青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「じゅう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~じ じ~ じき~ ~じっと じっと~ じつに~ じつは~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~
じゅう~
~す す~ ~すき すき~ ~すぎ すぎ~ すぎた~ ~すぎない すぎない~ ~すぎる

「じゅう~」 3087, 33ppm, 3522位

▼ じゅう~ (668, 21.6%)

27 者が 25 ものが 22 人が 14 血が 12 人を, 者は 7 ものを 5 ものに, 人間が 4 ものは, 力が, 者の, 者を, 騒ぎに

3 [16件] うわさに, 人々の, 人たちが, 人たちの, 人に, 人の, 噂に, 新聞が, 畳を, 痛みが, 神経が, 筋肉が, 者に, 者も, 肉が, 評判に

2 [29件] ひょうばんに, べたらに, ように, ポケットを, 世話を, 人は, 人気を, 仕事を, 女を, 将棋さしを, 小鉢と, 戸じ, 星座を, 栗の, 樹という, 毛穴が, 注目の, 涙を, 物音が, 百姓を, 皮が, 皮膚が, 皮膚を, 筋肉を, 者にも, 血を, 警察に, 質屋を, 部屋を

1 [413件] あちこちから, あちこちに, あちらこちらの, あの抑え, あばたを, あらゆる名望家, あらゆる場所, あらゆる大小, あらゆる椅子, あらゆる煙穴, あらゆる物, あらゆる繊維, あらゆる農村, ありがたや, ありとあらゆる臓物, あるほどの, いたるところ, いちばんの, いぬが, いろいろな, うわさの, おりで, お嬢さんたちは, かぎを, きらわれ者, くろうと将棋さしを, けがわの, ここかしこを, ざわめきが, しまり, すべての, そうさく, だれとも, だれにも, でんとうが, とう, どこかに, どこよりも, どっさりの, どの家, どろぼう, どんな部屋, ぼろや, みっともないお嬢さん, みなさんが, もしゃもしゃも, もっとも酷暑, もの, もので, ものでありました, ものと, ものの, ものへ, もんに, アセモに, イヤ日本中, ガラスが, クラブでは, ステーションと, スポウツマンは, ドアが, ドアにも, ドアは, ナオミの, ピオニェールが, ボックスから, ボーレン, 一さいの, 三百幾つかの, 不如意空腹涙から, 不面目とは, 不面目世間の, 並木の, 中学生の, 乏しい血液, 争乱も, 交番に, 人々から, 人々に, 人々は, 人たちと, 人たちは, 人たちまでも, 人たちを, 人ともやが, 人びとは, 人びとを, 人夫は, 人影が, 人民が, 人気男と, 人間を, 仕ごと, 仕事である, 仕事の, 付けひげを, 会話を, 住居に, 何処にも, 何千何万という, 信心家が, 先生がたは, 全収入, 全神経, 公共施設は, 冗談の, 写真ぐらい, 凄気, 出来事, 割り箸を, 劇場の, 劇場は, 力は, 労働者が, 労働者クラブが, 勢は, 半かけ, 半分も, 危惧臆測が, 口から, 古くさくて, 同情が, 名の, 問屋を, 問題に, 噂と, 噂の, 噂も, 土倉酒屋など, 坂の下や, 垢が, 埃を, 壁に, 声と, 変化を, 多くの, 大きい噂, 大きなかなしみ, 大きな関心事, 大きな魚, 大さわぎ, 大そうどう, 大なる, 大事件, 大問題, 大悪党, 大戦だった, 大掃除, 大福もちみんなでも, 大部分, 天井を, 女が, 女の, 女の子の, 女中たちも, 女性たちは, 奴らを, 奴等に, 妖女が, 妻たちの, 子どもは, 子供を, 学校を, 宝石を, 宝石商が, 客車と, 家々が, 家々に, 家々の, 家が, 家という, 家庭婦人の, 家捜しに, 宿屋という, 宿賃は, 寵児である, 小前の, 小売り商人に, 小銭を, 少女たちが, 少年を, 少年等の, 屋根の, 屋鳴りを, 山々から, 岡っ, 川は, 工場と, 巷の, 年よりも, 幸福を, 幾百という, 座頭を, 建物の, 弛張が, 弾石を, 役人のこらず, 役人を, 役者を, 律気な, 得態の, 御用の, 御用聞き, 御用聞きがみんなで, 徳の, 怒りを, 悲しみと, 愚連隊に, 愛書と, 慈善家や, 憂いの, 戸には, 扉や, 手で, 手を, 手先が, 手紙の, 押入れを, 捨て猫, 探偵が, 数万人の, 数千数百万の, 敵を, 敵意を, 新田一味へ, 新聞紙が, 時候の, 時刻については, 時計の, 時間が, 暗闘に, 最も卑劣, 最も楽しい, 最終でありました, 有名な, 朝飯を, 木々の, 木という, 木の, 木を, 本屋に, 本来の, 村, 桜を, 榛の木の, 槍術指南者や, 武士が, 武士へ, 残喘とは, 殿舎諸, 毛あながぞ, 毛あなに, 毛孔から, 毛穴から, 毛穴は, 民は, 民衆を, 気で, 気候の, 気圧の, 気持で, 汗も, 汗を, 洗濯ものを, 洗濯を, 涙が, 淋巴腺を, 混雑の, 混雑を, 清掃も, 漁夫たちが, 激情の, 火山の, 火消し人足が, 煖炉に, 熊公八公の, 熱気と, 爪弾き大の, 物に, 物を, 物語を, 犬が, 猫を, 獲物と, 理性を, 生活を, 男という, 男どもは, 男の子を, 留守屋敷は, 番地の, 番頭小僧あまりの, 異様な, 畳なども, 疑いを, 痛む病気, 真当な, 眼が, 硬めを, 祝い, 祝い日には, 神秘主義を, 神経を, 禿を, 穀物の, 空気が, 空気に, 空気を, 窓や, 笑い声は, 笑い草に, 笑草に, 笹を, 筋は, 約八割五分, 紐を, 給料が, 給料を, 線が, 美術品を, 老若が, 者, 者から, 者と, 者とも, 者どもを, 者にとっても, 者には, 者残らず, 肉地が, 脈管が, 腫物に, 自動車が, 若い者, 若者が, 草や, 草木の, 薬問屋を, 蝋燭が, 蝋燭屋と, 血しお, 血の気が, 血イ一遍に, 血液は, 血管に, 血管の, 衣類を, 褒めもの, 西洋人が, 西洋人や, 要所要所, 見せ場と, 見分を, 視聽, 訳を, 評判で, 評判も, 誰のよりも, 誰彼なし, 警官が, 警察官が, 警察署が, 議論が, 走り使いなどを, 農家の, 農村に, 辻は, 造作を, 連中に, 遊里岡場所を, 邪魔ものを, 部屋と, 部屋という, 部屋庭から, 重みを, 重宝も, 金持ちが, 金物屋から, 銭湯で, 鐘も, 長者としての, 開港場に, 関心が, 関節が, 陸尺中間馬丁などを, 階段を, 障子という, 隠し売女, 集団農場では, 雑誌記者が, 雨戸を, 電気の, 電燈が, 青や, 青年の, 面目にも, 音を, 頭痛の, 顔が, 顔は, 顛末と, 顫える, 餡の, 香具師や, 馬は, 騒ぎである, 騒ぎを, 驚愕も, 骨おりは, 高利貸と, 麻痺した, 黄蘗を, 鼻っつまみ

▼ じゅう~ (402, 13.0%)

