青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しまった~ ~しまつ しまつ~ ~しまひました ~しまふ しまふ~ しみ~ ~しみじみ しみじみ~ ~しめ
しめ~
しめた~ しめる~ しょ~ ~しよ しよ~ ~しよう しよう~ ~しら しら~ しらべ~

「しめ~」 4438, 48ppm, 2432位

▼ しめ~ (1414, 31.9%)

73 いる 53 いた 29 いるの 22 しまいました, しまった 13 いたの 11 ゐるの 10 居る 8 しまったの 7 ある, いると, いるよう 6 いるが, いること, これを, ゐる 5 あった, ある窓, いたが, いたもの, いるところ, いるもの, おいて, しまう

4 [12件] いて, います, いるので, おくの, おけば, おめでたう, しまって, それを, やるの, やる必要, 以て, 而し

3 [16件] いるか, いる所, おくこと, おりますが, ください, しまつ, やって, やれ, ゐた, ゐるかの, ゐるもの, 中から, 帰って, 曰く, 私の, 置いて

2 [57件] あったが, あったので, あるきり, いそいで, いただきたいの, いたと, いって, いました, いるかと, いるかも, いるから, いるでは, いるという, いるに, いるのに, いる中, いる原因, いる帯, いる近代人, おいたはず, くれたもの, これに, しまうの, しまひました, すな, その太子, その莫大, まわる, みんなで, もとの, やる, やるため, やる時, やろうと, わらって, 之を, 僕は, 半分死ん, 反省させる, 可なり, 喜ばせし事, 天の, 居たの, 彼に, 彼は, 戻って, 更に任那, 殺して, 火鉢の, 眼を, 置いたの, 置かうか, 自ら喜びたる, 身を, 錠を, 髪は, 髪を

1 [878件 抜粋] あえて不思議, あげようとか, あったから, あの日, ありました, あるか, あるも, あるよ, ある一人, いい気持, いくの, いくらか間, いたか, いたこと, いただきたい, いただきたいそれ, いたとは, いたほど, いたらしいこと, いたり, いた兵児帯, いた天野源右衛門, いた自分, いた薫物, いた角帯, いた黒っぽい, いったの, いと静か, いなくては, いよ, いられる場所, いるありさま, いるかは, いるその, いるのよ, いるは, いるやつ, いるよ, いるウーン, いるセル, いるマイナス, いる伝統, いる傑作, いる処, いる力, いる十五, いる問題, いる境遇, いる夢, いる家, いる小さな, いる幾問題, いる村, いる武士以外, いる特派員, いる盲目, いる社会, いる精神, いる色々, いる装飾, いる要因, いる駄菓子屋, うき我, おいた, おいたが, おいたら大きな, おいでに, おかねば, おかみさん, おく, おくと, おくべき尊とい事実, おくよう, おく必要, おけよ, おこうか, おしまひなさい, おったよう, おのが, おのれは, おはいり, おりその, おりましたが, おる当, お尻, お次は, お見, かかって, かなり不快, かれも, きた, きりっと締まった, くると, くるの, くれたまえ, くれっ, くれながら, くれます, くれようもの, くれるでしょう, くれるよう, くれる作家, こうして奥州中村, こっちへ, このたび, この大, これ以上見, さつ, しいんと寝静まっ, しかも下層階級, しごと, しまいそう, しまいなさい, しまいます, しまいますよ, しまうため夜勤, しまえ, しまえば, しまったから, しまったでは, しまった不, しまってから, しまひ度, しまわない程度, じっと息, じつと, すすり泣きつ, そうして眠る, そこに, そしらぬ振り, そっと茶の間, そとに, そのまま何, そのまま歩きだしました, そのガラス, その主君桓公, その兎, その反応, その大きな楽焼, その帰っ, その旃陀羅, その溪間, その疑問, その辛酸, そりゃ可愛かっ, それから剃刀, それぞれの, それにより, それ特有の, たちさりますと, だらりと, ちんれつ台には, つねに道化役者, とにかく小ざっぱりと, とりすましたよう, なお余, なかなか思いきれない, なにくわぬ, はる, ひそやかに, ひねもす飲み暮し, ふたたび豊田, ほしいと, またその, また京子, また来た, また自分, また食堂, みせます, みせるから, みたら日本, みたり, むこうから, めでたく飲み, もらうの, もらおうか, もらわないと, やったり, やまないの, やらうと, やらなくつちや, やらねえこと, やりたい時, やりたい衝動, やりなさい, やるが, やるところ, やるのよ, やる朝, やろうかと, ゆきます, ゆく, ゆく心持, ゆく肝心, よいもの, よしまた, われわれ右門ひいきの, ゐたに, ゐた髮毛, ゐます, ゐるから, ゐるので, ゐる中, ゐる事, ゐる例, ゐる時, ゐる樣子, ゐる第, ゐる蘭軒, んとは, カチッと, カフェーだけが, カーテンを, キヌ子は, グズ弁は, スタンドを, ソソクサとか, ヂヨコンド夫人の, ノコノコお座敷, ペルシアを, ホッと, マリユスの, メリケンコの, 一しゅんの, 一の, 一力を, 一揆の, 一種の, 一週間足らずで, 七人, 三世に, 上から, 上って, 上衣の, 不快無気味なる, 中の口の, 串に, 丸髷の, 了う, 予は, 事実何らかの, 二十八億哩以外における, 二重に, 互にお, 京都の, 人通りも, 人類と, 今日も, 今朝へ, 仕方が, 仰せに, 伺うに, 住持と, 何うし, 何が, 何の, 何人を以て, 何故そんな, 例の, 信任を, 僅か三万円, 元の, 全関係者, 六尺ぐらいの, 其中には, 其傍に, 再び外, 分ち食うた, 別れるか, 別れ行く, 前を, 動かないん, 動揺めく, 北に, 十万円は, 半ば解きかけた, 南行し, 即ち其比目矢, 去った, 去つて, 又二階, 古本を, 各公民, 呉れ, 味の, 和声的構成の, 唇ばかりを, 善悪, 噛んで, 四圍の, 國家の, 圧迫を, 堀にも, 堂々と, 堪えたが, 声ひそや, 外から, 大団円という, 大地の, 奉り出しき, 妻よ, 守刀と, 安置の, 室の, 宿の, 寢床の, 専ら小説, 小禽と, 少女の, 居た樣, 居られる, 居るであらう, 居るところ, 居るの, 居る道徳的, 峨々たる, 巨財を, 已ま, 巻き下げ, 帝紀及び, 帰つて来る, 帳場の, 常世の, 平静に, 床の, 座敷の, 座敷へ, 庸三の, 廊下を, 弓の, 引き上げたが, 弱い者, 彼らに, 彼等に, 後に, 後のこる, 後初めて, 後見と, 得る曲線, 復之を, 心静に, 忘れ玉, 快天王, 念入りに, 怒って, 恐々と, 息を, 悠然として, 悦ぶ顔, 想を, 感謝と, 或時, 手ずからこれ, 手白髮の, 折々不愉快, 折角の, 拜んで, 持ち帰つたこと, 捷を, 掛金を, 救済の, 文明の, 新八, 旅客に, 旦那に, 昼の, 暫く仏壇, 曰く社界の, 更にじめ, 書見し, 有罪無罪の, 朕が, 本当に寝, 来た, 来た屋敷, 来る, 東雲の, 楊枝を, 機械的に, 次の, 歌としては, 正攻, 此經并に, 殺したもの, 殺した事, 毫も顧みざる, 水の, 江を, 沈痛なる, 洞穴に, 淫れたる, 混乱と, 湯へ, 火の, 無形より, 無理が, 然るべきなり, 爰に, 片つ, 特賞と, 獻りき, 獻上りき, 生ける限りこれ, 甲斐一国の, 男天女地の, 癒えたとある, 白い浴衣, 盃わたせ, 盗みを, 盾握り, 真贄, 眠中, 睨みたるなり, 破れ靴を, 祈って, 神田内に, 神逐ひ, 秀衡調伏の, 秘かに, 穴穂部を, 窓は, 立ちさって, 立ち去ったが, 立廻りの, 第二, 筒袖の, 紅毛人の, 終って, 縛り始めた, 繁り行く若木, 罔極の, 置けば, 義州に, 羽織着, 老人に, 老舗の, 考えても, 耐えようと, 聞き頗妙, 聽け, 腰には, 腰を, 自動車の, 自己の, 興深い, 舞扇を, 色薄く, 茶の, 菜に, 蒲団の, 行きつつ, 行く一群, 行ったこと, 行ったの, 袴立ちを, 褄の, 襟の, 見たいよう, 見ると, 親しき友, 言はく, 詔りた, 試験する, 話し出した, 読者諸賢の, 豆しぼりの, 豪壮の, 貞世は, 貫木を, 賞を, 賢吉君に, 起つならば, 蹈段を, 躯も, 退座を, 造らず, 遂に素懷, 部屋を, 部長は, 金を, 銀杏返しに, 鍵は, 鍵を, 鎌を, 長々と, 閂を, 間接撮影の, 関西の, 階段を, 難なく酒倉, 難癖を, 静まり返って, 響いて, 頬を, 額に, 駆附け顔, 鬼の, 鷹揚に, 黄金の, 黒烟を

