青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しません ~しまっ しまっ~ ~しまった しまった~ ~しまつ しまつ~ ~しまひました ~しまふ しまふ~
しみ~
~しみじみ しみじみ~ ~しめ しめ~ しめた~ しめる~ しょ~ ~しよ しよ~ ~しよう

「しみ~」 1641, 18ppm, 6443位

▼ しみ~ (489, 29.8%)

15 来た 11 いる 7 感じて, 来る 6 くる 5 うれしかりけり, 来て 4 いるから, きた, 分るの, 知って, 聞いて 3 くるの, 嬉しい, 手も, 湯も, 聞いても, 覚えて, 面かげを

2 [41件] いくの, います, いるでは, いると, いるの, いるので, いるよう, お感ぜられ, ござります, しまった, しみて, すがすがしかも, ひやりとする, へんに, わかって, ゐた, ゐる, 口惜しく父樣, 口惜しければぞ, 彼は, 忘れません, 思ひ出すほど, 思ふ友, 感じた, 感じたの, 感じるの, 感ぜられる, 来たの, 来るよう, 水に, 申す, 知り出して, 知る者, 私は, 考えたこと, 考えられるよう, 行く, 行った, 路を, 金吾は, 風邪引きが

1 [310件] ああ俺, あそばして, ありがたいこと, ありがたがった, ありがたく思ひました, ありがたく拝読, ありけ, いかにも可, いかにも自身, いかん, いくら疲れた, いた, いたから, いたが, いたので, いた三味線, いた部屋, いった, いつ十手捕縄, いて, いとうらか, いないとは, いないらしいので, いない建物, いなかつた, いますから, いまは, いるからこそ, いるという, いるん, いる止木, いる武士気質, いる現実, いる私, いろ, うつり, うれしいと, うれしく思ひます, えな三下でも, えな下司な, えな人間に, えな人間の, えな者に, えに, えにず, おいしいもの, おられまして, おりまする, お察し, お猫さん, かたじけない, かのわかき, かぶる, からだぢゆうの, きたとか, きたとき, きたなくなった, きたので, きつと, きて, きましたから, くるが, こう思った, こたえました, この刺激, この通り, しかめ面, しきみ線香夫, しまって, しらぬひ筑紫, そう云う, そう思う, そして後, その位の, その命, その禁制, その辺, ぞくぞく心, たまらないので, たまらないらしい, だらしなく, だんだんかしこく, ちょうどその, ついには, つらいこと, なつかしく自分, ならなかった, のみこんだとき, ひたぶるに, ひどくいまいましい気持, ふたたびプスプス, ふっと詩人, ほんとうに, まなこうるむ, ゆきます, ゆく, よく理解, より高い, わかった, わかった博識, わからずには, わからせられて, わかります, わかるよう, わかるん, わかる為, わたしは, ゐなかつたなら彼, ゐるの, イヤらしい, スースーとかく, ゾッコン好きである, チカチカ痛い, 両肱, 二人は, 人の, 今松, 仕方が, 仕様が, 何とも云え, 余計さびしく, 來ない, 働けない, 僕は, 僕も, 光るさみし, 其話を, 冷めたい風, 出し難し, 分かった, 分ったの, 分るよう, 分るん, 分る筈, 切実であった, 判らない, 勞作の, 匂ひき, 参ります, 又次郎は, 受けとった, 口惜しく思っ, 口惜しく父様, 同感だった, 君の, 君ひとり, 君一人居る, 味い, 味はれた, 味わった, 味わわなければ, 嚏を, 園部の, 土の, 坪の, 堪えがたいよう, 場所柄にも, 夕日の, 嬉しいに, 嬉しかった, 嬉しく, 嬉しくなる, 嬉しくまるで, 嬉しく感じた, 孔雀草, 守るつもり, 室内の, 寒かった, 寒さ, 小淋しき, 居り, 己の, 帰りの, 帷子一枚の, 年を, 引入る, 後日の, 御用を, 必要な, 忍ぶの岡, 忘れかねたる夜, 忘れがたい, 忘れぬ, 忘れられない, 忘れる事, 思い出された, 思い出されます, 思い味った, 思ひ出づる, 思わず知らず, 急に, 悟ること, 悲しき, 悲しければこそ, 悲惨を, 情なくなる, 意識した, 感じさせる, 感じずには, 感じた怒り, 感じた経験, 感じないばかりか, 感じますが, 感じられたが, 感じられなかった, 感じられると, 感じる, 感じること, 感じるやう, 感じ健康, 感ずる, 感ずるやう, 慄へて, 打ながめられき, 敢て, 早く酒, 映じて, 春の, 春は, 時には涙, 曰く聖の, 書きにく, 有難い, 有難いか, 有難かつ, 本当にきたない, 来かかって, 来たけれ共, 来たよう, 来た二人, 来た時, 来た頃, 来ないかと, 来ますね, 来るという, 松が枝を, 楽しいもの, 歎き悲しまれる, 残って, 泥に, 海に, 消えないの, 消えるうすら, 涙が, 涙の, 焦らず大きな, 犇, 独特の, 玉づけ, 理解する, 生娘の, 用いられなくなったから, 申すと, 痛くなり, 痛むの, 直接それを, 相手にも, 知ってるの, 知つてゐた, 知つてゐる, 知らされて, 知りそれ, 知れるに, 空の, 空を, 経験した, 羅馬へ, 翌朝も, 考へられたの, 耐え難い程, 耳遠くな, 聖なる足, 聞いた記憶, 聞かれた, 聞きなされる, 聞き惚, 聞こえる, 聞こえるの, 聴ける浪子, 膚寒き, 自分から, 自覚し, 苦しみました, 行きました, 袂ぞ, 見るもの, 見る沼, 覚えさせて, 覚えられれば, 覚ゆるなり, 覚ゆるなりき, 親切に, 観て, 覺えて, 話すこと, 輝き渡る, 遠い遠い渓流, 野郎き, 鋭き槍, 防ぎよう, 霞む空, 面白く下, 頭から, 頭を, 飲めないと, 高く話し, 鳴き弱った, 鳴く聲, 黄色に, 黒く臭くなっ

