青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しまった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しまえ~ ~しました しました~ ~しましょう ~します します~ ~しません ~しまっ しまっ~ ~しまった
しまった~
~しまつ しまつ~ ~しまひました ~しまふ しまふ~ ~しみ しみ~ ~しみじみ しみじみ~ ~しめ

「しまった~」 18522, 192ppm, 530位

▼ しまった~ (7114, 38.4%)

1567 です 1265 である 935249 であった 165 でした, では 163 だった 11892 でしょう 86 だから 83 だろう 68 さ, であろう 67 だと, であります, でしょうか 64 でございます 62 だよ 57 ですから 49 だが 47 だそう 42 であろうか 41 ですよ 37 だろうか 34 ですが 33 であるが 30 かも知れない 24 かもしれない 20 だろうと, ですか, ですもの 18 だという, ですね 17 であるから 16 かしら, を見 13 であったが, は 12 かもしれません, はこの 11 はその, は惜しい, も無理, を見る 10 かそれとも 9 かい, じゃ, でありました, であろうと 8 かそれ, じゃない, だわ, は何 7 かも知れません, だな, でも 6 かと思う, かな, だね, であると, ですからね 5 かあるいは, かその, かと思った, だもの, であって, でございました, ですって, は誰, を感じた

4 [16件] かえ, かさっぱり, か自分, が残念, だったが, だろうが, だろうという, でしょうね, で御座います, はいい, はぜひ, はそれ, はどういう, はどうも, は是非, は残念

3 [21件] かとその, かどう, かまたは, かも知れぬ, か彼, か知ら, がまた, が何, が運, だし, であったから, でございましょう, でございますよ, ですな, で御座いました, と同じ, にちがいありません, はつい, は惜しかっ, は無理, もその

2 [84件] かこの, かしいんと, かしらん, かそう, かそこ, かそんな, かでなければ, かと思っ, かと思われる, かなあ, かなぜ, かまだ, かまるで, かもう, かもしれぬ, かわかりません, か分らない, か私, がいけなかった, が不思議, が多い, じゃないでしょう, じゃよ, だからね, だそれ, だったから, だって, だとは, だとも, だろうから, だろう大, でありますが, であるらしい, でございますか, でございますから, でございますね, でございますもの, でございますわ, でござる, でしたから, でしたが, でしょうが, ですと, ですわ, と云い, と同様, にはさすが, にも気づかない, に驚いた, はこれ, はどう, はむろん, はもう, は不思議, は事情, は全く, は勿論, は単に, は大, は当然, は彼, は残り惜しい, は私, は返す返す, は遺憾, は非常, もある, もそれ, も不思議, も忘れ, らしい, をまた, をみ, をみる, をよい, を何, を残念, を知った, を知りました, を知る, を見すまし, を見た, を見届け, を見届ける

1 [661件 抜粋] いまその, かあ, かあの大きな, かあんな, かけんとう, かしきりに, かしらそう, かしらと訝っ, かすべて私, かその後, かそりゃ, かちょっと, かと, かということ, かとうた, かとくろ, かとじっと, かとにかく, かとも思う, かとも思われます, かとも考え, かと人々, かと少なから, かと怪しん, かと情けない, かと楓, かと源氏, かと考えた, かと金, かと露八, かどうしても, かなん, かね, かはいまだにハッキリ, かふしぎ, かまあ, かまったく, かもしれなかった, かもちろん, かも分りません, かも知れず, かも知れなかった, かわからない, かわからなかった, かを考える, かグタッ, かシン, かネズミ, か一人, か丁坊, か三人, か三河守, か今, か今日このごろ, か但し, か侍従, か先刻, か判らない, か又, か問題, か垣, か夏, か女婿, か姿, か少し, か影, か彼自身, か急, か慧鶴自身, か或いは, か楽しみ, か気絶, か煙, か眠ろう眠ろう, か睡っ, か知らない, か窓, か縮布屋丈八, か美しい, か肝心要, か行方不明, か見えませんでした, か見当, か話, か話声, か誰, か途中, か郁太郎, か野郎め, があ, があと, があまりに, がある, がいかにも, がいます, がかえって, がかなり, がここ, がちょっと, がとりわけ, がどうやら, がなごり惜, がはじまりな, がはっと, がひどく腹立たしかっ, がオレ, が丁度四ツ, が三度目, が不憫, が今, が今夜, が伝統, が何だか, が何と, が余計, が公高, が動機, が原因, が又, が多かっ, が実に, が小栗虫太郎, が御, が意外, が折, が歌麿, が気, が済まない, が物足りなかっ, が秀吉, が私, が第, が自分, が自慢, が道中十六日, が馬鹿らしく, さえ知らず, さけどもおらア, さしかし, さちょっと, じゃありますまい, じゃありません, じゃけど, じゃその, じゃつまり, じゃははははだいぶ, そして木美子, だあの, だえ, だおれ, だか, だけれども, だここ, だこの, ださうです, だそして, だその, だそれでも, だぞ, だたしかにそう, だって兄貴, だつい, だとか, だとかいう, だとの, だとや, だどう, だなどと, だろ, だろうお, だろうきたない, だろうその, だろうって, だろうな, だろう圓太郎, だろう小さい, だろう目, だろう秋, だろう翌年, だッ, だネ, だ丁度, だ上, だ今, だ何者, だ天狗, だ昨夜何屋, だ物知らず, だ自分, だ貫一, であったそう, でありましょう, でありましょうか, でありバルナバス, であるあす, であるからと, であること, であるし, であるその他, であるそんな, であるぞ, である斯, であれ, であれ要求, であろうが, であろうという, であろうのに, であろう座敷, であろう登, でございましたが, でございますからな, でございますそして, でございますな, でございまする, でございます何, でござんしょうね, でした御免, でしょうかね, でしょうかわいそう, でしょうですから, でしょうと, でしょう思い, でしょう麗, ですあの, ですおまけ, ですかい, ですからなあ, ですからネ, ですけど, ですこの, ですそしたら, ですその, ですとある, ですネ, です夫, です私, です阿部さん, でないこと, でなく考えごと, でなければ, でもあった, とで忠三郎, ともう, と口紅, と子供芝居, ならただ, ならちょっと, ならば, なら僕, なら右, なんかもみんな, なんのって, には, にはいまだ, にはすっかり, にはどうせ, にはわたくし, には呆れた, には少々, には我, には驚いた, には驚ろ, にもすくなから, にも気付かず, に対して婦人, に懲り, に気づかなかった, はあながち, はあなた, はあまり, はあまりに, はあり, はあんまり, はいう, はいかにも, はいまさら, はいよいよ, はおかしい, はお上, はお前, はお母さん, はお雪ちゃん, はかさねがさね, はかり, はかれこれ, はきみ, はけだし, はけっして, はさびしい, はざっと, はしらが, はその間, はたぶん, はつまらない, はなんだか, はなんと, はほか, はまことに, はまさに, はまったく, はもしや, はもともと, はやっぱり, はやむを得ない, はよい, はよく, はわたし, はジャック, はズボン, はバカげた, はペチャクチャ, はマア, はマタン, はヤハリ天命, は一つ, は一体, は一面無理, は丁度, は下り, は不都合, は両雄, は主として, は争われない, は二十時間後, は二葉亭自身, は今, は今日, は他, は何かしら清らか, は何ん, は何故か, は例, は偶然, は僕, は償い, は公平, は冗談, は劇界, は勝次郎, は午後一時頃, は単なる, は可哀そう, は同君, は固, は大正十二年九月震災, は大笑い, は夫人, は女帝, は子供, は実に, は尋ねられない, は少々, は岡八, は幸, は幸い, は度外れ, は彼等密猟船自身, は後, は思い設けぬ, は情けない, は愚か, は愛したい, は明治末期, は昔, は時, は曹真, は最も, は案外, は欲, は武士, は気, は気の毒, は永く, は治安維持法, は深夜宿, は滑稽, は無残, は片倉, は犯人, は皆私達, は眠い, は窓, は笑止, は米友, は結局自分, は網代, は罰, は自分, は舞台, は荻生徂徠, は見る, は誠に, は遺憾千万, は随分, は雑作, は騒動, は鳥越座以上, は鼠釣り, もあったろう, もあり, もいます, もいまだにちゃんと, もおおよう, もここ, もこの, もすべてこれ, もはっきり, もまた, もみんな自分, もむりはありません, ももっとも, もわしゃ運, も二葉亭, も亦, も兄さん, も原因, も合せ, も同じ, も多かっ, も安倍源基, も容易, も当り前, も当然, も彼, も彼自身, も悪意, も打捨てよう, も持っ, も止む, も母, も気, も精神, も臨機, も賢く, も酒, やと, やら, やらまた, をあと, をあの, をいかん, をいまいましく, をおお, をお雪ちゃん, をここ, をこの, をすこしも, をたしかめ, をだれ, をながめ, をひきずり, をまえ, をわたし, をチャン, をムク, を主人, を今, を今さら, を例, を出させ, を十幾年, を口実, を大変残り, を女, を好い, を師匠, を幸, を当人, を御存じ, を御覧, を心から, を怒っ, を思い出し, を思い出します, を急, を感じました, を慰める, を持っ, を早く, を発見, を知ったなら, を知らない, を私, を管理局, を素っ気, を翌あ, を良心, を見すます, を見て取る, を見とどける, を見向き, を見究める, を覚え, を返す返す, を選り出し, を部下, を金次郎様, 五銭きりもっ, 東京鉛筆が, 行ってれば

▼ しまった~ (1017, 5.5%)

272 です 19468 だよ 43 ですよ 36 だから 35 だろう 25 でしょう 24 だね 20 ですが 19 ですもの 16 だそう 15 ですね, ですの 13 じゃない, ですから 11 でございます, ですか, では 9 だな 8 だが, だもの 7 だろうか 6 だからね, だと, ですわ 5 だからな 4 だぜ, ですって, ですとさ 3 じゃ, だからなあ, だぞ, だろうな, だわ, でございますよ, でしょうか, でしょうね 2 じゃありません, だからねえ, だって, だってね, だろうと, である, でございますから, ですからな, ですけれど, ですな

1 [65件] じゃあない, じゃあの, じゃあやりきれねえ, じゃあるまい, じゃあんた, じゃたまらない, じゃどう, じゃどうにも, じゃないです, じゃねえ, じゃア, じゃ折角, じゃ見た目, だいつの間にか, だえ, だからなァ, だがな, だがなあ, だがね, だけれど, だこいつ, だだれ, だったらただ, だってさ, だってねえ, だども, だなあ, だなどという, だねえ, だろうから, だろうけれど, だろうよ, だろう彼女, だツイ足, だ仔細, だ口惜しい, だ魚扁, であるまいか, であろうか, でございま, でございますが, でございますの, でございます桂川, でござんしょうとにかく, でしょ, でしょう今更, でしょう真, ですかねえ, ですからなあ, ですからね, ですからねえ, ですからネ, ですけど, ですけれども, ですそう, ですってね, ですと, ですのよ, ですッ, です堪忍, です女, です誓いに, でねえかね, ならいい, べえ

▼ しまった~ (951, 5.1%)

11 これは 10 私は 7 その時 5 それから, それが, それも, 今でも, 私が 4 ここに, それは, もとは, 彼女は, 私の 3 あのとき, しかしその, それを, 今の, 自分の

2 [38件] あれは, いい, おめ, お前は, ここへ, この二つ, この女, これも, これを, すぐに, すると, そうやっ, そこへ, その中, その代り, その古い, その当時, その後に, その男, その頃, ただ一つ, ふと眼, もしその, やがてまた, よい, 一時は, 今度は, 他の, 傷ついた助, 女は, 妻の, 彼の, 彼は, 後で聞く, 江戸の, 要するに私, 許嫁の, 間もなく喬生

1 [787件 抜粋] あ, ああ悪い, ああ情, あとの, あなた飯島の, あの万年筆, あの人通り, あの時, あの牙ムキ出し, あの足, ある一刹那, ある場面, あんまり恐ろしかっ, いいだろう, いい布, いきなり袂, いざ出発, いずれは, いつひょっくり, いまタグ, いや眞達さん, おそよ, おなじ路傍, おふくろさんひとりぼっちで, お前と, お前幾干, お種, お米, お雪, かの手紙, かの狛犬, かろうじて痛み, こ, こういう男, こうして無事, こうなる, ここで, ここの, こちらは, こっちは, このまま, このルリヂヤス何とか, この上トロ, この人, この勝負, この娘, この小説, この柳生谷, この石, この覆面, この赤外線, この辺, この雑誌, これが, こんどの, こんど帰ったら, こんな往年, こん度は, さすがに, さていくら, さてどう, さて万吉, さて気がつい, さて自分, さりとてこれぎり, しかし, しかしこれ, しかしデカルト, しかし同じ, しかし夢, しかし彼, しかし町会長, しかし私, しかもなお旧, しかも瞬間, しばらくする, しまいには, じつはこの, すべて秘密という, ずっと溯江, そうなる, そうなると貞之進, そこからでも, そのあいだ, そのあくる日, そのあり, そのお蔭, そのこと, そのとき町内, そのまま一二箇月, そのレコード, その一半, その代り病人, その代り睫毛, その先, その反動, その夜, その夢, その婆さん, その小指, その後ち, その後は, その後修養に, その後別に, その態度, その戦闘精神, その方法, その明, その時鈴江, その次, その沈黙, その眼, その石, その約束, その翌, その翌晩, その跡, その逃げよう, その間に, その間まるで, その髪, それかと, それからという, それから一月後, それから以来大根, それから半月, それから実に, それから暫らく, それさえ, それでも, それでもお, それでもおまえ, それでもこれ, それでもさすが, それでもまだ, それでもやっぱり, それでもママ, それでも余った, それでも古い, それでも大勢, それでも川下, それでも教室, それでも根, それでも歩調, それでも相当, それでも背, それでも豊田, それでも赤い, それと, それに次いで彼, それほど恥, それより, それよりは, それ以前から, それ以後辻川でも, そんなに大きく, たいへんな, たしかに六足, ただフーラー博士, ただ記念, たぶんまだまろきもと, たぶんインディアン, だんだん気, ちょっと籐椅子, つくづくと, つるの, ではどう, とうとう口, とにかく, とにかくこれ, とにかく支那芝居, とにかく眼, とんでもねえ, どうだ, どうもこの, どうも気分, どこで, なお中央, なお特別, なにかの, なにしろ相手, なんとか理窟, にわかになにか思いつい, ひろい明るい廊下, ふとどうした, ふと今, ふと思い出し, ふと目, ふり返っ, ほとんど十年近く, ぼくは, まあいい, まあ重要, また暫く, また猛然, まだ庭, まったく今, まったく申訳, まもなく一同, むずかしい事, もうたくさん, もう二度と来なかった, もし私, もと, もとより謀叛, やがてその, やがてトーキー映画, やがて大久保がた, やがて浪, やがて稲荷前, やがて青白い, やがて顔, やっぱり舞台, やはりまだそれ, ややあっ, やれやれと, ようである, よかろう, よく自分, よろしかろう, わからずやの, わけが, わざわざ私, インゴルシュタットへ, カターニアを, カッと, ガゴは, キリーリンは, ジョンソンだけは, タカ子は, トーキーの, ピカ一は, プリマドンナとして, モデルという, リングの, 一八一五年には, 一八五〇年九月死去した, 一同の, 一度心もち眼, 一瞬は, 一銭で, 三ヶ峰笠錫の, 三郎とは, 上品な, 不埒と, 不思議に, 世を, 丹左の, 久里浜にも, 事実食通は, 二月末から, 云った, 五十を, 五寸釘寅吉とて, 京都の, 人々に, 人間が, 今さらこの, 今しげしげと, 今と, 今なお, 今は, 今はじめて, 今度いい, 今日でも, 今日という, 今日見る, 今晩は, 今朝仔細に, 仕事が, 以前は, 仲次郎の, 伊勢の, 伝右衛門であった, 何う, 何が, 何でも, 何ともしようが, 何事も, 何処へ, 俊亮の, 信吉は, 俺を, 偶然中味だけが, 僕が, 僕は, 僧は, 先方も, 先生の, 其中に, 内地にも, 再び彼女, 分家は, 切って, 別に害, 別に怪しい, 南北朝の, 博士と, 原因は, 古句, 只ここ, 同じく大学, 同時にその, 名は, 向うへ, 君の, 吾ながら, 咄嗟に, 四日からこそ, 困ったよ, 地中には, 垣内は, 城太郎の, 声の, 外記だけは, 夜なかに, 夜中に, 夢も, 大分こたえた, 大変いい, 大物を, 大藏は, 天下に, 天草商事の, 奥方は, 女房と, 如何考え, 娘ぶりより, 嫁に, 子供の, 孤独と, 孫兵衛は, 実力の, 室蘭製鋼所の, 宵っ張りの, 家だけは, 家族は, 寂として, 寝不足から, 小宰相, 小説類の, 岡野は, 島田清次郎は, 左に, 左馬介光春はと, 帯だけは, 平日の, 幸いに, 店の, 廊下を, 弁吉は, 弱ったなあ, 張訓は, 当時の, 役にも, 彼としては, 彼にとっては, 彼女の, 待望の, 後で訊く, 御当家, 心の, 心覚えが, 必死の, 快川, 恋に, 悪沢岳, 手紙は, 手間どったには, 折よく, 掃部へ, 播州の, 支配人と, 改めて大船, 文次郎の, 新吉は, 新聞の, 日本女の, 旧臣たちの, 明らかに, 明日の, 昔の, 昔は, 晩秋の, 暫く前, 書幅を, 最後お, 最後せっかく, 最後まで, 最後もう, 有村は, 未だそれでも, 枇杷の, 果して定刻, 果して熊城, 根岸の, 検事だけは, 次の, 歓楽極まっ, 此処へ, 武と, 死んでも, 気に, 気を, 汝には, 江戸ッ児には, 江戸時代には, 決して決して小著, 法水は, 洋館の, 浅草公園の, 源八が, 源家の, 滑川の, 焼けた中, 父は, 特に玄徳, 犬と, 狸の, 珍本である, 現在でも, 男の, 男は, 白酒と, 相変らず, 眠りには, 確かに, 祖先の, 私に, 私には, 私達は, 秩序が, 程なく木曾, 端折った残り, 笑えば, 精進料理が, 終戦後次第に, 絶えずその間, 続いて, 締めたあと, 翌日も, 翌朝は, 老人は, 老母を, 考えると, 耳を, 腑に, 自分たちは, 自分には, 舞台は, 舟辰や, 芝の, 芝居と, 若い頃, 茶の間の, 茶色を, 菊五郎は, 葉子は, 薄命な, 藤川の, 蝦夷の, 衣笠どのは, 表向きに, 要するに私たち, 要次郎, 見る後, 親方が, 記録や, 詰まる所, 誰か, 貞世の, 貞之助の, 財源が, 財物を, 貴様は, 辰は, 近いうち, 途上荊州の, 遂に謝り, 遊佐銀二郎だけは, 遠くて, 酒は, 酔いの, 酔わない者, 野童は, 鉄物屋の, 間もなく正気, 阿五, 附属の, 陳士成は, 雨が, 霎時する, 頭の, 顔を, 食事する, 首ったまに, 馬の, 高い険しい啼き, 高田屋との, 鶯の

