, 0.0%)

1 なら俺, なら早く, なら栽

▼ すけれども~ (3, 0.0%)

1 とうに着れ, 弁信さん, 玉子焼に

▼ すさえ~ (3, 0.0%)

1 見えません, 見えるの, 言語道断だ

▼ すさま~ (3, 0.0%)

2 正に江南沢国 1 を眺め

▼ すする~ (3, 0.0%)

1 とあなた, とその, ともう

▼ す~ (3, 0.0%)

2 だら 1 が妻

▼ すだけで~ (3, 0.0%)

1 とても精神的, 別れる, 立止つて話し

▼ すだけは~ (3, 0.0%)

1 みんなから, 盡し, 誰にでも

▼ すだらう~ (3, 0.0%)

1 からそれ, ことを, といふ流言

▼ すつかりおこつ~ (3, 0.0%)

1 てしまつ, てしまひました, てのこつた

▼ すつかり役に立たなく~ (3, 0.0%)

3 なつて

▼ すつかり慣れ~ (3, 0.0%)

2 てしまつ 1 てしまつて

▼ すつかり春めいた~ (3, 0.0%)

1 明かるい, 陽気で, 雨だ

▼ すつかり泣き濡れ~ (3, 0.0%)

1 て居ます, て暫らく, て極り惡さうに

▼ すつかり澄みきつ~ (3, 0.0%)

3 て若

▼ すつかり焼け~ (3, 0.0%)

2 てし 1 て了つた事

▼ すつかり照れ~ (3, 0.0%)

1 てポリポリ, て冗談ぢ, て帰つて

▼ すつかり疲れ果て~ (3, 0.0%)

21 て洞穴

▼ すつかり禿げ~ (3, 0.0%)

1 てしまつ, てそれ, 上つた番頭の

▼ すつかり落ち~ (3, 0.0%)

1 てしまつ, て満目蕭条, て草木

▼ すつかり醒め~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 てし

▼ すつまり~ (3, 0.0%)

3 は私

▼ すでの~ (3, 0.0%)

1 ことに, こと刄を, 事に

▼ すでは~ (3, 0.0%)

1 なくて, わたしが, 行きませうかと

▼ すとある~ (3, 0.0%)

1 ことや, 由, 記事が

▼ すというは~ (3, 0.0%)

1 あるいは一理, いわくただ, いわく去

▼ すといった~ (3, 0.0%)

1 ような, 御様子, 時あんたは

▼ すとしても~ (3, 0.0%)

1 それは, やはりうく, 理論的には

▼ すとともに~ (3, 0.0%)

1 文化戦線を, 琵琶が, 私の

▼ すとんす~ (3, 0.0%)

1 とんと墜落, とんと景気, とんと気持

▼ すどうか~ (3, 0.0%)

1 屋敷へ, 目を, 置いて

▼ すども~ (3, 0.0%)

1 が松, なす先生様, なす先生樣

▼ すなという~ (3, 0.0%)

1 いいつけ, 令が, 仰せでは

▼ すのと~ (3, 0.0%)

1 図星を, 圖星を, 洋燈を

▼ すのみと~ (3, 0.0%)

1 なつて, なり女, 云ひぬ

▼ すのみにて~ (3, 0.0%)

1 傍に, 全山, 汝の

▼ すはと~ (3, 0.0%)

1 いわば今にも討死, 言は, 言はば

▼ すばん~ (3, 0.0%)

1 してね, しますから, だ

▼ すほどにと~ (3, 0.0%)

2 戯言まじり 1 戲言まじり

▼ すまあ~ (3, 0.0%)

1 あゝいつた, してやっとる, 休んで

▼ すまでに~ (3, 0.0%)

1 力強く働きかけ, 燃えて, 運ぶには

▼ すまでの~ (3, 0.0%)

2 ことだ 1 その前身

▼ すやら~ (3, 0.0%)

1 尾籠な, 泣いて, 笑うやら

▼ すゆえに~ (3, 0.0%)

1 万有は, 植物は, 見事に

▼ すゆる~ (3, 0.0%)

1 によし, 橋の, 馬の

▼ すゐんとん~ (3, 0.0%)

2 万国史 1 万国史は

▼ す人間~ (3, 0.0%)

1 の中, の爲, は戦ふ

▼ す以外~ (3, 0.0%)

1 にどこ, に我自ら爲す所, の土地

▼ す但し~ (3, 0.0%)

1 この一聯, その分類, 殊なる

▼ す~ (3, 0.0%)

1 である, のこと, の程度

▼ す何ぞ~ (3, 0.0%)

1 おかけなさい, これを, 道理有らん

▼ す何と~ (3, 0.0%)

2 なれは 1 人間も

▼ す~ (3, 0.0%)

1 つ一升, つ此包圍, を争う

▼ す~ (3, 0.0%)

1 としてうけとれる, に射, のごとく

▼ す凡そ~ (3, 0.0%)

1 固瀬河辺, 夢の, 当夜の

▼ す~ (3, 0.0%)

1 ち人, ち偏重, ち誕欺怪

▼ す十六~ (3, 0.0%)

3 の年

▼ す~ (3, 0.0%)

1 といふもの, に盛り, の類

▼ す~ (3, 0.0%)

1 の色, より, より直ぐ

▼ す~ (3, 0.0%)

1 になる, の空, の鶴

▼ す太吉~ (3, 0.0%)

3 もお湯

▼ す~ (3, 0.0%)

1 の堂舎塔廟, れから, れじゃァ

▼ す~ (3, 0.0%)

1 が回顧, の不満, は今

▼ す~ (3, 0.0%)

1 にも野, の頂上, も

▼ す後日~ (3, 0.0%)

3 にお

▼ す我等~ (3, 0.0%)

2 が父ここ 1 の爲

▼ す~ (3, 0.0%)

1 の紡ぎ, は口, を漏れ

▼ す斯く~ (3, 0.0%)

1 ありて, こそあり, て戰亂

▼ す有る~ (3, 0.0%)

1 ものの, 人が, 人と

▼ す~ (3, 0.0%)

1 せんと, の刺, を賜う

▼ す~ (3, 0.0%)

1 なる大地, の手, は笑

▼ す~ (3, 0.0%)

1 でいた, なの, になつ

▼ す~ (3, 0.0%)

1 の城, の道, を善く

▼ す~ (3, 0.0%)

1 から云え, において刑法, もございましょう

▼ す~ (3, 0.0%)

3 りの

▼ す~ (3, 0.0%)

1 で人間, の人, を閉じ

▼ す積り~ (3, 0.0%)

1 で何処, で奮発, で言った

▼ す結果~ (3, 0.0%)

1 については害悪, に様々, の相違

▼ す自分~ (3, 0.0%)

1 に愛想, の家, は相州足柄上秦野

▼ す若し~ (3, 0.0%)

1 之に, 又下等, 吾人の

▼ す~ (3, 0.0%)

1 を養う, 多しと, 行きて

▼ す~ (3, 0.0%)

1 なきや, に馴, を得ん

▼ す裏町~ (3, 0.0%)

3 の酒屋

▼ す~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 の上

▼ す迄も~ (3, 0.0%)

1 ありませんや, なく其處, なく家全体

▼ す途端~ (3, 0.0%)

2 よろ 1 よろよろとして

▼ す面白く~ (3, 0.0%)

3 も可笑しく

▼ す~ (3, 0.0%)

1 とは比べもの, に河原毛, も遣る

▼ す高ちやん~ (3, 0.0%)

3 なぞは夜

▼ す~ (2, 0.0%)

1 たはず, ぢしきた

▼ すいかに~ (2, 0.0%)

2 いはんや

▼ すいま~ (2, 0.0%)

1 も功夫, よりのちハ

▼ すいわんや~ (2, 0.0%)

