青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しかるに~ ~しき しき~ ~しきりに しきりに~ ~しく しく~ ~しずか しずか~ ~した
した~
~したい したい~ したがって~ ~したら したら~ ~したる したる~ しだいに~ ~しっかり しっかり~

「した~」 217071, 2154ppm, 37位

▼ した~ (27770, 12.8%)

3502 である 1627 です 15501162 であった 931 では 475 であるが 458444 だった 370 であります 344 だろう 307 だが 306 だと 292 でした 266 であろう 239 ですが 200 だから, でしょう 180 はこの 177 ですか 166160 はその 153 であったが 132112 であろうか, でも 108 であるから 106 だそう 103 かい 99 であって 95 も無理 92 かも知れない 86 ですから 84 だろうと 74 じゃ, だらう 68 だという 67 は私 66 もその 65 だよ, はそれ 62 でございます 61 かね, ですよ 59 もこの 58 だつた, だろうか 56 でありました 53 だったが 51 でしょうか 50 かしら, と同じ 47 がある, を, を見 46 かもしれない, は誰 45 であると, もある 44 じゃない 43 かと思っ, は当然, は彼 42 はこれ 40 かその 37 かな 36 がこの, ですね 35 だか, でしたが, を見た 34 でありますが 33 だね 32 であるか 30 であろうと, はお 29 は事実, は今 28 はあの 27 ぢや, を見る 26 かそれとも, はもう, は全く, は自分 24 が, はやはり, は無理, を覚え 23 かえ, かそれ, であろうが 22 でしょうね 21 だえ, は決して, も彼 20 だとも 19 で御座います, ならば, もまた 18 がその, が多い, だな, はただ, は勿論 17 かと思った, は実に 16 かと思う, かどう, かも知れぬ, かも知れません, か私, だけれど, でございましょう, は何 15 か急, であったから, はいう, は恐らく 14 か自分, でないこと, を機会 13 だけれども, だろうが, はあなた, はいい, はつい, は彼女, は此 12 かもしれません, ださうだ, でございますが, ですけれど, はいつ, はどういう, はまだ, は少し, も 11 が彼, が悪かっ, だらうと, であること, でございました, ですって, はたしか, は実は, もやはり

10 [15件] かこの, かまた, かまだ, かよく, が運, だい, だらうか, でありますから, でございますよ, でござる, ですからね, ですもの, はほか, は何故, も実は

9 [22件] かあるいは, かしらん, かひどく, か知らない, か誰, が今, が間違い, ださうである, だつたが, だといふ, だとは, であったろう, どうした, はかの, はそれから, はだれ, はもちろん, は僕, は前, は確か, は第, もそれ

8 [30件] かとにかく, かもう, か分らない, か知らん, がいけなかった, が事実, が即ち, が原因, が悪い, が縁, でありましょう, ですと, はたしかに, はつまり, はまったく, は二人, は単に, は即ち, は同じ, は君, は多分, は後, は翌, もあった, もあり, も同じ, も当然, らしい, を知っ, を聞いた

7 [31件] かそこ, かちっとも, かという, かと訊い, かと訊く, かわからない, か少し, か知ら, がそもそも, がそれ, がコロムビア, が最初, が私, ださうです, だし, だろうという, でしょうが, はあれ, はお前, はさすが, はそういう, はどう, は主として, は事實, は先生, は新, もあれ, も全く, も自分, よう, を彼

6 [49件] かなあ, かまたは, かもしれぬ, かも知れなかった, かネ, か彼, があり, がお, がもと, が大, が惡, だろうかと, であったか, でありまして, であるけれど, でない, でなければ, はあたし, はあながち, はおれ, はすでに, はそこ, はたった, はどこ, はなぜ, はほんの, はまさしく, はむろん, は例, は六月, は去年, は夜, は日本, は昨年, は本, は母, は比較的, は無論, は父, は若い, もこれ, も自然, も道理, をお, を今, を後悔, を持っ, を私, 一体

5 [77件] かしない, かちょっと, かと訊いた, かなかなか, かわけ, か彼女, か或は, か知れない, があの, がいい, がここ, がわるい, がビクター, が一枚, が今日, が失敗, が好き, が誤り, こうしたの, じや, だからと, だからな, だその, だとか, だろうな, だろうね, であったと, であったならば, でございますか, ですけれども, ですわ, です先生, と, はいったい, はここ, はこちら, はごく, はそう, はどうも, はなんと, はむしろ, はやや, はよかっ, はよく, はわけ, はわたし, は主人, は云う, は他, は余, は其の, は初めて, は大, は子供, は山, は意外, は最初, は最近, は正しく, は正に, は此時, は残念, は秀吉, は誠に, もあの, もそんな, もつまり, ももっとも, も事実, も亦, も決して, も私, をこれ, をまた, を聞い, を自分, を見すまし

4 [115件] かいずれ, かということ, かと尋ねた, かと思, かと思ったら, かと思つて, かと思われる, かと聞い, かと聞く, かねえ, かも知れなかつた, かも知れん, か僕, か判らない, か判らなかった, か君, か夜, か妙, か姿, か知らぬ, か足, か頭, があっ, があります, がかえって, がきっかけ, が一人, が同じ, が始まりで, が始め, が小, が後, が最後, が次第に, が残念, が氣, じゃありません, じゃあるまい, だあの, だからね, だがね, だなと, だろ, だわ, だ何, であったろうか, でありそして, でありましたが, であるけれども, であろうという, でしたね, ですけど, ですそれ, ですってね, ですな, とその, とほぼ, と全く, と同様, はあと, はあまり, はある, はいかなる, はいわゆる, はおそらく, はかえって, はこんな, はちょうど, はほんとう, はまことに, はまた, はアメリカ, はカント, は丁度, は主, は人, は今度, は何ん, は信長, は俺, は僅か, は別, は十月, は午後, は四人, は女房, は始め, は實, は彼等, は御, は必ずしも, は明治二十三年, は有名, は此人, は生れ, は老, は貴女, もあつ, もここ, もゐる, も何, も偶然, も同様, も皆, やろ, をそのまま, を僕, を喜ん, を幸い, を忘れた, を感じ, を感じた, んは, 上に, 兄さん

3 [215件] いったい, お母さん, かお, かさっぱり, かそれら, かそんな, かつい, かとたずねた, かとたずねる, かとも思った, かと心配, かと案じ, かなあぼく, かなぜ, かなア, かはっきり, かぼく, かまるで, かもしれなかった, かわかりません, か一向, か不意, か両, か二人, か今, か今朝, か俄, か出, か分らなかった, か声, か知りません, か突然, か立ち, がいる, がそも, がはじまりで, がもし, がよく, がわるかっ, が一番, が主, が人間, が何, が元, が出, が初め, が名, が因, が始まり, が始まりである, が御, が悪, が抑, が日本, が最も, が本当, が自分, が遂に, が間違, さア, じゃア, だい血を, だこの, だこれ, だこんな, ださうな, だそんな, だぞ, だったから, だったけれども, だったよ, だとの, だどう, だらうが, だッ, だ私, であったかも, であったけれども, であったそう, であったに, であったの, であるという, であるといふ, であるとの, である彼, でしょうお, ですかと, ですがね, ですその, ですの, でないと, でないという, でなくて, とそれから, とは違っ, と一つ, と殆, と言葉, なら何, に始まる, はあたかも, はいずれ, はお前さん, はかれ, はこれから, はすなわち, はその後, はそれで, はそんな, はどうやら, はなかなか, はなに, はなん, はやっぱり, はよい, はよほど, はわずか, はわたくし, はわれわれ, はイギリス, はドイツ, は一, は一つ, は一人, は不思議, は五月, は京都, は以前, は何時, は偶然, は元, は前年, は十八, は十八世紀, は十四歳, は右, は唐, は夢, は大正十一年, は娘, は孔子, は家, は寧ろ, は専ら, は左, は平次, は当り前, は彼ら, は恐ろしい, は恭一, は支那, は昔, は昨, は最も, は本当, は極, は極めて, は此新訳, は気, は洵, は流石, は火, は珍しい, は現代, は畢竟, は當然, は目, は結婚, は結構, は翌年, は自然, は良く, は見た, は言うまでもない, は誤り, は非常, は高等学校, もあながち, もお, もかえって, もそういう, もそうした, もその頃, もたしか, もただ, もむりではない, もむりはない, も一, も一つ, も不思議, も其頃, も因縁, も実に, も彼女, も無言, も胸, も要するに, やまた, をじっと, をぢ, を不思議, を初め, を喜んだ, を忘れ, を早く, を知った, を知る, を見とどけ, を見とどける, を見れ, を見届ける, を覺, を記憶, んです, サ

2 [713件 抜粋] あんた, お兄様, かあの, かいきなり, かいつも, かきょう, かこれ, かしらと心配, かそう, かと, かといいます, かといふこと, かとうとう, かとなる, かとも考えられる, かと不審, かと問うた, かと尋ねられた, かと思いました, かと思ってたら, かと思ふ, かと疑っ, かと私, かと考え, かと聞きました, かと近所, かどこ, かは, かはもと, かびっくり, かへん, かまことに, かわからなかつた, かわたし, かを怪しんだ, かッ, かナ, かハンケチ, か一人, か一寸, か一本, か不思議, か今日, か何, か兎, か全く, か分りません, か判らねえ, か判りません, か半, か口, か子供, か尋ねる, か心, か恐怖, か折られた, か斯, か明瞭, か真青, か知らねえ, か聞い, か聲, か胸, か訳, か詳, か野村君, か鍛冶屋, か馬, があ, があった, がありました, がいけない, がこちら, がこれ, がせめて, がそんなに, がたいへん, がない, がなぜ, がはじめ, がほか, がやはり, がニーチェ, がバルボア, がヘーゲル, がポリドール, が一, が一つ, が一種, が不思議さ, が人, が今度, が他, が先, が入っ, が全く, が初, が判った, が却って, が同氏, が多かっ, が多く, が太い, が妙, が子, が将棋, が少し, が彼女, が意義, が更に, が本, が残っ, が決定的, が漕ぎつけ, が猿楽, が癪, が目, が神, が穴吊し, が置い, が良い, が誤っ, が誰, が近藤勇, さお前さん, さセリョージャ, じゃが, じゃないだろう, じゃねえ, じゃわ, すか, だいったい, だお, だからに, だこと, だっ, だったか, だとしか, だらうね, だろうその, だろうのう, だろうまた, だろうよ, だ一体, だ何事, だ気, であったし, でありのみならずか, でありますけれども, でありまする, であるかと, であるかは, であるこれ, であるし, であるその, であるそれ, であるに, であるらしい, である又, であれば, であろうその, であろう町, でございましょうか, でございますから, でしょうその, でしょうねえ, でしょうわたし, でしょう私, ですおかしい, ですかい, ですかな, ですからな, ですどうか, ですほんとに, です私, でないかと, でない限り, でなくむしろ, とお, とちがっ, とは異, とは違, ともう, とルウヴル, と一家中毒, と反対, と同一, と時, と更に, と比べ, と聞い, なぞは, なら今, なら直ぐ, なんのと, にちがいありません, には実に, に似, に合せ, に比べ, に驚いた, はあたりまえ, はあなたぢ, はありゃ, はあわて, はいけない, はいわず, はいわば, はおまえ, はおもしろい, はおよそ, はかく, はかれこれ, はきょう, はけしからん, はこういう, はこれら, はさまで, はすぐ, はたつた, はてめえ, はとにかく, はどの, はどれ, はどんな, ははじめ, ははたして, はみんな, はもし, はもっとも, はもとより, はやがて, はようやく, はわし, はアウグスティヌス, はシュトゥンプフ, はピサロ, はフランス, はプラット, は一体, は一寸, は一時頃, は一月, は万一, は三十二三, は三千八百戸, は三時, は三月, は世, は世界, は中, は九時半, は亀沢町, は二十一, は二十一歳, は二十前後, は二時, は二月, は五分, は五十七八, は今日, は仕方, は伝六, は伯爵, は何と, は何処, は何者, は余程, は僅, は先方, は光栄, は全, は其方, は其為, は内閣, は冬, は別に, は前代未聞, は前後, は北, は十一時, は十二月, は十六, は十時, は十時すぎ, は午前一時, は半, は半分, は単なる, は博士, は古, は古く, は可笑しい, は咄嗟, は嘉永六年, は四十二三, は四年前, は困る, は墨子, は夕方, は外交, は多く, は大きな, は大人, は大正三年, は大正十三年, は奥, は女, は女子大, は如何, は婦人, は存外, は寒山, は小さい, は小林君, は少しく, は川手氏, は師父ブラウン, は平次自身, は幾度, は庄造, は当時, は彼自身, は必然, は応神天皇, は恐く, は恰も, は悪い, は惜しい, は惡, は手前, は折, は拙者一代, は故, は既に, は明治七年, は明治三十一年, は明治二十二年, は明治時代, は春, は昨夜, は昭和十三年, は是非, は時代, は最初私, は最早, は月世界, は東京, は果して, は次郎, は歌舞伎芝居, は正確, は此新譯, は母親, は氏, は水, は浅草, は満, は漢, は無, は父親, は甚だ, は生まれ, は男, は町, は真, は矢張り, は知っ, は社会, は糸七一人, は翌日, は翌朝, は肉, は自分一人, は自宅, は茶店, は茶碗, は葉子, は藤兵衛, は藩, は親, は許し, は貴下, は貴君, は軍閥, は近世, は近所, は過去, は酒, は銀次さん, は鎌倉, は間違っ, は関ヶ原, は随分, は青山, は順一, は麹町, は鼠, もおかしい, もお前, もしばらく, もそこ, もそして, もちょうどこんなてえな不景気の, もつづめ, もま, もみな, もむりではありません, も万更無理, も不, も事實, も井, も今, も僕, も八月, も原因, も同然, も実, も尤も, も平次, も彼等, も怪しむ, も或は, も故, も最近, も本, も束の間, も此, も此奴, も禍, も貴方, も間違っ, も面白い, も頷かれる, やら目, をおぼえ, をこの, をさいわい, をすぐ, をその, をちゃんと, をひどく, をふと, をもう, をやや, を一番先, を一隊十七人, を下女, を人, を代, を再び, を出した, を助け, を勝平, を君, を因縁, を夫人, を女, を妙, を子供, を帝, を平次, を座布団, を御, を承知, を押え, を整理, を止し, を母, を無理, を男, を直ぐ, を直し, を相手, を知, を知つて, を知らなかった, を老人, を薄く, を藁シベ, を見つけ, を見ます, を見掛けます, を読んだ, を責める, を食べる, を首, んか, んで, んと, スミ枝さん, ミシズ・パートン, 今日は, 何の, 全体, 忘れないでよ, 新太郎さん, 次郎ちゃん, 正ちゃん, 須永さん

1 [5845件 抜粋] ああ手, いついらしった, おじさんしばらく, お天気, かあかなくなっ, かいたいへん, かい親方, かお玉, かくわしく, かさ, かしらとも考える, かしらひどく, かそこで, かだれ, かといちいち, かときどき, かともかく, かと人々, かと問う, かと尋ねる, かと思ひ, かと案じぬい, かと種々, かと言う, かなあとあれつ, かなァ, かね僕, かぱつたり姿, かべつとり, かもしん, かゆったり, かをど, かゲン, かミシ, か一言, か争う, か今にも, か何となく, か儲けそこ, か内, か勝梅さん, か喉, か大地, か姫君, か寄手, か平次, か当時, か思い出す, か房, か旗二郎, か最初, か次第に, か泣く, か犬, か痛く, か知りたく, か立っ, か羊, か脱ぎ捨てた, か菊どの, か見えません, か警部, か辻, か銀子, か音, か魯達, がいかにも, がうまく, がかれ, がこれ位, がすっと, がつまり, がはっ, がまちがい, がわかる, がキチガイ, がセンバ, がユーゴー, が一層, が丁度三十七, が三四人, が不覚, が九月末, が二十四日, が五月, が他力, が倒れ, が六時半, が出る, が前, が十二代目仁左衛門, が卅年, が却つて, が可笑しかっ, が四人竝, が境内, が大坪砂男, が契沖阿闍梨, が実現, が少なくも, が市さん, が弱腰, が微, が悪魔, が所謂始元, が掲載, が明治二十三年, が是, が朝吹英二, が果して, が横光利一その他, が此節, が気, が浅ましかっ, が無理, が特色, が田舎, が発病, が直に, が祟った, が米軍, が美しく, が肝心, が英語, が見え, が記憶, が近い, が道人, が間違っ, が面目, が驚くべく, この写真, さう, さつやちゃん, さ千三, さ親し, じゃお, じゃで, すぐ艇, だいくら, だけ記し, だずおん, だったら何で, だとかいう, だなどという, だもの, だらうどうして, だらう留守中, だろうこんな小さな, だろうバナナン大将, だろう大きな, だろう行って, だ今度, だ君ら, だ悪事, だ盗むくらい, だ身体, っていい, であったしかし, であったら彼女, でありましょうけれど, であり唐, であるあ, であるそれから, である五, である絶對, であろうかと, であろうの, であろう何等, であろう真, でございましょうこんな, でございますわたくし, でしたのに, でしょうこれ, でしょう全然, でしょう顔, ですし, ですもし, です大丈夫, です心配, です親分, でない議決, でなく基督, でも解った, ということ, とせぬ, とで仕事, とはわけ, とは甚だしい, とアルコール, と似た, と同, と大体, と彼, と殆ど, と短, と言われ, と餘計, などは美しかっ, ならいい, ならよい, なら安い, なら神, なんぞ發見, にはあと, には一本気, には思はず, にも分明, によるかまたは, に対してこの, に対して言, に対し翁, に棄て, に違えある, のみつからない, はあわれ, はいや, はおもしろ, はお母さん, はかよう, はけっして, はごま, はそ, はそれに, はちょっと, はとなり村, はなる, はひとり革命的労働者, はぼくたち二人, はみんなわし, はもとより決して, はよかつ, はアポロ, はイデオロギー, はカキ屋, はギリシア, はサマル島, はセミナリヨ, はダンス教師, はハイティーン, はピカ, はプロヴァンス伯, はポーク, はムウア人, はヤッカイ者, は一たい何, は一五〇九年, は一人ゴンチャロフ, は一八五四年, は一回きり, は一月二十七日, は一緒, は七時十二分, は三十, は三度, は上京後, は世にも, は中風, は九十一, は予約金取込み, は二十二, は二月十三日, は五時, は亦, は仁科たか子, は今村, は伊達正男, は佐藤参謀大佐, は何時頃, は併, は保胤, は偉い, は僞物, は先, は八ツ, は六つ, は其仁, は出来過ぎです, は前年十二月三日, は助かろう, は十一年前, は十九世紀以来, は十五歳, は十時頃, は千駄ヶ谷, は午後三時十一分, は南宋時代, は友田喜造, は右翼国粋反動的ファシズム, は同僚, は否めなかつた, は和蘭人, は嘉永中, は四月十三日, は土曜, は壇, は夜来, は大学在学時代, は大正, は天, は天罰贖面, は奥州, は女房風, は婦人席, は學問, は定夫, は家光以後, は富永仲基一人, は専売新聞社会部記者, は小樽新報, は尾崎, は山颪, は左様, は幕府絶対中心主義, は幸い, は廿一, は形, は徳川時代, は快, は悉週報, は愚直, は戌刻半, は戰國, は手紙, は推薦者, は敗北, は文子, は新宿区戸塚町, は日本中, は昆虫社会, は明治三十六年十月十六日, は明治十二年, は昨夜十時前後, は晩, は朝, は本田, は東北地方関係, は林房雄, は校長自身, は植木屋, は橋, は正直, は此為, は死所, は気の毒, は池田勝入, は洒落れ, は淺五邸, は滅多, は烏丸, は煉瓦, は物語類, は玄徳直属, は生意気至極, は甲軍, は當, は的中, は相当, は眼, は石塀, は神, は秀子, は稀有, は筆, は素子, は締め縄, は羽衣, は耶蘇基督, は自分斗, は船長自身, は若旦那, は蒼夫, は藤原銀次郎, は蟻田博士, は装釘, は見習い, は言葉, は諸, は豊臣, は賢い, は身, は迎妻, は遅く, は遠近種々, は重行始め周囲, は鉄道, は長官, は間違い, は隠れ, は震災前, は頬, は飲み食い, は高市黒人, は鶴舞公園, は鼻紙, まあしばらくだった, もあまり苦, もいわれない, もけっして, もじゃ, もてまえ, もまき, ももっぱら, もタクサン, も一理, も不審, も交遊間, も何者, も内部, も去年, も呪, も天文十二年, も宗碩, も尤も千万, も当, も忘, も押し, も日本, も有る, も此時, も無論, も異色, も矢張お前ら二人, も羅門, も西欧, も責め, も陣十郎, やたまった, やら小姓め, や全然, や紫ぐんだのや, よりも偉大, をあくまで, をうっかり, をかねて, をさすが, をそこ, をつけ, をにわかに, をほくそ笑む, をも見た, をわい, をパッ, を一等, を乳, を今度, を伊東博士, を充分, を冷淡, を助けたる, を即ち, を只, を咎める, を太吉, を宮様, を平沼, を律義, を怒った, を怪しみ, を悪しからず, を憤, を折竹, を指さし, を携, を敷, を最初, を横笛, を氣, を父, を皮切り, を着込ん, を示した, を絞り, を聞いたら, を草香流, を見かけます, を見届け, を語っ, を買つて, を通りかかり, を重ね, を頭上, んに, フェージャ, 上座に, 今, 何だ, 初や, 可哀想に, 土中に, 好きな, 戸部さんあなた死ぬ, 春木君何か, 武ちゃん, 海岸まで, 男の, 石蕗の, 若旦那私が, 足癖が, 陰影に

▼ したもの~ (12278, 5.7%)

956 である 565288 では 246 であった 224 です 175 だと 143 だった 140 であるが 120113 だが 112 だから 109 であろう 105 ですから 103 らしい 101 がある 96 であつ 94 だろう 90 のよう 83 であらう 69 でも 67 であります 61 であると 60 であって 58 と見え 56 なの 52 があった, でした 51 はない 50 で, であるから 48 もある 47 であること, でなければ 45 でしょう 4443 と見える 42 だつた, ですが 41 であったが 38 だという, でその 35 だそう, であ, でせう 32 だろうと, と思われる 29 かその, と見 28 が多い, に相違 27 に他 25 でそれ, に外 24 と見る, に過ぎない, に違い 23 かどう, だらう 22 だろうか, であろうか, であろうと, でしたから, の中 21 でございます, を感じた 20 があつ 19 がない, が多く, じゃ, だったが, ですね, もあった 18 があっ, になる 17 でこれ, と言, は 16 があります, だよ, とする 15 であるという, でないこと, とすれ, は一人 14 かな, かも知れない, だね, でございましょう, ですよ, と思はれる, にし, を, を感じ 13 といっ, なん, になっ 12 かそれ, かそれとも, か急, がこの, であるか, とみえ, のやう, はありません, はなかっ 11 じゃない, であったと, で今, で私, と思っ, と見えます, と見られる, よ, らしかった 10 が, だな, でありまして, と考えられる, にちがい, になつ, もあり, らしいが

9 [12件] かこの, があり, だか, でありますが, でしょうか, でない, とみえる, と信じ, にすぎない, に違, は何, を見た

8 [16件] かお, か私, が多, が多かっ, だらうと, だろうかと, でこの, でなくては, と思う, と考え, のうち, はこの, はなく, は無い, もあります, を持つ

7 [19件] かと考え, がその, が今, が出, が彼, だろうが, であろうという, でしょうね, と思ふ, と考へる, と見れ, なので, ならば, はその, は一つ, は他, は誰, もあつ, を書い

6 [20件] かと思案, かと考えた, かにわかに, か今, がありました, が一つ, だろうな, であったこと, であったの, でありました, でございましょうか, でしたが, でないと, でやはり, となつ, と云, と私, ばかりで, もありました, もない

5 [41件] かと思う, が沢山, が私, だったの, だろうという, であったろう, でありそれ, であるかという, であるといふ, であろうが, でございました, でそこ, でないという, でまだ, で之, で日本, で現に, ということ, といえよう, とし, となっ, となる, と思います, と思われます, と想像, と推定, と見えた, には相違, にほかならぬ, のこと, はそれ, は恐らく, ばかりである, もその, も少く, も少なく, をその, をもっ, を感じる, を見, を見る

4 [86件] かと思われる, かと迷っ, かと途方, かも知れぬ, かわからない, か一度, か今日, か何, か姿, があれ, がすなわち, がつい, がなかっ, がわたし, が人間, が即ち, が大, が感じられる, が残っ, が流れ, が無い, が第, じゃろう, ぞ, だけれど, だつたが, だとも, だろうね, であり, でありましたろう, でありますから, であり従って, であるかを, であるならば, であるに, である事, である以上, であれば, でご, でさ, でしょう親分, ですかね, ですからね, でそして, で人, で他, で同, で多く, で少し, で彼, となり, と云う, と察せられる, と思, と思え, と思った, と想, と考えられた, と考える, と見なけれ, なること, なる事, にほかならない, に相当, に過ぎぬ, の方, の様, はあるまい, はたいてい, はどう, は必, は次, は私, もあれ, も亦, も沢山, らしいと, をお, をこの, をそう, をそこ, を出し, を感じさせる, を持っ, を書く, を着た

3 [128件] かあまり, かいずれ, かさっぱり, かしら, かそこ, かと考へ, かと迷, かと迷った, かもう, かもしれない, かやはり, か兄, か困っ, か彼, か或は, か新聞, か気, か知らん, か顔, があろう, がいつ, がいわゆる, がお, がなく, が一番, が三人, が二人, が他, が何, が動い, が少し, が尠, が急, が現われた, が身, さね, じゃありません, ださうだ, だといふ, だとか, だとは, だらう錢形, であったから, であったに, であったので, であったらしい, であらね, でありましょう, でありませう, であり又, であるかも, であるけれども, であるだけに, であるのに, でかの, でござろう, ですなわち, ですもの, でただ, でつまり, ででも, でないから, でなかった, でなかったこと, でなくて, で各, で団十郎, で当時, で支那, で有ろう, で決して, で第, で西洋, で非常, といえる, といわね, として, とは思われない, とみられる, と仮定, と同じ, と思われた, と早合点, と考えなけれ, と考えられ, と考へ, と見られ, と観察, と解する, と解せられる, と解釋, と言う, と言っ, と言われ, と認め, と認める, にする, になり, に見えた, ね, のみで, はお, はこれ, はた, はどんな, はなかつた, はやはり, は何人, は大抵, は実に, は皆, は社会, ばかりだ, もあっ, もあろう, もそれ, も多かっ, らしかったが, らしく, をここ, をまた, をもつ, を入れ, を再び, を指し, を更に, を求める, を食

2 [422件] かあるいは, かいくら, かいつ, かいつも, かうん, かしばらく, かしらん, かそう, かその後, かということ, かというふう, かとうとう, かとお, かとその, かとそれ, かとにかく, かとも思はれる, かとも考えられる, かと今, かと困つ, かと思, かと思いまし, かと思い惑った, かと思っ, かと思ひまし, かと思ふ, かと相談, かと考えました, かどの, かなかなか, かなるべく, かの, かほとんど, かほんとう, かまた, かまだ, かまるで, かも知れません, か二人, か今度, か他, か余り, か先生, か其の, か分らない, か刺客, か博士, か却, か声, か小林区署, か後, か御, か怎, か既茶, か昆虫館主人, か朝露, か此瞬間, か殿様, か生れ, か目立たなくなった, か知らない, か穴, か突然, か竜, か美味く, か腹, か賽の河原, か足, か近頃, か迷っ, か途方, か隻手, か頭, か鼻唄, があったら, があるだらう, があるらしい, があるらしく, がいい, がいくつ, がいっぱい, がいない, がいよいよ, がおらん, がくっつい, がございまし, がすこぶる, がそれ, ができた, ができる, がどう, がどこ, がなかつた, がはいっ, がふい, が一人, が一杯, が一箇所, が二, が二三, が二箇所, が割りきれない, が地下, が多量, が実は, が家, が平安朝, が幾つ, が後, が担架, が既に, が昔, が次第に, が漲っ, が特に, が現, が現われ, が現在, が田楽, が発散, が発達, が立っ, が背筋, が胸, が自分, が良い, が見える, が触った, が語部, が足, が頭, さえある, じゃが, じゃこの, たること, だあの, だお, だけで, だけを書い, ださうだが, ださうである, だったから, だったに, だつたの, だつたらう, だとして, だどう, だらうかと, であったか, であったであろう, であったという, であったろうか, であったろうこと, でありこの, でありそして, でありたい, でありまた, であり人, であり而, であるかと, であるかの, であるかは, であるしかし, であるため, であるとしても, であるとの, であるとは, であると共に, であるなどと, であるまいか, であるらしい, であれ, であろうし, であろうとの, でいずれ, でいつも, でいわゆる, でお, でございまして, でございますねえ, でございませう, でございませうか, でござる, でさえ, でしかも, でしてな, でしょうかな, でしょうかね, でしょうが, ですか, ですがね, でそれで, でそれら, でたとえば, でだまっ, でちょっと, でないだけに, でない限り, でなかなか, でひろく, でまず, でまた, でやくざ, でアメリカ, で一つ, で一人, で一寸, で一方, で上, で人間, で今日, で元, で其の, で到底, で原作, で古く, で同時に, で大, で大抵, で女, で寧ろ, で平次, で幸若舞, で廃船, で形式的, で後, で従って, で御座いましょうか, で必, で昔, で是, で時代, で普通, で有らう, で本来, で校門, で次, で歌, で此, で殊に, で父, で男, で自分, で薄, で裏, で重, で門, で雨戸, というほか, といえ, といふこと, といわなけれ, といわれる, とおもわれる, とここ, とこの, としては, として自身, とでも解釋, とは思はれない, とは言えない, とは言えません, とみ, とも言われる, と一方, と云え, と云っ, と傳, と判断, と合点, と察せられた, と寸分, と思いこん, と思い込み, と思はれ, と思われ, と想われる, と感違, と成っ, と推察, と推論, と極めて, と比較, と確信, と考えた, と考えられなけれ, と考へられる, と聞く, と見なし, と解される, と解釈, と認められる, と謂わね, ながら第, などが密生, なのよ, ならそれ, なら誰, なれば, なんか着, に, にご, にしたい, にしよう, にちがいありません, になつて, にならない, になるであらう, にはちがい, には骨董, にもなる, に与える, に天幕, に感じ, に蔽われ, に過ぎなかった, に限られ, のため, のほう, のみであった, の上, の為, はあの, はいう, はおそらく, はかえって, はそれだけ, はたしかに, はただ, はどれ, はひとり, はまだ, はもちろん, は主として, は人類, は今, は何と, は例えば, は依然として, は僕, は元来, は全く, は割合, は又, は夫, は少, は式亭三馬, は彼, は我が, は此, は死し, は江戸, は決して, は無, は瑠璃子夫人, は直に, は真に, は確か, は自分, は非人, は面白く, ばかりであった, ばかりです, へつける, もありません, もあるべきである, もございますまい, もなかっ, も多い, も少から, も幾人, も私, やあるいは, やら分らぬ, や或いは, らしいこと, らしいの, らしかつ, らしくあります, らしくその, らしく行儀, をなん, をねえ, をもう一度, をわが, をアップ, を一, を元, を出版, を到頭, を受けた, を口, を売っ, を大, を心, を感じました, を手, を持ち, を指す, を掌, を採用, を描い, を暴く, を書かう, を書き, を注い, を目, を着, を破壊, を私, を考へ, を胸, を自然, を製造, を覚え, を試み, を読む, を買, を踏みつけた, を身, を集め, を食べさせられ

1 [3637件 抜粋] あたくし見た, うんと, かあんまり, かうかつ, かこころよく, かさも, かじ, かせっかく, かそれ等, かちゃんと, かとかえって, かとの百姓, かとんと, かと人, かと実は, かと思った, かと案じた, かと策略, かと評議, かと額, かなし, かねえ, かは要するに, かみんな, からはいちじるしい, から来る, かわかりません, かを心細く, かタルミミ隊員, かヘンリイ, か一家, か三河, か丸橋忠弥, か五人, か今朝, か俄然, か兎, か再び, か利右衛門, か厳しい, か呼びかけ, か図画, か天分, か妙に, か寝返り, か屋根船, か平次, か張, か待つ, か思はず, か感涙, か投げた, か數日, か最初, か棺, か母, か河野, か無言, か猿ども, か町, か直に, か矢代, か秩父側, か結局此, か肥後, か艸木, か蘭亭さん, か見る, か詳しく, か軽く, か道庵, か関ヶ原, か餅, があったであろう, があらわれ, がい, がうかべられた, がかたまっ, がこれ, がすい, がぞろぞろ, がどうして, がはい, がほか, がまたがっ, がやつ, がキチガイ, がバード大佐, が一めん, が一般, が下らない, が中途, が二百二十八度, が人, が何万人, が僅か, が出来ますまい, が勲章, が却つて自由, が呪詞, が堪えられなくなっ, が大臣大連, が始, が少く, が左隅, が延喜時代, が御, が思った, が所謂腐儒, が日本, が最, が朝, が果たして, が欠け, が歴史学, が浮い, が混合, が演じられる, が燃え, が珍, が異形, が百二十枚, が禹歩, が聞かれ, が芸術, が蘰, が覆っ, が触接面, が農村問題, が郡誌, が随分, が非, こそは云う, ごし, さえ一校, さ熊谷, じゃごわせん, すなわち会食, その骨法, ぞと吃驚, だいや, だけあっ, だけで老酒, だけに限られ, だここ, だそして, だったという, だった筈, だとて, だなんて, だらうか, だろうなどと, だろう燿ちゃん, だ仲間, だ正行, だ眠っては, であったけれども, であったなら一行, であったろうブランデー, であらふ先, でありそんな, でありましょうか, であり且つ, であり十分, であり子規, であり教授, であり民主主義, であり自然科学, であるかをも, であるだろうから, であるよう, である其の, である念, である當時, であろうけれど, であろうやがて, でいつか, でおなじ, でこうして, でございましょうな, でございませうあなた, でさあ, でした何, でしょうと, ですしかし, ですますやう, です水, でそれでも, でだまつて, でどうしても, でないであろう, でない事, でなかつた, でなく人民, でなく建築, でなん, でもあった, でやっ, でをかしみたつ, でジャン, でパスカル, でポリドール, で一定時間, で一般, で上使, で両, で二円三十銭, で人間業, で代金二十五円九十銭, で伊藤仁齋, で信憑, で全, で公羊春秋, で内側, で判どころ, で勇気, で博士, で口, で向, で国都, で堆, で外套, で天津教文書, で宜しい, で小さい, で巻七, で幾ら, で座方, で征矢野孫兵衛, で徳川氏最初, で念, で恩, で抽斎, で文化三年, で旧劇, で最後, で東北, で橿原神宮, で殺そうという, で沙翁, で滋味, で物理学, で理論的, で痒い痒い, で着て, で立派, で素直, で翁, で聖人, で芸術品, で蝉, で見物, で警官なぞ一名, で過程, で釣瓶落し, で霜, で鬘下地, というもさしつかえない, といひかけ, といへるだらう, とかいう, とさ, としか思われなかった, としてある, としての石炭, としては決して, として久保田氏, として再, として吾, として彼, として扱われ, として改善, として理解, として考える, として語る, として選ばれた, とすらいわれ, となったであろう, とに分け, とはいくら, とはどうしても, とは全く, とは思われぬ, とは著しき, とは言えぬ, とばかり考え, とみなさざる, とも二心, とも考えられぬ, とも言, とカヨ, と主張, と云われる, と信じられ, と勘弁, と地蹈, と安心, と心得, と思はね, と思われました, と断定, と本, と疑っ, と真に, と等しく, と考えれ, と自ら, と見え蒲生氏郷, と見るべきである, と解した, と言える, と認めたかつた, と語つて, と違, なぞいう, などが全, などは一人, などを書い, ならぬすまないもの, なら彼等, なり, なんか世界, にこの, にしなけれ, にたずさわり, につきる, になつて來, には, にはどうか, には上級生, には宗教家, には無, には銀五十枚, にまたは, にも見える, に一應手, に仕立て上げる, に出来上がった, に呼子鳥, に対しては勲章, に少し, に思いちがい, に戸惑つて, に根, に疑ひない, に縋り, に襦袢一つ, に迄到達, に過ぎないだろう, に鋳直さず, に集中, のみでありました, の筈, はいくばく, はおの, はこうした, はすべて, はつきとめられませんでした, はなん, はみな, はやつぱり地獄, はシュール, はプラトン哲学, はヴィンデルバント, は一疋, は不自由, は二時間, は何かと, は偶然, は内容, は前記, は原始的, は各自膳, は囘教建築, は地球全体, は大抵一度, は媒介, は富士川游さん, は少数, は差配, は当時帝, は御座いません, は悲しみ, は新免家, は晩食, は杉, は案外, は殆, は比較的, は波群葦増, は漢初, は燦然, は珍しかっ, は皆江戸城, は相当, は空氣, は結局無意味, は總, は英国大使館, は見台, は誰彼, は賤, は辺り一面, は酬いられなかつた, は非常, は鼓, ばかりの静物撮影, ばかり身, へみがき, ほつけ, または歴史時代, まで実にはっきり, もあるべく, もかなり, もちょっと, もよろしく, も兄, も多く, も幾ら, も益々, や, やらその, やら底, や円錐形, や樹, よりはしんみり, よりも古い, より書いた, らしいよ, らしくしかも, らしくロスコー氏, らしく其分量, らしく思えた, らしく柱, らしく第, らしく見える, をああ, をおかゆ, をこさえた, をそち, をつかん, をと宗矩, をのめ, をほうり出し, をも借用, をエマズリ, をフーリエ級数, を三度目, を二つ横, を人, を作つた, を使っ, を其, を判然, を包含, を取り出し, を古着屋, を吐き尽した, を呼びおこされた, を売り, を失いました, を守り, を差上, を引き出し, を彈, を後者, を意図, を戴きたい, を投げ込む, を拭, を捉え, を探ろう, を擂鉢, を昌造ら, を書きなさい, を残さず, を水, を活動蛹, を湛え, を片づけ, を用いたい, を目録, を石狩川, を箏曲科, を纒め, を茶碗蒸, を見いだす, を誇張, を貴様, を足, を造っ, を選みたがる, を除い, を顕輔卿懸想, 云いを, 即ち軽, 又辞書, 実に見事, 故その, 第三種

▼ した~ (11337, 5.2%)

152 それは 77 これは 75 それも 71 彼は 67 私は 60 それが 51 その時 50 それを 40 急に 36 これも 32 彼の 31 すぐに 28 ひて 27 彼女は 26 私の 25 そのとき 24 いて, ために, 自分の 23 何も 22 今は, 今度は 21 さすがに 19 その中, 何の 18 これが, そのうち 17 いい, 女は 16 僕は, 誰も 15 この時, 併し, 次の 14 つてまた 13 その日, よい 12 それから, それに, そんなこと, どうした, もうその, 仕方が, 相手が 11 いずれも, しかしその, しかしそれ, よいと, 二人の, 他の, 相手は, 私が, 自分は 10 それと, よかろう, 何を, 此の, 直ぐに, 私には, 駄目だった

9 [11件] かれは, この頃, そこは, その瞬間, それには, 今では, 今の, 今度の, 何か, 彼女の, 男は

8 [14件] あれは, しかしこの, その前, それにも, それよりも, だめだった, つてその, 例の, 先生の, 声が, 彼等は, 心の, 思い切って, 父は

7 [11件] ここは, これで, その人, その声, つて, わたしは, 兎に, 女が, 最後に, 考えて, 言葉が

6 [19件] あとで, この人, さてその, その後は, その眼, その結果, その顔, つてこの, つてそれは, どうする, もう遅かっ, 娘は, 宜い, 幸に, 後に, 思い直して, 気を, 為に, 男の

5 [51件] いいぞ, ここに, この方, これまた, さあらぬ, しかしこれ, そこに, そこには, そこの, そのため, その他の, その言葉, それより, それらの, ちょうどその, つた, つづいて, つてゐる, どうしても, なぜか, なんの, ふ, へて, やがてその, やがてそれ, やがて又, 不意に, 二人は, 人の, 今夜は, 何う, 何れも, 僕が, 先刻の, 先生は, 前の, 夜に, 夫人は, 妙に, 後には, 手が, 時すでに, 母の, 気が, 気の, 王は, 相手の, 途中で, 途端に, 遂にその, 非常に

4 [71件] おれの, おれは, お葉, こうなっ, ここで, このとき, この場合, こんどは, しかし彼, しかし私, しまいには, すぐその, そのあと, その上, その代り, その実, その次, その途端, その間に, それでもまだ, だれも, つて彼の, つて彼は, つて私は, どこにも, どこへ, なか, なにを, ふとその, もう間に合わなかった, よいぞ, 一度も, 丁度その, 不思議に, 主人は, 之に, 二人とも, 人を, 今日では, 今日は, 何うし, 何と, 何分にも, 兄は, 口には, 口を, 咄嗟に, 声を, 夜の, 子供は, 少しも, 当時は, 彼らは, 後から, 心は, 思い返して, 或る, 日本の, 普通の, 次には, 流石に, 無駄だった, 直にさつと眉, 第一, 続いて, 義雄の, 自分も, 見れば, 足が, 足を, 返事が

3 [143件] あなたは, あの人, いいじゃ, いいだろう, いいや, いけません, いつもの, え, おしまいに, お前の, お蔭で, こ, ここでは, このよう, この事, これまで, これを, さう, しかし, しかし彼ら, しかもその, して, すぐ, すつかり, すては, そういうこと, そこにも, そこまで, そのこと, そのころ, そのなか, そのほか, その刹那, その力, その度, その手, その男, その翌年, その足, その音, その頃, それさえ, それでもどうにか, だめであった, つてゐた, つて居る, つて私の, どうしてもそれ, はっきりした, ひ, ふと気, また直ぐ, もう遅い, よいか, わしの, ハッと, ピサロは, 一人の, 一人は, 上に, 中, 中にも, 中途で, 久慈は, 之は, 事実は, 人々は, 今に, 今年は, 体が, 何にも, 何処にも, 何思った, 俄に, 信長は, 傍に, 僕も, 兎は, 其れ, 初めは, 別に, 力が, 口に, 君の, 唇が, 城太郎は, 夜が, 夫が, 夫人の, 如何し, 妻は, 宜う御, 家の, 家内は, 容易に, 實は, 幸ひ, 当時の, 彼が, 彼女が, 彼女を, 後が, 徒労であった, 念の, 思うよう, 思ひ直して, 怪物は, 手紙は, 放れなかつた, 日が, 是れ, 時の, 時既に, 暗くて, 最初は, 最後の, 朝廷では, 果して, 此頃では, 氣が, 生来の, 甲斐は, 直ぐそれ, 眼を, 秀吉の, 秀吉は, 私も, 窓の, 終には, 給仕は, 耳を, 腹の, 自分が, 自分で, 自分を, 舌が, 見ると, 足は, 開かない, 間に合わなかった, 頭が, 顔が, 駄目であった

2 [639件 抜粋] ああいう, あいつと, あたりを, あとに, あとの, あとは, あまり急いだ, あるとき, ある時, あれを, いいか, いいよ, いくらも, いつまで, いつまでも, いづれも, いまの, うつかり, うまく行かず, うまく行かなかった, おさい, おせき, おそかった, おつぎ, おまえの, お信, お吉, お小夜, お岩, お綱, お隅, お鳥, かの女, かりそめ, かれが, きしたる, きょうは, ぐずぐずし, ここも, このこと, このごろの, このまま, この三番目, この上, この子, この山越, この日, この言葉, この計画, この頃みち子, これからは, これでは, これに, これに対する, これらの, こんな山奥, こんな物, さっきから, さっきの, さていよいよ, さて気, しかしお爺さん, しかし二人, しかし特殊, しかし直ぐ, しかし結局, しかし自分, すぐその後, すぐひろ子, すぐ何, すぐ尋常一般, すでに遅かっ, すると, そうする, そうで, そこから, そこからは, そこでは, そこを, そしてそれ, その, そのとき塚田八段, そのとき帆村, そのどのページ, そのまま前, その事, その何, その内, その場, その女, その子, その子供, その實, その序文, その後あらゆる, その後或, その微笑, その必要, その拍子, その晩, その気持, その用向き, その背景, その途中, その部屋, その間を, その隙, それからは, それからまた元, それから俄, それすら, それだけにまるで, それだけの, それでも, それでもなお, それでも左頭部, それでも彼, それでも結構, それでも自分, それと共に, それにしても彼, それらしい, それらは, それ以外には, そんな時, ためである, ためであろう, だいいち北村, ちょうどこの, ちょっとの, ちよつと, ついに青, つて僕は, つて女の, つて自分の, できなかった, とっさに, どうしてもだめ, どうしても二三段, どうしよう, どうせ生涯落伍者, どうだ, どうにも, どうも思わしい, どう考え, どこかに, どこも, どれも, なかなかうまく, なかには, なにも, ばかに, ひ濁れるは, ふいに, ふつと, ふとまた, ふと壁, ふと舟入川口町, ふもの, ほかに, ほかには, またすぐ, またたく間に, また同時に, また思い返し, また腰, また顔, まだ何処, まだ私きり, もうあんな, もうとり, もう酒, もがけば, もと, もとよりその, やがて口, やがて急, やがて調子, やつと, よいの, ように, より以上, わずかに, わたくしは, わたしの, コルテスは, ダウンは, トルレスは, フト目を, 一と, 一人だけ, 一人も, 一家内の, 一方では, 一方に, 一方の, 一本を, 三人とも, 三人は, 三田は, 上等の, 上野の, 上野駅に, 下に, 不図, 不幸に, 不思議な, 両人が, 中から, 中には, 中を, 事の, 事件が, 二三日前から, 二度目には, 井戸の, 京都程, 人目が, 人間は, 今から, 今でも, 今と, 今度という, 今度のは, 今更どうする, 仏蘭西大, 仕方なく, 他に, 代助, 以前は, 何んの, 何事も, 何様も, 余の, 余り可愛, 使者の, 俺は, 偶然な, 僅かに, 元より, 先刻その, 先方では, 先方は, 兎角言葉, 全身の, 公費患者の, 其中に, 内心では, 冠蔵は, 出して, 判らなかった, 別にこれ, 別に何, 別の, 利家は, 前者は, 劉, 努めて, 動かない, 十分に, 十月には, 博士の, 却, 又ハッ, 又間者, 反対に, 叔父の, 叔父は, 口の, 各組合, 同時に, 同時にその, 向直って, 周囲の, 咽喉が, 問題に, 困ったこと, 土州の, 在郷軍人会は, 埒が, 声だけは, 声の, 外には, 夜半に, 大事な, 大切な, 大阪の, 大體, 太子は, 夫は, 女房は, 如くに, 如水の, 妙子さんは, 婆さんが, 子供の, 孔明は, 孰れ, 宜ら, 実を, 実際には, 客の, 容貌の, 将軍は, 小田原は, 少, 山嵐は, 崑は, 巧い, 帆村は, 席に, 幕府の, 幸いにも, 強ひ, 強情な, 彼には, 彼にも, 彼らの, 待つて, 後日に, 後業を, 徒らに, 心が, 心には, 心臓の, 怎した, 思いかえして, 思いなおして, 思切って, 急が, 患者は, 意外に, 意外にも, 我々が, 我慢し, 扉が, 手は, 手を, 扨て, 折あしく, 放れなかった, 敵に, 斯んな, 日吉は, 早くも, 明に, 明治四十三年の, 昨日の, 時計を, 時間が, 晩年は, 更に進ん, 最初の, 最後, 最後どんな, 机の, 杖を, 松の, 根が, 根津は, 棚が, 検事は, 止めた, 止めて, 正三は, 正造は, 此処に, 此処まで, 武蔵の, 残念ながら, 母と, 母は, 母親は, 気温は, 水戸は, 永井君は, 沖合に, 法水は, 法科を, 波が, 火は, 無効であった, 無理に, 無駄であった, 熱は, 爆発しない, 父の, 犬は, 猶念, 玄徳は, 王の, 理由は, 生徒に, 生憎と, 男が, 男女の, 番頭の, 當時の, 病気が, 百樽の, 皆の, 目が, 目は, 目的の, 目的を, 眼の, 眼鏡を, 瞳が, 矢代は, 知らずに, 石圃は, 確かに, 秀吉を, 私に, 窓は, 窓を, 筮師は, 米友は, 糸を, 約束の, 紋也の, 素直に, 細君は, 結局は, 結局彼の, 結局思い切っ, 結局無, 綾子は, 美智子さんは, 義雄は, 老人の, 老人は, 老婆は, 考へ, 肝心の, 肥って, 胸は, 腹の虫を, 自分こそ, 自分でも, 自分ながら, 苦しそう, 苦労には, 英語の, 荀, 葉子の, 葉子は, 薩軍の, 蛇に, 行って, 覚えて, 言葉も, 話の, 話は, 語勢は, 読んで, 誰に, 誰れ, 課長の, 走りつづけて, 身を, 軍が, 軽捷な, 近々其第一詩集, 近所の, 迚も, 逃げられなかった, 逆に, 途中まで, 遂に承諾, 遺憾ながら, 部屋の, 酒を, 酔って, 鍵が, 鏡が, 鑑査員の, 長野は, 間もなく役に立たなくなる, 関東を, 除けられなかった, 隼人は, 難なく越した, 雪が, 電燈の, 静かな, 革命は, 頭の, 頭を, 頼朝の, 顔色には, 食事が, 首を, 馬は, 馬鹿力の, 駄目で, 駄目である, 駒次郎は, 鱸拾い, 鼻面を

1 [7203件 抜粋] あいかわらずエンジン, あたかも人力以上, あのはじめ, あの瞬間, あまり勧められる, ある夏, あわてても, いいなあ, いきなりがみがみ云, いざ行かう, いつかその, いつもなら, いまだにそれ, いわゆる今日, うまく口, えと安, おすえ, おひる過, お供の, お夫婦, お浪, お袋に, かえってその, かく見る, かねて目印, きかずに, ぎつしり詰つた蚊の, けれどもその間縁談, ここからは, ことばづかい, この七八年, この俺, この場合よせ, この微笑, この書物, この知識, この赤蛙, この額, これなる, こんどこそ, ごとき美し, さていつどこ, さて吾妻橋, さも安心, しあわせな, しかしそれだけ, しかしまだまだ, しかし云, しかし別, しかし店, しかし本来, しかし肚, しかも益, しゃんと踏, すぐうなずい, すぐやめた, すぐ櫛巻き, すぐ落ち, すっかりインク, すべて道徳は, そういうもの, そうしない, そう言う, そこへ, そなた, そのくらい, そのとき板の間, そのままふと起, そのまま立ち去る, その一部, その他にも, その儘主人, その分, その后, その夜枕, その実施期日, その後また, その御子, その折自分, その旅, その時昼, その期間, その決心, その献立, その瞬間大臣, その紳士的態度, その腕首, その訊問, その返事, その間捕鯨船乘組の, その黒く柔かい, それから今日, それだけ, それではと, それでもすこし, それでもクリストフ, それでも余程, それでも後, それでも負け, それとて, それに対して, それッきりうつむい, それ程にも, そんな手合, たうとう悲し, ただ武器, たちまち王平, ためと, だんだん心, ちろちろと, ついに効, つたせゐも, つてさ, つては, つてドイツ人グウテンベルグや, つて今から, つて共に, つて呼び棄て, つて學校の, つて必然性を, つて敵意や, つて気分的にも, つて生そのものの, つて絶対的の, つて著者は, つて資金調達が, つて高い, ではなん, とうとう会わず, とかく一つ所, とても歩け, とにかく夕刻, ともかく終戦後昭和廿六年, どうしてどうして紋也, どうしても応じない, どうしても聴か, どうせやるなら, どうもわからねえ, どうも憎めない, どこか, どっと病みつい, どんな物, なお二つ三つ, なお頑固, なかなか勝負, なぜなら, なにしろ藪, なんとし, ぬけだして, はっきり分らない, ひつ理り, ひょいと本堂, ひ疾, ふと口, ふと想い出し, ふと耳, ふ気, ほぐれなかった, ぽんと, まさかアバタ穴, またかえって, また元, また悔み, また粋, まだその, まだ当人, まだ解せない, まにあわず万吉, まるで雲, みんなの, めずらしく口, もうひとりだいじな, もう及ばなかつた, もう止む, もう視力, もし今, もとより他人, もはや武士, やがてニヤリと, やがて半ば恥, やがて手燭, やがて白雲, やがて顔色, やっぱり何事, やはりおす, やはり寂しい, やはり祈りたい, ゆえに人々, よう落着かせ, よほどの, わあーッ, わざと落し, われ知らず寂しい, ア今度は, カテリーナ・フェドセーヴナの, キャラコさんは, サワ子は, ジョン, タクシイの, ドイツ軍に, ノブ子さんは, ビベロは, ブルジョアジーの, マガリャンスは, ヤア彼れ, レースは, 一つは, 一体それ, 一同が, 一向面白く, 一度作業服, 一旦辮髮, 一番好きな, 一週間目に, 七瀬が, 三四人の, 三様共すこぶる, 上方は, 不可能だった, 不愉快を, 与謝野先生の, 中中頭, 主人遠藤に, 九万四千ルーブルの, 事が, 事情止む, 二十日あまりも, 二等車の, 五忘の, 京都の, 人夫の, 今ここには, 今やまた, 今度はた, 今病ん, 仕立あがった, 仲居遣手見番という, 会話の, 佐分利五郎次に, 何しろ四囲, 何とか云っ, 何ひとつ完成し, 何分疲労, 何物も, 作者は, 俄車掌が, 信長方は, 健吉の, 傾斜の, 元来われわれ, 先方へ, 入れそう, 全国の, 六月に, 其の夜, 其儘所体崩し, 其意味は, 其頃に, 再び上海, 冬次郎めも, 出られずもがきながら, 出頭しなかった, 列席の, 別に手懸り, 利兵衛は, 前にも, 力尽き捕えられた, 動きそう, 勢ひ, 医者と, 十分で, 千枝松は, 半鐘には, 危篤の, 又それら, 又案外, 反対側の, 叡山は, 句に, 右馬介以下十人ほどを, 同性愛めいた, 同時に又新, 同時に部分, 君も, 呂蒙, 命の, 唇は, 啓吉が, 四大国が, 図に, 地図など, 基房の, 墨が, 夕刊を, 多助どんとやらの, 大い, 大公は, 大抵は, 大賀は, 太陽か, 奇妙に, 女中は, 好い客, 如何にも盗人, 始皇帝の, 嫉妬焼きの, 学問の, 安芸は, 宛名と, 実は無能, 室内が, 家へ, 寄って, 寝坊し, 尋ぬる, 小川に, 小野田も, 尚書の, 屋敷に, 屹と, 崔が, 左門も, 帯が, 常に賞讃, 平馬は, 幼少せい時分からの, 底に, 建てつけ, 弦之, 強いて自分, 当惑も, 彼女らが, 後で考へ, 後期では, 微笑し, 心中の, 忠之は, 忽ち自分, 思いなしか, 思ひ, 怪しい声, 恭一は, 悪むべ, 意を, 慌しく奥, 成島柳北の, 戦争は, 戸締りには, 手紙が, 投り込んだ, 押して俥, 振り返って, 損を, 放さなかった, 敢えて洩らさず, 敵も, 断じて部屋, 新子は, 既にこの, 旦那様は, 早速第, 昔コムソモールや, 是は, 時々思い出した, 晩香とは, 暫くじっと, 書記と, 最後にな, 最後鼠の, 朝おきられず, 未だ其生年, 本当はあまり小説, 朱実は, 来年の, 松前の, 果して何人, 某は, 案外呆気なく, 植物辞典に, 槍を, 機嫌直っ, 次第に南進, 正勝の, 此所で, 武大にだって, 死ぬまでは, 殊の, 殿上の, 毛程も, 気鬱症は, 永平, 決して非常, 沼波が, 活東子が, 海賊の, 混戦の, 港が, 漂民の, 火だ, 焔に, 無躾, 然し彼, 燐寸の, 爺い, 物語の, 独り其角が, 猶危険, 王が, 甚だしく酒, 用心深い浅井, 画料が, 病人の, 発熱さえ, 百里を, 盗んだと, 直ぐにばた, 直ちに諒解, 眉を, 眠れず, 矢張り汽車に, 知識が, 碩翁は, 神様が, 私自身では, 空想裡では, 窮屈な, 端なき, 第三者には, 籠められる, 紐は, 終に殺す, 結局この, 結局アメリカ式の, 結局御, 結局黙っ, 編輯の, 羅が, 翌一五五五年, 翌朝病気だ, 老紳士, 聴衆が, 肯かなかった, 脳髄が, 自信は, 自由主義の, 船が, 色に, 若いねこ, 若死を, 英子は, 落ち着くと, 蓮葉に, 藤次は, 蝶子は, 行った先, 裏の, 要するに理想, 見るから, 規律なれ, 親類縁者の, 討ちつ討たれつは, 詐僞の, 説明は, 諸将, 議論の, 貧乏の, 赤紙が, 足場を, 軈て涙ぐん, 軽率な, 近頃では, 追っ付かなかった, 透明人間は, 速力が, 遂に実現, 遉に, 道具を, 郊外の, 醤油には, 野呂と, 釘を, 錠が, 長吏, 長谷川の, 間に合わず, 間もなく高木, 阿英, 陸遜, 雀は, 雨を, 露じ, 面倒に, 須臾に, 頼母木は, 飛行の, 餓えたこと, 駄目光子も, 高等小学の, 鮎は, 黄は

▼ したこと~ (10494, 4.8%)

681 がある 279 があった 262 がない 245 のない 199 もある 177 はない 152 のある 134 でしょう 121110 だろう 107 である 106 があつ 104 であろう, もあった 97 があります 96 もない 9190 がなかっ 88 になる 75 はなかっ 72 でせう 70 では 65 がありました, はありません 61 であった 53 なの 44 もあつ 42 です 41 であらう 40 だらう 38 があり 36 になっ 34 でも 33 があっ, だと, を覚え 30 を後悔 27 かその, はなかつた, もあります 26 であろうか 25 がなく, であつ, もあり 24 が, もなく 23 がありません 22 だろうと, はいう, は事実, を 21 だった, はある, は一度 20 にある 19 がわかる, もありました, を意味 17 がなかつた, の無い, はこの, は言, もなかっ, を思い出した 16 が無い, なん 15 さえある, はその, は何, もありません, もなけれ, を知った 14 は前, を知っ 13 だろうか, はなく 12 で, であります, になります, は, は云う, を知る, を話した

11 [11件] だが, であるから, のなかっ, はございません, は今, は無い, は確か, は私, を今, を私, を言っ

10 [11件] かそれ, がわかった, じゃ, だから, だつた, であろうが, ですから, はありませんでした, はわからない, は云, も事実

9 であるが, であろうと, でした, ですが, に就い, はただ, は彼, は有名, をおぼえ, を思い出し

8 [13件] が何, であったが, となる, なので, にし, はたしか, は当然, は言うまでもない, もあっ, やら, を報告, を彼, を話し

7 [19件] かこの, か急, だったろう, でありました, と思う, になった, になつ, になり, のよう, はあった, はいえない, は云え, は必ず, は明らか, は決して, は無かっ, もその, を告げ, を知つて

6 [27件] がございました, がございません, がその, が知られる, じゃない, だったが, でございましょう, でございます, でしょうか, でその, はした, はまだ, はよく, は全く, は勿論, は疑い, も一度, をいう, を云, を思いだし, を書いた, を示し, を考え, を聞い, を言, を記し, を記した

5 [38件] か彼, があるだろう, があるでしょう, がいけない, がしばしば, がわかっ, が分る, が察せられる, が後悔, が自分, が載せ, だつて, だらうが, であったろう, でご, ですか, にちがい, はかつて, はすでに, はなし, はわかりません, は同じ, は幾度, は想像, は知らない, は言えない, は間違い, もなかつた, も有る, よ, を云う, を告げた, を思ひ出し, を憶, を憶え, を聞いた, を聞く, を見

4 [82件] かと思っ, か今, がありませんでした, があるだらう, があろう, がこんな, がございます, がなんと, が世上, が今, が分っ, が分らない, が判明, が彼, が私, さえあった, じゃねえ, ぞ, だけで, だし, だらうと, だろうが, であ, であって, でこれ, ない, ないわ, など, などはない, などもあった, などもある, なんか一度, にならない, にはならぬ, に依っ, に對, に就, に違い, のため, はこれ, はねえ, はまったく, はやがて, はやはり, はわたし, は事實, は分らない, は大, は実に, は度々, は日本, は殆, は申す, は自分, は誰, は非常, もあるだろう, もまだ, も度々, も彼, も無い, やその, をお, をこの, をすっかり, をする, を口, を御, を忘れ, を思いだした, を思ひ出した, を思出, を悔い, を想起, を感謝, を書い, を白状, を知, を知らない, を綜合, を覺, を非常

3 [149件] かいつも, かお, かこれ, かな, かよく, からお, からその, から私, か不意, か今宵, か今日, か伝六, か私, があったでしょう, があったろう, がありまし, がありましょう, があるでせう, があるなら, がお, がご, がすっかり, がそんな, がそんなに, がなん, がまるで, がよく, がわからない, がわかり, がわかるであろう, が一度, が云, が分かった, が幾度, が後, が御座います, が悪い, が明白, が書い, が発見, が見える, さ, さえない, さえなかっ, だか, だね, だらうな, であったから, でありましょう, であると, でございますか, でなければ, で君, で自分, とそれ, ないん, などがわかる, などを話す, なのに, なんで, にはならない, には彼女, にもなる, によつて, に原因, に気がついた, に相違, に自分, のあった, のやう, の一つ, の中, はあっ, はあの, はあまりに, はあるまい, はいま, はございませんでした, はさき, はすっかり, はそれ, はどう, はほとんど, はまるで, はわからん, はわれわれ, は一つ, は争われない, は今更, は分りません, は初めて, は右, は君, は始めて, は平次, は当時, は忘れ, は既に, は明かである, は明白, は申, は知っ, は確, は確実, は覚え, は言えぬ, は言えません, も, もございます, もしばしば, もなし, もまた, も多い, も日本, も覚え, も言, をいっ, をいろいろ, をくわしく, をし, をしゃべっ, をその, をどこ, を報じ, を思い出す, を思う, を思ひ起した, を思ふ, を想, を感じた, を指す, を明, を母, を物語っ, を理解, を申, を知らし, を確かめ, を示す, を考へる, を耳, を自分, を言う, を言つて, を記憶, を詳しく, を認め, を語った, を述べた

2 [384件] かいつのまにか, かかつて, かきょう, かここ, かこのごろ, かしばらく, かそこ, かそれとも, かつい, かと下, かと心配, かと思った, かと訝しく, かふい, かまだ, から, からこれ, からついに, からでした, から名づけられた, から平次, から彼, から御, から懇意, から話, か一人, か今度, か何, か俺, か半, か右門, か子供, か少し, か手, か皆, か目, か肝腎, か裏, か辻斬, か返し, か返事, か雨戸, か首, があったかい, がありませう, がいけなかった, がかえって, がこの, がございまし, がござる, がたくさん, がたびたび, がとど, がどうも, がどこ, がなぜ, がなに, がひどく, がふと, がほぼ, がまた, がまったく, がら, がわかりました, がわかります, がわかれ, がハッキリ, がバレ, が世の中, が二人, が今更, が何度, が余りに, が分かる, が分った, が判る, が十分, が執念深い, が報告, が好き, が少く, が少し, が彼女, が心, が恥しく, が想像, が新聞, が日記, が明らか, が更に, が有りました, が有る, が正当, が殆ど, が気, が気の毒, が決して, が漢族特有, が真実, が知られ, が知れ, が確, が窺われる, が笑, が記載, が起った, が長い, が露顕, この二つ, じゃい, そのこと, その原因, だお, だお前, だけれども, だったの, だつたの, だな, だよ, だろう私, であったか, であるか, でこの, でございました, でしたが, でしょうが, でしょうこれ, でしょうね, ですこれ, ですよ, でもあった, で人, で何, で僕, で小さな, で当時, といえ, とすれ, とそこ, とその, となるであらう, とはいい, と信じ, と対比, と思われる, と想像, と見える, と解釈, ないの, ないのに, なし, などある, などがはっきり, などが知れた, などはすっかり, などもあり, などもありました, などを語った, など一度, なんてない, にしよう, にする, にち, についてもはや, にならぬ, になるであろう, には, にはその, には吾, には彼, には違い, にまるで, によっても知られるであろう, によって思い出し得た, によって自分, による, によるもの, に他, に感謝, に於, に比べれ, に気, に気が付い, に気づいた, に深い, に端, に話, に責任, に集中, のうち, のすべて, のなかつた, の原因, の喜び, の結果, の罪悪感, の間違い, はあたし一番, はあまり, はあらゆる, はあります, はい, はいえぬ, はいわなかった, はいわれません, はおそらく, はお預け, はさすが, はすべて, はそのまま, はたしかに, はたった, はたとへば, はちゃんと, はちょうど, はないです, はなに, はまことに, はまず, はまた, はみんな, はもう, はもちろん, はわからず, はわからなかつた, はわたくし, は上, は二人, は人, は仲, は伸子, は何びと, は何度, は僕, は出来ない, は分からない, は分らぬ, は判らない, は判らなかった, は判らなかつた, は別, は各, は否まれなかつた, は周知, は善悪, は多勢, は大いに, は始め, は実行, は少く, は少し, は彼ら, は彼女, は彼自身, は後, は御, は御存じ, は忽ち, は悪い, は惜しい, は意味, は我慢, は敢, は明, は未だかつて, は極めて, は正しい, は正しく, は正当, は港, は無論, は特筆, は発表, は知る, は知るまい, は私たち, は自然, は興味, は蓋し, は言う, は記憶, は誤っ, は賢明, は頗る, ばかりだ, まで覚え, もあるらしい, もございました, もねえ, も事實, も二度ぐらゐあつて, も多く, も平気, も幾たび, も幾度, も御存知, も想像, も推測, も決して, も自分, も言えません, やおや, や主婦, や何時の間にか, よりも僕, をあなた, をいえ, をいつ, をいふ, をいわなかった, をかい, をここ, をしない, をちくちく, をちっとも, をどうして, をどうしても, をどんなに, をまた, をまだ, をもう一度, をもっ, をやらせ, をやる, をやれ, をよく, をわたし, を一気に, を云っ, を云わない, を云われる, を伸子, を信じ, を偽らず, を僕, を口外, を君, を否定, を吾, を喜ん, を喜んだ, を大いに, を彼女, を心, を忘れない, を忘れる, を思いあわせる, を思い出しました, を思い合わせ, を思え, を思ひ出しました, を悦んだ, を意識, を推定, を故郷, を書き, を書く, を最初, を源之助, を物語る, を發表, を直ちに, を知らず, を知らせ, を知らなかった, を知るべきである, を破る, を繰返した, を考えた, を表し, を見なけれ, を証する, を詫び, を話したら, を話しました, を話します, を話す, を語る, を説く, を読んだ, を誰, を述べ, 次には, 申す迄も

1 [3090件 抜粋] あたかも大連, あること, いわない, かあと, かいぶかしい, かきのう急, かさ今, かすぐ, かそれなり, かだいそれた, かとご, かとわれ, かと安二郎, かと私, かどなた, かにわかに, かふしぎ, かまじめ, かむっくと, からいよいよ, からそれ, からの思いつき, から一九二三年九月一日, から交番, から同年, から始まった, から悪人ども, から次第に, から無罪, から結局, から起こった, かわが, かサッと, か三十七人, か中軍, か五彩, か係長, か切支丹伴天連, か十分, か四日目, か大変伸び伸び, か妻女, か客観的, か小娘, か店, か待て, か感応寺, か時日, か案内, か此間, か法水, か玄関, か相手, か絵ハガキ, か肝心, か莞爾, か見, か身体, か重病人, か陽吉さん, か黒羽二重五つ紋, があったなら, があり得, があれぁ, がいたずらに, がおかしく, ががんす, がございませぬ, がすぐ, がそれ, がとんだ, がどんな, がなんぼ, がひとつ, がますますはっきり, がやつ, がわかるでしょう, がチチ, が一種, が中, が二つ, が今日, が僕, が分かり, が判った, が動機, が口, が嘘, が多かっ, が始め, が実は, が少なくも, が後日, が思い出せない, が急死, が悔, が意外千万, が戸外, が既に, が有, が案外, が此等事態, が永續的, が無かろ, が特筆, が畜生, が相, が知られた, が確かめられた, が空腹, が胸, が見出され, が言っ, が証拠, が證明, が載, が門出, が面白く, が魯問篇, さえありました, さえ一つ, しかしいったん, しようと, じゃろうか, すらもあった, すら気づい, そして何, それからみんな, ぞ急, だからね, だけが骨身, だけはどうにか, だけは分かります, だけは間違, だけを母, だったけれども, だったん, だの, だらうお前, だろうあながち, だろう唖, だ冗談ぢ, であったからという, でありどうぞこれから, でありませんでしたけれど, であり私, であるだろうこと, である故, であろうし, であろう左, でか, でございますから, でござるの, でしょうし, ですで, でそんな, でない自分一身, でなく想像, でも想いやられる, で不, で今日道義, で其, で吐き出したい, で家族, で彼自身, で感情, で更に, で殺人事件, で深, で眞言宗全體, で考査, で道子, で陽子, というの, として日本人, とて博士, とのみ思つて, とは全く, とまあ, と並ん, と同じ, と彼ら, と息子, と申します, と英国, ないさかい, ないわと, なく, なく老母, などいまだになんとも, などがそれ, などが昔風, などすべて, などのため, などはついぞ, などは何, などは知らず, などもあっ, などもちゃんと, などをいっ, などをも語, などを屡, などを思い合わし, などを附け加え, など思われます, ならおれ, なれば, なんか決して, なんぞない, にお, にすれ, についての抗議, についてはどの, については大沢, については種々, について咎められる, について窃か, について黙った, になっちまっ, になろう, にはそこ, にはなるまい, には不満, には彼ら, には成功, には波多野, には社殿, には薄, にばかり注目, にもすぐ, にもよる, にも男, にも質素, によってそれ, によってわかった, によって大いに, によって感情, によって相手, によって長追い, に不安, に依, に同意, に多少, に存する, に対してまず, に対して無性に, に対する不満, に対する謝罪, に悲しん, に救われた如き, に極, に気がつき, に理由, に絶えず, に落胆, に違, に驚い, のあり, のさまざま, のない快い, のほか一切, の云いきれない, の反映, の報復, の少なく, の恐ろし, の日記, の根底, の知れませぬ, の行き, の重大, はあながち, はあるいは, はいかにも, はいわない, はお願い, はきめる, はございますまい, はご存じ, はじつに, はせめて, はたびたび, はです, はなお, はなる, ははなはだ, はほか, はみない, はむしろ, はもう二度と再び, はりっぱ, はわかりませんです, はドイツじゅう, は一ポルトガル人, は一点, は一部, は三浦環, は世界文化, は争えなかった, は人知れず, は他, は佐野屋, は信用, は先づ是, は公孫丑上, は出来ませぬ, は分らなかった, は到底, は劇, は原則, は古く, は否まれない, は告げ, は嚴肅, は墺太利, は夜, は失敗, は宋元, は家財道具, は尭, は幾たび, は彼女たち, は復古, は忘れない, は恐らく未だ, は慶賀, は戦場, は放蕩, は日本紀, は明きら, は暗号, は本当に, は松本千重子, は止む, は歴史的, は永劫, は無く, は珍しかっ, は生命, は申し上げられ, は疑ふべく, は皆んな, は知らないらしかった, は私達, は經史, は肥後五箇荘, は色色, は表向き, は解らない, は言えなかった, は記録, は誓ってない, は諸国, は近代ブルジョア, は適切, は隠し, は養父母, は默つて, ばかりなど書い, ほど笑, まだ話しませんでした, まですっかり, まで日記, もあ, もありうる, もあるまい, もう一つ, もご, もそれ, もないきたない, もなんにも, もみんなさ, もわかる, も一つ, も予期, も亦, も似, も出来まい, も又, も大局, も山崎, も忘れ, も思ひ出した, も数えきれない, も書き落し, も正し, も注目, も疑われない, も知らず, も確か, も考え, も聞いた, も言われ, も足, も黙っ, やずっとそのまま, やらこちら, やらブルブル, やら曇り, やら騒ぎ, や名前, や年々, や母, や膨れ, や陣十郎, よりも意外, らしいから, をいい, をいまさら, をおばさん, をかう, をき, をこまごま, をささやく, をそういう, をちやん, をなさるなら, をはつきり, をぶつぶつ, をまったく, をもお, をも岸本, をも語る, をよりわずか, をわびた, をベートーヴェン, を一ばん, を不思議, を予め, を云おう, を互に, を他, を仰っし, を何, を信ずる, を克明, を内部, を十, を叔父, を古賀, を含め, を周平, を夢, を如実, を学生団, を寿平次, を山人, を引受け, を御存じ, を忘れぬ, を思いおこし, を思い出される, を思った, を思へ, を恥じる, を悟っ, を悪く, を想い起した, を感じない, を憶出, を挙げよう, を数, を時々, を書かう, を望外, を標榜, を武見氏, を清三, を特に, を理論, を申し上げましょう, を発表, を直感, を知つたの, を知ります, を示唆, を窕子, を纒め, を考えれ, を聞こ, を自ら, を茲, を裏書, を言いたい, を言わない, を証拠立てる, を話し出し, を認める, を語り出で, を論評, を責め, を辻記者, を閣下, を集め, を風通し, 云わず, 勿論, 可愛い恋人, 最甚, 考へて

▼ したよう~ (6240, 2.9%)

217 な顔 173172 なもの 105 な気 80 な声 71 になっ 64 である 58 であった 57 に云った 54 だった 53 に眼 45 だ, なこと 43 に顔 41 な気持 38 です, な心持, な眼 37 に見えた 36 な表情 35 に言った 33 な様子 31 にその 29 な形, に思った 27 に目 25 に見える 24 なわけ, な感じ 23 だが 22 な調子, に口, に彼 21 だったが, でした, にいった, に私 20 な, な目, に思う, に思っ 18 な顔つき 17 であったが, にこの, にそれ, に思われる 14 すで, でしたが, でも, なふう, なものの, な事, な気持ち, な眼つき, にし, に思われた 13 なところ, に身, に頭, に首 12 な態度, な気分, にぼんやり, に思われ, に立, に答えた

11 [11件] であるが, ですが, なこの, な口調, な色, にいう, にお, にまた, に叫んだ, に感じた, に黙っ

10 なの, な状態, な風, に二人, に肩, に自分

9 なもん, な微笑, な心持ち, に呟いた, に急, に息, に手, に立っ, に覚え

8 [12件] な次第, な音, にいいました, にこう, にこちら, にそこ, につぶやきました, に云っ, に彼女, に思います, に立ちどまりました, に見えました

7 [15件] なお, な大きな, な眼付, な笑い, にいきなり, にうなずいた, になり, に又, に坐っ, に微笑, に思えた, に空, に立ちどまっ, に胸, に顔色

6 [22件] だと, なあの, な人, な姿, な工合, な心地, な恰好, な男, な笑い方, な言葉, な顔付, にうなずい, にさけびました, にじっと, に両手, に声, に眺め, に突っ, に笑っ, に聞きかえしました, に言う, に足

5 [29件] であります, でございます, では, なその, な場合, な女, な形跡, な思い, な訳, な面, な面持, にうしろ, につぶやく, にどこ, に動かなかった, に大きく, に大きな, に女, に思いました, に振り向いた, に明智, に椅子, に腰, に見, に見え, に見せかけ, に言いました, に言っ, に鼻

4 [45件] だね, で, なしないよう, なそれ, な口ぶり, な変, な妙, な所, な時代, な気味, な沈黙, な目つき, な笑顔, な覚え, な話, な赤い, な趣, にあわて, にいつ, にこっち, にこれ, にそう, にそのまま, になった, になる, にほっと, にわたし, に云う, に体, に叫び, に少し, に急い, に振向いた, に書い, に母, に硬く, に笑い, に笑い出した, に笑った, に聞い, に記憶, に部屋, に長い, に風, ね

3 [95件] す, だから, だけれど, だな, でございますな, ですよ, でもあった, で自分, なそれでいて, なそんな, なまた, なやり方, な一種, な事実, な事情, な云い方, な大声, な安心, な家, な小, な小説, な心, な悪い, な意味, な振り, な景色, な気もち, な物, な物足りない, な生活, な異様, な者, な行動, な跡, な身ぶり, な響き, な顔色, にあたり, にあの, にいっ, にいよいよ, にききかえしました, にこんな, にさっと, にしかし, にしばらく, にひょいと, にふと, にふらふら, にぽかんと, にハッ, に今, に今度, に他, に伸子, に佇ん, に僕, に再び, に前, に動い, に同じ, に呟き, に変, に夫, に奥, に思い, に思わず, に戸口, に振り返った, に本, に机, に溜息, に父, に男, に白い, に皆, に相手, に眉, に突然, に立ちあがっ, に立ちどまった, に立ちどまる, に立ち上った, に立ち止まった, に箸, に緊張, に茫然, に葉子, に見あげる, に見えるであろう, に言, に誰, に赤く, に身動き, に頷いた

2 [261件] じゃありません, すだ, すだったが, すでした, すで鼻唄, だし, だそう, だぞ, だわ, でありました, ですから, ですね, でまた, で日本, で気, なうれしい, なおかし, なかたち, なこれ, なご, なそういった, なそして, なつもり, なと, なので, なやつ, なよう, な不思議, な事例, な二つ, な人達, な人間, な何と, な何物, な光, な光景, な力, な句, な叫び声, な名, な味, な噂, な四辺, な大, な失望, な奴, な始末, な子供, な安らか, な小声, な山, な底, な当惑, な影, な快, な性格, な恐ろしい, な感情, な手, な文学, な文章, な日, な明る, な有様, な模様, な樣子, な歩きつき, な気配, な水, な溜息, な熱, な特殊, な狡猾, な理論, な相当, な眉, な眼差, な瞳, な積, な笑いかた, な素振り, な結果, な群衆, な考え, な聲, な肩, な苦痛, な薄, な薄笑い, な視線, な迅, な遊び, な間, な雲, な電気ストーヴ, な非常, な面持ち, な面相, な頬, な顫, な風景, な風采, な騒ぎ, な驚き, な高い, にあとずさりし, にいや, にいろいろ, にうす, にうれし, におぼえ, におれ, にからだ, にがっかり, にがっくり, にきょう, にきょろきょろあたり, にぐっと, にことば, にしげしげと, にじろじろ, にじんじんばしょり, にすぐ, にその小さな, にその後, にたちどまっ, につっ立っ, につぶやいた, にとにかく, ににこにこ, ににやにや, にね, には見えない, には見えなかった, にひろ子, にふり, にまたもや, にまっ黒, にみんな, にも思われる, にも感じ, にも感じた, にやっと, にやにわに, にやはり, にキャラコさん, にヘラヘラ, にボンヤリ, に一人, に一度, に一種, に三人, に上, に世界, に主人公, に之, に云いました, に人, に今日, に光, に光る, に力, に博士, に口笛, に叫びました, に同時に, に向う, に君, に呟く, に呶, に咽喉, に唯ぼんやり, に喜ん, に囁いた, に四つ, に四辺, に固く, に土, に城太郎, に大, に大声, に天井, に太陽, に妹, に妻, に姉, に嬉しかっ, に小, に小さい, に尻, に平, に床, に座, に往来, に思いだした, に思われました, に想像, に感じ, に感じられ, に感じられた, に感ぜられた, に打, に指, に振り, に振り向い, に振り返る, に振向い, に振返る, に暗い, に横たわっ, に横目, に欣, に武蔵, に歩い, に沖, に涙, に溜め息, に火鉢, に物音, に田代, に甲斐, に申しました, に病院, に硬, に空間, に立ちすくん, に立ちすくんだ, に立ち停まった, に立ち止った, に立ち止まっ, に立ち止まりました, に立ち竦んだ, に笑いました, に笑う, に絶えず, に置い, に老人, に考え, に耳, に聞える, に蒼白, に装い, に見えなかった, に見えます, に見せ, に見せかける, に見た, に見開い, に訊いた, に誤解, に赤い, に軽く, に銀杏, に長椅子, に隈, に面, に頷い, に飛び上っ, に驚いた, に黙った, に鼻柱

1 [2188件 抜粋] じゃ, じゃない, すでいたわりながら, すでそこ, すでひどく, すでキャラコさん, すで僧正様, すで竹矢来, すなので, だくらいに, だたもさ, だとも, だよ, であったし, であつ, であるという, でえぐい, でしたから, ですぜ, でそのまま, でどこ, でひそか, でよるは, で何となく, で厭, で如何にも, で明けても, で気色, で聞く耳, で誠に, なああ, なありさま, なうるさい, なおひゃらかして, なかお, ながっかり, なけ, なこえを, なさびしい, なしかも, なし方, なせんよう, なたえなるおんせい, なとき, なは, なひびきが, なふざけた眼つき, なほっと, なまじめ顔, なまんま, なもしくは, なやさし, なり, なアンバイ, なクルウ大方, なスパセニア, なニヤニヤ, なフーン, なポカン, なロマンチック, な三尺, な不作法, な不愉快, な久保, な人声, な人物, な仕方, な位置, な何だか, な作品, な傍若無人, な光焔, な円柱, な凄まじい, な出来事, な前, な勝利, な半ば憤慨, な印象, な又は, な口振り, な可憐, な名馬烏騅, な呆れ返ったよう, な哲学的, な商業信用, な団栗眼, な土地, な型, な場所, な外界, な夜更け, な大げさ, な大股, な奇怪, な女房, な妖しい, な婦人, な学風, な安易, な寛衣, な寺田, な小気味よ, な峻急, な年増, な弁公, な心がけ, な心状, な怒号, な思い入れ, な怪物, な息苦し, な悲しみ, な惡臭, な態, な我国, な手紙, な批評活動, な挙措振舞, な放蕩, な断わりかた, な星空, な曲, な月日, な条件, な格好, な概, な欠点, な歴史的めぐり合わせ, な気取り, な気象, な河, な浅井, な深い, な満足さ, な火, な無, な煩悶, な父, な物語, な狼狽, な甥, な男達, な痛み, な白い, な目付, な真空, な眼光, な石盤屋根, な種類以外, な立ったまま, な簡単, な紙片, な素晴らしい, な経験, な絵本, な罪, な羞, な而, な胡散, な膨脹政策, な臭気, な色彩, な芸当, な苦労, な茶褐色, な著名, な虚ろ, な蛮声, な衝撃, な要職, な見解, な言うに, な証拠, な詩, な語調, な讃美, な趣き, な軽薄, な返事, な連中, な部分的内容, な鄭重さ, な銀左衛門, な長い, な間違, な陰険そう, な震動, な青白い, な面構, な頂, な顏つき, な風つき, な馬車, な驚いたよう, な高笑い, な鬼気, な鼻, にあたし, にあまりにくっきり, にいい放っ, にいす, にいつも, にうごかなかった, にうなぎ, にうなだれた, にうまく, におかし, におど, にお蔦, にかれ, にきき返し, にきんきん, にぎょっと, にくるくるくるくる, にここ, にころり, にごとごと, にさしうつむい, にしくしく, にしみじみ, にしょんぼり, にじりりと, にすわっ, にそちら, にそれから, にぞろぞろ, にただれ, にたちどまりました, にだが, にちょうど, につけ加えた, にでなく, にとっ, にとまっ, にどなっ, になぐさめられない, ににせ, にぬらぬら, にはげしく, にはっきり, には伸子, にひと, にひらめい, にふしぎ, にふふふ, にふり向き, にぶんぶんとう, にほうほう, にまくし立て, にまじめ, にまずほっと, にまるっこい, にみえる, にむしゃぶりついた, にもう, にも受けとれる, にも思われ, にも書い, にも聞えました, にも見える, にやまがら, にゆらゆら, によりかかっ, にわざと, にアスファルト, にウロウロ, にカチカチ, にキッス, にクタクタ, にゴッホ, にシート, にスルリ, にチベット人, にド, にネネム, にパイ, にパヴェ・サン・タンドレ街, にフクさん, にプッ, にペコペコ, にポカン, にメンガー, にルケアーノフ, に一, に一グラム, に一年, に一方, に万一, に上り框, に下り, に不案内, に両方, に乳, に二度と, に互, に京吉, に仆, に仏像, に仰い, に会, に佃, に何, に何より, に作家たち, に信州, に傍, に元, に先方, に光彩, に全速力, に冷たい, に出しかけた, に前者, に劍, に勉強, に勝手口, に匂わせ, に千鶴子, に半蔵, に叔父, に受, に口唇, に叫びだした, に吃驚, に名簿, に吹きつづけ, に呆乎, に呻いた, に唐突, に問い返し, に喚声, に国内, に地理, に坑道, に夕空, に夢にも, に大小スバリ, に天国, に太子, に女房, に女賊, に始終, に嫂, に存在, に安心, に官員ら, に室, に寝る, に小さく, に小次郎, に小走り, に尖った, に山頂, に巡査, に市十郎, に底力, に座敷, に弱々しい, に強いて, に彫, に後ろ, に御者台, に心, に思いこむ, に思い込ん, に思われぬ, に急所, に恐れ入る, に悦ん, に感じました, に慌しく, に憚り, に我々, に戸棚, に打たれた, に折, に押しいただい, に掌, に握り, に文壇, に断然, に日, に早苗さん, に是ただ一筋, に暑, に暫く, に朝鮮人, に札差, に松の木, に林田, に桂子, に森君, に横店, に次, に武士, に歪んだ, に殊勝, に気の毒, に沢山, に泳い, に浮腰, に消え去る, に渋い, に滑らか, に激怒, に炎々, に無性に, に照り下す, に片, に特に, に狼狽, に現在法学, に生命, に申しまし, に疑えない, に白墨, に盃, に相, に真っ赤, に真青, に眺めてる, に瞼, に短刀, に砕け, に神, に稲子さん, に窓, に立ちあがった, に立ち上がる, に立ち竦ん, に竦ん, に笑いだしました, に箪笥, に粋, に細く小さく, に絵, に縁さき, に繁昌, に美しい, に翁, に考え込ん, に聞きかえします, に聞こえる, に肩掛, に脇, に腹立たしく, に自分たち, に艦隊, に花田, に苦学目的, に荒物屋, に菓子屋, に蒼, に薄暗く, に蘭丸, に衝, に褐色, に見えない, に見せかけれ, に見つめ, に見下す, に規模, に言い, に言えなかった, に訊ねた, に話した, に語, に誤報, に警部補, に賞讃, に走っ, に足ぶみ, に躊躇っ, に身ぶるい, に輝い, に近づかなかった, に退る, に遠く, に都会, に重々しく, に銘々, に長谷川, に闇太郎, に階級, に集っ, に電柱, に青空, に静まり返っ, に頬骨, に額越し, に風の音, に飛び上る, に飛ん, に香具師, に高, に鬱, に麦藁帽, に黙りこん, に鼻腔

▼ した~ (5103, 2.4%)

170 云ふ 157 いう 131 思うと 115 すれば, 見えて 86 云うの 75 思って 72 いって 65 言ふ 56 ある 47 思ふと 46 云って 41 いふ 39 いうので 36 言って 34 みえて, 思う 32 すると, なると 31 いうが 30 いっても, 云うこと 28 云う 27 いわれて, する, 言うん 26 思った 25 云っても 24 あっては, いうだけ, 思つた, 聞いて 23 云う事, 伝えられて, 言うの 22 書いて, 見える 21 云うん 18 いうよりも 16 いつて, 同じよう 15 いうから, いうだけの, いうの, いふので, 思いました 14 いった, 思います 13 いえば, 言われて 12 いうに, なれば, 云ふこ, 仮定し, 思ったの, 聞くと, 言う, 言っても 11 云った, 思えば, 思ふ, 申して 10 いわれる, 云う話, 云われて, 伝えられる 9 あれば, いうか, いふよりも, 信じて 8 いいます, 云うが, 云つても, 同様に, 思うが, 申すの, 称して, 言はれ

7 [17件] あって, あるが, いうじゃ, いうでは, いうのに, いうより, いふが, みえる, 云う噂, 云は, 仮定する, 同一の, 思いますが, 思うの, 私は, 見るの, 言った

6 [21件] いうと, いうよりは, いふから, いふこと, きいて, したならば, 云う訳, 云えば, 云ふんだ, 云われる, 傳へられ, 思ったが, 思つたら, 思はれる, 書いた, 考えること, 聞いた時, 自分で, 見て, 訊くと, 語って

5 [21件] あつて, いうし, いうだけでも, いうんで, いっては, したらその, したらどう, 云うから, 云うじゃ, 云はれ, 云ひ, 傳へて, 同様の, 同樣, 喜んで, 彼は, 後悔し, 思うて, 思つてゐる, 見えまして, 言つても

4 [48件] いうべきであろう, いうほど, いうほどの, いつても, いはれて, いふに, いへば, おっしゃるの, お思い, したら, なって, よろこんだり, 云うよう, 云う知らせ, 云つた, 云つてゐる, 仮定すれ, 同じこと, 同じである, 同じに, 同じ事, 思いながら, 思うこと, 思う間もなく, 思ひます, 思ふの, 思へば, 新聞に, 申します, 申すは, 知らせて, 答えて, 聞いた, 聞いたとき, 聞く, 聞けば, 見えます, 見えるね, 見ること, 言うて, 言っては, 言つた, 言ふこ, 言ふんだ, 言へば, 記して, 謂は, 謂ふ

3 [68件] あるから, いうかど, いうでも, いふの, いふよりは, いわれても, おっしゃるん, おもうと, きくと, したらそれ, したらどんな, するならば, するの, 云います, 云うて, 云うに, 云うのだい, 云うので, 云う訣, 云う風, 云える, 云わぬばかりの, 云わねば, 云われても, 伝えて, 伝へられて, 出て, 告げた, 思いたまえ, 思いますよ, 思い給え, 思い込んで, 思うね, 思ったらもう, 思ひ込んで, 思われる, 思われるよう, 想像される, 想像すれ, 感じて, 成つたなら, 氣が, 温順しく, 考えて, 考えても, 考えられる, 考える, 考えるの, 聞いたが, 聞いても, 見せかけて, 見ても, 見なければ, 見へて, 見るべきである, 解釈し, 言うこと, 言うんだい, 言つてゐる, 言は, 言ひます, 言ふと, 言われる, 記されて, 記す, 記憶し, 誹るも, 謂ツて

2 [177件] あらば, ありましたが, あります, いいたげに, いいますが, いうからには, いうけれども, いうぞ, いうまでの, いうものの, いえるの, いつた, いはれも, いふでは, いわぬばかりに, いわねば, いわれるの, いわれる今日, いわれる柳枝, いわんばかりの, おもって, おもつ, お云いだ, かかれて, きいた, きかされ外来患者用, さへ, したところ, したらあの, したら金之助, しに, せられて, ながれにじむをあなやと両, ほぼ同じ, ほりに, ほりの, みえまして, みると, より外, よろこんで, 一般に, 主張し, 主張する, 云うでは, 云うばかり, 云うも, 云うもの, 云うよりも, 云うわけ, 云う人, 云う以上, 云う嫌疑, 云う意味, 云う旨, 云う気, 云う点, 云う記事, 云ったそう, 云ったの, 云ったよう, 云つて八時過, 云つて其訴訟の, 云ふで, 云ふところでも, 云ふも, 云ふんです, 云わなければ, 云われるの, 云わんよりは, 云ツた, 人は, 仮定したら, 仮定せよ, 仰し, 仰しゃるのですか, 仰有るので, 伝えられた, 伝えられるほど, 俚俗に, 信じた, 信じること, 信ずべき理由, 傳へ, 先生は, 勘六が, 同じ心持, 同じ意味, 同じ興味, 同時に, 同時にその, 同時に子供, 同様だ, 告げられた, 始めて, 婆さんが, 尋ねるの, 少しも, 帰って, 後悔した, 思いますか, 思ううち, 思うかね, 思うけれども, 思うた, 思え, 思ったらその, 思ったらそれで, 思ったらまた, 思ったらやがて, 思つたのは, 思つてそんな, 思つてゐた, 思はる, 思はれは, 思ふこと, 思ふのさ, 思へ, 思われて, 思われても, 思われます, 思われること, 思われる箇所, 思召三代傳は, 思量する, 想像し, 想像し得る, 推測する, 日記に, 書かれて, 気がついて, 申したところ, 申す, 申すか, 申す事, 番頭に, 白状した, 知って, 知れる, 私どもは, 称する国, 稱する, 答う, 答えだから, 考えた, 考えては, 考えられなくも, 考へること, 聞きます, 聞くが, 自覚し, 見え, 見えた, 見え粉末二五瓦入, 見へ, 見ると, 見るま, 見るや, 見る外, 見れば, 覚えて, 言うが, 言う説, 言える, 言つたな, 言はれる, 言ふんだい, 言われては, 言出した, 訊ねる, 記憶する, 話すと, 誇って, 語った, 語つた, 誤認した, 説明し, 述べて

1 [1680件 抜粋] あた, あとがきに, ありこれ, ありますね, あり齊, あるだけ, ある仏悉達太子, いいたい顔, いいどうか, いいますよ, いい伝えて, いい得る人, いい結局, いうぐらい, いうじゃあねえか, いうだけにも, いうだろう何故, いうでないか, いうなら格別, いうべきだろう, いうまで, いう如き噴飯, いえないだろうか, いえましょうか, いえるでしょうか, いたしましょう, いったから, いったらどう, いったら貴様, いつたじや, いつた筋書, いはる, いはれる場合, いはれ事實, いひ他, いふだ, いふと, いふのに, いふ所も, いへるであらう, いわないで, いわれずっと, いわれたこと, いわれた塙次郎, いわれるかの, いわれるので, いわれる一五七六年, いわれる高僧, おっしゃいましたね, おっしゃったの, おっしゃると, おなじ日, おまえは, おもうが, おもったの, おんなじやう, お思いなさい, お気付に, お考え, お腹立も, お關, かう打付けて, きいたので, きかれれば, きさま, きつける薬, こういうん, こう申します, この同じアダム, これも, しきりに騒い, したらあるいはまた, したらこれ, したらたつた五十兩, したら何故, したら君, したら我々, したら自分, したら音楽, しまして, しますね, しよう, するならこの, するに, する学説, すればね, せよ果して, そこには, その日, たしかに言, だいたい同じ, つと, でしょう, とどけ出ましたね, なったら私, なつたら, なりゃ男, にらんだが, はっきりいっ, ひ死んだところ, ひ音譯, ほぼ同様, ほりひどい, ぼけた人体, まず御, みえた新左衛門, みえるな, みえ維茂父子, みへて, みるや, やいッ, より他, わかって, わけを, アダム, クツ童話に, ゴルドンは, モントロン将軍が, 一口詫まれば, 一樣である, 上へ, 世間に, 主人も, 二つに, 云いましたが, 云いますが, 云い渡した, 云うお隣, 云うけれど, 云うしだいに, 云うだろう, 云うならその, 云うべきでしょう, 云うんだい, 云うルーモア, 云う事実, 云う位, 云う口実, 云う女, 云う岡田氏, 云う御, 云う意識, 云う手紙, 云う日, 云う物, 云う経験, 云う者, 云う証拠, 云う返辞, 云えるであろう, 云ったならば, 云った所, 云っては, 云つた方が, 云つていい, 云つて大に, 云つて溜息を, 云はる, 云はれれ, 云ふからにや, 云ふより推せ, 云へ, 云わば, 云われるだけに, 云われる人物, 云われる如く今日, 云われる通信社, 人の, 今さら思い出され, 今は, 今日までも, 仮定され, 仰しゃるが, 仰っしゃいますの, 仰るん, 仰言, 伝えら, 伝えられる女性, 伝えられ後者, 伝え聞いてるそう, 伝へる茶席, 信じこまされて, 信じられ実は, 信じる理由, 信ずる, 信ぜられて, 偽り自分, 傳説に, 兄さんや, 入電した, 全然反対, 写真入りで, 分つたとき, 判ったよ, 力説した, 十右衛門は, 叔父に, 受取った, 古記には, 叱られ大, 同じく三宝院, 同じく旅人, 同じだ, 同じな, 同じ動機, 同じ年, 同じ心持ち, 同じ明瞭さ, 同じ精神, 同じ蜂, 同一である, 同時にこの, 同時にどこ, 同時にダンスホール, 同時に同人雑誌, 同時に婦選, 同時に旧版, 同時に漸く將來, 同時に自分ら, 同様上側だけ, 同然である, 告げた時, 周は, 唱へる, 喜びました, 喰つてか, 嘆じた, 噂され, 四面楚歌の, 報へて, 報知が, 夏休みに, 大罪を, 始めて眼, 娘が, 安心し, 宣告し, 寿江子と, 少しでも, 岩伝う, 巻頭に, 当人の, 彼自身の, 後で新聞, 後悔しました, 後悔の, 従来解釈した, 御奉行様, 心から思っ, 心得て, 怒りあや, 思いきるわけ, 思いなさませ永禪和尚, 思いましたけ, 思いまして, 思います逃げてから, 思い探して, 思うか, 思うころ, 思うたんばさん, 思うであろうよ, 思うな, 思うほか, 思うらしく直に, 思う束の間, 思う笹原, 思えたその, 思える, 思ったその, 思ったらいきなりいつも, 思ったらとたんに, 思ったら今, 思ったら医務室, 思ったら座敷, 思ったら隠し, 思った一瞬間, 思った手紙, 思った船員, 思ってるん, 思つたで, 思つて, 思つてゐます, 思つて心が, 思つて犬の, 思はせる, 思はれずトラ横町, 思はれて, 思はれるうたて, 思はれるところ, 思はれるもの二三, 思はれる筋肉, 思ひこんで, 思ひな, 思ひますか, 思ひ乞食達, 思ふうち, 思ふね, 思ふ作品, 思ふ間, 思わずに, 思わないでは, 思わるるトーマス, 思われた頃, 思われぬでも, 思われるが, 思われるところ, 思われる事, 思われる刃物, 思われる小さな, 思われる時代, 思召す, 思込ん, 急に, 恥しくなりました, 悔いた, 悔まれ自分の, 悔んだ, 悟った, 惜しまれたもの, 想像する, 愚痴を, 感じられたの, 感じること, 懇願し, 投書した, 披露され, 振り向いて, 推察せられる, 推論する, 故人の, 断定され, 断言しました, 新蔵が, 日本の, 是も, 書いた新聞, 書くので, 最初デカに, 本人が, 検事は, 次郎左衛門は, 歴史家は, 母から, 気がつくたびごと, 気づきました, 気イ附いた, 洩した客, 満足し, 煩悶を, 独語した, 甲高に, 申したわけ, 申しました, 申しますがの, 申すこと, 申上げ, 略同じ, 痛心する, 白状し, 真以, 知った初鹿野伝右衛門, 知つたら, 知らされて, 知らせようとも, 知ること, 知れたの, 確信し, 秀吉の, 私に, 称した事件, 称するも, 称せられて, 称せられる男, 空怖, 答えたので, 約束が, 紹介され, 老樗軒, 考えられたとは, 考えられないこと, 考えると, 考えるべき理由, 考へたの, 考へら, 考へられる證據, 考へる方, 聞いただけでも, 聞いたので, 聞いた後, 聞いてからは, 聞えたら羽柴どの, 聞かぬ, 聞きかりそめ, 聞きましたら, 聞き大, 聞くけれど, 聞くまでは, 聞く全文, 聴いたら親分, 聽くから, 自分が, 自分の, 自白し, 自筆した, 至極大きな, 草吉が, 薫は, 表現され, 褒めるの, 見ええ, 見えはげしい, 見えますよ, 見えやして, 見えるな, 見える人々, 見える粗忽, 見え倒れたまま, 見え床, 見え手ミシン, 見え椅子, 見え私, 見え褄, 見え長々, 見せかけたジェイムス, 見せても, 見ては, 見なくても, 見ゆ, 見られた, 見られるもの, 見るばかり, 見るべきであらう, 見るべき延喜式祝詞, 見る間, 覚しき個所, 親類知己へ, 解するの, 解って, 解釈せず, 解釋せん, 言いそれ, 言いましたが, 言い伝う, 言い切った, 言い触らして, 言ういずれ, 言うし, 言うのだい, 言うべきです, 言うよりも, 言う久能谷, 言う兇行, 言う彼, 言う罪名, 言えず誠に, 言えるかも, 言えるであろう, 言ったっけねえ, 言ったな, 言ったもん, 言った人, 言つた俗縁で, 言つていい, 言つてよから, 言つてゐます, 言つて居る, 言つて自分で, 言ひなさる, 言ふより, 言へるであらう, 言わぬばかりの, 言われるほど, 言われる期日, 言伝え, 計算し, 訊いても, 記憶される, 記録は, 詮議する, 話した, 誇大に, 認めよろしけれ, 認められるにも, 認めるならば, 語られて, 説くの, 説けば, 誰にも, 謂はれる, 謂われる其相好, 警視庁の, 載せ, 輝かしい偉勲, 述懐し, 通過しない, 酔ったまぎれに, 陳述した, 非常な, 頭を, 駅の

▼ した~ (4782, 2.2%)

1139580 です 280 だろう 212 ですか 143 だよ 135 だね 128 でしょう 101 だから 99 ですよ 84 じゃない 79 ですが 74 だが 56 だらう 55 だと 38 ですね 37 だか 36 だな 32 ですから 31 だえ, だろうね, ですの 30 だそう 27 だろうと, でしょうね 26 ですもの 23 ですって, では 21 だわ 19 か, でしょうか, です親分 18 じゃ 16 じゃありません, だぜ, だもの 15 だけれど, ですかい, や 14 だからね, だぞ, だろうな 12 だろ, でしょうねえ, ですがね 11 じゃねえ, だって, だらうと, ですけど 10 だけど, だ君, ですけれど 9 だがね, だろうか, ですつて 8 じや, だつて, だろうねえ 7 かい, だお, だからな, だという 6 じゃないでしょう, だどう, でございましょう, ですえ, ですわ 5 じゃあるまい, だその, だそんな, だねえ, だろうが, だ俺, だ八, でも

4 [20件] じゃね, だいったい, だからなあ, だこの, ださうです, だとか, だらうね, だろうなあ, だエ, だッ, だ何, でございます, でござんす, ですお, ですからね, ですぜ, ですと, です一体, です先生, やそう

3 [28件] かね, かッ, じゃなく, じゃア, だあの, だお前, だけれども, だこんな, だし, だなんて, だろうという, だろうよ, だろう私, だん, だ一体, だ騷, でございましょうね, でございますか, でしょうな, ですお嬢さん, ですかね, ですかよ, ですけれども, ですこの, ですし, です叔母さん, べ, やろか

2 [62件] かな, さ, じゃあない, じゃが, じゃないだろう, じゃないです, だあ, だいや, ださうだ, ださうな, だしかし, だっけ, だったね, だってね, だとさ, だとね, だなあ, だなにか, だばか, だべ, だよう, だらうな, だろうけれど, だろうこの, だろうって, だろう今日, だネ, だ一本一本, だ今日, だ喧嘩, だ夢, だ大きな, だ急, だ武蔵野, だ自分, だ貴様, だ金富町, だ騒々しい, でありますか, である, でしやう, でしょうお, でしょうかね, でしょうこんな, でしょうネ, でしょう私, でしょう親分, ですお母さん, ですかと, ですそれから, ですとさ, ですな, ですのよ, ですわね, でなくて, でなければ, でやすか, べい, やあれ, やさかい, やな, やろ

1 [447件] かいじゃねえ, かしねえ, かしら, かっおい, かなあおばさん, かな仕事, かね次郎ちゃん, かもしれん, か一体, か相談, ころびに関する, じゃあねえ, じゃあねえか, じゃあほんとに, じゃある, じゃあるめえか, じゃあんめえかな, じゃいよいよ, じゃがなその, じゃが今度, じゃけ, じゃこれから, じゃございますまい, じゃざま, じゃで, じゃな, じゃなかろう, じゃなくっ, じゃなんにも, じゃろかなと, じゃろな, じゃァないだろう, じゃ六分, じゃ凍え死ん, じゃ巧, じゃ日, じゃ殿様, じゃ無し, じゃ証明, じゃ諦めきれない, じゃ賊, じゃ辻村君, せう, だあっち, だあれ, だあわてたよう, だいい, だいお縫ちゃん, だいこりゃあ, だいと, だいまごろ, だえっ, だおお, だおら, だお仙, だお寺, だお常, だお蔦さん, だかなあ, だからなと, だからねえ, だからネ, だがねえ, だがら又, だきみ, だきみら, だけしからん, だけどと, だけどね, だけれどねえ, だけれどもな, だこうした, だこっち, だこないじゃ, だこりや, だこれ, ださ, ださうで, ださうですの, ださうです日本軍隊, ださうで香, ださっき, ださっさと, ださん, だしたん, だそうですね, だそして, だそれ, だっさ, だったかネ, だったけな, だってえ, だってそりゃ, だってな, だってば, だって云う, だって云ったら, だって己ぁ, だって東風子, だって聞きます, だって聞く, だって言った, だって評判, だつ, だつたか, だつたが, だつたの, だつたら, だつっ立って, だつて云ふからす, だといった, だとかいう, だとにかく, だとも, だともかく, だとよ, だとんだ, だどうしてそんなに, だどっち, だなぜ, だなと, だなどと, だなに, だになあ, だねエ, だの俯向, だひどく, だへ, だべな, だぼけたの, だまあ, だまさか, だみんな, だや, だやっぱり, だらうかといふ, だらうこ, だらうつて, だらうつて云, だらうねえ, だらうまあ, だらうまた, だらうむづかしい顏, だらうよ, だらう位, だらう出ない外れちま, だらう勘定違ひで, だろいつ, だろうあまり, だろうあまり年, だろういっそ, だろういない, だろういまだに, だろうお, だろうおかしい, だろうきょう, だろうけど, だろうこないよ, だろうこんど, だろうさ, だろうし, だろうしかし, だろうじれッ, だろうそう, だろうそれ, だろうどう, だろうどんな, だろうなどと, だろうねえって, だろうまああの, だろうみんな柿, だろうむつかしい, だろうキット様子, だろうッ, だろうテン, だろうナゼ, だろう一郎, だろう今夜, だろう仕様, だろう伯爵閣下, だろう何ん, だろう八木君, だろう又, だろう奥, だろう始終, だろう幸子さん, だろう急, だろう新七, だろう昨日校長, だろう暢気, だろう本気, だろう気, だろう生きてるよう, だろう疲れて, だろう真逆, だろう美和子, だろう耳, だろう自分, だろう行って, だろう行っても, だろう解らんナ, だろう誰, だろと, だろ援軍, だア, だオイ, だグリーン, だスミス, だタタ, だツ, だドウソン, だドレゴ, だネッド, だハッキリ, だバロン, だワ, だン, だ一躰, だ七, だ三助さん, だ三間町, だ下ごしらえ, だ不二夫, だ九尾, だ乱暴, だ二人, だ今, だ今頃, だ佐原屋, だ俺ら, だ停電, だ僕, だ元気, だ八五郎, だ助けて, だ勝見, だ友吉君, だ友造, だ叱られでも, だ吉, だ坐りこんじまって, だ夜中, だ大, だ大変, だ大層, だ姉さん, だ子供, だ子供たち, だ宇乃さん, だ己, だ店, だ心当り, だ心當, だ忠臣蔵, だ忠雄, だ慥, だ所, だ揚げて, だ改心, だ故障, だ新, だ昔, だ春雄, だ昨夜, だ昨日, だ暗がり, だ朱実, だ梅子さん, だ棟梁, だ森啓之助, だ權八, だ気分, だ泥だらけ, だ泥だらけぢ, だ洋服, だ洲崎, だ清さん, だ焼け死んだの, だ燈臺下, だ父さん, だ番頭さん, だ白紙, だ皆, だ相当, だ真名古君, だ瞞, だ確か, だ紫色, だ耳, だ腐った西瓜, だ花房君, だ蜀黍, だ袖, だ見っともねえ, だ見物, だ親分, だ言, だ言わないか, だ話, だ話して, だ誰, だ豹子頭, だ随分, だ飲まねえの, だ骸骨, だ麓, でありますが, であろうか, でございましょうか, でございますね, でございますよ, でございませう, でござんしょうか, でござんすと, でござんすよ, でしたが, でしたっけね, でしたの, でしたらいくらでも, でしょうあの, でしょうえ, でしょうおばさん帰り, でしょうが, でしょうこんど, でしょうと, でしょうなぜ, でしょうなんだか, でしょうねぇ, でしょうのに, でしょうひとり, でしょうまあ, でしょうもう, でしょうよ, でしょうホント, でしょうムク, でしょう今夜, でしょう先生, でしょう全く, でしょう女, でしょう帰り, でしょう平気, でしょう確か, でしょう若旦那, でしょう誰, でしょう酔ッぱらッ, でしょ七年, ですいつたい, ですいや, ですお父さん, ですかいとは, ですかな, ですからな, ですからねえ, ですかネ, ですけどねえ, ですこれ, ですさかえ, ですすると, ですその, ですそら, ですそれ, ですそれで, ですちょうど, ですってさ, ですでも, ですどう, ですなあ, ですまるで, ですもちろん, ですわかりましたか, ですわよ, ですエ, ですッ, ですハーモニカ, ですルミさん, です一体まあ, です不具, です今, です今ごろ, です何, です八さん, です冤罪, です塩田大尉, です変, です大丈夫, です太夫さん, です太田さん, です奥さん, です姉さん, です尾形さん, です御不浄, です急, です慌てきって, です或, です旅, です旦那, です時雄さん, です暫く, です本当に, です毎日地球, です澄ちゃん, です私, です舟木, です薬, です西貝さん, です親方, です針目博士, です青竜王, です鬩, でないか, でないかい, でない全く, でなくッ, でねえから, でねえこと, でもねい, でやすかねえ, と同, と違う, ど, どいや, ならだね, ならともかく, なら手, なら早く, なをばさん, なア, に成候, は三月十五日頃, ばてれんでさえ, べいと, べかお, べか到頭, べ入, もんだつた, やがな, やけど, やさっき, やぞ, やない, やなァ, やもん, やろその, やろな, や兄さん, や問うた, 本ヲ調ベニユク

▼ したので~ (3444, 1.6%)

364 あつた 71 あらう 63 私は 55 せう 44 彼は 43 ござります 28 あつて 19 あらうと 17 それを 16 ござりましょう 12 二人は 11 あらうか 10 これは, 僕は 9 彼女は 8 わたしは, 他の, 急に, 私が, 私の, 自分は 7 それに, 私も 6 それが, ハッと, 今は, 眼を, 見ると 5 あらうが, あわてて, せうね, 一時は, 彼の, 急いで, 目が, 驚いて

4 [11件] あつたらう, すぐに, せうか, その方, その日, その頃, それは, ほかの, 彼も, 振向くと, 気が

3 [28件] ここに, これが, これに, これを, ござりまする, さすがに, そのため, その時, その顔, びっくりし, わたくしは, ビックリし, 中, 主人は, 二人の, 人々は, 今度は, 今日は, 何事かと, 余は, 先生は, 半七, 婆は, 村の, 流石の, 私たちは, 義雄は, 黙って

2 [146件] あとは, あまり多く, あるならば, いきなりその, いつもの, うしろを, えす, お八重, お定, かの女, かれは, こいつは, こちらも, この時, これも, ござりました, さすがの, さてはこ, して, すぐ大学病院, すつかり, せう親分, そこに, そこへ, そのとき, その亡骸, その人, その前後, その名, その噂, その後の, その晩, その氣分, その点, その翌々日, それらの, そんなこと, ために, とっさに, はっと思っ, ぼくは, またも, もう少しで, よりか, アメリカの, 一人で, 一同は, 一寸した, 一知は, 一緒に, 上の, 二人が, 二人も, 今では, 今でも, 今に, 今の, 今まで, 今や私, 今日の, 今朝は, 他に, 何を, 例の, 例よりも, 供の, 侯は, 僕が, 僕も, 兎は, 其所で, 出て, 匕首で, 叔父の, 叔父も, 叱りつけた, 吃驚し, 吉川は, 向ふ, 呂布は, 夜明けの, 大急ぎに, 夫人は, 奈良原到, 宗助は, 家の, 家を, 山村は, 年の, 幾分か, 弥助は, 彼女の, 彼等は, 後が, 必ずしもそれ, 思い切って, 急遽上京, 急遽私, 恩給が, 意外に, 手当を, 折角の, 振り向くと, 振向いて, 新子が, 明日は, 時間が, 暇を, 曹操は, 曹操も, 最も甚だしい, 最初の, 有つた, 有らう, 朝に, 本人は, 母は, 気を, 流石に, 渠は, 無くて, 父が, 父の, 生前に, 男は, 當時の, 盃を, 着物を, 秀吉は, 罰が, 罰を, 群集は, 耳を, 自分の, 苦しいの, 茶室を, 裏木戸から, 許宣は, 誰も, 足が, 足早に, 遂にその, 運転系統が, 重吉は, 非常に, 飛込んで

1 [2120件 抜粋] ああ落人, あたしは, あつで, あのとおりあからさま, あまり人の, あらうその, あらう水気, あれを, いかにも愉快そう, いそいで, いつか失せ, いまは, いよいよ北極, いよいよ懼, いよいよ行儀, いわゆる教育, うるほひの, おざる, おとなたちが, おやおや新びいどろ学士, お伴申上げる, お岩, お書き, お着物, お雪, お駒ちゃん, かえって最もよく相手, かれの, がらんとし, きょとんと, けっきょく, ここには, こちらへも, このごろでは, この二三日, この困窮, この尾根, この時分, この老父, この資本, これからこそ, これほどの, こわいもの, こんな名誉, さっそく手, さもなければやはり, しかもその, しっかりし, しばらく道ばた, じっとその, すぐ使っ, すっかり形, すつかり草臥れ, すれ違いざまこころみ, せい子が, せうよ, せがれは, そういう機運, そう書いた, そこはかと, そっと出, そのおと, そのままそっと指, そのまま石, その中, その入費, その創立, その反対, その夫, その弟, その後半日程, その手續, その混雑, その翌年, その荷物, その見舞, その足, その門人, それかと, それから先, それから私, それでき, それで上野, それで新, それも, それ以来その, そんな縁故, たいへんうれしく, たちまちこんな, だんだんお客, ちょっとこの, ついつかまえる, ついに彼ら, つけられたの, とある居酒屋, とうとう一日, ときゆた, とにかく今夜, どういう人物, どうも松村氏, どこの, なおさらうれしく, なかろう, のちには, はござりませぬ, はつと, はやく聞かし, ひとみを, ひどく驚い, びっくりする, ふっと目, ふと思いつい, ふと花, ぷいと立起ツ, ほどなく第, ます, またときどき, またハッ, また浮世, まだ横, ま宅, みんなは, もうこの, もう一生男, もう腕, もと冠, やっとこの, やつぱりさうだつた, ゆっくりねる, ようやく学良, よく見る, わざと平, わざわざ山, わたくし共二人は, われわれは, アレほど, エンゼルが, オヤッと, キッティの, シェードの, ジュールは, スパイダーは, ダッと, トラックの, ド・エスコバアルの, ハンターは, パッと, ファラデーの, ペツと, マネージャーの, ミーロは, ロンドンへ, ヴィール夫人と, 一八〇六年戦争に, 一同その, 一定の, 一寸覗く, 一年間延びた, 一座に, 一息つい, 一日も, 一時間経たない, 一面戦乱の, 七月二十二日から, 三カ月の, 三十日迄, 上の空で, 下総屋からは, 不図眼, 与吉が, 世人天満焼と, 両手に, 両親も, 中途から, 主殿, 久し振りに, 之を, 九分九厘まで, 乾山には, 二三の, 二人がかりで, 二年目の, 二葉亭は, 五人だけで, 井上先生を, 享けと, 人の, 今いった, 今と, 今度の, 仕事にも, 代の, 件の, 休み, 佐藤君としては, 何となくくたびれ, 何より久米, 何度も, 侍達も, 俗に, 信一は, 俥屋も, 傍, 元就は, 先ごろらいしきりに, 先生が, 免された, 入獄が, 八月二十九日に, 六ヵ月分以上の, 其の日, 其女神を, 其結果は, 再び実家, 出来るだけ, 初は, 初めて鐵砲, 別に新, 前の, 劉表も, 加納たちは, 勇ちゃんは, 勝家は, 北は, 十常, 千代子は, 南北朝から, 即ち舶来品, 厳与, 又すた, 又八は, 又誰, 叙事詩が, 古代語において, 可哀, 右手ばかりで, 吉五郎は, 同じ城下, 同志の, 名だかいの, 名高く明治三十七年, 君の, 吾輩は, 周りを, 呼吸する, 咽喉笛を, 喜びに, 四日市へ, 国宗も, 園子を, 地に, 地蔵を, 城中の, 壁一切を, 夕食は, 外相官邸は, 多年の, 夜中に, 大きくひと足退屈男, 大人たちが, 大助かり, 大変おそく, 大寺樣には, 大方探偵じゃろ, 大變氣分, 太宰と, 夫婦乞食は, 奥で, 奥仙丈山は, 女達は, 如何も, 妾の, 姉は, 嫁も, 子は, 子供心に, 孔雀は, 学校に, 孫娘とともに, 安土に, 官軍は, 定吉は, 客席が, 家に, 家康は, 富山を, 寧ろ此塲, 小の, 小松原は, 小藩ながら, 少し迷った, 少數黨, 尻尾を, 山を, 岸の上から, 川北老が, 己の, 帝に, 帰り途の, 平太郎は, 幹の, 広巳, 康雄はは, 弘安三年には, 張夫婦は, 強ひ, 当日は, 形ばかりの, 彼らは, 彼自身の, 後の, 後家と, 後醍醐の, 御気質, 心臓衰弱で, 忽ち差, 思いきって, 思はず私, 思わず引き返しました, 急遽これ, 怪訝な, 息子たちから, 患者も, 愈々, 愚民ども城隍祠廟の, 態, 成実は, 我慢出來なく, 或る, 扉は, 手伝ひ, 折から, 拙者の, 振り返って, 捩じ伏せたが, 支倉は, 政雄も, 散所収入, 敵は, 文科大学生の, 新らしく, 新子は, 新聞社でも, 方々へ, 既に彼等, 日取りの, 早くも, 早速馳, 明治三年七月後妻として, 昨日より, 是非とも, 時は, 曲も, 曹操の, 有る, 有名だ, 朝地面から, 朝鮮兵から, 本姓は, 朱武楊春陳達らも, 来たナと, 松原署の, 松江は, 林田も, 案内車を, 棺に, 椿岳も, 楽屋へ, 機会さえ, 次郎が, 止むを, 正太と, 此他にも, 此頃さびし, 死んで, 殊更に, 段々種蒔きの動作, 母の, 毒づきながら, 民衆の, 気分快適二人いつしよ, 氣味わるが, 水越氏民を, 決して無断, 河と, 泣いて, 浄蔵が, 深さ二寸位, 満足である, 演劇を, 無いこと, 無量歳の, 燕尾服に, 父親は, 猿田彦そこを, 王さまは, 王彼を, 理論上は, 用意の, 田豊も, 略するが, 當時は, 病院へ, 発車ま, 百円来た, 皆まで, 益, 直ぐに, 相原の, 県知事と, 眠いの何, 短くも, 破裂し, 磯五は, 礼子も, 祖父は, 秀吉の, 私を, 稲は, 立ち停ったが, 立止っ, 竹丸は, 筆者等は, 紀伊も, 素早く木蔭, 終に大高, 結局例の, 綾子様は, 翌年には, 老人の, 肝心の, 胎児も, 脱奔小路, 臥床に, 自分には, 自然そんな, 自然環境から, 舗道の, 艇の, 芝浦の, 芸子女中まで, 若い与力, 若者に, 英国法官も, 荊州に, 菊治も, 董卓は, 蒼くなっ, 藤井も, 蘭軒は, 蝶子が, 行かないと, 行事にも, 被害者も, 見つけ出して, 親たちも, 言わば新体詩, 誠に遺憾, 読書界に, 諸処を, 謙信も, 警察や, 豫定の, 賞状持っ, 起訴され, 身体の, 身柄を, 軍医は, 辛くも山路将監, 近習の, 逃げたの, 途中から, 連坐せられ, 遂に広田外相, 遊廓の, 遺言を, 部長は, 酒の, 野上さんが, 金瘡が, 鉄の, 鎌倉幕府は, 長者は, 間もなく再び官, 関税その他を, 院は, 隣りの, 雑誌では, 電気に, 青い空, 非常な, 順吉たちは, 頭に, 顔を, 飲み悩んだらしく下, 香料その他の, 馬鹿相当の, 騷ぎが大きく, 魏の, 默つてこそ