▼ しめ~ (251, 5.7%)

57 とする 26 がため 22 とす 11 と欲する 8 がためなり 7 とした 4 と欲, と欲す, と欲せ 3 か, が為, とし, とすれ, とてかく 2 としてゐる, とするなり, とせ, と欲するなら

1 [85件] かこれ, かとの考え, か日本, か終生, か陣法, がためかく, がなあ, が為め, こそ詩人, と, としける, としてかえってますます, として再三, として力めね, として失敗, として居る, として神, とすべき, とする希いある, とせり, とて, とてこれ, とてさて, とてその, とてにわかに, とてヴィルジリオ, とて余, とて切に, とて多く, とて微笑みつ, とて急ぎ, とて救世主血, とて百, とて百合, とて皆齊, とて自ら, とて自ら右側, となら, となり, との, との事, との御, との心, との意, との意圖, との旨, との献策, との腹案, との計, とはし, とは曾, とまでに決心, とや, とわざわざ, と企てた, と企てたれ, と企てる, と何, と努め, と勉むる, と命ぜ, と念じ, と思えり, と思ひし, と思ふなり, と思召, と望ん, と欲すれ, と神, と穂高小屋, と考える, と親友, と言え, と語る, と謀りし, と願う, などと陰謀, など几案作戦, には囚徒, はいかに, は初, は妙, や, やと, よしいかばかり勇む

▼ しめ~ (141, 3.2%)

4 吾人は, 我は 3 彼は

2 [22件] あどは, いかならむ, それこれを, 伯の, 其の結果, 到底星亨, 将に, 弓を, 彼が, 彼の, 彼れ, 必ずや失敗, 或は能, 戯れに, 政界益, 文法に, 日本画の, 是れ, 自らピアノと, 豈に, 閣下は, 鮎くれし

1 [86件] あるいはロヨラ, あるいは忍ぶ能わざりし, いずくんぞよく六国, かくの, この囚牢, これらの, ずいぶん奇妙, その世間, その創意, たちまち驚い, ために, どんなこと, なかなか思い, ほとんどその, まさかに陳腐, まさに天下, もって, やがては, よかろう, わが国百工の, われは, カーライルを, ボナパルトの, 一日と, 一日二十枚なる, 一面郷土観念を, 万事は, 三ヶ月懃め加ふ, 不世出の, 不束ながらも, 世若し, 五百世までも, 今宵を, 今頃は, 何とかいわん, 僕の, 僕は, 元来淑徳貞操温良憐愛仁恕等あらゆる, 其の意匠, 其結果如何は, 則ち, 十九や, 即ち百斤, 古来大作名篇なる, 吉け, 吾盟う, 固に, 天下を, 天下太平なら, 嬉しかり, 学術は, 居士の, 山東家の, 常備軍は, 当時の, 従来の, 必ず一条, 忽ちにお盆, 恐死病, 惘然自, 惘然自失言う, 愈, 憲政党は, 憲政黨は, 或は一方, 教会は, 更に可憐, 未落語家三遊亭圓朝氏, 本邦詩界の, 歌を, 汝を, 火事の, 第一流, 箇様な, 箇樣な, 簡明に, 紅葉は, 統御の, 蓋し真に以, 許さぬわれ, 詩人は, 豈よく六国, 透谷君は, 陳渉張角終に, 願く, 首尾好く

▼ しめ~ (103, 2.3%)

5 受けた 4 受けて, 解いて 3 うけて, 受けようと 2 くれながら, 受けたこと, 受けたり, 受けること, 受けるの, 己に

1 [72件] あたえつつ, あたえ狂い死, うけし昔, うけたこれ, うけたの, うけたよう, うけた人, うけますこと, うけるの, うけ自殺, きかないの, くれて, して, し困却, つめて, といた, といて, はれりとは, ぷっきりほどいてやると物静かに, プツリと, 一掃する, 与えた, 与えたり, 与えんと, 与え麻, 京極家から, 免かる, 免が, 免れるか, 切って, 加え其の, 加へ, 受けずとも, 受けたといふ, 受けたよう, 受けた上, 受けた平戸先生, 受けなければ, 受けられること, 受けるやう, 受け卑しめられて, 受け老, 口惜しいとも, 向けて, 守れ, 張って, 忘る, 忘れて, 怒つて, 思はず瓜田, 感じたこと, 摘みながら, 書いて, 添えて, 無意味に, 破って, 破ると, 神奴の, 結ふらん, 背かないで, 蒙むるをわが目, 蒙らなければ, 見るだけの, 解き始めると, 解き抱くよう, 解くと, 解けば, 送らねば, 送りかねない思ひの, 逃れるため, 避けようと, 駆使する

▼ しめ~ (79, 1.8%)

13124 ひぬ 3 ひし者, へり 2 ひしは, ふの, ふ之, ふ可

1 [36件] いぬ, ひしなれ, ひしに, ひそ, ひて, ひぬと, ひぬ詩, ひまた, ひ又, ひ武者所, ふこそ, ふであらう, ふとさほ, ふとしたもの, ふと云々, ふと雖, ふに, ふや, ふを, ふ也, ふ内外, ふ導師, ふ後, ふ是左衛門尉義盛以下, ふ時蛭兒尊, ふ漸く, へといふ, へとぞいひける, へと乞, へと呪言者, へと拜殿, へらく, へ永遠, へ神, へ篠田, へ見よ

▼ しめたり~ (74, 1.7%)

9 して 4 しに, 本を 3 した 2 さりながら, したもの, するの, といへ, 夫れ, 排星運動の

1 [42件] あけたり, きらせたり, しながら, しなり, しなれ, すだれ, する, すること, するもの, するやう, するボタン, する扉, する時, する音, すれば, そしてさ, ついに国会期成同盟会, できるの, ゆるめたり, 云々, 会社へ, 侠客の, 又新しい, 宋朝には, 彼いふ, 彼は, 拙劣な, 文武の, 新橋両, 既に実, 日佛協約は, 曰く, 杯の, 消滅せしめ, 爾後山, 病気を, 結局洗面所迄, 詩家豈, 開けたり, 阿園, 馴れたる小鳥一羽, 黍飯を

▼ しめその~ (60, 1.4%)

2 上に, 下に, 境遇の, 止まるところ

1 [52件] さまエチカを, どっちにも, 事の, 事露顕する, 亡魂が, 人の, 代わりとして, 代償として, 働の, 光に, 入口に, 勢力を, 原案は, 反對, 品物につき, 夢を, 女が, 好む所, 婢と, 季節が, 家がらを, 小作料を, 布局を, 帯には, 広漠たる, 形体上においては, 必然の, 思付が, 教員等を, 料理は, 時の, 村を, 気象を, 活動する, 滋養分吸収を, 父児の, 發達が, 眼と, 総数十万疋を, 自由奔放大胆率直な, 行手を, 行李に, 請料物勝げて, 論の, 蹄堅く, 身は, 邦家を, 野に, 雪の, 須本城に, 頸を, 首と

▼ しめたる~ (56, 1.3%)

2 が如き, に, にあらずや, もまた, を, を不思議, を聞かず, を認め

1 [40件] が如く, この身, にたちまち, にて現今, にはあらざる, にやあらん, による, に不思議, に依る, に外, に對, に就, に幸い, に於, に比すれ, に矢張り, に過ぎず, に顔, ののち, の功徳, は他, は蓋し, もこれ, も同様, も思想, も成らず, も江湖, も浅まし, も英仏人民, も西, や少なから, や想見, や疑い, よりもむしろ, を得たる, を称し, を稱, を第, を見, 上に

▼ しめ~ (56, 1.3%)

8 ために 2 なわ, ような, 為に

1 [42件] うちは, お弁当, こしたまま, ための, ためポチを, どん底まで, なかから, ように, 二つの, 場合でも, 塩の, 外なれ, 大体きまつ, 如くせられた地主神, 姿が, 寂み, 尼がや, 尼に対して, 意義を, 愛らしさ, 感じを, 時から, 正しさ, 爛らす, 状態が, 猿は, 眺めに, 経木皮包を, 經驗といふ, 綱を, 繩を, 考へは, 行き, 衣裳を, 袖が, 裏書きされ, 言葉を, 記念塔として, 野の, 金金具が, 電波を, 類を

