青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「じき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しれない~ ~しれぬ ~しれません ~しろ しろ~ しん~ ~し得る し得る~ ~じ じ~
じき~
~じっと じっと~ じつに~ じつは~ ~じゃ じゃ~ じゃあ~ じゅう~ ~す す~

「じき~」 1677, 18ppm, 6314位

▼ じき~ (523, 31.2%)

18 帰って 5 飽きて 4 お帰り, もどって 3 すんで, なおって, 参ります, 夜が, 大きくなります, 忘れて, 戻って, 来るから, 解った

2 [25件] いつもの, しぼんで, なおります, なおりますよ, なおるから, なくなって, ねて, ばけて, わかった, わかること, わかるよ, 出て, 帰った, 持って, 東京へ, 死ぬ, 死ぬの, 死ぬん, 毀れたり, 直るわ, 立って, 行くよ, 解って, 退屈し, 飽いて

1 [415件] あいて, あえるよ, あがりますと, あきました, あたしが, あらずや, いくから, いくからね, いけなくなるの, うちとられて, おいて, おかあさんに, おかれた, おしまいに, おちついた, お今, お別れ, お前も, お午, お友だち, お国, お宿, お山まで, お庄, お戻りなさいましょう, お手, お暇, お柳, お楽, お歌に, お臥, お話しします, お酒, お銀, かえるだろうが, かしこまってへ, かれは, きます, くるだろう, けろりと忘れた, こくりこくり, ここに, ここへ, ここまでも, ここを, この雨, こわれて, さっさと片づけ, された, されて, されること, されるの, しおれて, した, した処, して, しぼりに, しもた家, しゃべれるよう, すくよ, すっかり仲よし, すんじまわあ, ずらと, ずるりと, そういうもの, そうでない, そなた, そのまま倒れ, そればかしの, それも, たいへんな, たすけだして, たっちまうもの, だれかに, つくん, てつだわせて, できあがりますが, としよりに, とまって, どかんと, なおる, なおるだろうと, なおるわ, なおるん, なくなるから, なって, ならずには, なる, ねた, はなすから, はれて, ばけた小林, ふれるの, ぶん擲ぐる, まいらるる筈, まいりますと, まがり角が, またつばめ, また会おう, まわった, むくれ出し, もうだんなさま, やって来たが, やめるの, よくおなり, よくなっ, よくなります, よくなるでしょう, よした, よりて, よる, わかるとき, わかるの, クリスマスでしょ, コゼットに, タキシイに, ニャートンに, ピストルを, フーフーと, ヴァイオリンで, 一つ事に, 一同は, 一杯です, 一番上等の, 万事が, 三つに, 上ったり, 上に, 乗り出して, 乱れて, 乱髪に, 乾きますよ, 亡くなったその, 亡くなって, 亡くなりましたが, 亡びる見方, 交渉に, 今の, 今日は, 仏陀世尊の, 他の, 仲よくなりました, 仲直りが, 会えます, 会われますぜ, 体に, 何を, 信じました, 修道院に, 倒れて, 倦い, 催して, 元の, 光沢が, 入った, 入口の, 六畳へ, 共産主義に, 