1 悪人を, 永久の

▼ すうすう小さい~ (2, 0.0%)

2 鼾を

▼ すうち~ (2, 0.0%)

1 にた, に焦げ

▼ すがが~ (2, 0.0%)

1 ありましょう, ありません

▼ すがとして~ (2, 0.0%)

1 そして庭樹, 工合よく

▼ すがには~ (2, 0.0%)

1 ならなかった, やはり相当役立つ

▼ すがを~ (2, 0.0%)

1 与えずに, 妻

▼ すくせ~ (2, 0.0%)

2 こそ泣かれぬれ

▼ すこう~ (2, 0.0%)

1 しさ, しもらって

▼ すこと三人~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ す~ (2, 0.0%)

1 み, ア手を

▼ すさあ~ (2, 0.0%)

1 貴僧参りましょう, 貴僧参りませう

▼ すさめる~ (2, 0.0%)

1 をま, 胸の

▼ すさらば~ (2, 0.0%)

1 この衣類, たと

▼ すさる~ (2, 0.0%)

2 を俳諧

▼ すしかるに~ (2, 0.0%)

1 ユダヤ人モルデカイ, 那覇近所の

▼ すすぐ~ (2, 0.0%)

1 にうかがいますでございます, 来て

▼ すすまん~ (2, 0.0%)

1 ことした, とだけ云った

▼ すすみません~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 安太郎さん

▼ すぞと~ (2, 0.0%)

1 いふん, 構えて

▼ すただ~ (2, 0.0%)

1 しずかに, 経世的大

▼ すたび~ (2, 0.0%)

1 に俺, に近所

▼ すため寺~ (2, 0.0%)

2 の四至

▼ すだけでも~ (2, 0.0%)

1 相当の, 私の

▼ すだける~ (2, 0.0%)

1 は, 虫の

▼ すだり~ (2, 0.0%)

1 した, 柳

▼ すつかりこつ~ (2, 0.0%)

1 ちと合つて, ちの話に

▼ すつかりぬけ~ (2, 0.0%)

2 てしまつて

▼ すつかりのみこん~ (2, 0.0%)

1 でゐた, でゐる

▼ すつかりほぐれ~ (2, 0.0%)

1 て仕舞, て相手

▼ すつかりよろこん~ (2, 0.0%)

1 で, で頬

▼ すつかり入れ~ (2, 0.0%)

1 て一冊, 換へて

▼ すつかり冷え~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまふ

▼ すつかり凍~ (2, 0.0%)

1 つてしまつてね, つてゐました

▼ すつかり出来~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て仕舞つて

▼ すつかり参つ~ (2, 0.0%)

1 ちやつたわ, て来た

▼ すつかり困~ (2, 0.0%)

1 つてしまつ, 迷し

▼ すつかり張りき~ (2, 0.0%)

1 つてを, つて眼の

▼ すつかり忘れる~ (2, 0.0%)

1 ところだつた, 事の

▼ すつかり忘れ果て~ (2, 0.0%)

1 てしまつて, てゐた

▼ すつかり怒つ~ (2, 0.0%)

1 て, ていきなり

▼ すつかり怯え~ (2, 0.0%)

1 て居る, て遠く

▼ すつかり慌て~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, てゐた

▼ すつかり投げ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居ります

▼ すつかり抜け落ち~ (2, 0.0%)

1 ちよつと, 次第に元気

▼ すつかり止ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でまるで

▼ すつかり浮かれ~ (2, 0.0%)

1 て云, て酌

▼ すつかり消えた~ (2, 0.0%)

1 んだ, 頃神経衰弱で

▼ すつかり消え失せ~ (2, 0.0%)

1 て了, て熱心

▼ すつかり済んだ~ (2, 0.0%)

1 あとでは, んだ

▼ すつかり溶け~ (2, 0.0%)

1 てし, 合つてゐ

▼ すつかり無く~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ すつかり焼い~ (2, 0.0%)

1 てし, て了

▼ すつかり片づけ~ (2, 0.0%)

1 て伊佐地方, て帰つて行

▼ すつかり疲れき~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてゐた

▼ すつかり疲れ切~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて驛前から

▼ すつかり痩せ~ (2, 0.0%)

1 さらばうた身, 細つてゐた

▼ すつかり脱い~ (2, 0.0%)

2 でしまいませう

▼ すつかり腐つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居る

▼ すつかり草臥れ~ (2, 0.0%)

2 ちやつた

▼ すつかり荒れ~ (2, 0.0%)

1 てしまひました, て了つて

▼ すつかり萎れ~ (2, 0.0%)

1 てしまひました, てをります

▼ すつかり萎れ返~ (2, 0.0%)

1 つて居りました, つて居ります

▼ すつかり落ちついた~ (2, 0.0%)

1 心に, 落ちつき払つては

▼ すつかり見えなく~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ すつかり見透しな~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ すつかり話し~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て聞かせました

▼ すつかり話し込ん~ (2, 0.0%)

1 でお, でしまひました

▼ すつかり食べ~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまひました

▼ すつき~ (2, 0.0%)

1 で旅, を見る

▼ すつて~ (2, 0.0%)

1 はいけません, も

▼ すつて火~ (2, 0.0%)

1 を点した, を移した

▼ すつる~ (2, 0.0%)

1 にあり, を例

▼ すといふもの~ (2, 0.0%)

2 是れなり

▼ すとお~ (2, 0.0%)

1 もひける, もへる

▼ すとき愛~ (2, 0.0%)

1 もまた, も必然

▼ すとたん~ (2, 0.0%)

1 とたべ, に脾腹

▼ すとでも~ (2, 0.0%)

1 いひたい氣, するの

▼ すとのみ~ (2, 0.0%)

1 ことわりて, 眺められた浅葱桜

▼ すどおり~ (2, 0.0%)

1 して, に通り過ぎた

▼ すどこ~ (2, 0.0%)

1 ともいわれない, までも自然

▼ すどころか~ (2, 0.0%)

1 かえってそれ, かえって彼

▼ すなか~ (2, 0.0%)

1 にかあ, に花文字

▼ すなどという~ (2, 0.0%)

1 事は, 論調で

▼ すなどとは~ (2, 0.0%)

1 もってのほかな, 大嘘

▼ すにな~ (2, 0.0%)

1 つた八幡丸を, つて霖忌は

▼ すにや~ (2, 0.0%)

1 あらん, ト更に

▼ すぱり~ (2, 0.0%)

1 と云う, と云っ

▼ すぴりっと~ (2, 0.0%)

1 が宿つて, に言

▼ すふり~ (2, 0.0%)

1 や, 仰ぎ透かし

▼ すぶり~ (2, 0.0%)

1 ながら踊る, をくれ

▼ すへき點~ (2, 0.0%)

2 は其感覺

▼ すへて~ (2, 0.0%)

1 くるが, 起らさる

▼ すほう~ (2, 0.0%)

1 がよかろ, のかみ

▼ すほか~ (2, 0.0%)

1 ない今日, に今

▼ すぼっと~ (2, 0.0%)

1 して, はいりこむの

▼ すぼらし~ (2, 0.0%)

2 さの

▼ すまま~ (2, 0.0%)

1 にぐら, に恋しい悲しい

▼ すまり~ (2, 0.0%)

1 や, やなどよぶ

▼ す~ (2, 0.0%)

1 の複合, の説明

▼ す~ (2, 0.0%)

1 はいいました, はうなずいた

▼ すもう~ (2, 0.0%)

1 いっぺんお昼の, 暑ござん

▼ すもし~ (2, 0.0%)

1 今日より, 坐禅せ

▼ すもと~ (2, 0.0%)

1 だつた, になった

▼ すやる~ (2, 0.0%)

2 うに

▼ すやを~ (2, 0.0%)

1 仕込んだ杖, 告げよ

▼ すわと~ (2, 0.0%)

