青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しみじみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しまった しまった~ ~しまつ しまつ~ ~しまひました ~しまふ しまふ~ ~しみ しみ~ ~しみじみ
しみじみ~
~しめ しめ~ しめた~ しめる~ しょ~ ~しよ しよ~ ~しよう しよう~ ~しら

「しみじみ~」 1801, 19ppm, 6148位

▼ しみじみ~ (1198, 66.5%)

22 した調子 18 身に 14 した気持 13 して 9 感じた, 胸に, 言った 8 したもの, 味わって, 眺めて 7 そう思った, 感じたの, 感じる, 見て 6 感じて, 感じました, 眺めた 5 した声, 云った, 人の, 味う, 心に, 眺める, 自分の

4 [13件] いった, した味, した感じ, した感傷, ながめて, ふるさ, 彼の, 思う, 思った, 感じるの, 感ぜられた, 私の, 聞いて

3 [17件] した口調, した愛情, した感謝, した気持ち, した述懐, するの, 心の, 感じられて, 感ずる, 感ずること, 感ずるの, 感謝の, 湧いて, 考えさせられた, 聴いて, 話して, 話を

2 [76件] あいさつを, いうの, うち涵つたのも, おっしゃいました, したお話, したところ, したやさしい, した心, した情愛, した愛, した感情, した温情, した雰囲気, そういった, そう思う, その美し, その顔, そんな気, よし植ゑし水, よろこんで, わいて, 二人い寄り, 云い出した, 云い出して, 云って, 云つた, 同情した, 同情を, 味って, 味わ, 味わうこと, 味わった, 味わったこと, 天地の, 実の, 心を, 思って, 思ふすこやけき息, 悟ること, 愛情を, 感じさせられた, 感じさせられる, 感じます, 感じられないでは, 感じられる, 感じること, 感ぜしめる, 感ぜずには, 昔の, 更ける寒, 桐の, 泣いて, 涙が, 眺めるの, 眼に, 知って, 知るの, 私は, 秋の, 秋を, 空虚を, 考えた, 考えて, 考えられた, 聞けば, 自己の, 自己を, 見た, 見つつ, 見入って, 見入ること, 見直して, 語って, 述懐した, 通は, 面白いもの

