青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しまい しまい~ しまいに~ ~しまいました ~しまいます ~しまう しまう~ ~しまえ しまえ~ ~しました
しました~
~しましょう ~します します~ ~しません ~しまっ しまっ~ ~しまった しまった~ ~しまつ しまつ~

「しました~」 3154, 34ppm, 3441位

▼ しました~ (1736, 55.0%)

24 それは 11 そのとき, 私は 10 その時 9 これは 8 それが 7 それも 6 すぐに, 私の 5 これで, そのうち, どうした, どこにも, もうその, わたくしは, 何と, 平次の, 曲者の, 此の

4 [12件] この時, これが, これも, はじめは, もうのど, もうまにあいません, 中から, 彼は, 彼女は, 思い直して, 思ひ直して, 急に

3 [24件] あなたは, あの通り, あれは, いけません, しかし, その瞬間, それと, それより, やっぱり何, よく見る, 不思議な, 何か, 何にも, 何の, 俄かに, 僕は, 平次は, 彼の, 後には, 相手は, 私が, 私には, 私も, 誰も

2 [95件] あなたに, お珊, このとき五郎兵衛, この上, この二人, こればかりは, しかしこれ, じぶん, すぐ, すぐ傾い, すると, そういうもの, そのこと, そのたび, その一ぴき, その度, その日, その時後ろ, その話, それから, それからは, それでも自分, それを, そんなようす, そんな事, そんな御, そんな時, ともかくも, どうしても私, どうです, どうにも仕方, どこへ, なぜか, なにも, なにを, なんの, はじめの, びくとも, まだお, まだこれ, もうだめ, やつと, よく考え, カン蛙が, 中にも, 主人の, 久世氏は, 人間の, 仁三郎の, 今度は, 今日は, 他に, 何も, 何を, 何分にも, 何處にも, 元来この, 兄の, 十貫目の, 四十面相は, 外から, 大人は, 夫人の, 奉行の, 宗之助は, 實は, 少くとも, 少年は, 川に, 幸いに, 幼少の, 床下にも, 思いかえして, 思い切って, 思ひかへ, 思ひ直した樣子, 暮から, 気の, 気を, 清作は, 無理に, 父は, 物馴れた, 病気は, 相手の, 相手を, 私共は, 結局は, 腰が, 自分の, 虻は, 蛇の, 覚えて, 親分の, 足が