▼ しまったので~ (811, 4.4%)

14 私は 7 ござります, どうする, 彼は, 私の 4 これは, それを, 今では, 僕は 3 あとは, いまは, ここに, さすがの, それで, 彼女は

2 [38件] お米, かれの, かれも, かれら, がっかりしました, これも, これを, こんどは, そこで私, そこの, その後の, その日, まったく不思議, アリョーシャは, 久松は, 二人は, 今に, 今は, 今度は, 今日は, 伊四郎は, 博士は, 叔父の, 寄手の, 彼の, 思い切って, 最後の, 正確に, 残念に, 源一の, 父は, 確かな, 私たちは, 私には, 私も, 自分は, 詮方なく, 食事も

1 [659件 抜粋] あたりは, あてが, あなたは, あの大きな筋, あまり嬉し, あわてて, いくら巷, いくら猫大将, いつの間にか自分, いつもは, いまでは, いま出鱈目に, いやでも, いよいよガッカリグンニャリ, いよいよ僕, うす黒い中, おせっかいの, おまん, おれも, おシン, お互いに, お吉, お君, お松の, お神さん, お菊, お角, お近さん, お通, かなしくて, がっかりし, きえたよう, きゅうに, きょうは, こいつは, ここ三月ばかり, このまま, この上, この二人, この問題, この年, この怖, この様, この漢字, この私, この計画, これだけの, これにも, これ幸い, こんど生れる, こんなこと, こんなに大, こんなケース, ござりまし, ござりました, ご座, さっそくに, さてはお, さらに田, しかめっ面を, しばらくは, じつに天地, すぐ何事, すこしばかり, すっかりがっかりし, そこでまた陶, そこで中断, そこで大声, そこらの, そっちを, そのあきらか, そのかわり, そのさびし, そのしか, そのままに, そのままぶっきら, その三人, その人気, その善後策, その埃, その売り, その女, その姿, その娘さん, その希望, その後は, その後ろ, その後ナムの, その恐ろしい, その文字, その目的, その管下, その結果数年来, その身代り, その身許, その辺, その銀行, その頃, その高い, そばの, それからどの, それからは, それが, それでエフ氏, それで千賀子, それで面倒くさく, それや, それらの, それ以下では, それ切りに, そんな事, そんな連中, ただ一人近江, たといどの, たとい悪戯, だまって, ちっとも気が付かなかったらしい, ちょうど古くは, ちょッくらかんかん, ついあんな, ついに自暴ッぱち, つつましげ, とうとう根負け, とりあえずホッと, とりかえると, どうしても此儘, どうしても自分一人, どうせ怒られ, どうにもする, どうにも取り返し, どこも, どちらも, なおも勇, なにぶんにも, はっきりした, はっと汗, はやりきれない, ひらひらと, びっくりし, びッくりし, ふたは, ふたりは, ふだんの, ほかには, ぼくは, まあその, まあよかっ, またいかばかり, またにこにこ顔, また二度目, まったくの, まるで怪物, まるで手がかり, みなも, もううごく, もうたれ, もうパリー, もう三四回目, もう兄弟, もう彼女, もう文楽, もう来ない, もしその, もはや何, もはや観察, やがて孤軍, やむなくひとり長沙, やむなく下り, ゆだんなく彼, わたしに対する, わたしは, わたしも, クリストフと, クリストフは, グッと, ゴルボー屋敷の, ゴングに, ゴーリキは, ジャン, スッカリ悲観したらしく, チラッと, ハイロは, パンドーラは, ビックリし, ホッと, ポケット小ぞうは, ポケット小僧は, ヤット湯から, ロッセ氏は, 一つは, 一九は, 一向平家, 一坐, 一息ね, 一番困る, 一般の, 一角は, 万助は, 万象寂として, 三人は, 不用意に, 世の中を, 乱暴者も, 二本の, 人々は, 人びとは, 人知れずその, 今この, 今さら後悔, 今の, 今コタツ, 今夜の, 今夜は, 今宮さん達も, 今度も, 今日あたり閉じよう, 今日の, 今日まで, 今日貴方に, 今朝は, 今残っ, 仕方が, 他の, 以下六十人の, 仲の, 何だか寂寞, 何でも, 何という, 何を, 何事も, 何処へ, 供の, 保守家で, 元柳橋, 兄弟とは, 児が, 兜の, 入手困難だ, 全くえらい, 全くの, 八日まで, 内心甚だ, 再びこちら, 再びそれ, 凧屋の, 出て, 出帆間際まで, 別にかわった, 別の, 別離の, 前から, 前の, 前川は, 劉, 勇二は, 勝利が, 勢い下々, 千太は, 半七, 半焼け, 危機至る, 右舷の, 吃驚した, 合図する, 向側へ, 君は, 周は, 周囲を, 周瑜も, 商人いいえ, 問題の, 国の, 土地も, 声も, 変死事件の, 多感な, 夜目では, 大あわて, 大いに気持, 大吉は, 大尉が, 大打撃, 夫婦で, 女が, 女房などは, 始末に, 子供も, 学生の, 安二郎は, 安心し, 安心した, 室の, 宮は, 宵に, 家主の, 小初先生, 小林君は, 小説的な, 少し安心, 少将は, 尚更である, 山荘で, 岡部一郎の, 岡部一郎は, 島田は, 川の, 左右の, 市民は, 帝も, 師直, 広島へ, 広河原の, 庭は, 廃寺の, 弁の, 弦之, 張飛は, 影と, 影も, 役目を, 彼も, 彼らは, 彼らも, 彼女の, 彼那し, 御笑い, 必ずしも菊, 必ず彼ら, 忘れて, 思返し, 急いで, 怪物の, 恥ずかしいくらい, 恥ずかしさ, 悲しみの, 慾で, 憤慨した, 憲兵さんたちは, 或る, 戴の, 扉の, 手がかりが, 折角槍, 折角苦心, 抜こうと, 捜索は, 撲られた方, 故郷へ, 敵方の, 斯様な, 新子も, 新調の, 日光へは, 日本の, 昌作は, 昨日から, 昼間よく, 暑い道中, 曠の, 曲りくねった風雅, 更にその, 朝に, 本堂へ, 本当の, 東京に, 東海岸の, 栄介も, 権宮司の, 機会を, 歌は, 止むを, 武蔵の, 歩くと, 残るの, 母が, 母の, 気がついて, 気の, 気分は, 決議は, 泣く, 津の, 洵吉は, 浜町河岸には, 淡谷さんの, 源兵衛も, 灯火は, 無慈悲残忍を, 煮立, 父に, 爺さんは, 爺は, 狼狽の, 獄裡に, 率八は, 玲子は, 現在では, 現地に, 田川博士は, 田畠を, 田舎へ, 男手の, 畑徑を, 畳は, 疲れ儲けだ, 病気と, 白粉は, 白雲が, 目付も, 盲人として, 相手の, 眺望が, 着のみ着のままであった, 知らないこと, 石櫃は, 碓氷の, 祖父は, 私たちが, 私たちの, 私どもの, 私達は, 秩父に, 空しく虚空, 笠井さんも, 筒口を, 紫の, 結局それが, 美しく彎曲, 翁は, 翌朝あの, 老臣の, 考えて, 肝心の, 胴まわりが, 胸が, 自分たちの, 自分も, 自然から, 自然ここは, 船ば, 若い男, 薄色髪の, 藤吉は, 蝋燭を, 行きどころ, 表通りの, 袁尚は, 裸に, 裸体ダンスの, 見も, 見ると, 見当らな, 見物席は, 親戚の, 親方も, 記憶は, 試みに, 話が, 詳しいこと, 誰か, 誰が, 誰ひとりとして, 誰も, 誰袖は, 諸獣これ, 謙蔵が, 警官たちが, 豹一の, 貞之助は, 財布には, 足跡は, 軽い失望, 辰代は, 辰子は, 返して, 追い出すわけ, 速水は, 部屋の, 郷人たちは, 都へ, 重砲の, 金策に, 鉄砲を, 長沙, 門前は, 随分ジーンと, 電灯の, 電燈の, 青年の, 青木の, 頗る悲観, 風変りな, 馬の, 駄目に, 騒いで, 騒ぎに, 高い詩情, 髪結いも, 魏の, 鼻を

▼ しまったよう~ (697, 3.8%)

54 な気 35 です 25 なもの 2421 である 12 であった 11 に見える 10 に, に思われた, に見えた 9 だった 8 な気持, に思われる 7 でした, なこと, な心持 6 だが, になっ 5 ですが, な, なわけ, な感じ, に思った 4 であります, ですから, ですね, な次第, な顔, に感じた, に見え

3 [11件] でも, ないかがわしい, なの, な悲し, にも思われ, に思えた, に思われ, に感じました, に感じられた, に感じる, に考え

2 [34件] だよ, で, であるが, ですよ, なけろりと, なさびし, なただ, なところ, ななんとも, なものの, な声, な形跡, な昔, な有様, な気持ち, な淋しい, な深い, な錯覚, な静けさ, にお, にじっと, にその, にそれ, にどこ, にシーン, に動かない, に心, に思われました, に思われるらしい, に考えられ, に見えました, に見えます, に額, ね

1 [273件] じゃありません, す, すである, すです, だから, だし, だなどと, だなに, だね, だわい, だ帰ると, であきませんでした, であたし, であったが, でありますそれ, であるそれでも, でうまい, でから, でからだじゅう, でけれども, でございました, でございます, でございますが, でございますの, でしたが, ですわ, では, で伸子, で動く気, で嬉しかっ, で孝之進, で急, で態度, で我慢, で犬, で頭脳, なある若い, なあんばい, ないろんな, なうつろ, なからっぽ, なこの, なこんな, なさびしいさびしい, なしずけさ, なそれ, なつめたい, なとき, なひからびた老婆, なふう, なもん, なウットリ, なサッパリ, なテイクラク, な不動, な不安, な事実, な人間, な仕合せ, な以前, な仮定, な伸子, な佐, な体裁, な侘しい, な俳優, な傾き, な刺々しい, な半生, な取りとめの, な口ぶり, な口吻, な古い古い, な商売ずく, な嘆息, な境遇, な変, な夢見心地, な大きな, な好もしい, な始末, な娘, な嫉みが, な容態, な寂し, な小さい暗い, な小さな, な工合, な年齢, な幽, な床の間, な度胸, な座員, な形, な形勢, な彼女, な心, な心もち, な心持ち, な心細, な心細い, な思, な恋, な恐し, な恐怖, な悔い, な悔恨, な感, な感銘, な懐疑, な景色, な暗黒, な梶野, な欺かれたよう, な歌, な気もち, な気分, な気落ち, な洋々, な浮世, な淋し, な物悲しい, な現在, な生活, な疲れ切ったよう, な真, な眼付, な空気, な空虚さ, な腹立たし, な自由, な舞台, な英断壮挙, な茫然, な落着き方, な蛮声, な術, な親戚, な身軽, な輪型, な遅い, な過去, な部分, な静かさ, な顏, な顔つき, な風, な風景, にあとかた, にいかにも, にいった, にいつ, にいつのまにか, におとなしかっ, にからだ, にがんりき, にく, にくるり, にこうした, にここ, にさえ憎む, にさっさと, にし, にしか受取れない, にすこしも, にたこ, にちょぼん, にてんで, になくなった, になった, になに, になる, になんとなく, にね, にはマンさん, にひっそり, にひどく, にほんとう, にぼんやり, にまあ, にまじめ, にまた, にみえた, にみせかけました, にも思えた, にも恐ろし, にも見えました, にわくわく, にわずか, にクルリ, にケロリ, にネバ, にブラリ, にランプ, に中, に丸く小さい, に云った, に仰向け, に何, に何気なく, に全く, に冷たい, に冷然, に刺戟, に受影機, に叫びつ, に和算家, に商人, に固, に声, に大空, に夫, に夫人, に妹, に学校, に室, に平気, に床, に影, に彼, に彼女, に思い出した, に思え, に思えました, に思っ, に思わせなけれ, に思わせる, に思われます, に惨, に感じ, に救い, に明け暮れ, に朝, に本, に武田さん, に水, に消耗涸渇, に深い深い, に無表情, に無言, に猶も, に疲れ, に白, に目, に眉間, に石, に秘密事件, に節々, に美酒, に自分, に興奮, に色彩, に芦名, に茫然戦意, に落ち着き払っ, に落胆, に街路, に装置, に見えなくなる, に親切, に親譲り, に言った, に言われる, に記憶, に賑やか, に蹌, に身, に身動き, に透明, に道, に鎮まっ, に陰鬱, に隣同士

▼ しまったこと~ (670, 3.6%)

27 がある 24 です 17 である, でしょう 15 だろう 14 があった, であろう 118 なの 7 もある 6 がありました, であった, になる 5 だから, に気がついた, をした, を感じた 4 であります, もあった, を後悔, を意味, を知っ, を知った

3 [15件] か, があります, がわかりました, だし, だった, では, になっ, になった, は事実, は確実, は言う, を, を今, を残念, を私

2 [31件] が今, さ, でした, ですから, ですが, と思っ, などもあった, なん, なんぞもございます, にある, にすれ, に気づいた, に気付いた, はいう, はその, は云う, は仕方, は前, は勿論, は確か, は言うまでもない, も, もありました, も事実, をその, を報告, を父, を白状, を見, を覚え, を覚った

1 [347件] かさもなければ, から允子, から始まる, から始め, があっ, があったでしょう, があるらしい, がいく, がいま, がお前, がたいへん, がどうも, がに, がはっきり, がひどい, がほんとう, がまだ, がまるで, がより, がわかります, がハッキリ, が一因, が一度, が二少年, が何, が何となく, が兵馬, が分かる, が分った, が分る, が切ない, が幾度, が彼, が後悔, が悔まれ, が情, が我, が更に一層, が沖縄, が疑われる, が知れ, が第, が自身, が見物, が豹一, が起こった, が身軽, が顔, きっとかきませんでしたろう, この国, さえあった, さえあります, じゃない, そしてそれら, そして礎石, それで今日, だからと, だけが残っ, だけで, だけでも生命, だけはお, だけは事実, だけは今, だけは眼前, だけは確か, だけは確実, だそう, だと, だとて, だろうし, だろうと, だろうとか, だ今更どう, で, でありました, であろうが, でこれ, でございます, でしょうこれ, でしょうよ, でわかる, で今更どうにも, で医師, で困っ, で少し, で彼, で疲れて, としか言い, とそして, とばっかり思っ, と疑うであろう, などあった, などがその, などそういう, などどれ一つ, などは神性, などもあっ, などを知った, などを話した, などを話しました, にし, にする, についてのこりおしく, については信ずる, については俺, について考えた, になりました, になります, になるであろう, にはさすが, にはならない, には体力, には気づかなかった, には笑っ, にひどく, にもなっ, にも後悔, によってもこの, によって自分, に不服, に人, に仰天, に地, に大, に失望, に始まる, に対する社会主義, に帰結, に思い至る, に憤懣, に最初, に比較, に気, に気がつきました, に気がつくまい, に気味, に氣, に漸く, に舌, に起因, に驚嘆, ね, のある, の後悔, の申し訳, の訛伝, は, はありません, はいかに, はいっ, はいつの間にか, はかえすがえす, はかつて, はこの, はご覧, はすでに, はすべて, はたしか, はちゃんと, はちょっと, はちょっとした, はでき, はとがめ, はまさに, はまた, はみっともなかっ, はもう, はもちろん, はやがて, はやはり, はオレ, は一切彼, は両人, は五体, は今, は今さら, は伸子, は僕, は兄, は全く, は判っ, は別, は別に, は前篇, は取り返し, は取り返せません, は取返せません, は否み得ない, は問題, は変れ, は失礼, は嬉しい, は実に, は容易, は平生検討的, は幸い, は彼女, は彼等, は心外千万, は悲しく, は惜しかっ, は改めて, は棚, は極度, は気の毒, は江戸, は現実, は申しわけ, は申す, は疑うべく, は皆さん, は知っ, は私, は私たち, は考, は腹, は自分, は船長室, は見, は誠に, は誰一人, は諌め, は近頃, は重大, は高等政策, ほどこの, ほど能登守, また前, までありのまま, までもまた, までも引ずっ, もあったでしょう, もあったらしい, もかえって, もこの, もございます, もさすが, もその, もそれ, もとんと, もはなしました, も亦, も家督, も忘れ, も惟光, も極めて, も無理, も犯人, も現実, も知っ, も私, も考えれ, やこの, やそれから, やっと一つ整理, や何, や夫婦, や子供, や恋人, や運転手, ゆえさだめし, ゆえ今さら, よりほか, よりも敬四郎, をあざらし, をありのまま, をいつ, をお上さん, をご, をし, をしかも, をそれとなく, をたしかめる, をとやかく, をなんとなく, をふと, をぼく, をも知った, を一生, を乳母, を二人, を二郎, を伸子, を伺った, を佐, を僕, を冗談, を千種十次郎, を反復力説, を口惜し, を告げ, を告げた, を大きく, を幾たび, を彼, を彼女, を思い, を思いだした, を思いだしました, を思い出し, を思い出した, を思い出しました, を思い出す, を思い合わせた, を思い知った, を思う, を思え, を思っ, を恥じます, を悔いる, を想い起す, を意識, を感じました, を慨, を憤慨, を手短, を昨夜, を村, を柿江, を気の毒, を気まり, を海豹, を源氏, を申しあげね, を直義, を直覚, を知らない, を知らなかった, を知りました, を知る, を示す, を私たち, を考えた, を考える, を聞いた, を見る, を覚っ, を記憶, を話し, を話した, を語った, を説明, を誰, を軽蔑, を零しはじめた, 或る, 行って