4 ひびきわたりました 3 ひびきわたるよう, ひろまって, 拡がった, 満ちて, 漂って, 隠れの, 響いた, 響きわたるよう

2 [16件] かぎを, しみわたった, しみわたって, つめたい汗, なって, ひろがった, みなぎった, 一人, 伝わった, 濛々と, 火が, 知れ渡って, 自分の, 船に, 迎えられたが, 非常線を

1 [342件] あいて, あのマラソン競争, あの悪性, あるはず, ある儀式, ある空気, ある食物, あ何百, いや大きく, いろいろな, いろんなもの, うずまいて, うろついて, えみを, おいわい, お金という, かきながら, かっとあつい, かつて人, かならず真, からだに, きっとしのびこん, きまった自分, きめないと, きりぎりすを, くらべて, くわれたほう, ここだけは, こすり廻した, この戸, こもったけれども, こもって, これ程の, ごまし, ごろごろと, さらすの, して, しばられて, しました, しみこむよう, しみわたらせ苦み, しみわたるぴりぴり, しみ渡った冷た, しめきって, しめて, するよう, せいいっぱいの, せねば, そのこと, その気分, その言葉, たくさんある, たくさんの, ただよって, ただ二つ, たちまち彼, たった十人, たとえ夜中, たよる人, ちらして, ちらばって, つたわったので, できて, ですって, とけて, とどろく笑い, とりに, とんで, どっと笑い声, どれだけ, どれほど, なりひびいたばかり, のっぴきならない苦悩, のびた鬣, はげしい寒さ, はびこりはじめた, はびこりました, はびこり陽, はびこる無気力, はびこる物, ぱっと噂, ひげ, ひとえ, ひどく陽気, ひびいた, ひびいて, ひびきわたり課長, ひろがったの, ひろがって, ひろがりとうとう, ひろがりました, ひろまったと, ひろまったもの, ひろまり市じゅう, びんびん響きわたる, ふりまいた, ふれて, ぶしょうひげのはえた, ぶしょうひげをはやした, まいて, まき散らす葉巻, まだ人, まわしました, みなぎって, みな済ませ, むくむくと, もうもうと灰, やって, よいが, よみあげて, よみがえった, わき立って, アイスクリーム売り, キッスを, コビリつい, ズウフラなんぞを, ヒゲの, フーフーいっ, マンドリンと, 一人でも, 一人の, 一日に, 一種の, 一絲をも, 七十人あまりです, 不快な, 不満と, 不潔な, 並べて, 二人と, 人が, 人気が, 他には, 会うて, 伝わり広まったの, 伝わり父親, 伝わると, 何も, 何処とは, 何軒小屋が, 修道院には, 僕が, 元気が, 光らせて, 入りみだれた, 入れて, 全国各地数十か所で, 六兵衞の, 内が, 冴えて, 冷たい脂汗, 出た気持, 出て, 出来ますがね, 分宿し, 判らぬこと, 利かせ米人, 力を, 動いて, 包んだもの, 十二ヵ所も, 厚木の, 反射が, 反射し, 反響する, 唾が, 喜びを, 四十面相の, 垂れたまい不幸, 埃り, 報告される, 声を, 変な, 大きなウロコ, 天下を, 太いまっ黒, 女中ひとりいない, 婦人で, 家が, 家具と, 寒い目, 少しも, 届けて, 帰って, 干乾びた黒い, 平和が, 幸福感が, 広がった, 広がって, 広まると, 引っかけて, 御ぜん, 息を, 感じて, 感じながら, 戸棚が, 手を, 手分けし, 押し出されて, 拡がって, 拡がり盗まれた外套, 拡った, 持って, 挨拶すれ, 挨拶と, 振れまわったもの, 捜さなければ, 捜査を, 接吻した, 救恤品や, 散らばった物, 散乱し, 数限りも, 新たな, 日本人が, 明るい光線, 是が, 暑さ, 月が, 有名だ, 有名であった, 有名な, 本署へ, 来ないよう, 東京へ, 森林の, 歯の, 死の, 比類なき, 毛の, 水は, 水を, 汗を, 沁みわたった, 沁みわたるよう, 沈めたという, 沸り立つ, 泡だつよう, 波を, 注意を, 洗面所の, 流れ漂うた, 浮かび上がって, 浴びながら, 湛え出した, 満ちた, 満ちてる, 溌剌と, 灯を, 灰色の, 無数の, 燃える眼, 片づけて, 片付けて, 片目の, 特別な, 犯人が, 異様な, 疵も, 痛いよう, 瘤の, 発散し, 登記を, 眼に, 着きたいもの, 矢を, 知って, 知らせました, 知られて, 知れるばかり, 知れわたった, 知れわたりました, 確答する, 私の, 私一人, 立てこすりながら, 笑いを, 笑みを, 絵馬専門の, 網の, 繽紛と, 罵声の, 群がって, 老人の, 考えつけば, 聞えて, 聞こえるの, 聞こえわたるよう, 聞こえ渡るよう, 背の, 脂汗を, 色んな日本語, 英男の, 荷馬車を, 薬の, 血が, 行き通うて, 見せつけて, 見はって, 見はり, 触れ回すが, 触れ歩くだろうとの, 誰も, 調べます, 賢二君を, 赤い切れ, 赤い毛, 赤帽が, 走らせても, 起こった大小, 起こって, 跋扈し, 踊を, 轟いた, 込み入って, 近ごろずっと, 返辞を, 迷惑を, 送る大きな, 通うもの, 鈍く重くなっ, 鉄の, 鏡は, 長い毛, 降りか, 雀斑が, 雪どけ水の, 雪煙り, 雷名を, 電気が, 青い生命, 青い葉, 青すじ, 非常な, 非常線が, 音という, 響いて, 響きわたった, 響きわたりました, 響き渡った, 養成し, 高く反響

▼ じゅう~ (350, 11.3%)

4 口に 3 かけまわって, さわがせて, 歩いて, 涙に, 見て

2 [20件] あるきまわって, いや世界じゅう, うろついて, ぐるぐる巻き, さがして, 引き廻し, 揉んで, 歩きまわって, 歩き廻って, 涙で, 照らして, 眼に, 見まわした, 見まわしました, 見わたして, 見廻しながら, 話した, 隈なく, 駆け回って, 駈けまわって