▼ しみ~ (145, 8.8%)

4 失ひきつ 3 持つて, 湛えて 2 して, 含めて, 忘れた女, 忘れて, 持つよう, 残して, 見つめて

1 [121件] いふ意味, おぼえて, おぼえながら, おぼえる, かけて, こしらえながら, しとくん, しない, しらない, し給, せっせとたべ, たべさせたり, ぢかに, ぢっと, つくったの, つくって, つくらせた, つけたきたない, つけて, つけないよう, つけられて, つながれて, ながめた, ながめながら, のべて, みると, もち作品的, もって, もっともおいしい, もつた, もつて, もて, り, わかって, わきまえぬ色ガキ, われ今除き, 三つも, 与えて, 享くる, 享受する, 今まで, 仏壇へ, 何の, 作った, 作つた, 全く等閑, 写せと, 加へる, 受けて, 受けるよう, 受ける可憐, 吐瀉物の, 含めた声, 味え, 味へるなるべし, 呼び起した, 失いきった語部, 失つたのか, 失わずに, 守って, 得ました, 心がけ良人, 忘れたの, 忘れないうち, 忘れるやう, 思うよう, 思ふさま味, 感じた, 感じないで, 感じられるの, 感ずること, 慕ふ, 抜きだらし, 抱いたに, 抱いて, 抱かせた, 持たなければ, 持ちその, 持った年増盛り, 持って, 持つ自分, 捨てなかつた人, 有つ, 束子に, 樂しまざる, 樂しむ, 欠いて, 欠きまことに, 欠くとしても, 残したままもとどおり, 殘した, 殺がれて, 求めしこと, 求めるため, 洩らすに, 現は, 白と, 破って, 空へ, 立て競り合い, 経なければ, 舞台の, 茅が, 藏し, 蘇えらせ, 見つけ出すが, 見て, 見ますと, 見棄てない, 覚えます, 親指の, 訂めて, 誘い起こした, 誰か, 謠ふ, 適用したくなくなった, 遺して, 遺すもの, 重ねて, 食ふ, 食べて

▼ しみ~ (132, 8.0%)