1 [744件 抜粋] あの頃, ありがたいと, あり日, あわれんで, いたわり慰めて, いったこと, いつた, いとおしむ気, いま小, いやに, いわれるお, うけとれる, おた, おどろかれるの, おもへば, お互いに, お察し, お手紙, お玉という, お白粉, お話したくなります, お話も, お語らいしなかった, お説き, かみしめられるよう, かんがえるよう, きき惚れて, きく人, こう思った, こたえた, こたえるもの, この世が, この昔話, この短い, この華やか, こぼして, さとらなければ, さとりましたの, さびしい心持ち, さびしきは, した, したあの, したこの世, したちょうし, したやるせない, した人情味, した人生, した低い, した個人的, した処, した友情, した口つき, した口ぶり, した哀愁, した喜び, した嬉し, した安楽, した幸福感, した思い出, した悲しい, した情緒, した愛感, した懐かし, した手紙, した抒情, した楽し, した様子, した氣持, した汗ばみに, した灯, した父, した眼, した眼付, した絵, した而, した舞台, した落ち着いたやさし, した薄ら, した親しみ, した話, した語調, した酔心地, した間, した静けさ, した静閑さ, した面, しちゃう, しながら, しみ透るもの, しむの, するね, するカンヴァスベッド, そうした感慨, そう思わず, そう述懐, そそられた, そのさわやかさ, そのサン・キュアド・ミキスチュア, その厚, その寝, その戀, その点, その美しい, その花, それじゃ, それらの, それ等に, そんなこと, つぶやくと, つめたき朝, ながめた, ながめられたの, なつかしい眼, なつかしくなる, なつかしく知, なつかしく見せる, はかない身の上, はさみを, ふる雨, ほめたたえ彼女, まがりくねつて, また私, みつめて, よくわかった, よく見た, りんごは, わかって, わが家族制度, カイち, ダラットの, ホロホロ, メスの, 一年間の, 中世を, 二人で, 二人泣くべく, 云う, 云うの, 人々に, 人恋しさ, 人生を, 人間は, 人間的な, 今さらながら, 今さらに, 今星影で, 仏印の, 会って, 会得され, 何人にも, 侘しくなっ, 働いて, 僕に, 優しい愛, 先生の, 入日に, 八月を, 出あった, 出家の, 分かつたの, 分って, 分るよう, 初めてこの, 判るやう, 別れてから, 刻まれた, 力強い気, 力強くなる, 千枝子の, 半ば布団の, 友達の, 反省された, 取りのこされた感じ, 受け入れられモーツァルト, 可愛げに, 可懐い, 同感せられる, 君によって, 呟いて, 味つた記憶が, 味わいましたが, 味わうという, 味わおうと, 味わわされた, 味わわせられた, 味わわせられ子, 味わわれまして, 呼吸した, 哀を, 唇を, 嘆いて, 嘆息する, 國の, 坊ちゃんの, 堪能する, 夕映えに, 大地の, 夫婦で, 奉行勤めが, 好きだ, 妙に, 妹に, 嫌に, 嬉しい気, 嬉しくてや, 嬉しくなる, 孔子自身の, 孤独の, 孤獨な, 孤獨を, 寂しき魚, 寒いかわり, 寒かりし, 寛いで, 寝台の, 小生には, 少時眺め入った, 山の, 幸福を, 弁信さんという, 弟子たちに, 彼女の, 彼等の, 心が, 心して読まぬ, 忘られません, 応える, 思いだされて, 思いました, 思いめぐらすとき, 思いやった葉子, 思いやりました, 思いわびて, 思い出させるの, 思い出された, 思い出される, 思い出されるおり, 思い当ること, 思い浮べて, 思い知ったの, 思い知らせるの, 思い返して, 思うこと, 思うの, 思ったの, 思ひしめては, 思ひに, 思ひ出して, 思ひ出ぬるふるさと, 思ひ知るらむ, 思ひ込んだらしく, 思ひ返さざるを, 思わせられる, 思わせる, 思われた時代, 思われます, 思知る, 恥じられ悔いられて, 悟ったらしい, 悟った圓朝, 悲しきとき, 悲しく淋しく綱手, 悲しみを, 情けなくなります, 情の, 情人の, 愛し合, 愛の, 愛撫する, 感じさせて, 感じたあの, 感じたです, 感じたもの, 感じた一瞬, 感じちまうん, 感じとられます, 感じまして, 感じまた, 感じるよ, 感じるよう, 感じ得ないもの, 感ずるが, 感ぜさせられること, 感ぜざるを, 感ぜぬわけ, 感ぜられたであろうか, 感ぜられはては, 感ぜられる, 感に, 感動させられ, 感得せしめる, 感心した, 感心しない, 慰めて, 憐れむごとく夕日, 懐しき市井, 懐しさうに, 我々は, 戻って, 手紙も, 手紙を, 打眺めた, 打解けて, 抱き直すよう, 抱く音, 掻口説きたまい, 撰る, 敏子に, 教えられるの, 文楽師匠だけは, 新しい野菜, 新夫婦ふたり, 新婚の, 旅情をでも, 日の, 昔を, 星が, 春の, 昼寝を, 時代の, 更けて, 有が, 有難くああ, 有難く存じ, 有難く感ずる, 本尊の, 本心から, 村尾の, 村雨は, 染み通った, 梅花に, 楽しんだ, 楽む, 歎いた, 歎きました, 歎息し, 正気の, 死んでは, 気の毒な, 水に, 汗に, 没頭出来る, 泣きたくなった, 泣きながら, 泣きわかれゆく, 泣き出して, 流れ出て, 浮び見えて, 海に, 海のは, 浸って, 浸りたいため, 涙ぐんだり, 涙ぐんで, 涙の, 涙を, 深い同情, 清水の, 湧いたという, 湧かせた, 湧き出る泉, 滲みわたり, 滲み滴りに, 漂はせ, 照し, 熟と, 物事を, 物思う気持ち, 独りで, 独り炉に, 生れ変った心持, 田舍落ちし, 申し訳ない, 病人を, 白粉の, 百姓と, 目に, 相談を, 真情が, 眺めそれ, 眺めながら, 眺めまわし, 眺めやつ, 眺められた, 眺めるといった, 眺め入る心持, 眺め私, 眼を, 眼鏡を, 知ったの, 知ったよう, 知る, 知るまたとなき, 破れた恋, 碁でも, 礼を, 祈った, 神聖に, 私に, 種子を, 窕子に, 箏の, 細君の, 縁先の, 繰返し考えた, 美しい, 美しい歌, 考えさせること, 考えたが, 考えるの, 考えるほどの, 考え込んで, 考へ, 而も, 耳傾けし, 聞かされて, 聞きとれたもの, 聴かせて, 聽きほれる, 肯いて, 胸を, 胸をこそ, 自覚させる, 自覚せしめられました, 芭蕉に, 花の, 苦しい思ひ, 茶を, 落ちついたもの, 落ちつくと, 落付かせ, 落付けさせる, 血色の, 行き届いて, 見とれるの, 見な, 見ほれゐに, 見やって, 見ようとは, 見られるもちろん, 見ると, 見わたした, 見上げて, 見上げると, 見入り嗅ぎ入る心持, 見守りました, 見戍, 見詰めて, 覗きたかった, 覚ったこと, 解るけれど, 触れて, 言ったが, 言って, 言ッた, 託たれて, 詫びて, 話しかけるのに, 話した, 話したいよう, 話し出した, 話も, 語った, 語り, 語りたい, 語りまた, 語り出した, 語り合うこと, 語り手紙, 語る風情, 読める心地, 諸君並に, 豆を, 赤い唇, 越え申す雪, 身の上ばなしを, 身体に, 近いもの, 迫つて来る, 過去の, 遠いな, 酒の, 酒を, 針を, 鈴慕の, 鍼を, 長い間, 降る春雨, 限りない, 集りて, 雨の, 静かな, 静まり返った冬, 響いた, 頼りに, 飛びうつらす, 馬に, 駄夫は, 骨にも, 黄色な

