青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しまっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しまう~ ~しまえ しまえ~ ~しました しました~ ~しましょう ~します します~ ~しません ~しまっ
しまっ~
~しまった しまった~ ~しまつ しまつ~ ~しまひました ~しまふ しまふ~ しみ~ ~しみじみ しみじみ~

「しまっ~」 9198, 99ppm, 1105位

▼ しまっ~ (8006, 87.0%)

595 いた 472 いる 267 いるの 132 いたの 93 いて 56 いるよう 54 いました 48 いること 41 います 38 いるので 37 いるから 34 いたが 30 いるが, おいて 29 いると 27 自分の 24 あるの 22 いたので, 今は, 私は 18 ある, いるという, いるん, それを, 居た, 居る 17 いるもの 16 今では 15 あった, いたから, おいた 14 いたこと, しまいました, みると 13 あとは, いるに, いるのに 11 いるらしい, おきました, 自分は 10 いるし, いるところ, それから, どうする, 私の 9 あとで, いるでは, しまった, その代り, それに, 下さい, 何か, 何も, 彼は, 置いて 8 いたん, いますから, いるかも, いるはず 7 あったの, あります, あるん, いたし, いるわけ, おくこと, そこに, 今度は, 見ると

6 [15件] いても, いましたが, いるか, そのあと, その上, それからは, 二人は, 例の, 僕は, 出て, 家の, 彼の, 手が, 次の, 誰も

5 [32件] あとに, いたかも, いたという, いたもの, いたよう, いつもの, いますが, いるこの, いるため, いるよ, いるらしいの, いる様子, いる点, くれ, しまって, そこから, そのため, その中, それが, ほかの, わずかに, 今まで, 何を, 半七, 口を, 家へ, 居るの, 彼女は, 急に, 気が, 目の, 自分で

4 [55件] あとには, あの女, あること, いたわけ, いなければ, いるけれども, いるじゃ, いるその, いるだろう, いるであろう, いるでしょう, いるのよ, いるらしかった, いる事, いる以上, いる時, いれば, おいたの, おいたもの, おくが, おくの, おけば, おりました, ください, くれた, この頃, これは, これも, そこには, その後の, その後は, その手, た, だれも, どこに, もう自分, 人の, 今の, 仕方なし, 他の, 代りに, 何が, 困って, 夜の, 帰って, 彼女の, 持って, 来た, 来て, 死んで, 眼が, 置いた, 自分も, 葉子は, 黙って

3 [103件] あたりを, ありました, ありますから, あるか, あるという, あるもの, ある箱, いたか, いたでしょう, いたでは, いたと, いたのに, いたり, いた私, いましたし, いまは, いるかの, いるだろうと, いるほど, いる上, いる事実, いる二人, いる今, いる彼, いる有様, いる筈, おいたん, おくれ, おりますが, お絹, お置き, きて, きょうは, これを, すべての, そうしてその, そのかわり, その日, その時, その結果, そんなこと, とうとうこの, どうした, どうにもこうにも, どこへ, どこを, どれが, なんの, ほんとうに, ます, もしか上着, ものも, やる, わたしは, ゐるの, コップを, ゴロリと, ハッと, ホッと, 一と, 一歩も, 一言も, 世間が, 主人の, 二人の, 人を, 今日は, 今日も, 何にも, 何の, 何事も, 僕の, 向うの, 変な, 変に, 外の, 夜に, 夢を, 女の, 妙に, 姿は, 学校の, 容易に, 少しも, 居て, 居りました, 帽子を, 後から, 後が, 後に, 後には, 日に, 最後に, 正面の, 残って, 気の, 生きて, 相変らず, 私には, 窓から, 置いたの, 自分が, 自然に

