青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「します~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しまいました ~しまいます ~しまう しまう~ ~しまえ しまえ~ ~しました しました~ ~しましょう ~します
します~
~しません ~しまっ しまっ~ ~しまった しまった~ ~しまつ しまつ~ ~しまひました ~しまふ しまふ~

「します~」 2322, 25ppm, 4650位

▼ します~ (746, 32.1%)

10 私は 6 それは 5 いって, それが, 私の, 言って 4 そこに, 今まで, 今度は, 彼は, 男は 3 どこからか, 二人の, 娘は, 急に, 東京の, 進められて, 馬は

2 [37件] いうので, おばあさんは, こんどは, すぐに, そこの, その人, それを, です, ですね, ふいに, みんなは, もうすこしもうすこしって, もうどうしてもこんな, 一つは, 上に, 中から, 主人の, 云う事, 云って, 先生が, 其處に, 別に御用, 博士は, 右の, 旦那様は, 次の, 次第に切れ, 決して日本, 照は, 私を, 答えた, 給仕が, 自分の, 良秀は, 葛岡は, 非常に, 頭の

1 [595件 抜粋] あいつが, あちらで, あっしの, あなた方御, あの人, あの方, あの方々, あまんじゃく, ある, あるいは観音像, ある時, あれ位の, いいえお父様, いいますと, いうだけの, いうと, いかにも書きつ, いきなりステッキ, いきなり貨物車, いったん向う, いっとりますばい, いつも酔払っ, いふ, いふの, いま私が, いや案内, いわゆるスペクトル, うそか, うむなるほど, おかあ, おかあさんは, おかみさん, おじいさんも, おとうさんの, おとうさんは, おやじ, お妃様, お姫さまは, お嬢さんが, お宅, お手紙, お書きなさい, お浜, お米, お粂, お話が, お郷里, お銀様, お雪ちゃんは, かたき討ちでございます, かたわらに, かの群馬県, かまわないで, かれら, くらげは, くれぐれも云っ, こういう三行, ここに, この中, この問題劇的, この場合, この方, この空屋敷, この頃, これは, これまで, これら三つの, こんないい, こんな大きな孔, さうだ, さとれるよう, しゃべりたいだけしゃべってしまった巡査, じいやも, じきこの, すうッ, すぐ入口, すぐ疲れます, ずいぶん等閑, ぜいたくを, そういうむつかしい, そうする, そう云っ, そこへ, そこへと, そのかに, そのとき女中, そのはずみ, そのままうなだれ, そのまま自分, そのまわり, その二つ, その二時間半, その今, その先夫, その出口, その前, その助け, その半分以上, その大, その娘, その意味, その手, その相対, その船, その請負業者, その黄色, そばに, そりゃもう, それぞれに, それぞれの, それでは, それまで, それらの, たい, たとえば三井, たまらなくおいしくかつお, だれだ, だんだん寄手, ちょいと, つまりあなた, つまりこういう, ですよ, ではあの, では中学生, とつぜん明智, とても密造酒, どういう悲劇, どうしてもずっと古い, どうしても断っ, どうもちと趣向, どの箱, はじめは, はっきり嘘, はや二人, ひじょうにおもしろい, ひょっこり親子三匹, ふたりとも, ふたりの, またいつ, またし, また同じ, また寄っ, また探検, また気, まったくこういう, みるみるその, みんなが, むこうに, むつの, めいめいお金を, もう堪らなくなったらしく, もう矢, もう長く, もしスタンド, もはや夜, やがて二人, やせ犬, やっと女の子, やはりそういう, よこから, ろばが, わたくしは, わたしたちは, われわれは, オケラが, オモヨさんは, キリスト教に, サイは, ジャムカップカスタープデンという, チヨンは, チリンチリンと, デザイナーや, ドチラに, ニュッと, ハガキかい, ハッと, バターや, ヒョロ子も, プイと, プデンの, ミスラ君は, ラサ府内に, 