▼ しみじみした~ (55, 3.1%)

10 調子で 2 気持に, 聲で, 話が

1 [39件] いい句, いつもふっくり, これまでに, ものであった, ものに, ような, 別れを, 千日前らしい, 印象を, 口調に, 声だ, 大阪の, 姿だけが, 寂しいもの, 小説大西博士ショウペンハウエルヴントを, 幸福感を, 心もちにな, 心を, 心持に, 心持を, 情緒にも, 感傷が, 感傷でも, 柔らかさ, 気持ちに, 氣もちで, 涙を, 淋しさ, 淡い妬み, 無駄の, 美しさがた, 自分に, 親しみの, 話に, 話は, 話も, 話を, 諦感は, 響きが

▼ しみじみそう~ (14, 0.8%)

3 思った

1 [11件] おっしゃって, 云うあきらめ, 呼びかけたい思い, 心の, 思います, 思うなあ, 思うの, 思うのよ, 思わないでは, 感じたからばかり, 感じた心持

▼ しみじみ自分~ (13, 0.7%)

1 [13件] の努力, の口達者, の姿, の心, の手の甲, の無力, の無能, の結婚生活, の罪, の老い, の肩, の胸, へ云いきかせ

▼ しみじみ感じ~ (12, 0.7%)

3 ていた, ている 1 そしてこの, それに, てくる, てゐる, ながら, ながらその

▼ しみじみ感じた~ (12, 0.7%)

3 のである 2 のは 1 ことが, ことであった, ことは, その時, のだ, ように, 次第でございます

▼ しみじみ思う~ (10, 0.6%)

2 のである 1 ところである, のでした, のです, のにあと十年, のよ弱く, わ, 事が, 事も

▼ しみじみ~ (8, 0.4%)

1 うこと, うて, ったあの, った事, った次第, ふだらう, へば何でも, わされました

▼ しみじみ~ (6, 0.3%)

3 をする 1 の出来る, もできなかった, をかわす

▼ しみじみ~ (6, 0.3%)

2 にしむ 1 につまされる, に感じ, に知り申し, に迫る

▼ しみじみこう~ (5, 0.3%)

2 いって 1 思いました, 祈ったの, 言いました

▼ しみじみこの~ (5, 0.3%)

1 ときだけは, 地上にも, 折目の, 点を, 頃は

▼ しみじみする~ (5, 0.3%)

1 のだ, のであった, のです, ほどよく, 声で

▼ しみじみ嬉しく~ (5, 0.3%)

1 なって, なるだろうと, われも, 忘れは, 思ふとともに

▼ しみじみ~ (5, 0.3%)

1 にしみ込ん, に沁みました, に浮べる, に浸み入る, の底

▼ しみじみ~ (4, 0.2%)

1 あわれみに, 察しも, 悲しい時, 目にも

▼ しみじみその~ (4, 0.2%)

1 ことばに, 心ねを, 点敬服しました, 言葉が

▼ しみじみ感じる~ (4, 0.2%)