▼ したという~ (3061, 1.4%)

154 のだ 117 のは 112 ことは 104 ような 80 のでしょう 78 んだ 75 のだろう 70 ことが 67 ことである 63 んです 55 のである 54 のです 52 ことを 43 のか 39 ことに 38 ことも 36 のも 31 ことだ 29 話が 28 話を 27 ことです, んだろう 25 わけで, 話も 23 のであろう 22 のが 15 ことで 14 ので, 事を, 話は 13 ことであった, んだい, 事が, 事は, 理由で 12 わけな, 事実は, 記事が 11 ことだった, のじゃ, のを, 事実を, 噂が, 噂を, 話である 10 点で 9 ことの, のかね, ように, 事実が 8 わけです, 事である, 話だ, 風に 7 ものだ, 事に 6 こと, ことと, ことには, のかい, んでしょう, 事件が, 噂も, 訳で, 通知が, 風で 5 ことでしょう, の, のであります, わけか, 事実の, 気が, 知らせが, 説は

4 [20件] ことから, ことであります, ことでございます, ことでした, ことな, ことや, ところに, のであった, のでございます, のなら, ふうに, ものです, わけだ, 人の, 報告を, 点である, 知らせを, 記録が, 話です, 説も

3 [34件] ことじゃ, ことであろう, ところから, のかしら, のだった, ふうで, ものさ, もので, わけさ, わけだろう, んじゃ, 一種の, 事だ, 事です, 事も, 事件である, 事件は, 事実も, 噂は, 報を, 報知が, 場合も, 形に, 方が, 点に, 証拠が, 話さえ, 話だった, 話であった, 話でした, 話の, 調子で, 風な, 風聞が

2 [98件] ことしかも, ことだけが, ことだろう, ことでありました, ことによって, こと以外に, そのこと, その人, たいへんな, のさ, のでありましたろう, のや, ほかに, もの, もんだ, わけ, わけじゃ, フランス語に対する, 一つの, 一事は, 事で, 事件の, 事実だけは, 事実である, 事実に, 事実には, 事蹟を, 人も, 以外に, 仮定には, 伝説の, 伝説も, 位で, 例が, 例は, 勝利感から, 口碑が, 報が, 報告が, 嫌疑で, 実例が, 思いが, 情報が, 意味で, 意味な, 意味に, 意味の, 意味は, 意味らしい, 感じが, 挿話も, 新富座はじめて, 新富座桟敷五人詰一間の, 昔の, 点から, 点は, 父の, 理由も, 男が, 男の, 疑いを, 知らせの, 私の, 程の, 結果に, 縁故が, 罪で, 考えに, 者が, 自覚が, 言葉に, 言葉を, 記事に, 記事を, 記録は, 訳だ, 訳でしょう, 訳です, 訳も, 証拠を, 評判が, 話, 話じゃ, 話な, 話には, 説が, 説にも, 説明を, 責を, 逸事が, 逸話を, 顔で, 顔付で, 顔付に, 風であった, 風にも, 風説が, 騒ぎだ

1 [782件 抜粋] あのこと, あの名高い, あの奇態, あの時, あの赤毛, あれでしょう, いたってみじかい, うわさが, うわさを, おどろくべきこと, お伽話の, お増, お柳, お話が, かっこうで, かっ払い, ことここにも, ことその他種々の, ことただ, ことだけでも, ことだけは, ことであり, ことでござる, ことなどが, ことについて, ことにも, ことのみを, ことほど, ことやら, ことよりも, ことをも, こと兼ね, こと誰に, この社会状態, この考え, これが, こッちゃ, さまを, さむらい, さわぎまことに, しらせだ, そういう出生, そうだ, その事実, その五百円, その女, その家, その時, その時刻, その男, その若い, その青年, それとは, そればかりの, そんな武張った, ためしは, だんなばくちの一味が, つまらない内容, ときどちらを, ときに, ところにも, ところ本当に, のかなあ, のでありました, のでありましょう, のでした, のでもねえ, のな, のならわかる, のには, のに対して, のよ, の君に対して, ひとが, ひと言, ふうな, ほか何の, まなぎし, みじめさだ, ものが, ものじゃ, ものも, もんであろう, もんでしょう, もんです, ようなあり, より広い, よろこびに, わけだった, わけであった, わけでしょう, わけでない, わけは, わけも, んだいおばあさん, んだったろう, んだろ, オデン屋で, サア・フランシス・ディヴェルヌワの, タメトモ的な, ディグスビイの, ナモキャモオキャアセ言葉, フランス人の, ベン天島という, ライブマイルの, ラジオ, レコードを, レッテルを, ンだ, ンだい, 一の, 一事に, 一事実を, 一人物は, 一伍一什の, 一橋公の, 一般に, 一言に, 丈で, 不利な, 不服も, 世にも滑稽, 主人役としての, 主張を, 事じゃ, 事じゃった, 事だった, 事でございます, 事と, 事の, 事件です, 事実からは, 事実だけしか, 事実まで, 事實について, 事情から, 事情も, 事柄を, 事蹟であった, 事蹟は, 二人づれの, 五十年配の, 亥の, 人が, 人だった, 人には, 人は, 人物すなわち, 今度も, 代償物は, 件なども, 件も, 伝説だ, 伝説は, 位, 位が, 例で, 例を, 例少なから, 供述の, 俊才で, 信用は, 信覚, 偉大な, 偶然の, 先生方の, 公報が, 公演も, 其の時, 其の時北條, 凄みが, 出来事が, 功績に, 動かし難い, 動員的意味から, 十一違いの, 十二章前後の, 千谷先生, 半襟を, 印に, 印度人の, 反対の, 取り返しも, 叙述は, 古い寺, 古い茶わん, 古い説明, 古伝が, 史実が, 史実を, 史蹟は, 吉田の, 同じ日, 名の, 名義で, 名題の, 周防の, 咄は, 喜ばしさ, 喜びの, 噂です, 噂の, 国ゆずり, 地所は, 地球の, 報告です, 報告に, 報知であった, 報知は, 報道を, 場合には, 外道俳人小, 大冒険, 大財宝, 大釜の, 大饑饉, 夫の, 失恋から, 奇怪な, 奥庭を, 女が, 女中富岡八重という, 姉の, 姿で, 姿です, 嫌疑であった, 嫌疑を, 学生も, 安心とを, 宗教が, 官吏抗拒罪や, 定勝の, 実際生活上, 客の, 家の, 寓話が, 寺には, 小舎の, 小説じみた, 屈辱の, 山中の, 岩窟に, 岸本の, 差が, 平維盛も, 年の, 庄田喜左衛門も, 度胸胡坐で, 引導石も, 当日の, 形だった, 形であった, 形である, 形見の, 形跡も, 役人の, 彼女が, 後であった, 後悔だけ, 後悔とで, 心だけ, 思い出も, 急報が, 怪談を, 悔恨から, 悔恨の, 悲報を, 情報である, 情報に, 惨めさが, 想像だ, 意味だ, 意味だったら, 意味では, 意味において, 意味らしき, 意外な, 意志の, 意識だけが, 意識に, 感じに, 感じもう, 感想談が, 態度そのものに, 憐れむべき状態, 戦史が, 所と, 所為が, 手紙を, 技術の, 推測を, 故智に, 文句も, 文書は, 新聞記事を, 方です, 旅人は, 日本人が, 日記が, 旨を, 昔話などは, 時で, 時に, 晴れ気を, 曰く付きの, 最も確か, 有名な, 朝の, 本能そのものの, 村の, 条件が, 松川であった, 林の, 根岸の, 梯状琴は, 椿事である, 様な, 様子で, 様子の, 樣子であった, 権之, 次第だ, 次第な, 歌であった, 武人, 武家全盛の, 歴史が, 歴史との, 歴史の, 歴史的な, 母の, 氏の, 気の, 気も, 気持から, 気持で, 気持に, 気持より, 汗だく事件が, 汽車かも, 浅緑と, 浦上切支丹の, 海底の, 消息を, 湯殿も, 満足が, 満足でも, 火柱事件など, 点だけを, 点な, 点において, 点も, 点を, 無総寺, 無言の, 無辜の, 特徴を, 特色が, 状態, 玉城百名の, 珍しい老, 現在の, 現実が, 現象を, 理か, 理由が, 理由には, 甚助の, 田中不二麿に, 由来の, 疑いが, 病院の, 痛烈な, 癲癇病者で, 百姓の, 眼も, 知せ, 石器土器など, 破天荒の, 社会感情の, 社長室の, 神秘的恋物語の, 神話との, 禁裏百姓の, 科で, 科目だ, 稀代の, 程度で, 程度ねえ, 種類の, 窓だ, 章を, 筋道じゃ, 範囲の, 純文学の, 紹介記事を, 経塚の, 経験は, 経験も, 経験者である, 結論に, 縞目の, 罪を, 美談が, 羽黒村を, 老ピアニスト, 老漢学者, 考えが, 者と, 肌合の, 腕前を, 自信の, 自分に対して, 自己満足に, 自意識は, 自覚を, 色々の, 色男じゃあねえか, 若殿である, 若狭の, 莫迦らし, 華やかな, 蒙古甘, 表情を, 見地から, 親爺も, 親類の, 言葉が, 言葉の, 記事の, 記事や, 記憶に, 記載が, 記録であっ, 訳さ, 訳じゃ, 訴えの, 証拠, 証拠には, 証拠らしい, 証跡を, 評判であった, 評判でも, 評判まで, 評判を, 話さえも, 話しだ, 話しである, 話で, 話であり, 話なども, 話特に, 説, 説などが, 説を, 談が, 諜報が, 諸説は, 警視総監の, 豪の, 貫禄を, 超人的, 身元保証書の, 返事が, 返事も, 返電だった, 途方も, 通知を, 逸品が, 逸話は, 遊芸の, 過失のみ, 達者な, 酒樽の, 酒池肉林狂舞の, 野干, 釜なら, 間諜も, 関原準, 関所番が, 隣の, 電報が, 電報を, 電報秀さんより, 青山の, 鞠川氏の, 韜という, 順序と, 顔つきを, 顔付だ, 類で, 風だ, 風には, 風聞のみ, 飛報も, 馬も, 馬鹿な, 騒ぎだった, 高木だけは, 高楼が

▼ した~ (2543, 1.2%)

74 のこと 34 である 28 のよう 2724 であった 20 だった, にその 18 のやう 17 に私 14 でした, はもう 13 にお, の事 12 だ, と同じ 11 だつた, にはそれ, にはもう, の話 10 には私 9 です, にはその, には彼 8 に女 7 に何, の光景 6 にこの, に初めて, の彼, の方, は 5 にこれ, には, に人, に僕, に彼, の心, の私, 始めて 4 から, にはお, に始め, に母, の, の様子, の歌, の癖, の驚き, はまだ

3 [31件] からもう, から私, であつ, にはすでに, にはまた, にはわし, には何, には彼ら, には自分, にもその, に今, に先生, に彼女, に起る, に限る, のあの, のお, のま, の作, の喜び, の微笑, の心持, の態度, の様, の樣子, の状態, の用意, の通り, はさすが, はその, も私

2 [122件] あらゆる革命, お千代, お延, かの女, からある, から既に, から見る, がおくれ, が一家, が殊に, すこし書き物, その, その中, その人, その多く, その男, その船, だけで, だけは妙, だったので, であ, でありました, であるが, で二本, と少し, なぞは大層, なの, にあの, にあまり, にかき, にすでに, にする, にちょうど, にどう, にはあれ, にはじめて, にはどんな, にはほとんど, にはまだ, にはもう一度, には何だか, には墓, には大分, には実に, には實, には彼女, には必ず, には母, には流石, には皆, には胸, には馬, にふい, にふと, にまた, にも, にもそれ, にも悪意, によく, に一番, に中, に作った, に倫敦, に前, に受けた, に向う, に君, に始まる, に弟, に彼等, に彼自身, に比べる, に竜, に良人, に表, のし, のまま, の事實, の人々, の先生, の印象, の外, の大, の妻, の安らか, の快感, の恐怖, の批評, の有様, の檄文, の気持, の目付それ, の経験, の自分, の見物, の記憶, の齢, はお, はかなり, はすでに, はどう, はどんな, は丁度, は仕事, は出発, は勿論, は唐六如, は未だ, は本当に, は私, は若い, は非常, ふいに, まで始終, もこの, もその後二三ヶ月, よりも好い, よりも悪化, を最期, 不図, 代助, 御米

1 [1653件 抜粋] あいにく涙, あの厩戸皇子, あの美しい, あるいは言う, いう所, いずこ, いつもの, いやどうも, うまうま, おもて, お喜乃, お辭儀, かそれとも, かの下士官, からいよいよ, からこれ, からすでに, からで, からの信条, からまた, からアメリカ, から三年以上後, から僕, から再び, から大正十年三月長崎, から数えれ, から死ん, から私共, から貴, があっ, がお母さん, がすなわち, が二十, が十八, が悪人, くらいにむずかしく, こうして一緒, こそは問題, このくらい, この二度, この大空艇, この扉, この言葉, さ, させられたの, しきりにその, すぐその, すぐ隣り, すでに少女, ずっと北, そしてまた母, その下役, その人達, その原因, その姑, その客, その披露, その時, その確信, その箱, その舌, その部屋, その隘路, それほど混ん, たちまち身辺, だから政江, だけにする, だけ兇暴性, だったんで, だつて, だ饗応, ちょっと寄っ, つい横, つくった湯呑, でありますから, であり婦人問題, であるで, である一方, である送って, でさえも私, でしたがね, です小山, でなく實, ではない, でもこれ, でもクララ, でも必ずしも, で一族郎党, で当時猿之助, とある, とうとう捕えられ, とかすっぽん, とはだいぶ, とは殆, と全く, と同様, と殆ど同時に, どうしても心理学, どんなに我, なぞには勿論, などこっそり, などにそんな, などは, などはラム・ダス, などは本当に, などは終, などは青白い, など学生, なら何処, なんか何ん, にあなた方, にある, にいかなる, にうしろ, において初めて, にかねて, にきまっ, にさ, にそいつ, にそれに, にたぶん, についた引っ掻き, にです, にどれ, になぜ, にのみ人, にはあなた方, にはいや, にはかつ, にはことに, にはさぞ, にはせいぜい, にはそう大して, にはたまらない, にはとても, にはどこ, にはほんとう, にはみんな, にはもはや, にはわざと, にはゴーリキイ, にはピストル, には一番親切, には三十前後, には中山, には二〇〇磅, には何とも, には僕, には全, には初めて, には友人たち, には呆然, には土蔵, には大いに, には天皇, には姑, には実隆, には少々, には師匠能静氏, には弦月丸, には後任者ペドロ・デ・ロス・リオス, には心身, には或は, には控訴, には新, には早く, には最早, には柏軒, には榛莽塞, には死, には水, には沢山, には潔白, には火事, には爛れきった, には生きもの, には眼, には糧食, には聞き, には薄暗い, には見掛けた, には谷本さん, には車夫達, には道行く, には面白い, には風, には鼻眼鏡, にまだ, にもこれ, にもすぐ, にもたいへん, にもマドリッド, にも勝っ, にも嚮導, にも常に, にも父, にも神原君, にも経験, にも誤解, にも騰貴, にゃまだ別に, によ, にわたし, にオーシンド, にコトン, にズドーン, にハネバシ, にポケット, に一派, に丁汝昌, に三千子さん, に上坂左文, に不注意, に丑女, に乗っ, に互に, に人形, に仏陀, に余, に偶然, に僕ら, に先刻, に兎, に再び, に出来, に剥き捨てられた, に勝る, に却って, に取った, に口走った, に同じ, に命乞い, に団体客, に地質学, に増した, に夜, に大湊, に天皇, に奏する, に娘, に嬢, に容易, に少し, に居まわり, に島田, に常に, に廊下, に弾丸, に待, に御家人たち, に思はず, に怪しい, に恨めしく, に感じた, に成立, に手先, に播重, に敵国, に日本人, に最初, に東屋氏, に桃源郷, に森君, に権力, に殺害, に氏, に水, に決して, に浅井, に渠, に爆発, に犯人, に瓢六玉, に白兎, に直ぐ, に看病人, に知った, に福太郎, に立派, に糖分, に終了, に義男, に腕, に芥川, に草木, に蔡仲, に街路, に西大寺靜, に見分, に貴方, に赤土, に農業者, に透さず飛び込ん, に通り, に進まう, に野枝, に鎮守, に閣下, に限られ, に雪子, に顔中, に魏徴, に麓, のいきさつ, のこと位, のその, のはう, のもの, のよろこびや, の一知, の亀蔵, の人相, の何, の写真, の出来事, の劇的, の印刷インク, の口元, の同氏, の場面, の夢, の如き, の小町, の序録, の影響, の徴候, の恐し, の愉快さ, の感慨, の排気, の斉彬, の春水, の有峰杉, の標題, の歌口, の気持ち, の涙, の父, の物凄い, の画家, の目録, の眼つき, の神々しかっ, の第, の結晶体, の苦し, の華美, の袖子, の記念品, の辛苦, の面目, の顏色, の食卓, はあれ, はいっそ, はお前, はことさら, はじめてこれ, はそり, はそれだけ, はちと, はどういう, はまさしく, はゆ, はキノコ, は一彦, は七十五歳, は三百艘以上, は両人, は二六, は人力車, は何, は傷, は全く, は千代子, は厳めし, は四十, は城内, は夜, は奥さん, は娘, は小樽, は尚, は帰参, は待合酒, は悲し, は担架, は撃剣, は既に, は早, は有, は格別, は橘, は母, は父, は玄関払い, は生憎, は直ぐ, は罹災, は葬式その他万端特別, は見舞い, は身, は部屋, は面白かっ, ばかりである, ひよい, ふとある, ふと御堂, ふと自分, ふらりと, ほど強く, まず驚いた, またわれ汝, また支配人, まだ詰襟服, まで一度, まで大, もあった, もうそこ, もう一度丑松, もお松, もその, もはや子供, もへべれけ, もわざわざ, もバンド, も一ト肩, も信長, も同僚, も城民, も彼, も或, も教室, も格別広告, も炬燵櫓, も若し, も行李, も頭, やはりその, や煙草畑, よりうまく, よりもずつと後年, よりも千八百年近く, よりも遥, より少し, わが國, をきっかけ, を幸い, を想像, を楽しみ, を選ん, 一先ず蛹, 不図傍ら, 不圖眼, 些かで, 何故こんな, 先ず第, 出逢つたの, 即ち, 又やつ, 同じよう, 名探偵, 堪らないほど, 始めて偉大, 実際の, 小さな子供達, 建てた交親館, 御話した, 必ず足, 思わずも, 恐ろしい叫声, 或大阪, 持って, 既にこういう, 既に生産文学, 既に隣人, 暫く滞留, 未だ花天月地, 果たしてどうでありましょう, 浮んだ美しい, 無論, 猛狒, 瘠せた両, 突然に, 突然トテントテン, 突然清一, 突然長羅, 第一世, 老船長イルベリイ氏, 若しあらゆる, 見た農民, 覚えず血, 訪ねて, 読んだ彼, 負けたんで, 輝いて, 遣りたいなどと, 降り積む雪, 雄々しく堕落, 驚くべき一つ

▼ したところ~ (2512, 1.2%)

53 による 47 がある 39 でそれ 33 である 30 のある, のもの 26 で, でその 21 もある 2019 であった, で今 18 で何, を見る 16 があっ, がない, です, にある 15 によれ 14 があった, があります 12 で自分 10 があり 9 がなく, でこの, で僕 8 があつ, で私, のない 7 であるが, でこれ, でそんな, で彼 6 でお, でとても, で人, で君, で所詮, で無駄, で誰, なの, を見, を見た

5 [11件] だが, ですぐ, でそう, でそれで, でどうせ, でもう, でもし, で仕方, で女, なん, の

4 [16件] が何, だったが, であつ, でお前, でここ, でさ, でどう, でまさか, でまだ, で人間, で其, で結局, は, はない, もあっ, もない

3 [29件] から発足, から起った, がなかっ, がなかつた, が出来, さ, だつた, であります, でけっして, でこれ以上, でこんな, でしょせん, でそういう, でどうにも, でどうも, でほか, で他, で少し, で死んだ, によります, に依る, に彼, に漸く, の他, へお, もあった, もあり, をみる, をやられた

2 [146件] から, からいつ, が, がありました, がこの, がその, がよい, が俺, が多い, が有る, が皆無, さえあった, だと, だという, だよ, であるの, でいざ, でいったん, でおよそ, でこう, でこれから, でさらに, でした, でしんしん, ですでに, ですよ, でそれから, でそれら, でそんなに, でたいして, でただ, でどれ, でどんな, でなん, ではこの, ではそれら, ではそんな, ではない, でまた, でまるで, でやっぱり, でやはり, でようやく, でわれわれ, で一, で一たん, で一種, で不思議, で中, で主人, で二人, で二階, で今さら, で今度, で何ん, で余り, で其の, で出, で功徳, で十分, で単に, で又, で呼び生けられる, で夜, で大した, で大して, で始まらない, で実に, で実際, で寺, で役, で彼女, で彼等, で急, で態, で手, で手柄, で最初, で東照宮, で果して, で此處, で決して, で浦島さん, で満足, で無理, で無益, で現在, で相手, で確か, で結果, で芸術, で見る, で親分, で近江屋, で追, で途中, で金目, で長い, とか陶器, とりとめの, にあった, にあり, にその, に存する, に小説, に彼等, に拠る, に日本, に生れた, に立っ, に芸術, の勢力, の富, の御, の悟性, の特筆, の真, の詩人, の質料, はあり, はたしかに, はただ, はどう, はなく, はなくなり, は分りません, は地球, は日本, は殆ど, は解らなかった, へ, へ不意, へ出た, へ平次, も見える, をねらっ, をもっ, を三輪, を平次, を後ろ, を持っ, を極める, を見せる, を親分, を詮索, 驚くべき大量

1 [1347件 抜粋] あつた, あり作品, いかにも雑然, いきなり後ろ, お園, かういふこと, からあるいは, からこれ, からその, からでも映画, からはじまります, からみます, からダラダラ, から何, から出発, から半次, から多岐, から引抜く, から想像, から来ます, から漏電, から破裂, から自分, から見, から通称, があの, があれ, がうつらない, がこんど, がそいつ, がだ, ができ, がどんな, がなくなっ, がわかっ, が一寸, が云い, が其, が其目的, が分りませんでした, が又, が多く, が大変, が少なく, が挫傷, が有, が気, が父さま, が珍し, が私, が自慢, が薪, が見透かされ, が非常, が食べる, この神, じゃなにか, その人, その当時, たいして重要, だから, だけは旨かっ, だし, だったね, だつたもん, であいつ, であっし, であったには, であの, であり古来, であること, である今後, であろう, でいい, でいきなり, でいまここ, でうめき声, でおいそれと, でおなじ, でかうした, でかの, でかまわない, でこれら, でございます, でさうです, でしかた, でしばらく, ですから, ですの, でそりゃ, でそれなら, でたかが, でたとえば, でちょい, でつまらない, でとうてい, でどうして, でなぜ, でね, ではある, ではかの, ではそこ, ではつねに, ではほととぎす, ではシナ兵, では下宿, では人, では作者, では双方共異状, では回答, では好男子, では彼女, では有志, では格別目星, では民主革命, では當家八幡屋, では純然, では膃肭獣, では荒田さん, でばったり, でみんな, でもある, でもしそう, でもちろん, でやがて, でわが, でわずか, でクリストフ, でチェーホフ, でポスト, で一万二千, で一代, で一向に, で一度, で一晩, で一袋, で三娘, で三百本, で不都合, で両方, で之, で二万マルク, で二千兩, で五〇マイル, で五百坪, で今に, で今夜, で仕様, で伴蔵, で何ら, で作者横光, で信じられない, で俵屋, で傾斜, で元々, で先方, で入口, で其処許, で凭れ, で分らない, で別, で劉万戸, で勝金, で十七八, で南條さん, で又直ぐ, で叔父, で合せ, で君たち, で咄嗟, で喜劇, で嘉興, で地球上, で堂, で売れ, で多く, で大丈夫, で大衆, で夫婦, で妹, で姑さん, で婢, で嬉々, で実は, で寝, で対手, で山芋, で帽子, で広瀬中佐, で当, で彼マリユス, で徒ら, で得, で徳川, で必ずしも, で必死, で性根, で恋女房, で悔恨, で憐, で我々, で或いは, で手ブラ, で掌, で政廳, で教室, で敵すべく, で斎藤道三様, で新人投手, で日本, で明治以前, で昼間, で暑い, で最早, で未だ, で本店, で松原越し, で案外, で様子, で此の際, で民間人, で水, で水道, で江戸中, で泥, で消しとめられ, で滅多, で父上, で片一方, で生き, で生存上直接, で生蕃, で男振り, で癩病, で百両百貫, で皮, で矢代, で碌, で神楽芝居, で突然, で筆者, で粉鉱, で結構, で群像, で翌朝六つ時分, で耳, で腹, で自分達, で自殺説, で若い, で苦痛, で菓子, で行われた, で見とがめる, で親許, で詩人, で貧しく, で足跡, で車, で追っ付かず, で逆, で道場, で金助, で長崎仕込み, で門下生, で雲, で面白く, で音, で食, で駿河, で高, で黄金, といつ, として誰, とは云, とぴたり, と世帶ずれ, と双方, と目, と色彩, と重複, どうもこの, なくてね, なく春風駘蕩, など, などは実に, など日本, なるに, にあっ, にいかばかり, にこそある, にさっき自分, にそれ, にただ生長, にならん, には何, には喇叭, には痕跡, にほころび, にもう, にも旧い, によってさらに, によっても貿易, によって何ら, によつて, にイポリィト・テエヌ, にスポーツ登山今日, にハッピイ, に一致, に主, に何とも, に依れ, に出, に名物, に在る, に太子, に寝る, に居, に強烈, に従い現実, に恋愛, に拠れ, に日本青年男女, に桜井先生, に歸つて來, に潛, に猴ども, に生える, に白い, に目的意識, に美, に西洋近代劇運動, に諸々, に陸奥宗光外交, に雑草, のあつ, のかの, のすべて, のという意, のよう, のチユウリツプ, のベートーヴェン, の一大地域, の一見, の主観表現, の事業, の代物, の信条的構造, の先, の写真, の動機, の各, の団子, の実体, の強い, の当時, の怪音, の憑き物, の日本民族, の書い, の検事, の歴史上, の残雪, の浄水中, の物質, の理由, の由, の眞理, の矢継早, の絶対無意識, の聞書, の裁判官, の道子, の銅, の食土, はあ, はありません, はいかにも, はお前, はこれ, はそれ, はたいへん, はちょうど, はなかつた, はなるほど, はみんな, はカゲ, は一カ所, は一寸, は世田ヶ谷, は他, は何, は同じ, は大きかっ, は実に, は感じた, は日本人, は昼, は次, は民衆, は甲, は私, は認められなかった, は阪急, は面白い, へかかった, へすし, へぬ, へもう, へポツン, へ丁度, へ三日月傷冴え, へ個人, へ六日附, へ参る, へ大きな, へ彼, へ惣八郎, へ打, へ来, へ江戸, へ社長, へ結びつける, へ肥っ, へ行き着い, へ逃げず, またまた大兵, までが白く, まで演, もあります, もう七十, も主, も多く, も無けれ, も見えた, やはり大分, や変色, よしんばどんな, よりも靴, らしく吐く息, をあの, をいじりまわし, をおっしゃい, をかの, をその, をつぶさに, をのこらず, をみつかっ, を下, を主任教授, を今度, を何, を傍, を八五郎, を友達, を右門, を墨, を大勢, を実現, を宿直, を師, を彼, を思い出せなかっ, を手力男命, を捕えられた, を捕獲, を最もよく, を武道鍛錬, を混ぜ, を滅茶滅茶, を父, を発見, を示し, を空, を竜, を総て良人, を聞かせ, を見せなき, を見出し, を見計っ, を訊きたい, を語れ, を調べ, を辿っ, を里, を飛んだ, 何だか大分本気, 入り乱れて, 喰ったと, 大いによかろ, 寝過して, 快く面談, 思ひきや, 旧い新嘗祭, 案外あたっ, 狙うこと, 甚だしく浮世, 著しく作用, 運悪くせまい, 随分いろいろ

▼ した~ (2256, 1.0%)

168 がある 74 がない 68 があつ 58 があった 49 のない 46 もある 43 はない 27 である 25 もあった 24 のある 20 があります 18 もない 17 でしょう 16 だ, でせう, になる 13 であった, であろう, でも 12 がありました, がなかっ, では 11 なの, は一度, は無い, は言 10 が無い, はありません 9 なん 8 だろう, であつ 7 がありません, であらう, です, はなかっ, もあつ 6 があっ, だから, だった, に就, もあり, もなく, も無い, を後悔, を言, を記憶 5 か, かその, が, だが, だと, であったろう, に就い, は出来ない, を知った

4 [19件] がなかつた, だらう, で, でございましょう, でないから, と思う, に違い, のやう, の無い, はございません, はなかつた, は一つ, は幾度, もありません, を示し, を覚え, を言う, を話し, を話した

3 [31件] か急, がお, がなく, が云, が有る, が無く, が知れ, じゃ, だろうが, だろうと, であって, でした, ですから, なく傍, になっ, に行き, は, はある, はいちど, はこの, はまるで, はよく, は云われない, は判りません, は殆ど, は無かっ, は確か, もありました, をする, を云, を示す

2 [114件] あり, かと思っ, からそれ, から先代, か私, があり, がありまし, がありませんでした, がお上, がございます, がわかった, がわかる, が一二, が一夜, が分る, が判る, が又, が少し, が悪い, が有, が知れる, さえある, じゃありません, じゃない, じゃ無い, だよ, だ丸屋, てえの, であ, でありましょうか, であります, でありますが, であろうと, でしょう親分, ですが, ですがね, で無ければ, で父親, で私, と云, などを思ひ出し, についてひきうど, について少から, になった, になつ, にならない, になります, になるで, に対する悔い, のなかっ, の中, の有る, の無かっ, はあった, はありませんでした, はいわなかった, はこれ, はないだろう, はほとんど, はまだ, はわからない, はわからなかつた, はわからん, は云え, は云えません, は云わない, は今, は何, は例, は分らない, は到底, は日本, は更に, は滅多, は無, は申す, は疑い, は確, は覚え, は言えない, は言えぬ, ばかりで, もあります, もた, もなかっ, も一度, も多, も大, も少なく, も漏らさず, も私, や, や裸, をお, をおぼえ, をし, をその, を主張, を云う, を云っ, を実行, を彼女, を思い出し, を思い出した, を思い出す, を思ひ出した, を悪い, を想, を意味, を憶え, を考へ, を聞い, を言っ, を話す

1 [870件 抜粋] あつい, ある, ある教師, あ在る, かい, かうなじ, かからり, かこれから, かとうとう, かとたずねよう, かと一生懸命, かと同役, かと思ふ, かと案じ, かと消息, かと行, かね, かひどく, かも知れない, からあの, からこみあげ, からし, からその, からづき, からも察しられる, から一層, から主人, から人, から割り, から南左衞門, から御徒町, から怨む, から時子, から此仕掛け, から浮, から白石屋半兵衛, から盜賊, から知り合い, から聽, から貴公, から遂に, から面白い, か一刻, か主水, か内儀, か内部, か右, か妙子, か少し, か幽霊, か彼等, か感応寺, か敵前, か毎日, か無く, か疑い, か知れない, か縁, か胸, か見知らぬ, か解る, か踊り, か開け放し, か霧, か音, があるだらう, があるでしょう, がいえ, がいく, がございました, がそれ, ができた, がねえ, がほんにそう, がまだ, がゆき子, がわかるであらう, が上辺, が両, が事実, が何, が何ゆえこれ, が何事, が何回, が元, が出来, が分った, が動機, が却って, が喧しかっ, が多く, が夜, が好き, が察しられる, が少なく, が幾度, が彼, が御座います, が悔いられ, が惡, が數囘, が映画家, が有った, が有力, が校務打合せ, が正しかっ, が気に入らない, が氣, が無かっ, が知れた, が知れたら, が第, が自分, が記, が重り, が露, が顕, さいなかった, さう, さえございます, さえなかっ, さえ耳, しか分らなかった, じゃあありません, じゃとうむ, すらわたし, すら無かっ, そして第, ぞわが, だか, だけはこれ, だけは爭, だけは知っ, だけは記憶, だけを繰り返し, だし, だっ, だったが, だったろうが, だとか, だどうか, だのいろいろ, だもん, だろうがね, だツ, だ平次, であったが, でありその, であり肯定, であるから, であること, であるといふ, であるよう, でいろ, でこうして, でございます, でございませう, でさ, でしょうお, でしょうが, でしょう私, ですか, ですぐ, ですさかい, ですどこ, ですもの, でないん, でない用, でなければ, でもいい, でも隠そう隠そう, で之, で今, で始め, で御, で御座います, で御座いますから, で昨夜, で欠点, で此世, で照子, で通っ, と, としても受け取れない, として見当違ひな非難攻撃, とて初め, となる, とによって纔, とは云い, とは違います, とは頗る, とばかり思い込ん, とを靜觀, と今度, と思ふ, と怪しみ, と歌舞伎座, と甞, と私, と西北部, と親子二個, ないのに, なくしか, なぞがどうして, なぞもありませんでした, などの為め, などはいっさい, などは信じ, などは殆ど, などは長い, などもありました, なども書い, などを思出, などを順序, など一度, など殆, なら罪, なれば, なんかありゃしません, なんか一度, なんぞはついぞ, にある, にかけちや, についてはいろいろ, について在郷軍人分会, について惡, につき訊問, になつて, には中味, には何, には教授, にふれ, にも北村君, にも反抗, にも自分, によってこの, によつて感象, による, に似通っ, に依ったら, に始まります, に対して妙, に対して褒め, に於, に気がついた, に気が付きました, に気づかず, に気付いた, に由っ, に由つて, の, のいい, のうち, のくり, のないなつかし, のない貴, のなかつた, のねえ, の出来る, の反証, の問合せ, の多かっ, の影響, の意義, の数々, の次第, の氣, の証拠, の話, の輪廓, はあったらしい, はあまり, はあらゆる, はあるだろう, はいう, はいえ, はいえません, はいささか, はいまだ, はいまだに, はお, はお前腹, はございませんでした, はさっき, はしない, はすっかり, はそれだけ, はただ, はどうしても, はな, はなかなか, はなく, はねえで, はみなさん, はもう, はもどかしい, はわからぬ, はわたくし, は一向, は一回, は三度, は不思議, は世界, は事実, は云, は以上, は余, は依頼人, は信ずべき, は僕, は全く, は判らない, は判らなかつた, は同時に, は和尚様, は垂仁記, は大した, は妙, は実に, は屡々, は平安朝中期, は往来, は後世, は御座いません, は忘れられ, は思い出せない, は悪戯, は或いは, は承知, は新, は既報, は日本国中, は旧約, は明々白々, は明白, は書いてなかつた, は村, は止す, は此, は殿, は法律史上, は無く, は生れ, は申されぬ, は申し上げられません, は異, は疑ひ, は真実, は秘密, は絶対, は義男, は聞き飽き, は自分, は裁判上無効, は見たまえ, は言うた, は言えません, は詳細, は誰, は通例, は遂に, は間違い, は非常, は顯著, ばかりである, ばかりを書い, ぶかぶかの, まで持ち出す, まで知っ, もあ, もあったであろう, もあるです, もあるまい, もお, もしばしば, もその, もなし, もまた, もよく, も中, も事實, も二度三度, も今, も併せ, も再三, も少く, も当然, も後, も忠通, も思出, も悉皆, も想像, も推論, も有ります, も殆, も無かっ, も無けれ, も考へられる, も言えません, も詠まれ, も金, やお, やこれ等, やらきのう, やら不思議, やら台石, や唐黍, や帰期, や毎日毎日じゃがいも, より恥, より貴殿, をいえ, をいま, をおなじ, をおまえ, をしさう, をしなけりゃ, をしゃべる, をすっかり, をすら知っ, をなさいます, をば名古屋, をまったく, をも否認, をやらない, をよく, をわざわざ, を与り知らなかった, を云い出し, を云つて, を云わねえ, を伝えた, を伝へ, を何度, を傍, を全然, を写実的, を初め, を即ち, を君, を告げ来った, を告白, を問, を善い, を土台, を報じ, を夕, を存じ, を彼, を御, を心, を心づかない, を忘れた, を忘却, を思い付い, を思ひ付い, を思ひ出させる, を思ひ出す, を恥, を恥じる, を恨んだ, を悔い, を愚妻, を憶えぬ, を捉, を数度, を明らか, を時代, を暗示, を極り, を権, を現, を申し, を知, を知つた時, を知らう, を知らせ, を知り, を答弁, を翻, を考へる, を聞いたら, を聞き, を聞きたい, を自家, を覆奏する, を見た, を覺, を言おう, を記し, を誇らしげ, を語らうなら, を述べた, を違, を限り, を電話, 尚事件, 死んだ日, 美しい尼, 見え

▼ したって~ (1706, 0.8%)

30 いうん 18 それは, 仕方が 11 駄目だ 8 だめだ, んだ, 云うの 7 そうだ, 云うん, 同じこと 6 いいじゃ, これは, 仕様が, 何に, 私の 5 こうした, 何か, 何の, 誰も, 駄目な

4 [11件] あの人, いいん, いうこと, しようがない, どうにも, なにも, んだい, んだろう, 目の, 私が, 言うん

3 [26件] いいだろう, いうんだい, かまわない, そうじゃ, そうは, その手, そんなこと, どうなる, はじまらない, 人の, 今の, 何が, 何も, 俺は, 同じ事, 君の, 大したこと, 大丈夫だ, 少しも, 役には, 心の, 構うもの, 構わない, 私に, 自分の, 誰が

2 [81件] あつまって, あなたを, いい, いいでしょう, いうの, いやよ, お前たちに, お前を, かまや, こっちの, ことさ, ことな, ことなんだい, ことに, ことは, このまま, この人, この私, こんなに待ちこがれ, しかたが, すぐそれ, すぐに, そううまく, そうさ, そうです, そりゃ駄目, それが, それだけの, それや, それを, たすからないの, ただの, だめな, だめよ, どうにもなる, なんの, のは, はじまらん, ぼくが, ぼくの, もうその, わたくしは, 事実を, 云うこと, 云うんだい, 人間は, 今度は, 今日の, 仕方がねえ, 何にも, 余計な, 俺の, 僕は, 同じこった, 同じだ, 命に, 子供の, 己は, 帰ること, 幕府は, 平気な, 思いも, 想像も, 手に, 手の, 日本に, 本当の, 死ぬ, 気が, 気に, 気持が, 消すこと, 番た, 知れたもの, 私には, 立派に, 考えられなかった, 言うんだい, 話は, 金が, 食べて

1 [1245件 抜粋] ああし, ああみごと, あきれたもの, あすこの, あながち不自然, あなたが, あのお殿様, あのやつら, あの御面相, あの畑柳夫人, あの連中, あの雨, ありは, あれじゃ, あれにも, あんな大きな物, あんまり感心, いいけれど, いいところ, いいのに, いいよ, いいわけ, いい都合, いうのに, いくらが, いったい何, いつも同じ, いまだかつて落ち, いままでの, いや牢役人ども, うぬぼれるが, うまくは, えいうん, えの, おそらく青年将校, おっつかない, おもえませんでした, およいだりも, おッ母さん, お先に支那人, お前さんに, お前蛇なんぞ, お客が, お柳さん, お父さんが, お番所勤め, かいたん, かないっこない, かまうもん, かまわないぜ, かまわないよ, ききめは, きっと救い出される, くだらないわよ, こいつ怪談です, こうなっ, ここで, こちらでは, こっちで, ことを, こどもらを, この前君, この幕府, この赤いくつ, この頃, これからは, これが, こればかりは, これらは, こわれは, こんなくだらない, こんなもの, こんな恰好, こんな歌, こんな豪勢, ごまかせないん, させも, されたほう, しかし出, しなくったって, しょうがない, しようが, すきに, すこしも驚き, すっかり精根, ずいぶん御, せいぜい弐参拾円, そいつが, そういう風, そうか, そうせず, そうと, そうパッショネート, そう遠い, そっちに, そのやりくち, その外, その日, その気持, その蔭, その金, そりゃア, そりゃ私, それっきり何にも, それに, それまでの, そんなテロリズム, そんな名, そんな珍しい, そんな芸当, たいして兵隊さん, たかが老人一人, ただ彼, だな, だんなの, ちっとも恥ずかし, ちゃんと見え, つけて, つまらないという, つまらない話, つまりは, できないの, とても駄目, どうかその, どうせブローカー仲間, どうとも, どうも少し変わりすぎ, どこが, どんな人, どんな画家, なかなか美人, なむ, なんとも思っ, なんにもあなた, のびようと, はじまらぬ, はるばるたずね, ひとりも, ふしあわせ, ふふふふ, へんな, べつべつさ, ほんとうの, まあそんな, またすぐ, まだまだあの, まだ昨日, まだ結婚, むだでした, むりとは, もうこんりんざいだめ, もうだめ, もう停年, もう四十, もう手, もう駄目, もしもここ, もともと他人, やっこさんたちおれたちに, やっぱり私たち, やはり交番, よくそんな, よって, ろくなこと, わからずには, わかるこッ, わが身程, わけじゃ, わけでしょう, わたしでは, わりこまなきゃあ, イプセンに, ウィンナ, シベリアに, スミ子は, テノールや, ヒドイ目に, フシギは, ベルナアルさんが, マルクスなんぞの, ムダだ, ヤマを, ラジオは, 一つの, 一両失う, 一匹も, 一度は, 一文も, 一旦カンキュウ, 一歩も, 一番やりきれない, 三人に, 三十円, 下さりっこありません, 不安でいけない, 世の中の, 世話に, 並の, 丸一日休まず, 争われないこと, 事よ, 事実あれほど, 二タ月と, 二十五日おくらしたら, 二年だろう, 云うじゃねえか, 云うもの, 五ルーブリは, 京都の, 人から, 人間だれしも, 人間に, 今さら辮子が, 今夜中だ, 今日貴方に, 今気イ, 仕様は, 他人の, 仮面を, 会わないという, 伝染病患者だ, 似て, 何だろう, 何とも, 何ん, 何十両と, 來ます, 保さんの, 信じられなかったでしょう, 俺ビクとも, 俺達にゃ, 借金した, 僕だけの, 僕には, 僕等のは, 元々値段, 元禄時代の, 兄は, 先生が, 全く子供, 六号活字で, 内容に, 凡人のと, 出て, 出来た事, 出来ないこと, 分らねえヘエ, 分りは, 初まら, 判定は, 別れた方, 利かないもの, 前から, 助からない屠殺, 助かるわけ, 動物でも, 勝たずには, 勝てッ, 区別し, 半ば眼を, 印度から, 厭, 又どうせ, 反抗です, 叔父さんに, 口惜しいこと, 右舷に, 同じく何, 同じさ, 同なじ, 名妓には, 君楽じゃあ, 呼ばなけりゃならない, 啓ちゃんは, 嘘だ, 困るの, 困る自分, 土方ば, 基礎的な, 変な, 多すぎる, 夜鷹の, 大きな力, 大した者, 大丈夫です, 大家連と, 大目に, 失礼だ, 女です, 女房に, 好いだろう, 妻だ, 姉が, 始まらないさ, 始まらぬ, 始めから, 娼婦型に, 嬉しいこと, 子供も, 学校から, 宜え, 宮様以外の, 家族の, 寄って, 寿命は, 小屋の, 局長の, 居酒屋の, 履き古し, 屹度添い遂げます, 差支えないであろうし, 己の, 帰る, 平気です, 幸福だ, 式を, 彼の, 待つわけ, 徒労よ, 御役所, 心から日本人, 必竟ずるに, 怒らるる気, 思いださぬわけ, 思うでしょうから, 思っちゃ, 怪しむこと, 恐ろしいこと, 悪人ばらの, 悲しい思い, 懐しがっ, 我々の, 所詮は, 手を, 打っちゃって, 折った本人, 抜け出せないの, 捕まらないという, 損を, 攻めること, 文化の, 文学は, 料金も, 斯様な, 方寸の, 日暮れだ, 日本人の, 旦那さんが, 明日何処で, 易介が, 昔は, 昨宵, 時には一つ, 暇つぶしは, 書き直さねば, 有るもの, 本人次第です, 本当に勘定, 本町の, 来たが, 来た徳川家, 栄ちゃんが, 根っからの, 楽じゃ, 構わないが, 構わない男, 構わない訳, 構わんと, 次郎の, 正や, 正統派の, 此家の, 此町に, 死ぬ気, 死ぬ芸, 毛の, 毬栗頭の, 水に, 永田馬場を, 決してあなた, 決して生まれる, 治まりません, 法律が, 海も, 深く究めなく, 濠洲に, 為方が, 無いもの, 無くさせる事, 無意味だ, 無理じゃ, 無駄だ, 無駄です, 無駄骨です, 熱狂的な, 父と, 父母の, 狂い廻って, 獣は, 現に正月号, 生々として, 生まれたうち, 男子の, 異説の, 疲れたとき, 病気が, 痕が, 癒る, 目付から, 直出かけられる, 省作を, 真の, 真紀子さんと, 眠れないや, 知りませんよ, 磨いて, 神田である, 私たちとは, 私と, 穏やかじゃ, 立つと, 糸の, 結局いたずらに, 結局同じ, 統一と, 繭の, 美の, 耳を, 聞きのがすはず, 肉体を, 胸が, 脱がなきゃならんの, 自分たちトロ族の, 良いこと, 若い頃, 英国や, 落ちやしない, 蛇が, 蝶ちゃんのみ, 行かなければ, 表方裏方道具方なんぞにつけ, 補償の, 見えや, 見て, 見給え大抵, 解かりや, 解り過ぎる程, 解決出来る, 言う乗合, 言えやしません, 訊こうなんて, 許して, 訳は, 詰まらないから, 詰らなくなってよ, 話が, 話だ, 誘われがち, 読み手は, 誰だって, 誰一人これを, 謎は, 負けである, 負けますよ, 貴子ほどの, 資本主義の, 走り出すと, 軽井沢まででも, 追い付きません, 追っつきゃしない, 追っ付かないしょびいて, 逃げださずには, 逃げらるる, 逃げること, 逆上っ, 遊戯の, 違いますわ, 避けること, 野原や, 銭の, 長いあいだ, 開けっ放して, 間違いなく, 陸尺ひとりぐらいを, 際限も, 雌ねこ一匹出, 面だ, 面白くない, 革命的な, 頼んでは, 顔の, 飛び込んで, 食うに, 馴れやしない, 駄目じゃ, 駄目の, 駄目言いません, 騙せやあ, 驚く八五郎, 鷹揚に

▼ したやう~ (1577, 0.7%)

48 なもの 4523 な気 21 な顏 19 に言 17 な表情 16 である 14 になつ 13 だ, な心持 12 に云 11 な顔, に首 10 だが, なこと, な形, な気持, にその, に見える 9 であつ, です, な, な氣, な調子, にし, に思ふ, に私, に見えた 8 な声, な氣持, な眼, に頭 7 な態度, な笑, に彼, に思はれた, に思はれる, に眼, に笑 6 でも, な感じ, な風, に思 5 ですが, なそれ, な口調, な様子, な顔つき, にいつた, に手, に顔 4 でした, なところ, なわけ, な興奮, な顏つき, にそれ, に思つて, に感じた

3 [30件] であります, であるが, でしたが, なつもり, な事, な口, な所, な物凄い, な男, な眼つき, な眼付, な聲, な音, にいふ, にお, にさ, にまた, にホツ, に何, に叫んだ, に彼等, に椅子, に横目, に此方, に笑つた, に笑つて, に答, に見え, に覺, に足

2 [96件] だから, だと, で, であ, でその, で可笑し, なお, なそんな, などす黒い, なので, なまた, な一種, な人, な傾き, な兄, な又, な場合, な変, な大きい, な妙, な安心, な容子, な後悔, な心もち, な恰好, な悲嘆, な晴々, な気持ち, な沈默, な物, な状態, な目つき, な神, な紅味, な絵, な考, な色, な蒼白い, な行, な變, な貧しい, な賢女, な部分, な静寂, にあわて, にうなづいた, にかう, にきよ, にこの, にそれでも, にどんな, にほ, にぽつねんと, に事件, に云つて, に仕事, に体, に出, に口, に叫び, に同じ, に嘆息, に多く, に妙, に小首, に山, に彼女, に後, に思はれ, に思へる, に感じ, に感じられた, に明らか, に暗い, に書いた, に根, に横, に深い, に父, に白い, に目, に砂, に窓, に立ち, に立つ, に胸, に膝, に見, に謂ツ, に靜, に顫, に飛び, に首肯い, に驚嘆, に高安氏, に黛

1 [714件 抜粋] だけど, だぜ, だたもさ, だつた沢, だとでも, だね, だ私, でありましたが, でしたね, ですな, でなにか, でろくに, で先刻途中, で尤も, で強い, で惡いが, で甚だ, で矛盾, で面白い, で默つて, なあなた, なあの, なあやふや, ないたづら, ないや, なうつとり, なえら, なおろおろ, なが, なぎごち, なこしら, なしかし, なすこし, なその, なつまらない, なとき, なところが, なとぼけたところ, なとぼけたやう, なふし, なふり, なまるで, なものぢ, なもん, なウルサク, なハルレム, なリファイン, な一種妙, な三人, な三千尺, な三種類, な不平, な不快, な中老以上, な事件, な五十恰好, な人たち, な人出, な代物, な体中, な何となく, な何処, な作家, な光りを, な光景, な内面的節奏, な冬, な割合, な十二階, な印象, な反, な反抗的, な同じ, な唸り声, な嚴, な困つた顔, な壮観, な夜霧, な夢, な大, な大きな, な大正三年, な大阪特有, な奇人, な奇妙, な奧さん, な妖艶, な始末, な嬉し, な実, な小心, な小舟, な少年, な山, な工合, な建物, な張つた声, な微笑, な微笑さ, な心, な快感, な性格, な悲鳴, な愛嬌, な慇懃, な憐憫, な或, な手紙, な打ち解けたやう, な文章, な日, な早合点, な昂奮, な昌造, な時代, な月見, な木の葉, な村, な極度, な樂, な模様, な樣子さ, な横着, な歎息, な正義派, な気もち, な気色, な氣特, な淺草, な満足, な物腰, な物音, な特色, な當惑, な発声, な目, な相手, な真似, な瞬間, な石碑, な秘か, な空, な立派, な笑顔, な約束, な紅葉露伴, な素晴, な結果, な經驗, な罪, な美しい, な老, な老女, な而, な脊, な自分, な色白, な苛立たしさ, な若衆型, な苦笑, な萌黄, な虚ろ, な血迷, な要領, な親しみ, な覺, な言葉, な記憶, な詩人, な詩文, な誇り, な語, な譯, な豪い, な貌, な賑, な賑やか, な身, な返事, な進んだ文章, な邂逅, な都市, な長閑さ, な閃光, な雑誌的戯曲, な雨, な青年, な青白い, な面もち, な頬, な額, な顏付, な顔付, な騒がし, な黒髮, にあ, にあちらこちら, にあんなに, におふくろ, におも, にかへつて, にからだ, にきまつた, にくすり, にくるり, にこぼした, にこぼれ, にご, にさう, にさえざえして, にざわ, にしいんと, にした, にしつ, にじろじろ, にすがり付い, にすぐ, にそ, にそして, にそつ, につけ, にてんでに, にとんと, にどこ, にな, になぜ, ににつこり微笑ん, ににつと, にはつ, にはづかしさう, には引け, には見えなかつた, にぱくん, にひとり, にびつくり, にぴしりと, にふらふら, にふり, にぶら, にぼんやり, にぽか, にまたすぐ, にめい, にもう一度, にもはや, にも思ひます, にも思へた, にも聞えました, にも自負, によろこびました, にわが, にわし, にわれわれ日本人, にをさ, にイワン, にカツフエ, にキヤン, にクシャミ, にケラケラ, にサムボリスト, にスーツ, にピヨコリ, にブルブルツ, にホール, にボタン, にポン, に一たん, に一つ, に一度, に一斉, に一輛, に一郎, に一陣, に上品, に与へられる, に丸い短い, に主知主義的, に事務机, に二人, に人, に人種血族的, に今日, に佇んだ, に何時, に停つた, に側, に傳, に兇賊, に先, に入, に入れ, に全く, に其の, に其男, に冬瓜, に冷たい, に初瀬, に前言, に動かなかつた, に勝太郎以外, に十吉, に千恵, に危険, に取沙汰, に取返し, に叫びます, に叮嚀, に右, に呟く, に咲い, に唐突, に唸つ, に喜むでゐる, に器械的, に四十, に園子, に土地, に埃, に声, に大, に大凡, に大声, に天上, に天井, に奥様, に妻, に婦人, に嬉しく, に子供, に安心, に安政二年, に小さく, に小説, に尾鰭, に岸, に嵩, に巡査, に席, に幕府, に平次, に店, に庭, に庭先, に引つこんだ, に引込ん, に御身, に徳次, に必死, に思った, に思つた, に思ひ, に思ひました, に思ひ込んだ, に思惟, に怪訝, に患者, に悪く, に惘然, に想像, に感じられ, に感ぜられた, に慌しく, に慌て, に慾, に憎悪, に懷, に或は, に戯曲, に戸外, に房一, に所々, に拗切る, に拜殿, に指, に挨拶, に搖れ動く, に支那, に改めて, に文化, に新, に新撰洋學年表, に日本, に日本版畫, に早速, に時々, に暗, に暗く, に朦朧, に木の葉, に木版, に楽々, に横衣兜, に此, に歩き出し, に殘ツ, に毛, に気, に江戸武士, に沈み込んだ, に注意, に流れ, に海, に清作, に源吉, に濡れた, に灯り, に点頭いた, に無茶, に煙草, に熟, に燈火, に狼狽, に獣, に玩具, に生きん, に画, に疲れ, に痩せしなびた, に皿, に直に, に真, に真赤, に眺め, に眼鏡, に瞬い, に矢鱈無性, に確信的, に神, に禿頭, に窕子, に窪ん, に立ちあがつ, に立ち上つた, に立どまつた, に立派, に立留つた, に第, に筆, に綺麗, に美しく, に翡翠, に考へる, に耳, に聽, に肩, に腹, に至純至高, に舞踊, に色白, に花籠, に苦悶気, に苦笑, に莊園, に蒲団, に蓋, に虐げ, に血, に被衣, に裏門, に見えなく, に見えます, に見せかける, に覚え, に言つて, に計算, に記憶, に記載, に話しかけた, に語る, に賞讃, に超然と, に身, に身動き, に軽く, に辯解, に迎, に逃げ, に遠く村, に野, に釣針, に銘々, に鐵砲玉, に開き戸, に震, に面影, に頬, に頷い, に頷かれました, に顏, に顔中, に飛込む, に餘, に騷い, に髯, に鬱陶しく, に黄金入り, に默つて, に黙, に鼻, 並べられた

▼ した~ (1503, 0.7%)

59 である 44 がある 33 のよう 17 のやう 16 もある 14 だと 13 があった 12 です, の話, はない, もあった 11 であった 10 であつ, であるが, なの 8 があつ, だが, の中, は 7 だ, だから, ですから, でなければ, なん, の一人 6 もあつ 5 があります, がこの, がない, が一人, だった, であります, であるから, であると, でした, の心 4 があっ, がありました, が多かっ, ですが, ならば, はなかっ, は誰, も少く

3 [26件] がいる, がたくさん, がジョバンニ, が尠, が幾人, が自分, だけがそれ, だし, であろう, でそして, でその, ではない, で今, というの, のある, の事, の俳句, の名, の数, の説, はその, は無い, もありました, もあります, もあれ, も少なく

2 [87件] から見れ, が, があるだろう, がい, がそう, がそれ, が三人, が何, が入る, が出, が案外, じゃない, だつて, だね, だろうと, で, であったから, であったが, であろうと, でこの, ですら, でそれ, でないと, でない限り, でなくては, ではなかっ, で今日, で彼, ということ, としなかった, とは思われない, と云つて, なさうだが, なので, なら誰, にすべて, には近, によつて, による, に出, に対する罪悪感, に烈しく, に違い, ね, のこと, の世, の伝記, の口, の名前, の噂話, の姿, の文章, の来る, の気, の目, の苦痛, の言葉, の頬, の顔, の顔面, はあったろう, はありません, はある, はあるまい, はいくら, はこれ, はしばしば, はそれ, はだんだん, はなかなか, はもちろん, はよく, は他, は前, は即ち, は地主, は実に, は極めて, もあろう, もいた, もない, もみんな, よ, を標準, を私, を訊い, を訪問

1 [804件 抜粋] あつかいの, ありながら, あるいは心, いわゆる死ん, か, かどっち, かも知れない, からみとめられた, から今, から感慨深い, から見る, か私, があったなら, があり, がありませぬ, があるなら, があれ, があろう, がいっしょ, がいつごろ, がいります, がお, がおぼえる, がかなり, がこれ, がさう, がする, がずいぶん, がたいそう, ができるだらう, がどう, がどうして, がどうせ, がなかっ, がね笹, がはいっ, がまとも, がめった, がよろよろ, がジヨバンニ, がスタスタ, が一青年, が下腹部, が世の中, が五, が京都, が今度, が他, が何人, が先達, が八十匹, が動い, が単数, が口端, が問題, が嘉永安政, が多い, が大家, が天保五年, が官僚, が定, が寝, が少い, が左近, が廻り, が思はず, が思わず, が惡, が感じた, が我々, が文相, が昔, が来, が林髞, が決して, が無く, が無罪, が痩せこけた, が皆, が相, が私, が稀, が經驗, が美味, が考證, が若し, が菊池寛, が言ってる, が話した, が誤っ, が転写, が途中, が選り, が集っ, が雲, が非常, が駈けつけ, さえたくさん, すらまずは, だからね, だけが鑑別, だけど, だけに蛙, ださうです, だそう, だったかね, だったから, だったこと, だったので, だったのに, だった播州, だって, だとしては, だのに, だよ, だろうその, ったらわたし, ってお前家, であ, であったこと, であったに, であった事, であって, でありながら, でありました, でありますけれども, であり多く, であり私, であるだけに, であるでは, であるふたり, である其の, である單, であれば, であろうかと, でいずれ, でかたがた幾分, でございますが, でさえその, でしょう私, でじ, ですかね, ですかねえ, ですよ, でで, でどこ, でなかなか, でなくっちゃ, ではなかつた, ではなく, では金子馬治, でも, でもあった, でもいい加減, でもなかっ, でも一向, でも会社員以上, でも故, でフロック, で享和二年, で京橋數寄屋河岸, で使われる, で全然, で同じ, で天, で天保六年, で常に, で御, で戦争中, で明治, で有, で此, で現在独立, で社會部, で葺屋町, で藤村, で観山氏, で足, で随つて, で黒ちりめん, という定評, といはね, としては唯一人, として伝へられ, として歩いた, として法律上, として石川君達, とのちがい, との現実, とは思はなかつた, とまた, ともつかない, とも思われねえ, とも破れ, と並ん, と云っ, と人, と同じ, と好一対, と思う, と母, と自分, と見える, と言い, と認める, と馬, ないと, などは一人, などまだ, ならこの, ならするだけの, ならそして, なんて人, におじさん, におみやげ, にこの, にこの間, にそむく, につける, にとっては一枚, にとって決して, になつ, にならざる, になり始めた, になる, にのみ判る, には, にはとても, にはソーダ性, には不気味, には五年前, には人間, には容易, には日尊, には死, には話す, にほえる, にもわからない, によって漸次, に不, に似合わず, に依つ, に免れない, に向っ, に君, に売った, に接近, に救, に気, に疑ひ, に興味, に言う, に診, に話しかける, に講談, に迎え, に進呈, に違, に限る, に頼まない, のあなた, のい, のいずれ, のからだ, のことば, のごとく立ちあがっ, のすべて, のたくさん, のちよ, のはかり, のひそか, のほう, のみじめ, のみ苦労, のもの, のよ, の一言, の不遇, の云, の件, の体, の偽り, の僞, の功績, の動き, の化成, の名刺, の名前はちよ, の喜び, の噂, の報告, の墓, の外目, の多かっ, の好, の如く, の子供, の學問, の宅, の小説本, の常, の影, の往き来, の後家, の心臓, の忌日, の意図, の憶出, の所, の手, の批評, の持つ, の既に, の日記, の殆ど, の気配, の生活, の眼, の紀行, の結果, の繪姿, の纏頭, の肖像, の自宅, の行動, の複雑, の見た, の言いすぎでございましょう, の記憶, の設計, の調子, の談話, の身ぶり芝居, の身内, の過半, の鑑識, の隠, の面影, はあっ, はあった, はありませんでした, はあんなに, はいない, はお釈迦さん, はかならず, はこういう, はこの, はそう, はどう, はないだろう, はなく, はなぜ, はほとんど, はまた, はみな, はみんな, はもう, はオランダ, はスイス, はテエヌ, はメートル, はヴェスタ, は一致, は不在, は二人三人ほか, は会社, は余り為合, は俗人, は別, は別室, は千古, は唐代, は唯ひとり, は四谷区何町何番地日向某, は基督, は多い, は大嫌い, は大楠公, は女子, は好い, は実子, は少い, は少く, は少なく, は居ない, は店務, は快活, は恐らくは, は態, は或, は掠奪, は日本, は明治, は昨夜, は本, は東京大学理科大学植物学教室, は果して, は格別, は殆ど, は江戸, は油断, は珍しい, は生活, は痛ましい, は皆異域, は相手, は稀, は競争, は第, は絶無, は線香, は自信, は自分, は英佛, は葛城, は見なけれ, は通常火口内, は違う, は遠い古から, は長く, は飛ぶ, ばかりだったでしょう, ばかりでした, へはそう, またはこれ, また新島氏, も, もあっ, もあったであろう, もあったらしい, もあったろう, もありません, もおそらくははっきり, もおった, もその, もできた, もなく, も今, も住ん, も入れ, も出た, も呉くみ子さん, も多い, も多かっ, も少ない, も有った, も決して, も漸く, も無し, も直ぐ, も長州並, も随分, やのその, やコンニャク, や何處, や思, や架空, や盲人, や神官, や重病者, より大昔, より現存, らしいな, らしく思われるが, らしく所々, を, をうんと, をおし止めた, をすなわち, をすべて, をとりのけ, をみんな, をも要する, を二人, を他, を出来る, を尽く, を得た, を想っ, を慰め, を探しだそう, を探すなら, を撃つ, を直接, を知ってるだ, を聞かない, を葬る, を見ない, を見渡し, を迎え, を閉じ込め, を頭, を頼みたい, を養う, 其の吉岡君, 即ち自己, 又は其, 喜ばせを, 更に最う, 来て

▼ したから~ (1492, 0.7%)

246 である 69 です 62 であった 5121 では 19 だと 13 でも 12 だを 11 だった, であります 10 であつ, なの, なんだ 9 でした 7 だの, であろう, 今度は 6 でしょう 4 ここに, ここには, これは, であるが, 自分も

3 [16件] して, だが, だよ, だろう, であったろう, であらう, でございます, ですよ, なんだろう, なんです, 俺が, 待つて, 来たん, 私が, 私は, 自分は

2 [38件] お前も, これを, すると, そうなった, そこは, そのつもり, それを, たまらない, だで, だという, だらうと, ついでに, で, であの, でありました, であると, ですの, でせう, でその, もう何, よかった, よく覚え, 世間に対しても, 仕方が, 僕は, 兎に, 兵力は, 其処で, 堪らない, 大丈夫だ, 家族は, 得た名, 王廷珸は, 私も, 肉を, 自分の, 自然この, 驚いて

1 [767件 抜粋] あなたの, あの晩, あの楽器, あるいはその, あれが, あわてて, あんな化け猫婆さん, いいん, いうと, いったの, いづれ遠から, うす汚い股引, うんと一, えらいもの, おりなかったの, おれも, お前は, お医者さん, お止め, お母さまの, お母さんに, お煙草, お礼かたがた散歩に, お竹, お筆, お薬, お酒, お願いした, かえって成功, かかる噂, かねて, きたなくも, きつと, きょうは, きれぎれにこう哀願, こ, こういう枕詞, こうして待っ, ここでは, こっちも, このくらいの, このよう, この一家族, この交換者, この地下, この峰, この新, この時, この男, この章, この記念写真, この警察, これから僕, これから東京, これだけ, これで, これも, こんがらかつて, こんなにいい, こんな恐ろしい, こんな評判, こんな重罪, さう, さしあたって, さして水, さらぬだに初対面, しだいに東洋人, しばらくの, じゃ, すぐ来, すこし外, そうひどい, そう云っ, そこで壯年, そこで用, そこへ, そのお蔭, そのとき, そのよう, その先手, その官途, その広狭, その後洋学修業に, その怨み, その時, その時城中, その民衆思想, その種類, その笞, その色, その都度, その餘波, それからは, それであなた, それであの, それで嫉くん, それで驚き呆れた, それより, それ迄, そんな興味, たと, だからこそ暗殺, ださうである, だそれ, だつきの, だつき日やけ, だです, だは, だろうと, だろうとかいう, だ流るる汗, だ美しい, ちょっと上がった, ちょっと伺, つて必ずしも, であ, であったので, であって, でありこれ, であるし, であるとも, であるまた, であろうそう, であろう髪, でこう, でございましょうよ, でございますか, でして, ですか, ですると, ですわ, でそれ, でへた, で勢い, で坪内博士, で実隆, で日本人, で最初, で有ります, で澄江, で蓄財, ともかくもと, どうか敵, どうぞ許可, なおさらどうしよう, なにか変わった, なんでせう, にやにやと, に過ぎない, ねむたくなった, はじめて人, ひっぱたき, ひどくつかれ, ひょっとかする, ひょっと出, へばりよ, ほどなくこれ, また手間, まる五十年ぶり, みんなは, むりやりお, もうおっかな, もうだいじょうぶ, もうよかろ, もしやと, もはや手放し, やがて當時, やっぱりこういう, やりかた, よろこんで, よんどころなくあんな, らしい尊者トメ山, わざと相手, わたくしが, アルバニヤ国は, ウチの, エス樣が, カメが, キナ臭い, スーツ, ソメちやんと, ッて, ッても, トタンに, ドライブなど, ピントを, ブロウクンの, マダ全く, メーデーの, ワッと, 一つ片づけ, 一千五百万減少した, 一夜見物に, 一寸出かけた, 一度訪ね, 一応水戸ブロック, 万葉の, 三人で, 三組の, 三輪の, 世人の, 中, 之を, 事メンドウに, 二人で, 二十四年前である, 五月頃には, 人々が, 人々幸福だった, 人殺しである, 人民は, 仇だ, 今から, 今では, 今でも, 今は, 今參考, 今後は, 今日ぐらい, 今日までに, 今日までは, 仕方ありません, 仙人に, 以後は, 住田の, 何だか頭, 何でも, 何とかなりましょう, 何にも, 何の, 何を, 余が, 余計に, 來た, 侍の, 便所へ, 俺はから, 僕が, 僕に, 僧ほど, 先生は, 入院する, 八幡宮に, 其の報い, 其積で, 其翌日は, 其輩を, 再び述, 冠といふ, 出発しよう, 出発点, 前景気は, 北村名古屋の, 北海道をも, 印象が, 即刻帰て, 取あ, 取って, 可かつ, 可哀さうに, 右内は, 右様の, 合せて, 合せると, 同君も, 君その, 君も, 吾輩も, 和助も, 咎めるん, 哲学的宗教的意味に, 問屋の, 嘸残念, 四月頃の, 困難は, 國家的地盤を, 土人は, 地位の, 地面だったら, 堪らない悶掻, 堪りませんぐいと, 塔を, 声の, 声帯を, 変に, 変替, 外に, 多分渡す, 夢の, 大に, 大体の, 大使は, 大層波の, 大抵大丈夫, 大衆の, 天和元年には, 天子は, 天草商事では, 太宗は, 夫婦が, 女房を, 如何やら, 妙だ, 始皇は, 委細は, 安心しろ, 安心は, 宜しく申, 宦官の, 家康も, 富士見酒と, 寝ざめ, 将門は, 小な, 少女の, 尽す結婚, 山竜姫と, 峠を, 帯腰が, 幕府の, 序に, 店の, 廊下の, 建築家だって, 引き続きついで, 強ゐ, 当り外れが, 当分駄目です, 当然それ, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女は, 往来を, 後の, 後人は, 御神鬮, 御覧なさい, 復び其の, 必ず役所, 忽ちだ, 忽ちにし, 恐らくは八年以後, 悪しからずといふ, 懇ろに, 成るべく年内, 我が古代法律中, 我が國人, 我輩は, 戦は簡単, 戻って, 手を, 持って, 按ずるに, 捕物なんかにも, 掻卷に, 支局へ, 支那人とは, 改めて申す, 政府に, 散歩に, 文が, 文句なし, 斯様に, 新十郎, 早速逢っ, 明日あたり着くでしょう, 明日の, 明晩は, 映畫, 是非とも, 是非帰っ, 書き付けて, 最早この, 有名な, 有志に, 朝夕一所に, 期待が, 本命の, 本当に自分, 束脩百疋の, 来て, 案内を, 植物の, 権力は, 此処では, 此処には, 此方も, 武蔵一国は, 死ぬと, 死んだの, 残った問題, 残余肴だ, 段九郎は, 殺さなければ, 毛利先生に, 気分は, 水の, 泉州の, 泊めて, 泣きの, 流石の, 淡島屋の, 熱っぽいふところ, 犬に, 犯人は, 狭いなりに, 猶更, 生産費を, 當時これらの, 発達し, 白昼に, 百五十メートルばかりも, 皆さんに, 益々誰, 直後ろ, 省略する, 眠い, 眼を, 知らねえと, 礼砲を, 祭の, 秀吉は, 私を, 私吃驚した, 種々な, 穂槍及び, 竜王竜宮その他種々, 紅茶入れ, 紊された, 終には, 結婚の, 結構とばかり, 罰が, 翌五月八日, 翌春萩, 胡麻粒の, 腕に, 自殺する, 自然に, 航海日數は, 良かった, 若い女, 若し本当にその, 若旦那には, 茲を, 茶店で, 藤原一門は, 蝙蝠傘が, 行くが, 行くと, 袂時計を, 裏は, 見ずに, 見て, 見に, 話が, 誤が, 誰も, 論文が, 警部どの, 議場は, 貴人に, 賊でも, 贅さない, 赦したからと, 起こったという, 起こったらしい, 起って, 起つたか, 足利義輝は, 近来私の, 近藤等は, 追い出したもの, 退職の, 送る物, 逆算し, 通例の, 造船所の, 連れに, 道は, 都市の, 配達が, 金サンも, 金助は, 鍵を, 長い象牙箸, 間違いありません, 降らざるを, 陸軍大臣に, 離婚だの, 電話かけちゃった, 非常に, 額を, 顯官とな, 食ったらどう, 馬廻大, 骨休めが, 魔物を, 麓を

▼ したわけ~ (1377, 0.6%)

234 では 97 である 90 でも 76 だ, です 45 なの 31 なん 30 でしょう 2521 だが 17 だか 16 じゃない, だろう 12 であるが 11 かその, ですか, ですが 10 じゃ, であった 9 だった, であつ, であります 8 かこの, か私, であろうか 7 だね, であらう 6 さ, だから, で, でした, になる 5 だよ, だろうか, であろう, ですね, でせう 4 かそこ, か彼, じゃねえ, じゃア, だな, であるか, でご, でございます, でござる, でしょうか 3 かこれ, か急, か涙, じゃありません, じゃなし, でありますが, でこの, なんで, もよく

2 [28件] かい, かこのごろ, かたま, かと思っ, か二人, か二階, か今, か全く, か妙, か少し, か釣れ, か魚, がある, がよく, だつた, だと, だらう, であったが, でお, でこんな, でしょうね, ですえ, ですから, ですよ, ね, のわからない, は, はその

1 [295件] かあたり, かある, かあんなに, かいそい, かうしろ, かうす, かお, かおそろしい, かかたり, かきょう, かぐつと胸, かこんなに, かさ, かさっき八木君, かしくしく, かしばらく, かすぐ, かすこしも, かそのまま, かその後, かそり, かそんな, かたいへん, かただ, かだいぶ, かてつ, かということ, かといろいろ, かとしきりに, かと不思議, かと不思議そう, かと二人, かと云, かと問われるだろう, かと思, かと聞きました, かどちら, かな, かなかなか, かなに, かのど, かのぼせた, かばか, かひとり, かひどく, かびく, かふと, かぶつぶつ, かぷーんと, かへん, かぽつんと, かまぐれあたり, かまっ白, かまるで, かみょうに, かもう, かやたら, からで, かわからない, かわかりません, かイギリス人, かグズグズ, かハルク, かパッ, かヘビ, かポオ助教授, かポチ, かヨシ子ちゃん, かヴェリチャーニノフ, か一人, か一向に, か一寸, か一度, か上, か不服そう, か中途, か二, か五十米手前, か今度, か今日, か住込み, か僕, か先方, か其の, か別, か別人, か卒業, か博士, か同じ, か唇, か喜助, か地底戦車, か夜中二階, か大いに, か大変じだらく, か嫂, か子, か学芸会, か定子, か室内, か家, か小川, か小浜兵曹長, か少年, か山, か干潮時間, か店, か強気, か御, か恋愛, か扉, か操縦室, か明智, か昨夜小屋, か昨日, か時々, か時折, か木曾少年, か柳秋雲, か柴垣, か棒, か機体, か機関銃, か次第に, か殿軍, か民衆, か水色, か洋先生, か湖水, か無責任, か爆撃, か片, か猫, か男賊, か白人, か白銅, か皮膚, か眼, か知りたい, か私たち, か立枯れ, か第, か結婚, か老, か胸, か自分, か花籠, か行方不明, か西洋人夫婦, か誰, か進路, か邸, か金博士, か門, か電灯, か音, か頭, か飴, か魏, か鳥, があっ, があるらしく見えた, がここ, がやっと, がわかった, がわからなくなる, が分らぬ, じゃあないでしょう, じゃあねえ今, じゃありますまい, じゃある, じゃあるめえし, じゃございません, じゃなかった, だえ, だけれど, だけを了解, だったが, だったの, だつたが, だつたの, だねえ, だらうか, だろうと, だろうとりあえず, だろうね, だん, だ儀八, であったらしい, であって, であの, でありそういう, でありました, であるから, であるこの, であるその, であんな, でか, でここら, でこれ以上人氣, でございました, でございますが, でございますそう, でござった, でござるか, でござんすいったい, でしょうかね, でしょうナ, でしょう私, でしょう親分, ですからね, でその, でそれ, でそんな, でどうか, でないから, でないけれども, でなくその, でなくドコ, でなく亡くなった内儀さん, でなく亡くなつた内儀さん, でなく他, でなく唯, でなく裁判所, でなんか, ではたち, でまた, でもちろん, でもなかつた, でゆがみ, でロンドン, で一門, で以後僕, で休み, で何処, で僕, で全く, で囚人, で娘, で実にどうも, で日本, で東京, で津田, で燃, で當時參加, で相続税金, で禁止, で私, で私たち, で第, で等しく, で誰それ, で道ばたなぞ, で階段, とおっしゃる, ともなく, などとやかましく, なのね, なら相手, なんだい, にご, のひと, のもの, のわからぬ, の外出, はけれども, はこの, はそれ, はない, はよっぽどたって, はクリストフ, は会衆, は原文, は女, は彼, は持久戦, は解けた, は貴女, は逃げ路, もありません, もそれで, もわかる, もパパ, も説明, やらう, よな, を察した, を明白, を突, を考える, を若松屋惣七, を訊ねました, を話せ, を説明, を述べる

▼ した~ (1298, 0.6%)

28 どうか 27 それは 24 それを 18 どうかは 15 知らないが 13 知れない 12 え, わかりません 11 しれない 9 それが, 私は 8 どうかを, わからない, 分らない, 知れません 7 知れぬ 6 しないか, しれません, 忘れて, 知らない, 知らぬが, 知れやしない 5 とおも, どうだ, わかりませんが, 判らない, 否か, 知れなかつた, 知れませぬ 4 それも, わからないの, 分からない, 分らなかった, 分りません, 此意味ならで, 知らねえが, 知れやしねえ

3 [20件] いずれに, これで, その原因, それに, それらの, つての, わからなかった, わかりませんよ, 分らないが, 判りません, 判りませんが, 否かは, 否かを, 少しも, 知つてる, 知れなかった, 知れませんが, 自分でも, 覚えて, 話して

2 [64件] ああいう, あない, ありませんよ, あるいは, あるいは足首, いくら口を, おぼえて, この間は, したらしい, して, しないかという, しないかの, しれなかった, しれなかつた, すっかり忘れました, そこには, そのわけ, その理由, それともただ私, そんなこと, できるだけ詳しく, とてもお, どうかと, どうかという, どうかも, どこへ, ないわ, ないん, はっきり覚え, ひもなく, またその, またそれ, れは, わかりますか, アない, サ, 何を, 何故に, 分からないが, 分らない位気, 分らなかつた, 分らぬ, 又その, 又頭痛, 君は, 子供が, 想像も, 本当の, 無闇に, 知ら, 知らん, 知らんが, 知りません, 知れすか, 知れたもの, 知れないよ, 知れませんでした, 知れんが, 私の, 見て, 見当が, 覚えが, 解りませんが, 誰が

1 [790件 抜粋] ああ済まない, あきらかに, あごぜ, あとで, あとの, あなたには, あの元気, あべこべに, あるいは妻, あるいは少く, あるいは本人自身, あるいは美術院, あるひ, あんな残酷, あんな食物, いかなる経済, いかに悠揚, いずれその, いって, いまもっ, ういふ, うしたである, えでの, おして, おた, おっつき, おつきを, おれが, おれの, おわかり, おわかりでしょう, お分り, お前さんは, お前は, お察し, お浦, お話し致したい, お銀様, かういふ点, ぐッと, げんで, こうした, こっそり調べました, このごろこなくなりました, この時, この模様変り, この理由, この謎, これが, これだけ, これは, これを, さあそれ, さうい, さしたること, さつ, しかもそれ, した若い, しないに, しなかったかと, しなかったかは, しらぬが, しれないの, しれなかつたの, しれませんが, しれやしないよ, しれやしないん, じゃんじゃんが, すぐわかる, すこしも記憶, ず, せぬか, そいつを, そうでなかつたら, そこから, そこは, そこらの, そして今, そして倉庫, そして結局, そちらから, そのいきさつ, そのほう, その人, その前後, その力, その孰, その工合, その後は, その方法, その日, その生死, その経路, その覆い, その証拠, その詮索, それからそれ, それすら, それともあくまでも, それともぜんぜん, それともだらし, それともまだ, それとも利廻り, それとも殺された, それとも第, それとも近所, それについては, それらとの, たしかに, たれよりも, ちゃんと知ってる, つくづく考え, である, でなければ老, とうてい数える, とにかく製作, とめども, どういう境地, どういう生活, どうかしら, どうかについては, どうかわかりません, どうしてあんな, どうしても思い出せなかった, どうじゃ, どうも尋常, どこで, どっちか, どれ見せい, どんなにした, どんなに彼女, どんな陋劣, なか, なぜわざと笑み, なにか恨み, なるほどおれ, はっきりさせよう, はっきり分りませんでした, はつきり知らない, ひとつ指を, ひとりの, ひどく笑い, ふいに, ほとんど記憶, ぼくたちは, まざまざと, またこの, またどんな, またはやすや, または今後, または老後, または誰, また三隻, また何故, また如何, また彼, また産後, また結婚以前, まだ取消す, まだ咄, まだ申し上げ, まるでわからなかった, みのわかわかしい, もうその, もう君, もう深い, もう顔, もしくは瑞典, もし耳, やがておとなしく, よく判りません, よく知らなかった, よく顔, れである, わかったもの, わからないぜ, わからないでしょう, わからない筈, わからなかったの, わからなかつたの, わからなくても, わからぬの, わかりませんでした, わかりゃしないよ, わしは, わたくしは, アい, スッカリ忘れ, ゾロリと, ニヤリと, ハッキリした, ハッキリ覚え, ハヽヽヽ, プーと, マドロスは, マルクスの, リーマン博士, ワケの, ワッハッ, 一人減り, 一寸分らない, 一度は, 一度ひっくり返っ, 三つの, 三門の, 不分明, 不埓, 不明である, 丸で, 主人は, 久保は, 二つの, 二人の, 云わねえか, 人にも, 人形で, 人類が, 今これを, 今では, 今わたくしの, 仔細を, 他人が, 何う, 何うだ, 何より大切, 何事も, 何処で, 併し, 侍従が, 僕には, 僕は, 先づそれから順序立て, 兎に, 全然覚え, 其後は, 冗談にも, 出来るだけ, 出来るなら想像, 分からなかった, 分かるだろう, 分ったもの, 分らないぜ, 分らないと, 分らないよう, 分らなかったが, 分らなかったそう, 分らぬその, 分らぬと, 分りませんか, 分りませんから, 分りませんよ, 分ると, 刑場の, 判らないよ, 判らないん, 判らん, 判明しない, 判然と, 勝が, 勿論わからねえ, 十分間も, 原因の, 又は入った, 又其の, 又焼, 取って, 叱って, 君なんか, 君の, 君知ってる, 否かさ, 否かに, 否は, 否やは, 品川から, 問うても, 問題である, 報告に, 場合は, 多分その, 多分読者諸君, 夢の, 大いに怒り, 大地を, 大方の, 大殿様, 大海に, 大雅堂は, 夫を, 失敗し, 失敗した, 女の, 如何かは, 妙な, 姿が, 威儀厳然たる, 婦人と, 孔雀は, 定かには, 家の, 富五郎無闇に, 小遣いに, 小野さんは, 少し禿チヨロ, 少年時代から, 島松に, 巌流島では, 左右八百間太き, 己さっぱり, 帰って, 平中の, 幾島から, 弓張提燈を, 当て, 当てに, 彼の, 彼は, 後から, 後の, 御存じありません, 御想像, 心持が, 志村君が, 忘れたが, 念の, 忽ち構え, 思い上がりが, 思つても, 思ひ當, 急性の, 性能は, 悟らせて, 想像が, 想像されるであらう, 想像に, 想像の, 感じた苦しみ, 慌て者, 我々の, 或いは伝え聞いたらしい, 或いは初め, 或いは自分, 或はもう一度, 或は合意情死, 或は既に, 或は案外, 所謂小若い衆と, 扉を, 捜る, 政府たる, 教えて, 数え立てる事, 数が, 敵の, 新九郎木剣を, 日光ご, 日本の, 早く出, 明らかに, 明瞭である, 暫く疑問, 曲者も, 書面の, 本当に容子, 本当はよくわからず, 札の, 東した, 果たして淳于瓊, 根掘り, 歸り, 殆ど予は, 殆ど思慮, 殺したか, 母が, 母の, 気に, 水の, 決してそうで, 汽車は, 流名と, 浮世絵画家の, 源三郎, 無人島の, 無論僕, 然うだっ, 熟しない, 物盗り, 特にアッコルティ先生, 現に今, 生きのびて, 生れた子供, 生憎もう今, 申しあげかねるほど, 病める娘, 皆んなに, 皆様知っ, 目は, 目当ての, 相手の, 眼に, 知ってる, 知つ, 知つとる, 知らないけれど, 知らないけれども, 知らないそう, 知らなかった, 知らん併, 知らツ, 知りたくは, 知りませんが, 知るところ, 知れないから, 知れないし, 知れないと, 知れないの, 知れないので, 知れない夫, 知れなかったから, 知れなかったの, 知れぬから, 知れぬの, 知れねえが, 知れませぬが, 知れませんお隣, 知れや, 知れやしないよ, 知れやしません, 知れやしませんまあ, 石権も, 私には, 稲富, 竹の, 紛失の, 罪悪を, 翁様が, 考えて, 考證は, 聞いて, 聞いても, 聞きもらしたが, 聴こう, 職替, 腑に, 自信を, 自分で, 自殺か, 自殺した, 芸道の, 若い衆が, 若しまだ滞在, 葭戸の, 蒲団を, 蟋蟀の, 行方が, 見えない, 見た時間, 見に, 見失って, 見当も, 見當, 見當位, 解つてゐた, 解らなかつた, 解らぬ, 解るもの, 解る筈, 計り知れない, 訊かないの, 記憶しない, 記憶には, 訣らぬ, 試みに, 詩経などの, 説明し, 読者諸君は, 誰かに, 講義が, 警官の, 賊の, 輕, 農夫を, 返事を, 追懐が, 途中は, 遅いよう, 違った音, 遠くの, 金の, 銀座の, 銀甲鉄冑に, 長い麻縄, 長塚が, 間もなく眠る, 面の, 順序を, 頼みも, 顔は, 馬蹄の, 體よく

▼ した~ (1163, 0.5%)

225 をし 3722 をした 21 になっ 12 して, になった 11 を見 10 であった 9 を見る 8 をする, を上げ, を上げた 6 だった, をあげ, を持っ 5 に微笑, をあげた 4 で私, になり, のまま, の色, をしました, を並べ

3 [12件] である, でいった, です, でそう, でその, でなにか, で帰っ, で立っ, になる, を向けた, を挙げ, を見た

2 [58件] いろで, いろである, が, があった, がのぞい, が彼女, が浮ん, だ, だちであった, だちの, だつた, であと, でしかし, でしょう, でそこ, でゐた, で二人, で云う, で云った, で伸子, で何, で彼女, で悪, で歩い, で百姓, で言, で迎え, と口, に, になつ, に泛, に眼, に見えた, に覚悟, に賢, のなか, のよう, の上, の表情, の造作, は若々しい, は見る, もしない, をのぞかせ, をふりむけ, をみ, を一層, を不思議そう, を伏せ, を入口, を出した, を彼, を挙げました, を眺め, を窓, を見合った, を見合わせた, を養女

1 [576件 抜粋] いろでお, いろに, いろの, いろをもって, から, からはぽ, からポトポト, から烱, から静か, があつ, があらわれた, があらわれる, がある, がいかにも, がうつっ, がさ, がじっと, がそっと, がなお, がはっきり, がひどく, がまじつて, がパッ, がポーッ, が一ツ一ツ元, が何, が出, が多, が多い, が好き, が小間使い, が屈折, が引締, が彼, が微動, が憤怒, が招いた, が浮かん, が現れた, が現れました, が現われた, が真っ青, が眼, が蒼く, が蒼ざめていた, が薄ら, が行列, が見え, が見たい, が見られる, が重く, が青ざめ, が髭, が黄昏時, くらい見せた, こそ真に, してるの, じゃなかった, だちだった, だちで姿勢, だちの上, だちの金髪娘, だち小さな, だったが, だのみすぼらしい, ったらなかっ, て支度, であがっ, であたり, であつ, でいい, でうつつ, でうなずいた, でうなづき, でうやうやしく, でお, でお前, でかう, でかや, でここ, でこたえた, でこんな, でしばらく, ですこし, ですまして, でせっかち, でそっち, でそっぽ, でそれ, でそんな, でだまっ, でだまりこん, でつづけた, でつぶやいた, でなに, でなにかいっそう, でねそべ, ではいっ, でひきさがっ, でふしぎそう, でぷりぷり, でまた, でまるで, でむつくり, でもどっ, でやって来, でやって来た, でやっぱり, でわき, でわたし, でクルリ, でニタ, でバルコニイ, で一座, で七十郎, で三指, で下草, で不思議そう, で二階, で云いました, で亭主, で今, で仰ぎます, で信吉, で傍, で僕, で元, で先, で入っ, で再び, で別に, で前, で去った, で口, で口髯, で名, で君, で呼びとめた, で四辺, で圓太郎, で坐っ, で夕空, で大股, で天井, で奥, で妹, で宏子, で寒, で寝, で尋ね, で小, で帳場, で平次, で広, で店, で座敷, で彼, で待っ, で忘れ果て, で怪我人, で恐る, で恐縮, で戻っ, で抱き, で振り返っ, で暫く, で最後, で朝食, で泣い, で済ませ, で渋々, で湯気, で牀, で牌, で畳み込む, で秀子, で私たち親子, で立ち上がっ, で立上, で笑いかけ, で答えた, で考え込んだ, で聞い, で膝, で良人, で袂, で言った, で言葉, で語っ, で車, で返辞, で銭形平次, で長火鉢, で長身, で陣屋, というの, といった方, ときつい, とはまるで, とフンダン, と声, と息, と息子, と態度, と極度, と病院, と目, と紅い, と赤い, と黒い, などが今, などを見る, にあり, におびえた, にかかる, にかっこう, にしわ, にすばらしく, につつまし, になりました, ににこにこ, にのぼる, にはいつも, にはじらい, にはほんのり, には依然として, には常に, には思いの外真剣, には汗, には活動, には顴骨突起, にふりかかっ, にへばりつき, にほんのり, にまんま, にみるみる, にむっと, にも斉, にも自分, にやや, によってやっとある程度, に一すじ, に一寸眼, に上気, に交際い, に初夏, に力負け, に唇, に唾, に善良そう, に喫驚, に変化, に寝, に引入れられ, に戻る, に持前, に描い, に新鮮, に映る, に朱, に淡く, に無邪気, に白い, に白粉, に真上, に笑, に細い, に蝿, に輝き, に鉄漿, に顴骨, に鯔, に黒い, に黒痘痕, のこけた, のとりすました, のまっか, のまつ, のまんま, のクローズアップ, の下, の中, の人足, の俳諧, の儘, の兵隊, の刀痕, の半面, の唇, の大きな, の対照, の小さい, の小柄, の持ち主, の日本人, の横っちょうに, の気高き, の火照り, の皮膚, の皺, の真赤, の筋肉, の美艶, の船, の色つや, の赤い騒々しい, の隅, の面, の額, の顎, の麗しい, の鼻, はいっそう, はし, はせず, はもう, はヒダ, は不幸, は人, は分らん, は尽きせぬ, は御覧, は微笑, は撓まず, は暗い, は暫く, は此方, は死んだ, は満州滞在中, は無くなっ, は男, は白っぽく, は荘子, は蒼ざめていて, は蒼白い, は蒼白かっ, は赤銅色, は随分, ばかりで, へ七瀬, へ笑, へ笑い, へ苦笑い, もあった, もある, もし, も妙, も少ない, も血色, やさしく韻, やその, やつるりと, やスラリ, や声, や小柄, や手, や深く, や聞いた, や躯, や驚き, よくとおる, をあげました, をあらわした, をうごかし, をうなだれ, をおよそ, をかれ, をくもらしました, をこっち, をさも, をしかめ, をしつ, をじっと, をそっぽ, をそのまま, をつきあわせた, をつきあわせる, をつき出した, をてらされ, をなさらなく, をなされ, をならべた, をにこにこ, をぬけぬけ, をぬっと, をひらひら, をふせた, をふりむける, をふり向け, をふり向けた, をほか, をほてらせ, をまわし, をまんべんなく, をむけた, をもたげ, をよごれた, をわき, をわざと, をジロジロ, をヂッ, をフラフラ, をボッ, を一度, を上, を上げました, を上下, を下, を不審そう, を今, を今更, を仕立屋, を仰向かせ, を俯, を俯せ, を傾け, を写し, を出しました, を出来, を勝手口, を十吉, を千浪, を半分口, を又, を友人, を坂田, を夜気, を大げさ, を妖女, を平手, を強, を怖, を思, を思い出す, を思ひ出し, を恥ずかし, を恥ずかしい, を想像, を扇, を手拭, を手枕, を技巧的, を持ち, を持ち上げ, を挙げます, を振り上げ, を揃え, を揃えた, を提げ, を揚げ, を星空, を暫く, を更に, を杉子, を枕, を洗い, を流し見た, を源氏, を照す, を煽ぐ, を熟, を父親, を現し, を疼痛, を眺めやる, を知力的, を硬め, を突き出し, を笑い, を膝, を見あげ, を見くらべ, を見せ, を見せた, を見せなかった, を見せる, を見たら, を見ぬ, を見まわし, を見やる, を見上げ, を見上げた, を見上げる, を見合せ, を見合わせました, を見渡し, を見詰めた, を見馴れ, を覗かせた, を認めた, を蹙め, を酔, を門口, を雲八, を鞠, を顧みました, を顰め, 禿げ上がって, 触に, 重々しい物体

▼ したとき~ (1040, 0.5%)

47 のこと 14 である 13 です, のよう 10 にその 8 だった, にはもう 7 にはその, の話 6 だつた, にこの 5 に彼, はもう 4 に, にそれ, にはすでに, は, はあんなに 3 であった, でした, には, に僕, に私, に自分, のあの, はその

2 [50件] からもう, から彼, から既に, すでに人々, だ, だしぬけに, であります, と同じ, にある, にあれ, にとつぜん, になぜ, にはこれ, にはそう, にはまったく, には同時に, には既に, には決して, には私, にも, にもその, にもよく, にも母, に兄, に十分, に呼鈴, に己, に突然, に護身用, に車窓, のやう, の傷, の彼, の感じ, の模様, の癖, の記録, の青年, はいつも, はそう, はもうすっかり, は何, ほどの元気, もそれ, も美しき, 一度あの, 俄然として, 多計代, 少しの, 或る

1 [747件 抜粋] ああもっともっと, あいにくこらえられぬ, あの人, あの子, ある本屋, あッという, いかほど金, いきなり僕, いけに, いったいだれ, いまだ主, おどりかかった艇員, おのぶ, お伺い, お土産, お師匠さん, お手渡し, お祝, かっと眼, かねて聞い, かまわずに, から, からこれ, からしきり, からの獲物, からもう既に, から今, から四日目, から家督, から気, かれは, がいい, が美, が革命, こういっ, こうたずねた, この弟, この激し, この辺, さけがたい, したしく後醍醐, しっかりした, すぐに, すぐ或, すごい勢い, すさまじいピストル, すでにこの, そういう無垢, そっくりの, そっと避けよう, そのひと, そのよう, その不安, その世代, その侍女, その倭寇, その埃, その娘さんたち, その少年, その恢復期, その決定, その由来, その病院, その直覚, その祖父, その精神的感動, その設計, その談判, その陸, その髪結いさん, たしかにわたし, たしかヘルシングフォルス, たまたま伊吹山麓, たれも, だけここ, だった玄関, だまっては, だらう片足, ちょうど日, ちょっと風邪, つづく二, であったか, でありました, であると, でございました, でもこの, でもその, でもわたし, でも百米レース, とそして, とつぜん大きな, ともかく店, と寸分, と渡り者, と違った, どうかし, どうした, どのよう, なぜ行こう, などその, などにも一葉, などは則天武后, などは止める, などペンク, なにか平, なので, なんだか前方, にあやかさん, にいきなり, にいった, にうち, にお受け取り, にお母さん, にこれ, にさわっ, にたかだか, にたがい, にたつた, にたとい, にだけ原因, にだけ生れる, にで, にところ, になっ, にはいま, にはこの, にはこんなに, にはその同じ, にはそら, にはそろそろ, にはそんな, にはどう, にはなぜ, にはみずから自分, にはトルレス, にはルゾン号, には一途, には二万人, には二十三人, には傲岸奸略, には先ず, には分らなかった, には博士, には参詣人, には四十名, には女, には始終, には室内, には寝耳, には彼, には彼等, には忠一, には房一, には改まっ, には方形, には朝廷, には来なく, には汗, には田舎気質, には皆, には目尻, には背筋, には自分自身, には表情, には見すぼらしい, には長男, には雑木林, には面白い, にふと, にほら, にもうほとんど, にもかすか, にもまた, にもらす, にも一番, にも二百個, にも憤慨, にも数万円, にゃ俺, にやってくる, によく, にわかにその, にアルバレズ, にガラス球, にキリスト, にギャッ, にピタリ, にファラデー, にラジオ, に一二里行き, に上山, に不意, に争った, に二人, に云い知れぬ, に亭主, に会った, に佐和山女史墜落, に何事, に何時, に入道, に八橋, に出, に区別, に向う, に君自身カテリーナ・イワーノヴナ, に和蘭, に喫, に大いに, に大砲七十四門, に姑, に実際, に寺, に対面, に小蔭, に少し, に幸い, に幹, に彼ら, に後者, に必然, に思いがけない, に急い, に怪しい, に懐中電灯, に承知, に掌, に掴む, に救い出した, に教師, に日本画材料, に木, に杖, に松前藩, に森, に構成, に死ん, に残るべきある, に氷河期, に池, に深川, に漸く, に父兄, に現れる, に生憎, に甲, に痛ましい, に発する, に着はじめ, に突如, に精神爽快, に聞き出す, に背, に艶子, に芥川, に英国, に荒木大将, に行っ, に行者, に見た, に記しました, に詳しい, に起った, に踊っ, に身体, に近づき, に運, に限る, に雑誌四五冊, に驚嘆, に魂魄空中, ね, のうれし, のお前, のくつあと, のごとく, のするど, のため, のもの, のダリア, のファラデー, のルポルタージュ, の一節, の両者, の久世氏, の人間, の人魚, の何, の偉観, の光りで, の光景, の凄, の創, の印象記, の問答, の喜び, の困難, の場面, の声, の夜, の天文学, の如き, の嬉し, の山, の山下, の席順, の幼時, の心持, の心持通り, の恐ろし, の恐縮, の悦び, の愉悦, の手帳, の手当, の拙詠, の招宴, の支那, の數年, の未定稿, の様子, の死に, の母親, の気持, の氣持, の汽船ブルー, の涙, の湘煙, の灼熱状態, の状況, の男らしい, の秀吉, の私たち, の程度, の窮屈, の算盤, の統合参謀本部, の自分, の血, の行進曲, の表現, の見聞, の観照, の誓い, の軍装写真, の通り, の配備, の重要, の関係, の雰囲気, の驚き, はあたり, はお, はおよそ, はけっして, はこの, はしなくも名人, はじめて, はじめて学問, はじめて彼ら, はじめて憲法, はすぐさては, はすでに, はっきりと, はなんとも, はほんとにもう, はまだ, はもッ, はベルン, は一分一秒, は一度, は一瞬, は三勝半七酒屋, は二之橋, は今, は停電, は八時, は内心, は午後八時頃, は呉, は四十米以上, は大分特別, は失敗, は奈落, は学校, は実は, は彼, は彼女, は敵艦, は新発田藩, は早寝, は時計, は柴垣さん, は法律, は海, は渦まく, は父貞氏, は牛乳配達車, は異常, は相当, は羽織, は老人, は荷馬車, は説教半ば, は銭湯, は非常, ひらひらと, びくっと, ふたたび悲し, ふた晩, ふと傍, ふと手, ふと振り返つた, ふと暗い, ふと異様, ふと脚下, またし, またそれ, またもやポチ, までの君, まで女, まぼろし, むろん安政条約, もいつも, もう地下活動, もこの, もこれ, もはや歌劇, もロンドン, も今夕, も助け, も同情, も和歌所, も小説, も川柳, も昌造, も最初, も私, も自分, も草, も許さなかった, も通路, も逢いました, も酒屋, も陵, やかましくヤジ, やさしい声, やはり同様, ゆくりなくも, より遙, わが畏友吉村鉄太郎, ハテ見た, 丁度良人, 主として僧侶, 云われた点, 何だか索然, 何故だ, 出て, 初めて師匠, 力まけした伸子, 半狂, 反絵, 古い諸, 塩辛さ, 大きな手, 始終の, 少し手, 已に菊人形, 御先代, 思いついて, 感じさせられたのみ, 持って, 新八, 更に誤り, 果してその, 歩いて, 泣きながら, 澄み切った大空, 激しく突当られ, 直ちに人工心臓, 真に凄, 程彼, 突如バラバラと, 突然, 突然ものすごい, 突然引き入れられる, 突然後頭部, 突然最敬礼, 突然現われた思わぬ, 紅い山火事, 純造, 老小使, 自から, 計らずも, 賢しい母親, 軽く後, 進んで, 重い機械, 随分よ, 駆けつけて

▼ した~ (1027, 0.5%)

120 違いない 117 相違ない 68 ちがいない 50 過ぎない 47 しても 40 違ひない 24 過ぎないの 13 過ぎなかった, 違いありません 12 すぎない 11 相違ありません 9 すぎないの, 過ぎぬ 7 ちが, 相違なかっ 6 すぎなかった, ちがいありません, 相違なく, 過ぎないという, 過ぎなかったの 5 きまって, 相違なかつた, 過ぎないと, 過ぎなかったが, 過ぎなかつた, 違いあるまい, 違いなかった, 違ない, 違ひあるまい 4 とどまる, 違いなかろ 3 ある, しては, すぎなかったの, せよそれ, ちがいなかった, 叱かられて, 無理は, 過ぎぬと, 過ぎません, 違ひなかつた

2 [40件] したところが, しろもう, すぎないが, すぎないので, すぎないもの, すぎないよう, すぎぬ, すぎません, たくさんの, ちげえ, ちげえねえ, ちげえねえです, なつて, ならんで, ねむるべし, ほかならぬ, テエブルと, 反して, 堪えがたく智識, 外ならぬ, 就いては, 止って, 焦るる胸, 異ならぬ, 相違ご, 相違ございません, 相違なし, 相違無い, 置いて, 過ぎないから, 過ぎないが, 過ぎないこと, 過ぎない所, 過ぎなかつたですよ, 過ぎぬが, 過ぎぬの, 違げえねえ, 違ひ, 違ひありません, 音する

1 [287件] あった, あったの, あつまりし, あるという, ある二重まぶた, ある様子, いきなり駈けこん, いまの, いると, いるよ, おいた, おきながら, おさえられたよう, おやかな, おろしました, お諏訪様, お通, かかわらずあたかも, かかわらずこれ, かかわらずその, かかわらずまだ, かかわらずストライキ, かかわらず人間, かかわらず今, かかわらず何, かかわらず何人, かかわらず和算, かかわらず彼, かかわらず易介, かかわらず正餐, かかわらず続けさま, かかわらず被告人, かかわらず西村, かくさむ, かくして, かくれてるの, かさねて, ぎつしりつまつた街と, くくりつけて, こげを, さえ過ぎなかったの, さしこんで, しいて, して, しましても, しろそれ, しろまたは, しろやっぱり, しろわたくし, しろわたし, しろ丁度, しろ云って, しろ伸子, しろ俺, しろ君, しろ夫, しろ実行, しろ尚, しろ憎い, しろ時刻, しろ芸術家, しろ靴下, すぎずあと, すぎず内容, すぎないその, すぎないと, すぎない行宮, すぎなかったけれ共, すぎなかったそして, すぎなかつたの, すぎぬこと, すぎぬでは, すぎんですな, せよすでに, せよせぬに, せよその, せよどうして, せよわりに, せよ三食, せよ半分, せよ失敗, せよ強い, せよ恋, せよ或いは又, せよ極, せよ満足, せよ確か, せよ苦しみ, せよ豐富, せ手紙, そういござらぬ, そよぐ合歡, たたんで, たるんだ皺, ちがいないであろう, つけ込んで, つるして, とどまった, とどまって, とどまるが, とどまるという, ながめました, ながれこむ, なぜあの, なぜひもじい, なって, なりて, なりぬ, なりぬべし思へば, はえて, ひつそり並ん, ひとつのす, ふし芝の, ほかならない, ほかならぬから, ほひが, ぽっちりついた, またはひとつ柱, まつ黒, みて, むつくりと, むらがる魚ら, もつれた髭, わずか固, エンジンの, ナフタリンなど, 不図目, 世の, 並んで, 乗じて, 二三間の, 人あまたつどひ居ぬ, 他ならなかった, 他ならぬ, 付いて, 似ずやはり, 似て, 似合わず性分, 依るとか, 係らず封筒裏, 係らず父, 凍る女, 刈る草, 動かざり梢, 卓子を, 反しイタリア, 反し本家本元岡山, 反し鎌倉時代, 反し高, 因る, 埋もれて, 基づくこと, 外ならなかった, 外ならぬからな, 始まったよう, 就て, 就ては, 尾を, 川上が, 巻かれて, 当る機, 彼の, 彼方に, 急速に, 我は, 手前の, 拘はらずその, 拘らずこの, 拘らずその, 拘らず不思議, 拘らず切, 拘らず宦官, 拘らず尚, 拘らず彼, 拘らず心持, 拘らず諡法, 拘わらず何ら, 振向, 探れども, 敷いて, 敷島の, 更に異状, 机を, 来たとき, 林檎の, 極っ, 極って, 橡の, 次いで豪い, 止つてゐる, 止まった, 止まる, 止まるもの, 止まる精神分析, 止り立証引用, 止る, 水飲み場の, 汝は, 決って, 決つて居る, 決まってる, 沈んで, 溜って, 潜って, 焚かれて, 煙ったよう, 照し, 獨り置か, 現はれた, 由るの, 由るらしく天主教, 男が, 疑ひないが, 相異, 相違あるまい, 相違が, 相違ございませぬ, 相違ござんせん, 相違なき, 着込んで, 知らせて, 突きとばしたあの, 立つた僕, 紙の, 老人の, 聳えて, 至つては, 至つて当然, 蓙でも, 蘆の, 街の, 見えます, 見ゆる唐寺, 貴方は, 賞罰係の, 身を, 近い感じ, 過ぎざる此等, 過ぎずそれ, 過ぎず孔子, 過ぎず特に, 過ぎず若し, 過ぎないだから, 過ぎないだろう, 過ぎないであろう, 過ぎないでは, 過ぎないといふ, 過ぎないとさえ, 過ぎないもの, 過ぎないよう, 過ぎない其上東京, 過ぎない剽窃受負者, 過ぎない試作, 過ぎなかったかは, 過ぎなかったから, 過ぎなかったし, 過ぎなかっただろう, 過ぎなかつた近代写実主義, 過ぎなくなるだろう, 過ぎなく思はれる, 過ぎぬとも, 過ぎぬに, 過ぎぬので, 過ぎぬゆえ, 過ぎまいと, 過ぎませぬ, 過ぎませんから, 過ぎませんでしたよ, 違いなかったであろう, 違いねえ, 違いは, 違いませんが, 違えねえ, 違えねえん, 違ひございませぬ, 違ひ無い, 違無い, 針を, 鎖を, 関せず紫縮緬, 隠されて, 雪は, 靜かな, 風船玉売の, 鹿の, 黒い眸, 黒い靴足袋

▼ した~ (988, 0.5%)

45 がある 28 があった 18 がない 17 は一人, もある 13 でなければ, もあった 10 があつ, のよう, はない 7 が一人, では 6 でも 5 の中, もあり

4 [16件] がいた, がいる, が多い, だ, である, です, のある, の名, はありません, はその, はなかっ, は必ず, は決して, もあつ, もありました, もない

3 [17件] があっ, がありました, がこの, がその, が多く, であった, であって, といえ, のやう, は, はいない, はやはり, は彼, は誰, もいた, もいる, も多かっ

2 [52件] があります, がこれ, がそんな, がなかつた, が上役人, が二人, が二十歳, が今日, が何で, が幾人, が此, が見ます, であ, であること, ですが, でなくては, でもあった, とお, と一見, に, の一人, の如く, の方, の最後, の義務, の詮索, の誓, の頭, の顔, はこれ, はこんな, はございません, はほとんど, はみな, はもう二度と, は一個, は何, は全部八丁堀, は当然, は数, は死刑, は殆, は沢山, は現場, は男, は自分, もあれ, もあろう, も少く, も少なく, も尠, も幾人

1 [558件 抜粋] ありとは, あるを, および一家, かそして, かということ, かと言う, かまたは, かもしれません, から, から云わせれ, か事, が, があったなら, があと, があり, がありませんでした, があるだらう, があるらしい, があれ, がいった, がお, がございまし, がそつ, がその頃三名, がそれ, がなかっ, がなき, がふところ, がまつさき, がもう, がよく, が一巻, が一度, が七分, が七百目, が二十人, が五人, が井戸, が今度, が介錯, が付い, が代る, が何, が作者, が免れ, が処刑, が初等教育, が勝海舟, が十数人, が占, が只, が可, が同時に, が嘘, が四五人, が四名, が多かっ, が大変, が完全, が少く, が尠, が居られる, が居る, が嶺, が市民, が彼, が彼自身, が後列, が御座います, が忘れ, が意外, が手, が手足, が指紋, が政府, が数万人, が敵, が新宿, が方々, が日本, が明日, が有, が権力, が民家, が無い, が無きゃ, が生きかえる, が盒燈, が神座, が紫, が腹立ち, が草鞋, が薬, が見ない, が記念, が貧, が軽挙妄動, が遥か, が電話, が頗る, こそ伊那丸, この鳥, さえあった, さえ出, じゃが, そういう者, そうした人たち, その酒, だが, だけがその, だけが敢, だけを三十人, だそう, だったん, だってもやらねえ, だって変り, だつた, だ切, だ著者, ってわたし, つまり一旦, であったが, であったため, であったの, であっても, でありたがって, であり爾後, であり降り坂, であるから, であるが, であるし, であるぞ, であるので, であろう, でございまして, でございますから, でさ, でさえ, ですから, ででも, でないと, でない事, でない者, でも運ぶ, で三峰, で十人, で同門, で大概, で夫, で実は, で未婚元服前, で気, で皆其険阻, で礼, で私, で能, という, というお話, といわれ, とか或は, とがあった, とがあつ, とさらに, としての自覚, としてはまことに, として一度手紙, とする, とては其數甚, とのみ信じ, とはちがう, とはちがっ, とはほか, とは思えず, とは思わなかった, とも思はれなかつた, とも見える, とわかっ, と一緒, と主観客観, と偽り, と判別, と同じ, と少なく, と思はれ, と思われ, と感じ, と知らず, と裡問, と見え, と見える, と見て取った, と親類, と解釈, と言い伝え, と認めます, などあっ, などが武士, などが部屋, などほとんど, なども往来, など雑多, なの, ならだれ, なら申すに, なら誰, なんかには一瞥, にかぎり, にこらしめ, にし, にすぎない, にすぎませぬ, にその, になぜ, には, にはお前, にはその, にはまた, には一割, には一国一城, には二千ポンド, には今, には奥殿, には小遣銭, には必ずしも, には晩, には東京, には生姜湯, には百石, には誰, にふたたび, によい, によっていつか, にサラヴァン, に人, に刃, に劣敗, に半分, に多かっ, に宮古, に家名再興, に対しても猶, に対する復讐, に復讐的, に支払われるであろう, に敬意, に未練, に無法, に田舍, に田舎, に等しい, に買収, に進歩党内, に違, に限る, に預けられ, のする, のない, のなか, のほう, のほとんど, のまちがい, のみが戦争, のみが断じて, のやや, の一覧表, の一部分, の三年忌, の世話, の代表, の仲間, の例, の兄弟, の判断, の前, の命, の嚆矢, の塗った, の墓, の外, の多数, の妻, の実感以上, の家族, の家蔵, の屍体, の当推量, の得, の感, の末, の特徴, の現在りゅう, の當推量, の眼, の碑, の経験, の胸, の苗裔, の處分, の行為, の裁判, の言, の言う, の詠歎, の誰, の談, の還俗首飾, の間, の髑髏, の魂, はありやしない, はあろう, はいう, はいかに, はいくら, はいずれ, はいろんな, はおりませんでした, はおれ, はかえって, はかつて, はかならず, はかなり, はこの, はしない, はそれ, はそれぞれ, はただに, はたちまち, はたとい, はたれ, はどうしてもそのまま, はどんな, はほか, はまだ, はまっすぐ, はみかどの乳父, はみな天幕, はみんな, はもう, はよく, はわすれる, はバリカン, はファブリチウス博士, はフロイド, はベンサム, は一人前, は一人殘ら, は一杯, は一番, は一躍名, は不貞, は九郎兵衛, は事情, は今, は今日吾人, は今更, は他, は以前, は再び, は到る, は創業, は千住, は単に, は即ち, は取得, は古参, は各, は多く, は多分, は大抵, は大族, は天下, は天地開闢以来吾輩, は嫁, は官吏服務規程, は実に, は家人, は富五郎, は實, は尠, は居ない, は平次, は年々, は彼女, は恐るべき, は悉く, は掻き上らう, は斬罪, は早く, は暁天, は未婚者, は東京, は森田草平, は正吉, は此世, は死, は死に, は江戸方, は海, は海老塚医師, は無い, は無数, は爾, は片端, は王樣, は理由, は甚だ, は生涯, は甦生, は真に, は經中, は肉, は自制, は英語国民, は被害, は言うまでもなく, は誰一人, は踵, は途中, は青く, は首, ばかりが山, ばっかりだ, ほど時代, またはその, までが奮起, までを獄門, もありましょう, もあるだらう, もあるまい, もおりません, もさすが, もすべて定着, もずいぶん, もそれ, もちょいちょい, もなく, もなけれ, もなし, もまた, もゐた, も一八郎, も三人, も三千余人, も亦, も信孝, も全然, も同様, も在った, も多, も多い, も多く, も多分, も少し, も居ただろう, も居らぬ, も悉く, も殺された, も相当, も絶無, も駈落ち, やら樽, より若い, らしい, らしい無私, をいい, をいふ, をば今夜一番, をひき戻した, をまるで, をも悪, を三代前, を信服, を内, を再び, を叱つ, を問題, を四人, を已に, を意味, を捜す, を探し, を放つ, を斬罪, を時々, を更生, を王子, を羨んだ, を見る, を見逃す, を運ん, を選ん, を除い, を馬鹿, 即ち十歳, 即ち十歳くら, 多くなり, 極めて多けれ, 焼け死んだ者, 頼む訳

▼ した~ (870, 0.4%)

1711 でなければ, にその 8 で彼, のこと 7 だから, であった 6 に, のよう 5 に彼 4 でその, で彼女, で自分, にお, に再び

3 [13件] だったので, だつたので, である, でそこ, で二人, と見え, にいよいよ, には, に初めて, に於, に残る, に至っ, は家

2 [48件] だったの, ちは, であつ, であるか, であるから, でにやりと, で三人, で仔細, で医者, で叔父, で平次, で生れた, で私, で罵倒, で言った, で近日, とではそれ, と同じ, なので, においては存在, においても健康, にそれ, になっ, にはこれ, には何, には英国, にまた, にもまだ, にやっと, にダルメイダ, に改めて, に結局, に起る, のこの, のもの, のやう, のゆるんだ, の健三, の半期, の状態, の紛々, の部屋, は, はもはや, は暫らく, まるで煤掃き, やはり丁寧, 云った

1 [629件 抜粋] あの高, あまりに早く, ある動物, おのずから来るべき, お午近く, か, かなり遅く, かも知らぬ, かも知れない, かも知れなかった, から入り込ん, から弦, から突然, きっとなっ, けふ見, こう云う, こう保吉, こんな風, さて用意, さらにこんど, しかして家督, しばしば先進, じゃ己, すぐさま硯, すぐに, すぐ間近, そういう連中, そうした相手, そっと左右, そのたびごと, その人, その傷痕, その児, その娘, その店, その男, その眼, その首領, その黄昏, たとい危, たまたま来っ, だからと, だけにかえって, だけに却つて眼, だけに拍子抜け, だった, だつたらどんな, だとは, だ唯余, ち之, ち仲文官, ち千八百八十六年九月, ち千六百三十七年, ち未だ, ち海路, ち漢族, つかまった女たち十二, つまらなくなり, であたし, であったので, であり又, であるとでも, でいずれ, でいつ, でお, でおや, でお母さん, でかた, でこういう, でこちら, でこっそり, でこの, でさえ正々堂々, でさすが, でさまざま, ですぐ, ですら, でそれほど, でそんなに, でちようどそこ, でどれ, でないと, でなくば, でなけなし, での衣食, ではきっと, ではそれ, ではなかつた, では印刷工場, では又, では必ず, では或は, でふと, でまた, でみなさん方, でもう, でもう一度, でもし, でもしょっちゅう, でも被告人, でも警報, でやっと, でゆるゆる, でピアノ, でプリプリ, で一八八二年六月五日, で一歩先, で京野等志, で仇討, で他人, で以, で傍, で僕, で内海, で別に, で周り, で咽喉, で堪らない, で壮, で多勢, で大して, で天香さん, で子供, で安い, で定紋, で寛文中, で帰っ, で帰路, で幻覚, で心持, で急, で我々, で支配人, で教える, で日盛り, で昼, で暴, で権八, で止せ, で正太, で死ん, で毎日午後, で汽船ブルー, で漸く, で烈しい, で病人, で発作, で百合子, で直ぐ, で第, で継母, で縁先, で耄碌, で腹立ち, で若し, で荷風氏, で袈裟, で言っ, で謝り, で野呂, で野村, で非, で頼みました, で首, で魚, とうとうこれ, とうとう一部, としては急, ともかくも, なお吉岡憲法, などは何, など足, なら大抵, にいきなり, にいたる, にうけた, にうす, において初めて, において始めて, において小説, において生じた, にここ, にさらに, にし, にする, にそら, にそれから, にそんな, になお, になさい, になり, にのみその, にはこの, にはその, にはそのある, にはまた, にはエコノミカル・プランツ, には一行, には事件, には何人, には奨励金, には女, には峻厳, には此岸, には私, には美術, には自, には非常, にひょっくり, にまず, にもなお, にも容易, にも歸, にも漢文, にゃ腹くだ, にやう, によい, により, により少い額, にエピキュリアン, にチンチェウ, にドイツ, にドンナもの, にパルナッソス, にプロレタリア革命, にヘルムホルツ, にロンドン, に中山, に主, に九〇クヲタア, に云, に云った, に井田さん, に交際ぎらひで, に今, に今日, に他方, に会得, に但, に僕, に兵馬, に其等, に再度, に出, に出帆, に出来た, に分る, に取り, に可, に可能, に右, に大塔中堂, に大臣, に夫, に奉公, に始め, に嬰児, に孔穴, に小豆, に山田椿庭, に山駕籠, に帝劇, に廟, に引続き, に当惑, に彼ら, に快活, に恋, に悟道, に我々, に技師, に故郷, に数学, に於い, に更に, に書かれた, に最後, に有馬, に杵勝分派, に枕頭, に樽野, に此方, に毎時, に永井君, に演説者, に父, に狂い, に現存, に生まれた, に砕けた, に社会, に私, に結局医師, に結論, に総高, に考えるなら, に耳, に臆病, に自ら, に自害, に茶屋, に起こるべき, に踊り, に軽やか, に返答, に酌, に酒卓, に鈴木, に長い, に静寂, に須田町, に食卓, に馬, のうれし, のその, のふるえ, のロシア, の一日, の一瞬, の不愉快, の事務室, の五百, の人, の今, の何, の凄, の凄まじい, の千登世, の嘆き, の噴火, の場合, の大, の子供, の客, の家, の居間, の形, の彼, の御, の心, の慾, の憎しみ, の成長, の我, の戦勝, の数日, の数時間後, の断案, の日, の日本, の日本人, の暖簾名, の最後, の木彫り, の残り, の水面, の永い, の火口壁, の煙管, の狭細し, の現象, の異常, の疲れ, の短歌, の称, の第一歩, の簡易, の見解, の話, の説, の贄, の遊蕩時代, の道具, の醒めた, の隋, の高円寺, の黒い, はいって, はうち, はおまえ, はさめざめ, はその, はどっち, はみな運命まちまち, はもういくら, はやっぱり, はボリシェヴィキ, は一寸, は久しく, は今, は何かす, は出生, は十方, は半ば眼, は四囲, は夫, は女, は宜しく, は暫時休息, は最も, は極東, は気, は海, は源氏, は無論, は産後, は皆, は突き放し, は終局的, は酒道楽, は黙っ, ふたたび彼女, へすぐ, へ入洛, へ私, またいった, またたちまち, また教義, また椅子, また楽屋, また私, までもわれわれ下役, までも依然として, までも彼, まで永く, もう一度含芳, もここ, もそう, もその, もなお, ものべつ, も一通り骨, も亀, も伯爵夫人, も内乱的戦争, も少し, も屡, も引き続い, も忘, も敦盛, も毎日, も生活費, も男子, も私, も色恋, も記憶, も道, も陣中, やあ諸君, やがて席, やっと正気, やや暫くの, ようやく元, ようやく独力, らしく着くずれて, をうけ, を守つて, を承け, を束ね, を続, 何だか自殺, 全く発作前, 再び分れる, 再び噴き出し始めた, 初めて予備隊, 初めて普通, 初めて行, 半七, 又町側, 取り出して, 各藩, 実は世間的, 少し心, 帰って, 幼い私, 徐に上海, 思い切って, 思ひ切つて, 急いで, 或る, 或会社, 或日抽斎, 掘り出して, 更に探検航海, 来弔, 殆ど鬼趣, 漸く思ひ切, 突然ガチャリ, 第一次欧州大戦, 紅い長襦袢ひとつ, 終に引退, 若い未亡人, 薄汚い馬車, 買って, 起き上ると, 軈て別れ, 迄も承け, 逃げ去るの, 間もなくその, 黙つて炉