1 満城, 煮えくり返るよう

▼ すゑてゐるのを~ (2, 0.0%)

1 見て, 見ますと

▼ すポアンカレー~ (2, 0.0%)

2 また世に

▼ す~ (2, 0.0%)

1 に結束, の獄吏

▼ す一つ~ (2, 0.0%)

1 には葡萄大谷, まア七厘宛

▼ す~ (2, 0.0%)

1 けの手練, 高い雑草

▼ す~ (2, 0.0%)

1 に幾分, に於

▼ す不尽~ (2, 0.0%)

2 の御嶽

▼ す世上~ (2, 0.0%)

1 の健啖家, の病人達

▼ す了簡~ (2, 0.0%)

1 が解らない, になりました

▼ す事さ~ (2, 0.0%)

1 へ, へ招来

▼ す云々~ (2, 0.0%)

1 かう御, というわけ

▼ す今日~ (2, 0.0%)

1 のこの, の御代かな

▼ す代り~ (2, 0.0%)

1 うんと金, に発奮

▼ す何とも~ (2, 0.0%)

1 いへ, 云ひ

▼ す余裕~ (2, 0.0%)

1 があり, がない

▼ す信念~ (2, 0.0%)

1 がありました, がある

▼ す健気~ (2, 0.0%)

2 な覚悟

▼ す~ (2, 0.0%)

1 から, の車窓

▼ す傾いた~ (2, 0.0%)

2 日も

▼ す~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ す~ (2, 0.0%)

1 だから, はうごかざる

▼ す~ (2, 0.0%)

1 より非道, 慶八年勅し

▼ す光り~ (2, 0.0%)

1 のなか, の色

▼ す全く~ (2, 0.0%)

1 恐れ入りました, 馬同様だ

▼ す共に~ (2, 0.0%)

1 仁と, 真味

▼ す其外~ (2, 0.0%)

2 の象徴派詩人

▼ す円き~ (2, 0.0%)

2 涯のみ

▼ す再び~ (2, 0.0%)

1 うぐい亭, 明和二年牧野康満によって

▼ す到底~ (2, 0.0%)

1 その構成的感, 一圏を

▼ す勇気~ (2, 0.0%)

2 も自信

▼ す動機~ (2, 0.0%)

1 を作る, を示す

▼ す~ (2, 0.0%)

2 蒼荘厳或は

▼ す~ (2, 0.0%)

1 八時三十分爆聲止む, 十三日頃より

▼ す品物~ (2, 0.0%)

1 は持っ, は持つ

▼ す垂乳根~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ す大正~ (2, 0.0%)

2 の流俗

▼ す太陽~ (2, 0.0%)

1 にはぐくまれ, は其処

▼ す~ (2, 0.0%)

1 がある, も馬鹿ぢ

▼ す姿~ (2, 0.0%)

1 こそ美しけれ, もちっとも

▼ す~ (2, 0.0%)

1 へのりこん, も荒れすさん

▼ す客人~ (2, 0.0%)

1 のもの, の目疾

▼ す少し~ (2, 0.0%)

1 でもこの, 落着い

▼ す~ (2, 0.0%)

1 のすみちゃん, の伽羅

▼ す~ (2, 0.0%)

1 れ, れを

▼ す~ (2, 0.0%)

2 日さへ

▼ す~ (2, 0.0%)

1 でもあるまい, に二

▼ す~ (2, 0.0%)

1 にし, 蘭いかで

▼ す強い~ (2, 0.0%)

1 匂いが, 感激が

▼ す当時~ (2, 0.0%)

1 なお封建, 嘲風博士

▼ す影響~ (2, 0.0%)

1 が小さく, は比較的

▼ す~ (2, 0.0%)

1 に立てる, をし

▼ す我心~ (2, 0.0%)

2 は臆病

▼ す所以~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, ではない

▼ す手段~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, を講じよう

▼ す~ (2, 0.0%)

1 は知らず, を見

▼ す~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ す新しい~ (2, 0.0%)

1 のが, 涙を

▼ す方法~ (2, 0.0%)

1 もある, もチャント

▼ す~ (2, 0.0%)

1 夭の, 瓦は

▼ す~ (2, 0.0%)

1 の水, 闌けよかし

▼ す時に~ (2, 0.0%)

1 年六十五, 覚海検校深

▼ す暗い~ (2, 0.0%)

1 とこで, 車中に

▼ す~ (2, 0.0%)

1 あなおも, に跡

▼ す最も~ (2, 0.0%)

1 明かなる証拠, 有力な

▼ す~ (2, 0.0%)

1 の中竹田屋, もあらず

▼ す~ (2, 0.0%)

1 に, より西

▼ す楼蘭征戍~ (2, 0.0%)

2 の児

▼ す機会~ (2, 0.0%)

1 に出会う, は多数

▼ す次第~ (2, 0.0%)

1 であります, を懇談

▼ す此裂~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ す況や~ (2, 0.0%)

2 悪人を

▼ す源助さん~ (2, 0.0%)

1 から昨夜, から昨晩

▼ す然るに~ (2, 0.0%)

1 先年は, 目下世間に

▼ す~ (2, 0.0%)

1 は子, は後見

▼ す~ (2, 0.0%)

1 かつぎて, か酒

▼ す生血~ (2, 0.0%)

1 のにじみ, の滴り

▼ す~ (2, 0.0%)

1 があったら, の人

▼ す~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ す疾翔大力これ~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ す白き~ (2, 0.0%)

2 髯の

▼ す~ (2, 0.0%)

1 の前, の顔

▼ す皆元首~ (2, 0.0%)

2 の自由意思

▼ す目的~ (2, 0.0%)

1 でだけ利用, でない

▼ す目科~ (2, 0.0%)

1 は唯口, は威長高

▼ す~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, 對照し

▼ す知るべ~ (2, 0.0%)

1 し光, し始祖

▼ す禿頭~ (2, 0.0%)

2 は硝子戸

▼ す~ (2, 0.0%)

1 のあはれ, の長

▼ す~ (2, 0.0%)

1 となった, とはなり

▼ す種類~ (2, 0.0%)

1 でもない, のこと

▼ す美しい~ (2, 0.0%)

1 海原を, 雲の

▼ す~ (2, 0.0%)

1 ひては, 蛇地に

▼ す老爺~ (2, 0.0%)

2

▼ す~ (2, 0.0%)

1 く人, はざる

▼ す腹ア~ (2, 0.0%)

2 出てるもの

▼ す臨終~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, に妻子

▼ す自然~ (2, 0.0%)

1 の力, の美

▼ す~ (2, 0.0%)

1 うらがれん初め, なくば

▼ す~ (2, 0.0%)

1 し其原理たる, し少時

▼ す蝙蝠~ (2, 0.0%)

2 の様

▼ す~ (2, 0.0%)

2 おさ

▼ す~ (2, 0.0%)

1 か善説, か我謹厳

▼ す貴方~ (2, 0.0%)

1 が出れ, の処

▼ す~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, でもなかっ

▼ す~ (2, 0.0%)

1 を丁と, を答

▼ す通り~ (2, 0.0%)

1 に計らいまし, はできない

▼ す遠く~ (2, 0.0%)

1 に移る, より音

▼ す~ (2, 0.0%)

2 ふと申

▼ す~ (2, 0.0%)

1 は電車賃, を貯

▼ す間もなく~ (2, 0.0%)

1 危いところを, 悲し気

▼ す閣下~ (2, 0.0%)

2 果して我輩

▼ す雨夜~ (2, 0.0%)

2 はつれなく

▼ す雨間~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ す~ (2, 0.0%)

2 を出たる

▼ す~ (2, 0.0%)

1 に大, より以下金

▼ す頭痛持~ (2, 0.0%)

2 は血

▼ す~ (2, 0.0%)