1 [291件] あかあかと, あかるくてらし, あけ放し来て, あちこちと, あちこち客を, あちこち歩きまわった, あらし歩いたの, あらためて御覧, あらためて見た, あるいはヨーロッパじゅう, いじくり廻し, いれるおり, うち震わし, うろうろしてる, うろうろ歩き, うろつきまわった, うろつき廻らせどうやら, うろつく一事, おおいかくしまるで, お洗い, かきむしる, かき回し散らかった物, かけずりまわったり, からからに, きつく縛られ, きままに, くしゃくしゃに, くすぐる, くすぐるよう, くまなく, くるくる回っ, ぐるぐると, ぐるぐるまわっ, ぐるぐる引きまわした, ぐるぐる見まわした, こそぐったり, さがしても, さがしまわったの, さがしまわりました, さがし回らせたか, さがし廻って, さすって, さっして, さまよい歩いた, さまよって, さわがす怪しい, さわがせたあの, さわがせたカブトムシ大王, ざっと検査, しばらくがたつかせる, しらべまわるばかり, しわだらけに, しわめて, しーん, じろじろ見回す, すかし見ながら, すっかり案内, すみずみまで, ずーっとのばし, せましと, そそけさせた, ぞっと打たれる, とびまわりその, なめ廻すの, ねって, のこるところ, のして, ひと回りし, ぴくぴくと, ふるえあがらせたあの, ぶらついて, ほうたいで, まわり歩いた, めぐり不眠, やけどした, やたら無性に両手, やんやと, ゆすぶる, ゆすぶるよう, よく洗っ, よく観察, わきたたせました, アッと, オーバーと, ガタピシと, キスで, ブルブルと, ブルブルふるわし, ミリミリと, 一日あるき廻っ, 丁寧に, 乗り廻して, 人に, 充し, 全部調べる, 内部から, 円くし, 凝視しただろう, 刺し廻るの, 勧化し, 半分までも, 各平方インチごと, 合羽で, 営々と, 嗅がせるん, 四五十の, 回って, 埃だらけに, 大次郎の, 実に頑固, 家宅捜索を, 容赦なく, 尋ねさせたり, 巻きこむ狂気騒ぎ, 幸福でくすぐられる, 幸福に, 廻っただけでも, 廻り歩いた, 引きずり廻して, 引きずり歩くの, 引きまわすよう, 引き摺って, 引っかきまわして, 引廻しの, 強ばらせ足, 彷徨し始める, 心臓に, 念入りに, 托鉢し, 押して, 拭き廻した, 拭く習慣, 振りしぼって, 捜して, 捜し回って, 探した上, 探して, 探しまわったが, 探しまわって, 探しまわりました, 探しまわると, 探し始めたが, 探し歩きましたが, 探りながら, 掩う, 掻きなん, 掻き探って, 揺りかえして, 揺り動かして, 撫でまわされて, 撫でまわした, 撫で廻した, 撫で廻して, 擦るよう, 支配した, 散々に, 旋って, 日本に関する, 明るくした, 木づたい鳴きかわす, 染めあげある, 案内し, 横行し, 歩いたが, 歩きまわった, 歩きまわったが, 歩きまわったり, 歩きまわらせて, 歩きまわりながら, 歩きまわるの, 歩き回って, 歩き回りしかも, 歩き始めた, 歩く回り合わせ, 毀し廻った, 毎日探し歩い, 毎日歩い, 泊りある, 泥だらけに, 泥で, 流して, 流れて, 流れ渡った, 涙びたしに, 混乱さした, 湯で, 濡らし激しく, 無茶苦茶に, 焦かれて, 焼いて, 照り輝かせた, 燦めかせ, 爆発させる, 物語るいわば, 狂いまわりだしたん, 狂いまわる, 獄中に, 疾走した, 痙攣させ, 痛々しく震わせ, 皺くちゃに, 皺に, 真赤な, 真赤に, 眺めた, 睨めまわした, 硬めて, 硬わ, 硬張らせつ, 笑いに, 笑わせた, 笑靨に, 細かに, 総鳴り, 練り歩く, 繃帯し, 耐えられない程, 耳に, 耳の, 草鞋がけで, 荒れくるって, 荒れて, 薄黒く, 蛇が, 螫され, 蠱惑的なほほえみ, 血で, 血の, 見おろす, 見ても, 見とどけたこと, 見まわして, 見まわると, 見わたした, 見届けること, 見廻したり, 見廻るの, 見渡しても, 見物し, 話して, 話しました, 話そうと, 語った, 説きまわって, 調べた, 調べたの, 調べると, 走りまわった, 走りまわること, 走り廻っ, 起こしては, 足に, 跣足の, 転がりはじめた, 輝かす灯, 追いかけまわして, 逃げて, 逃げまわった, 逍遥した, 這いまわって, 這いまわるの, 通り抜けた, 連れ回り外国, 過ごした, 過ごしました, 針鼠の, 鉄の, 震わした, 震わすの, 震動させ, 面妖な, 顫わしながら, 顫わせて, 飛びまわるよう, 飛び廻り地面, 飛ぶ, 馬糞と, 馳け, 駆けまわって, 駆けまわるんで, 駆けめぐって, 駈けあるき, 駈けまわりなお, 駈けめぐり, 駈け廻らなければ, 騒がして, 騒がせた当の, 驚かせた, 高手小手に, 鳴らしながら, 鼎の

▼ じゅう~ (227, 7.4%)

4 急に 3 むずむずし 2 ひっそりし, 一時に, 大さわぎ, 大騒ぎを, 殆ん, 汗びっしょり, 熱に, 真赤に, 鳴りわたって

1 [202件] あたたまって, あっちに, あつまって, あるきまわったり, いやに, いろいろと, うすい埃, おおさわぎ, おののきました, おもしろくくらし, お渡御, お祭り気分, かすかに, かっかっと, かゆいよう, がくがくと, がっかりし, きしみわたる, くわっと熱く, ぐるりと, こうして動き, この評判, こわばった, ごみっぽく, さまざまな, しいんと鳴り, しずかで, しびれたよう, しびれて, しびれるの, しめっぽく感じられた, しめつけられて, しんとして, じんと熱く, すっかり明, すっかり赤い, そうぞうしいよう, そうぞうしくなった, そこで, その叫び, その日, その空気, それで, それを, そろって, ぞくぞくし, ぞくぞくする, ぞっとし, ぞっとします, だるくなっ, とろけ込むよう, どうかなった, ねしずまったころ, ひっくり返るほどの, ひっそりと, ひっそり閑, ふるえあがるよう, ふるえた, ふるえて, ぶるぶるふるえ, べつべつに, ほとんど同じ, ぼうと, まじめに, まるで盗賊, まるで面目, みなあなたに, みんな寝こん, ゆうべから, ゆれる, よじれるよう, よんで, らんとして, わき立ったの, イルミネーションを, チカチカと, ブンブンと, プラチナの, 一時静に, 主人迄も, 何もかも小さく狭苦しく, 例の, 便所臭く, 健康に, 冷たくなる, 凄んで, 凍りそう, 凍るの, 午休みを, 又冷汗, 大きい変動, 大ききん, 大そう, 大名の, 大抵寝静まった, 大笑いに, 大金持, 宝石で, 寒くなる, 寝しずまると, 寝静まったとき, 寝静まった頃, 寝静まって, 小枝, 尖るほど, 崩れるよう, 強直し, 影響される, 微かに, 忙しそう, 恐怖の, 悩まされて, 悪党で, 惜しんだり, 惹きこまれて, 憤激し, 戦争な, 持てない, 揺れるみたい, 散弾でも, 敷石から, 日ごろの, 明るくとうとく感ぜられ, 明るくなりました, 朧に, 松花の, 板の, 森閑として, 欲いんです, 死んでるかの, 毛むくじゃらであります, 氷の, 汚れるよう, 沸騰した, 湯気を, 溢れる涙みたい, 濁り腐っ, 濡れたよう, 濡れたビードロ玉, 火に, 火ぶくれ, 火照って, 炎の, 無色で, 熱くなっ, 熱くなった, 熱く赤くなった, 燃え出した, 犬だらけに, 痛い, 痛んで, 痛懶くなっ, 目醒し, 直接空気に, 真っ白に, 真青に, 眼ばかりに, 眼ばかりの, 知って, 石の, 空気が, 立って, 笑い出し実に, 細かく不愉快, 総反対, 総毛立つもの, 緑色の, 羨みましょう, 聞いて, 肺で, 腹立ちで, 自然と, 舌に, 芝居気ちがいで, 苦しい, 薄ぐろくよごれ, 蘇ったよう, 血だらけに, 行列を, 赤い屋根, 赤と, 赤旗で, 赭く, 起きて, 軟かくなっ, 轟ッと, 透明に, 重くるしい苦悩, 野卑な, 開け放されて, 陽気に, 震えた, 震えて, 震えるその, 青み掛かって, 響きわたった, 顫て, 騒いで, 騒ぎだした, 騒ぎ立てるよう, 騒然と沸き返った, 魚臭い