▼ した~ (845, 0.4%)

142 がいい 59 がよい 27 がい 18 がよかろ, が好い 14 がまし, です 1312 がよかっ 9 がよく, がよっぽど, がよろしい 8 が宜 7 がよ, が適当 6 が可, が良い, へ眼, を見た 5 がどれ, が無事, を見る 4 が宜しい, が得, へ飛ん

3 [16件] がはるか, がまだしも, がよかつ, がよから, がよほど, が便利, が好く, が安全, が早い, が清潔, が良, が遥か, が都合, が面白い, だと, でございます

2 [30件] がいくら, がえ, がええ, がお前, がどうして, がどれほど, がより, がよろしかろ, が具合, が利益, が効果的, が勝ち, が合理的, が善く, が国家, が好, が彼女, が有利, が楽, が皆, が私, が賢明, が遙, が間違い, だから, だろう, ですよ, では, なの, を振り向い

1 [320件] あの方, ありませんよ, かね, からは飯, があたし, があったら, があと, があります, がある, があるいは, がいちばんソロバン, がいっそ, がうち, がえらい, がおいしい, がおりました, がかえって, がかへつて, がさっきテレビ電話, がさっぱり, がずうっ, がずっと, がずつとい, がそして, がその, がそれ, がたし, がたのしみだ, がつごう, がづっと, がとお呼び, がとは満更, がと云っ, がと勧め, がと思うた, がどこ, がどの, がなんとなく, がなんぼ, がほんとう, がまさっ, がもう少し, がもっとはっきり, がよう, がよご, がよっぽどよう, がオヤジ, がキッパリ, がサーヴィス, がシアワセ, がテニス, がブルジョア社会, がホントウ, が一そう便利, が一夏, が一寸, が一歩, が一番, が一番確か, が万事, が上分別, が不, が両手, が両親, が事, が人, が今, が今更, が仮面舞踊, が似合つて, が体, が体躯, が何, が何程腹の中, が余ツ, が余程, が兎, が利巧, が効果, が勝, が勝つ, が千客万来, が却って, が却つて容易, が各人, が合法的, が吾, が吾が, が味, が国民, が地理, が増, が夐, が多い, が大きな, が大局的, が天下, が好う, が好え, が好かっ, が好かない, が好から, が好き, が如何, が姉ちゃん, が子守り, が宗三郎様, が宗教, が宜しかろ, が家, が寝, が将来, が彼等, が後, が微か, が快い, が快適, が愉快, が手, が手数, が持ち, が教育, が早, が早かろ, が早わかり, が早道, が有意味, が本当, が楽しみ, が歡迎, が正当, が正鵠, が気, が気づかれ, が気持, が気楽, が深刻, が清々, が無難, が片手落ち, が物いり, が現実, が理屈, が甚兵衛, が生き甲斐, が男, が真に, が穏当, が立派, が第, が策, が簡, が精神, が紳士, が結局, が結果, が聴衆, が胸, が自分, が自己, が良く, が苗, が蒼白, が薬, が解し, が言葉, が誤解, が説明, が讀まる, が貴方, が趣味, が身体, が農作, が近所, が途, が適任, が適切, が面白, が食べる, が餘, が馬術家, が高尚, じゃない, だ, だからね, だが, だけれど, だってあやまっ, だもの, だらう服装, で, であったから, であらう, であるから, であるけれども, であるし, でいいえ, でございまして, でございますから, でした, ですか, ですけれど, ですね, ですのね, ですネー, でとまた, でと傍, でないと, でね, でまア, でも, でよく, でクヨ, でジラ, で不断調子, で二十五, で何, で充分, で少し, で山県公, で拍子, で末, で直に, で鋤, で馬鹿, とのこと, と云いました, と思われるでしょう, なあれ, なん, にじっと, にはたとえ, にも似合わない, にも少し, にも無理, に一ぱい水氣, に向かっ, に目, に面, ね, の, のお側, のくせ, のもの, のロシア型娘, の側, の分, の壁ぎわ, の女工さん, の妻, の方, の正, の物, の甥, の白い, の真, の眼, の組, の胸, の説, の谷, の趣, は, はございます, はみんな, はスミス先生, は向, は少, は從犯, は立っ, は絞, は自ら, は覚え, ばかりです, へいそぎました, へじいっと, へと魂, への義理, へは来なかった, へは進まず, へふりかえっ, へ出かけ, へ出かけました, へ半分, へ同時に, へ向いました, へ向け, へ小, へ振向い, へ突っ走った, へ肩, へ行っ, へ走っ, へ返し, へ頭, へ馳, へ駈け寄った, もある, もされた, も一人, よ, をきっと, をきょろきょろ, をすかし見た, をふりむく, を向い, を向く, を手, を指した, を振り向いた, を振り向き, を振仰ぐ, を描いた, を蔭, を見, を見上げ, を見廻した, を見込み, を見返らず, を透かし

▼ したその~ (782, 0.4%)

9 日に, 時の 7 日から 6 男の 5 人の, 日の 4 ために, 人は, 年の, 頃の, 顔は 3 ときの, 声を, 手は, 男は, 自分の, 道の, 部屋の, 顔を

2 [42件] あとで, おりから, たびに, ときに, ような, 一章を, 価格が, 声が, 奔入, 姿は, 姿を, 娘が, 家の, 家庭は, 扉に, 折の, 時, 時であった, 時に, 時代の, 時急に, 晩から, 晩に, 最初の, 男を, 留守中の, 直後に, 瞬間であった, 瞬間自分たちの, 碧潭, 種の, 結果として, 船板の, 花の, 花は, 若主人, 記憶が, 途端に, 頭の, 顔が, 顔に, 鬚だらけの

1 [613件 抜粋] あくる日の, あとだ, あとについて, いい例, いきさつも, うちに, うちの, おひる, お客の, お顔, かわりに, くせみみっちい, くせ物の, くせ誠実な, くせ閑雅な, ことと, ことについての, ころ既に, しかえ, しっぽを, せいだろう, ためでも, ためにも, とき, ときおそく, ときぱっと, とき一座の, とき本屋が, とき自分が, とたんちらりと, とたんです, とたんに, とたん艫の, ひとときの, まえに, やり方を, ようすを, わけ衣裳を, クリーム色の, スイセンが, ダンサア達と, ファッショイ連とは, 一つに, 一人の, 一人は, 一側面と, 一刹那, 一句として, 一喝の, 一帶の, 一年後の, 一歩手前に, 一瞬だった, 一粒種の, 一言を, 一隅に, 上へ, 上十五分以上も, 上多分の, 上極, 中から, 中を, 主人を, 乱れた髪, 乱脈ぶりと, 事が, 事である, 事につき, 事の, 事実を, 二つの, 二の舞が, 二人の, 二本の, 井戸側の, 人が, 人でなけれ, 人な, 人へ, 人への, 人妻は, 人物は, 他経済, 代とを, 代りあと僅かで, 代り山野に, 以前既に, 企図を, 位置を, 低圧力の, 体に, 何機かを, 作品の, 作品を, 作家が, 作用かも, 俳優は, 偶然の, 傳記が, 債主で, 像を, 僧形の, 先生の, 光が, 光を, 全部の, 全體, 六番目の, 内に, 凄惨に, 出会いが, 刀は, 別れが, 刹那ある, 刹那だ, 刹那だった, 刹那どう, 刹那解散の, 前後の, 力にも, 功績は, 努力が, 効果の, 勇気と, 勇気には, 勉強した, 動機が, 医者は, 千鶴子に, 午後です, 半ぺら, 半蔵も, 半襟を, 卑怯さは, 即日に, 原の, 原則という, 原因の, 原本にも, 原稿である, 収入と, 受取りの, 口を, 口惜さに, 名前が, 名前懷かしい, 名誉の, 周囲の, 味は, 品はを, 唇の, 嚢や, 回想を, 土地の, 地區は, 地方の, 城の, 基礎の, 報告書を, 場だけ, 場の, 場合の, 場所で, 場所に, 場所まで, 場限りの, 壁に, 壁紙の, 声に, 変更の, 夏二人で, 夜具の, 夜同門の, 大会で, 大型バスが, 大根の, 大臣に, 大蛇が, 天井は, 天海寺の, 夫人の, 奉迎門は, 契約の, 奔走の, 女と, 女に, 女の, 女性の, 女給さんは, 妾に, 娘は, 子が, 子の, 子供の, 宝石店の, 実践が, 実験の, 室の, 室内に, 室内には, 容器の, 寂そりした, 寝入りばなを, 寝顔へ, 寸詰りの, 小さい者, 小村の, 少しまえ, 少女の, 屋敷町の, 山の, 希望から, 帰りに, 年すらも, 年に, 底に, 廊下の, 弓姿, 強制の, 当時の, 当時毎日目に, 形相の, 影響で, 役者と, 後姿が, 御名, 御理由, 復讎の, 心事, 心情に, 心持は, 心持も, 心持を, 思惑が, 性格の, 怪しい者, 恐しい, 悲念の, 想は, 意味が, 意味での, 意味に, 意識を, 愚かさによる, 態度は, 態度尊大な, 成りあがりもの, 戦慄は, 手がかりが, 手下どもを, 手法を, 手足綺麗な, 払いさえ, 拍子に, 指輪であった, 掌に, 描写は, 握手は, 擾乱それからは, 救いの, 教師を, 教育方針を, 数が, 数頁の, 方面から, 旅には, 旅の, 旅行記に対して, 日大きな, 日本の, 日本らしい, 明るさ, 昔の, 映画は, 時から, 時だ, 時である, 時やあ, 時京都白川の, 時分は, 時刻の, 時懐中に, 時村に, 時玄関の, 晩の, 晩も, 曲り目の, 曲全体を, 最上位, 最盛時期には, 服装と, 望みは, 朝正造は, 期待は, 本尊様の, 根性を, 根拠と, 根本の, 格子に, 極点に, 楼の, 様子で, 様子や, 標準は, 橋の, 櫛巻古, 次に來, 次の, 正当な, 武力に, 武器が, 歳で, 母とが, 母らしい, 毒を, 毒蠅は, 気持が, 決断を, 法則です, 法師は, 泥の, 浪人者は, 涙ぐましい苦心談, 火は, 火星人は, 点から, 無住の, 無遠慮な, 犬の, 犬は, 獣の, 獣を, 現実が, 理由は, 生活事情を, 由来を, 画策も, 留学生は, 留守番の, 癖何処にとも, 癖口許の, 発見の, 白い新鮮, 白眼が, 白髮と, 皮膚が, 目は, 目新しさ, 直後の, 相手の, 眉な, 眉を, 真剣さは, 真摯な, 眼に, 眼によ, 眼射し, 瞬間から, 瞬間が, 瞬間である, 瞬間に, 瞬間出羽が, 矛を, 矢場主の, 石や, 社会と, 祟りを, 穴を, 窓, 窓から, 第一着手, 筋の, 節一夕東京の, 粗暴を, 細い足, 紳士は, 結婚の, 結果かくの, 結果が, 結果私は, 絶望の, 絹服の, 続きを, 緊張した, 縁が, 縁は, 織江が, 罪だ, 羽の, 翌々日垂井の, 翌三十日, 翌年の, 翌日だった, 翌日の, 翌日屋根の, 翌日特に, 翌朝である, 習わしである, 習慣が, 翼部の, 考えは, 耳もとへ, 肩も, 背中を, 背広姿の, 胴体に, 腕は, 腕へ, 腕を, 腿の, 色は, 芽に, 芽生えの, 若いの, 若者は, 苦心が, 英姿, 草全体を, 荷物の, 葉が, 葉巻の, 葡萄酒の, 蒼ざめた表情の, 蔭を, 藁の, 蛙の, 蟹は, 行事といふ, 術を, 表情が, 表情は, 西洋人が, 見懸銀納付者, 見識を, 覚悟が, 親心に, 言葉が, 言葉の, 訂正に, 計画は, 訳を, 説示だ, 調子が, 調子にも, 談に, 諸原因, 諸關係, 警官は, 議論の, 議論は, 販売市場に, 賃銭が, 質問が, 足は, 身体も, 車輪の, 軍人たちによって, 軽快愛すべしで, 辺に, 辺の, 返事が, 通りの, 運動こそ, 部分の, 部屋, 部屋に, 部屋へ, 酒を, 醫者は, 鎧櫃が, 長うございました, 階段には, 雲が, 雷は, 雷電の, 電車が, 面影ばかりを, 音信を, 頂飾が, 頃などは, 頃は, 顏も, 顏を, 顔には, 顔も, 顔熱い, 風光に, 風情は, 風貌は, 飛騨の, 養父に, 饒舌家は, 驚きに, 骨組みだけを, 鰡八が, 鳥は, 鴨だ, 黒い姿, 黒髪の, 鼻の

▼ したかと~ (741, 0.3%)

262 思うと 50 思ふと 43 いうと 21 いうに 20 思って 18 おもうと 12 いえば 11 云ふ 9 云うと 7 いふと, 思えば 6 云うこと, 云えば, 思う, 訊くと 5 云ふこ, 思われる, 申しますと 4 いへば, 云うに, 心配し, 思われるよう, 聞くと 3 いふこと, 思います, 思いますと, 案じて, 聞いて, 言うと, 言えば

2 [20件] いふに, おもって, 云って, 問うと, 嬲れば, 尋ねた, 尋ねると, 思ううち, 思うほど, 思うま, 思った, 思ってね, 思つてな, 思われた, 思われるや, 私の, 考へて, 見ると, 見るま, 詰問する

1 [161件] いいますと, いうごときこと, いうとね, いって, いつも心, いひますのに, いふとね, いふ事, いろいろ想像, おぼえて, おもうころ, おもわれて, お問, お思い, きくと, きまり悪く, ずいぶん探しました, それが, そんな事, ちょっと思うた, びっくりした, ゆうと, オリヴィエから, バルブレンに, 不思議がった, 云うのに, 云うよう, 云う事, 云う側, 云う動機, 云う問題, 云う声, 云う当時, 云っても, 云ふから自分は, 云ふと, 云ふ疑ひ, 云へば, 云われること, 仰しゃるのですか, 仰っしゃるか, 参列者は, 只今佐渡平の, 問いかけた, 問い掛けながら, 問うた時, 問うて, 問う老, 問えば, 問はれれ, 問ふたら答へる, 噂を, 太郎は, 失望した, 家来も, 尋ねお父さん, 尋ねたり, 尋ねて, 尋ねますと, 尋ねる, 後悔する, 思いながら, 思いましたて, 思いますが, 思い驚いて, 思うころ, 思うたが, 思うちね, 思うて, 思うとき, 思うに, 思うの, 思うやいなや, 思うよう, 思うイジワル, 思う内, 思う話, 思う間, 思う響, 思ったか, 思ったよう, 思ったらもう, 思った刹那, 思っても, 思つたら, 思つたわ, 思つてゐた, 思つて寂しく, 思つて見ます, 思はず胸, 思はる, 思はれるばかり, 思はれる位, 思ひますと, 思ひ家, 思ひ驚いて, 思ふ, 思ふやう, 思ふ時, 思わず胸, 思われたほど, 思われるばかりの, 思われるほど, 思われるほど父, 思われるほど華やか, 思われる程, 思われる音響, 怪しく思った, 惜しまれたが, 想像される, 慌てて, 我れ, 戸別に, 探したが, 推せられる, 推測する, 早合点し, 時おり思い出す, 母に, 気に, 申しますると, 申に, 疑つて, 痛まぬ腹, 皆に, 縁先から, 考えて, 考えると, 考えるの, 考へた, 聞いた, 聞いた時, 聞かれたらヴィクトリア女王, 聞きましたけれど, 聞き出そうと, 自ら尋ねたなら, 見えたとき, 見えたほど, 見えました, 見えましたが, 見えるや, 見ますと, 見まわすと, 覚えて, 言う二様, 言って, 訊いた, 訊きそう, 訊きただして, 訊ねた, 訊ねると, 訊問され, 詰問したい, 説かれて, 読者は, 調べられたらお前, 讀者は, 通人は, 鋭くきけ, 顔を, 驚き今日

▼ した~ (706, 0.3%)

23 でなければ 13 でないと, でのこと 1210 でその 9 でそれ, のこと 7 で初めて 6 でこれ, でなくては 5 でまた, にその 4 でこの, に更に 3 で之, で吾, で更に, で私, は御

2 [31件] お才さん, でなくっては, でなら, での此, でよく, で一人, で半, で始めて, で平岡, で御返事, で我々, で改, で教育, で是非, で死ぬ, で自分, にあたし, にいろいろ, にこの, になお, にまた, にやはり, に大樹, に彼, に高い, の事, の客, の鷹, わざと名, を男, 御親類中

1 [503件 抜粋] ある方面, いまだに要路, いよいよエジプト人, いよいよ仇討決行, いろ, おた, お別れ, お縫, お若, かの女自身, からそれ, からには是非, からはきっと, からはどうせ, からは上長, からドン, から丹念, から五六間向, から出た, から古い小さい, から巨大, から手拭, から長柄, この半歳, この床の間, この節, ご丁寧, さらに戸倉十兵衛, さらに聯絡, すでに結納, すばやく帰っ, そっと階下, その席上, その方, その端々, その肉塊, その足, その近く, それで聴かなけれ, ただちにタイプライター, たと, ちょいと, つ代, であくまで, であらためて, であれ, であんな, でいかなる, でお前, でお願い, でかける, できめたい, できょう日本, できれい, でことごとく, でさて, でさて又, でさらに, でしかも, でしか形, でしずか, でしつかり, です, ですこぶる, ですし, でする, でそう, でそこ, でそこで, でその他気, でそれから, でだ, でで, でとかさも, でどういう, でどうか, でどうも, でどこ, でなお, でなくちゃ, でなくつて, でなけりゃあ, での, でのよう, でのプロレタリア階級的, での一つ, での一見まとまり, での不平, での仕事, での卒, での協力, での国家, での姿, での対立, での帰結, での批判, での用法, での真実, での結果, での統制, での認識概念, での返事, ではじめて, ではわれわれ, では立体映画, では解決, でひとつ搦手, でふたり, でふだん, でまだ, でめいめい, でも, でもう, でもう一度, でもこれ, でもし, でもだ, でやっ, でやっと, でゆるゆる, でわし等, でわたくし, でキリスト, でフランス, でブツ, でボオドレェル, でマラソン二十キロ, でミネ, で一家, で七月八日, で三上皇, で三個, で世間, で両, で両隣, で予定, で二千円, で二時, で云, で今夜金吾, で今日流布, で仕事, で仕入れる, で以下, で何, で何処, で作らね, で例, で俺, で個人, で個別的原因, で僕, で儒者ふう, で優れた, で全員, で六年間苗木, で其前, で再び, で再び悠々, で出す, で出仕, で出版界, で分かる, で分析, で加えられた, で勝敗, で双方, で受洗, で口, で召し捕りました, で可, で各店, で同一, で呉田さん, で問題, で土, で土佐八, で墓地, で売り飛ばさう, で夏休み, で多少, で夜鷹宿, で天狗岩, で夫, で始まる, で始め, で定, で客, で實際家的, で封, で小次郎, で山の手, で山名, で巧み, で平次, で平田, で当否, で後者, で心, で必ず, で念, で恐竜, で恕, で息の根, で息子, で意識, で慣例, で憎, で戦争, で手, で手紙, で持ち込むなら, で採用, で推理, で政治, で政治的機動性, で新しい, で早く, で早合点, で明日, で時事問題, で更にハッキリ, で書い, で書物, で最初, で望, で朝飯, で本人, で松谷秀子, で林蔵, で棒, で次に, で歌, で死, で水墨, で河田町, で流れる, で渡し, で無ければ, で犬達, で猶且つ, で現今, で生かす, で用心, で申すべき, で発せられ, で白状, で硝子店, で確か, で突く, で立ち退こう, で第, で篤志, で結論, で統計的分析法, で翌年, で職務上, で船長手, で芥川, で若し, で菊石, で蓮行寺, で行動, で西洋, で覚悟, で親分, で觀音堂, で角蔵, で試運転, で話, で認める, で諸君, で警察, で譯, で起きあがっ, で身内, で返事, で追跡, で連句, で適当, で遺伝, で音楽史, とうとう現在, とは言, とは言い, ともかくどこ, と考, なおそれ, なお刺戟, なお自分ら, なれば, に, にあぶなく, にある, にいたされ, にいま, にお, にこれ, にごらん, にさらに, にしましょう, にしよう, にすでに, にそこ, にだいぶ, につくられた, につんつるてん, になおも暫く, にはじめて, には素晴らしい, にびくびく, にもし, にもなお, にもまた, にもコジラ, にも後悔, にも病的, にも種々, にようやく, によく, にカルト・ディダンティテ, にケイコ, にチャーチル, にラジウム, に一つ, に三村道益, に下痢, に不作続き, に両手, に二三十, に二人, に京都, に人, に今, に今後伝道費, に今後傳道費, に他, に伏しおがむ, に使うなら, に保護者, に俺, に僅か, に全, に其の, に写真, に出来る, に別, に南蛮寺, に古い, に各, に合理化, に地理, に坑夫, に増補昔, に大切, に天国, に嬲り, に学問, に家財, に宿屋, に少々, に少から, に少女, に島田, に工場, に巨大, に市内, に帰国, に帽子, に幸い, に幾度, に店, に張った, に彼女自身, に必ず, に忍従, に悠々, に我慢, に或, に手, に改めて, に政変, に日本, に明日, に時々, に水色, に沢山, に渡っ, に特に, に甚, に痴情, に発したる, に発狂, に皆, に私達四人, に空腹, に立っ, に筑波, に築き上げ, に紐, に総て, に自分, に色, に苺, に裳, に褒美, に西洋風, に覆ひ, に載っかっ, に遂行, に運転手, に適度, に金, に金色, に雪, に青ペンキ塗り, に頭巾, に食事, に首, のことゆえ, のその, の五十歩, の仕事, の保存, の公然, の我々, の方, の決定, の男の子, の神聖, の罪, の臨終, はあと, はお, はお前, はからず臺灣, はたとい, はもう, は一層, は下郎, は友人中これ, は嘸かし, は大いに, は女給, は後家, は早速, は最早, は朝茶どころ, は父, は直ぐ, は自分, は詩中, は軽く, は輕, は近々, は遠藤, は関東, は頑として, は風評, へ, へあくどい, へ中央, へ何, へ布, へ引火奴, へ梓, へ自分, へ蓙, へ蹲った, まず店口, またぱっと, また死体, また死體, をきりきり, を厚く, を恐れぬ, を気, 乗った船, 初めて一つ, 口やかましくて, 召抱えた, 同時に別, 名残惜しくも, 大きくなっ, 大怪我, 御薬園, 御藥園, 或る, 暫く手伝っ, 更に七軍団, 更に全文, 更に戸倉十兵衞, 更に頬, 殺して, 素知らぬ顏, 素知らぬ顔, 翌る, 若黨, 被り, 迎えの

▼ した~ (704, 0.3%)

26 である 1612 であった 11 だった 10 や女 8 があった, の顔 7 がある, だと, です 5 がいる, で, であつ, ですが, のよう, の声 4 が, がいた, であるが, でした, の姿 3 が一人, だが, だったが, だつた, だという, と女, なの, なので

2 [41件] かね, から東京行, があっ, があつ, がありました, がすぐ, がそこ, がその, がふと, がノソリ, が二人, が今にも, が出, が出入, が大, が幾人, が怪しい, が火傷, が破, が立っ, が腰, ではない, で一人, で当時人心, で身長, というの, といふの, なん, に颯, の人, の体臭, の影, の心, の話, の頬, まさりの, もある, もいた, を見た, を連れ, を頼っ

1 [436件] あります, あ坂の下, か, かが持っ, かさもなければ, かのどちら, かも知れません, からより, から二百八十円, から御無沙汰, か御存じ, があぐら, がい, がいい, がいちばん, がいったん, がいま, がう, がうしろ, がうまく, がうろうろ, がお, がお前, がきました, がここ, がこちら, がこんな, がしょぼん, がそういう, がそれ, がぞろぞろ, がたずね, がつかまつ, がとがめる, がどこ, がない, がぬっと, がの, がはいっ, がひょっと, がぼんやり, がもう, がもにはツンツン, がやって来た, がやはり, がよろよろ, がゐ, がギロッ, がヌッ, がパイプ, がブラブラ, が一つ, が三, が三人, が三四人, が不平相, が不意, が事, が二口目, が云った, が人待ち顔, が仮, が偽物, が入っ, が公園, が六七人, が助手, が半鐘, が呼吸, が唖, が坐っ, が大の字, が女, が妻楊枝, が居る, が幕, が平次, が床, が彼, が徳市, が懐手, が手, が旅費, が昔, が朝寝, が来, が来た, が来る, が果して, が案外, が沓, が沼南夫人, が溺死, が火, が片手, が犯人, が犯罪者型, が猟犬, が現, が白い, が盆踊, が直立, が相手, が真犯人, が着物, が磐石, が窓, が立ち上る, が笑つて, が笠, が署長, が腕組み, が腹, が自分, が自動車, が舞台, が舳, が船, が荷車, が蔵, が血まみれ, が見物人, が言いました, が足, が足場, が車室, が近頃, が金剛杖, が鏡, が長い, が附い, が降り, が頻りに, が首領, が黒い, さしたる過去, じゃからよ, じゃない, その栄誉, だから, だからとて, だけに最初, だけは間違ひも, だったの, だったらこれ, だつたの, だつて, だとは, だの, だよ, だ人, っていうの, であったが, であらう, でありまして, であります, であること, であると, であれ花恥, でいかにも, でございました, でございます, でしたがね, でした彼, ですから, ですよ, でずうずうし, でそしてまた, でその, でとき, ではっきりどんどん, でひどく, でまんざら, でもあッ, でもその, でも帰っ, でよく, でマユ, で二十七, で今, で何ん, で北露漁業権, で原稿紙, で噺, で垢, で女房, で実に, で彼女, で微笑, で振分け, で支倉, で柔術, で涎, で漆, で灰色, で自分, で自分以外, で艪, で茶屋開始者五郎兵衞老人, で茶色, で見る, で赤く, で酔つた時踊, で醉つた時踊, で青い, で青年, で黒褐色, と, といふ男, とがゐ, とが人混み, とが出, とが廊下, とこの, としての一生, とちがっ, との意見, との顔, と二人, と初めて, と別れ, と別れる, と前, と同, と外出, と大きな, と女中, と妻, と思います, と手紙, と熊坂, と神, と話し, と認めた, と踊る, と酒, と頬杖, と鼠, などはあいかわらず, ならねえ, に, にあんな, にうまい, にきいた, にすぎない, にたよっ, になった, になんか, にはただ, にはわれわれ, には金輪際, にま, にめぐりあふ, に不満, に五千両, に内密, に出遇った, に名前, に向っ, に嫁, に対する積極性, に復讐, に心中立て, に抱きつく, に活, に縋り付いた, に褒美, に言った, に訊いた, に詰め寄つた, に貢ぐ, に較べ, に部屋着姿, の, のいずれ, のうしろ, のお, のこと, のたま, のため, のなか, のひと, のやう, の一人, の事, の体, の例, の像, の兄弟たち, の児, の兒, の利己主義, の勇気, の名, の土地, の太い, の娘, の学士様, の屍体, の後姿, の忠実さ, の恋愛, の息, の態度, の所, の手, の持物, の指, の攻撃, の数二百一人, の方, の机, の棲ん, の権, の死体, の眼, の瞳, の破れた, の立っ, の背, の脛, の腕, の血液, の表情, の誰, の足音, の身元調べ, の遺言, の遺骸, の部屋, の頭, の髪, はいちど首, はいったい, はいよいよ, はこの, はこんりんざい, はそう, はその後技師, はだれ, はどう, はない, はなん, はねえ, はぱッ, はま, はもう, はもはや, はやつ, はよく, はよろめき, はドス, はドレゴ, はベット, はヨハネス・ニーマント, は一つ帰依, は一挺, は今, は何人, は八五郎, は其の, は去, は吉原名題, は同じく, は命がけ, は四十位, は大嫌い, は失礼, は如何にも, は安堵, は少し, は島, は左手, は役者, は得, は或, は手, は汐見式, は無かっ, は父, は独楽, は用心, は神, は神田, は穏やか, は笠井, は経過, は薄い, は詮方, は警視庁, は議論, は蹲, は階下, は非常, ばかりです, ひじょうに才智, も, もあった, もその, も一つ, も一名, も何時, も余り, も共に, も分かりました, も大いに, も自分, や男装, よりかいたずら, よりも確, よ汝, をいっしょ, をいまいまし, をずい分知, をとりかこみ, をふと, をまじろぎ, をよく, をわれわれ, を取, を尾行, を幸福, を想像, を捜査中, を新宿駅, を犯人, を見る, を見れ, を認める, を連想, を雇っ, 惚れの, 振にて, 違いますよって, 面白い対照, 面白い對照

▼ したといふ~ (676, 0.3%)

48 のだ 27 ことは 23 ことが 16 ことだ, のは 15 のか, のだらう 14 のである, やうな 12 ことである, んだ 11 ことで, ことを 10 のも 9 事だ, 話を 7 のです 6 ことに, ことも, のが, やうに, 風で 5 わけで, 事は 4 ぢや, ので, んだらう, 事が, 事である, 事に, 位の, 感じが, 方が

3 [11件] ことにな, ことの, のを, 事も, 噂は, 様な, 話で, 話でした, 話は, 風に, 點に

2 [25件] ことから, ことであります, ところに, のさ, のなら, わけです, んで, 不思議な, 事実も, 傳説に, 古瀬戸の, 噂が, 噂の, 噂も, 噂を, 報道が, 場合は, 意味の, 意識に, 樣に, 程あつ, 程でも, 而し, 話, 話が

1 [248件] うちに, おぢ, お客にも, お話を, くらゐだ, ぐらゐのことで悲鳴と共に, ことさへ, ことただ, ことだつた, ことであり, ことでした, ことと, ことなぞが, ことなど, ことによ, ことや, こと丈け, こと以外には, こと夫れ, この祭典, これは, しオランダ, そして私, その富, その涙, たいした理窟, ためしは, ところから, のださうです, のだつた, のには, のよりも, はがき, ものだつた, ものは, もんだ, やうなう, よし私, わけだ, わけぢや, わけも, んかね, んだい, んだい白状の, んぢや, んです, んや, イギリスの, ニュース洋子より, ニユースを, ローマ旧教の, 一事を, 一埒を, 一点だけ, 一珍談が, 一節が, 三千年の, 下女の, 世界圖は, 世界無比の, 事だけは, 事で, 事などを, 事や, 事を, 事実である, 事実の, 事実は, 事実を, 事實が, 事實である, 事實の, 事實を, 事實古い, 事柄に, 二人の, 五十年配の, 人, 人の, 人間に, 伝説だ, 伝説の, 何等の, 例の, 例も, 係の, 傳説は, 傾向も, 兄の, 充実感は, 充足感を, 其中庵は, 其中庵も, 出雲の, 劇でも, 匕首は, 口実である, 古いもの, 名義干犯の, 名譽, 味も, 和時計, 善哉, 噂さが, 噂さへ, 噂でした, 因縁から, 國府の, 地所は, 報告を, 報知が, 堺商人の, 塚田の, 外に, 夜お, 夜着の, 大きな男, 大事な, 天才の, 女の, 婦人が, 寺が, 対象は, 小艶, 岩も, 島, 幻色の, 廉で, 形あり, 形です, 形に, 彼女は, 後味の, 心構えには, 思ひも, 悲しきお知らせ, 意味が, 意味で, 意識は, 意識を, 感じである, 感じは, 感じよりも, 感じ方, 慾張だ, 憂ふ可, 手紙を, 插話を, 断り状だつた, 新土地, 新聞を, 時には, 時の, 有名な, 東海道の, 梗概が, 様に, 樣な, 樣子が, 武勇を, 武骨一片の, 段に, 江戸の, 汽車かも, 消息を, 点ああ, 点で, 点に, 父の, 特徴を, 猿が, 甚助の, 由緒書の, 男で, 異例の, 痕跡のみを, 盧舎那仏の, 相違が, 確たる證據, 確證が, 程だ, 程では, 程の, 程度であり, 穏か, 立派な, 笑話が, 第一路總司令官, 紀念日が, 経緯は, 経験も, 經驗は, 縁故から, 羽賀寺縁起の, 自覚を, 自負の, 舞鶴園が, 草鞋を, 菊形の, 西依, 見方が, 親爺も, 言ひ, 言葉は, 記事は, 記事を, 記録が, 記録は, 許りで, 訴への, 評が, 評判だ, 評判である, 話ぢや, 話です, 話な, 話など, 話の, 話も, 説の, 説は, 説も, 調子な, 證據が, 證據も, 證明が, 譯である, 譯では, 越後屋の, 趣きが, 通知が, 通知を, 逸事も, 逸事や, 逸話が, 逸話は, 關係は, 電報を, 顔付, 風が, 風にも, 風も, 風聞が, 馬顏の, 馬顔の, 點で, 點においては, STといふ

▼ した~ (669, 0.3%)

11 であった, の顔 10 の人, の声 98 があった, のひと 6 だと, でした, の姿 5 が出, だった, のよう, は其 4 だから, ですから, の心

3 [15件] が, だつた, であつ, である, ではない, と別れ, のこと, の児, の方, の眼, の言葉, の頬, の頭, は, を見る

2 [46件] か, があつ, がある, がい, が一人, が何人, が泣き, が素, が見える, さ, だし, だという, だとも, だ分, であります, ですがね, ですよ, でなければ, というの, という女, としての悪, とすれち, とその, と男, と素人屋, なの, なり, なん, になっ, になった, になる, に相違, に貴方, に違い, のお化け, の人達, の兒, の半襟, の底, の様, の返事, の首, は私, もある, よ, を妻

1 [415件] あらいや, ありて, あわただしく来り, から半襟, か花, があおむけ, があっ, があるだらう, があるだろう, があわて, がいずれ, がいた, がいる, がこちら, がしかも, がしきりに, がすつ, がせっせと, がその, がぞろりと, がたくさん, がだらし, がちょうし, がぢ, がとおれ, がどうか, がなつ, がやはり, がゐた, がタクシー, が一人通り, が不機嫌, が両脚, が中, が二人, が二人三人, が交つて, が仲町, が伝公, が何うし, が侍女, が働き, が凱歌, が十九, が厭, が可, が商人コート, が坐っ, が大, が好き, が客商売, が寸分, が尋ね, が少し, が居, が幾度, が座敷, が彼, が彼方, が急い, が或は, が手, が散歩, が文身, が新, が曲舞, が来, が案外, が永年, が泣き込ん, が無事, が現れました, が現存, が現実, が瓦盃, が私, が稀, が立っ, が立つ, が素足, が縫物, が膝, が自分, が良心, が裏, が見え, が通っ, が通った, が通る, が野猪, が錦紗, が靴, が音, が顔, が黙っ, じゃない, じゃ他人, だか, だからと, だからの, だが, だけあ, だけに忘れない, だそんな, だったが, だったそう, だったに, だつたが, だとは, だな, だなんて, だのかなり, って優しく, で, であけすけ, であって, であらう, でありまた, であり自分, であるかも, であるが, であると, であるとも, であろうと, でこれ, でしたよ, です, ですからね, ですが, ですね, ですの, でとても, でないこと, ではありません, ではござりませぬ, ではなかっ, でもある, でわたし, でナア, で一人, で元, で夫, で年, で年輩, で捕えよう, で猪, で生まれ, で私, で芸, で身体, で長く, で顔, と, というもの, というやつ, といふの, としての感情, としての眼, とちがっ, とつながっ, との仲, とはみんな, とまるで, とよろしく, とウィルソン, と一人, と二人, と云, と壇, と歩い, と知っ, どろぼう, なぞはいない, などがぞろぞろ, などの上, などは作者, などもいる, などを見かけ, ならそう, なら夢中, に, にこの, にすぎない, にそうした, にそんな, にちがい, につながっ, にとって家庭, にとつ, にどんな, にならなく, になり済まし, になれる, には如何にも, にめぐり, にも一つ, にも逢う, に上方言葉, に冠せた, に向, に多い, に思ってた, に成れ, に方角, に未練, に案内, に横恋慕, に紛れ, に聲, に近づく, に逢, に逢いました, に馬券, ねえ横着, のある, のお子さん, のお話, のかい間, のからだ, のだらけた, のなか, のひとたち, のひとり, のほう, のまわり, のもの, のやう, の一軍, の万歳, の乞食, の乞食姿, の乳, の事, の事故, の仕事, の仲直り, の公民権, の写真屋, の刺繍, の創作物語, の右腕, の唄, の噂, の失心, の奥, の好き, の妹, の嬌羞, の家, の家庭生活, の宿帳, の寿命, の尋ね, の少く, の居処, の張り詰めた, の影, の御, の心持, の心理的衝突, の心臓, の思ひ切つた, の悪阻, の愛犬, の感覚, の態度, の慘, の懐, の手, の手首, の抱合つた影, の数, の横姿, の横顔, の武家, の歯糞, の死人形, の母, の気儘独断, の氣持, の生理, の用, の白い, の目, の着物, の瞳, の移り香, の種類, の窃, の笑い声, の精神, の羽織, の聲, の肩, の胴体, の胸つき, の膝, の自業自得, の自然法則, の英語, の行商人, の衣類, の衰, の裁縫師, の西洋人, の話, の語気, の調子, の貌, の足, の身体, の霊, の面, の面影, の頭髪, の骸, の高笑い, の髪, の髮毛, の髷, はあの, はあれきり一度, はおとなしく, はきず, はその, はそれ, はとうとう, はどう, はどっか, はない, はなし, はみんな一味, はめった, はロシア, は一人, は七年, は万引, は今, は安, は宿, は少年, は尼, は座, は彼, は微か, は情夫, は此処, は殆, は生き, は男, は皆, は立っ, は答えました, は細君, は結婚, は腹, は襟, は誰, は高尚, ばかりになります, ばかり見, への突発的, へは或, もあった, もいた, もその, も泣く, も深窓, も眠っ, も見た, も道具, やがてかいがいしく, や子供たち, や安, や毛ぎらいばかりしている厭, や溜め, や男, や眼, や自分, や髪, よりも反っ, をかえす, をきつけ, をその, をつれ, をなおした, をよせ, をポール, を仮, を出す, を十年, を威喝, を弟達, を想像, を意味, を探す, を楽しましめる, を殊に, を油紙, を独占, を生, を相手, を罰する, を自分, を表す, を見, を見た, を調戯, を連れ, を選んだ, 即或, 及び籐, 新生活, 殺した女, 無政府主義者ジェルメン・ベルトン

▼ したため~ (649, 0.3%)

12 である 11 であった, にその 8 にかえって, にこの 7 だ, だった 65 しがない, であらう, ではない 4 であろうと, にこれ, にそれ, に彼 3 であるが, であろう, です, という, にその後, に僕, に私, に自分, ばかりで

2 [47件] かもしれない, させた, しがないの, しがなく切符, しがなく学校, しもない, だと, だろうが, であって, であります, でその, でもある, にこれら, にすっかり, にせっかく, にそういう, にそんな, についに, にとうとう, にやって来た, に二人, に人間, に全く, に各, に大, に大きな, に学校, に小説, に当然, に恐ろしい, に感度, に最初, に生き, に生じた, に百姓一揆, に精神, に胃袋, に自然, に船宿, に菊五郎, に遂に, に非常, に風邪, もある, 禿げた大野, 終ると, 終わると

1 [427件] あったら十七万石, あわれこの, いやおう, いよいよ軍部, おいたこの, おき手, か, かあの, かあるいは, かえって月江, かかる用, かしら, かそれとも, かとまで考えられる, かと思われる, かどちら, かなりこんだ, かの警官はつ, かもしれぬ, か信用, か分らない, か壁板, か妙, か旅金, か至って, か血色, か頭, ける, けるさりとて, この発見, さう, させこれ, させそち, させて, しかと血判, しがない女, しもなし, しも無い, じゃない, すぐ蜀, すっかり疲れ, すわ, そういう問題, そのあと, そのとけた, その作, その儘, その時, それから伏見, それから通帳, それに四, たかきつけ, たりする, たるは, だったそう, だつたやう, だという, だろう, だろうか, だろう少し, だろう言葉, ついに事, つかわし候間, てあつた, てっきり元木, であったが, であったこと, であったろう, でありいま裏日本, でありこれ, でありましょう, であるか, であるかの, であるかも, であること, であると, であるといふ, であるなぞ, であるに, であろうか, であろうが, でした, でしょうか, でそれ等, でなければ, ではある, ではなかっ, ではなかつた, では断じて, では無, でむしろかえって, でもあった, でもあつ, でもあります, で以, で古代, で墨説, で教育家, で明治以後, という条, といっ, とか心掛け, としか思われない, と思え, と見る, と言う, なお御, ながら, ながらも例, ながら四辺, ながら当時三十三歳, ながら心, なければ, なむ学問, なん, なんとなく他所行き, にあたら, にあの, にいずれ, にいまだに, にいよいよ, にえらい, にお父さん, にかかつ, にかく, にか遺族, にこういう, にここ, にこれら民族, にさらに, にしかる, にす, にすぎない, にすらすら, にずいぶん, にそう, にそこ, にその間, にそれら, にただ訳, にたちまち, にちがい, にちょっと, につい, につとに, にである, にできた, にとんでも, にどう, にどういう, にどんなに, になにか, にひとり, にひどく, にほかならぬ, にまたは, にまだ, にまる, にまるで, にもう, にもと, にやらない, にわかに体, にわれわれ, にエネルゲチック, にシナ本国, にステンダール, にパントポン, にパ行音, にフニャフニャ, にラドロナ, にリスト, にルスト, に一八四九年アメリカ, に一層, に一島, に一頭, に七つの海, に三沢派, に不平, に不消化, に不測, に世人, に中央, に中学, に主人, に二三, に云わなかつたらしい, に人, に人民, に今, に以前, に仮り, に住宅, に何, に何もかもすっかり, に何百年, に余計, に使節団全員, に例外, に働けなくなった, に兄, に八方, に公平, に六郎, に兵火, に兵部卿, に具体的, に出かけた, に出来た, に出発, に分らなくなる, に助かった, に勤王, に匪賊, に十万両, に十萬兩, に卓一, に却って, に却って一層, に原作者, に口中, に吉野, に名前, に名田, に君, に商家, に問屋, に喘ぎ, に四, に土着, に増加, に売上げ, に多く, に多数, に夜, に大いに, に大概, に夫人, に奥さん, に女王, に子供たち, に孔子, に孔子さん, に学問, に孰, に安島, に客殿, に宮, に宮廷, に宰相田沼殿, に家康, に富岡, に少く, に少し, に山, に山中, に岡田氏, に左右対称, に師, に帰り, に常陸, に平士, に幸子, に座敷便所, に弁信, に引地, に彼ら, に彼女, に後, に後世領主, に従来二十七年, に忌引, に思い, に思わぬ, に急, に恥, に愛, に感動, に成立, に戦, に手傷, に手入れ, に捕へられた, に捕らえられ, に捜査, に掠奪, に支那, に放課時間中, に放逐, に文科, に文覚, に斯樣いふ事, に新築地, に明山侯, に映画自身, に時に, に更に, に最近, に木, に本当は, に柿崎, に機械油, に次郎, に此語, に歴史, に死んじまった, に死体, に殺された, に母, に毒杯, に気, に水の泡, に氷, に決闘, に流産, に流行, に深川, に無, に熱田, に父, に物思い, に理智, に生ずる, に生れた, に生兵法, に生前, に生活資料, に男, に病床, に皇軍, に盲, に真物, に破産, に神経緊張, に約, に約束, に罰, に翁, に老, に老人, に胸, に脈管, に脳貧血, に臣下, に臥せった, に自ら, に自己, に英仏米諸国, に落第, に著しく, に虎, に蜘蛛, に裁判, に見る見る, に認識原型, に警察, に貧民, に貴女, に起こった, に起こる, に起った, に跡, に身, に車はずるり, に迫害, に途中, に通夜, に通知, に遲, に郵便局長, に銘々, に院, に陥った, に隅, に階下, に馬籠, に龍王, のお蔭, の成果, の打撲傷, の治癒係数, ばかりでなく, ばかりに起っ, ひとりでに目, ひどく疲れ, また, また使者, また腹, まゐ, もあっ, もありましょう, もしくはその, ものかきおき, ゆうゆうと, らしいだるい, らしかつ, 一躍高名, 出した, 到底貧困, 又, 大事件, 大津浪, 小さくなった, 少し右, 思わずみんな一個所, 思わず取り逃した, 急いで, 惜しいかな, 次ぎに, 涙ぐみて, 深い深い紫色, 申し候, 真ッ先, 禿げて, 終れば, 終わった, 終わった手紙, 終わって, 総攻撃, 若い人, 追捕, 送ったの, 遂に退却, 遺して, 頓に歌舞伎俳優, 黒く焼け

▼ したまま~ (613, 0.3%)

9 黙って 7 だった, である, でいる, になっ 5 でした, 動かなかった, 死んで 43 であった, でいた, です, のよう, の姿, 動かない, 坐って, 突っ立っ, 立って

2 [30件] いくら呼ん, しばしは, その場, で, でその, でまた, で両手, で凍え死ん, で姿, で残っ, で言った, なので, の状態, の私, ふといつかペン・ネエム, わずかに, を直接, スラスラと, 云った, 倒れて, 帰って, 揺られて, 泣いて, 泳いで, 点頭いた, 白け渡る, 睡って, 置いて, 頷いた, 黙りこくって

1 [470件] あの屋敷, あらためてぼく, あらゆるもの, あれあの, いい匂い, いう, いうの, いきなりべ, いくら経っ, いそいで, いつしか居眠ってるらしかった, いつもの, いまだに約束, いまだに行方, いまだ帰っ, いること, うつ伏して, うなだれて, うわごと, おどおどし, おやかましゅう, お別れ, お君, お妻, お杉婆, お照, お膳, お葉, か, かう云, かう巡査, かくして伊兵衛, かれの, ぎらぎらし, こういう話, こういっ, このいさかい, この枝, この病院, ころんだと, こわごわもう一度新聞, ごろごろ寝転ん, ご死亡, さっさと行こう, さらに沖, しかし私, しかし腹, しきり, して, しばしがほどは, しばし額, しばらくは, しばらく動かなかった, じっと北, じっと小舟, じっと小首, じっと末起, じっと眸, じっと考え, じっと聞い, じっと虫, じっと見, じろじろと, すごい勢い, すっくと立ちあがった, すねたよう, すやすや寝, すれ違った人, ずいとその, ずいぶん長い, そう呟いた, そう言っ, そっとどこ, そっと宝物, そのあいだじゅう, そのまえ, そのまま沈黙, その思惟, その方, その無慈悲, その笛, その紙, その行動, その音, そんなこと, ただぐったり, ただそのまま, ただ彼, ただ白い, ただ耳, だが彼女, ださうだ, だし, だったよ, だつた, だまって, だらりと, ちらと, ついに息, つい話しこみかけ, つき手, つくねんと坐っ, つっ立って, つまみを, であったが, であったけれど, であったの, であって, であらわれる, であり唇, であるが, であるの, でい, でいたずらに, でいつ, でいました, でおう, でおります, でここ, でさっさと, でさながら, でしょう水, でじっと, ですう, ですし詰め, ですでに, でそのまま, でその後なん, でつい, でついつい, でないしは, でにくらしい, でにこやか, ではいられなかった, ではまだ, ではもう, では坐られない, でひとまず, でまだ, でも心, でゐ, でゐた, でゐる, でフレンチ, で一ヵ月余, で亡くなった, で人, で儲ける, で再び, で別れ, で剣風相, で動い, で千鳥ヶ浜, で又, で叔父, で口, で名人右門, で善後策, で堂内, で大石, で家, で容易, で小半日, で小太郎, で小屋, で山, で帰っ, で帰ります, で廊下, で彼, で忙わしそう, で急がず騒がず, で恥じ, で或, で掘り出される, で敬四郎, で満足, で病気, で直に, で真面目, で研究室, で私, で私たち, で立ち去った, で立っ, で終る, で翌年, で肩, で草, で誤字, で誰一人身動き, で走った, で足, で足早, で通り魔, で過ぎる, で鎧扉, で靜, で頭, で鯉口, とうとう覚醒, とうにすやすや寝, ときどき立ち止っ, とつと, どうやら居睡りで, どっと疲れ, なおも人垣, なかなか面, ながいこと, なんとも, にすて, になつて, に伝った, に作画, に思わず, に拗け, に放任, に放置, に書い, に溜っ, に番組, に直立, のそら, のっそりと, のやつ, のマリーナ・イワーノヴナ, の二つ, の二十面相, の位置, の全速力, の壁, の姿勢, の山県紋也一人, の左孝, の怪盗, の恰好, の所見, の掛棹, の散弾, の服装, の本質, の牛乳, の眸, の空気枕, の老朽線, の自軍, の荷物, の評価, の赭, の野本氏, の闇, の顔, の香り, はかばかしく受け答え, ばたりと落ちた, ばったりと, ひっぱって, ひとしく一天, ひどく粗野, ひょいと飛びついた, びくとも, ふふん, ふらふらと, ぶらぶらし, ぶらぶらと, ぷいと戸外, ほとんど動かなかった, ぼんやりおちよ, ぼんやり庭, ぼんやり歩い, ぼんやり母, ぼんやり空, まじまじと, またまたジリジリと, また主君, また正気, また無造作, また父親, まだつかまらない, まだろくに片づけ, まだ何事, まだ姿, まだ帰っ, まだ帰らない, まだ息, まだ東京, まだ渡してない, まっくら, まるで自失, みゆるし, むこうへ, むしろ楯氏, もう一度御, もう物, やはり, やはり中, やはり壁, やや暫時, ゆうゆうと, ゆっくり流れ, ゆったりと, ゆるい崖, ゆるすとも, わざと大仰, を書く, を長く, グルグル巻き, ズルズルと, ブルブル身体, ヨチヨチと, 一向に返事, 一向取合っ, 一寸もうし, 丁度この, 丁度細かい, 乾いて, 仕掛けようとは, 仕立てずに, 仰ぎ見も, 低い声, 何ともその, 作りつけた人形, 倒れこれ, 先ず進みましょう, 全然反応, 其の慘め, 再びベッド, 再びベツド, 再び病院, 再び瞼, 再び靴跡, 冷えかたまって, 冷たくなっ, 冷たく笑っ, 凝って, 凝と, 出しそびれて, 出て, 出来るだけ, 別れたくらい, 動かずに, 動かないの, 動かなくなった, 動かぬ侯成, 動きません, 動き得ないで, 動き得ないよう, 厚い渋紙, 去って, 又もと, 叩きつけられたよう, 叫んだ, 同じ処, 同じ金鈕, 同時に進行, 向ひあ, 吸いつき合った, 呆然と立ちつくした, 呼びとめる勇気, 固まって, 堅くなっ, 堆高く積まれ, 大きくユックリ, 始めて話, 嬉しそう, 寄りかかり, 寝たり, 小ゆるぎ, 少しも, 居残って, 左様一時間, 巻いて, 帰らないという, 帰らないので, 帰るの, 平然と二人, 平然と敵, 引っ担いで, 忘れて, 忘れるとも, 怒ったよう, 怒鳴つた, 思わずそこ, 恐ろしい目, 悠々と, 悲しげに, 或大きい, 戦ことった云うもん, 手馴れた講義, 折々爪, 押し冠, 担ぎ出しまして, 拡げた胸, 振り返った, 捗どらない制作, 擦って, 散りも, 早く元, 明るい車内, 時々は, 時々下駄, 暗い所, 暗い顔, 暫くじっとし, 更けて, 極めて平気, 極めて無造作, 次第に両方, 死んだの, 死んだ様, 残って, 消さずに, 深い考え, 深讐仇敵, 激しく喘ぎ, 熱い湯, 片眼, 狂おしい沙門, 珍しく眞面目, 生きて, 白い眼, 眠って, 突然に, 立たなかった, 立ちさって, 立ちつくし, 立ちつくした, 答えた, 続けた, 考えて, 考えながら, 聞いて, 聴いた, 舞い続けたと, 落ちないから, 行こうと, 見るとも, 見送って, 訊きかえした, 訊ねた, 訪ねる人, 讀んで, 起きようとも, 起き上る力, 踊って, 躍り上らむばかりに喚, 身じろぎも, 転がって, 軽々と持ち上げ, 退かない, 退く者, 逃げ去った, 通りすぎようと, 進みました, 遂にその, 遂に蘇生, 運ばれたに, 長い坂道, 長い長いあいだ, 陰気臭くずっと, 隣りの, 青白い冴え返る, 静まった, 飛び起きた, 駈け違う騎馬隊, 黙して, 黙り込んで, 黙然とただ, 黙然と見, 黙然と面

▼ した様子~ (580, 0.3%)

47 です 2320 をし 15 であった, である 12 でした 9 もない, もなく 8 であったが 7 だ, を見 6 だった, でしたが, ですが 5 がない, はない, もなかっ, を見せ, を見せなかった 4 だったが, であつ, でその, でまた, で私 3 が見える, で急い, で立っ, で自分, もなかつた, も見えない, を見る

2 [24件] がいかにも, だから, だが, であります, でお, でそれ, でそれでも, でやがて, で口, で彼, で急, で肩, で腰, で額, になった, になり, に見えた, も見せず, も見せなかった, をした, をする, を私, を見せた, を見せなかつた

1 [276件] から察しられる, から皆世間, から考える, があっ, がいっそうはっきり, がいつ, がうかがわれる, がお, がおかしい, がなけれ, がやき, が何, が却つて滑稽, が大抵, が気の毒, が目立っ, が窺, が窺われる, が蔦, が見, が見え, が見えず, して, じゃない, そこで娘, だったけれど, だったけれども, だつた, だつたが, だとか, だ秀子, であったかれは, であと, でありました, でありますが, であるが, である余, であッ, でいきなり, でいつ, でいつも, でこちら, でございまして, でしかし, でしたよ, でじっと, でそそくさ, でそろそろ, でちょっと, でついて行った, でなか, でながめ, でなよなよ, でのッそり腰, ではいっ, では何, でひろ子, でふり, でぼんやり, でまだ, でもあった, でやや, でわざと, でわたし, でオリヴィエ, でゴーリキイ, でソレ, でチマ, でテーブル, でトシ, でビアトレス, でビュルストナー嬢, でフラフラ, でホテル, でポケット, でマリユス, でマン, でモデスト・アレクセーイチ, で一ト風呂, で一軒, で七兵衛, で下, で両, で二人, で云った, で互に, で人々, で今度, で会話, で何, で信吉, で僕, で光丸, で凝っと, で出, で判断, で午後, で反対, で四方, で坐った, で坐り, で墓碑, で声, で夏, で外, で大股, で妙, で安楽椅子, で家, で小, で小さな, で少年, で川沿, で帰っ, で帰つて, で平伏, で幾度, で店先, で店口, で引込め, で彼女, で後, で徐ろ, で忽まち走り, で思い切った, で戸, で戻っ, で手, で抗言, で振り, で振り返りました, で暫らく昇, で暫時, で曲り角, で有体, で林田, で梯子, で歩き出した, で江戸, で滅茶滅茶, で物, で畳表, で白い, で百メートル, で皆, で真, で真赤, で眼, で碌, で穆順, で立, で立ち, で立ち上った, で立ち停った, で立ち止まった, で立ち止まりました, で立つ, で立去る, で立派, で答え渋っ, で縁側, で群がっ, で苦り切っ, で茶の間, で茶器, で茶室, で行進, で見送った, で言い聞かせた, で言葉, で訊いた, で訪ね, で語り進めました, で語調, で説明, で足早, で身体, で身動き, で身辺, で近寄っ, で這入, で重三郎, で長閑, で階段, で離れ, で青白い, で頭, で顔, で顔色, で黙っ, でS子, とがあたかも, と同時に, などはない, などもまた, などをいろいろ, などを見る, にがっかり, にすっかり, については何事, につけこん, にて少し, になる, にはその, には一種, には確, にも見えなかった, に何, に俺, に宗助, に彼, に此方, に気, に源助, に私, に見える, に起因, の小さな, の底, の漂っ, の灰色, の男, の若者, はあまりに, はいくた, はいっこうに, はお, はし, はそのまま, はなかっ, はまことに, は全く, は少し, は尽きぬ, は幾らか, は悪人, は意外, までがただ, もありません, もありませんでした, も無い, も見えず, やこの, や手がけた, を, をかくさず, をすっかり, をちゃんと, をちょっと, をなさいました, をみ, を一目, を不思議さうにジロ, を不思議そう, を人, を伝えた, を外, を帯び, を彼女, を心, を思ひ, を手まね, を気づかっ, を眺めた, を示し, を示した, を考える, を見せない, を見せぬ, を見せまい, を見せよう, を見た, を見つめ, を見ます, を見守る, 出るの

▼ した~ (575, 0.3%)

5629 で云った, で言った 17 だった 14 でいった 12 であった, を出した 6 である, でいう, でこう, で叫んだ 5 だ, でお, になっ, を出し 4 が聞えた, で云う, で答えた, で言, をだす 3 が聞こえ, が聞こえた, でいい, で言っ, をし

2 [30件] がきこえ, がする, が家, が耳, が聞え, が障子越し, だが, だつた, であつ, でかう, でこたえた, です, でそう, でつづけた, でどなった, で云, で数, で物, で私, で自分, で自己, で言いました, になった, には女王, は慥か, をあげ, をかけ, をだした, を出す, を張り上げる

1 [267件] かと見えた, がいま, がうながした, がかかった, がかすれ, がきこえる, がこう, がし, がした, がすぐ, がそこ, がついに, がとびだした, がどこ, がはっきり, がひっきりなしに, がひびい, がやかましく, が一寸, が一層, が三人, が下, が云った, が人気, が今, が低く, が入口, が出る, が受話器, が咽喉, が彼, が散った, が新子, が洩れ, が盛宴, が竹童, が聞える, が聴きとれた, が自信, が虚空, が親方, が諒安, が起った, が起つた, が響いた, が響きました, が風下, が騒然と, して, であ, であたりまえ, でありました, でいいかけた, でいいました, でいつ, でいひました, でいふ, でうっとり, でおしゃべり, でおっしゃっ, でお答え, でかたわら, でかつて, できいた, でききかえした, できめ付けられ, でけれども, でさう, でさえぎりました, でさえずり, でさけび, でささやいた, でさも, でしかし, でしきりに, でした, でせん, でそれ, でたずねる, でとがめる, でどなりだしました, でなだめ, でぽつり, でぽつりぽつり, でもあった, でやりだしました, でようやく, でイワン, でエレーナ・ニコライエヴナ, でセルゲイ, でデンワ, でルイジョフ, でロリー氏, で上, で不安, で二人, で云いつづけた, で云います, で云い放つ, で云っ, で云つて, で人垣, で何, で何ん, で例, で保姆さん, で入っ, で分かる, で切れぎれ, で前, で前進, で医者, で口上, で叫び, で叫びました, で叫ぶ, で叱った, で同じ, で向う, で呟きはじめた, で呼びかけた, で呼ん, で呼んだ, で唄いだし, で喋れ, で喚いた, で奥, で女, で客, で寝, で寝言, で差し出した, で彼, で怒鳴った, で怒鳴つた, で怒鳴り, で怒鳴る, で情な, で我, で投げつける, で指揮, で振向いた, で放送, で数えはじめました, で断ち切る, で暫く, で来意, で歌, で歌い出す, で歌う, で歌った, で母親, で江戸もの, で泣き出す, で激励, で独語, で甥, で申しました, で盤得尼, で相手, で矢代, で祈祷, で私たち, で突か, で笏, で笑った, で答, で素子, で聞いた, で舟, で若松屋惣七, で言い, で言いだした, で言い放った, で言う, で訊いた, で詫び入る, で話される, で話し, で話しました, で話す, で語った, で走, で車内, で辛くもそう, で返事, で運転手, で阿賀妻, で隆治, で静か, で飛び出し, で鳴い, で鳴く, として世界, とは混, とを聞い, と一緒, と気持, などが入乱れ, なの, なら可, なん, になりました, に似ず, に幕僚, に思わず, に新子, に目, に笑み, に籠らせた, に躍りかかった, のおっさん達, のま, の主, の冴え, の嵐, の性質, の方, の細君, の調子, はまるで, は人形, は内地, は到る, は刻一刻, は叔父, は然し, は皆, は確, は英膳, は響いた, もついに, も二十四, も沈ま, も花やか, や姿, や近所, をあげた, をかけた, をかすか, をきいた, をのど, をはりあげ, をはり上げ, をふりしぼっ, を交ぜ, を取り沈める, を少し, を建物, を張りあげる, を張り上げ, を張り上げた, を思ひ出した, を押, を持っ, を挙げた, を揃え, を準備, を発し, を立て, を立てた, を立てました, を聞いた, を聞け, を遠く, を響かした, 長煙管

▼ した気持~ (567, 0.3%)

75 になっ 40 になった 24 になる 15 だった 10 になり 9 になつて 8 になつ 6 だつた 5 のいい 4 だ, で, である, でその, になれた, になれなかった, のよい, の中 3 であった, であつ, でお, でこの, で帰っ, で私, なん

2 [19件] でいる, でご, です, でそう, でゐる, で一方, で歩い, で見, で見た, になりました, のする, の好い, の底, は私, を味, を味わう, を感じた, を経験, を覚えた

1 [284件] からからかう, からさめる, からだった, からだつた, から救われ, から新しい, から脱却, から覚める, から逃れなけれ, から難題, があ, があった, があつ, がい, がかなしい, がきっと, がこの, がした, がそう, がそれで, がつよい, がどう, がどこ, がない, がなかっ, がはっきり, がほぐれ, がまだ, がもたれかかる, がわかる, がコトン, が今, が今さら, が休まりませんでした, が何処, が半々, が味, が地, が嵩まつ, が春さん, が暫く, が湧かなかった, が自然, が誰, が顔, さえ感じたであろう, だけど, だし, だったが, だつて味, だろう, であるさみしい, である蚊帳, でいた, でいらしたでしょう, でいられた, でおそい, でかれ, できい, できいた, でくつろぎ, でさ, でさう, でさがし, でした, でしばらく, でそこ, でそんな, でただ, でなほ子, ではある, ではお, でふたり, でぼんやり, でぼんやり杯, でまた, でもあった, でもない, でもなけれ, でゐられ, でゐられた, でアンナ・セルゲーヴナ, でイタリア, でベッド, でペン, でワッフル, で一寸, で一杯, で人気, で何, で先月, で光, で光り, で出る, で別れる, で台詞, で周さん, で坂, で塀いっぱい, で壇上, で変装, で外, で大阪駅, で妻, で小瓶, で居た, で居られる, で屋根裏部屋, で彼女, で後, で後ろ, で念仏, で思いついた, で思ひ出した, で急い, で愛し合わなけれ, で感得, で我, で教壇, で散歩, で新しい, で新宿, で新橋, で新聞, で明日自分, で映画, で時折青楓氏, で暮らし, で松坂屋, で格子戸, で桐井角兵衛, で母, で気, で決して決して, で湖畔, で湯, で濡れ, で瀬戸さ, で焚火, で無心, で片づけた, で玄関, で町はずれ, で療養客たち, で登院, で目, で直ぐ, で眺め, で眺める, で眼, で筆, で縁側, で考えた, で聞い, で聞く, で膝, で艦長, で行ける, で製作, で西洋剃刀, で見送っ, で見遣り, で言った, で講堂, で警官, で起, で辞し, で道江, で重ね剥ぎ, で金五郎, で防空壕, で集り, で頂上, で飯屋, で馬車, で鳥居側, という, といっ, とこの, とでこころ小鼓, となり, とはあまりに, なぞあり, なぞをいつか私, などはないでしょう, なの, なんぞからで, におちついた, におち入っ, におなり, にさせ, にさせた, にされ, にし, にした, にする, になつて、揃つて, になつて隣室, にならない, になりたかつた, になります, になれない, になれません, になれる, になん, にはなれず, には成れなかった, にぴったり, にもなった, にもなれた, に彼, に戻つた, に揺られ, に浸っ, に生きよう, に襲われ, に追い立てられ, に送っ, に還っ, に陥らせる, のうち, のせい, のまま, のもの, のよい若々しい, の上, の原因, の向け場, の変化, の延長, の後, の情, の旅, の時, の為, の真只中, はいつしか, はこの, はなく, は君, は大, は察, は当然, は忘れられない, は想像, は理解, は神事, もあった, もわかる, も以前, も思い合わされた, も手伝, やおびやかされた, やぽかんと, よりもっとずっと, をいかにも, をお, をさえ感じました, をすて, をめちゃくちゃ, をスッキリ, を人々, を受ける, を呆, を味わった, を娯ん, を引き出された, を思い出します, を思い返し, を感じ, を持て余し, を撫でられ, を書いた, を続け, を繰返し, を胸, を自分, を誰, を起させただろう, を起し, を起す, を隠し得なかった, を養わせたくない, 好さ

▼ しただけ~ (566, 0.3%)

67 では 38 である 30 であった 18 だ, だった, です 14 なん 10 だったが 9 なの 8 でその 7 あって, ですから 6 であるが, でした 5 でそれ, でまた 4 だつた, だと, で, ですぐ, ですよ, でもう, で彼, で私 3 だから, であって, でございます, でございますが, ですが, で今, で他

2 [28件] それだけ熱心, だったの, だという, だよ, であ, であったが, であったろう, でこの, でこれ, でしかも, でしたが, ですわ, でそのまま, でまだ, でやはり, で中, で二人, で人間, で刺す力, で十分, で怪我, で手, で殆, で涙, で男, で相, なので, 罪は

1 [191件] あつて, おそくなった, お前の, お送りし, くれて, じや, だが, ださうです, だしかし, だそいつ, だったのね, だったよ, だったよう, だったらしゅうございます, だって, だつたの, だな, だわ, だ世界, だ実は, であったけれど, であったと, であの, であらゆる, であります, であり遺言, であるから, であるゆえ, でいつのまにか, でか, でかけようと, でかへ, できぱきぱと盾, でこう, でこんな, でございますから, でございますの, でさっそく, でしずか, でしたけど, でしたけれど, でしたけれども, でしたもの, でしばらく, でしょう, でじきに, ですああ, ですたこら, ですっかり, ですでに, ですのよ, ですもの, です合せ物, でそこ, でそれでも, でそれ以後, でた, でたとい, でだまって, でちっとも, でっせ, でついまだ, でなくあらぬ罪, でなくファラデー, でなく借りもの, でなく単なる, でなん, でなんにも, でね, でねえか, でのどか, でひた急ぎ, でひょいと, でほう, でもうすっかり, でもとより, でやっぱり, でよく, でろくに, でスゴスゴ, でドイ, でネ, でハイカラ, でピョイ, でプラス, でロマンチック, で一丈青, で一座, で七年, で万事, で下, で久兵衛, で久秀自身, で二階, で何とも, で何ん, で余, で作品, で作者, で保羅, で個々, で健, で元, で公, で其他, で具体的, で凝っと, で十時頃, で半分生, で去つたが, で取逃して, で口, で向う, で商会, で塩釜, で夏, で外, で大, で完全, で寝床, で帰って, で幸, で幸い, で幾滴, で引き上げた, で彼女, で後世, で徒歩, で得るところ, で御座います, で急, で恐らく, で悦子, で意味, で我が国, で拘禁, で数日後, で新生, で新聞記事, で日本人, で明け方, で昨夜咄嗟, で本, で柳田家, で権力, で消えて, で渠等, で無言, で父上, で生, で男女, で病院, で監禁, で真実, で糸, で素子, で自分, で草川巡査, で証拠, で話, で跡, で返事, で返事ひとつ, で遂に, で闇, で阿賀妻, で雨, で電灯, で顔色一つ, で黒川, ならまだ, なり, のこったぞ, まけるの, もの分かり, 位置の, 傾かねば, 分類法が, 別に, 取りかえそう, 古く見える, 和歌子の, 尊者の, 損した, 損で, 有りて, 熱を, 生活費を, 眉をも, 眼には, 膝行り寄っ

▼ した~ (558, 0.3%)

12 である, による 10 がある 7 のもの 6 があつ 5 が, です, で何 4 で, でそれ, のある, を見る

3 [11件] があった, がその, がない, が有る, だと, であった, であつ, で果して, にある, に特色, の袈裟

2 [24件] からこの, があります, があれ, がさ, がまるで, が見える, だろうと, であるが, でその, でそんな, ではだ, では殆, で祖母さん, で詩, で誰, に出, に拠る, の, は實, は明治時代, へ出た, もあつ, を彼方, を見られた

1 [399件] からあり, からここ, からすれ, からその後病気, から争い, から伴藏さん, から出, から天皇, から妻, から幼稚, から朗, から来た, から此辺, から生れた, から産聲, から発生, から真黒い, から美術, から蒐集, から話, から起る, があっ, がありましょう, があるらしく, がお, がこんな, がすぐそのまま, がそれ, がどう, がむざむざ, がわし, がアヴレ, が亜米利加, が今, が他, が付けられ, が何せ, が偉い, が凡そ藩, が出, が前の, が同, が和尚, が土人たち, が多から, が大, が大嵐, が太鼓, が如何, が容易, が廟主, が得る, が悲しい, が散在, が日本, が是, が更に, が有, が毛頭, が烟草一本, が無い, が皆, が私, が種々, が茲, が薬店, が虫, が負ける, が貸し, が金仏ぢ, が閣下, が面白かっ, が頭, こうした場所, じゃ腹膜炎, だが, だけは暫時例外, だしね, だそう, だった, だったという, だつたので, であ, であったから, であった杉村楚人冠, であの, でありふれた, であります, であるから, であると, でいい, でいつ, でうち, でお, でかつて, でこの, ですが, ですよ, でたかが, でちっとも, でともに, でどう, でどうにも, でどうも, でなきゃ育たないん, でなん, ではあの, ではかう, ではこの, ではさしたる, ではどこ, ではなかっ, ではめづるといふ連体言, ではよく, では一直線, では僞作, では其鞍部, では双方共異状, では夫, では尾根, では嶺松寺, では恰も, では批評家, では東谷, では梓山道, では正規, では此山, では潮, では草地, では西行, では言文一致, では距離, では頗る, では黄豆, でもある, でもう, でも上総, でも決して, でよし, でアラブ人, でガラッ, でガラツ八, でニャーニャー, でマダ幕府, で一人, で一向, で一體どれ, で不思議, で両方, で中, で事件, で二人連れ, で二間半, で今日そう用, で仕方, で体, で何等, で余人, で信ぜぬ, で僅か, で兎, で兩方, で其余地, で其棺, で刻下, で力, で加増, で十分, で向う, で唯, で喜ばれない, で夢, で夫婦, で始まったら始まった, で字書, で守り切れない, で官吏侮辱位, で家族, で容易, で尚, で平地, で当時, で後で, で従って, で敵, で文学的思想, で新, で昆虫, で時, で最早, で松島さん, で歌澤, で此, で此方, で死, で死なせ, で派手, で浅草, で火, で無益, で然し, で生理的影響, で甲谷, で画才, で畫才, で真, で立派, で笠神博士, で絵師風情, で維新以後, で繪師風情, で苦しく, で萬國, で蛇足, で謳歌, で足下, で逃す, で馬, とをくらべ, と一方, と云, と大差, と相違, と聞えた, と言う, などもあっ, などもあつ, なん, にあった, にあつ, にいる, にこの, にこのごろ, にちょぼちょぼ, になっ, には姿, には戸板, にもはいる, によつて, によつておの, により, によります, に一種, に丁度, に人, に何, に作っ, に依る, に全く, に出され, に基い, に基づい, に始まる, に存する, に宿泊, に帯止め, に幾ら, に拠っ, に拠れ, に據つて, に比例, に生え, に由る, に算哲, に籠っ, に素直, に能, に落ち, に行け, に設けられ, に誤り, に赴い, に軽く, に過ぎない, に達した, に配所, に高級旅館, ね, のこの, の一枚, の二物, の佛教, の儒家医家, の別種, の博士, の古, の古代人, の否, の女眞人, の孫子, の家庭用品, の幼時, の強い, の彼, の文化, の文化的要素, の文史通義, の日本風, の書類隠匿事件, の最初, の有力, の材料, の棺槨さ, の機械, の歴史的思想, の目, の県吏, の種々, の製造品, の過去帖, はこう, はこれ, はさすが, はそうそう, はその, はちょっと, はでき得る, はなかっ, はまるで, はわからなく, はハンダ付け, は二日許, は令嬢, は仲, は全然, は冬季暖房装置, は十翼, は嘆賞, は如何にも, は松本, は楢林, は無い, は精, は結構, は美しい, は認められなかつた, は阿, は随分, へお, へそういう, へぬけ出した, へ二人, へ今井, へ出, へ出なけれ, へ出られた, へ太刀, へ昇っ, へ杜襲, へ来る, へ来合わせた, へ松山, へ母, へ連れ, まではいい, まで勘定, もあっ, もあり, もあります, もある, もあろう, も会下山, も相当, や段丘, や狭い, や裏, らしい, をいうた, をかい, をこ, をそのまま, をもう, をペック, を不意討ち, を人, を以てこれ, を以てすれ, を匿, を失う, を後方, を手早く, を拾, を相手, を突, を簡単, を絵, を補, を要約, を見せ, を見せる, を見たら, を見つけ, を記した, を認める, を通り越す, を選ん, を門野, 如何にも天狗倶楽部, 毫も翻訳

▼ したそう~ (547, 0.3%)

136 である 101 です 7734 だが 28 ですが 13 であるが 10 じゃない 97 でございます 6 であった, ですよ 5 だな, だね, だよ, な 3 であるから 2 して, だがね, だし, だった, だなどと, であります, ですから, でそれなら

1 [81件] いたして, きこうと, ごん, じゃ, じゃってのう, じゃないです, じゃの, じゃ竜女, すると, せずには, だから, だからね, だけど, だけれ, だけれど, だしかし, だと, だという, だの, だ始終, だ最も, でありますが, であり平野屋, でいま, でこれ, でご, でございますが, でございますところが, でございますよ, でした, でしたが, ですからね, ですがね, ですけどね, ですけれど, ですし, ですぞ, ですね, ですねって, ですの, でその, でとうとう, でなん, でまことに, でまア, でわし, でカヨさん, でシゴイさん, で一匹, で三輪, で二階, で今, で写真, で厶, で又, で大変, で年, で御座います, で房州鋸山, で敵将, で旦那様, で深切, で眠って, で私, で船岡, で船長, で藤沢, で蘿月, で随分, なが, なと云われる, な様子, な緊張, な鉄鎚, に手探り, に空, に素子, に腰, 云う性格, 云う訳, 思って

▼ した~ (542, 0.2%)

24 をし 97 をあげ, を上げ 6 を据え 5 の中 4 でじっと, で見, の少女, をあげた, を挙げ

3 [14件] ざしを, であった, で私, で訝しげ, で鶴雄, に涙, の光, の色, は急, を, をした, をみはった, を大きく, を見開い

2 [44件] がパッ, が岸の上, が見よう, だまで, であたり, である, でお, でこっち, ですぐ, でその, で信吉, で彼女, で深く, で男, で笑っ, で見廻した, で調戯つて, と眼, になる, に柔, の前, の大きい, の涼しい, の玉, は中腰, は燃, やいつも, をいつも, をかがやかし, をこすり, をすえ, をもっ, をもった, を二三度, を彼, を拭き, を細め, を見せた, を見る, を見据え, を走らせ, を開い, を開け, 附して

1 [334件] からたらたら, から何, があっ, があった, がある, がいまだに, がお, がおちくぼん, がきらきら, がこっち, がずうっ, がそれぞれ別々, がちら, が一種, が不安, が不断, が乾き, が光った, が再び, が凹ん, が寧ろ, が小舎, が心, が漸く, が熱く, が爛れ, が物, が生き, が若松屋惣七, が里子, ざしが, ざしで, ざしへ, して, それから誰, だ, だが, だけが僅か, だけが見える, だけはそれでも, だけは確, でありました, でおき, でおどおど, でお婆さん, でかれ, でこちら, でしきり, でした, でた, でちょいちょい, でぢ, でながめ, ではない, でふたたび, でまじ, でまわり, でもっ, でわれわれ, でケラケラ, でジジ, でニッコリ, でレオンハルト, で一座, で不思議そう, で中佐, で二人, で互に, で五郎, で伸子, で何, で千代次, で口許, で向う, で大きな, で妹, で宏大, で客, で室, で室内, で密談, で対手, で左右, で庄谷, で待つ, で微笑, で怪訝そう, で捜しあう, で撲られた, で方々, で権田, で武蔵, で母君, で母親, で熱心, で玄一郎, で甲斐, で白木, で眺め, で睨みつけた, で空, で笑つて, で笑つて私, で茉莉, で血, で表情, で見おろした, で見つめ, で見まもっ, で見まわす, で見られ, で見る, で見上げた, で見守つ, で見廻し, で見据え, で見据えられ, で見詰め, で見返した, で豹一, で貞盛, で辺り, で過去, で野, で闇, で雑誌, で青年, で頷いた, とぼってり, とみのる, とを何, と作り笑い, と嬉し, と手, と物, などと云う, なの, に, にいっぱい, にいつも, にうつりました, におびえ, にすん, になった, になつ, にはどこ, には夜目, には薄く, には黒っぽい, にもするどい, にも凝視, にも悦ばし, にも認めたらしい, にも餘, に人, に夢想, に大空, に広い, に強, に急い, に明らか, に映し, に映つた, に物, に狐, に笑, に笑い, に紋次郎, に自分, に赤い, のあやまちで, のいい, のいろは日, のきれい, のぎょろりと, のしょぼしょぼ, のするどい, のふち, のみが続い, のよく, の上瞼, の下, の不気味さ, の先, の動きかた, の向く, の大きな, の奥, の底, の廻る, の悪い, の水晶體, の濁った, の白い, の碧, の細く, の老婆, の見据え, の輝いた, はあきらか, はいきいき, はいつも, はじっと, はす, はどこ, はやがて, は人間, は今, は大方, は容易, は彼等, は心, は知らぬ, は私, は秋, は空色, は緞帳, は自分, は薄暗い, は読み終る, ばかりであった, まぐる, も, やさしそう, やしなびた, やその, や剛そう, や痩せこけた, をあけ, をあげる, をうっとり, をうつし, をお, をきょろきょろ, をくし, をこすらせた, をこなた, をしば, をし合っ, をじいっと, をする, をそば, をそれ, をとほんと, をなおさらくるくる, をながめ, をぱち, をひからせ, をひっこす, をひらいた, をみはる, をむい, をもたなかった, をやった, をキョロキョロ, をショボ, をショボショボ, をロイド眼鏡, を一層, を一杯, を上, を上げた, を上げる, を下, を不安そう, を二人, を仔細, を伏せた, を作さん, を僅か, を先刻, を光らし, を光らせ, を兵馬, を前方, を力, を半ば, を半分, を向け, を向けた, を吸いつけられた, を天井, を天床, を射た, を岩本, を徐ろ, を御覧, を怒らし, を悟, を情けなく, を拭い, を挙げた, を挙げました, を据えなけれ, を次郎, を注い, を洋一, を流し, を無理, を燃し, を病室, を相手, を真, を眼鏡, を瞠, を瞬い, を私, を突棒, を袖, を見, を見せ, を見はっ, を見交した, を見合った, を見張っ, を見張った, を見張りました, を見張る, を見開いてる, を赤く, を踊り子, を軽く, を輝かし, を輝かせ, を鈍, を閉じ, を開, を開ける, 実際性, 小さい鼻, 少し高い, 目だつたの, 荒い眉, 附きで朝

▼ したものの~ (515, 0.2%)

5 さすがに 4 それは, 一つで 3 あること, 私は

2 [17件] あるの, すぐに, はなはだ多い, ほかは, 今度は, 僕は, 如くである, 姿が, 存在する, 彼女の, 心に, 心持ちは, 数は, 最後の, 武家の, 船に, 話に

1 [462件] ああでは, あたたかく眼頭, あっしは, あったこと, あったの, あとは, あの場合, あの時, あまりの, あらわれを, ある, あれで, いい方, いかにも出仕, いくらかを, いざそば, いったいなに, いつあらた, いつもと, いまだただ, いろ, うかつに, うわさは, お葉, こうして面, こっちも, このあと, このよう, この中, この冬枯れ, この手術, この機関, これ等を, こわいこと, ごときは, ごときも, ごとくそれ, ごとくに, ごとくまた, ごとく十八番, ごとく眼, ご存じの, さっさと自分, さてこの, さてこれ, さてずらりと, さて上衣, さて書こう, さて考え, さりとてそのまま, さればと, しかしそのまま, しかし伊吹, しかし同時に, しかし通せ, しかし風雨, すっかり腹, ずいぶん難, そこが, そこに, そこにも, そこを, そしていくら, そして西, その人, その厳命, その安心, その後は, その後まもなく, その欧鵬, その深水, その温泉, その苦痛, その調子, その間に, それから, それが, それでもこれ, それに, それにしても何ん, それも, それよりも, それを, ただならぬ与吉, ただわたし, だんだんに, だんだん話しあっ, ついたぬの, つい三, つい愚痴, てんで目, とうとう決心, どういう手段, どういう関係, どうしていい, どうしてもこれ, どうしても沢子, どうして好い, どうも様子, なおいっそう, なお僕, なかなか手, なにかと, なにしろ足, なほシェイクスピアに対する, なるだけ, なるほどまだぴんしゃん, なれの, なんらかの具象的発現, ぬしの, ひっかかりで互に, ひびきが, ほかならぬ, ほかにも, ほんものの, またこう, またもや足音, また実際, まだ何だか不, まだ具合, まだ彼, まだ彼岸, まだ時々目, まだ枕, もうすぐ仲直り, もう沸, もしこれ, やっぱり大学生, やはりどうしても成功, やはり両雄, やはり失望, ゆうべ床に, よく知る, よしでは, わずかばかりの, サテ急に, シャツの, タイルだけは, フランスの, 一〇〇分の一すなわち, 一つであった, 一つです, 一つでは, 一つは, 一つも, 一人ぢや, 一人であった, 一人である, 一人です, 一代記です, 一例である, 一家は, 一手の, 一方それ, 一時的だろう, 万年事務官で, 三倍から, 上の空である, 不思議に, 両端に, 主体, 乱酔の, 云える, 云ひ, 京を, 今の, 今は, 今夜別れたら, 今年は, 今日は, 今日我々が, 伊賀伊勢吉野紀州西国にまで, 会って, 会わないで, 何か, 何となし, 何も, 何人もが, 何十倍も, 併し, 例としては, 例は, 便宜の, 信州松本と, 俳句は, 備中守にも, 僕には, 億劫がって, 元より, 兄が, 先刻舌鼓を, 先方の, 免れないところ, 全体即ち, 全欧羅巴を, 六三郎は, 六國の, 其の時, 再生でない, 別に筆記, 刺激に, 前後が, 前非を, 労働軍と, 効果を, 勝であり, 匿ふ, 十九の, 千変万化でなけれ, 却って手続き, 原本である, 原稿である, 原表は, 厭な, 口邊には, 右門は, 同時にまた, 名であった, 名まえ, 名を, 名前が, 名残りかと, 名称です, 商品化だった, 問題が, 問題では, 問題の, 四五日する, 坐って, 垂幕の, 城太郎には, 壓力に, 声を, 外には, 外は, 多いこと, 多いといふ, 多いの, 多かった, 多くは, 多く殘つて, 大吉は, 大掃除, 大砲の, 大胆に, 大部分, 夫の, 奥には, 女三界に, 如きは, 如きも, 如き感じ, 如くすたすた, 如くであり稗田, 如くに, 如く前線, 如く卓上, 如く大勢, 如く彼ら, 如く思われる, 如く書斎, 如く自分, 如く解せられそれ, 如く速断, 始末を, 姿を, 子供の, 子孫のみは, 存在を, 学者の, 実の, 実は一緒, 実は之, 実際は, 実際的, 家は, 家号は, 小銃を, 少くなかった, 左の, 常識的対立で, 年が, 年月過ぎた, 序文に, 弁解が, 弓を, 弥生お, 当の義定, 当分の, 形は, 形人間の, 彦十は, 影は, 彼が, 彼の, 後に, 後裔もしくは, 従って白馬, 心には, 心に対して, 心の, 心持では, 忘れる日, 忰を, 忽ち衣類, 忿懣やる, 思い切って, 思ひ切れないで, 急ぐでも, 急に, 恐れは, 息吹き返した, 悠り, 悲鳴を, 感心の, 感慨が, 慈悲である, 態度を, 所業であろう, 手に, 手控えの, 折柄本国の, 摧心と, 擽ぐったくもあった, 改版である, 数, 文言地図等簡略を, 新しさ, 旅は, 日本人たる, 日頃の, 時代を, 最たるもの, 最後です, 有無は, 本心から, 果して人, 果して女房, 果たしてどの, 根が, 根源は, 桑畑を, 極めて劣勢, 様子は, 樣であります, 樣子は, 機上に, 次第にその, 正三君は, 此書は, 殺伐な, 毎日そう, 比較的多かっ, 氏や, 気分が, 気味が悪くて, 求めにさえ, 決して戦意, 決して正当, 泣きじや, 泰軒は, 流石の, 深い影響, 準備を, 無礼者, 無論藤枝, 父は, 狂闘を, 猶危倶, 珊珊が, 珍しい残物, 現代の, 由である, 由でございまする, 由です, 病身の, 發表は, 直ぐにそれら, 相乗積に, 相手の, 眉を, 真の, 眼には, 眼の, 矢張り本国イスパニアの, 矢疵ありあり, 知らぬ顔で, 石に, 磯崎の, 私たちより, 私の, 私も, 私を, 立ったり, 笠間由子は, 答術であった, 結局その, 結果で, 總身の, 美しい玉鬘, 考えかた, 考えて, 考えでは, 考へて, 職業別で, 肝心の, 自分の, 自分を, 色と, 英訳です, 葉子は, 蒲団が, 蓋が, 蝶子は, 血であった, 行く行くは, 行先が, 衷心自分達の, 袋田へ, 西暦二世紀に, 要するにその, 要するに如何なる, 要次郎, 親や, 親分を, 観かた感じかたは, 言いかた, 言いようの, 訝しいよう, 詐る, 話は, 謂である, 貸さないという, 足を, 路次の, 返答ぶりです, 逃げようかなどと, 途端に, 遂に廃刊, 運命に, 運命尽き, 過半数である, 都会の, 配置を, 醜い女, 重い墓石, 重ねて, 重次郎氏の, 鋭さが, 間に, 間の, 雪の, 雪や, 靈と, 非常な, 顔も, 餅屋の, 駄目であった, 骨頂である, 鶴子は, 鷲の, 黄金色の

▼ した~ (505, 0.2%)

9 延は 5 延の 4 顔で 3 傘を, 夏は, 島の, 神さんが, 粂の, 雪は, 饅頭を

2 [45件] それを, つねが, めえ, 今の, 光の, 八重に, 六飛んだ, 勢どう, 化粧を, 北という, 咲は, 天気に, 姿に, 富と, 島は, 庇で, 心持に, 手紙を, 文櫃の, 春の, 月様の, 杉と, 杉の, 照は, 町の, 皿を, 篠の, 糸の, 艶が, 艶の, 芋を, 菊だ, 菊は, 葉が, 藤の, 角は, 越の, 返事が, 銀の, 銀様の, 銀様は, 霜さんお前さんは, 静の, 靜の, 顔を

1 [376件] うちで, えいを, かたには, かっぱで, かっぱの, かっぱを, かやは, ことば, ことばだっ, ことばでは, さむらい, さよが, せい様から, つかなびつくり, つき合いで, つくりを, つみを, とぎばなし, とつ, ほきな, ほほ, ほみたから, みちを, みやは, むこさん, もて道場, やゆびで蝮を, ゆうであった, ゆるし, ゆるしあれ, キミの, チビさん, 七の, 万殿の, 三宝を, 世辞かとも, 世辞は, 世辞を, 世辞笑いを, 久は, 久美さんが, 久美さんの, 乳を, 二人に, 互に自粛自戒, 互ひ, 人だった, 人でありましょう, 人よし, 人形が, 人形の, 人形は, 人形を, 人柄で, 仕事に, 仕合せそうな, 仕着, 住居は, 使いとの, 使い姫の, 侍が, 侍だ, 侍で, 侍らしかった, 供餅の, 信さんの, 優で, 光を, 八重こそ, 八重の, 八重は, 内儀さんが, 内儀さんの, 内儀さんも, 内儀さんを, 内儀さん連中が, 内儀さん風の, 刺身と, 加持の, 勝と, 勝の, 化粧が, 北が, 北さん, 医者さんが, 医者さんで, 医者さん体の, 医者を, 十夜は, 千の, 千代さんの, 千絵様が, 升, 午果樹園から, 友だちと, 友だち同志の, 友達が, 友達で, 台場ちかく, 吉じゃ, 吉ぢや, 吉は, 君が, 君は, 味方が, 味方の, 味方は, 味方も, 品が, 品の, 品様が, 国とは, 国の, 園が, 園と, 土産は, 土産や, 坊ちゃんの, 堂が, 堂の, 堂みたいな, 堅いもの, 増は, 外出にも, 大名が, 大名では, 天気で, 天気の, 天氣でございまし, 天氣模樣で, 天道樣が, 奉行さまの, 女郎だ, 妻が, 妾と, 妾肌の, 姫さんを, 姿を, 婿さんを, 媼さん此様な, 嫁さんに, 嬢さまの, 子かいな, 宅だった, 安が慶長小判の, 安ちゃんは, 富は, 小僧でも, 小夜とやらが, 小姓とんぼ, 尻だけが, 尻を, 居間へ, 屋敷の, 屋敷を, 岩が, 島が, 島婆さんの, 師匠さまには, 常が, 幸の, 幾と, 庄の, 庄屋様の, 庇に, 庇様で, 序で, 庭が, 庭だ, 庭には, 延が, 役人が, 役目の, 従兄の, 得意に対しても, 心あたりでも, 心から, 心得違ひか, 惣菜を, 愛などに, 愛想ひとつ言う, 愛想笑ひもし, 態度で, 手紙が, 手紙も, 手際では, 才の, 敏の, 文は, 料理が, 料理で, 料理です, 料理なら, 旗本からの, 早熟も, 春が, 春を, 月夜, 月様ばかり, 月様を, 杉婆にも, 村は, 柳が, 柳の, 梅という, 梨江の, 梶を, 楽には, 榧の, 樂には, 武士が, 武家たちが, 民から, 民の, 民を, 気持な, 池みたいに, 浜が, 浦が, 浦は, 清に, 滝が, 澄の, 濱が, 瀧平次の, 煎餅みたいな, 照が, 照さんの, 父さまが, 父さまを, 爺の, 牢屋同心の, 物好きからか, 猫さん, 猿を, 琴の, 町ただ一人だけ, 町唯一人だけ, 登世さんという, 百姓空籠荷うて, 盛肉が, 直に, 相手じゃな, 相手だ, 着替えに, 石さんた, 祖父様に, 祝ひが, 祝儀で, 神さんに, 神さんの, 神さんを, 神楽の, 神樂の, 祭りを, 稚児が, 種の, 種は, 種も, 竹さんが, 筆の, 答を, 篠, 篠だった, 籠を, 米お, 米が, 米の, 米は, 米一升七合頂戴, 粂が, 粂です, 粥の, 粥を, 糸です, 糸には, 約束を, 紺婆としては, 経であった, 絹は, 絹も, 經で, 綱, 綱が, 綱の, 綱は, 縫様屋敷も, 考えが, 考えだ, 肴を, 臀だけを, 色気が, 艶であった, 艶みずからのす, 芝居らしい, 花は, 芳とは, 茂世さんが, 茶事の, 茶漬という, 茶漬を, 菊の, 蓮さまの, 蓮さまは, 蓮様の, 蓮様は, 薬が, 薬を, 藤, 藤ヒステリカルな, 蘭は, 蝶の, 袖が, 被りものじゃが, 装で, 見こみでも, 角さんすらが, 角という, 角の, 角力さんの, 角引退は, 言葉でした, 言葉を, 貞さんの, 貞婆さんが, 賤は, 身を, 辭儀を, 返事は, 返事を, 遍路さんは, 遍路さん夫婦と, 邸の, 邸宅ばかし, 酌の, 酒, 酒に, 酒を, 金持ちの, 鈴が, 鉄の, 鉄を, 銀様が, 錦であった, 関が, 關は, 陽様に, 雛妓の, 雪が, 静, 顏が, 顔が, 顔だ, 顔でいらっしゃる, 顔でした, 顔へ, 顔色に, 顔色を, 馬だけは, 駒, 駒が, 駒ちゃんが, 駒ちゃんの, 駒は, 高だ, 高に, 高の, 高祖頭巾といった, 高祖頭巾の, 魚です, 魚は, 魚を, 鳥が, 鳥だ, 鷹野以前に, 鼻が

▼ したもん~ (480, 0.2%)

7346 だから 24 だな 21 ですから 20 です 19 だろう 13 だが, だね 11 だよ 9 だらう 8 だと 7 だん 6 でも 5 じゃない, だか, だろうね, でせう 4 でしょう, ですね, や

3 [13件] かなあ, さ, だえ, だけれども, だこんな, だなあ, だろうと, だろか, でがせう, でございましょう, ですからね, ですが, ですよ

2 [15件] かね, じゃ, だいま, だからね, だけど, だった, だねえ, だらうと, で, でご, でごわしょう, でしょうかねえ, ですかな, ですかね, ですなあ

1 [109件] かこの, かしら, かそれとも, かそんな, かと, かな, かの大石さん, か意気地, か意氣地, がくっ附い, さね無論, さ水, じゃあねえよ, じゃありません, じゃが, じゃござんせん, じゃなあ, じゃないだろう, じゃなかろう, じゃねえ, じゃねえです, じゃろか, じゃア, だいくら, だお, だかな, だからな, だからよ, だがな, だぜ, だぞ, だたえした葱ぢ, だったね, だつたなう, だつたね, だて, だという, だどうも, だどもな, だなあと, だべ, だべな, だらうて, だらうな, だらう一人一人生命保険, だろ, だろうって, だろうつていう, だろうな, だろうなあ, だろうねえ, だろう何, だわ, だイ, だオカシナ話, だポケツト, だ一同, だ他人, だ兄貴, だ大, だ汝其所, だ若い, でおら, でお客, でがす, でがんしょうが, でございましょうあんまり, でございます, でさ, でさあ, でした, でしまいに, でしょうあの, でしょうか, でしょうかね, でしょうくらやみ, でしょうという, でしょうなあ, でしょうね, でしょうねえ, でしょう立派, ですだ, ですな, ですやらうなあ, ですよって, ですわ, ですッさ, ですネー, でせっかく, でそう, では, でハッ, で今朝, で何かしら他人, で就中, で平気, で床屋, で後, で湯たんぽ, で金, で馬鹿金, としか思われへん, と極めてるいう, ないんぢ, なア, はミーン, やと, やな, よのう

▼ した調子~ (466, 0.2%)

4824 で云った 18 で言った 12 で言 11 で云 9 で答えた 8 でいった, でこう 7 になっ 6 でそう 5 です, になり 4 で彼, で答, で話し, で話した, になる, の声, を帯び 3 があった, が出, でかう, で呟いた, で言っ, の中

2 [20件] であった, である, でいっ, ですが, でその, でそれ, で口, で叫んだ, で尋ねた, で時々, で続ける, で話し出した, で話し始めた, で話す, で返事, で述懐, に似, に引入れられる, は私, を取る

1 [219件] かその, から囘復, か一尺, か話頭, があっ, がわざとらしく, が中将, が出た, が変, が感ぜられた, が続い, が罩, が罩つて, すら混つて, だが, だった, だったか, だったので, だった直輝, だつたが, だつたので, だ私, であの, であらう, でいう, でうたい始めた, でうなずきました, でお, でおっしゃっ, でお互い, でお母さん, でか, でかう述べた, でかかれ, でかの, でさう, でさえあった, でしかも, でした, ですべて, でそこら, でそんな, でたえず, でつづけた, でなぜ, でなんど, ではいっ, ではきはき, ではなく, でぱら, でひどく, でもう, でもの, でゆうべ, でわたし, でアリョーシャ, でヴェリチャーニノフ, で三次, で云いかえした, で云い出した, で云う, で云っ, で云つて片膝, で互, で互いに, で亭主, で亭主運, で低い, で先達, で切り出した, で千種十次郎, で受けこた, で司法主任, で否定, で呟く, で問いかける, で問い掛ける, で天, で夫, で女, で始められた, で媒介人, で孝太郎, で家, で小, で己, で常人, で彼女, で微笑, で徳次郎, で怒鳴つた, で悲し, で態度, で打ち明け, で抑えつけた, で捕虜, で斯, で斯ん, で早く, で朝倉夫人, で木立, で本間さん, で机, で柄, で次, で歌, で歩き, で歩き出した, で殊更, で母, で気負っ, で涙, で爺さん, で片隅, で独言, で田沼先生, で男, で白土, で皿, で看護婦, で県, で礼, で種々, で窕子, で笑談, で第, で答え, で紀久子, で素子, で素気, で細君, で続けた, で續, で聞えた, で聞こえ, で花, で若い, で言いかけた, で言いだした, で言いました, で言い出した, で言つて來, で言つて絶望, で言葉, で詰られる, で話, で話しあっ, で話しかけ, で話しかける, で話しだし, で話しはじめた, で話しました, で誇らしく, で語られ, で語り, で語りました, で説き出した, で読んだ, で談話, で講釈, で赤ん坊, で迎, で遮った, で闇, で雀部, で飛行機, で飲みつけない, で默つて, と一種人, と似, と蓮葉, と言, などがさ, なので, になった, になつたお, になつて, には真面目, には行かない, にひきかえ, に中途, に似ず, に何となく, に作つて, に声, に変っ, に変った, に変ってる, に対して坪井, に心から, に改まっ, に芳子, に返され, に部屋, のある, のいい, のはずみ, のもの, のミウーソフ, の一幅, の口上, の手紙, の揃わない, の現れ, の重大さ, ばかり見えた, もよく, も単に, も妙, をさ, をそっと, をよそ, を上げた, を交ぜ, を伝え, を具体化, を声, を持つ, を無遠慮

▼ したあと~ (457, 0.2%)

1712 のよう 7 で私, のこと 5 なので 4 であった, ですぐ, でその 3 だった

2 [26件] からいくら, だから, であつ, でお, できん夫人, でこう, でした, でだんだん, でとうとう, ではこの, でふと, でぼく, でも女房子供, で博士, で移転先, で第, で言った, で誰, に自分, のあの, のすがすがし, の事務室, の廃棄物, の若い, ひるめし, へ森さん

1 [342件] いつそ郷里, いつの間にか母屋, およそ十時ころ, から井戸, から跟, かれに, か知らん, があった, がうす, がわかる, が偲ばれ, が平次, が明らか, が残っ, が見え, きっとお話, すっかりはやらなくなっ, そのへん, だ, だが, だったが, だったこと, だったの, だったので, だった由, だつた, だなどという, だよ, だろう厚い, ちょっと森閑, であたり, であったから, であったなら親王, であって, であふ, である, であるから, でいくらでも, でいつ, でいと, でいよいよ, でいわれた, でお目にかかった, できまった, できゅう, でここ, でこっそり, でこっち, でこの, でこれ, でこんなふうに, でさえこう, でさて, でさめ, でしばしば, でじつは, です, でそば, でそんな, でそんなに, でただ, でだれ, でつい, でついに, でとある, でどう, でなければ, での印象, ではあった, ではあり, ではかならず, ではきっと, ではきつ, ではきまって, ではさて, ではっきり, ではなはだ, では一種, では何時, では全く, では忘れ, でひろい, でまさかの, でみんな, でも, でもまるで, でも一船, でも何やかや, でも店, でも窓ぎわ, でやがて, でやっと, でゆっくり, でようやく, でわたし, でアイス, でカヨ, でガチッ, でガラン, でケース, でストラスブール, でソッ, でテッド隊長, でドア, でフリーダ, でローマ, でヴェランダ, で一向に, で一学, で一行, で不具, で中村警部, で久しい, で云いました, で人影, で今やまったく, で休む, で休息, で何, で何だかしきりに, で何時も, で俺, で僕, で先生, で全く, で円タク, で出世作, で初めて, で去った, で口, で吉左衛門, で唇, で四五名, で四隻, で国太郎, で大きな, で大臣, で天王山, で夫人, で奥がた, で女, で妹子, で娼婦, で宗論, で実際, で密室, で小林君, で少し, で帝劇, で彼, で我, で我儘, で戸棚, で手紙, で挨拶, で数人, で旅立っ, で日本橋, で早く, で明智, で明智探偵, で是非, で書こう, で東京, で松次郎, で柩, で案外, で樹, で次, で死ぬ, で殆, で殺し, で母, で母親, で氏, で淡い, で無名, で熱め, で特に, で生まれ, で疲労, で眉, で眼, で立つ, で箒型, で紅葉, で細君, で美禰子, で義雄, で聞く, で若松屋惣七, で薫, で行者, で言いました, で言葉, で賢吉少年, で迂, で部屋, で酒, で銀行, で鏡, で門, で開いた, で阿, で雑記帳, で音楽, で飮む一杯, で高等学校, といふもの, とか悲しい, と思われる, なの, にあざけり, において人類, にその, にはホテル, には何となく, には順序, にも二伸, にゆるゆる, にわれわれ三人, にオフェンバッハ, に一人, に三, に以前恋人, に必ず, に明治美人, に残った, に残つたの, に生き残らね, に芥川, に衰亡, に設けられた, に頼んだ, のない, のやう, の人間, の僕, の利き, の十九年, の印象, の反射, の呆然, の土, の土曜日, の地球上, の城, の夏, の始末, の学校, の安心, の寝過ごし, の工合, の心持ち, の快感, の慧鶴, の憂鬱, の数時間, の日本, の様, の気持, の淋し, の湯, の留守宅, の留守居, の空虚, の空間, の記代子, の責任, の赤裸々さ, の農家, の酒, の針金, の飯田, はいつ, はしいんと, はじめて白鳥会, はすこし, はずつと音響, はそういう, はそこ, はもう, は一つ, は乱脈, は入れ, は全, は勝手, は小太郎, は巴里, は希くは, は当然, は必然, は爽ぱりとしたよい心持, は皆, は目, は眼, は確か, は釈台, ひらいた窓, へこの, へものものしく, へグレーズブルック, へモガル, へ來, へ加集泰助, へ四, へ屋敷内, へ突如, へ蛍, へ行つて, へ隠す, まであれ, もなく, も加奈子, も土入れ, も夜, やっと一二歩足, よく自分, よりもフランス, らしい, わざとの, をうけ, をこそこそ, をひい, をドシドシ警視庁, をユスリ, を何心, を呆気, を妻, を姫路行, を見, を見廻り, を里, を預かっ, 再會, 少しばかりの, 幼い私, 強いて微笑, 急いで, 悲しい通夜, 暫く宣教師館, 直ちに兵士

▼ したばかり~ (437, 0.2%)

51 では 19 であった 17 である 9 だった, なのに 87 だから, であつ, です, でも 6 だと, でもう 4 で, でなくその, でなくそれ

3 [11件] だが, だし, であるが, でした, でその, でそれ, でなくまた, でなく更に, でまだ, なの, なので

2 [16件] お母さんが, だつた, だという, だとの, だのに, であ, であるから, ですのに, でない, でなく他, でなく彼, で何, で心, なんだ, 二十歳と, 白布を

1 [207件] じゃ, そこへ, そしてレール, それも, それを, だからと, だからな, だそう, だったから, だったし, だったという, だもの一分, だ船虫, であったが, であったこと, であったの, であって, であなた, であらうかと, でありまして, であるのに, である此, であろうかと, でお, でこ, でここ, でこちら, でこれ, でございます, でさき, でしかも, でしこたま, でしたけれど, でしたの, ですからね, ですが, ですっかり, ですよ, でそう, でそのまま, でたしかに, でただ, でただちに, でてかてか, でどういう, でな, でないの, でなかった, でなくあの, でなくおじさん, でなくかえって, でなくきょう孫権, でなくさらに, でなくさんざん, でなくじつに, でなくすでに, でなくたうとう, でなくだんだん, でなくとうとう, でなくなお, でなくますます, でなくむしろ, でなくもつと, でなくわけても, でなくウクライナ出身, でなくクリストフ, でなくシューマン, でなくフランス国民, でなくラジオ, でなく一九二〇年, でなく一人, でなく一文, でなく三十, でなく人間, でなく今, でなく今日, でなく俺, でなく僻地, でなく利潤, でなく刺戟, でなく同時に, でなく国民自身, でなく多年, でなく大きな, でなく女性, でなく婆さん, でなく学問, でなく学校中, でなく学者, でなく學問, でなく実は, でなく宵祭り, でなく山右衛門, でなく山右衞門, でなく幸い, でなく廣, でなく役者たち, でなく彼女, でなく彼女たち, でなく彼自身, でなく後世, でなく従前, でなく忠直卿, でなく思ひ出したやう, でなく戦争煽動, でなく摂河, でなく教会付属学校, でなく文化, でなく既成勢力, でなく日本人, でなく明るい, でなく木刀, でなく本, でなく水, でなく目, でなく私, でなく索超, でなく組曲, でなく経済, でなく自分, でなく自己, でなく自由, でなく色々, でなく菓子, でなく足, でなく鐵砲, でなく障子硝子, でなく非常, でなく驢馬事件, でなし, でのう, でほとんど, でほんと, でまた, でみんな一文無し, でよく, でわれわれ, でセルゲイ, でパリ生活, で今日, で何とも, で信じられないくらい, で其外, で別に, で十五歳, で夫, で妻, で威壓, で娶ってから, で子, で實, で将校, で少々, で年, で座敷, で弾丸, で彼, で彼女, で御座いますが, で新しい, で日, で日本, で書くこと, で椿岳, で母, で烈々, で特急列車, で狐, で町, で目下改築中, で相手, で短冊, で硝石, で碌, で磚, で磯崎, で神経, で空しく, で笑つて答, で胸, で臙脂, で自分, で舞台以外, で葺いた茅, で薮, で虫, で行つて了つた, で衝, で誰, で電車, で顔, で高慢, どんな無, なのにな, なのよ, なん, のを, まだ甚だ幼稚, らしいから, らしいの, らしいセッちゃん, らしい蟹田警察署, らしくまだ, 別に何, 十九で, 土着の, 誰が

▼ した場合~ (398, 0.2%)

8 にその 4 にはその, のこと

3 [11件] が多く, である, と同じ, にこれ, にはこの, にはどう, に限る, もある, もない, も少なく, を想像

2 [20件] が多い, であつ, でさえその, にそれ, には, にはそれ, にはむしろ, には私, にもその, にも到底, にも平, にも平気, に他, に於, に法律, に起る, の, のほう, は別, もあった

1 [309件] あまりにめちや, いつも過去, および非常, お互, があっ, がある, があろう, が今, が多, が多かっ, が所謂公式主義, が支那史乘, が考えられる, が蘆, この人たち, この帝国主義, そしてその, その一期間, その事, その作家, その善意, その場, その婦人, その数十年, その明暗, その言動, その金, それから先, だけだった, だけであった, だけである, だけ勝利, だと, であった, であったか, であります, でその, でなければ, でなければね, ではいわゆる, ではない, でもこの, でもしない, でもほとんど, でもキリシタン, でも堕落, でも時々, でも瀑布, で夫, で無く, で精神病院, として妥当, とは仮に, とは違う, と久しぶり, と同じく, と同様, と少量, と次第に, と異, どの点, なぞに心, なぞに手, などには泣女, などにも, などは一フィート位, なども考へる, など脱字, にあなた, にある, にいらだった, にいわゆる, においてそのある, においては穀物, において自らこれ, において都市, におこっ, におよそ, にこれら諸国, にこんなちょっとした, にする, にだけ云われる, についてみよう, にどういう, にどうか, にのみ初めて, にのみ実, にのみ強制的, にはあ, にはあなた, にはいよいよ, にはじめて, にはそこ, にはそんな, にはたいてい, にはたとい, にはだ, にはちょうど, にはとりわけ, にはな, にははし, にはみな一様, にはわれ, にはカナダライ, にはカンカン, には一人一日五ポンド, には一般, には不意, には久保田君, には之, には五分の一以上, には五分間後, には係り, には全く, には全身, には別に, には前年度, には劇場主, には勢, には国香, には天下, には天皇直営監獄部屋, には實, には彼ら, には必然的, には必要, には意味, には普通, には本人, には機関車, には現在, には疾病季, には目前, には直ちに, には神尾, には種々, には米国, には腹いっぱい, には負傷, には農業者, には非常, には黄身, にほとんど, にまでもぢ, にむし, にもし, にもそれ, にも不足, にも中央線, にも何ら, にも凍上量, にも労賃そのもの, にも同じ, にも味方, にも残し, にも當該校長, にも真面目, にも講演部, にも變, にも赤字, によい, にビク, に世人, に丙, に乙, に以前, に何時, に作者, に例, に僕, に労働, に右, に同形, に唯, に啄木, に啓示, に喫茶, に多く, に実際, に当, に彼, に後, に必ず, に必ら, に必然的, に戯曲, に政府, に於ける, に武家, に流失, に燈火, に用いる, に當時, に私, に突発的, に結婚, に群臣會議, に自分, に見出される, に該当, に起り, に足もと, に限つて, に雪, に駅長, に麦畑, のその, のため, のなか, のみが悪い, のみこれ, のみの現象, のよう, の三分の二, の事, の人間, の例, の利益, の力学, の厳し, の受動的, の報道, の実例, の幾倍, の弥縫策, の張作霖, の彼, の方, の歌舞伎劇, の泰文, の消極的, の特殊, の生活, の用意, の男, の相, の称号, の結果, の處分, の處理, の規則, の記事, の説経, の調整, の迫害, の順序, の頭文字, の顔, は, はある, はいい, はそのまま, はたしてそれ, はとうてい, はどう, はなるべく, はほとんど, はもう, はピストル, は一, は一度, は一般, は佐藤春夫氏, は働い, は全然, は必ず, は手近, は水木さん, は無罪, は珍しい, は真先, は能率的, は見, は農業国, または前, また結婚, もあり, もその, も尠, も決して, も然, も犯罪者, やまた, よりも労働, よりも十倍, よりも自由市民, らしく思われる結晶, を哲学者, を推測, を擧げ, を有, を申す, を考え, を解明, を言うた, を通じて即ち, を題材, 一層そうしなけれ, 働くもの, 単に生理的, 帰れなくして, 必ず起らなけれ, 恐ろしく良い, 殊更帳尻, 決して第, 淋しい靨, 第三, 第二, 謂う所

▼ したのに~ (387, 0.2%)

21 違いない 11 ちがいない 9 相違ない 6 過ぎない, 違いなかった 5 反して, 違ひない 3 すぎないの, それを, 不思議は, 相違ありません, 端を, 過ぎないの

2 [19件] すぎない, すぎなかったの, それから, 丁度家には, 今は, 今度は, 何の, 何も, 例の, 奇蹟的に, 彼は, 比べると, 満足し, 滿足したらしく, 無理は, 返事も, 過ぎません, 違いありません, 驚かされずには

1 [268件] あいにく咳, あなたが, あの家, あべこべに, あまりな, いくらお金, いくら待っ, いささか食い, いざと, いたしました, いまは, お悦, お父つぁんが, お祝いも, お連れ, からだの, かんじんの, きさま, ここに, こっちが, こっちへ, このごろは, この上, この詞, これが, これでは, これは, これを, こんな事, さぶ, さらにまた降っ, したたかおどろい, しっくりします, すぎなかった, すぎなかったあの, すぎなかつたかも, すぐありのまま周都督, すこぶる不平, そこでまた夫, そちは, そのため, そのまま上がっ, その中心, その光, その夜, その考え, それについては, それは, そんな影響, たすけること, たった一人, だんだんと, ちがいありません, では, どうした, どうしてあの, どうしても, どうしてフリーダ, どうして三村屋, どうして家, どうにも引き合わなく, どう云う, なおも, なぜその, なりの, なんじまだ, なんて云う, なんと云, のっけから, ひどくじれ, びっくりさせられた, びっくりした, ほかほかと, ほぐして, ほとんど気, まああの, まだこの, まだそれ, まったく相手, もう皿, やはりセガレ, ゆったりと, よそを, わたしを, ガッカリし, コレラに, シイタケその他が, ズキリと, ツて, トルーマンが, ドンと, マスノは, マラー迄の, マンを, 一つ屋根の, 一人だけ, 一夜近所から, 三人共助かった, 不都合な, 乗車した, 二人の, 二千五百余あった, 二郎さんてば, 井戸を, 今では, 今夜に, 今日では, 今日は, 今日まで, 今日見る, 他ならない, 仙妃は, 仰天し, 伴れ, 伸子は, 佐々兼武が, 何う, 何うし, 何れも, 何故答えぬ, 兄貴たちが, 先に, 出社し, 初まる, 刺戟され, 勉強しない, 又その, 口に, 吃驚した, 同一の, 嗚呼また, 嘘を, 国ポケント突立っ, 基因いたします, 変りはてた萩原さま, 夕方に, 大臣等は, 娘を, 子供には, 実際無い, 宿が, 密雲に, 寺が, 対したの, 小伝馬船, 小鳥は, 少しの, 少しも, 少し不便, 尚その, 市長及び, 引きかへて, 引き揚げて, 引代へ, 彼女ばかりは, 御大将, 徹頭徹尾反, 忍が, 息子の, 感化れ, 感心すべく, 感激し, 憲法発布の, 手当ても, 手筈どおり山善の, 捜査課では, 握り得たもの, 昌作は, 時代の, 時間か, 更え, 最後に, 柿の, 案外面白い, 榛軒に, 正常な, 比して, 比例し, 気が, 氣が, 水に, 池田氏は, 治療を, 注目する, 浅葱鹿の子の, 温い茶一杯, 火を, 無念や, 爽やかそうに, 独り柏軒は, 癪ね, 発して, 目を, 相違あるまい, 相違なかっ, 眼を, 礼を, 秀子は, 私が, 私は, 種々な, 穂積純太郎未だ, 答へて, 管理を, 籍を, 粗末な, 継を, 罪あっ, 聊か驚いた, 胡椒と, 腹を, 自分が, 自分だけ, 自分で, 自分も, 至つては, 興を, 芸者と, 葉子は, 行親は, 親も, 記して, 読者も, 誰も, 譽め言葉を, 賢君の, 車を, 車夫が, 軽い失望, 近頃お, 近頃では, 送り山は, 逢う瀬, 連夜大入満員を, 過ぎず事実, 過ぎないが, 過ぎないときいてびっくりしてしまった, 過ぎないとも, 過ぎない事, 過ぎなかった, 過ぎなかつた, 過ぎなかつたので, 過ぎぬ, 過ぎぬが, 違いあるまい, 違いないでしょう, 違いなく, 違ひなかつた, 違ひなく, 邪魔する, 酒気をさえ, 間違いない, 間違ひ, 關する, 雪の, 電報うっ, 青い魚, 面喰い, 面白い話, 頗る驚いた, 頭巾は, 額は, 顔が, 風に, 驚かされました, 髭の, 鮭が, 黒人の

▼ したけれども~ (373, 0.2%)

8 それは 4 彼は 3 あとは, それが, それも, 誰も

2 [17件] あんな蟹, さし向, すぐに, そこは, その理由, もうその, もう遅い, やはり眠, リヽーは, 今にな, 彼女の, 彼女は, 沖の, 父は, 私の, 私は, 親切そうな