2 のである 1 のは, よ

▼ しみじみ感ずる~ (4, 0.2%)

1 ことが, ことであります, ほどな, ものである

▼ しみじみ~ (4, 0.2%)

1 と一緒, のこと, の寐顔, の慈愛

▼ しみじみ眺め~ (4, 0.2%)

2 ていました 1 ている, てゐる

▼ しみじみ考え~ (4, 0.2%)

1 ている, ております, てなんだか, て見る

▼ しみじみ~ (4, 0.2%)

3 ている 1 て置こう

▼ しみじみ述懐~ (4, 0.2%)

2 した 1 したこと, して

▼ しみじみ~ (4, 0.2%)

1 を洗, を眺め, を見た, を見る

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

2 われに 1 たくしは

▼ しみじみうれしく~ (3, 0.2%)

1 思いぬ, 思われました, 思われるもの

▼ しみじみお礼~ (3, 0.2%)

1 も申しません, を申しとう存じました, を言いたい

▼ しみじみお話し~ (3, 0.2%)

1 いたしました今, して, もしない

▼ しみじみかう思はず~ (3, 0.2%)

2 にはゐられなかつた 1 にゐられなかつた

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

1 てしまう, て情けなく, て来た

▼ しみじみそういう~ (3, 0.2%)

2 ことを 1 気が

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

1 としての理解, のからだ, の顔

▼ しみじみ嬉しい~ (3, 0.2%)

1 けれどほんとに, という刺戟, 気持に

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

1 挨拶にも, 挨拶も, 物語致候事など

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

3 つた

▼ しみじみ思った~ (3, 0.2%)

1 ことであった, ことは, ものです

▼ しみじみ思ふ~ (3, 0.2%)

1 ことも, につけ, やうに

▼ しみじみ思わせる~ (3, 0.2%)

2 うちに 1 時にでも

▼ しみじみ悟った~ (3, 0.2%)

2 のは 1 のでありました

▼ しみじみ感謝~ (3, 0.2%)

3 して

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

1 に向っ, はこの, は煙

▼ しみじみ考える~ (3, 0.2%)

1 ときは, とこれ, ように

▼ しみじみ~ (3, 0.2%)

1 つた, ふ, ふと彼女

▼ しみじみ言っ~ (3, 0.2%)

1 ていました, て女, て聴かせた

▼ しみじみ話し~ (3, 0.2%)

1 てくれた, てみました, て行った

▼ しみじみありがたく~ (2, 0.1%)

1 思つてを, 痛感した

▼ しみじみいう~ (2, 0.1%)

1 と諸, のを

▼ しみじみこんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 事を

▼ しみじみさう~ (2, 0.1%)

1 心の, 思つた

▼ しみじみそれ~ (2, 0.1%)

1 を思います, を観察

▼ しみじみつくづく~ (2, 0.1%)

1 と骨身, 多幸である

▼ しみじみとけふ降る~ (2, 0.1%)

2 雨は

▼ しみじみながめ~ (2, 0.1%)

1 ている, てねこれ

▼ しみじみわかっ~ (2, 0.1%)

1 ている, て人間

▼ しみじみ不思議~ (2, 0.1%)

1 な世界, に存じました

▼ しみじみ世の中~ (2, 0.1%)

1 が厭, が詰らなくなりました

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 までの自分, 松は

▼ しみじみ労っ~ (2, 0.1%)

1 てくれた, て問い慰める

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 いと, 哀に

▼ しみじみ同情~ (2, 0.1%)

1 した, する様

▼ しみじみ味わっ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 と水, の気

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 のす, の気持

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 に感じ, に覚えた

▼ しみじみ悲しく~ (2, 0.1%)

1 て病犬, なって

▼ しみじみ情けなく~ (2, 0.1%)

1 思うの, 感じて

▼ しみじみ感じず~ (2, 0.1%)

1 にいられなかった, にはいられなかった

▼ しみじみ感じます~ (2, 0.1%)

1 ことは, 全く苦

▼ しみじみ感ぜず~ (2, 0.1%)

1 にはいられなかった, には居られなかつた

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 ながら感じ, への仰せ

▼ しみじみ有難い~ (2, 0.1%)

1 と思います, と思ひます

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ しみじみ淋しい~ (2, 0.1%)

1 と思う, 顔であった

▼ しみじみ生き~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 を云っ, を言つて

▼ しみじみ秘めた~ (2, 0.1%)