一三二八年に, 一方では, 一方の, 一時精神病院で, 一等車の, 一般に動物質, 一言も, 万葉集愛好者等が, 丈吉君も, 三つに, 三人が, 三年間は, 三浦は, 三番目のは, 上から, 上の, 上手から, 上手な, 下から, 不図自分, 不思議, 不思議にも, 不意に, 世の中には, 世界大戦当時最も, 世間に, 両方の, 両親が, 主人が, 主人は, 主人も, 九州では, 事務家風に, 二人とも, 二人は, 二匹の, 二合の, 云うと, 云う相生さん自身, 云う返事, 云った, 云ったが, 云ったのに, 云ったら父, 云ふ, 云われた方, 人さまも, 人力車を, 人形は, 人生の, 今さら撤回, 今し方何かに, 今に, 仕たり, 仕舞には, 仲人の, 仲見世へ, 伴奏者の, 佐太郎が, 何が, 何だか裏, 余儀なく幼稚, 例の, 偶然にも, 僂麻窒斯です, 僅三十三時間しか, 元吉も, 元料理屋, 先ずどれ, 先ず鳥, 先刻入口の, 先方で, 先生は, 兎の, 八百間許り, 六十九疊も, 六蔵は, 六軒家の, 兵隊も, 凡そ十五分の一, 出生日は, 刑事の, 初めの, 別に云い残してない, 前から, 加太和歌山などは, 勘が, 勝田さんは, 医師は, 十人の, 十四日から, 十枚の, 千代は, 博士も, 又一人誰, 又翌, 叫んだが, 可哀さうに子鶉, 可愛想, 台所の, 同じ値段, 同時に, 同時にふと気, 同時に兼ね, 名画を, 告げた, 呼ぶまでは, 呼吸で, 唯失礼, 商売に, 商隊長も, 嘉助が, 四〇度位の, 四・〇三二と, 土人たちは, 地球なんかは, 変な, 多分廊下, 多助の, 夜明け頃火鉢の, 大きい笠, 大分向うへ, 大勢の, 大博士, 大変に, 大将と, 天井が, 太子は, 夫人が, 奪られた, 女と, 女の, 女乞食は, 女子音楽学校長の, 妻も, 始めは, 媛は, 実に総, 実は団子坂, 実父角右衞門は, 室内から, 宿賃は, 将来は, 小さな声, 小屋者と, 小林君の, 小林君も, 少年は, 尺長の, 山の, 左門に, 市場の, 帰る路, 庁内には, 廊下に, 建御名方神は, 弁信は, 弟も, 影の, 彼の, 彼奴急に, 後には, 御殿の, 必ず引掻い, 忽ちすがめ, 恐ろしい速さ, 愚助は, 愛情なんて, 慶長以来より, 成る程, 我も, 或は潜伏, 手ぶり足の, 挨拶し, 支那と, 敏捷な, 斯う, 新制高校に, 斷つ, 旦那様の, 早くお, 是非魔, 時の, 最初の, 村の, 来る人ごと, 枠張りが, 校長さんから, 案の定後から, 案外たやすく, 橋の, 歌舞伎は, 正木先生は, 此方は, 武は, 殿村は, 母は, 母も, 母親が, 母親は, 水と, 池上は, 汽車の, 法水さん, 法水さんその, 無料配達という, 無理に, 無生物式と, 無茶先生は, 無論そうでなけれ, 無論軍艦, 燐寸を, 父が, 父は, 父や, 父上の, 猿が, 猿は, 玉は, 王子の, 王様は, 現象的の, 瓜は, 生まれ変わったよう, 申上げました, 画室に, 画家は, 番頭の, 病人の, 白は, 白ソースの, 白眼道人なにがしの, 皇居御, 真っ青の, 眼に, 知らせて, 知りてか, 磯五には, 私服と, 程なく一人, 突然彼女, 窓の, 竜之, 笑われたまま, 第一, 第一番, 筋が, 糸七さんは, 約束し, 総監は, 縁側が, 繰り返した, 美代子さんは, 義家は, 老人は, 肉の, 能く, 自分が, 自分は, 船が, 船の, 良人が, 良人も, 色々の, 芸術陶器が, 若党が, 若旦那は, 若者は, 葬儀屋が, 薩摩芋と, 虎井博士も, 被告は, 西山の, 西洋の, 言いあまりに, 言いますから, 言ったので, 言っちゃった, 言っても, 詰り尾張氏並, 話が, 話は, 警官たちの, 警察が, 谷中村は, 豚の, 豚吉の, 豚吉は, 財布を, 貴方から, 賢がる, 赤外線男は, 身うちに, 身体の, 辻野氏は, 部下の, 部隊長は, 郷田三郎の, 重い板戸, 野ばらが, 鏡の, 長官は, 門の, 門前に, 関井さんは, 隣りの, 雲の, 雷は, 面白い財布, 頃日どう, 頭が, 駐在所の, 驚くでは, 高麗の, 鯛の, 鰻屋の, 鳴らしたの, 黒田どのには

▼ します~ (478, 20.6%)

