青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ざま~ ざら~ ざりし~ ~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる ざる~ ざれ~ ~し
し~
~しい しい~ しか~ しかし~ しかして~ しかしながら~ ~しかた しかた~ しかも~ しから~

「し~」 754746, 7249ppm, 4位

▼ し~ (544662, 72.2%)

18266 いた 16228 いる 12123 いるの 4329 いたの 4066 ゐる 3960 いると 3792 ゐた 3648 いて 3496 いたが 2828 いるよう 2627 いること 2370 しまった 2344 ゐるの 2077 いました 1786 います 1725 いるん 1719 いるが 1609 みると 1590 居る 1480 いるうち 1435 来た 1334 いるもの 1274 いるところ 1252 見ると 1212 来て 1179 おいて 1145 下さい 1127 いるという 1084 いるので 1042 いるから 1006 ゐると 978 それを 974 ある 954 居るの 902 しまって 870 いたこと 842 くれた 828 しまいました, 自分の 824 しまったの 816 ゐたの, 居た 815 私は 805 ゐて 802 しまつ 797 いない 773 くれ 772 きた 764 居ります 741 おります 716 いたので 715 ゐたが 704 来たの 698 みれば 683 いるか 666 これを 658 いても, いる間 649 いたもの 636 置いて 608 ゐるやう 591 來た 576 いたん, 私の 555 あった 553 帰って 551 いる人, 彼は 533 出て 529 くれと 523 いなかった 515 しまう 514 それが 504 見て 503 ゐること 497 いれば 495 いる時 492 いましたが 489 見れば 476 いった 474 彼の 458 いたと, いたよう 455 いるわけ 454 あるの 448 いたから 447 居ると 441 いるに 439 やって 435 行った 430 いる者 420 来る 408 歩いて 407 おりました 404 ゐるので 392 いるのに 391 ください 375 きて 368 みた 366 いるし, しまうの 364 ゐるもの 361 ゐるが 355 ゐます 351 いなければ 347 之を 344 いないの 342 何か 340 行くの 333 いたという 330 眼を 323 くる 321 くれる 320 くれたの 314 待って 313 いたところ 311 言った 308 居たの 307 くれました 304 云った 301 ゐるうち 299 いるとき 298 くれるの 297 いる事 296 くれて 294 いながら 287 いるだけ, 行く 285 おいた 283 来るの 282 ゐました 277 いる様子, そこに, 立って 276 みて 275 おいでに 274 ゐるん 272 きたの 267 居りました 265 見た 257 それは, 行って 256 見せた 255 ゐるから, 顔を 251 おく 250 それに 249 みても, 遊んで 244 居て 243 いるらしい 238 來る 237 ゐたので 236 私を 230 いた時 229 おいで, おけば 228 他の 227 ゐるところ 226 いては 225 みたが 224 それから 222 手を 217 了った 215 いたし, 目を 213 来たもの 210 やる, 生きて 209 いますが 207 いるかと, いるばかり, おくん 206 いたか, いるため 205 くるの 204 いるその, きました 203 人の 200 来ました 199 もらって 198 彼を, 来ると, 聞いて 197 おくの 193 いる所 192 いるそう 190 黙って 189 おる, みよう 188 ゐない 187 いたに 185 やつて, 此の 184 私が 183 みたいと 181 あります 180 いるかの, 口を, 居たが 179 いたのに, 行つた, 身を 178 いるだろう, ゆく, 人を 177 しまひました, 居るが 176 いた頃, ここに 175 いる男 174 おりますが, しまつて 171 おくこと 170 いるとは, いるよ, おくれ, 二人の 169 いる中 168 ゆくの, 来たこと 167 これに 166 みようと 165 いるかも, いるじゃ 164 いるでは 162 やった 161 いる人々, いる人間, いる場合 160 いますと, いらっしゃるの, くれたまえ, 暮して 159 頭を 158 いるお 157 見たが 156 いるらしかった, 置く, 行くこと 155 おこう 154 居るので 153 あるが 152 おいたの 151 みせた, 考えて, 自分は, 見せて 150 みたり, ゆくこと, ゐたこと, ゐるか 149 しまうこと, もらいたい 148 あったの, これは 147 しまえば, 次の 146 ゐたもの, 一つの, 家の, 置いた 145 いたわけ, ならない 144 何の, 持って 143 しまうと, 日本の, 死んで 142 あって, いたそう, おかなければ, 彼女の, 言つた 140 今日の 139 ゐる間, 今は, 居るもの 138 い, 僕は, 寝て, 居りますが, 居るん 137 いた人, いるこの, 後に 135 いいか, いないこと, 貰って 132 いたとき, いる女, いる自分, ゐる人 131 貰ふ 130 いますよ, くれると, 居るから, 首を 129 ゐても, 見ようと 128 いる点, 行くと 127 あるん, くれれば, みる, 来たん, 金を 126 歩いた, 私に, 自分を 125 いなかったの, おりましたが, おるの, 下さいよ, 家を, 見よう 124 くれます, しまふ, 了う 123 いるけれども, いるはず, おく必要, くれるよう, 來て, 坐って, 彼が, 急に 121 いる私, これが, 呉れた, 居りましたが, 見ても 120 いた私, いますから, 始めて 119 いないと, くれる人, ゐる時, 人に 118 いたり, みること, 静かに 117 くれること, 置けば 116 いる姿, 居ること, 来たので 115 その上, 聞かせた 114 いないよう, いるかを, やつた, やりました, 二人は, 自分が 113 いたため, みるの, 叫んだ, 来たが, 自己の, 見せる 112 おかねば, 置くの 111 女の, 家に, 居ました 110 あるから, しまったが, みたところ 109 いる処, ゐたと 108 その中, 一緒に, 人間の 107 いるつもり, しまふの, ならなかった, 僕の, 彼女は, 行ったの 106 いるね, くると, しまったん, 今度は, 書いて 105 おけ 104 いないが, いるかという, 或る 103 いたお, いるあいだ, 何を, 置いたの 102 いたらしい, ゐる事, 例の, 見たいと 101 いる筈 100 いた者, おくと, 帰った 99 おきました, ゐるに 98 あげて, おきます, おった, おれば, すぐに, 了ふ, 立つて, 而も 97 いって, いるのよ, そこから, 云つた, 置かなければ 96 いた男, いる方, いろ, 働いて, 外へ, 足を 95 それらの, ゐたから, 一種の, 家へ 94 ゐたん, 声を, 戻って, 而し, 見ること 93 いつまでも, もらうこと, ゐれば, 少しも 92 くれるもの, その日, 今の 91 いる彼, 来たと, 眺めて, 腰を, 非常に

90 [11件] いいの, みたい, よいか, ゐるといふ, 下さいな, 下されば, 呉れ, 居ます, 彼等の, 置くと, 行かなければ

89 いません, いらつし, いる以上, おくが, やれ, 下すった, 行こうと

88 あるので, それで, みせる, 何も, 容易に, 居るところ

87 いるな, もらいたいと, ゐるのに, 以て, 居れば, 見たり

86 いただきたい, いらっしゃい, もらった, 一人の

85 くれ給え, しまいます, そこを, ゐら, 手に, 貰ひたい, 進んで

84 ゐたやう, 答えた, 酒を

83 いるけれど, いる内, しまったこと

82 いないから, おきたい, くれたが, そこへ, 来たよう

81 いられるの, おきたいと, きたこと, 下さいと, 世を, 日を, 気を, 行けば, 逃げて

80 ありました, お生み, 多くの, 居るやう, 自分で

79 いないという, これらの, ゐながら, 心の, 笑って

78 [11件] あなたの, いる訳, おきましょう, くれない, くれよ, ここへ, しまったもの, 入って, 居たので, 置くこと, 見る

77 いる最中, やると, 暮らして

76 いたって, いるらしいの, いる人たち, いる様, くれたので, くれないか

75 くれという, しまったので, しまったよう, ならなかつた, ゐないの, 居る人, 涙を, 相手の, 部屋の

74 いるふう, いるものの, おられるの, なりません, ほしい

73 いるにも, これも, 居るうち, 曰く, 物を, 貰は, 頂戴

72 おきながら, 一人で, 居る事, 父の

71 いるであろう, くれたこと, しまったと, みたの, 貰いたい

70 [15件] いるくせ, いるとも, おこうと, しまおうと, みました, みましょう, ゐるし, ゐるだけ, 主人の, 了つた, 仕事を, 待つて, 急いで, 話を, 飛んで

69 いらっしゃる, いるだろうと, ゐるわけ, 呉れと

68 いないで, くれるか, みるが, やるの, 気が

67 いましたよ, いらっしゃるん, いるだけの, いる家, おられた, くれるん, ゐなかつた, 見るの, 連れて

66 いたその, しまえ, 今日に, 居る間, 彼に, 耳を, 行かねば, 行きました, 見なければ, 話して

65 [11件] いえば, いたよ, ほしいと, ゐた頃, ゐる者, 喜んで, 居つた, 彼らの, 最後に, 男の, 置きます

64 いる有様, いる若い, おくれよ, ちょうだい, 彼れ, 自分も

63 [11件] いた時代, みますと, ゆくと, 元の, 別れた, 思えば, 来たから, 横に, 行くもの, 見せるの, 言いました

62 [16件] あること, いたころ, いられない, いるでしょう, いるとの, いる上, お目, くれないの, ごらんなさい, しまつたのである, その場, みなければ, ゐなければ, 来るよう, 笑った, 能く

61 [11件] あたりを, いたかも, いたけれど, いたものの, いた彼, いつた, いますね, いるくらい, はいって, ひそかに, 他に

60 いいました, おりますから, しまったという, ならないの, 居たと, 心を, 神の

59 [14件] いただけ, いましたから, いるより, しまうよう, やつと, わたしは, ゐた時, ゐましたが, 子供の, 居るか, 来たという, 私も, 行くよう, 見せました

58 [12件] いるあの, いるとか, そこの, その時, みましたが, 居ても, 居る者, 彼等は, 敵の, 来い, 母の, 見るが

57 あげよう, いったの, くれたり, しまったから, その人, 両手を, 君の, 行きます, 誰も

56 [11件] あると, いたかと, いるだけに, ならぬ, 下さるの, 吾, 居りますから, 居るよう, 彼女を, 自然に, 貰った

55 [14件] いただいて, いるかは, おりますと, きたが, さうし, もとの, やっても, 下さいまし, 来ること, 東京へ, 欲しいと, 立派な, 置く必要, 見たい

54 [17件] いちゃ, いる事実, おいても, おりまして, お呉れ, くれるので, よいの, ゐたといふ, 居たん, 来たか, 殆ん, 真の, 見たの, 言ふ, 訊いた, 読んで, 頭の

53 [14件] いた人々, いるわ, いる一人, いる暇, お前の, きたもの, ついて, ます, 二人で, 今では, 先に, 我々は, 水を, 置かねば

52 [15件] いないので, いるだろうか, おいたが, おかないと, おったの, ゐるかの, 住んで, 先生の, 夜の, 天下の, 帰る, 後の, 最後の, 置きたいと, 貰ひ

51 [15件] いた女, いた間, いやがる, いようとは, いる彼女, おられる, おりまする, くれる者, そんなこと, もって, 参りました, 大に, 持つて, 置きながら, 部屋を

50 [11件] あげる, くれたもの, くれた人, しまわなければ, 了って, 二つの, 云えば, 右の, 欲しい, 聴いて, 貰いたいと

49 [18件] あとは, いくの, いた時分, いる連中, いる風, おきますが, ゐるさ, 下さいませんか, 之れ, 他人の, 室の, 山の, 店の, 後から, 来ます, 種々の, 窓の, 自由に

48 [22件] あなたは, あわてて, いた自分, いようと, いる奴, いろいろの, おきたいの, きたので, みようという, もらおう, ゆけば, ゆこうと, ゐる中, 一生懸命に, 三人の, 上げて, 下さいました, 仕方が, 山を, 我を, 眠って, 道を

47 [19件] いたけれども, いたこの, いたとは, いないん, いまして, いるらしいが, かくの, そのため, どうする, ゆくため, 下の, 事を, 余は, 居たこと, 居たもの, 無理に, 行くという, 言えば, 貰うこと

46 [22件] ありますから, いただきたいと, いないもの, いますか, いるほど, いる位, くれい, くれるな, くんな, ほかの, ゐたさ, ゐますが, ゐるその, 下さいね, 下さると, 二人を, 名を, 水の, 眼の, 考えると, 見ました, 雪の

45 [24件] ありますが, いるせい, おいては, くれるから, しまうという, その間に, だまって, やるから, ゆかなければ, ゆくよう, ゐたり, ゐる私, 之に, 娘の, 居ましたが, 居りますと, 居る時, 息を, 日本に, 私たちは, 筆を, 終った, 置こう, 胸を

44 [23件] あげるから, いたならば, いられなかった, いる頃, おるが, そつと, やること, よい, ゐたところ, ゐる男, 僕を, 別の, 外に, 居る様, 斯う, 机の, 東京に, 死んだ, 生活し, 盛んに, 置きたい, 自分に, 貰つた

43 [30件] あげましょう, あったので, あるもの, いなかったが, いられる, いるよりも, いる次第, いる際, おりません, かかって, くれても, しまっては, その男, まいりました, みせて, もらいたいの, ゐるかと, 世界の, 今まで, 女は, 居たから, 平気で, 彼らは, 江戸へ, 煙草を, 生んだ子, 私と, 考へて, 見ますと, 走って

42 [22件] いたかの, いつでも, いないし, いるま, くれなければ, それと, ともかくも, みる必要, やったの, ゐた事, ゐるばかり, 一と, 出た, 前の, 妙に, 居つて, 居ない, 居る中, 来るから, 無事に, 空を, 行くうち

41 [25件] いなくては, いましたので, いる限り, いる顔, おいた方, くれん, ここまで, しまうもの, みろ, ゐたのに, 下さること, 二階へ, 何でも, 余の, 俺の, 去った, 多少の, 子供を, 座へ, 当時の, 敵を, 日の, 置いても, 腹を, 頂いて

40 [28件] あったが, いたはず, いるぞ, いる二人, いる時分, いろいろな, おかなくては, おったが, そこで, ゆくもの, ゐては, ゐないと, 一切の, 下さる, 世の, 人は, 今日は, 出かけて, 呉れる, 奥へ, 居る樣子, 左の, 我に, 東京の, 泣いて, 答へ, 見ましょう, 門の

39 [21件] いた通り, いるとしか, いるのみ, いる娘, おると, おれ, くれたん, その夜, どこかへ, ゐるかも, 助けて, 居るに, 席を, 後は, 我々の, 来た人, 椅子に, 現在の, 自分たちの, 見えた, 飲んで

38 [25件] あげます, いた方, お前は, きたよう, さへ, すべての, その家, その方, みる気, ゆくという, わたしの, ゐたか, ゐるよ, ゐる様, 來ました, 夫の, 床に, 後を, 来るので, 置きましょう, 置け, 肩を, 自然の, 言葉を, 遊んだ

37 [28件] いいと, いたのよ, くれそう, くれるだろう, こちらを, しまうかも, た, やらなければ, ゐたし, ゐる所, ゐる様子, 僅かに, 勝手に, 坐つて, 居られた, 平次は, 庭の, 昔の, 来た時, 江戸の, 立ち上った, 立派に, 見せます, 見たところ, 送って, 通って, 間も, 頂きたいと

36 [40件] いいもの, いたあの, いながらも, いますので, いられないよう, いる国, いる気, いる由, おくよう, おらぬ, おりますので, かれは, きいて, ごらん, しばらくは, その結果, ぢつと, みせると, やっと, やるよ, ゐたに, ゐる場合, 下さいませ, 先へ, 前に, 夜を, 姿を, 敢て, 時間を, 本を, 来るもの, 歩くの, 熱心に, 目が, 置くが, 胸の, 膝を, 表へ, 調べて, 階段を

35 [36件] いい, いた所, いよう, いられないの, いるある, いるかが, いる通り, おって, きたと, きたん, ここで, しまうから, しまうに, しまふと, その前, どこへ, ゐますよ, ゐるでは, ゐるとは, ゐるらしい, 一生を, 何が, 去る, 呉れるの, 地に, 好いか, 居られる, 居る所, 手紙を, 村の, 流れて, 町の, 眼が, 自から, 見える, 近所の

34 [35件] いたせい, いたでは, いるそれ, いる今日, いる証拠, くるもの, くれません, こんどは, さう, しまうん, そのあと, なんの, やったり, ゐる樣子, 二人が, 人が, 何事も, 俺は, 命を, 唇を, 天下を, 女を, 妙な, 居た事, 居ながら, 居りまして, 平次の, 徒らに, 憚らない, 新たに, 来なければ, 相手に, 立った, 第一, 第二

33 [33件] あつて, ある筈, いた若い, いなかったから, いるって, いるなんて, おりまた, くれなかった, ここの, ここを, こんなこと, みたいという, もらつて, ゐないやう, ゐるぢ, ゐるとき, ゐるらしかつ, ゐる姿, 下さった, 下すって, 云ふ, 今に, 今日まで, 何等の, 僅に, 出来るだけ, 国民の, 思へば, 答えました, 置きました, 聞かせて, 降りて, 頭が

32 [51件] あげたいと, あげるわ, あるに, いたであろう, いた家, いは, いますし, いるであろうか, いるならば, いるのね, いるんで, いる声, いる日本, おいたから, おいたもの, おられたの, かからなければ, くれませんか, くれよう, この家, そのま, みたらどう, もらうの, もらえば, やりたいと, よいもの, わずかに, ゐるため, ゐる彼, 下さって, 何かの, 呉れて, 唯だ, 外の, 天井を, 存在する, 居る様子, 床の, 是れ, 普通の, 来たところ, 横を, 母を, 男は, 社会の, 行きたいと, 行く事, 見せると, 言って, 身の, 黙つて

31 [40件] あなたに, いたとおり, いたにも, いたよりも, いたろう, いた筈, いるには, いる伸子, いる例, おきたいこと, おりその, くださいよ, くれたから, ついには, どこか, どこに, みたいの, やまない, やるぞ, よかった, ゐた私, ゐる筈, 下を, 不意に, 了ひました, 僕が, 半七, 呉れたの, 居るし, 居る処, 己れ, 帰ると, 座を, 時を, 海に, 海の, 父を, 罪を, 行くところ, 返事を

30 [59件] あるところ, いく, いたかを, いたもん, いた人たち, いた日, いますの, いよ, いるといった, いる人物, いる今, いる状態, おかう, おくから, おしまいに, おりましたので, おるか, くだすった, くるよう, しまいましたが, すわって, ました, みるつもり, もらおうと, やらうと, やるが, ゐた人, ゐるだらう, 一日も, 了いました, 二階の, 人生の, 仕様が, 却て, 喜んだ, 夜に, 奥の, 如何に, 子を, 尋ねた, 居ますよ, 心に, 来た者, 来ようと, 来るという, 歿した, 毎日の, 火を, 独りで, 相手を, 私たちの, 置いたが, 置こうと, 胸が, 草の, 見せたが, 見せたの, 見ろ, 貰う

29 [46件] いくこと, いたかという, いたとか, いた一人, いた様子, いなかったので, いますわ, いるほか, いる一つ, いる隙, おまけに, おるもの, くれろと, くれ給, どこまでも, ますから, みたこと, わたしを, われわれの, 一の, 上の, 世間の, 並んで, 二人とも, 今も, 何と, 何に, 力を, 博士の, 取って, 妻の, 居たり, 居りません, 己の, 彼女が, 御覧なさい, 最初の, 様子を, 生活の, 相当の, 花を, 行くが, 身体を, 食って, 食べて, 鼻の

28 [49件] あげるよ, いう, いた事が, いらしたの, いらっしゃいます, いるひと, いるもん, いる青年, かからねば, こっちを, しかたが, しまふこと, それぞれの, みんなが, もらう, もらったの, もらわなければ, よいと, ゐや, ゐるけれども, ゐるのよ, 一個の, 下へ, 何う, 何にも, 倒れて, 出かけた, 出して, 出來, 呟いた, 土地の, 天を, 夫を, 女が, 娘を, 居た時, 居なければ, 居るかと, 已ま, 帰つた, 探して, 来れば, 死を, 目の, 行くため, 誰にも, 買って, 閣下の, 飯を

27 [51件] いそう, いたじゃ, いただきたいの, いた彼女, いるかに, いるぜ, いるんだい, いる子供, いる時代, いる母, いる癖, いる部屋, いろいろと, おくという, おりそして, おりましたの, くれるかも, くれるなと, この人, こんな事, だ, ならなかったの, はいられません, ものを, もらいたいという, もらうよう, やまなかった, やりながら, よかろう, 云へば, 人々は, 兄の, 前へ, 可なり, 帰りました, 帰ろうと, 廊下を, 復た, 我は, 書いたもの, 来ましたが, 歌を, 死んだの, 江戸に, 火の, 目に, 置きたいの, 自己を, 誰か, 貰おうと, 顏を

26 [64件] あげること, いたでしょう, いっしょに, いら, いられました, いられるよう, いる作家, いる光景, いる父, おいたこと, おやり, お出でに, お茶を, きかせた, きます, くること, くれたと, くれるに, こ, ござる, しまいそう, しまうだろう, しまへば, じっとし, そのお, その手, その晩, それの, それも, たずねました, みたん, みようかと, もらうと, やれと, ゆきたいと, ゐるかを, 一時の, 下さるん, 他を, 叫びました, 君は, 呉れました, 夢中に, 婦人の, 彼と, 心が, 戻つて, 楽しんで, 水に, 然る, 生活する, 盃を, 直接に, 知って, 見せたり, 覗いて, 言う, 誰が, 貰えば, 貰へ, 起きて, 逆に, 遂には, 静かな

25 [71件] あったと, いただきます, いたほど, いた母, いた矢先, いた訳, いないところ, いらっしゃいました, いられた, いられるもの, いるさま, いるらしかったが, いる妻, おられるよう, おれの, お出, くれって, くれば, くれるが, この, そのままに, それによって, ひとりで, みせるの, われわれは, ゐたらしい, ゐる人々, 一定の, 一方の, 上って, 中に, 云いました, 何度も, 勉強し, 動いて, 勝手な, 向うの, 大なる, 少しでも, 居つたの, 居ては, 店を, 彼等を, 得意に, 戸を, 時の, 林の, 歩く, 母に, 気の, 現われて, 直ぐに, 突っ立っ, 窓から, 箸を, 置いては, 置かう, 置く方, 聞かせました, 腕を, 行ったが, 見ましたが, 身に, 車を, 返して, 門を, 頂きたい, 頂きたいの, 頂戴よ, 食事を, 髪を

24 [63件] あったから, あるか, あるよう, いいだろう, いただきましょう, いてね, いなかったこと, いなかったと, いるやつ, いる店, いる心, いる或, おいたので, おりますよ, くれるし, これで, これまで, しまったり, すみません, そうし, その代り, では, またその, みたいもの, ゐないこと, ゐなかつたの, ゐるお, ゐるんぢ, ゐる位, ゐる家, ゐる方, 上げたいと, 上げるから, 下に, 京都へ, 仕舞った, 参ります, 口の, 君に, 單に, 国家の, 夫人の, 尋ねて, 居るよ, 廻った, 支那の, 来たわけ, 来よう, 来るん, 此等の, 溜息を, 火鉢の, 笑つた, 置きますが, 考え込んで, 行きつつ, 裏の, 見るに, 見る気, 親の, 言へば, 訊ねた, 話した

23 [93件] あげますから, あげるの, あとから, あとで, いただけに, いたばかり, いた二人, いったが, いつもの, いませんでした, いらあ, いらっしゃるから, いられなくなって, いるとおり, いるとでも, いるなどと, いる人達, いる容子, いる山, いる諸, おいたん, おく方, おられます, おりますの, くださいました, くれないので, くれるやう, これへ, しかもその, しまいには, そこらを, その下, ますよ, みせました, みます, もらったが, もらったり, もらひたい, ゆくその, ゐないが, ゐるこの, ゐる人間, ゐる女, ゐる自分, 予が, 云って, 今夜は, 伸子は, 体を, 僕に, 充分に, 先生は, 夜は, 天に, 妹の, 室を, 居つたが, 居ましたよ, 居りますので, 居るです, 居るでは, 山に, 帰るの, 庭に, 廊下の, 御覧, 悠々と, 政府の, 明日の, 春の, 朝の, 来ても, 源氏は, 眺めた, 眼に, 石の, 神に, 私達の, 笑いながら, 置いたもの, 自身の, 花の, 苦しんで, 茲に, 行ったもの, 説明する, 貰うの, 貰おう, 貰はう, 通った, 遣って, 顔の, 馬の

22 [99件] あったもの, あなたが, いたかが, いたくらい, いたわ, いた以上, いた連中, いるなと, いるみたい, いる友人, いる形, いる理由, いる眼, いる老, いる老人, いる身, うしろを, おいてから, おきましたが, おりながら, お前を, かの女, かれら, くださいまし, くれるだろうと, くんねえ, この事件, さすがに, しずかに, しまった方, そのうち, その女, たずねた, もどって, もらいたいもの, やらねば, よこした, よろこんで, よろしい, わたくしは, ゐた彼, ゐないから, ゐますと, ゐるけれど, 下りて, 仕事に, 仕舞つた, 以前の, 作者の, 傍に, 別れて, 同一の, 四辺を, 寢て, 小説を, 少しの, 居ますが, 居るのに, 巧みに, 差支ない, 己が, 席に, 帰ったの, 帰つて来た, 彼女に, 御覧に, 教えて, 早くも, 書いたの, 曾て, 来たその, 来たり, 来た事, 橋の, 止まない, 死に, 殺して, 汝の, 消えて, 然も, 父は, 相変らず, 眉を, 礼を, 私達は, 穴の, 立ちあがった, 立ちすくんで, 考えた, 胸に, 船の, 血を, 行くので, 見たこと, 見ようという, 言ひ, 進んだ, 道の, 部屋へ

21 [95件] あげても, あるはず, いきました, いた処, いないのに, いましたの, いらっしゃるよう, いるこれ, いるさ, いるらしいので, いる仕事, いる必要, うなずいた, おいたのに, おくため, おくほう, お金を, かれの, くださいと, くださるの, こちらへ, こっちへ, これと, しまうであろう, しまうところ, しまおうという, しまつた, そのこと, その後の, それからは, たがいに, みようか, もらいましょう, やらあ, ゆかねば, ゐたわけ, ゐた時代, ゐる点, ゐる癖, 一は, 一方に, 一般の, 上から, 上げよう, 上げる, 下さらない, 下さるよう, 世間に, 中を, 云ひました, 京都に, 仕舞ふ, 何時までも, 余が, 使って, 俺に, 先生に, 兎も, 其れ, 出で, 坐った, 夜が, 小屋の, 居たやう, 彼らを, 扉を, 斯の, 新らしい, 歩くこと, 母は, 民衆の, 池の, 泣いた, 犬の, 神を, 空に, 立上った, 置かうと, 考へると, 聞かした, 自分から, 自殺した, 舌を, 色を, 行かうと, 行つ, 要を, 見に, 近づいて, 這入って, 酒の, 階下へ, 雲の, 餘り, 騒いで

20 [84件] あとの, あとを, あれは, あれば, いたんじゃ, いた人間, いましたけれど, いましたし, いらして, いらっしゃると, いられないので, いるひま, いるほう, いる時間, おくに, おけと, おるから, おれは, かくも, きたから, くるという, くれますか, しまうか, しまうが, しまったよ, しようがない, じぶん, たまるもの, ながめて, みたまえ, みんなの, もらいました, もらうん, やりましょう, ゆくうち, ゆく力, よいこと, わたくしの, ゐるのみ, んだ, 丁寧に, 上げます, 京都の, 人々の, 人間が, 何かを, 俯向い, 俺を, 入れて, 台所の, 各, 呉れるもの, 呉れ給, 国へ, 夫人は, 子供が, 完全に, 居るという, 居るといふ, 彼らが, 忘れて, 憚から, 我々が, 戻つて來, 手の, 日本人の, 暮した, 朝から, 本当の, 来たため, 来たとき, 此処に, 父に, 物の, 登って, 笑ひ, 老人の, 育てて, 責任を, 足の, 金の, 非常な, 顔が, 首尾よく

19 [103件] あの人, いさえ, いたいと, いたいの, いたらしいが, いた折, いた父, いない事, いまは, いられなくなった, いるころ, いるゆえ, いる問題, いる大, いる婦人, いる客, いる程度, いる結果, おきますから, お置き, きたという, くれさえ, くれとか, くれましたが, くれようと, このよう, そのよう, その儘, それには, ほんとうに, ぼんやりと, まいります, みんなを, もらうため, らっしゃるの, わしの, ゐさ, ゐたお, ゐた男, ゐないといふ, ゐるにも, ゐる最中, ゐる頃, 一時に, 一歩も, 上に, 下さるでしょう, 何ぞや, 入らつし, 入口の, 刀を, 各自の, 同じよう, 国の, 国を, 変な, 外から, 大急ぎで, 女房の, 学校の, 客の, 客を, 居るお, 居るけれども, 居る人間, 山へ, 座敷の, 廻って, 弟の, 張る氣, 従来の, 悲鳴を, 控えて, 旅に, 日本を, 来たものの, 来ては, 歩きながら, 歸つた, 歸る, 汗を, 無言の, 皆を, 続いて, 考えこんで, 考へ, 聞いた, 自分達の, 舞台に, 船を, 行くか, 行くに, 行くやう, 西の, 見せること, 見る必要, 詩を, 読者の, 貰ひたいと, 逃げようと, 金に, 馬を, 高遠なる

18 [120件] あげようと, あげると, いただこうと, いたとしても, いたね, いたまえ, いたらしいの, いないらしい, いない人, いますからね, いらっしゃること, いられないと, いられると, いるなか, いるらしいこと, いる場所, いる気持, いる部分, おくわけ, おられました, おる者, くださいませんか, くだされば, くれるでしょう, こう云った, ごらんに, さつ, して, しまってから, しまひます, そなた, その辺, ただその, だんだんと, ならないん, みたところが, みましょうか, みるに, もらいたいこと, もらいたいん, もらわねば, やります, やるん, より多く, ゐたかも, ゐた女, ゐるで, ゐる処, ゐる樣, 一挙に, 上げますから, 上げるわ, 下さいますか, 下さいますな, 下さったの, 両手で, 中へ, 乗って, 事に, 人と, 人民の, 人類の, 兎に, 兵を, 内へ, 出来たもの, 出発した, 南の, 去って, 可なら, 呉れること, 周囲の, 困って, 夜も, 夢の, 天下に, 夫れ, 女に, 尚ほ, 居たのに, 居った, 居るだけ, 居る筈, 指を, 新に, 暫くは, 木の, 来たやう, 来なかった, 歩き出した, 歸り, 永久に, 生活を, 着物を, 研究を, 立ち去った, 素直に, 続けた, 置く事, 自家の, 自然と, 色々と, 茶を, 西洋の, 見給, 言は, 貰いたいの, 貰わねば, 遣ろうと, 金が, 長い間, 閣下は, 闇の, 雨の, 音を, 頂きます, 馬に, 驚いて, 鳥の, 鼻を

17 [159件] あげますよ, あるいて, あるという, いいん, いたろうか, いた例, いた程, いた関係, いてから, いましょう, いやな, いようが, いられたの, いるからと, いるからね, いるも, いるらしいと, いるらしく見えた, いる土地, いる父親, いる程, いる船, おいでよ, おらるる, おられるか, くりょう, くるので, くれたそう, くれたま, くれないと, くれますが, こちらの, この女, この子, これより, こんなところ, ございます, しまったかも, しまつたん, しまふやう, じつと, そこには, その, その実, それらを, つれて, どうした, どこの, なりませんでした, ほしいの, まっすぐに, みよ, みんなに, もらったこと, やったこと, やって来た, やらう, やるつもり, やるという, ゆくかという, ゐたその, ゐたため, ゐようと, ゐられるの, ゐるとも, ゐるらしいの, ゐる以上, ドアの, 一同は, 一時は, 三人は, 下さいって, 世話を, 中, 事件の, 人生を, 人間は, 佇んで, 其処に, 動かなかった, 口に, 口も, 吾人は, 味方の, 困る, 壁に, 大勢の, 大阪へ, 夫, 妻を, 安心し, 将来の, 小声で, 居ないの, 居らぬ, 居るその, 帰ること, 座に, 廊下に, 往った, 往来の, 愉快に, 戴きたい, 故郷の, 敵に, 斯んな, 明日は, 最初に, 有名な, 来いと, 来たつもり, 来たのに, 杯を, 森の, 済まなかった, 満足し, 漸, 澄まして, 父親の, 現代の, 生命を, 異様な, 知ること, 社会に, 私たちを, 私には, 立ち止まった, 終う, 置いた方, 置きましたが, 置くわけ, 膝の, 自らの, 船に, 荷物を, 行くには, 行ったこと, 見えるの, 見せながら, 見たらどう, 見事に, 言うの, 貰うと, 貰うよう, 貰へる, 貰わなければ, 足早に, 途中で, 遊びました, 遊ぶの, 遠くの, 遣ると, 鉄の, 障子を, 雨に, 頂戴な, 風の, 食ふ, 魚を

16 [165件] あげなければ, あたりの, あったん, あなたを, あるよ, いずれも, いたくせ, いただくこと, いたとも, いた事実, いた際, いますのよ, いませんが, いやしない, いようとも, いらしって, いられないから, いられません, いられるん, いるかしら, いるかね, いるからには, いるきり, いるけど, いるでしょうね, いるばかりか, いるらしいから, いる他, いる会社, いる体, いる前, いる大きな, いる学生, いる小さな, いる態度, いる為, いる町, うつむいて, おくもの, おく事, おけよ, おこうという, おったもの, おっても, おりますうち, お前が, お帰り, きいた, くるから, くるん, くれては, くれるはず, この上, これだけの, これなら, しまはうと, しまわねば, すまして, その名, それこそ, そんな事, とう, ならねえ, ますね, みたいよう, みようじゃ, みんなで, もらいます, もらっては, やったん, やらないと, ゆくか, ゐられる, ゐるそれ, ゐるだけの, ゐるであらう, ゐるな, ゐる形, ゐる點, 一家を, 一度に, 一度も, 上げましょう, 上げようと, 下さらなければ, 予の, 人間に, 休んで, 伴れ, 内に, 冬の, 古代の, 君を, 吾人の, 固より, 城を, 声も, 多くは, 多数の, 大きな声, 大事に, 女中の, 女房に, 姉の, 学校へ, 完全な, 宿を, 居たか, 居られるの, 居りましたから, 幸福に, 彼も, 後も, 意見を, 折角の, 新たな, 日に, 書を, 机に, 来たお, 来た男, 来るに, 歌の, 気に, 水は, 永遠の, 海を, 濟ま, 物に, 特別の, 玄関の, 玄関へ, 現れて, 生を, 田舎の, 畳の, 病院へ, 眞に, 秀吉の, 秋の, 立ち上がった, 立つ, 精神を, 細々と, 置いたので, 置くもの, 義雄は, 考えること, 肩に, 自由を, 色々の, 草を, 落ちて, 行くから, 行つたのである, 西に, 見つめて, 見ませう, 見ようか, 見給え, 貰いました, 起って, 通る, 電話を, 飛び出して

15 [193件] あるだけ, いうと, いうには, いけない, いたい, いた事を, いた人物, いた当時, いつまで, いないか, いないため, いない点, いなかったよう, いなさるの, いましたわ, いやに, いらしった, いられること, いるようす, いるよりは, いる三人, いる世界, いる先生, いる女房, いる感じ, いる言葉, おられたが, おらん, おること, おるよう, お前に, お礼を, かかること, きたその, くださいね, くださいませ, くるに, くれた時, くれとの, くれないん, くれぬか, くれる筈, この大, しまいたいと, しまおう, しまったし, しまったそう, しまったわけ, すつかり, そこい, そのとき, その顔, それへ, それより, つづいて, である, なんでも, はおりません, ぼんやりし, まわった, まわって, みせたり, みたかったの, みたくなった, もらっても, やたらに, やりたい, ゆきました, ゆくところ, ゆくには, ゐたけれども, ゐたつて, ゐたよ, ゐないで, ゐましたよ, ゐますから, ゐられた, ゐる次第, ゐる訣, ゐる訳, ゐる限り, ゐる風, ハッと, パッと, 一同の, 一日に, 一日の, 上へ, 下さいます, 下さるか, 下さる方, 下されと, 世界を, 世間を, 中の, 中央の, 主人が, 云う, 云うと, 云うの, 人口を, 人間を, 今までの, 今夜の, 先生を, 入つて, 出る, 叔父の, 口惜しがった, 呉れ給え, 喰べ, 地上に, 壁の, 夏の, 外を, 夢を, 夫に, 威張って, 娘は, 子の, 学校を, 宇宙の, 実際の, 少しずつ, 少しばかり, 居たさ, 居や, 居られました, 居るかも, 居るけれど, 居るさ, 居る家, 左右に, 幾多の, 廊下へ, 後には, 御覽, 愛の, 感謝の, 成立する, 手で, 描いて, 文学の, 旅を, 日が, 日本へ, 是を, 書物を, 曹操の, 来た私, 来るが, 東の, 椅子の, 止めて, 此方を, 汽車の, 男が, 皆に, 盛に, 知るべし, 研究する, 綺麗に, 置いたん, 置かないと, 自分と, 舟を, 船は, 色の, 茫然と, 行くん, 行く人, 行こうという, 街の, 見ようかと, 言ひました, 訪ねて, 許して, 読んだ, 貰いたいもの, 貰おうか, 足が, 遊ぶ, 過ぎて, 過去の, 遣つて, 鍵を, 間の, 附近の, 集まって, 雨が, 顔も, 驚いた, 黙り込んで

14 [214件] ああいう, あげましょうか, あつた, あの方, あるのに, いいこと, いくと, いけないの, いただけば, いたんだい, いた位, いた僕, いた奴, いつて, いないかの, いないはず, いないよ, いなくても, いましたね, いますけれど, いられたが, いられないほど, いらッ, いるとかいう, いる一方, いる傍, いる始末, いる意味, いる故, いる敵, いる物, いる矢先, いる関係, いる音, いる頭, いればこそ, おきなさい, おきましたから, おくか, おくより, おりそれ, おりましたから, お上げ, お米, お銀様, かかった, かかるの, きた人, きましたが, くだすって, くるが, くれたか, くれないかね, くれまいか, くれるかと, くれるそう, くれるであろう, くれるという, ここは, このこと, この国, この男, この頃, しまうし, しまうので, しまうまで, しまったあと, しまったか, しまったらしい, しまはなければ, しまふので, その心, たって, ちょいと, どうかし, どうなる, ねて, はじめて, ふいと, また, みせます, むやみに, ものの, もらつた, やっとの, やつても, やり度, ゆくに, われに, ゐたで, ゐた時分, ゐた自分, ゐた間, ゐないので, ゐるぜ, ゐるだらうか, ゐる奴, ゐる彼女, ゐる或, ジッと, 一度は, 一言も, 上げるの, 下から, 不思議な, 世の中を, 予は, 二階に, 五人の, 今から, 仕事が, 他人を, 代助, 仰向けに, 何という, 侯の, 俯向いた, 倒れそう, 偉大なる, 兄を, 十分に, 即座に, 右に, 君が, 呉れると, 唯一の, 喧嘩を, 嘘を, 地方の, 売って, 大声に, 大隈伯の, 失敗した, 学問の, 宿の, 宿へ, 少しは, 少年の, 居たお, 居られたが, 居られます, 居る点, 崖の, 帰して, 帽子を, 幕府の, 年を, 床を, 店に, 座敷へ, 庭を, 彼等が, 往来を, 後へ, 微笑し, 憚らぬ, 戦って, 戴きたいと, 政治の, 新聞を, 旅の, 早々に, 明らかに, 明治の, 昨日の, 月に, 月の, 来たに, 来るか, 機嫌を, 歩くと, 死ぬの, 残って, 氣の, 氷の, 父が, 申しました, 町へ, 町を, 病を, 真面目に, 科学の, 竹の, 笑ふ, 結婚を, 縁の, 置くん, 考えても, 聞かせるの, 聳えて, 自己に, 茶の, 茶碗を, 行け, 行けと, 見たいの, 見た所, 見ます, 見やう, 言うこと, 貰ったの, 遊びに, 遠くから, 遣る, 銭を, 間違って, 隣の, 霧の, 面を, 頂き度, 頷いた, 額を, 食べる, 食物を

13 [223件] あそんで, あの女, あるその, ある所, いいでしょう, いたある, いたかは, いただかなければ, いたところが, いたらその, いた事, いた警官, いったもの, いないとも, いない場合, いない時, いない様子, いなくて, いませんよ, いようもの, いられます, いるいわゆる, いるだろうが, いるであろうが, いるであろうと, いるでしょうか, いる一団, いる作品, いる分, いる図, いる多く, いる夫, いる女中, いる男女, おいた通り, おかうと, おくつもり, おのれの, おりましたよ, お互に, お君, かう云, きたのに, くださる, くらして, くれさ, くれるぞ, ここには, この日, この時, この種, さかんに, さてその, しまうつもり, しまった以上, しまっても, じっとその, すべてを, すみませんでした, その声, その子, その後は, その頃, たくさんの, ちよつと, ったって, です, どこかの, なるもの, にこにこし, ふたりの, みい, みせたが, みたくて, みたけれど, みる時, もらいたいね, もらいながら, もらうつもり, もらうという, やうやく, やまないの, やりたかった, やりましたが, よく見る, わたしが, わたしに, われらの, ゐるくせ, ゐるつもり, ゐるわ, ゐる人達, ドアを, パンを, 一人も, 一刻も, 上げても, 下さつた, 下さるので, 下すつた, 下だ, 了い, 了え, 人も, 人民を, 今度の, 仕事の, 他人に, 以来は, 何とも, 何人も, 作ったもの, 作って, 來ます, 偶然に, 元気よく, 入つて來, 其間に, 出たの, 勉強する, 動かずに, 千世子は, 参りましたが, 参りましょう, 参りますと, 參りました, 可愛がっ, 可能である, 呉れたこと, 呉れないか, 問題を, 坐つた, 夜中に, 女中が, 女房を, 妻に, 妻は, 存在し, 実際に, 寄って, 居られない, 居りその, 居る位, 居る女, 居る故, 居る癖, 左右の, 帰途に, 徹底的に, 心は, 忍んで, 思い切って, 息子の, 慰めて, 成功した, 扉の, 手も, 挨拶した, 挨拶を, 捨てて, 散歩に, 斯る, 日頃の, 時代の, 暇を, 来たこの, 来た人々, 来た自分, 様々の, 正直に, 歴史の, 歸つて來た, 残りの, 氏の, 水が, 沈んで, 海へ, 父と, 片手で, 片手を, 獨り, 生きること, 用を, 畢つた, 疲れて, 皆が, 皆で, 着て, 神は, 空中に, 立ちすくんだ, 立ちながら, 終には, 結局は, 置くから, 考えれば, 耳の, 聞かせる, 腰が, 腰の, 自動車に, 自殺を, 良人の, 芝居を, 茶の間の, 行くつもり, 行く力, 行こう, 見送って, 説明し, 貰つ, 起った, 身体が, 近くの, 避けて, 銀の, 障子の, 雨戸を, 雪を, 青年の, 靴を, 額に, 駕籠の

12 [275件] あたしを, あつたの, ありますので, あれが, いい気持, いくところ, いただろう, いたのみ, いたら, いたらしかった, いたんで, いた事も, いた為, いな, いない者, いましたか, いらっしゃれば, いられるか, いるすべて, いるそば, いるだけでも, いるとしても, いる一種, いる主人, いる余裕, いる外, いる弟, いる彼等, いる心持, いる折, いる母親, いる気配, いる空気, うしろの, え, おきまして, おきませう, おられて, おられるが, おり私, おるぞ, お話を, お辞儀を, お高, かけて, きょうは, くれないかと, くれなくちゃ, くれまして, くれますから, くれる事, こい, こういった, こう言った, ここでは, この事, この問題, この場, この書, この辺, こよう, これ等の, しまいましたよ, しまいまして, しまったのよ, しまった後, しまふから, せっかくの, そのほう, そのほか, その罪, その話, それに対する, だん, ついでに, どうでも, どこへか, どこを, どんなこと, なにも, ならぬの, ふたりは, ほしいという, まいったの, ますの, またそれ, また元, まん, みせるから, みたいん, みたって, やって来たの, やるさ, ゆきます, ゆく過程, ゆっくりと, よいやら, われは, われを, ゐたかと, ゐたとき, ゐた為, ゐなくては, ゐません, ゐるね, ゐるほど, ゐるよりも, ゐる上, ゐる為, ソッと, ピストルを, ホッと, 一も, 一夜の, 一散に, 一本の, 一般に, 三日の, 上げること, 世に, 世人の, 両者の, 中から, 主人は, 主人を, 事実を, 二三の, 二階から, 二階を, 云ったの, 互ひ, 些の, 人々を, 人目に, 他は, 以来の, 仲, 仲間の, 体の, 何れの, 余りある, 俄に, 信長の, 俺が, 元気を, 先き, 先刻から, 全世界, 力が, 力の, 動も, 右手を, 呉れよ, 呉れる人, 呉れる者, 呼んで, 咲いて, 土間に, 城下の, 声の, 大学の, 女と, 好きな, 妻が, 学問を, 学校に, 客に, 家中の, 家内の, 宿に, 富岡は, 寝た, 尋ねました, 居たに, 居た頃, 居ったの, 居って, 居つたこと, 居るぢ, 居る為, 居る私, 居る頃, 川へ, 工藝の, 己に, 己を, 帰つ, 帰宅, 幕府に, 後, 心にも, 愈, 戸外へ, 斯くの, 方向を, 是は, 月を, 朝に, 来た彼, 来ますから, 来る事, 来る者, 欲しいの, 止まないの, 歩きました, 歯を, 死刑に, 母が, 母親の, 泳いで, 深夜の, 無限の, 王の, 生徒の, 生涯を, 生産の, 町内の, 真面目な, 眼前に, 石を, 私達を, 窓を, 竜之, 精神の, 結婚の, 置かなくては, 置くより, 翌る, 考へること, 聞かせたり, 聞かせると, 背を, 腹の, 自動車を, 自然を, 草履を, 行くといふ, 行く有様, 行っても, 街へ, 見せるから, 見たん, 見ては, 見なくては, 話の, 話は, 誰かが, 豊かな, 貰いたいん, 貰いましょう, 貰うため, 貰ふと, 走つて, 足らず, 身動きも, 車に, 迚も, 逃げたの, 逃げるよう, 進む, 過ぎた, 道は, 遠くへ, 部屋に, 開けて, 静に, 音も, 頂きましょう, 頬を, 頭に, 頼んで, 風に, 食べた, 飲んだ, 黄金の

11 [375件] ありますよ, あるし, あるそう, ある日, あれほど, いたかった, いただいては, いたとの, いたな, いたらば, いた上, いた大, いた夫人, いた妻, いた娘, いた少年, いた顔, いないだろう, いないに, いなかったし, いなくちゃ, いなさる, いますぜ, いやあがる, いらっしゃったの, いられないという, いられるが, いりゃあ, いるあたり, いるいろいろ, いるかぎり, いるそういう, いるらしい様子, いる世の中, いる兄, いる写真, いる叔父, いる君, いる地方, いる子, いる学者, いる少女, いる少年, いる息子, いる態, いる村, いる瞬間, いる社会, いる積り, いる第, いる細君, いる話, いろと, いろよ, うなずいて, おあげなさい, おいたと, おいたとおり, おいでだ, おいでの, おくよ, おしまひ, おったこと, おのおのその, おめ, おらねば, おられたので, おられません, おりましたところ, おりましょう, おりますし, おるところ, おるので, お光, お勢, お在, お酒, かかると, きたか, きたため, きたところ, くれその, くれたという, くれたよ, くれた事, くれといふ, くれなかったの, この世の, この部屋, これまでの, さけびました, さまざまの, しばらくの, しまいましょう, しまうぞ, しまうでしょう, しまったに, しまつては, しまわないと, その事, その土地, その手紙, その生活, その翌日, その金, その間の, そばへ, それからそれ, それよりも, ため息を, だれも, ちらと, つぎの, どうしよう, どこかに, なおその, のぞいて, ぼくは, ましたよ, ますと, ますわ, みたけれども, みないか, みなくては, みるという, みるよう, みるん, みろと, もさうである, もらいたいが, もらいに, もらいましたが, もらうより, もらおうか, やったもの, やつたり, やめて, やらなくちゃ, ゆくが, りっぱな, わしは, わたくしに, ゐたけれど, ゐたのよ, ゐたわ, ゐた筈, ゐなかつたので, ゐは, ゐましたので, ゐるさま, ゐるだけで, ゐるなんて, ゐるより, ゐるらしいが, ゐる作家, ゐる娘, テーブルの, ペンを, 一人が, 一同を, 一国の, 一夜を, 一家の, 一斉に, 一点の, 万一の, 万事を, 上げるが, 下さらないの, 下宿の, 世の中に, 世界に, 主人に, 久しぶりで, 久し振りに, 了ひ, 二人に, 二階で, 云は, 井戸の, 人々に, 人形の, 今でも, 今日も, 仔細に, 以来この, 以来初めて, 仰向きに, 低い声, 何らの, 何んと, 何処に, 余を, 作品の, 使用する, 俗に, 僕も, 先の, 先を, 先方の, 全身の, 其が, 内閣の, 凝と, 出かけたの, 出づ, 出来て, 動かない, 医者を, 午後の, 半分は, 博士に, 去つた, 参って, 又た, 反對, 口から, 台所へ, 向うを, 呉れれば, 品物を, 問題の, 四人の, 四方の, 土の, 堂々と, 変に, 夢に, 夢中で, 大変な, 天の, 天地の, 夫婦に, 夫婦の, 妻子を, 妾の, 嬉しかった, 存分に, 寺を, 尼に, 居たといふ, 居たところ, 居たよう, 居た人, 居りましたので, 居るわけ, 居る樣, 居る男, 屋根の, 山から, 峠の, 川の, 左に, 帯を, 幾度も, 座敷に, 庭へ, 引返して, 彼等に, 忙が, 怖ろ, 恋の, 息が, 悄然と, 拳を, 掛けて, 放って, 故意に, 故郷に, 明智の, 昔は, 昨夜の, 暮らした, 村を, 来たかを, 来たばかり, 来たよ, 来たらしい, 来た結果, 来ましたので, 来ましたよ, 果てた, 機会を, 次郎, 次郎の, 歩いたが, 歩いたり, 歩くよう, 死す, 母と, 民を, 気持が, 江戸から, 汽車に, 泊って, 泣くの, 涙が, 渠は, 渡って, 漫に, 猿の, 玄関に, 現実の, 生えて, 生の, 男と, 男を, 當時の, 病気に, 皆の, 相手が, 神と, 神妙に, 神田の, 秘密の, 稼いで, 突立っ, 立ちどまりました, 立ち上つた, 約束の, 純然たる, 細君は, 絶対に, 縁側に, 縁側へ, 置いたから, 聞かせること, 背中を, 腰に, 臥て, 自分でも, 舞台の, 色々な, 若干の, 蚊帳の, 血の, 行く姿, 行く者, 行ったと, 行方知れず, 袖を, 複雑な, 見せたもの, 見てから, 見ねば, 見る事, 訊き返した, 説明を, 誰の, 諸国を, 議論を, 貰いたいという, 貰ひました, 迎えた, 近寄って, 返事も, 途方に, 遂にその, 運んで, 郊外の, 郷里の, 鏡を, 障子が, 面白がっ, 頂くこと, 風を, 飛び上った, 飛んでも, 食べるの, 食を, 馳け, 騰貴する, 魂の, 鳴いて, 黙りこんで

10 [436件] あげてよ, あたしの, あの男, あるといふ, あれを, いいという, いくらか, いそいそと, いただくと, いただけの, いただければ, いたっけ, いたつもり, いたには, いた三人, いた伸子, いた兄, いた女中, いた小さな, いた後, いた或, いた次第, いた母親, いた関係上, いっても, いないかと, いないつもり, いないであろう, いないでは, いふ, いへば, いましてね, いまでは, いようなどとは, いらした, いらっしゃるか, いるかな, いるくらいの, いるだろうな, いるなあ, いるなど, いるねえ, いるわね, いる事件, いる作者, いる友達, いる姉, いる小, いる彼ら, いる感情, いる手, いる無数, いる現在, いる相手, いる種類, いる絵, いる自分自身, いる良人, いる若者, いる高い, いる鼻, いわゆる, おいたよう, おいでだった, おかなかった, おきたいもの, おきたかったの, おきますわ, おくれな, おりますもの, おりますれば, おるに, おれと, お互いに, お出でなさる, お絹, お艶, お通, かえる, かかる必要, かなりの, からだを, きかせました, きたし, きたに, きた時, くるはず, くるりと, くれたし, くれたその, くれたって, くれとは, くれないかな, くれないから, くれましたので, くれますので, くれるのに, くれる人々, くんなよ, こう叫んだ, このごろは, こんな所, ごまかして, さがして, さけんだ, しかもそれ, しまい, しまうほど, しまうわけ, しまったわ, しまった時, しまつてゐた, しまひ, しまふといふ, そちらへ, その先, その内, その後に, その数, その点, その目的, その第, その身, その部屋, それからお, それからその, それ等の, そんなもの, たうとう, ただの, つかつかと, つっ立って, どこかで, どなりました, ならなかつたの, ほしいもの, ほんとうの, ますが, またこの, またもと, みたいから, みたかった, みたくなる, みたもの, みた結果, みては, みないと, みようでは, もしその, もつと, もらいたいな, もらおうじゃ, やがてその, やりたいよう, やるわ, やる必要, ゆくといふ, ゆるやかに, よいであろう, よいという, よその, よんで, ら, わしを, ゐたぢ, ゐたにも, ゐた母, ゐないし, ゐますね, ゐよう, ゐるだらうと, ゐるんで, ゐる事実, ゐる内, ゐる有様, ゐる通り, カーテンの, クルリと, ドアが, ニヤリと, ベッドに, 一しょに, 一団の, 一年の, 一生の, 一行は, 三つの, 下され, 下すつて, 下って, 不安の, 不幸な, 不思議に, 中には, 之と, 事の, 云々, 人心を, 今年の, 仕方なし, 伸子の, 何時か, 何等かの, 作られたもの, 傍へ, 兄は, 充分な, 入口に, 全体の, 其を, 其処を, 内を, 决し, 凡ての, 出ようと, 別れました, 利を, 剣を, 労働の, 原稿を, 去年の, 参った, 参れ, 口々に, 口が, 口へ, 叫んで, 向うに, 向うへ, 向ひ, 向ふ, 呉れたが, 呉れたので, 呉れたもの, 呉れたり, 呉れるよう, 味方に, 土を, 地の, 声が, 大人の, 大阪の, 天井から, 天命を, 天皇の, 太陽の, 夭した, 奇怪な, 孰れ, 安らかに, 宙に, 家族を, 密かに, 密と, 寝床に, 實は, 小走りに, 尚お, 居たそう, 居たという, 居つたので, 居なかつた, 居ますと, 居るだらう, 居るとか, 居るとは, 居るばかり, 居る内, 居る奴, 岸に, 島の, 巨大な, 帯の, 帰ったこと, 帰りに, 年に, 年の, 幸福な, 幾度か, 床の間の, 座って, 廣く, 引込んで, 強ひ, 彼らに, 待ちかまえて, 後者は, 必死に, 思うと, 怪我を, 息も, 愛して, 慌てて, 成功する, 我等の, 戦争の, 戴いて, 手足を, 指の, 掌を, 支那に, 故郷へ, 教えを, 敵と, 早口に, 是等の, 昼は, 暑さ, 書くこと, 朝飯を, 本の, 本堂の, 材料を, 村, 杖を, 来たかと, 来たかという, 来ない, 来ながら, 来は, 来るし, 来るつもり, 来るであろう, 東洋の, 松の, 柱の, 椅子から, 樹の, 欠伸を, 次々に, 歌って, 止むを, 此を, 此方の, 歩いたもの, 歩いても, 歸つ, 死せり, 死骸を, 永遠に, 汝は, 涙の, 湯の, 潮の, 炉の, 無数の, 無理な, 煙の, 煙草の, 犬を, 独立の, 現今の, 理解し, 生命の, 疑は, 疲労を, 皆な, 目的を, 相互に, 着物の, 石に, 研究し, 確かに, 種々な, 立ちどまった, 笑いました, 第三, 簡単に, 米友の, 細君の, 終って, 絵の, 置きたいこと, 置きますから, 置きませう, 置くさ, 美の, 美を, 翁の, 老人は, 聞える, 聞かして, 聞こえて, 聽い, 育って, 背後を, 腹が, 自動車の, 自殺する, 自由な, 芸術の, 若い者, 苦しそう, 蒲団を, 薬を, 行くばかり, 行く場合, 行く時, 表の, 見るん, 見る氣, 見物し, 言わしむれば, 語った, 語って, 読者を, 誰に, 谷の, 貰います, 貰うより, 貰おうじゃ, 貰ったり, 貰っては, 跡を, 身も, 車の, 近代の, 述べて, 送つて, 通り過ぎて, 遂に竟, 違って, 遣るから, 適当な, 鏡の, 隠して, 隠れて, 雨を, 電車に, 震えて, 頂上に, 頷いて, 顔色を, 風が, 食った, 駈けて

9 [516件 抜粋] ああし, あがって, あげたいの, あたしが, あったこと, あったよう, あったり, あとに, あり, ありましたが, ありまして, ある通り, ある部屋, いいわけ, いかなければ, いかにし, いけません, いそいで, いたぜ, いたそして, いたそれ, いただく, いただくよう, いたより, いたんだそう, いた場所, いた姿, いた由, いた結果, いつたの, いないかも, いないらしかった, いないわけ, いやが, いようという, いらっしゃいよ, いらっしゃるもの, いられないん, いるありさま, いるうえ, いるかい, いるからこそ, いるこんな, いるすき, いるそして, いるほどの, いるもう, いる何, いる力, いる妹, いる新, いる方向, いる日, いる武士, いる犬, いる現実, いる生活, いる精神, いる途中, いる馬, いろいろに, うしろへ, うずくまって, うっとりと, おいでな, おかなかったの, おきますよ, おこうか, おこうよ, おせい様, おったか, おのづか, おらぬの, おられること, おられるので, おりしかも, おりて, おりますよう, おり従って, お前さんの, お呉んなさい, お国, お島, お延, お綱, お蝶, お角, かすかに, きかせて, きたよ, きたわけ, きょうの, くださって, くださりませ, くれたあの, くれたお, くれたのに, くれたよう, くれつて, くれましたよ, くれますよ, くれるなよ, こう言う, ここから, こっちの, この世を, この地, この少年, この山, この歌, さっきの, しまいその, しまうには, しまうまでは, しまうよ, しまう事, しまったかと, しまひましたが, しまふん, しまへ, すべてが, そう云う, そう言った, そこまで, そそくさと, その仕事, その他の, その姿, その娘, その実は, その室, その年, その本, その村, その父, その眼, その者, そばに, そろそろと, だな, ぢつ, つぶやいた, てね, どうかする, どうしていい, どのよう, なか, なければ, ならないので, ならん, なんだ, ねる, のちに, ひっそりと, ふらふらと, まし, ましたの, まして, みせるよ, みたいわ, みたくなりました, みただけ, みたら, みますると, みや, みるか, みるならば, みる事, もうその, もう一つ, もらう事, もらふこと, やったが, やってきた, やらないの, やるため, やるだけの, ゆき子は, ゆくつもり, ゆく方法, ゆく者, ゆこうという, よろしいか, らっしゃるん, わたしたちの, ゐたこの, ゐたんぢ, ゐないのに, ゐやがる, ゐられない, ゐられないの, ゐる一人, バタバタと, 一つに, 一合の, 一日を, 一部の, 三度の, 三階の, 上手に, 上野の, 下さいましたが, 下さいましね, 下さらんか, 不安に, 世の中の, 両腕, 主人と, 之が, 乞食の, 了へば, 争って, 事情を, 人形を, 人気を, 人目を, 仆れ, 仕舞ったの, 他日の, 仰向, 伸子を, 何うし, 何かに, 何んの, 何事をか, 併し, 保存し, 個々の, 倦むこと, 偉大な, 健康を, 先刻の, 光を, 共々に, 其處に, 出すと, 出ると, 出るの, 出来たの, 初めから, 別れを, 到る処, 前を, 努力し, 北の, 厭な, 厳重に, 参ったの, 古今の, 可なる, 君と, 呉んな, 唾を, 商賣, 問うた, 囁いた, 四方を, 國を, 地獄の, 堤の, 堪忍し, 場末の, 夏は, 夕飯を, 大声で, 大声を, 夫が, 奥に, 好評を, 姉を, 嬉しがっ, 孔子の, 存在の, 宜い, 室内の, 家庭を, 寒さ, 寝るの, 寝台の, 少女の, 居たかも, 居た樣子, 居た私, 居た筈, 居らつし, 居られたの, 居られるもの, 居りそれ, 居るくせ, 居るで, 居る方, 居る自分, 屏風の, 屹と, 市の, 師匠の, 帰つて来, 平和に, 平和の, 幽霊の, 幾つかの, 形を, 彼女と, 彼自身の, 往来へ, 待機し, 後ち, 得たもの, 得意の, 御機嫌, 微笑んだ, 心配し, 必要な, 思想の, 恋を, 恥を, 悪魔の, 愛想を, 我の, 指で, 振り向いた, 振り向くと, 振り返って, 振返った, 振返ると, 教育の, 数を, 文化の, 文明の, 方々を, 旦那の, 早や, 春を, 時計を, 書いた, 書かれたもの, 最初から, 最後まで, 朝食を, 未来の, 来ただけ, 来てから, 来ようとは, 来るかも, 来るにつれて, 来る間, 来庵, 東に, 枝を, 校長の, 棒立ちに, 極度の, 橋を, 欲しいといふ, 正面の, 此方から, 此方へ, 武蔵は, 歩いたこと, 歩いたの, 歩かねば, 歩くもの, 歩を, 歯の, 死せる, 死ぬ者, 死んだと, 死んでも, 毒を, 毛布を, 汽車は, 波の, 流石に, 海岸に, 涙に, 湯に, 滅多に, 漸と, 火鉢に, 灰色の, 無意識に, 爪を, 父母の, 片手に, 物も, 特殊の, 独自の, 玄関を, 現われたの, 生じたもの, 生まれて, 生計を, 田の, 町に, 病気の, 病院に, 発生した, 発表した, 百年の, 益, 相互の, 眞の, 真先に, 眠りに, 眺めながら, 神が, 秀吉に, 私から, 空の, 窃に, 窓に, 立ちあがつた, 立ちどまって, 笑う, 箒を, 箱の, 終ったの, 纔に, 罪に, 置き度, 置くよう, 翌年の, 考えられて, 而かも, 聞えて, 聞かせたが, 聲を, 背中に, 胡坐を, 自分だけ, 自分ながら, 自分自身の, 自国の, 自由の, 自身は, 自身を, 興味を, 良人を, 若い男, 苦笑し, 苦笑した, 落ち着いて, 落着か, 血が, 血に, 行き過ぎた, 行くだけの, 行くより, 行く光景, 行く様子, 行く間, 行けるもの, 行ったん, 行はれ, 行方不明に, 街を, 表現する, 裏口から, 見せても, 見せなければ, 見せようと, 見せるもの, 見たくて, 見た上, 見るから, 見るだけの, 見るよう, 見る人, 見ろと, 見守って, 親切に, 言うと, 詩の, 語られて, 説を, 貰うという, 貰う事, 貰ひませう, 貴方の, 貴方を, 賑やかな, 踊って, 踵を, 近隣の, 迫って, 遊ぶこと, 過して, 道に, 遣るの, 部下の, 重要な, 野に, 金色の, 鉄砲を, 長々と, 頭から, 額の, 顫え, 食堂へ, 駅の

8 [692件 抜粋] あげなさい, あげるつもり, あのよう, あの子, あるきました, あるくの, あるけれど, あるわけ, ある事, ある家, いくらかの, いけないと, いずに, いたうち, いたでしょうか, いたらどう, いた事は, いた体, いた大きな, いた女房, いた心, いた気持, いた点, いた部屋, いちゃあ, いつ頃, いづれも, いないとは, いなかったという, いなかったもの, いましたのよ, いますがね, いますのに, いらっしゃいますの, いらっしゃるが, いらっしゃるという, いらっしゃるわ, いられなくなりました, いるお前, いるだけで, いるだろうかと, いるは, いるやら, いる丈, いる側, いる僕, いる医者, いる叔母, いる場面, いる女性, いる子供たち, いる少数, いる工場, いる庭, いる日本人, いる某, いる関係上, いれど, うちの, おあげ, おかぬと, おきたいという, おった者, おつ, おられたこと, おりましても, おりますか, おるという, おるわけ, おるん, お待ちし, お暇, お経, お置きなさい, お膳, お遊び, お雪, かわいがって, きょとんと, きれいな, くださると, くださるよう, くるかも, くれな, くれなくては, くれなくとも, くれねば, くれまいかと, くれるつもり, くれるところ, こちらに, こない, こなければ, この中, この土地, この場合, この恐ろしい, この手紙, この方面, この村, この第, この道, これからは, さらにその, しまいましたの, しまいますと, しまう人, しまったけれど, しまったため, しまった事, しまッた, しもう, しや, しやう, すわった, そっぽを, その価値, その席, その意味, その肉, その説, その足, それとは, それに対して, たんじゃ, だんだんに, ちょうだいね, つづけた, てよ, とんでもない, どこから, どこにも, なおよく, なにを, はいますが, ひどい目, ふりむくと, ぼくを, まじめな, ますからね, また何, また戻っ, みせること, みせるぞ, みましたけれど, みようが, み給え, もしこの, もらおうという, もらはうと, やつたら, やらなくては, やるもの, ゆかうと, ゆく人, らッし, わたくしを, われの, ゐたころ, ゐたらしいが, ゐた二人, ゐた方, ゐた日, ゐた者, ゐちや, ゐましたの, ゐるかといふ, ゐるかに, ゐるぞ, ゐるだけに, ゐるとか, ゐるものの, ゐるもん, ゐる例, ゐる心, ゐる態, ゐる母親, ゐる相手, ゐる處, アメリカへ, キョロキョロと, バラバラと, ランプの, ロシアの, 一人に, 一人は, 一代の, 一時間も, 一枚の, 一軒の, 七つの, 三人で, 上げな, 上げませう, 上品な, 下さつたの, 下さらないと, 下さるに, 下さるもの, 下すっても, 不平を, 世は, 丘の, 乙は, 了つてゐる, 了わ, 互の, 京へ, 人類を, 今後の, 今松, 仕舞いました, 仕舞って, 件の, 伊藤侯の, 体が, 何, 何んだ, 何事かを, 余に, 余生を, 俄かに, 俳句を, 健全な, 健康の, 傍の, 光って, 全国の, 八五郎と, 八五郎を, 公に, 其中に, 其処で, 内から, 凱歌を, 出かけようと, 出版した, 利益を, 前後の, 創作に, 努めて, 動物の, 医者に, 卵を, 双方の, 反対に, 叔母の, 取るに, 受話器を, 右手の, 各種の, 同じやう, 吾人が, 呉れないと, 呉れろと, 周囲に, 呼んだ, 和歌の, 唇の, 唯温水, 四五人の, 困難な, 土に, 土間の, 地を, 坂を, 堂の, 増加する, 壇を, 大事の, 夫人と, 夫婦は, 奧へ, 妻と, 姉と, 娘が, 娘に, 嬉しさ, 子が, 字を, 安ん, 安心を, 完全なる, 実を, 実地に, 客は, 家で, 家は, 家康を, 寝に, 寝ること, 寺, 寺の, 封を, 将に, 小さくなっ, 尻を, 居た時分, 居た相, 居つたと, 居ねば, 居られると, 居りながら, 居るだけに, 居る人々, 居る人達, 居る程, 居る點, 岩の, 左右から, 左膳の, 差支へ, 帰宅した, 幸いに, 店へ, 建てられて, 引きさ, 後日の, 徐に座, 徐ろに, 微笑んで, 必らず, 念仏を, 悦んで, 悪事を, 意味の, 意外な, 感情の, 成功し, 我れ, 戦場に, 戸が, 戸口の, 手が, 抱いて, 担いで, 振り返ると, 捜して, 敬意を, 文学を, 新聞の, 新鮮な, 日本人と, 星を, 時と, 暫くの, 更にその, 最初は, 木を, 本當, 村に, 来た人間, 来た処, 来つつ, 来ないの, 来ようか, 来るよ, 東京から, 東京で, 柳の, 梅の, 棒の, 横の, 次々と, 止みぬ, 正義の, 此に, 此れ, 此処まで, 段々と, 殿の, 母親を, 江戸を, 沼の, 法を, 注意を, 洋服を, 湖水の, 満洲, 源氏の, 無理矢理に, 無言で, 然り, 煙管を, 熊の, 片方の, 物が, 犯人の, 玉の, 生きようと, 田舎へ, 男に, 町から, 畑の, 番頭の, 疾翔大力を, 発達した, 相済みません, 眼は, 眼鏡を, 石と, 石原の, 石垣の, 祖先の, 秀子の, 秘かに, 稀に, 穴を, 突っ立った, 立つた, 立上る, 竟に, 笑つてゐた, 米友は, 純粋な, 紙の, 素子が, 細君を, 結婚し, 絵に, 絵を, 縦に, 罪の, 罪も, 置くつもり, 美しい, 考えるの, 肝心の, 臆面も, 自分には, 自由党の, 舟に, 船が, 茶の間に, 落着い, 葉子の, 虫の, 行きたい, 行きますと, 行くだろう, 行くであろう, 行く中, 行けるの, 行ったか, 行ったという, 行った時, 行つたのだ, 行はれた, 行はれる, 行動する, 衣服を, 表を, 裾を, 見せたこと, 見せよう, 見たくなつ, 見たまえ, 見るも, 見張って, 見物に, 観客の, 観察し, 言ったが, 言葉の, 話が, 話に, 読むこと, 読むの, 誰でも, 財産を, 貰いたいな, 貰ったが, 貰ったこと, 起ったの, 身は, 身体の, 返事が, 追, 通り過ぎた, 進むこと, 進むの, 遣つた, 遣らうと, 都の, 重ねて, 銀座の, 陰に, 隅の, 階下に, 随意に, 集めて, 面倒を, 面白い, 順々に, 頻りと, 風邪を, 食う, 首に, 馬車を, 鼠の

7 [938件 抜粋] あくる朝, あげました, あげるん, あたりは, あなた様は, あの時, あるとの, あれこれと, いいよう, いさ, いたいという, いただいたこと, いただきたいん, いただくの, いたなどという, いたひと, いたらどんな, いた土地, いた子供, いた手紙, いた空, いた米友, いた若, いた話, いないけれども, いないその, いないわ, いなかったかも, いなかつた, いなさるが, いましても, いませんわ, いやがるん, いらっしゃる方, いるあなた, いるかたち, いるからな, いるしかし, いるだろうという, いると共に, いるらしい事, いるらしく思われる, いる一群, いる仲間, いる傾向, いる全, いる努力, いる奴ら, いる婆さん, いる役人, いる文章, いる樣子, いる水, いる源氏, いる現場, いる現象, いる白い, いる神, いる私たち, いる空間, いる美しい, いる者たち, いる葉子, いる観, いる金, うちへ, うれしかった, えて, おいたという, おいたよ, おかなくちゃ, おくなんて, おどろいた, おまえに, おらない, おりこの, おりますゆえ, おるうち, おれを, お二人, お前さんは, お末, お母さんを, かかる, きたお, きたばかり, きれいに, くやしがりました, くる者, くれおれ, くれたに, くれないでも, くれねえか, くれますね, くれるけれど, くれるわ, くれる女, ぐずぐずし, こうしてと, このかた, この二つ, この作, こは, これ以上の, ござった, さて, しっかりと, しばらくその, しまいたい, しまいますよ, しまうほか, しまったあの, しまったのに, しまつたのは, しまひさ, しまふが, しゃべって, しょんぼりと, じきに, そいつを, そうしてその, そこにも, そしてそれ, そちらを, そのあたり, その一, その一つ一つ, その人間, その光, その国, その富, その度, その方面, その美しい, その胸, その言葉, その音, それから急, それまで, それらは, ただ, たと, だが, となりの, どういふ, どこぞへ, どれも, なにか, なほも, なりませぬ, なるほどと, はおられぬ, はおりませぬ, ぼくに, まいれ, まっ赤, みせながら, みたくなるの, みたま, みてから, みりゃあ, みるて, ものも, もらいてえの, もらう必要, もらえるの, もらったところ, やったという, やりさえ, やるからな, ゆくから, ゆくばかり, ゆつくり, よくその, よろこんだ, らっしゃる, わが, われわれが, ゐたとは, ゐたン, ゐた人々, ゐた折, ゐた程, ゐないもの, ゐながらも, ゐるくら, ゐるとしか, ゐる人たち, ゐる他, ゐる友達, ゐる彼等, ゐる湯, ゐる程, コップを, ドイツの, ノートを, ホテルの, 一つも, 一ぺんに, 一人前の, 一場の, 一座を, 丈夫に, 上げたの, 上げると, 上下の, 下さつて, 下さるお, 下さればい, 不善を, 世人を, 両方から, 両親に, 了うた, 了つたのだ, 事件を, 五つの, 交る, 亭主の, 人生に, 今後は, 介抱し, 仕舞うの, 仕舞ひました, 他國, 仲間に, 何処かの, 何物も, 信じて, 借りて, 借金を, 偶, 傍らの, 働いた, 僕には, 兄が, 先生が, 全軍, 八五郎の, 公園の, 共同の, 其処から, 内閣に, 写真を, 凝つと, 出かける, 出かけるの, 出版する, 刀の, 別な, 功を, 勉強した, 南に, 古の, 各自に, 吉凶を, 吾れ, 呉れるん, 品の, 喰べて, 固くなっ, 土蔵の, 在るの, 地上を, 地球へ, 地面の, 坐る, 垣の, 塀の, 増加し, 変って, 夕方に, 外国の, 多年の, 大の, 大事を, 大聲, 大臣の, 天上の, 天下は, 好んで, 妹は, 子供は, 宗教の, 実行し, 宵の, 宿屋の, 富を, 寝たが, 寝床の, 寸時も, 小さな声, 小屋を, 小説に, 少しばかりの, 尽せば, 居た所, 居つたといふ, 居なかった, 居られるので, 居りますの, 居るぜ, 居るとの, 居るものの, 居る以上, 居る最中, 居る由, 居る通り, 屋根を, 巧に, 市民の, 帰ったと, 帰国した, 常の, 平氣, 幽かに, 庭から, 弁当を, 後ろに, 後ろの, 得た金, 御飯を, 快活な, 怒って, 思い思いに, 恍惚と, 意外に, 感心し, 憚らなかっ, 成らず, 我も, 我国の, 戸の, 戻った, 所謂, 手術を, 提灯を, 放つて, 政治上の, 教へて, 教会の, 数日の, 斯かる, 新政府, 日本人は, 明かに, 時々は, 暖簾を, 曰, 書斎の, 最大の, 最後には, 朝は, 本郷の, 来たけれども, 来たばかりの, 来た一つ, 来た今日, 来ましたから, 来まして, 来られたの, 来る時, 東京を, 枕に, 校庭の, 椅子を, 次から, 欲しいという, 此処を, 歩きだした, 歸つて來る, 死の, 死体を, 民衆を, 気分を, 気味の, 水と, 沢山の, 泣いたり, 消えた, 済みません, 漸くに, 灯を, 無理やりに, 無限に, 煖炉の, 照子の, 熱を, 牛の, 猛烈な, 珍らしく, 現われた, 現代に, 用いて, 病人の, 病気を, 皮肉な, 目は, 相当な, 相果てました, 真中に, 矢代は, 知識を, 研究の, 社会から, 神経を, 私にも, 私利を, 空腹を, 突然, 窺うと, 立ち上ると, 立ったの, 笑は, 第二回, 米を, 糸を, 素朴な, 結局その, 縁に, 縁側の, 置いたこと, 置いてから, 置くという, 群集の, 考ふる, 聞きかえします, 聞きました, 背中の, 腰かけて, 自分たちは, 舞台を, 舟は, 芝居の, 落ちついて, 虫を, 行きましょう, 行き過ぎようと, 行くならば, 行く処, 行く過程, 行ふ, 街に, 被居る, 要領を, 見せるので, 見たいよう, 見たくも, 見たって, 見ながら, 見るからに, 見る時, 見舞に, 言へ, 話し出した, 語を, 誤りなく, 誰れ, 諸君を, 諸種の, 譲らなかった, 貰うて, 貰ひたかつた, 貰へれ, 貴女の, 貸して, 賑やかに, 走った, 走りながら, 起きると, 足に, 路傍の, 軒を, 迎へ, 退く, 退出した, 途方も, 遁げて, 遊んだり, 過ぐ, 過した, 遣りたいと, 部屋から, 酒に, 野の, 銀座へ, 隣りの, 雀の, 雑誌を, 雷の, 露骨に, 音楽の, 頂きたいもの, 頂こうと, 頬に, 額から, 顔は, 食堂の, 飼って, 馬車に

6 [1231件 抜粋] あげようか, あげるわね, あちらこちらと, あったという, あったはず, あの辺, あるかも, あるばかり, あわせて, いいかと, いきたいと, いずれの, いたかね, いたそんな, いただきたいという, いただこう, いたであろうが, いたよりは, いたらこの, いたクリストフ, いた力, いた多く, いた手, いた様, いた盃, いた諸, いた長い, いったという, いてさえ, いないだけ, いなかったならば, いふやう, いますけれども, いまにも, いらっしゃいね, いられたよう, いられないこと, いられない気, いるからさ, いるこれら, いるしかも, いるて, いるどころか, いるや, いるらしく見える, いる一個, いる事柄, いる同じ, いる夫人, いる岩, いる年, いる当時, いる患者, いる我々, いる方面, いる景色, いる机, いる気持ち, いる看護婦, いる石, いる老婆, いる自身, いる詩人, いる貧しい, いる電車, いる黒い, いわれた, おいたほう, おくれやす, おせい, おっしゃった, おどろいて, おほ, おられたもの, おられると, おりは, おりましたもの, おりませんが, おるそう, お上の, お前も, お客の, お杉, お気の毒, お聞き, お貰, かつ大, ききかえしました, きた人々, きた男, きょうも, くるし, くれないこと, くれながら, くれぬ, くれるね, こうも, このお, この句, この病, この言, これだけは, これらを, ご覧に, さまざまな, しばらく眼, しまいますから, しまうはず, しまえと, しまったとき, しまった上, しまつたのが, じっと坐っ, すぐと, そう思う, そしてこの, そのなか, その二つ, その地, その少年, その店, その正体, その理由, その長, それぞれに, それによ, たくみに, ただもう, だれが, つく, つけ加えた, どこからか, どっかへ, なくなって, なりとも, なんに, はじめて可能, はたらいた, びっくりした, ふいに, ぶらぶらし, ほしいわ, ぼくの, まいりますから, ましたが, まずこの, またそこ, まゐりました, みたいとの, みない, みようかしら, みるだけ, みるほか, もらいたくない, もらうわけ, もらってから, もらわないと, やったので, やらなけりゃあ, やりたまえ, やる事, ゆくより, ゆけるよう, よいわけ, わけも, わずかな, われらは, ゐたかといふ, ゐたらしかつ, ゐた樣子, ゐないん, ゐなかつたが, ゐなかつたやう, ゐるかは, ゐるみたい, ゐる今日, ゐる僕, ゐる君, ゐる図, ゐる大, ゐる妻, ゐる心持, ゐる水, ゐる老, ゐる譯, ゐる顔, カントの, クリストフを, パイプを, フッと, ポンと, 一匹の, 一層の, 一方では, 一時を, 一直線に, 万歳を, 三吉は, 三年の, 上げる事, 上京する, 下さらないん, 下さらねば, 下さるで, 下さるという, 下された, 下手な, 不愉快な, 世帯を, 両側の, 両方の, 中央に, 之は, 乱暴な, 了うのであった, 事実の, 二度も, 二本の, 云わば, 互に相, 今迄, 仏の, 他郷に, 以来その, 伝へて, 低声, 何だ, 何時も, 余計な, 來なかつた, 個性の, 傲然と, 働かなければ, 元来た, 兄と, 入つた, 八方へ, 公儀の, 其の理想, 出すこと, 出ました, 出口の, 初めは, 別に, 前進する, 勉めて, 動揺し, 勢力を, 区別が, 十分の, 十手を, 南北に, 却り, 友達の, 口は, 可い, 台所に, 呉れたと, 呉れとは, 呉れるので, 呟くよう, 善なる, 善良なる, 喜んだが, 四方から, 国に, 土地を, 地下室の, 地球の, 城の, 堪るもの, 夕飯の, 多大の, 夜具の, 大体の, 大小の, 大臣は, 大騒ぎに, 天より, 天空に, 夫人を, 奥さんを, 女中を, 好い, 妾は, 威張つて, 嫁を, 存し, 学校から, 宜いの, 室に, 家督を, 寝ころんで, 實際の, 将来を, 小遣を, 居たけれども, 居た八五郎, 居た様, 居た者, 居ないが, 居ますね, 居られなかった, 居りましたのに, 居りますね, 居り升, 居る八五郎, 居る處, 屋敷へ, 島を, 市中の, 帰ったが, 帰つて往つた, 帰国の, 幕府を, 廻り遠, 引き下る, 引揚げました, 彼には, 往って, 待ち構えて, 後その, 後悔する, 得々たる, 御免なさい, 御自身, 志を, 念を, 思う, 思った, 怪物の, 恐る, 悪いこと, 意志の, 態, 成長し, 我が国の, 戴きたいの, 戸棚の, 扉が, 打って, 振り向いて, 探したが, 提げて, 政府は, 救いを, 文三は, 文章を, 新宿の, 方々に, 日常の, 日本にも, 明らかな, 春は, 是非とも, 時としては, 時節を, 普通に, 暮すこと, 有力なる, 朗らかな, 札を, 来たいと, 来たとは, 来た筈, 来るとき, 来るにつれ, 板の, 柱に, 榛軒の, 機械を, 次は, 此処へ, 歩けば, 死ぬという, 死のうと, 死んだもの, 死んでしまつた, 残ったの, 母も, 民族の, 気の毒な, 気も, 水中に, 江戸中の, 湖の, 源氏が, 火が, 炬燵に, 然ら, 熟と, 父や, 片時も, 特別な, 犯人を, 独立に, 玄徳は, 珍らしい, 現在では, 現實, 用ゐる, 甲府へ, 畳を, 病人を, 白痴の, 皆と, 真実に, 真相を, 真赤に, 知らず識ら, 社會の, 神様に, 種子を, 窮屈な, 立ちあがりました, 立ち上って, 立ち去ろうと, 立つの, 立止った, 笑ひ出した, 粉々に, 素子の, 終つた, 網を, 置きたいん, 置くに, 老後の, 考えるから, 聞えた, 聞きかえしました, 職を, 肩で, 腰から, 自らその, 自他の, 舟の, 良人に, 若旦那の, 苦笑する, 草に, 莨を, 蜘蛛の, 行かう, 行きそう, 行きながら, 行くだけ, 行く形, 行く筈, 行く道, 行った後, 行つても, 行列の, 襖の, 見せるという, 見たくなる, 見たらば, 見ないと, 見ようとは, 見るより, 見上げて, 親子の, 解釈する, 訴へ, 説いて, 誰にでも, 諸方に, 警戒し, 讀んで, 貧民の, 貰いたいね, 貰いましょうか, 貰おうという, 貰つてゐた, 足もとを, 身が, 身體を, 退場, 逃げ出したの, 造って, 進まなければ, 道路の, 遙, 都合よく, 釣って, 門に, 間違ひ, 闘って, 陣を, 離れて, 面目を, 音楽を, 頂いては, 頂く事, 頂戴よう, 頑強に, 頭巾を, 食うの, 食卓に, 驚くこと, 魚の

5 [1875件 抜粋] あいつが, あげたい, あげますからね, あげようという, あそこに, あとには, あのやう, あますところ, ありまた, あるとき, ある上, あれも, いい心持, いくもの, いけないこと, いそ, いたかったの, いただきとうございます, いたづら, いたもう, いたればこそ, いた人達, いた俺, いた問題, いた彼ら, いた時期, いた父親, いた第, いた雨, いた高, いつとは, いないぞ, いない処, いねえん, いますこと, いやがるの, いらっしゃいますね, いらっしゃるのに, いられなかったの, いられるので, いるからの, いるすなわち, いるとね, いるまでの, いるらしいん, いるアパート, いる二三, いる人夫, いる六畳, いる古い, いる国民, いる女の子, いる巡査, いる恰好, いる模様, いる気もち, いる現代, いる立場, いる習慣, いる表情, いる過去, いる長い, いる鳥, うまそう, おおきなさい, おくには, おくれよう, おしまいなさる, おったので, おも, おらぬもの, おられないの, おらんの, おりますわ, おるのに, おれなかった, お兼, お勝手へ, お嫁, お客を, お文, お礼に, お行き, お駒, かかろうと, からだの, きかせるの, きたひと, きても, くださらない, くるため, くるほど, くれたならば, くれた者, くれは, くれや, くれるであろうと, くれ俺, けりと, ここにも, こっちも, この二人, この物語, この間の, これに対して, こんなふう, さすがの, さらに次, したこと, しまいましたので, しまうため, しまう場合, しまおうじゃ, しまった形, しまはう, しゃがんで, じろじろと, すまなかった, そうする, そうやっ, そして私, そのこれ, その他は, その側, その周囲, その奥, その後を, その折, その業, その為, その真相, その穴, その議論, その首, それらに, それ自身の, たつた一人, だらしの, ぢき, つかわす, つづけて, でかけた, ですね, どうか, どうやらこうやら, なおこの, ならないのよ, にやりと笑った, はおられん, はじめて真, ばかに, ふ, ほしいこと, まごまごし, またこれ, まだ何, まともに, まわりました, みせるので, みただけでも, みた時, みるかな, みるより, みんなは, もし何, もらうのに, もらふ, もろうて, やったって, やりその, ゆかなくては, ゆくこの, ゆく事, ゆく生活, よくお, わがもの, わっと, ゐたくら, ゐたよりも, ゐた樣, ゐないか, ゐますの, ゐられたもの, ゐるこ, ゐるなど, ゐるン, ゐる仲間, ゐる大きな, ゐる眼, ゐる隙, カラカラと, クリストフに, スクリーンの, 一つでも, 一代に, 一同に, 一日でも, 一行に, 一途に, 三日に, 上がって, 上京し, 下さいお, 下さいますの, 下さるとは, 下さる筈, 不斷, 世界は, 両方を, 中国に, 乗り込んで, 了うのは, 予を, 云ふた, 京橋の, 人力の, 今しも, 仕舞う, 位置を, 何とかし, 何をか, 何処かへ, 何物をも, 作られて, 使用し, 便所へ, 俺達の, 働きました, 僕達は, 全くの, 兩者の, 其の上, 具体的の, 内地へ, 再び同じ, 冷やかに, 出かけること, 出るよう, 出発し, 列車の, 初めの, 到着した, 力に, 勇気を, 勝負を, 医師を, 単にその, 危険な, 去るの, 参りますから, 又大降り, 友達に, 取つて, 可いか, 右手で, 各国の, 同様に, 呆気に, 呉れませんか, 呉れる筈, 呼び立てる, 哀れな, 唸った, 問いました, 喜ぶの, 困つて, 国民は, 地下の, 坐に, 声高に, 外で, 多勢の, 大きくなる, 大抵は, 大股に, 夫から, 失敗を, 奥さんが, 女王の, 如何なる態度, 婆さんの, 嫌に, 子供たちを, 学者の, 宋の, 実行する, 宮廷の, 家人を, 富の, 寝返りを, 小さくな, 少なからず, 居たし, 居た僧たち, 居ないから, 居ましたから, 居らぬが, 居ります処, 居るそう, 居るのみ, 居る平次, 居る相, 屍体を, 山の端の, 巴里の, 帝の, 帰つて行つた, 帰る途中, 平凡な, 平生の, 広大なる, 店は, 引いて, 当分は, 彼方の, 待ち受けて, 後世に, 得たところ, 御目, 復讐を, 心臓を, 必然的に, 快活に, 急には, 恋人を, 悪いという, 惡い, 意見の, 愚民を, 感服した, 成程, 成立し得る, 戦った, 戯れた, 戻ると, 手当を, 拙者の, 振り返つて, 据わって, 提出する, 救助を, 文字の, 新しい耳, 旅館の, 日本人に, 明らかなり, 星が, 是に, 晩に, 晴る, 暮す, 暮らすよう, 書くという, 服を, 本人の, 来ただけに, 来た以上, 来ないと, 来や, 来るかな, 東洋に, 格子を, 極めて自然, 楽を, 機械の, 次へ, 歌も, 正當, 此處まで, 歩調を, 死ぬもの, 死地に, 毒の, 氏に, 気味が, 決定する, 治療を, 活溌に, 海から, 済まして, 満足に, 漫り, 瀕死の, 無氣味, 然るべきもの, 燈火の, 犯人が, 猪之, 王は, 現時の, 甘んじて, 生きながら, 生活した, 用事を, 男女が, 疑ひを, 病室に, 百姓の, 目的に, 相果てた, 真実を, 眺めると, 睨んで, 研究された, 神意を, 私共の, 種々なる, 空中を, 立帰った, 笑つ, 簾の, 米の, 納戸の, 終に今日, 統一する, 綺麗な, 置きたかった, 置きますわ, 置こうという, 義を, 考える, 考へても, 聖書の, 聞くの, 肉体の, 脇へ, 膿を, 自分たちが, 自然な, 自由黨を, 興に, 船から, 色々に, 英雄の, 落ちつかなかった, 蒲団の, 藩の, 行きさえ, 行くべきである, 行く心, 行く積り, 行ったらしい, 行つたのです, 行燈の, 裏口の, 見せたと, 見せるよ, 見たいやう, 見た事, 見ようじゃ, 見度, 覚えて, 角の, 言はれ, 訊いて, 記憶に, 詳細に, 誤解を, 諄々と, 謝意を, 警部は, 負傷した, 貰える, 貰つても, 貴重な, 走り出した, 起き上った, 起ちあがった, 趣味ある, 軍隊の, 農業を, 近世の, 退いた, 這, 通りすぎた, 遊ばせて, 遠くに, 遣り度, 酒場の, 重大なる, 鋏を, 長椅子の, 閣下と, 院の, 雪に, 電車で, 青くなっ, 鞄を, 頂くと, 頸を, 飄然と, 飛び込んで, 食うこと, 飮み, 養生し, 馬は, 駿介は, 高さ, 鬢の, 黄色な

4 [3080件 抜粋] あいつの, あげられること, あちらの, あの娘, ありますの, あるでは, ある以上, ある行燈, いいかも, いきます, いずれが, いたそうな, いたであろうし, いたほどの, いたら日, いた一方, いた伯父, いた友人, いた子, いた懐中電灯, いた武士, いた甲斐, いた親爺, いた長兄, いつの, いないなんて, いない若い, いなくっちゃ, いふなり, いまだその, いらしたけれど, いらっしゃる御, いられなくなったの, いられる身分, いるかしらん, いるそれら, いるとこ, いるふり, いるらしい者, いるアメリカ, いる一族, いる人形, いる兵士, いる友, いる国々, いる夢, いる宏子, いる市民, いる従妹, いる所以, いる明智, いる概念, いる気の毒, いる留守, いる群, いる英国, いる読者, いる階級, いわしむれ, うなずきました, おいたけれど, おいででした, おきましょうね, おくれお, おこうじゃ, おっては, おやすみなさい, おられるだろう, おりそこ, おりやす, おれぬ, お前さんが, お座敷へ, お母, お粂, お菓子を, お豊, かえった, かつての, きたかと, きたわ, くださらなかったの, くるうち, くるところ, くれたこの, くれた一人, くれないし, くれぬよう, くれまた, くれるさ, くれる人間, くれ手, ここも, このところ, この困難, この方法, この船, これにも, こんな手紙, さっぱりした, さ齧み, しまいたいという, しまい自分, しまうのね, しまおうか, しまったら, しまってからは, しまふのよ, しまわれました, すぐここ, すやすやと, そいで, そう言う, そつち, その他に, その原因, その夢, その形, その心理, その欠陥, その目, その表面, その際, それから自分, そッと, たとえよう, だと, ちよいと, つか, とうとうそれ, どうにかし, どなりつけました, なけなしの, なんにも, のって, はばからない, ふさいで, ふり返っ, ほしいん, まいりまして, まずこれ, また歩き出した, みせましたが, みたくなつ, みた場合, みましょうよ, みる人, ものが, もらいてえ, もらひたいの, やがてお, やつとの, やりたかつたの, やるので, ゆくしか, ゆくのに, ゆく心持, ゆく間, よい事, よさそう, わが国に, わしも, ゐたかを, ゐたならば, ゐた昔, ゐなかつたこと, ゐられなくなつ, ゐるひま, ゐる会社, ゐる原因, ゐる姉, ゐる手, ゐる自分自身, ゐる魂, ギョッと, サツと, ソロソロと, バルザックの, フラフラと, ポケットの, ヨチヨチと, 一かたまり, 一冊の, 一息に, 一群の, 万端の, 上げないと, 上方へ, 下さいあなた, 下さいませんの, 下さつたけれど, 下さる御, 下女を, 不帰の, 与えて, 両刀を, 中庭の, 乗った, 乾いて, 事ごとに, 二人し, 云うた, 五百の, 京都は, 人間生活の, 今回の, 今日これを, 仕度を, 他日に, 仲の, 会議を, 何れも, 何処で, 何遍と, 作戦を, 來いと, 來れ, 便宜を, 信頼し, 倒に, 偸み, 僕等は, 先祖代々の, 党派の, 全くその, 八百屋の, 其, 其処へ, 具体的に, 冬に, 処女の, 出た時, 出席する, 出迎, 初めて完全, 利ある, 前方を, 功多き, 勘定を, 北方の, 午後に, 単純に, 参りましたの, 又八, 叔父に, 叫ぶの, 可能であろう, 各自が, 吉田の, 君自身を, 呆然と, 呉れますの, 周の, 唇に, 喜びながら, 団十郎の, 国論を, 地面を, 坐り直した, 報告した, 売ること, 夕餉の, 多くを, 大いに驚き, 大名に, 大臣に, 天国へ, 太陽が, 奈良の, 女性の, 姉に, 嫁の, 季節の, 学界に, 宋江は, 宛も, 実験する, 家には, 家族の, 寝る, 寝込んで, 将軍家の, 小あたり, 小言を, 居たぢ, 居ちゃ, 居まして, 居らぬの, 居りましたね, 居りませぬ, 居るそれ, 居るらしい様子, 居る場合, 居給え, 履物を, 岩から, 工夫を, 已んだ, 帝に, 帰りには, 帰宅しました, 帽子の, 平家の, 幾人かの, 庭先へ, 廻ったが, 引き返して, 弟が, 当家へ, 影の, 彼らと, 後まで, 得る所, 御褒美, 徳川の, 心配そうに, 快を, 思わずも, 恋に, 恨めしそう, 悪を, 意地を, 感じて, 慎重に, 我ながら, 戦場の, 戻ったが, 手柄を, 拒絶した, 探偵小説を, 提灯の, 政治, 散歩を, 斃れ, 文芸の, 新たなる, 旅へ, 日のみ, 日本まで, 旦那に, 明かである, 春に, 暗の, 暫らくは, 更に侯, 月が, 朝鮮へ, 机を, 来たひと, 来た国, 来た日本人, 来た道, 来るため, 来るわ, 東西に, 林檎を, 柿の, 棒を, 業を, 権力を, 次郎が, 歓楽の, 此処では, 武門の, 歩くにも, 歴史に, 死んだよう, 殺したの, 母親が, 気分も, 氷を, 池を, 沒, 法律の, 注射を, 流されて, 浜の, 消火に, 深々と, 渠らの, 滅びて, 火星の, 焚火の, 無理にも, 無造作に, 片づけて, 物事を, 独言を, 玄関まで, 玩具の, 理を, 生前の, 産を, 田舎から, 男女の, 畑を, 異様に, 登場し, 百里の, 皮の, 直ちにその, 真っ直ぐに, 真紅に, 着々と, 知人の, 確實なる, 福山に, 秩序を, 空気を, 窕子は, 立て, 笑い出した, 筆者の, 精一杯の, 素人の, 組織的に, 総ての, 繁昌し, 置いた所, 置きたいもの, 置くべきもの, 群衆の, 老僧, 考えられねば, 聞かせても, 職業を, 肩越しに, 脚が, 自信の, 自由派と, 船へ, 花嫁の, 苦ん, 荷物の, 落して, 藪の, 蝋燭を, 行くお, 行く一方, 行ったよう, 行手に, 表から, 被害民の, 見えたの, 見せた人, 見せれば, 見たくなった, 見ないこと, 見ませうか, 見入つて居る, 覗きに, 観念の, 言を, 訴えた, 認識を, 読めば, 論ずること, 警察署へ, 谷村の, 貰うつもり, 貰ったもの, 貰へるだらう, 貴方と, 赧く, 起る, 跟い, 跳ね起きた, 身軽に, 軒の, 返せと, 送ること, 逃げ出しました, 通信を, 進げましょう, 遊ぼう, 過ぎるの, 遠い昔, 遣るといふ, 避くる, 酒ばかり, 金は, 金魚を, 鍬を, 長崎に, 門前に, 間もなく二人, 院は, 集って, 電気を, 面の, 音楽は, 頂くつもり, 顕赫なる, 飛行機の, 飯に, 首の, 駕の, 高等の, 鳥打帽を, 黄色を

3 [6038件 抜粋] ああした, あげたらと, あげるよう, あだ, あなた, あやまって, あるいはその, あるでしょうな, ある村, ある自分, いい加減の, いく度か, いたおかげ, いただきましてな, いたちょうど, いたらしいと, いた一群, いた勘弁勘次, いた城兵, いた小説, いた旅人, いた状態, いた私達, いた警官たち, いた額, いつのまにか自分, いないのよ, いなかったこの, いましたそう, いやがった, いらっしったの, いられたので, いられるはず, いるきみ, いるだろうなあ, いるばっかり, いるわり, いるモスク, いる中国, いる何物, いる兵馬, いる同僚, いる大工, いる宿屋, いる幸福, いる性質, いる支那, いる旨, いる植木鉢, いる気勢, いる特殊, いる立派, いる耳, いる若, いる諸君, いる鈴木先生, いる頼母, うつかり, えると, おいでだつた, おかなかつた, おきみ, おくみ, おけぬ, おとう, おられた頃, おられる筈, おりますからね, おり又, おれたちを, お使, お台所, お房, お泊り, お紺, お貰いなさい, かえってその, かつてこれ, がっかりした, きたとおり, きながら, くださいましょうか, くださるだろう, くるお, くれずに, くれたのよ, くれた先生, くれないでしょう, くれぬから, くれらア, くれるなつかしい, くれる少女, くんなされ, こう答えた, ことばを, この不可解, この小さい, この街道, こんなもの, さて帰ろう, しからば, しばらく彼, しまうだろうという, しまっただけ, しまった筈, しまひたかつた, しまわなくては, すぐ眼, すんだ, そこからは, そっとその, その人たち, その周圍, その家庭, その後で, その有様, その横, その白い, その美し, その運動, そびえて, それまでは, たすけを, たまるか, だんだんその, つっ立った, とうとうりんと, どうしてそんな, どてらを, なかなかいい, ならないもの, なんとなく, のんびりと, ひげ, ぴったりと, ぶらぶらと, ほんとの, ましてよ, またかの, また実に, まめに, みせろ, みたらと, みに, みるしか, めいめいが, もう帰っ, もらいたいし, もらえるか, もらった事, やが, やったらどう, やらずば, やるところ, やれるの, ゆくは, ゆく機会, よくは, より良く, わが日本, われから, ゐたらしいの, ゐた本, ゐないかの, ゐますぜ, ゐるうへに, ゐるま, ゐる医者, ゐる宿, ゐる此, ゐる石原, ゐる部分, アタフタと, カントは, グラスを, ジョバンニの, タバコを, ナポレオンを, バターを, ファシズムと, ポケットへ, ワザと, 一句も, 一方から, 一段と高い, 一通りの, 万事に, 三日見えね, 上体を, 下さいわたし, 下さるといふ, 下すつたの, 不安だった, 不朽なら, 世に出た, 両国へ, 主水, 乱痴気騒ぎを, 了ふんだ, 二ならず, 二時間ほど, 互いの, 亢奮の, 亭主は, 人手に, 今なお, 今日以上の, 仏蘭西の, 他人と, 仰向いて, 佇んだ, 何ともいえない, 何時もの, 作物の, 來たなら, 保が, 俳諧の, 偏へに, 働くこと, 元気が, 先頭に, 入場料を, 兩手で, 六年の, 其の心, 其様な, 内蔵助の, 冬営に, 出すという, 出来ないこと, 分って, 初めて経験, 利用した, 前途百年の, 助力を, 動作に, 勧めた, 十四五の, 午後は, 南米に, 厭に, 又一方, 双方ともに, 取ること, 古くから, 可能と, 合掌し, 名残を, 吠えて, 呉れたさ, 呟きながら, 呼ぶ, 唄の, 問題が, 喧嘩に, 四方に, 困るから, 国民多数の, 地獄へ, 執拗な, 墓の, 外には, 夜まで, 大なり, 大学で, 大沢を, 大量の, 天幕の, 失敗する, 奴が, 妹が, 姫君を, 嬉しいの, 子供達は, 孤独に, 安全な, 実家の, 室内を, 家出を, 密に, 寝ましょう, 寿詞を, 小刻みに, 小田原へ, 少数の, 居たよりも, 居ったから, 居よう, 居られん, 居るくらい, 居る人民, 居る心持, 居士の, 山車を, 川底の, 巧妙なる, 市場へ, 帰つてきた, 帰庵, 幕の, 平穏に, 床から, 建物を, 弟子を, 当代の, 役人に, 往くこと, 待構え, 得た疾病, 御座るの, 御親類, 心まで, 応接室を, 思うよう, 急場に, 恨みを, 悪銭を, 情報を, 意外にも, 感じの, 憲政党内閣の, 我々と, 戦後の, 戸へ, 手探りで, 才の, 抱えて, 指導者を, 捜査の, 措かざるもの, 支那を, 故ら, 散歩し, 文化が, 新聞記者に, 日増に, 旦那を, 明日を, 時あっ, 智慧あり, 暮したいと, 更に他, 書生を, 有無を, 木村の, 本屋の, 村端れ, 来たところが, 来た女, 来た跡, 来られた, 来るべきもの, 来る電車, 果し眼, 柿を, 案内も, 業務に, 榻に, 樽の, 欧米の, 止まらず, 此, 此語を, 歩くには, 歸つて行く, 死体は, 殺そうという, 気の毒だ, 永年の, 沈黙に, 沼津へ, 泥棒を, 活, 浮世を, 消滅する, 渋谷の, 湯屋の, 滑稽な, 火事を, 無い, 無為に, 煙草ばかり, 爲し, 牛乳の, 物騒な, 独立し, 獅子に, 王様に, 現象の, 甘寧, 生命は, 産れた, 甲板の, 畏くも, 當に, 病室の, 発展した, 發表した, 皆は, 目も, 相応の, 看板の, 真黒な, 眼や, 石炭を, 礼拝する, 祝詞を, 私だけにと, 移って, 穏か, 突発した, 立ちどまつた, 立てば, 笑つたが, 築山の, 納屋の, 終りに, 結果を, 絶滅する, 縁側まで, 置いたかも, 置きなさい, 置く積り, 美は, 老師は, 聞かせたところ, 聴くの, 肩と, 背後から, 腐敗し, 自他を, 自宅に, 自発的に, 興奮する, 良一は, 芸術は, 苦労し, 華やかな, 薄い唇, 蚊の, 行かないでも, 行き間もなく, 行く能力, 行つたらしい, 行李の, 表面に, 製作し, 見あげると, 見せるぞ, 見ただけ, 見ますれば, 見るところ, 見聞を, 親や, 言つてゐた, 訳の, 詰め寄った, 説いても, 誰ぞ, 論ずるに, 諸方へ, 議会の, 貧民を, 貰ったと, 貰わなくちゃあ, 起きようと, 趣向を, 踊の, 車夫の, 輿論の, 近代に, 追って, 送つて行, 逃出す, 通り過ぎるの, 進行し, 遊んだの, 道場の, 遣るからと, 適当なる, 都会へ, 野を, 金錢の, 錨を, 長靴を, 降りた, 陽気な, 雌は, 電気鳩は, 面白いと, 頂きながら, 頭上に, 飛び出した, 食べたり, 首から, 駅まで, 驚くの, 鬱憤を, 鹿の, 黒髪の

2 [18202件 抜粋] ああこれ, あげまつさ, あったもう, あの白い, ありし日, あるべきはず, ある書物, あんな奴, いかんともし, いけねえん, いたからよ, いただくなり, いたらいま, いたわい, いた与次郎, いた司馬懿, いた婆さん, いた弁護士, いた昨日, いた浩, いた石子刑事, いた薄手, いた鋭い, いった時, いないどころか, いなかったらしい, いましたらカムパネルラ, いやあがった, いらっしゃったのね, いられない事, いるおもちゃ, いるそこで, いるひたむき, いるらしく立ったり, いる一党, いる之, いる僧, いる千浪, いる喜八, いる太陽系, いる家風, いる己, いる戦, いる日常性, いる次兄, いる犯罪, いる眼前, いる美, いる蝶子, いる趣味, いる錦霜軒, いろんなもの, うつくしき石塔一ツ, えるから, おいた鞄, おきたいところ, おくれて, おじいさんは, おなかの, おらぬは, おりここ, おり後者, おれには, お前たちを, お家へ, お松の, お筆, お辭儀, かえって崖, かたまって, がみがみと, きた物, きめたん, くださるよ, くる位, くれたら思い止まりたかったが, くれてるん, くれましたならば, くれるどころか, くれる迄は, こうまで, この両者, この失敗, この某, この訪問, これこそは, ごらんください, さてこそ, しかもより, しばしば巻, しまいますもの, しまおうかとも, しまった様子, しまふ自分, じっと色んな, すっかり当惑, ぜひなく, そして更に, そのまん中, その作業, その可愛らし, その巣, その指, その次に, その理想, その翌朝, その返事, その食物, それから推論, それに二十五六人, ただどう, だか, ついにこの, できあ, とびおきると, どうにか身, どれを, なつかしき母上, なるほどこれ, のちは, はた伽藍, ひとか, ふとあたり, ほっとし, まいろう, またどういう, また新, まだ窓ガラス, みせたこと, みたくなるよう, みますわ, むくと, もう帰ろう, もてなして, もらえない, もらへるだらうと, やっちゃ, ややしばらく飽満, やり彼女, やんで, ゆくン, ゆけと, よく其要, よろしいと, わざとなん, ゐたきり, ゐた友達, ゐた爺さん, ゐないしかし, ゐやがるん, ゐるどんな, ゐる伊八, ゐる寝床, ゐる木山, ゐる穢, ゐる金, アルバムから, ガッチリと, コックリに, スタ, ティボーの, ニヤニヤ笑った, ヒラブ貝に, ボールを, モーゼの, 一々それ, 一人宿の, 一和せしめ, 一度でも, 一杯の, 一纏めに, 一首の, 三十人の, 三百が, 上げ度い, 下さいお願い, 下さらないので, 下手人が, 不慮の, 与吉は, 世界的価値を, 中学生の, 主義政見に, 乱暴狼藉に, 予に, 二人いっしょに, 二度までも, 云える, 井戸を, 人のけ, 人間以外の, 今度立派な, 仕方の, 他藩, 任意に, 会議の, 住居に, 何なり, 何某め痛い, 作らせて, 例えば私, 信一郎は, 倒したもの, 傍を, 優美な, 先方へ, 入った者, 全体として, 公卿と, 其の作用, 其の謦咳, 其年の, 其金は, 円錐形に, 写した写真, 凡人より, 出ること, 出発しよう, 刑の, 判事は, 到るところ, 前足を, 助かる工夫, 動かぬという, 勤めたの, 医師も, 十日より, 半日を, 単純なる, 原稿の, 参加し, 又親父, 取らせる, 受付の, 古風の, 史學を, 合評会に, 同時に多, 君も, 呉よと, 呉れるだけ, 周平の, 和らいで, 唖の, 善き蒲団, 嘔き, 四年越し, 国が, 土瓶の, 坊主にでも, 埒も, 場外に, 売子を, 外国人と, 夜明け前に, 大きい机, 大君の, 大改革を, 大衆に, 天国に, 太郎も, 奉ると, 女性が, 妙子の, 姫路の, 嬉しがってる, 孤独の, 安寧秩序を, 宜道, 客間の, 家路を, 富贍なる, 察する, 封建時代の, 小さな子供たち, 小母さんを, 小鳥を, 就職した, 居たらしかつ, 居つたのに, 居ようが, 居りこれ, 居るそら, 居る伯父さん, 居る少し, 居る親, 山々が, 岩木川の, 巣鴨養保院の, 差控え, 帝王の, 帰るはず, 幕を, 幸吉と, 広場の, 廃刊し, 引きとめた, 張作霖の, 影響の, 待ちました, 後添, 得意と, 御納戸町, 心外に, 忘れ得る性情, 怒にも, 思案を, 恒に, 患者の, 惨憺たる, 愛子を, 憂鬱の, 成り立つか, 我慶應義塾は, 戯談を, 所有する, 手際よく, 投げ出すよう, 抽斗を, 指導的地位に, 探し出して, 揚州に, 支流の, 政治家に, 敗北なり, 数学を, 文献を, 新しい生命, 新築の, 既に彼, 日本橋まで, 早く行っ, 明日も, 昨今は, 時代に, 暇が, 暫時眼を, 曲を, 曾ての, 有難い事, 木の葉の, 末松男を, 朱実は, 来ただろうか, 来た如くである, 来た菓子, 来るかの, 来る程, 松井は, 枯枝を, 根気よく, 森と, 榮華を, 樹立の, 欺いて, 正しい客觀的視角, 此度の, 歩いたら面白い, 歯に, 死も, 残つてゐた, 母ちゃんを, 毫末も, 水で, 氷河と, 池上の, 治を, 泣かないから, 洗って, 流血の, 海辺へ, 深刻な, 渡った, 源吉の, 漢中に, 火星へ, 無事な, 無限なる, 熟睡し, 片足泥田へ, 物質的なる, 狡い考, 猶且つ雲, 現は, 理解される, 生き得ようか, 生活上の, 用箪笥の, 男なら, 異口同音に, 痛くまた, 白いもの, 百合子を, 監房の, 相すみませんが, 眞なる, 眠るか, 睨みつけながら, 知りたくなって, 破天荒の, 祈れば, 神童の, 私について, 稚い眼, 突きか, 立ち上がりながら, 竜の, 笑の, 筒を, 精一杯合槌, 紐の, 終ったという, 経験の, 絶頂に, 縁先へ, 置いたとしても, 置き給, 美しいお, 翌朝早く, 考え直して, 聞かせるため, 肚の, 胸一つに, 腹の中に, 自ら安むぜざるものゝ如し, 自然についての, 興奮を, 良いこと, 芸術座を, 若侍, 茂れる下, 荷風の, 落魄の, 蒼白な, 藤本へ, 蜂の巣を, 行かなきゃならん, 行くだらうか, 行く爲め, 行ったところ, 行幸に, 袋の, 襦袢の, 見おくって, 見せろ, 見ますに, 見事俺に, 視るの, 親爺が, 言い出した者, 計画し, 許されたこと, 詫言を, 語りはじめた, 読書界に, 諦めようと, 警報を, 豊田の, 貰いたいとは, 貰った結果, 買い物に, 赤いくつを, 起ち上がった, 跡の, 身内の, 輓革を, 近くに, 迷妄を, 送られたり, 透かして, 造花を, 遂に之, 運ばれて, 道子は, 遠退い, 選択する, 郷愁では, 醫者と, 金沢の, 錫の, 長政の, 間断なく, 降参の, 隆々たる, 雅致ある, 雪江さんが, 霞に, 静養し, 音楽に, 預かって, 頼み入るに, 風俗を, 飛出すと, 食料の, 首の座に, 駈けだして, 驚くと, 高雅に, 鳥驚かず, 黒岩の

1 [147887件 抜粋] АОМСへ, あげるからって, あった建物, あの巧妙, あやしいやつ, あり得ようか, ある五六年, ある秘薬, いいじゃ, いかれない人間, いけませんけれども, いたずらに感傷, いたまえいい, いたら名, いたソオリヤ君, いた丹三郎, いた初め, いた大家, いた常客, いた旅舎, いた治子, いた秀之進, いた藤子, いた長安, いったそう, いつも馬車, いない為め, いぬだろう, いままでおれ, いような, いられないこの, いるうまく, いるですごらん, いるらしい恰好, いるクロインディアン, いるレベル, いる五, いる八百屋, いる右側, いる大官連中なぞ, いる小学校, いる彼流, いる数軒, いる栖方, いる海狸, いる痣蟹仙斎, いる純潔, いる菩提, いる超人ヌルミ, いる集団農場一同, いろいろ空想, うごかなかった, うんと人気, おいた手織物, おきき, おく余裕, おったちゃとうていあかんですばい, おみこしを, おられない思い, おりますものの, おり窮余, お三婆, お山上りを, お聞, かえってあの, かくそうと, かなり色彩上, きおった, きた川上忠一, きなさいと, くださらなくば, くる暁闇, くれたハンカチ, くれないかとの, くれるならいつ, くれ丸茂三郎, けらい, こだわりを, この事態, この寒, この流浪人, この謗り, これまでより, ござる様, さっき申上げた, さも親切, しかもひとつ, しきりに如才, しばらく思いためらった, しまい祝祭日, しまったやう, しまつてたんだ, しよつちうぶつぶつ, すぐれた書家, すっかり正気, ずいぶん力, そうしてあの, そしてしんみり, そっと母, そのまま書きとめ, その何人, その商取引, その工場, その数百千, その無理, その結果家内, その責任, その鵲, それから法衣, それで当り, そんなはなばなしい, ただばからしく, たった一夜, だいぶ違い, ちょっとここ, つい寝つかれず, つまり最初, とうとう会えなかった, とにかく笹川, どうしても絶交, どれと, なお足りぬ, なにしてる, なんとなくにぎやか, のそのそし, はじめて両者, はりますわ, ひとつ聴きおわる, ひろびろと, ふるい立った, ほとんど収穫皆無, まいりましたぜ, まず室内, また伝う, また狂歌, まだ温かい, まるで脂, みせる覚悟, みなくとも, みんな他へ, もうここ, もう正午, もっと先, もらい併せて, もらひ千客万来, やがて食う, やっと紙類, やや専門的, やるおれ, ゆきましても, ゆく男, よい風景, よく燃える, よろしくやつ, わざとならぬ, ゐたその間, ゐた俺, ゐた気持ち, ゐないでよ, ゐられる林信助さん, ゐるわるく, ゐる午後, ゐる幽, ゐる注意事項, ゐる英佛艦隊, アカイア水陣は, インテリ問題も, カフェから, クレアンデルの, サヨを, スッカリ船と, チインと, ドイツ方は, ハバノフ氏を, ピヨン, ヘクトール戰車の, マッカアセイと, ヤット目的を, ロダンさんは, 一まず, 一分間この, 一寸四方, 一手さした, 一月分の, 一目に, 一通余計に, 七月末に, 三十六品の, 三浦三崎へ, 上らして, 下さいまし接吻, 下されて, 不参それが, 不都合だ, 世界最後の, 中掘, 久しくこれ, 乱れて, 事件そのものは, 二割七分七厘, 二期を, 互いに衝突, 五条大橋をも, 京都粟田白川橋南に, 人跡の, 今や財政問題, 今言, 他教, 以来御作は, 伏兵を, 但馬の, 何だか恋人, 何回と, 作った野菜, 例えば旅行, 信じないとは, 倒れたタカ子, 傍観者からは, 償還する, 先づそのまゝに打つ, 入りそびれて, 全声, 公会堂の, 共に画策, 其の次, 其単純なる, 其沿革を, 内々心配し, 再び屋上, 冷たい土, 出されずに, 出来たので, 分類した, 初めて紹介, 利害の, 前衛劇団の, 劣るとも, 動き出した, 勿論日本風, 十二分の, 十津川郷士の, 半月や, 単独和議を, 卻て, 参りますよと, 又歩い, 叔父上の, 受けぬと, 古松千尋天を, 叱られるとき, 合点が, 同志社事件という, 向き返る, 呉られ, 呉先生の, 命運の, 唯我身, 喚く叔父, 器量一杯の, 四畳ほども, 国内千数百年の, 土橋を, 坊やの, 堕落させる, 士馬精強に, 夕飯も, 夜々彼等を, 大いに遣らなけれ, 大伴部, 大工場, 大藤親子は, 天文や, 失敗するなら, 女の子が, 如何にも晴々, 姐御, 子な, 学術上講究する, 宗教的並びに, 実は大, 宮本夫人が, 寂しさうに獨言, 寝たッきり, 対岸なる, 導かれて, 小才の, 少しづゝ餌, 尽未来際に, 居た御蔭, 居ない之, 居られる場合, 居るだろう彼, 居る奉公人, 居る聲, 屏風に, 岡崎城下を, 工夫も, 巻いた茣蓙, 帰つて寝巻に, 常に不法, 平民的また, 幽韻, 座っても, 廻り遠き, 引上げたいです, 強い牽引力, 形ながらも, 往かれた娘, 後人, 得たものの, 御座る北九州, 微風を, 必ず泣き虫, 快活と, 思い設けぬ道庵先生, 思索に, 恐れ気も, 悉くマルクス主義的文學作品, 悲しむべきか, 意味なく, 愧死した, 懐柔せられ, 我が真実, 戦は勝ったが, 所有権と, 手足から, 投げ出されて, 押立尻を, 持主の, 捜し索め, 接すべきである, 搾り取ろうと, 改造へ, 敗れ富者曲, 数時間豪雨の, 文明人が, 新しいフエルト草履, 新文化, 既に儒家中心, 日本新聞入社という, 早く平凡, 明るくなかった, 春風落花を, 時人呼ん, 暗い横丁, 暴れまわる所存, 更に私, 最もよく文学主義者, 有らば, 朦朧たる, 本居派, 村正, 来た一切, 来た志, 来た自作, 来ようもの, 来る気配, 東海一帯の, 果物を, 格闘でも, 検事を, 構はずには, 機密を, 欲しいほどの, 止らず俗耳, 此境遇に, 武蔵どのへ, 歩めば, 死ぬ用意, 残った自分, 母勝に, 比較説話学者が, 気鋭陽明の, 求むるもの, 決戦せん, 泉太が, 泥棒制度全体を, 流れに, 海上すれすれに, 深いもの, 済ませること, 湯銭を, 漆みたいに, 潮流ある, 災難に, 無理心中では, 煩う要はちっとも, 父さんを, 物売女の, 犯罪人たらしめない, 猟は, 王国を, 理会せしめよう, 生きぬくため, 生活的であり, 甲州街道へ, 留守中泥棒が, 病家では, 発車時間を, 白色, 皆窃かに, 目白鳥の, 直道は, 真たら, 眺めましたから, 知らざる処, 砂浜へ, 礫や, 神妙らしく担い, 秀衡に, 稍荒寥の, 空爆しよう, 立ちたるデスペレート, 立出たり, 笑ってる, 管営指揮使の, 精神的にも, 紛然雑然まるで, 終に至って倍々発揚せり, 結局資本家を, 綱雄などの, 縮刷本の, 置いた此文, 置くほど, 美による, 翌朝山に, 考へる時, 聞きしに, 股間から, 脇の, 臨月が, 自分自身は, 自邸を, 船腹赤き, 花柳の, 若し綺羅紅裙, 英雄に, 莫迦らしく, 落葉は, 薄いうち, 虎と, 衆目を, 行くべきであると, 行く趣, 行つた小, 衛律が, 裝飾した, 覆面武士が, 見せろとは, 見ますならいずれ, 見晴し, 親仁が, 言いきちんと, 記入せられる, 詮方なく, 語格を, 誰一人知らない, 諸藩士, 讃岐から, 貧人の, 貰えるかと, 貴顕の, 贓品の, 起こすもの, 足最長し, 身もだえ乍ら母屋の, 軽々に, 農商の, 返されても, 退き李粛, 逃げ迷い, 通るもん, 進ぜましょう, 遂に没す, 運命といふ, 達すべきの, 遣るけれども, 邪教徒の, 醜くな, 金博士が, 銀座尾張町の, 長い悪夢, 門人に, 間違ったよう, 院長に, 障害物の, 離し得ぬ場合, 霊智と, 非常識へ, 頂きたいですがね, 頬陥り, 顧みなかったもの, 飛出したが, 飯倉から, 饗応する, 駈け上る, 骨董趣味, 髭侍を, 鴉声なり, 黒っぽい町並

▼ しても~ (21209, 2.8%)

187 それは 105 それが 93 私は 8669 いい 68 自分の 66 これは 61 それを 58 私の 57 いいと 51 彼は 40 よいと 39 彼の 38 いいの 34 よい 33 自分は 31 仕方が 28 これを, 何の 27 人の, 今の, 何か, 少しも 26 そうだ, 彼が 24 同じこと, 容易に 22 いいだろう, よかろう, 此の, 駄目だ 21 いいが, いいという, そうである 20 いいん, よろしい, 僕は, 日本の 19 いいでしょう, だ, 差支ない 18 それに, 何も, 少くとも, 結局は 17 いいから, 他の 16 そのため, よいという, よいの, 人間の, 自分が 15 そこに, よいが, 一つの, 例の, 私が, 誰も, 遅くは 14 ここに, これが, だめだ, なんの, 心の 13 これらの, そんなこと, 今は, 今日の, 可い, 君の, 女の, 我々は, 気が, 相当の 12 あの人, いいよう, これに, さう, 同じ事, 吾, 昔の

11 [13件] いいです, いなかった, すぐに, 之を, 兎に, 出て, 君は, 容易ならぬ, 彼女は, 構は, 生きて, 私には, 立派な

10 [20件] あなたの, いずれも, いた, このよう, ようございます, よかった, よさそう, らは, 人に, 人を, 俺の, 僕の, 女は, 彼らは, 彼女の, 彼等は, 我慢が, 無駄だ, 相手は, 自己の

9 [20件] いいよ, いるの, かまは, この人, これだけの, これほど, しかたが, しなくても, そのよう, その通り, ふしぎな, ほかの, らへ, 人は, 何を, 家の, 或る, 所詮は, 私に, 非常に

8 [20件] いいし, いる, ここで, すべての, そんな事, どこか, わたしは, 一人の, 仕様が, 先生の, 好い, 彼等の, 手に, 構いません, 構わない, 目に, 相手が, 腑に, 腹を, 金の

7 [33件] いいか, いいもの, いいわ, いいわけ, かくの, この, しないでも, その時, どうにも, よいもの, 一応は, 人が, 今度の, 他人の, 何う, 作者の, 俺が, 多くの, 大丈夫だ, 失敗し, 姫は, 彼女が, 心が, 次の, 気に, 気の, 父の, 男の, 私たちの, 結構です, 見ま, 面白くない, 駄目です

6 [43件] あなたは, いいで, いいはず, いないの, いられないので, お前の, ここの, ここは, さすがに, その他の, それだけの, それらの, みた, むだだ, よいこと, われわれの, 他に, 信じて, 僕が, 兄の, 前に, 口を, 夫は, 宜い, 当分は, 彼らの, 恐ろしいこと, 手が, 日本人の, 普通の, 最初は, 最後の, 死んで, 甲斐が, 異存は, 第二, 結果は, 自分に, 自分を, 足の, 関は, 餘り, 魔法を

5 [79件] あなたには, あれは, いいやう, いけない, いけないの, いつまでも, いられない, かまわないの, この事件, この二つ, これだけ, これだけは, これほどの, そうです, そう云う, その, その間に, それによって, ぞっとする, た, です, ともかくも, ぼくは, もつと, よからう, よろしいん, よろしゅうございます, 一切の, 一度は, 下手人を, 不思議な, 二人は, 今まで, 今度は, 以前の, 何にも, 先生は, 其れ, 出來, 前の, 効果が, 厄介な, 同様である, 多くは, 大抵は, 好いと, 好いの, 娘の, 完全な, 実際は, 家を, 差支えは, 差支へ, 幕府の, 当時の, 彼を, 必ずその, 我々の, 月に, 構わないという, 此儘で, 気の毒だ, 無駄な, 煙の, 男が, 相当に, 確かな, 確かに, 神の, 結構な, 自分で, 自己を, 親父の, 誰が, 身を, 返事が, 首を, 駄目だった, 黙って

4 [170件] あの女, いいかと, いいくらい, いいな, いいね, いいので, いい位, いけないと, いつかは, いつでも, いないし, いまの, いやな, いられなかった, いられません, いろいろの, ええ, おそろしいこと, お前は, かまわないと, かような, このこと, この女, これと, これまで, これも, こんなに早く, しかし私, しなくっても, すべてが, そこから, そこには, そこは, そのやう, その人, その人物, その原因, その家, その犯人, その眼, その結果, それだ, それだけ, それで, それには, それの, それはた, それ等の, そんなもの, ただでは, ちょッと, である, ですね, ないに, なにかの, なにも, なんにも, またこの, まだ足りない, もう駄目, やって, よいか, よいから, よいでは, よいよう, よし, よろしゅうございましょう, わからない, わかるまいと, われわれは, ゐるの, ギョッと, 一人で, 不思議は, 世間の, 二人の, 人間と, 人間としての, 人間は, 今すぐ, 今では, 今までの, 今夜は, 余程の, 俺は, 先立つもの, 出来ます, 右の, 同じやう, 同じよう, 同様だ, 同様に, 同樣, 周囲の, 土地の, 在来の, 壮観である, 声が, 外の, 大したこと, 大なる, 大變, 夫が, 女に, 女を, 妻は, 妾は, 子供の, 学問を, 家に, 容易な, 少しは, 居ぬ, 差し支, 差支は, 平気だ, 庄造は, 店の, 心に, 忍び難い, 恥かしくない, 悪くは, 悪魔の, 惜しくない, 手を, 持って, 整理し, 整理しきれない, 敵は, 斯んな, 早くこの, 明らかな, 明智の, 昨夜の, 是れ, 時を, 構わないと, 此は, 殆ん, 気を, 氣の, 江戸の, 流石に, 物に, 現在の, 男は, 男を, 皆山から, 直ぐに, 相当な, 真の, 知恩院の, 約束の, 絶対に, 胸が, 興福院の, 芸術の, 若い女, 見た, 見て, 許して, 身に, 遅くない, 酒を, 重大な, 間に, 間違いは, 頭が, 頭の, 食物の