2 小さいもろけた小屋

▼ しみじみ美しい~ (2, 0.1%)

1 なあと感じた, 歌が

▼ しみじみ考えさせられた~ (2, 0.1%)

1 ことだった, 次第です

▼ しみじみ見つめ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ しみじみ見る~ (2, 0.1%)

1 ことすら, とすずめ

▼ しみじみ言い~ (2, 0.1%)

1 出づる光代出来るなら, 幽かな

▼ しみじみ話した~ (2, 0.1%)

1 ことである, ことも

▼ しみじみ話す~ (2, 0.1%)

1 ことが, ところを

▼ しみじみ~ (2, 0.1%)

1 が出, が吹く

▼ しみじみ食べる~ (2, 0.1%)

2 飯ばかりの

▼1* [259件]

しみじみあそび蛙引き裂け, しみじみあたしの考える, しみじみあなたが恋いしくなっ, しみじみありがたいと思う, しみじみいいお母さまだ, しみじみいとしく可愛くなったの, しみじみいのちの底, しみじみいま思ひやつ, しみじみいやになッ, しみじみうれしかった, しみじみうれしく有難くさへ, しみじみおいしくいただいて, しみじみお目にかかるのは, しみじみお話申し上げた夜, しみじみかう感ぜずにはゐられなかつた, しみじみかぐような, しみじみかたじけのう存ずる, しみじみかなしいことでした, しみじみこの世はなつかしい, しみじみこれでは困る, しみじみしい景色だ, しみじみした考えずにいられない, しみじみしづかな机, しみじみしみ込むようであった, しみじみそこのなつかしい, しみじみそら恐しくさえ, しみじみそれらのもの, しみじみつらいと思った, しみじみですがお, しみじみとかく思ふゆゑ, しみじみとね涙の, しみじみとはこれまで, しみじみどういうことに, しみじみまた今までの, しみじみまだ赤し, しみじみてゐる, しみじみみまはした, しみじみもう病気は, しみじみもったいないと思いました, しみじみかつた, しみじみよく分ります, しみじみよみがえってきた, しみじみわかったろういい教訓, しみじみわかるやうに, しみじみわたくしにお, しみじみコーヒーが飲みたい, しみじみヤクザがイヤ, しみじみ万事休すと云う, しみじみ不便を感じた, しみじみ不幸な目, しみじみ二十年余の月日, しみじみはれる, しみじみ云いました通り私が, しみじみ云われてお, しみじみる林檎の, しみじみの親切, しみじみ人間の幸不幸運不運, しみじみ会って, しみじみか言っ, しみじみ使いたくないものだ, しみじみの好意, しみじみて尿, しみじみ分かったような, しみじみ分る気が, しみじみ十一月が晴れ, しみじみ十円札を眺めた, しみじみ口惜しゅうてならん, しみじみ可愛くってならねえ, しみじみ司馬徽はいっ, しみじみ同感される, しみじみ味わい知れという, しみじみ味わい起きあがってから土, しみじみ味わうたのしさ, しみじみ味わおうとか何とか, しみじみ味わわねばいけない, しみじみ哀傷深く感じた, しみじみ哲学して, しみじみ啼きいづるこほろぎのこゑのあはれさやけさ, しみじみ喜んでいる, しみじみ喞筒をうち, しみじみ嘆声を放たず, しみじみ噛みしめている, しみじみつて了ふ, しみじみ圓朝はなつかしかっ, しみじみ塵労に疲れた, しみじみ大尉の配慮, しみじみ姫君を愛撫, しみじみ嬉しかった, しみじみ孤独を知った, しみじみ実感したの, しみじみ家庭生活というもの, しみじみものがたりに, しみじみ寝た夜も, しみじみ尊いものに, しみじみ山里へ來, しみじみが罪, しみじみ市井にいる, しみじみ帰りたかつたのだ, しみじみ幸福であつ, しみじみを通して感じた, しみじみ彼らの姿, しみじみ彼女は親しみ, しみじみ後悔の言葉, しみじみ御意を得ませんでした, しみじみ御礼がいい, しみじみ心から叫ばないわけ, しみじみ思いまっせ, しみじみ思いだされるのである, しみじみ思いましたね, しみじみ思い出すのでした, しみじみ思い知ってひどく, しみじみ思えば母, しみじみ思はれてならない, しみじみ思ひはやく足, しみじみ思ひ当ることが, しみじみ思ひ浮べてゐる, しみじみ思ひ知られるのでした, しみじみ思わずにいられなかった, しみじみ思われたに相違, しみじみ思われるのだった, しみじみ思出される土地, しみじみ恋しく慕わしくなって, しみじみ恐れ入りしやうに, しみじみ恐ろしいことだ, しみじみ恥ずかしくてならなくなった, しみじみ悔いをかんじました, しみじみ悟っていた, しみじみ悲しかつた, しみじみ情なく感じられた, しみじみ惜しくなって, しみじみはれると, しみじみ愚痴をこぼした, しみじみ感じさせられたことは, しみじみ感じさせられるのである, しみじみ感じさせるものだった, しみじみ感じさせ泣くまいとこらえる, しみじみ感じてるがよう, しみじみ感じない訳には, しみじみ感じないではゐられなかつた, しみじみ感じなければならなかった, しみじみ感じましたよ, しみじみ感ぜざるをえない, しみじみ感ぜられてその, しみじみ感ぜり神の, しみじみ感心して, しみじみ憐れに思えた, しみじみい出して, しみじみ懐かしい自分に, しみじみ我が心, しみじみ拜見變化の多き, しみじみ拝ましてやるかね, しみじみ拝見するかね, しみじみ振返られたことだった, しみじみ接しうる機会が, しみじみ故郷が恋しかっ, しみじみ教育して, しみじみ新三郎に言われる, しみじみ日本の習俗, しみじみ早口の女, しみじみの事, しみじみ昔話でもしたい, しみじみ昼寝をし, しみじみ時好の移つたこと, しみじみのつめた, しみじみ来なければよかつ, しみじみとか剣, しみじみ欧羅巴へ来, しみじみいて, しみじみ歎息した第, しみじみ正視して, しみじみ歳月を覚えた, しみじみ残念です, しみじみ母親に見舞い, しみじみの健康, しみじみを腐らし, しみじみ気の毒に思う, しみじみ気付いて自分, しみじみ決心したの, しみじみ沈潜して, しみじみ泣けると思っ, しみじみ淋しさを, しみじみ清く濡れと, しみじみあがって, しみじみ満足でした, しみじみ溜息をつきました, しみじみ濡れて若葉, しみじみ棲みの, しみじみ独りつぶやいて, しみじみ生かされてゐる, しみじみ生き伸びてゐる, しみじみ生けるいのちの, しみじみ生活的宦官に生まれた, しみじみ申して居りました, しみじみ疲れている, しみじみ痛ましく思ひその, しみじみ痛感されて, しみじみ相談持ち掛けたところ, しみじみ眺めたことが, しみじみ眺め合いそれを, しみじみが濡れ, しみじみ知ったのであった, しみじみ石ころのやう, しみじみ砂場がほしい, しみじみ祈りたくなったのである, しみじみ神国にいるじ, しみじみ私たちの運命, しみじみ糟谷は嘆息, しみじみ経験した事, しみじみへさせ打沈ませた, しみじみ考えさせられていた, しみじみ考えさせられるのである, しみじみ考えたのであります, しみじみ考えましてあん, しみじみ考えるであろうかどう, しみじみ考へたことは, しみじみ聞かされちやつた, しみじみ聴いていた, しみじみ聴取した事, しみじみが立った, しみじみ腹の中へしみ込んだ, しみじみ自活の道, しみじみ付いて, しみじみ落ちぶれたのを, しみじみ蝶吉の清い, しみじみ見あげる自然木の, しみじみ見ましたが団子坂, しみじみ見ますしその, しみじみ見られるなんてきみ, しみじみ見出したらしい様子が, しみじみの心, しみじみ親切なところ, しみじみ観賞するの, しみじみ言ったが, しみじみ言ッた, しみじみ記憶に残す, しみじみした, しみじみ話したいことも, しみじみ話してるからまち, しみじみつたこと, しみじみ語ってい, しみじみ語り合いたいと思う, しみじみ語り合ったことだ, しみじみ語り明かしたのである, しみじみ語ろういとまもなく雲間, しみじみ読み味わって氏, しみじみ読み返してみる, しみじみ読んでいます, しみじみ讃嘆する, しみじみ身の上話がしたかった, しみじみ身上話をし, しみじみ辛い事であった, しみじみ逃げたいような, しみじみを酌み合いたく, しみじみ閉口したやう, しみじみのつぶ, しみじみがふる, しみじみ露西亜へ帰つて, しみじみを下げた, しみじみ馬背の厄介