7 それは 4 あなたは, これは, 私の 3 これを, 平次の, 私は, 私も

2 [26件] あなたが, あれは, お宅, この頃, これだけ, その前, それが, それを, どうした, まんざらそれ, ようございます, わたしの, 中には, 今度は, 併し, 僕が, 君は, 実は私, 實は, 往々幻想, 昔は, 清作には, 私が, 見るたび, 誰やらに, 貴方は

1 [395件] あちらの, あとは, あなたの, あなたも, あなたもと, あのとき, あの富五郎, あの患者, あの斬られた, あの時, あの湯島, あの男, あわてて, あわれわが, あんまり多, いかがです, いくら浪人, いざ自分, いずれに, いたずらに洋風, いつの間にかやはり汚, いまのは, いまは, いやらしいもの, おととし天狗に, おどろいちゃ, おやおや, お兄様, お気づきの, お洒落で, お父さんに, お茶汲み, お話しに, かういふ文章, けっしてほら, こうして物越し, ここに, ここまで, この, このあたり, このお寺, このさい, このへん, この上流, この写真, この凝血, この国, この宇宙服, この封筒, この拙者, この方, この樣子, この次ぎ, この町, この箱, この辺, こりゃ一たい何ごと, これと, これまでの, さきに, さしずめ於次, さて仕上げ, ざっとどれ, しかし, しかしこれ, しかしそれ, しかしだ, しかしなお, しかし今夜, しかし僕, しかし結論, じきにその, じつはふしぎ, じつは私, じつは防空ごう, すぐまた, せがれは, そういうひと, そういうもの, そういう奥まった, そうじゃ, そうすれ, そうだ, そうでない, そこには, そこの, そのあいだ, そのお, そのくらいの, そのため, その中, その人, その今, その割合, その子, その影, その昔, その時, その時銭車, その書類, その種類, その第, その補佐, それでも希望, それに, それも, それ丈け, それ以上の, そんな人たち, たかが紙キレ, だん, ちよつと, つまり俳優, でももし, とにかく伊勢, とにかく近来, とりあへず応急, どうか私, どうです, どうにもなりません, どうもあの, どうもいう, どうもそりゃあ, どうも云う, どうも君, どうも商品化, どうも親しみ, なおその, なかなか面白う, なにこれだけは, のい, のし針中野, ほかの, まああんな, まだ一人, まだ何ん, まだ子供, まア私一人, ま下僕, みんな出, もうすこし駕籠, もう一つ數字, もう十日, もしかしたら, もしかして万屋, もしもジャム, もしやあなたさま, もちろん神様, もっと先, やがてええと, やがて銀色, やはりわれわれ, やはり涙, やはり耳学問目学問, よい結果, わしは, わたしは, わっし, ゲエテも, ザラは, ダンサーに, ナオミは, ナゼ昔の, ノズドゥリョフさんと, パテーには, プデン皿を, ペニシリンの, メキネズさんの, モ一ツ切り話しましょう, ローリイと, 一たん破損した, 一体いくら, 一口で, 一旦泡立てた, 一触, 一通の, 一通り順序を, 一馬さんそれから, 三匹は, 三州のは, 上様を, 上樣を, 中から, 中年の, 之につれて, 乗って, 事情は, 二つの, 二等運賃の, 京城の, 今あの, 今は, 今夜の, 今度この, 今日は, 今日までに, 今日三十日の, 今日限り僕は, 仏教の, 仕事前に, 以上挙げた, 何せいまだ三河, 何と冥加, 何の, 何処かに, 何分店の, 余吾之, 例の, 先生たちは, 先生の, 八五郎には, 八五郎の, 其の時, 其は, 内面の, 別に御用, 勿論滝, 南京豆の, 印度の, 又分量, 取り残された姿, 口癖の, 君の, 周囲の, 味の, 味は, 善良な, 嗚呼勤労, 四辺に, 国中で, 国府金弥老人の, 声を, 外国で, 外国に, 夜の, 大したこと, 大丈夫です, 大納言の, 夫よりも, 奥さんびっくりし, 奥様の, 女の, 女は, 如何でございましょう, 如何でしょう, 妹さんの, 姉の, 婦人たちの, 学生時代の, 宇宙線は, 実は仲間部屋, 実は新聞通信関係者二十数名, 実は私たち, 実験室建築当初の, 家の, 小悪魔, 少くとも, 少し快く, 尼前からも, 岸本君の, 常は, 平尾賛平氏が, 平次は, 幾度僕は, 床の, 庭を, 当家に, 当派の, 後にも, 御趣意, 御隠居様, 怪塔王が, 恐らく土居先生, 慰問の, 憂いは, 戦争が, 抽薹すれ, 文化とは, 文句は, 文学に, 新しい知識, 旅の, 日盛りに, 昨晩御, 是れ, 昼は, 曲者の, 最初びっくりなさる, 本来の, 本艇に, 来て, 某市, 染五郎の, 柔くっ, 棺は, 植木さんの, 横浜貿易の, 正直な, 此お, 此の, 此店に, 歴史家は, 死んだお, 死人の, 比較的野性, 毬は, 気みじか, 江戸町奉行の, 決してそんな, 決して出たら, 活動写真の, 海の, 無いと, 無力な, 然し嫌, 熱は, 爾まで, 牝牛は, 犯人は, 現に政治, 現在では, 現在市中の, 生きて, 男と, 男女という, 町からは, 白鮫に, 真珠島へ, 着物を, 知らぬ事, 知り合いと, 短篇小説としては, 確かな, 神様には, 秀子は, 私こそは, 私たちは, 私としては, 私には, 私共は, 穀物は, 立っては, 純粋の, 結城さんの, 結局他日ピンカートンが, 絶対あんな, 縁も, 羅馬貴族の, 羊は, 聞くところ, 肌合は, 肝腎の, 舌が, 良人は, 良寛禅師の, 良海尼だけは, 芸者の, 若いあなた, 若い男, 荒神口は, 蒙古, 蒙古人, 蕗味噌は, 蜂蜜は, 血液が, 要するに読んだ, 親分子分の, 親方ア, 記代子さんの, 記憶に, 誇るならなぜ, 説明は, 豆の, 貸家を, 質屋も, 赤星ジュリアは, 足を, 近寄って, 逆に, 道ばたの, 道路改修費の, 適当な, 郷土的な, 錢形平次の, 鐘太鼓で, 長浜へ, 陸橋という, 雨戸を, 順序として, 風雨に, 食べ方, 饗応費は, 駅長が, 魂を, 鯉は