冬が, 冬だ, 冬に, 冬の, 出ます, 出るん, 出版する, 分りましたから, 分る, 分ること, 切り揚げて, 切断しない, 初まろ, 判って, 別れて, 別れなければ, 別れ別れに, 動き出した, 化ける手, 北の, 十一日に, 午に, 厭きて, 去りとうなるかも, 参る筈, 友だちと, 叔父は, 取りかえします, 取り上げて, 取り決めて, 古くなっ, 同じ景色, 商売の, 善根を, 喰って, 坊ッさまの, 塗が, 夏では, 外へ, 夜あけだ, 夜に, 大学の, 大戸が, 大白を, 奥から, 奥の, 女は, 妾は, 始まった, 婚約した, 家へ, 寝て, 寝台車, 察しました, 山すそに, 山田の, 工合が, 帰して, 帰す, 帰す可, 帰られること, 帰るから, 帰ると, 帰るわいと, 帰れます, 広い部屋, 引き揚げて, 引っ込んで, 引返して, 役に立たないッ, 御殿へ, 御飯持つ, 復業するだろう, 忘れられて, 怒らないなかなか, 怒る, 思いがけない縁談, 悟って, 情無しの, 慣れた, 慣れて, 慣れるよ, 懇意に, 戻ると, 手紙が, 打つの, 承知した, 折れたところ, 折れて, 押し出された, 拘らず如何, 捉えて, 捕まるよ, 捜し出して, 捨てられるだろう, 据ゑた, 掘り返すん, 探し出すこと, 攻めて, 政府の, 新聞紙によって, 施こし, 明日に, 晴れるよ, 暖かに, 暗くなっ, 暗くなる, 暮れかかっ, 曲がりかどに, 最後の, 朝だ, 本題へ, 来た, 来た電車, 来て, 来なさいよ, 来るさ, 来るよう, 来る筈, 松竹座前の, 板の, 枯れて, 枯れてしも, 格子戸で, 案が, 梅田の, 楽に, 止むと, 止めて, 死ななければ, 死にますが, 死ぬだろうか, 死んだん, 死んで, 死んでし舞うだろう, 死刑の, 殺して, 毀れて, 気ずいに, 水の, 永田町の, 決まった, 沃土と, 沸く, 治るからと, 治る薬, 泣きます, 浮んで, 消えて, 涙を, 滑らかに, 熱くも, 狭くなり, 猟宮に, 現わ, 甥と, 申します, 異議を, 疑われるです, 病気が, 痛みが, 癒ります, 癒る, 白魚の, 直す訳, 直った, 直る毎日上白米, 相違ない, 真赤に, 眠って, 眠りに, 知らせて, 知りましたけれども, 知れた, 石臼を, 破いて, 破れます, 立ち上って, 筆を, 答えました, 素むしろを, 終るの, 結果が, 総ての, 縛られて, 繁って, 罷めて, 聖い, 胴慄いが, 腐るん, 腹が, 自動車が, 自由の, 舞い戻って, 舞台は, 色彩の, 花が, 花の, 芽を, 英語に, 荒れて, 荷物を, 蒸溜水を, 血だらけに, 行かれます, 行きちがった, 行きつくかしら, 行き詰って, 行って, 製紙工場か, 見つけた, 覚えるよ, 親分の, 親娘, 解る, 解る筈, 言いふらした, 話が, 話の, 貧困に, 起き上れるでしょう, 起き上れるよう, 足跡が, 身を, 近しい間, 返事が, 返事を, 返答しました, 送ろうと, 逃げ込んで, 逢おうと, 過ぎたが, 過ぎて, 還って, 部落じゅうが, 酔払った, 野生めが, 隅から, 隔ての, 隠されて, 雨が, 雪沓ば, 霽って, 青柳が, 青森だ, 頭に, 頭痛が, 頷いて, 飛んで, 飲み干して, 飽きが, 養子に, 駄目に, 駈けつけて, 高く鳴り出した, 黒くなっちゃう, 黙って