1 [315件] あかるかつ, あたりは, あまりにも, あまり政治, ある朝, あれで, あれは, いざその, いや先方様, いわば自分, うちで, おぬい, お前さん何だろう, お前達は, お綾, かえってその, かの女, かれの, けっしてぎゃくたい, こうなっ, こうまで, このあたり, この中, この多, この娘, この提案, この考え, この部屋, これという, これに関する, これほどまでに, さして興味, さっぱりその, さてまたこの, しかしその, しかしフランス, しかし彼, しかし教区, しかし物, しかし絶望, しかも彼ら, しまいには, すげなく顔, すべての, そう皆, そう言われ, そこには, そして十分ロマンティック, そして夫, そのけたたましい, そのとき, その人間性, その威勢, その実は, その幾分, その後一地方限りで, その復路, その態度, その手, その方法, その日, その時分, その期待, その癖, その罪, その見苦しい, その親本, その辛かっ, その道理, そもそも始め, それでもまだ, それとても, それには, それを, そんなこと, ただギリシア革命政府, ついぞその道, ついにこの, ついに断行, ついに期待, つい芸者, とうとう一尾, とうとう力まかせ, とうとう勝てず, どういうもの, どうしてもこれ, どうしてもそれ, どうしても追跡, どうもどてら, どうも様子, どうも私, どんな恋人, なお気に入らない, ぬッ, はだしだ, ふだん家族の, ふとその後, まだ, まだなんとなく心がかり, まだ何らの, まだ大事, まだ心残り, まだ生きた, まにあわずテーブル, みつは, むくむくと, むだであった, むろん我, もうおそかっ, もうみどり, もう口, もつと, もとを, や, やがて寒, やっぱりありません, やっぱり徒爾, やつと, やつぱり徒爾だつた, よくよく考え, わたしが, イギリスから, ストリップ・ショオという, ビクとも, ラジオと, 一向に効, 一滴も, 一生懸命に, 一面に, 七代信寧の, 三藏は, 世間も, 久しからずし, 之は, 之又, 事態が, 二人の, 二人は, 五百七八十句に, 井谷に, 京助に, 人形は, 今や祖国, 今回第, 今宵の, 今日は, 今更あと, 今朝覚め, 今瞳, 仕方が, 仕方なく, 以前には, 仲裁の, 仲間の, 何う, 何うし, 何かを, 何を, 何分こつち, 何分この, 何等の, 元はと, 先生の, 光を, 全身が, 其は, 其瞬間に, 内部から, 出入を, 分らない文句, 別に怪しい, 前と, 劇詩人の, 労働者に対しては, 勅定が, 動く気色, 医学は, 千古の, 単にこれ, 及ばなかった, 反って, 叛逆謀叛人でない, 古老が, 古見が, 坐して, 声は, 夜若し, 大部分, 夫の, 奈良へ, 婆やは, 子供を, 学校を, 安藤夫妻は, 実は夕方, 実は過失死事件, 実行されませんでした, 家も, 家屋は, 家屋敷は, 寄らないの, 寒岩は, 小児でも, 少しの, 尚満ち足らぬ, 屏風は, 山地地方では, 工学士は, 工學士は, 引返すの, 形は, 後世に, 後悔は, 御当人, 微動も, 微笑を, 徹頭徹尾, 心は, 必ずしも防人出立, 念の, 思った程, 思慮と, 急に, 戦後は, 手を, 手桶らしい, 提灯の, 文学的創作の, 日本人の, 明日にも, 是迄は, 時あっ, 時の, 最後に, 本場所で, 本当は悪い, 本来より, 検事は, 業が, 止めないです, 此の, 此頃から, 母が, 母親さんには, 毒に, 気を, 決して寒帯民族そのもの, 決して第, 汽船としては, 浅吉は, 減価しなかった, 満場の, 火が, 無所有, 無益だった, 犬は, 犯人の, 犯行は, 珊瑚は, 現在の, 男は, 皆んなで, 皆口々に, 相手が, 真実男が, 眼前の, 矢張りいけない, 私たちは, 私と, 紅灯緑酒の, 細君に, 終に落城, 結果を, 結納の, 翌日伊勢を, 老人は, 肯かないでは, 胎土や, 自分で, 致し方が, 舌が, 船長その, 行方が, 見えない, 見遣ったけれども, 親切さう, 親切さうな, 許されなかった, 認識の, 誰れ, 諸外国, 豪気な, 財産は, 貧しい時, 貧窮組に, 赤ン坊の, 足の, 軒を, 辿りついて, 追っつかない, 送らるべき知己, 通過しなかった, 遂に大敗, 遂に獄卒, 遂に露帝, 道は, 金具が, 金貨で, 間に, 陰で, 陶用いず, 集合の, 頬擦る, 頼めば, 駄目で

▼ した人間~ (360, 0.2%)

14 のよう 5 のやう 3 だ, だと, である, なの, なん, の声, の姿, の死骸, の顔

2 [28件] かそれとも, がある, が一人, が住ん, が火薬庫, だから, だという, です, ですから, でなければ, ではない, というもの, といふこと, としての夏目なにがし, ならば, になった, の名, の心, の態度, の死体, の生活, の美し, の集合体, は一人, は十中八九, は已, は臆病者, も出

1 [258件] かということ, から言え, があっ, があつ, があるだろう, がいくら, がいざ, がいった, がうじ, がうじゃうじゃ, がお手本, がしなけれ, がその後急, がぞろぞろ, がつい, がどうして, がどこ, がはだし, がアメリカ在国中, がエデン, が一日, が予想, が二人突, が五人, が人, が何, が写っ, が出来, が呼ん, が在世, が城下, が多い, が大きな, が女, が妙, が復讐, が心から, が忍術, が日本人, が無数, が私, が自分, が自由意志, が見えた, が頭, が黙つ, じゃありません, じゃが流石, だあれ, だか, だけが出す, だけが貰える, だけで片, だそう, だったらあんな, だったらその, だとは, だね, だらう, であったから, であって, であるという, である故に, であれば, であろう今, でございます, でその, でなん, でもいくらか, でもわるい, でも赦す, でも遠慮, でよ, で六等官, で外国, という意味, といふもの, といわなけれ, とお, とおもわれ, とかお, としての責任感, として何, として曾呂利, として立場, とたった, との間, とはだいぶ, とはとても, とはどんな, とは一體何, とは全然, とは即ち, とは思えなかった, と見た, と解釈, などより趣味, など生き, なら, なら取ろうと, なんぞありゃしません, にいたれ, になっ, になったら, になり, になりたい, になりました, になる, になれない, にはこの世, にはとうてい, には一人, には苦しみ, によく, によくも, に似た, に充分, に再び, に反応運動, に憎まれる, に比し, に逢う, に過ぎない, のあ, のあくび, のある, のうち, のおろかさ, のごとく, のたま, のため, のやるべき, のテラー, のヤケ, の世界, の中, の云, の云う, の作そのもの, の個人, の全身, の初めて, の助け, の努力, の動機, の勝利, の半分, の土地, の大群, の実験, の屑, の年齢, の微細, の思惑, の性格, の悲しみ, の悲哀, の意力, の愚, の感情, の感興, の慈悲, の成長, の或, の把握, の文化, の文字通り具体的, の有様, の死に水, の灰色, の片腕, の狩猟, の発達, の皮膚, の着座, の破産状態, の示す, の空間, の細胞, の結合, の繪, の群, の考へる, の自然, の表情, の裡, の言葉, の足, の躓き, の長い, の隠遁性, の集団, の靈魂, の顏, の顏ぢ, の首, の骨, の鼻, は, はいない, はいろいろ, はお, はお供衆, はこれ, はどう, はにぎやか, はまず, はもう, はもうすっかり, はもつ, はやむをえず歩く, はよほど, は互に, は人権, は今, は他人, は少, は廣い江戸中何處, は昔, は是非, は永い, は皮膚, は笑っ, は自分, は自分自身, は認識, は誰, は誰だい, ばかりが寄, ばかりになっ, ほど嫌, ほど老人, もある, もいます, もたくさん, も居る, も純粋, や馬, より千両箱, より千兩箱, をかえり見よう, をたった, をたつた, をよほど, を二人, を伴っ, を十人, を座長, を想像, を憎みました, を捜し出し, を探る, を新しく深く, を発見, を私, を自分, を見付ける, を身近

▼ した~ (347, 0.2%)

15 になっ 10 である 6 のもの, をとっ 4 だった, で, となっ, をし, をとつ, をとり

3 [11件] であった, なの, になった, になつ, になり, になる, に於, のある, をした, をとる, を取っ

2 [18件] が出来た, だつたが, だと, であるが, です, で他人, で良人, と見る, にし, にならない, に結晶, のまま死, のアイスクリン, のカツキリ, は第, をとりはじめた, を取った, を示し

1 [217件] えにの, からわが国, があった, があらわれ, がある, がそれ, がどうして, がフッ, が固定, が外, が多い, が定, が平安初期以後, が成り立つ, が既に, が日本芸能普通, が熊, が目, が見えます, が進む, が進ん, さ, さうであるから, だ, だけ, だったから, だつた, だつたおかげ, ちでも, ちで恰好, であ, であったという, であつ, でありより, であり後悔, である種, でいま, でいる, でうかび, でお, でくっきり, でこの, でした, でその, でそれ, でとうとう, でなくて, でのろのろ, ではあった, ではある, ではいりこん, ではうけとり, ではなく, では不可能, では深く, では現われ, でわたし, でタダオノウカン, で三町ぐらゐは行, で主人, で事後, で仰が, で其処, で再, で出来上らない, で単独, で反映, で呆れ, で垂れ下がっ, で垂前髪, で妹, で姿, で家々, で寝, で小声, で居る, で後世風, で所見, で持っ, で描かれる, で日本市街, で暗い, で最後, で本当は少し, で杉村, で植ゑつ, で歌舞伎座, で残され, で残っ, で残つた, で汗, で流れず, で淡, で現, で現われ, で現代, で瓜わらべ, で発布, で示され, で示される, で示し, で突如, で符合, で結論, で考え, で而, で自分, で落著, で表現, で見える, で話題, で読者, とかの, として受け取った, として婦人, として自分, となつ, となり, となりました, となる, と丸, と些, と左右, と極めて, と見られる, どうしてもおかし, などもよく, なり, においてである, において指摘, におけるプロシア, にだけ様式化, になりかけ, には勿体振り, に仏, に入る, に刻んである, に対して軍鶏, に展開, に影響, に此方, に現, に現われ, に行つたの, の, のいい, のつい, のま, のます, のまま, のみを用いる, のマルクス主義的社会理論, の上, の下, の使用度數, の前者, の合理化, の善報, の好い, の小さ, の所以, の更に, の法則, の深, の熟語, の眉, の細み, の結晶, の美し, の革命, はとる, は五月, は何, は前者, は我々, は鎌倉時代以後口語, へ疵, も単なる, も深い, をさえ取らない, をすら顕し, をととのえる, をとらない, をとりたがる, をとりだし, をとりはじめ, をとり出し, をとり出した, をとるであろう, をのぞい, をもっ, を与え, を与える, を作らう, を保っ, を取, を取らない, を取りかけ, を取りはじめた, を取る, を受け取る, を引入れられる, を彼女, を持っ, を持続, を指し, を採らね, を採り, を文章, を決して, を現, を現した, を発見, を考へる, を表, を見守っ, を鮮

▼ した~ (345, 0.2%)

109 である 8 なもの, な顔 5 な声, な気持 4 だが, であった, な形, に見える 3 な心持, な気, にし, に思はれる, に言つて, をし

2 [26件] ですが, なところ, な史実, な場合, な横長, な気分, な涙, な男, にいきなり, にこんな, にその, にだまっ, になっ, になつ, に固く, に声, に女, に当る, に思う, に思はれた, に暫く, に目, に私, に自分, に身, に鎮ま

1 [214件] がしげ子, が君, こそはサイキー, だ, だっか, であったが, であつ, であるが, でございます四月, でしたが, です, ですなあ, でそれで, でも, でニヤ, で不思議, で何, で汚, で身, で鬢, とが想像, とが浮かん, なあり様, なお, なただ, なたより, なつつ, なとうて, なとき, なほがら, なものの, なもんぢ, なわけ, な一分の隙, な五色, な人影, な人間, な仏像, な位置, な何, な作物, な例, な倉住居, な光, な全体, な単に, な名刺その他, な名称, な地面, な埃, な外見, な妙, な姿, な子供子供, な実に, な容れもの, な容子, な小さい, な幸福, な微笑, な心, な性格, な怨霊, な恐ろしい, な悲観気分, な態とらし, な態度, な文字, な文章, な新しい, な方, な杉, な気持ち, な河岸, な溜息, な物腰, な状態, な異様, な真黒, な着物, な笑, な者, な若い, な蜩, な表情, な言葉, な訳, な話し方, な足調, な輝き, な返事, な部分, な雅, な響, な頼り, な顔つき, な顔付, な風, な骨董的, にお話, にがつかりした, にきいた, にこれ, にすやすや, にそこ, にたいら, につっ立っ, になり, にぱち, にみんな次の間, にも云, にも云わない, にも思います, にも記憶, にゆるく, にカプユルタン, にビク, にホッ, にポケット, に一時間, に不気味, に両手, に二つ, に二人, に二列, に云っ, に云った, に伝える, に偶然, に劇, に動けない, に去り, に又, に口, に吉野, に同じ, に哀れ, に夕闇, に大業, に失敗, に奇麗, に少, に広い, に彼ら, に彼女, に御, に微笑, に思った, に思われた, に思われる, に急い, に息, に手, に打上げられた, に抱い, に押し黙っ, に押入れ, に指先, に時々, に書い, に本当に, に残, に消え, に深く, に溜息, に煙草, に熟語, に父, に爽快, に甚, に疑っ, に白無垢, に皆結局, に真白, に眼, に空腹, に突然, に立, に立っ, に笑い出した, に第, に節穴, に美しく, に考, に薄暗い, に表情, に見え, に見えた, に見えました, に見えます, に見せかける, に見詰め, に見開い, に言う, に言葉, に記し, に話, に読まる, に賑やか, に足, に身体, に身体中, に逃げよう逃げよう, に鎮まっ, に頭, に顔, に首, の御, の美, はなおかつ, は何とも, も見た, を思ひ, を見る

▼ したけれど~ (343, 0.2%)

9 それは 5 彼は 3 これは, すぐに, 今は

2 [13件] おれが, このまま何, その後, それが, どうする, もうこの, わが子までも, 何か, 何の, 何処も, 彼女は, 気が, 水中の

1 [294件] あいにくあの, あたし欲ばりだ, あて面白く, あとからの, あのお, あれこれと, あれで, いって, いまこの, おそろしさ, おれにも, お前達も, お君, お安, お松としては, お松の, お菊ちゃん, かいもくその, かかる疑問, かれは, こういう人間, こうし, こうなっ, こう云う, こう後, ここで, ここまで, この上成績, これから後, これも, こんな凄まじい, ごくありふれた, さて数えたて, さわりなく, しかし信じよう, しかし同じ, しかし満足, しかし立法者, しろりと, すぐその後, すぐ他意, すぐ仲直り, すべてが, そうは, そこは, そのあいだ, そのたび, そのよう, その代り, その八表, その奇怪さ, その後で, その後では, その意志, その方, その犯人, その精神, その糸口, その苦心, その謎, その音, その馬車, それからの, それでも八人, それでも許し得なかった, それでも長三, それと, それにしてもあの, それにしても若い, それにしても財布, そればかり, それほどとは, それを, そんなこと, たたきつけて, たとえ生, ついに獣人, つまらないから, でもまだ何だか, とうてい二人, とうとう病床, ときどきは, とっつきが, とにかく祈祷, どういう理由, どうした, どうしても聲, どうにも, どこが, どこの, どれも, なお母ねこ, なんらの, はなはだしい悲嘆, ふんと, へんじが, まさかそれ, またそれ, また好奇心, まだ物, まだ相当残っ, まだ足りなかった, まだ黙っ, もうできない, もうどうにも, もうどうにも出来なかった, もう三十年, もう夜, もう追, もう逃げだし, もう逃げ出す, もう遅かっ, もしそれ, もともとお, もはや何れ, もんは, やっぱり博士, やはり充分, よくまア, よく考え, わたしの, ナニ糞, マスミの, 一つには, 一人で, 一向に太い, 一室一燈一張の, 丁度その, 七萬石の, 上げた手, 世の中に, 両手の, 久しいあ, 乗つて, 二十三と, 云ひ得なかつた, 五郎は, 京子の, 人と, 人臭いという, 人間詰め長椅子の, 今の, 今ほど, 今度は, 今更どうなる, 今更帰る, 仏頂寺は, 仕方なし, 他に, 以上が, 仰有らなかったきっと, 伏兵の, 何だかいつ, 何と, 何時も私達, 何時頃にと, 例の, 僕は, 兄が, 八雲は, 兵二郎は, 其の当座, 利一郎は, 力に, 千五百円に, 卒業させる, 及ばなかった, 召使の, 可いわ, 向こうは, 君が, 君に, 吹さらわれ, 咄嗟に, 唇が, 問題の, 地上の, 声が, 外に, 外は, 夢の, 大蔵の, 天気に, 天氣に, 奥さんの, 女人崇拜の, 女賊のけ, 妙な, 姉小路を, 娘の, 娘は, 孫兵衛の, 実にゆったりし, 家出した, 小使は, 小西からは, 山の, 岡本兵部の, 已むを, 帰らうにも, 年末の, 幾度か, 引込みが, 彼に, 彼女の, 彼等の, 忽ち思い止まった, 思いとまる, 思い直して, 急に, 性急な, 恐いとは, 意味を, 愛されたこと, 愛しい娘, 懶いやう, 戸籍謄本を, 手数が, 手足を, 放蕩を, 既往の, 日本の, 早く来, 明智は, 書端意を, 最初からの, 本社が, 村正の, 槐位に, 民子の, 気に, 沿岸一帯に, 洋服よりは, 浅ましいこと, 滅多に, 濡れた着物, 無上に, 父親が, 犯人は, 用心しよう, 田舎の, 甲斐が, 男は, 目が, 直ぐ眠, 相手の, 眞白な, 真逆, 矢張駄目だつた, 私が, 私には, 私は, 竹丸は, 笑顔を, 紀州藤堂彦根郡山四藩の, 結局勝った, 結局目の, 結局轡川が, 絶食四日で, 考へて, 肉体の, 自分でも, 自分の, 舌が, 花前の, 茂太郎の, 荒いゆすぶり, 裕八郎の, 西暦八世紀の, 要領を, 見れば, 見物は, 許して, 誰かの, 誰も, 責任者の, 足が, 足の, 追っ附きません, 途中から, 遅かった, 達吉は, 遠隔の, 適当な, 遺憾ながら, 邪魔を, 長三を, 間に合わなかった, 間もなく霧, 隣家の, 音信を, 養祖父実, 餘程ひどい, 鼻の

▼ した姿~ (343, 0.2%)

7 であった 6 を現 5 です, をし, を見た, を見る 4 があった, だった, を見 3 が今, である, でした, ではない, の女, を想像

2 [14件] が, が何処, が眼, だつたの, で, で顎, になる, のよう, の中, を一層, を山路愛山君, を現した, を眺め, を見せる

1 [252件] うら寂しく姉夫人, おらく, かと思われる, がありあり, がいつ, がかえり見られ, がじりじり, がすぐ, がそこ, がそのまま, がそれ, がたぎり返る, がつっ立っ, がどうしても, がなん, がひどく, がゆらりゆらりと, がよかっ, がグラグラ, が何, が倒れ, が前, が却って, が好き者, が如何にも, が日本, が栄えた, が椅子, が氣, が水彫り, が浮かび上がっ, が町角, が目, が破れ, が硝子戸, が私, が立っ, が第, が老, が肱掛椅子, が背中, が自分, が見えた, が見えなくなる, こそその, こそやがて, そんな野性, そんな野生, だ, だけが直吉, だけを改めさせました, だつた, だつたこと, だと, だろう, であるもの, である焼野焼山, であれ, であろう, でおう, でおもしろく, でお願い, できっと, でこの, でそのうえ, でそびえ, でそれぞれ, でただ, でためらっ, でなくその, でほ, でわたし, で切株, で創造, で力, で在所, で実験室, で対立, で小麦色, で庸三, で廊, で彼, で心, で忍び込んだ, で戻っ, で映, で東京郊外, で歩い, で浮動, で消え, で牛, で現われ, で疲勞, で病人, で目禮, で瞳, で矢代, で窒息, で立ち上った, で立つ, で紅い, で紙, で線香, で續, で罪, で薄い, で表現, で見知らない, で話し, で重ね着, で雪崩れ, で頤, で頸首, で髪, とが見て取られる, としてわれわれ, として満, とはまるで, と一しょ, と美しい, と錢形平次, などは輝く, などを見, など考え, なの, ならば, においてその, において他人, にかわっ, にすっかり, になっ, にはじめて, には世相, に則る, に変っ, に変り, に変りかけ, に大変, に成っ, に描かれ, に於, に見え, に過ぎない, に重, に驚き, のある, のしかし, のなだれ, のなんと, のほほえみ, のまま, のもの, のよい, のロマンス人形, の上, の彼, の旅人, の本質, の気高い, の生物, の産霊神, の絵, の美しい, の背景, の若い, の記憶, の醜, の馨, はおそらく, はこの, はすぐ, はその, はどうしても, はまさしく, は他, は八五郎, は太, は孝次郎, は屋敷風, は持っ, は明るい, は最も, は月明り, は朝, は淫, は清子, は源氏物語, は笠置, は薫, は見せなかつた, も, もう一度は, もその, も想像, も感じ, も断崖, も見た, や, やきっちり, や數珠, を, をあなた, をあら, をいちど, をお, をおのれ, をこの, をした, をちら, をながめ, をのぞかせ, をみた, をみつめた, をみる, をもった, をチラチラ, を仰ぐ, を保つ, を凝視め, を出す, を前, を包ん, を北村, を可愛がる, を味わう, を崩さぬ, を引き立たせ, を微笑, を心, を思い出した, を思い浮かべ, を想, を捉え, を映し出し, を曝す, を殘, を浮き出さし, を湛, を湛え, を灯, を眺めました, を示す, を窓, を羅馬, を薬局, を見せ, を見せた, を見ぬ, を見れ, を雷洋丸上, 乃至ど, 特に金堂

▼ した~ (343, 0.2%)

12 の心 5 の, の眼, の頭, はその 3 の友人, の姿, の方, の罪, はこの, はすぐ

2 [21件] がどうして, としては, と彼, に見せる, の子供, の感情, の言葉, の顔, は, はあわて, はまた, はもう, はもう一度, はもらわれ, は喜び, は急, は更に, は私, は食器, も今, を介抱

1 [251件] から滑り抜け, があべこべ, がいつの間にか, がお, がこの, が一たび自己以外, が何, が内幸町, が反対, が壇, が声, が寝, が当時, が御, が恩, が新聞社, が旅, が早速, が時計, が暗い, が残ってる, が特に, が生き, が自分, が言う, が連れ, が飯屋, が馬, じゃない, だから, だが, だちは, だった, である, であるけれども, でございます, ですから, という, という一人, とがその, としては禅, とやはり, と何時, と早く, と親しく, などはいよいよ, などは時々, なのに, に, にとってはどうしても, にとっては一生懸命, にとつ, にどうして, になん, にはその, にはよく, には何, には国老, には寧ろ, にも何, に主人, に吃驚, に向, に寄り添っ, に對, に関する批評, のお, のこの, のため, のま, のまわり, の一生, の上, の二年, の余技, の作品, の偶像, の兄, の先生, の制服姿, の創作, の勉強, の卒業祝い, の友達連, の双肩, の同期生, の喜び, の妻, の子, の字, の学業上, の小さな, の少い声, の少年時代, の幼時, の広重, の度重なる, の影法師, の彼氏紹介, の従兄弟, の心境, の心理, の情調, の想い, の態度, の懐中時計, の文章, の机, の横, の欠点, の気分, の熱い, の父, の特別, の生活, の用箋, の眠り, の着物, の神経, の結論, の老母, の考, の背広姿, の脱獄, の自己陶酔, の蓮花図, の見当, の親切, の計画, の詩, の誤謬, の諸, の運命, の過ち, の過失, の隨筆, の食卓, の驚き, の髪, の鼻穴, はあく日, はあやまった, はいきなり, はいささか, はいずれ, はいつか, はいまだに, はかう, はかへつて郷土, はここ, はこんな, はすっかり, はそこ, はそれ, はそれからまた, はたしかに, はただ, はとうとう, はどうも, ははげしく, はばか, はほ, はまだ, はもつ, はものの, はよく, はジリッ, はドン・キホーテ, は一カ月, は一応, は一時, は一時間, は一種危険, は下, は事件, は二ツ, は今夜, は今度, は今更, は仏教, は他方, は休ん, は何, は何云つて, は停職処分, は全然, は出立, は初めて, は前の, は前夜, は北九州, は十三四, は反射鏡越し, は嘘, は土地, は女, は如何, は実, は室, は少々, は尚も, は広い, は彦山, は彼等, は心, は思わず, は感極まっ, は憤, は按摩, は文字通り, は旧友, は時々, は次に, は武士, は海ぞい, は淋し, は然し, は焼け残った, は町, は神田橋, は程なく, は空っぽ, は経本, は肩上げ, は裏, は要するに, は見る, は遂に, は遠く, は飛躍, は馬琴, は高林家, は黙っ, へのうろたえた, への痛烈, もすっかり, もねん, もへこまされまい, も想像, も歩きださう, も竹内教授, も馬, をあんな, を仕事, を助ける, を外道, を姉さん, を尊敬, を許さなかつた, 生兒, 踊りながら

▼ した結果~ (340, 0.2%)

14 である 8 であった 7 なの 6 に外 5 ではない 4 だと, であろうと, にほかならぬ 3 であ, であると, です, による, に過ぎない, はどう, 生じたもの

2 [15件] がどう, ついにある, であって, であること, ではこの, でもあった, として第, とであらう, になつ, には外, によれ, の惨状, は如何, らしく一尺五寸, 止むを

1 [237件] あまり附き過ぎる, いかにし, いまだに旅, かとも思われる, からこれら, からで, からのはず, からみ, からマルクス, から推せ, から氷盤, から見る, がいかなる, がやつ, が一般, が不変, が与っ, が事件, が二八度三五分, が人間, が今日, が俳優, が倫理, が却って, が地名, が多い, が思わしくなく, が悪, が感覚, が次, が殆ど, が現, が発表, が論理, が遂に, が長い, きびしく従来自分, このまま, このガス, この一件, この時, この海水, この破片, こんなに人数, さすがに, さて買, さらにハッキリと, しばしば, じゃあない, すて, すでに信じ, そういう気楽, その性格, その時間, その死体, その発頭人, たぶんそれ, だ, だそう, だったの, だという, だんだんそういう, であったか, であっても, であります, であるから, であるが, であるというしか, であるに, であろう, であろうか, でしかも, ですが, です私, でその, でで, でないで, でなければ, での文学上, ではないでしょう, ではなく, では無い, では異変以前, でもあろう, で人々, で其の, で有名, で見る, で配下, とうとうその, とうとう松, としてあの, としてこれら, としてもし, として今, として何, として女, として婦人, として子孫, として惹き起された, として政府, として星雲, として祖先以来, として科学的根拠, として科学者たち, として美術工芸中, として自ずから, として運動全体, となっ, となつ, とにも角, とばかりは考えられない, と一向, と乙, と云う, と見る, と見るべきであります, と言, どんな農家, ならん, なん, にちがい, について休み, になっ, になった, になり, になりました, になる, にはなっ, にはならず, にまで事, によってそういう, によってどうしても, により目標, に他, に依れ, に相違, に過, に達し, に違い, のごとく, のみで, のもっとも, のやう, の一ツ, の二形式, の出た, の報告書, の如く, の成績, の水増し, の爲, の起らなかった, はおれ, はかかる, はすなわち, は七兵衛, は上々, は今, は何, は全国, は八月二十一日, は判事, は効果, は大江山, は当然, は彼, は恋愛, は明, は次, は物理学, は竪穴内, は約, は蓋し, は認識論的立場, は醜, ほぼ一様, もし葉子, もまた, やはりそれ, やはり互いに共通, やはり実際に, ようやくおさまり, ようやく今夜退出, ようやく私, ようやく自分, わざと何等, を, をいう, をこの, をガリレイ, を一八三四年六月, を信じなかった, を出した, を報告, を外国, を少し, を平均, を得る, を御, を必然的, を書き取る, を現す, を理化学研究所彙報, を用い, を発表, を綜合, を要領, を見, を見ます, を軍事, を齎す, 一方では, 先ず長崎附近, 其の文章, 出て, 却ってその, 却って感銘, 同じく気, 実際に, 当然来る, 我が善良, 新しい神, 最も顕著, 次第に季感, 漸と, 無政府主義, 生れたもの, 知らず識ら, 終に, 終にご, 見つけ出したの, 遂に兄, 遂に学校, 遂に東京帝国大学附属地震研究所, 頼んだの, 高められるであろう

▼ した~ (333, 0.2%)

5 の眼, は 4 であった, の顔, は自分 3 に, の, の哲学, の女, はこの, はその, れの

2 [22件] が最初, であったが, には少し, の仕事, の姿, の心, の思想, の根性, の父, の現実, の目, の肢体, の胸, の艶艶, の頭, はあれ, はそこ, はやはり, は何気なく, は汽車, は身, れは

1 [246件] が, がこぶなら殴りかかるだろう, がした, がどうして, がなぜ, がまるで, がロセッティ, が一言, が三度目, が事件, が先輩ルウソオ, が向, が家康, が惡戯氣, が日, が歸つて來, が特別, が第, が誰か一人二人, が頭, だから, だけの性格, だった, だという, である, であるが, でない彼, についてこれから, についてはおかし, にとってたしかに, にとっての平和, にとってはその, にとっては全く, にはその, には母, には罪, には釣り, に僕, に取っ, に同情, に対する神, に對, に或, のすぐ, のその, のまた, の一生, の上, の世界観, の乗馬, の二, の人たち, の何時, の作品, の健康, の功績, の動静, の千艸屋, の半, の印象, の即決, の厨, の友達, の口, の同志, の周囲, の坂下門事件, の執拗, の境遇, の声, の大, の大胆, の女房, の家, の密閉室, の小田原, の居る, の山科, の岩, の幼友達, の広闊, の弟子, の心持, の忙しい, の思想体系, の性格, の悲壮, の意図, の意圖, の愛人ハンスカ夫人, の慾情, の手, の手首, の擧動, の日, の日課, の時, の時代, の最大, の服装, の機鋒, の気もち, の気分, の気持, の注意, の熱心, の生活, の産褥熱, の病気, の病舍, の癇癪, の真意, の真摯, の眼差, の眼界, の立場, の童心, の素志, の経験, の肩, の脳裡, の腕, の舞台, の芸術, の若い, の苦悩, の荒々しい, の虚栄心, の行動, の表情, の表現力, の覚醒, の観念生活, の言い分, の言葉, の論説, の身体, の近視眼, の透視, の長兄, の関羽髯, の陰鬱, の額, の顏, の顔面, はあたり, はいつも, はいろんな, はいわゆる, はおどろい, はおもむろに, はかうした, はくらくら, はこ, はさらに, はすぐ, はそれから, はどうにも, はふと, はまず, はやっぱり, はやむをえず, はわざと, はわたし, はクロポトキン, はシャガレ, はスイス, は一時, は他, は仮令, は伯父, は余りに, は俗坊主, は俯き, は出来る, は十六首, は十年, は吉川夫人, は同席, は名残, は和服, は坐り直し, は天性, は妻, は岩蔵, は差し伸べた, は年, は幾度こ, は形式, は形式論理学, は彼, は徐ろ, は従容, は思わず, は惘れた, は懐中, は戦争, は戸, は手, は折れた, は握った, は故郷鳥取, は日ごろ, は武蔵太郎, は河岸, は油, は派手, は無明, は無論, は玉藻, は異族征伐, は癇癪, は眉根, は真理, は私, は突嗟, は答えた, は翌朝人, は胡瓜, は若い, は見る, は詩吟, は近所, は頭, は黙っ, は黙つた, は鼠色, もいまや, もその, も接吻, も薄倖, を, を二人, を再び, を後ろ, を思え, を想像, を現実, を眺め, を見た, を見る, を見出した, を迎え, キラキラする, 及び彼女, 美しい女

▼ したかの~ (324, 0.1%)

120 ように 41 やうに 16 ような 9 やうな, 観が 6 ようだった 5 女の 4 ようである 3 ごとく, ようであった 2 やうである, よう, ようでした, 問題に, 如くであった, 如くに, 如く樹木, 根拠に, 根據に

1 [90件] いなせだ, ごとくおどろいて, ごとくおの, ごとくおもわずぎくりと, ごとくがらり, ごとくきょときょと, ごとくころがって, ごとくじわりと, ごとくすっかり, ごとくはっきり, ごとくふるえ声, ごとくぽうっと, ごとくぽっかり, ごとくよよと, ごとくソ連, ごとくポキリ, ごとく三人目, ごとく伊三郎, ごとく取り扱われたが, ごとく奥平屋敷, ごとく微動, ごとく感じて, ごとく感じられて, ごとく柳沢, ごとく話したが, ごとく静か, ごとく黒ねこ, やうな思ひ, やうにも, ようなおも, ようにも, オサナイズムの, テロリストは, 一つの, 三つの, 事も, 二代目岩て, 二客は, 二律背反, 十分なる, 問題である, 問題では, 場所に, 如き現象, 如き莊周, 如く, 如くう, 如くただ, 如くにこにこし, 如く丹念, 如く動けるとき, 如く勿体, 如く唇, 如く心で, 如く思って, 如く思はれた, 如く残念, 如く考える, 如く舌, 如く装わしたとしか, 如く見ゆる, 如く誤解した, 如く長々, 如く震れに, 嫌ひ, 実証精神の, 山東京伝の, 形に, 悪魔たちの, 感ある, 態である, 様, 様で, 様に, 様子でした, 此の, 法印である, 源因を, 由来を, 疑ひすら, 真の, 筆屋幸兵衛の, 箆であった, 觀ある, 觀が, 証左が, 説明にまで, 連込み専門, 鉄の, 風であった

▼ した~ (320, 0.1%)

5 それに

2 [15件] これからも, そして最後, それを, ます, またその, また永遠, 又何, 周章てた, 正三は, 私の, 私も, 秋の, 絶望も, 自分の, 芸に

1 [285件] あの男, あるもの, あんなに物, あんまり意志, いうに, いまでも, いま一人の, いろんな望みどおり, うて鴉, うれしいし, うれしかった, おかあさんと, お母さんに, お腹は, お針仕事, お鳥, かえるべき衣, かつまたその, かつ菫外線, かなり理解, かなり迷惑, ことにザセーキン家, この上, この席, こん夜は, して, しんぼうづよくみんな, ずっと上流, ずる休みも, そういう機会, そういう点, そしてまた常に, そのおかげ, その他大, その他随身一同の, その側近, その創作方法, その度, その次, その薬品, その関係, その魁異, それから小, それから幕末維新, それから後, それで皆, それと, それや, それより, たたかいも, だんだん訳, つまり実力, どこへも, どんなこと, なくなりかた, なにより, ひいてはその, べつにほしい, まして, ましょうか, また, またいじらしく, またこの, また一方, また一方挙式, また三男, また他, また出来る, また名高い, また変, また大臣, また奴さん, また宝, また引続き, また彼, また感歎, また文化運動, また早くから, また根底, また母, また確か, また精神的恋愛, また謀叛人たち, また警察側, また豹一, また貴族, また重い, また長い, まりの, むがしかしおもねらない人それが, ものに, やがては, やはりお金, やれ者, ゅうしてもろうて何やら, ょうこなのです, よく澄んだ, よしそれ, わざだ, わしは, ウジが, サ, サッカレは, テーマを, ハンカチで, ライオンも, 一九四五年の, 一人前の, 一体誰, 一度だって, 一杯やる, 一番終りの, 一銭二銭の, 世には, 世間でも, 中頃からは, 久しぶりで, 二宮も, 人に, 人間の, 今の, 今夜は, 今家庭, 今日の, 今日までに, 他方外国市場の, 以後の, 伯爵は, 何もかも親任, 何某は, 値段も, 値段書きも, 傳語し, 先生も, 内地の, 内気な, 出来る事, 判事らは, 前から, 危く命が, 卵やき, 原田どのは, 又た, 又今後, 又八も, 又綾昇, 友に, 反面情熱, 叔母さんの, 叩くという, 台所でも, 右も, 右太, 同じ十二日, 同じ百姓, 国文学に, 坐つて, 声も, 多くの, 多少は, 大丈夫もう, 大体どんな, 大体以上の, 大和の, 大阪府当局では, 夫人は, 奈良の, 女中達へ, 妙見様へ, 娘にも, 嬉しく甚だ, 学校友達の, 実は相当, 客種も, 客間で, 室外の, 家の, 家中の, 家隆の, 寄進の, 寝床の, 寺の, 小さんや, 小説, 少しとりすました, 尚甚しき, 工場と, 工場細胞としての, 帆村の, 帝へも, 弁論人らは, 弟は, 形式だけでも, 彼の, 彼女にも, 後年東京に, 從來の, 御所からの, 必要の, 怖れ, 悲しみも, 或は川村さん, 或は谷間, 手紙一本書く, 抑制した, 探りも, 故郷を, 敏捷な, 教えても, 教室の, 新聞の, 方々から, 施療の, 旅費も, 日常の, 普の, 更にはかなく弱く, 最後に, 服なども, 木村さんである, 本人の, 本当に奇怪, 杉次郎殿や, 村重の, 東京を, 東海散士柴四朗は, 林達夫氏は, 此から, 残って, 殿様も, 気ばかり, 永井荷風さんあたりも, 永年の, 況して斯様, 法政大学関西学院などにおいても, 注文の, 浪路を, 湯上りの, 潮見博士が, 然かは, 男は, 畑の, 留まるもの, 疊も, 白耳義の, 相変らず, 真面目な, 着々と, 睾丸も, 社会主義の, 祇園の, 種々経験, 等飯を, 精力家だ, 細工物は, 考えも, 聞いても, 自らも, 自分が, 自分も, 自分自身が, 自然その, 自身で, 若者が, 苦労も, 葉子と, 血気に, 証拠の, 誦経の, 読者側では, 運動場には, 配当を, 酒も, 醫術における, 重くも, 重たい金, 金も, 銀行にも, 隠し売女も, 雨の, 青木も, 面白くも, 韓猛の, 風の, 黒田孝高は

▼ したこの~ (314, 0.1%)

6 家の 5 二つの 4 男は 3 ような, 男の, 町の 2 一と, 不思議なよろこび, 事件とを, 人の, 国の, 少年の, 新らしい, 私を, 部屋に, 頃の

1 [270件] いじらしい昔馴染, おもいは, お嬢さんが, でっぷりした, とき風勢は, なつかしい巨匠, なんでも, のっぴきならぬ, はたけ, ひとこと, ぼうぼうたる, ゆきとどいた慈母, わからず屋の, アトリエに, イヤな, キカイは, ジャン・ヴァルジャンは, ステッキは, ステーンセン伯爵である, テーマを, トリックは, ドナテロの, フランスの, ポーズを, 一個の, 一団に, 一巻の, 一年には, 一番年長の, 一行は, 三人の, 三十歳の, 上発達の, 不安不快な, 世の中で, 世紀の, 両親への, 主人こそ, 事件の, 事実のみは, 事実は, 事實について, 事業である, 二つは, 二の, 二三日おまえの, 二都會, 人には, 人工の, 仕事に, 仕事の, 仕事は, 仮の, 仮想の, 伯爵に, 体態を, 作家が, 作家の, 俳優, 俺を, 偽らない告白, 入り口から, 八畳の, 刀を, 判事の, 動物の, 勲を, 北海の, 半島の, 原稿を, 叔父と, 叔父の, 叫びを, 味が, 品川の, 哲学は, 問題の, 器械の, 四人の, 四辺の, 国では, 土地の, 土地へ, 圧力は, 地の, 地形に, 地面中に, 坂の, 坊さんは, 城に, 堅固な, 場の, 場合に, 境地すらも, 壺は, 大会で, 大子供, 大皇帝, 天才彫刻家は, 奇なる, 女が, 女の, 女中といふ, 女優が, 女優は, 女王の, 妾が, 妾何かで, 婦人は, 婦人客を, 嫌疑を, 子供っぽい, 宇宙の, 宇宙艇は, 実から, 室には, 室の, 家でも, 家族制度は, 家臣どもに, 宿の, 密房に, 富める青年, 小さい動物, 小場面, 小家切り戸から, 小男の, 少女は, 少年は, 山の, 島台は, 島山の, 工しようの, 工場は, 巨き, 巨大漢いがぐり坊主, 席中には, 平和境へ, 年を, 年以降の, 幸蔵主で, 府内には, 座は, 庭に, 後の, 後園の, 従妹は, 御堂の, 御茶, 御言葉, 心を, 心持を, 思ひは, 思想に, 思想には, 悪口は, 感情については, 態度を, 所作は, 手ッ首の, 批評の, 挨拶を, 推論は, 損害の, 政党人大臣は, 数分間の, 数日生の, 方は, 方ばかり, 方法の, 方法は, 旅日記も, 日記について, 旦那と, 時の, 時計台こそ, 曲の, 書は, 有様を, 本を, 村民の, 杖術を, 東西両, 森の, 歌詞を, 毛利先生ばかりは, 水, 水の, 水滴の, 沼地の, 沿岸地を, 法則に, 洞の, 渡り鳥にも, 源氏香の, 炭焼長者の, 熔巌は, 爆藥の, 物自体に, 現実に, 生物学の, 甥たるや, 男を, 町相当の, 界隈の, 痴漢の, 目的を, 瞬間, 石膏像には, 研究室と, 神山外記殿の, 神秘は, 種類は, 空屋での, 純粋貨幣地代は, 紳士の, 結論が, 美くし, 習慣は, 脱出計画が, 腑抜け者, 自説を, 花の, 花形役者に, 若い獅子, 荘重な, 落魄の, 著しい対照, 蕪雑なる, 術によって, 街は, 表現をば, 見えぬ眼, 規則からの, 親しい関係, 親仁ばかり, 観音にも, 計らい, 試みは, 詩人の, 話は, 資料は, 賑やかな, 赤面の, 身でござる, 軽演芸そのもの, 農村学の, 遊蕩文学撲滅論者は, 選手の, 郊外の, 部屋が, 部屋には, 部屋の, 部落の, 都市に, 重味この, 野路の, 長篇は, 陋巷に, 雜誌の, 難境は, 電子ストロボ鏡は, 青山の, 青年は, 響きやや, 頃元気が, 館は, 騒ぎの, 髮の, 魔法使は

▼ したとか~ (312, 0.1%)

6 しないとか, 云ふ 5 いって, こうしたとか, 云って 4 いうので, こうした, 聞いて, 言って 3 私は, 言ふ 2 きいた, さまざまな, しないとかいう, すでに許可, 人力車に, 今度彼奴が, 殺されたとか, 申したさうでございます, 誰さんが

1 [245件] あすこの, あとに, あるいはその, あるいはまた謀事, あるいは御, あるいは沢山, あるいは軍人, ある実習場, いいますがね, いいますけれども, いい加減な, いうが, いうけれども, いったが, いろいろ言われた, いわゆる学問, かういふ特攻隊員, かうしたとか, かうしたとかと, がらに, きまつてさ, こういう病気, こうしたという, これからどうと, さてもさ, さもなければ借金, すべてそういう, すると, せぬとかいう, せんとかの, そういうこと, そうでない, その他いろいろ, その前, その屆, その故郷, その時期, その画系, その經驗, その酔いどれ, それから自分, それが, そんなこと, そんな噂, たたつ修理, だれそれは, つぎの, であの, である, でうち, でそれで, で丸善, で体, で僕, で御, で校長, で母, で満員, で狐森一番戸, で私, で笑いながら, で西宮, で門, で馬鹿野郎, で體, ところへ, とにかく二十数人, とにかく怨まれる, どういう思想, どうとか, どこの, どなたが, なったとかいう, なんとかいう, なんとかでたらめ, なんとか例, にこやかとか, または亭主, また後嗣, また本省, やれどの, わけても本木昌造, アインシュタインが, アンドリューシャに, アンリが, エタに, オリエンタル何とか, パトロンだ, ロシヤの, 一八二三年の, 一山の, 三輪環君の, 不意の, 不都合きわまる, 世の中が, 事務を, 二代目は, 云い触らして, 云うと, 云うの, 云うので, 云う事, 云う捫著, 云う頭, 云つて其祝ひだつて下す, 云つて警察へ, 人を, 今日は, 代を, 会計は, 佐奈田余一の, 何, 何か, 何から, 何とかいう, 何とかって, 何とかヤキモチ, 何とか云つて, 何とか大そう自分の, 何とか言, 何とか電報, 傷付けたとか, 公園芸妓を, 其の後問題, 兼吉は, 出産した, 前の, 加納藩郡上藩高富藩また, 博奕の, 又常人側, 友達が, 取引に, 口を, 同人雑誌を, 夜子どもが, 夜眠れなかった, 大金が, 夫婦が, 失敗した, 失敬を, 好いたとかいふ, 学んだとか, 安宅附近で, 実にくだらない, 寒中に, 小判を, 小槍, 巌谷は, 年に, 強かった, 強かつた, 強姦した, 御祝, 思って, 惡い, 或いはやや, 或はそれ, 或は大, 或は重大, 所謂學問は, 手榴弾や, 承わっ, 拘束された, 斯の, 新富座主の, 新聞には, 日本人が, 明智光秀に, 書いたところ, 書いて, 會計は, 朝の, 朝廷に, 柔術体操が, 根こそぎに, 格子を, 欄外記事に, 欧州戦争が, 死んだとか, 殆奇蹟に, 没常識だ, 河童は, 泣き泣き嫁入り, 澆季に, 灯火が, 炬燵の, 煽情的に, 燕ぴと, 狐が, 独立した, 独立守備隊が, 獣の, 申して, 申すこと, 目ぬきが, 真実か, 真顔で, 知らん, 私の, 称するもの, 耳に, 聖徳で, 聞きました, 聞きましたっけ, 聞き及びましたが, 聴いたが, 聴いては, 自暴自棄に, 若槻が, 英国が, 蜚語紛々といふ, 行方不明とか, 表向きには, 西園寺が, 見當, 言うの, 言ったこと, 言ったね, 言つた, 言ふて居る, 言ふんぢや, 言わんでも, 言伝えられた, 読んだとも, 議会で, 譲受けた, 貴族が, 贈呈する, 身を, 身体こそ, 速不, 道楽を, 道鏡と, 部屋は, 酔って, 金品を, 革命運動を, 頸に, 類い, 風の, 風邪ぎみだ, 馬鹿に, 駈落, 騒然たる臆説, 骨を

▼ した~ (312, 0.1%)

12 である 11 がある 10 をし, をする 6 はない 5 だが, をした 4 を聞い 3 が, であって, もある

2 [17件] だから, であるが, ではない, などを聞かし, なので, になっ, の形式, は, はその, は名高い, は某, は無から, も矢張り僕, や小袋, を書く, を知っ, を聞いた

1 [206件] からである, から源氏, か依然, がかい, がはずんだ, がまだ, がよく, が一九三二年, が一座, が主, が二人, が出た, が出る, が出来, が古い, が古く, が君, が君みたい, が多い, が屡々, が弾んだ, が日, が書い, が気, が繰りひろげられた, が襖越し, が附随, したげようか, じゃ, じゃあねえ, それからまた日本, だ, だけで, だし, だったっけな, で, であ, であった, であります, でこれ, でしかも, でしたが, でしたよ, でしょう, です, ですねん, ではあった, ではございません, ではなかつた, では人間, では無い, でもし, でもしたら, でも一寸, で今に, で彼等, で決して, で激しく, という, とか, としてしか想い出せない, と分厚い, と振られた, と見え, などが事新しく, などが案外, などが近世, などごく, などし, などになっ, などは眉唾もの, などもし合う, なども伝わっ, などをする, などを仕, などを参ずる, などを聞かされる, など数限, など聞け, なの, なのに, なんかは五度, なんで, に, になつて, になりかける, になる, にはいる, にもあつ, に少から, に少なから, に據, に時, に移ろう, に耽っ, に聞き入り, に飢え, のこと, のすべて, のなりゆきで, のはし, のはずみ, のまわり合わせ, の中, の大半, の皮肉, の盛り, の種, の端, の進め方, の風向き, はあるまい, はあんまり, はいかにも, はいたされません, はいまだに, はここ, はしなかった, はつよく, はできるだけ, はもつ, は京洛, は出来ない, は十三世紀, は可笑しかっ, は周知, は宇治, は成るべく避け, は最も, は父様, は疲れ, は私, は西鶴, ばかりをし, へ移りましょう, もあっ, もあります, もしず, もせ, もわたし, も出, も少なから, も忘れられ, も此島, も聞い, も要らない, やつい, やら私, やら露西亜人, や夢, や広東, や鸚鵡返し, を, をいくつ, をお知らせ, をかわし, をききたい, をきみ, をさも, をされた, をしなけれ, をしまし, をしよう, をすれ, をつけ加えた, をなすった, をほとんどそのまま, をサイ, をサカナ, をシェリー, を一つ, を一寸, を中山, を云っ, を出す, を右, を始めた, を始めました, を平次, を引戻し, を思い出す, を思出, を房枝たち, を新聞, を書い, を此夢瑣言, を殆其儘, を残り, を申し上げ, を知つて, を終り, を纏め上げ, を考へる, を耳, を聞かされ, を聞かされた, を聞かなかつた, を聞く, を記す, を証拠立てた, を語り出した, を載せ, を途中, を開き, 又腿, 振である

▼ した言葉~ (304, 0.1%)

11 である 9 であった 5 だ, だと 3 があった, であると, なの, にもなり, の中

2 [24件] がもと, だという, で, であって, であつ, であります, であり一体, です, でそう, で答えた, となっ, なん, になっ, になる, によれ, のよう, の間, は, は死んだ, や態度, を彼, を用い, を聞い, 白い眼

1 [211件] か, かもしれない, から想像, があげたい, があつ, がある, があれ, がずいぶん, がそう, がそのまま, がそんなに, がなけれ, がはける, がほか, がまるで, がやっぱりそう, が何故か, が偶然外, が出, が古い, が可也, が呪わしい, が尊, が度々, が沢山, が無造作, が瞼, が続い, が落ちかかっ, が言語以外, が酒, こそ葉子, さえ咽喉, だけの美, だった, だろう, づかひで, であ, であったが, であり, であるが, であるとしても, でいう, でいった, でいふ, でお, でさめざめ, でした, ですが, でずばり, でそれ, でなかったろう, でなく仏性, ではない, ではないでしょう, ではなく, では喜多公こと田中技手補, では私, では言い表わせない, でほめたて, でもが嘉助, でもその, でもまだ, でも仕事, でダイヤ, で去来, で反抗, で女, で屋敷, で彼女, で御無沙汰, で我国, で指摘, で本末, で死身, で申しました, で畦, で看護婦, で眼, で答礼, で若菜, で表現, で言つて, で話した, で返事, で述べ, とあまりに, というもの, として用, とは私, とも受けとれます, と今朝, と冷静, と察し, と思想, と暗記, と猥褻書, と見ず, ながら新聞広告, なので, に, にうつし, になつたの, にならぬ, にも愉快そう, によってほぼ, によって尋ねかける, に内儀, に息, に惹かれ, に房子, に房江, に次いで, に涙, に私, に自分自身, に西国, に西國, に違, に関する限り, のあと, のなか, のまちがひ, のまま, のやりとり, のゆきちがい, の内容, の形, の意味, の抑揚, の数, の端々, の行掛り, の裏, の調子, はそれ, はた, はただ, はとげ, はない, はまったく, はみんな, はやはり, はわれわれ, は一つ, は唯, は地獄, は少し, は彼, は愈々, は時々, は殺人, は物, は矢張, は私, ばかりを言っ, または文句, もた, もないあり, も出ず, も喉, も忘れ, や字, や表現, をかけ, をかりれ, をこねくりまわし, をとり, をまた, をもっ, をよく, を一所懸命, を与え, を与えた, を云い立てた, を作っ, を使, を使っ, を使つて, を別に, を吐き, を呑み込んでしまつた, を呼び返さう, を喋らせる, を容疑者, を強める, を思い出した, を思い出す, を思ひ出した, を投げ合っ, を用, を用います, を発する, を知っ, を私, を私語, を継いだ, を聞いた, を聞こう, を聽, を胸, を見つけ出す, を連ねた, を選ばなけれ, を酬いられたい, を重蔵, を青白き, 及び孔子, 取り留めも, 遣ひと, 附きの

▼ したとは~ (300, 0.1%)

6 いうものの, 云へ, 思われない 5 いへ 4 いえそれ, いえない, 思いませんでした, 思われぬ, 考えられない 3 いえないの, いえません, 云えない, 信じて, 思って, 言へ

2 [17件] いいながら, いっても, 云えもともと, 云ふも, 五六日前聞きました, 実にウソ, 思わなかった, 思わぬが, 思われません, 書いてない, 月鼈雲泥天地の, 本当の, 知る由, 確定し, 私には, 考えない, 言はれない

1 [205件] いいやすい, いえこの, いえず共同生活, いえその, いえないし, いえないであろう, いえないん, いえない大衆文芸, いえぬ, いえみんな, いえ事実, いえ二重, いえ全, いえ堤宝山流, いえ将軍様遺言状, いえ少年時代, いえ当の, いえ彼女, いえ新開, いえ若々しい, いえ要するところ柔弱, いえ見さげ, いえ高遠, いかなること, いかなる事情, いって, いはない, いはんが, いひきれない現状, いひながら, いひ難い, いふものの, いへ彼, いへ貴重, いわれない, いわれぬが, おもって, お思ひ, かねがね聞い, そりゃはじめ, ちっとも感じられなかった, つきり僕, とても思へませんでした, どうしても思われなかった, どうしても感ずる, どうしても考えられません, どう失敗, どっちから, なおしばらく, なにが, なんだ, なんとした, なんと不思議千万, まるで反対, よくよくつきない, 一向信じられない, 世に名高い, 主張し, 事かわっ, 云いません群集, 云うこと, 云えず幕内, 云えなかっ, 云え僅, 云え平素, 云え歴, 云え畢竟, 云って, 云は, 云ひ, 云わなかった, 云わぬ, 云われぬ, 云わん, 人に, 伝へて, 何が, 何と, 何といふ, 何の, 何んという, 何事である, 信じられない, 信じられなかったが, 信じること, 信ぜられない, 全く反, 全く番狂わせ, 全く異, 全然信じ得ない, 公には, 分らないの, 初耳だ, 初耳である, 別の, 到底手, 受け取りかねる節, 合点の, 回教徒が, 夢にも思はねえ, 夢にも思わねえ, 大違い, 如何なる意味, 彼女へ, 思いながら, 思いませぬ, 思いませんがねえ, 思いませんわ, 思いも, 思えないが, 思えなかった, 思ったが, 思っちゃ, 思て, 思はないか, 思はれない惡相, 思はれなかつたが, 思はれません, 思はんが, 思ふが, 思へないもの, 思へなかつたに, 思へぬの, 思へぬ節, 思わない, 思わなかったが, 思わなかったの, 思わなかったよ, 思わぬ, 思わぬうち, 思われないが, 思われないの, 思われないのみならずいよいよ, 思われなかった, 思われぬよう, 思われませんでした, 感じなかった, 打って, 断言しかねる, 書いたが, 案に, 武功のほど, 武士として, 気がつかず昨夜定遍, 気が付かなかったので, 決して思はない, 決して言い得られない, 無論考えなかった, 申されないの, 申されませんでしょう, 申しながら, 申せあと, 申上げません, 申難く, 画商の, 真赤な, 知らない, 知らなくっても, 私は, 称し難い, 積極的に, 突飛な, 細君の, 考えて, 考えまいと, 考えられず又五郎, 考えられないだろう, 聴いて, 聽い, 肯れません, 腐らせたの, 腑に, 莫迦莫迦しい, 見えない, 見えぬの, 言いかねると, 言いながらも, 言いますまい, 言いません, 言い得ないであろう, 言い得ないの, 言い難い, 言うまい, 言えない, 言えないよう, 言えなかった, 言えますまい大変, 言え瓦斯, 言え艶, 言え軍医, 言っても, 言ってや, 言わない, 言わなかったろう誰, 言われないという, 言われないよう, 誠に申訳, 謂えぬが, 謂わんが, 遊んだという, 限らない, 露思わぬ, 顔色にも, 驚いた, 驚きました

▼ した人々~ (295, 0.1%)

8 の中 7 である 6 の間 4 はその 3 がある, であった, の数, の群

2 [17件] から自分, が何, です, には, のうち, のこと, の事, の名, の姿, の心持, の手, の生涯, の顔, の魂, もある, を, を分け取り

1 [224件] かつて死, からであった, から生まれでた, から評判, が, があります, があれよ, がいざ, がことごとく, がさっさと, がすべて不死, がその, がひそか, がまず, がまだ, がまだ幾らか, がみんな蝶, が一時, が任果て, が例, が健康, が咳一つ, が帰航, が常に, が当然, が彼ら, が後, が情状酌量, が我, が或, が政治, が日本, が楽器, が欧米, が沢山, が港, が相互, が破約, が経済的, が自分たち, が見られた, が走り出, が路上, が踏み出す, が集っ, が首, さえその, じゃ, だ, だけのもちもの, だといった, であったが, であって, であらう, でありじつに, でありそれ, であるから, であると, でなければ, ではなかっ, でも一度, でも都会, でギッシリ, で僅, で嘗て, となに, と共にいろいろ, と接する, と自分, などにはその, なら誰, にとってすべて, にとってはこの, にとってはその, にはこれ, には危な, には越前, にむかっ, によっては十分, によって例えば, によって厳しく, によって指導, によって経営, によつて, によりいわゆる, に与えられる, に分与, に対してはもし, に対して果して, に対する, に対する英国, に帰属, に於, に講話, のある, のうわさ, のたくさん, のため, のなか, のほとんど, のゐる, の一群, の乱暴, の事蹟, の伝, の伝言, の伝記, の何人, の信心, の個人, の入る, の公判, の功績, の努力, の労苦, の北の方, の受ける, の名ま, の呪言争, の圧倒的, の埋没地, の夢, の子孫, の実践, の履歴, の弊, の後半生, の心, の思い, の抜け, の書いた, の末裔, の死, の清らか, の無, の穿鑿, の精神活動, の紀行, の素朴無心, の考え, の耳, の芸能, の若き, の見た, の言葉, の話, の通念, の運命, の遺産, の集まり, の顔触れ, の髪, の黒い, は, はあす, はある, はいい, はいずれ, はこれ, はこれから, はさすが, はそこ, ははじめて, はもう, は争い, は人類, は今日, は今日生存, は何れ, は何処, は停車場, は其の, は加賀, は反, は只, は同時に, は善良, は國民ぜんたい, は地方, は多く, は大抵, は宝生, は少く, は当時, は従来, は我々, は揃っ, は文化運動, は段々, は特に, は皆, は皆分相応, は皆少年, は立憲政体さ, は自分, は自分自身, は自分達, は谷干城, は郷土, ばかりは最後, もいるでしょう, もこういう, もその, も一代, も一敗地, も交つて, も今, も宗教, も恐らく, も数人, も機械化, も皆不意, も認めず, も貨幣, も面, や階級, よりもも一つ先, をし, をもち, を叱咤, を呼ぶ, を所謂貧, を最後, 或はジャーナリズム

▼ したかも~ (293, 0.1%)

52 知れない 25 しれない 14 知れないが 13 知れません 11 知れぬ 10 知れませんが 9 しれません, 知れぬが 5 しれないが, しれないの, しれなかった 4 しれぬが, しれませんが, 知れないと, 知れないの, 知れなかった, 知れなかつた 3 しれないわ, しれぬ 2 しれないと, しれないん, しれませんねえ, 分らない, 知れないよ

1 [95件] しれずと, しれずまた, しれず事, しれないけれども, しれないだが, しれないという, しれないといふ, しれないな, しれないなどと, しれないなんらかの, しれないね, しれないほど, しれないよ, しれないよう, しれない以上, しれない証跡, しれなかったが, しれなかったという, しれなかったの, しれぬすきとおるくらい, しれぬぞ, しれぬと, しれぬというのみ, しれねえ, しれねえが, しれねえん, しれませんけど, しれませんでした, しれませんね, しれやしない, しれん, しれんが, しれんさ, しんねえ, ぞんじませんわ, ないもん, まるきし見当, よく知られ, わからない, わからない程, 分らない位, 分らん, 分れしませんねん, 判らない, 判らないの, 少し恋歌, 彼は, 知らない, 知らないただ, 知らぬが, 知れず三人三様, 知れず三人三樣, 知れないから, 知れないけど, 知れないけれど, 知れないさ, 知れないし, 知れないぞ, 知れないでは, 知れないといふ, 知れないね, 知れないわ, 知れないわね, 知れないん, 知れない位彼, 知れない何, 知れない僕, 知れない又, 知れない彼, 知れなかった自分, 知れなかつたが, 知れなかつたこと, 知れなかつたの, 知れなかつたのね, 知れぬしかしながら, 知れぬと, 知れぬな, 知れぬの, 知れぬ情事, 知れぬ或いは, 知れねえが, 知れねえけれども, 知れませぬ, 知れませんけれど, 知れませんね, 知れませんの, 知れませんよ, 知れません多分, 知れんが, 知れんと, 知れんという, 知れんな, 知れんの, 知れ不, 覚えちゃあ

▼ した時代~ (290, 0.1%)

8 であった 7 があつ 6 であります, もあった 5 である, のこと 4 があった, だった, であつ, の事 3 であると, もある

2 [19件] があっ, が先, だ, だから, であ, であったが, でありまして, であること, です, でも和魂漢才, にあっ, にこれ, になっ, に比べれ, の人, の量見, はすでに, はなかっ, もあります

1 [193件] あるいはそれ, お墨附冒涜, からし, からで, からの, からほか, から考える, から見た, から見る, があったらしい, があります, がある, がしばしば, がその, がちょうど, がわれわれ, が去り, が嘗て, が最も, が知れ居るだろう, が考へられる, が過ぎた, が長らく, じゃ意味, すら甚だ, だけを特別憎悪, だったが, だったと, だと, だとは, つまり明治四十年前後, で, であったの, であって, でありしたがって, でありました, でありますから, であり少々, であり日本文学, であるから, であるが, では到底, では吟味, でもあり, でも人間, でも個々, で二氏, で作品, で君主, で大正七年暮, で明清以後, で次, で殊に, で現世, で白馬会, で私, で程順則ほか多く, で自然主義, で釣船, といわれ, とはちがう, とはちがっ, とは云, とは同じ, と異, と見, など思え, ならば, なん, においては屍体, においてほとんど全く, にかぎらず, にとってはだれ, になつて, にはこれ, にはその, にはところ, にはわれわれ, には俳句, には基督教國, には数奇者, には日本, には日本民族, には果して, には此, には発表, には近く日清戰役, には近江, には随分, にもし, にも仙人, にパリ, に何人, に信州路, に俺, に個人, に傳, に入る, に出来た, に初, に対しては常に, に居つた, に属し, に当たり, に或, に支那, に於, に極, に比べる, に生きる, に生れた, に発生, に発達, に私, に私ども, に置い, に階級的移行, に順應, に馬琴, の, のあった, のあつ, のかれ, のすばらしい, のとよみ, のまま, のテンポ, の人々, の余弊, の作品, の信仰, の処女気質, の多く, の好み, の小山いと子, の後, の徴候, の心理學, の思想, の放免, の政党, の文学, の更に, の書生気分, の村, の歴史, の現世, の生活, の種々さまざま, の空気, の美貌, の見分け, の記録, の起伏, の遺骸, は, はかつて, はその, はその後, はとつく, はない, はほか, はまあ, はもう既に, はイタリア, は建築, は感嘆, は或は, は日本, は明るく, は最早, は極めて, は紅葉露伴, への思慕, までを管, もあつ, もあり, もありました, もやがて, も尠, も見る, や將, よりもまた, よりも蓮如, より以前, をうけ, をも知つて, を指す, を書い, を背景, を過ぎ, 即ち嘉永万延以来, 即ち西暦紀元

▼ した~ (288, 0.1%)

18 の光 9 である, のこと 6 だった 5 よりな 4 であつ, の夕方, を考へ 3 にゃあ, の晩

2 [19件] があつ, が一日, であった, であります, でした, にはそれ, には必ず, には現在以上, には際限, に嬉し, の中, の光り, の午後, の夜, の早朝, の朝, は西風, を送っ, を送り

1 [185件] からすっかり, からであった, からを詩生活, から入院, から十八日目, から婚儀, から思った, から数える, から最後, から異常, がつ, がなく, がまあ, がまた, がわかる, が三日, が來, が地上, が多かっ, が始, が射し, が来, が照っ, が続いた, が續, が輝きはじめた, が過ぎた, ぐれに, こそ浅い, さ, ざし, ざしの, だったの, だったわ, であ, であるまだ, であろうという, です, ですね, ですねえ, でなければ, でもその, でも今, で咲い, で消失, で湿つた, とあの, というもの, とてはなかっ, と同じ, どりまでも, などと云う, ならともかく, にあ, にいよいよ, にかならず, にその, には, にはあの, にはすなわち, にはたとえ, にはとうてい, にはどこ, にはますます, にはまた, にはわたし, にはモッブ, には二度と再び, には使者, には台, には国, には実は, には家, には御, には新撰組, には時間, には氷島, には熊谷, には神経, には立ち合い, には老, には老いた, には老舗翁屋, には聞違い, には荒い, には菊五郎, には藪蛇, には逆賊, にも辻, にゃ, にゃうっかり, にゃ五つ, にゃ大変, にゃ失礼, にゃ江戸中, にやあ, にやうつ, にやけた, にや五つ位, にや大, にや引込む, にや江戸中, にや限, にベルリン, に一人, に三ツ, に予見, に小石川, に島, に己, に当っ, に来ない, に焼けた, に神崎, に禁裏, に穿い, の, のあ, のあの, のうち, のこの, のすこし, のつづき, のよう, のよく, の下, の内, の前, の前後, の午後四時頃, の味, の子, の心持, の新聞, の暮れ方, の次, の照り工合, の腹痛, の苦心, の街, の連續, はこれから, はつひ, はほめ, は一日, は仲春, は何事, は共に, は前回, は北風, は即ち, は天気, は妙, は日曜日, は淋しかっ, は空気, までの三週間, までは予言, もあった, もありました, もない, も多い, も彼, も気の毒, も無い, も緑色, よ, よけ袋物屋, よりは一週間, より一ヶ月後, より住まった, をかえりみる, をしらせ, をもう, を今, を光君, を利用, を浴び, を福袋デー, を考え, を記念, を誕生, を送った, 即ち十一月二十二日, 取は

▼ した~ (286, 0.1%)

8 である 6 がある 5 の, のもの 3 があつ, で, による, のある, へ, を見る

2 [11件] がそれ, が大, であった, でこの, でこんなに, で自分, と垣一重, に存ずる, の文芸学, もある, を

1 [222件] あっさりと, かと思った, から, から急転直下, から村方, から来た, から比喩, から自分, から見, から起つ, から遅く, から雲雀, が, があっ, があった, があと十年, がいかにも, がお, がおま, がお母さん, がさあ, がどう, がなかっ, がまあ, が人, が伯父さん, が何, が先生, が全く, が凡そ十箇所, が医学博士, が大きく, が大層, が家事, が少ない, が少なくも, が御, が心持, が描い, が有った, が有れ, が正確, が気が付いた, が法橋, が法然, が海草, が物, が著しく, が親父, が鬼神, じゃ, だ, だから, だったから, だとは, であの, でいやしくも, でお, でお前さん, でけっきょ, でこれ, です, でそう, でそれだけ, でだ, でちと, でちょうど, でどの, でぬら, ではサーカス, では一層, では石田, では電車, でびん長鮪, でもない, でも外国交際法, でわけ, で一人, で一体歌よみ, で二十二三, で何, で俎, で俺, で僕, で先づわれらが, で先方, で出版, で前述, で半ば白痴, で受合った, で大して, で妹, で姉さん, で家, で小作, で差当りそこ, で当て, で我々, で支那人, で歴史家, で水入らず, で無意味, で甘く, で生, で生物学, で結局感じ, で結局手数損, で負けた, で軈て, で農村問題, で静, といえ, と同じ, と死んだ, と考へ, なるを以て, なんか棒, に, にいた, にしばしば, にすさまじい, にその, にどうしても, には一二年前, には不平, にまた, によれ, に大, に大きな, に従え, に従って理解, に意, に愛, に新た, に本当, に来た, に此, に落ちつかう, に降り, のかの, のその, のよう, の一つ, の一種, の一関係, の上部建築, の京, の人民, の人間世界それ自身, の併, の例えば, の切花, の努力, の勇ましき, の勇敢, の哲学, の堕落, の封建制主義, の少し, の意識, の所謂過去, の方法論, の民主性, の流派, の浄るり, の漠然と, の狭い, の現象, の生理学, の画, の空部屋, の避け, の集団, の革命期, はいくらでも, はそんな, はない, は山の幸, は幾ヶ所, は柱頭, は殊勝, は視る, は遊女屋, へこの, へちょうど, へ一点, へ上, へ前, へ往き会わせた, へ来た, へ行, へ行つて, へ迷い込ん, までほめられる, もあり, も幾, や思いがけない, や思ひ, をたどっ, をつい, を上海あたり, を不意, を今, を存ぜん, を学生独自, を探し, を旦那様, を曝し, を書生, を歩い, を火, を焼い, を私, を素早く, を衆人, を見掛ける, を通り, を隠密, を食わせたい, 又これ, 早いが, 見えぬこと

▼ した~ (277, 0.1%)

36 では 19 でも 10 だ, です 9 である 7 だろう, なん 5 かその, じゃない 4 だが, ですが 3 であった, であります, ですか

2 [13件] か, かそれ, かと聞い, か一度, か今しがた, か彼女, か急, さ, だか, だな, であろう, になります, になる

1 [126件] かあなた, かいくら, かおれ, かこの, かこれ, かその頃, かぞっと, かつて訊く, かというの, かと問う, かと思いました, かと聞いた, かね, かぱったり, かまだ, からである, からに相違, かをかし, かミジン, か下女, か二人, か今夜, か信書管, か先生, か出した, か分らない, か切符, か判りません, か受納, か只, か吊し, か問題, か多分, か姿, か存じませぬ, か帰され, か強, か捜査, か最, か月のもの, か期待どおり, か横丁, か正式, か母親, か気持, か気絶, か永らく, か沈黙, か狂人, か皆影, か知らない, か石山, か私, か空闥さん, か突然, か考え, か行っ, か見る見る, か解, か誰, か近所, か鏡台, か雑魚一疋, か頻, があり, がなる, こなれた訳, じゃ, じゃあない, じゃありません, じゃなし, だから, だがね, だす, だった, だったがね, だったろうと, だと, だね, だも, だよ, だらう私, だろうかと, だろうと, で, であったが, であったけれども, であって, であらう, でありました, である下折立, であろうか, であろうと, でかく, でこんな, でございました, でございましょう, でございます, でした, でしょう, でしょうか, でしょうが, ですかね, ですね, ですよ, でその, でな, でないから, でないの, でないん, でなく長い, で姫, で姿, で情景相即, で雪子, と二三日, なの, になつて, に落ち, は要するに, もある, もない, やら他, を云つてごらん, を云わせる, を読ん

▼ した感じ~ (275, 0.1%)

10 を与える 8 だった 6 であった, である, のする 4 がします, です, の男 3 がする, のひと, のもの

2 [14件] があつ, が出, が後, だったが, であ, のいい, の人, はない, はもう, やむしあつく, をあらわし, をうけ, を与えない, を受けた

1 [190件] かな, から鶫, が, があった, がいたす, がこの, がし, がしない, がしばしば, がつき, がつたわる, がとらえられ, がない, がなく, がふと, がますます, がもう, が伸子, が作者, が先刻, が加わった, が咄嗟, が少い, が彼, が得られない, が恰も, が日本絵の具, が欠け, が残った, が爪先, が目立つ, が缺, が起こる, が起っ, が頭, さう, しか指ども, だ, であったが, であつ, でいちどきに, できれぎれ, でございます, でした, でしょう, でただ後, でちょっと, ではない, では出色, でふと, でもあった, でもどちら, でハッ, で人, で佳一, で出, で大いに, で彼, で悲哀, で戸棚, で昔, で東京, で気持, で海, で生々しい, で目, で美しい, で見よう, で長い, で間違えた, で陽子, ということ, というもの, となっ, とは全く, とまじっ, とまるで, とを抱かない, と一緒, と共通, と前後, と多少, などに對, など今, なの, なのに, に, にうたれた, にかの女, にさせます, にし, にとらわれ, になった, になりました, になる, になれた, には及び, にふくれた, によつて, に変り, に容易, に曇つた午後, に胸, に襲われ, に過ぎない, に過ぎなかった, のある, のいち早く, のする下びた, のその, のところ, のない, のなか, のやや, のよう, のよく, の世界, の人間, の何, の力士, の古い, の唄, の好い, の小汚い, の広間, の方, の旦那, の書斎, の顏, の風態, の黒光り, はいい, はございません, はとても, はどう, はわかる, は一点, は他人, は何となく, は受けず, は常に, は忘れられませんでした, は激しい, は私, は錯乱, も忘れる, も手伝っ, よさ, よりはるか, より浮ばない, をあらわす, をうけた, をつよめた, をはっきり, をひき出しました, をもっ, をもつ, をもつた, を与え, を与えた, を享, を人, を以て人, を伴っ, を僅か, を免れない, を出そう, を取っ, を同時に, を味, を失っ, を強く, を懐いた, を抱いた, を抱かされた, を抱かしめる, を招来, を持たせる, を深め, を漂, を潤い, を砕く, を胸, を與, を見せる, を覚えさせる, を覺, を起こさせ, を起こさせる, 奥ゆかしい感じ

▼ した~ (260, 0.1%)

32 の中 4 です, のなか 3 がある, だ, の娘, もある

2 [13件] があっ, だろう, だろうと, でした, でもあった, で一杯, には, に住ん, のつづき, の内, の前, の様子, は柱

1 [182件] か知らない, があった, があつ, があります, がギッシリ, が一軒, が並ん, が八軒, が小さな, が建ちました, が散在, が普通, が珍しく, が祇園, が立並ん, だけは田地, だけれど, だし, だそう, だった, だつた, だつたが, であった, であつ, である, であると, でお, でかなり, でここら, ですか, でせう, でとりわけ, ではあった, ではあるいは, ではなかつた, では何, で一方, で二階, で双方, で徳さん, で昔, で棟, で泊め, で父, で自分, で花, で酒, で食事, というもの, といふもの, とそこ, とは彼, とは比較, などに住む, なの, なら行ったって, なア, においては藩士自ら, になっ, にひとり, に乳, に二人, に只, に坐りこん, に居る, に帰っ, に建て替へよう, に建て直し, に待つ, に御, に沢山, に生れた, に結婚期, に訪ね, に違, のうち, のこと, のことぢ, のこまごま, のため, のむすこ, のやう, のボロ, の主, の二つ, の人たち, の例, の内部, の出来事, の南側, の古い, の名, の周囲, の女, の婆さん, の子供, の子供達, の子女, の客間, の庭先, の影, の方, の書生, の最も, の格子, の正面, の気分, の生々しい, の生活, の管理人, の細君, の絵, の表, の裏, の裡, の門燈, の露地, の飼い犬, の黒マーク, はどう, はひとつ, はほとんど, はまだ, はもぬけ, はニールス, は一, は十王殿, は同時に, は大概, は姪, は宿屋, は平野町通り, は必ず, は思わぬ, は日比屋, は私, は脊骨屋, は風, ばかりで, へづんづん, へとまつ, へはいった, へケチ, へ一郎, へ上つて, へ下宿, へ帰った, へ帰らなけれ, へ聟, へ這入れる, へ遊び, もあった, もここ一, も多かっ, も少なから, も穿鑿中, も船宿構え, や庭, よりはなるほど, をあらかた, を伊庭, を借り, を借り受け, を再建, を再興, を去る, を取潰す, を始末, を建て, を建てよう, を引き払っ, を持ち, を探し, を故郷, を本当, を睨む, を立てました, を見つけ, を買っ, を賜松館, を造っ, を隔て

▼ したあの~ (256, 0.1%)

3 女の, 時の

2 [13件] ころの, 一夜から, 変な, 女であった, 日の, 時代の, 有名な, 男に, 男は, 街は, 赤い巨大, 遠山の, 頃の

1 [224件] あお黒い彼, うたは, お月様, お節介な, お艶ちゃん, お駕籠, ことは, ころには, さびしい三崎町, さびしい骸骨館, じだらくお, ぜんまい仕掛の, ときから, ときめきの, なよやかな, ひと晩で, ま, ままの, もう二人, ものを, よその, ウィンチェスターの, ウォール街, ウーリヤントの, エリザベートでは, ゲーテの, コルシカの, ソムレル侯ユーゴーによって, ノズドゥリョフだ, ヤロスラフ少年だった, レスパネエの, ロマンスの, 一僧か, 一勇斎國芳の, 一本の, 七日前に, 下劣な, 不覚の, 世界を, 乞食でした, 二人か, 二人と, 二人の, 人が, 人じゃ, 人を, 人形悪魔だっ, 人情味には, 人数を, 人物に, 人特有の, 人自身の, 仕事が, 仮髪, 伊之助が, 像である, 光は, 児の, 内地の, 冥想的な, 凄さ, 力という, 勇氣が, 勝子から, 勢いで, 匂いをば, 厭な, 友達で, 合作小説だ, 名高い画, 命令書に対して, 唇, 唾棄すべき, 囚徒は, 場面で, 増屋の, 声に, 夜あの, 大化の, 大探偵, 大望の, 大河内村の, 太陽の, 奇怪な, 女, 女が, 女である, 女に, 女も, 女郎かも, 娘が, 娘さんでございます, 娘たちは, 娘の, 婦人には, 子供の, 子規子の, 孝女静の, 山手公園の, 年の, 弟子の, 弱々しくさ, 強い自信, 待ち伏せの, 微風の, 心ぐみで, 怪物を, 恐ろしい震災, 悲しい日々, 悲しむべき暴挙以来, 情熱の, 意味の, 意味ふかい, 感情である, 態度に, 戦死者への, 手際も, 抜け道が, 挿話に, 政治上の, 新政府, 方でしょう, 日何者かの, 日話半に, 時から, 時以来東海道を, 時期だ, 晩から, 晩の, 晩犬を, 智慧の, 書庫の, 書院の, 木の下を, 松の木に, 検事諸君こそ, 楽曲を, 横顔に, 機運が, 武器が, 武者修行の, 気嵩で, 気概も, 水夫は, 泉の, 浅いシェード, 濛々たる, 熱意と, 牛飼の, 物見の, 物語が, 狂氣沙汰は, 狼藉者の, 男, 男と, 男とは, 画家だ, 発作的の, 白峰の, 確信, 禽獣の, 科学者の, 窓の, 竜なんかに, 竝んだ, 端緒の, 糸蚯蚓まで, 紳士でした, 結論と, 罪が, 美しい縫子, 腐敗した, 腕環だっても, 腰屋橋の, 自然人たち, 船の, 船乘り, 花漬売は, 若い女, 若者が, 若者であっ, 苦しみも, 華々しい小手, 薄汚い水, 薬眠剤でなく, 蘭醫こそ, 表現と, 装にも, 見かけの, 見方で, 言葉, 言葉の, 言葉を, 言質に対する, 討論会が, 評価は, 話の, 誇らしい獨立, 調和にたいする, 論文と, 軽率な, 運動が, 運命的な, 遺言書を, 部屋だ, 釧路丸の, 長細い体, 間抜けの, 阪本の, 雪を, 電報の, 青い池, 面つきまた, 音は, 音を, 頃からの, 頃だけの, 顔, 食堂の, 香水の, 骨組みを, 鳶色の, 鷲を, 黒ビロウドの

▼ した心持~ (254, 0.1%)

17 になっ 15 になった 9 になります 8 です 6 であった 4 になつ, になり 3 で, でその, になつて, になる

2 [16件] がしました, がする, だ, であつ, である, でした, でピシリ, で暮れ, で私, で見, で見詰める, で阿片吸入者, の中, は何, を人間, を抱い

1 [147件] か, からの中国人, からユーモア, から出た, から脱, から覺め何物, がし, がしないらしい, がひろがっ, がよく, が一つ, が体中, が出来, が奥, が幾らか, が続いた, が致しました, が苦しくくちおしく, が蘇, こそ初めて, だから, であらう, でいた, でいよ, でくつろぎます, でこの, でそういう, でそれ, では居ないらしい, でぽかんと, でわき眼, で一人, で一心に, で乗った, で互い, で何, で出掛けた, で勉強, で医者, で可愛い, で台所, で四辺, で報恩, で声, で外, で少し, で居城越前, で帰っ, で帰りました, で幾日, で庭, で当て, で彼, で戸外, で掛けられる, で新刊書, で暮し, で最後, で本所, で松林, で林町, で清子, で瓜, で甘えず, で生き, で眺め, で硬, で立ち竦みました, で笑いました, で絵筆, で聞い, で聞き返さざる, で聴い, で茶, で行きたい, で街, で語りつづけた, で読み, で足早, で迎え, で随, で顔, というかき出し, というもの, としておもしろい, とを感じ, と同時に, と少し, におかれる, にさせます, にされ, にした, になつて次, になつて食堂, にならう, にならず, になりました, になれない, になれました, に天気, に欺かれ, に浸っ, のつながり, のもの, のやう, のやや, の勝利, の十五日, の引, の手紙, の抑揚, の方, はこの, はやみました, は人, は今度, は切, は口, は孔, は容易, は幾度, は恐らく, は書く, は最初百観音, は若, ばかりで生き, も知らなかった, を, をいやしい, をし, をもつたえ, をプロレタリア文学, を今, を取し, を味わった, を妹, を寺院, を形式, を思いかえし, を想像, を感じ, を感じる, を感ずる, を懐い, を曇らす, を表わしたい, 切々と

▼ したほど~ (251, 0.1%)

38 であった 25 だった 22 である 7 でも 5 であつ, でした 4 です 3 だつた, では 2 その時分, それは, だ, だから, だったが, であったが, であるから, ですよ

1 [123件] あっけない心持, あって, あつて, ありありと, いやな, いろいろ御馳走, うまくなかつた, うまくは, うれしく感じ, お糸, きものなどを, きょうまでは, きわ立って, さし俯向い, じゃ, その婦人, その完成, その時代, それほど勇敢, それほど目立つた, だが, だけれ共, だったのに, であったと, であったのに, であって, でありました, であると, であるのに, でございました, でございますから, ですから, ですのよ, でそれから, でそれ以来, でなく生れかわりや, で飲酒, どこか, なの, なもの, な声, な大, な忠義者, な政治的手腕, な武名, な熱狂, な男, みだれては, やさしい言葉, よくなかつた, わるくは, ビックリした, 下品に, 偉い人, 兇悪無惨な, 内容に, 再会は, 出来たし, 千世子には, 厄介なる, 名詩, 周囲の, 唯楽しい, 変り果てた姿, 多智, 大きくなかった, 奇妙な, 好意と, 実は衰え, 寒くは, 寒くも, 彼の, 彼は, 徹底的には, 心の, 心持が, 忌味が, 念の, 思いも, 悪くない, 悲しかった, 我儘で, 村には, 極端であった, 永いこと, 深い交情, 深くは, 深刻な, 熾烈な, 物凄い声, 現代と, 生々しいもの, 由良の, 男らしくも, 疲れを, 疲労の, 皮肉な, 真実な, 真面目に, 確実で, 空は, 突然さよ子, 立派な, 笑つた, 粗末な, 細く届いた, 絶望的な, 緊迫した, 美しい女性, 苦しがっ, 落つき払って, 見るべし, 賞揚も, 賢い女, 酒についても, 醜くは, 閑素で, 閑静な, 陰惨な, 険悪の, 難なくそいつ, 青木よりも, 頭の

▼ した~ (239, 0.1%)

9 の状態 6 の底 5 の持ち, をとり直す 4 になつて 3

2 [13件] で家, とその, に源助, のなか, のはずみ, の上, の中, の影, の裡, の隅, を懐い, を見せ, 楽しさ

1 [181件] からである, から妙, から涙, がさ, がすぐまた, がせり, がそうした, がまる, が先, が其處, が動い, が存在, が思わず, が消え, が理屈, が白く, が繪, が美しい, が聴覚, が萎え, が開かれた, さびしいもの恐ろしい覺, だ, である, でい, でいた, でこう, でこんな, でさう, でそこ, でそして, でた, でで, でなぜ, ではなく, では光子, では生きた, でむしろ, でゆき子, でわし, で今戸, で何, で夢中, で想った, で手欄, で暮し, で歩, で眺めやった, で私, で考へた, で自分, で顏, と一つ, と心, と泥酔, にそっ, になっ, になった, になる, にはそれ, には彼, には芳子, には豊か, には遠い, にびり, にもない, にもなる, にも非常, にアルコオル, に一滴, に寒い, に對, に忌, に悩まなけれ, に映し, に異, に異様, に立ち還っ, に覆はれ, のうち, のたのし, のひけ目, のひろい, のまま席, のめりはり, のノート, の世界, の位置, の何処, の俗人, の具体化, の労, の動乱, の動揺, の動機, の告白, の咏嘆, の奥, の奥底, の宮, の家郷, の寛容さ, の彈, の拘り, の映像, の流れ, の涯, の潮, の焔, の焦燥, の片隅, の狂い, の現れ, の節子, の素直さ謙遜さ, の経験, の腐りであろう, の自由さ, の苦しみ, の苦痛, の落着き, の蒸汽, の虜, の調子, の躍る, の転換期, の転移, の迷い, の迷ひだ, の遣, の陶酔, の風景, はまた, はもう, は二ツ, は忽ち, は思ふ, は斉彬, は美しく, は際限, ばかりだった, もない, もめちや, も大分, も見える, も解け, よりも生, をあらわし, をお, をつきとめ, をどこ, をもっ, をもつた, をやり, をよびさます, を作者, を刈り取つ, を制, を寄, を平気, を引き立たせ, を恥じ, を慰めかね, を懷, を抑え, を抱い, を持, を持っ, を持扱, を有った, を欝, を沸, を睨ん, を落ちつけ, を見抜い, を誘い出した, を起した, を転換, を鎮める, を騷, 嬉しさ

▼ した態度~ (239, 0.1%)

4 で彼 3 で, をとっ, を憐, を示し

2 [13件] である, であること, です, で一人, で一本調子, で早口, とは反対, にかへつて逆, になっ, に出る, に帰っ, は金六, をし

1 [197件] あの意志, からはわるい, からよい, から見る, がおの, がどっち, がどんなに, がなく, がやがて, がわるく, がドウモ可, が好き, が少し, が常に, が必要, が明, が気, が満足, が絶対, が見える, が見られ, が青年, そのままで, だった, であったこと, であったという, であって, であの, でいつかクリスチァン, でいつも, でかの, でかるく, でが, でこう, でさっさと, でしきりに, でした, でずんずん, でそして, でそれ, でつか, ではなく, では不良少年少女, では採るべき, でまず, でもあれ, でイビツ, でジッ, でセカセカ, で云った, で人々, で人造人間アネット, で何やら, で倉地, で先師, で入っ, で公爵, で冉有, で多少, で大, で女将さん, で少時, で居る, で屈托, で左右, で幼年時代, で弟子, で往来, で微笑, で急, で怪しげ, で戸口, で押切, で断言, で新見弥七郎, で更め, で準之助氏, で煙草, で片手, で用心深く, で町中, で相談, で立ち上っ, で立っ, で答えた, で肩, で自由, で葉子, で蜂谷良作, で行く, で街, で見守っ, で見廻し, で言った, で部署, で飲め, で麗わし, という, としての印象, とであった, となった, とは打っ, と対比, と気持, と謂うべく, と面持, になった, になる, になんとなく, にはならない, にはチットモ, には実に何もかも, には感心, には既に, にぴくっと眉, にムカムカ, に中, に出, に出た, に出ない, に出よう, に反感, に好意, に孝之進, に安心, に帰つて, に幾度, に感心, に打たれ, に敬服, に於, に相対, に見せ, に逢っ, の中, の内, の尊大, はいま, はその, はたとい, はどう, はもち, はよく, は人間, は全, は初心, は大隅学士, は新しい, は正視, は此集, は聖書, は興味, は著しく, は遥か後, むしろ彼女, もこれ, もとる, や女らし, や妙, をお, をさも, をすぐ, をとつ, をとらせた, をとる, をとれ, をとれない, をとろう, をまだそのまま, をみせる, をもっ, をゆるませませんでした, を以つて人生, を作つた, を保っ, を保った, を保つ, を取っ, を取りたい, を取返す, を思ひ浮べ, を持ち続けた, を持っ, を採っ, を採つ, を採る, を槍玉, を激励的, を田沢, を相手, を示した, を示し得ない, を示す, を要求, を見せた, を見る, を解釈

▼ した~ (232, 0.1%)

11 もある 10 がない 9 がある, はない 5 があります 4 のない 3 は, はかつて, は沢山, を多く

2 [17件] があり, がなかっ, が多い, が甚だ, である, の, の男, はほとんど, は少なく, は数, もあり, もあれ, もない, も少なく, を知らない, を私, を見

1 [138件] がいくつ, がいくら, が吉澤博士, が少く, が少なく, が最も, が殆ど, が澤山, が現実, が至って, が西洋, が過去, が間々, が頻々, しがない, しは, だ, だが, であって, であるが, でしょう, です, ですが, では犬, としてはマルサス, としてわれわれ, などもある, などを物語る, などを見る, なら幾ら, について言った, には或は, に出会, に徴, のある, のない美しい, のハート, の丸帽子, の公正証書, の和蘭, の団扇形, の家, の小さい, の尾錠, の屈曲式, の市長夫人, の必ずしも, の振, の有力, の有名, の果心居士, の痩老人, の眼つき, の第, の紳士たち, の羅馬, の美しい, の老人, の豌豆, の象徴派, の貼り交ぜ, の足跡, の選手達, の部屋, の長い, の長老, の青大将, の頼朝公, の飾窓, はありません, はあるまい, はいくらでも, はござらぬ, はさ, はそう, はなかっ, はまだ, はまれ, はむかし, はやはり, は一つ, は一万二千中, は三吉, は世間, は乏しく, は他, は何度, は余り, は多く, は少ない, は幾十, は幾許, は彼, は拾, は昔, は是, は殆ど, は段々, は決して, は無い, は珍, は砂, は西洋, は追, もあった, もあります, もかつて, もすくなく, もなかなか, も再三, も多い, も多く, も多少, も尠, も恐らく, も無い, も珍しく, も稀, も絶無, も若干, を上げ, を挙げ, を挙げよう, を挙げん, を数え挙げた, を知っ, を知りません, を聞かない, を見せ, を見る, を覚え, を集め, 多い, 多く南船北馬, 多く庚申講, 多く挙げ, 多く韋善俊, 多し

▼ した自分~ (232, 0.1%)

6 だ, の心, の顔 5 の姿 4 の言葉 3 の家

2 [17件] がモルヒネ, が何だか, が恥しく, ではなかっ, のこと, の不明, の声, の妾, の室, の愚かさ, の感情, の挙動, の気持, の身体, の部屋, の頭, を思ひ出す

1 [168件] かと思う, がかえって, がこれ, がそんな, がてれ, がどんなに, がばからしく, がひどく可笑しく, がトルストイ, が口惜しかっ, が忌々しく, が恥かしく, が競輪同様, が美和子, が耻かしくなつ, が見られる, が露, くらいと思っ, こそもの, であった, であること, である不思議, ですら, ではどう, というもの, とが暗い寒い, としての, とは縁, とも思い, と大次郎, ながら自分, ながら転身一路, にある, にとってはせめて, になりたい, には当初, に云うべきだ, に帰っ, に言い聞かせる, のあたり前, のいやらし, のぐうたら, のこころ, のこの間, のみじめさ, のもの, のやう, のノート, の一生涯, の下, の下腹部, の不, の不貞, の事, の仕事, の体, の作品, の個性, の全, の内心, の利害, の創作態度, の力, の勉強表, の受身, の境涯, の天性, の妄想, の妻, の姿勢, の娘, の子, の家名, の寝室, の小さ, の席, の影, の徳, の心持ち, の恋, の意志, の意見, の感じ, の感激, の態度, の懷, の手廻り, の手首, の政治的思想, の方針, の時間, の椅子, の生き方, の生涯, の用事, の目, の直ぐ, の眼, の神経, の粗忽, の美談製作気質, の聲, の職業上, の肉付け, の胸, の脇腹, の脚つき, の腕, の芸, の若かっ, の苦心, の行為, の裸, の観察, の責任感, の足, の足音, の身の上, の連想, の運命, の過去, はすくなくも, はすでに, はその, はなるべく, はなるほど, はなんと, はまた, はもうこ, は一生夫, は例, は却って, は有馬, は窃, は絶えず, は自宅, への怨恨, への疑問, までが飛んだ, も, も交じっ, も当然, も金魚, より上, をい, をそのまま, をである, をとりもどす, を信頼, を傷つけられた, を励まそう, を呪いたくなります, を呪いたくなる, を思い出す, を悼む, を想い出し, を感じつ, を感じます, を死にたくない, を発見, を知っ, を磨きあげられれ, を考へる, を見, を見せよう, を見つける, を見出す, を責める

▼ した~ (230, 0.1%)

4 を世人 3 があった, だと, の中, の見方, を着

2 [19件] おびえの, が残らず, であつ, であらう, です, でも, なので, なん, に触れた, のよう, の匂, の形, の影, の言い, は真に, は長, もある, を貴し, を食べません

1 [173件] か, かと思案, から出, かアリゾナ, か下り松, か蛇, があっ, があつ, がある, があれ, がお腹, がしっくり, がない, が三つ, が並ん, が出た, が出なけれ, が喰える, が城外二里, が多い, が小栗, が投げ込まれます, が時, が立ち昇っ, が絡みつい, が見えない, が輕, が附い, が集つて, だけが気に入つた, だけでも五, だけを蒐め, だという, で, であったら耶蘇教者, である, であるから, であるため, であるらしい, である事, である以, でここ, でした, でしょうけれど, ですあなた, ですよ, でないと, でも構いません, で丁度, で包まれ, で名題, で梅, で精確, という意味, とがある, としては頗る, として大衆文芸, との中, とは言われぬ, とも人, とを一緒, と想像, と考へ, と見, と言, などお客, なら盜, なる事, にこだわり, にちつ, になる, には多少, には無限, に動じない, に拘泥, に描かれた, に描き上がっ, に構, に触った, のあはれ, の他, の何, の動き, の原型, の味わい, の外, の姿, の片隅, の発する, の紛失, の考え方, の解つた爺さん, の言, の言いよう, の言い方, の輝き一つ, の間違い, はいくら, はよく, はよほど, は櫻湯, は見る, は近来ハイカラ式, は避ける, は食, ばかりだ, ばかりな, へさらに, へ糠, もあっ, もそう, もちゃんと, もみな, も載せられ, や人, や大野村, より採る, らしい, わすれに, を, をお, をそれ, をまとめ, をも奉る, を一二着宛, を中型, を人工, を今更, を何, を入れ, を全部, を出さなく, を出し, を包み上げ, を包装, を吊す, を姉妹, を差上げる, を差出し, を後ろ, を手帳, を拵え, を持っ, を掻き交ぜ, を揃えた, を搜, を朗読, を片付ける, を皿, を着せる, を纏, を纏め, を自分, を若干ここ, を蒐集, を行儀, を見, を見せ, を見調べ, を買, を買い, を買っ, を運び出す, を重んじ, を銜え, 云いで, 云いでした, 云いを, 干に, 干棹, 懶そう, 狂わしき舞踏, 足らなさ

▼ したばかりの~ (226, 0.1%)

3 もので, ような

2 [14件] お前さんを, ところだった, ところで, ところな, ように, 上丁度, 処を, 新鮮な, 時だ, 男なら, 私に, 若い生徒たち, 電車を, 頃で

1 [192件] あとで, あるドイツ, おちえまで, ことだ, ことで, ことである, ことを, これは, ころで, そして擦りむき, ちょッと, ときには, とき半年ほど, とき色の, とき驚天動地の, とこな, ところだ, ところであった, ところである, ところでは, ところへ, ところを, ひとり息子が, ぼうしの, まだ十八, まだ壁, ものと, ものに, やうで, ようで, わりに, アスフアルト街上の, イガグリで, ココアの, ベルナドット将軍との, ユカタが, ワイシャツへ, ヴォルガを, 一編隊が, 一音楽家の, 下総十五郎だった, 中尉で, 主人半九郎の, 人達でさえ, 今日この, 今日またも, 伊豆の, 伊貝との, 会では, 体だ, 作品も, 例の, 候補生が, 元気の, 兄の, 公民館の, 十五の, 十四冊物百数十部即ち, 半九郎, 古い友人, 可否茶館を, 君代が, 呉服橋の, 四人の, 四月十六日人間の, 夜組が, 大工場, 大石家は, 天星庄右衛門は, 女房を, 妻の, 姉弟が, 婦人で, 婿と, 子を, 孤独な, 宇喜多直家の子秀家と共に, 実話な, 家に, 寝台車掌が, 小さな神, 小供, 小学校舎の, 小枝, 少女が, 尼君という, 尾上松助などの, 屋根の, 山腹の, 年で, 年頃であった, 建物だ, 式務省の, 彼は, 彼を, 彼女の, 従姉の, 忠之は, 恋女房お, 悲しみでない, 愛くるしい顔, 感じの, 戀女房お, 戸川中尉が, 所であった, 才媛である, 文士で, 新品だ, 新妻であった, 新座敷, 日本に, 日本の, 旦那さんは, 時だった, 時であった, 時分でした, 普請場であった, 書斎である, 月は, 木の, 東京に, 東側の, 梅と, 槍ヶ岳焼岳二図幅, 機関車の, 氏育ち, 法学士で, 洋麻の, 海螢を, 点である, 田宮課長に, 田舎者である, 田鍋課長の, 男の, 痕が, 相手の, 眩しいやう, 眩しいよう, 研究生で, 秀才が, 私の, 節子の, 米国公使星亨であった, 精鋭マール号を, 経験しか, 美しい妻, 群集が, 者です, 者には, 者も, 肉屋の, 腰を, 船の, 色々な, 若いピアニスト, 若い先生, 若い医学士, 若い巡査, 若い弁護士, 若い美しい忠興夫人, 若い義昭, 薔薇の, 蚌埠へ, 裲襠の, 親友が, 諸将, 豹一が, 身なりで, 身の上だ, 軌道の, 軍人の, 遠慮さで, 邸宅で, 鉄道線が, 間道を, 防毒面だ, 雑種な, 雛が, 雛にて, 電車通りへ, 電車通りを, 青々と, 青年たちに, 頃, 頃その, 頃夫と, 頃本を, 頃私にも, 領主を, 驚くべき報告, 高座着さえ, 鴻の巣で

▼ した通り~ (223, 0.1%)

9 であった 7 である 5 です, に, のこと 4 だつた 3 かれら, だが, だった, であります, の雨 2 じゃありません, だつたん, であるが, でした, ですが, に何, に草, の光景

1 [157件] あの日, あの時東京, あの辺, いかにも素朴, いつもよりは, いや予期以上, およそ職業, お互, かの荏原権右衛門, から外, がしん閑, この海底, この顔, この騒ぎ, すっかり気分, その底, その翌々日, その都度, だ, だから, だったん, だろう, だワイ, ちゃんと小門, であ, であったら, であつ, であるから, である上, でございました, でございます, ですから, で今日, で作者, で千葉山, で小売店, で曲者, で池, で遭難, で随, どことなく淋しい美し, なの, なので, ならば, な一夜, な心持, にあるいは, にお, にかの, にさしかかっ, にしました, にその, になっ, になった, になりました, になる, にやれ, にバッタリ, にバルザック, に世にも, に似合つて, に余, に初め, に天, に我々, に手, に朝, に来ない, に次, に母親, に汽車, に澄みきった, に独り, に神尾主膳, に脚本, に茶棚, に行け, に覚明, に話され, に起らない, に頑丈, のもの, のよう, のわけ, の三輪あたり, の事, の事件, の人柄, の仕方, の作用, の効果, の反響, の和尚, の困難, の好, の姿勢, の平ら, の戯談, の所作, の手続き, の掘り返した, の教導性, の暖か, の橙色, の武器, の段取り, の現象, の禮式, の表情, の見当, の言葉, の順序, の顔, はまるで, もう何年, もできあがっ, や広い, よく響いた, をあの, をお初, をすぎる, をアイス, を少し, を歩い, を歩いた, を真似, を義男, を赤い, を透し見, を陳べなけれ, を驛, 一先ず姿, 一度眼, 世にも賢明, 中一日, 二度と帰らぬ, 何故サラミヤ姫, 偉い女性, 全く死骸, 全自然界中, 其の翌々日, 再び世, 切り取った兵助, 同分量, 大鉄盤, 恐らく最も直接, 恐らく被害者, 改めて妙子, 早速私, 暗い雨, 果して故人, 果して曇っ, 正しく生きた, 考えた筋書通り, 若い師匠, 薄くなっ, 許されなかった

▼ した表情~ (221, 0.1%)

11 をし 10 になっ 6 になった, をした 4 を浮かべた 3 だった, で, になり, をうかべ

2 [13件] が田部, だ, でそう, で何, で部屋, と若い, や優しい, をする, を泛, を示し, を見, を見せ, を見せた

1 [146件] あられも, からそれ, があっ, があらわれ, があらわれた, がある, がこの, がそうした, がその, がもと, が意外, が水, が浮かび, が浮かんだ, が漲りました, が現われ, が目だっ, が目だつ, であたり, であった, でいいました, でいる, できい, でこの, でしばらく, ですこし, でそこ, でその, でにこにこ, ではない, でひとり, でぶつかり, でものぐさくのろのろと水, でゆき子, でジッ, でバット, でピアノ, で不機嫌, で両, で云った, で人, で伸子, で僕, で内, で口, で大, で弄っ, で彼, で思わず, で扉口, で手, で熱心, で甲斐, で眉間, で眺める, で私, で窓外薄暮, で立ちすくんだ, で竜太郎, で聞き入っ, で背, で腰, で誇張, で警官, で迎, で顔, で駆使, で黙っ, といよいよ, とすべて, となつ, とはあの, とはまるで, と及び, なので, におぼれ, にとけ合った, になつたの, になる, にはなにか, には何かしら私, にも無, に口もと, に変っ, に変わっ, に就い, のうち, のまま, のまま左手, のまま検事, の人々, の元, の和らぎ, の奥, の影, の後, の甚七, の老若, の裏, はありませんでした, はどこ, はない, は変らなかった, は忽ち, は愈, は沈静, は見せ, もあらわさなかった, もなく, も出来まい, も大きく, も感ぜず語りはじめた, や動作, や翳, をあらわす, をきっと, をしない, をつく, をとり戻し, をとり戻した, をぼんやり, をもつ, をゆるめた, を不思議, を与えた, を古都, を少し, を彼女, を忘れない, を感ずる, を持っ, を持った, を挙げた, を泛べた, を泛べたまま, を浮かべる, を移り変っ, を素子, を続け, を装っ, を見せなから, を見る, を見詰め, を読ん, を顔, を顔全体

▼ した気分~ (207, 0.1%)

19 になっ 8 になつ 7 になる 6 になった 3 になりました

2 [12件] が一時, であつ, である, でいた, でいる, でこの, でそれ, で妻, で湯, なの, になつて, を感じ

1 [140件] からだけされ, から鼻毛, があった, があらわれ, がいや, がつづい, がなくなっ, がのんびり, が一ぱい, が二人, が今, が啓介, が好き, が彼, が湧い, が漲りあふれた, が私, が西鶴, が頭, その一方, その活発自由, だ, だけのこと, だった, だつた, だね, であった, であるならば, でかき乱されはじめた, でこう, でしかも, でした, です, ですぐ, でちやう, でねむり, ではありません, ではおっくう, でひとり歩き, でぼく, でも悪い, でゆ, でツェルト, でテーブル, で予定, で人, で以前, で低い, で例, で働い, で六曲, で十日, で寝ころん, で年の市, で扱え, で結ばれ, で結婚後, で署長, で考え, で耳, で聴い, で自ら己, で花崗石, というよう, となっ, となり, とに極めて, とはまるっきり, とを一新, などを味わう, にある, にかわっ, にこんなに, になってる, にならない, にならなけれ, になり, になりはじめる, になれ, になれなかった, になれる, にはなれぬ, には大分, によって歴史, に充ち, に包まれ, に向, に寛ぎ, に浸り込ん, に浸る, に煽り出され, に物, に襲われた, のとき, のなか, のゆえ, の上, の中, の正月, の生活, の解決, の転換, はある, はそれで, はもうとっくに, はよく, は漸次, は突然, は顕著, もあった, もありました, もだんだん, も三方, も優し, も見せない, や其他種々, よさ, をうけとれない, をこの, をし, をもっ, をも感じ, をゆるめ, を与える, を保とう, を側, を励, を味, を味わった, を和ませよう, を売り物, を引き立て, を感じた, を持たない, を撹, を示し, を解く, を起させる, を鎮め, を鏡台

▼ した~ (206, 0.1%)

4 に, はほの暗 2 でも留さん, で一番, で行者, にまだ, にも異様, に手拍子, をただ

1 [184件] からぬ, からはためき昇っ, からよい, から三分の一, から櫓, から次第に, だったのに, で, でああ, でお, でお父さん, でその, でのお, では浮, でふざけ過ぎ, でみる, でも女装, でも揺れ, でやおら, でモヤモヤ, で一ツ, で七十何里, で余生, で北隆館, で四十余名, で大声, で夫婦, で子供, で小説, で山県紋也, で岸本, で徳永, で感覚, で最も, で机, で涙, で白い, で第, で詰らない, で雨戸, で静か, と言うなら, にあ, にある, にある包みきれない, におった, にお嬢様, にこの, にざつくばらんに人, にし, にすわつ, にそこら, にその, にたった, にちゃんと, にちよろ, にどこ, にはこの, にはつきり, には毛氈, には荒々しく, にほんた, にも, にもいた, にもいたわり, にもかよわく, にもなほ限り, にもまんざら, にも何処, にも右, にも将士, にも悲歎, にも才, にも本宅, にも毒々しい, にも男の子, にも自分, にも豚, にクスクス, にゴロン, にチヤン, にパデレフスキー, にベートーベン, に一つ, に一日辛抱, に一言, に七五, に上手, に不思議, に二, に五六本樹立, に以前, に低い, に凄まじい, に出た, に切明け, に動かざる, に向う, に唯一人, に嚴肅, に坐っ, に大きな, に奥, に娘, に寂然, に小僧, に尖塔形, に山門, に巨大, に市川小団次, に床, に建っ, に弁天島, に惣蔵一人己, に抗弁, に敏子, に暖炉, に板の間, に欝陶, に水, に洗面所, に浮かせ, に火じろ, に無, に牛, に特に, に珍談奇事, に生え, に白, に眠る, に眼, に突然, に笑い声, に終始, に自ら調子, に薄気味悪い, に虫, に説, に謡う, に身, に進ん, に遠く, に隠し, に非常, に響い, に高瀬, に鮒, の, のよう, の一, の一人, の一艘, の同君, の君, の女, の最強, の気配, の蔦紅葉, の黒い, はほの暗かっ, へお客, へその, へ勘定, へ吸, へ埋める, へ朝, へ此, へ浸す, へ無理やり, へ飛行機, また聞い, をさがし求め, をなお, を一直線, を只, を同じ, を方々, を水, を登る, を行く, を辿っ, を道, 折れとを, 辺の

▼ した若い~ (202, 0.1%)

17 女が 12 女の, 男が 5 方が 43 男の, 男を

2 [17件] ものしか, ゴーリキイが, ロシヤの, 人は, 人達の, 女で, 女房が, 娘が, 娘たちと, 娘を, 弟子が, 文士の, 母が, 気分が, 男, 男であった, 男女の

1 [112件] おかみさんが, おせい, お嬢さんが, ずんぐりした, には似ぬ, のが, のに, ほうの, むすめ, キビキビした, フェルナンドに, マルクス主義者たちの, 世代も, 人々で, 人々の, 人々を, 人が, 人でした, 人という, 作家は, 侍が, 先生が, 助教授は, 友達の, 古物商, 同志に, 吾妻コオトを, 図書掛が, 士官を, 夫の, 奧さんの, 女たちが, 女たちだった, 女たちの, 女だ, 女であった, 女と, 女に, 女のけ, 女は, 女を, 女を通じて, 女性と, 女教師アンナ・カラヴァーエ, 女達が, 奴を, 妾の, 娘さんたちは, 娘たちが, 娘に, 婦人が, 婦人でなく, 婦人向きの, 子達に, 学徒兵たちの, 巡査と, 巡査は, 役者が, 手を, 手代の, 政治部員たちや, 教員それらは, 新聞記者が, 日本人として, 時代が, 時代の, 武士が, 水兵さんが, 水夫の, 海員姿に, 清楚な, 漁夫が, 瀬川さんが, 物貰いが, 物貰ひ, 王子でした, 琵琶法師も, 男たちが, 男だった, 男で, 男でした, 男に, 男の子達は, 男は, 町人です, 番頭の, 私服の, 紳士たちが, 紳士だ, 組下の, 者, 者が, 者に, 者の, 者らは, 者を, 聲でした, 聲は, 背の, 脂ぎった頭, 良人が, 西洋人の, 見習医官大谷博士の, 貴婦人が, 貴族か, 貴族マルテ・ラウリッヅ・ブリッゲが, 軽輩の, 農婦が, 逞ましい, 連中の, 面ざし, 顔を

▼ した口調~ (201, 0.1%)

2213 で言った 12 で云った 6 でいった 5 で答えた 4 だ, である, でそう 3 でこんな, になっ 2 で云, で熱心, で申しました, で言, で言っ, で訊いた, になった

1 [111件] から察, がいやらしく, だった, だったが, であった, であったが, でいい, でいいつづけた, でいいました, でいいます, でいい出し, でいう, でいひついだ, でいふ, でお, でかういつた, できいた, でこたえた, でこの, でごく, でさも, でしゃべり, でしやべり, です, でそういう, でその, でそんな, でたずねました, でただ, でつけ加えた, でつづけた, でどうにか, でなお, でなぞなぞ, でまた, でもっ, でもつ, でもの, でわたしたちみんな, でコンナ事, でポツリポツリ, でミサ子, で三人, で三郎たち, で云い, で云う, で云っ, で今度, で何うに, で前, で反問, で呟き, で問いかけた, で問うた, で喋りだす, で坐った, で声, で実名, で幾分, で御免安, で愛相, で挨拶, で探偵, で早口, で更に, で村, で歸ら, で殆ど叱責, で津田, で申し渡した, で異状, で祖母, で私, で私神戸, で答, で答え, で答えました, で續けた, で聞きかえしました, で自分, で落つい, で言い, で言いきかせる, で言いました, で言われました, で訊ねる, で訳, で話される, で話した, で話し出した, で話す, で語りました, で語り始めた, で読み, で長崎屋, で附添婦, で須美子, で高城, で鬼頭, となり, になつて, になる, になんとなく次第に, に云った, に涙ぐんだ, に私, のニュウス, の中, の中国語, も四十二歳, を投げた

▼ した大きな~ (201, 0.1%)

3 眼で 2 ものを, 木が, 歌が, 池には, 男が, 眼と, 石切場が, 障子が, 頭を, 顔は

1 [178件] お宮である, お尻, かがみに, からだの, きのこを, ところを, ほら穴な, まるい頭, もの, ものが, ものだ, わらびが, カバンです, ガラス瓶が, スナップ兄弟で, タンクみたいな, テーブルが, ポム・ド・テエルを, ヴィラが, 一構えの, 事が, 二つの, 人が, 人の, 人形を, 体格の, 価格表が, 修行の, 公卿や, 円い眼, 円つ, 出眼, 別館の, 創が, 力の, 勾玉鏡また, 化粧台の, 原因の, 原因を, 双眸を, 口ワシの, 四五人の, 四角い穴, 囲炉裡端に, 国道が, 圍爐裡端に, 圏谷を, 圓い, 坊主鷲が, 声が, 声で, 声に, 声を, 外国の, 太陽が, 字の, 存在が, 学問は, 宇宙艇が, 室で, 家で, 家です, 家を, 寝棺が, 寺が, 屋根の, 岩という, 岩の, 岩礁が, 島を, 希望に, 幸福感であった, 建物左に, 廻船問屋で, 御影石の, 房の, 手で, 指環も, 文化である, 旗が, 時代を, 景色が, 木の, 木造の, 朱欒の, 村に, 果物籃を, 柔かい雪, 森の, 構へは, 樽と, 水平に, 河が, 河の, 洋室, 浅い漆塗, 浅い皿, 浜が, 湯呑と, 潜水艦だ, 瀬戸火鉢だの, 爺さんが, 爺心持よい, 犬, 犬でした, 状袋から, 玉座の, 珊瑚礁で, 理由であった, 画の, 痣が, 痣それが, 目が, 目です, 目を, 眼が, 眼は, 眼を, 眼玉や, 眼玉を, 瞳を, 石が, 石で, 石油鑵一個貝塚から, 石碑の, 砂岩石の, 礎の, 穀物畠を, 空洞が, 立派な, 綜合形式の, 美しい眼, 者が, 肉体への, 背中を, 胸の, 舌の, 船が, 船の, 苔松を, 落ちつきの, 葉が, 藪に, 袋に, 裸の, 貝がらが, 贈り物を, 赤い紅宝石, 赤ら顔王鳥式に, 赤目でした, 身体に, 身体を, 軍刀等を, 輪廓を, 部屋である, 部屋に, 鉄の, 鍵で, 鏡の, 面が, 鞠で, 音じゃ, 額の, 顔に, 風呂敷包みを, 體格の, 髷を, 鬨の声が, 鯉の, 鯉を, 鳥が, 鳶色の, 麻ひものた, 黄金の, 黒いはくちょう, 黒い手, 黒い死体, 鼻三日月型に

▼ したところが~ (197, 0.1%)

5 それが 3 それは 2 その人, やり損じて, 厚木から, 必ず何

1 [181件] あのとおり, あの掛矢温泉, あやまって, ある人たち, いきなり引っこ抜い, いつ迄も, えらい力, おのずからちがった, かの文士, かれら, ここは, ことごとくお, このお, この劇団, この年, この有様, この槙三, この青年, これも, こんどは, さらばといふ, すぐ頭近く, すでに如何, すなお, ぜんたいモデルに, そいつを, そういうわけ, そういう事, そういう評判, そうは, そう需用, そのくらいの, その人達, その子供, その小僧, その小説家, その年, その性質, その肝腎, その金, それだけで, それでなく, それを, そんな人間, そんな美男子, ただの, だいぶ好き, ちょっと似, とてもたまらなく, とても大阪三輪鶴, どうしても手, どうなるでしょう, はたしてそれ, ひとりの, ひどい旋風, みゑ子が, もしそういう, やがてすぐに, やっぱりいけない, アンナ黒い, オショロコマの, クビの, ドーラギリー雪峰の, ヒヨツと, プロテスタントの, モンマルトルの, ラマも, 一人の, 一夕の, 一夜の, 一時間十八節の, 一概には, 一生かかっ, 一目に, 下に, 中には, 乍併又, 二人の, 二度と吾輩, 二重の, 京都に, 今では, 他人は, 令嬢は, 仲の, 体の, 何うも, 何か, 何の, 僧侶が, 先生も, 兎に, 切角来た, 即座に, 叔母は, 同じ目的, 同心に, 同様の, 四辺は, 国定村の, 均平の, 墨子は, 多少の, 大かつ, 大久保氏は, 大発達, 奥さんの, 始めて, 実際に, 幸いに, 幸福の, 当時の, 彼の, 彼は, 彼らが, 彼女は, 往還の, 待てど, 我々が, 持ち出すまでには, 持って, 教理には, 斎藤先生が, 是非此世の, 最後の, 有志たちが, 期日を, 村内一般に, 案外に, 桟橋で, 極めて低い, 死ぬまで, 氏が, 氏郷は, 水の, 氷が, 注目に, 浪士達が, 清水坂長吏は, 滅多に, 物の, 用を, 白雲の, 百姓の, 相手の, 真実の, 矢が, 短い時間, 神中は, 突如雹, 立派な, 紳士は, 絶対に, 総てを, 老人は, 肉そのものには, 腰が, 自分が, 自分に, 自分の, 自分一人の, 船長デ・ランダは, 芯からの, 草履が, 行者か, 見事やり損じ, 規律の, 言下に, 講演の, 貴方は, 貴様達夫婦が, 越中守忠興が, 農商務大臣これに, 遊魂は, 道傍に, 野郎達が, 門口に, 闇の, 非常に, 騾馬やら, 鴎外は

▼ した覚え~ (197, 0.1%)

47 はない 20 がある 17 がない 15 はありません 13 はねえ 12 のない 6 もない 4 があります, はございません, もなく 3 があろう, のある, はなかっ 2 がありません, があるだろう, がございません, は有りません, は絶対, もありません, もなけれ

1 [32件] があり, がありまする, がお, がなく, が一向に, が無い, なし隗生自分, なぞはない, などは, なんか無い, はあっ, はあり, はある, はがん, はござらぬ, はさらさら, はどう, はなかつた, はなく, はなし, はねえだ, はひとつ, は一切, は何, は何処, は残っ, は残ってない, は無い, もある, もねえ, も御座いません, も皆無

▼ した~ (196, 0.1%)

16 をし 11 の吹き 9 の吹きまわし 7 もなく 4 であつ 3 が吹い, が吹く, であった, である, の吹廻, はまだ 2 が流れ, が蚊帳, だった, で, では無い, に我等

1 [119件] があ, がのぼっ, がはいっ, がひと, がふい, がむきだし, がトタン, が一般民間, が吹, が吹きこん, が吹きはじめ, が吹き込ん, が天晴武者, が宮廷女流, が少し, が東国, が横手, が残っ, が窓, が襟もと, が襟足, が見えだした, が通り抜ける, だ, だったが, だつた, であたふた, であったが, であるため, でいる, でしきりに, でした, です, ですし, でそっち, でその, でにやにや, ではなかっ, でまた, でもう, でもなかっ, で二つ三つ腰, で仕事, で何気なく, で兄さん, で其処, で其處, で別荘, で奇声, で對岸, で居る, で帰っ, で挨拶, で演説, で煙草屋, で白, で窓, で身体, で魅せられた, と変り, なゆったり, にあ, にうつむい, にて, にもあたふた, にもすぐ, に云, に吹かれ, に大, に小谷, に振り返った, に深く, に見えた, に見える, に見せかけ, に言った, に言つて, に話した, に誘われ, に頭, のお, のない, のふるる, の名, の吹きまわしだい, の吹き回し, の吹廻し, の無い, の物, の生じる, の相, の見える, の跡, の顏, の顔, は, はどんなに, はまだなんとも, はもう, は太陽, は水面, は窒素, は終日南, もある, もなくなっ, も精神, や雄大, をした, をみせ, をみせた, を肌, を装, を装い, を装っ, を見せ, を見せた, を見せなけれ, を見せる, を送っ

▼ したつもり~ (193, 0.1%)

16 である 12 でいる 10 でも 7 だが, です 5 であつ, であるが, なの 4 だつた, であった, なん, になっ, になる 3 だった, だったが, では, でゐる 2 だ, でい, でいた, でいました, ですが, で大, で飛出し, なのに, の婦人

1 [76件] かい, か添削, か番頭, がまんまと, しかし恩, だけで, だったにも, だったので, だったのに, だって, だつたが, だと, だよ, だろうが, であ, であったが, であったし, であったのに, であったらしいが, であったろう, であっても, であるかも, であるけれども, であろう, であろうが, であろうし, でいたら, でおり, でご, でございますが, でしたけれども, でしょう, ですけれど, ですの, でよろこんで, でゐ, でゐるらしい, で五十兩, で人々, で仕方, で作品, で兵馬, で叫ぶ, で喜んで, で四辺, で居た, で居ります, で弁護士試験, で得々, で得意, で悦ばせ, で散歩, で横着, で生きる, で目, で私, で空虚, で笑う, で結婚, で語, で騒ぎ, の, のが, のもの, のよう, の事実, の助言, の声, の青年, の顔, はなかろう, は千筋, は日曜日, らしい, らしいが, を酒井

▼ した~ (193, 0.1%)