2 [311件] あたりは, あの人, あらしの, ありますが, あるから, あると, あるはず, あるよう, ある古い, ある場所, あれが, あれでは, いいか, いいと, いいの, いいもの, いきなりその, いそいで, いたくらい, いたけれど, いたせい, いたため, いたところ, いたに, いたはず, いたろう, いた伸子, いた暴徒達, いつまで, いては, いない, いましたから, いましたので, いますし, いやな, いるうち, いるかという, いるころ, いるせい, いるとき, いるのねえ, いるわ, いる中, いる今日, いる場合, いる後, いる棚, いる私, いる者, いる自分, いる自動車, いる訳, いる部屋, いる顔, いろいろな, いわゆる天地乾坤, おいたから, おいで, おきましょうね, おきます, おく, おくよう, おった, おりその, おりましたので, おります, おる, おれは, お君さん, お父様, お玉さんの, お路久さん, お銀, きた, きょとんと, くる, ここから, ここに, ここは, このうえ, この国, この界隈, これからは, これから先, こんどは, さぞ残念, さてと, さまで, さらに第, しずかに, しばらくは, しまいには, じいっとし, じぶん, すぐに, するめ, そしてその, そのお姫様, そのまま仕事, その児, その全体, その引っ, その跡, その遺族, その間に, それからの, それから以後, それは, それらの, ただこの, ただもう, ただ一つ, ただ大きな, ただ自分, ただ黙っ, だいぶいい, だな, だれにも, つぎ目が, てんで相手, ところどころにかの, とりかえしが, どうしてよい, どうしましょう, どうなる, どうにも, どこかの, どこが, なにが, のです, ひとかたまりに, まことに残念, まるでその, みじめな, みんなは, もうこの, もう一歩, もう何, もう取り返し, やがて見えなくなった, やるから, やろう, よいもの, わたしの, われながら, ゐた, ゐました, ズカズカと, 一つも, 一生を, 一面の, 三菱に, 下の, 下女の, 世間では, 両手で, 九人の, 二人が, 二人とも, 人通りの, 今じゃ, 今じゃあ, 今年は, 今日では, 今日の, 今日まで, 仕方が, 他人の, 何う, 何から, 何ともいえない, 何処に, 何等の, 俄かに, 先生の, 八丁堀の, 再び自分, 別に気, 十に, 十年の, 反対に, 収穫が, 取り敢えず宿屋, 口が, 口の, 右の, 咄嗟に, 困った, 地面を, 声も, 外へ, 大事に, 奉公しよう, 妙な, 妾は, 少年は, 居ります, 居るから, 居るので, 居るよう, 帰ろうと, 店の, 引きずって, 引立たない, 彼らの, 彼らは, 彼女が, 彼女と, 往来の, 待って, 後の, 後は, 心の, 思わず手, 急いで, 悠々と, 手の, 日が, 日の, 早くも, 昔の, 昨日も, 時計を, 暫くは, 最初の, 朝まで, 本を, 本当の, 机の, 村へ, 林の, 楽屋番の, 様式ばかりを, 樺の木なども, 橋の, 死ぬるの, 残りの, 残るの, 残念ながら, 水が, 汁ばかり, 池の, 泣いて, 煙を, 父の, 父は, 父ひとりが, 物を, 男ばかりが, 町の, 皆の, 目が, 目を, 直ぐに, 相手の, 眼の, 着物の, 知って, 石の, 破壊された, 私が, 私を, 私一人に, 私子供を, 立派な, 結局は, 縁側へ, 置いたから, 置くよう, 置く気, 置けと, 美女と, 考え出すこと, 而も, 肩の, 肩を, 脱け, 自分でも, 自分ながら, 自分に, 自由が, 自由に, 芝へ, 若い人たち, 茫然として, 茶を, 藤崎さんは, 行くえ, 見えなくなったの, 見る影, 見れば, 記憶の, 話は, 誰が, 誰にも, 跡には, 跡形も, 身体中に, 返事も, 透明に, 途方に, 部屋に, 都会の, 酒の, 野獣の, 金庫の, 閉口し, 雲の, 静かに, 頂戴な, 首を