▼ しめまた~ (48, 1.1%)

2 ノートに

1 [46件] あのはり金, うるは, かくの, これらの, しからざる場合, しばしば墓所, その本質, その目, その訳文, それの, たちまちこれ, やや戻し, より大, わが手, 以後の, 何故に, 供奉鑄博士の, 全体に, 動物を, 危険ならしむる, 多くの, 奉行たちを, 婚しも, 川北朝鄰翁の, 常に善き, 我を, 政務の, 新なる, 日子坐, 時代の, 歌麿の, 殺すだろうと, 毎国金光明四天王護国寺, 物と, 穀物の, 細めに, 舞わせた, 覚え易, 諸国に, 諸国へ, 身を, 車を, 酒色に, 重ねて, 開きも, 鬚と

▼ しめながら~ (46, 1.0%)

1 [46件] あらゆる頡頏, いつた, うなづく, お茂, かれは, ささやくと, しかもな, すべての, ちらと, どこで, やはり心, わずかな, 一方の, 丹尾が, 二人を, 二階を, 云った, 云ひました, 伸子が, 出て, 又八は, 右手を, 土山まで, 坂を, 城楼を, 式部の, 彼女は, 思つた, 次第に考え, 溜息まじり, 片ひざ, 現れて, 立ったまま, 紋作を, 自らは, 表方へ, 襟を, 言った, 追かけ, 進んで, 野卑の, 長い名, 開けひらいた障子, 食堂の, 魏延は, 龍王山の

▼ しめ~ (36, 0.8%)

3 似た気持ち 2 なって, 似た氣持ち, 来た

1 [27件] あおうとは, いった, かかった, かかったが, かかって, かかるの, かかるもの, き, きたので, くければ, こうまで, なったは, なりました, 二階へ, 堪え死ぬ以上, 引く鈴, 從ひ, 新八, 来たの, 来た女中, 来る, 窕子を, 立ち男, 行くと, 褄を, 見た, 顔を

▼ しめ~ (33, 0.7%)

2 彼らが, 彼等が, 祈らしめよ

1 [27件] この人生, これ大いなる, しかして淋しき, よし東方, わが堅甲, われに, ヘレネー及び, 三千八百万の, 世に最も尊く, 勁箭を, 又女性ら, 和ぎがたく, 夜を, 将来を, 後世之に, 心の, 或其因果孫彦, 故人に, 昨日は, 曰く善も, 汝等起原を, 無学者, 片羽, 而し, 進歩党には, 進歩黨には, 霧深き

▼ しめこれ~ (28, 0.6%)

2 だから, をし

1 [24件] がため, がまた, が長途, ですてき, でも死ねる, に, によって, によって寂しい, によりて却つて, に代る, に依っ, に從, に盛り, を制止, を妻, を嫌い, を握る, を旗本, を灰燼, を男妾, を盲, を真, を瞑想, を講じた

▼ しめては~ (24, 0.5%)

5 ならない 3 ならないこと 2 ならないの, ならぬと

1 [12件] いけない, いたものの, いない, いないが, いないの, いなかった, ない, なりません, 今更らしくけふ, 信の, 如何, 楽しむにくむべき仕業

▼ しめそして~ (21, 0.5%)

1 [21件] おそらく吾, かくも, この人口, この困難, そこに, そこを, もしその, 一方は, 兄弟打揃う, 出て, 労働者の, 同時に彼ら, 同時に極めて劣等, 次年に, 正しい道, 無自覚な, 特に鋭利明晰, 現在は, 私に, 翌朝間もなく, 自ら今までに

▼ しめつつ~ (21, 0.5%)

1 [21件] あった, ある, あるか, あるは, かつぐ子, これを, それを, 嬉戯満悦せる, 屹と, 座を, 彼の, 心も, 最後まで, 未曾有の, 物いはぬ, 生活の, 自分も, 自動車の, 褄を, 這い出づ, 間歇的に

▼ しめ~ (21, 0.5%)

2 て賑やか

1 [19件] て, てその, てガヤガヤ連, て一般世人, て人類, て他日将軍たる, て全, て国, て將來, て山野, て帝室, て役使, て戦国, て現実生活, て男子, て知識階級, て艶麗, て酒間, て陛下

▼ しめ~ (19, 0.4%)

2 の, ばいいんだ

1 [15件] かと思っ, か何とも, そうだ, ぞ, には辛, にや元, にァ, に代, ね, は二十三日, ばい, ばいいんです, まで見た, ナ, 頃は

▼ しめてから~ (19, 0.4%)

1 [19件] ちょっと躊躇, はじめて家康, ふと思いだした, また寝, やっとの, わたくしは, クルリと, 二人は, 五分ばかり, 室外で, 小林君は, 店に, 彼が, 徐ろに, 政枝の, 潜航艇の, 車を, 部下の, 階段を

▼ しめ~ (18, 0.4%)

2 怪奇至極の

1 [16件] いった, いって, したの, して, なつた, なつて, 云いたそう, 云う辱しめ, 同じ内容, 思はれて, 怨みは, 慰めとを, 手を, 燃えさかる, 親の, 言い渡された

▼ しめても~ (17, 0.4%)

1 [17件] いかなる変態, いけません, うるさいほど, それでもよい, やはり自然, よいの, よかろふ, 可であり, 廊下へ, 当人には, 持ちば, 月々の, 涙が, 礼節は, 記者を, 金を, 風を

▼ しめ~ (17, 0.4%)

4 わを

1 [13件] のさ, のだ, はは白髪苔, ばいくばく, ば必ず, ば我が, ほして, まだ胎内, よ寒い, わなんぞ張り, わにかけられ, わ舟, 徳も

▼ しめ~ (17, 0.4%)

1 [17件] いずれが, た政府, た生活, ステツキを, 他世界, 兩國臣民との, 兵粮米徴発の, 内地雑居の, 天下に, 婚しも, 安陸侯呉傑, 寺に, 延光を, 游騎を, 王僧弁を, 諸経費, 陸奥の

▼ しめ~ (17, 0.4%)

5 をし

1 [12件] とともにあと, にその, に應護, に盞, ははじめ, ははるか, は母, を強, を遊山, を酔, を隱, 既にわ

▼ しめ~ (16, 0.4%)

1 [16件] あるいは受け, いざ, さらさらお, したそう, したの, しないであろう, しなかったであろうが, する良策, ゆる子, 受けるの, 張り亙し, 忍ばねば, 忘れて, 甘んじて, 自由でない, 食べ終つて

▼ しめやう~ (16, 0.4%)

10 とする 1 といふこと, といふ考, と企む, と努め, と考へる, と苦心

▼ しめそれ~ (15, 0.3%)

2 を人民, を隠す

1 [11件] がため, にかぎ, にて聖マリア彼, によってうまうまと, によって彼, によつて, は主として, より数週後, より比内, を均等, を金庫

▼ しめたま~ (14, 0.3%)

81 いけるが, はば神, へと祈れり, へば雀子, へ安, へ朝日子

▼ しめ~ (13, 0.3%)

2 として反, とする, と謀る 1 かくして彼, かくして汝漕座, として改めた, として歌, 御心, 恐らく彼, 見よ彼

▼ しめ~ (11, 0.2%)

42 るるに 1 へり出でて, るべしと, るる, るるの, るる事

▼ しめかつ~ (10, 0.2%)

1 この物, これに, すべて実地に, ますます増さしめ, カドモス, 優脩勝久の, 国家に, 存在の, 従事せしめざるべから, 戒むるためである

▼ しめこの~ (10, 0.2%)

3 うさぎだ 1 うさぎで, ざまは, 仁の, 区長を, 後この, 感化によりて, 者政權を

▼ しめ~ (10, 0.2%)

1 七子榑を, 三子棡を, 二に, 五子, 八子梓を, 六子, 十一子椿を, 十五子植を, 十八子, 四子棣を

▼ しめあるいは~ (9, 0.2%)

1 その他の, それに, ナポレオンたらし, 一朝不幸, 大仕掛, 子供を, 子女を, 藺相如と, 賞与を

▼ しめ其の~ (9, 0.2%)

2 極内閣 1 争ふ, 人自, 張る氣, 爭ふ, 羽翼を, 船の, 逐えば

▼ しめ~ (9, 0.2%)

2 れを 1 が内股, の意思, の楽しむ, は土上, れが, れは, を檢

▼ しめえと~ (8, 0.2%)

3 思うが 2 思って 1 そこを, 思いやしてね, 思つた

▼ しめかく~ (8, 0.2%)

1 あらしむべき, この暗き, てそれ, てアカイア陣, て思想そのもの, て時間性, て泉流豐, て遂に

▼ しめ~ (8, 0.2%)