10 のこと 5 はまだ 3 であった

2 [14件] お角, から, だつた, であつ, にはすでに, には門内, の思ひ, の手紙, の美し, はお, はただ, はもう, は山, は月

1 [147件] お見かけ, かつて私, かと存ぜられます, からこの, からしぼ, からすでに, からそれ, からだんだん, からついで, からであろう, からのキリシタン, からの二人, からの伝統, からの宿将, からやや, からシューマン, から二十年以来, から何, から兎角, から其處, から十何年, から哲学, から娘ふたり, から工場一般, から御陵, から応用, から数学教科用, から毎年出水期, から比べる, から清之介君, から西洋, から頭, から風邪, が一番, が自分, こう声, じゃありません, だ, だった, だったから, であったと, であったろう, であって, である, であると, であろう但馬, ですよ, でそれ, で御座いました, で新島君, とこっそり, にあっ, にあなた, にこうした, にでもな, になる, にはあの, にはぎっしり, にはその, にはまだ, にはシンサツどころ, にはフリント君, には三十二歳, には公債, には内乱, には名, には学界, には我楽多, には或は, には晴信, には正常, には秋, には胸, には船, には運, によう, に二人, に伜, に咲きほこる, に大, に太陽系, に手術室, に書い, に爪先上り, に用いた, に私, に腰, の, のあの, のさまざま, のよう, の世, の事, の作, の先夫人, の光景, の卒業生, の夏, の姿, の御, の思い出, の斯界, の自分, の袖子, の記事, の豊頬, の豐頬, の逸作, の部屋, は, はいかに, はこの, はじめて芥川, はすでに, はラテン名, は人, は六号活字, は十三版, は小竹, は欧羅巴, は汽車, は神, は約束, は良人, は諸, は貴族院, は農業, は逢う, は頭脳, までの人々, までは三河, までは緑雨, まで依然, まで露都, もうよから, より故, を憶, を見はからい, を見はからっ, ガラッ八, 或る, 改めて斯, 既にスチブンソン, 絶えず僕, 貰ったもの, 間もなく転任, 降って

▼ した~ (186, 0.1%)

14 がある 114 なん 3 があった, があつ 2 が知れた, が私, だな, には銀百枚, は誰, もあつ, をのんだ

1 [137件] あシャク, あ要, かそう, か物持ち, があっ, があったら, がありました, があります, があれ一つ発明, がいます, がうようよ, がおりまし, がおりました, がおれ, がその, がにゆ, がぱらりぱらりと, がぶらりと, がズラリ, がニョコリ, が一人, が上, が乗り, が五六人, が先, が判, が墓, が多い, が姉歯, が居た, が居る, が怪しい, が戦争ごっこ, が掴, が書き直し, が殺される, が殺した, が無い, が生あたたかい, が見える, が言った, さ, さ塀, じゃ, だから, だからと, だが, だけでこれ, だこんな, だったッケ, だつた, だなあ, だの, だらうか, だろう谷中, だ手腕, だ此人間, である, でこれ, でしょう, です, ですね, ですよ, でその後, ではない, で別にこう, で名, と云われる, どももう, にかぎっ, にこの, には御, に仕返し, に口, に湯の浜温泉, に違, ね車夫さん, のこと, の仕業, の方, の蟇口, の見, は, はその, はそれだけ, はともかく, はど, はどこ, はない, はなお, はもう, は世界, は他, は何だか, は何者, は儂, は分かる, は塀, は大方, は師範代, は引っ, は悪い, は手前, は斉彬, は有りません, は煙草屋, は良次郎, ばかりがまっ, ばかりだ, ばかりである, ばかりな, までありました, もある, もお, もゐる, も不, も奴, も子供, も少い, やらこの, を, をば俺, を二三本, を二時間以上, を前列, を又, を安閑, を徳蔵, を搜, を筆者, を縛っ, を茶碗, を踏ん, を青冥, を食わされる, 覚えとくべし, 鳴りつけて

▼ した空気~ (186, 0.1%)

32 の中 8 のなか 3 を呼吸, を破っ

2 [11件] がかもし出され, がただよっ, が室内, が感じられる, が漲っ, が私, が顔, につつまれた, に草, に響い, を一刻

1 [118件] があたり, があった, がある, がお, がこの, がこの小さな, がほとんど, がまだ, が一瞬, が主, が何処, が六人, が吸っ, が吹き上げる, が川面, が座, が張っ, が快く, が悪, が意地, が掃除, が明るく, が時に, が汗ばんだ, が流れ, が流れこん, が流れた, が淀ん, が湖上, が溜っ, が澱ん, が煙, が行く, が襟首, が解れ, が身, が部屋, が部屋一杯, が酒, さえ感じられる, その空気, だ, である, で冷却, で満ち満ち, との春, と一緒, と僕, と物, と追詰められ, と高い, にあたろう, におされ, にさ, につつまれ, になっ, には甘い, にひびけ, によって説明, に各, に対する挑戦, に拘らず, に板戸, に浸っ, に満ち, に溶け, に白く, に私, に触れよう, に馴れ切った, のまま, のゆめ, の作用, の夜, の密度, の流通, の量, はお, は三吉, は何, は全く, は昭和九年, は暴風雨, は病室, は窓, は蒸れ上がる, ばかりでない, まで実に, や広々, や牛羊, や色彩, をすぱすぱ, をふるわせ, をほぐす, をほごす, をみ, をゆるがせ, をよけい, をストライキ, を吸う, を思い出す, を急激, を感じ, を感じました, を新鮮, を楽し, を気味, を漂, を漲らせ, を漸次, を破らう, を破る, を緩和, を胸, を裂い, を身, を銀河, を顫

▼ した樣子~ (184, 0.1%)

60 です 9 ですが 8 でした, で顏 5 もありません 4 で, もなく 3 だつた 2 でしたが, で振り返りました, で肩, はありません, をし, を見る

1 [71件] があまり, がある, が大抵, が少し, が耻かしく, だから, だった, だつたの, であ, である, でお, でこの, でしかも, でしたよ, でそそくさ, でその, でやにわに, で一向, で一存坊, で三尺, で介抱, で他, で何, で兩, で博文館, で口, で叱り附け, で四方, で外, で平次, で幻影, で思はず, で曲り角, で歸つて來, で死骸, で父, で父親, で白い, で眞赤, で立ち, で立ち上りました, で立ち止りました, で立つ, で立去る, で身動き, で迎, で遠慮, で重三郎, で鍬, で靜かに二人, で飛び散つた, で首, などは馴れた, になります, に宗助, のない, のなかつた, の聲, はあんめ, はどう, は何とも, は少し, は無, は無く, もない, もなかつた, をする, を示した, を簡單, を見, を見せ

▼ した生活~ (177, 0.1%)

17 をし 6 の中 5 をする 4 を送っ 3 のなか 2 がし, の気分, をくらし, をしてる, を送る

1 [132件] から脱, があった, がある, がしたい, がしとげる, がつ, ができれ, がない, がやはり, が似合う, が出来る, が好き, が始まった, が必要, が感じられる, が戻っ, が自己満足, が送れる, こそほん, しかもその, だけの描かれる, だったろう, であったの, であると, でいつも, ではどちら, では同じ, で知り合い, で私一人, ということ, とは全く, と優れた, と文體, と疲れ, と藝術, なの, におく, にかかわらず, にひきかえ, にまでそれ, に入, に入りたい, に必然, に悩ん, に断然と, に於い, に這入れなかった, のこと, のそんな, のやう, のよろこび, のトーン, の一部分, の仕方, の余裕, の全部, の内容, の利点, の刺戟, の味, の土台, の場所, の変化, の対象, の幾年, の底, の息吹, の惨めさ, の根, の欲求, の状態, の終, の終り, の脆, の諸, の道, の音響, の齎す, は, はこれから, はし, は以前, は全く, は有り得ない, は目, は見られない, は送れない, へつなぎ続けられ, への脈動, も出, や人間, より精神, を, をこの, をしたい, をしよう, をち, をつづけ, をつづける, をはじめた, をまもっ, をむざんに, をもうどう, を仕た, を保っ, を営ま, を営まざる, を営み, を営みたい, を営むべき, を国, を始め, を志された, を指し, を暗示, を暮さなけれ, を暮し, を暮した, を書いた, を求める, を洗, を生きた, を生きよう, を生活, を発揮, を突き破る, を翹望, を表現, を講じなけれ, を身, を送りたい, を長い

▼ した顔つき~ (177, 0.1%)

19 をし 1512 になっ 6 になった 4 になつ 3 だった, であった, である, になり 2 だったが, でお, でその, で青年, で鼻, の睡, の老婆, を見

1 [93件] がこのごろ, がほか, が何ん, が心, さえし, であったが, であつ, でうしろ, でお辞儀さ, でかたわら, できい, でこう, でこの, でこんど, でした, でながめた, でなにか, ではあった, ではなかっ, でふらふら, でまた, でもどっ, で何, で初め, で劇場, で叔母, で呟いた, で大分骨, で天井, で奥, で学校, で安川, で実は, で小包, で尻込み, で平野屋, で幸作, で彼, で思わず, で拍手, で日本左衛門, で枕, で椅子, で武蔵, で浜, で火鉢, で焙った, で父, で生, で眼鏡, で粉雪, で考えました, で腕組み, で若い, で藤波, で蜂谷, で襖, で見送っ, で誰, で赤く, で雨, で頭, で飛び込む, で黙っ, とを持っ, と語調, なの, になる, にもにんがり, にヘラクレス, に変り, に峰丹波, に戻っ, のお, の人物, の十六七, の歩哨, の河, の男, の番頭, の紳士, はし, はただ, や単純, を, をしすり切れた, をしました, をみた, を取り戻し, を形容, を御覧, を焚火, を見せた

▼ した気持ち~ (175, 0.1%)

15 になっ 14 になった 7 になる 6 だった 4 になり 3 であった, であつ, になりました, の間

2 [11件] だつた, でその, で何もかも, で団子坂, で生, になつて, のなか, の中, の隙間, もこの, を感じた

1 [95件] からおぼろげ, がすれ, がどうも, がわかっ, が乗り移り, が五体, が急, が新しい, が暫く, が生れ, さえある, だ, で, であくる, である, でいた, でおとなしく, でお寺, でしゅんしゅんと, でしゆんしゆん, でそこ, でどうにも, でなか子, ではない, では渡っ, でもあつ, でれい, でゐたい, でイベット, で体, で周囲, で和尚, で四月, で坂, で外, で定める, で居眠り, で崖, で庭, で彼, で彼女, で料理屋, で歩い, で石, で私, で窓, で聴けたら, で行っ, で話, で遺言書, で青ざめ, で騒ぐ, とその, なの, なり, なん, にさし, にさせた, にさせられ, にさせる, になつ, にならざる, になります, になれなかった, にはなれなかつた, にもなる, に人, に沈ん, に詠み, に迄なら, に追, のいい, のそれ, のまま, のまま船客たち, はおじいさん, はするだろう, はなにごと, は今, は察, は見せない, もあった, も抜け, をたて, をもう一度, を一心に, を味わい, を感じ, を打ち, を打ち払う, を持ち, を無視, を自分独り, を鎮め, 早くも

▼ したつて~ (173, 0.1%)

3 いふん 2 あくどすぎる, さう, ね, わけさ, ゐた, 同じやう, 少しも, 引返すこと, 遅くは

1 [152件] あの時叔父, ありや, あゝした, いいぢ, いいましたね, いいん, いつの間にかガサガサ, いふこと, いふの, いふんぢ, いふんで, うんたあ, え, えん, えんだよ, え事, おいそれとは, おしよせて, お互, お百合, お米, かうし, かくすこと, くたびれもうけさ, この事実, この人數ぢ, この出来事, この家, この東京, この私, この運動, この陽気ぢ, こんな化物, こんな立派, さういふこと, さうだが, し樣, そうだ, そのザコネ, その場きり, その役者, その肌, それで仏さん, それで悪い, たれも, ちつとは, ちつとも, ちッとも, つい二三ヶ月前, つまらないからね, つまらないと, つまらんぢ, つまるもの, では誰, どうせ勝ち, どうせ解り, どうなる, どうにも, どうにもなら, どんなに解釈, ない, なんにも言う, ぬかりは, ね私, の, のこと, はじまらぬ, はじまるまい, ふつうぢ, ほんと, まさかに死ぬ, まるであんな, もはや古代, も何れ丈, やつて, よかり, よこ, よ同じ, ろくな形見, わからない筈, わかるぢ, をばさん, んだい, 上がらない, 二度と戻る, 仰るん, 何とかお, 何とか資本, 作らせるこつちや, 働かなければ, 全體, 出しきれないよ, 出る氣遣, 分らないやう, 切れねえ縁, 別に自分, 前以つて, 動けない, 勝つ事, 半刻はか, 同じだ, 同じ事, 墜ちる音, 大したこと, 大した違, 大して気, 大掃除, 好いです, 好いわよ, 好いん, 始まらないとは, 始まらなかつた, 始まらねえ万事, 必ずしも人間, 悲しい思ひ, 所詮君, 打ち込めやしない, 拙ら, 断つ事, 時々は, 書き直さねば, 書く場合, 書ける筈, 止す氣, 決して職業, 消すこと, 済んだこと, 点頭かれさうな, 無え, 無論二俵半, 生れたまま, 稼がなければ, 若しも此処, 行きやしないから, 要りますなあ, 見えるもの, 見つからないだらう, 詰らねえ, 詰りやしねえ, 踏むの, 追つ付く, 追ひつ, 追付かんから, 追付きません, 逃げようと, 阿母さん, 面白くない, 面白くも, 預つた事, 驚きやしません, 黙つて, 黙つて行

▼ した~ (172, 0.1%)

13 をし 3 に涙, をあげ

2 [16件] で, でなめる, で主人, で私, で見, に微笑, のうち, の荒い, ひらべったい鼻, を, をあげた, をした, をパチパチ, を三角, を大きく, を瞬き

1 [121件] あたらしさ以外, から電, がお, がかすむ, がだんだん, がなんとなくいきいき, がばったり, がひどく, が人, が光っ, が愁い, が浮かびました, が渋, が衝, が見えた, して, そして処理, でおじいさん, でお蔦, でしきりに, でじっと, でじろじろ, ですぐ, でながめ, でひ, でみつめる, でトゥロット, でマリユス, でランプ, で女がた, で寂し, で山村君, で彼女ら, で微笑, で手拭, で浦島, で相手, で眺め, で眺めれ, で行燈, で見かえっ, で見つめ, で見据え, で鈴木, で閑, とすでに, と力, と鼻, などを見る, にとろけん, になっ, にはこびり着いた, にもそれ, にも見えた, にわざと, に強い, に形容, に愛嬌, に笑み, に與吉, に見えない, に見送られ, に言われぬ, のすごい怪しい, のにん, のふち, の一つ, の主, の光, の利こう, の前, の奧, の屹, の瞳, の細い, の色, はふと, はるり, は一瞬土間, は届く, は恁, は爺, ばかり光る, までが見え, も鼻, やくぼんだ, をかくして, をこすっ, をこすり, をこちら, をそらす, をつむっ, をまぶし, をまん丸, をみはっ, をみはりました, を上げ, を余計, を向け, を咲耶子, を外, を外らし, を天女, を女, を少し, を据え, を瞑っ, を瞠, を瞬い, を細う, を細め, を義雄, を見た, を見はっ, を見交し, を輝かし, を遣る, を開い, を開いた, 大きな口, 大きな鼻

▼ した~ (170, 0.1%)

2 ぜい, なる石, の男, 問題である, 地主の, 礼帽を, 科学者だ, 緞帳に, 變な, 飢饉は

1 [150件] かたりこんな, くずれの, ぐもがどこからか, すっぽんと共に, そうお, なる, なる出費, なる美術的傑作品, な図書館, ふり小, デスクの, ドンブリが, メロドラマでも, 丸髷を, 之進それでも, 之進なんだか, 九郎跳ねあがっ, 事業に, 井筒屋の, 人格である, 仏壇が, 仕掛けの, 伽藍の, 作家に, 傑作である, 先生の, 公園の, 劇場が, 動乱には, 卓が, 唐の, 商人の, 商人は, 問題の, 地震である, 地震の, 地震は, 地震前, 地震毎に, 坊主, 天井から, 太刀を, 女だろう, 姫君を, 學の, 學を, 學出なんど敵ふもん, 學生には, 學生の, 宇宙を, 守も, 宝蔵殿を, 実験室と, 封筒に, 小名は, 山塊の, 山系や, 山脈を, 崩壊の, 巌山の上より, 工場と, 年増が, 年増でした, 年増を, 床の, 建築ばかり, 建築物にたいして, 往生の, 悪人は, 悪漢に, 悪魔は, 慈悲心を, 扇, 指揮者で, 摺鉢の, 攻城砲であった, 教会堂の, 文豪達トルストイドストエフスキイイプセン等々の, 方針は, 旅行家の, 旗を, 旦那の, 暴風雨が, 暴風雨を, 會社の, 望遠鏡が, 格闘が, 桟橋の, 棟梁で, 樹林の, 樽が, 次思わずはっと, 殉教の, 氣の, 氣を, 法師である, 泥坊め, 浪漫主義の, 演説であった, 潜水艦隊であった, 火事の, 煙突が, 燈籠で, 燭台の, 牧場です, 犬が, 犯人さ, 猴バリの, 生理学者ヂュ・ボア・レーモンなどは, 町人有名人の, 番頭さんが, 疾風では, 発明であっ, 目標が, 眼を, 石塊が, 磧その間を, 童子を, 繁盛が, 罪人, 自然という, 自然の, 舟が, 艦隊の, 苦痛に, 菩薩岳が, 規模な, 資本に, 赤楝蛇が, 輕氣球が, 農地は, 造船所みたいな, 部分の, 部隊が, 都会の, 都會では, 酒飲みの, 金持の, 銅鑼が, 長者の, 雑誌に, 雪渓が, 音声, 顴骨筋と, 風琴を, 食堂が, 食堂で, 香炉を, 體の, 鳴動が

▼ した事実~ (168, 0.1%)

5 がある, である 2 から推し, であった, ですから, なの, の上, は際限, もあります, もある, を自分

1 [140件] ありや, あるを, から逆説, があった, があり, がそれ, がわかった, がタクサン手もと, が一方, が二つ, が判明, が少から, が此語, が窺われ, こそ本当, しか存在, たとえば, たとえばアストージェンカ, だから, だけのほう, だけを列べた, だけを報告, だそう, だとの, であ, であります, ですがね, ではなかっ, でもなけれ, でも何, で寸毫, で最早, で満, で特に, で発明, で英語, というの, としての必然性, として存在, として現れます, となっ, となつ, とによってきき, とは一見矛盾, と化した, と合わせ, と思えなかった, と相, と看, と結びつい, と総合, と認められる, などがそれ, なども多勢, など聴く, にあわせ, について彼, について知らない, について考えさせられた, になる, には余程, によってその, に基き, に外, に徴, に胸, に触れず, に過ぎなかったであろう, のあつ, のすこぶる, のすべて, のやう, の中, の反証, の根柢, の概要, の見通し, の証拠, はあった, はこの, はこれ, はすべて価値, はそのまま, は万治四年出版, は世人, は二人, は人生, は人類, は今日誰, は何ヵ月間イヤ, は判るでしよう, は古代埃及人, は右, は彼, は微塵, は掴めやしない, は真, は私, は認め, ばかりで御座います, ばかりに捉, ばかりのよう, また再建, もあがっ, もかなり, も未だ, や考へ, や蜂須賀巡査, をあそこ, をいちいち, をそれ, をつかまえ, をつき留めず, をつけ加, をはっきり, をもって審判, をもと, を少し, を思い浮べられなかった, を想起, を挙げ, を描いた, を援用, を数, を最も, を眼, を知らない, を知る, を私, を脚色, を裏書き, を見聞, を見逃す, を説明, を読者, を述べた, を途ぎれ途ぎれ, を遺憾, を雄弁, を静か

▼ した一人~ (167, 0.1%)

14 の男 10 の女 7 である 6 の若い 4 の武士 3 であった, の女性, の婦人, の紳士 2 だつた, であつ, では, の刑事, の女房, の方, の老人, の船客

1 [98件] が, がさけん, がその, が一夜, が云った, が先ず, が度, が早口, が眼, じゃで, だ, だった, だと, だという, であ, であったから, であるが, であること, であると, である随, であろう, でこんな, でした, でしたが, でしょう, ですか, にジョ, に怨恨, に手, に炬火, の, のお, のつつましい, のイギリス婦人, のキリスト, のデカ物, のフランス人, のフランス婦人, のマドロス, の乞食, の人間, の代表者, の使者, の修道士, の修道女, の僧侶, の剣客, の助手, の友人, の土佐, の土匪, の壮士, の女給, の奴隷, の姉, の娘, の婆さん, の学生, の客, の尉, の少女, の山林監視人, の平, の年寄, の思想家, の手先, の技術家, の教師, の日本婦人, の曲者, の東洋人, の武家, の水夫, の浪士, の消防夫, の独立, の生活, の男性, の眼, の知人, の算盤玉, の米兵, の素人作家, の若, の貧しい, の踊子, の青年, の青年フェドセーエフ, の青年訓導, の非常, の顧客, の食事, の鳥, はスタルゲヲン, は地面, も手鳶, 思はず自分, 思わず自分

▼ した~ (164, 0.1%)

13 にある 10 がある 8 に於 6 である, では 3 であった 2 が多い, はその

1 [114件] からいう, からかなり, からも前者, から云, から推し, から見, があっ, があり, がお伽噺, がさ, がちがう, がどういう, がない, がなかっ, がなく, がやはりむっつり, がわかる, が坐, が尠, が強調, が後, が残っ, が注意, が無, が特に, が甚だ, が見いだし, そしてそれ, だけが強く, だけが違っ, だったと, で, でありました, であり菊地, であること, ですばらしい, でまちがっ, でスコットランド学派, で哲学, で哲学史上有名, で失敗, で彼, で心敬, で日本, で模範的, で特筆大書, で玉鬘, で自分, といい, などは以, なの, にあった, におい, においていっそう, においてこの, においてしかして, においては几董, においては実に, においては龍麿, において先ず, において日本, において注意, についてのみそう, について君, につきこの, には大きな, にふれました, にまで立派, に一種, に世間, に乞, に他, に存する, に心, に懐疑論, に政宗, に於い, に時代精神, に横たわる, のある, の速度, は, はいずれ, はお, はこういう, はさすが, はない, は世界無二, は人間, は充分, は同じ, は少し, は彼, は恐らく, は文学, は村, は正鵠, は湯河原中佐, まではオッペルト, まで明らか, まで自分, もある, もあろう, も彼, や不安, をとりあげ, をみな非難, をもっ, をもつであろう, を主張, を略記, を閑却, 及び第, 広く社会問題

▼ した~ (163, 0.1%)

4 御で 3 だ, ですが, のよう 2 がいた, が少し, でした, の声, の姿, の家, の民弥, の話, の身の上, らしい手

1 [130件] が, がお, がこの, がこれ, がすき, がなん, がまるで, が一人, が三人, が上っ, が下, が不, が二人, が半立突, が奇麗, が女義太夫, が小憎らしかっ, が小間物屋, が居た, が我々, が榮右衞門, が正直そう, が此那, が殺された, が気がね, が汽車, が結局, が羽生, が角隠し, が逆さ, じゃない, だが, だつた, だつたが, だと, だとは, だとも, だな, だらう, だわい, つ子, で, であった, であらう, である, であるが, であること, である私, でございますが, でしたが, です, でまだ, でもどうか, でもなく, でもハンドバッグ, でも花見, で五人, で年, で服装, で行人, で髪の毛, という響, とが商売, としていつも, としての伸子, として毛糸編物, とは思へぬ, と不可抗力的, と云う, と結婚, と違つて, ならただ, ならば, なら見て, なるほど桃色, になっ, になつて, に今回, に恥, に惚れ, に戻つ, に持参金, に未練, に顔, のうち, の一人, の上ツ, の匂やかさ, の半身像, の品子, の大胆, の寝顔, の影像, の心持, の心理, の性質, の持つ, の方, の様子, の死体, の死骸, の真剣, の脱, の膝, の若死, の身体, の躯, の面影, の顔, の首, の骨だらけ, はそれでも, はどう, はみな僕, は奥, は林檎, は買つた品物, も思い当らず, や若妻等, よりはいい, より遙, らしい硬, らしさ, をうつ, をた, をつれ, を夜, を引っ張っ, を引つ, を見なかつた

▼ したんで~ (162, 0.1%)

43 せう 9 せうね 6 すい 4 せう親分 3 え, ごぜえます, さあ, せうか 2 えまあ, お町, せうねえ, 吃驚し, 無ければ, 親分

1 [76件] あなたは, あわてて, あんなに訊いた, あツ, えおとつ, えす, えなんて, えよき, え今夜, え汝, お手伝いに, がしょう, がすが, げすお座敷, こないだお礼に, こんな時, ござりましょう, ござります, ごわしょう, ごわす, さうなつた, ざあち, しようか, すい行っ, せうあつし, せうお, せうこの, せうこんなに, せう大した, せう大黒さん, せう持つてるもの, せう本, せう此魚, せう私, その埋, それで, だれも, ちょっと自動車, なんかない, ぼうと, もう一ぺん, もとは, やつた, わたしは, エ, ホンの, 三輪の, 世帯を, 今に出入り, 今夜ここへ, 今家を, 今朝は, 何が, 僕は, 六平たちに, 其の代り首尾, 其の子, 実は帰つて, 居眠りでも, 帰るにも, 当りを, 怒鳴り付けられただけ, 怕い, 手前も, 案外喉, 段々人が, 泣いてばかり, 疑いが, 私は, 腰が, 言葉の, 赤シャツは, 野郎すっかり, 面白くなくなっ, 飮んだ, 骨まで

▼ した~ (161, 0.1%)

43 あらう 30 せう 10 あらうが, あらうと 5 せうね 2 あらうこと, あらうし, あらう巴里生活, がす, せうか, 籐椅子に, 調べる

1 [49件] あつたらう, あらうから, あらうけれど, あらうに, あらうのに, あらう堀口, あらう如く正に, あらう故に, あらう時代, あらう水, あらう自分, あらう至つて肥立ち, あらう遂に, おおぜ, がすが, ごぜえます, しよう, すっ, する, せうお待ち, せうし, せう其, せう敬さん, せう親分, それも, われにか, ア, カサとの, ザザザザという, ヨシ子が, 動かない, 大枚二枚を, 宜しい, 居眠りし, 巡査が, 御坐いませう, 有りましょうが, 有りませう去らば, 朱筆を, 父の, 眠る, 神は, 繊い, 蛆蟲と, 蛙と, 行違いに, 見るせゐで, 赤駒の, 遊ばせろ

▼ したのみ~ (160, 0.1%)

10 である, では 4 であった, ならずこの

2 [14件] だった, であつ, であると, でなくさて, でなくその, で多く, ならずおりん, ならずその, ならずまた, ならず前, ならず又, ならず更に, ならず馬, なれば

1 [104件] だ, だが, で, であった勝頼, であって, であと, であります, であるから, である故, でさっさと, でついに, でなくいかに, でなくまた, でなく一切, でなく同じくすでに, でなく同国人吉田若狭守位清, でなく同時に, でなく宣言書, でなく将軍, でなく断然, でなく時には, でなく本来, でなく私, でなく自分, でにわかに, でもうひらり, で一七九一年十二月五日, で不, で人そのもの, で何, で依然として, で午後四時, で卑し, で大事, で實地, で床几場, で引き上げようと, で心, で敵, で明治, で毫も, で沿道, で演壇, で異字同義, で直ちに, で直に, で眞宗と, で秀吉, で簾, で自然主義其者, で製紙, で身心そのもの, で離れ, で音, で黙って, ならず, ならずいわゆる, ならずおれ, ならずさらに, ならずその後職, ならずそれ, ならずついに, ならずなお, ならずよく, ならずポルトガル船, ならず一世, ならず一般文化, ならず一面, ならず今, ならず余, ならず傳法阿闍梨, ならず僧侶, ならず兵馬, ならず協会, ならず古い, ならず地方遊歴, ならず外濠川, ならず宗教, ならず寝て, ならず延徳三年, ならず彼, ならず彼ら, ならず待って, ならず徳川幕府, ならず態, ならず散兵戦術, ならず最も, ならず東京電灯, ならず東方亞細亞一帶, ならず次, ならず殊に, ならず海, ならず激昂, ならず私, ならず自分, ならず自身, ならず西國, ならず読者諸君, ならず遠く万葉, ならず酌めど, ならず離別後, ならず頂上, なれど, 客席まばらで

▼ した~ (157, 0.1%)

52 ひき 1711 はく 4 ふを, へるその 3 ふ時 2 えり, はむとして, ひぬ, ふな, ふなり, ふに, ふ事, へるに

1 [50件] いしが, うかとあやしまれ, うたから, うたと, うらむ, えな, えり松平家歳首兎の, はく悔しき, はず, はずば, はず小説家なぞに, はず汝を, はむと, はれよ, ふこと, ふぞ, ふた, ふところへ, ふとひとしき, ふと聞く, ふなよ, ふにぞ, ふべからず, ふべけれ, ふもの, ふらむ, ふらむと, ふわが, ふ大御, ふ御, ふ御身, ふ旦那, ふ焦身, ふ物, ふ状, ふ神様, ふ良人, ふ靈, ふ顏, へりし大神, へるといふ, へるによりて, へるもの, へる六歌, へる如く, へる御, へる故, へる甘き, ぼろしが, ぼろしと

▼ した部屋~ (154, 0.1%)

25 の中 5 のなか 4 だった, です, の隅 3 があり, であった, の片隅, の空気 2 だ, になお, にはお, の一つ, の外, の天井, へ同伴者

1 [86件] からどうして, から逃げ出し, があっ, があった, がそう, がまだ, が見えた, だから, だったの, だわね, であろう家具, ではなく, では二人, では見捨てられ, でトックリ, で何, で傷, で呻吟, で天井, で床, で床の間, で怪談, で気, で泣きあかした, で焼香, で聴衆, といふの, とから陰気, と思った, ながらそこ, なの, なので, なり, になっ, にはいった, にはいつ, には似あわしから, には出, には家具, にも名残, にゴンサカ, に一人, に出た, に取残された, に成り, に於ける, に横, に燭臺, に賑やか, に閉じこもっ, のうす暗い, のうち, のならびに, のまん中, の一部, の一隅, の前, の寝台, の廣さ, の押入, の机, の真中, の空氣, の薄ぎたな, の襖, の趣, の隣, の飾り, はなぜ, は二階, は床の間, は貧しく, ばかりで, へいく, へはいつ, へ通され, へ通し, へ通った, をかり, をこしらえ, を急造, を抜け出す, を描き, を歩き回っ, を考え, を見廻した

▼ した~ (153, 0.1%)

12 の白い 8 の浅黒い 5 の黒い 4 があった, をし 3 の禁令, もなく, を浮べた

2 [11件] が見えた, だった, で, と調子, になります, のわるい, の淺, の階調, を浮べ, を見せ, を見せなかった

1 [89件] があっ, があらわれた, がありません, がある, がちらつき, がなく, がのぼった, が上った, が動いた, が広い, が武蔵, が浮びました, が浮ん, が燃える, が蘇つて, が見え, が返, が頬, が食欲, さえ目つき, だが, だけだ, つぽい, であらわれ, であり周囲, である, でいっぱい, でそれ, でなに, ではある, ではなかっ, でも差支, で物思い, で現, として補っ, となつ, と一緒, と光, と重み, になっ, になつ, に咲い, に染, に濁っ, に變, に象どった, に輝い, に配し, のきたない, のくつきり, のくろい, のなま, の世界, の中, の家並み, の無い, の白, の真っ黒い, の紙, の風呂敷, の鮮やかさ, の黄苺, は, はすこし, はない, はまるで, は困るだろう, は許されぬ, まで実物, も姿, も落ちつきました, や柄, をつけ, をぬけでる, をもっ, を呈し, を帯び出した, を帶び出し, を持っ, を楽しむ, を浮かべ, を浮べました, を示した, を表, を見, を見せない, を見せまし, を見れ, を顔

▼ した~ (151, 0.1%)

32 をし 4 を見る 3 の道具, をした, を擧げました 2 がうかん, ですが, と口, になつて, になりました, をする, を向けた, を見

1 [90件] がある, がくつきり, がこの世, がひよつくり, が八五郎, が引締つて, が浮き浮き, が溶ける, が眞, が見え, が近々と, して, だつたの, です, でせう, ではありません, ではない, で先, で出, で夕空, で學士, で平次, で待つ, で或は, で戻, で煙草, で空, で薄野, で言, で迎, で過ぎ去, などを見る, には嘲笑, に一寸眼, に微笑, に戻つ, に洋服, に返つた, に醉, に鐵漿, のあの, のま, の中, の人間, の何處, の半分, の小柄, の美し, の輝き, の鬢, の鳳仙花, はどこ, は不幸, は提灯, は白蝋, へ振り向きました, もせず, も品, をあかり, をかがやかし, をのぞかせます, をまだ, をみせ, を作つた, を入口, を冷し, を凡そ, を出, を出しました, を出します, を向け, を思ふ, を持つ, を振り上げ, を撫で, を撫でる, を擧げ, を擧げます, を擧げる, を眺めやる, を自分, を見上げる, を見合, を見合せ, を見合せた, を見守つた, を見廻し, を集め, を靜, を顧みました

▼ した~ (150, 0.1%)

2320 である 8 だが 5 ですが 4 がない, であるが, です 3 ですよ, では, はない 2 じゃ, だから, だつた, であった, であり子供, であるから, であるのに, なの

1 [57件] じゃありません, じゃない, だがな, だけれども, だった, だったが, だったな, だったね, だと, だね, だろうなんて, だ人, であったから, であつ, でありました, でありまして, であるけれども, でございますが, でしょう, でしょうその, ですけど, ですね, で有りまし, と思っ, なん, になっ, のがない, のノルマ, のラジウム製造, の人物, の倉田安彦, の坂下鶴吉, の場面, の多く, の夜, の大安麻呂, の大熊老人, の女, の封印, の市毛甚之丞以下, の市長, の帷, の慾ばり, の懐中時計, の戦後派作家たち, の扶持米, の政岡, の新, の日本紀, の旧い, の父, の生, の藤原, の諸, の高い, は有り得ない, もない

▼ したくらい~ (149, 0.1%)

15 だった, であった 14 である 1210 だから 8 です 7 でした 5 では 4 ですから 2 だったの, であったが, であるから, でございます, でしたが, で気, なの, なもの

1 [43件] だあの, だからな, だが, だしぬけに, だったから, だったのに, だったわ, だと, であったの, であの, でありました, であるまして, ですよ, ですわ, でそれら, でほとんど, でやむを得ず, で今日, で大きく, で治まりそう, で色, で遂に, で隣家, で黒門町, なもん, なんだ, な男, な間柄, ひどく滅茶苦茶, まざまざと, ゆったりした, ゾクゾグと, 不敵な, 不機嫌そのもの, 堀口生の, 大きかった, 居心地の, 気概ある, 無邪気な, 異な, 空気行っ, 調子よく, 速く動きまわりました

▼ した~ (148, 0.1%)

7 の中 5 の毛 3 の上 2 になっ, に小指, に手, の何処, は果して, を下げた, を彼, を石

1 [117件] からぽ, から出た, があらわれ, があらわれました, がぼうふら, が何度, が千二百十二, が妙, が幾分, が次第に, が現れた, が疲れ, が自分, が転, だけを見せ, だね, であったらしい, である, でいきなり, でそう, でつか, でどこ, でないの, ではこの, ではもしや, でも狂いださせる, で何, で君, で嘯い, で夕刊, で思った, で戯曲, で新子, で現実, で私, で答, で考えた, で考えました, で考える, で自分勝手, で裏口, で説明, とうるみ, と手足, と髭, になった, には偶然, には分りませんでした, にまだ, に不祥, に何, に兵隊帽, に富子, に油, に血の気, に閃いた, のいい, のきわめて, のなか, のよう, の中央, の何處, の傍, の働き, の前, の動き工合, の地, の小さい, の横, の状態, の白い, の禿げた, の良, の苔, の隅, の頂上, の髪, はいよいよ, は三年間, は吐き出される, は考える, へ衝きあたった, まで真っ赤, もいつも, や健康そのもの, をいじつ, をうつむけ, をした, をちよ, をつめたい, をとり戻し, をとり返さない, をまる, をもっ, をテカテカ, をハッ, をハツ, をポカリ, を下げる, を以てとにかく, を冷やし, を凭せかけ, を前屈み, を女, を抱, を持ち続け, を持っ, を撫で, を擡げる, を敏捷, を横, を覗き込, を踏台, を近く, を醒す, を鎮めよう鎮めよう, を雲の上

▼ したかという~ (145, 0.1%)

24 ことを 21 ことは 11 ことが 7 ことです, ような 4 ことに, ことも 2 ことだ, ことについて, ことについては, ことまで, その原因, ところに, 事は, 事を

1 [51件] いきさつが, ことこそ, ことそれに, ことだけに, ことで, ことであった, ことである, ことであろう, こととの, ことなぞを, ことの, ことや, そうした歴史的社会, そのいきさつ, その理由, のが, アッピールを, 一筋の, 事である, 事です, 事と, 事例は, 事実は, 事実を, 事故の, 原因については, 告白である, 問題だ, 問題と, 問題に, 問題は, 徳次の, 情景は, 推測は, 様な, 歴史を, 気持が, 点である, 点です, 点に, 点にも, 疑いも, 神義論だ, 考えが, 表などで, 言葉は, 証拠も, 話では, 話を, 起原と, 道行きを

▼ した~ (145, 0.1%)

4 にも指輪 3 だった 2 が私, だ, の掌, をし, をのばし, を差向けた, を握った, を膝

1 [122件] から湯, から離せぬ, がさつと, がそっと, がぶきっちょうに清逸, がぼく, が侍, が剣身, が外れる, が怯える, が水, が触れた, が辷っ, ごたへ, じゃない, だと, だの橄欖, つづきと, つ手, であった, である, でぎゅっと, でしたのに, でとんとん, でなし, でまた, でも足, で地, で徐, で手バナ, で抱きかかえ, で抱きすくめ, で押えられる, で捕まり, で新聞, で明け, で汚れた, で白蘭地, で簾, で脈所, で腕, で膝, で髪の毛, とを称賛さし, と乾いた, なので, に, にえ, には左右, には花, にもっ, にも見える, に出た, に出られる, に埋めた, に待ちこがれた, に手, に接吻, に時々, に杯, に負, に鉛筆, のきゃしゃ, のこと, のまわり, のやう, の図表, の感触, の指, の混んだ, の窪み, はしん, は日吉, は温かく大きく, は節, まえ気, も手先, や何, や首筋, をさし上げ, をさし伸し, をそつ, をそのまま, をつける, をとり, をひっ込めた, をふった, をほどき, をもっ, をブランブラン, を俺, を出し, を動かす, を千鶴子, を外し, を延ばし, を引っ込め, を引つ込め, を引込めた, を後ろ, を恁, を感, を押え, を持たせた, を持った, を持つ, を握つた, を握り合せ, を有合, を止め, を男, を疊, を私, を肩さき, を胸, を見た, を見る, を隠す, を離さなけれ, を首, を鶴代, 懸かりを

▼ した拍子~ (144, 0.1%)

54 にその

2 [11件] か誤っ, にひょいと, にふと, にもと, に彼女, に急, に手, に火, に目, に自分, に葉子

1 [113件] かその, かわたし, かトランク, か僕, か剃, か前歯, か北山, か安達, か方角, か為朝, か焼け出され, か瓶子, か砂金, か簪, か籠, か縁, か興, か袋, だった一風, であったか, でか, でぢ, でふい, でぼく, でシシリヤ事件, でフォン・コーレン, で夜分, で岸, で川向う, で運, で電気, で非常, にあたい, にいつ, におぼえた, にかふと, にか其の, にか几帳, にか婦, にか空, にか靴, にがらり, にぎょっと, にこの, にせり出し, にそわそわ, にちら, につい, には来る, には父, にぱらりと, にふい, にまたもや, にまるで, にみんな, にやら変, にドキツ, にヤカン, に二十歳, に人, に今, に他, に何, に保子, に先生莫迦, に加世子, に取り落とした, に取落した, に古, に君, に君枝, に呉羽嬢, に多鶴子, に大, に大きく, に尻尾, に崖, に平均, に彼, に思ひ, に感情, に懐中, に或, に掴んだ, に日本, に明治, に枕木, に檻, に櫓, に気, に煮, に田舎, に畳んだ, に目つき, に眼, に矢代, に空中, に突然, に良人, に花嫁, に見る, に誤っ, に變, に貝原, に辻褄, に進藤, に銀子, に雨だれ, に面, に頭, に顔, に馬全体, に鼻

▼ した~ (143, 0.1%)

23 うである 19 うだ 12 うです 10 うだが 7 うぢ 6 うして 5 うで 3 うであるが, うですが, に 2 ういふ, うであります, うですよ

1 [46件] うだからと, うだし, うだつた, うだよ, うだ怪しから, うでございますが, うでございますわ, うですがね, うでダンスホール, うで今日, うで叔母, うで御座います, うで御座んすよ, うで敵将, うで氣, うで蘿月, うで長い, うに見え, かきが, がやまやま, しずを, しみつまは, その方, つそく御飯, つそく昨夜, であったかも, なきだに, にぼく, にキューバ, に二人, に今夜, に佃ぐるみ自分, に勘次, に山椒大夫, に我家, に毎々, に気, に然るべき, に父親, に粥殺し, に誰, に身勝手, に降っ, むらいと, ア, 大丈夫こ

▼ した以上~ (141, 0.1%)

32 そのままに, の衝動, はそう, はその, はむやみ, はもう, は一刻, は今さら, は已, は思い切っ

1 [118件] あきらめる外, いけないと, かかる, かくして求められた, きっと約束, この社会, この船, これからは, そうして歩き続ける, そう下卑た, その女, たとえ新規, どんな約束, におおよう, にその, になる, にはほとんど, に何, に到達, に地主, に堪へ忍ん, に大きい, に怪奇, に深刻, に細かい, のこと, のたいへん, のもの, のよう, の上物, の内容, の変化, の好, の恐ろしい, の悦び, の慎重さ, の材料, の緩, の贅沢, の贅澤, の面白い, の高, の鮮明さ, はあくまで, はあんた, はいかなる, はおれ, はかかる, はきかない, はこの, はそこ, はその後, はそれ, はたとえ, はどう, はどこ, はなお, はね, はぼくたち, はむしろ, はわずか, は一, は亭主, は今, は今度, は何もかも後, は僕, は入院, は公然, は共存者, は君, は吟味, は契約期間, は女, は如何, は子供, は容易, は少なくとも, は当然, は御, は必ず, は我々, は我が身, は拙者, は日本民族, は早速, は最早, は東京, は汝, は決して, は深く, は渾然, は激徒, は煎餅一枚, は物質論者, は相当, は私一個人, は翌朝, は自然そこ, は裸体美, は追わない, もう家, もはや吾, を取得, 一応その, 一方が, 今更どうにも, 今更厭, 今更未練がましい, 壊れたらそれ丈, 御目付役, 忘れられも, 断るという, 早く処置, 暑い寒いなぞは, 最早自分, 立たぬ訳, 這いあがるため

▼ した理由~ (141, 0.1%)

5 の一つ 4 がある 3 である, のある, はない, もなく

2 [11件] があった, が明, だけで自殺, だってあと, と同じ, にもとづく, は, は最近作, もある, もない, をもちません

1 [98件] かそこ, かそれ, かも知れない, か故郷, か末起, か莞爾, があっ, があつ, がありうる, がない, がわかった, が判りません, が実際, で, であったろうが, であります, であり子ども, であるまいか, であろうか, であろうかと, でか, でしょう, で家来, で死刑, で私, で自分, というの, とか憎悪, とも分らない, にはただ, によるの, によるもの, に合点, に於, に附加, のない, のもの, の一ツ, の一面, の半ば, の重大さ, はいう, はいま, はこ, はこちら, はつかめなかつた, はどう, はどこ, はなかっ, はなく, はなぜ, はまったく, はやはり, は世間, は云う, は以上, は何, は分らない, は吾, は実際, は持っ, は既に, は無い, は皇道会, は私自身, は聽, は見あたらなかった, もここ, もそこ, もその後, もなし, もよく, もわからない, も私, も見当たらず, も解せなかった, も言訳, や迷惑そう, や途中, をいっ, をうかがいたい, をどう, をプロレタリア作家各人, を云い現しかね, を備えた, を吾, を塗, を多少, を明らか, を知る, を示さず, を聞かし, を聴こう, を訊ねた, を詳しく, を説明, を述べ, 云わなん

▼ したとも~ (140, 0.1%)

4 しないとも 3 いわれて, 云へ 2 いう, 云う, 云えない, 伝えられて, 取れるが, 考えられます, 言える

1 [116件] いいある, いいがたい, いいこれ, いいどれ, いい或いは, いうべきふう, いうべき吉備真備, いうべく続々, いう噂, いえば, いえまい, いえよう, いえるが, いえるの, いえるよう, いえる工合, いえる調子, いけませんでしたとも, いふ可, いへなかつたので, いわなければ, いわれ誰か, おもはれない, かぎらないと, ぐうづら蔓引つこ, なく忘れ, なく更に, なく月, なんともかとも, の鳥, わからない嫌がらせ, わからぬ庭, 一応は, 一言も, 云い切れまい, 云い得るであろう, 云うこと, 云うし, 云うの, 云う可, 云えぬ, 云える, 云ひ, 云ひふらした, 云ひ得るであらう, 云ふであろ, 云兼て, 付かず咄, 伝えら, 何とも真青, 又その, 取れる甚だ, 取れ感心, 害を, 思いません, 思う, 思えない初々しい, 思えなかった, 思った, 思はないらしくかへ, 思はれず又, 思はれない, 思ひませんが, 思へないが, 思われる節, 想像し得る, 成功しない, 或は碁道, 文面に, 書けまいし, 本人外には, 気恥ずかしく, 申されます, 疑うこと, 看做されるの, 知れないそんな, 知れないだけに, 結局の, 考えたの, 考えて, 考えられないだろうか, 考えられないでは, 考えられないの, 考えられぬ事, 考え得るが, 考へられない, 考へられる, 考へられるが, 聞いて, 聞えて, 聞かなかった, 見えないのに, 見えない察, 見えぬほどの, 見える, 見られました, 見られようが, 見られる, 見るべきだろう, 解せられる, 解散した, 言いすでに, 言い得るの, 言えよう, 言えるであろう, 言はれ, 言ひたいほどの, 言ふべき, 言へ, 言へる, 言わなかったが, 言われて, 言われ遠く, 謂はれ, 返事を, 限らねえ

▼ しただけの~ (136, 0.1%)

10 ことだ 7 ことである, もので 6 ことで 4 ことは 3 ことな, ものである, ものな

2 [11件] ことが, ことであっ, ことであった, ことです, ことを, ものだ, ものです, ものは, ものを, 事で, 事です

1 [71件] こと, ことかも, ことから, ことさ, ことじゃ, ことだった, ことだろう, ことに, この短い, すこぶる風変り, ところは, ひやかしの, ものが, ものであります, もんだ, ようで, 事, 事だ, 事だらう, 事だろう, 事でした, 事な, 事を, 人が, 人びとでも, 人間だ, 代々木駅の, 作家が, 分量を, 力しか, 功徳で, 効果が, 勇氣は, 土間の, 垣が, 報酬なんて, 女だった, 妙は, 子爵は, 批判で, 押しつけや, 教育を, 服装に, 極めて平凡, 気分でした, 水夫は, 淡いもの, 理由だろう, 男へも, 相違で, 相違である, 程度で, 簡単な, 経歴さえも, 縁でも, 美しいの, 自分だった, 荷造り用の, 話で, 話である, 話です, 話な, 運動が, 重量が, 金を, 金錢と, 銭を, 関係な, 面影すら, 馬鹿らしい結果, 高さ

▼ したはずみ~ (135, 0.1%)

4 かその 3 でか, に足 2 かこの, かふと, かまた, か急, か足, だったか, であったか, でこんな, で僕, にその

1 [105件] かいつのまにか, かお嬢さん, かがち, かすっかり, かする, かそれ, かそんな, かで身, かひょいと, かゆらゆら, からかその, からかと言っ, かストン, かドーン, か上, か中, か二三歩後, か井戸, か大変, か太夫, か妙, か学問, か完成, か屋根, か庭園, か彼, か彼女, か慄, か戸, か指, か握り飯, か柩, か桜, か次郎, か熊ん蜂, か爺, か白い, か白く, か真っ逆さま, か私, か突然, か綱, か自分, か荷物, か葛, か話, か轅, か銜え, か長, か長瀞, か顔, だか, であの大, であんな, でうまく, でちょんさん, でふと, でも, で一冊, で浮かれだし, で湯, で煖炉, で猫, で目, で神, で秋声会, で自分ら, で起らない, で風船屋, にかその, にかつい, にかボール, にか列車, にきんたま, にくだらない, にそう, にそこ, にそんな, にちょうど, にちょっと, には小さな, には陽虎, には顔, にふと, にぶら, によろけ, にチョーク, にピドールカ, にポツリ, に平静, に忘れ, に急, に手元, に材木, に熱した, に玄石, に百尺, に神秘的, に絡みあっ, に腰, に自分, に路ば, に飛び出した, を喰, を食つて

▼ した白い~ (129, 0.1%)

54 手を, 顔が 3 ものが, 顔を, 首を 2 のが, 上には, 両足を, 布を, 手拭が, 湯気が, 皮膚の, 石を, 線を

1 [89件] かみを, みず, もので, ものでした, ものと, ものは, クレープ, シヤツが, バチストが, ワンピースで, 一室である, 丸顔を, 二の腕一杯桜の, 光つた空は, 吸取紙, 塊り, 壁の, 夜が, 夜の, 女で, 女の, 室の, 小さな蛇, 小指が, 帽子をか, 幹が, 幻が, 息が, 手が, 手なども, 手の, 手首が, 掌先く, 服の, 木立しか, 毛で, 毛を, 毛皮の, 水蒸気が, 氷で, 河原の, 波を, 烟を, 無気味な, 煙の, 犬が, 獣骨鬱金色の, 砂洲を, 穂波を, 立襟に, 粉末で, 紙に, 紙を, 紙提灯には, 素肌へ, 細身の, 繃帯, 肉が, 肌が, 肌も, 股の, 腿, 腿だった, 色で, 色の, 花の, 花房を, 花片が, 藥を, 蝙蝠傘を, 街道が, 裸体が, 西洋館, 道化服の, 雌雄の, 雲によって, 雲も, 霧が, 額が, 顎ひ, 顏に, 顔に, 顔は, 顔赤い, 高浮彫, 鳥の, 黄ばんだ雲, 鼻を, 鼻筋紅い

▼ した美しい~ (129, 0.1%)

4 娘で, 顔を 3 女が 2 ものに, 名が, 夫人と, 女中は, 少年が, 眼を, 脛を, 面に

1 [102件] お姫様の, お姫樣, お禮, けしきでしょう, それ丈人目を, といふ, ふうで, ものが, ものでした, イメージを, フォルム, 一本の, 乙女, 人である, 人として, 人は, 人生の, 侍女が, 俤は, 写真であった, 処女を, 刺繍された, 城だ, 声と, 夜である, 天主閣で, 天守閣であろう, 女だった, 女であった, 女の, 姿は, 姿も, 姿を, 姿態の, 娘が, 娘です, 娘に, 娘の, 娘わざと, 娘を, 娘姉の, 婦人である, 婦人には, 子供が, 安見児を, 容貌と, 小室に, 小枕, 小鳥は, 山肌が, 幻影を, 従姉が, 悦びに, 悪の, 惡の, 意匠で, 手を, 手足の, 抑揚が, 文字の, 昼の, 柄を, 横顔を, 橡の, 歌を, 母の, 母コンスエロという, 毛を, 焼物は, 生活を, 男が, 皮を, 目が, 目であった, 目赤い, 眺め, 着物を, 石であった, 碧色を, 立派な, 紫錦が, 線と, 肌である, 自然の, 花嫁を, 虹で, 蛇いちごが, 袖を, 褐色の, 言葉は, 誇らしげな, 調和どっしり, 身なりを, 部屋へ, 部屋も, 銅の, 霜の, 青年であった, 顏に, 顔だち, 顔色を, 鳥であった

▼ したかを~ (127, 0.1%)

5 示すもの 4 考えて 3 想像する, 考えた 2 あなたは, 推定する, 理解する, 知らない, 私は, 調べて

1 [100件] あばくこと, くわしくは, しめすため, その書, ただ一瞥, ちょっとも, ほとんど覚え, よく理解, よく知っ, よく覚え, われわれは, 不審がる, 不審に, 了解した, 些かは, 今ここで, 伝えるの, 例証的に, 反省し, 吾, 問うこと, 察して, 尋ねました, 引き出して, 当の相手, 彼の, 後から, 忘れて, 思いかえして, 思い出しました, 思い出しますと, 思わずには, 思わせる, 怪しまれて, 想像しない, 愚かにも, 敗者の, 明に, 明らかに, 暗に談話, 次第にわかる, 気味の, 氣味の, 法廷に, 熟慮せね, 物が, 物語つてゐた, 疑った, 疑つた, 発表しよう, 的確に, 省みる時, 知らぬから, 知られるの, 知りたいと, 知るが, 知ること, 知る方法, 知る由, 知れば, 知ろうと, 研究し, 確かめるため, 確め得るであろう, 示すに, 示す智的惡戲, 終始目撃, 考えると, 考えるとき, 考へた, 自分で, 見せて, 見た, 見ても, 見ねば, 見ますと, 見よ, 見るため, 見れば, 言いあてること, 計つて, 計算する, 証拠立て, 証拠立てるもの, 証明する, 証明するであろう, 話されそして, 話した, 話しまた, 詳に, 語って, 語つ, 語る以前, 説かねば, 説明する, 調査し, 調査する, 論じて, 雄弁に, 雄辯

▼ したとて~ (127, 0.1%)

5 何の 4 何が 3 どう出来る, ほろりと 2 それが, どう出, なんの, わたくしは, 何にも

1 [102件] あたりまえな, いいで, いささかも, いたずらに心, お客は, かかる乱暴, かの女, この世の, さして差し, さのみの, しなくたて, そう急, その臨床報告, それで, それのみ, それは, それほど立派, それを以て, そんな稽古, たちまち, だれかに, ちっとおそい, ちっとも驚く, とうていあの, とうてい水火, どうせ諸君, どうなる, どうにも, どうにもなる, どれ程, まさかに死に, また一人, ものが, クロスワードパズルと, メリーの, 一向差支えない, 一概に孫女, 一般の, 不思議は, 両者の, 九相を, 仕方は, 何に, 何樣し, 何等の, 先方が, 免れないその, 其筆意を, 別に三文半文, 利く筈, 同席, 四倍も, 四面は, 好かれも, 家柄には, 履行と, 彼女は, 必ずしも紺野老人, 恐るるに, 恥辱には, 惜しむわけ, 愈々苦しい, 愚痴を, 成功する, 或は芸者, 承諾する, 抑留し, 敢て, 斯の, 時計の, 来た, 格別の, 構わないから, 正しい正しくない, 毎度自慢が, 毫もさしつかえ, 水銀は, 池の, 沖縄ほど, 濫り, 無益で, 無駄である, 甲斐が, 申しわけの, 町方を, 矢張有機體である, 程が, 素性の, 縄目にか, 聞えない, 膚艶が, 自他ともに, 自分の, 苛烈すぎは, 討てるもの, 豫防も, 貧乏人のは, 軽蔑される, 遅いこと, 遊びに, 陸軍機が, 雪は

▼ した瞬間~ (127, 0.1%)

3 から私, に 2 からこの, その青年, にその, に彼, に私, のこと

1 [109件] かうした瞬間, からだ, からつい, からなにか, からなんとなく, からの怖, からフリーダ, からブロム, から今, から何だか, から急激, から我, から江戸幕府, がこれ, きっとあなた, この先生, さえあった, すでにその, その女, その時, その残り, その軍事的, その部屋, だけであった, だった, だつたけれど, つと横, であったろう, であつ, である, でした, です, と同じ, なん, にお, においてほとんど, にこの, にただ, にである, にどう, になる, にはああ, にはもう, にはもはや, にはチヤン, には彼, には必ず, には放火, には村瀬, にもなおかつ, にギクン, にズブリ, にツァウォツキイ, にハッ, に一つ, に二本, に五十余り, に人間, に偶然机, に八分の一, に彼女等, に息, に愚か, に打ち切られなけれ, に於, に月丸, に横, に消え, に演技指導, に画面, に癒, に短い, に破れ, に突然, に美徳, に老母, に肉体, に自分, に触手, に誰, に頸飾り, のあの, のある, のうつつ, のよう, のスリル, の判断, の変化, の模様, の自分, の連続, の驚き, はじめて日本, はまだ, は人間, は何回, は私, ほど私, もすべて, をそこ, をとらえ, を全然, を待っ, を想う, を見て取った, 大海人, 忘れて, 早くも, 程屈従的

▼ した~ (124, 0.1%)

10 こうしたも 6 ンだ 5 同じこと, 同然だ 4 同様な, 同然である 3 やの, 同じ事, 同然で

2 [12件] えいそぐ, こうしたもねえ, その筈, のす, や, ンじゃ, 同じだ, 同じである, 同様だ, 同様に, 同然な, 恁うし

1 [57件] ありませんよ, あるべきか, あるもん, うかと思われた, うた, うたから, うたことを, うたと, うたとの, うたのであった, うたのである, うたほど, うた日の, うた時, うた時の, うた時中, うた時従駕の, うた時藤原朝臣仲麿の, うに, えに, えの, おかしなもの, おなじである, かにを, ずさんです, みんなそなた, ようだった, ようであります, ようです, ンで, ンでしょう, 丹治と, 住まさりし, 可笑しい, 同じと, 同じにて, 同じもの, 同じ結果, 同様じゃ, 同様だった, 同様で, 同様である, 同様の, 同樣さ, 同然さと, 同然じゃ, 同然であります, 同然です, 同然に, 同然の, 定めし扱人, 帰する, 是神佛の, 私ゆえお, 至極の, 若や, 道理だ

▼ した彼女~ (124, 0.1%)

5 の顔 3 の心 2 の喜, の姿, の胸, の言葉, はもはや, は今, は貴下, を, を見

1 [98件] がい, がいま, がこの, が一先ず, が小股, が小間使いで, が揉みくしゃ, が敵意, が泣虫, が身体, が近い, であって, としての特有, とはすっかり, と弟, にはそれだけ, に少し, に起っ, のあと, のからだ, のきりまわし, のす, のスッキリ, のマダムぶり, の不安, の五尺三寸, の人生, の側, の冷淡さ, の口元, の商いぶり, の夫, の容姿, の意味, の態度, の憂鬱, の手, の方法, の死骸, の油絵, の父, の狡獪邪智, の眉毛, の眼, の眼付, の肉体, の胸中, の脚, の腕, の良人三須春洋, の表情, の覊絆, の身じろぎ, の身体, の車, の返辞, の部下, の錯覚, の靴跡, の頬, の頭, の顏, の顔立ち, の魂, の黒瞳, は, はいろいろ, はくるり, はこの, はその, はつと, はどう, はなに, はふと, はみ, はもう, はやがて, はやっと, は冷やか, は口, は夜, は帳場, は廓, は汽車, は真面目, は突然, は結婚, は豹一, は銀子, は非常, は飛, は驚異, は鷹揚, へ花, を伴, を堅, を思ひ, を発見

▼ したほう~ (122, 0.1%)

35 がいい 6 がよ 5 がよい 4 がよろしい 3 がよかろ, がよく, が得策 2 がかえって, がまし, が楽

1 [57件] が, がいろいろ, がお, がずっと, がはるか, がほんとう, がむしろ, がもっと, がよかっ, がよくっ, が一般的, が今後, が僕たち, が利口, が利潤, が利益, が前後関連, が効果, が包括的, が名誉, が子, が悪い, が日本, が早, が有利, が気持, が私, が穏やか, が立ち止まっ, が致命的, が良い, が賢明, が近道, が首領, だから, だったから, である, であるが, にした, に行き, の女, の手紙, へどんどん, へふり, へ呼びかけた, へ小, へ急ぎました, へ進ん, をうかがった, をさがした, をそっと, をふりかえる, をふりむき, をふりむきました, を眺めた, を見た, を見ます

▼ した~ (122, 0.1%)

8 である 5 の名 3 に僕 2 だと, に, に一世, に大変, に生じた

1 [96件] かそれとも, かは知らぬ, か大層, か家, か昨夜, じゃ, だ, だった, だったろう, だという, だらう彼, だろう彼, であ, であらう, であらふと, であること, であると, であろう, ではない, ではなく, でまれびとのする, で人間, で元, で当時, で是, で本, といふ噂, とでついに, と云, と思わず, と言, なので, なん, にいつ, にうまく, にお, にかうし, にこんな, にしばしば, にほか, に二羽, に備前天一坊, に其の, に其儘全体, に其母, に出来た, に却って, に君, に壻, に外国文学, に失敗, に子供, に子分, に彼女, に忽ち, に思わぬ, に意味, に戦利, に所謂専売特許, に折角, に斬られた, に早, に最後, に材料, に槙沢山, に次第に, に海石榴市, に深い, に漸く, に生まれる, に田島, に私, に第, に純情, に罰金千円, に而, に胃袋, に荷, に訣ら, に詩作, に起つた, に車はずるり, に辻褄, に遊部, に長い, に魁車, に鶴見祐輔氏, の崇高, の稽古, の誤解, めであつ, もういつ, も少し, 何もかも無茶苦茶, 却って知っ, 大詐欺師扱

▼ した一つ~ (121, 0.1%)

3 の大きな, の実例 2 のこと, の世界, の原理, の古い, の岬, の理由, の顔, は身

1 [99件] ずつの肉的, であった, である, と認め, には際立った, の, のあせり, のもの, のアパートメント, のヴィラ, の上げ潮, の丘, の予感, の仕事, の作曲, の例, の保護的警戒力みたい, の全体, の典型, の円錐状, の出來事, の利欲, の力, の単位, の句, の可, の品格, の囁き, の因縁, の固有文化, の型, の報酬, の堺線, の壁, の大, の大きい, の姿, の学問, の家中, の希望, の平地, の形式, の思想統制, の悲しむべき, の感じ, の感覚的, の戦慄的, の所与, の手, の支脈, の政治的見解, の料理場, の日常, の時, の暗示, の枝, の架空, の民族, の気分, の決意, の焦点, の物語, の特色, の状態, の狡猾, の王国, の理論, の発生期, の的, の目的, の祝詞, の神殿, の神經作用, の空想, の空間, の筒, の細長い, の終滅, の結社, の肉体, の能動的心理作用, の若々しい, の著しい, の表現, の見世物, の観念形態, の解き, の詩, の話, の證據, の象徴, の鋭, の限界, の集団現象, の雰囲気, の風俗, の飾窓, の黒い, 或は数箇

▼ したそれ~ (120, 0.1%)

4 と同じ 3 でゐ 2 がある, のやう, はそれ, は建物, は恐らく, は歌

1 [101件] から, からかれは, からの腐れ縁, から一本, がおち, がこの, が一度, が不純, が今, が何で, が全て全国行脚, が彼女, が最初, が為, が突風, が茶縮緬, が違う, が鈴慕, が面白い, こそ新婚生活, しゃと, じゃあした, じゃ彼, だけでい, だけでも何やら, だけで別に, だけの因縁, だけ減った, だのに, というの, とは異なっ, とは違っ, と云う, と共に私達, と同時に, ならば, についてそれ, にも劣らない, にも参画, にも増した, による, によるとい, に大政奉還, に対して老いた, に対するあなた, は, はあさひ, はありがたい, はいい, はいかにも, はきつさうな, はすぐ, は上下二つ, は中庸, は事実, は他, は会社, は兇漢, は地上三尺, は宇治山田, は巻煙草一本, は希望, は弥次郎兵衛, は悪い, は日本人, は橋, は目下, は真, は私, は私自身, は経済的, は配達, ばかりでなく, までにはよほど, までには余程, もだめ, も二日三日, も今, も大, も後詰め, も旅, も現, も秋, らしい男, をいつも, をおれ, をついに, をまた, をもち, を受け出す, を嫡々相承, を実行, を征, を機関車, を汽船, を畏友山田珠樹君, を白状, を自分, を買入れた, を限り, 故そこ

▼ した当時~ (119, 0.1%)

7 のこと 3 の事, の状況 2 の, の若い, の話, 既に落ち付い

1 [98件] から, からずっと, からなにか, からのこと, からの懸案, からふけ込ん, から奉仕的, から尋常四年, から新免宗貫, から犯人, から約, から開かれた, がかえって, が一番もの, その点, その第, だと, であった, では決して, としては相当, と同様, と少し, などは洛中洛外, にその, にはスウェーデン, には動かなかった, には養成, にみずから, にサン・セルジュ, にホン, に京都, に如何にも, のごたごた, のわが国, のアテナイ, のフランス, の世風, の中堅作家たち, の人, の作者, の光景, の党中央委員, の墓碑, の大審院長, の大阪人, の実況, の山林事件, の市村座が歌舞伎後継, の当路者, の彼国, の心持ち, の恐しい, の所謂大衆読物, の政治家, の数, の文学者, の時代精神, の有様, の模様, の歴史家, の気運, の状態, の疼痛, の百分の一, の硯友社, の秘事, の自分さ, の若衆, の英国, の蛮界, の覇気, の言葉, の記録, の輿論, の速記者たち, の顛末, は, はずいぶん, は何等, は偉い, は双流鎮, は大いに, は打ち殺し, は新年, は私, は科学, は荒れ廻つ, は薩長土肥, は部屋, よりずっと, を境, を思い出した, を想ひだ, 書かれたもの, 次ぎの, 荒い黄羽二重, 過って, 頻りに反対

▼ したとしても~ (118, 0.1%)

11 それは 7 それが 2 私は, 需要は

1 [96件] あいつを, あのとおり気, あの色づいた, あんな軽輩, かの仮面, きっと自分, けっしてそれ, この男性美, これ以上完全に, こんな場所, さほど驚く, すなわち敵討ち, せいぜい二時間, そこから, その, そのため, そのよう, その人, その件, その効能, その名, その楚々たる姿, その相続, その研究著手, その結果, その證拠, その通り, それからさき, それで何, だめでしょう, だよ, とにかく次, とるに, なぜ神, もちろんよい, やっぱりあなた, ゆうべは, わずかしか, わたしたちの, われわれは, アルゼンチン共和国の, ジャーナリズムを通して, パッと, ヒステリツクに, 一両日の, 一人前の, 一向無理, 一方においては, 不思議は, 世間の, 乗車し, 二葉亭は, 人間の, 他の, 伸子は, 何も, 作品の, 作者が, 元来カントを, 其も, 別に少しの, 労働の, 右の, 同じ比例, 同時に社会, 吾, 問題は, 地上の, 外からの, 少しも, 差引勘定し, 師は, 当然彼, 彼らは, 彼れ, 必しも, 打ち込んだ女, 拱手し, 敵の, 文献の, 普通の, 果して意図, 根本矛盾が, 死体は, 火室で, 現実の, 私には, 結局は, 継子を, 自分の, 自由が, 自身を, 被害を, 警察から, 靈魂不死性の, 頭から

▼ した~ (118, 0.1%)

6 いいが 4 づみに 2 だかの

1 [106件] あーえら, お夏, この頃, こを, しき, しく大路, しさ, すっぱ娘, その当座, その方, その時, ただ西暦二百年頃ローマ人エリアヌス筆, だれの, づみかこの場に, づみかにいきなりその錯覺が, づみから, づみかコロコロ, づみか五年前の, づみか清ちやんが, づみでした, なかなか傑い, なし, なれば, なんと言っ, まさにこの, まずアジア大陸諸国, もってのほかだ, やはり旧友, わしの, われらの, ツきりした, 一面の, 三吉夫婦が, 三藏それから, 不埒でござろう, 不思議に, 丑松, 事頗ぶる, 二葉亭の, 五月三十日で, 今時の, 以前に, 僅かに, 全く何, 全国四千人にも, 八時ごろの, 其自狂からかと, 南方先生若い, 可かつ, 吐蕃や, 大正十年ころでは, 奥座敷の, 女の子それを, 妾の, 姉が, 実に狗畜生, 富五郎本心でした, 山県紋也であっ, 広漠たる, 当時の, 影の, 影は, 後年伝九郎を, 後漢, 御園草四郎君だ, 御納戸, 忍月居士の, 恠しい, 情ない何, 愛するその, 我青, 投げられた小柄, 明治十一年文三が, 昨日今日の, 有内の, 李玄石の, 松蔭大藏という, 正しき宗教家, 此の, 此忠兵衞ゆゑ夫が, 気恥ずかしい, 水道の, 決して一朝一夕, 油絵の, 浅草の, 湯気の, 源次郎と, 炉辺の, 無理ならぬ, 珍無類の, 理に, 疑いを, 皆な, 私の, 老功也, 良かった, 蔽い難い, 諸経, 辟邪の, 醜しき, 陥し穴, 青ン, 青山勢その他あの, 飾り重, 驚くほか, 鶯の

▼ した経験~ (118, 0.1%)

17 がある 16 のある 5 がない 4 を持っ 3 がありません, はない 2 があり, がなかっ, がなかつた, がなく, のない, は切実, もある, もない, をもっ, を持つ

1 [50件] からする, からの名, から彼, から推す, から新た, から言, があ, があります, があるらしい, がその, が一度, が口, が役立っ, が彼, が無い, が詳細, であの, であるが, であるに, ではなかっ, でも, というの, と成果, などはなく, などは其, によれ, のない若い, の増強, の長い, はあった, はたしかに, はついぞ, はなかっ, は一度, は中学時代, は勿論, は誰方, もあった, もあつ, もあまり, もたくさん, も生れ, をそれ, をもたない, を他人, を有, を有っ, を特に, を繰返し, を通過

▼ した事件~ (115, 0.1%)

7 があった 3 があっ, が起った, である, の真相 2 ではない, でよく, というの, の後, は云う, を説明

1 [84件] から当今, がある, がおこった, がこの, がもつれ, が出来しました, が報道, が外, が持ちあがっ, が文学, が暴露, が欲しい, が発展, が起り, が頭, すなわち民事, だけに本当, だった, だったかね, であった, であつ, です, ですから, ですが, でなかったので, で一九〇五年以降, で調べ, と具足師柳斎, などもあった, なども起こった, なん, についてその, については一切なん, につき, につき尚, に対し漱石, に対する見解, に端, に関聯, のあらまし, の一端, の三年後, の中, の全貌, の勃発, の報告, の外貌, の如き, の御, の本質, の為, の為参考人銀之助, の爲め, の目撃者, の荒筋, の裁判, は, はなかったろう, は今, は以上, は当然, は恐らく, は頗る, も在る, も少ない, も本体, も起った, やあ, やその, やまた, よりもはるか, よりも明治政府, をどう, をなぜ, をカテリーナ・イワーノヴナ, を巧み, を正確, を洗いざらい, を片付けた, を物, を知った, を筆, を脚色, を記憶

▼ した~ (113, 0.1%)

4 な翼 3 枝を 2 市民の, 旅行の, 溝に, 粋な, 躯の, 麥が

1 [94件] いさ, い顔を, がらの, じんまりした, っちゃな, っぽけな, ながれに, むすめ, わっぱ達が, クラチットどもは, スキーヤー達でなかつたら, ツルとは, ツルの, ツルは, テーブルが, テーブルと, 丼を, 事件が, 会社の, 伜が, 供が, 俳諧史である, 兒の, 冊子を, 冊子二十二篇を, 函と, 動物の, 動物を, 右京の, 圓太は, 土豪が, 壜を, 大橋の, 學校と, 學校へかよ, 家屋や, 富豪だった, 屏風でも, 山脈の, 市民小商人を, 市民層か, 市民的知識人作家たちは, 庭が, 庭との, 庭に, 徑を, 御堂の, 怪漢では, 悧口な, 悪戯を, 意地の, 意氣な, 按摩の, 文治どの, 文治は, 書院一杯に, 桜神社が, 海老みたいな, 火花が, 狡る, 猫が, 盃を, 盗人を, 県の, 砂利が, 箱の, 紋縮緬の, 紐であった, 翠の, 芝居の, 芳の, 芸術に, 茶屋も, 蕪を, 資本の, 足で, 躯だ, 造な, 邦は, 部分の, 部屋が, 部屋の, 部落の, 隆起で, 電灯の, 馬に, 駅の, 魚が, 魚である, 魚の, 魚を, 魚其等が, 鰺の, 麥粉を

▼ した~ (113, 0.1%)

9 である 8 であった 5 だから, であつ 4 だつた, であるから, のもの 3 だ, では 2 だった, です, でも, に, のこと, の男, の者

1 [54件] あって, あつて, お糸, だったが, だったと, で, であったが, であっただが, であるが, でございました, でした, でなくすら, で今日, で総勢, なの, に毒飼, に身体, に陣十郎, のい, の事, の人, の停車場, の公園, の収穫, の同市, の彼, の悪, の惡黨, の感動, の慈悲, の火, の無, の當時, の秀才, の美男, の花々しい, の褐色, の賑, は難, ひどい音, もすっかり, 何と云う, 厳格で, 大きいもの, 寒くまた, 対外的に, 彼女は, 恩義を, 普が, 比較的強力, 水は, 軽々と向き, 道子が, 鋭い声

▼ したからと~ (112, 0.1%)

38 いって 19 云って 9 いつて 8 言って 4 いうて 3 いっても, つて褒美の 2 留さんの, 言っては

1 [24件] いうだけに, いうの, いうばかり, しの, キューキュー云っ, ッて, 下の, 云い反抗, 云つてあとで, 云つてそれで, 云つてどれだけ, 云つてなぜ, 云つて坊主にまで, 云つて放免せられる, 云つて綺麗な, 云て, 文部省は, 申すの, 礼状を, 自分の, 解するの, 言ったって, 言ッて, 譜を

▼ したそして~ (112, 0.1%)

2 それが, それを, やがてやつ, 私は, 窒息させる, 美しい女, 頭の

1 [98件] あけようと, いつもの, お芝居, お負け, これも, ささやいた, すぐ製造, その一年, その下部, その優劣, その包み, その場合, その時, その機会, その残金, その途端, ただ冷たい, どちらかと, われにも, ギラギラ光る, ジャバ島を, ベイツさんが, 一つ一つ間を, 一本の, 下を, 之を, 云つた, 亭主の, 他の, 前の, 助手を, 労れた, 十分愛らしい, 名残は, 四月にな, 外側が, 大命は, 夫妻の, 妻としては, 少しは, 少し悲し, 崇高な, 弱々しい中, 弱い生活, 形の, 彼に, 彼の, 彼は, 彼等にと, 彼等の, 心の, 心配そうに, 志保が, 忠直卿に, 恐らく潮風, 恐る恐る彼, 恥しさ, 慾の, 或る, 日本人の, 暖みのある, 暗闇の, 月の, 桃子という, 殆ど葉, 淋しかつ, 淡色の, 滑かな, 燕児は, 爽かな, 玄蕃が, 瑣末的な, 痛いよう, 監視した, 目を, 眼に, 禅門に, 私が, 簡単な, 胸に, 自らだいぶ, 自分でも, 自分の, 自分も, 若干の, 荒んだ表情, 落着きの, 行く路, 言った, 誰かの, 起き上ると, 車掌の, 酒と, 金の, 雇人が, 静かな, 非物質的, 食事も

▼ した記憶~ (112, 0.1%)

20 がある 12 はない 7 がない 3 があります, がなかっ, はありません 2 があった, があつ, がまだ, が無い, の中, はなかっ, をもつ, を残し

1 [48件] がつぎつぎ, がふと, がまとめ, が寺, が残っ, が残らない, が浮, が眼, が私, すべき画家, でした, で分つ, ないのん, などは残りよう, にない, に伴う, に呼び戻され, に彼, のある, のない, の修飾, の影, の既に, の疼き, はあった, はチット, は九つ, は今, は勿論, は更に, ばかりが残っ, もなかっ, もなく, もなし, も自分, や心象, をまざまざ, を呼び覚され, を呼び起こすであろう, を手繰つ, を持っ, を持つた, を朧ろげ, を蓄, を蘇らせ, を辿り辿り, を辿る, を集め

▼ した~ (112, 0.1%)

5 の色 4 をし 2 っぺた, に微笑, に愛嬌, に笑, のあたり, の肉, は見る, を撫で

1 [87件] いつも元気, がみえ, が如何にも, が少年, が日, が暗い, そしてつややか, で突っかかる, とくるくる, とちぢれたひ, とでその, と不安, と光る, と唇, と瞼, と頬, にこころよい, にじりじり, にとりまかれた, には処女, には日, に冷えた, に古い古い, に夕陽, に寝乱れた, に少しく, に快, に手の甲, に棄て, に流れた, に火鉢, に白粉, に盗ん, に靨, のいろ, のかわいらしい, のすつこけた, のま, の上, の上部, の中, の傾斜, の形, の感じ, の皮膚, の美くし, の色つや, の豊か, の赭味, はまた, は林檎, は白い, は肉, へプログラム, へ乱れた, へ亂, へ涙, も肉, も腮, や若々しく, や頤, や顋, や鼻, をいくらか, をすっと, をすりあて, をつたっ, をふるわせ, をぽ, をもつ, を両手, を伝っ, を傳, を向け, を左右, を張っ, を掌, を撫でた, を流れる, を海風, を熱い熱い, を爽やか, を真赤, を膨らし, 重々しい頤, 青い大きな, 黒い瞳

▼ した二人~ (111, 0.1%)

3 の人間, はその 2 の刑事, の女, の娘, の子供, の者, の証人, の身体, の間, は

1 [87件] が, がそのまま, が一旦, が令嬢, が全く, が在った, が早く, が疲れた, が私, ことに一人, だが, でした, にし, に離れ, のうち, のかたわ者, のほか, の不良少女, の人物, の人足, の他人, の兄弟, の兇漢, の内, の動物, の医師, の右手, の同心, の奉公人, の女優, の姉妹, の婦人, の子, の子ども, の孤兒, の孫娘, の宣教師, の小さな, の少年, の少年クラチットども, の心持, の怪人物, の息子, の振舞, の探偵, の村, の武士, の歩哨, の歩調, の気狂, の浪士, の現実, の生命, の生涯, の男, の男女, の看護婦, の神聖, の被告, の踊り部屋, の近習, の関係, の隊員, の雲助, の顔, の鮮人, はしたたか, はそんな, は一寸, は其時, は分れた, は四度目, は定めし後で, は心底, は服, は無罪, は老, は老兵, は間, は鞄, ばかりの侍女, よりほか, をとめ, を勝手, を尻目, を見, 連れ立つて

▼ した~ (111, 0.1%)

16 である 8 のもの 7 であった 6 だ, だから 4 でした, のこと 3 であつ, です 2 で私, の皮膚, の考へ, ゐで

1 [46件] うれしかった, それほど流行, だった, だつたらう, で, であったが, であと, であるから, であるが, であるなかなか, であるに, である不幸, である即ち, でお尋ね者, でございます, でございますから, でしたが, ですから, でそんな, ではこれ, ではナカナカ癒, では迚, でますます, で充分, で分らない, で十五日, で問題, で好き, で恐ろしく, で自分, で解決, なの, なもの, におもったでしょう, にしか感じない, に嬉しい, に思った, の事, の人間, の内容, の友達, の状態, まで私, ゐだつた, ゐ野蛮, 殆ど壞

▼ した作品~ (111, 0.1%)

9 である 3 の中, を書いた 2 であって, であるが, であろう, でその, は, を書い

1 [84件] がある, がどこ, が一つ, が文学的, が書ける, が本気, が生れた, しかも世評, だし, だと, であ, であった, であったし, であらう, です, でないと, でも見殺し, で其の, というもの, といふもの, としての見地, としては大した, として一層, として無条件, として高く, となるでしょう, との区別, と未, と玉砕, と言い得る, と雖, など出, など苦心, なりとの理由, においてとざされ, にしたかった, について注意, にも他, に対してはマルクス主義批評家, に対する芸術家, に於, のうち, のみを参考, のみを発表, の方, の殆ど最後, はた, はほとんど, はむずかしい, はよく, はポー, は一まとめ, は一二, は二十世紀, は古く, は少く, は方解石, は決して, は見あたりませんでした, は詩, は通用, もめずらしかっ, も少く, も時には, をつくり出し, をのせ, をまた, をみせ, をよみました, をジャナリストたち, をプリント, を仕上げる, を出し, を品隲, を平易, を描こう, を提供, を更に, を書け, を残し, を毎月, を見, を読ん, 非文学的

▼ した小さな~ (111, 0.1%)

3 家で 2 女学生の, 小麦色の

1 [104件] できごと, ものが, もので, セットにしか, ゾーリンゲンの, チョビ安がお, ハンカチに対して, ブルドッグみたいな, ランプを, 一区域が, 一點に, 事柄まで, 人が, 人間が, 仕事さえ, 仕事を, 働きかけの, 動物が, 動物で, 名刺を, 国で, 壜こうしたありとあらゆる, 声です, 声も, 好意にさえも, 娘だった, 子が, 子供が, 子供である, 子供の, 家, 家である, 家へ, 小指が, 居酒屋を, 島が, 帆と, 怪人物の, 懸け花生け, 手を, 指揮者も, 提灯の, 旅人が, 旗が, 木立が, 本を, 杉の, 村でありました, 束の, 棺の, 楕円形の, 樫の, 沓を, 沼の, 沼を, 狸犬は, 獣の, 男の子が, 男の子だ, 白い花, 短冊型が, 石でありました, 石槽が, 砂糖人形を, 破れ目も, 秋の, 笹縁の, 紙障子の, 美しい手, 群れに, 翼で, 老人であった, 耳の, 若いブナ, 茎の, 茶碗を, 草だった, 虫が, 蝶だつ, 街は, 街路に, 裸体の, 詩によって, 詩集に, 財布の, 足で, 身体が, 農家の, 部屋の, 金魚が, 鋏一個, 鎧で, 鐵製の, 雪達磨とが, 雲が, 音を, 頤細やかな, 頬に, 頭脳は, 顔が, 食物の, 駅だ, 黒ン坊, 鼻初々しいやさしい

▼ した~ (111, 0.1%)

19 の下 4 かに見えやしない, の色 3 をながめ 2 から漏れ, と海, に低く, に星, に月, を見あげ, を見詰め, を飛ん

1 [65件] が, がながめられ, が其の, が垂れ, が少し, が明るく, が眼, が私, が見える, が見たい, が見られる, が透け, だった, であった, である, でした, です, で美しく, とその, と薄暗い, と黄ばんだ, にいつのまにか, にすがすがしく, にどこ, には弱々しい, に今, に向, に恥, に白い, に突っ, に虹, に輝く, のあなた, のいろ, のなか, のもと, の一角, の光り, の彼方, の明る, の海賊, の碧さ, の遥か, は忘れ, ばかりある, もまだ, も醒めつ, やうんざり, やみすぼらしい, や黄ばんだ, を, をあおい, をぢ, をみせた, を仰い, を公園, を切りぬい, を憧れる, を私, を窓, を蛇窪村, を見た, を見ました, を見上げ, 飛ぶ鳥

▼ した人物~ (110, 0.1%)

5 であった 2 があった, だ, であって, である, であること, とその

1 [93件] かという, がいた, がいないでしょう, がいなけれ, がいるらしく, がこの, がつい, がどうも, がどこ, がふかい, がまじっ, がもう, が一人ニョッキリ, が何, が何者, が入用, が登場, が相継い, が誰, が選ばれた, ださうだ, だそう, だった, だったから, だったの, だと, で, であったかも, であったが, でありその, でありました, であるが, であるという, です, ですし, でね, ではあった, で和服, といえ, と俳優, と再婚, と同, と才能, などは古来一人, なん, についても何, になつて, には相違, にまでねじけ, によりもその, にピッタリ, に出会った, に対して傍, に扮, に関する調査依頼, のひとり, の一人称, の事蹟, の伝記, の名, の多, の悲願, の描寫, の故, の標本, の硬直, の立場, の言論, の面影, はおそらく, はかつて, はなかっ, はよほど, はハッキリ, は一番, は今日, は依然, は古来, は孰, は皮肉, もあり, もありました, もかず, も少なく, も独自, よりもより, を中心, を予想, を外部, を描い, を目撃, を考へだした, 即ちわずか

▼ した場所~ (109, 0.1%)

2 である, と私, はまるで, もあの, を選んだ

1 [99件] から先, から金, がある, がこの, がよく, がわかりました, が一つ, が判つて, が繁華, が解らない, さえ車道, じゃない, だけは確か, だった, だと, だ對手, であった, であったから, であり政治上, であると, でしばらく, です, ではとても, では最も, では若い, で岩, で彼, で殺害, で白樂天, で空濠, で貪り見たい, で遊んだ, といい, ということ, とか秘伝, と思わしい, と恐らく, なん, に, にすぎなかつた, にぴつたりしてゐるのは徳川夢声, に今, に引き返し, に於, に死骸, に生え, に置きたくない, に落着, に起つた, に踏切り, に陣, のこと, の深, の趣味, の附近, はいつも, はたぶん, はほぼ, はわかつ, はハッキリ, は事実, は大谷川, は島, は洛北蓮台寺野, は矢, は誰, は陸地, へいず, へいそぐ, へそれ, へとじ込められた, へ出た, へ来る, へ置き放し, へ運ばれる, へ集まっ, まで出かける, まで来, も, もあった, もこの, や健康状態, らしい, をいち, を一面, を作業, を刺青, を嗅ぎ付けた, を図書館, を散歩, を求むれ, を発見, を目, を知つて, を突きとめ, を素早く, を聴いてなかった, を遺言, を静か

▼ した~ (108, 0.0%)

10 の中 4 を投げ 3 があった, がその, をもっ, を放っ 2 が一面, が射し, が廊下, が消え, が落ち, に包まれ, に照らされ, の下, を感じ

1 [64件] があらわれた, がくるめき出した, がさし, がさして, がさし込ん, がとき, がなかっ, がはね返りあふれ, が中, が四方, が宿った, が強, が流れ, が添い加わっ, が目球, が硝子, が私, が空, が見え, が見えた, が青年, さえ慕わしく, でおよそ, でさ, ではそれ, ではない, で僕, で見る, と影, に満ちた, に照らし出された, に白く, に眼, のうち, のなか, の充ち, の大, の少なくとも, の斑点, の現れた, の紐, の蠱惑, の裡, の輪, は最も, や騒音, をあび, をうけ, をたより, をつつん, をもち, を一雫, を強く, を持ち出し, を放ちはじめた, を放つ, を放射, を流しこんだ, を浮かべ, を浮べ, を浴び, を浴びせかける, を添えた, を見る

▼ した仕事~ (107, 0.0%)

4 をし 3 なの 2 であります, である, であるが, であると, のうち, は次, をする, を最も

1 [84件] から仕事, があつ, がここ, がない, が出来よう, が叱られる, が如何, さ, ずっとあれ, だった, でありこの, です, ではありません, ではない, ではなかっ, で時間, といっ, として主観的, と縁, などに情熱, なんか出来っこない, にあわて, にいま, にすっかり, にも体, に追われない, に違い, のいかに, のこころもち, のこと, のため, のほか, のよう, の一つ, の中核真髄, の事, の吟味, の大半, の手, の興味, の重大さ, の量, は, はいつ, はどんな, は三篇, は別に, は取返し, は土, は大きく, は山形警部, は決して, は生れない, は純忠, は見事, は言いつけない, は通った, ばかりし, もしなけれ, もまた, も予定, も帰朝, も身, を, をしだし, をしよう, をやりてえ, を一日節子, を今さら, を今更ら断念, を仕上げる, を先生, を別, を各自担当, を彼等, を持っ, を概, を此, を求め, を満足, を私, を考え, を譲り受け, を追究

▼ した最初~ (107, 0.0%)

21 の人 9 の日 5 のもの 3 である 2 の一人, の思出, の考え

1 [63件] から, からある, だと, であった, であらう, であります, であり当時, に非常, の, のこと, のそして或は, のブルジョア古典経済学, のポルトガル人, のヨーロッパ人, の五ヵ年計画, の人々, の人間, の作品, の六波羅密, の努力, の単純, の哲学者, の地圖, の外国, の大, の女御, の妻, の学術的論文, の実験, の年, の座標, の恩人, の意見, の憧れ, の戯曲, の打撃, の推服, の日々, の時, の杞憂, の検事, の業績, の欧羅巴人, の状態, の目的, の瞬間, の科学者ヘポメニアス以来, の科学者ヘポメニアス氏, の稿案, の者, の自然哲学者, の行動, の見解, の視線, の記事, の記憶, の訳本, の詩, の詩人, の部分, の黎明, はむしろ, は市ヶ谷

▼ しただけで~ (105, 0.0%)

8 あつた 2 ごあんす, 何も, 出て, 助かった, 梓川の

1 [87件] あとは, おし返し近東の, お茶の水の, ござります, すぐに, すぐまた, すぐ最大, すべてこの世の, それを, なんとか往復, ふるひつきたいほどの, ぶるぶる震, また眠った, まだ本式, まだ満足, もう充血, やはり顔, よろしい, 一カ所は, 一言の, 一錢でも, 下痢を, 今度は, 何にも, 全世界, 出かけて, 判るには, 別に悪気, 別れたが, 助かつ, 名刺を, 唾液が, 問題に, 声は, 外国人に, 失敗さと, 好評再演という, 家に, 容易に, 宿屋を, 将軍家の, 少しも, 幕を, 引き上げた, 引込んで, 弾丸の, 彼を, 往って, 忘れること, 想像される, 文学が, 文学の, 既に莫迦, 明かである, 根本問題としては, 正確の, 殆ん, 母屋の, 沈黙させる, 法王領の, 消毒したらしく, 済んだ, 濟みました, 濟んだ, 発車が, 眠って, 確かに, 私の, 私は, 私自身亦, 立派に, 精読する, 納まらずに, 終って, 結局は, 絶望し, 胸が, 脳貧血を, 草履を, 親しい方, 起つたら彼, 躊躇した, 身を, 遠い旅路, 鏡子は, 默つてゐた, 黙って

▼ したとの~ (105, 0.0%)

13 ことである 8 こと 5 ことだ, ことであった, 話を 4 ことで, 事であった, 事である 2 うわさが, ことだった, ことです, 事です, 伝説は, 傳説は, 報が, 説も

1 [41件] うわさも, ことだつた, ことでした, ことでは, ことなんでも, ことに, ことは, デマが, ニュース, 事これには, 事じゃが, 事は, 事草を, 二方面は, 伝えただし, 伝説も, 便りに, 公報も, 噂だった, 報せを, 報に, 報告を, 後悔も, 御注文, 情報な, 意味を, 感を, 披露も, 注進が, 理由も, 疑いから, 疑いで, 知らせが, 知らせを, 結果である, 記事ある, 記事も, 話であった, 誤解, 返事でした, 通知を

▼ した~ (105, 0.0%)

8 の中 4 の中腹, の姿 3 が見え 2 がある, であったし, にいだかれた, の日向, の祖神, の腹, の裾

1 [72件] あそびが, から, から市井, が一つ, が何処, が威圧, が有るだろう, が空, が蟠っ, だつた, であ, でありまして, ではなく, でもやはり, で方々, というはどの, という大変, と変っ, と見える, にはどんぐり, に入っ, のある, のこと, のやう, のよう, の一, の井光起, の人, の付近, の原, の土地, の圧迫, の地面, の威張り, の巫女, の形, の心, の懐, の新緑, の暁, の林, の皺, の移り変り, の稜さ, の肌, の脊, の花野, の観念, の陰, の雑木原, の頂, の頂上, の麓, の黒い, の鼻, は全く, は海, は雨, へウバ車, へ登つて, まで加担人, やま, や森, や海, や田圃, をただ, をマル, を択びたい, を越えた, 将それぞれ, 近き町並, 鈍く光っ

▼ した感情~ (105, 0.0%)

2 の動き, をもっ, を持ち

1 [99件] からか昔, があった, がう, がすっかり, がピッタリ, がピツタリ, が不思議, が前後, が動い, が動いた, が吹, が彼, が心, が掠めた, が湧いた, が漸次, が現, が生れた, が画面, が私, が絶えず, が自分, が葉子, が認められない, が鼻, そういう風, だという, で, であなた, ですから, ではなく, でよまれます, で云われ得, で前, で永い, で生活, で自分, で見る, というもの, とごたごた, とどれ, となつ, とは今世紀, とは近い, と思考, と知性, につつかれ, に圧倒, に打, に攻められ, に気疲れ, に苦しい, に襲, のくるめき, の上, の中, の争, の吐け, の埃, の故に, の本質, の混乱, の牽引, の狂い, の理由, の発達, の絡まり, の經驗, の表彰, の通行, の霞, はあくまで, はかえって, はしかし, はそういう, はなかっ, は彼, も推察, も理解, も趣味, や一寸, や今回, や想念, をさ, をさも, をまれびとなる語, をもてあつかいかね, をも直接自分たち, をわたし, を一まとめ, を厭, を彼, を押える, を持つ, を描いた, を経験, を衝き上げられ, を顔, を高める

▼ した次第~ (103, 0.0%)

29 である 19 です 7 であります 5 なの 3 だが, であった 2 でござる, でした, でもない

1 [31件] か, が明らか, だ, であって, でありました, でありましたから, でありますが, であるから, であるが, である事実自分, である併, であろう, でしたが, ですが, ですし, ではなかっ, で御座います, といひ, によれ, はただ, は次, を告白, を尋ねた, を打ち開けまし, を教室, を物語り, を話し, を話した, を語る, を説明, 受け取った在

▼ したかは~ (102, 0.0%)

4 読者の 2 当時の, 後ほどに, 想像に, 見なかった, 誰も

1 [88件] あなたがたの, あのとき, いろ, おそらくこの, およそ読者, かう言, くどくどと, この問題, この次, これを, すこしも覚えない, その時, その顔, ちよつと, とても言葉, ほとんど覚え, ほとんど計り, またしみじみ, まるで覚え, もしダーウィン, やがて間もなく分る, わからない, わからぬ, わからぬが, 一々おぼえ, 一層の, 三吉に, 中絶し, 人の, 今において, 今日に, 今猶, 依然として謎, 先生にも, 分って, 分らない, 判らなかつた, 判然しない, 別な, 別の, 医者でなけれ, 君たちには, 周知の, 大きな問題, 大方想像, 夷大黒として, 孔子自身の, 存じませんが, 察しられます, 彼の, 徹夜凝視し, 忘れて, 想像も, 我々にも, 明応四年に, 明白と, 明確を, 普通の, 最も大切, 本当の, 永久の, 留吉は, 疑問だった, 知らないけれども, 知らなかったけれど, 知らねえが, 知りません, 知るべからず, 知る人, 知る由, 知れませぬが, 神様より, 私が, 私の, 考えて, 般若三藏の, 覚えて, 観る人, 解らぬ, 言うまでもない, 言えないが, 記録に, 訣らない, 説明する, 諸君の, 述べてないから, 逸子には, 頗る疑わしい

▼ した~ (102, 0.0%)

13 である 7 の夏 5 の秋 2 であった, です, でもある, のこと, よ

1 [67件] から二十五年前, から琵琶湖産, だ, だった, だつた, であったから, であって, であつ, であるが, でした, でその, でそれ, ではありませんでした, でまた, でも天候, で日露戦争, で私, といわれ, としてかえりみられ, として特徴, とった婦人, とった男, とった看護婦, なので, にあ, にすぐ, にもあつ, にもう, に二週間, に似合はず毛, に冠水, に死んだ, に水戸家, に藤井, に長崎, の二月中, の五月, の冬, の十年ぐらゐ前, の古い, の四月, の翌年, の若い, の閏四月十五日, の頃, の頃三十前後, の頃十九, は, はあるまい, はすくなくとも, はとりたくない, もあった, も暮れ, よりの牝羊, より十三年前, より大変, をも参考, を老, を言, を記, 即ち一五四三年, 即ち伝記家, 即ち私, 即ち紀元前二八〇年, 或人, 若い夫婦, 若な

▼ した~ (102, 0.0%)

6 なもの 4 な氣持, な顏 2 だ, であるが, なその, な史實, な氣, な聲, に見える, に言つて, に鎭

1 [70件] だが, だつたが, であつ, である, でこの, でした, でもある, でニヤ, で土, なせぬ樣, なそんな, な事, な人, な内部, な場所, な大きな, な小さい, な心持, な恰好, な意味, な批評, な木, な歌, な然し, な當, な笑, な藥, な話, な足調, な高原, に, にいつた, にし, になつ, になつて, になつて呼吸, にまた, にピク, に一時, に二列, に互に, に口, に吉野, に哀れ, に喜ん, に喜色, に嬉し, に少し, に平ら, に思ふ, に感ぜられた, に感ぜられる, に手, に明治, に机, に極り, に此頃, に氣, に煙草, に眺め, に眼, に空腹, に笑い出した, に聲, に足, に身, に身體中, に金, に青い, は其後

▼ した~ (102, 0.0%)

11 になっ 8 がした 3 でいる, になった, になつ, 障な 2 がし, になつて, になり, の利いた, の弱い

1 [61件] か風流, がかけ, がしまし, がする, がそこ, がまえ, が抜け, が立罩め, が致した, が起った, だつた, でいた, でいたら, でいたろう, でいます, でいられなかった, でいるだろう, でじぶん, でも狂った, でよろこん, でゐる, で久しぶり, で得意, で思い切る, で木, で歩きました, とともに原始人, なの, ならんで, なれば, にさえなった, につつまれた, になられない, になる, になれない, になれなかった, にもなった, のいい, のつよい, のよ, の向き様, の弛み, の持ち, の遠く, の重い, むつかしいわが, むつかしそう, もがっちり, もした, もしたであろう, もしない, をこの, をふくん, をもっ, を抜いた, を替え, を起させる, 不味い沈黙, 振も, 易さ, 鎮めの

▼ した~ (101, 0.0%)

8 だった 3 である 2 であった, です, には隣室, に友之助, の事, の女, の空, の路

1 [74件] あけ方, から, が如何にも, それとなく私, ただちに家内, だけで, だったからね, だつた, であたかも, であつ, で月, など与平, なので, になっ, になる, には母親, には陰火, によく, に大将, に寝る, に思えた, に起った, に鎖される, のここ, のこと, のこの, のプラットホーム, のランプ, のレール, の世界, の中, の出来事, の厚い, の国道, の塊, の大通り, の寂寞, の寂寥, の幕, の情調, の明け, の明り, の時間, の曲, の會談, の村, の気配, の沈黙, の物, の生活, の畳, の眞, の空気, の縁端, の翌朝, の色, の貴様, の越後平野, の都, の野原, の阿闍梨, の雪山, の静かさ, の静けさ, は, はただ, は人通り, は無い, は私, は風, もあつ, を歩きまわっ, 激しい地震, 眠れるよう

▼ した子供~ (101, 0.0%)

7 のよう 4 の顔 2 などは腹かけ, に元, のこと, のやう, の着物, の群

1 [78件] があつ, がたつた, が一年, が三度, が何ん, が大人, が小さい, が炉, が繻子, が職人体, が親, が訪ね, だという, っぽい彼自身, であつ, である, でしたから, でしたよ, です, で彼, で果たして, とどちら, と母親, なら金, なん, にあんな, にたまに, に少し, に引かせ, に見せ, のその, のそば, のゴーリキイ, の事, の体躯, の前, の友だち, の姿, の心, の手, の手紙, の数, の時分, の死体, の死骸, の母親, の爲め, の生活, の絵, の群れ, の肉, の話, の遊び場, の雑誌, の頃, の首, の鮮やか, はあくまで, はありやしない, はいいました, はこれ, はそれ, はひよわ, は医者, は泣き, は黙っ, への贈物, もあった, もあつ, らしい瞳, をどう, をぶらさげ, を先, を抱え, を知ってる, を見, を連れ, を連れた

▼ したまひ~ (100, 0.0%)

63 しく 3 しに 2 しは, しまにまに

1 [30件] しかばこれ, しかば天皇, しかば答, しくは, しさき, し事, し後, し憐れさ, し時, し未婚, し此方, し母様, し神智, し良人, し霊法, たる上, たる体, つとまを, つらく, てや, てよと, て七歩, て三趣, て十二月, て君, て彼, て我, て歌, 屡々文, 痛酷しきこと比無し

▼ した~ (100, 0.0%)

2 で, である, で日向, もなく, を起し

1 [90件] がつれる, がはじめて, が伸子, が室内, が急, だが, でいずまい, でごつごつ, でよろよろ, でオズオズ, で島田, で広い, で折目, で明るい, で猪口, で眼, で私, で肩, で胡坐, で血の気, で衣紋掛け, で足, と共に心, と小さな, と心, と決して, と眼, にだぶつき, にちょい, にめくらじ, にもてなす, にコバルト色シャツ, に不釣合, に似合う, に大, に桃色, に桃色絹, に灰色, に白麻, に細かい, に草鞋裁付, に見せかけ, に車, に造った, に頬, に鼠色, の位置, の内, の動き, の巨大, の弱い, の男, の腰, の隅々, は裾, へ抱き附い, やメリンス, や色, をあっちこっち, をいささか, をぐっと, をそっと, をつかまえた, をゆすりあげた, を上下, を両, を両足, を休ませ, を包ん, を喩え様, を壁, を小柄, を少し, を屈み, を帳場格子, を引きずる, を抱く, を横たえた, を海ぎわ, を現, を真直, を真直ぐ, を笹, を脇息, を表わし, を被うた, を見, を見せ, を這う, を開い

▼ した意味~ (100, 0.0%)

3 での社会性, のもの, を持っ 2 が含まれ, で, に於, に於い, のある, をもっ, をもつ

1 [77件] からも漢書, があった, があつ, がある, がお, がおぼろげ, がこれ, が与えられ, が何ん, が分りかけ, が同じ, が始めて, が飲みこめない, じゃ無論, だ, であった, でだった, でです, でないといふ, でなし, での君, での封建主義, での純粋, での静止, ではありません, ではある, ではない, ではなかっ, では考えられ, では誰, でもない, で使用, で死ぬ, で科学的社会主義, で花, で論理的, で門松, とは全く, とも全く, ないから, に於ける, のない, のわかり, の労働者, の双紙, の手紙, の歌, の物, の短, の神, の花, の言葉, はよく, は人道主義, は今日, は兩君, は大, は誰, もな, もなく, をあたえられ, をそれら, をとっ, をもち, をもつた, を得, を感じた, を感じます, を持った, を有, を獲得, を現, を知っ, を答える, 及びこの, 深い一座, 深い文学上

▼ した~ (100, 0.0%)

5 がある 3 が見える, のよう 2 が見え, だと, だなどと, で, のやう, はない, もない, を残し

1 [73件] かと見え, か上, があつ, がうかがわれる, がない, がほとんど, が千体仏, が歴然, が海岸附近, が見ゆる, が道, だわ, でそこ, でその, ではあるまい, でも日, でブラン, で山峡, で平生, で直ぐ, で義雄, で薄茶, で飯, と見え, と見える, などは見られない, になっ, になる, にはこの, にはこれら, には古生層, には啻に, には四十三歳, には此地の, にもきりぎりす, に我我, のそれ, の向屋敷朝岡, の多く, の夫婦, の急斜面, の様子, の焼野, の燒野, の礎, は何処, は明らか, は極めて, は歴々, は真白, は私, は種々, は見当らない, へ同, へ孫三郎, へ集り, もありません, もある, もなく, も見える, よりはでかい, よりはでっかい, らしくざらざら, をお, をアルコール, を噴出物流動, を心地好, を指さす, を指す, を発見, を襲いで, を見るなら, を視察

▼ したじゃ~ (99, 0.0%)

41 ないか 23 ありませんか 9 ねえか 8 ないの 5 アない 2 アありません

1 [11件] ございませんか, ござんせんか, ないかくらい, ないかと, ないかという, ないよ, ねえかよ, ろか, アねえ, アねえか, 有りませんか

▼ した~ (99, 0.0%)

4 に, のこと 3 にその, に私 2 なので

1 [83件] かつても, かの地, から見あげる, この法例, その辺, であったから, でございました, で標準語, とて沢山, と枯芝, などには明治神宮, にあっ, にあなた様, にこの, にそれ, にどう, になんとなく, にはかつて, にはどうも, にはわたくし, には代わっ, には勇敢, には死ん, には決して, には秘密, には誰, にもファラデー, にも刺客, にも同君, にやる, に倉三, に労働, に北畠男爵, に受けたであろう, に城壁, に尼僧達, に年齢, に彼, に征服者, に得た, に把手, に持ち出した, に改めた, に改めて, に於, に日本人, に最初, に此所, に求められよう, に狂人, に発見, に発覚, に皇室, に社会進化, に突然, に落し, に認めた, に逃げおくれた, に遠心系, に郷土, に鴫澤主水, に黒岩氏, のチャップリン, の原稿, の句, の如き, の拙作, の数, の文化財, の疲労感, の目的, の重い, は市政, は議長, は連合軍, もあらゆる, も依然として, も私, を慮った, を狙っ, 最も重点, 第一編, 起つた事件中

▼ した~ (98, 0.0%)

4 の中, の流れ 3 の音 2 が吉野, のうえ, のなか, の色, の面, をだきしめ

1 [75件] あるいは重水, いろの, がいつも, がたまっ, がゆったり, が一杯, が上流, が乱れた, が何哩, が八月, が出る, が却つてそれ, が大きな, が川床, が橋, が流れ, が流れる, が渦, が眸, が紫, が視野, が遠く, が黄色い, じゃ, だから, だこれ, で, ですけれど, でできた, で賄う, という字, と照り映え, と田舎, と空間, に声, に映し, のある, のうねり, のお, のこと, のない, のほとり, のまわり, のやう, の三分の二, の上, の侏儒河童, の冷たい, の勢い, の匂い, の垂れ, の変化, の外, の底, の末, の滴り, の激流, の肌, の跡, はなかなか, は声, は快く, は思え, は沈んだ, は渦, は膝頭, も山, や広々, をたたえる, を三分の一, を切る, を湛え, を飲む, 光りの, 煮で

▼ した途端~ (98, 0.0%)

83 に必ず, に私 2 にこんな, にもう, に彼, に自分

1 [76件] いきなり幾子, おや, かお婆さん, からいそがしく, か六番目, か卓子, か顔, げっと, この一家, すぐ目, その子供, その鼠, たとえて, だつた, であったか, どう間違った, にいきなり, にこの, にその, にだしぬけ, にどうしても, になんと, にはっと, にはや, にひと, にまた, にまったく, によろよろ, にわかに侍, にホール, に下鴨, に伊達正男, に伊都子, に侍, に信吉, に去来先生, に同船, に四五人, に城太郎, に夜具, に女, に姉, に居合わせた, に屋根, に弁信, に思わず, に急, に扉, に才兵衛, に朱実, に李粛, に棚, に構内, に燭光, に発車, に相手, に真上, に突然, に米友, に背中, に胸, に誰, に際どい, に骨, のこと, の切ッ, の瞬間的, の鼻, はや佐助, ふと細工谷町, 崩れ立った人垣, 後頭, 必ず際どい, 思わずギョッ, 擦れ違い, 果して鉢合せ

▼ したほどの~ (97, 0.0%)

3 ことも, もので, 人である 2 ものは, 変化も, 女だ, 村が, 許嫁な

1 [78件] ありさ, おそろしい大, ことで, ことは, すべての, それは, ところである, ひどい姿, みじめさが, ものが, ものじゃ, ものだ, フェミニストであった, 事でありた, 事件も, 人から, 仕儀, 似顔絵が, 作者だ, 動きを, 博士が, 古今来の, 名状すべからざる, 土を, 墺海軍が, 変わったこと, 大声を, 大旅行家, 大貿易商, 大金持, 太子であり, 女で, 女でも, 女は, 女性は, 好成績, 娘の, 家康は, 封建組織の, 尊敬を, 山師的唯, 常習者だった, 度合を, 心肝に, 悪党でございます, 感激は, 感銘を, 慾も, 憤り憎しみ, 手軽な, 日本通である, 早業であった, 時である, 比類稀なる, 治癒程度で, 深い月人, 男で, 男今では, 精神の, 結果は, 繊鋭な, 老人でも, 者と, 興味を, 興趣の, 若い隠居, 薄ら蒼い, 親鸞なれ, 豪傑と, 貧乏で, 貴公子に, 賢い女子, 輝しい, 近さ, 雄者であった, 面積を, 風雲も, 高い屋根

▼ した二つ~ (96, 0.0%)

4 の感情, の目 3 のモメント 2 のもの, の世界, の夢, の大きな, の概念, の死骸

1 [73件] が又, となり, のあり得べき, のぐりぐり目玉, のこと, の乳房, の事件, の事柄, の人間, の仮象, の信子, の出来事, の分裂, の別個, の勢力, の古い, の問題, の場面, の外見的, の太陽, の家門, の対話, の小さな, の岡部, の巨大, の常識, の影法師, の心的傾向, の思想, の性格, の性質, の情操, の情緒, の態度, の拇指痕, の文章, の映画, の時代, の有, の気運, の潜在的心像, の火山, の現実, の現象, の球塊, の病棟, の眼, の石膏型, の科学, の科学的理論, の笑つた眼, の箱, の紙包, の肩, の表情, の表現, の見えざる, の見解, の言葉, の証拠, の語, の道, の部分, の部屋, の都市, の鍮金製, の防寨, の鞄, の顔, の首, の骸骨, の魂, または三つ

▼ した~ (96, 0.0%)

3 様子で 2 様子を, 燈の, 祖師花, 米の, 音声が, 顔を

1 [81件] 一言を, 主人とは, 主人の, 主人様が, 主人様で, 使嗾に, 兩人の, 公卿さん達の, 写真の, 前方には, 努力を, 受は, 大名の, 天気も, 天氣も, 奉行様も, 婦人ほど, 守殿風の, 家中の, 容貌に, 常の, 弟子の, 恩は, 慈愛が, 態度で, 態度に, 手を, 手紙を, 挙措を, 放縦な, 敬ちゃんの, 方針, 方針に, 書面を, 最後, 本に, 本は, 本人, 本人でなく, 様子て, 様子で御座います, 様子なども, 濠の, 生命として, 用船の, 番士伊兵衛なら, 病氣で, 祝儀や, 神体は, 神燈格子, 禊は, 笑声で, 符売り, 答を, 納戸組九人の, 編笠を, 縁から, 縁で, 縁な, 縁女の, 老臣ほか二名は, 考では, 自分の, 茶のみ, 褒美に, 親切に, 訊問さえ, 詞を, 話らしい, 足取で歩まれ, 身分の, 軍役等を, 邸の, 部屋の, 鄭重の, 隠居さん, 隱居八郎兵衞さんの, 雪太夫の, 顔の, 餞別の, 鷹野以前に

▼ したうえ~ (95, 0.0%)

3 で, でないと 2 そこで自分ひとり, でこの, でなければ, のこと

1 [81件] あけて, あどけない嬉しさ, おさよ婆さん, おのおの国籍本名, からはわし, こんな余興, さらに奥, その次, であけ, でお, できょう, でここ, でしかるべき, でせいろ, でただちに, でだ, でつまり, でなんと, でのしかしながら, でやはり, でやれ, でれい, でボーイ室, で七隻, で二時, で作家, で俳優修業, で厳重, で右手, で城代, で安全, で宥める, で寄付, で屑籠, で心, で明日僕, で机, で殺し, で淫婦, で聞い, で自分たち, で行司, で親方, で言明, で警察, で鉄, とうとうお, とうとう賊, なお, なお女, ならでは, にあたし達, にこまごま, にこれ, にごまかされ, にとうとう, になおさら, になんだか, にほんとう, にみんな, にわかに気強く, に二貫匁, に五人, に時として, に時間, に白い, に罪, に顔, のよう, はかえって, はもう, はギリシャ, は一刻, は早い, ひとまずおもや, ほとんど解剖, ほぼ健康, まだあと一台, 放りだした, 正しく名宛人, 要するに父親

▼ したとおり~ (95, 0.0%)

5 のこと 4 だ, だった 2 である, でした, ですが

1 [76件] あの方, あの願書, いや案外, この洋館, この生ける, この緑鬼ども, すぐに, すっかり覚悟, すでに左, そのときふたりづれの, その夜街燈, その時刻, その際, たったひとり, だから, だが, だと, だ頭中将, であった, であったので, であります, であるかと, であるのに, でしたが, です, ですよ, とすれ, なの, な色香ざかり, に, にあの, にお前, にした, にその, にそれきり床, になっ, になった, にセルビヤ, に事態, に今日, に姫君, に宮, に家, に御息所, に思慕, に投ぜられた, に生ける, に縦横十六フィート, に親王がた, に進ん, に進行, に雄々しく, に飴, のきかた, の不幸, の影響, の最悪, の片側, の真似, の雇人, まっすぐに, もしも何者, やった, やって, 主水, 各地方特殊, 多分お化け鞄, 大きな喚声, 実に貴い, 実は陰鬱, 最もおそく, 最も傑, 果して敦子さま, 第二, 釣れぬ, 間もなく宮部善性坊

▼ したきり~ (94, 0.0%)

5 だった 3 であった, である, になっ 2 だつた, であつ, でした, ですもの, でその後, なので, なん

1 [66件] あまり食事, お夜食, お見え, しばし頭, しばらく昏睡状患, ずっとうつむいた, ずっとお, そう吩咐, その夜, その質問, だ, だったが, だったその, だったという, であいまい, であったが, であと, でありました, でいた, でご, でしたから, でしたが, でしょう, でその, でどんなに, ではやはり, では到底, でも少し, でよく, で一滄, で主, で伝わらなかった, で大した, で室, で彼, で朝鮮, で消えなかった, で発育, で直ぐ, で答え, で耕されず, で言うべき, で黙っ, というの, なのに, の人, の対面, の悲鳴, の政治的発言権, の金吾, ふたたび起ちえなかった, まだ一度, まだ帰つて, 何ともその, 何とも彼, 再び階下, 別れた, 動かないの, 始終黙りつづけ, 実際は, 小姪, 少しも, 帰って, 打ち棄て, 皆目行方, 黙りこんで

▼ したはず~ (92, 0.0%)

15 である 136 だが 3 では, なん 2 だのに, でございますよ, です, ですが, はない

1 [42件] がない, さよう, じゃない, じゃなかった, だった, だったのに, だと, だのにと, だ場合, で, であったから, であります, であるから, であるが, であるそして, でした, ですね, ですもの, ですよ, なのに, のおとし, のその, のコンノオト, のショウモン, のドーブレク, のリアリズム, の傷, の勘兵衛, の十六号颱風, の印鑑, の塙江漢, の家茂, の封印, の将軍家, の市街, の日々, の時間, の知識, の空棘魚, の親子, の長男, よ

▼ した人たち~ (92, 0.0%)

4 が何 2 が自分, だと, であるが, の真意

1 [80件] かとばかり思っ, からよく, から成る, から開墾地, が, がある, がいろんな, がおしおし, がこの, がせっせと, がそこ, がもし, がやって来る, が互いに, が全力, が出しあった, が大きな, が学問, が帰り, が平定後, が座っ, が彼, が忌, が思った, が柳橋, が死体, が見たら, こそ判検事, だけのこと, であった, です, ですから, でただ, で幸三, とばかり逢つたの, ともなかなか, には何, にも劣, に利用, に口固め, に私たち, に言う, のうち国家老, のこと, のところ, のべんたつ, のまいた, の中, の仲間, の反抗, の名, の周到さ, の嘆賞, の土地, の多く, の子孫, の幾人, の意見, の生活, の白骨, の額, の顔, はいずれ, はこの, はそれら, はよく, は大平口, は新, は概して, は残らず出, は皆安堵, は身体, は逆上, ばかりだ, もおいおい, もまた, も一度, も今, も恋しかっ, を私

▼ した黒い~ (90, 0.0%)

4 髪の 3 ものが 2 大きな台所, 影が, 影の, 星動いてる, 線条が, 頭青や

1 [71件] たれを, まぐろを, ものの, ものを, ガウンを, ガラスで, キツツキは, マントきつねの, マントの, 一色に, 儀式用帽子を, 十徳す, 卵形の, 喇叭型の, 土が, 土の, 大きなふろしき, 実の, 小さなそれら, 岩を, 岩石巨大な, 島が, 帷は, 幕を, 数多ある, 服を, 札の, 沢山ある, 油の, 泥んこの, 渦まき髪, 潤の, 点が, 点で, 煤様の, 牛が, 物影が, 玉羅紗の, 留針の, 目で, 眉毛胡麻塩の, 眸にも, 眼が, 眼を, 瞳には, 瞳の, 空が, 継続性の, 線が, 羽目に, 肉の, 蒸汽船が, 薬で, 藥で, 衣を, 観衆の, 詰襟の, 針葉樹林を, 長髪である, 雲の, 雲は, 霧に, 鞄の, 頭生気の, 頭蓋骨の, 顔に, 顔の, 顔を, 髪の毛太い, 髪や, 髮の

▼ したせい~ (88, 0.0%)

4 だろう 3 かもしれない, だ, では

2 [11件] か, か僕, か少し, か急, か私, だと, であろう, でも, でもあったろう, なの, もある

1 [53件] かあんまり, かうとうと, かこれ, かただ, かなんだかうとうと, かわずか, か一緒, か下, か二時頃, か令息, か何年間, か全身, か出獄, か又は, か大分人間, か子供, か燈火, か父, か眠れぬ, か美しい, か老, か自分, か船, か陽, か青色, か頭脳, か風邪, か食欲, だったかも, だとか, だろうと, であったろう, であらう, である, であろうか, であろうと, でか, でございましょう, でしょう, でしょうね, です, ですか, で鎌倉, にした, にちがい, に相違, の低い, の高い, ばかりで, もあったで, もありましたろう, もありませう, もあろう

▼ した返事~ (88, 0.0%)

9 をしなかった 8 をする 7 をした 5 をしない 4 をし 2 であった, である, は与えられなかった, は出来ない, もしません, をしなかつた, を与えませんでした, を聞い

1 [39件] がありました, がきけない, が得られませんでした, しかできませんでした, して, だ, だった, だったので, でもしよう, のしかた, の仕様, はきけなかったです, はしない, はせず, はできなかつた, は出来なかった, は引出せない, は得られなかった, もせず, も与えず, も出, も出来ず, も送れない, をあたえない, をきい, をよこさなかった, を与えない, を与えなかった, を与える, を出しかね, を学校, を少々, を得, を控え, を書き送つた, を聞かすべく, を聽, を言いよこした, を避け

▼ したある~ (87, 0.0%)

3 日の 2 のん, 云ふ, 宗教家の, 物持ちの, 限られた範囲, 青年が

1 [72件] かも分れへん, かわいい行動, に違い, のんや, ばかりでなく, ものが, ものとの, ものは, らしゅう私, イタリア人の, 一夜の, 不思議な, 予期せ, 事情の, 人々には, 人の, 僧の, 兇徒の, 出来事を, 別の, 劇団が, 単純な, 厳粛な, 可能現象の, 品物についても, 地方では, 場合の, 外国の, 夜おいなりさまの, 夜の, 夜明けに, 婦人が, 学位論文が, 寺院の, 小事件, 帽子店の, 悲惨な, 敗残の, 旅人が, 日平次は, 日弟の, 日私は, 時に, 時もう, 晩だつた, 暁詠み出た, 朝柚子の, 村では, 桑門の, 殺人事件を, 淋しい姿, 淫猥な, 物が, 物を, 特殊な, 男は, 瞬間が, 秋の, 種の, 種類の, 空虚とを, 第三者の, 自信が, 若い学者, 薬によって, 蜂の, 観念に, 通り, 進歩的な, 隠微な, 雑誌の, 順序で

▼ した青年~ (87, 0.0%)

4 だった 2 だ, であつ, である, でした, に対する義憤, に水, の肉親, の面影, は美奈子, を金

1 [63件] があった, がある, がたくさん, がつまらぬ, がどうも, がよろよろ, が下車, が何, が字引引き引き一生懸命, が思わず, が気絶, が私, が近づい, が迷, が迷い込ん, が鬼, だつた, であるの, でこの, でさ, です, ではなかっ, で何, で漆黒, で真ん中, で肩, というの, としてひりひり, とは永劫, と処女, と改めて, と黒, なぞの産, にとつて, になりまし, に永遠, のま, の上, の何とて, の口元, の心, の手紙, の道場, の間, の顔, はどういう, は反抗心, は従来, は机, は聞く, もいた, も大人, も矢張其渡航者, や大黒帽, や少年たち, らしい新し, らしい美しい, をどう, を友人, を探し, を私, を見た, を隔て