3 [312件] あいつの, あとから, あとで, あとの, あの連中, あるひ, ある程度までは, あれだけの, いいかしら, いいこと, いいさ, いい時期, いつまで, いない, いないのに, いは, いやだった, いられまい, いるよう, いろいろな, おいしい, おそくは, おなじこと, おれの, お傍, お前が, お怪我, お絹, お金を, かれの, かれら, ここから, ここでは, このお, このまま, この上, この場合, この娘, この家, この時代, この種, この雪, この頃, これでは, これという, こればかりは, これまでに, こんなこと, さしつかえない, さっきの, しかしそれ, しようがない, せめては, そういうこと, そうで, そこの, そこを, そのこと, その上, その事柄, その二つ, その人間, その作品, その価値, その前, その女, その底, その御, その日, その点, それぞれの, それに対して, それに対する, それより, そんな大, たくさんの, だからと, だめである, ぢ, つまらん, つまりは, どこかに, どこかへ, どこへ, なおこの, なおその, なお自分, なか, なんにもなりません, ひとの, また同じ, まだその, もうその, もう自分, もしそれ, もとの, やはり同じ, よいかと, よいだろう, よい理由, よい程, よくは, よければ, よささうな, よろしいが, よろしいと, らはんと, わかる, わしは, わたしの, ゾッとする, パッと, 一向差支, 一度こっち, 一日も, 一片の, 一般に, 三人の, 上手に, 不安に, 主人の, 事実は, 事実を, 二つの, 京都の, 亭主の, 人間が, 今夜の, 今年は, 今日は, 何うし, 何かの, 何が, 何でも, 何に, 何らの, 余計な, 俺に, 健全とは, 僕に, 先に, 先方の, 兎も, 分らなかった, 助けて, 動かなかった, 十分に, 博士は, 危険は, 去年の, 可いんです, 同じである, 同じ場所, 同一の, 君が, 否定する, 味が, 喜ぶの, 喧嘩を, 嘘を, 困る, 固より, 国家に, 土の, 地方に, 場所が, 声を, 外から, 外に, 多少の, 多少は, 夜中に, 大したもの, 大丈夫です, 大丈夫な, 大人の, 大変な, 天下の, 夫の, 女が, 女性の, 好からう, 妙な, 姐御, 子供が, 子供を, 子細は, 学問の, 宜しいが, 実の, 容易の, 少くも, 少なくともその, 居られません, 山の, 差つ, 差支えないという, 差支の, 平次には, 平次の, 平気で, 底の, 彼には, 彼も, 後から, 後に, 從來の, 心は, 念が, 恥しくない, 想像の, 意外な, 憂鬱に, 戻って, 所謂, 手の, 文化の, 新らしい, 日が, 明かである, 映画を, 昼の, 時間の, 最初に, 本書は, 村の, 東京に, 東京の, 極く, 楽な, 構いませんか, 構ひません, 構わないが, 構わないの, 構わん, 此歌は, 武蔵の, 母の, 氏の, 気味の, 氣が, 水の, 水を, 汝は, 江戸時代の, 決してそれ, 決して不, 決して過言, 波の, 涙が, 灯の, 無事で, 無理は, 無益な, 無駄だった, 父が, 父には, 物の, 物騒な, 犬が, 犯人は, 現実の, 甘くは, 生の, 甲の, 疑ひは, 相手の, 相手を, 相濟, 眼の, 眼を, 知れたもの, 碌な, 確に, 秀吉の, 私にとっては, 私を, 程が, 結果においては, 美しくは, 美術に, 肉体は, 肝腎の, 背後に, 腹が, 腹の, 自分には, 自然に, 自然の, 自由に, 致し方が, 行く, 評判の, 詩を, 誰か, 賊の, 足は, 身の, 道を, 都合が, 酒の, 重兵衛, 金は, 金を, 雨は, 非常な, 風が, 風を, 食べて, 駄目である, 駄目な, 鼻の

2 [1183件 抜粋] ああいう, あき足らない奴, あと煙草入に, あなたが, あのたくさん, あの御, あの眇, あの通り, あの頃, あまりに重大, ありがたいこと, あれでは, あれほどの, あんまり勝手, いいかい, いいがね, いいって, いいほどの, いい頃, いざと, いたし, いないから, いないらしかった, いなかった言葉, いやに, いられないと, え, ええぜ, おかしいこと, おまえの, おられますまい, おりんから, おれも, お今殺し, お園, お染, お母さんに, お父さんに, お袖, お銀様, かつては, かまいません, かまわないから, かんじんの, きょうの, きりが, こういう風, ここからは, こちらの, こっちの, このくらい, このへん, この世に, この世の中, この二人, この力, この問題, この塀, この小説, この後, この日, この期, この社会, この言葉, この辺, この道, この際, これで, これらは, こんな下手, こんな所, こんな男, こんな話, さうし, さして憎まれ, さて自分, しかし神, しかたの, しばらくの, じぶん, すこし心, せめて半歳, そうじゃ, そうよ, そこまで, そのころ, その中, その先, その内容, その動き, その報酬, その大, その実は, その後けろりと, その故に, その気持, その生活, その相手, その美し, その長い, その頃, それからは, それくらいの, それで以, それによ, それよりも, それ以上に, そんなにひどい, そんな噂, たいがいは, たいていここ, ただごとでは, ただは, だいじおま, だめであった, だよ, ちぐはぐな, ちつとも, ぢも, つひしか, つまらんと, できないの, とうていそのままを, どういうこと, どうせやる, どこかで, どこからとも, どこの, どんなこと, なお, なな, なんという, はじまらない, ばち, ひとたび洞, ふぐを, ほんとの, ぼくの, またそう, またそれ, または驢馬, まだ準備, みごとな, むかしの, めったな, もう受けつけない, もう縛られる, もっと何, やはり, やはり同様, やるし, よいかも, よい事, ようが, よくこの, よろしいでしょう, よろしうございます, よろしく研究, わかること, わが家の, わたしたちの, わたしには, われわれが, ゐなかつたが, アノ時アノ室に, エル, グイグイと, コツコツと, チェーホフには, ハムレットの, パンを, プロレタリア文学の, ムダだ, 一たんは, 一家眷属の, 一応の, 一方に, 一時の, 一生の, 一羽右手の, 一言も, 一通り見られる, 万人が, 三十八名に, 上を, 下手は, 不可解だ, 不吉な, 不当の, 不満に, 世は, 中の, 中心を, 主殺しなどを, 亂暴に, 事実だ, 二日に, 二階から, 云わば, 亦然, 人々は, 人家の, 人民戦線という, 人目に, 人間性は, 今から, 今回の, 今後は, 今日までの, 今晩は, 仏の, 仕合せに, 他から, 代助, 以前は, 伯夷や, 佐久間艇長の, 佐太郎殺しの, 何らか, 何処かに, 何時に, 何時までも, 作家に, 信長が, 俥から, 健全なる, 働らい, 僕らは, 充実しすぎる, 入り込む工夫, 八五郎の, 其の後, 其様な, 冷汗が, 出鱈目な, 初めは, 判るとおり, 別段その, 到底私, 割りきれる代物, 動きませんよ, 勤労大衆の, 十三や, 十手を, 半分は, 卑怯な殺し, 又し, 友の, 取返しが, 口で, 可いです, 可哀そうな, 合点が, 同じ手近, 同様であった, 向うの, 吾人の, 味方の, 唯事では, 問題は, 喜びを, 四人の, 四番目の, 国の, 地方の, 埓が, 堪え難い, 多賀屋へ, 大した怪しい, 大して綺麗, 大事な, 大声で, 大沼其ものは, 天鵞絨に, 失敗する, 奈良朝の, 好いかと, 好いが, 好い筈, 好さ, 嫁く, 嬉しくない, 存在の, 学者の, 完全に, 宜う, 宜しからう, 実を, 実際には, 宵から, 容貌の, 小三郎を, 小幡に, 小紫, 小説という, 小説全体としての, 少しの, 居たよ, 居まいけれど, 屋根板に, 左の, 左源太は, 差支えなかろうと, 差支へは, 帰って, 平次にも, 平次や, 平気の, 幾日も, 弟子は, 強調し, 影の, 役に立たない, 彼にと, 彼れ, 彼女を, 後味が, 徒労に, 御米, 心配で, 必ずしも肉体, 忍びない, 快いもの, 怒らないばかり, 思い半ば, 思ひの, 思懸は, 怪しい, 恋愛の, 恥も, 悪かろう, 悶絶に, 意外の, 感謝しきれない, 我々には, 戦車に, 所詮高, 手も, 手数が, 承知し, 拙者は, 按吉去る, 政府は, 散る氣, 文學に, 新聞の, 日に, 日本的な, 明である, 明日の, 明日も, 明白だ, 春の, 時が, 時間が, 書くこと, 最初の, 有力な, 服從しなけれ, 木の, 本人は, 本統の, 材料が, 東海道を, 根が, 極めて目立つ, 欺くこと, 正岡子規君や, 正面から, 此等の, 武家に, 死なねば, 死を, 母から, 母に対して, 民族の, 気分が, 水本賀奈女の, 江戸へ, 決してその, 法の, 泣いたこと, 海は, 海軍に, 満足な, 滅多に, 濟ま, 無意味な, 無理に, 無言の, 無駄です, 然りである, 父と, 物々しく四方, 物を, 特殊な, 狐に, 狸には, 珍らしい, 現實, 生きなければ, 生きるに, 甲教師は, 画面は, 異様な, 発句に, 盛かけが, 目的を, 相手には, 眠れなくて, 睡らずに, 知らないよ, 知れる, 社会に, 秀ちゃんの, 私たちに, 私自身に, 移転する, 稀少性の, 穀物の, 空疎である, 立派で, 立派に, 第一日, 簾一重の, 精神の, 結局自分自身に, 結構という, 縁談は, 羞恥心の, 翼の, 考えること, 聽か, 肉を, 胸の, 腹に, 自分たちが, 自分と, 自然は, 興味の, 興奮し, 船長は, 良人の, 芸術を, 苦しくない, 荘田と, 菊池君と, 藝術に, 行かなくては, 行為の, 西洋の, 親分を, 解らなかった, 言うこと, 言葉が, 詮ずるに, 話したい気持ち, 誠に不愉快, 誰かが, 誰の, 議論を, 貴方が, 貸して, 資本主義の, 足に, 足を, 軽侮すべき, 返さないから, 迷惑の, 追ひ, 途中が, 通抜が, 道は, 道程は, 部分と, 野心の, 銀盤とか, 長い間, 長く停止, 間に合わない, 間違ひ, 阿母, 階下に, 離れませんでした, 雪子の, 青年の, 静か過ぎるで, 面白いと, 面目が, 靴の, 順一は, 顔を, 食いもの話は, 食って, 馬は, 駄目, 高が, 髪を, 鬼才とか, 鳶が

1 [13417件 抜粋] ああ, あきたらぬの, あとに, あのやう, あの大病, あの番頭, あの高い, あまりに違いすぎる, あまり馬鹿, あるいづれに, あれが, あんな妙, いいけど, いいわたし, いい近頃, いぎりすの眼, いささか毒消し, いっこうに不思議, いつも儲かる, いませんでした, いや当の, いろいろある, うちを, うるさい猿面, おいしく食べられる, おそうは, おっつかない, おのづと滅入り込ん, おりました, お伝えする, お勤, お小夜, お父さま, お蓮, かうした自慰, かつこう, かの尼, かまわぬと, きかれないこと, きめて, けし飛んで, こうした事実, こしら, このままぢ, この二将, この原則, この婆さん, この後数年間, この木, この物話, この脅威挑戦, この重, これからお話し, こんなさわぎ, こんな少女, ご主人, さして人々, さまで急, しかもなお依然, しれて, すぐ疲れた, すでに羞恥, せいぜい患者, そういう意味, そうだろう, そう旨く, そのあらゆる結果, そのルポルタージュ, その他音楽にも, その功, その基礎, その少数党, その志す, その教授, その機動力, その狐, その第, その行衛, その足音, その限度, それから, それである, そればかりか, それ以後は, そんな心, たいへん心苦しい, ただすたすた, ただ通りがかり, たぶんそうは, だその, ちっちぇい家, ちょっと文句, つい吹き出したくなる, つまらなく昼間, とうてい幽霊, とても尋常, とにかく何かしら堂々, とにかく非常, どういう理由, どうにかごまかし, どこで, どんなに, なおかつレーニニズム的発展, なお幾分, なかつた, なかなか費用, なにが, なるべくは, なんと不逞, のべつ幕, はっと, ひとつの, ふざけて, ほとんどこれ, まあま, まさか血潮, またおそらくは, また半蔵, また私たち, まだなんとも, まだ十日, まだ胴體, まには, まアそれだけ, みのるは, むづかしい事には, もうさしつかえあるまい, もう兄, もう生きなかった, もし今日, もっとよく麻酔ら, もはや戻つ, やっぱり嬉しかっ, やはりつい, やはり明らか, やりきれない, よいじゃ, よい年, よくあるまい, よけいに, よもや帝室, ろくに返事, わが国の, わるいでしょう, ゐられねえし, イカン, エジソンに, カブトムシが, ギリシャに, ゴリラを, ステツキの, ダテに, トレスに, ハキハキと, ピタゴラスの, ヘルバルトの, マルクスの, ユダヤ人らは, ロケットの, 一つここに, 一人前以上英語が, 一向に取合わない, 一大事です, 一度山荘, 一方は, 一歩前に, 一等車に, 一風変った, 万人に, 三千兩を, 三田が, 上等の, 不作法で, 不安と, 不正な, 世上に, 両替の, 中身如何と, 主観が, 九州の, 事実上之を, 二円あまりの, 二日市の, 云わせなければ, 五十両, 亡靈だ, 人一人殺し, 人道の, 今いう, 今少し, 今更好い, 仕官が, 仮にこの, 伯爵は, 体を, 何とかやつ, 何ら不都合, 何時かは, 余りに大きな, 余韻という, 例へばエスピナス, 信じられないくらいに, 修行が, 偉いロマンティスト, 傷の, 僕等が, 元来仕事に, 先ずはじめ, 先生にとっては, 入るほか, 全く食う, 八十八文取られる, 六兵衛の, 其の儘, 其以前から, 其當初の, 内裏の, 冬でなけれ, 出す女, 出来るもの, 分らぬと, 初恋の, 別に誰, 到底帰らぬ, 剣術は, 助からない人間, 動かすこと, 勤めて, 十一月だ, 十分当局者に, 半分事務の, 単に品物, 即答が, 厭だ, 又は木曾地方, 及びがたき, 叔父に, 受け取ったという, 口金を, 叮嚀に, 右に, 吉田の, 同じ屋根, 同感は, 名誉を, 否定できなかつた, 味わうの, 品の, 商家の, 單なる, 四五十両の, 困ると, 国香等が, 地方へ, 堂上人らしく, 塩魚に, 変である, 多分一生, 夢にも疑っ, 大してまちがい, 大伯母である, 大寺源十郎が, 大業に, 大自然, 天人四郎と, 夫とは, 奈良時代に, 女人連は, 好い心持, 妄信者以上の, 姉を, 娘に, 嫌ひ, 存外丁寧, 安すぎる, 官職を, 宜しう御座います, 実現し, 客觀的で, 家隆だったら, 寛之助様を, 實際は, 専門的な, 小勝を, 小説に, 少し後, 少年の, 尾州の, 屈しないため, 山岳崇拝が, 島原より, 左門の, 差支えないでしょうな, 帝大や, 常に或, 平凡人の, 年八十を, 広いロシヤ, 廩米が, 弟だけは, 彌陀の, 形だけの, 役所が, 彼等学生の, 後始末が, 御一緒, 御自分, 心から感激, 心身が, 必ず何等, 忍男が, 快くならない, 思い出した, 怠けるに, 恋には, 恐れら, 恥を, 患者の, 悪者の, 惜しい心持ち, 意地が, 感じ入りたるは, 慷慨の, 成り立つ案, 我國民の, 或事, 房一が, 手前怖がる, 批評的考察を, 拍手が, 振り返つて曲者, 探して, 搜し, 政府が, 救わなければ, 数千を, 文右衞門樣の, 料理屋で, 新たな, 方法が, 日を, 日本橋と, 早く, 昇は, 昔は, 時々には, 時雄は, 暗黒の, 書くに, 最後に, 有余る金, 木下繁に, 本場の, 本能寺の, 東京から, 果してそうか, 柳川ヨシエさんを, 格別驚く, 植木屋を, 榛の木なら, 構わねえが, 機智を, 歔欷を, 此上素姓の, 此表記法では, 歪みを, 死や, 残念な, 母は, 氏子には, 気狂ひ, 永井先生の, 決してこの, 決して容易, 決して歴史, 決して遅く, 沙汰なし, 波動力学に, 津田老人の, 浪路との, 淋しくて, 済むかも, 満足しきらない, 漆原といふ, 濡れた着物, 為方, 無理ない, 無駄でござろう, 煮るに, 父親との, 物價は, 犯罪者に, 猜疑し, 率直には, 現実より, 瓦町に, 生き返らなかつたらしい, 生涯有馬に, 田舎と, 男振りと, 當時かくまで, 病身であっ, 登れること, 百万二百万の, 皆なやる, 盆前には, 盲法師の, 直観する, 省線電車の, 真面目に, 矢張りひどく, 知らんぞ, 石を, 礼譲の, 神経血管筋肉などを, 私ほどには, 秩序を, 究極に, 窺うこと, 笑ひたくなる, 管轄違いなら, 精細に, 紙の, 細砂の, 結局の, 結構と, 総立ちと, 纒まつた, 美しい性質, 羽二重餅に, 考えて, 聊かお, 聴かなかったの, 肯かないので, 脱出の, 自らが, 自分達で, 自然見飽きず, 舞ひ, 良い自分ら二人, 芳醇さに, 若くて, 苦惱に, 荒唐無稽な, 落度には, 蓋を, 藤田, 蝉丸に, 行方が, 裁判所へ, 西班牙に, 見せたくないらしくいかに, 見る自己, 規定の, 観ること, 解読係員の, 計算を, 評価しきれない, 話題を, 説明に, 諦めなきや, 議論し, 負けないよう, 貴島は, 質が, 趣きを, 足手まとい, 身分が, 輕, 近ごろの, 迚も, 追付, 逃げるか, 通って, 連合軍司令部から, 運送の, 達人の, 適材を, 郷土の, 重くるしい不安, 金井殿の, 鉛筆は, 長いこん, 長髄彦家, 関わぬしかし, 附近と, 障子にも, 雛では, 雷ぎらいの人間を, 青空の, 面會拒絶される, 頂戴し, 願い出るもの, 食べられます, 飽き足らねえと, 香蔵に, 駈落者, 骨に, 鬼は, 鹿児島は

▼ しながら~ (15036, 2.0%)

149 云った 115 言った 95 歩いて 81 私は 80 それを 71 自分の 65 彼は 54 答えた 51 出て 50 私の 49 いった 42 聞いて 39 何か 38 言つた 35 帰って 34 黙って 33 彼の, 立って 31 手を 30 二人の 28 叫んだ 25 待って 23 いいました, 眼を, 訊いた 22 彼女は, 見て, 頭を 21 静かに 20 入って, 彼女の, 歩いた 18 云つた 17 読んで 16 こんなこと, 二人は 15 口を, 答へ, 部屋の, 首を 14 そこに, それに, 呟いた, 身を, 近づいて, 進んで 13 うなずいた, 声を, 酒を, 頷いた 12 はいって, 心の, 話して, 顔を 11 いつまでも, 例の, 大急ぎで, 彼を, 息を, 言いました

10 [14件] そつと, それは, 一方では, 両手を, 云いました, 僕の, 家の, 急いで, 机の, 涙を, 煙草を, 眺めて, 空を, 言うの

9 [17件] きいた, これを, こんな事, それが, やつて, 云ひました, 今度は, 小声で, 日本の, 登って, 目を, 相手の, 私に, 而も, 話を, 足を, 飛んで

8 [26件] あわてて, さつ, そんなこと, たずねた, ついて, ながめて, もどって, 伸子は, 僕は, 夜の, 庭の, 手に, 横に, 眼の, 笑って, 考えて, 聴いて, 腕を, 腰を, 自分が, 自分も, 言って, 話した, 走って, 這入って, 道を

7 [28件] あたりを, しかもその, ともかくも, 一緒に, 三吉は, 人の, 仕事を, 先に, 右の, 女の, 山を, 帽子を, 床の, 思った, 急に, 戻って, 本を, 森の, 次の, 盃を, 私を, 窓の, 考えた, 耳を, 聞いた, 肩を, 自分を, 言う

6 [47件] いっしょに, いって, いつた, こう云った, こちらへ, この人, これも, さう, そこへ, その日, どこまでも, ぼんやりと, やつと, わたしは, 一人の, 丁寧に, 不思議な, 低い声, 何度も, 先を, 入つて, 前へ, 半七, 向うの, 太田は, 妙な, 妙に, 娘の, 尋ねた, 待つて, 快活に, 慌てて, 時を, 暮して, 机に, 此の, 死んで, 流れて, 熱心に, 片手で, 答えました, 見守って, 近所の, 進んだ, 部屋を, 階段を, 食事を

5 [73件] あるいて, きいて, こう言う, こっちへ, こっちを, せつせ, そこの, そのあと, その人, その実, その男, それでもわざと, それにも, ぢつと, ジリジリと, 一つの, 一人で, 一方で, 三人の, 上の, 両手で, 之を, 二人で, 人々の, 今の, 今も, 他の, 僕に, 元の, 兄を, 入つて來, 前の, 口の, 咲いて, 地上に, 坐った, 声の, 夢中に, 大伴氏の, 家に, 家へ, 家を, 寝て, 少しずつ, 彼らは, 後に, 戸を, 手紙を, 日を, 書いて, 歩き出した, 殆ん, 源氏は, 火鉢の, 玄関の, 生きて, 盛んに, 私が, 立ちあがった, 立ち上った, 笑った, 箸を, 続けた, 胸を, 自分で, 落ちて, 言葉を, 訊ねた, 讀んで, 身体を, 通って, 飲んで, 駈けて

4 [109件] あなたの, いう, いうの, いつまで, うかうかと, こう云う, こう言っ, こたえた, さりげなく, しきりと, じつと, すぐに, そっちへ, その中, その前, その辺, そろそろと, たくさん働い, ちょろちょろと, ふと見る, ほかの, みんなの, やたらに, やって, やって来た, よく現れ, われを, ペンを, 一方に, 一生懸命に, 不意に, 並んで, 主人の, 事件の, 今まで, 今松, 仕事に, 付け加えた, 何べ, 何も, 働いて, 兄の, 入口の, 勝手な, 吾, 囁いた, 坂を, 大きな声, 天の川の, 夫の, 奥の, 奥へ, 女は, 学校の, 学校へ, 容易に, 尚了解, 川の, 巧みに, 座を, 廊下を, 彼に, 彼女を, 往来へ, 心に, 心は, 息子の, 悠々と, 持って, 挨拶した, 揺れて, 斯う, 早くも, 書いた, 村の, 杯を, 東の, 東京の, 東京へ, 椅子に, 椅子の, 横目で, 泣いて, 無言の, 独りで, 玄関へ, 町の, 眉を, 眠りに, 私も, 私達の, 第一, 脚を, 自分は, 苦笑した, 茶を, 行く, 行くと, 行って, 表へ, 見まもって, 言い出した, 説明を, 跟い, 通ると, 遣って, 隅の, 隙を, 馬の

3 [269件] あちこちと, あとから, あとを, いつに, うつら, おずおずと, お前が, お前の, お辞儀を, お銀様, からだを, かれら, こちらを, この家, この話, これだけの, これは, しかもそれ, しかも同時に, しずかに, じぶん, すぐには, そう云った, そう思った, そこらに, そのあまりに, そのくせ, その上, その傍, その度, その方, その時, その晩, その様子, その眼, その部屋, その顔, それでも堅く, そんな事, だしぬけに, ちらと, つく, つけ加えた, つひに, つぶやいた, とう, どうかし, なほかつ, のぼって, ひそかに, ふらふらと, ぼくの, ぼんやり雨, まるで自分, やってきた, やって来るの, わずかに, わたしに, グルグルと, ジョバンニは, ソッと, ツカツカと, ホッと, 一散に, 一生を, 一種の, 下へ, 世間の, 両手の, 中の, 中へ, 二人を, 二階の, 云うの, 云ふ, 人に, 人生の, 今日に, 今日の, 仔細らしく, 他方には, 休んで, 伝六に, 伯父の, 何という, 何を, 何事か, 何時までも, 何時間も, 使って, 信長は, 先へ, 入った, 入口に, 全身を, 其拠る, 凝と, 出来るだけ, 出発し, 切りに, 勉強し, 動いて, 去つた, 台所の, 右に, 右へ, 右手で, 君の, 呟いて, 呟やいた, 周囲の, 呼んで, 唇を, 唐突に, 喋って, 喰べ, 四方を, 四辺を, 坂の, 壁の, 声も, 外の, 夜を, 夢を, 夢中で, 大股に, 太吉にも, 夫は, 夫人の, 子供の, 実際には, 室の, 室内を, 寄って, 寝床に, 封を, 尋ねました, 小屋の, 工場の, 左の, 師匠は, 席を, 帯の, 平気な, 幾たびか, 店番を, 座敷の, 建物の, 彼も, 彼等は, 待ち構えて, 後ろを, 後を, 後刻に, 徐々と, 御飯を, 心で, 心配そうな, 必死と, 必死に, 恥かしげ, 懸命に, 戸外へ, 手綱を, 押入れの, 振り返って, 斜めに, 斯んな, 方々を, 日の, 早足に, 暇を, 最後に, 最後まで, 朝食を, 杖を, 来て, 林の, 検事の, 橋の, 次々と, 歩き廻って, 歩く, 死ぬの, 死んだ, 母の, 母屋の, 母親の, 気楽な, 水の, 水を, 海の, 海を, 無数の, 父が, 牛の, 物を, 物語つて居た, 独り言を, 独言の, 玉を, 申しました, 男の, 畳の, 病人を, 眼で, 研究を, 私たちの, 種々な, 穴の, 空に, 窓から, 立ち止まった, 立つて, 筆を, 羊の, 群集の, 考え込んで, 肯いた, 腰掛の, 腹の, 腹の中では, 膝の, 膝を, 自分たちも, 自分に, 自動車に, 色々な, 芝居を, 苦学し, 葉子の, 葉子を, 薪を, 行った, 裏の, 見送つて後, 言ふ, 話しかけた, 話し出した, 話の, 語って, 説明し, 誰も, 調子を, 身の上を, 車を, 近寄って, 返事しました, 逃げるよう, 逆に, 部屋へ, 鏡に, 門を, 間の, 雨の, 雨戸を, 雪の, 電車は, 青年の, 静に, 面を, 面白そう, 頭の, 頷いて, 食堂の, 飯を, 駒を, 黙つて, 鼻を

2 [878件 抜粋] ああし, あちらこちらと, あとの, あなたが, あれこれと, いきなり両手, いくども, いざと, いそいで, いったの, いろいろの, いろんなこと, いわれました, うしろを, うなずいて, うまくも, おかしくて, おしの, おどろくほどの, おもわず足, お世辞, お医者, お節は, お米, お高, かげでは, がんりきの, が今, きゃっきゃっと, けたたましい音, こうも, こう云っ, こう叫んだ, こう申しました, こつちを, ことによる, このよう, この耳, この頃, これが, これらの, こんな風, さきに, さもさもわざとらしい, ざわついて, しかもそれら, しきりに大杯, しきりに首, しだいしだいに, しばしば彼, しばらくの, しばらく自分, しみじみと, じっとその, じろじろと, すこしずつ, すべての, そういった, そう云っ, そこい, そこから, そこを, そのお, そのなか, そのまま南向き, その仕事, その姿, その後を, その手, その機会, その甘, その間に, その頃, そばへ, それからは, それでもつい, それでも一枚, それでも正面, それへ, たがいに, たたずんで, ただ手, たべて, だんだんに, ちらちらと, ついて行った, つくづくと, つづけた, ですね, でないと, ときどき思い出した, どうだい, なおこの, なおその, なか, ながながと, なんでも, のぞいて, のびのびに, ひくい声, ふたりの, ふたりは, ぶしつけ, ほら穴の, ぼくは, ぼやけた蝋燭, またいざる, まちの, もう一歩, もしかも, やって来たの, やって来る, やっとの, やはりとかげ, やる, よくこの, アッシェンバッハは, ガラス障子の, グイと, ジロリと, テーブルの, ドアの, ニヤリと, パリーの, パーガニーニと, ベンチの, ポケットから, ランプの, 一夜を, 一心に耳, 一息ばた, 一所懸命に, 一方は, 一時間ばかり, 一目散に, 一面は, 三人を, 上って, 上手に, 上野駅の, 下の, 下を, 下男たちに, 世の中の, 中に, 丹念に, 久し振, 乞食の, 二三十分も, 二人に, 二度も, 云い出した, 云ったその, 人々は, 人が, 今日まで, 今眼, 仕方なし, 他人の, 他方に, 仲間に, 伯の, 伸子が, 佇んで, 体を, 何が, 何といふ, 何事も, 何故散歩, 何時の間にかお前, 何気なく訊いた, 何等の, 信一郎には, 俯向い, 僕と, 入ると, 其を, 其據る, 冷たいもの, 凝乎, 出づ, 出発した, 別な, 別にその, 前に, 勝手口へ, 千世子は, 午前中に, 南の, 厭な, 去って, 又一方, 双眼鏡を, 受話器を, 口に, 叫びました, 叮嚀に, 台所から, 右衛門は, 名残りの, 向うへ, 告げた, 周囲を, 呻いて, 哀しく聞い, 唯だ, 商売し, 商売の, 喋つてゐる, 喜んで, 四つ足を, 四畳半の, 因習の, 在る現代語, 地獄の, 坐つて, 垂直の, 塩の, 夕飯の, 外を, 多くの, 大きい河童, 大また, 太子は, 夫れ, 女主人の, 女王の, 好感さえも, 妄想尽きず, 妻は, 妾の, 娘に, 婆さんは, 嬉しそう, 子供たちを, 子守唄を, 学課を, 安楽椅子に, 完成せぬ, 客たちの, 客の, 宿代を, 寝そべって, 導いて, 小さなホテル, 小林君の, 小走りに, 少しでも, 少しも, 岸に, 左側の, 左手を, 己れ, 巷の, 帰った, 幕の, 平次と, 平次の, 平気で, 幾度か, 庄平の, 床の間の, 座敷へ, 弁解した, 形勢を, 彼が, 彼女が, 彼等の, 待った, 後から, 徒歩で, 微かな, 心が, 心では, 志保は, 応接室の, 思い出したよう, 急忙しい, 恭, 悠然と広島湾上, 愛想よく, 感想を, 懐中を, 我々は, 戦争の, 戸山が, 扉に, 手の, 手酌で, 打ち込んだ, 折鞄の, 抱き締めた瞬間, 持つて, 振り向いた, 挽いて, 掌の, 推理する, 揚幕の, 握った手, 散歩し, 文学を, 旅を, 日に, 日本人の, 早足で, 昔の, 是れ, 時計を, 暫くは, 書いたり, 書き続けようと, 書を, 最後には, 朝の, 木津さんの, 本当の, 東へ, 根に, 根気よく, 梢の, 楽しみに, 横たわって, 横を, 欠伸を, 次第次第に, 正確に, 此方に, 武蔵の, 歩きます, 残りの, 毎日手紙を, 気の, 気を, 永久に, 池の, 沁, 波の, 泣きました, 泥の, 泰然と, 洞窟の, 流動し, 海岸での, 消えも, 清らかな, 漸と, 火を, 炉端に, 無理に, 煖炉の, 煙草の, 煮あがるの, 片々の, 片手間に, 物珍らし, 犬の, 猛獣の, 猿の, 現れた, 瑠璃子が, 瑠璃子を, 男は, 町へ, 町を, 病室に, 癖の, 皆な, 目で, 直ぐに, 相変らず, 省作の, 看護員は, 眩しいほどの, 着が, 矢代の, 石段を, 硝子窓に, 社会的にも, 秀吉が, 秀吉は, 私たちは, 私共の, 空しく最後, 突然に, 突立っ, 立ちあがつた, 立ち去って, 立上った, 立上る, 端然と独り, 笑い出した, 笑靨の, 第二, 純金の, 素朴な, 絵の, 絹子は, 続けて, 網を, 縁へ, 縁側から, 繰返して, 美奈子が, 老人と, 老人は, 考へた, 肯いて, 胸の, 胸苦しさ, 腹の中で, 自分と, 自分一人の, 自動車を, 自然に, 自転車を, 舌打ちを, 舞台の, 色々と, 花屋の, 若夫婦, 苦笑を, 茶いろ, 草の, 落ちついて, 蒲団の, 蔓延又, 薬玉の, 藤吉郎の, 藪の, 虎が, 行くの, 行進する, 袴腰の, 裾を, 見ると, 見事に, 見守った, 見物し, 親切に, 言を, 訊きました, 訊ねました, 話しを, 話そうと, 語る, 読むこと, 読むの, 読書する, 誰々を, 誰か, 議論を, 豹一が, 賑やかに, 走った, 起き上がりました, 起って, 足音を, 跪く, 路を, 踊らずに, 車内から, 近付いて, 近代の, 追っかけて, 逃げ出した, 通った, 通つた波蘭から, 通り過ぎようと, 遂, 運転手が, 道具を, 遠い垣, 遠くの, 遠慮し, 遥かに, 部屋に, 金の, 鈴木が, 長火鉢の, 開けて, 降りて, 陽気に, 階下へ, 隣の, 雑木林の, 雪之, 電気装置を, 順一は, 頬杖を, 頸の, 頸を, 額の, 額越しに, 顔の, 顔色を, 食卓の, 馬尻の, 駈け込んだ, 駿介は, 髪を

1 [8872件 抜粋] ああこれ, あけっぱなし, あっちへ, あの暗い淋しい, あめを, あるとき私, いうと, いきまいた, いざ舞台, いっこう平気, いつの間にかそこ, いつも眠つた眞, いまは, いろいろな, うたひました, うなるよう, おかあさんが, おっしゃいました, おぼろげな, おんつ, お君さん, お引請, お綱, お雪ちゃんが, かう言つて, かすれた声, かぶりを, がみがみと, きょうは, くるくる人, こうい, こう答えた, こっそりと, このざま, この僕, この対象, この本, この老人, これ以上理窟を, ごろりと畳, さっき糸屋の, さまざまの, さりげない, しかし一種, しかつめらしく歩, しかも実に, しかも興味津々, しきりに昨夜, しっかり勉強, しばらく巻煙草, しょんぼりとしてたずねてきましたぜ, じっと二人, じっと箱, すうと, すぐ裏, すまし込んで, ずっと洋館, せめて一粒, そうした取り留め, そこらじゅうを, そちらの, そでを, そのほん五分, そのわり, その両, その合間, その妓, その底, その想像, その書面, その灌木, その結論, その衰えかかっ, その鍵, そばによ, それでもその, それでも弟, それでも笑顔, それにこういう, そんな古, たえずその, ただそういう, たった一人茫然, だれかを, ちびちびやる, ちょっと威厳, ついたまで, つきそって, つまり大まか, ではやつぱりさつきの女, とうとう最期, とっくに限り, とりあいの, どうする, どこかの, なおいっし, なおも声, なお眼鏡, なにかしゃべりはじめました, なるだけ, なッ, のに, はね上る, ひき殺す気, ひとりごとの, ひょいとこっち, ふたたび馬腹, ふと眼, ぶつぶつ渋茶, ほうぼうへ, ぼつそりと, ぽつ, まず妹, また一方, また昨夜, また贅沢, まだ待っ, まづかう切り出した, まわるの, みんな忘れ, もうこういう, もう少し行きました, もちろん私, もはや彼, やがて狭い, やっとすっかり赤道, やっぱりす, やはりじりじりと, ややしばらく祈願, ゆっくりゆっくり北の方, ゆるいテンポ, ようよう座蒲団, よしそれ, わいわいいっ, わざと急きたてた, わたしも, アナトオル, ウンウン云っ, カバンを, ガレ場を, クリストフが, ケロリと, ゴロゴロと, シャルムウズの, スカートの, ソロドフニコフの, ツイう, トランクを, ニコニコし, ハンカチから, パラパラと, フト鶴子さんの, ヘーゲルに, ホール夫人に, マルクス主義は, ヤットの, レモンや, ヴェニスを, 一ぴきしか, 一人歩きを, 一同の, 一度として, 一日に, 一様に, 一行の, 一郎を, 七面鳥の, 三味線を, 三週間ほど, 上機嫌で, 下足の, 不案内の, 世俗不敏な, 両雄は, 中道で, 之に対して, 乱次なく, 事実の, 二三枚の, 二度とここ, 云い返した, 互ひ, 亡びきらずに, 人口は, 人間界を, 今までの, 今日までも, 仕事熱心の, 他方跛行的にも, 仲間と, 会心そうに, 伽羅や, 何たる余裕, 何と西村, 何処に, 何時もの, 余儀ない事情, 依頼の, 信念の, 倦か, 傘の, 元々不離, 先ず何, 光栄を, 全世界, 公園裏に, 其の得たる所, 其娯楽を, 内に, 内部が, 再び頭, 凱旋の, 函館市外の, 初對面, 前川は, 力が, 動きの, 勤労人民の, 医師に, 十数人を, 半分くずれかかった, 南洋に, 厄除橋の, 又し, 友の, 叔孫は, 受け取りました, 口惜しがってる, 古畳, 可笑しな, 吉五郎は, 同卓二十餘人, 同時に立ち上った, 向う河岸, 呂蒙, 周章てて, 咳一咳した, 唯ぼんやり, 善吉を, 單に, 囁き合った, 困難な, 土地を, 坂路を, 基督の, 塾生を, 声色を, 外套は, 夜学で, 大きい声, 大人げない, 大杯で, 天を, 太政官は, 奥さんは, 女性の, 如法闇夜の, 姑と, 婆さんの, 子供らの, 学校通いの, 官を, 実は結構, 客間の, 家主の, 寄せた松五郎, 寝も, 寢込んで, 尋ねたの, 小さな洋子, 小姓近習など, 小笠原島の, 少しく閉口, 少女は, 尽きぬ夢想, 屋根裏の, 山崎郡山伊丹などの, 島の, 左門の, 帆村に, 帰る道, 帽子屋の, 幸福そうに, 広岡へ, 座に, 延びて, 弓に, 弟を, 強く否定, 当時一葉の, 彼自身の, 後は, 徐々に自分, 御無音の, 微笑した, 心安い間柄, 忍び泣きに, 念入りに, 思つた, 急き立てられるよう, 恋を, 恥ずかしそう, 悦ばれたが, 想像する, 愛犬の, 慌ただしく小説, 懇願する, 我勝ちに, 戦車の, 手さぐりで, 手招きする, 手荷物の, 批評を, 押しあったり, 拾い集めて, 挨拶も, 掘りたて, 描いたもの, 撃つの, 故ら, 敬に, 料理茶屋を, 新八は, 新鮮な, 日向に, 昆虫でも, 昔よく, 昼ごろまで, 時々憂晴, 時親は, 暗喩寓喩の, 暮らさなくては, 書きたい事, 月丸が, 朝飯を, 未来永劫また, 李は, 来るらしいて, 松尾が, 柩の, 格別に, 梯子の, 極めて凡庸, 横ざまに, 機械構造についても, 次第に東京, 歌風の, 此方を, 歩きかけた, 歯ぎしりしたくなる, 殆ど無意識, 毎夜の, 氏郷の, 気持が, 水口まで, 永生きを, 決断の, 泊つて来た, 注意した, 浅川の, 涙ぐみハンカチ, 深雪を, 渡辺は, 満足そうに, 滝野は, 漸く自己, 瀕死の, 炎の, 無限の, 煙管を, 熱心な, 父を, 片隅へより, 物見高い散歩, 狂的な, 狼狽えて, 獨で, 王様は, 瓦を, 生徒に, 田村町一丁目の, 男たちの, 留守宅を, 病人は, 登れば, 白状せざる, 皺を, 目礼した, 相当強い, 真似るの, 眠る前, 眼鏡を, 矢張り胸が, 石子刑事は, 碗で, 社員氏は, 神経質に, 秋に, 穹窿形の, 突然起ち上っ, 立ちあがる, 立ち停つた, 立去る, 笑いました, 笠の, 答える吉村氏, 米友に, 紙と, 細胞の, 結語は, 絶えず杉戸口, 総門の, 縁台の, 缶の, 群集を, 老酒を, 耕二に, 聞くもの, 職務的に, 背かれて, 腐肉を, 膽振日高觀の, 自分だけは, 自席の, 與吉を, 般若心経の, 艫を, 芥川が, 若い樵夫, 苦学を, 茶の間に, 菅谷に, 蒲団を, 薄紫の, 蛋白質の, 行くうしろ影, 街の, 表門を, 複雑な, 要領の, 見れば, 見物できる, 親しげ, 言いだすと, 言ったことば, 訊き返した, 証人渡辺刑事に, 話しつづけました, 話は, 読まない先, 誰にでも, 警固し, 讀んだもの, 貧しい酒, 賢二少年を, 走りぬけた, 起った, 踊りの, 身體に, 軽々しくこの, 輦台は, 迎えました, 近視の, 追っ掛けて, 逃げようと, 這い上がりそこで, 通る途中, 進み出て, 遅い暖, 過ごした, 道端の, 遠洋漁業の, 部屋代の, 酢漿草の, 金が, 釘づけ, 銚子を, 鍵穴に, 長い煙管, 長持の, 間もなく沼辺テル子, 附添の, 際あら, 雑誌でも, 電話口に, 青年を, 鞄を, 頬で, 頻りに胸算用, 顔見合わしまし, 飛び出すこの, 食べるん, 飲み下して, 香を, 駄々子の, 駕籠について, 高調子に, 鳥打帽を, 黒いふの, 黙つて太郎さん

▼ したり~ (10179, 1.3%)

1240 して 372 した 229 するの 224 すること 143 する 11280 すると 73 するよう 63 しながら 52 しました 50 したの 43 したが 39 何か 37 しが, したこと 36 したもの 30 するもの 29 するので 28 する事 23 しては 19 自分の 18 する時 17 しなり, するん 15 しに, する人, する者 14 しても, するが, するという, する必要 13 しは, します, それを, 顔に 12 しようと, するから, するため, するやう, 手を, 笑ったり 11 しないで, するとき, するところ, 人を, 考えたり 10 き而 9 しなければ, しましたが, し時, するに, する場合, 子供の, 物を

8 [15件] いろいろの, したので, しを, すれば, それに, それは, そんなこと, むやみに, 子供を, 時には, 本を, 歌を, 死んだり, 頭を, 顔を

7 [13件] ある時, ければ, されたり, した後, しと, するだけ, するよりも, する余裕, する気, そうかと, 喧嘩を, 眼を, 腕を

6 [12件] いろ, しこと, しないよう, する力, する男, それから, 他人の, 彼の, 手紙を, 書いたり, 研究し, 首を

5 [37件] いろいろな, けるが, けん, したから, した事, した時, しつつ, しないという, するその, するほか, するほど, するもん, する人間, する様, する様子, や, 之を, 人の, 反省し, 声を, 家の, 将来の, 急に, 搾取し, 時ならぬ, 最後に, 煙草を, 笑つ, 腹を, 自分が, 解剖し, 話しかけたり, 話したり, 読書し, 議論し, 酒を, 金を

4 [57件] いたしました, いっしょに, きと, き是, けむ, これを, さうかと思ふ, させたり, し, したという, したとき, しない, しないこと, しないの, しなかった, しまして, しや, しやも, するそういう, するとは, するには, するばかり, する外, する方, する筈, そのほか, またその, また自分, 一緒に, 中には, 他の, 子供が, 悲しんだり, 悲んだり, 憤慨し, 或る, 戦争を, 批判し, 指導し, 掃除を, 日本の, 時々は, 横に, 欠伸を, 気を, 泣いたり, 洗濯を, 着物を, 私を, 自分に, 花を, 説明を, 議論を, 軽蔑し, 顔し, 鼻を, 鼻唄を

3 [126件] お茶を, お酒, からかったり, この点, さう, させて, しかを, したそう, したため, したと, したまま, したん, してから, しのみ, しはじめた, しもの, し始めた, すかしたり, すべてが, するか, するけれども, するだけの, するのに, するより, するよりは, する人々, する仕事, する例, する心, する所, する気持, する程, する習慣, せずには, そういうこと, その間には, それが, とんぼが, とんぼ返り, なんかしない, ふざけたり, またある, またいろいろ, 一つの, 三味線を, 下痢し, 云つ, 人から, 人殺しを, 休息し, 伸びを, 低くし, 何の, 出来るもの, 判断し, 力を, 勝手に, 匕首を, 又その, 口笛を, 台所の, 叱ったり, 咳を, 唄を, 嘆願し, 嘲笑し, 圧迫し, 夜は, 女の, 学校の, 宗教の, 寝台の, 小さくし, 小学校の, 彼れ, 怒ったり, 思索し, 恐れたり, 悪口を, 想像し, 或時, 排斥し, 接吻し, 散歩し, 整理し, 日常の, 昼寝を, 時計を, 氣の, 涙を, 理解し, 甚だしきは, 病気し, 目を, 相手の, 祈祷を, 私は, 米を, 網を, 而し, 耳に, 聞いたり, 脇腹を, 自殺し, 興奮し, 舌を, 色々と, 苦悶し, 茶を, 薪を, 解釈し, 評価し, 話を, 説明し, 近所の, 遊んだり, 邪魔に, 釈明し, 針を, 青くし, 非常に, 顏でした, 食事の, 飯を, 高くし, 魚を

2 [458件] あくびを, あなたの, あらゆる手段, あるいはその, あるいはそれ, あるいは他, あるいは自分, あるひ, いいの, いたずらを, いったり, いつまでも, うたったり, うろたえたり, えらそう, おどしたり, お常, お料理, お舟, お菜を, お辞儀し, お通夜を, かついだり, きとぞ, きみがわるくなっ, きれを, き之, き斯く, き此, き顧みて, けがを, ける, けるに, こくめい, ここへ, ごまかしたり, さまざまに, されて, されるの, しがち, したあと, したいの, したのに, した人, した場合, した揚句, した昔, した男, した結果, しつづけて, してね, してばかり, してまで, してるうち, しないでも, しないので, しないもの, しない日, しない限り, しなかったり, しなくても, しならむ, しますが, しようという, し出した, し如き其二, し如しと, し所以, し者, し黒衣, すぐさま悲しい, するあの, するいっさい, するうち, するかも, するといふ, するなか, するにも, するはず, するほどの, するわけ, する不思議, する位, する側, する光景, する処, する動物, する奴, する役目, する彼, する手数, する権利, する癖, する移り気, する話, する費用, する足場, する間, する際, する音, する高砂屋, せねば, せんで, そうでなけれ, そこの, そして急, その人, その他いろいろ, その理論, その眼, それについて, それらの, だった, だんだん事, つまり子供, つもりに, といへども, となり, どうなる, どなりつけたり, なさいました, なぞし, のらくらし, びっくりし, ふかされたり, ぶつぶつわけ, へこたれたり, また, またお, またたちまち, またはその, または紙, またまれ, またやり直す, またわざと, また時には, また流し元, また無性に, また非常, みだりに花, みんなちりぢり, やくざ者を, やたらに, わけを, ウンスン歌留多を, カン蛙と, ダンスを, ハラハラし, ピアノを, 一しょに, 一定の, 一寸の, 一日に, 一生けん命踊りました, 三枝先生と, 不必要, 世話を, 世間から, 世間を, 世間話を, 両腕, 主張し, 之に, 乱したり, 云々, 交渉し, 今の, 今は, 今まで, 仮面を, 仲直りを, 休んだり, 何かに, 何事にも, 例によって, 先生の, 全然別, 冗談口を, 写生し, 冷水摩擦を, 冷汗を, 冷罵し, 利用し, 劇に, 力んだり, 努力し, 勉強し, 十余年の, 博奕や, 即興の, 又は私, 友達と, 口を, 口説いたり, 句作し, 叫んだり, 叱られたり, 各病室, 否定し, 吸入を, 唇に, 唇を, 喉を, 喋ったり, 嘴の, 垣根を, 売買の, 変な, 外の, 多くの, 多少の, 夢想し, 夫の, 失敗し, 失敗まで, 女たちは, 女だてらに, 女中の, 女達が, 好きに, 威したり, 娘や, 嫂と, 嬉しがっ, 子を, 子供じみた騒ぎ, 字を, 学友会の, 宙返りを, 家を, 寝たり, 寝転んだり, 小便を, 小言を, 小鳥の, 居眠りを, 崇拝し, 左し, 市中の, 帽子を, 床を, 店の, 座右の銘と, 座敷の, 庭の, 庭を, 弁護し, 弁護人と, 当惑し, 彼を, 彼女の, 往来の, 心を, 怪しげな, 悪いこと, 悪罵し, 悪虐無道, 惨めな, 愛したり, 愛撫し, 感激し, 憎しみを, 或は其の, 或は又, 或は親, 或は鋏, 或ひ, 戦争に, 手に, 手術を, 打ち明けたり, 抜萃し, 抱きしめたり, 拳で, 指図し, 排除し, 描いたり, 撞着し, 故意に, 救恤品を, 散歩を, 文七が, 文章を, 料理の, 料理を, 断食を, 新聞に, 日本にとっては, 日本人の, 旦那が, 旦那取りを, 昼の, 時には泣き出し, 時には産婆, 時には詩, 時によっては, 時による, 普通の, 暴力を, 月見を, 木の実を, 木を, 木柵を, 村役場の, 東京では, 果ては該新聞紙不買同盟, 果は, 格闘し, 椅子の, 様々だ, 模倣した, 横の, 機織を, 止めたり, 此れ, 殴りあい, 殺したり, 母親へ, 毒を, 比較し, 毬を, 気が, 水を, 水汲み, 氷の, 求められれば, 汗を, 油を, 泣いて, 注射を, 注意を, 泳いだり, 洗ったり, 海を, 無理な, 燈下に, 物の本を, 犬の, 狂つ, 疑ったり, 発電処の, 白いきれ, 白粉と, 白粉を, 相手が, 真剣な, 眼や, 着物の, 破壊し, 碁盤を, 示威的な, 社会に, 祝福し, 祝詞を, 禁令し, 私の, 稀には, 種々な, 窓から, 竹と, 箱崎志賀両, 糸を, 絵を, 絶えず神経, 絶叫し, 罪に, 罪も, 罵倒し, 考へたり, 而も, 肯定し, 肴を, 胸が, 自分より, 自殺を, 致します, 艱難辛苦し, 色々な, 苦念し, 苦笑し, 草を, 落胆し, 蒐集した, 薪炭の, 薬を, 虎の, 衒学を, 衣裳を, 衰弱し, 袖や, 袴の, 裏の, 要するに昔, 見合わせたり, 見習ったり, 親きょうだいの, 親の, 観察し, 言ったり, 言葉を, 言譯を, 話に, 誰か, 調べたり, 謂わば, 警戒し, 讃美歌を, 財界を, 責めたり, 買物し, 質問を, 賭けないと, 賺したり, 贔負を, 足の, 踊ったり, 蹴ったり, 身の, 軍秩を, 転倒し, 軽蔑する, 近くし, 近頃は, 逃げて, 遺言を, 部屋も, 酒など, 重傷を, 野次つ, 金の, 長押を, 阻害し, 雑多な, 雑誌を, 雛を, 雨戸の, 静かに, 非難し, 面に, 面を, 音楽を, 頬ずりを, 顏に, 顏にな, 顔つきを, 飛んでも, 食事し, 飾ったり, 養蚕し, 香華を, 馬に, 馬を, 驚いたり, 高尚な, 高笑いを, 髪を, 鳥の, 鼻歌を

1 [4825件 抜粋] あいそ笑いを, あちこち奉公した, あのおそろしい, あやふやな, ありも, あるいはまた黙想, あるいは動い, あるいは手足, あるいは無意識, あるいは虎, あるもの, あわの, いきなり立ち上っ, いつもそうでしょう, いろいろお, いろいろ不幸, うと, おいでおいでの, おしまいには, おばあさんに, お下げに, お取次, お愛そ, お籠, お鍋を, かくせない一面, かような, かわるがわる一人, きわどいところ, ぐず, ける折柄祇園祭り, けん懷中, げに言つて, ここいらは, この一事, この頃, ごろごろし, さへも, さんざんだった, しかれども内治, したいといふ, したくなるわけ, したところ, したらあなた, したッけが, した声, した所, した無為, した経験, した間々, しちまうまで, してる人々, しないでね, しない為, しなさいと, しましたけれども, しゃがんで, しょげたり, し主婦, し十八史略中, し後沒理想, し時代, し篠本造士館講師, し黒澤何, すしなど, すべきでは, するからこそ, するこの, するだろうか, するなどと, するもくろみ, するゴツホ, する事件, する優しい, する単に, する学課, する年齢, する才, する有様, する滑稽, する男女, する立場, する老いて, する貧弱さ, する道具, ずいぶんロク, せば, そうしていつも, そしてそれら, そして酒, そのころ勃興, そのよう, その他子供によって, その外, その手, その殺生, その背中, そりや, それからまた少年, それから素人, それに多分, そんな奴, ただ寝返り, だ, ちょうど格子, つけ加えたり, つまらぬ話, できるはず, でなければこそこそ, ときどき現, とびかかるまね, とんでもない, ない, なぐさんだり, なさる御, なにかは, なんかすると, なんの, はずしたり, ばかばかしく安心, ひつくり返つたり, ひるすぎ, ふところに, ぺっぺっと水を, ほとんど朝廷, ぼんやり洞ろ, まじないを, またさ, またとき, またはカキンカキン, または攻撃的, または潮流, または話し, またふと, また七畳, また出来, また哄笑, また夜, また少し, また急い, また時として, また滑り台, また私, また進路, まりを, みすぼらしい着物, もがいたり, やってから, よそごとに, るぱんやほるむすを, われにも, アポロの, ウィリアム, カアテンを, カードの, ギャロップを, コックを, ショゲたりは, ストーブに, タールや, トルストイを, ナマコ板を, ハアティー, パジャマの, ビックリ箱から, ブロウドウエイで, ペロペロし, マダ夫れで, ムンズと, ルナパークの, 一人で, 一家中で, 一日取ちらかった, 一葉の, 三千と, 上下を, 下劣な, 不快を, 不自然に, 世間に, 中古自動車の, 之れ, 乱暴し, 予告を, 二六時中生命の, 云ったり, 井戸端で, 亭主に, 人物は, 人間を, 仕度を, 以後の, 会釈を, 体操を, 何という, 余った物, 使用し, 俺が, 偵察し, 傲語し, 優等生に, 先祖の, 全然排斥, 共同に, 其大要を, 冒険に, 冬には, 凡べて, 出入の, 分類し, 判を, 制度の, 前途の, 創作の, 労を, 動揺する, 勿體を, 十四代将軍, 半里, 博奕の, 卵を, 参詣人の, 又はその, 又は前, 又は耳, 又句, 又真雄自身, 又露骨, 反抗し, 取り扱ったり, 古い女房, 叫び声を, 各地の, 吉岡太郎左衛門の, 名誉を, 吾を, 味噌を, 咲子への, 唸り声を, 善惡正邪の, 喪失し, 器械の, 回診の, 土を, 地租改正の, 城外への, 場合を, 増減し, 変化し, 外出し, 多少は, 夜寝, 大いに深刻, 大きな石燈籠, 大人みたいに, 大悟し, 大震災の, 太くし, 奉公し, 女房は, 妙り, 威張ったり, 婦女子を, 嬉しが, 孟宗竹の, 守ったり, 定義し, 実践し, 宥免状を, 家具の, 宿を, 富士にも, 寝泊まりし, 尊大ぶっ, 小声で, 小金を, 少し許, 尾の, 展覧会を, 岩礁で, 工場を, 巨万の, 帰参する, 平天平地とかいう, 幼児を, 庇つ, 廃り者らしくない, 弁護しよう, 弟の, 当時一家の, 役者が, 往来に, 後退し, 御子息, 御返答, 心に, 忘れたり, 思いわずらったり, 思考し, 恋愛事件を, 恰好を, 悲しい思い, 惱ましい, 愚図, 感嘆し, 態, 憎いアンチキショウ, 我も, 或いは歳末, 或はピラミッド形, 或は學生, 或は知識慾, 戦いに, 房一を, 手や, 手桶の, 手鎗を, 抄訳し, 抱きたがったり, 押借強請は, 拳固を, 挙げた両手, 捜査の, 握り飯を, 支払いを, 改造した, 故に國庫, 教育を, 文学者が, 新たに, 新聞記者に, 日を, 日頃の, 早退し, 昼も, 時には反抗, 時化の, 普請を, 暦を, 更に遠く, 書斎で, 朝子が, 未明の, 机の, 東成禁酒会附属少年禁酒会長という, 枕許の, 柱にも, 桶の, 植民地化し, 概念上の, 横丁へ, 次いで西鶴, 正しくなく, 武器を, 歸ってからも, 残りの, 母から, 気に入りそう, 水でも, 汗っぽい, 治療を, 泣くまいと, 洗い髪の, 流浪し, 海に, 混乱し, 温泉に, 溜息つい, 演劇遊楽に, 激しい精神, 火を, 無理に, 焦点を, 焼付けたり, 燒い, 父母兄弟に, 牧師を, 物音が, 狙つ, 猛烈に, 珍しがっ, 理科の, 甚しきに, 用人達へ, 町で, 畑を, 異常な, 疳癪を, 痛嘆し, 發憤し, 皆で, 盆踊りを, 目くばせし, 相剋し, 真直ぐに, 着席し, 知人の, 砂糖と, 硫酸で, 祈ったり, 禁裡への, 私行を, 稽古し, 窃と, 競争者を, 等する, 米屋か, 精神能力を, 紙袋が, 結婚などといふ, 統計を, 綺麗に, 縫い返したり, 罪の, 美しい景色, 羽目板を, 考え込んで, 聞けば, 肩に, 背景が, 能の, 腐敗し, 腰掛にも, 臨終に, 自家でも, 自身の, 興味を, 船楫もがも, 色々詮議立を, 苛酷に, 苦情を, 荒唐無稽の, 菜漬を, 葡萄酒の, 蓄音機を, 薄命を, 藁包を, 虐殺し, 蜥蜴を, 行水を, 袖の, 製品を, 西洋へ, 見ぬ高, 親子夫婦が, 角, 言い寄ったり, 訊問し, 記述され, 詑びたりし, 話しこんで, 説教し, 課税し, 諷諫を, 講義とは, 貌なる, 貧困し, 賞讃し, 赤ん坊を, 足首で, 身体を, 転落を, 輻射し, 農繁期に, 迷つてゐる, 送り迎えを, 逆立ちを, 連峰の, 遊楽を, 道路を, 邪魔し, 酒屋の, 野に, 野逕を, 釘を, 鉄門の, 鋭くし, 長い一日, 門番の, 関東だけ, 陥れたり, 隣の, 雌牛から, 雨の, 電気炬燵で, 霰状雪や, 面白い面白いと, 音楽や, 頭が, 顎を, 顔でした, 飛行器の, 食物を, 飲んだくれたり, 首に, 馳走を, 驚嘆さしたり, 高座の, 鮠を, 黒の

▼ しては~ (8841, 1.2%)

189 ならない 182 いけない 132 ならぬ 112 いなかった 93 いない 90 いられない 87 いけません 66 いけないと 65 ならないと 56 ならぬと 55 いたが 52 いるが 44 ならないの 42 いけないの 39 いないの 34 いけないという, なりません 30 いけないよ, いられなかった 29 ゐない 28 いけませんよ, ならないこと 23 ならぬという 22 いかん, どうだ 21 ゐないの, ゐるが 19 ゐなかつた, 珍らしい 18 どうかと 17 いられないと 16 いられないの, 居られない 15 いなかったの, ならないという, 私は 14 どうか, ゐられない, 大変だ, 珍らしく 13 ならぬぞ, 自分の 12 いなかったが, いません, ならんぞ, 困る 11 いけないん, いないが, それは, ならん, 彼の, 日本の, 私の 10 これは, ゐたが, 少し老け, 非常に 9 いたものの, いないだろうか, ならぬこと, 何等の, 彼は, 悪いと

8 [11件] あまりにも, いませんでした, いられないので, どうでしょう, ならないもの, ならぬの, なりませんよ, なるまい, ゐられないと, 少しふけ, 居ない

7 [18件] いかんよ, いけないこと, いても, いないと, いやに, いるけれども, くれません, どうだろう, どうです, ならないから, ひつて, よくない, ゐなかつたの, 大きすぎる, 大出来, 居なかつた, 生きて, 餘り

6 [27件] あり得ない, いけないって, いた, いたけれども, いつて, いないか, いないから, いるけれど, これを, それを, ならんと, ゐないが, 不可ない, 人間の, 何か, 何にも, 何の, 困ると, 妙に, 少し変, 居らぬ, 居りません, 思ひの, 早すぎる, 殆ん, 罰が, 色が

5 [35件] いかんと, いけないぞ, いけないわ, いないで, いないよう, いられないよう, いられないん, いられなくなって, いられぬ, いる, おれぬ, お前の, くれない, この上, ならないので, ならぬといふ, ならぬ事, ゐないか, ゐられないの, 中, 余りにも, 可け, 困るよ, 如何, 容易に, 居るが, 念が, 手際が, 様子が, 気の, 珍しいこと, 眼を, 長過ぎる, 駄目だ, 驚くばかり

4 [68件] あるが, いけないもの, いたけれど, いつまでも, いないかと, いないという, いないよ, いないん, いましたが, いやだ, いやよ, いられない気, いられなくなった, いられまい, いるものの, おかしい, おけない, くれないで, くれまいか, ここに, すまない, すみませんから, それが, どうかな, ならないぞ, ならないはず, ならないよ, ならない事, ならなかった, なりませぬ, なりませぬぞ, ひどく老け, ひどく若く, ゐないし, ゐないやう, ゐないん, ゐなかつたが, ゐられないやう, 一大事である, 不可い, 不可能である, 不思議な, 之を, 二人の, 今の, 何と, 何という, 初めてまざ, 十分に, 喜んで, 大変です, 大変な, 如何と, 少し大き, 少し早, 少し薹, 居りますが, 悪いという, 感心な, 気が, 相手に, 置かなかった, 腰を, 色も, 誰も, 贅沢な, 迚も, 長すぎる

3 [140件] あるの, いかがでしょう, いかがです, いかぬ, いくらか, いけないから, いけないが, いけませんという, いたの, いないけれど, いないし, いまい, いませんか, いませんが, いられないこと, いられないぞ, いられないという, いられないもの, いられなかったの, いられなくなりました, いるの, おかれん, おれなかった, くれないの, くれぬ, こまる, さすがに, すこし色, すまないと, それこそ, どう, どうかといふ, どうかね, どうであろう, どこか, どんなもの, ならないといふ, ならなかったの, ならぬもの, ならんの, へんな, みたが, めずらしいこと, やり過したい気, よろしくない, ゐたの, ゐないと, ゐましたが, ゐません, ゐませんよ, ゐられなかつた, 一種の, 不可ません, 事件の, 些と, 今までの, 今夜は, 今日の, 何う, 何うだ, 何人も, 個人の, 出來, 出来すぎて, 吾, 味が, 困るが, 困るね, 困るの, 困る事, 増加し得ない, 声が, 変だ, 変な, 外を, 大き過ぎる, 大変である, 大変と, 大變, 夫に, 奇妙な, 如何で, 如何でしょう, 如何です, 如何との, 少しも, 少し大きい, 少し嫁, 少し年, 少し重み, 居なかった, 居なかつたの, 居られないの, 居られぬ, 居るもの, 帰って, 年が, 年も, 形が, 復た, 心の, 思いの, 悪いの, 意外な, 意外に, 感心だ, 手が, 時刻が, 時間が, 更けてるねと, 柄の, 柄も, 氣が, 永久に, 熱も, 生れて, 真の, 確かに, 私が, 私を, 空を, 絶対に, 美しすぎる, 老人の, 考えて, 自分が, 自分で, 芸術の, 若々しい男, 若過ぎます, 言葉が, 身体の, 逃げて, 遅すぎる, 醜態だ, 非常な, 馬鹿に, 駄目です, 駄目よ, 鼻の

2 [462件] あとが, あの塀, あの足音, あまりによく筋, あまりに偶然, あまりに率直, あまり早い, あまり血, ありそう, あり得ないの, あんまり素人, あんまり綺麗, いかぬと, いかんぞ, いかんとも, いけないこういう, いけないこれ, いけないぜ, いけないその, いけないそれ, いけないってね, いけないといふ, いけないね, いけないわよ, いけない事, いけなかった, いけなかったの, いけねえ, いけねえと, いけませんから, いけませんて, いけません私, いないこと, いないだろう, いないであろう, いないでしょう, いないのよ, いないらしい, いなかったか, いなかったから, いなかったけれども, いなかったし, いなかったらしい, いなかつた, いまいか, いましたけれど, いられないから, いられないね, いられないよ, いられない心持, いられぬと, いられぬよう, いられねえ, いられまいと, いると, うますぎる, おかれない, おのれの, お上の, お供が, お綱, かえって, かえってお, かなは, かの女, くれたが, くれなかった, くれなかったの, くれなかつた, くれまいかと, くれる, ここは, このよう, この女, これが, これほど, これまた, これも, これらの, こんなに身, さう, しかたが, しない, すこしやさし, すこし変, すまぬが, せかへりしに, せっかくの, そのままに, その事, その頃評判, それだけの, それに, そんなこと, た, たいへんだ, たいへんです, たいへんな, たちの, たとへ, だめだ, だめです, ちっとお, ちと重, ちょッと, つひには, つまらない, つまらないと, どうかという, どうかネ, どうする, どうだらう, どうで, どうにも引込み, なか, なかなかの, ならないし, ならないよう, ならないん, ならない気, ならない筈, ならなかつた, ならぬから, ならぬこの, ならぬし, ならぬ夏, ならぬ筈, なりましねえぞ, なりませんぞ, なるまいと, なんだかへん, なんの, はあこの, ばかに, ひつた, ひとつなり, ひどくジミ, ひどく若々しいの, ひどく野暮, ひどく頽然, びっくりした, まずいと, ませた娘, またなんと, また追, まだそんなにも, もつと, やや大きい, やらない, やり切れない, やり過したい氣, よく出来た, よほどの, わたしの, わるいと, われわれの, ゐた, ゐないこと, ゐないよ, ゐないらしい, ゐない樣子, ゐませんが, ゐられないといふ, ゐられなかつたの, ゐられません, ゐるけれども, イケナイよ, セメドの, ニヤケ過ぎます, 一と, 一の, 一代の, 一夕の, 一大事だ, 一般に, 下さるまいか, 不似合, 不用よと, 中国側を, 事件が, 人々は, 人が, 人は, 人生の, 今日まで, 仕事が, 他に, 他の, 伊東巳代治男あり, 何とお, 何も, 何んと, 何一つ辻褄, 余りに声, 余りに美し, 余りに艶, 余り似, 余り意気地, 作らせて, 例の, 供も, 先祖の, 全く手一杯, 全世界, 八五郎は, 其教へる, 其文字は, 出来が, 出来過ぎて, 分に, 分別者らしい, 初々しくて, 初々しく喜三郎, 到底了解, 労働が, 千をも, 南国愛媛の, 却て, 厭惡の, 又跳び上る, 及びも, 呉れざりし, 呉れず朝念佛, 商売に, 喜八は, 困ります, 困りますな, 困りますねえ, 困りますよ, 困るじゃ, 困るだろうこと, 困るもの, 国の, 国民の, 土の, 地味でした, 地球の, 堪忍の, 増加しない, 変態に, 大なる, 大へん, 大文章, 大柄な, 大柄の, 天下の, 奇想天外より, 如何とも, 妙な, 娘の, 嫁き, 子供っぽい, 存在せず, 宜く, 家の, 小さいと, 小さい方, 小さ過ぎる, 小柄な, 少々変, 少々相手, 少くとも, 少しあわて, 少しあわてた, 少しおかしい, 少しばかり, 少しふけた, 少しませた, 少し人間味, 少し低, 少し初々しく, 少し大きく, 少し妙, 少し手堅い, 少し洒落過ぎ, 少し深刻, 少し老けた, 少し老成, 少し若, 少し遠慮, 少し重い, 少し野暮, 少し顔, 居ないの, 居なかったの, 居なかつたが, 居ません, 居ませんでした, 居られず何, 居られなかった, 居られぬと, 居られません, 居るまいか, 居れど, 居れない, 工藝の, 平次が, 座側に, 弱過ぎた, 強過ぎる, 彼も, 彼らの, 彼女の, 彼女は, 彼自身の, 後に, 御政道, 心に, 怒らず瞋恚, 恐ろしい美人, 恐ろしく若作り, 恬淡其物である, 悪いから, 悪いからな, 悲しいと, 惡いと, 愛嬌の, 成熟し, 我々が, 我々の, 我軍の, 戦に, 戰爭何れも, 戸口が, 手を, 拙著, 損だ, 数が, 文明の, 新たに, 新刊物を, 早いかしら, 昨日の, 智的に, 暖い, 最早や, 末の, 来たものの, 東洋の, 桃色の, 次の, 止むを, 歩き十二里, 歯が, 歳が, 殆ど何等の, 殺して, 母の, 比較的に, 毛が, 毛利と, 気の毒だ, 汚なすぎる, 法律は, 洪大すぎる, 派手な, 流石に, 消えて, 清水の, 済まないが, 済まないと, 済みま, 温かくこの世, 満足しない, 灰が, 爭鬪大に, 父母の, 物の, 物を, 珍しいほど, 珍しく無口, 生きても, 生活し得ない, 生産し得ない, 相すまぬ, 相手の, 眞に, 眼の, 着物の, 知れたもの, 研究し, 神妙な, 私も, 程近い, 立派だ, 立派な, 笑って, 粋な, 細いし, 細君を, 結婚の, 絵様は, 絶對に, 綺麗な, 綺麗過ぎる, 繪樣は, 置かれないと, 置かれないので, 置けない, 義に, 考えられない, 聡明すぎる, 肌合の, 肢が, 背の, 背丈の, 能く, 自分から, 良心に, 若々しい容貌, 若々しく泳ぎ, 若くて, 若く弱々しく見えます, 葉が, 血が, 行けませんよ, 裏切る, 見るものの, 親分の, 言ふ, 詰まらないから, 語れません, 説明の, 読書の, 貰えまいか, 貰はれないらしい, 貰へ, 贅に, 贅澤な, 贅澤過ぎる, 起り得ないから, 足を, 身に, 較べもの, 近頃の, 通る人, 通れない, 遊んで, 道が, 部屋の, 酒を, 酒樽を, 野村靖子に, 銀製の, 長々しく, 関東軍は, 陰気な, 面倒だ, 面白くない, 頂けませんか, 頤の, 顔色が, 顫上る, 風も, 首が, 首を, 馬鹿を, 高い, 高過ぎる, 鳥獣魚虫の, 麦藁帽子, 黄金を

1 [4597件 抜粋] ああいう, あげたいが, あなたと, あの四角, あの美人像, あまりにきらめかしい, あまりに他, あまりに小規模, あまりに無謀過ぎ, あまりに親し, あまりピタリと, あまり残酷ぢ, あらたまらぬ, あわてて, あんまり念, あんまり音, いかないから, いかにも全体, いかんこれ, いかん此処, いけないかしら, いけないつてこと, いけないなどとは, いけないよと, いけない御, いけない若旦那, いけぬ無分別, いけませんそんな, いけません何, いずれも, いただけなかったわけ, いっていらしった, いてるの, いないじゃ, いないのね, いない小林秀雄氏, いなかったであろう, いなかったスクルージ, いませんですし, いやらしく若やい, いられずいきなり, いられないだろう, いられない互い, いられなかったであろう, いられぬという, いること, いわゆる将器, ええところ伝兵衛, おかしいわ, おきますまい, おこないえません, おもしろうない, おれぬよう, お仲間, お妙, お氣, お茶道, お願いし, かえって実, かすかながら, かなわない遠, きりが, くやしまぎれ, くれないけれど, くれなん, けしからんじゃ, ここには, このまま, この婆さん, この物語, この遠い, これだけに, ごく稀, さしてやつれ, しかしあなた, しまわなかったの, すこしはやすぎる, すこし大人し, すこし現実, すっぱに, すまない訳, ずいぶん気前, ぜいたくすぎる, そここ, その一本, その報告, その後の, その本質, その窓際, その言葉, それで, そんな形, たかが格闘, ただはらはら, たつた一ぺん, だれだって, ちとおかしい, ちと毛色, ちょっと年, ついに事, つまらぬ愚痴, とうてい嫌味, ときどき, とても顏出, どういう目, どうねえ, どうも手応え, どれほど, なおさら神, なかなか旨く, なげこみました, なほ多少, ならないかという, ならないそして, ならないとの, ならない寂しい, ならなかったから, ならぬといった, ならぬ千八百九十六年歐羅巴ハンガリー, ならぬ武器刀剣, ならぬ誰, ならんが, ならん早う, なりませんさあ, なんだか気, なんともえたい, にやにやと, はや汝, ひどくあわてこんだ, ひどく厚化粧, ひどすぎる, びつくりした, ぷすつと打つ, ほんとの, まことに変わった, まずいから, またすこし, また出発, また歓呼, まだそれ以外, まったく赤面, まるで気配, みっともないと, むしろ實體, めずらしい大金, めずらしく強く首, もうきこえまい, もがいた跡, もはや学生大衆, やはりどうしても不完全, やれ今日, よく夫婦, よく肥つて, よほど頭脳, わざわざ首, わるい歌, ゐないだらう, ゐない我々日本人, ゐなかつたらしくその, ゐら, ゐられない程, アパートの, カッフェ, シャヴァンヌ, ダメです, ッきり冴え, ドウかと, バナナは, マルクス主義者によっても, 一つ場所に, 一向荷物, 一定の, 一層気, 一日々, 一生寢覺めが, 一衣帯水の, 丁寧な, 三つ四つも, 上出来で, 上杉家の, 下さらんか, 下方にて, 不可けず, 不孝ぢや, 不相應, 世界的の, 両手で, 丹念に, 乗って, 予想外の, 二つの, 云えん, 五色具はる, 人に, 人格問題に, 人類の, 今日戰ふ, 他人の, 以前の, 位負けが, 何うだらう, 何だか少し重, 何と言, 何事をも, 何様も, 余りにはっきりしすぎ, 余りに大胆, 余りに数, 余りに簡単, 余り何度も, 余り規則的, 余程の, 価格において, 俳句に, 健康は, 働けないから, 元気が, 先生の, 全く信じ, 全く變つて, 全然關知, 兵が, 内福らしい, 冷かな, 出掛けて, 出来ない, 出立が, 切出しかねて, 判定されない, 到底この世, 到底現, 前後左右額縁の, 劉表の, 労働の, 勧誘の, 勿論罪, 卑怯である, 博士自身の, 危険千万だ, 却って長政, 厳密を, 又書く, 反ファッショ, 受けとれない, 古い装置, 可厭, 台湾の, 叶いましねえ, 合間合間に, 君の, 呉れないか, 味覚や, 唯だ, 商業上の, 喪服姿が, 嚴しくも, 困りますね, 固形物の, 国辱ものです, 地味なかまえである, 堂々たる声, 墨家は, 変身し, 多少ませ過ぎ, 大きいし, 大きく二十, 大した損傷, 大人びたよう, 大分重い, 大家の, 大正川柳史の, 天つ, 天井が, 夫, 失礼だ, 奥に, 好々爺という, 如何といった, 妙で, 姑の, 子に, 存在し得ない, 學校の, 安全と, 実に驚くべき, 客は, 家業を, 寝ざめがよくあるまいが, 寺方で, 小さく子供, 小生は, 少々巧, 少しぶ, 少し品, 少し安心, 少し形, 少し歌, 少し疎, 少し脂肪, 少し若作り, 少年探偵団の, 居ないし, 居まいと, 居られず握手, 居られなかったに, 居られま, 居りますがね, 居れん, 屹度何か, 已に前年來先輩, 帰った, 帳簿の, 平次は, 年頃の, 幾度と, 底気味の, 廿世紀の, 強過ぎた, 影が, 彼を, 後か, 従者が, 御気分, 心強く存じ, 必ず慢心, 念の, 思いのほかに, 思ひ切つた見事さ, 恐ろしいほどの, 恐ろしく老け, 恥の, 悠々と, 悪いからと, 悪くてよ, 想像する, 愛し難, 慰めて, 懷疑論者である, 成功し得ない, 我らの, 所定の, 手廻しが, 才はじけた, 押し分け押し分けては, 持ち歩けぬゆえ, 探偵小説が, 支持し得ない, 故意に, 敵ふまい, 断じて実, 新陳, 日々を, 日本画は, 明白な, 昨年の, 時時かれ, 智惠の, 暖かすぎる, 書が, 最も大切, 朗々として, 朝鮮国民自体の, 本來種子無し, 来ないだろう, 果して, 根本から, 極めて宏量, 楽しむ私, 横の, 歌ひ得ぬ, 此地球内部状態の, 武斷主義を, 歯を, 死んで, 残念と, 比較的無, 気味が悪い雨戸, 永すぎる, 決して冗談, 決して騰貴, 沽券に, 泥田に, 流叫, 消えた, 清元も, 済まぬ事, 渋好みで, 湯を, 滅多と, 火勢が, 無くなった物, 無理矢理家庭教師みたい, 熱した頭, 物わらい, 特別な, 玄竜の, 珍しい名言, 珍しい鼻孔, 珍しすぎる, 現代が, 理由も, 瓶も, 甚だ囚, 生きられないと, 生命びろいをしたようなものさ, 生起消滅し得なかった, 申しわけが, 男ぶりの, 異常に, 痩せぎすに, 登って, 百姓相當な, 目に, 直情径行に, 相当骨が, 眞面目過ぎる, 眼に, 知れ方, 破天荒と, 礼拝幾度か, 神様の, 私自身の, 稀に, 立ちあがりはたはた, 立行けぬもの, 笑い声が, 第一姉さん, 粕壁在の, 紅葉漱石の, 細工が, 給はらぬ, 縁起が, 置かないであろう, 置きませんなぜ, 置けません, 翅を, 考えられず欧化そのもの, 考へられぬこと, 肌が, 背後に, 脚が, 自ら侮り, 自分自身の, 自殺する, 至難の, 良いこと, 芥川家の, 苟も文章, 若すぎました, 茶の, 落着きが, 藤校蔵人の, 血の, 行くが, 行われなかったもの, 複雑であった, 見たものの, 見入って, 親しみが, 解しかねる散財, 計上し, 診察する, 話に, 説明されない, 諱即ち, 豪い想像力, 買って, 贅沢過ぎる, 起つて, 跼むことも, 軽いおと, 農商百工を, 退き得ない, 進んで, 過ぎたる大功, 達し難き, 遲延を, 都大路から, 重いよう, 金や, 釣竿を, 長い影, 間違ったこと, 険の, 随分荷物, 隨分大きい, 離れる飛躍的, 静かな, 面目ない, 頂戴し, 頗る薄弱, 頼朝同様に, 颯と海面, 食うに, 飲み飲みして, 馬に, 駕籠を通して, 驚くべき速, 高級, 鳥沢か

▼ しまつ~ (7537, 1.0%)

4348742 たの 249 たので 227 たが 170 たやう 142 たこと 85 たもの 82 たと 78 たといふ 67 たから 58 たよ, たん 24 たし 23 たらしい, た頃 22 た事, た時 21 たわ, た方, た樣子 20 たか 19 たとき 18 た後 17 たけれども, たぢ, たところ 16 たぞ, たわけ 15 たよう 14 た私 12 たさうだ 11 たかも, たけれど, たであらう, たのに, た程, をし 10 たあと, たとか, たりする, たン, た自分 8 たな, たほど, たらう, たんで, た今, た以上, てる 7 たつて, た男 6 たぜ 5 たその, たのね, た上, た女, た彼, た樣, た気, てあつた, てゐる

4 [15件] たこの, たころ, たさうである, たため, たでせう, たとしても, たまで, たもん, たらしいの, たらしかつ, た人間, た今日, た古い, た唇, た筈

3 [17件] がわるい, して, たさ, たさうで, たとさ, たりした, たわい, たわけさ, た大, た少年, た平次, た晩, た様子, た氣, た跡, だ, てあつて

2 [58件] がつかない, が悪い, たかしてから, たかしら, たからには, たがね, たけど, たこと等, たさうだが, たさうぢ, たさうな, たじや, たせゐか, たぞと, たという, たとかいふ, たところが, たとして, たとは, たなどと, たね, たばかりか, たらうが, たらうと, たりし, た人々, た人達, た例, た小さな, た彼女, た心, た悔, た感じ, た日, た時分, た機関車, た次第, た海, た父親, た現在, た生活, た由, た癖, た石ツころ, た耳木兎, た芥川, た落葉, た言葉, た訣, た青年, た飯, だった, てあつたり, てるぢ, てゐた, です, とい, のため

1 [409件] がついた, がつかん, ができたら, ができない, がふい, が悪く, が惡, させたが, しう, しぐら, したこと, したもの, す, すること, する為, せ, たあなた, たあの, たいま, たうしろめた, たお前, たかい, たかうした, たかして, たかしらん, たかたち, たからさ, たからと, たからな, たからなあ, たかわり, たきり道, たくせ, たこたあ, たさうだよ, たさうであります, たさうです, たさうですが, たさうでその, たさうで無く, たせい, たせゐで, たせゐも, たそう, たそうして, たそこ, たためあと, たためこ, たためそれで, たため補祭, たたよ, ただけ, ただけでも, たぢやあ, たつけ, たつてさ, たで, たであらうか, たであらうこれ, たであらうそして, たであらうと, たであらうほど, たでが, たでせうね, たでサ, たで我等二人, たといつた絵, たといつた風, たといつて女房, たといはれ, たといふほどの, たとさつぱり見極め, たとて, たとやら, たなあ, たなどといふ, たのち, たのみならずその, たは, たはず, たひろ子, たほどの, たぼく, たまでの, たものの, たやつ, たよと, たら, たらうか, たらうから, たらうとお, たらうね, たらうよ, たらしいが, たらしいこと, たらしいと, たらしいので, たらしいん, たらしい亭主, たらしい修一, たらしい兄, たらしい女, たらしい子供, たらしい武井さん, たらしい浪人者, たらしい電車, たらしくお, たらしくなんだか, たらしくの, たらしくふつつり, たらしく今度, たらしく全身, たらしく警部, たらしまつ, たり, たりある, たりいろいろ, たりお客, たりしなけれ, たりと, たりとかく, たりなかなか, たりなどする, たりは出, たり儉約, たり先鼻緒, たり孤踏夫人, たり完全無缺, たり惡, たり沼岸, たり結局威厳, たり股, たり詰らない, たり變つて, たり遊戯, たり配給, たろう, たろうと, たネクタイ, たハダカ女優, たバカ, たフランシスカン一行, たペンキ塗り, たララン, た一つ, た一人, た一件, た一日, た三ちやん, た上原, た上着, た不思議, た世の中, た世界, た中, た主人, た主君, た主婦, た久吉, た事実, た二人, た些末主義, た人, た人々許, た人人, た以上それきり, た価値, た信一郎, た俳優たち, た俺, た傾き, た僕, た儘, た優良葡萄, た先生, た光景, た其の, た其身, た凄い, た処, た初秋, た刹那, た加茂, た勘, た勝平, た北斗七星, た卓一, た原稿, た去勢, た口元, た可, た向, た喉, た均整, た境涯, た夢, た大人, た失禮, た女中, た女達, た女隱居, た奴さ, た如く吾, た如く時々, た如く更に, た子供, た孤独, た安堵, た安心感, た宏, た容色, た寂しい, た寂寥, た寄席, た小さい, た小林, た少年ジジ, た屋体見世, た山本さん, た希望, た平和, た幻, た幻滅, た幼い, た弱, た張板, た当, た後代, た心持, た忘れな草, た怖, た思ひ殘, た悲惨, た悴, た情な, た意地, た慈, た慰み事, た或, た所為, た手, た手術室, た手飼, た指, た教養人, た敵, た文句, た新宿, た新聞記者, た旗本, た日以來, た旧弊古風, た時代, た智恵子, た書状, た月夜, た本音, た村長, た樽野, た檐, た歌, た正午頃, た此, た死後, た母, た母親, た水差, た水溜り, た浅間, た海綿, た渦巻, た湯, た漁師, た災難, た点, た為, た無数, た熱病, た爲, た爲め, た父, た生れ故郷, た田原, た町内, た盛り場, た相手, た眞理, た矛盾, た研屋五兵衞, た神主, た秀吉, た窓, た筈ぢ, た筍, た紅庵, た結果, た經驗, た維新後, た繭, た缺點, た美女, た老人, た肉, た胡散, た自分たち, た自分自身, た艶子さん, た花, た若い, た菜の花ざかり, た葡萄酒, た蔵前, た薄肉色, た藝人, た藝術慾, た藤田梧郎, た蟋蟀, た蟻, た街道, た觀, た詩, た話題, た誰彼, た責任, た貴方, た路傍, た遺族, た長男, た長閑, た霜, た面持, た靴, た頬, た頭, た顔, た顛末, た飼主, た魂, た黄いろい, た黄楊垣, た黒い, だつたの, て, てある, てるから, てるの, てるのよ, てるは, てるやう, てるん, てる内股, てる問題, てる物, てゐ, て了, て仕事, て固く, て戻る, て本来, て林田一人, て病的, て眞夏, て精悍, て置いた, て花木, て西森, て見えた, て貰, て隠然たる, でご, でした, でみんな, とく, とくから, などを持ち運び, なの, ならこりゃお, におえなかった, におえねえ, にこまる, にする, について相談, に困つ, に困る, に究, のいい, の悪い, の雌, はいかにも, はお, はし, はついた, はよしなに, は一いち老人, は全く, もしなけれ, もつき, も天幕, も安心, も完了, をくわしく, をした, をしてやらね, をし終り, をつけ, をつげ, を始め, を怠らなかった, を考え

▼ し~ (5990, 0.8%)

128 なって 119 来たの 93 して 74 来た 54 来たん 52 来て 40 行く 35 ここへ 31 行くの 29 來た 27 なりました 25 あらずや, 非ず 24 行った, 行ったの 22 出て, 行って 21 行くん 19 今は 17 相違なし, 行つた 16 なつた, 似たり, 来るの 15 あらず, きたの, なるの, 彼は, 来たか 13 なった, や 12 こ, なつて, 出かけて, 行くと 11 かかった, 帰って 10 来たと, 来たもの 9 なりまして, なる, なると, 候, 来たんだい, 行ったん 8 けり, こんなところ, なったの, よりて, よる, 人の, 依て, 参った 7 きた, されて, なるよう, やって来たの, 來る, 出かけた, 手を, 来ました, 行くこと, 隱し 6 かかって, した, です, やつて, 向うの, 来る, 来るん, 生れて, 見て

5 [17件] あらざるか, こんな所, すると, なっては, まいった, ゆくの, 中には, 二階へ, 入って, 来ること, 相違ない, 空を, 自分は, 行かうと, 逢つた, 非ずや, 馴れて

4 [40件] きて, しようと, しろ, するの, するよう, なりながら, なるまで, やってきたの, ゆく, 一人の, 今の, 何の, 例の, 依って, 倒れて, 入れて, 反して, 因りて, 図らずも, 外を, 大なる, 女の, 帰つて来た, 彼の, 或る, 於て, 来たかと, 父の, 父は, 由る, 相違なく, 私の, 翁は, 行くんだい, 行く処, 行こうと, 行ったり, 行った時, 見ると, 言った

3 [80件] あらずして, あり, いった, いって, おいでに, お前に, お艶, きました, くるの, ここに, ここまで, こは, これは, こんな処, せよ, なりましたか, なりましたが, なりませんか, なるので, なるもの, なるん, なれば, のぞいて, ゆくと, キラリと, 一昨年の, 上京した, 並んで, 今まで, 何か, 何を, 來たんだ, 來て, 來ました, 参りました, 右の, 因る, 塔を, 声を, 夫人は, 家を, 對し, 幸ひ, 庭の, 旦那次の間に, 来たという, 来たな, 来たよう, 来たり, 来たろう, 来た時, 来やがった, 来やがったん, 某の, 此の, 此処へ, 歩いて, 渠は, 版をば, 物を, 相違なかるべく, 相違なき, 相違御座なく, 相違有まじ, 着て, 立って, 結って, 至りては, 行ったと, 見ること, 覗いて, 言って, 身に, 近所の, 追, 通って, 遠く眺め, 長庵, 非る, 飛んで

2 [345件] あやまたずうちおとしぬ, あらざれども, あらずやと, あらず唯, あらで, あらで雅語, ある, あわただしく背, いかにも美味, いくの, いたして, いな, いゑ, おいで, おん国にては, お命じ下さい, お政, お菊, お見え, かかったが, かかったの, かかると, かのもの荷物, きたわけ, きたん, くる人, こちらを, この世に, この夜, この女官, これへ, これを, こんな夜更け, さすがは, されること, しては, しましょう, じぶん, する, するが, するため, するところ, するなどと, そのさま, その友, その時, その男, その跡, それを, たま, ちらちら見える, ついて, どこへ, なさいよ, なってからも, なっても, なにやらん, なりましては, なります, なりますまで, なり金襴, なること, なるぞ, なるつもり, なろうと, はいったの, はれわたりたれば, ほふおも, まいったの, まいりました, まさるお, まさる惨状, もどって, やって来た, やって来たん, やって来るの, やと, ゆくか, ゆくん, よりてや, よると, パリへ, フランチエスカの, ヴエランダへ, 一人子の, 一日事の, 上様には, 上野の, 不意に, 世の中へ, 主の, 主人の, 九助も, 事実は, 二三夜に, 云った, 五穀蔬果の, 井中より, 人あり, 人を, 今や又, 今夜大き, 今日の, 今日は, 他の, 以前の, 件の, 任せて, 伯爵夫人も, 佐渡へなど, 何にか, 何事ぞ, 何故然樣, 余に, 使いを, 便りて, 偽りを, 傍の, 光り一室, 入つて, 公子は, 兵を, 其いさめ, 其夜医師来り, 其時はじめて, 其秋の, 出かけました, 出かけようと, 出かける, 出かけると, 出かけるの, 出た, 出たの, 出る, 出掛けた, 出掛けたの, 出掛けられますでしょうね, 前の, 力を, 勝るもの, 却て, 参ったの, 参ります, 取っては, 取っても, 台所へ, 呼ぶ聲いよ, 唯一日ふつか, 嗚呼可惜, 因らずんば, 因るなり, 因るべけれど, 因る者, 圖らず, 土中より, 土盛りて, 夏の, 外ならず, 多くの, 多は, 夜深く, 大きな声, 天を, 夫と, 如何に, 始まる, 守る者木戸, 安政二年江戸大, 客は, 家の, 宿へ, 寄る程度, 寸法に, 寺の, 小屋の, 少しも, 少女は, 山へ, 山腹の, 市郎は, 常ならぬ, 廊下へ, 延喜元年正月三日帝亭子院へ, 引かえ, 弟は, 役者が, 彼が, 彼れ, 彼等の, 御輿の, 御領主, 忽ち風, 怨恨を, 悪口を, 所の, 手たれ, 手に, 折ふし月水に, 拘はらず閣下, 拘らず公, 拘らず後皆, 拘らず我輩, 拘らず猶, 拘らず閣下, 拠りて, 拳ほど, 掛かつ, 敵の, 文化八年七月偶お, 斯る, 於ても, 於てをや, 日あらず, 早くも, 昨年九月中遽に, 時しも, 暫くし, 月おし照り, 月の, 木質漢産とも, 机に, 村に, 来たかという, 来たから, 来ただ, 来たつて, 来たとき, 来たので, 来てるん, 来なすった, 来なすったか, 来ましたの, 来やが, 来られたの, 来ると, 来るので, 来る多く, 来る者, 東京へ, 果敢なき事, 枳殼の, 森へ, 欠唇にて, 此てんぷら一ツ四銭にて, 此家の, 此寺の, 此嶺は, 此川の, 此樣な, 此順礼の, 水中の, 汝は, 江戸を, 汽車の, 深夜に, 渠が, 瀬川は, 熊の胆は, 父親得意場の, 由り彼, 男の, 畳の, 登山する, 皆, 皆一家, 目科は, 相違あるまじ, 相違な, 相違なから, 相違御, 看守は, 眺めながら, 眺められた, 眼を, 知らして, 石中に, 神戸へ, 私は, 筮者曰く, 美味なりし, 群れてかがよ, 義侠に, 翁大に, 翌年他国に, 老人は, 聞えて, 聞きました, 聞たる, 胆は, 腕を, 腰を, 腹に, 自分の, 舟を, 蓉岳も, 薬師へ, 虐待し, 行かなくても, 行かなければ, 行くのだい, 行くのに, 行くやう, 行ぐだあ, 行こうッ, 行ったか, 行ったよう, 行ったんだい, 行っても, 行つ, 見えられたか, 見える空, 見たとき, 見ながら, 見ましたこと, 見るばかり, 言いながら, 計らずも, 許し玉は, 詩の, 諸人目を, 谷の, 豈計, 貞治二年癸卯十月二日此庵に, 貴殿は, 転がった, 途中にて, 連の, 過劇, 道の, 道は, 違ひない, 違ひなし, 遭うたと, 遭うた姫, 遭つたのは, 野澤の, 門の, 間違も, 降つて, 隣の, 非らず, 頓て, 類せり, 高い資本, 髪を

1 [3436件 抜粋] あいにく不在, あたかもかの, あつた, あの犬, あらざりき, あらざる人, あらずまた, あらず先刻何物, あらず盜, あらねば, ある人重患, ある貧しき, あんなれ, いく人, いたせ, いったよ, いつて, いやに, いらっしゃいますの, うせやがった, おいおい日本, おさら, おとなりの, おれの, お任せいたします, お前は, お報い, お日さま, お秋, お通, かかったん, かかるん, かくした, かなう者, かの天, かよったが, がんばりました, きたとは, ぎはひにけり, くるめいて, くる近所, ける, こう呼びかける, こちら側の, このアイヌ村, この山, この時, この程出, この道場, これよりは, こんなとこ, ござります, さす影, さて朝, された, された札, しきりに重く, したと, したん, した筆立一個, してやるが, しぬいた若者, しゃべって, じっと遠く, するか, するとは, する分, ずっと遠く, そうで, そのころ, その仇, その妾, その座敷, その死, その答え, その翼, その部, そむいたと, そんなこと, そんな記事, たちまち五千円余, ためしすくなき, ちらほら登り, つきては, つまずいて, でかけてから, とある岩, どこやら, なせ, なったし, なったのよ, なったトロッコ, なった徳利, なった鉄, なっとる分, ならないの, なられませんか, なりそう, なりましたね, なりました森啓之, なりませんで, なり彼, なるあの, なるから, なるだと, なるより, なる側, なる怖, なれませんな, のぞきこんだこと, はいったらあの, はじめ濘落たる, ばったりと, ひどく車, ふとこの, ぶっ倒れた, ほぼ覚っ, まいりましょう, まさるもの, まさる傑物, まさる敏腕さ, まさる者, まさる豪華, またはらはら, まだ若, みなその, めにも, ゃあならねえ, やがて寝, やって来たと, やや久しく, ゆかねば, ゆくわけ, よくあらわれ, よれるもの歟, わざわざ僕, わたしは, われ一人父母, アラスカ迄, エヴ妊り, キラつかせ, ジエンナロは, テーブルのむ, バスの, フエデリゴめで, ベルナルドオの, マリアの, ロオザと, 一と, 一向無造作, 一度も, 一時病み, 一軍を, 一魚をも, 三原山の, 三時頃に, 三里と, 上官の, 下さったの, 不審晴れず, 世には, 両人大いに, 中姉樣, 丹塗矢一つ川上より, 乃ち坐し, 乗ったと, 九十九人舞い, 乾ききりむしろ, 二丈余も, 二月中當分休の, 云うに, 享楽する, 人影も, 今やすなわち, 今又, 今度薬師寺家の, 今時庭へ, 今請出され, 他ならず, 付平助末期に, 代つて, 仲間なる, 伯父は, 似ず今, 似て, 何が, 何思いけん, 作用されたら, 供へ, 依るの, 係らず彼, 俯し, 候へば, 偶然新, 傷持つ, 億劫そうに, 充分から, 兎角子, 入れました, 八右衞門は, 六慾の, 其半生を, 其後朝歸り, 其翌日より, 典獄署長ら居並び, 写生を, 出かけた使, 出して, 出たわけ, 出でませり, 出丸を, 出来なかったの, 分りません, 別間へ, 前記の, 勘兵衞大きに, 勝る太守, 勝手なだだ, 匿し, 十日ばかり, 卓子の, 却つて予が, 参ったか, 参られるか, 参上する, 又道中, 取っちゃあ, 受け取って, 只管呆れ, 右百兩は, 同じ小松殿, 同國猿島河原, 君あ, 吹かれて, 呆れ, 呼ばれて, 和尚なだれに, 唐机の, 喜八は, 嘘を, 四谷署より, 因るとは, 固より, 城下外れの, 堀口課長に, 士族の, 外ならざるなり, 外方に, 夜更と, 大きなやわらか, 大急ぎで, 大袈裟に, 大黒屋源左衞門は, 天命遁れ, 夫婦は, 女も, 女房笑ひ, 妻なる, 始めて, 姫も, 媼目を, 子は, 孤兒の, 安全なり, 実際なる, 家へも, 寄ったん, 寐牀の, 寺僧出で, 尋ねて, 小川の, 少しく眉, 居間へ, 山を, 岨路の, 崩れたの, 巨勢は, 市肆に, 帰り来れ, 年老いたる侍医グッデンこれ, 広告し, 店頭へ, 廻り合わざる趣, 引替へ, 彌吉夫婦, 彦三郎涙を, 彼また, 彼女も, 往くと, 待遇す, 従つて私は, 御出なさい, 御目, 御詮議, 徳川殿を, 心着かず, 忠兵衞も, 忽ちロオザ, 怒鳴りかけること, 思はぬ子, 思ひ掛なき大藤, 恥じて, 惜いかな, 意外にも, 憂身を, 成つて惱ましげである, 我も, 戸主死亡後相続人なき, 扇形に, 打攫ま, 投げて, 抱えて, 拘はらず自ら, 拘らず窃, 持たせて, 捕りはずして, 掛かりました, 掛ります, 故郷なる, 敵味方いずれの, 文藏は, 斯んな, 新教徒, 旅行し, 日光へ, 早晩夜に, 明治二十一年十月に, 昨日に, 昼から, 景隆既に, 曇った空, 最早疾日, 有りしやと, 未だ一篇, 村民一同大悦し, 来ずにゃ, 来ただア, 来たア, 来た勝義邦, 来た書生さん, 来た老, 来なくなったし, 来ますが, 来よつたの, 来るから, 来る一人, 来る父, 来る馬鹿者, 松田左京進康吉追, 果してかかる, 果たせるかな, 柴田三郎兵衛将, 桐屋の, 榮枯は, 機よくも, 次第にその, 此地を, 此所へ, 此茶屋に, 歩く, 死骸は, 殺害する, 比すさらに, 民その, 水の, 永遠の, 池や, 波むなしき, 洩れて, 海外へ, 深更に, 清冽に, 渡し給え, 湖水の, 漸, 灯を, 然るにその, 熊手を, 爲らず, 父親得意塲の, 片腕ちぎれ, 独り小机に, 猩々上陸遊行する, 玄柳方より, 現代ドイツ語にては, 甚太夫は, 由ると, 申口不, 町筋を, 當家の, 疎略に, 痙攣て, 的中した, 盲の, 相違これなき, 相違は, 相違無し言譯な, 眼が, 知らでありければ, 神山外記の, 禹は, 秘して, 穏かな, 突き当たった, 窓より, 立つと, 笛を, 箪笥長持鏡台針箱の, 紀州あらざりき, 紛れて, 紳士見送り, 組討にて, 結った額, 継母は, 繩張りが, 羨やむ, 翌朝人あり, 耳に, 聞いて, 聞こえて, 肩書きの, 胸先より, 臥させて, 至極實體, 舎利弗上座たり, 色の, 若氣, 菊女の, 葉石氏は, 薄い髪の毛, 蚯蚓だけは, 行かっしゃるのじゃ, 行かんが, 行きたいとばかり, 行きます, 行き有, 行くが, 行くという, 行くわ, 行く家, 行く百姓, 行こう, 行ったいうの, 行っただけの, 行った帰り, 行つたに, 行つた時その, 行て, 表町へ, 西洋へ, 見えたお, 見えられた, 見える蒼い, 見たと, 見られたが, 見附は, 覚えず嬉し涙, 言ひかけ, 託して, 話す, 諷示を, 警察へ, 象坪の, 貰った黒縮緬, 賜ると, 走りこむプレーリー・ドッグ, 越前守申さる, 踊って, 身体中の, 軒の, 辞みていう, 近頃久しく, 追い討ちを, 途中より, 逢つたとでも, 遂に帰り来らずし, 過ぎざりしと雖, 過ぎぬという, 違は, 遠慮し, 遭ったり, 郷里へ, 重井の, 金二十兩入て, 銀簪の, 長谷に, 防寨へ, 陸揚の, 隣室へ, 雪折の, 青竹を, 音楽会場へ, 頬を, 顏の, 風葉感じ入り, 餘計な, 馬を, 駈けた, 驚き秀調, 鬼か

▼ し~ (4127, 0.5%)

54 如し 39 今は 23 み付いて 16 頓て 1411 ゆゑに 10 それも, み附いて, 俄に 9 あって, 為めに 8 ごとし, 今日は, 幸に, 後に, 或る 7 これも, 余は, 後には, 急に, 故なり 6 み付いた, み着いて, 云々, 今の, 彼の, 是は

5 [15件] あつた, これは, その時, それは, それより, つかない, つてゐる, み着い, 二人は, 今その, 何の, 先へ, 少しも, 故に余, 為に

4 [23件] あつて, あるの, こたび, この時, その人, そは, つかなかった, つて居る, ゆえなり, ゆえにこれ, 主人は, 今に, 今また, 伺はれた, 何思ひけん, 口惜しさ, 外に, 如きは, 家の, 彼は, 心を, 流石に, 爲めに

3 [69件] ありました, ある, あると, あるので, あるん, ここに, このとき, この頃, こは, さすがに, さるにても, たちまちに, つたり, つな, のちには, み付, み附いた, ややあり, 世の, 中に, 之を, 予の, 今回の, 今宵は, 今宵見れ, 今度は, 今日この, 今日の, 他の, 余が, 余の, 偖は, 其中に, 参って, 唯だ, 固より, 夜半に, 大丸髷, 大和尚大, 天明に, 夫は, 好みの, 如くに, 常日頃すこやか, 幾ばくも, 心の, 悲しきは, 掃除の, 故か, 故に之, 斯ては, 是も, 次の, 此方の, 水の, 漸くに, 為のみ, 爲に, 私等が, 稍あり, 稍有て, 竟に, 翌日は, 耳に, 聟よりの, 茲に, 表町に, 追, 頃は

2 [242件] あたかも今, あったので, あとあと急に, あの方, ある時, ある朝羊小屋, あれは, あゝ彼奴, いまも, いま廊下階段に, かくて, かなたに, かの笛, こ, この夜イイダ姫, この度, この村, こよい, こよひ, これぞなか, これぞ夜光, これより, これを, ごとうる, ごときは, ごとき種々, ごとくに, さあらぬ, さりとては, しかも我が, しだいに身, しと, しばらくし, する, その, その儘, その同門, その姿, その後の, その後は, その母, その罪人, その面, そも, た, たずねて, ついて, つきませんからね, つきませんよ, つく, つてお, つてゐた, つてゐない, つて居た, てらに, できるやう, とどろきや, とりつけて, なか, なほも, はまって, ふと油燈, ままの, み付き, み付くよう, み着いた, み附きながら, み附こうと, ものしらぬ, やう, やがてさらさらと, やがてその, やがて垂れたる, ゆえにその, ゆゑにかくいへり, よろめきて, われは, ストラタフオルドの, ツォイスは, メエルハイムは, 一人は, 一生の, 上に, 不幸短命に, 不意に, 中には, 事の, 互ひ, 亭主は, 人をも, 今しも, 今ま, 今も, 今より, 今二十五歳に, 今夜は, 今朝に, 付いて, 何れも, 何時か, 何處で, 例の, 偶, 元より, 先に, 光りを, 其の面影, 其中の, 其後の, 其日は, 其節も, 効なく, 十一歳の, 十三歳の, 千兩にては, 千八百八十六年ラネツサン氏は, 千八百八十四年罷められ, 参ろう, 又, 又大岡殿, 右の, 合祀の, 否然, 吾等は, 土師の, 地獄谷の, 夕方に, 多くは, 大膳, 夫が, 夫に, 如きこれ皆, 如き心地, 如き近く, 如くオルフォイス, 如く政治家, 妙に, 妾の, 妾は, 姑く, 姫つと, 婦人の, 寒気甚しからず, 實の, 實は, 平生の, 年僅かに, 幸いに, 当時彼の, 徃か, 後これ, 後に強う, 後国のみ, 御茶事, 応接に, 忽ち又, 忽ち心, 思う所, 慥に, 成程, 我が, 手に, 承らん, 故あり, 故ありてい, 故に今日, 故に明治初年, 故に表面, 数日の, 断破し, 斯と, 斯る, 旅中年の, 族なりや, 旧幕府, 昌造氏は, 明治に, 明治の, 易きに, 昨夜こ, 是より, 是を, 是又, 時は, 暫くし, 暫く有, 暫しの, 最後に, 机の, 果たしてその, 果は, 根と, 此の, 此儀如何なるや, 此声今は, 此恩人は, 此所に, 歸る, 母は, 母上よりは, 氏も, 気を, 涙を, 火災をは, 為なりと, 然あらぬ, 爲めなり, 父が, 父は, 獨り, 白き馬, 石の, 確かに, 私し, 秋蠶の, 稍, 窓の, 維新の, 翁大, 老爺は, 而かも, 脆くも, 自分で, 自己よりは, 良あり, 色にも, 薄葉一重の, 製作を, 親, 越地に, 身に, 車よりは, 連の, 過ぐる日曜日, 道にて, 違ひすぎる, 違ふ, 酒に, 閉める兎, 須臾に, 顧みて, 鳥居清信専ら

1 [2953件 抜粋] ああいじらし, あたかも敵陣, あったら彼ら, あと追うべき, あの通り, あまりに馴れ, ありますか, あり島尻, あるといふ, ある上, ある夜会話, ある樣, あわれ綱雄, いかでわれ, いたし度, いつしか寝臥し, いつしか頭, いともふりたる, いや私, うち解け, おことば, おれの, お先を, お園, お深, お酌, かく言, かの女神アフロディーテ, がらがらと, きっと埒, こうして齷齪, ことに, このとおり, このピラミイド, この六, この尖塔, この時俄, この暇乞, この熱湯, この節流行, この頃以爲, これには, ございませんでも, ごときその, ごとき艱難, ごとくまさに, ごとく或は, ごとく身動き, ごとし古来文学者, さきほど手のひら, さて今日, さりとて兄君, さる病, しだいに釣込まれ, し掻きました, じつと, せめて月, そのかるた, そののち晴天, そのまま頭, その事蹟たる, その分配, その外部, その家祝融氏, その後いかの, その後新聞紙上において, その折上田先生, その時羽織袴, その監倉, その翌日江戸, その購入, その間アントニオ, そりや, それ已外は, ただ今午後六時三十分, たちまち青き, ためなるを, だんだん寒, ついたので, ついに一匹, つかないと, つかなかつたなり, つかへんけれど, つた, つたものだ, つてね, つて手も, つて追, てらま, とうとう町, どうと, どれほど苦心, なお蛇王, なほ安心なり, なる程, にわかにわれ, ねえ旅, はじめの, はては細, はや行く, ふと四方, ふと気, ふりか, まず客, またまじめ, また崛起, また相, まだ帰られず, み付いたの, み付きたいよう, み付くと, み着きますねん, み附くよ, もって, ものいう時, やおらあなた, やがてわが, やがて大阪, やがて崩, やがて日光, やがて此方, やがて腹立たし, やがて馭者, やをら白羽二重の, ゆえに経済政策上, ようやくに, よくなった, よろしゅうございます, わが得, われわれは, オん, ジェリの, ナニ不義など, ファーリナータ一人の, フランス軍より, メンデルスソーンの, 一カ年の, 一二五一年グェルフィこれを, 一切取合わず, 一夜夫等の, 一斉に, 一昨夜に, 一期の, 一言毎に, 七反目に, 三十人ばかり, 三次は, 下りると, 不幸に, 不覚でした, 世を, 中, 中川の, 久しく市村座, 九郎兵衞は, 事で, 二ツ三ツもの, 二十にも, 二枚や, 五四二年ゴート人の, 享保六年火災に, 人々バベルに, 人力車は, 今にては, 今や漸く思ひ得たる, 今六右衞門が, 今多少, 今年も, 今度同宿の, 今文右衞門, 今日を以て, 今更致し方, 今江戸川にて, 今語り, 代ろうと, 伊太利の, 伝内の, 低い鼻, 何だかなつかしい, 何となくお, 何よりの, 何を, 何時しか人, 何歳に, 余病来独居甚不便なれ, 信ぜざりき, 偖其次席に, 偶然此事を, 僕も, 元來物, 元義, 先は, 先月來屡散歩し, 先鋒を, 兎角する, 入れて, 兩人の, 八幡鐘, 六之助は, 兵助は, 其の男, 其人は, 其夜九ツ時分品川を, 其弟子彼に, 其後先生の, 其後彌生の, 其後藩命を, 其方は, 其時の, 其節役人へ, 其間何の, 兼吉さんが, 再び首, 出そして, 出来候, 切腹する, 別して其日, 到頭ソレ, 力及ばず, 勘定取, 十七日の, 十分いたします, 千八百八十年代の, 半両一枚, 博学に, 厳しく乞食僧, 去歳家を, 又四郎右衞門は, 又故に, 又静, 取り直して, 口に, 只今と, 右樣の, 同十五日, 名は, 向うを, 否左に, 吾等一たびも, 品川へ, 問うべき人, 嘘そにて, 四編に, 困りしは, 土佐に, 均しく灰, 境内居住者掛け, 夏期に, 多かりし, 夜は, 夥だしく, 大守, 大正の, 大路を, 太い聲, 夫より, 奇しきま, 女心の, 如き, 如き中村敬宇先生, 如き尊王, 如き方法行, 如き皆是, 如き風習, 如くなりき, 如く今, 如く少し, 如く新, 如く瀧口, 如く見ゆるも, 如しそれ, 如何なし, 妙義の, 始まりましたぜ, 姫の, 子迚, 宅へ, 安田佐々木の, 宛も, 実績の, 家々の, 密に, 寒風を, 対決し, 小山は, 少時經ち, 屈せず奮って, 山中の, 屹度意に, 巣食つたから, 市郎左衞門涙を, 帰るまで, 幕府人に, 年順なれ, 幾つである, 庄兵衞は, 庭に, 引負に, 彌, 当時栃木県知事は, 影日向あり, 彼人に, 彼金は, 後の, 後利, 後藤は, 従男爵は, 御家老, 御親子, 心に, 心底斯の, 忍びかね, 忽ちに一計, 忽ち小刀, 忽ち聽, 忽一声, 怒氣, 思い定め, 思ひしより, 思ふこと乱麻胸, 急病と, 息を, 惡事の, 憂うるごとく危, 我が家の, 我と我が, 我涙も, 或日番町邊, 或時喧嘩, 戦後その, 所謂毒を, 手籠に, 扨今朝其方が, 抜合す, 拾ひきし, 掛け合いに, 據處なく, 故と, 故にや, 故に受取つたの, 故に改造, 故に自今, 救ふ, 数月の, 斯く問, 既往将来の, 日暮れ方より, 旧年火あり, 早三更, 早速右, 明和二年に, 明治八年十一月ばかりに, 星の, 昨日は, 是にても, 是迄の, 時勢の, 晩年は, 暫くあり, 更に聞, 最前よりの, 最早我等, 望外にも, 未だ生, 杓子かへ, 東京の, 果してある, 果ては久しく, 柴の, 検死に, 横行する, 次第にもの, 此は, 此六郎兵衞は, 此度も, 此方は, 此時已に, 此決斷は, 此程追, 此身の, 此頃みまかりぬ, 武運や, 殆ど湿地, 段々嚴重, 母上恋ほど, 毒蛇と, 気遣うて, 汗のみ, 江戸橋茅場町に, 河原で, 活の, 海近き, 深く知っ, 温泉湧出せぬ, 源太十兵衞ともに, 漸く季節, 潜りけり, 火消え, 為め或は, 無ければ, 無罪放免で, 然有ぬ, 燈って, 父や, 物に, 狐火は, 猛然として, 猶甚之助, 理に, 生憎一本の, 申したる旨, 畢に, 當時の, 病にて, 発達し, 皆, 目を, 直ちに刀, 相尋問, 真槍を, 眼覚め, 知って, 碁を, 福島縣下は, 私共の, 程なく酒, 稻葉家の, 空模様いよ, 立ちたる処, 篁村醉の, 糟を, 素より安き, 終に一大檀那, 綾衣は, 縁側には, 美しいの, 翌朝に, 老畸人, 耳を, 職工の, 胸は, 臆病者なら, 船前六尺ばかりにて, 若きもの, 若此事母樣, 茶店の, 葡萄酒を, 虎蔵も, 行かに, 行って, 衝と, 西氏は, 見も, 見る間, 見送る人眼, 観音堂手前に, 訓戒を, 詮方なく, 該豫審も, 誰と, 諸王後皆, 豐前國小倉の, 貴樣輩, 贋金を, 跡には, 身体は, 軍利あらずし, 輕から, 近きわたり, 近年糸織または, 返事を, 逆法螺, 逸りきったる若き, 遂に廃刊, 遂に空しく, 過ちて, 違いすぎて, 那の, 酒をと, 金三の, 鎌倉初期と, 長老は, 間もなくこれ, 間有り, 院に, 障子しめ, 雅樂頭殿上の, 雨は, 電光石化首ふりむけ, 面倒なる, 靱負は, 頃しも, 頭巾を, 願いたい, 風の, 風歇まず, 飲み過ぎて, 馬琴には, 驚きて, 鴬は

▼ してから~ (2802, 0.4%)

24 私は 21 彼は 16 でないと 12 後の 11 でなければ 10 後に 9 云った, 急に 8 それを, 帰って 7 であった, 一度も, 間も 6 だが, である, 今度は, 今日まで, 代助, 出て, 後は, 眼を, 自分の, 葉子は 5 いった, だった, やつと, 三日目の, 八五郎は, 平次は, 東京へ

4 [15件] お島, こういった, このかた, だ, だを, でなくては, では, 二日目の, 何年に, 又, 女は, 彼らは, 母の, 私の, 言った

3 [26件] こう言った, それが, でも, まだ一時間, もう五年, もう十年, わたしは, ガラッ八, 今まで, 今日に, 何か, 僕は, 初めての, 十年に, 周囲の, 外へ, 彼の, 彼女が, 扉を, 手を, 早くも, 母は, 父に, 答えた, 行くの, 電話を

2 [157件] お咲, お定, お茶を, ここへ, これは, こんどは, さて, ざっと十年, そこへ, そろそろと, そんな男, だいぶ時間, だつた, だん, であつ, でした, です, のちの, ふと目, ふと眼, またのっそり, また同じ, また急, また戻っ, また車中, まだ一度, まだ半年, まだ日, まだ間, まもなくの, もう何年, もう長い, もう駄目, やっとこの, やりなさい, ガラツ八が, ガラツ八は, 一年の, 一時間と, 一緒に, 一週間ほど, 一週間目に, 三十六年間江戸には, 三十日ばかりに, 三年に, 三年江戸を, 三月と, 中村に, 久しうなります, 二人は, 二十年も, 二十日ほど, 云うべきだったろうと今, 五人は, 今の, 今日までの, 以来の, 伸子は, 何れ又, 何処の, 兄は, 兵古帯を, 出立する, 刀を, 医者に, 十年若い, 十日の, 半年か, 南の, 又上, 取ったと, 口を, 四日目の, 四日目は, 大川社長が, 夫人は, 夫婦で, 妙に, 姉さんと, 始めて, 孝之進は, 学校の, 宗助は, 定吉は, 家が, 小六, 山の, 川の, 左の, 市子は, 布を, 年々さびれつ, 幾十日か, 床に, 庸三は, 彼女の, 彼女は, 後も, 忠志君が, 悲鳴を, 我々は, 戸が, 数年の, 数年間一度も, 数日の, 数日後の, 新しい水, 旧の, 明智の, 明治大正を, 暫くの, 最後に, 村の, 東京目白の, 此の, 死ぬまでの, 気がついて, 沈黙を, 油火の, 漸うリヽー, 火を, 父は, 田舎の, 病院へ, 私が, 私達は, 窕子は, 立ちあがった, 立つと, 紺の, 義雄は, 自分は, 蝙蝠傘と, 行って, 言葉を, 訊いた, 試験を, 誠之進は, 賑やかに, 足かけ六年に, 身を, 身体の, 部屋を, 里子は, 金五郎の, 長らく亜米利加, 間もなくその, 間もなく宗助, 雨が, 電流と, 青年を, 静かな, 静かに, 顔を, 食事の, 駿介は, 麻布の

1 [2106件 抜粋] ≪一, ああ親しく, あたしは, あの煙草屋, あれが, いかにもおし, いくらでも, いったそれ, いつまでも, いままでの, いろいろの, うたは, おいおい築造, おじさまの, おもむろに縁談, およそ一時間半, お互いに, お妃さま, お幸, お暇乞い, お祖母様, お茶に, お雪伯母, かえってアナ, かなりたった, かねがねおぼろ, がさ, きゅうに, くつくつと, こういう無意識空虚, こっちどういう, この一九〇九年, この国, この方, この航空船, これまでの, ごっちゃに, さて帖面, さらに二人, さりげなく, しずかに, じみち, すぐにも, すこぶる芝居, すでに一年三ヵ月, すべて今までの, ずいぶん久しい, ずっと後, せいぜい十分以内, そこを, そのうち, そのトランク, その二重性質, その友達, その押入, その男, その老後, その見聞, その長い, それなり大学, そんなこと, たいへん感動, たった一年, だいぶ仏蘭西, だな, だれの, ちやうど, ちょうど三週間目, ちょうは, つくると, で, でありました, でかけても, ですよ, でなけりゃ私, とうとう艇, どうなさる, どこかへ, どのくらいに, なお念, なにかの, なまあたたかい宵, にらみ付けて, のろのろ答えた, はじめて自分, ばんじ, ひょっとしたら何, ふたたびあたり, ふと思い直し, ふらりと, ほとんど一ヵ月, ほんとに楽しい, まいります, また, また一座, また八畳, また出直した, また明後日, また矢代, また言葉, また馬屋, まだその, まだ一週間, まだ二十日, まもなくこまか, まるで平地, みのるは, もうかれこれ五六年, もう一度, もう七, もう三十分, もう二年, もう何, もう十五世紀, もう四五年, もう数年, もはや十年, やがて十時ごろ, やけくそな, やっと人, やっと屋上, やっと踏みとどまり, やつて, やりたいこと, ゆっくりし, ようやく生き残つた, よこされたあなた, わしが, わるくなる, アマンドさんが, カネーは, ガバガバと, クリストフは, ゴソゴソと, ショーユより, スマトラその他の, タアナカムダアチイナエエという, ツイと, テーブルの, ドアの, ハッと, パパが, ビビイを, フサが, ブラブラで, ママが, ヨチヨチと, レコォは, 一か月後の, 一カ月の, 一ヶ月ばかり, 一二年の, 一人残らず, 一分五秒, 一回博士にな, 一年あまりに, 一年ばかりで, 一年より, 一年半ばかりの, 一度でも, 一時間ばかりも, 一時頃まで, 一月は, 一行は, 一週間ばかりが, 一週間余りにも, 一里西へ, 丁度五ヶ月見る, 七八年に, 七年に, 七度台に, 三ヵ月に, 三人の, 三十四年の, 三四度そういう, 三年にしか, 三年ほど, 三日も, 三日経っ, 三木武吉という, 三週間で, 上着の, 下女奉公に, 世界を, 中山太郎という, 丸で, 主水, 九十点から, 事務長も, 二ヶ月最近感冒から, 二三年目に, 二三日経った, 二十ヶ月目に, 二十六年に, 二十年にも, 二千年以上経っ, 二年目申分なく, 二度目であった, 二時間と, 二月ばかり, 二階へ, 互に話相手, 五十二日に, 五年目だった, 五日めの, 五通の, 人の, 今じゃ, 今日工事に, 仏は, 他の, 代表者が, 以後これまでの, 以来, 以来岸本が, 伜は, 住職と, 何となく心, 何処で, 何程の, 佛蘭西人が, 俊夫君が, 俥屋を, 倉地は, 傍目にも, 僕も, 元は, 先づ改進新聞に, 先生に, 全水滴, 八年にも, 八年目である, 八日目の, 六年後の, 六月の, 其の実行, 其処が, 内から, 円タクを, 再び祖母, 再び静電気, 凍り切るまでに, 出やんだちゅう談, 出社する, 分ったが, 初めてこの, 初めて主君, 初めて物, 到達の, 割振りの, 助教授にな, 勘定が, 十一日目に, 十五六歳までは, 十何日目かの, 十四年目の, 十年たつた, 十日ばかり, 十日間も, 千種に, 半ヶ年も, 半周年, 半年も, 半月ほどの, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と, 卵焼きに, 又一時間, 又参りましょう, 又引返した, 友人三人に, 叔父は, 取るといった, 各劇場, 吉村氏は, 同年配, 向側に, 周囲を, 問も, 四五分経っ, 四十余年を, 四年にも, 四年間彼女の, 四日目に, 困るからな, 塗香を, 声高に, 変ってね, 夕飯迄, 多少の, 夜具に, 大きく頷い, 大切そうに, 大学に, 大文字屋に, 大臣は, 夫にも, 奥村さんが, 好子が, 姉は, 娘が, 嫌な, 定め給え, 室に, 家を, 寝る, 対面しよう, 小さくて, 小舎を, 少しも, 少なくとも今年, 尻餅を, 山容水態が, 岸辺の, 川瀬勇は, 已に多く, 市街の, 帰りに, 帰参し, 幼稚園では, 幾度と, 店つづき, 座に, 庭に, 廊下の, 引返して, 弱々しい娘, 役者社会の, 彼女に, 後これを, 後三百年の, 後初めて公然, 後改めて, 後離縁, 從來自分の, 御返辞申, 徳ちゃんが, 忌まいまし, 応用を, 思い出したが, 思兼尊は, 惚れるくらい, 慶応病院へ, 成瀬と, 或建築事務所, 戻って, 手許に, 投炭用意の, 握手し, 支那蝋燭に, 改めて喪, 故郷の, 救助の, 料理する, 新たに, 新夫, 旅館の, 既に三度, 日本において, 明治学園の, 時計を, 暫く後, 暫く足, 更に明日, 曾て, 服の, 朝夕縫物に, 本当に淋し, 杉木立の, 村中の, 来て, 東氏を, 松浦正吉君について, 柏崎へ, 格子の, 棋の, 横断旅行の, 橋銭は, 次に五本, 欣びに, 正勝は, 歩こうと, 歯を, 死にたしと, 死体を, 段々手, 母様達と, 気がついたら自分, 水で, 水戸の, 江戸へ, 法水は, 波紋の, 津田は, 海い, 淡谷さんが, 清岡は, 渡し守が, 満一年, 源右衞門が, 漸う帰っ, 漸く身, 火葬場へ, 煙草の, 父上と, 犬潜りから, 独り言に, 珍本を, 理窟ばかり, 生れる犢, 甲に, 申しました, 町を, 癲狂院へ, 百日ほどにしか, 目が, 直ぐだ, 看護婦に, 眠りました, 矢代は, 知人に, 研究室の, 社会学や, 神奈川県の, 私少し, 種々の, 突然に, 立ち上が, 立上る, 競馬場へ, 笑い話に, 筏の, 筮竹を, 紀久子が, 約二年あまり苦悶, 紋三は, 細かくきざん, 継続し, 羊の, 翌年, 老師は, 聞き糺した, 腹の, 自分が, 自分以外の, 自説を, 船に, 良人が, 花房は, 英国の, 荷物の, 薄暮を, 行け手紙一本投, 衣食の, 裕福に, 西田天香氏の, 見ると, 言ったもの, 言われる通り, 記秋山圖始末の, 証文の, 読みつづけて, 誰も, 諸算書, 貞昌は, 質屋の, 足下の, 身體は, 輔佐の, 近傍の, 追っ掛けて, 這入るので, 逢って, 逸る心, 道中の, 遠い幸福, 部屋で, 酔が, 重荷を, 金箔を, 長イス, 間もなくだった, 間もなくタキシイ, 間もなく家, 間もなく茅ヶ崎海岸, 陰気な, 随分色んな, 隣りの, 離婚し, 雷の, 静に, 順々に, 額に, 風呂へ, 食卓に, 食道鏡を, 餘計にの, 馬車の, 高座へ, 鳴ったから, 黄昏時も

▼ しつつ~ (2776, 0.4%)

225 ある 135 あるの 59 あること 42 あった 33 あるもの 30 あると 29 あるという 26 あるよう 21 あつた 18 あります 17 あり, あるか 14 あるが 13 あったの 12 ある時 11 あるかを, あるは, ある事 10 あるかの, 進んで 9 あるに, ある人口 8 あるから, あるならば, ある人, ある間 7 あるなり 6 あったが, あった時, ありと, あるかという, あるので, ある国, ある場合, ある者, 一方に 5 あるところ, ある事実, ある人々, ある人間, ある今日, 彼の

4 [17件] あったこと, あったと, あるであろう, あるでは, あるを, ある処, ある富, ある所, ある日本, ある時代, ある状態, ある社会, 味う, 生きて, 自分の, 静かに, 頭を

3 [21件] あるうち, あるかと, あるかは, あるだろう, あるとは, あるやう, ある様, ある歴史, ある現象, ある私, ある際, ある青年, それの, それを, ひそかに, 今日に, 彼は, 目を, 私の, 維持する, 自己を

2 [105件] あったかは, あったとき, あったとは, あったに, あったので, あったブルジョアジー, あった当時, あった者, あっても, ありしが, ありそして, ありその, ありまた, ありや, あるいわば, あるかに, あるかも, あるし, あるだろうか, あるといふ, あるとき, あるとの, あるとも, あるのに, あるばかり, あるらしい, あるん, ある一団, ある世態, ある事件, ある二つ, ある傾向, ある児童, ある卓一, ある同志, ある地方, ある基礎經驗, ある姿, ある存在, ある文明, ある新しい, ある現在, ある生活, ある社会主義, ある自分, ある蜜蝋, ある過程, こいぢ, これを, しかも, しかもその, しかも同時に, しかも意識, そこに, そのよう, その中, それに, だ, ふとも, まだ小さし, もはや長く, 一個の, 一方では, 一方には, 一種の, 世を, 二倍の, 云ふ, 今日から, 他の, 他を, 仙太郎の, 加多に, 北へ, 味わった, 固定する, 在る, 外國の, 実際に, 實質は, 平然として, 彼らの, 彼女は, 或は功徳池, 扉を, 指を, 擾乱し, 最後に, 流れて, 澱んで, 無我に, 無限の, 生活し, 発展する, 私は, 筆を, 而も, 胸の, 腰を, 自分も, 自身の, 読んで, 談笑し, 進んだ, 飛躍し