1 [3997件 抜粋] ああああこれ, あえて帰り, あすこも, あたりには, あったこの, あった抱茗荷紋, あった障子, あとさきを, あなたの, あの附近, ありその, あるし, あるに, あるナイフ, ある原本曼陀羅, ある小説家, ある濁酒, ある蔵書, あわてて, いいこときり, いい気持, いくら引い, いざとばかり, いたからね, いただね, いたのね, いたらしいの, いたプロレタリア芸術理論, いた前, いた新版, いた組閣当時, いた頃, いったいどうしたら, いつでも, いつも恐怖, いないドア, いまこの, いますわ, いま一匹しか, いよいよ若く, いらっしゃる由, いるかとも, いるだろうし, いるなんて, いるゆえ, いる一つ, いる例, いる図, いる女子学生, いる川向こう, いる所, いる村田壽子, いる現状, いる秘密, いる貧寒, いる鎧戸, いろいろ雨乞い, うちには, うまやへ, うろたえる, おいたこと, おいたほう, おいた封緘, おいた金歯, おかないと, おきなさいと, おきますの, おくなんぞは, おく分量, おけなくなるの, おじゃん, おなかが, おらただ, おり一座, おれの, お午頃, お手もと, お父さんが, お邸, かえってこっち, かえるの, かの執事, がたがたふるえ, きっとあなたたち, くやしくうらめしく思います, くれたらなお, くれれば, げんなりした, こう据身, こっくりと, ことばも, この世に, この子, この日, この立派, こら, これで, こんなみにくい, ご飯の, さきほどまでの, さっそく裸, さて振り返っ, さらにつかみ, しかしまあ, しかも三十メートル, しくしくと, しばらく落ちつか, しまうん, しめつけられるよう, じつに不機嫌, すぐ疲労, すっかり口上, すまないが, ぜんぜん仕事, そうしたいろいろ, そうして万事, そうして物理学, そうは, そこは, そして平気, そっとふところ, そのうしろ, そのひと, そのゆく, その人, その側, その図, その帰り, その後頭脳が, その日一日中明日子, その死んだ, その犬, その癖心, その笑顔, その西風, その身, その靴, それからまた本, それから後, それから近所, それきり読書を, それっきり永久に, それで冬, それほどあなた, それ以来十何年とか, そんな空想, ただ, ただもやもや, ただ前, ただ悲しい, ただ熱心, ただ苦しまぎれ, たっぷりと, ため息が, ちっともしん, ちょっと思い出せなかった, ついご, ついに半死半生, つい訊きもらした, つまり一方的, とうとう横手, とちゅうからもうだまっていることにして, とにかく着物, どうしたら, どうしても私, どうにも足悶きの, どこか, どちらを, どんなこと, なお平然, なかなか狩り尽くす, なくなったが, なにしろおちつかない, なるもの, なんとし, なんにも見えない, のこるの, はじめてほのぼのと, はなはだ気, ひたすら逆, ひと晩中この, ひょろひょろと, ふたたび自分, ぺちゃんこの, ほとんど何, ほんとに困った, ぼやついた, まかり間違えば, まさに永遠, またこたつ, また元, また手, まだ八つ, まったく他, まとまった意味, まるで内臓, まるで村芝居, まア馬鹿らしい, みんな住む, もうおしても, もうとれなくなる, もう一度改めて科学博物館対帝国学士院, もう再び真直, もう帰ろう, もう水, もう顔, もっと川, もはやもと, もはや言葉, やがて学校, やっと一, やること, ゆきました, よくよくの, よろよろする, わきの, わたしが, アトには, アンリーも, オリヴィエへ, カーッと, ガンと, ゲエゲエあげてた, セントヘレナの, トランクに, バルナバスの, ブラリブラリと, ボルドー葡萄酒の, メリメリと, ロカール氏に, 