青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

したら~ ~したる したる~ しだいに~ ~しっかり しっかり~ ~しつ ~してる してる~ ~しない
しない~
~しなかった しなかった~ ~しなかつた しなかつた~ ~しなく しなく~ ~しなけれ しなけれ~ しばし~ ~しばしば

「しない~」 26064, 270ppm, 354位

▼ しない~ (4467, 17.1%)

78 下さい 35 あらう 30 いた 29 せう 26 ください 20 いるの 19 いると, くれ, 自分の 18 いて 16 いる 15 それを 14 黙って 13 くれと, ちょうだい 11 彼の, 私の 10 下さいよ 9 いいよ, せうか, 下さいね, 出て, 待って, 私は 8 おくれ, やって, よかった, ゐると, 生きて, 見て

7 [11件] あらうか, いたが, すぐに, ぼんやりし, 他の, 寝て, 帰って, 立って, 置いて, 言った, 遊んで

6 [12件] いい, いいの, いること, くれたまえ, すむよう, そのままに, た, 平気で, 死んで, 相手の, 答えた, 静かに

5 [13件] い, おいて, くださいよ, さう, よろしい, わたしの, ゐた, 下さいな, 勝手に, 口を, 済んだ, 濟んだ, 笑って

4 [28件] いいと, いいのよ, いたの, いては, いても, いるという, いるもの, おくれよ, このまま, せうね, ただその, やつて, 二人の, 何か, 元の, 呉れ, 声を, 急いで, 手を, 次から, 歩いて, 目を, 眼を, 私に, 自分たちの, 行って, 階段を, 頭の

3 [60件] あらうかと, いいこと, いました, いるうち, いるため, いれば, かえってその, くれ給え, さつ, すうっと, そこに, ただもう, ぢつと, つっ立って, ぶらぶらし, もとの, よいこと, わたしは, ゐて, ゐるの, ボンヤリし, 一つの, 一と, 一人で, 二階に, 云った, 人を, 何と, 何を, 却て, 呉れよ, 呉れ給, 呪でも, 土間に, 妙な, 家に, 居るの, 彼女の, 待つて, 或る, 放って, 暮せる, 森の, 済むよう, 澄まして, 男の, 真面目に, 眺めて, 聴いて, 自然の, 行儀よく, 見つめて, 言つた, 読んで, 通って, 過した, 静に, 頂戴, 頂戴ね, 頂戴よ

2 [242件] あのよう, あらうと, いいん, いきなりその, いきなり相手, いたこと, いっしょに, いつもの, いますと, いられたの, いられないこと, いられないだろう, いられましょう, いられよう, いられようか, いられるだろうか, おおきなさい, おとなしくし, おられようか, お前一人は, お寺を, かの女, かれは, くれよ, くれ給, こうし, こう言った, こちらの, この友人, これを, こんどは, こんなところ, さっさと戻りはじめました, しまった, しよう, じっとし, じっとしてる, すごすごと, すみました, すむから, すむこと, すむやう, すめば, せうから, せつせ, そこい, そしてその, そっとし, そっぽを, そのままこの, そのまま天火, そのまま暖炉, そのまま草, その儘, その後も, その手, その日, それに, そんなこと, たずねた, たたずんで, ただあこがれ, たまには, だまって, だまりこんで, ちようだい, できるだけ早く, どうする, ひたすらに, ぶつきら, ほかの, むしろそれ, もつと, ゆつくり, よいよう, ウロウロし, ジッとして, スタスタと, バッと, プールの, 一刻も, 一所懸命に, 一緒に, 三人は, 下さい僕, 与八の, 両手を, 両方とも, 主観の, 亭主を, 人の, 今すぐ, 今の, 今井の, 仕事に, 仕事を, 以前の, 体を, 何でも, 何百年も, 例の, 僕の, 元気を, 先に, 全体の, 再びがやがやと, 凝と, 別の, 別れて, 前の, 勝手な, 去って, 去年の, 取って, 向うを, 呉れ給え, 唯だ, 困ること, 土を, 坐って, 堂々と, 堅く口, 壁に, 壁の, 外へ, 多くの, 妻の, 子供の, 学問を, 室の, 家の, 封建的勢力と, 少しばかり, 居る, 居ると, 山の, 山へ, 山路を, 建物の, 彼を, 彼女は, 後の, 思い切って, 思う存分に, 急ぎ足に, 急込ん, 息を, 悠々と, 愛慾心理を, 持てあまして, 掛で, 敵に, 敵を, 早く帰りなさい, 普通に, 暮して, 書いて, 来て, 東の, 松田さんが, 楽に, 横たわって, 次の, 欲しい, 歩いた, 死ぬ人, 死体を, 毎日の, 気の, 気楽に, 水の, 汽笛の, 清しい, 済む, 済むから, 済むもの, 済む事, 済んだろう, 済んだわけ, 渡して, 温順しさう, 無心に, 煙草を, 熟と, 父の, 物思いに, 犬の, 猫の, 現実そのものよりも, 生の, 生活の, 直ぐに, 相変らず, 眉を, 眺めた, 矢張りソファに, 石の, 私達の, 空中に, 突っ立っ, 窓の, 立ちつくして, 立派に, 第二, 答へ, 素早く扉, 素直に, 終るであろう, 縁側に, 置いた場合, 置かうと, 考えて, 考え続けて, 聞いて, 自分で, 自分は, 自分を, 自然に, 芝居がかった, 見すごして, 見はって, 見守って, 見詰めて, 言いました, 話し続けた, 車上の, 車内へ, 辛抱し, 返事を, 送って, 逃がして, 通して, 通りぬけ, 金に, 銀場の, 鏡の, 長い袂, 長たらしい数式, 門を, 雨に, 馬を, 黒くて

1 [2979件 抜粋] あいかわらずさものんきそう, あたかも動き, あっちこっちへ, あのま, あらうかなど, あらぬ一方, あわただしく身, あゝ云つて, いいとは, いえさ, いきなり作品, いきなり姉, いきなり生活, いくらでも馬食, いたずらにきたならしい, いたところ, いたわりあって, いた野薔薇, いつとは, いつも同じ, いながら, いよいよ先生, いらっしゃるよう, いられない点, いられません楽屋, いるかと, いるには, いるん, いる召使, いる時, いる老人, いろいろ要求, うちながめ, うまい汁, おいしいごちそう, おおっぴらな, おかないであろう, おくこと, おくれよ何ん, おこったごとくに, おとなしく, おとなしく着用, おまけに, おりますと, お上り, お化け鞄と, お小言, お敷きなさい, お置きなさい, お銀様, かえってしまいました, かえって坊間, かえって退歩, かけ込んで, かの弥生, きごと, きょう食える, くださいね, くれたまえぼく, くれるよう, くれ病気, ぐるっと方向転換, こうしてじっと, ここに, このま, この場, これから俺, こんなこと, こんな風, さうし, さっさと着, さてやがて, さわぎ散らして, しかもこれ, しきりと, しずかに, しばらく空けた, しょっちゅう何, じっとお, じっとにせ, じっと傍観, じっと王女, じっと襖, すぐその, すぐ恭一, すすり泣きを, すべて大雑把に, すみますん, すむところ, すむ世界, すれちがえば, ずんずん林, せうな, そうしてただ, そう動く, そそり立つ松, そのとき, そのままの, そのまま大地, そのまま私, そのまま飲みこん, その仕事, その夜, その幻影, その枕もと, その爪, その草花, その階下, それぞれの, それは, そんなむき出し, ただあわて, ただそういう, ただまめまめしく, ただ不思議さうに, ただ前, ただ妾, ただ彼女, ただ椅子, ただ私, ただ自宅, ただ間接的利用, ただ黙った, だが, だんだん近く, ちゃんと元, ちやうだい, ちょうど新しい, つかつかと, つぶやいた, ですね, とうとう夜通し, とって, どうして米, どこに, どんぐりや, どんな生活, なお昔, なつた, なわを, なんの, ねむって, のんきに, はたを, はらりと涙, ひとつは, ひやかし気味, ぴゆつと犬を, ふとん, べつの, ほしいという, ほんとうに, ぼくは, ぽかんとし, まあ酒, まじめだ, まず旅, また元, まだそこ, まだ都, まつすぐ, まるの, みんな打ち明け, むしろわざと後ろ, むだに, もういい, もう一杯飲み直し, もすむようにしてやろうかって, もっと先, もっと自分本位, もらいたいと, やってるん, やはり寂しい, やはり鏡, やれるところ, ゆっくり話す, よいと, よい時, よくむし, よけいに, わが子の, わたしと, ゐたこと, ゐます, ゐるお, ゐる人, アゴで, オレも, グッと, サッサと, ジョンの, スワと, タタキへ, トホンと, ニコニコと, ハアハア大笑い, ヒョイと, フランス人の, ブルドツク特有の, ホテルに, マア一応, ルノウの, 一つ一つの, 一件を, 一存で, 一息に, 一日一日を, 一気に登った, 一番目に, 一角は, 万一出逢ったら, 三俵一度に, 三日の, 上品で, 下さいお, 下さい大丈夫, 下りなさい, 下駄を, 不自由な, 中を, 主人公の, 予定の, 二た, 二人を, 二葉亭の, 云つた, 人ごとばかり, 人生を, 人間的な, 今後の, 今朝まで, 他をも, 代りに, 会えば, 何かの, 何の, 何事かを, 余念も, 侍女の, 信じて, 健在である, 傲然と, 僕にも, 兄が, 先輩ばかり, 其のまま, 其処で, 内容の, 凝滞する, 出たり, 刃に, 初老を, 利用しよう, 前方を, 助かったの, 勉強し, 十五歳の, 半年後に, 単に文献学的, 却ってしっとり艷, 却つてさらけだす, 原形を, 又何, 反抗した, 受取るもん, 只怒つ, 台所から, 同じ様, 名探偵, 否発表し得ない, 命令的に, 唄などを, 唯跡, 喜猿の, 四五十間ずつと, 困つて, 土蔵へ, 坐つて, 堪え忍んで, 士分の, 夕陽を, 夜目にも, 大きなため息, 大人しく服罪, 大変失礼いたしました, 太陽に, 女を, 好か, 始めること, 婆さん達の, 学校が, 宜く働い, 客観的とか, 家へ, 宿屋の, 寝るの, 専らその, 尋ねるもの, 小藤次, 少しは, 尻を, 居たけれ共, 居ますと, 居る筈, 川岸の, 布団を, 帰っても, 常に健か, 平然とやりつづけた, 幾時間も, 店員に, 廻り道を, 引っ返しては, 引返そうと, 形式的に, 彼らは, 往き来する, 後から, 得ばかり, 御酒を, 心頼りと, 怒ったよう, 思索に, 性急に, 恐るべき怠惰, 悪かった, 悲しそう, 感情的に, 懐手を, 戴きたいもの, 手取早く, 承知し, 抱擁か, 持って, 捕われモスクワ, 揺って, 放り出して, 敬二郎さんを, 数珠を, 斉興の, 斯う, 旅館へ, 旦那に, 早くおとなしく勉強, 早くやっ, 早く逃げる, 明らさまに, 昔の, 時々縁台, 普通の, 暗の, 暮したし, 更にこんな, 書斉に, 最後まで, 朝早く, 木間を, 机に, 東京に, 枝を, 核心に, 楽しそう, 横たわり悲惨, 欣舞し, 止せば, 歩きつづけた, 歩み得る世界, 歸國した, 死人の, 母の, 毎日寝, 毎月千円ずつ, 気永に, 永遠の, 沢田は, 泣きたいだけ, 洗面所へは, 消化が, 清末の, 済ませる連中, 済むでしょう, 済めば, 渠が, 湯女と, 源氏に, 漠然たる所, 澄みきった秋天, 濟む譯である, 灯影の, 無断で, 然も, 熱心に, 片手を, 物を, 独り身を, 現代の, 生きた後, 生垣の, 田舎に, 男子のみに, 畑の, 番頭を, 病後の, 白骨に, 盛られたまま, 直ぐ傍, 直焼き, 真つ, 真蒼, 知らん顔を, 破って, 社の, 神様が, 私を, 秣陵城を, 空と, 突然そんな, 窓に, 立ち去って, 立て続けに, 端然と, 笑ひ, 答えました, 納めて, 終った, 終ろうと, 結婚する, 絶えずお, 総髪を, 置いたが, 置きません, 美くしい, 老爺を, 考へて, 肩から, 脳細胞を, 臥る, 自宅へ, 自由でいられる, 舞台でし, 芸術という, 苦しめる丈苦, 英詩の, 茶漬屋を, 莞爾笑つてお, 落着い, 蔓を, 行かなければ, 行くほう, 行つてお, 衝と, 衰弱した, 襖を, 見せつけが, 見つめ出した, 見当違いの, 親近朋友に, 言下に, 話しだした, 読むと, 誰か, 講義を, 豆袋屋へ, 賃貸料も, 走り出した, 足もとの, 踊るの, 軍歌らしい, 農村に, 退屈醒まし, 這入った古本屋, 通りすぎる, 通り過ぎようと, 遊ばせといたって, 運命に, 過ごすこと, 過去を, 遠慮深, 避けて, 部屋の, 酒呑童子の, 重大な, 釣錢を, 鎮の, 門から, 陋巷に, 階下の, 雉子を, 電気一本しっかり, 青年音楽家の, 靴と, 頭さえ, 頼んでるん, 顔を, 食って, 食卓を, 餉台に, 馬市で, 鳥も, 黙々と尾

▼ しない~ (2415, 9.3%)

397 である 293204 です 8164 であった 53 だから 39 だが 36 であるが 34 では 30 であります 26 だった 24 だろう 23 さ, でした 22 ですか 18 だと, であるから 16 だよ, ですが 15 ですから 14 ですよ 12 でしょう 10 でございます, を見 9 だけれど 8 かね, は, を見る 7 かい, だらう, だろうと, であって, であろうか, も無理 6 が普通, だそう, だという, であったが, であるか, でしょうか, と同じ, はどう 5 が一番

4 [15件] かしら, かな, が不思議, が多い, だけれども, だもの, であったから, ですね, ですもの, はこの, はなぜ, は何故, は勿論, は無理, もその

3 [16件] かもしれない, がいい, が処女, が当然, が悪い, じゃない, だったが, だね, だらうか, だろうか, でありました, でも, ならば, はどういう, は彼, も道理

2 [75件] かえ, かその, かとそれ, かと私, か一向, か理解, があります, がいる, がお, がこの, がむしろ, が一般的風習, が二人, が変, が常, が彼, が惡, が本当, が気, が物, が賢明, じゃ, だからね, だし, だろうが, でありそして, であるなぜ, ですけれども, ですし, ですどう, なら, に渇いた, はあの, はありません, はいつも, はかれ, はこれ, はそれ, はそれら, はただ, はひとつ, はやはり, はよくよく, は不思議, は人間, は何, は余り, は判り切っ, は原始人, は可笑しい, は寧ろ, は当り前, は明らか, は是非, は残念, は確か, は私, は自然, は荘田家, は褒めた, は遺憾, もあまりに, もかえって, もやはり, を, をひそか, を幸, を怨み, を源氏, を無理, を知っ, を知つて, を知る, を自慢, 先へ

1 [551件 抜粋] かあの, かあるいは, かいまだに, かしらとクリストフ, かしらと不思議, かそれとも, かという事, かという考え, かという顔つき, かといふ考, かとくさる, かとにかく, かと云っ, かと叫ん, かと問われた, かと思っ, かと思った, かと思つて, かと考へ, かと考へた, かと聞かれる, かと聞く, かと衣服, かと言っ, かと警視庁, かなどと盛ん, かなどと訊き糺した, かねえ, かも知れません, か一滴, か何, か健二郎, か僕, か友吉, か夢, か庸三, か愛, か気, か知らん, か私, か胸部, か自覚, か頑固, か默つてしまつた, が, がありがたかっ, がいけない, がかえって, がけし, がこれ, がずいぶん, がせめて, がその, がたくさん, がふしぎ, がまだしも, がむし, がよい, がよかっ, がよろしい, がピカ一, がルポルタージュ自身, が一般, が不服, が世, が世間, が久須美, が事実, が五十銭, が今度, が例, が信西, が先生, が別所一族, が原則, が吾, が多かっ, が大, が大嫌い, が好い, が好かつた, が妙, が安部, が居る, が必ずしも, が忍術, が悪かっ, が慣い, が憤ろし, が我が, が揃っ, が有った, が有難かっ, が本来, が業腹, が残念, が気持, が気持ち良かっ, が沢山, が法医学部関係者, が温厚, が狡い, が珍しい, が現状, が矢代初瀬, が矢張り気違い, が第, が習い, が習ひなん, が習慣, が腑, が自分, が英吉利, が返す返す, が間違い, さ澄さん, じゃなかった, じゃア, それともする, だい, だいくら, だえ, だからな, だがね, だこ, だこれ, だぞ, だったらどうして, だってね, だつた, だつたが, だつたら連れて, だといふ, だらうかと, だらうけれども, だらうと, だらう一体, だらう何, だろうから, だろうちょん, だろうという, だろうね, だろう唄, だろこの, だわ, だッ, だヨ, だ一番人, ぢや, であったけれど, でありいはば, でありましょう, でありますから, でありますが, であり又, であり従って, であるここ, であること, であるし, であると, であるダリ, である土牛, である画家仲間, であろう, であろうかと, であろうと, であろう郷左衛門, でしょうあなた, でしょうと, でしょうにくらしい, でしょうよ, ですからね, ですしかも, ですそれ, ですって, ですの, ですわ, です助けて, です夜分, です日本国中, です生活, です路, というよう, といろいろ, とさっき, とただ, とでこの, とで本年, とは大変, とは異, とひんしゅく, と一般, と同然, と大した, と少し, と騒い, と騒ぎ, ならいや, ならこの, ならなぜ, ならぼくら, なら少し, なら逃げられさうな, なんか禿げ, にだしぬけ, にはゲッ, には困ります, には驚いた, に別れ, に占っ, に叫ん, に対してラジオ講演, に持ち込ん, に気づい, に気づく, に濡れた, に続け, に踏んだ, に驚いた, はあたし, はあまり, はあるいは, はあれ, はあんた, はいい, はいったいどう, はいわゆる, はおそらく, はおやじ, はお人好し, はお前さん, はきみ, はさすが, はしおらしい, はじつは, はすこぶる, はそう, はそういう, はそこ, はそんな, はつまり, はなお, はなかっ, はなほ, はまだしも, はまったく, はむかし, はむろん, はめし, はもう, はもっとも, はやがて, はやむを得ない, はやれない, はよく, はわるい, はオランダ, はフシギ, はワケ, は一つ, は一種, は万葉集, は上出来, は不便, は不合理, は不都合ぢ, は世間, は乃ち, は之, は九州, は云う, は人, は人性, は今, は今宵私, は今年, は仏, は仕方, は侮辱, は俺, は僕, は其一例, は判っ, は博奕, は却つて惡い, は只, は向, は吾, は呉, は哲学者, は嘘, は困る, は国宝, は変, は変りません, は大石先生, は天性, は天理, は奇妙, は婆さん, は宇左衛門, は家, は寝, は小, は山, は差し, は帝展, は平生, は当然, は微生物, は徳川三百年, は心苦しい, は必ず, は忌言葉, は愚, は愚か, は愛, は我が国, は或は, は承知, は支那, は政治家, は政治的, は敵, は文壇進歩党, は文明人, は料理, は日本, は日本内地, は昏愚, は暗い, は最大, は木村, は東洋, は果して, は柿崎さん一人, は横着物, は欠点, は此御邸, は武術, は残念千万, は母, は気の毒, は水神, は永く, は決して, は泳い, は津田, は深い, は無情, は無気力, は爲方, は爽やか, は理由, は生, は生れつき, は申す, は男, は番頭, は知らない, は研究費, は穏, は職人, は自分, は自分一人, は若い, は衛生兵, は要するに, は証拠, は誠に, は變, は貝類, は迂, は迂闊, は遥か, は邪慳, は部分, は長く, は間違っ, は陸口, は階級的, は随分, は非常識, は顔, は驚きます, ばかり感じられた, も, もあながち, もうるさく, もこの, もそう, もついぞ, もど, もむりではない, ももっとも, もゐる, もチェーホフ, も一重, も千鶴子, も変, も工合, も当然, も或は, も新聞, も有る, も有名, も残念, も気分, も永年, も理由, も疾, も私, も義理, も自分, も船中, も芸者, も訝しい, やまた, やら分らない, らしい, をいや, をかなり, をからかっ, をくやし, をしつこく, をその, をそば, をたしかめる, をみ, をみたら, をみる, をわたし, を一葉, を不思議, を乳母, を今, を今夜, を以て明哲保身, を何, を何故, を先生, を内心, を叔母, を咎め, を変, を大, を妻, を小, を彼, を心配, を怒る, を恐れ, を恥じる, を恥ずかしい, を恥ずかしく, を恨む, を憂える, を戒め, を手取り足取り, を手取足取り, を承知, を掛け, を政廳, を朧ろげ, を残念, を熟知, を牴牾, を理由, を病女王, を發見, を着, を神谷, を考え, を考える, を聞く, を臆病, を見きわめる, を見て取った, を見て取る, を見るなら, を見れ, を許し, を認識, を送ろう, を頼もしく, ウ, 二人とも, 先さえ, 先を, 問題も, 大丈夫よ, 手紙を, 方が, 機微, 端から, 話が, 語尾では, 音鋭い, 馬印を, 騷ぎに

▼ しない~ (1436, 5.5%)

32 云ふ 19 すれば 11 いう, いけない, 云って, 気が, 見えて 10 いけません, 言ふ 8 いうので, いって, 云うの, 云う事, 信じて, 言って 7 云うこと, 思う, 思って, 私は 6 みえて, 仮定する 5 すると, なると, 同様に, 思うが, 私が, 見える 4 いうだけ, いふ, 僕は, 承知しない, 気の, 見て, 言うの, 誓った, 誓って, 駄目だ

3 [17件] いうのに, いけないと, いけませんよ, いった, いふの, なれば, 云う約束, 味が, 困るの, 思います, 思うわ, 思うん, 書いて, 気持が, 約束し, 言った, 頭が

2 [83件] あいつは, いうから, いうし, いうだけの, いうて, いけないのよ, いけないよ, いけないわ, いけませんぜ, いったが, いっても, いふので, いわれて, えらい事, こっちが, されて, すぐに, だめだ, つまらない失敗, とりかえしの, みると, やつて, やり切れないよう, アノ人が, ドリーシュは, 不可, 不安心だ, 云うよう, 云うん, 云う様, 云う訣, 云っても, 云つた, 云われて, 他の, 仮定し, 仮定するなら, 信ずる, 俺の, 助からないの, 危い, 口々に, 叱られる子供, 命が, 大変な, 失策るです, 庭の, 彼は, 彼等は, 心に, 思いました, 思いますが, 思うもの, 思われる, 感じが, 拷問に, 断言する, 日が, 機嫌が, 氣の, 現実の, 生きて, 相手に, 看做されて, 知って, 社会の, 私も, 私を, 答えた, 約束した, 老女の, 考えた, 自信し, 自分の, 芝居に, 覚悟し, 言っても, 言つてゐた, 説得した, 誰かに, 迚も, 途中で, 遅くなる

1 [935件 抜粋] あいつ逃げちゃう, あたしが, あったらこの, あなたの, あなたは, あぶないこと, あぶのうござんすよって, いいたい, いいだされたため, いい進歩党, いうだけで, いうでは, いうならちょうど, いうに, いえば, いえるであろうか, いかんよ, いけないからねと, いけないぞ, いけないよう, いけないわけ, いけない由, いずれたいへんな, いったらこの, いつた人, いつて, いのちが, いはれたこと, いばって, いふこと, いふに, いふ所から, いやがって, いわぬばかりに, いわれたこと, いわれるかも, うかうかし, えらい人, おしまいには, おっしゃった, おもう, お上さんに, お前さんは, お前さん駄目に, お前ばかりじゃ, お母さんに, お腹の, お言い, かういふ路上, かえって君自身, かたく約束, がんばって, ききとれないの, きつと, きめられて, ぐあいが悪い, こういう不思議, こうな, こう云う, こう諦めざる, このまま, このテアヒ, この儘, この善良, この段階, この話, これからの, これ又, こわくて, さっぱりその, しそこねる惧, したら, したらいかなる, したらだれ, したらどう, したらぼくら, したら一本, したら文学者, しないとを, し芸術, せっかくの, せっかく二年間, そういう人達, そう言う, その媒妁人, その怖, その次に, それで彼等, そんなもの, たいへんだ, たいへんよ, たとえばこの, ために, だめよ, つい馬鹿, つまらない小, とかく問題, とかく尾鰭, とてもクリスティアンス, とんだこと, どうしても寝つかれなかった, どうしても駄目, どこで, どんな夫婦, どんな目, なくなって, ならば, なりません, なんとなく気持ち, のろい殺されますよ, はいれない部屋, はじめから, はっきり断言, ひどいぞ, ぶっつぶす, ほんとうに, ほんとに私, また八つ当たり, また失敗, まだ折れ, まったく筆, みんなあぶない, みんな言っ, もうねむれなかった, もう間に合いません, もらえないし, やめられない学問, やられるぜと, やりそこなう, よい装置, よごれるもの, わかりにくい, わけも, わたしは, カビが, ケナス人も, ジャムの, チーフメーツは, ドアを, ネロの, ハイロが, バターが, フワリと, ブリキの, ホントは, ポンチに, ロマンスが, 一人の, 一回分まわらない, 一日中気に, 一日頭痛の, 一般にいわれ得る, 三条は, 不可ない, 与次郎が, 中の, 主張する, 九仞の, 事務長から, 二人に, 云いたそう, 云い聞かされて, 云うならひと, 云うほどの, 云うより, 云う一札, 云う不満, 云う人, 云う心持, 云う方, 云う条件, 云う風, 云った, 云ったらあんた, 云った風, 云つてあそび, 云つても, 云つてゐた, 云つて南洋の, 云つて直分れ, 云ふこ, 云ふてる, 云ふより, 云ふんです, 五・一五の, 人が, 人間だって, 今でも, 今夜も, 今此処, 他人が, 仮定した, 仮想する, 仰っしゃる, 仰云ったが, 仰有るの, 伯母さんに, 体が, 何か, 何だかすまない, 何も, 何小二の, 使えない, 例の, 保証する, 保証出来ましょう, 信じきって, 信じられないの, 信ずるあれ, 信者の, 借金の, 假想する, 假面を, 僕に, 僕みたいに, 入院します, 兵三郎さんを, 冷めては, 出っちまいますよ, 出来ないん, 出来ません, 分ると, 切腹ものだ, 判らないが, 前進が, 労働手段とか, 勇ましい気もち, 危ない, 危惧しながらも, 危険である, 又彼等, 友達は, 収拾の, 受け合ったん, 口へは, 古い妙, 叫び料理, 同じ, 同じである, 同じよう, 同時に不可能, 同時に宗教, 君の, 否定した, 告げたもの, 味方の, 喰み出し, 嘲って, 回答した, 困るぜ, 困るなどという, 固い決心, 国民の, 均衡上から, 塔の, 声明した, 変った男, 夕めしを, 夕刊で, 外敵の, 夜が, 大会に, 大変だ, 天下は, 夫は, 失礼に, 奥方に, 姉さん知らない, 威張つたが, 学校の, 宅でも, 安心し, 実情が, 家が, 宿直も, 寝られない, 寝物語に, 小説には, 帰つて来ない, 床の間の, 弁明する, 弊が, 引込みが, 弾丸が, 当局の, 彼が, 彼女たちは, 彼女の, 往々に, 後が, 御主人, 心持ちが, 必ずお金, 応へる, 怒る人, 思いましたが, 思いますね, 思いますよ, 思うから, 思え, 思ったので, 思つた, 思つたのは, 思はれて, 思はれるの, 思ひます, 思ふ, 思ふわ, 思ふ頃, 思われるから, 思われる句, 思想の, 恐ろしい神罰, 恭ちゃんと, 悪い, 意見する, 感ずるの, 戯曲の, 承知が, 承知せぬ, 承知できなかった, 折れて, 損だ, 損みたいに, 放言し, 教育上に, 文鳥が, 斬るぞ, 断定は, 斯うし, 方々に, 日暮れまでは, 日程が, 旨い飯, 早くも, 早く片, 明後日の, 昼の, 書いたこと, 木は, 末起ちゃん, 来ちゃあ, 東京へ, 果して云い切れる, 機会を, 正々堂々たる議論, 此の, 歯が, 死んで, 殺しちまうぞ, 殺すよ, 気がついた時, 気に入らないといった, 気狂いに, 汚名が, 決めた場合, 決心し, 沖に, 注意した, 流言され, 演述した, 火が, 烏啼を, 煮てから, 特に割れ目, 現代的な, 現在の, 瓦斯を, 生きかえって, 生命が, 生活上不便だ, 田中君自身が, 申すか, 申すわけ, 申す方, 白雲が, 皮膚が, 目に, 直ぐに世間, 直ぐ機嫌, 相手の, 真一までが, 眼が, 砲撃される, 確信する, 社会は, 私の, 科学の, 空へ, 立ちどころに命, 立言し得る, 等しくかの, 答えたので, 答えられたと, 米塩にも, 約束させられ, 約束するなら引受けよう, 納得の, 結論しなけれ, 続きを, 縛るぞと, 罰が, 翌日までは, 考えて, 考えられる, 考えられるならば, 考えられる理由, 考えるが, 考え得られること, 考へられ得るであらうか, 聞くころ, 能率が, 脚もとが, 腹の虫が, 自ら宣言した, 自分で, 自分も, 自然科学上の, 自認し, 船に, 艇は, 芝居も, 茫として掴, 落ちそう, 薩摩も, 藪蛇に, 行かれぬ, 衣が, 見え争, 見え誰, 見つからないと, 見られる音, 見るや, 見切り手荒く, 覚悟を, 親爺は, 解りませんけれど, 解釈に, 言いきること, 言うだけさ, 言うならば, 言う主張, 言う人, 言う保証, 言えば, 言ったので, 言ってるの, 言つた, 言つたのに, 言つても, 言つてよい, 言つてゐます, 言つて可いか, 言は, 言ひはる, 言ふんださうだ, 言わないが, 言われる純白, 言葉が, 詩は, 認識, 誓いなさい, 誓える, 誓ったので, 誓ひます, 誓約した, 説を, 誰が, 誰れ, 論文に, 諦らめた, 警察では, 豆へ, 賭を, 起きられるん, 踏みは, 軍刀で, 近寄れないくら, 逃げちゃうよ, 通りすがりの, 遅れるよ, 酔つた, 金が, 金蓮は, 間にあいません, 間違う, 陸の, 険呑です, 雨戸が, 雪が, 零した位, 非常な, 顏が, 風邪を, 食慾さへ, 飯を, 餓えて, 首が, 騒いで, 高を

▼ しないかと~ (988, 3.8%)

71 思って 32 思う 18 心配した, 思われる 16 心配し 15 云ふ, 思うと 14 思うの 8 私は 7 それを, 思ふ, 思ふと, 耳を 6 ビクビクし, 心配する, 思うほど 5 思うん, 思った, 思ったが, 思ひます, 思ふの, 考えて

4 [14件] それだけが, そればかり, そればかりが, びくびくし, 云う懸念, 思いました, 思います, 思ったから, 思われて, 思われるの, 思われるほど, 恐れた, 恐れて, 想像される

3 [23件] あたりを, ひそかに, 云うと, 今から, 僕は, 危んだ, 彼は, 心配に, 思ったの, 思ったので, 思はれる, 思はれるほど, 思はれるやう, 思われた, 思われるよう, 思われる程, 恐れながら, 想像する, 気が, 気を, 考えられる, 考える, 言へば

2 [56件] いうと, いって, おもって, それが, そればっかり, そんなこと, ひやひやした, ハラ, ハラハラする, 不安に, 云うの, 云う事, 何の, 危ぶまれた, 危ぶまれるの, 尋ねた, 心は, 心ひそかに, 心配される, 心配しました, 思いましたが, 思いまして, 思うて, 思うよう, 思ったり, 思ってね, 思つた, 思つてゐる, 思つて居る, 思はれた, 思ふ位, 恐れたが, 恐れたので, 恐れること, 恐れるの, 恥しげ, 息を, 懸念した, 案じて, 案じられるの, 気づかふやう, 気に, 気遣った, 熱心に, 狼狽へて, 瑠璃子は, 疑うよう, 神経質に, 考えた, 考えるの, 考へて, 聞いたの, 胸を, 言ふ, 邪推し, 闇の