43 して 2 した, なって, よりて, 堪えないで, 思つた, 潮時は, 脇目も, 轅棒をに

1 [73件] あひみるごとく, お椀, くるまれて, けり, ける, ここへは, し, した位, しつつ, してる人, しながら, しました, し板倉屋, する, するだらう, するには, するやう, する品, せらる, そえて, なつた, ならないって, なりかけて, なる, なるよう, まさる, またふけらう, みちた目, 一杯にな, 下手物の, 來た, 僅か自分, 働いて, 充ちた笑顔, 全心, 出るらしく見物人, 囚われたの, 堪え兼ねるらしい, 始まって, 威張つた勿論, 富んだわら, 島に, 彦兵衞は, 待つて, 思つたばかり, 捉へ, 敬しんだ上, 暮そうと, 染ます, 欠けややともすると, 此ぶれ, 汚れて, 汚れ明り取り, 沈みやすい, 淫したもの, 満ち充ちた心, 溢れて, 眼を, 矢張り出か, 耽らうとして, 耽ること, 耽る事, 致して, 茶碗煮, 裏木戸番で, 見覚えが, 轉じた, 近いもの, 逢ふべき, 過ぎない, 過ぎなかったが, 隈どられた, 餅だけは

▼ しみ~ (126, 7.7%)

6 ついて 3 あつた, ある, あるの 2 あった, あって, できて, とれまい, 人間の, 出来て, 湧いて, 現れて

1 [95件] あたかも今, あつたらう, あつちや, あつて, あらわれましたので, ありこの, あります, ありませう, ありロマン種族中, あり品格, あるが, あるこの, あるじゃ, あるだらう, あるだろう, あると, あるといふ, あるばかり, あるん, いちばん手数が, いっぱいつい, かくされて, こぼれ出るという, しみついて, すきな, たれの, ついたよう, ついたり, つきますと, できるが, でたり, ないので, ないん, なかった, なくっても, なくて, にじみ言葉, ねえな, のこった, はやりしだいに, ふわりと, また横顔, まだら, まだ残っ, みんなある, むらに, めぐまれて, わいて, 一めんに, 何から, 出て, 出來, 出来それ, 出来たよう, 出来る, 却て, 厳重で, 又横顔, 取り除かれたという, 壁の, 天つ, 好きで, 嫉妬に, 存在し, 守りきれなくなったため, 微かに, 忘られ, 持てたけれど, 持てなかつた, 来ます, 樂しい, 残って, 気に, 永きに, 浮いて, 涌いて, 深かった, 深くなっ, 減じて, 湧き上りました, 溜って, 溶けて, 滲み出て, 点々と, 無上に, 現われたが, 生じるもの, 目立って, 私には, 第一等, 落ちて, 表紙や, 見えるに, 見えるの, 足りませんね

▼ しみ~ (119, 7.3%)

4 ない女 3 ために, やうな

2 [11件] あること, あるもの, ある壁, ある声, ある女, ある顔, ような, ように, 初穗, 心が, 心を

1 [87件] あるの, あるひと, ある人情的, ある味噌歯, ある哥麿, ある所, ある決して, ある男, ある紳士型, ある花, ある表情, ある調子, ある趣, ある雨, ある面白い, ある顎, ある鷹揚さ, うしろに, うらみや, ことに, ことは, ついたシャツ, ついた小さい, ついた床, ついた鏡, ついて, ないお, ないこと, ないところ, ない奴, ない筋書, ひとつでした, ようであった, 一つだ, 一つで, 一つは, 一つを, 中で, 光沢は, 及んだ歌, 命と, 壺, 外には, 外の, 多いもの, 多い女御, 多い時, 夜である, 如何ばかり, 嬉しさ, 対象に, 影が, 微妙さを, 心で, 感じを, 散点した, 方が, 最中よ, 會釋を, 期間は, 歌は, 気配は, 深い印象, 深さ, 狂へる, 現れた眼, 現在の, 痕視つめ, 的に, 目立つひどく, 目立つ小さい, 種類とも, 箇条は, 籠った忘れ難い, 籠つた響とは, 籠もっ, 耐えを, 色を, 表情そしてそれから, 裂け口, 足りない姿, 足りない家, 迫る旅愁, 附いた破れた障子, 限りを, 雲に, 飽くこと

▼ しみ~ (66, 4.0%)

3 ほる 2 して, ほる山里, 澄みて

1 [57件] いうよりは, いえば, いへば, うたいしは, した, したし, すしとで, する人たち, つみとは, なした, なしたの, なした所, なって, のこしたらなむ, ひとり恍れ, へつらい讒訴, ほつた, ほつて, ほらないでは, ほり, ほります, ほりむらぎも, ほり鳴く蝉, ほるばかりの, ほるほど, ほるもの, ほるやう, ほる水, ほる秋, オムレツと, タバコの, ビスケットの, 云ふも, 元気が, 同じ時期, 同樣, 夕冷えまさる, 心こめゆく, 心遣いとが, 悦びを, 戦い, 湯豆腐を, 物言ふ, 磯崎の, 笑まむすがた, 笑まむ眉引, 紐の, 考へて, 臭いが, 葉巻煙草との, 蛙聽く, 言つた不思議な, 言ふ, 豆腐汁と, 金を, 雲は, 食いやぶり盗人