▼ じき~ (76, 4.5%)

9 ような 2 ところに, 室に, 対面は, 幼なげ

1 [59件] あちらこちらに, あっちこっちに, お庭番, がらんと, くせに, しかも子ども, しっくら, つき当り, なきがら, ゆとりが, ようよ, アトリエの, デュトという, ボロ服, 上に, 上の, 上を, 両側には, 中で, 体にかけて, 体験, 体験は, 体験を, 入口でした, 六畳四畳半に, 台所で, 場所の, 太郎とか, 奥に, 姿あり, 子どもでしょう, 小さな室, 広間にも, 床の, 店さきに, 掛障子の, 服を, 板の間の, 模様ね, 横丁の, 歩道を, 流し場へ, 狂態に, 狭い待合室, 町, 癲癇だ, 真中に, 空間は, 背中を, 親分へ, 足も, 車道を, 道だっ, 部屋に, 部屋ほどの, 間, 隅に, 顔を, 馬の

▼ じき~ (43, 2.6%)

3 して 2 いたわるお母さん, するの

1 [36件] いひ其下, おもはず, さりとては, されよう, される, してから, すると, するよりも, ちらかして, つけた雪靴, つれて, ねらって, らんぼうに, 一つし, 三日する, 与えた時, 与えられそこ, 云々, 又は舞踊, 受けながら, 尚び義, 得ない, 忘れず其異, 想ひ, 求めて, 求め直感的, 浪自らさえ, 犬に, 申せば, 知らずや, 行く, 表は, 言ったらしい, 證し, 踏んで, 雄々しきは

▼ じき~ (26, 1.6%)

62 じきだ

1 [18件] あ, から, からってばか, からね, から大丸, から誰, この山, ぜ, そうです, ぞ, という, という気, とおっしゃった, と思い, よう, よオ, よ坊ちゃん, わお

▼ じき帰っ~ (20, 1.2%)

5 て来る 4 てくる 3 て来ます 2 ておい 1 ていらっしゃる, てお, て参ります, て来た, て来よう, て行こう

▼ じき~ (19, 1.1%)

1 [19件] いて, うつむいたまま, こんなところ, すわって, どうした, ないホッ, ひとかたまりそこの, ひとりその, ひとりの, むくむくと, キシみ鳴っ, ジロジロと, 如くその, 為め, 男の, 虫の, 見えた, 諭吉の, 近づくの

▼ じき~ (19, 1.1%)

1 [19件] ありそう, かた手, けげんな, しなかった, すなわち一家, するなと, そういい, ため息まじり, つきとばされるどころか, とうとう死ん, どこへ, にせものだった, べつにどうもしねえ, みょうな, ロメーンズも, 先生の, 名探偵明智, 奥まで, 心配らしく

▼ じきです~ (18, 1.1%)

72 から, から元気, わね 1 からね, から待っ, しかし暫く, な, 向こうに

▼ じきそこ~ (16, 1.0%)

1 [16件] からはいる, が松坂町, だから, なん, にあった, にある, にと思う, に刀, に待ち合せ, に気がついた, に見え, の宿, の柔術, の隅田, まで見送ろう, やさかえ

▼ じき~ (14, 0.8%)

1 [14件] 別れしなきゃならないん, 嫁に, 帰りでしょう, 彼岸だ, 月様が, 染が, 琴さんも, 目に, 目出度でございます, 着きに, 葬式を, 迎いを, 通りです, 銀の

▼ じき少年~ (12, 0.7%)

1 [12件] がはらばい, が地下室, が思わず, が糸, に変装, はいう, はくすくす, はそれ, はなんとも, は足音, も腹話術師たち, よりももっと

▼ じき近く~ (12, 0.7%)

1 [12件] だから, だった, であったから, にあった, にある, にいます, に見え, に離れ家, のベンチ, の公園, の実家, の自分

▼ じきそば~ (10, 0.6%)

3 にあった 1 にございます, にブランコ, に来, に置い, のテイブル, の水, をはなれ

▼ じき~ (10, 0.6%)

2 の上 1 ができた, だった, に昼間, の坂, の奥, を垣根, を整然と, を歩い

▼ じき~ (9, 0.5%)

1 おまえは, されて, しを, なって, また暗く, 云ふ, 少年こじきに, 私の, 言ふさうである

▼ じき~ (8, 0.5%)

21 つや子は, わきから, 三階の, 半分は, 次の間が, 阿弥陀像の

▼ じきまた~ (8, 0.5%)

1 ある家, ひょっこり現れるだろう, クリスマスだ, 勤た, 帰って, 白いの, 聞えて, 逢えるわねえ

▼ じき~ (8, 0.5%)

2 が明けます, が明ける 1 があける, が明け, になった, によめる

▼ じき~ (7, 0.4%)

2 うずうっ 1 おもしろし, それから, みんなただの, 氷の, 犬神が

▼ じき~ (6, 0.4%)