▼ しますから~ (289, 12.4%)

4 私は 3 して, 安心し

2 [15件] おいで, お角, ここで, これを, そしたら送ります, そのおつもり, それは, それまでは, ちょっと待っ, どうぞ, まあご, 失礼します, 御免下さい, 直ぐ東京, 聞いて

1 [249件] あすこの, あなたお, あなたただ, あなたと, あなたの, あなたは, あなた一人で, あなた兄さんに, あの人, あの方, いけないの, いずれ由緒, いよいよ嫌疑, いよいよ新, いらツ, いろいろの, おみやげを, おもしろくッ, お客も, お待ちなすっ, お聴き取りください, お話しなさい, お話は, お銚子, お魚一人前, かえって損, こ, こっちへ, このタンク, この二つ中, この機会, この点, これからすぐに, これで, さよう, しばらくこの, しばらく博士, しんぱいいりません, すきを, すぐいらしってください, すぐ乗っ, すぐ手術, すこしお待ち, ぜひ見物, そういう思い, そうさせ, そう見, そこが, そこで, そこへも, そしたらもう, そのうしろ, そのとき, その丸薬, その仲間, その場所, その積り, その話, その鉄分, その間に, その関係, それが, それだけでも, それだけは, それです, それで何方, それで好い, それまで, それを, そんな凄い, たいていご, たとい狐, だまって, ちよつと, ついあなた, つてしづかに, つて断つ, とかく故障, とにかくこっち, ともかくね, どうか, どうかその, どうかゆ, どうか体, どうか短気, どうぞいつもの, どうぞお, どうぞよろしくお願い, どうぞ何分, どこへも, どんなにし, なるたけ腹, ひそかに, びっくり逃げ出し, まあお, まず用件, またこの, みなさん車に, もうすこしい, もうピストル, もう一度行かれる, もう少し待っ, もう少し気長, もう暫くの, もしその, もし旅費, もっと其の, もとこの, ゆるして, よく一同, イライラする, ダメです, ドチラに, ペルメルに, 一人前の, 一寸こちら, 一寸此處, 一日も, 七兵衛が, 丈助は, 不思議に, 丹治誠に, 二ポンド下さい, 二三日滞在する, 二十マルクを, 五円だけ, 五十銭ほど, 人の, 人物と, 今度だけ, 仕方が, 件の, 住所姓名を, 何う, 何卒, 何卒奥様, 何百でも, 俟って, 信州の, 修道院長に, 側に, 偶然に, 先あ, 先生は, 先生も, 兎に, 入念に, 全然別, 兵馬は, 勘忍し, 千両箱一つが, 千兩箱一つが, 午後川尻へ, 四ツ木通りへ, 四日目には, 困りませんって, 圖書が, 大勢の, 大根の, 姫君に, 孤児院へだけは, 宜しいで, 実に便利, 実は宰八, 家へ, 宿役人や, 少しでも, 少し休ん, 居られませんので, 屋根なら, 山三郎は, 帰って, 弁信が, 弁信さんゆっくり, 当に, 当会社, 彼の, 御安心, 御恩, 御本家, 御遠慮なく, 心配しない, 思う存分に, 悪からず, 成るべく知らん顔, 或は後, 折々団扇, 振り返つて, 散歩が, 料理の, 新聞紙を, 旦那様どう, 早くお, 早くおい, 明日は, 朝までずつと, 本妻が, 検査までには, 機関銃を, 權六は, 毬を, 気候が, 気楽な, 河南には, 浅葱の, 無事に, 無理に, 焼けつくよう, 田地其の, 皆さんおいでくださる, 皆さんお揃いで, 皆さんよろしく, 目印と, 相州屋へ, 相当の, 瞞かす, 私から, 私が, 私たちの, 私に, 私の, 私も, 私共二人づつ四方に, 稀に, 聞かして, 胃の, 臀を, 花車に, 茶でも, 蔭には, 行って, 要求を, 見上げると, 解りますが, 触角を, 誠に済まない, 警視庁の, 貴下も, 貴娘, 足元へ, 農奴として, 郵便や, 酔いが, 錠を, 長くは, 随て, 随分古い, 順番を, 鶏が