▼ しみ~ (50, 3.0%)

1 [50件] あった, いつか廃れ果て, いつも通る, うまかつ, お天氣, このやう, この暗黒, しみ抜屋にても, すびつのもとにうち仆, するけれど, そばを, たしかにあった, ちっとも動かず, ちょうどかわきかけた, ついて, どうした, ない, ないと, なだれに, またと, めづらしき書人, われら貧乏人と, エジプトの, ミジンも, 一入深い, 乏しきま, 何も, 妻子むつまじく, 弥生の, 後ろに, 得られないもの, 心に, 悲しけれども, 成育を, 掛って, 晝寢めざむる枕べに, 漸次に, 現身ゆゑに, 生活そのものの, 神のみ, 種々の, 童墨する, 自然の, 草の, 豐富である, 跡形も, 通う山, 酒の, 長く続かなかった, 非常に

▼ しみ~ (41, 2.5%)

2 あつた, だん, 望みも, 留めない女

1 [33件] ありませんもの, あるもの, あれど, こっそりあて, した, し尊く, そこに, ない, ないから, ないのでね, ないほどに, ない特別, なきに, なく, なくさながら, なくわたし, なく愕, やぶらず盗人, 一倍で, 亦深く永い, 奇拔な, 少くなる, 少しつい, 市川に, 常より, 悲しみも, 洗ひし如く, 深いもの, 無いので, 無ささうです, 知らぬ間, 若や, 遠慮も

▼ しみ深く~ (22, 1.3%)

2 ハニカミ屋で

1 [20件] あろうと, うな, お見せ, するの, て何ん, て無慾恬淡, なつた, なよやかな, 何か, 守られねば, 床の, 時には, 礼節正しく, 私の, 答えて, 簡単に, 見えるの, 親切で, 訪ひ, 車上の

▼ しみ~ (19, 1.2%)

32

1 [14件] なるかな, なる枝, にそそぐ, にも鳴き, に光る, に列, に小犬, に岐, に燃, に薫, に薫ず, に見れ, の耀き, の鶏鳴

▼ しみ~ (18, 1.1%)

3 あつた 2 あらうね

1 [13件] あれから, いとしみ, おいしいと, 一合かなんかを, 一杯, 一杯の, 好いの, 暇さへ, 矢代は, 立って, 自然に, 頼まれて, 飯

▼ しみ深い~ (17, 1.0%)

1 [17件] のです, もので, 人の, 会釈を, 大きな眼, 女で, 姿に, 家でした, 底の, 心の, 性質な, 此の, 武家の, 熊度で, 祭を, 結構な, 顔の

▼ しみながら~ (16, 1.0%)

1 [16件] お礼を, もの静かな, ゆくと, 二人きりで, 午少し, 多分その, 寝床に, 成長した, 書かねば, 漸く斯, 目を, 私は, 考へたり, 自分は, 読んで, 辿って

▼ しみだらけ~ (11, 0.7%)

2 なの 1 で色, な前, にする, になった, の手ぐいで頬かぶり, の暖簾, の歪んだ, の燕尾服, の縁

▼ しみ~ (10, 0.6%)

2 たれるな 1 たれた人情, たれた哀, たれた田舎, たれた男, たれだから, たれな, たれるほど, たれ野郎

▼ しみ~ (9, 0.5%)

2 さは, さを 1 かつた, さから, さとは, さの, さや

▼ しみ~ (8, 0.5%)

1 あがるだん, こぐさ, わめきや, 悲しさ, 死ぬまで, 肉類も, 酢のもので, 野菜を

▼ しみつつ~ (6, 0.4%)

1 いつも新しき, すぐろなる土, その宣伝, 生の, 自己の, 送る淨福

▼ しみては~ (6, 0.4%)

1 いづちもいづちもえ, つきつめられぬまま, なりません, 知らずに, 聴いて, 見なかつた

▼ しみでも~ (6, 0.4%)