1 [1284件 抜粋] あいつの, あくまで寛大, あそこで, あつしが, あとは, あの事, あの忌わしい, あの騒ぎ, あひるさんに, あまり酷い, あれで, あんまり走っ, いい工合, いくらやっ, いざわたし, いちばんおしまいに, いったいどんな, いつしか廃れ, いつのまにか抜い, いまは, いやどうも, うしろから, うしろを, うなぎは, おかいこ, おしても, おぢ, おどかしの, おふたり, おやめ, お兄様, お変りも, お家に, お手紙, お松は, お母さんの, お父さんは, お百合, お絹さん, お蝶, かたいもの, からくも, きっとよく入れきらなかった, きょうのも, けさやっと, けっして非常, こうして苦労人, ここは, こっちは, このごろそれが, このりっぱ, この事, この尊大, この店, この時王, この菊細工, この間から, こらえて, これと, これまでの, こんどは, こんなに弱った, こんな薄氷, さいわいすぐうしろ, さう, さっきの, さつ, さて人, さて此處, さらに烈しい, さるぐつわの, しかしお, しかしながら私, しかし使用, しかし自分, しかもその, じきあきました, じりじりと, すぐ判った, すぐ後でいけなかつた, するとそれ, せっかく決心, そうする, そこらに, そのあげく, そのいで, そのこれ, そのとき私たち一行, そのへん, そのまま言葉, そのもやもや, その下図, その人, その代り左母次郎, その刹那, その口, その大切, その度ごと, その後バレーという, その戦闘精神, その拍子, その方, その時妾, その晩家光, その爲, その目, その私, その苦笑, その血, その語, その辺, その道, その間三週間ほど, その馬力, それからという, それから宿屋, それでもこの, それでももう, それでも先, それでも失笑, それでも彼, それでも時々, それでも東海坊, それでも目, それでも聞い, それにしても細工, それよりも, それらの, そんなに奧, そんなばか, そんな場所, そんな生温い, たいてい負けました, たかくて, ただふと, たまたま反抗, たまたま舞台, だからといってどうして, ちやうど, ついて, つひ帰つて, できもの, でもまだ, とうとうにいさん, とうとう持つ, とうとう最後, とてもかなう, ともするとわざとらしい, どういうわけ, どうしてもこれ, どうしてもそんな, どうしてももう佐太郎, どうしても倒す, どうしても姿, どうしても敵, どうしても発見, どうしても行けませんでした, どうしても離れない, どうしても顔, どうする, どうもかへ, どうもダメ, どうも御, どう処置, どっこい, どれも, なか, なかなかいけません, なかなか払い除けられません, なにかに, なにしろ傍, なにしろ水, なにぶんの, なに怪我は, なんだかからだじゅう, なんにも, のこるの, はっと顔色, ひじょうにあつい, ふたりは, ふと, ふと又, ふと坐り直しました, ふと気がつい, ほどなくわが, ぼくは, まさしく自分, またそこ, またも, またクルッ, また明日, また油断, まだ出られません, まだ正, まだ無理, まっくらやみ, まもなく女中, みなさん警察の, みんなその, もういっとき, もうただ, もうどんどんバス, もうわけ, もう両方, もう大学, もう手遲, もう間にあいません, もしや仲間, もちろんからだ, もつと, もともと骨, もと遠山龜右衛門, もはや駄目, やがてもと, やがてポケット, やがて奧, やっとおもいかえし, やっと十一才, やっぱりだめ, やっぱり皮切り, やはりこの, やはり小さく, やはり此, ゆうべ夜ふかしを, ようやく斬り, よわみ, わけても小, わたくしの, アラジンは, インド人の, カトマンズから, ガラツ八に, クサレ目は, クロは, ジョウは, スーシ等は, チベットの, チロの, ドアは, ピポスコラ族なんて, フト主人の, フランコ側の, マルも, メグは, ロンドンの, 一ぴきと, 一体何となく継穂, 一八三〇年頃迄は, 一所に, 一本の, 一面には, 三人の, 三十二年六月九日に, 三毛猫は, 三郎だけは, 下宿の, 下手人は, 両手を, 中には, 中村警部は, 九死一生の, 予審判事さんは, 二三日する, 二人が, 二十五ルピー, 二十年前先代の, 云えないで, 五人も, 人などを, 人工心臓だけ, 人間三十にも, 今ぢ, 今に, 今までとは, 今度も, 今日に, 今更引返す, 今次日支事変の, 仔細あっ, 他の, 仮面を, 会話は, 体の, 何が, 何しろそういう, 何だか頭, 何よりも, 何んと, 何分おめでたい, 何分私, 余り繁昌した, 作品についての, 例の, 傳助は, 僕の, 兄さんは, 兄弟は, 先日母の, 先生は, 全くゾッとします, 兩側から, 八五郎は, 六年も, 其の一方, 其の辮髮, 其時不意に, 内心は, 処を, 初夏の, 刻一刻相手の, 劇場の, 勿論決断, 十七年十二月二十八日の, 午前四時頃に, 半日經た, 又それ, 又六, 取りのぼせた母親, 口前だけは, 可哀相な, 吉田と, 同時にこの, 君の, 呪文の, 唇が, 單行本に, 嘘を, 困ったの, 土台石井馨, 場所は, 壁に, 外に, 夜が, 大八車は, 大尉は, 大抵の, 太い鉄棒, 夫人が, 女の, 女中が, 女史は, 妙に, 妹は, 委しい事, 娘へ, 婆さん牛は, 子供の, 孝助に, 宇都宮明神の, 実はガッカリ, 家は, 家中の, 寝入りばなの, 小児の, 小左衞門, 小腹が, 小言ほど, 少し離れ, 尾が, 山村君が, 島から, 巴旦杏の, 帰りしなに, 平均点が, 幸ひ, 広い広い野原, 庖丁が, 店を, 建物は, 強くしめた, 当時の, 彼女が, 彼女も, 後でトキエ, 後妻も, 從來米人で, 御門が, 心の, 忽ち頓狂, 怖いもの, 思えば, 恐ろしくな, 悪銭身に, 愈よ, 意外にも, 慣れない仕事, 成績の, 手を, 打合わせた通り左記, 折角の, 捕獲賞金で, 数値の, 新鮮な, 日すでに, 日本左衛門は, 日比谷の, 早く温泉場, 是れ, 景気を, 曹操と, 最早遅う, 有りませんでした, 期したること, 本屋を, 本心では, 村右衞門に, 校長さんが, 横ばいです, 次には, 次の, 正直者の, 此ん, 死の, 殿下は, 水が, 決してそんな, 治りませんねえ, 流る, 深く尋ねよう, 演劇革新の, 火に, 然しやはり, 熊の, 牧師長の, 猶お, 玄沢坊の, 現代史の, 生れ付い, 生憎果物, 甲武信が, 町の, 當時誰も, 疑えば, 白猫は, 皆二人の, 相変わらず午後, 相良金吾にも, 真つ, 眼は, 石の, 私としては, 突然紳士, 紅木大臣の, 素質という, 終った頃, 結局信之の, 結局弟の, 結果は, 義雄さんは, 老紳士, 考え直して, 聽いちや, 腕つ, 腰を, 自宅から, 興奮し, 芸者は, 若旦那喜三郎は, 菊千代は, 藤六は, 蛇が, 蜀の, 血に, 行衛を, 西洋の, 見ると, 覗いて, 親元絶家し, 許して, 証拠が, 説明した, 警察の, 賢い和尚さん, 足跡一つ残さず, 身体中が, 近年主人の, 逃げだすまえに, 遂に勉強, 遂に結婚生活, 遠くって, 酒が, 重い石, 金吾も, 銘仙の, 鏡に, 長者町の, 間もなく帰っ, 障子の, 隱居の, 離しません, 雨戸の, 頬は, 顔が, 風も, 餓えた口, 館長も, 駒井が, 高が, 鳥の, 黨そのものが