▼ しまった~ (660, 3.6%)

52 いう 24 思った 22 思って 14 思うと 12 いうので, いって, 思いました 10 みえて, 云うこと, 思ったが, 見えて 8 見える 7 すると 6 いっても, すれば, なると, 云って 5 ある, 云うの, 申します 4 いうのに, 云う, 云うよう, 思いながら, 思ったの, 私は, 言って 3 いいます, いうから, いうが, みえます, 云いながら, 云う訳, 云っても, 聞いて, 言うの

2 [40件] あっては, いうじゃあねえか, いうだけ, いうに, いったが, いわぬばかりに, いわれて, おっしゃって, おっしゃる, したらこの, する, メンシコフは, 云うもの, 云うわけ, 云う事, 云う話, 伝えられて, 僧都は, 報告した, 後悔した, 思いこんで, 思いその, 思う, 思うこと, 思わざるを, 思われて, 思われる, 書いて, 考えると, 見え, 見えます, 見えるな, 見せかけて, 見て, 言う, 言うこと, 言った, 言っても, 言われる, 謂って

1 [283件] あらためて痛切, あるが, いいますからネ, いいますが, いい憂い, いうからには, いうけれど, いうし, いうだけの, いうて, いうでは, いうと, いうほど, いうまで, いうよりは, いうよりも, いえないこと, いくら考え, いった, いふ, いふので, いわれるので, おっしゃるの, おぼえて, おもわれて, お前が, お考え, お返事, かけ下りて, きいたならば, きいて, きめつけられても, くやしそう, こういうの, こういうん, こういう意味, こう言われ, これだけの, しきりに舌打ち, したところが, したならば, したら, したらそう, したらその, したらどう, したらひろ子, したら私, したら第, したら絵, したら緞帳芝居, して, しょげて, すぐ後悔, その一条, その一行, その女, その家, その折, その時こっち, ぞんじます, つくづく思う, つくづく慨嘆, なったらどっち, ならば, なれば, ほかの, まあこう云う, ますます屈辱, また引金, みえついに, みえる, みえるな, みずから思う, みずから言っ, オレは, ハッキリ思い知った, 不平を, 久慈が, 二の, 云いたい, 云います, 云うじゃ, 云うだけ, 云うので, 云うほどの, 云うん, 云う始末, 云う心地, 云う毎日新聞, 云う風, 云った, 云ったの, 云ってから, 亭主が, 今に, 今夜の, 今更ながら, 仏は, 代助, 仰せられて, 仲間を, 信じ込んで, 信玄も, 僕は, 先頭に, 冷ややかに, 出づ, 分る以上, 初めて聞いた, 半分逃げ腰だった, 受取って, 口々に, 叫びながら, 叫んだこと, 叫んで, 同時にお, 同時に漸く土地, 告げた, 告げる, 呟きながら, 周囲の, 嘆いて, 嘆き悲しんで, 土地の, 変に, 大きな声, 夫人は, 女の, 子供たちは, 実感する, 家主が, 平気で, 広言し, 彼は, 後では, 後ろへ, 後世に, 後悔しない, 後悔ほぞを, 御承知, 心づいて, 思いでも, 思いながらも, 思いなさいそこで, 思いましたさすが, 思いましたところ, 思い乍らこれ, 思い彼, 思い込み主人岩太郎, 思うかも, 思うから, 思うの, 思うふう, 思うん, 思う余裕, 思う職工たち, 思えば, 思しき世紀, 思ったお話, 思ったこと, 思ったとき, 思ったに, 思ったので, 思ったらしいが, 思ったら僕, 思ったわ, 思ったん, 思った時, 思ってるうち, 思ってるとたん, 思わずに, 思わずには, 思わせたかったの, 思われます, 思われるが, 思われるその, 思われるの, 思われる愛子, 思われる時分, 恨めしく思わないだろう, 悔やみながらも, 悔恨を, 悟りました, 悲しくなりました, 惜しい着物, 愉快そうに, 感じさせる程, 拙者は, 昨日道雄さんから, 期待できる, 森垣さんも, 歯が, 気がついたの, 気づいた, 気づいたとき, 気づいた時, 気の毒な, 泣きたいにも, 泣きながら, 浸, 甲斐は, 申されました, 申しますと, 申しますよ, 申し上げたじゃ, 申すか, 申すの, 町の, 眼を, 知らせが, 知らせて, 知らせるため, 私の, 立派に, 笑いながら, 笑うこと, 美佐子は, 考えたよ, 考えたらしかった, 考えて, 考えては, 考えられた, 考えられる, 聞いた, 聞いた時, 聞きこの, 聞き人穴城, 聞き非常, 聞くと, 聴いたら驚くでしょう, 胸の, 臍を, 自分でも, 自分ながら, 自己の, 苦情を, 苦笑いたします, 菊千代は, 見えその, 見えそれ, 見えたまたま, 見えるああッ, 見え下足, 見え其, 見え床, 見え煙, 見え言下, 見られる, 見ると, 見るの, 見るべきもの, 見定めた時, 覚えて, 覚ったの, 解釈する, 言いかけると, 言うじゃ, 言う話, 言えないこと, 言ふ, 言わなければ, 言われちゃあ, 言われよう, 記して, 記す, 記憶し, 話して, 認めて, 語った, 説明しました, 誰しも, 豹一は, 足を, 車夫は, 返答した, 過失を, 過般その当の, 長次は, 頭の, 飛び上がった, 首を, 馬首を, 驚いて

▼ しまったもの~ (571, 3.1%)

55 ですから 37 だ, である 33 だから 28 です 21 らしい 15 のよう 13 であった 9 では 8 だと, でしたから, と見えます 7 か, とみえる, と思っ, と思われる, と見え, と見える 6 だった, だろう 5 であろう 4 だそう, でしょう, とみえます, に相違, もありました 3 かもう, だよ, だろうと, であろうか, とみえ, は仕方

2 [24件] かその, があった, があります, がある, がもう, だという, であります, であると, でした, ですからね, ですなあ, でも, としか思われない, とばかり思っ, と信じ, と察せられる, と考えられる, と見る, なの, に違い, は, は否, もある, らしくあります

1 [154件] あるいは世間, かいずれ, かいっそ, かいつ, かお, かきょう, かこれから, かそう, かそれ, かそれ以後げんざい, かと, かといま, かと当主辰雄, かと思います, かと思った, かと躊躇, かどうしても, かほとんど, かも分らない, か仙台, か伝六, か体中, か或いは, か村内, か私, か自分, か見えなくなりました, か見当らない, か誰ひとり米友, か野葡萄, がそういう, が参木, が多かっ, が少し, が歩い, が現われた, が生き, が確か, さ, だがね, だとか, だな, だろうか, だろうかと, だろうという, だ天下, だ弟, だ道庵, であったらしい, であったろう, でありましょう, であるが, であること, であるという, でいま, でおのおの, でかれに, でこの, でございましょう, でございますから, でございますからなあ, でしてね, でしょうな, でしょうね, でしょう道ばた, ですからネ, ですが, でまったく, で三日月形, で子供, で尺八そのもの, で御座います, で現在, と, とあきらめなけれ, とあきらめよう, とおもわれる, ときめ, としたら, として受取, として文学, とひたすら, とも思えなかった, と世間, と仮定, と兵馬, と察せられます, と少し, と思い込んだ, と思う, と思った, と思われた, と怪しみ, と早合点, と村人, と考えられます, と見えた, と見え今朝方寝床, と見られる, と観られ, と頭, な, なのに, ならば, には具合, にもう, のこと, はいかな, はいくら, はいつも, はこれら乱雑安易, はぜひ, はどう, はもう, はやむを得ない, は仕様, は他, は伝六, は勝手, は是非, は義憤児伝六, は自分, は致方, は鉄山殺し, もあっ, もあり, もございます, も多い, も多かっ, も少から, も少く, も昔, よりもまだ, らしいな, らしいねえ, らしいの, らしかった, らしく兵馬, らしく次, らしく血眼, らしく途中, をいかに, をいつ, をおっかける, をぜひ, をまだ, を二十里三十里, を今更, を仕方, を保存, を引裂く, を授かった, を暫く, を理由

▼ しまったという~ (505, 2.7%)

31 のである 23 ような 21 のです 17 ことが, ことです 16 のは 12 ことだ, ことを 11 ことは, のだ 10 ことである 9 ことであった, わけで, わけです 8 ことに 7 ことだった 6 のが, のであった, 話だ 5 ことで, わけな, 話, 話を 4 こと, のだった, ので, のも, 気が, 訳です 3 ことであります, ことでした, のでした, わけ, わけだ, んだ, 事が, 方が, 様な, 風に

2 [18件] ことから, ことも, のか, ふうに, わけさ, わけである, ニュース, 事も, 事実が, 事実に, 噂が, 噂です, 弱味が, 形です, 次第です, 訳だ, 話が, 話の

1 [154件] あざやかな, あれかね, あんたの, あんまり新, いたって, いわれの, うわさも, こって, ことさ, ことじゃ, ことだけ, ことだけについて, ことでありました, ことでございます, ことでござんす, ことと, ことな, ことにでも, ことによって, ことへの, ことや, ことわりがきが, こと出し抜かれ, ざまだ, しるしな, その半ば, ところまで, ところよ, のでしょう, のと, のには, のよ, のを, ふうであります, ふうである, ほかは, みじめな, ように, わけせえ, わけであった, わけでした, わけね, んかい, クルイロフの, ンです, 一事からでも, 一件な, 一種の, 不幸なる, 不思議さをも, 不思議な, 事だ, 事であった, 事とは, 事や, 事を, 事件が, 事実さえ, 事実によって, 事実の, 事態に, 二説であります, 以上に, 俗事さえ, 千曲川の, 咏嘆である, 哀切な, 嘘の, 噂だ, 噂と, 噂な, 埒口も, 報告の, 外は, 夢である, 天和堂主人の, 失望と, 奴が, 履歴すら, 工合です, 径路も, 後であった, 心細い感じ, 思いで, 恨みを, 悔が, 想いの, 意味じゃ, 感じだった, 感じであった, 插話が, 早業に, 昔話であります, 有様, 東本願寺の, 校長先生の, 業腹が, 様子を, 次第だ, 次第でございます, 残忍冷血この, 民八の, 気も, 気持だけ, 気楽人であった, 沙汰が, 瀬戸際に, 点だけでも, 物語, 狼狽には, 現実をさ, 現象を, 甲賀家の, 痛快なる, 目に, 私の, 秘話まで, 笑い話, 第二, 絵で, 罪造りな, 老人など, 考えでした, 自覚が, 航海の, 虚報さえ, 表情で, 観念が, 記事である, 記事です, 訳であった, 訳な, 評判だった, 評判の, 話しも, 話だろう, 話で, 話であった, 話であります, 話である, 話でさ, 話な, 話は, 話も, 責任を, 返事であった, 返辞, 顔つきを, 顔で, 顔付で, 風で, 騒ぎ, 騒ぎでし, 驚くべき事件

▼ しまったから~ (432, 2.3%)

65 である 37 です 267 だった 5 であろう 3 であった, でございます, でした

2 [13件] お絹, このまま, だよ, では, どうかし, なの, なんです, 今では, 仕方が, 何を, 僕も, 此の, 自分の

1 [257件] あすは, あたら朽木, あとの, あとは, あなたに, あの馬鹿, あれは, いいよう, いくら暴れ, いつまでも, いよいよ一方, いよいよ大変, おらの, お前に, お松は, お父さんも, お銀様, かえって七兵衛, かくすの, きょうあたりは, ここを, こちらへ, こっちの, この一瞬, この約束, この議論, これから出直し, こんどは, こんなに垣根越し, こんな難儀, さすがの, しかたが, しゃぶっても, そしてみんな, そのあと, そのあと始末, そのままに, その借金, その後の, その怒り, その方, その絵, それからのち, それで, それでこの, それで更に, それに, それを, そろそろ妾, そんな弱虫, ただそれだけ, たまらない, だいじょうぶだ, だと, だめだ, だろう, だろうか, だわ, だ非常, ちょっとご免, ついでに, でありました, であり彼, であること, であろうも, でこれ, でしょう, ですよ, でそれ, で彼ら, とっくに飲みほし, とても梅忠, どうにも手, どうも仕方, どこから, なのでご, なので御座います, なんだ, なんにも持たない, ばかばかしく見せれ, びっくりした, ほかの, ほとんどの, ほんの僅か, ぼくが, まあよかっ, またきっと, もうあそこ, もうお, もうなかっ, もう一本蝋燭, もう大丈夫, もう少し頭, もう山師, もう帰る, もう帰ろう, もう心配, もう掏摸, もう永居, もう用, もう私, もう避けよう, もう隠し, もう馬, もはや動物学, やはり同じ, やむを得ず莚, よくは, よその, らしい, わしたちも, わずかに, わたし用事に, オイソレとは, オレは, サア御前をも, シラノ二世も, ッて, ツマミ出す, フランス人は, マドロスさんは, ミカンなどを, ヤツ子が, 一つどっかへ, 一座は, 一揆に, 一時間と, 七兵衛は, 万事は, 三郎は, 上高地は, 主膳も, 二夫人以下の, 二度と再びこの世, 二本足の, 云え, 五十嵐甲子男が, 京都へ, 人生よりも, 今ここには, 今まで, 今以て, 今年は, 今後は, 今後外国人が, 今晩という, 今更どうする, 今朝の, 今謝罪って, 仕様が, 何の, 俊夫君の, 傍に, 僕は, 儀作は, 儀作も, 兄ドミトリイは, 先生が, 入用は, 八日まで, 其の村方, 分らなくなったが, 分りましたが, 判然と, 千種十次郎は, 却ってこの, 厭気が, 参審一同, 又つづき, 取り逃がして, 可笑しいの, 呼吸が, 命拾いを, 問題は, 多分今宵, 大丈夫這入っ, 大儀ながら, 大変な, 天子さまも, 天皇は, 奇体である, 女の, 女房が, 妹を, 子供が, 安心し, 安心を, 宮お, 己は, 平作は, 彼が, 彼らが, 後が, 後れ走せに, 心置きなく, 怒って, 戦争なぞ, 打ち明けましょうか, 拭いて, 捨てて, 探すの, 文壇の, 文章までも, 日が, 日に, 明日お母さんに, 昔の, 昨晩あれから, 有る筈, 材木屋に, 東京へ, 板橋へでも, 次の, 止むを, 歩くの, 清澄の, 爪の, 生きて, 町内の, 画布は, 看守長は, 真剣に, 矢島の, 知る由, 破れかぶれという, 私たちも, 私の, 窮って, 笠阿弥陀堂の, 組頭の, 結局は, 綺麗な, 羆でなけれ, 美妙斎と, 自分が, 自然まもなく, 自然二人の, 行先の, 裏の, 見物の, 解除に, 調べること, 農商務省には, 逃げ出す工夫, 造酒は, 連れの, 遊女の, 道庵が, 部屋は, 郷里の, 酒も, 金助が, 間違いという, 面白い, 顔も, 駄目だ, 驚いたの

▼ しまった~ (159, 0.9%)

6 だった 5 なので 3 であった, でした, になっ 2 だったの, で, であったので, でありました, であるから, なの, のやう, のよう, までもまだ