4 が来る 2 になる

▼ じき~ (6, 0.4%)

1 の側, の懸, の空地, の障子, へああ, へでも預けたら

▼ じきには~ (5, 0.3%)

1 あらず, 七宝の, 受けない, 古椅子, 花の

▼ じきれない~ (5, 0.3%)

2 ものが 1 ものを, 年頃の, 本人の

▼ じき~ (5, 0.3%)

1 に悩み, に祈りする, に覚え, の噂, を示し

▼ じき帰る~ (5, 0.3%)

21 から, から猫, と思った

▼ じき~ (5, 0.3%)

1 からやって来た, になっ, のこと, へ大きな, まで追いつめ

▼ じき死ぬ~ (5, 0.3%)

2 んだ 1 という, のだ, のだろう

▼ じき近所~ (5, 0.3%)

1 じゃない, で勉強, なので, にガータロ, に小僧

▼ じきこと~ (4, 0.2%)

1 ども侍りけれ, なり, も知り, よ蓋し

▼ じきこの~ (4, 0.2%)

1 泥岩層に, 裏に, 近所の, 鉄さくの

▼ じきされる~ (4, 0.2%)

1 じゃア, とは心外, に違い, んじゃ

▼ じき~ (4, 0.2%)

1 てすぐ, てそしりあいし, てねぬ, て好い

▼ じきその~ (4, 0.2%)

1 はす向い, 人たちと, 椎の, 風景を

▼ じきでも~ (4, 0.2%)

1 お姫さまに, するかの, 住んで, 正しき生み

▼ じきなおる~ (4, 0.2%)

1 さ, に, よ, んです

▼ じきサウザンクロス~ (4, 0.2%)

2 です, ですから

▼ じき~ (4, 0.2%)

1 となりし, にも恥, に娘, に紅

▼ じき分る~ (4, 0.2%)

1 ことです, はずな, わ, 事である

▼ じき婆さん~ (4, 0.2%)

1 がぐる, が太い, です, はふところ

▼ じき学校~ (4, 0.2%)

2 に行く 1 を卒業, を退かせ

▼ じき帰ります~ (4, 0.2%)

21 で, とすでに

▼ じき~ (4, 0.2%)

2 物語の 1 才学は, 祈願立てさせ

▼ じき戻っ~ (4, 0.2%)

1 てくる, て来ます, て来る, て来るだ

▼ じき~ (4, 0.2%)

2 がくる 1 だからね, ですな

▼ じき来る~ (4, 0.2%)

1 って云った, のだ, はずだ, ように

▼ じき白鳥~ (4, 0.2%)

4 の停車場

▼ じきされ~ (3, 0.2%)

1 ている, なん恥かし, 生き甲斐なく淋しい

▼ じきすむ~ (3, 0.2%)

1 かしら, からそこ, の

▼ じきするであらう~ (3, 0.2%)

3 常は

▼ じき~ (3, 0.2%)

1 のであった, んでしょう, んです

▼ じきもう~ (3, 0.2%)

2 一人の 1 何とも

▼ じきもの~ (3, 0.2%)

1 であろう, を剥がん, を戴きつ

▼ じき一時~ (3, 0.2%)

1 だと, だみんな仕事, を

▼ じき~ (3, 0.2%)

2 濤の 1 首絵最も

▼ じき御飯~ (3, 0.2%)

1 だと, ですから, になります

▼ じき~ (3, 0.2%)

1 がくれる, の夕暮, の愁

▼ じき東京~ (3, 0.2%)

1 じゃ観音様, へ帰らなけれ, へ帰るでしょう

▼ じき~ (3, 0.2%)

1 になる, になれる, を享

▼ じき死ん~ (3, 0.2%)

1 ででも仕舞う, でよ, で仕舞い

▼ じき~ (3, 0.2%)

2 が来る 1 ですよ

▼ じき~ (3, 0.2%)

2 が咲く 1 の姿

▼ じき退院~ (3, 0.2%)

1 するつていうだけ, できるさ, できるという

▼ じき~ (3, 0.2%)