1 [468件] あせるだけ, あたしの, あやぶまれた, いいか, いいますと, いうに, いうのでね, いった, いつもはらはらし, いつもびくびくしてた, いつも考え, いふつ, いふと, いらざる取越苦労, おそれたが, おそれたわけ, おそれるの, おっかなくって, おっしゃるかも, おどおど自分, おなじ不安, おぼしめして, おもったから, お思い, お次の, お百姓, かう云つた後, きょろきょろ四辺, こう思います, この家, こわごわ支え, こわごわ洋服, こんな気, さがして, さっそく調べよう, さへ, しきりにさがしました, しょっちゅうそれ, しょっちゅうそんな, しんぱいだ, じわじわ嫌味, すこしばかり, すすめて, すすめられた, せき立てて, そう思う, そう思っ, そう言われた, そこに, そこらの, そこを, そちらに, そのこと, そのとき, その八, その将来性, その時代, それで, それ許り, ぞんじまして, ただそんな, ぢつと, つい何度, とうから心配, どうした, どの位, どれ程, どんなに心配, はらはらし, はらはらした, ひどく恐れた, びく, ふとそんなふうに考えられた, ふと気, ほんとうに, ぼくは, まア悋気, みずから責めた, もう気, ゆき子は, ようすを, わたくしぞんじます, わたくし心配し, わたしは, わたしよけいな, ギョッとして, ギョロ, クリストフは, ツイ空模樣を, ビク, ビクビクもの, ベッドの, ホンとに, 一人で, 一度洗面台, 一心ふらんに, 一生涯そればかりを, 一種の, 三人から, 下宿の, 不可解の, 不安と, 不安な, 中央の, 乗ってからも, 二の足を, 二人が, 云いも, 云うこと, 云うた, 云うに, 云う不安, 云う危惧, 云う噂, 云う妙, 云う希望, 云う掛念, 云う期待, 云う点, 云う神経, 云う迷信, 云ったら退屈, 云って, 云ふこ, 云ふ疑, 些か心配, 仄白い, 今度は, 他から, 仰いで, 何も, 何んと, 余計な, 俺は, 倭文子は, 先ずそれ, 全身の毛, 内心ひそかに, 内心冷や冷やし, 内心好奇心に, 凍えかけた小鳥, 凡太は, 危ぶまれます私, 危ぶまれる, 危ぶまれるから, 危ぶみ怖, 危ぶむやう, 危みました, 反問したい, 取越苦労を, 吉原へ, 問う, 問えば, 圓朝今尚, 地見, 外が, 外の, 夜毎に, 大声で, 女の, 妙に, 姉さんは, 始終そんな, 娘心に, 宜い, 宝の, 実は内々, 実は気, 宵から, 家いえ, 密と, 寝ざめ, 尋ね部屋, 小さい子, 小菅が, 少し心配, 岡焼を, 床板を, 待ち構えました, 待って, 待つよう, 御苦労にも, 心を, 心待ちが, 心待ちに, 心臓が, 心配が, 心配さうに四邊を, 心配させ始めたらしい, 心配され, 心配だ, 心配で, 心配でした, 心配です, 心配な, 心配なさっ, 心配にな, 心配は, 心配も, 念を, 怖れ, 思い, 思いしゆえ, 思いその, 思いながら, 思いましたから, 思いましてね, 思いますの, 思います島田, 思い付, 思い出して, 思い召使, 思い報告, 思い詰めカッ, 思うから, 思うが, 思うくらい, 思うけれども, 思うこと, 思うので, 思うばかり, 思うよ, 思う位, 思えて, 思ったのよ, 思ったもの, 思ったもん, 思ってネ, 思つ, 思つたのである, 思つて, 思つてそして, 思つてただ, 思つてだ, 思つてね, 思つてのぞい, 思つてる, 思つてゐました, 思つて側に, 思つて僕は, 思つて八五郎を, 思つて凡ての, 思つて心苦しく, 思つて心配し, 思つて念の, 思つて来, 思つて注意し, 思つて耳を, 思つて足を, 思はる, 思はれたから, 思はれた馬, 思はれます, 思はれるから, 思はれるほどの, 思はれる位, 思はれる所, 思ひました, 思ひましたから, 思ひまして, 思ひますが, 思ひ到つた, 思ひ角, 思ふくら, 思ふん, 思ふんで, 思わず周囲, 思わず赤い, 思われたから, 思われたほど, 思われたればこそ, 思われなすったからかも, 思われました, 思われます, 思われますねえ, 思われますので, 思われるかも, 思われるくらい, 思われるくらいに, 思われるけれども, 思われるほどの, 思われるほど容赦, 思われるほど常住坐りっきり, 思われる一方, 思われる位, 思われる大声, 思われる暑, 思われる相貌, 思われる種類, 急に, 怪しむでしょう, 恐がって, 恐れたため, 恐れたの, 恐れてでも, 恐れてる老婆, 恐れてる証拠, 恐れる, 恐れるかの, 恐れるもの, 恐れるよう, 恐れ惑いながらも, 恐ろしいよう, 恐ろしくなった, 惑いつ懼れつ, 惑ったり, 想つて見る, 想像し, 憂いましたから, 憂えて, 懸念する, 懸念せられた, 懼れる, 戦々兢々と, 扉の, 手燭を, 指の, 捜すよう, 改めて見, 散々氣遣つてゐる, 文次の, 旅行中しみじみ, 早くも, 時々刻々それ, 時々手, 朝の, 期待する, 木は, 本当にそれ, 本気で, 案じましたが, 案じましたので, 案じられる, 案じるん, 案じる外, 楊修は, 楽屋を, 構っちゃ, 様々に, 正吉の, 気がかりである, 気がついたので, 気づかいながら, 気づかいもう一度, 気づかうかの, 気づかった, 気づかって, 気づかはれるの, 気づかふか, 気づかわれた, 気の, 気も, 気使っ, 気遣い寒, 気遣い暑, 気遣はれる, 気遣ふ, 気遣わしい, 気遣われた, 気遣われるよう, 氣遣つた, 氣遣は, 水口より, 注意し, 注意した, 注意する, 注意を, 注目され, 深切な, 漠然と期待, 点検し, 爪立つほどに, 申しましたが, 申し出たの, 番を, 疑う, 疑うから, 疑った人, 疑って, 疑はれる, 疑はれるから, 疑わるるごとく蜥蜴群, 疑われたの, 疑われます, 疑われる, 疑われる点, 疑われる群青, 疾う, 病人の, 病的な, 痛む頭脳, 盛に, 目を, 眺めて, 眼を, 睨んだの, 知らずに, 私たちは, 私に, 私ゃ自分で, 私を, 稍, 種々と, 窺うて, 答へ, 絶えずびくびくし, 考えたから, 考えた就, 考えついた, 考えついた時, 考えます, 考えられます, 考えられるかも, 考えられるから, 考えられる強震, 考えると, 考え出して, 考へられ出すと, 聊不安に, 聞いたらそれどころか, 聞いたらそんな, 聞くから, 脚疵で, 脛に, 膝の, 自分の, 舌が, 茫然として, 葉子は, 見つめて, 見て, 見まわしてたら鷺, 見る目, 見張って, 言いながら, 言いポケット, 言う, 言うよう, 言った茂公, 言って, 言ってる, 言つた謎めいた, 言ひ, 訊いて, 訊ねたこと, 試して, 話しかけられて, 誘いに, 誘いました, 誘って, 誘はれて, 誘われて, 調べて, 警戒し, 警戒する, 責めたとき, 責めると, 身の, 部屋の, 金で, 限りなき, 陰口を, 隅から, 随分心配, 隣室の, 頼朝は, 飼えば, 驚いて

▼ しないよう~ (921, 3.5%)

58 にし 3723 にする 18 になった 17 に気 1312 である 11 になっ, に注意 10 な気 8 なもの, な顔, になる 7 なこと, に見えた 6 なところ, にしなけれ, にね, に用心 5 だが, であった, にした, にそっと, によく, に思われる 4 だった, ですが, にしよう, にそして, にそれ, になさい, に思う, に見える, に障子, に静か

3 [14件] だから, だと, です, では, なの, な人, な者, にということ, になったら, に今, に女, に思われた, に扉, に願います

2 [46件] すだ, だな, であるが, なそして, なものの, な事, な人物, な場合, な感じ, な態度, な日, な本, な気持, な状態, な眼, な表現, な返事, にお, におし, にこの, にしっかり, にしましょう, にその, にと云った, にと言っ, になりました, にまた, にみえる, にッ, に何, に充分, に全力, に出来, に努力, に寧ろ, に感ぜられる, に戸, に手, に極力, に水, に私, に答えた, に締め, に考え, に言い聞かせ, に開け

1 [445件] じゃ兄さん, す, だからね, だったから, だったっさ, だったに, だね, だわ, で, であります, でございますなら結構, でしかも, でした, でしたから, ですがね, ですよ, で大して, で居る, で彼, で言葉, という期間, と繰返し, な, なあけっ放し, なあらゆる, ないろいろ, なけた, なそんな, なので, なふしぎ, なふり, なほんとう, なやつ, なり, なシルクハット, なズルズルベッタリ, なヂヂ, なニュアンス, なパンフレット, なリアリズム, な上等, な不安, な主人, な予感, な事柄, な人々, な人柄, な人間, な人類, な他人, な位, な何物, な例, な候補者, な傾向, な先入観, な光, な光った二つ, な危険, な口ぶり, な古い, な哲学, な問題, な國際的活動, な堅牢, な塗って, な女, な姿, な宗派的用語, な家, な家伝, な家庭, な小説, な市民, な心もち, な心持, な怠け者, な意味, な感謝, な慾求, な或, な探偵小説家, な新しい, な方法, な映画, な時, な時代, な普遍的格率, な曖昧, な条件, な柔弱, な極端, な様子, な機会, な次第, な活字, な烈しい, な煎餅若干, な物, な物体的, な物腰, な特殊, な生, な男, な男子, な発育, な的確さ, な真, な眼付き, な禅宗カブレ, な空想的, な窮屈, な立派, な絨氈, な至ったよう, な苦労, な落ちつき, な表情, な規律, な詰まらないこと, な調子, な講義, な身, な身ぶり, な身構え, な透察, な通俗小説, な適当, な部屋, な酷遇, な醜悪, な醜行陋体, な野菜, な金, な閑静, な隔り, な面, な面持, な音, な頑固, な顔つき, な顔付, な顔色, な風, な風体, にあけ, にあっさり, にあなた, にあらかじめ, にあらゆる, にいう, にいかなる, にいそい, にいたし, にいたしましょう, にいたします, にいっそうおたがいによく, にいつも, にいま, におしなさい, におもしろい, にお話, にお願い, にかく, にかけだし, にきっと, にくれぐれも, にここ, にこころがけ, にこしらえ, にこれ, にこんな, にさえすれ, にさした, にさせた, にさそうして, にしずか, にしたい, にしばっ, にします, にしょうじ, にじゅうたん, にすこし, にすすめる, にすでに, にすばやく, にするなら, にするならするで, にするべきだろう, にするりと, にせぬ, にそろり, にたくみ, にただただ, にたのむ, にたま, にちゃんと, にちょっと, にってあれ, にってそう, にって懇, にって言う, につとめ, につとめました, にてはいした, にでき, にできてる, にできるだけ, にとあれ, にというお話, にというふう, にという仰せ, にという御, にという忠告, にという忠言, にとお, にとか日光, にとくに, にとくれぐれも, にとどんなに, にとの注意, にとの老, にとの言い伝え, にとはなはだ, にとは思わない, にと云われる, にと仕掛けた, にと医者, にと合図, にと固く, にと希, にと思い, にと思つて, にと校長, にと横田さん, にと毎日, にと気, にと水桶, にと注意, にと激しく, にと用心, にと言い聞かせた, にと間もなく, にと青年, にと願った, にどんな, にな, になっちまう, にならされ, にならなけれ, になり, になりたい, になりましたら, になんて気づかわれる, ににこにこ, にねがいます, にのみすべて, にはしご, にひらく, にふたり, にもし, にもと, にも心がけ, にも思え, にも見えた, にも見える, にやがて, によう, にわれわれ, にゴーリキイ, にシッカリ, にシテ, にスーッ, にソーッ, にブラインド, に一センチ, に一株一株, に両手, に並ん, に中傷, に丹田, に予め, に二つ, に云っ, に云つて, に井戸端, に今後, に仕掛けた, に伊達緒, に作り変えよう, に使え, に保護, に修業, に働く, に処理, に出た, に力, に努め, に努めた, に努める, に勧めた, に勧められ, に十銭白銅三枚, に取計らった, に台所, に台所口, に同じ, に名, に向き, に君, に吾, に呉, に囚人, に土地, に坐っ, に外, に夜叉, に大, に大変, に天幕, に娘, に安全装置, に島さん, に工夫, に底, に座敷, に引き分け, に当分, に彼ら, に後ろ, に後部, に徹底, に心がけ, に心がけね, に心痛, に心配, に必要, に念, に思える, に思われます, に恩, に感じ, に感じます, に感じられ, に感ずる, に慎ん, に懸命, に成った, に手早く, に扱われ, に技術的, に政治的自由主義, に早く, に早朝, に暗い, に有り合せ, に村, に束縛, に板戸, に格子, に構図, に横, に機械, に正しく, に歩い, に歩き, に歩きまわり, に歩き出し, に気取られない, に池, に無理, に熱心, に物, に玄関, に理解, に生れつい, に町外れ, に癖, に登っ, に目, に眼, に着, に砂浜, に破り取る, に社会党, に窃, に立っ, に結び目, に絶えず, に緩下剤, に繰りかえし, に考えられる, に而, に聞えた, に能, に臆面, に花壇, に蔭, に蚊, に行き, に行っ, に行動, に表, に裏門, に見せ, に見受けられる, に言伝, に言葉, に誓わせ, に誡め, に説きふせなけれ, に調査, に警護, に貞操, に貴重, に走っ, に起し, に足, に足止め, に踏み段, に蹴散らされ, に道路同様, に選ばなけれ, に避け, に邪魔, に部屋, に郵船ビル, に鍵, に門, に隣, に離室, に雨戸, に需要曲線, に静, に靴, に頼み, に頼む, に頼ん, に頼んだ, に食っ附い, に高い, に髪の毛, に鬢, 痛いよう, 祈るや

▼ しないこと~ (871, 3.3%)

37 にし 2320 である 18 になっ 15 はない, よ 14 にした 12 にしよう 11 だった, にする 10 を知っ 9 です, になる, もない 8 だと 7 がある, であります 5 では, にきめ, になった, を意味, を証明 4 が多い, であった, はありません, はよく, は確か, を, を信じ, を私

3 [17件] がわかっ, だつた, であったから, であるから, でも, にある, にきめた, にしましょう, になりました, によつて, はなかっ, もある, もなかっ, もなかつた, を口, を知つて, を示し

2 [41件] があった, がいい, がこの, がその, が彼女, さ, だけれども, だわ, であると, ですね, で永遠, で現世, となる, と共軛的, にしました, にします, になり, になります, に多少, に定め, に決めた, に決心, のある, はこの, は一見極めて, は勿論, は明らか, は火, もあった, をいう, をいつ, をその, をです, を先, を平気, を彼, を注意, を自分, を言っ, を遺憾, 夥しい

1 [446件] ああいう, あるの, おッ, かまたは, かも知れません, から来, から来る, から生じる, から起る, があっ, がありましょう, があります, があり得る, があれ, がこん, がしばしば, がのこっ, がまたまた, がむしろ, がもの, がよく, がら, がわかった, がわかつた, がわかり, がわかるであろう, が一つ, が不都合, が何だか, が信二, が修養, が分かっ, が判った, が大事, が大切, が大好き, が孝行, が平一郎, が彼, が必要, が明白, が本人, が滅多, が犯罪, が現代風俗, が理想そのもの, が確め, が第, が肝要, が自他, が自分, が解り, が解るであろう, が起った, きめた以上, ぐらいいくら, こそ具体的, こそ合理的, こそ客観的, こそ由々しい, こそ願, このよう, この上, さえ十分, しかしミミ族, すなわち, そしてこの, そして将来, その一日, その代り, その借金, その言葉, そんなこと, ただ彼女自身, だから, だが, だけである, だけでもぼく, だけはたしか, だけはわたくし, だけは明かな, だけは確か, だね, だの人間, だもの, だらう, だらうと, だろう, だろうと, だ僕, だ光子さん, であ, であったが, であったの, であって, であらう, でありこれ, でありつねに, でありながら, でありませう, でありまた, であり人類, であり半月以上, であるが, であるの, であるよう, でこの, でした, でしょうが, でしょうし, ですから, ですが, ですそれ, でせう, でそうやすやす, で人, で他, で守られ, で市民, で昌吉氏, で陛下, と, という秩序, とした, として待っ, とは比較, とも思う, とを混同, と同じ, と思はれた, と思ふ, と思考, と期日, どうせ, なくする, などだった, などによって軍需産業, など清童女, なの, なので, なのに, なん, なんて云, なんて馬鹿, にあった, にいたしました, にいたしましょう, にいたします, にきめなけれ, にきめました, にしか過ぎない, にしてる, にしとる, にしまし, にしませう, にその, について一, について喋らない, について甚だ, になってる, になつたの, になつて, になるであろう, になれ, には, にはいつ, にはお, にはお話, にはかえって, にはそれ, にはといわぬ, にはとても, にはどう, にはガマン, にはジャンガラ星, には俺, には取り出せなくなった, には命, には娯楽業, には征伐, には文, には泥まみれ, には生きられない, には男, には細作, には経済, には諸君, には阿, にふけっ, にほとんど, にも不快, にも堪えられない, によっている, によって彼, によって租税, によって節約, によって自殺, によつて返事, によるが, に他, に努め, に反対, に吃驚, に哀愁, に定めた, に対する憫笑, に心, に極めた, に気がついた, に決め, に決めました, に注意, に深い, に特に, に私, に考え, に肚, に致しましょう, に諸君, に馴れきっ, ね, ねえ, のいぶかしい, のすべて, のみで, の代り, の帳消し, の当然, の後悔, の方, の結果, の証拠, はありませんでした, はあるまい, はお, はこれ, はすでに, はその, はとり, はどう, はないだろう, はなかつた, はなかろう, はなく, はなさらない, はよくよく, はわかってる, はラテン語, は一般, は丁度, は世上, は事実, は伸子たち, は何一つ, は全く, は出来ず, は判っ, は吾, は困る, は国家, は大, は大切, は夫自身, は女, は尊い, は御座いませんでした, は恥ずべき, は悪かっ, は挙国一致, は日本, は昨今, は更に, は木, は柚子自ら, は気持, は滅多, は無, は無い, は理, は疑い, は疑問, は知っ, は知りきっ, は経験論, は絶対, は考えない, は自分, は言う, は論, ほど大きな, また軽薄, までよく, まで喋舌, も, もあり, もありましたら, もありません, もあるまい, もし今後最善, もわかっ, も人, も又, も同じく, も同様, も大目, も察せられるだろう, も恠, も決っ, も無い, も知っ, も起つた, や, やが, やまた, や何もかも, や拗言, よと云った, よどんな, よよく, よりもむずかしい, よ何, よ生かし, をあくせく, をあまり, をいい, をいつも, をいろいろ, をお, をお前, をかれ, をきい, をこちら, をさとっ, をし, をしよう, をする, をつひ, をのぞん, をはっきり, をべらべら, をま, をまくしたてた, をも既に, をより, をわれわれ, をグラチア, を事実, を云, を云い, を云いだした, を人, を今, を他方, を以て其の, を以て見, を伸子, を作者, を光栄, を全身, を切望, を力説, を原則, を只, を吾, を呟, を周囲, を喜んだ, を安, を定めおけり, を容易, を小, を小田島, を左, を建前, を強いて, を怒る, を思い出させた, を思い知るでしょう, を悦んだ, を持つ, を指摘, を教え, を教えた, を書い, を書かれた, を書き立て, を最も, を有償, を望む, を欲, を歎, を歯痒く, を決して, を泣き, を涙する, を王さま, を理想, を理由, を申, を申しあわせ, を留守, を痛感, を知ってる, を知らせます, を知らないで, を知らなかった, を知り, を知る, を確信, を示す, を神, を禰宜様宮田, を立証, を約する, を約束, を経験, を經驗, を見せる, を見出し, を覘, を覚悟, を言った, を言ってる, を言外, を認め, を認めなけれ, を認めね, を誓います, を議論, を通告, を遠廻し, を閉口頓首, を難, を非常, 云え云えで, 亡き新左衛門, 仮に始めた, 例へば敵, 勿論であった, 又は制限, 又引, 本当に知っ, 甚だしい, 見せて, 言うな, 言える筈

▼ しない~ (810, 3.1%)

29 いい 10 いいよ 6 少くとも 5 いいと, 何でも, 兎に 4 これは, よい, 自分の 3 いいぜ, いいです, しかしその, 私の

2 [37件] ああこの, あれは, いいわ, お前の, しかし或, それが, それにしても若干, ために, ちらついて, ついに機関士, とにかくそんな, とにかく芸術, どうした, ようだった, 下の, 二人の, 人からは, 仮りに, 何か, 何と, 俺は, 前者は, 可い, 君が, 大きな眼, 大川から, 天皇を, 女の, 好いです, 広漠たる, 底の, 毎月月の, 父の, 男の, 私が, 突然私, 自分は

1 [652件 抜粋] ああいう, ああ似た, あの狼, あの當時, あの醜態, あまりにしちくどく, あり得るから, あんな偶然童子, いいかも, いいぞよ, いいで, いいの, いいほか, いい坊っちゃん, いい皆, いくら山, いずれに, いずれも, いずれ攘夷, いつでも, いぶかしさ, いまの, えらい人, えらい科学者, おたね, おりおり苦い, おれは, お前さんに, お宮の, お望み, お母さんが, お浪さん, お鉄, かなり以前, かみつくの, きさま, きれいには, けだしこれ, けだし平均死亡年齢, こうまず俘虜, このよう, この女連れ, この画, この點, これが, これでも, これに, これまでに, これを, こんな山, こんな苦労, さうわる, さしもの, さすがに, さのみ, さりとて別に, しかしそれ, しかしそれなら私, しかしマルサス氏, しかし一つ, しかし三十年後, しかし何だかこう, しかし充分, しかし実際, しかし引きつづい, しかし意識, しかし最も, しかし最大満足, しかし群集心理, しかし考え, しかし自, しきりに海, ずいぶん長い, せめて平均値的, ぜひ詑びにゆけと皆, そういう所, そういう通い, そうした, そう仰有った, そこから, そっと足, そののち一年, そのカマ山, その中, その代り之, その体, その傷口, その劇作家的才能, その大, その姿, その後に, その朝, その精神, その連用法名詞, そりや, それから時日, それでいて我々, それでは都会, それでもたまに, それでもよく, それでも将門, それでも徳川, それでも相当, それでも茂太郎, それにしてもだれ, それにも, それを, それ等の, それ諺にも, そんな風, た, たしかにこの, たしかに小峯セツ子, ただその, ただ注文, ただ美しい, ただ親友, たぶん, たまに理性, たまらない, ためだ, だれでも, ちと商売人, ちやうど, つい先頃, つるつると, でも万々, とても豚, とにかくここ, とにかくしかして見た, とにかくそういう, とにかくその, とにかくもうあと, とにかくチベット, とにかく二人, とにかく天井, とにかく新進, とにかく留まる, とにかく自転車用道路, とにかく重大, ともあれみんな文学青年, ともかくも, どうせこの, どうみ, どうも僕, どうやら北の方, どうやら大家, どんな風, なでても, なにかひどく気むずかしく, なるべくなら, なア, のっぺりと, ひとたびそれ, ひと晩とまった, ぶら下りかねないという, ほんとの, まずその, まずまず健康, またその, また遠慮, まだ書こう, みんな面を, もうこうなっ, もう心, もしか馬, もしこの, もし君, もし実在, もし明白, もちろん確たる, もとは, もともと, もはや抱擁, やがて寒, やはり呻い, ゆえに自分自身, よい着物, ようすが, よかった, よくよく考え直し, よく分るらしい, よもやまだ二十二三, わしが, わたしの, われわれの, アダム, アルコールの, アレ以来始終, イワシこそは, ジナイーダの, ゼドリンは, ソレでも, ヒダの, ブルジョア文学の, ベルリンなら, 一人も, 一人前の, 一体この, 一体どんな, 一度こうと, 一種の, 一體どんな, 万一運転中, 下座に, 下曲を, 不思議に, 世間から, 世間では, 久し振りで, 乾いた土地, 二どと, 二人で, 二少年や, 五六廉位植字の, 交通は, 京都から, 人種の, 人間によって, 今に, 今は, 今まで, 他に, 会へ, 伝統の, 伸びて, 佐月とだけは, 体の, 何う, 何かと心, 何だか初めて見た, 何だか恥しさうな, 何だか森林, 何となく機嫌, 何事に, 何分にも, 何者かの, 例えば上田秋成, 信州の, 倉地は, 借金だけは, 借金取だけは, 停車場から, 僕が, 僕は, 元来が, 兩者共に, 六の, 具体的な, 冬は, 処が, 切支丹であっ, 別荘で, 到るところ滝, 前から, 十一時ぐらいじゃ, 十八九の, 危期めいた, 危険な, 又その, 又休み, 又表現, 口に, 口碑に, 古墳に, 只単に異国情調, 可哀想に, 可憎, 史的唯物論の, 同時になにひとつ毛嫌い, 同格の, 向うでも, 君は, 唯国, 嘉代さんが, 四年の, 困りますよ, 国立博物館か, 城太郎も, 声の, 変な, 変テコな, 多くは, 多分若園君, 多量の, 大そう, 大体に, 大工町に, 大酒, 大阪のは, 天から, 天平五年に, 夫と, 奉公口を, 女房は, 好い, 好いで, 好いと, 好い此方, 如くに, 如く宗教家, 娘が, 娘時代肺門淋巴腺を, 婦と, 婦人に, 実を, 客の, 室の, 家の, 容貌では, 富貴な, 寧ろ因襲, 小さいけれども, 小窓, 少しも, 少なくとも一週間以上, 尠く, 屍体の, 山下の, 左に, 巨き, 差留めも, 己は, 幅物書く, 平, 平年には, 平気で, 年毎に, 店開きだ, 弓に, 引こみも, 強いて反対, 強いアルカリ性, 当り前で, 彼には, 彼の, 彼らにとって, 彼女が, 彼等の, 彼等自身が, 後に, 御親父は, 心の, 必要と, 怒られたくらいで, 思うに, 思ひなしか, 恐らく, 悪まれ口, 愈々せつぱつまると三原山, 意地を, 慶長年間弘前城築城の, 我が工女, 或動かせない, 手を, 手当り次第に, 打身の, 押麦は, 損も, 故にこの, 故にその, 故に趣味, 故に遊戯, 故人は, 敬意も, 文化あたりに, 料理に, 旅行は, 旅順も, 日々の, 日付を, 早い話, 早くおふくろ, 早晩形造られるべき, 明日あたりにでも, 明治廿年三月十日まで, 春木少年は, 時々は, 時々食べた, 時おり金, 時と, 時間性の, 晩酌を, 普通には, 最後に, 朝日が, 期待を, 末っ子の, 本来が, 本質的に, 柱を, 案外の, 桜の, 椿の, 権利共千二百円で, 欲しいと, 歌は, 武蔵と, 武藏の, 死ぬよう, 死んだ後, 死亡率は, 段々縁, 殻の, 比較的明かな, 気詰りであった, 水商売なら, 江戸へ, 江野村の, 決つた許婚が, 法科へ, 泥ぼっ, 活気の, 混濁した, 満洲, 滋養分は, 火鉢の, 無論難, 熱が, 爰が, 特に嗅覚, 猛烈な, 猫撫で声を, 現在の, 田舎の, 白秋年纂, 目を, 相当これ, 相当に, 真実に, 石城郡の, 石室の, 硝子戸を, 磐瀬の, 社会科学も, 私は, 空景氣を, 窮鳥ふところに, 立ち聽きされ, 範頼が, 糧食難の, 紀州の, 約半秒程度, 細かく気, 結ぶべき毛, 結局を, 絶えず非常, 総じて赤人, 美作あたりに, 義経は, 考証好きの, 耳朶に, 背中の, 腹一ぱいで, 自分では, 自分よりは, 自発的に, 臭いもの, 良いお前, 花魁の, 苦痛とも, 荒木は, 落ついた寝息, 薪を, 裝飾的要素の, 西村眞次氏の, 覇道主義者が, 見當, 親と, 親鸞は, 言葉の, 記録の, 試験なんぞを, 誤解を, 誰の, 警部には, 買いたいもの, 賛成も, 質的に, 足利時代かと, 逃げるん, 途方も, 銀二郎は, 長禄に, 間辺氏の, 陰に, 雌雄な, 青白い夢, 青野は, 非常に, 音羽屋風の, 頂上が, 頭を, 顔は, 顔を, 顔中鼻も, 騒ぎも, 高宗皇帝は, 鰐口の, 默つて我慢し

▼ しないもの~ (659, 2.5%)

49 である 4032 はない 24 だから 16 です 15 でも 14 はなかっ 13 だと 10 がある 9 であること, ですから 7 では, はありません, を 6 があった, であるが 5 であった, なの, なん, のよう 4 があろう, だが, だという, であると, であるという, ならば 3 だった, であります, でありまた, とされ, と見える, は一つ, は何, を感じ

2 [32件] があっ, があったろう, があります, が何人, さ, だね, だよ, だらうか, であつ, であるかぎり, であるかの, でしょう, でなければ, として思惟, となっ, と初, な, なら, になっ, に悩み苦しん, はありませんでした, はしない, はまず, は無かっ, への憧憬, もあります, もある, よ, をわざと, を探し, を自己, を見た

1 [263件] か, かその, かと云う, かも知れなかった, からみる, か判断, か終り, か自嘲, があったら, があり, があるだろう, がある程度, がどこ, がなけれ, がゐる, が入っ, が多々, が多い, が天, が少く, が政治上, が段々, が現れ, が目, が突然, が見えた, が逢, が醗酵, さえある, さねえ, じゃ, ずっと調和的沈潜的, その色, だあんなに, だことに, だし, だそう, だったか, だったから, だって沢山, だつた, だつて, だとしても, だとも, だなあ, だなぜ, だろうか, だ拷問, だ落ついて, であ, であったが, であったり, であって, でありその, でありますが, であるか, であるから, であるかを, であると共に, であるならば, であるの, である所, であろうが, でお互い, でかつて, ですからね, ですが, ですし, ですもの, ですよ, でないと, ではり, でやはり, でハンドブック, で不眠, で如何, で拒絶, で股引, で進歩, で露見, と, というふう, というべきであろう, という考えかた, とし, としてもと, として育った, として裏返し, とする, とては家, となる, との関係, と不断, と信じ, と同じ, と思っ, と思われ, と思われる, と断言, と簡単, と考えられた, と考えられる, と見, と見られる, と言わね, と認め, なくまた, なのね, なのよ, なら過去, にあこがれ, にする, になった, になつて, になまじっか, になります, になる, には, にはわかりません, には何事, には到底, には形, には理解, にぶつかる, にまでも広げる, にまでも廣げ, にまで拡げる, によってはじめて, にサイン, に向っ, に対しては一定, に対しては更に, に対して支払わしめる, に思われ, に相違, に署名, に薔薇, に見えます, に金, に関する空間表象, ね, のけの, のこと, のため, のない, のみ正しき, のやう, の中, の像, の名称, の方, の様, の為, の生存, はあるまい, はいかに, はいっさい実在, はいろいろ, はお寺, はこの, はしゃれた, はしようが, はすべて, はとかく, はどう, はどうにも, はないだろう, はなかつた, はなく, はなくなった, はほとんど, はまあ, はもはや, はわれら, はオミット, は一人, は一方, は何とも, は何等, は割合, は宜しく, は恐ろしく, は批評, は文学, は村中, は正道, は残し, は法典編纂論, は災い, は眼, は精神異状者, は罪人, は罰する, は自分, は避け, ばかり, ばかり多く, への欲情, へ向っ, ほど店, またはおそらく, までが, までが同じ, もあった, もいる, もなけれ, も多い, も往々, も稀, らしい, らしく深く, をいいかげん, をいつも, をお仕置, をこの, をしきりに, をそれ以下, をつくる, をのこされた, をヒヤカすよう, を人, を人目, を他人, を仮定, を僕, を勝手, を取った, を取り上げる, を尊兄, を平気, を引率, を彼, を憧憬, を手, を押売, を指し, を支那, を攻撃, を日限, を書い, を材料, を欲情, を残した, を殘, を殺した, を汝, を理解, を目的, を示し, を翹望, を考え, を胸一杯, を見, を規定, を証拠, を買いこむ, を遠ざける, を食べたがる, を食べる, 呼んで, 成り立たないもの, 考へたくても, 聞こうと

▼ しないという~ (549, 2.1%)