▼ した~ (86, 0.0%)

2 らしい努力, らしい芸術, らしい詩, らしい鋸屑, 作家は, 例である, 領主に

1 [72件] どん何で, なる世界, やまと服の, らしい匂ひと, らしい局面, らしい支配階級, らしい木, らしさ, カント派の, コロンブス号の, リアリズムや, ローマンチックであります, 事実は, 作品展の, 傾向を, 兵器とを, 兵器を, 出版の, 十郎, 十郎に, 十郎はじめ御, 名詞である, 図であった, 土地, 坐敷, 型式を, 墓に, 大学の, 婦人協会が, 宇宙艇が, 宗教で, 宗教は, 室宴に, 市街地では, 形式の, 思想と, 思想をも, 感覚派と, 戦争機具エンジン, 描写法無知と, 援蒋ルートの, 政府の, 政府方も, 政治は, 政策は, 教育学が, 文化には, 文化を, 文明である, 料理です, 新訳の, 様式である, 様式の, 段階において, 熟字たる, 生命及び, 生活の, 秩序の, 織りの, 織物や, 聞體の, 英語學部が, 菊と, 葉を, 製品が, 製造法に, 見解は, 記録を, 詩社の, 資料, 隆達の, 集落には

▼ したにも~ (83, 0.0%)

4 関はらず 3 かかわらずまた 2 かかわらず身体, 何にも

1 [72件] かかわらずあまり, かかわらずある, かかわらずくりくり, かかわらずことごとく, かかわらずそう, かかわらずその, かかわらずその後何日, かかわらずそれ, かかわらずどう, かかわらずなんら, かかわらずまたもや, かかわらずチャチ, かかわらずフランス, かかわらずルーソー, かかわらず主文, かかわらず二, かかわらず傾斜, かかわらず僅か, かかわらず出生, かかわらず各, かかわらず宥, かかわらず彼, かかわらず彼女, かかわらず後, かかわらず戦争, かかわらず文明, かかわらず更に, かかわらず正しく, かかわらず民主主義文学運動, かかわらず江戸, かかわらず温和, かかわらず警察, こうしたにも, せよこっち, せよその, せよそんな, せよとにかく, せよ不法行為, せよ夫, それが, ひとしい相違, よる, 不拘, 似合はず少し, 係らず彼, 優って, 劣るまじいと, 威嚇さぬ, 拘はらずいづれも, 拘はらずしかも, 拘はらずそれ以後, 拘はらずまつたく絶望状態, 拘はらず反対, 拘らず, 拘らずあまり, 拘らずそれら, 拘らずスイス, 拘らず人々, 拘らず今, 拘らず兵隊, 拘らず彼女, 拘らず次に, 拘らず渠, 拘らず舟, 拘らず道經, 拘らせられず, 拘わらず一先ず, 拘わらず今夜, 拘わらず全く, 由るが, 過ぎた佳麗, 関らず

▼ した土地~ (83, 0.0%)

2 であること, もあった

1 [79件] いろ, からとる, からの収穫, が多かっ, が目, が見渡せた, そっくりを, その丘, だけあっ, だそう, であった, でありそれ, でありながら, である満, でなければ, では天体, では水無し, で共に, で渡良瀬, で見たい, という, とこうして, とは痕跡, と有毒, と疫病, なら高く, にあ, における水, にかならず, になった, にはどことなく, には悉く, に多分, に後, に秋, に腰, のこと, の上流階級, の中, の事情, の人, の先生, の利用, の半分, の名士, の地代, の売買, の広, の御用聞二本榎, の所領, の損害, の政府, の文芸愛好家達, の文藝愛好家達, の正当化, の漁師, の熱, の縁故, の行政権, の評判, は, はいづれ, はパリー, は後日ベエコン, は無い, は無論, へ忍びやか, までを麾下, もだんだんに, や洛中洛外, をすて, をその, をにべ, を作付, を取囲んだ, を想像, を我々, を耕し, を見つけた

▼ した~ (83, 0.0%)

17 一の 7 二の 2 一と, 一盆を, 一船が, 三の

1 [51件] 一二期生達は, 一夜, 一幕が, 一年の, 一年めの, 一日から, 一日に, 一日の, 一日中は, 一次の, 一次世界大戦中の, 一次落語研究会は, 一版からの, 一版の, 一童謡集, 一級の, 一聲の, 一船は, 一船も, 一軍の, 一週間目用器画の, 一部と, 一集の, 一騎兵隊と, 七世紀から, 七回目の, 七戦隊の, 三インターナショナルの, 三句切が, 三期に, 三船は, 二も, 二十と, 二小樽丸は, 二年寛政十年には, 二弾, 二次世界大戦が, 二海竜丸が, 二童謡集であります, 二等の, 二編の, 五十七代の, 八潜水艦も, 六十五條の, 十八は, 四幕だけが, 四斥候隊も, 四次元の, 四番, 四者の, 四親王が

▼ したのち~ (82, 0.0%)

3 もこの 2 そのホテル, にその

1 [75件] あとずさりに, いろいろと, おずおずと, このあいだ, すぐ池上, ずっと後方, そのむね, その十法札, その晩, その火傷, その遺骸, それから目, それなら自分, だんだん佃, つと顔, であった, でなければ, ではご, でも化物, でも農工商, ところで俺たち二人, とつじょ風雲急, とつぜんこんな, となり, どうやら土橋, に, にほか, にまた, にやや, にウムウム, に倶楽部, に単に, に少数, に新しい, に氷, に漸く, に答えた, に良人, に退出, のもの, の一問一答, の彼, の永遠, はいかなる, はよしんば, は三藏, は安国寺, は尼子勝久, は新しく, は海中, は男, ふたたび三礼, ふらふらと, まだ珍, まで理想的, もさまざま, も六つ, も同じ, も常に, も浮い, やっと五万フラン, やっと文壇, ようよう船, をまだ, 万一を, 今診察, 尚続け, 思いきって, 改めて服用, 書きたいの, 次には, 漸っと, 無記名投票, 焼きすてて, 突然若々しい

▼ した手紙~ (82, 0.0%)

4 の中 3 が来た, を送った 2 とここ, のこと, をくれた, をやりとり

1 [64件] かといふ事, がある, がいま, がたくさん, がはいっ, がベンス・ジョンス, が同じく, が徹男, が手箱, が書けません, が机, が来, が来ました, が来る, さえも頭, だがね, であつ, である, でうさんくさい, ですぐ, でも為替, で摂政サンマアセット, などは一切, に, には, にはこう, には何, には次, によれ, に非常, ね御免, のよう, の上, の文句, の日付, はそのまま, はひどく, は今, は今朝, は日本暦, へ注意, もあるいはまた, も先方, をあなた, をかく, をやっ, を俺, を出した, を受取っ, を寄こした, を差出した, を持っ, を書い, を書いた, を書かせる, を書きました, を書く, を真向, を蛇, を見, を読みました, を貰つて, を送つ, 次に庄司

▼ した部分~ (82, 0.0%)

3 が多い, を精細 2 がある, であった

1 [72件] からのガス質量, から多大, がじ, が世にも, が出る, が始終, が急, が明示, が最上, だけが圓, だけでも立派, だけを申, だったの, である, ではない, として賞め, との間, とを蔽っ, と同じ, と流動, と物質, と発達, と隣り, なの, にある, にうるさ, にはこの, には何, に侵入, に對, に限る, のよう, の一種, の内部, の名, の含まれ, の如き, の方, の筋肉, はあ, はいづれ, はどこ, はほとんど, は不, は今, は今日, は伝来, は依然として, は傷だらけ, は大きかっ, は水銀, は煤煙, は甚だ, は白く, へコンナ風, へ触, もある, もすべて, もない, も多少, をつくろい, をなし, を修復, を其処此処, を含ん, を抜萃, を糊, を補え, を補わね, を誇張, を足台, を開きました

▼ した小説~ (81, 0.0%)

3 を書い 2 をかい, を書いた, を書きたい

1 [72件] かいて, がある, がかける, がきっと, がこれ, がよまれ, が佐藤春夫氏, が出, が多い, が好き, が往々, が連載, が頗る, だったの, であった, である, である事, である本文, ではある, ではない, で初め, というの, といふより, といふ風, となり, ともいえぬ, と云われ, と最近単行本, と記録, なん, にレエモン・ラディゲ, に仕立て, に書き上げたい, に本名, の, の世界, の劇化, の悪影響, の文学的位置, の書評, の本, の構成, の面白, はありませんでした, はその, はたくさん, は一九二三年, は七十余種, は印刷全紙, は失敗, は少かろ, は自然, も多い, も文芸評論, や更に, や脚本, や芝居, をかき, をけなされ, をちよ, をもう, を多く, を提供, を書かなけれ, を書かれた, を書き出した, を書こう, を法律, を発表, を私, を考え, 例へばスウイフト

▼ した身体~ (81, 0.0%)

2 の代り, の輪廓, を乗せ, を勝平, を起し

1 [71件] から優, から彼女, から火, がはたして, がはっきり, が動かない, が後ろ手, だから, だった, だったん, でい, でした, ですからと, で家, で赭ちゃけた色, とその, とに烈しく, なり電車, にそうした, になっ, には余程, には細い, には贅沢, にむちうっ, に流れ, に着こなし, に縫いあげられる, に触れ, のうち, のもの, の中, の感触, の温か, の物柔, の男, の置場所, の鈍重, はぽかぽか, は不自由, は唯, は痛々しく, は益々, もガリダマ, をしっかと, をどっしり, をぶる, をまるで, をもたせかけ, をゆする, をグラグラ, をコスリ, を二階, を伴, を動, を包ん, を室, を尚, を市子, を庭, を折目, を抱くなら, を振り向ける, を掛け, を揺がせ, を横たえた, を歩ませ, を背広, を重々しく, を鷹揚, を黒ビロードずくめ, を黒襟

▼ した世界~ (80, 0.0%)

6 である 2 だった, であった, に出, の中

1 [66件] から搾り出される生きよう, があります, がひろがっ, がぼんやり, が現前, が見える, が開けたでしょう, だ, でうたわれ, でさえも自分, では正義, でもっと, でもつ, で傲然, で訓練, と明るい, にいる, になった, には全然, には政治, にも秋風, にゐる, に住ん, に全身, に出た, に出る, に口, に対する憧憬, に就, に就い, に属する, に於, に置く, に自分, に興味, に観じた, に躍り出した, に遊ぶごとき, のもの, のよう, のよろこび, の全, の大, の女, の婦人たち, の幻, の文明, の潮さき, の物質, の現実, の目ざめ, の資本主義, はこれ, はその後, は宇宙艇, は彼, は灰色, へ出, へ出られた, へ躍り出し, を出来上った, を唯一, を少し, を確然, を築い, を覗いた

▼ したあげく~ (78, 0.0%)

3 にやっと 2 だから, にこの, には麻油, の果て, ようやく書きあげた

1 [65件] ああああ画, あくどい程, あの色, いつそ一家, いわゆる禅機, お嫁さん, かならず血みどろ騒ぎ, かれは, が, がくやしい, がこれ, こんなびやうきにかかつて, しぜん, しばらく畑, しぶしぶ立候補, じぶん, そしらぬ顔, そのうち, その年, ためらうよう, だいじな観察, ですからね, とうとう宗春, とど遺骸, どうにかさいくどり, に, にお, にこれら, にする, にまた, にズカズカ, に争い, に宿屋, に漸く, に空腹, に辭表, に野衾, のこと, の思案, の果, ふと作右衛門, ふらふらと, またも, まるでふざけ, もし一夫一婦, やがてどれ, やがて町中, やがて空魔艦, やっと二時間, やっと意中, やっと昨夜鶴原家, ようやくこう返事, ようやく他, わざと勘当, 亡くなりました, 休みたがって, 多分この, 突然すべて, 突然西洋文化, 立寄らば, 終に陳留, 苦り切って, 融けそう, 見つからなかったという, 遂に剣

▼ した不安~ (77, 0.0%)

8 である 2 とこの, の念, を感じ

1 [63件] からこれ, からである, がある, がほか, が彼, が彼女, が往々, が感ぜられた, が残っ, が漲った, が私, が突然, が自分, だ, であり遠き, である何, でもある, という蜘蛛, とがごつ, と心苦し, と恐れ, と恐怖, と疑念, ななまぬるい, な様子, な病気, な自覚, になった, にをの, に対向, に戦き, に耳, に襲, に襲われ, に送り迎え, の上, の中, の予感, の情, の状, の色, の錘, の雲, はある, はどんな, はみるみる, は厭, は年, は幾度, も感じた, も解剖, やを感じ, や恐怖や, や焦躁, や驚奇, をやはりしみじみ, を抱き, を覚え, を覚えた, を覚え初めた, を覺, を豹一, を追究

▼ した~ (77, 0.0%)

4 のこと 3 の議論 2 にお, の事

1 [66件] いち早く救助, いつもの, いろ, からだ, からの月, から庵中嚢中無一物, があっ, がありました, この土地, しも, その都度わたし, だった, ちょうど大庭景親, ちょうど支那人, である, でなければ, と和歌, と見える, どういうもの, ながらく往き来, などは勝盃, など傍, に, にある, にこの, にその, にできた, には土橋, には墓地, には此, にガゴ, にソローハ, に不意, に入浴, に大旱, に夫, に幾度, に林, に母, に溜り, に無動寺, に父, に私, に聞い, に附添, の, のやう, の写真集, の刀傷, の思ひ, の意気組, の板絵図, の歸途, の私, の観察, の軍司令官, の長い, はなしました, は少し, は鏡, もすぐ, も孤城五千, 伺いましたが, 又その, 古ぼけた制服, 屈みは

▼ した足どり~ (77, 0.0%)

7 で歩い 2 でその, で入っ, で出, で濠端

1 [62件] が家, が通寺町, で, であつ, であるいて, でいつも, でぐるぐる, ですぐ, でそこ, でそり返っ, でとなり, でのぼっ, ではいっ, でやっと, でフリードリヒ, で兄, で其処, で博士, で原田雲井, で去っ, で台所, で土間, で娘たち, で室, で左手, で帰っ, で庫裡, で廊下, で影, で彼, で或, で戸口, で歩いたらしい, で歩き出した, で歩く, で歩み寄った, で海, で玄関, で甲板, で町中, で砂山, で磨りへった, で私, で聖壇, で自分達, で自動車, で西, で説教壇, で通りかかった, で進ん, で部屋, で重野, で野, で鋲門袖つき, で食堂, で馬酔木, になっ, に尾田, のスリッパ, の幾組, ばかりはもっ, をなお

▼ したまで~ (76, 0.0%)

25 である 85 です 3 であった, であって 2 だが, だよ

1 [28件] じゃ, すべて息を, だし, だと, であったの, であるという, であろう, でけっして, でございます, でございまする, でそれ以上, では, で事情, で何, で化物, で娘, で字面, で実は, で決して, で詩, で談判, で譬, なの, なんだ, 元来が, 来ると, 熱い血, 行きギャップ

▼ したやつ~ (76, 0.0%)

4 がある, さ 2 があった, なん, に腹帯下帯, を私

1 [60件] か黒猩々みたい, があります, がいる, がおったら, がぐらぐら, がこの, がどんな, が七羽, が何百人, が僕, が床, が教室, が色々, が香菜, だ, だけをひねりつぶし, だそう, だったらもっと, です, ですたすた, でただ, で動物, で右左, で奈良茶, で情知らず, には力, に余醺, のし, はあと, はない, は大, は悪人, は村, は法月弦, は薬, は負け, ばかり人間, まで合わせる, もない, も片, をその, をちょっぴり, をどうか, をまないた, をみそ, を一人, を三拾, を味噌汁, を塩, を夕食, を客, を手料理, を択つて丑松, を毎年, を水浅黄, を炙り, を盛った, を着込ん, を買っ, を追いかけ

▼ した~ (76, 0.0%)

4 いろの 3 です 2 である, のこと

1 [65件] がざくざく, がもう, が五十円位, が本年, が這入つた, だが, てあんたはん, で, でさて, ではどう, でも搜, でやっと, で君, で売飛ばし, で外国, で数ヶ月, で現地, で自分, と一緒, と銀, になり, にも多少, にゃ一ケ月三分の利子, のお, の価値, の入歯, の出し人, の塊, の残り, の毛, の海, の相談, の織物, の苦労, の行方, の鉢, の額, の髪, はいらない, はかくして, はそれ以上, はとう, はやはり, は五左衛門, は五左衞門, は大衆, は持參金, は既に, は現金, も他, も滅茶, も相当, や宝石, や銀, をよこした, を借り倒し, を内, を劇団, を即座, を又, を持っ, を探し, を見付け, を貰つて, を遣り

▼ した証拠~ (75, 0.0%)

4 はない 3 だ, である, になる 2 がある, があるなら取り調べ, が出, だよ, なの, に, もまた

1 [48件] かとも思われました, が, があった, があり, があれ, がござる, がない, がなけれ, が上らない, が無い, じゃろう, だぜ, だと, だといふ, ってもの, であろう, でございましょう, です, ですから, でもある, でも残っ, となり, となる, なり, にはさよう, に是, に深い, に頭, のない, のよう, の判, の貴重, はたしかに, はどこ, は上方, は周, や概念的, をきこう, をその, を与える, を云っ, を持っ, を探す, を掴まなけれ, を現場, を示そう, を見せ, 握ってるもん

▼ したもう~ (74, 0.0%)

85 一人の 3 一つの 2 ものに

1 [56件] あとの, あゝいう, これで, さつきから, さて我子ゆえ, ぞ流れ, たころ, たのに, というの, という次第, という縁起, ところなり, と申す, なあっち, なかれ, なこれ, なそれから, なとてんで, なと慰めたくなる, などと大変, なよ, なッ, なハハ, な度, な江戸ッ児, な混乱, な諸君, のじゃ, のであろう, ひとの, ひとりの, べき場所, べし, べしと, ほどの今, まで中絶, やって来そう, を少し, を辱, 一冊の, 一脚の, 事なり, 五十年配の, 何も, 六時に, 出れば, 君は, 大人に, 学校しも, 故に遠野, 時遺, 有様六十七万石の, 無かれまことに, 皇室の, 神なり, 親愛の

▼ したいい~ (73, 0.0%)

3 気持に 2 かたを, 心持で, 気持ちで, 男だった

1 [62件] うの, お猫さん, かこれ, かたは, ところです, なさいますねん, ようす, ようすで, 争いの, 事と, 人だ, 人ばかり, 人達でした, 人間な, 会であった, 作品を, 健康と, 匂いかぐ, 匂いが, 匂いだった, 匂いの, 句である, 味であった, 声であった, 夜の, 女, 姿を, 子だって, 子です, 容子ね, 寝息が, 度胸だった, 心持だろう, 心持ちの, 心持に, 性質の, 恰好の, 方で, 方でした, 方法を, 日じゃ, 日和が, 時ゃ三百四百も, 気だてを, 気分である, 氣つ, 氣持で, 生活が, 男だ, 男の, 男は, 男江戸前で, 碁風で, 結果を, 表わし方, 言葉が, 記念の, 話です, 足を, 顔を, 香気の, 黄色の

▼ した状態~ (73, 0.0%)

5 にある 4 になっ 3 にあった 2 であった, に置かれ, の中, を言

1 [53件] から工藝, から我, から言っ, から遊離, が次第に, であるだろうか, であると, でうつっ, でなお, ではいけない, では何, で何だか, で保つ, で坐っ, で女, で長い, で降っ, とその, とは異, とアゴ, ながら同時に, などを根, なん, におい, におかれた, におとされ, にまでなった, にまで進ん, に在る, に對, に就, に常に, に比べる, に置かれる, に自分達, のま, のまま, のもと, のよう, の事, の結果, は国, をあら, をいふ, をこね起すべき, をそのまま, を持続, を生き, を男尊女卑, を目撃, を道子, 即ち戰時中, 或は継続

▼ したころ~ (72, 0.0%)

3 はその, は先生

1 [66件] ある夜, からいわゆる, からのこと, から大, から数える, から春一, から預けられ, この愛, たちまち物, だった, だわ, で, であった, です, で当時, で折角, ときどきお, に, にできた, になっ, になつて, にはこんな, にはロシヤ, には世界, には先生自身, には南都, には喧嘩, には恩師上田万年先生, には組, には義士, にもう, に思い, に書かれた, に細君, のこと, のよう, の制作, の前後, の夏, の年輩, の彼, の心, の昔, の木曾路, の深い, の父, の練塀小路, の賢三郎, はそんな, はちょうど, はにはかな夕立, は反対論者, は散在, は最早, は末子, は碌, は粉雪, は酒屋, までである, までの人々, もあり, もつづい, よくお, を見はからい, 最早この, 生まれた子

▼ したどう~ (72, 0.0%)

49 した 4 したと 3 したえ, した何

1 [13件] いふ出来事, いふ形, いふ種類, したあわただしい, したこども, したまだ, したよ, したん, した云うて, した大, にもならない, ぶつたちの, 見ても

▼ した~ (72, 0.0%)

3 か起こった 2 うして, にもつけない

1 [65件] うだ床間, うも実に, うも然し, う不利, か, かえげつない, かがあんなに, かが押し出され, かが階上, かであった, かでしょう, かなの, かの包み, かの卵, かの影, かの御, かの政界, かの機械, かの犯罪, かの社会形態, かより高い, かを期待, か不審, か事件, か事務員, か大きい, か強い, か怖い, か新しい, か昼, か無限, か特殊, か証, があつ, がある, が残らう, が残ろう, じゃい, だ, でもない, でもひと, でも焼きつくす燃える, といっ, とでつかい, ともいわれず, とも云, とも云え, とも言いよう, とも言えぬ, にも手掛り, の事, の意味, の手, の月, の気分, の疑, の疑い, の花, もない, も彼, をし, をした, をそんなにきょときょと, を云われ, を鬱い

▼ した日本~ (72, 0.0%)

2 の作家, の女, の政府, の新, の旅客, の植物志, はその

1 [58件] である, でこれ, での最初, ではありました, ではなかっ, で最初, としては文人, として最後, となつ, と呂宋, に平和擁護, に於, のまじめ, のピアニスト川辺みさ子, のプリマドンナ, のモースーメさん, の一部, の上流階級, の住民, の力, の土木建築家, の天才的, の妻たち, の姿, の子供, の封建的, の屋根, の或, の新劇史, の明治政府, の映画, の最近二十五ヵ年間, の武道使節, の歴史, の水夫五人, の洋楽愛好家, の漢詩, の無産者, の社会, の社会再建, の絹商, の經濟, の美しい, の船乘たち, の芸術家, の言論, の軍事力, の部屋, の降伏申し入れ, の非道, の音楽, はどういう, はファシズム, は青島, ほど実は, を, を横斷, を沃土

▼ した精神~ (72, 0.0%)

3 の状態 2 が意識, の健康, の象徴, をもっ, をもつ

1 [59件] からは抜け去つ, がある, がすでに, がなく, が一度, が否定, が殘つて, が白熱, だけがひとり知識階級, であった, である狩太農場民, で叫びつづけ, で社会問題, という言葉, といふもの, とも違い, と今, と其の, と天真, と肉体, と行動, にとっては, にはある, には豐, に立っ, の人々, の力づよい生きもの, の印象, の嗜好, の型, の広野, の排泄作用, の支え, の活動, の源, の火花, の生活, の籠つた, の精髄, の落着き, の表現, の連結作用, の鎧, はそのまま, はそれ, は今日, は体躯, は全く, は張りつめた, は果して, をあらゆる, を働かせ, を必要, を抱い, を有し, を素直, を統一, を述べ, を集める

▼ したよりも~ (71, 0.0%)

5 遥かに 4 遙かに 2 はるかに

1 [60件] あとの, いっそうあたり, かなり古く, こたえが, さびしい寒村, すべての, ずっとおだやか, ずっと多く, ずっと多額, ずっと急速, ずっと落ち着い, なんらよき, びっくりし, もっと人間, もっと大きな, もっと少なく, もっと責任, ヨリ以上世間の, 一寸ほど, 一層立ち入った, 一般からの, 世間並過ぎ上手過ぎ, 以上に, 以上の, 低い出生率, 何時と, 元気が, 出京, 力づけられた, 効果の, 嚴重に, 多くの, 大きかった, 女や, 尚以前, 平凡だ, 平凡な, 強い懐かしさ, 早く快方, 早く雨, 更に, 更に古い, 更に高価, 最も悲惨, 次の, 永くかかった, 深く愕, 潤いの, 目に, 破壊した, 私の, 縦に, 繁昌した, 胸が, 若くて, 賢く立派, 近い所, 酒井という, 重大な, 長くまばたき

▼ した長い~ (71, 0.0%)

2 指を, 期間が, 沈黙が, 髪を, 髮を

1 [61件] からだ, しつぽ, すが, なじみで, のが, ものが, ものを, 一本道を, 一瞥を, 交渉を, 刀の, 副詞句が, 反りを, 口吻を, 吐息を, 大きなかま, 太刀を, 家裏の, 小説が, 山脈を, 布で, 帯が, 年月が, 廊下を, 廻廊が, 形の, 影を, 後に, 愁いも, 手紙で, 木の, 木下闇へ, 板橋を, 柵が, 物語が, 畑を, 疲れは, 白地の, 白髯を, 紙片だつた, 脚の, 脛に, 腕で, 腕を, 自分の, 蛙釣りの, 襟足を, 足で, 足まっ黒な, 連続を, 道を, 電文を, 静かな, 面が, 馬場を, 體を, 髪に, 髪の毛が, 髪の毛に, 髪は, 髯を

▼ した~ (71, 0.0%)

2 のけの, の上

1 [67件] からは濃い, から横顔, が, があった, がところどころ, がのぞい, がほどけ, がまじつて, が似合っ, が女, が帽子, が見つからなかった, で半ば, とを見た, と隆, などをたま, になっ, にはよく, にも白い, にわすれ, に半ば, に挿し, に櫛, に浅黒い, に縁, に酒, の匂い, の姿, の影, の感触, の長, の間, の風情, はまだそのまま, は少し, は櫛, は殆ど川, は霧, ぴんとはねあがった, も乱れた, も男, やむっちり, よく傾げ, をうしろ, をかぶった, をきれい, をし, をなだらか, をひつけ, をわざと, をキチン, を一絲亂, を七三, を俄, を持ち, を持っ, を持った, を束ね, を無, を無造作, を男, を耳許, を背中, を被り, を貝殻形, を銀杏返し, 出張った頬骨

▼ したたり~ (70, 0.0%)

12 落ちて 9 落ちた 2 落ちる, 落ちる水, 落ちる雫

1 [43件] いずかた, おちた, おちたため, おちて, おちなかった, おちる雨粒, おちる音, こぼれて, これあり, したたる櫂, しとどぬれたる, まるで油坊主, や, 出た, 出て, 双方の, 口許も, 吹きかかり, 地を, 地面に, 止まぬ日, 死人の, 流れて, 添ひ, 目には, 目は, 秋の, 縫いぐるみの, 落ちたの, 落ちたほど, 落ちたん, 落ちました, 落ちるあたり, 落ちるかすか, 落ちるくらいに, 落ちる右腕, 落ちる月, 落ちる涙, 落ちる雪どけ水, 落つる言葉, 薫ずるを, 血上っ, 集って

▼ した~ (70, 0.0%)

122 このおら

1 [56件] おらと, おれを, お爺はん, がめだった, がめであった, がれの, こいつは, こんな所, すみ松合戦の, せいぜいあご, そうよ, その足, ちきつ, ひょっとしたら俺, ま白い, アお母さん他の, アお爺さんおい爺さんもう宜, アこの, アと, アサイゴンと, ア先へ, ア蒲焼に, オイ巡視だ, ッ, ッす, ツす, トこう, ト斯う, ヤイ丈助という, 不忠の, 世間の, 丙種に, 今のは, 何だつた, 何所かの, 使者は, 倉橋君は, 免すめえ, 口惜しい, 右内や, 喧嘩を, 夜叉権の, 折角いい, 杉村, 殺して, 汝は, 男を, 百姓なる, 約束の, 西洋人なら, 覚えて, 贓物を, 足利ばかりの, 酒屋という, 野郎共娘を, 隣近所一軒毎役にや

▼ した新しい~ (70, 0.0%)

1 [70件] こと珍しい, ものばかり, ステップは, ソヴェト作家たちの, 一つの, 一個の, 世界を, 予測と, 人々には, 人間像を, 倫理を, 力を, 勢力の, 古を, 名称を, 四目垣の, 因縁を, 国文調の, 地図は, 売淫制度でも, 失敗から, 契約を, 存在と, 役者の, 愛を, 或る, 支配地の, 政治様式の, 文学の, 旅の, 普請であった, 植物に, 様式は, 武器に, 民主日本の, 民族が, 気分に, 浪漫派の, 清鮮な, 演劇運動といふ, 特許コーヒー挽き, 犯人否定説や, 生気を, 生活を, 生活様式と, 画から, 画境と, 癌の, 石碑が, 磁石を, 社会と, 祝詞を, 背広を, 興味を以て, 苦しみに, 茂兵衛が, 菜を, 葉が, 葉との, 袷十手を, 試みかと, 試みに, 試みにも, 詩を, 講堂風の, 都市を, 錦紗の, 雪の, 魅力を, 魚が

▼ した印象~ (69, 0.0%)

7 を与える 4 を残し 3 となっ 2 のない, はない, を分析

1 [49件] からその, から云っ, から私一個, か何, がそのまま, がよみがえっ, が一つ, が残つて, が甦り, が私, が脳中, だ, ってもん, であった, であるが, でした, でないから, でジェネ, としてのこった, として読者, と結びつけ, になっ, による, のなか, の回旋そのもの, の深い, の追跡, はこの, はなかつた, は新しい, は残っ, は私達, もある, もない, より外, をあたえ, をうけ, をのこさなかった, を与えない, を与えられた, を与へ, を与へる, を今日, を建物全体, を我々, を残す, を現, を目, を見る

▼ した~ (69, 0.0%)

11 の上 3 を見 2 の単調

1 [53件] から父, があった, がうらうら, が波打っ, が見え, が見えた, が見渡されました, が開け, その海, だと, であったそう, でなく湾, とその, と港, なので, なん, にせよ, には港口, には白帆, にむかつ, に沿う, に無, に若鮎, に行つて, のうへを走, のこと, の中, の向う, の四周, の巨大, の底, の悪魔, の感情, の景色, の水, の生活, の男, の繪, の豪華船クイーン・メリー号, の躍る, の遙, の遠, へもどっ, へ出, ほほづき, も一部, を恨む, を控え, を渡らなけれ, を眺める, を見た, を越え, を駛

▼ した揚句~ (68, 0.0%)

5 の果 4 でなければ 2 である, とうとう去年, の果て

1 [53件] が橋, これから新潟, その儘周子, それとなく匂わせ, たうとう, だったし, ついにそれ, ついにショーモン, であ, であった為, で偽名, とう, とうとうそいつ, とうとう雨戸, ともあれ十リットル, なので, にいよいよ, にどこ, にはね, にまた, にやっとこ, にやつ, にワッ, に土, に巴里, に折角, に正木博士, に空腹, に自分, に遠く, に都市内, のこと, のところ, のもの, の三八, の事, の堅気, は益々, やっと一割引, やり切れなくなっ, 一度出家, 少しどうかし, 帰る時, 往々に, 御金藏, 忍び込んだが, 思い出したの, 思ひも, 或る, 漸くここ, 漸く母, 遂に窓硝子, 間もなく首

▼ した~ (67, 0.0%)

4 のある 2 の三つ, の入れ, を持っ

1 [57件] があっ, があつ, がとても, が存在, が張り, が必要, が感じられました, が感じられる, が溢れ, が籠っ, が認められた, こめた作物, つまり微笑, である, ではない, で盛り, となり, とになる, とは水, とハッキリ, と活動, と秩序, に依つ, に支配, のない, のむら, のめりはり, のもと, のわく, の上, の合理的, の溢れ, の脈搏, の調和, の跡, の闇, は, は何, は平安, は爆発, は遊女, もあった, をかんずる, をこめ, をもっ, を以てこれから, を信じ, を備えた, を失っ, を引き出す, を張りつづけ, を恢復, を感じた, を有する, を湛えた, を現し, を耳

▼ した問題~ (67, 0.0%)

2 であつ, である, はこの

1 [61件] から隔離, がもと, が不意, が取り, が如何なる, が本来, が横たわっ, が私, が自分, が起つた, だ, であった, でありました, であり数万数億, であると, である事, でたつた, でない, でなくなって, ではない, ではなかっ, ではなく, でもありません, で昨日, というもの, とされ, として取あつかえ, として取りあげられるであらう, として得, となり, となるべき, とは何, などはもとより, なの, なん, にし, にとらわれ, になつ, になる, にみち, に対して感想, に襲, に襲われ, に触れ初める, に逢着, のその, の性質, の意味, の最も, の環, はその, は先生, は分裂, は支那, は現代, を他, を全く, を処理, を定めよう, を最後的, を解明

▼ した~ (67, 0.0%)

2 です, のこと

1 [63件] あるいは簡便, かも知れない, がどれ, がタッタ一円, が一般, が出来たら, が出版, が幾段, だ, だったの, だと, であった, であるから, でしたそういう, ではなく, で元, というの, といふもの, とは違っ, と作家, と買い得, になり, にまとめましょう, に一一何冊目, のなか, の上, の作者, の売上げ, の届い, の心持, の焼き直しだ, の目録, の着く, はこれ, はさ, はない, はみんな別, は手入, は是, は普通, は祖母, は讀みこなす, もある, もよめず, も出し, も筆記, や雑誌, をいつ, を何, を作りました, を出版, を差入れ, を持っ, を書い, を私, を置い, を落し, 即ち著録本, 居宣長その, 縁, 縁を, 藩の, 體である

▼ した~ (67, 0.0%)

8 の中 4 があっ, のなか 3 が見え 2 があった, がある

1 [44件] があつ, があり, がありまし, がありました, がいくつ, がことごとく, が三輪山あたり, が折り重なり, が生, が見えた, が見えます, つ, である, でございます, で小径, とそれから, と森, にこだま, にその, に取り巻かれ, に向っ, に囲まれ, に気, のあいだ, のうち, のよう, の下, の古老達, の向う, の士卒, の奥, の女, の木立, の美し, の茂っ, の酒場, の隙間, はある, へ出た, や丘, をなし, を左, を持った, を通りぬける

▼ した一種~ (66, 0.0%)

2 の偏見

1 [64件] に過ぎぬ, のあられ, のアトモスフェア, のシニツク, のヒューマニズム, のファッショ的傾向, のリーマン的表面, の働き, の創作, の匂い, の叙事的, の味, の和洋折衷, の商品受領証, の器械的, の型, の天啓, の専門雑誌, の巻き貝, の幻覚錯覚, の庭, の建白書, の張りきった, の当て込み, の復讐心, の微笑, の快感, の恐怖心, の恐怖的, の愛嬌, の感情, の手品, の才蔵, の政略宣伝, の数学論, の新, の殺気, の気分, の気後れ, の気掛り, の気韻, の気風, の洒落気, の海藻, の潤, の物思い, の痴呆患者, の短い, の秘密, の紙, の自然発火的自爆作用, の臭味, の要素, の覚書, の譲歩, の象徴詩, の責任感, の踏み, の軽やかさ, の遊戯行動, の関係, の雑色, の高原, 異樣

▼ した~ (66, 0.0%)

4 の夢 3 の抜けた 2 から穏, にこの

1 [55件] かどこ, からすみれ, からひとり, から一, から場所, があった, ちが, であると, なの, にあ, にこれ, にたまった, にどういう, にのそのそ, には或は, には遊び, にもう, にも夏, にも様々, にスッカリ色, に余韻, に勘亭流, に十二歳, に奴, に彼, に手紙, に斬つた, に根, に烏瓜, に特に, に発する, に眞正面, に種々, に置, に見た, に謂, に配給, に飛散, に鶴見, のこと, のもう, の山, の悪, の惡さ, の片々, の生, の食物, はまだ, は愛, も亦, を仄, を作つた, を流れた, を縦横, 互に艱難

▼ した顔付~ (65, 0.0%)

7 をし 4 だった 3 になっ 2 で, になった

1 [47件] からある, であった, でいた, でいっ, でそのまま, でそれから, でまた, でまだ, でやって来, で三味線, で云った, で今井, で何処, で台所, で呟いた, で外, で妾, で家, で恭しく, で手, で母, で清川, で眼, で立っ, で答えた, で網棚, で聴いた, で良人, で言つたの, で返事, で金網, で静か, で黙り込んだ, になり, にになっ, に多少, のなか, の奥, へ久保田さん, や狡, をした, をする, をつく, を想像, を眺める, を見, を見る

▼ したなり~ (64, 0.0%)

2 先に, 黙って

1 [60件] いつもただ, さつ, しばらくは, その人, その大兵, だが, ぢつと, でお前, でその, でつか, で亭主, で倉知さん, で出, で唇, で寝たふり, で少し, で決して, で煙, で逃げ行く侍たち, で雪, で高座, とうとう子規, ときどき顔色, のふとった, の女, はと笑い, は酷い, また眼, やんちゃな, ゲルダを, 一日経つ, 一日經つ, 不相変静か, 二三メエトル隔たった, 二三メエトル隔つた向うに, 休んで, 口も, 失望した, 容易に, 寐て, 寝入って, 席に, 心おさなく, 懇切と, 打ちやって, 振りむきも, 滅多に, 澄まして, 立ちどまって, 立って, 腹立たしげ, 自分は, 行きすぎた, 襖を, 言葉を, 話を, 近日中の, 逐電した, 電車中の, 黙つて部屋

▼ した~ (64, 0.0%)

6 てん 53 ていうの, ていうん 2 ていいます, てしかた, てそんな, てどう, て宜, て言う

1 [35件] けネ, さ, た一目, てあなた, てあんな, ていうじゃない, ていうよう, ていうんだい二人, ていう話, ていけない, てこんな, てそば, てそれぁ無理, てひとり, ても何様, てわけ, てんでえ, て一廉, て一様, て事, て云う, て仕様, て何時おれ, て噂, て始まらない, て姐, て家, て平気, て月三十五円, て死んだ, て病気, て逃がしゃ, 何だッ, 放しで, 早く開けろ

▼ した婦人~ (64, 0.0%)

3 であった 2 がその, であること, にこんな

1 [55件] から一つ, があった, があります, がいた, がつい, がふと, がやつ, が三, が乘つて, が二人, が可愛い, が少く, が居る, が弟, が白い, が自分, が自然, が行う, が酒樽, しかも最初, だったらしくこんな, であったらしい, であったらばこそ, ではなく, で淡い, で滅多に, と二十六, と婚約, と背, に会った, に出逢いました, のかた, のやう, の一人, の人相, の労働服, の勢力, の半身, の姿, の暗示, の流行服装, の経済的援助, の身体, の身許, はその, は己, は東京, は比較的, は選挙, までがなまじっか, も見える, を店, を暗く, を知っ, を見付出した

▼ した~ (64, 0.0%)

42 とう, にとうとう, にやつ, に一緒, よく遊び

1 [50件] がこの, がこんな, が旅順, この若松屋, でやつ, とうとう行く, とにかく日本, どうやら一命, にうんだ, にこの, にそれとなく, にどうも, にやっと, にようやく, にわたし, にスケツチ板, にファッショ, にレコード, に久保正三, に二人, に先園芸, に半分, に小, に或, に政治犯四名, に日本, に本堂, に源氏, に源蔵, に百, に考え, に茲, に買った, に賀川市長, に越智, に逐, に遂に, の妹, の息子, の方, の言葉, は浪人, ふと老人, やっぱし俺等, やはり何事, 又もや医学, 向ふ, 思ひきつ, 漸く自白, 遂に新橋

▼ した美し~ (64, 0.0%)

17 さを 11 さは 8 さが 4 さで, さの 3 さだ, さであった, さに

1 [11件] さがた, ささえも, さだけに, さだった, さだつた, さである, さという, さなど, さばかりを, さも, さ実った

▼ した~ (64, 0.0%)

93 へを持つ 2 である, を持っ, を有っ

1 [46件] が作者, だが, であります, と謂, になつ, に耽った, の調和, はありませぬ, へから出た, へから夏祓, へがたつた, へがひ, へが事実, へが何処, へが嵐, へが私, へが起る, へが過ち, へが醇化, へしか持つ, へすらひらり, へである, へでやつ, へで俳句, へで身体, へにもあらざるべし, へに対して責任, へに対する自信, へに立つ, へに落ちこむ, へに落ちた, へに襲, へのあつ, へのうち, への型, への見える, へはまだ, へも出, へをもつ, へ第, もない, を何, を堅持, を懷, を持つ, 深さうに首

▼ したには~ (63, 0.0%)

7 相違ない 6 したが 4 違いない 2 したの, 住民が

1 [42件] さすがに, したけれど, したそう, しましたがねえ, すこし風, ずりおちないよう, ちがいない, つぶし島田に, ふっくらした, 一日も, 不思議な, 二間ほどの, 以上の, 別に来歴, 吃驚なり, 困ったな, 尠から, 左手にあたって, 広重の, 意味が, 理由は, 皆彼等の, 相當以上, 眞野が, 秋海棠の, 種々の, 笑ふべき, 腹が, 自ずから淵源, 違いございません, 違いなかった, 違いなかったろう, 違い無い, 違ない, 違ひない, 違ひなかつた, 長い歴史, 限らずあるいは, 面白い話, 駒井の, 驚ろいた, 點した

▼ した~ (63, 0.0%)

4 うだつた 32 つてあやまる

1 [54件] あの時, あんたさんら, おれが, ぐず, ここから, この受付, この春, これからは, これは, こんどは, こんなこと, さに, さは, しなれど, ずるい微笑, その中, それからは, それぢや, そんでも, たいへんだ, だがわし, だってあんまり, だってどう, つてでなければ, どうしたろう, どうだい, なんにも, ふな, まじりっけの, まア見る, もういま, アレクサンドル, ジャズ熱に, ハヽヽヽヽ, 二年は, 他人の, 但しそういう, 何う, 何しろ若く, 何んです, 僕のは, 勝や, 博士は, 女が, 屋敷奉公を, 明日の, 油断さえ, 畜生めが, 私だ, 若い獅子, 蜂矢君, 青木の, 饗庭さん早く, 魔物の

▼ した氣持~ (63, 0.0%)

6 になつて 3 だつた, になつ 2 で見, のいい

1 [47件] が消え, が私, が表面, たあ, だつたが, だつたけれど, であおむけ, であらためて, でいました, でお, では渡つて, でもあつ, でゐる, でゐるらし, で人, で塀, で彼, で感じた, で櫂, で歩いてる, で考へ, で見送, で見遣り, で警官, で過し, で隣室, で頭, になつて云, になつて家, になり, になりかけた, になれた, になれない, にもさせられた, に乘, に息づき, に浸, のうち, のうち乘, のもの, はもつ, は悲痛, をもん, を依怙地, を彼, を經驗, を鎭め

▼ した老人~ (63, 0.0%)

3 でした 2 がい, である, は一目

1 [54件] からこんな, が, がおいおい, がどこ, がめがね越し, が一人, が來, が凝, が噴水, が実に沢山, が悲しくこく, が格子戸, が池田, が網, が腕, だから, だった, であったから, である監視長, でいつも, です, ですが, で一人, で何, で自分, というの, と若者, などとも同じ, などもわっ, に会った, に聞いた, の体格, の声, の夕刊, の姿, の山番, の精神, の血, の話, の貧しい, の静か, の魚売, はまだ, は汗ばんだ, は知っ, も石見守, らしい人物, をみ, をもっ, を喜ばせる, を廊下, を後, を数人, を旅客

▼ した~ (63, 0.0%)

2 篇の, 肩に

1 [59件] テーマ, ブルジョア国に, 事情が, 企業は, 作品には, 作家の, 俳人凡兆丈艸惟然等は, 傾向それぞれに, 元素を, 党派の, 公衆でしか, 円の, 分科を, 友と, 問題について, 国民の, 國に, 國の, 地方からの, 士たちの, 外国の, 外國國家の, 学者であった, 宗派の, 官吏への, 官庁は, 宝の, 将で, 将の, 将も, 将や, 将軍によって, 将軍は, 市府の, 文化国が, 方法が, 書を, 有司の, 材料の, 機能を, 浪人の, 淵没後を, 理論は, 社を, 神は, 科学の, 範疇其の, 葛孔明が, 藩の, 要素の, 規定によって, 論據の, 論策を, 貨物に, 都市は, 関係その, 関係との, 關係は, 雑誌の

▼ しただけでも~ (62, 0.0%)

2 多少の

1 [60件] あの洗い髪, おかしいで, おぼえて, この事件, この作, これは, すぐに, すぐわかる, すばらしい収穫, それは, たいへんな, どんなに罪, もう狐光老, よくわかる, よすぎる, われわれの, 一目瞭然であろう, 両方の, 中学生の, 二三万には, 五人や, 何だかむせ, 何となく彼, 俺の, 優に, 冬なんぞの, 分るですが, 十分に, 喧嘩の, 外気が, 天下は, 容易な, 寂しくな, 差支えないの, 後じさり, 御奉行所, 心痛む, 忌わしい感じ, 怒るの, 或る, 攘夷祈願の, 新を, 新旧百幾通りも, 既に以, 桂子に, 死んだ父, 気持の, 熱情的な, 牢獄の, 私ぞっと, 窒息し, 芥川龍之介の, 詩的だ, 身が, 輕く, 近い将来, 重大な, 風儀は, 驚くべきであろう, 髣髴として

▼ した事情~ (62, 0.0%)

8 の下

1 [54件] かちっとも, かと訊い, かよく, から思ふ, か梅子, があった, がある, があるらしい, がひそん, が分る, が有, が潜ん, が無けれ, であったか, である, でか, ですかな, で親しく, で連判, というもの, とそれ, なの, について大亀, について私, にまけ, に在る, に幾分, に於, に酷似, のため, のまま, の一つ, の上, はかなり, はまつたく, はようやく, は下名ら, は不明, は労働, は岩見, は明治, は色々, は都合, ばかりかえって, もあった, もお互い, をあれこれ, をしらべ, を参考, を掻い摘まん, を考慮, を話す, を談, を逐一

▼ した形跡~ (62, 0.0%)

9 がない 4 のある 3 がある, はない, もなく 2 があった, が残っ, のあった, もない

1 [32件] があつ, があり, があります, がここ, がなかっ, が十分, が少し, が歴然, が無い, が見えた, が見える, が読まれる, しか残っ, だになく, なくしかも, など少し, のない, の有無, の発見, はある, は全く, は全然, は勿論, は否めない, は少し, は更に, は無い, は疑うべく, は絶対, も充分, も明, を見

▼ した文章~ (62, 0.0%)

4 を書い 3 である 2 として完成, によって日本, を書いた, を眺める

1 [47件] があつ, があり, がだから, がない, が出ずじ, が出た, が出よう, が新た, が読め, じゃない, だらう, であったから, であらう, でも仁義忠孝, でも江口, でよん, で書き, で知つて, となり, なの, にも入道, に涙, に足, のなか, の冒頭, の新味, の示す, の鮮明, は今日, は散文, は有り, もある, もこの, も同じ, や刊行物, をこ, をとおし, をば手, を公, を受けね, を寄せました, を略, を発表, を誇, を読む, を読ん, を起稿

▼ した眼つき~ (62, 0.0%)

9 をし 5 の男 4 でその 2 で女, にどことなく, になっ, をした

1 [36件] が如何にも, だ, で, である, でそこ, でなにか, でイヴォンヌさん, でヴェラ・ケンペル, で僕, で北村, で夫人, で彼, で敵手, で栄二, で横, で治子, で皆, で眺め, で眺め過ぎる, で私, で窓, で素子, で耳, で自分, で藤波, で首, で黙っ, なので, にかへり, になる, にはた, のうち, の明るく, の老人, の親爺, を持ち

▼ した~ (62, 0.0%)

2 御良人がい

1 [60件] があり, がある, がこれ, がわい, が同, が同じ, が少く, が支那, そのうち某君, その患者, だつた, だつたが, だとは, だらう, だ何れ, であつ, でありますが, である, であるかと, であると, である而, でそんなに, ではそんな, では自分, でも他, で一體歌よみ, で俺, で働きたい, で凡て, で別に, で到底, で勘次, で四五日分, で多, で夫, で年配, で庖丁, で投げられ, で生, で行, で近所, などもある, なので, にこの, にでも出, には生, にフランシス, に存せね, に指, に精神生活, のもの, の著述, はさつき瀑, は前, は恐らくは, へ浮び出た, や拔道, より餘, を見ます, 近頃神田

▼ した連中~ (62, 0.0%)

3 である 2 が, だ, の中

1 [53件] かな, からざま, があった, があります, がかけ合い, がポツポツ, が事件, が料理店, が相当, が置かれ, が訳, だから, だつたわけ, だな, であったらしい, であって, ではなかっ, とグル, と一応, なぞと, なはず, に云, のこと, のなか, の歓声, の残した, の為, の間, は, はあまり, はきまつ, はげらげら, はさう云っ, はすべてあちらこちら, はそう, はその, は何, は国際市場, は絶滅, は聲, は遠く, ばかりが残っ, ばかりで, ばかりであった, へ配つた, までが遂に, も以前, も公私共, も時非, を奢る, を招待, を調べ, を連れ

▼ した~ (61, 0.0%)

5 の中 2 があっ, が刻々, だ, で何日, のなか, の奥

1 [44件] がある, が二つ, が必ず, が欲しい, である, でなんにも, ではそれ, で中国, で男, で赫々, にいる, にこれ, にすさまじく, にひろ子, にふくよか, にも何處, に一人, に入れられた, に向い, に居のこり, に残っ, に白木, に自分, に藁, に通され, の一方, の内, の前, の夜気, の天井, の患者無し, の熱, の真中, の突き当り, の窓, の裏, の隅, の雰囲気, の面積, は二階, や綺麗, らしい, を持っ, を通った

▼ した~ (61, 0.0%)

11 の名 3 の御 2 の子

1 [45件] がだんだん, がはだかで, だと, であつ, です, ではない, で秦氏, とならぬ, と云, と云つて, と別れる, と考へ, なの, なるが, に代っ, に向かっ, に心から, に扮, のしろい, のため, のよう, の例, の動作, の国, の國, の旅, の標野, の為, の物語った, の物語つた叙事詩, の矢, の考え方, の考へ, の観念, は各自, は火, は非常, は香具山, もやはり, やら訣ら, を祀る, を祭り, 並びに巫女, 及び伴神, 或は多方面

▼ した~ (61, 0.0%)

2 である, の上, の姿, を突

1 [53件] が, がさいた, が供えられ, が六つ, が咲い, が散っ, が柔かい, が群がり, が落ち, が見え, だ, だから, だの春, であると, でかつ, でこれ, でその, でそれで, でも机, で一向に, で辛抱, とそれ, とはちょっと, と云, などを作っ, には騒ぐ, に咲き戻っ, に逃げられる, のやう, の一つ二つ, の枝, の色, の証言, はいいました, は其の, は非常, は鼠色, もある, もあれ, やら人間, や鳥, をあつめ, をながめ, をながめました, をもっ, をもった, を人助け, を手, を指さ, を捨てかねる, を採つ, を本もの, を自分

▼ した~ (61, 0.0%)

2 を停めました, を思わず, 取で

1 [55件] があちこち, がたくさん, が入口, が性急, が泣いとる, だから, でついて行った, でつっ立ち, で以, で出口, で賭場, で踊る, で蹴る, で雀, とをもっ, におどろいた, に踏みつけられた, のう, のさばき, のわるい, の指頭, の甲, の短い, はやわらかく, は益々, ばかりが燈, もお里, も歩き出した, や手, をくいとめ, をしずか, をそれ, をそろえ, をとめた, をひきずり上げる, をもっ, を伸ばした, を出し, を引摺, を引返し, を思はず踏み止めた, を投げ出し, を盥, を見た, を観察, を踏みしめ, を退い, 取が, 取であった, 取でこっち, 取でその, 取でゆ, 取で三田, 取で仕事, 取で町

▼ した面持~ (61, 0.0%)

52 であった, で島民巡警, になっ, をし

1 [48件] だったが, である, でささやき, でじっと, でじぶん, でせき立てました, でそこ, でそれ, でそんな, ではいっ, でコンフェッチ, でチョコチョコ, で一つ, で仲仕, で併, で僕, で凝, で勝利者, で同僚, で坐っ, で外, で奉行所, で姉, で山田, で帰っ, で引っ返した, で微笑, で怪訝そう, で敬礼, で森口, で泥舟, で疲れはてた, で私, で竿, で笹田執事, で蒼い, で躊躇, で近づい, で隊長, で露子, で鞴, で駈け遅れ, になった, になつ, になつて云, ののち, のまま罫紙, を見せた

▼ した~ (60, 0.0%)

2 のこと, の罪, を父, を見た

1 [52件] からいろいろ, から将来, が, がせめて, がそこ, がまだ, が側, が白い, が養子, そのままの, だつた, であったから, と兄, と共に奈良井, と孤独, と母, に対して執拗, に従ってその, のよう, の代り, の冤, の可笑し, の大きい, の妹, の姿, の子, の定め, の帰り, の怨, の惻々, の愛情, の方, の気持, の潔癖, の訓, の首級, の骨, はこういう, はこの, はそれ, はもうこ, は哈爾賓, は殆, は渋面一杯鯉, は過去六十九年間, は隨分酒癖, も和尚年來, も母, をあわれむ, を思, を救, を見舞い

▼ した~ (60, 0.0%)

6 の上 3 の像 2 の階段

1 [49件] があった, がある, がその, がなく, が一番, が一面, が敷い, が生き物, が神島, が立っ, であるが, ですから, でもよい, という, とか木乃伊, となった, とは限らぬ, と石, にその, になる, に結びつけ, に蹴, のよう, の圓柱, の堆積, の塊, の壁, の小, の手すり, の欄干, の欄干寄り, の玉, の筋骨, の組み様, の翼, の路, の部屋, の間, の鳥居, ばかりだった, ばかりになっ, をおろしはじめた, をつたっ, を二人, を敷いた, を眺め, を落す, を見た, 築き土塀

▼ したふう~ (59, 0.0%)

3 をし, を見せ 2 だったが, で

1 [49件] が何, じゃない, だった, であつ, である, でいった, でしばらく, です, ですが, でも, で両手, で付ききり, で保護者, で前足, で十歳, で唐紙, で寄り, で機械的, で泣きながら, で聴い, で葉子, で言った, で言って, で話す, で買い手, で遠く, で頭, にいっ, にうなずき, にお, におなり, にし, にそれ, になっ, に一條, に木, に香つて來, のもの, の見えた, の見える, もせず, もない, も見せた, やあまりに, をお, をした, をする, を装い, を見せなかった

▼ した~ (59, 0.0%)

11 の上 3 の下 2 のぬめり, の根

1 [41件] かどが, から三時間, があり, がうずくまっ, がつき立つ, が垂氷, が押し重っ, が根道, が牛, が立っ, が鎖, でできた, なので, のうえ, のこれ程, のため, のところ, のよう, のドーム, の割れ目, の名, の壁, の姿, の崖, の急斜面, の裂けめ, の角, の道, の部分, の間, の面, はその, はだ, は洪水, ばかりだ, ばかりで, ばかりです, ばかりの海底, みたよう, や洞穴, を見つけ

▼ した時分~ (59, 0.0%)

32 になる, にはもう, にもう, に或

1 [48件] ある朝, からである, からでした, から屡々, から第三者, その標品, ついそこ, つまりかれ, でそういう, とは誠に, どうかし, にあった, にでも不意, にはすでに, にはせっかく, にはただ, にはなんだか, には一, には世間, には代表者以外, には先生, には彼女, にも同じ, にも貧乏人, によ小田原, にテンパン, に急, に日本, に歩み, に自ら自分, に首, のおれ, の事, の京都, の当時, の泡鳴, の話, はこれ程, はさ, はもう, は大, は嬉しく, は彼女, は貴方, またコツコツ, よあたし, よく私ども, 教えた生徒

▼ した~ (59, 0.0%)

2 が一筋, であつ, のその, を歩い

1 [51件] があっ, がその, がつづい, が星明り, だった, である, であろう, です, でその, ではあります, ながら往來, には石坂洋次郎, に差し, に進む, のうえ, のずつと下, のまん中, のよう, の懷, の無聊, の片側, の長い, はつとめ, はぬかるみ, はメキシコ人, は出, は幾多, は私, へ出た, らしいもの, らしく思われるが, をきりぎりす, をはさん, をよじ, をズンズン, を下, を取らなけれ, を息, を投捨て, を揺られ, を新しく, を曲げ, を決める, を海, を示され, を私たち, を移住, を行く, を踏みしめ, を踏ん, を通っ

▼ した今日~ (58, 0.0%)

4 に於 2 から見れ, が何事, では現在, の状態

1 [46件] あのよう, から翻っ, この同志社, こんなこと, その時, ではもはや, ではソビエト同盟, でもこういう, でもなお, でも或は, という日, といへ, においては大きな, においては性格, において充分理想通り, になっ, になる, に俄然, に到っ, に於い, に至っ, に至る, の, のこと, のランカシアー, の人間, の唯物論, の新しい, の方々, の日, の時代, の段階, の治療方式, の現象, の眼, の社会事情, の私, の贅澤, はさらに, は主客, は当日, は畦草, までの庭, までもまだ, ハッキリ答, 迄の有数

▼ した少年~ (58, 0.0%)

2 がこれ, がひとり, であったが, の顔

1 [50件] があった, があらわれた, が一生懸命, が塀, が陰険, が鼠谷仙四郎君, だが, だったとは, だつた私, であった, である, でした, ですから, でその, で漢学, とが乗っ, とつれ立っ, となりました, との間, と一緒, なぞは手, にわし, に一人, に取っ, に声, のうち, のこと, のもつ, の古典欲, の大理石像, の学生, の心, の日, の溺死体, の爪, の言葉, の身体, の金髪, はしかし, は下村, は必ず, は思わず, は質素, ばかりで, ぽい顔, も今, も居た, も明智, を半殺し, を拷問虐殺

▼ した~ (58, 0.0%)

3 の言葉, の顔 2 お民, に対する一種, の声, を憶, を持つた, を見, を離れ

1 [38件] おすみ, がいつ, がその, が亡くなった, が堤, が子, が後ろ向き, だらうか, である自分, ではない, として見たら, とともに小さな, と二人, と子, と息子方, に伝染, に少年, に秘密, に親類, のこと, の乳房, の姿, の手つき, の手紙, の美し, の肢体, の血相, の語気, はお, はすぐ, はつづけ, は箸, への反抗心, も其, も狂乱, や姉, を思い浮べ, を蔭

▼ した~ (58, 0.0%)

3 の中, の海 2 が一めん, のよう

1 [48件] から落, がある, がしきりに, がそ, がひろ, がむらむら, がガン, が不気味, が低く, が垂れ下がっ, が変, が少し, が山, が映っ, が水, が水平線, が物, が空, が舞台, が覆いかかる, が變, が雨, が飛ん, が高い, などが峰, に包まれた, のへり, のやう, の一, の一団, の下, の切目, の厚襖, の向う, の塊, の壁, の変化, の大軍, の峰, の嶺, の断片, の景色, は覆い, は鎮, ばかりの中, やそら, を現, 棚引き東

▼ した人達~ (57, 0.0%)

2 であった, の中, を眼下

1 [51件] があちこち, がある, がうろうろ, がそんな, がどれ, がひどく, が偉く, が其処, が彷徨, が彼方此方, が復員, が必要, が流れ込ん, が私, が緊張, が見る, だった, であったから, であらう, でもなら, などは仕事, なん, によつて, のため, の姓名, の見解, の記録, の話, の議論, の間, はその, は一度, は何, は吉本管理人, は同じ, は多分, は定まった, は暗い, は益田, は農耕, は食卓, ばかりであった, も, も後, も近頃, や人夫等, を好きません, を愛し, を絞った, を通してそれ, を非難

▼ した容子~ (57, 0.0%)

7 であった 6 だった 52 であったが, である, をし, を見る

1 [31件] かえ, が漂った, だったが, であつ, ですぐさま, でそう, でなく信濃, でまず, でやがて, でやっと, でカタカタ, で二階, で私, で細君, で胡麻塩, にまた, に似合, に見えた, に見える, に驚歎, のい, の悪い, はない, は主人, は見せなかった, は見せなかつた, もなく, をなつかしく, を抑え, を見せた, を見たい

▼ した少女~ (57, 0.0%)

3 が一人, だった 2 であった, とそれ, に燈籠, のこと, の顔, を見た

1 [39件] がもう, がやさしい, がゐた, がスキャチャード先生, がバケツ, が上氣, が二人, が傍, が白い, が顔, だが, だけは私, であったが, であつ, でした, ですが, で大層, で雀班だらけ, で頬骨, と老婆, になった, に關聯, の, のたより, の像, の匂, の名, の女工たち, の姿, の宮, の屍体, の心持, の指, の集まり, はいうだろう, は夕飯, は馴れ, よりはさ, らしい肢体

▼ した微笑~ (57, 0.0%)

8 を浮べ 7 を浮かべ 2 をし

1 [40件] から一種, がのる, が広い, が浮かんだ, が浮ん, が浮んだ, が漂っ, が漂つて, が産まれ出た, が眼, が色, が頬, くらい苛立たしい, だった, であった, です, で待つ, といっしょ, とが心, と共にあらわれる, に矢代, のかげ, のため, の影, の漂つて, の眼, をうかべ, をうかべた, をこりかたまらし, をその, をのせる, を人, を以て応じた, を勘次, を口角, を含ん, を泛, を浮かべた, を浮べ得る, を顔

▼ した~ (57, 0.0%)

8 である 2 がある, であるが, のこと

1 [43件] から人麻呂, がかけ, が出, が多い, が残つて, が沢山, だから, ですが, です大きな, で強がっ, と思はれる, に, に千世子, に對, に見えた, の中, の人, の形, の方, の末, の歌主, の製作, はその後我々, は作者, は本当に, は民族, は美しい, は詠む, は謡, は近江, も, もあり, も盛ん, らしい, をうたっ, をこし, を作っ, を唄う, を幾つ, を教える, を死ぬ, を用, を遺し

▼ した関係~ (57, 0.0%)

3 がある, もあり 2 の中

1 [49件] からお, からこの, から今, から仲, から同じ, から市役所, から敬称, から樗牛, から目の当り, から箔, か渋味, がございましょう, がはっきり, が作品, が御座いましょう, が手, が続い, が見付かった, が設定, であって, でちょい, で急激, で時々, で浜島キヨウジ, で深川, とさえ見えるだろう, において断えず行われる, におかれ, について考えた, になっ, に対して作者, に就い, に於, に於い, のもの, の欠け, はない, は云う, は民間, は私ども, もある, もうまく, をつづける, をどこ, をもつ, を何, を決定, を直覚, を脱する

▼ した作家~ (56, 0.0%)

3 であった, である 2 だと, ではない, の一人, の多く

1 [42件] がはたし, がより, が今日大衆, が幾人, だという, であつ, であるから, であるという, ですが, ではなかっ, でも来月, というもの, として, としての経験, として世, として島木赤彦, になつて, にはない, のもの, の常に, の方, の未亡人, の活動, の誰, はいづれ, はかく, はない, はワイルド, は何人, は思へ, は文学史上稀, は東京, は白井喬二, は過去, もかなり, も少く, も意義, や又は, をさける, を分つ, を少から, 及びその

▼ した~ (56, 0.0%)

4 のきき 2 かもわかりません, の利き, の開いてる, をきく

1 [44件] うらだから, からガス, から思わず, から昂奮, きいて, そういう醜く, だと, だの青涕, で, です, で禮, で突然, に水, に駄菓子, のききかた, のききぶり, のきけないすて, のただまた, の傍, の利け, の渇き, の締つた, はき, はききかねた, はききます, はきけません, はない, はキス, は相, も利け, も利けまい, やぐたりとした躯, をきいた, をきき, をその, をつぐん, をぱくぱく, をまた, を切っ, を別, を利いた, を見た, を開けた, 振の

▼ した小さい~ (56, 0.0%)

2 島が, 手の, 荷物などを, 頭と

1 [48件] お心, の二つ, ものが, ヤツである, 京都の, 体が, 体躯だ, 光ほど, 写真機の, 函が, 口元で, 太陽を, 女が, 娘の, 婦人たちは, 学生が, 家の, 家ばかりを, 小鳥の, 巧みな, 店が, 影の, 手に, 手焙に, 方が, 浴場が, 瀬を, 灯台の, 瓶子などを, 白粉壺が, 眼と, 石が, 祝宴を, 花が, 花模様が, 藁屋に, 蟹が, 角瓶の, 話でしょう, 赤ん坊の, 足が, 身體や, 部屋を, 鉢は, 鉢を, 頭の, 顏を, 風景を

▼ した考え~ (56, 0.0%)

4 を持っ 2 が頭, のない

1 [48件] からふと, から入っ, から動いた, があっ, があった, がある, がお, がすぐ, がつかなかった, がない, がなく, がまとまらぬ, が彼女, が浮ん, が生れ付き, しか持っ, だが, だけだった, ではない, ではよい, では無い, で東京, で身体, で頭, にだんだん, にとらわれる, によって作りあげた, に結びつい, に耽る, のあり, のある, のうち, の向け, の深淵, は単調, は申, もいろいろ, もなかっ, も何ら, も起っ, をてきぱき, をもっ, をも記し, を得る, を抱く, を持つ, を振り落そう, を無理

▼ したとたん~ (55, 0.0%)

72 にまた, まるで私

1 [44件] あえなくなった, さつと腕, ちょっと上, つい平生, つごうの, であった, にあと, にお, にこれ, にせっかく, にどっこい, になんだか, にはっと, にシート, にズドンッ, にニールス, に一組, に一陣, に事務長, に今, に何, に例, に傍, に兄, に光, に化, に四高弟, に地上, に女房たち, に如来, に彼, に快弁, に激しい, に火星生物, に猩々卯, に瓶子, に私, に穿い, に義経, に董, に青い, に鳥右さん, ズラリと, 待って

▼ したばかりに~ (55, 0.0%)

2 とう, 婆や, 後でどんな, 相違ない

1 [47件] あえなき狸, あたらの, あんなにあなた, いうに, えらい目, お處刑, かえって不利, こうしてちょん, この年, こんな目, そのアマミヤ, その由来, とうとう俺, とうとう天国行, とんだこと, どれだけ, どんなみじめ, のちには, はからずも悲運, 人は, 人手に, 今は, 俺は, 全く飛ん, 出征する, 却って死に急がせる, 却つて死に, 友だちを, 反つて頓死, 同じ運命, 四谷の, 大ばか, 巨盜熊五郎に, 思いがけなくこんな, 恐ろしく行届く, 板倉屋の, 死なせなくとも, 死出三途の, 殺さなくとも, 海蛇に, 終に世, 自分が, 自分の, 道に, 間謀の, 間貫一の, 髮まで

▼ した~ (55, 0.0%)

4 の姿 3 のこと 2 から幸福, はふと

1 [44件] からも老母, が当時, が閑雅, であったから, であった母, であるから, であること, ですから, ではある, ではない, ではなく, との間, と卓, と妻, と弟, と思えない, なんか今, に別れ, に存分, のよろこび, の下腹部眼蒐, の可憐, の心, の歸, の浴衣, の行方, の青ざめた, の顔, はついに, はます, はバルカン諸国, は冥府, は大学病院, は毎日三度, は甘える, は脳貧血, は陽, まで持つ, もあり, ももう, や親子, を悩まし, を想う, を探し

▼ した建物~ (55, 0.0%)

3 がある, である 2 であるが, で広い, を指さした

1 [43件] からは灯火一筋, があった, があつ, があらわれた, が多, が建っ, が海, が聳え, だ, だが, で, であった, であって, であつ, ではない, では堺筋, でまた, でアパート, で下, で中央, で大きな, で蔦, になっ, のぷらんに違, のほとり, のやう, のコンクリート, の上, の下敷, の中, の前, の姿, の屋根, の破片, の群れ, の輪郭, の頂上, は箱根塔ヶ島離宮, は遠慮なく, は雲, や寺寺, らしいまことに, を越え

▼ した~ (55, 0.0%)

5 るもの 3 る男 2 る作家, る特徴, 物が

1 [41件] ものが, るうなぎ屋, る一つ, る上級生, る事件, る事実, る偉大, る兵, る古書, る夕方, る夢幻的, る契機, る婦人, る宴會, る小説, る師範学校, る恋愛者心理, る情趣, る成果, る文人, る新劇, る日, る時, る有名, る朝, る瞬間, る私立大学, る種族, る美し, る者, る自信, る若い, る西洋人, る論文, ロシア人の, 午頃急に, 室から, 書生の, 短歌的情調の, 裁縫學校へ, 部分は

▼ した時彼~ (55, 0.0%)

2 はその, はふと, は胸, は自分

1 [47件] がその, が一ブッシェル四分の一, が危険, に同情, の作品, の女, の想像, の目, の眼, の短い, は, はこれ, はこんな, はそれ等昆虫, はにわかに, はもう, は今, は内心大人げ, は咳払ひといつ, は声高, は大勢, は大通り, は如何にも, は巨人, は待っ, は思はず口ごもつた, は急, は感慨, は斯, は更に, は根, は殆, は決死隊勇士, は相手, は笑, は興, は苦しんだ, は足もと, は辞職, は遂に, は頬, は頭, もその, れは, を助け, を助ける, を訪問

▼ した~ (55, 0.0%)

3 の中 2 だ, だが, である, の人々

1 [44件] かどで, から直ぐ, から諸君, が眼, であった, であります, であるから, で呆け, で鐵道, とは云っ, とよい, とポオル・ロワイアル, と町, にありまし, になつて, になりました, に囲まれ, に育ち, のごろつき, のとある, の上, の医者, の名, の奴等, の姿, の小, の建物, の狹, の空気, の背, の角, の露路, ばかりだ, へはいった, へ住みたい, へ入っ, へ出た, や地方, や村, をほか, を指さされた, を歩い, を見おろし, を通つたの

▼ した立派~ (55, 0.0%)

3 なもの, な人, な方 2 な家, な態度, な武家, な調子

1 [38件] なお, なひと, なウチ, なマネージャーシップ, な仕事, な作品, な八字髯, な同人雑誌, な商法家, な大人, な婦人, な官職, な室, な屋敷, な所, な文明人, な書物, な服装, な村, な歌, な武士, な母, な浴室附, な生活, な男, な発音, な白人, な着もの, な立派, な紳士, な絹物ぐるみ, な肩, な臨終, な芸術小説的, な行い, な部屋, な顔, な體格

▼ した~ (54, 0.0%)

6 となっ 4 になっ 3 松の

1 [41件] さえこんなに, さわげるも, たとえ東京, だにそこ, でさえこんなに, では隔て, でもし, でも兎角, でも夏, でも未だ, で言え, になつ, になつて, のお, の一言, の世, の世間, の乙種商業学校程度, の人, の刻々, の境遇, の子供たち, の小女, の様子, の生活, の自分, の雀, の騒ぎ, は, はこの, はちやう, はどう, は上気, は十二時半, は遠慮, まで高輪田長三, も可愛い, も普門院寺, 松, 松は, 迄の例

▼ した~ (54, 0.0%)

5 の中, を見た 3 のよう 2 のやう, もそれ, を抱い, を見る

1 [33件] から奮い立て, か桁, があった, がまだ, が恋しい, だつた, だつたの, だろう, である, で葦, にでも浸っ, に彼, に美女, に違, のなか, の世界, の数, の気持, の消息, の研究, の蒼蠅さ, はここ, は兄, もこの, も見たです, を, をえがき, をしのび, を楽しん, を求める, を見, を見まし, を醒し

▼ した時私~ (54, 0.0%)

2 の胸, の郷里土佐国佐川町

1 [50件] が, があなた, が云, が反, にはどう, の全身, の力, の心, の春機, の頭, はいつ, はお, はお前, はこの, はこれ, はそれ, はそんな, はただ, はちょっと, はなるべく, はふと, はもう, はドサ貫, は一人, は一切, は上野, は云う, は今, は初めて, は卒然バタバタ, は多く, は如何, は実際, は小さな, は弟, は彼, は急, は恥, は恰度留學生, は愛用, は慌て, は日本海, は本能的, は櫟林, は毛虫, は片隅, は當然夷三郎神, は眼, は藤木氏, は道端

▼ した~ (54, 0.0%)

3 のあたり 2 に手, をし, を聳やかす, を落す

1 [43件] からふくらんだ, がいくらか, が大きく, が現われた, が聳え, っつき頬かむり, でリュック, で暖簾, と盛り上がった, と肩, にさんさん, にそれ, にはうろこ, には紅い, に片手, に薄茶色, のかげ, のところ, の上, の処, の張, の張り, の支持, の滑, へ, やはちきれ, や乳, や円み, や股, をした, をすぼめ, をそびやかす, をゆすっ, を動かし, を怒らせ, を揺がし, を揺り, を突き合わせた, を自分, を見, を軽く, を鷲, 傾きかけた月

▼ した自然~ (54, 0.0%)

7 の中 2 の光耀, の制約, の勢い, は

1 [39件] からの発達, がかっちり, が出た, である, としての人間, と人間, と組織, な内容, な態度, な描写, な美, な関心, に住んでる, に向, に対する憧れ, に近い, のつや, のなか, のほほえまし, の事実, の儘, の前, の姿, の形態学, の本能, の法則, の生命力, の真実相, の脅威, の賛歌, の跡, の風景, の風趣, は例へば, も人間, も彼, を再現, を見, を見る

▼ したからには~ (53, 0.0%)

1 [53件] いくら何, いずれは, いつ命令, おめおめ抱主, これから今日, しゃにむにそこ, すっかり安心, そこまで, それだけの, それではひとつここ, どこだって, はやおさらば, まさか証拠, まったく同, もう後ろ, もう惣兵衛ちやん, もちろん伝六, もはや乗り越える, わき目も, わたしは, 一日も, 万事の, 世界ユネスコの, 二度と見る, 何か, 何びとと, 何もかも話せ, 何人が, 俺にとっても, 僕は, 家出を, 御満足, 必ず卒業, 悪党どもも, 意地が, 文代さんは, 是が, 曾て, 死体の, 汽車が, 男が, 男女の, 私には, 私の, 算盤が, 総ては, 罰を, 虎狼の, 許して, 銃殺せられる, 間違いなく, 陰性の, 鼻かけ

▼ したとかいう~ (53, 0.0%)

6 ような 3 ことです 2 ことで, 話も, 話を

1 [38件] ことだ, ことであった, ことを, その愚かしい, とき私どもは, のが, のであった, のは, わけじゃあねえ, 事の, 事を, 伝説も, 例が, 出来ごとばかりを, 噂を, 報告が, 報告を, 奇妙なく, 婦人と, 弱い言葉, 意味, 所の, 桝を, 猫の, 粋紳士風または, 罪と, 老桜, 自分の, 言葉で, 記事が, 訳で, 話さえ, 話である, 話です, 語り伝えが, 講談を, 風に, 風聞に

▼ したなか~ (53, 0.0%)

3 にどこ 2 で最も, には必ず

1 [46件] から自分, でげんき, でそう, でにぶい, では図, でキミ子, で一つ, で一ツ, で化粧, で夜明, で大庭常子, で早苗, で暫く, で町人, で藤吉, で野, なので, にあっ, にあつ, にいかにも, にくっきり, にことに, にこの, になんとも, にもすこし, にコツン, に一つ, に一種, に丁度, に人, に何処, に八つ下がり, に動い, に危, に取り残された, に咲い, に強烈, に日廻り, に横たわっ, に温かい, に火, に神父さま, に脆く, に見物, に親し, に風

▼ した意見~ (53, 0.0%)

3 である 2 が他人, であった, なん, を持っ

1 [42件] があつ, が凡そ, が皆, が遂に, だ, だけを小出し, だな, つまり人生観, であったかと, であったが, であったし, であったろう, であります, としてさう, なの, なので, なんかわたし, によって同志, のよう, の中, はない, はクレエテルヤアン夫妻, は一致, は決して, は示し, も言わず, をかきつけ, をもっ, を参照, を吐い, を吐露, を固持, を引出す, を掴みた, を樹立, を発表, を立てる, を聞いた, を見出す, を語っ, を述べ得る, を開陳

▼ した意識~ (53, 0.0%)

6 の中 3 の底 2 となっ, のまま, はなかつた, を持っ

1 [36件] から生れ, がながかっ, がまだ, が目覚め, が眠る, が還っ, つまり魂, でボンヤリ薄目, でマジマジ, で呟く, とだらけ切った, と眼球, にすこし, にもそれ, によつて対象, に包まれ, に浸り還せる, に返った, に返らした, のま, のもと, の下, の流れ, の連続, は回復, も勿論, をとり戻し得る, をもっ, をもつ, を一々, を呼びさまされた, を扱, を持たず, を持ってる, を持つ, を有

▼ した時間~ (53, 0.0%)

2 だった, にこの, のうち

1 [47件] から考える, があった, がいかにも, がそこ, が一瞬間, が実に, が間近く, が静, だ, である, でした, です, とを控え, と今朝, と向きあっ, と終了, と距離, については次, になっ, にはまだ, には愛人関係, に汽車, に浅草橋駅, に電話, のかかる, のみが存在, の偶然, の連続, はあまり, はかつて, はその, はアメリカ, は持てなくなり, までは別段, や語数, よりもおくれ, よりもずっと, をない, をタイプ, を利用, を割い, を取り返そう, を妖しい, を現し, を番頭, を知る, を送っ

▼ した~ (53, 0.0%)

3 の上 2 のよう, の銭

1 [46件] があった, がおかれ, がはいっ, がはりつけられた, が一枚, が入っ, が失われた, が張られ, が羽毛, であります, で出来, で着ふくれ, と机, などもあった, にかい, になる, には雷, にミッチリ, に包ん, に印刷, に彼, に面白い, のこと, のたば, の一, の一つ, の種類, の蝶, の表, はピーナッツ, は多く, へ描い, も恐らくは, をしまい, をとじた, をばらまい, をぶら下げた, をみ, をダラリ, を判事, を参考, を復, を旧, を眺め, を膝, を証明

▼ した~ (53, 0.0%)

3 のところ, のふくらみ, の中 2 が烈しく, にも皮肉, の上, を春風

1 [36件] から呻き, があり, で拝む, にあと, におちかかっ, にとびついた, にまろまろ, に並ん, に帯, に描い, に爪, に紅い, に雲, のあたり, のすく, のたたり, のなか, の内, の円味, の愁, の波, の赤い, の透く, はつい, は美しく, まるで木挽, を, をぎゅっと, をときめかす, をはだけた, をひらい, を上げる, を出す, を持つ, を蹴られた, を鏡

▼ した人生~ (52, 0.0%)

2 の煙, を写さなけれ

1 [48件] から遠く, があります, が思ひ, だ, だろう, です, というよう, なの, によれ, に対する憎悪, に響きわたっ, のため, のどん底, の一断面, の中, の出来事, の分岐, の味, の孤独, の局面, の息吹き, の悲劇, の批判者ジョルジュ・デュアメル, の損, の明暗, の晩年, の現実, の神秘, の肯定者, の門出, の願い, はあまりに, はた, は味わわれる, への希望, への限り, へ再び, も類, や自然, をおくった, を希望, を欲, を歩め, を生きね, を經驗, を見たくありません, を送っ, を送る

▼ した~ (52, 0.0%)

3 のなか, の中 2 があっ, を前

1 [42件] がつい, が先ず, であった, でときどき, で二人, で築山, にくろずんだ, になつ, にむいた, に対, に苔, に降り, のことほぎ, のしばふ, のほう, の垣, の小, の小径, の山楓, の意匠, の景色, の木立ち, の植込み, の牡丹, の籬, の縁, の趣, の面, は兼六公園, は赤土, へ捏ね, も初冬, らしいの, をお, をしばらく, を往, を指しました, を横切り, を献納, を眺めやる, を繞, を見降ろし

▼ した~ (52, 0.0%)

2 のこと, の人々, の人たち, の神人, をそれから

1 [42件] だつたの, であつ, であること, でなん, で西, というの, にはどこ, の, のある, のよう, の中, の人, の人達, の公園, の名, の外, の多い, の小学校, の庭, の成年者, の木立, の本家, の様子, の男神人, の神人たち, の細道, の若者, の若者出, の若者等, の裏道, の軒, の鋪石道, の集会, の青年, はいずれ, はいつ, は潰れる, もあつ, も異に, をぬける, をやはり単に, 又は家

▼ した記事~ (52, 0.0%)

3 から記事, を読んだ 2 が出, の中

1 [42件] あり, あるは, があつ, があり, が亦, が写真入り, が多く, が大きく, が大方, が小さく, が新聞, が日記, が殆, が缺, が萬朝報, が見え, が見える, であって, である, ですね, で賑わいました, なぞはひどく, なの, に拘る, のある, の後, は, はともかく, は如何なる, は詳, は隅, また風説, も同時に, も稀, をその, をのせ, をよく, を指し, を第, を見, を見つけるであらう, を読ん

▼ したまでの~ (51, 0.0%)

7 ことである 4 こと 3 ことだ, ことで, 事だ 2 話じゃ

1 [29件] ことそれゆえ女の, ことそれを, ことだつた, ことであった, ことであります, ことでし, ことでした, ことと, ことに, ことは, ことわしから, ことを, つまり被害者, ものである, ようだ, 事, 事だった, 事である, 事です, 彼九十郎は, 手柄であり, 段取りで, 物である, 言葉である, 話さ, 話だ, 話で, 話です, 話に

▼ した~ (51, 0.0%)

10 けで 3 であつ 2 であるならまだ, なの, の高い

1 [32件] けな, けなのよ, けのこと, けの感じ, けの海螢, けの言葉, け出来上った, だった, だつた, だつたけれど, であった, であといくら, であります, でお, では何, でも山梨郡, で動, で引込ん, で懲, で戻る, で格別, で済んだ, で辛棒, で震災, に終りました, に野卑, の拙者, の物, の短い, はぽ, は体, 倒れよ予

▼ した~ (51, 0.0%)

3 である, 稱で 2 のよう, 探偵の

1 [41件] かと思われる, が, がある, がほしい, が後に, が残った, だ, だが, だと, であったこと, であったろうこと, であらう, であるから, であろうと, でその, でないかも, ではなかっ, で呼ぶ, と解せられる, なの, のつけよう, は, まえが, まえは, も知れぬ, らしい, をうやうやしく, を吸取り, を知らない, コックである, 与力塙江漢の, 井長命水や, 原則を, 媛クララ夫人の, 射撃手は, 彫刻の, 意匠に, 探偵花房一郎です, 知らぬ街路樹, 碗を, 辞として

▼ した~ (51, 0.0%)

2 である, にこの, はない

1 [45件] があった, が世界, が逐次, だ, だから, だった, であってこそ, でありながら, であるから, であるのに, であれば, ではあり, ではそれぞれ産別, では肉, でもこういう, で仙人伝, となる, と国, においては大いに, には海嘯, に移植, に警察予備隊, のある, の一つ, の人たち, の外, の手法, の投降者, の文学, の方, の生活, の生産物, の讃詞, はかつて, は世界, は他方, は戦争, は日本, は最も, は総て勢, もあった, もある, よりも多く, を建設, を復興

▼ した足取り~ (51, 0.0%)

2 で出, で歩い

1 [47件] がその, さ, でごくわずか, です, でその, でやつ, でドア, でルーヴル博物館, で二階, で伊右衛門, で北風, で印刷所, で囲爐裡, で坑口, で壁, で売店, で室, で寝室, で居酒屋, で帳場, で待たし, で急, で戎橋通, で押え, で普通人以上, で暗い, で歩いた, で歩き, で歩み, で浪人者立花久三郎, で濡れた, で登っ, で私, で線路, で踊つて, で近寄っ, で通っ, で運び出し, で運ん, で部屋, で長い, で階段, のそれとも, を意識, を慌しく, を睨ん, を覺束

▼ した~ (51, 0.0%)

4 を立てた 3 であった, を立て 2 である, の原因

1 [37件] がし, がした, がする, がバサッ, が耳底, が聞こえた, が起こっ, が轟く, が響い, だった, でした, ですかな, では眼, と濡れた, なん, についてと同じ, になっ, にに, にハツ, に寝かしつけられ, に思はせられた, に驚き, のよい, の中, は, はきっと, も聞えた, やん, をその, をたて, をひきずり出し, を出させよう, を漢字, を発し, を私, を美しく, を聞い

▼ した原因~ (50, 0.0%)

5 がある 3 の一つ

1 [42件] から男, かわかりません, か森源, があるいは, が自分, さえ解れ, すなわちそれ, だ, だからな, だけはわかつた, だったの, だと, だという, であらう, である, でこの, です, でなければ, というの, といふの, として罪, となった, とも想像, と云う, と私, と隠れた, など, にはなつ, はある, はおそらく, はきっと, はない, は僕, は僧官任命権, は分からぬ, は判らないらしい, は寧ろ, は次, もなく, をお尋ね, をもっ, を更に

▼ した~ (50, 0.0%)

4 のよう 3 を落し 2 である, の樣

1 [39件] がうつっ, がたれこめた, がちぢまり震え, がエリザベス, が僕, が其処, が拡がっ, が流れ, が浮ん, が渡辺町, が見え, が見える, が野, こそはまさしく, であろう, で覆っ, とゆたか, とズングリ, にいた, に向っ, に祖母, に自分, に見え, のご, のむらがり, の中, の形, は我もの, もゆらりと, も見えない, をつけ, をひい, をもっ, を反射, を含んでるぼやけた, を曳いた, を落してる, を襞ごと, を認める

▼ した思い~ (50, 0.0%)

3 がした 2 であった, である, で私, のなか

1 [39件] がする, がその, がどんなに, がわざわい, でいっぱい, です, でまた, でもあった, で一人, で中園, で千鶴子, で手早く, で改めて, で矢代, で美枝子, で腕, で親指, で貪り食った, になった, に沈ん, に満たされた, に置かれた, に衝きあたったらしく, のあらわれ, のされる, の凝固, も届いた, をいだき, をいだく, をし, をする, をてりかえし, を忘, を感じた, を摘発, を起させる, を飲み下した, 上った燃えるよう, 上った行動

▼ した方法~ (50, 0.0%)

2 である, なの

1 [46件] がこの, がとられ, が果して, が段々, が真似られた, で, でありそれ, であると, であればこそ, でこの, ですネ, ではまず, でもあった, でもっ, で一致, で取り扱った, で宣り施された, で木立, で来た, で耳, というもの, とに依っ, ないし論理, なる事, にたいし, によってできる, による, に対応, に期待, に違, に違い, のこと, はないだろう, は恐らく, より他, をちゃんと, をスタインベック, を以て祭, を取つ, を思はせる, を我々, を採つた, を既に, を班, を看破, を立て

▼ した~ (49, 0.0%)

6 の枝 2 の板, を路ば

1 [39件] か形板, がうつりました, がしげっ, がまだ, が空, だもの, で作った, とを眺め, なり草, には火, に囲まれた, に生ずる, ね葉, のみきです, のベンチ, の上, の匂い, の名, の小片, の少ない, の札, の柱, の梢, の棒, の箱, の肉, の船, の階段, は, は一本, は神聖, は虫, へ春, もあった, をさかさ, を想像, を文化, を薪, 暗い頭上

▼ した~ (49, 0.0%)

63 で云 2 の調子

1 [38件] が中, が入口, が家中, が訪, が響きました, だつた, だと, であと, である, でかう, できっぱり, ですから, ですぐにじゆんが答, でやつぱり, で云つて, で例へば, で助手, で呶鳴, で啼いた, で大, で怒鳴る, で母, で源, で答, で言, で話, で鼠, ながら, になつて, は喉, は實, は彼等, を出し, を出した, を少し, を張り上げ, を擧げる, を放つ

▼ した赤い~ (49, 0.0%)

3 顔を 2 ものが, 手を, 眼が, 頬少し, 顔の

1 [36件] の, ものに, ものを, ペルシャ扇は, 健康さうな可愛い, 光り物が, 卵は, 唇が, 唇を, 土が, 布の, 帽子の, 戲奴の, 果実が, 模様布を, 毛織の, 気味の, 液体で, 灯の, 炎は, 疑ひの, 目を, 眼を, 立襟や, 紙袋に, 肌が, 胸を, 色の, 草が, 蝶と, 血の, 血を, 表紙の, 頬辺に, 顏の, 髪の

▼ した~ (49, 0.0%)

8 之丞 3 の結晶 2 のよう, の上, の山, の広野

1 [30件] がやみ, が一, が慌て, が樹, が積, が載っ, だという, である, なので, に埋れ, のお, のかけら, のこと, の原野, の山家, の広間, の日, の朝, の核, の深い, の粉, の肌, の野, の野原, の面, はやがて, もよひ, をふみしだく, を踏ん, を飛ばせた

▼ したからとて~ (48, 0.0%)

2 それが, 真の

1 [44件] いちずに, いつまで, これにつれて, これを, そこの, そのため, その人, それに, それは, どこに, べつだん怪しげ, みだりにその, もう追っ付く, もしその, 万事心残りは, 不思議で, 両方の, 人並みでは, 他人に, 勝てそう, 城下の, 学問を, 少くも, 少しも, 山の上まで, 影響などは, 彼は, 心配が, 必らずしも, 抱月氏の, 文明に, 断じて事, 斯うなれ, 涙を, 生家の, 直に親日, 罪などに, 自ら省み, 誰も, 身が, 逃げ場は, 造物主を, 逮捕された, 食料の

▼ した~ (48, 0.0%)

2 ぢり

1 [46件] いろいろに, うちの, えこと, え一緒, え恰好, おしゃれも, おめでとう, お前待ち待ち蚊帳の, お神さん, お蔦さん, お蔭で, きれいな, さア, じっさい, そうだ, そこの, その後, それでこそ, それは, つっこい静けさ, つまりあんな, どうも御機嫌, やっぱり道楽, よう素敵素敵, らいが, 人柄が, 仇討本懐じゃ, 今ぢ, 何か, 何だえ病気, 八, 勘次恁うし, 医者に, 喰つた振りでも, 妾の, 実に感心, 敵と, 時々今日, 殺しては, 私も, 若い衆道でも, 若い衆道でもね, 見返しに, 見附かつて, 隠者君まだ, 驢馬も

▼ したのよ~ (48, 0.0%)

1 [48件] あなた, あのお, あの火事, あんた, いつもの, お前が, お母さん, お袖さん, このお金, この方, じれって, すると和尚め, そうし, その男, その話, それから銀座, それぞれ勉強の, そんな青い, だってあなた, どうも私, どんな出世, もうこれ丈うち, わかるでしょわかるわね, わたし, オ, カオルさん, レエヌさん, ヴェロナールを, 一枚の, 三日の, 井上さん, 井上さんしっかり, 今晩これから一寸, 十郎さん, 君訴えます, 女王さまに, 妹も, 寝呆け, 庭で, 手帳に, 手紙も, 次郎ちゃん, 田舎者が, 真面目な, 金蓮, 黒ちゃん, 黙ってばかり, 黙りこくって

▼ したひと~ (48, 0.0%)

2 なの, 構へ

1 [44件] があっ, があった, があったら, がいるでしょう, がはいっ, が再び, が豚, こまを, だから, だった, だと, だという, だとは, つがいの, で, であった, であったが, でした, ではやく, でもなし, で思う, として御, とはいえ, になった, にほんとう, のうち, のこと, の全然, の写真, の声, の指紋, の眼, の話, は, はある, はハワイ, はミドリさま, は宗教家, は平林氏, もあります, も恒友, よ, 流れの, 眼で

▼ した女性~ (48, 0.0%)

2 の一人, の生活

1 [44件] があり, がある, がその, が一人, が妻, が晩年, が真, が立膝, だけである, だけの感じる, であった, であつ, であり給仕女, である, であるという, であるやう, であるアンネット, でなかった, としてはまれ, にはちがい, には大神, に最も, のよう, の位地, の作家, の名, の大胆, の最初, の概念, の職務, はいまや, は嫌い, は愛, は所詮, は負担, は選ばれた, へと生き, への感じかた, もあつ, を意味, を描写, を汚れある, を立て役者シテ, を見

▼ した気もち~ (48, 0.0%)

7 になっ 2 だった, でいる, になる

1 [35件] がします, が何, が好き, が衣川, だけで, で, であったので, である, でいた, でその, ではなかっ, でやつ, で人影, で仕事, で半日, で四方, で宵, で歩い, で汽車, で郡部, と自分, にいる, になり, にもなった, に襲われる, に近い, のいい, のところ, の上, はいつか, は僕, は幾分, もすこぶる, をし, を父親

▼ した~ (48, 0.0%)

3 のよう 2 の中, は数えきれない

1 [41件] かしら, からとっ, から海, があった, があり, がしずみきらない, がはひり, がやってくる, が入っ, が橋, が白帆, が竹生島, が諸方, だったので, でなく船そのもの, とがしっくり, と見る, ならば, にのっ, に乗っ, に乗り合わせ, に艇, のかげ, のスクリュウ, のマスト, の上, の人, の古, の名目, の帆柱煙筒, の底板, の材木量, はどこ, はない, は今度, は何, は外輪蒸汽船, へは必ず, も幾つ, をかう, を裏返す

▼ した~ (48, 0.0%)

6 之助 2 と葉

1 [40件] がかすか, がカサ, が叢, が揺れる, が真昼, が着い, が障子, でほほ笑み, とは五六人, に大きな, に雨, のあいだ, のつい, の上, の下, の大きい, の数々, の新し, の林, の煽り, の竹, の緑, の間, の陰, は上下左右, は藁製, ばかりだった, ばかりを強調, もつい, をし, をつくづく, をひろげ, をほしい, をもつ, を持つ, を持つた, を波うたせた, を繁らせ, を覆ふ, を見つめ

▼ した観念~ (48, 0.0%)

2 がなかっ

1 [46件] があっ, がうつらないらしい, がその, がつぎつぎ, が世間, が今日かく, が幼少, しかもっ, しか持てなかった, である, であるという, であるにも, でないか, ではない, でもの, で云い表わした, で鋳りつけ, としか聞い, として因襲, とその, とも云う, にはなっ, にもたじろがなかった, のこと, のつながり工合, のほか, のやう, の労作力, の深, の顔, は持っ, ほど明瞭, もおそらくは, も出来ない, をいだい, をもっ, をもつ, を云い表わさぬ, を作つて, を引きずっ, を得たら, を持ち出さなけれ, を植えつけられず, を表現, を西欧, を追放

▼ した~ (48, 0.0%)

10 である 3 であらう, であります, ではない 2 かその, であ, でない, ではなかつた, なん

1 [19件] か是, が分つた, が分らぬ, だな, であつ, でございませう, です, でと問, でないの, ではなく, では無い, でも何, で此方, で第, なの, になつて, の金, は凡そ, やらさっぱり

▼ したかて~ (47, 0.0%)

2 あの提灯, 此処の, 焼餅ぐらゐ起す, 私には

1 [39件] あかん, あの男, あんたが, あんたには, あんまりおかしい, お腹の中, こないなったらもう, しょうがない, そない苦し, とにかく本気, なかなか信用, まさか光子さん, やっぱりほんまにそんなもん, 今まで, 今考えたら, 何処へも, 兄妹です, 光子さんから, 光子さんの, 分れへん, 口実みたいに, 外に, 子供生ん, 常時彼処に, 忘らりょう, 怨霊の, 無意識の, 疑が, 私の, 続けて, 綿貫と, 綿貫は, 胡麻化され, 胡麻化されまつ, 自分が, 複写した, 見せて, 話して, 誰も

▼ したすべて~ (47, 0.0%)

8 のもの 7 の人 3 のこと, の事 2 の人々, の者, の詩篇

1 [20件] であったと, のロシア, の人たち, の人智, の人間, の他, の国々, の土地, の婦人団体, の旅行者, の条件, の民主国, の民主的, の物, の種類, の罪人, の葉, の記憶, を受取る, を数え上げれ

▼ した刹那~ (47, 0.0%)

3 に發光 2 だった, にもう, に直ぐ

1 [38件] お吉, けたたましい電話, このたび, さっと左慈, その三番目, その機先, たとえよう, だつた, であ, である, ですふと, に, にこの, には僕自身, にも猶, にベアトリーチェ, に一本, に前, に彼, に於, に於ける, に某, に汽車, に當つて, に私, に馬, の出来事, の姿態, の微妙, の徹底, の心持, の美, の耳, ふいに, ふと水面, をふりすて, を捉え, 突如ルパン

▼ した大きい~ (47, 0.0%)

2 機械を

1 [45件] ひろがりひょいと, ものだ, ものに, カーブの, フランス人形を, 一枚の, 乳房が, 国が, 家に, 小僧で, 岩に, 帆船二隻を, 思想の, 手ふり乱した, 方を, 旅館で, 枕だけが, 理由で, 男が, 発明羅針盤, 目だった, 目を, 眼と, 眼の, 眼丸ぽ, 眼歌舞伎役者の, 石が, 石で, 硝子の, 船である, 花瓶に, 芸術では, 葉を, 蜥蜴の, 袋を, 身體手足も, 邸を, 陸地は, 雲が, 霜の, 頭を, 頭脳が, 顏が, 顔が, 麦わら帽子を

▼ した~ (47, 0.0%)

5 のこと 4 だった 3 であった 2 にこの, の事

1 [31件] あの長, がもう, が初めて, だ, だそう, だらう, であつ, でござんしてな, でした, で大地, で寒威, で期節外れ, と同じ, なぞには夜じゅう, にたずね, にどう, に七郎丸, に安らか, に手下, に私, に警察, に酔っぱらう, に酔っぱらった, は, はお, はねこわい, は二本榎, は何, もこんな, もそんな, 御姉様

▼ した目的~ (47, 0.0%)

1 [47件] から少し, があっ, がある, がお, がそうした, がない, がみえる, が立つ, であったから, であるよう, でもあるです, で彼女, というの, といふその, とは凡そ, とを聞き知っ, なる鎮魂呪術, によって整理, によつて, に向っ, に従わせ, に近い, のある, のため, の一つ, の仕事, はちがっ, は云う, は別段, は明白, は最初, は有, は有っ, は畢竟, も含まれ, も手段, も畢竟, や理由, をきめ, をもたず, を以ていそしん, を忘れた, を持っ, を持つ, を聞く, を遂げさせなかった, 持って

▼ した相手~ (47, 0.0%)

2 のやり方, の名, は倒れ

1 [41件] がなかっ, が大村歯科医, が持餘, が狩谷, が神谷, だ, だから, だ余計, であった, とだけは一緒, と一緒, におどろかされる, にきまってる, に出会った, に對, に棄てられ, に罰, のお嬢さん, のひと, の乞児, の人, の口吻, の多, の大き, の太刀風, の娘, の憂, の方, の男, の考, の顔, は彼女, は母, は立派, は誰, もその, を一人, を待たせ, を腰車, を自分がち, を見れ

▼ した~ (47, 0.0%)

2 が殺気, の若

1 [43件] いかにも爽やか, からこめかみ, から抜け上っ, がかかっ, が城門, が懸り, が掲げ, が机, が石, だけ返済, であった, で夫人, で子供, で揚々, とぼーっと, におくれ毛, に片手, のせまった, のひっこんだ, のやや, の下, の余り, の倍, の十倍, の巻毛, の広い, の掛つた茶室, の汗, の骨, はそれ, は広く, ほんのり酔, も少く, をのべ, をば陽, を叩き, を持った, を掲げ, を撫でた, を枕, を槍, を私, 深い眼

▼ した~ (47, 0.0%)

9 の表現 5 がありました 4 の高い 2 のさき, の下, の孔, の穴, の頭

1 [19件] がかすか, が來, が見える, さえもまるで, と引緊, と貪慾そう, どす黒く変色, には威厳, の丸味勝, の先, の左右, の形, の背景, の隆, も人, を眺め, を衝かん, 垂らしでは, 小さい口

▼ した光景~ (46, 0.0%)

2 が彼, である, とその, のおかげ, の中, や茫然

1 [34件] がそっくりそのまま, が特に, が目前, が鴉, だ, であった, でした, でも名高い, と打っ, にかうした, にきっと, に私, のま, の総て, は, はこの, はフィルム, は其処, は気, は確か, も南国, や書物, をそのまま, をよく, を写生, を小池, を現, を現出, を直ぐ目, を空, を締め括りたい, を見る, を見下し, を見出した

▼ した~ (46, 0.0%)

3 である 2 ではない

1 [41件] か知れ, がその後, がほしい, が指貫, が生れるだろう, が素朴, だった縹緻, だろう, であつ, であり三吉, でござれば, でした, でしたけれど, ですよ, で伊丹幸, で役に立たず, なの, なん, になった, には何, のため, の武具, の母, の気持, の顔, はにかんで, は世界中, は潤沢, は限り, ばかりであった, もあった, を前, を父, を生みましたなら, を生む, を生んだ, を着飾らせ, を貰, クルクル顔, 将が, 龍の

▼ した広い~ (46, 0.0%)

3 部屋の 2 座敷へ, 背である

1 [39件] ところへ, 一室の, 一面板に, 世間からは, 人工の, 会所の, 傾斜面で, 土間に, 地面である, 堀に, 墓地だけに, 室に, 庭と, 庭に, 庭の, 廊下で, 式台に, 意味に, 意味の, 旅館, 浴槽の, 田畑眼の, 町の, 空間が, 自習室に, 菜圃を, 葉は, 街路だ, 街路には, 路を, 通りでは, 道に, 部屋が, 部屋で, 部屋である, 部屋内の, 門の, 額を, 額名工の

▼ した~ (46, 0.0%)

2 のこと, の幻, の方, をよく

1 [38件] から, からの狐わな, から特に, がたりをきい, しの, だったけれども, に地球上全体, に遡り, のよう, の事, の人, の出来事, の妾, の小学校長, の屋敷町, の市民, の忠義, の忠臣, の恋人, の日本人, の春, の栄華, の歴史, の無頼漢, の生活, の精氣, の若々しい, の領地, は旅人, は男, もあった, をいと, をおもい出させる, を忘れなかった, を思い出し, を思い出す, を思わしめる, 思えば

▼ した~ (46, 0.0%)

3 をし

1 [43件] からし, が何, が悲し, が猫, であった, であらぬ, で凸坊, で撫でる, で私, と何事, と新鮮, にぢ, にぼく, に出会うた, に映る, に精, の光, の前, の動き方, の底, の色, の青い, の黒い, はやはり, は考え, は見おさめであった, ややたら, をあげた, をいつも, をくらやみ, をじっと, をぱっちり, をラムプ, を上げました, を持つ, を据え, を源次, を見張り, を見開き, を輝かし, を部屋, を静まらせ泣き, 秀でた古

▼ した~ (46, 0.0%)

3 のない 2 だけは免れます

1 [41件] がありません, が背負いきれます, で刑務所, で多, で笞四十, どうかお, なの, によって阿部家, に汚されぬ, のあり, のつぐない, の一半, の判決文, の報い, の意識, の赦免, の跡, はあの, は不問, は到底, は宥, は尊屬, は普通, は決して, は自分, も同様, も汚れ, も無い, も謹しん, をここ, をとなえ, を償う, を外道, を寛大, を慇懃, を手前一人, を正すべく, を爾来, を犯し, を謝する, を陳謝

▼ した青い~ (46, 0.0%)

2 海が, 顔を

1 [42件] へびや, スカートを, リンネルの, 光と, 光の, 地平線が, 夜の, 大きな目, 小函, 少年が, 山脈の, 旗を, 毛絲の, 水草が, 水面に, 油の, 湿地で, 火が, 畑が, 皮膚や, 目で, 空が, 空に, 空の, 空を, 空気の, 羅紗服で, 羊歯ばかり, 肉を, 色が, 葉が, 葉っぱを, 輝きで, 野菜が, 長雨の, 頭に, 顏が, 顔の, 髪の, 鱗の, 麥畠が, 鼻が

▼ したなんて~ (45, 0.0%)

3 私は 2 のは

1 [40件] あれは, いうこと, いうの, いつ云いました, うぬぼれること, え圖, お葉, きいてや, ことが, ことは, こぼして, そんなこと, だれも, とんでもない, どう致しまし, なぜあんな, 一言でも, 世間の, 云った事, 云われちゃあ, 人は, 他に, 可笑しいでしょう, 嘘です, 変な, 少しも, 慶喜公を, 本当にあった, 氣は, 申しますか, 簡単に, 聞いたつけ, 聞かれたら返事, 落付いて, 言いふらす人, 言うん, 言う者, 言ふだらう, 訳ぢや, 誰が

▼ した心持ち~ (45, 0.0%)

3 になった 2 を何

1 [40件] からそう, がよく, が現われ, だけで何年もの間, であろう, でいる, でわたし, で元来, で先頭, で寝られるだろう, で居たい, で広い, で彼女, で思いめぐらした, で教会, で歸つて來, で眺め, で笑, で行手, で鎌倉河岸, と日本人, と言い, にさせ, にされ, になる, になれ, には愛, に同感, に打たれ, のえら, のポロネエズ, の方, はあらわされ得ない, は文吾, もこれ, より生ずる, を味わった, を知らなかった, を私, 好く日

▼ した思想~ (45, 0.0%)

2 の気まぐれ, も意見

1 [41件] からいかに, からで, がこの, がない, が世に, が出会っ, が琉球, だと, でありすでに, というもの, とし, となる, とにたいする同じ, と平衡, と意志, と感情, などでは無, に本, に達する, に養われ, のぬき衣紋, の一系統, の上, の傾向, の哲學的心境, の成熟, の支柱, の滑稽, の足場, の馬鹿らし, はない, は京都, は今日真実, は又, は泉津平坂, をいだき, をひっさげ, を意味, を持つ, を詠うべき, 及びその

▼ した~ (45, 0.0%)

5 である 4 を聞いた 2 であつ, であるが, のある, らしい

1 [28件] から出, から成立つ, があった, がある, がかなり, が後, が行, であった, であらう, でありますが, であろう, ではなかったろう, ではなく, で之, で五月, で妙, で田遊び, とも考えられる, と見える, なの, の分散, の形, は, はその, は実際, ばかりを明治大正, を以て言, を使つて

▼ した古い~ (44, 0.0%)

1 [44件] ものには, キングを, ブリキの, ペーパーの, レコードしか, 人間の, 仏蘭西の, 仲間江口渙は, 信濃の, 光沢の, 入江の, 匂いが, 地志や, 姿と, 婦人団体の, 家だ, 家具類を, 寺町で, 帷帳の, 形容詞の, 旅券が, 旅籠が, 時代の, 本を, 柱は, 池が, 田舎屋が, 町並に, 看板ある, 看板の, 看板や, 石橋が, 神道と, 美術の, 羽では, 記憶の, 遊戯が, 都市が, 金糸の, 金貨の, 関係を, 阿蘭陀派の, 雨傘が, 黴の

▼ した皮膚~ (44, 0.0%)

2 をし, を見る

1 [40件] がお, が以前, が優雅, が擦り破れ, が爪, が痛々しく, が見え, が透明, だった, と肉付, などで患者達, におおわれた, にはこまかい, に對, に彩色, に眼, に雪, のこまやか, のところどころ, の中, の張り, の感じ, の持ち主, の荒い, の血行, の触感, の違, の黒ずんだ, はドス, は氣, は脆弱, や世帯, や怪しい, や筋肉, をみた, をもっ, を惜しげ, を持つ, を日光, を真赤

▼ した~ (44, 0.0%)

6 をし 2 をもっ

1 [36件] がまえだった, がまざまざ, が狗, が見える, ざしで, ざしを, だけをこちら, だったが, でいる, でツルゲーネフ, で御, とは反対, とを照, には懐しい, に絨毯, に身躾みの頬紅, の手拭, ばかりしや, もあるでしょう, や橋, を, をかぶっ, をまじまじ, を伏せ, を伏せた, を夕方, を愛妹菊路, を振り立て, を描け, を汗ばませ, を為, を燭, を見, を警部, を飽かず眺め, 取作り

▼ したんぢ~ (43, 0.0%)

22 やない 4 やありません 3 やあるまい 2 や, やなく 1 ああはれ, やお, やなかつた, やねえか, やよ, や一體, や無い, や笄, や話, や魅力

▼ した多く~ (43, 0.0%)

4 のもの 2 の例

1 [37件] ない人, のおばさんたち, のコマ人, のコロンブスたち, の不, の主張, の事実, の人, の人々, の写真, の同志, の場合, の夫人令嬢達, の女達, の家族, の小, の少女, の巨岩奇石, の巫女, の想念, の感激, の戯作, の文人たち, の文學者, の日本人, の月, の画, の算盤, の翻訳家, の者, の艱難, の芸術家, の街, の豪傑達, の隠者, の青年, は白磁

▼ した日本人~ (43, 0.0%)

2 には誰, の生活, はこの

1 [37件] があります, がその, がもしも, が冷静, が競争, が通り, さ, である, であるよう, で女性, で英語, なの, にでもよく, に大いに, に嫌気, の一人, の九割五分の人々, の仏像, の写真, の女, の役人, の忍耐, の新聞記者, の知識, の自然観, の過去, の部類, の顔, はこれら, はそう, は波羅葦増, は確か, も真底, を作りたい, を指揮, を知つて, を見

▼ した景色~ (43, 0.0%)

4 である 3 のなか 2 だろう, であった, の中, を見

1 [28件] から長い, がこんなに, が好き, が尤も, が展開, が町, だけで, だったろう, だ清らか, でしょう, で実景, とともによく, となる, などいろんな, に永遠, に眼, に耳, の好い, の後ろ, は平凡, も気に入った, も隠す, をこの, をクリストフ, を汽車, を眺め, を見る, を詩的

▼ した~ (43, 0.0%)

3 にはその 2 にはわれわれ, には町, は

1 [34件] け方, である今, でなければ, にこそ自分, にこの, には, にはいよいよ, にはもう, にはもはや, にはわが身, には先生, には北西, には大いに, には如何, には必ず, には思い知らさい, には統計学一般, には貴様, には釧路, に大工, に恥辱, に望み得られる, に江戸, に考えなく, のいろ, のこと, の光, の散策, の気づかわれる, の眠り, は伊勢武熊, は大枚, は私, 必ず譲治

▼ した書物~ (43, 0.0%)

2 の標題, は次, を御

1 [37件] から獲た, がなかつた, が何, が好ましかっ, が澤山, が目, が西洋, であ, でありまして, とはいつたい, などを眺める, にある, にいい, にもコステル, にも此名, のある, のなか, のページ, の代り, の影響, の版権, はまだ, はよく, は一冊, は初歩, は漢字, は積り積つて何百册かに, は西田先生, は限定, もあった, も出版, やらに聴い, を數, を見る, を買っ, を集めた, 並びに鷹百首

▼ した服装~ (43, 0.0%)

17 をし 3 をした

1 [23件] がいっそう, がどんなに, が一層, こそは雇われ, さえし, だった, で瀬川雅夫, で看板法被, と健康そう, にたんのう, にピン, に改めた, に苦々しく, のわり, のハイカラ, の支那貴婦人, の立派, の若い, はし, はどうしても, は崩した, をしなけれ, を一人

▼ した機会~ (43, 0.0%)

2 にこの

1 [41件] から今, から出札, から川島先生, から彼, から思ひ, から自分, から誰一人, か今, か其の, か大槻芳雄, か少なくとも, か急, がある, だったか, であった, であったか, でなければ, でも人, で口, で急, と言えない, にこちら, にすらも乗せられる, にもたれた, にノート, に何, に信州, に太子, に宣伝, に平戸, に私, に落ちる, に血, に近所, の度毎, はそう, をつかまえ, をねらっ, を大して, を美しく, を逸し

▼ した物語~ (43, 0.0%)

2 ではない, になるだらう, を書く

1 [37件] があった, があり, があります, がある, が作られ, が彼, が最初, が相当, が諸国, である, であるという, でもと, でボヘミア, と看做され, なども逓累譚, になっ, になる, にも同, に心, に或, に見え, の主人公, の分布, の多い, の日常的, はほぼ, は何時, は即, は約, も残した, をはじめた, を伝え, を伴, を伴う, を博士, を書き続け, を止め

▼ した程度~ (43, 0.0%)

8 のもの 2 に止まる, の生

1 [31件] だが, だけでもジャン, であと, であらう, である, でそのまま, ではこの, で凡, で弾きやめ, で意力的, と正比例, にすぎない, にとどまっ, になつたの, にまでの歓楽, に大洋, に從つて其人, に相対性原理, に過ぎない, のいささか, のシロモノ, の不美人, の乱暴, の初期, の固, の奨励金, の極, の者, の話, の適切さ, の雪

▼ したようす~ (42, 0.0%)

2 はなく, は少し, をし

1 [36件] があらわれ, があります, が真に, が空家, でだまっ, でやってき, でツイ, で一二歩後, で僕, で動きまわっ, で太郎, で帰っ, で戻っ, で梓さん, で椅子, で淡谷邸, で立ちあがった, で立っ, で袖, で足早, で酒月, で首, になっ, になった, に見えた, のいい, の母子, はし, はすこし, はない, は殆, もありません, や爪弾き, をしました, を見せた, を見る

▼ した~ (42, 0.0%)

2 で, の新家

1 [38件] あわただしく崖, いつぞやの, いつた, おづおづとしてゐた, さっさと池, さツさ, しかし別に, しばらくは, じつと, だったので, であつ, である, でお, でその, で伝つたもの, で其処, で冷え, で口, で曲節, で長火鉢, で雷, とう, になっ, に我々, ふと彼女, ぼんやりこんな, ぼんやりその, また他, 丁度茶, 仰々しい表情, 何とも返事, 埋るとは, 急いだ, 気軽く口笛, 立つた, 聞いて, 起き上れるか, 黙って

▼ した先生~ (42, 0.0%)

2 が八日目, の書斎, の有様

1 [36件] が, がしばらく, がよほど, が何冊, が国民文庫刊行会, が寝, だからさ, だけでも何百人, である, にはなりたがるまい, に向, に向っ, に滝太郎, のかみ, の世界, の仰っし, の家, の幻影, の心中, の愛人, の教室, の群, の腕, の話, はこの, はそれ, はただ, はない, は先, は名刺, は彼, は朝倉先生, は深く, は野球, もはじめて, をなぜ

▼ した~ (42, 0.0%)

3 の空気 2 であつ, である, の光, の教室, の薔薇

1 [29件] から赤ら顔, が来ました, きいて, そして雷雨, それだけは, だ, だった, なの, のこと, のピンク, の一刻, の心, の日光, の日本海, の気, の気持, の物, の物語, の神社, の空, の笑い声, の雲, の風景, の鶏, は外, までのこと, も九月, 焼いたまま, 迄朱欒七月号

▼ した男女~ (42, 0.0%)

1 [42件] があった, がちょこなんと, がならん, がやがて, が仲間, が其処此処, が出, が恁麼街, が時たま, が永代橋, が相手, が行き逢う, が蹲っ, が蹲つて, が通つて, です, で無事, のいきさつ, の二人, の交際, の取調べ, の問題, の場合, の大, の捜索, の目と目, の社会, の神像, の童子人形, の群れ, の群衆, の肉片, の裸身, の調査, の足, の間, の頭脳, はいまや, は軈て, もまた, や小さな, を見かける

▼ した着物~ (42, 0.0%)

5 を着 2 に角帯, を着せられた

1 [33件] かなんか, が私, だと, で粗末, とあっち, と帯, なんて俺達, に元結, に小倉, に袴, のよう, の下, の好み, の振り, の着, の衿, の赤い, はいちいち, ばかり着, もありません, も出, や帯, や手拭, をうすい, をじまん, をつけ, をひっかけ, を出し, を小屋, を着かざった, を着こんだ, を着ろ, を長い

▼ したなどと~ (41, 0.0%)

2 言って

1 [39件] あるの, いうから, いって, お話し出来る, 一生の, 云いまして, 云い触らすかも, 云うなら夫, 云う勿, 云った, 云つた, 云つて在, 云ふも, 取沙汰される, 吹聴したらう, 天明の, 安ん, 密告し, 小児らに, 左様云った, 後に, 微塵も, 思うならば, 思うわれら, 想像する, 手前味噌さへ, 母の, 洒落れて, 源氏は, 申しを, 知れ渡って, 突然聞いた, 聞えると, 聞くに, 言ふ, 言われては, 評判され, 説くの, 誰が

▼ したみたい~ (41, 0.0%)

3 なこと 2 に, にきらきら

1 [34件] じや, だわ, でこれ, でさみしい, で事実, で俺, で笑う私, なお喋り, なこもった声, な仏頂面, な口, な口調, な吾輩, な声, な心配そう, な感じ, な振り, な耐火建築, な食い方, にお, にかたち, になってた, になつ, にふくらん, にズボン, に全身, に夫, に女, に我, に手, に波子, に胸, に見えた, に言った

▼ した~ (41, 0.0%)

2 りその, 出しました, 清水が

1 [35件] くぐつてほつとすると, くぐり抜ける気持ち, ぐつとのばして飛騨に, こごみがち, こすつた, すりぬけて, ぞろぞろと, たしかに聞いた, ならしながら, ぬいだの, はいた足, ぶった切って, ぺろっと出し, ほぐし二メートル, ぼつかぐらと, りには, りの, り途, んな, ロシヤは, 伏兵を, 処理した, 向島なる, 少々ばかし, 後から, 怒って, 指さした, 撫ぜた為種, 編みて, 縁として, 縫って, 見ても, 見聞する, 覗いた, 越前の

▼ した~ (41, 0.0%)

2 の頬, はそれから, は全く, も見れ

1 [33件] あの時, が, が今, が悪い, が馬鹿, だった, です, としては勝手, と雖, と鞄, に表現, のことば, のこれ, の口, の妻, の帽子, の性癖, の状態, の若, の血液, の行為, の記憶, の顏, は, はしばらく, はそんな, はつくづく, は彼, は生活, は間違っ, は馬鹿, もまた, も及ばぬ

▼ した恰好~ (41, 0.0%)

2 だ, のいい, は誰

1 [35件] から切れ目, がポーランドあたり, が何度, して, だし, であった, でどこ, で中央美術館, で坐っ, で外, で尖端, で店, で後れ毛, で抱き出し, で椅子, で海, で直吉, で立ちあがる, で群集, で街, な書物, な木蔭, になる, に見える, の国旗, の好い, の小, の物, の男, はなんと, は気の毒, やまるっこい, をし, をした, を真似

▼ した眼付~ (41, 0.0%)

9 をし 3 をした 2 で彼, で彼女

1 [25件] がいや, が何処, が可笑しかっ, が第, だと, で, であたり, でこっち, でズー, でブリーノフ, で不思議さうに対手, で不思議そう, で二人, で周囲, で室, で微笑み合っ, で物, で私, で立っ, で見守っ, で黙っ, に出逢った, に心, のどうやら, を空

▼ した~ (41, 0.0%)

2 夫人の, 婦人の, 神主を, 紳士が, 蝮は

1 [31件] ハイドンの, 乾児の, 僧と, 僧の, 僧は, 先生の, 先生股肱の, 劇通たちが, 医師は, 名将は, 坑夫は, 婦人が, 婦人も, 学者で, 将たちは, 少尉で, 幹と, 梅の, 樵夫の, 牧師との, 番頭の, 看守が, 祖母が, 紳士で, 紳士であった, 紳士などが, 紳士を, 職工の, 船頭だ, 説教師の, 鶏を