▼ しましたので~ (154, 4.9%)

8 私は 3 私も 2 それを, 二人はも, 彼は, 王子は, 窓から

1 [133件] あたりに, あれはと, あれほど, いよいよさわぎ, いよいよ最後, おばけが, お嫁さん, お詫びとまでは, くどいよう, これは, さすがの, さぞかし恥かし, しまいには, すぐに, すつかり, すばやくそれ, すばやく身, ずかずかと, そのこと, そのままに, その報い, その山, その手, そるけんで, それなら, たずねて, たたき出すん, ただちに水上警察, たまらなくなり, だんだんと, ついそれきり, とうとう何もかも白状, とうとう医業, とうとう沢, とんだ長話, ぬら, ぬらぬらした, ひそかに, ふたりは, ふと眼, ぼっとほ, またびつくり, また新た, まづ一安心, まるで殿様, やはり, よう子ちやんは, よく存じ, わが国の, エミリアンは, シグナレスは, タねずみは, ハッと, ハリソンさんも, 一寸お知らせ, 一層はげしく, 不図, 中尉殿が, 丸彦は, 二人の, 二十五日頃からは, 京弥が, 今あの, 今でも, 今日は, 令弟終焉の, 何心なく, 健吉くんが, 僕は, 全貌が, 別に嚇, 原文を, 同氏が, 名人が, 唯今の, 大きなほう, 大変彼女を, 天井裏から, 妹は, 姙娠した, 安心し, 家では, 小田さんたちは, 尚も捜索, 山の, 師匠歿後の, 帰っても, 幸福の, 張一滄は, 彼女, 彼女は, 急いで, 愉快な, 手に, 手まえ, 手帳は, 捜査主任が, 故意と, 散歩が, 明智探偵は, 時々眼, 本人も, 本部の, 次の, 正直に, 残り少い, 母親は, 汪紹生も, 波夷羅神将の, 状況を, 甚兵衛は, 直ぐに, 直ぐにこちら, 直ちにベッド, 神様仏様には, 私が, 突きのけて, 立ち止まって, 米友が, 総監を, 自分には, 自然窶が, 若しや, 薄暗くな, 行って, 見上げて, 警察署からは, 賢吉君は, 通されるまま, 通知します, 長崎で, 長浜の, 騎士は

▼ しましたから~ (126, 4.0%)

5 私は 3 私も 2 きょうは, その時, それを, 妾一人で

1 [110件] いつでも, いわば彼等, おいでを, お休みなさい, お取り次ぎ, お受取り下さい, お松は, お絹, お銀様, かえってその, かきますもっとも, かのラマ, きまりが, ここに, この二人, この後, この方, これから出かけ, ごく大ざっぱ, さすがは, さっそく用いましょう, すぐ来, すこしもあぶな, ずいぶん厄介, そこで一行, そっと肩, そつと, そのうちこまかい, そのこと, そのつもり, その男, その身, それでムク, それで暮れ, それで米友, それは, だいぶお, だんだんから, つい化かす, つまり三昧, つまり頼山陽, とても恢復, どういうこと, どうかお作, どんなよう, ばっと, ひょっとしたらお, また, また伺います, もう大丈夫, もう巻き返される, もう甚藏, よく覚え, ナジミの, 一つは, 三人は, 三日間ばかり, 不日着荷, 与八が, 中で, 二十年の, 今にだんだんわかります, 今度は, 今日も, 今晩何う, 会社の, 何う, 個人的な, 僕は, 反つて, 同じく唇音, 吸いかけた煙管, 咬付かれ, 四十二歳位の, 奥様も, 妹に, 子供同志も, 安心し, 安心だ, 家内は, 小屋がけに, 彼は, 御記憶, 恩も, 最う休めませう, 村の, 来たら又, 此の, 潔く自首, 爺が, 猶々, 甚だ不器用, 用捨は, 由兵衞は, 着物を, 私海を, 竜之, 耕助は, 腰の, 船の, 若しかしたら, 茶袋は, 蛇が, 西欧人が, 見に, 討幕の, 赤いアネモネ, 逃げようと, 駒井が, 駒井甚三郎も