▼ じゅう~ (121, 3.9%)

7 だれが 2 いちばんいい, いちばん高い, 一番の, 一番陽気な, 誰も

1 [104件] あの児, いきいきし, いただこうぜ, いちばんの, いちばん人が, いちばん大きい, いちばん小さい, いちばん年寄りの, いちばん恵まれた, いちばん静かな, いちばん高価, かなうもの, この頃, すすり上げた, たいへんちょうほう, たった一つ, とる, ならぶ者, ぼくたちを, もっとも楽しい, もっとも汚, やって来て, やって来るという, やりあって, よって, アリョーシャ一人きりであった, クリストフが, パリへ, 一ばんの, 一ばんよい, 一ばん弱気な, 一日郊外へ, 一番しんとして, 一番上等の, 一番好きである, 一番小さい, 一番居心地の, 一番時代遅れの, 一番狭い, 一番素直だ, 一番風通しが, 今は, 何か, 何万人という, 何百万人いる, 使うよう, 僕が, 北国の, 只一人の, 可愛がっ, 味い, 呶鳴った, 大きな大きな涙, 大笑いしました, 大評判, 女漁りや, 少し息, 彼の, 彼女ただ, 待ちかまえて, 忙しく働い, 怒鳴りながら, 息を, 息をは, 慟哭した, 春が, 時計が, 最も忙, 最も早く, 最も登山者, 有名の, 来るなんて, 泣いた, 泣き叫んだ, 海の, 深田君一人かと, 火の, 特別旅行を, 王の, 生きた獣, 皺の, 知って, 知らない者, 確かに, 示すかの, 私だけが, 私の, 種々な, 笑い出すと, 第一, 聞いて, 自分の, 興奮し, 花だの, 芸妓遊びを, 見かけたこと, 訊き澄ます, 評判の, 誰一人それに, 雨乞いでも, 電燈が, 顔が, 顫え, 黄葉した

▼ じゅう~ (65, 2.1%)

3 急に 2 殆ん

1 [60件] お祝いで, お習字, この虫, しばらく机, しんと寝静まっ, すっかり見える, たいへんな, たちまち上, だんだんどうもお世話様, ち日, ふいちょうし, まるで鍋, もうすっかりべとべとに, ゆうべ僕が, ロンドン市民が, 一刻叫喚に, 一晩じゅうに, 不快な, 人で, 今の, 勿論町内, 単衣, 唯の, 地つづきだ, 大変に, 大騒ぎを, 容易ならぬ, 寝静まって, 居たに, 山籠り, 工場で, 引っくり, 当然かなえ, 思ったより, 悲しいて, 戦慄を, 数々の, 昼間に, 暖く, 毎晩ウェブスターの, 沈んだが, 洗ったよう, 混雑し, 火の, 火みたいに, 為に, 無人寥々なさいであった, 物音一つしなかった, 痛くて, 皆同姓で, 石炭だらけであった, 自分たちの, 花の, 行儀に, 部あつ, 降るだろう, 雪どけの, 顔を, 食事を, 香水の

▼ じゅうから~ (34, 1.1%)

1 [34件] あの土手, いろいろの, きらきら金色, ここの, しぼり出すよう, ずっとあの, つめたい汗, レモンの, 力が, 吹き込んで, 味わいつくそうと, 外を, 好意を, 妹娘が, 密書が, 意識的に, 慶長判に, 日本は, 気に, 水が, 焦げくさい煙, 相手に, 種類の, 羨ましがられ, 考えて, 腹の, 自分の, 裏町まで, 親爺や, 解ぐれる, 診て, 買物の, 適当の, 駆り出された出面たち

▼ じゅう~ (30, 1.0%)

5 見はり 2 警戒が, 警戒の

1 [21件] こと, ものです, 戸じ, 扉を, 捜索が, 捜索に, 独房, 独房の, 見はりといった, 警戒を, 警戒線を, 身が, 通せんぼを, 部屋だって, 部屋を, 金庫でも, 錠まえ, 鎖駕籠に, 防備の, 防備を, 防備装置に

▼ じゅう~ (26, 0.8%)

1 [26件] いっぱいうち, お白粉, けたたましいベル, なんのかんのって, のこして, ひびきわたるよう, ひろがって, ふれて, もれなく申し聞けよ, コンフェッチが, 刎ね, 取って, 合計十三本も, 塗りつけました, 戸じ, 拡がったの, 散らばって, 日光を, 活溌な, 知れて, 知れ渡ったに, 縛りつけて, 行儀も, 衝き当たる, 触れ出された, 配当した

▼ じゅう~ (20, 0.6%)

1 [20件] が妹たち, の全身, の噂, の左側, の心, の村人, の鼻, はあらゆる, はずいぶん, はそうした, はソファ, は何, は心苦しく, は歯, は泣いた, は相手, は自分, を待った, を捜し回った, を苦しめた

▼ じゅうには~ (18, 0.6%)

1 [18件] うじが, お着きなされましょう, きっと請け出す, こけや, そのよう, なかった, はげしくもがいた, ほかに, むりでございますよ, 僕は, 分るでしょうが, 型どおりの, 埓が, 嫁を, 来るだろう, 確答し, 私ども二人より, 解決は

▼ じゅうどこ~ (17, 0.6%)

2 へ行っ

1 [15件] かへ飛び去っ, からともなく, ででも, でも知ってる, と選りごのみ, にでもある, にひとつ, にもそんな, にも生きもの, にも窓ぎわ, の公園, へも行かない, を捜した, を探し, 捜したって

▼ じゅう~ (17, 0.6%)

2 は自分

1 [15件] が持っ, とともにい, につきまとい, には自分自身, の目さき, の行く, はくしゃみ, はじっと, はそわそわ, はただ, はひとり, は今, は水, は生きた, は見はっ

▼ じゅう~ (13, 0.4%)

2 て時に, まつは 1 ています, ている, てせい, てとん, まつ, まつが, まつきんぱら文鳥などが, まつなどを, まつの

▼ じゅうでも~ (12, 0.4%)

1 [12件] いちばん放縦な, この男, すでに知っ, ない, なさそう, ものを, 弾いて, 指折りの, 最も善良, 特別に, 義理の, 認めて

▼ じゅうでの~ (9, 0.3%)

1 いちばん金持ちに, しっかり者, もっとも豊か, 乱暴者でした, 律義者で, 惣寄り合いを, 美人で, 耽美家だった, 音楽家であり

▼ じゅう~ (9, 0.3%)

1 かに怯えた, か事, か彼, か畳, か胸, にもせず, の変化, も食わぬ, をし

▼ じゅうこの~ (8, 0.3%)

1 とおりだったら, ショックについて, 五年越し, 新しいお, 死んで, 窓で, 箱を, 部屋の

▼ じゅう~ (8, 0.3%)

1 いうよりも, びとびだからねいちいち, んだり, 云ったところ, 水が, 消えた, 消え失せる, 火の

▼ じゅうにも~ (8, 0.3%)

1 あるまい, いって, これに, ないいい継母, また弥撒, めったにない, もう拡, 人気ある

▼ じゅう~ (7, 0.2%)

1 内儀さんは, 手紙を, 椀の, 米が, 苦しみに, 身の, 部屋の

▼ じゅうそこ~ (7, 0.2%)

1 から到頭, から外, にいる, にとどまっ, に灯, に留まっ, を走る

▼ じゅう総がかり~ (7, 0.2%)

2 でやる, で事 1 ですっかり, で内外, で揚げ

▼ じゅうする~ (6, 0.2%)