▼ した顔色~ (41, 0.0%)

3 をし 2 だった, で, の悪い

1 [32件] がよく, が眼, が良う, だったが, だつた, であった, でし, でしつ, ではなく, で列, で帽子, で息せききっ, で毛皮, とで日本人, と単, になっ, になった, になり, にもどった, の底, の役人, の者, はいつも, はセピア, やら腹立たし, よりもむしろ, をした, をもっ, を参木, を見, を観, を黒死館

▼ したあらゆる~ (40, 0.0%)

2 ものは, 種類の

1 [36件] ことを, ものを, 不幸の, 不足を, 事が, 人間や, 偏見と, 僧侶の, 出来事は, 努力, 動きの, 商店の, 困難の, 宗教に, 小説中で, 少女に, 平等社会において, 建築物を, 悩ましい矛盾, 悪い性質, 悪漢を, 感触を, 教説の, 方向と, 時代の, 有機體の, 民族を, 点に関して, 物からも, 物理学概念の, 経験が, 表裏恒ならぬ, 詩人の, 防御よりも, 非民主的, 類型が

▼ しただけに~ (40, 0.0%)

2 すぎない, 手が, 猶々始末, 過ぎない

1 [32件] あとの, ここを, すぐに, とどまらなかった, とどまり多く, なおいっそうの, なおさら人, びっくりし, へびが, ややこの, カラリと, 今も, 兄弟の, 別れが, 却て, 口も, 大の, 戦争の, 明るかった, 止まって, 止まつて, 止めて, 波長の, 煙草道具にも, 理窟を, 益々変, 目先の, 突っ返されると, 芭蕉の, 証拠が, 露骨に, 鹿爪らしい

▼ した~ (40, 0.0%)

4 である, で姫, を悟りはじめ 3 ではない 2 か, だ, ではなかっ, ではなかつた, なの

1 [15件] か去年, がそこ, であらう, でございましょう, です, でないから, ではありません, ではなかつたらう, でもある, でもない, で大嘗祭, で祝詞, とも問い質さず, もわかつ, を悟つた

▼ した語調~ (40, 0.0%)

3 で言っ 2 で, であった, でいった

1 [31件] だと, であつ, である, でいっ, でのべました, でやっ, でわたくし, でマン, で云い捨てる, で云った, で叫んだ, で答え, で続け, で繰返し, で言いだした, で言った, で言つて, で話しはじめた, で話し出された, で語り続け, で誠に, で説い, となる, と情理, になっ, になった, になる, に始まる, の方, をもっ, 両肩

▼ した髪の毛~ (40, 0.0%)

2 のあいだ

1 [38件] がたくさん, が垂れ, が更に, が汗ばんだ, が私, つやつやと, ではあの, とその, と若々しい, と雑, にキス, に白く, に綿雪, ののびた, の下, の中, の撫で, の生え際, の白く, の聯想, はまだ, はみじかく, は少し, は評判, も房ふさ, も旧来, をかきあげ, をし, をした, を少し, を持っ, を振っ, を撫で, を無理, を靡かせ, を額, 凹んだ黒い, 浅黒い金色

▼ したしかも~ (39, 0.0%)

2 強い感覚, 愛情の, 極度に

1 [33件] かれは, きつぱりした危險, きわめて意味, きわめて晦渋, こまかい濃淡, しだいに, その中, それが, どこかに, なか, 七兵衛の, 上等の, 今や今年, 動かない風物, 固定してる, 心持眉を, 抜くこと, 整頓だけは, 涯しない, 清く涼しく悚然, 漠然とした, 熱烈な, 特徴的な, 甚だ, 男性的な, 疲れてる小さな, 細やかな, 芸術的に, 荒い構造, 落ついた満足げ, 蒼海の, 陰鬱なる, 際立って

▼ した動機~ (39, 0.0%)

2 と云, を明し

1 [35件] からさっそく, から地震, から宗教, から小, から彼, か清三, すらがなかっ, でありまた, で二人, で何時, というの, というべき, としてはずっと, と云う, と経過, と興味, と齎ら, なり原因, について一言, にもただ, に關, の万分の一, の有力, はすぐれ, はその, は何, は優れた, は兄さん, は我々, もこの, もしくは原因, をもっ, を知ろう, を聞い, を追窮

▼ した~ (39, 0.0%)

2 がある, がなく, を持つ

1 [33件] いと湯加減, い方, があっ, があります, がこの, がする, がでる, がほろほろ, がよい, が出, が忘れられない, が私, が足りない, ではなく, で仲, とある, といふ, などもこの, のもの, の出た, はひも, は何とも, は出せない, は酒席, をしめ, を与え, を出し, を助け, を失はない, を持ちつ, を知つて, を露出, 甘ったるい味

▼ した~ (39, 0.0%)

2 だな, を把

1 [35件] がうす緑, がはみ出, がムキ出し, が二の腕, が劇, が柔, が栄蔵, つ節, でく, でじりじり, で彼女たち, で搏, で新吉, と心, には青筋, に体重, に娘, の工合, は擂粉木, は露, へ突い, や東北, をそれ, をだらり, をも持つ, を二本, を伸ばし, を左右, を思切つたしるし, を払つて, を持っ, を握っ, を示し, を組み, を蔽っ

▼ したしかし~ (38, 0.0%)

2 これまで, 彼女の, 酷くよぼよぼ

1 [32件] おくめ殺し, ずっと愛嬌, その眼, たえ難い, どうしていい, どことなく寂しい, なかなか愛くるしい, まだ燃屑, もはやこの, パリの, 二日目の, 人を, 何んと, 何処かに, 割に甘, 力の, 医師親子と, 十分労働で, 威圧する, 嬉しそう, 子供の, 庵にかへ, 彼は, 惜しいこと, 礼儀ある, 私が, 突き刺すよう, 膝の, 芳しい午前, 軽い口調, 鋭敏な, 随分憎らしい

▼ した~ (38, 0.0%)

2 の教師共, 種類の

1 [34件] にいわば, に一方, の一面, の三人, の人, の人達, の会員諸氏, の内儀さん, の半面, の同志, の国々, の場所, の太陽系中, の女給, の学生, の学説, の室, の家庭内, の店, の数人, の日, の材料, の流行病, の熱, の現象, の神, の種族, の蟹工船, の話, の部分, の酋長等, の雜誌, 人事を, 領の

▼ した性格~ (38, 0.0%)

2 がある, のこと, の人間, を巧み

1 [30件] からよき, が大いに, であった, でもの, となる, とはどんな, と清き, と組織, ならざるもの, においては渇望, に帰れなくなった, に接した, に発展, のうへにどことなく, のもの, の一面, の内容, の持主, の現われ, の紳士, はだんだん, は個人性格, は棺屋, をもっ, を好む, を感じた, を持ちつづけた, を書かう, を有つて, ジメジメした

▼ した文字~ (38, 0.0%)

2 で, である, には

1 [32件] があった, がまだ, が現れ, が眼, が言文一致, だと, ではなく, で心, で書かれた, で長く, と構想, なり音, にしよう, に出会い, に疑, に過ぎない, のある, のところ, の一ツ一ツ, の上, の全文, の出来, の技術, は天保六年七月二日, もあった, もあらわし, もある, を使つて, を恬, を深井, を燈火, 若の

▼ した神経~ (38, 0.0%)

1 [38件] が二人, が刺激, が突然, が鉄橋, が震えおののく, で反射的, で天文台, と云, と咄嗟, について申す, には刑部, には過敏, にもこれ, にも格別, にも鋭く, によってそこ, によっぽど, に収縮, の尖端, の端々, の見せる, の鈍, はあたり, はすぐ, はどこ, は事, は正井, もこの, もだんだん, も少し, をおびただしく, をこつこつ, をもち, を両手, を治められた, を溌剌, を針, 磨ぎ澄まされた感覚

▼ した~ (38, 0.0%)

2 づきの, で包まれ

1 [34件] がありました, がつい, が一様, が肩, だった, づきが, づきだつた, づきであった, づきでこれ, づきに, づきにも, づきを, づけの, づけ腹, であった, ではない, と玉葱, に殆, に突き立て, に金蠅, のぬくもり, の冷た, の場合, の多い, の温み, の袋, の輪郭, をさげ, をもらいたい, を入れ, を取出し, を料理, を締, 附きだ

▼ した肉体~ (38, 0.0%)

2 が離ればなれ

1 [36件] が感ぜ, その満都渇仰, だった, とを持っ, と知恵, と精神, に切, に異様, に飛びついた, の一部, の内部, の力, の圧迫, の恰好, の機械, の片影, の艶, の苦悩, の衝動, の誘惑, の饗宴, はちっとも, もない, やそれから, を, をころがす, をた, をもっ, をもつ, を抱え, を持っ, を支えた, を横たえ, を見た, を踏みつけた, 小さいながらに

▼ した~ (38, 0.0%)

2 でありながら, のこなし, の中, の前途, の装, の軽

1 [26件] が忽ち, である, でいる, ではある, にそわぬ, にはその, には三十両, にやましい, に上品, に繿縷, に過分, のその, のとりなし, のまわりすべて, の不運, の廻り, の構え, の蹉跌, も世, よりがあっ, よりのない, をのばし, を寝床, を投げた, 振で両手, 振を

▼ した~ (37, 0.0%)

4 んだ 2 いである, えの

1 [29件] あいは, あげて, あげようと, あげる内職, いで, いであった, いま文學より, えから, えこと, え訳, おおぜ, おまえは, この辺, それでじっと, たまえ, どうも心掛け, ふ旧, まつら, まつり少し, まつる, まつるため, まつると, まつる大将, ンだ, 上げた, 何んにも, 呼韓耶単于を, 永年共棲した, 赤樫さんは

▼ した存在~ (37, 0.0%)

3 である 2 を保つ

1 [32件] かな, がある, が想定, だと, であったこの, でありかれこれ, であり欺瞞, であるが, であること, でした, ではなかっ, で互, として国内, となっ, となった, となる, なの, にしかすぎない, になつて, になり, に化した, の跡, はあるまい, は何かしら私, は然るに, への基礎, を, を保っ, を感じ, を持つ, を示しました, を見守る

▼ した現実~ (37, 0.0%)

3 の姿 2 の中

1 [32件] からは飛び離れた, から古典成立, がここ, がすぐ, がはっきり, が我々, が歌, であった, といふべき, とのなまなましい, とも幻覚, にふれ, にまでスッカリ回復, に対する認識, に新しい, に面し, のつかみ, のディアレクティック, の出来事, の向き, の恐ろし, の意味, の政治, の生活感情, の自我, の諸, の階級闘争, は一層, を, を写し, を見破る, を顧み

▼ した~ (37, 0.0%)

4 であるが 2 である, でこの, を述べた

1 [27件] さる新聞, そして, だが, であるし, であると, でご, でございますが, です, ですね, でウィリアム, で図らず, なので, にございまする, にて又, は駈け戻っ, ふと克ちゃん, を云う, を告げた, を平蜘蛛, を承りました, を知る, を記された, を音田, 帰っての, 生れるとき難産, 記されて, 記しあれば

▼ した~ (37, 0.0%)

2 に沿う, の上, の太, をもつ, を描い

1 [27件] がそこ, がない, がはっきり, が引張っ, が当った, が情, が終る, が色々, ですね, で白黒, で縁, で表された, と全体, にある, にそう, になる, に切断, のよう, の附近, の音楽, は東京, や点, をなし, をイデオロギー, を中空, を大, を描いた

▼ した~ (37, 0.0%)

3 い女, の世界 2 の存在

1 [29件] い男, がある, が伸子, が氏, くしさ, である, とくらべ, と愛, にたいする熱情的, については改めて, には, のきつい, の備わっ, の女神, の安定, の幻想, の理念, の目標, はここ, への了得, をこの世, をとり入れた, をもっ, をゆ, を与え, を感じた, を持つ, を描い, を求める

▼ した~ (37, 0.0%)

3 をし 2 を心持, を見る

1 [30件] から陽炎, がなんとなく, が寒気, が柔かく, その肉体, でうつぶせ, で靴, になつ, にぴいんと, に手, に朝風, に若返らせた, に親指, のいろ, の光り, の滑っこい, の羞恥, の香, は二郎, をさわっ, をばなるたけ, をもっ, を展, を思いきっ, を戦かせ, を見, を頬, 切られた真赤, 大きい眼, 恋しさ

▼ したかが~ (36, 0.0%)

4 分る 2 わかる, 彼には

1 [28件] くりと, その人, やきを, よく判る, よく窺われる, わかるの, アリアリわかる, 一層判然, 不思議だ, 不明な, 之を, 二十年来の, 分らなくなる, 判ると, 問題で, 報告書の, 心配に, 明白である, 明瞭である, 書かれて, 物語られる, 疑問である, 窺われる, 解らなかった, 記事の, 訝かられた, 説明されてない, 識れる

▼ したとでも~ (36, 0.0%)

7 いうの 3 いうよう 2 思って, 言うより

1 [22件] いいのがれる魂胆, いうならともかく, いうならまだしも, いうほど, いう風, いふの, いわないかぎり, 云いふらされると, 云うの, 仰せられるので, 仰有るの, 君そんな, 思うほか, 思ったの, 思われたの, 申しましょうか, 考えるほか, 言いたい走り方, 言いたげに, 言ったらよい, 誤解した, 賞める

▼ した~ (36, 0.0%)

143 ですか 2 だよ, です

1 [15件] だえ, だか, だからね, だな, だね, だもの, だらうとか, だん, だ今日, でさすが, ですから, ですのよ, でせう, で年, やなかろ

▼ した不思議~ (36, 0.0%)

2 な事件, な文体

1 [32件] でせう, なもの, なガラス玉, な世界, な倍音, な偶然, な光, な光景, な判じ物, な化体, な印象, な因縁, な団体, な宗教, な宮殿, な少年, な感じ, な旋廻, な時代, な東方文字, な気持, な物音, な特性, な画家, な瘡, な発想法, な縁, な表情, な親愛, な話, な魔界, な鳥

▼ した~ (36, 0.0%)

2 があった, のなか, の方, の番頭

1 [28件] があり, がありました, がうち, がその, が其方, が少なく, が建てられる, が財力豊か, であったが, である, でどの, ではまるで, では仙吉, では客, で堂々たる, で間接, で隣村, の中, の主人, の名前, の帳場, の店員, の引ける, の横, をもった, を惜しい, を見すごし, を買いつけ

▼ した所以~ (36, 0.0%)

13 である 5 のもの 2 であ, は勿論

1 [14件] がここ, だろうと, であった, であつ, であらう, であろう, ではない, に数, のそれほど, の一, の重なる, はその, は主, も此処

▼ した~ (36, 0.0%)

5 の光 2 が出, を吐い

1 [27件] がある, がかかっ, がぼっかり, が下界, が現われた, だと, である, と白い, と雲, などは月給, になります, に紅, のある, のかげ, の光り, の円, の廓, の感覚, の色, の表面, の記, の面, はやや, は翌日, や太陽, を見, を象どる

▼ した目つき~ (36, 0.0%)

5 をし 2 になっ, になり

1 [27件] からで, がいつも, が義雄, で, でかしこここ, でく, でずうずうしく, でその, でみんな, で向う, で山, で彼, で私, で空, で話し合っ, で貞世, で道, で雜草, で黙っ, と心配そう, に返つた, に還, はただならぬ, は機械的, をちら, をマルガレート, を炉

▼ した社会~ (36, 0.0%)

3 に於 2 の空気

1 [31件] からいつ, が生れる, であろうと, では哲学, とはいえ, においてすべて刺戟性, においては人, においては高い, における個, における当然, には, には才子, にもなく, に孫文, に於ける, の事情, の制裁, の形式, の所産, の攪乱者, の生態, の生活, の間, は顛覆, ほど数多く, を作った, を作ろう, を実際, を確立, を組織, 諸関係

▼ した~ (36, 0.0%)

2 だ, だと, で形

1 [30件] かしら, かな, があたっ, がいかなる, が一緒, だとよ, だなん, であるという, です, でその, で一番, で今晩, で当然, で憂き目, で果たして, で苛, とあきらめ, といふこと, として片目, と実に心から, なんかくる, にこれから, にすぐ, には船, に今, は笞四十, は覿面さ, も受け, よ, を受けた

▼ した表現~ (36, 0.0%)

1 [36件] がわび, が利く, が既に, そのいろいろ, であります, である, であろう, でより, で山原, で感覚, で書い, で書かれ, で答, とそして, と内容, と方向, と相, と解し, になる, に托された, に見え, に達し, の進路, は万葉集, や機智, をそれ, をとる, をもっ, をもつ, をも苦笑, を下さい, を取る, を採る, を用いね, を與, を見せ

▼ した限り~ (36, 0.0%)

4 に於 2 ではこの, の

1 [28件] そうなる, そして言葉, では, ではまだ, では多数者, では確か, では酒, で死ん, なく無関心, においてのみ起る, においての隋唐文化, においてはこれら, のもの, の主観, の人々, の多, の学問理論, の思想自体, の政治的見識, の現実, の現実的概念, の私, の純粋, の自然, は, は書翰, は破壊, を盡

▼ した~ (35, 0.0%)

2 からも汚い, を持った

1 [31件] からもれた, から洩れた, から静, が上下, が浜路, が際立っ, で彼女, で自分, には上野, には公園, にも平素, に力, のふるえ, のよう, の不良青年, の内側, の周り, は動い, は改まっ, は見る, までも這いあがっ, や耳, をもつた, をトンがら, を交, を噛む, を少し, を意地, を置い, を近々, を開いた

▼ した女房~ (35, 0.0%)

2 がある

1 [33件] があった, がいる, がぬっ, がまた, が不安, が再び, が留守番, が見付け, で居, という, といふの, とが見える, なんて叱る, にする, に逢った, のこと, のすわっ, の人柄, の名, の数, の方, の眠る, の胸, の行方, の言葉, はすぐ, は実際, もあり, も二, も余り, らしいもの, らしい諦観, を附け廻し

▼ した心地~ (35, 0.0%)

3 だった, になっ 2 でお, で人なだれ, になった, になつ, の好い, は渠

1 [17件] がした, であった, でお寺, でぴー, でやがて, で一同, で久しぶり, で女, で女中, で町, で白洲, で見とれ, になつて, になりました, になれた, になツ, は消え

▼ した恐怖~ (35, 0.0%)

3 を感じた 2 に怯, の記憶

1 [28件] が, がある, がぬけ, とそれ, と悲しみ, なんかじゃない, なんかぢ, に充ちた, に声, に耐えぬ, に襲, に襲われ, のない, の一夜, の中, の情, の根性, の表情, も湧い, をおこさせる, をかざし, をもち, を御存じ, を感じ, を感じる, を覚える, を覚えるであろう, 漠然とした

▼ した~ (35, 0.0%)

3 の日, の末 2 であった, のある, の空

1 [23件] だつた, でした, に宿, の不思議, の仕打, の夜, の宵, の景, の景色, の晴天, の暖さ, の朝陽, の気配, の田圃, の白日, の真昼, の空気, の遺物, の雨, の雲, の風, の風景, 立つ日

▼ した~ (35, 0.0%)

4 のよう 2 をいくつ, を描く

1 [27件] がある, がとつぜん, が多い, が思ひ出された, が描けたら, が残つて, で自分, で見る, とか彫刻, となっ, と比べ, の上, の印象, の原図, の女, はこういう, は一見, は極, または一目, や情実関係, らしいと, をゆっくり, を作者, を描きあげた, を虚子, を見せ, を見せた

▼ した~ (35, 0.0%)

5 が生え, の中 2 が一面, の葉, の間, はら

1 [17件] があと, がいきのこっ, が風, が黄色い, と偃松, なの, のはえ, の奇怪さ, の波, の芽, の茂, の露, ばかりだった, も木, も萌え立っ, や木, を一つかみ

▼ したおかげ~ (34, 0.0%)

2 でこの

1 [32件] である, であるぞ, であるとも, でいくら, でいま, でおっかなびっくり, でお前たち, でございますが, でそういう, でみ, でやさしく, でわたし, で一日, で三遊派, で人間, で以上, で大阪, で忘れ, で日記, で朝, で漸く, で無事, で理髪, で生活, で百戦百勝, で自分, で行政機構改革, で食事, で飯, で魂, に外, のせゐでは

▼ したとき彼~ (34, 0.0%)

4 はその 2 はすぐ, は強い

1 [26件] が友人ベエコン, が歯, が煉瓦工場, の周囲, の旗本, の胸, の足, の靴先, はあんまり, はいつの間にか, はこの, はそこ, はなお, はもう, はチラリ, は三つ, は全く, は全身, は到る, は小説中, は屡, は此點滴, は私, は自分, は駅, は驚き

▼ した三人~ (34, 0.0%)

2 の男

1 [32件] のかた, のこと, のごろつき共, のさすらい, のゼスイト, の中, の人物, の兵隊, の写真, の医者, の女, の娘, の子供達, の尼さん, の弁護士, の方, の武士, の武家揃い, の父親, の狂人, の美女, の者, の若い, の話, の青年, はしばらく, は昨夜, は暫く, は東京, は矢来町, は行った, を見出した

▼ した動作~ (34, 0.0%)

2 は見る

1 [32件] がその, が巧み, が早く, が芝居, であった, でいため, でしずしず, ではあるまい, でステッキ, でタイヤ, でベレー, でレッド, で勝手, で坐った, で失神, で明らか, で流浪人, で身仕度, で長椅子, と彼, と體力, なので, によって森, のかわり, のすべて, はもう, は急い, も適当, も野呂間げた顔つき, をもつ, を見守っ, を飜訳風

▼ した雰囲気~ (34, 0.0%)

3 の中

1 [31件] が出, が出来た, が多, が立ちこめ, が諸君, じやあ, だつた, で暮し, といふやう, との中, とは全然, とまつたく, と云い, と言っ, にし, に包まれ, に呼吸, に対してきわめて, に接する, に染められ, に甘く, のなか, の女王気取り, をかもし出し, をさらに, をそのまま, をもっ, を作っ, を周囲, を感じ, を身

▼ したあたり~ (33, 0.0%)

2 の景色

1 [31件] から水, が急, だった, では仄のりと, でも陸, といい, なぞはどう, などを見, にはたしかに, にはほんとう, に佇ん, に小さい, に発し, に誰か二人, に野生, のさま, の位置, の歌, の空気, の部屋, の雰囲気, の風景, はモオリス, は幻覺, は彼, は正に, まったくまのあたり見せ, をあるく, を眺め, を見まわし, を見廻した

▼ したこれ~ (33, 0.0%)

1 [33件] があの, が最後, でいよ, でのう, ではあまりに, ではいかん, でもやつぱり世帯, で何もかも, で充分, で十分, で当分, で行き, なら相当, にも少から, に対する立憲党, は, はのりうつぎ, は全く, は或は, は本城, は犬, は親鸞, は言志集, は風勢, また切腹, までにない, までにもおりおり, までの精神上, もお客, もごく, もよく, も垂直, も老

▼ したついで~ (33, 0.0%)

1 [33件] だと, ですから, にありし, にあれ, にもう少し, に一寸, に一巡り, に久しぶり, に京都, に今, に付記, に何気なく, に例, に向山, に周瑜, に大利根, に寄つた, に尋ね, に帳場, に庸, に彼等, に整理, に松, に流, に源氏, に燒, に私達, に美事, に親, に訪ね, に近在, に長崎, の由

▼ した主人~ (33, 0.0%)

1 [33件] がある, が刄物, が居る, が或, が立っ, ですネ, にある, のおどろき, のほか, の久さん, の力, の博士, の又, の弟, の惣右衞門様, の方, の書斎, の海保, の為, の血みどろ, の表情, の言葉, の顔, はお, はしばらく, はため息, はなお, はもうこ, は煤, は言葉, や番頭, を産み出す, を見付ける

▼ した其の~ (33, 0.0%)

2 時の

1 [31件] 一つは, 上で, 事を, 人です, 他の, 價値等を, 女こそは, 女の, 寝不足の, 建築に, 当日から, 後に, 心に, 愚かさを, 態度と, 文句は, 時に, 時夢中に, 枝を通して, 癖何處か, 結果です, 翌朝の, 自動車で, 若者は, 趣をも, 足で, 遺言に, 飛騨の, 養蟲園へ, 鸚鵡を, 黒髪を

▼ した~ (33, 0.0%)

2 の手紙

1 [31件] がございました, が不世出, が戦死, が泣い, であろうか, でい, でも水, とこの, との間, とまだ, とも分らない, と別れ, と妻, に保護, の, のこと, のため, のみなりをさして, の住む, の写真, の跡, の遺書, の顔, は一子, は罪, や花柳病, れから, を失つて, を嫌っ, を持ち, を見舞う

▼ した母親~ (33, 0.0%)

2 の無分別さ

1 [31件] があんな, がたずね, が一人, が急死, が瘠せ細っ, が私, が連れもどった, が頬擦り, といっしょ, と一緒, と少年, に代, に対して何だか, のおとなしく賢い, のもと, の姿, の平常, の形見, の心, の歌, の眼, の若い, の顔, は千世子, もあります, も今更, らしい仕事ぶり, を山姥, を見, を見た, 似の

▼ した~ (33, 0.0%)

2 を示す

1 [31件] か赤痣いちめん, があっ, があった, がある, がひりひり, が余りに, が歴々, が歴然と, が着い, が見えない, が見える, が見られる, が認められる, だと, である, であるか, と見え, に違い, はありあり, は此人, は絆創膏, は見えない, は見えぬ, も明らか, らしく思われるの, を印し, を残した, を残す, を留め, を示し, を示した

▼ した~ (33, 0.0%)

4 の色 3 のよう 2 が頭, は首

1 [22件] がべつとり, がほんの, が指, が流れた, が深い, が漲り, つ, には強烈, のかたまり, のぬめり, の創造, の問題, の奪い, の指紋, の溜り, の痕, の量, はこれ, は下半身, をうう, をベタベタ, を通わし

▼ した~ (32, 0.0%)

2 だけ立売, を出しあう, を出しあっ

1 [26件] が着荷, ぐらいおい, だけは送った, だけ世の中, と参照, と合せ, にすぎた, には一つ, には全て, には第, には補い, には鷹, のなか, は僅か, は全, は廃物利用, までも撲っ, まで食べ, も何かと, をたし, をやる, をプロムプター附, を処理, を払っ, を現像, を読み返す

▼ した~ (32, 0.0%)

2 沼へ, 畳の

1 [28件] つわ, の史籍, るい家で, スウェーデンでも, ノルマンデイの, 仏は, 作品は, 写本が, 刊本等の, 女房が, 女房も, 家屋の, 屑籠の, 廟に, 我判事は, 曲及び, 板の, 歌として, 法帖の, 瓦が, 羅馬貨幣を, 自動車が, 苔と共に, 錢を, 鍋などを, 鎌が, 雜誌で, 體の

▼ した~ (32, 0.0%)

3 のいい 2 だ, だが, のよ, の可

1 [21件] がみな筋, が利子, だった, だったが, だつたが, であった, でおそらく, です, でその, と申す, などを馬の背, なの, にちげ, の好い, の良い, もあり, よさ, を, をいわば, を口, を少し

▼ した平次~ (32, 0.0%)

2 はお, はさすが

1 [28件] がハツ, が立っ, が立つ, が第, です, ですが, にはそれ, の声, の眼, の聲, の顔, はいきなり, はそつ, はガラッ, はガラツ八, はケロリ, は久し振り, は二臺, は午後, は向, は履物, は朝, もガラッ, もガラツ八, もゾツ, も八五郎, ガバと, ガラッ八

▼ した文化~ (32, 0.0%)

2 の産物, の諸相

1 [28件] が育てよう, が能, すなわち浦添文化, である, と物資, に対する反抗, のこと, の一つ, の代々, の動き, の場面, の或, の特色, の知識, は当時, や人倫的組織, や又, や思想, をうち, をこしらえなけれ, をつくり出し, をもつ, を保つ, を吸収, を持っ, を持つ, を漫然と, を自分

▼ した歴史~ (32, 0.0%)

1 [32件] から出, から美しい, が出来上った, だけに重き, でありますから, と歩調, などを聞い, によった, に過ぎない, のあゆみ, の問題, の差異, の断面, の概念, の永く, の講義, の長い, はない, は表現, や故実, をもっ, をもつ, をもと, を一語, を尤も, を持っ, を描いた, を教え, を有つて, を省み, を精細, を語る

▼ した若者~ (32, 0.0%)

2 が私, だった, はそんな

1 [26件] がしきりに, が三四人, が云った, が前, が有無, が椅子, が此村, が氷, が答, であった, であったが, である, です, の写真, の姿, の心持, の手記, の梶太郎, の看病, の顔, はこの, は又, は彼, をズルズル, を忘, を知っ

▼ した~ (32, 0.0%)

20 えは 2 えの, えも 1 えが, えなど, えなんか無い, えはねえ, があります, がある, がない, もない

▼ した~ (32, 0.0%)

32 だの獣, の翼

1 [25件] がつばさ, がやって来るです, がゐる, が一ぴき, が腰掛けた, が飛ん, ださうで, であるの, で春さき, になっ, に身, のむれ, のよう, の卵, の声, の絵, の羽根, の話, の鳴き声, は一羽一羽, やわ, や孔雀, を味付け, を白鳥, を見つめました

▼ したお蔭~ (31, 0.0%)

2 だと, にこの

1 [27件] が大分, だらうと, だ殊に, であると, であろう, でお前, でこれ, でございますね, ですっかり, でその, でどうやら, でドシ, でドシドシ, でマア, でヤット船, で一座, で今日, で何事, で侍分, で俺, で入, で禍, で私, で老いた, で自分, で貴婦人, で酒

▼ したなどという~ (31, 0.0%)

7 のは

1 [24件] うわさが, ことは, ことも, ことを, のも, ような, デタラメな, 事も, 人々も, 人の, 伝承も, 例も, 噂も, 大それた, 妄想に, 抗議も, 点まで, 者も, 言い分けを, 記事が, 記録は, 詰まらない自慢話, 話を, 談を

▼ した事實~ (31, 0.0%)

2 に就い

1 [29件] が, がある, がほん, だつた, でありまして, として三十歳, として船乘, と認, に據つて, に直面, の記録, はあつ, はある, は同僚, は是認, は最早, は殆ど, までも記し, もあらう, もある, も多い, も尠, を傳, を全く, を知らざる, を綜合, を表象, を裏書, を集めた

▼ した内容~ (31, 0.0%)

2 がない, をもっ

1 [27件] が二葉亭, であるだけに, でいう, でした, で毎日, と形式, と新鮮, と表現, については翌年, にも記され, の作品, の印刷物, の本, の真実性, の錯覚的, ばかりで生き, や思想, をもつ, を以て妥当, を利用, を含む, を得られよう, を持たし, を摘記, を有っ, を盛っ, を示し

▼ した学者~ (31, 0.0%)

2 であった, の説

1 [27件] があつ, が以前, だろうとの, であったから, であって, である, でもあった, とシナ, ならねばこの, には家, のあった, の中, の伝記, の名, の所謂, の文章, の本箱, はない, はみな, はルッター, もあった, もだんだん, も全く, や思想家, や画家, らしい四人, を土

▼ した最後~ (31, 0.0%)

2 に旅館, のもの

1 [27件] でございました, でそれから, に, に起つ, の一幕, の一歩, の一語, の人, の同席者, の場合, の声, の対仏作戦計画, の希望, の帰着点, の形, の手段, の日, の東京, の果て, の欺瞞, の男, の章句, の者, の言葉, の貿易船, の非常手段, は一つ

▼ した~ (31, 0.0%)

2 の呪

1 [29件] がさめる, が却って, が薄かっ, だつた, ですよ, ではなく, で味, と女, にお前, のなみ, の杯, の注い, の酔い心地, の香, は, は二升, は調べた, ぶくろ, よ, をついだ, をコオヒイ茶碗, を待つ, を正味三合, を注げ, を湯呑, を進めた, を運び出し, を飲ん, 喰いの

▼ した風景~ (31, 0.0%)

2 であるの, の中

1 [27件] がどんなに, が全然, だ, だった, だったの, だつた, であった, であろう, でした, ですわ, です窓, でもなかっ, にふさわしい, に事, のあいだ, のなか, の所有者, はも早, よりも垂直, よりも変化, をながめ, をヴィンセント, を叙, を懐し, を捜し出し, を映像, を見

▼ した~ (31, 0.0%)

2 のよう

1 [29件] かまたは, がいる, が同じ, が居た, が網, が葦, でそれ, で今, のはなし, のやう, の塩焼, の群, の群れ, の肉, の腐肉, の血, の金色, の鮮, はすべて肉, はたくさん, や肉, や魚皮, をくれた, を使っ, を吐かされ, を料理, を生む, を発掘, 返さんでは

▼ した~ (31, 0.0%)

3 に於

1 [28件] からは頑固, があつ, がある, が面白い, である, でその, などをいかにも, において又, にも同, に在る, に存する, に對, に強味, に特異性, に觸, に辿り着きました, のあ, はいづれ, はデカルト, は前, は已に, は認め置かね, もあります, も少なから, も注意, も興味, を感じ, を考慮

▼ した体格~ (30, 0.0%)

2 だ, であった, の女

1 [24件] から顔つき, でそれ, ではある, でグーステップ, で流行唄, で濃い, で肩幅, で背, で襟元, で顔, で風合羽, と力量, と言い, には太い, に致した, のお, のくせ, の信頼, の持ち主, の男, の背広姿, の鳥打帽, もよく, をし

▼ した地方~ (30, 0.0%)

2 の文学青年

1 [28件] がある, が急激, であつ, であるから, である以上, でこうした, でそこ, でも潟, においてはラテン文明, においては増加, にそれ, により多少, にわたって行なわれ, にエビス, に対して此, に比べる, に送られた, のやう, の人, の物, の素封, の藩, の釣り場, の顔, もありました, もある, も多く, を逍遙つて

▼ した~ (30, 0.0%)

3 であらう

1 [27件] かく少しずつ, かこの, か一人, か嫻, か安眠, か頭, だと, であ, である, であろうか, であろ食物, ではそれ, と生, なるべし, に来た, の内藤恥叟翁其他, もあるだらう, もしや規程, も亦, 仕方ない, 多少の, 志村浩太郎氏の, 斯う, 朋輩の, 罰として, 蹟が, 逃げ遂せず

▼ した文学~ (30, 0.0%)

3 である 2 はそこ, は党

1 [23件] が再び, であるから, でも芸術, で文学, という語, としては韻文価値, として真に, とはいへ, と文学者, にとどまり, の世界, の時代, の製作, の評価, はその, はない, は小説, は所謂美的生活, もその, をと求める, を作り上げる, を能, 次第に成長

▼ した深い~ (30, 0.0%)

2 天然林は

1 [28件] ことを, よろこびを, キリストの, 上流の, 不安を, 人が, 光沢に, 困惑が, 地下を, 夜の, 大空の, 奥ゆきの, 寝息が, 憂愁だった, 杉木立の, 林の, 樹林が, 湖の, 眠り肉体も, 知識を, 碧い, 碧が, 秋の, 線に, 谷が, 谿谷の, 長もちする, 静けさが

▼ した甲斐~ (30, 0.0%)

8 がない 5 もなく 3 がある 2 があっ

1 [12件] あって, あつて, あるよき, があった, が有っ, に申し残された, に緋緘, のあつ, はあっ, はあった, もない, もなかつた

▼ した積り~ (30, 0.0%)

3 だが, である 2 でいた, でいる, です, ではなかつた

1 [16件] だ, だつたが, で, であったが, であつ, であります, でございます, ですつかり好い, ですよ, でそれ, で安心, で実は, で生き, なんで, になつて, の自分

▼ した~ (30, 0.0%)

4 明りの 2 明りに

1 [24件] くれな, さを, ぺらな唇を, ぼやけた旅客, よごれた肉体, ッペラな, 明りが, 明りを, 明るい空, 柔い, 焼の, 焼を, 白い光, 紅い生娘, 紅く彩つた, 紅の, 綿の, 赤い二粒, 霞の, 青い壁, 青い肩, 革の, 黒い顏, 鼠の

▼ した~ (30, 0.0%)

2 のやう

1 [28件] が煙, でもつかむ, で焼かれる, のいたです, のよう, の下, の冠, の匂い, の化物, の扉, の手箱, の棒, の滴りな, の熱気, の爪, の玉座, の王国, の笏, の輪, の階段, は両, は大変, ぶちの, や赤熱, を刺された, を見た, を鉄床, 拵え一本刀

▼ した~ (29, 0.0%)

2 んだ

1 [27件] うてこの, うてわが身, うて学問, うて未来, うて漸次個体, うて諸国, うて都下, うて順次, ったやなあ, とくにいう, もりさく木苺, ッだ, 不安から, 器量で, 奉行職の, 好意で, 当家に対しても, 意見を, 承諾は, 様子でした, 気性, 決意と, 災難に, 経験の, 縁やら, 聖体の, 返事を

▼ した太陽~ (29, 0.0%)

3 の光 2 が雲, の光り

1 [22件] がだんだん, が今, が晴れた, が照りつけ, が破壊作用, が輝い, が霧, が青い, に背, に遊星, の威烈, の子, の正視, の真下, の破片, の線, の蒼白い, は, は何, も清澄, や輝き出した, を描い

▼ した~ (29, 0.0%)

2 である, に村上, の手前

1 [23件] があっ, がある, が往来, すら見受ける, であった, でありながら, です, とわかった, と土地ッ子, どめ, にのこされた, のよう, の前, の年齢人相, の混雑, の言葉, は, はどんな, は内, は誰, ばかりな, をつかまえよう, を繰り返し殴りつけ

▼ した~ (29, 0.0%)

3 がいくつ 2 や屋敷

1 [24件] かと思, がある, が其処, だつた, での出来事, で其の, で大師, と伝えられる, にぢ, にも決してなんら, のさま, の仏, の墓地, の屋根, の空虚, の裏庭, の裡, の記録, はどこ, は東北, は相当, も昔, をかうした, をこれ

▼ した明るい~ (29, 0.0%)

1 [29件] すこし西日, ところであった, なかに, 中で, 場所を, 声で, 天井の, 少しいや, 希望が, 広間に, 日であった, 日の, 日影, 栃木の, 水面を, 清潔な, 湯殿板の間が, 生活であった, 町, 異常な, 白樺の, 眼肉づき, 砂地へ, 空を, 笑顔の, 素振りなどでも, 色の, 蒼空を, 部屋だ

▼ した最も~ (29, 0.0%)

1 [29件] わかり易い最も, ユーモラスな, 下劣に, 佳い作品, 古いダアト, 古井戸, 哀れな, 哲学的な, 善いこと, 巧妙な, 幸福な, 得意な, 有力な, 有名な, 有用に, 正確に, 深い霧, 清潔な, 濃艶無比, 由緒ある, 精巧な, 細長い部屋, 經濟的な, 若い男, 調和した, 資本主義的なる, 進んだ詩人, 邪悪な, 重大な

▼ した有様~ (29, 0.0%)

2 である

1 [27件] から察, がさうさせた, が想像, が目, が見える, が覗, であった, では同じ, と為った, と異, になっ, にむしろ, の描写, はいまだにはっきり, はすべて, はほぼ, は地獄, は如何にも, は滑稽, は終戦後三年, は見, は言葉, ほど物凄い, をそのまま, を日記, を見, を読者

▼ した~ (29, 0.0%)

6 の中 2 の奥

1 [21件] があっ, があり, がありました, が今朝, が四五丁, が塞い, が深い, であつ, ではなく, となる, などもなく, にかこまれた, の上, の下, の下草, の茂み, はまだ, や森, を成し, を背景, を見

▼ した模様~ (29, 0.0%)

3 である, もない 2 はない, をつけ

1 [19件] が左, が施し, だ, だった, だつた, であるが, です, に当て, の唐更紗, の着物, は別, は更に, は見えませぬ, もなかっ, を僕, を手紙, を置い, を話したら, を語ろう

▼ した~ (29, 0.0%)

2 が房, の中

1 [25件] がからだ一面, がみだれ, が五光, が描かれ, が薄暗い, が頭, だ物, でして, におおわれ, にそれ, のある, のかげ, ののびた, のもの, の地, の大きな, の様子, の残り, の生えた, の黒い, は蚋, もとかれ, を描きます, を輕, を顏

▼ した興味~ (29, 0.0%)

2 と教訓, を持つた, を植ゑつけた名篇

1 [23件] ある統計図, からだけで, から詳しい, がなけれ, ごく単純, でどんな, で一気に, と期待, に誘はれ, のある, の対象, をそ, をもつた, を与, を与へ, を以て格闘, を以て眼, を保たせる, を引く, を抱く, を持っ, を持った, を與

▼ した野原~ (29, 0.0%)

4 に立つ 2 へ出

1 [23件] がありました, があります, がひらけ, がひろがっ, が広がっ, が私, であること, とは全く, にねころん, に出ました, に羊たち, に自由, に逃げ出し, の中, の形, の果て, の空気, の萌え出, や花, を曲りくねつ, を見渡し, を走っ, を過ぎました

▼ した野郎~ (29, 0.0%)

62 だよ, はたしかに

1 [19件] が, が一匹, が便々, が変, が間違, だが, だと, だな, だよく, で後家さん, と四日後, などとは物言, なん, にか, に面目, は猪, は誰, やあこいつ, やあ此奴

▼ したからって~ (28, 0.0%)

2 何も, 私を

1 [24件] あたしから, あなたに, いい人, その為, そりゃおれたち, それで, それであの, そんなふうにかたづけ, 一々引っくくられ, 二葉亭の, 人の, 何ほども, 信子さんみたいな, 助役の, 君が, 思いあった娘, 急に, 指を, 早か, 火を, 私まで, 自分も, 誰も, 部下の

▼ したより~ (28, 0.0%)

4 はるかに 2 して

1 [22件] ずっとすばらしい, ずっと短い, どころも, なお情, もっといけない, もっと有利, もっと王様, やつれて, 上タマで, 二倍もの, 以上の, 十年前に, 古いから, 外無事でゐた, 彼らに, 悪かった, 早く父, 更に成功的, 沢山来た, 燃ゆる, 確かりし, 若い母たち

▼ した~ (28, 0.0%)

3

1 [25件] あたし千駄木の, おかみさん, おっ母さん, お父さんが, それでいい, だつて, づか一晝夜, とっくに出た, どうせ貴方, ほんとにうれしい, やいと仏が, らい声を, わたしには, アそれぢや, バナナ一本もらった, パパそこへ, 早くその, 水の, 父さんが, 痩せちやふから, 私, 約束した, 船で, 誰かと, 面白いのねえ

▼ した中年~ (28, 0.0%)

8 の男 7 の女 3 の婦人 1 の三人, の侍, の女中, の女達, の彫塑家, の従兄, の方, の管理人, の紳士, の紳士姿

▼ した写真~ (28, 0.0%)

1 [28件] からがその後, があっ, がある, がのっ, が二面, が何枚, が新聞, では大阪, でもあり, で叔父さん, など親, なの, についてヘルマン教授, にもちゃんと, に拠る, に注意, のポジ, の乾板, の乾板色, は何十万人, は六百枚, まで出, も目, をかつて, を今夜, を見, を見せ, を見る

▼ した喜び~ (28, 0.0%)

2 に先祖

1 [26件] があった, があつ, が海, としてその, とで人, にお, にしばらく, にまさる, に似た, に染まっ, のあまりに, の念, の態度, はなく, は何, は感じられず, をかんじる, をもつ, をもつた, を味つて, を感じた, を感ずる, を表, を言葉, を読者, を述べた

▼ した~ (28, 0.0%)

5 の上 2 の壁

1 [21件] がその, が先生, くさい力強いぼってり, くれが, さえやがて間もなく, ということ, と一帶, と常に, にさえ信頼, にそれ, のしめり, のにおい, の下, の凹み, の匂い, の大きな, の色, の蚊, へ霜柱, をつけ, を踏んだ

▼ した形式~ (28, 0.0%)

2 をもつ

1 [26件] が自分, だけの肉声, でしか残され, で塾, で己, で渡り歩いた, で現われます, で話, と叫んだ, と美しい, にかかっ, にし, になつ, に過ぎない, のうち, のプリミチヴ, の上, の授受, をもった, を備えるべき, を取っ, を採っ, を採つ, を採る, を規定, を踏みたい

▼ した彼ら~ (28, 0.0%)

2 の心

1 [26件] がさき, がそして, がその, が生活, だったが, の一人, の全, の家族たち, の所業, の最初, の生活, の直観, の社会観, の経験, の耳, の苦悶, の薄, はこの, はひそか, は冷やか, は凶作, は勞力, は各地, は時々うっとり, は目, は鼻いき

▼ した恐ろしい~ (28, 0.0%)

2 曲者その

1 [26件] ぶらつき回ってる男, ほど肩幅, ダンスを, 事件が, 事件としか, 事件は, 人だかりと, 企らみ, 何も, 十個たらず, 夫が, 奇怪な, 害悪が, 容貌の, 怪物ばらばらに, 悪智慧, 機械人間だった, 死に方, 洪水は, 深淵が, 物語を, 状態に, 發見から, 瞬間に, 秘密まで, 道具は

▼ した~ (28, 0.0%)

3 の先 2 を私

1 [23件] から徐, が一束, が小, だつた, でぐいぐい, でふさふさ, で掻く, で棚, と指, と貝殻, のつけ, の尖, の弾き, の形, の痕, をからませた, をかわるがわる, を一本一本, を両, を持つた, を火, を組み合わせ, を離す

▼ した方面~ (28, 0.0%)

2 がある

1 [26件] からの着氷, からも見ね, から短詩形, から神職, から見れ, が多い, では本, とは全く, なん, にすぐれた, にも大いに, に影響, に注意, に當つて, に發展, に興味, のあらゆる, のみであった, の聯想, は其目的, は發達, へ会話, へ落ち, へ進ん, もあつ, を名

▼ した時期~ (28, 0.0%)

6 である 2 だった, だと

1 [18件] があった, がやって来る, がやつ, であった, であるだけ, です, でもあった, で後, となった, と言, と謂, に, にまで彼等, に伝統, のあ, は遅れ, を境, 最も親しい

▼ した武士~ (28, 0.0%)

4 であった 2 である

1 [22件] が傍, が改めて, が既に, が罰使, が駆けつけ, だけが遠く, などが今日, に相違, のうち, の一味, の一団, の列, の姿, の手, の数, の話, の頬, は, はそのまま, はたくさん, はひときわ, は城下

▼ した灰色~ (28, 0.0%)

3 の空 2 の塊, の溜池

1 [21件] か黒色, と黄昏, な騒騒しい, のだだっぴろい, のもの, の低い, の姿, の幕, の扁平, の暁, の曙, の毒素, の海, の焼, の町, の絹, の行列, の連続, の頭髪, の髪, 又は白

▼ した結論~ (28, 0.0%)

2 をこの

1 [26件] が得られ, が生れる, だ, である, では, でもある, というの, としてこの, として手ヅル, と云う, にもなる, に到達, に帰着, に賛, に達し得ない, の中, は, はくだし, は事物, は出, は平常, は恐らく, を信用, を出した, を導き出すだろう, を持たない

▼ した~ (28, 0.0%)

2 いろの, の中, の芝生, を初夏

1 [20件] が浮き上つて, であること, で笑い, で覆われ, のこずえ, のなか, の木, の海, の点, の線, の色, の草, の葉, の街路樹, の鮮やか, の黒髪, は絶え, も生涯, を抜い, 青いろ

▼ した翌日~ (28, 0.0%)

2 に青木家, の朝, 代助

1 [22件] からだ, からは晝, から又, から忘れ, から掃除, から見, くらいに密入国, その椽大, だったから, でしきりに, などお, に, には氷峰, には覿面, の天候, の晩, の晩方, の預金, は, は葬式, は馬, 既に道辻

▼ した~ (28, 0.0%)

14 の高い 3 の低い

1 [11件] に崩, のごく, の高い好い, の高い小さい, の高い若い, の高く, も高い, を反らせ, を向け, を微妙, を見せ

▼ した色彩~ (28, 0.0%)

2 や形, を帯び

1 [24件] があの, が乱れ散っ, が剥げ, が期待, が流れた, で息づいてる, とごった返し, とを見る, に混じ合っ, に目, の, の中, の強烈, の性質, の洪水, の混乱, の美, の跳梁, もポンペイ, を, を伴っ, を作っ, を帶びてゐるのが彼, を綜合

▼ した~ (28, 0.0%)

2 となる, に不満, は若干

1 [22件] があり, がある, がオヤジ, が主として, が夾雑, が本, になっ, に作曲, のやう, の中, の本然, の雑誌, は, はすべて無韻素朴, は七絶, は文学史, は書け, は豪放, や小説, をここ, を作る, を書き上げたい

▼ した論文~ (28, 0.0%)

1 [28件] からも書かれ, がある, が今年, が八百あまり, が出た, が掲げられ, が発表, が發表, が英国, などには往々, などを読ん, による, にルナチャルスキー, の中, の内容, の種, の集録, はやめよう, はプロレタリア文学, は世間, は数多く, は約, や著書, をとりあげた, を出した, を如何, を掲げ, を書いた

▼ した~ (28, 0.0%)

2 の鼻息

1 [26件] がいる, がその間, がギバ, が何匹, が多, さえある, だろう, です, なのに, なればと, に乗っ, に乗った, に関する習俗, の処分法, の腹, の蹄, の通る, の面, の鞍, の髑髏, はいかにも, はもう, もない, を五頭, を夫人, を引い

▼ したいろいろ~ (27, 0.0%)

2 なこと, のもの

1 [23件] なもの, な不便, な人, な化け物, な困難, な形, な状態, の, のこと, のよく, の事, の事情, の人間, の企て, の品物, の地方, の巨, の様式, の独創的, の神秘, の記録, の試合, の話

▼ したためし~ (27, 0.0%)

7 はない 3 がない, はなかっ 2 がなかつた, はありません, はなく, は無い 1 があった, が無い, のない, は幾多, は昔, は甚だ

▼ した作者~ (27, 0.0%)

1 [27件] があるいは, が今度, が昔, としない, に済む, の心情, の心持, の惡趣味, の意図, の感興, の文学的意嚮, の方, の気魄, の洒落, の独創性, の生活, の芸術的意気, の観照的態度, の試み, の語られない, の趣味, の野心, の霊感, の風貌, は必後, への要求, も少なく

▼ した信仰~ (27, 0.0%)

2 の痕跡, はまだ

1 [23件] から出た, から悪い, から来た, から英雄, があつ, が平安朝, が拡, であ, と見る, にお, に悲しむべき疑ひ, に生き, のなごり, の対象, の残つて, の直接, の鼓吹者, はあらゆる, は弘, は時代, も出, や神, を持っ

▼ した~ (27, 0.0%)

2 に, の視界

1 [23件] がその, が推薦, が波子, こそかえって, にはこういう, に沙汰無し, に酒, の前, の声, の方, の気, の耳, の行き先, は, はありがとう, はこの, はせっかく, はどう, は云う, もあるいは, も犬, をケム, を往年

▼ した~ (27, 0.0%)

2 の日, の晩, 知らせも

1 [21件] からの慣行, で職人, に既に, に立つ, に裸体, の, の場面, よりも穏, 世代は, 世代人より, 世紀を通じての, 住民の, 兀頭の, 句に, 太子, 将軍家宣から, 掛を, 村長ばかり, 署長の, 路に, 髮のか

▼ した動物~ (27, 0.0%)

2 がその, のよう

1 [23件] がそれ, が半身, が沢山, だったろう, だろうが, である, ではない, にのみあり得べき, に他, に種々, に見るごときある, のやう, のやうぢ, の家, の標本, の病気, の霊魂, の頭, の骨, はたえず, は自分, を人工心臓, を言

▼ した品物~ (27, 0.0%)

2 ですもの, に相違

1 [23件] かね, がありました, があります, が一杯, が目, さ, じゃないだろう, だが, である, で椅子, などを着服, なん, のこと, はかなり, はきっと, は大抵, ばかりが並ん, らしく思われて, をある, をひねくり, を燒, を見かけます, を風呂敷

▼ した歩調~ (27, 0.0%)

2 で歩い, で私, で行き過ぎた, で階段

1 [19件] で, でいくらか, でその, で二人連, で廊下, で建長寺前, で御, で怪漢, で扉, で来かかっ, で歩きつづけ, で歩き出した, で歩き廻った, で歩けるであろう, で歩みよる, で歩む, で殿, で進ん, に返った

▼ した~ (27, 0.0%)

3 數の

1 [24件] がいの, の哲学, 仏性の, 信心で, 名丸の, 宗教つまり, 対立の, 形式の, 役な, 感激な, 感覺な, 智, 暗に派手, 法則な, 産婦人の, 神経が, 禮を, 装飾の, 邪氣の, 関心の, 關心さで, 關心な, 際限の, 髯の

▼ した~ (27, 0.0%)

3 のよう 2 がじっと, ならば

1 [20件] が今ごろ, です, ですの, で家, で滅多, とはいずれ, と等しい, なぞは連れ, などは憎, なの, に導かれ, の仲間, の形態, の群, の血管, はと訊く, は吠える, や狐, を見掛けね, を連れ

▼ した自由~ (27, 0.0%)

3 な世界

1 [24件] があるだろう, が見られません, なもの, な一個人, な天地, な宗教, な感情, な日本, な明るい, な気分, な發想法, な純潔, な自然, な魂, の, のため, の世界, の天地, の学園, の海, の精神, は欧米諸国, や若, を人間

▼ した視線~ (27, 0.0%)

2 の一直線上

1 [25件] が私, が言葉, で宇治, で川原, で相談, で須永, と醜いいまいまし, に打つかる, の下, の中, の交錯, の戦争, はそのまま, をかれ, をふたたび, をスモッグ, をレヴュ女優, を周囲, を淀, を相, を置いた, を見下す, を返し, を遠い, を闇

▼ した~ (27, 0.0%)

9 りの 3 りに 2 りでなく其詩

1 [13件] であるのに, で年, なのよ, に取り返し, りだ, りで, りですもの, りでなく一人, りでなく我々, りでなく既に, りでねえ心, りでは, りで注文

▼ した~ (27, 0.0%)

2 が左右, に, に美し, を

1 [19件] が左, であつ, である, についた, になった, に名づけた, に変化, の楢, の遠方, はある, はない, は明瞭, は静か, を右, を巧, を彼方此方, を私, を輕, を通り切っ

▼ した輪廓~ (27, 0.0%)

2 だった, の正しい, をもっ

1 [21件] が残っ, が現われ, が田舍, が田舎, だったが, で素子, に包まれた, に色, のある, の端正, は出, は失う, をなし, をもたせないで, を以て田原さん, を具え, を描い, を示す, を見せ, を雪, 強い色彩

▼ したとこ~ (26, 0.0%)

2 に落ち, をこんな

1 [22件] かも知れん, がそのうち, がパッ, が元, でしてん, でしョ, でどうにも, でないと, でセエラ, で承諾, で無駄, で雑煮, とまあ, な, なん, によります, に帰る, はない, は少なく, ひの, へ行く, を見せとかない

▼ したとして~ (26, 0.0%)

1 [26件] ある, あるから, いやそう, ごらんなさい, そのとき, その分類, それで小野, それで文化的生活, それは, ですな, どうして, みたまえ, もし彼等, プラトンを, 向の, 問題は, 宜しい, 或いは知覚, 推算した, 果してその, 死骸は, 殿の, 物価との, 見よう, 逆算した, 非難した

▼ したばかりか~ (26, 0.0%)

2 静に, 顔を

1 [22件] いたずら書の, せっかく掠めた, そのままどこ, その大きい, なおつぎつぎ, まったくぼく, 主人の, 人間に, 全部が, 到底それ, 古参の, 大胆と, 戦争は, 手抗う, 日ごろの, 昨日も, 甲府攻めの, 自分で, 自分の, 記念の, 遠征の, 隣国信濃では

▼ したレコード~ (26, 0.0%)

5 がある 2 がビクター

1 [19件] がすぐれ, が最も, それでは困る, である, と舞踏, と言えるだろう, の文句, の説明書き, は冴えない, は有名, は非常, もある, も入っ, も吹込み, や, をもっ, を保存, を名盤, を推す

▼ した体躯~ (26, 0.0%)

1 [26件] からは傍, であったが, でくら闇, でしたが, で懐手, で脂肪, にみとれ, に幾らか, に心もち肩, に比べ, に短く, に載, の上, の両側, の中, の大きな, の持ち主, の持主, の色, をそらし, をどしん, をばこの, をゆらりと, を投げ出し, を演壇, を眺めた

▼ した~ (26, 0.0%)

2 である, では, をとおし

1 [20件] えの, がある, が新聞小説家, が生れた, が詩, だ, であったの, であるけれども, でこの, でそれだけ, でもなく, といへる, と言つて, に千代子, のどうして, の中, は, はちょっと, をお, を書い

▼ した努力~ (26, 0.0%)

2 の跡

1 [24件] から中野重治, がどうして, がよく, が必要, が思わず, が本来, だけは見える, で彼, で書い, と雄々し, に対して虔, のある, のため, のなか, の価値, の痕跡, は今や全然, は十分, は見える, もいろいろ, もした, もなかっ, を必要, を払っ

▼ した~ (26, 0.0%)

2 あさい山, の夜, の日, の陽ざし

1 [18件] が冬, だ, でしょうねえ, なん, に父, のこみち, の園遊会, の昼中, の晩がた, の月, の気分, の海, の芽, の草, の街道, の農作物祝福, の野, の雪

▼ した暗い~ (26, 0.0%)

2 穴へ

1 [24件] ひと間を, ものの立つ, 並木の, 中で, 五月雨と, 堂の, 墓地の, 奥から, 建物の, 影が, 影を, 心は, 樹木は, 波の, 海の, 状態な, 町の, 町を, 瞳を, 跡づけがたい, 部分には, 部屋だった, 部屋の, 顔つきで

▼ した沈黙~ (26, 0.0%)

1 [26件] がき, がひろがり, が引, が生れた, が続い, が続いた, が襲っ, であった, というもの, と反撥, に感染, に支配, に還らなけれ, に陥っ, のうち, の中, の後, の後衣川, の陣, の階下, の音, はやがて, は谷中, を彼女自身, を破った, を領

▼ した生命~ (26, 0.0%)

2 の悦び, を養

1 [22件] があっ, が溢れ, が見られる, となお, とはいかに, なン, の喜び, の持ちぬ, の歓喜, の流れ, の火, の燃焼, の種子, の躍動, も, をもちません, を医療, を取り戻し得る, を忘れた, を感じます, を有する, を空虚

▼ した~ (26, 0.0%)

3 のあたり 2 がなく, をつい

1 [19件] とあと足, といい, に支那人, のへん, の上, の低い, の拭き掃除, の振り, の掛けかた, の肉, の辺り, は風, や脚, をのばさせた, をふり, を下し, を交互, を持っ, 附きでは

▼ した~ (26, 0.0%)

8 の中

1 [18件] がほんの, が海, が澱ん, が重っ, だけだ, であった, と孤独, と気候, の一部, の冷た, の夜, の女, の感じ, の道伝い, の風音, は地平, をたたえ, をたどり

▼ したくらいの~ (25, 0.0%)

1 [25件] ういういしいの, えらい騒ぎ, ことで, ところで, はげしい地響き, ものだ, もので, ものである, ものです, 人だ, 人だった, 人の, 人間です, 効果しか, 国である, 大きさ, 太さ, 女役だった, 小さい形, 巨大な, 年恰好の, 猛者である, 盛大な, 腕前でも, 芯からの

▼ したまた~ (25, 0.0%)

1 [25件] いつぞや船岡, かき擾された, こんなに美しく, さうである, その鐘, それが, なく上品, やって来たまえ, ポタリポタリ雫が, 世帯という, 件の, 何層倍か, 奧女中の, 尽しもの, 怪しい魔法使, 支那をも, 朝廷から, 櫛の, 欲しつつ, 武芸者然, 歯が, 波瀾に, 現に経験, 見ては, 颯爽と

▼ した位置~ (25, 0.0%)

3 にある

1 [22件] からばかり彼, が詳しく, にあった, にあり, において食事, に出来, に在る, に立たせられた, に立ち, に節子, に自身, のため, のまま, の者, は忘れた, は記憶, へグーッ, も分らなかった, や力, を保ち, を取り, を考慮

▼ した光線~ (25, 0.0%)

4 はなかつた 3 の中 2 がある, である

1 [14件] がこの世, がパッ, が柱, が汗ばんだ, だった, で雪, にみとれ, に生き, のかげ, の方, の間, はなかっ, を湛え, を生み出し

▼ した同じ~ (25, 0.0%)

3 日に 2 日の

1 [20件] からだつきの, ところよ, ような, 一座が, 人間が, 冗談を, 処には, 夜の, 容積の, 年ごろの, 心象風景であったろう, 意味の, 曲者でも, 枝の, 様な, 樹下に, 理由で, 絵像も, 藩老の, 行いを

▼ した~ (25, 0.0%)

2 の目

1 [23件] が, がこんど, が家庭的, が物質的, だ, だから, なぞにこの, に咎むべ, に殺される, のなす, の保護者, の兄さん, の冷た, の家, の手紙, の無造作, の父上, は今, は気, を僕, を知ってる, 止すなら止せ僕, 歩けないかね

▼ した大人~ (25, 0.0%)

3 の風格 2 の世界, や子どもら

1 [18件] がそれ, が五六人, が感じられ, が閑臥, です, というの, として創造, と見られた, になった, に小学校, のよう, の本, の言葉, は大抵, は教え, は皆, は風通小紋, らしい親愛

▼ した学生~ (25, 0.0%)

1 [25件] があった, がいる, がぎっしり, がすぐ, が並ん, が全く, が散歩, が紋附, が門, でで, でも下宿, でクラス委員, で上流, と娘, と銀座, などではあるまい, に似, に重宝, のよう, の手洗水, の数, はもう, は続々, もあった, らしくニッカーボッカー

▼ した帰り~ (25, 0.0%)

2 だと

1 [23件] だ, だったの, だつた, だろうどこ, であろう風呂敷包み, でこれから, でしょうよく, です, で中野君, と思われ, などにふと, にはその, には必ず, にスマック, に広小路, に徳永, に暗い, に本郷四丁目, に汁粉屋, に私, のよう, らしいの, をとうとう

▼ した挨拶~ (25, 0.0%)

3 をした 2 をし

1 [20件] がいっこう, が絶対, が聞きたかった, が食堂中, だ, だがにっこり, だったので, だと, だな, なの, の手, はまことに堂々, もできなかった, をしなけれ, をしました, をする, をなお, を交わす, を口実, を私

▼ した~ (25, 0.0%)

1 [25件] であった, とはまるで, にも左右, に対しては今日, の一手, の一武者, の兵, の将校, の灸所, の空軍, の胄, の軍隊同士, の退路, の駒, はすっかり, は再び, は堀秀政, は相当, は草鞋, は菊水, をこの, を取る, を手頃, を迎え, 将クロパトキン

▼ した文明~ (25, 0.0%)

2 の事跡, の婦人

1 [21件] から逃れん, が一所, が互いに, が出来た, である, とが混んがら, とは年所, と莫大, のみまた, のよう, の上, の存在, の臭気, の苗木, は多く, は東漸, は活動力, は現在, は豊富, もやはり, をこの

▼ した液体~ (25, 0.0%)

2 が満たされた

1 [23件] がクネクネ, が一ぱい, が一杯, が半分, が四分目, が彼女, が渦巻, が煙草, だ, であった, です, で被, とする, となっ, と固体, のやう, の小さな, の小瓶, をたたえた, を一パイ, を容れた, を流す, を酌ぎ

▼ した~ (25, 0.0%)

2 だ, である

1 [21件] か足, であつ, であらう, であらふと, ででも, とである, と云, と見るべきである, と言, にそれで, によし, に一日寺田君, に事, に其後, に右岸, に海上, に漢初, に現, に痛く, に絶息, 心ならずも離れ離れ

▼ した知識~ (25, 0.0%)

2 を扱

1 [23件] ある人々, がお, が伝統, が生じ, しかもたれ, だ, であり片方, であるという, として極めて, となり得る, と見識, と道徳, の社会学, は一面便利, をもつ, を得た, を得る, を扱う, を持っ, を有っ, を材料, を読書, を順々

▼ した身なり~ (25, 0.0%)

8 をし

1 [17件] が出来ない, である, で堂々, で現在, に變, のテオドール・ヴァン・ゴッホ, の健康, の従僕, の長身, はし, は仙二, もせず, をいたし, をさせられ, をした, を整え, を見

▼ した~ (25, 0.0%)

2 があちらこちら, となつ, の中

1 [19件] かなどのよう, が云, が終日, が降り出し, が青空, である, になっ, に濡れ, のあし, のあと, のふるある, の如き, の町, の降る, の音, は小止み, は歇, もその, もよい

▼ したかたち~ (24, 0.0%)

2 であったが, です

1 [20件] がある, がうつる, こそ取, そしてそれ, だから, だった, だったが, であった, であつ, である, であろう, であんたたち, でその, で彼女, なの, になっ, になつ, には憎い, をその, をとっ

▼ したことば~ (24, 0.0%)

2 だ, でいった

1 [20件] がある, が爆発, だが, だった, だと, であった, である, である彼, でございます, でわたし, と共に彼, におりん, にはかならず, の調子, は偽り, や抱い, をつかっ, を口, を守っ, を聞い

▼ した~ (24, 0.0%)

11 やない 5 やありません 1 で行, に慈姑, やなと, やねえか, やア, や無い, や無え, を染ました

▼ したとき私~ (24, 0.0%)

1 [24件] がお送り, がどう, が指摘, としての手紙, のいろいろ, の傲慢, の心, の行爲, の隣り, はあなた, はある, はこれ, はその, はふっと, はふと, はゆくりなく, はクルリ, は何, は女の子, は家, は彼女, は思わず, は涙, を救い

▼ した事柄~ (24, 0.0%)

1 [24件] かとも思う, から綜合, が絶えず, だが, つまりわたし, である, であること, ではある, ではなかっ, でも深く, で科学的, というもの, にすぎなかった, にたいする感激, については多く, の内容, は一つ, ばかりです, まで書い, をまだ一向, を半ば親切, を告げる, を語らね, を説明

▼ した仲間~ (24, 0.0%)

2 の一人, を扶

1 [20件] が三人, であるが, でそれ, で死んだ, で私, とてらてら, と落ち合う, に会う, に就い, のひとり, のチンピラ, の一平, の荒くれ男, は, を介抱, を同志, を引きずりこんだ, を引連れ, を迎え, を食う

▼ した俳優~ (24, 0.0%)

1 [24件] がその, が商業劇場, が腰, だつた, であった, であつ, である芸術座, ではやはり, でもデリケェト, で師匠, としての才能, に知合, のよう, の凡て, は巴里市, は市川寿美蔵市川松蔦大谷友右衛門市川紅, は李香, は楽, への好意, もある, や人形使い, を使, を使い, を蒲団

▼ した友人~ (24, 0.0%)

2 のこと

1 [22件] がひとり, がトルコ風呂, がノート, が温泉, が驚い, であって, である, とまた, と一所, と共に遊廓, と東京会館, におごられる, にこれから, には必ず, に電話, の一人, の妻, の布施, の思出, の東洋学者以前, の誰彼, はなかっ

▼ した唯一~ (24, 0.0%)

2 の人物

1 [22件] のもの, の世界, の二度, の人, の人物山口, の会戦, の作, の作品, の作品集, の光榮者, の士, の家, の弁証法, の息子, の感情, の慊堂, の接吻, の文学伝統, の日本人, の真実, の神, の闘士

▼ した家庭~ (24, 0.0%)

1 [24件] だったらどう, では一分間, では一緒, では五十七歳, で少し, というもの, にゐ, に成長, に産, に育った, のしきたり, のよう, の主人, の事件, の仕事, の奥様同士, の少年, の空気, の読む, は春, を作つ, を思い出した, を持たぬ, を持ちたい

▼ した材料~ (24, 0.0%)

1 [24件] から組立てら, が含まれ, でつくられる, で作られ, で塞い, というの, によって互に, に対して普通, の控, の豐富, の選択, はすべて, はより, は今, は古書, は非常, をば綺麗, を使つて, を使わなくなった, を昨夜, を極めて, を横, を遠く, を酒精漬

▼ した犯人~ (24, 0.0%)

1 [24件] が, がいる, が何故, が弟, だという, でその, ではない, と定められ, にはそこ, に似合わない, に感謝状, の一人, の人相書, の写真, はいっそう, はいない, はどうしても, はひどい, はロ国, は君, は支那, を捜査, を探しだそう, を逮捕

▼ した現象~ (24, 0.0%)

3 であった 2 である

1 [19件] からその, が起き, だろう, であったが, であるが, であること, でした, による災害, の結果, は平安朝, をこの, をよく, を以て直ちに, を屡々, を斯, を法水, を生, を示した, を觀察

▼ した立場~ (24, 0.0%)

2 に於ける

1 [22件] から一切, から問い, から清算消去, から眺める, から警察, がある, でありその, であるが, というもの, についての抗議, に立っ, に立った, に立つ, の, の違い, へ自分, もやがて, をとらう, をとる, をもつ, を持っ, を理解

▼ した約束~ (24, 0.0%)

1 [24件] があらかじめ, が一つ, が厳格, が彼, でも約束, に厭, に立っ, のこと, の場所, の錯綜, は破る, も信用, も医師, をいや, をけっして, をし, を取り, を取交し, を守る, を忘れ, を忘れなかった, を果さなかった, を決して, を真実

▼ した~ (24, 0.0%)

1 [24件] から入用, が三本, が二本, が突, でいかにも, で何時も, どりを, には皮膚, にも気, にハンカチ, の手術, の裸体, はどう, を, をあまり, をさつ, をひざ, をまた, を投げ出し, を組ん, を蚊トンボみたい, を重ね, を高く, を鹿

▼ した良人~ (24, 0.0%)

1 [24件] がある, がいま, がシントーイスム, が出かけ, が声, が外国, だもの, である, でございます, との生活, なの, によって保たれた, に離れ, のある, の取りつく, の声, の首級, はそれ, はとにかく, はやがて, や子供たち, をひしと, を失った, を追慕

▼ した~ (24, 0.0%)

2 の上

1 [22件] がいく台, がいた, がきしっ, がぞろぞろ, がガラガラ, が来る, が甲州街道, が終に, が行列, だろうと, である, で萩之茶屋, に乗っ, の二十輛, の前, の音, は二人, は当家, やモスリン友禅, をねつ, をひい, を直そう

▼ した間柄~ (24, 0.0%)

2 である, であること

1 [20件] いわば生死, が持續, じゃから柘植, じゃない, だ, だから, だに恋, であった, であつ, でそんな, で無言, として何, と云い切っ, と思つて, になった, になつて, にはなつ, の余, の忠之, は面

▼ した黒髪~ (24, 0.0%)

2 にみとれ

1 [22件] から寝間着, が何, が夜風, が投げる, が新九郎, が映つ, が頬, が颯々, にすっと, にその, に瓜実顔, の丁字香, の上, の長い, は枕元, は西, を体ぐるみ, を包ん, を垂れたる, を幾たび, を指, を散らし

▼ したくら~ (23, 0.0%)

5 ゐで 3 ゐである 2 ゐだから, ゐでした, ゐなん 1 ゐだ, ゐぢ, ゐであります, ゐです, ゐの, ゐよ, ゐ強か, ゐ笊, ゐ西洋

▼ した~ (23, 0.0%)

32

1 [18件] あいつめが, いその, いやきつい, うっ, え, おりろおりろ, つとした, ッ, 下村, 何うし, 何処に, 何故落ちないだろう, 出か, 男爵閣下の, 畜生, 観念せい, 陰に, 音が

▼ した低い~ (23, 0.0%)

6 声で 2 調子で

1 [15件] かげに, がっしりした, 価格への, 叮嚀な, 咳を, 土地である, 声, 建物の, 建物は, 押しつぶされたよう, 柵を, 沈んだ調子, 道徳で, 雲が, 額と

▼ した~ (23, 0.0%)

2 世界の

1 [21件] き帰依, ソ作家同盟が, プロレタリヤ階級の, 一的な, 像に, 地域を通じて, 存在において, 官公労働組合中心の, 機的な, 機能を, 生活を, 盛時に, 目的の, 肉体を, 藩の, 裸体を, 距離五十マイル地面より, 躰的な, 過程を, 隊員は, 體は

▼ した境地~ (23, 0.0%)

1 [23件] からは伸子, がその, だ, だったでしょう, である, でちょうど, とは違った, と違い, においてで, にこそ真に, に価値, に引きもどされ, に於, に精進, に置きたかった, の存在, は決して, へ導き出す, へ引き上げ, へ踏み出し, らしく思, を歩む, を知る

▼ した姿勢~ (23, 0.0%)

2 と粗

1 [21件] がやわらかく, が乱れた, だったので, であった, でむす, でも苦悶, で今しづか, で思い沈ん, で椅子, で立つ, となった, になっ, には彼女, のまま, の実に, の軍人, の頬髭, やまなざし, や屹, をチャン, を失っ

▼ した心もち~ (23, 0.0%)

2 であろう, になっ, になつて

1 [17件] から自由, がある, がする, がどこ, だった, だらう, でいました, でその, でまた, で過せる, で静, になった, になつてマインレンデル, に生き, を味わいました, を嫌, を擾

▼ した性質~ (23, 0.0%)

2 のもの, の人

1 [19件] がある, だと, であった, でおどけた, ですから, でないこと, でもなかつた, なので, なもの, のため, の区別, の女, を備え, を共通, を失いました, を帯び, を愛でられ, を持っ, を洗滌

▼ した~ (23, 0.0%)

1 [23件] が湧き上っ, だったの, であること, でなければ, ではない, と動機力, と漠然と, なの, なれば, のある, の不足, の咽首, の小舟, の思い, の悲壮, の生活, の葛藤, の高められた, はこれ, は世間, をお, を感じた, 撫ぜめ

▼ した挙句~ (23, 0.0%)

1 [23件] うまく行かない, お化粧直し, がやれ, が拠ろなく, が橋, このエーフェリチェ, なんとも云, にお, にちっと, にどこ, に幾度, に必然, に過分, の暖か, の果て, は, はいつも, やっとの, ようやく知り得た, ウロウロし, 未だこの, 立ち上って, 隣り村

▼ した~ (23, 0.0%)

3 の心 2 の者

1 [18件] が頻りに, ごしら, であった, ではなく, という旅, となった, に來, に馴れなかつたせゐ, の修業者, の具, の動機, の坊さん, の泊り, の記念, も西行, らしい服装, 慣れたいでたち, 装い足

▼ した~ (23, 0.0%)

2 が記され, を告げ

1 [19件] が記し, が貢物目録, の報告, の書状, の菩提寺, の證文, の電報, をかかり, をそれ, を付記, を伝え, を佐々木看護婦, を奉答, を応えた, を覚らせるべく, を語りました, を黄蓋, 答えますと, 言った

▼ した~ (23, 0.0%)

2 の窪地

1 [21件] っちの方, のしづか, の一棟, の人, の傳授, の光線, の團子屋, の婦人, の時, の書取, の氣まぐれ, の牡丹, の男, の秋, の秘密, の親仁, の辺, の頃, の飜譯, の麥畑, はな

▼ した~ (23, 0.0%)

2 の上, の中

1 [19件] がある, がひろ, が一度, できょう, といふ畑, などが見えた, になりやしません, には蕎麦, に向っ, のそこここ, のよう, の土, の方, の跡, は一条一条丁寧, は家屋, を歩行, を見せ, を見た

▼ した~ (23, 0.0%)

2 の下, の跡, は落さぬ

1 [17件] が雨, と肉, には黒, のかくれる, のない, の優し, の切れ, の動き, の沈着, の濃, の濃い浅黒い, の長い, をしかめた, を嬉し, を示し合った, 吊り上つた眼, 大きい表情的

▼ した種々~ (23, 0.0%)

2 のもの

1 [21件] なる社会状態, な歴史的段階, な生活意識, な變化, のこと, の事件, の事態, の催し, の傳説, の問題, の変遷, の思想, の感動, の感想文, の書籍, の機械類, の疑問, の職業, の謬見謬想, の變遷, の高尚

▼ した~ (23, 0.0%)

2 の幹, の杖, の林

1 [17件] が冷しく吹い, が房, が生え, が生える, のいろ, のよう, の家主人, の或は, の枝葉, の皮膚, の筵, の肌, の花立, の芽, の葉, の鋏, を割った

▼ した笑顔~ (23, 0.0%)

32 になった, をし

1 [16件] で云った, で出, で私, で雀, で鮨, になり, に戻っ, の中, の癪, は失せ, もわたし, をうしろ, をした, を向けた, を私, 澄んだツブラ

▼ した~ (23, 0.0%)

4 へはない 2 が出来ない, は得られなかった

1 [15件] が出, によっては許さぬ, はありません, へと云, へは多く, へは得られなかつた, へは得られません, へを與, よりほか, をしない, をする, を与え, を心, を津田, を與

▼ した芝居~ (23, 0.0%)

2 が我々, を吹聴

1 [19件] がまだ, が亡くなつた, が大体そう, であるから, でいたせ, でその, では人間, でわたし, といふふう, など考へられぬ, にもならぬ, のよう, の中, の悪者, も成田屋, をたくらむ, をやらせる, を忘れた, を見る

▼ した行為~ (23, 0.0%)

2 だと, やその, を冷淡

1 [17件] が酬いられ, が飛んだ, だ, だという, であつ, であるの, ではない, ではなく, には彼女, に顧み, のあらゆる, のよう, の目的, の連続, もする, をも穿きちがえられ, を思い出し

▼ した詩人~ (23, 0.0%)

3 である, の好奇心 2 のこと, の何ん

1 [13件] が, すらがしばしば, それから出た, だ, でありながら, であるという, のよう, の作多く, の卵, の姿, の宮島貞丈君, の眼, も実は

▼ した~ (23, 0.0%)

5 の中 2 のよう

1 [16件] がかかり, がかけ, がこの, が低く, が出来る, が海, が立ち, が部屋, が高瀬, けぶり銀, だった, の向, の暮, はフィュー, ばかりである, ばかりです

▼ した静けさ~ (23, 0.0%)

32 だった

1 [18件] があった, が心, が続く, が身, で一点, で雪, といい, としっとり, にふと, にもどった, のうち, のなか, はちっとも, はやがて, は変らなかった, をまもり, を楽しみ眺めつづけ, を破つ

▼ した頭脳~ (23, 0.0%)

2 をもっ, を持っ

1 [19件] がある, が時々ぐらぐら, が次第に, であわただしく, では手, とか深刻, には可, にも感じられた, のため, のなか, のまま, の中, の惑乱, の熱, は二晩, はBK, をかけめぐる, を休める, を何かしら

▼ したいわゆる~ (22, 0.0%)

1 [22件] お坊, ケレンにも, ゲハイムラート・プロフェッソルを, 不安の, 中原の, 乞食哲学者の, 五十音図が, 四次元空間に, 大同二年ごろから, 天下の, 延寿鍛え, 拡い, 探偵趣味の, 楡莢を, 番太の, 種族の, 航空術なども, 貸間長屋という, 難行苦行の, 青年将校たちとは, 高台寺組に対する, 鵯越え

▼ した~ (22, 0.0%)

2 の頬

1 [20件] つの, の小さい, の腕, の袖, チームの, 三人の, 原理は, 岸の, 班の, 眼が, 眼には, 眼も, 眼を, 肩は, 肱の, 脛を, 腕を, 頬で, 頬に, 鬢の

▼ した以外~ (22, 0.0%)

4 には何

1 [18件] になお, には一文, には一物, には不断, には何ん, には勝家, には悪く, に啄木, に幾多, に手紙, に自分, のいろいろ, のこと, の事, の何物, は魚, 別に再会, 諸雑誌

▼ した女中~ (22, 0.0%)

2 がお, の腕

1 [18件] がそのまま, がどてら, が博士, が女主人, が居れ, が息, が来, が目, が確か, が美しい, が説明, であった, です, ですよ, と新聞, のお, のニウ, の顔

▼ した意志~ (22, 0.0%)

1 [22件] がいる, が働い, であきらめまい, とが別々, と日記, に危険, のもと, の力, の強い, の閃, は彷徨, もなく, も感情, をもつてる, を他, を感じる, を持ちつづけ, を最後, を白状, を藏, を表示, を説明

▼ した~ (22, 0.0%)

1 [22件] ペンネームは, 世界観の, 事を, 二月の, 大名華族の, 思想に, 支配者は, 文学に, 時代の, 朝倉の, 東京の, 植民地であろう, 権打倒御, 演芸に対して, 独逸の, 生活の, 町村も, 稿を, 著, 藩主の, 藩士の, 貴族階級の

▼ した有名~ (22, 0.0%)

1 [22件] な, な人, な人物, な例, な句, な四句, な城, な孫娘, な将官ら, な支那, な改作, な政綱, な文人達, な某氏, な歌人, な石ころ道, な線, な聯隊, な裁判官スチーブン氏, な解剖学者, な長, の人

▼ した東京~ (22, 0.0%)

1 [22件] でもまれ, で妻, に十億, の, の一紳士, の下街, の人, の人たち, の喫茶店風景, の女, の新, の方, の生活, の疲れ, の街裏, の言葉, の風物, の食詰者, の騒音, は大正十二年, をどんなに, 大地震

▼ した~ (22, 0.0%)

2 と枝, の上, や梢

1 [16件] が出, が針坊主, につけ, に明るい, に止った, の木, も, や葉, をつき出し, を忽然と, を振, を掠め, を真紅, を網, 分れ常, 高い草

▼ した樹木~ (22, 0.0%)

1 [22件] から十分, から成り立っ, から成り立つ, がしずか, が左右, が若く, が車体, である, と神社, には自然, に密ん, の下, の姿, の森, の汁, の生命, の立つ, の茂み, はない, もあり, を眺め, を見

▼ した機械~ (22, 0.0%)

2 がある

1 [20件] がギッシリ, が動い, が必要, が車上, だけれど, だった, ですもの, と外科部長, なの, にまで大成, によって進められる, のあいだ, のあじ, の嵐, の美し, の荷, の轟音, の間, は昨夜一夜, らしい活

▼ した~ (22, 0.0%)

5 の瞬間 2 の日

1 [15件] には笑い出す, のやう, のよう, の一声, の事実, の交代者, の年, の弟, の晩, の章句, の第, の聯想, の註, の詞, 弟は

▼ した流れ~ (22, 0.0%)

2 を上下

1 [20件] が滞る, だの見渡す, であつ, で土手, として根, と円い, になつ, に対してかね, のやう, の上, の中, の努力, の勢, はその, はむすぼれ, や笑, をたたえ, をトクントクン, を吸いあげ, を見せる

▼ した~ (22, 0.0%)

4 のよう 3 の光

1 [15件] がさかん, が一面, が毎日爐邊, じゃろうか, だなあ, の子, の法, の色, の跡, の躓き, はあっという間に, は忽ち, を燃す, を蓄, を飛び越え

▼ した理論~ (22, 0.0%)

1 [22件] が僕ら, だから, でせう, というもの, とか思想的立場, などはこん, なの, に立っ, の簇出, の要求, はさらに, は併, は原則, は当, は更に, も非, をもつ, を以て自分, を形づくる, を本能的, を求める, 乃至科学

▼ した短い~ (22, 0.0%)

2 足に

1 [20件] まるで頭, ものである, 一生にとっては, 下げ髪の, 円筒が, 叫びの, 期間であった, 棒では, 毛が, 笑話の, 言葉, 記事の, 記録の, 詞章に, 間, 間に, 間の, 頬ヒゲを, 髪の毛を, 髭を

▼ した空地~ (22, 0.0%)

2 があつ, を周囲

1 [18件] がある, がポッカリ, であった, になっ, に出, に盆栽棚, に高, のよう, の真, の草, の隅, の雜草, はこうした, をへだて, を好ん, を横ぎった, を歩い, を通りぬけ

▼ した笑い~ (22, 0.0%)

1 [22件] がほとばしるなら, が右門, が彼, ごえが, すら泛, である, でもない, でもなかっ, で総身, と人, のしわ, をこめた, をたたえ, を久し振り, を含んだ, を心, を浮かべた, を浮べ, を浮べた, を目, を顔, を顔一面

▼ した~ (22, 0.0%)

3 侍が, 侍は 2 侍の

1 [14件] さに, さは, さを, やかな, 侍あれが, 侍たちが, 侍で, 入道の, 夫人の, 夫婦が, 奥様みたいな, 奴の, 後家は, 樣が

▼ した草原~ (22, 0.0%)

1 [22件] が開け, である, でチゴザサ, と葦, と近頃, には白い, に似た, に細い白い, に見え, の一端, の上, の中, の傾斜, の向う, の面影, はまつたく, へ現れ, へ零れた, も樹, を弾丸, を自動車, を自由

▼ した行動~ (22, 0.0%)

2 に出た

1 [20件] がつぎつぎ, がプロレタリヤ解放, だけを考え, である, でもとり得る, とは大きな, には感嘆, のため, は取れなく, は脛, へみんな, をする, をとらなく, をとらね, をとりたくない, をとります, をとる, をとれない, を取った, を執る

▼ した~ (22, 0.0%)

3 や田の面 2 になっ

1 [17件] が続い, づらに, づら一面, と空, のやう, の中, の方, の生活, の神, の花, を横切らなけれ, を見た, を見つけ, を見る, を見渡した, を走りつづけ, 澄んだ空氣

▼ した~ (22, 0.0%)

3 の中 2 につつまれ, のよう, は一向に

1 [13件] か霧, がかかっ, がかかつて, が午後, が細い, となつ, に匂った, のあいだ, のなか, の底, はあった, を作ってる, 立ち並んだ人家

▼ したかに~ (21, 0.0%)

3 見えた

1 [18件] あるの, おぼえて, なぐりつけ曰ク其方, みえる, 云ふ, 帰着する, 思ったの, 思わるる時, 思われた, 思われる, 思われるに, 疑いを, 至るまでを, 見うけられた, 見えたが, 見える, 見える古来, 見える心身

▼ したさま~ (21, 0.0%)

2 がなく, は農家

1 [17件] からすこし, が彼, が眼, が見え, である, に三浦, はいかにも, はか, はどんな, は見せなかった, もこういう, も広, も無く, を他, を現, を見, を見せたくない

▼ したなと~ (21, 0.0%)

1 [21件] いうくらいの, いろいろ言いおっ, お思い, さっきひとごとの, しきりに同情, 三人が, 云ふ, 先生は, 分ったの, 思いましたから, 思う, 思うまもなく, 思った時, 惡黨らしくほくそ笑んだ, 気がついたので, 気がついたまでの, 直覚的に, 見たので, 言いそして, 誤解する, 飛びかからむづその刹那

▼ したひとり~ (21, 0.0%)

3 の男 2 の人間

1 [16件] が三人, だった, のくず, のりっぱ, の人, の兵士, の大将, の小さい, の少年, の市民, の年, の民, の若もの, の青年, はノートル・ダーム, を斬り伏せ

▼ した一個~ (21, 0.0%)

2 の存在

1 [19件] のムラサキ蝶, の人格, の人物像, の人間, の働き手, の咳, の女性, の広い, の思想, の旅, の日本人, の武人像, の男, の白色燈, の私線路, の紳士, の西洋婦人, の貨物, の量

▼ した~ (21, 0.0%)

2 のよう

1 [19件] からうすぎたない, つ引, で, にし, には同じ, に人間, に文銭占, に見, のお, の検査, ぶくれで目尻, ぶくれの, へ三羽, へ着る, を通る, 座敷に, 水夫である, 水夫を, 腮に

▼ した~ (21, 0.0%)

5 體は 2 なる動機

1 [14件] なもの, なる人々, なる商家, な原因, な点, な目的, は返す, もこれ, 水の, 水之, 水樣といふ, 水正この, 翁よりも, 觀が

▼ した~ (21, 0.0%)

2 からはハガキ一つ, からは別段

1 [17件] があった, が帰っ, その人, でもい, でもゐ, に似, のため, のボストン, の子, の家業, の眼つき, の知人, の言葉, は父, をどんなに, を気遣っ, 暗寂

▼ した兵士~ (21, 0.0%)

1 [21件] がその, が並ん, が歩い, であって, ですっかり, と労働者, と訓練, と雇い巡, によって護衛, に比する, のやう, のよう, の一隊, の口, の墓地, の遺骨, の銃, は急い, は支那, ばかりでした, を連れ

▼ した~ (21, 0.0%)

2 である

1 [19件] が瑯, しばり, だと, ではない, で必ずしも, で美しい, と水, に基づき名づけた, に新しい, に這う, のごりごり, の息, の藍鼠, の透く, は山口, は帰化人, へもっ, を納め奉る, 辷りも

▼ した~ (21, 0.0%)

2 の句, の太陽

1 [17件] から澄みきった, があり, すがた, でも砂糖水, のたそがれ, のワイシヤツ, の夜, の夜空, の大, の斜光, の日, の最中, の朝, の真昼陽, の群葉, の花, もあった

▼ した学問~ (21, 0.0%)

2 である, であるとは

1 [17件] が隆盛, だらうかと, でわが, という意味, と解したい, には所詮, のある, の囚, の深い, の独立, はフランス語学, は国体観念, への熱意, への軽蔑, もなく, や常識, を鼻

▼ した幸福~ (21, 0.0%)

1 [21件] が興, こそ真に, しっかり枠, で一パイ, で愛想, なひととき, な感じ, な気持, な状態, な生活, な生涯, な第一歩, には感謝, に変り, のただ中, のよう, の方, を得られる, を携え, を逃す, 乃至完全性

▼ した情熱~ (21, 0.0%)

2 に富ん, をもつた

1 [17件] がある, が少女時代, が涸枯, だけはまがう, というもの, と実力, にうたれる, にわれ, のない, の人詩人バイロン, の突風, は自分, もなかつた, を, を意識, を疼い, 恐ろしい困難

▼ した文句~ (21, 0.0%)

2 だもの

1 [19件] が, がこう, が書き列ね, であった, である, であろう, でその後, と今, に当るべき, に逢着, の少い, の彫りつけ, はない, は残さなかつたらう, を並べる, を使っ, を制し, を持つ, を読み下し

▼ した明るみ~ (21, 0.0%)

3 だった 2 が戸外

1 [16件] がこの, がさし, が久々, が室, が空気, に透かし, のなか, の中, を作っ, を含ん, を投じ, を持っ, を歩廊, を湛え, を見守っ, を送っ

▼ した~ (21, 0.0%)

6 を着 2 をつけた

1 [13件] がすき, だね, と帽子, と白い, ないの, の体, の凸凹, もみんなロイスデエル, や外套, をはえない, を平気, を着た, を着る

▼ した概念~ (21, 0.0%)

2 であった

1 [19件] から差別, しかもつ, であつ, であるであろう, ではなくし, で美, として定着, なの, に過ぎない, のご, の中, の意味, はもっ, を与えた, を与へる, を持っ, を書いた, を直ちに実際, を表示

▼ した死骸~ (21, 0.0%)

2 の眼

1 [19件] から顏, があっ, じゃなかった, でしょう, で埋まっ, などがだらし, につい, のよう, の始末, の頭, はほんとに, は川, は誰, は鼾, を六歩, を沢山, を海口, を磔柱, を見

▼ した為め~ (21, 0.0%)

1 [21件] かそれとも, かひどく, だと, であろうとは, です, でもある, なの, に, にあなた, にまた, に其疲労, に失敗, に新, に書けなかった, に来世, に流行, に繊細部分的, に肉体, に自分, に自然俳句, 少からず

▼ した~ (21, 0.0%)

1 [21件] から死, がえり, にたいする愛, のまま, の好い, の幻影, の感覚, の苦痛, ぶ毛だらけ, を送らなけれ, 暖い, 残りの, 毛みたいな, 汗である, 温かい水, 牛脂, 膽取の, 証人中の, 賢い僧, 返った, 鰊が

▼ した細い~ (21, 0.0%)

2 赤松の

1 [19件] もので, 一文字の, 体躯を, 叢葉の, 川を, 引き堀へと, 挺子の, 枝へ, 根がけ, 横町懶, 溝の, 眉すこし, 眼は, 眼を, 竹棒の, 脚を, 腕はが, 腕指に, 雪の

▼ した~ (21, 0.0%)

5 の上 2 に両手

1 [14件] があった, で出, に寝かし, のあたり, をそろえ, を折, を揺すっ, を敲い, を斜, を浮き出させ, を癖, を立てよう, を鎮め, 迄の長靴

▼ した自己~ (21, 0.0%)

2 のしるし

1 [19件] がある, が依然として, が尊い, とを見た, のことば, の儲けだした, の内, の字, の存在, の思考, の感情, の感激, の生活意識, の確立感, の裡, をもっ, を自己, を自然, を見出し

▼ した芸術~ (21, 0.0%)

1 [21件] がこれら, がその, ができあがっ, が行, が音楽, だらうけれども, でありましても, であります, といふもの, としての俳諧, としてシゲシゲ鑑賞, とはいい, に自分, の社会学, の粋, はない, はラジオ, や宗教, を作り出し, を創り出す, を形

▼ した~ (21, 0.0%)

7 ひ方

1 [14件] が連ねられ, で孔墨, で白々しく, とも聞き, にいくぶん, の如き, は一々, は断念, ひ分, ひ譯, を云っ, を弄, を弄する, を曲毬

▼ したほか~ (20, 0.0%)

2 は殆ど

1 [18件] ならぬ冬木刑事, なんら重大, にうっかり, にどうして, には一家, には全く, にまだ, にもまだ, に古市公威, の侍たち, の材料, の男, の行員たち, の誰, は二, は馬, ひを, 悉く潰れ

▼ したわが~ (20, 0.0%)

2 邦の

1 [18件] ままかってな, むすめ, クロクロ島の, 君の, 國の, 小山内薫氏に対し, 心の, 攻撃機の, 文部省の, 監視哨は, 眸を, 秘策は, 義勇兵たちの, 肌の, 胸を, 舎利弗こそ, 読書界の, 郵船は

▼ した~ (20, 0.0%)

2 とかたまり

1 [18件] かどの, けんの, せつなかれ, せつな残念, っそ毎日屋, と時代, と群れ, と間, の人物, の型, の子房, の字眉, の宗教政策, の怪物, の文化統制, の番号, ぶの, 小紙片

▼ した世間~ (20, 0.0%)

4 に出た

1 [16件] から据ゑられた不自然, が現れる, であった, のありとあらゆる, のすべて, の出来事, の女房, の奴等, の姿, の歡樂, の物音, の状態, の通念, の馬鹿共, はもみくし, は危篤

▼ した~ (20, 0.0%)

1 [20件] からすぐ, からでも便り, がサン, っぽが, でいつも, で死なね, で自然, の乘換切符, の先妻, の創作, の子, の家, の様子, は, は三町, は帝都, へやつ, へ眼, を取り調べる, 自侮

▼ した動き~ (20, 0.0%)

2 が特に

1 [18件] がもつ, が周囲, が院, であった, であると, でも感じる, と多彩, に商売, のいちじるしい, のすべて, のとれない, の少ない, は果して, や線, をし, をつつん, を持っ, 整然と列

▼ した区別~ (20, 0.0%)

4 がある 2 があった, はなく

1 [12件] があつ, があります, がない, が勿論, が彼, にすぎなかつた, のある, はなかつた, は意識的, をつけ, をつけね, を立て

▼ した医者~ (20, 0.0%)

1 [20件] がいた, がどう, がゐた, が一人, が容易, が答, が答えた, こそはじめて, で本式, にか, にこの, に言わせれ, の家, の態度, の立場, の肖像, の診察, は最後, は誰, らしくない体つき

▼ した口ぶり~ (20, 0.0%)

5 で云った 3 で続けた

1 [12件] で, であった, であの, でこう, でその, で不平, で手まね, で珍しく, で痛ん, になっ, にはよくよく, のなか

▼ した~ (20, 0.0%)

1 [20件] がそれ, がみ, で, でありました, と大きな, と屋根, にかけ, にはいろいろ, に取りまかれ, に洋銀, のオルガン, の上, の下, の前, の堺, の所々, の長, をうちぬき, を押さえ, を私

▼ した変化~ (20, 0.0%)

1 [20件] がおこっ, が必要, が無い, が起る, であるよう, でもあれ, というもの, とは, にとんだ, のある, の痕, の翼, の色々, は, はどの, は何処, を与えた, を比較, を経験, を辿

▼ した~ (20, 0.0%)

2 は漠然と

1 [18件] にその, にはほとんど, には久しく, には何ん, には木立, には記憶, に出, に出たい, に近衛予楽院, のあらゆる, のけはい, の夜気, の景色, の椽側, の考え方, の肉, また数箇, 未だ嘗て職業

▼ した太い~ (20, 0.0%)

4 声で

1 [16件] のは, バナナの, 丸太が, 声を, 手だった, 指で, 指を, 方で, 煙りが, 眉毛や, 眉毛魚の, 眉眼は, 管を, 聲で, 腕を, 航跡に

▼ した夫人~ (20, 0.0%)

2 のお, は蝉

1 [16件] がひよつくり, が坐っ, が恨む, が斜, が毎朝新聞, が静か, のかっぷく, の周囲, の問, の横, の顔, の黒髪, はその, はタシカ八兵衛, も博士, を平に

▼ した如く~ (20, 0.0%)

2 に, に見えた

1 [16件] ではない, にたとえ, に元, に其の, に名人, に国内市場, に山陽, に昨日, に用いられる, に素晴らしい, に耕地, に見え, に見える, に記述, に農業者, 嬉しく存申候

▼ した~ (20, 0.0%)

2 な男, な顔

1 [16件] だと, なこころもち, なこと, なもの, な処, な変人, な室, な形, な心持ち, な恰好, な手掛り, な明るみ, な結果, な面, な風体, に心

▼ した婆さん~ (20, 0.0%)

3 に抱い 2 である, はまだ

1 [13件] がきょときょと, が喰つて, であったが, でしょうねえ, と若い, にも麻川氏, に低い, に頼む, の話なぞ, は今頃, は珍しい, は笑, や爺さん

▼ した~ (20, 0.0%)

1 [20件] が, があり, が可哀想, が逗子, とは同級, の三郎, の事, の体, の保, の占め, の心, の淺, の頭, はいつも, はまだ, も好き, らしく装います, を縁, を迎, を追想

▼ した心境~ (20, 0.0%)

1 [20件] からか強盗, が一種, が渠, でありましょう, でなんとなく, ではある, で人夫, にじっと, にはなり得ない, にまで磨きあげなけれ, に至っ, はいったい, は家持, ほど味, も分らない, を常に, を悟得, を拓い, を率直, を軽蔑

▼ した~ (20, 0.0%)

2 であぶなく

1 [18件] だ, である, ではあった, で六, で又右衛門, で呟いた, で対, で樹, と云, なの, に帰つて, に歸つた, に申し入れた, の大, の真, の重, は, をよそおっ

▼ した~ (20, 0.0%)

4 の枝 2 だと

1 [14件] が四, が所々, つぁん, などが入れられ, に突き当る, に鷹, の実, の木の下, の木肌, の林, の樹, の間, や杉, や竹林

▼ した気味~ (20, 0.0%)

5 の悪い 2 もあった

1 [13件] あしき触手, がある, であつ, で栄, で皆, で耳, に見えた, のわるい, の悪, の悪い冷た, の私, もある, わるさ

▼ した~ (20, 0.0%)

3 があっ 2 の一部, の面, へ身

1 [11件] などから立ちのぼる, に注ぎこん, のほう, のまんなか, の岸, の平, の畔, は, は私, ばたけ, を眺めた

▼ した直後~ (20, 0.0%)

2 であった

1 [18件] から連, だけに限る, だったこと, だと, であつ, ではあり, におそるべき, にはこれ, にはじまり, にはもう, に抱き合っ, に死ん, に熱, に私, に続々, の不安, の彼, の異様さ

▼ した紳士~ (20, 0.0%)

1 [20件] があった, が一人, が怪訝そう, が降り, であった, であったが, であったと, であつ, である, で有る, の, の右, の感想録, の言葉, は少年, は言った, は須山健吉氏, や淑女, らしくお前, を待遇

▼ した色々~ (20, 0.0%)

2 の出来事

1 [18件] なもの, な作詩上, な出来事, な湧き場, な物すべて, な花, のやさしい, の儀式, の創意, の古道具類, の尊い, の年輩, の心持, の知識, の祕密, の神霊, の自然現象, の過去

▼ した葉子~ (20, 0.0%)

2 では

1 [18件] がどうか, が上, が慎み, と水菓子, に取っ, の小さい, の心, の手, の母, の離反, の顔, は前, は幸い, は思わず, は昨夜, は時々, は狭苦しい, は飛び立つ

▼ した~ (20, 0.0%)

1 [20件] が昇汞, が現金, が薬局, が調合, だ, だらうからな, でございましょうか, で死んだ, とを秩父, の箱, はもし, は全く, をお, をすこし, をやる, を使った, を嚥ん, を段々量, を貰う, を買っ

▼ した~ (20, 0.0%)

4 がある 3 がない, はない 1 があります, さえあった, なんかない, のない, はございません, はさらさら, はねえ, はまだ, は無い, もない

▼ した責任~ (20, 0.0%)

2 は勿論, を負う

1 [16件] あるもの, ある検討, があった, としてここ, のよう, の重い, はどこ, は参木, は当然, は逃れない, もある, もこのごろ, も感じ, を感じ, を持つべきであらう, を負

▼ した身體~ (20, 0.0%)

1 [20件] が後ろ手, でその, で繩拔, になれない, には隨分, にも似ぬ, の不調, の眉, は曲げ, や整つた眼鼻立, をお, をどんな, をぴつたりくつつけてゐる, をふんだ, を包ん, を市子, を春寒, を横, を直立, を起し

▼ した~ (20, 0.0%)

5 さが 4 さで 2 さと 1 さ, さに, さは, さ腰まわりの, たげな, なる事柄, な人々, な原因, 戦車

▼ した静か~ (20, 0.0%)

2 な夜

1 [18件] なもの, な中, な入江, な口調, な四辺, な声, な夕暮時, な天気, な奥, な往来, な微笑, な村, な歩調, な眼鏡橋, な穏かな日中, な筆, な遊戯, な部屋

▼ した非常~ (20, 0.0%)

2 に美しい

1 [18件] な世の中, な場合, な老人, な長文電報, にめぐまれた, に優秀, に単純, に寒い, に強烈, に恰好, に新しい, に楽, に病的, に粘り, に色, に行届いた, に面白い, の空気

▼ した高い~ (20, 0.0%)

1 [20件] 地位に, 地歩に, 垣根が, 姿とともに, 常識水準から, 建物の, 柱が, 浴槽は, 男の, 眉毛睫毛の, 石垣の, 空だった, 空を, 空中で, 窓の, 芬香に, 赤煉瓦の, 鼻という, 鼻を, 鼻蒼褪め窶れ

▼ したうち~ (19, 0.0%)

1 [19件] からここ, したの, である, での最も, にその, にも斯ん, にも表情, に嫂, に微か, に教頭, に私, に進級, に静か, の最も, の松本雄次郎, へ今日, をし, をする, 少し癪

▼ したお前~ (19, 0.0%)

2 だ, に何, の火

1 [13件] が味方, が絵図面, が繪圖面, だもの, にかかっ, に僕, の前, の娘, の行, の髪の毛, は, はまた, も私

▼ したかといふ~ (19, 0.0%)

6 ことは 3 ことを 2 ことの 1 こと, ことである, こと芸術上の, やうな, 事については, 問題を, 段に, 点で

▼ したしみ~ (19, 0.0%)

2 のある, を持つ

1 [15件] がわい, が出, が持てた, が持てなかつた, とがなけれ, に眼, のこと, の嬉し, の會釋, をかんじ, をぢ, を引き出された, を感じない, を抱い, を覚えます

▼ したまんま~ (19, 0.0%)

3 るな 2 なのよ

1 [14件] その目, だグレゴリー, でいたこ, でさ, です, でウジウジ, で活き, で直ぐ, の人物, の圓太郎, の奴, ふすま, もう六ヶ月, 或る

▼ した~ (19, 0.0%)

12 うだつた 1 ぎひげの男が, ないか, なぎの, はらかみ, まがら, 否は, 鉋屑

▼ した三つ~ (19, 0.0%)

2 の病棟

1 [17件] のもの, のドクトリン, の品物, の基本的, の基礎, の形, の形態, の方向, の書, の殺人事件, の灯, の瘡痕, の突飛, の章, の血, の部分, の部門

▼ した地点~ (19, 0.0%)

2 を示す

1 [17件] がない, ではない, にあっ, にある, に他, の小家, の模様, はブギ郡, は北緯八十七度四十四分, は現在, は葛尾村, へ自分, へ行った, までやって来た, も容易, を指し, を撰ぶ

▼ した地面~ (19, 0.0%)

7 の上

1 [12件] があつ, が大地, にすぎない, には青苔, に比べれ, に穴, に腰, に鹽花, のよう, の水準測量, もすっかり, をジリジリ

▼ した~ (19, 0.0%)

1 [19件] があつ, があり, がすなわち, が幾つ, が必要, が見つかり, であったよう, で下っ, というもの, にながれこんだ, に間違い, のもの, の娘たち, の記録, をおしつけた, を三人四人模倣, を残し, を残す, を記憶

▼ した~ (19, 0.0%)

1 [19件] が二人, が見ました, だの兄, と妹, と姉, と弟, と葉子, のこと, の口先, の女の子, の姫宮, の方, の気持, は何処, は少し, は居ない, は弟, は髪, を夜中

▼ した嬉し~ (19, 0.0%)

4 さが, さに 3 さを 2 さと, 野が 1 さでは, さや, そうな, まぎれに

▼ した少し~ (19, 0.0%)

2 も落着

1 [17件] うねりの, の建築費, の惡氣, の温かみ, の髪, ばかりのエセイ, ばかりの品物, も体裁, も逼, 丸形の, 前に, 劍の, 恨めしそう, 激しい震動, 荒い様, 言葉尻の, 逞ましい

▼ した平野~ (19, 0.0%)

4 の中 2 が或は

1 [13件] があった, が田方郡, である, では到る, で新, の上, の彼方, の耕作地, は淋しい, までも望みました, までも高い, をひかえてる, を夜更け

▼ した彼等~ (19, 0.0%)

2 の所謂亡者ども, も大抵

1 [15件] のブラッシ, の心, の戦慄, の技術, の武勲, の気前, の西洋流, の豪奢, の貪婪, はそこで, は伝統, は各々, は地, は自分, は食べ

▼ した方向~ (19, 0.0%)

1 [19件] がいずれ, が果して, においては疑い, にする, にその, に拳銃, に暗示, に曲り込む, に落ちる, の意志, へそれ, へクリストフ, へ羅針盤, をあおいだ, をさした, をもち得なかった, を持っ, を見る, を計算

▼ した明る~ (19, 0.0%)

4 さが 3 さに, さを 21 さで, さであった, さである, さでした, さの, さは, さも

▼ した時彼女~ (19, 0.0%)

1 [19件] がそこ, がひとりでに, と同じ, の叫び声, の手, の父, は, は今, は何, は俄, は冷, は女中, は彼女, は急い, は息, は氷, は私, は自分, は身命

▼ した父親~ (19, 0.0%)

1 [19件] がそれ丈けが楽しみ, がたずね, がともすれば, がロスリッジ, が娘, が待つ, が手形偽造, が違っ, と一緒, と親類うち, の利助, の心, の心境, の気, の首, は新聞紙, も足, や母親, を背負っ

▼ した狭い~ (19, 0.0%)

1 [19件] 不規則な, 便所の, 坂を, 堀割の, 室の, 小路が, 山稜を, 庭水口を, 急な, 村にも, 横丁へ, 町の, 穢な, 裏通りの, 通りから, 通りへ, 道で, 部屋だつた, 頂上からは

▼ した~ (19, 0.0%)

2 だが, です

1 [15件] だね, ぢや, で, である, でまことに, で会社, で叔父さん, で発揚, をそこ, をもつ, を示す, 変らず下等, 對性原理に, 異は, 鎚の

▼ した綺麗~ (19, 0.0%)

3 な女

1 [16件] なおとなしやか, な出家, な出来ばえ, な唇, な国, な坊主頭, な室, な少女, な店, な指, な星空, な男女, な脛, な芝生, に掃い, に着飾った

▼ した群集~ (19, 0.0%)

2 が雪崩, の中

1 [15件] でありながめて, に対するもの, に袋叩き, のくずれらしい, のなか, の一部, の気勢, の無, の空気, の間, は今や, は停止, は彼女, は白い, は鬨の声

▼ した~ (19, 0.0%)

7 して 3 も一個 1 もその, も丁寧, も五官, も妙, も明確, も深い, も翻読, も重大, も高慢ちき

▼ した~ (19, 0.0%)

5 に此世話 2 に冷水

1 [12件] がつい, たぼが, と尖った, にとっては一筋, には這入らない, にもたしかに, に入, に聞える, のあたり, のぴんと, の大きな, を抑え

▼ した説明~ (19, 0.0%)

2 ももはや, をし

1 [15件] からはこの, がつかなくなっ, が付かないでしょう, が出, が出来ないらしかった, である, では大和, にぶつかっ, に過ぎまい, のし, の詞, は出来ない, を加え, を與, を離れた

▼ した議論~ (19, 0.0%)

1 [19件] がはじまつた, がまとめられ, が一町村, だから, であった, であるが, です, によつて自分, に対しても相当, のこと, のよう, の一面, の当否, の相手, は早く, は読ん, もあっ, を持つた, を見受ける

▼ した躯つき~ (19, 0.0%)

2 で毛深く

1 [17件] が妻, だが, だし, であるが, でひと, でめくら, で千穂子, で年, で癇, で白髪, で眼, で黒眼, には頽廃, に顔, も小柄, をし, をわざと

▼ した~ (19, 0.0%)

2 さを, 股引を

1 [15件] さで, さと, さ三寸以上も, さ二十センチぐらいの, さ六百八十フィート幅八十二フィート一万八千九百十四トンという, は四十一, イスに, 吏法師を, 庵だ, 庵差し出された, 廊下は, 廊下や, 袍を, 髄彦も, 髮蒼ざめた病身の

▼ した頭髪~ (19, 0.0%)

2 の下

1 [17件] が見えた, が軍人, となり, と眉毛, と色白, などが僕, にひどい, のすこし, のなか, の薄い, は綺麗, まっ赤, も小, をかき上げた, を両手, を掻, を耳

▼ した~ (19, 0.0%)

2 を偸, を垂れ

1 [15件] から毒, から顔, で小さく, の上, の形, の根, の長い, や軟かい, をねぢら, をのべ, をもち, をやっと, を傾げた, を曲げ, を空

▼ した~ (19, 0.0%)

2 で私, の実相

1 [15件] がめい, が黙っ, で火, と考へる, と魂, にふれた思ひ, のため, のふる, のノスタルヂア, の事, の前, の産み出した, をし, をはばたい, を麗

▼ した~ (18, 0.0%)

2 たまの, ふるる, われな

1 [12件] あしたとか, から顔, きつは, た, たまで, たまに蝋燭, たまを, だもの, とお書き, によめ, ね, ア

▼ したおり~ (18, 0.0%)

2 のこと

1 [16件] であった, ともう, にあなた, にこういう大きな, にはそこ, にはテオバルト, にはドイツ, に親しく, に逐返, に長州方, のつかれはてた, の土産, の彼, は藁草履, や若い, 用いた生地

▼ したくせ~ (18, 0.0%)

42 に二ツ一しょ, に今 1 にあべこべ, にあれ, にちっとも, にどういう, にまるで, にもの心, にワザ, に何, に八百屋, に恐ろしく

▼ しただが~ (18, 0.0%)

2 事実は

1 [16件] なにも, なる程今, バクスターが, 一度だって, 五十日間を, 六年の, 医学の, 哀れなる, 広い空間, 弱い深い複雑, 心の, 空しく, 若少し, 重い後味, 非常に, 黒住は

▼ したわけぢ~ (18, 0.0%)

8 やない 5 やありません 2 やある, やねえ 1 やア

▼ した一面~ (18, 0.0%)

2 の水田

1 [16件] から凋, がある, がたしかに, であり軽重濃淡, のみで知っ, のやけ野原, の海原, の理由, の田圃, の耕地, の茗荷畑, の藪山, の閑かさ, を察知, を持つ, を見極める

▼ した~ (18, 0.0%)

1 [18件] つつかな献策, 似合な, 信用に, 可知な, 合格品の, 對等條約, 性髭の, 拘束の, 柔順な, 正確な, 氣味さを, 氣味な, 満足の, 熟な, 生物が, 眞面目な, 礼を, 良性

▼ した~ (18, 0.0%)

1 [18件] とても余り秀子, と枕元, に取っ, の事, の今, の愚かさ, の耳, はこの, はそれ, はゾッと, は冷然, は只管感, は各種, は少から, は満足, もすぐ, も共々, も同じく

▼ した初め~ (18, 0.0%)

2 でもある, の頃

1 [14件] からそう, から幸福, である, であろう, で主, で外国奉行, にその, にチャン, に呉, のころ, の因縁, の年, の色, は私

▼ した~ (18, 0.0%)

3 透明の 2 裸体の

1 [13件] じゅばんへ, 七は, 七捕物帳の, 五郎, 元服一夫数妻論の, 円形を, 助は, 曇りの, 狂乱の, 睡の, 股引に, 蓋馬車そのもので, 衿が

▼ した~ (18, 0.0%)

2 今でも, 接触点の, 現にし

1 [12件] しても, しなやかな, と類, 五祖の, 人間で, 実入りも, 旅の, 最も進歩的, 生存するであろう, 発展され得る, 破したの, 縮尻つたのか

▼ した古風~ (18, 0.0%)

2 な石燈籠

1 [16件] と言ふよ, なぎやまん細工, なもの, なランプ, な厚ぼったい, な型, な帆柱, な様子, な町, な顔立, な鰻屋, の存, の稲栽培, を残し, を沿襲, を超え

▼ した可愛らしい~ (18, 0.0%)

2 娘で, 娘でした

1 [14件] いかにも矮鶏, お子さんでした, その姿, のが, セキソトキシンの, フェッジウィッグの, 娘が, 娘だ, 娘だつた, 子で, 手が, 木の, 電車が, 顏の

▼ した~ (18, 0.0%)

2 一方法を

1 [16件] アパートの, 一事實を, 一人である, 一人民の, 一劇場とは, 囚の, 大学の, 巧異, 時代人が, 村長が, 治四年に, 県下の, 科の, 署員の, 翁は, 行商坪勇太郎さん妻御嶽教信者しげ

▼ した夜気~ (18, 0.0%)

1 [18件] があたり, がスー, が匐, が熱した, が相応, が肌, が血腥, です, にひきかえ, に仄か, に包まれ, に打たれ, に明け, に響く, の中, もう夜, をぬらし, を流し

▼ した~ (18, 0.0%)

2 べったい, 馬が

1 [14件] うちの, がある, がつづい, ったいもの, ぺつたい石は, 仲では, 判官康頼に, 右衛門の, 帝の, 惟茂を, 浅な, 絎の, 馬も, 馬を

▼ した役者~ (18, 0.0%)

2 は花道

1 [16件] があつ, がゴム底, が切ない, が由良, が立っ, が著, こそはその, で滑稽, のよう, の様, の狂乱的演技, はどういう, は清ちゃん, は非常, よりも舞台, らしい新

▼ した感覚~ (18, 0.0%)

2 のなか

1 [16件] がある, であったろう, なるもの, に集約, のリズム, の中, の甦り, はどこ, はまざまざ, は当惑, をそそりたてる, をゆり起こし, をよく, を味わう, を触発, 或いは

▼ した時僕~ (18, 0.0%)

2 の恋愛

1 [16件] がそれ, のからだ, の天邪鬼, の疑い, はこれ等, はたちまち, はたまたま, は万事, は両手, は初めて, は戦慄, は突然, は自分, は鏡花氏, も一寸会釈, も訳者

▼ した木立~ (18, 0.0%)

2 が見え, の中

1 [14件] が空, が見えるだろう, のそば, のなか, の上, の上二段, の向う, の葉影, の間, は午後, や村落, を縫っ, を背負っ, を背負つた樣

▼ した~ (18, 0.0%)

1 [18件] が八十助, が立ちのぼった, で一ぱい, などに心, になっ, にむせ, のみが濛々, のやう, のよう, の中, の出ぬ, の立ち, の立ち上る, の間, は今, も立ち, や紫, を上げ

▼ した爲め~ (18, 0.0%)

1 [18件] か或は, か知らない, であらう, である, にその, にねむ, に今, に其の, に吉原, に同氏, に巨額, に段々, に滅亡, に研究法, に素より, 何とも返事, 大怪我, 疲れ切つて

▼ した環境~ (18, 0.0%)

2 が至極

1 [16件] がぼく, が絶対, であって, であるこの, では真理, とかうした, になっ, に永らく, に生き, に置かれ, に育つた, のかずかず, の事情, や若い, を感じとり, 及び遭遇

▼ した田舎~ (18, 0.0%)

1 [18件] からこうした, から出, で自由, においでられた, にはめずらしいいい, に行く, のケンカ小僧, の上流階級, の人, の小母さん然, の時間空間, の月, の空気, の藁家, の路, ばかり, へ来る, を遊ん

▼ した百姓~ (18, 0.0%)

2 である

1 [16件] がその, が何人, が前, が女, が私たち, が笑, が飛び出し, と私共, にたいする憐愛, ののど, の内儀さん, の娘, の後, の老婆, や痢病, らしいの

▼ した研究~ (18, 0.0%)

2 をし

1 [16件] が未だ, では決して, なので, にはこれ, には達し, によって直接間接, に乗り出した, の要旨, は出来, は既に, は未, は無, をした, をやろう, を爲, を進めよう

▼ した結婚~ (18, 0.0%)

1 [18件] だ, であったが, ではあった, といふやう, とか家庭, なぞとても, の一部, の別れ話, の形, の数, の比率, の破局, の衣裳, の門出, は再婚, は記録簿, や家庭生活, よりも結婚

▼ した芝生~ (18, 0.0%)

4 の上

1 [14件] がその, だけが鮮やか, だつた, で少年, になり, には幸い, に包まれ, に坐っ, に掩, の丘, の中, の中央, の幾つ, の庭

▼ した記録~ (18, 0.0%)

2 がある, が残っ

1 [14件] うつしや, がこの, が無い, であって, なの, によってそれ, によれ, に足許, はなん発, は有名, を作った, を元, を発表, を遺される

▼ した警官~ (18, 0.0%)

1 [18件] があった, がオカネ, が一人, が三, が前, が罪, とおもしろ, との写真, にはロス氏, にもそう, のうち, の一行, はかなり, は一人, や藻屑, を一小隊, を何回, を呼ん

▼ した~ (18, 0.0%)

4 がある

1 [14件] があった, があろう, であった, である, にした, に富ん, のある, は日没, もある, をこの, を備え, を失わぬ, を添え, を看取

▼ した道具~ (18, 0.0%)

1 [18件] が新しい, ではありません, で骨身, と道具, につい, によって呪詛, のこと, のやう, の中, の処理, の前, の音, や家族, を使っ, を備え, を売っ, を明日, を買いととのえ

▼ した重み~ (18, 0.0%)

2 のある, を持っ

1 [14件] があり, であります, である, で意識, で日光, で湖水, の加減, の感じ, をもつ, を含んでる, を感じ, を持たせた, を測った, を胸

▼ した電燈~ (18, 0.0%)

2 が上, に照

1 [14件] がつい, が変, が汚点一つ, しかつけ, のカサ, のコード, の下, の仕掛け, の光, の灯, の目玉, の笠, の蔭, の薄暗い

▼ した響き~ (18, 0.0%)