1 [1550件 抜粋] ああ神, あこがれ歎いたことか, あったかに, あったけれども, あったその, あったアムステルダム, あったユダヤ人, あった一定, あった五月上旬, あった古人, あった国粋主義, あった彼, あった手持無沙汰, あった末, あった物騒, あった社会思想, あった米国貨物船キャリフォルニアン号, あった豪傑, あった青年, あって, あの茫漠, あらし飛行, ありある, ありしなり, ありしアリナ嬢, ありし個人主義的, ありし汽船, ありとは, ありのまま答える, ありますものの, ありアメリカ国費, あり二十八日, あり何物, あり尚, あり我等, あり稍, あるあらねば, あるかが, あることその他, あるじゃ, あるそれら, あるでしょうか, あるともさ, あるに際し, あるや, あるらしいという, あるイデオロギー現象, あるソヴェト, あるドイツ, あるパタゴニア人, あるプロレタリアート, あるモルフェ, ある一切経, ある不安, ある之, ある人民, ある今, ある以上, ある作家, ある俗謡, ある健気, ある全て, ある列国資本主義側, ある労働党, ある厚生省, ある古疵, ある唯物弁証法的, ある国富, ある外国人, ある大島, ある如く見える, ある子供ら, ある家庭, ある封建社会, ある少年たち, ある工匠, ある市街, ある怪物, ある情勢, ある想像, ある所謂家族制度, ある政治的社会的文化的, ある文壇, ある新進アジュルベエル氏, ある日本人, ある昼, ある時間, ある本質, ある枝葉, ある根づよい, ある機構, ある民衆, ある沙漠, ある無産階級, ある物体, ある猶予, ある現実, ある生, ある田舎出, ある痕跡, ある瞬間写真, ある社会主義社会, ある祭礼, ある窃盗事件, ある精神的生活, ある繁栄, ある能楽喜多流, ある自然主義, ある船舶, ある若者, ある行為自体, ある観光船高麗丸, ある記憶, ある豆, ある資源, ある近代, ある都会, ある鍛冶屋, ある需要, ある青年子弟, ある鮎, いう推量, いささかの, いつか人間の, いつもすでに終極完成, いまの, いるうち, うしろ向きに, おあと, おのれの, おろしに, お角さん, かかる困苦, きく根気, ぐんぐんと, こい問, こい雨, こう詠ずる, こくた, こく云, こく胸, ここに, このぬるぬる, この巻末記, この曠古, これで, これは, さながら嵐, しかして再び春一, しかもひとつ, しかも偶然性, しかも徹骨, しかも斉魯二河間, しかも独自, しかも遂に, しだいに砂糖, すでに構え, せめてもの, そうした気味, そこへ, そしてなお, そのあいだ, そのやり, その作品, その兵士, その宗教, その復讐, その恥, その所用, その收, その毒薬, その特性, その生血, その能率, その谿谷, その間で, それぞれに, それと, それは, そんなら, ただ本能, だが一方, ついに, つねにそういう, では何故そんなに, ともかくも, どうやら眼, どのよう, どんな形, なおもわが子, なかに, なにもかも思う, なるべく音, のさばって, はる子は, ひどい寄宿舎, ほがら, まいろうとの, またある, また実現, みずからも, めいめいそれぞれの, やがて家康, やっと四, やむを得ず決め, ゆるゆると, りっぱに, わずかに, われら死なん, ウッケラートの, カーボーイの, クルリと, スサマジイ勢いで, スラスラと, チュウクロス兄に, デキショナアリヨムで, ニヤリと, バルザックは, ポンポコどてらを, ロヨラたちの, 一つの, 一倍の, 一座の, 一方その, 一生を, 一致し, 一議会も, 一面の, 三井寺から, 三十哩内外の, 不断に, 世界を, 中国へ, 久々の, 二たびし, 二六時中国際的諸, 云った, 五年の, 人生に, 人間の, 今度は, 今日曲馬場で, 他方に, 伝わって, 何かしら, 何処かに, 余生を, 作品の, 作曲した, 作者は, 使用し, 俯瞰し, 倦か, 傍を, 先刻風呂を, 全人類, 全篇, 兩概念の, 其命令に, 再び活物, 凝然と, 出て, 出版を, 切れ切れに, 到頭詳しく, 前後を, 努力し, 勞動者と, 北足立郡谷塚なる, 十八日に, 千島列島を, 午過ぎやっと, 半島を, 原子バクダンの, 又も, 取り入れた空前, 口を, 各自の, 同時に, 同時に何となく物足りない, 名も, 吸入する, 品性の, 唱ふ, 器具と, 回転する, 在る強烈, 城内の, 塾生の, 壁布を, 夕日に, 多くの, 多忙を, 大体の, 大地を, 大笑, 奔放に, 婦人作家たちに, 孰れ, 完成を, 実際で, 室を, 富士山頂に, 将来に, 小山夫婦頻, 尚怒り, 岡田八千代の, 巣の, 左が, 巷を, 帰って, 常に燃, 平板瑣末所謂暗い, 平静端然と, 幾度か, 庖丁を, 廻るの, 引ッ立てられる, 当年の, 彷徨する, 彼等に, 待って, 後退し, 御歌よみした, 必死に, 念を, 恋は, 恥らった, 悪化する, 愉快な, 意気地なく, 愛に, 成したもの, 我が企図, 我船の, 或時五百, 戻つたこと, 打ち羽振り來, 抽象的に, 探し廻り且つ, 撰定した, 放射能の, 教育する, 敬虔なる, 敷石を, 文字通りに, 文学界に, 新しい生活, 新古今時代, 旅行した, 日々の, 日仏の, 日本人固有の, 昇る, 昔からの, 是非無き, 暑い宿屋, 暮す次第, 更に一通, 書いて, 月から, 朗誦すれ, 未曾有の, 本船に, 東は, 果樹の, 楠公崇拝の, 楽の, 横に, 次第次第に, 歌った, 此方へ, 歩いてる女, 歴史の, 死ぬナと, 母子の, 氏郷勢を, 民衆の, 水洗いし, 決して作家, 沙漠の, 波瀾を, 流れた, 海岸を, 深い溜息, 深林を, 満足そうに, 演ずる, 灸すうる, 無意識な, 無言では, 燃えゆく黄雲, 物凄き笑, 独特な, 猶断然ユニーク, 王者の, 現在では, 現実主義の, 甘寧, 生死を, 生涯を, 用は, 畢生の, 発達させた, 白雲は, 盛んに, 目瞬した, 相変らず, 相違する, 真実へ, 眠りに, 瞬時と, 研究を, 社会心理に, 神経質な焦, 秀吉の, 科学文化の, 稍興冷め, 空しく三年, 空中の, 窓外を, 立寄って, 笑止にも, 箸を, 米公使を, 紙面から, 終へ, 経験する, 統一である, 縫い歩い, 美和河に, 老エフィゲニウス, 耳を, 胡軍の, 腐敗堕落無能の, 膨れて, 自分達の, 自殺する, 自然の, 自身も, 興奮し, 航海を, 芸術家としての, 茶汲女の, 荏苒今日, 落付けず, 蒼茫の, 處世する, 行き二人, 行く後ろ影, 裂罅を, 覆面ご, 見送りたり, 観照し, 言った, 詩は, 語って, 語る, 読み進むに, 読めるとともに, 論じて, 諸所を, 負傷者を, 走せめぐった, 跟い, 身を以て, 載って, 辛抱強くこの, 近づいて, 迷うというは, 退屈げな, 通り過ぎて, 進まんと, 進みます, 進むので, 進行し, 遊んで, 遙に, 適当な, 郡兵衛は, 鄭重に, 野外の, 鉱業停止の, 長い間, 開拓史を, 阿園, 階級社会の, 雨を, 電話を, 青年の, 靜かに, 響いて, 顧みて, 食い入って, 餘念なささう, 馬鹿馬鹿しいとの, 駕籠の, 高野や, 鬢の, 黄道に

▼ し~ (2732, 0.4%)

51 しない 29 しないかと 22 しなかった 16 ない 13 したが, しないか 10 しないであろう, すまいかと 9 せぬかと, ぢめた 7 何ぞや, 唯だ, 彼の 6 しないの, しまい, しまいか, しまいかと, しまいかという, 决し, 固より, 遺憾なり 5 しないかという, しないで, せぬ, 我れ

4 [17件] しないかを, しないだろうか, するが, ぢめる, 今に遺憾, 何も, 何故ぞ, 余が, 例の, 夜の, 昨日の, 無論なり, 無論なる, 確かに, 神さまの, 第一, 誰ぞ

3 [45件] おろかの, この家, これが, これなり, しないが, しなかったかと, しなかったが, しなかつた, しなかつたか, しなかつた物, しません, すぐそこ, せぬか, せぬかとの, せん, ぢめて, ないの, 一の, 不屆, 之れ, 事實なり, 二の, 人間の, 今の, 何の, 十八の, 問ふまで, 好いた好かぬの, 実にこの, 實に, 情の, 我ながら, 早や, 昨年の, 是なり, 是より, 此の, 此金なり, 疑ふ可, 盖し, 花よの, 藤本の, 酷からう, 馬鹿で, 鳥を

2 [149件] ありがたいが, いかに口惜, おとなしき性質, けだしほか, これも, した, しないから, しないだろう, しないよ, しなかったと, しませんから, しませんでした, する, するものの, せじと, せぬぞ, せぬゑゝ, せめてもの, その雅致, そも, それが, た, ないので, ないよ, なかった, なんの, むしろ蕪村, わっし, われも, エリスなりき, マイニンゲンの, 一は, 一三〇二年の, 一度も, 七月廿八日なり, 上の, 事実なり, 亦無論, 人に, 人の, 今から, 今も, 今より, 今囘, 今我同行, 他の, 何, 何と申, 何人も, 何者か, 余の, 俳名の, 俺の, 偶然の, 全くその, 全く妾, 全く私, 全く車, 八圓半九月の, 六月十五日なり, 其の無謀, 其身の, 初めてなれ, 前にも, 前足おとなしく, 加嶋屋が, 北条家の, 南宗の, 即ちこの, 古文法を, 君が, 吟咏文章にても, 四十余日其地海に, 四方の, 堤の, 外物を, 大臣の, 大都会, 女の, 妾が, 学徳全備の, 家に, 岩井玉之, 己が, 巴里絶頂の, 幾とせか, 彼なりき, 彼れ, 彼を, 復た, 心地能こそ, 必しも, 必ず誤, 思いますが, 思ふに, 成功の, 我が企, 我が国の, 我某省の, 我輩と, 敷島の, 文政二年の, 既に公然の, 明治二十四年の, 明白なる, 昔しなりけり, 昔の, 是まで, 是非も, 時の, 時勢未だ, 最も明快, 橋柱には, 此伊賀亮が, 此折なりき, 武士の, 殆ど公然の, 殆ど疑ふ, 母なりき, 水土よろしき, 決して疑ふ, 漢の, 爰なりと, 父上の, 牧之老人が, 甚だ自然, 由良の, 登り二里の, 確に, 聖母の, 職工にて, 自己の, 自然の, 致しますと, 蕪村五十四歳の, 表の, 言ふ, 言を, 誰が, 誰れ, 豈其の, 輓近の, 迷なりけり, 配所の, 雲黒く, 頗る奇異, 頸城郡の, 餅花を, 黄昏の

1 [1960件 抜粋] あえていう, あたかも午前三時頃, あっちへ, あなたより, あの宝, あまり浮世, あらむを, ある夜深更, あんないまいましい, いか, いかん, いたしますぞ, いたしませんが, いつもの, いと面白けれ, うろ覺え, おしの, おっかなくなっ, おもいも, おれより, お光殿, お百姓, かかる際, きたなげなる, くとき, げにこの, こう人, ここにて, このとき, この地, この島, この方, この時, この生命, この老女, この鋸, これから夜昼, これならん, これより, これ其類似一致の, これ後漢の, さいしょに, さても, さる五月雨, したの, しないけだし, しないでは, しないはず, しない却って, しなかつただらう, しまいかとの, しまいと, しませんからね, しやすろ, すかな, すであると, すなど, すなわち勝氏, すまいかという, せぬかという, せぬだろうかという, せぬ討って, せまい憎まれ, そう信じる, そぞろ天保寅年, そのま, その二, その友人, その家世, その後の, その早く, その殿, その真相, その英国風, その頃, そもいつ, そりゃそう, それ緑の, たしかにこの, ただいいつけられた, ただ秀郷一代, たれの, ちゃんともう自分, ついた, つかないの, とっても子供, どちらでもよ, ないですぞ, ないん, なかなかよい, なく十年一日, なさるめ, ならぬという, なんぼ, はやすたり, ひとえに天狗, ふるさとに, ほんの十町内外, まさに然るべき, またてっきり, また別, また翁, まだゆかしき, まったくこの, みな人の, めったにない, もう一度投, もとから, もと蒲生殿の, やらじと, よけれど, らく乾い, わがくだ, わが妹, わが罪深き, われなり, われらの, アヌンチヤタが, アフリカ南端の, アレーイトスの, オイティウスなりき, クロミス及び, ジルベーの, ツイ近ごろの, トマス・モア下っ, パンの, ヘクトールエーイチオンの, ベーリーを, ルーソーの, 一つ眼を, 一二九五年なり, 一二六五年なり, 一個の, 一八五〇年ドーバーと, 一度に, 一旦引っ返し, 一時頃, 一生懸命に, 一瞬間なりき, 一間の, 七日七晩焼き, 三十ぐらい, 三十八九の, 三月一日午後一時ごろなり, 三狐の, 上田先生の, 下戸の, 不審なり, 不思議と, 不親切なり, 世界の, 並河掃部の, 主殺し, 久しく恋し女, 九時頃なり, 予め電話, 事実の, 事實に, 二三の, 二十三歳であった, 二十余年もの, 二百年以來の, 五十がらみらしい, 五尺に, 亥刻から, 京都の, 人を, 仁の, 今に到, 今は, 今年十九歳去年の, 今日ここを, 今日中野君と, 今江戸吉祥寺の, 仕ても, 仙道七郡を, 伯夷伝を, 何か, 何と申し, 何ゆえぞ, 何一つなく, 何人の, 何故の, 余之を, 使用に, 信じる, 信長様に, 偏に日当り好きため, 備は, 僞り, 儒教也易也, 元來天地, 元来金の, 兄の, 先代の, 光か, 入道が, 全く偶然, 全く我が, 全く聖母, 全たく殺害されし, 八年の, 兵法修行中の, 其中表に, 其子ドイカリオンと, 其故なから, 其由来の, 其資性の, 冀城の, 凡そこの, 出現者の, 初めての, 初春の, 則ち, 前の, 前掲トチワの, 北畠家の, 十三ヶ年以前の, 十二月十四日の, 十八名めえ, 十時, 千万かたじ, 千八百六十二年, 千萬にて, 午後三時頃なりけむ, 半ギニー, 南無ありがた, 危ない落ちる, 即此娘子, 去る, 友なり, 口を, 古史神話普通の, 只一つ, 可笑し, 合點行ず, 同じ所, 同地方, 名の, 君命を, 咋の, 哀れ墓なかりける, 問ひし, 嚴島, 四十そこそこ, 四年前に, 図らず余, 國表丸龜へ, 城に, 夕の, 多少を, 夢に, 大いなる見, 大丈夫だ, 大岡殿申されし, 大正改元の, 大阪東奉行所の, 天保八年頃なりし, 天晴頓智の, 太閤本願寺僧を, 奉公の, 女の子などと, 好し, 如何なる仔細, 如何に, 妥なる, 妾の, 嫌ひだと, 字福岡なりけれ, 学問すべき, 安心なし, 定めて, 実にも, 実に当れる, 実に昨夜, 実に気味, 実際に, 家の, 寛政の, 寛永八年二月二日町奉行島田彈正忠殿宅へ, 寨中の, 尋常の, 小町が, 少なかりき, 尾張藩を, 山の, 山崎の, 島原の, 巡査なり, 差添なれ, 希臘国の, 常よりも, 常陸の, 平左衞門, 年經る, 幸ひか, 幾多あります, 座中に, 当らず, 当然ならずや, 彼曲の, 待乳の, 得手ぢや, 御相手に, 心得難く, 必ず西涼, 忝ないが, 思います, 思うの, 思ひつき, 急に, 恐しくも, 恰も午前四時, 惑深き, 惡口に, 愁い顔だ, 愚かなる, 憑司昌次郎兩人の, 我が叔母, 我が誤ち, 我に, 我も, 我容色と, 我身より, 或る, 戟を, 所ちかき, 抑何人, 拙者に, 捨子にや, 擬人法を, 敗軍の, 数週の, 文右衞門が, 斯かる, 方なる, 既に地獄, 日本にも, 旦那が, 明なり, 明也, 明治二十七年三月頃の, 明治四十二年の, 昔と, 昔物語り, 春風か, 昭和七年の, 是れ, 是非に, 時節が, 智術萬人に, 最初ロンドンにて, 最近は, 有難いが, 朝の, 本年の, 朱子理気の, 松川の, 果してなん, 某君, 柿へ, 極めて希有, 櫓の, 欧米各国が, 正しく熊也, 正徳年間に, 此ひとつ家なら, 此二王が, 此地なり, 此安五郎に, 此巖の, 此曲の, 死しても, 殆どない, 残念である, 母神火神を, 水なれ, 汝が, 汝の, 江戸の, 江戸麻布原町家主平兵衞と, 決して私一箇, 油町伊勢屋三郎兵衞名代喜兵衞と, 法廷で, 浅草三間町の, 深き仔細, 混亂し, 源叔父なり, 滅茶滅茶に, 潁州の, 無くて, 無下に, 無理を, 燃ゆるがごとき, 爆発物の, 牟礼大八, 犬の, 独逸語にて, 玉の, 王様の, 現在娘千代にて, 甚だ遺憾, 生来の, 男子ならん, 町人體の, 異しむ, 當村の, 疑いを, 疑なし, 疵帶べ, 白桃の, 百年目, 皆小さき, 皆無にて, 目を, 直接に, 相違無や, 眞實の, 睨んで, 知らず中堂, 碁盤碁器と, 神功皇后なり, 神明の, 神風の, 福島市松の, 私より, 税が, 立つても, 第一時, 第三難, 筆路の, 篦の, 紅葉の, 経済学者たる, 織田家の, 羊に, 羽柴秀勝様の, 老母も, 聊眉に, 聞きません, 能, 脊柱の, 膽が, 自分じゃあ, 至りけんかも, 船頭, 若いけれども, 英語を, 荒尾が, 葉石なり, 蓋しこの, 蓋し襄, 藤井左京なり, 藻西太郎に, 蛙と, 衆人言う, 衣を, 西洋から, 見なかったが, 親の, 言うまでもなく修業中, 記紀以後には, 誠なる, 誠に驚き入たる, 誤れり, 誰な, 誰にて, 論者の, 謙信の, 議論を, 貧に, 貴僧なりと, 赤く染まり, 越前朝倉家の, 載し次, 近く徳川太平の, 近頃流行, 途中で, 遁げる, 過世何, 道連れに, 遠い辺土, 選ばれた少数, 酒店の, 重に, 鉄砲は, 鑿の, 間もなくそれ, 附かない, 隠し女, 雪とて, 青葉の, 頭白の, 飛騨一国を, 馬喰町にて, 馬鹿には, 高倉, 鰐の, 鴻家の, 麻布の

▼ し~ (2593, 0.3%)

183 がる 137 がって 119 がんで 89 べつて 81 がれ 64 がるん 39 べつた 38 がると 36 がったな, アがる 31 あがる 2928 くつて 27 がった 22 がったん, アがって 20 否や 19 あがって 17 くつた, ぶつて 16 がるから, がれと 15 がれた, がんだ, まむ 14 がるの 13 がったの, がるな 12 あがった, がるんで, 否やを 10 がんだり, べりながら 9 否やは, 必せり 8 あがれ, がったか, がるんだい, くりました 7 がるか, アがった 6 がれという, くると, つても, べつたり, べり始めた, アがれ, 疑ふ可

5 [14件] あがるな, うかと思つて, くりあげて, くるの, こしや, ちこ, つくり, なりしや, なりと, はって, べらない, べり出した, 明かなり, 知るべきのみ

4 [22件] あがると, あがるん, あしや, いますが, うかと思, がったんで, がるッ, がれだ, がれッ, がれツ, くにさ, くにさは, くりあげた, つて下だ, ぶつた, べりすぎる, べりはじめた, アが, アしない, アしねえ, 否を, 彼の

3 [34件] あがるさあ, あしめえ, いまして, います, がったかと, がったから, がったぜ, がったと, がってさ, がらねえ, がるね, がるン, がれっ, くるやう, くれて, ぐめが, これを, すてきに, ちほこ, はりまして, はりましてん, はるの, べらせ, べりかた, べります, べり出す, ァがる, 何が, 余は, 宜い, 明なり, 知らず, 知るべから, 誰れ

2 [116件] あがるので, あがれと, あしねえ, あしまい, あたりを, いで, いました, うかと云, うかと思ふ, うれ, かさが, かさも, かさを, かに, かにも, かに水潦を, がったが, がったに, がったね, がったので, がったら承知, がってと, がってね, がらねえん, がるが, がるし, がるたあ, がるだらう, がるとか, がるとは, がるない, がるに, がるねえ, がるもの, がるツ, がる甥, がれ俺は, がんだま, くりあげしや, くります, くり上げて, くり上げながら, くる, くんだ嬶, くんだ顋, くんだ顏, ぐめは, さあれ, さん, それとも分かぬ, そんなこと, だそわ, つくりを, つて, でかぼちや, に覚ゆ, はつた, はらへんねん, はらへんのでなあ, はらんと, はりまん, はる, はることに, はるねん, はれへ, はれへんの, ばで, ばに, ぶつといふ, へん, べつたらきつ, べつち, べらう, べらし, べらぬ, べりあ, べりすぎた, べりたい, べりたて, べりだしたら, べりだす, べりちらし, べりちらした, べりまくつた, べりまくる, べり散らす, べり立た, べり立て, べり立てた, べり続け, ほうれんさ, ぼんと, ぼん玉を, ま, もみが, ろか, わせに, 久しきなり, 伊邪那岐大神, 全くその, 否やと, 嗄れたやう, 土産物を, 大音寺前にて, 天の, 如何に, 建速須佐之, 明かなり故に, 更に, 汝は, 童速, 術こそ, 誰が, 降りで, 降りの, 須佐之

1 [768件 抜粋] ぁしねえ, あがったって, あがったなと, あがったもう, あがった聞いて, あがらないん, あがるか, あがるぜ, あがるなあ, あがれだ, あがれって, あがれ畜生ッ, あきらかに, あつく面, いか, いかなるさま, いがい, いせ, いまし, いましたさ, いますか, いますと, いませんか, いま我に, いよ一日お供を, いツて, うかと枕, うこ, うじ, うじや, うじを, うつたらなかつた, うてんだつて, うとて, うとや, うばい人, うばい女, うふを, うぶ, うれしや, おだて, お姫様の, かなことを, かなしき我が, かな中に, かな注意を, かな説明を, かにいろんな, かに傳へられた, かに口を, かに報告し, かに宣伝された, かに書き連ね, かに村の, かに解釈する, がったこと, がったさあ, がったぞ, がったため, がったって, がったという, がったばかりか, がったほんとに, がったやつ, がったよ, がったらしい, がったらその, がったらタラバ蟹, がったら生きてるまま, がったろう, がった丸万, がった奴, がった柳沢家, がった様子, がってという, がってとか, がっても, がってるから, がめるは, がら, がらだから, がらねえで俺, がらア, がらヘッ土百姓ヘッ猿唐人め, がら女でなけれ, がるかと, がるけれども, がるこん畜生, がるさかい, がるそれ, がるぞ, がるだらうと, がるだろう, がるだ己, がるっ, がるなあ, がるなと, がるなッ, がるふざけるないつて, がるゾ, がる妙, がる婆, がる慾, がる猪之吉兄哥, がる等, がる組合, がる行きませう親分, がる赤星, がる馬鹿, がれさ, がれとばかり, がれまごつく, がれわしも, がれバカバカしい, がれ人が, がれ借り, がれ切つた, がれ声しか, がれ声で, がれ声を, がれ女, がれ戦なんか, がれ此奴等, がれ疫病神め, がれ看板通りの, がんだい不意に, がんでしまつた, がんでは, がんでを, がんどれ, きしやきし, きや, きり白き, ぎりの, くだと, くにさはりました, くに障つた, くに障る, くりあ, くりあげ泣くの, くりあげ泣くので, くり上げた, くり上げた儘済, くり上げてさ, くり上げてばかり, くり上げながらの, くり上げました, くり上げ乍ら, くり上げ歔欷, くり上つた小さい, くり加減に, くり過ぎたら損, くる八五郎, くれたしかし, くれた十, くれた口, くれた如法玩弄, くれた婆さん, くれた月形, くれた独りよがり, くれた色男, くれた色白, くれた音声, くれた顎鬚, くんだ円髷, くんだ固い, ぐまと丸髷と, ぐめが其邪魔を, ぐめが最後に, ぐり上げる, げにその, こ, こが, これ第, こ何の, しきたりや, して, しらず, しを, じきが, じゃがいも小, せず喧嘩, そのへん, その基, その理, その身, その頸, そばに, そんな意気地, だなど, ちこばつたやう, ちこ張らせて, つくりするやう, つたの, つてから, つてようござる, つて待つ, つて早く, つれが, ですか, ですね, で灸, とあるに, とその, どうしや, なしや, ならずや, にこやし, に覺, はった, はったえ, はったか, はったやろと, はったらきっと, はったわなあ, はった押しも, はった覚え, はつたかい, はつたんえな, はつたんか, はつたんやろ, はつてな, はらんでも, はりましたなあ, はりましたんで, はりますの, はりますやろけど, はるかい, はるか知れへん, はるさかい, はるで, はるという, はるならお金, はるのは, はるのを, はるやろ, はるやろなあ, はる人が, はる程, はれしめへんの, はれへんか, はれへんねん, ばつたことを, ばでは, ひたぶるに, ひた押しの, ふと云, ぶしや, ぶりいい長, ぶりから, ぶり通した, へんのや, べったり笑っ, べつたらしい, べつたら行けません, べつたんで, べつてくたぶれ, べつとけよ, べらうかと, べらせた, べらそう, べらなけれ, べりける, べりこん, べりすぎて, べりそして, べりたいだけ, べりたがる, べりたけり, べりたてそして, べりだ, べりだした, べりちらす, べりつづける, べりはじめました, べりま, べりやせん, べりやんだ, べり出された, べり出しました, べり出し自分の, べり勞れた, べり合つた, べり合ふ, べり始める, べり悪い, べり散らし, べり歩く, べり深水は, べり立てはじめた, べり立てる, べり立升た, べり続けだ, ほんとに我が, ぼんを, ぼん玉に, ぼん鰹節以上です, まくれた恐ろしく, またその, また何處よりこ, まだ七つ, まの, まを, みぎはの, みせんに, みて, みみずが, もしこれ, もつと, もみといふ, やっと巡り会うた, よく覺, よろこばしや, りつ, りつと, わが腹, わせが, わせを, わせ過ぎる, ァしねえ, アがったら, アがれこの, アがれ馬鹿に, アがんな, アしません, アしめえ, アガラ, カシス貝の, コレ宜, ッた, ツきりした, ツ面へ, ホトトギスの, 一人も, 不分明, 両人より, 主人の, 之を, 事業熱は, 云云, 人いかに, 今年生まれしや, 今日より, 仔細有る, 他なし, 仰る, 何ごとぞ, 何だ貰, 何ぢやと, 何とて幺微, 何事が, 何処にて, 何泣く, 來たす, 保養や, 假令夫に, 傳吉私し, 僅か三本の, 先代平助は, 其は, 其時こそは, 其選屑の, 其間に, 出來ぬ, 初恋しぼんだ, 剪兒よ, 動静で, 医者, 十兵衛自身も, 又傳吉, 又同人, 又殺害, 又海中, 又知らざるや, 又藤三郎, 反対の, 可愛さうに只一人娘, 合ひ, 君, 否な, 否やである, 否やについても, 否や明言する, 否や知らね, 唯見る, 善き惡しき, 單に, 嗜好品として, 固より, 城富ヘイ御意に, 塩ならぬ, 外に, 夢の, 夫は, 夫れ, 女子の, 如何にと, 孰か, 宜いん, 実に大, 室さがし, 寒中見舞として, 寒雀, 小児が, 少々思い当る, 少女スンガリイなる, 山の手電車が, 左右を, 帯などを, 幾時, 当時世人は, 後の, 必然なり, 忌々し何奴, 怖ろ, 思ひあがれる人, 悪党血を, 情なき忠兵衞殿, 憑司夫婦の, 我は, 我を, 或はいまだ, 或る, 敵艦若し, 新菊, 早くし, 早く去るべし, 明なりし, 明言し, 是れ, 暮色に, 未だ明かならざれ, 来たす此人ア, 東洋産の, 極端なる, 檀那がたの, 此喜兵衞は, 母が, 汝これを, 汝も, 汝等何ぞ, 流るるみ, 深手何ヶ所も, 測り知る可, 源次郎私し, 潦, 火を, 無辜を, 然ら, 王位は, 當時渠は, 疑いなし, 疑いを, 直に, 眞直に, 知ざれ, 知らねど, 知る可, 知れざれど, 砂埃に, 神は, 神秘主義や, 私所持の, 秘密の, 竜燈の, 紅裏の, 結婚し, 総身の, 而其許は, 能く, 腹の中でも, 膾も, 花瀬は, 苗を, 若いな, 華やいだ齢頃, 葉を, 蘭方に, 見えず猶も, 親の, 親父様己の, 試に, 詳ならざる, 誰々の, 請ふ, 讀者よ, 谷風今, 転宅した, 道中双六に, 那須の, 銀の, 長庵答, 階上なりしや, 雑誌の, 頓と, 餅あみを, 高きを, 高輪田が, 鶯主は, 黒い岩

▼ しその~ (2582, 0.3%)

40 ために 35 上に 23 中に 16 日の 14 結果として 10 代りに, 結果を 9 ためには 8 あとで, たびに, 上で, 肉を 7 人の, 前に 6 下に 5 うちに, ための, 基礎を, 想像を, 時の, 時は, 次の

4 [23件] あとに, ことは, ことを, ような, ように, 中から, 中で, 中には, 人は, 人を, 価値を, 内部に, 夜は, 実現に, 手か, 手を, 日は, 時に, 權力は, 福利は, 結果が, 罪を, 隙に

3 [31件] うちの, ことで, たびごとに, なかに, ま, 一部を, 上へ, 主人に, 代償として, 余の, 作品の, 力に, 功によって, 反省を, 名を, 地を, 場で, 多くの, 存在を, 年の, 日から, 時には, 時代の, 点で, 生活の, 生活を, 精神を, 結果は, 結論を, 足で, 頃の

2 [168件] あいだに, あとは, おかげで, ことに, ことには, ことによって, ころの, さまは, すべてを, ため博奕を, ついでに, ほかに, ほかの, ほかは, ほか各, 一つを, 一人は, 一方を, 一部分を, 上を, 上流竄地を, 下の, 下へ, 不幸について, 世界を, 両側に, 中を, 事件の, 事情を, 代りとして, 以前の, 体は, 余波は, 例として, 入口に, 内でも, 内の, 内容の, 内容を, 分量を, 判断に, 前年の, 副産物として, 勘定を, 勤労を, 南の, 原因を, 反動で, 反対の, 反対も, 取らざるべからざる方針, 古語の, 各々が, 名が, 名ぞ, 国の, 国を, 土地の, 声は, 夕べより, 外に, 夜の, 夜より, 失望の, 女が, 妻が, 威厳を, 婚家の, 実践に, 家の, 尊厳を, 布を, 度に, 度毎に, 建設の, 形相を, 影響が, 心の, 心は, 意味に, 意味を, 意識が, 愛情を, 態度を, 所在を, 折の, 数が, 数を, 文学的現象の, 新鮮さに, 方に, 方の, 方へ, 日に, 日も, 旨を, 昔の, 時分には, 時分口に, 時期が, 晩年は, 月の, 有様を, 期に, 本質の, 検討の, 業を, 様な, 横には, 次に大, 歓心を, 歴史の, 活溌の, 無限の, 父を, 物憐れな, 状あたかも, 独自の, 理由として, 男を, 皮を, 真実を, 眼は, 眼を, 瞬間に, 研究と, 程度の, 竹竿を, 筋の, 精神に, 素養を, 組織の, 結果から, 結果に, 結果生産物の, 美しさ, 翌年, 翌日の, 翌日より, 者は, 背後に, 花に, 苛酷な, 苦しさ, 血の, 要求に, 規定を, 解答を, 言葉は, 言行を, 詩集, 認識を, 誰かが, 貯金帳を, 資本は, 足跡と, 跡を, 辺の, 逆は, 道理を, 金で, 響は, 頃は, 額には, 顔を, 風四方に, 養殖状態を, 高弟雲英禅師を

1 [1817件 抜粋] あいだあいだを, あい間あい間に, あたりに, あとである, あと自ら註し, ありがたがりし笑顔, いづれをも, うちから, おゆるし, お蔭で, かたわら筆を, こ, ころから, ころ流行した, すみ子を, ためお, ため一時は, ため息を, ため花崗岩の, つぎに, つもりで, とおりに, ときそこで, ときも, とき地球人類と, なかで, のちという, ひとに, ほかかんざし, ほか開拓使内の, まに, やうに, ゆえに, エピメトイスが, ショックで, テーブルは, ビール罎なる, マチガヒによ, ロフティーネスを, 一つ一つが, 一なり, 一人に, 一匹一匹に, 一大目的十大綱目は, 一方は, 一生を, 一部が, 七月には, 三民五憲の, 上にて, 上ビルディング内には, 上主人の, 上剣舞まで, 上時々, 上社の, 上血眼に, 上酒精中毒に, 下には, 不変的結果として, 不正官吏を, 世話を, 中の, 中一〇〇〇磅は, 中堅を, 中心情熱によって, 主すなわち, 主情的な, 主義綱目は, 予言が, 事例は, 事象が, 二十八日は, 云ふ, 交渉は, 人として, 人も, 人格と, 人波を, 人間の, 仕上げた賃金, 付近は, 代はり, 代り騷ぎの, 令嬢の, 以後には, 仲裁に, 伝を, 伝統の, 何でも, 余りを, 余波として, 作家がや, 作用を, 使うて, 依頼状は, 価格を, 信仰心理を, 修めるところ, 個所へ, 倶楽部は, 傍でやす, 傷の, 儘不慮の, 先覚者の, 光の, 全体を, 全能力, 六部の, 内に, 写生面を, 冷かさおもい, 処置については, 分裂繁殖の, 初興行, 別当所で, 前へ, 前後の, 剣を, 創立が, 力によって, 功徳は, 労働の, 効用が, 勉強の, 動揺に, 勝手の, 勢いは, 匂いが, 区別を, 半分が, 半分位は, 協力を, 危険が, 厚き待遇, 参考品を, 友達も, 反対を, 収益から, 口に, 口火として, 各段階, 合理性の, 名によって, 名称すでに, 名誉を, 周囲に, 周圍には, 味が, 唇へ, 商工が, 喇嘛の, 四十郡, 因縁をば, 国人に対する, 土地にては, 在りと, 地の, 地方の, 坊さんと, 報酬として, 場へ, 場合人々は, 壮厳神聖なる, 夏, 外いかに, 外方を, 外部には, 夜我が家の, 大名の, 天使の, 夫と, 失敗の, 女は, 如く働けと, 妙味に, 妻子召使いまで, 威力圏の, 娘を, 嬉しいと, 子を, 子孫だ, 子目も, 存在が, 孤島は, 学者たら, 學問の, 安達ヶ原は, 定則を, 実の, 実習として, 実行を, 宣言は, 家庭を, 家臣松永久秀に, 實僕の, 寺堪, 対策を, 小作人達が, 少女を, 尸を, 屍を, 屏風なら覚え, 山河起伏する, 巡査へ, 左翼を, 市街民家林園等を, 帰りに, 幕の, 年十一月を以て, 幹が, 幻想を, 広い入口一つ, 序文に, 建物と, 強味を, 形体相貌を, 影響から, 後任者の, 後援の, 得業学生の, 徳に, 心も, 心持は, 心理的効果を, 志を, 思惟が, 思想発し, 性格が, 恋愛が, 恩賞に, 悪い場合, 悪気流, 悲鳴と, 惨憺たるあり, 意図に, 愛弟を, 憎しみと, 憧れの, 戦で, 所へ, 所有者の, 所領を, 手續を, 打ち明け話, 折かの, 拍子に, 指図し, 捕獲および, 揚句には, 支出は, 支配の, 政治に, 教えを, 教授助教授には, 整理と, 文化は, 文学論は, 文章の, 新聞記事を, 方向に, 方法は, 施物は, 日か, 日より, 日善は, 日鎌倉を, 昔より, 映画化によって, 時にな, 時代よ, 時以来農業の, 時恵須取山の, 時言い出すべき, 晩十七夜の, 暮方なりき, 書は, 最古最初の, 有様の, 朋友を, 朝十時頃に, 未来の, 末は, 本の, 本性に, 村には, 来襲する, 果に, 枠に, 株式なる, 根拠を, 根柢を, 案は, 業蹟は, 標準と, 樹腹を, 機能上の, 欲する, 正体を, 歪みを, 死が, 死骸を, 母たるに, 毒瓦斯を, 気持が, 水にて, 水源地帯に, 汚濁の, 汽笛は, 泉は, 法律的犯罪をも, 泥草鞋の, 流れから, 消息に, 淵と, 演技も, 火を, 点に, 為に, 無自覺, 父セネカと, 物貨を, 特志家を, 特異性を, 狂気への, 狼藉の, 玉製なるべき, 理解の, 理論は, 生きた栓, 生活は, 生産の, 用いら, 男と, 留守に, 異国人が, 疑いを, 癖この, 発育を, 発達の, 白色變じ, 盗賊は, 目的と, 相乗作用により, 相続者は, 真の, 真摯に, 眼と, 瞬間実に, 知識の, 石の, 破れた築地, 礎の, 社に, 社会的原因を, 祖神を, 神秘な, 租税半減の, 程度も, 究明を, 空虚の, 立法の, 竹やぶや, 第一回, 第二公式, 答は, 箱を, 節と, 範囲において, 精密なる, 精髄は, 紛失せん, 素晴しい, 組織ずいぶん, 経済価値論に, 経験は, 結婚生活を, 結果, 結果ついに, 結果不慮の, 結果名目上とにかく, 結果生は, 絵を, 絶対的単純化に, 縄じり, 罪, 美しい声, 美果を, 翌々年には, 翌十二日, 翌年は, 翌日十六日に, 翌日朋友の, 老体と, 考えの, 考へは, 職權を, 肌の, 背より, 胸は, 脊骨数箇を, 腹の中に, 臣が, 自我を, 自由と, 自覚から, 舞台的魅力に, 船行方なくなりて, 良知の, 色彩に, 花の, 芸術性を, 芽は, 苦悩を, 菩提心より, 落下の, 蔭に, 血が, 行動によって, 衣服を, 衷情を, 製作を, 西洋人の, 規則破りを, 視線をや, 親に, 観すこぶる, 観念的な, 解決に, 言にも, 設備なぞ, 試作を, 誇は, 語根は, 説明だけ, 課題を, 調査観察の, 論を, 論理形態は, 議はつひ, 護衛と, 貫徹の, 費用の, 貿易には, 賛同を, 赤味がかった, 足の, 跡地なる, 身を, 輝きを, 辺を, 近海を, 迫害者の, 追放を, 逃げる方角, 途次すなわち, 逢い方, 連想が, 進歩に, 遅速によって, 運命に, 過つた断定, 適不適を, 部下に, 部類を, 都度ぼくらまで, 醜点, 重複を, 野獣性を, 針路を, 銃剣の, 長い苦鬪, 長門の, 門前は, 開国の, 関係に, 関係漆膠の, 隙にという, 際に, 離心率の, 需要が, 霧の, 面目を, 音が, 頃より, 頃高名の, 頬も, 頭を, 顏には, 顔は, 風光を, 風習に, 飛行は, 餘剩品を, 馬鹿に, 驚きを, 高低の, 鬪爭を, 鳴くを, 麓から, 黄白を以て

▼ し~ (2080, 0.3%)

67 して 36 見て 21 れて 12 見れば 11 いふ 8 疑はず, 知るべし 7 した, とって, もって, 今は, 知りて, 見るに 6 つけて, 思へば, 知る, 知るに, 記憶す 5 聞かず, 記す

4 [15件] いふと, おも, するため, するの, するよう, つて, とると, 口惜しがり, 幸ひ, 持って, 知りぬ, 見たり, 見ても, 説くもの, 願います

3 [28件] うけて, さな, されて, したり, はると, もつて, や, らしいこと, らしう, らしさ, れゆく, 付けようと, 先きの日故郷よりの, 取出し友仙, 喜びて, 如何に, 守つてどこまでも, 居あは, 後に, 思ふにも, 片手に, 疑は, 考へ出して, 聞て, 見ず, 詫びに, 説く, 謝し

2 [132件] あやしみ又, いかにせん, いかんせん, いたします, いって, いへり, おもふべし, おもへば, かしくも, かの商人, かれが, ここで, さしました, されたま, したま, したん, しづかに, してさ, しようと, しをと, すぐに, するが, するやう, せずに, た, つた, つたか, つたな, とつた, はりて, もつてかの, やって, よんで, らし, らしい花, らしや, らず, る, るを, れた姿, れば, れり, 不幸と, 与えて, 主に, 享和年間里入重, 人あり, 今に, 今も, 以つて今も, 伐て尊像, 伺って, 何の, 余と, 信じて, 信ず何と, 先年牧之老人施主として, 光澤出しの, 出して, 后に, 告ぐ, 善き事, 国経も, 地に, 夏の, 夢みて, 夫すら, 奇異の, 奈何せん, 奈何に, 妻節が, 宣告し, 幸に, 後には, 後悔する, 得て, 心意氣氣に, 忘るべからず, 忘れて, 忘れめ, 怎で, 思え, 怪まざる, 恨んで, 悔いたり, 悔ゆる, 悟るのみに, 悲み, 惜む, 想像し, 早く大臣, 書いて, 永光寺の, 無に, 瑠璃子に, 着上, 知るなり, 知るもの, 知る可, 示す, 立てて, 竹やぶの, 経て, 考えて, 耻かしく胸は, 聞かば, 聞きし事, 聞きて, 聞けり, 聞てかの, 肯かでしのびて, 膝に, 行方なし, 衣更, 衣更え, 見ては, 見よ, 見ると, 見るも, 覚う, 覺える, 記憶し, 証するに, 詫びて, 認識せられたる如き, 語れば, 説かず, 説くは, 證する, 身に, 軽ん, 願ひます

1 [1427件 抜粋] あけた, あげること, あとから, あやしみて, ありがたがるの, いう, いかにすべき, いつか打砕く, いと口, いふ月, いまだきかね, うかがいたいと, うけたもの, うちながら, おかしと, おゆるし下されたく, お出入, お含み, お当て, お斬りなさる, お用い下さらずし, お船手, お迎え下されたら, お願いいたします, かくいへり, かこたんは, かたくなに, かぶって, き, く, くれば系圖, こ, ここに, ことごとく食い殺し, この文, この軍, これ一生の, さありせ, さかり場あるいは, さしたに, さしてやろう, させたい, させば, さとり, さりとは, されたこと, されては, しこころよく, したその, したという, した首, しては, しないでも, しのぎで, しようか, しらべて, し昼間, するおまえ, するつもり, するならおいら, するばかり, するよりも, する積り, そぞろに, その係長, その夫アレース神, その日, その鼻頭, ただ偶然, たより次, たれて, つかれて, つくろひ愛誦, つけられたと, つける氣がま, つたやう, つと裂き, とったもの, とった僕, とっちまったよう, とってな, とつたせゐ, とり, とるにつれて, どうしよう, なされたの, なし火鉢, なみ大鳥の, ぬりつけて, のべ立てると, はしたなしとや, はせることぢ, はりつら, ば人の, ふせること, へて, ほどき一把, まが, また呉公蜂, みつけしだい, みな子ありき, もたせて, もて人, やがて家主, やらせたんで, やるよう, よろこびしにつけ, よろこんだ, らしいもの, らしい女, らしい望みぢ, らしい者, らしい表情, らしきを, らしくあるは, らしくなつ, らしく俯, らしく成ると, らしく落, らしく過した, らしと, らん, るかを, るところ, るので, るべしと, るるやう, るる槙, れ, れか, れしかた, れそれから, れたやう, れた樣子, れた薔薇, れつくして, れはてたる幽霊, れ切つた姿, れ根, わが山房論文, われを, われ知れ, コレハ先生よく, ジャク・バルメーンその, トラシュメデースまだ, ホレーショーと, 一つしよう, 一人大岡越前守のみ, 一人連れ, 一生懸命に, 上人怒, 不審に, 不快で, 与へて, 両手で, 中ごろに, 中川飛騨守, 主人持氏を, 久しくえ, 九郎兵衞は, 乱心者の, 事も, 云ひ, 云わず舟, 五六通書い, 人に, 仇の, 今に神異, 今又, 今度一部の, 今明かに, 今迄は, 付けて, 仰ぎまする, 伊井一座の, 伝えようとして, 伯父九郎兵衞惣内の, 住民怒, 何故に, 作左衛門密かに, 使って, 侍従は, 便りて, 倉庫に, 借り物に, 偲びまつつて, 傍より, 優にうつくしく, 先旦那の, 先鋒として, 入れる気, 其に, 其節は, 出した家並み, 出発に, 加えて, 助け樣, 包んだ煤, 十七日朝の, 半四郎は, 厭離の, 取ったあと, 取りひとり, 取るにつれて, 受けたわけ, 口惜とは, 召し上って, 可成原意, 同僚の, 君うなづき, 吹きながら, 呉帝孫権真の, 告白する, 咎めて, 售り, 喜び, 喜びかの, 喜びぬ, 喜び此, 喜ぶ, 喜べるやう, 嘲弄さる, 国民は, 地中の, 城内へ, 外して, 大切に, 天和の, 夫の, 夫追い及ん, 奇し, 女と, 如何なれ, 妨げた, 妾が, 始めた, 始めて, 始めました, 嫉んで, 孃樣よりの, 子瓢, 家臣として, 密かに, 察すべし, 察す可, 寵愛し, 射ったところ, 尋ぬれ, 山男何処よりとも, 左千夫君の, 己れ, 平原へ, 幸いそれとなく伊香保, 幸新福亭に, 引き抜いて, 形容し, 役人共コリヤ彌, 彼方に, 待つとき, 後々次第に, 得るには, 御名と, 御無心申, 心意気気に入らね, 忌々しく思ひ, 忍びつつ, 忍び後しのぶ, 忘れしには, 忘れぬ爲, 忘れ言い散らし放りし者居, 怒り群鼠, 怒ること甚, 思い出して, 思い出で, 思はずんば, 思ひ出, 思ひ合せて, 思ふて, 思へは, 怨み給うなかれ, 怪み, 恐ろしく叱り, 恥しめ候然, 恥ぢて, 恨みしは, 悔い, 悔しかど, 悔ゆ, 悟らしめき, 悟り膝, 悦ぶ事限, 悪意よりとの, 悲しみその, 悲む状にて, 惜みき, 惣内九郎兵衞は, 想見すべし, 愛しみつつ, 慈しむの餘, 慶長の, 憐み, 憤って, 憤り彼, 憾み参らせ候, 成れしもの, 我に, 我れ, 我等彼所にて, 所謂理想, 手傳つたことだらう, 才豐なりと, 承って, 承り御, 投げて, 拂ひし, 持上げ銀, 指すよう, 振りあげた, 捕て, 捧げ半, 掛し長持二棹露拂二人宰領二人づつなり引續, 推しいち早く, 掩ひ隠し, 摺鉢で, 放して, 救ひ, 敵も, 斬殺し, 是れ, 時至りたる, 暴露され, 書房は, 朋友の, 朝な夕なに, 本人も, 村中の, 松葉屋と, 染むる, 案内し, 權三助十默止ますまい, 歌い或は, 歎ずれば, 歓べる色, 此ま, 此男一人雪の, 歩み歩みて, 殺して, 殺すよう, 気遣うて, 求めて, 汝に, 汝等は, 活かし危き, 流したよう, 浴びながら, 深く意恨, 深く歎, 深沢が, 渡ったけど, 渡りまた, 湯気の, 潛めて, 火葬と, 無二の, 無理に, 煮付に, 父は, 物や, 犬に, 獄に, 甞めさした, 生置, 申し聞け親, 疑って, 疑ふ人, 発見し, 白石の, 直すの, 省みず, 着た男, 睨み付, 知らざるなりき, 知らざるよと, 知らず, 知らず宮, 知らない大きな, 知りき, 知りすこぶる, 知り再び, 知るか, 知るならん, 知るべしまた, 知る余, 石井輝夫といふ, 示し最後, 社僧祠官等歌よみて奉りたれ, 祝して, 神たち集まり, 祭る, 稀薄な, 稱へしかど, 突然訪ね, 立てるつもり, 立続け, 筆に, 簡単に, 索めて, 絞つて, 罪に, 置きました, 習うた, 老媼も, 耳に, 聞いて, 聞かして, 聞かぬ, 聞きひそか, 聞き給, 聞く在郷, 聞ざる, 聞澄まし縁, 自ら覺え, 致すべしと, 色にも, 菜畠の, 蒙りて, 虫聴き, 衣たる, 衣笠と, 見いだしたり, 見しこと有, 見しを, 見せだしたよう, 見たま, 見たる武男, 見た様, 見つけ出して, 見より, 見るところ, 見ろ, 見付け引き出そうと, 見屆, 見最, 見込んで, 見顕わし, 覚えざりしとの, 覚えて, 覚えを, 覚ゆ, 親しめる女囚, 言って, 言擧した, 討ちに, 記したり, 訪ねたの, 許さなかったと, 証するもの, 詮儀する, 認めたるなり, 誘いに, 語る, 誤解なり, 説き次に, 説き紫雲, 説く日本神話, 誰と, 請出し候, 諸氏と, 謝びのっそり, 識覚せざる, 讀むに, 貴嬢, 費して, 賣て, 距る, 身代の, 辨別したるなり, 迎へて, 近比江戸人, 造りました, 遣方, 避けつつ, 郭璞の, 重役共薄, 鎭づめてうれしき, 開けて, 限定し, 陽に, 隣村の, 難ぜしが, 雲隠れつ, 頓て, 頼みまするに, 願いました, 願い度趣, 食いに, 食べて, 食べるという, 駭くに堪へざり, 髪かたち身じ

▼ し~ (1842, 0.2%)

46 うな 36 へすれ 24 を感じ 22 を感じた 1918 うして 17 ういふ 15 うで 12 うも 10 だ, のあまり 8 うだ, に身 7 うした, である, の中, を覚えた 6 がある, のため, を見る 5 うもない, う云, う言, があった, だった, で, に, は其, を覚え

4 [13件] えしたら, につい, に心, に胸, に身悶え, の, のあまりに, の限り, はどう, へしなけれ, をもつ, を想, を感じる

3 [32件] うだが, うです, がこの, がその, が自分, が身, が込み上げ, が頭, です, というもの, と同時に, にお, に充ち, に唯, に堪えかね, に溺れ, に顔, のよう, の余り, は微塵, へある, へする, もない, もなく, も狂風一陣梢, をもっ, を加, を感じさせる, を持つ, を示し, を覚える, 悲しさ

2 [127件] あの不気味さ, うすると, うだから, うである, うですが, うでも, うで若し, うもないが, うもないと, うもないの, から来る, があつ, がありました, がない, がまた, が何, が先, が全身, が思, が我慢, が眼, が私, が胸, が胸一ぱい, だが, であった, であつ, で一杯, で全体, で彼, で後, で満たされ, といったら, とその, とは打つ, とを求める, と一緒, と云, と優し, と口惜し, と夢, と悲し, と浄ら, にこの, になつ, には違, にふと, にまだ, にも堪へられなく, に八五郎, に口, に堪えなかつた, に堪えられなかった, に堪へ, に堪へられなく, に憤慨, に我が, に打たれた, に早足, に涙, に煽られた, に狼狽, に目, に眼, に私, に自分, に苦笑, に角帽, に負け, に身内, に追, ね, のあまり気, のうち, のそれ, の度, の拔, の極み, の為, はかなさ, はこの, はない, はなかつた, はに多, はまさに, は人々, は失せ, は心, は見る, へしたら, へするであらう, へ始め, みづ, もこれ, もその, も手伝っ, やいらだたし, よりも更に, よりも苦し, を, をうた, をさ, をその, をまぎらす, を帯び初めた, を彼, を思ひ, を思へ, を想像, を愛する, を感じさせます, を感じ出した, を感ずる, を憎んだ, を持っ, を更に更に, を歎, を知らない, を私, を表す, を見, を見せ, を覚, を覚えず, を通り, 寝てば, 物悲しさ

1 [1104件 抜粋] あた, あらむに, あれ今, いうばかりな, いまいましさ, う, ういふ道, ういふ飾り, うだぺつ, うだ簡単, うであるが, うである万歳, うでございますから, うです平次, うでは, うで喰ツ, うで自分, うにな, うもないし, うもない主人, うもない幾つ, うもない若殿原, うも無い骨柄, う古く, う感じる, う繁, う達者, おっ母ア, お取立て, お姿, かづき, からだった, から來, から其女, から思うさま, から救い, から殆対等, から起った, が, があり, がいつも多少, がおきよ, がこうした, がこもっ, がしみつい, がたつ, がなくなっ, がはっきり, がふさぎ, がまだ, がよく, がハッキリ, が一, が不快, が何より, が余っ, が再び, が出藍, が募っ, が可笑しく, が増し, が妙, が家うち, が少女, が岸本, が心, が忘れられなかつた, が恐ろし, が感ぜられた, が手足, が日本, が殘つて, が消えない, が湧き起つた, が湧く, が漂つて, が現われ, が盛り, が籠つて, が胸一杯, が蝋燭, が表現形式, が見え出した, が足りなかった, が違う, が額, が顔, さげさして, しづけさ, そして妖麗さ, そのままで, その手前, だけがこぼれ, だけはとうてい, だぜ, だとしか, だろう, って颯と, つし, ていうはここ, であったとも, であって, であるが, である私, でお, でございます, でした, でその, でたまらなかっ, ではないだろう, では誰, でふくれ上がる, でもあれ, でやっ, でゐる, でホッケー, で一日, で一昼夜, で云った, で兄, で入りこん, で六年, で北海道, で困っ, で少し, で差引, で引き裂かれる, で悩まされました, で本, で氣, で焼ける, で胸, で赤く, とある, という, といつたら, とおどおど, とが実に, とげとげしさ, として押し寄せる, とであった, とでも言ふか, となる, とに彼女, とに締, とに迫られ, との奈落, とは一層, とは怖, とりぬ, とをどこ, とを同時に, とを暗涙, とを語, と不安さ, と云っ, と会っ, と切な, と少し, と徒ら, と忿, と恥ずかし, と棘, と淋し, と滴る, と熱情, と自分自身, と苛立たし, と苦し, と褒め, と言, と賑やかさ, と頭, と頼り, と黙っ, ながら臼, などちっとも, などは気, などを母, なので, ならずとは, なんといふ, にあっと, におどろく, にかて, にかられた, にぐいぐい, にさせまい, にしばらく, にそ, にそのまま, にただ, にだ, につかまっ, につけ, にぬりつぶされる, にはその, にはや, には似, には堪へなからう, には襲われなくなった, にふき出す, にほ, にみたされた, にもならず, にも何やら, にも母親, によって生じた, にわたし, にゾッと, にワナワナ, に一層, に一言, に三味線堀, に人, に今宵廓, に他, に似ず, に依存, に凝, に加, に単なる, に取紛れ, に同情, に呆れ返っ, に唯もう, に堪え, に堪えがたく, に堪えない, に堪えられません, に堪へない, に堪へられない, に夢, に女中, に家, に対して極めて, に導く, に居, に忠兵衞夫婦, に思ひ到り, に悩まされるであろう, に愛で, に慣れ, に戦慄, に戻る, に打たれ, に折ふし, に抜ける, に拜跪, に掻き, に日, に明く, に暮れ, に東, に椋の木, に止めよう, に歯, に比べる, に気づく, に汗, に消され, に滿, に牢死, に甘んじ, に病餘, に益, に眩惑, に耐, に耐え難く, に聽, に自ら上気, に良人, に苦しまね, に蒲団, に血, に見舞, に警告, に赤面, に身の毛, に躯ぢ, に辟易, に逆立ちました, に酒, に阻まれた, に霜枯, に頭, に顫, に駆られた, のあまり叫び, のあまり目, のあまり腰掛, のある, のかげ, のさ節, のつた, のま, のみ古く, の余り凱歌, の儘彼, の唯一, の形, の性質, の數, の極限, の溜息, の發作, の種, の萬分一, の試み, の酣, の餘りか, はあつ, はいつも, はいまどこ, はお, はけっして, はこの世, はさらに, はそこ, はちようど打水, はむろん, はやまない, はよく, は一入, は一本, は不愉快, は云い, は今にも, は何とも, は何ん, は出, は十分, は又, は大, は如何, は将軍家, は巣, は庄, は彼, は数倍, は未だ, は流行, は申し, は町, は直ちに, は知らね, は絶え, は胸, は艇長消失, は見受けられず, は言語, は都音, は雀, ぶに, へした, への急転直下, へ今に, へ唯, へ照りつける嗄れた, まことに大人, またただ, ま人見, も, もいま, もこ, もそこ, もなき, もほのめい, もわすれ, も一しお, も以, も兎, も唇, も思ひやられる, も感ぜず, も押勝一人, も浅間, も生かせまい, も私, も聖書, も若々し, も誇り, も警戒, も金持, やいつか, やちょこちょこ, やにかが, やら恐, や人, や手, や文学少女, や眩しい, や非凡, よあはれ, よお, よとも覺さん, よりいけ, よりもあの, よりも変, より煩い始め, よ幾時雨, よ我, よ身, らして, をあなた, をあわれみ, をいっそう, をかき乱した, をかくす, をごまかし, をさえ考えさせる, をそそつた, をつく, をとくべつ, をどん底, をば君, をますます, をむき出し, をも感じさせなかつた, を下心, を与える, を人並, を以て同様, を伝える, を何, を俺, を分析, を加えた, を勘定, を十分, を叱る, を吹聴, を喞, を嗤つて, を堪えた, を嫌, を尽した, を平次, を忘れ, を忘れる, を思い出した, を思つて, を思ひ出した, を思わせられる, を悟る, を想見, を感じず, を感じはじめた, を感じよう, を感じるだろう, を感ぜし, を慰めよう, を憎, を憎む, を承知, を持たぬ, を振り棄て, を教, を暗示, を欠い, を殿, を母, を求婚者, を洞, を無生物, を現, を痛感, を目立たせた, を瞬い, を知悉, を竹丸, を笑っ, を紛らせよう, を綻ばせ, を考へた, を自覚, を蒙り, を表したら, を見ました, を覚えさせる, を親船, を覺, を解し, を訴え, を語る, を説き出せり, を謡, を身, を追, を避ける, を露骨, を馴れ, 出れば, 吹き起る微風, 堪へがたく, 心細さ, 息苦しいほどの, 故に他, 気に入った場面, 重さ

▼ し~ (1628, 0.2%)

79 雖も 48 云ふ 41 いう 34 いふ 19 いえども 15 ほろ 13 覚ゆ 12 するも 11 せず 9 言ふ 8 くれやす, 思へば 7 云う, 云う点, 思はる, 見えて 6 いふもの, なん, ほろ上人伝, 云, 聞く, 言う 5 いうが, いふに, くれ, なって, 也, 云に, 云へば, 見ゆ

4 [15件] ある, いうべし, いふべし, くれよ, しない, する乎, せば, せんか, 云々, 信ずる乎, 思ふ, 申けれ, 見えたり, 見て, 記憶す

3 [19件] いえば, する, するの, すれば, 云い或は, 云うに, 伝えら, 問ふ, 後にて, 思はば, 思ひしに, 思へど, 思ほして, 父親の, 申が, 筆やの, 考ふる, 言けれ, 言って

2 [100件] あゆみながら, あるが, いうに, いって, いひしは, いふこと, いへば, お, おほ, おぼえぬ, くれや, しと, す, する者, せんや, その人, つても, つてゐる, づれば, とおかっちゃん, なす, なむ, なれば, はおも, ほろ上人傳, まだ今日, み障子, らんの, ー, 一緒に, 主張し, 主張したる, 云うの, 云うは, 云う一条, 云て, 云にぞ, 云ひ, 云へ, 云点に, 人の, 伝う, 信じたるに, 信ず, 信ぜり, 其趣全く, 出て, 古書に, 同時にまた, 同時に閣下, 同様の, 呼んで, 咲きそろふべし, 唱へ, 問ひぬ, 声を, 存じ候う, 常は, 待居, 思えば, 思って, 思はる云云, 思はれざれば, 思ひて, 思ふ人, 思ふ時, 想はんや, 打泣きし, 挨拶あり, 歩るいて, 汝思ふ, 爲す, 申さる, 申事は, 知りしならば, 知義語られき, 私は, 竹助が, 笑ひ, 筆ぶとに, 美津子は, 聞きて, 聞けば, 聞けり, 蕪村以後の, 見たり, 見へて, 覚しも, 覚ゆる, 覺しく, 覺ゆ, 言う可, 言つた, 言ふべし, 語られき, 謂はんや, 近づきつつ, 道芝を, 開けて, 願ふ

1 [910件 抜粋] あこが, あっては, あり, いい, いいしこと, いいつつも, いい或は, いうには, いうばかり, いうまで, いえないと, いえるは, いそいそと, いたんじゃ, いちや, いった, いはれると, いひしもの, いひて, いひ其国防, いひ其國防, いふとぞ, いふので, いふべきであらう, いふ店である, いふ語が, いふ語は, いへる時山毛欅, いわば言え, いわんか, えやう, おかみさん, おくれやんす, おぼしく話, おん身の, お分り, お花は, お菊, かれるよう, きなされば, くんじゃったのに, くんなさい, くんなさいなお, こうで, こしへに, この男, しかれども, したから, したること, しとしととふる, しないのみ, しないよう, しない椿岳, しなかった, しなかったばかり, しなかったらしい, しなくても, しませぬ, し乃ち五州, し己, し或, すべけむや, するその, するところ, するに, するは, するもの, する事, する素人探偵, する駆使, せざりき, せざりし方式, せざるところ, せざるべし, せずして, せずまた, せず三世勝三郎, せないで, せぬのみ, せぬ態度, せり, そ, その事情殆, その功績, その方, その用意, その筋, その開け, た, つたでねえ, つた事誰にも, つた生える, つた者は, つた酒場の, つてもな, つて自然とを, てこの, ですぎて, なし三寸内外, なすの, なすよりは, なった, なつて, なり, なり其咄, なり或は, なり狐, なるかと, なれバ兄さん, ねから起った, のち, ひどいけが, ふまに, ふ蜆, ふ記事, ぶつ, ほした称讃浄土経, まったく心配, みあと, みなすこと, みゆ, みゆる包み, みるや, み戸, もしびに油さし, やうに, やってきて, よそでの, るこつちやろ, わたくしは, ッか, トゥルン・ウント・タクジス公爵夫人の, ホーキンズに, 一目見, 上意有しかば, 久米八との, 二人なれ, 云々仲章朝臣申し, 云々相州大官令之を, 云い今日, 云い或はまた, 云い鯀, 云うが, 云うを, 云うシエルボロ島, 云う其全躰, 云う後, 云う牧羊者エンディミリオン, 云う話, 云う長歌, 云えり, 云ったと, 云つた樣な, 云ながら, 云ば, 云ふか生國は, 云ふそ, 云ふも, 云も, 云るれ, 云わねば, 云事なく, 云事確固なる, 云女中に, 云廉は, 云時又此方の, 云確と, 云譯を, 人に, 人問は, 人知らぬ, 今さら落語家仲間, 仔細に, 仰せらる, 伝うる林, 伝えらるる, 伝え聞く, 伝へ或は, 伺うばかり, 何れも, 使うて, 來て, 來る, 俄かに, 信じて, 信ずるなどは, 信ずる者, 信ぜざる余, 信ぜられたれば, 傅士仁とは, 傳ふ, 傳吉並に, 僕は, 僞り, 先達て申立し, 全, 共に亡びる, 其の外交的辭令, 其夜は, 其趣の, 出でて, 刃物を, 判ずる心, 勧告し, 千重子は, 友人が, 取たる品々, 取組んだ野原, 叱りし, 右左より, 吉兵衞は, 同じき隅, 同じくウフラカニヤナ, 同じく名誉, 同じ名, 同じ精神也, 同日に, 同時に伊豆国修善寺, 同時に白波二つ, 同道し, 君を, 吾人は, 告げれば, 呼びたり, 呼び止められた, 呼ぶお, 呼んだと, 命中いたしました, 唱えて, 問えど, 問へば, 喞ちし, 国内騒然たる, 多年唱導し, 大に, 夫より, 女ばかりを, 女房ども失笑しおれり, 存じまする, 存じ彼, 存候, 宇津木兵馬とは, 安五郎申たり, 宣ひ侍る, 宣言する, 實に, 対して, 将軍とは, 尋けれ, 尋問る, 尼が, 庭口より, 張る, 待ちかまえて, 待れける, 待懸, 後悔し, 得三, 心々に, 心づき夜明け, 心得て, 心骨に, 怒りの, 思いし事, 思いも, 思う, 思うて, 思う女, 思う矢先, 思える状, 思おうと, 思しながら, 思すか, 思はれたるは, 思はれ候, 思ひし中家, 思ひそのまま, 思ひぬ, 思ひ出しての, 思ひ彦兵衞方, 思ひ附, 思ふこと, 思ふのみに, 思ふゆゑ夫, 思ふ処, 思ふ我, 思ふ程, 思ふ者, 思ふ頃吉兵衞, 思へるか, 思へる人, 思わず, 思わるる岩石, 思合は, 恰も遺言, 悔い歎, 意気頗る, 感じたので, 憎くや, 懸瀑, 我念ず, 手元への, 打ち込んだ熊手, 打った, 打泣き, 扨も, 承ま, 披露され, 拍子にか, 拝し, 掛けた, 掻合せ, 支度し, 救を, 教うる, 斗ニて, 日比念じ, 旧けれど, 早速訪ね, 春の, 時機の, 曰い宮中, 書いたが, 書けるに, 有然, 期待した, 村役人衆より, 来やがったので, 染こみたる, 槌持てる, 様を, 此所彼所と, 此趣きを, 殆符節を, 殊に血気, 気付ける, 永く国民, 汗を, 池の, 汽車であった, 涙を, 清水村の, 為さず第, 為す乎, 為す而, 無慈悲の, 焼売, 爰にて, 父の, 特に女子, 申か, 申されて, 申し渡されしかば, 申すが, 申せしかば, 申せば, 申ぞ, 申に, 申事なれ, 申事外聞も, 申勸め兩人し, 申立けれ, 申立れ, 疑い初, 痛いだろう, 白状し, 白状は, 直に供, 相見え, 相識の, 眞正の, 眺めたる折, 知られたり, 知りつ, 砂石集に, 確信す, 祈って, 科学者は, 稍類似する, 空頼みに, 童泣すも, 符節を, 粗末に, 納屋とを, 細い声, 結びついてゐるのはいふまでもない, 結合した, 翌朝九郎兵衞夫婦訴へ, 考えて, 考へられて, 聞えたり, 聞き二本, 聞き皆地, 聞くが, 聞くと, 聞くほども, 聞けるその, 聞ては, 聞ゆる, 聞り, 聞少しく, 聲を, 腕を, 腹立たれけれど, 舌を, 荷車を, 虎之助どのとにて, 衷心より, 見え, 見えざりき, 見えたりと, 見えましたので, 見え今回, 見え其後は, 見え唐草, 見え怒濤, 見え最, 見え狂歌俳句, 見え紙, 見え道具方楽屋方等, 見え間もなく, 見しが, 見し一, 見たおふくろさん, 見たれば, 見ゆるなるべし, 見ゆる八丈絹, 見ゆれど, 見られた雑職人, 見るのみと, 見る思, 見る程, 見れば, 見合せ居けると, 覚えたり, 覚し, 覚しくて, 覚しく与力, 覚しく飛ぶこと, 覚ゆ松下某といふ, 親に, 觀ずるは, 言い財産家, 言うの, 言うべからずとて, 言う心, 言えば, 言つたのです, 言つた方が, 言つる心の, 言ひ, 言ふから其諷誦の, 言れ, 言わるるとも, 言傳へ, 言郎の, 記す, 評価する, 話す所, 詳らかに, 誇り顏に, 認めて, 語り又, 語るうち, 語る友, 語れる事等, 説き或はまた, 誰れ, 謀つてした, 謂つべし, 謂は, 謂ひ, 謂ふも, 議せしも, 豐島屋へ, 質屋の, 踊出す, 軽蔑ばかりの, 述けれ, 追ひ, 違う, 違って, 鉛筆を, 開拓未だ, 雖ども今日の, 雖ども先づ平次殿の, 雖ども勸賞の, 雖ども我國の, 雖一方, 雖祖先の, 雖老人の, 雪にも, 霧深く, 鞄の, 頬に, 願うも, 顧みれば, 馬を, 駈け下りて, 鳴きまする

▼ しそう~ (1590, 0.2%)

63 もない 57 になった 43 になる 41 になっ 28 なもの 27 だ, な顔 25 して, だと 22 にし 21 である 1917 だった 16 な様子 15 なこと, なの 12 な人, にない, に見える, に顔 11 です 10 すること, な気, に眼, に見えた 9 であった, であるからと, になり, もなかっ 8 にもない, に言った, もありません 6 な声, な気配, に云った, に働い, に思われた

5 [11件] だから, では, とすれ, なところ, なん, な人間, な目, にした, にその, になりました, に見え

4 な勢い, な心持, な有様, にはいっ, にまた, に思える, に思われる, に笑い, に頭

3 [27件] すれば, だからと, だったの, だという, ですが, ですね, でも, なほど, な場所, な時, な模様, な気持, な気色, な表情, な風, にきこえた, になかっ, になります, には見えない, にもなく, に俯向, に出, に手, に熱い, に眉, に見, に訊いた

2 [88件] かと云っ, だが, だぞ, だな, だねえ, だよ, であったが, であるが, でした, でしたよ, ですわ, でないと, でなければ, で中, で恐ろしかっ, なくらい, なこの, なその, なとき, なので, なもん, なると, な不安, な事, な因縁書, な場合, な女, な姿, な姿態, な山, な形勢, な彼女, な心細, な思い, な態度, な懸念, な沈黙, な熱, な状態, な目つき, な眼, な眼つき, な者, な肉, な自分, な若々し, な苦笑, な虞, な話, な調子, な足つき, な頭, な顔つき, にお, にきく, にこう, にする, にそう, にそれ, には思えない, にみえた, にもじもじ, にも思われない, にも無い, に体, に俯向き, に原稿, に坐っ, に嬉しく, に彼, に思われ, に横, に歩い, に歪ん, に白い, に眺め, に眺めた, に立働い, に笑っ, に聞える, に舌打ち, に見た, に訊き出した, に通る, に黙っ, 云うの, 云って, 云っても

1 [592件 抜粋] いうなら民間, いうなら虚偽, いえば, かといっ, かどう, かね, してから, してやれば, しながら, じゃない, するつもり, だけれども, だし, だったが, だったし, だったとしても, だったらここ, だったらただちに, だったら助け舟, だったわ, だとか, だなぞと, だのう, だの芳州, だわ, だ空, であったのに, であった素っ裸, であって, であつ, であるから, であると, であるとしても, であるにも, である春日, であればこそ, でご, でしかた, でしじゅう, でしたから, ですから, ですぜ, ですとか, ですので, ですよ, でそして, でない, でないならば, でないまでも, でないもの, でない女性, でない性格, でなくても, でなく悪い, でならない, でやめ, でイヤハヤ, で一日, で且つ何となく, で仰向けさま, で俺, で危い, で口もと, で大, で寂しい, で怖く, で気, で逡巡, なお, なおちょぼ口, なお話, なくらいにまで, なしこ, なすごみ, なたまらぬ嫌悪, なちょっと, なっても, なという, なのに, なばば, なほっと, なほほ笑み, なぼく, なものの, なやつ, なるには, なるまでが, なれば, なジェスチュア, なパイ軍曹, なポーズ, な下等, な下駄, な不, な乳, な予想, な事柄, な人々, な人力車, な人物, な人達, な伯林ドロティン・ストラッセ街, な位置, な余裕, な倦怠, な傾いた家々, な先帝, な光波, な具合, な冷水, な凍てで, な処, な切な, な勢, な勤労, な化物, な半分冗談, な危な, な厚い, な友人, な反感, な取り沙汰, な口吻, な句, な可能性, な名作, な名前, な含み笑い, な問題, な困りきった様子, な地, な地域, な堂々たる, な堪えがたい, な大同三年頃, な大声, な大柄, な奇怪, な奴, な姉, な姿勢, な媚, な嬌態, な実際それ程, な家, な寒, な小, な尼夫人, な岡田, な巌乗, な希望, な年齢, な幻影, な弱, な弱々しい, な強い, な影, な御, な心持ち, な心臓, な怒った肩, な性格, な性質, な怪しい, な恐しい勢, な恐怖, な感じ, な感情, な感覚, な戸, な所, な扉, な手付, な按排, な挿入, な揚饅頭, な擬勢, な日, な明けっ放し, な時節, な有力, な格好, な森, な気分, な気合い, な気振り, な気運, な氣, な江戸前, な波頭, な泥水, な注意, な津田, な混血児, な溌剌, な漆黒, な濁った熱っぽい, な濃い, な点, な焦立たしさ, な煙硝, な煩悶ぶり, な物騒さ, な犬, な理由, な甘ったるい, な生きかた, な男, な異臭, な目まい, な眉目, な眸, な眼もと, な眼付, な眼色, な石, な石段, な碧瑠璃, な私, な程, な種, な笑止, な筈, な細い, な縹緻, な脅迫観念, な膿, な臆病, な色, な色白, な苦しい, な薬, な藤房, な虫くい棚, な衝動, な袷衣, な裏二階, な視線, な言葉, な講習会, な赤い, な趣, な足取り, な足音, な距離, な身動き, な身構え, な軽やか, な近距離, な返事, な都, な銘仙, な錯覚, な関係, な雲, な電光, な静寂, な面, な面相, な額, な顔付き, な風体, な風船玉, な風采, な馬, な驚き, な鼻息, にあたり, にあちこち, にあまえた強請る, にあわて, にいった, にうつむい, にうつ向い, にうなずいた, におさつ, におろおろ, にお腹, にお茶, にお話し, にこらえ, にこれ, にさえ思われた, にささやいた, にささやきました, にしかし, にしのび, にしました, にしょんぼり, にし始めた, にじっと, にそこ, にそっ, にそっと, にたちまち, にちょい, にながめ, になっちまう, ににこり, ににやりと, にはいはい, にはげしく, にはみえなかった, には思われない, には見えなかった, にふくれ上っ, にふところ手, にべそ, にむす, にもありませんでした, にもし, にもしません, にも思われなかった, にオースチン師, にキョロキョロ, にキリキリ, にコツコツ, にゴックリ, にチラ, にニッ, にニッコリ, にバラ緒, にパッ, にブルブルとう, に下, に下向, に下車, に両, に両方, に中腰, に云う, に人, に人中, に人形, に今夜, に以前置, に仰向い, に伸, に何処, に偽, に働かね, に働き出す, に働く, に元気, に兵庫達, に内懐, に利平, に前川, に動かす, に千之助, に半眼, に口, に口惜しい, に口籠, に台所, に呟いた, に周章て打ち消した, に呼ん, に唇, に唾, に問い直し, に問い返した, に喘ぐ, に嘆い, に囁いた, に四方, に声, に多勢, に大きく, に大槻, に女, に嬰兒, に実によく, に家来, に密, に寒く, に尋ねた, に少し, に帰っ, に平七, に庁堂, に広い, に店, に延ばし, に往復, に微笑, に微笑んだ, に徳利, に忠清, に思えた, に恐る恐る, に息苦しく, に悄, に悶, に愉しかっ, に成った, に打ち案じた, に打ち笑み, に打返し, に抱えた, に揺れ動き, に撫で, に早瀬, に書物, に机, に歩き出した, に歩き廻り, に歯, に母, に水, に水面, に涙, に深く, に渡っ, に湿っ, に満面, に煙管, に熟, に父, に生, に申しわけ, に皆, に皿小鉢, に相手, に真っ黒, に眺め眺め, に睡, に神父, に私, に空, に窺った, に立, に笑った, に筆, に答えた, に終に, に続けた, に縫い進み, に耳, に聞き咎めた, に肩, に胸, に胸苦しく, に自分, に興奮, に芭蕉, に荷作り, に莞爾, に蒸し返す, に行き違っ, に行燈, に表情, に装っ, に見つめ, に覗き, に言い訳, に訊ねた, に語った, に語り伝え, に説明, に走る, に身体, に輝っ, に近づき, に返事, に金兵衛, に釜, に門, に開い, に雑沓, に項, に頬杖, に頷き, に頷く, に頼もしく, に頼んだ, に額, に飲ん, に首, に首筋, に鳰鳥, は云っ, ばかりし, ばかりは云え, もない深い, もなくなった, もみえない, も無い, やって, やってかの, 云うならば, 云う人, 云われる理由, 判断し, 宣伝する, 構えて, 決めて, 解決した, 言われて, 言われると

▼ しそれ~ (1543, 0.2%)

37 にも拘らず 12 だけで 10 であるからと, と同時に, ならば 9 をまた, を自分 6 はそれ 5 がため, につづい, は何, は決して 4 がし, はそう, は単に, は彼, を利用

3 [19件] が, がどれ, がまた, が今, が何故, と共に, に続い, はその, はどう, はまあ, は人間, は今日, は無駄, ばかりで, を又, を実現, を実行, を市場, を瞬時

2 [89件] からさらに, からは一度, からひどく羨まし, から再び, がいかに, がいつも, がいよいよ, がこの, がすぐ, がちょうど, がやがて, が丁度, が人間, が今日, が大正六年, が或, が新聞, が日本, が破傷風, だけに早く, であるが, では日本, と手代, にし, について私, につれ, には應, にも関ら, によって人, によって利益, によって国家, によって生活, によって社会的集団, によつて, に代る, に伴っ, に信頼, に對, に生命, に自分, に興味, に關, の根本的性格, は, はすぐ, はただ, はとにかく, はほんの, はまた, はまだ, は今, は例, は全く, は又, は同時に, は吾, は神, は私, は要するに, は非常, も, よりふつ, より先, より次第に, を, をこの, をすぐ, をどう, をどういう, を主として, を主張, を人間, を信じ, を信用, を印度語, を受取る, を基, を奉ずる, を川, を支那, を整理, を文学, を現実, を生かし, を祝福, を組織, を繰り返し, を表現, を阻止

1 [1165件 抜粋] かって別に, からこう, からし, からだ, からのがれよう, からはまったく, からは光, からは最, からは隔意, からパチ, から一年, から三日目, から上, から二度目, から何日目, から卑俗, から唄い, から平岡, から広い, から振り向い, から明治二十年代, から殆ど夜の目, から清津川, から立ち上がっ, から笑い, から藤沢内蔵助, から間もなく, から高地, があ, がいつ, がかなえられた, がきらきら, がすむ, がそれ, がただごと, がだんだん, がどの, がほんとう, がもと, がナポレオン, がルノアール, が一句, が一度, が下, が主観的, が二百余年, が人, が何, が何人, が元, が刺戟, が千円, が可, が噴火山, が多く, が夢, が如何, が崩解, が建国, が彼ら, が急, が感覚的, が拒絶, が故に, が教学, が新, が明治維新, が時には, が最近, が東洋, が榮養上, が武士階級, が渦巻き, が熊野, が特異, が理論, が画中, が発覚, が相つい, が真理, が知らず, が私, が約, が細胞組織, が縁, が耳, が背, が見えない, が解っ, が討議, が読者, が通った, が遺伝, が間, が風, が鳳紋賞, こそ媒介, こそ豚, だからと, だけで理解, だけに又, だけに田辺博士, だけの事, であなた, であればこそ, でなければ, でもわからなかったら, で不足, で十分, で学問, で誤解, といくら, とても十分, とともに眼瞼, との関連, とは全く, ともう, と他者, と共にシナ思想, と共に修辞, と情死, と符合, と親通, と連帯, と銃, にいる, にかじりつい, にくらべれ, にした, についてお互い, について一番潔癖, について兄, につれて多く, につれて燃料原料, にて紛れ, にはなん, にはもう, には多少, には少し, には折れない, には滋野貞主, にまで変質, にも増し, にも拘わらず, によってこの, によってそこ, によってややともすれば, によって二, によって企業者, によって何, によって公共, によって古い, によって君主, によって地位, によって奴隷的, によって少し, によって彼女, によって日本, によって測量技師, によって漢石経, によって益々, によって血球一個, によって誤謬, によって過去, によみ声, により考えられた, にクロム鍍金, に一つ一つ, に乗じ, に付随, に似る, に依っ, に備えん, に優れた, に先立つ, に出会わない, に動かされる, に古代, に呼びかけ, に噛みつき, に地盤, に報いる, に失敗, に委ねる, に対して日本, に対して誠実, に対するいたずら書き, に対する緊張, に対置, に尾, に平面図, に形, に従来, に応ずる, に意味, に感動, に成功, に抗する, に折れ従う, に拠っ, に新しい, に日, に模倣, に注意, に準じた, に特有, に生活, に男性, に積極的, に答え, に終極, に自己, に花, に荘子, に見向き, に賞め, に近い, に門人たち, に附着, に鞍置馬二疋, に馭, のみを願っ, の余り, の完成, の性質, の成立, の流動, の目的, の自然的, はあまりに, はこの, はそれでも, はとうぜん, はどれ, はなほ彼, はもう, はやがて, はより, はインテリゲンチャ, はワザ, は一時, は世阿彌, は予期, は云い, は以前自分, は何故, は侍医, は傍, は先ず, は具体的, は凡そ, は別に, は動かず, は反っ, は可, は哲学, は外的直観, は妾たち, は学内, は実に, は尋常, は左, は常識, は後, は必ずしも, は忠之, は成功, は改良, は日本, は暫時, は極秘, は歴史的法則, は決して手当り次第, は無, は無論決して, は甚だ, は皆人生, は着手, は福, は空間, は第, は自己, は自殺, は覺悟, は認識, は調べ, は警察権, は道庁, は重臣ブロック排撃, は間違ひで, は風葉君, は黒, へいちいち, へおいで, への視点, へ英人二十人, また余勢, までにはごく, もこれ, もずいぶん, もほんの, も一時, も二十年, も今, も全く, も地上作戦, も幻, も後, も時, も本社, も構, も物々しい, も程度, も自分, も非常, よって, よりずっと, よりも先, よりも感心, よりも更に古く, より一般, より上, より下っ, より以來, より同, より大いに, より山, より後二年, より朝鮮, より法華經寺, より海岸, より筑紫, よ白ばら, をあたため, をあらゆる, をいとおしむ, をいま実行, をうけ入れる, をかり, をきれい, をさけよう, をそこ, をそのまま, をたすけよう, をつくりあげ, をつみ上げ, をとがめる, をどこ, をなだめ, をのぞむ, をほんとに, をまるめた, をめぐる, をもっ, をやたら, をよろこび, をオテル・ド・, をベッド, を一々, を一人一人菰, を一日おき, を一筋, を万能, を不時, を丸め, を二, を人々, を人民, を人類, を以て改めて, を体得, を何故, を侮辱, を信じよう, を信ずる, を先帝, を克服, を全く, を全編, を公表, を凌い, を分け, を別に, を制限, を力, を助成, を包括的, を却って, を反映, を取扱, を口, を各, を吊し, を告げる, を呼び起こさん, を喜ぶ, を囁く, を図説, を固執, を基本, を基礎, を増幅, を大切, を大衆, を子, を実戦, を宥, を害, を導き, を巡査, を巧み, を幾度, を弟子, を当然, を従来, を得々, を心, を悟らしめる, を意, を愛し, を所有, を打ちのばし, を打砕い, を押し通す, を拒絶, を持つ, を指導原理, を排除, を描き出さん, を揚棄, を携, を撲滅, を教会, を敵, を文部大臣, を新しい, を是正, を暴徒ら, を最も, を最初, を材料, を柳, を樂, を欲, を正確, を武器, を段, を求め, を油火, を浅く, を滅茶滅茶, を無窮, を猫車, を生かす, を略記, を痛感, を発送, を皆研究, を監督, を眼, を知らなけれ, を確実, を称える, を突破, を糸, を細かく, を続け, を縁, を考え出した, を脚, を自分たち, を自由, を融和, を裏切っ, を見, を見つけた, を見事, を観察, を解決, を記し, を証明, を読まれる, を護り続け, を貫徹, を軽く, を迎合, を追わせる, を逃げたい, を遊女, を遠い, を鈴木弘恭, を鎮める, を関係, を集結, を雷峰寺, を非難, を食い破ろう, を食つて, 故に限界, 迄に見た

▼ し~ (1408, 0.2%)

13 ように 9 つかぬこと 8 つかないこと 7 やうに, ような, 花 6 ために, 中に, 中の, 宿屋 5 つかぬ想い, やうな, 中から 4 ことを, つかない悔恨, 不安も, 口から, 外に, 家の, 方が, 話を, 身に, 顔を

3 [22件] つかない事, ないこと, ない海, なぞと, 上に, 事を, 前に, 命は, 夢が, 宅から, 悪意も, 我身が, 手に, 手を, 手遊を, 故か, 方で, 方は, 羽子板を, 身でなけれ, 金を, 頃は

2 [69件] ある小判, お追従, お關, が, がん軒も, ずっと奥, つかない打撃, つかない破滅, つかぬところ, つかぬもの, つかぬ事, ところへ, ないの, なかに, ばる, びこむまえに電話で, びやかにしかもはればれと桐の, ほうが, ままの, ッし, 一隊に, 一面の, 丘に, 中は, 中を, 事だ, 二ツもう, 云う通り, 代助, 佛滅とでも, 先で, 利きにくい, 古くて, 嘘が, 塵の, 如きは, 姿を, 宮の, 家に, 家へ, 小僧なり, 小稲, 底に, 惡意も, 意に, 折から, 方から, 春私は, 時計より, 村まで, 梓の, 梓弓の, 正月の, 相手する, 相手に, 眼の, 空に, 空は, 空光立ちゆららに, 自分なら, 言うこと, 言葉を, 説得力も, 野に, 金子を, 鑑定じゃあ, 馬を, 駒の, 魚を

1 [1074件 抜粋] あいだから, あったこと, ある国, いささか上手, うちで, おすすめに, おどし文句, おもちゃに, お供は, お役人, お祝いが, お連れ, か, からのなか, が外界, が英之助, ぎよくなったらとたのしみです, ぐためのものであつたに相違ない, ぐといふことであつたに相違ない, ぐよりせんすべなく血を, こととして, ことについて, ことシシリイに, こまっかい, ございます前, ごとき夜空, ごとく濃く, したたか者かも, じゅう吉という, すること, そばによって, そりの, たぐいな, ためかも, ためにも, たれを, だに怨み, つかないよう, つかない冒涜, つかない堕落, つかない失敗, つかない打ちこわし, つかない深淵, つかなくな, つかぬ二重, つかぬ大きな, つかぬ気, つかぬ決定的宿命的, つかぬ結果, つかん過ち, つくやう, であった, できるよう, とあやまち, ときに, ところ権現様も, との事, とばかりで, と俗, ないあなた, ないな, ないヴィテイゴ, ない人, ない口惜しい淋しさ, ない太古, ない川, ない広いでこぼこ, ない暮らし, ない月, ない様, ない水, ない海難, ない混沌, ない老人, ない螺旋, ない評議, ない議論, ない遠く, ない雪, なかには, なすこと, なんかもひどい, にほひ, ぬかりでした, ねんねえだ, の髪, はじめに, はてに, はなれ, は当事者, ひとつな, びいでよかし, びこむまえにその, びこんでるにちがいない, びしのびに群集の, びよつた, ふたも, ふりを, へ幾たび, ほうの, ほどはわたくし, ほどを, ままここで, まま敷居際燃しつけ, ものから, やうぢやが, やどへ, ゆかりも, ようじゃが, ような植え, ようにしか, わけです, を嫁, を援, ガサガサした, ゴタゴタで, シャツ破れた, タフタの, トリック, ハタキみたいに, パリパリでさえ, ロマンテイシズムです, 一と, 一件も, 一句は, 一存でござる, 一対, 一番乗りを, 一語が, 一隊が, 三名は, 上ぬり, 下から, 下女を, 不細工な, 不調法故, 与り知ること, 両親は, 中が, 中には, 中将などは, 主人信長様に, 主人秀吉様の, 乗船も, 事であった, 事情は, 云ことよく, 亡き父, 人から, 人も, 人魚の, 今の, 仏滅とでも, 仕業成と, 付かぬ事, 仲間へ, 伊達な, 伯父ゆゑ如何成前世の, 住居でござる, 來る, 信念は, 修業を, 働きで, 儀は, 兄なる, 先祖にあたるもの, 光明をも, 兒女等を, 入口は, 共犯人例の, 内に, 内勝手の, 冬お, 出ないうち, 出来ない失策, 出来る筈, 切っ先外れる, 列べ方, 初秋に, 別業の, 剣たるや, 力とも, 力も, 功で, 加十も, 十拳の, 原様の, 厭味も, 反古綴に, 取締りには, 口よりは, 古着を, 同様の, 名が, 名です, 名を, 名指しで, 吹く角笛, 命だけじゃ, 命令に, 品です, 品にて, 哄笑が, 哲学者の, 唐犬額という, 商法講習所位の, 噂と, 国に, 國に, 園であった, 地摺の, 坊様は, 場所から, 声かな, 夏に, 夕に, 外へ, 多数と, 夜に, 夜天の, 夢の, 大辨當, 天主である, 天才が, 太い蔓, 夫三五郎能存じ居候事故其譯を以て, 奥から, 女でない, 女房の, 好きにて, 好意も, 妥協を, 妹花と, 妻に, 妻は, 姉なり, 嬉しさ, 嬢様で, 子じゃ, 字かな, 孫小, 宅へ, 定食も, 宮本武蔵の, 家事不, 家内とは, 宿より, 寒さ, 寺へ, 小さい片ら, 小器用な, 小百合, 小説家が, 屋臺を, 川柳の, 左の, 巨匠の, 布片を, 帯とて, 幟が, 年を, 店に, 引負金に, 弟願山の, 形が, 役目も, 後から, 従弟です, 御主人, 御全盛, 御国にか, 御用が, 心事を, 心底を, 志ざしをも, 思うところ, 思ひ出, 急ぐ先, 恩あれ, 恩報じ, 悩みの, 悴なりとも, 惡い, 意なれ, 愚かな, 愛想づかしだった, 慰みなら, 懐を, 戀人今よりは, 戸には, 所へ, 所天へ, 手の者が, 手一ツにては, 手助けに, 手勢も, 手当に, 手拭を, 手続きさえ, 手許に, 折柄時に, 抱擁を, 拙劣な, 振り上げる刀, 振舞でも, 推量だ, 故を以て, 敏なら, 新聞記事こそ, 方だって, 方にゃ, 方へ, 方も, 旅は, 日以来見た, 日置の, 旦那に, 早飛脚が, 春, 春に, 春黙, 時も, 暑い日, 暮お, 暮に, 書生時代の, 書籍が, 月が, 望むまま, 末やがて, 本役は, 札を, 来たの, 枕頭に, 棚を, 椿いちりん, 様子を, 樣子だ, 樣子にては, 橋畔に, 歌などを, 正月東京から, 武名が, 死所でござる, 殊勲は, 段は, 母が, 母親でも, 水で, 水仙が, 泉という, 法令条目の, 泣聲を, 海より, 涙の, 深刻な, 溝に, 澁い, 濱町大川の, 為すべきこと, 為事は, 無い, 無念が, 煙草入に, 爲にも, 物語の, 状察す, 玄關へ, 現場でも, 申し条は, 申すたび, 町内に, 疑う余地, 的中を, 目を, 相弟子の, 相談あい, 真新しい障子, 眼で, 眼には, 知るところ, 知れない流れ矢, 祭文以外にも, 秀子が, 秋村は, 秘事を, 程も, 程奉, 種にも, 積りか, 突き立った, 立場も, 竹七十円, 第二問, 策であろう, 節操を, 精進, 紙入は, 素振, 終りに, 縁で, 罪に, 美妓が, 義弟に, 翁いつも, 老若に, 考えと, 考へ, 耳目と, 聞くの, 聲を, 背中へ, 胴卷なりと, 胸に, 腰を, 自分を, 致したるには, 舌を, 舶来縁の, 良人は, 花にか, 花押の, 芸を, 苦しみと, 苦衷も, 茶なんか, 茶碗の, 草双紙に, 葉を, 蔭口を, 薬を, 處で, 蝋燭の, 行くところ, 行ひ, 行動こそ, 裡に, 西洋かぶれの, 見えるの, 見当は, 親共より, 親戚などは, 言いてえの, 言として, 言を, 計に, 計算書を, 許へ, 訴訟で, 詮議を, 語根から, 説く利害, 譯は, 財産で, 買った女, 趣意を以て, 身を, 軍のみ, 軸を, 近所に, 通らない時, 通人は, 連なるを, 道楽者で, 部下です, 部下に, 郷里美濃の, 酒が, 酒倉, 野原も, 金平糖, 針を, 銭勘定を, 鎧と, 長い歌, 間に, 関係も, 附いた法被, 院に, 陣所へ, 隠居所作る, 隣りの, 雜誌に, 面影は, 頃が, 頃三十年にや, 領分は, 顔も, 類実に, 風説に, 養い親, 首じゃ, 騷ぎに, 騷ぎは手に, 骸は, 高ばなしだ, 高利貸奴奴, 髷を, 鯣みたい, 黄や

▼ しまた~ (1214, 0.2%)

18 それを 11 他の 6 あるもの, これを, 自分の 5 或る 4 ある者, それが 3 これに, それに, 一方では, 人の, 彼の, 彼れ, 時としては, 私の

2 [52件] この地方, これだけの, これと, そこの, その地方, その山の上, わが子の, わが邦, 一つには, 一人の, 一方には, 一面には, 不動産の, 仕事を, 作法を, 其れ, 再生する, 出版者との, 右の, 君の, 奨励する, 少しでも, 少し眉毛, 彼は, 彼らが, 彼らの, 彼等の, 後日の, 恥か, 懇願し, 最近の, 模倣し得る, 次の, 武士の, 気もちの, 流布した, 火を, 独学に, 理解する, 畔田翠山も, 相当の, 私が, 私も, 能く, 自分が, 自分でも, 自己の, 舟に, 苦労を, 草わかばの, 諸君の, 遽に

1 [1026件 抜粋] あきれも, あなた方に, あの人, あらゆる種族, あるとき, ある比, あれの, あわれみも, いくらか, いじらしくも, いとうよう, いろいろの, え, おそらく, おた, およそ禽獣, お訓, かかるもの, かなりしみじみと, かの哲学者プロタゴラス, かれら, きっと相手, こういった, ことばづよく励ました, このわたくし, この日, この期間後, これによりて, これらを, しずかに, しては, しばしばよそ, しばしば部落内, じっとみつめた, すぐに, すぐ清洲, すでにいだい, せざるを, ぜイタク, そういう性情, そこに, そつと, そのうち, そのやう, その上, その事実, その卑劣, その反対, その國, その富貴, その小, その愚, その推理, その日, その柱頭, その永遠, その用法, その精神力, その職業上, その速度, その隱, その麓, それだけ効果, それと, それとは, それの, それまでの, それ以上の, それ等が, たいがい正確である, たずねたため, だれもが, とき, ともにこの, どういう足取り, どんなに希望, どんな抜け道, なく共鳴, なるべく興味, はいなくなる, ぱっと目, ひそかなる, ひとの, ふしぎな, ほとんど多く, まるで眠らなかった, むしろ共同, もし後, もとの, やさしく叱っ, よく懺悔, より少く, れいの, わたしの, アダム, アンチピリンや, カント以後における, キリスト教の, クイリーノは, クリストフから, ゴートの, シャンヴルリー街に, スペクトルの, チョコチョコと, ネパール人及び, バルトリが, ブランドリーさんや, ベートーヴェンをも, 一々小藪, 一を, 一人として, 一八七四年と, 一切花柳界的な, 一国の, 一手は, 一方の, 一月でも, 一番会いたく, 一説と, 一部には, 七日々, 不可能に, 不安を, 不愉快に, 不言実行を, 世の中を, 世間普通の, 中古に, 乗客の, 九月九日とも, 乞食し, 乾くと, 事実そう, 二つ以上を, 二口ばかり, 互いに利用, 互いに感化, 人と, 人家にも, 人間という, 人馬を, 今日文字ある, 仕遂げる事, 他を, 他人についても, 他日われわれの, 仮想する, 会食は, 伯耆守名和長年は, 低級な, 何処までも, 何日も, 併せて, 使役する, 例祭月の, 俗衆を, 信仰の, 俯ぶき睡る, 偉大なる, 働く習慣, 先づ北支那, 光と, 光線が, 全人格, 八百萬の, 公使館の, 其処を, 内地人も, 内相も, 写生図をも, 凶年には, 出來, 出来るだけ, 刀や, 別なやり, 前の, 前野蘭化桂川甫周杉田, 副産物として, 助け合って, 労力の, 十一月二日第, 千代子として, 危険で, 原田嘉悦氏の, 友人の, 反復し, 反証と, 取っては, 古墳に, 古老の, 各専門分野, 同世紀, 同時に同じく世界的, 同時に啼音, 同時に新しい, 同盟を, 君が, 呉侯孫権にたいしては, 味方と, 和歌を, 問題と, 喜びも, 器具を, 囚人らの, 四人すなわち, 国史の, 土地の, 地七・七〇以下命運に, 地方的に, 坂道を, 垣を, 増殖する, 声も, 変化する, 外国との, 多くは, 多数党たる, 夜明け前の, 大切な, 大師灌頂の, 大連へ, 天盃を, 奈良方面の, 好意を, 婦人や, 存在しなけれ, 宇治の, 安土坂本その他遠くに, 宝物を, 実現を, 実験を, 客を, 宦官補充の, 宴会場集会所演奏場など, 家人にも, 寝台から, 寺院などの, 将軍にも, 將來の, 小椅, 小説を, 少なくとも安心, 少年自身の, 屡々歐洲, 山の神と, 崖上の, 巡り会って, 左官屋が, 巨匠名人と, 市蔵の, 帝に, 帝都の, 幕府が, 幕府閣老に, 平然として, 年齢をも, 幹事九名は, 幼穉の, 幾多の, 床に, 庶妹ウヂの, 廐に, 弁護した, 弟として, 弟スティーフンには, 弥生が, 張横は, 強くする, 弾正山の, 当地にて, 当年の, 当時事に, 彼から, 彼に, 彼ほどに, 彼女が, 往々に, 後に, 後退し去った, 御下問, 復活す, 心ならずも天理教, 必死の, 志望し, 急いで, 恥ずかしかった, 息を, 悩まされたの, 悪戯を, 悲しみも, 意見も, 感動した, 感謝し, 慰めて, 成功しない, 我々松山人も, 打ち克ったつもり, 投げ与えること, 抜足し, 指示し, 推移し, 支配し, 放浪しよう, 教材として, 数々の, 敵の, 新しい感動, 旗幟幕衣裳を, 日は, 日射病で, 日本の, 日本人にも, 旧著中, 明日, 映画や, 時々爆裂彈, 時にはちやうど今, 時代的意味も, 普及した, 暫く登りつめた, 更新する, 書物や, 最も非難, 望みなら, 期待し, 木炭より, 未来世界, 本邦の, 材木坂の, 杯と, 東西の, 枸橘の, 株が, 植野村合同の, 楽しみをも, 機を, 欠から, 歌った, 歓喜し, 歩行が, 死んだと, 毛を, 水泳する, 水路で, 永正五年には, 汁の, 汚れはて, 沈淪した, 法印山伏の, 注進などの, 浪あらく, 海岸には, 海難の, 淋しいお, 深く考え, 湧きかえる水, 滅罪の, 漢文を, 無礼な, 無限な, 熱にも, 熱體の, 爲した, 爺さんの, 片足を, 特にどういう, 犯罪事件は, 独り芸術的な, 王家の, 現在の, 現物取引の, 理解し得る, 生きて, 生存した, 生産的用役で, 男子を, 異訳し, 疲らせた, 療養地と, 発展させる, 発達させる, 目が, 直後の, 相互に, 真とか, 石山本願寺とも, 石舟斎宗厳の, 研究も, 硯なども, 確信に, 社会に, 社会的領域にも, 祈り祭りを, 神聖なる, 秀吉に, 秘密計画, 移民が, 種を, 空には, 窮屈な, 竜宮の, 第一そう, 米友を, 紅茶を, 組成する, 結婚年齢が, 継続し, 緩慢な, 繁栄に, 羨ましくも, 翌日は, 老公の, 職責を, 背面に, 腹の, 自ら立っ, 自分に, 自分らの, 自己を, 自然にも, 舞踊家として, 英国においては, 英蘭の, 茫然として, 落雷の, 葡萄酒が, 蔵の, 藩祖よりは, 蛇遣いが, 行く末の, 行政機關は, 衝突し, 衣類などを, 装置についても, 補導しない, 要求される, 見聞した, 親しんでも, 解剖せられた, 言語風俗をも, 許しを, 詩的外衣に, 認識論という, 諦らめても, 諸山の, 諸院, 識者の, 護持院隆光を, 豊富に, 貧困から, 賤民の, 贈り物を, 走り登っ, 跳躍し, 踴躍の, 身を, 車の, 軍役参加の, 輸出した, 轉賣し, 辺土の, 近代と, 退いて, 途中で, 途方に, 進んで, 進化する, 遊びまわってる, 運動不足で, 過去において, 道具の, 遺憾なく, 都から, 配偶と, 酒もちて, 重しと, 鎌倉の, 長井雅楽の, 長崎に, 閉じたの, 間もなくその後, 関東地方一帯の, 闘鶏の, 降ること, 陽炎の, 随時彼等に, 雪が, 霜解けの, 静かに, 領事館と, 飛行家にとって, 食器類を, 飢饉の, 馬を, 馴致せられ, 驚愕したらしかった, 高山の, 高貞も, 鰹節を, 黄祖劉勲などを

▼ しもの~ (1096, 0.1%)

67 なり 4038 にし 32 ならん 28 なれば 17 なるべし 13 である, なりと 10 なりき, にあらず 9 あり, なるが 8 か, かな, の如く 7 あるを, に非 6 なること, なるを, に候, の如し 5 と思惟, と見, なりし 4 では, と思はる, ならば, なるか, なる可, なれども, にてその, にはあらざる, は即ち, やある

3 [23件] ありて, ありと, かこれ, ぞ, と大和尚夫婦, と存候, と覚しく, ならむ, なりしを, なり評判, なるべしと, なるや, なる事, に侍り, のごとく, はかないの, はこの, はその, は実に, も今日, を偶, を彼, を爲

2 [56件] あらば, ありき, ありての, ある, あるにぞ, がある, が今日, たり, たる事, とすれ, となせり, と察, と斷定, と見え, と観察, と謂, なりし事, なりとは, なるに, なるやを, にあらざる, にてそれ, に似, に御座候, に心, に相違, に過ぎず, のごとし, のした, のみ, の夢, の音, は, は主として, は何, は侯, は唯, は基督教, は皆, は自然, は誰, は賤, もあり, も棚卸し, も言葉, をえ, をこの, を三羽四羽樫鳥, を今, を余, を同じ, を奪, を我, を為したる, を集, 或は氏

1 [512件 抜粋] あらざりしを, ありし, ありしは, ありしや, ありたるため, あり自分, あるいは雑誌, あるまじ, あれば, かこれら, かさらに, かそれ, かそれとも, かなとは思ふ, から, から七年, から他, から譬えば, か不思議, か云々, か分らね, か御, か日本人, か槍, か沖, か知らぬ, か知れぬ, か解らね, か諸説, か青き, があった, がいつしか, がなくなる, がエリア, が一旦, が主, が二千四百年後, が五, が人類, が今, が妖怪, が姉御, が始めて, が少く, が悉く, が憤激, が時勢, が更に, が死, が汝, が病床, が目, が神, が科学, が解放, が軈, が近年, こそ好けれ, この後, されど故郷, しかして明治, すくなけれ, すぐ干せた, その幾千, ぞかく, ぞしるなる, ぞ眼交, たるべし, たるや, だ, だと, だコレ, であった, であります, であるとも, であれば, ですよ, で二面共, で他, で其實斯, で爾来, で現に, とあらゆる, とある, というべき, といふべし, とおそらくは, とか, とか聞きし, とが声, とこそ言うべけれ, として伝ら, とその, となりと, となれる, とな思ひ, とは余, とは其音調, とは品格上高下, とは思わず, とは考, ともおもわれず, ともし, とも思われず, とも思われね, と一枚, と云, と云うべし, と人, と余, と俊基, と信ずべき, と傳, と共にこ, と判明, と判明せり, と南アフリカ, と取る, と家内, と思う, と思っ, と思ひ僻め, と思料, と想わる, と想像, と我が, と為す, と現在, と異なる, と知らる, と知られ, と知りたまえ, と称せられる, と考へ, と考へられず, と考へる, と考察, と聞け, と見る, と覺, と解, と解すべし, と解する, と解釈, と言, と言うべく, なかりしが, ながら先年久政, なしその, なの, ならざるべからず, ならずんば, ならは, ならむと推察, ならむ病気, なりけり, なりけり其夜ふけ, なりけれ, なりしかと思ひ, なりしが, なりという, なりといふ, なりとか, なりとぞ, なりとの, なりもし, なりやの, なりや否や, なりや或は, なり何, なり己, なり彼ら, なり後進者成功, なり我, なること等, なるべきを, なるべく候, なるべく草, なるべしなど, なるべし此時將軍, なるゆえ, なるを以て, なれ, なれど, なんぞ久しく, に, にあらざるべし, にかあらむと, にこれ, について彼ら, にて, にてこの, にてこれ, にてもあるべし, にても支那流外, にてアエネアス, にて一幕目小春髪すき, にて中尾, にて予, にて今, にて他, にて余, にて候, にて其人名等, にて其調子, にて創業, にて北方, にて十二世紀, にて妙雲, にて實, にて彼, にて新しき, にて未, にて未だ, にて樺太アイヌ, にて此島, にて決して, にて現今, にて目今, にて突出, にて窟, にのみ心, にはあらず, には半歳, には立春, には自ら, には非, にわが, にフォス, に係る, に如く, に妙, に対して愛着, に此, に比べ, に溺れ, に與, に見いだされ, に過ぎずし, のあはれ, のけは, のごとくである, のすごい, のため, のみを掲げた, のみを数, のみを記, のみ真正, のやう風聞, の七八丁, の五歩, の僻, の剖判, の創造発見, の唯一, の増加, の声, の多き, の大要, の如き, の如くなりし, の家, の崩, の左腕, の帰っ, の後, の復讐, の數, の曰, の止む, の死せし, の狂歌, の由, の苦悶, の話, の謂, の邸址, の餓死, はいまだ, はおもに, はなつかしき, はみな, はウォーラストン氏, はキルケ, はスポーツマン, は二十万五千余人, は五伯, は人, は今日消費, は仏国, は他, は何ぞ, は何人, は何故, は余, は余一人, は僅, は儒教道徳, は儕輩, は元来胡蝶, は児童, は凡庸, は前後何人, は勅答, は務め, は古代文献学, は名, は嗚呼, は多々, は夢中, は大略先生, は姑, は容易, は常に, は徐に, は従来, は忠臣蔵, は恨み, は恨みられ, は悉く, は悉皆, は我, は我脈絡中, は我運命, は既に, は明子, は時に, は最, は未だ, は歌麿, は永井徹, は浮世絵師中今日, は渾沌, は痛, は皆之, は目, は相州, は稀, は素, は義, は脚, は蓋し, は藩閥武断, は藩閥武斷, は蝦夷, は誠に結構, は諂, は貿易, は辨, は道成寺, は酒, は静止, は鸚鵡, へ沢山, また尠, もあらん, もありし, もこれ, もなき, もまた, も一旦, も人間, も今, も再起, も天国, も後, も教会, も星霜, も有りし, も有れ, や何, や国, よ, らしく元, わかりよく, をあ, をああ, をあきらめかねるなり, をあらしめる, をいか, をいかに, をいふなるべし, をうるほひ充ちたらへり, をお, をかかる, をかく, をし, をただ, をついに, をと, をとはや, をと心づけ, をと思い, をと思召す, をと申すなら, をと言い, をなどお, をば形式法則, をみ, をも含蓄, をエロイツェル, をヘンリー, をモック, をロベリヤ, を下, を下りゆく, を与, を云, を云う, を人, を今さら一人はやり, を再, を凌辱, を勇將, を勝たれぬ, を勝手, を十五少年諸君, を厭, を参考, を受け, を口惜, を名づけ, を唐棣花色, を啄め, を喜び, を噛み穿っ, を因, を多く, を左, を彼女, を待ちつ, を忠実, を思う, を思ひ泣く, を憶, を打ち取れ, を挙ぐる, を挙げし, を数日前, を春日野, を書い, を此まま歸, を歴史哲学, を殺せし, を汝, を為し得ざりしなら, を無恥, を燒, を用意, を痛き, を看, を示し, を私立, を紅人手一つ拾, を罵れ, を腕, を自分, を英, を草率, を落とすなり, を葬り, を補わん, を見, を見いだす, を見ず, を視る, を記載, を誰, を貫かず, を軽, を通じて一貫, を逸らせし, を頭, を食べる, 共に理科, 即ち我, 即ち支那神仙説, 即ち此書, 及び來らん, 固より, 多き中, 多く単純, 多ければ, 失ひて, 少なからず, 広くハ新木, 成らんと, 或は之, 既にあり, 既に言, 有り, 有りとの, 来たりて, 流れ入る, 畢竟するに他界, 皆除, 第九, 約五千, 豈ゆゑなしとせんや, 豈偶然

▼ しこと~ (1008, 0.1%)

80 あり 25 なし 16 なり, なれば 1510 あらず 9 ならん, もあり 8 あれば 7 なければ 6 ありき, ありと, もありき, を 5 がある, である, もありし, を忘 4 あらざりき, あらば, ありしが, ありや, あるも, なしと, は, はその, もなく, を知り

3 [17件] ありて, いづ, があった, と存じ候, なきに, なきもの, なるが, なれど, なれども, もあらん, もなし, も有明, を知るべし, を聞き, を自白, を記憶, 疑なし

2 [55件] あらじ, ありされど, ありといふ, あるもの, あるを, ある人, ある大隊長, ある者, あれども, ぞ, なかりしが, なきや, なき人, なき家, にし, に心, の今, の恥, の気, はあらじ, はなく, はみな, は実に, は後, は明, は疑う, は確実, もありけん, もあれ, や, をいへり, をどうして, を上天, を夢, を思い, を思ひ, を悔, を承知, を深く, を疑, を発見, を皆, を知る, を聞知, を語り, を語る, を述べ, を頼み, 即ち是, 多く南宗, 少からず, 往々之, 斯くの, 無きを, 見ゆ

1 [568件 抜粋] あって, あらざりしを, あらざるなり, あらざるを, あらざれど, あらじされど, あらずと, あらずや, あらず分けて, あらんか, ありか, ありけるが, ありげ, ありこれ, ありしかば, ありしときフォティヌス彼, ありしに, ありしも, ありしやに, ありたりと, ありたるも, ありというも, ありとは, ありとも, ありのままに, ありわが, あり其改刪, あり善く, あり汝, ある, あるか, あるかと, あるが, あるとによりて, あるにより, あるによりて, あるのみ, あるべきが, あるべく疚しから, あるやう, ある人々, ある学僧, ある少年紳士, ある御方, あれど, いかばかりぞ, いくばくぞ, いづ馬, いまだはなはだ久しから, および今, かつてご, かな, かなとほ, かなと思ひき, かへす, が, があり, がただちに, がわかった, がわかる, が多, が忘れ, が我が, が明確, が最大, が有る, が漠然と, が目, が知れ, が知れた, きいて, げにいかばかりぞや, この冬次郎, この平地, この類, さえ思い出され, さらに乱暴, さらに長き, しばしばなる, しるさる, しるべし, すらなき, そして北朗, その, その原因, その春風馬堤曲, その能立, ぞと云, ぞなき, ぞ今日, だ, だけは疑惑, として伝え, とぞ, とていたく, とてござらぬ, とて今後非常, とて大いに, とて所謂焚經臺, とに由る, と之, と云, と亭主, と分かり, と咄, と存じ上げ, と常に, と思ひ取, と想像, と臨終, ども, どもとある, どもみな, ども思ひ偲ばる, ども責むるがごとくに問, なからん, なかりき, なかりしなり, ながら在り得べき, なき, なきこと, なきところ, なきやの, なき性格, なき意, なき肉體, なき荷風, なき身, なく, なくおしなべて, なくかつまた, なくさ, なく単に, なく又, なく堂々たる, なく小生, なぐしほど, なししかれ, なしたとへば, なしミネルヴァ氣息, なし爲さる, なし綸, など, などいへ, などすべて前, などにてそれ, などは予, などを合せ, などを思ひ出で, などを挙げ, などを擧げ, など有, など清輔, ならなく, なり家, なり此時, なり頃, なるに, なるべし, な忘れそ, にあらざれ, において, において一般歌人, にても年月, にて今人, にて開港, にもしる, にも候, によりてさらに, によりてもと安芸, によりて火, に候, に及んだ, に囘護, に存ずる, に就, に心細き, に於, に由来, の, のありや, のおぞまし, のかなはず, のきのふ, のごとき, のすくなき, のなつかし, のま, のめでた, のもと, の一証, の候, の其身死, の口惜し, の可笑し, の夢, の大, の如何, の寂しき, の少から, の愚か, の我儘, の数次, の有難く, の極み, の殆夢, の深遠, の無理, の眞, の胸, の証し, の遠く, の遲, の非, の食器, はあらず, はあらずや, はいまだかつて, はかの, はここ, はこれ, はすでに, はない, はなかりき, はなかりし, はほぼ, はま, はよく, はダンテ以前, は一たび伊万里, は一回, は一部, は主として, は之, は事實, は事情, は人類, は今, は今日, は何人, は余, は俗物連中, は僕, は元気, は全く, は初, は別, は前章, は前節, は前記, は又, は古書, は吾人, は嘗て, は小生, は平安朝末, は幾たび, は幾度, は御, は想像, は我が, は我ら, は早く, は明瞭, は書, は書紀, は松浦竹四郎, は母, は汝, は泡, は當時思想上, は當時我, は疑うべからざる, は疑ふべからず, は確, は禹貢, は茲, は見えず, は言, は言語学, は許諾, は論, は逍遙子, は魏何晏集解, また由来すこぶる, みえねば, もあらず, もあるべし, もいつか上聞, もさして, もたびたび, もなき, もなけれ, も一, も一奇, も一度二度, も乃至, も今, も其本原, も北陸, も少から, も度たび, も後, も心づかずし, も数, も數年, も有, も有し, も李杜, も無けれ, も知らざりし, も確か, も諸人, も贅, やある, やっぱり気, やと, やらたちまち, やら忽ち, やら思わざりし, や無, よと身の毛, よりし, よりわが, より怪しき, より施寧, よ女, わが云いし, をあす, をあら, をあらはせる, をいい, をいう, をお, をおそらく, をことごとく, をさ, をその, をだに言, をなしたれ, をばまだ, をばわが, をもって羅馬, をも忘れし如く, をも思ひ, をも皆, をよろこび, を一再, を三五郎, を主張, を今, を今藤, を以てしるすなり, を以て名高い, を作り, を信ずるなり, を信ぜり, を傲語, を免れず, を刻める, を否む, を告ぐ, を告ぐれ, を告白, を大音, を天, を始め, を始め其外, を娘, を守れ, を察, を尋問, を幾度, を徴, を心窃か, を忘れ, を忘れず, を怒らず, を思いだす, を思え, を思ひめぐらせ, を思へる, を恐れ, を悔いた, を悔ゆ, を悟りたる, を意味, を愧ぢざる, を憶, を成し, を我, を承認, を指せり, を推測, を数, を断言, を明らか, を明言, を昨日, を暗示, を暗示せり, を死者, を浸, を用, を番頭久兵衞, を痛み, を発覚, を發, を目撃, を知ら, を知らし, を知りおどろき, を知るべき, を知るべきなり, を破り, を示さん, を稱, を考へ, を聞いた, を聞かざる, を聞かず, を聞きし, を聞き込み, を肯定, を要請, を覚えず, を覚り, を覚りぬ, を言, を言はず, を言傳, を記し, を記せり, を記載, を証する, を証明, を認めざる, を認めざるべからざるなり, を誤らざるなり, を説ける, を論じ, を謝, を譽め, を讀む, を讚む, を賞讃せり, を録, を隱すべ, 一方ならず, 並びに白鳥処女説話, 久しきに, 之なき, 今一足, 全く之, 再度徳利, 出でたり, 単に一度, 即ちアダム, 即ち前者, 及びその, 固より, 夥しい, 如何にも殘念, 実に希, 少からざる, 少なからざれ, 屡, 常に倍し, 度々なれ, 強ち, 思うこと, 我が爲め, 故何とぞ, 故何事, 故支度, 救われし少女, 既に五日, 明かなり但, 有れば, 無かりしか, 無かりしと, 無きを以て, 無き難物, 無し, 無しと, 甚だ久しく, 甚だ著しく, 疑う可, 疑ひな, 疑ふべからず, 直ちに判明せり, 相解り, 知らると, 知る可, 第三卷, 第二卷, 絶えて, 見へ, 見ゆるも, 誠にその

▼ しちゃ~ (939, 0.1%)

46 いけない 30 いけないよ, いけませんよ 28 いけねえ 21 いけません 12 いかん, 困る 9 ならねえ 8 いかんぞ, いけないぜ, どうだ, アいけない, 駄目だ 7 だめだ, だめよ, アいけません, 困るよ, 駄目よ 6 大変だ 5 いかんよ, いけないって, いけないの, いけないん, いないん, アいけ 4 いけないと, いない, ならねえよ, アいけねえ, アいられねえ, アなら, ア困る, 厭よ, 困るじゃ, 大変です

3 [17件] いけないから, いけねえって, いないよ, いねえん, いや, いやだ, だめです, どうです, アどう, ア駄目よ, 不可ません, 不可ん, 困りますよ, 困るぜ, 嫌よ, 悪いよ, 駄目じゃ

2 [36件] いけないこと, いけないわよ, いけなくってよ, いけねえぜ, いけねえぞ, いけねえん, いけませんぜ, いけませんや, おかしいぞ, どうでしょう, なおいけない, ならん, ァいけ, ァいねえ, アいられない, アできた, ダメよ, ッた, ッて, 上出来だ, 不可い, 不可よ, 世話の, 厭です, 君の, 困ります, 困ると, 変だ, 大でき, 少し念, 少し綺麗, 悪いな, 木津さんを, 気が, 貰えまいか, 馬鹿に

1 [477件] あおめえ, あちこちの, あとの, あなたは, あのおやじめ, あのお供, あの番頭, あの茶箱, あんまりお, あんまりなれなれし, あんまりのび, あんまり似過ぎ, あんまり小さ, あんまり粋, あんまり綺麗, あんまり義理, いい御用聞, いかに御用, いかんじゃ, いかんぜ, いかんそっと抱える, いかんね, いくら功能, いくら頑丈, いけないおとなしく, いけないかしら, いけないかと, いけないからさ, いけないからって, いけないきっちり, いけないこれ, いけないぞ, いけないでしょうか, いけないですよ, いけないとは, いけないな, いけないなあ, いけないぼんやり, いけないわ, いけないわね, いけない三万円, いけない事, いけない何, いけない僕, いけない即, いけない叔母さん, いけない展覧会, いけなか, いけなかったの, いけね, いけねえがなあ, いけねえよ, いけましねえ, いけませぬ, いけませんからね, いけませんこう, いけませんぞ, いけませんな, いけませんね, いけません可愛い可愛い, いけません師匠, いけまちぇん, いけんぜ, いないさ, いないし, いないぜ, いないそ, いないでしょうね, いないもの, いないよう, いないわ, いねえのにと, いねえやな, いまさあ, いやです, いやよ, いよいよつまらなく, いよいよエステティッシュ, いらんねえ, うまい事, えらい, おかしい, おかしいな, おかしかろう, おかねえぞ, おきません, おけないよ, おけねい, おらんぞ, おりません, おれたちの, おれぬからね, おれねえ, お年玉の, お照さん, お角, かえってお, かえって変, かえって旦那, かえって為, かわいそうじゃ, きっとペロリ, くれないでしょう, くれねえん, くれますまいよ, くれめ, このお寺, このまま, この夜中, この服, ご小身, さばけたお方, しかしあんた, しまいにあたし, じつにどうも遣, すこしぜいたくすぎゃしませんか, すこしへん, すこし多寡, すこし音, すまないですが, すまないと, せっかくの, そりゃあたし, そりゃあ何だか, それぐらいの, それまで, それも, そんな話, ただで, たまらないわ, たまりません, たまりゃしない, だめあたしが, だめ暴れ馬を, ちいっと, ちっと仕事, ちっと太りすぎ, ちっと調べ物, ちょっとひど, つまらないから, つまらないからさ, つまらないじゃ, つまらないぜ, つまらないよ, つまらんじゃ, とてもね, とても耐, どうかな, どうだい, どうだろう, どうでも, どこか, どっさりお金, なおマッチ, ならない, ならないって, ならないの, ならねえじゃ, ならねえぞ, ならねえと, ならんぞ, ならんよ, なら無え, なりませんぞ, なるまいと, なるめ, なんだって, なんでも, ひでえ, ひとり歩きの, びっくりする, ぶち壊しよ, まずい言い訳, まず上出来, またお腹, また言葉, まだ晦日, もうお, もう坊や, もう沢山, もう結婚, もう駄目, もがき過ぎだし, もったいないよう, もったいねえや, もったいねえよう, やっぱり地代, やらずに, やるじゃ, よくねえ, よく働く, よく書い, よっぽど財産, わるいと, わるいわ, んは, ァ, ァいい, ァいられねえ, ァいる, ァだめ, ァ体, ァ珍しい, アあなたの, アいい, アいかん, アいかん他人の, アいかん心を, アいません, アいられねぇ, アおられ, アお前さんの, アかなわない, アくれ, アくんめえ, アこいつは, アこんな, アした, アずるい, アつまらない, アつまらねえ, アつまんない, アなかなか, アまずかっ, アやり, アわるい, アサチ子さんも, ア不可ません, ア些と, ア傷が, ア去年から, ア口上が, ア可哀そうだ, ア君の, ア場所が, ア失礼に, ア小さ, ア彼方も, ア性慾てえ, ア指します, ア改り過ぎてる, ア文状さえ, ア智慧がねえ, ア毎晩縁先からの, ア気が, ア済まない, ア済まねえ, ア珍らしゅうございます, ア私まで, ア船腹が, ア良く, ア解せない, ア金遣いが, ア駄目だ, ア高給だ, イケナイ問題な, ケチくさい, スマート過ぎる, チット古, チョイト小股が, ッたわけ, ッたんだ, ハクイ, ブチ壊しだ, 一代の, 一年は, 一文の, 一段一段と, 三文詩人かも, 上がりが, 上できだ, 上手な, 下手人は, 不可ぜ, 不可ない, 不可サ, 不手際だ, 不都合だ, 両刃の, 人に, 人数が, 今ここに, 仕方が, 他人行儀すぎる, 何だ, 何にも, 僕いやだ, 僕の, 僕等も, 兄貴の, 先決問題が, 全く頭, 冷えるな, 出来過ぎだ, 勿体ねえ, 半端でいけ, 却ってこっち, 却って皆, 厭だ, 厭だって, 取り入るの, 口が, 可かん, 可哀想だ, 可哀相だ, 吝な, 呉れめ, 味が, 品物が, 啀み合って, 器用すぎます, 困りやす, 困るからなあ, 困るという, 困るわよ, 土饅頭が, 埋まらないわ, 塵埃を, 墨色が, 声を, 変です, 大したこと, 大した散財, 大した評判, 大事な, 大出来, 大変よ, 大変ッ, 大奢り, 大学どころか, 大手柄じゃ, 大袈裟だ, 失礼じゃ, 失礼だ, 失礼です, 妙な, 威勢が, 学校の, 将来君の, 小さいぞ, 小屋の, 小説家が, 少々野太い, 少々骨, 少し女癖, 少し小さ, 少し様子, 少し正直, 居ない筈, 居られない, 居られない行って, 居られねえ身, 居らんが, 居れないや, 居れないん, 巧かったろう, 帰って, 帰る仕度, 年が, 年を, 年期の, 広すぎる, 後へ, 御馳走を, 忠平に, 念入りすぎる, 怒りようが, 思い切って, 息が, 悪いと, 悪いの, 悪いわ, 悪いわね, 悪かろう, 惜しかった, 意気地が, 手が, 手厳しいね, 手数が, 手際が, 拙いが, 拵えが, 方角が, 早いでしょう, 春子さまは, 昨夜の, 昼に, 暖めて, 暮しが, 最上の, 月給が, 有害だ, 服が, 来たが, 松さん少し, 柄にも, 極上とびきり, 櫃の, 死活問題な, 殺風景な, 気の毒だ, 泥棒の, 泰西の, 派手な, 済まない, 済まねえ, 済まんがの, 済みませんよ, 済むめえ, 済んませんね, 無理も, 珍しいもの, 珍しく博学, 生きて, 申訳御座ん, 癪に, 相当の, 眼の, 着物に, 短すぎる, 短刀が, 神様の, 私が, 第一お前, 筋が, 細君も, 細引の, 綱の, 綺麗じゃ, 縁側と, 耳よりだろう, 耶蘇教信者が, 腕が, 自慢に, 舞台を, 良いたしなみだ, 色の, 若さ, 草鞋を, 荷が, 血の, 記念写真を, 診察所の, 証拠が, 証拠を, 謂わば, 谷村さんは, 身なりが, 身体に, 逃げるの, 逃出した, 途中で, 速水さんが, 金八奴気味の, 鋏で, 長い方, 長すぎます, 長すぎる, 阿父さん, 陽に, 際限が, 雨戸を, 面倒だ, 頭が, 顔に, 風邪が, 飛んだ罪作り, 飯の, 飼犬に, 飽くまで勝つべくやる, 養父の, 駄目, 駄目だって, 骨が, 髪や, 髯が, 鮮か

▼ しこの~ (803, 0.1%)

15 ような 9 ことは 5 二つの, 場合の, 憲法を 4 事件の, 家の, 歌は, 種の 3 一つの, 世界の, 事は, 人に, 問題は, 旨を, 機会に, 言葉は

2 [38件] あたりの, かた恐るべき, ことが, ことを, みざま, やうな, ように, ピアノやうやう, 三つの, 世界に, 他に, 仮定の, 作品は, 偶然事は, 商品の, 城の, 執拗な, 場合には, 実感を, 寮の, 小事件, 島の, 我や, 時は, 未曾有の, 本を, 点は, 物語の, 物語を, 種類の, 第二, 花ありし, 解説を, 言葉の, 辺で, 運動は, 頃では, 髷節を