1 がとけ, がふり出すであろう, の降る

▼ じき~ (3, 0.2%)

2 して 1 させしは

▼ じきあと~ (2, 0.1%)

1 からここ, からまいります

▼ じきあれ~ (2, 0.1%)

1 だから, だと

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 にのこった, には酸化牛乳

▼ じきうしろ~ (2, 0.1%)

1 に犬, まで追いつめ

▼ じきかえって~ (2, 0.1%)

2 来る

▼ じきここ~ (2, 0.1%)

1 へくる, へ来るでしょう

▼ じきさま~ (2, 0.1%)

1 に, に人みな

▼ じきそれ~ (2, 0.1%)

1 が凍りつい, だからな

▼ じきそんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 気持ちは

▼ じきたち~ (2, 0.1%)

1 がかれ, の興味

▼ じきちかく~ (2, 0.1%)

2 に町

▼ じきでしょう~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ じきところ~ (2, 0.1%)

1 は何かと, もある

▼ じきながめ~ (2, 0.1%)

2 に逢

▼ じきなど~ (2, 0.1%)

1 なさりながら, 用ゐざる

▼ じきにも~ (2, 0.1%)

1 其家の, 関らず

▼ じきはじまる~ (2, 0.1%)

1 のだ, わ

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 さがって, 上る敷居

▼ じきもっ~ (2, 0.1%)

1 てまいります, て来

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 又多く, 否やを

▼ じきよく~ (2, 0.1%)

1 なっだ, なりますよ

▼ じきわかります~ (2, 0.1%)

1 が旅費, よ

▼ じき一杯~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 に緑, の本堂

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 には地方裁判所, の弟さま

▼ じき~ (2, 0.1%)

2 にまいっ

▼ じき仲よく~ (2, 0.1%)

2 なれた

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 さ, を通っ

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 を, を有

▼ じき出来ます~ (2, 0.1%)

1 し年表, 昔アキスに

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 にある, に会

▼ じき~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ じき厳冬~ (2, 0.1%)

1 がはじまる, の日

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 に戻れる, 深くうずめた

▼ じき地上~ (2, 0.1%)

1 に彷徨はん身, に彷遑

▼ じき売られた~ (2, 0.1%)

2 からその

▼ じき売れ~ (2, 0.1%)

2 てよ

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 になる, の仕度

▼ じき姿~ (2, 0.1%)

1 をジロジロ, を保ち

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 がある, の母

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 あの元, のドア

▼ じき忘れ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, て歩いた

▼ じき忘れっちまった~ (2, 0.1%)

1 けど, けれど

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 にかえって, の川流

▼ じき故郷~ (2, 0.1%)

2 の野

▼ じき暖か~ (2, 0.1%)

1 さを, にはならなかった

▼ じき根性~ (2, 0.1%)

1 が抜けない, と衷心

▼ じき横笛~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ じき死んだ~ (2, 0.1%)

1 がそれから, のでお

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 がくもる, を掛け

▼ じき消える~ (2, 0.1%)

1 と云う, 淡い感じ

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 の一周年, の子

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 なれど, をことごとしく

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 をたてまつり, を銀弓

▼ じき犧牲~ (2, 0.1%)

1 たてまつり清冽, 怠れり

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 るぞ, るでしょう

▼ じき盗人~ (2, 0.1%)

1 にてぞありける, の大将軍

▼ じき直ります~ (2, 0.1%)

1 から, よ

▼ じき神さま~ (2, 0.1%)

2 のとこ

▼ じき~ (2, 0.1%)

2 は天

▼ じき結婚~ (2, 0.1%)

1 すると, をする

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 が煮える, の誇り

▼ じき~ (2, 0.1%)

2 がへる

▼ じき自分~ (2, 0.1%)

1 だけ高い, の走る

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 に明るく, のズボン

▼ じき落し~ (2, 0.1%)

1 てすっと, てすつ

▼ じき行っ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, て来ます

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 の入口, の敷石

▼ じき~ (2, 0.1%)