50 ことは 34 ことを 22 のは 19 ことが, ような 11 ことに 10 ことだ, のが 8 ことである 7 ことも, のである 6 のだ 5 ことだった, ことで, ことであった 4 ことから, ことです, のか, ので 3 ことによって, ところに, 事は, 事実は, 意味が, 条件で, 点で, 誓いを

2 [27件] こと, ことじゃ, ことだけ, ことでした, ことと, ところは, ものが, ように, わけで, わけには, んだ, 事を, 処に, 意味の, 条件の, 点である, 理由から, 理由で, 理由は, 筈は, 約束の, 約束を, 自信が, 話だ, 誓を, 限りは, 限りも

1 [237件] お姫様が, ことあるいは, ことそれは, ことそれ故に, ことだけに, ことだけを, ことであり, ことでない, ことなどが, ことにかけては, ことに対し, ことのみ, こともう, こと個別化が, こと従っ, こと犠牲とか, こと電話や, この長, じつにうまい, せいも, その怠慢さ, その点, それの, たいせつな, ところ迄, ところ面白い, のかね, のかも, のであります, のであろう, のと, のとは, のなら, のをね, ふうであった, ふうに, ふうを, ふしぎな, もうしあわせを, もっとも堅い, ものである, ものであるなら, わがままも, わけです, わけな, わけにも, んで, んなら, カンバンを, ゲルマン風な, タテマエでは, チャイコフスキーの, フェア・プレイの, ヴォルテールの, 一事を, 一大原則の, 一大汚名を, 一札を, 一般の, 一般性に, 上野介の, 不便が, 不思議の, 不満, 不足を, 主張である, 主張を, 主義を, 事が, 事である, 事な, 事に, 事の, 事例は, 事実である, 事実に, 人が, 人は, 件で, 余裕が, 例外を, 保証を, 偏頗な, 傾向であった, 労働法を, 印象を, 取り沙汰を, 口実の, 君の, 問題では, 噂じゃ, 因果な, 堅い決心, 場合には, 声明を, 夜を, 大いなる弱点, 大どろぼう, 大胆なる, 奇獣ノクトミカ・レラティビアの, 奇現象を, 妙な, 姿勢を, 学問生活の, 安心と, 安心の, 実例でした, 家風, 巧みな, 希望が, 建前であった, 強硬態度を, 彼の, 心事も, 心持の, 心頼みが, 思想です, 性格には, 性質が, 性質だった, 恰好である, 意味での, 意味に, 意味らしい, 意志表示じゃ, 意見が, 感じな, 態度で, 態度は, 態度を, 憲法には, 憲法を, 所が, 所まで, 所も, 手は, 批評も, 抵抗力を, 故を, 新例, 新聞の, 方法も, 日本型ファシズムの, 旧時代, 旨を, 最も不合理, 末端だけが, 村民の, 条件でです, 条件なら, 条件を, 条件付で, 条件附きで, 極めて普通, 様子である, 気が, 気に, 気もちも, 気持は, 気持を, 決意を, 法は, 法則に, 源十郎の, 点が, 点だけが, 点に, 点は, 点を, 状態で, 状態に, 状態は, 理由の, 理由も, 生活態度は, 用心が, 田舎角力であっ, 目安に, 矛盾に, 短所を, 確乎たる, 確信が, 確実性が, 積極的な, 筆法である, 箇条など, 管理が, 精神の, 約束が, 約束で, 約束では, 結論である, 結論と, 結論に, 絵だ, 美徳を, 美食家です, 考えかたが, 者が, 脱俗人, 腹で, 自信も, 自信を, 著しい特色, 藤枝は, 表情を, 衿持を, 見と, 規律を, 覚悟で, 親の, 観念であろう, 言質を, 訳です, 訳な, 証拠が, 証拠などは, 証拠は, 評判じゃ, 評判を, 話である, 誓約を, 誓紙を, 誓言だけは, 誓言を, 誤った観念, 説の, 議論なぞは, 賭博の, 迷信が, 遠大な, 頓狂ものです, 類の, 風だった, 風で, 風に, 風習も

▼ しないから~ (481, 1.8%)

56 である 196 して, です, 安心し 3 これは, でも, なの, 何も

2 [27件] いい, いけないん, お前も, こんなこと, そう思え, それだけは, それは, それを, だと, ぢや, であった, であります, であると, 一層海端, 不可ない, 不気味ながら, 他も, 堪忍し, 大丈夫だ, 女が, 御安心, 気狂には, 泣かして, 解らない, 誰も, 面白い様, 風呂場へ

1 [322件] ああいう, あつらえ向き, あなたに, あれで, あんなこと, いいけど, いいの, いい相手, いくらうたっ, いけない, いけないと, いけないの, いけない愛情, いずれ遊星, いつまでも, えらい, お上も, お出でと, お前と, お梅, お蝶, お香, お高, きく筈, きっとだれ, こ, こういうこと, こういう呑気, こういう山家, ここには, この手, この暑い, この綺麗, この間に, これくらゐ, これを, こわがること, さあ安心, さすがに, さア, しずかで, しばらく腰, すぐ手, せめてこんな, せめて短篇位新, そういう植物, そうする, そう思っ, そう思っとい, そう短気, そこから, そのほう, その代わり, その儘棄, その古文書, その実物, その対象, その年紀頃, その方, その時ぼく, その結果, その辺, それだけ容易, それでは明日, そんなこと, ただください, ただ手, たとえ一本, だいじょうぶだ, だめです, だよ, だらう, だんだん動物園, だ其の, っ, ついみずから, つまつてる, つまり有り得た, であ, でありましょう, でありましょう植え込み, であり殊に, であろう, であろうか, でき上がったもの, でしょう, ですよ, でせうよ, といつて別に, とどのつまりお前, どういうこと, どうか, どこかへ, どんな事, なお狭苦しい, なりたくても, なるべくえらい, なんてうまい, なんでせう, ねえお願い, のばしたの, はいはいと, はらを, ひとつどこぞで, まあ受取っ, まあ附い, まず差迫, まだやらない, みな下手が, みんなが, もうタクサン, もう日本, もとよりこの, やっぱり相, よう, ようござん, よかった, よしたが, わが死, わたしはも, アア困, イギリス捕鯨船だけに, ソレは, ッて, ツて, トーキーという, バカげて, パンの, マルを, 一つの, 一つ引きたて, 一刻も, 一語だけ, 不思議だ, 不思議な, 不承知なら, 不行跡だ, 世の中で, 世界観という, 二つ共残し, 二人一緒に, 二十日以内には, 二階へ, 五日には, 仇汚れ, 今夜の, 今度また, 今日といふ, 介意しない, 仕えやすい, 仕方なし, 低きに, 何を, 余計な, 俺も, 偉い, 僅かの, 兄, 入って, 入つて來い, 分らない, 分らないので, 分りませんけれども, 切って, 刈るの, 前々通り懇意に, 割合ようございます, 助けて, 動くとき, 勘弁し, 勢い博士自ら, 北極熊の, 十日分の, 又六, 古い自分, 右の, 君に, 君は, 吾, 唱が, 因縁です, 困る, 困るという, 夜が, 大きなこと, 大丈夫です, 大師さまの, 失敗し, 妻でない, 始終居合刀, 子供な, 子供を, 安心した, 安心しなだが, 安心しろ, 安心だ, 安心なさい, 宜い, 家に, 寝かし着けて, 幾らでも, 庖丁で, 当然中国, 彼が, 彼も, 彼等が, 従って又, 心苦しくて, 心配した, 心配しない, 必然的に, 思ひ切つて, 思ふ樣, 性根が, 怪しいつて言, 恋人が, 愉快である, 手は, 折を, 支那の, 文壇は, 新銭座, 早く帰れったら, 早く歸れつ, 最後の, 東京では, 根まわり雑草の, 根限りの, 業を, 横に, 正一郎は, 正直に, 気を, 決死の, 泥足の, 済まないが, 烟に, 無実の, 爾う, 狭いのに, 瑞西の, 田山白雲が, 畑へ, 病的な, 白昼の, 益々こだわり, 盲法師は, 直き, 真実の, 確実な, 神も, 神原の, 私が, 私たちは, 私の, 私は, 私を, 空想が, 約束の, 素人タンテイが, 組み方なんかは, 結婚する, 結局グショグショに, 結局歴史的に, 結果は, 縁者に, 縛らないで, 繩は, 罪人と, 罰が, 職工とは, 能く, 自分が, 自分で, 自殺どころで, 自然を, 自然科学者自身さえが, 至って静か, 芸術論など, 英雄という, 落着い, 落葉が, 薄汚いと, 虚栄の, 表戸, 裏山へ, 西洋に, 見せて, 見て, 見るもの, 覚悟を, 親子三人この, 観念論, 解る筈, 訳を, 証拠に, 話が, 誠に自由, 諜舌りたい, 變ぢや, 貞清之を, 起こる誤解, 退屈する, 通じないの, 連れの, 道庵が, 邪魔だったら, 邪魔に, 重いの, 重くも, 金を, 金貸しの, 間に合い薬, 降っても, 降りて, 隠された真理, 雲が, 風の, 食物の, 馬も, 駄目, 齒痒い

▼ しない~ (470, 1.8%)

11951 だから 46 です 28 だよ 20 だもの 14 ですよ 13 だが, だろう 10 だからね 9 だね 8 ですから 7 じゃない, でしょう, ですもの 6 だと, ですか 5 だけど, だぜ, だな, ですからね 4 だからな, だけれど, ですが 3 だろうね, だわ, ですがね 2 だこの, だし, だって, だという, だねえ, ですけど, ですって, ですつて, ですね

1 [47件] じゃありません, だえ, だがなあ, だがね, だけどなあ, だけどね, だけれどね, だそう, だぞ, だた, だだが, だってこと, だってこッ, だってだから, だつば, だとさ, だどうしても, だみんな, だらうな, だろう気取るつもり, だわたし達, だア, だヨ, だ中でも, だ俺, だ先, だ到頭, だ新しい, だ理由, でございます, でございますけれど, でございますけれども, でございますよ, でしょうが, でしょう見て, ですええ, ですかねえ, ですがねえ, ですけれど, ですけれども, ですってね, ですの, ですのよ, ですわ, です停車場, なら労働者, なら歳暮

▼ しないでは~ (436, 1.7%)

44 いられなかった 31 いられませんでした 28 なかった 20 いられない 15 ない 13 ないが 11 ないか 10 ゐられなかつた 9 ありません, なかつた 7 いられないの, いられなくなった, ゐられない 5 いられません, おかない 4 ありませんが, いられないよう, いられなかったの, おかなかった, ないの 3 いない, なかつたが, 居られません

2 [17件] いられないであろう, いられない人, いられない程, いられなくなって, いられなくなりました, おかないもの, おかないよう, なかつたけれど, なかつたけれども, ゐられないの, ゐられないほど, ゐられなかつたが, ゐられなくなつ, ゐられませんでした, 何だか気, 居られなかつた, 科学的に

1 [152件] あぶなくて, ありませんか, ありませんでした, あり能わぬの, いくら交際, いつまでも, いないが, いないし, いないだろう, いなかった, いません, いられず日本, いられないだけの, いられないであろうと, いられないでは, いられないと, いられないという, いられないのに, いられないはず, いられないほど, いられない事, いられない切迫, いられない心持, いられない性質, いられない気持ち, いられない直観, いられない立場, いられない衝動, いられない辰代, いられない部分, いられなかったに, いられなかった事情, いられなかった著者, いられなかつたが, いられなくなったと, いられなくなったの, いられなくなったらしい, いられなくなります, いられなくなる, いられなくなるの, いられぬ, いられぬほどに, いられぬ昔風, いられぬ気持, いられませんよ, おかないつもり, おかないでしょう, おかないという, おかないの, おかないやう, おかないよ, おかない清逸, おかない筈, おかぬ, おかぬといった, おかれぬ心, おらずたびたび, おられないという, おられない仕事, おられない所, おられない手癖, おられない氣持, おられなかった, おられぬらしい, おれないの, おれなかった, おれませんわ, お気の毒, お顔, この車中風景, この頃流行, すまさないの, すまない気, それを, とても女, どうしても居られない, ないし, ないん, ない前触れ, ない悲報, なかつたどうせ, ならない親, なりますまいが, なり立たないそう, ひつてね, もう生き, やって, やまない, やまない力, ゐられないだらう, ゐられないやう, ゐられないわ, ゐられない問題, ゐられない彼, ゐられない必ずしも, ゐられない日, ゐられない程, ゐられなかつたそれにしても, ゐられなかつたの, ゐられなかつた山, ゐられなくなる, ゐられません, エーテルの, 万葉の, 事々に, 何にも, 利潤の, 去らないだろう, 合理的と, 塗りつぶしきれないといふ, 安住し得られない, 安心し, 実験一つも, 居なかつた, 居られない, 居られぬ, 居れない気持ち, 已みません, 平たく舞台, 御座いませんでしたが, 意味を, 成立しない, 本気で, 止まないという, 止まないといった, 正妻という, 気の, 済まぬ, 済まぬとさえ, 済むまいと, 滅多に, 濟ま, 無かった, 無からうかと, 物足らない, 生きること, 生き切れぬこと, 直接に, 眠ったこと, 祖先の, 結局無, 置かないの, 置かないはず, 置かないはなやか, 置かない人々, 置かない方, 置かぬこの, 置けないと, 義理知らずだ, 落付い, 言語の, 過すこと

▼ しないでも~ (423, 1.6%)

51 ない 39 なかった 12 いい, いいよ 86 ありません 5 いいん, ないが, なかつた, よろしい, 好い 4 いいと, よいの, 可い, 私は 3 いいじゃ, いいの, すむ, なかつたが, よかった, よさそう, 好いから

2 [16件] ありませんが, いいから, いいこと, いいだろう, いいですよ, いいよう, いいわ, ないの, よい, よいでは, よかろう, 何う, 句を, 好いよ, 済むよう, 立派に

1 [201件] あとは, ありますまい, ありませんでした, あんまり叱らない, いいお, いいかも, いいからね, いいが, いいぢ, いいでしょうが, いいでしょうそちら, いいです, いいや, いいやね, いいわけ, いい先方, いい私, いつの間にかチャッチャッ, お前さん一人ぐらいは, お父さんの, かげでは, きまって, こういう心境, この芸, これで, これは, じかにおれ, すみそう, すみました, すみましょうあなた, すむところ, すむの, すむ方法, すむ程, すんだが, すんだのに, そしてその, その事実, その努力さ, その暇, その秘伝, その複雑, それと, それを, た, たしかにかの, ただこうして, だいじょうぶだ, ちゃんと気, どうかなる, どうにでも, ないだろうと, ないであろう, ないのう, ないらしい, ないフラフラ, ない北外, ない心, なかつたけれど, なかつた母, なかつた間もなく, なくなる, なしと, ふつうの, ほかに, ほぼ知る, ぼくの, ぼくを, また社會, もし何, やがてみなさん, よいじゃ, よいと, よいという, よいのに, よいよ, よいよう, よい数, よい気働き, よい貞操, ようございましょう, よからう, よかろうに, よろしいわけ, よろしかろう, よろしゅう御座います, りっぱに, わたしが, エラクなれませう, クリストフにたいする, ザット沸立たせ, 一年の, 一応適用, 一遍に, 丁度音楽, 三つや, 亀の, 交際会の, 人さへ, 人に, 人間として, 今度行け, 他に, 仮に文字, 何とか済む, 何とか話合い, 何とで, 信仰さえ, 信仰の, 偉大な, 出來, 出来ます, 別に生活, 口から, 可いよ, 可愛い娘, 同じ事, 器用な, 堪へ忍ぶといふ, 場合さえ, 外に, 大丈夫だ, 大丈夫です, 天井から, 失敗する, 好いと, 好いわよ, 好い私, 好からう, 妙子さんさえ, 宜い, 宜かったろう, 宜しい, 宜しい忙, 実力さえ, 害が, 寂然たる, 少しあいそ, 居処が, 島へ, 差支あるまい, 常にお, 彩畫の, 徒党の, 得られる, 心の, 怖いよ, 意志によって, 愚圖ら, 慥に, 本阿弥家, 次には, 次の, 歴史的人物としての, 毎日の, 洟を, 済まされたもの, 済まされて, 済み竜, 済む, 済むの, 済むのに, 済むやう, 済むんぢやないか, 済む気がね, 済んだろう, 済んだろうと, 済んで, 火口底へ, 物理や, 独りでにお前, 独りでに切れる, 生きた芸術, 生きて, 用いられるから, 用を, 男女の, 皆が, 直ぐに, 直ちに次, 相手役の, 真実の, 知れ切ってる陳説, 私の, 美くし, 美しい人, 翌日も, 肚に, 自然に, 良い大丈夫, 蒼々と, 蓬莱和子は, 行くよ, 解釈する, 誰にも, 農家の, 迷児に, 途中まで, 通るが, 長屋門の, 食べて

▼ しないので~ (411, 1.6%)

19 あつた 6 私は 5 彼は 3 せう, 今度は, 私も

2 [15件] あらう, あらうか, お通, せうか, それを, わたしは, 与次郎は, 今は, 僕は, 半七, 困って, 女は, 正三は, 綱に, 術も

1 [342件] あきらめたよう, あきらめて, あたし達はずろすの, あつて, あらうかと, あらうが, あるならば, いくらでも手掴み, いくら水を, いっそうみじめ, いつだつた, いつも私, いやん, いよいよ情, うち明け, おかみさん, おまけに, おやじが, お初は, お奉行所, お竜ちゃん, お米, お船蔵あたり, お高, かれは, がすとさ, ここに, こころの, こちらから, この頃, これには, これは, これはと, こわい様子, こんどは, ござります, さき立ちの, さすがの, さては自分, さらさらと, さらに三代目河竹新七, しかたなく, しまいには, しんみりした, すぐ向い, すっかり嫌気, すっかり書けない, せめて態度, そうした, そこで私, そこの, そっと背, そつと, その一端, その村人, その機会, それが, それこそ, それで支那人, それなら, だいたい何世紀前後, だからッ, だんだん心配, ちらっと庄吉, ついには, ついに行かず, つまらない, つまらなさうに, つまらなそう, とう, とうとう其所, とうとう夏侯, とうとう根負け, とうとう業, どうした, どうもキッパリ書けない, どこの, ながいあいだ, のび法題, ひと先ず, ひどく腐, びっくりした, べつに簡素, まあどっち, まさか眼, ますます奥深く, まずよかっ, また, また下へ, また居住, また峠路, また素面, まだ真犯人, まったくよかっ, まるでそれ, みんなも, むらが, めらう, もう一度ノック, もう臍, もし彼等, やっと怒った, やはり思い, やめ, やめた, やめた二三十匹, よく二足三足先, わかります, わたしだ, わたしの, われわれの, ギンは, スッカリ忘れ, スモオキング・ルウムに, ズズットンズズットンと, フーラー教授は, ポチの, ポチも, マリ子を, 一と, 一人一人違った, 一人減り, 一旦目, 一歩毎に, 一目見た, 一言弁明する, 三度四度聞き返し, 三木も, 上野の, 不人気な, 不思議に, 両者とも, 五百は, 交渉し, 人々は, 今まで, 今も, 今夜来た, 仕事が, 仕方なく, 伊織も, 伝六は, 佃は, 佐兵衛は, 何とも言えない, 何んと, 何処か, 僕も, 元気なく, 先が, 先方から, 先生一体どう, 全く通常性, 八時を, 公魚の, 六三郎は, 其の不思議, 円朝物の, 凄みは, 処どころに, 出て, 出発に, 分寿, 刊本以外の, 動坂へ, 千枝太郎は, 危険が, 只今は, 只管机に, 召使いが, 同志を, 吻つ, 囚徒を, 四五日その, 困った, 困ってるん, 困ります, 困る, 困るの, 国夜業から, 国府津で, 地震を, 堀部君は, 堅田まで, 外へ, 外国人には, 多々良君も, 天皇も, 夫の, 始めの, 威厳を, 娘は, 実はこの, 実雅, 客足悪し, 家人は, 容易に, 寺の, 小坂部も, 小次郎は, 小説家も, 少しも, 少し落, 居士も, 岡崎氏は, 川口の, 左門を, 帝の, 平次は, 平生から, 庭に, 弱って, 弱る, 張合いが, 強いて下っ, 強いて訊く, 彼らは, 彼女の, 彼女は, 往来で, 後から, 後ろ向に, 従姉も, 心配である, 忠直卿の, 悲しがる, 我慢しきれなくなった, 房枝は, 手柄話が, 持って, 捕鯨船の, 擦れて, 料理人に, 早や, 昨日小太郎が, 晝間は, 智慧の輪や, 暫くためらっ, 書かなかつたまた, 有名ださうだ, 有志即ち, 木立ちの下には, 本人は, 松園さんの, 板の間は, 格子を, 案外紳士, 槍の, 機嫌を, 歌女寿も, 死骸は, 母は, 母も, 民衆から, 気の, 気の毒とは, 気まずい顔, 気持が, 気概の, 気短かな, 江戸から, 汽笛を, 法師たちの, 泣寝入りに, 清々と, 渠も, 温度さえ, 源兵衛は, 潤一青年は, 爺さん牛は, 犬は, 玄也は, 王は, 生れる子供, 生存競爭上いつも, 病人は, 相手の, 真暗な, 硫酸銅の, 確かな, 神尾は, 神様の, 私の, 立派な, 竜之, 竹青が, 第一, 筆の, 紅葉が, 細君は, 終に東京, 結局私の, 綉褥に, 美しい女, 老人は, 耳でも, 腹が, 自分に対して, 自分も, 自滅し, 芸妓たちは, 荒れて, 荷物を, 落胆し, 藪の, 血に, 裁判が, 見参不可能です, 解ります, 記憶に, 話も, 誤解は, 調子悪, 謎が, 谷川岳の, 返すわけ, 退廷し, 途方に, 通りがかりの, 遂に廢刊, 郷党の, 重昌馬を, 金五郎は, 鉄斎は, 銃を, 銭湯へ, 長く伸び, 長屋中の, 険しい表情, 隠し様が, 雇って, 雨戸も, 青侍は, 頭なやむ, 顔の, 顔を, 風は, 食べ方研究, 饑え, 駕籠舁が, 高木は, 黙つて

▼ しないのに~ (319, 1.2%)

8 あんなこと 3 人から

2 [14件] ちょうどその, べらべらと, むやみに, ベラベラと, ベルの, 傍へ, 勝手に, 失望した, 春木座だけは, 気が, 私に, 自分の, 違いない, 酒だの

1 [280件] あなたは, あの八幡, あんな事, いきなり喚いた, いささかの, いささか拍子抜け, いつとは, いつに, いなくなると, いやそれどころかそんな, おやおや, お前こそ, お神さん, お經, お艶, お金の, かってに, きまりが, こう言っ, この人たち, この女, この座, この機械人間, こんなところ, こんなに恋しく, こんなに考え, こんなみじめ, こんな事, さっさと弾い, しきりにあやまっ, すっかり持ち出さなく, すべての, そういちいち力, そこに, そのあいだ, そのくせ, その余生, その傍, その取澄ました, その女, その子, それが, それでいてじれったい, それは, それを, そんなに仰, そんな事, そんな共同正犯, そんな精しい, たまたま上陸, とにかくその, どういふ, どうしてコンナ, どうも茶, どう言, どんどんと, なおしゃべっ, なぜぐずぐずし, なぜ生れた, なんだって, なんの, にんじんは, ねえ, ねこは, のこのこやつ, のみ込んで, ひとか, ひとりで, ぴったり閉, ぶつこと, へんな, まちがって, むこうから, もう五十本, もう帰る, もう自分, やっと恢復, わたしの, カバンを, ガタガタ体を, ガランと, サア, タッタ一人の, チラと, パクパクし, ホホまア, 一つは, 一人で, 一応判つた顔, 一日の, 一鼓六足の, 七十歳で, 三白眼で, 三遍やっ, 上記の, 世間が, 世間は, 中の, 人が, 今や郡下随一, 今度は, 今日来る, 他人が, 代金を, 仰有るわねえ, 伸びて, 佃に, 位牌の, 何でおれ, 何の, 何もかも彼, 何んで, 何んと, 何故こんな, 何故やる, 例の, 供養を, 傷害罪や, 元氣, 兄に, 内藤君が, 凡骨が, 切りと, 列席した, 初世, 別になんという, 前掛, 十六ぐらいで, 千生さんの, 印気を, 反して, 反対し, 口から, 口だけで, 口を, 口走る必要, 古渡り, 吃り女に, 同意した, 名乗って, 向うから, 向うで, 向こうから, 呑み込み顔の, 味を, 嘘の, 因るもの, 地位地位と, 地廻りの, 夕日屋とも, 外に, 外の, 大した疲れた, 太った身体, 女の, 官から, 宙を, 富が, 寝台の, 尾を, 岡ッ引きが, 左手で, 帰ったの, 平気で, 幸内を, 幸太郎は, 廊下のかべ, 引立てられて, 弱つち, 弾圧くう, 当時の, 彼の, 彼女が, 彼女について, 後ろの, 御苦労さまに, 御苦労にも, 悦びを, 悪い人, 悪魔は, 愛したがるから, 愛の, 慾タカリ婆は, 憎らしさ, 憤慨し, 抗議を, 折れるという, 捉まっ, 掃除当番で, 支那朝鮮の, 敵手が, 施しを, 早く来, 明の, 架空な, 機関部の, 此の, 殴ったあ, 気の毒がっ, 氣が, 氣づく, 水に, 水を, 決まって, 洗いざらいみんな, 温いねばねば, 激しい感情, 火夫は, 無暗に, 無理に, 無茶苦茶に, 父親の, 片足を, 犬を, 犯人は, 狂人として, 瓦斯メートルが, 生れ故郷まで, 由來する, 病気が, 病院を, 百五十億ドルもの, 百姓の, 盃を, 眠ったふう, 眼の, 眼を, 石垣の, 石油が, 確かに, 私が, 私は, 稚な者, 穴へ, 突然おかしな, 突然こちら, 立って, 細君を, 紳士の, 肩から, 腹を, 自ら進ん, 自分で, 自分では, 自分一人で, 自由に, 自白する, 舌を, 船の, 若者が, 茶碗に, 荒れて, 葉子の, 蜂が, 親類たちから, 解脱した, 言つた, 許婚者の, 語法に, 説明し, 越したこと, 跋を, 蹴飛ばしたり, 身だしなみが, 近村で, 追いかけたり, 進行を, 逸早くそこ, 遊びに, 運転手は, 道中焼, 違ひない, 閑斎が, 隱れ, 非常に, 音楽の, 食べたつもり, 餌などを, 高輪は, 鳩ヶ谷の

▼ しない~ (295, 1.1%)

4 またその 3 第一

2 [16件] またかかる, またそれ, また一, 会いも, 何も, 偉くも, 動きも, 又そんな, 子供の, 文句の, 無実の, 知ろうとも, 私を, 自分の, 誰も, 貧乏な

1 [256件] あたしだって, あったところ, あんな馬鹿騒ぎ, いく十日かかっ, いつそ, いま物狂わしく, いわば禁じられ, うっかり進む, うろうろも, おいしい物, おせっかいも, おれは, お白洲, お角, かえってお互い, かつ子に対しても, けちで, こうやっ, ここでも, ことに宗教学者, このまま, このん, この上彼, この僕, これからは, これには, これまでの, こんな懸け, したくないという, するから, そうしろ, そこで彼自身, そのくせ, その上夜, その必要, その悲しみ, その気分, それが, それに, それにこの, それに小さな, それに相, それを, そんなこと, ただ深刻, たといやった, だらしなく, だれも, ちっとも無い, ちゃんとユリちゃん, ちょいちょいちょいちょい, ちょいちょいちょいちょい行きたくっ, つまらなそう, つまらぬこと, できるだけその, どうか御, どこででも, どこへ, どっかに, どんなに忙しく, どんな環境, なさけ無い, はぐらかすこと, はねかえすこと, ふりむきも, ほかに, ほとんど驚こう, ましてやその, ましてや愛, またある, またこの, またこれ, またずるい, またそこ, またそれら, またてんから, または喜歌劇, またゲーム, また一言, また仕事, また何, また何物, また向こう, また喜ばなかった, また子供, また減少, また無理, また煽動, また理論上, また甲斐, また皆さん, また私, また肯定, また誰, また非常, また食べない, まるで泣く, むしろ気安く, やめやう, よしんば私, よし額, よその, わけて婦人, わるい心, イラッシャイとも, エミイの, キリスト教徒でない, ジャーナリズムが, ストリンドベリーの, チンも, トムとは, ブラシュヴェルは, ロシアみたいに, 主観的必然性という, 乳を, 事実が, 五十万円の, 些とも, 人が, 人影も, 人生においては, 今いっしょ, 今まで, 今日じゅうは, 今日は, 仕事も, 他の, 会いそう, 何と, 使いの, 僕が, 先方でも, 出来ない, 刀を, 分りっこもありません, 分量も, 又さし当り存在, 又それ, 又をぜの, 又事実それ, 又出来ない, 又吾, 又大, 又必要, 又愛される, 又或, 又本当に, 又生存, 又自分, 又車掌君, 反抗的に, 反撥も, 取次ぎも, 古い題材, 右翼的に, 向うも, 君たちは, 君だって, 吸収も, 品によっては, 四十雀なら, 太閤記だの, 妾奉公といふ, 姿も, 安定し, 完全無欠という, 実際の, 家さへ, 寝床も, 寝返りを, 小万さん, 小僧を, 山猫の, 市電は, 平気で, 床の間が, 弁信の, 弱っちゃった, 彼は, 後の, 従順でも, 御安心, 思いやりと, 意識を, 戸も, 手も, 挨拶を, 掃除も, 新しくも, 既知の, 時間の, 晩飯に, 暑すぎ, 有難いこと, 材料が, 来ること, 歯牙にも, 殺生を, 気持も, 永久の, 汚水を, 泣きやみ, 浮気で, 減じも, 火より, 熱心に, 父親が, 犠牲の, 現にその, 理論も, 生かさないのね, 白墨という, 直接に, 相手に, 相手も, 相談にも, 真珠の, 矜り, 知っても, 知識社会学は, 童話といふ, 笑いかけても, 第一湯, 結構幸福, 習慣も, 考へも, 聞かせて, 胃腸の, 自己主張も, 舵も, 落ちも, 薔薇の, 行動にも, 覺え, 言っても, 試合した, 誰かが, 誰一人として, 趣味なんか, 身体の, 速いから, 道誉も, 酒も, 野心満々たる, 金属が, 銅像は, 鍵は, 開成山へ, 頬ずりも, 頬を, 頼めば, 顔だ, 首の, 高い生活, 高潔は, 髭も

▼ しないわけ~ (280, 1.1%)

29 にはゆきません 28 にはゆかない 21 では 14 にはいかない 13 には行かない 10 に行かない 9 にはゆかなかった, には行かなかった 8 にはいきません 7 である, には行きません 6 にいかない, にはいかなかった 5 にいかなかった, にはゆきませんでした, にゆかない, に行かなかった, はない 4 には行きませんでした 3 にいかぬ, には行かないだろう, にゆきません, に行きません

2 [15件] だ, です, ですが, でぜひとも, でも, なの, にいかなかつた, にはいかなくなった, にはゆかぬ, にはゆくまい, には行かなかつた, にゆかなかった, にゆかぬ, にゆきませんでした, に行くまい

1 [42件] かと思われる, さ, だけれど, で, であるが, でしょう, ですね, でなかった, などは申し上げる, にいかず, にいかん, にいきませんでした, になる, にはいかなかつた, にはいかぬ, にはいきませんでした, にはいくまい, にはま, にはゆかず, にはゆかないであろう, にはゆかなくなった, には參, には行かないであろう, には行かなくなった, には行かん, にもいかない, にもゆかない, にもゆきますまい, にも行かない, にゆかないでしょう, にゆかなくなった, にゆかなくなるだらう, に參, に往かん, に行かず, に行かなかつた, に行かなくなった, ね, はあなた, はなかっ, は手術, わかりました

▼ しないうち~ (269, 1.0%)

75 にもう 4 に早く, に私 3 にその, に彼

2 [19件] からもう, からもうすでに, から子守, から自分, にお前たち, にきっと, にそこ, にまた, に人口増加, に先生, に又, に彼女, に急, に揉み消し, に森さん, に死んだ, に母, はそれ, はまず