1 [648件 抜粋] あさましき文学者, いくじの, いのち在る, うちの, おいよさん, お桃, お蔭で, かた凡てわが, かた年, かねにて, くらい分らなけれ, ことなく, ことの, ことば, しづけさよ, たびの, ときに, とき吹き捲った, どうでも, まま黙っ, もちひ, ものが, やり方を, りんごを, アプリオリテートを, アルコール浸出液の, エネルギー計算の, カテゴリーを, ガラスが, ジャーナリズムの, ドグマを, プロレタリアが, ラセムスは, ロマンティークの, 一を, 一九四八年の, 一册の, 一圓金あつ, 一家と, 一挙は, 一生を, 一筋にと, 一節は, 一語に, 一軒の, 一首を, 七百人が, 三千年, 三太郎の, 上は, 上も, 上少々, 上方からの, 不幸な, 不潔な, 世の中で, 中で, 中より, 中国の, 主観的は, 事も, 事を, 事件だけが, 事実は, 事実上の, 事實は, 事柄を, 事業に, 事業に対する, 事物を, 二三年を, 二人は, 二人ほど, 二月に, 二重性から, 二重生活を, 五月から, 五行の, 交際も, 人が, 人とは, 人なら, 人の, 人も, 人朝夕なにかしら, 仕事を, 会合に, 何ヵ月は, 何ヶ月は, 作者の, 保護を, 信仰は, 信頼が, 俺を, 偉大な, 儘では, 元気なら滞り, 先着の, 全国的博覧会の, 公平な, 共通感覚を, 兼良の, 内なる, 冬を, 分で, 分析された, 分析は, 判断の, 別荘に, 利害が, 力を, 力常に, 功たるや, 功徳を以て, 勇猛な, 動きを, 動機は, 区分に, 区別には, 区別は, 区別螺旋型と, 医師は, 十年間に, 十日の, 博士邸は, 危機に, 危機は, 原は, 原理に, 叢書中に, 古めかしく疲れ果てた, 各章, 吾, 和の, 唐律の, 唯一つに, 唯心史観は, 問答は, 問答を, 問題が, 問題について, 問題を, 問題系列に, 喜びは, 四五日の, 図形は, 国と, 國を, 土この, 土地に, 土地の, 地で, 地において, 地の, 地下室の, 地區のみ, 地方に, 地方にと, 地方へ, 坤竜と, 城は, 基金は, 埼を, 場で, 場合に, 場合にも, 場合は, 場合ほかに, 場合世界観と, 場合事物を, 場合仮定され, 場合恐らく, 場合所謂基礎づけ, 場合数学の, 場合物質とは, 場合特殊, 場合発展という, 場合芸術に, 場面と, 塔が, 声を, 夕方垂井の, 多辯, 夜さり唐藷の, 夜の, 大切な, 大悪事, 大探険, 大陸の, 天地は, 夫妻の, 失敗は, 失踪に, 女々しい繰り言, 女神も, 娘だけは, 娘を, 子に, 子を, 存在論的範疇としての, 学を, 学習院の, 宇宙の, 宇宙艇へ, 宗教人類の, 官兵衛も, 実を, 実験なる, 客観性の, 客観的弁証法は, 室の, 家から, 宿命に, 密群でした, 対立は, 封建制の, 尊者また, 小さい猛禽達, 少なかつた, 屋の, 山あ, 山に, 島における, 島田氏を, 巻には, 席で, 常識がとに, 常識には, 常識は, 常識的空間概念, 平和人を, 平均という, 年の, 年は, 広大な, 店から, 度の, 建物の, 弁証法の, 当時は, 形式的な, 形式論理的概念, 往復を, 後も, 後幾多の, 御題目の, 復讐を, 心して読まざれ, 思想は, 思案外史の, 性質と, 悲み, 惨事に, 想像は, 意味で, 意味において, 意識の, 意識を, 愚劣な, 成分を, 戯曲の, 戰ひ, 手紙を, 抱擁を, 拘禁船長が, 拙訳, 推測の, 擬装が, 故に, 文字清と, 新しい, 新しい問題, 新カント学派, 新府, 新日本国民同盟, 方は, 方法は, 方過ぎし, 方面に, 既成作家の, 日それに, 日本ファシズムが, 日本活動写真連盟と, 日餅や, 旨箱崎署に, 明瞭な, 春から, 時この, 時には, 時のみ, 時まで, 時ようやく, 時代の, 時宋運は, 時意識は, 時期が, 時計を, 時間における, 暑い夏, 書を, 書籍の, 書翰を, 最後の, 有力な, 有島農場の, 有様を, 期間を, 木薔薇より, 本で, 材料の, 杜若なる, 杞憂は, 条件が, 柳河にての, 核が, 根本の, 極楽主義によって, 楽園も, 楽手に, 概念が, 様々の, 樣な, 樣子では, 次ぎに, 次には, 歌で, 歓楽の, 正月婦人が, 歴史的動機に, 歴史的発展を, 殺人が, 母子が, 水平面が, 河一帯の, 治療は, 法則が, 法律を, 温泉場の, 滿足は, 火は, 災難を, 点が, 点に, 点よりも, 点インテリ芸人として, 無造作な, 煩ひ, 父へも, 牝馬を, 物が, 物語なら, 特許を, 独領ニューギニアは, 献金行為の, 獨斷を, 珍妙可憐な, 珍風景に, 理想は, 理解は, 理論に, 生活は, 男が, 男の, 男は, 町へ, 画を, 畏怖を, 病院へ, 痕跡は, 発表の, 目標も, 目的の, 目的を, 相抗争, 瞬間彼らが, 矛盾した, 矛盾とは, 知覚を, 知覚をば, 矮鶏は, 石塔の, 研究を, 確信を, 社会では, 社会組織を, 社会道徳的信用組織から, 秀でたるインテリゲンチャ, 程度の, 種子が, 穴だらけの, 空想が, 窮乏が, 第二版, 篇までに, 素朴で, 素朴の, 経験的空間に関する, 統一は, 統制は, 絶対無は, 綱の, 美しい二人, 美しい犯人, 美しさ, 群島を, 群集に, 翌日の, 肥大な, 自分を, 自然と, 至誠の, 色が, 若い作者, 苦悶は, 草に, 荒々しい水, 菊水紋の, 葛藤は, 蛇足に, 血の, 街の, 裏に, 補任は, 襲撃も, 観察や, 観点の, 観点は, 角度から, 言葉が, 言葉も, 言葉を, 訓には, 記録者が, 話を, 認識論, 誠心を, 誤謬も, 調子では, 論議は, 諸官省, 諸概念, 諸関係, 謎は, 謡初之, 譬喩によって, 議論を, 豊葦原の瑞穂の国を, 豪遊の, 趣意を, 足を, 距離を, 躑躅大方は, 身には, 身は, 身体と, 軍団は, 輩が, 辺とは, 辺も, 迂愚な, 迷いを, 透察は, 通り地鳴りが, 連関を, 遍路は, 道理を, 還元によって, 部屋に, 配置に, 醜體, 里へ, 重壓, 鉄脚を, 鐘が, 鐘に, 閑散な, 關心の, 陣に, 際こうした, 際それは, 際の, 際我等の, 集の, 青い顔, 非我も, 靴ずみと, 頃に, 頃の, 頃は, 頃彼に, 頃時々, 頃降りつ, 願ひ, 館へ, 香水の, 鬱勃たる, 魅力の, 魅惑に, 鳥我にと, 點に

▼ しむる~ (795, 0.1%)

51 に足る 26 に至った 20 に至る 11 が如き 10 を得 8 に至れり 7 に至り 6 と同時に, に充分 5 に在る, に至りたる, に若かず, の道, は是

4 [13件] ならば, にはまず, に十分, に在り, に異ならず, に至, に至りぬ, に過ぎない, の具, の動機, の必要, の要, を得る

3 [13件] が故に, にある, に到った, に足らず, に過ぎず, の一事, の目的, の結果, は固, も亦, を得べし, を要す, を要する

2 [58件] が如く, が故, が爲め, という, と共にその, にはどう, に他, に在りき, に如かず, に必要, に於, に果たして, に相違, に至ら, に至りし, に足らざる, に足りる, に足るべき, に過ぎぬ, に限る, のみである, の一法, の作用, の冀望, の工夫, の恐れ, の手段, の方便, の方法, の施設, の日, の概, の毒, の疏通手段, の行動, の術, の謂, の趣意, の魔術, は, は到底, は実に, は己, は最も, は西洋銅版画, は観る, までは幾囘, も决, を平生, を慮らず, を求めずし, を見, を計る, を許さず, を謂, 如き何等, 如し, 憾みあるから

1 [418件] あの殺害的狂乱, あの賤しき石, ある聖なる, からだ, からであろう, から益, がよい, が何より, が如くなりき, が如くなるべし, が如く計る, が爲, が當然, が肝要, そういう理屈, その広汎, ただしちと, だけで, だけに長所, だけの意欲, だけの条件, だけの科学, だけ堂々, つまり小農切り捨て, であろうか, であろうと, でしょう, で有らう, という言葉, という誠実, とともにまた, とともに墺軍主力, と云う, と共に一方, と共に当代, と共に直ちに, と共に自ら, と共に自分, と大いに, などはその, などは甚, など申します, など諸般, にあたらざりし, にあたらざる, において最も, にかつて, にその, については従来, について最, にはいちいち, にはとくに, には不十分, には充分, には十分, には如かず, には容易, には彼, には必要, には日本民族, には自他共, には至らぬ, には薄紫, には行政, には足らざりき, には足るべし, には適しなく, には適しなくなった, には適当, には音楽, には驚かされる, にも堪へなく, にスワビア, に一, に一生羊, に与っ, に両, に京都, に何, に余りあっ, に余力, に依り, に倣っ, に優れり, に先立ち, に別に, に利し, に到りぬ, に到る, に勉むる, に及ばざりき, に反し, に同じ, に吾人, に因る, に在った, に堪へなく, に報告, に多大, に夜, に大いに, に宜, に対し吾仲, に小心, に屈竟, に忍びざる, に忍びなかつた, に忠魂, に意, に應ずる者, に我, に我栖, に敵, に日, に最も, に最近二十年間, に有力, に有効, に止らず, に毎次功, に比較, に汝, に浩大, に濁酒, に猪形, に猫, に生きた, に由, に異ならざるべし, に疑無い, に破, に答, に約定書, に終りしならん, に終る, に終れり, に美人, に肉筆画, に至っ, に至つた, に至つたの, に至つて, に至らしめ, に至らず, に至らない, に至らなかった, に至らん, に至りき, に至るであらう, に見えず, に解説的, に足らぬ, に足りた, に足るある, に足るです, に足るなり, に足るべし, に足れり, に足六, に過, に過ぎざるべき, に過ぎなかった, に過ぎません, に適した, に適当, に金, に限り美也, に非, に馬, に黄金, のに対しロダン, のみでなく, の一大革命, の不利, の不品行, の事情, の仕掛け, の余地, の保証, の保証者, の偉人伝, の凡人伝, の処, の努力, の効用, の危き, の原因, の可否, の命令, の嘆願書, の因, の困難, の外, の大, の妙術, の妨害, の媒, の嫌, の容易, の工風, の巨光, の已むなきに, の微意, の必要上, の恥辱, の恨事, の惡戯, の意, の意味, の意思, の技, の政, の政党, の政黨, の時, の栞, の根本, の権利, の機縁, の權, の法, の深意, の準備, の用意, の由之, の秋, の約束, の考, の虞, の融通法, の要用, の見込, の規則, の覺悟, の訓令, の資料, の賢, の趣味, の途, の途他, はいと, はいわゆる, はこの, はそも, はなお, は一種, は一般, は世間財理, は全く, は其党員, は其黨員, は北斎, は危険, は即ち, は吾人, は困難至極, は国民的感謝, は天下無上, は如何, は婦人, は子, は宜しい, は実は, は広重, は彼, は必然, は怒り, は愛国心, は我, は我輩, は抑, は指図, は望み絶えざる, は止む, は決して, は獣類, は珍ら, は甚だ, は男子, は継母, は至当, は至難, は英国, は蘭軒, は見る, は見るべき, は遠い, ばかりであります, ばかりの佛具, ばかりの和音, ばかりの理想, ほどだった, ほどです, ほどになっ, ほどに自分, ほどに迅速, ほどの人物, ほどの別嬪, ほどの厳粛, ほどの女性, ほどの好, ほどの微笑, ほどの思想, ほどの悩み, ほどの書物, ほどの結果, ほどの遠見, ほどの養子, ほど今宵, ほど天地とも, ほど気, また以, までにその, までには至りたるなれ, までに彼, までに心, までのこと, までの事, までの経, までの高度, までは休まぬであろう, までは共に, まで遠く, もっとも前途, もときどき, もなお, も一般普通, も其の, も吾が, も図書, も少, も彼, も怪しむべし, も民法, も病, も百花, も管理者, も遂に, よりはいっそ, よりは或は, よりも全く, よりも此条, より急, を上帝, を主眼, を以, を以て最, を可, を奈何, を如何, を婦女, を得ざりし, を得たなら, を得なかった, を得べけれ, を得よう, を得れ, を得ん, を得策, を思へ, を怪, を恐る, を慮り, を残念, を目的, を知った, を禁じた, を絶対, を至当, を致す, を許容, を道徳, を非, 傾がある, 善即ち, 多分この, 大きな力, 大音声, 好材料, 如き, 如きは, 如き事, 如き愛らしき, 如くし, 如く咲きたり, 如く戦争, 急也, 恐れあり官職, 憤, 我が作, 我が敬愛, 故に予, 新憲法, 深き歎息, 清き記憶, 程で, 程に低く, 程に卑しく, 程の力, 程の情況, 程の者, 程の議論, 程豊富, 第九, 第九天, 第二, 結構至極, 美しき淑女, 能わざりしにせ, 能わざるが, 能わず, 良い方法, 色づきし雲, 要點, 輝かしい暗示, 迄に至つたの, 面白き一事実, 面白き一事實

▼ しながらも~ (793, 0.1%)

9 それを, 彼は, 私は 7 自分の 4 さすがに, 彼の 3 何か, 自分は

2 [39件] いかにそれ, いろいろな, いろんな貴重品, この, これは, その白い, どうしてもお, どこかに, フラフラ行く, 一方では, 一生懸命に, 一言も, 主客の, 二晩を, 人の, 低声, 健の, 兄の, 十手の, 妙に, 席を, 平次の, 平次は, 心の, 心は, 悲しんで, 手は, 氏は, 気が, 泣声だけは, 湯たんぽを, 漠然と次, 生きて, 田部は, 私に, 空天に, 自分を, 自己の, 花束の

1 [667件 抜粋] ああし, ああ景清, あくまで全体, あたりの, あとを, あの向い, あやふやな, ありったけの, あれだ, あれや, いい気もち, いつかそれを, いつか消えた, いつしか力, いつもお, いつもきまってその, いつもの, いまだ禽獣, いままで, いや今に, いろいろ考えた, うつらうつらと, うなずかざるを, おくれるばかり, おぬいさん, お互に, お葉, きょうまで, きわめて平静, きんと, こう主従顔, こう遠く, ここに, ここまで, こっちの, この女, この男, こみ上げて, これほどまでに, さもこの, さりげな, しかし何処, しかもそれ, しかも自分, しだいに多く, しとやかに, しょっちゅうその, じきに深い, じっと考え, じつと, すこしは, すこし心配そう, すべて偶然みたいな, せめてこれ, そう云い, そう問いかえさない, そこに, そこを, そのまま居残った, その一本, その人, その作業, その大胆, その寂しい, その態度, その欲望, その汚れ, その活動, その眼, その肉体, その舞台, その解放, その輝ける美し, その過分, その際, その風流, それが, それでもまんざら, それでももしや, それに, それらの, それらを, それ見た, たえず忙し, たえま, ただそれ, ただ病身, たれて, だも, ちょっと待っ, つい, つい彼, つい気怯, つまりは, とうとう長居, ときどき思う, ときどき荷拵え, とにかく, どうしてもそれ, どうしても押入, どうしても逃げ口, どうやらこうやら, なおかつこれ, なおかつそれ, なおこう, なおそこ, なおもお, なお固く, なお国民, なお彼, なお明らか, なお晩飯, なお暗く, なお自分, なかなかそば, なかなか傲岸, なぜそうなる, なぜ自分, なにがなし厳, なほも, なるべく平和, のんびりし, ひょいと気, ほとんど透, ほろほろと, ぼくの, まあ黙許, ますますわけ, またし, またふと, またもと, また一面, また危さ, また小夜衣, また愁心怏々, また衛門督, まだすましたとりつくろった, まだアテネ, まだ全く滅び, まだ夢, まだ油断, まだ矢代, まだ粘っ, みんなの, みんな爪先立て, むずかしい書物, もう音楽会, もくもくとして, もしや廊下, やがて謬, やがて電車, やけに子供, やっぱり傍, やっぱり男, やはりお, やはりもと, やはり出家, やはり死, やはり青年, よくこの, よく今日, よその, よろこびや, よろよろし, わざと悠々関内, わしは, われわれは, クックッと, クリストフから, ケレンコ委員長の, ハッキリと, ハツキリと, パイプを, フォームを, プロレタリア作家の, マユミへの, ルルウに, 一フィート一フィートと, 一味憚, 一方で, 一方において, 一方の, 一木一石元の, 一本を, 一生けんめいがまんし, 一種いふに, 一部の, 万巻の, 不安そうに, 不承, 不断に, 之を, 事なく, 事実と, 二人で, 二時三時と, 五六間路地の, 人を, 人間業では, 今熊が, 位階勲等の, 何うかし, 何うにかか, 何となく腑, 何と切り出した, 何一つ見落す, 何度も, 何故そうする, 何故その, 何時までも, 何時もその, 余りに耳, 併し, 例の, 俄に, 信長としては, 俺の, 健三は, 僕の, 僕を, 充分本心を, 兵馬は, 其のま, 其の事, 内心は, 内心少から, 円満にといった, 写真を, 到達は, 前の, 努めて, 勇敢な, 勇敢に, 勝手元へ, 医者から, 半ばそれを, 原稿料を, 友達たちが, 反撥を, 口に, 口を, 古い賤民的, 右へ, 右近が, 同じ科学, 呪咀の, 喋舌り出し, 喜び勇ん, 嘘だ, 嘲るよう, 園は, 堪えられないよう, 場主の, 変な, 夕日に, 外交官らしい, 夢だけは, 大人しく座布団, 大使が, 大道で, 天外の, 夫人が, 奥から, 女の, 女房の, 好奇の, 如何とも, 妙な, 妻の, 姫君の, 娘の, 嬉しさ, 嬉しそう, 子供たちに, 子供を, 子供的な, 学を, 宝石を, 実はおれ, 実は嬉し, 容易に, 寄って, 寧ろ悪びれず立っ, 小倉の, 小坂部は, 小娘は, 少々極り, 少しずつ, 少女に, 少年時代から, 尚おお, 尚且つ, 尚其頸脚, 屋根へ, 嵐の, 已に老境, 帰京を, 常に新た, 平次を, 平素の, 年越しの, 幸子が, 幸福な, 床の間において, 引き摺られるよう, 弟の, 弥生は, 強いて, 強い心, 当惑そうに, 彦太郎は, 彼が, 彼に, 彼らの, 彼れ, 彼女の, 往きか, 征服者の, 律子嘉久子浪子の, 微笑んで, 心からの, 心から嬉しく, 心に, 心服した, 心細い思い, 忙しそう, 忠君愛国国家の, 怒つた父, 思って, 思ひ切つて, 思ひ詰めた眼付, 思わずたびたび飛び起きる, 思わずムッと, 急いで, 恋人に, 恐い物, 息子から, 悟浄は, 悠々自適気の, 愉快に, 感情に, 懸命の, 我々の, 手紙は, 手足が, 抛って, 捕っては, 捻じれ細片, 教へる, 敵の, 新しい人, 新しい物思い, 既に労働, 旦那様は, 早口の, 明るく楽しく人間, 明石は, 昼間その, 時々指揮棒, 時々眼底, 時には, 時誼によっては, 普通の, 景気よく, 暫く俺, 暮らして, 最も人, 木山の, 未練げに, 末森城の, 材料と, 柱頭軒縁彫刻帯軒蛇腹更に, 格別うれし, 検事は, 横目は, 機を, 次第に気持, 次第に種々, 欣しく, 正造は, 死と, 段々と, 氏神の, 気ぜわしなく, 気を, 汝こそ, 決して世間, 決して女, 泣きむやみ, 津の, 流石に, 涙を, 渡すより, 湧き上がる忿怒, 溢れる様, 漸く片言, 火星と, 烈しく胸, 烏帽子の, 無事に, 熊を, 熱い珈琲, 熱く愛し, 父が, 物越しで, 独自の, 猶お, 猶ほ, 猶之, 猶強, 現代の, 甚内は, 盛子は, 目に, 相手の, 眞鍋は, 真に殺さん, 眼だけは, 眼を, 矢代は, 矢張り眼に, 知らず識ら, 碁を, 社会と, 私どもは, 私の, 稀にしか, 空しく数十年, 立ち残ってるの, 立川さんには, 笑顔を, 筆を, 紫の, 経済界の, 結局わたくしに, 結局泊っ, 絶えずプロレタリア芸術理論, 絶えず彼, 絶えず門, 耐へて, 職人らしい, 胸は, 腹では, 自ら認めざる, 自信は, 自分で, 自分でも, 自分一身の, 自己及び, 自身の, 色々の, 花川戸一帯の, 芳夫の, 苟も惟任将軍, 葉子は, 薫は, 行って, 裏切ったばかり, 見るに, 親しみは, 親の, 親切な, 言いださないわけ, 言うべきこと, 訊いて, 訪ねるの, 認識論を, 誘い出したの, 誰か, 誰彼なし, 豫定通りの, 貪るよう, 車外に, 軟かに, 軽蔑する, 返事を, 追従し, 追従を, 通平の, 遂に云った, 酔えば, 金目を, 針金の, 銘々嬉し涙が, 非常に, 須美子は, 頭に, 頼もしい味方, 飛び離れて, 食卓の, 飽くこと, 首を, 馬鹿とは, 高崎市の, 高貴な, 魂の, 鶴嘴の, 麦こき, 黙って, 龍子の

▼ してを~ (721, 0.1%)

168 ります 65 りました 29 りますが 2017 るの 16 りましたが 14 らぬ 10 つた, らず 9 れば 8 りますから, ると 7 りその 6 りますけれども 5 く, り, りますので, るので 4 いて, つたが, りましたよ, りません

3 [11件] くこと, られるが, られるの, りましたから, りましたの, りまして, りますと, るから, るといふ, るところ, るもの

2 [23件] いたり, かう, くの, く必要, けば, つたかといふ, つたから, つたのである, つても, らない, られました, られます, られん, りこの, りこれ, りながら, りますよ, りませうか, りを, り冬木, り私, る者, れ

1 [219件] いたこと, いたため, いたのに, いた厚司, かうよ, かしいでは, かしいばかり, かしかつ, かしき事, かしくて, かしくも, がんと, きながら, きなへ, きませうね, くだけの, くである, くと, くといふ, くむろん, くやう, くよ, さ, ぢさんの, つけたと, つたか, つたからと, つたからの, つたこと, つたといふ, つたとは, つたの, つたのだらう, つたので, つたのであります, つたのです, つたもの, つたらとんでも, つたんぢ, つた事が, つた学生時代には, つた安積家を, つた時代です, つた時代の, つた時分は, つた民族が, つた知識を, つておや, つてなかなか, つてを, つて二人の, つて二部に, つて働きに, どつて, らずで, らね, られしに, られたこと, られたとか, られたので, られたやう, られたり, られたん, られた人, られた外務省, られた時, られなかつたけれども, られましたか, られますか, られますが, られますと, られますわ, られません, られる, られるか, られるさ, られる人, られる佐藤さん, られる向, られる岡, られる筈, られる通り, らん, らんぜ, らんのだ, りいつたん, りいつどこ, りいつも, りかくして, りかなり, りさ, りし, りしかも, りしならんと, りすでに, りそこで, りちよッ, りともかく, りは, りましたけれども, りましたそんなに, りましたつけ, りましたですよ, りましたので, りましたのに, りましたらさぞ, りましたわ, りました呼び出し, りました御, りました折, りましてね, りますか, りますがね, りますけれど, りますこれ, りますし, りますしかし, りますため, りますだが, りますといふ, りますとね, りますね, りますのねえ, りますばかり, りますまいが, りますもの, りますやう, りますわ, ります中, ります京二, ります国家, りませう, りませぬし, りませぬだけの, りませんから, りませんが, りませんけれども, りまた, りむしろ, りよく, りオーケストラ伴奏入り, りギャング, り且つ, り中, り事業家, り事物, り人間, り以來, り何, り例, り児玉, り兼, り冬, り前妻, り勿論, り又, り同じ, り夏, り大腿部, り天皇家, り女房, り娘, り常に, り廊下, り彼, り支那, り文化, り日本将来, り朝, り殊に, り注射, り満州, り瀬田済, り然しながら, り焼けて, り特に, り狐狸妖怪, り甚だ, り當時, り病み重, り相当, り短い, り線香, り肉体的, り落伍者, り見世物みたい, り調度, り諮問, り軽快, り青年鬪士, るお茶, るか, るぞ, るだ, るで, るでつい, るでないか, るでは, るとばかり, るのに, るのよ, るばかり, るらしいのに, るわけ, るん, る事実, る処, る出あひ頭, る婆アさん, る對象, る思想, る文献, る生徒, る筈ぢ, る際ぢ, れと, れませんよ, れんのだ, れ女そのもの

▼ しこれ~ (715, 0.1%)

6 がため 5 によつて, に依っ, を利用 3 と同時に, をし, を心, を研究

2 [31件] が成功, だけで濟ん, でお, と同化, に代, に侍, に全幅, は単に, は最近, は未来語発想, は私, は覆面算, またその, を, を余, を全, を具体化, を千日堂, を基礎, を小, を当時, を指導, を改良, を明白, を現今, を発表, を自分, を自己, を見た, を誘導, を説明

1 [620件 抜粋] あり, が, がある, がこの, がため要すれ, がどうも, がまた, がシェリング自然哲学, が一国演劇文化, が世, が個々, が偶然, が再現, が別録, が反対, が國家, が大, が導体, が市岡中学, が彼ら, が所領, が文淵閣著録本, が新しい, が暗号文, が正当, が満足, が為め, が現われる, が相当, が知事折田平内, が經濟單位, が育成, が説明資料, が論定, が謂わゆる, が貸付, が運營, が郊外, が餘人, こそがすべて南蛮, すでに無上, だけで, だけでも随分, だけのこと, だけの中, だけの民謡, だけは心得おくべし, だけは断つ, でいい, では多, では戦争, では更に, でやっと, で厄, で押し, で見る, といっ, とても人間, とても惜福, とともに宋, とともに生きる, と一つ, と云つて, と内面的, と反対, と戰, と比例, と矛盾, と融合, などは語序問題, ならどこ, ならば, なら誰, に, にあらゆる, についてかく, について実験観察, につき年来, にて評し到らざる, になお, になるべく, になんら, には大略内部, には技巧, にふさわしい, にむかっ, にも尚, にも関, によって労働, によって扶助, によって獄, によって現象, によって約, によって結局, によって道鏡, によってX線, によつて規定, によりてある, によりて推想, によりて生活, によりて見る, によりて郡立図書館, により救貧院外, にシナ伝来, にドノバン, にバイオレツト・リーブス, に一任, に丹, に九一八時間三五分三〇秒, に代る, に代わるべき, に似せ, に何ん, に依る, に依頼, に働きかけ, に全力, に冊, に加, に加える, に博士, に反, に反し, に各, に合併, に名, に向かっ, に呪い, に女子, に対して, に対してフランス法学者, に対して一つ, に対して多少, に対して本質, に対して条約励行, に対して虚偽, に対する短評, に対する諸家, に対応, に対抗, に強い, に従事, に応える, に恭従, に我邦, に或, に打勝った, に拠つて, に換, に擬する, に救助, に書, に様々, に注意, に泰西, に流刑, に海軍, に潜む, に瀟湘亭, に灯, に生命保険, に當, に登り, に白金, に皮膚, に祈願, に神経, に私自身, に精通, に細かい, に結論, に背馳, に胡瓜みたい, に自己, に苦しん, に衣服, に該当, に責むる, に質量, に迎合, に近寄る, に逼塞, に郷土, に酔, に重き, に関する書類, に防空, に附, に電氣, に黄み, の転換, はあくまで, はお, はお話, はただ, はとうとう, はひとつ, はまあ, はよい, はよく, はシカゴ, はスイス趣味, はソヴェト, は一寸会つた印象, は一本二本, は一般, は亡者, は信雄, は元来, は写し, は凡て他人, は勇士真柄, は又, は名前, は君, は夜目, は実は, は少しく, は当時, は必, は思想上, は恐らく, は明末, は權力者, は比較的, は民謡風, は永い, は決して, は直接音楽, は第, は結局無駄, は考へ, は遂, は道理, は適切, は長剣, は鴇母さん, ばかりは偽, ばかりは文字春, へ来る, ほどの高名, ほど甘い, また好, また若い, までになつたの, までの, までのカロリツク説, までの官僚的画一制度, までもずっと, までより良い, までより長い, まで立派, まで考え, まで資本家, まで閑却, もすぐ, もその, も世間, も中, も亦, も剣道, も却下, も同じく, も君公, も女性, も徒労, も拾い, も眼, も神威, も自分, も西国, も誘われ, も語勢, も餘, やうたて, よりし, よりもいっそう, より再び, より城中, より外, より推し, より旅装, より種種, より聯誘激発, より自動車, より進ん, をかの, をげきれい, をつけた, をひそか, をもっ, をもつ, をカヴア, をキド現象, をベルナルドオ, を一つ目小僧様, を一元的, を一層, を一連, を世の中, を中心, を主観, を事業, を交換物資, を京都, を京都所司代, を人類, を以て史家, を以て心, を以て自己, を体系的, を使用, を侮辱, を修むるものも断続, を倒し, を充実, を公刊, を再び, を再現, を処理, を出版せり, を分別, を分割, を初心, を初日出, を刻す, を助ける, を勵, を包括的, を北米, を十分, を半可通, を即座, を取り囲む, を取締, を受け継がれた, を同化, を同化融合, を否定, を味, を味方, を喰っ, を嘲り笑っ, を器械觀測, を圧迫, を在来, を報告, を売, を多, を天, を天界, を如何, を子略, を學者, を安い, を定式化, を実行, を実践的, を封, を封鎖, を専攻, を導い, を小説, を尺度, を崇拝, を帰納, を引きよせ, を引き取る, を強力, を彼, を得たる, を忍べ, を恐喝, を悟, を悪罵, を愛護, を我が, を手中, を技術, を抛棄, を抱い, を抵当, を持ち帰っ, を捉, を捕虜, を排斥, を提出, を擒人, を改修, を改善, を救う, を教化誘導, を教導職, を教育局年報, を新しい, を新兵器, を旧時, を明, を時刻, を普通民, を曲解, を書いた, を書写, を東方, を根こそぎ, を根柢, を棺, を欠い, を欠くべからざる, を次, を欲, を殲滅, を殺さん, を殺し, を殺戮, を洗いざらい, を活躍, を海外, を海外留學, を淮水, を演出, を演繹, を炭, を特別一個, を玩弄物, を現, を現金勘定, を理解, を生かす, を画帖, を疑り, を発揚, を破壊, を確立, を社会的実践的生活, を神, を称え, を穀神, を立証, を競い, を第一義, を米, を粉, を粉砕, を精神的血肉, を純然, を終る, を経験的, を統一, を經驗, を綜合, を総裁統轄, を縮刷本, を羨んだ, を習性, を老中列座, を聖書中, を育てる, を育成, を背景, を臍, を舞わし, を菊窓偶筆, を藉, を藩地外, を蝦夷, を衣食, を表通り, を裁斷, を観客, を解く, を解剖, を言い, を評価, を話さない, を誅し, を誘惑, を読もう, を諸侯, を謳歌, を議論, を讃, を贖, を赤葉, を軽々, を輝かせる, を逆, を逆用, を通じ, を達成, を適當地域, を適確, を遵奉, を配達, を除かん, を除去, を非難, を飛鳥式, を餌食, を鬻ぐ

▼ しそして~ (711, 0.1%)

16 それを 8 それが 5 これを, 之を 4 これは, そこから, それに, それは, 吾, 彼の, 彼らの, 私の 3 このもの, 利潤は, 労賃は, 最後に, 私が, 私は, 穀物を, 自分は

2 [47件] いつも垢, お兼, かやう, かように, この村, この驚愕そのもの, これにおいて, ごく小さな, すぐに, すべての, そのうち, その中, その結果, まさにこれ, みずからは, より多く, 一つの, 両者が, 云った, 人口の, 人間が, 人間は, 他の, 先に, 制度は, 労働者が, 労働者の, 労賃の, 又新しい, 同時に全第, 夢において, 彼が, 彼は, 彼等農民達の, 愛し愛された, 機械の, 歳月を, 洋々たる, 相互の, 約束の, 表現する, 解決する, 言った, 資本が, 資本は, 逆に, 集録し

1 [527件 抜粋] あくまでも彼等, あの小生, あらためていった, あらゆる物, あらゆる軍隊, ある程度この, ある程度上流階級, いかなる程度, いかに規則正しく, いずれの, いっさいを, いっそう大きい, いったいその, いつたいその, いつも尊敬, いはば, いろいろと, いわば着物, うっとりさせられた, おそらく自分たち, おそらく行き過ぎ, かかる法律, かくも, ぐにゃぐにゃした, こうした場合, こうふん, このチベット, この事情, この会, この何だか, この価格, この努力, この国, この王国, この貨幣, この資本, この追加量, この附加量, この隷従状態, これこそが, これに, これにより, さう, しかる後, しばしばわれわれ, しまいには, しまひには, すすり泣いた, すべてこれから, そういう形, そうやっ, そこで, そこに, そこを, そのいずれ, そのたび, そのとき何處, そのよう, その一つ, その上, その予言書, その予防法, その事業, その他すべての, その他の, その分量, その原子, その各, その国民, その地代, その将監, その引き, その急速, その抑圧, その支払う, その構造, その無, その無辺, その現場, その理想, その生活, その目的, その矛盾, その窓, その自然的結果, その表情, その誤謬, その變裝, その財産, その賃労働, その資本, その限界, その領土, その食物, それがか, それによ, それまでは, それらに対して, それらの, たやすく自棄, だんだん自分, ついにその, ときどき眼瞼, とにかく子供, ともかくノブ子さん, ともに消化酵素, どこを, どんな裁き, なかには, なにを, ねずみ色だった, ひとえに大和魂, ふたたび殺し, へんに, ほとんど同様, ほとんど日常, まず労賃, みんなが, みんな食べ, もう一つ, もしその, もちろんこれ, もっと役に立つ, もはやミリ, もはや昔日, もはや破壊者, やがて地球, やがて技術一般, ゆっくり歩き出した, よく似合ん, より優れた, より優良, より多数, よろめいたよう, われらを, アメリカへ, アンの, キリスト教哲学者たちにかの, キリスト教哲學者たちにかの, ジェリー, ジャヴェルは, スペインの, ヤリウスを, ヨオロッパの, ルゾン号の, レクタアが, レヴィー・クールと, ヴァレリイを, 一八〇〇年の, 一定の, 一昨年母堂の, 一特定農場において, 一生の, 一生一代の, 一生涯此の, 一系列が, 一般に, 一般的に, 万人は, 三願転入の, 上の, 世界中の, 世論を, 主人初め家族雇人総勢京橋の, 之が, 之によって, 乱暴な, 二つが, 二の腕あたりから, 二人は, 二百万では, 云いつづけた, 互いに軽い, 五箇年間の, 人の, 人口は, 人間も, 今告別, 今度は, 今後は, 仏教の, 他方は, 何らの, 何を, 何人かの, 何時もの, 余りに近くそれ, 信じるばかり, 信長と, 僧籍復活の, 優れた勇気, 儲けたもの, 先生の, 先生側はと, 克服する, 全くつながり, 全滅した, 全社会, 八田青年が, 其の生長, 其の繁, 其処に, 其土地の, 出来る事, 出来上ったもの, 分娩する, 切腹した, 初めて分った, 判断に, 利潤が, 利潤の, 利益と, 前者の, 前述の, 力強からし, 助かったん, 労働の, 勇退を, 勉励し, 動機行動情況証言性行など, 十七歳で, 十分一税は, 半ば退屈を, 卑屈な, 厳密に, 又その, 又それ, 又ゆるんだ, 又之, 又例えば, 又宿志, 又科学, 叔父さんが, 口を, 古いもの, 叫び續けて, 叫んだ, 吉野朝と, 同じく自然的必然的, 同じ郷国, 同一の, 同時に不作, 向うを, 君を, 唇には, 嚴密に, 四年ぶりに, 国を, 国家が, 国家に, 土地の, 土壌を, 地主の, 地主は, 地代は, 地球人類に, 声を, 外国の, 外国貿易の, 多量の, 夜の, 夜具の, 大多数, 大多數, 大小いくつかの, 夫の, 夫を, 失敗した, 如才なく, 婆さんと, 婆羅門教若く, 子供は, 存在が, 季節の, 安堵した, 安心立命の, 実物を, 実証主義的な, 実際, 実際それ, 実際落ち込ん, 家が, 家や, 富裕な, 将来の, 将門にたいしては, 少しづ, 少しばかり, 尚も質問, 崖から, 工手学校に, 市場価格は, 帰って, 常に物, 常に資本, 帽子は, 平均以上一七であり, 平均的需要と, 平穩, 平素ひどく, 幹事に, 強く鍛えね, 当時公衆の, 彼らが, 彼らは, 彼れ, 彼女が, 彼女の, 彼等が, 彼等の, 彼等のも, 彼等は, 彼自身の, 後で整理, 従前は, 徳川とも, 心も, 心身を, 必ずしもそうとは, 必要品の, 怒ったが, 恐らくもう二度と再び目, 恥ずかしい目, 悠々と, 意識が, 慎慮, 憐み, 成仏の, 我々の, 戦死した, 所謂文学を, 扉の, 手へ, 手形に対する, 手早く実験, 打毀そう, 承諾された, 技の, 指示し得る, 探題邸の, 支配しつづけ, 政治計数家に, 救います, 数人の, 数学的連続概念と, 数年に, 数年間見られた, 新しいもの, 新しくかつ, 新しく開, 新聞を, 日々こんな, 日の出を, 早婚の, 時に多数, 更にこの, 更に五七, 更に夫, 最も多く, 最不作, 最初の, 最後の審判の, 月の, 有無を, 有爵者たち, 本当に男子, 本当の, 来た嫁, 東京市民の, 東大寺大衆の, 東西異なる, 某新劇團, 椅子が, 極めて大きな, 次にこの, 次の, 次第に闇, 正吉も, 歸着する, 死亡の, 母国における, 毛利の, 毛織物に対する, 永久仲裁裁判所を, 油断を, 注意すべき, 濃霧に, 火が, 火星人に対しての, 無残に, 然る, 熱して, 狂人を, 独創的な, 王公や, 珍奇な, 現代をの, 現在は, 現在人類の, 甚だ単純, 生命を, 生殖のみによる, 生活資料は, 生活資料を, 生産物は, 生産者は, 甲斐は, 異る, 疑いも, 疲れて, 直接に, 眼を, 着実真摯な, 短い間, 破婚する, 確立した, 社会の, 私と, 科学を, 租税の, 穀価の, 穏かに, 窮乏と, 立ちふさがる衛士, 立ち上る, 立ち去った, 笙子という, 第一, 第二期, 管状内には, 粗悪な, 粗生, 約束を, 紡績工場を, 終りには, 終局に, 絶えず新, 經驗論に, 考えた, 耕作者に, 聖書に, 背泳ぎに, 自分が, 自分の, 自分を, 自分自身の, 自国穀物に対する, 自己に, 自己の, 自己を, 自然史的時間を, 自然死を, 花を, 芸術を, 葡萄酒を, 蒐集する, 藻掻いた, 蜘蛛の, 行衛を, 表現は, 表象の, 観念論を, 話を, 誇りと, 誘惑する, 語気常の, 論理を, 諸所の, 財産を, 貧しい農民, 貨幣が, 貨幣と, 貨幣の, 買手の, 賭博に, 足掻きも, 踊りの, 軽く値段, 逃げ出した, 逃亡する, 遂にその, 遊底を, 運転し, 金が, 金のみが, 金は, 釜で, 降参した, 雪から, 静かに, 音を, 頷いた, 額の, 風か, 食物の, 餘り, 高い市場価格, 鹿及び, 黄巾賊の, 黄金メダルの

▼ し~ (689, 0.1%)

33 なれば 24 あり 14 なり, もあり 12 ありしが 10 なし 8 ありき 7 もありし 6 も有りし 5 あれば, を知る 4 ありて, もありき, もなき, もなく, も有し, を記し 3 ありしも, なく筋, も有, を信ずる

2 [46件] あらず, あらば, ありしと, ありたり, ありと, あるに, あるもの, いふべからず, である, とていだ, なければ, なりと申せ, なるべし, に候, の次第, は何れ, は姑, は既に, は明, は疑, は詳, もあれ, も少から, も有るべく, も有るべけれ, も無き, やらん, よりし, を, をよろこび, をロマンティック, を中途, を信ぜん, を挙, を知ら, を知り, を縁, を言, を記しあり, を記せり, 不折, 度々なりし, 度々なりと, 有り, 有るなり, 有るに

1 [423件] あきらけし, あさまし, あたかも丹絵売, あたかも明和年代, あらざれば, あらんと, ありし, ありしに, ありしや, ありし後, ありその後, ありとの, ありまた, ありや, ありやと, あり一転, あり三尺, あり同人義昨日, あり孰, あり巌, あり某, あり此事世, あり此度計, あり鼻, あるかと, あるたび, あるとき, あるにも, あるによりて, あるのみ, あるのみにて, あるべしその, あるを, ある時, あれど, あれども, いかに戀路, いかばかりぞや, いずく, いと悲し, かくの, かと案じ, がある, がこの, が出, が大いに, くり返し憶, こそあれ, こそ殊勝, この島末, この類, さえ多, じゃア, その事, その方, ぞと死骸, ぞ不思議, ぞ手, ぞ是, だにな, で器量, として罪悪, として誤謬, とてかかる, とてほ, とて一々, とて一時全快, とて実に, との二つ, とを思は, とを窺, と主税, と事, と存じ其儘罷歸, と心得, と心得氣, と忘, と推量, と清元, と相, と腹, と違, どもいささか, どもここ, ども何, ども何となく, ども彌, ながら今更, ながら既に, ながら胸, なくすべて, なくその, なくん, なく下宿, なく幽な, なく日々宿屋, なく木曽義仲公追討, なく踵, なしと, なし五十兩, なし否, なし定め, なし故に, などあらざれ, なども語り, などを口, などを憶, など人, など思い出され, など思い出し, など相似たる, など落ちなく語り聞かす, ならば, ならむか, ならん小夜衣さん, なりとま, なりと一伍一什, なりと云, なり北千島アイヌ, なり然, なるが, なるべければ, なれど, なれども, なれ共, なんじの, にあり, にて則, にて大坂渡辺, にもあらず, にもしられぬ, にもしる, にわが, に付き, に入りぬ, に取, に御座候, に於, に相違, に足, に非, のあまりに, のあり, のありや, のうれし, のかく, のない, のなき, のみ被, の今, の何事, の却, の始, の尋常, の左, の序, の恥かしく髪, の意外, の意気地, の日本紀, の有無, の無き, の由, の由来, の積極, の細目, の苦澀, の起らない, の蹟, の露れん, の顯れん, はありし, はいたしません, はその, はただ事, はなき, はなし, は一度, は一昨年, は上州, は中, は主, は主人, は久八並び, は争, は事実, は今, は今更, は伝記, は僕私, は先月中, は前, は千六百年代, は千太郎存生, は半, は叶はず, は司馬温公, は多く, は夢, は大坂天滿邊, は大方, は嫌, は存じ, は家主始, は小さき, は就中余, は御, は忘れざるべし, は推知, は日々出入場, は明かなる, は明瞭, は昨, は是, は最早, は木綿島村, は正月廿五日, は津國屋, は父, は生涯, は申す, は當時, は病症, は相良, は相違御座, は相違御座無, は眞言五祖像, は眼前, は確信, は私, は翌朝岡山, は能, は自明, は西国, は諦め, は諸, は貝殼, は賤, は越後高田, は遺憾至極, まで既に, まで殘, まで知り, も, もあった, もあらん, もありけ, もありしごとし, もありしなれ, もあるべし, もなけれ, もなし, も何, も全く, も在りし, も夜半観測, も幾回, も度々, も後, も御座, も承, も数, も明かなり, も明瞭, も有らん, も有り, も有りしならん, も有るべし, も有れ, も有明, も李杜, も案, も樫, も空頼み仇, も話せ, も遠から, も駈, やと, やと存じ仰天, よくこれ, よとて絶, よと獨, より其外人殺し等, より推察, より考へ, をすら忘れられたる, をその, をば, をば既に, をまた, をむざ, をもっ, をも爲さん, をキリスト, を一層, を中納言家, を人, を今, を今以, を今日, を以て光栄, を何人, を信じ, を先, を共に, を吹聽, を告白, を咄す, を喜び, を妨げ, を始, を存じ居, を客, を察し得る, を幸, を幸い, を御, を忘れ, を忘れず, を思, を思は, を思はざる, を思はざるべからず, を思ひ出す, を思へ, を恥ぢ怒るであらう, を感謝, を成す, を承, を抱い, を推量, を日本人, を明言, を未然, を殘ら, を母樣, を毫知, を汝, を決して, を深く, を渠爭, を為し得る, を獄, を看, を知ざれ, を知らずや, を知らせ, を知りし, を穏便, を立証, を笑, を繰返し, を考へ得べし, を聞き, を聞ける, を致されよ, を覚えおり, を計る, を記さん, を記憶, を認むべ, を認むる, を説く, を證, を證明, を追想, を願, 不埓千萬云解, 不屆, 久し貴族的思想, 何とも是非, 全く孝行, 兼ねて, 到底今人, 勿論なり, 勿論なれ, 半藏, 即ち是, 即ち異, 即ち異教徒, 又其身, 及び妻, 古來, 古註, 嗚呼是非, 大いに当たらざる, 如何なる譯, 如何許, 定めて, 少からず, 屡なりし, 御詫, 思ひ知らせん隨, 恐入, 憎し憎しと, 憤りて, 成らぬ時, 成れば, 承り及び, 折々なり, 既に述べた, 早々江戸, 有しが, 有るかを, 有るを, 有る可, 未だ傳吉妻, 枚擧, 毛頭御座, 然れ, 甚だ不便, 甚だ其意, 疑ひな, 疑ふべからず, 知らるるなり, 知る可, 蓋し多, 計らずも, 誠に白子屋滅亡, 迄を落, 迄承り, 迄知りし, 迄落

▼ したる~ (673, 0.1%)

19 に非 17 が如き 14 に拘らず 13 に過ぎず 12 がごとき, が如く, を見る 11 がごとし 10 が如し, が故に 9 を見 7 がため, に於, に相違 6 にもかかわらず, を見れ 5 がゆゑ, にあらず, に在り 4 にあらざる, にかかわらず, には非, に至, の時, の結果

3 [12件] がゆえなり, がゆえに, が爲, にも拘らず, に不興, に係らず, に反し, に因るなり, に外, もその, もまた, を新

2 [54件] が彼, にあらずや, にせよ, にその, にはあらずや, にも似ず, に伯, に出, に及, に拘わらず, に方, に松方伯, に止まり, に比し, に過ぎざりき, に過ぎざる, に過ぎざれ, に過ぎずし, に過ぎない, に非ら, のとき, の事実, の事實, の例, の功, の却つて利口, の太甚, の故, の日, の版図, の罪, の邦国, ほどなる, もあり, もこの, もをかし, も偶然, も支麦以後, も最, も最多, も無理, も猶, よりも堅し, より來, をや, を得意, を想像, を機, を疑, を知るべし, を記す, を認め, を認識, を遺憾

1 [318件] あり, か怪しき, がかかり居る, がご, がためなり, がたれ, がところどころ, がまま, がゆゑなり, がよい, がよほど, がわが, が上, が信用状大使館, が原因, が君子, が始め, が弱き, が恰も, が故, が歩み寄る, が着替る, が矢飛白, が肩, が集り, が餘程上品, こそいと, その美し, とに依り, とはれ, ならば, ならん五年, にあらずし, にあらね, にあり, にいかで, にかかはらず, にかかる, にこの, にこれ, にすぎずし, にそのまま, にぞ小栗, にてわが, にと, にとどまらず, になお, にはあらざるべき, にはあらざるべし, にはあらず, にはあらずやとお, にはあらで, にはあらね, には候はず, には相違, にほかならず, にまた, にや, にやあらん, にやとい, にや笑止, による, に今, に付良人, に付露顯, に似, に依, に依り, に光圀公, に前, に原, に同, に呈味物質, に因らずん, に夫, に如何, に始まる, に媼, に実に, に宿, に尚, に左, に幾星, に彼, に心づき, に拠る, に挽囘, に擬する, に文目, に新助, に林家, に此度ハ大坂, に此方, に測らざりき, に激昂, に熊楠, に獨, に由り, に由れり, に疑, に目, に直に, に至り, に蓮台野の, に融合, に被告人, に該山高帽子, に軍功, に過ぎなかった, に過ぎぬ, に違ひな, に門外, に際す, に雲北, に頭脳, に頭腦, に首領, に鶯, に齡三十あまり, ののちクック氏, のほか, のみ人, の一人, の一大事実, の一大総括的, の万国公法, の事例, の人, の人民, の今日, の別, の吉兆, の哀辞, の国, の国体, の外, の姿, の嫌いあり, の平和, の度, の弊害, の当時, の後, の情, の想い, の感, の戦争, の挙, の擧, の故郷, の文, の時代, の武士, の歴史, の當時, の統計, の証拠, の詩, の説, の證左, の警語, の貨財, の陰謀, の雄略, の類, はたとい, はよかり, は学問, は拙者, は遠藤屋彌次六一號鵞湖山人, ほどこそあれ, ほどなり, ほどなりき, ほどの人, もいまだ, もおかし, もけふ, もこちたき, もし, もまことに, ももとよりうべ, もココ, もバートン・モス, も之, も事実, も亦, も今ここ, も何等, も全く, も力, も十月五日コマンドルスキー群島付近, も友人等, も多, も守田, も宜, も岩沼令嬢, も徳宗, も忽ちに, も政治社会, も未だ, も灯明, も無限絶対, も然, も犯人, も皆, も結ぶ, も結局, も纏, も美味也, も臨列, も船体漸次, も苦し, も范曄, も謂れ, も譯文拙劣, も豪傑, も貴下, も返事, も鬼課長, や, やと有, やを疑わし, や此儀申, よりも數十年, より数日, より来り, より来れり, より死者, より殿様役者, より気狂ひと, より生ずる, より發, より起りたる, より露われ, より騒ぎ, をあはれ島田, をいふ, をお, をおき, をき, をくぐつ, をさらし, をば未だ, をば着, をば評し, をみれ, をもっ, を事実, を事實, を云々, を付け, を何者, を元, を助け, を却, を告げ, を埋め, を塩引, を大晦日, を子, を察知, を山三郎, を常見和尚, を幸, を幾処, を弑し, を意外, を感ず, を憐, を憤り, を憾, を我十二歳, を扇, を手始め, を暁らむ, を曉らむ, を次, を殘念, を氏, を沒公徳, を没公徳, を洩れ聞く, を燒土, を留む, を疎, を發見, を白布, を着, を矢筈, を知ず, を知る, を示す, を称し, を稱, を聞かず, を聞く, を表す, を見し, を見るなり, を見聞せり, を視, を視るべし, を覚り, を計り, を認, を認む, を論ぜられ, を諸, を責め, を買, を遁, を阿, を附添, を難, を頓, を駅員ら, 偉麗森巖, 若き男女圈形

▼ しやう~ (673, 0.1%)

104 がない 49 もない 47 とする 27 のない 17 がなかつた, と思ふ 15 とした 13 と云 12 もありません, もなかつた 9 としてゐる 8 がねえ, もなく 7 と思つて 6 がありません, はありません 5 かね, がなく, といふの, と努め 4 か, がある, が無い, では, と思, なり, も無い

3 [12件] があらう, といふ, といふん, と思つた, と思はない, と構, と決心, と試みた, に思はれ, はない, も分らず, 淋しく成り

2 [16件] から, があるだ, ての, でも, といふ考, とし, とすれ, と努める, と努力, と思ふなら, と深く, ね, の無い, は無い, もありませんでした, よ

1 [200件] かかう, かしまい, かしら, かしらむ, かといふ點, かとて問, かとも思, かとも思つたの, かなどと其様, かのう, かみんな一緒, からつて, か井上, か瓦斯管, か首, があり, がありませんです, があり始めよう, があるだらう, があるめい, がうまい, がかれこれ, がございません, がございませんでした, がそれ, がため, がどう, がどうにも, がな, がねえだ, がねえで, がをかえ, が如何にも, が対すまい, が惡, が感動, が明後日, が無, が足りなかつた, けれど獣, ごら, さうし, そこでこ, だ, だと, で手箱, で誰, と, といふこ, といふこと, といふは奧, といふもの, といふ事, といふ人, といふ僥倖党, といふ先生, といふ場合, といふ奮発心, といふ官廳, といふ御, といふ愛着心, といふ昔, といふ時, といふ有様, といふ様, といふ樣, といふ腹, といふ自然派, といふ言葉, といふ連中, といふ野心, といふ青年, といふ鼻息, とお前, とかさ, とかま, とか勝たう, とか金, とさう, としかけ, としてゐ, としてボオイ, として壇上, として直ちに, としました, とするらしい, とせず, とちつとも, とでもする, とどう, とはしない, とはしませんでした, とはせず, とはゆめ, とは呆れ, とは思はれない, とは想, とは私, とは自分はじめ, とは誰, とひどい, とも主張, とも今, とも僕, とも其結果, とも思ふ, とも自分, と企て, と企てた, と何ん, と兄さん, と力めた, と執着, と尋ねた, と常に, と当人, と心, と心がけ, と心掛け, と志す, と思っ, と思ってる, と思つたつて, と思つたの, と思つた位, と思つて君, と思ひました, と思ひます, と申, と申した, と申し出た, と発心, と盟つたの, と紅葉自身, と織り出した, と考, と考へ, と考へた, と考へる, と血肉, と言つた性, と試みる, と論戦, と辰子, と骨折, な, ない僕, なか, なりき, なりしが, なりと, なる目付, なる調子, な歎, にお, にて郎党どもみな落ち, には彼, には思ふ, にもし, によ, に思ひたれ, に手落, に此家, に細やか, に腹, に見う, に覚え, に覺, ねえ, ねえつて云つたぞう, ねえん, ねえ伯母さん, のせかい, のない淋し, のない醜, のねえ, のもの, の優, はある, はございません, はずゐ, はなかつた, は猛, まだ其の, もありませぬ, もある, もございません, もございませんでした, もなくなる, もねえなん, もの, もやう, も無, も知れず, も知れない, やく思ひ止らせたといふ, よねねね, より外, より我, 嬉しいネー

▼ し~ (577, 0.1%)

13 の事 7 の如き 4 なり, なりき, にその, のこと, を索め 3 の即興, の失望, の如く, の心, の桂次, は十四, は頬, よりこの, 始めて

2 [28件] さつと吹く, とは百般, には未だ, には濫費, にも腹, にエホバ, に呪い, に彼, の, のごとく, の姿, の日当, は, はその, は一人, は一株, は夜, は必ず, は来, は正太, は猶, までた, よりあさく, より官長, をもとめ, を始め, を思ひ出すべし, 猛風俄

1 [454件] あり, ある経学者, いかにし, いずく, いづれの, うれしげ, お, お池, お登和嬢, お豊, かく重き, かたみの鏡, かならず伴, かの君, かの婦人, かの家, かの聖傳, からいにしえ, からどう, か経つ, が経つ, が進む, けうとく我, この切那われ, この文, この東海道, この樹下, この異様, これぞ億万年, さし出したるなり, すこしひねくれ, すでに快癒, そのままに, その事, その余響, その処身, その地名, その城, その奏樂, その女須勢理比売出, その屍躰, その屎, その摘める, その教, その時, その母夢, その民アル, その理由問いたる, その直球, その自白, その身, その難, その頭, だにその, だに汝, だろう, というもの, といふ, といふともその, として偶然, とする, とのみ, とは異, とは違, と共に移り, と共に種類, と同様, と日, と殆, と近ごろ拿破里, と雖, などは翁, なども三頭取始め同盟, など常に, なぶられたる事, ならん, なりけれ, なれば, なんじい, に, にあらざるなり, にあり, にお, においてこれ, においては人智, において全, にか, にこそこの, にこと, にし, にすら畏怖, にせよ, にた, にちら, には, にはなげく, には二三十人, には以前, には似ず, には似ぬ, には傍, には全, には切, には助手, には北卒四面, には唯, には市内, には推重, には旅館, には時間, には朝夕杖, には汝等, には露營, には非, にみな迫めら, にもまさり, にも何, にも我, によっては左翼文学運動, にわれ, に一同, に五瀬, に伊勢, に似, に優る, に其地, に其好趣, に其精緻, に初めて, に勝り, に司馬遷, に吾其上, に大, に大岡殿出座有, に大穴牟遲, に天皇見送り, に子供, に家, に局中, に年少, に御杖もち, に我, に敵, に於, に是, に樹, に死し, に比すれ, に比べ, に汝, に沙, に溟渤之, に漁, に爾, に皆人子どもなかりき, に皇帝勅, に老, に至る, に蒼海, に裸, に言, に造れるごとき, に遂に, に遡り, に還り立ち, に野, に阿, に非, のうれし, のごとき, のごとし, のさま, のその, のたつ, のまなざし, のわが, のウィルソン氏, のタルペーア, の乖, の事也, の人, の作, の光景, の名, の君, の境界, の外機械, の大臣, の如し, の妃, の容子, の将軍義輝, の御, の快感, の思いがけなきうれし, の悲哀そ, の情, の懺悔, の成功, の我疑懼, の戰慄, の手續, の政治形態, の敗亡, の文, の歌, の汚, の法王シルヴェステル一世, の淋しく悲し, の淵上知事, の爲省愼置, の父, の狂歌, の種種, の総長, の記事, の試練, の語, の距離, の追悼, の過, の過ぎる, の遺物, の遺風, の門, の霊魂, の頻りに, の驚き, はあからさま, はい, はいう, はいずれ, はおのれ君子, はかれ, はこ, はこれ, はさすが, はじめて熊, はすでに, はたとひ, はなよび, はほっと, はもはや, はや殘, はわけ, はわれら, はモンゴリア形, はランスロット, は一倍, は一向に, は三人, は三番町, は不自由, は世に, は二郎, は二騎, は互い, は今生, は依, は先生, は全盛, は別, は勘当帳, は卯の花垣, は呆れ申し, は唯, は国土造営, は大地, は大王, は天, は天地混沌, は妾, は始めて, は少しく, は屋敷, は建文帝, は後, は心, は恰も, は懷中, は我, は我等, は我身, は政府, は既に, は日本, は早, は明くる日, は春, は暫く, は末, は東, は東家, は浪子, は渠等, は猫, は病床, は白き, は目, は秋, は秋まさ, は稚, は空, は終に, は胸騒ぎ肉顫, は舟, は花, は車長, は速, は過ぎ, は達者, は遺書, は長吉, は雨, は霧雨, は青筋, は風, は餅, は鷹, ふと物, ほとほとと, または凝結, また曉明吉原田圃, また頼みし, まで一々, もありき, もありし, もあろう, もこれ, も中将, も事, も元, も先生, も嘗て, も夫, も山神, も山神附纏, も彼, も愛情, も料理, も有し, も此堤, も浴衣, も猶直ちに, も評, も軍功, も頭, よく之, よりおん身, よりこの方, よりぞわれら, よりはくる, よりは其の, よりも増, よりも深し, より一千年餘, より今に, より以來, より何處, より例, より俸禄, より妊, より姉, より姙, より幾百年, より彼, より後, より暁, より曲, より来り, より母, より然, より甚, より相場, より神, より衷裡, よ天, わが上, わが傍, わが呪い, わが師, わが心, わが故郷, をあら, をみ, をも加, を以て早く, を思い, を思いぬ, を思ひ出しつ, を思へ, を悲惨, を想うべきなり, を求め, を移さず, を経る, を識, 丸き眼, 互に顔, 仰の, 何ぞ至善, 元季, 即ち第, 只見, 同じく並びし, 向ふよ, 否アントニオ, 多少山県侯, 多少山縣侯, 太き息, 奏して, 如何しけん, 如何なる故, 実に名状, 小供等, 小野川栄蔵, 已に少女, 往きて, 待ち捕へ, 御臺處, 必ずや彼, 思はずも, 恐る恐る船底, 悩ましき頭, 憎くからず, 或る, 抱かえし, 既に其場所, 既に大人, 既に属僚, 既に屬僚, 既に葉巻, 決して驚き給, 生じたるもの, 生る力, 白く美, 直樣白洲, 睡りは, 程は今, 程恐ろしかりし, 突然止み, 突然片影, 聞及びつ, 至らば, 落して, 虐げられしといふ, 親しく見し, 貴嬢, 述べたるが, 過て又, 醜か, 防ぎ傳吉, 頼みし男仏頂面, 駐仏公使曾根荒助

▼ しての~ (553, 0.1%)

18 ことであった 12 ことで 10 ことである 6 上の, 話である 5 ことだ, ことだった, 話だ 3 ことな, ことに, 上で, 事で, 名を, 帰るさ, 話です, 話では, 話に

2 [24件] うえで, お言葉, ことであろう, ことです, ことと, そりと, はなしだ, ぼつて, 後なれ, 後に, 意, 新聞に, 未婚者の, 様子を, 歓待だった, 歸り, 死という, 結婚は, 結果は, 行水で, 言である, 話な, 論である, 軍備と

1 [411件] あとで, あの上書, いは, うえでの, うえでは, うえの, お勢, お勤め, お帰り, お断わり, お気苦労, お角さん, お触れ書き, お話であります, お願いな, お願ひだ, かかる生活法, かす, がれさえ, くるわかき, こけおどしの, ことさ, ことたちまち, ことだったらしい, ことだつた, ことだろう, ことであっ, ことであったろう, ことでしょう, ことでなく, ことという, ことなら, こともちろん, ことらしい, こと三國干渉の, こと馬方の, このこと, このこと日本じゅう, このこと江戸, この大戦, この奇喜劇, この新しい, この謙卑, これら結婚の, さの, すべての, すんでに, せいで, その価値, その実際, そり, そんな空想, そんな話, ときどきわし, ないため, のちに, びてしまつてゐるやうなだらしない振舞ひ, ほか動かない, ほんとうの, もてなしに, もので, ものである, もののみ, よい見せしめ, ように, わけで, われぼ, んで, ん気に, アゲクである, カラクリの, コミンターン及び, ッそり, ッぴきならぬ, ロクの, 一つの, 一夕の, 一家の, 一粒ものとて, 一言一動によ, 七年目だ, 三名の, 三馬鹿の, 上から, 上だ, 上だつた, 上です, 上でない, 上での, 上では, 上どう, 上万事は, 世界に, 乱打, 了解なら, 予備役なら, 予防線では, 事かと, 事だろう, 事ぢや, 事である, 事でございます, 事と, 事な, 事なり, 事らしい, 事也, 二人の, 交わりにての, 今度の, 仕打を, 仕草は, 仕草六十余の, 他は, 任務の, 企てに対して, 低い意味, 作で, 使節として, 例である, 価値は, 価値も, 偉大であっ, 催しが, 傳説は, 働く力, 先手を, 先生を, 公開録音, 共比量なりし, 兵を, 冒険への, 冒險への, 出版も, 出生の, 出題だ, 分析は, 判断から, 労働者の, 千里の, 即ち経験的, 友が, 友だちの, 友の, 友達などの, 反抗心である, 反逆だ, 収入は, 収獲, 取次であります, 口上なら, 口上も, 古今独歩とは, 古道具ずらりと, 句会は, 台地だ, 台湾の, 同一では, 同情は, 同権交際, 名で, 名では, 名に, 名称である, 名称らしい, 否定的な, 呼称では, 哲学によって, 唯一の, 啀み, 商売は, 問いだった, 問題を, 四千年近くの, 国家存亡の, 土地の, 土木工事危險な, 土産物らしい, 土産話は, 地位に, 坐食に, 執着ロック嬢への, 報告が, 報告にも, 報告の, 場合と, 塚田の, 夕涼み江上の, 外出は, 大きな均等, 大供樣が, 大商人, 大建築, 女子出生以上に, 學問は, 宗教的自由などに, 宗祇および, 実例について, 客観である, 宣戰です, 小堀遠, 帰りがけの, 帰りに, 帰りみちに, 帰り路で, 帰り途だ, 帰り途父は, 帰り道あまりの, 帰り道たぶん, 帰り道でしょう, 帰路に, 帰途その, 帰途泰造は, 帰途舟で, 帽子の, 平気な, 幾世紀間の, 床上で, 庭訓きびしく, 建議に, 引照は, 強い反逆, 彼の, 彼れ, 後なるべし, 後は, 御わざくれ, 御乱行, 御立腹, 心の, 心得である, 心理的慧眼とは, 必要な, 快哉な, 怒りを, 思わせぶりだ, 思わぬ獲物, 思立ちだけに, 恐怖その, 恥辱をも, 恨みは, 悲しみである, 悲鳴であった, 愁ひ, 意見は, 感じが, 感覚である, 感覺を, 憚りだ, 憤りや, 懸命の, 或る, 戦いで, 戦死よりも, 戻り道だ, 所望が, 所業だ, 所業であったろう, 所業であろう, 手の, 手当でしょう, 手法は, 手當で, 打ちあけ話, 抗争は, 振舞が, 振舞は, 推測の, 政治的機能については, 敍事詩と, 教諭訓説である, 敬意は, 数である, 文化十年, 文献は, 新築案, 新道を, 旅立を, 日給が, 春婦の, 時であります, 晴れの, 暖かい冷やかさ, 最初の, 末夜盗追剥の, 果の, 根気は, 欲得仕事に, 歌としては, 歌は, 歓迎だった, 歩みに, 死亡率の, 死骸を, 気ちがい元気で, 気持を, 氣持を, 決して後悔, 決死は, 注文である, 湯治帰りだ, 湯豆腐を, 無礼講拙者これには, 無禮, 煩いであった, 煩悶の, 特別マチネーで, 特色で, 独吟あり, 理解だった, 生命誕生の, 生産である, 産物では, 異常, 病気な, 病気を, 発展, 発言は, 皺を, 相つぐトリック, 研究であった, 破綻である, 私の, 租税が, 稼ぎに, 空想だつた, 立論である, 競技であった, 第一夜, 答の, 策謀が, 算定である, 算用から, 算用らしい, 純粋な, 細心な, 結婚の, 結婚を, 結婚及び, 結婚問題について, 結果で, 結果である, 練膽法は, 縄綯い, 罪なれ, 義務を, 義理合も, 考えで, 考へで, 考へも, 職業的はったりの, 自国の, 自己満足に, 自殺覚悟だったらしい, 自比量, 自由独立を, 芸の, 苦を, 茅の, 草鞋掛ででも, 葉柄美は, 著作でなかったなら, 著述に, 行為だった, 表向きの, 見方で, 覚悟でありました, 覚悟でなく, 言い分であった, 言草である, 言葉だった, 言葉とも, 計画なら, 訛農夫の, 設問にも, 評判なり, 話しである, 話しぶりが, 話で, 誓約を, 誓願であるなら, 読書も, 談だ, 謂ひであらう, 議論である, 議論でなく, 象徴よりも, 負けである, 貨物の, 責任を, 資本主義的悪策など, 身売防止運動である, 軍事的侵略などといふ, 迎で, 追羽子の, 送り迎えなどは, 逸話は, 運動でなけれ, 選択でも, 金だ, 鑑賞が, 間夫狂いとや, 間違えを, 闘いである, 需要を, 静けさとでも, 静は, 頼みであった, 首長でなけれ, 高笑ひ, 麁末極

▼ し~ (552, 0.1%)

12 をし 11 なり 6 と人, の心 5 がどうして, の子, の話 4 の如く

3 [12件] ありて, あり一人, かさらず, が羨, なしと, の姿, の影, の顔, は, は二三十人, を父上, 少なくがら

2 [46件] あり, ありしが, あり或は, あるを, いへり, が, ぞ亡き, と交, ならば, なりける, なり井上伯, なれば, に, にあらずし, にし, に虐められる, に行き, に逢, の, の上, の事, の人, の出, の名, の思想, の末路, の眼, の行く, の身, の隱, の青き, の面影, の體, の魂, はあらざりき, はこの, はその, は同時に更に, は苔, も, もうらめし, も死に, より先, を愛し, を頼ん, 刈り干しにけむ

1 [370件] あらなくに, ありけれども, ありしかば, ありしゆゑ, ありと, あり辛崎, か, からは嫉妬, からも訊かれた, があつ, がしたがってる, がたち見, がなった, が今月, が今朝官署, が努力, が天上, が將軍家, が少なく, が来る気づかい, が笑っ, が自分, が衣類, が見, が誤解, が読みさし, が通る, が間違, こそ見えね, このふみ, この腕環, さては相, されど身, しれぬ悪戦苦闘, し夢, すでに, その一, その辺, ぞ無き, だけに瓶, づきあひを, で有, といふ事, とか通常普通, とも覚えず, とゆくりなく, と争う, と他, と会, と土地, と屍, と為り, と疑, と登りぬ, と聞及ぶ, と自分, と覚し, と議論, なき柴部屋, なき路, なく又, など多く, ならざるもの, ならでは, ならぬは, なりき, なりし, なりといふ, なりとてわが, なりと云, なりネルソン, なり多分, なり大久保参議, なり彼, なり頼家如何, なる事, なる故, にあらずや, にぞありける, について聞く, にて, にてありけれ, にて一時, にて人麻呂在国, にて幕府三百年間, には生, には相, には義理, にもや, にも告げ, にも奨励, にも容, にも欠伸, にも見せられる, にも説き, によそ, によっては稲, にイヤ, に与える, に仁, に似, に何, に向かい, に恋, に恥かしく, に接し, に玉盃, に瓜二つ, に知られず, に罪, に羨まれる, に聞かす, に薬方三巻, に見られる, に訊いたら解りましょう, に訴え, に詫びる, に踏まれまい, に通, に逢う, に遇, に離れ, に頼まれ, に頼まれた, のいい, のうしろ, のおも, のおり, のかた, のこと, のこの, のご, のごとく, のすさましく, のなか, のなげき, のぶん, のみにて十数人, のみまかりし, のみ他, のやう, のゆく, のよかりける, のよく, の一瀬, の五体, の体, の作るまじき, の來, の例, の倒れ, の其の, の到底, の努力, の動作, の動機, の匂, の即座, の可, の命, の喜樂, の好む, の如おの, の妻, の嫌悪, の寢, の小説家, の師匠, の常, の幸, の役に立つ, の性情, の怨み, の息, の情, の情け, の手, の手折り, の拾, の持斎, の晴着, の来, の来れ, の来立て, の松, の楽め, の様, の歡, の氣勢, の為め, の煙, の爲め, の物, の病, の皈, の眉引, の知らぬ, の知性, の筆録, の継しき, の羨, の肋骨, の萬物, の蔭口, の言, の言問, の計らず, の許, の誠, の賠償, の賢愚正邪, の趣味, の足音, の跡, の跫音, の身の上, の近づき得ざる, の通り, の過り, の過失, の道, の釋迦牟尼, の閉されし, の隠し妻, の雨, の面, の面倒, の頑, の顏, の馬, はいかに, はいずこぞ, はいずれ, はけふ見る人, はずだず, はと問, はなくなり, はなし, はめった, はもちろん, はヘベさん, は一切, は世, は今, は出で, は制度, は前, は如何なる, は始め, は帰り, は常に, は影, は必ず, は斯, は枚, は歓呼, は此, は此人, は無き, は焦熱, は犬, は生きん, は生れ, は皆達觀者, は直ちに, は直に, は芥, は誰, は走り, は足, は鶴, もありき, もささやく, もし深き, もその, もなき, もなほ, も亡き人, も同じく, も宿, も少から, も必ず, も本器, も澤山, も物, も病死, も皆, も皆己, も知ったる, も知る如き, も知る如く, も神輿, も良く, も見ず, も鳥, やある, や知る, よ, よもや夢にも見ざりけん, よりも迅, より下り, より伝言左, よ女, よ汝等些, をえ, をおもい, をつのら, をはずかしめ, をまて, をも自分, をよく, をイタリア人, を主, を使っ, を便ぜざる, を優しく, を刻む, を前, を嘆き, を嘗めた, を嘲笑, を客, を害する, を後, を忘れず, を思はまし, を恨む, を感動, を慕, を押しつぶす, を指し, を教育, を斬り損ないました, を欺き, を殺す, を殺せ, を燥狂, を疎む, を癡愚, を知り, を苦しめまい, を虎, を見さげぬ, を見たる, を見る, を覗, を許容, を詈, を詰まらぬ, を説, を諸方, を軽く, を載せたる, を迷乱, を退屈, を遣, を附け, を集め, を驚かす, 乗り出す人, 咳きぬ畑, 多しと, 御後, 我が見聞, 無き浴槽, 皆熈, 目立たないよう, 知らぬ心, 知れぬ精魂, 聞くに

▼ し難い~ (530, 0.1%)

21 ものである 14 ものが 10 のである 9 ものと 8 ものを 7 ことである, もので 6 ことを, ような, ように, 一種の 4 ものであった, ものに, 不思議な, 所が 3 が, ことで, であろう, と思ふ, ので, ようである, 事を, 事実である, 点が

2 [27件] かも知れぬ, からである, ことであろう, ことと, であらう, ところが, ところに, ところの, のです, ものは, やうな, 一つの, 不快な, 人の, 人間の, 問題である, 妙な, 恐怖を, 感が, 様な, 樣に, 狸の, 異様な, 程の, 空虚を, 調子で, 障壁を

1 [333件] あの瞬間, ある不安, いろいろな, かと思ひます, かと思ふ, かも知れません, からという, から其調べ, から文学, から日暮, から止む, から論証, かを示す, があの, がけだし, がここ, がこれ, がしかし, がそういう, がそれ, がそれはと, がとにかく, がともかく, がまさかに, が一人, が出, が多く, が大, が恐らく, が最も, が桜痴居士, が獻物帳, が稲, が萬一氣球, が陵, けれども万葉, けれども佐助それ, けれども支那, けれど祖父, こし方, ことが, ことであっ, ことであります, ことに, ことは, ことも, これ何は, しかして自分, し幸子, すすり泣きと, そして単に, ために, だらう, では, というのみである, というふぐ, という消極的, といつても, といふ, といふ理由, といわね, ところである, ところまで, ところも, とすれ, とて最初, と云, と云う, と同様, と存じます, と思ひます, と思われる, と知る, と見る, と言っ, ならば, にしろ, にせよ, に相違, のが, のだろう, のであつ, のであります, ので東亜連盟論, ので索然, のと, のにも, のは, ほどあの, ほどの長い, ほど愉快そう, ほど複雑, またやさしい, また必ずしも, もの, ものだ, ものだった, ものだつた, ものであっ, ものとして, ものな, ものについては, ものには, ものによって, ものの, ものらしい, やつ, ゆえんは, センチメンタルな, 一切の, 一点を, 一種荒蕪な, 不安が, 不安な, 不安に, 不安の, 不気味な, 不統一, 世界の, 世界を, 事が, 事である, 事と, 事とを, 事件である, 事実であった, 事実の, 事實と, 事情が, 事情に, 事情も, 二つの, 仮名が, 似而非貞女, 位だった, 位だつた, 位置だ, 何かが, 何ものか, 作品である, 侮蔑的な, 俺と, 個処が, 偶然な, 傷でした, 兇賊の, 光景だ, 公憤を, 処だ, 別世界の, 劇しい, 力が, 力で, 力を, 劣情を, 勢で, 勢ひで崩れた, 北侵の, 単なる, 危険が, 名である, 呪詛という, 命数に, 命題である, 哀叫怒号を, 唸り声を, 喜びの, 国土に, 圧迫に, 地震台風に, 場合が, 場合も, 場面を, 声なき声であった, 変化を, 夢見心地だったでしょう, 大きな損失, 大事業, 大勢と, 天才の, 奇怪事を, 好史料, 好意という, 妙味が, 妥協なく, 姿で, 威厳と, 威圧と, 嫌な, 孤立感を, 実に愉快, 宴席でありました, 宿題です, 希望と, 希望を, 幾つかの, 広々と, 弱點, 彫刻な, 後悔に, 微かな, 微めく光り, 微笑を, 心を, 心持ちを, 心持に, 快感と, 怒号と, 性質の, 恍惚を, 恐怖に, 悔恨と, 悪寒と, 悲しみ, 悲痛な, 悲痛の, 情慾を, 情緒に, 意にも, 意外で, 感情こそ, 感情で, 感情の, 感覺的な, 憎悪が, 憤りが, 憾みが, 成分以外に, 戦慄が, 戦慄を, 戰慄を, 所です, 所も, 所以を, 数々の, 敵は, 敵意を, 斬るぞ, 昏迷した, 時間だった, 時間現象を, 智慧の, 暗鬱な, 暗黒面である, 最も不可解, 最初の, 期間は, 極端なる, 様を, 模様である, 機微な, 気持が, 気持だった, 気持ちに, 沈滞と, 沈黙が, 流出の, 海の, 深刻な, 混乱が, 混乱の, 淺間し, 点に, 点の, 無理な, 焦慮と, 焦躁と, 物云う, 物音が, 特殊の, 状態である, 献身堅忍労作巨大な, 現象をさえ, 理由によって, 生命の, 痛快さに, 目標の, 眼付な, 瞬間だった, 知識以外には, 科白を, 程で, 程であります, 程度の, 程臆病である, 種類の, 空の, 節が, 精神の, 糺問の, 絶対零度に, 羽目に, 者のみ, 者は, 自家撞着である, 臭気が, 色々の, 苦しみに, 苦労の, 苦悶を, 處は, 處女地で, 蠱惑である, 衝動を, 表情が, 表情を, 裂け目が, 言ひ, 言辞を, 詩が, 説で, 象徴的景物である, 賭博狂, 辞句が, 進歩が, 部分が, 都会と, 配合を, 酩酊状態が, 重荷を, 鉄柵が, 閑寂な, 関係から, 院と, 陰気な, 霧の, 面影を, 面持で, 顔つきを, 顔を, 騒擾の, 鬼気に, 點が

▼ し~ (515, 0.1%)

7 他の 6 或る 4 それに 3 之に, 之を

2 [24件] しても, その思ひ, それが, それと, それを, た善く, もし君, 一方では, 何ぞ多き, 其の技術的規定, 吾, 彼等の, 折に, 持病で, 春屋和尚について, 暗くした, 暗くする, 束縛せられる, 此の, 現に憲政, 自分の, 逆に, 遂に余, 飼殺しに

1 [444件] あっちへ, あらゆる方面, ありや, あるとき, ある傷口, ある意味, ある時, あれ程, い, いつの間にか曲馬団, いろいろ話した, かの創作壇, かんが, この形式, この老人, これへ, これほど, これを, こんな気楽, しかなし得る, すでにその, そういう諸, そういう諸物体, そうする, そうで, そうである, そう結成, そこに, そのこと, そのなか, その一書, その上, その中, その墓, その差異, その後の, その心, その必要, その放射線, その断定, その水, その現象的, その生活, その装置, その誕生日, その逆, その長き, それだけ単行本, それである, それとなく専門家, それによって, それ歟と, それ自身眞に, ただの, たスタ, た他方, た僕, た共和, た或は, た自ら, とめ度, どういう風, どういふ, どうかし, どのよう, におさえられ, ねる, の会う, みずからそれを, みずから道徳面を, もしこの, もなかれ, やりに, よい收入, アンマを, シローテの, スコラ学徒に従って, セカセカと, ハ火鉢を, バラックの, ミコトの, 一つには, 一介の, 一定する, 一宿を, 一年を, 一方から, 一方には, 一方の, 一方より, 一方若, 一行の, 一転し, 一面には, 七月に, 三河教授の, 上陸後は, 不可能に, 不應作, 不純に, 世上には, 両町奉行所, 主人の, 主流と, 主観も, 之と, 九州北部に, 九段坂本所緑町通ひ, 事実おそく, 二つの, 五合つけ, 交互作用した, 交錯し, 人々によって, 人は, 人生の, 今までの, 今云, 今年の, 今度起った, 今現れかけ, 仕よう, 他人を, 他方に, 他面に, 仙波の, 以て, 仲間をや, 伊沢分家に, 体験せる, 何を, 使用する, 保有すべきで, 信じまして, 修繕のしが, 偶, 先の, 先年小, 公暇に, 共同印刷株式会社社員諸氏は, 兵衞の, 其の時, 其不思議な, 其契機の, 其暇に, 其独立游離する, 其眞摯なる, 其真摯なる, 其等の, 其除痘館の, 再び帰る, 凝視する, 初めから, 判断を, 別に古田織部正, 別に国民協会, 別に國民協會, 利害を, 利用さえ, 利用した, 前年亜米利加に, 力を, 加治木國分附近の, 努力した, 勅於京師建大秦寺云々と, 北風に, 反撥する, 反覆刺激し得る, 叔母儀も, 受信者霞亭の, 受驗術も, 古生層の, 各国語発音聞取り書の, 同時に新しい, 向ふ, 唄は, 唐の, 唯一の, 喜びお, 嘆いても, 四庫全書總目提要によ, 国会ある, 国家の, 国際平和を, 國民として, 土地の, 地球を, 場合によっては, 変容する, 変革し, 夕方出かける, 多くの, 多少そうした, 多数の, 大師の, 大旦那五兵衞殿, 大體, 太陽系其ものの, 夫によって, 奬勵し, 如何に, 妻の, 子供を, 存在しない, 存在せる, 客年父君に, 宣伝する, 家の, 寺の, 尾道まで, 屋外にても, 屡々繰返される, 山男, 岡氏と, 崇福寺の, 左仲が, 希望出来る, 師岡未亡人の, 常には, 座標は, 弄され, 引き離すこと, 張る氣, 強て, 形は, 形式の, 形式的な, 影響を, 彼に, 彼等を, 待遇しなけれ, 後に, 後一半, 後方には, 後者に, 後進の, 御判, 必ずそうなく, 必ず参照, 志望し, 忽ちそれ, 急ぎ足で, 息子達や, 惣内の, 感情によ, 感歎する, 成立しかけ, 戮力を, 手放した, 手綱を, 批判する, 折ある, 抽象し, 持つべき文学, 指導する, 挺身しよう, 捕縛する, 推拓す, 掻き出さうと, 描写した, 描写する, 撓むだは, 支那文をも, 支那語も, 支那風に, 攻略し, 政治的党派を, 教員に, 文化と, 料理にも, 斯様な, 日に, 日本の, 昇給する, 是れ, 是一個の, 時々その, 時としては, 時に人間, 時に詩室塵, 普通人の, 普遍化した, 晴雨計たり, 暫くし, 更に分離, 書面にも, 最もよく愛した, 最も淫卑, 最悪の, 期待される, 木下杢太郎長田秀雄両君と, 木造家屋なら, 松前屋の, 松林密なる, 枴で, 椅子に, 検事局よりは, 検閲する, 楚の, 極めて重大, 榛軒の, 標榜しなけれ, 次第に歌詞, 正しき意見, 正覚院と, 此所より, 此方でも, 此程は, 歪曲や, 歴史の, 段々と, 民衆に, 気が, 泣きだしそう, 浮世の, 清朝前半期の, 渋江抽斎等も, 測定された, 演説など, 濃紅姫, 無論の, 無関係に, 物理学が, 物部の, 特に日本的, 狩谷, 現代の, 現実に, 理解したら, 生殖を, 産後の, 留學生を, 略その, 畫を, 異訳し, 発展せしめる, 発明的技術家は, 発見し, 発見せん, 発達した, 発達の, 盜みたる, 目に, 相引合, 眞の, 知られるに, 石川氏で, 石灰分が, 社会は, 社会主義化し, 社會主義に, 神を, 私が, 私を, 科学者なる, 種痘を, 積極的に, 空襲で, 窓の, 笑いは, 筑波山集屯の, 箇体保存種族保存を, 節約する, 糸を, 経済上の, 続ける, 綿布專門の, 総合し, 縣には, 縱令記憶の, 罪の, 羨望した, 翌年南部領内大, 翌朝も, 老虎灘, 能の, 脂粉を, 膝を, 自ら我心を, 自ら持来り, 自分は, 自己の, 臺灣の, 興奮を, 芥川龍之介との, 花の, 芸術の, 著しく判然, 藤田誠之進を, 藤袴朝貌の, 蚤歳に, 行動する, 裏口より, 西フランク, 西久保八幡神社の, 見物遊山非番の, 見聞した, 親しまれて, 親爺方, 解放する, 言ひなり, 討論し, 評論する, 話の, 誇りも, 認識し得る, 誘導せられた, 誰かが, 論語の, 諸村の, 諸韓國, 謀叛の, 警護する, 貞之助を, 負けて, 走り出して, 躍進的な, 軽蔑さえ, 輕く, 近時樺太廳員小笠原鍵氏の, 近衛家に, 追跡される, 進歩する, 遂行する, 過去と, 遠き祖, 遠慮され, 遠林寺, 遠近を, 遠隔した, 選票の, 里は, 鏡ヶ浦と, 長く洋行, 陰に, 離れまいとして, 露出し, 面白いもの, 願の, 飛躍し, 餘震や, 驚くべき違算, 鳥居氏の, 鹿兒島市及び

▼ しまひ~ (485, 0.1%)

23 込んで 8 には 7 込んだ 5 にはその 4 こんで, にその, にどう, にはた, には涙, には自分, の方, 込んでしまつた 3 にはいつも, にはそれ, には乳母, には彼, に私, の

2 [31件] こむので, こんだ, にかう, にくたびれ, にこの, にそれ, にはお, にはお腹, にはこつち, にはさ, にはとう, にはシヤツ, には三田, には何処, には可, には手, には村中, には枕, には此方, には着物, には私, には胸, には腹, には苦しく, には見, には足腰, に泣き出し, に階下, までお, 込みました, 込んだの

1 [330件] かけた, かける, かけると, かな, から二番目, こまれて, こみながら, こみましたそれから, こむ, こむと, こんでから, さうだ, しばらく縁先, に, にあり, にいつも, にいま, にいや, にうすい, におい, にかういつ, にご, にしぐれ飯, にそいつ, にそつ, にだんだん, につ, にど, になっ, になにやら, にならね, になる, にはありつ, にはあんまり, にはう, にはうる, にはおろ, にはお客, にはお産, にはかうした, にはがつかりし, にはきつ, にはげつ, にはこの, にはこんな, にはさう, にはさしも, にはさも, にはずるい, にはそのまま, にはそれら, にはそんな, にはぞろぞろ, にはただ, にはただ口, にはだんだん, にはとうとう, にはとても, にはどうしても, にはどの, にはどんなに, にはなぜ, にはふるへる, にはまとまり, にはもう一度, にはもと, にはわざ, にはシング, にはダンス, にはトルストイ, にはペン, にはボロ, にはボーイ, には一つ, には一人, には一人二人, には一分, には一行, には七八匹, には上, には不興, には両, には両方, には乗り合, には二杯ぐらゐの水, には五万人, には五六頁づゝ引き, には仕方, には何, には作家, には俺, には僕, には全部, には分別, には化けもの, には十弗, には南禺, には原稿用紙, には又, には只, には右手, には吉原八景, には唖娘, には商, には四寸, には壻, には大きい, には大きな, には如何, には姉娘, には子供たち, には字, には完, には家主, には居眠り, には屍, には山水, には平生仲, には底, には座敷, には引取り手, には役人, には彼等, には御不浄, には微笑み出しました, には怒鳴っ, には思ひ, には思ひ諦め, には思案, には性格, には悲しく, には悶, には意気地, には憤怒, には我々悪魔, には手頃, には持て, には新聞記者, には方角違, には會社, には木箱, には枝, には植物, には殆ど口, には母親, には毒, には氣味, には水, には泣, には泣き声, には海岸, には満員近い入り, には照子, には煩さく, には熱湯, には父さん, には牢屋, には犬, には生, には生涯, には用, には男の子, には畑ぢ, には白けた, には百兩, には的, には監督NG, には眉毛, には眼, には睨め, には碌, には私たち, には私達, には空, には窕子, には立つ, には笑, には納所部屋, には素人八段, には羞恥, には聞えなく, には聞えなくなりました, には肉眼, には肩, には若殿様, には若殿樣, には行けなく, には言葉, には誰, には諦めた, には赧, には辭引, には逃, には遊戯, には酒, には重い, には閉口, には非常, には骨董店, には魘夢, には鳥, には默, には默つて, にぴよこんと頭, にふぢ子, にまた, にむつかしい, にもう, にやあ, にや喰, にエメラルド, にターマン, にプラトン, にベロベロ, に一人言, に上, に不具者, に云, に人間, に付ける, に低く, に信用, に八重, に冬, に出る, に吊, に同僚, に呼ばれる, に和尚さん, に和睦, に四王天, に図図しい, に大, に大急ぎ, に天勝, に女, に女中さん, に寝床, に寺, に届ける, に己, に彼, に彼自身, に御飯, に念, に思ひ切つた, に懐鏡, に批評, に捕まる, に採り, に摘みくたびれ, に日本, に明けた, に春日野, に書い, に本当, に梶井氏, に極めて, に気の毒, に源吉, に滑稽, に滴々, に火, に父, に疲勞, に目, に立ちどま, に自分, に至つて桃山文化, に芝生, に草, に裾, に説明, に誰, に谿川, に赤土, に面倒く, に馬鹿, の処, の新派, の方カット, の方二幕, の濁つた, の硅板岩, の道成寺, はお, はした, はしない, はそこ, は乳母, は床屋, は殆ど泣声, は独言, は遊ぶ, は黝, また考, までお話, までお話し, までもぢ, まで一言, まで俥, まで知つて, まで結局くさり, まで聞い, まで読ませ, まで読ん, まで読んでしまつた, まで貝, まで退屈, まで附合, まで面白く, まで饒舌, をし, をつた, を読んだら, 冷めた茶, 忘れたか, 忘れて, 忘れる筈, 次に釦一つ, 込まずに, 込むだが, 込むだと, 込む氣, 込んだと, 込んだやう, 込んだ頃, 迄乗せ, 迄取り返し, 迄見られた

▼ しがたい~ (454, 0.1%)

13 ものが 7 ような 6 ことを, ものに 5 のである, もので, ものである 4 のは, ものと 3 ところである, ものだった, ものであった, ものの, ものを, ように, 一種の, 不快な, 困難が, 変った書体

2 [29件] がその, ことで, ながらその, のが, ものだ, ものであり, ものとは, ものも, 不安に, 不安を, 不快と, 不快を, 事実で, 何物か, 力で, 印象を, 圧迫を, 大戦慄, 平行線の, 強烈な, 心の, 心持が, 心持です, 愛情を, 感動に, 或る, 所も, 母への, 謎が

1 [311件] あの戦慄, いても, いやな, おとなの, かと存じます, からあるいは, から今日, から定石どおり, がおそらく, がサンジョ, が奈良坂非人, くもりを, くらいでした, くらいに真黒, けれども一句, けれど山, ことかも, ことが, ことだ, ことである, ことであろう, ことに, ことには, ことも, しあと味, しかし奇妙, そういう混濁, そしていくぶん, その大気, だがはっきり, だけだ, だけにいっそう, でしょう, ということ, という点, という私, という結論, といふこと, ところが, ところだつた, ところへ, とする, とするなら, との民間志士, と思われた, と知る, のだ, ので, のであった, のに人, のを, ほとんど狂乱, ほどたいへん, ほどだ, ほどの思想, ほどの苦痛, ほど善い, ほど淋しい, また五十倍, までに失っ, もの, ものだろう, ものでありませう, ものです, ものとして, ものな, ものばかり, もの多く, もの玉体は, やうな, やうに, よろこびだった, キリストの, 一つの, 一種不可解な, 一茶が, 一連の, 不可思議な, 不安と, 不安の, 不愉快に, 不正に, 世界であり, 乳白色が, 事で, 事でしょう, 事ばかり, 事実では, 事実をも, 事情も, 二つの, 人の, 人間に, 人間の, 仄かな, 伝説の, 何事か, 何物かにな, 何物かを, 作品としての, 価値を, 信念に, 傷創に, 優善が, 処とまでは, 処まで, 出来ごとの, 出来ごと今までの, 分裂への, 別な, 力が, 力なし, 力を, 半面が, 卒伍の, 反側捻転, 合金を, 同義語を, 問題が, 問題であろう, 問題をも, 営みが, 困難を, 圧力を, 執念が, 壓迫と, 壮快な, 声を, 大敵であった, 天災の, 奇體な, 好奇心を, 妖性な, 威力, 威厳を, 嫌な, 宿命の, 小人には, 少年の, 岡っ引きです, 巧妙さは, 幽霊の, 幾多の, 底知れない, 弱点が, 強圧する, 形に, 形容で, 形而上学と, 復讐の, 心地に, 心持で, 心持とを, 心持について, 心持は, 快楽だ, 怒りと, 思いが, 思いで, 性質種族の, 恐怖に, 恐怖の, 恐怖は, 恐怖感を, 恥かし, 悍婦に, 悔恨の, 悩みふかまる, 悪感が, 情痴の, 意図不明瞭な, 愛と, 感じだ, 感じだった, 感じで, 感に, 感動的な, 感情が, 感情で, 感情の, 感情を, 感懐を, 感激が, 感覚を, 感銘を, 憂愁を, 憂欝が, 憧れ, 懸隔の, 或物, 扉の, 手枷足枷で, 拠点である, 敵意を, 文字の, 新参者が, 方へ, 時代の, 暗示を, 暴力が, 本質である, 本質に, 本質の, 材料である, 楽が, 楽天主義の, 様々の, 様な, 模糊と, 機関が, 欲望と, 気持ちを, 気持に, 気持の, 氣持ちが, 永遠なる, 波動が, 消極的混乱に, 涙が, 深刻な, 満足を, 滑稽の, 激情が, 激烈の, 点も, 点をも, 為めに, 無理である, 無理な, 爽快な, 物が, 物好きは, 物音と, 犯人や, 状態で, 状態に, 状態にな, 狂気の, 理由が, 理由によ, 理由も, 生意気無礼な, 生活です, 畏怖の, 疑問であった, 相手であった, 真実から, 眼で, 瞬間と, 矛盾が, 矛盾として, 確信から, 社会に, 程に, 程度に, 空虚が, 突嗟の, 第一, 第二, 筋肉逞しい, 節々が, 範囲で, 精妙な捕り, 結果を, 絶望のみ, 絶望感が, 美女が, 美徳の, 美観に, 聖なる母, 腕力の, 自分の, 自尊心と, 自然の, 自身を, 色調と, 色調に, 芭蕉など, 芸術は, 苦悶に, 苦難も, 華奢な, 虚脱感ある, 衝動と, 表情が, 複雑した, 覚悟を, 親しみが, 観念を, 誘引を, 誘惑であった, 諧調で, 謎の, 謎中の, 身の, 身分を, 軽薄さが, 迄に困難, 透明な, 通路に, 錯覚に, 障害に, 雷電が, 音声の, 響きも, 頑な, 頑固さを, 顔つきで, 風これは, 風情が, 魅力が

▼ し~ (447, 0.1%)

11 の心 6 はその, をし 5 は自分 4 の女, の眼, はこの 3 の上, の前, の妻, の方, の腕, はお, はそれ, れの, を自分

2 [26件] がこれ, がその, が自分, と交誼, の事業, の出, の勤め, の地, の思想, の持つ, の父, の耳, の良心, の身, の長女, の魂, は世間, は何となく, は出, は商人, は如何, は強い, は終に, は背中, もまた, を苦しめ出す

1 [328件] あらば, からは全然, がこの, がしてる, がせっかく, がひと日ひと日, がキョロキョロ, がグツ, がテニス, が乗艦松島, が單身茲, が城下, が奔流, が実行, が寝れ, が山中, が帝大, が帰る, が後に, が心, が思は, が思想家, が政府, が教育, が暴, が横, が正直, が澆季, が理論的, が生きた, が甲府, が私, が精神的, が自他融合, が行動, が覚え, が関西, が雪子, が飼育, だけの大き, とは内談, とは昨今, と対峙, と慇懃, と戦い, にあの, につきまとっ, にとってかけがえ, にとつ, にとつて, には別に, には土, には此等, による自然, に与せし, に他, に利用, に同情, に報, に大軍, に對, に彼, に惨め, に散佚, に服従, に毛皮, に玉簡, に莫大, に計, の, のいう, のいつた, のえら, のす, のため, のま, のコロップ, のパン, のヒューマニティー, の一群, の一軒家, の中, の五十兩, の人格, の仕事, の代わり, の住居, の作つた, の作品, の健康, の兄, の兄さん, の全, の全身, の内, の内議, の別に, の力, の印度, の友, の反省, の味到癖, の呼んだ, の命, の命令権, の和尚, の唯一, の国, の墓, の大石, の太い, の娘, の婆, の子供たち, の存否, の家, の家政, の小刀, の小田原攻略, の少女, の属し, の差出した, の帽, の幸福, の幽霊, の彼自身, の征, の心から, の怒, の思想内容, の性, の性格, の恩師藤野先生, の悲しみ, の悲劇, の想い, の意, の意向, の意志, の意識, の感懐, の憤激, の我儘, の手, の改革, の故, の料理人吉兵衞, の新, の曲者今吉三郎, の枕下, の樽万歳, の武裝, の死亡診断, の求める, の満足, の災禍, の父母伯叔, の父親, の片意地, の献策, の琴, の生, の生命, の生活, の生活力, の生涯, の甲館, の病苦, の目, の眸, の知識, の秩父嶺, の空想, の立場, の美人, の肉體, の股間静脈, の腹背, の膝下, の自動車, の自由, の花嫁御, の芸容, の茶見世, の荒野, の藝術論, の血気, の行った, の被害, の見こんだ, の言動, の言葉, の言論, の許, の話した, の誘交, の説明, の赤い, の起きぬ, の足音, の送った, の遺言, の部屋, の金眸, の鋭い, の門, の青年, の面影, の顔, の食, の馬, の體躯, の髪, はあき, はある, はいや, はこれ, はこんなに, はそう, はただ, はなほ, はびっくり, はまず, はまだ, はもう, はもう少し, はわざとらしく, はダーリヤ, は不幸, は不思議, は主, は主観的, は二人, は五月蠅, は人類, は今, は今彼, は何, は余, は備さ, は先鋒, は勇ましく, は勝利者, は去る, は可, は咄嗟, は夕刊, は多少, は大, は婉曲, は少し, は征台, は必ずしも, は必ずや, は忍耐, は恰も最も, は時々, は時として, は曰えり, は最善, は松村家, は正しく, は正に, は正面, は此時其魂, は此等, は死んだ, は民族的傳統, は決して, は治, は注意, は潮, は犬, は痛憤, は私, は穀物, は笑, は終に爾, は苦行六年, は長子, は頭髮, は顔, ほどの熱心さ, ほど衷心, もいよいよ, もそれで, もわたし, も死ん, も現在, も自刃, れ, れの肢體, れ聴かざるにおいては, れ蕪村歿後数年, をいつくしみ, をさらに, をぞ斃, をむかえ, をもっ, を一, を一切, を一郡, を乃木将軍, を人生, を侮辱, を助け, を勵, を取卷く, を嘲弄, を實在, を弱らせ, を手玉, を日本, を最大宇宙, を沈思, を活かした, を海, を温め, を無, を熱狂, を狂, を獲き, を眞, を船, を衰弱, を認め知り, を難詰, を首相

▼ し~ (442, 0.1%)

16 なり 14 なれば 9 にし 7 ならん 6 なる可, はその 5 あり, なるが 4 なりき, なりと 3 ありと, に非, の如し

2 [24件] である, と見, なく千載, なること, なるを, なる事, なれど, には賞, には非, に似, に候, の後, の方, の有, の罰, はなき, は即ち, も今, も多し, よくこの, を几董, を我, を蕪村, を見ず

1 [309件] あつて素生, あまたある, あらず, あらん義, ありき中, ありけん, ありこの, ありしなるべし, ありしも, ありしや, ありし爲, ありその, ありたれど, ありて, ありといへりこ, あり信州下諏訪, あり即ち, あり徳川, あり越前守殿, あるに, あるより, ある意, いふ, か, かと申さる, かの光, か但, か此時彼瀬戸物屋忠兵衞, があった, が上方見物, が今, が但馬, が十九字卅三字等, が多い, が天, が女王, が新宮, が此地, が此寺, が歸, が現, が習慣性, が翻然, が胸, が落し, が追, ことごとくその, しかして明治, そのくゆる, その力, その為人, ぞ知るなる, たとい軍, たり, たる事殆, だそう, だに之, であった茶袋, でありました, であるが, ではある, でもない, とすれ, となし, となせり, との差, との由, とは如何, とほほえみ, とも云う, とを一掃, とを肥す, と其傍, と初めて, と思しく, と思わん, と思惟, と想像致候, と泣, と考, と自ら, と見え一面, と見たであろう, と観察, と認め, どもそれ, なかりしは, なきや, なく其菊, なしと, などの住, ならずと, ならば, ならん四年以前逐電, なりきと, なりし, なりしかして, なりしを, なりその, なりとて, なりや容易, なり余, なり吉之助樣, なり夫, なり彼, なり彼等, なり我々, なり斯, なり昨日龜屋, なり曇鸞, なり本社拜殿, なり此宿, なり殊, なり汝當所, なり江戸表, なり近年病身, なること十分, なるべく吾妻鏡中趣味尤津々, なるべし, なるも, なるやと, なる也, なれ, なれども, にあらざる, にあらぬ, にきっと, にさ, にて, にて侠氣, にて夏, にはこの, には権, には此, にむかひ, にモロント, に付押籠相廢候, に似た, に似たる, に召捕れ, に告げ, に呼び挑む, に就, に御, に永遠, に背, に背かざりし, に葬らせ, に金子, に首, のある, のかなし, のこと, のなか, のはじめ, のみ, のみが尊い, のみを三十名, の上, の中, の体重, の來, の供奉, の兄弟たる, の六郎, の受, の叫ぶ, の叫喚, の嘗て, の報酬, の外, の子, の子孫, の子息, の官籍, の家, の思出, の怨み, の數, の権利, の止まる, の為, の爲人, の犬, の登り, の立ち去る, の臥, の自殺, の茶袋, の落ち, の蘇生, の行, の要撃, の話, の謂, の路, の身, の遺物, の魂, は, はいかなる, はこれ, はすべて, はた, はわが, はグレ, は何ぞ, は何者, は允許, は全, は其自覺, は医, は地獄, は外, は大, は夫丈, は婦女子殊, は定め, は実に, は宮下太吉, は少しく, は巧妙, は己, は平原, は弱き, は後, は従来, は忘れし, は杉戸屋富右衞門, は此席, は死, は死にし, は無, は當時, は皆憲ちやん, は稍, は胡軫, は舟, は速やか, は過ぎたる, は遠く, は遠慮, は鈴ヶ森, は長ずる, は黙っ, ばかり残り, ひとりわが, へ金, または神, また多く, また選ばれ, もあり, もありしか, もあり気づかない, もいまだ, もフォカッチヤー, も共に, も受けし, も多く, も有るべし, や誰, わが乘, ゐたり, をえらん, をと蜘手, をも人種, をも承り, をよしや, をエラルド, をマックス, を二人, を助け, を味方, を善, を夜, を尋, を惡, を愛せ, を愛せよ, を指す, を指摘, を数多, を數十人撰, を暇, を枉げ, を死刑, を求め喜び, を知らじ, を舁ぎ, を討ち果したら, を詰, を離れよ, を高, 再びその, 坐す, 多し, 多し自, 少なからず, 常樂院, 往々ある, 必ず破壊, 悉く搬び, 挙げて, 故なく, 故夫, 故委細, 故某, 有り此度遠藤屋, 殺し

▼ し~ (419, 0.1%)

7 はこの, はその 4 の家, の方, はそれ 3 の心, はもう, は私

2 [31件] かに御, がそれ, が今, としては尾沢氏, と二番目, と彼, にはその, には彼等, の云う, の場合, の彫刻, の意見, の決心, の考, は, はあの, はすぐ, はただ, はまだ, はむしろ, はペン, は今, は別に, は宗方, は此, は決して, は病院, は第, は自分, もまた, を全く

1 [322件] あハイ, かに観察, から見れ, から譲られた, が, がいま, がいま読売新聞, がいる, がこう, がこうして, がこの, がすべて, がそうして, がそれら, が三年前, が京都, が人, が何, が其町, が土地測量技師, が完全, が実際, が暇, が最も, が東京, が松村先生, が此, が氣, が決して, が津軽海峡, が無理, が爲, が獨逸語, が用いる, が疑, が発句, が経, が聞こう, が自分, が苦心, が茲, が親, が顔, が高等学校, が高等學校, しが, しど, し儀幸, し方, し駈込願, だけが半, だって斬られ, だつて, という一人物, といたしまし, とし, としての想像説, としては, としては一生, とその, とても幸福, との交情, とは同僚, と一緒, と並ん, と他, と同じ, と女, と少し, と祖母二人, と秀さん, など洗い張り, に, にとっては古語, にとつて, にはこの, にはそう, にはそれで, にはどう, にはどうして, にはアデェル, には一向, には向かない, には此, には此等, には残念, にもこれ, にもとうとう, にもよい, にも多少, にも覚悟, によれ, にフリーダ, に云, に何らかの, に凡て, に取っ, に好意, に実美等, に恥, に會, に無限, に間違, に食べさせ, に驚いた, のあ, のいい, のいた, のこと, のため, のなか, のほんと, の一方, の不成績, の云い, の人格, の企て, の企図, の俥, の側, の入る, の内省, の厭う, の口, の問題, の地上, の声, の夢, の大学, の如何なる, の妙子, の妻, の宿命, の專門, の希望, の廿, の待っ, の後ろ, の復讐精神, の感情, の手, の手蹟, の文章, の書物, の材料, の根本的, の殺戮, の氣, の活動性, の海部芸術, の為め, の理論性, の生まれた, の生れた, の生活, の生産理論, の病氣, の療法, の真し, の知っ, の知る, の精神, の考え, の肩, の胃袋, の背後, の苦しい, の落語家時代, の血球, の行動, の見込み, の言う, の趣味, の部屋, の門人, の露語, の青春, の頭, の頭文字, の顔, の顔色, の飢ゑ, はお母さま, はかかる, はからく, はここ, はこれから大いに, はそう, はそういう, はそうした, はそのまま, はそんな, はたった今, ははたと, はひきつづき, はひそか, はひたすら, はまだ本当に, はやっぱり, はわなわな, はコゼット, はゴーホ, は一年, は一種, は中止, は之, は二人, は二時間, は云った, は今朝風, は他, は伊之助, は何, は何となく, は作業中, は兵隊, は内, は出発, は初め, は初めて, は助手, は医師, は博士, は即座, は原作, は塩田大尉, は外科医, は多く, は大, は失望, は好き, は学問界, は安部磯雄, は完, は客, は寧ろ, は少し, は帰りませんでした, は弁証法, は彼, は心から, は必, は忍術, は急い, は憑かれた, は我, は探偵, は数度田舎, は文学, は文献概念, は文藝, は日本媼, は明日, は松助, は松村, は此處, は氣味, は沢山, は法隆寺, は澤山, は独り, は目的, は直に, は相当, は睡, は矢, は研究室, は端唄, は細君, は誇らしい, は資格, は近い, は雷, は非常, は馬鹿馬鹿しい, は高辻清, は麁玉郡, は黒板君, は黙っ, までがお, もその, ももう, も世界中, も両親, も二三度遊び, も二本, も今日, も其の, も口, も家, も彼, も日本, も次第に, も父, も直接, も紹介, も自然, も見, も赤面, や妻, や岸田, よりもはるか, より早く, をし, をその, をキリスト, を不憫, を傍観者, を切り裂き, を危険人物, を少なから, を愛する, を憎む, を晩方, を無理押し, を眤, を組みし, を羨ませた, を羨ん, を連れ, を運び, を陰鬱

▼ しより~ (405, 0.1%)

4 ここに, このかた, 多くの, 早や 3 この方, 二十二の, 二月に, 夢て, 大凡三月ごし, 彼の, 村の

2 [18件] はじめて辞世, 一度も, 中古の, 又, 四千年光り, 小萩, 常に出入, 常に殺気, 年五十に, 幾年をか, 戀慕の, 文化の, 浮世絵の, 爪髪の, 疲を, 耳に, 能く, 高き理想

1 [332件] あの妙藥, いつと, いとど人の, いとど忍びかねたる, いと痛う, うつりし花, うらみも, おきぬは, おのずから往来, おのずと狎れし, おほけなくも, お家とつとことつとこにげだした, お家に, お家の, お登和嬢, かくは, かねて憐, かの月丸, こころ空なり, このかた今, この勢遏むべ, この川上, この方文一本, この方閉ぢ, この異名, さては小春, しだいに諸方, して, しばらく相, すて身, すでに一年, すでに一月, すでに幾とせ, ずっと上, そこで直次郎, そのみ, その名, その和邇, その境遇上自然, その弊風今日, その良き, その間の, その高弟榎本破笠従つて入社, たちまち大, だ位, ついに世間普通, ついに専ら代官殺し, つよい形, で手拭, なお元禄, なお瘠せ, なり, なり誰, はからずも違約, ひたすら謹慎, ほとんど一月, ますます不審, まだ, まる一年, やがて辛苦, よいサーヴィス, よかった, われ既に, トンチは, ポアジケア兵を, 一定の, 一層さやか, 一度は, 一月あまり, 一点の, 上り易し, 下手な, 世の, 世は, 世上にも, 九国ニ下リ諸国を, 予は, 事の, 二年に, 人類的に, 今は, 今一度, 今年は, 今度音羽町の, 他の, 他方の, 他郷の, 以て, 以上の, 以來かくの, 以來其勢力また, 以來堅氣と, 以来, 以来また, 以来わが, 以来ベースボールといふ, 以来今日に, 以来各国相距る, 以来寒, 以来平氏に対して, 以来彼と, 以来彼の, 以来心の, 以来昼夜目を, 以来東国は, 以来狂いと, 仮に捨て子, 何も, 俄に, 僅に, 六十餘州に, 其れ, 其屏風外に, 内々詮議に, 内訌した, 再びひき返し, 再び世, 再び今日, 再び暴れ, 冷静を, 凡ての, 出でしには, 別れて, 前七年間の, 助命只管願ひ, 勘兵衞に, 勝ること, 勢ひ, 勢止お, 十余年の, 半白の, 又温泉ニとも, 取出して, 取分け人の, 右様の, 合理的に, 吉備津の, 同好者の, 名を, 名をば, 否前世, 吾国の, 呼びならわせし名, 善き人生, 善き生活, 喜八方へ, 四千年, 培養無けれ, 声名は, 変って, 変若, 外国交易の, 外知らず, 多くよりよく, 大なる, 大に, 大岡殿の, 夫婦が, 夫婦を, 如何様にか, 妖怪の, 始めて, 始めて狂歌, 学者亦, 安らかにて, 富士の, 寛文の, 尊院の, 少しづつ, 山女之を, 山峡の, 川島家は, 已に二月, 已むこ, 已來本尊現化の, 市内における, 市川團十郎氏の, 常に宇宙, 平穏な, 広い社会性, 広汎な, 店を, 強力で, 彼は, 彼等は, 後は, 後怨霊またも, 得たる賜もの, 復漸く, 徳隱取て, 心はか, 心も, 心地悪く, 忌きらふ, 忽ちこの, 忽ち御, 忽発行部数三四万を, 思はず恐怖, 思ひそめて, 悔いてか, 情線に, 惡漢者を, 成人に, 我が夫人, 我が邦, 我身は, 戸の, 手帳ニ記シアリし, 抱き參ら, 捨つるが, 散り果つる, 数月間祈祷を, 斯る, 斯願ひ上る, 旗野の, 既に高利, 日の, 日蓮上人直筆の, 早速申繼御墓參, 明けても, 是迄に, 昼夜何人と, 時雨るる, 更に更に奇, 書きなれたる長文, 最快き, 月は, 末の, 村様の, 村長の, 来る苦痛, 松の, 桜町の, 楽にて, 正に三十有余年, 正に三百四十七年, 正確で, 此事を, 此事顯れ, 此神を以て, 武男が, 武男は, 段々と, 江戸表へ, 泥酔し, 浄く, 深夜の, 清浄の, 清満も, 渠は, 満目の, 漁夫大いに, 無分別の, 熱汗を, 父なく, 爾來徳川, 爾来多少精神, 物寂しくも, 犬が, 猶以, 理想化した, 理由を, 生産を, 申上んと, 申上んとて, 申上候儀なれ, 申上候通り誠に, 當時の, 當村に, 疎き心, 疑いを, 直次郎しばし, 相贈り, 立ち入って, 端的に, 竹の, 米出でざりけり, 純なる, 累進し, 終に位, 終に追随, 肖像畫の, 自らも, 自分の, 自然と, 自由で, 良い平和, 芝居も, 花は, 草木の, 葡萄牙は, 藥種屋が, 西洋の, 訛りて, 認めて, 諸王を, 諸財心, 謙遜な, 警視廳は, 貧しくなり, 責任ある, 貴族主義的なる, 起こったの, 起こった迷信, 起ったよう, 起りし習慣, 起る, 起ると, 身代をば, 近来伊藤源佐荻生惣右衛門などと, 近江源氏先響の, 追, 連まで, 遂に憑司, 遂に支那人, 遂に此処, 達者也, 遽に, 金子少し, 鈴ヶ森にて, 長い戦争, 長者は, 門庭寂寞中, 間もなく大元帥纛下, 陸路を, 面白く思ひ, 食を, 首尾能を, 騷擾はたと, 高き真実, 高遠な, 齢は

▼ し自分~ (405, 0.1%)

7 の心 5 で自分, の家 4 の名, の手, の部屋, は自分 3 のため, の力, の生活, の考, は今, もそれ

2 [14件] がその, の勝手, の命, の思想, の意見, の感情, の方, の研究室, の身, は, はその, は日本人, もお前, もその

1 [326件] からまつ, から云, から脱出, から自分, から見れ, がいかに, がいなけれ, がこの, がさ, がさう思ふ, がもう, がよく, が中心, が先, が兵隊, が千鶴子, が實際, が帰っ, が承引, が指導, が料理, が桜田事変, が正当, が殺された, が淺, が物, が生活, が着せられ, が統監, が行く, が返っ, が頭痛, が頼まれた, だけは別種, だけを一生, できき, ではさ, ではそんな, では光らず, でもそう, でも作った, でも弾い, でも悟る, でも泥んこ, でも知らず, でも著す, でも認め, で判断, で善良, で子供達, で工夫, で往, で成長, で揚げた, で正しい, で狙った, で狩り, で縫いあげた, で耕す, で読ん, で論理的研究法, で退治, で面白, で養う, というもの, とかけはなれた, とごっちゃ, としては出来得べくん, と他人, と反対, と手, と疎隔, なりに診断, にても此度, にはよめない, には東京, にも信じ, にも満足, に一生, に与えられる, に厚意, に合わせ, に対しては何処, に對, に惚れ, に提出, に有利, に期待, に無関係, に紀州表, の, のいる, のうち, のきらい, のし, のしどろもどろ, のつまらない, のふと, のみを高し, のパン, のリスト, の一命, の一生, の一身, の不可解さ, の不平, の中, の乏しい, の乗込んだ, の人格, の人氣, の人生観, の仕事, の仕合せ, の会心, の住家, の住居, の体, の信ずる, の光背, の内部, の出来ない, の制限, の創作, の力量, の勢力圈内, の及ばぬ, の同胞, の周囲, の商品, の善業, の墓地, の声音, の夢, の大刀, の妄想, の子, の学校, の官姓名, の宮室, の尊敬, の居城, の居間, の屋敷, の履歴, の店, の弱, の後ろ, の快楽, の性行, の恋心, の憂い, の戯曲文学, の手一つ, の持っ, の掌, の採集, の擲弾兵, の文化, の新しい, の時間, の書いた, の書く, の最も, の服装, の村, の様子, の死後, の死水, の残余, の母, の淋し, の犯跡, の独立, の理性, の理想, の生き, の生涯, の画, の畫, の病気, の発声, の発意, の目, の目的, の眼, の矛盾, の知識, の研究, の神, の科学, の種属, の空想力, の第一義, の策, の粗忽, の置かれた, の老い, の考へ, の職業, の肉靈合致, の腹, の自我, の自由, の芸術的肉体, の苦しみ, の著書, の行きたい, の表現, の袷, の見たい, の記憶, の近況, の鈍重, の音調, の顔, の髪の毛, の魂, はさう, はすっかり, はもっぱら, はガタリ, は一, は不器用, は世界, は主屋, は人生, は他, は何, は何れ, は何時, は其の, は内部, は別居, は別荘番, は危く停学処分, は原稿, は友, は奥, は寝台, は川柳, は彼, は心から, は惡, は手酌, は新しく, は時として, は東北人, は根柢, は汚い, は源九郎澄之, は無理, は現在, は番人, は白衣, は矢張堅忍, は矢張雪駄穿, は私共, は終り, は義血侠血, は茲, は茶の間, は袋, は親, は高き, は麻布屋敷, までが力瘤, もさ, もしたたか, もそう, もそこ, もまた, ももっと, も不満, も二十里, も仕事, も何, も其点, も商売, も喰べた, も大, も好ん, も平穏, も手酌, も教主, も新しく, も現実, も環境, も盃, も荷物, も落葉, も馬鹿, やひと, や夫人, らしい自分, をいんぎん, をその, をどんな, をみつめ, をも息づまらせる, をよく, を不幸, を不正, を低下, を信じ, を偽っ, を優しく, を処刑, を利用, を卑下, を呼び捨て, を困らし, を弁護, を引受け, を推薦, を支持, を救, を欺, を洞見, を痛わる, を自分, を認め, を酷薄漢, 大よろこび, 寧ろ恐怖, 泣き

▼ し~ (364, 0.0%)

6915 ふな 147 ひて, ふに, へり 5 ふこと 4 は, ひぬ, ふなと, ふを 3 はざる, ひたるぞ, ふべし, ふやと, ふ時, へな, へよ, へ千住

2 [15件] えるもの, はむ, ひ, ふといふ, ふなよ, ふは, ふべしと, ふ事, ふ事三年, ふ所, へと云, へるを, へる時, へる神, へる詔勅

1 [170件] えと云, えるご, える先帝, える大和, える如く生れ付き男子, える我が, える明治元年三月, える時, える統治, える蝦夷, え諸君, はざり, はざりけん, はざりし, はざりしか, はじ模範, はでひそまりぬ, はぬ, はむこと, はむと, はむのみと, はめ程, はれと, ひけむ, ひけめ, ひけり, ひけり敦忠卿, ひけるは, ひければ, ひけれ亡主, ひけん, ひさて, ひし, ひしが七月八日高野山, ひしが其刀, ひしが後, ひしこと, ひしぞ, ひしなど, ひしに, ひしにや, ひしを, ひし御, ひし才, ひし涙, ひたり掻き給, ひたる故, ひつるよ, ひても, ひぬとて, ひまた, ひもう, ひケエブルカア, ひ上古, ひ又, ひ大仏造顕, ひ後, ひ御衣一, ひ思ふ事なき今日此頃, ひ或, ひ月真如, ひ次, ひ汝, ひ町大路, ひ神器, ひ神掃, ひ詔, ふが, ふことは, ふごとくならん, ふぞと, ふて一晝夜, ふとおぼし, ふとき屡, ふとも, ふと云々, ふと云事, ふと同じ, ふと問, ふと覺, ふなどと, ふならばと, ふなり, ふなり要するに, ふなれば, ふにこそ, ふには, ふにより, ふの, ふのみ, ふのみに, ふべきをば, ふべき由, ふべし今月幾日, ふべし敵, ふまで, ふもの, ふも亦, ふも渠ゆゑと, ふも皆, ふ世にも, ふ主, ふ仍つて其除書, ふ信濃守行光今日, ふ其後大夫判官行村, ふ加納將監, ふ各, ふ奧さま, ふ宮廷, ふ座, ふ御, ふ故, ふ是佳運, ふ時我はるか, ふ此, ふ法名公暁, ふ盧遮那仏, ふ神祇罰, ふ筈, ふ聖母, ふ處, へあれ, へかし, へこ, へさらば, へそれ, へとありしか, へといふ, へといふ俗語, へとて帶, へとも言, へと伏拝み, へと呼び, へと最, へと段々事, へと渡し, へと申しけれ, へと種々, へと美しき, へと謀計, へと迫りしか, へと述, へと願, へば, へば僕, へまあ, へや, へよ方程式, へり而, へるか, へること聖書, へるに, へるも, へる卿等, へる所, へる最後, へる者, へわれ, へヘンリー, へ云々, へ僕, へ其内, へ又, へ君, へ夫, へ小手塚, へ拿破里, へ洋画家, へ聖職, べし

▼ し~ (355, 0.0%)

145 は, は益々 4 のこと, の姿 3 なり, のおも, のま, の面影, を思い出し

2 [31件] なれば, に, にそのまま, にはいつ, に余, のあどけな, のそこはかとなき, のなつかし, の世界, の中, の事, の先生, の君, の大阪, の思い出, の戀, の水, の涙, の青春, は照りかがやく, は鍼醫, も, もありし, も東京, も近づき, より今, より曾, をお, を呪い, を朝日, を詛った

1 [246件] ある無遠慮, おもほ, かつてわれ, かな, かの僕, がそのまま, がわれら, が地平, が恋しく, が惜しまれる, が昏れ, が暮れ, が立派, ざしに, たる已に, であるが, として会わざる, と共に亢奮, なきに, なり子, にかけて之, にこ, にぞあてたる, にはあの, にはあれ, には必ず, には木, にますます, にも劣らぬ, に一遍, に人見勉, に依, に君, に四度自殺, に国学, に夜, に少し, に比べられ, に無き優し, に独り, に百冊, に記載, のいろは, のうつつ, のえ, のお, のおさなき, のかなしみ, のく, のことひとつ, のこと日記, のごと, のごとき, のさし, のさんぎり文明, のしづ, のす, のその, のなごり, ののち, のはかなき美しき, のみ, のやるせなき, のわ, のイエス, のチャイコフスキー, のニイチェ, の一切, の下町生活, の事思出, の事榮, の二十日過ぎ, の人魚, の体験, の俤何処, の傾きぬ, の償, の優しい, の公園, の典雅, の初め, の十二階, の千代子, の午, の午前写生, の友, の名, の吐息, の垢塵, の夕日, の多く, の夢二さん, の大きな, の大正風景, の女, の如, の如く, の妙, の安らぎ, の宮居, の寄席, の寄席景情, の對面, の崇徳, の幼, の式多津歌子, の快活, の情熱詩人, の情痴, の感激, の憂ひならね, の懐かしい, の懐しき, の成駒屋, の我等, の所, の數, の日記, の昔, の春, の春琴, の楽しい, の榮, の歡樂, の武家時代, の母, の氷河, の永劫記念, の江戸下町, の流るる, の流行, の消息, の涼しき, の温容, の溌溂, の父, の王座, の現象, の睦言, の石田, の神, の私, の經歴, の美し, の老父, の自分, の自動車, の艱難, の茶飲友だち, の葡萄棚, の蓮台寺, の被衣, の記憶, の誕生日独り, の謝恩, の豪快, の車, の過ぎ, の醜い, の鴈次郎, の黒部, はあれ, はうす, はかく, はこの, はじめて告げぬ, はすべて, はまだしも, は何日, は尚, は彼, は思ひ, は暮, は朝来, は枯野, は自分, は苦き, は遠, は障子, までに, もあら, もありき, もわすれ, も傾き, も出京, も宮, も忘れ, も昨日, も暮れぬ, も落ちはてぬ, より, よりかく, よりけふ, よりし, よりなお, よりにてその, よりの凝固, よりふと, よりわが, よりわが身仇敵, より以来朝, より四日目, より始まりし, より志賀, より數, より死ぬる, より煙草, より知, より船, より蘭軒, をかくす, をしのぶ, をのみ憶, をも, を偲びたい, を偲ぶ, を偲ぶよす, を兄, を其下, を南, を呪いし, を呼び起こさせる, を回顧, を夢みる, を如何, を寝, を思い, を思った, を思ひ, を思ひいで, を思へ, を憶, を戀, を白し, を盲愛, を選び, を願望, を顧み, 偉なる, 入つて休息, 同じ双紙, 恐るべきその片, 泣かゆ, 相當, 第二十, 須らく湘南国府津西方

▼ しかつ~ (313, 0.0%)

189 これを 7 それを 3 監督する 2 この区別, これに, たが, たし云, ぶきみ, 偽りて, 同一の, 実行した, 現金勘定の, 観察しました

1 [256件] あきれて, あらゆる社会, あらゆる葡萄酒飲用者, いろいろと, おかしいと, お願いしたく思います, このストライキ, この世紀, この主観精神, この大審院長, この時, この運動, この銀五グラム, これに関する, これよりも, これらの, しばらくこれら, すべての, そう言われた, そこでは, その人自身, その体, その供給, その分配, その功労, その句, その富, その想像, その慈善行為, その成果, その機敏, その深遠, その結果, その返礼, その途次, その開設, それが, それによって, それに対して, それらは, たの, たので, たのに, たら, たらお, たら付き合, たら台なし, たんだ, た借家, ちよつと, できるならば, はお, はからかっ, はこの, はその, はまた, は一寸, は上人彼, は中院, は叱咤, は己, は拝観, は教訓, は窮, は米仏政府, は自己宣伝, は自省, ひからびさせて, もしかかる, もし分量, もし十名, もろもろの, より以上, わが, エロキューションに, テーブルの, ヒッポクレネの, 一ヵ月余の, 一定額の, 三千両の, 下落した, 下調べを, 不連続である, 両国の, 事触, 互市の, 交換者が, 人口の, 人口を, 人類の, 他人の, 何か, 何らの, 余が, 使者を, 依頼する, 価値が, 価格の, 信仰を, 充分惚れ, 先年来樺太択捉を, 先生の, 公平な, 内容が, 分娩すべき, 分析し, 制御する, 努力しよう, 励ます, 又日本, 友だちにも, 右の, 各学科目, 各語, 合理化され, 合衆国人民の, 同情し, 君臣の, 商業人口が, 喋るの, 国民的富に対する, 国際連盟を, 増加せしめる, 外国国民を, 外国行きを, 多くの, 多く筆を, 大数法則に, 女王の, 学校と, 実にこの, 実際に, 害悪を, 専心その, 巡査に, 市場に, 師団の, 常に即刻確実, 平和と, 平和を, 幾分か, 底知れぬ, 廣大ならしめ, 弾奏する, 形が, 彼を, 彼女を, 徳永を, 必ず二種, 快いこと, 恨んで, 悟らしむるべく, 愛した, 感情を, 憤然として, 成長し, 或る, 戦争が, 手の, 批判する, 持続させ, 挨拶の, 探索する, 携えあるいて, 支払が, 支持され, 故人を, 教育する, 数千年来陰陽五行の, 数府を, 敵の, 敵を, 斡旋し, 断然新た, 新たなる, 新なる, 早婚や, 更に土地, 有難がって, 機械を, 欧米諸国で, 正直に, 水源地の, 池辺三山及び, 泣く, 注意せざるべからざる, 泰西における, 洋酒を, 浦の, 消化されなけれ, 深めたの, 混ぜつつ, 混淆した, 渇望し, 演劇を, 照りや, 独自に, 現在と, 産児数と, 用心し, 発展する, 発展進歩向上する, 直に実行, 社会機構を, 神の, 神経質な, 私が, 私に, 科学の, 稀少な, 種々心胆, 笑った, 答うべき, 節約の, 糧秣欠乏し, 純収入, 総領事とともに, 缺く, 自分の, 自然に, 自給自足を, 艱難を, 色々の, 英国労働者の, 衆人を, 行動し, 衝突を, 表彰し, 表現し, 袖を, 裁定を, 複雑に, 要求するなら, 討論の, 記憶せる, 話さねば, 誓います, 誘導し, 責任を, 貯蓄する, 躊躇を, 辟易する, 農業と, 農業者または, 適当に, 重大な, 銀行勘定の, 需要曲線が, 静かに, 面白がらせる, 題目の, 養い得る人数, 養う, 首尾よく, 高さ肩, 鳴いて

▼ しきり~ (313, 0.0%)

5 だった 4 となだめ, と考え 3 だつた, とする

2 [23件] かがよひ, だ, である, で二分, と, とひっぱっ, と出, と切紙細工, と動い, と呼んだ, と慰め, と案じ, と考えこん, と肯き, と言っ, と話, と話し, と話しかけ, と降りしきる, にあたり, にあちこち, をし, 鳴らした茶くみ女

1 [248件] からたしかに, があっ, がある, がこさえ, が参りましたら, が土用波, が水平線, が私, だそしたら, だったが, だったと, だったので, でした, でしたけれども, で天地, とあたり, とあびる, とあやまる, という, といたわり慰め, とうごい, とうさんく, とうながし, とうなづい, とうなづく, とお, とおどり歩きました, とかち合いまし, とからん, とかんがえ, とくい, とくすぐったく, とこすり合わせ, とこちら, とこね, とこの, とこぼし, とさい, とさがした, とささやき交わし, とし, とした, としゃべっ, とじろじろ, とすすめた, とすりつけ, とせきたて, とたがい, とつのっ, とつぶやい, となっ, となで廻し, となにかブツブツ, とのぞい, とはいっ, とはしゃぎ立て, とはためく, とひねりつづけ, とぴく, とぶつぶつ, とぶらぶら, とまず, とみがい, ともてあそびつづけました, ともみ, とやかましく, とやつ, とわし, とわめい, とわめきたった, とわめきたて, とサイン, と両人, と主張, と云う, と介抱, と会話, と伝わる, と何, と何やら, と働い, と先刻, と入る, と八幡, と別れた, と刺戟, と勧め, と取りなしました, と取り調べた, と口説い, と古, と合図, と呼び立て, と喋っ, と喘ぐ, と喜ん, と嘆いた, と墓, と大きく, と大塔, と天井, と太い, と寝, と尋ね, と差図, と帰る, と弁解, と引っぱっ, と彼, と往来, と徐州, と怒号, と思い出される, と思い出し, と急い, と怪潜水艦, と悔いわびる, と憎む, と成し, と戯れ, と手, と抱い, と拒みぬく, と招い, と指図, と探し, と探しはじめた, と探し歩く, と探っ, と探り, と撫で, と散っ, と暴れ, と書き, と書き込みはじめた, と書見, と東南, と止められた, と止める, と気, と気づかわれ, と泣い, と泣き, と泣きはじめた, と泳い, と流れ, と涙ぐん, と渡河, と湧いた, と焦れる, と焼き, と猛る, と疳高い, と痒かっ, と痛む, と眺め, と磨げました, と秀, と立ち働い, と立て, と笑いこけ, と紙, と考, と考える, と考へ, と聞い, と聞える, と聞きかじり, と聞く, と肯いた, と胸騒ぎ, と脅え, と至り, と舞い落ちた, と舞っ, と芝居, と蒔い, と薬品棚, と行きかう, と見, と見しらべ, と見ながめ, と見廻し, と見較べ, と覗き, と言, と言う, と訪れ, と話しあっ, と話し出した, と話し合っ, と説いた, と読む, と謝っ, と責めたて, と赤い, と通がっ, と鋭く, と頷い, と飛び交っ, と首, と馴れ馴れしく, と鳴く, と鳴りひびく, なり, なん, な晩秋, な燈火, な管営, にされる, にし, にぜいたく廃止論, にも啼く, に前後, に実行, に接, に果実, に涙, に湧く, に白し, に祟られた, に考え込む, に雀, に雁, のある, の壁, の後ろ, の林間, の鏡戸, の音, は倒れ, へ肘, をぐっと, をこちら, をのりこし, を越え, を閉, スパスパと, 一層はげしく, 云って, 忙しくなる, 揉み上げます, 程なくだけで, 落つ, 話しを, 鎮まると, 鳴けば, 黙り込んで

▼ し~ (310, 0.0%)

16 に反し 8 れを 3 はまだ, は何

2 [18件] が爲, に己, に次ぐ, に關, は一般, は他, も亦, を全般的, を実際, を弁護, を懐, を或, を手先, を更に, を棄却, を次, を理解, を軍部

1 [244件] から免れる, から塔, から絶縁, がうまく, が一定, が三教, が中心, が任意, が凡そ, が別に, が同時に, が堤防, が実は, が希臘, が思う, が我国, が批判, が持つべきであった, が案外, が社会主義, だけで, だけによっては科学, だけの事実, で例, とても実在認識, とても想像, とても理論的, とは反対, とイデオロギー的交流, と並ん, と同時に, と平行, と矛盾, と統一, にあやかろう, にその, によって又, によって歴史そのもの, によって現実, によって立派, によつて, によつて朝廷, によつて賞罰, に仏教的趣味, に代っ, に倣っ, に倫理価値, に先立つ, に制約, に参する, に取っ, に合理的, に同情, に向かっ, に唱歌, に因っ, に実用的, に対して却って, に対して始めて, に対して方法, に対して直観, に対して福沢諭吉, に対して私, に対する反駁, に対する批判, に対応, に平行, に影響, に後事, に応じ, に應, に拘泥, に挙国一致, に接近, に施政者, に由り, に科学的, に荷物, に配する, に関聯, に附隨, はあり, はいずれ, はいづれ, はくどい, はそう, はその, はただ, はだ, はとんでも, はもはや, はヘーゲル体系全体, は一つ, は一ヶ月, は一般的, は事態, は云わ, は個人的, は前, は単に, は同時に, は吾, は唯, は啓蒙思想, は大, は学術上, は寧ろ, は少なくとも, は後者, は必ずしも, は必ずしもそのまま, は日本許, は明らか, は満州, は物, は理論, は真正, は社会科学, は秀子, は私, は縛, は習俗的, は考え方, は自分, は表象散漫, は農民以外, は青年間, は革命, までの攻撃, まで一般, まで世界, も餘程餘裕, よりも差し当り, れ丈, をし, をば確實, をソフィスト, をリーマン, をルネッサンス, を一生, を一般的, を中心, を主, を主張, を事柄, を二つ, を云い表わす, を今日, を他, を以て一般, を以て合理的, を何, を何図, を使役, を侮辱, を俎上, を傷害, を價値觀, を優美, を優越, を充足, を入廷, を全国, を全国三百万, を利用, を制止, を創る, を助長善導, を勝手, を匣内, を否定, を唯一絶對, を城内, を変革, を天下, を威嚇, を実地, を察, を尊重視, を庇保, を弁駁咎責, を引力, を形見, を恐怖, を悲しみ, を愛敬, を感覺界, を憲法, を應用擴充, を我が, を打倒, を抽出, を指す, を指導, を撰び, を擁護, を擴大, を支那, を支那革命, を救済, を整理, を日常性, を明治, を會津, を望ん, を材料, を極端, を構成, を権利, を欲, を歐米, を正しい, を水路, を決定, を活用, を無視, を爆發用, を独善的, を率, を現実的, を生, を短, を矯むる, を破, を確固, を社会科学的用語, を祠, を祭る, を称し, を窈窕, を脱する, を自家所見, を自覚, を草木, を表彰, を観想的, を観音堂, を諸, を豫言者扱せん, を返せり, を醇化, を重, を防ぐ, を高尚

▼ してからが~ (307, 0.0%)

4 そうだ 3 そうな, それは, 洋銀三枚が 2 さう, そうだろう, そうである, それが, それを, どの一人, 何だかもう一つ気, 何の, 妾に, 自体世間普通の

1 [274件] ああいう, ああも, あと別に, あなたの, あの山, あの挑戦状, ありそう, あるいはメリー, いい形, いくら危急, いつかは, いまの, おそらくはとうの, おそらく半弓, おまえの, お墓, お嫁さん, お心, お角, お話は, こいつは, ここで, ここへ, ここを, こちらに, この二つ, この人, この国, この天守, この現実, この男, この盛ん, この祖母, この菊女, これからの, こわれやすい, ごくわずかな, ご一門, さうだ, さうでつい, さっき上がりがけに, しかるべき商売人, すでに, すでに妙, せいぜい自分等, せめてもう少し高く, そうであった, そうでしょう, そうでない, そこに, そのつもり, その不安さ, その原因, その在, その執念, その店, その日, その時, その網干しの姿, その英雄時代, その誹り, その通り, そも幾年月, それこそ, そんなに思慮, そんなばかばかしい, ただもう, たま, だいよいよ, だわが国, です, とにかくこれ, どうして送っ, どう反省, どう間違っ, どこからも, どだいナッテ, なかなか手放せない, なにも, なるべく離れた, なんち, ねえ貴方, ぴか, ほんた, まぎれも, まずそうじゃ, まず何となし, またその, まだまだ古来東西, みじめな, みっともないで, みっともない恰好, めっ, もしオイケン自身, もっと人柄, やっぱり支那, やっぱり最後, やっぱり親, やっぱり親ども, よい味方, わしは, アメリカ然, ウヌが, ジャガタラ薯そのものに, タバコだの, チチコフ同様あまり, チヨイト頭を, ドノ辺が, レストオランで, 一人娘の, 一度は, 一方は, 上様だ, 九分どおりが, 事態に, 二千年前ギリシャという, 五十以て, 人と, 今なお, 今のは, 今日のは, 何か, 何程心淋しい, 作品を, 俺の, 倭の, 僕の, 兵力不足の, 其の勇気, 典型的な, 典礼権式おごそかに, 初重, 勘定方は, 勢い決死的, 十三年に, 十年か, 只だ, 右を, 同じ事, 同じ部屋, 同じ頃, 同士の, 同心や, 告別式に, 味よりも, 味方頽勢と, 命令と, 問題だ, 土台あつかましい, 土地そのものに, 多分に, 多病才子の, 大して腕, 大勢は, 大変な, 大概人の, 天下御免の, 天然理心流の, 奥の, 妙子さんに, 嫁を, 字を, 実は案外, 容易な, 尋常の, 少くとも, 少し飽きた, 居間にも, 已に早く, 底に, 強いて知ろう, 形が, 彼が, 彼の, 彼を, 徒らに, 微笑に, 心配なり, 必ずしもその, 思わなかったよ, 性急な, 息子二人の, 悪気が, 意気地が, 憎からず思っ, 憎まれ口は, 憎もうとして, 拙者に, 撮影者の, 放たれ棄てられたと, 敗戦の, 数日来の, 既に関東骨, 明るい気分, 昔, 時間不足の, 月に, 未だに例へば, 来らざる間, 根元へ, 棒切れぐらゐで引きちぎらう, 此の, 此れ, 此処を, 残念だ, 水戸様石置き場の, 江戸などへ, 江戸に, 決して大部, 決して決してそういった, 河原を, 法則主義への, 浦, 澄江の, 無法な, 無論最上, 然う, 然うで, 爛酔の, 物の気が, 物語つてきかせる, 物語的要素の, 犯人を, 現実, 生きて, 甲州の, 甲府へでも, 甲斐なし, 男の, 皆多数の, 眼の, 矢ツ張り忠君愛国と, 知って, 知れたもの, 短歌の, 石垣を, 私などの, 空想味の, 純芸術品, 素手じゃあ, 縁が, 考えが, 聊か迂闊千万, 聴くだけの, 胆を, 自分には, 自分の, 自分を, 自堕落にも, 良弁とか, 色気の, 莫大の, 菊女という, 蒙古, 藩政が, 表向きに, 覚えが, 解せぬこと, 討って, 話術は, 誰かが, 誰が, 辻の, 近頃では, 退屈だろう, 逢うて, 重謹慎二十日, 銀幕の, 面白い, 頓と, 頼みも, 顔を, 鳥おどし, 黒住の

▼ し~ (292, 0.0%)

3 ほせて, 房は, 町は, 豊が, 通は

2 [19件] かむのみ, たがい, つた, で, のぶは, ッた, 互に感激, 今の, 信さんは, 光は, 兼の, 友達の, 園の, 才さんは, 浦の, 見それ, 辰の, 類は, 麗さんを

1 [239件] うせたこと, うせて, かぜも, かづは, かむ, がまにて, くには, くみが, くみの, くらむ, くりを, こころおきのう, ことわり申し, さださん, さむらひ, ざいと烈日の, しずまりに, しるこの, せきは, そば去らず, たきは, たねが, たねは, ちかづきに, つりです, のしとも, ひがりだよ, ひけむ, ひげ, ふ, ふせたの, ふシヽデン, ふ中, ふ今宵, ふ博覧会会場, ふ某, ふ玉川, ふ越路, ふ都, ふ難波, ふ首府, へばきよる浪, ほ, ほいなる, ほせないやう, ほぞらは, ほちちの, ほね, ほみき, まきの, まきは, ますで, みささんが, みつ親子は, みやは, みよと, むきも, ゆら, ゆるしなされと, りくちと, わるの, わるまで, わるまでに, わるを, ッ, ッて, 万の, 三婆, 三婆は, 世辞でない, 丹と, 丹は, 主の, 二人さん, 互にその, 互に愛撫, 互ひ, 人でござる, 人品の, 侍さま, 俊の, 光が, 光を, 光金学甫とともに, 八重は, 内儀には, 出来に, 別れに, 勘坊を, 勘定を, 医者の, 医者を, 友達と, 叱りも, 吉俄に, 味方すべてをも, 味方の, 命は, 四才に, 地蔵さんここへ, 坊さまそこに, 垂れて, 垂れ切った顔, 城へ, 城近くの, 堀を, 声を, 大名衆から, 妻の, 姉さんも, 姿が, 姿を, 嫌いなら, 嬢さまそれにしても, 嬢は, 子宝, 安は, 宿に, 寂しくさせた, 寿賀さんの, 小僧にも, 小夜の, 小間使いなりとも, 岩は, 峯は, 帳場には, 常の, 常も, 待たせしました, 徒歩駕籠の, 得意の, 心淋しく, 志保に, 怒りに, 怪我も, 房の, 手元に, 持帰りいただく, 料理法と, 断わりして, 旅僧, 春は, 時が, 時だ, 暇乞いの, 望みと, 村が, 染の, 桐の, 梅は, 槇が, 止し, 殿様の, 母樣が, 氣の, 水に, 泊まりなんし, 浦は, 浦へ, 浦を, 焼けを, 熊の, 熊倶, 燕の, 父様は, 琴は, 生憎さまと, 留守居の, 目に, 目出度, 石は, 神の, 福も, 立です, 竹を, 筆に, 籤を, 糸庄太郎は, 絹の, 絹は, 綱の, 耳を, 聞きも, 肌身に, 胤だ, 色を, 花が, 花を, 芳が, 若いから, 茶坊主の, 菊さんは, 菊を, 藤の, 蝶の, 袖の, 見舞に, 角という, 言葉なら, 詑びをするもので根本の, 詞を, 豊は, 貞は, 賽銭ぐらいは, 贈り物は, 跡を, 身に, 身の, 軽を, 辰を, 辰様には, 通が, 逢いしたいの, 逢いな, 銀様は, 閑暇が, 関も, 雪を, 露新三郎の, 静に, 預り下さい, 頭で, 頭の, 頭を, 頭巾の, 願ひ, 風呂ゆたんぷであたためその, 館に, 馨さんの, 駒が, 駒と, 駒は, 高が, 高は, 高昨日は, 髯に, 鳥は, 鶴も, 龍の

▼ し~ (288, 0.0%)

4 あらず, なく 3 しないに, 皆な

2 [25件] あやに, あらま, あり何より, しないで, しませぬ, ない旅, なかりけりただ, なくしづかなり日, なくその, なくまだ, なく漂, なく若き日, なけれども, なれば, はかられず, 不誠実だ, 忍んで, 思はねど, 思われる, 暦を, 縋らずば, 芸術と, 見えず襟, 親の, 覺えず

1 [224件] あらずだけれども, あらずついに, あらず柳, あらで, あらぬを, あらぬ色盲, あらぬ蒼海, ありき今, ありと, あり適, あるか, あるべきを, ある可, あれこの, あれば, いえるは, いやだ, いわれる, うた家とが, うつりけり, うれしかりけり, かえって苦痛, かかる章, かく, この書, しないだらうが, しないまた, しなかったおかげ, しなかつた, しなかつた私たち, しらぬ広い, すべて忘れぬ, すれば, せぬのに, せねど, たが, たまはら, とって, どうでも, ない一瞥, ない人, ない夢魔, ない描写, ない若葉, なお抽象的, なお私, なかりけり, なかりけり槙, なかりけり槙たつ山, なき, なきあぎと哉, なきうすしぐれ, なきのろのろ, なき二人, なき夕風, なき懐しさ, なき目, なき蛙, なき霊, なき音, なくて, なくぽん, なくま, なくわれ, なく二階, なく元村, なく問, なく大川村, なく帳場, なく打ちあけし, なく歎, なく滝之助, なく聞, なく聞えなくなった, なく虚空, なく見入つて, なく身, なく辿って, なさなければ, なし山, なし柔かく親, のども, のぼる如, はたいて, また忍び得る, まだ十七, みうらの, ゆかねバさし, ベベルの, 一つの, 一つは, 一人の, 一人は, 一度飛び散っ, 一糸乱れなき, 七兵衛らしくない, 三百もん, 不幸と, 云ったの, 云ふ, 人は, 今の, 仕への, 住み憂, 住宅と, 何の, 内容と, 再生せしむ, 割愛し, 力の, 単に彼女, 収容し得た, 司馬懿父子とともに, 同情せずん, 名づけて, 否定する, 告げ一揖, 唖で, 問えるか, 夢といは, 姿が, 姿の, 少からず, 少くない, 少し真剣, 尚主観的描写, 山本道鬼さまで, 幽かだに, 弄べば, 彼は, 待たまくば, 待佗びるものゝ一つに, 心に, 忌み且つ, 忍ぶべくんば, 思いきられず, 思はれず其南, 思はれぬ事, 思はれぬ方様, 思ふにぞ, 思ふ卯, 思へるを, 思わなかった前代未聞, 思われぬ美し, 恋心とや, 悪推量, 悲痛と, 想へ, 愛でき, 愛と, 慕ひけり, 憂ひ悲し, 成らず, 成らずして, 我が飛び, 押しのけて, 拒みきれない環境, 拒むちから, 捨てて, 改化遷善を, 攻撃せ, 文学の, 有り, 果さ, 楽しむべきを, 楽天的と, 歌ひ, 歎きつる, 歩けないあるいは, 歩ませ給, 死から, 死地の, 氷柱いだけ, 無きかなた, 無きささやき, 無くて, 無く猶, 無し柔かく親, 無理ならず, 男より, 異ならず, 疑心暗鬼に, 真面目と, 知らでや, 知らで何時も, 知らねえん, 砕け散った怒濤, 社会が, 祭司次長が, 立場と, 節米の, 綱成が, 聞かざるに, 背理な, 腹立しく思わない, 船に, 若すぎる, 蒐集家と, 薄命と, 薫ゆれ, 袋の, 袴の, 見えたりけむ, 見えわかぬ, 見へぬ空, 見まもれば, 見当らず内, 覚えず夜寒, 覚めぬれば, 覚ゆる能, 言撓め, 誰か, 誰が, 軽ん, 通夜の, 運悪く, 過ぎて, 闇と, 隠れば, 集まりぬ, 驚きさ, 高原と, 高氏, 魂の

▼ し~ (281, 0.0%)

43 は夢

2 [11件] さてあらためて, といえ, なりき, になっ, には市町村制度, には謂れ, にも先, の事, は失望, は徹頭徹尾, は父

1 [252件] いまだかつて許されざりし, お玉が, お登和嬢, から亀山, から余白, から來, から左門, このもの, この山上, この町, さて語り続くる, さりとも, たびたび辞, だに此, ちに, ち桃山, ついに怪, づけて, で判る, で考える, で聞く, とある小ぐらき, と其勢力, と覚しく, なり, なりしかば某, なりしならん, なること, なれば, にありし, において彼, におくれよう, にてあれ, にては婦人, にて例刻, にて家, にて心付, になつ, にはある, にはさらに, にはデンマアク, には一家すべて, には余りに, には信州飯田事件, には岩石それ自身, には思い切っ, には戯曲, には樺太アイヌ, には此二者, には水車小屋, には白薔薇香, には県農会, には隣國, にふり棄て, にまさしく, にも二, にも此悪人, に三徳, に三輔, に伝, に備後, に八丁堀衆, に其帛紗包, に其處, に出でたる, に力, に又, に右, に吉宗, に吹浦其他, に在らん, に壽, に大, に大阪府下南河内郡古市村, に天一, に失われた, に害, に家業, に居る, に山中, に己, に当時, に悔, に投票, に文庫版, に本, に東京学士会院会員, に正, に残る, に殘, に洗, に潜水器, に生存, に私, に第, に聞け, に自ら, に至り, に至る, に苛責, のさびしさ, のオルラント, のロムロス, の三十日間, の三篇, の二人, の凶, の出現, の十年, の命, の場合, の如くなれ, の字, の寒き, の山寺, の当局者, の彼, の思, の意味, の我が, の當局者, の科擧制度, の良寛上人, の論述, の谿水, の貫一, の雨だれ, はあ, はじめて犬, はただ, はたれ慰むる, はどうやら, はまた, は一定, は一際, は上洛, は久しく, は之, は互, は何, は何となく, は再び, は別して, は化し, は十露盤玉, は南半球, は即ち, は国, は夫, は如何, は妻, は官女達, は小沢碧童氏, は左右, は心, は悲しく恐ろしく, は愚者, は林, は然るべき, は瞽女, は若者ら, は見, は親しく役, は語, は足りなくなれ, は門弟横井源太郎, は隔てる, は魂, は黒き, へいげん, ほどもなく, ぽんと, また来, まったく行方不明, もひさしく, もまた, もよなよな, も一年, も前, も国事犯者, も太田豊太郎, も太田豐太郎, も夫, も宮, も常に, も心, も振り返らず走り去った, も未亡人, も松風, やっと同, ようやく乾ききったる, より, わが師, わが足元, をもつけるでございましょう, を以て天地, を又, を悲, を憤り, を諸人, マルクス・エンゲルスの, 三年役は, 其従人が, 再び炊事場, 冷えて, 初めて東京人, 北山寒巌に, 十篇を, 即ち女, 又も, 又再び止まれる, 又同家, 又玄策, 句は, 同大學から, 同女, 單に, 嘉永七年即, 四五日しか, 図らず森先生, 夜もすがら熱, 屡, 嵯峨に, 席に, 思えば, 思へば, 振返って, 探りに, 早々下男, 更に孥, 未亡人と, 根岸に, 正夢と, 深草の, 減少し, 漸く乾き切つたる, 畏り, 白河法皇を, 直ちにフライドマル, 第七日, 紐位にて, 緩, 良人の, 英国に, 途中から, 遂に上道郡大多羅村, 遂に其兄, 遂に板下画, 釈尊に, 里瓦斉亜, 関家に, 阿波蜂須賀侯に

▼ し~ (274, 0.0%)

6 の場合 3 にし, の人, 吾

2 [16件] こ, だに本家分家, では客分, では新, では美妙, となっ, になつ, に至っ, の世, の私, はこの, はその, はそれ, はまた, 云うの, 例の

1 [227件] あらためてお, ある所, ある組合, いう干菓子, からその, から九十九里浜, から後御身, から思ふ, から百年, から考えます, から考へれ, こそ儒艮, このお婆さん, この事, この観点, すぐそれ, その主人公, その二人, その概略, ぞおどろく, ぢや, ではその, ではそれ, ではもう, では地中海沿岸, では悔い, では昔, では殆ど, では狭い, では第, では細君, では自家, では花村家, では軍服, では隠退, でもその, でも京浜間, でも多く, でも役場, でも敬意, でも杓子, でも辺鄙, となつて, となり, どう, なればこそ, にあっ, になっ, に勇助どん, に殘念, のところ一週間, のやう, の住居, の全体的, の内, の処, の刹那, の勇, の国際聯盟, の夫君, の安, の建物, の愛し, の日本國民, の東京, の次官, の此, の母, の浜の目十八ヶ村, の笑み, の自分, の菊五郎, の藩士, の身の上, はかの, はそんな, はた, はただ, はどこ, はなき, はなん, はびつくり, はまだ, はもう, はよしなき, はわたし, はわづか, はコヅム, はファッシズム, はロスアンゼルス, は一般に, は上等, は丘, は中山氏, は今, は仮, は何, は假寺, は冥界, は加藤家自慢, は卜翁, は却って, は又, は只, は大破, は好, は好く, は学問場裡, は學問場裡, は少なくとも, は左翼, は形見, は必至, は我, は我輩, は或, は月送り, は未亡人, は此, は此地, は民藝館, は水電工事, は洋意, は清き甘き, は満, は着替, は私, は科學博物館, は絶対, は絶対安静, は良人, は要, は解かれ, は起て, は陋巷, まさに帰京, またその, またつづい, また海中, また渋い, また経費, また良正, また郷里, まですでに, までの事, までの容姿, までの骨折りやすめ, までも度, までジリジリ, まで出た, まで宅, まで少し, まで憎ん, まで散, まで熱心, まで絶対, まで聞いた, ま千五百萬圓, もうろうろ, もかく, もこれ, もその, もつて, もなおし, もなほ, も卑民, も待効丸, も言う, も酵, も雨, やかたらふに, よりようやく, より見れ, より駈, をいにしえ, を呼べ, を感謝, を時めく, ズーッと, 一息に, 一方呪言系統, 一方現下, 世界科学に, 世間に, 云ったその, 云った性格上, 云った意味, 云った諸, 入らば, 全く建設時代, 南都の, 危きに, 又五女万知, 取出して, 囘の, 奥へ, 少し早く, 少し無意味, 強て, 我血肉を以てかの, 捕押, 文家の, 最も精神, 来た道, 此に, 此の, 歩いて, 母の, 注意しなけれ, 爆薬の, 登って, 真理という, 考えれば, 考へて, 考へると, 考へれば, 自分の, 行って, 譏り合ひて子ら教, 議会に, 迄に日本, 迄に触れるべき, 迄の価値判断, 迄他, 迄通り, 迄隔月位, 遇せた

▼ しぜん~ (263, 0.0%)

4 とその, に目 3 とそう, と目, にその, に心, のまま

2 [16件] しぜん, だ, とそういう, と上, と人間, と魂, な言葉, にそう, にそなわる, にとまる, にななえ, にはやく, に二人, に足, に開かれる, に頭

1 [208件] あくまで口, あるくとき, いつのまにかしたしく, おむね, かれら, こうした保護神経, このへん, この勤労奉仕, しようこと, そのおそろしい, その一方, その感じ, その方面, そんな道供養, そんな間, そんな風評, たれの, であるべき食法, でございましょう, です, ですそう, でメグ, で好奇心, と, といい, とうすらい, とおさまっ, とかるい, とかれ, とこの, とさかな, とそこ, とちぢまり, ととまっ, とにじみだす, とやはらかく, とゆき, とわかっ, とわたし, と二十面相, と人, と他, と体, と其の, と出, と分かっ, と分かる, と別れ, と力, と勇気づい, と口, と合掌, と夜, と好感, と小声, と忘れ, と怯ませた, と悪人, と手, と手先, と木, と村尾さん, と枯れた, と柔らかく, と止まった, と津田, と流れた, と海, と海道, と涙, と涙ぐましく, と涙ぐむ, と深谷方, と熱い, と猟師, と猪, と瓦盃, と生きかえった, と生活, と皇帝, と眠気, と私, と穀物, と立会う, と第, と自分, と良人, と西南, と解けた, と起こっ, と足, と身, と退い, と遠ざかり, と部屋, と酒, と開いた, と陽気, と頂上, と顔, と鬼塚山, なこと, なしかた, な姑, な正しい, な気持, な羽, に, にあつい, にあなた, にあの, にあらわれ, にいい, にいかれます, にうずもれ, におもしろく, にかぎ, にかれ, にきよ子, にこの, にさういふ, にし, にそういう, にそんな, にたくさん, にたっ, にできた, にどこ, にねむり, にはげ, にふるまっ, にほか, にみせる, にみなそれぞれ, にもと, にやった, にわき出る, にエジプト, に一種一定, に三人, に任せよう, に会釈, に出た, に切れた, に判明, に力ん, に勇気, に動いた, に口, に合掌, に周囲, に哀しみ, に唄, に声, に売れる, に大地, に孵化, に山, に岬, に崩れ, に弘, に微笑ん, に怪奇, に愛情, に感ずるぬ, に憔悴, に成長, に接近, に教室, に斃, に明智, に書き下す, に死ぬ, に汚れ, に流れる, に浮ん, に溶け, に熱い, に生まれ, に癒, に癖, に神, に老人, に自分, に舟仙, に芽, に落ちつい, に落ちついた, に負け, に身, に錠, に降り, に顔, に黙りこんだ, の姿, ふみ出す足, 乗るよう, 吹き溜められるよう, 固い姿勢, 多くなり, 大きなカーブ, 安いほう, 小さな商工業, 新しい畫, 明るい道, 消えて, 溜るよう, 生ずること

▼ してや~ (262, 0.0%)

42 がる 39 がら 16 がるん 8 しないん 7 しない, しないか 6 がると, がるの 5 がらあ, しないよ 4 がって, しないかい, しないの, しないわ 3 がるよ, しないかと, しないじゃ, まず, ッと 2 がった, がらお, がらこんな, がるぢ, しないぢ, しないでしょう, しなくって, しねえか, みぬ

1 [72件] あがるかな, あがるぜ, あがるぞ, あがるだ, あがるん, あがる此方, がったの, がったん, がったんだい, がってと, がらうそつき, がらこの, がらひどい, がらよっぽど, がら余つ, がら友造友造と, がら大尽が, がら小作りだろう, がら手前たちを, がら斬合い, がら未だ, がら油なんぞを, がら貧窮組なら, がら露助の, がら鼻糞月給とりの, がるあいつら, がるあの, がるから, がるが, がるぞ, がるな, がるなんて, がるわい, がるんだい, がるッ, がるン, がる不浄役人め, がる前髪立ち, がる卑怯者, がる塾長, がる常, がる行って, がんだろう, がんのさ, ぐらもきさまもおいらも一しょくた, さも慌忙, しないかな, しないかね, しないがね, しないだろうねえ, しないのよ, しないわよ, しなかったから, しばし行き, しまへんけど, つかんな, つてを, ないと, はったが, はった大学, はらかに, まざりしに, まなんだが, らっせえ, ろうにも, アがる, ツた, ツとの, 斯くばかり, 見ゆらんと, 酒間の, 驚かすべきさ

▼ しあるいは~ (261, 0.0%)

4 これを 2 これに, キセル三本を, 一種の, 人を, 別に門戸, 檀林を, 破壊し, 維持する

1 [241件] いわゆる聖賢者, かえって進ん, ことに社会的富, さらに多く, そこから, その中, その作用, その勃興, その基調, その実, その時わたし, その道筋, それが, それに, それより, そんなに滑らか, つみ重なってる, とぐろを, ひざまずきあるいは, また無い, まは, みずから先例を, みずから欺く, むしろ最大, もっと哀切, わが邦在野, わざと避けたがる, アメリカの, イ段エ段では, グラリス州の, ペール・デーシェーヌの, ヤケに, ランニングの, ロシアの, 一定に, 一日二日ないし, 一笑に, 一致し, 不法な, 主人公を, 京都まで, 人の, 今いった, 他の, 仲裁する, 伊勢参宮四国巡礼あるいは, 停し, 健気に, 傾斜し, 先導し, 全く神, 公民に, 六十五と, 六字名号を, 共に研究, 共鳴する, 凹ましあるいは, 別な, 前者は, 剪除し, 創作する, 労働者を, 動かそうと, 動物を, 反目し, 号外を, 君主の, 四君子あるいは, 回旋し, 国会開設の, 国家保険の, 国民本位の, 売るという, 売卜に, 夕風を, 外国と, 外界に, 多くの, 夢みるよう, 大いに修補, 大に, 天より, 失忘したる, 女は, 妬んで, 子の, 宗教の, 実際は, 寒中深夜野原に, 対応し, 少なくとも宿屋, 屯集し, 山沢に, 師を, 帰国を, 帰納と, 帳面を, 平仮名を, 当の倭文子さん, 形態的に, 彼らの, 彼を, 復元し, 忙しげに, 忽然とし, 恋の, 恐ろしい殺人罪, 悪化する, 悲しみの, 想像する, 愛玩し, 慰撫し, 憎悪する, 戦友の, 手伝いし, 投機的事業を, 抛棄する, 押込塗込の, 挙揚し, 捕虜に, 探偵者の, 擬対生し, 擬輪生する, 改進の, 政府に, 政治家資本家の, 教えを, 文を, 文学によって, 新しい社会, 旌表する, 日を, 日蓮宗により, 昏倒し, 時に彼, 書を, 書物を, 朝廷の, 未来の, 本国において, 楽観する, 横文を, 横臥し, 殲滅した, 殺害し, 比較し, 民衆を, 法の, 法律を, 泥沼に, 浮かびあるいは, 海国に, 消滅するであろう, 演説に, 激せられる, 無慙な, 煙の, 片手あるいは, 牙を, 物理学の, 物質を, 狂喜する, 独断で, 独語を, 猛然と反対, 獄卒監守典獄の, 獣面を, 現にもっ, 甘言し, 生き残って, 生徒と, 用心し, 由比戸次の, 男女の, 疾走し, 白くする, 百方言を, 相向いあっ, 真如を, 真心真, 眺め究めるよう, 眼が, 石版印刷と, 破壊する, 社会党の, 祈祷してる, 神奈川条約上奏の, 神鳥として, 秩序を, 種々なる, 種々の, 積極的に, 笑いあるいは, 精神を, 細めた眼, 結托せられ, 結構な, 縮小する, 罵詈する, 義捐金を, 腰骨を, 自から, 自らを, 自ら耕し, 花鳥を, 苦笑し, 草を, 荷う, 蜥蜴や, 街路を, 製鉄所造船所を, 規律以外の, 訪客に, 詐誘し, 誇張し, 説教せん, 諸方の, 謄記料を, 貧人の, 賛同し, 起きあるいは, 軽蔑する, 近来の, 追放される, 連, 過少評価し, 遠くなり, 郵便法を, 酔える勝利, 金を, 門前の, 開業し, 陶器に, 隠匿され, 静観し, 額に, 馬鹿者視し, 駆けまわりあるいは, 駆逐する, 騎馬あるいは, 高位高官に

▼ しやつ~ (255, 0.0%)

25 たの 19 て下さい 148 た, て下さいまし 6 て下さる 5 たが, て下され 4 たか, たでせう, たやう, たん, てゐる, て下さいました 3 たこと, たぢ, たと, た通り, て下さらない

2 [16件] たお, たから, たつて, たとき, たに, たは, たわ, た事, ていらつ, てゐ, て下さいます, て下さいませ, て私, て頂戴, ぽ, ぽの

1 [94件] たあなた, たけれど, たじや, ただけ, たつてね, たとも, たので, たのよ, たばかり, たもん, たらどう, たり異見, た事實, た御, た時, た時計, た樣子, た私, た聖母さま, た計り, だ, ちこばる包, てお, てお出かけ, てお母さん, てくれません, てこの, てしまへ, てそれ, てでも, てね, てはいけません, てはなりません, ては困ります, ては滅多, てほんの, てました, てよ, てよろしい, てらつし, てゐました, てツイ家, て一, て一人, て一杯, て二三日前材木, て亥刻, て何時, て俺, て其, て同じ, て唯しばらく, て四十, て夜分, て大きな, て大変, て大層, て家中, て居た, て居る, て御, て御覧, て持つ, て支配人, て旦那樣, て昨日久し振り, て此處, て毎度私, て泰然自若, て淋し, て滄浪, て番頭さん, て相手, て籠, て聽, て血, て行列, て覆面, て誰, て貴君, て閼伽桶, て頂け, て頂けませう, て高, とやつ, と習慣的, と老, と訣つて, にも物, のぼたん, ぽに, ぽを, ぽをか, 小女童小太刀

▼ し或は~ (252, 0.0%)

5 之を

2 [12件] トルコ風に, 京水が, 侯を以て, 其説に, 冷笑する, 好むで, 屡々大, 混淆した, 白鳥の, 美田を, 議員の, 軽蔑し

1 [223件] あたま, ある変化, これと, さう, さきの, せんとして, そこに, そのこと, その乞食坊主, その伎, その結果, その記事, そほどの, そろそろと, たばたの, ついに本来, ひどく磨滅, ほう悪く, カルナヴァルの, セットの, ボートを, モーゼの, 一夜に, 一定の, 一滴も, 下さんと, 不断念仏を, 主體, 之と, 争闘し, 二百十日の, 交渉し, 京都からの, 京都より, 今までの, 仕事の, 仕事を, 仙人を, 以て, 位階勳等を, 低い呟き, 低唱す, 何等かの, 侯の, 健康に, 先天的運命の, 党外の, 六雄将軍の, 共通し, 其の表面, 其中に, 其王と, 其私の, 創造しなけれ, 創造の, 労働し, 勝手に, 半ば削げ, 半羊神, 単にお, 却走し, 厄介物視し, 又山師輩, 反発し, 名称を, 呆れましたが, 唱門師とも, 問うまでも, 喧嘩し, 器が, 器と, 國務を以て, 國憲を, 地上の, 地方で, 地方官に, 執筆し, 堅パンを, 増訂し, 夏の, 外物に, 天上の, 天台或は, 天啓として, 天地と, 天香を, 太陽神話なりと, 失策失敗に, 威嚇し, 字面ど, 存続させる, 学校統一を, 學問を, 宇内の, 完成味を, 宗女を, 宮廷に, 寄稿家に, 密告し, 屈伸し, 山腹に, 度し難いもの, 度し難きもの, 建立する, 從來の, 徴用工に, 怒濤澎湃, 意見を, 意識させられた, 意識し, 慢性的に, 憤激し, 戒めとして, 戸を, 排撃し, 撃つが, 撃攘する, 数峰岐峙する, 文章を, 新しく造, 新宗派, 新都の, 日本独特の, 時じ, 暗殺を, 暗示する, 暗示を, 暴風雨の, 木に, 未来の, 枯死する, 楽観し, 歸化し, 殷の, 殺害せられ, 毒殺する, 毛嫌ひし, 沖繩までも, 法王廳の, 浦島子暫く, 浩然として, 海辺を, 温泉湧出し, 激励し, 灰の, 炎に, 焔に, 無力, 無意味に, 無視し, 煮て, 物品交換の, 狂奔し, 玩具視し, 疲労させる, 監督する, 直に仏蘭西, 相竝行, 破壞, 碧梧桐の, 磊落に, 社会党の, 神怪なりとして, 神水を, 禄制を, 禍福を, 空しくな, 純林, 美しさ, 美花を, 老衰する, 職業の, 肯定する, 能率化し, 脱落し, 自己の, 自己を, 自暴自棄と, 自暴自棄に, 自殺し, 自殺した, 自殺せる, 自粛自戒を, 舁かれて, 芝草の, 若し我配處, 苦界を, 英雄の, 草を以て, 虎蹲し, 虚無党の, 行違ひ, 製粉処にて, 西鶴を, 訓戒し, 訪問勧説を, 評価する, 諸方に, 謠曲或は, 貴族が, 賑やかな, 賛成し, 賞揚し, 迷って, 過度に, 長椅子に, 霊水を, 静観する, 非器, 非常に, 靴を, 額面を, 顛末の, 飛行機の, 飜筋斗返りし, 飜訳し, 飲過ぎし, 駕で, 騾馬の, 高天原と, 鳥なりと, 鳴動に, 黨外の

▼ しそれから~ (251, 0.0%)

4 急に 2 はじめて出発, 作者及び, 出立し, 声を, 改めて正式, 男の, 部屋の

1 [233件] あたりに, あの半シャツ, あの竜神様, あの高窓, いかなる結果, いっそ痛快, いろいろさまざま, おたね, おもむろにドンファン修行, おもむろに筆, ここへ, こっちへ, このよう, この世界, これも, これを, ざわざわざわざわざーつと, じぶん, す早く, ずっとその, ずっと別に職, せがれ義平太が, そこの, そのうち, その儘ゆうべ, その女, その端, それが, それと, それへの, それを, だれか, つと立ち上がった, というもの, と云, どういうわけ, なおちょっと立ち話, にわかに口, ねボーイ, のそのそ隣り, のちは, もういちど, もう一つ, もしできるなら, やっと今度, やっと宿, やつと, わか姉さんの, アイスクリームを, カルダリウムと, キネマへ, ギーザと, ゲンジと, サッと切っ, ストライヴァー氏の, ドアを, ドイツへ, パンを, フランス語そして, ホテルへ, ポケットから, メルボルン男に, 一つ, 一旦下宿, 下へ, 不愉快に, 丑松に, 九州に, 井, 京都に, 人波を, 人間に, 今日日本の, 今来た, 仕上げた仕事, 仕事に, 仕事を, 他の, 仙台東京と, 以来は, 伸子素子を, 何もかも忘れ去る, 例の, 依羅娘子, 俗に, 信清さん一人を, 側壁にも, 先どう, 先の, 其の返電, 円舞曲を, 冥途の, 出発する, 分業と, 初めて知合い, 単純化し, 又テスト, 又手嚴, 司教らしく, 吃驚した, 同家に, 同道し, 喜三郎の, 地球外の, 塀の, 塾長を, 壁や, 外の, 夜京城日報主催朝鮮将棋大会木村名人歓迎会という, 大学予備門に, 大跳躍, 奥山大学へ, 娘たちにも, 学問を, 宗教その他の, 室に, 家の, 家郷の, 寝台の, 小使い, 少しく後戻り, 山道づたひに繪島の, 左近に, 帰納し, 帽子に, 床の, 座敷兼茶の間へ, 式の, 引続きジョルジ三世, 彼の, 彼自身の, 後は, 後十八年間も, 後継の, 徐々にその, 念を, 恐しい, 手で, 打揚げに, 批判を, 拳で, 指揮官の, 挨拶を, 支那へでも, 数学が, 整理し, 斑鳩の, 方々を, 時機到れ, 時計の, 更めて, 書斎には, 最後に, 最近では, 有楽座, 朝食の, 本質を, 机に, 板壁に, 枕を, 椅子に, 次には, 次の, 次第に他, 次第に村落共産制, 正面向きの, 比較的滑らか, 気の毒に, 氷山を, 浄土の, 満都の, 源吉の, 演繹される, 片手で, 猫は, 玄関と, 現場に, 男は, 異常な, 病人に, 発光路へ, 発生する, 皆は, 磨き上げる, 私の, 私は, 空の, 立上った, 第三, 経験とか, 続けた, 縛つて駿太郎が, 胡瓜を, 胯の, 脱して, 腹が, 自分が, 自分で, 自分の, 自分を, 自殺した, 自身が, 船で, 苦痛の, 落付い, 落花の, 蒲団を, 蓮太郎にも, 蓮花峰の, 藩閥を, 解放される, 言を, 誰か, 賑かに, 身体を, 轎で, 近所の, 近辺を, 郊外に, 酒を, 重税を, 釣床の, 鉛筆で, 銅板の, 間を, 隠士に, 顔じゅうに, 顔や, 顔を, 颱風の, 食事を, 香港に, 鬼に

▼ しにくい~ (249, 0.0%)

10 ような 7 のである 6 のです 5 ものである, ように 4 から, ですが 3 が, ものが, ものだ

2 [16件] が高, ことだ, ことで, ことである, じゃありません, というの, と云, ね, のでした, もう一かん, ものに, 事情に, 場合が, 時世が, 男だったろう, 結果に

1 [167件] かも知れぬ, からあれ, からざっくばらん, からである, からです, からと八重, からまず, から之, から富五郎さん, か知れぬ, がおそらく, がこれ, がしかし, がつい, がとにかく, がともかく, がまあ, が一般, が何しろ, が地図, が手早く, けれど, けれども七草, けれどホホホホホ, ことが, ことであった, ことであります, ことです, ことな, ことを, さう, しする, しまた, し他, し譯, そうである, それより, ぞ, だけでなく, だけの事, だらう, であろう, でございましょう, でしょう, でしょうから, でしょうし, です, ですから, ですからな, ですね, という基本点, という意味, といふの, とかいっ, とこの, ところが, ところは, とみえ, と同じ, と幸子, と思ひます, と申し, と申します, と申し上げた, と聞い, と表現, と見え, と言った, なら学校, のが, のだった, ので, のでし, のでツイ默つて, ので今夜, ので会社, ので大, ので尚更, ので自分, のに違, のね, のは, ままに, ものだらう, ものと, ものを, もんです, やうです, やうな, やうに, よ, ようです, らしい, わ, んだ, んで, カクマも, ガス体特に, ゲラを, 一つ部屋に, 乱れ心であった, 事が, 事で, 事です, 事情を, 二ツの, 仕事を, 作を, 光線と, 処で, 出来事は, 古風さだった, 合金は, 問題である, 問題に, 土地は, 場処を, 場合に, 変梃な, 女であった, 妙な, 実際に, 少し経過, 年寄を, 待遇を, 心持ちで, 心持ちに, 性質な, 性質らしい, 愛に, 感じが, 感じでした, 感情的の, 憾が, 所は, 抽象概念を, 文庫であった, 此家へ, 毒気を, 気が, 気の毒な, 気も, 気持に, 点が, 点でございまし, 物も, 状態に, 男かも, 社会現象の, 程の, 程極端, 筈だ, 節々が, 素子の, 纏らない, 考えである, 藪神村の, 訣が, 話は, 語音だった, 誤謬も, 説明した, 説話である, 部分が, 隅の, 難問な, 難問に

▼ しちや~ (247, 0.0%)

15 いけない, ならねえ 12 いけねえ, いけません 8 いけませんよ 6 つたわ 5 いけないよ, ならねえよ 4 いやよ, なん, 大變 3 ならん, ゐないよ

2 [12件] いかんよ, いけないから, いけないこれ, いけないぜ, いけないの, つたよ, どうだ, ゐられないわ, ゐられませんよ, 困るぢ, 少し念, 少し早い

1 [127件] あいけない, あとても, あへたくそ, あんまり綺麗, あ不可, あ中, あ君, あ濟, あ駄目, いい方, いかに御用, いかんなあ, いけないお, いけないか, いけないとは, いけないなんて, いけないん, いけなかつたかしら, いけませんあつし, いけませんかう見えても, いけませんと, いや, いられんの, うまい事, おかしいといふ, おらん, お愛想がい, お氣, お照さん, お角, お身体様, お銀さん, かういふ趣味, かたば, からだらし, くれないし, この奥さん, すこし年寄り, すこし生意気, それでも行屆, たまりませんわ, だいぶお年, つたぜ, つたなあ, つたなどうも, つたなほんとう, つたなァ, つたねえ, つたわい, つたわよ, つまらない, つまらん話, どうだい, どうです, どつさり, ならない, ならね, ならねエ, ふぢ, ふな, ふの, ふのよ, ふわ, ふわね, ふんだつて, へ, まあとんだ, まだ晦日, めずらしい趣味, もがき過ぎたし, わかりが, ゐないて, ゐられない, ゐられないぜ, ゐられないの, ゐられないわね, ゐられません, ゐられん, んぢ, ァゐられない, 万一風邪, 仕やう, 出来過ぎてると, 又妙, 反つて旦那, 反つて爲, 反つて變, 可かん, 困つた, 困るといふ, 困るね, 大したもの, 大した評判, 大層お, 好い病気, 少し我儘, 少し正直, 少し汚な, 少し變, 居ない, 居ないで, 居なくつて, 居まいが, 居られない, 居られないから, 居られないわけ, 居られない大急ぎ, 居られねえやう, 居らんね, 御先祖様, 恐ろしく眼, 悪いと, 拙いが, 早い, 最もユニック, 生きて, 第一お前, 素晴らしい, 置いたな, 置きません, 考へて, 良いたしなみだ, 行くん, 見るに, 詰らんぢ, 負けるに, 食べるところ

▼ しめん~ (241, 0.0%)

74 とする 32 がため 11 とした 10 とし 9 と欲せ 5 が為, と欲する 4 とす 3 がためなり, が爲め, とせり, となら 2 か, が為め, とせし, と努力, と欲す, や

1 [67件] かとの苦惱, かと心, かを苦心, か十年, が為め高価, が爲, と, といひ置き, としたる如き, としておる, としてその, としても反, として大, として皆, として苟も, とするなり, とする如くなる, とせ, とせしか, とせる, とてただ, とてらてら, とてわが, とて問, とて地, とて此説, とにもあらで, とのわが, との下心, との厚意, との本願, との窮策, との願, とは試みつ, と云, と介抱, と力めたる, と即ち, と念, と念ずる, と最も, と欲, と欲するなら, と欲せり, と研究, と計った, と謀った, と謀る, と身, と頻, と願, と願わざる, などまるで, にはいかに, にはこの, には先づ支那人, には如何, には是非匈奴, には現在, にも熱, にも甲州, に果して, に楚, の大御, ばかりの肉体, よからずや, を欲するなり

▼ してあつ~ (235, 0.0%)

8520 たの 14 たが, たん 10 たので 7 たこと, たと 6 たやう 4 たから, たもの 3 たし 2 たか, たといふ, た事, た小判

1 [53件] さり思いきり, たうち, たお, たからと, たけれども, たこの, たさ, たさうで, たさうです, たぜ, たそう, たその, たとは, たのに, たのよ, たらしいが, たら言, たりむさくるしい, たり木札の, たんで, たチユーリツプ, たブラインド, た一間, た中央公論, た二本, た写真, た切り, た十畳, た妻子, た安心, た寒菊, た対話劇, た文字, た春, た期日, た木材, た東洋流, た桃, た為, た男, た秦, た立派, た筈, た結婚, た縫, た荷物, た蓄, た蓋, た論文, た須弥壇, ちこつちを, ち此方, て否応なしに

▼ してと~ (229, 0.0%)

5 くれやす 4 いうよりは, 思って 3 いうので, 一人が, 友達の, 思つた, 私が, 胸を

2 [12件] いっても, こしへに, そ, どこおりなく, 云に, 女は, 思っても, 笑ふ, 繰返し, 聞いた時, 聞くと, 言ふ

1 [174件] あるナ, いうごとき簡単, いうでは, いうと, いうならば, いうに, いうほどを, いうより, いうよりも, いう以上, いった, いって, いふだけに, いふに, いふの, いふので, いふわけ, いろいろ指図, いろいろ特殊, おしりの, おせんぼう, お母さんが, お茂登, かくひつこみ, きくと, くいの, くいらしい顔, しを, そういう表現, そうおもいまし, たのんだの, だなの, ちゃんとお, ちょい, つたお米, つつきにくい, つて来れ, つぶやいたとしても, とっと, なりの, なり座敷, ねだって, ひたすらに, びかゝってお, ほつた青年, ほつて來, ほりすぎようと, ほる, ぼけると, ぼとぼと帰っ, ぼとぼと歩い, ぼとぼと歩ん, まつた, まつて, みかうみしてた, やがて主客五名, ようかの, サチ子は, ッとと, ツ鼻から, ボーイ, 万難を, 上の, 事業の, 二人ばかり, 云いたいところ, 云うこと, 云うて, 云うの, 云う事, 云う創作的文字, 云う註文, 云う諺, 云う風, 云えば, 云った方, 云つた, 云ども主, 云はれる, 云ひさし少し, 云れ, 人が, 仰有ると, 伯父甥の, 來るだらう, 前置, 劣らず用心, 又板倉, 口の, 同樣, 唄の, 唾を, 問ひし, 囁いて, 夢うつつの, 奢る事而已談合, 子供が, 存じたが, 存じて, 屹と, 工夫に, 座敷へ, 後じ, 後悔の, 心づもりを, 心に, 思いまして, 思い定めたこと, 思うが, 思うと, 思ったが, 思ったの, 思つて, 思つてね, 思はぬでも, 思ふと, 思わせるほど現象的, 意外に, 意識が, 慌て, 慌てて, 振返る, 教へる, 断りながら, 書いたが, 書いて, 書物の, 有難い仰せ, 樣, 此処まで, 此處まで, 残りくまなく, 涙を, 溜息を, 生返事を, 申して, 百官は, 確に, 祭の, 端唄の, 答えけるに, 結構な, 繰返し繰返し, 翁は, 考えたところ, 考えて, 考えといたのよ, 葛巻が, 表現する, 見る可, 言いますから, 言い合って, 言う, 言うん, 言ったところ, 言って, 言つたふうに, 言つても, 言はれ, 言ば, 言ふところだ, 言わぬばかりに, 言を, 計略でも, 説きつけて, 説明し, 諧謔たっぷりに, 身近な, 逼り, 阿部閣老あたりそれとなく, 集中砲火の, 頼まれたとき, 頼んだ, 驚かれぬる計り

▼ しちゃあ~ (220, 0.0%)

7 いられねえ 6 いけねえ 5 いけないよ, いけませんよ 4 いられない 3 いられないん, えれえ, どうだ

2 [13件] いけない, いけねえぜ, いけません, いない, いられねえぞ, 三味線が, 困るよ, 大出来, 居られないぞ, 年が, 情操の, 損だ, 随分冷たい

1 [158件] あんまり重大, あーん, いかんぜ, いかんよ, いけないぜ, いけないって, いけないん, いけねえとか, いけねえよ, いつでもさ, いないの, いないよ, いなかった, いねえお, いやな, いやに, いやよと, いられないそう, いられないな, いられないよ, いられない晩, いられぬ, いられねえ人, いられねえ萩原, いられねえ身の上, いられねエ, いられません, いられめ, いられるも, いるが, おかないから, おけめ, おそろしく立派, おられないん, おられぬ, おられねぇぞ, お吉ッ, お客にまで, お珍, かなりの, くれめ, ここで, こないだッから, このまま放置, じっくり思案, すいぶん, すぐに, すこしかん, すこし可笑しかっ, すこし腑, すごく勇敢, すばらしくでけ, すまない斯, その度, だめだ, ちびだ, つまりませんわ, なかなかしゅう, ならねえ, ならねえから, ならんから, ばかばかしいと, ばかばかしい話, ぶっ倒れた, へんに, べつに恐れる, ぼくめんがねえ, みなに, めずらしい議員, もうだめ, よく, よくそんな, よく伸びた, クンクンクンクン小さな, ズバ抜けてる, 三文の, 上出来の, 下さらないん, 不可ぞ, 不器用な, 二人で, 人を, 他の, 佐々さんに, 働きに, 兄貴お前も, 出来過, 動きが, 危険だ, 厭だ, 友だちが, 可かん, 咎めようが, 困りますよ, 困る, 困るわいと, 垢抜けの, 塾の, 大き過ぎる, 大変です, 失礼ながら, 存外な, 家族っていう, 家来が, 小さすぎる, 少し年, 居られないん, 居られねえ, 居られません, 山影さんに, 己の, 帰さねえつもり, 幼稚過ぎる, 得がたい冒険, 恐ろしい不味い, 悪いや, 悪か, 拝みたいほどの, 早かった, 横に, 歯切れの, 毎日曜日に, 気の毒だ, 泥が, 洒落た旅籠, 深え, 清は, 演出し, 狂言の, 理窟を, 申訳ない, 目を, 相当の, 着物の, 着物を, 磯五様の, 立派な, 管を, 結構な, 置かれねえ, 腕っこきと, 自分で, 自分の, 若けえ, 苦しくって, 荒過ぎる, 見て, 覚悟が, 話せるほう, 躯に, 近処, 近頃の, 野暮に, 闘牛として, 随分高い, 面白くない, 食えやしないよ, 驚いたな

▼ し且つ~ (217, 0.0%)

5 これを 4 之れ 3 一般に, 之を 2 他の, 侯の, 其の主張, 各大臣, 祈るもの, 縮の, 自ら金尺大, 自分の, 長い年月

1 [184件] あれほどまで, かねての, このこと, この暴挙, この衛星, これが, そのよう, そのハムムラビ法典, その一々, その中, その具體的運動, その子細, その實證, その心, その所傳, その損害賠償, その書, その罪人, その草稿, その表現, その遺稿, それが, それだけ, それの, それらの, それを, それ故に, そんな非現, はおじや, はサバサバ, はメントール侯, は投薬, は祭, は説教, また詭弁, みづから歴史家, わびた, メタフィヂックを, 一年なり, 不安に, 中心的に, 丹いから, 主張さえ, 乙運動と, 了解し, 二名の, 交際し得た, 人為淘汰の, 人物の, 今と, 今後は, 今日の, 会員お, 会員各自の, 使用せしむ, 依頼し, 便利として, 保存した, 保持する, 保護し, 傭人等に, 兇暴を, 先方の, 光栄と, 全身は, 共鳴し得た, 兵を, 其を, 其英譯を, 其道の, 内容に, 前代の, 創造しなけれ, 勇猛な, 協力せぬ, 却つて國語の, 参照せらるべき, 又それ, 又ジャーナリズム, 又處士横議, 同会, 同情し, 同情した, 否定の, 味は, 問題に, 四囲を, 国民の, 国語の, 執着し, 増産した, 外国人を, 多彩ならしめる, 好む, 妨害を, 妻の, 委員らは, 存在する, 学界へ, 安心する, 実行せる, 尊敬し, 導いたの, 年間を通じて, 幸福なる, 彌太郎方へは, 形成された, 役立てて, 彼等も, 從來の, 心細く感じた, 忠實に, 思案せしめられました, 恐るべしと, 悲観し, 惑乱した, 感謝した, 我日本帝国憲法及び, 手を, 打ち碎いて, 授賞する, 推理した, 描出した, 政府を, 政府当局の, 教えられも, 是を, 有名なる, 本官の, 柘榴に, 極度に, 楽まう, 樂まう, 標榜する, 欣快と, 水道の, 消沈した, 煽動した, 父母より, 生理的にも, 生産した, 白雲金洞金, 矛盾する, 研究すべき, 祭の, 禮部に, 私の, 篇末に, 簡易和平の, 絶叫した, 絶間なく, 經營的に, 総合した, 羅甸語の, 美に, 老いて, 職業化し得る, 自分は, 自己に, 自身の, 英文タイプライターばかり, 計画し, 記憶し, 記録した, 記録する, 詰らぬ末梢的, 論じた一章, 論証し, 警告したい, 警戒し得る, 赤面せる, 躊躇らひしが, 追拂, 遺訓と, 還俗せしめ, 邪悪に, 酒し, 金起を, 錯愕し, 開発し, 食し, 飲んだ, 驚嘆する, 骸子の

▼ してでも~ (214, 0.0%)

19 いるよう 7 いるかの 3 いいから, いたかの, いるの, ゐるやう

2 [11件] いいどこ, いたよう, いて, いや, それを, ない, 一気に和解, 三〇〇ぐらいの, 探しだして, 自分の, 金を

1 [154件] あたくし, あったかの, あったに, あったよう, あとを, あなたを, ありゃしませんあなた, あるやう, あるよう, あろうか, いいわ, いたの, いち早く名前, いまの, いるっていうの, いるらしく犬, いる様, いれば, かえして, かれら, きっとお, きっと辛抱, ここを, こっちへ, このつぐない, この屈辱, この工場, この罪, この讐, これを, ごく自由, しまつたか, そいつの, その師匠, その方, それで, それは, そんな事, たくさん釣れ, である, どうか, なくただ, なくまた, なくむしろ, なく勤労者生活, なく却, なく又, なく正に, なく社会運動家, なく錬金術者, なければ, まるで小屋, めえります, もういちど, やらなければ, やろうと, エフ氏を, 一度ここ, 一応は, 一条の, 一生懸命に, 之を, 九州とかいう, 仏印へ, 伏見挙兵に, 住むこと, 何か, 何でも, 何と, 何とかし, 何とかもういちど, 使われるだけの, 倉庫の, 傍観の, 働きかけたいより, 出向いて, 加えられねば, 十七人の, 厠まで, 取戻すやう, 可い, 吉野太夫は, 吾, 啓坊と, 囲い者と, 大友君を, 失敗した, 好いから, 学問だけは, 学校まで, 実行しよう, 客を, 家ダニが, 居るやう, 島へ, 引上げたい, 弟を, 彼の, 往訪する, 御遺言, 必ず生き残っ, 必ず生き残つ, 思いが, 思い出されて, 思切って, 悪戯を, 惡戯を, 意識, 手術し, 持って, 救わなければ, 教室へ, 教育は, 日本の, 書かうと, 朝は, 死にたい人並み, 残して, 殺して, 殺すさ, 津村が, 無理やりに, 物語ること, 現在に, 生きて, 生きては, 生き残って, 生き残つて発言権, 相手を, 私の, 私は, 立派に, 立身出世が, 紋付を, 置けば, 胸を, 自活し, 自由に, 舞台で, 行くかの, 話し合うと, 誰も, 談論風発する, 貴女の, 買ふ, 賊を, 述べるところ, 追ひ出される, 送りかえす, 都合が, 金で, 錠を, 食えるが, 馬と

▼ しそこ~ (205, 0.0%)

3 からこの, に 2 から料理, だけが生き, にまた, にもここ, に散り, に永遠, に生活, を踏み外し

1 [183件] からこれら, からさまざま, からずっと, からのぞい, からのみわれ, からのみ生れる, からの出口, からイラン高原, からコンチエルト, からサル川沿い, からフルード, からプロレタリアート, からボート, からポルトガル, からモンタナ州, から一定, から一種, から五能線, から人間, から人間らしい, から偶, から先, から出, から出し, から千島, から存在, から導かれる, から左右田銀行, から慌て, から支配的, から新潟, から日本精神, から更に, から東海岸, から欝血, から洞内, から無限, から特殊, から発展, から白金, から省線, から縒り, から胎内, から身, から近代ヨーロッパ, が都合, だけの設備, だけ突起, でたたかっ, での不足, ではさう, では歴史社会, では邪魔っけ, では鬼眼鏡, でもくさ, で分れ, なつたもの, なつた奴, なひを, にある, にうごめい, においで, にしがみつい, にすわり, にそんなにべったり, にところどころ, にはそこ, にはインテリゲンチャ, には万花鏡, には二つ, には何ら, には僕, には唯, には思想, には流失, には満足, には自由競争, にまだ, にむしろ, にも小さな, にも暮らしい, に一定, に一種, に一糸, に世間, に仔苗, に以前, に信仰, に働きたい, に働く, に分業化, に反省, に含まれた, に唇, に善良, に在る, に学生, に小屋掛, に尻曲り, に展, に強味, に彼独得, に恭しく, に悦ばしい, に想像, に捉, に支度, に故郷, に文学, に新, に新た, に日本民族, に日本精神, に最初, に次代, に殘, に水入らず, に浮游, に深い, に火災, に爆弾, に用意, に真剣, に私, に立っ, に精神, に約, に絶対, に縋っ, に美女, に腰, に自分, に自然, に舞扇, に花やか, に要塞, に貯蔵, に身, に近代, に週期性, に鉄砲, に集る, に青く, に風雨氷雪, の三週日, の人民, の写生, の垣根, の学校, の守兵, の宗匠, の官僚的運転, の山上山下, の工夫, の師範学校, の田, は商売柄, は如何なる, は恐ろしい, へおいで, へよっ, へ両手, へ他, へ供, へ出先, へ大阪, へ小粒, へ幅さ, へ気づかな, へ無事, へ独楽, へ神殿, へ鋭い, までの推理, まで来る, より人力車, より汽車, より離れ, を出る, を往来, を抓っ, を苗代, を通りかかる

▼ したりと~ (205, 0.0%)

13 雖も 12 云ふ 10 いえども 7 いふ 4 いう, せば, 聞く, 見ゆ 3 いふに, するも, 言ふ

2 [17件] いうが, いうと, いひ彼, いへば, し姜錫鎬, せよ, せよ我輩, なん, 其意地租以外の, 告白す, 思ふ, 称し難し, 笑へり, 見ゆれば, 誣ひ, 謂ふ, 謂ふべく

1 [104件] ありては, ある, あるので, あれど, あれば, いい孟子, いうに, いうべし, いうより, いふべからず, いろんな方法, いわんばかり, さへ, するは, する方安全, すれば, せよ何思い, せらるる読者, せんか, なし, なれば, よくも人, 也, 云々, 云う可, 云に, 云ふとき, 云ふも, 云へば, 云立けれ, 余は, 信じたるもの, 信ずる人, 信ぜしもの, 傅ふる, 僞り, 公言する, 其手を, 内心に, 切齒を, 友は, 夢みし, 大いに悦び, 安心する, 山は, 床の, 彼胴卷を, 心の, 心中に, 思いのほかに, 思う, 思うやがて, 思はる, 思ふは, 思ふ心強く, 思へるのみ, 思わば, 思惟す, 思惟する, 悔むにも, 想像する, 感ずるの, 打悦び條七, 推定し得べきなり, 書いて, 為し太甚しき, 為せり, 爲し, 爲せり, 申されよ, 申すから, 申す此儀相違, 申せし口, 番頭久兵衞は, 發と, 知るべく家内, 称せらる, 稱する, 稱せらる, 稱せらるる, 考えら, 聞かば, 聞かんとも, 聞くかの, 聞けど, 聞實以て, 自覚する, 見え嘗て, 見え頭は, 見るべき字句, 解釈せざる, 言いては, 言う可, 言われるの, 記したれど, 許すべからず, 語りしほど, 説く, 説く点, 論じ此, 論ずるは, 謂う者, 述給ふ, 頻りに古郷

▼ し初め~ (204, 0.0%)

9721 たの 16 ました 6 たので 5 たが 4 たもの, た頃 2 たこと, ましたが, より伊藤侯

1 [45件] いつも祖母, からおおうべからざる, けるなり, しなり悲しい, し最初, たから, たその, たただ, たため, たでは, たと, たに, たばかりの, たほどの, たよう, たらしかった, たらしく二人, たり, たりと論じ居れり, たん, た三十年前, た事, た昨年, た時, た木々, た横浜船渠, た緑色, と独頭かく, ないので, にて此心, には不死, に神楽, ぬ, のうち, の一吹, の日, はその, はひそか, はポー, は模倣, ましたので, よと言う, より始終, より完全, 得ぬ

▼ してからは~ (191, 0.0%)

3 急に 2 しばらく女, また時々, まだ少しも, 一度も, 一日も, 人足にまで, 馬を

1 [174件] あちらこちらの, いかにも厄介払い, いっそうその, いつどんな, いつのまにか彼, がぜん羽振り, けっして固く, ここらの, これを, さすがに, すべてが, ずっと浅く, ずっと独り, せっかくの, そういうこと, そのまた, その上, その利息, その同じ家, その旧, それに, そんな不安, そんな事, できなくなった, とかく孫たち, どうしてこれ, どうなったであろう, どうやら犯人, どんな事, なおさら, なけなしの, なんと文化的, ほかから, ぼくは, まだ一週間, まるで火, もうそんな, もうだれ, もう単なる, もう数年, もう物思い, もう理由, よく蟻, よほどその, りよは, わかりました, わたしなんだか, ガラリと, クリストフは, スキーも, フランスの, ペンと, 一ト通りでない, 一人前の, 一層その間, 一層口数, 一層歯, 一段足繁く, 三十マイル四方に, 上京中の, 下女に, 下手ながらに, 下田は, 不平満々な, 世間に, 世間の, 世間並の, 中学と, 久しぶりに, 二人とも, 二度目の, 人足たちも, 今日始め, 何を, 余り出歩かず, 余り力が, 保は, 先づ湯にでも, 兎角孫達, 勉強とは, 南越後の, 単に野霜, 又しばしば, 各工場, 名実共に, 國倫と, 夕方ここで, 太陽コンパスの, 女に, 好きな, 好運が, 子供たちの, 子供生まん, 学務課長を, 官軍も, 宝島が, 家に, 家の, 専制政治に, 小っぽ, 少し痛み, 少し自棄気味, 少し自棄氣味, 已むを, 度々刑事, 彼女の, 彼女は, 彼等夫妻の, 急速に, 恐ろしき者, 成斎は, 手や, 折節松山中学校に, 政府に, 故郷の, 文壇よりも, 早く妻籠, 早晩罷め, 時も, 暫くの, 書生の, 月給と, 来なくなるの, 松島から, 殆ど音沙汰の, 母親との, 水は, 洋造の, 浅草の, 清水峠を, 滅多に, 無事に, 特に親密, 猪之さんも, 現在の, 白米と, 相逢う, 祭りが, 禁中で, 私は, 私への, 窪川稲子平林たい子などの, 米一粒の, 経済社会文芸と, 美濃の, 自らそれを, 自分の, 自然に, 舟酔いの, 良人が, 苅っても, 薦では, 表の, 親鳥が, 触れて, 語学の, 誰も, 誰方と, 謝恩的な, 足しげく, 足許に, 逆に, 逢うのに, 過去を, 金庫の, 銭形の, 錢形の, 陛下の, 陳留王と, 隣りの, 集めた譜, 雜誌, 雪華の, 非常に

▼ し更に~ (191, 0.0%)

6 それを 5 進んで 3 之を 2 これを, そこから, それに, より多く, 一転し, 又公費患者, 悪魔的趣味性の, 甚深な, 進んでは

1 [159件] ありそう, ある場合, ある島, かかる組, この両者, この二つ, この発足, この観念, すすめば, その下, その意志, その潜所, その発見, その社会, その西南方地区, その近代国家, その途上, その金, なお一歩, は鋏, ひどくなった, また, またそれ, また二十二日, また文化部門, また神秘, また詳細, もの見, アメリカをも, ドイツに, プロレタリア的な, メキシコと, ヨーロッパの, 一同にも, 一支隊を, 一方は, 一歩を, 一般的に, 三〇〇年後には, 上演目録の, 両手を, 中部ミシシッピー河谷の, 之に, 二十世紀に, 二千三百年に, 五分に, 人類大衆を, 今までの, 今一つ生きた, 今一歩, 今朝浦幌にて, 他界の, 以前に, 個人が, 個人的に, 共産主義, 其が, 再犯については, 初期古, 力を, 動機づけ, 北史通典太平御, 博士は, 印刷所との, 厳島の, 又之, 又囚われたる, 又次の, 反響した, 古く, 司令官ゴフと, 吐剤か, 呂氏春秋や, 和風の, 四五篇未刊の, 四千二百八十石加賜全く, 境木を, 多くの, 大きく更, 天上の, 天然の, 太い凧糸, 太平洋を, 好日書院の, 婦人読者を, 孥を, 家運挽回の, 将来は, 山を, 工場長が, 左折したる, 幾つかの, 幾多の, 広く他, 当時東京湾に, 彼は, 心頭に, 忌憚なく, 念仏系統の, 悟性によって, 慶長に, 我が真, 擴張しよう, 救いがたく, 教学局の, 文芸家協会編纂の, 新たに, 新天體の, 日本の, 時及び, 書を, 最近一年間の, 朝鮮へも, 木村重成と, 東京日本赤十字病院に, 松岡緑芽に, 桜根大人の, 毛皮への, 水洗によ, 海神の, 漢詩文集を, 無限の, 狂乱にな, 現在の, 生たる, 相度, 矛を, 神能が, 私の, 窃盗なども, 竊盜なども, 立役の, 第三, 第二段, 精巧な, 精確なる, 細別し, 羅馬的要素を, 考へて, 肩を, 自分の, 自己の, 若干の, 西し, 谷本君の, 豊かな, 財産家に, 赤石山聖岳と, 足一たび亜細亜に, 近世的人間苦の, 近代の, 遼河以西より, 都まで, 重大な, 長崎に, 闘争を, 關ヶ原, 雄弁に, 高くこれ

▼ し~ (190, 0.0%)

21 つた 12 つたり 7 ふといふ, ふやう 5 はせて, ひして, ひながら 4 はなけれ, ふ, ふもの 3 はない, ひを, ふこと, ふことは, ふの 2 つたこと, つて, はう, はせ, ひどうも, ひました, ひ自分, ふ友達, へり

1 [83件] けるが, つたうへで, つたお時さん, つたが, つたところ, つたので, つたもの, つたものの, つたやう, つたら最後, つたわ, つたん, つてるの, ない, はうぢ, はせる工風, はなかつた, はぬ, は極めて, ひ, ひお, ひしつ, ひそれ, ひたしか, ひである, ひぬ, ひの, ひひいては, ひひたすら, ひます, ひますから, ひますが, ひませう, ひわけても, ひ一, ひ乍ら家路, ひ乗り込んだ, ひ互に, ひ外国人, ひ夜, ひ實踐, ひ山, ひ折角, ひ援, ひ新しい, ひ果, ひ真に, ひ笑つて, ひ衝き倒し, ひ響かせ合, ひ順吉, ふことも, ふといふなら, ふとは, ふには, ふので, ふのに, ふばかり, ふひとり, ふまで, ふまでには, ふタテマヘ, ふデモクラシー, ふフリ, ふ事, ふ二つ, ふ傾向, ふ地盤, ふ後, ふ映画, ふ有様, ふ機会, ふ機會, ふ此, ふ爾, ふ物音, ふ現象, ふ生活, ふ習慣, ふ道, ふ限り, へばそれで, へり吉野行

▼ し~ (190, 0.0%)

4 なるべし 3 なり, 今は 2 なくし, なりと, 其儘に, 私し, 馬場辰猪植木枝盛等の

1 [170件] かえって彼, かとにもかく, かとも思ひ, か図らず, か痔, こ, これからは, さらに何もの, しまいには, その頃飯田町六丁目に, ぞと知りぬ, だと, であつ, でしょう, とお, なきに, なりき, なりとぞ, なり然るに, なるべけれど, なるを, なればと, にあらずや, にこそあ, にやありけん, により彼, に面白く, のみにはあらず, の幸ひと憶, は其八十神各々稲羽, らに, われに, を以て菊池容斎, ヨブに, ロオレンス先生も, 一日に, 一時も, 三十円の, 不思議に, 世の, 主人の, 久八は, 也, 今に, 今より, 今冬より, 今日に, 今日は, 今日其行方を, 今日重ね, 何卒御, 使ひ, 俗に, 偖は, 儒者めける, 先刻の, 其の船, 其和歌を, 其場の, 其惡事を, 其時は, 其次に, 内心には, 内膳司の, 再び臥す, 出迎え茶を, 助太刀せんと, 却つて帝を, 叔父徳隱存生中は, 右にも, 右大臣家の, 吉田東伍博士は, 同所へ, 同道致さん, 呟く必要, 呼吸ますます, 唯雷, 國元へ, 大岡殿夫より, 天一傳手を, 天候も, 夫なる, 夫より, 如何なる, 妻子の, 宿願既に, 寐道具取片づけ, 實は, 小夜衣は, 尻軽く, 巌谷小波撰で, 帰りしなり, 床の間に, 座敷, 引替に, 彼ら飽く迄, 彼處へ, 待草臥れ, 待遇言葉遣, 後に, 後藤先生と, 心配し, 忍術の, 忠右衞門大, 所々へ, 打石には, 掃部大いに, 敝衣も, 文右衞門は, 文右衞門方より, 文壇の, 斯は, 新島襄君の, 是なる, 是も, 是より, 是を, 最も気の毒, 月いよいよ, 村役人へ, 村民これを, 森通仙と, 樣子を, 權三助十は, 此に, 此御講の, 此所には, 母方が, 氣遣ひなし, 流石の, 浅川巧君と, 源次郎には, 甚だ悔しく, 田中正平博士と, 田舍の, 申殘す, 疾より, 皆, 直木三十一と, 私主人へ, 科なき, 筋痛み出し, 紅葉美ならず, 翰林学士芳九連の, 背の, 能存じ居る, 腹の, 船頭与, 花開く, 若見違も, 草稿を, 菊池寛氏と, 萬一もの, 西軍大に, 親の, 言葉を, 誰いふ, 謀空しく, 豕という, 路険に, 遁れ, 遂に最終章, 遂拔討に, 金吾将軍家の, 離縁状を, 預りし金子, 頓て, 頻りに不便, 飛びしざりて刀を, 養子を

▼ しやすい~ (187, 0.0%)

8 ものである 6 ように 5 のである 4 のは 3 ところである, のです 2 からである, ことだ, であろう, ということ, というもの, ので, のであります, のでいつか, ような, 所である

1 [138件] いわゆる出来心的, おじさんだ, お今, か, かとなる, からだろう, からです, から特に, がじつは, が喫煙用の, が多雨, が明け, が最初, が短冊色紙, が象牙彫り, が野陣, ことで, ことである, ことです, ことは, ことを, こと雨風や, この問題, であろうか, ですから, ですからね, ですが, というの, といわれる, ところから, ところが, ところで, ところです, ところの, ところは, とはいえ, と云, と云う, と云っ, と見, と見た, どっちかと, のだ, のであつ, ので著しい, もとの, ものさ, ものだ, ものだった, ものであり, ものです, ものでなけれ, ものは, もんだ, やうにといふ, ようだ, わたくしには, カメレオンの, コトワザの, ラミイの, 下士官を, 両国民間, 事実を, 人々の, 人だつた, 人は, 人間という, 今日田舎の, 傾向を, 処女の, 勇婦です, 千世子は, 卒直な, 句も, 名画の, 因縁と, 地位に, 地形を, 基礎の, 場所を, 多少乱暴, 大袈裟な, 子供だった, 実例である, 少年の, 山, 岩石な, 年恰好だ, 張飛の, 彼の, 彼女の, 従って, 心は, 心持な, 忠直卿の, 思索家自身から, 性格の, 性質だった, 性質に, 性質の, 性質を, 憾みが, 手段は, 数種の, 文化財と, 方針を, 日本の, 日本人の, 時に, 時期である, 材料で, 条件を, 柔軟さを, 次郎は, 武家である, 物が, 物質の, 独裁思想の, 環境と, 生活いわゆる, 癖が, 程度の, 立場に, 紙で, 自分の, 若者を, 訳や, 諦らめと, 輪廓を, 過失であっ, 郎党たちをも, 陸続きの, 頭に, 頭の, 風貌の, 食物を, 高等学校時代の, 魂を

▼ し~ (187, 0.0%)

7 と云っ 5 とし 43 を矯正

2 [17件] ういふ, うも, か他, か気味, か精神的強壮剤, か運命的, か魂, にし, にせよ, ほどか心, も政治, よりも先, よりも彼, をどう, を後, を愛し, を感じた

1 [134件] うかして, うしても, うも千円, う云う, う大きく, う致しまし, かいおう, かこう, かしきりに, かしたげな, かじっと, かせず, かその, かの事, かの形, かの際, かひそ, かもの, から何, かを例えば, かを見よう, か不平, か其, か勘定, か又, か取られ, か問, か問いたげ, か囁き合, か壮快, か大, か学生生活, か底, か心, か明り, か欺かれた, か濃い, か物, か皮肉, か考えてる, か花野氏, か転業, か道, か都合, か頻りに, がそう, が存在者, が抽象的, して, であったか, でも取, でも娘兩人, でも検査, でも爾, でも質問, でも願い, で此, という古風, という気違い, という間延び, とかいう書, とこの, として能らん, とも氣毒, とも言えぬ, とよほど, と云われ, と言っ, と言つて, なら松竹い, にても本, にも新, によって標準, によつて, に対立, に會, のため, のゆかり, の予感, の傾聴, の前提, の品, の得る, の政見, の故, の根拠, の様, の消息, の為, の爲, の能, の苦, の返事, はともあれ, は兎, も, もあて, もこの, も呆れ, も好んでした, も彼, も後, も心得ん, も知らず, も自責, も見よう, も言う, よりも医者, よりも待遠しく, よりも民主主義, よりも真理, よりも重要, をお, を云い出した, を云ふか, を保護, を力, を嫌う, を小, を整理, を特色, を発見, を目的, を福鼠, を突きとめ, を見, を言っ, を訊い, を謡いましょう, を警告, を軽蔑, を遠慮, んなに, 喰わぬ顔

▼ し~ (186, 0.0%)

84 だつた, に横抱き 3 に云った, に打, に笑, に首

2 [13件] な寺, な顔, にいった, に叫んだ, に座り, に手, に揺れ, に白茶金らん, に眺める, に見えた, に見える, に顔, もなく

1 [132件] が長女, しくなるにつれて, だ, だが, つそり, つそりしないが, で, であった, ではあります, で兇悪, で勞働, で居, で理窟っぽい, で音樂的, なくこぼし, なり, なるが, なる珠運, なれども, な人々, な子ども, な患者, な悩ましい, な昂奮, な様子, な皺, な目, な眸, な西洋人, にうつむい, にうなずいた, にがつ, にこそ萌えいで, にこわばらせ, にさう, にささやいた, にし, にじっと, にそう, にそして, にそっちこっち部屋, にその後, につぶやく, にて又, にながめ, になほ, にならべ, にのみし, にまた, にも感じ, にも自ら起居, に上人, に両側, に主人, に働い, に働く, に入り来る, に動き出した, に台所, に呟いた, に呟き, に夜, に女中, に妹, に宮, に家, に小首, に少年, に岡崎, に幸福さうに, に彼, に彼女, に微笑, に心, に憩, に打ち, に抱き合っ, に日, に明るく, に検め, に歪ん, に永島, に海, に涙, に満, に灯つて, に烈しく, に煙, に生, に男, に皆, に眺めた, に眺めやった, に瞬い, に私達, に立っ, に答え, に答えた, に絨毯, に續, に聞き入った, に聞こえた, に臥せっ, に船客, に行きつ留りつ, に行き交う, に見え, に見やり, に見ゆる, に見入る, に触手, に言, に言った, に説明, に身動, に転, に退出, に連れ立つ, に雜, に青い, に面, に顏, に顧みた, に駈け, に鼻, の徑, の盲人, の笑, の脣そ, へ行き, れること, をかとの間

▼ しまたは~ (184, 0.0%)

8 減少すれ 7 これを 5 下落する 4 増加する 3 減少し, 減少する, 騰貴する 2 それを, 他の, 共産主義を, 増加すれ, 少くとも, 服して, 皆無に, 財界を, 高騰する

1 [133件] ある国, いかにし, この商品, これと, これに対して, するであらう, せいぜいの, その供給, その勤労, その品質, その家, その小屋, その賤, その頂上, それが, それらと, それ以下に, とりのぞくこと, にし, みだりに虚偽迷妄, より少い, パブリックバーに, フキ汁に, 一夜を, 一般にその, 一般的傾向を, 不足する, 中心と, 予定の, 二神揃っ, 今の, 今後二箇年以内に, 他国の, 仲介と, 住民の, 何の, 余執, 供給し得る, 促進する, 借地条件が, 八〇〇〇磅に, 八〇〇磅に, 別るる, 制限する, 労働者の, 協立し, 厩の, 古綿, 同伴しなけれ, 和訳した, 回避する, 増加せね, 外形の, 天井を, 夷と, 學術研究の, 家で, 富に, 寺僧を, 対抗する, 対象と, 射影し, 広くし, 彼らを, 彼れ, 復活し得られる, 微分増加量の, 徳川の, 忘却し, 急速に, 憎むこと, 扶養の, 批評しない, 抄録し, 指すべき方角, 挑発した, 採用しよう, 描き出すため種々, 損失する, 教場の, 整理しなけれ, 敵と, 新らしい, 既耕地の, 既耕地へ, 昼は, 時代を, 最も苛酷, 最初から, 朝鮮征討国権拡充を, 期せずし, 果樹を, 格別怖, 歓迎した, 永くこれ, 沓掛と, 減少した, 無暗にさ, 獲得した, 獲得し得る, 現に存在, 発達させた, 発達しよう, 百蔵, 租税が, 移りかけた時, 窃用したる, 笑い声を, 節約する, 精神力を, 脱退し, 自ら伯に, 自ら傷つけ, 自分の, 自分自身や, 行刑後公衆が, 親戚の, 証人と, 誇張し, 説明する, 諸学校, 諸種の, 輸出する, 追放した, 遙かな, 遥かにより, 開墾を, 静かに, 静止し, 食物の, 駆逐したであろう, 騰貴すれ, 鼻紙取り出だし引き裂き結い

▼ し~ (183, 0.0%)

10 へ參 5 でまとも 32 がない, がよかっ, へ引取, をする, をよく

1 [155件] いとはる, から決して, が, がありません, がある, があんまり, がちょうど, がねえ, がわるい, がをかし, がアト, が下手, が世間, が何となく, が冗漫, が増, が変つて, が悪い, が成っ, が案外, が激しく, が甚だ, が異なつ, が異なる, が目立たない, が窮屈, そういうもの, であ, であった, である, であるため, でいろいろ, でもお, で意, というもの, といふもの, としてはこれ以外, とは思わず, と似た, と見なけれ, など, などをなさる, にある, にて金子調達, にはいまだ, にはまた, には之, には御礼, には馴れ, にめいめい, によってその, によつて, による, によるもの, に二三年, に二三歩, に依, に十五年相勤候此外, に向, に向かい, に奇抜, に居らる, に帰る, に御, に接し, に歸, に漕ぎ帰る, に確, に立去ら, に見える, に越え, に驚異, の, のお, のながき, の六助, の凄まじい, の善不善, の差違, の拙い, の方法, の有利, の極印, の物, の西, はこの, はこれ, はずっと, はなかなか, は乱暴, は何方, は大, は寧ろ, は律動的, は日本, は概ね, は樹, は次, は皆, は道端, は随処, ばかりにて五十人餘, へお, へと検分, へと立去り, へと馳せぬ, へも日々立入, へ五ヶ年以前, へ伴, へ入らせられよ, へ尋參, へ年頃, へ引取置候處九助, へ御, へ御供申さん, へ悄, へ押入盜, へ泊り, へ添状, へ無心, へ罷り, へ連參, へ遣, へ金子用立呉候樣申參, へ預り候處夫婦, へ騙, まで舞台, もある, も数々, も胸, よし, をされた, をし, をしない, をしなけれ, をしよう, を仰げ, を出立, を学ばなけれ, を少し, を打, を指さし, を替へ, を模倣, を眺, を眺め, を知らず, を考, を胸, を見, を遥拝, を顧みれ, 恋しきもの, 甚だ無人, 痛い足

▼ してか~ (181, 0.0%)

4 かつた 3 あるいは反対, しないでか, ような, ァ 2 あの姉君, うして, へる, やうな, やがて幸山船長, 大抵一人先に, 心の, 時平, 此恨を, 浮んで

1 [145件] あ, あいがって, あか, あっとなった, あるいは江戸, ある一つ, いずれに, う思ひました, お雪ちゃんの, かつたら, かつては, かつてゐた, かつてゐる, かつて居る, からだを, きはじめました, ざっておくにかぎるといいまして金に, しきりと, しきりになめまわし, しきりに降り散っ, しばしも, すずしそう, そう云う, その己, その無き, その香, それともまた滅多, それとも恐怖, それとも満足, それとも無意識的, それは, たこと, だれにも, だんだんと, づきうちふし, とても気まり, ともかく宣伝, どうか, どうかは, ばつて, ひたと主人, へすから, へす袂, へらなかつた猫, へられ三郎さん, へりごと, へりぬ, へりました, へる山, へる山ざくら花, またあざける, またなぜ, またはそれ, または徐々, または骨, まだ籍, まの, みんなその, やがて二人, ように, イエスを, ゴリラを, ソッと, ッか, ポロポロと, 一匹きりな, 一枚の, 三百余種の, 不始末, 世には, 事多く, 二人の, 人類財産を, 今夜は, 他の, 以て, 何だこりゃあ, 余り煽情的な, 作仏せん, 停電でも, 充分落ち着い, 公に, 匁ほど, 又起上り, 古来豆腐の, 呼び捨てに, 国費全体と, 地は, 城を, 大分空席が, 大阪京都神戸を, 奇麗に, 妙に, 子供も, 寄って, 小鳥は, 幸い私, 後に, 後れて, 忘れ得べき, 急には, 怪しき花火, 意識しない, 或いはまた相国寺, 或いは無意識, 或はや, 或は又, 或は恐れ, 或は道筋, 或ひ, 抑え難い痛々し, 此傘が, 死刑を, 残りの, 母は, 江戸へ, 泰軒も, 海人は, 涙を, 溜息を, 火星兵団の, 理想的な, 白き児熊, 目だけで, 知らずしかく, 神経質そうに, 福岡に, 竜之, 繩先を, 聞えつら, 聞かば, 聞きも, 脱け, 蘇りけむ, 見ぬもの, 言趣け, 誰も, 越えら, 遁るべき, 釣鐘は, 関流の, 面倒臭そう, 顔だち, 飛込む勢, 食いつづけて

▼ し~ (181, 0.0%)

9 ござります 5 あつた, 其から 4 ござりました 2 あらう, ござりましょう, せう, たくさんだ, 何の, 忙しいとさ

1 [146件] あの人, あらせられながら, いた, いただこうという, いたナイフ, いつかそれには, いぼた白い, いらつし, いるの, いる親切, いろりの, うつぎ, えこと, おもい出したが, おんなじよう, お聞きください, お買上げ, かいて, かすること, かつぎあげるといった, からを, かれら, くわえて, こうなった, ここへ, このたる, こののち, こぶし, こんなに青く, ござりましたら, ござりまする, さへ, ずいぶん厳しかっ, せうわい, せつせ, そうさせ, その男, それとなく御, それには, たくさん好きな, だんだんに, ちょうど釘, ちょっと下, つついても, どうしてこれから去んで寝られ, どうして去んで寝られ, どこかしらに, へやの, もう駄目, もてなして, やはり自分たち学生, よい, よいわけ, よく飽きない, ゐるの, アヒルの, エリザベートを, コオフィを, サ, ニールスの, プロレタリア婦人の, 一度呪咀, 一本づつ附きました, 三億円ばかり, 三条公と, 上京した, 主人が, 人が, 仕掛の, 何でも, 何ともなりません, 何を, 俺とこまで, 働いて, 僕より, 元の, 八千五百石を, 助命し, 勘当が, 又あの世, 取り寄せて, 受け留めるその, 名は, 名古屋が, 味を, 嘗て将軍家, 嫉んだり, 宜しいの, 実は塵埃, 寝るので, 小包の, 屁理窟ばかり, 平次が, 店の, 建てたら後, 御在, 悲劇がり, 感動した, 手の, 扱きふるい, 拾つたのだらう, 支えの, 文章博士などを, 料紙硯の, 暮して, 書いては, 本物は, 歯は, 残飯の, 気絶する, 泣き笑いにでも, 泣出す, 浮き上る, 火桶の, 烙いた, 犒ひ, 獨り, 珍しいね, 皆見えます, 眼を, 瞞着し, 私の, 私は, 種々に, 突き通す, 紐や, 結ひ垂れ, 結構です, 縫ひ, 老子の, 胸を, 船の, 花の, 見付か, 親代わりに, 訪ねて, 謠つてはつきりと, 迎えの, 通して, 間に, 階段の, 雪の, 面喰らつてゐる, 飛鳥の, 馬琴に, 馬鳴

▼ ししかも~ (179, 0.0%)

4 それが, それらの, それを 3 これを, それは 2 これに, その女, 自身は

1 [155件] あの芸術的香気, ある場合, あんなふうに使用, いかなる価格, いちばんじょうずに, およそありうる, かくまで, かなり目に, このこと, この二種, この問題, この比率, この流行, この異本, これが, これは, これほど, ごく熱烈, しばしば田沼, すべての, そこから, そこでしか, そこに, そのうち, そのお, その仲間たち, その価値, その停止, その努力, その場合, その子孫, その官展, その当, その後も, その微量, その所々, その搗き, その概念, その満足, その現実, その病気, その発明, その私的, その美しい, その製品, その論説, その間に, それで, たいていは, どし, どれ一つとして, なおそれ, みずからそれを, やや特別, われわれの, アラビアン・ナイトを, サンタ・カタルヘナ号が, ソヴェト同盟における, プログラムには, ワーナー博士と, 一緒に, 一般国民生活に, 世界に, 両者は, 五十余日に, 人殺しの, 今や落魄, 他人の, 他国が, 何一つ返報, 全身的に, 其中途で, 内外貨物に対する, 再び密貿易商, 判決を以て, 協会一味の, 同時に他方一致, 同等の, 周囲の, 哀しき肉身交歡, 囚人よりも, 国民全体の, 国民大衆の, 地球上で, 墜落し, 外来の, 多くは, 多数の, 大多數, 大抵間違い, 大部分, 女として, 妾という, 実の, 将軍家の, 尚宿命, 常に不名誉, 常に穀物, 弾丸は, 当時の, 彼らの, 彼らを, 彼等は, 後者の, 後醍醐よりも, 性欲を, 愛慕する, 或る, 所も, 扶助料を, 批判の, 新しいもの, 日光の, 日本古来よりの, 時々バルザック, 更に矢継早, 最近どんなに, 本性を, 根本は, 根本を, 桶にても, 歓喜し, 殆どすべて, 水色に, 決戦戦争の, 洗面器に, 演劇の, 猫の, 現実の, 現実的な, 生活は, 相提携, 租税によって, 突然の, 立派に, 聴取の, 肝腎な, 背後に, 脚本に, 腹の, 自らの, 自分自身をも, 自己の, 自然の, 芸術品として, 複雑な, 西洋の, 誤訳され, 財産所有者を, 踊りと, 身を, 軌道の, 軍隊に, 軽べつしつ, 面白い

▼ し乍ら~ (179, 0.0%)

3 歩いて, 飛んで

2 [13件] それからそれ, ふらふら近づい, も思はず, も職務, も頭, やつて來, 其の日, 出て, 待つて, 歩いた, 狡さ, 近づいて, 長い廊下

1 [147件] あざけるよう, あの娘, いかつい調子, いさぎよく自分, お月樣, お藤, かえった次第, こらえて, こわごわ始め, こんな事, さう, さっさと中, しかし眼, しきりにガメ, その手, それでも合の手澤山, それでも声, それでも心, それでも逆らわず, それでも遠く, たびたび自分, ついと擦れ, でもそれぐらゐのことはわかるよ, なお麻川氏, のそのそと, ふらふらと, ぽかんとし, ます, むす子, もう足駄, もこの, もつそり突立つて, もなか, も五六間路地, も亦, も何, も何ん, も何遍, も其手, も内心尠, も只管失業地獄, も可愛, も園田氏, も変, も女中頭, も好奇, も妙, も平次, も度々, も忙し, も思ひ定めた, も我慢, も戸, も時機, も最後, も未だ, も漸く, も煙草, も私, も聲, も落ちつい, も赤面, や, やはり私, ゆっくりと, コツコツと, ビクビク生き, 不覺, 両腕, 云った, 低い聲, 何かと葬, 何となく官臭, 入つて, 入つて來, 冷かしますと, 冷たい酒, 凡そ尤, 又し, 古い演藝画報, 同時に祈らるる, 呟くの, 堅い帽子, 実際に, 寝足りた感じ, 少しずつ, 尚了解, 常に諸, 廻って, 待って, 御亭主是, 心からと, 心細い植木, 思い出しよくもまあ, 思ひ切つた樣子, 悪びれた色, 態とその, 慌てて, 探して, 時々淋しさうな悲し, 暫く其, 書かない, 来る間, 果してそれ, 歩き出そう, 歩く, 歩くので, 死ぬの, 泣き出した, 漸くこれ, 漸くこれ丈, 漸く表, 猶暫らく歔欷, 申して, 眺めた, 眺めるので, 立ちつくした, 立ち上りかけた, 立つて, 答えます, 絶えず絶えず壓迫, 続いて, 考へるよ, 聴いて, 育つた, 若い男, 行く子ども, 見て, 解き切れなかつた幾つ, 話し上手, 話すの, 読んだり, 質しますと, 身じろぎも, 近いた, 近づき合ったという, 近寄って, 這い出ると, 這入って, 通ると, 長いこと, 長い間宗兵衞親子, 開き直, 降りて, 頻りに目まぐるしい, 食ったこれ, 駈廻った

▼ し易い~ (174, 0.0%)

4 のは, ものだ, ものである 3 からである, ことを, もので, ものは

2 [18件] からといふ, と云, と云う, なめ跡が, ので, のである, のです, ように, 個所です, 傾向の, 変化し, 年若い, 心を, 性質を, 或る, 様に, 訣だ, 變化し

1 [114件] からです, からといっ, からにもよる, から精忠無二, かを考えた, か観, がネチネチ, が安楽, が甥, が第, が誤訳, が貧民, けれども其の, ことが, ことで, ことである, ことに, ことは, せいも, せっかちな, そうで, ために, であらう, という, ということ, というもの, という点, といふ事, といふ程度, といふ諸, ところ, ところで, ところも, とはどう, とはどういう, とは云, とは考えられません, と云っ, と思はれる, と言, なぞいう, に拘らず, のか, のかも, のが, のでよく, ので机掛, のに, また荷電, ものだって, ものらしい, ものを, もの障壁を, ような, んです, フレーズに, 事で, 互に認容, 人は, 人相に, 人間だ, 人間の, 仇名は, 他人同士の, 佃を, 位置に, 例を, 傾きが, 傾向に, 処が, 商売である, 場合が, 夕の, 天然の, 婦人の, 形で, 彼は, 性格は, 性質は, 悪霊を, 意識的虚偽では, 掟が, 数字である, 文脈と, 時だ, 時期に, 書物では, 末流の, 本である, 様な, 気が, 気さへ, 為です, 爲に, 父です, 物で, 犯罪の, 状態に, 生活環境それに, 痲酔剤が, 癖が, 神經質な, 福岡県下の, 私の, 立場に, 素振りは, 老人は, 考へは, 自分の, 語で, 警官特有の, 間は, 音楽院の, 麦飯を

▼ しごと~ (172, 0.0%)

9 をし 5 をする 4 をした 3 ができない, にかかる 2 いっても, さ, であった, です, ではない, にかかりました, にかかるまえ, の上, はどこ, をやっ

1 [128件] いうもの, いうやつ, かということ, がおしまい, がすめ, がつい, ができなくなり, がない, がはかどらない, がひとつ, が一応, が中絶, が企てられる, が始められる, が支那人の, が考えられる, が見つかりました, じゃあない, だ, だおもしろ, だけでも自分, だぞ, だったから, だと, だ曽我十兵衛, で, でありました, である戦い, であろう, ですね, でなければ, ではこの, ではじめ, ではな, でもあった, で生活費, として上, として国民, として天皇, として日本, として神, として行われた, と彼ら, と戦国, と明らか, なので, にいそしみました, においていかに, にかかろう, にさく, についてのいわば, にでかけました, にとりかかれなかった, になっ, になる, にばかりかかっ, にふるさと, にもそこ, にも出, に伴っ, に夢中, に子, に熱中, に追いつかいました, に首, のあいだ, のし, のため, のほう, の半分, の後片付, の手つだい, の早い, の結果, はあらず, はさせず, はすんだ, はち, はできなかった, はぼく, はもう, は十二刻, は十分, は学界, は学術的研究, は思ふまじ, は戦争, は明日, は西洋, もいつしか, もすんだ, もふえる, もまあ, も啼き, も探偵, や胸, を, をあの, をかたづけ, をきちんと, をさせ, をさせよう, をしあげ, をしあげなけれ, をします, をしよう, をちゃんと, をつづけ, をつづけました, をなさっ, をなん, をはげんだ, をはじめた, をはじめて, を一月, を出す, を初めました, を引きうけた, を思い出しました, を怠っ, を手つだっ, を皇室みずから, を築き上げた, 愛しきに, 数え挙げれば, 特にヨウロッパ, 特に学問, 縺れ入

▼ しには~ (171, 0.0%)

10 非ず 5 あらずやと 4 あらず, あらねど 3 あらざるか, あらずや, 何時でも, 技倆が 2 あらずして, あらずやなど, いって, 似で, 四まで, 相違なく, 舌を, 非ざる, 非る

1 [118件] あくらつ, あのため息, あらざりき, あらざりけるも, あらざりし, あらざりしが, あらざるべし, あらざるも, あらざる歟, あらざれども, あらじ, あらずその, あらずむしろ, あらずやとの, あらずやとわれと, あらず官吏, あらず強いて, あらず誠心, あらで唐桟縞, あらで始終, あるべからず, あるべからずこ, あれを, いちども, いってきや, いってるん, いつも老いたる, いろいろ話したい, お兄樣, お情ない, かなうまい, この上, さいつ, その実相, その身寄り, それが, たんと恨み, ちと分別, どうして豊竹屋, ならない, なりません, なるの, なんとなく里虹, また将軍家, まだもう一人, もう若, もっと大事そう, よい嫁女, よくわからない, フエデリゴの, モルヒネの, 一と, 三法師君ある, 乗りません, 二三, 二陳湯など, 京都の, 今月に, 何とも無き, 候はず何卒, 僕自身が, 八月に, 出来ますまい, 分らんが, 剣の, 動詞の, 勝太郎ひとり, 千鈞の, 及ぶべくも, 受け身な, 合点が, 吾鐵拳を, 呑こめませぬ, 商人の, 善い見せしめ, 地味過ぎ, 少しばかり, 少し身寄, 常に朱柄, 年を, 座客氣付きぬれ, 彼は, 後を, 御遠慮, 必ず何, 怎麼なる, 思えぬこと, 成りますまいが, 持って, 明るい部屋, 明日から, 昔ある, 時々中国訛り, 時々食う, 来なかった, 楽しい思ひ, 武蔵を, 気の毒な, 無用と, 生れながらの, 異なる島田髷, 疑無, 相違なき, 相違なし, 種々樣子有ども夫, 答えずして, 続々と, 聢と, 襁褓の, 見当が, 解りません親, 道楽という, 非ざる乎, 非ずして, 非ずや, 非常に, 驚きました, 鬼は

▼ し~ (166, 0.0%)

11 てその 5 て今日, て其の 3 て吾が, て第

2 [24件] て世人, て伊藤侯, て兩者, て其醇分, て内閣開放, て国家, て國家, て天, て子, て完全, て市, て彼, て徐ろ, て愛蘭, て政局, て星氏, て濫費, て神威, て能, て自ら, て自己, て財政上他日, て離, て頗る

1 [91件] って再審, って当時被告支倉, てあまねく, てこれら篤志家各位, てヨブ, て一大凱旋祝賀会, て一種, て万事, て世界, て久しく, て人, て人民, て他年報国, て以前, て余, て僅, て先帝, て光明, て共存共榮, て其元氣, て其力, て其意, て列国, て勤王軍, て卿等, て叙情詩人, て君側, て因果, て因果応報有為転変, て国防, て多数, て大官, て夫, て奢侈贅沢, て婦人, て安逸, て官兵, て実験, て家屋, て将, て小説, て局面打破, て山, て幸福円満欠, て廿四聖舊約, て快, て悪気, て操舟, て新, て暴徒, て東亜民族, て東亞民族, て東海, て極東, て欧洲近世美術, て歐西文明, て此, て此列, て此變移, て死生, て民人, て民党, て民黨, て治, て注意, て海上, て漸く, て痛切, て百里, て皇室, て真実, て社中, て祖国, て福音伝道, て立憲政治, て聞かざる, て腐敗, て臣民, て自ら知るべ, て自由党, て自由黨, て苦, て萬全, て観る, て語原, て読書界, て読者, て速やか, て階級闘争, て韓国, て韓國

▼ し~ (166, 0.0%)

6 なれば 3 が, のうさ, の廻り, も心, を投げ, を目鼻, を軽く 2 なるを, につけ, にも猶, の苦悩, は, は大方, もせき, を

1 [123件] がこういう, が今日, が何, が何ぞ, が千種木綿, が我, さえ危うく, じゃ, であるだけに, とし, とはいえ, とは夢にも, ながら法, ならずや, なるもの, なればか, にぞ染む, につく, につけた, につけね, にて一宿, にて老い, にはいと, には法衣, に余っ, に充ち, に八十六ヶ所, に取, に取犯せる, に御座候, に携帯, に纏, の, のいかで, のこ, のさびしさ, のそ, のはて, のま, の世, の事, の今, の今日, の今更, の何と, の冷, の名倉, の夢, の天晴功名手柄, の如何, の寒, の尋常, の幸, の弊衣, の心, の心惑はる, の思は, の懺悔, の昔, の果, の果て, の江湖, の深, の爰, の特に, の生命, の申し開き, の疵所脊, の知らざる, の行, の衰, の過, の重荷, はづかし, はまさに, は宰相, は戀, は是, は栄達, は臆病神, も, もこよひ, もなほ, も愼, も慎しん, も魂, をあざら, をし, をみす, をもち, をもっ, をやう, をやすめ, をわな, を不幸, を世に, を以て俄, を以て兇器, を以て当らん, を以て此, を前, を厭わず, を坂崎出羽守, を屈げ, を干す, を急, を悶える, を折り, を据え, を水中, を独り愛, を疲らす, を碎い, を碎き, を縮め, を腰元共, を致し, を蜀, を西山, を起しし, を遽, を隠し, を震わし

▼ しがち~ (164, 0.0%)

20 である 16 なもの 10 だった 9 であった 5 であるが, なの 3 だ, な自分, になっ, になる, のもの 2 だが, だったので, です, では, なこと, な人々, な傾向, な悲しい, な瑠璃子

1 [66件] だから, だったその, だつた, だと, であ, であったけれども, であったし, であったろう, であった時代, であつ, でありましたが, であります, であり今日, であり暗示的内容論, であるから, であるけれど, であること, であるといふ, であるにも, でお, ですが, でその, でとかく, で国家百年, で寝付き, で急激, で私, で遠く, ないはれの, なこの, なので, なはにかみとも, なほど, な一二年, な不条理下劣, な中流的環境, な人間, な僕たち, な学者, な小さな, な尚侍, な山寨, な市中一, な庸三, な引つこみ思案, な心, な手, な日, な時, な時代, な晩, な気分, な理由, な男性, な疲れ, な神経, な私, な芸術, になった, になりました, になります, に同級生, に夜, のよう, の学者, の電車

▼ してまで~ (162, 0.0%)

2 少しでも, 描かねば, 機械を, 私は, 自分の, 莫大な

1 [150件] あたしを, あなたに, おとなしくし, おれから, お金を, かかる奢侈, ここへ, この一篇, この地, そういう女, そのどっち, そのよう, そのダイヤモンド, その幼, その生き, その生存, その行方, それに, そんなに学問, たいてい食べます, まかり出た杉浦, まだあんなに毎日入り, まともな, もと松永夫人は, やりくりし, よく彼ら, わたしを, インテリを, フナを, 一家の, 一途に, 丁寧心切を, 不成功, 不気味な, 主人の, 争わなければ, 人を, 他所の, 会わせず会わせる者, 体裁を, 何で戦わなけれ, 何も, 何を, 侮辱を, 働いて, 光ちゃんの, 克明に, 入つて來よう, 出しや, 前進すべき, 勝つた気持, 十分な, 君の, 喧嘩を, 営養を, 埋もれた過去, 堪えて, 大事に, 太り自分, 妻女の, 子を, 子供の, 存在を, 学問に, 学校へ, 学校を, 學校へ, 守って, 守る彼等, 客を, 寝て, 小児の, 小生は, 山々の, 岡っ引きたる, 岩濱老人を, 帝劇へ, 師範を, 弟の, 後家に, 押通そうと, 整えねば, 敵に, 旅行し, 時江に, 暗示しなけれ, 杉田二等水兵を, 来て, 東京へ, 果そうと, 楽しみに, 正規の, 此の, 残って, 水を, 水瓜を, 洋服や, 深雪の, 源氏に, 溜めたよう, 無理に, 照子を, 現代に, 生きたくは, 甲府を, 真実感を, 砂を, 私たちに, 私の, 私を, 米田教授を, 絵を, 総理大臣として, 老大国, 自我を, 良人を, 若い女, 苺な, 葉子の, 虎の, 虚位虚名を, 蝦の, 行かなくても, 見せて, 親分に, 言葉の, 詫びせよとは, 話して, 読んで, 調子を, 調達しなけれ, 讀みふけつて, 貸家を, 身を, 通ふ, 通俗化されなけれ, 道を, 道路を, 遠い山, 郷里へ, 金を, 金森家の, 釣を, 隠して, 音楽会に, 風呂へ, 飛込んで, 食べなくとも, 高柳君を, 黙々と会社

▼ し難き~ (162, 0.0%)

5 に非

2 [16件] ことには, ことを, にあらず, ほどのもの, ものあり, ものあれ, ものと, ものに, もの靴中の, を知る, 二大, 儼然たる, 危激な, 問題である, 衝動を, 道化た

1 [125件] いわゆる真, が如く, が如く見える, ここの, こと, ことあり, ことで, ことであろう, ことに, ことは, その罹災, ところ, ところある, ところである, ところでは, ところなき, ところなりき, ところの, ところ多き, ところ多く, なり, にも非, に之, に在り, に心づき, に至つたの, の観, はわが, は單, は宗教的嗅味, は立法者, は諸戸道雄, ほど大, ほど現在, もの, ものが, ものである, ものでなかろう, ものなり, ものなる, ものなれ, ものにこそ, ものにな, ものの, ものは, ももとより当然, もやや, も両, も天女, も実際, も思う, ゆえんの, を以て一先づ, を慙ぢ, を知り, を知るべしである, を示せる, を自, を行, ダンテの, 一大事起れり, 不忠不義です, 世に, 事, 事二三あれ, 事実は, 事實は, 事情ある, 事柄が, 人物を, 人間である, 分ならずや, 印象を, 喜びであるであらう, 困迷, 場合も, 多くの, 大失策, 奴なれ, 存在である, 小事件, 幾多の, 彼の, 恐れあれども, 悪戯は, 感情の, 憂ひを, 憤怒を, 憾みあり, 我空想は, 或る, 所である, 所なり, 所も, 拘泥を, 文意の, 昂奮に, 時は, 有様である, 極端と, 歓喜を, 法則により, 海の, 混亂に, 滿足を, 点において, 点或は, 異彩を, 異臭が, 痛手を, 発達には, 移動によって, 程の, 程類似せる, 統一を, 色彩の, 觀念の, 説である, 迄に衰弱, 遺恨が, 遺恨天才に対する, 障壁の, 静けさ, 顏色に, 饌に

▼ しとき~ (161, 0.0%)

4 なよ, のこと

2 [12件] いづくに, に彼, の眼, は大臣, は姫, は常, は目, まつさ, まひょう, もまた, よると, わが目

1 [129件] あの善右衞門方, ありき山, ある人, いろいろの, かの魂, かれこれ悶着, けり, この女, この法, この物, この者後, したが, しばしば海辺, すでにその, そのうた, その人, その地, その戸, その母, その燃, その説明, その頃, としては潸然目, な, ながらそんな, ながら其方, なさる, ならば, なり, なれば, に, にあり, にきたる, にくる, にこの, にその, には人, にも同所, にダルガス一人, に及ばじ, に向こう, に汽車, に珍しい, に精神, に聞いた, に限れ, ねえよ, のうれし, のみに当たり, のエリシトネ, のセーメレ, の二人, の像, の全盛, の夢, の如く, の旧作, の有様, の樣, の温かき, の迷信, の面影, はすでに, はむら焼け, はら, はわれ逍遙子, はダンテ軍人, はドメニカ, はパリス, は三十九, は人皆物, は其, は半夜, は君, は喝采, は夕刻, は心, は忽, は忽ち, は日, は母上我枕, は毎, は湖水, は生, は相沢, は相澤, は終に, ほどに強から, まず便所, ませう五円位, もてる銭, も其門前, も命, も火光, も若, も親類, やいい, や首, よりあやしく, よりも前, よりも古く, より大, より怪しく, より身, わがうち, わが前, わが導者我, わが涙彼等, わが淑女, をぢ, 何といひし, 再びわが, 叫びて, 同邸, 寫しつる畫, 屡, 忽ち羽つき, 忽ち飛報, 恐るべき人物, 或人, 或日憤怒, 死に臨めるピラーモ, 痩せたる小男, 登れる星, 第一, 給え, 給えと, 聞きしところ, 認め得たり

▼ しところ~ (161, 0.0%)

15 なり 14 のもの 4 にし 2 からその, なりといふ, なれば, にあらず, によれ, へ野猪, を見る

1 [114件] この物語, この荒廃, さしたる好, その大き, その詩, で, である, でここ, というべき, といふ, と伝えられる, と毫も, と聞きし, なく受けたる, ならむ, ならん, なりけれ, なりこの, なりしばらく, なりしを, なりという, なりといえ, なりとぞ, なるされば, なるに, なるべきか, なるべし, なれども, に, にあらざる, にある, にいたれる, にいま, にいまなほ骨, にてさらに, にては美しき, にてもすべて, にてアルバ, にて左右両側, にて百両包, にて秩父, にと, にやあらん, にようやく, によっては山, によるにその, にゐ, に反せし, に就い, に就き, に往き, に故, に歌, に歸着, に漸く, に目, に立てり, に莟, に足跡, に非, に顧み, に黴, のあと, のかの, の一歌謠, の全く, の如し, の岳, の王達善, の相, の盾銀, の道, はいたく, はことごと, はたそ, ははなはだわずか, はトレント, は寺院, は明, は皆, は都門, へきわめて, へ計らず, へ長吉帰り, またこの, もはや検死相済み, より仁王門, より各戸, をげに, をも詞章, を三人, を他方, を告げし, を折井刑事, を改めし, を此二書, を王, を理解, を絡, を綜合, を見, を見れ, を言, を語り, 今に駒鳴峠, 労わんとは, 後ブオンデルモンティ, 惜しくも松江, 我が新, 爾今, 爾今諸, 蓋し之, 行きたくば, 見届けたればこそ

▼ し~ (161, 0.0%)

5 の一人 4 のもの, の多く, の或, の者, の部分, 國と 3 の一方 2 の一隻, の二人, の人, の人々, の元老政治家

1 [119件] から医者, から歯がゆい, から特殊的待遇, が來つて研究, と比べ, と盛り合わせ, にはタクミ, にも一, にも一二ヵ所血, にも相愛, によりすがる, に会食者, に働き手, に十人, に向けず, に多少, に心, に愛せ, に楽, に瑞西, のある, のどの, のは, のもっと, の一つ, の一個, の一般的費用, の一部, の一部分, の一面, の不規則, の九, の二つ, の二女神, の二段, の仮定, の会員, の作家, の八名, の内閣員, の凡て, の十一軒, の取る, の同行, の商品, の地方, の場面, の外国人, の天稟, の奉公人, の宗教者, の客, の密航者, の居室, の島々, の影響, の意味, の收, の文書, の方, の方法, の日, の普通犯罪, の暗黒, の更に, の村, の核, の民族, の浅い, の物, の獣類, の町, の種類, の窃盗, の端, の競争, の絵馬, の船, の若干量, の落伍者仲間, の要素, の言論主張, の部分的曲線, の醜, の金持, の風葬, の馬匹, はいや, はそれ, はみな, は凡て, は動, は却下, は安全, は左, は平兼盛, は皆, は神秘, は私立小学校, は自己, は西両国, は雲煙模糊, へ及ぼす, をその, をまちがい, を忘れる, を捨象, を排し, を救い得ず, を氏人, を益する, を緯, を自己, 一倍喧嘩を, 世を, 國に, 日余に, 物体に, 種族ある

▼ し~ (159, 0.0%)

11 なり 4 にし, の如し 3 なりき 2 と伝, なるが, にやあらん, により, に早く, のもの, の名

1 [123件] あり, がそれなり, が人面, が持參金衣類道具等, その詩, だな, であって, であります, である, という, と蓋し, と見え, と見る, と豪信, なし, なりけり, なりと, なりとぞ, なりと雖ども, なり何卒, なるべきか, なるを以て, にぞ寐, にて在所, にはいずれ, には起る, にぴかりと, によれ, に三つ, に今, に依れ, に係る, に候, に値せず, に合, に同, に図らず, に天道, に左側, に従って之, に猿島河原, に男女, に異ならず, に真柄十郎左衛門, に言語, に負, に長尾, のこと, のもの総て, の上, の中華, の句, の天, の巖頭, の敬虔摯実, の景, の武, の法, の真理, の石橋, の福音, の美, の處, の造幣局, はなお, はなかりし, はなき, はもはら, は何と, は余, は候はず, は即ち, は合せ, は國家, は堅い, は外国, は後, は成るべく, は皆, は鎌倉以来, へ三郎兵衞右, へ上様, へ九助, へ別荘, へ宛, へ平兵衞來, へ後藤半四郎, へ蛇, へ行き, まで帰り, まで懷疑説, もほど近く, も三十一文字, も無し, より欺き取し, より筆, より跳, をのべ, をや見し成ん, を以て亡者, を以て常世国, を取り扱える, を名づけ, を根小屋, を異に, を糺さるべし, を紹介, を見る, を見れ, を言い, を記憶, を詮鑿有, 全く意趣有, 又, 如何なる仔細, 如何樣, 少しく眼, 彌, 或日俄雨, 替である, 生れし世, 終に包み, 遂に姙娠

▼ しよう~ (158, 0.0%)

30 もない 4 もなく, も知れない 3 にもできない, にも相手, のない, も知れぬ 2 がない, なり, にもこれ, にも喉, にも気力, にも灌漑

1 [96件] がありますまい, がありません, がな, では, で動く能わず, などと姦策, なる叫び声, なる風情, に, にいつ, におぼろ, にて森, になりぬ, には勢い, にほっと, にほとほと, にも, にもあまりに, にもうごく, にもお金, にもこう, にもこりゃ, にもしまいに, にもする, にもそれ, にもそれほど, にもそんな, にもところ, にもど, にもまだ, にももう, にもやり, にも乃至, にも二人, にも今や, にも個人的, にも全然, にも出来なかった, にも出来ません, にも古代, にも合理的, にも否定, にも唐ぶり, にも声, にも家, にも寝られぬ, にも手がかり, にも教育, にも方法, にも早婚, にも種, にも精神, にも聲, にも肝腎, にも自分自身, にも自動車, にも落ちつかぬ, にも裾, にも見透し, にも説明, にも道具, にも錨, にも関係, にも隣, にも頭, にわれ, に便り, に候, に助ける, に感じ, に田沼, に考えられた, に見, に覚えぬ, に覚ゆ, に記憶, のなくなった, の方法, の記憶, はありますまい, はある, はない, はなかっ, はなかろう, もあろう, もしれぬ, もな, もない浅ましい, もなかっ, もなくひどく, も出来ないで, も思わない, も無く, も知れますまい, も至極, 覚えるすら

▼ し~ (157, 0.0%)

4 の事 3 の, は手打, は早 2 たまたま芝霊廟, には似, はこの, よりの事

1 [136件] いまだ近藤, かと覚え, からその, かれら, こそ, この瘤, そして懐しい, だけに許される, であった, ですからな, で町家, といふわけ, とは別, と覚ゆ, なつかしみ朝顔, なら光栄, なりき, なりしかるに, なるべし, にて甲板, にて福田, にははや, には判事, には堪えかね, には家名, には巖谷撫象氏, には市中, には恐らく, には文壇売名, には椋, には用, には病, には芝居, には酒, には鐵道馬車, にも幸, にやありけん, に小橋, に泣き込ん, に為せる, のお, のこと思返, のタワゴト, のニヂンスキー, のワグナー, の人々, の人たち, の写真, の勢, の卜者, の大, の如く筆, の心, の思い出ばなし, の恋人, の手記, の文字, の日本人, の旧知今, の昔語り, の書, の比露子夫人, の物語り, の肉聲, はいか, はうつくしく, はかく, はまた, はもう, はロシア人, はヴェルレエヌ風, は僅, は全国, は其路, は力, は午後十一時, は名主役, は國家老, は執筆, は夏, は夕申刻, は夜, は夜明け, は好い, は寂然, は既に, は最早, は未だ, は海水, は特に, は目, は稍戌, は船中, は護國寺, は身体, は車夫, は透谷, は雪, ふとわれ, ほうほう, ほひさ, ほひ今宵ハ, までに附, もなつかしゅう, も打続き, も淫樂安逸, よく用, より, よりぞ目見闇, よりの知己, よりわが身, よりアントニオ, より二十年あまり, より再び, より参詣, より名誉, より後, より新国, より行, より見覚えつ, を, を黄金時代, 大いなる試, 娶りしもの, 実に心路, 常樂院申, 度々渠, 或人, 既に仏法盛, 深君恩, 漸く人心地, 絶えず用, 美しきチプリーニア, 聞しに, 見知りたり, 諸鳥

▼ しある~ (156, 0.0%)

24 者は 17 ひは 15 ものは 11 時は 5 ときは 4 意味では 3 ものを, 人々は 2 いて, ことを, 人は, 意味で

1 [66件] お大名, がま, きて, ところには, ところ米倉山に, なり唐には, なれば, んだ, ブリツキ盤に, 一方面から, 事ない, 交換者においては, 人々に, 人が, 人みな浮雲の, 人当時有名な, 作家は, 個々の, 側の, 六人の, 場合においては, 場合には, 外国からの, 夜私の, 夜良人である, 大学の, 婦人達は, 家では, 建具は, 思想に, 意味において, 感情の, 成功を, 所に, 故少々, 方向に, 日たまりかね, 日彼は, 春の, 時なんどは, 時には, 時代には, 時点における, 標準に, 波多野晋平に, 点で, 由なれ, 異国人と, 神と, 組は, 美を, 者においては, 者を, 膚はに, 茶店の, 評家は, 財宝で, 貧しい人々, 軍事学者は, 通りである, 通りアイテル博士の, 部分は, 門を, 間学問を, 間隔を, 黒焼きを

▼ し~ (156, 0.0%)

4 をし 3 なり今 2 なり, なれども, にし, にしてやる, につき, に似る, の形, は, を作る, を書く

1 [129件] あらば, ありいと, あり我等, あるにより, か其, か容易, か蔵払い物, がありました, がきまる, がたりせり, が流れ, が見たけりゃ, こそその, すべきなり, だ, だつたの, であるが, ですよ, でもした, という言葉, といふの, とさ, として存在, とのみ信じ, とも思はず, と交, ながら怒, なり又, なり幼年, なる可, なれど, なれない様子, なれば, におびえた, にかけられた, についても一応, にて当店, にて黒く濃く, にはあらじ, にふれ動かず, にも馴れ, にや頻りに, によっては笛, によつて役, に接し, に接する, に目, に縄抜け, に繩拔けが, のあはれ, のこと, のさ, のた, の一つ, の世迷言, の優し, の制, の動く, の変じ, の如し, の寄る, の意図, の此文, の由, の當處, の的, の秩序, の稽古中, の選択, はことごとく, はなき, はもちろん, はイプセン作, はロスタン, は一本立, は一番目, は二つ, は二つながら, は宇宙, は実は, は歌舞伎物, は殆ど, は液体, は漢, は眞, は笑, は里見, もあれこれ, も却, も面白く, よりも尚, より脱, をうく, をおっつけられ, をお作り, をこきおろした, をしなけれ, をする, をつくっ, をめちや, をも併せ, をよく, を云わない, を代る代る, を取, を取去られし, を口惜しき, を善く, を喫し, を失, を奪う, を引受け, を持, を知らねえ, を神自身, を見せられる, を見るべく, を視, を読んだ, を軽々しく, を遣っ, を食し, 及び貴重, 固い, 成んと, 我が心血, 数多ありし, 有り, 足らぬ気

▼ し同時に~ (153, 0.0%)

3 天皇を, 自分の 2 またここ, また父, 彼女が, 意義を, 深く結婚式

1 [137件] あの勲章, あらあらしい足音, いい加減に, いたんだ箇所, いとわしかった, いない筈, からっ, これらに対する, これを, そういうやむを得ない, そのこと, その国, その帯革, その幼い, その方法, その根, その知識社会学, その総和, その言語, それが, それは, それを, たとへ, またそういう, またクスリ, また同様, また昔, また科学, また詩, わが陣営内, われわれ働く, フランス劇紹介者として, リアリズムを, 一つ一つの, 一方僕, 一族郎党を, 万三郎は, 世界を, 之からの, 之に, 之は, 二人の, 人員の, 今日の, 作の, 作者自身の, 保と, 俺の, 僕は, 全軍, 共産主義に, 其生命を, 出生の, 出生記録簿における, 出稼ぎ人としての, 又両者, 又二つ, 又結論, 又飽くまでも, 各國, 各地の, 唯物論の, 団結を, 国の, 地方の, 地震計の, 大寺をも, 如何なる者, 婦人美の, 実はそっと, 家督相続の, 家臣董和の, 山王町に, 市民は, 年号も, 幸運と, 張飛には, 形と, 形態を, 彼らの, 待ち望んで, 我が生涯, 戒めますあんた, 或いはそれ, 打出す十二珊砲, 支那に, 文学的生長の, 文學的創作に, 新開墾地, 日本の, 旧主韓玄の, 普通の, 木鐸たる, 本紙が, 業を, 楳嶺氏は, 概念化し, 機体が, 注目すべき, 流れて, 無智, 生の, 発展せしめる, 私は, 秋川の, 科学的価値が, 空間が, 筋や, 経済状態の, 翻訳は, 考えられねば, 自分が, 自分は, 自由廃業の, 良人に, 表象の, 装飾を, 見聞を, 諸人の, 豆畑の, 踊に, 軍司令部と, 近代小説の, 追撃し, 部落そのものを, 酸素を, 醒覚する, 量の, 闘牛は, 阿部伊勢守を, 階級の, 隠れたこの, 難に, 青年団の, 首里の, 魏軍が, 鯰の

▼ し其の~ (151, 0.0%)

4 様な

2 [11件] 世に, 宣言及綱領を, 居に, 方は, 旗幟甚だ, 服を, 秩序を, 結果として, 翌日は, 運動を, 間に

1 [125件] うちに, ま, まま取り落した, 一変し, 一是及び, 一瓶の, 一端を, 上ならず, 上此方の, 下唇, 下部より, 中から, 中でも, 主力艦は, 事件の, 人おも, 人の, 他の, 他世界中, 他部内, 以後は, 会員を, 余をば, 余瀾は, 保証の, 傍ら己の, 働きが, 儘意識を, 光を, 出師の, 劇としての, 力で, 古への, 名稱, 國も, 地中尾と, 場で, 場合にも, 境に, 声と, 外より, 外鯣を, 夜わが, 夜丑滿の, 奉行を以て, 女は, 婦人を, 學は, 宏壯な, 實際の, 少數者, 局を, 張る氣, 影響が, 後も, 後大殿お, 御説, 恐ろしい強い張る, 感覺力は, 政友会を, 政友會を, 教に, 教法に, 新らしい, 方に, 日さへ, 日に, 日日曜にて, 時分の, 時分玉蜀黍説には, 書斎の, 會員を, 本能の, 植ゑられたる福は, 極端なる, 機をのみ, 武力が, 歳の, 死骸の, 死骸は, 氣懸は, 法律の, 清貴の, 滿足の, 点で, 為に, 爲に, 理由は, 異同を, 発達し来った, 相手の, 短かい間, 磐は, 神の, 種の, 種子は, 穴から, 立ち去る風, 第二項, 結果を, 絶望の, 罪は, 者余の, 自由を, 良からず, 花の, 若様が, 萬年青なる, 要領を, 親夫に, 言は, 語に, 請求の, 趣ぎに, 辺は, 金を, 鎖は, 閃きの, 間皿小鉢が, 關ヶ原の, 關係状態に, 阿国の, 難を, 静かな, 風に

▼ しから~ (149, 0.0%)