2 ひかた

▼ じき近い~ (2, 0.1%)

1 のです, 内に

▼ じき逢う~ (2, 0.1%)

1 てあ, てうれしゅう

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 の新宅, の越中

▼ じき~ (2, 0.1%)

1 の見える, を赤く

▼ じき~ (2, 0.1%)

2 の停車場

▼1* [498件]

じきあえるぜ, じきあがる様に, じきあすこに砂烟, じきあそこの門, じきあなたが死ぬ, じきあの近所の, じきあめてお送り, じきあらわれるだろうところの, じきいもほりをする, じきうちから単行本, じきおいでになりましょう, じきおきてもあらで, じきおしまいになる, じきおじいさんにとって可愛い, じきおそくなって, じきおばさんだとか, じきおわりますが仕事, じきお山にワラビ, じきお正月だのに, じきお母様も入らっしゃるでしょう, じきお産をする, じきお腹がすい, じきお送り出来ると, じきお部屋替えのはず, じきあるいは相, じきかえしてやろう, じきかえられるということ, じきかえるの, じきかぜをひく, じきかとマリア氣遣ふさま, じききこえなくなってしまいました, じきたりとし, じきぐっすり眠れるぞと, じきぐらいの岩が, じきよいお, じきこぞうかひどい, じきこっちが脱, じきこと限なし, じきこと限りなし, じきこわれるものも, じきされないけちんぼがたくさん, じきされぬどころか偉い, じきしあわせになります, じきしなば飛び, じきじゃないの, じきむんじゃあねえのかえ, じきすこしゆくと, じきすごき稲妻おこる, じきすごしてしまいます, じきするは其人, じきそこらな筈, じき能く, じきたらばその, じきたりす丈, じきたるゆえ死苦等の, じきだったよ, じきだってかなり遠い, じきだまされて仕舞う, じきだまってしまう, じきだろうか, じきっているよう, じきつつすべな, じきつみ人の, じきである六郎殿に, じきであろうとたれ, じきでございますよ, じきとばしてしまうであろう, じきどうしても帰らなくっ, じきどうも話が, じきどんぐりどもがまいりましょう, じきなおりましょうから, じきなおりますから迎え, じきなどとお書きくださっ, じきなまぬる湯の, じきなれますよ, じきなろうという現在, じきになつて網をか, じきねえきつと, じきねむる時間が, じきのびてみっともなく, じきのわかなへ, じきはずれて行く, じきはつかねずみ, じきはへいきです, じきはればれとして来ました, じきばかりなりしに, じきばらひ, じきばらひと言ふ, じきひったくるように, じきひとりはその, じきふえよう持参金も, じきふたりは仲よし, じきへこたれるお父さんどんなに, じきほかの男, じきほどの地下室です, じきましになります, じきまっ暗になる, じきまで珍らかに, じきみたいな男, じきみんなとお, じきもちのし, じきもとの独り, じきやむからけっ, じきやめてしまう, じきやめたがったりする, じきやめちゃったけれど, じきやんで五月雨, じきゆえに二, じきよいお話相手を, じきよしエヽ妬まし, じきよりすこしひろい, じきらくになる, じきれぬぞ, じきわかってきました, じきわかったが表, じきわかるのです, じきわかるだろうと思います, じきわたし位に成長, じきわるくなるから, じきをと思ひ返して, じきを以てなり淨, じきアルプスへ避暑, じきアンニュイを君, じきイーリオン都城をさして, じきカフエーになっ, じきクリスマスですよ, じきサナトリアムに入る, じきジンバリストだジンバリスト, じきた躰, じきデュトの通り, じきトゥウェルスカヤの大通り, じきドーンとくるじ, じき大眼玉, じきフラッシュが閃く, じきフランス語の先生, じきプランタンが出来た, じきベルリンへ行こう, じきメロデアのにほひ, じきラッベクはわれわれ, じき一ときの, じき一の酉が来る, じき一人前の裁縫師, じき一年になる, じき一羽の友, じき一行五人は, じき七十になる, じき七月十四日のパリ祭, じき三十ですよ, じき三十日を以て東京地方裁判所, じき上がるんじゃ, じき上りまするでご, じき下りて来るでしょう, じきに知られぬ, じき事也病み衰, じき事文字の形, じき二人は呼ぶけん, じき二十三になる, じき二十三日ね, じき二十日の日, じき二年になる, じき二月は経つ, じき五十だぜ, じき五月だ, じき五月雨にもなる, じき人民なれば, じき人間美は永遠, じきを撃ち, じき今し方検察官のマーチンさん, じき今度は前, じき今月の狂言, じき仔細の身の上, じき仮定説を立て得, じき企てだったの, じき休暇になる, じき会わせて上げます, じき伸子はかえします, じきの親方, じき住所はかえます, じきが疲れる, じきか出来る, じき作者であって, じきる, じき俄盲目になっ, じきにし, じききるのね, じきまでゆく, じきも貰う, じき優しくなるの, じき光りに琅, じき光景がしばらく, じき光榮にわれと, じき八日写経の水, じき八時になります, じき共産主義になる, じき兵車くつがへし, じき其処なの, じき其邸に到る, じきに置据ゑられたる, じき出ますよ出たら, じき分ったがそれ, じき切る頑な, じき切れなくなって何遍, じき重なる, じき功勲を立てずし, じき勝負がつく, じき医者に診, じき十一月十七日にお許し, じき十三になる, じき十日の日, じき十月十三日上野多胡の全, じきになった, じき午後になっ, じき南露へ行っ, じきを致す, じき厭世家なり, じきはじめますが, じき又はだしと, じき取りその中身, じきまでくる, じき呼ばはりされ, じき呼んで来る, じきをうく, じき和歌の浦, じき問題になる, じき啖呵を切った, じき喜の字の祝い, じきっぽい朝, じき土台がめりこむ, じきのお祝い, じき執って来ます, じきなるべしと, じきのあちら側, じき夕方だと, じき大事一人の私事, じき大学へいらっしゃる, じき大川も近い, じき大晦日だのにね, じき大蛇殺戮説話あり, じき天地を睥睨, じき失礼いたしますから, じき奉公といへ, じき奥さんが又, じき女性らを又, じき女房の薄, じき奴等が押しつけ, じき如きを故に, じきよ來, じき子どもたちの間, じき存在を保つ, じき孤児になる, じき宮様になった, じきに生れいで, じき宿に一身, じき寒くなって, じき寒威を覺, じき対岸の崖, じき小人なるを, じき届くと思います, じき届けると云う, じきに属し, じき山上元の声, じき川開きがくる, じき左手から建物, じき已めてしまった, じき帰してあげる, じき帰りたいんです, じき帰りましょうって御, じき平癒致そうで, じきの十一月, じき年ちゃんは眠た, じき年寄りというやつ, じき広野の村, じきに入った, じきすぐ底, じきに来る, じきへ棄て, じき廊下に足早, じき診ですよ, じき弁当を持っ, じき弘ちゃんが帰っ, じきのチュウクロス, じき弾大の物, じき当時のナップ, じき形相などこまごま, じき影響される, じき彼らは他, じき律動が認められる, じきの問題, じき徹底をもっ, じきの人, じき心から湧く音, じき心生活の推移, じき必然性をもって内, じき思い出されるのは, じき思ひにて茫然, じきに心, じき患いこんで翌, じき想いも起こるなら, じき愚者にほかならず, じき愛国主義者になる, じき慣れるさ, じきの歌, じき戰車彼は棄, じき戰鞋穿ちなし, じき戻りますから明智君, じきと思ふ, じき手続をし, じき折れる人な, じき挽歌を唄っ, じき描き終ると云っ, じき支店長が戻っ, じき敗滅か, じきと味方, じき文化潮流内における地方的, じき文学の仕事, じき新しい環境に, じき新潮社から出