1 があった, がない

▼ す願はく~ (2, 0.0%)

1 は一生, は此真実

▼ す風あし~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼1* [1570件]

あか汲み縄, すあかい芽を, すあかりをともす, すあさましかりつる夏, すあたかも竜に, すあたりくらいまで来た, すあちらの入, すあっしがだんな, すあとに殘, すあどけなさ利發に, すあまりにダリヤ紅く恨めし, すあるに足らざる, すあるいは図を, すある時風に遭う, すあれはああ, すあゝ何うす, すいいやおまえ, すいうことも, すいずくんぞ能く, すいっぽうの竹童, すいつしかと仕, すいとけなき仏の, すといふ様, すうすうすうと, すうち敵の東, すうまん騎を, すうれしい哉, すおいでになっ, すおなじ乱暴な, すおよび二頭を以て, すお供を致しやしょう, すお前さんが音, すお前様のお, すお婆さん等どれもこれ, すかくのごとく, すかくして帰りたる者, すかたも見えぬ, すかという意味における, すかに虫のなく, すからくりの數, すがからに零雪乃消者消, すがしも其山か, すがたみな生を知っ, すがちの柿, すがとしての名も, すがなどがこの際, すがねえ其の槍, すがのみを衣に, すがわらよ, すぎからかゝりワンカットでチョン, すぎたおばあさまで大変にい, すぎたのがぼたりぼたりと落ちる, すぎつゞけてそのため, すぎていったじぶんにはあたりはとっぷり, すぎてたちむかふ那智の檜山, すぎてながはまへおかえりなされまして一旦は, すぎでもあつたであらう夜の故, すぎまできやつきやつ言つてゐたよ, すぎるぢやないかたんとの, すぎるとゝもに日にまし, すくらゐか, すくらいにして, すくりいんの, すくり合ってどっち, すぐいのししのようにあらい呼吸をぷうとふく, すぐおもひだすおどり子, すぐつけあがってきやがると言わんばかりの, すぐなかみがわかったがそれでも私は意味, すぐなるしはなれるとなるとすぐはなれて一寸だって未練, すぐにおたずねしたかったのですけどこちらさまのお, すぐにひいひい泣かせてるん, すぐひっぱってめえりますからちょっくらここでお待ち, すけだし尊者マイラプル王の, すはまだ, すこいなあ源右衞門さん, すこういう招きねこが, すこころなりとも, すこっぷを, すこといにしへベトレヘムの搖籃, すことに吝である, すこと一粒の麥, すこと三遭柳を百歩, すこと二本敵の大, すこと分離すること, すこと十數里兩岸には吉野, すこと昔よりの習, すこと生活を奪, すこと能はざる, すこと鉛を後方, すこと間諜が醜業, すこと風なき日, すこれわが国において一, すこれ今の小説, すこれ個の卵, すこれ兵家の任, すこれ太陽晨に天, すこれ宇宙自然の作用, すこれ己に咎, すこれ改進論派と自由論派, すこれ火を吹く, すこれ神の御, すこれ言多くし, すさばや, すごろォくに五ォばん負け, すさかいいうて, すさかいねどない, すさつき僕はここん, すさては余の, すさりとては褻らわし, すざって宇治から離れ, すざつてちよつと小, すざますは, すしいて自らこの, すしかしそれが, すしかも足遂に, すしかるべき手續を, すしきりに抑留す, すしつこい歯痛とともに, すすぎを持っ, すすこし酔うて, すすす擂粉木をさし, すすそれじゃ何, すすばらしいですなあ, すすべて時あって, すすら容易なら, すすわってください, すす掏摸にやられた, すす擂粉木をさし, すずいぶんあなたとは, すせめてはこの, すそういう次第なら, すそうして置いて, すそしてお前を, すそたなごとお前さん, すそっくりですこし, すそのうち主人小豆蒔く, すその他種々の会, すそりば, すそれだけ蓄った, すそれほどわたしを, すそんな事お, すぞいこの野郎, すぞとも知らぬ心, すただし足最も, すたちだろう, すたちまち一人皮袴を, すたとえば蕪菁を, すたびごとに事務長, すたまたま雄雌鶏相, すためわれらは死, すため一は裝飾, すため父親は思わず, すため舌を丸め, すため誇大にいいふらしおる, すため途上の神仏, すため都鳥を射, すため鶏を飼う, すたり易い, すたりて根津の, すたりのない実, すたりはどんなもの, すたりを気に, すだけがわれ, すだけに止める, すだに見えない, すだまよ, すだらけでだ, すだれ越に乘, すだんなの口, すちからを持つ, すちっと傍へ, すちょうどこの馬, すちょっとそこに, すぢかいになり下る, すぢ仄青く芽むものがあつた, すぢ焦茶いろの, すぢ繩ぢやいけない, すついでにお, すつかりあきらめてゐる, すつかりあきらめたらしくいきなり馬車, すつかりあせて了, すつかりあらためられたことに, すつかりあわて, すつかりいきり立つて居ります, すつかりいけなくなつた, すつかりうつつちやつたつて言つて, すつかりおくれつちまつて, すつかりおさまりかへつて, すつかりおしまひかい, すつかりおちついてゐます, すつかりかうして置い, すつかりかきつけてゐます, すつかりかけてやりました, すつかりかすれてゐ, すつかりかたづいてただ, すつかりかつがれちやつた, すつかりきまりますとみんな, すつかりくたびれてし, すつかりくたびれたところへ, すつかりくたぶれたけれど都城留置, すつかりこげついたやうに, すつかりこんがらかつて了, すつかりさめて, すつかりしをれつくし, すつかりすがれた法師蝉も, すつかりすんだやうな, すつかりたしかめられたのです, すつかりたそがれてどこ, すつかりたふれてど, すつかりだけど, すつかりだまされて無罪, すつかりつかれてゐた, すつかりつるつるにな, すつかりてれてしまひました, すつかりなさらなけやならない, すつかりのみこみがついたらしく, すつかりばけの皮, すつかりひねくれて了つた後, すつかりふくれて突然, すつかりふさぎ込んでしまひました, すつかりふみかためられて鏡, すつかりまつ白に, すつかりまとめると小さい, すつかりむくれて居ります, すつかりやつれてよ, すつかりやつれ果てたゆき子が, すつかりやめておし, すつかりやられました身體一つで, すつかりわかつてしまつたの, すつかりわかつたのでした, すつかりわかつたらどんなもん, すつかりわかりきつて, すつかりわかる人が, すつかりわすれてあて, すつかりゐなくなつて, すつかり上がり富士見あたりの, すつかり下卑て了つた, すつかり不貞腐れてゐる, すつかり世離れて恋, すつかり乱れてしまつた, すつかり乾かした脚袢を, すつかり伐られて淺, すつかり信じちまつたものです, すつかり倒れて了, すつかり傾いたせゐか霜柱, すつかり儲けて良い, すつかり光りで包まれて天, すつかり冷えこんでしもた, すつかり冷え切つたにも, すつかり凍つてしまひ, すつかり出払うて唯一人, すつかり出来あがつて, すつかり出来たのにまだ, すつかり出来てるんだ, すつかり出来ると消防署, すつかり出来上りましたけれどまだ, すつかり分つていよいよ, すつかり分つた氣が, すつかり分らなくなつて, すつかり分るから私, すつかり切上つて夏の, すつかり切れて了, すつかり剥げて布袋, すつかり去つたわけで, すつかり