1 [121件] あの女, あらためて趙雲子龍, おかしなこと, からだった, から発見たん, から郭, がどうも, さすがに, だから, だったし, だったと, だったん, であいつ, であったの, でお, でお母さん, でお雪ちゃん, できよ, でこの, ですぐ, ですもの, でどこ, でないかと, でなければ, ではその, ではただ, ではもう, では仕事, では何事, でまた, でもなお, でもやはり, でも今, でも別に, でも原子爆弾, でも愛, でも起き起きし, でやはり, でゆっくり, でボーイ, で人違い, で他, で何となく, で僕, で受附子, で大笑い, で彼女, で気がついた, で町, で美代子, で貝十郎, とみえ, なん, にあれ, においても農民, にそれ, には, には世俗化, には自分, にもしやまだ, に一人, に分明, に春秋社及神田家, に桁, に残された, に起る, に開票, のお, のこと, のまつり, のみじめさ, の事, の作家, の孤独, の宅, の工事場, の彼, の時間潰し, の歓喜, の淋しい, の甚, の画室, の白い, の瞬間, の神尾主膳, の私たち無産階級, の空虚, の竜, の荒寥落莫, の鍵盤, の長い長い, の閉め, は, はいつも, はここ, はそれ, はただ, はどう, はなん, はみんな蕎麦畑, は一人, は全く, は寝醒め, は惣次郎, は父, は金吾, へ思わぬ, までも自分, まで何, まで妻, まで岸本, もまだ, もよく, も一人, も三平, も何一つ, も皆, も長い, も髣髴, よくその, 来り看るの

▼ しまったそう~ (138, 0.7%)

47 です 2213 である 11 ですよ 64 だが 3 でございます 2 じゃない, だから, であります, でご, でございますが, ですが, な

1 [18件] して, じゃ, じゃございませんか, じゃないです, すると, だがね, だし, だそれ, だよ, であの, でありますが, であるから, ですわ, でそれ, なの, に聞きました, よ, 思うと

▼ しまったあと~ (133, 0.7%)

4 だった, のよう 3 で竜 2 だったの, でお, でした, でもなお, なの, なので, の空虚

1 [108件] いたずらにだだっ広い, か, から人, から雪, が何時, じゃもう, その家, だから, であったから, であったの, であなた, であの, である, ですから, でたいへん, でちょっと, でつまらない, でなんとか, ではわたし, では再び, では喧嘩, では多少, では夢, では綺麗, では藁, でひとり, でふと, でもこの, でもそう, でもたま, でもまた, でやっと, でようやく, でエッゲ, でハッ, で一人, で七兵衛, で仕事, で何, で何だか, で僅か, で僕, で少なくも, で帳場, で日本, で時折, で最後, で母親, で照彦様, で発砲, で石村さん, で私, で能登守, で自分, で蟇口, で見送り, で駒井, とて何分, となっ, どうしよう, にはお, には僕, にもなお, にわずか, にヘボ, に乳母, に兵馬, に小林少年, の, のがらん, のわたし, の両親たち, の何, の同じ, の家, の少し, の放漫, の暗闇, の気軽, の渋谷, の滑らか, の留守, の祭, の祭り, の私, の空ッ, の絵の具チューブ, の興奮, の話, の部屋, の頼り, は, はまた, は何, は何やら, は手, は次, は風の音, ばかし行く, へその, へバラック建築, へ異体, まで大河, もなお, も自分, を堤, 未だ隅, 来合わせ

▼ しまった~ (125, 0.7%)

41 がいい 14 がよい 7 がまし 4 がよかろ, がよく 3 がよかっ, が好い 2 がい, がどんなに, が慈悲, が結句

1 [41件] がいらっしゃれ, がお, がかえって, がさっぱり, がと, がとく, がとさしも, がと折節, がどの, がまだ, がむしろ, がもっと, がよう, がわかり易い, がわれわれ, が事, が仕合せ, が仕合わせ, が似合っ, が優し, が多い, が安全, が安心, が宿, が幸福, が得策, が早い, が早わかり, が未練, が楽, が民心, が気楽, が無事, が痛快, が百倍, が肩, が胸, が良い, が身, が阿, は眼

▼ しまったわけ~ (116, 0.6%)

22 である 20 では 1311 です 5 でした 4 だった, なん 3 だね 2 じゃない, だが, であった, でさ, でして, ですが, でも, なの

1 [18件] じゃ, じゃございません, だと, であるが, でいわば, でこれ, でしょうか, ですか, ですね, ですの, ですよ, で下品, で我, で矢飛白, ね, も分っ, や日本, らしい

▼ しまったかも~ (109, 0.6%)

18 知れない 17 しれない 8 知れません 6 しれません 5 知れなかった 4 しれないの, 知れないの 3 しれないが, しれないぜ, しれないよ, しれぬと, 知れないが 2 しれないん, しれませんぜ, 知れないと, 知れないところ, 知れぬ

1 [22件] しれないから, しれないと, しれないという, しれないわ, しれない二十日夜, しれぬ, しれぬが, しれぬとまで, しれねえが, しれませんね, しれませんよ, しれんからね, 分りませぬ, 知れないけれど, 知れないその, 知れないね, 知れないん, 知れない土竈, 知れない程, 知れなかったが, 知れなかったの, 知れませぬ

▼ しまった~ (92, 0.5%)

26 違いない 20 ちがいない 17 相違ない 5 ちがいありません 2 してからが, ちがいなかった, 反して, 相違ありません, 相違なかっ, 違いありません

1 [12件] かかわらずその, かかわらず独り教室, かかわらず自由, したところ, しても, そういない, ちがいあるまい, 不思議は, 相違ございません, 過ぎません, 違いなかった, 違い無い

▼ しまった~ (91, 0.5%)

3 それは 2 そうでなけれ, それともまだ, それを, であろう, 姿も, 影も

1 [76件] あるいはどこ, あるいは蒸発, いって, いまだに行方, え圓朝, おりあってるかと, かれの, けろりとし, ことごとく散々, この点, これからが, これらの, さもなく, さもなければその, しかしこれ, して, しれない, そこには, その心持, その群影, その距離, それともそっと, それとも初め, それとも海, それに, それらの, たれも, でなきゃ芝居, なかなか行方, なれど, ほつれ髪も, またおくら, またおそらくは, またも最初, もう見えなかった, ゆくえが, よく判りませんでした, れだった, わからないこと, わからなかった, クロクロ島, ジャックは, 一匹も, 一向にその, 人に, 余り不思議, 全く意識, 全然知らない, 分からない, 判らない, 判らないが, 判らないん, 又は根性曲り, 周平は, 噂は, 少しも, 死体も, 残念な, 母ねこが, 浜か, 消えて, 源四郎は, 燈火一筋洩れ, 狐という, 皆目分らなかった, 盗まれたか, 知れなかった, 私が, 空屋敷の, 立派な, 見えなかったの, 言葉を, 誰も, 質にでも, 近所には, 道場には

▼ しまったところ~ (87, 0.5%)

3 でした, を見る 2 だ, です, へ兄, もあります

1 [73件] あには, から誕生, がずいぶん, が多少, が非常, さ, だった, だという, ちょうどその, である, でげす, でさて, でしょう, ですよ, でそして, でたいした, でべつに, で人情, で何, で到底, で孟, で尻, で店, で悦子, で木の根, で盗賊, で葉子, で誰一人それ, などは皮肉, などを見た, など苦し紛れ, なの, なん, なんか少し, なんぞはどの, についてだった, にも中央政府, に一種, のお, のまさに, のエスプリ, の一種奇怪, の後, の純真, の驚くべき, はなる, は実に, は庭, へあんな, へまたもや, へプッチーニ, へロバート, へ乗り込ん, へ他, へ例, へ李, へ町内, まで日本, もある, も去年, を, をすぐ, をそのまま, をみる, を一寸, を善昌, を川内警部がぎゅう, を忘れやし, を胃袋, を見れ, を見届ける, を闇太郎, 実に微妙

▼ しまった~ (79, 0.4%)

4 それに 2 するから

1 [73件] あとの, お父さんは, お顧客, きょう伊豆に, こういう暮らしかた, こりゃいったいどう, これで, しばらく用事, すべてが, そうかと, そうした重任, そのままずっと黙っ, その外, その賠償, それから株券, それから農会, それが, それに僕, つまりお伽噺, とんだこと, どこぞ, ま, ますます過ぎ去っ, また僕, もう一ぴき, やむなく百, わたくしは, ホントに, マリイ・シェイケビッチ夫人という, 一体どう, 万吉は, 上方でも, 他の, 俺は, 僕は, 兄弟の, 兄弟や, 又お, 又一介, 古内志摩は, 奇妙な, 子供達までが, 島が, 庄左衛門も, 怪我が, 所詮勝ち目, 斎藤道三に, 斯集の, 明るい食堂, 時も, 時信も, 村の, 来年は, 梨琴との, 残って, 母は, 焼酎や, 犬の, 王子様や, 生馬も, 男は, 留吉の, 私が, 算木筮竹も, 脚は, 腕達者で, 蓬髪から, 行司の, 農民連も, 速記まで, 露八は, 養父にも, 魔法使は

▼ しまったのに~ (79, 0.4%)

8 ちがいない 6 気が 4 違いない 2 何の, 彼女は, 相違ない

1 [55件] いつまで, こいつだけが, さっきまでの, そういない, その兄, それを, ただ一人, ちがいありません, ちがいなかった, ちがいは, なお何, なお遠く若王子, びっくりし, ぽつねんとただ, まだ女, まだ私, まだ車, まだ馬車, まるで青黒い, まわりの, ピイプザアムは, 下女の, 不思議は, 何を, 何時までも, 元宮様邸という, 出られないので, 千浪は, 反して, 取り出した写真, 同情出来る, 地下は, 女子は, 子守を, 室の, 小さな男, 少しく驚く, 少しも, 張卒だけが, 後の, 心と, 更にネネ, 村らしい, 殺した者, 無理は, 生きのびて, 相違なかっ, 竜之, 米友は, 自分が, 芸者を, 落胆し, 過ぎない, 違いありません, 遼将軍には

▼ しまったかの~ (78, 0.4%)

41 ように 6 ようだった, ような 3 ようであった, ようである 2 やうに, ようでした, 観が

1 [13件] ごとく澄みきって, ごとく見せかけながら, よう, ようだ, ようで, ようであっ, ようにも, 二つです, 問題が, 問題について, 様である, 様に, 男について

▼ しまった~ (77, 0.4%)

5 である 4 であった 3 のよう 2 にはその, に自分, のこと

1 [59件] いよいよその, から, からはじまっ, がいい, が拾い上げた, が来た, さらに一人, それからという, だ, であって, であります, でした, でしたから, でなければ, でもやはり, でも目, とかには私, にその, になっ, にはあんまり, にはさすが, にはぜひとも, には似, には私, には自説, にほんとう, にロリー氏, に一層, に今日, に初めて, に始め, に彼, に惜しい, に感じるだろう, に折, に教授, に気がつく, に牡丹桜, に生き, に盆, に米友, に院長, のこの, の冷淡, の後, の音, は, はこの, はじめて私, はどんなに, はもう, またゆっくり, もう圓生, もまた, も自分たち, やっと魂, 堂々と, 聳えたる人, 赤い紙片

▼ しまった~ (74, 0.4%)

5 がある 4 である 3 です 2 であった, の方, もある, をした

1 [54件] から判断, があった, がいかにも, が一ばん, が二度, が云, が今, さえございました, じゃから, だから, だけを記憶, だった, だのに, だ恥, であったであろう, であるから, でございますが, でしょう, ですから, ですし, とて境内, と彼, などを知った, なの, になる, にはたぶん, には少し, に気が付きました, はたしか, はどう, はない, は何ん, は恐縮, は申す, は知っ, も, もまた, も不快, も無かっ, やらズブ濡, や色々, よ, をそして, をハッキリ, を今更, を併せ, を受けとった, を夢, を意識, を物, を発見, を知った, を確かめる, を私

▼ しまったじゃ~ (70, 0.4%)

46 ないか 12 ありませんか 4 ねえか 2 ないの 1 ございませんか, ござんせんか, ないこと, ないですか, アありません, アない

▼ しまったかと~ (59, 0.3%)

11 思うと 5 思われた 4 思われるほど 2 いえば, 思ったが, 思われたが

1 [33件] いうに, うたがわれたの, おどろいて, おもわれたのに, かれは, われながら, 云うこと, 何だか馬鹿, 匂わせながら, 後悔の, 心に, 思う, 思うくらい, 思うころ, 思うばかり, 思うよう, 思うより, 思った, 思ったよ, 思ったエミリー, 思へば, 思われた火災, 思われてから, 思われるくらい, 思われるほどの, 怪しみながら, 恐ろしいもの, 悲しんで, 暫らく唸っ, 私は, 聴けば, 見えた刹那, 訊く

▼ しまったほど~ (58, 0.3%)

11 である 4 です 3 だった, でした 2 であった, 体を

1 [33件] かなり時間, しんから, その気, それほど庭, だ, だいわんや, だから, だからね, だからねえ, だと, だよ, であったの, であるから, で帝都, で本当に, な人, ひどい落胆, まるでもうろく, もがき苦しむわけ, ショパンは, バック・ボーンの, 不幸な, 今朝の, 他の, 兵馬は, 彼らは, 心は, 意外な, 烈しいもの, 矢つぎ早であった, 自惚れて, 足利家にとっては, 頭の

▼ しまったため~ (51, 0.3%)

2 である, です

1 [47件] か, かすっかり, かどっち, その晩, その由来, たいへんな, だ, だった, だろうひと月, でありもう, ではない, でもあろう, と考えられる, なかなかこの, にあれ, におれ, にこんな, にその, にそれで, につい, にとつぜん, になにさま, にまったく, にもう, にクロ, にシーズン, に一五八〇年, に人魚, に入院, に兵馬, に地方, に家元, に我々, に水, に氷, に相手, に脊, に錨, に闇, に風景, に高い, ふたたび, 今にも不快, 思わぬ手違い, 早くも, 爾来その, 間もなくこの

▼ しまった~ (47, 0.3%)

4 のよう 3 がある 2 が多い, だと, である, らしい

1 [32件] かである, が仲裁, が多く, が時々, が最後, そのヒダ王朝, だ, だった, だってどれ, だわ, では無かっ, というなら, と女学校以上, と結ばれ, なん, なんぞが交っ, に海底国, のいう, のこと, の名, の幽霊, の思い出, の方, の足音, はいつ, はそれ, は永久, は消えた, は自分自身, もある, もあれ, もすく

▼ しまったけれど~ (44, 0.2%)

1 [44件] あのとき栗林氏, いったいどうした, ここへ, さてそうなると重病, じつは女たち, その不得要領, その口惜し, その小さい, その次に, その焼, その耳, その血, その頃, それでも充分, だからなお残った, だれが, どじょうは, まだこれ, まだすこし残っ, まだ形, よくよく考え, ペキンが, 一一五頁, 何でも, 僕が, 別段この, 十三日には, 口の, 師匠は, 年ちゃんだけは, 彼だけは, 新緑の, 時々穏健, 林屋慶蔵という, 森源は, 殘った, 毎年三月に, 泰軒は, 笑われて, 箱を, 花は, 藤八猿から, 陽の, 鳥取藩士の

▼ しまった~ (44, 0.2%)

2 はもう, は一寸どう, は又

1 [38件] であっても, にもう一度, に向かっ, の下等, の出版, の妻, の姿, の幼い, の手元, の物思い, の眼, は, はいまさら, はおき, はおきやがりこぼし, はでは, はどうか, はふと, はグッタリ, はトウトウ皆, は今更, は寒い, は少し, は或, は町, は白, は皆, は目, は私, は親戚, は貴方自身, は難破船, は面白, をいたわっ, を殺さない, を眺めた, を見捨てる, を迎え

▼ しまったその~ (43, 0.2%)

2 ことが

1 [41件] あとで, あとは, お蔭だ, せいか, そもそもの, ほかには, スフィンクスの, レコードが, 上原稔の, 両眼, 中に, 事は, 人との, 剛力, 商人は, 夜, 夜も, 女の, 女ネネが, 子が, 年の, 建物の, 往来を, 急廻転, 愛について, 故も, 文学の, 早いこと, 時の, 死に対して, 異様な, 病気は, 祟りで仙台, 約束が, 翌年の, 翌日に, 肩の, 舟の, 責任を, 野原には, 頭

▼ しまったけれども~ (41, 0.2%)

1 [41件] おそらくやはり何所, こうして十分, こちらからは, この男, これは, その小さな煙草屋, その彼女, その母, それだけは, それでもどうか, つい近来, とにかくひどくのんびり語っ, どこの, なかでもお釈迦様, なぜ廃業, またいつのまにか, まったくお寺, まったく不思議, ヨーロッパの, 一般の, 七八歩走る, 今でも, 今は, 僕は, 多くの, 山道としては, 幸い小銭, 彼女は, 後を, 必ず他日, 気も, 私には, 穀粉の, 第一, 自分は, 色白の, 荒筋は, 見ろこうして, 誰が, 釣竿の, 随分心温か

▼ しまった~ (41, 0.2%)

8 である 7 だった 4 だ, であった 2 です, になっ

1 [14件] がある, で, であり師直, であるが, ですが, でどう, でションボリ, で保田, で彼, で沈黙, で終った, で長老, なん, になった

▼ しまった以上~ (38, 0.2%)

2 は仕方

1 [36件] いかに彼女, いかに私, この物語, すでに歌子, その戦争, その本尊様, その詞質, とどまる松平, どんなこと, は, はこの, はさながら, はそれ, はどう, はなんと, はめったに, はもう, はもうよほど, は一刻, は日本, は止む, は殺害, は絶対, は美名, は逢う, もうどうする, もう一度逆戻り, もはやどこ, もはや固い, 今さらどう気, 今更なまじいに, 打ち消しよう, 棄てたり, 生きて, 知って, 聞かずに