1 [205件] から, からいや, からきく, からことごとく, からすぐ, からすでに, からそう, からその, からそんな, から家庭, から少女, から年来, から必ず, から感づい, から最早, から無駄, から話し, から賭博, から農村, から鎌倉, だった, ならそれ, にあの, にあんた, にいきなり, にいつ, にうしろ, にうとうと, にうろたえ, にお, におしつける, におととい, におびただしい, にお座敷, にこの, にすでに, にそういう, にただ, につかまつ, にという用心, にね, にはい, にはただ, にまたまた, にまっ黒, にみな, にみんな, にも一つ, にやみ, にわたし, にアネサ, にグングン, にシャウフェル自身, にタイクツ, にハンカチ, にバア, にパン, にペトログラド, にマス, にメキメキ, に一人, に七月, に万が一, に三人, に三十分, に三吾, に上司, に下手人, に不知哉丸, に世間, に人口, に今, に今日, に他, に何, に何等, に例, に元気, に入社, に全身, に其の, に刑務所, に列車, に初さん, に前年度, に友だち, に召集令, に台所, に味方, に四年生, に圧迫, に夏, に外, に大, に大正十二年, に夫, に奥, に嫌つて, に嫌悪, に子供, に学校生活, に定, に家, に宿, に将軍, に將軍, に尾世川, に山, に山荘, に帰っ, に帰った, に引き上げよう, に引つ込む, に当人一人, に彼等, に忘れ去る, に恐れ入っ, に意外, に戦死, に捕まった, に放射線, に断る, に斯ん, に既に, に明け, に暗誦, に朋輩, に本人, に梅雨, に極言, に死ぬ, に気配, に水先案内, に波田, に海松房模様, に消え, に火事, に父, に病弱, に白墨, に盲目, に私達, に秋山, に空, に竪坑口, に第, に素晴らしい, に縫物, に繁代, に自然, に荷物, に菊千代, に親切, に話しかけ, に谷, に谷川, に貴重, に買わない, に送っ, に道化師, に鉄, に隠居, に雨, に電車, に首, に馬, に騰貴, に鱗, に鶏舎, に麹町, に鼻柱, の旦那, の若い, は, はあなた, はあんな, はいろいろ, はその, はだめ, はどうも, はほんとう, はグルゥバッハ夫人ともどうしよう, は世の中, は何, は倒れ, は僕, は先方, は分らぬ, は千度, は外, は妄り, は嫁どころ, は官邸, は寝なかつた, は寢, は幽霊船, は幾日, は死に切れない, は死ん, は気, は眞, は表面, は見当, 早くも, 毀れた時計

▼ しない~ (222, 0.9%)

7 え, どうか 6 と怖 5 それが 4 それを, 知ら 3 である, やかましくなれ, 幻燈に

2 [13件] お前さんが, きいて, して, するならば, それに, ただ形式的, っ, どうかを, 一つ一つ大きな, 或ひ, 私は, 考へても, 錢形の

1 [154件] あの激しい, あまりに多く, ありは, あるいはまったく, あるいは何, あるいは息子, あれは, いきなり敵, ういふ, え渡舟, え鳶頭, おまえもか, お風呂, ぎりあきらかにそれは穿違へ, くし女二人し, こいつ, こういうこと, こういう虫, こう見え, ことに娘ざかり, この馬鹿野郎, こぼしは, これは, これも, こわしは, さう, さもなく, すぐに, すなわちこれ, するかという, そいつを, そういう話, そのいずれ, そのこと, その辺, それからまた兄さん, それこそ, それだけが, それでは外, それとなく殿様, それとも却って, それとも淵川, そんなこと, つてね, つまり神様, であるそれ, であるばかり, であるノルウェイ, です, ともう恐ろしくて, どうかが, どうかは, どちらかにのみ, はりに, ばかだ, ひそかに, ふしぎである, またその, またはよく, または当時, または消費, また多数, まるでこの, むずむずする, もしもそうだ, よくやりたがる, よく考へ, れも, わからぬほどの, わたしは, ゐたら今度, ア, カチュウシヤの, ギャングの, ソレを, ッ, ツ, ツて, ヘンに, レアが, 三度の, 不良少年に, 世が, 云々, 云い換えれば, 人と, 今にその, 何処も, 作画上に, 僕に, 八, 分らないデッサン, 分るものぢ, 努力を, 医者でもね, 危機一髪と, 又その, 又どの, 又は意識, 又は自覚, 又ひょっと, 取られては, 同一構造, 名前が, 否かを, 問い合せるよう, 大なる, 太閤の, 家が, 少くとも, 少しいつもの, 彼の, 悪く捻っ, 或いは失われた, 或いは極めて, 或はこの, 或は一人, 或は狩人, 扉を, 抔と, 旅費は, 暇も, 気が, 気を, 油絵なぞ, 混合的に, 田舎へ, 番頭様に, 疑っては, 眼ある, 知らと, 知らん, 知ら浅, 確かめたいと, 私が, 第一身体, 考へて, 自分で, 自動車は, 自訴と, 若くは, 苦しかったら, 行き詰りでは, 見て, 解らん, 誰か, 誰か後から, 識者は, 赤い短冊, 酔った酔ったこんなに, 鈴木屋の, 長いこと相談, 雲が, 顔だけ

▼ しない~ (207, 0.8%)

66 がいい 16 がよい 12 がい 6 が好い, が宜 5 がよから, がよろしい 4 がまし 3 がよかっ, がよかろ, が宜しい, が賢明 2 がかえって, がよく, が可, が当, が望ましい, が無事, が良い, です, の物質

1 [57件] が, がお, がずつと安静, がその, がどうか, がよ, がよかつ, がよっぽど, がよろし, がよろしかろ, がサッパリ, が今, が余程, が僕, が勝ち, が却って, が却つて眞, が反っ, が多い, が好かっ, が好かろ, が幸, が当然, が彼等哀れ, が後, が得策, が惡, が曲芸, が本当, が気らく, が無難, が確実, が罪悪, が自分, が賢い, だったので, であったが, である, でいつも, でこっち, でしたから, ですが, でそれで, で着ろと, で聽, で自分, で親譲り, なん, ねあなた, のお, の気持, の海螢, は眼, へそれ, らしかった, をかえって, を却つて喜

▼ しないやう~ (204, 0.8%)

11 にし 9 になつ 87 である, にする 6 なもの 3 だ, に氣 2 だが, な氣, な私, な言葉身振り, な風, に坐, に思はれる, に疲労, に見えた, に頼む

1 [130件] この問題, だね, であつ, でした, ですが, では, でも, で調和, な, なきびし, なけた, なすぎ去る影, なずる, なズルズルベツタリ盃, な人々, な人たち, な人物, な人間, な何物, な冷然, な口調, な單, な場合, な廊下, な形勢, な怠け者, な態度, な書物, な気, な物體的, な状態, な用意, な目付, な確り, な種類, な筋書, な自然, な話, な身構, な配色, な顔, にいつ, にお, におりられる, にかく, にくれぐれも, にしなけれ, にしなさい, にします, にしませう, にしまっ, にしよう, にせせら, にせよ, にそつ, にたとへば, にたのむ, につて, にできるなら, にとあらゆる, にといつ, にといふお話, にといふ配慮, にとその, にとマスク, にと心, にと綿, にと自分, にと言, にと足, にと飢ゑ, になりました, にね, には出, にふらふら, にまた, にもう一度, にネ, に上つた, に事務員, に修養, に充分, に其の, に努め, に努めませう, に十分注意, に大まか, に如何なる, に安全弁, に寧ろ, に導い, に川向う, に思つて, に思ひます, に思ふ, に戸, に振舞つて, に教, に日々力, に暗く, に梁, に次第, に殺し, に水害, に注意, に片手, に生き, に町役人, に矛盾, に私, に立ち上り, に笑つて, に紅白, に臆面, に舞, に蔭乍ら主人, に裏門, に見える, に話し, に警戒, に述べた, に遠く, に鑑賞者, に長, に開け, に降りる, に静まり返つ, に願, に默, 陰ながら贔屓

▼ しないかという~ (202, 0.8%)

19 気が 13 ことを 7 ことである, ような 5 ことは 4 ことだ, ことだった, 気も 3 ことでした, 惧れ, 懸念が, 疑問が

2 [16件] ことが, ことであった, ことな, ことも, 予覚に, 問題が, 心配が, 心配で, 心配な, 心配の, 心配は, 心配も, 漠然とした, 質疑が, 重大な, 風に

1 [95件] かすかな, ことその, ことで, ことです, ことに, ことまで, それである, ちがい, とりこし苦労, のか, のであった, のである, のです, のは, はかない空頼み, ふうに, ふうにも, ように, わけだ, んです, ミレンが, 不安が, 不安だ, 不安で, 不安であった, 不安とが, 不安に, 事である, 事は, 事よ, 今それを, 処に, 切実な, 危惧よりも, 取越苦労なども, 取越苦労を, 可能性を, 問が, 問題です, 問題な, 噂さえ, 均一的な, 夜更けの, 大きな恐怖心, 嫉妬が, 形式的で, 御懸念, 心づかいから, 心当りが, 心当りである, 心配から, 心配であった, 心配であるらしい, 心配などは, 心配に, 心配を, 怖れとで, 恐怖から, 恐怖に, 想像が, 懸念から, 懸念で, 懸念の, 懸念や, 抗議が, 暗示を, 望みを, 母親の, 瀬戸際に, 点, 点だ, 点だけ, 点だけが, 点でした, 点などから, 点に, 疑いが, 疑が, 疑問は, 疑間, 相談であった, 着想に, 空想が, 空想を, 紙一重の, 素人臭い, 絶えざる不安, 考えが, 脅迫めいた, 莫迦げた望みも, 虞れ, 説は, 説も, 警告を, 質の

▼ しないところ~ (156, 0.6%)

13 がある 7 を見る 6 にある 5 である 4 があった, のもの 3 から生じた, があっ, です, にこの 2 だと, であった, であつ, の完全性, の無, の無数, へ, をみる

1 [89件] から出, から平素, から来る, から生ずる, から自然上流, から被ら, から見る, があつ, があり, があるなら, があろう, がいい, がまた, がチョット, が乙, が君, が味, が善良, が多い, が彼女, が感心, が皆んな, が社会党, が面白い, が面白く, さえもある, たしかに出, だ, だが, だろうと, であらう, ですから, でそっくり返っ, で心地よく, とてもなかっ, と二つ, と既に, にあった, においてその, にすべて, にどうして, になり, には必然, にまた, にまで到達, にまで此處, にもいい, に信仰, に剣, に商い, に宮司, に少し, に彼, に彼ら, に彼女, に本当, に病気, に発展, に礼, に竜神, に自由, に致命的, のあの, のある, の人間, の信仰, の哲学, の多い, の夢, の太郎冠者, の安心, の教育法, の紛糾, は一寸, は無い, へいたずらに, へゆく, へ出た, へ巨大, まで一年間, もあっ, もあった, もある, もでき, も出る, も好い, をただ, を暗に, を見せつける

▼ しない~ (156, 0.6%)

6 である 4 でも, にし, にしました, になっ, はない, はなかっ, もない, よ 3 がある, だった, にした 2 が多い, が必要, が起こっ, です, にきめ, にする, になる, までよくペラペラ, を深く

1 [91件] いひか, か, がありませう, があるです, がございました, がはがゆく, がよろしく, が又, が実験済み, が必要条件, が条件, が沢山, くらい美しい, さえある, じゃ, だが, だし, だね, だろう, であった, でありながら, ですから, ですとさ, では, で其, で有る, で次, で空想, と久しぶり, なども何となく, などを実例, にかね, にきめた, にきめました, にしたい, にしよう, になった, になつて, になつてしまつたの, にはなおりません, には下駄, には力, には本当, に依っ, に依つ, に名刺一枚, に定めた, に定めてる, に従う, に心, に違, の苦い, はありません, はさつき, は一通り, は云う, は勿論, は明白, は明瞭, は稀, は言わず, は訳, ばかりする, ばかり言つて, もあった, もありませんでした, もなかつた, も世界一, も従来毎月一二回宛, も明, や西比利亜犬, をいっ, をわかった, を不相, を以て忠実, を余, を勝手, を思っ, を時々, を爲, を特徴, を立証, を自分一人, を見, を言い切った, を話した, を話す, を誓う, を誠, を誹っ, 云われちゃ

▼ しないじゃ~ (152, 0.6%)

90 ないか 21 ありませんか 17 ないの

1 [24件] いけないよ, いられないからね, いられないわね, いられなくなって, おられないの, ないかと, ないかという, ないですか, なかった, ならないで, ならないん, ならんぞ, なるまいねえ, ねえか, アありません, アない, ア有りません, 出来まいが, 気が, 済むまいけれど, 置かないん, 顔が, 駄目じゃ, 駄目だ

▼ しない~ (143, 0.5%)

9 がある 3 だ, である, はあるまい

2 [11件] が何, が多い, が多く, で, であった, ですから, のほう, のよう, の心, の態度, はまれ

1 [103件] かといふ, からはまた, から色々, が, があった, があり, がありましょう, がいるでしょう, がだまされる, が他人, が出, が多, が恐ろしく, が戯曲, が撫で, が東京, が沢山, が無闇, が縛られ, が貧乏, が金, だけに例, だけに限る, だっている, だね, であり従って, であり正直, であるが, であること, であるよう, でさえ体系, でした或, でしょう, でなければ, ではあった, でまあ, でもその, でもやはり, とさも, としてこの, とはそこ, とは一目, と一緒, と感じ, と言わね, なん, にたとい, にとってはこういう, にとっては哲学, にはいくら, にはこれら, にはとうてい, には何, には容易, には恨み, に分類, に到底, に話, に過失, の下, の世話, の云, の口実, の名, の多い, の恨み, の所, の方, の気, の淺, の為すべき, の翻訳, の葬式, の言, はそれでも, はない, はなかろう, はゐない, は五十銭, は勿論, は少ない, は思想的, は男, は私, は誰, ほど気の毒, までも幾分, もあるだろう, もあるでしょう, もしくは私, もなかっ, も多く, よ, よりは何, よりは苦労, より後悔, を, をなぜ, を俟, を恨めし, を指名, を捉え, を未だかつて

▼ しない~ (140, 0.5%)

38 しても 8 きまって 7 相違ない 3 何が, 違いない 2 かかわらずその, きまってる, きまつて, せよ, せよ全, せよ私, 決って, 相違なく, 違ひない, 関わらずシリアス

1 [61件] いたしましたところ, かかはらずこの, かかわらず, かかわらずどこ, かかわらずなお, かかわらず判断, かかわらず文化発展, かかわらず理知, きまったもの, きまってるわよ, きまつてるから, してからが, しろ, しろその, しろ迎えに, すらすらと, せよいかにも, せよしょっちゅう, せよ互いに, せよ互に, せよ体, せよ熱, そんなもの, ちがい無い, ひらひらと, よけいな, 係らず人類共通, 先んじて, 北川家に, 反して, 定って, 寄って, 年々宿根が, 弥次馬の, 思わぬ出来事, 拘はらず当選, 拘らずそれ等, 拘らず単なる, 拘らず官僚, 拘らず当然, 拘らず終局, 拘らぬ一つ, 拘わらず生粋, 極っ, 極ってる, 極まって, 決まって, 相違無い, 知ったかぶり, 解いて, 越したこと, 違いなかった, 違ない, 違ひなかつた, 錠を, 限ります, 限る, 限ると, 限るわ, 頭から, 驚いたが

▼ しないため~ (106, 0.4%)

32 であった, である, にだ, には, にはどう, に人間, に初め, に君, に必要, に無理

1 [83件] かさっぱり, かどちら, かも存じません, そういう方法, だった, だと, であろう, であろうと, でまったく, でもあっ, とか我, にあたり, にあらゆる, にお, にこそあらかじめ, にこそ人間, にこちら, にこの, にすこし, にその, にたくさん, になのよ, にはあんなに, にはそいつ, にはどんな, には同じ, には役立つ, には繋縛, にまた, にもこの, による, に一生, に事務所, に今, に作られた, に個々, に働く, に到, に匆卒, に双方, に反, に営養失調, に大, に容易, に小作, に局部, に当分, に当分成行き, に必ず, に政治家, に新聞紙, に朝, に機嫌, に次, に溝, に無茶, に理論家, に生じた, に用紙面, に疑い得ない, に発明家, に眼, に結婚, に絶えず, に自分, に蓬, に衣服, に買っ, に起こる, に起る, に足部, に銘々事物, に飢え, に駄目, のいちばん, の口実, の心, の注意, の護符, の鞭, もない, わざわざこんな, 何とも判断

▼ しないとも~ (106, 0.4%)

24 限らない 8 限りません 6 限らないから 3 限らないが, 限らないの, 限らなかった 2 かぎらない, 考えられる, 限らないからね, 限らないぞ, 限らないので, 限らぬ, 限りませんから, 限るまい

1 [43件] いえない, かぎらないからな, かぎりますまいに, かぎりません, かぎりませんの, きっぱりきめたい, この三日, するもん, つかないあいまい, つかない状態, はっきりしない, わからない要因, 云わずに, 云わないじゃ, 云わなかった, 分らないうち, 源氏へ, 解らなかつた, 言わずに, 言わないで, 限らずいずれ, 限らないこの, 限らないし, 限らないじゃ, 限らないそこ, 限らないそして, 限らないで, 限らないという, 限らないとか, 限らないのに, 限らないよう, 限らなかつた, 限らぬどのみち, 限らぬの, 限らんから, 限らんが, 限らんぜ, 限ら無いこの, 限りますまい, 限りませぬ, 限りませんけれど, 限りませんよ, 限るまいと

▼ しないといふ~ (97, 0.4%)

11 ことは 5 ことが 4 のが, のは 3 ことで, ことである 2 ことを, のである, やうな

1 [61件] お互, お約束, こと, ことある, ことから, ことだけ, ことな, ことに, ことによ, ことの, こと從つて私が, この辛辣, その事実, た, ところに, ところを, やうに, わけで, チャッカリ屋で, 不安が, 不自由さから, 事は, 事ばかり, 事実に, 事実を, 傾向が, 劍幕です, 叱責を, 國が, 境では, 境でも, 変な, 奇病患者な, 実力を, 布令を, 恐ろしい習慣, 意味の, 態度な, 料簡とは, 有様だ, 氣が, 法が, 法は, 洒落に, 状態だ, 理由は, 筈は, 紀州熊野には, 約束を, 習慣で, 行き方, 証拠には, 誠に今日, 謙譲な, 超然主義は, 返事が, 遣方, 鉄則によ, 鉄則の, 風です, 風にも

▼ しない限り~ (95, 0.4%)

43 もない 2 その人, はない, は私

1 [82件] あらゆる人生, ある, いひか, おそれるわけ, かう云, きっと飛ん, こういう席, このよう, この企て, この変化, この日本, この概念, この率以上, この都市, そのイデオロギー, その出来栄, その推論, その教区, その松林, その理論, その疑惑, その解決, その騰貴, でない, どうしてそんな, どんな悪党, なかなか一致, においては今度, において名目的, において百千, において顧慮, のこと, はあらゆる, はお, はおとなしく, はお嬢様, はそれ, はだ, はどんな, は一体, は何日開場, は依然, は俺, は充分, は凡そ, は初め, は十人並, は喜ばし, は彼, は映画, は死ぬ, は男子, は総, は自然, は薄ら寒, は誰, は頭, まず心配, まず無益, または同じ, めったにあの, もあるまい, もう二度, やむを得ません, より悪く, 不経済, 何等科学的意義, 例えば専門学者, 先ず大丈夫, 全く居候的存在, 多分大して贈賄, 始められない, 実はヘーゲル, 寧ろ驚嘆, 恐れるこたあありゃあ, 或いは他人, 決してその, 決して直接, 遂に一生坐り, 長く輸入, 長く輸出, 飲み込めないもの

▼ しない~ (92, 0.4%)

11 はない 4 はなかっ 2 は眞, は真, もある

1 [71件] があった, がある, があるだろう, があるなら, があろう, がいくらか, がいたろう, がいる, がすべて土地, がその, がひとり, が何処, が多い, が多かっ, が多く, が少なく, が居た, が幾百万, が撫で, が盗賊, が闘牛場, だの父勘兵衛景憲, である, です, でなければ, でも, にとっては美わしい, には一考, に対しても常に, に疑い, に盃, に米, のため, の中, の例, の娘, の方, の言, の間, はなかろう, はほとんど, は三十フラン, は不正不義, は偽善, は僞善, は全く, は居ないであろう, は死ぬ, は殆ど, は永く, は無い, は無から, は物, は町方, は終局, は総て国家, は罰, は追い出し, は間抜け, は非常, までが困, もあった, もあり, もあるだらう, もよく, よりも平均二週間, をも気嫌い, を叔母, を探り, を毎日, を養子

▼ しないつもり~ (91, 0.3%)

1513 である 10 です 5 だが 2 であります, であるから, でいた, でいる, でも, でゐる

1 [36件] かそれとも, かも知れない, じゃから, じゃがはて, だから, だからと, だった, だったが, だったけれど, だつたけど, だよ, であった, であったが, であるが, でござる, でした, でしたが, でしたけれど, ですから, ですが, ですし, ですわ, では, でをりました, で一考, で居る, で御座いますの, で手, で栄蔵, で築地, なの, なのよ, なん, の由, よ, らしいこと

▼ しない~ (89, 0.3%)

3 一件だ, 僕は 2 お前さんは, 俺は, 姫糊を, 婆さんと

1 [75件] あの通り, うちの, うまくいった, お云, お前と, お前に, お前の, お前はんに, お天気, お父さんに, けどこれ, この小さなカウスリップ, この通り, そこでお, そのかわり子供, そのこと, そりや, そんなもの, ただお母さま, ただね, ただ一杯, だって君たち, ところでどう, どこへさ, ねえ龍平, ほんとに, ぼくを, まだもと, もし誰, わしは, ウあんな, ッ, ツ, ドジを, ドヂを, 一彦君, 一體何を, 三両一歩入ってる, 下手人の, 世の中が, 久しぶりで, 今どこかの, 今日この, 今明ける, 仙さん, 何故はい, 例の, 其ならさせ, 其の代り, 君人間は, 女が, 子供でも, 子供の, 帰んな, 当て違い, 恐れること, 愉快は, 戦争に, 擽ぐっ度, 斯う, 春, 来るもの, 此の, 此方は, 死んで, 決してもうあたし, 猫に, 第一お前, 西洋には, 見当違いも, 赤ん坊は, 辰弥は, 遊んで, 阿父さん, 面白くも

▼ しないけれども~ (77, 0.3%)

2 何を, 変動する, 憎らしいこと

1 [71件] いいと, おまえみたいな, お宅, ここと, この形, この気色, この際, これまでは, さっきも, さながら女子占領軍, しかも地代, じかに直接, すべてかかる, そうだ, そう云う, そこに, その後光, その苦々しい, それでもわたし, たとへば毆, だいたいは, とにかくおそろしく美貌, とにかくこんど, とにかくよっぽど後, どうかし, どうした, どうしてだ, どうも大体, ほんとにひどい, やはり川上, 一旦夫, 二人の, 今度仙台の, 仕事の, 何でも, 偶然性と, 先ず河合ダンス, 兵馬として, 其等は, 劇壇から, 十年前頃までは, 単純に, 古碁名局, 向うには, 君は, 哀しげに, 唯本田さん, 多分チベット人, 実は, 富子は, 少なくとも分明, 山笠そのものは, 彼が, 彼の, 彼らに, 恐らくは常, 或は当時世上, 改めてじっとその, 政治家は, 旦那様ばかりは, 普通の, 梁の, 森と, 生徒から, 生活難から, 畳の, 絶えず私, 親子には, 錦絵などでは, 非常に, 顔だけ

▼ しない~ (67, 0.3%)

20 に行かなかった 9 には行かなかった 3 にはゆかなかった 2 では, にいかなかった, にはいかない, には行きません

1 [27件] がない, だ, でありますから, であり奥歯一本, である, です, ですが, にいかなかつた, にはゆかない, にはゆかないであろう, にはゆかなくなった, には参りませぬ, には行かない, には行かなかつた, にまいらなくなった, にも行かなかった, にも行くまい, にや行かないだらう, にゆかないであろう, に参りませぬ, に往かなかつた, に行かない, に行かないでしょう, に行かなくなっ, に行かなくなるでしょう, に行かぬ, に行きません

▼ しないかを~ (66, 0.3%)

9 恐れて 5 私は 4 恐れた 3 恐れる, 恐れるの, 気づかって, 考えて 2 確かめるため

1 [34件] うかがった, しらべたもの, ながめた, ひそかに, よく理解, 一寸考へ, 不審に, 不思議に, 人々は, 卑怯者と, 吾, 実は私, 彼は, 恐るるもの, 恐れたの, 恐れないの, 恐れながら柱, 恐れるから, 恐れるけれども, 恐れるだけ, 恐れるのみ, 恐れるほどに, 恐れ夫, 恐れ秘密, 憂える向き, 探索しよう, 決定する, 疑うもの, 疑ふ, 見きわめるかの, 見に, 見るの, 警告し, 警戒せね

▼ しないまでも~ (66, 0.3%)

2 その心, 江戸中の, 第一国語

1 [60件] あれでも, いくらかよくなる, ここを, これからそんな, さしつかえなく寝床, すこぶる冷淡, せめて祝福, その幾個, その未来性, そんなこと, ただわけ, とにかく増加, どちらかと, ほぼ同様, ほんとうの, まあ孤児, もうスポーツ, わたくしは, キリスト教の, 今度は, 他の, 何かと会員, 何百人と, 兎角等閑, 公儀の, 其霊性の, 内心喜ん, 切めては, 前へ, 否定する, 呪咀する, 変に, 宗教の, 家の, 容れられは, 少くとも, 少なくも瞥見, 山椒魚か, 巴里の, 彼にとっては, 必要を, 態度で, 戦争中一度も, 改札口の, 暗い巴里, 最う少し, 深くあやしみ, 物資不足やら, 狭くては, 生活の, 病勢が, 碓氷川の, 私が, 突きつめれば, 篤胤の, 素振で, 自然江戸つ, 賃銀半額に, 非道い, 黄昏と

▼ しない~ (65, 0.2%)

4 の方 3 がある 2 にさ, に椅子, は人間

1 [52件] がいちばん退屈, が多く, が来る, でさえかなり, でしたが, でもやはり, でも男, とがある, にすらあった, になっ, にはわかり切った, にはトラピスト, には何時, には地主, には妙, には後, には恋愛, には技術, には本書, には自製, にゃ邪魔, にゆっくり, に出逢っ, に強い, に来る, に相当, に走る, に限っ, に限る, に黄申, のこと, の予備, の事, の夫, の學問, の経過, の經過, の衣裳, はいつ, はその, はない, は國王, は家, は怪我, は戦術, は老女, は自然, は荷物運搬用, は誰, は足, もあった, 多く得たる

▼ しないかも~ (62, 0.2%)

14 知れない 6 しれない, 知れないが 4 知れないと 3 知れません 2 しれずまた, しれないが, わかりません, 知れぬが

1 [21件] しれないけど, しれないけれども, しれないよ, しれぬ, しれませんが, わからないという, 分らずに, 知れず従って, 知れないかう思ふと, 知れないから, 知れないけれども, 知れないしかし, 知れないという, 知れないよ, 知れない併, 知れぬ, 知れませんが, 知れませんけれども, 知れませんさ, 知れませんねという, 知れませんよ

▼ しないくせ~ (60, 0.2%)

252 にあの, にこんな, に人

1 [29件] がある, して, にきみがわるい, にこころ, にさも, にそれから, にとんだ, になま, にみんな, によく, によけい, にタアニング, にフランス語使, に今日, に何, に何処, に僕, に分る, に嘘, に四人, に多趣味, に文字, に本能的, に杖, に浪六さん, に生意気, に脅かし, に遠く, に高尚

▼ しない~ (60, 0.2%)

4 に脱却 2 から信じ出した, のこと, の通り

1 [50件] お民, からいきなり, からだってそれだけ, からどうしても, からの知己, から中学教師, から大勢, から失望, から知っ, から私, から隠微, た, たしか四五度手紙, だったらきっと, だって一度, だつた, でした, といった後, といつた後した, にいつの間にか, にその, にそれら, になんと, にみのる, に交際, に今日, に作つた歌, に国木田独歩, に専務車掌, に彼, に後援者達, に戸, に敵, に殿下, に熟れ, に真相, に関守, に額, のあの, のある, の一切経, の半年位, の姿, の常世人, の自分, の議論, は俺, は僕, 既に支那, 程美しく

▼ しない~ (60, 0.2%)

11 はない 9 である 72 がない, であります, はなく

1 [27件] があらう, がなかつた, じゃ, だから, だからね, だが, だがね, だけれども, だった, だと, だわ, であるから, であるが, であるしたがって, であるとは, ですから, では, で御座います, と思ふ, なの, なので, のこと, のもの, の競輪場, の處, はなかろう, もない

▼ しない人間~ (57, 0.2%)

4 である 2 が小説, だ, のところ, の悲しい

1 [45件] が疑はれ, だが, だし, だったらここ, だという, だね, だよ, であつ, であるならば, である従って, である從つて, でね, ではない, とちがっ, とみずから, なん, になりたい, になるでしょう, になんで, に化け, に君, に欲望, のやう, の大人, の少し, の心理, の趣味, の通有性, の顔, はそれ, は大, は恐らく, は無駄, は生き甲斐, は運動, は馬鹿馬鹿しい, は駄目, ばかりだ, もいる, よりもたとえ, を一ツ, を一掃, を作る, を唾棄, を見る

▼ しないけれど~ (55, 0.2%)

1 [55件] うまいコーヒー, お互いに, お前さんの, お前は, こうした簡単, この人, しかしたんに, しかし黒, しかもフランス, そしてある程度, そりゃ私, たとえば女の子, だから却って, ちょっと遊び, とにかくゆうべラ・トト, とにかく焼け落ちた, なぜお父さん, なんに, ねえお峯, ほんとは, もし死者, もっと深く, わたしなんぞ, わたし一人ぐらいは, 一処に, 三千子変死当夜の, 三浦政太郎さんが, 下手人でなかったら, 事実が, 人の, 何の, 例えば日本橋筋四丁目, 公園の, 写真の, 只困, 同じ深度, 安心したい, 実際問題, 岡山へは, 峠の, 彼には, 後暗い事, 心の, 旦那が, 朧気に, 標本に, 此の, 母親からの, 空想の, 立会人に, 自慢な, 芳さんあの, 誰も, 這箇だつ, 鱒は

▼ しないはず~ (55, 0.2%)

8 はない 74 がない, である 2 だった, です, なの, はなかっ

1 [24件] があろう, がなかったろう, だが, だことに, だぜ, だったから, だったじゃ, だったね, だったん, だよ, だ返事, であったそして, であるから, であるの, ですよ, でわずか, とついカッ, なのに, の人, の懐疑主義, の男, はありません, はなから, よ

▼ しないとは~ (53, 0.2%)

4 限らない 2 いえない, いえ私, 云へ, 限らないから

1 [41件] いう, いえないの, いえ会うと, いえ流汗淋漓, いえ開けるからには, おかしい, お言いなさりゃすまい, かぎらない, かぎらないの, けしからん, どういうわけ, なんという, 云いません, 云えない, 云われない, 何事である, 保証されない, 別問題, 勿論諸君, 卑劣な, 増長し, 如何した, 怠惰の, 想像し得られない, 感心だ, 申しませんよ, 考えられない, 考えること, 聞くが, 言い切れません, 言えない, 言ってないん, 言ひきれません, 言へ, 限らないでしょう, 限らないの, 限らないん, 限らない否, 限らない否観方, 限らぬ, 限るまい

▼ しない場合~ (53, 0.2%)

4 が多い

1 [49件] か意識, があります, があり得る, が多かっ, が女性, が無く, が生じた, この手, すらある, その理由, であり他面, である, でも出来る, でも初代, とが入り, と更に, なお且つ, などあっ, などがある, に, にいかに, にこの, にしか労力, にしか勞力, にそんな, にだけありうる, にのみ私, には係り役人, には労働者, には否, には埃, には外交交渉, には或は, には戦争, には眞, には答える, にまたは, に均衡価格, に外, に袈裟, のこと, の主張, は他, は初め, は父島, は見る, もあるであらう, も多い, よりも引去り得る

▼ しない~ (50, 0.2%)

4 だから, であるが 3 である 2 が一層, だ, であつ, もいる

1 [31件] がどう, が悲し, そういう男, だが, だけに過ぎないです, だった, だったが, だつた, だと, だもの, であった, であったから, でいつも, でおまけ, でしてな, ですからね, ですが, です危ない, ではなかっ, で所望, と旅行, と碁, なん, に家庭的, のこと, のよう, の人たち, の大声, は指, もある, を裏切る

▼ しない~ (46, 0.2%)

4 であった 3 がある, である 2 が相手, は何となく

1 [32件] から不意, から察, か何時, があつ, があります, があるであらう, が不思議, が役人, が残る, であり従って, であるし, であろう, でした, です, で成功, にある, においてどうして, には生命, にまでやたら, に来る, のその, の他, の帽子, の社会, の絹, へ出た, へ行っ, まで似, も似, を好い加減, を探し, を見る

▼ しない~ (45, 0.2%)