参つたね, すつかり参つちまひま, すつかり参つちまつてね, すつかり取り込んで了つて, すつかり吐いてしまつ, すつかり呆れまた驚い, すつかり呑まれたやうで, すつかり呑み込めたと言, すつかり呑み込めないやうな, すつかり喜んでしまつてよく, すつかり困つてしまはなけれ, すつかり困つた揚句猫を, すつかり埋沒し, すつかり埋められてしまふ, すつかり堰きとめて戴きたい, すつかり壊れて原画, すつかり売り尽してし, すつかり外れて一時, すつかり失せて了, すつかり失はれた頃には, すつかり委せきつてあつた, すつかり定めて總, すつかり害せられ翌年三月には, すつかり寂れ切つたなりに, すつかり寛いだ気持に, すつかり寝入つて, すつかり寝込んでしまひました, すつかり寝込んでしまつたからもう, すつかり寝過してしまひ, すつかり寝静まつた両側の, すつかり尽き果て, すつかり建て込んで居り, すつかり引かれてシヤギリ, すつかり引きぬいて持つ, すつかり引くり返されて了, すつかり引つくり返, すつかり引受けてやつ, すつかり弱り果ててゐる, すつかり張り切つて俵屋, すつかり待ちくたびれましたよ何, すつかり心ゆくまで読破, すつかり忘れきつてゐた, すつかり忘れてたわ, すつかり忘れられて繃帯, すつかり怒らしてし, すつかり思ひとまつ, すつかり怯えあがつてしまつたの, すつかり怯え切つた十八九の, すつかり怯え切つて部屋, すつかり恐れ入つてしまひました, すつかり恐入ると急, すつかり悄気返つた儘そつと, すつかり悟られてゐる, すつかり悦んぢや, すつかり感じたもんや, すつかり慰められるさて慰められ, すつかり憑かれてゐる, すつかり懲りたものか, すつかり打ちのめされて消耗, すつかり打ちひしがれ乍らも, すつかり打ち解けて語る, すつかり打ち込んで居たらしい, すつかり打明けてゐた, すつかり打解けた調子で, すつかり投げた気持にな, すつかり折れて了つた本所, すつかり抜けてしまひ, すつかり拭いたさうですが, すつかり持たせ振るのです, すつかり持つてま, すつかり振られて了つて, すつかり捻が戻つ, すつかり掃いて敷石, すつかり採れなくなつた, すつかり掻き寄せておきました, すつかり擦れて居る, すつかり改められてし, すつかり散つてしまつ, すつかり散り永村長十郎も, すつかり明くなつて, すつかり明けて東側, すつかり明け放たれて明るい, すつかり春めいて彼方此方, すつかり晴れあがつて, すつかり晴れた誰もが, すつかり暮れた障子を, すつかり書き込むんだ, すつかり書くわ, すつかり枯れて豆, すつかり枯れたままいまだに, すつかり枯れ落ちた頃こつ, すつかり欠けてゐた, すつかり止まつてゐた, すつかり歩き疲れてゐた, すつかり死にきつて, すつかり気に入り何事も, すつかり気に入り若返つてあんな, すつかり汚れて仕舞, すつかり沈んで居りました, すつかり沸き切つてむやみ, すつかり治して下すつた, すつかり泣き切つたあとの, すつかり泣き崩れて居ります, すつかり流れてしまつ, すつかり消されてしまつて, すつかり清めて經帷子, すつかり清められたのだ, すつかり滅入つた氣分だつた, すつかり滅入り乍らも, すつかり滅入り込んでゐ, すつかり潮垂れて運命, すつかり潰されて新, すつかり潰れて正, すつかり澄まし込んで彼, すつかり澄みきつた, すつかり濡らして了ふところ, すつかり焼かれてゐた, すつかり焼けた松庵寺は, すつかり焼け落ちて灰, すつかり煤けたよ, すつかり照れた顔を, すつかり煮えた頃それを, すつかり燃え滓の, すつかり燃え切らないうちに, すつかり片づいてから東雲神社, すつかり片づいた上復生病院の, すつかり片づくといふ, すつかり片付いて町内, すつかり片付いた時平七は, すつかり現れてその, すつかり生きかへつた様, すつかり生れ変はりましたわねエ, すつかり異なる範疇に, すつかり疲れた暗い氣持, すつかり疲れ切つて足, すつかり疲れ切つた揚句ふと, すつかり疲れ切りすこし熱氣さ, すつかり痛んで居る, すつかり癒えて快活, すつかり癒えた九月末の, すつかり癒して呉れました, すつかり白けた気持で, すつかり盗み出してしまつたの, すつかり真似たつもりで, すつかり睡り入つて, すつかり睡りこけて居た, すつかり知り悉し, すつかり知れるもので, すつかり秋めき夜に, すつかり突き崩されてしまひます, すつかり窶れ果てて冥土, すつかり終るのは, すつかり締めきりましたよ, すつかり縮み上がつてしまひました, すつかり老い込んで引込み思案, すつかり老い込んでしまつたからこれから, すつかり老けこんで人相, すつかり考へちがひ, すつかり考へ直したつて言ふ, すつかり考へ込まされてしまひました, すつかり聞いたのち, すつかり聞き終らない中に, すつかり聞ければ僕, すつかり聴いて居りました, すつかり脅えきつて部屋の, すつかり脅えた氣持で, すつかり脅かされてしまつ, すつかり脹れて居ります, すつかり腐らせられてし, すつかり色あせてき, すつかり荒されて來, すつかり荒さんだひるまになつた, すつかり荒んで不良少年, すつかり荒んだ二学期もう, すつかり萎びて枯れ, すつかり萎れきつてを, すつかり落しておし, すつかり落ちた朝の, すつかり落ち着いてし, すつかり落つき払つてし, すつかり融けてし, すつかり融けこんだ姿を, すつかり行詰つてゐた, すつかり表れてその, すつかり見えて来る, すつかり見えなければならない, すつかり見えねえもおんなじ, すつかり見えますよ, すつかり見えるやうに, すつかり見ちがへました, すつかり見られてしまひ, すつかり見られたなと思ひ, すつかり見通されふなやはや, すつかり覚えてし, すつかり解りかけると人間, すつかり解るやうに, すつかり詫びて来た, すつかり諦めた樣子で, すつかり讀めないやうに, すつかり賣切れて了つて, すつかり賭けてしまふ, すつかり踏まれて居ます, すつかり透いて見える, すつかり途絶えてゐた, すつかり遊びたくなつて, すつかり違いますわ, すつかり遠ざかつてまるで, すつかり遮られてし, すつかり醒まして行かない, すつかり醒めきらぬ処から, すつかり錆びてし, すつかり閉されてゐる, すつかり閉め切つてある, すつかり開けて出, すつかり開けひろげられ一種上はずつ, すつかり闌けてことに, すつかり降參し, すつかり陥ちこんで絶えず, すつかり隠して, すつかり霜枯れて, すつかり青ざめ恐怖の, すつかり青ざめ息づかひは荒く, すつかり飲み尽してし, すつかり飲んでしまつて着, すつかり騙されたが考へ, すつかり鬱ぎ込んで女嫌, すつかり魂消てし, すつかり鳴らなくなつた, すつかり黙従し切, すつかり黙つてもう一度, すつくりしたいかにも書生肌, すつくり立つを真に, すつこんすつこ, すつこんでやあがれ, すつた雜炊の力, すつつどりきん, すつづみの与吉はすでに, すつて心がわくわく, すつて棺中を覗き, すつぬはゆ, すてでもしたよう, すでいらっしゃるか, すでございましたが有本先生, すでねえがらな, すでを養成する, すというの故を以て, すといつてね, すといふのみにては足らぬ様, すといふまでにはあらねど, すとかいうような, すとかやいひたり, すとき不思議はなかろう, すとき作用あり, すとき感応によりて生ずる, すとき斧は下りぬ, すとき私は私以外, すとき翕如たり, すとき自然それを池, すとき賄賂を吏員, すところあと四五日分しかない, すところふしだらの至, すところみな善く言行, すところ一分だよ, すところ一晩きりだ, すところ一週日もない, すところ銭九銭米二合だけなり, すとさえ称せられつつ, すとしてのわたしに, すとすらし泣かゆ, すとで変化させ, すとなつて居ります, すとにやつきにや, すとにかく周の, すともかくおこたれる, すともに尋常の, すとやら東洋の, すとんきような, すとんへんじといふ, すと共にかの帆走船も, すと迄誓つた, すほりに, すどうみても, すどうせ貴所は, すどうもこれ名残い, すどうも未だ道路が, すどころでは, すどす黒い悪意を, すどちらも酔う, すどのみち浮名を, すどんな理由も, すなしがついた, すなとて主君孫権には, すなとのおさ, すなとばかりにである, すなともいわぬ, すなどがチラチラと, すなどとおのれ一人にのみ, すなどにはかかわりが, すななどと云う縁談, すなにほんはし, すなの一語之が, すなはちこぼれつ, すなよ最期の, すなよとせいしをか, すならば花ちやん, すならるすで, すなり俯向きになった, すなる事にも, すなんざア惚れてるて, すなんぞ一識の, すなんてなんていふ甲斐性, すにあたりドミニク派の, すにおいて妨げあらじ, すにかけ和一郎は, すにぞ以前の, すについて三根夫は, すについては土地の, すにとっては飛んだ迷惑, すによこに, すによってどうぞご, すによるにあらず爲, すにをよハす, すに対してじぶんたち, すに従って一部の, すのにといつも云うちょった, すのにや畢へね, すのねわがままが, すのみの身と, すのわつみだ, すの電燈が見え始めた, すはいマア大事に, すはこそ出たぞ, すはずみに膝, すはてなと思ふ, すはでなる色, すはむと思ふ, すはるともう, すはる我慢がなかつた, すばかりかそれが, すばかりじゃアない, すばっかりやのうて, すばってんなかなか会えん, すばりの箱, すぱりすぱりと吹いては, すぱりすぱりと吸ひながら, すぱりと取り出して, すひかづら垣根, すひこんでみる, すひねもす心も, すひりつあるすすたん, すひ込まれるやうに, すぴーヨリ逃レテ和蘭ノあむすてるだ, す人々の, すふと雨蛙の, すふときに病菌, すぶり彼の均衡, すへきことを記憶, すへき事あるも, すへとある, すへにける, すへはそへ, すし, すぺんさあー, すほどになつてゐた, すほどには申しませんでしたが, すほども強い山独活, すゐて, すまことにこれ当然, すまでにはみんな背景が, すまるで私達の, すまアし切ッ, すやかにち, すみなはで, すみな数株の松, すみな自分で彩筆, すみんな気持よく酔つて, すむばかりであるとはどうもいへない様に思ふ, すもう一度よく考えて, すもしくは爲さぬ, すもっとも安全な, すもとより引足るべき, すものさへあつ, すもの人間の力, すもの此の貴重, すもの碌なお客, すもの門の方, すもはや絶対絶命なり, すやいなや英雄の, すやらうなア, すやらで死ぬ者, すゆえ早く返し, すゆきすかれすお, すゆゑに一を知る, すよが少い理由, すよしかひづか, すよって年号を, すよはおかしいナ, すよりはと養父の, すよろしくお願い致します, すらくを, すしあの, すわしは決して, すわたし車でそろそろ, すわっしも今度, すわといったような, すわれは払, すわれらが御, すの余地, すゑたまゝうつとりとしてゐた, すゑておとなしく暮したの, すゑてゐさへすれば果せるの, すゑてゐたが怪しい影, すゑてゐる城將の趣, すゑてゐる民族の力強, すゑながらさう直感した, すゑるかも知れない, すゑるのは好きであつ, すゑるやうにして言つた, すゑる家へ行, すイイ事を, すオヽ死よ, すガぷりまうすト命名セシ港ニ入レリ, すシヤルルこの機, すストリッカニッコロカッチアアッパリアート皆これに屬せり, すスペイン風な瞳, すゼウス一羽の鷲, すダンテの今, すッとこみると, すッとこ冠りに, すッとこ脊負いに, すッのと騒ぎ, すッ法はなか, すツぱりおツぽり出し, すトラシュメデース之を視, すナザレのイエス彼, すニコラウスこれを聞き, すネパル国には虎祭り, すヒュプシピュレの二子トアス, すフト立停まる, すベネヴェントの戰ひと共, すホレーショの哲学そ, すボネットの蔭, すポシャリポシャリ忍びやかに湯, すママほんとうにこわい, すラフアエロの大, すラムピーノはヴァンニ, すとつめたい, すーいすーいと飛ん, すーッと捲い, す一ツやツ, す一人は人, す一分の隙に娘, す一味ととう, す一江の水, す一發二發巨巖碎け飛んで, す一線の光, す一面神経質で潔癖, す一鳥聲あり汽車, す七宝散り失せて, す七針縫った由, す万人の霊我, す万物戸に触れ, すには無欲恬淡, す三人の若者, す三姦淫を敵, す上引の, すつ空, す下女を労わる, す下拵えを私, す不思議なるが, す且つ其方法は, す世に亡き人の, す世人亦其方法, す世法を以て釋, す世界は日, す世間からは私, す両方から攻める, す中それに似た, す中なにかかわったこと, す中りっぱにやっ, す主人公志を世に, す乃ち作れる歌七首, す乃至は香炉様, す久しぶりで江戸, す乎長揚の宮, す争訟やまず, す事ア訳はねえ, す事以外に楽しみ, す二人を見おくっ, す二妃従わず涙, すひ難き, す云々倭より出る, すと六, す五十四郡の山, す五月朔日に至つて自ら, す五百の道士これ, す交通の便大, す上ること, す享年四十六歳法諡を釈姓谷響了風, す人々顔と顔, す人之を怪しむ, す人以外の, す人形すなわち手傀儡, す人影ちらほらと, す人情浮薄にし, す人数道順落ちなくさぐって, す人誰か之, す人造犬がくいつく, す人間らしい男女の, す人間自身が往々, す人默想により, す今ここに一転機, す今一日鶏を殺さず, す今回櫻島の東部, す介祉を受, す仍つて御信仰, すを獅, す仏国東洋艦隊亦本国政府, す仏象護に教え, す仕事であるから, す仕方のある, す代ものである, す以上は国家, す以下の諸, す伏姫は自ら, す伏蔵現ずる故, すふ時, す伯母さん己ア母親は我儘もの, す伯父けふ, す伴党又逃亡, す低きところに, す佐久間兄弟のみとなった, す佐渡守親康の女, すに腕, す何すれぞ田園の, す何ものかの一つ, す何やらのお, す何よりの問題, す何んな責任, す何大概大丈夫でしょう心配, す何者も其奔飛, す余地はない, す作法を起し, す侮蔑や傲慢, す便にもならん, す俗名宗清民の霊, す俺達の鋭利, すに善き, す借物ですからね, す偉大な哲学者, すま雲, す偽札も有りゃしない, す傍人見しやいなや, すをつける, す僕達は探り合, す優しさで, す優者は勝ち, す元来イスレール人は, す元義笑つて顧ざるなり, す先づ御車二両已下御拝賀料, す先程はありがとう, す光道の, す入りの兩びらき戸, す八歳の時, す戯れに, す兵器を賜う, す其一生は観念, す其光景もとよりわが, す其処え又, す其力量實に測るべから, す其声も其目, す其悪に懲り, す其書の性質上, す其筆力能く我, す其翌年七月朔日水中に没す, す其脂肪アキルリュウスは取り出し, す其衷情憐むに堪へ, す其走つて嚢中を檢せん, すに何となくほんのり, すひこの, す再三叱れども, すの朝, すや其殊, す几董は師号, すでねえ, すを互いちがい, す出しますかえ, す別当は早業力業, す制限や禁止, す前橋へ参ります, す助けとなりました, す労力義務等は実, す勝手にしろなり, す勢ひで颯々と吹きまくつ, す勢目を据え, す匂いをさます, す匕首とや驚かん, すするの, す病人も, す卑怯未練の賊僧, す南風烈しきの, す印刷出来を待つ, す原名ヨークオツコルと云, す去月廿七日閑院遷幸今夜即ち造営, す参考にと思つて目, す參考にと思つて目, す口ぶりに主人, す古ごろも肩, す古来の風, す只今まではお尋ね, す台密の者, す吁彼は終に, す各々が目, す各国共に復讐, す合図であった, すである又, す君主の恩, す君何んすれ, す君子終り有り吉, す君山を, す君昔我を訪いし, す君火は明, すがすめろ, す吾が門同志の, す吾人人類が因り, す吾人其太だ難き, す呉飯を食わせ, す告ぐる所は屹, すの天子之, す周りをグルグル, すではない, すを耳, すは白く, す唐戸を這入つた, す商人汝かく快楽, す商賈その国, す問題は延々, す喊声天に震い, すを解し, す嗚呼圓朝氏を, す嘉八や能, すを吐くなら, す付くか, す囚獄は, す四時翫好蕪靡愛すべし今年, す四生命を賭し, す因襲の思想, す図書館をつくっ, す国セエヌ河畔の峡谷, す国権派はおもに, す國務大臣は帝國憲法, すの梅, す土地でなければ, す地獄に下らざる, すを北海道的百姓, す城市のほとり戰鬪, す場処でもある, すの刃物, す塾生たちを困惑, す墳墓の位置, すが愁, すと美, す夏月肉ようやく化, す夕來とも, す外国より蛇群, す外甥先だって歿す後, す外科手術の比喩, す多くの賢人達, す多助さんは此家, す夜伽かな, す夜半過ぎしころ, す夜夢は日間神経, す夜泣きして, すの様, す夥しい提灯の, す大いなる悦びかの, す大きな椀に, す大人を見, す大切なこと, す大尉舵をば右方, す大小の比例, す大息のほか歎聲, す大逆無道なり, すの与え, す天下如何ぞこれ, す天地又何, す天然な欠伸, す天皇なので, す天草の灘, す太子が修道, す太皷ぞ鳴れる, す太陽系遊星にあらず, す太鼓が鳴った, す奇怪なるかな, す奈落へ天, す奥の手はいつも, す女子は, す女学子若し今, す女房相まじる披講, す奴米を取る, す好きです非常, す好みて忠諫, す如くに, す如し日が東, す妖災群悪をし, す妨げのもの, す即ち曰く, す妻五百の歓喜丸, す妻金の肉刺し, す姉さんのお世話, す姉納れず, す始めでした, す委しくはスカルタッツィニ, す威嚇となり, す娑伽羅等八竜王のごとき, す婚礼はなりやし, す婦人の好み, すはすなわち, す子どもが泣く, す子市郎助年僅, す子弟や, すを以て天下, す安しとする, すを派遣, すを蓄え, す定家朝臣消息並びに和歌, すながら天, す宜しく妄聴し, す実に名人だ, すは余, すんする, す室温摂氏三十五度なり, す家族というもの, す富士川を下る, す寒気を物, すに格好, すに皆, す寺内諸尼, すなる白, す将軍家の御, す将軍家其礼を憚り給, す将軍家従二位に叙せられ, す将軍家簾中より御覧, す專ら居家日用の事, す小三郎さまからお金, す頃虫蠕, す尤も奇怪の, す就中宗教上信仰作用を以て最も, す尼心大いに動く, す居ますたしかにそういう, す山中の猿, す山県有朋は未だ, す山縣有朋は未だ, す山羊を一疋, す工夫はありません, す工業と大, す左様でござんすあちら, す己手においねえ, す已に一周し, す布施の果報, す帝様へ諸国, す帰化の心理, す常に曰く, す平氏は遂に, す年中季節を, す年来義直を, す幸福のある, す幼年時代の追憶, す幾千万なるかを, す幾多の弱点, す幾夜はへな, す度びに何, す弁信さんがわたし, す弓矢の大き, す弱々しい蝋燭の, す強盜のこと, す当時政論の中衰, すは遠心的, すの如き, す彼これを以て自ら鼓舞, す彼女からは自然, す彼等すなは, す彼等三人相逢はざること, す彼等姦徒醜類の汚行, す彼自ら何を言, す往還一日一夜を経, す征行に良馬, す寛文甲辰小通詞と, す後外甥と同じ, す後陣の將ローラン, す徒者足助二郎重景二十五歳殉死, すて平素, すた国禁, す心からいろいろに, す心づかいすなと, す心得からであった, す心持でがす, す心穢盡を去る, す有る士, す忽ちにして, す思慮公義剛氣節制の諸, す急き心も, す恋し恨めし憂し辛し命死ぬべし, す恐しい神, す恐るべき業見る, す恭一にあて, す悪い女なれ, す悪党などというもの, す悲壮の音水, すい教, す惡行は後, す想像の何と, す愉快な経験, すに非ずし, す愚かなり, す愚者と侶, すの食卓, すを眺めた, すなければ, す憤慨の余り窃, すがくり, す懐手して, す懺悔を聞き, すは温気, す我が彼女と, す我らがご, す我今君を訪え, す我意志す故に, す我霊界も我物界, す我鬼先生佐佐木味津三君の文, する操り, す戸田様だけは駄目, す所一も常識, す所三十錢かく儉約, す所人身賣買, す所匈奴の大, す所只幻惑の悲音, すが汝, す扨これまで長々, すはいとど, す折角樂しい, すがひとり胸, す掏摸にやられた, す推奨最つと, す提灯の紋, す換言すれは, す摂生法だった, す擂粉木をさし, すされてた, す放逸は常に, す政教分離の妄見, す政論の運動, す故全き永遠, す故竜てふ, す敏くその相違, する, す教育家の事, す数十宇災す, す文化と同じ, す文明より安永, す料理も立派, す料理店の給仕, す料簡でございましたから, す斜陽薄曇りの下, す土の, す新しくけばけばしかった両親, す新田の角さん, す方針のもと, す既に人の, す日暖かにし, す日暮れて後桜木, す日本の弁護士連, す日本趣味であった, す日本軍の守備区域, す日頃互いに意, す旦那このお嬢さん, す旦那さん何処へ逃げやす, す明りで通行人, す明るい笑顔が, す明朝より全, すのこと, す昔一婦淫乱で夫, す昭和二年七月自ら生命を斷, す是歳末の, す是等の性情, す是自ら之を坑, す時々と言, す時ドニェープルは奇しくも, す時人は気品, す時君はぴよんぴよん, す時太陽に面する, す時彼女はむやみ, す時日は無論, す時来星霜を閲する, す時機ではないでしょう, す時此櫃を柏軒, す時火を生み給, す時狂瀾怒濤一齊に, す時繁茂した, す時間を勘定, す智者に執, す智者大師の, す暗く柳斎は, す暗中銃丸跳るを, す暴力はやり切れません, す曇りで船から, す書繕寫すべし, す朝光の分, す朝舟人に, す木々から若芽, すになる, す本日天候晴朗なれども, す本来の道心此処, す本田一平を急, す杉田はう, す李夫人の手, す材料を用い, すの者, す杞憂で有る, す束の間を, す来りて祇, すの音, す東京郊外の田園, すにかかった, す果たして危険なかるべきや, す果実はたいてい, す柔かい武器だ, す柳枝左の臂, す桑畑にまだ, すかな, す桧面の艶, す梵天すら彼, す谷蟆の, す極楽荘の棟木, す楽天の, す榎本氏鞄は無く, す樂亦其中に在り, す樹明君喜んで, す樹木もなく, すに同じ, す機會を與, す機関車馳けて歩く, すには其の, す欧人たまたま奇物, すに於, す史上の, す正にこれ死し, す正木では, す此処に居る, す此前の森, す此外越後信濃石見土佐筑前等にも産す, す此年の閏十一月, す此惡業が惡, す此故に欲界, す此物質的文明波瀾の中, す武村兵曹は無, す武甲の山, す武者修業物語を読ん, す死刑囚の息吹き, す殆ど籠城に, す殊に思想の, すになっ, す段々解る, す母則ち素懐, す毎年六月十五日猴集って登山, す比丘すなわち飲食, す比丘輩我大威徳神力, す民友子は霊界, す気持にはならなかった, す気苦労と言ったら, すで真赤, す水蒸気が三方, すと雪, す氷雨が朝, す決心をした, す決然として我, す汽船は, す汽車の通ぜざりし, す没却理想の論陣, すは菜種ゆゑ蝶, す況んや悪人, すに似, す泰声を, す泳ぎ方であの, す派手技よりはまず, す近い河, すも見えた, す涼しい顔で, す墨いろ, す淺とは, す深いため息を, す清閑とは其中庵, す済まんことを, すは伯爵夫人, す温みでもあった, すは一面, す準備をする, す雲を, す瀧口首を擧げ, すのよう, す火山があろう, す火焔砲とふ, すぶちも, すのごとき, す炭団かな, す為め今度も恋し, す慘や, す無く至言は, す無残なるかな, す無理無法に非ずし, す無稽に非ずし, す然し卒業せず, す焼酎はうまく, す煎餅の壺, す煤煙のため, す照子なんて居よう, すして, す爲めであるとの, す父これを愍, す父君母君が苦勞, すかも, す頬に, す牛皮より成り, す物語の校正摺, す物語二書の校訂, す物貨を集め, すを重, すに遥, す猛進せねば, すを厩, す獄中の友これ, す獣中に羊, すり牛込, す玄宗雨を祈らしむ, すの旧臣皆, す王將棊を見, す王曰く虎四郡を経すべて千二百人, す珍重に護持, す現在権力の迫害, す現象をば神話的言語, すは愛, すの爪, す生れの小, す産業の発達法, す田近み慕, すは現時, す町方与力の笹野新三郎, すつ益芋, すの鬼, すがあつ, す白い色と, す百姓がタンボ, す百年の眠り, す百重原は帝, す皆さん聞いて, す目算であったらしい拙者, す直にお宅, す相州奥州頻りに以, す相手の自転車, すたる五尺, す眞實の核, す真に銀河の, す矣和田新左衛門尉常盛並びに横山右馬允時兼等, す知恵者は違います, す知識にいい, すは他, す石版となる, す神仙の宅, す神田佐久間町と四谷, す神話に見ゆる, す秀吉の癖, す秀府が秘蔵, す科学文化の外観, す科目は植物, す程に両手を以て, す程度方法ことにそれら, す程私を信任, すかナア, す穏やかな温か, す空間化すと, すまたついに, す竜八は今, すよと口, すの雪, すは吹く, すは衆美, すからただ滴々, すと鳩, すの内, す籠め百姓の面, すの汁, す米屋酒屋薪屋皆然らざる, す米持ち来りませ米さ, すを玄牝, す紅く長きものが, す紅蜻蛉の羽, す素人の嬢さん, す細君は斯, す終つて宮中に帰り, す経堂は三将, す結婚の新, す結果刀は電光石火切り, すである, す維新の大立者, す緋縮緬友染等や, す緩やかな光, す縁葉の冠, す繁簡は素より, す美しさで, す美それは白い, す美術の御, す美麗なる色素, す羞愧の状, すが忽ち, す義兵多く以, す義盛重ねて, す七年ヴィテルポなる, す習字は真, す老人が暗い, すへだつた, す者たちに訊い, す者提灯を張る, す者敵大なる竜, す聊所見を書し, す聖なる魂一切の, す聖人の道, すえません, す職業に従事, すをお, す胸突八丁にか, す脚下紋銀白色をなせる, す自分傍に居る, す自分武州は青梅宿, す自分自身の仕事, す自動車を使用, す自身および組織内, す臭穢の積集, すだけが浮び, す色合いの調子, す花山院家忠以後八十人の大臣, す花魁衆の間夫, す芳子は流石, すである, す芸妓の一人, す苟も海事思想の, す夫れ, す若しも真実その, す苦い珈琲の, す苻融石越等皆諫めしも, すれる毘羅拏草, す草履をせっせと, す草野と沼沢, す荒い波ぐらゐほんの, す荘厳偉麗, すなること帝居徽音殿, す莨入れを見出す, す華々しいやり方と, すなくば, す葉末でござんす, す葛の葉つづく草どなり笛ふく家, すの御, す蒼白き頬に, す蓄音機の頓狂, す蓋し天照大神を, すのその, す蓴菜光れこの, すの淵, す藤原釜足はロケ延引, す虎豹その幽, すは今, すが螫, す蚤飼の話, す蠹書の裡, す高く飛び, す衆軍眠に入る, す行者の浴, すと帯, すは友染染, す袈裟治の声, すして, す裁判不服の者, す西北向の国, す要は只時代の, す見よ第六, す見張り人は時, す見当で段々, す観念は其一生, すても癖直し, すいはぬ獣忍び, すり, す詞章がなく, すに其一二, す豈活き, す行われ唐崎, す誇張です, す語部の物語, す誠にはい, す採るべきに, す説多くの點, す誰方だえ, す論語の第, す譬へば勇猛の, す議事の制, す讀者その句, す空しく岸, す豪快小気味のい, す貞信の心, すくるな, す貴下は貴下, す貴族の大人, す本屋に, す赤い花を, す赤白相間わり状射候のごとし, す走る十重二十重の, す起請誓紙もみんな仇, す趣向の深遠, す足音とては稀, す躊躇せば, すを虎, す身ぶるいのする, す辻君にも等しい, す迂闊亦太甚, す返照みわたしの, すは, すの上, す道路其故無くし, す松原の, す遺憾である, す那方なる廊下, す郎従を殺害, すしむも, す酉戌両時の間, すふと申, す釈迦穢土に出, す野根浦へは潮, す野獣鎖を放たれ, す野田の桃, す野菜は枯れがれな, す金さへ送れない, すを凝視, す鈴川源十郎かッ, す鈴川源十郎殿ときやがら, す鈴蘭の蓐, す鋭い子役に, す鋸刃もの, すに立てる, す門人遺言を問う, す門外の淨火, す閑寂に着, す關善まで送っ, す限りそれが現, すであったから, す院御悩の事, す隆大蛇に身, す随分ながいもの, す障りがあった, す障子でカーテン, すおどろく茱萸, す雀目白ロシヤ野蛮国クロポトキンきん玉マカローフ褌しめた, すすイイ, す雛鶏趾なきに, すの音, す雨ゆゑに今朝, す深く巌峻, す雲行きをし, すを聞き, す電光を呼び, す電燈の光, すも置かず, す霧露の漑ぐが, す霾らす茫漠, す青白い急速な, す青糸を赤変, す青草が, す非情にし, すじゃねえ, す革製の頭巾, す音楽が始まり, す須永君はどこ, す頗る優劣あり, す頼みでござんす, す風吹來りて, す餘裕がない, すを揚げ, す馬鹿申せッ, す生まれて, す駭魄して, す駿河太郎のいのち, す驚くべき酬いではない, す高い処に, す高熱とに闘い, す豈能, す鬱憂家の夢, す鬼道理なき者, す往かば, すられたる人, す魅力を備え, す鳥道人跡を絶つ, すと犬, すは鋭き, す鷹これを如何, すと赤, す黄色い声の, す黒き林露は, す黒雲は畳, すの巣