▼ しまった様子~ (36, 0.2%)

13 です 3 だ, である 2

1 [15件] だが, だった, であった, であります, でさすが, でした, ですし, でほどなく, で周助, で容易, で小声, で私ども, にジルベール, をお, を不破氏

▼ しまったあの~ (35, 0.2%)

1 [35件] いさましい犠牲的, うちに, おばけガニです, ときの, よっぱらいじいさん, ヤコブの, ヴァイオリンを, 一方の, 不吉な, 中谷今日私を, 人の, 優雅に, 右の, 唄の, 夜の, 婦人患者だった, 子に, 恋愛に, 憤らしさ, 手製の, 時の, 時颯っと, 気の, 気違いじみた, 無言では, 男に対して, 画家との, 知らせは, 肉づき, 膨大な, 苦い経験, 迪子の, 難破の, 風は, 香水を

▼ しまった~ (35, 0.2%)

10 となっ 2 になっ

1 [23件] そのこと, そのわずか, ではいつ, ではその, ではもうそう, ではクリストフ, では再び, では朝, では通っ, の姿, の彼女, の悲しみ, の鶴枝, はその, はそんな, はもう, は自身, ふっと切なく, までの経過, も同じ, 慕わしさ, 改めて葉子, 松と

▼ しまった自分~ (35, 0.2%)

2 の姿, の短気

1 [31件] が悲しかっ, が自分, が身, だった, であるから, であると, にさすが, に対して子供, に立腹, の事, の夫, の娘, の息, の悪い, の手, の母, の気持, の脚, の莫迦さ加減, の身, の運命, はこの, は世界, は無意識, は軽薄, をうかつ, をこの, をさえ, を感じた, を発見, を身

▼ しまったこの~ (32, 0.2%)

2 男を

1 [30件] あいだの, おれは, からだを, 一団には, 上は, 上方役者の, 世界では, 人, 人からは, 件を, 吹雪も, 女の, 女は, 巧妙な, 広海屋, 後は, 心持が, 恐ろしげ, 恥かし, 時事に, 有名な, 朝の, 玲瓏たる, 現象は, 町を, 病院の, 老勇士, 身体が, 野郎ども覚え, 間中からの

▼ しまったとき~ (32, 0.2%)

1 [32件] あの美しい, ある朝, かの女, からあたし, からすは, からだ, この遺族, さもなければもう, そのあと, たちまちたかい, に, にいいました, にぐっすり, にしか何一つ, にはお母さん, には予見, には可笑しい, には自分, には鎧袖一触, にも, にもやはり, にコーヒー, に感じる, に拒否, に無理, に鏡, のよう, の一日, は, はし, は白状, 白いほど

▼ しまった~ (31, 0.2%)

1 [31件] からは縁, さらに花川戸, その主将鹿野元忠, だしぬけに, であの, でそれから, でなければ, では私, にこれ, にさらに, にせめて, にフーラー博士, に博文館関係, に壁, に大覚寺統, に新た, に更に, に櫂, に胸, に自分, に虚弱, は, はすぐ, はたしかめる, はとうてい, はもう, はもうもう, は湖, は猶, は私自ら, 大きい目

▼ しまったほう~ (29, 0.2%)

14 がいい 2 がよい, がよかっ, がよかろ 1 がかえって, がまし, がよろしい, が僕, が安楽, が後々, が気味, が自分, が都合

▼ しまった~ (28, 0.2%)

2 には鳳凰

1 [26件] だ, にはこの, にはしつこく, にはその, にはたまらない, にはひっそり, にはほんとに, にはまるで, にはもう, にはゲジゲジ, には仏, には全く, には名府城下, には宇津木さん, には独逸軍, には自分, にも小さい, にゃあ, にゃア, にゃムク, にゃ取返し, のかた, のこと, のひとりぼんやり, はあった, もあった

▼ しまった~ (27, 0.1%)

2 すずは, 銀様は

1 [23件] せいは, にいさまたち, 人や, 口元にも, 君に, 君は, 品を, 土左などは, 定さんは, 富の, 日さまの, 杉その, 此は, 甲へ, 直を, 石は, 糸は, 艶だった, 艶は, 蘭は, 角は, 銀様の, 雪は

▼ しまった~ (26, 0.1%)

1 [26件] ある夜膳, から嵐, こわれかかった汽笛, しかやって来まい, だぞ, であった, であろうと, で夢, とみえ, にちょうど, になっ, には二人, には表, に二人, に初めて, に漸く, に真弓, に近所, の話, へこの, を見澄まし, を見計らい, を見計らっ, を見計らった, 下っ引, 行きたかったが

▼ しまったとは~ (25, 0.1%)

2 思えないが

1 [23件] いえこの, いえまだ, いえ巡回, いかにもオッチョコチョイ, いふもの, かならずしもいえまい, どうしても考えられなかった, どんなこと, まことにわけ, 云っても, 今の, 何と, 何と因果, 余りに浅薄, 信じられませんでした, 信じられんよ, 思ったが, 思われないん, 想像しなかった, 意外な, 知る由, 美貌の, 言えないまでも

▼ しまった~ (25, 0.1%)

2 があります, がある, が多い, もあった

1 [17件] がどうして, だ, であること, として生きる, には, に対しては別, のこと, の虚無, の言, は皆, ばかりだ, もあり, もある, もたくさん, も少なく, も沢山, を救い揚げる

▼ しまった~ (25, 0.1%)

5 だ, である 2 です, では, なん 1 がさっぱり, さ, だった, だね, であったが, であるから, でも, で御座います, になる

▼ しまった~ (24, 0.1%)

2 である

1 [22件] がいま目, がこうした, が自分, であった, であるから, の忿懣, の様子, の眼, の魅力, はすぐ, はその, はひらり, は今, は傍, は富士山, は我が, は老, は自ら非常, は虎, は重苦しい, は間もなく, は食堂

▼ しまったとか~ (23, 0.1%)

2 云う事, 言うの, 言って

1 [17件] あの子, いうので, いったよう, いろいろな, お力に, さも憎, で御所, で私, どうする, ならば, びっくりし, またシナ, 何か, 生きること, 申す事, 社会主義者は, 鎌倉が

▼ しまった時分~ (23, 0.1%)

2 にどこ

1 [21件] であります, にこの, にすっかり, にそろそろ, になっ, には, にはどこ, には一同, には八景, には自動車, にまた, にやって来, に二人, に廊下, に木, に本陣, に漸く, に通り, に道庵先生, に重太郎, のこと

▼ しまった~ (23, 0.1%)

2 な訳, になっ

1 [19件] である, なだれ, な厳, な口調, な国内限り, な次第, な気, な気持, な自分, な顔色, にうきうき, にしょげ, になる, にイケ洒蛙洒蛙, に子供, に平明開発, に笑った, に見えます, に見える

▼ しまったもん~ (21, 0.1%)

6 ですから 5 だから 321 だで, だと, ですな, ですよ, でつい

▼ しまった~ (21, 0.1%)

42 のあの, は断じて

1 [13件] だった, だったが, だのに, であった, であります, です, でたとい, では, なのに, の峯吉, の当の, の松井田機関士, の賀来子

▼ しまった~ (21, 0.1%)

2 をし

1 [19件] だが, である, で出口, といまだに, とくらべ, と声, になっ, になり, には堪えがたい, に立派, のよう, の凹凸, の娘, も腫れた, をうつむけ, を並べ, を挙げ, を洗う, 高い鼻

▼ しまったとの~ (20, 0.1%)

4 こと 3 事であった 2 ことであった, ことです 1 ことだ, ことだった, ことであります, ことである, ことでした, 事だ, 事である, 後悔が, 由で

▼ しまった今日~ (20, 0.1%)

5 となっ

1 [15件] あいかわらず博士, さてその, ではただただ, では僅か, でもやはり, なお決して, のめのめと, の危急, もうその, もはや如何, も彼女たち, も猶, を悲観, 思い出すの, 惜しいこと

▼ しまった感じ~ (20, 0.1%)

4 である 2 がした, だ, であった, でした 1 がしました, がする, がほしい, だった, です, で憑きもの, なの, をどう

▼ しまったばかり~ (19, 0.1%)

2 でない

1 [17件] だ, だった, でなくさながら, でなくすっかり, でなくその, でなくまた, でなくジッ, でなく一々, でなく何事, でなく兄, でなく先刻盤得尼, でなく勇奮猛闘, でなく深い, でなく肋骨, でなく足もと, では, なのに

▼ しまったまま~ (19, 0.1%)

3 になっ 2 だった, で人

1 [12件] いまだに顔, そっと曳い, だ, だし, でした, でそちら, でべつに, で話す, の窓, 暫く顔, 消そうとしても, 考えても

▼ しまったそれ~ (18, 0.1%)

1 [18件] からのこと, からは中, から三日, から五分, から籾山, がなけれ, がわかっ, が薄, こそそれ, です, ではない, で居, はお, は視線, も永久, を歯痒く, を考え, を見る

▼ しまったはず~ (18, 0.1%)

2 だから

1 [16件] だが, だった, だよ, であった, です, ですそう, ですよ, で支那, なん, のこと, のもの, のクルベー, の一代, の人々, の温泉, もありません

▼ しまったくらい~ (17, 0.1%)

2 だった, である

1 [13件] その雨, だから, だったその, であった, でしたが, です, ですから, なの, なので, 嫉妬に, 彼は, 感激しちゃった, 興奮し

▼ しまった~ (17, 0.1%)

2 のこと

1 [15件] がいる, であって, であります, である, であろう, というもの, とが相, のあ, のかお, の容貌, の所作, の欲しい, はほんとに, は一体, を説

▼ しまったせい~ (15, 0.1%)

1 [15件] かここ, かどうも, かもしれない, か今晩, か先生, か刑部, か向き合っ, か男, か静か, だろうか, でも, なん, もあったでしょう, もあり, もある

▼ しまったとしか~ (15, 0.1%)

2 考えられないの, 考えられません

1 [11件] かんがえられないの, 思えないの, 思われない, 思われなかった, 思われません, 考えられず不思議, 考えられないでは, 考えられなかった, 考えられなかったの, 考え様が, 見えない

▼ しまった~ (15, 0.1%)

3 であった 2 だ, でよもや 1 だから, であり其処, であるから, でした, です, ですからね, ではあった, で立派

▼ しまったものの~ (14, 0.1%)

1 [14件] このごろ何かに, これじゃ, その餅, ひと趣向, まさかに飢, まだうしろ, 余程懸念, 天罰に, 如く思えて, 如く雪, 如く額, 姿だ, 底の, 私は

▼ しまった~ (14, 0.1%)

1 [14件] それでも直ぐ, それも, だっておまえ, もう林町, わしも, ナースチャ, 八, 夢も, 弁信さん雨が, 思い出せないよ, 憎らしいねえ, 止めて, 私は, 額に

▼ しまったんで~ (14, 0.1%)

2 さあ

1 [12件] あっしは, がす, どうなる, どうも驚い, どこへ, また上る, 今みんなし, 又九段, 少し休養, 探しに, 横浜が, 誠にどうもツイ

▼ しまったけど~ (13, 0.1%)

2 うるさがらせ, ここが 1 あのうち, いいこと, しかし私たち, その頃, つらいのよ, 一度は, 怒って, 手元に, 数えて

▼ しまった~ (13, 0.1%)

3 の顔 1 が最後, である, でもさてこうして, との魂, とみえ, なのに, の形, の言うた, は使わない, もこの

▼ しまった~ (12, 0.1%)

2 にはもう, には今 1 でまだ, に生姜, のよう, の空虚, は二人きり, は今度, もいつ, も私

▼ しまったかという~ (11, 0.1%)

2 ことを 1 ことが, ことでした, ことです, その根元, なぞです, ような, 問題を, 理由も, 程度に

▼ しまっただけ~ (11, 0.1%)

31 このほう, だった, であるから, では, で藤村, なの, なん, 始末が

▼ しまったとも~ (11, 0.1%)

2 言い或 1 いえるの, いわれるであろう, 思わなかった, 思われない, 気がつかず号令, 考えて, 言うの, 言われぬの, 言われる

▼ しまったからには~ (10, 0.1%)

1 あの老人, いうこと, その見つめた, どうなり, もうどうしよう, もはや逡巡, 取れるもん, 時親の, 義を, 鮫を

▼ しまったとでも~ (10, 0.1%)

2 いうの, 云うよう 1 いう風, 云い現, 云うかの, 思うだろう, 思うほか, 思って

▼ しまった人間~ (10, 0.1%)

1 かどっち, が何, だから, というもの, なの, なんてチット, には相違, のよう, の粕みたい, はあと

▼ しまった~ (10, 0.1%)

1 が元々, が枚挙, であった, である, ですぐ, なん, は高い, へその後二, へ自分一人きり, まで調べ上げ

▼ しまった~ (10, 0.1%)

4 がする 2 がし 1 がした, でい, は心, もした

▼ しまったうえ~ (9, 0.0%)

1 くる日, とうとうちゃんと座席, にこちら, に今, に板, に町内, に突然, はもはや, は今夜

▼ しまったこれ~ (9, 0.0%)

1 がその, でゆっくり, はあの, は主筆田川大吉郎氏, は仮定, は国民, ほどにし, までの彼女, も焼い

▼ しまったころ~ (9, 0.0%)

1 からお, になる, には今度, に不思議, に兵部卿, に松吉, も座敷, やっと目的地, 心苦しくて

▼ しまったところが~ (9, 0.0%)

1 あとで, この事, これが, 三日目の, 失恋した, 有助, 村に, 痛快で, 眼に

▼ しまったのよ~ (9, 0.0%)

1 あなたの, あなたを, お気の毒, こうして生き, そいつを, ねえお父さま, 何ていう, 笑い乍ら, 辛いわ

▼ しまったばかりか~ (9, 0.0%)

1 それと, ほかに, もう学校, ミス・ヘミングウェーは, 実は莫大, 明り窓は, 異様な, 短刀は, 逆に

▼ しまった~ (9, 0.0%)

3 もうどうしても 1 かせがなくちゃ, その人, なし, ホーラね, 新聞で, 曲芸も

▼ しまった~ (9, 0.0%)

1 その少年, です, ですから, なので, な大捷, に不愉快, に驚きました, 恐ろしい鬼, 長い前

▼ しまった結果~ (9, 0.0%)

1 であるよう, であろうか, としてのみあらわれた, として惨憺, になりました, に対しては男並み, はそこ, はどう, を生じ

▼ しまったとかいう~ (8, 0.0%)

3 ことだった 1 ことで, 事を, 訳で, 話であった, 顔を

▼ しまった~ (8, 0.0%)

2 だそう 1 じゃあない, だ, だろう, で, です, べ

▼ しまった~ (8, 0.0%)

1 からしなやか, で, でも図書館, にはさまっ, に一つ, に私一人, の君, の様子

▼ しまった次第~ (8, 0.0%)

3 である, です 1 ですが, を

▼ しまったいま~ (7, 0.0%)

2 となっ 1 ではもう, の私, はだれ, もう霜, も自分

▼ しまったかたち~ (7, 0.0%)

2 です 1 だ, だった, である, でこの, で室戸博士以下

▼ しまったとしても~ (7, 0.0%)

1 あながち無理, それは, やむを得ない, 不思議は, 別にお, 少くも, 覚悟は

▼ しまったのみ~ (7, 0.0%)

1 ならずいかにも, ならずさらに, ならずその, ならずひとり呑込み, ならず専門家間, ならず経済的, ならず遠く

▼ しまった~ (7, 0.0%)

2 こんな事 1 あの時警視庁, しまったッ, て, て私, と胸

▼ しまった人々~ (7, 0.0%)

2 の一人 1 が無意義, のため, の名, は手ごと, は自嘲的

▼ しまった子供~ (7, 0.0%)

1 に阿, の時分, の衣類, の邪気, は逃げ, をどう, を探し

▼ しまった彼女~ (7, 0.0%)

1 であった, にはなんと, の母親, の顔, の顔容, は帯, を偶然

▼ しまった~ (7, 0.0%)

1 だけは別, であると, で居る, になります, の皮膚, の苦悶, は私

▼ しまったからと~ (6, 0.0%)

2 云って 1 いっても, 女房に, 彼は, 私が

▼ しまったきり~ (6, 0.0%)

1 さっぱり以後, だった, だと, であか, の入口, 出て

▼ しまったつもり~ (6, 0.0%)

1 でいた, でいる, でございます, で清三, なの, なん

▼ しまったなどという~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, のと, のを, ふがいない歴史

▼ しまったふう~ (6, 0.0%)

1 であったから, です, なの, に遠国, は見せ, をし

▼ しまったぼく~ (6, 0.0%)

1 が片隅, にはまるっきり, はそれでも, はもう一度, はトランク, は羽根ぶとん

▼ しまった~ (6, 0.0%)

1 かの花, か一つ, か云い知れぬ, か私, しに, とも名状

▼ しまった~ (6, 0.0%)

1 ですよ, に引裂かれる, の豊か, は幾度, は覚悟, も急い

▼ しまった~ (6, 0.0%)

1 事業は, 問題だ, 地主だった, 屋根へ, 東京の, 目的が

▼ しまった~ (6, 0.0%)

1 には, にはいずれ, には教会, に地獄, は殆ど, 立つ霧

▼ しまった証拠~ (6, 0.0%)