▼ しました~ (107, 3.4%)

12 です 3 ですから, ですが, は確か, や, んです 2 さ, は, はその, は汽車, は私, も私, んで, んは

1 [64件] い, かい, かおとなしく, か皆目見当, がたしか, がわずか, が一等褒状, が今度, が十六世紀, さ仕方, じゃ, でございますが, でしたから, ですか, ですけれど, で御座いますかしら, どす, に対し洪青年, はあそこ, はこの, はそれ, はね, は一つ, は一九三二年, は先, は先づ賠償金, は八年あと, は其の, は四百年, は墓参, は大切, は支倉喜平, は日向, は校正, は深い, は眠れない, は矢張八月朔日, は芽張柳, は諸君, は重々私, は魔, ほほほほ, もこれ, もさ, も全く, も実は, も幾夜, も特別, をお許し, をこれしき, をさぞ, をすぐ, をやっと, を今度, を彼, を恨ん, を江川, を私, を覚え, を道庵, んが, 何時でした, 先生, 私の

▼ しましたけれど~ (76, 2.4%)

2 お銀様, その時

1 [72件] あんな恐し, いったい事実上, お嬢さんが, かなり固く, からすは, これという, しかしそれでも危険区域, そこに, その光, それでもちょいちょい, それでも私, それは, それも, だれも, ちつとも, とうとうその, どうしたら, どうしても分りません, なお近い, なかなか痩せません, ほかにも, またそこ, もう癒, やっぱり誰, やはりそれ, やはり家庭, りこう, ストーブ倹約です, マドロスは, 一向ひるまない, 一度崩れかかった, 三礼は, 二人は, 今度は, 何も, 使いも, 先方の, 先生は, 別に処罰, 同時に他, 外に, 女の, 如何せん其の, 子の, 実はそんなに, 弟の, 彼は, 彼等の, 御堂の, 心の, 忽ちケロリと, 恐らく糞, 情景そのものよりも, 極く軽い, 正ちゃんは, 水の, 皆駄目でした, 矢張黙っ, 私は, 結局何事も, 老人が, 聴いて, 肚の, 自分の, 茶店でも, 貴女が, 金太郎は, 長三は, 面白いとは, 食物が, 餅屋では, 駒井にとっては

▼ しました~ (68, 2.2%)

5 云って 3 云ふ 2 私は, 笑って, 言う

1 [54件] あった, いいますので, いう, いうて, いうと, いって, いつて, いひなれ, いわれたこと, うなずく様, おつたえ申しあげ, お上さんは, お引受, こともなげに言つて, ころすつかり身體, そこに, まことし, みえましてね, リーマン博士の, 云い切らずつい, 云うから, 云うの, 云えば, 云った, 云われ私, 伝えて, 何んで, 出発の, 友田は, 同時に三年前, 吐した, 噴火の, 土下座するなっ, 夫人に, 引上げる, 得意顏の, 息を, 態, 挨拶した, 極めて單純, 泣く泣く帰っ, 私が, 答えた, 答えたものの, 答へる, 自首し, 言うのみ, 言ったらいい, 言ってるじゃ, 言つたら, 談次先生遽かに, 軽く頭, 這入って, 静かに

▼ しましたけれども~ (54, 1.7%)

2 くもは

1 [52件] いっこうに効果, いつまでも, いろんな事, お互に, お銀様, こういう思いがけない, しかし正直, そうかと, そうどうも手首, その力, その大きな物体, その學問, その時, その眼, その結果, それらしい, それを, つい言い出し, ともかくああし, どうしても生け花, どうも心当り, またある, また改めて, まだ一心に水, もうすつかりさめて, もはや如何, やっぱり口笛, 会頭の, 何か, 別にお, 到底チベット, 前の, 十七世紀に, 多勢に, 学校に, 彼方は, 恰も三十五年, 折れた半分, 旅では, 暫くする, 来たの, 殿様が, 犬を, 甚三郎は, 米友は, 肱鉄を, 自分の, 蒙古, 誰も, 辞退すべき, 避けなかったところ, 髪は

▼ しました~ (33, 1.0%)

1 [33件] あなたには, うっかりする, これで, すっかり安心, それからもう, それが, それに, それを, そろそろ元, どうしても北極, またよい, もうアンテナ, セイは, ビョルンソンの, ファゼーロは, 二人の, 今度だって, 他に, 処女と, 千九百二十四年には, 同時になにかもう人間, 四月から, 尊敬も, 巡視も, 床に, 当人どもも, 或る, 正子にも, 民衆の, 混雑に, 立身も, 葉子さんを, 遺憾は