1 あったばかり, ありこれ, その罵, ちゃりと, カツドンコロツケに, ッ, 一皿つい, 皆の

▼ しめ~ (8, 0.2%)

1 なるべしされど, 合せると, 合わされとく, 善き願, 彼を, 無慚, 諸軍, 酷きエリトン

▼ しめ~ (8, 0.2%)

1 ぎゅっとおさえつける, しないの, イデアリストに, エミイにとっては, 一つとして, 彼等にと, 描かず放ちぬよき, 陶器よりや

▼ しめむと~ (8, 0.2%)

2 企てたる策士, 努めたり, 欲す 1 企てた, 欲するの

▼ しめ~ (8, 0.2%)

4 げる 2 ぐ夜に 1 がりや, がれば

▼ しめよう~ (8, 0.2%)

1 ではありません, ではない, としてこうして, として失敗, にも往い, にも褌, や形つき, を信用

▼ しめ或は~ (8, 0.2%)

1 兵学者山県大弐を, 同情の, 善或は, 役霊と, 文化を, 文学を, 新井白石を, 赤ン坊の

▼ しめ~ (8, 0.2%)

2 にかけられた 1 にかけ, にかけてる, にかけられ, にかけられる, にかける, の音

▼ しめ自分~ (8, 0.2%)

1 に, の耳, は一万三千, は下山, は川, は種々, は遠く, は鎌倉

▼ しめたりと~ (7, 0.2%)

1 あります, いえども, いふが, ひどく恨ん, 信ず, 跡を, 雖も

▼ しめわが~ (7, 0.2%)

2 日本の 1 手もて, 手わが, 涙を, 答かく, 邦にも

▼ しめ~ (7, 0.2%)

1 ぽいもの, ぽい暗緑色, ぽい水粒, ぽい草, ぽい顔, ぽくする, ぽくなっ

▼ しめ~ (7, 0.2%)

1 が言った, に同じ, の地, の肉, を招き, を親切, を長史

▼ しめさて~ (6, 0.1%)

1 その全滅, 問屋町の, 大栗, 妾の, 後に, 最後に

▼ しめしも~ (6, 0.1%)

1 きびしいが, その愛, 余を以て, 其恋愛に対する, 徒らに, 曙覧は

▼ しめしもの~ (6, 0.1%)

1 ありと, なりしを, なりと, なるべく北, 実にこの, 諸種の

▼ しめむと欲~ (6, 0.1%)

4 するに 2 して

▼ しめ一方~ (6, 0.1%)

2 に於 1 その由っ, においては無限, には商法, 彼に

▼ しめ且つ~ (6, 0.1%)

1 その果實, は素朴, 一首の, 巨大の, 文学上に, 血液型を

▼ しめ~ (6, 0.1%)

5 からかぎ 1 は国権

▼ しめ~ (6, 0.1%)

1 その榮, に到っ, また我, ハ共, 桑港に, 遂にアルベルト

▼ しめ~ (6, 0.1%)

2 じまり, にカンヌキ 1 の前, もとじ

▼ しめ~ (6, 0.1%)

2 る後 1 も一点己, も外面, る後朽楹, る後現像

▼ しめ~ (6, 0.1%)

4 して 1 うして, も其最後

▼ しめ~ (6, 0.1%)

2 をかけ 1 をかけた, をかける, をしっかり, を掛け

▼ しめ~ (5, 0.1%)

4 皿や 1 給仕役は

▼ しめかくして~ (5, 0.1%)

1 之を, 将来公立図書館設置の, 彼の, 最後の, 東亜新

▼ しめしかも~ (5, 0.1%)

1 それから, 二度目には, 生活を, 自分の, 起居の

▼ しめついに~ (5, 0.1%)

1 かの僧輩, はこれら, は逆, 南米の, 右の

▼ しめまたは~ (5, 0.1%)

1 これを, 函数, 快よき, 面積の, 驚くべきほどに

▼ しめ~ (5, 0.1%)

1 ぽい輪廓, ぽい道, ぽく冷え, ぽく感じた, ぽさ

▼ しめ~ (5, 0.1%)

1 を以てその, を座らしむ, を田, を贈り, を閨房

▼ しめ~ (5, 0.1%)

2 少し健全 1 この熱, では質屋, 以て

▼ しめ国家~ (5, 0.1%)

2 に充分, のため 1 をし

▼ しめ更に~ (5, 0.1%)

1 その一瓢, つ, 上つ代, 真理の, 身方に

▼ しめ終に~ (5, 0.1%)

2 皇帝を, 自ら進み 1 彼を

▼ しめから~ (4, 0.1%)

1 この柔, ころと, 明日にも, 逃れる事

▼ しめ~ (4, 0.1%)

1 うして, うなると, っし, へ感じないです

▼ しめしこ~ (4, 0.1%)

1 といくそばく, とこれ, と恰も, と神話

▼ しめそれから~ (4, 0.1%)

1 けらいに, 又古人, 揚戸を, 赤鬼の

▼ しめ~ (4, 0.1%)

1 ちょっと夕飯, ウラジミール・イワノヴィッチの, 伸子を, 給料を

▼ しめひも~ (4, 0.1%)

1 があります, を二つ, を白雪姫, を買いとりました

▼ しめむこ~ (4, 0.1%)

2 とを努む可, とを欲す

▼ しめ~ (4, 0.1%)

2 なん 1 ん, んでしたか

▼ しめ~ (4, 0.1%)

1 には否, の存在, は皆, を一齊

▼ しめ~ (4, 0.1%)

2 けること, けるに

▼ しめ同時に~ (4, 0.1%)

2 文学を 1 またわたし, 亦自称無頼漢

▼ しめ~ (4, 0.1%)

1 にい, の中, の内, を治むる清粛

▼ しめ従って~ (4, 0.1%)

1 その価値, 人を, 労働者の, 直接では

▼ しめ~ (4, 0.1%)

1 がぐずぐず, がへん, が見つ, が違う

▼ しめ~ (4, 0.1%)

2 の上, をば藍碧色

▼ しめ社会~ (4, 0.1%)

1 に害毒, のため, の底, の結合

▼ しめ自ら~ (4, 0.1%)

1 すぐに, は疲れし, は道, は間道

▼ しめ~ (4, 0.1%)

1 はうしろ, もきれい, もつつまし, を解い

▼ しめ~ (3, 0.1%)

2 へず 1 ばらなるひめ

▼ しめかた~ (3, 0.1%)

1 がたついて, をした, を堅く

▼ しめかの~ (3, 0.1%)

1 反対者流を, 破れたる帽子, 養蚕の

▼ しめさむ~ (3, 0.1%)

1 事志太米白鵠の, 富足る, 御子を

▼ しめざらん~ (3, 0.1%)

1 がため, とする, と欲せり

▼ しめしかして~ (3, 0.1%)

1 いかなる高官大位, その主人, みずからダニューブ大河をば

▼ しめそこ~ (3, 0.1%)

1 に一, に演劇的効果, まで来る

▼ しめその他~ (3, 0.1%)

1 し床, のもの, を見し

▼ しめただ~ (3, 0.1%)

1 その婦, 一身の, 二人深山に

▼ しめため~ (3, 0.1%)

1 に余, に某, に梵宇建立

▼ しめ~ (3, 0.1%)

2 が原 1 だと

▼ しめよと~ (3, 0.1%)

1 いい他方, いひ臆, 罵りつ

▼ しめダンテ~ (3, 0.1%)

1 たらしめミケランゼロ, とマテルダ, をし

▼ しめ一層~ (3, 0.1%)

1 不満を, 真実ならしめる, 真理ならしめる

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 からお召, の徳化, は朝廷

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 に脚臺据ゑおきて, は万民, 無終

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 の心, をし, を劇奨

▼ しめ今や~ (3, 0.1%)

1 世間島田沼南犬養木堂尾崎学堂を, 世間島田沼南犬養木堂尾崎學堂を, 漢中の

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 か簡単, の学芸, 食わぬ顔

▼ しめ多数~ (3, 0.1%)

1 の人, の人間, の労働者

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 にし, 民を, 長いの

▼ しめ~ (3, 0.1%)

2 て各 1 いて

▼ しめ彼ら~ (3, 0.1%)

2 をし 1 を各種

▼ しめ括り~ (3, 0.1%)

1 がつかぬ, がなく, をつけた

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 支那中央政府に, 時代を, 衣を

▼ しめ漸く~ (3, 0.1%)

1 かの私欲私利, その改良, 南下し

▼ しめ片手~ (3, 0.1%)

1 にカラア, に肉切庖丁, をふところ

▼ しめ特に~ (3, 0.1%)