3 になった, に注意 2 な事, に, に私, に見受けられる

1 [31件] である, であると, でい, です, でゐ, ならその, な伯父, な暴動, な気, な男, な通俗小説, な顔, にし, にしかし, にとつとめ, にと私, になつ, にセッセ, にネエ, に世話, に主, に入口, に家, に幾多, に引外, に気, に祈ります, に笘, に綿, に落着, に警戒

▼ しないほど~ (44, 0.2%)

2 だった

1 [42件] お松の, かしこい人, かれ等, しんかんと, すさんで, その妨害運動, それほど近代的, ただ無性に, だから, であった, である, でございますよ, でさえ, です, とげとげしく突っかかっ, なら楠木, な平身低頭, ひろい大, まったく単純, 主題は, 事実は, 今の, 代々の, 分り切った話, 卑しいところ, 大なる, 家業に, 巧く, 広々と, 怪しいひびき, 早く癒, 機敏に, 深く考えこん, 無智, 男子の, 私の, 自分には, 軽くその, 辺鄙な, 迷って, 進歩し, 音楽が

▼ しない~ (43, 0.2%)

33 やない 3 やア 2 やありません 1 やそんな, や本当, や無, や無い, や駄目

▼ しない~ (43, 0.2%)

132 があった, がつい

1 [26件] がひどく, して, で居, にこんな, にし, にそれ, にていさ, にとにかく, になるほど, にまず, にもうど, によく, に今更, に切り, に利用, に妙, に差出る, に広げ, に彼女達, に我々, に白痴, に要らない, に難, に顔色, をだんだん, をつけなけれ

▼ しないばかりか~ (42, 0.2%)

2 それを

1 [40件] あまつさえ其の, いよいよ昇天, かえっていろいろいたわっ, かえってその, かえってそれ, かえってテーブル, かえって一生恩, かえって誤れる, これを, すつかり, すでに用心深く, だんだんさびれ, ますますその, またかという, 一切の, 今は, 会えば, 先代の, 却ってお, 却って幸之助, 名誉の, 咳の, 夫婦も, 巡査上りの, 年々歳々洪水の, 彼の, 彼女の, 持って, 攻めに, 時による, 更に疲労衰弱, 棄鉢に, 汚ら, 病が, 背から, 読み終わった時, 豊吉は, 鉄扇を, 頭に, 鼓を

▼ しないほう~ (41, 0.2%)

21 がいい 9 がよい 2 がよかろ 1 が, がどれ, がよ, がよく, がよご, がより一層, だから, だったが, をでしょう

▼ しない~ (39, 0.1%)

1 [39件] あたし平気よ, あみだ, いまいましい, おままごと, お気の毒, きっと, こっちへ, これ丈は, さもどりましょ, せんに, それじゃ, たとえ医者, だから嫌わない, ねえ, ねえ南条さん, ねえ起き, ほんとうに, もう, もうきっとしない, もっともっとタクト, よしあっ, わたしたちは, イイーだ, ベシー, ヨーゼフ, ーた, 冷く, 只ね, 夢を, 妾二十円宛二度位ひ, 新さんは, 汽車まるで, 私ばかりの, 私今朝ぢいつ, 緑の, 考え込んで, 良心の, 邪魔だ, 電車も

▼ しない様子~ (39, 0.1%)

5 であった 3 だった 2 だ, であつ, です

1 [25件] がいっそう, が平次, だから, だったので, で, である, ですが, でときどき, でとにかく, でふと, でやはり, で云った, で余念, で坐つ, で女, で彼, で毫も, で近い, で頬冠, に安心, に物足りな, は以下, をいかにも, を保ちつづけ, を図々しい

▼ しないその~ (38, 0.1%)

2 前に, 夜の, 日の

1 [32件] うちに, えりの, ことが, ことの, ときその, まれな, ビンと, 一杯の, 代りに, 代り道を, 伝六が, 医者を, 姿, 家は, 小道を, 平和主義は, 建物を, 当座だけの, 後ろ姿を, 態度は, 材料の, 次にあつ, 氣持といふ, 片腕の, 犠牲者である, 犬たちが, 眼から, 親切が, 証拠に, 調子で, 辺には, 頃の

▼ しないとか~ (36, 0.1%)

2 耳の, 騒いで

1 [32件] いい出したもの, いって, いろいろ取沙汰, お前さんは, かういふ, そんなこと, そんな事, そんな問題, そんな面倒, で立, で警視庁, なけなしのと, ひどく揉めた, 一問答あった, 一時は, 人込みや, 人間味を, 人騷がせを, 何とか云っ, 何とか云つて, 元通り首が, 問題でない, 噂だけ, 噂とりどり, 大した鼻息, 大騒ぎな, 宗教は, 相撲取みたいだ, 言うの, 言って, 顔の, 高価な

▼ しないばかり~ (36, 0.1%)

2 でなくその, でなくツイ家, では

1 [30件] じっとこらえ, だった, でなくあの, でなくこんな, でなくむしろ, でなくわれわれ, でなくフランス, でなくルソー, でなく一般に, でなく上使, でなく事実, でなく互いに, でなく保護, でなく全部的, でなく反対, でなく哲学, でなく寄附寄進, でなく常に, でなく店, でなく座敷, でなく彼ら, でなく必ら, でなく昼間, でなく樽, でなく民事, でなく生れた時, でなく第, ならよ, な眼, 落涙し

▼ しない~ (36, 0.1%)

2 であつ, です, で非常, の心

1 [28件] がある, が悉く, しかも決して, ださうですよ, だって君, だって沢山, であった, である, でも女, で尻, とも見れ, なん, にし, に向かっ, に比すれ, に訓練, のひと, の帽子, の恋, の提出, の本能, の根性, はある, はこ, はこれ, は嫌ひだ, は済まない, 臭いところ

▼ しない~ (35, 0.1%)

4 はなかっ, はなかつた 3 は一日 2 は無い

1 [22件] がまた, が来たら, が続いた, だった, である, であるにも, です, でも必ず, などはまことに, なんかあり, はありません, はかえって, はなかったろう, は十日, は堕落, は散歩, は空費, は見つけ出せない, は退屈, もあった, もなかっ, を予想

▼ しないそう~ (34, 0.1%)

85 だが 4 である, です

1 [13件] じゃない, だぜ, だそう, だよ, で, であります, であるなお, でして, ですから, ですよ, な綺麗, になっ, 思うと

▼ しない~ (34, 0.1%)

2 日本は

1 [32件] ありゃしねえお前, あるか, あるもん, お前だ, お父様, ございません, すさまじいや, ただ命令, ない, ないさ, ないじゃ, ないで, ないとしか, ないわ, なかった, なかつた, みなさんの, わたしの, われわれに, ツと, ンね, 僕は, 全く自分, 写真の, 同じだった, 同じである, 問題でない, 御座いません, 無い, 甚だしい, 自分の, 親爺の

▼ しない~ (33, 0.1%)

2 酒を

1 [31件] くりものを, せいの, つるさんは, てがら, チヨツカイを, 互に声, 光が, 光を, 内儀さんを, 呪ひといふ, 咲という, 喋べりを, 土産として, 天気だ, 天気に, 守りだの, 小用を, 小言は, 島を, 庄ちゃんこの, 戯けでない, 稽古だの, 綱から, 艶ちゃんに, 酌の, 銀は, 雪の, 頼殿さえ, 頼殿さへ, 饒舌りな, 鷹狩りを

▼ しないかといふ~ (32, 0.1%)

4 やうな 3 ことだつた, 心配が 2 ことである, 不安に

1 [18件] ことが, ことその, ことにな, ことよりも, ことを, また或, やうに, 不安が, 不安の, 嫌疑を, 心配も, 思ひつき, 恐怖に, 憂をすら, 懸念から, 懸念が, 懸念と, 漠然とした

▼ しない~ (32, 0.1%)

1 [32件] がなぜ, が何様, が劔岳, が最初バット, が豫科, でも深く, なの, なんかには別に, に, に利害, のやれる, の一つ, の主人, の家, の怠惰, の性, の戯曲, の進ん, はあの, はさびしい, はとうとう, はほんとに, は可笑しく, は帰る, は悠々, は昔, は本, は本当に, は無事, は短歌, をつかまへ, を見出した

▼ しない~ (31, 0.1%)

2 に夫人, は取り

1 [27件] からひどい, からよく, から外国もの, から家, から寒月流, くらいのもの, に, にうなだれ, にその小さな, に二, に己, に彼女, に御方, に早, に本年一月, に玄関, に私, に結婚なぞ, に自分, に金, に頭, の一部, はどうしても, は将来, は決して, は首, 早々に

▼ しない自分~ (31, 0.1%)

1 [31件] だつた, だのに, でも他人, に向けられる, に気, に気づい, のき, の個性, の女, の存在, の常識以上, の意識, の気持, の氣持, の物, の生活感情, の着物, の節, の習癖, の若い, の視線, の頭, の飛行器, はどうか, は自分, は雜誌新聞, をくだらなく, をさらけだし, を恥ぢ, を約束, 如きに

▼ しないだけの~ (29, 0.1%)

3 ことだ

1 [26件] お金は, ことだった, ことです, ことな, ものです, ものは, ものを, センスの, 事だ, 仕送りとを, 充分の, 堅固な, 心胆を, 思慮を, 感覚を, 方法を, 正直さを, 準備を, 皮膚と, 確っかりした, 聰明さは, 訓練を, 話である, 資産を, 距離を, 金は

▼ しない代り~ (29, 0.1%)

2 には悪, に真実

1 [25件] あまり悲し, には何, には先祖代々, には子供, に人なつッ, に体内, に何人, に動物園, に卑下, に否定, に嫌悪, に彼女達, に悪意, に格別, に眠れない, に礼, に自分, に賞め, に退歩, に頻, に顔, よくよく狙い撃ち, 少々万年, 特に誰, 絶えず繰りかえし

▼ しない程度~ (29, 0.1%)

1 [29件] であるが, できい, でしかし, でと考え, で何, で号令, ながらも物凄く, に, において免れる, において許される, にこういう, にすぐ, にそのもの, になっ, に又, に四季, に恋愛, に懐疑, に於, に日常, に比例, に目禮, のあしらい, のもの, の又, の悩ましい, の料理, の資産, の距離

▼ しない~ (28, 0.1%)

4 うが, 別として 3 別問題

1 [17件] こっちの, しないかと, しないから, 何の, 信吉の, 別だ, 各人の, 問題じゃ, 問題で無い, 国家の, 当人の, 後の, 格別大, 機密に, 父母の, 白魚が, 知れて

▼ しないこの~ (27, 0.1%)

1 [27件] ことだけは, せちからい世の中, まま夫の, レストランの, 二色は, 人, 作家では, 作家は, 卑俗なる, 原理こそ, 国の, 土地で, 地位は, 女それが, 女を, 宮子を, 家に, 年は, 心が, 心一つだ, 時に, 村の, 第一影像, 覚醒は, 足で, 通り次郎や, 頃の

▼ しないとに~ (27, 0.1%)

3 関係なく 2 拘らず

1 [22件] かかはらず科學, かかわらずいちばん, かかわらずそこ, かかわらずひとり所感, かかわらず今日, かかわらず彼, かかわらず熱, かかわらず自ら希望, 拘はらず厳, 拘はらず映画, 拘はらず自分, 拘らずか, 拘らずその, 拘らず今日, 拘らず左様, 拘らず強制, 拘らず文字通り, 拘らず熱, 拘わること, 論なく, 関らず醸しだし, 関わらず潜んで

▼ しない~ (27, 0.1%)

5 がある 4 にある 2 もある

1 [16件] からし, がありました, がない, がまことに, がわれわれ, が多い, が残っ, であるが, で正直, とをいくつ, などある, においては両者, には些, に誤謬, は娘占い師, を見よ

▼ しない~ (26, 0.1%)

2 に新しい, に青年

1 [22件] からかなり, からこんな, からベラベラ, だつた, なん, にしかし, にだ, には, にはい, に亡くなつた, に他, に其処, に壻, に帰っ, に捕つ, に既に, に松永博士, に母, に病気, に退院, の空しい, は科学論

▼ しない~ (26, 0.1%)

2 の絵画芸術

1 [24件] があっ, がある, がその, がむしろ, が椿岳, だ, で魔処, に何だか, に文学, に特色, の, のマチスかぶれ, の併, の地盤, の必然性, の新しい, の有名さ, の稍, ばかりを強調, へ無理, へ聖, へ芸者, もまず, を見る

▼ しないって~ (25, 0.1%)

3 ことは 2 誓って

1 [20件] あやまってるじゃ, いうこと, いうの, おっしゃるん, ことだ, ことに, そんなこと, どういうもの, はずは, 云ったじゃ, 云ったん, 本に, 母ちゃんが, 法は, 特にあなた, 筈は, 蔭口云っ, 言いますぜ, 話を, 連中な

▼ しないとき~ (25, 0.1%)

2 には他, に咽喉

1 [21件] この物, でさえなお, ですら, でももっともよく, と同じく, にこの, には, にはほとんど, には眼, には項, によく, はこれら出資者, はすこしよけい, はそこ, は全部不動産, は妙, は山友達, は着る, もあります, 来たの, 第一

▼ しないまま~ (25, 0.1%)

1 [25件] その日, その鰤, ただ表現, でいる, でほか, でもよい, でも事, で加野, で姿, にあの, にきた, に吉良兵曹長, に残った, に築地, に自分, の形, やがてテーブル, 一心に真紅, 刻々を, 又も, 悠々と, 済まして, 生ぬるい涙, 見知り越, 黒い鞄

▼ しない~ (25, 0.1%)

2 自分は

1 [23件] それ程複雑, だった, であった, に先生, に変っ, に自由, の, の大空, の損失, の男, の興奮, 亢奮する, 低く一帯, 偉くは, 幸福ならしめた, 彼女に, 成人に, 楽さうな, 気を, 粹な, 統一せられ, 腐つて, 賤しい

▼ しない言葉~ (25, 0.1%)

4 でした 2 だ, であった

1 [17件] だったため, だね, であつ, です, ではない, でもあった, でゆっくりゆっくりまだ, で歌う, となっ, になつ, の一つ, や配達, をつぶやく, をわざわざ, を天, を朝倉先生, を非難

▼ しないかの~ (24, 0.1%)

7 ように 3 ようだった 2 やうに

1 [12件] うちに, ごとく, ちがいである, ような, 二つの, 十四金ぐらいの, 問題だけ, 女の, 懼れ, 違ひ, 選択を, 間ださうです

▼ しないそれ~ (24, 0.1%)

2 は今日鈴ヶ森

1 [22件] がその, がよろしい, が嫌, だから, だのに, に市村さん, はいは, はおまえ自身, はちょっと, はつねに, は二本足, は何ら, は何等, は四月十二日, は断じて, は日常的概念, は沈静, は現象, は誰, も瞬間, を認め, を費し

▼ しないのみ~ (24, 0.1%)

2 でなくまた

1 [22件] でなくあるいは, でなく或は, で家族, ならずそのまま, ならずそれから, ならずまた, ならずむしろ, ならず一首, ならず仮り, ならず依然として, ならず其間, ならず凡そ, ならず却って, ならず名, ならず奥平藩, ならず平均, ならず教師自身, ならず東洋的, ならず現在数, ならず老女, ならず色々, ならず隠居部屋

▼ しない人々~ (24, 0.1%)

2 は咎むべ

1 [22件] から邪魔者, がその, がどういう, がどんな, が多く, であろう, でさえあれ, によって, に對, のあいだ, のため, のセンチメンタリズム, の姓名, の悪口, の想像, の間, はそれ, は併, は日曜日, までが胸, も, を外国人

▼ しない~ (24, 0.1%)

5 をし

1 [19件] が睨む, して, だ, だちだけれども, だった, で, でつっぱなし, ではあつ, でもどる, でママ, で問いつめた, なの, はいくぶん, は蒼ざめて生気, も見せない, をした, をする, をガラッ, を窓

▼ しない以上~ (23, 0.1%)

2 みだりにお

1 [21件] この問題, この時代, この直観, どうにも仕方, どうにも現在, は, はこの, はそれ, はたとえ, は同, は善悪, は此買取つた金, は渠, は現代, は直に, は通じる, は速断, は髪, みだりに邪魔, 何らかの形式, 決して国際的通用性

▼ しない~ (23, 0.1%)

1 [23件] にも彼ら, に仏公使ロッシュ, に切り崩された, に外, に婆さん, に底流, に彼女, に手際, に持久戦争的考慮, に早く, に木馬, に相次い, に通りがかり, のこと, はそれら, はむやみ, は労働, は大都市, は疑う, は疑ふ, は芸術品, は貨物, もなかっ

▼ しない~ (22, 0.1%)

3 うである 2 ういふ

1 [17件] うだな, うぢ, うでは, うで御, う思ふ, この鷲, これは, こんな事, さめ雪, ア汝も, 向うじゃ, 安心し, 慣れてるから, 断わったって, 明日また, 蔵前の, 計算できる

▼ しないのみか~ (22, 0.1%)

1 [22件] かえって今, こうして摺, それを, どんな事, にっこりと, まさに凡て, むしろそういう, むしろ一日, もしかその, 一寸とでも, 互に抜けがけ, 兵馬の, 劫って, 多少以前, 寧ろそれ, 幾分安心した, 次から, 氏子が, 民衆に, 肩の, 若いという, 野性の

▼ しないもん~ (22, 0.1%)

6 だから 3 だ, だと, ですよ 2 です, ですから 1 だ順吉さん, でしづ子, ならそりゃ

▼ しない~ (21, 0.1%)

1 [21件] があった, があつ, があります, がある, が見え, さえあります, で, であったが, でした, で一生懸命手帳, で呟い, で困った, で彼, で親, に洗濯, に言つて, のながれ, の男, をし, を伝っ, を見せたくない

▼ しない~ (20, 0.1%)

2 いくらでも場所

1 [18件] あいむ, あの畜生, これを, っ, どこへ, もう負け, やい, サア西の, ッ, 今日こそ, 何処へか, 寄って, 痴, 痴ひょっとこ彼方へ, 見ろ, 言はれた, 誰でも, 野郎

▼ しない~ (20, 0.1%)

2 上段に

1 [18件] 下げて, 下ろしちょっくら, 二度も, 伝い鍔, 原則で, 原則に, 取っての, 取り静か, 合わせた, 床上へ, 持って, 握って, 握り静か, 握ると, 決めるつもり, 理論づけ, 知覚する, 證明せず

▼ しない~ (20, 0.1%)

2 がある, も出

1 [16件] が何, だから, にわれわれ, に仮令, に頭, の毒, の癖, の錆棒, はあんな, はい, はない, は彼, は病人, は白痴, は足, ァ人間

▼ しないかは~ (19, 0.1%)

1 [19件] すでに特高課, だから単に, とうてい想像, 事実問題として, 人各々の, 人為の, 僕の, 全く人々, 別として, 単に自然科学者, 却って人々, 君の, 問題に, 大問題, 数学の, 男が, 知らないが, 結局値段の, 誰の

▼ しないからと~ (19, 0.1%)

2 いって, 云って

1 [15件] いうだけの, よく言, セラダには, 云つてあの, 云つてそれを, 再三勧める, 半分本当の, 堅く約束, 案内し, 涙を, 申上げ, 言いきかせると, 言つてそれを, 言つて貴殿が, 語つた

▼ しない性質~ (19, 0.1%)

3 のもの 2 だから, であった, の人 1 だったから, だつた, であったが, である, です, で十数年, で普段, の自分, を持っ, を生れつき

▼ しない~ (19, 0.1%)

7 には行かなかった 6 には行かなかつた 2 ではない 1 ではなかっ, にはいかない, にはゆかない, にも行かなかった

▼ しないなんて~ (18, 0.1%)

5 ことは 2 ことが, そんなこと 1 あなたに, いったこと嘘, けしからん侯爵に, そこは, そんなぎごち, そんなばかげた, 困りますね, 妾が, 御免なさい

▼ しない時代~ (18, 0.1%)

2 であつ, であり既に, であるから, に於 1 があった, がもう直ぐ, だと, ではあり, で往来, に単なる, に戻った, に教育, のこと, のよ

▼ しないぞと~ (17, 0.1%)

2 心に

1 [15件] いいたくなる, いうくらいな, いやに, いわんばかりの, のぶちゃんを, 久慈は, 云い村山喜兵衛, 云て, 噂を, 威嚇した, 思つた, 我とわが, 私は, 空気銃に, 自分の

▼ しない~ (17, 0.1%)

1 [17件] うも, かこれから, かに向っ, かの塊, かの思い, かをもたされつづけ, か新, でも提案, でも詰らない, という莫迦, とまあ, にも言わない, の事, の浮世, の色, もこの, も彼

▼ しない~ (17, 0.1%)

2 を見

1 [15件] が屡, だから, であった, です, のない, のよう, の影, の眼, の魅力, はその, もあるです, を出させ, を感心, を持っ, を買

▼ しないくらい~ (16, 0.1%)

2 だから, であった

1 [12件] だ, だった, で, であったと, であって, である, です, ですわ, で物好き, なら自分, 漠然とし, 無邪気な

▼ しないけど~ (16, 0.1%)

1 [16件] おじさんの, お前の, この前, そこらの, ただほしい, どうも, なにかあたし, ほら胸, 今に浜, 修治さんも, 出して, 南方なら, 危いもんだ, 同じ催促, 生きて, 連れに

▼ しないただ~ (16, 0.1%)

1 [16件] おまえさんに, きみの, そういっ, なんとかし, の童心, みすぼらしい貧乏, 主人への, 事実を, 六道輪廻の, 怖いから, 本物に, 正数が, 自分にだけ, 薄暗い湯気, 読書の, 間接に

▼ しないだけ~ (16, 0.1%)

3 だ, である 2 なの 1 だが, です, でなくうるさい, で憚りながら, で私, なん, 先づ下, 私は

▼ しないとしても~ (16, 0.1%)

1 [16件] この場合, これを, そのかわり, そのたびごと, その経験, それは, 一般に, 中流生活の, 全体が, 坪内先生の, 彼らを通して, 最も低い, 決して改善, 淡水の, 潜在意識において, 考えて

▼ しないばかりに~ (16, 0.1%)

2 好きな, 激昂し

1 [12件] こう考えた, して, 向うの, 女を, 客観的には, 尖った嘴, 心配し, 聞いた, 蒼白に, 蹌踉と, 際どい行進, 顔を

▼ しないふう~ (16, 0.1%)

32 だったが, ですぐ 1 が見えた, だし, であった, であるの, でその, でそのまま, でほほえみ続けながら, で姉, に甚だ

▼ しない理由~ (16, 0.1%)

1 [16件] からし, がある, だと, で, で突然, として日本, にはなりません, には実は, によります, は, はない, は二, は伸子, は各社, を明, を言う

▼ しないこれ~ (15, 0.1%)

1 [15件] が現在, が著者, でいい, でもおれら, と同じ, は, はこんな, はただ, はどういう, はほんとう, はまだ, は上方, は何人, は偉大, は後日

▼ しないほどの~ (15, 0.1%)

1 [15件] ぼんくらでは, みっともないもの, 光君の, 大空が, 根強さ, 気分が, 淋しい生活, 男の子であった, 緊張が, 見識ある, 親しみを, 設備は, 路傍の, 野分です, 黒吉

▼ しない~ (15, 0.1%)

2 問題だ, 多数の

1 [11件] それた意味あい, なる収穫, 作家の, 冒険家も, 敗北であった, 氷原の, 社長に, 芸術家も, 草原が, 西郷どんさえも, 財産と

▼ しない彼女~ (15, 0.1%)

1 [15件] がノルマンディー, が堕落, が舟, だけに事, だったので, には額, の初, の姿, の眼, の眼差, の芸妓姿, はこうして, はほとんど, は今日, を幽閉

▼ しない樣子~ (15, 0.1%)

7 です 1 があります, が夢, だが, だつたが, ですが, です歸, で兎, なの

▼ しないにも~ (14, 0.1%)

1 [14件] しろあらゆる, せよいつか前人, せよ兎, せよ確か, その機会, それが, 拘はらず間もなく, 拘らずどうして, 拘らず常に, 拘らず強, 拘らず間もなく, 関らず, 限らないが, 限らぬと

▼ しない~ (14, 0.1%)

1 [14件] あの師弟関係, あんなところ, いねいおん, これぢや, めったに, 一重組ん, 互ひ, 其れ, 卑下と, 妙だ, 断じて断じて, 次郎ちゃん, 知ってたから, 美人は

▼ しないわよ~ (14, 0.1%)

1 [14件] それに, そんなにあたし, だから嘘, だつて別, ねえ, ねえ浜さん, 人間の, 付添ひだもの, 向うが, 妾は, 振られたん, 母さん彼奴こそ, 疑りぶかく, 聞えやしないから

▼ しない~ (14, 0.1%)

2 であった

1 [12件] がかなり, が日頃, そんなにま, でした, には骨, に同情, の手, の様子, の素朴, の肉体的食欲, はかえって, はただ

▼ しない積り~ (14, 0.1%)

42 だったが 1 だと, だね, だよ, でしたよ, でゐ, で向島, で富兄哥, なん

▼ しないだって~ (13, 0.0%)

2 いいでしょう

1 [11件] いいです, いいと, いいの, いいのに, いいよ, ご馳走あげる, そのくらい, 大丈夫だ, 家へ, 知って, 送ってさえ

▼ しないといった~ (13, 0.0%)

2 ほうが, ような 1 あの猶, ことさえ, のである, ふうだった, ように, 型の, 恐るべき頑固一徹, 顔し, 風で

▼ しない以前~ (13, 0.0%)

1 [13件] から唯, から待ち設けられ, から怪しい, から衣絵さん, にあ, には確か, に発行, に関係, の資格, は教場, を語っ, 即ち東京市, 早くも

▼ しない~ (13, 0.0%)

1 [13件] があるなら, そして兩者融合, には全く, の凝固, の奥, の底, の状態, の顔, は最もよく, もある, を二人, を無理, を見出し

▼ しない態度~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] が好き, だつた, で火, で答弁, にその, のもの, は手紙, は朝吉, をみせる, を折, を見る

▼ しない~ (13, 0.0%)

2 に懲罰

1 [11件] その手, たとて, だと, であつ, であろう, ではなかつた, にはね, には今夜, に仕事専一, に私, もない

▼ しない返事~ (13, 0.0%)

5 をした 3 をし 2 を訊く 1 だ, に業, をする

▼ しないあの~ (12, 0.0%)

1 [12件] コウモリの, 一種の, 人の, 人は, 前の, 晩に, 樹木の, 正確さと, 男の, 男は, 立派な, 青銅の

▼ しないでよ~ (12, 0.0%)

2 かつた, これからくやしい 1 お母様, かつたと, かりそう, ござんした, ウ, 光邦様, 田村の, 田村ゆり子という

▼ しないどころか~ (12, 0.0%)

1 [12件] いつでも, いよいよ飢餓, かえって満足, これまで, しまいには, それより, シッ, 却って男, 政府の, 発売禁止だ, 私が, 背中に

▼ しない人たち~ (12, 0.0%)

1 [12件] があっ, が一斉, が集まっ, が青草, だけ寄っ, である, でも僕, にはおそらく, のこと, はこの, は決して, を平定

▼ しない感情~ (12, 0.0%)

2 の相違 1 が攻め寄せ, が湧いた, で考える, には医者, の昂ぶり, やらに堪へられなく, をたがい, を呼び起こす, を表現, 即ちこの

▼ しない気持~ (12, 0.0%)

3 だった 2 がした 1 があり, でナースチャ, で野性味, におさせ, のこたえ, の中, をきっと

▼ しない習慣~ (12, 0.0%)

2 であつ, を得られる 1 がまだ, だ, である, でしてね, なの, にある, はこれ, を持つた

▼ しない調子~ (12, 0.0%)

1 [12件] だった, で, できいた, でしぶしぶ, でそう, でたずねた, でノロノロ, で小説家, で相手, で聞いた, で言い出した, で言った

▼ しないかなどと~ (11, 0.0%)

2 言われて 1 ある, 今夜は, 妄想にばかり, 心配し, 心配する, 思うと, 相談を, 考えたり, 謎を

▼ しないのよ~ (11, 0.0%)

1 [11件] このひと, だから何だか, また私, セリョージェンカ, 今, 会社へ, 何を, 感心した, 感心でしょう, 本当な, 見て

▼ しないほどに~ (11, 0.0%)

2 なって 1 なつた, われわれの, 八橋に, 劣つてゐる, 夜露が, 慎ましく控え目, 減じたと, 落ちついた大家, 黒ずんで

▼ しないんで~ (11, 0.0%)

2 さあね, せう, 笹野の 1 三日目からは, 善人が, 困って, 大いに悄然, 家に

▼ しない~ (11, 0.0%)

1 [11件] からこの世, から何故, から旗, から鶏, きに, にいくら, にもう, に三宅島, に自分, の訊問, 験主義この

▼ しない原因~ (11, 0.0%)

2 はまさに 1 あるいは根拠, あるひ, から起る, である, でもある, のわからない, の一つ, はこれ, を常に

▼ しない~ (11, 0.0%)

2 がある, の中 1 があった, が続い, というの, というもの, なの, にやる, は指

▼ しない状態~ (11, 0.0%)

2 であると 1 である, でうつらうつら, でした, なん, にある, になっ, にみなさん, に陥っ, の体

▼ しない~ (11, 0.0%)

1 [11件] からほろほろ, だと, でまっすぐ, でまとも, に看破られた, のよう, の動かし, は乾い, をこすり, を一方, を向け

▼ しないかぎり~ (10, 0.0%)

2 もない 1 その求むる, ただ徳川政府, とうてい困難, どの面, は自分, は通行人, もうから, 美味い料理

▼ しないかとさえ~ (10, 0.0%)

1 思われた, 思われました, 思われる, 思われること, 恐れて, 気が, 物すさまじく感じた, 疑われた, 疑われるほどの, 考え得るの

▼ しないそんな~ (10, 0.0%)

1 ことが, ことは, ものは, もの潰されよう, 事は, 事を, 変な, 実際について, 心配を, 者を

▼ しないたち~ (10, 0.0%)

2 であるから, なの 1 だが, だった, だったが, でしょう, なので, なのよ

▼ しないなどと~ (10, 0.0%)

1 お綱, 云うの, 云って, 云つて結構, 書いて, 白ば, 称して, 見惚れた, 言って, 遁口上を

▼ しない~ (10, 0.0%)

1 から見る, がいう, がそれ以上, が死んだ, そんな気, である, には痛い, には真偽, にウエストミンスター百本入り, に頁

▼ しない~ (10, 0.0%)

1 であるから, なの, においては稀少, になっ, に於, の交戦権, の供給, はほとんど, はほろび, は情勢

▼ しない意味~ (10, 0.0%)

1 からそれ, だすなわち, だって, ではある, では無論, とは全然, において今, に於, の返答, を察した

▼ しない方針~ (10, 0.0%)

2 であり自分, らしいですから 1 であ, であった, であります, でしたので, となっ, を取る

▼ しない約束~ (10, 0.0%)

2 で丁稚, をし 1 か何, が必要, くい物, だった彼, だつた彼, になっ

▼ しないお前~ (9, 0.0%)

2 にももっと, の母 1 が相沢様, の匂い, の匂ひだ, の楡, も帰さない

▼ しないかが~ (9, 0.0%)

3 僕には 1 判る, 哲学的に, 問題な, 善悪の, 心配だ, 高等警察的に

▼ しないかとの~ (9, 0.0%)

1 おそれ, 反省とに, 姑息な, 心配から, 心配である, 怖れでした, 懸念が, 疑問が, 電報よから

▼ しないかとも~ (9, 0.0%)

2 思う 1 思うの, 思った, 思って, 思ふ, 思われる, 気づかった, 考えられる

▼ しないかわり~ (9, 0.0%)

1 にどんな, になすべき, にまた, に庭, に廟堂, に遊びごと, に音, 全然それ, 時々溜息

▼ しないこんな~ (9, 0.0%)

1 ものを, 場所だ, 好い日, 寂しい所, 手錠は, 日蔭の, 王家へなど, 的も, 金なんぞ

▼ しないだけに~ (9, 0.0%)

1 その筆端, また質実, よほど純良, 原地に, 存外見落され, 想いは, 折ふし気に, 流儀に, 独り暗い

▼ しない~ (9, 0.0%)

1 だ, だから, だったが, であつ, である, であるが, なの, なん, よく人

▼ しない心持~ (9, 0.0%)

2 でお 1 ですから, で婦人, で寺, で男, になつて, も不快, を常に

▼ しない~ (9, 0.0%)

1 だ, な氣, にあらかじめ, にいつた, にそつ, に入口, に綿, に設計, に靜

▼ しない生活~ (9, 0.0%)

1 だ, というもの, のあり, の不安さ, の口実, の好条件, をし, を繰り返し, 滞らない生活

▼ しない結果~ (9, 0.0%)