▼ しましたところ~ (31, 1.0%)

2 で手前

1 [29件] あのお屋敷, お使い下さる, がその, が祖母, この長兵衛一身, ご独身, そこできわめて, その主人, その人, それでよい, ちょうど夏, で, ですよ, でそこ, でその, でそれ, ではあの, では便, では決して, で人相, で婆さん, どうも寛永寺別院, による, はこの, やはりもういなかった, 僅か二年, 後でその, 果して死後十五分, 遂に兄

▼ しました~ (29, 0.9%)

82 そしてその, 親分

1 [17件] えそれから, こののら息子め, そのよう, どうか, まあ神様, ヒトミさん, 個人が, 振り向いて, 旦那堪忍し, 病気にでも, 知ら, 知れません, 知れません本当に, 私は, 自分が, 若旦那, 行く先が

▼ しました~ (29, 0.9%)

2 物を

1 [27件] あの原っぱ, あの娘, あまり早く, お化, お天気, くさう云, しかしそれであなた, それが, だけれども未だ, また一人心中, よろしかったら, ホームズさん, 何なす, 冬一期に, 十一時ころに, 叔父さんその, 命には, 嘘だ, 大笑いで, 彼の, 心細い思い, 敷皮を, 私を, 行って, 親分驚いちや, 間違が, 雪ちゃんその

▼ しました~ (28, 0.9%)

2 に, に私

1 [24件] からあなた様, から始まり, がなお, だいて, でした, とは反対, にうまく, にはこれ, にはもう, には名主幸左衞門, には文庫, にも外国, に勧められ, に大変, に姫君, に御, に自動車, の両親, の九年前, の私, の辛う, は少し, までお預け, も自分

▼ しましたもの~ (25, 0.8%)

6 でしたから 5 ですから 2 です

1 [12件] だからね, だそう, で, で一本, で藤波自身, ね, の中, はそれ, は或いは, を佐伯部, 少しは, 懲りたの

▼ しましたこと~ (21, 0.7%)

32 は私

1 [16件] が, がご, だけを悲しん, でしょう, でなぜ, で犯人, と思ひます, ね, はいう, はすでに, はそう, はその, はまた, を簡単, を簡單, 決してよい

▼ しました~ (14, 0.4%)

2 御気の毒, 私が 1 あんまりあっけない, いきなり外, おゆるし下さいまし, この客車, ついでに, 一はし銀メシを, 今のは, 妾は, 御きの, 憶えて

▼ しましたという~ (12, 0.4%)

1 [12件] お礼参りを, のが, のは, ような, んです, 一同の, 十国峠の, 合図に, 因果物的な, 意味の, 意志の, 風に

▼ しました~ (12, 0.4%)

1 [12件] の作品, の友達, の著述, の間違, はその, はどう, はアラユル危険, は心神喪失, は第, は自分, は重態, も何かと

▼ しましたよう~ (11, 0.3%)

1 [11件] で, で貴女, な事, にそれ, にアメリカ, にクイーン・メリー号, にチベット人, に俳優, に古, に変, に舞楽

▼ しましたその~ (10, 0.3%)

1 なかで, ほかにも, 人, 小屋を, 時の, 枝川が, 秋ひどい, 簡易化民衆化生活化は, 結果, 話は

▼ しましたかと~ (9, 0.3%)

2 良人に 1 きくと, 云つたら, 人が, 尋ねましたので, 私が, 聞いた, 聞く

▼ しましたそう~ (9, 0.3%)

2 です 1 で, ですが, ですね, ですよ, でそう, で左様, にご

▼ しましたとき~ (8, 0.3%)

2 ふとみる 1 から自分, すでに当家, にちらりと, には私, に一所, 程わたくし

▼ しました~ (8, 0.3%)

2 やろ 1 でございますけれど, です, ですが, ですよ, や, やが

▼ しました~ (7, 0.2%)

1 ないでしょう, 九月の, 助けられた恩, 十一年前沼田の, 明治十七年の, 老人一人の, 貴女令嬢様貴女の

▼ しました~ (7, 0.2%)

2 は学校 1 で彼, にもその, は妾一人, は暫く, は気力

▼ しましたそして~ (6, 0.2%)

1 その附近, とうとう四十面相, 今朝から, 彼は, 恥ぢ入りました自分, 貴方の

▼ しました~ (6, 0.2%)

1 あの男, ア, 僕のは, 坂下に, 望遠鏡で, 私も

▼ しました~ (5, 0.2%)

2 孃さん 1 大事に, 庇で, 母あさん

▼ しましたがね~ (5, 0.2%)

2 いや君 1 何に, 子供の, 猿公に

▼ しましたこれ~ (5, 0.2%)