4 である, ば余の 3 ばいかに, ばかの, ばで 2 えるぞ, だうち, ばいよい, ば余は, ば後に, 尠ない, 盛んに, 給仕を

1 [116件] あすこに, あたかも犬猫, あんたさまに, いって, えでも, かなり毛嫌, くしや, くに子は, ここに, ざらし, しむるので, たとうに, つかまえて, つぶして, で別, で巡査, とじて, ねえお, はなれました, ばから, ばの, ば倒るる, ば式, ば所謂, ば館という, ほとんど毎年, ほんまに, またしても, まる十八年, もう野良仕事, ペストの, 一つの, 一円紙幣を, 一時たまっ, 七年の, 二三通の, 五圓札を, 井伏さんの, 人が, 今日まで, 使って, 例が, 僧堂に, 充分に, 先きのことは, 写生を, 出した杯, 出した紅皿, 出して, 出来るだけの, 十年以上も, 取り出して, 取り次いでも, 名代な, 呉侯へ, 呼び寄せて, 夜店などを, 妙な, 婦人に, 子供の, 小さな品物, 小鐘, 後家を, 御話, 心の, 恰も犬猫, 手帳の, 手提金庫を, 振われ, 推奨した, 撃ち殺ろせ, 料理の, 既に先刻, 旦那に, 明るんで, 書簡を, 書面を以て, 本村の, 正規の, 死の, 死んで, 温泉で, 物好きで, 特別に, 猪に, 猪口を, 申しあげますが, 申しませう深山, 男へ, 町の, 白い手, 白紙を, 破って, 粉薬を, 縁起の, 聽診器を, 腕いっぱいに, 腕いつ, 襲撃し, 見つけて, 言ふ, 調理に, 豚の, 財布などを, 転じたお, 転じて, 達して, 野暮な, 長閑である, 限りなく, 院旨を以て, 隣同士に, 頑固な, 養成された, 養蚕期に, 黒である

▼ し~ (148, 0.0%)

12 の如き 4 の如く 2 に於, の時, の様, の点, の目的, の頃, も亦

1 [118件] おほ, が一時, が妙悟, が実際, が後々, が必, が晩年, が歌垣, が置かれ, が言語信仰, だけは一つ, で定論, とてもやはり伝説化, とても単に東国風, とて元々, と同類, には長い, にみる, にもも少し, に一会社, に基因, に採録, に由つて他生, に目標, に至, のお, のおかげ, のまま, のやう, のテルモピレー, のデイレンマ, のボンヤリ体, の一通, の七月號迄毎號, の事, の二術, の人, の兩方, の凸点, の出来事, の別, の問題, の噂, の堀, の塔, の夜, の大, の天下, の如く生活, の室, の小川, の居候, の年, の廟, の必要, の意味, の戦争, の抛, の放下, の政略, の断定, の暗やみ, の書, の有益, の松林, の條, の椅子, の機, の次, の決闘, の法律, の温泉, の爾霊山, の生命, の画像, の研究, の碑, の福, の美人, の習慣, の考, の著書, の言い開き丈, の評議, の金州, の鎌倉, の難関, はわれ, は一度, は今, は又, は唯, は子, は実は, は寧, は平安朝以前, は必, は無理, は物, は現在, は見当違, は速断, ほど危険, ま, も, もどうして, もひこ, より外, れに, れも, をその, をば, を不自然, を以て直ちに, を是, を直に, 高められたる世界, 黒い山影

▼ し~ (147, 0.0%)

16 の夢 7 になる 5 をひとり 3 が明け 2 になっ, に入り, の明ける, の部, は夜, は家, は幾, わが糸

1 [100件] おそくなっ, おそく帰る, かな, からは出揃, がそろそろ, がたりつぐべけれ, が明ける, とある, と朝説教, な, なりしかば, にあり, になつ, になつて, になつて傷, にならない, の, のうち, のこと, のことわざ, のさら, のはか, のほど, のものあら, のものあらわ, のやう, の三時, の事, の傘, の囈語, の宴樂, の影, の彼等両人, の御飯, の明方近く疲睡, の晴れ, の更ける, の水銀灯, の睡眠, の色, の趣, の闇, はおかみさん, はおそく, はこの, はこれ, はその, はまだ, はまろびねの, はよもすがら, はを, はモスク, は七時すぎ, は主, は九時, は人目, は六疊, は出, は十一時, は十時, は又, は夜間高校, は天氣, は定時制高校, は影, は摺粉, は更ける, は樹根岩窟, は満, は相, は碇泊, は翌日, は船艙, は芝居, は読経, は謠, は遅く, は陰靜, は静, は静か, また市街, もありき, もある, もねむれない, も家, も服装, も眠られぬ, も眠れず, も遲くま, や今宵空, よりいづる, を一人, を後, を徹し, を思ひ, を日, を過ぎ, 又会, 暗とは, 更けて

▼ し~ (147, 0.0%)

22 ひは 9 る者, 者は 8 時は 6 る時 5 る人, 人は 4 る意味 3 るもの, る日 2 ときは, ものは, ものを, る夜, る種, 堂内で

1 [61件] い霊異, ところへ, は, はそう, はそれ, はわれと, は之, は云い伝え, は劣れり, は殊更, は溺れる, は秘か, は自ら, は飛びつきたい, るとき, るひと, るひとつ, る一つ, る事件, る事実, る事物, る二つ, る俳句, る刹那, る原子, る問題, る国, る場合, る天分, る妻, る季節, る学者, る店, る日曜日, る時間内, る晩, る条件, る歴史的事件, る水量, る法則, る濃度, る点, る物, る程度, る超絶的, ディシジョンを, 一氣の, 事には, 作家を, 信頼を, 商人の, 家の, 小屋にては, 平凡な, 意味から, 日庄兵衞は, 条件の, 種の, 者地に, 自然は, 階級の

▼ し~ (146, 0.0%)

7 をつたっ 5 がとりつけ, をおり 4 のよう 3 です, をのぼっ 2 がかかっ, のはし, のほう, の上, をおりはじめました, をおりました, をぐんぐん

1 [105件] あれを, うという, があります, がある, がおそろしい, がさがっ, がさげ, がつづい, がなくなっ, がま, がやみ, がギチギチ音, がスルスル, がズッ, が上, が円筒, が立っ, これは, ざりまして, ざんしたす, しご, しっ, だっ, で塔, とべやでカレン, にさっと, にすがりつい, につかまる, にとびつき, にとびつきました, にとりすがった, にとりついた, にはかならず, には細い, にも二三人, に両手, のいちばん下の, のてっぺん, の三分の二ほどを, の下, の金具, はあります, はずっと, はそこ, はどこ, は世界劇場, は五メートル, は小さい, は残した, は窓, は道路, もある, やよぶ, をあがっ, をおりきる, をかけおり, をかけよう, をくだりました, をさげる, をしっ, をするする, をつたいおり, をつなぎあわせ, をとりだし, をのばしなさい, をのぼった, をのぼりきる, をのぼりはじめました, をのぼりました, をふみ, をよう, をよじのぼっ, をトコトコ, を三本, を上, を上がった, を中二階, を二十, を勇敢, を大, を投げ, を持ち出し, を指さしました, を振れる, を機械人間, を渡っ, を渡り, を用意, を知ってる, を組ん, を金色, を駆け下り, 令旨を, 厚志に, 同様当日より, 同行どこまで, 城下に, 安泰の, 座所へ, 心配なさいます, 無事に, 神木として, 自身は, 自身全土の, 養生なさいませ

▼ し~ (146, 0.0%)

13 くない 8 いこと 6 いの 5 いといふ 4 くて 3 いと思つて, くなかつた, くなります

2 [11件] い, いけれど, いとの, いと心, いと思います, いと思う, いと思っ, いと思った, い事, かったの, くなる

1 [79件] いこの, いそっと, いと, いとそれ, いとは, いと云つて, いと希望, いと思, いと思ひまし, いと思ふ, いと思ふなら, いと望ん, いと棟梁, いと申, いと申しまし, いと申込ん, いと私一人, いと苦心, いと言つた, いと言つて, いと願つて, いなあ, いので, いのです, いばつ, いやう, いよ, いような, いんだ, いんだが, いんですが, いド・キュレル, いワ, い一寸, い云, い幸い, い心, い心持, い必死, い念願, い放題, い樣子, い気持, い為, い犯罪, い野心, い鍵, う存じ, かったん, かつたの, かつたわねえ, かつたん, がって, がって仕方, がるの, がる奴, きゃ此処, くそれ, くないだろう, くなかった, くなった, くなつたん, くなりました, くなるだらう, く思, く思う, さ, しと, っても連, とおも, と存ず, と思ふ, と暫し, ないとおも, れ, を失ひました, を敗, 是非御, 測すること

▼ しやがて~ (145, 0.0%)

5 ふり向いて 2 この悲願, 冷然として, 分ちがたく, 地震が, 正式に, 裾を

1 [128件] かの連帯性, こっちへ, この地方, この物語全体, そのよう, その一星一星, その居酒屋, その文化, その狼狽, それが, それは, それを, なごやかな食事が, の事, はそういう, はとんと, は一万円, は再興, は国民, は地ひびき, は奥歯, は死ぬべき, は永遠, は絶望, は美, は自分達, は闘争, ふいに, ぼんやりと, また和解, また家, また徐州, まわりという, みんなそろっ, ゲッセマネの, コスモポリタン化す, 一面に, 上杉景勝の, 下駄を, 不安に, 世間並みの, 両親が, 事も, 二つの, 二人は, 云った, 互ひ, 人々は, 他の, 何か, 保釋出所した, 停つた, 先生は, 入道雲の, 全世界, 凱歌とともに, 劇及び, 北原ミユキを, 千島列島に, 午後おそく, 卒然感興を, 又みずから之, 又相模, 又鮎沢夫妻, 各方面不義理だらけ, 吉報を, 同じ真面目, 名乗りを, 四時間が, 図に, 土蔵廊下みたいな, 場末の, 士族と, 夜明けの, 奥から, 宗教改革が, 実は階級的, 帰院し, 康雄は, 彼は, 彼女を, 慶応, 手を, 打って, 押しかけ門人, 拔足を, 数奇な, 日本の, 本文通りなまじ, 来るべき朝寒むへ, 梁山泊の, 死ぬ, 殿様が, 湖を, 満洲, 滞りなく, 演出家が, 熄むなるに, 現実そのものも, 畑の, 病院で, 白木の, 社会の, 私が, 私の, 秋に, 稚児たちに, 第二, 精神諸, 組織されるべき, 結婚と, 經驗する, 良人の, 良人は, 華州と, 西と, 誰とも, 諸學者中, 警報解除が, 近頃江戸ツ子の, 運命と, 長い歎息, 長崎屋と, 関東関西を, 非戦闘的, 高山の, 鳰鳥は, 黄河を

▼ してね~ (140, 0.0%)

2 アレクセイ・イヴァーノヴィチ, 人は, 私を

1 [134件] ああちゃん, あすこに, あたし新さんが, あちらへ, あなたは, あら先刻, いちん, えらく気分, おかしく自分, おはなし, おふくろも, かなりまとまった, けっしてお, こうと, このおやじ, これからそっち, これまで, これまでの, こわれてるの, さうし, ざぶんと水の, そいで, そういうおじいさん, そういうこと, そうして何だか始終おどおど, そしたらその, そして出かけ, そのうち, そのまわり, その実, そりゃア, それから, それからお前, それからはじ, それで, それで利用, それで自分, それも, そんな虫, たべるもの, だけども, だってそっち, だつて, ぢ込ん, ついには, つい立て替えさせ, つきそいに, どうしてそんな, どうぞ往, どうもお, どこへ, ひとつ趣向を, ひどいめ, びっくりした, ぶれるもの, へへ, ほら寄宿, また是, やさしくし, やっぱり男, よく出来る, わたしは, コツは, ゴーリキイの, スゴスゴ戻っ, トーチカの, ハハハハ, フフフ, 上杉さん, 下で, 人に, 今日の, 今朝も, 何処が, 俺が, 僕も, 僕達と, 兄さんの, 先ず封, 先生の, 其処は, 勘次さんお, 古風な, 可愛がっ, 嘔きたくなる, 困るから, 声だけでも, 大層気, 失敬です, 奥へ, 始終私, 娘どもを, 家に, 山駕籠に, 師匠は, 庄さんだって, 庵へ, 影も, 手紙を, 指から, 新さん, 新さんもう, 旦那が, 明くる, 書くよう, 木ぶつ金ぶつは, 某町, 此で, 民衆がね, 気の, 治療に関しては, 法然様から, 現に留置所, 用意周到な, 白い干し, 着物だって, 私が, 私の, 私は, 私寂しい, 翌朝まで, 胸が, 自分の, 艶子の, 蝋燭は, 表を, 角袖巡査が, 起きするところ, 返事を, 送った荷物, 重宝です, 間もなく学園, 阿母さん, 隠して

▼ し遂に~ (138, 0.0%)

2 これを, そのため, 幻聴と

1 [132件] いわゆる爆発, お寺樣と, かの大敗, この, この悲惨, この書, これが, これに, そのしがらみ, そのイデオロギー, その主, その妹徳, その目的, それが, は, はどんな, はタアマイエル発狂せり, は反, は台湾朝鮮, は喘ぐ, は将来, は山王様, は幕府, は我が, は支那, は死するなら, は畏怖, は病的, は白丁, は眼, は社会主義, は私, は階級, は顔中, スルタンは, パトロクロスの, ベルグソンの, レントシェン, 一六二五年に, 一切を, 一刹那を, 一座の, 不可能と, 中世の, 二体合一せる, 二十六名の, 二萬元といふ, 人類救済の, 今回の, 今日我国の, 倒れて, 全国皆兵の, 全國, 全國皆兵, 六月末カロリイヌが, 其事を, 出版を, 利休を, 創作社を, 力尽きて, 加賀町署に, 勅命によ, 化し, 北平を, 北斎広重に, 北方に, 千五百円を, 原始時代に, 去十二日, 友江さんを, 同じ一五〇七年, 吾人の, 和算を, 大に, 大事を, 天文十年, 好機を, 宇宙的意識に, 宣教師の, 尚慶, 己が, 市街戦と, 常庵, 引退した, 彼を, 後退する, 急進的な, 悪闘, 意図し, 捕へて, 掴み合いの, 政変を, 救うべからざる致命的結果, 新時代, 日本國に, 時間と, 本地垂迹説が, 東亜新, 検事総長に, 楕円形の, 楚を, 機を, 次代弘仁期の, 毒牙を, 江戸に, 江戸左衛門尉能範の, 沢庵を, 波動電子の, 火を, 琉球語の, 目利真, 目的を, 省部に, 穀粒と共に, 穎果を, 笑ひ, 米国に, 米艦を, 自らアイヌたるを, 自由党総理たる, 自由黨總理たる, 行きつき得なかった境地, 行方不明に, 論理学的計算機までも, 買ふと, 起たなかつた, 造化の, 連り, 郷國を, 金平を, 陽春四月に, 鹿浜に

▼ しのみ~ (137, 0.0%)

4 にし 3 ならずその, ならず又, なれば

2 [16件] ならずまた, ならず亦, ならず其の, ならず列席, ならず別に, ならず彼, ならず曾, ならず極言, ならず益々, ならず閣下, なりき, なり光る石, なれど, にて脳震盪, に歸すべ, 問題は

1 [92件] かは作者自身等, か何, か取, か数次, か流石, か籾山書店, か雨, か音聲迄, か領主, されどこの, されば, であるこの, で別段, とかや, としかも, と申立, と而, などとも語られ, ならず, ならずあ, ならずお, ならずことに, ならずこれ, ならずして, ならずエリパズ自身, ならずヨブ記, ならず今年, ならず傳吉預け置候金子, ならず其他種々, ならず其紙入, ならず北千島アイヌ, ならず千鶴子, ならず印度, ならず叔母, ならず山門, ならず常に, ならず彼ら, ならず彼らなほこれ, ならず惡意, ならず懷妊, ならず森田屋銀五郎方, ならず立派, ならず繁文縟礼, ならず繁文縟禮, ならず自ら政友会, ならず自ら政友會, ならず連日多大, ならず進んで, ならず進歩党, ならず進歩黨, ならず隣家, ならず音聲, ならんや, なりけれ, なりしが, なりとぞ, なるべからず実は, なる世, なる第, にあらず, にていまだ, にてその, にてついに, にて下, にて亦, にて他, にて何事, にて午前二時, にて夜な夜な, にて学校, にて永久, にて滅び失せし, にて漸く少し, にて甚だ, にて石, にて納戸, にて終に, にて続く, にて轟薬発, にて雨戸, の夕牡丹, エアコ樫の, 今日の, 他に, 余の, 唯だ, 夢殿の, 尻居に, 待ども, 御身体, 然れ, 途を

▼ し~ (136, 0.0%)

10 の中 3 あらば, のうち 2 なさ, のまま, もて, を盡

1 [112件] おちい安堵, から皇運, があまり, がこの, が何となく, が出ない, が恐怖, が正しい, が泣き出せり, が進まない, きめ汝, すら猶, とし, ながきは, ながらの歌といら, なく兄様, ならねば, にて後, にて辛抱, にはか, には夫, にぴったり, にもない, にもなく, に何, に協, に存, に恥かし, に期しすぎた, に気がついた, に波, に秘め, に談話, のこり, のどこ, のほとり, のゆるみ, の今日偶, の内, の平静, の底, の形, の愛らし, の打たれた, の拍子, の海, の琴, の生命, の眼, の穢, の経過一時, の落ちつき, の落ちつく, の逸子, の隅, の願, の養い, の驕り, は, はなき, はほとんど, はも, はアウグスト, は小, は後, は物, は組糸, は腐っ, は雨, ばかりの祝, もいつしか, も利い, や常に, や百合, よさ, より思し召し, をあ, をいたむる, をこの, をのみぞうらみつる人, をよせる, を今, を以て判断者, を以て明鏡, を以て氣, を卑, を和めさせ, を安めば, を尽し, を弘め, を打ち開い, を抱き, を押し, を揺っ, を散す, を潤す, を端然と, を緊め, を苦め, を遠, を鎮めさせる, 大いなる者, 愉しま, 抑へ, 沈める老人, 滅すれば, 痛むかな, 知りきや, 萎えたりとは, 開けず手頭滅離, 附けで, 頼もしくさ

▼ してからの~ (133, 0.0%)

7 ことで 5 ことに 4 ことである, 方が 3 ことだ, ことです, ことは 2 ことであった, 事であった, 事であろう, 彼の

1 [96件] お勢, お君, お島, お銚子, くだりは, ことある, ことすっかり, ことだった, ことだろう, ことでした, ことなら, ことらしい, この一週間あまり, この歳月, この院, さまざまな, その寡婦, びんを, ほうが, ものは, 一夜愛宕の, 一年近くの, 一年間は, 一番まとまった, 不快は, 事で, 事である, 事でした, 事と, 二年近い間曽て, 二年近くを, 仕事だ, 伸子は, 作に, 信玄の, 僕に, 僕は, 六月始めの, 出来事を, 労働過重で, 半年の, 命令という, 四ヵ月は, 堕胎と, 女史は, 妹と, 客種の, 帰国と, 幾年かは, 彼は, 待遇が, 後の, 心で, 思いちがいであっ, 怠慢常に, 或時, 数十分間に, 数年間を, 新家庭, 昨今は, 月を, 次郎の, 武蔵である, 武藏である, 歴史が, 活動の, 清吉にも, 物語で, 環境の, 生活で, 生活なんて, 生活は, 生活も, 眼界も, 社会では, 私たち東京人の, 私は, 称である, 種明しであった, 第二次, 笹村は, 約束で, 経過時間に, 自分が, 自分の, 航空路は, 荒田老の, 蕗子の, 話で, 詳しき手紙, 追憶は, 逸事らしい, 長い時間, 雪子は, 電車の, 順路や

▼ し~ (133, 0.0%)

10 かりして, しッ 4 かりおし, かりしなさい, かりしろ 3 たの 2 かり, かりしたお, かりしなはれ, かりしよと, かりしろい, かりなさいよ, ちまうよ, ぽも, ぽを

1 [80件] かと力, かと左手, かと抱きかかえ, かりいだき締めて, かりこっち, かりしたところ, かりした人, かりした気狂い, かりした顔つき, かりしないと, かりしなくッ, かりしなましよ, かりしろよ, かりしろッ, かりせい, かりせい心, かりたのむぞ, かりなせえ, かりやって, かりやれよ, かりやッ, かり御, かり抑えて, かり抱かれて, かり捉えたお, かり肩, かり轡, かり麻袋, くい叩き, くりしなかった不愉快さ, こい, こいなあ, こいね, こいの, こいやつ, こい動作力, こい眸, こい竹童, こかった, こくて, こく悪くゆけ, こく智慧, こしが, こしの, こするん, こないの, こなしさ, こもうええ, しい, しまったッ, た, たか, たが, たころ, たン, た西田若子さん, た風, だまって, ちま, てい, ていつ, てもお, て下さい, て御, て飛びくる, という眼, といったぐあいにですね, とその, と云う, と手, と筮竹, と言ッ, と駒, 叱ッ, 大きな声, 放しだ, 放しに, 死なすな, 眠らして, 聞えるわよ

▼ し~ (130, 0.0%)

3 にし 2 なれば, に軽蔑, の, の人, は, は急, を見る

1 [113件] ありけり, お米, かな, かな今, からの, が, がとにかく, が全く, が処女, が十銭芸者, が役向き, が盲従的, が維持, が若い, が食, こそあれ, ぞ, だと, です, としての立場, としての経験, とダンス, と寝る, と酒, なし皆前後, などに取られる, ならば, ならん, なり, なりき, なりせで, なり此女, なること, にとほりす, にも失望, に不自由, に兵馬さん, に向, に追いつく, に逃げられた, のあと, のこの, のごとき, のごとく, のもと, のよう, の事故一, の仕事, の体, の像, の出世, の労働力, の名, の命, の声, の外, の如く, の姿, の必ず, の念, の情慾, の物, の病理学者, の白き, の絶えない, の罪, の美しき, の肉體, の肌, の胸, の脱ぎ棄てし, の訪, の訪問, はある, はかならず, はしきりに, は依然として, は便所, は奥, は嬉しく床しくなつかしく, は嬌嗔, は家, は既に, は智慧, は木の葉, は消え, は罪, は美粧, は行き過ぎたる, は連, は間もなく, もこれ, も含めた, も女, も知っ, も見たる, よ, をば他, をみれ, を取っ, を売る, を好み, を得, を持っ, を持つ, を求ぎて, を献じた, を男, を見つけ, を責めただし, を買, を逃す, 既にわが

▼ しさらに~ (128, 0.0%)

3 これを 2 これに, 創意発明する, 次の, 進んで

1 [117件] いかなる波乱, お葉, この問題, これによる, こんどは, すたずたに, その上, その外, その発音, その続き, それでもまだ, それに, それを, それ以上の, なんの, はモラル, ほかの, またそれ, また四月, また水蒸気, われわれを, アメリカとの, オオヒトが, カトリック的解釈を, カムニックで, コースを, シューマンの, テイネイで, マクナイト検事は, ミミ族の, レナ三角洲の, 一切の, 一方に, 一歩を, 一般に, 万葉集の, 三万の, 三度目に, 乗車, 乗車し, 二フィートだけ, 以前に, 仲間株式を, 何の, 俊夫君に, 先住民族及び, 先生に, 内海に, 出で, 利根の, 前進する, 南部領から, 又肯定, 各種の, 同男爵直接, 呉に, 四十日の, 国と, 堀田閣老の, 堂の, 大学に, 大学病院にも, 大学院に, 寛政三年よりは, 小梗, 小笠原群島を, 川を, 常理, 幾夜か, 後には, 忠勤を, 快活なる, 戦わねば, 打破し, 押し返して, 押し酢, 数日の, 敵の, 新しい防塁, 日本本土の, 日本移民の, 東門西門を, 欧州大陸の, 正平板, 汽車にて, 渓流の, 湖南湖北までを, 漢朝の, 熱情を, 独自の, 石灰油等の, 研究を, 第二, 第二次, 第二次五カ年計画, 罪と, 自分の, 自身は, 芸術を通して, 菅谷博士が, 菩提流支懐感禅師法照禅師少, 裏面に, 西南方の, 言葉を, 諸国を, 謹んで, 賢考なされた, 酸棗へも, 錆鮎と共に, 雪なお, 電車に, 青柳郁太郎上塚周平両氏に, 領事館官宅に, 顔を, 骸骨の, 高利を, 魚鱗に

▼ しゃる~ (128, 0.0%)

7 でしょう 4 かも知れません 3 からお, から私, だろうと 2 から, と思います, ならば, にはお, に相違, に違えねえ

1 [96件] あんな盗, いずれ沙汰, かも知れない, かも知れなく, からあけすけ, からあせらず, からお供, からここ, からそれ, からでしょう, からはい, からはなせ, からは御, からへえ, からわし, から今日, から伊之さん, から信用, から別段, から剣術, から叔母, から大丈夫, から安心, から少し, から左様, から帰っ, から御覧, から心配, から悪い, から斯, から来た, から油断, から泊る, から私共, から観音様, から貴方, から買っ, から飲んだら, から養子, か必ず, がよい, が作者, が動物, が忠義, が無駄, この下情, しかも二人, そうかと, そこで本堂, そんな事, だろう, だろうねエ, でしょうね, という事, と云う, と伺いました, と何, と関取, にはいずれ, にはお前, にはそ, には丁度, には何かと, には兄, には先刻, には及びません, には御, には手前, には朝鮮, には本田, には白島様, には粂之助, には老, には自分, に及びません, に親子, ははははは風邪, は何ともどうも, は己, は御, は此方さ, は甚だ, ほど因業, まだ生体, までに私, よろしい登ろう, わねエ, ネ, 其の代り御意, 尤もお母さんぐるみ, 幽体, 忙しさ, 死ぬ程, 色々風聞, 長い名, 飛んでも

▼ しついに~ (126, 0.0%)

2 これを, 今日の, 供給が, 将来の, 最高点

1 [116件] いわゆる後三年, かかる夢, かぶと, この方面, この神秘, これが, こんな計略, その余毒, その兵, その正体, その目的, その研究, その首級, それに, それを, ただその, はああやっ, はそれ, はもう, はローズベリー卿, は五壇, は人間, は侮, は募金, は同, は外国, は宣教師, は寄手, は巧利, は後世, は明け放し, は興奮, は船尾, は諸, は遊女, わが邦人, われわれは, イリ一帯の, ウェストファリヤの, ブルマールを, ローマに, ヴィークまで, 一財産を, 三味線を, 世上の, 世界の, 両者の, 二十歳に, 享年五十四をもって, 人口は, 今日は, 以前通りの, 仮定により, 供給と, 保元の, 信忠の, 先帝に, 全員が, 全身数ヵ所の, 十九世紀に, 反対し切った, 和を, 国亡ぶる, 壱万弐千円を, 天下の, 夫の, 奥州へ, 妹背の, 孕めり, 宋朝の, 封建割拠の, 小さい扉, 市長の, 幕府は, 幕府老中の, 彼の, 御先祖様, 思い切って, 我孔明に, 我輩等が, 或る, 承諾した, 排外にまで, 政府は, 明治二十年前後の, 有志と, 朝鮮に, 東洋の, 柔軟性を, 梨を, 植民地を, 欧州西岸の, 此処で, 武蔵野で, 死にいたしたること, 死に至るまで, 民事裁判所の, 法典の, 満州朝鮮を, 火を, 狂乱庖丁を, 独立生活を, 破局した, 秋の, 竜駒を, 紀三井寺から, 約束の, 細君を, 葡萄酒の, 虫類同然の, 衆議一決天鈿女の, 行き倒れる処, 貪欲と, 赤色に, 部民と, 長楕円状円柱形

▼ し今日~ (126, 0.0%)

5 の日本 2 ではその, に於い, に生き, に至っ, のよう, の世の中, の部落程度, はこれ, はすでに, は世界

1 [101件] あって, から王安石, こそは申し分, そもまた, ではこの, ではすでに, ではもう, ではもはや, では一般民衆, では世, では再び, では無, では百二十億, では緑肥, でもベルマン祭, でも全然, でも私, でも複数, でも遅く, となっ, と雖, なお我々, にあっ, においてわが, にまで至った, に及ん, に当たり, に於, に流行, に至り, に至る, のところ, のやう, のアメリカ, の元, の内容, の原子物理学, の夕刻, の大, の宗教, の座興, の心理学, の掟, の教育, の時勢, の標準, の歌ゑにしの神, の独立, の現実, の盛況, の社會, の稍, の行動, の詮索, の野, の風潮以外, は, はお, はけい古, はこうして, はまた, はフランス革命以後最大, は二日, は何処, は俄, は加藤子爵夫人, は又, は四個, は四谷, は幾たび, は必要, は束間神社, は来れ, は獲物, は誠に, は雨, までがまん, までこの, まで延び延び, まで暮し, まで暮らし, もなお, もまだ, も夕方, も来, も満腔, より, より以後, より御, を二十世紀, を考え, 少くとも, 尚依然として, 改めし色ごろ, 未だ完全, 極力此, 猶ほ, 見られるよう, 諸嬢諸氏, 踏出しに, 迄多少

▼ し~ (125, 0.0%)

74 して 4 もその 3 もそれ, も之 2 も夫, も往々, も輿論

1 [35件] うして, かもそれ, かも文化, かも登, て前代, て吾人, て天, て桃園, も, もあまり, もどういう, もまた, もフランス, も両方, も二人, も人, も他界, も入口, も其, も内容, も合理的, も坐し, も多少, も大学, も女, も実際, も新しい, も此場合, も物体, も相互, も簡勁, も素晴らしい, も被告, も観念, る後

▼ しわざ~ (122, 0.0%)

135 か, だと 4 にちがい 3 である, です, なりけり 2 だった, だったの, でありました, ではない, にきまっ, の一部始終

1 [74件] かてんでんばらばら, かも知れませんでした, からです, か人, か仏たち, か佐原屋, か刀, か女の子, さ, じゃないでしょう, たしか鼠, だぞ, だったろう, だな, だよ, だろう, で, であった, であったか, であったかと, でありまた, であるか, であるかは, であると, であるという, であろうそこ, でございましょうか, でした, でしょう, でしょうね, です久世侯, でない, でないという, ではあるまい, でひっこん, で村正, としか思われなくなりました, としか考えられなかった, とする, とは思われ, ともなく, とも思われません, とも知れない, なの, なのに, なら格別, なり, なりなど語らる, なんか, にされ, にや掘あげ, に始まっ, に帰せなけれ, に思われ, に相違, に違い, に間違え, の爲め, はひ, はッ, は女, は振り, らしい, らしいな, をする, をそう, をのぞい, を思ひ出し, を悲しみます, を演じ, を眺め, を私, を見せねえですむ, 澄みかと

▼ し又は~ (121, 0.0%)

2 これに, それを, 國籍を, 日向の, 生起する

1 [111件] そう信じた, その一部, その事物, その作風, それに, ギャップを, プロレタリアの, 一寸ばかり, 一致し, 七七八五の, 下品に, 不用意に, 不良少年時代の, 世論を, 主客合一の, 主張する, 之に, 之を, 予防する, 二階より, 享楽する, 他によ, 他国に, 仮装した, 侵略する, 停止し, 傍観し, 儀礼的に, 全く形, 全部を, 八方に, 典鬻した, 凡てここへ, 別々に, 利益の, 南し, 參議院の, 反発する, 叫喚す, 同伴者が, 回復しなけれ, 国外に, 地割れに, 天變地異若く, 夫, 夫が, 夫に, 夫にとって, 女房にも, 対応しない, 少しも, 彼が, 従来の, 御饌, 悶絶し, 愚劣である, 或種, 戯曲化する, 戰鬪する, 抑圧され, 拗曲, 探聞し得たる, 接触を, 斃し得たる, 斜に, 模倣し, 欲する処, 歸せんと, 法律の, 淑女として, 深化される, 減少する, 火を, 無反応, 父から, 父祖を, 特殊化す, 理解される, 白墨で, 直観されね, 相交錯, 省略せらる, 確立しよう, 示唆した, 社会の, 突き破るか, 突然急調, 箇をのみ, 籠其物を, 紙面に, 結び付く概念, 統計上概して, 絶えず周圍, 自然科学そのものの, 自由に, 臭気を, 芸術に, 行歩し, 衝突したる, 誤解した, 説明し得た, 諸の, 諸夏, 諸處, 負傷し, 財界を, 躊躇し, 身の, 金錢を, 鈍感に, 鏡鑑を

▼ しくし~ (120, 0.0%)

11 ている 8 ていた 7 てゐる 4 て居る 3 ておい

2 [11件] て, ていなけれ, ていれ, てお, ておれ, てアンドレイ, て彼, て待っ, て忙しき小さき, て柚木, て決して

1 [65件] た, たのみならず彼, たりする, だした, ちま, ちゃいられねえ, てい, ていたしまた, ていないだろう, ています, ていまだ, ていよう, ていらっしゃる, ていりゃ, ていろ, ておいで, ておかなかったなら, ておばあさん, てさすが, てその, てまさ, てまた, てめったに, てやっと, てゐた, てゐました, てヤング, て云った, て使, て傍, て僧正, て其の, て凝, て北条氏, て喩, て圭一郎, て執筆, て士君子, て大切, て居, て居れ, て山羊さ, て彼女, て春, て止むべき, て殆ど, て玄関, て社會, て私, て結果, て耳, て肩, て舌, て芸者, て處置, て血気, て言う, て言った, て遊ん, て都, て隙, とるらしい, ながら, ねえと片, やべ

▼ し~ (119, 0.0%)

2 なる理想, 御酒, 循環の, 體から, 體に

1 [109件] さの, ぜい, それた罪, たいこの, なるもの, なる世界, なる困難, なる塚, なる多, なる影響, なる災い, なる続物, なる謙遜, にこれ, にし, に人生本能, に儲けん, に心掛, に敵軍, に驚い, へん優遇した, ぼやきに, を小, ダイヤモンド六個を, 仕掛な, 倫を, 公使を, 六が, 六氏の, 動脉出血が, 同府に, 唐三百年の, 喧嘩を, 土木を, 地震を, 坂の, 夕立, 多数が, 夜具を, 學の, 宗教家大, 家族を, 家族を通しての, 密林の, 寶へ, 寺院, 封を, 導師渡辺師は, 廂の, 建築を, 弥太は, 弥太へ, 怪我を, 恩の, 悪と, 悪人立派に, 惨劇を, 成功すべては, 手前から, 擧し, 文章を, 新聞社を, 方丈の, 日本公道会以下民間特志の, 栴檀樹を, 梵天や, 楯, 機械化兵団を, 歓喜と, 殿様は, 津浪を, 海の原に, 演説などと, 烏群は, 燈と, 爆発は, 盜人元は, 盜賊と, 節に, 腹立ち, 自然すなわち, 般若経転読の, 英國の, 虎われ怎麼に, 虎其方は, 虐殺大, 街の, 西ヶ原を, 規模に, 規模の, 規模生産に, 親は, 詩人を, 赤鸚鵡翼さきの, 農園を, 道路を, 郡には, 都会, 都會, 金持に, 鍋ごとき, 雀の, 鞆に, 風呂敷を, 騒動の, 體この, 體より, 體上支那の, 體小學家が

▼ しぐら~ (118, 0.0%)

4 に飛ん, に駈け出した 3 に自己, に駈け 2 に一つ, に彼方, に走, に走っ, に走り去つ, に走り去つた

1 [92件] です, にその, にわあ, にトム, にパンク, に丘, に人間, に働く, に僕, に凩, に前進, に助け, に動い, に北, に北極, に南, に去っ, に国府津, に城太郎, に城門, に壞滅, に夜, に屡々, に帝都, に戸畑, に戻, に押寄せる, に攻め入る, に敵, に敵艦, に早く, に曲者, に木の根石, に東, に東京, に武蔵, に沖, に激しい, に炎天, に熱中, に狂奔, に相手, に眼下, に砂丘, に砦, に突進, に竹, に草叢, に行く, に街道, に走つ, に走り出した, に踏みこえ, に近江, に追いかけ, に追い駈け, に逃げ, に逃げ出し, に進む, に進むべき, に進ん, に野, に開拓, に階段, に電車, に青白い, に顧み, に飛ばし, に飛びこん, に飛びました, に飛び去つ, に馳, に駆け出し, に駆け込ん, に駆け降りた, に駈けさせ, に駈けだした, に駈けつけ, に駈ける, に駈け出させたい, に駈け出し, に駈け出す, に駈け寄つ, に駈け寄つた, に駈け進んだ, に駈出し, に駛つて, に驅, に麓口, の沒頭, の道ひとつ, ゆけパライソ

▼ しさえ~ (117, 0.0%)

91 すれば 3 した, しなければ 2 するであろう, するの

1 [16件] あじきなく手, ある, あれば, ききかじりて, したもしも, したら, して, しますれば, すりゃあんたはん, すりゃそれ, する, するだろう, するならば, するに, すればとの, つけて

▼ しやが~ (117, 0.0%)

17 つて 8 みこんで 65 み踊り 4 ッて 3 つた, つて見やがれ, みこんだ, みて 2 つてこの, つて畜生ツ, みこんだま, みながら, みました

1 [55件] こまる, さきみだれ, つたから, つたぞ, つたといふ, つたな, つたなう, つたのは, つてあたい一人を, つてあんな, つていつたい, つてそいつの, つてそんな, つてと, つてふざけるない, つて一体生意気だ, つて人殺しの, つて今に, つて何て, つて何んで, つて俺にや, つて其方よりは, つて女を, つて戸袋の, つて手前が, つて死に, つて氣に, つて氣味の, つて癪に, つて矢鱈に, つて紙幣束でも, つて餓鬼の, み, みこんだの, みなかには, み上, み二人, み指先, み火, み若し, み込み, み込むと, み込ん, み雁首, むで両手で, むとつめた, むと品吉は, むと女は, むと此處此處よ, むと猿は, むのだ, むやうにし, もうと, 御出, 花さけ

▼ し日本~ (117, 0.0%)

4 の近代 3 の歴史 2 の仏教, の国, の国家, の婦人, の民主化

1 [100件] から詩人, が支那, が衰頽, ではかつて, ではゴッホ, でも貴族, で産んだ, といふもの, とシナ, と世界, と支那, と支那朝鮮, におけるヤソ会, における宣教師, にては織田信長, にはカフエエ, には日本特有, には随分, にも処女, に入り, に可, に右様, に味方, に対する世界, に對, に於, に来, に来た, に送り還され, に遣わし, の, のこと, のもの, の世相, の中部, の人々, の伝統, の信仰, の光栄, の兵士, の十九世紀, の国体, の国宝, の國, の在留僧釈梅仙, の女性, の学問, の学者, の官吏自身, の実業家列伝中, の探偵小説, の文化, の文学, の文学史, の文明, の書物, の有難, の本島の, の権力, の正義, の民窯, の気候風土, の潜在的世論, の物語, の独立, の独自, の社会, の神祇, の絵画及浮世絵板物, の臣民, の芸能, の茶, の行動主義, の言葉, の軍隊, の青年たち, の面目, の風俗, の骨董商林忠正, の魚, は世界, は代, は全く, は昔, は決して, は頓, へ帰っ, へ直航, まで来る, も琉球, や露國, を, を名実とも, を挙げ, を支援, を疎んじる, を研究, 全體, 在來, 第二

▼ しまつたん~ (116, 0.0%)

3116 だよ 9 だから 7 だが 6 だつて 5 でせう 3 だぜ, だと, でございます, でね 2 だな, だね, だもの, でございますよ

1 [22件] だからな, だけど, だけれど, ださうです, だそして, だぞ, だつてさ, だふん, だらう, だらうね, だらうよ, だらうツ, だらう夏, だわ, だ俺達, だ地震以来, だ相, だ阿母さん, である, でございますから, でございませう, でないか

▼ し~ (115, 0.0%)

6 の人 43 のこと, も 2 ぞ今, に, に処した, のなか, の姿, の家居, の日, の町, は閉ぢ

1 [81件] こそ広けれ, と人, なれども, にありし, にはうつけ者, には又, には日本, には是, には猶, にわが, に公, に双, に向, に問う, に有りし, に法, に猴, に衰, に造られき, に馬鹿, のおも, のかた, のなごり, の乱れ, の事ども, の友, の名残り, の命, の塔, の士君子, の太刀, の如く, の如何なる, の婦女子, の宝, の寛仁大度, の小, の智慧, の本名, の栄華, の様, の歴史, の狂母, の疑ひ, の秋, の節義, の終り, の翰墨, の虚しき, の衆愚, の詩, の語り草, の誰, の賢者たち, の進運, は, はわが, は次第に, は王政維新, は隨意, も今, も後, も我ら, をかけ, をしのぶ, をぞさらに, をつつむ, を偲ばし, を呪い人, を如何, を察, を屁, を征服, を忍ばせる, を忍ぶ, を惑わし, を正しく, を濟つた, を紊, を見, を記憶

▼ し彼女~ (114, 0.0%)

2 の心, の肉体, はそれ, はます

1 [106件] からと直覚, がステップ, がソファー, が五十名, が侵さない, が墓石, が女, が彼, が旧制女学校, が歌った, が父, が私, が舞台, でなければ, と二人, には此, にも復讐, にパン, に好意, に火, に近づく, に近寄っ, に関する僧院長セラピオン, のあるい, のきわめて, のため, のもっとも, の一生, の仕事, の働く, の内心, の半生, の名誉, の夫, の嫌疑, の想像, の想像力, の所在, の抗議, の放逸, の枕, の気息, の涙, の災難, の煩悩, の生き, の異様, の目つき, の社会的意識, の耳, の苦悶, の議論, の身体, の身辺, の部屋, の頭, の頭髪, はあれ, はあんまり, はうろうろ, はお祖母さん, はどうにか, はやつぱり気, は一通り形式, は今日, は仕事, は例へば, は別に, は危, は右手, は已に, は彼, は彼女自身, は恵子, は愛想, は暫く, は最初, は汚れ, は決して, は熱烈, は確, は縫い物, は自分, は顔色一つ, は飽, もあす, もそれ, も少し, も彼, をはじめ一座, を叱り, を呪った, を存八, を導く, を崇拝, を干, を籐椅子, を紹介, を罵倒, を育て, を自分, を自由思想家, を誘惑, を途方, を配偶, を除く

▼ しーん~ (112, 0.0%)

26 とした 17 とし 5 としずまりかえっ 4 と水 3 と静まりかえっ 2 としてその, としてもう, となつ, と静か, と静まり返っ, と黙っ

1 [45件] としずか, としずまっ, としずまった, としてい, としていました, としてきた, としてだれひとり口, としてゐた, としてゐます, としてゐる, としてカタリ, として不思議, として僕, として冷え返, として圧迫, として夜, として子供達, として旋回, として深夜, として真暗, として聞い, として蝉, として返事, として重く, として閑寂, となっ, となった, となる, と不思議, と冴え静まっ, と日, と気, と物音, と肌, と虚, と部屋, と鎮まり, と静, と静まっ, と静まった, と静まり, と静まりかえる, と静まり返りました, と静まる, と黙り込ん

▼ しそうして~ (111, 0.0%)

2 せっかく接待, その結果, 一方には, 何事も, 大衆は, 本から, 本気で, 横文字の, 自分の

1 [93件] あらかじめこれ, あらゆる生命, いよいよまじめ, いろいろな, いろいろ足りない, ここまで, この星雲, この絶滅, すぐ樋口さん, すべての, そういう, そういう学者, そのごく, そのため, そのとき, その原則, その堂, その後は, その推測, その永久性, その求心系, その詠嘆, それが, だんだん社会, ちゃんと天頂, もう少し材料, やはり思いどおり, スッカリ安心するだろう, ラランデ暦書の, 一〇億年あるいは, 一人の, 一度見, 万象は, 三たびあらん, 三人だけが, 世界的に, 人の, 人間などが, 人間を, 今お菊, 今日酒井邸から, 代から, 停車した, 冷却する, 凡ての, 別に新しい, 力の, 動作を, 即座に, 各因子, 同じ博士, 夏の, 多くの, 大川に, 夫れ, 子供を, 容貌を, 将来の, 少しでも, 平均温度からの, 当時それを, 征服された, 後難を, 後飢饉地帯の, 徐々に改良, 心こまやかな, 心もち頬を, 意外に, 手足から, 政府に, 敬意を, 文化主義は, 日常の, 早速家, 昨日までの, 曰く, 最後に, 東亜共栄圏の, 東京の, 東洋のを, 気の毒千万にも, 法律で, 火星人を, 特志者には, 畜生の, 矢張見ず, 私の, 空間中の, 自分では, 蒲団の, 逃走の, 遂にその, 過度の

▼ しにも~ (109, 0.0%)

3 応じかねて, 非ず 2 あらざりき, あらざるべくただ, あらざれど, あらず, せよ我, 似て, 應じ, 拘らず其一躍, 関らず

1 [85件] あずかりゆうさい公, あらざるべく只, あらざるべし余, あらずた, あらず彼, あらず荒れに, あらず言わば, あらでまさしく, あらぬ事ども, あらねば, あるべし, おれにもな, お詫びにも, かかはらずやがて, かかわらずわが, かかわらず世人, かかわらず今日, かかわらず寒中殆, かかわらず従兄妹同士, かかわらず陸軍, かけなかつた, かない我たち, こ, すてきに, する大, せよ女, せよ娘菊, せよ延, せよ盜, せんとまで, その新, それではのめのめ, できない気持, どうする, なって, まさりて, やがていい, よい経験, よるべけれども, 一杯よこせ, 似ず妾, 似ず淵辺伊賀守義博, 似ず窶れ給, 似ぬ袖, 似ぬ體, 似る追憶, 似合わないこと, 似気, 何等の, 信義は, 優る立派, 充分には, 共通な, 分らないの, 判らねえどうも, 印籠集めを, 因るべし, 容易ならぬ, 小親, 庭は, 微妙な, 心付かず軈て, 悩みが, 成つて此此の, 或は皮膚, 拘らず女人, 拘わらず何故か, 拘わらず大, 昨日一服遣し, 気づきもつと, 注意しました, 由るべけれど, 目通りを, 知らさぬやう, 自分の, 船を, 色いろ習慣, 若え, 行かなかつたの, 行ったり, 覚悟が, 超えたり, 関せず, 非ざる, 頻りに愚痴

▼ し~ (108, 0.0%)

5 の中 4 は稀 2 なり, にかあらむ, にこもる, の厠, を出た

1 [89件] あり, ありしが, ありて, あれば, が立ち, だった, とを隈, と家, なり然るに, にあり, にある, にても今日, にとじこもる, には三十円, には危險, には系図, にも居かね, に一日, に對, に居る, に帰ら, に帰り, に帰りて, に帰り来, に疱瘡人, に置く, に背き, に行き, に財, に駈け戻っ, のそ, のほとり, のもの, の主人ら, の事, の人, の内, の名, の向, の基礎, の堅固, の女, の娘, の店番, の戸障子, の柱, の歴史, の洒落, の秋, の者共, の話, の軒別, の通名, の門前, の隅々, の隣, の風, はこれ, はその後いずれ, はまれ, は元来, は取りちらし, は宝貨充実, は無し, は空しく, は遂に, へかえる, へついたらくたびれ, へもどっ, へ帰ったら, へ帰つて, へ帰る, へ火, へ連れ込ん, みたよう, も土蔵, も帰り, も独立, よりの手紙, らしいもの, を一しょ, を修復, を喜びとべる, を砦, を起し, を駆出し, 久しく人, 流れ田, 滅び族夷げ

▼ し~ (108, 0.0%)

8 二に 7 一に, 三の 6 一の, 三に, 二の

1 [68件] 一いくら, 一が, 一こういう, 一ここの, 一それからが, 一両足がな, 一何処で, 一回の, 一回三回とも, 一回学術体制刷新委員会が, 一明らかに, 一期は, 一次の, 一次欧州大戦当時に, 一燐酸ソーダや, 一種正装用短剣一振り軍服図嚢勲章類は, 一級の, 一説の, 七台場附近の, 三は, 三を, 三学期から, 三期の, 三次の, 三竜は, 三紀層これに, 三説は, 九章と, 二を, 二ドツクが, 二ヴァイオリンと, 二作, 二其國民的境遇, 二十三子, 二十二子楹を, 二十五子, 二十四子棟を, 二卷刊行の, 二回航海の, 二巻の, 二年月日, 二日目には, 二期は, 二欄に, 二次の, 二次大戦では, 二次的に, 二次的には, 二段階に関しては, 二沸に, 二種は, 二種即ち, 二編には, 二説は, 二軍は, 八囘以後は, 八回連邦ソヴィエト大会で, 八天, 八天は, 六第, 十八歓楽街の, 十冊, 四に, 四の, 四師団附の, 四級員は, 四説は, 四階級的論文を

▼ しここ~ (107, 0.0%)

3 に主 2 で, でも亦, にこれ, に滞, に自由

1 [94件] からその, からのみ取り出される, からデマゴギー, からマルクス主義, から出, から出立, から哲学叙述, から汽車, から百姓剣法, しばらくは, ぞと思, ぞ究竟, でおとなしく, ではごく, ではすでに, では事情, では実は, でも成績, でチョー, で云う, で云った, で何, で全, で多く, で大声, で小便, で意識, で注意, で経験, で自分, に, にいたり, においていわゆる, においてかゲーテ, にきわめて, にこう, にしか問題, にすでに, にその, には或, にわ, にカイゼル, に一泊, に一説, に一部落, に中原, に人々, に会盟, に元, に光仙林王国, に列記, に協力一致, に同時に, に多年, に天草, に小田原, に廿年近く, に掘, に日本教会, に柳生, に橋庵先生, に現在, に留まっ, に白兵戦, に私, に移転, に緒口, に至っ, に芸能本陣, に複成子房, に足掛十二年, に開業, に離れ, に音楽史的, に駐, の欅林, の清水, の灸, の築地, の軒下, の雪渓, はわれわれ皆, へは兵力, へ攻め, へ申しつけ, までつきつめない, まで帰着, まで来た, まで来る, も危険, も惡, を中心, を占有, を死すべし

▼ し~ (107, 0.0%)

2 の事, は今更, は是非

1 [101件] あらぬことさ, からは刀, からは吾, からは新しい, からは早急, からは跡, から大石, から框, から風呂敷, この段, したに, だろう, っていうのよ, つ毛, というひけめ, ならでは, なる雲, なれば, にあの, にて御, にて決る, にて私, にて黒白, にもこれ, にゐる, に不断, に与へられざりし, に他, に向, に向いた, に善き, に嬰児, に家人等, に惡口, に無学, に白蓮花, に盲目縞, に砂, に紫檀, に絵, に裏, に金具, のあんた, のゆで, のよう, の口, の嫁, の寵, の意, の方, の石田, の穂, の穗, の等級, の総, は, はとても, はまんざら, は一安心, は人々, は何卒, は先々穩便, は兎, は其方, は力, は右, は呼迎, は四庫全書, は外, は天, は密す, は山田孝雄氏, は影, は後桃園天皇, は思殘す事, は戰國, は打捨て, は文右衞門, は最早, は末, は檢校總録, は此後, は爭, は申す, は短歌, は科, は貴殿, へ乗っ, まゐ, を偽る, を寒風, を笠, 又, 又改めて, 又白洲, 可申候, 大虚空蔵菩薩, 御二方, 御禮, 憤発, 早速其所

▼ し~ (107, 0.0%)

2 の身の上, はその, を破滅

1 [101件] かの荘官, がせめて, がつくれ, が一言, が合図, が君, が探した, が松山, が甲板, だって君, だつて君, とても學問, と一ぱい, なり, にはこれ, にはまるで, には亦, には何, には確か, には神楽坂, にも何, にも知らぬ, に喰らいつく, に通訳, の, のうける, のお話, のかう, のところ, のよう, の下品, の中, の切符, の前, の存在, の尤も感服, の性質, の愛, の手, の文學的體質, の机, の樂, の死, の爲め, の生活, の考, の聞い, の能力, の自, の行い, の説, の足, の青春, はこの, はこんな, はそれ, はただ, はちつ, はなん, はね, はもう, はコンミュニスト, は一人, は一日二食, は一本, は不幸, は人, は人間, は今, は今後, は他, は何, は兎, は其唯一, は又, は同, は君ら, は嘘, は大阪弁, は天井, は怠惰, は我が, は握る, は明智, は沼尾君, は無意識, は犬, は理外, は病院, は直ちに, は考へた, は自分, は認めない, は跳, は這入る, は默つて, も平穏, をここ, を客, を愛する, を本物

▼ しさうに~ (106, 0.0%)

12 なつて 5 して, なるので 4 なつたの, なりました 3 なって 2 なつた, なる, なるの, みえる, もない, もなく, 見えた

1 [59件] いつた, うつむいた, うつむいて, おづおづした声, かう小声, こんなこと, してを, すると, する藤助, その演説, ない, ない一種特別, ない時刻, なかった, なかつた, なつて來, なつて窓, なつて若僧, なりながらも, なりましたので, なり盛子, なり講師, なる男, なる自分, はひつ, は思はれない, ひいやりと, ほき出した, ほんのりと, むかふを, も思へた, も見えぬ, も見える, も雲雀, ギラギラと, 呟いた, 思はれた, 思はれたほど, 思はれる, 態と肩, 押して, 書いて, 歩いて, 歩み寄つた, 物語られて, 立つて, 細い眞鍮, 胸苦しくなつた, 蒸し返すと, 見えたが, 見えた夫一人, 見えなかつた, 見えるばかりか, 見た, 見て, 話すの, 説く他人, 走り折々, 長い尻

▼ し~ (105, 0.0%)

3 承知の, 茵や 2 恩は, 珍蔵なされ, 自分の, 芳野の

1 [91件] きょうだいを, の義, 一門の, 主君には, 主君の, 亭主に, 亭主は, 仕置場へ, 仰六波羅上下, 休処, 傍に, 像にて, 兩卿方の, 再起の, 刀失せず, 卓見小, 取替金, 吟味を, 咎なら, 品早々, 執らしの, 墨附短刀を, 奉行所へ, 奉行樣へ, 姿みる, 存之者今, 対面有り, 庇蔭を以て, 当人は, 役を, 役人樣へ, 徒士目附御, 得意に対し, 心の, 心を, 心惑ひ, 心根哀れは, 恩をば, 扉を, 手を, 手当として, 承知にても, 承諾を, 旗本の, 書院番衆と, 書院番頭の, 月並, 月番なれ, 月番御, 有樣重, 本体の, 本尊さまを, 様子も, 武運を, 気色を, 注意に, 満足を, 用人樣, 疱瘡流行の, 眼元何やら, 神影は, 神楽を, 神樂を, 禊神は, 筆に, 線香も, 老中の, 耳を, 腹に, 自分が, 花畑と, 菓子御, 袖か, 親子の, 詔勅の, 評判は, 身の上ばなしに, 辞誼の, 辨解被, 近況も, 迷惑だ, 造営にも, 逢いは, 遺恨益々, 邊が, 陣借, 隠居の, 靈葉にも, 預り申屹度御, 顏には, 食津なり

▼ してからも~ (104, 0.0%)

2 きみのは, その菫, わざわざ祝い, 一年に, 同じ職業, 彼に, 彼は, 英吉利語の, 電話が

1 [86件] あたしが, あなたに, あなたの, あの甥, いくつかの, うかれこれ三十分, おそらくその, お吉, この時, さ程, しばらくの, しばらくは, そこでなお, そのハガキ, その享楽的, その心, その芥川さん, それらの, たいていの, ときどき取りだし, どうかする, ひそやかな, まだしばらく母屋, まだ度々訪ね, まだ風, もう一年半, やはりもと通り, やはり私, ガタ落ちという, キング・コレッジ病院に, モオパスサンの, 一つの, 一語一語が, 久慈は, 二年経ちます, 云は, 互に往来, 何か, 何かにつけ, 何か働らくんだ, 何を, 何回か, 何時までも, 便りが, 先代は, 勤め向きの, 十幾年という, 十數年に, 口丈け, 多くは, 夢の, 始終訪問, 子供の, 宮崎の, 尚夫人, 尚絶とう, 山海数千里を, 帰省した, 彼の, 敬吉は, 新橋駅までの, 日夜心で, 早や, 早一月, 時たまの, 更に二回, 格別なに, 毎夜の, 永い間門人たち, 激しい争闘, 特に花好き, 甲斐の, 番頭として, 痛手に, 眼に, 矢代は, 私は, 紺は, 続きました, 美代子とは, 身分上の, 連中が, 部屋へ, 頭の, 食った, 食事を

▼ し去る~ (103, 0.0%)

8 ことは 5 ことが 3 ことに, もので 2 ことの, ので, のであります, のである, のは, よりも退屈

1 [72件] こと, ことあら, ことだろう, ことならん, ことも, ことを, とき沈黙な, なり, に及ん, に忍び, のだ, のに, のみで, のも, のを, の勢い, の已む無き, の止む, はもちろん, は君, は忘恩, ばかりであろう, までこ, ものが, ものさえ, ものであります, ものである, ものでない, ものと, ものは, ような, より他, より外, らむ, を至当, 丈の, 九日夜外務省機密局長, 事が, 事も, 人これを, 今日に, 他は, 僕は, 公ら日本の, 國に, 外は, 年すなわち, 所の, 手合に, 日の, 時, 時には, 時間は, 朝大空は, 林の, 気には, 気にも, 氣力は, 満村, 爾時一野干あり, 理由は, 用意が, 目的で, 端を, 総てなる, 者なれ, 者は, 能はず, 能わざる可, 能力が, 謎の, 譯には

▼ し一人~ (102, 0.0%)

2 だけ先, で好い, の太刀, の女, の書生, の武士, の男, は不義, は死んだ

1 [84件] がまた, が不幸, が両手, が何, が急い, が振, が病気, が繩, ずつの為, だけ離れ, では, でも, でも人, でも反対, でも同様, でも追い抜こう, で五人, で仕事, で別山, で口入屋, で殺しました, で行っ, で請け合う, としてそれ, と成り切, なり, なりしが, にてま, にて煮, にて風流, に授, に限り, のこらずこの, の人間, の代り, の侍士四邊, の信徒, の利害, の友人, の場丁, の壮漢, の婦人, の従者, の從者, の応募者, の手, の文学者, の母, の水兵, の美女, の腕, の英雄, の車夫, の道人, は, はここ, はとりこ, はラジオ器械, は一須臾, は例, は公務, は即死一人, は取らせまい, は夭折, は家, は御所, は快, は片肌, は真一文字, は縛, は肉, は背, は腹, は自分, は買おう, は重傷, より一人, をたすけ起こせる, を傷つけた, を残し置い, を聾, を裸, を鉄仮面, 故淋し

▼ し人間~ (102, 0.0%)

2 が上半身, の形, は好い, は着物

1 [94件] がこの世, が理性的, が自分, が自己, が違, が違う, である男, というもの, といふもの, ときまれ, としてそこ, としてその, としての存在理由, としての性情, としての深み, としての素朴, としての結末, として伸びよう, と荷物, なれば, にあらゆる, にし, にほんたう, に与えられた, に余裕, に対して害, に對, に飼, のこと, のやう, のやる, の一番原始的, の事, の力, の勢力, の外体, の多, の大脳, の威厳, の小, の小さ, の心, の心持, の急, の性格, の息吹, の感情, の描写, の本能, の本質, の母, の気, の気分, の永生, の生きる, の生命, の生活, の矛盾, の知力, の知恵, の祖, の福祉, の精神, の美味, の胎児, の臭い, の醜悪さ, の霊性, は, はその, はまた, はものごと, は何処, は恰, は最後, は此, は至樂, もつくり, も六人, わけても自分, をくだらぬ, をことごとく, をし, をその, をもその, をより, を人間, を利用, を向上, を屠る, を描き, を新しき, を神聖, を醜

▼ してこそ~ (101, 0.0%)

3 えらいと, 始めて 2 この歌, その仕事, 若松を

1 [89件] あのよう, ありく, いますが, いれそれ, おれ女は, おれ達者で, お恨み, そこで始めて, そこに, その場処, その美, それは, それらの, つぱい一皮, なるほど私ら, はじめてこの, はじめて世, はじめて俳優, はじめて日本, はじめて発せられる, ほんとうの, より優秀, より完全, 一番わかり, 下のらむと相呼応, 世界人類の, 互いの, 人たる, 人各々の, 人間価値も, 人類の, 個中の, 健康に, 光子さんの, 全き, 公正な, 初めてお家, 初めて堅実, 初めて成立, 初めて料理, 初めて日本料理, 初めて服装, 初めて目的的, 初めて輝, 味聖の, 天下風を, 妾の, 始めて人, 始めて意義, 学問する, 学問に, 尊くも, 居れ決して, 幾多の, 引きたつ同性, 引せたれ, 彼の, 忠臣の, 快く役, 思想運動としての, 意味が, 意義も, 慈善行為も, 我々の, 文明人の, 日本の, 早苗が, 有理想, 本懐である, 東西相会し, 武士の, 歩くなれ, 無礼きわまる, 然る, 生産団体と, 甲斐が, 眞の, 真に修道士, 真に学者, 神様の, 罪なき, 自ずからその, 自然である, 自然な, 蝶ちゃんあんたに対する, 諸国修行の, 趣も, 過去に, 麗姫に

▼ し~ (100, 0.0%)

2 なれば, に, にあ, に唯, より

1 [90件] から出た, から種子, てるは, にあらず, にて最も, には, にはその, には下総, には今日, には住居, には何ん, には侯, には多少, には必ず, には或, には文学青年, には木像, には様子, には殺した, には燈火, には遙, には餅錢, にもっぱら, にもほぼ, にもやや, にも今, にも何とか, にも平生囲碁, にも引続き, にも引續, にも棠, にも清河, にも神崎氏, にも重大, にアインシュタイン, にダンテ, に一人, に一個, に一瀬, に何, に充分, に千秋, に四枚, に孔雀草, に御所刑, に捲き込まれ, に明和, に暇, に此こと, に此菊塢, に蝦夷錦, に身, のいと子, の字, の柩, の池, の衣, へ入, へ滑り入り, へ隠し, より三五郎, をひらい, を又, 一年を, 上意と, 世紀の, 其恩義を, 單着たる, 國維新の, 夜に, 女子一人を, 姉に, 學校へは, 寶永七年九月廿七日憐むべし, 廊下の, 惡物共が, 押せば, 斯の, 曲者は, 流民を, 無量庵も, 畔倉重四郎が, 皇命の, 相役の, 禪寺湖を, 穀物の, 紛失仕まつりし, 終に路金, 讃州の, 金谷村に

▼ し~ (99, 0.0%)

6 の人 4 にかはらね, の夢, の里 3 しは 2 おもほ, のこと, の姿, の心, の我, 思ひ

1 [66件] おも, かなしも, からの名物, が思われます, この二物, しの, しより, しナポレオン, と同様, なつかし, ならば, にひき, に似, に思ひ比べ, の, のあいつ, のま, の世々, の世さ, の事, の事共, の儘, の先生, の前兆, の友, の名, の名僧, の報い, の好き風俗, の家風, の年中行事, の幻影, の心理状態, の悲しみ, の惡あがき, の憐れ, の戦争, の文章, の時代, の様尋, の樣子, の歌, の武功, の瀧口, の炉, の物の本, の物語, の相, の稚, の船員生活, の跡, の近衛兵, の降誕祭, の面影, は恨み, は母様, は流石, への恐怖, もありし, よく行きつけた, より, わすれ顔, をお, を思ふ, を爺さん, 見たもの

▼ しげに~ (98, 0.0%)

2 例の, 見えました

1 [94件] いい添えた, うなだれて, おしし, お詣り, そのこと, その動かない, その匂やか, その顔, それへ, それを, たずねた, ただ黙々と, ほほえみながら, やさしい微笑, ピアノを, ユル, 下の, 主人を, 云うの, 云ふ, 人形を, 何か, 俛き, 兄を, 光った, 其ほとりを, 危坐り, 口髭を, 告げた, 和んで, 唯一人渚を, 坑夫達を, 外套の, 孱顔を, 寄り添いながら, 小さな鼻, 小手叉き, 差俯き, 巻莨を, 廊下を, 彼を, 彼女に, 彼等の, 御門の, 微笑んだ, 忠告した, 思い耽ってる木下, 悄然と, 慄わせて, 我が影, 手を, 打沈みてのみ, 控えて, 揺れたり, 暗い森, 暮らしたの, 歩むもの, 歯を, 河面を, 涙を, 淋しいなよなよ, 澱んで, 煙の, 狼狽を, 男を, 眉を, 眺めながら, 眼を, 窓に, 立って, 立つて, 立上った, 範覚の, 聴ゐ, 肩を, 腰を, 舌打ちする, 見えた無言, 見つめて, 見入るの, 観察し, 語つて曰く, 語つて来, 酒くさい, 釣瓶を, 長髪わざとらしき, 長髮, 附け加えた, 障子の, 青みが, 静かに, 頭を, 首を, 駕籠から

▼ し~ (98, 0.0%)

4 の力 3 の子 2 と人, に感謝, の愛

1 [85件] が人身蛇頭, たるや, だなに, として仰, とを防い, と同じく, と崇められる, と親, なくし, ならで, ならん, なり, なりき, なりとゆえに, なり社領千石, なれば, に, にし, にて阿, によってあの, によつて供, により, に仕ふる, に帰ら, に当たって砕け散る, に念じる, に扮, に接する, に求め, に盟, に祀っ, に祈った, に近く, に近づく, の, のあらたか, のみ知る, の中, の前, の啓示, の御, の御国, の恩恵, の恩惠, の意志, の栄光, の深遠, の特種, の用, の祝福, の神代, の立場, の絶対智, の聲我, の衣, の賜, の身, の身なり, の道, はえ, はすべて, はまだ, は君達, は局, は常に, また飃散, や妖怪, よりも以上, よ我ら膝, をだし, を代表, を以て国家, を傷, を心, を斎く, を異に, を知らん, を罵り, を見たる, を誘い下す, を誹り, を量る, を非, 或は人間, 散ず

▼ し~ (97, 0.0%)

6 れが 5 は蒼, は藤原 4 れは 2 は夢, は私たち, れに, れよりも, 善き歌

1 [67件] あやまちは, あわれさ, いふこと, がある, が假, が唯, が地下, が復活転生, が果して, が段々, が流派, すらもう, すら却, ではない, で此物語, とてもわりあひ, と共にひどく, と同時に, にさ, にし, には何, には都合, にも繋らず, に伴, に処する, に関聯, はた, はもう, はよい, は何, は前代, は単なる, は単に, は壬生選定, は太い, は寧ろ, は山, は我々, は是非共, は本人等, は概念, は歌, は残存, は民謡, は理想郷, は言, ま, も一時, も亦, も今日, も窮極境, も言はず, よりも一層, れがた, れで學問, れを, れ丈, をまた, を伝へ, を左, を持つ, を此艇, 住んだ家, 及ぼす所, 取らないの, 拠り処, 祟りから

▼ し~ (97, 0.0%)

5 れに 3 なれば, れ, をし 2 ぞ歎, はこれ, れ能, を亦, を酒

1 [73件] かの心地, かも, こそ今更, こそ文明人, すらもなほうけいる, ぞ野, なせること, ならん, なり, に一枚づゝ, に似よ, に報いん, に從, に從はず, に損, に染まつ, に棄て, に衣食, に見る, の, の一部, の存在, の心, の来し方ここ, の母夫人, は, はグイード・デル・ドゥーカ, はリーア, は仏国文学, は伯爵ウゴリーノ此, は前進, は却つて, は恥, は憂ふ, は懸想, は日本, は歩, は汝, は独逸文学, は翌, は身, まさに雑小虫, もこれ, もたって, も彼, も恥入, も輝, やさし, や夕紅葉, や行き, よわが, れが, れむくろ, れ今更, れ其甲斐, れ君, れ圖ら, をゆり動かし, を信ぜず, を分っ, を喚び, を天宮, を奴僕, を完成, を康強, を惹行き, を愛する, を抱かん, を顧み, を驅, 恨めしくもらさぬ, 最早すっきりと, 知らず祈を

▼ し~ (96, 0.0%)

3 はまだ, を思へ 2 かも, が来まさぬ, が鞠これ, と一緒, なれば, のこ, の母, を

1 [74件] から音波, が, があの, がいき, がいくら, がきほひ, がこんな, がその, がなさけ, がみ, がマッフ, が口, が常夏, が形見, が掘りし, が目, が目的, が自分, が言, が非凡, とわかれぬ, と己, と異なる, なりしを, には他人, にやはあらぬ, のいふ, のいやらしい, のかく, のみうた, の性, の指図, の望み, の町, の眼, の知つて, の脚, の親切, の評論, の長所, の魂, はけっして, はさっき, はそんな, はまさか, はも, はやらない, は不思議, は他人, は出, は又, は古, は呼ばるべし, は小説家, は幸福, は悲しき, は斯く, は此點, は無, まつと, もこういう, も何, よ, をかなしむ, をし, をば我が, をひとり, をまた, を堯舜, を待つ, を爲, を見, を讃, 見て

▼ し~ (96, 0.0%)

4 をやめ 2 にした, をあげ, を伸べ

1 [86件] がない, が充分, でつかめる, として吉原, なぐさみはすると, なずけてからは, なんぞを出し, に, にきず, には, には金地, には鴈投火箸, により, にわが, に光りぬ, に入る, に入れる, に力, に唾, に当る, に打ち振られ, に持っ, に持った, に持つ, に持つた, に汗, に爆弾, に綱, に職, に負, に負えない, に金, に金無垢, に龍牙刀, のこんだ, のつけよう, のない, のナポリ, の指輪, の足りない, の込む, はふれし, はまた, はわなわな, は冷, ばなさぬ, もない, もま, も不断, をしばし, をすすぎ, をつなぎ, をつなぐ, をとっ, をのばさ, をふやし, をふり, をもっ, をもつ, をやや暫く, を信用, を出した, を切られ, を切れた, を合わした, を女, を懐, を打つ, を払い, を振, を振り, を振りまわし, を振上げ, を携え, を放し, を束ね, を枝, を清め, を縮め, を蟷螂, を覆す, を触れ, を離れた, 懸かりは, 振, 附けの

▼ しため~ (95, 0.0%)

4 なり 3 にその 2 なれば, のみ

1 [84件] おどり売切れ, かく名づけられ, かく壊されし, か痩せゐる, か静養, この神, その何故, その根底, その歪める, その繁栄一朝, その製作, ただいま, ついに英国, である, とてもこの世, ならず皆これ和主, ならむ, ならむか, ならん, なりされば, なりともいひ, に, にあるいは, にこれ, にし, にその後, にそれ, になった, になんら, にもなるだろう, にやあらむ, にや風, によほど, に一句, に互いに, に信長, に公民権, に兵士等, に出生, に助かり, に右, に君主, に大小, に大抵, に大道, に天下, に実地探検, に後生, に忽ち, に思う, に我, に旧き, に暫らく休刊, に更に, に最も, に最下級, に氣, に燐光, に生まれ落ちたる, に生産物, に男, に発電, に結婚, に腹具合, に船, に貧小農, に農民負担, に連合軍, に遂に, に過失, に長崎奉行松平康英, に隔靴掻痒, のみに非ずし, ぱらりととれ, もあらん, 両眼殆, 全く凍傷, 心ならずも一時菊池, 折り荒されしなり, 早く真柴久吉, 暑さ, 殺さるるも, 第八, 諸新聞

▼ してさえ~ (95, 0.0%)

11 いれば 5 おけば 3 いた 2 いる, いるの, いるよう, 置けば, 行けば

1 [66件] あやぶまれたの, いい気, いただければ, いたと, いたらあるいは, いたらそれで, いつか兵の, いなければ, いりゃ間に合うのにね, いるならば, おれば, くだされば, くれたら, くれれば, この一袋, ざえとさえまさった男まえ, しんそこは, そういう色事, その点, なおも筆, なお四百余人, ひそかに, もし芸術, やがて東村山, ゆけば, 一世に, 一言も, 不愉快である, 今もっ, 古くさく教養, 叱りつける, 同じ研究, 呶罵地だ, 唯物論の, 喘ぎを, 多少なりともその, 実にはっきりし, 居る今, 居れば, 平家の, 当の本人, 当時の, 得度授戒には, 忽然とし, 怒りや, 思い及ばなかった悲しい, 息が, 手を, 敵は, 新橋上野の, 時折には, 此大吹雪容易の, 済まないよう, 目を, 相当の, 私は, 義兄の, 聞かせて, 肌に, 胸が, 行ったらそれ, 覚束ない, 身の毛が, 金が, 骨子は, 骨身に

▼ しなり~ (95, 0.0%)

126 と云 5 という 4 とぞ 3 然れ 2 といふ, 然ば

1 [61件] しに, とある, といふ松, とぞ然るに, とぞ阿部勢州, との咄, と三斎屋敷, と事細密, と云う, と噂, と夫, と如何, と始終, と委細申立, と宣う, と彼婦, と思わるるなり, と是, と此程, と答, と聞かぬ, と若し真に, と言立, と論ず, にけり, のいい, 丸龜にて, 何卒御所刑に, 其事情は, 其方惡事を, 其時貴方樣が, 其譯は, 又九助, 又其御身形, 又天忠, 又我等, 又手下, 友次郎事は, 因て, 大岡殿其方は, 夫は, 如何し, 如何に, 家主の, 寔に, 彌七, 恐れながら, 我が身の, 既に其御侍士, 昨夜鈴ヶ森にて, 是長八は, 此の, 決して構, 然すれ, 然ながら, 然ら, 然り, 然るに駿河屋三郎兵衞, 見遁, 豈夫今年, 那の

▼ し一方~ (94, 0.0%)

2 にはまた, に於, の手

1 [88件] からいへ, から望み, が各, が大, これを, その時, その需要, だけは入口, ではますます, ではまた, ではマホメット教國, では叔母さん, では幾何学, では愛慕, では父, では直接お話, では長, で又, で申訳的, と伸び, ならず心痛, においては人民, にさう, にそれ, には, にはクシ, にはペン, には三萬三千町歩以上, には上海, には又, には古, には山女魚, には座頭, には怨嗟失望, には日本固有, には滋養分, には白ペンキ, には社会, には節子, には維新政府, には鞍馬, に塗, に小山, に心, に慢性的, に滑った, に生産的市場, に男, に禅, に若い, の主義者, の勢, の手はめちや, の林, はむやみ, は他, は反対, は喜び, は宮本武蔵, は家康, は愛用, は扉, は没落, は浅い, は由来, は船, は落さう, を, を地盛り, を馬方, デニー博士の, 俳優に対する, 俳優の, 全従業員, 半九郎, 天子に, 妹の, 市内には, 弁護士の, 役宅へ, 彼は, 映画会社の, 本国に, 樊城城下に, 自負し, 色々の, 鴨田との, 黒谷の

▼ し~ (94, 0.0%)

3 が向いたら, な顔 2 な青年, の一時, もなく

1 [82件] がきい, がつい, がつけ, がまぎれた, がまとまらな, がむずかしく, が付い, が遠く, が附き, であった, ではありません, なるその, なる甘味料, な力作, な合唱, な女, な微笑, な極悪気, な長身, な面持, な響き, な風, な風才, に, にいそいそ, にいひける, にさわる, にほめ, にみえる, に上下, に並ん, に云った, に今, に俯, に俯向, に側, に傾けた, に光つて, に動く, に又, に啼く, に嘆かず憤らず, に四下, に四方, に忠太, に恋人, に悄然, に手巾, に更に, に服, に此方, に燃, に眉, に答えた, に見える, に見詰める, に走りまわっ, に進呈, に頭, のついた, のない, のひける, の利かねえ, の弛み, の弛みし, の抜けた, の故, はひなり, はひより, も狂わしく, も狂わん, も直し, をもみ, をもみました, をもん, を取られ, を吐く, を塞め, を壮, を安らか, を揉む, 早い心

▼ し~ (94, 0.0%)

3 の色, をつむっ 2 に涙, を伏せた, を忘れず, を急, を輝かし

1 [78件] いと恐ろし, から光, がぎろりとして, がくらみ, がどろん, が昏, が熱, だけ大きく, だけ横, で云え, で見る, となる, と口, などは殆, にうつり, には丘, には涙, にキツ, に嫌悪, に水, に耳, に見えない, に過ぎる, のあき, のうち唯事, のつかい, の上, の下, の前, の端, の草, の迷い, の鋭い, はかすん, はじっと, はにわかに, は普通, は曇り, は睨みつける, は自信, は見えなくなる, もあります, もい, も綾, や口, よぎり, よりは怪しき, より落つる, をさます, をしばたたく, をすえた, をそらし, をそらした, をちかちか, をつぶ, をつぶっ, をまるく, をみはった, をむい, をむき出し, を一ぱい, を丸く, を其実, を円く, を動かし, を夕, を大きく, を大切, を怠, を据え, を異様, を足もと, を輝, を閉じ, を閉じました, を開き, を開く, 立って

▼ したま~ (93, 0.0%)

463 へよ 2 はむと, へり, やの神

1 [38件] しいの, には蠅, に行つて私共, の悪, はざりし, はざる前, はで, はな, はぬ, はね, はむ奇, ふが, ふといふ, へかし, へとの事, へと勧めた, へと干, へと申, へと言つた言葉, へどもその, へばおん身, へほん, へよ本当に, へスカダモーア君, へマアムウド, へロマン, へ但し, へ元気旺盛, へ勉強, へ孝行, へ実は, へ小さい, へ汽車, へ紙片, へ非常, までお, まではいる, まで鼻

▼ し~ (93, 0.0%)

2 なはも, の母, は若かり, もたぬ女

1 [85件] から見れ, がある, が得意, が生まれる, が男女, が目, が細り, が門, だ, だから, だと, であると, でお, で男の子, で苦労, と守り, と礼, ならで, なればこそ, に幸い, に持たせ, に服, に附けし, のこと, のその, のない, のゆく, のよう, の償, の十歳, の名, の垣, の夢心, の弥一右衛門清久, の思い出, の意知, の曰く, の枕辺, の死亡屆, の照幢, の罪, の面影, の頃, の頃憶, の顏, は, はお前, はたらひ, はまだ, は友達, は同じ, は斬り刻み, は父, は眠, は米国風, は自分, は誠に, まであった, も, もあれ, らしあや, をいや増し, をかぞへける, をさずけられる, をし, をすら治め得ざる, をまで儲けた, を其宮中, を分娩, を孕ます, を引い, を拵, を教, を教訓, を生む, を生める, を産み, を育てず, を虐げ, を見せし, を誰, 別雷神, 故に, 計策, 龍には

▼ しを以て~ (91, 0.0%)

5 なり, 也

2 [14件] なり即ち, なり然るに, なり而, 主筆島田三郎君は, 之を, 互ひ, 公は, 其の伊藤侯, 子は, 彼は, 彼れ, 更に新, 若し伊藤侯, 閣下に

1 [53件] いよいよ磯山ら, かつて小林, この事件, しかも互に, その事情, その紀念, その脳裏, その計画, その謝罪, それを, ならずや, なるべし, ダンテは, マイエル以後主として, 不幸の, 人夫燎を, 代理として, 任那を, 伝道事業の, 何等犯人, 偏に皇后, 全く泥酔, 兵馬の, 城はじめて, 婦女に対する, 孟子の, 平氏が, 彼が, 想像畫と, 敢て, 斯く流されける, 本郷豊国と, 此式の, 此段申上奉り, 比較的外傷, 津軽及合浦, 無断にて, 現今の, 略して, 直に其心裏, 直に科擧, 社會は, 秘密裡に, 翌日剛力ら一同を, 茲に, 見れば, 詳細の, 誇張的に, 議会演説講義等直, 遂に吾が, 運動に, 金看板が, 銃声に

▼ してさ~ (89, 0.0%)

13 うして 8 う言 5 ういふ 2 う答

1 [61件] いけませんよ, ういふ名, ういふ研究, ういふ色, ういふ訓練, ういふ風, うさうと, うさせた, うされ, うしませんでした, うじみと言はれる, うで, う云, う云つたの, う問, う思, う思ふ, う感じ, う教, え, おれと, おを, ぐつてみるとはたして, こちと, ざなみのように舷に, そうして別嬪さんたち, その中, その後私が, それからあの, そんなこせこせ, ただじゃあ, だから下, つと吹き込む, なんだい結婚し, ねえ, ひとつがんばつて, びしくなつたあゝ, また何処, もう男, わいだり, ア, アお前はんの, ア革命を, 一人前の, 一旦は, 一生彼女を, 人を, 何て, 俺の, 女の子の, 学校の, 正孝はん傍, 気違いという, 汚ない, 泣面は, 物貰いの, 知って, 石段の, 配下に, 阿呆らしい, 騒々しくって

▼ し最後~ (89, 0.0%)

73 に一つ, のもの 2 にあの

1 [74件] なりしか絶望, にお, にそして, にそれ, にそれでも, にそれ等, にはかくべつ, にはたわい, にはまた, にはウイン, にはピストル, にはフレミッシュ語, には徹夜, には旦那, には流氷圏, には粒子, にアグネス, にカイロ, にトウトウ, にノビレ大佐, にビジテリアン, に一新生面, に之, に人物, に他, に付言, に其王レーソス, に判らない, に十字架, に千登世, に四年, に坪内教授, に嫉妬, に彼, に彼女, に恋人, に支那, に放言, に教養, に晩飯, に歐洲, に生産用役, に町, に私, に窮余, に絶命, に自分, に自分たち, に花, に裏面, に遂に, に金箔, に長く, の一段と, の一煉瓦, の二三, の伝承, の勇気, の成功, の戦い, の日, の時, の最も, の段, の決心, の甚だ, の言葉, の詞, の語, の車輪, の運命, はこの, まで仇討, 迄も疑

▼ し彼等~ (85, 0.0%)

3 の間 2 と雖, の衝動, はこの, は彼等, をし

1 [72件] からその, がそれ, がイデオロギー, が地盤, が如何, が安, が屬, が最初, が根拠地, が注進, が漸, が身, が静, と一緒, と別れる, につ, には及ばじ, に別れ, に手伝っ, のはじめ島, の人格的生活, の仕事, の出入, の命, の姿, の官能, の常識, の手, の注意, の為事, の状, の生活, の芸術, の行っ, の行爲, の表情, の言葉, の言語動作, はすべて気持, はなお, はまあ, はまるで, は代っ, は僕等, は円卓, は又, は大人しく, は大阪, は如何なる, は恐らく, は慈善, は最初, は概して, は此少年以外, は決して, は狂喜, は王城内, は皆僧, は趣味的形式品格的形式, は鉱山主, は陰鬱, も我國從來, や又色々, をなつかしみ, を以て唯一, を保持, を喜ばし得ぬ, を愛し得られぬ, を新, を立派, を笑, を迎える

▼ し従って~ (85, 0.0%)

2 価格が, 価格の, 複雑な

1 [79件] この土地, その分子運動, その所有地, その方法, その被害, その限り, その飯, それだけ又之, それらの, より多く, より実践的, より少い, より少量, 両戦争, 中項, 乗降の, 乙の, 京の, 人の, 他の, 以前と, 伝来の, 余韻とか, 価格も, 保留せられるべき, 全穀物価格, 出生総数の, 制作中の, 劇中の, 力ある, 労働者は, 労賃として, 又それぞれ, 又広告収入, 又歴史哲学, 同一量の, 名の, 吾, 国の, 国民多数の, 国民祖先の, 土が, 地主の, 多くの, 峠を, 常に資本, 廃都ローランの, 役割における, 微分と, 急激に, 意識として, 我国における, 或る, 日本精神の, 欧州の, 歴史は, 水際に, 消費者は, 深さ一キロメートル, 特別な, 生産が, 生産費, 白馬尻なども, 益々物理的世界, 社会の, 社会は, 神聖に, 私が, 第一等鉱山, 第二, 美術音楽歌舞その他の, 肉は, 育成の, 観客自身画面の, 講義の, 輸入穀物に対する, 道路や, 遣って, 間接に

▼ しあの~ (84, 0.0%)

5 郎女は 2 人の, 人を, 時は, 男の

1 [71件] うまいスシ, お医者さん, お爺さんに, ころの, しんめり, ように, イワンと, コピィが, フエルラアドの, 一生陽の, 上院の, 乗物の, 二番目の, 人は, 人魚の, 以来, 位の, 位名声を, 作風から, 前日の, 向うの, 夜ダンネベルグ夫人の, 夢の, 失敗の, 女は, 子供の, 学者を, 小男めを, 小説を, 屋根裏部屋では, 年に, 影を, 悪剣, 手記の, 持つ文化, 掛川へ, 撥を, 方に, 日の, 時代に, 時分は, 暗澹たる, 松の, 森の, 椎の木が, 殺人鬼を, 浪人は, 渡し場を, 湖水の, 炭屋は, 物凄い, 物音の, 生を, 男は, 男以外に, 短い通諜, 空の, 花山火葬場で, 若い男, 蒔絵とか, 蒙昧な, 虎御前といふ, 街角この, 記事の, 長髪の, 電燈を, 頃おも, 顋が, 食べては, 香気の, 高ぶらぬところ

▼ し~ (84, 0.0%)

4 はゆる 3 に違 2 くらいである, ではありません, の, ほどよく, ほど気, ほど激昂, ほど痛烈, ほど真暗, ほど饒舌

1 [59件] からいつも, から何やら, くらい見事, じゃあない, ぞあいつ, だろう, であろう, でせう, でもない, とは感じない, につけ, のだい, のぢ, は, はで砕ける, はなし, はひご, ばかりだった, ばかりでなく, ばかりに真剣, ばかりに荒れはて, ほどあからさま, ほどあかるい, ほどこの, ほどさびしい, ほどでした, ほどに手ぎわ, ほどに虫, ほどに蹴出し, ほどに輝き渡る, ほどの勢, ほどの窶れ, ほどの美男子, ほどはつきり, ほどひっそり, ほどオドオド, ほど万事万端, ほど咲い, ほど品, ほど婉麗, ほど暑い, ほど白い, ほど相好, ほど真赤, ほど神経質, ほど程度, ほど素朴, ほど苦痛, ほど蒼ざめた表情, ほど黒い, を附けおる, 古い日記, 強い狂犬, 悪い病, 深い或, 深い霧, 程沈欝, 程群衆, 酷い死

▼ し~ (84, 0.0%)

85 りて 4 つたもの, れば 3 る者 2 たつたの, たもの, ます君, ると, るもの, れり, れる自己

1 [46件] し巨大, たが, たる者, つたかといふ, つたが, つたところ, つたので, ても又, て問, て居り, て藝文儒術, ぬ, ぬ更に, りしもの, りそれ, りたるもの, りぬ, り憂悶, り打, り損害, るかな, るとも, るの, るので, るを, るアイアース眞先, るアキリュウス, る一船, る劍戟, る可, る地響, る怪, る此麗人, る溪泉, る火, る精華, る自然, る虞, れるに, れるもの, れる一書, れる事實, れる國民的運動, れる孤獨寂寥, れる結果あれ, れる部分

▼ し~ (83, 0.0%)

9 思ふ 8 かし 4 おもふ 3 念ふ 2 とあるの, 思はゆ

1 [55件] あはれなる, いためし所, かししか, かし我, かつは, きて, きに, こなつたが, それも, ならば, はや道場, めでたき, よもや白洲, わが眠り, 一時間も, 不便なれ, 不屆至極, 不思議なる, 乳虎一声高く, 予は, 今一度と, 以後は, 伯父は, 但しは, 佐助が, 先々草鞋を, 其方の, 再縁せ, 奇遇なる, 妾が, 実に予, 尉官は, 彼答へて, 待つ, 思ふを, 思ふ四方, 思ほゆる, 憂き, 戸の, 斯く不正, 斯る, 是非なき, 此事逐一, 汝今抑, 汝公儀の, 滑稽なる, 父樣には, 率, 神の, 笑止なる, 聞が, 語れ君, 遺憾なれ, 隱さず申せ, 顔色わろし

▼ し~ (83, 0.0%)

3 なれば 2 なりと云, にあり, のある

1 [74件] あれば, おひたちし, が病氣, とう, とて小高き, と傳, と時, なりき, なりといふ, なり然, なるに, なるべし, なるべしされど, なるアンタンドロ, なるナツァレッテ, なる岸, なる火, なる高き, にいたらしむ, にその, にてはこれ, にてはその, にては失せし, にては祈り, にて愛, にとどまりき, には今, にむかひ, に上れるなり, に何と, に保ち, に大事, に導き, に折惡敷, に歸, に行かじ, に近所, に魂, の今更, の何, はともに, はマントヴァ市, は即ち, は實, は少く, は御館, は悉く, は流れ, は神, へ又, へ憑司, へ行寄凭, よりた, より首, をはなれつ, を切先, を探りしか, を見, を見ん, を見付, を讃, 一旦荒膽, 今や砲兵工廠, 今報, 全く大橋文右衞門, 全く詐欺, 去る十七日右彦兵衞參, 又其日蓮, 忽ち雨, 本事件, 果たして後藤先生, 決して相違, 無く一文章, 物堅き文右衞門

▼ し~ (82, 0.0%)

2 けり, し人, ました, 兄も, 村長を

1 [72件] うまし惱, かけた, きかしむるばかりなり, ける, ごく下らない, しに, しのぶに, しや, し橋納凉十九, たぐる, たまへ, たるた, たるりん, ちれば, です, ないで, ない吾が, ない生, なきもの, なく寂しけれども, なり, なりけり, ます, また空, ゆくの, ゆく道, ゆ今に, わたしは, 一日を, 下さりませ, 下さるべしと, 不義を, 仰せあった長政どの, 仰せ聞らる, 仰付, 使いを, 係り合の, 候所を, 入れて, 内談仕つりました, 出て, 出ますばかり, 出ると, 回りなかよく, 声を, 如在なき, 對し, 差戻し呉, 常に不老, 引渡すと, 御任せ有べし, 御口上, 御預け, 急がせて, 悟し給ひき, 手を, 押し込んだ, 押し込んで, 早くお出で, 柔ら浪だつ, 渡されて, 疑いの, 疑ひ掛り夫, 百廿兩預け置歸國の, 眼を, 若くお, 行きモーター和船, 行き大いに, 解きも, 説き進んで, 贈って, 転がり込むと

▼ しよく~ (79, 0.0%)

10 たに 8 考えて 2 これを, 聞いて, 見えすぎる目, 見れば

1 [53件] きけ, この愛, この術, これで, その謙譲, ととのった集, なった, なりました, わからない言葉, 下品な, 乗り廻っ, 互角の, 人と, 似し人, 似た人, 修行された, 傳へて, 写実しなけれ, 原画の, 執しよく, 境防を, 大変美しく楽しい, 子供の, 子弟を, 実地に, 尽して, 工でした, 建って, 忍んで, 我子の, 戦ったが, 扱うたので, 抗するそれ, 散歩に, 料理と, 斡旋した, 新意, 治領し得る, 泣く, 眠って, 知りよく, 破りよく, 神の, 稼ぎよく, 考へると, 聞けお, 自然を, 英雄の, 計られた, 貞操を, 錯綜せる, 食いよく, 魚の

▼ し~ (78, 0.0%)

3 れは 2 れ賢者

1 [73件] かとて立茶番, から譲られた, が却って, が厭, が實際, が村民, が為ニ女, が自身, たる小説家, だから, だけで, ではお前, では明日, にし, にて思ひ, には何, には何等, には慥, には證據, によって規定, に云った, に交っ, に向っ, のある, のさうする, のため, のみならず, の名, の斧, の方, の有, の殺伐, はきっと, はこれ, は一通り, は事柄, は今, は今日, は余程, は君, は如何にも, は意識, は或, は挙国皆兵, は決して, は狂気, は現実, は近頃, ばかりで, もお, も五日, も好かろ, よりも差し迫った, より京都, より右斜, より影, より村長上臺憑司方, より祖母, より諸, より近, より酒宴, より電車, れから, れが, れには, れより, れを, れ彼, れ美術, を問題, を喪っ, 若し怒る, 迄臺所

▼ し或いは~ (78, 0.0%)

6 それを 3 これを 2 壁に

1 [67件] これに対し, しなければ, すすり泣いた, そうでなけれ, それが, みずからそこに, むしろ主観的, 之と, 予想し, 京都坂本方面まで, 他の, 代理を, 何の, 傷ついて, 具体化し, 分合し, 分散し, 又公算上, 又苦しむ, 哀求する, 善きに, 在邸, 地方で, 奴隷として, 存在から, 寧ろ救済, 射殺された, 将来さらに, 屠者, 崩壊し, 弁証法に, 張三李四を, 憤慨し, 憤懣し, 戦後降参し, 戦慄し, 打盤, 文献的史料の, 日雇取, 概念を, 此の, 死し出奔, 死刑に, 母ひとり子ひとり家計の, 民族を, 河に, 流罪両度に, 生きんが, 疑問を, 祖先以来の, 聖天を, 胴中を, 自己不安する, 自暴自棄すべき, 自殺し, 茫漠と, 説明する, 読者に, 諸所, 軒下に, 追ッ, 遊女と, 醜いもの, 間違ひ, 随身を, 隣村の, 黙々として

▼ しあと~ (76, 0.0%)

2 で考える, に時雨, の楽しき

1 [70件] あり, から二人, から薬, だになし, でこまる, でひどい, でわたしたち, でソウット母, で大, で持ち出した, で考へる, で苦笑, と思う, なれば, にお, にてその, にてマリウチア, にて山内, になつ, には泰然, に不幸, に残し, に残る, に残れる, に浪子, に選ばれた, の, のある, のひそ, のもの, の三分の一, の二人, の佗, の千分の一秒, の半分, の宿守おれおれ, の思ひ, の日, の烏合, の猶, の生涯, の野, の錆, の静かさ, の駒, の騒動, はおそろし, はしばし, はぜんぶ伊達家, はどっと, は三井さん, は両足, は丸善, は円タク, は各自, は垂駕籠, は天候, は徐々に, は昼夜兼行, は湯, は灰色, は綱, は静か, まで病, や, や墓, よりさわさ, より浪子, より電信局, を疊

▼ し自己~ (76, 0.0%)

2 の中, の努力, の哲学, の本質, の活動, の生活, の立場, をより, を教養

1 [58件] が実際, が影, その物, といふもの, といふ物, と他人, と社會, において時代, にとってその, に与える, に困, に忠実, に暴行, に留まり得ぬ, に蹉跌, のお, のため, の体重, の信ずる, の内在性, の利, の力, の動作, の勢力, の好悪利害, の姿, の存在, の安全, の定規, の心霊, の意思, の手腕, の才能, の無罪, の狭隘, の真相, の經驗, の罪, の能わない, の自白, の識見, みづから, もまた, より進ん, をし, をその, をただ, を労働階級, を卑屈, を否定, を否認, を消し, を濁流, を独立, を發見, を省察, を確実, を鞭

▼ しつつも~ (75, 0.0%)

2 最も親しまざる

1 [73件] すぐ返事, そうはっきりした, そう断定, その, そのあらゆる瞬間, その態度, その染着, その間に, その面, それに対して, それを, ついに天上, どこか, なお, なおかつ特定個人, なおそこ, なおドストエフスキー, なお幕府, なお引きずられ, なお引きずられる, なお東洋文芸, なお絶えず, なぜ自分, まず御門, まるで寒, もはやこの, やはり盛ん, わたくし自らを, 一方で, 一面そんな, 不安でならない, 二つの, 二十八年三月に, 今や上層, 他の, 会えば, 先いそぐ, 先生の, 同時にまた, 士魂商才を, 夜ふけには, 寄り進む兵, 庭の, 当時に, 後を, 心中不平であった, 思い出して, 懸ったまま, 戦国時代以来外来的要素を, 敢て, 日本の, 朗らかに, 柳に, 流暢沈着であった, 流石に, 火鉢の, 確信を, 童貞であった, 統一せられ, 続いて, 考える, 聊かその, 自分たちは, 自己の, 艦は, 血走った眼, 表べだけは, 表面には, 誰にも, 随処に, 雁を, 駆戻る発奮, 鶴見は

▼ し~ (75, 0.0%)

3 鼻緒の 2 に云った, の事, の二つ, の生活

1 [64件] こ, なりけむ姉上, にある, にて帯, には莚, にまわした, にもまして, にも云った, にも云つた通り, にも書いた, にも申, にも申します, にも言つた, にクレートス手綱, にモ, に五, に友, に我, に挙げた, に比べ, に生みたまひき, に生れかわりたし, に申します, に私, に置いた, に考え, に述べた, に進む, のもの, の化物屋敷, の命題, の土人, の山いま, の形, の後宇多天皇, の月こ, の村田氏, の横田大審院長招宴, の男, の部分, はいか, は余, は高原山, へ前, よりありし, よりか少し, よりもずっと, を否定, を夕, を見, 九年後三年役の, 二者を, 公證人たり, 参政閔泳煥は, 參政閔泳煥は, 囘の, 夢に, 年来中止せる, 持って, 時代の, 檣帆の, 祝ひの, 髮に, 髮よ

▼ し~ (75, 0.0%)

21 に候 3 なり 2 なれば, に御座候, を聞き, 定めて, 御当家

1 [41件] あまり簡単過ぎ, うれしく存じ, およろこび申します, しかれば, との事, なるが, なるも, なれど, なれども, なれ共, にて仏国方, にて傘, にて其船, にて心, に承, に有, は, をば, を云えり, を慥, を申入, を白地, を知り, を言, を言っ, を記せる, を説いた, を論じ, を述べ立て, を高, 包まず白状, 又其時檀家, 取次がれあ, 嘸かし憎き, 専らの, 恐ろしき盜人, 故偖, 既に白状, 然すれ, 聞きつた, 近き年

▼ し~ (75, 0.0%)

2 とにあらね, の上, の枝, の蔭, を早速, を活け

1 [63件] か, が一株上, ぐしを, ちる里, ではからだ, としての姿, と雪, なれば, にもかへてうれしき, に往き来, に法事, に眠る, に眠れる, に等し, のおとめたち, のかげ, のなごり, の主, の主人, の冠, の初め, の千, の唇頓, の影, の息づまり, の日, の朧ろ, の眉, の色麦, の都, の雨嵐, の面, の面影, はいづこぞや, はも, は一どきに, は亦, は只一株, は四月頃, は跡, もいつしか, もつけ, も咲, も宿假, も散り, も見き, やで見送る, をいくつ, をかざり, をみつむる, をめづる, を失, を戴い, を折り, を捻りつ, を摘み, を擁護, を春, を欲せ, を献ずる, を開く, 咲き, 咲き老衰

▼ し二人~ (74, 0.0%)

5 や三人 3 して 2 の子, の息子, の男女, の間, は話し, をヒョイ

1 [54件] がいつ, が一人, が代表, が生き, が辞去, でカルタ, でフィリッポフ, で元, で映画, で本郷あたり, で西洋料理店, ともきれい, ともその, とも疲れ, とも絶命, に向, のみ殘, のアンマ代, の乾児, の交換者, の個人, の助手, の妾, の娘, の婦人, の子供, の敵, の文章, の権兵衛, の浪士, の男, の百姓, の耳, の証人, の話し, の運, の醫, はその, はバス, は傷ついた, は出かける, は家老, は将校, は庭, は慄然, は早, は無, は間, は食卓, をとらえ, を呪い殺さなく, を追い, 共に仲の町, 死んだ角三

▼ し人々~ (74, 0.0%)

2 は故意, もここ

1 [70件] が一定率以下, が之, が奇蹟, が実践的, が笑, が考え出し, この本然, さえかく, と共に祭, と出現, なり, なりき, にさ, につき, には今宵, にわたす, に世, に係る, に厚く, に対しもはやなんら, に就き, に思い, に逢, のきめし, のコンムーナ, の享, の例, の功, の取捨折衷, の呑み棄てる, の婦女, の影, の所領三千余箇所, の神経, の足許, の追善紀念会, の靈, の食, は, はすっかり, はそれら, はなぐさめ, はもとより, は之, は今日これ, は何故いきなり, は却って, は叫ぶであろう, は唯物史観, は大, は帰り, は当時皆, は彼, は海底, は皆, は確か, は立歸, は翌朝五六人おせん, は言う, は読後, は走り出し, へ自ら, よりもはるか, よ彼等, をも厚く, を勸め戰地, を喰, を裁いた, を驚嘆, 驚きて

▼ し合つて~ (74, 0.0%)

11 ゐた 5 ゐるの 4 ゐたが 3 ゐる 2 ゐるもの, 別れた, 行く事

1 [45件] うまく続い, うようよとして, この物騷, さらにドーツ, でもゐる, はならない, はゐる, も愛, る仇敵, ゐたこと, ゐたし, ゐたので, ゐたやう, ゐた中, ゐら, ゐること, ゐると, ゐるといふ, ゐるとき, ゐるところ, ゐるばかりが, ゐるやう, ゐる客, ゐる時, ゐる点, ゐる間, 互に倒れた, 代る代る飮ん, 似たやう, 居た, 居たが, 居るさ, 居るので, 居る問題, 居る場合, 怒つたり, 恥ぢと, 早く云, 煩いものぢ, 燃え付いて, 立つて, 見よう, 起つて, 面白くない, 面白く遊ばう

▼ し次に~ (74, 0.0%)

5 は尊い 2 減少し, 減少する

1 [65件] かの林中, この大き, この書, この黒い四角い, これらの, これを, その中, その噸数, それらに, とまった駅, はなにか, は大, は或, は水兵, は移動, は貴下, は踊り, は面白, は鶏, また再び, りっぱな, アを, ソリミ人次に, ビジテリアンが, マリユスに, 三を, 両面スクナを, 之に, 之を, 之をば, 乗組の, 事件中の, 仏国の, 余の, 佛國の, 北上を, 否定した, 味酒神社の, 国老の, 官僚を, 宣教師に, 式部, 御者と, 憤りつつ, 日本画の, 星雲が, 歌舞伎座や, 泣きながら, 洋服箪笥を, 現はれる, 生れた長女, 祖先の, 私が, 科学, 第二過程, 編日の, 翻訳民権派は, 職人たちの, 肉体的な, 自分ら飲宴する, 萎靡不振を, 起った当時, 逓減し, 進むべき土臺, 進んで

▼ し~ (74, 0.0%)

2 なり, の顏, も女

1 [68件] がある, が天性, が浮気者, こそ世に, でござる, というもの, として愛する, との秘密, とは余程, とや見ん, と又, と女, と戯れる, と甲州くん, と見, と逃げた, と連, などはお, ならん, なりこの我が, にあらずや, にそむい, にて其頃, に勧められる, に夜, に対する自分たち, に贈った, に身, のいふ, のこと, の不幸, の云, の姿, の子供, の影, の心, の故郷, の数, の社員, の誠実相, の負傷, の雇人, の面体, はそこ, はよろめい, は一体, は一向, は此処, は殺生, は狩猟, は猶, は駄夫, もありき, もした, も有りし, も漱石龍之介崇拝, も老い, も要らなけれ, や女, を呼び入れ, を引, を我, を拾, を拾いあげられ, を見れ, 忌々しければ, 恭しく媼, 故幸

▼ しぼつ~ (73, 0.0%)

764 てゐた, てゐる 3 たやう 2 た樹脂, てお, てほろ

1 [43件] たあげく, たそして, たと, たの, たもの, たらしく八五郎, たりし, た上句, た何, た抗弁, た矢, た聲, た自家製ジュース, てあつた, ていただきませう, ていつも, てこなた, てそれで, てひよう, てみた, てやる, てやれ, てるつて聲, てわたし, て何, て努め, て叫ばう, て叫んだ, て哀訴, て夢, て庭, て彼等, て懇願, て持つ, て模写, て毎日海辺, て泣き叫んだ, て相手, て竹, て答, て蛤, て部屋, て鳴子

▼ しまり~ (73, 0.0%)

26 のない 4 をし 3 をはずし 2 ができ, のない薄い, をした, をしました, をつける, をる

1 [28件] がつい, がない, がなかっ, がなく, がねえ, で何十年, とで社会主義, なく意匠, のある, のつかない, のない厚ぼったい, のなくなった, のゆるんだ, の無い, の目, の警察法, を, をあけさせ, をあらためて, をさせる, をすっかり, をする, を失ふ, を引き引き, を忘れたらしく, を破っ, を見廻り出した, 従って

▼ し~ (73, 0.0%)

2 は漸く, を非

1 [69件] かどになっ, たひ腦膸, として倭人傳, と時, と組, と言, と通り本式, にはまた, に予, に當, の, のお, のチェンタウロ, の三十分物一つ, の亀甲, の五百, の光, の出来事, の利剣, の小径, の小舟, の山, の巧み, の庵聖めら, の時代, の民, の溪, の火氣, の美, の酒, の零碎, の靈, の食物, の魂これ, はアーディマリ家, はヒノキ, は之, は事実, は京都, は公, は半, は国主これ, は妻女山, は心理上, は想, は新しき, は瀬戸部落, は研究的, は開明, は館員中事実報告, ひら二, まずその, まづ時間, まづ段, まはりす, も二, も体力, も弁疏, も普遍妥当, より十, をば猶, を天上, ノ槍, 同社費, 大政党, 快樂事, 思ひに, 老大貂, 蹴りで自分

▼ し得可~ (73, 0.0%)

228 しと 6 きに 2 からざる, からず, きこと, きのみ, き点, く, くむば, し又, し然

1 [19件] からざらむや, からし, からむ, きは, きも, きや, き一種, き唯一, き性質, く北亜米利加, く印度, く唯, く従, く或, く或は, く既に, く猶, く風習, ければ

▼ し~ (73, 0.0%)

2 な目, 働くの, 格闘する, 矛盾する

1 [65件] だ, である, です, でゐ, で四邊, として失敗, ともにその, なもの, な人, な足縄, な顔, にいつた, にお, になった, になる, にサ, に動く, に呑み, に思はれた, に構えた, に目, に見え, は存外, を非, 交渉した, 交錯し, 伐すること, 会うところ, 依つて一統體, 共に尊敬, 共に此問題, 別れな, 別れる例, 助けるやう, 合して, 変らずその, 変らずも, 変らず七度二分, 変らず飯, 対立する, 對に, 對の, 待てその, 應に, 抱擁する, 携えて, 携え相, 擁して, 映して, 流通する, 火は, 牽制し, 疑えば, 皷舞し, 立たずそうろうこと, 競爭すれ, 聯関する, 親しみて, 親しんだらば, 語る一面, 議して, 資助せざる, 車来れ, 陥ること, 食うこと

▼ し~ (73, 0.0%)

3 を拭く 2 のあかき, のマスク, や手足, をしかめ, を日, を汁

1 [58件] から袖, して, する駱駝, なり, にこう, にそう, にその, にて, にはぼつぼつ, には赤き, に声, に孔, に微笑, に暑い, に王, に目鼻, に紳士, に羞恥らいみたい, に苦笑, に言った, のどこ, の何処, の周囲, の幅, の色, はさながら, はひとしお, は押し潰された, は水, へ袖, も声, やこちを, を, をあげ, をつき出す, をもっ, をわき, を上げる, を半分, を合せ, を塵, を寂しげ, を想像, を曇らせ, を横, を焦し, を白粉, を真赤, を硬, を粧っ, を蔽う, を薄, を見合っ, を見合わす, を見合わせた, を赤く, を赤らめた, 洗う水

▼ しきつ~ (72, 0.0%)

5 たやう, た顏, てゐる 43 た樣子 2 たもの, た肉體

1 [46件] たその, たつもり, たとでも, たの, た不完全, た人々, た人間, た今日, た兩膝, た凝脂, た口調, た土, た外国婦人, た大豆, た子供, た悪魔, た情景, た態度, た或, た揚句, た文書, た濱, た狼, た真実, た眼, た神, た純潔さ, た美しい, た花子, た苦々しい, た菊五, た虚無的, た表情, た調子, た身體, た輕鬆, た面持, た體, た魅力, ている, てうとうと, ており, てしまへ, てたにも, てるん, てウンウン

▼ し~ (72, 0.0%)

3 なし染, の中, を極めて 2 にし, のまわり, の角, を少し

1 [55件] から烟状, から白い, から突き上げる, が大きい, が酸素, でしゃべりしゃべりて, でもよく, で云, にこそ言わぬ, にする, にちゃんと, にもする, に入れ, に当てた, に毒, の下, の下端, の寂さや三ッ日月, はもう, は頓, へ入れる, もうまい, もきかね, も出す, も眼, も達者, より毒, より臭物, より鼻孔, をあい, をあけ, をきかなけれ, をきける, をきわめて, をぐっと, をしゃんと, をつけつ, をとがらした, をモガモガ, を利いた, を吃らせ, を喋んだ, を土, を尖らし, を尖らせる, を引き, を引きしめ, を拭き, を拭っ, を海, を自, を衝かず, を開い, を開け, 入仕

▼ してな~ (71, 0.0%)

3 宜いか見える, 直つて 2 はるねん, はんの, ぶつて, 自分の, 高慢らしく

1 [55件] あいつは, あっしが, あの手合, いいか, いいかねいわないよう, お代は, お奉行, けりあ, こうして刀, ここで, この賽粒, この龍, じつは早々取り消し, せいぜい機嫌よう, そいで, それ以来ここらの, そんでも, つい暇, つた勅撰集で, ところは, はつたら, はる, はるん, はれ, まだ鉄道, まんずこの, ま半かなもの, もし, わしたちが, ア, アお, 一日で, 今さかり, 光が, 否てえ, 夜な夜な酒宴, 大豆は, 実の, 家の, 忘れねえよう, 斯うえ, 昔は, 檀家の, 檜峠まで, 石塔は, 礼儀も, 竹刀を, 素晴らしい芸当, 總代さんも, 臍が, 要所要所, 足軽詰め所へ, 辻善六って, 頭痛が, 餓鬼どもの

▼ しとは~ (71, 0.0%)

2 いひながら, 云へ, 信ずる能はず, 殊にて, 異なりしなるべし, 雖も

1 [59件] いえまた, いえ七日七夜地, いえ自由, いへ古河, いへ実に, おそらくは夢中, おもはず, その認めざることなれ, そも何, どこか, なるほどかつて, ハテ爭, 不審なり, 事か, 云ふも, 云もの, 今に, 何ごとぞや, 何んだ, 余も, 信じない悲惨, 信じ難き, 信ずる能, 信ず可, 其方が, 又一, 及び難く, 合點行ね, 問わでも, 夢にも存じ, 天下通用, 如何に, 如何ん, 嬉し, 官爵の, 実にこの, 察する, 年経, 幼少からの, 御箸, 思い寄ろう筈, 思えば, 思はれず, 思ひつつも, 思へども, 思へ青き, 是れ, 甚しき相違あり, 知らざりし身, 知らざるか, 知りませんでした, 考ふる, 覚えしが, 認め難し, 諸地方アイヌ, 赤の, 違ひ, 阿姐, 雖ども肉膚を

▼ し多く~ (70, 0.0%)

4 の人々 3 の場合, の論文 2 のこと, の人

1 [56件] のもの, のフェルラーラ人, の一厘銭, の不, の人々みな世, の人類, の信者, の僧尼, の優勝階級, の優秀, の公卿衆, の古寺, の同志, の名高い, の品, の場合党利党略, の増補修正, の實例, の寵, の小, の小名, の庶民, の得意, の急造女優, の文人中, の日本人志士, の果物, の現象, の田代, の目, の石炭, の縁者親戚, の罪人, の著書, の著述, の読者, の讀者諸君, の足音, の輪, の避難民, の霊魂, の靈, の頽廃, の魂サルウェ・レーギーナ, はそれ, はむしろ, はビショビショ, は其時一處, は其為, は動物的, は我が, は昔, は群衆心理, は讀書, は非常, 出た木

▼ し時代~ (70, 0.0%)

5 に於 4 もありき 2 がついに, にあり, に抛り捨てられ, はバーミンガム市

1 [53件] がなお, この圓朝, すなわち今日, であった, であったので, である, と現代, なり, なりしかば南北朝頃, なりしなり, なれば, においてはさ, にし, には便乗, には天気, に囚人, に在り, に成長, に生れなかった, に肖像畫, のありし, のこと, のさまざま, のそれ, の児, の変遷, の尖端的神経, の日本的感情, の旧友, の無, の生一本, の産物, の習慣, の要求, の詩人, の趨勢, の遺物, の革新, は伯, は六十有餘年, は所謂, は甚だ, は皆ギルド, もあり, やいか, や國家, より品行, より天涯万里孤城落日資金窮乏, を中, を前, を反映, を同じく, 長い世代

▼ し~ (70, 0.0%)

2 に別, のお

1 [66件] お三婆, がもし, が一服, が仕切り, が寝床, だけの養, とし, としての晶子さん, として地, として朝, とせられた, となっ, となった, となる, とは決して共に, と一しょ, と妻, と嫁, と私, と自分, なるもの, なるヴォルガ, にはその, にも口説き自分, にも告げず, に代っ, に伝え, に伴, に似し, に告ぐれ, に命じ, に孝, に見つかっ, の仕事, の俤, の八乳房, の少女, の御, の我が, の死んだ, の病気全快, の目, の聲さ, の貯金, の賜, の長兄近藤基樹, は一疋, は例, は女中, は姑その他, は安彦, は明治十七年七十歳, は時々, は病身ゆえ, は病身ゆゑ, は私, は蒼い, もまた, も妹, も心配, も水初穂取り, より出生せり, をともに, を年寄り, を母, を車

▼ し~ (70, 0.0%)

3 になっ 2 がね忙, の前, は窪み, もすま

1 [59件] うつりの, から鼻, が覺め, が鋭く, くばせを, にし, につく, にてた, になった, になつ, にならね, には涙, にもかけ, に出遭った, に孫兵衛丞, に涙, に熱, に留ま, に花一輪, に見えざる, に見る, のうち, の作用, の寄る, の覚め, の醒め, は相手, ぶかに, も鼻, より当年, より高く, をあげ, をかがやかし, をくらます, をしよ, をつけられない, をつぶり, をつむり, をシバタタイ, を伏せ, を光らかした, を動かし, を半ば, を塞ぎ, を定め, を怒らし, を憎し, を拭, を横, を清澄, を見, を見交した, を転じる, を輝かせ, を閉じ, を閉ぢ, を離, 出たく添い遂げたそう, 及びて

▼ したりなど~ (69, 0.0%)

17 して 11 した 6 したが, するの 3 したの, しては 2 すること, するだけ

1 [19件] いたし予定, この二年来, したくなるの, したこと, したので, したもの, した為, しない, しないだろう, しながら, しまして, する, するつもり, すると, する事, する必要, せずに, その度, 往々聞く

▼ しあらゆる~ (68, 0.0%)

2 ものが, 任意の, 技法を, 時間的速度で, 物の

1 [58件] ことに, ものに, ものの, ポスターに, 不正を, 事象が, 事象の, 人間に, 仕事に, 他の, 作を, 党派から, 危險に, 困難を, 場合に, 壞滅を, 客を, 専門分野の, 州民に, 布陣と, 強暴苛酷な, 形で, 心の, 性が, 恥しいこと, 意識を, 慾望を, 所と, 手段を, 支那の, 教典から, 文化が, 方法で, 方面へ, 智謀を, 有為転変を, 機会を, 民間の, 汚ない, 汚行を, 点で, 煩悶を, 物皆その間に, 犠牲を, 町で, 痴態を, 眠りの, 科學人智を, 稚い空想, 美しき女, 肉欲的快楽を, 苦難を, 虚構と, 血管を, 角度から, 試錬に, 誠実な, 防備を

▼ しもしくは~ (68, 0.0%)

2 同意しない, 否定し, 否定する, 忌避する, 非難する

1 [58件] ある土地, いずれとも, かつて幾分疎外排斥, これを, その人, その学力, その家, その拒絶, その法則, その神聖, それらに, たかだか理解, わざと遠慮気兼, われわれの, 世の, 侍女として, 信頼し, 凌駕する, 利得の, 利用せられ, 削減しよう, 助長する, 動揺する, 包摂し, 反対する, 喝采した, 学修する, 寺の, 将来発表すべき, 弁護する, 影響される, 悪魔視しい, 想像する, 我慢させられ, 支持する, 改造同化した, 故人を, 敵視する, 新しい作品中, 時を, 流産せしむ, 現にそうである, 發見した, 着手した, 石を, 移植した, 自ら彼らを, 自己の, 自殺し, 衰頽し, 製作せられた, 記憶せる, 誠実な, 諫止する, 近世の, 風潮を, 鬼王団三郎の, 鹿肉猪肉などと

▼ しかく~ (67, 0.0%)

3 のごとき 2 てこの, てすべて, てそこ, て一切, て又, て存在, の如き, もお前

1 [48件] いひて, すれば, てこそ呼び出し, てこれ, てすでに, てその, てそれら, ては仁者, てアダム, てドイツ軍, てヨーロッパ, て一八九二年, て人口増加, て今日, て借入, て先, て兩者, て労働者, て同年十月一日法律, て哲學, て失敗, て岸, て彼, て彼ら, て或, て教区, て樹木, て次, て次に再び, て特殊科学, て發展, て相, て等質的, て自分自身, て自滅, て通常, て際限, て隱現, なられたの, のごとくし, の如く, も決死, 上京参内を, 宣んす, 惚苦めたまへ, 支那の, 行ひ定め, 見ること

▼ しむる事~ (67, 0.0%)

5 になった 4 あり 2 となる, は不可能

1 [54件] あらば, あり或, あるべきも, ある可, があり得べき, がある, がございます, ができない, が出来ない, が出来る, が出来ん, が必要, が珍, が肝要, とした, としたる, となつ, なくさながら, ならん, なり, なりき, にした, になる, に努力, に志し, に成功, に相成り, のでき, の方法, の負, はほとんど, は云うべくし, は出来ない, は困難, は必ずしも, は日本民族昭和維新, は露, も, もあるべし, もあろう, を, をばまたす, を嚴禁, を得るなり, を知, を知る, を謀り, 受け合いて, 多し, 必ずしも不可能, 甚だしきより, 甚だ容易, 見ゆべしその, 頗る巧妙

▼ し~ (66, 0.0%)

2 もかからない

1 [64件] ありげ, があっ, がない, が一夜, が出来る, が無い, と合せ見る, と同じ, ならん那, なりと云, なるべし, にあかし, にて何とか, にも智恵, にも智慧, に飽かし, の, のない, の中八十兩, の中百兩, の五百兩, の仕埋, の半分, の用意, の高, はいくら, は世, は愚妻, は溜まつ, は灯籠, は燈籠, は賊, は返せなけれ, は都合八兩貳歩, もあれ, も二百兩, も同じ, も四五十兩餘, も流れこむ, や神農, を, をいちいち, をつくり, をば藥餌, を借りられた, を儲け, を其, を取った, を取る, を合, を大橋文右衞門, を強要, を忘却, を懸けない, を方々, を昌次郎, を楠, を蓄め国, を見, を言掛り, を讓らん人ララ, を資本, を遺す, を集め

▼ し~ (65, 0.0%)

591 さむとしてこそ, ひ, ひけるは, ふ宣, ふ我言, へ

▼ しめし~ (64, 0.0%)

7 合わせて 5 が如き 3 なり, 合せて 2 が故に, にその, は是, 合せ東

1 [38件] がそれ, が利かなくなる, が忽ち, だよ, となり, と伝, と略, ならば, にお, において最, にこの, にぞありける, には家康, にふと, にエブリスわれ, に到る, はかくかく, はかの, はこれ汝, はそも, は即ち, は尊, は彼處, は誰, ばかりの後, ほどなれ, ほどの英才, も村民承知, やをいはざるべからず, よ, より以来, より島津, より起りし, を如何, を花, 合わせた謀計, 合わせ夜, 合わせ或

▼ し~ (64, 0.0%)

3 包み意久地も 2 なるを, にし, 徑に, 枝を, 盥に, 草に, 鯛かくれ

1 [47件] いさ, き窓, と唱え, なるもの, にする, を大, パン屋約, ワヤ, 主計は, 供の, 供は, 供らの, 兎南天の, 兒を, 兔い, 区域の, 壺の, 女房で, 學校の, 家来が, 徑を, 戦闘が, 手前に, 才智人化し, 抒情詩世に, 束を, 枝と, 枝の, 櫛を, 民を, 沒, 渋陽へ, 皷, 盜人盜みし, 筥の, 紋縮緬の, 芝居は, 蒸汽より, 蝶連れ子の, 袱紗に, 親は, 親声を, 躯を, 錨に, 餐を, 鮒は, 龕今も

▼ しいも~ (63, 0.0%)

143 のであつ 2 ので双方, のなん, のはみ

1 [40件] と打込ん, ないもの, のいい, のそれ, のたち, のださうで, のぢ, ので, のでこの, のでその, のでそれ, のでなう, のでなかなか, のでひどい, のでよく, ので何一つ, ので兎角, ので十九世紀, ので十数面, ので叔父, ので彼, ので汗疹, ので私, ので米櫃一つ噛ら, ので見返える, ので道庵先生, ので麻, ののやう, ののよう, の三年跡, の可愛, の御馳走, の汚, の知らず, の超, の身体, の邪, の難, んぢ, 哀しいも

▼ しという~ (63, 0.0%)

2 ぐあいに温和しく云う, ことに, ような, 人の

1 [55件] ことが, ことなり, ことの, ことも, こと無き, この家, ところの, なる法華経, のが, ので, のである, のは, ものき, ものだろう, ものである, ものでございます, ものに, ものの, ものは, ものも, もの肝心の, やつが, わけだった, モラルに, 一事は, 伝説は, 使者が, 例によって, 囲い梨の, 夢を, 大詰が, 大賊仙台名取川の, 女の子, 女の子成熟した, 字を, 御旧蹟, 心的経過を, 感じでした, 故事に, 数学上の, 敵の, 木綿の, 為替を, 物腰で, 理由の, 理由も, 男なんぞ, 異名を, 目も, 親分に, 話あり, 話である, 談だに, 貧しい箱, 風情

▼ し少し~ (63, 0.0%)

2 考えて, 進んで

1 [59件] くぼんだ細い, ぐらゐ描けた, さめたところ, ずつ注い, たまって, だってよく, でもよく, でも参考, でも多い, でも多く, でも評判, でも長く, でも鶏, の旅行, の間, は世, は人相, は書物, ばかりの近親, ばかり音楽, ふらつく足取り, もその, もたがい, もタルミ, も之, も他人, も厭, も早く, も泣けなかった, も躊躇, も速く, も陰険, やり出したら大, 不平の, 仕事が, 俯向きゆるゆる, 勉強し, 區別が, 失望し, 悪酔を, 日たった, 期待と, 泳いでは, 洒落ては, 熱が, 生活も, 田舎へ, 眺望が, 考へて, 考へれば, 詮議するなら, 赤坊が, 辛抱し, 退つて洞口, 醉つて津々井樣を, 間違の, 額に, 風が, 飛び上りそう

▼ し~ (63, 0.0%)

2 なり

1 [61件] あり, が斯く, でお, と波, と聞く, ならむ蓬, なりとの事也, にてその, にて一同, にて右百兩, にて女, にて小山, にて熟, にて食事, には女房, には母, には登勢, には継室麻田氏, には葉巻, には青草, には館, にわずか, に何, に大, に此文, に灌木, に移る, に自分, に茫然, に落てありし, のあまりに, の他, の雪, はなく, は山林家蔵椽, は急, は歴々, は花, へ偶然, へ偶然行き合, へ半四郎着, へ年, へ彼, へ這入し, へ通り掛り, もなし, も有るべけれ, やらむ, より顯, をしらせね, をとふ, をも見, を何處, を察し知り, を左, を歴々, を見た, を見れ, を訪, 今山頂, 見れば

▼ しとの~ (62, 0.0%)

3 事なり, 事にて, 事は 2 事を, 奇論を

1 [49件] あいだに, うちへ, ことながら, こと頭から, たまひける, たまひつ, たまふ, 一事は, 事それなら, 事とみに, 事なる, 事なれ, 事に, 事ゆゑ夫れより, 事合点ゆかず, 事実も, 二つの, 二点は, 仰せなれ, 伝説あり, 傳説は, 噂あり, 報によって, 契約なりし, 怪談なども, 恐怖と, 想像に, 意と, 意味ならん, 意見の, 感を, 手紙を, 手續き, 新説を, 神託ありしか, 神話に, 結合, 聞きに, 記事あり, 記録も, 説を, 説話と, 説話も, 説話を, 謡曲の, 通知を, 関係について, 顔で, 顔も

▼ しなお~ (62, 0.0%)

2 この上

1 [60件] おふくろを, これが, これよりも, その一節, その与力席, むずかしくなりましょう, ジャヴェルが, 一層の, 一生を, 事情を, 二の矢に, 二人の, 今後とも, 今日自己が, 他に, 他の, 俳優諸氏の, 元気を, 印刷にも, 多少君侯, 夾雑物を, 奇蹟としか, 孔明と, 山門の, 常設の, 年々保護を, 広太郎, 後日の, 心を, 必要が, 投書の, 押し起して, 放課後には, 故翁, 数名の, 次の, 濁み, 無頼の, 独米から, 玄徳が, 甚しきは, 碧梧桐氏が, 私事けさ未明家人めずらしき, 種々の, 筆を, 絶えず注意, 老人の, 膨脹し, 自分自身の, 藤花学会という, 評議の, 輝かしい将来, 進んで, 遠く行き, 降りしきる雨, 随所には, 頻りに団子, 顔の, 飽き足らずに, 黙ったまま

▼ し場所~ (62, 0.0%)

4 を教 3 を知 2 がわかつ, がわかる, です, を白状

1 [47件] から取出した, がなかつた, が今, が判らなく, が極めて, が解つた, でございますよ, で平次, としてはうまい, となる, なりといえり, なるべしと, なるを以て, にも方向, に困つ, に移した, に近づき, の名, の話, はどんなに, は一番確か, は死んだ, は澤山, は王宮, は見付けなかつたらしい, は誰, へ御成, も知らず, をお, をかえ, を人, を今度, を別々, を嗅ぎつけ, を嗅ぎ付けた, を嗅ぎ出し, を彫らせ, を拵, を探させる, を搜, を書いた, を書き, を申, を發見, を突き止め, を覗い, を間違

▼ し得ら~ (62, 0.0%)

96 るるもの 4 るるであろう, るるよう 2 るべき道理, るる, るるか, るること, るるところ, るるの, る可

1 [25件] るべきか, るべきもの, るべき与件, るべき術, るべく, るるから, るるが, るるすべて, るるそれら, るるだろう, るるなり, るるにても, るるので, るるのみならず, るるまで, るるわけ, るる三角測量標, るる事, るる問題, るる夫, るる女性, るる所, るる様, るる目的, るる見込み

▼ し~ (62, 0.0%)

2 から聞いた, や兄

1 [58件] がずっと, がわたしたち, が医科入学, が奥殿, が玄関, が言, が言葉, が詩書類, と争った, と共に, と呼びかけられ, と彼, なる神, なれや, に代っ, に会同, に先立ち, のレーリー卿, の一家, の卿, の友人, の地下, の家厳, の左近太夫高長, の帽子, の店, の意, の愛妾, の手助け, の病, の矢母, の荒立った, の言葉, の顔, の鼾声家, はそれ以上, はまた, は代言人, は反動化, は四年, は大弓, は子, は得ぬ, は機関車, は死, は狂い死, は直ちに, は見やり, へのなみ, もそういう, も厳か, も悲, も早く, も逝く, や, を半兵衛様, 亡きあと, 立てり

▼ し~ (62, 0.0%)

52 がよく, に一種, に余, に月, は俳名, も無く

1 [45件] ありとも, が悪, なるが, にいさ, におぼつかな, にこれ, にその, には外国人, に乗じ, に二回, に其火, に合せる, に天皇, に子, に川童, に幸助いずれ, に我, に於, に泥, に火, に男女, に船, に茅龕, に難波, に鼻孔, の, の三十倍, の心, の我, の我等, の時, の行, の距離, の長, はこれ, は余, は午前六時頃, は措い, へ這入りました, も無く近き, より七, より頭, を立ち去った, 少しの, 常に我懷