一ことも, 一人が, 一向に反応, 一層病気, 一意自家の, 一服し, 一種の, 一週間も, 三たびめの, 三日ばかり, 上から, 上陸の, 下さらねえうち, 下へは, 不安な, 不断着にも, 世間へ, 中から, 主か, 乳首が, 二つの, 二十四時いつも, 云えないじゃ, 井戸も, 人心地が, 今ごろは, 今にも緑ちゃん, 今度この, 今朝に, 他には, 代わりの, 仰向けに, 似たよう, 何だかきまり, 何とも答える, 何一つなくなった, 余一人座敷に, 例によっての, 個人個人が, 催促される, 儲げだ, 兄貴と, 入場し, 全心身, 公園の, 兵馬は, 内地に, 再び地熱, 写真館と, 凉しい, 出来ない, 初めて合点, 別にまた, 到頭一雨, 創が, 動かなくなるでしょうそう, 勢よく, 十二月に, 半気違い, 印度洋で, 去年の, 又差障り, 口は, 叫んだ, 吉五郎は, 同郷の, 吸殻を, 周囲の, 唱歌の, 嗜慾を, 四男の, 困るの, 土地には, 地球人類の, 場内は, 壇の, 夏休みには, 多少の, 夜遅く, 大きい黒猫, 大ガニは, 大変に, 大毒, 大隅学士が, 太平洋の, 奥の, 如何にも自分, 娘と, 子供たちに, 学校に, 安心し, 実のら, 家も, 宿を, 寝苦しい眠り, 寿が, 小さな女の子, 小学校に, 少からず, 少年の, 居たので, 居りますからね, 居る可笑し, 山内が, 川か, 巳之助は, 帰った時, 平気に, 幾分の話も, 床の, 庭前の, 弱りました, 形の, 彼に, 彼等三人の, 後で後悔, 従妹同士の, 心から彼, 忘れて, 思い出すの, 急の, 恐れいるが, 恩恵を, 悪かった, 惜しいこと, 感覚の, 懐には, 我知らず馳込んだ, 所謂大病の, 手紙を, 折に, 挨拶も, 撒いた赭砂, 教室には, 斃死する, 料理人と, 新子は, 日本という, 日盛りに, 早口に, 明家の, 昨日の, 普通の, 暗くなった, 暫らくは, 替りに, 月光に, 朝顔や, 本も, 本郷の, 来たばかり, 東京へ, 枕元へ, 根本に, 森の, 樋口の, 欲しくない, 歩けず一日野原, 歴史ある, 殆ど自制を, 残りが, 母は, 毒なんて, 気持を, 永い間然, 江戸名物が, 法水は, 洗ったよう, 浪の, 消息は, 清国の, 湯には, 滞欧十年子まで, 火の, 無いん, 無類の, 煮えくり返るほど, 父親が, 物品の, 犯人の, 猟好きな, 王成に, 瓶に, 生涯が, 甲虫一件が, 男の, 番茶殻まで, 痛いもん, 百姓は, 目に, 真っ黒い風, 着物戸棚へ, 石塊の, 神尾主膳が, 私たちの, 私暖爐の, 穴は, 突きに, 立ち上がった, 立上った, 第二代目, 箱を, 紀代子は, 索然と, 統計的心理的に, 総領の, 置いたら鼠, 置いた袋, 置きいよ, 置きましょう, 置くべきである, 美奈子と, 翌日に, 考える傾向, 肉を, 背の, 腕の, 膝元と, 自分勝手に, 自殺した, 舟は, 船室を, 芝居に, 若い人, 茎に, 荒ナワを, 落したもの, 葉子の, 蟹江は, 表へも, 補欠の, 見えなかった, 見りゃあ, 規矩男を, 親分は, 訊いたけれども, 認識や, 誰かが, 諸大名, 象が, 走餅, 足音を, 身うごき, 身動きが, 辞すること, 返事は, 逆にでも, 遂にルイ十八世, 過敏に, 遠い山奥, 郊外の, 酔払った大連, 金に, 鉛管の, 鍬と, 長火鉢の, 間もなく四辺, 隅から, 雇って, 雪の, 青々と, 面目が, 頬冠した, 頸には, 飛行機なんか, 飯を, 駄目だ, 駕籠の, 高知市の, 鴉片の