1 が増田屋, で, はめずらしく, は何, をきいた

▼ しましたそれ~ (5, 0.2%)

1 じゃ, じゃ失敬, ならば, は, は御免

▼ しましたとか~ (5, 0.2%)

2 何とかいふ 1 あるいは集金, 何とか云え, 口々に

▼ しましたところが~ (5, 0.2%)

1 それは, ちょっと脈, 大臣は, 行者さまは, 行者様は

▼ しましたどうぞ~ (5, 0.2%)

2 こちらへ 1 お腹立ちなく, またお出かけ, 機嫌を

▼ しました~ (5, 0.2%)

1 あの時, 串戯では, 先生が, 料理店に, 私

▼ しました~ (5, 0.2%)

41 て云う

▼ しました~ (5, 0.2%)

1 あらためて越中守方, で, に尚, は仕事, 御近習衆

▼ しました~ (5, 0.2%)

1 こう云う, で嘉吉づれが口, で爺, で私, 御

▼ しましたあの~ (4, 0.1%)

1 お竜, 奥様の, 甲府から, 金魚は

▼ しましたがと~ (4, 0.1%)

1 すると, 見て, 言って, 言つて何か

▼ しましたって~ (4, 0.1%)

1 ええと, 云う, 例の, 彼に

▼ しましたとも~ (4, 0.1%)

1 マダム, 云えない, 云えなかろ, 云えませんので

▼ しましたものの~ (4, 0.1%)

1 その時, やはり私, 今更の, 思わず寒気

▼ しました結果~ (4, 0.1%)

1 その村, で外國法, とうとう最後, やっと午後九時

▼ しましたあなた~ (3, 0.1%)

1 が暗示, と同じ, にだけは

▼ しましたうえ~ (3, 0.1%)

1 からはたとえ, でお願い, のちほどご

▼ しました~ (3, 0.1%)

1 どうした, 若旦那お, 親分

▼ しましたこの~ (3, 0.1%)

1 おいら逃げも, 調子では, 黒怪人物は

▼ しました~ (3, 0.1%)

1 あの高札場, それに何ぞ, 御飯つきで

▼ しましたため~ (3, 0.1%)

1 かそれとも, この意見, にこんなに

▼ しましたっけ~ (3, 0.1%)

1 がもう, 熟と, 貴方と

▼ しましたとて~ (3, 0.1%)

3 小丼

▼ しましたどう~ (3, 0.1%)

2 しました 1 か錦

▼ しましたねえ~ (3, 0.1%)

1 わたしの, アレクセイさん, 二十歳ぐらい

▼ しましたのに~ (3, 0.1%)

1 娘の, 管仲は, 貴下よく

▼ しましたもう~ (3, 0.1%)

1 お暇, 動けませんとでも, 済んだの

▼ しましたもん~ (3, 0.1%)

1 でございますから, ですから, のその

▼ しましたやう~ (3, 0.1%)

1 な比喩, な現代日本, に泰平郷

▼ しましたんで~ (3, 0.1%)

1 その病み上がり, ひょっとしたらと, 人死にが

▼ しました実に~ (3, 0.1%)

1 いい心持, 惜しみても, 済まぬ

▼ しました~ (3, 0.1%)

1 が, が今, が百二十萬圓

▼ しました~ (3, 0.1%)

1 が大, は大層, も薬剤

▼ しました通り~ (3, 0.1%)

1 であらためて, に矢張り同様, 極めてわかり易い

▼ しましたあれ~ (2, 0.1%)

1 はまことに, ほど堅く

▼ しましたがも~ (2, 0.1%)

2 うた

▼ しましたきっと~ (2, 0.1%)

1 その誓い, 描きましょう

▼ しましたけど~ (2, 0.1%)

1 そいでも, もう十時近く

▼ しましたさかい~ (2, 0.1%)

1 今にお, 胃袋空ッぽ

▼ しましたしかし~ (2, 0.1%)

1 それは, 心の

▼ しましたすべて~ (2, 0.1%)

2 の誤謬

▼ しましたすると~ (2, 0.1%)

1 帽子は, 飼主は

▼ しましたそこ~ (2, 0.1%)

1 に浴衣, は多門

▼ しました~ (2, 0.1%)

1 せうか, ネエ

▼ しましたとおり~ (2, 0.1%)

1 ですよって, 早く手配

▼ しましたときあまり~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ しましたとの~ (2, 0.1%)

1 事です, 返事である

▼ しましたとは~ (2, 0.1%)

1 云えない, 申上げられない

▼ しましたなど~ (2, 0.1%)

1 一度も, 云えない

▼ しましたなに大丈夫~ (2, 0.1%)

2 ですと

▼ しました~ (2, 0.1%)

1 しても, 生命を

▼ しましたのよ~ (2, 0.1%)