2 になった 1 がこんな, だと, である, をひき起しました, を生じた, を生む, を生んだ

▼ しない~ (9, 0.0%)

4 に行かない 3 に行かなかつた 1 である, であるとて

▼ しない~ (9, 0.0%)

1 なら毒, に何, の酔い, をやけらしく, を中将, を少し, を誂え, を買っ, を飲み続け

▼ しないからの~ (8, 0.0%)

3 ことである 1 ことだった, ことであっ, ことに, 事な, 罪であった

▼ しないしかし~ (8, 0.0%)

1 いかにも日本人, もう今日限り絶交, ヘロインは, 人なつこそう, 何よりも, 俺は, 欲しければ, 長い生涯

▼ しないそして~ (8, 0.0%)

1 た, ぢつと, われわれも, 価値の, 常套句は, 思いがけない行動, 此不景気の, 生きて

▼ しない事柄~ (8, 0.0%)

1 があっ, だ, だが, だった, なの, に就い, の一つ, を普通

▼ しない~ (8, 0.0%)

2 に見ろ, のうち 1 から八年前, から四年前, まで種々, 行きます

▼ しない作家~ (8, 0.0%)

2 だから 1 が彼等貴族的道徳的藝術家, が沢山, が澤山, といふもの, として生きる, を良人

▼ しない~ (8, 0.0%)

2 と妻, の家 1 には動い, の態度, も本式, を恨めし

▼ しない~ (8, 0.0%)

1 だ, だよ, だ又は, ですから, ですぐ, なの, にお母さま, は親

▼ しない感じ~ (8, 0.0%)

1 があっ, がある, がした, がする, であつ, であり趣味, である, は微妙

▼ しない~ (8, 0.0%)

2 と腕 1 であつ, でも何でも, で彫っ, のしぐさ, は死体, を拱

▼ しない~ (8, 0.0%)

1 かも知れません, だろうそれ, である, に, にその, に知らん顔, に私, 計画を

▼ しない~ (8, 0.0%)

1 が, が眼, その上, に従はず鎌倉, の不在, の此, へ不満, を毒づく

▼ しない覚悟~ (8, 0.0%)

1 ができ, であつ, であります, でゐます, と方針, と決意, の中, をきめ

▼ しない証拠~ (8, 0.0%)

1 だ, である, です, で要求, には妻, には現に, に最も, を捏造

▼ しない~ (8, 0.0%)

1 でしたが, で結局, ということ, といふこと, なんて一つ, にこりゃ, をする, を思ひ出し思ひ出し

▼ しないかしら~ (7, 0.0%)

1 いやそう, お前は, 友さんどうか, 妻が, 私も, 童にでも, 螢だ

▼ しないかに~ (7, 0.0%)

3 小悪魔 1 二人向き合っ, 帰着する, 彼は, 見えるあの

▼ しないとの~ (7, 0.0%)

1 こと, ことであれ, ことです, 区別で, 意味を, 意外な, 誓言の

▼ しないよりは~ (7, 0.0%)

1 した方, する方, ましであろう, ましでしょう, まだしも取柄, 増しな, 親切であった

▼ しない一つ~ (7, 0.0%)

1 とっちめて, の作用, の気持ち, の精神, の組, の距離, の頑

▼ しない人物~ (7, 0.0%)

1 が少く, であったが, ですよ, のこと, のよう, もまず, を見

▼ しない仕事~ (7, 0.0%)

1 しかしない, であります, としてやっ, と見, なの, の成功, は結局

▼ しない~ (7, 0.0%)

1 の会話, の国々, の国家, の国民, の鍵盤, 処他処しい, 山の

▼ しない~ (7, 0.0%)

1 あしたかえって, たとえ見る, ちゃんと会っ, 他人の, 工面が, 幕府の, 読めも

▼ しない~ (7, 0.0%)

1 である, でそう, でどうぞ, で云, で答えた, で言った, をだす

▼ しない天気~ (7, 0.0%)

21 だと, だな, ですな, で困っ, はきのう

▼ しない子供~ (7, 0.0%)

1 であつ, でした, の時, の頃, もありましょう, を背負っ, を自分

▼ しない存在~ (7, 0.0%)

2 だった 1 すること, だ, だから, である, になつたの

▼ しない従って~ (7, 0.0%)

1 それぞれの, ものを, 人間としての, 吾, 地下的な, 山脈の, 日本の

▼ しない方法~ (7, 0.0%)

1 で卜, で登っ, というの, というもの, としては本命, なの, を私

▼ しない~ (7, 0.0%)

1 に上った, のよう, の人間, の道づれ, もをはり, をつづけさせ, を伊太利方面

▼ しない有様~ (7, 0.0%)

1 だつた, である, です, でそう, でそれ, で暮した, を見る

▼ しない~ (7, 0.0%)

3 れが 2 も皆 1 が來, に限らず

▼ しない迄も~ (7, 0.0%)

1 これまで, それに, 巴里の, 座敷の, 必ず喜ばない, 是迄, 朝から

▼ しない顔つき~ (7, 0.0%)

1 だったけれど, であった, でむっつり, で控え室, なの, のまま, をした

▼ しないすべて~ (6, 0.0%)

3 のもの 1 の対象, の美食, の証言

▼ しないだから~ (6, 0.0%)

1 いくらそれ, ここを, して, する, そこには, 給料も

▼ しないとかいう~ (6, 0.0%)

1 ことで, そんな形式論, ので, 問題では, 男, 道徳問題では

▼ しないまでに~ (6, 0.0%)

1 その信念, そんなにまで, なって, 擂らなければ, 破壊された, 鵲の

▼ しないものの~ (6, 0.0%)

1 ごとくであった, ごとく何人, 早く言え, 真に悲しい, 第三頁, 若しかしたら

▼ しない~ (6, 0.0%)

1 この日, に健全, に列車, に放つ, に草, に議会

▼ しない二人~ (6, 0.0%)

1 のい, の娘, の子供, の老嬢たち, の間, もの男児

▼ しない出来事~ (6, 0.0%)

1 が現れ, が起つた, です, にぶつかっ, に愕然, は独立

▼ しない土地~ (6, 0.0%)

1 が多い, であったらしい, で心, において用いられる, のホテル, は他

▼ しない容子~ (6, 0.0%)

2 がおかしい 1 で, であつ, で五杯六杯, をじっと

▼ しない小さな~ (6, 0.0%)

1 女とは, 撞木杖の, 森村が, 死んだ甲虫, 白い棺, 部屋に

▼ しない小説~ (6, 0.0%)

2 なんて面白く 1 がチリ, の底, の無, の爲

▼ しない彼等~ (6, 0.0%)

2 の優越 1 に対する優しい, の喉, はその, は皆一種

▼ しない性格~ (6, 0.0%)

1 がある, が頼もしく, だが, と後年, は客, は最後

▼ しない立派~ (6, 0.0%)

1 な一人前, な写生, な太夫, な流送人夫ども, な闘牛ファン, に生き

▼ しない~ (6, 0.0%)

2 一の 1 一流旅館大, 二幕は, 五図から, 四行目に

▼ しない自然~ (6, 0.0%)

1 そのままの, なまま, な持ち味, な烈しい, のまま, の力

▼ しない自由~ (6, 0.0%)

2 な世界, をば神 1 な人類, な行き方

▼ しない~ (6, 0.0%)

1 であるところ, のある, の當, の豫算, より大切, を絞り取られる

▼ しない~ (6, 0.0%)

1 だつたし, であつ, でありましたから, に返事, のこと, 親同志

▼ しないあんな~ (5, 0.0%)

1 傘を, 奴うんと, 家さ歸つたつて仕, 怖しい, 男を

▼ しないかね~ (5, 0.0%)

1 お品さん, これで, を當, 例の, 売るとか

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 おい, これは, 先月なんかは, 気の, 附近の

▼ しないそういう~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことは, ものは, 事と, 時代に

▼ しないながら~ (5, 0.0%)

1 とにかく何, とにかく根岸, ぶすぶすと, 枕も, 牛の

▼ しないのにと~ (5, 0.0%)

2 考へても 1 二十の, 思った点, 笑えました

▼ しないタチ~ (5, 0.0%)

1 だから, であったが, でした, ですし, なの

▼ しない一人~ (5, 0.0%)

1 でうれし, で通れたら, の人, の女, の背

▼ しない世界~ (5, 0.0%)

1 であると, ということ, に出, はさびしい, を夢想

▼ しない何もの~ (5, 0.0%)

2 もない 1 かが存在者, かを弁護, が存在者

▼ しない何物~ (5, 0.0%)

2 についても決して, も書かない 1 もまつたく見出されない

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 が場立ち, が悪かっ, だってあの, の本, を驚かせた

▼ しない傾向~ (5, 0.0%)

5 がある

▼ しない先生~ (5, 0.0%)

1 だった, との紛糾, のいふ所, の態度, の貧相

▼ しない多く~ (5, 0.0%)

2 の人々 1 のもの, の子供, の絵画

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 がある, が多く, つぴて, の, の黒い

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 だった, であったならこう, にひどい, も対手, や息子

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 争論を, 枝の, 豚の, 躯の, 鐘からは

▼ しない~ (5, 0.0%)

3 れが 1 が今, が行く

▼ しない~ (5, 0.0%)

2 るもの 1 る慾, る騎兵, 男の

▼ しない文学~ (5, 0.0%)

1 じみたこと, の研究, は作文, は少かろ, を以てすらもなおかつ

▼ しない日本~ (5, 0.0%)

2 にも僅か 1 の女性, の文壇, の最近

▼ しない時分~ (5, 0.0%)

1 か, で広い, には外交上, のこと, はたびたび

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 かと云う, でいた, でいる, という, の弱い

▼ しない気質~ (5, 0.0%)

1 だったので, であらゆる, であるので, とが自然, を身

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 である, のながれ, のよう, の上, らしいのに

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 産卵ばかり, 禮の, 節操漢であり, 関心な, 頓着振りには

▼ しない物質~ (5, 0.0%)

3 が溶け 1 がある, は物質

▼ しない相手~ (5, 0.0%)

1 だけれど, である事, ときまる, にする, のため

▼ しない瞬間~ (5, 0.0%)

1 である, にしかも, に平手, に感情, に試驗官

▼ しない空想~ (5, 0.0%)

1 である, に耽った, に迷い込ん, の飛躍, を拒否

▼ しない空気~ (5, 0.0%)

1 で知り, に対してそういう, に羅宇屋, のなか, の中

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 のため, を引き受け, を着せた, を自分, を誣い

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 である, に向かっ, に咲き, を買っ, を飾っ

▼ しない表情~ (5, 0.0%)

1 であつ, で皮財布, で黙っ, に歴史, を持つ

▼ しない~ (5, 0.0%)

1 の心, の愛, の敵, も親, や世間

▼ しない部分~ (5, 0.0%)

1 との対立, には自覚, の多, の発達, を通っ

▼ しない限り彼~ (5, 0.0%)

2 れの 1 の具體思想, はそれ, を罰する

▼ しない~ (5, 0.0%)

2 の存在 1 が確立, となっ, の燃え上る

▼ しないあなた~ (4, 0.0%)

1 こそ削っ, の國, の病気, は寺田まさ子

▼ しないあれ~ (4, 0.0%)

1 と同じ, はねチビ, は大正五年十月なかば, は少女

▼ しないいい~ (4, 0.0%)

1 人も, 方である, 顔, 顔な

▼ しないかで~ (4, 0.0%)

1 ヒューマニズム肯定か, 室長の, 結果には, 議論を

▼ しないかな~ (4, 0.0%)

2 佐吉さん 1 一口吸は, 谿へ

▼ しないからね~ (4, 0.0%)

1 そのつもり, よいか, 対局の, 本当の

▼ しないぞという~ (4, 0.0%)

1 つもりか, ような, 様子な, 顔を

▼ しないだけでも~ (4, 0.0%)

1 あっちの, まだいい, 幸せだ, 町びとの

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 えこれ, えと, 地獄絵を, 言つてる

▼ しないでか~ (4, 0.0%)

1 だんす, 伸子と, 彼女は, 英一は

▼ しないでと~ (4, 0.0%)

1 ッとと, 仰云いますが, 何度も, 怯えて

▼ しないとかいふ~ (4, 0.0%)

1 ことが, 事が, 事柄に, 問題では

▼ しないとまで~ (4, 0.0%)

1 主張する, 思いつめて, 決心し, 解せられたの

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 なえの, ア, 何か, 手金なんか

▼ しないなどという~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 態度は, 高言は

▼ しないふしぎ~ (4, 0.0%)

2 な眼玉 1 な文字, な無気味

▼ しないまた~ (4, 0.0%)

1 いいも, 創造の, 同じよう, 売女遊女の

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 あの晩, 春一時浮れた, 浮きな, 独で

▼ しないやつ~ (4, 0.0%)

1 だな, でしたが, はいくらそっくり, は出世

▼ しないわたし~ (4, 0.0%)

1 がこの間, が二十歳, は勉強, を蹶やがった

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 だ, だもの, ですね, でせう

▼ しない不思議~ (4, 0.0%)

1 なさり気, なさり氣, な男, に綺麗

▼ しない世の中~ (4, 0.0%)

1 にいつの間にか, にこんな, に生れ合せ, の

▼ しない世間~ (4, 0.0%)

1 と不思議, の一般人, の渡り, はおれ

▼ しない事実~ (4, 0.0%)

1 が現われ, の諸, はふしぎ, を云っ

▼ しない人生~ (4, 0.0%)

1 に対する沈着, の算梯, を俯瞰, 搗き砕かれた心

▼ しない他人~ (4, 0.0%)

1 のスキャンダル, の手, の距, を予想

▼ しない何故~ (4, 0.0%)

3 だか 1 なら僕

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 か, のくせ, はその, もき

▼ しない口調~ (4, 0.0%)

1 でやっぱり, で昨夜近所, で申しました, で訊ねた

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 がどうして, が心細, の作, は剣道二段

▼ しない問題~ (4, 0.0%)

1 が現われ, なの, を, を更め

▼ しない場所~ (4, 0.0%)

1 だけに見馴れない, だつた, につかっ, を占める

▼ しない天井~ (4, 0.0%)

3 の鼠 1 をいただい

▼ しない女房~ (4, 0.0%)

2 ばかりな 1 のお, はその

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 な本, な草, に冷淡, に赤光

▼ しない姿~ (4, 0.0%)

1 となつ, とを対照, になっ, は夏

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 がその, に中, も食ひつ, を跳老虫

▼ しない少年~ (4, 0.0%)

1 でございまして, となった, になぜ, までも灼熱底

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 である, の中, の男, へ入るべし

▼ しない平次~ (4, 0.0%)

2 を見る 1 だつたの, ですが

▼ しない幸福~ (4, 0.0%)

1 だつた, であった, な富裕, を探す

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 家風で, 様子でした, 竹倉の, 門番は

▼ しない必ず~ (4, 0.0%)

1 こっちへ, ものに, 何かにな, 出仕するだろう

▼ しない思想~ (4, 0.0%)

1 が伴っ, の上, の人間的眞實, を反撥

▼ しない息子~ (4, 0.0%)

1 ですのに, にあんな, の本, をそれでも

▼ しない方面~ (4, 0.0%)

1 あるいは部分, のこと, へ飛ん, を選ん

▼ しない時間~ (4, 0.0%)

1 のゆとり, の尊い, はできるだけ, も少し

▼ しない書物~ (4, 0.0%)

1 などをいじくっ, までせつせ, を並べ立て, を開い

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 のこと, ばかり買いまし, を同氏, を集め

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 がたくさん, ですから, の人達, の名

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 の七月二日, の偉大, の小さい, の時代

▼ しない決心~ (4, 0.0%)

1 だと, ですから, をし, をした

▼ しない玉子~ (4, 0.0%)

2 です 1 とはどういう, は味

▼ しない現実~ (4, 0.0%)

1 からの批判, のコマギレ, まづそこから考, もある

▼ しない白い~ (4, 0.0%)

1 人々の, 眼であった, 花だ, 蝶

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 だ, である, 変らずの, 變らず

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 があつ, の上, を入れ, を踏ん

▼ しない研究~ (4, 0.0%)

1 から多分, が, であるとか, など一つ

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 だから, なんかで, に死, はその

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 だったこと, に救われた, の上, の中

▼ しない論理~ (4, 0.0%)

2 を臆病 1 の世界, は常に

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 になつ, のこなし, もがき, をたより

▼ しない連中~ (4, 0.0%)

1 がある, が有る, らしく見うけられる, を

▼ しない門外漢~ (4, 0.0%)

3 と一般 1 の幼稚

▼ しない限り永久~ (4, 0.0%)

2 に第三者 1 に国民, に清浄

▼ しない青年~ (4, 0.0%)

1 には有望, の態度, の永井, の群れ

▼ しない静か~ (4, 0.0%)

1 な世界, な姿勢, な星, な静か

▼ しない~ (4, 0.0%)

1 だけの挨拶, のどこ, を有っ, を有つて

▼ しない風習~ (4, 0.0%)

1 があった, がいつの間にか, や重く, をつづけ

▼ しないああ~ (3, 0.0%)

1 した発作的, でもあり, 吾事休矣と

▼ しないある~ (3, 0.0%)

1 一つの, 傲慢な, 物を

▼ しないあるいは~ (3, 0.0%)

1 しては, 少なくともわれわれ, 自分が

▼ しないいや~ (3, 0.0%)

1 だ, だいや, な事

▼ しないおとなしい~ (3, 0.0%)

1 動物だ, 境遇に対して, 男だ

▼ しないおれ~ (3, 0.0%)

1 が死ぬ, の所, の罪

▼ しないくらいに~ (3, 0.0%)

1 お互いに, 俺を, 常に晴れ晴れ

▼ しないそこ~ (3, 0.0%)

1 では固形, に何, に本当

▼ しないそこで~ (3, 0.0%)

2 私は 1 興行者側も

▼ しないそんなに~ (3, 0.0%)

3 無暗に

▼ しないちょうど~ (3, 0.0%)

1 あんなふう, おととしの, 頃あいの

▼ しないでかへ~ (3, 0.0%)

1 つてただ, つてよ, つて不

▼ しないではを~ (3, 0.0%)

1 られない, れない, れないで

▼ しないとでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, 考えて, 言ったら母

▼ しないには~ (3, 0.0%)

1 勝ると, 違いなかった, 限らない

▼ しないねえ~ (3, 0.0%)

1 ろば, 僕も, 福兄さん

▼ しないのね~ (3, 0.0%)

1 ジエィン, 故に上, 決して

▼ しないはじめ~ (3, 0.0%)

2 ました 1 たの

▼ しないばかりの~ (3, 0.0%)

1 夫婦喧嘩だ, 有様だった, 苦労を

▼ しないひと~ (3, 0.0%)

1 がある, だった, なん

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 にすん, は主, ぼろしを

▼ しないよと~ (3, 0.0%)

1 いっても, いはんばかりに, 真面目な

▼ しないよりも~ (3, 0.0%)

1 もつと, より多く, 結構である

▼ しないわれわれ~ (3, 0.0%)

1 のいつも, の子, はただ

▼ しない三田~ (3, 0.0%)

1 の顏, はつがれる, は友達

▼ しない主義~ (3, 0.0%)

1 だからね, だった, であります

▼ しない事件~ (3, 0.0%)

1 が起きた, でした, の真相

▼ しない二つ~ (3, 0.0%)

1 の事実, の勢力, の薪

▼ しない今夜~ (3, 0.0%)

3 も又

▼ しない今日~ (3, 0.0%)

1 この頃, のブルジョア, の仕返し

▼ しない伸子~ (3, 0.0%)

1 が弁解, に素子, をゆすぶる

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 の大きい, をさんざん, をよそおっ

▼ しない作品~ (3, 0.0%)

1 である, といふもの, に対してそれ

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 さが, さである, さに

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 に血, を抜い, を振り廻し

▼ しない即ち~ (3, 0.0%)

1 多少滑りゆく, 花鳥諷詠には, 英国王の

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 がいろいろ, にきまっ, の一つ

▼ しない~ (3, 0.0%)

2 をし 1 を一つ

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 もう飲み, 名詞と, 壮に

▼ しない~ (3, 0.0%)

2 を耳 1 も飛ん

▼ しない地方~ (3, 0.0%)

1 が少く, だから, も混

▼ しない大地~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 を踏みたい

▼ しない夫婦~ (3, 0.0%)

1 がどこ, の間, は悦び

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 と子, の千浪, をもった

▼ しない安心~ (3, 0.0%)

2 して 1 な大衆作家

▼ しない寂し~ (3, 0.0%)

2 さを 1 そうに

▼ しない少し~ (3, 0.0%)

1 は困る, も惜しく, 歩いて

▼ しない希望~ (3, 0.0%)

1 であるに, に思いふけっ, をいだかせ

▼ しない平野~ (3, 0.0%)

2 の銀 1 の寂し

▼ しない思い~ (3, 0.0%)

1 せまった娘, になった, をし

▼ しない性分~ (3, 0.0%)

1 だから, であつ, なの

▼ しない悲しみ~ (3, 0.0%)

1 なんぞ忘れ, になきぬれ, のこと

▼ しない批評~ (3, 0.0%)

1 であって, などは一つ, は高々単に

▼ しない政府~ (3, 0.0%)

1 が何処, なら我慢, の方針

▼ しない文芸~ (3, 0.0%)

1 のこと, の科学的批評, の競技場

▼ しない方向~ (3, 0.0%)

1 へ押し流されつ, へ逆転, を示し

▼ しない時計~ (3, 0.0%)

1 などを預っ, などを預つ, を持たない

▼ しない正太さん~ (3, 0.0%)

3 は居ぬで

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 は少し, は父, は重ね

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 だった, は幽, は氷

▼ しない無名~ (3, 0.0%)

2 の戦 1 の豪傑

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 に容易, に無, に當分成行

▼ しない爲め~ (3, 0.0%)

1 だと, に體型, もあつ

▼ しない現代~ (3, 0.0%)

1 というもの, の日本, の社会そのもの

▼ しない現象~ (3, 0.0%)

1 だ, も不愉快, を一応

▼ しない男子~ (3, 0.0%)

1 として死以上, と同棲, は妙齢婦人

▼ しない発見~ (3, 0.0%)

2 から生じた 1 もしない

▼ しない百姓~ (3, 0.0%)

1 さえある, に心から, の分際

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 の理由, の葡萄汁, の藝術家

▼ しない真実~ (3, 0.0%)

1 がない, が頑強, の独白

▼ しない社会~ (3, 0.0%)

1 というもの, にする, を予想

▼ しない祖母さん~ (3, 0.0%)

3 も日がけ

▼ しない神経~ (3, 0.0%)

1 があつ, でつみ, の太い

▼ しない種族~ (3, 0.0%)

1 のもの, の多い, の言葉

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 が十一時頃, に上っ, に柿若葉

▼ しない範囲~ (3, 0.0%)

1 でひと, で国家, の労働

▼ しない精神~ (3, 0.0%)

1 が彼, が萌え出た, だ

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 主観の, 小作人も, 次の

▼ しない純粋~ (3, 0.0%)

1 な器楽, な性格, に大型

▼ しない素人~ (3, 0.0%)

1 でも多少, でも絵, の学者

▼ しない考え~ (3, 0.0%)

1 があるらしい, の重, を私

▼ しない者同士~ (3, 0.0%)

2 が何時 1 がたがい

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 が立ちよう, が立つ, もふくれない

▼ しない良人~ (3, 0.0%)

1 が女房, であるが, や子等

▼ しない芸術~ (3, 0.0%)

1 などが有る, はない, を探偵小説

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 がいたっ, です, はおりません

▼ しない西洋人~ (3, 0.0%)

3 の家庭生活

▼ しない規定~ (3, 0.0%)

1 でカッコ, になつ, になる

▼ しない親切~ (3, 0.0%)

2 な同宿 1 ならば

▼ しない観念~ (3, 0.0%)

1 あるいは感じ方, から完全, となるだろう

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 だつた, であるから, の人

▼ しない足どり~ (3, 0.0%)

1 でアチミアーノフ, でホテル, で二足三足庭

▼ しない身体~ (3, 0.0%)

1 であつ, に新しい, を炉

▼ しない部屋~ (3, 0.0%)

1 に入, の中, をたまに

▼ しない野原~ (3, 0.0%)

1 だの地主, の方, をさまよう

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 の姿, の音, をある

▼ しない限りそれ~ (3, 0.0%)

1 に從, はいずれ, を不正

▼ しない~ (3, 0.0%)

2 の曠野 1 の日

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 で答, ばかりし, をし

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 が膏, をかきあげた, をかき上げ

▼ しない黒い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 物が, 眼を

▼ しない~ (3, 0.0%)

1 の上ン, の頭, 大きな眼鏡

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 はははは, われな

▼ しないいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な事, な動機

▼ しないいわゆる~ (2, 0.0%)

1 しっかりものの, 素顔である

▼ しないいわんや~ (2, 0.0%)

1 それが, 結び文などは

▼ しないお前さん~ (2, 0.0%)

1 が鐘ガ淵, も旦那

▼ しないお客様~ (2, 0.0%)

1 だとは, のさばけ

▼ しないお茶~ (2, 0.0%)

1 をいれた, をもっ

▼ しないかぎり私~ (2, 0.0%)

1 が世界, の生活

▼ しないかしらと~ (2, 0.0%)

1 思った, 考えると

▼ しないかって~ (2, 0.0%)

1 先刻から, 心配してる

▼ しないかとか~ (2, 0.0%)

1 お風邪, 又その

▼ しないかなあ~ (2, 0.0%)

1 わからんなあ, 一分間に

▼ しないかよ~ (2, 0.0%)

1 馬鹿, 馬鹿だ

▼ しないかよりも~ (2, 0.0%)

2 貴女が

▼ しないからって~ (2, 0.0%)

1 言って, 随分ひどい

▼ しないがね~ (2, 0.0%)

1 しかしおまえ, どうして君

▼ しないきっかけ~ (2, 0.0%)

1 から当時ロシア, がとらえられ

▼ しないきみ~ (2, 0.0%)

1 がこすり附け, の机

▼ しないくら~ (2, 0.0%)

1 ゐだ, ゐ索然

▼ しないくらいの~ (2, 0.0%)

1 時同じ, 程度において

▼ しないここ~ (2, 0.0%)

1 において黙々, まで来る

▼ しないことそれ~ (2, 0.0%)

1 は, は決して

▼ しないこと朝~ (2, 0.0%)

1 おそくまで, は一番

▼ しないこと自分~ (2, 0.0%)

1 が長く, の力

▼ しないごく~ (2, 0.0%)

1 田舎式な, 雑な

▼ しないさき~ (2, 0.0%)

1 からいなか者, から僕

▼ しないさま~ (2, 0.0%)

1 はどうやら, をそのまま

▼ しないしかも~ (2, 0.0%)

1 主人が, 手向いを

▼ しないせい~ (2, 0.0%)

1 か十年一日, か無意識

▼ しないそしてまた~ (2, 0.0%)

1 彼の, 自然主義的の

▼ しないたしかに~ (2, 0.0%)

1 あの田万里, この家

▼ しないただ一人~ (2, 0.0%)

2 の相手

▼ しないたとえば~ (2, 0.0%)

1 中途まで, 快楽の

▼ しないためそれ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は云わず

▼ しないだが~ (2, 0.0%)

1 今後どれほどの, 女一人じゃ

▼ しないだけが~ (2, 0.0%)

1 お情け, 取柄である

▼ しないつまり~ (2, 0.0%)

1 原稿を, 書けないといふ

▼ しないでね~ (2, 0.0%)

1 学校どこ, 明日の

▼ しないでもよ~ (2, 0.0%)

2 ござんす

▼ しないといふだけ~ (2, 0.0%)

1 だつた, で又は

▼ しないとさえ~ (2, 0.0%)

1 云うこと, 云って

▼ しないとして~ (2, 0.0%)

1 冷遇し, 殺人狂なんて

▼ しないとともに~ (2, 0.0%)

1 その外米, 源氏は

▼ しないと共に~ (2, 0.0%)

1 又多く, 返しの

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 いて, くれ

▼ しないどうも~ (2, 0.0%)

1 しやしない, 私は

▼ しないどころ~ (2, 0.0%)

1 でなくこの, では

▼ しないどんなに~ (2, 0.0%)

1 偉い大学, 滞っても

▼ しないながらも~ (2, 0.0%)

1 ともかく夜道, 頑張って

▼ しないなどは~ (2, 0.0%)

1 もう通り相場, 一篇の

▼ しないふり~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ しないまえ~ (2, 0.0%)

1 に木下少年, はどうしてなかなか

▼ しないまでの~ (2, 0.0%)

1 事だ, 仕上げを

▼ しないまんま~ (2, 0.0%)

1 に, に何だか

▼ しないむしろ~ (2, 0.0%)

1 瞳孔の, 私が

▼ しないもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 絶交さ

▼ しないやつちよいやつちよい譯~ (2, 0.0%)

2 なしだ

▼ しないゆえ~ (2, 0.0%)

2 である

▼ しないよう注意~ (2, 0.0%)

1 して, を要す

▼ しないより~ (2, 0.0%)

1 いい筈, 本当に近い

▼ しないわたくし~ (2, 0.0%)

1 の幼字, までが頭

▼ しないガラッ~ (2, 0.0%)

1 八ぐらいの, 八に

▼ しないサルトル~ (2, 0.0%)

2 につき一席口上

▼ しないシベリア~ (2, 0.0%)

1 の雪, を夜昼鋼鉄

▼ しないビール~ (2, 0.0%)

2 を勝手

▼ しない一寸~ (2, 0.0%)

1 この植木見世位, 彼処で

▼ しない一種~ (2, 0.0%)

1 の引込思案, の感情

▼ しない七月~ (2, 0.0%)

2 の十二日

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の確, の高い

▼ しない不安~ (2, 0.0%)

1 が繰り返しおそいかかる, であつ

▼ しない不幸~ (2, 0.0%)

1 なん, な婦人

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の腕, 眼な

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 は自分, 水之

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 にとって白頭, にとつ

▼ しない事情~ (2, 0.0%)

1 のゴタゴタ, もあり

▼ しない事物~ (2, 0.0%)

1 であり従って, をも研究

▼ しない二十五歳~ (2, 0.0%)

2 か三十歳近く

▼ しない二本~ (2, 0.0%)

1 との撚り, の腕

▼ しない二百十日~ (2, 0.0%)

2 の厄日

▼ しない云々~ (2, 0.0%)

1 と書い, と書く

▼ しない人柄~ (2, 0.0%)

1 のよう, を感じ

▼ しない人民~ (2, 0.0%)

1 の意志, は欠乏

▼ しない人種~ (2, 0.0%)

1 がある, の方

▼ しない人達~ (2, 0.0%)

1 が次第に, はすべて

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 には人, 數の

▼ しない伏像~ (2, 0.0%)

2 に対して一同

▼ しない伝統~ (2, 0.0%)

1 が存在, のおもり

▼ しない何と~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ しない何ん~ (2, 0.0%)

1 か気, と憎い

▼ しない作家評論家~ (2, 0.0%)

1 の名, を指名

▼ しない作者~ (2, 0.0%)

1 とでは同じ, の気質

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 は今日, を我々

▼ しない例えば~ (2, 0.0%)

1 出来上った製作品, 省線電車の

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 でありました, というもの

▼ しない信念~ (2, 0.0%)

1 に立っ, や努力

▼ しない個所~ (2, 0.0%)

1 から急, が多い

▼ しない偉い~ (2, 0.0%)

1 のは, 男か

▼ しない傍若無人さ~ (2, 0.0%)

2 が世捨人

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 は云わ, は私

▼ しない兄さん~ (2, 0.0%)

1 も死ぬ, を打

▼ しない兄樣~ (2, 0.0%)

2 も此處

▼ しない光景~ (2, 0.0%)

1 からは聴く, に驚い

▼ しない全く~ (2, 0.0%)

1 周囲に, 弛緩した

▼ しない其の~ (2, 0.0%)

1 三族とは, 理由は

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の世界, の自分

▼ しない利己主義~ (2, 0.0%)

1 であった, とさもしい

▼ しない利用~ (2, 0.0%)

1 がある, のある

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の強い, をもっ

▼ しない勇気~ (2, 0.0%)

1 に感服, を身

▼ しない動物~ (2, 0.0%)

1 だどんな, の中

▼ しない医者~ (2, 0.0%)

1 が愚か, の手術

▼ しない十何人~ (2, 0.0%)

2 の少年少女

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 助が, 助の

▼ しない半面~ (2, 0.0%)

1 でございます, では強く

▼ しない博士~ (2, 0.0%)

1 だった, の胸

▼ しない印象~ (2, 0.0%)

1 を与えた, 従って女性

▼ しない危険~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ しない却って~ (2, 0.0%)