1 ついたの, なければ, 御馳走したい, 椀盛りでも, 濃い色, 落すやう

▼ しみといふ~ (6, 0.4%)

2 ものが 1 もの, ものは, 点も, 虫に

▼ しみ~ (6, 0.4%)

1 ものだ, もんぢやらう, やうな, んだ, 事だつた, 心の

▼ しみという~ (5, 0.3%)

1 ことを, ものだ, ものは, ものも, 虫に

▼ しみ~ (5, 0.3%)

3 たれ 1 たれで小心翼々, たれに

▼ しみ一つ~ (5, 0.3%)

1 ついて, つけずに, ない照り, にも忘れられない, 出来ては

▼ しみ~ (4, 0.2%)

1 つたので, つてね, といふ, などといい

▼ しみとも~ (4, 0.2%)

2 知れぬ心 1 云へ, 云へば

▼ しみから~ (3, 0.2%)

1 とおもへば, 出た言葉, 金を

▼ しみさえ~ (3, 0.2%)

1 あれば, いまの, 沸き起るの

▼ しみしみ~ (3, 0.2%)

2 と澄み 1 と夕

▼ しみたり~ (3, 0.2%)

1 けむ, 彼らに, 我らに

▼ しみても~ (3, 0.2%)

1 いましたが, いる, 尚お

▼ しみです~ (3, 0.2%)

1 ね, わねえお, 最近大変面白い

▼ しみとか~ (3, 0.2%)

1 うきふねとか, 云うもの, 行儀とかいう

▼ しみとして~ (3, 0.2%)

1 おいしく人, ゐた, ゐる人

▼ しみには~ (3, 0.2%)

1 そのおいし, たいも, 自然の

▼ しみばかり~ (3, 0.2%)

1 では, でも, なの

▼ しみ~ (3, 0.2%)

1 にしろ, はいずれ, 済まば

▼ しみ~ (3, 0.2%)

1 が深い, なりが自然, に今日

▼ しみあらゆる~ (2, 0.1%)

1 品格あらゆる, 罪悪を

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 くも, こわかくさ

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 知れないけれど, 知れなかつた

▼ しみかた~ (2, 0.1%)

1 がわたし, も格別

▼ しみこれ~ (2, 0.1%)

1 を書く, を軽侮

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 ぶるま, 寝に

▼ しみただ~ (2, 0.1%)

2 実直に

▼ しみたれた~ (2, 0.1%)

1 了簡を, 泥棒が

▼ しみだけは~ (2, 0.1%)

1 今も, 決してお

▼ しみつき~ (2, 0.1%)

2 やそれから

▼ しみてと~ (2, 0.1%)

2 口の

▼ しみであり~ (2, 0.1%)

1 その大きな冒険, 矜りで

▼ しみでなく~ (2, 0.1%)

1 あんまり皆, うまくない

▼ しみとを~ (2, 0.1%)

1 覺え, 起すもの

▼ しみなどは~ (2, 0.1%)

1 どこにも, 目にも

▼ しみにく~ (2, 0.1%)

1 しみ踏みにじった, しみ踏みにじつた

▼ しみによって~ (2, 0.1%)

1 動かされるの, 工場は

▼ しみふかく~ (2, 0.1%)

1 して, 申し上げて

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 かく小ざっぱりと, かさや

▼ しみまた~ (2, 0.1%)

1 いかなる実用心理学教科書, 瞼を

▼ しみやら~ (2, 0.1%)

2 鮪の

▼ しみをも~ (2, 0.1%)

1 持つて, 苦しみをも

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 つてゐた, 蝉の

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 ている, でさせる

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 に米, を治むる

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 の穢, を磨く

▼ しみ放逸~ (2, 0.1%)

2 を畏

▼ しみ深かっ~ (2, 0.1%)

1 た, た姉

▼ しみ火燵~ (2, 0.1%)

1 にあ, にあたっ

▼ しみ自分~ (2, 0.1%)

1 のため, の影法師

▼ しみ通っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て感じられた

▼ しみ通った~ (2, 0.1%)

1 三角巾で, 化粧箱が

▼ しみ通る~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ しみ~ (2, 0.1%)

1 も聞こえました, をたて

▼1* [186件]