1 そして今, わたしの

▼ しましたばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく徴兵, でよく

▼ しましたまた~ (2, 0.1%)

1 何か, 其処よりは

▼ しましたわけ~ (2, 0.1%)

1 でその, は父上

▼ しましたわね~ (2, 0.1%)

1 ほっほほほ, 土曜劇場で

▼ しましたバーナード先生~ (2, 0.1%)

1 はアボッツホルム学校, はアボッツホルム學校

▼ しました今日~ (2, 0.1%)

1 はそう, は何だか

▼ しました~ (2, 0.1%)

2 といふ事

▼ しました~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ しました初め~ (2, 0.1%)

1 の関係, はどちら

▼ しました娘さん~ (2, 0.1%)

1 のところ, はこれ

▼ しました~ (2, 0.1%)

1 供達は, 魔は

▼ しました彼等~ (2, 0.1%)

1 です, の壁

▼ しました手紙~ (2, 0.1%)

1 といい, 持って

▼ しました時拙者~ (2, 0.1%)

1 はその, は其の

▼ しました時私~ (2, 0.1%)

2 が秋田

▼ しました時経書~ (2, 0.1%)

2 を進講

▼ しました~ (2, 0.1%)

1 にさ, に能狂言

▼ しました相手~ (2, 0.1%)

1 に言い, の奴

▼ しました着物~ (2, 0.1%)

2 まだ水洗い

▼ しました~ (2, 0.1%)

2 一期第

▼ しました~ (2, 0.1%)

1 がございます, はかく

▼ しました自分~ (2, 0.1%)

1 が表, の身分

▼1* [302件]