1 だった, であります, です, といえる, なん, にはみんな

▼ しまった~ (6, 0.0%)

1 がほのか, にふさふさ, にぽっと, の筋, の筋肉, や意味

▼ しまったある~ (5, 0.0%)

1 ものは, 一家の, 日の, 朝当然, 雨の

▼ しまったって~ (5, 0.0%)

3 いうん 1 いうの, いったの

▼ しまったといった~ (5, 0.0%)

1 ところが本来, ような, 感じが, 方が, 風な

▼ しまったとばかり~ (5, 0.0%)

4 思って 1 ぴたりと

▼ しまったのね~ (5, 0.0%)

1 あれは, いやだ, すぐハガキ, 休みたかったのに, 本当に

▼ しまったのみか~ (5, 0.0%)

1 いかに烈風, それが, そんなこと, 梁山泊の, 裾を

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 いわゆる両雄聯び, さっぱり分らぬ, 可いが, 昨今評判の, 自分ながら

▼ しまったまでの~ (5, 0.0%)

2 ことだ 1 ことで, ことです, 日本の

▼ しまったもう~ (5, 0.0%)

1 一切の, 一足早かりせ, 敵の, 知らぬとは, 結婚などの

▼ しまった二人~ (5, 0.0%)

1 の前, の女, の悪, の悪縁, は玄関

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 がいくらでも, は今, は他, は頗る, もあるで

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 でこれ, のもの, の垢, の芸術形式, の近代風

▼ しまった古い~ (5, 0.0%)

1 事を, 宗教から, 朱の, 習慣の, 複製の

▼ しまった場合~ (5, 0.0%)

1 なん, にはなるべく, も同様, も最も, よりも遥か

▼ しまった~ (5, 0.0%)

2 の闇 1 からは二週間, のこと, ふと眼

▼ しまった~ (5, 0.0%)

2 を見ました 1 のよう, をみ, をみました

▼ しまった~ (5, 0.0%)

3 がある 1 が沁, を自身どうしよう

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 のお茶の水, のこと, の歌人, の版, の自分

▼ しまった時彼~ (5, 0.0%)

1 はまた, は不思議, は床, は引き出し, は眼

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 だけである, にあるらしく, は優しい, もある, や何

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 がつぶやく, が死ん, と母, の顔, や兄

▼ しまった~ (5, 0.0%)

2 をしました 1 のつづき, をされ, をどう

▼ しまった~ (5, 0.0%)

1 になっ, の片隅, はよほど, は睡ろう, を刺激

▼ しまったかを~ (4, 0.0%)

1 推測せしめる, 知った, 語った, 語って

▼ しまったくらいの~ (4, 0.0%)

1 寒さ, 山奥でした, 玄正には, 退屈な

▼ しまったそれから~ (4, 0.0%)

1 今度は, 例の, 昨年四十円の, 次に芝

▼ しまったなどと~ (4, 0.0%)

1 いうよりも, まことし, 云って, 曖昧な

▼ しまったなどの~ (4, 0.0%)

1 ことが, 一些事が, 噂すら, 安易感にこそ

▼ しまったなんて~ (4, 0.0%)

1 いって, ずいぶんふしぎ, そう言っ, まるで夢

▼ しまったにも~ (4, 0.0%)

1 かかわらず参考, かかわらず英語, 不拘, 拘らず今にも

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 ようでございます, 同じこと, 同じだ, 同じであった

▼ しまったやう~ (4, 0.0%)

1 であった, な彼女, な感じ, 何とも云

▼ しまったわたし~ (4, 0.0%)

1 が何遍, のそば, はただ, はなんと

▼ しまった人たち~ (4, 0.0%)

1 がある, などソッ, のこと, の賛同

▼ しまった原因~ (4, 0.0%)

1 ではない, には不審, のよう, をなし

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 だ, と長子, も十数年, を追跡

▼ しまった姿~ (4, 0.0%)

1 である, は黒い, をまざまざ, を感じ

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 さえもどんな, なん, の不幸, の肩

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 さえあった, の事情, の夢, もある

▼ しまった寂しい~ (4, 0.0%)

1 停車場を, 美奈子の, 荒れた家, 部屋の

▼ しまった平次~ (4, 0.0%)

2 はこの 1 はそれ, 半狂乱

▼ しまった心地~ (4, 0.0%)

1 がし, がした, がする, だ

▼ しまった感情~ (4, 0.0%)

1 がまた, だったので, やまた, を字

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 の死に, の生涯, の膝, をうらめしく

▼ しまった母親~ (4, 0.0%)

1 に寝ず, のからだ, の盲愛, は削りかけ

▼ しまった状態~ (4, 0.0%)

1 です, でなかなか, で日々, は根本的

▼ しまった白い~ (4, 0.0%)

1 ベンチの, 提灯を, 毛の, 額を

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 が怒っ, が覚める, でございますが, をいっぱい

▼ しまった瞬間~ (4, 0.0%)

1 には全く, に市九郎, の出来事, はどんなに

▼ しまった若い~ (4, 0.0%)

1 一婦人の, 夫は, 女としか, 女は

▼ しまった葉子~ (4, 0.0%)

1 の目, はこう, はここ, は手紙

▼ しまった豹一~ (4, 0.0%)

1 が出社, と疲労, は誰, は重ね

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 なの, にし, には俄, の軽い

▼ しまった過去~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 の記憶, を思う

▼ しまった~ (4, 0.0%)

1 がした, で三時, に違い, の区別

▼ しまったあたり~ (3, 0.0%)

1 の条, はなかなか, を振り返っ

▼ しまったあと自分~ (3, 0.0%)

1 で調査員, の家, はひとり悠々

▼ しまったあれ~ (3, 0.0%)

1 と同じ, なの, は富士山

▼ しまったおれ~ (3, 0.0%)

1 はなんと, は一体, もどこ

▼ しまったからとて~ (3, 0.0%)

1 別に不思議, 彼女の, 無事でいるなら

▼ しまったこんな~ (3, 0.0%)

1 ことなら, 末期に, 筈で

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 それで一方女, 奴さんは, 小供

▼ しまったしかも~ (3, 0.0%)

1 それが, もう永久, 太郎に

▼ しまったそういう~ (3, 0.0%)

1 ことは, 伝統を, 部分が

▼ しまったそうして~ (3, 0.0%)

1 ひょいと私, ボーイを, 都新聞の

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 なんと笑止, ッ, 馬鹿野郎

▼ しまっただけの~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものです, 事よ

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 もう陸, よく考え, ア

▼ しまったには~ (3, 0.0%)

1 お雪ちゃんも, ぞっとしました, 相違ない

▼ しまったばかりの~ (3, 0.0%)

1 ところである, ところな, ところへ

▼ しまったほどの~ (3, 0.0%)

1 兵馬の, 功労者は, 大きな偽り

▼ しまったわと~ (3, 0.0%)

2 云う話 1 いって

▼ しまった一つ~ (3, 0.0%)

1 の力, の家, の重大

▼ しまった一人~ (3, 0.0%)

1 があった, である, の祖母

▼ しまった三人~ (3, 0.0%)

1 の女, は心, をどう

▼ しまった不幸~ (3, 0.0%)

1 な人, な弟, な自分

▼ しまった世界~ (3, 0.0%)

1 である, に向っ, の風光

▼ しまった事情~ (3, 0.0%)

1 は立退き, も想像, を訊ね

▼ しまった問題~ (3, 0.0%)

1 ならば, にほかならなかった, の提灯

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 があと, とお互い身, は私

▼ しまった夫人~ (3, 0.0%)

1 と離れ, はもう, は親身

▼ しまった実に~ (3, 0.0%)

1 たくさんの, 不可解な, 困ったの

▼ しまった実例~ (3, 0.0%)

1 さえある, など, はかなり

▼ しまった容子~ (3, 0.0%)

1 であった, である, に沢庵

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 侍従の, 十郎の, 市民的な

▼ しまった恰好~ (3, 0.0%)

1 が笑止千万, だった, になった

▼ しまった悪い~ (3, 0.0%)

1 奴, 奴が, 奴は

▼ しまった戦争~ (3, 0.0%)

1 こんだけ, に負け, に負けたくなかった

▼ しまった日本~ (3, 0.0%)

1 がよく, の一部, の文学

▼ しまった時代~ (3, 0.0%)

1 の逸話, はまだ, もめずらしい

▼ しまった時私~ (3, 0.0%)

1 は, はいよいよ, はどう

▼ しまった気持~ (3, 0.0%)

1 だった, なの, になっ

▼ しまった火鉢~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 であった, ならしかた, の代価

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 のよう, を投, を紐

▼ しまった現在~ (3, 0.0%)

1 であるし, ではその, では前川

▼ しまった現実~ (3, 0.0%)

1 が支那服, の世界, を素早く

▼ しまった生活~ (3, 0.0%)

1 のこと, の中, をし

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 である, でご, です

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 がよ, に夜, に生き

▼ しまった相手~ (3, 0.0%)

1 とめくら, を眺めた, を追う

▼ しまった秀吉~ (3, 0.0%)

1 でも, の得意, はやくざ者

▼ しまった空虚~ (3, 0.0%)

2 の船 1 見なかった焦躁不安

▼ しまった肉体~ (3, 0.0%)

1 と妄念, の置き場, を我慢

▼ しまった若者~ (3, 0.0%)

1 に憫, の家族, の早技

▼ しまった記憶~ (3, 0.0%)

1 がある, に誤り, の喚起

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 の中, の外, の道

▼ しまった間柄~ (3, 0.0%)

1 である以上, である時, でした

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 の夜明け, の消えた, 之丞

▼ しまった青年~ (3, 0.0%)

1 の話, の輝, らしい肩つき

▼ しまった顛末~ (3, 0.0%)

1 などは想像, はかつて, までを

▼ しまった~ (3, 0.0%)

1 たき女中, のよう, の事

▼ しまったあげく~ (2, 0.0%)

1 には鈴, 美しいばかり

▼ しまったあんな~ (2, 0.0%)

1 世話甲斐の, 芸当は

▼ しまったいとしい~ (2, 0.0%)

1 保として, 者の

▼ しまったいや~ (2, 0.0%)

1 はや草, もう道中

▼ しまったいわゆる~ (2, 0.0%)

1 ファンが, 出戻り女の

▼ しまったお前~ (2, 0.0%)

1 が私, の部分

▼ しまったお蔭~ (2, 0.0%)

1 で意外, で隠忍十年

▼ しまったかお~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ しまったかに~ (2, 0.0%)

1 思われた, 見えた

▼ しまったかは~ (2, 0.0%)

1 だれにも, 最早くだくだしく

▼ しまったからは~ (2, 0.0%)

1 もう倖, 逃げようとて

▼ しまったがと~ (2, 0.0%)

1 若干の, 見れば

▼ しまったくやし~ (2, 0.0%)

1 さ, さが

▼ しまったここ~ (2, 0.0%)

1 の一廓, は猿

▼ しまったこれから~ (2, 0.0%)

1 先を, 出かけると

▼ しまったさっき~ (2, 0.0%)

1 の古い, まで霽

▼ しまったじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないかね

▼ しまったすぐ~ (2, 0.0%)

1 三ヵ所に, 前の

▼ しまったそこで~ (2, 0.0%)

1 チチコフは, 会津一橋薩州の

▼ しまったそして~ (2, 0.0%)

1 イタリーを, 彼は

▼ しまったそれでも~ (2, 0.0%)

1 円本で, 妻は

▼ しまったそんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 風に

▼ しまったため何~ (2, 0.0%)

1 かといえ, を喋ろう

▼ しまったため私~ (2, 0.0%)

1 は例, まで変

▼ しまったとして~ (2, 0.0%)

1 その根本原因, 再びこれ

▼ しまったとて~ (2, 0.0%)

1 このまちがい, 唯ひとつ私

▼ しまったどこ~ (2, 0.0%)

1 か火の気, へ逃げたろう

▼ しまったなと~ (2, 0.0%)

1 思いながらも, 思いました

▼ しまったなどとは~ (2, 0.0%)

1 すこしも知りませんでした, 知らぬ胴六

▼ しまったなり~ (2, 0.0%)

1 で出, 放って

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 ゆっくりお, 北園竜子

▼ しまったばっかりに~ (2, 0.0%)

1 そのお, そのお嬢様

▼ しまったひと~ (2, 0.0%)

1 なん, をわたし

▼ しまったまた~ (2, 0.0%)

1 はずれた, 谷底へ

▼ しまったみたい~ (2, 0.0%)

1 であの, ですからね

▼ しまったやつ~ (2, 0.0%)

1 である, をあっさり

▼ しまったゆえ~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に自ら力

▼ しまったより~ (2, 0.0%)

1 ほかには, 好いかも

▼ しまったわね~ (2, 0.0%)

1 いずれ又なん, 真個に

▼ しまったわれわれ~ (2, 0.0%)

1 がバラック, の最も

▼ しまったドイツ~ (2, 0.0%)

1 では何ぴともあの苦境, は敵

▼ しまった一座~ (2, 0.0%)

1 ではパリ, の顔

▼ しまった三十~ (2, 0.0%)

1 の頃, 近い男

▼ しまった下駄~ (2, 0.0%)

1 で三十歳, を足先

▼ しまった不思議~ (2, 0.0%)

1 な事件, な欲望

▼ しまった不覚~ (2, 0.0%)

1 を大勢, を謝りました

▼ しまった事件~ (2, 0.0%)

1 がある, のこと

▼ しまった事実~ (2, 0.0%)

1 である, というの

▼ しまった今夜~ (2, 0.0%)

1 の始末, はどこそこ

▼ しまった仙太郎~ (2, 0.0%)

2 である

▼ しまった以上私~ (2, 0.0%)

1 の口, はしばらく

▼ しまった以後~ (2, 0.0%)

1 そのあと, の見せしめ

▼ しまった仲間~ (2, 0.0%)

1 のいる, をこきおろす

▼ しまった伸子~ (2, 0.0%)

1 は場ちがい, は机

▼ しまった佐助~ (2, 0.0%)

1 が一途, は冬眠中

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 が手, だ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の弱, の心

▼ しまった全く~ (2, 0.0%)

1 一角が, 馬鹿殿様と

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 には御, には済まねえ

▼ しまった切り~ (2, 0.0%)

1 じゃしょうが, である

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 のよう, をもっ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 創の, 女房が

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 でなければ, においては農業者

▼ しまった国土~ (2, 0.0%)

2 をあと

▼ しまった国旗~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ しまった圓朝~ (2, 0.0%)

1 だった, にとってはおもいで

▼ しまった土地~ (2, 0.0%)

1 が多い, も多い

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 でさとす, でやっと

▼ しまった大きな~ (2, 0.0%)

1 うちの, 矛盾と

▼ しまった大地~ (2, 0.0%)

1 の上, を嘲る

▼ しまった女たち~ (2, 0.0%)

1 にまた, の死がい

▼ しまった女性~ (2, 0.0%)

1 であった, の髪の毛

▼ しまった女房~ (2, 0.0%)

1 はやっと, をさすが

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の命, はもはや

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の話, はどう

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 が, 鯨を

▼ しまった孝助~ (2, 0.0%)

1 が相川, の驚き

▼ しまった孤独~ (2, 0.0%)

1 な生活, な魂

▼ しまった家族~ (2, 0.0%)

1 の生活, や亭主

▼ しまった小さな~ (2, 0.0%)

1 支度を, 離れ座敷

▼ しまった少年~ (2, 0.0%)

1 の日, よりもおろか

▼ しまった尤も~ (2, 0.0%)

1 この紙型鉛版屋, 無理に

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 よった悪魔, より夫婦

▼ しまった庸三~ (2, 0.0%)

1 からの逃げ道, のそれ

▼ しまった弁信~ (2, 0.0%)

1 の長物語, は

▼ しまった当座~ (2, 0.0%)

1 の空虚感, は並

▼ しまった彼ら~ (2, 0.0%)

1 には, の女房たち

▼ しまった後彼~ (2, 0.0%)

1 はどこ, はますます

▼ しまった後私~ (2, 0.0%)

1 は一人楓, は母

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 気色に, 靴下の

▼ しまった心持~ (2, 0.0%)

1 がいとおしく, がどうしても

▼ しまった怠慢~ (2, 0.0%)

1 さえあった, をさすが

▼ しまった恋人~ (2, 0.0%)

1 の多少, も情けなく恨めしかっ

▼ しまった我が~ (2, 0.0%)

1 太陽を, 文学界においても

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 る対宮中問題, 親しい友人

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の中, の前

▼ しまった戸外~ (2, 0.0%)

1 の闇, は怖

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 でやがて, には負える

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 で指さし, と彼女

▼ しまった日本人~ (2, 0.0%)

1 がたとえ, の心

▼ しまった春さん~ (2, 0.0%)

1 の言う, の頭

▼ しまった時二人~ (2, 0.0%)

1 がいっしょ, の肩

▼ しまった時刻~ (2, 0.0%)

1 がそれから, に午前

▼ しまった有様~ (2, 0.0%)

1 でいる, をつくづく

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 に無理, の娘

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 やが変った, を持っ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の木, を眺め

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 く冷やか, 年の

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の上, を曳き出

▼ しまった残念~ (2, 0.0%)

1 だなあ, でたまらない

▼ しまった殿様~ (2, 0.0%)

1 がある, なん

▼ しまった民家~ (2, 0.0%)

1 の戸口, やそこ

▼ しまった気の毒~ (2, 0.0%)

1 なこと, な僕達

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 のやう, をながめ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 か二, 一層傷