▼ しますので~ (52, 2.2%)

2 四郎と, 行って

1 [48件] あわてて, うえーという, ざいましてねいいえ, しばらく外, その問答, その遣り, その都度, その間にも, それが, それを, ともかくも, なんとも云, はあああ, ふりかへ, ふり向いて, みないっしょうけんめい, わたくしは, 一入美し, 一層眼, 主人からも, 乞食は, 京都は, 出て, 名乘, 啓之助, 国中の, 大へん, 寝ても, 年々同一の, 当分入院を, 御地の, 心細くて, 懲しめの, 抑突出し, 振り返つて, 日こそ, 時による, 村人からも, 此社には, 母に, 浜辺から, 癪に, 私と, 私も, 見て, 見ると, 馴染の, 高一

▼ します~ (49, 2.1%)

7 んで 3 じゃ, です

1 [36件] がいたっ, であった, であります, ですか, となにもかも, なら気に入らない見本, は, はいじらしい, はいわゆる, はこういう, はその後, はそれら, はみなさん, はよく, は去年の, は大きな, は大変, は奴, は年甲斐, は水曜, は色々, もさ, もそうした, も反, や, を, をこの, をそば, を喜びません, を殺される, を目, んか, んに, んも, 一度も, 爾し

▼ します~ (45, 1.9%)

2 それだ

1 [43件] いたずらっぽいやつ, およし, ご一緒, そうかて, そうかと, それが, それでのう, それに彼ら, またたずね, また協会, また母, まだ年, みんなが, オシッコも, ジャイロスコープによって, ジャズ, ジヤジヤジヤジヤと, 且つ交換, 事に, 今以上の, 器械が, 土地の, 多過ぎる, 巡査が, 時には浅ましく, 残念な, 洗濯洗張物などについては, 液は, 皮を, 知名の, 私は, 稻子さんの, 穴と, 自分の, 見れば, 観世音に, 評判も, 赭い, 鑵詰なら, 霰などは, 音楽の, 食物も, 鶉山鴫カケスなぞは

▼ します~ (37, 1.6%)

2 若い中, 親分

1 [33件] おじさま, おつり, お嬢様, お孃さん, お早う, お粂, お谷, ぐずぐず言わず, この通り, この頃, するとです, その時, そんなにまで, つて佳, とてもしんぼう, ねえ, アダ, エヘヘヘヘ, ハヽヽヽ, 今も, 何う, 何うし, 変って, 妙な, 彼奴が, 我が子, 有難い佛樣, 然し惡魔, 目賀田さん, 私は, 誰か, 謝します, 雪子姉さんの

▼ しますけれど~ (34, 1.5%)

2 あなたは, 一旦貧乏, 貴方は

1 [28件] あの人, お前また, お返しする, これだけは, さてその, そこには, そのおも, それに, それは, とにかく酸鼻, ほかの, もしわたくし, レンブラントの, 十年もの間子供を, 名誉の, 夜自分の, 差当, 当時は, 彼れ, 智力の, 東洋流の, 男だって, 私にとっては, 私の, 私札幌で, 考えて, 鳩は, 黒は