しましたね御覧, しましたああそれで安心, しましたあすは山, しましたあるところにおいては, しましたいくらなんでも, しましたいずれ着物を, しましたいつも八五郎は, しましたいろいろな事, しましたいわゆる河原者です, しましたえお米さん, しましたおいしい麦飯を, しましたおじいさん今どこにいらつ, しましたお前さんと一緒, しましたお菓子すら召し上がらない, しましたかしらメイ・ハルミの, しましたからこそ苦しい我慢, しましたからと云った方, しましたからとておよばぬこと, しましたからは今斯く, しましたからわッとうしろへ, しましたンど, しましたけどねずいぶんつらかっ, しましたけれどからだが, しましたけれどもだけそれだけ, しましたこうなると, しましたことに老人たちは, しましたこれから責めを, しましたこんなお婆さんに, しましたもつとも, しましたさあ雑巾を, しましたじゃパスカルだの, しましたせいですか, しましたせますぎて, しましたそうしてこんどの, しましたそこで私も, しましたそのままそこの, しましたその後洞窟の志士たち, しましたそれから大学予備門に, しましたそれぢや, しましたそれで雌鶏たちは, しましたそれでは戴いて, しましたぞなどと相かえり見, しましたたしか二月四日の, しましたため胴体の下部数箇所, しましただがそれは, しましただって泣きよう, しましたや, しましたってネ叔母さん永い, しましたつい出て, しましたつけね読んだ, しましたではお嬢様暫らくこれに, しましたとおり天下無類の黙り虫, しましたとおり犯人はその, しましたとかいうんだっ, しましたときそれはとうさん, しましたとき人に招, しましたとき家の者, しましたとき慶次郎はあんまり, しましたところまがいもなく, しましたところわたくしに, しましたところエレベーターの綱条, しましたところフランスの総理大臣, しましたところ今度は別, しましたところ大概私の予想通り, しましたところ奇態ではござりませぬ, しましたところ妙なん, しましたところ戸棚の敷紙, しましたところ新子が前川さん, しましたところ曲目は何, しましたところ水に青みどろ, しましたところ液體に比し, しましたところ灸などすえ, しましたところ終戦後上京して, しましたところ総督が非常, しましたところ軍帽も服, しましたところ隠居はしばらく, しましたとさえ言った, しましたとわ身のほど知らぬ, しましたどうぞどうぞお許し願います, しましたどうもすみません, しましたどうも大きに有難う, しましたなというと, しましたなんだか馬鹿げたこと, しましたねと櫛田医師にも, しましたのちに私たち, しましたのでへエ, しましたばかりか背丈が, しましたばっかりにわたくしは, しましたほかに私, しましたほどです, しましたほんとにどんな切ない, しましたまだ貴方の, しましたまでです, しましため組の奴, しましたゆえおかめ, しましたゆっくり御案内, しましたよと主人は, しましたよへツへ, しましたわたしは恋しい恋しい, しましたわよこれでも, しましたわれわれの悲しみ, しましたアシビキ号に対し只今連絡中, しましたア行の, しましたウオール街の金権, しましたカナリヤはかご, しましたガンマ星のごとく, しましたコンポジット式とタスカン式, しましたジョウのドン・ペデロ, しましたチョエン・ジョェという法王, しましたテンゲーリンという大寺, しましたマクドナルド君, しましたネと言われて, しましたネエそいじゃ, しましたパーラー家の公子, しましたプログラムはすべて中止, しましたヘイ其白状に調印, しましたペンの手紙, しましたマルコの心, しました一心が届いた, しました一生のお願い, しました一等水兵マーロンであります, しました不思議な出来事, しました不精で潔癖, しましたをそれ, しました中央郵便局で破棄, しました主恩海より深し, しましたは明, しました之介さん, しましたか解りません, しました二人はその, しました二回まで上告, しました井戸に飛びこみました, しました人々のうち, しました人造人間は, しました猶多少の, しました今何です貴女, しました代りにこんど, しましたの奴, しました何しろ僕らの, しました何とか御挨拶, しました何時もお達者, しました余程有りましたろう, しましたし幸い今日, しました便所へ電気, しました偉大なプッチーニ, しましたももう, しました僕等が先生, しました先ア静かに話し, しました其の鳥居は, しました其処に背, しました処山門前の坂道, しました凶事でも御, しました前記の司法当局者, しました匆卒貴様を詰めまし, しました十月三十日の朝八時半, しました千顆に近い, しました古い習慣なんぞ, しました上れ鰻, しました一杯回生剤を, しました品物の多く, しましただ文章, しました埃及王ダメス二世の鼻, しました堪忍して, しましたでもありません, しましたに人, しました大した御役, しました天皇は名和長年, しました太郎の口笛, しました失礼でした, しました奥羽の蝦夷, しました女房は次, しました如何しました, しました委しい事は, しました子供達は, しました将軍家は決して, しました小麦を頂かし, しました尤も丹治も, しました屍体は何年, しました之助さん, しました山片蟠桃, しました山県巽のふたり, しました左樣の次第, しました市長どの, しましたが出, しました里子さん, しました彼らは国, しました彼処へ往, しました後に巌谷も, しました主人, しました御免下さいまし, しました御殿がどう, しました必ず父の, しました怪我はしません, しました恋人と同じ, しました恐らく極りが, しました悪い奴に, しました戦争によって失いし, しました所以で大師, しました所先生は, しました扇歌師匠へ, しました手巾をぐっしょり, しました承知いたしました, しました揚句まず, しました故論筆として諸氏, しました新聞社の飛行機, しました新聞記者の, しました日本のスパイ士官, しました昆虫類標本の全部, しました時お爺さんの身, しました時はつは年, しました時不意に早足, しました時何に狼狽, しました時傍で見, しました時反対の方向, しました時寸法を見る, しました時山門を出, しました時彼はただ, しました時意外にも私, しました時東郷の池, しました時田圃の溝, しました時米松の粗末, しました時継母が, しました時葉末と宣る, しました時越中の国, しました景色が劣っ, しました最上清人も近ごろ, しましたにまず, しました本統に自分, しました村口さんです, しましたの中, しましたにさも, しました権田さん秀子を貴方, しましたは, しました次第で三十数年, しました武士が一人, しました歴史の起源, しました残りの一行, しました気持ちの納, しました汪中なども注意, しましたにまかれる, しましたで却って, しましたが母屋, しましたや鏡, しました珍風景をでたらめ, しました松原総長は, しました理由はほか, しました田楽の中, しました白鮫号の白い, しましたは変りねえ, しました目録通り凡てそれぞれに分け与え, しました真実の処, しましたを覺, しました知合ひから, しました磯九郎という男, しました秀子は全く, しました私共は一揆, しました筆記を整理, しました紹介しましょう, しました結果今度発光路へ行く, しました結論だけを申しあげる, しました綿火薬の製造法, しました老木屋に泊り込み, しました脚本は読ん, しましたの漕ぎ, しましたにもまた, しましたは王, しました蟹口さんだけです, しましたに出, しました裁判長の声, しました製鉄所の職工, しました親分あの娘, しましたねあれ, しましたが貴方, しましたですが, しました護良親王で打倒尊氏, しました貧乏な者達, しました貴女は未だ, しました貴方は毎日能, しました貴重なお, しましたで彼, しました踏台は王様, しました近江の国, しました退屈ですかと, しました通りあたしこの賊, しました通り夫に對, しました通り正木先生の前, しました通り火が消えない, しました通り私は学校, しました鄭嵎の津陽門, しました里見の頑固おやじ, しました金子でそれ, しました金銀づくりの脇差, しました鎌倉時代の末頃, しました雌鶏たちもみな不幸, しましたのあいだ, しました題目も大師, しました風邪を引く, しましたの折れる, しました高間房一ですが, しました鶏たちはみな素直, しました黒怪人物は室内, しました黒衣の巨人