るでしょう, じき新田にまで計らる, じき於玉ヶ池の千葉先生, じき日光なの, じきだから, じきは我, じき時代精神の踴躍, じき晴れて来ます, じきを告げました, じき書物に, じき射して, じき朝今日を限り, じき期待の緊張, じき本題に這入ります, じきやはりますえ, じき来ないかと云った, じき来ますさっき電話を, じき来年になる, じき林太郎のとこ, じき枚数が重なる, じきを見れ, じきが椅, じき検疫船だ, じきに勤め, じき極みといふべきだらう, じき横曾根まで遣った, じき權利を得たる, じき次郎ちゃんとこに行きます, じき歇めてしまう, じききの, じき止まるわ, じき武器は迂, じき歩けてよいま, じき死にそうな, じき死にますからね, じき死のうとして居た, じきなるエヴ, じきしける榻, じき気どり可愛ゆく, じき気色なりき, じき気象界の現象, じき気象的現象に帰し, じきを怨め, じき沸きましょうほどに含嗽手水, じき沸きますしそれから, じき治ってしまう, じき治ったけれども, じき治ると言っ, じき法師の群れ, じき泣きだしたよ, じき洋服を着るだ, じき浜町河岸へ出ました, じき浪人の偉丈夫, じき海棠に, じき消えてしまう, じき涼しくなるが, じき清らかなる状態, じき湯屋の上さん, じきだ, じきと錯, じきが廻り, じきもえあがる, じき無くなってよ, じき状態に陥り, じき王様が馬車, じき現れるそうです, じき現象によってナポレオン, じき理想の旗, じき眠を, じき生えるのは, じき生きるの死ぬ, じき甲子の日, じき疲労する非, じき疼くのが, じき癇癪が起り, じきがねの角, じき白い黒いがわかる, じき盗賊の語, じきにつく, じき相違と同, じき眠くなっちゃって, じき知れますの, じき破れたよ, じきの摂理, じき神女ヘーレーは偉, じきにあやかれ, じき秀句とも言われる, じきかになった, じきの内, じき立ちのい, じき立場に帰った, じき立派になりますです, じき端っこでがす, じき笑うのを, じきのあや, じきと責められ, じき筈其袖の下, じき籠中の鳥, じきのたま, じき純白なる主, じき素性は判るでしよう, じき終りそうな, じき終わりますからね, じきが足りなくなる, じき縫い上がりますでございますが, じきはしき, じき美しさを, じき義足がはめられるでしょう, じきと思惟, じき高く, じき肺エソになりました, じき良くなりますよ, じき芦刈りが始まるだ, じき花見なの, じき若きチュウクロス其時答へ, じきが出る, じき藝術家に對, じき血のにほひ, じき行者じゃ, じきの内, じき裏町に穢多町, じき見つかったのでふたり, じき見世物になり, じき見破ることが, じき覚えてしまい, じき覚えられるわよね一しょ, じき親しくなるよ, じき言葉をにごし, じき試験になる, じきを決める, じき語法にし, じきも知らない, じき談判をやり, じき諧調をなし, じき神靈いづれ, じき警戒を繰り返した, じきふれば, じき豊後へ帰郷, じき贈遺備へ, じき赤さんがお, じき赤ん坊が産まれる, じきがつく, じきぶるひを, じき身ふたつにおなり, じき転任されたので, じき迅雷猛雨, じき処の, じき返されて柵, じき通路にまで立っ, じき進展の傾向, じきに生れ, じき運者かな坂, じきの空気, じき釈迦の教え, じきの景色, じき野郎と来, じきにしよう, じき閉会になります, じきだから, じきに石亀, じきの降る, じきに鐘楼, じき静観があり, じきなり, じき音律となつ, じきから離れ, じきとなる, じき頭音はほとんど, じきを斬り, じき題材を取り扱い, じきゐの, じき飛天夜叉の如き, じき食べ物も着る, じき養源寺があった, じき首筋と顏貌, じき香油灑ぎしよ, じき駄目になります, じき驚いたり可, じき驚ろく性質, じきもきこえるでしょう, じき黒くなって, じき黒船に彼