▼ しやすく~ (61, 0.0%)

2 して, なって, なる, なるの, なるもん, 恐怖し, 概して知, 流下の

1 [45件] こうして南, こうと, これに, さうであれ, しかも萬, したもの, したる精撰也, してやりました, するため, する考え方, そして正確, て, てまね, て信実, て困る, て段々, て結句, ともこの, ない知性人, なかなか長寿, なった, なったの, なった倉地, なってるの, なつて, なりました, なりまた, なるよう, また前, また流布, もしくは眺望, 主観的情的である, 信じやすい, 信念を, 出来て, 剥げやすい, 徒らに, 忽ち次ぎ, 怪奇で, 感じやすい, 料理した, 浅薄で, 猛烈だった, 白血球の, 矛盾し

▼ し同じ~ (61, 0.0%)

5 ように 2 ことを, 寝床で, 様な, 食物を

1 [48件] ぐらゐ大きい, ものを, やうな, やくざ仲間で, ような, タイヤを, ポーズを, 一味の, 一四九二年の, 一族の, 不安を, 事を, 人間の, 動作を, 十二月の, 叙事詩的の, 姿勢で, 媒介物で, 室に, 家出を, 専門の, 年に, 年の, 床に, 序に, 持ち物を, 日に, 月始の, 未来派でも, 民族も, 消閑慰安の, 物を, 理想を, 生活し, 町の, 礼拝の, 経営の, 習慣に, 自由詩の, 記帳を, 途の, 途を, 遠智, 釜の, 鍋釜で, 陶酔を, 隣組に, 馬車で

▼ し~ (61, 0.0%)

4 れは 2 は私

1 [55件] から道楽, が動陽儀, ぞ紛, だけで外, では十一度, で其當時, にて一件落着, にて暫く, に依, に由, の如く, の如く活動, の遺産, は, は伊勢, は其筋, は勿論, は即ち, は寫眞石版, は御, は斯, は日本人, は決して, は矢張一般人間, は遠慮, ほどの巧妙, まで恙, も亦, も早, も無実, より又, より直, より須田町一丁目, れが, れなからん乎, れも, れを, れ世間, れ事実, れ事實, れ即ち, れ天災, れ等, れ至難, を以て九助, を我々, を是, を爲す者其方, を直接, を種, を非, を魅惑, 又以前, 第二, 迄に掠取し

▼ しすべて~ (60, 0.0%)

3 の人 2

1 [55件] から異存, が不快, その命令, ととのうと, なりき, に於, に耳, に軽率, の, のもの, のよから, のパルポ商人, の不可能事, の主観, の人力車, の人民, の他人, の出来事, の刹那, の功, の叙事詩的, の囲, の学徒, の学校, の平和, の影, の方針, の物, の生産, の産業, の米, の読者, の革新, の風土, の鬱陶しい, ほんとにある, をきれい, をひっくり返し, をやみ, を信じる, を原子的心霊, を和らげ, を天皇, を失却, を完成, を悩み, を愛したい, を抛つて, を最終戦争, を祝福, を立証, を見る, を許し, を超え, 出来る限り

▼ し~ (60, 0.0%)

2 には解らない, の問題, は今, は俺, は此等

1 [50件] がこんな, がドン, が俺自身, には, には書けぬ, には猶, に逢わせ, の中, の優越感, の割つ, の女房, の心, の意識, の感情, の樣, の現在, の生活, の生活上, の論難攻撃, の過去, はこの, はそんな, はやられ, はドン, は他人, は何, は偉い, は前, は又, は友, は周圍, は多少, は如何, は此批評, は此解決, は無念, は特別, は笑わない, は芝居, は蠶, は誓つたの, は貧乏人, は過度, は都, もカカ, をし, をその, を侮辱, を地下採油, を悲運

▼ し~ (60, 0.0%)

2 にも気どられない

1 [58件] かはいっ, か友人, か羽田航空港, があの, がトランク, が何, が次, が汝, が目, が私, が蟒, しも一度, しも自ら意識, ぞ抱き取りてよ, だつて, でもなる, でも一度, でも可能, でも知っ, でも讀ん, とでもあたり前, にでも能, にも, にも云, にも気づかれぬ, にも自分, に祈祷, ひとりこれ, もいない, もいなくなっ, もいなくなる, もおりませんでしたら, もその, もヴィンデルバント, も信じ, も借り手, も動物現象, も反対, も死体, も水面, も真面目, も返事, も馬右エ門, よりも先, よりも君, よりも最も, よりも深く, よりも穏やか, れかから, れかに, れでも, れ一人, をはばかる, をウヰール, をタンク, を友軍, を激励, を貶める

▼ しさうな~ (59, 0.0%)

7 気が 6 顔を 5 ものだ 3 ものである 2 ことを, 勢ひ

1 [34件] あの福々しい, ことだ, ことで, ところを, のですぐ, ものでない, ものと, ものは, もんだ, 不安な, 事である, 人だ, 人でも, 勢ひで, 危険も, 声を, 嫌悪が, 家を, 岡田の, 微笑を, 恐怖状態に, 憎悪に, 方でも, 暴露の, 焦燥を, 程ゆき子, 笑ひ, 笑を, 筈も, 花やかな, 話である, 語である, 顔にな, 顔ばかり

▼ しすぐ~ (59, 0.0%)

1 [59件] その足, つぎの, でもとりこめる, にがっかり, にその, には事, にまた, にも出, に一人, に下, に二千五百名以上, に人, に北, に姉小路卿, に娘, に寮生活, に引, に彼, に成瀬久馬, に戸口, に死んだ, に浅草, に消え, に物, に玄関, に男女, に立ち上っ, に結婚, に続い, に虎之助, に陣, に領事館, に顔, に鮮, また二人, よかな枝, フリーダの, 上院議員の, 中から, 信長を, 偵察を, 別な, 医者に, 又所用, 又東京, 地主に, 実行に, 宮に, 思ひかへ, 整理した, 死人よりも, 汝廣き, 翌日から, 腹這ひ, 要ると, 見受ける高い, 許可された, 障子を, 風邪を

▼ しっきり~ (59, 0.0%)

35 なしに

1 [24件] ない囀り, ない自動車, ない苦しみ, なくカルメン, なく人, なく傘, なく屋根, なく巻煙草, なく往来, なく来, なく溢れ出し, なく舞い込ん, なく蓆屋根, なく走る, なく邪魔, なく電話, なく音, なく飛びまわる, なく飛び交う, なく鳴い, なしの, なしエリーザ, なし火沙汰, もなし

▼ しつら~ (59, 0.0%)

8 へて 3 ひて, へてあつ 2 へあり, へ帳場格子

1 [41件] ってある, つて, はせた, はれはじめて, はれ教, ひてぞ, ひぬ, ひや, ひ始, ひ年來, ひ昼夜朝夕, ひ聖ピエートロ, へし, へその, へた, へたい心願, へたのでございます, へた二つ三つの, へた八畳の, へた垣根は, へた壇の, へた大佛壇の, へた席には, へた玄関わきの, へぬ, へよ春, へるまでの, へる爲め, へをしなかつた, へ大きい, へ帳塲格子, へ待, へ教坊, へ軒, む, むあゝ, われた十六人, われた鬘, われて, われはじめて, んと

▼ し~ (59, 0.0%)

2 なし, に傚, をあげ, をひき出し

1 [51件] あるは, がない, として短編, なしといふ, などは随分, の, の仏蘭西, の何, の内, の冷然, の卓絶, の固有, の多く, の工学博士バクスター, の木履の, の歌, の注射, の狹軌鐵道, の猶, の疵口, の社会学的インテリ論, の華巖, の観衆組織, の通り, の通り包皮, の道義的感触, の釣好き, の長廣舌, の陣営, の顎, の高田検事, はこの, はその他, はわが, はブルネット・ラティーニ, は先年, は前, は珍ら, へは病苦, もあり, もある, もあれ, も知らぬ, をきき, を参考, を引き, を思い浮べ, を擧ぐ, を知らざる, を論據, 解しそして

▼ しくも~ (58, 0.0%)

2 あった, あつた, ありまた, ある, あるが, ない, なった, なる, 凍え立ちたり, 荒みきつて

1 [38件] ありました, あり主人, あり傷ましくも, あり厭, あり宿, あり社會, あり腹立たしく, あるか, あるし, あれば, こわくも, どうしても解けない, なくそれに, なくよく, なく余り行進, なく見える, なって, なり一方, なるの, ねえ, また巧み, 久しく饑, 妬ましくも, 宿って, 思うであろう, 思った, 思って, 思ひました, 悉く都会, 感じられは, 暗い思い, 望ましくも, 毀ちたるこそ, 深く立ち入, 生きて, 碾きに, 美しい人, 遣瀬

▼ しそんな~ (58, 0.0%)

5 ことが 4 ことを 3 事は, 風に 2 事を, 女々しいうめき声

1 [39件] ありさ, ことなら, ことは, ことまで, ことよりも, ところで, ところも, のは, もので, ものは, や, ような, 事が, 事で, 事に, 事の, 事位は, 処に, 危険思想の, 大金を, 威しを, 幻に, 彼にも, 御方に, 心持を, 悪戯は, 意味の, 感じは, 手緩い事, 日は, 時いつも, 時必ず, 服裝も, 気持が, 罪名も, 處に, 話は, 遠い土地, 飛行機なんか

▼ し~ (58, 0.0%)

3 の井 2 にのぼる

1 [53件] ありイーダ, かも, で見られた, として榛名, となく, となっ, ともいふべく, にかけては何人, にす, にのしかかった, にはあれ, には檜, に住む, に入っ, に来たら, に登った, に登れ, に蹤跡, に風, のいただき朝日, のいづれにもまさるに, のかなた, のこの, の中, の中腹, の如き, の庵, の斜面, の池早, の白雪, の脊, の跡, の雉子, の雪, の麓, は真白き, へ夜, も村, も次第に, や川, や水, をよす, を出た, を少し, を楽しん, を流るる, を猪狩山, を翔けり, を見ぬ, を負い, を越え, 無此上候, 美しや

▼ し~ (58, 0.0%)

4 も折 3 から店口, なれば 2 から別, にふれ, にもせざりき, に触れ

1 [40件] あるごと, からかの, からたちまち, からなれ, からの大雪, から不, から九助, から二歩, から午後, から号外号外, から御, から相川, から顏色, から駿卿, があっ, しも由兵衛, その旧, などこれ, なり, なりけれ, なりし, なるに, にはあの, には何事, には先生, には半, には殊更, には胸, に劣らぬ, に引き, に招ぜられたる, に言, の事, の味気, の逍遙, は, はわが, は妻, より柔, 鋭き小刀

▼ し~ (58, 0.0%)

3 の日 2 で, の時代, の瞬間

1 [49件] から次, でに依, でアルメニア王室, で内輪, で和蘭陀, で大, で大名府, で天下大, で家, で後継者デル, で日本, で望月小太郎氏, で次女銓, で現, で糠, で英米人, で行われる, で豪雨, で金澤氏, には一切, に第, のこと, のやう, のよう, のシーズン, の一刹那, の作品, の停車場, の出し物, の列車, の刹那, の合計量, の如く言っ, の如く語, の対局, の年, の情景, の日ひそか, の日西, の月, の汽車, の港, の犬, の皇帝ガリエヌス, の目黒駅, の革命, の頁, は兄, は純銀

▼ しがたき~ (57, 0.0%)

1 [57件] あり, か, ところなり, にあらず, に至るべし, は当時エリオット, は彼, は澆季, ものあり, ものあるべし, ものと, ものとは, ものは, もの多き, も只, ゆゑ義譯と, を以て舟運, を思へ, を慨す, ムードに, 一つの, 不安の, 不幸に, 不快を, 不愉快さを, 事なり, 事の, 事象の, 二三の, 二現象である, 全勢振り, 動揺が, 叫び声を, 定見が, 小不規則, 廉, 憤恨, 敵として, 文士の, 文字を, 時悲劇は, 有様なり, 混乱の, 混乱倒れた, 無数の, 現実の, 理を, 理義の, 生活気分という, 破損を, 神經衰弱に, 稀有無類の, 結婚制度の, 能力とを, 説と, 謎, 過去その

▼ しただ~ (57, 0.0%)

2 に瞼, ねぶく, 自己を

1 [51件] くれぐれもお詫び, この上, これ風の, その人, その最期の, その歩速, それが, それだけで, それの, のっぺらぼうに, の女, の経験, は通れない, ひたすらに, みずから選択した, 一名だ, 一噬み, 三つの, 今日偶然ある, 他者の, 他者のみ, 兵数に, 十貫目担げ, 商売だけ, 囂々ただ, 因襲に, 圓朝の, 場の, 多数相集まっ, 専ら事件, 屈辱に, 工人的末梢技巧の, 当選すれ, 御声, 愛したがって, 慧ある, 提出する, 敵の, 曖昧な, 民衆の, 生きるため, 私には, 突っ立つ, 習慣上から, 自分と, 言ひ, 足の, 金銭の, 釣竿だけを, 長寿だけ, 長州の

▼ し~ (57, 0.0%)

2 のこと, の殺害

1 [53件] が余り, が勢力, が声, が将来, が旅行中見聞, が生, が生存, が秀子, が肉體, さえも今, とお, とその, に眞正, の今, の先愛内村加寿子, の呻き, の愛する, の拙な, の期待, の痛切, の解釈, の講話, の足, はお, は今, は今や, は余, は其の, は別に, は否定, は如何なる, は少し, は彼, は必死, は悲觀, は旧劇, は是しき, は此, は深く, は演劇映画, は益余, は直ぐ, は相手, は耳, は自分, は見て取った, は貧, は進化學, は高低, も六十七歳, も同年八月, も妻, よりも先

▼ し~ (57, 0.0%)

2 とやらお, の恵み, をあはれ賢

1 [51件] か伏せ, か誰, がわかけれ, が一朝, が産んだ, しあれば, というもの, とし, として暮らし, とその, とむす, と二歳, と云, と密通, と言, ながら諸君, にならず, のこと, のますさん, のコンスタンツェ, のヒステリー, の前, の實家, の實母年回, の幼名, の残した, の母, の眉, の身, はこれ, は上述, は世に, は今, は今更, は夫, は娘, は後, は忽ち, は春さく花, は良人, もそれ, や子, より舊冬屑屋一同, をとられた, を呼び, を得ん, を戀, を母, を留め, 眠れる児等, 眠れる兒等

▼ し~ (57, 0.0%)

14 して 3 すこと 2 しての

1 [38件] くされざる自分, くされず高揚, くされぬ過去, くして, くすこと, くすと, さねば, さる可, されざる限り, されず淨化, されたこと, されたであらうか, されては, されるであらう, したあげく, したから, したどちら, したら彼, したる, したる主, したれば, した人, した勝利, した姿乍ら, した榛, した結果, した經驗, しても, しました, し主, し何等, し殘, し言葉, し顯, し餘勢, す, す故, す程

▼ しつけ~ (56, 0.0%)

3 のよい 2 え, のいい, の問題, の悪い, の糸, をとる

1 [41件] えよ, があれ, が出来ない, が悪かっ, が悪く, が成功, が頷かれた, されるとも, だったの, な事, について民主的, にやかましかっ, に苦しみ, の, のうえ, のうち, のきびしい, のこと, のため, のよ, の上, の下, の出来, の良い, の苦しみ, はまつたく, はやたら, は佛國, は厳しかっ, は忘れられ, は怖, は朝, は経験上必要, も忘れられ, やものいい, や親戚, をし, をした, をやかましく, を取られ, を思わせる

▼ しども~ (56, 0.0%)

2 はみんな, はみんないっしょ

1 [52件] がばか, がまず, が世話, が大, が然, が裸, が見, しくじりでも, ではございませぬ, にはそんな, には不, には考え, にもわかりません, にゃあわからねえ, のお金, のたま, のほう, のよう, の企み, の凡慮, の後, の思う, の持口, の探し, の方, の町内, の目, の身, は, はいっかな, はくわしい, はじぶんこそ, はどうせ, はまた, は下, は御, は武門, は決して, は親類, へお, へはべつに, も先生, も善人, も御, も木, も胸, も髷, ァこんな, 両名, 仲間と, 先夜大森まで, 兩人も

▼ し~ (56, 0.0%)

3 れの 2 が權力, の如く, はそんな, れを

1 [45件] が爲, が現世, が畑, が衣, こそ先づ, にかち, にはバルビさん, に下らん, に二十倍, の幸他, の手, の方, の目, の第, の自由, は, はあの, はこの, はそれ, はゆうべ, は中, は前, は後, は暗い, は此酒, は色々, は頭髪, は飯喰, も危, も幾度, れいまだ, れが, れに, れは, れも, れ一家, れ愛, れ文学美術, れ未だ, れ甦生, を不思議, を以て歸, を欺き, を護る, を責むる

▼ し生活~ (56, 0.0%)

5 して 4 を異に 2 の条件, をし

1 [43件] からたいした, が簡素, したらどんなに, し得る最小限度, し恋愛, し観察, せねば, という概念, といふもの, と芸術, によって把握, に何, に労, に参与, に困憊, に疲れ, のため, のトオン, の原理, の又, の問題, の地盤, の安定, の幅, の幸, の幾波瀾, の普遍化, の焦, の目当, の起り, の道, は今, は安定, は平常, は破滅的, は著しく, をいくらかもっと, を以て文化主義実現, を保証, を変え得る, を支持, を豊富, 正しく善友

▼ し~ (56, 0.0%)

2 を垂れ, を垂れた

1 [52件] から尻尾, がはつきり, がひどく重かっ, が其心棒, で拍子, として一人, と手二つ, なる毛, には花, には黒, に氷嚢, に白布, に纓絡, に計画, に記憶, のよ, の上, の中, の初めて, の右半分, の奥, の恰好, の白い, の禿げた, の髪, は奥, もフラフラ, もホット, も人柄, も混乱, を, をあげ, をうごかし, をかいた, をすりつけ, をそのまま, をなで, をふりあげ, をまろめ, を下げ, を低く, を傾け, を剃こかし, を強く, を手, を抱えん, を挙げ, を振りました, を掻き, を横たえ, を深く, を載せ

▼ しこそ~ (55, 0.0%)

3 幸いなれ 2 口惜しけれ, 可笑しけれ, 哀れなれ, 幸なれ, 縁なれ

1 [42件] あはれに, うれしけれ, ゆめの, よろしくお願い, 不思議なりしか, 不思議なれ, 不覚なれ, 不覺, 云ふよしも, 仕合せなりける, 伯爵を, 余人に, 十九だ, 口惜しかりし, 可笑しと, 嘉川主税之, 嬉しけれ猶, 年頃なせし, 幸なり, 幸ひなれ, 幼なけれ, 御忙しき, 心得られね, 恨なれ, 恨みなれ, 悔しけれ誠, 意外なれ, 愚なれ, 樹の, 残る方, 洵に, 浅ましけれ, 海とも, 端た, 笑止なりしか, 筑波の, 胸の, 返す返すも, 道理なれ, 遺恨なれ, 遺憾なれ, 頼の

▼ していう~ (55, 0.0%)

7 のでした 3 ことには, のである 2 のが, のであった, のです, のには

1 [34件] ことだった, ことである, ことの, ことばだった, ことを, これは, つもり周防の, ていねいめいた, ときの, ときは, ところに, のか, のだった, ので, のでありました, のでなく, のは, のよ, ものです, ように, 伝奏に, 利根亮輔の, 場合は, 声も, 持ちまえの, 時に芸術家, 時は, 竜田は, 者の, 言葉は, 貧乏に, 貧乏人, 通りだ, 顔には

▼ しにや~ (55, 0.0%)

8 あらん 3 それとも父 2 かのもの久しぶり, 寺には

1 [40件] あらんその後, あらんなど, あらん一日母, ぐらの, さらばとて, その夜, その後は, その淵, その肩, ついに知る, 一向分らず, 三度に, 二人とも, 何事なら, 俄然に, 候べき, 其等の, 勿体無, 半枯れし, 原因の, 大いに驚き, 息の, 悟りし, 斯く思い, 日野家へ, 景色まで, 最早初更, 枕に, 流石に, 湯を, 無體, 第二例, 筋骨軽痛を, 罪あら, 苦みて, 見給, 誰も, 足場し, 頭痛み, 頻りに睡眠居たる

▼ しもう~ (55, 0.0%)

5 一人の 3 一つの 2 喰ひ

1 [45件] いちど橋の, これが, これ以上の, これ以上は, そして眼, そのころ, その女, その方, その頃, そんな必要, とつく, ひとりいる, ひとりの, 一つべつの, 一つものが, 一つ父の, 一人が, 一人は, 一寸で, 一方で, 一軒つまり, 万事駄目だ, 二年も, 今までの, 外では, 夜が, 大丈夫及ばず, 妾ゃ堪忍袋の, 幾度も, 手紙を, 早くから, 暗くなった, 武蔵野へ, 沢山だ, 済んだ事, 爪印まで, 牛的剛力も, 當分下宿屋の, 自分たちには, 自分で, 自分の, 自己の, 身軽く, 追い縋って, 遲い

▼ しわが~ (55, 0.0%)

2 暴女王の, 本隊の

1 [51件] かねごとの, はかなき矜持, もの顔に, よってついに, 事業終われり, 二階家の, 人心は, 人斬り, 佐賀藩を, 光と, 党の, 劇界空前の, 南北には, 名なにとて, 君以下は, 問いに, 善を, 国家の, 国民文化の, 夫人を, 妻なり, 年齡を, 愚かさを, 政府の, 故郷は, 敵の, 方に, 日本国を, 春野を, 村の, 植物学界に, 爲めに, 父の, 片手を, 生活の, 秋の, 経済学は, 経験した, 罪を, 美を, 胃へ, 苦しみに, 蓬莱曲の, 要塞建設を, 言葉が, 軍としては, 道を, 邦で, 銃猟家どもは, 靈の, 體を

▼ し一切~ (55, 0.0%)

2 の, の美

1 [51件] で百四十四回演壇, のリズミカル, の万物, の主観的精神, の事件, の作為, の修行, の光, の公共, の努力, の存在, の宇宙, の實, の工事, の戰爭, の文化現象, の智, の暗き, の曖昧, の河, の浪費, の災禍, の物質, の犠牲, の現象, の理想, の生計獲得手段, の縛, の苦患, の藝術世界, の衆縁, の行動大抵大隈伯, の証跡, の諸仏, の警告, の財欲, の部分社会, の階級鬪爭, の障碍, の顛末, をその, を会得, を併呑, を就職, を思い出し, を所有, を物語らむと, を田沼さん, を虚無, を見る, を錯雑

▼ し~ (55, 0.0%)

7 の御

1 [48件] がこの, がそう, がまだ, が北, が大柿, が小谷, が御, けの場面, すうま, ちゃくじんときゝましてあわてゝにんずをたてなおしたと, とがはじめ, とちから, と時代思想, ならずとも, にはなみ, には恋, には意地, には朝日どの, に証言, に證言, に追われ, のお, のおおせ, のぐんぜいが途中, のしりおし, のとう, の方, は, はお, はそう, はちりゃくこそすぐれておられましたけれども, はどういう, はまんぷく, は以, は伊勢, は拝受, へいし, へお, へ御, もすこし, もたいそう, もやがて, も京都, も御, よりなんと, よりはかついえ, よりもおなじ, をはったと

▼ し自然~ (55, 0.0%)

2 が芸術, は人間, を自然, を駆使

1 [47件] が聰明, そのままの, その物, だと, とし, と不文律, と人生, と共にある, と共に楽しもう, と握手, にしたがっ, には自分, に中立地帯, に就い, に年寄り, に従っ, に於ける, に歴代, に没入, に男女両性, に相, に筋, に親和, に触発, に遊ぶ, に音樂, に順応, の, の世界, の偉大, の寂寥, の底, の推移, の發達, の裏, の霊気, の齎す, はそれ, は凡て, は常に, また現実, も生かし, や歴史, をその, を変形, を大, 原素

▼ し~ (55, 0.0%)

2 外国の, 藩の

1 [51件] の名, の異, の船造り, 令を, 伝に, 僧静かに, 勇士くつろが, 動物に関して, 卿は, 友に, 司代の, 名士の, 名家が, 器物の, 國遊歴とは, 士の, 士引見も, 大名と, 大名は, 大名や, 学に, 将と, 将の, 将帝の, 将箙を, 將こぞり, 將見ず, 將軍, 將軍呼ぶべく, 惡の, 本によっては, 民一般へも, 民族の, 王国の, 生多く, 社の, 神を, 科学の, 科学論は, 穀菜の, 臣の, 葛亮が, 藩が, 處に, 蛮を, 蛮夷通信交易等を, 諦の, 道具類は, 門を, 隊遍, 音正しく

▼ しとも~ (54, 0.0%)

2 彼れ, 見えざるは, 見えず暗う, 見よ

1 [46件] いひまた, いへり, かなし, ききし野, このとおり, こもって, これを, ながる, なくさ, なく古く, なく綾瀬, なく自然, なく鐘楼, に先, に発達, ひきましたよ, めで, 一向存ぜず, 乱辞とも, 云う, 云ひ, 危きことならずや, 又類ひな, 可恐し, 同じからず, 和田合戰の, 対比せられ, 彼は, 後消化, 御諦め下され, 思えないそれ, 思ひ又, 思わず, 思わず昼, 思われずなにゆえ, 思われず然, 申すべき句, 知らず大原満, 知らぬ不思議, 知らぬ人立, 聞かざれば, 見えず, 見えない体, 覺え, 過ぎたるもの, 違うよう

▼ しやあ~ (54, 0.0%)

11 がつて 7 しません 2 しないさ, しないよ, しないわ

1 [30件] からなし, から早う, がっていい, がって罰当たり, がる, がるこつ, しない, しないおせんちゃん, しないか, しないかと, しないけれどさ, しないことに, しないただ, しないぢ, しないん, しねえが, しねえの, しねえやな, しませんかね, しませんが, しませんじれったい, しませんそれに, しません纒め, しめえし, で唯今帰つて来, ひ, ひには, ひを, コン畜生火の車めまだ, 致しません

▼ し~ (54, 0.0%)

2 かり, かりして, かりと, かりやつて, かりやり給, くひ, こく這, ぽり

1 [38件] かりお前, かりしが, かりしたこと, かりしたところ, かりしたの, かりした口振り, かりした口調, かりした女, かりした学問, かりした決心, かりした自我主義, かりした調子, かりしろい, かりしろよ, かりつぶつて, かりやつ, かり原稿, かり呪, かり戰つて, かり手頼つて, かり押さへるだけの, かり物, かり踏みこたへた, かり頼みます, けてゐる, こく話しかけ, こなしさ, しツ, たつけ, たはやく, てな, てよ, て見れ, といふ音, と手応, ぽく台, ぽく臺, ぽを

▼ し再び~ (54, 0.0%)

1 [54件] この地, その作品, その作物, その保護, それを, オルムヅ攻撃に, フェルナンデスを, 三人均分の, 二階に, 云おう概念, 亭主に, 仏, 兵を, 其の途, 出來, 北上し, 北米を, 南下し, 呼びかける勇気, 困ったこと, 帰郷する, 常の, 引っ返して, 強大なる, 或る, 戦争を, 支那軍を, 文化諸, 朝貢を, 本基, 正成が, 水長沢に, 狭い入口, 瓢水翁を, 生と, 発足する, 眼の, 立つこと, 第二, 築いて, 素肌に, 経済記者に, 船に, 花を, 西方に, 詩に, 讀みつづける, 豊富に, 近畿説と, 闇夜の, 電気天井にあたって, 顔を, 飯倉八幡宮を, 鶴子を

▼ し彼ら~ (54, 0.0%)

2 の生存, をし

1 [50件] から摘発, から罪悪, が支払い, が決してことに, が無責任, にその, には遺憾, にも武器, によって作られる, に人間的自覚, に好都合, に対する社会, に理解, に良き, に頼ん, のあいだ, のため, の不幸, の人生, の人間性, の保存法, の保護者的, の全力, の大, の失望, の子, の家庭, の心, の思想情操, の意志, の持っ, の無邪気, の生活, の良心, の言う, の話, の身分, の頭痛, は以前, は卒業証書, は土地, は本来筋, は王地, また往々, をある程度, を事実上, を保護, を撫育, を笑え, を駆っ

▼ し~ (54, 0.0%)

2 らしい理性的生物, らしい生活, 作家の, 日本の, 時代の

1 [44件] なる想, にその, に俊秀, に家康, に将監峠附近, に彼, に浴する, に渡來, に生れず, の字, の麥稈, の麦稈, らしい人類, らしい方, カント学徒達が, 傾向を, 古今の, 古今歌風の, 嘉坡と, 国家建設の, 夫婦の, 学説も, 家庭を, 巴里名所, 感覚派の, 日本文学会の, 時代に, 枝の, 狂言, 理想主義の, 知識を, 秩序が, 紙上に, 総督には, 考案の, 芸術派の, 菰の, 衣を, 要素は, 要素を, 訂せん, 輸送を, 都市計画が, 音楽堂の

▼ し最も~ (54, 0.0%)

2 容易に, 根本的な, 無気力な, 重大な

1 [46件] ラディカルな, 不安定の, 主なる, 俗悪な, 公平無私に, 厳粛な, 合理的かつ, 困難の, 大きい水, 大切な, 安易な, 尖鋭な, 引っかかりの, 悲しき態度, 惨酷的, 成功したる, 敏速に, 有力な, 根本的であるだろう, 権力の, 欠けて, 正当に, 武勇な, 治安を, 注意しなけれ, 理智的で, 痛痒を, 確実に, 純粋な, 組織的で, 美麗なる, 自信を, 自然に, 見事な, 親愛する, 詩に, 貴重な, 賤き, 軽薄な, 進んだ方法, 都会的で, 鄭重なる, 重要な, 非個人主義的風格, 高度な, 鮮活なる

▼ し~ (54, 0.0%)

3 の中 2 のない, の面, はきれい, をあび

1 [43件] が少し, が平靜, が水, が流れ, と山, と空, なれば, にかけて言, にかけて言う, にひたっ, に手, に押し流されない, に明星, に浸し, に漱ぎ, に遮られ, に響き, のうへ, のくされ行く, のほとり, の勢, の小さき, の流るる, の流れ, の風流, はそれ本来, はやつれぬ, は今, は少し, は火, は白銀, ももらさぬ, も漏らさぬ, よ石津川, をうち, をまき, をまく, を汲み, を浴び, を積込んだ, を落し, を距, を頭

▼ し~ (54, 0.0%)

7 れども 6 らば, る後 2 らざれ, り而

1 [31件] うして, うで, う一々, う口, う喧しく, う甘く, かも之, かも互に, かも其人は, すれば, ば發足有, までに浮世, もなく, も人, も官憲, らずして, らば目に, りながら, り然, るも, る後國政, る後東西, る後此, る後良人, る後足下, れとも, れば, 後, 樣なる, 樣容易に, 程迄にも

▼ してはと~ (53, 0.0%)

3 亡き母親, 抱きと, 控へ 2 使者を, 思いまして, 漸

1 [38件] きょうの, すすめられたの, すすめる者, それの, だんなの, なったの, りこうにも, ハラハラし, 云うつもり, 云う心配, 云ひ残し, 前のを, 勧めて, 問題の, 大いに心配, 存じて, 存じますが, 御家従の, 忠告し, 思いましたもの, 思うの, 思う大, 思つたのか, 思ひその後, 怺え, 惧れ, 持ちかける, 控えて, 日本出版協会から, 気がついて, 気に, 申して, 申し込まれたので, 相談しました, 能勢弁護人は, 詫びるの, 遠慮し, 遠慮を

▼ し~ (53, 0.0%)

2 は元, も有

1 [49件] と存じ候, と申立, にてもし, にて既に, に御座れ, は一向, は三間町, は以前五ヶ年, は先月二十六日出立, は六月二十六日, は其節喧嘩, は十六日, は十六歳, は含状, は城富, は堂上方, は店請人清右衞門方, は延, は御, は村役人總百姓, は梅, は武州埼玉郡幸手宿杉戸屋富右衞門, は然, は甲州, は病氣, は肥後國熊本, は豫, は賤敷身分, は願山諸共, も召出され, も嬉しく, も安堵, も所々相尋, も折角, も至つて癪持, も金谷村, を何時, を斯迄, を相違, を輕蔑, 一旦市之丞, 全く行屆, 御加増, 御役御免, 御當地, 御覽, 故右, 甚だ氣, 聊かも

▼ し後者~ (53, 0.0%)

3 の場合 2 と一つ, はその, は未来, は自己

1 [42件] から見れ, が左右, が累積的進歩, については問題, に屬, に於, のそれ, の亦, の内容, の徳, の根源性, の立脚地, はこの, はこの間, はそれ, はより, はキリスト, はコンドルセー, はレアリスチック, は中途, は主観, は之, は共演, は前者, は包容的, は南無し, は同じく, は同情, は宿根, は少, は少数者, は帶, は慈母, は極めて, は真理, は自然, は醜悪, は集合, もまた, を加算, を孔子, を計量関係

▼ し~ (53, 0.0%)

5 よ春 4 の日 3 の夜, の雨 2 はをさ

1 [36件] が来れ, とともにべつ, と知り, になっ, のおも, のこの, のころここ, のま, のゆ, のハ, の京, の又, の垣根, の夕べ, の宵, の宵衣桁, の恨み残す, の暖氣, の来る, の気配, の水, の流れ, の海下, の花, の面影, はひと, は夢, は滴る, は花, は蕨, ひねもすやは, までも貧, もい, をとむら, を待っ, 尽く我が

▼ し現在~ (53, 0.0%)

4 に於 2 の吾, の心胸, の日本, の日本語, の花祭り

1 [39件] ではもはやすでに決して, では共同, では社会学, では秋田県, のところ自分, のアカデミー, のジャーナリズム, のパナマ運河附近, の世の中, の中, の事実, の事実これ, の二幸, の偶像, の兄, の利益, の問題, の境遇, の寂寥孤独, の彼, の新劇, の東京, の状態, の生産物, の用語例, の眼, の社会状態, の社会組織, の科学, の関東軍司令官, の關係, はソヴェト作家, は兎, は工事中, もし, を叙, を支配, を經, 或る

▼ し言葉~ (53, 0.0%)

3 のあやつり

1 [50件] かけて, がバベル, が亂, ぞ忘れかねつる, だよ, ではない, で書き遺した, で辿, と言, なかりしが, なくし, なり, なるべし, なれば, にもなまり, によって云い表わされる, に捕えられぬ, に耳, に表現, に言, のない, のやりとり, の世界, の天下, の後前, の感謝, の注文, の羈絆, はこれ, はネムブロット, は或, は此の度, は蒼空, もまた, も女, も無り, も讀んだ, や観念, よりも声, をおも, をし, をつづけた, をつまらせ, をなさず, を日本, を極めて, を激しく強く, を要求, を解きました, 遣ひは

▼ し難く~ (53, 0.0%)

4 なって 2 仏国人の

1 [47件] これを, さえあった, しかも寛政中頃, そして四年前, て二銭五厘宛, て今日山木, て月輪殿, ない, なつた所, なり他, なり其後, なるであろうと, なるまでの, なるよう, ましてその, また各種, また最大公算, よろずの, モヤクヤと, 不利有害の, 且つ時, 二包の, 他人の, 別て, 単純なる, 又潜在意識, 大建設, 守りの, 岩手縣以北に, 彼らは, 従って最初, 手を, 早々以上, 更に遡つ, 無限の, 狭長で, 猶又, 竜駒の, 舞ひ終る, 見えたの, 見える, 見えるの, 見えるまでに, 貴方を, 述べ盡, 随って, 顕著な

▼ し~ (53, 0.0%)

2 が吹け, に甚だ, の凪ぎ, の道徳, を防

1 [43件] が吹い, が強い, ぞ波, だから, つよく間もなく, なくし, なれば, な口上, においては廃れ, にて, になぶらるる, に吹かれ, に吹かれ跳び跳び, に梳る, に隨, のきもの, のよう, の受け具合, の台所, の吉兵衞, の如く, の婦人, の御, の日, の稍, の老人, の者, の襖子, の食物通, はしる, はそ, はもっ, は入る, は焔火, もいつか, もない, も凪ぎ, を候う, を生ずる, を起し, を追う, 乾かし耳目啓, 清し

▼ しとか~ (52, 0.0%)

6 んと 42 たれり

1 [40件] あ, いいその, おのずから高氏, このごろ聞きぬ, さりとては, しんばとか, たりき, たりぬ, なかった, なきゃおれ, なきゃ霜, なくっちゃ, なけゃならなかったのだ, なけりゃいけない, んならん, カンタン師とか, ボオイが, 云うの, 云う活動役者, 云ふこ, 何か, 何とか言います, 其落主が, 又人, 口に, 幕閣の, 思つたので, 思ふに, 我れ, 或は一本, 或は其頃, 數百人も, 申す者, 申事其後歸國の, 申候この, 申程に, 篤信の, 老いたる, 聞き及びそうろう, 聞く

▼ しもし~ (52, 0.0%)

3 それが

1 [49件] あやしいこと, この国民, これらが, これらそれぞれの, これらの, これを, その将来, その時傷, その眼, また優等品, また勃然, マリア夫人を, 一つの, 一八二〇年の, 上達する, 京都で, 人が, 人の, 伐れば, 何か, 余の, 六斗も, 出来たら邪魔, 創つきたる, 天才の, 夫が, 女子が, 実験者の, 平家建の, 平民の, 強て, 応じなければ, 日本が, 普通の, 歴史的な, 死ぬ者, 浜子が, 渡さなければ, 異状なく, 疑わしいこと, 直径と, 眼を, 穀物の, 穴の, 肉眼で, 肯かれなければ, 自分に, 購読料なら, 駄目だったら

▼ し実際~ (52, 0.0%)

2 この人, 問題として, 問題としては

1 [46件] からいう, その地点, それが, にこれ, にそんな, には世間, には二つ, には先, には唯物論, には報道, には客観的, には現に, には科学者, に吾, に於, に演説, に考え, に観念論, の地震, の歳, の結果, の編集, はこれ, はさ, はせんべい, はゆっくり, は人々, は此, は比較上, は決してそう, は稀, も裏書, を云う, を見た, 上にも, 上の, 上宗教は, 不良な, 出会したは, 吾, 問題にか, 問題は, 現今では, 生活を, 生活乃至, 細民を

▼ し当時~ (52, 0.0%)

6 に於 2 の事, を思へ

1 [42件] からすでに実際, この地, その地, では是, としては格外, とは経済状態, においては地球, に異ならず, に起源, のいきさつ, のこと, のごとく, のさま, の事情, の制作, の名だかい, の周囲, の大学, の店員一同, の思想, の政府, の文壇, の標準, の権力, の歌人連歌師, の消息, の私, の秘密, の粋, の紅絵, の美術学校派さ, の西尾書記長, の詩壇, の話, の進歩的, はほとんど, は之, は珍しい, は誰, より提携其事, を思い浮べ, を批評

▼ し~ (52, 0.0%)

3 の光 2 かも, に件, に逆らふし

1 [43件] が経つ, が遠方, なれど, にやもあらぬ, に雲, に鬢, の, のいやさ, のお蔭, のご, のエオス, の光り, の六, の十四日, の吸引, の団蔵七代目, の影, の惜, の斑點, の歌, の近き, の重なる, の雲, はその, はま, は夢, は実によく, も明るい, や星, よりも大きく, をおろし, をそびら, をもっ, を以て算する, を左眼, を弟, を恋人, を美, を見る, 既に西, 満ちて, 白く露, 聞き馴れたもの

▼ し殊に~ (52, 0.0%)

2 殖産を, 自己の

1 [48件] この感, この物語, これだけは, そのおかしな嘴, その大きな下, その志類, その販売, ゴンクウル兄弟に, タスカン酒の, 一八八二年, 三条四条辺には, 三都の, 乘合せた, 九州や, 五ヶ年も, 今日で, 全体主義の, 其の欠磨, 十五万両の, 又今, 古麻布, 同志の, 夏期には, 大隅説の, 当夜道子, 御感有り, 御舎弟紋, 政府においては, 文学者中でも, 日崎沢には, 李平の, 桓帝は, 深くビェリンスキー, 満州事変当時は, 瑶珞つつじが, 私の, 科学を, 秦の, 紀州調べに, 純粹客體, 自由主義時代には, 芭蕉の, 荀子は, 農家は, 農民を, 近年にな, 鎮の, 革命亂以來は

▼ し~ (52, 0.0%)

3 の愛する 2 た, の右, の頭, よ

1 [41件] かな, が心, が瘠肱, が觀, が面, なりせ, なれば, に一, に向い, のあと, の一生, の働き, の口, の好意, の姿, の子七人, の寝, の寝覚め, の弓, の心, の思ひ, の有する, の母, の知り, の見ざる, の邑, の顏, の願ひも, はその, は今, は地上, は獨, は脇差, も急, をば偲ば, を念, を泣, を理解, を處決, 程の惡才有者, 若しみづか

▼ し~ (52, 0.0%)

2 が出る, と水洟, をこぼし, をため

1 [44件] がこぼれ, が出, でぬらし甘やかすだろう, でむかえた, で枕, で濡れた, と今, にぬれる, に掻き暮れた, に濡れた, のそれ, のにじみ出, のぬ, のみこぼれ, の今, の川, の幾行, の繁, の雨, の面, はなくなり, は乾かじ, は知ろしめさ, もろく同情, をこぶし, をこぼさせ, をこぼす, をそそいだ, をながさない, をながし, をもおしまない, をもっ, をハンケチ, を抑えきれなかった, を拭ひつ, を止める, を流し, を流した, を流す, を浮べた, を灑ぐの, を神聖, を誘われる, 下りて

▼ し~ (52, 0.0%)

3 ふな 2 の柔手, の緒, ひしゆゑ, ひたる定家, へり

1 [39件] ううえ, うと, うを, う仁君, え, えなど, えば, かづら, かも惜しき, かも拾, ならなく, のよう, の一カ所, の如き, の床, の階我, は, はれ, ひお, ひしがいかなる, ひしと云, ひしゆゑ爰, ひし師, ひし逍遙子, ひつる上, ひ補陀楽山千手院, ふ, ふこと, ふだらう, ふときは, ふなるべし今宵, ふは, ふ時, へとせがみし, へ君, へ数珠, へ知らない, へ私, わざる

▼ しあなた~ (51, 0.0%)

2 には何, はまだ

1 [47件] からも承りたい, がそれ, がわたし, が俊夫さん, が偶然, が改めて, だけを信じ, だつて, ちょっとお待ち, でさえ見違える, と相談, にお, によつて幸福, に対してはお, に断言, に未練, のお, のこと, のやう, の地位, の娘, の為す, の無罪, の赤ン坊, の魂, はあと, はこれから, はそれでも, はどうして, はどうしてそんなに, はなぜ, はマリ子さん, は事実, は分っ, は只, は巴里, は日頃, は明十四日, は松井さん, は胃がん, は言, は訊問的語彙, は野村さん, も一味, も承知, を罪, を聖者

▼ してかの~ (51, 0.0%)

3 女の, 女は 2 地に, 女と, 家より

1 [39件] たえずグリフォネ, ような, 人種え, 使徒達を, 先祖の, 原始型の, 図を, 地で, 地を, 大都通邑, 女が, 女たちの, 女はじつ, 女も, 女を, 妖魔を, 宗門に, 封建世界の, 帝政論派との, 強権に対する, 当局者と, 愛鷹丸に, 春の, 有名な, 永遠の, 火の, 目標に, 竿を, 紅い天鵞絨葵, 老人が, 自己の, 自然的優劣論を, 袋の, 赤児の, 足早き, 重野某, 陰陽思想は, 隊, 類似によりて

▼ してのみ~ (51, 0.0%)

2 あり得る美, 合理化される, 生産する, 責任を

1 [43件] あるいは打, いれば, この関係, であ, でなくまた, では, なさるるもの, ならずまた, ならず一机一碗一匣一劔, ならず單, ならず邦画, ニキーチナに対し, 一切の, 下すのに, 人々の, 人生の, 仏からの, 価値を, 入れるべきである, 判断し得る, 可能である, 増加し得る, 存在と, 存在の, 存在権が, 居るの, 工藝的な, 往生が, 忠誠を, 成立つ事柄, 政策である, 明らかに, 書かれること, 書かれると, 汝等は, 理解される, 絶対の, 蟹の, 行われ得ると, 認識され, 語られて, 近代資本主義的の, 開けて

▼ してばかり~ (51, 0.0%)

5 いる 3 いた 2 いたの

1 [41件] いたが, いたので, いた人, いた父, いて, いないで, いなければ, いましたので, いやがる, いらっしゃるの, いられないと, いられなかった, いるし, いるその, いると, いるね, いるので, いるよう, いるん, いる人, おいでに, おっては, おりましたのよ, お出, して, でなくあらゆる, でなく瑞西人, ゐた, ゐた人, ゐた物蔭, ゐて, ゐなければ, ゐます, ゐるさ, ゐるでは, ゐる時, 居たが, 居て, 暮して, 歩いて, 歩く人間

▼ してまでも~ (51, 0.0%)

2 ポニイと, 内閣を

1 [47件] あの人, あの子, お前が, さいご, その主張, たった一枚, なおかつ内部, なお一年, やりとげようと, われわれの, バイロン卿の, 主張しよう, 些少な, 今の, 倉地に, 僅な, 全国の, 功名に, 勉強を, 勝を, 叔母から, 同志を, 尊氏とは, 引き返した, 彼らの, 彼女の, 必ずわが, 急進すべき, 悪事には, 惡口を, 或る, 持たねば, 日本国光の, 月丸へ, 末弟の, 気に入った竿, 沢山に, 浄土の, 生きて, 義理が, 聞きたいと, 自分だけを, 自由を, 見たいという, 諸外国公使, 道路を, 遺して

▼ しといふ~ (51, 0.0%)

2 やうな, 可し

1 [47件] かや, ことに甘んじ, ことの, ことを, このライオン, しるしも, その蹟, ところにて, また以, ものも, ものを, わけは, 一ツ咄も, 一報なり, 上下の, 事あるいは, 事が, 事を, 事實は, 光りある, 創作戯曲はちよつと, 堅穴家屋の, 奇解の, 奈美女の, 奴は, 娘を, 宮の腰とは, 恐ろしき世, 意か, 意を, 有名の, 朝彼は, 様な, 気組再び, 漢詩を, 瑞西の, 當時の, 肚だつた, 若者の, 若者は, 見得, 話諸, 語に, 金毘羅へ, 金箔付きの, 雨夜夜ざくら, 風にて

▼ しわれ~ (51, 0.0%)

3 とわが 2 ならなく, なるに

1 [44件] がわが, なりしか, に來, に微塵, に撰べる, に汝, に見, のいつか覺, のうち, の小, の淫樂われ, の眼, の詮, の足らざる, の近づけよ, は, はさびしく, ははや, はまた, はわが, は古里, は幾百年, は我家, は戰, は新開, は談理, は足一たびヱネチア, は退き, は露, また汝, もかれ, もこの, も腰かけ, やか, をも引き合わさせ, をも引合, を以て既に, を以て胸, を左, を欺き, を疎んずる, を苦め, を顧みつ笑む, 思ふ

▼ し世界~ (51, 0.0%)

2 第一

1 [49件] が忽然と, が真, が矛盾的自己同一的, が矛盾的自己同一的現在, が自分, で一番, とか人類, とは何, と共に進歩, と同様, においてある, における仏教, に向っ, に日本, に真実仏教, のいろんな, の利害, の労働問題, の四方, の地誌上, の大勢, の學術, の帝王, の常識, の広大, の形而上的, の文明, の最初, の永続的, の海洋気象上, の生存競争, の真相, の社会情勢, の競争場裡, の資本市場, の進歩的, の道理, の高所, は一つ, は夢, は平等, をぬすむ, を廻っ, を歩む, を混乱, を狹隘, を統べる, を補う, 第一流

▼ し~ (51, 0.0%)

2 は蔑, もなく, をあげ, をかけ, をそろえ, をひそめ

1 [39件] いかでそのままに, がつづかなくなる, が太く, たてて, と同時に, と均しき, にてよき, にて今宮本, にて呼びぬ, にて答, には室中, に出ない, に力, のあやしく, のかすれ, の清, の裏, はしわがれ, はなくなりました, は今, は低けれ, は嗄れ, は鳴かね, もて讃め, をい, をおさえる, をかすませ, をのみ, をひそめた, をやわらげ, をわれ, を密め, を怪しみ, を殺し, を荒く, を荒らげ, を荒らげた, を震わせ, 嗄れて

▼ し~ (51, 0.0%)

3 に向 2 にはこれ位, には火, に出, の事, は進取, は野心

1 [36件] お耻, から引戸, から這入る, では無縁, でもない, で夕飯, に, にあり, にては窈窕, には何, には諸, には門番, に便所一つ, に出た, に十, に各種, に向かい, に向っ, に存する, に対しての鋭い, に對, に小さな, に廿兩持合せ, に若, に詮方, に適当, に頼る, の品々, の方, の景色, の野菜, は國威, は進ん, へ出, へ出る, よりその

▼ し特に~ (50, 0.0%)

2 文章を

1 [48件] これをか, しゃくなげは, その作法, その功, その物語り, その講義, アビシニアの, ウワアヅウワアスに, ラテン語に, 上州の, 下婢などの, 他の, 伊藤山県両侯の, 伊藤山縣兩侯の, 厳正, 古風な, 哲学法にとっては, 大沽砲台, 実証科学乃至, 小川の, 後者の, 微行を, 敵の, 文化の, 日本製陶労働組合同盟に対し, 晶子には, 最後の, 有利なる, 本門戒壇論, 材料種類の, 殊域の, 温室栽培に, 生理学史に, 目を, 神棚に, 神経系を, 祭礼の, 秀でた者, 私の, 科學の, 自分の, 諸外国, 謝意を, 銀行で, 鐘の, 青ガ島は, 青年から, 鴉片煙劫を

▼ しさて~ (49, 0.0%)

2 それから

1 [47件] ある社会改革者, いよいよ最後, いよいよ牛角力, いろいろな, おもむろに舌, こそこれ, こそその, こそ練歯磨, こそ詩経, この三軒, この上, こんなこと, そのあと, その上, その人数, その先, その意識, その次, その顔, なにから, まことに神道興隆, 之から, 京都へ, 今月に, 利家の, 前説が, 占者は, 又飲み, 好しと, 寝台の, 平地に, 彼に, 後その, 戸を, 新年宴会を, 机の, 此家を, 汽車に, 甚だ馬鹿馬鹿しい, 生涯の, 皆さまは, 神社崇敬云々と, 立上って, 箪笥の, 自身も, 表に, 身を

▼ し常に~ (49, 0.0%)

2 歴史的社会である

1 [47件] おもほ, さびた花, すぐれた腕, その身構え, それだけが, それと, それに, それを, 乞食した, 他人に, 何くれと, 冥福を, 励まして, 勇猛に, 南華老, 同一の, 哲学的, 変化したい, 夫の, 妻と, 山頂の, 必要に, 念佛三昧の, 悪霊から, 政治的性格を, 新しき絶対者, 根本概念の, 栽植せらる, 流行し, 演劇の, 無精髭を, 疫せん, 白雲の, 祕密に, 福を, 私を, 秘密に, 結実する, 緊張そのもので, 美術眼から, 考えねば, 聖賢の, 腰に, 苦心し, 製造販売の, 説を, 負ける様

▼ しにより~ (48, 0.0%)

3 私し

1 [45件] この土, その後猶, その飜訳料, 三五郎の, 九助, 九郎兵衞は, 人違ひ, 今度家督を, 今竜, 何卒弟, 余は, 全く以, 其段豐島屋より, 其物語りの, 其節之, 其罪を, 吉兵衞は, 同心二人直に, 同心兩人源右衞門に, 声しわがれ, 妻を, 少々にても, 尼御台さまを, 常陸筑波山の, 彌太夫, 彼の, 彼是月に, 思ひ思はれし中, 急ぎ歸村せよ, 斯は, 早速小普請支配宮崎内記殿, 某駈着, 段々吟味, 父吉右衞門是を, 父彦兵衞の, 甚だ少しながらと, 當暮にと, 私し共, 節は, 絶望家と, 翌朝進撃し, 老中方の, 若者等は, 諸所相搜, 通仙は

▼ し~ (48, 0.0%)

5 つ, つし 4 しゆ 2 あるかい, つと云, つと擦つ, つと溶け, つぽん

1 [24件] あんまり行, があるだらう, ごつかま, ごつかまつ, じんと書いた, つせい, つせし, つせしました, つたつ, つとわたし, つと擦られた, つと来た, つと縮まし, つと鼻, てう, と, と云所, と青, ひやくこく, ふたちの, ふべ, ふべの, へ御, 戻れつたらしゆ

▼ しそこで~ (47, 0.0%)

2 彫刻や

1 [45件] なるべく気持ち, なんとなくおじぎ, になっ, はじめて多数, ようやく現在, わたしの, リバプールから, ロカフの, 一五八一年十四歳の, 一応の, 二十四の, 人間の, 医専出の, 午後中時には, 又, 取りあえず金策, 君人間は, 大部分, 天子の, 始めて, 始めてウィリアム, 少し待っ, 峠よりは, 彼が, 微禄, 必ずつき, 急遽犯行現場, 我々が, 政治の, 教化を, 新しくベルネ, 書斎内で, 機上から, 此の前は, 注文の, 消費組合監督突撃隊を, 火山学や, 空中戦を, 第二次, 繩を, 若侍, 葬列が, 講釈せしめた, 錆びて, 首尾よく

▼ してしも~ (47, 0.0%)

14 うた 43 うて

1 [26件] うたが, うたげな, うたしくじり, うたぞ, うたの, うたよ, うたようである, うたわけでござる, うていたであろう, うてどこ, うても, うて一寸, うて久しゅう, うて今日以後, うて医者, うて昼, うて目, たからには, たのんかも, たらどんな, たら厄介, たわ, たん, たんや, てて, てると

▼ しばい~ (47, 0.0%)

4 のおじさん 2 のじいさん, のほう, をうっ, をやっ

1 [35件] がある, がおしまい, がやり, が一座きり, が当たっ, じゃない, だったの, だねえ, でした, ですよ, でだってもはやらねえ, なんぞにいっ, に, について不愉快, になっ, に出, のぶたい, のまわり舞台, のよう, の小屋, の小道具, の幽霊, の役, の興行, の血のり, の説明, はお, はもう, をうった, をする, をのがしゃ, をやった, をやらない, を洗っ, を見

▼ し先生~ (47, 0.0%)

2 が日本, だからとて, にも嫌い, は今

1 [39件] からお, からは勧め, がぼく, が私, が藝術家, が髭, である, でいらっしゃいます, といつ, なきあと, にはどこ, に似, に対する並, に持つ, に逢え, の主張, の元気, の尋ね来らるる, の思想, の手, の死体, の歿後, の眼前, の衣服, の遺跡, はきっと, はそれ, はただ, はインキ, は大いに, は情こま, は理想世界, は茵, も隨つて非常, をわれいつ, を豪い, 慌てて, 救って, 本当に帰っ

▼ し~ (47, 0.0%)

3 なりとも感情 2 をうたう

1 [42件] が終る, だけは何, であって, なれば, には言葉, に一度, に君, に松, に讀み, のうち二首, のしらべ, のふし, の上, の中, の名, の家, の数々, の独立, の順序, はわが, は皆皇子, ひつれて, ふ必要, も, もせず, も作る, も多く, を, をうた, をうたい, をうたった, をしない, をすらすら, をよみ出でし, を作った, を唄つて, を唱い, を引き出す, を歌い, を詠み出され, を読み, 多分そ

▼ し~ (47, 0.0%)

3 なところ

1 [44件] が凝つ, が散れ, ではあります, ではありません, なりし樣子, なる明き目容, な人相, な大, な密話, な極り惡氣, な眼, な若, な調子, な青年, な青年武士, にいひける, にする, に云, に俯, に俯向, に傾けた, に入, に川崎, に恰も, に悄然, に打ち見やりつ, に押止めコレ, に此群, に眼, に笑, に見えた, に見える, に見上げ, に見上げし, に見詰める, に語りつ, に迎, の根本, の毒, は結び, もなく, や弛み, を亂, を定

▼ し決して~ (47, 0.0%)

2 ただの

1 [45件] からかうつもり, パルメニデス一人の, 一個人の, 一片の, 不快で, 何か, 作品の, 信頼する, 偶然ここに, 先人の, 卑俗に, 単なる哲学, 単純で, 単純な, 吝ん, 商品窃取の, 国体を, 実験者自身の, 寫す能, 専門の, 悪気で, 所謂合理主義なる, 折衷では, 明白なる, 欲ばらないという, 此自覺を, 死ぬん, 殺人鬼として, 浅くは, 測定という, 爭を, 狡猾な, 相伝え, 絶望しない, 腹を, 自分は, 自然科学だけの, 自然科学にだけ, 観念論者の, 計量されない, 認識の, 退却した, 退歩する, 頭に, 齟齬し

▼ し研究~ (47, 0.0%)

8 して 3 すること, もし 2 するため, するに, するを, する必要, すれば

1 [23件] しそうして, し充実, し批評, し社会, し進歩, するかという, するつもり, すると, するという, するの, するは, するひと, する人, する知識, のすべて, の分担, の最高頂, の結果, の資, も続け, をした, をつづけ, を目的意識的

▼ し~ (47, 0.0%)

15 はざる 5 はぬ 3 く味, はざる所 2 く人

1 [19件] き主取り, き傳手, くその, く往来中, く教, く有終の美, く見る, く詠じ, ざりしもの, の面白, はざら, はざりし, はざりし如き, はざる事, はざる時, はぬで, ふすべての, ふもの, ふ神

▼ し~ (47, 0.0%)

1 [47件] がおっこちます, がぴたっと, がピン, が動けなくなる, が引つれ, が膝, こっそりと, その寝室, でできるだけ, で丹念, で外, で愛人, にからん, にはエナメル, には二十年代, には細い, に力, に離れ, の勇, の方, の有無, の疲労, は水, は疲れたれ, もすべ, も思はず緩みぬ, も腰, をこの, をふみならした, をふみ開き, をもっ, を上げ, を先, を失った, を引きずっ, を押え, を早め, を曳, を爪立てる, を空, を空ざま, を縮め, を踏み合い, を鈍く, 現れて, 覗いて, 蹶に

▼ し~ (46, 0.0%)

4 つてゐた 3 まつさ 2 なる, なれば

1 [35件] いびきも, えりける, がつた, がつて, これを, さみどり, それで呶, たまから, だかも, だね, つて生き, づら, はせ, はせです, はひ, はよく, ばは, ひだ, ひで鬮引の, びっくり致しやした, へず笑みくつ, へて, へや, まつたれ, やっと生き伸びた, をあ, 何度も, 偉え, 共産党の, 嬶を, 斃っちまう, 明日の, 桃の, 若えでねえ, 騒ぐだ

▼ しがたく~ (46, 0.0%)

2 なって, なつて, 候, 口に, 古老に, 忘れ易く, 聴きわきがたく

1 [32件] されて, して, その地中, て食べ, とも微醺, なったらしく柄, なりたれば, なる, なるので, なる位, ひかれるもの, ひろがって, ものやわらかで, もはや一週間内, 人を, 候へば, 又律し, 可憐に, 心に, 思はれる, 思われるが, 惹きつけられながら, 感じるほどの, 明瞭に, 殆ど解析の, 然ら, 自分の, 艶麗であった, 見える, 言わば兎, 買うは, 鏡が

▼ しつくり~ (46, 0.0%)

2 と合, と足

1 [42件] あてはまらない心持, して, するつて, ついて, と, としてジジ, として来, とそれ, とはゆかぬ, とは住みつかない, とは結びつかない, とむかひあう, と云, と今, と似合, と似合つて, と來, と僕, と力強く, と勝負, と合つて, と埋め, と実質的内容, と嵌, と御, と抱き, と来ない, と氣合, と洋服, と照応, と着物, と礼服, と私, と穏やか, と組み合, と落ちつかない, と落ちつき, と落ちつく, と行かない, と行かぬ, はまつ, 結びついて

▼ してよ~ (46, 0.0%)

6 かつた 2 それから出直した, 今日は, 序に

1 [34件] あんたそれぢや, いつもの, うくお願い, うく聞い, うく話し合った, うっかり好奇心, けたいと, この黄ろ, これで, そいで, それを, そんな話, だからあたし, ねえ黒川さん, むろん, りか, わたし体の, わははははは, 上で, 今松さん, 何だか虫, 侯爵夫人の, 入口で, 女親だけに, 往つてらつ, 後で, 敦子さん, 早く身, 此様な, 武家方の, 芳ちやん, 途方も, 頭痛が, 黒板塀に

▼ しにぞ~ (46, 0.0%)

2 百川海に

1 [44件] お花, お菊, さてはと, 両親は, 主税之, 九郎兵衞は, 兩人も, 其力落しより, 其間に, 南無三, 吉三郎は, 喜八は, 大に, 大岡殿は, 大岡殿然, 安五郎は, 寶澤は, 山内伊賀亮進み出, 左仲は, 店の, 彼の, 忠八は, 憑司は, 或時友次郎, 折る, 早々此段, 早速其筋, 是又, 毒喰ば, 澤の, 然ば, 然ら, 父も, 猶又, 留は, 知ぬ, 私し始め, 花子はもの, 警視は, 越前守殿然, 轟く胸, 近日嘉川家の, 長庵今, 駕籠脇の

▼ し~ (46, 0.0%)

2 に付き, は如何にも, ま, まじく候

1 [38件] か行末, が午前, が思残, さらば, ては往先, ては諦め居り, ても約束, と云, と太守, と存候, と申, なりとの云譯, なり其上主, に付山口惣右衞門, に其後病氣, に相違御座, は, はいかにも, は菊池三溪, ひけむ, ひしが, ひし折, ひぬ, ふべき, ふべきたとへば, へこれ, へども一向に, へども右, へば十五六, へば誰, へ共, べしと, ものこれ, よふ, を見付, を足軽丸山熊太郎, 得ば, 相殘

▼ し~ (46, 0.0%)

3 個人の, 方面に, 方面の

1 [37件] これを, 一重, 事件の, 交換者は, 代の, 作品の, 個人は, 其伝統と, 其地に, 別に, 劇場は, 動物が, 十時間勤務と, 団体が, 国民に, 地方に, 報告について, 官庁の, 府県調製の, 新聞社は, 新聞記者及び, 方面から, 方面にわたって, 方面より, 板挾み, 機関を, 民族間の, 片は, 独立閉鎖堡と, 相手の, 神社の, 篇を, 藩留守居の, 部分の, 部門毎に, 部隊の, 部隊各

▼ し新しい~ (46, 0.0%)

1 [46件] イデオロギーを, ゼネレーシヨンの, ヒューマニズムに, モラルを, 不分明, 世紀も, 事を, 人類への, 公式は, 出路を, 奇蹟を, 実証主義的知識社会学者達によって, 客が, 家族を, 小袖の, 工夫を, 年中行事が, 形で, 感激を, 戦慄を, 戯曲の, 支那の, 文化を, 日本の, 機関の, 気運は, 活動の, 演出の, 生活で, 生活に, 生活様式を, 生産と, 発見は, 知人を, 空想の, 職業を, 自己が, 自由恋愛の, 航路と, 芸名を, 見解を, 観念や, 言葉を, 言語を, 車夫を, 関心の

▼ し~ (46, 0.0%)

2 と見し, を急ぎ

1 [42件] がわからなかった, とヤブ, なき世にも, なき岩道, ならぬ戯れなせど, ならぬ道, なりき, にぞありける, に候, に学ぶ, に戻りける, に歩み返した, に立っ, に迷っ, に迷つて, に順, のむこう, の上, の他, の方, の果て, の涯, の端, の開け, は數多, は水, は細川, は黄色く, より出行けり, らしい道, をつくろい, をばい, をふさいだ, を作り, を教え, を歩く, を海岸, を照らし, を辿る, 或は先導者, 遠し, 阿努

▼ し一つ~ (45, 0.0%)

2 にはもう, の新しい

1 [41件] です, でもっ, で物珍しく, として土壁, として樹木, には壺鉢, には沿岸, には萩丸様, に在る, のこと, のため, の事, の信仰, の利剣, の利益, の媚態, の望楼, の特別, の砲弾穴, の言葉, の質, の重大, はこれ, はそれ, はもっ, は世間, は代表的, は以, は単なる, は吾人, は強い, は彼, は感情, は榴弾, は無始無終, は焼い, は英雄, も他人, よりは他, をば廚, をドア

▼ し社会~ (45, 0.0%)

3 の秩序 2 の下層階級, の成員, の状態

1 [36件] がもと, が決定, が複雑, では男, という概念, との関係, と人類, と自分, に出で, に向, に和合, に於ける, のうち, の全, の全体, の制度, の因襲, の客観的, の幸福, の構成, の歴史的分析, の礼節, の約束, の趣味, の進歩発達, はその, は之, は夢, は生物界, も進展, や国家, を更ら, を毒する, を発展, を覆さう, を陰鬱

▼ し~ (44, 0.0%)

5 りて 2 して, せるため, へ, るを

1 [31件] えた, えた処, すべきに, せるだろうと, せるつもり, せるもの, せるものぢ, せる一方, せる氣, った, った宮木裁判長, ってそこで, って一, って再び, はせる代物ぢ, はらず隨逐, はり, へた, へたる明日, へぬ, りても, り今, り大, る, ると, るの, る事, る意気込, れば, れり, れる也

▼ し~ (44, 0.0%)

2 體を

1 [42件] きは, き淡路, ヨーロッパ大陸に, 世界の, 世界を, 人類一致団結し, 国民に, 国民の, 國の, 國各種學校教職員若しくは, 地は, 委員の, 宇宙が, 家族を, 山の, 従業員の, 心を, 既教育兵を, 株の, 機関を, 欧州を, 民族を, 生涯を, 画面の, 皮膚の, 社員各位も, 篇の, 肉体の, 自己が, 英は, 財産の, 責任を, 資本に対し, 軍が, 軍これで, 辺で, 運動や, 部落の, 陸軍は, 體が, 體としての, 體の

▼ し実は~ (44, 0.0%)

2 之は, 夫は

1 [40件] かの教授達, こういう風, この文献学主義自身, そうで, その制作者, その原始化, そんな稀, まだ早い, もっと切実, もっと実際的, カントこそ, カントの, 一続きの, 与えられた現実, 之こそ, 何も, 僅か三つ, 前者が, 単なる概念, 単なる民衆化, 唯物論的な, 大衆的な, 学問それ自らが, 少しも, 彼には, 彼自身戦意も, 後期王朝の, 従来の, 昔は, 映画の, 無用の, 物質という, 球状で, 甚だはっきりしない, 科学的方法は, 翻訳の, 腹なんか, 自然科学の, 良心とは, 読書という

▼ し~ (44, 0.0%)

4 つた 2 つたところ

1 [38件] おせた場合, すべきに, せず真紅, せたか, せたこと, せたばかり, せたもの, せたわけ, せた上, せた気, せなかったよう, せなければ, せる, せるまた, せるもの, つたが, つたとき, つたので, にけり, にはその, には困難, には国全体, に不消化不健康, に勘當, に悶絶, に果敢なく, に泉下, に首, はると, ひには, へた, へたと, へたばかりな, へてから駿介, へられる, へると, へるまで, れる時ダンテ

▼ し~ (43, 0.0%)

3 なり, にし

1 [37件] が異なれ, さすがに, でこの, という, と称す, なかりしや, などもアラカタ, などやや, なる可, なれば, に, にて南独逸, にて鄰家, にもありしなれ, による, に偉大, に巧妙, に我嗜好, に次第に, に母之, に禅宗寺, に近く, のある, のみならず, はアフリカ西岸, は今, は如何, は少く, は遂に, へき, へはふん, へ人形室, もかなた, も又は, をつかま, を拝, を異に

▼ し~ (43, 0.0%)

6 を後 3 なり

1 [34件] ある勇士, けて朝日島, ならん, なりけり, にてそ, にてラーボ, にはなっ, にやあるべき, に政, に負, に負う, のその, はかれ, は天, も, も千代, も拳龍, よし, をつけ, をなのった, を先, を呼んだ, を売り, を尊王, を指し言い, を流し, を清兵衞, 助手八雲千鳥嬢に, 奉行だけ, 將軍を, 歌や, 殘に, 聲よりも, 聲を

▼ し故に~ (43, 0.0%)

2 可有, 弱みも

1 [39件] かあり, かく申す, この攻撃, ひとりただ, やすく出, やわが, や加田の浦, や小鳥, や此頃, や計り, メルクは, ヨブを, 一族畏怖し, 之を, 人の, 今日も, 候, 其寶, 其後頭痛の, 又吾, 存じ居ます, 家主嘉右衞門は, 平和協会の, 從ひ, 成功せりと, 故郷より, 此に, 此方法と, 海の, 災禍来る, 痛みて, 真正面より, 終には, 腰が, 衰へたり, 賤の, 遂に最後, 遊部と, 隱せし

▼ し易く~ (43, 0.0%)

3 なるの 2 して, なって

1 [36件] かつ〇・二グラム, させて, しようと, するため, する手段, ついする, ていけません, て別物, て狼狽, なった, なったこと, なつた, なる, なると, はなった, またそれだけ, もない, ものを, 一定の, 且つ賃銀, 又他, 必しも, 惡事は, 整理分類し, 最も矛盾, 極めて記憶, 構成し, 欺かされ易き, 此を, 泣き易く, 無い, 疲勞し, 簡易に, 農事は, 達し難き, 面に

▼ し~ (43, 0.0%)

3 を仰げ 2 かな, なる幸, の光

1 [34件] かな思ひき, から天, がひろびろ, が晴れる, ぞ忘れぬ, っぼの, と山, なもの, には青い, には風, に向い, に向け, に知られぬ, に篁, のさま, のもと, の一升徳利, の一角, の罎, の色, の袂, はこれ, はとながむれ, は午後, は暗く, は漸く, へまた, や秋, よ見よ, をあおい, をあおぎ, を打, 仰げば, 向けつ皆

▼ し~ (43, 0.0%)

3 かも知れず 2 ある人, の報い

1 [36件] お直参, か君, か詩, その妻, とひまさば, とをもて, とをわかつ, と罰, なれば, にて一百, に伏せざる, に坐する, に歸せん, に比べ, の報, の報以下, の穴, の釋, の重き, は余, は寧ろ, は消えぬべき, をさ, を作つて, を健吉くん, を定, を浪人藤崎道十郎, を犯した, を社会, を社會, を被り帰され, を責めた, 為さざりし善, 許すまいぞ, 軽からず, 重く知る

▼ しどこ~ (42, 0.0%)

2 へどう

1 [40件] かの良家, からか猿, からともなく, からはいった, から手, か土人ども, か地球, か心, か高士, がきまり, が病気, でもいい, で発見, で考えた, で芥川, にいる, にそんな, にも取り, に兵馬, に惹き附けられ, の國, の家, の町端, へいった, へか姿, へ向い, へ行く, までが作戦地域, までが言論, までもみずから哲学者, までも娯楽用, までも肉迫, までも調和, まで心理学的見地, まで自分, まで逼つて, も冴え, を歩い, を狙っ, を見

▼ し時には~ (42, 0.0%)

3 これを

1 [39件] それを, ひとしく酩酊, ペンを, 中国式や, 之を, 人工的に, 他との, 会合の, 依頼する, 停滞し, 叫喚の, 同君一流の, 増幅し, 大怪我, 官憲を, 山中の, 彼との, 彼を, 彼自ら舞台に, 意見の, 昼休みを, 木炭の, 涙すら, 無限の, 焼芋, 爭鬪的にまで, 百人前を, 皇室を, 笑い時に, 自分の, 自分も, 自己嫌悪に, 草双紙や, 衆人への, 訳も, 逆行し, 遠く大西洋, 雲に, 館長の

▼ し発展~ (42, 0.0%)

6 して 2 させて, させること, しつつ, すること, するもの, の方向

1 [24件] させようと, させるだろう, させるん, させる外, させる立場, されなければ, したためし, したの, した自覚, しようと, し展化, し得るから, し消滅, し確保, し膨脹, し進化, する, する本質, せしめた当時, せしめねば, せしめる所以, せしめ得る, のこの, を辿ろう

▼ し~ (42, 0.0%)

3 にする 2 をふさい

1 [37件] がきこえなくなった, がガンガン, と眼, ならず又, ならず武士, にし, にした, にしない, にしまし, にて實際, には彼自身, には猶, に眼, に聞いた, に聞いたかずかず, に蝉, のそば, のよもすがら, の底, は又, は徒に, は聞えなくなっ, は鳴り, までも, までもちぎらん, もある, をすました, を傾け, を刺激, を垂れ, を夜叢, を水, を洗, を澄まし, を覆い, を覆ひ, を貸す

▼ しあつ~ (41, 0.0%)

10 てゐる 75 たもの

1 [19件] たため, たといふ, たの, たまま一, たりなどし, たりなんかし, た上, て, ている, ておなじ, てみる, てるん, てゐられた, て下さい, て仕返し, て偶然, て死ぬ, て残ん, て討幕

▼ しまだ~ (41, 0.0%)

1 [41件] お若様, それで, それも, それ以上に, つき入った見渡しの, プロレタリアートの, ヘーゲルの, 五十に, 人間の, 備えつけてない必要図書, 僕には, 其下にも, 夕食には, 大切な, 家に, 小さき林檎, 年も, 形式的な, 怪火の, 成稿の, 昇進中で, 暮れには, 本復は, 気持が, 準備に, 狭い路地, 発見されない, 発見される, 直ぐには, 確実に, 私には, 系統的に, 群衆の, 胡散臭さうに駄夫, 自分の, 落つきを, 規定は, 誰も, 諸変化, 跡を, 逃げ出そうとも

▼ しやを~ (41, 0.0%)

4 しや 3 知らず 2 我に

1 [32件] うたた驚嘆, しらむ, その蔽物, たずねしに, ダンテに, 一言せん, 告ぐべし, 告げよ, 問へ, 彼に, 思ひみば, 思ひ出, 思ひ浮べんと, 思ふ日, 思へまた, 想見せずん, 汝よく, 疑は, 知らざりき, 知らざりしなり今, 知らざるが, 知らず忽然黒壁, 知らず血気, 知らむ, 知りて, 知るあたわざれば, 知るされば, 自ら思ひ, 見ん, 覚えねど, 記せず, 語ること

▼ し~ (41, 0.0%)

4 の方 3 さりませ 2 唇を, 透かしつつ

1 [30件] から見た, から見上げ, さりましたら, すった, だそう, だと, つて徳川廣忠は, に湯壺, に肉月, の, のもの, の二段, の善言, の弟, の病, の葉, の馬方, は人界, は宋, は庶民, へも措かない, を俯, を働く, を寝室, を市場町, 半は, 唇は, 国守が, 忘れたる心ゆ, 裳だけの

▼ し~ (41, 0.0%)

2 の中, の内, を撫でおろし

1 [35件] がかす, がふくらん, がまるで, せまって, と腹, と額, にこよ, には呼吸, には天空, には胼, に暗黒, に泣き, のすく, のふくらみ, の上, の名, の園生, の月の輪, の血, の鏡すゞしき物語, の鼓動, はうざうざ感服, は左半分, は春, は脈打ち, もつぶるる, をとどろかせ, をはだけ, をむかむか, ををどら, を冷し, を反らせ, を露わし, 及び腹, 轟く英雄

▼ しつて~ (40, 0.0%)

52 もいい, 下さいませ, 御覽下

1 [29件] いいわと, いつたい何, おまち, お痩せ, お訪ね下さい, からのこと, ください, て, はゐなかつた, は成りましねえだ, は駄目, もい, も一歩裏, よお待ち, よなに, よ是, ゐたお, ゐなさるんぢ, ゐるの, 下さいましな, 下さいますわね, 下さらないん, 呉れたのね, 御しまひなさる, 怪しからん奴, 戴いては, 戴くわけ, 見て, 驚いただけの

▼ しどう~ (40, 0.0%)

2 したもの, するか

1 [36件] いふもの, いふわけ, いふ訣, いふ訳, いふ風俗, か成功, したの, したらこれ, したら天一坊, したん, した心, だか, でもいい, でも道人様, とつて, なって, なりとなさるが, にもならなかつた, にもならぬ, やっても, 云う風, 云ったらよい, 佯り, 取り扱うかによって, 変るか, 態度を, 捜しても, 探しても, 描いても, 描きその, 溶かし合せても, 答えて, 維持する, 考えて, 葛藤し, 説明したら

▼ し~ (40, 0.0%)

2 を撃退

1 [38件] が敵, でも見る, と巧み, にかみつき, に対してわが, に對, のじん, の一拠点, の両翼, の城門, の変, の大, の大挙, の天王寺, の將, の手, の来る, の根, の美麗, の胸部, の虚, の行方, の試, の魚釣, は膝, は飛び, も味方, をあざむく, をし, をわが, を傷, を利する, を孤塁, を容易く, を後退, を撃退中, を討つ, を阻止

▼ し~ (40, 0.0%)

2 もまた, 死の

1 [36件] からまた, から一, から作せる, から労し, から垂加, から威武, から御, から心月房, から榮, から膳, から誤り, から高聲に, づと濶達なる, づと闊達なる, の所作, も亦, を張つて他, 個以外に, 働的に, 国民の, 壁を, 心を, 戮せられ, 欲の, 派を, 涜化し, 營する, 祝する, 答する, 覺, 覺し, 覺したる, 覺と, 轉車で, 轉車の, 鳴鐘

▼ し自由~ (40, 0.0%)

2 と平和, ならざる何物, にし, になった, に運命

1 [30件] であり力, とは決して, な婚姻制度, な態度, にさせ, にしたい, にその, になる, に二, に人, に反抗, に悦楽, に想像, に意見, に歌, に画, に野方図, に防火本位, に食べられれ, の何たる, の使徒, の散文形式, の身, は政治上, をもっ, をも捨て, を享楽, を獲得, 化す概念, 賣買

▼ し~ (40, 0.0%)

2 にやはあらぬ

1 [38件] では無論, で仲人, で眼, で顔色, と誇り, なども態と, にバラ, に油, の, のひま, のカール, の乱, の垂れ, の根, の湿しおれた, の白く, の髷強, はきれい, はなるべく, はよく, は後, もなでつけ, も結わず, も結わなかった, も茫々, も髯, を, をなで試みつ, をふり乱してる, をもて, を切られた, を取上げた, を掻, を朔風, を梳き, を椅子, を長く, 切払いて

▼ しそのまま~ (39, 0.0%)

2 では, 五年も

1 [35件] こっちへ, その場所, で湯, になっ, の声音, の姿勢, 一つ首を, 一週間寝込ん, 上手に, 人形めいた, 仏像の, 何の, 倒れて, 公孫, 別れて, 向うへ, 地上へ, 外の, 大学に, 寝たきり, 居ついて, 山の, 岩の, 延期に, 引きかえして, 徳川家に, 杭の, 棒の, 歎息を, 気を, 稽留し, 邸を, 長い身体, 首を, 高声器

▼ しまま~ (39, 0.0%)

2 なり

1 [37件] おそるおそる取出し, その白粉, だ, とりて, なお少し, なりハテ, なる, なるを, なれば, にし, にていまだ, にてすなわち, にて気, に人生, に其子, に姉上, に少し, に従い行く, に滞り, に置かれ, に行く, に護送, に起き, に起出, の姿, の宿, わずかに, 動かず, 図らずここ, 未だものいわざる, 来れと, 残れるを, 深き思い, 湿れて, 見向きも, 逃げんと, 飲みも

▼ し今度~ (39, 0.0%)

3 は又 2 こそは大, の行程, も亦

1 [30件] こそはほんとに, のやう, の内閣, の周遊, の始末如來樣家來, の議会, はいよいよ, はかえって, はとり, はひとまず, はもう少し, はギヨツ, は三男, は乾分, は二人, は二階, は何, は入江, は各, は悲痛, は愈々, は慶応病院, は憚ら, は文ビルけい古場, は殆ど永久的, は江戸城, は洋服, は自分, は語, も主人

▼ し他方~ (39, 0.0%)

10 に於 2 また私

1 [27件] から, からは彼, から考え, が主として, が時代, この進歩, その住民数, でこういう, ではセビリャ, では利益社会, では印度及支那民族, では又, では無線電信, では現実, どうかその, においてそれ, においてはこの, においては亜細亜, においては拓山, においては革命的気運, には精神的煩悶, にほとんど全く, の場合, は女神, は生活資料, は音楽, 非大衆

▼ し全く~ (39, 0.0%)

1 [39件] その用, なおる見込み, のジャーナリズム王国, の宿, の無, の無駄骨, の裸, プロレタリアの, ルーズな, 一般的普遍的の, 不思議な, 世と, 両者は, 主観的精神の, 二重に, 傾向を, 其通りであった, 別の, 害するとき, 害すれば, 形式的であった, 怨嗟の, 慾深き, 戰場を, 手の, 新しい政治, 新しい条件, 時代の, 未開の, 武田家は, 歩けなくなって, 毎日私の, 狼狽し, 田舎の, 窮乏の, 誠信なく, 貴族の, 閑却し, 顛倒したる

▼ し~ (39, 0.0%)

2 は東南

1 [37件] が破裂, なり, なりしを以て, なりという, なるが, なれば, に, において働き, にてピエートロ, にて見る, に仆, に伏し, に住み, に名づけ, に落ち, に跼つ, に鑛泉宿, に隠れ, の箏, の精, の運行, はまっ黒, はパレスチナ, は五, は紅, は胸, は豆州, は都, もぐりあらゆる, を下, を拝, を摺っ, を母, を耕す, を見た, を見れ, を訶夫羅

▼ し~ (39, 0.0%)

2 の, の中

1 [35件] かうつつかなよ, ぞ, で女賊マジャーン, となり果てた, なれど, にさえ見, にし見ゆる, のさむるもおなじ花の木, のとけし, のゆく, のよう, の余波, の名残, の情感, の朝妻船, の痕, の緒, の跡, の迹, は花, また見ず, も温, よりさめ, より覚め, よ覚悟, をその, をゆめみ, を求む, を現実, を結び, を結ぶ, を繰り, を逢, を食, 多き年代

▼ し我々~ (39, 0.0%)

1 [39件] が向, でも読む, と同じ, と直接間接, には出来る, に訣つて, に達する, の心, の心持ち, の様子, の涙ぐましい, の為め, の生活, の祖先, の考へます, の自己, の苦痛, の見る, の認識, の語彙, の迷惑, の門口, の音楽, の食事, は, はあと先, はごく, は今更, は兎, は吉川氏, は墓前, は学ぶ, は宿, は死ぬる, は江戸南町奉行大岡越前守樣御組中田甚太夫殿, は第, は見かえる, を幸福, 第五組

▼ し若し~ (39, 0.0%)

2 之を, 更に慧心院眞作, 更に慧心院真作

1 [33件] この, これが, その時, それが, 一歩を, 万一の, 三円出れ, 不条理極まる, 其忘れっぽい, 又あの, 又途中, 哲學者なり, 單純な, 夫れ, 妙子が, 彼が, 彼等に, 成し得可, 我が国民, 承知といふ, 是非就職したいなら, 此半身が, 流行の, 犯罪の, 祖父母父母から, 結婚が, 聴かれずむば提携, 聽かれず, 親しむべくんば, 証拠の, 誤りが, 間違って, 隠れた通路

▼ し説明~ (39, 0.0%)

4 して, する 2 し得たりと, し批判, すること

1 [25件] しても, しようという, し得ないだけ, し暗示, し更に, し注釈, し示顕, し自分, し解釈, し議論, するだけ, するに, するの, するほか何事, する事, する動作, する巧妙, する為め, す可, せんと, などし, に手違, は与えられざれ, もし, 出来るという

▼ し~ (39, 0.0%)

3 といふ美形 2 に咽, の摧, の日, の窪み, も次第に

1 [26件] か岩角, が積, つもりつつ, どつと, のあと, のうれし, のけしき, のごとき, の上, の夜, の如き, の色, の融, はいかに, まづとけて葉, もある, もよに, も昼, を, をふらし, をもその, を美, を踏ん, 垂れてを, 深い道, 青み

▼ し~ (39, 0.0%)

3 の後 2 に乗っ, を駆っ

1 [32件] いたく劣れる, ぞこれ, でゲンパラ, との消長, にて越させ, にも乗った, にも乗り, にも構っ, に乗せ, に乘, のこころ, のこと, の伏勢, の姿, の絵, の草鞋, はもう, は嘶き, は暫く, も恩, や甲鎧, よりも早い, をし, をば一, をエーリス, を井上黒, を快く, を放し, を水師, を置い, 之山, 飼うのに

▼ しこんな~ (38, 0.0%)

3 ことが 2 ことを, 事は, 事を, 歓びは

1 [27件] うれしいこと, ことで, ところに, ところまで, みじめな, ものを, 不如意を, 不安の, 世界に, 事が, 人には, 借家の, 化物が, 可笑しいお話, 場合何か, 奇怪な, 姿で, 平和な, 悪所通ひ, 気が, 淺墓な, 物よりは, 着物ばかり, 稼業の, 結構な, 趣味が, 重大な

▼ しさま~ (38, 0.0%)

2 をみよ, 見えて

1 [34件] ぞおかし, た, といふ, と我, なり, に, にいへる, にたじたじ, にたてる, にて, にやや, に從, に異ならじ, に食うぶるなり, の見, は, は宛, は我見, は画, は笑, は笑み, も, も之, も又, よひ, をあら, をすこしく再び, を不, を容易く, を戀, を示せり, を笑う, を見せん, 浮びたり

▼ し~ (38, 0.0%)

15 に角 7 も角 2 に角晩

1 [14件] にむかひ, に角女権論者, に角左樣, に角斯, に角松太郎, に角此, に角色, の四足, の罸, は其躰小, もする, も角其処, を一匹, を殺し食う

▼ し我が~ (38, 0.0%)

2 要求を

1 [36件] いっさいの, ものとして, 出兵と, 友の, 同胞は, 国民を, 國は, 地球が, 大王はも, 天翔る時, 妻なり, 子は, 屋數を, 心も, 情懐は, 惡行成程, 愛する甥, 戀に, 手なれども, 手の, 技倆を, 文学を, 旅果てぬ, 早稲田大学の, 最近の, 漢字の, 無情を, 理想境の, 眼さらず, 睫毛には, 胸裡, 袖を, 言へば, 輩は, 近海の, 領海に

▼ し所以~ (38, 0.0%)

9 なり 4 のもの 2 さりながら, とす, なりと, にし

1 [17件] が分る, なりと考, なるか, なるが, にあらず, にあらずや, の本, はその, は以, は其審美學, は国民鎖国, は天意, は後期印象派, は皇后, を暁, を知り, 決して偶然

▼ し既に~ (38, 0.0%)

1 [38件] お堂, その利爪, その効, その怨み, その能力, それに, クラシツクとして, ワンセンヌに, 一刀佩さんて, 三河國岡崎の, 上へ, 之を, 先刻から, 其の夜, 刄を, 営まれて, 多日, 好運と, 嫁した, 完成し尽した, 平安朝に, 幾分の, 廃絶せる, 慰めいたわる必要, 数箇村に, 昨年の, 晩かった, 此頃の, 水責に, 生命物質を, 相当の, 硫黄島を, 第一巻, 老境に, 船に, 言うたと, 道場を, 高等学校には

▼ し~ (38, 0.0%)

2 の事, の香

1 [34件] がはいる, が進む, と肉, なき時顛, にうけし, に四足, に我, に明, に浸つ, に酒乱, のかす, のまぬ身, の火, の病, は, は一升百二十四文, は覆へり, ものまず, ものん, も飲まず, も飲み, も飲んだ, も魚, を, をくら, をすすめ, をもっ, を一息, を床, を見, を酌, を酌み, を飲ませる, を飲み

▼ し難し~ (38, 0.0%)

8 と雖 6 といえ

1 [24件] されば, といふ原則, といへ, とすれ, とて涙, となす, との意, と主張, と慇懃, と泰助, と言う, なおよく, ものの, 且又其夜傳吉が, 夫は, 少々は, 必ずしも人, 我如何に, 早々以上, 是故に, 率や, 私の, 讀者よ, 迚も

▼ しなど~ (37, 0.0%)

3 して, 今更の 2 するに, 申しますが, 言ふ

1 [25件] いい伝え, いたしへた, いづれも, いと殊勝, かざして, した, したが, しては, しなければ, するもの, すれど, まだ未, 夢にも思うべき, 尋ねた自分, 年の, 持ちて, 文筆活動の, 歎つ, 爲けれ, 生来水に, 申に, 緊張と, 致し面会時, 若年の, 酔いも

▼ しはじめ~ (37, 0.0%)

2 そのため, は徐ろ

1 [33件] いかなる卑し, おとなしい丸山君, かと思う, そしてその, そのうち少し私, その合間, ただときどき, たり, たり奇怪, であった, とうとう海, ときにはなに, とる時, と思う, にやりと笑っ, に三万人, の一時間, の者, は淡紅, ひとりでに歩き出し, ふいに, ふと正座, またしばらく, またもや泣きだした, また新, をこの, 少くとも, 従って大きな, 故知らぬよろこび, 次第に婦人, 殊に老, 見ると, 間もなくおおきい

▼ しむる者~ (37, 0.0%)

4 もこの 3 あり 2 なり, 少なからず

1 [26件] ありて, あり或は, あるを, いづるの, がある, なきに, なれもし, にあらざらん, のため, はその, は一, は余, は夏, は奇体, は實, は後, は此十歩, は汝, は西郷, また是, また非, 何一つあらざりき, 多し, 果してこれ, 果して何物, 終に之

▼ し~ (37, 0.0%)

2 あり, と, とし, にこそ逢

1 [29件] ありし, さびしからむ, として相互, とのめる, と語らひ, に, に後れ, に贈り, のふかき, の一半, の二人, の今, の愛情, の死顔, の片手, の空房, の身, の車中, の霊, は殺されぬ, も, や違, よ, をぞおも, を思へり, を救, を見, を護り, 早く

▼ し~ (37, 0.0%)

3 と国 2 に, 未だ作り

1 [30件] が南, ぞ, ぞやまと島根, なのに, なれば, にうつりゆかまし, にて今日, に報ずる, に居, に捨てられしなら, に残っ, に自分, のため, の内外, の姿, の安危, の富, の悲し, の方, の権力, の生産計画, は唯, をすて, をほろぼす, を富まし, を異に, を紊, 亡び相手方吉良殿, 約議会員ら, 貧しく民窮

▼ し大いに~ (37, 0.0%)

2 その品種, 我が著書

1 [33件] はたらけそれ, 世界の, 世道人心を, 世間を, 人気を, 克ちて, 前進しよう, 吟情を, 喜んで, 回天の, 困り果しが, 国運の, 土佐男子の, 士気を, 宣伝これ努め, 富んだが, 山本博士に, 強力と, 得るところ, 悟りて, 感ずるところ, 日頃の, 東洋人の, 泣いて, 注意を, 破約攘夷を, 笑われたり, 胸襟を, 舞台の, 話がは, 農耕を, 食ふ, 驚きて

▼ し理解~ (37, 0.0%)

6 しようと 3 して 2 する, すること, するの

1 [22件] がその, が真に, した, したが, したがって, しても, し実行, し得ないもの, し得よう目的, し得るであらう, し意味, するという, する力, する能力, せしめ把握, せられること, と協力, に努力, の感流, をもつ, を持つ, 出来るよう

▼ し~ (37, 0.0%)

2 の跡

1 [35件] がぐらぐら, が今, が進水, ぞこれ, で兵庫, に乗っ, に泣き伏しぬ, に種, のごとく, の上, の人たち, の側, の列, の初, の周圍, の寄りくる, の抑留, の早, の通路, はその, は北氷洋上, は失ひ, は已に, は暗闇, は美津田氏一行, は豪州, へ行, へ運ん, も陣地, を出, を夫人, を家, を見ずや, 亦奪, 黒き船尾

▼ し~ (37, 0.0%)

3 の日 2 のふる, 降って

1 [30件] あがり露椽先, かな, さえ降らなけれ, だが, となる, ともおも, になつて地面, にぬれなく, にも風, に對, に濡れつ, のおかげ, のはいらない, の中, の夜中, の後, の晩, の晴, の霧ら, の音, はまだ, は平民, は洩り, もり, も潤した, をり, を召し, を呼ん, を悉く, を獄

▼ しその後~ (36, 0.0%)

2 は多少, も作戦計画

1 [32件] いよいよ繁昌, そのこと, その金, ちバイエルン王マキシミリアン二世, ち一般に, ち取調委員, でメートル, で六畳, で茶, で酒, にさまざま, には市川右団次, には更にいっそう, に電池, の妾, の版画, の訓示, はひっそり, はインド教徒, は宗内, は悶々, は打て変っ, は案山子, は男, は金, も再三, も別に, も屡々, も杯, 何とかいう, 思ふところ, 間もなくロンドン

▼ しそれに~ (36, 0.0%)

2 よつて

1 [34件] あ開墾場, よく報いる, よつて世界, よつて作品そのもの, よつて分業制, よつて利己, よつて国民精神, よつて夢判斷, よつて戰爭, よつて生活, よつて社会, よつて自然, わたくしも, 一億円とか, 二三名の, 二人を, 二段の, 仏蘭西から, 何もかも委ね, 八百名の, 初めて金, 加へて, 又自分, 各場合, 宇都宮結城などの, 少弐頼, 彼自身を, 或生理的, 東京の, 業を, 私までが, 算哲が, 美しき姿, 駒井形のだ

▼ しそれら~ (36, 0.0%)

2 の書物, の生産力

1 [32件] がいかなる, がどの, が一旦, が硝子器, に代っ, に相応, のすべて, のどういう, のもの, の事件, の善良, の強請, の理念, の用, の発達, の秦, の稀少性, の観念, の言葉, の部屋, の間, の風俗, は唐志, よりも引きこまれ, をささげ, を反対者, を含めた, を救済, を治癒, を統御, を警護, 新しき運動

▼ しついで~ (36, 0.0%)

2 喰べたトンカツと

1 [34件] この人間, さぶ, だから, だと, ですから, に, にこの, に使者, に僕, に座員, に私, に身, に辺り, に逗子, ひそかに, ほろりと, 中央アジアにも, 互に喰いこみました, 住宅問題に, 十月の, 延命寺に, 彼の, 支那を通じて, 旅順総, 日本国家の, 殉死者十九人の, 津由玄蕃が, 清朝の, 父の, 翌年には, 蓮華上座師が, 鐵と, 陰謀の, 首を

▼ してが~ (36, 0.0%)

2 くりと, すでに妙, つかりして

1 [30件] すでにスペンサー, すでに気に入っ, すでに縹緲, ちゃんと鍔, どうも少しおかしい, ない, ないん, なりまわって, なり出した, なり立てた, ふに, みつけた人, ア, ッくりと, 一人でない, 丁寧であった, 上き, 不埒だ, 中入りを, 出て, 少々おかしい, 役として, 彼女の, 既に怪しかっ, 本当に真面目, 第一, 語るの, 賭を, 馬春堂な, 鬼わきが

▼ しやすき~ (36, 0.0%)

5 組み立てを 2 ものを, 事情あり

1 [27件] こと, ため一木の, によること明らか, もけだし, ものでございます, をもって将来, を主, 下腹の, 人心を, 厭世家の, 性質を, 手に, 方向への, 方法なり, 時出席者の, 構造であります, 様に, 民人となりて, 民衆は, 畜生なき, 筆算式の, 考え, 者を, 装置の, 言葉を, 試験は, 諧謔及び

▼ し~ (36, 0.0%)

1 [36件] 一五年三月二十三日に, 一人なる, 一型の, 七年に, 七年長島の, 三時廿分に, 三月二十四日福浦を, 二十一年九月一丁目二丁目に, 二十年四月二十七日に, 人妻ハル, 会総裁兼首相であった, 八二年, 六〇年九月グエルフィ黨と, 六四年に, 六年に, 十八年八月に, 博士なら, 博士の, 四年には, 四時四十分に, 夫人が, 寺良栄父平川養乙の, 岡西氏が, 州の, 恵会の, 政府より, 林伐採を, 校長の, 樣とも, 氣あ, 法起草委員たらしめる, 演技場を, 秋に, 翁の, 語反覆に, 越中守忠利殿御事妙解院殿同

▼ し~ (36, 0.0%)

6 から晩 2 の空, 起きて

1 [26件] あけて, からうとうと, から一荘, から夜更け, がまだ, けの金門出, なでよの, になつて驅, に夕, のいろ, のよう, の使い, の四時十一分頃, の我頬, の汲水場, の猶, の膳, はまた, は五六時, は山手, ふして, より大雪, を思ひぬ, 出るとき, 早く寢衣, 曇りせしみゆき

▼ し~ (36, 0.0%)

2 かつた, 道徳に

1 [32件] かつたらう, が本当に, を無, 中心化し, 修の, 偏無, 刀わずか, 反省に, 始の, 定の, 實の, 慘なる, 慚なる, 批判な, 批判に, 政府主義者を, 智と, 智な, 智なりと, 暴な, 極として, 禮で, 禮と, 禮過言せし, 禮過言の, 禮過言を, 粹の, 警告撃沈を, 警察無秩序の, 費用で, 関心の, 關係な

▼ し甲斐~ (36, 0.0%)

5 のある 4 ありて, がある 3 もなく 2 があった, に父, のため

1 [14件] あらんに, ありてや, があろう, がない, こそあれ, なさ, なさよ, に漸く, のない, はあれ, もなし, も全く, も無う, を一ノ関

▼ し~ (36, 0.0%)

2 の人, 経て

1 [32件] こそあれ, なりけれ, なりしかば, なり彼等, なるに, なる故, なれば, にて太平洋方面, にはあらず, に卿雲, に所領一ヶ所, に景山, に見聞人毎, に長, のことゆゑ私, のやつ, の事, の事也, の儀, の危難, の心, の懇, の漢子, の騷ぎ, は一度, は兎, は我等, は母上我, もなく見よ, 心づかひな物, 近き, 近しこ

▼ しにくく~ (35, 0.0%)

6 なって 3 なった 2 なったの, なる

1 [22件] させて, つて, て, て苦し, なったという, なった点, なりましたね, なり心, なり第, なるから, なるという, なるの, なる訳, はない, はなかっ, はなかつた, はなった, 何かの, 勢い村近くの, 宮は, 思って, 自分の

▼ しまず~ (35, 0.0%)

2 彼らの

1 [33件] かなしみあひて, ご当主, その前列, その死, 中村氏の, 内容という, 十余年ぶりの, 味方の, 大体幸福であった, 大根を, 快き外界, 敵を, 文体の, 新しい外国語, 日本の, 机の, 杉本氏に, 檄を, 民衆の, 波の, 清三を, 済遠, 物を, 第一, 紀州様の, 肉体の, 自己の, 若い人々, 茅野宿まで, 重次郎氏当時幼少なる, 鍋に, 願を, 風呂に

▼ しやも~ (35, 0.0%)

9 知る可 4 知るべからず 2 亦知る, 計り難し

1 [18件] かしはの, ぢで, 亦知るべからず, 明かならず, 相撲が, 知るべからず同, 知る可らざる, 知れずこの, 知れずと, 知れずという, 知れず尤も, 知れず某, 知れねど, 知難し, 緑町の, 計り難, 計り難く, 鍋を

▼ し~ (35, 0.0%)

2 に思考

1 [33件] が爲, でも得心, などは誠に, には勿, に呼吸生息, に喘い, に喝采歡呼, に歡喜, に混迷, に遁, の方, の爲, の申事, の衣類, の話, はその, は力技, は寢衣, は素より, は越後國高田領, は除者, へ告知, へ申, まで文右衞門樣, も主人, も面目, より金子, を切, を確實, 一向に其彦兵衞殿, 働し, 栖する, 親子を

▼ し向い~ (35, 0.0%)

4 に坐った 2 でいる, になっ, になった, に坐り

1 [23件] でいらっしゃるお話, でしんみり酒, では永もち, で上方, で半, で吸取, で呉服, で食事, で飯, というの, となっ, ならば, にかけ, にし, にちょっと, になつて, になりました, になる, に坐る, に食堂, の席, の暮, の顔

▼ し~ (35, 0.0%)

1 [35件] お文, がこと言, が何人, が出来ました, が手道具, が殺された, が簪, である若い, と致す, に非, の一さかり今, の姿, の婿, の屍体, の栞, の死骸, の罪, の行末, の親父, の髪尺, はその, は中, は小さい, は私, は立っ, への情慾, もそれ, や女たち, を取返し, を可愛がっ, を呼ん, を引き取っ, を育てし, を苦界, 有りし所

▼ し種々~ (35, 0.0%)

2 の方法, の迷信

1 [31件] とお, と口説, なる價値觀, なる空間, な質問, の世界, の中, の乘馬, の事情, の例証, の出來事, の国々, の場合, の怪談, の方面, の業, の禍, の立場, の職業, の花, の花飾り, の議論, の贈物, の野菜, 之を, 仁政の, 姦謀の, 工夫の, 笑談の, 血眼で, 雜多の

▼ しいま~ (34, 0.0%)

2 は彼, 指した七八銀

1 [30件] こえむとす, この鏡, ではとても, では総, では食事, でもどこ, にもう少し, に伺候, に残る, のところ, のまま一月, の田島博士, はそっくり, はただ, ははっきり, はまた, はタバコ, は事業, は好き, は膏藥, は閑役, は騒ぐ, は黄金, またこの, また養父, までも内容, までやられ, も危険, ブラブラ野道, 残って

▼ しさい~ (34, 0.0%)

2 ありげ, に見

1 [30件] があっ, がある, ごの, な研究, にお, にしらべた, に打ちながめ, に書面, に物色, に耳, に見た, に観ずれ, に観察, に頼み状, のある, はここ, は島田君, は連署殿, らしい口ぶり, らしい顏, らしい顔, らしい顔つき, をすでに, をたずね, をただし, を書きあげ, を聞かせられ, を言え, を訊い, を話し

▼ しとい~ (34, 0.0%)

7 へり 3 へどもその 2 へども山村, へども決して

1 [20件] ひたるも, へどもいまだ, へどもかく, へどもこれ, へどもした, へどもとにかく, へどもなほ感情, へども人, へども前述, へども夜, へども天明, へども就中, へども幸, へども後年鳥居清長ら, へども移, へども西洋, へども近来, へば, へばほんの, へば無論

▼ し事実~ (34, 0.0%)

2 はそう

1 [32件] あらんには, あり, かどう, だけを伺いましょう, とは事実, にし, に於, に於い, の実際, の客観的存在, の忠実, の故, の権威, はそれ, は一方, は困難, は或は, は歴々発見, は自分, は色彩, よりこれら, らしくない話, をもう, を云え, を以て国家統一, を偽る, を収集, を窺い得る, を認め, 之は一方, 及び理由, 書かない作家

▼ し人民~ (34, 0.0%)

2 をあざむい

1 [32件] が, が又さらに, にし, に対しその, に負, の公事訴訟, の国政, の敵, の民主主義, の生産, の窮乏, の膏血, の責任, はその, は帰服, は悪政, は服従, は無, は獣, は航海, は蕗, は頽廢的氣象, も有れ, をあざむき, をし, をまよわし, をまるで, を呼び上げ, を奴隷, を幸福, を損耗, を救濟

▼ し樣子~ (34, 0.0%)

2 なるが, に見えし, ましてや此大島田

1 [28件] であれば, なりしかば無量庵, なりしが, なりとて私服, なり今日, なり其中, なり其時越前守殿, なり大岡殿此體, なり此儀, なれど, なれども, にて仰, にて大いに, にて己ア日來仲間, にて床, にて扨, にて無闇, に伊賀亮, に扨, はなし, までが一時, を大岡殿, を天井, を承, を稻葉殿, を見られし, を見受け, を越前守殿

▼ し~ (34, 0.0%)

2 なば, の世界, をもっ

1 [28件] から一旦, がまぢか, せる保姆カイエク, といふもの, と共に自ら, と狂, にかかりし, には之, にもする, にツきり, に至る, に親, ぬるため, の場合, の場所, の崖, の直面, は天則, は時間, は生, は馬鹿気, をま, をもつ, を感ずる, を視つめ, を視凝, 及び凡そ, 囚われ同じ

▼ し~ (34, 0.0%)

2 から来る, を越え

1 [30件] がひい, で死に, といふ海, どり, には渤海, に人, に出で, に對, に志, に生き, に生きる, に臨み, の上, の女, の宿, の幸, の御調, の投げつける, の香, は間断, は雲, へは入らじ, をながめ, をわたれる, を前, を帯, を渡つて變, を筵, を見れ, を隔

▼ し~ (34, 0.0%)

2 は梅津院, をいた

1 [30件] が中年, が十二, が年齢, が髮, ついにイゲルナ, とを買つて丹後, に白し, のあと, のため, のやり方, のダイヤモンド, のミイラ, の九十九女一時腰曲り形, の側近, の已に, の父正氏, の目前, の身体, の返事, の道, はもはや, は山椒大夫, は虜, は起き上り, より各, わずかに, を利用, を拾, 疲れて, 聞きて

▼ し~ (34, 0.0%)

2 の上, の深き, の花

1 [28件] ならば, に坐っ, に置く, のしげり, の低, の原, の名, の庵いつか頭, の息液, の生え, の石菖, の臭き, の葉, はしげる, は黄ばみ, ぶき屋根, もいま蕾, も身, や風, をぬき捨て, を一日, を以て四囲, を友, を手入れ, を描け, 多き斜面, 見まもりて, 高く樹

▼ し~ (34, 0.0%)

3 よりは上

1 [31件] あせゆきて, と散り, に入り, に訴え, のかげ, の中, の去来, の如き, の影, の徂徠, の散ずる, の皆黄金色, の群, の間, はあらし, は天地, は果して, は涙, は燃, は黄金色, ふわふわと, やにぎり, を, をうつせる, をひらく, をひらく如くである, を御, を排, を霞, 取妙法, 隠才蔵

▼ しいろいろ~ (33, 0.0%)

2 説明

1 [31件] ご介抱, としらべ, と上手, と助言, と年越し, と教わった, と昔, と異国, と研究, と親切, な交通網, な刺戟, な哀, な滋養剤, な理由, な生物, な画, な種類, の器物, の意味いろいろ, の支度, の生活, 世話に, 事情を, 仕度も, 妹の, 工風を, 湿布の, 考えて, 自慢し, 話の

▼ しその間~ (33, 0.0%)

1 [33件] いくたび, おのずから新た, から文化的, から赤道直下, に, において我々, には読書, にわずか, に傑作, に優劣, に凡庸, に喧嘩, に器楽, に対話, に時勢, に有為, に次郎, に為替相場, に種々暗闘, に貴様, に音樂, の悪, の溝, の複雑, の谷, はいつも, は仕事, は何等, は死ぬ, をいろいろ, を流れ, 大いに発達進化, 終始ほとんど同一

▼ しでも~ (33, 0.0%)

4 するよう 2 したので, したよう, 何でも

1 [23件] この点, したかの, したの, したら何ん, して, しては, すると, するやう, その中, だね, やって, よごれると, 不審な, 不審は, 御覧なさい, 成績を, 残っては, 気持好く, 汲分け, 注いだよう, 結局は, 自分の, 鼻以外の

▼ し~ (33, 0.0%)

3 斷に

1 [30件] 二川や, 便利なら, 勤を, 取締りにて, 合理に, 合理の, 図其の, 図斜いの, 彌國, 従服な, 得止し, 忍池畔に, 愛想我を, 成功なる, 折の, 放逸なれ, 機嫌らしい, 決定論は, 淨を, 申候, 研究なる, 経済的な, 統一なる, 習に, 良民は, 落の, 退の, 道と, 適当な, 非を

▼ し人生~ (33, 0.0%)

1 [33件] だの藝術, に, には單, に一, に対する尊い, に於ける, に非常, のつかのま, のレアール, の大不, の如何なる, の實際, の心細, の悲惨, の憂き, の本, の根本的, の歴史, の深奥, の理想, の真理, の諸々, の諸相, の霊存, への懐かしい, を一代限り, を光明, を回想, を尊敬, を批評, を拒否, を豊富, 初めて要求

▼ し~ (33, 0.0%)

2 にあり

1 [31件] かの親切, なる五百, なる統一, にあれ, にはその, には各自, には私経済, に在れ, に妾, に深く, に清休君一人公, に社會, に自, に蓄積, は佞邪奸惡, へはひら, より内応, 一隻は, 亂に, 善悪を, 四百部ほど, 奇事有り, 年頃にて, 府殿の, 既に黄昏, 臣の, 落間跡へ, 蒙古, 迫りついに, 陳参観料を, 隠しの

▼ し批判~ (33, 0.0%)

5 して 2 しつつ, し指導, する, すること, する事

1 [18件] したであろうか, したもの, した処, した時, しわれ, し具体的, し導引, し得るもの, し思想, し新しく, し理解, するだけの, するに, するの, すれば, もし, もする, や不平

▼ し指導~ (33, 0.0%)

7 して 5 する 2 しつつ, しようと, すること, するため

1 [13件] しそこ, し少しく, し得られぬこと, し得る立場, し方向, し農業問題, するに, するもの, する事, する目的, する者, する階級層, せんと

▼ し~ (33, 0.0%)

2 なり, のお

1 [29件] おあぶのうございまする, かと思案, が, がまた, が待ちわび, というの, とした, とする, とその, と思った, なりしが, にてあまり, にも覚え, に取る, に吉兵衛, に鯱張り, のご, の仰せ, の紹由, の身, はそば, はにやにや, は十分, もない, もなく, を示せる, を装い, 其の色いま, 若し悪かったらどうし様

▼ し相手~ (33, 0.0%)

2 の眼, は今僕

1 [29件] から脱, から離れ, がそれ, がほとんど, が恐怖王, が日本, が是非, が武士, となし, にする, になっ, にはっきり, にタカラ, に怪我, の三人, の不利, の力, の右側, の思惑, の青年, は動かなかった, は大学, は婦人づれ, は笑い, をし, を死ぬ, を殺し, を知る, を突き退け

▼ し~ (33, 0.0%)

3 の風 2 の月, の月夜, の空

1 [24件] たてば, になっ, には草, に於, に至っ, に至り, の, のかな, のた, のなら, の半, の声, の夜, の形見, の昼蚊, の木の葉, は来, は湖船, は満ち, より冬, を恋, を父ぎみ, を父君, 深い武蔵野

▼ し自ら~ (33, 0.0%)

2 の実力, 孕まれる内容, 進んで

1 [27件] その初, その状勢, その長, に同, の, の作, の問, の迷妄, はたらきつつ, もクリスト教徒, も責め, をあわれんだ, を処罰, を啓發, を有利, を空, 卑しくし, 大いに悲観, 楽しみ自ら種族, 正しくせん, 気付いて, 牽き走ろうにも, 生き而, 知らざれば, 称して, 責めて, 題して

▼ し若い~ (33, 0.0%)

2 ものを, 女が, 女の, 者の

1 [25件] いのちを, お武家, に似合わぬ, の闘鶏, れんち, ドルイドよ, 人々が, 人たちの, 卒業生や, 国文学者の, 夫妻は, 女で, 女は, 女達に, 嫁の, 小間使が, 島崎藤村その他によって, 年齢では, 支那の, 海軍中尉, 者は, 者を, 者又は, 船員は, 連中の

▼ しきりなし~ (32, 0.0%)

2 に啼いた, に爆音

1 [28件] におち, にかかる, にきしんだ, にそれ, になっ, にまだ, に下がっ, に乱れ飛ぶ, に光りだし, に動い, に叫ぶ, に叫ん, に吹い, に往, に往き来, に歌っ, に笑っ, に聞える, に落ち, に蝉, に見えた, に走っ, に通る, に降りつづいた, に雪, に音階, に顔, に鳴く

▼ しそういう~ (32, 0.0%)

2 ことが, 点は

1 [28件] ことは, ことを, ものから, ものも, ものを, 主人自身の, 仮定を, 創造力を, 力の, 実践概念自身が, 意味じゃ, 愛を, 感情を, 抗議文を, 抽象的な, 時代は, 気持の, 点で, 範疇論は, 系列の, 自尊心を, 見方を, 観念は, 観念を, 言葉が, 諸君と, 譲歩は, 風に

▼ し~ (32, 0.0%)

43 えか 2 えかって, えから, えと思っ

1 [19件] いか, いから, いが此方で, いこれこれ, いと思いやす, いと思う, いな, えかの, えさ, えって, えと分家, えと思ふ, えよ, えわしら, え仙, え俺, よべよ撓るほどの, 石な, 草の

▼ しまで~ (32, 0.0%)

3 なり

1 [29件] このよう, つけて, なりうたて, なりしが, めぐり廻つて, ゆえ今, ゆえ無論, わずか二分, 一伍一什を, 世の, 予が, 付けさ, 何物も, 嘸や憎し, 大事に, 彼は, 慕ひし, 手紙お, 日夜泣かされます, 東は, 此部屋には, 水に, 浚つて行く, 独身で, 縁談ひとつなかっ, 血色勝れ, 読むもの, 隙間風の, 高峰はかの

▼ しむべ~ (32, 0.0%)

6 からず 4 しと 3 し, し知らしむべ 2 からざる, きに, し何ぞ 1 から, からざれ, かりしを, き者, き者也, しいかばかり, ししらしむべ, しもし爾, し則, し頑石笑つて且歌

▼ し如何~ (32, 0.0%)

3 にし

1 [29件] いたして, ともすべ, な事, にかし, にこれ, にすれ, につき合, にも家珍, にも専門家, にも差迫りたる, にも恩, にも気の毒, に光, に國民生活, に多数, に學問, に彦三郎其方, に恥しい, に慰めなだめよう, に方向づけた, に素人, に組織, に自然界, に舞台, に飛込ん, はせん, 成れば, 考えても, 致せしやと

▼ し~ (32, 0.0%)

2 のお, はいや年

1 [28件] が一人, が園, が形見, が袖, が面, として私, とをかへさず, にそろそろ, に候, に恋, に逢, の, の人, の悲むべ, の我, の秘密, の絹, はかね, は兄, は待て, は徳安, は忘れじ, は涙, は縁づき, や店員達, をめぐし, を慈しみ, を露霜

▼ し支那~ (32, 0.0%)

1 [32件] からマカオ, でイヴル・アイ, とは少し, には古く, にも之, にも行け, に於ける, に興味, の偉人, の偏東文明, の冊封使, の册封使, の古, の史籍, の國體, の大樹説話, の婦人, の孝道, の學者, の政治, の文化, の活版, の算書, はわが, へ出, へ渡つて稽古, また和, を中心, を包括, を誘導, 及び日本画, 古傳説

▼ し時々~ (32, 0.0%)

1 [32件] その尾, の動静, の雨, は, はお, は余り, は洗濯, は病床, 京都に, 匂ひ, 墓參を, 妙な, 少年に, 居眠りを, 揶揄の, 朽ちた切株, 海の, 灸を, 率意の, 病的な, 真実な, 短い白い尻尾, 神退治が, 立止っ, 船首の, 荒々しい焼餅沙汰, 菓子器に, 行って, 行状を, 車を, 軍部に, 院の

▼ し時に~ (32, 0.0%)

2 よりて, よると

1 [28件] この比丘心, さすらい時に, それが, は, はあんまり, はそれ, は慄然, は本当に, は正に, は痼疾化, 其校讐の, 医者と, 彼は, 徐かに談話す, 念仏とは, 或は党中紛擾, 或は張る, 或は黨中紛擾, 敗北した, 疎ましい探る, 発作し, 相手によって, 舞妓を, 薬草を, 諧謔談笑した, 迅雷轟々として, 近き頃, 鼎分

▼ し次第に~ (32, 0.0%)

2 候, 顔が

1 [28件] あらず元来, その地位, その統領, ぱとろんがふえて来る, またこれら, よき紀行文, 世間に, 位を, 候へば, 力づい, 増加し, 山腹よりに, 帝政の, 平常通りの, 強調され, 昏迷し, 昔の, 時が, 正確な, 自分や, 舷へ, 衰微した, 速い狭い円弧, 進みて, 酔も, 霊的の, 馴れ親しむよう, 鼻を

▼ し江戸~ (32, 0.0%)

2 に下り余, に趾

1 [28件] おもて, では導引暮らし, で発達, に在りし, に来居, に生活, に送られ, の三田, の佐野東洲, の初め, の古代研究者, の市中, の方, の民衆, の町, の美術, は将軍, へいった, へ出し, へ出奔, へ参り, へ帰そう, へ帰っ, へ戻っ, へ来, へ飛脚, までお送り, より古郷

▼ し~ (32, 0.0%)

3 僧は

1 [29件] が耳, った猫, の菊, や能始, ゆらし, りが, ネスト, 事業家西氏の, 來健忘のみ, 功と, 医師千斎ばかりは, 大松が, 夫なり, 夫婦自ら鍬を, 妻を, 婦人の, 婦人は, 将軍は, 將なれ, 將の, 將ネストール, 成人の, 樗軒の, 猿が, 畸人も, 紳士は, 船頭が, 荘に, 蝮の

▼ し若く~ (32, 0.0%)

2 はそれら, は之, は誘惑

1 [26件] はモスクワ, は信頼, は凝結, は別居, は国家, は天命, は宦官同志, は思, は悉く, は愛せる, は攘取, は未成, は海上交通, は無視, は絶縁, は認識肯定, は謀反者, は講述, は證悟, は重罪, ば支那, ば歸化, ば着手, ば稱, ば読了, ば論評

▼ しけれど~ (31, 0.0%)

3 世の, 約束は

1 [25件] めづらしき, もしこの, ポムペイの, 今宵は, 他に, 体温平生に, 何にも, 南無や, 嗚呼辛い, 大なる, 害を, 悧發にて, 是れ, 此の, 此儘にては, 毎日空よく, 波崎といふ, 無情き, 生来兄重蔵とは, 直次郎はじめの, 聞きおよぶ竜田, 聞き給, 致し方も, 誤つて, 雑と

▼ しこれら~ (31, 0.0%)

4 のもの 2 を常数

1 [25件] がそれ, に関係, の, の作品, の古風, の味, の地, の坐, の所謂芸術家達, の数字, の束縛, の機関, の灰色兎, の点, の物体, の物體, の知らせ, の精神, の背後的, の長, の階級, の隣国, は皆, を利用, を色々

▼ したち~ (31, 0.0%)

2 がひ, でしかも

1 [27件] うだ, うて腕, うよ, うケ, う訳, からと, からもひい, がげんき, がひい, だッ, に関すること, のやくざ世界, の今度, の仲間, の取っ, の行く先, の首, は不思議, は何商売, は暫く, は矢玉, ふこつた, ふんだ, も少将, も聞いた, やこ, を侮る

▼ しのびやか~ (31, 0.0%)

2 に出ぬ, に歩い

1 [27件] な笑, な鳴き声, にしかし, につづく, にはいっ, に吐息, に吹く, に尾, に山門, に歩く, に歩く見まわり, に母, に江戸, に洩れ, に涼気, に痙攣, に私, に立ち去る, に聞えた, に聞こえる, に落ち, に葉末, に訪れ, に跡, に通り, に鳥籠, の

▼ し~ (31, 0.0%)

4 のもの

1 [27件] にこれ, に争い様, に刈, に外, に如何, に悪い, に拒まぬ, に此の世, に氣分, に目, に西洋人, に論じるべきだ, のイス, の人, の家庭, の方, の木戸, の本, の然し, の車, の風船, よ, るべく他, るるに, を惜, 勘定を, 當は

▼ し~ (31, 0.0%)

2 の目一箇, を仰い

1 [27件] からと考へる, から恵み, つのりとの, つ祝詞, なるや, にふきあがり, にもとどかん, に三段, に昇り, に逆, の下, の加護, の右手, の戸, の眞鳥, の香山夜, は二物, は又, は遂に, へ昇っ, もかくれる, を上, を仰ぎ, を指し, を造り, 晴れ御, 開け人

▼ し~ (31, 0.0%)

2 とって

1 [29件] が年ぢ, すなわち明治十四年, と, とかや, とった木々, なり, なりき, に一度, に四五回位, に由っ, の冬われ, の冬十二月, の冬里昂市ヴァンドオム町, の大菩薩峠, の始め, の数, の數, の翌年, の覚え, は廿二歳兩親, は経, も暮れ, も若い, や何, をとっ, を積ん, を経る, を老, 又ローマ

▼ し行動~ (31, 0.0%)

4 して, すること

1 [23件] しうるよう, したこと, したであろうか, したもの, した人々, した個々, しつつ, する, するかを, するの, する世界, する日, としての詩, の次第, の自主性, をし, をともに, を一所, を指揮, を束縛, を良心, を莊嚴, を規制

▼ しうち~ (30, 0.0%)

2 にほひつ

1 [28件] があっただろう, があまり, があんまり, が居なかつた, が恨めしかっ, が氣, こえて, だって, だろう, である, では朝顏, に, にあった, に吃驚, に喬, に著しく, に遠, のお父つぁん, の一枚, の銀行, はからず其姓名, はよく, をし, を受けし, を考える, 合わせ襟, 或時不動院, 眺める時

▼ ししかして~ (30, 0.0%)

2 これを

1 [28件] その前面, その歳入, その潜運, その間は, のちこの, また自己, わが与えん, 一瀬戸の, 久しくその, 人を, 人間の, 仏教を, 内においては, 勇敢なれ, 吾人が, 国民的統一を, 当時においては, 後に, 機会ある, 死に臨むまで, 深き経験, 私に, 結婚の, 職工輩の, 行き詰まったの, 郡当局者は, 鋭才, 高くせらる

▼ し~ (30, 0.0%)

5 おしだった 3 おしで 2 うかして, おしでした

1 [18件] いつかを, おしさ, おしであった, おしである, おしでございました, おしよ, きっとした, ふも百里外, み, みの木あしびと, みの木あはれ, みの花を, み刺しど, み掘る力, めが, めなどを, もどしながら, ろぼうの

▼ しどんな~ (30, 0.0%)

4 風に

1 [26件] こころもちに, ことが, ことでも, に技倆, 仕事を, 償いにも, 光も, 危険を, 場合でも, 大切な, 彈みか呑口を, 必要から, 性格を, 水を, 洋紙よりも, 点からでも, 無理を, 生活を, 結婚を, 經路で, 美事に, 親きょうだいを, 調べにも, 贅沢な, 道化た, 鞄を

▼ し~ (30, 0.0%)

2 だれか

1 [28件] ああし, おのれツ重, おれが, お前を, そうそういい, それほども, つや子は, はせると, ひとみ赤坊, ひとりでに調子, へる指, ほさうすべきだと, もう一羽の, ウソだ, ブラ下がる, 与八さんだって, 人を, 何んだ, 千両の, 垂れた彼, 垂れるサルオガセ, 女と, 己だ, 早仕舞に, 此風琴の, 物欲しそうに, 祭壇の, 醫者を

▼ しほど~ (30, 0.0%)

7 なれば 3 成しが 2 ありて, なりき

1 [16件] かたく信じゐ, けしとや, その苦痛, それを, であった, 光りて, 力を, 功により, 叔母は, 御奉公, 浪華の, 確実なれ, 神威高く, 肉食を, 醜からず, 雨小やみせり

▼ し~ (30, 0.0%)

3 と私 2 やい

1 [25件] おちつけおちつけ, がね, がねの, がねのち, がねの時計, がねの面, がひ, しつかり, しろしろひつじ, という私, とレーニ, と義雄, にしました, に用, のある, のやさしい, の欠伸, ひに, へ床几, へ急迫, もともに, もの一つ, をお, をも木, を一服

▼ し世間~ (30, 0.0%)

3 をし

1 [27件] から隠れ, では文芸批評, では案外, には好き, には金, にもこの, にもだいぶ, に家庭生活, に話しかけた, に通用, の, の事情, の信用, の力, の大人, の好奇心, の実際, の心, の浪, の男, の眼, の耳, の非, の非難, もだまっ, も広い, を粗末

▼ し子供~ (30, 0.0%)

2 の数, を突飛ばし

1 [26件] がし, が出来たら, が少し, なんかどう, に, に対して鄭重, のよう, の一代, の信仰, の影, の時, の蛙釣, の道, は叫ん, は学校, もあります, もなく, も生まれる, らしいへりくつ問答, を愛し, を抱きしめ, を支持, を産んだ, を第, を連れた, を養育

▼ し~ (30, 0.0%)

2 の雲, を放っ

1 [26件] がともっ, が強く, つぼを, にふためけり, のそば, のま, のよう, の子, の扱い方, の扱方, の浄, の海, の用心, の穂, は冬, は注意, は濡れ, は金, も旅, をつけ, をどんどん, をもやし, を他, を撮ませ, を焚い, を燃やし

▼ し立て~ (30, 0.0%)

5 をし 2 のホヤホヤ

1 [23件] が今にも, が私達, したの, すると, だが, でござると, などをする, なんかする, なんかせず, の春, の白襟, はいたしません, はしない, はしません, はねえ, は竪, ばかりなさる, り, をされます, をしない開け放した, をする, を見つけ, を許さなかつたせゐ

▼ し精神~ (30, 0.0%)

2 の力づよい高揚, はしかし, は分裂, をもろもろ, を精神

1 [20件] が充実, が糜爛, になく, に基いた, のストイック, の向上, の変態, の発動, の能力, は全身, を主, を修養, を感覚, を感覺, を物理作用, を盡, を破り, を統一, を絶えず, 大いに疲労

▼ し自身~ (30, 0.0%)

1 [30件] いる場所, ご返礼, ではない, にも尋ね, に行, の, の合理性, の周囲, の地位, の才能, の抱負, の文学的活動, の気もち, の精力的, の行動, の金力, は俗体, は大老, は稗, もしかと, もその, も大, も敷物, も満身, も直ちに, をしっかり, をよく, を堅め, を発展, 待ちかまえて

▼ し間もなく~ (30, 0.0%)

2 家業の

1 [28件] いびきが, その地, その尿, その都雅, その附近, それを, また憎悪, 一人の, 一号を, 人魚は, 何者か, 僕が, 兄達四人の, 其形にて, 勤めを, 十数人の, 口元ノタル沢に, 吹き抜けて, 左折すれ, 彼女の, 本家の, 気が, 江戸中に, 清国の, 結婚に, 落着く, 補祭に, 討伐せられた

▼ しいずれ~ (29, 0.0%)

2 を非

1 [27件] がいかなる, が損, ご領主井上河内守様, ともなく, にもしろ, の国, の所, の旗色, へか逃走, へも寄港, へ何と, もそれら, もヘンデル, も低, も救い, も杯盤狼藉, も秋季黄紅葉, も落選, も警察界, わし達も, をも否定, を不可, を妹, を弟, を瓦, を軽し, を重し

▼ しいよいよ~ (29, 0.0%)

1 [29件] この地方じゅう, こまりはてそのうえで, これより, といふ時, チベットと, 人格的に, 作者も, 同湾, 学校を, 寒さ, 帰ろうという, 強大を, 彼女が, 戦争が, 戦地へ, 持ち来た皿, 日を, 時節が, 栃木で, 欧州大陸旅行の, 火星の, 砲弾が, 策竭る, 臨月に, 自由民権を, 諸山の, 蹶きて, 進みて, 進撃に

▼ しころ~ (29, 0.0%)

3 は日

1 [26件] ある日, ある講談師, だったの, なしの, なれば, には彼等, のいとも, の事, の味噌摺用人, の夢, の月, の経験, はすでに, は千々岩, は夜ごと, は生, ものほころび, よ, ようやく人家, より世間, より佐太郎, より再び, より叨, を通じて彼, 常に武, 或る