1 夫は, 忙しい位

▼ しない原始林~ (2, 0.0%)

1 である, の奥

▼ しない去年~ (2, 0.0%)

1 の二月五日, の八月

▼ しない友達~ (2, 0.0%)

1 と喧嘩, の名前

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 對に, 影の

▼ しない反証~ (2, 0.0%)

1 にもと, の出

▼ しない口ぶり~ (2, 0.0%)

2 で質問

▼ しない台所~ (2, 0.0%)

1 でそれ, と対した

▼ しない同じ~ (2, 0.0%)

1 位置で, 姿勢を

▼ しない名前~ (2, 0.0%)

1 さえあった, の学問

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 ありは, 将来ばかり

▼ しない品物~ (2, 0.0%)

1 が店, さえあれ

▼ しない哲学~ (2, 0.0%)

1 として陥るべき, はない

▼ しない商人~ (2, 0.0%)

1 がそこ, はおそらく

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 だと, はとがめ

▼ しない因果~ (2, 0.0%)

1 でもう, はからの因果

▼ しない国民~ (2, 0.0%)

1 であり昨日, はない

▼ しない場合これ~ (2, 0.0%)

2 は彼女達

▼ しない大きな~ (2, 0.0%)

1 因子が, 悲しみの

▼ しない大丈夫~ (2, 0.0%)

2

▼ しない大作~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ しない大胆~ (2, 0.0%)

1 な人, な所作

▼ しない太平洋~ (2, 0.0%)

2 のはて

▼ しない奇妙奇天烈~ (2, 0.0%)

2 な日本

▼ しない女の子~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を預け

▼ しない女中~ (2, 0.0%)

1 のよう, の年齢

▼ しない好悪~ (2, 0.0%)

2 は即ち

▼ しない始末~ (2, 0.0%)

1 だった, であり青年団

▼ しない嫌疑~ (2, 0.0%)

1 であの, でくりかえし

▼ しない子供たち~ (2, 0.0%)

1 が殆ど天使, は

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 と川, を書い

▼ しない完全~ (2, 0.0%)

1 な無, な野獣

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 が云訳, 世間の

▼ しない実に~ (2, 0.0%)

1 厄介千万な, 妙な

▼ しない実際~ (2, 0.0%)

1 さういふ間違, になっ

▼ しない将校~ (2, 0.0%)

1 がいたら, なん

▼ しない小判~ (2, 0.0%)

1 と大判, や小粒

▼ しない少数~ (2, 0.0%)

1 の昼間, の者

▼ しない峯吉~ (2, 0.0%)

1 が塗, の父親

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 に限る, の見物

▼ しない平気~ (2, 0.0%)

1 で居る, な顔付

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の階段, を

▼ しない広い~ (2, 0.0%)

1 処に, 川原半ば枯れた

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 にまで透徹, の小

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の林, の若葉

▼ しない建前~ (2, 0.0%)

1 となった, となつ

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 さで, さと

▼ しない当時~ (2, 0.0%)

1 の国家, よく解らなかった

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 で, でつまり

▼ しない微笑~ (2, 0.0%)

1 を含んだ, を眼

▼ しない徳義上~ (2, 0.0%)

2 の教育

▼ しない心地~ (2, 0.0%)

1 から接する, に彼自身

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 だから, である

▼ しない怪しげ~ (2, 0.0%)

1 な修験者, な骨董絵

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 くどさ, 作家に

▼ しない悲歎~ (2, 0.0%)

1 に暮れ, をしかあと

▼ しない惡名~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を書き立てられた

▼ しない想念~ (2, 0.0%)

1 がワーリカ, に囚

▼ しない意地~ (2, 0.0%)

1 つ張り, 悪い鋭さ

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ しない憾み~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 といふ事, などで自分

▼ しない或は~ (2, 0.0%)

1 休む方法, 具壽又は

▼ しない文化~ (2, 0.0%)

1 のこと, の中

▼ しない文章~ (2, 0.0%)

1 であるが, にはどうしても

▼ しない新しい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 歌が

▼ しない日本人~ (2, 0.0%)

1 がいたずらに, だけのもの

▼ しない早苗~ (2, 0.0%)

1 のこと, のその

▼ しない明日~ (2, 0.0%)

1 のこと, よりも今日

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 から牡牛, の金貨

▼ しない映画~ (2, 0.0%)

1 の呼び入れ, 見て

▼ しない暗い~ (2, 0.0%)

1 不機嫌な, 方へ

▼ しない曠野~ (2, 0.0%)

1 があった, の道筋

▼ しない曲解~ (2, 0.0%)

2 され易い

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 である, は芸術座

▼ しない条件~ (2, 0.0%)

1 で私, の下

▼ しない架空~ (2, 0.0%)

1 の敵, の物語

▼ しない権利~ (2, 0.0%)

1 があります, をさえフランス

▼ しない欠点~ (2, 0.0%)

1 がある, はおれ

▼ しない武人~ (2, 0.0%)

1 が好き, の時代

▼ しない武蔵~ (2, 0.0%)

1 の伝記, の楷書

▼ しない歩き方~ (2, 0.0%)

1 で廊下, で隣室

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の街, の襲つて來

▼ しない母親~ (2, 0.0%)

1 なんてあり, の態度

▼ しない毎日~ (2, 0.0%)

1 の病床生活, の食餌

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の創作的態度, はこの

▼ しない民衆~ (2, 0.0%)

1 が住ん, と作家

▼ しない気持ち~ (2, 0.0%)

1 があった, をし

▼ しない気象~ (2, 0.0%)

1 と人情, の女

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 がし, ですか

▼ しない氣持~ (2, 0.0%)

1 だな, であるたとへば

▼ しない沈黙~ (2, 0.0%)

1 がこめ, がつづく

▼ しない流儀~ (2, 0.0%)

1 であって, なのね

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 に続い, を前

▼ しない煙草~ (2, 0.0%)

1 は不吉, をこつ

▼ しない爺さん~ (2, 0.0%)

1 に衣食, の乞食

▼ しない物語~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ しない独立~ (2, 0.0%)

1 の住民, の本能

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 に高価, に鰹節

▼ しない現在~ (2, 0.0%)

1 のあなた, の結婚

▼ しない現状~ (2, 0.0%)

1 がおそらく, である

▼ しない理想~ (2, 0.0%)

1 の姿, は音

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の物, まじめな

▼ しない用心~ (2, 0.0%)

1 にこんな, をし

▼ しない由子~ (2, 0.0%)

1 が何年, への皮肉

▼ しない男ぶり~ (2, 0.0%)

2 なのに

▼ しない男性~ (2, 0.0%)

1 は夏, は殆ど一人

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 のごみごみ, の人人

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 がある, をもっ

▼ しない目的~ (2, 0.0%)

1 の定まらない, もない

▼ しない眼差し~ (2, 0.0%)

1 の前, を凝らし

▼ しない矛盾~ (2, 0.0%)

1 や錯誤, を与え

▼ しない知識~ (2, 0.0%)

1 その水準, の堆積中

▼ しない破局~ (2, 0.0%)

2 へ押上げ

▼ しない神社~ (2, 0.0%)

1 のお, は破

▼ しない私達~ (2, 0.0%)

1 としては取消, もいかん

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 に誰, の空

▼ しない種類~ (2, 0.0%)

1 の文学, の科学者

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 でおます, なの

▼ しない立場~ (2, 0.0%)

1 ではあつ, の人々

▼ しない童貞~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 がつるつる, の鞭

▼ しない筆致~ (2, 0.0%)

1 で描い, も快い

▼ しない答え~ (2, 0.0%)

1 が気に入らなかった, に当惑

▼ しない算段~ (2, 0.0%)

1 をした, を上分別

▼ しない範囲内~ (2, 0.0%)

1 でのみなされ, においてできるだけ

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 振ばかり

▼ しない細君~ (2, 0.0%)

1 の手, を心から

▼ しない結婚~ (2, 0.0%)

1 でもしなけれ, や離婚

▼ しない線香~ (2, 0.0%)

1 がどこ, と樒

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 である

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の生え, は全体

▼ しない者何~ (2, 0.0%)

2 も知らない

▼ しない耕二~ (2, 0.0%)

1 と知つて, に執拗

▼ しない肉体質~ (2, 0.0%)

2 の思想

▼ しない能力~ (2, 0.0%)

2 ばかりにたよる

▼ しない自殺~ (2, 0.0%)

1 は皆ここ, を決行

▼ しない自覚~ (2, 0.0%)

1 があつ, ではほんとう

▼ しない色々~ (2, 0.0%)

1 な細かい, の秘密

▼ しない芝居小屋~ (2, 0.0%)

2 の煉瓦壁

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 で苦労, の癖

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 いかれら, 侍でも

▼ しない若者~ (2, 0.0%)

1 の親たち, は恐らく

▼ しない苦し~ (2, 0.0%)

1 さ, さが

▼ しない葉子~ (2, 0.0%)

1 の健康状態, の気分

▼ しない蒼空~ (2, 0.0%)

1 がエロチック, の奥

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 やかな

▼ しない行為~ (2, 0.0%)

2 を敢

▼ しない表現~ (2, 0.0%)

1 になっ, の上

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ しない見え~ (2, 0.0%)

2 すぎる目

▼ しない見識~ (2, 0.0%)

1 があっ, が見え

▼ しない親分~ (2, 0.0%)

2 の平次

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 に聞いた, りに

▼ しない詩人~ (2, 0.0%)

1 だから, の魂

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 がある, を立てた

▼ しない読者~ (2, 0.0%)

1 にとつて, のため

▼ しない證拠~ (2, 0.0%)

1 に, にこれ

▼ しない豫算~ (2, 0.0%)

1 が出, を作つたの

▼ しない贅沢~ (2, 0.0%)

1 な心, に近づい

▼ しない赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 に話しかけた, の事

▼ しない超人~ (2, 0.0%)

2 だけが道化

▼ しない趣味~ (2, 0.0%)

1 とかなり, の貪欲性

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 で砂, をすぐ

▼ しない農民~ (2, 0.0%)

1 のみの土着, を怨み

▼ しない近代~ (2, 0.0%)

1 のプロデガル, の軍隊

▼ しない近頃~ (2, 0.0%)

1 の彼, の話

▼ しない迷路~ (2, 0.0%)

1 のやう, の中

▼ しない運命~ (2, 0.0%)

1 の爲め, をたどっ

▼ しない遠い~ (2, 0.0%)

1 前の, 未来を

▼ しない部落~ (2, 0.0%)

1 がタクサン, に忽ち

▼ しない鋭い~ (2, 0.0%)

1 眼の, 顔は

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 いまを, 庵それかと

▼ しない長い~ (2, 0.0%)

1 小説を, 路を

▼ しない長井~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ しない関係~ (2, 0.0%)

1 なの, の認識

▼ しない限り乱暴~ (2, 0.0%)

2 はしない

▼ しない限り国境委員会設置~ (2, 0.0%)

2 には同じ

▼ しない限り完全~ (2, 0.0%)

2 に衰微

▼ しない限り彼ら~ (2, 0.0%)

1 にとってそれ, は決して

▼ しない限り私~ (2, 0.0%)

1 が今, はこ

▼ しない限り自然科学~ (2, 0.0%)

1 の, は自然科学

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の峰, や時たま

▼ しない電車~ (2, 0.0%)

1 に乗った, をいつ

▼ しない静かさ~ (2, 0.0%)

1 だった, で七瀬一人

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 かな靜

▼ しない面倒~ (2, 0.0%)

1 が始ま, も見ない

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 などで手, に薔薇形

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 をたて, を立て

▼ しない響き~ (2, 0.0%)

1 の交錯, をぼかし

▼ しない領域~ (2, 0.0%)

2 には

▼ しない風俗習慣~ (2, 0.0%)

2 があり

▼ しない食物~ (2, 0.0%)

1 を悦ん, を貪り喰った

▼ しない馬鹿~ (2, 0.0%)

1 がいた, といった異名

▼ しない馬鹿馬鹿しく~ (2, 0.0%)

1 て, てもい

▼ しない骨董~ (2, 0.0%)

1 を買, を買う

▼ しない~ (2, 0.0%)

1 の骨, は誰

▼ しない~ (2, 0.0%)

2 がある

▼1* [2185件]