1 これを, 一切に, 男子よりも

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 うの, の祖, ひけり

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 はと, を以て証明, を放ち

▼ しめ筑前~ (3, 0.1%)

1 しぼり筑前博多, 絞, 絞り

▼ しめ給はんこと~ (3, 0.1%)

21 を祈つ

▼ しめ~ (3, 0.1%)

2 を張り 1 を払い

▼ しめ自身~ (3, 0.1%)

1 は庭, を侮る, を其堤

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 と衣類, に燦爛, をし

▼ しめ遂に~ (3, 0.1%)

1 は全く, は自暴自棄, 宋忠謝貴

▼ しめ~ (3, 0.1%)

1 に樫, のリボン, よりいづる

▼ しめある~ (2, 0.0%)

1 所は, 種は

▼ しめおのれ~ (2, 0.0%)

1 の外套, の生活

▼ しめかぎ~ (2, 0.0%)

1 をかけ, をかけました

▼ しめかけ~ (2, 0.0%)

1 がねをおろす, のまま框

▼ しめかざり~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の竹

▼ しめがち~ (2, 0.0%)

1 なもの, に遠慮

▼ しめさらに~ (2, 0.0%)

1 元祿年間, 速記術という

▼ しめさん~ (2, 0.0%)

1 と, も来

▼ しめざら~ (2, 0.0%)

1 んこと, んことに

▼ しめしかの~ (2, 0.0%)

1 客舍に, 慈悲深き

▼ しめしと~ (2, 0.0%)

1 あり, 其趣に

▼ しめしめこれ~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ しめそこで~ (2, 0.0%)

1 法王の, 自分も

▼ しめたりといふ~ (2, 0.0%)

1 但し眞僞明らか, 佳話は

▼ しめたる者~ (2, 0.0%)

1 の聲, は娼婦

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 から甥, わ

▼ しめちゃ~ (2, 0.0%)

1 いけないかしら, でしたね

▼ しめっぱなし~ (2, 0.0%)

1 です, の家

▼ しめつけ~ (2, 0.0%)

1 で非常, にあっ

▼ しめつて~ (2, 0.0%)

1 かびた本, をりました

▼ しめてこそ~ (2, 0.0%)

1 上策と, 身にに

▼ しめてのとだけ~ (2, 0.0%)

2 言つて口を

▼ しめでは~ (2, 0.0%)

1 あるかも, ないか

▼ しめでも~ (2, 0.0%)

1 したかの, するかの

▼ しめとして~ (2, 0.0%)

1 憶いだす, 現れ一方

▼ しめとも~ (2, 0.0%)

1 考へられて, 言ふべき

▼ しめとを~ (2, 0.0%)

1 たくさんに, 殆ん

▼ しめなお~ (2, 0.0%)

1 一般の, 政治的権力関係においては

▼ しめぴょんと~ (2, 0.0%)

2 土間に

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 え, えかしら

▼ しめむとし~ (2, 0.0%)

2 且つ如何なる

▼ しめむとするに~ (2, 0.0%)

2 均し

▼ しめむとするの傾向~ (2, 0.0%)

2 ありしを以て

▼ しめむとせば先づ華族~ (2, 0.0%)

2 の子弟

▼ しめむに~ (2, 0.0%)

1 は宇宙大, は彼

▼ しめむ事~ (2, 0.0%)

1 を期す, を願

▼ しめもし~ (2, 0.0%)

1 なおその, 彼の

▼ しめもしくは~ (2, 0.0%)

1 一人が, 事物に対する

▼ しめやがて~ (2, 0.0%)

1 は共和国, 東に

▼ しめやぎ~ (2, 0.0%)

2 て帚目

▼ しめやすい~ (2, 0.0%)

1 のと, 事実を

▼ しめより~ (2, 0.0%)

1 周到勤勉ならしめる, 女として

▼ しめわれ~ (2, 0.0%)

1 に許し, をし

▼ しめジャーナリズム~ (2, 0.0%)

1 は又, は容易

▼ しめタマノオヤ~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 その學問上, は又

▼ しめ世界~ (2, 0.0%)

1 の大勢, の文化

▼ しめ乃至~ (2, 0.0%)

1 維持する, 豐かに

▼ しめ二人~ (2, 0.0%)

1 の実子, の死骸

▼ しめ人々~ (2, 0.0%)

1 に永く, は爭

▼ しめ人心~ (2, 0.0%)

1 の向かう, も何となく

▼ しめ人生~ (2, 0.0%)

1 に対し社会, の新

▼ しめ人間~ (2, 0.0%)

1 をし, を自然

▼ しめ人類~ (2, 0.0%)

1 に幸福, を沸騰

▼ しめ伊藤博文伯~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ しめ全部~ (2, 0.0%)

2 が六十枚

▼ しめ公議輿論~ (2, 0.0%)

2 とともに順に

▼ しめ前者~ (2, 0.0%)

1 は不安, を舊友

▼ しめ加減~ (2, 0.0%)

1 が違っ, に細り

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 墓を, 陋を

▼ しめ~ (2, 0.0%)

2 は置かぬ

▼ しめ国民~ (2, 0.0%)

1 の反感, の財力

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 に倒す, をし

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 は, は耕耘糞培

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 満足なり, 運動の

▼ しめ大きな~ (2, 0.0%)

1 ガーネットの, 立毛の

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 ばかりに勧むるとは, を貞操的

▼ しめ小さな~ (2, 0.0%)

1 鈴と, 革の

▼ しめ帽子~ (2, 0.0%)

1 もかぶらず, を眞

▼ しめ平和~ (2, 0.0%)

1 ならしむる死に, に大政

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 に掛かろう, 重って

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 からし, ひて

▼ しめ当時~ (2, 0.0%)

1 の無念, の目付役源兵衛

▼ しめ彼女~ (2, 0.0%)

1 のカウンタア, を辱

▼ しめ徐々に~ (2, 0.0%)

1 形勢の, 神職の

▼ しめ微笑~ (2, 0.0%)

2 せしめずには

▼ しめ忘れた~ (2, 0.0%)

1 という風, はずは

▼ しめ或いは~ (2, 0.0%)

1 くすぐったくも, 鈴を

▼ しめ手拭~ (2, 0.0%)

1 をさげ, を髪

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 を内, を追撃

▼ しめ斯く~ (2, 0.0%)

1 て今われさま, て彼

▼ しめ時に~ (2, 0.0%)

1 王族としての, 鏗爾たる

▼ しめ未だ~ (2, 0.0%)

1 西洋文明の, 言を

▼ しめ林有造氏~ (2, 0.0%)

2 を農商務大臣

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 を發, を看

▼ しめ欧米人~ (2, 0.0%)

2 の誤解

▼ しめ歌麿栄~ (2, 0.0%)

2 之は不夜城

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 かしめ, を発せし

▼ しめ殊に~ (2, 0.0%)

2 胎児にまで

▼ しめ民衆~ (2, 0.0%)

1 に伍せしめるであろう, を衰弱

▼ しめ演劇~ (2, 0.0%)

1 の不振, の見物

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 かに王城, に軍

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 や鶏, を革帯

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 かの美女, に知らし

▼ しめ現在~ (2, 0.0%)

1 の繊維工業, の行動

▼ しめ理窟~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ しめ生来~ (2, 0.0%)

1 の微, 心臓の

▼ しめ白い~ (2, 0.0%)

2 花の

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 の弥陀, や善

▼ しめ秀吉~ (2, 0.0%)

1 の陣, を挾討ちの計略

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 にはその, には分らない

▼ しめ絢爛~ (2, 0.0%)

1 なること絵画, なること繪畫

▼ しめ羽織~ (2, 0.0%)

2 は寒色縮緬

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 の上, の前

▼ しめ自由~ (2, 0.0%)

1 ならしめ平等, に働かしめ

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 のまるい, もむすび上げ

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 の宗円, よろこばざれば

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 しむ, しめ為

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 そうな, 籐の

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 をおろし, を下す

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 の内外, もしめ

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 いて, って宗鑑

▼ しめ雨戸~ (2, 0.0%)

2 をしめる

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 がほどけ, の兜

▼ しめ~ (2, 0.0%)

1 つ事旬月, に懲

▼1* [1004件]

しめあえて他の, しめあたかも一家の, しめあなたを憤死, しめあみ目のほどけかかった, しめあらゆる行動の, しめいかなるわざを, しめいささかも他, しめいっそう強調さし, しめいやが上, しめいわゆる九鼎大呂にも, しめえなそうだろ, しめえんかおそろしな, しめおのおのの職工長, しめおのれ一分時もその, しめおのれ自ら神明に, しめおびえ悲しむ様子を, しめお召の短い, しめお客様にも挨拶, しめどうかは, しめかかる不都合なる, しめかしこの重荷いま我, しめかすかに化粧, しめかたがたみんなを送っ, しめかたくボルトで, しめきたる空合に, しめきつた書斎, しめくちびるを紫, しめくらいあるが, しめぐいぐい押しつけたあげく, しめけむ今汝これ, しめは自分, しめこっちに来, しめことごとく幸福を, しめことさらに挨拶, しめこまれていた, しめこみそうに, しめこめていと, しめごくほそいすき, しめごろもを, しめさえすれば, しめさながら遠く物語, しめさまにその, しめさむとせしほどに平群の臣, しめさむとせし時に辭びまして, しめざまに細り, しめしかしてたまさかに佐伯, しめしたがって文明の, しめしっかとしめでも, しめしとはおん身自ら推し, しめしの由は, しめしわが善き, しめじゃと申すの, しめ三輸の, しめすぐ隣室へ, しめすこし風邪ひきしようなり, しめすべての人, しめずいぶん調法なる, しめとから錠, しめそうして帯の, しめそのうえでなおもこえ, しめそのままはうよう, しめその他多数の人民, しめその他獸をも人, しめその後に瞠若, しめその後獲物とならしめし, しめそれからまた古人とは, しめそれぞれの物, しめそれでも聴き採られざる時, しめそれとなく賄賂を, しめそれによつて制作, しめそれらの太刀先, しめそれ以上の粗生, しめ忘れても, しめたまはんとて, しめたりさえしたこと, しめたりという以外に, しめたりとて彼を, しめたりとも彼らが, しめたりなどすること, しめたる調をこれ, しめだしを食っちゃった, しめだのおいと, しめだるく疲らして, しめだんだん外へ, しめちゃぶ台に戻った, しめぢツてく, しめぢ蕈が釣つた, しめってはばかる人, しめっぷりもきちんと, しめっぽい東風が, しめついで民権運動が, しめつたに温泉, しめつた地に咲き枝垂れ, しめつつも他の, しめてからがあぶないの, しめてからの日本は, しめてからも尚暫く, しめてたりして, しめてはといふ考と, しめてまでもことさらに, しめて迄も勞つてやらなけれ, しめであるほか何ものでも, しめでこぼこの道, しめですね, しめででもあった様, しめというような, しめといった方が, しめといふ醫者が, しめとうごとな, しめとうとう唯心論に, しめとこそ申すに, しめとばかりに舌なめずりを, しめどうか早く立身, しめなおまた戯曲の, しめなくてはいけない, しめなさりたくないとおっしゃる, しめなと進議せ, しめなどした, しめなどがいっぱいのっ, しめなんだ大功, しめにかかつた, しめにて候又, しめにもなるであろう, しめによって悪者は, しめのどを渇かさしめ, しめのろい跫音を, しめはじめて内外の, しめばかような, しめばかり食べて, しめばとて持って, しめひいては文学を, しめひろ子はもう, しめふところから二通, しめへんか, しめくりを, しめまたしたがって相当の, しめまた或は一読三歎案を, しめまっかになり, しめまつり康治元年より始め, しめまつれば後, しめみずからは都, しめみずから叙を為らる, しめみたいな踊り, しめむがために勝てる者, しめむがためにわたくしが加, しめむがために文學的博物場を開い, しめむがために金を儲, しめむがための契約で亦, しめむために殊更に, しめむため汝の足, しめむとしたるものに非ざる, しめむとし衆我の旗皷, しめむとし輙もすれ, しめむとするが如き語気, しめむとすることが亡兄榛軒の素望, しめむとすると同樣, しめむとするの隠謀, しめむとするの権謀なりと雖, しめむとするの權謀なりと雖, しめむとするの隱謀より出, しめむとするは僕等の理性, しめむとするは兄榛軒の極力, しめむとするは詢に已, しめむとする卑怯なる手段, しめむとする議が起つた, しめむとせばわれに衆我, しめむとせば先づ形式実質共に欧洲文明, しめむとせば先づ形式實質共に歐洲文明, しめむとて当時わが家をば, しめむと云へばあな, しめむと言ふ, しめむ多くの禍難繼ぎ, しめむ為には出来る, しめむ白雪の, しめもう殺される心配, しめもう一度机の, しめやっと門外に, しめややさめぬを, しめひし小, しめゆはん路遠くとも, しめよく喋舌る, しめよって気持ちで, しめよという厚意ある, しめりつぽい碧, しめれいのお, しめん夫れ天下, しめん衆人はた, しめアイスキロスたらしめダンテ, しめアカイア軍に沈默, しめアポローンに命じ, しめアメノコヤネの命, しめウームウームと土, しめエヴァを迷わし, しめオレンジ色の羽織, しめカゴ下げて, しめキェルケゴールを出し, しめコゼットを負った, しめゴイ族は虎, しめゴムの長靴, しめショーウインドウにもそ, しめステッキの先, しめセラダは満足, しめド・ツーはその, しめハカマの股ダチ, しめハンカチで, しめハンニバルシーザーシャールマーニュを一身, しめパトロクロスにアキリュウス, しめパリ城下の恥, しめファウストは雲, しめフランス帝国をローマ帝国, しめブオソ未だ死せざる, しめプリアモス王招かしむ, しめポルトガルの帰化人沢野忠庵, しめマリクをし, しめミケランゼロたらしめあるいは, しめミノリ豊かならしめること, しめメデーアの怨み, しめララの理想め, しめランプを点, しめロッパ賞を轟美津子, しめワラ草履をはき, しめ一ヶ年間を通じて少なくも, しめ一人の前, しめ一人前の人間, しめ一個人に独占的, しめ一分立かたき旨, しめ一切の不幸, しめ一同記し終りたるとき, しめ一家にあ, しめ一意以て寓家, しめ一本の肋骨, しめ一村一社の制, しめ一皿まだ飯一椀, しめ一瞬時に愛情, しめ一茎の草花, しめ一踊りに金二両, しめ丁寧に其の, しめ七月五日には駿河, しめの物, しめ万世の後, しめ万事こう来なくっ, しめ万代に笑い, しめ万国の怨恨, しめ万能かぎで外, しめ三人の首, しめ三位一体的に日本, しめ三創にし, しめ三尺八寸の朱鞘, しめ三歳のわが, しめ上げていた, しめ上士をし, しめ下り船の船, しめ下士をし, しめ下役をし, しめ下手の方, しめ不審あらば, しめ不快を覺, しめ不貞税というやつ, しめ不順なる娘, しめ且雑誌の編纂, しめに倦みはてた, しめ創を, しめなんじの, しめからあけられない, しめ中夜にこれ, しめ中央階段のほう, しめ中庭に面した, しめ主人は品物, しめ主力は夜間, しめ主権者の意志, しめ乍ら女の姿, しめ九天巫に九天, しめ九月二十三日申刻に至つて功, しめりぬ, しめ予て壮士を, しめ二畳の板の間, しめ二目とは覗かれない, しめ二階の室, しめ五十両は二つ, しめ五月を五月, しめ五百と語り, しめ五隊に分れ, しめ井口栄達を請, しめ京師を拱衛, しめ人民たるもの, しめ人類相互の関係, しめ今一歩を進め, しめ今年の今日, しめ今年今月の政治, しめ今日を待っ, しめ今日我ら音楽愛好家に幸い, しめ今次の事変, しめ付け乗っ立って, しめ伊那の奥, しめ伝法阿闍梨に任, しめ低いノックの, しめも慣れざる, しめ何とかいう茶人, しめ何事か訓令, しめ何千人といる, しめ何故に治國救世, しめ何故か脚の, しめ何時でもわが, しめ余威は遠く, しめ佛樣の前, しめ使用価値を附加, しめをし, しめを見送られた, しめ俸祿を與, しめ候ため著しく窮屈, しめ候委細は他日出版, しめ借受後六ヶ月を経れ, しめ傑等を誘う, しめ債務者をし, しめ優しく我顏を, しめ先輩弥次郎兵衛喜多八の足らざる, しめ光秀自身もまた, しめ克己復礼を仁, しめ児童の疑ふ, しめ児童自ら書籍につき, しめ児輩の手, しめ世界の, しめ全力を擧げ, しめ全身の肉, しめ兩者の形, しめ八つ裂きにする, しめ八月を以て米使謁見, しめ八月十九日に大阪天王寺, しめ六日目にあまねく, しめ共和国の兵, しめ其ヲフヱリヤとの問答, しめ其光榮を奪, しめ其処にて種々, しめ其害不少によつ, しめ其感ずる所に些少, しめ其戰勝をたやす, しめ其武具身より剥ぎかかる, しめ其能はざる, しめて有, しめ内側から鍵, しめ内応を為さしむ, しめ再び本園, しめ写し見るに, しめ冷飯草履を穿い, しめ凄き戰亂めざめしむ, しめ凡界を洗う, しめ凱旋によりてわが, しめ出されたり思い, しめ出された者に, しめ出されつづけてきた, しめ出される夕の, しめ出しを食った, しめも差し, しめ切りがなく, しめ切味いとよし, しめ前だれをあて, しめ前衛作家として発展, しめ前部砲塔を白煙, しめ前面には猛虎, しめ副本はこれ, しめ創つき弱った跡, しめ之其黄金, しめれるもの, しめと力, しめ勇氣を彼, しめ動静度無ければ, しめ勤王の一気, しめ匈奴人を肉團, しめ北平都指揮張信というもの, しめ十七八歳に至り, しめ十分その金, しめ十四名を血, しめ半ばは土, しめ単にこの種, しめ厭世を高遠, しめ又は使ひ, しめ及び強ち, しめ反覆上下を視せしむ, しめ叛乱せしめるの, しめに煙管, しめ古今の日本画中, しめ各々一空壺中に唾かし, しめ各自の職責, しめ合つた平次と八五郎, しめ同士討ちを, しめを雷, しめ向う鉢巻に長い, しめ否決せられて, しめ否運を牽き出すべき, しめ吾人よりし, しめ吾児たり友, しめ吾等は悠々, しめ告ぐる鐘の音, しめを当局, しめ和合の実, しめ和楽内にあり, しめ和歌子が王妃, しめはかしむる, しめ善光寺に安置, しめをし, しめ四つ辻で象馬歩車, しめや, しめより懇意上, しめ国中の唱門ども, しめ国典を犯す, しめ国威を傷つける, しめ国芳は武者奮闘, しめ国際の秩序, しめ國民の財力, しめ土地田畑の価, しめ土耳古形の帽, しめ地下構造を脆弱, しめ地球の円, しめぬけの, しめ遂におちいっ, しめ堂上家がエタ, しめ堅牢に組める, しめ場内毎日立錐の余地, しめを築き, しめ壞滅の中, しめを募る, しめの通う, しめ売れ行きの悪い, しめ夕風にちりくる, しめ多くの事, しめ多年の本懐, しめ多様ならしめると共に, しめ夜具の裾, しめ夜頃を宿, しめ夢中に童女, しめ大いに武を, しめ大事の商売, しめ大柄なから, しめ大権を人間, しめ大皿に盛り, しめ大阪へ, しめを畏れ, しめ天下を統一安定, しめ天才に酌量, しめ天津より直, しめ天然紀念物を保護, しめ天理人道に背く, しめ太刀は自ら, しめ太子としての己, しめ太平洋を横断, しめ夫婦をし, しめ失敗せしめる呪咀, しめ奈良坂と般若寺, しめ女生徒達は軽く, しめ好奇心に駆られ, しめ始めて新羅郡, しめと婦, しめ娑婆を寂光, しめ婦人を不, しめ婦女子をとらえ, しめ子どもの問題, しめ子高煦をし, しめ存在の供給者, しめ学問は人, しめ学校図書館互に相, しめ学者のため, しめ守屋守柏小関大学の二人, しめ安寧ならし, しめ完璧のお, しめならざるもの, しめ実に此の, しめ実学を務め, しめ実生活に入り, しめ家名を辱, しめ家庭教育を以て子女, しめと塩若干, しめ密告者の電話, しめ富貴も貧賤, しめ寝室に行った, しめ寝床にとって返した, しめ審問すると, しめの常食, しめを遣り, しめで山, しめ小丸山に待機中, しめ小林は下駄, しめ小禄の士, しめと頭, しめ屍骸を, しめを思え, しめ山陽の京都, しめ岡山口の先陣, しめ島田くずしに, しめ巍々たる大理石, しめ巍国公徐輝祖曹国公李景隆をし, しめ工業を資本, しめせんと, しめ巧みに凹地, しめ市民並に隣接, しめをし, しめ帝室より一時巨額, しめ師團に高く, しめもしっかり, しめ帰りには待伏せ, しめの如く, しめ常に相見る, しめ幕府に請, しめ平民国たらしむる, しめ平等ならしめ安寧, しめ年賦に依っ, しめ幸福が打ち続く, しめ幼児のようやく, しめほどもなく, しめ幾つかの窓, しめ広くつよくあらしめる条件, しめに戻った, しめ廃関以来不平も多, しめ廉価は意識, しめ廊下に出, しめ廟堂に残りたる, しめ廻したが散々パラ扉, しめを折り, しめまはし, しめの王, しめ弱者に対して涙, しめ張玉朱能丘福を都指揮僉事, しめ張飛としばし, しめ強いて同棲を, しめ強きには瞋, しめもなく, しめ当局諸大臣, しめ当時流行の網, しめ彼支倉をし, しめ彼等を説, しめ往々にし, しめ後これを枯らす, しめ後ろにたれ下がった, しめ後世の人, しめ後世これに傚, しめ後人を遣わし, しめ後帝世々その制, しめ後続する軍, しめ後者は其手法, しめ後進を毒する, しめ徐凱をし, しめ徒らに魂, しめ従来の動揺, しめ得らりょうぞ, しめ從つて病の觀念, しめ從つて自己の目的希望, しめ御子鼻に金, しめを入れ替え, しめ心から畏服せしめる, しめ心ならずも低級なる, しめ忍び来し夜, しめ忍剣は禅杖, しめること, しめ応援の人, しめ忠臣義士が決然家, しめ念珠を帯, しめ忽ち此に, しめ急遽単独航海を, しめ恐れしめ歎か, しめとして夫婦相対, しめひさせた長物語, しめ愉快と心得た, しめ意識せしめそれ, しめ愚才をし, しめ愚民嗷語して, しめ感心の心, しめ慚愧苦憂輾転煩悶せしめ然, しめ慶喜も亦, しめ憎悪して, しめ懦夫をし, しめ成長したるもの, しめ我々は一人, しめ我々少年時代の隨喜渇仰, しめ我が心を, しめ我らをし, しめ我心頭には時として, しめ我政治家をし, しめ我等の意気, しめ我素性を枉げしめず, しめ我耳に附き, しめ戦果をあげる, しめ所謂高等教育を授け, しめをもっ, しめ手合わさして, しめ手荒い見物を, しめ扶持して, しめ技芸賞を与へる, しめ抽斎をし, しめ指導者とならしめたる, しめ振りのたもと, しめへん, しめ損害をこうむらしめる, しめ播磨国を賜った, しめ支配人の大きな, しめ教師はただ, しめ数多の憂世慨時, しめ數百の警察官, しめ文人をし, しめ文化を進める, しめ文明人をし, しめ文芸復興の足場, しめう云わしめた, しめ新しい手拭を, しめ新しくて不思議, しめ新教を樹立, しめ新旧相衝くの患, しめ新聞屋と笑, しめ斷崖の上, しめ方物を貢, しめ既に印度を, しめ既成政党の台頭, しめ出るも, しめ日本の光榮, しめ日本画を暗示的, しめや此, しめ明日は高, しめ明月が雲, しめ星鳥の中, しめ是非判断の識, しめに熟練, しめ時計もかけ, しめ晋巫に五帝, しめはこれ, しめ暗々裡に渡世, しめ曰く吾周公の成王, しめ曹操の首, しめ最後の一滴, しめ最良最上の成績, しめ朋友に苦慮, しめ朝五時事を挙ぐ, しめ木の根に縄, しめ木村さんを苦しめた, しめ木綿の固い, しめ未来なきもの, しめ末段に, しめパナマの, しめ本所横川邸の番人, しめに向い, しめ杉野兵曹長の見当たらざる, しめ村民大不服にて合祀承諾書, しめをもっ, しめ来り極めての, しめを打ちこむ, しめに出, しめ東洋の厭世教, しめ果敢ならしめねば, しめよりし, しめ梅清処塾の書生, しめ梔子色の綾織金紗, しめ梯子を引き上げ, しめ棒鱈か太刀魚, しめや林, しめに安, しめ榮螺を入れた, しめとせん, しめしましめたらう, しめの間, しめ機械主義のため, しめ櫓主の六兵衛, しめで夜襲, しめ次に雨下する, しめ次第に患者変常の, しめ欧米諸国の徒ら, しめ歌舞伎乃至新派劇畑, しめ止めがねをかけ, しめ正しい治療を, しめ歩卒一万を率いた, しめをすり合わせ, しめりには, しめ死体を引きずっ, しめ死際に迷わない, しめ残してある, しめ残した雨戸の, しめして, しめ殺し煮て, しめは息子, しめをつけ, しめ気息をただし, しめ気海丹田に力, しめを流し, しめ水源の内, しめ水道溝渠貯蓄等の民政, しめを砕いた, しめ永続するもの, しめに沾うた絹衣, しめうやうやしく彼, しめ決死の壮士十数名, しめ沈鬱ならしめこれ, しめ河巫に河, しめ河流庭園海浜等の風景, しめじみた桐箱, しめ法権を破りたる, しめ波風の立つ, しめ泥沙頻に, しめ活気あるもの, しめ浴衣染帷子片袖, しめなんか流す, しめ淫酒に耽り, しめ混乱の底, しめしく, しめ満山の衆徒盤環呪持, しめ滋味濃か, しめ滔々たる釣談, しめ潜り戸から出入り, しめ濡れ烏よりも黒い, しめ瀬田済之助, しめを挙げる, しめ火事のあかり, しめ火鉢に火, しめい為, しめ為めに豊沃, しめ論一度負ける, しめ無反に近い, しめ無理無体に夜具, しめ無窮の婚筵, しめ無限なるもの, しめ無頓着より細心, しめ煉瓦の山, しめを呉門寺, しめ燕王を迎え, しめ燦爛の槍, しめ父母の心, しめ父王を再, しめ爾後寡婦も馬, しめ爾来二十有一年矣, しめ牛乳の一升瓶, しめ牛蒡を掘らしめる, しめをし, しめ物価の調節, しめ犧牲の盟爲, しめ独立軍を挙げさせる, しめ大いに喜び躍っ, しめ獣医をし, しめ獨立軍を擧げさせる, しめ王みずから衛士の儀表, しめ王宮に還り, しめ王李昭世子光海君以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, しめの蔓, しめ瓦礫を投與, しめ甚だしきは倦怠, しめ生命との熱烈, しめ生涯夢中の不幸, しめが日に日に, しめ用帑匱しきに至る, しめ用意の整う, しめ田畑は勿論, しめ田舎臭い円顔, しめて以, しめ申上ました事, しめ申度御座候に付, しめ町人百姓とは全く, しめ異観に誇った, しめ疥癬を治す, しめ痩せてやがら, しめ白縮緬のふん, しめ白足袋をはいた, しめ百發の彈丸以上, しめ皇室より下, しめ皇帝を無事, しめ直しはじめたのである, しめ直に師を, しめ抱かしめ一茎, しめ真実の教養, しめ真理の線路, しめ見張りて, しめ眼前些少の金銭, しめ石段の上, しめ石燒位の言葉, しめ研究的で経験, しめ研究的態度に出でし, しめ硯友社その他の既成老衰作家, しめ礼節を知らしめ, しめ社界組織の網繩, しめがその, しめ祭典を全う, しめから守らう, しめ福徳圓滿自己の理想境, しめ禽獸蟲魚をし, しめの乗るべき, しめ私達をし, しめ秦巫に杜主, しめ秩父物の焦茶色, しめを眺めよ, しめ空中を消毒, しめ空気を清浄, しめ突進させた, しめに錠, しめから流出, しめに入れん, しめ立山が白山, しめ端居かな, しめはしめ樂, しめが相当, しめ築山をも造った, しめ籍帳を削り除い, しめは粥, しめを掻き廻し, しめくさい女気, しめ東洋の, しめ素直に人, しめ素足に安, しめ細大洩らさずすべて, しめのももひき, しめ経済的無力者の位地, しめ結局落魄して, しめ給はんが為, しめ総べての方面, しめが切れ, しめに我, しめけさま, しめ缶子を詛う, しめ老子を習讀, しめ耕地の端, しめ聴心器だけを懐中, しめ肉身をし, しめ肉附の多い, しめからなにか, しめ肩章は胸, しめ胸当ての下, しめ脇差をさし, しめは大地, しめ脚力を養, しめの凄, しめ腹中の物, しめの上, しめ餘の, しめ自ずから能く, しめ自ら一部をもって露軍, しめ自ら徳州に駐, しめ自ら松本の草鞋, しめ自ら訓導の任, しめ自ら跋して, しめ自分自身を不幸, しめ自己たらしめるが, しめ自恃庵とぞ号しける, しめ自然の表情, しめ自然黒壁を支配せり, しめ舟路密に召し, しめ船人大悦び, しめ艦名を金剛, しめ良人に後顧, しめ色眼鏡をかけた, しめ芝居も映画, しめ芝居見物温泉旅行春風秋月四時の行楽, しめ芳香を馥郁, しめ芸術を芸術, しめを抽, しめの花一つ, しめ苛なみ苦しめて, しめ若くは感情, しめ若しくは習性的生活をもって, しめ苦しめられ正義の, しめに神變不可思議力, しめ茶屋の壁, しめ草履をはく, しめ草鞋穿で鏨, しめ荊巫に堂下, しめ荊棘のうち, しめ落合の小屋, しめ葡萄甜漿酥乳の粥, しめ蒔絵のすずり箱, しめ蓮根や芋, しめ薄色の絹足袋, しめ蘭医方を用, しめみ威嚇, しめ虐げてゐる, しめ處女マリアよ, しめ虚飾虚礼以て家族団欒, しめ蛭子大黒を祀り, しめの類, しめ血液を全身, しめに告げ, しめ衆僧も暗中, しめ衆済るを, しめ表面は読書, しめで抱きたかった, しめは着けず, しめ製靴業者帽子製造業者及び家具製造業者, しめを端折った, しめを合わせた, しめ西国諸大名, しめ見る見る内に, しめの行, しめ親しましめ相抱かしめ, しめ親子をし, しめ誠心誠意その主, しめ誤りたる者は手, しめ読書家もまた, しめがあの, しめ論文の最後, しめ論理の學, しめ画を, しめ諸人の非難恐れ, しめ謙信が巣, しめ講釈を聞かせ, しめ警察官をし, しめ議廟もまた, しめ豊かならしめようとして, しめはしめ, しめ貸金の利足, しめを伐つ, しめ賎しき漁夫の, しめ賢者ならば, しめ赤い着物に, しめ赤ばらえぞ, しめ走者を飛ばしめる, しめ深からしめ, しめには草履, しめ路銀を奪っ, しめしめ俥, しめ躊躇する者, しめ軈てこの線香, しめ軍法を以, しめ軍艦がそれ, しめ宗を, しめ転戦千里矢尽き道窮まるに, しめ物に, しめ輓歌を歌, しめ輸送国たらしめるもの, しめ辛張をかっ, しめ込まれ十時間労働で, しめ込んだまま出, しめ迷信の起こらぬ, しめかに, しめ造形美と動性, しめ遂に再び免職に, しめ運転席についた, しめ道民生を聊, しめ遠く喜憂の, しめ遠近の学校, しめま醜悪, しめ適当ならしめるため, しめ遲鈍ならしめる, しめ遺骸燒く父, しめ部落民をし, しめ郵便箱をぶら下げ, しめ都指揮劉忠をし, しめ穢を, しめ重ければ足, しめ重慶より親しく, しめ野心と天分, しめ野枝さん丸髷に赤き, しめが殖えた, しめ金歯が光っ, しめ金縁眼鏡をかけ, しめ鉄槍鉄砲を草むら, しめ鉄瓶等の裏面, しめ鋼鉄の網戸, しめひ錬る, しめ鎖国は雄心, しめ長屋の青, しめ長沢の訳した, しめをさし, しめ院衆法力を以て祈り, しめをとらしめ, しめ陳国を滅ぼした, しめに小さく, しめ隅田河原では同門, しめになっ, しめの翼, しめ雨淋火爛の難, しめ雪駄ちやらちやらと鳴し, しめのごとき, しめ電気鳩をうごかすき, しめ電灯も大きな, しめ霞亭に分家, しめ露伴をし, しめ青い帯を, しめ実現的ならしめ, しめ非難される人, しめだけは丹後塗, しめ順次に小学校, しめ順風をもっ, しめて出で, しめ頬杖を, しめ頬紅をさし, しめ頭髪はもじゃもじゃ, しめ頼朝追討の院宣, しめには真白, しめ風呂敷の包み, しめ風流の遊塲, しめ飛沫餘煙翠嵐を卷い, しめ飛馬狂うて, しめを供, しめ食後に酒, しめ飯田町の二合半坂, しめ餓鬼だと, しめを垂れさせ, しめ馭者には, しめ高い価格への, しめ鳶ヶ巣の塁以下五つ, しめ鶴岳宮の別当職, しめ鹿の子や金紗, しめ鹿島参謀長以下幕僚を大, しめ黒い皮鼻緒の, しめ黒塗の下駄, しめ黒板塀をめぐらし, しめ黒煙猛火を味方, しめ黒縮緬五ツ紋の羽織, しめ黒衣の新, しめ黴臭い匂ひ, しめの軽重, しめ鼠甲斐絹の脚絆, しめ,戸を紐, しめPCLの植村