2 ことを 1 に至るべきである, ものであった, ものである, ようである

▼ じゅうずっと~ (6, 0.2%)

1 家の, 床に, 彼の, 沈默を, 私は, 軽快な

▼ じゅうでは~ (6, 0.2%)

1 おどろき騒いで, その乞食, やや常識, 今この, 戦災で, 最もよい

▼ じゅう同じ~ (6, 0.2%)

1 ものを, ような, ように, ページを, 天気の, 迅さで

▼ じゅうわたし~ (5, 0.2%)

1 はなんだか, は一度, は堪らない, は神様, を苦しめ

▼ じゅう一面~ (5, 0.2%)

1 が海, にちらばっ, にまっ, にベタベタ, に紅い

▼ じゅう~ (5, 0.2%)

1 にし, のよう, ばかりにし, をきかない, をきかなかった

▼ じゅう~ (5, 0.2%)

1 喜びで, 悦びでなど, 消毒, 評判だった, 雷雨の

▼ じゅう大騒ぎ~ (5, 0.2%)

2 になっ 1 した, して, になり

▼ じゅう彼女~ (5, 0.2%)

1 の名, はいっさい無言, は相手, は調味料, を破壊

▼ じゅう~ (5, 0.2%)

1 がぬけた, をそろえ, をつけ, を付け, を張りつめ

▼ じゅう皺だらけ~ (5, 0.2%)

1 だったが, にし, に笑っ, に笑った, の機嫌

▼ じゅういっぱい~ (4, 0.1%)

1 でした, に口, に落書き, のあばた

▼ じゅうかかっ~ (4, 0.1%)

1 て, てみんな, て二人, て執筆

▼ じゅうそば~ (4, 0.1%)

1 についてい, ばかり食う, を離れない, を離れなかった

▼ じゅうまるで~ (4, 0.1%)

1 おがら, 古着市みたいな, 地獄へでも, 雪でも

▼ じゅうよく~ (4, 0.1%)

1 眠りの, 眠ること, 眠れなかったの, 調べて

▼ じゅう~ (4, 0.1%)

1 ごえも, と顔, の行かない, の顔

▼ じゅう探し~ (4, 0.1%)

2 てみました 1 ても乾草一束, ても私一人

▼ じゅう残らず~ (4, 0.1%)

2 の者 1 へ大網, 調べて

▼ じゅう真黒~ (4, 0.1%)

1 な人, になっ, になった, に塗った

▼ じゅう総出~ (4, 0.1%)

1 でピクニック, で探した, で提灯, になっ

▼ じゅう自分~ (4, 0.1%)

1 からはほとんど, が佃, の病気, の私室

▼ じゅう~ (4, 0.1%)

2 知らぬ者 1 かしらの面倒, もみな

▼ じゅう~ (4, 0.1%)

2 の中 1 が積もってる, に吹き迷わされ

▼ じゅうああ~ (3, 0.1%)

2 して 1 いう姿

▼ じゅういろいろ~ (3, 0.1%)

1 な空想, な音, のもの

▼ じゅううなっ~ (3, 0.1%)

1 たりほえ, ている, て寝る

▼ じゅうおう~ (3, 0.1%)

1 にとびまわりました, に歩きまわりました, に泳ぎまわっ

▼ じゅうそいつ~ (3, 0.1%)

1 をいっぱい, を探し, を探してる

▼ じゅうその~ (3, 0.1%)

1 ことを, 容子を, 時ごらんに

▼ じゅうたえず~ (3, 0.1%)

1 人間性への, 彼女は, 頭を

▼ じゅうな取りしらべ~ (3, 0.1%)

2 をうけました 1 がはじめられました

▼ じゅうほとんど~ (3, 0.1%)

1 そんなふう, 何にも, 眠らなかった

▼ じゅうろうまんま~ (3, 0.1%)

3 る入道

▼ じゅう仕事~ (3, 0.1%)

1 ができなかった, に没頭, をし

▼ じゅう休み~ (3, 0.1%)

2 なしに 1 なくはたらきました

▼ じゅう~ (3, 0.1%)

1 にい, へ帰れない, をあける

▼ じゅう少し~ (3, 0.1%)

1 ずつそれら, の隙間, りこう

▼ じゅう日光~ (3, 0.1%)

1 に浴, のささない, の最後

▼ じゅう水だらけ~ (3, 0.1%)

2 にし 1 になっ

▼ じゅう留守~ (3, 0.1%)

1 であった, でがらん, なの

▼ じゅう真赤~ (3, 0.1%)

3 にし

▼ じゅう眠らない~ (3, 0.1%)

1 でニューヨーク, で過ごした, はずだ

▼ じゅう~ (3, 0.1%)

1 ばかりにし, ばかりのよう, をつぶっ

▼ じゅう繃帯~ (3, 0.1%)

1 したの, に覆われ, の男

▼ じゅう考え~ (3, 0.1%)

1 あぐみましたが, ていました, てどうか

▼ じゅう起き~ (3, 0.1%)

3 ていた

▼ じゅう部屋~ (3, 0.1%)

1 にい, にとじこもっ, の中

▼ じゅう金色~ (3, 0.1%)

2 のやつ 1 にかがやく

▼ じゅう~ (3, 0.1%)

1 があたらない, が当らない, の当る

▼ じゅうあなた~ (2, 0.1%)

1 には度膽, のこと

▼ じゅうあの~ (2, 0.1%)

1 小さな椅子, 男は

▼ じゅうあるきまわっ~ (2, 0.1%)

1 てあくる日, てみました

▼ じゅういたる~ (2, 0.1%)

2 ところに

▼ じゅうかの~ (2, 0.1%)

1 北海の, 女を

▼ じゅうからの~ (2, 0.1%)

1 事件が, 疑念を

▼ じゅうからは~ (2, 0.1%)

1 この威張っ, やがて涼風

▼ じゅうがくがく~ (2, 0.1%)

1 顫え, 顫えだし

▼ じゅうこう~ (2, 0.1%)

1 なっては, やって

▼ じゅうごたごた~ (2, 0.1%)

1 した関係, して

▼ じゅうざわめい~ (2, 0.1%)

1 ている, て眠っ

▼ じゅうずきずき~ (2, 0.1%)

1 いたんで, 痛んで

▼ じゅうそれ~ (2, 0.1%)

1 にかかっ, にかかり

▼ じゅうだれ~ (2, 0.1%)

1 でも考え, ひとり知らない

▼ じゅうときどき~ (2, 0.1%)

2 思い出したよう

▼ じゅうはね~ (2, 0.1%)

1 だらけの, だらけ通行人の

▼ じゅうはれた~ (2, 0.1%)

1 ように, んでこの

▼ じゅうひっそり~ (2, 0.1%)

1 とくらし, とし

▼ じゅうひどい~ (2, 0.1%)

1 お熱, 風や

▼ じゅうひどく~ (2, 0.1%)

1 しんと, 照れくさかった

▼ じゅうぶす~ (2, 0.1%)

2 くさ言いおる

▼ じゅうぶるぶる~ (2, 0.1%)

1 ふるえながら, 顫え

▼ じゅうまた~ (2, 0.1%)

1 一晩じゅうベッドに, 八方ふさがり

▼ じゅうまっ~ (2, 0.1%)

1 暗がりで, 黒い髭

▼ じゅうまっ黒~ (2, 0.1%)

1 です, な助手

▼ じゅうまんじりと~ (2, 0.1%)

1 もしなかった, もせず

▼ じゅうみんな~ (2, 0.1%)

1 よろこんで, 泳げら

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 引っくり, 透明に

▼ じゅうもう~ (2, 0.1%)

1 ミルハにしか, 彼女の

▼ じゅうらい~ (2, 0.1%)

1 の彗星, の日本

▼ じゅうチチコフ~ (2, 0.1%)

1 はこれ, は見知らぬ

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 けん一, ねんみず

▼ じゅう一人~ (2, 0.1%)

1 で誰, は歩きまわっ

▼ じゅう一杯~ (2, 0.1%)

1 だ, のでき

▼ じゅう三人~ (2, 0.1%)

1 でたべる, の女

▼ じゅう主人~ (2, 0.1%)

1 の帰り, は泥濘

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 となく, は夜じゅう心

▼ じゅう小鳥~ (2, 0.1%)

1 のあと, の歌

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 から降りない, ん中

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 の外, を閉め

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 の休まる, の底

▼ じゅう心配~ (2, 0.1%)

1 するだろうと, で眠れなく

▼ じゅう戸外~ (2, 0.1%)

1 で暮した, を笑い歩く

▼ じゅう捜し~ (2, 0.1%)

1 てみた, てもたぶん

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 の光, の当っ

▼ じゅう明け~ (2, 0.1%)

1 ても暮れ, はなし

▼ じゅう明るく~ (2, 0.1%)

1 ならあ, ガランとして

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 から晩, 早くからがみがみと

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 の中, は時々

▼ じゅう歩い~ (2, 0.1%)

1 てもだいじょうぶ, て行っ

▼ じゅう歩きまわった~ (2, 0.1%)

1 あげく膝を, 記者の

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 がおこりつづけ, のそば

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 たらたらだった, びっしょりです

▼ じゅう汗だらけ~ (2, 0.1%)

1 になっ, の人

▼ じゅう決して~ (2, 0.1%)

1 離れなかったもの, 静かであった

▼ じゅう泣い~ (2, 0.1%)

1 ていた, ておりましたら

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 なす汗, の中

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 につい, の色

▼ じゅう~ (2, 0.1%)

1 は雲, も船

▼ じゅう続く~ (2, 0.1%)

1 のである, 長い沈黙

▼ じゅう血だらけ~ (2, 0.1%)

1 なの, のベロヴゾーロフ

▼ じゅう血まみれ~ (2, 0.1%)

1 では, になった

▼ じゅう行く~ (2, 0.1%)

1 すえの, んだ

▼ じゅう降っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て降っ

▼ じゅう障子~ (2, 0.1%)

1 の前, を閉ざし

▼ じゅう電燈~ (2, 0.1%)

1 なしだった, をともし

▼ じゅう頭痛~ (2, 0.1%)

1 がするだろう, がとれなかった

▼1* [676件]