▼ しまっては~ (367, 4.0%)

9 何にも 5 いけない 4 仕方が

3 [11件] いけませんよ, いたが, しようがない, それこそ, たいへんです, つまらない, ならない, なんにも, なんにもなりません, なんの, 何も

2 [17件] いけないと, いない, いやよ, おしまいだ, たいへんだ, どうする, ならないと, ならぬ, もう何, ッと, 取りかえしが, 困る, 困るじゃ, 大変だ, 折角の, 曲が, 自分の

1 [282件] あとな, あとの, あとは, あんまり気の毒, いかがでしょう, いかに頑強, いかぬけれども, いくらたいまつ, いけないぞ, いけないという, いけないの, いけないので, いけない恋, いけねえあれさ, いけません, いっそう昔, いないのに, いない人々, いまいか, いやだ, いやである, いやです, いるの, うっかり相槌, おしまいじゃ, おしまひだ, おどろいたって, お前さんが, お気の毒, お父さんも, お里が, かえってお, かえっておもしろく, かえって不利, かまって, かわいそうだ, きゅうに, このお, この先どこ, この船, この言葉, これから先, これだけの, これは, さすが維茂どの, さて悠々, すまないが, せっかくの, せっかく私宅, せっかく苦心, そういつ, そうした務め, それまで, それも, それを, たいへんである, たいへんと, たまらねえあんまり, ちょうど人間, つまらないから, つまらないじゃ, つまらないの, とあること, とても一歩, とりかえしが, どうか, どうしよう, どうでしょう, どうにももう手, なお困る, なつかしの, なにも, ならないそう, ならないという, ならないの, ならぬなどと, なりません, なれない, なれません, なんにもなるまい, ふたたびあなた, ふたたび帰る, まさに一大事, まずい, まずいん, またどんな, また今後, また困難, また瞬く, まだかわいそう, みじめな, むろん種属, もうあと, もうこんど, もうその, もうつまらない, もうどうする, もう一人ぼっち, もう仕方, もう再び夫人, もう取り返しよう, もう寄手, もう悔い, もう普通, もう自分, もう運, もう駄目, もったいない, もはやどこ, もはや嫌われる, やまがらが, やりきれないの, よろしくない, わかりにくい, わし等親子四人が, わたくしには, わたしが, わるいと, ザベリン中尉の, マア炭や, 一も, 一時の, 一番いけない, 丁子丁子吉丁子などという, 七兵衛らしくない, 万事の, 万事終っ, 上から, 下の, 世の中の, 世間へ, 中間に, 事だ, 事情が, 人類の, 今の, 今は, 今夜は, 今後の, 仲間に, 伯爵は, 何の, 何んにも, 価値が, 俺は, 値打ちが, 先の, 先生に対して, 先祖に対しても, 兜も, 全く意味, 全く油断, 全く神様, 全然この, 六郷の, 円心の, 出ししまっては, 出し到頭, 前川に, 創造という, 十三に, 危険この, 又浅く, 友だちの, 友達の, 名は, 向う一年半コーヒーも, 呪いの, 命の, 命を, 和尚様に, 商売冥利死ん, 困るから, 困ると, 困るね, 困るネ, 困る昭南島, 国元の, 外に, 多少憂鬱, 大困りだ, 大変である, 大変です, 大変と, 大損じゃからな, 奇特が, 女力持は, 如何にも血色, 始末に, 学問も, 実はまだ, 実も, 実際あと, 寂しくなる, 居るが, 幽霊の, 底が, 役に, 往けないよ, 御主人様, 御用心, 忽ち嘘, 恋しくなるであろう, 恐縮で, 悲しゅうございます, 意義を, 憲法の, 手も, 折角一旦改悛, 折角永い, 括られた本人, 旦那様だ, 旦那様に, 早すぎるでしょう, 明智先生にも, 春子さんも, 暢気そうに, 曲の, 最早地勢上高原, 木部と, 本当の, 朱雀院の, 楽士さんも, 止むを, 此府に, 此方から, 歴史を, 残念です, 民部さまへ, 気の毒だ, 法月弦之, 法然が, 法華を, 為方, 焚火も, 無産階級は, 無論久米一, 猪なべとして, 玉なし, 生きる辛, 申訣が, 男と, 碁が, 私は, 秋を, 第一, 結局やはり, 結局座員の, 罪です, 肉の, 臣子の, 自分が, 至極あっけない, 興味が, 芸者が, 若い者同士, 若松屋の, 落第である, 虻蜂とらずな, 角が, 詮議の, 詰まらないと, 話が, 話に, 誰も, 諦められないながらも, 責任を, 身も, 遊君の, 遺族の, 酷であろう, 関東に, 面白くない, 頭も, 頼りに, 風流という, 飛騨一国の, 食べられやしないよ, 餓死か, 駄目らしい, 骨折り損という, 魚の