▼ しまった~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ しまった父親~ (2, 0.0%)

1 の毎, は妻子

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 眼な, 脚の

▼ しまった物質~ (2, 0.0%)

1 がまた, たとえば灰

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 はふたたび, を見る

▼ しまった生涯~ (2, 0.0%)

1 が思いかえされる, の汚点

▼ しまった男たち~ (2, 0.0%)

1 が寄っ, も時

▼ しまった男の子~ (2, 0.0%)

1 があれ, のよう

▼ しまった秘密~ (2, 0.0%)

1 です, をお

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 にまだところどころ, のよう

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 からどうして, はそろそろ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ しまった竹童~ (2, 0.0%)

1 はやがて, もほんとに

▼ しまった米友~ (2, 0.0%)

1 が高札, はどこ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 作家である, 婦人の

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 に両手, を立て

▼ しまった自動車~ (2, 0.0%)

1 である, に乗っ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 の形, へおい

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 さに対して, 武士たちは

▼ しまった葡萄酒~ (2, 0.0%)

2

▼ しまった蝋燭~ (2, 0.0%)

1 の火, は幸い

▼ しまった~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ しまった読者~ (2, 0.0%)

1 に無事下山, の舌

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 か探し, か迎え

▼ しまった貞世~ (2, 0.0%)

1 の声, を憤る

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 に今, を掃い

▼ しまった運命~ (2, 0.0%)

1 の不服, を考え

▼ しまった長い~ (2, 0.0%)

1 あいだ心と, 年月が

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 にはその, にはそれ

▼ しまった雄太郎君~ (2, 0.0%)

1 はけれども, は自分

▼ しまった雑誌~ (2, 0.0%)

1 でもきよ, を

▼ しまった青春~ (2, 0.0%)

1 の夢, を考える

▼ しまった頭髪~ (2, 0.0%)

1 にまで気がつい, を塩風

▼ しまった顔つき~ (2, 0.0%)

1 で, になっ

▼ しまった~ (2, 0.0%)

1 でしんみり, なの

▼1* [1206件]