じゅうあかりがつきました, じゅうあき屋に, じゅうあせびっしょりに, じゅうあたしたちは集まる, じゅうあちらの部屋, じゅうあっちにもこっち, じゅうあぶらが浮い, じゅうあることを, じゅうあるかせていったい, じゅうあるきとおして, じゅうあんないやな, じゅうあんなにまで見えた, じゅうてもさしつかえなかった, じゅういかがかというの, じゅういかずちのごとくとどろきわたっ, じゅういっしょにすごし, じゅういったいに樹木, じゅういつでも眼, じゅういつも磨かれて, じゅういると単調, じゅういろんな災難を, じゅううちをはなれない, じゅううわごとばかり, じゅううわさで大変, じゅうおうむじんに味, じゅうおそろしい思いを, じゅうおばあさんのところ, じゅうおばさまの手提袋, じゅうおまえを借りきる, じゅうかかりそうな, じゅうかぎまわってふん, じゅうかけずりまわってやっと, じゅうかけまわっていました, じゅうかたわらにい, じゅうかなしい声を, じゅうからとが枯枝を, じゅうがぞおっと, じゅうがたがたふるえて, じゅうきいんと鳴る, じゅうきだての優しい, じゅうきまって昼間は, じゅうきょろきょろして, じゅうきらきら光って, じゅうきれいに咲い, じゅうきわめておろかしい態度, じゅうくつろぐ空気を, じゅうくまなく探し, じゅうくらさなければならなかった, じゅうくりかえして出し, じゅうぐるぐると逃げ廻っ, じゅうこうして坐って, じゅうここのこぼれた, じゅうこぞって晴着を, じゅうこぞってたいそうなお祝, じゅうこづきまわされている, じゅうこぼしてばかりいる, じゅうこれと言っ, じゅうこわれたセンベの, じゅうごく早ね, じゅうです, じゅうさがしまわってもどうしても, じゅうさせよとて下され, じゅうさっぱりして, じゅうざわざわと寒, じゅうしき石の上, じゅうしずかでときたま, じゅうしめておく, じゅうしめっぽかったり何, じゅうしゃくりをする, じゅうしわになっ, じゅうしわだらけでくちばし, じゅうじじむさい泡だらけに, じゅうじっとがまんを, じゅうじつに不愉快な, じゅうすっからかんになっ, じゅうすっかり明るくしました, じゅうすなわち南極の, じゅうすみからすみまで真珠, じゅうせかせかと歩きまわる, じゅうせきには四十めん, じゅうせっせとえぞ, じゅうそういう仕事を, じゅうそうして旅行し, じゅうそこここに盥, じゅうそのままそこに, じゅうそれからそれへと, じゅうそろって, じゅうそわついている, じゅうそんなことを, じゅうただの一度, じゅうただ一脚の籐椅子, じゅうただ目のまわる, じゅうたっても日, じゅうたまに入れ, じゅうたゆまず鳴っていた, じゅうたらいだのバケツ, じゅうだけ避暑と, じゅうだまって煙草, じゅうつっつき廻るだろうしどう, じゅうつづいたら面倒じゃ, じゅうつぶしてしまった, じゅうつや子と口, じゅうつよい日光に, じゅうであればある, じゅうできるのです, じゅうとても愉快に, じゅうとはパンと, じゅうとび廻るかと思い, じゅうとんと事件の, じゅうどうの名人, じゅうどちら様に伺っ, じゅうどっちへもつかれない, じゅうどの木も, じゅうどの家の背戸, じゅうどんなに私が, じゅうないか, じゅうなったか, じゅうなにもわたし, じゅうなやませつづけたことでしょう, じゅうならよろしいの, じゅうなり出してヒイヒイ, じゅうなんにも害を, じゅうにぎやかでたのしかっ, じゅうにだって化けられるん, じゅうにとは云ったけれども, じゅうぬかるみの絶えない, じゅうねんの夏ほんの, じゅうのこらずの足, じゅうのせんたく女の, じゅうのみぎりにはあのお方を, じゅうはいり込んでし, じゅうはねまわって子供, じゅうひき裂かれた戦跡, じゅうひとつの灯火, じゅうひとりとして見ぬいた, じゅうひょろひょろして, じゅうひろがっている, じゅうびっこのまねをして町じゅうを歩きまわった, じゅうぴかぴかじゃない, じゅうふくれ上がって幾日, じゅうふさがってるときには, じゅうふり向いてもやらん, じゅうふるえるほど大きな, じゅうぶらぶらして, じゅうへの霑いの, じゅうべた一面でさあ, じゅうべったり涙に, じゅうほうたいだらけの色眼鏡, じゅうほうぼうの物かげ, じゅうほんの一寸しか, じゅうぼうだと, じゅうぽっと熱くなった, じゅうまだ寝て, じゅうまっかですわ, じゅうまっ白にぬっ, じゅうまで永らく江戸, じゅうまでは吉野山の, じゅうまわるので同じ, じゅうみまわしてもおなじみ, じゅうむしあつく曇った天気, じゅうむずむずして, じゅうむだに土地, じゅうめいめいに校長, じゅうめずらしい日本の, じゅうめばりをした, じゅうもぐっていた, じゅうもてばいくら, じゅうもはやこの問題, じゅう頭巾を, じゅうやぶいり男に, じゅうやめないつもりらしく, じゅうゆるく亙って, じゅうより奥が, じゅうろくにちの宵に, じゅうわたしたちはフライブルク, じゅうをと見こう, じゅうをのみに食わして, じゅうをへめぐらされるので, じゅうアジアの地図, じゅうアセモにつつまれ, じゅうアパートの部屋, じゅうウトウトして, じゅうエリーザはお, じゅうオープンの自動車, じゅうカイはながめ, じゅうカサカサにひからび, じゅうガタガタ震えながら, じゅうガラスの破片だらけ, じゅうクラムと同じ, じゅうクレヴィンは琴, じゅうゴソゴソなにかやって, じゅうサイレンも爆音, じゅうジュピターの体, じゅうツィンクルツィンクルリトルスターをうたっ, じゅうトマトがつぶれた, じゅうトラックをよじのぼり, じゅうドアをたたく, じゅうバルナバスの家, じゅうパリーにとどまった, じゅうビリビリ伝わるよう, じゅうピエロ帽をかぶっ, じゅうフランス語を勉強, じゅうブガーノフの耕地, じゅうブツクサ愚痴ってる家持ち, じゅうヘドだらけになっちまう, じゅうベッドに入っ, じゅうポルフィーリイは例, じゅうラジオかやすチク音キ, じゅうルカー・アレクサンドルィチのお, じゅう一せいに夏, じゅう一ところも常態, じゅう一切の感じ, じゅう一寸風邪を, じゅう一度もほぐれなかった, じゅう一日のあき, じゅう一月じゅう食物を与えない, じゅう一片のパン, じゅう一生けんめいおもしろい歌, じゅう一生懸命にとりもっ, じゅう一瞬のあいだ, じゅう一種物々しい緊張, じゅう一統の難儀, じゅう一軒に一人, じゅう三角の頂点, じゅう上着を脱ぐべき, じゅうの四畳半, じゅう下宿人たちが彼, じゅう腕を, じゅう中堂の行宮, じゅう久助君は一ぺん, じゅう乗りまわされるくれえの, じゅう九度から八度, じゅう二人で空気銃, じゅう二匹の兎, じゅう五臓六腑に浸, じゅう京都もひどく, じゅう人々はスモッグ, じゅう人っ子一人姿は見えず, じゅう人気のない, じゅう人造人間でうずめ, じゅうか今, じゅう今にもどこからか, じゅう今晩催されるピクニック, じゅうの諸国, じゅう付きまつわって, じゅう住んでいる, じゅう佐和山においても討てた, じゅう何かしらやって, じゅう何ごとがおきた, じゅう何処かに身, じゅう何者かを追いかける, じゅう便所の中, じゅうに熱く, じゅう修道院へ帰れなく, じゅう俯向いて, じゅうは何, じゅう室の, じゅう傷だらけ高い崖, じゅう傷跡だらけにし, じゅうは彼, じゅう元気がなく, じゅう全くみんなの, じゅう全然機械の, じゅう八万八千の毛穴, じゅう八割は焼け野原, じゅう六つの翼, じゅう六人の子どもたち, じゅう六番ほどの小鳥, じゅう内職の手袋編み, じゅう再び眼の, じゅう写しのよう, じゅうの日, じゅうてい, じゅう出しっぱなされている一台の, じゅう出口をさがし, じゅうに出来かねる, じゅう切っての才子才媛, じゅう切ないようで, じゅう切り疵だらけにせず, じゅう刺し廻るピストル, じゅう前歯がズキズキ, じゅう動かしておく, じゅう動きそうも, じゅう北部イタリーの田舎, じゅう北面の方, じゅう十二三人から三十人, じゅう十把ひとからげに, じゅう半哩一哩を遠し, じゅう博奕を打っ, じゅう原子だらけだ, じゅう叔母の眼鼻, じゅう古びた物を, じゅう叫ぶ声笑う, じゅう台所に坐っ, じゅう右手の拇指, じゅうというの, じゅうは予定, じゅう君恩に感泣, じゅう吹き続けたまま暮れ, じゅう咽喉が渇い, じゅう喋って居た, じゅう喜太郎にいじめられ, じゅう喧噪の渦, じゅう四畳半の中, じゅう図面を引い, じゅう土室へかこっ, じゅう坐っていました, じゅう報罪を受けた, じゅう塩だらけになった, じゅうに向っ, じゅうの島, じゅうにばかり出, じゅう夜中私は夢, じゅう夜昼なしに, じゅう夜通し眠られなかったん, じゅうに見た, じゅう大きな鳶色の, じゅう大阪じゅうを探し歩きました, じゅう太陽にあたためられ, じゅう女おんなって女, じゅう女たちをできるだけ, じゅうに引き, じゅう妙手として, じゅう始終あらぬ方, じゅう姿をあらわさなかった, じゅう婆さんが余り物, じゅう婦人室からお, じゅう子供たちのこと, じゅう安眠ができない, じゅう実にしずかで, じゅう客間にい, じゅうには小, じゅう室のとびら, じゅう家探しの評判, じゅう宿に引, じゅうている, じゅう寝ぐるしい思いなど, じゅう寝こんでいた, じゅう寝ずに待っ, じゅう寝そべってばかりい, じゅう寝そべったまま天床か, じゅう寝つかれないよりも見廻った, じゅう寝なかったことが, じゅう寝られないという気, じゅう寺内の, じゅう小さい娘までを, じゅう小吉が帰った, じゅう小学校の教室, じゅう小屋へこもっ, じゅう小平太はどこ, じゅう小止みなく降っ, じゅう少女たちをさけ, じゅうというもの, じゅう屋鳴り震動という有様, じゅうで洗濯, じゅうに残った, じゅうみずの, じゅう年女までいそい, じゅう幾十万ヵ所かに出来た, じゅう幾百万の国民学校, じゅうへ眼, じゅう引き揚げの準備万端, じゅう引き潮加減ながら調和, じゅう引廻しの上, じゅう引摺りまわし殴ったり, じゅう引越して来た, じゅう弱々しい力の, じゅう彼らはもう, じゅう彼方此方くりひろげて, じゅう彼等と行動, じゅう彼那に気, じゅう待ち明かした, じゅう待っていよいよ, じゅう得体の知れない, じゅう御堂の戸, じゅう御飯たべるところ, じゅう微分の宿題, じゅう志毘の家, じゅう忘れていた, じゅう忙しい人が, じゅう忙しくてたまらない, じゅう怒りっぽくなる, じゅうに空気, じゅう怪しい幻影と, じゅう恋愛のこと, じゅう恐怖のうち, じゅう恨み暮らしに暮らす, じゅう息詰まるような, じゅう悦んで滞り, じゅう愉快に働いた, じゅうを誓い, じゅう我慢できる限り歌, じゅう戦いの終った, じゅうの前, じゅう手ぞろいで仕事, じゅう手足を動かし, じゅう打ち身だらけになっ, じゅう打っちゃっておい, じゅう拭きまわったりただ, じゅう拭きまわるよりほか, じゅう捜索されて, じゅう掘りかえされたり木材, じゅう探したってとても, じゅう探し歩いてるんだい, じゅう掻き掴むような, じゅう揺れて街, じゅう散歩ばかりし, じゅう数千の勤労者クラブ, じゅう敷きつめてあっ, じゅうらしいもの, じゅう旅館の者ら, じゅう日本じゅうの人, じゅう日蔭で寒気, じゅうの切望, じゅうまで姿, じゅう普通の人, じゅう暖炉の隅, じゅう暮らしている, じゅう書いてしまった, じゅうの名, じゅう朝御飯が同じ, じゅう木屑だらけにし, じゅう本箱だったが, じゅうの上, じゅう東京を南, じゅうをむき出し, じゅう板塀の土台, じゅうを並べ, じゅう柱時計の打つ, じゅう栄三郎の心, じゅう梁木の下, じゅうと私, じゅうからじろじろ, じゅうを織っ, じゅう機械的に見守る, じゅうを唄っ, じゅう正造の胸, じゅう歩き廻るん, じゅう歩きまわるし耳, じゅう歩きめぐっている, じゅうに物狂い, じゅう死ぬまでし, じゅう残るくまなく, じゅう母屋にただ, じゅう毎日晴天と予報, じゅう毎晩五つから四つ, じゅう毎週仕事がいっぱい, じゅうがはえてる, じゅう気がかりで電車, じゅう気ぜわしい春の, じゅう気持が落着, じゅうを浴びた, じゅう水溜りになり, じゅう氷水ばかり飲ん, じゅう汐風に吹かれ, じゅう汗だくになった, じゅう汽車に乗り遅れ, じゅう沈思のお, じゅう泣きの涙, じゅう泣き明かしたときとか, じゅう洛中諸所にえたい, じゅう浅草を歩い, じゅう海峡の冷たい, じゅう涙だらけにし, じゅう清潔になった, じゅうが沸, じゅう滅茶滅茶になっ, じゅうにつかっ, じゅう潮水に浸っ, じゅう濡れ歩いて, じゅうぶくれに, じゅう火事のよう, じゅう点している, じゅう為すことも, じゅう無精ひげ, じゅう無駄にし, じゅうが出た, じゅう熱いように, じゅう熱くなるばかり, じゅう燃えるような, じゅう爆発でもし, じゅうは食いつきたい, じゅうの中, じゅう物足りなく心寂しく, じゅう特別なこみかた, じゅう独りで笑っ, じゅう生活じゅうに通う, じゅう田圃に立っ, じゅう田舎に住ん, じゅうへ行っ, じゅう異存はなし, じゅう病気して, じゅう病院に詰め, じゅう瘤だらけの男, じゅう発達した性技巧, じゅう白い魚は, じゅう白樺の林, じゅう白馬に騎, じゅう立って, じゅう皆丈夫の由, じゅう目的に向っ, じゅう目色を変え, じゅう直しにやらなけれ, じゅう相当に積, じゅう真っ暗になっ, じゅう真剣なのに, じゅう真白で髭, じゅう眠らなかったサヨの, じゅう眠られないという話, じゅう眠り過ごして, じゅう眠ることの, じゅう眺めていらっしゃる, じゅう眼鏡をかけ, じゅう着たきりのシャツ, じゅう睨みまわしたが, じゅう睨み合いみたいに, じゅう研究室の奥, じゅう祈ってい, じゅう祈りの心持ち, じゅう祈祷をし, じゅう福井で書いた, じゅう穴掘りの労働, じゅう空いた部屋が, じゅう空っぽにし, じゅう突っ立って, じゅう突傷だの擦傷, じゅう窓外を打, じゅう立っている, じゅう童子は眼, じゅう笑い楽しんで, じゅう笑みをくずし, じゅうで身体, じゅう節子は私, じゅう糠味噌の臭い, じゅう素股の魚屋, じゅう細かになかなかよく, じゅう絶えず彼は, じゅう絶間なかった, じゅうざらえ, じゅう総立ちの轟き, じゅう縁側に置い, じゅう縛られていなけれ, じゅう罨法の繃帯, じゅう置かれればああなる, じゅう老婆のほか, じゅう考えぬいて思案, じゅう耳鳴りがする, じゅう聖像にお, じゅう肖像画だらけであった, じゅうが悪く, じゅう胆汁を流す, じゅうの勲章, じゅう脂汗の趙七爺, じゅうを下ろし, じゅうが痛い, じゅう膝ぐみになっ, じゅうたり起き, じゅう自活の道, じゅう至るところの, じゅう臺所でぱちぱち, じゅうが赤く黄色く, じゅう花桐はふしぎ, じゅうに病ん, じゅう苦しいようで, じゅう苦しかった, じゅう苦しくなったとき, じゅう苦しんだが不, じゅう草川巡査は毎日毎日電話, じゅう荒れ狂って道具, じゅう荒涼とはしない, じゅう菜園畝をおこし, じゅうのそば, じゅう蒲団をかぶっ, じゅう蒸しましたものね, じゅう薄暗くなっただろう, じゅう藍甕のまわり, じゅう蘆屋の宅, じゅうの音, じゅうをつかまえ, じゅうになり, じゅう血走った目ばかり, じゅう行事であるから, じゅう行水もしない, じゅうをさまよい歩い, じゅう裁判所で暮し, じゅう裸足で家, じゅうて来た, じゅう見えましたのにそれ, じゅう見たのと, じゅう見なれている, じゅう見廻してからフイ, じゅう許さなかった女の, じゅうをし, じゅう話してしまいました, じゅう話したのです, じゅう語り明かしたということ, じゅう調べるわよ怖い, じゅう諸方の訪問, じゅう警察のいす, じゅう豆ランプがつい, じゅう貧乏なん, じゅう貨車は動かない, じゅうけまわる, じゅう起きてる訳じゃ, じゅう起き上がることを, じゅうになった, じゅう跛足を引い, じゅう跳び回っては影, じゅうを鳴らし, じゅう蹴りけりここまで, じゅう身動きもせず, じゅう軒別に配らせ, じゅう軟かに力, じゅう輾し, じゅう追い回され散り散りに, じゅう追分で暮し, じゅう逃げ廻っている, じゅう這い廻るようであった, じゅう通して朝, じゅう遊ばせている, じゅう遊んで来る, じゅう過すということ, じゅうづけに, じゅう釣っていました, じゅう鋤鍬の入らない, じゅう鋲締めされる, じゅうを下ろした, じゅうをかけず, じゅう鎌倉住居であった, じゅう閉ざされたままであり, じゅう閉じこめられている, じゅう開いて居りました, じゅう降りつづけていた, じゅう降りつもってかたく鋭く, じゅうなく探しまわった, じゅう隣近所寝鎮まったけ, じゅう離れなかった霧が, じゅうに紛れ, じゅう雨戸をしめず, じゅうがごろごろ, じゅう電気時計で停電, じゅう電話のそば, じゅう震え上がって言った, じゅう震え響くような, じゅう震わせてまるで, じゅうや紫, じゅう青年たちと蹴球, じゅう静かな雪あかり, じゅう静まり返っていた, じゅう非常にだるかっ, じゅう順々に拇指, じゅうや胃, じゅう合せて, じゅうい着きたいよう, じゅう顫わせながら, じゅう顰めて首, じゅうをとおし, じゅう食べるくらいでした, じゅう食物を与えない, じゅう飢えていました, じゅう飢饉も同じ, じゅう飽きずそのよう, じゅう首相官邸で待機, じゅうをはしらせ, じゅう馴れ切っています, じゅう駈けずり, じゅう駈けずりまわって燕尾服, じゅう驚いていた, じゅう驚かしてやろう, じゅう骨牌をし, じゅうを生やし, じゅう鳴いて, じゅう鳴りづめだ, じゅうに乗せ, じゅう黒く驚くほどに, じゅうが生える