▼ します~ (29, 1.2%)

32 どこへ, ケレンコさん

1 [22件] しませんか, それともギュウ, それとも失敗, それとも颯と, それにも, そろそろはじめ, たださえ, ちょっとこちら, ときいたら会いましょうと, はてな, また新規, ッ, 人間の, 今も, 勿体ない, 姉さんにでも, 宿世の, 曹操は, 月謝は, 知ら, 繩を, 謎の

▼ しますけれども~ (26, 1.1%)

1 [26件] お土産, これは, その喋々, それは, ともかく親, どうしても開けたくっ, なかなか火, 今宵の, 併し, 保子さんが, 兎も, 判事の, 國会では, 姉は, 子供は, 実際の, 小さな城廓, 最う一歩, 無条件で, 私としては, 私は, 第一私, 聞えないと, 衆議院の, 訣らない, 貴方も

▼ します~ (15, 0.6%)

2 その御方

1 [13件] あなたの, あなたは, お坊ちゃん, お邪魔, そしてほんとに, つて冗談みたいに, ですから, どこへ, ぼんやりして, わたしびっくりし, 今夜に, 今晩は, 貴方が

▼ しますもの~ (14, 0.6%)

3 ですから 21 で, である, です, に好み, ね, のない, は五十九人, は申す, もない

▼ しますがね~ (13, 0.6%)

1 [13件] あなたは, あの男, お静さん, すこしへん, それは, とにかく悲しい, ひろ子さんの, 僕は, 叔父さん太陽を, 慍り出したらいけない, 最近にな, 私などは, 萬事は

▼ しますこと~ (13, 0.6%)

1 [13件] が出, が出来る, にあり, にし, になりました, はどれほど, は今, は今日明日, は充分, は料理, は楽しみ, やら, を初めて

▼ します~ (12, 0.5%)

1 [12件] こうした醤油, それからまたお雪ちゃん, それに, やつぱりもつと日光を, 今度の, 何だろう, 大東の, 旦那, 済みませんけど, 私あ, 西洋人の, 誰です

▼ しますよう~ (11, 0.5%)

1 [11件] でしたら御, で昔, なたいそう, なれば, な事, な取詰め方, に, にってね, にはじめ, に屋根, に戻っ

▼ しますとも~ (10, 0.4%)

1 お取, むろん兄, わたしは, 坊様何が, 坊樣何が, 夜中ンなろう, 尠く, 書いて, 武運開か, 言えないでしょう

▼ します~ (10, 0.4%)

1 にしろ, の一生, はこれ, は坊主, は眠り, は鳥羽絵, もまだ, も一二度, も其一人, も知つて

▼ しますかと~ (9, 0.4%)

1 云った, 云ふ, 云ふと, 受附の, 尋ねて, 彼は, 本人に, 聞きねえ, 訊ねました

▼ しますからね~ (9, 0.4%)

1 お仕事, そのこつ, 仏の, 何ういう, 僕は, 兄さん御苦労だ, 君も, 愛さんにも, 私は

▼ しますそれ~ (8, 0.3%)

1 その隅っこ, でいい, と同時に, なの, は無理, をあの, をお前, を恩

▼ します~ (7, 0.3%)

2 かしされど, 天皇の 1 へえ, 兄者, 帰ろうと

▼ しますとね~ (7, 0.3%)

1 わたしが, 低声, 兄は, 大へん悄, 奴は, 父が, 襖を

▼ します~ (7, 0.3%)

51 えが, え食つて

▼ します~ (7, 0.3%)

2 ですが 1 だから, です, ですね, ですよ, やが

▼ しますさかい~ (6, 0.3%)

1 お姉さん, お金に, だれかて, ぼんぼん連れ, 人の, 流れて

▼ しますという~ (6, 0.3%)

1 ことに, ことを, のです, ような, 意気込で, 鼻の

▼ しますよと~ (6, 0.3%)

1 云うん, 云って, 云つ, 忠告された, 怖しい, 私が

▼ します~ (6, 0.3%)

1 などは助平, の作った, はこんど, は只, は少し, は誰

▼ します~ (5, 0.2%)

2 あがりなさい飲んで 1 大切に, 疲れでしょう, 目出度の

▼ しますからと~ (5, 0.2%)

1 伝へて, 平身低頭し, 心に, 言って, 謂って

▼ しますけど~ (5, 0.2%)

1 あの人の, そのうめ合せ, 景岡は, 貴女も, 通人の

▼ しますしかし~ (5, 0.2%)

1 これは, 事実で, 今一度, 波だ, 私は

▼ しますその~ (5, 0.2%)