しみあらい摺れ枯, しみあるを以て尊し, しみいやまひたる聊さ, しみうしほそして, しみうれしかった, しみ庭の, しみおぼろげの, しみお作りになられました, しみお釈迦さんもびつくり, しみかはす, しみからと思えば, しみからに過ぎない程, しみかりそめにも, しみがちになり離れる, しみぐらいですめば, しみけむと泣かぬ, しみさうにみえる, しみさえも添った, しみさんさんと涙, しみしくしくと腐れ, しみしばしば見かえりて, しみしり大皿を, しみすべてを因縁, しみそうで字, しみそうして言うこと, しみその習慣は, しみそれらを一つ, しみたりの淑女は, しみたるものと, しみたれとかいろいろ, しみだけおひ, しみだったかしれない, しみだつたものだ, しみだつたさうだね, しみだの蛤鍋だの, しみだりがはしくし, しみっしと軋らせはじめる, しみつくづくと人, しみつまはお, しみづ子のあさまし, しみてかオーカミイナリの, しみてぞ覚ゆる, しみての実験です, しみてんぷらそばどれもみな, しみであったのだ, しみであることは, しみでこそこんな山, しみではない, しみとかもなべ幕の内, しみとがなければ, しみとで彼女は, しみとでも云ふべきであらう, しみとともにまた新しい, しみとは思へども, しみながらもその必要, しみなくくされかかつて, しみなんぞを持って, しみにて相暮居候事, しみになつて暫らくは, しみにもつまって, しみや, しみひとたびは御殿づとめもした覚え, しみひとつない小さな, しみぶかくしている, しみな柱, しみませい灸の, しみみか黝きほづえには鵲, しみもとは丸一日田畠, しみもねエと言ひ, しみやすくあまり役に立たぬ, しみやはする, しみあゝいひ, しみよくゆでて, しみたつたこと, しみわずかに十分の三, しみを以て物靜かに, しみトクと共に自室, しみパトラッシュはネルロ, しみヴァイオリンの妙手, しみ一人か二人, しみ一夜寝に, しみ一家の生活法, しみ両親や友人知人, しみで済ませ, しみを俗人, しみ乍ら柱に凭れた, しみ亘つてゐるやう, しみに侮られ, しみ仏教国でありながら, しみ以上のやく, しみ何せんと, しみは誠に, しみ出して来る, しみて其人, しみ雨つ, しみ即日の神, しみ口取りその他種々の材料, しみ古萩の良, しみ吉野の竹林院, しみ営むならばその, しみで矢, しみ場所たる女湯, しみ大いに慎んで, しみ大和しぬびつ, しみ太宰府で亡くした, しみも断ち, しみが思ふ, しみ守れと口, しみ將來を望み, しみ居しに世に, しみ居りしに, しみ常に翼賛申し, しみ弁当をたべた, しみは恍惚, しみ御国の悩み, しみれて, しみ恨みなどの出來, しみを護り, しみ憧憬れて, しみはわが, しみ或は妻に, しみ抜屋にても引受け, しみうも, しみ日々夜々に生, しみ日に日に健康を, しみ暁霜を踏ん, しみ木村の鬼, しみ松風が琴, しみを染めし, しみ気持を引きしめ, しみ気配聴かゆ, しみを飲み, しみ浮世の木枯し, しみが危く, しみ淤泥なき池, しみ深い雄々しい会見で, しみ深さうなのも, しみ渡つたであらう, しみ温言以て一場, しみ滿足しようと, しみ牛豚肉の生焼け, しみ独りを楽しんだ, しみ生涯を貯蓄, しみ申候父よりいずれ, しみ痛い筈な, しみ白出し鴨ロース, しみ皿買つて來て下さい, しみひらくただ, しみにその, しみへましける, しみ稿料をもらふ, しみ終りまだ薬, しみふ, しみや讀むべき, しみくかぎり, しみ老人はまた, しみ苟も取調べを, しみ若い人たちの, しみ茄子焼海老, しみ落葉せる樒, しみを織りたれ, しみ薄きここちす, しみ薄暮の蟹, しみ蚊帳釣草を活け, しみ訝ることなからむ, しみを聞い, しみもしつかりつかん, しみ謹んで居られた, しみ大いならず, しみ赤飯御つゆ, しみのあ, しみ輝る下に, しみ込みの深, しみふ大, しみにそういう, しみ透つて鰌が死ぬ, しみ通つて來た, しみ通り足は凍った, しみ通り靴の中, しみ過した空想は, しみぞ, しみざれば, しみ食うのである, しみ鯛めんなど食, しみ黄昏方となり, しみをふさいだ