しまったね, しまったああしまったぞ, しまったあくる日には, しまったあげくカナダの安全さ, しまったあげくヘポメニアス氏の頭蓋骨, しまったあとお雪ちゃんはまだ, しまったあとひとりでにがい, しまったあとぼくは独り, しまったあとヨハンネスといっしょ, しまったあと不破の関守氏, しまったあと件のさむ, しまったあと八つ下りの夕日, しまったあと田山白雲も同様, しまったあと隆夫はひとり, しまったあやしい形の, しまったあるいは卑しいあるいは, しまったいい気な客, しまったいつでも来い, しまったいつかどこかで誰, しまったいつも壊滅の, しまったいのちの重荷, しまったいま無理にその, しまったいもせの, しまったいわば一念と, しまったうえ頤がはずれ, しまったええ私の, しまったおいちょっと探し, しまったおかげで今日, しまったおしろいの噴霧筆, しまったおじいさんなどの言う, しまったおそるべき手練の, しまったおとでした, しまったおとなしい動物だ, しまったおまわりさんにたのん, しまったおろか者の三造, しまったお母さんいい場所, しまったお河童がちっとも, しまったお茶を啜り, しまったお蔦は誰, しまったお話をなさいました, しまったお里が知れた, しまったお隣にゃあ, しまったお雪ちゃんはその, しまったかかる蜈蚣多分, しまったかが忽然とし, しまったかしこそうな, しまったかしら部屋の, しまったかしらと思います, しまったかしらはくッ, しまったかたたちがみずから自分, しまったかで俥が, しまったかとさえ疑われる, しまったかな確かに, しまったかね様のお母様方, しまったからかはりの, しまったからこそついに北宋, しまったからてがらは, しまったからとでもいうの, しまったからなこれで, しまったからなあもっともあの, しまったからねもっとひどく, しまったからばかりでは, しまったかわいらしいあの眼, しまったかわりに日本人, しまったかネこんな顔, しまったきびきびした才人, しまったきょうは痛み, しまったきりあとはあたり, しまったきりそこから動い, しまったきり二人は口, しまったくせに, しまったくまはのがれ, しまったけれどもまた気を, しまったこいつはいけねえ, しまったこういう態度を, しまったことそれも同じ, しまったことスキースケートは四月始め, しまったこと一ヶ月もたつ, しまったこと以外には何一つ, しまったこと会津の兵, しまったこと兄が夫人, しまったこと我々貧乏人が中年, しまったこと自分の信じ, しまったこと詐欺はなかなか, しまったこないだ広海屋火事, しまったころ嗚咽がかすか, しまったころ源氏は少しうとうと, しまったころ長男がひょっこり, しまったこんどは渡邊, しまったこんなにしても, しまったさあ帰りを, しまったしかしまた私は, しまったしずかなところ, しまったしだいでご, しまったすきをねらっ, しまったすごい光景とは, しまったすなわち良民に, しまったすべての外国語, しまった組合さ, しまったそうしたさんざんの, しまったそこら中をやっと, しまったそして尚お熟, しまったそのうち磯も, しまったそのままの男, しまったその後のこと, しまったそれで又私, しまったそれらの写真, しまったそんなら頭巾, しまったぞと大いに恨めしく, しまったたくさんの鶴たち, しまったただそれだけの, しまったたった一人の, しまったためチチコフはどうして, しまったため国貞門下の或, しまったため彼は亡妻, しまったため日暮れまでその, しまったため明朝は左官, しまったため海戦には出なかった, しまったため画家はただ, しまったため直接釜に触れる, しまったため結局その接吻, しまったため翌日その封印, しまったため自分では特に, しまったため道ばたに落ちた, しまったため部下の影, しまったたるみのない, しまったたんぽぽの白い, しまっただから本当なら, しまっただがそんなこと, しまっただけで済んだ, しまっただけにほかの, しまっただけはぜひも, しまっただの妹が, しまっただめだ, しまったちょうどその時分, しまったっきり帰って, しまったっていうじゃないか, しまったついいい首尾, しまったつくづくとこの, しまったつまらなさでも, しまったつまらない女です, しまったいどに, しまったというのほかは, しまったというのもへんです, しまったといふ感じである, しまったとうとうまたおしゃべり, しまったときおいはぎのこむすめは, しまったときわたしたちはやはり, しまったときオレは日暮れ, しまったときサーッと篠, しまったときポケット小僧は大, しまったときマブーフ氏を訪ね, しまったとき久慈は千鶴子, しまったとき二人は丘, しまったとき伸子はあて, しまったとき佃のアメリカ時代, しまったとき外で, しまったとき大げさな調子, しまったとき女の眼, しまったとき孫悟空の雲, しまったとき文学はもう, しまったとき矢代はふとそう, しまったとき秋田さんが来, しまったとき花は花びら, しまったとき若者たちは艀, しまったとき道具番の男, しまったとこう思うと, しまったところ亭主は若い, しまったところ母もすっぽかし, しまったとたんぞっとした, しまったとばかりに思って, しまったとやらでそのまま, しまったどうしたらこの, しまったどういう理由で, しまったどころか取り過ぎて, しまったどれまた始める, しまったなあ恥ずかしいよりも, しまったなあと思った事, しまったなかあいそう, しまったなぜだろう, しまったなぞと云うの, しまったなんのため, しまったなんぞは刷毛ついでとは, しまったなんとあの弟子, しまったなんぼ秋の, しまったについては彼女にも, しまったねこはその後, しまったのちである, しまったのち部屋を出, しまったのよやそしまの, しまったはかない八津の, しまったばかりじゃないその, しまったひとかたまりになっ, しまったひとりの巡査, しまったひろ子を重吉, しまったべつに手を, しまったほかの告白, しまったほどに豊かな, しまったほどにも我慢しなけれ, しまったほんとうに申しわけ, しまったほんとに明日からは, しまったぼくらの関係, しまったぼろの着物, しまったぼろしの, しまったまでであった, しまったまでにわずか二, しまったままここ島の内汁屋の狭い, しまったまま一度も開きません, しまったまま一種異様なショック, しまったまま奥さんなどは忘れ, しまったまま少女の目, しまったまま幾日も帰っ, しまったまま雷にうたれた, しまったまま電燈丈けが一斉にパチパチ, しまったまやかしが暴露, しまったみつに伸子, しまったみんなの頭, しまったむつの守綱宗公, しまったもうこの子, しまったもちゃもちゃした感じに喫驚, しまったもちろん遊戯では, しまったもっとも羚羊は, しまったものそれらにいかなる, しまったものちぐはぐな踊り子, しまったものはじめっから, しまったもの浸水がひどく, しまったもの馬は買っ, しまったゆえ今ではどう, しまったゆえ当分はまず, しまったわいと息を, しまったわいという詫び心が, しまったわっしども, しまったわれらさえ折, しまったんだいクロもう一, しまったアツシを着た, しまったイギリスの天才詩人, しまったインテリめいた女給, しまったウィーンの生きる, しまったウェッシントン夫人を私, しまったオモムキがある, しまったカルロ・ナイン嬢のあと, しまったガラガラと閉める, しまったガラス戸越しに机, しまったキャバレー・エトワールの地下室, しまったギクッとする, しまったグレゴールがあちこち, しまったコウ彼奴ア太え, しまったコゼットはそれ, しまったコゼット防寨共和のため, しまったコップをくれた, しまったシナ伝来のものごと, しまったシャッタアのよう, しまったジノーヴィー・ボリースィチを掘り出し, しまったスイッチを再び, しまったスペインのキリスト教団, しまったセラダは人間, しまったトこれで下枝, しまったトムスキイがおまえ, しまったトム公をかこん, しまったドアを見, しまったドイツ語でようやく, しまったニネヴェ古代帝国以来の燦然, しまったノンキな連中, しまったハッチ口はまだ, しまったハッハッハッ驚いたか, しまったハンケチは真赤, しまったバスに揺られ, しまったバンカラの唐茄子, しまったビールのにおい, しまったピストルをふたたび, しまったファッションはもはや, しまったフィルムだが, しまったフロック型の上衣, しまったプロレトクリトのパンフレット, しまったベッシェール夫人が戻っ, しまったペテロでした, しまったポケット小僧でした, しまったポコちゃんは声, しまったマッチさえ火, しまったマヤカシモノの, しまったムク犬の姿, しまったムラサキのマダム, しまったライオン戦車隊はわが, しまったラファイエット派やバンジャマン・コンスタン派, しまったラマの踊り, しまったワグナーはある, しまったワケではない, しまったワルシャワのメーデー, しまったワルトンは友達, しまったヴィットリアの, しまったと足, しまった一ばん大きな原因, しまった一件がある, しまった一個の青年, しまった一団の学生たち, しまった一夜もある, しまった一帯の淋しい, しまった一方ではまた, しまった一番大きい幸福, しまった一種の芸術的技巧, しまった丁度田圃が, しまった七兵衛はつまり, しまった七文字を神尾, しまった万太郎の声, しまった丈八郎は, しまった三人一緒に町, しまった三十六歳の一人, しまった三年まえの, しまった三時三五二号室は到頭, しまった三河武士とは全く, しまった三角形の, しまった上前栽は完全, しまった上十人近い家族, しまった上命拾いでござんした, しまった上指輪は侯爵夫人, しまった上方下りの雪, しまった上案の通り, しまった上衣で背, しまった愛想な, しまった不孝の程, しまった不安が満ちた, しまった不平がまだ, しまった不感の中, しまった不甲斐なさは, しまった不都合な男, しまった世の中に生まれ, しまった世界宗教の経典, しまった中年のリアリスト, しまった中毒患者の崑崙仙士君, しまった中江兆民の時代, しまった丸辰を東屋氏, しまった主従三人はもう, しまった乃木大将はえらい, しまった久助もお, しまった久吉としてはいつ, しまったは或, しまった乙若を揺り起し, しまった九つ近い真夜中, しまった九つ近くになっ, しまった乳灰色の彼, しまった亀田さんのこと, しまった事實として別に今さら, しまった事抱えの車夫, しまった事柄を急, しまった事自分はその, しまった事若君も重い, しまった二つの財産, しまった二ツの三角形, しまった二十歳時分の記憶, しまった二十面相がどうして, しまった二千円がビタ一文, しまった二通の履歴書, しまった云々と伝え, しまった五尺四寸の若々しい, しまった五年生の女の子, しまった五郎さんは空箱, しまった京吉の足音, しまった人々職人交換手そういう種々雑多, しまった人びとのあいだ, しまった人残念なこと, しまった人民の気持, しまった人波は降り込ん, しまった人物ではない, しまった人生に対して最後, しまった人造人間が二十三世紀, しまった人間性を二十世紀, しまった人魚のお, しまった今俺は何, しまった今拙者が出な, しまった今探偵と肩, しまった今日それは唯, しまった今日プロ級は富者, しまった今日一日って云う, しまった今日安東は十分満足, しまった今日私の結婚生活, しまった今日遺憾ながら知る, しまった今更百の悔, しまった今朝その起る, しまった今本家と分家, しまった今相手に名, しまった今自分ですら, しまった仏いわく昔迦葉仏の時, しまった仕様が無い, しまった助は, しまった代りとしてこれから, しまった代わりに鉄, しまった以上ここで玉置殿, しまった以上こちらへ八分, しまった以上ほかに詮議, しまった以上今となっ, しまった以上内部の正確, しまった以上可なり真相, しまった以上小坂部は今更, しまった以上恨みはいうまい, しまった以上新たにその, しまった以上無沙汰にし, しまった以上生活感情も生活態度, しまった以上結婚する, しまった以上自分にその, しまった以上雅子のうえ, しまった以前はあんな, しまった以外のもの, しまった以来端書を寄こす, しまった仲間たちからはなれ, しまった件溜池署からここ, しまった伊勢佐木町の森閑, しまった伊太夫はまた, しまった伊織は後悔, しまった位すきであった, しまった位幸福だったの, しまった位空に散る, しまった低地には彼, しまった佐介茶にしろ, しまった佐倉炭底光る火気, しまった佐古はわれ, しまった佐藤さんからきい, しまった体躯色やや浅黒く, しまった何人かの子供ら, しまった何分時刻が, しまったは実に, しまった余勢でうや, しまった作品である, しまった作家です, しまった作者のよう, しまった佳境である, しまったし又, しまったという渡世, しまった依頼者のため, しまった便りない様子, しまった俊亮に対して何, しまった俊子女史の機智, しまったを想像, しまった保護者たちの無, しまった信一郎はもし, しまったじゃねえ, しまった倉持陸助の心持ち, しまった個々別々の自分, しまった停車場へ独, しまった偶然のいきさつ, しまった傷物である, しまった儀作は阿呆, しまった元町通りを真直, しまった兄哥のこと, しまった先方は本来, しまった先頃母へ自分, しまった光也は尚さら, しまった光君様はとうとう, しまったのよう, しまった入り日のあと, しまった八郎太を草, しまった兵タイがある, しまった兵太郎君のこと, しまった具合のわるい, しまった円顔十六七の同じ, しまった列車を教えられる, しまった初めはわけ, しまった初老の女, しまった別に手を, しまった前年の夏, しまった前線の指揮官, しまった剛情な継子, しまったの尽きた, しまった加なり広い部屋, しまった丸の, しまった労働者乾燥炉の中, しまった効果で小さく強く, しまったはぽ, しまった動機にも日本, しまった動物どもの名残り, しまった動物学者の老人, しまった勝利である, しまった勝平は自分, しまった勢いでつい, しまった勤続者やたびたび, しまった北の方の顔, しまった北原賢次は慨然, しまった医者にはわからない, しまった十手を持っ, しまった千代乃とまた, しまった千慮の一失, しまった千鶴子と結婚, しまった半生の最後, しまった南条は, しまった危険も多い, しまった厚い唇太い, しまった去勢された馬, しまった又八はそれ, しまった叔母を今更, しまった叔父の田母沢源助, しまった取り組みではなく, しまった口もとに言いよう, しまった口恰好のよい長い, しまった口惜しいッ, しまった古代民族の記憶, しまった只一人の子供カオル, しまった可哀そうな子供たち, しまった右源太は生薬屋, しまった各々の孤独, しまった吉さんに無限, しまった同じ危険に, しまったであるから, しまった名医は案外, しまった名誉の秘密, しまった君自身だけを見たがる, しまった吸上げポンプのよう, しまった告白とか, しまった和一郎や小枝, しまった和歌という名称, しまった咽喉から絞り出た, しまった哀れな男, しまった哄笑と喝采, しまったをやっと, しまった唇顔全体を包ん, しまった商会の仕打, しまった商売女にそれ, しまった善兵衛は叔父, しまった四皿の料理, しまった四肢ちっとも恥じず, しまった国民歌謡であらう, しまった国芳の家, しまった土佐弁の日本人, しまった土弓場の軒端, しまった地平線の彼方, しまった地獄の島, しまった坂田三吉が後世, しまった坊主船は真黒, しまった執務に要する, しまったへ上っ, しまったにすぐ, しまった夕方になっ, しまった多くの女性, しまった夜中過ぎに酒, しまった夜体をしめつける, しまった夜異様な気配, しまった夜矢代はここ, しまった夜逃げをした, しまった夜鷹やほととぎす, しまった大きさは, しまった大きい家の, しまった大切な品物, しまった大勢の者, しまった大口をパクパク, しまった大川の水, しまった大成の家, しまった大方夫婦の, しまった大月大佐は丁坊, しまった大業に向っ, しまった大次郎と猿, しまった大江山捜査課長の前, しまった大江春泥をひっぱり出し, しまった大野は竹, しまった天台宗や真言宗, しまった太宰や田中, しまった失望に説明, しまった失策の一つ, しまった女たるに過ぎない, しまった女の子はそっと, しまった女中は可哀相, しまった女優の篠井智恵子, しまった女優上りですからね, しまった女女しい顔の, しまった女子なりとも性根, しまった女学員バラは計算器, しまった女御に気づかい, しまった女王を置い, しまった女隠居は危うく, しまったである, しまった奴さんを執り押えた, しまった好男子で年, しまった妻君がまた, しまったですもの, しまったに思いがけなく, しまった始めから形, しまった始末なの, しまったご殺され, しまった子供たちはあたり, しまった孔内は吹こう, しまった学問と云った, しまった学生連はどこ, しまった孫子であればこそ, しまった安らかな快感, しまった安宅先生を気, しまった安心さに緊張, しまった実情をも事こまか, しまったのテーブル, しまったへ通った, しまった宮本武蔵だという, しまった宮津藩は有頂天, しまった家庭というもの, しまった家筋というもの, しまった容疑者のこと, しまった宿命にすぎない, しまった寝巻から手, しまった寺崎修一がある, しまった対山楼に行った, しまった封建社会の空気, しまった将校連はどう, しまった尊願が死に, しまった小づくりの身体, しまった小使部屋の老, しまった小坂部は倒れる, しまった小山はあれ, しまった小川の水音, しまった小林は文学, しまった小車を引い, しまった少しは安心, しまった少女たちの高笑い, しまった少女達は世の中, しまった少年秋田は机, しまった局面を前, しまった山の神の信仰, しまった山上の娘, しまった山吹はどう, しまった山姥がいくら, しまった山鹿の周囲, しまった岡田は僕, しまったは腹立たし, しまったの上, しまった島抜け法印見込んで, しまった島抜け法印耳をかたむける, しまった川上忠一は亀, しまった川島さんだなどと, しまった巡礼姿の二三人, しまったを彼, しまった市長夫婦以下郵便局長なんかの姿, しまったを形, しまった帆柱も叩き切っちまった, しまったから中将, しまった帰結がかえって, しまった年増おんなの前, しまった年寄り夫婦はなんと, しまった年配もかなり, しまった年頃までた, しまった幸福な花婿, しまった幼いコトエの, しまった幾つかの良い, しまった広い板囲いで, しまった庶民たちの猜疑心, しまった廃人は廃人, しまった弁慶でさえ怖く, しまった弁慶蟹の子, しまったは昼間, しまった弟子もいない, しまった張本の佐佐木茂索, しまった張本人の戈定, しまった強情さでいつ, しまった吉は, しまった当夜伴をし, しまった当座私はやはり, しまった当時の卑俗俳諧, しまった形勢である, しまった彼等には, しまった彼等いのち賭けの仕事, しまった彼自身がまさかに, しまった後かぼちゃの花, しまった後わたしは薄暗い, しまった後万物死滅して, しまった後二人はしばらく, しまった後二人きりになる, しまった後姿でファニー, しまった後彼らは夢, しまった後悔の心, しまった後気のせい, しまった後池と道路, しまった後清さんは自分, しまった後秀子は私, しまった後金吾中納言は畦道, しまった後陳は灰皿, しまった徳太郎の背後, しまった徳川の勢力, しまった徳川家八万騎をはじめ, しまった徳川時代において奈良坂, しまった心情でもはや, しまった心持ちはなんとも, しまった心理の飛躍, しまった心理遺伝論のおしまい, しまった志免と私, しまった思いだった, しまった思い出の匂い, しまった急変などもその, しまったの火, しまった怨みを骨髄, しまった怪人がいま, しまった怪塔はその, しまった怪塔ロケットはその後, しまった怪物がどうして, しまった怪老人は立ちあがっ, しまったの多く, しまった恋慕流しの宗七, しまった恥知らずは一人, しまった恨みなど逐一, しまった恩知らずの孫, しまった悔いに心, しまったみをも, しまった悲しく暗い日本庶民, しまった悲しみがある, しまった悲劇がみられる, しまった情なさ淋し, しまった情事のおかげ, しまった惟光は女官, しまった想いでじたばた, しまった意味が伸子, しまった意地から相手, しまった意義の語, しまった愚かなことば, しまった愛機の中, しまった愛欲はなかなか, しまっただ, しまった態度で雪, しまった成長した人, しまった我悔がやっと, しまった手拭で首, しまった手紙なん, しまった手習草紙がある, しまった拍子ぬけの, しまった探検隊が数日後, しまった揚句一郎がまだ, しまった揚句二人で自動車, しまった操り人形のよう, しまった政枝はどうせ, しまった故に今でも, しまった故人の恋心, しまった教訓がこの, しまった教養人或いはいちど懐疑的, しまった数年の間, しまったが冗長, しまった文化というもの, しまった文壇人は, しまった文壇小説が益々, しまった文書はすべて, しまった文殊であったかも, しまった斉彬によし, しまったういう, しまった嫁が, しまった新しい魚を, しまった新之助は, しまった新吉にその, しまった新子は顔, しまった新派もその後, しまったの心, しまったをかざし, しまった日本太郎がこの, しまった旦那様でしたか, しまった旧知であった, しまった早く行きましょうお前, しまった明治時代の末期, しまったをまた, しまったの草, しまった春日新九郎はあれ, しまった春木少年はその, しまった大正三年六月には, しまった昨夜の罪, しまった昭和の大, しまった時あなたはどう, しまった時そこに残っ, しまった時アラジンはランプ, しまった時マブーフ老人は目, しまった時一人の少年, しまった時一同は言いあわした, しまった時二挺の駕籠, しまった時亭主は女房, しまった時人達はそこ, しまった時他に男手, しまった時以来地方の支店, しまった時何だって彼, しまった時別の預言者, しまった時前田侯から大きな, しまった時天井からスルスル, しまった時失望の沈黙, しまった時庭の仕事, しまった時彼女はそれ, しまった時彼等はその, しまった時日本左衛門は彼, しまった時海賊に救われ, しまった時爺いさんは, しまった時米友がまた, しまった時習志野を根拠地, しまった時良一は実に, しまった時芸術は一体どう, しまった時計をもう一度, しまった時貴族派一性論派王党派の衣, しまった時足を早めた, しまった時間というもの, しまったもある, しまった晩船で活動写真, しまった晴々した幸福, しまった晴れの感じ, しまった暗い街頭を, しまった暗転中座敷に板つき, しまった暮れ方の空, しまった曲り角がずいぶん沢山, しまった最も愉快な, しまった最後の一念, しまったと月, しまった有馬の旧, しまった服装で居る, しまった朝まだきの春, しまった朝之助グラリとひ, しまった木人のよう, しまった木村からの手紙, しまった木箱のふた, しまった未熟講演の記録, しまった本当の話, しまった本所の御用聞, しまった本書を再び, しまった本棚と机, しまった朱絃舎浜子がこれ, しまった杉本もそれ, しまったである, しまった東京市を復興, しまった松木細君を頭, しまった松株のよう, しまったを起し, しまった林太郎をどうして, しまった舎の, しまった果物のよう, しまったを吹く, しまった柏原富次が先刻, しまった桶屋さんは容易, しまった梓さんの白いさびし, しまったから鋭い, しまった椿にも花, しまったはにわかに, しまった楽しい秘密も, しまった標準のほど, しまった模様であった, しまった権力をふたたび, しまった横綱の負け, しまった横顔を見やり, しまったもあり, しまった樹木がだ, しまった次の間にいた阿, しまった歌姫の駒鳥絹枝, しまった此奴の母親, しまった此方へ上ん, しまった武者窓へ近づい, しまった武蔵は, しまった歯ブラシだのといった, しまったの速, しまった死人のこと, しまった死神が今, しまった残酷なよう, しまった段六である, しまった殿様今まで生き, しまった比丘尼衆を始め, しまった民族もある, しまった気ぶりである, しまった気色であります, しまったなんか決して, しまった水溜りのよう, しまった水際へ屈み込ん, しまった氷嚢をどけ, しまった永久に, しまったより他, しまった江戸児の末裔, しまった江漢老先生, しまった治郎吉が後で, しまった法印には心から, しまった法律など覚え, しまった法月弦之丞, しまった泥下駄を再び, しまった泥棒女ですよ, しまった洋式の蓮生坊, しまった津田にはこの, しまった活動写真をおしまい, しまった浅井の心, しまった浅吉はしばらく, しまった浅川監督へ顫, しまった浅黒いからだ, しまった浮舟が思想的, しまったではない, しまったの痕, しまった淋しさそれを, しまった淫婦なの, しまった深川の漬物商加賀屋周助, しまった清川に同感, しまった清澄な心境, しまった清爽な背広服, しまった源一は誰, しまった源氏では, しまった源経基は, しまった滝沢敬一君や上野直昭君, しまったが留った, しまった澄子は正気, しまった瀕死の患者, しまったのあと, しまった灰色の大阪, しまったが消えた, しまった烟草の吸殻, しまった無名の日本人, しまった無垢と清浄, しまった無情な無頼漢, しまった無数の哀しい, しまった煙草にまた, しまった父圓太郎の上, しまった爾来消息が, しまったやぶり, しまった牢屋の所在地, しまった物語をそのまま, しまった狂気の沙汰, しまった独り言即ち, しまった独断かも知れない, しまった玉蜀黍の噛, しまった現代の猫, しまった現場から真名古, しまっただという, しまった理由は如何, しまった理髪師が私, しまった琉球のあの, しまった瑞典の, しまった瓜ざね顔で鼻筋, しまった甚右衛門が売り出し, しまった甚太郎に横山五助, しまったの庄平, しまった田口巡査を低い, しまった田舎にも生える, しまった甲府の城下, しまった男女の話, しまった男性的な顔付, しまったの夜席, しまったを, しまった畜生メ来るん, しまった異邦人の娘, しまった病名は中耳炎, しまった病院費用から死後, しまった痛ましい感情が, しまった発狂者は不断, しまった発端における自分, しまった発表もしなくなった, しまった白ソースにくるまった, しまっただった, しまった百合枝はもう, しまった百官の頭上, しまった百年に亙る, しまった皆さんわたしゃ平さんに済まない, しまった皆其後に続く, しまった皮膚どんよりと, しまったの類, しまった目鼻だち, しまった直ぐ後から入ろう, しまったの原因, しまった真剣さでそこ, しまった真最中であった, しまった着物をそこ, しまった瞬間それに気付い, しまった矢代には自然, しまった知人たち孤独レストランの食事, しまった知能を持っ, しまった知識慾と人生, しまった短冊は失, しまったの地蔵尊, しまった石焼豆腐の住居, しまった石郷氏をはじめ, しまった研屋五兵衛に三千五百両, しまった破れ外套にくるまっ, しまった硝子の壺, しまったでなし, しまった確かな証拠, しまった磯崎恭介と須美子, しまった礼子をかかえ, しまった禰宜様宮田は番頭, しまった私たちには正しき, しまった私小説のからから, しまった私達も調子, しまった私達兄弟は間もなく, しまった程びっくりした, しまった種々な研究室, しまった積りでいた, しまった積雪の中, しまった空家は叢, しまった空気を渡っ, しまった空虚さに日日, しまった窓ガラスごし, しまった立会人どもは往来, しまった竹見であった, しまった笑いは誰, しまったである, しまった筋肉を日, しまったのため, しまった篝火の後, しまった米問屋に向っ, しまった粗忽かしくって仕様, しまった糸竹の音, しまった約束でした, しまったな創作, しまった純潔さを取り戻す, しまったが見つかった, しまった素人などはひと月, しまった素子はその, しまった素敵な肉, しまった細い劒を, しまった紺フェルトの帽子, しまった経営者側の意企, しまった経歴の方, しまった経験を持っ, しまった結婚生活を清算, しまった結果おまけに肝心, しまった結果夙くこのよう, しまった結果子供はその, しまった結果爾後柴田勢が大幅, しまった絵の具箱とおもちゃ, しまった絵馬をもう, しまった縁談がお, しまった縦隊の者, しまったの恐ろし, しまっただと, しまった羊飼の話, しまった美しい姿を, しまった羽根はうしろ, しまった翌朝に目, しまった翌朝空は初めていかにも, しまった習慣から自分, しまった老人はまた, しまった老僕である, しまった者みたいにいまし, しまったして, しまったや黒い, しまったから腕, しまった肩脱けからやがて, しまった胎児の怨霊, しまったの先, しまった腑甲斐なさ, しまった自分自身を却って, しまった自責の念, しまった自身のだらし, しまった興行者側では当惑, しまった舞台の中央, しまった船中の友だち, しまった船員たちは甲板, しまった艇番夫婦をのぞい, しまったはギリギリ, しまったの浅黒い, しまっためかしい姿, しまった芍薬の花, しまった花咲町の向こう, しまった花聟歓楽の夜, しまった芳子さんはさぞ, しまった芸術上の意見, しまった芸術家はそれ, しまった若々しい馬は, しまった苦力は十人, しまった英姫のこと, しまった茄子をかぞえ, しまった荒涼たる島も, しまった荘重な大水上山, しまった荷物も乗り換え, しまった菊之丞のなかば, しまった菱沼さんには物, しまった葛岡は学園, しまった蕭殺たる景色, しまった汚れた掻巻, しまった薄手の鼻すじ, しまった薔薇に対する悲しみ, しまった藁火をたけ, しまったもある, しまった蚕婆の針, しまった蛇口を大, しまった蛾次郎が, しまった蝦夷萩が今, しまったがよく, しまったを分けたじつ, しまった行乞はつらい, しまった行李がみつかっ, しまった街区の底, しまった衣裳を替え, しまった表情が伸子, しまった裁判官の言葉, しまった装飾工で一人, しまった裏切り者の空々しい, しまったをあけ, しまった西洋大陸の社会, しまった西行法師は妻子, しまった西都文壇の巨匠, しまった要領には触れず, しまった視力の弱, しまった視界の中, しまった親爺の屍体, しまった言い伝えがある, しまった言葉である, しまった詩人早発性痴呆に陥った, しまった話なぞを聞かされ, しまった語法文法になる, しまった誠に無造作な, しまった誤りをはっきり, しまった調子で書かなけれ, しまった諏訪のよう, しまった諏訪栄三郎が気, しまった諸君は明日, しまった谷博士は五人, しまった豊臣家の恩, しまったの火, しまった財布を忘れた, しまった貧乏人があった, しまった責任の始末, しまった貴女はみだら, しまった赤字破局だからこそ, しまった赤石山脈は間, しまった足あとをさがし, しまった足跡にある, しまっただとの, しまった身体つき日に焼けた, しまった身寄の者, しまった身許不明の棄て, しまったが承知, しまった車庫の角, しまった軽はずみに娘, しまった軽率なことば, しまった辛酸の中, しまった農夫らは捨鉢, しまった近代画家の絵, しまった近所の折, しまった近藤の甘, しまった近藤君をたたき起こし, しまった途端にこれ, しまった通りにはがらん, しまった連中は跛, しまった遊星だから, しまった遊民どもが自由自在, しまった道中をセルゲイ, しまった道庵はいよいよ, しまった道程が説明, しまった遠くから絶えず, しまった遺言書をパタリ, しまった部分がいくら, しまった部屋には二人, しまったを飲み, しまった酔いどれや手, しまった酔いどれ女でございます, しまったの大黒, しまった金持の御, しまった金蔵の怨み, しまった釧路丸へやがて, しまった鉄丸はいかに, しまった鉄仮面がどうして, しまった鉄瓶の湯, しまった鉄門と門番, しまった鋭鋒は当るべからずである, しまった錠前の戸, しまった鍛冶屋の親方富五郎, しまった長女のこと, しまった長男は自分, しまった長閑な顔, しまったに近々と, しまった間崎の後姿, しまった関東の武士, しまった闇太郎匕首の血, しまった阿呆共が自分, しまった限りになっ, しまった隕石の運命, しまったをのがさず, しまった障子の外, しまったの宿屋, しまった隣人たちよ, しまった雑木林にかかっ, しまった雪子の横顔, しまった雲井の雁, しまった霊廟の屋根, しまった露台になっ, しまった青い顔を, しまった青少年達は非常, しまった青木に対する同情, しまった静寂の中, しまった非常に惜しい, しまった非道な事実, しまったざしを, しまった面長の顔, しまったを引き摺っ, しまったを出す, しまった頃ソフィヤは門, しまった頃マリヤンが口, しまった頃前に被害者, しまった頃彼は漸く, しまった頃旦那様が正気, しまった頃祖父はもったいぶった, しまった頃羽田航空港から本庁あて, しまった額髪に手, しまった風情だった, しまった飼い犬やらがまた, しまった首領の正体, しまったの目玉, しまった馭者は一層, しまった骨牌の角, しまった高い飾棚など, しまった高見順の, しまった高足弟子勝四郎の勘気, しまったのない, しまったの長く, しまった鬼そのものに見え, しまったはいじらしい, しまったの場所, しまったかな脱出ぶり, しまった鰡八と思え, しまったに向かっ, しまった鳥山宇吉から一通り, しまったの子, しまった鷺太郎の財産, しまった黄いろい帽子の, しまった黄金メダルと絹, しまった黒い歯の, しまった黒塗のお, しまった黒幕策師のやり方, しまった黒髪の蒼ざめた女, しまった鼈四郎の脳底, しまったの与吉, しまったはインテリジェンス, しまった龍太郎はわれ