1 [18件] がある, がした, が含まれ, が聞きとれる, が聞こえた, さえあった, でもっ, と共にまたたく間, と殆ど同時に, にでも極, にも驚い, の中, はやがて, をもっ, を伝へる, を傳, を立て, を聽

▼ した顛末~ (18, 0.0%)

1 [18件] が書い, この島, である, など, に就, は元, は都下, をいちいち, をお, をさも, をさらに, を伺いましょう, を夢物語風, を尋ねる, を川添, を手短, を逐一, を随筆

▼ した~ (18, 0.0%)

2 を振ります

1 [16件] がそこらじゅう, だ, と幅, に想い出した, に水白粉, は厚ぼつ, は首, ばかりのよう, ほどよく, も張り切った, をがつくり, をすくめる, をまっすぐ, を垂れた, を曲げ, を肩

▼ したいつも~ (17, 0.0%)

1 [17件] お師匠様, のやう, の姿勢, の小さな, の得意, の情け深, の朝, の竹やぶ, の驚いた, ひとりで, ふっくりと, 一人で, 世辞笑いを, 兄の, 昼間の, 機嫌の, 食べる二十銭

▼ したいや~ (17, 0.0%)

3 な気持

1 [14件] なに, な声, な天気, な心持, な感じ, な日, な熱風, な顔, にしょげてる, むしろぼおっ, むしろ滅茶苦茶, もう二度と再び山坂, 味たっぷりの, 決してご

▼ したお方~ (17, 0.0%)

2 だ, でございます

1 [13件] が今日, だからな, だとは, であり其後何度, であるか, でございました, でしたから, ですから, ではありません, で御座いましたから, と聞い, なん, もまた

▼ したお話~ (17, 0.0%)

1 [17件] が申, でございます, でわたくしども, で困りやす, で決して, などをあなた, などをいたしたい, に移りましょう, に立ち入っ, の中, をした, をすつかり書いた, をつ, を書い, を申し上げます, を聞きました, を頼んだ

▼ したからの~ (17, 0.0%)

2 ことである, 事で

1 [13件] ことだ, ことだった, ことぢや, ことで, ことであった, ことであり, ことと, 事であった, 事です, 名と, 小しば, 稱である, 結果な

▼ したそこ~ (17, 0.0%)

1 [17件] からの眺望, から生ずる, になにか, にはいつ, には斯, の主婦, の二人, の仏間, の内儀さん, の板じき, の遺跡, へ又, へ果樹園, もとの気の毒, をクビ, を目掛け, を踏み越え

▼ したそれら~ (17, 0.0%)

1 [17件] が生憎, の人々, の作品, の傾面, の山, の影, の志士たち, の町, の町家, の眠り, の種々, の窓, の紙屑, の貧民, の運動, の集積, は皆

▼ したとしか~ (17, 0.0%)

2 考えられません

1 [15件] とれないよう, にらみよう, 云いませんでしたが, 云えない, 思えない, 思えないの, 思へぬ, 思へません, 思へませんが, 思わなかったその, 思われない, 思われないん, 考えられないもの, 考えられなくなる, 野村には

▼ したばっかりに~ (17, 0.0%)

1 [17件] あたしゃ丹下様に, あっしは, おそろしいめ, お上じゃ, これァ, こんなこと, こんな目, だんなが, とうと, ほんとうに, みすみす死なせ, 可憐な, 文代さんという, 私が, 絞首台より, 飛んだこと, 飛んでも

▼ したやり方~ (17, 0.0%)

1 [17件] だ, だったが, だよ, であった, でありますから, で一番, で朋輩, など全く, なの, なので, について, に憤慨, の大胆不敵, は朝鮮, も過去, や思う, をする

▼ したよい~ (17, 0.0%)

1 [17件] お宮である, お歌であります, ものだけを, 会合だ, 例である, 加減な, 協力者の, 名で, 天気だ, 意味での, 晩であった, 月夜で, 気持で, 物を, 酒宴であり, 雨れ, 黒髪を

▼ したハズミ~ (17, 0.0%)

1 [17件] からか興味, か二三間後ろ, か先, か本気, か火, が源, だつたか, で, でなければ, でホント, で衒学家, で部屋, なんだい, にある, によつて, に海, に片足

▼ した一切~ (17, 0.0%)

2 のこと, の音声

1 [13件] が眞, が真, が笑つた, のもの, の事, の事件, の事実, の事情, の家庭, の文化物, の研究様式, の表, の資物

▼ した一行~ (17, 0.0%)

1 [17件] がすごすご, が宿, とみ, と海外, に向っ, の救い主, の文字, はこれから, はしばし, はなお, は二十四日ササナミ, は五十三キロ, は心, は翌朝, は車, も夜, も銘々勝手

▼ した~ (17, 0.0%)

5 の上 2 との間, にある 1 である, に劃, の凹地, の周囲, の陣地, の頂き, やその間, や美しい

▼ した冷たい~ (17, 0.0%)

2 物を

1 [15件] とこだ, はだ, ものを, キスだった, 土の, 大気が, 心の, 技巧で, 本堂の, 樣子を, 海の, 胆汁に, 雨ばかり, 額と, 顔も

▼ した友達~ (17, 0.0%)

2 の一人

1 [15件] が不意, が来, が自分, としてああ, ないの, について色々, に昔, のす, のところ, の姿, の方, の消息, はもう, や面白い, を憎む

▼ した因縁~ (17, 0.0%)

2 で少し

1 [15件] からあの, から始終, から桜田, か私, がある, がなく, だったか, であったろう, で常磐会, で翁, なん, につながつ, になつ, に依つ, はどう

▼ した大空~ (17, 0.0%)

1 [17件] が入った, が広く, が現われ, が際限, が頭, だけだ, で釣り, には金色, に凄く, に月一つ, の下, の冷やか, の色, やの, をとおし, を沖, を飛ん

▼ した女たち~ (17, 0.0%)

1 [17件] からコッソリ, がう, がなまめかしいはやし, が何人, が出, が彼, が次々, が用心棒, が表, と酔った, に比べ, に馬, の顔, は恐怖, もみんな熱海, やその, わかれた後

▼ した~ (17, 0.0%)

2 で, になります

1 [13件] が転がり出した, こういう矛盾的境地, ではなく, で余程, で書い, で書かれ, で祖母ちゃん, で貼り付けられ, で285大浦, ならび, になる, を書かない, を書く

▼ した実例~ (17, 0.0%)

1 [17件] がある, である, になっ, の中, はまだ, は実に, は正, は第, もあります, もかなり, をいろいろ, をその, を南次, を提供, を知つて, を示せ, を証拠

▼ した当座~ (17, 0.0%)

2 の事物, は何

1 [13件] であった, といふもの, にはじめ, に前述, に長い, のこと, の気持, の話, の驚愕, はそう, はまだ, は万事客扱い, は夜行列車

▼ した怪物~ (17, 0.0%)

1 [17件] およそ十匹, がさかん, がじつは, がふっ, がやっ, が何, が東京都, が澤村路, が鎌首, が飛び廻っ, だから, です, の巴里奴, の様, は決して, をこの, を突き刺した

▼ した感触~ (17, 0.0%)

3 を指

1 [14件] がある, がした, が異様, です, とが頭, などが異様, のある, をかんがえる, をもとめ, を与える, を受, を愉し, を愉ん, を瞬間的

▼ した手拭~ (17, 0.0%)

2 で額, を取り

1 [13件] でやたら, で涙, で隠し置いた, で顔, に当る, のある, の破れ, の耳, ばかりでなく, まで, を取つ, を提げた, を草

▼ した条件~ (17, 0.0%)

2 の下

1 [15件] からその, がいれられた, が働きあっ, での生活, でも何, で生き, なの, なのに, におかれ, に先づ, のもの, をすべて, をつけ, をもっ, を範疇

▼ した気性~ (17, 0.0%)

2 でありもう

1 [15件] だったので, で父, と顔, には感, にも似ず, に比, のよく, の人, の成子, の象徴, もむしろ, も呑みこめ, や多年, を喜ん, を持っ

▼ した~ (17, 0.0%)

2 の中, の面

1 [13件] がひらけた, が昔仕置き場, になつて, に出会い, に落ちつき, のある, のほとり, のやう, の故郷, の水, の汀, の辺, を形づくる

▼ した然し~ (17, 0.0%)

1 [17件] あゝ何等, さすがに, もっと深い, やめると, よく調べ, 取り乱さない緊張さ, 可成, 大へん, 彦さん根が, 彼の, 彼は, 愉快な, 斯うい, 此矛盾, 澄ました顔, 遂には, 骨ばっても

▼ した~ (17, 0.0%)

4 ひげ 2 さで

1 [11件] さが, さだ, さである, さとが, さを, つぽ, つぽい, で實, と黒, の水兵服, や赤

▼ した白髪~ (17, 0.0%)

3 の老人 2 の眼

1 [12件] に金色, のセンチメンタリスト, の天狗, の婦人, の束, の目だつ, の老, の老婆, をなでつけ, をひっぱっ, を逆立て, 短身

▼ した~ (17, 0.0%)

1 [17件] そのものの, の主観的抒情詩, の事情, の俳人, の原因, の意味, の日本人, の権利者, の生活, の能楽, の芸術家, の芸術的, の階級的叫び, ッ黒の, 丸いの, 円い山, 女形で

▼ した真理~ (17, 0.0%)

1 [17件] である, としてさえ意識, とを文化史的理解, なん, の分裂, の教え, の智慧, の流露, はある, はそれ等, は直ちに, をお前達, を価値, を大胆率直, を求める, を記し, を述べ伝えるべく

▼ した眼付き~ (17, 0.0%)

2 をし

1 [15件] だった, であらゆる, でほのぼの, でジイッ, で春陽, で栖方, で正木博士, で熊太郎, で片方, で眉, で見返り見返り三人, で見送った, の野卑, はし, を振返る

▼ した答え~ (17, 0.0%)

3 だった

1 [14件] が出よう, であった, であったけれど, である, と云う, はない, は何一つ, は得られなかった, は私, をし, をした, を与えない, を人, を恐れる

▼ した~ (17, 0.0%)

2 にし, の中

1 [13件] から昔, がある, がその, が大事そう, が申訳, にはいった, に小石, のなか, のよう, の一つ一つ, の脇差坤竜, を一ぱい出し, を検査

▼ した緑色~ (17, 0.0%)

1 [17件] がかった蛍光様, に輝い, のもの, のカサ, の光り, の啄木鳥, の外景, の完全, の岬, の服, の柊, の液, の火花, の眼鏡, の縞, の羽根, の葉

▼ した翌年~ (17, 0.0%)

2 である

1 [15件] すなわち蜀, だったの, に次男, に長兄, のこと, の一九一五年, の九月一日, の五月十日, の初夏, の春, の春の, の正月早々, の秋, は特別, 即ち昭和十七年

▼ した自覚~ (17, 0.0%)

3 をもっ 2 があれ

1 [12件] があった, がある, です, でもあるでしょう, により国家, に立っ, はたしかに, へという意味, をもたなけれ, を引きずり歩かない, を持ち, を持っ

▼ した~ (17, 0.0%)

2 の先

1 [15件] が円い, が右, であらう, でなめる, でキャラコさん, で器用, で宣, の感じ, は不, やべったり, や粘膜, をダラリ, を冷し, を出し, を持たない

▼ した舞台~ (17, 0.0%)

2 のイメージ

1 [15件] がおのきれい, が目, でも人, としてあつ, との, になった, に出, に立っ, に解放, のその, の味, の性質上, を拵, を私, を見せられちまっ

▼ した薄い~ (17, 0.0%)

1 [17件] ちぢれた黄色い, 刺戟も, 同じ本, 唇を, 姿は, 影, 水鼻だった, 生海苔, 粉白粉と, 紗の, 紙は, 緑は, 色な, 蟇口を, 酒とを, 陽だ, 面紗で

▼ した計画~ (17, 0.0%)

1 [17件] があり, がしおしお, がすっかり, が現われ, が金属, であろう, でした, ではない, では余りに, で観衆, のもと, へふたたび, をたて, を感じる, を棒, を立てた, を記した

▼ した身装~ (17, 0.0%)

10 をし 1 で入棺, で履音, で短く, で紙風船, の二十三四, もし, を崩さない

▼ した過去~ (17, 0.0%)

1 [17件] か幼稚, が却つて他者, と未来, と現在, のみゆうず, の中, の制約, の女性, の姿, の工藝品, の支配階級, の放射線医学, の文明, の日本, の迷夢, や思わぬ, 半世紀

▼ した高原~ (17, 0.0%)

2 などを小, の一部

1 [13件] が眼路, で出会った, に出た, のかなた, の大, の村, の涯, の秋, の空, は今年, へ出た, を指さした, を見渡し

▼ したからこそ~ (16, 0.0%)

1 [16件] あなたの, かかる過激, この光栄, そこに, その人々, できたこと, 一層腕, 僕は, 問題に, 失敗な, 帰る気, 彼の, 沈黙を, 生じたもの, 美妙は, 自殺の

▼ したこんな~ (16, 0.0%)

2 ことを, 一面も, 時の, 話も 1 形の, 手紙は, 方々を, 日のう, 時刻に, 町が, 風説なども, 鹽梅では

▼ したしと~ (16, 0.0%)

1 [16件] いう, いうばかり, 再三店員, 思う事, 思えるなり, 思ひし事, 思ふ, 思召御, 有るからは, 申さる, 真面目に, 言ふ, 言居らる, 語らる, 請ふ, 谷口氏に

▼ したせつな~ (16, 0.0%)

1 [16件] さだつた, である, どこからとも, に, にしめた, に信玄, に十方無限, に彼女, に輿, に闇ぐるみ, のよう, のグヮンという, やッ, を松井左近, 柴進は, 武田の

▼ したほどに~ (16, 0.0%)

1 [16件] あわても, 一つの, 不愉快で, 増加しなかった, 婆さん牛の, 嬉しそう, 平群の, 心が, 思ふやう, 日本人が, 濃い, 無限に, 目を, 真弓は, 私には, 酒の

▼ したまだ~ (16, 0.0%)

2 居るだらうな, 身の

1 [12件] うら若い青年, たべんじゃろ, 何者にも, 出来ないか, 娘むす, 子供子供した, 居るかい, 手拭で, 濁らないもの, 生々しい血染め, 短夜の, 顎の

▼ したんだい~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの人, あの西洋人, いつもお前, いやァ, おい, おかみさん, この裏, それから, という給仕, といっ, と恒夫, 寝て, 小父さん, 早く外, 踊らねえの, 驚いたなあ

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] て, てえの, てこちら, てぢ, てもんだでない, てん, て利く, て向, て始まらない, て成れない, て死ぬ, て穩, て自己, て舌, て駄目, と

▼ したフランス~ (16, 0.0%)

2 の一映画会社

1 [14件] のある, のカザリン・ド・メディチ, の人口, の全, の名匠カペエ, の壮丁, の大将, の時代, の最も, の東洋學者レイノー, の特権者ら, の第一人者, の近代音楽, の飛行機

▼ した一団~ (16, 0.0%)

1 [16件] が寄っ, と女権論者, のテロリスト将校, の乱雲, の人影, の作者, の印度婦人, の大きな, の婦人たち, の火の玉, の燃え立つ, の軍馬, はまことに, は元, は此, は物体

▼ した世の中~ (16, 0.0%)

1 [16件] から今日, だった, だつた, だという, であります, であろう, でも兎, で何, にあ, に生き, のハズミ, の事, の教訓, の来た, はない, への望み

▼ した~ (16, 0.0%)

4 だから 2 ですが 1 だった, だったん, であった, であるが, でした, でしょうそんなに, で仲, なん, の女性, を何時の間に

▼ した体つき~ (16, 0.0%)

3 をし

1 [13件] から見れ, が何とも, であった, で直吉, で示した, に似合わない, のわり, の何職, の女, の女学生, の裸体女, の須美子, やほっそり

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこんな, がどこ, が俯向き, が十四, が大勢, が徒歩, が息せききっ, が足, だ, だろう, ではない, などもつい, の一行, の亡霊, は金森兵部, も門

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] から考へられる, から見れ, が直前, にはゲールラッハ, には色斑ら, に一人, に冷淡, に穴, のこと, の人, の家人奴婢ら, の歌, の殊に, の科学史家, の長短歌, 仕は

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] が日本, となつ, の人たち, の信仰, の桜内代議士夫人その他, の海岸, の論文, の顔, 亀元年から, 封元年を, 氣で, 氣を, 王朝の, 興元年を, 船員の, 贇焼の

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] が少なく, であり単純, でしかも, で佳句, となる, などを好まなかった, にちがい, に於, のうち, の中, の後, の方, の裏面, は他, は多少, も少く

▼ した天地~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, が生まれ故郷, にかえった, に一つ, に四人, のかため, の不思議さ, の呼吸, の陽光, は実に, へ出, へ出たい, を破つ, を驚かせました, 生き通し, 諸神

▼ した夫婦~ (16, 0.0%)

2 として人

1 [14件] か何, がやっ, だったと, であった, でありました, でい, には結婚後, の形, の形式, の愛, の感慨, の状態, の結合, の親

▼ した女優~ (16, 0.0%)

2 の所作, の芸

1 [12件] がその, がゐる, とはそれ, なかなか厚み, に送つた, の三浦光子, の下宿, の仕草, はさっそく, はその, は恐ろしく, は自分

▼ した好い~ (16, 0.0%)

2 男で

1 [14件] ユウモアに, 天気, 女だ, 姿で, 心持を, 感じは, 日和でありました, 気分に, 気持ちに, 気持に, 男でした, 男学問も, 男學問も, 芸者だった

▼ した室内~ (16, 0.0%)

1 [16件] には何, にドン, に一時間, に三人, に冬, に無気味, のくも, の七人, の光, の光り, の空気, へはなやか, を眺めた, を見る, を見廻した, 大きなテーブル

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] があっちこっち, がいくつ, だなんかと, でありながら, であるが, で霽, という女, に, に住ん, のなか, の上, の事, の生活, を有っ, を有つて, を見た

▼ した~ (16, 0.0%)

2 でないと

1 [14件] である, にあれ, にお客樣, にこの, にた, にカフエ・ミネルワ, に一つ, に少々, に時々, に洗吉さん, に流, に私, に部屋, の略

▼ した愛情~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこもっ, がわい, が長く, である, で以, で行動, とでこの, と感謝, なの, のよう, の故, はみだら, は一体, を抱くでしょう, を持つた, を求め

▼ した時刻~ (16, 0.0%)

2 なの

1 [14件] でしたネ, とを測らなけれ, と録ちゃん, には真, に友人, のところ, はそう, はまさに, もお, をしめし, を今ここ, を覚え, を訊ねた, を遅れ

▼ した極めて~ (16, 0.0%)

2 凡庸の

1 [14件] 些末な, 便利な, 優れた言葉, 単簡の, 合理的な, 呑気な, 奇妙な, 家族的な, 真剣斬新な, 知性的な, 稀有の, 粗末な, 精巧な, 美しいそして

▼ した気色~ (16, 0.0%)

2 の悪い, もなく

1 [12件] がなく, だった, で, である, ではいっ, で母, なく無遠慮, になった, はさらに, も見えない, をし, 計り眺めて

▼ した気配~ (16, 0.0%)

2 がし

1 [14件] があつ, がない, が流れました, が聞え, が見える, であたり, でわらい, で彼, にすっかり, にも耳, にホッ, に浮出し, らしい, をお気づき

▼ した注意~ (16, 0.0%)

1 [16件] があらわれた, が書斎, が行きとどい, であるが, とに出会う, と人々, と鋭く, の焦点, は姑, までも弁, をあたえた, をかつて, を与えた, を全局, を払っ, を添え

▼ した濃い~ (16, 0.0%)

1 [16件] 乳緑の, 感覚から, 水蒸気の, 潮色の, 生際に, 白粉あぶらぎった, 白粉の, 目鼻立ちの, 眉が, 眉の, 矢の, 緑が, 緑を, 艶の, 茶褐色の, 髪の毛の

▼ した物音~ (16, 0.0%)

1 [16件] があった, があつ, がしました, が伝わっ, が絶え間, で何, にも敏感, にも空気, にも羽翅, に甚, のやう, の律動的駆使, は枕許, は確か, を沈黙, 荒々しい叫び声

▼ した用事~ (16, 0.0%)

3 を吩咐

1 [13件] で大阪, で家, で疲れ, にもいちいち, のほか, の手助け, も致します, をさせる, をし, を二階, を済ます, を語り, を頼ん

▼ した眺め~ (16, 0.0%)

3 であつ 2 である

1 [11件] が何より, だつた, です, ではあった, にすぎない, に対, のなか, の向う, もいよいよ, や季節, を成し

▼ した空氣~ (16, 0.0%)

5 の中 2 が漂つて 1 が, が益, に接した, に漂ツ, のなか, の冷え, を感じさせる, を胸, を顫

▼ した~ (16, 0.0%)

2 が満月, のところ

1 [12件] からなんぞ覗く, からは洗う, でしょう, に視線, に走り, のない, のよう, のガラス, の七つ, の下, の硝子戸, はユリ子人形

▼ した~ (16, 0.0%)

2 の白い, をもっと

1 [12件] だった, ではどうしても, のほう, の光, の光り, の小さな, の肉, の養い, ふさぎだ, も明日, を持っ, 黒い南京玉

▼ した自動車~ (16, 0.0%)

2 に寸分

1 [14件] から君江, で女, なの, に乗っ, に腰, のあった, のタイヤ, の値段, の前, の警笛, はすっぽり, は弾み, を呼ん, を製作

▼ した~ (16, 0.0%)

3 のよう

1 [13件] が右, であった, でどうも, に対すると同様, に注けた, のすぐれ, の好い, の舳, の這う, の音, はその, は直ぐ, 喰いの

▼ した見解~ (16, 0.0%)

1 [16件] がない, が定め, である, であるらしいにも, と助け合う, と私, にすぎません, によれ, に達した, の応酬, は甚, をひき出した, をもっ, をもった, を作らせなけれ, を述べ

▼ した~ (16, 0.0%)

11 がある 3 があった 1 があり, を呈し

▼ した~ (16, 0.0%)

1 [16件] だ, だとの, であった, である, であるかも, ではない, による, に到達, に比べる, は意味, も起つ, を互いに, を修正, を持っ, を立てうる, を立てた

▼ した證據~ (16, 0.0%)

2 がある, だ

1 [12件] がない, が有るなら承はり, が無い, として其手紙, と言つて, に幾つ, の數, は存じませぬ, もない, を握りました, を殘, 有りや全く

▼ した質問~ (16, 0.0%)

1 [16件] が浴びせられ, である, です, ではあり, ならわりに, にすっかり, には異, に依つ, に対してはつきり, に対してミウーソフ, に応じ, に講釈, の目的, の銃火, をした, を発する

▼ した都会~ (16, 0.0%)

4 の空気 2 だろう 1 があり, で住んだら, と私, に住ん, のなか, の中毒者, の入口, の水, の雑踏, を一瞬間

▼ した間違い~ (16, 0.0%)

1 [16件] かお迎え, かと存じまし, かもう, から人, か七十, か全, か末子, か知らん, が死, だろう, だろうかと, で質, ない基督, のため, をする, を平気

▼ した風采~ (16, 0.0%)

2 は二十一年今, をし

1 [12件] がなかっ, が明, だった, だと, ではあった, で小判, で高座, にしどけない, のあがらぬ, のいい, は毫末, を見

▼ した~ (16, 0.0%)

4 の毛

1 [12件] が彼女, が隱, であつ, にはよく, の一種風變, の下, の中, の後れ毛, の長い, の頭, は二度, をかき上げ

▼ したあなた~ (15, 0.0%)

1 [15件] があまり, ならば, の主人, の姿, の愛情, の手紙, の胸, の興味, の頭, はその, は夫人, への執着, もまた, も成功, をあたし

▼ したかい~ (15, 0.0%)

1 [15件] があっ, があった, がありました, がある, があるで, がない, と聞く, ばは, ひどく顔色, もなく, ろ, をほうり出し, ナア, 何故薬取り, 面白かった

▼ したけど~ (15, 0.0%)

2 そんな約束実行

1 [13件] そのあと, だいたい自殺, とてもいや, なんとなく潤い, まだ牢屋, みんないやで, やっぱり寿命, チットも, 何もかもみんなわたし, 姉ちゃん云うたら, 終発には, 英語も, 薄暗くなったら

▼ したっけ~ (15, 0.0%)

2 だ, だあの, だが 1 がいまどき, がその, がまた, が今, が後生, が桑原桑原, その女, それから自分たち, 僕らは

▼ したとやら~ (15, 0.0%)

1 [15件] こちらまで, これも, でたつて, でどう, で何, で侯爵, で名古屋, で教授夫婦, で聟どの, で驚かされた姉, ひとの, 申して, 申すが, 若しそれ等, 風説が

▼ した~ (15, 0.0%)

1 [15件] いきなか, うへ, おりるほど, がぶっと, しのばせて, そつと, ゆくの, 一枚の, 引きずられて, 手と, 潜りこんだ, 潮の, 行ったかと, 行って, 鋤を

▼ した丸顔~ (15, 0.0%)

2 には例

1 [13件] がモウ二度, で, です, で玉, で田舎, で皮膚, で目尻, のいつも, のルイバコフ, の可愛いい, の女, の少女, の水

▼ した二三~ (15, 0.0%)

2 の人, の新刊書, の講義 1 のもの, の作, の学友, の山脈, の教授諸氏, の林学, の洒落本, の面, を挙げる

▼ した傾向~ (15, 0.0%)

1 [15件] があった, がある, があんなに, が強く, である, においてのみならず, のいき方, の如き, は王朝初期百年, も実は, や, をいろいろ, をまじ, を持つ, を示す

▼ した元気~ (15, 0.0%)

3 のない

1 [12件] があった, が湧い, でおりました, で命じたこと, で威勢, な男, な顔, のいい, のよい, の好い, の無い, はぽっきり

▼ した兵隊~ (15, 0.0%)

1 [15件] が五六人, が当時, が押し合っ, だつた, と仲良し, なの, に如かなかった, のやう, の一組, の方, は十九, は非常, もいた, をつかむ, を満載

▼ した冷た~ (15, 0.0%)

7 さが 1 さ, ささえ, さで, さと, さは, さはよ, さや, さを

▼ した出来事~ (15, 0.0%)

2 の新鮮さ

1 [13件] が無かっ, である, について君, は, はあまりに, はすべて人間, は凄, は栄蔵, をまだ, を思い出した, を思ひ出す, を残らず話した, を長

▼ した列車~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, が濛々, が生温い, が長い, にどやどや, にも逢った, に乗っ, に就い, のほう, の中, の後尾, の現状, の窓, はついた, は全

▼ した可愛い~ (15, 0.0%)

1 [15件] お方でした, 唇であった, 声で, 娘では, 子だった, 子で, 少女だった, 少女だつた, 少年だ, 息子でした, 目を, 耳たぶ額から, 表紙よ, 調度が, 顔を

▼ した~ (15, 0.0%)

3 を聞いた

1 [12件] が世間, が同, が根, が私, が言いふらされ, だ, というの, のみのよう, は聞い, もあずかっ, もするでしょう, を撒き散らした

▼ した四人~ (15, 0.0%)

2 の男

1 [13件] が別に, が舞戻っ, では, の壮士, の娘, の子供づれ, の暴漢, の枕元, の楽人, の老女, の者, の騎兵, は皆其門人

▼ した~ (15, 0.0%)

3 なもの

1 [12件] だと, なこと, な医者, な婦人, な存在, な感じ, な物, な男, な癖, な穴居者, に反抗, に白

▼ した安心~ (15, 0.0%)

3 した気持

1 [12件] がもりあがる, した氣持, して, で芸格, と落ち着き, にゆるん, の色, の表情, は得られなかつた, もあり, をもたらした, を懐い

▼ した家族~ (15, 0.0%)

2 の為

1 [13件] がする, が多い, が諸方, について説こう, のおも, のこと, のこの, の名, の室内楽演奏, の網目, の者, の間, は紀行

▼ した寒い~ (15, 0.0%)

2 と一人, 風がまと

1 [11件] 中隊長の, 刻限でありました, 廊下と, 日だった, 晩だった, 晩秋の, 極地へ, 歩道を, 秋の, 空に, 鼻息などの

▼ した小屋~ (15, 0.0%)

2 の中

1 [13件] が飛び出, でここ, など見当, なの, に着い, に矮, に迷いこんだ, に響い, の方, の空気, ももとより, や板囲い, を建てたら

▼ した小柄~ (15, 0.0%)

2 な女, な男

1 [11件] なまあ, なアンナ, な桶屋さん, な百合子女史, な躯, の半白, の女, の洋館, の男, の白人, の青年

▼ した小路~ (15, 0.0%)

2 の中, を大

1 [11件] からそこ, には人, に沿う, に身, に零落, のなか, の奥, は泥棒小路, へはいっ, をうかがっ, をはいっ

▼ した年増~ (15, 0.0%)

3 の女 2 の女中 1 が絞り殺され, だ, だもん, で, でこれ, ですよ, の声, の女性, の婦人, の遊女

▼ した座敷~ (15, 0.0%)

2 に私, の中

1 [11件] が急, その床の間わき, だ, でこれ, の唐紙, の真ン中, の真中, はさながら, は暗, を借りた, を指し

▼ した後姿~ (15, 0.0%)

2 を見, を見せ, を見る 1 が庭口, が美点, だ, だったね, に伸, は見, を廊下, を眺め, を見失わない

▼ した後彼~ (15, 0.0%)

1 [15件] のそば, の友だち, の後ろ, の手元, はしかし, はぷいと, はジャヴェル, は元, は口數, は家, は時計, は突然, は考えた, は言い添えた, もまた

▼ した我々~ (15, 0.0%)

1 [15件] から見, と何ら, の, の世界, の思想, の手落ち, の日本文化, の祖先, の自然, の論証, は姫, は町, は皆ひととき, は途中急, も苦心

▼ した我が~ (15, 0.0%)

2 國の

1 [13件] クグツの, 一脈の, 児でも, 國人は, 子に対する, 学者の, 愚を, 日本の, 気の, 艦隊は, 証言し, 誘惑の, 頭髪が

▼ した~ (15, 0.0%)

5 をあげ 2 は風 1 がギュッ, が運転手, だったが, で髪の毛, に吸殻, をじっと, をグッ, を控えました

▼ した提灯~ (15, 0.0%)

2 の火

1 [13件] がかけつらね, がつくられる, が山門, のあたたかい, のうるささ, の灯, の灯影, は松原, を, をひろい上げ, をぶらぶら, を持たなけれ, を鼠

▼ した~ (15, 0.0%)

7 樣を 3 樣は 1 の再現, 樣が, 樣と, 洲成人の, 鞘葉は

▼ した~ (15, 0.0%)

3 の木立

1 [12件] のところどころ, の大樹, の木, の木立ちの光景, の林, の枯れつ, の梢, の森, の秀, の若, の葉, の静けさ

▼ した~ (15, 0.0%)

2 富豪に

1 [13件] と言う, の方, は非常, デパートの, 何太郎という, 俳誌上に, 勅撰議員の, 大名からの, 大国士官が, 女史が, 弁護士を, 易断所は, 養成所の

▼ した気質~ (15, 0.0%)

1 [15件] だという, であるいささか, です, ではあった, とその, とを持つ, について真面目, に充分期待, ね, のいい, のおんな, の子, は何, らしい様, をもっ

▼ した~ (15, 0.0%)

1 [15件] がうねっ, が彼女, が水, だ, だった, に千鳥, のそれ, の上, の図, の寄る, の方, の時, の音, を空, 又十年

▼ した特殊~ (15, 0.0%)

2 の光沢

1 [13件] な実感, な才能, な活動, な組織, な足跡, のもの, の外貌, の形態, の意義, の景情, の貞操観, の階級, の領土

▼ した痕跡~ (15, 0.0%)

1 [15件] がある, が有る, が認められる, である, であるが, であるという, についてのトリック, に過ぎないであろう, は勿論, は残っ, は薬, もある, もない, 多きに, 歴然たるもの

▼ した~ (15, 0.0%)

3 の多い 2 と毛髪, を刻ん 1 から成り立った, が寄っ, が走, で飾られ, のよったやせた, も湯, を法水, を鏡中

▼ した科学~ (15, 0.0%)

3 の力

1 [12件] が大, では説明, と自然, にはもはや, に精進, の方則, の書籍, の栄光, の芸術的反映, の領域内, は吾, を精密

▼ した~ (15, 0.0%)

5 ひを 2 ひが, ひの 1 の王国, の美し, ひすぎる程よく, ひだけが, ひ声, を続けさせ

▼ した美人~ (15, 0.0%)

2 であった

1 [13件] がある, がまつ白, だった, だと, であったらしい, である, です, というの, の死骸, の處女, は美人, も少なく, を貰

▼ した落着き~ (15, 0.0%)

3 のない 2 のある 1 がなかっ, にあるらしい, に入り得, に酔い痴れる, のな, の原因, は波紋, をすこし, を与え, を味わい

▼ した~ (15, 0.0%)

2 の中

1 [13件] から追, が幾個, である, でしかも, に点っ, の帆柱, の悲し, の様子, の汚, は競争, よりも絵, を折れ曲っ, を無邪気

▼ した~ (15, 0.0%)

3 をはい 2 太い丸打 1 が入用, ではない, で博士, に零し, の二人, の綻び, をいつ, をはき, を着け, を胸高

▼ した~ (15, 0.0%)

4 の先

1 [11件] に見事, の下, の線, の触る, の辺, ひげ, をのせ, をのんびり, を見ず, を青々, 無論黒色

▼ した~ (15, 0.0%)

2 と皮

1 [13件] があった, がちょうど, が一本, が眼, それから恐らく, とその, のよう, の中, の荒くれ男, の部分, まで細, を拾い集め, 太い身体

▼ したきれい~ (14, 0.0%)

1 [14件] なもの, な人, な娘, な家, な小川, な手, な水, な石, な羽根, な襟, な貴人, な部屋, な顎, に取り片づいた

▼ したぐらい~ (14, 0.0%)

2 ですから

1 [12件] だから, だからね, であきらめて, であった, でそんな, で済んだん, で秀吉, で結構, な事, 上がれるつもり, 思えば, 歩きまわったよ

▼ したさまざま~ (14, 0.0%)

1 [14件] なもの, な幽霊, な旅行者, な話題, な部屋部屋, のこと, の光景, の女, の思索, の悲喜劇, の用事, の苦しい, の闘争, の食品

▼ したつけ~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] か, があれ, がそれ歸, がまだ, が何, が婿, さうし, など, ね, まあ酷く, や

▼ したとき彼女~ (14, 0.0%)

2 の席, の頭, は片方 1 のボート, の一人, の目, はたくさん, は再び, は或, は痛ましい, は目

▼ したなど~ (14, 0.0%)

1 [14件] あり芝居, あるいは道路面, いう話, すこぶる辻褄, その例, その用意, 世人に, 云つた連中も, 或意味, 最も出色, 皆算木を, 虚説と, 言ふ, 謠はれ

▼ したなどとは~ (14, 0.0%)

1 [14件] どうあっ, まことに片, 何処からも, 夢にも気, 夫は, 徹頭徹尾貴様, 思いは, 思つてゐなかつた, 思わないもの, 想像できない, 正気の, 滑稽千万な, 絶対に, 言わなかった

▼ したものぢ~ (14, 0.0%)

53 やありません, やない 1 やがね, やなし, やア

▼ した一群~ (14, 0.0%)

2 の上, の新 1 が卓, が現, が続い, である, にはそぐ, の人々, の仏者, の仕事, の作家たち, の劇作家中

▼ した人夫~ (14, 0.0%)

1 [14件] がかたまり, が十尾, が昨夜, が死ん, でさえ気, で裁判長, の一人, の需要, は不潔, は私, も三年前, や船員たち, を明日中, 請負った親方

▼ した人形~ (14, 0.0%)

1 [14件] が修繕, が目, が過去, であつ, である, で黄菊, にすぎない, のやう, のよう, の土器, の手, の顔, の首, ばかりで

▼ した人柄~ (14, 0.0%)

1 [14件] が良寛さん, だから, であらゆる, です, ですが, な島田, な後家, のうち, のせい, のよう, の可, の持主, は却つて, を描い

▼ した~ (14, 0.0%)

4 を見ぬ 1 ができあがった, が分かる, が立っ, だけを頭, であり写真, ですから, なの, を幾つ, を現, を結ばせ

▼ した僧侶~ (14, 0.0%)

1 [14件] が動きまわり, が多かっ, だと, であった, と雖, にし, にまとわりつい, の一人, の反抗, は妻帶, は宗祖, や熱心, を否定, 或いは罪

▼ した~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] から十五円, から生れる, だから, でたった, にいる, におのずから, に椰子殻, に深まった, に癲狂院, の一人, へ入っ, より外

▼ した加減~ (14, 0.0%)

1 [14件] かぐいと, かこう, かこの間, かひときわ, かやたら, か一つ, か仲見世, か大きな, か急, か照子, か破れ, か雲丹, でなくなる, で今日

▼ した医師~ (14, 0.0%)

1 [14件] であつ, である, と若い, にかかっ, に見せた, のデゾール, の名前, の某, の申し立て, の言葉, は五人, は営養欠乏, への礼, もモウパア警部

▼ した博士~ (14, 0.0%)

1 [14件] がじっと, がむしょうに, が短日月, には当然, の清風, の眼, の言葉, の頭, はむちゅうになって, は十分, は彼, は早速, は直ちに, も此城丈

▼ した叙事詩~ (14, 0.0%)

1 [14件] から出た, から抒情脈, が殊に, であると, にすぎない, のある, の中, の存在, の断篇, の最, は猿女系統, は音楽的, を伝承, を説く

▼ した名前~ (14, 0.0%)

2 ではない

1 [12件] が別に, である, であること, でなくては, のホテル, の一人, はなかっ, はなかつた, も残し, をこれ, を声, 即ち変名

▼ した報告~ (14, 0.0%)

1 [14件] があった, がそんなに, がない, がよく, にさすが, にもそれぞれ, に責任, の大要, はそろっ, は昔, もできない, をきいた, をし, を本

▼ した屋根~ (14, 0.0%)

3 と屋根

1 [11件] から屋根, がひくい, が近々と, などが見える, のある, の向, の群, や建築物, を戴き, を見あげ見あげ, を隔て

▼ した~ (14, 0.0%)

2 をしめ

1 [12件] が水平, が見えはじめた, が黒い, でその, になっ, のうしろ, や袴, をしめて, をなし, を前, を大きく, を解く

▼ した幾多~ (14, 0.0%)

1 [14件] のもの, の事実, の例證, の俳優, の婦人, の恋, の愛読書, の戲曲, の所謂成功者, の数理的, の書物, の海洋冒険小説, の経済学者, の諸侯

▼ した廊下~ (14, 0.0%)

1 [14件] から声, があつ, でのすれ違い, で母屋, と庭, にテーブル, の半ば, の方, の突当り, をすべりっこした, をよく, を二人, を深い, を自分

▼ した往来~ (14, 0.0%)

2 に駄菓子

1 [12件] が, であって, には暗い, には荷車, に誰, のむこう, の両側, の光景, の書簡反古, へ出, をお, を隔て

▼ した~ (14, 0.0%)

1 [14件] であったが, ということ, というもの, と一緒, と言っ, なりし人, に苦しむ, の心, の歌, の話, は錯覚, をした, を仕掛け, を面白く

▼ した悲しみ~ (14, 0.0%)

2 が, も不快 1 か京吉, がただよっ, と不安, に床, に流す, に胴, に茫然, のなか, の眼, をもっ

▼ した情緒~ (14, 0.0%)

2 とが洗練, に生きる 1 が高潮, でなくキビキビ, にも照れる, はまだ, は前段, への侘しい, を予期, を感じ, を披瀝, 衰え切った意志

▼ した愛嬌~ (14, 0.0%)

9 のある 1 があつ, をたたえ, をふりまい, を顔いちめん, タップリの

▼ した感傷~ (14, 0.0%)

2 の谷間

1 [12件] がある, でこの, でもなかっ, に囚われよう, に終らせる, の古傷, の文字, の表現, の面持, や目当, をともなう, をも通っ

▼ した戦争~ (14, 0.0%)

2 ではなく

1 [12件] である, である以上, でした, と冒険, の下, の十数年間, の図, の巴渦, の破壊, も日本, をし, を鼓吹

▼ した手段~ (14, 0.0%)

1 [14件] が御座います, さ, であったかも, であること, ではあった, で別, で求めた, で臼杵家, とは思われない, によられた, によるほど安全, に対しては銀行, に過ぎなかった, の精神

▼ した手足~ (14, 0.0%)

1 [14件] がきりきり, がまだ, がよく, なども今, には毛生, の子, は経, をいくら, をし, を出した, を穢い, を自分, を迅速, を透かし

▼ した技術~ (14, 0.0%)

1 [14件] がどうか, だ僕, である, でそのまま, で眩惑, とを持っ, と正しい, に使われる馴れた, に至っ, の上, の精妙さ, や知識, を持っ, を通じても示される

▼ した~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある解説, が這入る, だから, であるから, とは一, はわかりません, は五六百人, は判らない, は固, は夥しい, は尠, は決して, は近々, をかぞえ

▼ した料理~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, がいい, だと, であった, で酒, というもの, とビール, の品, の皿, や皿, をとり, を待っ, を給仕男, を見

▼ した日光~ (14, 0.0%)

1 [14件] からそれら, がぽかぽか, が与兵衛, が正面, と熱, にはもう, に晒された, の下, の強, の漲り溢れてる, の美し, をうけ, を浴び, 御造営奉行組下

▼ した曲者~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] ですが, でもない, と私, の姿, の細工, はここ, はサツ, は二人, は縁側, をお前, をしとめた, を別に

▼ した~ (14, 0.0%)

2 の中

1 [12件] が多く, が小野氏, が房州路, ではある, で実に, に, には, や画, を察, を引ツ, を著した, 損じが

▼ した期間~ (14, 0.0%)

1 [14件] があつ, がなく, が定まっ, が限られ, であった, では二九分の一, のこと, のよう, の猫, はさして, はすこぶる, は大して, をいふ, を特殊

▼ した本人~ (14, 0.0%)

2 でなければ

1 [12件] が三歩くら, が舌, そのひと, だという, であること, の心理, の旦那, の直話, はたしかに, は自暴自棄, を褒める, を責める

▼ した~ (14, 0.0%)

2 みに, みにか 1 かあれ, かふと, か刀, か立つ, でか, でフラフラ, に足, は次, みが, をつかん

▼ した氣分~ (14, 0.0%)

1 [14件] が出, が漲, です, で會堂, で自分, と其間, になっ, になる, に向, に物, の時, をかもした, を味, を忘れ紛らしたい

▼ した~ (14, 0.0%)

1 [14件] である, のあいだ, の上, の世界, の厚, の崖, の破片, の粒子, の結晶, の蒸気, はそのまま, をガリガリ, を兇器, を突崩

▼ した決心~ (14, 0.0%)

1 [14件] がこもっ, がつい, が入用, が語気, だけは必要, はした, は殊勝, もたった, をした, をすっかり, をもつ, を固めた, を最初, を見せ

▼ した津田~ (14, 0.0%)

1 [14件] が口, と父, には相手, の心, の顔, はとうとう, はなる, はようやく, は半ば逡巡, は少し, は的, は突然, は立上り, は黙っ

▼ した~ (14, 0.0%)

1 [14件] がつい, がもや, が遠く, が魚, でお初, と自転車, のいろ, の下, の中, の光, の明り, をぼんやり, を置い, を鏤め

▼ した特色~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある人間學, でもある, とし, として誰, ともいうべき, と云, に平行, のある, も発揮, をもっ, を含ん, を持ち, を持つ, を概括的

▼ した~ (14, 0.0%)

2 實の

1 [12件] はれに, われが, 世紀の, 八の, 内閣閣僚の, 實を, 實社會の, 實論者と共に, 政府や, 段階で, 段階に, 段階において

▼ した異様~ (14, 0.0%)

1 [14件] な兇器, な小, な小男, な帽子, な影, な感銘, な挙動, な明る, な気取り, な波動, な胸騒ぎ, にひん曲った, の光線, の笑

▼ した~ (14, 0.0%)

5 の上 2 や襖 1 が敷い, にも合う, の海, は涼し, へ坐つ, へ熱る, 敷きの

▼ した目標~ (14, 0.0%)

2 がなけれ

1 [12件] があった, があつ, にし, に向った, のない, の一つ, も軌道, をもっ, をもった, を持っ, を据ゑて仕事, を示唆

▼ した~ (14, 0.0%)

1 [14件] からくり, があっ, が黄粉, っ原, に帰した, のところ, のやう, の中, の急斜面, は片栗粉, は粒, やそういう, をかぶ, を踏ん

▼ した經驗~ (14, 0.0%)

1 [14件] から異本, がある, がない, が無い, でも分つ, なんか無論, のない, のなか, の主, は世界, もあり, も極端, を一度, を得

▼ した老婆~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいた, が暖, が現れ, が石油屋, が顔, だの手代, であった, とであつ, の目つき, の眼, の顔, は苦しみ, もあ, をかつて

▼ した脚本~ (14, 0.0%)

1 [14件] であつ, では登場人物全て, などは一九二七・八年モスクワ芸術座, なの, のアイデア, の中, の弁証法的演出, をすらすら, をもっ, を嘗て, を多く, を書いた, を興業, を追いまわし

▼ した薄暗い~ (14, 0.0%)

2 部屋に, 部屋の 1 その過去, ところで, なかに, ランプの, 中へ, 堂の, 林の, 焼跡を, 街燈の, 静寂であった

▼ した認識~ (14, 0.0%)

1 [14件] こそ人民, でなく感情, というよう, と行動, の所産, の様式, の諸, や理解, や評価, よりない, を得る, を持ちたい, を有っ, 即ち国語学

▼ した身体つき~ (14, 0.0%)

1 [14件] がお, が好意, が少年, だが, でした, で女, で服, で浅黒い, にし, に似あわず, のとても, の小谷, もまた, を想像

▼ した運命~ (14, 0.0%)

1 [14件] が九分, が来る, が流れ出, であり, でそんな, と云う, と同じ, におかれた, によく, に自分, に軽く, のあと, のインデッキス, を享受

▼ した運転手~ (14, 0.0%)

2 の耳朶

1 [12件] が二人, が自動車, とその, に気, の乗った, の乗りこんだ, の声, は, はふと, は一風, は暇, は神経衰弱

▼ した金色~ (14, 0.0%)

2 の髪

1 [12件] で着物, に変り, のもの, のトラ, の指輪, の文字, の旭, の液, の渦, の葉むら, の蛇, の髪の毛

▼ した長身~ (14, 0.0%)

2 に学校, を起し 1 ですっと, でその, でぬける, で飛ぶ, にピッタリ, にピツタリ合つて, に青白い, の体躯, をゆったり, をノッシ

▼ した風情~ (14, 0.0%)

2 である, の中 1 お夏, であった, であったが, であり乍ら, で味, で煽られる, ながらもまた, ながら何處, のよかつ, も

▼ した食物~ (14, 0.0%)

1 [14件] であります, とかもっと, との香, とを発明, と彼ら, のため, の不調和, の事, の話, を喫し, を大皿, を隣近所, を飛騨, を食べる

▼ した黄色い~ (14, 0.0%)

2 レンコオトを

1 [12件] ワンピースの, 光波の, 声が, 手焙だ, 手袋, 明の, 灯の, 粘液が, 脚を, 表紙に, 額の, 顔の

▼ したいま~ (13, 0.0%)

2 でもその

1 [11件] しも赤, に番入り, のその, の世の中, の気持, の角力, はかなしい, はしい, は絶え, までの考え方, 見るところ

▼ したがへ~ (13, 0.0%)

2 給へ, 黒姫山に 1 ほと, 人をか, 出立す, 木賀松坂屋寿平治寓宿の, 校内を, 神田川より, 道に, 鋏箱を, 香物と

▼ した~ (13, 0.0%)

4 がたで 2 がたを 1 が, がたが, がたには, がたの, だれ, つかり片づけて, ゐさ

▼ したそんな~ (13, 0.0%)

2 ことで

1 [11件] ふうの, 一人の, 事は, 場合に, 妄想が, 悪人とは, 意味も, 淋しい男, 睡眠不足の, 薄氣味, 言葉が

▼ したただ~ (13, 0.0%)

1 [13件] それだけ, それだけの, の呉服屋, の女, の時間, の空間, もうそれっきり, もうそれつきり, ノーフォーク州に, 一つの, 一片の, 心と, 見る一塊

▼ したどこ~ (13, 0.0%)

2 か貴公子

1 [11件] かからだ, かさ, かの原, かの小僧, からどこ, かゲーテ, か化物, か病的, か花車, に隠し, までも開化

▼ したろう~ (13, 0.0%)

3 ではありません 1 がにえ, が今, が代作, が自分, にお初, にと思われる, にわずか, に広間, に私, ほどだった

▼ した一本~ (13, 0.0%)

1 [13件] の光, の吹き流し, の手, の木, の材木, の松明, の槭, の短剣, の糸, の線, の重量, の鋼鉄棒, を置き

▼ した一部~ (13, 0.0%)

2 の作家

1 [11件] が左, に相当, のあらわれ, のインテリゲンツィア, のブルジョアジー, のプロレタリア作家自身, の人々, の俳優, の懺悔物語, の新進作家, の読者

▼ した上品~ (13, 0.0%)

1 [13件] なまた, な人間, な味, な小間使, な少年, な態度, な白髪, な蛇, な趣, な鉄御納戸, な青年, な風采, ぶった狭い

▼ した不幸~ (13, 0.0%)

1 [13件] でしょう, なる二等艦メデューズ号, な子供, な気質, な者, な若い, な青年たち, になった, の医者, を感じた, を扱, を見る, を誇張

▼ した人影~ (13, 0.0%)

2 がこちら

1 [11件] があった, がひとつ, がもうろう, がゆらりと, が不思議, が佇ん, が室, が現われた, が皆, が立った, と云う

▼ した以前~ (13, 0.0%)

2 随分古くから

1 [11件] から形, と以後, にわたしたち, に倍, の小楼, の形, の慓悍, の木曾街道, の自分, の陰影, 既に幾多

▼ した~ (13, 0.0%)

2 の動物

1 [11件] で捕へられ, について主として, に就い, の革鞄, はこの, はどういう, は先刻, りから, をお, を一時保留, を述べ

▼ した何物~ (13, 0.0%)

2 か, かのみに耳 1 かがあったなら, かが燃え立っ, かに苦しめられ, かの物体, かは改めて, かを備え, もそのまま, も現われ, も貯え

▼ した信念~ (13, 0.0%)

3 を持っ 2 によつて 1 がある, があるなら, がお, がなく, だつたの, でありもしくは, の人, を掴ん

▼ した個々~ (13, 0.0%)

1 [13件] の一部, の事件, の事象, の人, の位置, の単位, の姿, の影響, の流派的宣言, の犯罪事実, の現象, の研究, 非連続的

▼ した~ (13, 0.0%)

2 元氣, 相變ら 1 いつもの, たいそう御, の宮, わかったか, わかつたか, 大層元気, 大層御, 遠來, 面白くねえ

▼ した円い~ (13, 0.0%)

2 眼を

1 [11件] まりは, ものが, やつが, 人間の, 島である, 明るみが, 腕, 膝を, 臀が, 花粉を, 葉を

▼ した~ (13, 0.0%)

1 [13件] のよう, の分子, の大, の大空, の姿, の季節, の川, の旅, の暁, の朝, の陽, の雲, らしい寒

▼ した~ (13, 0.0%)

2 だと, の下 1 だもし, でいきなり, の柄, の目貫, の相, の間, はまだ, をそのまま, を返し

▼ した刑事~ (13, 0.0%)

1 [13件] がとん, が三田, が何かしら胡乱, が八つ当り, が原っぱ, が急, が立ち番, だと, とともに西洋料理屋, と同じ, は言葉, や巡査, をよん

▼ した労働者~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が捕縛, としての社会的保護, と同様, にとって民主的文学, には同じ, の家庭, の思い出話, の手, の行進, の賃銀, を満載, を牢屋

▼ した~ (13, 0.0%)

1 [13件] からの手紙, が誰, との誓い, に向かっ, に語つた言葉, のほう, の代り, の家々, の様子, はいかに, は帰らない, を慰める, を持つた

▼ した大地~ (13, 0.0%)

3 の上 1 ではなく生き, と真面目, と空気, にその, に茣蓙一枚, に落ちるであろう, は自分, をかつかつ, を堅く, を感じた

▼ した~ (13, 0.0%)

2 の室, の間 1 から愉しさうな, に彼, に旅客, のところ, の一間, の居間, の広間, の方, の部屋

▼ した學者~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, が二三, が最も, すら殆ど, であ, であるとの, でもあり, でもない, と一緒, にすら利益, に出, の説, はわが

▼ した宗助~ (13, 0.0%)

2 の胸, の顏, の顔, は時々, は葬式 1 とかいうせがれ, は蘇, は蘇生つた樣

▼ した寂しい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ものに, 人では, 地面の, 場處で, 女が, 心に, 心持が, 恋は, 春が, 気もちに, 濁った形, 里に, 黄昏が

▼ した尾根~ (13, 0.0%)

2 の突端

1 [11件] が千六百六十米, が川, が明瞭, で登降, の上, の先端, の北, は下津川, は急, を下った, を登った

▼ した山々~ (13, 0.0%)

1 [13件] がよく, が幾重にも, が見える, との関係, に接した, のため, の峰, の谷底, の間, は地球, は左右, は細かく細かく, を

▼ した工場~ (13, 0.0%)

2 なの, の隅 1 からの慰問隊, から暇, が出来た, なんかへお, に働く, の突撃隊, は閉鎖, や商店, をやっ

▼ した~ (13, 0.0%)

3 れを 2 の愚かさ, は残酷 1 が民族, の店, の手, の筋肉, れの, 未八月廿二日

▼ した希望~ (13, 0.0%)

2 をいだき

1 [11件] が生じ出した, で短篇小説, と流石, にお, にさまざま, にみたされた, の光, の国, は失敗, をたたえ, を述べた

▼ した帽子~ (13, 0.0%)

2 のかげ, の庇 1 だの白い, には黒い, に白い, の中山高, も勇ましく, をかぶった, をかぶり, を脱, を脱い

▼ した~ (13, 0.0%)

2 は思いがけず

1 [11件] がまっすぐ, が数本, にしばらく, に附け, の根元, の間, や細く, をじっと, をもち, を見上げ, 之介

▼ した心理~ (13, 0.0%)

1 [13件] があった, が頷ける, であるから, であろうか, で暮す, の圧迫, の観察者, の近代人, は伝教以後, も私, よりも寧ろ, をそれほど, を歌

▼ した思い出~ (13, 0.0%)

1 [13件] からは云われ, がいっぺんに, が飛び出し, になっ, に耽っ, のよう, はない, は忘, ふかい陣羽織, もいろいろ, も色々, をもっ, を剣号

▼ した想像~ (13, 0.0%)

1 [13件] からまた, が描き出し, だった, であ, であり語って, でお, ではない, に過ぎません, の中, をし, をした, をする, を持つた

▼ した政治家~ (13, 0.0%)

2 は故

1 [11件] があっ, であって, であり, なん, の心事, の理想そのもの, はある, もおらぬ, も官僚, も志, や学者

▼ した方針~ (13, 0.0%)

1 [13件] がたてられ, で設置, というよう, などが有り得る, などはない, に基づく, に立っ, の上, の延長, は一体, も調和, を戴い, を立て

▼ した日々~ (13, 0.0%)

3 のこと 1 が同じ, が市木さん, だったらしい, である, の感想, の生活, の経験, を送, を送ってる, を過し

▼ した日本語~ (13, 0.0%)

1 [13件] が変話機, が時代, だつた, で, であった, で喋舌, で答えた, で言つて, のつかい, のよう, の不便, は正しい, を近代

▼ した~ (13, 0.0%)

2 の下

1 [11件] がくるくる, が散らばつ, が輝い, が附い, のせい, の如く, の空, の進行, は恍惚, ばかりなら, を私

▼ した映像~ (13, 0.0%)

2 の中, を灼きつけ 1 が浮ん, としていつ, としてで, にすぎなかった, になつて情景, は操縦席, をお, をしか止め, を目のあたり

▼ した時それ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が不意, が果して, に交叉, に気付い, はわたくし, は事実上, は警察, も作家, をそう, を創立當時, を祝っ, を聞いた, を諷した

▼ した時自分~ (13, 0.0%)

1 [13件] がほとんど, が私生子, で陸, の使った, の好奇心, の心, はこ, はすぐ, は今, は地上, は始め, は嵯峨野, は横浜

▼ した書類~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] なん, のなか, の束, やらが秩序, や海氣, を一枚一枚, を先生, を取り返す, を差出します, を提出, を檢閲

▼ した松林~ (13, 0.0%)

2 の下

1 [11件] がありますやろ, がある, がおますやろ, がしばらく, が山上, が白砂, との間, と清い, になつ, のかなた, の茂み

▼ した森林~ (13, 0.0%)

2 が行手

1 [11件] がその, がつづい, におおわれ, のある, の中, の哲学者, の波頭, はたちまち, は肥沃, をぶらつく, を背後

▼ した楽しい~ (13, 0.0%)

1 [13件] あけくれが, ことに, ものに, 小説も, 思出も, 日は, 気分で, 気分に, 気持に, 田圃側の, 経験が, 音色を, 鳴声

▼ した~ (13, 0.0%)

2 の国

1 [11件] に對, の國, の境域, の姿, の島, の思, の方法, の都, の間諜, の静粛, を宣告

▼ した~ (13, 0.0%)

2 なれば, のつよい 1 がし, がした, がする, が致した, が起つ, でゐる, で彼女, の利いた, 持ちでした

▼ した~ (13, 0.0%)

1 [13件] がたらたら, がにじみ出た, が乾い, が筋, が頭, が額, です, の体臭, をかき, をたたえ, をにじませ, を出す, を拭い

▼ した爺さん~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, がい, がこうして, がたばこ, が出, が発動汽船, が眼, ではありません, になっ, のところ, の心, の扇子, も婆さん

▼ した特別~ (13, 0.0%)

2 な世界

1 [11件] なもの, な矢田津世子, に心情, の博物館, の好意, の晩飯, の構造, の機械, の用紙, の花壇, の著述

▼ した現代~ (13, 0.0%)

2 の東京人

1 [11件] かは知らぬ, では全く, では科学研究それ自身, などでは劃然, ならば, においては却って, においては却つて, の作品, の日本, の機械文明, の溌溂

▼ した男の子~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいた, がかい, が十数人, が殿, が産, が答えた, だ, だつた, のよう, の声, の群, は男の子, を眺め

▼ した病人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が万一, が莫大, が跳ッ, だ, です, にいい, のそば, のところ, の心持, の身体, は頭, らしい頭, を眺め

▼ した私たち~ (13, 0.0%)

1 [13件] だったの, である, とヴァン・ポウル氏, にかの, にさしあたっ, に似合った, の様, の生活, の第, の莫迦さかげん, の道, はやはり, は美

▼ した秘密~ (13, 0.0%)

2 はこの

1 [11件] かも知れない, がある, が蟠っ, という言葉, な思ひ出, の手紙, の打ち明け, はそこ, をくわしく, を解く, を解決

▼ した空虚~ (13, 0.0%)

2 な気持

1 [11件] が出来, が彼女, しか残っ, と気味, な感じ, な文字, な時間, な瞳, な言葉, の感, を覚えだした

▼ した空間~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] が前方, で彼, にとりかこまれ, に描い, に畏怖, に隠れ, の単調, の問題, はまやかし, をみやっ, を前

▼ した~ (13, 0.0%)

1 [13件] な星, ヤンキーらしい, 八は, 小説の, 情味を, 文芸復興, 江戸式の, 知識慾に, 私小説である, 粹なる, 資本家理論としての, 露西亜風の, 露西亞風の

▼ した習慣~ (13, 0.0%)

1 [13件] から神聖観, が今, が古く, が社会生活, が金沢, で育てられれ, に反対, のせい, のまま, の元, や行状, を思はせる, を理会

▼ した船頭~ (13, 0.0%)

2 が一人一丈余り, の睡りこけ, は水棹 1 が二三人櫓, が纜, が降り, はかかる, は前, は帽子, は年紀六十

▼ した~ (13, 0.0%)

1 [13件] かしい影, かしい片, が見え, が見る, とピチピチ, と翳, な朝, のある, の可, やかな頬, やまわり, を出す, を浮べ

▼ した荷物~ (13, 0.0%)

2 が来る

1 [11件] が畳, と人夫, のでこぼこ, の上げ下ろし, の中, はほど経, への保持力, や莚ぐるみ, をこし, を運びだそう, を運ん

▼ した蝋燭~ (13, 0.0%)

2 の光, の火, をてんでに 1 が微か, が煌々, だか, にいくら, を一本暖炉, を捧げ, を燭台

▼ した~ (13, 0.0%)

1 [13件] が聞えた, だろう, であ, で云, で思いがけない, に直し, に組み立てられ, の一つ, の威力, の意味, をうつ, を思いだした, を控え

▼ した試み~ (13, 0.0%)

1 [13件] があった, が自分, であ, であると, にこれ程, に伴, はその, は大胆不敵, は或, は望み, は空しい, を其後, を大きな

▼ した論理~ (13, 0.0%)

2 というもの

1 [11件] が仮定, である, で解決, と思想, の委曲, の根拠, も悟り, を以て貫かれ, を具, を直観, を追究

▼ した趣味~ (13, 0.0%)

1 [13件] からわり出し, で桃色, とげて, と習慣, なり批判, のみを将来, のよい, の無い, もこれから, や感情, をそなえ, を伝染, を示し

▼ した輪郭~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] でうかん, となった, と云, と手, の下, やその, をし, を変え, を持ち得なかつた, を持った, を雲間

▼ した逞しい~ (13, 0.0%)

3 男が 2 躰躯の 1 上半身日に, 乱暴な, 大きな幹, 腕を, 臑を, 青年の, 顔を, 馬子が

▼ した部落~ (13, 0.0%)

1 [13件] である, であるかという, であるが, で肉屋, と例, に織田軍, の人達, の青年, の青年達, はこの, はそれぞれ特徴, は今, まではまだ

▼ した~ (13, 0.0%)

4 を持っ 1 とがいつ, の在り, をさげ, をとっ, をもっ, を三四挺, を振っ, を突き出し, を自分

▼ した静寂~ (13, 0.0%)

2 のなか

1 [11件] がこの, がなんとなく, が耳, だ, と冷気, な川, な芸術, に充たされ, に蔽われ, は却って, へ人

▼ したあかつき~ (12, 0.0%)

2 にはその 1 でなければ, にはどんな, には吾, には必ず, には恩賞, には百姓, は, はどういう, は恐れ, は第

▼ したあれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] から, が生涯, が苦味, が鵜, だけの好意, である, でせう, と同じ, は可, は翻案, は胡麻化, ほどの夥しい

▼ したからだつき~ (12, 0.0%)

1 [12件] が気, である, ですが, で口数, で江戸, で細面, で背, で鼻, といかにも, に一種, まで彼そつくり, や全身

▼ したからは~ (12, 0.0%)

1 [12件] いかに宗湛, その力, 一命をも, 主は, 人が, 何処迄も, 例え悪漢, 困らせるよう, 土壌の, 小屋へ, 手を, 滅多に

▼ したかわいらしい~ (12, 0.0%)

1 [12件] おさげ, お姫さまの, お辞儀で, むすめたち, 三重の, 人形を, 人魚す, 小蜘蛛, 少年です, 手を, 金髪の, 顔

▼ したことさ~ (12, 0.0%)

4 へある 2 へ鮮 1 へあつ, へありました, へない, へ半生, へ知る, へ總

▼ したそれで~ (12, 0.0%)

1 [12件] この角三, ぷつりと切っちまう, まもなく一同, やつと, 何だか卑怯, 加代は, 可い, 斯様な, 浪拝の, 私は, 縹緻はと, 茶を

▼ したっても~ (12, 0.0%)

1 [12件] おいらの, おいらは, お目にかかれねえん, そうぞ, そうだ, てめえの, 仕方が, 少し稼ぎ, 日が, 気に入らねえん, 生まれおちる, 自分の

▼ したなどは~ (12, 0.0%)

1 [12件] こっちの, すでに敗れざる, ちと早計, ホントの, 一寸手際, 余程の, 俗物の, 全く常識, 初めての, 別として, 相済まぬ, 種々の

▼ したについて~ (12, 0.0%)

1 [12件] いくつかの, すぐ手紙, われわれ一同は, 一と, 六月八日到来の, 始めて氣, 彼らの, 想い起すは, 法皇や, 父さんの, 私を, 非公民

▼ したわたし~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, が再び, が米, だけれど, のたくらみ, の妹, の方, はあの, はおそろしかっ, はその, はそれ, を寒気

▼ した一室~ (12, 0.0%)

2 へ入り込ん 1 があつ, が居心地, で壁, で大, で彼, に大きな, に恐慌, へはいる, へ移り, を仕事場

▼ した両手~ (12, 0.0%)

4 の指 1 が重く, のなか, の間, をかけ, をかけた, をさしこん, をすこし, を掴ん

▼ した事業~ (12, 0.0%)

2 がなく 1 があつ, だったわけ, であつ, でもあるいは, と比較, の上, の成功, はひとつ, も身, を完成

▼ した二階~ (12, 0.0%)

2 の一室, の部屋 1 の女, の手摺, の方, の窓際, の端, の隅っこ, の障子, へあがっ

▼ した仔細~ (12, 0.0%)

3 じゃ 1 からにござります, かわし, がわかった, だ, にご, はやがて, もそれ, らしい表情, を尋ねました

▼ した会話~ (12, 0.0%)

1 [12件] がつづいたらう, が日々, などもおおらか, についてはふれなかった, のがい, のみで, の連続, をとり交し, を剃刀, を実際, を思い出す, を耳

▼ した功績~ (12, 0.0%)

1 [12件] だけでも十分承認, であらう, の甚大さ, はすこぶる, は大, は殆, は永らく, は認めね, も多少, も讃, をたたえ, を有する

▼ した匂い~ (12, 0.0%)

3 のする 1 がいかにも, が湿っ, が眼, が立, が部屋じゅう, の充ちた, の良い, を漂わし, を立て

▼ した原稿~ (12, 0.0%)

2 を眺め 1 かせぎの, が気, すらなかなか, とやはり, のギリ, の五, の紙数, はをそらく文展開催期間中, もあれ, をながめ

▼ した叔父~ (12, 0.0%)

1 [12件] と自分, と静御前, のシモン, の住所等, の光安入道, の夜具, の男の子, はもう, は無論, は聞き終っ, は言った, は驚い

▼ した古人~ (12, 0.0%)

3 の用意 1 のこころ, の心づくし, の旅, の理会, の純粋, の考, の詩歌, の連句集, もある

▼ した~ (12, 0.0%)

4 の御方 1 の手, の手袋, の方, の片足, の眼, の肋骨, の膝頭, の足首

▼ した四つ~ (12, 0.0%)

2 の建物, の眼 1 のカテゴリー, のコロキウム, のバタ, の地名, の塔, の様相, の男の子, の聖僧屍光

▼ した地名~ (12, 0.0%)

1 [12件] であるが, であると, でことに, ではない, というもの, と思う, と推定, のあった, は始め, も列挙, らしく見える, をただ

▼ した坊主~ (12, 0.0%)

1 [12件] あたま, がほん, が童児, が通夜, ですよ, について学ぶ, の坐像, の様, の気色, の面, は雲霞, もいくら

▼ した~ (12, 0.0%)

2 の市, 計代の 1 市の, 數の, 羅姫烏丸中納言光賢に, 衆の, 要素が, 計代は, 辯が, 過ぎるほど

▼ した大男~ (12, 0.0%)

2 で非常 1 がたずねた, がにゅうっと, がぬっと, がガード, が出刃庖丁, が匕首, が犬, ですっかり, の黒い, はあるいは

▼ した始末~ (12, 0.0%)

1 [12件] さ, であった, でさ, でしたが, です, ですが, ですよ, と早, なの, の悪い, をちっとも, を述べた

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] がよちよち, がゐ, が三味線箱, とが薄暗く, となり, のこと, のはいっ, やが, やだけあっ, やより他, やを雇, やを雇え

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] がはじけ, がびっしり, が二つ三つ, が口, が葉隠れ, が鈴なり, の理由, の留守宅, を採っ, を盛, を見つける, 朝の

▼ した実際~ (12, 0.0%)

1 [12件] と想像, の働き手, の総額, はこれ, はさう, はそう, 上の, 又其必要, 家に, 家の, 生活も, 的な

▼ した家屋~ (12, 0.0%)

2 の上 1 から生ずる, では必然的, で他, と道路, についてその, になつ, の中, は犯罪, をもっ, を築かない

▼ した容貌~ (12, 0.0%)

1 [12件] である, と決して, に動かぬ, に変じ, に押され, のしかし, の上, の人, は人々, や背丈, をギリシャ型, を眺めた

▼ した小僧~ (12, 0.0%)

2 であった, をつれ 1 が炭, でした, です, でわけ, にスモーチカ, のもの, の叔母, もやむを得ず

▼ した小娘~ (12, 0.0%)

1 [12件] がかしこまっ, が死骸, が背中, だった, でしたが, で野生, に出, に吩咐けた, のお, のふう, のよう, の青い

▼ した岩壁~ (12, 0.0%)

1 [12件] から逆様, が痛々しい, さえも私, で片側, の一角, の中途, の右, の山, の窪, は高く, をまわらね, を無数

▼ した左膳~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお, が今や, が血, とともに皆, の声, の態度, の言葉, の隻腕, は, はぎょっと, はその, は一直線

▼ した巨大~ (12, 0.0%)

2 な穴 1 なる外力, なる嶄巌, なキリスト像, な三日月, な怪物, な感覚, な肉塊, な質団, な革張り, な風景

▼ した幾つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かの大, かの小さな, かの小香炉, かの片仮名, かの短篇, かの補充訂正, かの足跡, かの酒杯, だ廿六, もの原因, もの標本, もの空間

▼ した強い~ (12, 0.0%)

1 [12件] 光線が, 処が, 地震に, 性格の, 意志や, 感覚的な, 歌を, 色彩に, 表情は, 言葉が, 頭とで, 魅力の

▼ した当の~ (12, 0.0%)

1 [12件] ない痛い気持ち, ない痛い痛い気持ち, ものである, 世界観の, 人を, 人物は, 政宗先生が, 敵に対して, 本人であろう, 松尾さえも, 楠本が, 階級

▼ した患者~ (12, 0.0%)

1 [12件] がすすけた, が来, ですが, というの, のお, のゐる, の清太郎, の血, の遺骸, の雑然, は京都, を自由

▼ した悪魔~ (12, 0.0%)

1 [12件] で御座いました, に一度, のよう, の姿, の尿溜, の眼, の群, の記事, の誘惑, はかう, はなおも, を決定

▼ した情景~ (12, 0.0%)

2 である 1 が漂い, が現われ, なの, には余りに, は正に, もある, や惡徳, をいちはやく, を思い出した, を眼

▼ した手前~ (12, 0.0%)

2 もある 1 だと, ではあっち, でも負けられぬ, なんとか恰好, はお古, もあり, もあります, も元, を恐れ, 強いて

▼ した批評~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出る, であると, でなくては, のメカニズム, の態度, の爲方, は世間, は昔, をうちたてなけれ, をした, を下され, を自慢

▼ した支那~ (12, 0.0%)

1 [12件] から欧州, のサロン, の側, の兵士, の南朝諸国, の大, の樹, の船, の荷車, の靴, は礼, を統一

▼ した映画~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいくつ, が昨年あたり東京, が近くこっち, と出来上った, のウンラート, のビラ, の一, の世界, の数, はどうも, を作っ, を作る

▼ した~ (12, 0.0%)

3 を下し 2 のある 1 が眼, のあたり, のない, の上, の力, の辺, の適当

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] がしげっ, が並ん, だ, で小さな, と同じ, のもみじ, の枝, の根, の肌, の葉, の間, もあります

▼ した民衆~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, が明日, にまで報道, のこと, の意識的, の文学論, の歓声裡, の食糧騒動, はいう, はそれ, はもはや, は今

▼ した水面~ (12, 0.0%)

1 [12件] が生き物, では海, と池, に, にかすか, には朝日, に秋雲, に蓮, も今夜, を眺めた, を瞶め, を見せる

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] があふれ上がった, がおちた, でありました, と苛立った憤り, にぬれ, に濡れた, のこぼれる, の玉, ばかりが頬, も添っ, を流し, を理解

▼ した淋し~ (12, 0.0%)

3 さを 2 さが, さだ 1 さで, さの, さは, さもうすでに, そうな

▼ した源氏~ (12, 0.0%)

1 [12件] が多数, の出かける, の姿, の形, の書く, は, はこんな, はすぐ, は人, は位階, は朝, は顔

▼ した演劇~ (12, 0.0%)

1 [12件] がたまたま, が文字どおり, であります, なるもの, に触れ, に関する評論, のある, の先駆的傾向, の立場, は夙く, を人民大衆, を作り上げよう

▼ した特徴~ (12, 0.0%)

3 があっ 1 があり, が結晶, が英国, のある, の見える, はうそ, は文化運動, をいくつ, を持った

▼ した玄関~ (12, 0.0%)

1 [12件] が冷淡, に出た, に大きい, の上がり口, の土間, の沓脱, の見える, の遠, の間, の雨戸, を上, を訪れ

▼ した生物~ (12, 0.0%)

2 のよう 1 がいない, がいる, がすん, だ, だか, だけでも絶滅, だと, である, とはいかに, もいた

▼ した画家~ (12, 0.0%)

2 もある, らしい男 1 がそこ, とはダンフェール・ロシュルュウ, には絶対, の苦心談, の蘭渓, は二人, は小堀稜威雄, を並べ

▼ した病気~ (12, 0.0%)

2 になった 1 から脆く, が何, で動きたく, で恩人, などは医療, になる, に対するあらゆる, に特有, のため, の為め

▼ した痛み~ (12, 0.0%)

2 を感じた 1 があった, が走った, が顳, と共に湧い, にも注意深く, をおぼえた, を感ずるらしく, を我慢, を絶えず, を覚える

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] か唇, が好人物, が抜け切れない, して, で急, に主人, に悪く, のない, の無い, まで妙, やその, を除い

▼ した着流し~ (12, 0.0%)

2 にワラジ, に白足袋 1 だが, で帯, で枸杞, に角帯白足袋, に長い, のナゾ, の武士, の玉井金五郎

▼ した短篇~ (12, 0.0%)

2 などを書きはじめた 1 がそれ, ではない, ではなかつた, ながら, になつたの, のうち, の方, の物語, は以前, を偶

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] ではしみじみ, と油, と藁, のまつり, の半分以上, の粥, の魅力, もなく, や麥, を天子様, を百姓, を食い

▼ した米友~ (12, 0.0%)

1 [12件] が犬小屋, が自分, という男, に充分, は, はこの, はそのまま, はその間, はついに, はまた, は二三間, もやがてやや

▼ した美貌~ (12, 0.0%)

1 [12件] がすぐ, だけはどうも, ではない, な年少太子, のため男色流行, の人, の女, の女給, の持ち主, の文学者, の話上手, を持った

▼ した者共~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一杯, が好い, が尚, が諸君, で, でご, で必, で無事, という義, の為すべからざる, は妻, やめろと

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] が小さい, が戻っ, が竜巻, だと, だワイ, で荒い, にのっ, に銀, の上, の傍, の残部, は河岸

▼ した~ (12, 0.0%)

2 でも這出し 1 がのたくつ, が出, が宝石, すなわちこの, つかひの, などの間, の死体, は誰, を投げつけた, 逃がしの

▼ した~ (12, 0.0%)

1 [12件] ではこの, では各, と照, にある, には啻に, に何, の戸, は各, を作っ, 俊一郎博士に, 啓が, 裡の

▼ した~ (12, 0.0%)

6 をし 1 である, で少し, で居る, で飾りけ, などのとき, をした

▼ した要求~ (12, 0.0%)

2 です 1 がある, となっ, によって律せられ, の程度, をします, を充たしうる, を承諾, を持つ, を課し, を適当

▼ した豊か~ (12, 0.0%)

1 [12件] な優美さ, な形, な所, な生活, な緑, な耳, な胸, な自然, な頬, な顔, な鬢, な黒髪

▼ した~ (12, 0.0%)

2 つらの, や青, んぼ 1 え手拭, さで, と金, と青, や白, 白い皮膚

▼ した足音~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこちら, がし, が聞こえた, が近づい, が静か, であるやう, とし, にもびくつい, はその, も聞こえ, をたて, を聞い

▼ した路地~ (12, 0.0%)

2 の中, を作つたの 1 から三千五百石, にインバネス, に家々, のあたり, へ投げ出される, を作った, を入, を距

▼ した農民~ (12, 0.0%)

1 [12件] があちこち, が住ん, だった, に対してはげしい, の今, の深刻, の生き死にかかはる, の着物, の運命, の集団, の革命的高揚, は合流

▼ した過程~ (12, 0.0%)

1 [12件] がおのずから, としてしたがって, としての存在, として考える, にめぐりあった, に立つ, のある, の中, はつなる, は即ち, をみ, を追憶

▼ した~ (12, 0.0%)

2 の水差し 1 で作, で出, などの部分, の壺, の支那, の箱, の色, の薄板, の表面, を張りつけ

▼ した順序~ (12, 0.0%)

1 [12件] からいふ, が見え, で私, によつて, に從つて, は今, は日本, をとつて, を想像, を立て, を簡単, を話しましょう

▼ した顏つき~ (12, 0.0%)

3 をし 1 から無駄, でやつ, でパーヴェル・パーヴロヴィチ, で宿, で最初, で皮膚, になつて, になり, になる

▼ した~ (12, 0.0%)

2 処に 1 が腸, さを以て, さ一尺ばかりの, さ二百米の, さ百尺も, の何割, 塀の, 星総監なぞも, 樓なぞは, 脚の

▼ した~ (12, 0.0%)

3 ではない 2 の目 1 であった, であつ, であります, でした, の面, の顔, を扱

▼ したかとも~ (11, 0.0%)

1 [11件] 判定される, 思はれその, 思はれた, 思はれるが, 思われた, 思われる, 思われるこの, 疑われて, 考えて, 言い得ら, 言い得られた

▼ したそういう~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことに, ちぐはぐな, ので, 一種の, 奴を, 宣言だった, 家が, 幸福な, 成長の, 楽しい炉辺, 話しぶりは

▼ したたって~ (11, 0.0%)

1 [11件] ささやかな, それを, ものすごかった, 下敷の, 地面を, 居るでは, 来た, 瀬田の, 熱く焼けた, 繊細な, 道路の

▼ したちょうど~ (11, 0.0%)

2 その日, その時 1 この二三年前, そのとき, その時彼, 愛の, 自分の, 道教が, 頃合の

▼ したっていう~ (11, 0.0%)

2 だ, だよ 1 ちげえ, らしかったわ, 届けな, 無電が, 話は, 話を, 電報を

▼ したところそれ~ (11, 0.0%)

1 [11件] から間もなく, がトマさん, が大いに, はどう, はどういう, は我々射手, は明治, は河豚, は牧野一人, を一, を聞いた

▼ したなあ~ (11, 0.0%)

2 誰れだ 1 お前か, お前さん, 何でも, 俺が, 俺達ぢや, 大出来, 宗春を, 源の, 誰だ

▼ した~ (11, 0.0%)

42 すか 1 あ, えか, まづ, ーコンの, 払はむ

▼ したまま何~ (11, 0.0%)

2 も答えない 1 かの拍子, かをぼんやり, か敵勢, とも言わない, にも知らぬ, の抵抗, もいいません, もいわない, を問われ

▼ したよりは~ (11, 0.0%)

1 [11件] この運命, まだ難事, むしろ減少, ハキハキし, 一時期後で, 不味かった, 不味かつ, 声量も, 奥行の, 踊り上がった, 都合よく

▼ したアメリカ~ (11, 0.0%)

1 [11件] では今日, などでは新聞記者, ならば, のビニロン・ジュポン, の兵隊, の将兵三千名, の教育学者, の活動役者, の海軍士官ブルック大尉ら十人, の諸, 映畫

▼ したピストル~ (11, 0.0%)

2 を発射 1 が駄目, だとか, だとかを, によること, の銃口, の革帶, を下, を始終, を警官

▼ した一日~ (11, 0.0%)

2 のこと, の労働 1 が訪れた, だつた, のはかどり, の労苦, はるばる下町, をすごした, をわたし

▼ した下手人~ (11, 0.0%)

1 [11件] かの覆面, が今, が気, が知れよう, が老, の名, の顔, は伊勢朝熊山, は捨て置き, もわかるだらう, を突如

▼ した丸い~ (11, 0.0%)

2 ものが 1 ものを, やつは, 体躯を, 小さな球, 眼が, 眼に, 露の, 顔だった, 顔や

▼ した主張~ (11, 0.0%)

2 を感心 1 だ, と倦む, と見, のせられたところ, をもたない, をもっ, を強調, を旧く, を有

▼ した人格~ (11, 0.0%)

1 [11件] が形成, だろう, で何処, とはいかに, のお話, のしん, の備わっ, の力, はおもに, を具し, を指す

▼ した伸子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がモスク, にちょっと, のどこ, の上気, の体, の弟, の目, の瞳, の胴, を胸

▼ した作家たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一まとめ, が殆ど, が群, と同列, にも不安, の変質性, の書く, の海外漫遊, は一言, は作品発表, も白樺

▼ した作物~ (11, 0.0%)

1 [11件] がない, が輯め, にせよ, に対して他, の評論, も見え, らしい色, を先生, を出そう, を残した, 例えば物語

▼ した俳句~ (11, 0.0%)

1 [11件] が横須賀新聞, であっても, である, として今日, とはどんな, にし, の一分野, の中, の型式, の話, は外国

▼ した全体~ (11, 0.0%)

2 の感じ 1 が一つ, が少く, だったが, であった, として全体的, の印象, の知識, の肉もち, の関係そのもの

▼ した八五郎~ (11, 0.0%)

2 の腕 1 が持前, が格子戸, に平次, の感觸, の手, は妙, は当分頭, は淺井朝丸, を助ける

▼ した凡て~ (11, 0.0%)

2 の哲学, の生, の言葉, を驚く 1 の實在者, の新, の荒唐無稽さ

▼ した前髪~ (11, 0.0%)

1 [11件] で打, で白茶地, にはさまれた, に耳, に隠れ, の影, を傾ける, を切っ, を取っ, 少くとも, 立ち年

▼ した~ (11, 0.0%)

2 の筋書き 1 が一つ, が上演, しい臭気, しい通り, だ, であ, であると, なん, のなか

▼ した効果~ (11, 0.0%)

1 [11件] がわすれられなかった, でひきおこされた, とは反対, はたしかに, は大きかっ, は甚大, をあら, をあらわす, をもつ, を弱め, を生ずる

▼ した午後~ (11, 0.0%)

2 の外光 1 であった, である, になっ, のひかり, の二時頃, の光, の光線, の太陽, の静寂

▼ した~ (11, 0.0%)

2 の上, の中 1 が見え, つぱで, つぱなのだ, となっ, の力, は海, や流れ

▼ した哲学~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 があそこ, としてしか生存, なり教訓, の外, の多く, は多分, は最近, もその, や文学

▼ した器械~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が林, だ, であるとは, というの, とかいうもの, の助け, をあまり, を組み立, を註文, を造つて使用

▼ した団体~ (11, 0.0%)

1 [11件] が日光, である, で同時に, で後, のスケール, は思軒, は造らぬ, ほど生存, や個人, を組んだ, を造る

▼ した~ (11, 0.0%)

2 であるから, は餘 1 がなく, が中央亞細亞, である, ではかかる, のやう, もあり, 或は島

▼ した場面~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, でほか, で一同息, で右, とは違う, にもこんな, に不足, もなかっ, を想像, を見せ, を見る

▼ した天才~ (11, 0.0%)

2 が誰, だ 1 たる友人, だったと, であること, としてつかん, の仕事, や天与, や立派

▼ した天気~ (11, 0.0%)

21 がつづい, だろうな, であった, である, です, と衝動的, になりました, のよう, は三十七日

▼ した奇妙~ (11, 0.0%)

1 [11件] な一枚, な人間, な姿, な存在, な果物, な物音, な笑い, な言葉, な道具, な顔, な香炉

▼ した奇怪~ (11, 0.0%)

2 なる河馬女神トリエス 1 なガラス, な人物, な出来事, な娘, な庭師, な殿堂, な生物, の事件, の思考

▼ した奥さん~ (11, 0.0%)

2 の事 1 が無罪, という言葉, にだって負, に役人仲間, の方, はそれ, は私, もいらっしゃる, をあんな

▼ した~ (11, 0.0%)

3 のお 2 が怪しい 1 のま, の生首, の膝, は天, は当分モスコー, は欧洲

▼ した学校~ (11, 0.0%)

1 [11件] が百層倍, である, では私生子, とだけはせめて, の建築物, の式以外, の教室, の校長, の窓, も少なく, も百人

▼ した屍体~ (11, 0.0%)

1 [11件] だって実際, の中, の特徴, の腐り, は九分通り小林貞, は幸, もあった, も人, を思ひ浮かべ, を携え, を見る

▼ した~ (11, 0.0%)

2 へピタリ 1 であらう, であればこそ, で金田氏, に入れ, は当然, は皮肉千万, へつい, をこしらえ, を見渡す

▼ した~ (11, 0.0%)

2 の下, の中 1 からそこら中, に後ろ手, の上, の氈, は敷い, は栂, を歩い

▼ した弾力~ (11, 0.0%)

4 のある 1 ある魂, があっ, がなく, が見る, と屈折, に富む, のつよい

▼ した後私~ (11, 0.0%)

2 とお, は一人 1 は, はある, は不意, は大事, は思い切っ, は犬, は路

▼ した悪い~ (11, 0.0%)

2 ことを 1 ことの, ことも, ガスなどの, 予感が, 何かを, 女が, 嫁であった, 家来めを, 病気に対して

▼ した悲しい~ (11, 0.0%)

2 声で 1 ものに, ような, 不安な, 事実である, 姿だった, 思いが, 物語を, 目付きを, 記憶を

▼ した意地~ (11, 0.0%)

2 から不和, でやり始めた 1 からやっ, からやつ, でただ, の悪い, わるさ, 悪い犬, 悪い運命

▼ した感想~ (11, 0.0%)

1 [11件] です, と別に, にかい, のって, の様, の種, めいたもの, もなかなか, を受け, を受けとった, を混雑

▼ した戯曲~ (11, 0.0%)

1 [11件] ならば, のうち, の一面, は比較的, も何, や小説, をかい, を取りあげました, を私, を選ん, 乃至演劇

▼ した手首~ (11, 0.0%)

1 [11件] から爪, が陽, のところ, の白木綿, の青黒い, をきっちり, をつかん, をふった, を握り締めた, を白木綿, を袖

▼ した故事~ (11, 0.0%)

5 で頂く 1 から来, に傚つて游竜, に則, の詮索, を有, を法相三論

▼ した故郷~ (11, 0.0%)

1 [11件] からの手紙, があっ, と云う, のオバン市, の妻, の山林事件, の村, の気分, へ戻, をくれたがった, をもたない

▼ した新聞~ (11, 0.0%)

2 の記事 1 ではよめず, には遺された, のこと, の文章, もある, をおそるおそる, をさしつけ, を取つ, を発行

▼ した旅人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一人, が二人三人位づつ, が通ります, こそあの, のこと, の眼, の聴き, はめったに, は新しい, ばかりの泊まる, やその

▼ した曲線~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, である, で劃し, で区切られた, で花, とでも云, にも少し, の皺, の集団, をひざ, を描き

▼ した~ (11, 0.0%)

1 [11件] が下げ, が出し, が掲, が貼られた, の掛け, の掲げ, をつかみ出した, を出し, を啣, を帶, を後

▼ した束髪~ (11, 0.0%)

2 に結っ 1 でリボン, と薄手, にかこまれた, に白い, に結え, の前髪, の女, の後つき, を抑えた

▼ した根拠~ (11, 0.0%)

2 があった, がある 1 があっ, がいかに, がいります, はここ, はない, は判然, を以て書い

▼ した~ (11, 0.0%)

2 が一本, のよう 1 でも束, で木, などを立てた, になっ, の先, を杖, を突き通された

▼ した椅子~ (11, 0.0%)

1 [11件] がきょう, がグレ, が三つ四つ, が片づけられた, その大広間, と柔らか, には最前絵葉書, に掛け, に腰かける, やテーブル, や洗面器

▼ した植物~ (11, 0.0%)

1 [11件] が東洋, が青々, である, に, に似, のこと, のよう, の話, は, は先ず, や新聞紙

▼ した様々~ (11, 0.0%)

1 [11件] な思ひ出, な思想運動, な材料, な条件, な現象, のよ, の善意, の場合, の奇, の春, の質問

▼ した~ (11, 0.0%)

2 がある 1 が倒れ, だ, だと, ではない, の上, の喰, を渡っ, を渡った, を渡つて

▼ した気象~ (11, 0.0%)

3 の女 1 でしたから, と力, のよい, の人, の好感, の男, らしいのに, をあらわし

▼ した江戸~ (11, 0.0%)

2 つ兒, の文化 1 つ子, の七夕祭, の世界, の城, の大, の幕府, の遊女

▼ した洋服~ (11, 0.0%)

3 を着 1 が反対, です, で以, にハット, に着かへた, のすこしも, の西郷さん, をき

▼ した活動~ (11, 0.0%)

2 の美 1 があった, が実在, であったが, にみたされ, の詳細, はむづかしかつたのです, をし, を全く, を見る

▼ した浴衣~ (11, 0.0%)

1 [11件] おきせ出来ます, でもうし, でもうしろ, にきかえ, に幅, に着換え, の着流し, の胸, の花模様, の襟元, をつけ

▼ した淋しい~ (11, 0.0%)

1 [11件] ひびきでは, やうな, 夜を, 日々だ, 気持に, 片田舎の, 町, 町で, 筆つきの, 雨だった, 顔に

▼ した~ (11, 0.0%)

1 [11件] で顔, と盥, に入, に這入る, に頸, に首, のいつぱいな円筒, の中, の町, よりもむしろ, を竹筒

▼ した無数~ (11, 0.0%)

2 の小さな, の少女 1 の, の人間, の女, の泡粒, の種子, の細い, の顔

▼ した物質~ (11, 0.0%)

2 の堆積 1 から地殻内部, が今日, が位置, に地獄, の力, の合成, の素材, は侵入者, を把握

▼ した現在~ (11, 0.0%)

1 [11件] ではもし, でも此時, にあっ, のこの, の中村屋, の我々, の線, の群馬県庁, の遠賀郡, の陵, を持つ

▼ した理想~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすべて, その物, と完全, の女, の姿, の標語, もやはり, も中途, や原理, をかかげ, をも悉く

▼ した生徒~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいた, がかほど, がとめ, がゐた, だ, だった, の一人, の群, はことごとく, や獰猛, を見やっ

▼ した男たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] がどの, がびっしり, が右往左往, が歩い, であること, の挨拶, はうつむいた, は密林, は短い, は立去っ, ばかりだった

▼ した町人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, が立っ, じゃ, のこと, の娘, の悲し, の懐中, はどこ, は何もの, もある, らしい人物

▼ した~ (11, 0.0%)

2 です 1 からは耕地つづき, でもあれ, でもお前さん, に小笹, の中, の空気, の縞, の藪垣, は野菜

▼ した看板~ (11, 0.0%)

2 には, の出し 1 かが出, からし, がかけ, が棟, が若く, のかかった, の掛け

▼ した真似~ (11, 0.0%)

2 をし 1 が出来るだろう, は, はし, はしない, はできぬ, はできません, は止め, をしたくない, をする

▼ した矢先~ (11, 0.0%)

1 [11件] きふいと, き姫路, き明治十六年九月十二日腸チフス, その希望, だから, だった, だったの, だ下手, ではあった, なの, 思いがけない美和子

▼ した空想~ (11, 0.0%)

2 に過ぎない 1 かと考えられる, が次第に, だから, にだまされた, ね, のなか, は中学校, は限り, は鳴き絶えぬ

▼ した笑み~ (11, 0.0%)

1 [11件] が溢れ, のなか, をただよわせ, をのせ, をみせ, を持っ, を泛, を浮かべ, を皆, を見せ, を送る

▼ した細君~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, が土間, が縞, が訴える, の厚化粧, の胸, の顔, は派手, をわき, を郷里, を里

▼ した群衆~ (11, 0.0%)

2 の中 1 が踵, が遥か, でしょう, のあ, の膨脹力, の足, はお, は慌てふためい, は私

▼ した考え方~ (11, 0.0%)

2 を持っ 1 かもしれません, が普通, しかし, だ, には愕, はちょっと, はない, や物, をし

▼ した職業~ (11, 0.0%)

1 [11件] では無い, についてみたい, になっ, のコツ, の上, の中, の發達, は何事, をもつ, を捜そう, を知らなかった

▼ した色白~ (11, 0.0%)

2 の細面, の顔 1 でふくよか, で小作, なと, の幼, の皮膚, の美男子, の鷹揚

▼ した~ (11, 0.0%)

2 の枝, の樹 1 か足, に自分, の兵隊, の子供, の木, の男の子, の足

▼ した~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, として考える, ねずみは, のま, の思ひ, の方, みは, もあれ, や良人, を救はん, 拝みの

▼ した観察~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, であったの, であり価値, である, と相容れない, と記述, によって書かれ, に適する, はあった, を終る, を述べ

▼ した~ (11, 0.0%)

21 かにこの, があらう, がいる, しもの驚く, だ云え云わぬと, にでも好かれ, の耳, もなく, も奪う

▼ した~ (11, 0.0%)

2 の瀬 1 に比べ, のやう, の一部分, の危いところ, の空気, の繁み, へ出た, を伝う, を貫い

▼ した~ (11, 0.0%)

2 とあられ, ねぢ, の香 1 から造る, が袋, でつくった, の双葉, の粉

▼ した軍人~ (11, 0.0%)

1 [11件] あがりは, が大勢, でかなり, で馬謖自身, というもの, としても豪い, のよう, の大半, も俺, や右傾, や右翼教授たち

▼ した軍隊~ (11, 0.0%)

1 [11件] が繰り出されました, でも徹底的, に対してはその, の気配, の雰囲気, はいずれ, はよく, は雪崩, をかく, を見る, 及び警察隊

▼ した輝き~ (11, 0.0%)

1 [11件] がとぼった, が快く, が浮ん, でひらめいた, とを相, と色, に充ちた, の代り, はなかつた, をちょっと, をみせる

▼ した返答~ (11, 0.0%)

1 [11件] ができなかった, が出来ぬ, に接する, はされなかった, は無かっ, は責任, もこれ, をした, をしない, をしなかつた, を得なけれ

▼ した都市~ (11, 0.0%)

1 [11件] がたくさん, だと, でありその, でハドリアノポリス, にあっ, における名流哀悼, に処女性, に腰, の光景, も少なく, も珍しい

▼ した~ (11, 0.0%)

1 [11件] が張りつめ, が頭, とレンズ, によって補い, のよう, の好き, の裏, までが日本, を立て並べた, を集めはじめました, 之介ほか下妻

▼ した雑誌~ (11, 0.0%)

1 [11件] でさえも黒虹, でヴァレリイ, といふもの, にし, にも幾分, のある, の編輯者以外, の編集者, の表紙, を拡げ, を持ち

▼ した顔付き~ (11, 0.0%)

3 をし 1 がこの, であった, できっぱり, で兄, で次の間, になっ, に見えた, の中

▼ した顔立ち~ (11, 0.0%)

1 [11件] で, であった, でしたが, でしとやか, になつて, に近眼鏡, の洋服, の派手者, の温和, の若い, は可愛い

▼ した騒ぎ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が監獄, が続けられ, が静まる, でした, になった, になろう, のおかげ, の中, の最中, は相当, を

▼ した~ (11, 0.0%)

2 つぽい 1 であったがと, と白, ぬりの, の上衣, の中折, の中折帽, の日曜着, またと, 煙りの

▼ したあるいは~ (10, 0.0%)

1 こういう悪い, むしろ一般的, もの凄い自然, 少なくとも容易, 少なくとも帰納的, 淑女の, 滑らかに, 自作した, 進行中の, 逸脱した

▼ した~ (10, 0.0%)

1 おこしなされませ, だに手が, な, なんだって, びすだのほていだのがついていた, も言, 仙太公, 八蔵ッと, 姉や, 狐だって

▼ したおれ~ (10, 0.0%)

1 が, が藩, だつたの, の妹, の手, はさすが, はな野中, はばか者, は手前, は眠れる

▼ したかって~ (10, 0.0%)

1 いうこと, きいてるん, ことならだ, ことも, しょうむないのんですけど, それは, 乗務員が, 光子さん自身の, 握ってる手エ, 間違うてることし

▼ したぐらいの~ (10, 0.0%)

2 ことで 1 ところで, もので, ものです, 凡人で, 大きさ, 手触りの, 軽い気分, 追憶に

▼ したその同じ~ (10, 0.0%)

1 二階の, 人が, 千葉県の, 因縁の, 地獄の, 夜の, 思い出に, 手で, 瞬間に, 街道の

▼ したたりを~ (10, 0.0%)

1 しぼり落して, みせ千里駿足, 増して, 添えて, 濡らしまする, 紅を, 紙に, 落として, 著者は, 額に

▼ したつて言~ (10, 0.0%)

6 ふの 2 ふんだ, ふんだよ

▼ したといった~ (10, 0.0%)

2 ように 1 あの欧州, その一語, ものでした, ような, 侵掠か, 狸の, 顔が, 風の

▼ したとても~ (10, 0.0%)

2 凄い美人 1 お勢, ご心配, すごいの, それすら, 一家に, 沢山の, 綺麗な, 身体の

▼ した~ (10, 0.0%)

2 あいは 1 あいいや, あいに, あいには, あいにも, あいの, あい厩橋, かいで, へおき

▼ したふり~ (10, 0.0%)

7 をし 1 うよりは, で厳に, と称する

▼ したゆえ~ (10, 0.0%)

1 かえって多く, かその, てまえ, であろうかと, でもあった, に, にかかる, に私, もあろう, をもっ

▼ したりっぱ~ (10, 0.0%)

1 な人, な人格, な人物, な伯父, な円屋根, な口ひげ, な広間, な木製, な様子, な若者

▼ したトラック~ (10, 0.0%)

2 が一台道 1 か電車, がひどい, がめまぐるしく, が三角岳, が二台, が山門前, の大, も大急ぎ

▼ したランプ~ (10, 0.0%)

4 の光 1 がおかれ, に向っ, に左, のホヤ, の向う, を置い

▼ した一事~ (10, 0.0%)

2 である 1 からし, があった, がある, だけでも鴎外, にあるです, に照, のため, を以てし

▼ した一家~ (10, 0.0%)

2 の父 1 がある, が母, の主人公, の人々, の運命, をなし, を持たなけれ, を老年

▼ した世相~ (10, 0.0%)

1 が文学, であろう, と一つ, にふれた, に乗じ, に反抗, のどこ, のよい, はここ, を看取

▼ した乞食~ (10, 0.0%)

3 の子 2 の身許 1 が, がひよつくり, が居るで, のよう, は當然

▼ した二本~ (10, 0.0%)

1 のレール, の凧糸, の太い, の支柱, の枝, の栗, の樅, の線, の角, の黒い

▼ した伝説~ (10, 0.0%)

1 から出た, があっ, が多く, である為, なども田楽, の女, は実に, も幾つ, をいう, を伴

▼ した住居~ (10, 0.0%)

1 で主人, で半次, で同時に, で家内, で見た, に独り, は蟋蟀, もほしい, も手廣, をもつ

▼ した体系~ (10, 0.0%)

1 が存在, であったの, でしかない, でなくては, ではなく, との代表者, に於, を予め, を立て, 立ったピラミッド

▼ した余り~ (10, 0.0%)

2 どうも多少ふだん 1 あんなこと, がまだ, に怒鳴り, の憤激, の昂奮, 可なり, 少し戸惑っ, 思わず足

▼ した使者~ (10, 0.0%)

1 が辞し, だっていう, に蒲, の名, の声, の役, の訪れ, の顔, も帰っ, を送った

▼ した信長~ (10, 0.0%)

1 がどう, の大, の指令, の酬, は, は二カ月, は此一戦大事, は義元, は解放, へいま

▼ した偉大~ (10, 0.0%)

1 なふたり, なる孤独, なニグロ, な伝統, な友だち, な大, な海, な真理, な臀部, もみとめる

▼ した健康~ (10, 0.0%)

1 さうな少年, と日々, な, な住家, な四肢, な男, によい, の祝辞, を含ん, を恢復

▼ した傾き~ (10, 0.0%)

2 がある 1 があつ, があり, があります, がない, がなかつた, が出来る, のあった, もあつ

▼ した判断~ (10, 0.0%)

2 を下す 1 と意志, に賛成, は付かなかった, をさせる, を下した, を有, を有する, を為し得る

▼ した労働~ (10, 0.0%)

2 の価値, の価格, の労賃 1 の分量, の結果, の限度, を代表

▼ した~ (10, 0.0%)

1 さては彼我, の人, 処には, 列車の, 将は, 常設館の, 戦争に, 段階の, 船舶から, 豪族の

▼ した商人~ (10, 0.0%)

1 だった, であった, でさえも先ず, という言葉, に指環, の妻たち, の生活, は一, は小農業者, らしい男

▼ した国民~ (10, 0.0%)

2 であった事 1 であり折角, にとつ, の心, の態度, はない, は勇敢, は誰, も折々

▼ した坊さん~ (10, 0.0%)

2 の前 1 が出, が現れ, が立っ, が辛うじて, である, でしたけれど, ですわ, は今日

▼ した基礎~ (10, 0.0%)

2 に立っ 1 があります, にのせる, のない, の上, を持たない, を持っ, を持つ, を置き

▼ した~ (10, 0.0%)

2 はない 1 であるその, で揉み, にもすぐれた, にも入, に移された, の線, はつけられぬ, もなくなった

▼ した~ (10, 0.0%)

3 い男 2 い女 1 い会社員, い俳優, い和尚, い妻女, い支那

▼ した子細~ (10, 0.0%)

4 じゃ 1 でこの, でご, でさ, でそんな, でとし, はもう

▼ した学説~ (10, 0.0%)

2 には手落, を立て 1 などはない, に共通, はそれ以来, はもちろん, をほとんど何ら, を発見

▼ した宗教~ (10, 0.0%)

1 である, である愚人, と藝術, と謂, に対する反感, の意味, はそう, は何かと, は密教, は浄土宗

▼ した~ (10, 0.0%)

3 さを 2 さが 1 さで, さに, さの, さ静けさは, む寒むしい

▼ した小男~ (10, 0.0%)

1 が抜き足さし足, が歩い, が転がりこむ, だった, だつた, であった, でその, で額, にご, の年寄

▼ した小鳥~ (10, 0.0%)

2 が白い 1 が一羽, が二羽, が離亭, の歌, の歌声, の群, の骨, も脅

▼ した~ (10, 0.0%)

2 の岸 1 だ名前, でせつ, で今, になった, の中, の縁, もまた, を眺め

▼ した平和~ (10, 0.0%)

1 が与へられない, な心持, な散歩者, な灯, な状態, な生活, の侵略艦隊, の夕暮, は何, も実は

▼ した~ (10, 0.0%)

1 が実在, が静か, じゃ, だ, に組み, に過ぎなかった, に驚かされました, の童子, は漂う, を坪井君

▼ した当人~ (10, 0.0%)

2 であると 1 が床柱, が犯人, ですから, の, の張金田, はコンナ始末, よりも合わされた, 即ち博士夫人

▼ した形態~ (10, 0.0%)

1 が使用, として数学的論理学, と位置, と内容, にあっ, に於ける, のジャーナリズム施設, のジャーナリズム機関, を取り, を運動

▼ した影響~ (10, 0.0%)

1 から引い, が此集, のため, は愛らしい, は殆ど, は考へられる, をもつ, を与えた, を有, を除け

▼ した怒り~ (10, 0.0%)

1 がこみ上げ, が荒々しく, が走つ, に似た, の中, の納まらぬ, も, もした, を一時, を爆発

▼ した~ (10, 0.0%)

1 で, で云った, のはずむ, のよう, の下, はお腹, もつかず, をついた, をつかせた, をふうふう

▼ した息子~ (10, 0.0%)

1 からの霊界消息, があん, が父, が自分, だ, に賞金, の保, の面倒, はあんなに, を探し

▼ した愉快~ (10, 0.0%)

2 な気持, な眼付 1 なもの, な所, な晩餐, な顏, な顔色, を微笑

▼ した意気~ (10, 0.0%)

1 があらわれ, に対して敬意, のなか, の壮, の揚らない, は徐々に, を励ます, を回復, を引, を抱い

▼ した政府~ (10, 0.0%)

1 が頻, の反動政策, の手, の政治的意図, はどれ, は世界平和大会, は千八百円ベース, は四月末, は官立専門学校大学, は戦争

▼ した文学者~ (10, 0.0%)

1 が現れ, であると, として正岡子規, の作物, は, はそれぞれ顕職, はゲーテ, も少し, や文士, を相手

▼ した方角~ (10, 0.0%)

2 へたどっ 1 からそれ, で, は分った, は正に, は西, へ是非共足, をじっと, を見上げる

▼ した明治~ (10, 0.0%)

1 のはじめ, の俳風, の十二, の句, の味, の御世, の新, の時代, の空気, の開化期

▼ した~ (10, 0.0%)

2 さの, の中 1 さが, さを, の底, らさが, 明滅する, 碧な

▼ した~ (10, 0.0%)

1 がかなり, が心底, だ, だけいかにも, にきまっ, は得, は秋, は第, を一寸, 斬りか

▼ した月日~ (10, 0.0%)

1 で呼びだされる, の行状, は略, は知れぬ, もいちばん, を待っ, を推度, を数える, を私, を送っ

▼ した期待~ (10, 0.0%)

2 がその 1 でもちこたえられてる, で柳, と気忙し, に三人, はもち, をいだい, をもって徳山, を人人

▼ した果て~ (10, 0.0%)

2 にやっと 1 にいつか興味, には子供達, にやや, に一家, に樺太, に細かい, の座敷, は殺そう

▼ した~ (10, 0.0%)

1 が登っ, しぼりの, で仕切った, のかげ, の並木, の大木, の枝, の樹, の色, の陰

▼ した機會~ (10, 0.0%)

1 かで此曠野, から思ひ, か横, か自分, があつ, であつ, に血, に雑作, また一秒間, を無益

▼ した氣持ち~ (10, 0.0%)

1 がわれ, が好き, が得, でさ, でとり, で呑ん, で土間, になる, も拔, を感じた

▼ した水田~ (10, 0.0%)

2 と暗澹 1 から午後五時, があり, がはるか海岸, だつた, で信濃川, のよう, の際, を見る

▼ した汽車~ (10, 0.0%)

1 に乗り, に乗れない, のなか, のなかつた, の事故, の煙, の片隅, の車掌, の運転手, は特別急行

▼ した~ (10, 0.0%)

1 が密生, が浮き, のかたまり, のよう, の色, をしたたか, をなめ, をなめる, を注いだ, 臭い叺

▼ した海岸~ (10, 0.0%)

2 に居り 1 であって, となる, に沈み, のかなた, のベンチ, の様子, は波, 全たい

▼ した~ (10, 0.0%)

2 が悲鳴 1 が大, が跳び別れ, の肉, の舌, の頭, はまず, は食用, やらそんな

▼ した甘い~ (10, 0.0%)

1 倦怠が, 匂いが, 匂いの, 喜びを, 団塊が, 少女の, 気持が, 漿液, 眠ったい気がかり, 膚を

▼ した異常~ (10, 0.0%)

1 が今日, なセロファン, な事件, な作業, な心理, な思い出, な生活, な秘密, な重み, を認め得なかったなら

▼ した疑い~ (10, 0.0%)

2 がある 1 が濃厚, が起っ, で追放, の煙り, の起しよう, の雲, を含み, を話した

▼ した発展~ (10, 0.0%)

1 がある, であった, というもの, のため, の二つ, の形跡, の計画, の足どり, の過程, の道ゆき

▼ した看護婦~ (10, 0.0%)

1 が, がどう, がまた, が安, が彼女, が来, が病院, だつた, の両手, の人

▼ した眠り~ (10, 0.0%)

2 のなか 1 から突然, から醒めた, にはひつ, に導いた, に沈ん, の中, の連続, を睡つ

▼ した~ (10, 0.0%)

1 がお互い, であった, で海, にはすでに, にも, のうち, むき出された雪白, を伏せ, を天井, を挙げた

▼ した矛盾~ (10, 0.0%)

2 が半月集 1 があ, があらわれた, であろうか, と逆説, になる, にも拘らず, はあるべき, を孕ん

▼ した~ (10, 0.0%)

1 から黄金, があった, である, です, の中, の修理作業, の方, の開いた, は一つ, をふち伝い

▼ した~ (10, 0.0%)

1 が運ばれだす, だけは放さう, で叙, で描写, で書かれ, で書かれた, で知らせ, ながらそれ, の下手さ加減, は少なくとも

▼ した筆致~ (10, 0.0%)

1 で多, で描い, で描かれ, で書い, で書かう, で自然, で静か, と幼き, の中, を見た

▼ した~ (10, 0.0%)

2 ですが 1 がある, がこめかみ, がとおっ, でああ, でして, というの, なん, を楽しん

▼ した箇所~ (10, 0.0%)

1 から本章, がはなはだしく, には十月生れ, に僕, の最初, は一つ, は丁度, は右, をぐるぐる, を知る

▼ した~ (10, 0.0%)

2 のやう 1 が細々, が聞え, でございます染めた方, のきれた, のよう, も見えず, をあつめ, をせつせ

▼ した~ (10, 0.0%)

2 が一続き, が一續 1 なの, のつゆ, の夢, の殻, の被布, の襟

▼ した細長い~ (10, 0.0%)

2 もので 1 土壤の, 土間, 塔が, 女の, 田に, 目に, 胴と, 雲が

▼ した組織~ (10, 0.0%)

1 ある光景, ある如く労働問題, があっ, が立つ, に信頼, に變化, の下, をもち, を全く, を成す

▼ した結晶~ (10, 0.0%)

1 がその, だ, であったから, である, であるが, のよう, の方, の比較的, はやはり, を受ける

▼ した~ (10, 0.0%)

2 のよう 1 で造られ, のもの, のドレス, の下, の布, の座布団, の着物, わた

▼ した~ (10, 0.0%)

2 を描い 1 にひっかかっ, のやう, の二つ, の修理, の目, は暫らく續, を直し, を辛

▼ した羽織~ (10, 0.0%)

2 を着 1 がジリジリ, の渋い, の紬口, の袖, の袖口, を引張っ, を桜, 着て

▼ した肉付~ (10, 0.0%)

1 がもつ, が何となく, であった, で甘酸っぱい, で重い, と清らか, など掌, の両, の背中, の腰

▼ した背広~ (10, 0.0%)

3 を着 1 にオーバー, に外套姿, に身, に黒い, の男, をき, をつけ

▼ した~ (10, 0.0%)

2 の上 1 が青々, である, と古池, のよう, の庭土, の触感, の間, 蒸した築山

▼ した苦痛~ (10, 0.0%)

2 の表情 1 というもの, の反射, の観念, は決して少々, への無, を一層, を永久, を買つて

▼ した英国~ (10, 0.0%)

1 のチャドイック, の中立侵犯, の伯爵, の兵士達, の婦人, の政治家的文人, の老, の駐屯兵, のP&Oライン, も今や

▼ した落葉~ (10, 0.0%)

2 の上 1 が悪臭, のよう, の火, の路, は迅速, を気味, を踏ん, を蹈

▼ した~ (10, 0.0%)

5 の葉 3 の茎 2 の莖

▼ した衣裳~ (10, 0.0%)

2 を身 1 と被衣, など紅紫繚乱, や指, よりもこの, をつけ, を着, を着け, を着せ

▼ した表面~ (10, 0.0%)

1 から彼, が冷却, と細かい, にかかっ, に灰色, の心持ち, は前, や, を持っ, を這う

▼ した要素~ (10, 0.0%)

2 がある 1 から出来, から成立, から来, があっ, がなく, のみを抽出, の各, をやや

▼ した~ (10, 0.0%)

1 であった, にあたる, になんなく, に立っ, のある, のとれない, の曲りかた, の茶亭, や天井, をもつ

▼ した解釈~ (10, 0.0%)

2 を下し 1 がつかない, がなく, が劇, が附かない, に対し特に, に待ちたい, をつけない, を想定

▼ した言い方~ (10, 0.0%)

1 だが, だった, であった, でこう, です, で口, などはしない, は涼風, をし, をするなら

▼ した言語~ (10, 0.0%)

1 が存在, である, であると, とし, に於ける, の成立, の簡潔化, の翻訳器械, の適用, は無論

▼ した貧しい~ (10, 0.0%)

1 中にも, 人達の, 作品が, 旅の, 朋友たちが, 生活を, 男の子が, 画家も, 畑地が, 者の

▼ した~ (10, 0.0%)

2 の男 1 でいらっしゃるん, で学校, のもの, の人物, の優れた, の立方体, を持たなかつた, を持っ

▼ した足つき~ (10, 0.0%)

2 で出 1 で, でのっそり, で僕等, で内, で横ぎつて行つて一度, で河, で石, で立ってる

▼ した~ (10, 0.0%)

2 だから 1 なん, をし, をしてる, をねじ曲げ, を前, を彼, を眞, を荒野

▼ した運動~ (10, 0.0%)

1 がそのまま, が出, が彼, だのさ, であった, であつ, をし, をしなけれ, をする, を伴

▼ した遠い~ (10, 0.0%)

1 原因は, 心に, 昔の, 果で, 水面らしい, 異郷の, 眼つきで, 考えの, 過去の, 道筋の

▼ した遺風~ (10, 0.0%)

21 が底, であったかも, であります, であろう, でま, という, の数例, を示す

▼ した~ (10, 0.0%)

1 がとりつけ, が彼, と内庭, にソヴェト同盟, の前, の形, の戸, を揺り動かし, を見る, を這入る

▼ した階級~ (10, 0.0%)

2 の人々 1 がある, が何, に生れ育ち闘っ, の家, の敵, の文学, の発生点, ばかりである

▼ した随筆~ (10, 0.0%)

1 が幾つ, が生れ, であって, と若い, には富子女史, のよう, の催促, の出現, もあった, を或

▼ した食事~ (10, 0.0%)

1 が婆さん, が黒麺麭, で例, と上等, をさせる, をし, をした, を口, を濟, を纒め

▼ した~ (10, 0.0%)

2 を提供 1 が盛っ, であつ, のほか, の足らない, は何, は酒, を供する, を掻き込む

▼ した馬車~ (10, 0.0%)

1 が来る, で甚蔵, と略同一, のす, の中, の来る, は中, は容赦, をさえ, を見送っ

▼ した驚き~ (10, 0.0%)

2 の色 1 が引き起こされる, の中, の仕種, の仕草, の反動, の為め, はまもなく, を感じる

▼ した骨格~ (10, 0.0%)

1 がいる, が聳え, ですね, で何もかも, と血色, なの, は十七, や肉付き, を内, を張り

▼ した~ (10, 0.0%)

1 が取り巻い, が笑, で彼女, に埋まってる, のない, の中, の生え, をざらざら, を扱き, を風

▼ したいくつ~ (9, 0.0%)

1 かの商業雑誌, かの小さな, かの時代, かの短い, かの窓, かの見聞談, であったろう, でもあり, もの側翼

▼ したからに~ (9, 0.0%)

2 他ならない, 外ならぬ 1 ちがいなかった, ほかならない, 過ぎぬであろう, 過ぎぬので, 違いない

▼ したがと~ (9, 0.0%)

2 いって, みちゃ 1 云う感情, 信切な, 言う, 言つてゐた, 言つて見ないで

▼ したさうな~ (9, 0.0%)

2 當時男は 1 そしてまたそれ, 口風で, 当時男は, 感謝, 誰よりも, 逢つて昨夜の, 顔つきである

▼ した~ (9, 0.0%)

1 あんなにお, クリヤマ, 串戯じゃあ, 君気が, 家へ, 昨夜は, 眼が, 風が, 飛んだ面白

▼ したその後~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 だ, でほととぎす, で充分, で第, において一体, になつ, は

▼ したそれから~ (9, 0.0%)

1 いくつかの, 先は, 口絵は, 変な, 学課や, 此処の, 片足で, 男に, 美濃紙の

▼ したたくさん~ (9, 0.0%)

3 の星 1 の学問上, の短篇小説, の若, の菓子箱, の証拠, の部下

▼ したつて駄目~ (9, 0.0%)

2 だぜ 1 だ, だぞ, だよ, だわね, です, ですよ, よウ

▼ したでも~ (9, 0.0%)

1 あつたらう, あらう, あらうが, あろう, あろうが, あろうけれども, ない, ないこと, チャンウーが

▼ したとき伸子~ (9, 0.0%)

1 と伸子, にすすめ, はその, はふと, はベッド, は両手, は姉, は最後, は自分

▼ したやさしい~ (9, 0.0%)

1 娘の, 小娘は, 小母さんの, 感情から, 手先が, 眼つきで, 眼差で, 笑みが, 虫が

▼ したわたくし~ (9, 0.0%)

2 の顔 1 が供, だけが助かっ, にはこの, の心持, の畏友深川夜烏子, は今さら, を見る

▼ したコンクリート~ (9, 0.0%)

3 の床 1 で出来, のたてもの, のにおい, の大, の小橋, の隅々

▼ したホール~ (9, 0.0%)

1 でのみじめ, でゆっくり, で六時, とフィアレンサイド, に立話, のところ, の大理石, の白い, を通っ

▼ した一寸~ (9, 0.0%)

2 良い男 1 くさる事, した機会, みた, 可愛い子供, 私も, 見れば, 雀斑の

▼ した一枚~ (9, 0.0%)

2 の紙, の紙片 1 の中, の古い, の封筒, の絵, 外れて

▼ した一節~ (9, 0.0%)

1 がそれ, であるが, に, に記, の古詩, はその後, をカミイユ・モウクレエル, を思ひ出し, を紹介

▼ した上衣~ (9, 0.0%)

3 を着 1 で骨, に鍔, を日, を曳ずる官女, を着た, を背中

▼ した乳房~ (9, 0.0%)

2 や右 1 が淋しかっ, のあたり, の大きく, の線, へ響く, をくわえ, を受けた

▼ した五人~ (9, 0.0%)

1 が口角泡, のもの, の兵士たち, の刑事, の武士, の男女, の看守, の看護婦さん, の眼

▼ した仕方~ (9, 0.0%)

1 がない, だこちら, であると, であれ, です, でのみ受け容れられた, ではありませんでしょう, と思つた, ないけど

▼ した代り~ (9, 0.0%)

21 にはいま, にはもと, にゃあ, に来る, に正宗一本, に純白, また同時に

▼ した代議士~ (9, 0.0%)

1 がその, がなんで, が一人, が如何に, でありのみならず僕, と差, はその, もある, を非難

▼ した~ (9, 0.0%)

3 をほのか乍ら窺 1 がない, のぬけきらぬ, は残つて, は見られる, をほのか乍ら, を伝へる

▼ した偶然~ (9, 0.0%)

1 から他人, から神明町, であろうほか, の因縁, の境遇, の機会, はやはり, や僥倖,