▼ してからに~ (29, 0.0%)

4 して 2 しよう, しろ

1 [21件] したい, したいと, したつて, したらと, したら好かろ, した方, しても, しないぢ, しやす, しようと, すつだ, すると, する方, せよと, そういう鳥, その様, なさいな, 南部の, 得意気に, 腹を, 馬鹿な

▼ しひと~ (29, 0.0%)

3 の区別 2 すぢ, も

1 [22件] かどにし, かどの, から未来, が素肌, こそ, たばの, たまし, にはききとれ, のあや, のいとし, のおも, の眠, はさり, は並ん, は近世的, は違, まづ, も泣きた, を嘲り, を恐れ, 当てやろう, 物語つて見たい

▼ し~ (29, 0.0%)

3 もう話し

1 [26件] げに忘れ, げに忘れゐ, こちの小筒で, さ, さはれ, そんなもの, だれやら, つて以て, な悴, に似たる, の夢, の夢語り, はせて, ひの, ひみんな, ひ一つ, ひ山奥, びき出す, わかれの, われは, 七歳の, 今見る, 圖らざりき, 多助さん村の, 彼は, 誠に悪い

▼ し初めて~ (29, 0.0%)

4 いた

1 [25件] いたの, いる, いるらしい少女, いる時代, おります過激思想, からも今日, から以後十数年もの間, きた, の遠出, よりにわかに, スバラシク吐瀉し続け, 之を, 元気な, 宗教とか, 居た, 市に, 来た, 来るの, 碓氷嶺上に, 社会主義と, 自分の, 自由なる, 読み出でた句, 頭取らしい, 麦畑を

▼ し~ (29, 0.0%)

1 [29件] えも, か, のすぐれし, の大き, の画, の筑紫, より威, ローマの, ワラジを, 主筋故, 傳説を, 儀式を, 兄, 勤王の, 千屋に, 句を, 墨の, 尼寺をすら, 書肆の, 桐の, 硯日々に, 箪笥を, 義の, 股引を, 股引をは, 芸術愛惜の, 道あり, 雛の, 靴を

▼ し批評~ (29, 0.0%)

4 して 2 しつつ, すること

1 [21件] ししかる後私, したる後巻末, しにやにや, し叙述, し合って, し改定, し未だ, し欺かれたくないという, する, するの, するよう, する所, する観衆, という, というもの, のため, の内, の本質, をする, を動的, 心づきそれら

▼ し笑い~ (29, 0.0%)

6 をし 3 もし 2 をした

1 [18件] が止まらない, というの, という豪華, にうつつ, に凄味, の声, の後, は時, は罪, また喚き続け, もした, をしたたか, をする, をはじめた, を噛み殺そう, を止める, を漏し, 悲しんで

▼ し~ (29, 0.0%)

4 の心 2 のゆづり

1 [23件] から伝へ, く大詔, となっ, となった, となり, とも兄, なり子, にし, のかたき, のこころ, の不徳, の喪, の情, の病苦, の縁, の訓, の諌め, は何, は親, は農人, より勝っ, を再び, 兵団の

▼ し~ (29, 0.0%)

2 はば之

1 [27件] つた, として頗る, と同じ, により, に徴すれ, のまま, の主意, の如, は, は忘れじ, は耳, は遂げられず, ひおほせたりとて, ひたらば, ひふらしも, ひ渡した, へば巾着切り, へば直ちに, へば直に, をかれ, をし, を二人, を左右, を極めて, を高う, ん爲, 信ずべしと

▼ し~ (29, 0.0%)

2 の比較的, は, をした

1 [23件] がある, がきまる, が南瓜, が迅速, と同一類, と話, など, に聞いた, に至りし, のごとき, の仲間入り, はいよいよ, は神学, も聞きたれ, や地方, よりジエンツアノ, をし, をする, を前, を掲げ, を聞いた, を転載, を載す

▼ し~ (29, 0.0%)

3 には, に生々 2 の老媼, を外し

1 [19件] にはまだ, には未だ, に朱, の傷, の色, の色灰, の衰, はあたり, まだ若き, も, や下, わのかげ, を掩, を斜, を見ない, を見返さん, を闇, 喰いつつ, 喰らわせるの

▼ しあたかも~ (28, 0.0%)

2 今日の

1 [26件] ここで, それに, ハンス, 人の, 人工を, 仏壇の, 凱旋将軍の, 北辰其所に, 哈爾賓に, 地震の, 大連湾を, 強度利用の, 敵国の, 曲芸を, 朗読する, 泉の, 無人の, 病人に対する, 自分の, 自然は, 落雷で, 触角で, 足に, 酒や, 雁の, 風の

▼ しいかに~ (28, 0.0%)

3 して, それを 2 多くの, 統制を

1 [18件] これに, その農工商, 半封建, 吟詠し, 巧緻に, 彼女が, 彼女を, 想像を, 批評すべき, 没常識であっ, 泳を, 煙草にと, 生活し, 生長し, 紊れ, 荘厳味を, 行動する, 運命的剰余と

▼ しかかる~ (28, 0.0%)

2 歴史的カラクリが

1 [26件] のが, のだつた, のだろう, のを, ものである, やみがたい悲し, 事實を, 仕方で, 善良な, 固定した, 場合が, 場合でも, 夜半に, 形態で, 意識, 戯れを, 有様なれ, 法則に, 生活は, 矛盾的対立から, 短期間に, 研究に, 組織の, 表現的概念を, 関係の, 麗わしい

▼ しそれでも~ (28, 0.0%)

2 何とかし

1 [26件] あの言葉, いけませんよ, とにかく自我, なお満足, なるべく早く, はやり無表情の, まだ乾き, まだ自分, やはり無表情, 不安心で, 力及ばない, 古今集以下の, 実験が, 尚ほ, 帰途には, 手には, 最近の, 決して性的, 直に皇帝, 福太郎は, 私虫を, 続日本紀, 自然科学と, 製紙の, 足りないと, 都会と

▼ してけ~ (28, 0.0%)

6 つかる 2 つかるだ, つかるの

1 [18件] えって, えるから, さそったに, たけたと, だもの茶屋, つかったそう, つかるだらうと, つかるは, つかるまだ, つかるん, つかれ, つかんだ, つかんの, づり取られ, なりげ, ふは, ふも噛みたる飯, ふ十九日

▼ しにな~ (28, 0.0%)

3 つてゐた 2 つても, つてゐ, つて檳榔毛の, つて白地の

1 [17件] つたのが, つたのを, つた後難波で, つてなぜ, つては, つてゐよう, つて両手と, つて倒れ, つて其代に, つて御, つて恁うい, つて汝は, つて腰から, つて自分は, つて舞へ, つて見た, つて見違えました

▼ しによりて~ (28, 0.0%)

5 なり

1 [23件] あやしめる, これを, その消息, なり又, のち, はじめてその, はじめて某, 両者の, 兄神に, 其石碑を, 凍れる沼, 千坐, 国も, 大に, 女神遂に, 始めて川上, 得たる名, 我必ず, 最後に, 永久に, 男は, 目明かに, 自ら死せざる

▼ しむること~ (28, 0.0%)

8 である 2 あたかも実際の, 極めて大

1 [16件] が出来る, が出来るであらう, が出来るであろう, が出来るなら, はなはだやすし, を以てした, を為さざる, 多きに, 多きや, 多しと, 少しと, 屡, 恰も其の, 無くし, 能わず, 見よかく

▼ し~ (28, 0.0%)

1 [28件] が死ぬ, が石油配布, が祕藏, と姉, と自分, に姉, に毒殺, のそば, の三郎, の儀, の夜, の大望, の彦太郎, の手つき, の挽いた, の松木, の爲, の縁談, はそれ, は京都, は弟, は映画女優, は植民地, より利發者兄, を尋, を指し, を殺した, を知りません

▼ し努力~ (28, 0.0%)

6 して 2 する

1 [20件] させて, さるべきであろう, した, したいと, したという, した恐らくは, しなければ, しようと, し始めた, し工夫, するあらゆる, するの, するは, する者, せねば, といふの, に比し, は既に, もした, を喜ばぬ

▼ し我等~ (28, 0.0%)

2 は此

1 [26件] が, が奉仕, が藝術, なりけりいざ, なりけり先, には又, のため, の僞善者, の内部, の姉妹, の姿, の最初, の本質, の此處, の理想也, の胸, の陣営, の魂, はこの, は此儘, は罠, は詐欺, もし彼, も日本男兒, も江戸, をもかへりみ

▼ し明日~ (28, 0.0%)

1 [28件] かえって, が告別式, ともなれ, になったら, になれ, にもなれ, にも屹度帽子屋, に持越さない, に至れ, のいのち, の午前四時, の女性, の弁当, の晩此処, の朝, の親類方, はすみやか, はと貞之進, は明日, は是非, は東, は親類中, は金, への生命, また明後日, また来る, をより, 或は明後

▼ し~ (28, 0.0%)

3 當に

1 [25件] あり, でもよん, など読む, のある, のなか, の一部, はその, も読み, をいだし, をふせ, を焼きすてた, を皆, を読ん, 学年は, 居翁も, 工に, 建築は, 數を, 月九日芝増上寺にて, 泥棒の, 海道を, 當は, 繩に, 辞典の, 韻の

▼ し次いで~ (28, 0.0%)

2 詰衆の

1 [26件] かくの, これが, それが, はひいき客, もう暫くこの, ナポレオン戦争に, マリーナにも, 十一月十一日に, 又友田, 地方長官に, 富田夫人を, 就寝したる, 島原の, 年齢に, 本所二つ目の, 此の, 洪武十一年同, 発電機や, 私は, 糧食乏しく, 終戦の, 翌年には, 翌年一月の, 蒐集し得る, 貪慾な, 附言し

▼ し~ (28, 0.0%)

5 である 2 の翳

1 [21件] であって, であるのに, として, どほり, なるが, なると共に, なるヴォイ, にあらずや, にて理窟, に過ぎざるべし, の外, の實, は同じ, は深き, は直に, へど, より引つ, を, を取次いだ, を壮, を語

▼ し貫一~ (28, 0.0%)

1 [28件] が心, が挫傷, が胸先, が身, の如何, の様子, の陰忍, はこの, は一時, は今, は例, は唯一掴, は婆娑, は寧ろ, は徐に, は忽ち, は急遽, は我家, は新緑, は殊に, は水道工事, は益す, は辛うじて, は頽, もかの, もここ, もこれ, も漸く

▼ しいくら~ (27, 0.0%)

2 かでも明るい, かのペシミスム

1 [23件] かずつその, かの手当て, かの誤解, こんなこと, ですの, ほかの, ゐだつた, ゐである, ゐです, ゐの, を控除, 何でも, 外らそう外らそうとしても, 大胆な, 寄手が, 戦争を, 探しても, 気の毒だって, 百姓だ, 考えて, 考へても, 証拠が, 逃げ隠れたところ

▼ ししたがって~ (27, 0.0%)

1 [27件] その俗, その御, その情操, その現象, 一家は, 人が, 他にも, 何人にも, 僕の, 外国の, 大学卒業生の, 大小の, 店は, 店員の, 当局者が, 改造や, 最初の, 残虐性を, 社会の, 粉の, 精神を, 糸川の, 詩の, 誰もが, 足れば, 雲雨暴風竜巻や, 高値に

▼ したりとて~ (27, 0.0%)

2 優しきこと, 見る者

1 [23件] ここに, これが, さまで訝るべき, ただちにそれ, 一己人民の, 一時巴里の, 一滴も, 人間の, 他方において, 何の, 何程の, 其屍を, 出家の, 取返しに, 地を, 彼十兩は, 必ず死す, 意外の, 政友會の, 破り撤, 等しくアーリヤ正信, 誰れ, 返しさ

▼ したりなんか~ (27, 0.0%)

14 して

1 [13件] したか, したくせ, したくならないとも, したパイプ, してたじゃ, してる場合, しまして, します, するの, するん, する事, する余分, であれ

▼ したりは~ (27, 0.0%)

3 しない, しません 2 して, しないと, しなかった

1 [15件] いたしません, したくないもの, したけれども, しないよう, しなかったであろう, しなかったよ, しませんよ, せん, ぢけたり, できず自分, なさらないよ, ッし, 出来ないと, 決してしない, 決してしなかったであろう

▼ しわれわれ~ (27, 0.0%)

1 [27件] が営み, が折りくじいた, が頭, と共に致死量, に新生面, の今日, の感覚, の最も, の生活, の趣味, の輝, の遠く, の魂, はこの, はどう, は後, は知らず知らず, よりも先, をかこむ, をしりぞけ, をその, を助ける, を向上, を死滅, を自由, を銃剣, を鞭撻

▼ し他人~ (27, 0.0%)

1 [27件] が勇敢, が異なった, が覘, にとつて興味, には尚, にも附与, に對, のこと, のプライド, の一擧手一投足, の事, の作品, の侵入, の内生, の幸福, の思想, の憐, の生, の言論, の運命, の閉口, をもより, をも同時に, をよし, を以て其任, を愚弄, を愛す

▼ し吾人~ (27, 0.0%)

3 をし 2 が頼襄, の精神

1 [20件] がかつて, が故郷, が眞實, と共に斯, と同様, の世界, の兩足, の心神, の性たる, の意識, の理想, の目下, の祖先, の記憶中, はこれ, はわが, は同志諸君, は吾人, は祖先, をも紛糾

▼ し問題~ (27, 0.0%)

2 はこの

1 [25件] が夕栄え, が違う, でありました, とした, なり, に次ぐ, の大船, の提出形態, の筋, の解決方法, の選択, はここ, はそう, はどういう, はマルクス, は何故, は佛獨兩國, は依然として, は夫, は恰も, は時間, は物質, を実験, を翻狂, を解決

▼ し天下~ (27, 0.0%)

2 を二分, を小

1 [23件] に大, に行, に頒, に高名, のため, の事, の副, の大勢, の子弟, の政権, の泰平, の者, の重, の高, をし, をのぞむ, を富嶽, を押領せん, を挙げ, を掌中, を経綸せん, 困弊, 皆武王

▼ し整理~ (27, 0.0%)

4 して 2 するの

1 [21件] されて, しきれない速, しその間, したの, したもの, した後, してこそ, しては, しなければ, しはじめた, し価値, し働きかける筋, し得るであろうか, し混乱, し発育, し関係, すべき新しい, すること, するより, する活動, する頭

▼ し~ (27, 0.0%)

2 はそれぬ, を竹林

1 [23件] で護岸工事, となる, などを保存, ならば, のほとり, の上, の卓一つ, の名, の如く疾走, の形, の階段, の面, の音, はとどかず, も今, や瓦, をさがす, を卓, を弟, を投げ入れた, を拾い, を某, を起し

▼ しきい~ (26, 0.0%)

4 の上 2 のところ, の所

1 [18件] が高い, におそろしい, にとどき, に腰掛け, に足, の前, の外, をこえ, をこえる, をつけ, をまたい, をまたいだ, をまたぐ, をまたごう, を初めて, を康子, を恵瓊, を跨い

▼ しこうして~ (26, 0.0%)

2 余は

1 [24件] かの富, この三河武士, この全国, その事業, それより, インド人が, 一国各地の, 今日わが国に, 余いまだ, 僕の, 同人に, 商業の, 夢中に, 思想と, 想像した, 我邦ひとりこれを, 旅をさえ, 日記を, 死生性情いまだ, 神力魔力を, 神崎武雄君, 織田軍の, 露国の, 駒井は

▼ しすなわち~ (26, 0.0%)

1 [26件] いろいろの, それも, 一を, 二十円ほど, 余に, 個人主義の, 共に婬, 同数の, 周期的交代を, 土芥同然に, 宇宙の, 客観の, 寂寞たる, 武士および, 消費する, 無生, 男の, 神と, 積み重ねた藁, 第二図中, 筆を, 箕作先生へ, 精神作用より, 追求し, 量において, 隣家に

▼ したる者~ (26, 0.0%)

7 にし 3 に非 2 にや候

1 [14件] けだし三百万人, にせよ, には画賛, には金五百円也, に外, の字, の容易, の眼, の空しい, へ乾雲丸, または聞込み, もあり, もある, 実に彼等

▼ しなるべく~ (26, 0.0%)

2 今も

1 [24件] おのれは, その金, それには, ならば, アイヌの, 何物にか, 作左も, 国際関係を, 多く実際, 子どもの, 子供の, 学風に, 弘化四年を, 彼の, 彼女から, 從て, 思ふに, 或る, 支那の, 母が, 簡単に, 草を, 設備の, 賢しくも

▼ しほら~ (26, 0.0%)

4 しや 3 しさ

1 [19件] しいに, しいセンチメンタル, しい勇士, しい子女, しい愛惜, しい氣分, しい花, しい裝, しからざりしこと, しき, しき人の, しき心立ち戻り, しき物づくしちよろぎ掻割菜, しき顏つき調清き, しくもあつ, しくもありといふ, しく健気, しく好意, しく蝋燭

▼ しゃるのは~ (26, 0.0%)

1 [26件] あの小, ありゃア, いかなる意味, おいくつ, おかしいじゃ, お疲れ, その前, その方, その重蔵様, たしかあなた, つましい人, どういうこと, どうして理解, まるでこの, 一体どういう, 少しおぼしめし, 当道派, 御子息様, 御尤も, 御無理, 早うございましょう, 本当はやはりその, 若しや, 言わば辛うじて治りかけた, 誠に迷惑, 違うと

▼ し両手~ (26, 0.0%)

2 をうしろ腰, を握り合わせ

1 [22件] が震えた, さしのべて, で口, で天, で支え, で洋傘, にある, に力, に顔, の指, は組合わされた, をうしろ, をお, をポケット, を下方, を堅く, を帯, を拡げ, を拳, を縛った, を膝, を高く

▼ し別に~ (26, 0.0%)

2 新機軸

1 [24件] この球, コロボツクルは, 一カ月の, 一乾坤を, 七人は, 三代目小さん建之, 下界の, 二股をも, 今一つの, 八十隻の, 十八日にも, 危険が, 同宗, 将来の, 導者を, 小さな包み, 役俸を, 抱えも, 新啓示, 本町二丁目に, 禄令において, 管長を, 聰明英智の, 食物が

▼ し土地~ (26, 0.0%)

2 には手, の改良

1 [22件] から生まれた, と因縁, に居, に荒漠, に貪, の人, の人達, の地理, の婦人, の特質, の端, の醫者, はどう, へは歸, または人種, も異, より伸び, をあら, を僭竊, を区劃, を肥やし, を開放

▼ し場合~ (26, 0.0%)

3 によつて 2 ならびに人, を考

1 [19件] と同じ, にもうん, によったら, によってはこれ, によっては七十歳, によっては廃帝, によつたら序, により, により事態, に依, に其の, に於, に由れ, は一般葬儀, もある, をもっと, を想像, を異に, 少からず

▼ し実行~ (26, 0.0%)

3 しつつ 2 した, せんと

1 [19件] させたの, されて, されなば, したところ, したらしいよう, したるは, してる権力, しない自身, し否ら, する, するでなければ, するという, するならば, するなら保守, するの, する世にも, もした, をし, を迫っ

▼ し少く~ (26, 0.0%)

2 とも観念的

1 [24件] ともこの, ともそれ, ともわが国, とも一つ, とも三度, とも世界, とも個人, とも全, とも凡て, とも四五日, とも我々, とも明, とも昼食, とも次, とも毎年一囘, とも直観空間, とも空間, とも空間表象, とも立体, とも自然科学, とも過程, も僕丈, も外形上, も莫斯科以東

▼ し~ (26, 0.0%)

2 にし, の中

1 [22件] がとふし, など読む, なり, なりきす, にする, に一度, に曰く, の文字, の舍, はわが, は又, は我が, は拙く, みて, をば又, をもたせ, をゆかしき, を作る, を尚, を論じたら, を鷲, 見れば

▼ し日本人~ (26, 0.0%)

2 の生活

1 [24件] が今, が外國, が尻, が自分達, としての, とも親しく, に鉄砲, のいまだかつて, の健康増進, の心, の思索, の手, の政治, の教師, の立場, の雇人達, はとかく, は一年, は天皇, は宗教, は家, は紙, を又, 自から

▼ し次第~ (26, 0.0%)

2 でございます

1 [24件] が有, すぐにも, にていか, にて勿, にて苦, にはまり込む, に伺いまする, に因っ, は, はきつ, をさとりえたり, をしらね, をわが, を告げ, を打ちあけ, を明白, を知らで, を耳打ち, を聞くべし, を言, を話し, を説きあかさん, を逐一, 次第にすり切れ

▼ し生命~ (26, 0.0%)

1 [26件] が夢み, が芽ぐまれた, として慊ら, に何, のあらん, のある, のない, の不安, の住み, の価値, の日, の泉, の無限, の脅かされた, の草, の調和, はこの, はよき, をかけた, を失う, を延長, を感ずる, を殺す, を燃燒, を縮めた, を賭し

▼ し~ (26, 0.0%)

2 をちぢめ

1 [24件] が自分, じゃ, と並べて, と肩, にかけ, には青石, に遭つたの, に養牧者, の髮, はうづめぬ, は悉く, ばかりこれ, へ紐, も描いた, よ人, をすっこめ, をひねり, を地, を垂れ, を延ばし, を振っ, を曲げ, を正し, 傾けつ

▼ しいわゆる~ (25, 0.0%)

1 [25件] お出入り商人, トントン拍子に, ニードの, 万世一系の, 丸儲けを, 人盛んなれ, 作業仮説としての, 全体的立場に, 六郡を, 吉野朝なる, 唯心とか, 安政五年調印現行条約の, 家賃の, 戸前裁判所, 新聞記者なる, 新興芸術派の, 方則に, 朔北の, 歴史的の, 汎蒙, 牛捨場, 真の, 聖人なる, 裏日本の, 論派たるの

▼ しかの~ (25, 0.0%)

2 無条件に

1 [23件] それでもやっと, より高い, ナイヤガラの, 一七九四年八月二十三日付の, 人の, 伊達政宗の, 僧に, 南北戦争の, 地で, 女が, 女だけを, 女も, 女子の, 家にも, 帝政論派の, 日より, 明瞭の, 欧米人が, 禅家と, 者止まれ, 臆病なる, 貿易の, 道に

▼ しばり~ (25, 0.0%)

3 にし, の蔓 2 にする

1 [17件] がす, じっと天井, ながら泣き沈んだ, に, にした, にしばりあげた, にでもあった, になった, に出来た, に出来るでしょう, のよう, の中, の勇猛無双, の花, やおおばこ, を, を舞っ

▼ しもっと~ (25, 0.0%)

2 居て, 悪いこと

1 [21件] した廃頽的雰囲気, つきつめて, ぴったりと, やれないか, よくなろう, オク面なくなっ, 下がった輩, 下らないもの, 別な, 地方の, 大きく尻尾, 山の上で, 彼自身を, 念入りに, 文化が, 新しい生涯, 構想の, 良心的に, 親切に, 詳しく銅銭会, 遠くで

▼ しゃる通り~ (25, 0.0%)

3 です 2 だ, でございます

1 [18件] あのお, でございますが, でごぜ, ですわ, でもあり, に頭, のケチ, の名前, の者, の頭, やとしたら, よ, 出来得べくば, 取るに, 実は三人, 御内儀, 御尤も, 死んだ筈

▼ しようやく~ (25, 0.0%)

2 進みて

1 [23件] この物語, これで, にし, にその, 一方の, 世人に, 出来あがった黒船, 帰程に, 彼を, 手に, 日本へ, 本格的な, 神尾主膳の, 箱島の, 落ちつきを, 誤解は, 身を, 逢って, 那智社境内に, 鎮まったという, 長安を, 開発し, 騒がしくなっ

▼ し~ (25, 0.0%)

1 [25件] だって丈夫, にて, にてよろめき, にて叢, にて平然と, にて旅, にて身神俄, にて鏡, にもてなし, に於, のわり, の長, は今日我, は女, や頭, をぶつ, をもがいた, をゆすっ, を倒, を左, を左右, を投, を清め, を直す, 何とやら

▼ し国民~ (25, 0.0%)

2 は又, は軍部

1 [21件] という以上国家, としての権利, には大権, に如何, に提案, に謝, のため, の休戚, の働き, の元勲, の思想, の思想界, の意気, の消長, の生存, の神経, の賛成, はあらゆる, は塗炭, も亦, を権力

▼ し心地~ (25, 0.0%)

6 して 3 せしが

1 [16件] こそすれ, しつ, し這, すれ鈴虫, せし浪子, せる, と狎れたる, にうれし, にて引立られつ, にて誠に, の今, はしたれ, もする, もせし, をそのまま, 悪しくや

▼ し文学~ (25, 0.0%)

2 から失脚, というもの, の世界, の唯一

1 [17件] から階級性, が児戯, ではとても, において常に, に新た, に於, のブルジョア的, の廃頽, の葬られた, はこの, はそのもの, も演劇, や音楽, を売っ, を持ち, を生み出す, を科学

▼ し東京~ (25, 0.0%)

2 全都

1 [23件] から上越線, から二三度手紙, から見える, でこの, ならば, に入っ, に出, に在っ, に居た, に帰る, の, の何処, の名誉, の彫刻界, の文壇, の明智探偵, の櫻, の自宅, の識者たち, へとこころざし, へ出, まで二日半, を支店

▼ し~ (25, 0.0%)

1 [25件] かくうる, その禍, と兵, によりていたく, の中, の倫理, の手, の王, の疾苦, の耳目, の記念, は榮, も, よりいでぬ, わが對面, をしぼる, を塗炭, を富ませ, を愛し, を撫する, を救う, を教, を養う, 見えたり, 語るも

▼ し~ (25, 0.0%)

1 [25件] る日, る朝, 一九四六年二月新, 一五四一年新しく, 三十一年二月には, 三十九年五月頃社會革命黨なる, 二十一年三月出版, 二十一日午前六時に, 二十四日に, 二十日柳淀に, 六七年黨與を, 六日には, 十一年には, 十一月三日公布一九四七年五月三日に, 十三日より, 十三日午前四時同地を, 十四年, 十四日に, 十年二月六日には, 嘉禎元年三月十二日に, 早暁沼田から, 早朝頂上に, 早朝鹿沼で, 昭和十一年十月に, 暁まだ

▼ しいつも~ (24, 0.0%)

2 元気の

1 [22件] お母さんの, その厚誼, それといふ, なら彼, のおだやか, のプラットホーム, の心理学的方法, の時間, 何かの, 地道に, 夫人の, 常宿に, 往く所, 御機嫌の, 我等の, 決まりきった川筋, 私にとって, 絹布の, 芝の, 若い気, 質的規定に, 酒の

▼ しちょ~ (24, 0.0%)

84 るか 2 ったの, るが 1 ったが, ったですが, ります, るじゃ, るちゅうが, ると, るという, るもん

▼ し~ (24, 0.0%)

42 やない, ゆん, ゆんに

1 [14件] つと息, つと目, など言うたらしい, やが, やぞ, や十手, や肥し, や貴, ゆうご, ゆんが, ゆんとは, ゆんは, る, るん

▼ してぞ~ (24, 0.0%)

3 ろ, 居たり 2 ゆく, ッと

1 [14件] きる, さしたま, っくり, つとし, つとした, もどりける, ゐたり, ツと, 失せに, 奉りける, 日向ぼこ, 立つたる, 立歸りける, 退くす

▼ してという~ (24, 0.0%)

2 ことに, のは, 風に

1 [18件] ことだった, ことで, ことなく, のである, ものが, わけで, んじゃが, 事が, 古い教え, 問いは, 問いを, 実行までには, 心の, 文字どおり仲が, 方法を, 条件で, 覚悟を, 顔色の

▼ してわ~ (24, 0.0%)

4 づかに 2 あっ, ッと, ツと

1 [14件] あっッ, あッわあア, ざとかうしたのではないとの言ひ, ざとじぶんの譜を, たつた, たつて, つとわめき立て, つと泣き出した, つと泣き出したい, づか七八枚, づか百五六十枚, づらは, ア, ーつと

▼ しとて~ (24, 0.0%)

2 それは

1 [22件] まえも, われを, ハヌマン猴の, 何ぞ失望すべ, 何ぞ落胆, 余に, 即ち是, 厭と, 大に, 好劇家, 岡崎氏等を, 徒士頭松平若狭守改易の, 戰後かの, 手前は, 拾い上げたる石塊, 改化遷善の, 甚だ通, 用意の, 直音羽へ, 菓子折に, 賣るもの, 黒衣が

▼ しむることを~ (24, 0.0%)

2 得るも, 得ん

1 [20件] かつ祈り, 余儀なくし, 信ずるなり, 努め自由党, 努め自由黨, 命ぜず, 嘱す, 好んで, 得ず, 得せしめるの, 得ば, 得べく又, 得べし, 得るに, 得るの, 得んまことに, 得梅泉, 要せなかった, 議しながら, 願って

▼ しゅろ~ (24, 0.0%)

7 の木 3 の葉 2 の幹

1 [12件] が温室, に異議, の枝, の根元, の蓆, の運命, の鉢植, はこの, はまるで, は太い, は考え, ひるが

▼ しゆえ~ (24, 0.0%)

2 なり, に生ずる

1 [20件] とかくに, とのみ言い紛らしつ, ならん, なるべし読者, につりし, にもあるべけれ, に加持祈祷, に可, に弱み, に耕し, に釣ったごとき, やや感ずる, よくよくあらため見し, 参って, 大いに一同, 嬉しかった, 撲る世話, 早く起き, 淋しさ, 長さ三里

▼ しよりも~ (24, 0.0%)

2 忙は

1 [22件] その用事, なお待ち, はげしき抵抗, ましていふ, むしろチャールス・ウェスレー, よくよく御, 下等なりし, 伊豆守殿の, 大也, 大層なる, 妙なる, 山淵右近の, 手練の, 更に哀れ, 朝顏の, 猶主人夫妻, 美しかりき, 莫大な, 遠きに, 遥かに, 高からず, 鹿爪らしく聞え

▼ し仕事~ (24, 0.0%)

2 して, をし

1 [20件] が続けられる, しようと, で励み合う, にいそしんだ, にかかつ, にたいする熱意, に対する自分, のない, の上, の山, の悦び, の標準, の終る, は何卒, もしよう, もため, をした, をやっ, を今, 出来ず

▼ し単に~ (24, 0.0%)

1 [24件] にぎやかだ, テーマを, 一つの, 人間の, 人類の, 何にでも, 価値へ, 原作の, 地の, 報道, 意識の, 手段という, 放言など, 深くあろう, 現代の, 生産用役が, 盃酌の, 社会が, 科学の, 立法部たる, 自由主義に, 諸文化様式, 邀え, 量的で

▼ し~ (24, 0.0%)

2 はそう, ばかりの遠島, を沙門

1 [18件] が消え, ではなく, とか模様, においては最も, はこの, は外国語, は意, は鋤, ばかりです, ばかりの香花, も可, をも崩す, を変え, を失い, を総て, を造り出し, 付ける, 円くあるいは

▼ し意識~ (24, 0.0%)

2 して

1 [22件] が現象, させる行為, したるもの, しても, し分析, し受身, し得る時間, すること, するため, すると, する自己, と他, の世界, の事実, の事實, の底, の抗拒力, の欠如, の深い, の漠然たる, は物質, を失う

▼ し~ (24, 0.0%)

2 うした, う云, の如く

1 [18件] あらんと, ういう, ういふ人, ういふ論議上, うして, うなると, うなる上, う云う, う云って, う何, う思う, う意外, かる衝突, て其翌日, の如き, の様, は大岡越前守, る弊害

▼ し直ちに~ (24, 0.0%)

2 これを

1 [22件] ブルガリヤの, 事件を, 兇行現場及証拠品の, 内ヶ崎君が, 勘当を, 宮中へ, 家を, 帰艇せん, 急援, 成都へ, 数回の, 日本の, 決行しよう, 浅沼郡に, 生児の, 碑文を, 行李の, 訊問に, 警察に, 金州に, 開腹手術を, 阿園

▼ し科学~ (24, 0.0%)

2 に於ける, への御用的役割

1 [20件] がそういう, が科学的, こそわれわれ, ではわからない, なら科学, に趣味, の尤, の展開, の所有者, の教, の発展, の粋, の進歩, は, はただ, は低, は元来, は如何, を悪用, を材料

▼ し~ (24, 0.0%)

2 に墜ちた, の中

1 [20件] かと云いししれ, がある, ができ, じゃ, であるが, に落ちた, に落ち込む, のなか, のよう, の上, の口, へつきおとされ, へぶち, へ入れ, へ行こうで, みて, をいたる, をいまだ, をつくる, を抜け出で

▼ し統一~ (24, 0.0%)

5 して

1 [19件] ある生活, した, した世界, した全, しようと, しようという, し徹底, するため, するの, するもの, するより, するテエマ, する作用, する力, せしむべきかを, と訓練, のうち, のため, もする

▼ し静か~ (24, 0.0%)

2 にし, に正面

1 [20件] ながらある, な家, な挙措, な眼, な部屋, に, にそのまま, に元, に再び, に店, に心眼, に扉, に朝食, に歩ん, に眠らう, に笑っ, に自己, に袁氏, に退い, に頷い

▼ し~ (24, 0.0%)

3 の肉

1 [21件] と手, と染まりける, と額, に微笑, に接吻, に皺, のあたり, のところ, のはれ, の削, の瘠せ, の色, はかう, はくぼみ, はふくらみ, や口, をし, をふくらまし, を押えつ, を痩せさせ, を真

▼ し~ (24, 0.0%)

1 [24件] その負債, なり彼, なり彼等, の例, の底, の抜けた, の方, の渇き, の満々, の罪, の荊棘, の間, はその, はなほ, は姿, は腹, は靈, もまた, よ彼, をこれ, を悉く, を裸, を見き, を體

▼ しあたり~ (23, 0.0%)

2 が最も

1 [21件] からいよいよ, から急, から更に, しづけき, ならぬところ, なれば, にて雨, のよう, の人, の人々, の夏, の山草, の樹林みな兵馬, はフィレンツェ, は完全, も水, をいっそう, を大洞, を掃除, を窺う, を過ぎぬ

▼ しいもの~ (23, 0.0%)

1 [23件] がある, がない, がなかつた, が有る, が湧き上っ, であるが, といえ, はあらかた, はこの, はすっかり, はない, はなく, は今日, は何, は売却, は大概金, は無く, は米沢城, も見あたらなかった, を奪い取る, を拾, を見, を見る

▼ しけれども~ (23, 0.0%)

1 [23件] こんな甘い, すぐに, その絵, その身, なお言, にこりとも, 世界中の, 中, 佐々木は, 元より, 堯舜以前の, 妾が, 己が, 彼等は, 後々の, 手先狂ひ, 素より覺, 終に養生叶はず, 計の, 金は, 金兵衞は, 風あり, 高からぬ

▼ しその他~ (23, 0.0%)

2 のもの

1 [21件] あらゆる心的労働, あるいは保護税, にも巣鴨, にも特権, の, の働き, の力, の大学中, の必要品, の施し, の無礼, の物体, の者共一人, の臨時, の諸氏, の霊魂不滅説, の點, は全部, を原告, を降, 出来るだけの

▼ しながらの~ (23, 0.0%)

1 [23件] ことで, ことな, ぼつて, 事ゆえ道も, 会話である, 会話によって, 創作, 叙述である, 声で, 姿にて, 微かな, 悪戦苦闘ちら, 春雨が, 會話によ, 煎餅売り, 理窟である, 睡みに, 翠り, 薄着で, 視覚が, 言葉づかいに, 話も, 青年は

▼ しむるもの~ (23, 0.0%)

14 である 2 多し, 悉くわれ 1 がある, であること, 少からず, 少なからず, 無きに

▼ しゃる方~ (23, 0.0%)

3 がある 2

1 [18件] があるなら, がお目にかかりたい, がございます, がたずね, が無い, だが, ですか, ではございません, とはどこ, と恋仲, にお目にかかりました, は小室さま, は未だ, は無い, へ附い, もありましょう, もございましょう, を探し

▼ しよい~ (23, 0.0%)

2 と思う

1 [21件] から, から来, ことが, こんだん, というもの, ところは, と思, と思います, と思った, に違い, のだ, のである, やうに, ように, 位置を, 保護を, 処だ, 感化が, 感情を, 晩だ, 異人たちである

▼ しわざと~ (23, 0.0%)

2 相見え候

1 [21件] お考え, でも考える, ひそかに, グッドモーニングの, 今度は, 俳優に, 古老の, 問題の, 報じた, 婢の, 思うたので, 思えぬほど, 思へぬほど, 恐れおののいて, 気づきました, 汚いふだん着, 疑うも, 老人に, 考えたらしくいちおう, 考えて, 考えるよう

▼ し事件~ (23, 0.0%)

3 はその, はそれ 2 なれば, の老, はこれ

1 [11件] が大袈裟, が展開, にていま, のほんの, の真相, の関係者, はこれから, はそれから, は何, を担当, を拡大

▼ し互いに~ (23, 0.0%)

1 [23件] 入り交じって, 助け助けられ二人, 協調し, 妨げる, 孤立しあっ, 完全に, 寄り合って, 対抗の, 心と, 恐怖心を, 感化を, 敵視し, 汽笛を, 相交わる, 相手を, 相紊, 相融和, 相輔, 詈言い, 談話し, 身体を, 追いつ追われつ進み来たった, 面を

▼ し~ (23, 0.0%)

4 の日 2 のねぶり, の夜

1 [15件] から姙娠, がき, には寒い, のうち積, の一日, の寒, の巻, の窓, の間, の陣, は家中, は蜜柑, は買, も深い, 籠りの

▼ し~ (23, 0.0%)

2 により

1 [21件] がそこ, が一年増し, となる, と慰安, にもし, に叶, のかぎり, の優れた, の様々, は三人, は之, も抜け, をその, を世界, を出さね, を協, を受, を持ち, を盛返し, 弱く見えた, 絶えて

▼ し~ (23, 0.0%)

2 の手, の頬

1 [19件] には黒吹崎, にゆく, によって市中, に赤城, に述べた, に酒井忠次, のよう, の係数, の前足, の区別, の品々, の地所, の方望月隊, の次第, の眼尻, の肩, の観音, を懐手, 大臣従一位

▼ し~ (23, 0.0%)

2 の日

1 [21件] から秋, などは発汗, になる, にはオーデル河畔, には北方, に冬子, に比する, に花, の, のかかり, のしらべ, の夜, の日中, はなつかし, はやうやう, は堪えられぬ, は幾らか, は来ら, は炭薪, は緑葉, は避暑客

▼ し姿~ (23, 0.0%)

1 [23件] おもへば, きりりとなり, で道中, と見, に, に帰ら, の, のあくまで, の花, はげに, はさ, はざんぶと河水, は心, まで生れ変った, もあはれ, を, をこ, を消し, を街, を見, 太くわが, 見られしか, 見る兄君

▼ し存在~ (23, 0.0%)

3 すること

1 [20件] から分離, が形式, し得るよう, すべきもの, するかという, するであろうすべて, であるの, としては実在的, と存在, に対して, の単なる, の意味上, の本質, はすべて客観, は実在, は形, は物質, は除外, を事實, を変化

▼ し成長~ (23, 0.0%)

11 して 2 した, すること 1 し崩壞, し而, する, するかも, する夢, する爲, せしめること, を助ける

▼ し政府~ (23, 0.0%)

4 の行爲

1 [19件] がこれ, としてはその, なるもの, にあらざれ, に対する新しい, に迫る, のため, の下, の云, の干渉, の意図, の改革, の権, の権門家, はそのまま, は人民, は営団, また譲歩, を批判

▼ し発達~ (23, 0.0%)

2 して, し来ったところ, す

1 [17件] さする最, させて, させること, さるべきもの, した, した実験, した種々, し分化, し業績, し衰頽, すること, するまでは, する所以, せしは, せしめないか, せしめようという, せしもの

▼ し結婚~ (23, 0.0%)

5 して 2 してからも, しても, をし

1 [12件] したければ, し母, し離婚, するその, すると, と同時に, に対する最上, に對, の約束, の自由, の許諾, をさせ

▼ し結果~ (23, 0.0%)

3 なれば

1 [20件] しか得られなかつた, ついに開戦, といわざるべからず, として, としては現実, として一個, として有しなけれ, として極端, とする, なりとも解釈, なる可, にし, にやしばしば, に於, はひとつ, は啻に, は我人民, を左, 当, 遂に明治十一年八月三日両国橋畔

▼ し~ (23, 0.0%)

5 に注意 3 でも亦 2 にまた

1 [13件] には後, には東京, に一, に一つ笑, に主, に事業, に云われる, に労働者, に呈供, に於, に椽大, に神祕, に見逃す

▼ し~ (23, 0.0%)

2 とおも, は跨

1 [19件] ごしの月, に, に光沢, の上, の二三枚, の大, の広い, の落ちつくした, の裏, はセリ, は他, は披針形, は狭長, は花後, をあん, をことごとく, を乾かし, を振ひ落せし如き, を重ね

▼ し~ (23, 0.0%)

5 下度候 2 下候はずや, 下度且御同人之, 下度御免し

1 [12件] のお, 下ば, 下候ても, 下候はば, 下候わ, 下候慥に, 下度, 下度以下御, 下置度候, 支配階級の, 施法者が, 造物フランシスは

▼ し非常~ (23, 0.0%)

1 [23件] なる大廻り, な勢い, な嫉妬, な山幸, な興味, な迅さ, にそれ, にひきつけられた, にひろく, に不満, に人, に信じ, に内気, に厚遇, に困難, に広い, に旅, に早く, に美しき, に贅沢, に間接, の警備, の雑踏

▼ し食事~ (23, 0.0%)

3 をし

1 [20件] がすむ, が摂れない, が済む, したが, して, の厄介, の用意, は喉, は多勢, もそこ, もできる, をした, をする, をともに, を与えず, を備, を共に, を取っ, を緯, を訊き

▼ し~ (23, 0.0%)

2 に取

1 [21件] なり扨又女房お節, にて三吉, にて伊勢屋五兵衞, にて何, にて供, にて傍, にて眼, にて而其三五郎, に仕り, に安間, に彳, に拵, に拵ら, に持, に自身, に計, の粗, を凝視む, を告, を見, を見る

▼ しかくして~ (22, 0.0%)

2 必然的に

1 [20件] つねに若い, インテリゲンチャという, 人為的に, 今日に, 全體, 命令を, 国内市場を, 大衆を, 我々の, 日本政府に, 最初には, 東洋の, 決定された, 無限の, 王妃の, 発展した, 發展した, 相互に, 遂にいは, 遂にいわば偏見

▼ しかけ~ (22, 0.0%)

5 になっ 2 がある, だ

1 [13件] であったが, である, などもだれ, なの, なん, なんで, のある, のスイッチ, のボタン, もかく, をした, をしらべ, をよう

▼ し一時~ (22, 0.0%)

2 の俗論

1 [20件] から吹込み, か一時半ほか, にもせよ, に基本金, の營養, の腰掛, ははっきり, はほとんど, はドイツ, は主任教授, は基督教, は大阪名人, は存在, は宇治山田, は小説, は朝夕, は鍍金, まったく光, 悉くこの, 新将軍

▼ し二つ~ (22, 0.0%)

2 の国語

1 [20件] とも優れ, とも相当, には栄誉, には目前, のもの, の中, の乳房, の位, の作用, の概念, の湖水, の湾, の町, の虹の, の面, は今, は全く, は同じ, も三つ, を売り

▼ し人類~ (22, 0.0%)

1 [22件] が既に, が絶滅, と親愛, に脅威, の仕事, の多く, の平等, の思想, の悪徳, の理性, の理想, の生活, の運命, はその, は勿論, は手, よ, よ汝等誇り, をし, を以て動植, を友, を幸福

▼ し今や~ (22, 0.0%)

2 時は

1 [20件] その領域, それを, ロロー殿下の, 二十人からの, 内外の, 列強共海軍力の, 北海辺隅に, 南朝は, 同じよう, 同州大学, 大国乱の, 彼等は, 意図が, 秘密を, 空飛ぶ, 第二次五ヵ年計画, 英国の, 警視庁の, 音よりも, 鬼火に関する

▼ し個人~ (22, 0.0%)

2 をし

1 [20件] としても公人, にせよ, に對, の作, の力, の尊厳, の恋愛, の意識, の援助, の極度, の活力, の活動, の生活全般, の自覚, の資格, はもはや, は社會, を強制, を決して, を陥れる

▼ し勝ち~ (22, 0.0%)

2 であつ, であるが, なの

1 [16件] だが, だった, だという, であったその, であります, であること, であんまり, なロマン性, な時代, な点, な私, にし, に暮さる, に見える, の一例, の歳子

▼ し合せ~ (22, 0.0%)

1 [22件] がつかぬ, して, その數字, であったらしいが, でもした, にか, になっ, に暮れ, のつい, の上, の使い, はつい, もあったろう, もつけ, も伺っ, やがて二人, をお, をすまし, 大いに得る, 居り候, 更けて, 比べ合せ頭

▼ し~ (22, 0.0%)

2 をた

1 [20件] と天井, につきあたっ, にはいたる, にはもちろん, にもたれた, に李, に浮かびい, のくづれ, の前, の四隅, の如く, の干, の骨, もある, もまた, や白布, をさかし, をわび, を攀じ, を暗く

▼ し大きな~ (22, 0.0%)

2 口を, 声で

1 [18件] あくびを, いびきなんか, お尻, しだれ桜の, なりし, 世乱は, 丞相印を, 地所つき建物を, 声ひとつ出す, 宴会も, 帆を, 廣間を, 心で, 情熱によって, 欠伸を, 石塊を, 規模で, 鼻を

▼ し~ (22, 0.0%)

2 にも行く, みなくの, もかなり, を待て

1 [14件] にも受けた, に万歳, の信用, の側, の纒頭, の障子越, はその, はわたし, は家人, は続い, も元気, も最少限, を威嚇, を目がけ

▼ し尊敬~ (22, 0.0%)

7 して 4 もし 2 すること 1 したいとも, しながら, しなければ, しもしくは, し合う事, し得るものの, し得る父, し援助, すべきもの

▼ し~ (22, 0.0%)

5 たるもの 2 たる儕輩

1 [15件] しが, しに, たり, たりける然るに, たるうち, たるなり, たるを以て, たる千太郎, たる所, たる書生, たる梅子, たる母, たる老婆, を平に, を輕井澤

▼ し~ (22, 0.0%)

7 へ出る 3 へ, へ帰る 1 にいる, につき, に引い, に退く, へ入る, へ帰り, へ来る, をすすめ, を構え

▼ し~ (22, 0.0%)

2 ふる, を忍ぶ

1 [18件] ながらなほ冥々, にやはあらぬ, のおも, のみち, の光, の古傷, の曲者, の更に, の歌, の通夜, はつかね, は破鏡, ひて, をさえ遊戯視, をさせ, をしかけた, をした, を奪

▼ し戦争~ (22, 0.0%)

2 を飯

1 [20件] と飢饉, などせず, にかんする, によって人民, に関係, の原因, の挑発, の果てる, の絶える, はいまだ, はやん, までし, や租税, をその, をもたらす, を不可能, を以て戦争, を放棄, を決戦的, を迅速且強力

▼ し最初~ (22, 0.0%)

1 [22件] から批評的, その藏書志, で最後, にだれ, には一流, に地中, に私, のもの, の一年, の一語, の九段, の愛, の捌, の日, の此不幸, の現象, の矢, の計画, の起り, の食事, は短い, より此願

▼ し~ (22, 0.0%)

2 のもと, の音, を大木

1 [16件] にも花, のしげった, の切株, の動き, の果, の枝柴, の茂み, は拗け, は皆, をたたい, をたたき, をにぎっ, を伐っ, を見, を首, 漏日

▼ し~ (22, 0.0%)

2 國は

1 [20件] くべき心, くる光, くる認識, とは何, のあらゆる, の歩み, ひつ, やさしい上手, るる時, をもっ, を愛する, を欲せ, を理解, を築かなく, を遂げ, 即死的な, 弓箭の, 牡蠣の, 道心など, 體解剖が

▼ し~ (22, 0.0%)

2 だけ開け, に月滿

1 [18件] からは燈火, から外, から映します, から覗き出した, にうつっ, に坐りぬ, の中, の前, の外, の戸, の眺, の硝子, の隙間, の高, へすれすれ, よりは酣, より内, をしめ

▼ し終に~ (22, 0.0%)

2 伯を, 各大臣, 埃及に, 象徴を

1 [14件] アリスは, 三尺の, 加答児性肺炎の, 古人に, 吾身を, 天下の, 學校をも, 岩代羽前の, 後に, 復た還らず, 憲法を, 旗亭に, 棘を, 臨みお

▼ し翌日~ (22, 0.0%)

1 [22件] からまた, になつて目, の午後六時ごろ, の日附, の昼頃, の正午, は三時間, は其日, は夥, は安土, は小名浜, は田辺, は自転車, は蔵王堂, は銚子泊り, は麗, また高雄, も県下, より大工泥工, より遽, 伴って, 直ちに裁判沙汰

▼ し~ (22, 0.0%)

2 を怒らし

1 [20件] が凝っ, で呼吸, に, に傷, に手, の辺り, へ掛けた, や腰, より武具, をかいた, をこらし, をすくめる, をたたき, をゆすつ, を上げ下げ, を兩手, を聳, を聳かすよう, を聳やかし, を預け

▼ し~ (22, 0.0%)

2 ふ, ふ熊野

1 [18件] はば哀れ, ひ来りたる弥勒菩薩, ひ此, ふところの, ふに, ふアンチ, ふ今戸あたり, ふ北国空, ふ大和詞, ふ天狗巌, ふ平安城, ふ栃木峠, ふ櫻, ふ田毎, ふ箒川, ふ蟒, へば子, 近江八景を

▼ し~ (22, 0.0%)

2 のくま, の浦

1 [18件] なりしこと推測ら, にそ, に再び, に迷い, に進みぬ, のいと, の辺, は何故, ゆく女, をあけろ, をかへりゆき, をひたすら急ぎ, を下られ, を傳, を旅客一人, を行け, を辿り, を返り行きぬ

▼ し~ (22, 0.0%)

2 はまだ, を見送りぬ

1 [18件] からすべる, ぞ佐助, だ, に乘, の一, の上, の來, の動きはじむる, の来ぬ, の紋, の轅, の音かすか, は八百膳, は確か, を命じ, を山田, を幾, を推した

▼ し~ (22, 0.0%)

2 に今度

1 [20件] にそういう, にまた, に主体, に出る, に反, に宮方, に我々, に日本, に溯り, に色, に西沢, に規矩男, に象徴, 作用する, 反射する, 宣伝し, 賭する, 釣ったる目, 釣つたる, 鋒を

▼ し通り~ (22, 0.0%)

2 を申立, 短氣, 頗る常識

1 [16件] とも言, なるかと, なるやと, にする, になすったら, になる, に事, に山峡, に眞情, に行わん, を告, 少しも, 必ず我等方, 故此所, 最早其方罪, 重ねて

▼ しあれ~ (21, 0.0%)

2 は決して, やそそぐ, や白木槿

1 [15件] が死んだ, が犯人, だけ広い, で却, と一声逃げ惑, に満足, はシナ, は又, は必ずしも, は正夢, は駄目, ほど市じゅう, も名前, 程の考え, 程真面目

▼ しかじ~ (21, 0.0%)

32 かというところ

1 [16件] かかくかく, かといった調子, かとのお話, かと告げた, かと帝, かと聞かされた, かなの, かの事件, かの人, かの圧力, かの怪事, か立花大助, か総じて, といふ詞, と思い, と思ひ

▼ しかつて~ (21, 0.0%)

1 [21件] この国土, その天才, ない勇気, の君, は同じく, は我民族, は美術取調委員, は荒神さま, ゐるに, 俗流に, 俗衆と, 内に, 国民的感情などの, 夢みて, 実隆に, 彼を, 柔和を, 発生し, 私の, 紅葉から, 至純の

▼ しかを~ (21, 0.0%)

2 知るに, 知るべし, 見んと

1 [15件] 告げざるなりき, 察す可, 想像する, 渠は, 略説すべし, 疑う心, 知らざれば, 知らず, 知らぬうち, 知らんと, 知りうると, 窺うこと, 窺ふ, 聞えあぐる機會, 説明する

▼ しがため~ (21, 0.0%)

4 なり 3 のみ 2 ならん, に圧せられたるなら 1 である, なりといひ, にいは, にこの, にし, にその, に幾度, に早く, に此一寰區, に相

▼ しきもの~ (21, 0.0%)

3 なし 2 なればとて

1 [16件] が批判, とそういう, なり, なりけり, なれば, に逐, のさ, の上, の巌, も見えない, をさえ感じさせる, を持ち去りたる, を欲し, を見ず, 憎むべきもの, 罷在

▼ しすでに~ (21, 0.0%)

1 [21件] その先鋒部隊, その時万葉集, その用意, ギリシアの, パルメニデスに, 一年四五十円の, 二三度使用した, 二度も, 今日その, 位階を, 何か, 刃を, 十数合の, 吾, 地球上の, 実は自然科学, 復社したる, 押しの, 決めたこと, 統計の, 貸出し制限以上

▼ しそれぞれ~ (21, 0.0%)

2 の世界史的使命, の秘策, の稀少性

1 [15件] にあらわ, にちがい, の作家, の処置, の善き, の学校, の意見, の改革, の時代, の權力, の花, の道, の道具, をなるたけ, 良い作品

▼ しそれで~ (21, 0.0%)

1 [21件] こんな丁重, どうやら葛藤, まだ足らぬ, ようやくご, 不服なら, 充分に, 初めて円柱, 別盃を, 嘘言を, 天と, 愉快だ, 気が, 氣が, 父の, 現在の, 生計を, 腰を, 衣食する, 講堂中を, 身を, 飽くまでも攻勢

▼ しだの~ (21, 0.0%)

2 花が, 藪が

1 [17件] しげみが, ほかろくに, 下から, 木の, 枝で, 枝に, 花だ, 花を, 苦き尖り, 葉影に, 藪に, 藪にでも, 豆の, 金色の, 間の, 香氣を, 黄色は

▼ してかへ~ (21, 0.0%)

2 し, つてこれを

1 [17件] さんと, して, つたのが, つてわれらの, つて一大, つて大国に, つて彼の, つて打擲し, つて時間を, つて来ました, つて梅の, つて活動する, つて活動を, つて真を, つて自分の, つて行く, つて行つた

▼ してからという~ (21, 0.0%)

5 ものは

1 [16件] ものいつも, ものずっと, ものその後も, ものそれこそ, ものどうしても, ものなんとなく, ものねた, もの一回も, もの二三日おきには, もの伸子の, もの危険を, もの急に, もの気も, もの食用ガエルに対する, ように, 意味な

▼ しぶり~ (21, 0.0%)

1 [21件] からし, から見る, がいつも, が彼, が悪かっ, と降り出し, にせめて, には彼女, にも人並以上, に同情, に感じられる, の面白, も型, も社交的, や売り買い, をこ, をし, を思いかえし, を時々, を見, を説明

▼ しやら~ (21, 0.0%)

2 疎い縞

1 [19件] あなた様には, して, しないで, ほどけ, む, む浴衣涼しく, んと, ツイ夢中に, 云はで, 何は, 兄弟にも, 分らず, 如何に, 廿年ほどの, 後におも, 押入れの, 混雜の, 臭いカラマッセ, 臭え來

▼ し~ (21, 0.0%)

3 腕を

1 [18件] の掌, の足, テールは, 三日後鰐皮の, 口屋嘉右衛門の, 名の, 志士を, 掌を, 町奉行には, 眼を, 箇の, 腕に, 艇とも, 菩薩は, 軍ああ, 軍の, 軍近く相対し, 頬も

▼ し~ (21, 0.0%)

2 のまま柔, 氣を

1 [17件] の体, の出発点, の座敷, の方, の楽, の通り, は必ずしも, より事, 住居麹町に, 勳に, 寇の, 文四年の, 氣の, 氣も, 益は, 看護卒だった, 軍討滅の

▼ し共に~ (21, 0.0%)

2 力を

1 [19件] その魂, 事を, 其の居城, 劉, 嘲おうと, 小笠原一流の, 斬首された, 生きる道, 疑問し, 皇謨の, 研究の, 祈念を, 苦楽を, 西に, 観劇に, 解釈し, 賤ヶ嶽へ, 退歩し, 道徳を

▼ し~ (21, 0.0%)

7 かした

1 [14件] かさず模範的, かさないの, かさなかったかも, かし, かしたら, が出, ださんずる悪, で, でし苦悶, でたものの, でた本能, でませ, でんとには, で悪事

▼ し分析~ (21, 0.0%)

3 して 2 したもの, し記述

1 [14件] しなぜ, し命名, し徹底的, し批判, し推理, し研究, し説明, する, すること, するという, する力, する者, する過程, のこと

▼ し~ (21, 0.0%)

2 三郎は, 九郎は

1 [17件] に過ぎん, の餘, は冷, は自棄, は解剖, ばかりとなり, みち離れた, ペンスの, 三郎の, 刻ほど, 圈の, 封建的半, 支那半, 歩ニジリ出し, 独立の, 獣生活に, 跏し

▼ し~ (21, 0.0%)

6

1 [15件] しおお, しそりゃ, しネロちゃん, し女, し私, し黙って, なりに勉強家, なり原理的, なり成功した, なり生活の, なり重く, 憫さを, 申何れ出府の, 申候何れ出府の, 笑くもなり

▼ し~ (21, 0.0%)

2 なり

1 [19件] が四十八歳, でござるが, と思はるる, なりとて吉三郎, なりと申, なる由, なれば, にし, にて菊池寛氏, に相違御座, の好い, の如くなれ, はなき, はも, は覺, も好し, を換, を添, 故何心

▼ し~ (21, 0.0%)

1 [21件] がきっと, が見える, に, の慰藉, の肉付, の色變, は, は乾い, は血, やまた, をゆがめ, を内, を動かした, を噛みしめ, を噛んだ, を尖らせ, を屹, を捜し求め, を片, を結び, を震わせ

▼ し~ (21, 0.0%)

1 [21件] う左, すれば, に, にゆか, に右, に持ちたる, に法名, に続く, に腐心, の乳房, の仁王, の千五百五十人, の如く, の榊, の腕, の親指, の題字, よりし, りの, れど, 程悪く

▼ し感謝~ (21, 0.0%)

3 した, して 2 する, もし

1 [11件] いたします, しそして, したが, したので, しつ, し心, すべきお, の頌歌, をささげ, を述べ, 措く能はず

▼ し~ (21, 0.0%)

2 に嵌めた, をもて

1 [17件] できよう, でのど, で彼, で私, で触っ, で觸つて, と髪, などに附着, にうんと, に緑青, の先, の尖, の美々し, の背, をさし, をもていたく, 点して

▼ し~ (21, 0.0%)

3 樣を 2 樣なれ

1 [16件] けり, たけれど, て御供揃, の中, ばたよ, ばクビラ, 之候, 楽座に, 楽座へ, 樣にて, 樣の, 樣は, 樣書せける, 章公の, 繋に, 變を

▼ し~ (21, 0.0%)

2 が枝, の花, の香, も柳

1 [13件] にかある, の人相, の打つ, の根方, の歌それ, の母, の白き, の精さん, の花さき, の落花, の香さん, は変, 見の

▼ し西~ (21, 0.0%)

4 に向

1 [17件] から北, する荷馬車, にあこがれ, には僅か, には朝日嶽孤立, に向っ, に方, に東, に面し, の壺, の峰, は満, は足利邑楽, は長州侯, は音羽谷, も東, を上町

▼ し~ (21, 0.0%)

3 の花 2 の草, の露

1 [14件] と云, にあった, にほ, にも丘陵, に立て, に追放, の寒, の植物, の牛, の生物, をあゆむ, を越え, を馳, 行く春風

▼ し~ (21, 0.0%)

7 を非 2 社交的の, 科学的な 1 アメリカ委員会の, 器と, 国教宗にては, 性格化す, 戦闘員を, 本能化, 法を, 活動的に, 現実を, 自覚的に

▼ しお前~ (20, 0.0%)

1 [20件] がゐなかつたら, が斬られ, という女, には之, に然, に聞い, のお, の名, の年齢, の態度, の歌, はな, はまだ, は使はやま, は俺, は幼年, は當分それ, は病気, も預り物, を湖畔

▼ しぐる~ (20, 0.0%)

3 る土 2 らし, るや, る空, る雲 1 るあしあと, るほどは, るやしぐる, るを, る寺の前通, る汽車, る白い, る神無月, る路

▼ しことに~ (20, 0.0%)

1 [20件] それを, よれば, カイゼル自身が, ジル, ホノルルへ, 一方は, 元禄以後追, 入念に, 千本にも, 役所を, 日本に, 条件の, 横浜と, 死ぬもの, 母親は, 火薬の, 第二回目, 色彩の, 雪嶺の, 鬼婆が

▼ してすら~ (20, 0.0%)

2 尚ほ

1 [18件] いかにも無, このやう, そうだった, そうでした, その妙, その買入費, その轍, ふわふわの, ほろにがさ, 一部の, 今の, 僅に, 幸福は, 我が國, 既に可, 時あら, 言及し, 頭を

▼ しほし~ (20, 0.0%)

84 ほと 3 ほとして 1 かるべしと, たたる, たたる神経, ほして, ほ出て

▼ しまるで~ (20, 0.0%)

1 [20件] じぶん, クラムを, リングさばきの, 串談でも, 全開に, 反対の, 外国婦人に, 太古の, 射すくめられたよう, 彼を, 暴力的だ, 淡りした, 玄四郎が, 生き物の, 異なった角度, 石膏像の, 聖徒の, 速かに速, 違った意味, 鷹狩の

▼ しむる所以~ (20, 0.0%)

3 なり 2 なるを, なれば, のもの

1 [11件] であり又, である, である事, で其の, で愈, なの, なので, にし, の一, の對象, を問

▼ しやぎ~ (20, 0.0%)

3 出した, 出すの 2 ながら彼

1 [12件] だした, ながらいつ, ながらそれ, ながら富岡, ながら語つて, ながら豆, 出したら総, 出す, 出すん, 出す白粉, 廻りました, 廻る男女

▼ しゆゑ~ (20, 0.0%)

2 か, さては我が

1 [16件] いかにする, に父王, 久しく記憶, 今江戸, 何卒貸し呉, 大旦那, 尋ね問, 少しも, 御知, 忘れず, 早々歸, 早速埓, 早速悔み, 疑ひの, 知らぬもの, 遂には

▼ しよし~ (20, 0.0%)

2 なれども

1 [18件] あとにて, いまだ実子, これは, その最後, ときこさ, なき好奇心, など伯母上, なるが, にて家内, に候, に御座候, も, よ, よって今日天誅, よと降っ, 社会が, 聞きし時, 近古のさ

▼ し一日~ (20, 0.0%)

5 も早く 2 に一花

1 [13件] で扇ノ山, といえ, にも似ず, に少し, に於, に諭, の勤め, の報效, の差, を忘れじ, 両党, 又一日, 遊んで

▼ し世の中~ (20, 0.0%)

4 はもう

1 [16件] から失われ, が変ろう, が急, ってそう, には解らない, に我只, に於, の事件, の事柄, の出来事, の進歩, はもうすつかり, は其後, をかへす, をよい, を渡つて

▼ し主張~ (20, 0.0%)

3 して 2 する, を等しく, 相容れなければ

1 [11件] した, したい, したこと, しようと, し堂々たる, すると, するについては, する主, する人, もし, を異に

▼ し京都~ (20, 0.0%)

2 に赴き, のJO撮影所

1 [16件] との連絡, にある, にいた, にて妻, にゐた, に入らん, に引き返し, の三高, の学生, の第, はまた, へお送り, までの道中二十日, や淀, を逐電, を過ぎ

▼ し凡て~ (20, 0.0%)

1 [20件] が営利, に共通, の事, の事柄, の力, の場合, の学問, の宗教, の文, の時間, の決然, の物, の物象, の現, の神話, の財宝, の費用, の點, は均等, を見

▼ し勿論~ (20, 0.0%)

1 [20件] これは, こんな財産制度, そのため, その当時, それにも, それは, そんな電話なぞ, のこと日本, バクチの, 一般には, 之は, 僕の, 北原氏が, 寐て, 實際は, 就職難は, 座頭鴈治郎は, 理論的には, 那珂先生の, 非常に

▼ し~ (20, 0.0%)

2 の中, を少し, を得, を得る

1 [12件] いずれなり, いづれなりとも, ことごとくみな辞世, と句, なり, においても, にし, には, の表, は一句, を積み, を象徴

▼ し変化~ (20, 0.0%)

4 して 2 されるの

1 [14件] しきつ, ししかも, した自然, しつつ, し生成消滅, し発達, する, するから, すること, するという, するよう, する仕方そのもの, なさしめて, に富んだ

▼ し女子~ (20, 0.0%)

1 [20件] がそういう, とは何れ, なりけれ, に見替え, のみの生活, のもろとも, の名, の性格, の手, の自由, は何れ中宮, は内, は初中, は十九歳, は或は, は然, は相変わらず, は肉欲, を以て君長, 有れば

▼ し宗教~ (20, 0.0%)

2 がそれ

1 [18件] こそ人間, とは呼ばない, とも矛盾, などという言葉, に従属, の上, の攻究調和, の異同, の自由, の領域, はその, は宗教家, は惑情, は救済, を云々, を崇ぶと, を攻撃, を破

▼ し将来~ (20, 0.0%)

1 [20件] についての微妙, に対する覚悟, の事, の利害大計, の危険, の志望, の患, の提携, の文学, の日本, の日本人種, の日本国民, の紛擾, の見透せねえ, の趨勢, への期待, への祈り, もまた, を秀吉, 全く商業

▼ し平和~ (20, 0.0%)

2 と正義

1 [18件] と熱, と秩序, と自立, なる団欒, について語り, のため, の光明, の建設, の日, の継続, は極めて, をまもる, を主張, を保つ, を叫ぶ, を守る, を欲, を迎える

▼ し~ (20, 0.0%)

2 の方

1 [18件] から窓, なつかしみつつ, にた, にゐる, に出, の, のあさ, の梅, の梨の木枝, の樹木の間, の芝生, の落葉, の隅, の黄菊, へで, をひとり, を眺め入った, を隔て

▼ し思想~ (20, 0.0%)

1 [20件] というもの, としてはその, とはもっと, に一段落, に富ん, に当面, に於, の不純, の余勢, の価値, の光, の枢軸, の自由, の荒々しい, や言論, を形式, を思想, を有, を深める, を虚

▼ し易き~ (20, 0.0%)

2 土佐派を, 所以たるを

1 [16件] こと, と難き, ものある, ものである, を喜ん, 事を, 事勿論, 傾向あり, 器物に, 性は, 情あり, 理論を, 発達なり, 神經を, 神話なりと, 関係に

▼ し昨日~ (20, 0.0%)

2 進んだと

1 [18件] か, かねて所持, から来, か戀, に似ず, の今日, の声, の始末, の我, の朝, の浪人, の無き, の露霜, の面影, は負傷者三千人, まで, も一人切腹, 迄

▼ し~ (20, 0.0%)

2 す若葉

1 [18件] から鈴鹿山脈, した, して, に向, に向え, に向っ, に通過, に面し, の日, の花, は俎倉, は坂本三井寺あたり, は夷狄, は房, は樺太, は町盡, は鮭鱒, も来り

▼ し~ (20, 0.0%)

2 に従う

1 [18件] により, に依っ, に帰した, に帰命, のため, の俎上, の前, の饒舌者ら, はたとい, を冷厳, を奉じ, を好み, を犯す, を破る, を破るなり, を聴く, を説くべき, を隨念

▼ し~ (20, 0.0%)

3 を見せ 2 に目だたぬ

1 [15件] ある衣, かはらずし, が生, の濃い, はや, は疾く, も形, や影, をし見, をぞ示し, をぬった, を令くせん, を正す, を詭, 彫り化粧彫り

▼ し芸術~ (20, 0.0%)

2 に独特, の中

1 [16件] が盛ん, におけるリアリズム, にその, には作者, によって不自由, に構成, のため, の価値, の個性, の全部, の最も, の話, は飽くまでも, も仏蘭西, を亡, を保護

▼ し~ (20, 0.0%)

2 ざしきの

1 [18件] でも出させなく, とか菓子, と力餅, の煙, の香り, や灰, をすすめ, をすすり, をただ, をのみ, をば遽, を受け取りし, を啜った, を沸かし, を立て, を見る, を長閑そう, を飲む

▼ し~ (20, 0.0%)

2 の中

1 [18件] かな, とはかけじ, ながら, にとまらね, によそ, に折れし, に露, の付根, の名, の相手, の雫, も肩, も薫り, をさし交し, をたくし上げ, を切る, を挽き, 振るとは

▼ し過去~ (20, 0.0%)

1 [20件] に實, に起った, のこと, のわが身, のわれ, の中, の伝統, の大衆文学, の生活, の罪, の誤り, はもちろん, は現在, も將來, や現在, を全く, を問わず, を回想, を思い, を思い起す

▼ し~ (20, 0.0%)

5 もなく

1 [15件] が違っ, こそこもら, こそ尽きせ, するの, だけですべて, となるささね, なく我, にも耳, にギロリ, の構造, は強く, をさやか, をたて, を小, 寂しかりけれ

▼ しいかなる~ (19, 0.0%)

1 [19件] ご無能, たは, ものをも, 不潔不浄も, 人々の, 人間にたいしても, 夢を, 学説が, 性質の, 感覚を, 方法を以て, 施設を, 曲折を, 沿革を, 活動も, 点において, 生活を, 算用を, 鉄壁なりと

▼ しいや~ (19, 0.0%)

2 が上, 彼塔を

1 [15件] あなたは, きもち, つて來る, と大いに, なこころもち, なラヂオ, な心持, な時, な病氣, になれ, に神妙, もう二つ, 出入どころか, 哀しいが, 慄然の

▼ しだり~ (19, 0.0%)

3 尾の 2 尾のな, 穗の, 緒の 1 いぶせくなりに, 匂清, 尾を, 山吹, 房花, 枝の, 柳綿屋の, 穗を, 花かも, 花過ぎ

▼ しどの~ (19, 0.0%)

3 ような 2 ように, をお前

1 [12件] お前さんを, くらいな, たに, 反響を, 奉公人も, 方向に, 点が, 程度まで, 立派な, 角度から, 選挙民も, 顔も

▼ しひたすら~ (19, 0.0%)

2 家名の

1 [17件] お互いに, その日, に吾人, に赤らむ待つ, に逆, に道, ライフに, 女の, 平和を, 忠義の, 政府の, 明瞭に, 時間上の, 概念的規定即ち, 物語本位筋本位の, 老大国, 迷える者

▼ しほか~ (19, 0.0%)

1 [19件] ならぬゲオルク, にも烏, に主立つた, に保証人, に多々, に娘, に少し, に思う, に有益, のくに, の三人, の四人, の樣子, の種類, の船員ら, の議員等, ひが, ひを, へその

▼ しほとんど~ (19, 0.0%)

1 [19件] かの自由論派, これを, ふたつの, また旧時, レイユの, 一矢も, 三十五年間の, 丸一年の, 何事をも, 前後左右から, 口に, 口癖の, 同一文化, 家で, 武蔵野を, 無一物で, 至らざるところ, 蹴たおすばかりの, 颱風の

▼ しゃるお方~ (19, 0.0%)

1 [19件] が, がある, がお, が御, だ, で, でございますか, です, ですか, では有りません, と相良さん, なん, には燭台, に足軽奉公, はおりませぬ, はどういう, もなかっ, も有ります, やそれから

▼ しわずか~ (19, 0.0%)

2 なこと

1 [17件] ずつ下流, な言葉, な開拓, に会場, に各, に少数者, に野菜, に鬱, に麓門, の従者, の金, 一夜の, 二三年の, 二日間に, 十数冊残っ, 数年に, 耳の

▼ し一種~ (19, 0.0%)

2 の魔窟

1 [17件] の優越感, の味, の夢遊病的状態, の好奇心, の幸福感, の強制買付, の快活さ, の悪夢, の抒情詩的, の普通語, の気風, の混成味, の神道, の臭気, の遠景図, の風格, の魔術体

▼ し互に~ (19, 0.0%)

1 [19件] 仕事の, 反目し, 嫉視反目し, 寢物語りも, 尊敬し, 心中を, 扶け, 敵視し, 照応し合う, 相助け, 相妨げる, 相犯さず, 知己を, 結合し, 親しみいよ, 辱しめ合う, 離れたがらず, 順序を, 顔は

▼ し全体~ (19, 0.0%)

1 [19件] からいえ, から見, がで, が自分, という範疇, としての秩序, としての色調, としては, として写生力, として見物, に取り乱し, のため, の予算, の構成, の比較, の立ち居, の調和, の調子, の長

▼ し前者~ (19, 0.0%)

1 [19件] から後者, が主, が数学的真理, が自然科學, が舞臺, における地主階級的色彩, には多く, のみの独立, の再刊, の立場, の解決, は, はいま, は之, は其外面, は早く, をば殆, を深く, を虚空間

▼ し博士~ (19, 0.0%)

1 [19件] がそこ, に倚, の令嬢, の仮定, の存在, の様, の死体, の犯罪, の理念, の答えた, の行動, の鞄, はそんな, は私, は追, も大いに, や郡長, 全く独り, 喰い逃げ

▼ し~ (19, 0.0%)

1 [19件] ある毬藻, には別状, に従わずん, の中, の遣り取り, は不思議, は赤い, も終に, をまた, を召, を図らず, を国家, を守らずし, を害し, を未練, を無, を的, を論じ, 短くて

▼ し学校~ (19, 0.0%)

1 [19件] から帰っ, から日, で先生, としては到底, にいた, に出, に在っ, の作業上並, の制度, の師, の推薦, の方, の湯呑場, の記章, は児童, へも比較的よく, もいい, も官許, を以てその

▼ し必要~ (19, 0.0%)

2 とする

1 [17件] がなくなれ, とあれ, とされる, なこと, なもの, ならば, なる制作品, な事務, な任務, な意見, な材料, によってぐっと, に応じ, の時, もない, を発見, 又は止む

▼ し~ (19, 0.0%)

1 [19件] にしばらく, に仕度, に単, に呼吸, に大, に手, に敵軍, に焚火, に生き, に生命, に病み, に脚腰, に船首, に逃げだしたい, に顏色蒼醒後, に首, テムポで, 崖を, 雨の

▼ し教育~ (19, 0.0%)

2 して, し得可

1 [15件] された, し是正, する努力, せむと, なき, なるもの, にもよるべし, にも因るべく, の刷新, の方法家政, の根底, をしたら, をすすめ, を受け, を異に

▼ し~ (19, 0.0%)

2 が岡茶寮, の今

1 [15件] なくかつ, にもた, のごとき, の一, の光, の夜, の海, の燃, の透き見ゆ, は壮士たち, は彼, も墜ち, を子供, 近し三寒, 降る野

▼ し暫く~ (19, 0.0%)

3 して 2 すると

1 [14件] おいて, なにも, にし, にても妻, の内, は驢馬, 或る, 立つと, 經つて八五郎が, 考えた後, 自己の, 見惚, 隠忍する, 麻布三聯隊附近の

▼ し~ (19, 0.0%)

2 を善く, を読み

1 [15件] して, で読んだ, なり, なるが, なれ, のこと, の上, の拙劣, も読み, よ, をさらえ, をよく, を取り出し, を松下, を添え

▼ し~ (19, 0.0%)

4 がない 2 の身

1 [13件] いかに, なるもの, なウェーヴ, な樂, な話しなり老爺, に, にも降伏, に何, に存じ, に成, に書, に聞, に言ひな

▼ し~ (19, 0.0%)

1 [19件] いろ, から日本, が, が当時わが国, が若し, に導かれ, に於, に至り, の体系, の心臓, の手許, の指さす, の為め, の著書, の食物, はその, はもう, は例, は別に

▼ し現に~ (19, 0.0%)

2 農相を

1 [17件] それを, 刑罰に, 夢を, 実地に, 小生叔母の, 居酒屋の, 市内屈指の, 昨年の, 昨年出した, 板木を, 此職に, 発見され, 英語に, 見出されて, 進歩党中最も, 進歩黨中最も, 邦人の

▼ し絶えず~ (19, 0.0%)

2 政府の

1 [17件] その両者, その連續性, その領土, は, ひとに, 何ものかに, 信号燈によって, 傍らに, 嘆くよう, 新工夫, 此點に, 爭つてゐた, 目脂が, 脅かされてるか, 辻堂の, 非存在, 鞭打って

▼ し~ (19, 0.0%)

2 の傷, の底

1 [15件] が立ち, が立っ, では胃液腸液, にいれ, に水, の立つ, は十人, は存在, まだ治まらね, もぺこぺこ, も立てた, も立てました, ん這っ, 打つ事, 満つれ

▼ し若しくは~ (19, 0.0%)

2 之れ, 神其山に

1 [15件] これを, 之によ, 其の意識, 其原理より, 凌駕し, 妥協しよう, 少なくともそれ, 敗北の, 甚しく, 生活上の, 科學研究に, 紹介した, 苦痛を, 裸に, 退歩させ

▼ し観察~ (19, 0.0%)

6 して 2 すること

1 [11件] しそれ, したもの, し思考, し散策, し来りて, し理解, し研究, し記録, するの, すれば, を経

▼ し読者~ (19, 0.0%)

4 をし 2 の悲しみ

1 [13件] あり, としてその, に不純, のふるさと, の心, の想像力, の知識慾, の起こしうべき, は何, は呆れる, をよろこばせる, を満足, を現場

▼ し~ (19, 0.0%)

2 ぎたせゐか知らん

1 [17件] あるもの, ぎていなければいいがと思う, ぎていらあ, ぎてしまつた, ぎてしまつたが本題へ, ぎてしまつて非常に, ぎてゐたかたちだつたんだね, ぎてゐるんぢやないか, ぎはしませんか, ぎはせずやといふ事なり, ぎまさあね, ぎるほどはつきりしてゐるのだ, ぐる事多かっ, ぐる日孫乾の, ならん, は如何程大, を

▼ し遠く~ (19, 0.0%)

1 [19件] から竿, から近く, で半鐘, に様子, の湖水, は八王子, は四国中国, は寛永頃, は敵, へ敵, まで逃げ終せた, より吹きよせる, チチハル満, 一ノ谷の, 田舍に, 白波の, 相隔り, 離れた周さん, 離れて

▼ し長い~ (19, 0.0%)

2 紙数を, 間の

1 [15件] ことその, ベルトが, ロープで, 人生の, 外套を, 帯が, 年月かかっ, 溜息を, 痩身を, 袂や, 過去を, 間さ, 間には, 間メムフィスに, 間文壇に

▼ し~ (19, 0.0%)

2 なりしをもって

1 [17件] この叉斧, その供奉, なりしかば暫時, なれば, にその, には我が, に他, に保食神, に田沼, の如き, の記事, は穴, 古船, 小提灯, 某富豪, 特に優旨, 降り積りしと

▼ しおのれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] いかにもし, のこと, の名前, の娘, の宣教師庇護, の思想, の母, の範囲, の身, の身ひとつ, の領内, の高, の鼻垂れ, もまた, を愛する, を苛責, を表現, 還らずば

▼ しこういう~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことを, のに, ものは, 事も, 仮定心理と, 作が, 共通な, 外見を, 常識は, 情勢で, 意義を, 手続き, 方向を, 明白性は, 歴史的現, 点を, 見方によっては, 雰囲気に

▼ しこれから~ (18, 0.0%)

2 行って

1 [16件] が厄介, が本, はお, はこれ, はもう決して, は大いに, は逆, も多分, も紆余曲折, 二年三年五年十年と, 別當所, 喰うか, 大切な, 現場へ, 私は, 翻譯にでも

▼ ししばらく~ (18, 0.0%)

1 [18件] あたりを, お夏, お待ちなさい, お話しし, して, それが, つッ, の休暇, ははりつけ, は二の句, は何, も鎮静, 世間の, 前に, 宮家の, 立つてから, 藁ぶとんの, 西南の

▼ したりも~ (18, 0.0%)

4 して 2 した, したが, しました, する 1 あまりせず, したこと, したの, するかも, するらしい, みあげを

▼ しつまり~ (18, 0.0%)

1 [18件] あいこ, あしたな, これを, それは, は何, は妹, は意味, は若干, 交易の, 他人に, 完ったき, 彼が, 悌二郎家の, 意味ある, 敬二郎は, 新しい意味, 私たちの, 霧と

▼ してからと~ (18, 0.0%)

3 云うもの, 思って

1 [12件] いうて, いうので, 全然変わった, 思いましたけれど, 思う母, 思ったが, 思ったの, 思つて, 思つて町役人に, 思ひまして, 抱一と, 考へて

▼ しどういう~ (18, 0.0%)

2 ことだ, 立場に

1 [14件] ふうに, 云い廻し, 人々の, 利益が, 効能に, 危険な, 心計か, 意味でか, 方向に, 日に, 点が, 結果についても, 訳で, 音を

▼ しばかり~ (18, 0.0%)

3 うつ伏し臥して, 小言は 2 夫れ 1 それよりは, でありません誰, では, なりき, なる山, 両隣に, 兩隣に, 殺す譯, 猶全, 食卓は

▼ しほた~ (18, 0.0%)

8 れて 3 るるあま 1 るること, るる頃, れたる白地, れた姿, れた細い, れぬ, れ葉

▼ しむるの~ (18, 0.0%)

16 である 1 もしくは不, 多きや

▼ しむる力~ (18, 0.0%)

1 [18件] あり, ありて, ありと, ありとい, ありポヤン毎, あれば, があった, がなかつた, なからん, なの, のない, は今日英国, は存, は至っ, を有し, を有す, を有する, 即ち視力

▼ しゃる事~ (18, 0.0%)

3 だから 2 は出来ますまい

1 [13件] があります, がよく, が出来ますまい, が有る, とも知らず, なら参りましょう, なら唯, になりました, には随分, に於, はよく, は一々, は我

▼ しやに~ (18, 0.0%)

7 むに 3 覚え候 1 がたの, ちゆ, むに酒を, 味噌を, 朧ろげながら, 考へら, 見ゆ, 見ゆれど

▼ しわたし~ (18, 0.0%)

1 [18件] がいよいよ, が通りすぎ, さっちゃん, にひどく, に彼, に敬意, の一生, の妻, の存在, の理想, の生れた, の経験, は倦, は只何やら, は吹きませんでした, は最も, は松山さん, をあなた

▼ し一同~ (18, 0.0%)

1 [18件] あは, がそこ, つれだちて, でむかえ, に内部, に向, に請われる, に饗, の鳥銃, はその, は壁, は富士男, は起立, も同感, を恐怖, を無事安全, を門前, 大いに悦ぶ

▼ し一旦~ (18, 0.0%)

1 [18件] おれに, この能, その家, と, の吾が, 下宿へ, 久離切つた, 傾覆せん, 国家を, 夫が, 奇麗に, 惠みし, 我手に, 溜池署に, 理論という, 簡抜を, 致仕し, 郊外の

▼ し三人~ (18, 0.0%)

1 [18件] が遺骨, して, で夕飯, で朗読, とも二時十五分の汽車, とも暮方, にけが, にて吾助, の中, の児, の地頭, の子, の時, の男, の老, の腰元, の顔触れ, は之

▼ し不幸~ (18, 0.0%)

8 にし 2 とする, なる閲歴 1 から脱出, なもの, な私, な約束, は彼女, を不幸

▼ し主人~ (18, 0.0%)

2 と番頭

1 [16件] が蛮語, にあやまっ, に向, のため, のリボー, の任意, の供, の先代平助儀當主主税, の寺西右京, の懇願, の熱望, の金兵衞, の魂胆, は再, は己, を見る

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] がそ, が門前, と某, に告げ, に対して叛心歴, ねて, の不安, の知人, の釣, はそんな, は坂上, は専ら, は彼女, は或, は決して, は近代, は遂に, もかね

▼ し以前~ (18, 0.0%)

2 に購われし

1 [16件] からさ, から無口, とちがっ, にあり, にし, には謙三郎, に互いに, に於, に約束, に購, の人間, の使女二人, の表門, はお, より渠, 永い間

▼ し~ (18, 0.0%)

2 に立っ, ほどの二人

1 [14件] きに, にも述べた, に立つ, に述べた如く, の可, の名宛, の巻いた, の年, の歩み, の約定, へやっ, や初, を急ぐ, 常體

▼ し反省~ (18, 0.0%)

6 して 2 すべきもの, するの 1 した, し分析, し或いは, し計画, し論議, もし, を強い得る, 深くする

▼ し多少~ (18, 0.0%)

1 [18件] その有, の元気, の意見, の抱負, の疑惑, の疑懼, の自己革命, はわたくし, アカデミックな, 商才の, 堅くなってる, 得る処, 意見の, 手を, 理論上の, 研究的な, 職業の, 謹慎の

▼ し大事~ (18, 0.0%)

3 と言, なこと, な点 1 な鴨, にし, にする, に思い, に掛, に至らざりし, の, の場合, を取り

▼ し宿~ (18, 0.0%)

2 の秋, やうつせ

1 [14件] が混乱, なれや, に帰る, ねば, の中, の前, の垣根, の女, の婢, の春, の桜, の梢, の橘, は別館

▼ し小説~ (18, 0.0%)

2 の場合

1 [16件] ありて, だつて, というもの, という概念, と戯曲, なり予本書, には書けない, には見事, に描く, の終る, の趣向, の面白, または脚本, もあまり, も戯曲, も遂に

▼ し少女~ (18, 0.0%)

1 [18件] あり, と若者, なり, に, のこの世, の危難, の名, の救われし, の生贄, の肌, の英雄, はこの, はシヨオペンハウエル, は巨勢, を, をくち, を月, 忘れかねつも

▼ し従来~ (18, 0.0%)

2 の措置

1 [16件] のイデオロギー, の交遊関係, の仏蘭西劇, の制度, の家族制, の快活的民権派, の戦犯, の所謂, の政体, の浮世絵, の狭隘, の督学官, の観察, の非, 盗まれた品々, 食いなれた普通

▼ し~ (18, 0.0%)

2 をし, を切らし, を殺した

1 [12件] が短く, の長き, も絶え絶え, をころさん, をする, をつかせない思ひ, をととのえ, をはずましてる, をひそめた, を堪, を屏, を潜めた

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] しみぬ揺り遊び, と云い, と赦し, の代償, の存在, の幾許, の泉, の焔, の眼, の祈祷, の葛, の魔薬, はその, は必ず, は落花, や情緒, を実行, を説き

▼ し支配~ (18, 0.0%)

3 すること 2 して

1 [13件] しかたちづくる, したもの, し併呑, し吸收, し得るわけ, するとき, するに, するの, する人種, する処, する唯一, せしめるであろう所, に候

▼ し新聞~ (18, 0.0%)

1 [18件] が伝える, が報道物, でも麗々しく, にお, に寄稿, の内容, の号外ランプ, の天気予報, の娯楽面, は駄目, も一つ, や雑誌, を取り, を取りける, を取り上げ, を投げやり, を読み, を読み合わせ

▼ し早く~ (18, 0.0%)

2 帰って, 癒つて縫ふて呉れ

1 [14件] から俳諧, こうと, も徳川あたり, も応対, も東京, も武者修行, も音楽, 工場を, 帰らないと, 成長し, 既にあたかも夫, 癒つて縫ふてくれ, 立憲の, 老いもとより

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] から町, が多い, での世話役的, と緑, に引きあげる, のひとたち, の一員, の人々, の児ら, の公益, の山鳩, の戸数, の経済, の繁殖, の聞き違え, または町, をブラブラ, を穢した

▼ し此等~ (18, 0.0%)

2 のもの, の人, の歌

1 [12件] のこと, の事, の事實, の凡て, の外面的機縁, の東歌, の殺伐, の苦しみ, の雜念, も先づ以, よりも猶, 諸貿易港

▼ し~ (18, 0.0%)

5 りの 2 された刀自

1 [11件] したの, したもの, した根, しを, の竅, り七人, り九十兩, り二百兩, り五百兩, るは, る隅

▼ し民衆~ (18, 0.0%)

2 の覚醒

1 [16件] に支持, に謀反, のリアル, の大部, の希望, の政治意識, の権利, の活力, の生活, の移殖, はそういう, はその, は無知, を救う, を苦しめ, を音楽

▼ し氣味~ (18, 0.0%)

5 です

1 [13件] だつた例, でお茶, でした, で子分, で芝愛宕下一圓, になりました, に押, に月代, に殺され, に見, に風呂敷, のやう, の樣子

▼ し~ (18, 0.0%)

2 てると

1 [16件] て, てたこと, てたは, てた平次, てた時, てた相, てた英字, ててその, てて握りしめる, てました, てるといふ, てる外, て其處, て殆ど二十年ぶり, て汗, りここ

▼ し~ (18, 0.0%)

3 逆に 2 とし

1 [13件] のジャン・ヴァルジャン, の勇士, の客観性, の文芸復興, の熟睡, の発見者, の白色, の自由人, を偽, 怪を, 景なり, 箇を, 闇に

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] がするする, じゃある, だ, であったの, でもあり, で鳴子, に落ち, に落ちた, に転げ落ちた, に転げ込んだ, の底, へ歩い, へ落ち, をほりかけ, を作っ, を作る, を掘っ, を掘る

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] お刻ん, が引緊, づきは, づきはかれの, と乳, と血, に飽満, の上, の欲, の罪人, の自ら齢, の見ゆる, をおどらせ, を以て氷, を割く, を離, 再びわれら, 炙り捧げしこと

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] から下, から煙草入, から足, が曲っ, にはピストル, には拳銃, に差, に手拭, の墨斗, は曲がり, より下, をおろし, を下ろし, を叩いた, を張っ, を抜かさん, を落した, を跼

▼ し~ (18, 0.0%)

1 [18件] が滲ん, と傷, と涙, にぬれた, に飽かない, のけの, のめぐり, の価, の出る, の涙, の色, の雨, は出, は苧環, を流した, を飮, 流れ出たる傷, 迸り出るを

▼ し部屋~ (18, 0.0%)

2 の隅, を出

1 [14件] だな, で大阪屋, にねころん, にヌケ, のスイッチ, の真ん中, の蚤, は綺麗, も相当, や秋, をがたがた, を掃除, を退き, を間違え

▼ し~ (18, 0.0%)

5 かつた

1 [13件] かつたらう, からむと, かりけれど, かりしも, かるべしと, がつて, けれど其身長, けれど日本, けれど面, さを, を聞い, を覚う, 併し

▼ しおれ~ (17, 0.0%)

1 [17件] かえってうなだれ, かえってベソ, が部屋, と向き合っ, にしおれ, に委せろ, の門, はおれ, は武士, は礼, もふとした, も堂突, も支配, をののしりつづけた, を圧迫, を裏切ろう, 返って

▼ しこうした~ (17, 0.0%)

1 [17件] ヨーロッパの, 一般的な, 不経済, 半官憲的文化動員, 反個人主義, 告白一般が, 国粋主義, 戒心を, 横死を, 純経済的, 膨大な, 自然科学的方法, 規定は, 関係の, 際にも, 露骨な, 馬鹿げた気分

▼ しさうになつ~ (17, 0.0%)

133 たので 1 たが

▼ したりとの~ (17, 0.0%)

3 事也

1 [14件] 一話あり, 事なりき, 事なりし, 事にて, 仮定説は, 古井戸, 史實を, 噂世に, 報あり, 奇談あり, 罪により, 説あり, 説に, 論の

▼ してに~ (17, 0.0%)

5

1 [12件] ぎやかだつた, ぎやかにできておるからのう, なる小, ほひな, ほひなど, やつと, やりに, ツこり, ツこりした, 清水の, 組は, 逃げ出しましたッ

▼ しなぜ~ (17, 0.0%)

1 [17件] かくも, かバカ, か気むずかし, こうした問題, こんな事, そういう印象, そういう生活, それが, そんな負債, そんな馬鹿馬鹿しい, 二人が, 何に, 公式主義という, 夫人が, 客観に, 己には, 男装し

▼ しなん~ (17, 0.0%)

2 のため

1 [15件] したか, だけれど, でしょうか, でもええ, でも望みどおり, でも見のがし, でも説明, の不足, の容赦, の欲求, の用意, の証拠, べん, べん離婚, 無可

▼ しひそか~ (17, 0.0%)

1 [17件] にその, になにごと, にはいりこみおる, に他人, に兵学, に嗤, に憧憬, に救済, に昂奮, に泣き, に聞き取り, に背後, に草, に語り伝えた, に門外, に驚くべき, に鴆毒

▼ しびら~ (17, 0.0%)

3 して, せて

1 [11件] され創造, し暑い, せいくぶん, せいつか千枝子, せたの, せつつ, せながら, せるばかり, せるよう, せストリップ, せ小屋

▼ しふたたび~ (17, 0.0%)

1 [17件] かかる時代, くりかえさないこと, この形, エルンストに, 一文の, 元の, 去就に, 口を, 文学に, 日本人民を, 武器を, 禄を, 繰り返しませんお, 道中した, 霊魂と, 魯粛を, 鶴翼に

▼ しみんな~ (17, 0.0%)

2 を笑わせ

1 [15件] いやがる用事, がそれぞれ, がどっと, がどつと, がめいめい勝手, が順ぐり互, が鶴嘴, で死装束, に, にたすけられ, にもそう, の顏, はぐるぐるぐるぐる, はむりにひき, は軽蔑

▼ しゃっても~ (17, 0.0%)

2 ちゃんと知っ

1 [15件] あゝ痛い痛う, おとなしく聞く, このまま, そう早急, その時, ちっとも可哀そう, また何時あなた, 下さいました, 別れるの, 宜かろう, 宜しい, 本当に七夕様, 決してお, 篤と胸, 長く苦痛

▼ しやの~ (17, 0.0%)

2 葉が

1 [15件] はてが, ば, 例に, 名を, 問題に関して, 天狗洞の, 姿に, 果てか, 果である, 浴衣とも, 爺とは, 疑を, 粋な, 葉つ, 葉や

▼ し一般~ (17, 0.0%)

1 [17件] がそれ, には極めてハッキリ, には火, にファシズム, に云っ, に回覧版, に意識, に或, に根本概念, に知れわたる, に社会, のレベル, の人々, の人心, の常識, の愚, の義太夫

▼ し~ (17, 0.0%)

2 あるが, にしか思はれない

1 [13件] ならば, なりし麦, なれば, に自然, のことぢ, の事, の事実, の時代, の軽い, はいた, はお茶の子さい, は儀, を授けられ

▼ し何事~ (17, 0.0%)

1 [17件] かの事業, かの夢, かを命ずる, か為すあらん, か相談, でもさう, についてもひどい, にも倦める, にや, もなかつた, も云う能わずし, も御, も無かっ, をか爲さん, をも神秘, をも言わず, を成し遂げた

▼ し国家~ (17, 0.0%)

2 の秩序

1 [15件] から発し, が其の, という字, に仕え, の刑罰機関, の存立発展, の宗廟, の恥辱, の意思, の支持, の根本, の生存, の立法機関, の統制, を維持

▼ し夫婦~ (17, 0.0%)

1 [17件] が相談茲, になり, に成っ, に致さん, の弔, の情, の愛, の死, の衣類, の話し合い, の身分, の間, の関係, は同等, も江戸, を御, を救

▼ し婦人~ (17, 0.0%)

2 なり

1 [15件] が生殖事業, こそ籠, に洩らさず, の中, の人格, の寝室, の権利, の社会的地位, の職業, はひたと, は蒼白き, は驚異, を冷遇, を取扱う, を軽蔑

▼ し学問~ (17, 0.0%)

2 が知識

1 [15件] が進み, というもの, のこの, のため, の新, の談論, は凡, は怠け, は東京弁, も進歩, も開け, をもっ, を云々, を曲げ, を軽蔑

▼ し希望~ (17, 0.0%)

1 [17件] ある生活, がなくなっ, された助力, して, しようと, し指導, と忠言, によって地獄, の, のない, のみは遂に, の高, は, はある, もうちあけ, もし, を持っ

▼ し幸福~ (17, 0.0%)

1 [17件] といふもの, といわずし, として考へるなら, とは何ぞ, と歓喜, なる山境, な家庭, な目, になっ, になる, に一生, に生き, は絶望, をもっぱら, を全く, を感じ, を究竟

▼ し~ (17, 0.0%)

2 の者

1 [15件] でも飲み食い, としては余り, にはちらほら, に居申さず, の儀, の方, の特長, の番頭達, の者勝手元, の進展, もあれ, をあけ, をしめ, を逐われ, を閉める

▼ し~ (17, 0.0%)

2 にトランペット, はその

1 [13件] がなしとげた, の信一, の方, の正季, の直義, の阿, は京都, は年若, は食料, や次男三男, を憶, を指導, を羨み

▼ し感情~ (17, 0.0%)

2 し意志, とはこの, の上

1 [11件] が昂進, が高調, して, によって物, のどの, の自主性, の論理, はわれわれ, は主, は理性, を鍛錬

▼ し~ (17, 0.0%)

2 を踏ん

1 [15件] に現代, 倉院が, 北に, 慧を以て, 智なり, 智の, 東風, 枝を, 氣を, 澄の, 理を, 盛之に, 知解脱の, 虎が, 途を

▼ し永遠~ (17, 0.0%)

2 なる幸福, の絶望

1 [13件] なの, なる者, にこ, によって貫かれ, に参ずる, の価値, の基礎, の時, の若, の青春, の領地, は愛, への思慕

▼ し~ (17, 0.0%)

3 がへり 2 ではある

1 [12件] だった, でで, に行き, に行く, に身体, に通, のどろどろ, のぬるい, の宿, を出る, を沸らしな, を浴び

▼ し~ (17, 0.0%)

2 となす

1 [15件] でも喧嘩, と争, なら犬除, の何処, の八公, の吠, の咆, の姿, の尾, はけたたましく, はその, はぢ, は鎖, も食わない, を入る

▼ し當時~ (17, 0.0%)

2 のさま

1 [15件] にあり, にはこれ等, に於, の事, の全, の天下, の思想, の支那人, の武者修業者, の無任所公使, の牧童, はすでに, や, 即ち後醍醐天皇, 諸大名

▼ し私たち~ (17, 0.0%)

1 [17件] から万雷, がたいへん, に仕事, の失望, の日々, の日常生活, の鐵兜, はお茶, はそれぞれ幼児, はまた, は挨拶, は文学, は負傷兵, は身体, をふるい立たせます, を助け, を最後

▼ し終り~ (17, 0.0%)

2 て静

1 [15件] さて和尚, たるを以て, てアポローン, て僧坊, て手, て故, て立つ, に, には神格化, にキリスト教, に東京地方裁判所小林檢事正, ぬ, ぬ兎角, の方, 再び圍爐裡

▼ し~ (17, 0.0%)

5 けてゐた 4 けて來 2 いて 1 けて居た, けながら云, けました, けるの, け現在弟, て伯父

▼ し~ (17, 0.0%)

2 しは

1 [15件] しならん, しなり, し處明日九十兩持參致, たりと云, たり然, たり爾ぢ是, たること, たる妻, たる小冊, たる由, たる通り後藤半四郎, て遣, に北史卷, ば當時, り其後

▼ し~ (17, 0.0%)

2 とし

1 [15件] とともに去る, と富, なるいみ, なる部分, の哀愁, の女, の客觀相, はしき卓, は豈, をこわし, を崇拝, を感じ生みだす, を異に, を盡, を鑑賞

▼ し興奮~ (17, 0.0%)

7 して 2 し心身 1 がさめ, させるには, したる精神, した精神, しないほどに, し合った, し狂, し緊張

▼ し~ (17, 0.0%)

2 をつけ, をねり

1 [13件] がうまく, が苦い, であると, となす, の見る見る回る, の調合, は委託, を与, を与へ, を取り, を合せ, を摂れ, を練り

▼ し要するに~ (17, 0.0%)

2 皆な

1 [15件] その生涯, バクダンは, 一つの, 世界観は, 之を以て, 今日の, 俺は, 各個人, 奉仕とは, 山人の, 彼等は, 彼等自らの, 是等の, 書手の, 真の

▼ し~ (17, 0.0%)

2 の皺

1 [15件] には穏やか, には色, に泰平無事, のあたり, の汗, の骨, の髪, まで隠れる, や頤, や頸, より丈, を叩い, を地, を姉, を水

▼ しさき~ (16, 0.0%)

2 には我

1 [14件] いかなるムーザ, には人, には天使中, にわが, にオッタヴィアーン, に我, に死, に死せり, に水, のごとく, の事, の自分, よりこれ, 程の下女

▼ したりといふ~ (16, 0.0%)

4 而も 2 さりながら, 其の無稽無謀, 可し, 如きは 1 ことを, 妹の, 妻の, 有様で

▼ しつき~ (16, 0.0%)

1 [16件] ただもう, であったけれども, であつ, ともにすみ, と云う, に焦げた, の, のあいだ, のこと, はかり, はまるで, は眠った, をお送り, をすぎ, を幾たび, 最も自分

▼ しとして~ (16, 0.0%)

2 これを

1 [14件] そういうこと, その気, 仕官する, 他の, 共に肥, 勝手に, 善良な, 址を, 嫌うもの, 山深い, 意味の, 現象界にのみ, 画然と地上, 空間を

▼ しとにかく~ (16, 0.0%)

2 完璧の, 小笠原と

1 [12件] この場, その勘定, それから, に寄り, 其の簡單, 四十回も, 四日に, 此處は, 記念品贈呈の, 話の, 話術の, 鶴の

▼ しほどに~ (16, 0.0%)

1 [16件] その同母妹輕, ひたすら袖, ふと足下, わが心, われは, 一日朝鮮変乱に, 世の中は, 憶ひぞ, 我が身は, 旦那さま呆れ, 景山は, 月日かさなり, 眼を, 足冷えたれ, 身は, 身体の

▼ しもはや~ (16, 0.0%)

2 仏罰を

1 [14件] あまり沢山は, そういう言葉, それ以上分割出来ない, ヒューマニズムの, 人込みが, 働きかけるべき何もの, 区別の, 文壇の, 日曜日の, 曲った習慣, 曲つた習慣が, 歩くこと, 灯火も, 蔽うべからざるもの

▼ し一層~ (16, 0.0%)

1 [16件] その名, なぐさめられました, またセンチメンタル, 努力し, 固くする, 多くの, 幸福に, 強くなる, 愉快を, 有效, 深く教理, 私の, 詳細なる, 間接的高踏的であり, 難有, 高い発展段階

▼ し~ (16, 0.0%)

2 體は

1 [14件] な役僧一同, の實, の成輔, の箕輪亮輔, は留守番, より指定, イェス・クリストを, 基が, 夫婦を, 從日夜額を, 怪を, 脳部の, 體と, 體によ

▼ し乃至~ (16, 0.0%)

2 作用する

1 [14件] それと, それによ, はそう, は双方, は歪曲, は薄弱, は順序, 保證せね, 唐以前の, 手捉し, 自己待遇する, 貫徹する, 適当に, 露出し

▼ し事實~ (16, 0.0%)

2 に有難く

1 [14件] が無, にあれ, に徴する, に心實, は爲替相場, は豫期, も推測, も發, をも言, を一囘的, を三年間祕, を容易, を發見, を語る

▼ し~ (16, 0.0%)

2 の珍, ふるに, 助の 1 にて鰻, の, のさま, へて十二時半頃, へて貰, を支払った, を責むといへるゲラルド, を重ねる, 匠記で, 埴安姫が

▼ し何れ~ (16, 0.0%)

2 にし

1 [14件] か海洋的分子, にも片田舍, の作家, の啓示, の者, の馬, も, もある, も幾何学, も訳語, も零れる, を主, を低し, を後

▼ し何故~ (16, 0.0%)

1 [16件] かと聞け, それである, であるか, にこの, にそれ, に方法, に神かく爲, 人々は, 其甥が, 同様に, 吾, 忠孝の, 旨い乎何, 早く然, 見当違いな, 賊が

▼ し保護~ (16, 0.0%)

2 しその, して, し自由 1 させるため, しなかったので, しようと, するであろう, するとともに, する一つ, する権能, もした, もする, を左右

▼ し創造~ (16, 0.0%)

1 [16件] しつつ, しつづけて, しよう, しようと, し増大, し得たパリー, し生存, すること, するため, するには, するもの, するよう, する音楽, のもっとも, の脈搏, もし

▼ し否定~ (16, 0.0%)

2 し欲

1 [14件] した, した貝原益軒, しつくすの, しなければ, しわずか, し僅か, し刺殺, し否定, する, すること, するアンチ, する気風, せんと, は更に

▼ し哲学~ (16, 0.0%)

2 をイデオロギー

1 [14件] がイデオロギー, が元来, が政治学, するという, として後, と雖, に対して特別, の出発, の理論, は日常的, は機械的, へ問題解決, や語学, を俟

▼ し女房~ (16, 0.0%)

1 [16件] おみね, が宿六, として家, と一しょ, と娘, になれ, の住みたる, の動作, の走り出, は勉強, は可, は気転, は真っ, は縫い, への土産, をもらっ

▼ し完全~ (16, 0.0%)

2 なその

1 [14件] なる焦土, なアース, な改作, な状態, にその, に危険, に合意, に同じ, に幼魚, に強直, に糧食, に自己, に販売能率, を期し

▼ し完成~ (16, 0.0%)

4 して 2 せしむることによって自己 1 されたの, した, したの, した能才, し得るだけの, するため, せしめて, の日, までのあらゆる, を希望

▼ し~ (16, 0.0%)

1 [16件] が下手人, である, です, でねらう, という暖簾, と毆, と記せる, に縁, のお, のそば, の区長さん, の奥, の悪, の爺, へ奉公, を以て鳴る

▼ し~ (16, 0.0%)

2 にも通船, の中

1 [12件] という, に沿う, に沿った, に添っ, のみぎ, の名, の水, の水際, は狭く, へ足, もある, を徒歩

▼ し平次~ (16, 0.0%)

2 が手, の叡智

1 [12件] が路地, の失敗, の方, の智慧, の無理, の生活, の練達, はその間, は人混み, は何, は組屋敷あたり, もガラツ八

▼ し必ずしも~ (16, 0.0%)

1 [16件] この教学的精神, それを, モリエエルと, 主食常食と, 人為的, 充分の, 其の那方, 所謂反動的な, 明晰判明でない, 是正の, 標準語普及を, 機械論的で, 武士の, 真理では, 見当違いであった, 足もとの

▼ し恐らく~ (16, 0.0%)

2 之は

1 [14件] あやか, いちはやく気づいた, この見方, ドリーシュの, 一生を通じて, 其当時の, 各国人の, 唯物論とか, 左団次式な, 弑せられたの, 新明氏, 直観と, 私の, 自然必然的な

▼ し~ (16, 0.0%)

1 [16件] てふ, になつて, に惱, のおも, の古里, の奴, の港, の絆, の花, はさ, ふる堪えかねて, ふれど, もがな, もする, も忘れ, 愛し團欒

▼ し~ (16, 0.0%)

2 の前

1 [14件] か何ん, がさっと, がひらきました, が音, に倚, のすき, のところ, のまま, のベル, はさすが, をあけ, をひらい, をやう, 鳴り家

▼ し手紙~ (16, 0.0%)

1 [16件] あり是, が届いたら, なるゆゑ, には, に書いた, の主, の形式, の文句, の返事, も添, や, をかき, をロールヘン, を二三通, を出した, を巻い

▼ し~ (16, 0.0%)

2 いた上, いても

1 [12件] いたモノ, いた八五郎, いた場所, いた塔, いた末, いた金, いて, かれ氣味, きましたが, けに奇問, けに思い, けに泣い

▼ し歴史~ (16, 0.0%)

1 [16件] が進展, こそ本来因果的, とかかわりあっ, としてそれ, の中, の姿, の實存的, の指導的イデー, の老, の進み, の進歩, はイスラエル, は日々, を前進, を創造, を異に

▼ し破壊~ (16, 0.0%)

1 [16件] されて, されるであろう, しそれ, した, したの, した感じ, しようと, し尽して, し生命そのもの, すべくわれわれ, するそれ, するの, する上, する贅沢, せんが, もする

▼ し立派~ (16, 0.0%)

1 [16件] なお花畑, なる出立, なホテル, な人物, な店, な往生, な沢山, な石段, な肩書, な貴族生活, な遺言状, な音楽, にうたえる, にその, に村, に甲野

▼ し緊張~ (16, 0.0%)

6 して 2 した 1 しきった神経, しそれから, したもの, しながら, しなければ, し処々, する新しき, せざるを

▼ し~ (16, 0.0%)

4 えは 2 え御座 1 えなく, えの, えはなし何時, えも, え之, え更に, え毫程, え無之, え聊か, なし察

▼ し認識~ (16, 0.0%)

1 [16件] したほどの, した上, して, し呑み込まなければ, し記憶, すること, するだけの, するという, するに際しては, する主観, する能力, と認識, の妥当性, は神, もしなけれ, をここ

▼ し進歩~ (16, 0.0%)

3 する 2 して

1 [11件] させて, させ成長, しようと, するという, するの, に対する一種, の結果, もしなくっ, を妨げ, を真, を示し

▼ し音楽~ (16, 0.0%)

2 を楽しん

1 [14件] しながら, し学術, と称すべき, に合せ, に於ける, に興味, の主, の手ほどき, の本質, の表現力, を好み, を改造, を汚す, を研究

▼ しぞと~ (15, 0.0%)

1 [15件] いとど深き, 云る, 云れしか, 仰せければ, 問ひかけたる, 問ひぬ, 問ふ, 問詰られ, 彼の, 後に, 我が云, 有に, 申さる, 筆の, 驚き問ふ

▼ しつぎ~ (15, 0.0%)

1 [15件] にさらに実際, にそれ, には, にはかなり, には郵便局, には騒々しい, にまた, にイネルニー氏, に一切, に五百羅漢, に俄, に急い, に會つた時, に玄徳, に船着場

▼ してからでも~ (15, 0.0%)

2 何か

1 [13件] それは, どの方面, なかなか家, まだ一年, 二百余年の, 五ヶ月だ, 我邦の, 然るべき理由, 生活費を, 考えて, 諸政一事として, 逆境なし, 長靴好きで

▼ してしか~ (15, 0.0%)

1 [15件] あらしむる現実生活, いへるなり, えし, すと, せしめられて, その内容, 思い立ちしや, 現われない, 社会と, 行なわれないという, 見なかった, 解せられぬが, 話を, 認識し得ない, 語らうと

▼ しとに~ (15, 0.0%)

1 [15件] まかせて, 不思議に, 角この, 角インフレーション, 角一方, 角之, 角事毎に, 角問題は, 角思った, 角日本的ビューロークラシーの, 角気づいた, 角活動しない, 角相川氏が, 角科学的である, 角箱根山塊の

▼ しどうも~ (15, 0.0%)

1 [15件] しやう, その場合, それ丈け, ぼくには, わたしの, 不運で, 分からなかつた, 女一人で, 政府側の, 生きた, 直接の, 結構でない, 起倒流の, 野を, 長いです

▼ しにくかっ~ (15, 0.0%)

52 たので, たもの 1 たから, たが, たけれども, たであろう, たでしょう, たの

▼ しひとり~ (15, 0.0%)

1 [15件] が参った, が負うた, これに, でいっ, でござろう, で感心, で訳した, にきわまりました, の女, の者, の門守, はほんとに, は息, 英商を, 首肯きまた

▼ しへて~ (15, 0.0%)

5 くれた 1 あげたり, あげようか, いただいた, おいて, くれたの, くれたよ, くれた人, くれました, ゐます, ゐる

▼ しやすかっ~ (15, 0.0%)

42 たこと 1 たから, たが, たという, たの, たので, た三つ, た事情, た者, た血液

▼ しをもって~ (15, 0.0%)

2 人民忽ち

1 [13件] あらかじめ余, すなわち人, その伝授, その姓名, 再三これ, 千曳大明神と, 即刻附近の, 同署は, 拝領する, 未競争, 決して狐狸, 親しくその, 諸事好都合を

▼ し一挙~ (15, 0.0%)

1 [15件] にし, にアカグマ国, に前田方, に呉国, に大, に宮方, に敵主力, に本陣武器蔵, に東京, に決戦, に討っ, に遡江, に鹵城, 気構えを, 鹿島灘から

▼ し~ (15, 0.0%)

1 [15件] が眼, けおされ, とを目, のかなた, のころ, の異なる, はま, は天晴, は少し, は悲しき, は神, れる中, を力, を失い, 即ちヨハネ

▼ し~ (15, 0.0%)

4 つた月

1 [11件] しは, つた私の, つて来た, つて来る, つて蒸し烟る, にし, 候條不, 堀, 己が, 庁者を, 庵する

▼ し~ (15, 0.0%)

3 を強う

1 [12件] の一人, の起居, の配備, はや, へ武芸, も将, をたくわえる, を乞う, を山陽, を強く, を損, を藏め

▼ し~ (15, 0.0%)

1 [15件] す, に庶民, に突き出でたる, に連, に離れ, の万花, の口, の国, の物資, の番所, は山, は海, は羽後境, へのし, より来る

▼ し同じく~ (15, 0.0%)

1 [15件] いまは, 五年には, 享楽し, 十七年四月には, 十八日朝日蓮自ら法華経を, 対象は, 対象概念は, 王の, 理想主義めいた, 白耳義人である, 荒縄を, 荷風先生を, 親鸞を, 賞める, 金庫の

▼ し同情~ (15, 0.0%)

3 を持て

1 [12件] しいろいろ, しおしまひ, します, し感嘆, し自己, すべき同胞解放, するが, する事, と共に一種, のみ未だ, の迸発する, を洗

▼ し大学~ (15, 0.0%)

2 の教授

1 [13件] では国富, で日本文学, などでは到底, におった, の教授団, の松村, の自動車, の跡, の関門, はシドニー大学, は特に, へはいる, を出

▼ し如何なる~ (15, 0.0%)

2 ことを, 滑稽笑

1 [11件] 先天的理由も, 問題を, 場合にも, 手段によって, 方向に, 時代にも, 端初を, 貌し, 邪神にでも, 階級の, 魚類にても

▼ し~ (15, 0.0%)

2 に, についた, にみお 1 として朝, なるを, に彼, のあくがれ, の周囲, の敷物, はもぬけ, を並べて, を後ろ

▼ し~ (15, 0.0%)

2 ほゆ, を一処, を一處 1 には念, に念, の為, はば, はば何, へば, ほゆる, を入れる, を浄業

▼ し恐怖~ (15, 0.0%)

1 [15件] させた上, しさ, した, したとは, したらしい, した心情, して, し之, し呪詛, し泣きぬれて, する, するだろうと, に満ちた, に襲われ, のうち

▼ し描写~ (15, 0.0%)

4 して 2 すること, するという 1 しなければ, し一歩, し且つ, すべきであると, するの, する上, する余裕

▼ し故郷~ (15, 0.0%)

3 を出立

1 [12件] として何となく, に在りし, に永住, に詫びぬ, のベルギー, の友, の幼心, の弟, の産土神, へは明, へ帰えり鋤鍬, を辞せ

▼ し新た~ (15, 0.0%)

1 [15件] なるもの, なる存在形式, な国土計画, な展開, な段階, な生命, にうち, にそこ, に捕虜, に生れた, に自分, に薩哈連, に西洋, に適当, に適當

▼ し~ (15, 0.0%)

2 の者, を研磨

1 [11件] つ, なれば, にある, の, の憂さ, の戻り, の野山, へまで出た, もこの, ゆくとけふ春風, を堪へ

▼ し~ (15, 0.0%)

1 [15件] は左団次, 唐書が, 将軍家との, 帝政論派の, 幕府の, 時代からの, 様式美に対する, 河道を, 王宮に, 社殿跡地の, 自由党の, 舞台が, 藩士の, 邸あり, 鬼は

▼ し早速~ (15, 0.0%)

1 [15件] この昭和十二年二月, に早馬, に道具屋渡世林藏, 一人娘を, 出迎, 又元, 収容手当を, 取掛かる事, 同村の, 図書館へ, 彦兵衛を, 御前へ, 懇意なる, 本国へ, 此段郡代屋敷へ

▼ し~ (15, 0.0%)

1 [15件] にはそこ, の明る, はそば, はまだ, は冴えた, は新鮮, は昼, は木洞中, は簡単, は銀座, も夜, をこもら, をも過ぎ, を面, 過

▼ し~ (15, 0.0%)

2 も同じ

1 [13件] が死遅れ候, し日頃, と相, の侯爵, の家, の遺, は一人, は彼, 姉も, 将軍に, 工人は, 月某日の, 監督の

▼ し此處~ (15, 0.0%)

1 [15件] から三人打揃つて出發, ではそれ, に, にあり, にはその, にも亦, にも兵士, にも生, に居ら, に湯, に雨, の樣子, の用, までのみを復活, 迄來

▼ し武男~ (15, 0.0%)

1 [15件] いよいよ懌, が夜, が手, が母, が父, には下司同然, に十二分, のほか, はたちまち, はふり仰ぎ, はわずか, は一日横須賀, は思わず, は渋面作り, 行かんとしては

▼ し注意~ (15, 0.0%)

2 しなければ, すべきは

1 [11件] さえすれ, したい, して, すべきこと, すべき点, せしめた隕石, の届く, を与える, を促す, を集中, 深く研究

▼ し無理~ (15, 0.0%)

2 に私ども

1 [13件] して, な借銭, にも, にもこれ, にも進め, に妾, に小使, に強いられる, に腕, に金, のない, はなかっ, をする

▼ し~ (15, 0.0%)

1 [15件] けるは, さむと, さる次に, しぬ, せる汝送り, た所, た通りお前さん, に付據處ろ, べきや, べし先刻越後者, べし其間, ますが, 上げますという, 上げるよう, 上る儀

▼ し秀吉~ (15, 0.0%)

1 [15件] がゆるし, と手, に謁, の人物, の各, の孝養, の帷幕, の書, の来襲, の陣, はたまりかね, は信玄, は偶然, も固着, をやぶり

▼ し秩序~ (15, 0.0%)

2 ある伝統, もなく, を立て 1 ある論理, づけたよう, づけるかに, づけること, の維持, はもはや, をやぶり, を形成, 立てかつ

▼ し~ (15, 0.0%)

2 の跡

1 [13件] にされる, にし, にした, のあと, も折れよ, を以て二人, を入れ, を加, を拭く, を撰, を求め, を皆, を閣

▼ し自分たち~ (15, 0.0%)

1 [15件] のすばらしい, のよむ, の前途, の労苦, の幸福, の愛, の法則, の生命, の生活, の生活破壊, の生涯, の結婚, の観察, の領域, はなに

▼ し自覚~ (15, 0.0%)

3 して 2 しなければ 1 されずに, したこと, しただけ, した上, しまた, し且つ, し又, し得るところ, するかという, に於

▼ し表現~ (15, 0.0%)

2 して, するミクロコスモス

1 [11件] しようと, し得たの, し得た二十五年前, し得るよう, すること, する処, の威力, の方法, は記号, は重厚, を表現

▼ し議論~ (15, 0.0%)

2 は益々

1 [13件] した, しては, しながら, し口角泡, し歌, し絶えず, し追懐, でもさう, と製作, などになる, はただ, をいろいろ, をし

▼ し軽蔑~ (15, 0.0%)

2 して

1 [13件] されて, しきつて, した私, し去つた彼, し合って, するところ, する自棄, でもし, によって自分, に値しない, に耽る, の心, もした

▼ し運動~ (15, 0.0%)

2 の時, や変化

1 [11件] がてら, し奔走, し社会, するそんな, するもの, する生, に習熟, の中絶, やらてんやわんや, を怠らずし, を骨ぬき

▼ し~ (15, 0.0%)

2 は湖

1 [13件] が響き, という骨, と肉, に, も砕けよ, も碎けよ, をおった, を休めたい, を折っ, を折った, を折り, を折る, を黄金

▼ し~ (15, 0.0%)

1 [15件] さに, さ三尺三重の, 六百石焼火の, 啓と, 声念仏甚だ, 帽子を, 幹は, 廈大館を, 廈大館少なし, 意に, 櫓を, 煦の, 眠安臥興を, 蹈派といふ, 青眼の

▼ しあん~ (14, 0.0%)

3 したよ, して 2 した, したべ 1 したすえ, にくれ, をさだめまし, をめぐらした

▼ しいと~ (14, 0.0%)

1 [14件] おかし, は, みえて, 同じ程度, 寒げなる, 強き物, 思うよう, 思つた, 恥か, 易いこと, 楽しく夜, 考えて, 解したり, 言ふ

▼ しおよそ~ (14, 0.0%)

2 十分間も, 此世の 1 かくの, これ以上の, 一万近い, 一月の, 三千人からの, 二十品位も, 十片内外も, 収入の, 百年後の, 鳥け

▼ しがい~ (14, 0.0%)

3 があった, のある 1 がある, がない, が有る, など言, のよう, もあります, もある, をめちゃめちゃ

▼ しこちら~ (14, 0.0%)

1 [14件] からあやまっ, からお, が勝つ, では竜宮, でも人声, にその, に回った, に対する感情, のせまい, はたった, は待っ, は文芸春秋, は落第, へ駈付けました

▼ ししかし~ (14, 0.0%)

1 [14件] いくぶんさう, そのため, それでも, それらを, どうもそれ, もう御, 一方で, 信二には, 同時にそれ, 或る, 未だ開かれません, 結局は, 自分の, 身動きの

▼ しそれからまた~ (14, 0.0%)

2 ゆるやかに

1 [12件] おすえ, シェイクスピア中の, 上京した, 毛布に, 獲物の, 目を, 直ちに自分, 真直に, 続きを, 舞台に, 門を, 頭を

▼ しって~ (14, 0.0%)

1 [14件] お召換, お悋気, まだ五六日, もう一つ, ようございましょう, 下すった, 其の内彼, 可うござん, 御形見, 旗持に, 月見を, 病人に, 私が, 詫言を

▼ しづくし~ (14, 0.0%)

63 てゐる 1 たたる桜花, ている, ては, てはれる, てゆ

▼ してはを~ (14, 0.0%)

4 りません 2 らぬ 1 かしな, られなかつたから, られぬ, りますが, りますけれども, りませんが, りませんですの, れぬといふ

▼ しとお~ (14, 0.0%)

3 もひ, もふ 1 ぼゆ, まへは, もはる, もはれし, もひき, もふや, もへば, もほゆる

▼ しともかく~ (14, 0.0%)

2 小田原の

1 [12件] もさ, も南側, も露路, 一戸の, 二人でしょう, 夜の, 己れ, 彼女は, 我々は, 日本の, 最善を, 相談が

▼ しにて~ (14, 0.0%)

1 [14件] 九州に, 予も, 候, 候うと, 候御油斷成る, 晝の, 死したる後急, 殺されしには, 生醉, 箱館と, 赤心の, 釜取, 馬士を, 龍田姫が

▼ しほどの~ (14, 0.0%)

2 自然的吏人に

1 [12件] ゾパルをも, 事いかで心から, 事なれ, 人々此家に, 勢なりき, 帝の, 待遇にて, 我なれ, 文才ある, 激しさ, 珍品をも, 軽薄なる

▼ しますます~ (14, 0.0%)

2 自分を

1 [12件] その会社, その労働, その味わい, その失業, その恐慌, 不活溌, 奇怪に, 庄右衛門や, 極端に, 比類なき, 眷顧に, 辺境を

▼ しむしろ~ (14, 0.0%)

1 [14件] これを, その本, その類概念, その香わし, 史蹟および, 営利的に, 大震の, 帝政論派と, 御陪食, 我國の, 新疆, 普通民よりは, 理想上の, 逆上した

▼ しむるものは~ (14, 0.0%)

1 [14件] およそ歴史, この小さき, そういう批評, その権力, たといわれわれ, もとより学者, 主として神社, 何ぞ, 何ぞや, 即ち愛, 即ち知己, 唯一つ馨子, 唯帝室, 我が言

▼ しむる勿~ (14, 0.0%)

82 れと 1 れとは, れ実行上, れ生活, れ詩人

▼ しやっと~ (14, 0.0%)

1 [14件] のこと, スレーターで, 乗ったら直ぐ, 乗れるよう, 五日後に, 口が, 夜汽車に, 悲しさ, 生きて, 私立の, 筏に, 腰を, 車窓に, 近頃悲しい

▼ しやや~ (14, 0.0%)

2 長じ

1 [12件] ともすれば師僧, ともすれば船, もする, 傷ついたもの, 冷やかで, 南寄りに, 快くその, 疲れを, 胸を, 質は, 長い木刀, 骨を

▼ しカント~ (14, 0.0%)

1 [14件] とラインホルト, と雖, にとっては唯一, によれ, のよう, のアプリオリ, の欲, の空間論, の精神, の自然形而上学, はこの, も云う, も考えた, を離れ

▼ し一部~ (14, 0.0%)

1 [14件] からは, からは売名, からは牧師, からひどく, のもの, の人, の人間, の兵, の捕虜, の著書以, はなお, は一昨年, は懸崖, は餌食

▼ し両者~ (14, 0.0%)

3 の間 2 の関係 1 がそれ, が之, が同一, に於ける, は何れ, は実は, を同一, を掲載料金, を調和

▼ し作者~ (14, 0.0%)

1 [14件] がその, とともに推理, と共にあの, のエスプリ, の作意, の形, の方, の深刻, の筆, の考, はこれ, は皇子, も単一, を訪問

▼ し例えば~ (14, 0.0%)

1 [14件] そういうアブソリュティスティック, イギリスの, イデオロギーの, イマ, フランス啓蒙主義に, プロレタリアの, メービウスの, 実際世界, 射影幾何学に, 応用化学者や, 生産力と, 網の, 茶道で, 鰹節が

▼ し先ず~ (14, 0.0%)

1 [14件] そこに, シェイル, 一身の, 中国朝鮮婦人作家の, 其処の, 室内に, 日本民法を, 明智小五郎の, 現世の, 秀子の, 第一, 荒川を, 荻沢警部の, 衣裳を

▼ し~ (14, 0.0%)

1 [14件] と脇差, などに手, にて誤り, に手, のこじり, の刄右, の目貫, をひきよせ, を作っ, を差し, を挙げ, を構え, を脇, を袖の下

▼ し利用~ (14, 0.0%)

4 して 2 すること 1 しきれないもの, したい希望, し冒涜, し嘲弄, し得る一切, し得又, すべき存在, する

▼ し~ (14, 0.0%)

2 だ其の, 熱心に 1 うらぶれて, これ登攀甚だ, それだけの, だ意味, だ本, の者, 一つ葉子の, 伝へた, 自覺せり, 蔭ながら

▼ し~ (14, 0.0%)

2 として奮然死守攻撃

1 [12件] なれば, のうち, の四郎, の塀, の消防隊, の落ちる, の間道埋設, はふたたび, を修理, を出, を振り返り, を移す

▼ し夕方~ (14, 0.0%)

1 [14件] お風呂, かけて, からは正則英語学校, だけ飯, なら翌朝早め, になっ, になる, の五時, の何時, は阿蘇山, までに本多, まで居る, 同温泉, 大都会名古屋

▼ し太陽~ (14, 0.0%)

1 [14件] から遊星, がのぼり, が春季, と暴風雲雨, の光, の光線, の大き, の直接, はこの, は東端, も又, も時勢, も暖かく, を其兄弟神

▼ し安心~ (14, 0.0%)

2 して

1 [12件] させる術, しきって, しそして, したいと, した心持, しようと, し切って, し勇気, すると, と立命, もした, もしました

▼ し~ (14, 0.0%)

1 [14件] が不幸, が息, ならずや, に入っ, に害刃, に対する当局者, の今, の御, の辿着く, はその, はほとほと