▼ しまってから~ (272, 3.0%)

9 彼は 5 私は 4 では, 僕は 3 後の 2 また, まだ当分, 再び蒐集, 後に, 私の, 自分の, 顔を

1 [233件] ああやっぱり, あたりを, あとでも, あとの, あの時, あるとき, あ寒蛬, いったところ, いよいよ嘘, おばあさんが, おれは, お世話に, お今, お前が, お君, お松は, お角, お金が, こっそりと, この前, この座, これは, こんどは, こんな事, さもがっかりした, しばらくのち, しばらく自転車屋, しまったと, すぐ, すっかり気落ち, そう宣伝, そっと起きだし, そのあと, そのワナ, その中, その客, その後ついぞ, その男, その箱, その絵, それが, ただ義理, たねを, だ全体, つまったやう, であった, である, とっくりと, とんでもない, どうした, なお起き, なにが, なら何, にわかにがたがた顫, はじめてそれ, はじめて奥様, はじめて親, はっとしたらしかった, はっと気, はっと気付いた, ひどく尾籠, ひや, ふいと, ふとわたし, ふと気, ぽつんとたった一人, また振返る, また新しい, まだ二ヶ月半, まだ死なない, まったくふさがっ, まもなくカチ, みんなは, もう三十分, もう何年, やっと商売, ゆうゆうと, ようが, ようやく焼跡, わざわざ廻り道, イワンなぞの, キリレンコが, ソッと, ハッと, ヒョイと, ブーの, ホトホトと, モジ, リーザは, 一つの, 一つ一つ正規の, 一週間分の, 七兵衛が, 七兵衛の, 三十年近い, 三吉は, 世の中の, 両君の, 久しくなる, 二三日中は, 二人どぎまぎした, 二人は, 二年ばかり, 人夫を, 人違いで, 今一度妾の, 仕事に, 伸子は, 何だかとんでも, 何年も, 保子は, 其のそば, 冷かに, 出羽の, 十七八の, 又ぽつぽつと, 口の, 古賀さんへは, 吉川から, 向うの, 周平は, 国吉は, 地面に, 城太郎は, 堅い鬢付け油, 多勢の, 夜の, 大声を, 大変な, 太郎は, 夫人は, 妓たちは, 妥協した, 妻は, 姉さんの, 姉は, 婆さんの, 子供たちは, 専念とりかかる, 尋ねた, 小戻り, 小間使の, 少しばかり, 山野さんは, 己は, 帰って, 平中は, 幾らか時間, 座敷の, 彼も, 後で罪, 必ず用箋, 思わずはっとした, 思わず千鶴子, 急いで, 急に, 恒夫は, 慈姑頭を, 懐中から, 手が, 打明る, 改めて要点, 文壇と, 日々の, 日本人は, 晩まで, 暫くし, 暫く惘然, 暫く緊張, 最後に, 木山は, 机上に, 来るなんて, 業を, 次に箱, 次郎兵衛は, 正枝, 死にたく思って, 死んだこと, 気が, 気がついたらしく若松屋惣七はじぶん, 気がついて, 水で, 永いこと枕, 池へ, 洞を, 海の, 湯島の, 湯槽の, 激しい地声, 灰掻きわけ, 然し眉, 物価騰貴と, 独り取り残された, 王は, 現場で, 真ッ赤, 真剣な, 神尾主膳は, 福村は, 窓ぎわに, 米友は, 約三十分, 素知らぬ顔, 細かく切り裂い, 結果を, 緩, 署長は, 腰を, 腹痛でも, 葉が, 葉の, 表へ, 言った, 言葉を, 警察へ, 貞之助にも, 赤くなっ, 近江之, 運んで, 適宜の, 重吉は, 長火鉢の, 階段を, 隠居すれ, 静かに, 非常に, 順序が, 頼みも, 頽齢の, 養子たちは, 駒井能登守の, 騒ぎだした

▼ しまっても~ (183, 2.0%)