1 ときまた, 代りに, 代り手当は, 光ったハイライト, 顔つきを

▼ しますがと~ (4, 0.2%)

2 いつたもの 1 之を, 言うと

▼ しますとは~ (4, 0.2%)

1 おこがましい, 今夜信吉の, 言って, 誰にも

▼ しますのに~ (4, 0.2%)

1 いつもかう, その彼岸, 劉向, 天子の

▼ します~ (4, 0.2%)

2 肩の 1 目文字の, 都合で

▼ しますあなた~ (3, 0.1%)

1 にはお, の無罪, はお

▼ しますあの~ (3, 0.1%)

1 女に, 室を, 辺の

▼ しますうち~ (3, 0.1%)

1 でも死なれぬ, にはお, に仔細

▼ しますかな~ (3, 0.1%)

1 アと, 名前は, 芒は

▼ しますかね~ (3, 0.1%)

1 さっきの, ナスターシャ・ペトローヴナ, 犬山さん

▼ しますこの~ (3, 0.1%)

1 パラシューター以外に, 割合は, 日本国に

▼ しますとき~ (3, 0.1%)

1 にはいつも何だか, にもう, にもこの

▼ しますどうか~ (3, 0.1%)

1 して, すると, 誓って

▼ しますどうも~ (3, 0.1%)

1 主人を, 大変お, 貴下御免なさいまし

▼ しますにも~ (3, 0.1%)

2 なるたけ二人 1 今日死んだ

▼ しますねんけど~ (3, 0.1%)

1 あるいはそう, 光子さんいうたら, 疑がい

▼ します~ (3, 0.1%)

1 え, えから, えサア

▼ しますよって~ (3, 0.1%)

2 にこれ 1 たといその

▼ しますわたし~ (3, 0.1%)

1 なんぞは, はそんな, は男

▼ しますわと~ (3, 0.1%)

1 ある日敏子, 山路さんの, 義兄に

▼ します御免~ (3, 0.1%)

3 なさいよとて

▼ します~ (3, 0.1%)

1 にちよ, は馴れ, 何ぞ手

▼ しますうつくしい~ (2, 0.1%)

2 カアル

▼ しますかは~ (2, 0.1%)

1 知らず, 知らねども

▼ しますからって~ (2, 0.1%)

1 それから朝日タクシイ, ヤイノ

▼ します~ (2, 0.1%)

1 あいつは, 近い

▼ しますそう~ (2, 0.1%)

1 して, にござります

▼ しますそして~ (2, 0.1%)

1 又早寝励行, 腹が

▼ しますそれから~ (2, 0.1%)

1 この服装, 自分が

▼ しますため~ (2, 0.1%)

1 にその, に周囲

▼ しますって~ (2, 0.1%)

1 妾女だ, 言われた口

▼ しますつまり~ (2, 0.1%)

1 最初の, 私一人で

▼ します~ (2, 0.1%)

1 せう, ぜひ見

▼ しますといふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, タダより

▼ します~ (2, 0.1%)

1 ア, 非常に

▼ しますなどと~ (2, 0.1%)

1 いいだすもの, おびきだして

▼ します~ (2, 0.1%)

1 しろその, つけて

▼ しますまた~ (2, 0.1%)

1 明日でも, 来て

▼ しますものの~ (2, 0.1%)

1 技量の, 高が

▼ しますやう~ (2, 0.1%)

1 な色, に

▼ しますわね~ (2, 0.1%)

1 あの時分, 聞えるでしょう

▼ します~ (2, 0.1%)

1 けれどもどの, 御免下さい

▼ します~ (2, 0.1%)

2 かないつも

▼ します何物~ (2, 0.1%)

2 もなく

▼ します哲学~ (2, 0.1%)

2 を宗教

▼ します失礼~ (2, 0.1%)

2 します

▼ します早く~ (2, 0.1%)

1 おねがいします, 帰りましょう船

▼ します毎日~ (2, 0.1%)

2 お邪魔

▼ します~ (2, 0.1%)

2 にむかふ

▼ します~ (2, 0.1%)

2 が腹鼓

▼ します自分~ (2, 0.1%)

1 の妻, は昏

▼ します~ (2, 0.1%)

1 が待っ, に乗る

▼ します貴方~ (2, 0.1%)

1 がポオ, は此

▼ します青雲~ (2, 0.1%)

2 を今朝

▼ します頭痛~ (2, 0.1%)

2 がするで

▼1* [203件]