しないあいだに人間, しないあかの他人, しないあたしみんな帰しちまうわ, しないあつかましさ, しないあとまわしだ, しないあまり水臭いからさ, しないあらゆる家畜を, しないあゝタップリ眠りたい, しないは, しないいいかげんな気風, しないいかなることが, しないいかに心は, しないいかにも鄙びた女, しないいきさつの飛沫, しないいきなり長羅宇, しないいくらあたしだって, しないいつぞやあちらの, しないいつも戸を, しないいまもまた, しないいまさし当っての, しないいやらしさを, しないいよいよ言葉を, しないいろんな出来事が, しないいわく結局は自己, しないすら眠く, しないうち四国連合艦隊に攻められ, しないうち富士と愛鷹, しないうち庶務部長の諸戸, しないうち林町へ法事, しないうれしくってうれしくっ, しないえそらごとの, しないおおどかな大阪, しないおそろしい飢渇から, しないおつもりでせう, しないおとなしやかな男, しないおれ達はあの, しないおろかものがフランス, しないお前こっちにいた, しないお前たちに出来る, しないお前らも亦, しないお喋りを井戸, しないお婆さんが彼方, しないお嬢さんが無事, しないお客が一人, しないお捻りを献ずれ, しないお松さん君がもし, しないお玉も退屈, しないお腹がはち切れる, しないお雪ちゃんは今度, しないかいおい, しないかかる真夜中に, しないかぎりあとの五十五分間, しないかぎりあなたに対する私, しないかぎりこれは如何, しないかぎりこれらの戦争協力作家, しないかぎりわれわれが如何, しないかぎりエフ氏は動かないでしょう, しないかぎりストライキをやらない, しないかぎり一生いつまでも同じ, しないかぎり事件のおも, しないかぎり人民というもの, しないかぎり今日のいわゆる, しないかぎり冤罪をいいとく, しないかぎり十万円出して, しないかぎり外套はやはり, しないかぎり怪塔ロケットのごく, しないかぎり海外諸国の圧迫, しないかぎり苦の世界, しないかぎり身元の分からぬ, しないかしらという馬鹿げたぼんやり, しないかしらなどと想像し, しないかしらねおじさま, しないかたはひとり, しないかたくなな心, しないかたくなさからであろう, しないかというまでであります, しないかといった気分は, しないかとくらい星あかりの, しないかとでもいうよう, しないかとはひそかに, しないかとまで思はれた, しないからかも知れない, しないからさちょっとお, しないからでもあった, しないからという理由で, しないからといふ逃げ口上さ, しないからとか自分の, しないからとて民族の, しないからなどうしてもこの, しないからに外ならない, しないからにはこの科学, しないからねえ邪魔は, しないからはもうわたし, しないかわり命令にも応じなかった, しないかをさえ恐れられたこと, しないがしかしたいそう, しないがとよく見る, しないがという電信を, しないがやがやという音, しないがんこな, しないきつと雨, しないくそ坊主かといったまで, しないくらやみの海, しないぐらい飲みすぎて, しないけだし紙幣は, しないけどねキマリを, しないけれどさあんまり空々しい, しないけれどもねこの頃, しないけれどネ大砲の, しないこいつはゆするべき, しないこいつらは初め, しないこうして, しないこういう心持を, しないこころの底, しないこころもちになっ, しないことおしゃべり屋の伝六, しないことこれがたいせつだ, しないことに貴方を, しないことばでしたから, しないことインド管区長としての職責, しないことバランスの馴れ, しないこと七八年は一つ仕事, しないこと上述の通り, しないこと他人に交じっ, しないこと以前の通り, しないこと出版は直接, しないこと多作をしない, しないこと対手の前, しないこと彼らがどんな, しないこと承認しない疲れ, しないこと技術のそうした, しないこと教えっこ, しないこと日記をつける, しないこと本願寺の領地, しないこと現在の職業, しないこと甚しい, しないこと私の方, しないこと等である, しないこと精神が自己, しないこと自暴自棄を起さない, しないこと自身が哲学, しないこと虚栄心や名誉慾, しないこと諸国の末寺, しないこと馬や車, しないこの同じ問題は, しないこの間山木混凝土氏の玄関前, しないこれからその神尾主膳, しないこれらの松, しないこんなにお天気, しないひいきと, しないさしあたりの回避工作, しないさっきのお, しないさっぱりした気性, しないさて穿き心, しないさと云って, しないさらに或, しないさりとて自然を, しないしかたがない, しないしさア, しないしずかなところ, しないしばらくすると, しないじじむさい不潔に, しないじまいでいる, しないじゃあないか, しないじゃまに続出, しないなおな, しないすなわち一国の, しないすべて従来のまま, しないずっと以前, しないせっかくの追跡, しないせつなさだつた, しないそうした人たちとは, しないその平然たる障壁の, しないその間の鞘, しないそぶりは素子, しないそれから和尚様の, しないそれだけ目に, しないそれでなるべくごつごつ, しないそれどころか蔑まれるやう, しないそれほど可愛がっ, しないそれほど互にそれらしくある, しないそれらのフランス人, しないぞといふやうな, しないぞんざいな口, しないたかがこれっ, しないただ下からその, しないたった一つの, しないたって帰ると, しないたといその理論, しないたとへばそれは, しないたまものやつれない, しないためぜんたいが南, しないため一足ちがいとなり, しないため十分哺むことが, しないため布の面, しないため文枝さんは私, しないため測定し得られないという, しないため路傍の花, しないたよりになる, しないだがしかし少なくも貧乏, しないだけは渡して, しないだってよかないの, しないちょっとでいい, しないつうのでまだ, しないつつましい佳い歌である, しないつておつ, しないつてことはたいした, しないつて言ひますぜ, しないつて誓ひなさい, しないつて風なん, しないつまらないといふ顔, しないつるりとした頭, しないでさ神経衰弱に, しないでたらめであるとして, しないでな若殿様の, しないではと自分らは, しないではという心を, しないでもとまめやかな, しないでをれと, しないとある種の, しないというかどで女房役, しないというくらいの力を, しないというじゃないか, しないというは武士の, しないとおつし, しないとおりもし今日, しないとかというえらい騒ぎ, しないとかは自分たちの, しないとき事実経験され感受, しないとき私は太田, しないとこ迄受け, しないとこう見られて, しないところ人間の普遍的愚, しないとしてとに角この, しないとても凝つとして, しないとにかく俺の, しないとね男に, しないとばかり思つてた, しないとめくらになっ, しないとを突き合わせた, しないと迄思われた時, しないどうしたん, しないどうかして, しないどうしてそんな人, しないどこか身, しないどんな芝居を, しないどんよりとものがなし, しないなお当局では, しないなかなか堅い人, しないながらに抱えの, しないなぜと云う, しないなぜならそれは, しないなと思った, しないなど甚だ以つて業腹, しないなにもない, しないなまけ者だった, しないなるべく奇矯な, しないなんだのかん, しないなんか僕を, しないなんぞとおっしゃりながら, しないにてまくり合いしが, しないねこや犬, しないねつとりした人物, しないのででも分つた, しないのどから手, しないのにねそこでほら, しないのにも操持の, しないのびやかなところ, しないのらねこで, しないはっとうれしいこと, しないはりあひ, しないつかりに, しないばかりでいたんだよ, しないばっかりにその小さい, しないひどく分別くさい, しないひよわなもの, しないひろい大洋が, しないびくびくしないと, しないふたりの女, しないふとんの, しないへんな風, しないべつな口, しないほかは話しぶり, しないほとんど円形な, しないほんたうに美, しないほんとうに感心, しないぼくの考, しないぼんやりした陰, しないまあ当らずさわらずの, しないまことの武士, しないまさか雪さんが, しないまして弁信さんだ, しないまじめな人, しないまず言わば中等程度の, しないまったく練習不足だ, しないまでですどうも, しないまでにも無意識に, しないままつぎ合わされて, しないまま五郎は同感, しないまま今から直ぐ, しないまま今日に立ちいたった, しないまま傍の少年ボーイ, しないまま営業してるという, しないまま地下室へ降り, しないまま塾長室に行った, しないまま子孫に伝え, しないまま彼は歩き出した, しないまま心持ち口籠もって, しないまま未亡人の顔, しないまま注射した, しないまま灰燼にし, しないまま男はだる, しないまま直ぐに, しないまま突立って, しないまま緊張した顔, しないまま脳髄の中, しないまま蒋介石も中共, しないまま質問した, しないまま走り寄って, しないまるっきり見知らぬ少女, しないまるですきあなから, しないまんまどこへか喋り, しないまア黙って, しないみごとな品, しないみたいであなた, しないみっともない御面相に, しないみどりの芝生, しないみんなむじつの罪だという, しないむかしなにがしといふ漢, しないむきな純一, しないめったのもの, しないもう少し話しを, しないもし邪魔に, しないもっと手近に, しないもどかしさと, しないものこれが下, しないもの一回限りのもの, しないもの乳ばかり飲ん, しないもの何れも一応, しないもの必要なとき, しないもの民さん心配すること, しないもの湿度や温度, しないもの虐殺の対象, しないやう人心安定のため, しないやさ男ぶりは気に入らなかつた, しないやっぱり遊びじゃ, しないやつちよいやつちよい訳なしだ, しないやり方である, しないゆうべ吐いたの, しないゆえんでもある, しないゆき子の馴, しないゆったりした心がまえ, しないようあまりつましくし, しないようさりげなく云った, しないようすが若者, しないよう人心安定のため, しないよう十分気をつけます, しないよう工夫をこらしました, しないよう自由に開放, しないよくいったもの, しないよくもそれを, しないよといったような, しないよといふ風に, しないよなどと言って, しないよねお前が, しないろくでなしの心, しないわざとらしさを, しないわと言って, しないわね使ったって, しないわれらにはかなり, しないわれわれ一流のやり方, しないアカデミシャニズムよりも却って, しないアポロンのほう, しないアルタクセルクセスの贈り物, しないアンナ奴と喧嘩, しないアンポンタンから得た, しないアーチフィシアルな気, しないインタブルなもの, しないインテリの手, しないエチケットなの, しないエドワード六世ホテルという名, しないエンフィールドの心, しないオリヴィエをじっと, しないカフェーのなか, しないカルメル山の修道女ら, しないガス六倍水道十二倍にする, しないガラス玉か何, しないガラツ八に跟けさ, しないガラツ八位のところが, しないキリスト信者と雖, しないクラス会があ, しないクリストフの勇敢, しないクリティシズムであり之, しないグランドは, しないグループで時折, しないゲルトが少し, しないコンスタントなもの, しないコンノの優勝, しないゴオリエフなんていふ, しないゴンをいきなり, しないゴーゴリ的な日本, しないジューヴェでありすぎる, しないストライキ小作争議というもの, しないスフの製品, しないスポーツで日本, しないスラヴの変形, しないセンチメンタリズムが詩, しないゼスチュアでもない, しないソレよりかその, しないタキシードなどを着込ん, しないタッチなどいう, しないタテマエなん, しないチャンと軍令, しないチョビ安で, しないチースまで召, しないてどう, しないツマを添え, しないテルノフスカヤの出現, しないテーゼだろう, しないトラ十の屍体, しないトロミエスのこと, しないドアを三つ, しないドイツの虚偽, しないドロップの缶, しないドロンとした, しないナドトいってるもの, しないノボセ方であった, しないハアトなの, しないハスレル両者の間, しないバラックの屋根, しないバルコニを突出, しないバーバリズムに過ぎない, しないパラソルの石突き, しないヒューマニズムのはじまり, しないフランス人が家庭, しないフランス語の詩集, しないフランツは自分, しないフリーダによって決定的, しないブック・レヴューが珍しく, しないブルジョア社会に於, しないプロの方, しないプロレタリア作家と, しないプロレタリア文学というもの, しないベルの方, しないボーイ長の負傷, しないボートルレが走り, しないマジナイというもの, しないマルクシストさえ, しないマルクープ爺さんの勝手, しないムジナモなる世界的珍奇, しないモウ一人の白鷹先生, しないモンペイはい, しないヤッカイ者のヘボ, しないヤツバラよりもどれ, しないラジオの叫び, しないラバソールの靴, しないリアリズムである, しないリンピイだった, しないルーズな性格, しないロンネとの不倫, しない日本の, しないワケにもいかない, しない一体この神河内, しない一体どうして, しない一個の男, しない一切の世界, しない一味の欠けた, しない一塊りの, しない一女性の幻影, しない一年に二度, しない一挙に人類, しない一撃であり骨, しない一日なの, しない一時になっ, しない一構えの建物, しない一次元ということ, しない一民族の持続, しない一番先に出来上っ, しない一番右翼に居た, しない一社会部分だという, しない一種純粋な知能型, しない一緒に来給え, しない一般の人, しない一般臣民が善良, しない一部の若い, しない一面がある, しない一駄の薪, しない一驚異であろう, しない七兵衛はこの, しない七月十日だった, しない七銭が煎餅, しない三人づれは世代, しない三十一文字を妙, しない三千世界の色男, しない三味線が将来ニッポン, しない三塁へいっ, しない三年跡の七月小金原, しない三日でも四日, しない上州とか甲州, しない上等の土釜, しないの町, しない下劣な人物, しない下等な劇場, しない下等品で値段, しない下級民です, しない真面目な, しない不具者なのね, しない不合理な話, しない不安そうな顔, しない不平を微, しない不快な感覚, しない不思議千万な決闘, しない不愉快事を素子, しない不気味な表情, しない不満を自分一人, しない不用意な着物, しない不粋な仕打ぢ, しない不精だ不精, しない不規則性があっ, しない与八もそういう, しない与次郎はこれ, しない且つマチマチで, しない世人研究費を出し惜しみする, しない世話焼の親爺, しない世辞をお客, しない並木道の深い, しない中お先へ失礼, しない中学四年の時, しない中年男と山登り, しない串戯さ, しない丸木のまま, しない主題である, しない久吉と官, しないこそが唯一, しない乍らも形, しない九分通り出来て, しない九月の七日, しない九月二十八日の今日, しない九月十二日の午前八時頃, しない乞食なん, しない乱闘をつづけ, しないしぼりが, しない乳房を探つた, しない乾漆のつよ, しない予告なしに, しない争論がもち, しない事一人の女, しない事地方的な雰囲気, しない事嫌疑の内容, しない事象の次, しない二〇歳という年齢, しない二十一歳の元康, しない二十代であるからと, しない二十日たらずとも, しない二年前の冬, しない二本棒をさげ, しない二葉亭は不便, しない二重まぶたにあり, しない云い草がまた, しない云ふところの国際主義, しない互に斯う, しない互恵平等の立場, しない五十二三歳の女, しない五十銭銀貨で二十何円, しない五梃駕籠の一つ, しない五銭に負けろ, しない亡き母の, しない交際もしない, しない亥刻までは往かない, しない享楽の街, しない京橋口定番米倉は武蔵金沢, しない亭主とはこの世, しない人々彼らを彼, しない人さへこれ, しない人どもを追い, しない人他の人々, しない人夫を励, しない人気ものになり了せた, しない人目を眩す華々しい, しない人間らしい人間に, しない人間此の世に生れ, しない人間的長所と心得, しない人類と同時, しない人類的事業の一つ, しない仁義と方言, しない今宵も亦, しない今度こそは俺, しない今日劇作家はもう少し, しない今頃の玉子, しない介抱ぶりには流石, しない仏弟子が進ん, しない仏教の教義, しない仕合せだった, しない仕方なしに, しない仕方それは最も, しない他人たちで私, しない他国の人, しない代り一緒に笑い, しない代り人の曲, しない代り心利いた若い, しない代り暇がある, しない代り物事を断じて, しない代り自分も付合っ, しない代り船の大, しない代り首にもならない, しない代物としか見えない, しない代表者であった, しない以上他人の言葉, しない以上何をしでかす, しない以上僕は止める, しない以上左膳のほう, しない以上彼等は青春, しない以上教育の倫理化, しない以上日本人の, しない以上明日も亦, しない以上有名な小堀, しない以上留任運動は今, しない以上秀郷貞盛の連合軍, しない以上私がこの世, しない以上自分は却つて世の中, しない仮にできたとしても, しない仮令親に, しないでも僅か, しないに現われ, しない伯母の真, しない伯父の態度, しないでいる, しない但し放ち飼, しない位以前の俤, しない位漠然として居る, しない位置からこんなに, しない山だ, しない低級な教育, しない低音で呟い, しない住宅を空中, しない体験の予感, しない何ぞ食べるもの, しない何とも言えぬ奥ゆかし, しない何もかも明白だ, しない何事も彼女, しない何処から得た, しない何時までも二人差向い, しない何月何日というよう, しない何羽かの黒鶫, しない何者と雖, しない余吾之介, しない作兵衛は冷笑, しない作柄で表紙, しない作物に見失はれ, しない作話をし, しない使なの, しない価値のない, しない俗人よりも更に, しない俗物なの, しない俗言とみえ, しない保証のついた, しない保身術などの恐ろしい, しない保険というもの, しない保険付きの堅い, しない信者が傍, しない信長も何, しない修練は或は, しない俳句にあっ, しない俺なんざそいぢ, しない個々の独自, しない候補者に投票, しない倹約心も解った, しない倹素な性質, しないに千五百萬圓, しない偏頭痛がする, しないの結婚, しないに帰宅, しない偶発の事件, しない偽りの証言, しない傍若無人の態度, しない傑物は何人, しない僧侶でさえもが, しない儀礼の世界, しない儉素な性質, しないもうい, しない儘休憩となり, しない優しい男は, しない元始的な構造, しない元気を持っ, しない兄弟のよう, しない兄様も此処, しない兄貴風を吹かし, しない先ぶれを試み, しない先妻が死ん, しない先輩の悪口, しない入学試験がやって来る, しない入道雲が水平線, しない全体的な真理, しない兩手が彼女, しない八十吉がこの, しない八月八日の晩, しない公卿たちもこの, しない公然約束も, しない公益を保護, しない公衆はヨオロッパ, しない六カ条のこと, しない六年跡のお祭, しない六月二日の朝, しない働組へ, しない共同の生活, しない共同体でトーテム, しない共和とた, しないになっ, しない兵士といずれ, しない具体を藉, しない具体性は市井, しない具合を利用, しない内ヨーロッパに留学中, しない内乱は既に, しない内奥までふれられ, しない内気な若草, しない内田氏は茶店, しない円タクが二人, しない再三の失策, しない冗談じゃない, しない冷淡さが事実, しない冷然たるもの, しない出方によつて, しない出来やあしない, しないは便宜品, しない分子を捜せ, しない分隊長フランクが立っ, しない切れ味無二の濡れ燕, しない切実ないい, しない切符です, しない列車のまんなか, しない時雨の, しない初々しいお静, しない初期の時代, しない判定ではある, しない別荘を十, しない利害が反映, しない利己心だった, しない到底一致しない, しない制作に主, しない制度を正しい, しない前それは原稿, しない前ただの俗人, しない前外套を脱ぎ, しない前砲兵工廠につとめ, しない前途に對, しない剛情我慢で英雄的, しない創作意識の出発点, しない創造の喜, しない劇場では交互上演法, しない劇的映画にももう少し, しない努力とその, しない労働者は土地, しない労役の鉄, しない効果を現, しない動作をし, しない勝ちでしてなあ, しない勝負はなかつた, しない化け物を怖がる, しない北京前門外, しない北原賢次はそれでも, しない医術本業の公民, しない十三年前九月の月末, しない十二月の押しつまつた, しない十二月中旬までは小舟, しない十四日の朝, しない十太夫も眼, しない十年前のしかも, しない十手捕繩, しない十手取繩の大, しない十月十一日だ, しない十月十七日の夜, しない千世子は気, しない午後のホーム, しない半分だけ兎, しない半分以上トボケて居る, しない半年も札, しない半輪の五日, しない半開の扉, しない卑屈な反省, しない協定がなりたった, しないで実に, しない危地に入り込む, しないをさがせ, しない原書を四五册, しない原石を買いとる, しない原稿がある, しないな噂, しない厳密な注意, しない厳格な父, しない参得さんにはわからない, しない友人等の忠告, しないの瞳, しない双六谷で夫婦, しない反動心が起っ, しない反対の奥, しない反感と嫉妬, しない収奪と資本主義, しない叔父の様子, しない口々にう, しない口吻であります, しない口惜しさで, しない庭は, しない古い校舎が, しない只台所して, しない可哀そうに思われる, しない吃驚するほどの, しない合理主義的な欲求, しない合理論は一等大切, しない吉良の良い, しない同僚等も一杯, しない同時に偉大なる, しない同門の先輩暮田正香, しない同門たちの悲憤, しない名人気質的なふと, しない名実ともに大, しない名称で恐らく, しない名門やら名家, しない否大に狼藉, しない吸込孔をある, しない吾が生命をも, しない呼吸などが聞える, しない命令のはず, しない和蘭陀加留多三次たちのいかさま, しない和装の姿, しない咎めもしない, しない咳ばらいをし, しない咳払いをし, しない哀れな芝居気, しないだから, しない品行方正さ実は感受性, しない哲学者はそう, しないをうたっ, しないつんぼかね, しない唯一の作曲家, しない唯元に立, しない唯物論理解者の一人, しない唸り声でたがい, しない商売をし, しないを出され, しない啓吉にとって天国, しない善事を躊躇, しない喧嘩もしない, しない喫煙室で話, しないふべき, しない嘆息を繰返し, しない嘉永二年浅草の源空寺, しない器量自慢の娘, しない四五ヶ月以前に私, しない四人の科学者たち, しない四月二十一日の夜明方, しない四谷天王様の酉の市, しない回線の数, しない困難があと, しないなぞの荒れた, しない固定した詞章, しない固定的なもの, しない固形物のよう, しない国家主義言い換, しない国家的保護と奨励, しない国家的損失を蒙る, しない国民資本を犠牲, しないで無頼, しない園芸界の人々, しないがちょっとした, しない土人の酋長, しない土木工事や建築, しない土瓶へ茶, しない土臺を据ゑ, しない圧迫を仮想, しない地味すぎる柄あい, しない地平線だの, しない地方人や東京, しない地震なん, しない地面こそ寄附, しない坊主のことば, しない城太郎さえがその, しない執務の時, しない執心に因果, しない執拗さを持っ, しない執筆禁止について抗議, しない基準系に対して特別, しない堂々と教室, しない堅い男です, しない堅実な辛抱強い, しない堅実性を持つ, しない報復の理由, しない場合君はどう, しない場合子供が疑念, しない場合愛はその, しないりが, しない塩ッ辛くも, しない塹壕戦に入らなけれ, しない境遇でともかく, しない壓迫を感じた, しない壮太郎の代り, しない声最後に一同, しないなお客, しない変人でありましたが, しない夕方であつ, しない夕空から雨, しない外人は印度人, しない外劃的な大き, しない外国と交際, しない外国人の中, しない外套をわたし, しない外来者が来, しない多少なりと, しない多摩川の空, しない夜明と一しょ, しない夜更けの寒い, しない大事を惹き起し, しない大体南画形式の日本画, しない大名育ちの自分, しない大抵は二階, しない大正三年の九月, しない大正九年三月二日の夜, しない大洋の碧さ, しない大船へ乗った, しない大藪の闇, しない大衆の内部, しない大阪びとの持つ, しない大鷲はしずか, しない大黒天の本像, しないにむかっ, しない天下の弓取りたち, しない天保丑年の十二月, しない天国の出現, しない天地を想う, しない天女のツレ, しない天才教育のやう, しない天涯に放りだされ, しない天然自然のもの, しない天狗長兵衛作の聖観音菩薩, しない天真の発現, しない太い神経の, しない太古の人達, しない太田筑前守の座長ぶり, しない太郎冠者が酒, しない太鼓打ちがゐた, しない夫人の増上慢, しないを擧げ, しない失政をほどこした, しない奇怪事であつ, しない奉公の将来, しない奔放さがあった, しない奔流となっ, しない奥地の方, しない奥書院に通しました, しない女性で帰る, しない奴ばつかりだつた, しない奴隷でさえ奴隷, しない遇を, しない好いと思へ, しない好事家の嬉し, しない好意に溢れ, しない好色夢は所詮, しない如何なることが, しない妄想に駆られ, しないの心, しない姉さんに済まない, しない始めから云いなさい, しない姦淫を, しない娘たちにはたして, しない娘ッ子の中, しない婚礼がイヤ, しない婦人は一人, しない婦人たちがあるだろう, しないから始めて, しない嫉妬の感情, しない嫉性鬼女のお節介, しないにいじけ, しない嬌態纒綿たる盛装, しない子どもが小林君, しない孔明の信念, しない孤独と懶惰, しない孤高のひびき, しない学問を完全, しない学校当局が日本, しない学者さえございます, しない学術理論の書, しないだらう, しない宇宙に満ちた, しない安っぽいただの, しない宗介の甲冑, しない官員の上, しない官能の脆, しない実は密かに, しない実体は神, しない実例を見る, しない実在するの, しない実証科学だという, しない客観主義はいわば, しない客間と子供部屋, しない宣伝戦だけは鎬, しない宣教師は一切入国, しない家の子でも盗癖, しない家具調度で飾りたて, しない家内までが着物, しない家財はみんな, しない容態で十日, しない寂しい心に, しない寂寥だった, しない寂然とした, しない密接な縁, しない富士屋ホテルも嘲はれ, しない富者である, しない富豪通有の冷淡さ, しない寒空に浅草, しない寛大で高貴, しない實體は神, しない寧ろ約束した, しない対抗の態度, しない対立は今, しない専制主義者官僚主義者軍国主義者を以て蔑視, しない将来の使命, しない尊いものが, しない尊大な表情, しない尋常平凡な畑道, しない小さい歯が, しない小型のビイン, しない小声が聞えた, しない小娘の笑声, しない小次郎と浮藻, しない小母様に病気, しない小細工をしない, しない小船の戦争, しない小道具だ, しない小遣いの中, しない小野田はお, しない小頭があった, しない小鳥を傷つけた, しない小麦や大麦, しない屋台骨を誇っ, しない屋敷を思う, しない屍体になる, しない展覧会だ, しない履歴の中, しない山凪の中, しない山坂路を一生懸命, しない山林があっ, しない山根の松林, しない屹度喧嘩して, しないだけれども, しない岡田を褒め始めた, しない岡部と信子, しないにすくすくと, しない崖縁を僕ら, しないの中, しないが流れ, しない工夫はない, しない工藝はない, しない左翼思想犯人を終身拘禁, しない巧者とされ, しないの流人泰軒居士, しない市民の感情, しない帝国主義イギリスとその, しないを見まわし, しない干鰯を売った, しない平生着のまま, しない年ちゃんの顔, しない年寄りらしくいかにも, しない年月が経過, しない年齢の時, しない幸いここへ, しない幼稚なもの, しない幽霊の幻影, しない幾多の人間的内争, しない幾枚かを作り, しない広野をさまよい, しない広間で五人, しない度々來る, しない度胸で解る, しない座元の息子, しない座方の都合, しない廣漠な領域, しない建物全体の広, しない建築を一つ, しない建築家としてのあこがれ, しない弁信は委細, しない弁護士のやう, しないかなんかで飛ばす, しないの前, しない弟子たちの中, しない弟子達はそのまま, しない弱い異様な, しない張合いがない, しない強味があります, しない当代随一の若, しない当然な話, しない形式の漢文, しない形態画を指し, しない形跡がある, しないを一つ, しない影武者つかって, しない彷徨に蒼ざめて航路, しない役目の喜劇的存在, しない彼これはうまい, しない彼らの家, しない彼女たちの一日, しない彼女等の前, しない往年の祖父, しない後で聞けば, しない後世の副作用, しない後年のドストエフスキー, しない後期王朝頃から宴席, しない得体の知れない焦立たしいな, しない徙らに包み, しない從つてものを維持, しない心それが欲しい, しない心境の開拓, しない心持ちである, しない心掛けが吾, しない心根は長い, しない心算だ, しない心願を立てた, しない必要がどこ, しない忌わしい文字が, しない忘我の状態, しない応接にふたり, しない応接室への現, しない忠実さよい主婦, しない快楽ぐらい無意味, しないの瀬越, しない念仏の方, しない怒りもしない, しないれが, しない思い思いの解釈, しない思索ということ, しない怠け者になっ, しない怠惰な者, しない性癖を丸出し, しない怨敵鐘巻自斎, しない怪囚人に会った, しない恋人を持っ, しない恋愛には入らない, しない恋愛結婚は不備, しない恐慌を雪, しない息苦しくつて, しない恰も科学方法論が, しない恰好で歩き廻っ, しない悟浄はこうした, しない悠然として山, しない悩みを悩ん, しない悪い虫です, しない悪徳を平気, しない悪癖のある, しない悪者どもをいちいち, しない悪臭を放っ, しない悪達者な腕前, しない悲しさには, しない悲劇である, しない悲嘆者なん, しない情熱を統制, しない情緒や余韻, しない惡戯をどう, しない惡評を連發, しない惰弱な教育, しないじゃあります, しない意外なもの, しない意志を示し, しない意見を捨てない, しないにもつかぬ, しない愚鈍な二人, しない愛他心とに恵まれ, しない愛嬌を云, しない愛子の不人情さ, しない愛情がなん, しない愛惜と不安, しない感動に導く, しない感想をある, しない慾得を全然, しない慾心を起し, しない憎らしさ, しない憤懣を心, しないがある, しない懐刀で一揮, しない懐疑は真, しない懷疑は眞, しない戀愛談迄捏造, しない我々日本人は何, しない我儘でなければ, しない我国の教育者, しない我武者の吏, しない我邦では, しない戒めの絵馬, しない戒心のため, しない戦争するなら銘々勝手, しない戦線である, しない戦闘に大, しない戦闘精神などはあり得ない, しない戯曲がある, しない所帯ぎれのした昼夜帯も, しない所為か斯, しない手あいだのう, しない手助けをしよう, しない手合であり常に, しない手合いもある, しない手帖をもう, しない手袋を握っ, しない手軽く捲きつけただけ, しない才華へのあこがれ, しない才覚で通す, しない扱いだ, しない批判とは常に, しない批判者であった大工, しない抑揚の強い, しない折紙がつく, しない抽象的すぎる現実味, しない抽象論者だ, しない拙い処は, しない招きであった, しない拳銃を君, しないであること, しない指導者たちを持つ, しない挑発的なもの, しない挙国一致は擬装的, しない挨拶が低い, しない挨拶ぶりは何, しない捜査の最初, しない掛声をし, しない推量でごまかし, しない撲殺すの, しない擴がりが茫, しない擾乱の裡, しない支那傳來の硬玉, しない支那文字を日本人, しない支那海はただ, しない放縦に慣れ, しない政党を支持, しない政治的新聞とが含まれ, しない故事を引用, しない故意の作略, しない故郷の町, しないひであると, しない救貧法修正案は全然, しない敗者の生活, しないであるの, しない教区中に友人, しない教授は大学, しない教養ある人間, しない数百万の勤労者, しないの雑兵, しないを書く, しない文人としての名, しない文句を並べた, しない文吾は實つた稻, しない文字を粗末, しない文学愛好者はない, しない文明は皮相, しない文楽の小心さ几帳面さ, しない料理で日本, しない斬新な表現, しない断り書きをする, しないうして, しない世代が, しない新人の脚本, しない新緑の樹, しない新聞を頻りに, しない新聞記者がある, しない方々はそれでは, しない方姪のお, しない旅客である伸子たち, しない旅行ならば, しない旋律が山彦, しない日々なのね, しない日数が必要, しない日本当局の無気力, しない日本有数の舞台監督, しない日本語の癖, しない日本酒を飮ん, しない日頃であって, しない幕府時代に, しない昌さんを叱りつけ, しない明け暮れがこれ, しない明るい人な, しない明大生をわき, しない明治三十八年八月二十一日の夜, しない明治四十五年の九月, しないは甚, しないも書斎, しない昼夜二回こいつをやる, しない時々腹の, しない時に集つて団子を, しない時には腐敗した, しない時期の作者, しないが幾夜, しない普通ならぬ武道, しない普遍的な価値, しない景物があった, しない景蔵ですら, しない晴々した陽気さ, しない晴れがまし, しない晴れやかな面, しない智力の発展, しないの二十八日, しない暮しを経験, しない曲輪手前に恐れ気, しないに或, しない書生上りの下宿生活, しない書画類をしきりに, しない書畫類をしきりに, しない書類はなかなか, しない最大公約数的理想の発見, しない最期を遂げた, しない有望な一階級, しない服装だね, しない望みなんぞを起さず, しない朝夕とては一日, しないの能面, しない能力者の, しない未定稿であったろうと, しない未成の原稿, しない未来をもっ, しない本当の勇気, しない本来与八の有する, しない朱塗の梅, しない杉雄のため, しない材木を売りつけよう, しない村田のあと, しない杓文字に似た, しないを手, しない東京から来, しない東京都の内規, しない松竹梅の札, しないを取っ, しない林檎が目, しないは玩具, しない果してそれで, しない果実が早熟, しない柳生の殿様, しない栃木縣會の議しました, しない根性が逞しく, しない桑原氏は実際, しないの末流, しないで蓋, しないの静けさ, しない棺桶が一つ, しない椿岳の見識, しない楠木正成とよく, しない捌けた男, しない極少部分の, しない極度な恐怖, しない極端に発達, しないの音, しない楽天家であったが, しない概念ではない, しない構圖氣魄すべて秋月といふ畫人, しない様子成程寝る, しない様子馬を躍らせ, しないの幹, しない模様である, しない権威を広く, しない横文字を辿っ, しない横道の物, しない樽野は真に, しない機械や計器, しない次にお冬, しない次第には参りません, しない欲望が又, しないを紫式部, しない歌舞伎とか日本, しない正しい楷書で, しない正夫の肩, しない正当な手順, しない正月の二十七日, しない正直な人間, しない此処いら, しない此時に限らず, しない此様な大きな, しない此處から默つて歸, しない武士かたぎ男だて気質のめんどう, しない武田残党の流士蒲生泰軒, しない歩行とる, しない歩調で歩い, しない歳頃であるの, しないとした, しない歴史をのべた, しない死そのものの中, しない死水はこちら, しない死骸が横, しない死骸だらけな戦場, しない残暑の空気, しない残虐性があっ, しない段階のそれほど, しない母乳の香, しない母胎だと, しない田の, しない毛虫だつたらわざ, しない民主国においてそれ, しない民族は不幸, しない気分のなか, しない気楽ものであった, しない気温でよく, しない気紛れにその, しない気色であったが, しない氣風の人, しない水夫達や横柄, しない水道とか決して, しない水面低く立ち, しない永遠の闇, しない汝犬のよう, しない江原は即座, しない江戸時代の日本, しない決してのけ者に, しない汽船の旅, しない沈勇ぶりはさすが, しない沙原で囲まれ, しない油断のならぬ, しない油絵の紛失, しないはない, しない法外もなく高い, しない法庭へ訴える, しない法律はない, しない法月弦之丞, しない法衣をまとった, しない法隆寺と同じ, しない波瀾や破局, しない泣きもしない, しない泥坊にホン, しない泥棒に過ぎない, しない注意であつ, しない洋上を浪, しない洋書なんかを買い込ん, しない洋燈は今しがた, しない洋画家は歴史上, しない洗練の自信, しない活き活きした顔, しない流動資本の額, しない浅井に限る, しない浅草もちの広告, しない浅黄色の春, しない浅黒い顔の, しない浮気をする, しない浮浪仲仕も何人, しない海上王たる宗湛, しない海原が僕, しない海竜に, しない海辺寄りの茶屋, しないまで搾り出し, しない涸渇した形骸, しない淋しさ, しない碧の, しない深々とした, しない深い溝が, しない深く真面目な, しないの中, しない温かい心情の, しない温泉へ行きがけ, しない測量部員は少ない, しないをどうして, しない湯浴みをもし, しない源三郎の蒼顔, しない源十郎と左膳, しない源氏であった, しないをかき廻し, しない滑稽事に相違, しないがかかっ, しない滝太郎の涼し, しない漂泊を続け, しない演劇会社社長の打つ, しない潜在的無政府状態に対して必要, しない潮湯治の客, しない潰滅の谷, しない澁面の男, しない激しい情緒が, しない激烈を極めて, しないや光, しない火星探険をする, しない火葬場ですもの, しない灯火の力, しないのよう, しない為めであり, しない無惨な結果, しない無意味なエティケット, しない無意識の中, しない無気力をひろびろ, しない無用の用, しない無知な妥協, しない無精者もあった, しない無花果は頬, しない無表情でした, しない無言の膝, しない無趣味と云う, しない無限の性能, しない無頼漢さえ金甌無欠, しない無頼漢さへ金甌無欠, しない煙突男のまね, しない照子がどう, しない熱気の漲る, しない燈火の力, しないが白い, しない燕麦が多量, しない爆発だ, しない父性愛の心, しない父母の承諾, しない父親である, しないづけかた, しないだけ見まわっ, しない牧畜法や改良農法, しない物々しいやり方で, しない物乞いなら勝手口, しない物許りである, しない物足りなさが, しない物音が聞え, しない特典だ, しない特別會計では國債, しない特性があった, しない特有な手法, しない犠牲の谷, しないに年, しない犬忠義ということ, しない犬節操を解, しない独りぼっちの仲間外れ, しない独立不羈の男, しない狭義の資本, しない狭霧のよう, しない猛攻をくり返し, しない猛烈な毒ガス, しないだろう, しないのよう, しないの足, しない獣類である, しない獰猛な犬, しない玄洋社の一派, しない率直な態度, しない玉蘭の前, しない王国のよう, しない珠数を何故, しない現在二合一勺を確保, しないが聞えれ, しない理屈である, しない理念としての法, しない理性の下, しない理解する力, しない理論的な研究活動, しない甘栗があった, しない甚だ不熟, しない生きかたというもの, しない生きものが腹の中, しない生命の芽, しない生国魂神社の宵宮, しない生地の相貌, しない生活気分生活感情によって動く, しない生産概念であろう, しない生蕃を包囲, しない生返事をし, しない産業別の労働組合, しない用心ぶりを示した, しない田舎者でしかも, しない田舎風の老, しない申合せをしなけれ, しない男たちは, しない男らしいな, しない男二十七八の若い, しない男女が同棲, しない男達が移っ, しないの題, しない画学校へ入学, しないの土, しない畔道くらいな, しない留守番だった, しない畜類の発達, しない番外の人物, しない番犬みたいなもの, しない異人達は自, しない異変が待ち, しない當家の養女, しない疲れを生活, しないうから, しない病人のところ, しない病児のよう, しない病因の正しい, しない病後の衰え, しない病院もある, しない癆症といふもの, しない登子であったには, しない發光物質は以上, しないさである, しない白々しさだつた, しない白砂のなだらかさ, しない白鮫号は惰性, しない百城に女, しない皆んな親類同士で縁組, しない皮膚は臭くっ, しないの寄らない, しない皿数を並べ, しない益々固くなっ, しない盗人の罪, しない盛り場をユ, しないは卑劣, しない目星ばっかり気, しない目録學が出, しない盲目聾唖の信者, しない直接の金銅貨輸出, しない相互作用の正体, しないへ八, しない看護婦になる, しないの素肌, しない真に迫らない境地, しない真似をする, しない真名古の風采, しない真夜中の土蔵, しない真桑瓜と人間, しない真紀子の馴馴, しない真自面一方の, しない真面目の顔, しない眼界の其の, しない眼瞼に光, しない着物を着た, しないの動き, しない矛盾恐怖解決の見出されない, しない矢先に突然, しない矢島君を, しない知性はなく, しない知識現実を支配, しないの上, しない石段の上, しない破格な取扱, しない砿石やらを石ころ, しない硝子のピカピカ, しない確信があつ, しない磐石のよう, しない見要, しない礼子のリリ, しない社会混乱のなか, しない社会的情勢にある, しない祖父は世に決して, しない祝詞の範囲, しない神様を信じ, しない神田の駿河台辺, しない神秘の力, しない神経質の眼, しないの講釈, しない禅門が巧み, しない福田氏の漣, しない秀吉の気風, しない私たちが罪, しない私どこまでだって頑ばる, しない私共のこと, しない科学者の兄, しない秘伝書を盗んだであろう, しない秘術のかずかず, しない移住民を送った, しない程々に鞭打っ, しない程度乍らも物凄く, しないもすれ, しない稗益を与へる, しない種々な偶然的分子, しない種一粒にこもっ, しない種属はない, しない穀物の供給, しない空々しさが, しない空中事故の始終, しない空気銃をどこ, しない空漠につづい, しない突飛な名前, しない立姿のため, しない童話はすでに, しない競技中の姿の, しない笑顔を人なつッ, しない筆法極めて正確, しない筆者のこと, しないっぽの, しない筒服を着, しない策戦を取りました, しない管区長ヌネスの一行, しない範圍に於い, しない範疇を持っ, しない簡単な返辞, しないが続い, しない米友がこういう, しない粗末な身なり, しない粗野な群衆, しない精神力の軟さ, しない精霊があるなら, しない糞真面目な弟, しない紋太夫はピッタリ, しない純情な息子達, しない純然たる蘇国語, しない純血な人間, しないを手, しない素性の女, しない素晴らしい戦果が, しない細い口ほとんど, しない紳士が来, しない紺碧の海, しない組合せであった, しない経験をする, しない結果犯人が最後, しないが随分, しない絵の具がつかいたい, しない絵馬を一枚, しない絶交だと, しない絶交状態であって, しない絶句を題し, しない絶対に謙虚, しない絶対的固定的なもの, しない絶対的最大であり従って, しない絹坊を無理やり, しない継起があ, しないがかなり, しない練習をする, しないと信じ, しない縫目くらい出, しない縫針や絲, しない繁代だつた, しない繊度と新味, しない罪万死に値します, しない罪人に対して奉行所, しない罪悪の中, しない罪状を督郵, しない罪科であった, しないだよ, しない署長によく, しない美しい夫人の, しない美しい悲しげな, しない美徳である, しない美術品になっ, しない美質を持っ, しない美風を徳, しない羨ましいやつな, しない羯鼓をさしあげます, しない羽搏をしましょう, しない羽生にいる, しない羽織の裾, しないは心から, しないを生やし, しない老人のある, しない老若男女を奴隷, しないへかたから, しない考えかたから構成, しない者かくのごとき, しない者これを実行, しない者これ意志の薄弱者, しない者たちへ, しない者どもではある, しない耕作の初期, しない耕地にトラクター, しないに放し, しない聰明さのよう, しないを絞つ, しないえも, しない職業へ当然, しないのよう, しない肉体だ, しない肉親の間, しない肌合の女, しない背中で聞い, しない脅威で自分, しない脊髄の辺, しないに相手, しないけ跡, しないっ小僧, しない自他の境界, しない自信が出来, しない自分達の誇り, しない自動車に乗っ, しない自己の表現, しない自暴酒をやり出す, しない自殺同様の非業, しない自身に焦心, しないのよう, しない興奮した声, しない舞台の役, しない舞台芸術家は唯, しない舞振りを見せた, しない船員女を失望, しない船隊が春, しない良吏ばかりがいる, しない良家の女, しない良心の蹂躙者, しない色合で静か, しない色白なの, しないなの, しない芝刈りの作業, しない芝居の主人公, しない花壇があっ, しない花束を二つ, しない花江との結婚, しない芳年のところ, しない芸人は, しない芸妓が拝む, しない芸当を大江戸, しない芸者なので, しない芸術おのが肉体, しない芸術家があまりに, しない芸術的良心によつて, しない若い女の, しない若い小さい時代に, しない若き男と, しない若しくはそれに, しない若しそうなったら二人, しない沙弥君の, しない苦労を死ぬ, しない苦痛を持っ, しない苦虫中の苦虫, しない茂公の出鱈目, しないには少く, しない茶がらをしぼっ, しない茶入も同じ, しない茶漬けの方, しない茶色坊主でフム何, しない草原の夜の, しない草履をはく, しない荒武者どもを勧誘, しない荒海の救命イカダ, しない荷物をまとめ, しない菓子を少し, しない落着きを見, しない落第もする, しない葉巻を燻らし, しない葡萄酒を絶えずちびりちびり, しない葺屋町の吉住一門, しない蒙昧な保守性, しない蒙昧社会にも同様, しない薄馬鹿で, しない藁切庖丁でどうして, しない藏書家は却, しない藩ぜんたいがよろこび祝っ, しないから棒, しない虎列剌と似, しないがあつ, しない虚脱趣味の世界, しないをやっと, しない蜂谷の顔, しない蝋人形の冷めたい, しない蝋燭を突き付けた, しないや鳥の, しないを見, しない血刀を下段, しない衆愚らしい振舞, しない行つたつて不思議はない, しない行儀のよ, しないもこの, しないの名士, しない衣裳を何処, しない衣食住万能派等が一層, しない表裏アベコベを指し合っ, しない抑圧階級は, しないと裸, しない製作は無意義, しない製造業者は実際, しないがひとりでに, しない複雑なもの, しない複雑さを呈する, しない西洋音楽の拝聴, しない西班牙語の新聞, しない要するに必ずしも批評しない, しない見かけは鬼, しない見合いも本人, しない見方である, しない見解をプロレタリアート独裁下, しない規則を抽象, しない視線を遣, しない親しさを, しない親不孝な子, しない親分毎日行つて見て, しない親分肌通有の欠点, しない親友の気質, しない親密さがこもっ, しない親戚や友達, しない親父を待っ, しない観測者に関しては運動, しない観賞魚は幾分, しない解釈をする, しないつて, しない言わば俺が, しない言論界の猛者, しない計画をふりまわし, しない訊問に接し, しない記紀の記載, しない証拠物をつきつけられ, しない評議の席, しない試演程度の演劇, しない詩人生活をした, しない詩史や聯, しない詩集をもち, しないをたてた, しないの為, しない語り口に達する, しない誤りを説き, しない説明をやり出した, しない読み書き算盤の低い, しない課長の机, しない談話が新聞, しない論文という意味, しない論説を一つ, しない諸点が残っ, しないをかけ, しない警官たちが引き揚げ, しない警察官の第六感, しない議員を選出, しない議論である, しない護国寺が尻押し, しない豊かな束髪, しない豪勇さはまったく, しない豪放の気象, しない貞盛が居合せた, しない財布から二十圓, しない財産のこと, しない貧しさの, しない貧乏しても, しない貧乏ザムライで女, しない貧乏人ならそれ程, しない貧乏旅行です, しない貧民はいない, しない貨幣を置きました, しない貨物や酒樽みたい, しない貴方はいつも, しない買水を惜気, しない資本はほとんど, しない賛成するよう, しない赤シャツとは口, しない赤坊のよう, しない起き伏しその非情, しない絶的な, しない足柄上の奥, しない足音という, しない路易はそのまま, しない路銀で江戸, しない路銀女郎屋と云, しない身の上ばなしをし, しない身の毛慄立つたが, しない身上だもの, しない身分でもない, しない身勝手さが富岡, しない身銭を切っ, しない身體に新しい, しない車夫だと, しない軍ばなしを一, しない軍服の案山子, しない軒端まで打っ, しないいヒゲ, しない軽蔑し切った表現, しないい靴, しない辛いどころかき, しない農作や人, しない農夫婆さんだから, しない農家は蕎麦, しない農業者はない, しない農業階級と商業階級, しないから見, しない近眼者流の愚輩, しない近藤一味といえ, しない近距離だ, しない返答だった, しない返辞をし, しないひの, しない迷信のおびえ, しない追憶に耽る, しない透明人間をある, しない通り魔のやう, しない造形の秘技, しない連句が問題, しない運輸省の怠慢, しない過剰な感傷, しないのこと, しない道元の態度, しない道具を発明, しない道理である, しない遠き原因の, しない遠くをあこがれた, しない遠隔作用即ち直接, しない適当な時期, しない遲筆で何遍, しない選手でも他, しない選擧運動がどこ, しない邪魔者が這入った, しない部将たちはささやき合っ, しない部隊を駈けまわっ, しない部類がある, しないと若い, しない郷左衛門を高手小手, しないにのまれ去っ, しない都会の排泄物, しないが彼, しない酔い方をし, しない酷熱が来る, しない醒ヶ井は, しない醜悪な写真, しない醜態を君, しないは毎日, しない里子の頑固さ, しない重大げな公私, しない重症癩の住家, しない重盛であるが, しない重臣だろう, しないの間, しない野村の憂鬱, しない野蛮人の言葉, しない野見の襟頸, しない金光様の何, しない金公の野郎, しない金力家は世の中, しない金属を付け, しない金属工でしかなかっ, しない金融資本化企業結合等々を通じて新聞出版企業, しない金魚なん, しない釣りにでも行く, しない鈍い音を, しない鈴木十郎を悸, しない鉄砲でおどし, しないを粗末, しない鋸歯状の岬湾, しないと鍔, しないの音, しないが不平さうに答, しないのよう, しない長州くんだりまで兵隊, しない長男の蔭膳, しない門衛に私, しない閑寂さである, しない閑静な響, しない間善良をだけつくる, しない間必然ではない, しない間柄も忘れ, しないに向かっ, しない附和雷同性の原因, しない限りお前はどこ, しない限りこれを四五十, しない限りそれ自体としては彼, しない限りほかからはなんとも, しない限りインテリゲンチャの主体性, しない限りジャーナリズムは一つ, しない限りダンス場なるもの, しない限り一つの要素的, しない限り一種の親切, しない限り事物のもつ, しない限り今の処芸術理論, しない限り他のあらゆる, しない限り何か言, しない限り何時それが悪用, しない限り俺にとってあらゆる, しない限り充分の自覚, しない限り先生方の, しない限り児童虐待防止法と雖, しない限り動きの取れなくなる, しない限り原始的たると, しない限り取り返しのつかぬ, しない限り口調の研究, しない限り向うに気づかれる, しない限り国家は滅亡, しない限り国民が滅亡, しない限り地震か台風, しない限り大火に対する有効, しない限り夫が世間, しない限り季題のない, しない限り実験が事実上, しない限り客の座敷, しない限り小説や戯曲, しない限り幾年の間休暇, しない限り弥次る者, しない限り当面の容疑者, しない限り彼等に従え, しない限り御用をつとめる, しない限り手段に選, しない限り技術家のこの, しない限り文化社会学ですら, しない限り文学オリンピツクなどやつて, しない限り文学的範疇の意義, しない限り新聞理論のアナーキズム, しない限り日本画家は日本画, しない限り書は弘, しない限り本気にならない, しない限り殆ど口数を利かない, しない限り流体動力学の法則, しない限り滅多に読ん, しない限り無期徒刑に処せられる, しない限り現場捜査に携, しない限り生殖生活から遠ざかる, しない限り眞の秩序, しない限り真の秩序, しない限り知能ではない, しない限り社会科学乃至歴史科学, しない限り空間の概念, しない限り筋の通らない, しない限り筋目の通つて, しない限り算出される詩, しない限り結局は何等, しない限り耕作を阻害, しない限り職権の発動, しない限り腹一杯は食えねえ, しない限り自分自身の鼻, しない限り自然的世界と自然科学的方法, しない限り花いじりなどはしない, しない限り若干の文献, しない限り蒐集家も一笑, しない限り衣食すること, しない限り表現の方法, しない限り裏道を通り抜ける, しない限り足を撃っ, しない限り連句が日本人自身, しない限り長期消耗戦に対する完璧, しない限り顛覆したことごとく, しない限度以上は匡救, しない限界のその, しない陰謀の中心, しない陶器が運賃, しない陸奥守では, しない際涯は自分, しない隣組のこと, しないが二三羽, しないだと, しない雁皮紙を使っ, しない雄弁家にした, しない集団に媚びる, しない雑草と雑木, しない雑誌の編輯, しない雑談にまじっ, しない離れの障子, しない離室に寝, しない雨戸なん, しない雪山の姿, しない雪踏のあと, しない雰囲気が何となく, しない電気とか決して, しない電燈が点い, しない震動を船体全体, しない露悪的な振舞い, しないです, しない青い焔だ, しない青貝細工の扇, しない青黒い白粉燒けの, しない静けさである, しない個人的新聞を, しないを見詰め, しない面魂は見上げた, しない音律不たしか, しない音楽を何物, しない音聲を言葉, しない頑固な沈黙, しない頑強な枝, しない領民だった, しないを撫, しない頭髪の客, しないから附加的額, しない顔もんぺに包まれた, しない顔付というもの, しない顔付きで帰っ, しない顔色だった, しない顔陽子の父, しない顛末を明, しない風景論の投繩, しない風貌にはじめて, しない風采であった, しない飜訳文の新, しない食い物も旨く, しない食べものときどきほんとう, しない食料品の選択, しない飢餓の群, しない養子にいっ, しない養魚場の赤い, しない餌物を前, しない饒舌家がすぐ, しない首飾りや指環, しないをどうしてこんなに, しない馬鈴薯を収穫, しない騾馬を借りた, しない驚きであつ, しないの折れない, しない骨盤結核になっ, しないの知れた, しない高位の役人たち, しない高価なもの, しない高僧などで世間, しない高邁な念, しない高飛車な眼付, しないを入れ, しないをき, しないというもの, しない魚屋は偉い, しない鮮やかな草色, しない鳩山文相の不正, しないが三百目, しない鹿の子はお, しない黄中尉という乱暴者, しないを, しない黒く錆びた肌, しない黒地の闇, しない黒外套を重, しない黙々たる死んだよう, しないに於, しないがゐる, しない鼬ごっこだった