3 いいとは, いいもの 2 いいの, いいん, 仕方が, 列車は, 彼女は, 破壊消防の, 私は

1 [163件] あとに, あゆみを, いい, いいおれ, いいかね, いいかも, いいから, いいくらい, いいけれど, いいけれども, いいと, いいのよ, いいわ, いけないでしょうけれど, いけないの, いる, おそらくこの, おたがいに幸福, おれは, お母様が, お蝶さん, お雪, こちらの, この五稜廓, こまるから, じっとし, すこしも, すまない二半, そこには, そこの, その先輩, その勉強, その家族等, その期待, その疑い, その腕釧, それが, ただ形の, たぶん彼, たましい, だいじょうぶな, だ本当, ちょうど船暈, ついに屋敷, どこやら, なおここ, なおこの, なお一人廊下, なお暫く, なお頭, にんじんの, まだしばらく物, まだまだ物, まだまだ飽き足りないでしょう, まだザワザワ, まだタール, まだハンス, まだ寝, まだ帳尻, まだ彼, まだ科学的, まだ筆, まだ純, まだ足りない, まだ部屋, まだ雨, もういい, もともとたいした, やはりパラオ, よいと, よかった, よろしい, わが輩は, ウソで, ウソな, カードと, ストローで, フォーゲル夫人は, ポケット小僧だけは, ポツポツ先方, 一つの, 一つを, 中央の, 予審判事さんは, 二三十分間は, 二人は, 人間は, 代りの, 仲間の, 何か, 何の, 何故か伊坂, 何時までも, 何等惜しく, 先生の, 兵馬さんは, 円くさえ, 別段変った, 利休は, 勿体ない取ろう, 即座の, 君たちの, 吾人の, 啼くの, 困る, 墨の, 奇蹟は, 如何に, 嬉しい心持, 子供は, 家を, 容易に, 小林少年だけは, 少しも, 少女は, 崩れて, 差しつかえないん, 差支えが, 差支は, 差閊えない, 彼は, 後から, 後でケロリと, 後日に, 復旧は, 忘れないで, 惜しいとは, 惜しいもの, 惜しい命, 捨てずだんだん, 救いに, 早読む, 昨夜の, 是が, 暫くの, 楽しみが, 構わないという, 母親は, 汽車は, 海老は, 消えて, 焼けないので, 父や, 用心ぶ, 田島を, 留五郎は, 癒らない, 知らないよ, 窒息する, 義務だけは, 職工たちに, 自分は, 良いの, 萩乃さんお, 見張当番, 観念上の, 誰も, 貧しい婆さん, 身上相談欄は, 輝く物語, 遂に青木, 食後の, 黙って

▼ しまったり~ (167, 1.8%)

23 して 8 するの 7 する 6 した 4 しては 3 したの, したもの, すること, するよう 2 しました, します, すると, するので, するん, そこへ, つい一番大切, なかなかそう簡単

1 [91件] あるいは久内, あるいは例, あるいは私, いたしまして, さては谷川, さもなければ複雑, したが, したくなるん, したため, したらどんな, した男, してるじゃ, しないこと, しないでね, しないよ, するから, するが, するという, するもの, するもん, する事, する口, する場合, する夜更け, する子供, する樋口家, すれば, そうかと, その損害, それきり二度と, できるもの, で混乱, なさる, ほかへ, またお巡りさん, また夫人側, また彼, また朝鮮, また毛嫌い, また自分, まるで化け物屋敷, もう前, やって, ややしばらくいたずらっ子, わるくする, サイホンを, ピンピンし, 一つ人間の, 五百人の, 些細な, 人が, 全く昔, 其れ, 出したり, 十人中の, 却ってひねくれ, 受け答, 固着した, 地上に, 天気が, 奉行に, 女房を, 孤踏夫人に, 実際なまけ出した, 小姓部屋の, 幾度も, 往来へ, 悪くなっ, 或る, 描きそこねて, 文明国民が, 本人は, 柱や, 極く若い, 正規の, 狭い町内, 珍味だ, 現実の, 甚だしい時, 空気草履は, 紫宸殿を, 荒野猪を, 要するに左様, 要領を, 見ず知らずの, 講壇の, 赤と, 預金が, 首脳部の, 高い輸入税, 魔法だ