しますあとのこと, しますあんさんも飲ん, しますいずれそのうちご挨拶, しますいまこれにならっ, しますお上人様は何と, しますお待ちくださいませ, しますお母様何をおっしゃいます, しますお金はあなた, しますお願いします, しますかってきいて, しますかつてんだ, しますかも分りません, しますからという丁寧な, しますからとまでいって, しますからよござんす, しますかを知らねども, しますがなこれは, しますがねえアレクセイ・イヴァーノヴィチ, しますきっと素直に, しますけれどね富山に, しますこいつの死骸, しますことそれがどんな, しますこと尼さんがたい, しますこれもお, しますこれからちょいちょい遊びに, しますこんな恰好を, しますつごうで, しますうすると, しますさあみんな持っ, しますしかしながら支那の, しますせめて小説でも, しますぜねちょいと, しますそういう事を, しますそこで海賊の, しますそちらへ行きます, しますそのものが男, しますそんな気が, しますただ人助けに, しますたびにひやひや, しますだれか, しますや, しますついでに焼豆腐, しますつて云ひましてね, しますつて声をかけた, しますつて明日あたりうか, しますつもりか持っ, しますでは又, しますといった方が, しますとか近頃は, しますところによれ, しますとしてもですな, しますとて卜ふる, しますとてもできませんから, しますとねえ稼業の, しますとのそれ出, しますとをんどり, しますとネ丁度電線, しますどうか安心, しますどうぞそのま, しますなど言ひわけした, しますなんでも年, しますなんて言う奴, しますには清洲よりは, しますねと言ったこと, しますのでな奥と, しますのよあのひと, しますばかりですそれ, しますべと答える, しますほどにゆるりと, しますまさか蓑笠を, しますまでにお気持ち, しますまでも私は, しますもう丁度一ヵ月経ちます, しますもんで, しますゆえどうぞ私, しますゆえ多助は驚き, しますよという意味にも, しますよなんていい声, しますよりいっそ商売, しますよりも脅やかす, しますわけでは, しますわたしゃ病気なん, しますんでもう長, しますんでね市中も, しますイヤ一時の恋, しますエ支那人と思いません, しますガラスだらけの家, しますスフ交りの, しますハイ後悔に堪えね, しますボタンたっぷりつけました, します一緒にい, します三歳の君, しますに於, します九月下旬までは, しますがひよつ, しますより三年, します今ここから君, します今名古屋城をお前, します今度の番, します今日の学習院長福原さん, しますでも屹度新吉さん, します作詩報国の心がま, します先生の御, します八月もどうやら, しますも考えられます, します内何んとした, します冗談はさて, します処どこで見当, します初めから貴女, しますに生んだ, します勉強できるよう, します哀願しますどうか, しますを吐きかけます, します場合になんと, します大勢の客, します大悲救世観世音母のご, します大抵は毎日, します大道中で尻尾, します天皇陛下のお蔭, しますはうち, します姉さん風呂は, します寒中襯衣一枚に袴服, しますの名, します寿江子の分, します差支は有りますまい, します当然そういう恰好, しますは貴女, します往処もなし, します御許し下さい, しますを暗い, します心算もう一言, します快感は同時に, します急病ですから, します怨みがましい, します怪我をしない, しますなぐります花嫁, します挙動が手, します何とぞ支店長, します文字を書いた, します文殊自證眞言, します新書ねこれ, しますが万全, します旅行で, します旦那の金, します明日ぐらい, しますのよう, します昨夜最初ここへ帰った, しますでお, します是非連れて, します時分に髯, します時曹達か塩, します最初の美, します朝鮮語ってえ, します本懐であります, します本船左舷後方三海里許距つた海上に當つて一個, します東洋とても色, します栗鼠は逃げます, しますく小品, します樣子の可愛い, しますの死骸, します殿様はわたし, しますで伺います, しますの聲, します決して之を, します法案のうち, します洛陽の貴公子, します洲は, しますうじゃ, します父君母君おは, します父親も自然, します病氣をします, します白帆の影, します百合子を羨し, しますな助平そう, します目的を達する, します矢来先生には貴, しますと草紙, します祈願しまする, しますは来る, します私たちは経済的, します私ア土塊で出来た, します稲荷の社, します立派に修行, します一に, します結構です, します色々御厄介, します若し君は, します菅網代にする, します萩原与五郎と申し, します蘇生すると, します行きだけは誰, します親分は, しますを用, します貴公の心掛け, します迄は少くも, します近いところに, します郷党は郷党, します長者とはこんな, します降参します, します隆ちゃんは浴衣, します雪下の本, します頃祖母さんの鼈甲, しますは祖国