▼ しまっちゃ~ (44, 0.5%)

2 いけないよ

1 [42件] あとで, あの人, いけない, いけないた, いけないただ, いけないな, いけなかったの, いけねえぞ, いけませんねえ, おしまいさ, きみの, しようが, せっかくの, それは, たまりません, どうでしょう, どうにもアガキ, なにも, なんにも, もったいない, ァこんがらかった, ァ実, アしょうがねえ, アもぐらの, アグアイが, ア人相だって, サランパンだ, ッた, 不可よ, 仕方が, 何にも, 何も, 困ります, 困る, 困るじゃ, 孫右衛門殿も, 明日困る, 納まりが, 詰らないわね, 詰りませんよ, 追いつかねえこと, 駄目よ

▼ しまってからも~ (42, 0.5%)

5 私は 3 いつまでも 2 彼は

1 [32件] うつけた, かれは, この不幸, この無愛想, しばらくは, その夜, その政治, その疑い, その記憶, それに, なおしつこく, やはり腑, 主人は, 何時までも, 冬子自身にも, 四人の, 四人は, 夢の, 彼女は, 後から, 悲しい忌わしい人達, 新しい見事, 最後の, 母と, 毎日, 眼の, 自分の, 身体の, 軽く身体, 遂にわからなかった, 長い間, 黒吉は

▼ しまってからは~ (27, 0.3%)

1 [27件] いっそう周囲, お島, そのなか, それどころの, そんなにすべて, どうも思う, なおのこと妹が, もう肝腎, よく分らない, よけいに, イギリス軍や, キチンと, ホームズは, 人の, 反って, 叔父の, 常盤の, 彼は, 彼女は, 急に, 支那人の, 毎日毎日わだかまり, 決して二度, 籠川の, 財産の, 農場の, 金を

▼ しまったって~ (13, 0.1%)

1 [13件] あんたは, いいじゃ, かまいは, かまいません, 一さいの, 仕方が, 何の, 冗談じゃ, 喜こぶ, 大変御機嫌が, 御なおり, 構わない, 話は

▼ しまってからの~ (13, 0.1%)

1 [13件] こと, ことだ, ことだった, 万事で, 事である, 内外の, 右門が, 宗教教育こそ, 愛児の, 時刻静かな, 浅井は, 続きであった, 若い女

▼ しまっさかい~ (7, 0.1%)

2 木下はんあんた口説き 1 うちで, お白湯, 堪忍しとく, 忘れんと, 雑誌買いに

▼ しまっちゃあ~ (7, 0.1%)

1 おしまいじゃ, どうです, なおさらこの, わたくしの, 反古が, 堪まり, 金の

▼ しまってと~ (6, 0.1%)

1 いった方, おやそさん, ふすま, ほうに, 二日分の, 涙まじり

▼ しまってね~ (6, 0.1%)

1 お内儀様, かんじんの, すぐに, ぼくらの, 仕方が, 金吾は

▼ しまっ~ (2, 0.0%)

1 ゃろか, ゃろな

▼ しまってからと~ (2, 0.0%)

1 云って, 言うもの

▼ しまってさ~ (2, 0.0%)

1 左団扇で, 翌年の

▼ しまってでも~ (2, 0.0%)

1 いたら国, いるの

▼ しまってねえ~ (2, 0.0%)

1 とても大変, 苦労は

▼ しまっての~ (2, 0.0%)

1 返事が, 追羽根に

▼ しまってはと~ (2, 0.0%)

1 忠告し, 私の

▼ しまってよ~ (2, 0.0%)

1 もう, 泣かずには

▼1* [22件]

しまっけどどうも人, しまっただ私一人死ん, しまっただするとお前旦那を, しまったりかとおもうと, しまったりと言い顔, しまったりはするが, しまっちゃね追放, しまっちょるの, しまっていうことは, しまってからだってちっとも薄らぐ, しまってからでもこのお, しまってからに有頂天に, しまってからまで愚図, しまってがいこつの, しまってこそいるが, しまってさえみれば, しまってどいつもこいつ, しまってなんかおけるもの, しまってはも早や, しまってやがるん, しまっとうだ, しまっとき