青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しだいに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しずか~ ~した した~ ~したい したい~ したがって~ ~したら したら~ ~したる したる~
しだいに~
~しっかり しっかり~ ~しつ ~してる してる~ ~しない しない~ ~しなかった しなかった~ ~しなかつた

「しだいに~」 1002, 10ppm, 10347位

▼ しだいに大きく~ (29, 2.9%)

11 なって 2 なりやがて, なる

1 [14件] しだいに形, なったが, なりがやがや, なりまもなく, なり家数, なるの, なるもの, なる河流, ひろが, 人の, 伝わって, 成長し, 腫れ上らうとして, 頭上に

▼ しだいにその~ (20, 2.0%)

1 [20件] おぼろげな, 上空へ, 主義という, 信徒と, 力が, 努力が, 地方全部に, 変人を, 平靜なおち, 形式すらも, 思索と, 放埓, 方向が, 眼底に, 穹窿を, 美しさ, 色に, 表情で, 趣を, 輪を

▼ しだいに多く~ (12, 1.2%)

2 なって 1 その子孫, なった, なつて, なりその, なりようやく, なり果, なること, の野次馬, 合流し, 心を

▼ しだいに遠く~ (12, 1.2%)

3 なって 2 なりやがて 1 しだいに濃, なった, なる, へ立ち退く, 北に, 去って, 連れて

▼ しだいに~ (11, 1.1%)

1 [11件] に親近感, の体, の目, の知覚, の頭上, はその, は彼女, は落ち着い, へ示し, を仰向き, を落ち着かせ

▼ しだいに自分~ (10, 1.0%)

1 から離れる, が何もの, が隠密, のからだ, のこれ, のこんな, の前, の話, の身, を離れる

▼ しだいにはっきり~ (9, 0.9%)

8 して 1 となる

▼ しだいに暗く~ (9, 0.9%)

2 なって, なる 1 なった, なり同時に, なる夕空, 沈んだ気持, 灰色を

▼ しだいに彼女~ (8, 0.8%)

1 から飛び, が手, に男, のうち, の全身, の家, はそれ, は家庭

▼ しだいに深く~ (8, 0.8%)

2 なって 1 なった渓, なつて行, なりつつ, 孤独の, 沈み込んで, 没して

▼ しだいに強く~ (7, 0.7%)

1 さからいがたい, なった, なった風, なって, 床を, 揺れる, 線香の

▼ しだいに近づい~ (7, 0.7%)

2 てくる 1 てき, てきた, てすでに, てゐた, て来る

▼ しだいに高く~ (7, 0.7%)

2 なって 1 かつ蒼く, なりやがて突然, なる, なる時節, 響いて

▼ しだいに一つ~ (6, 0.6%)

1 ずついつ, の信仰, の信念, の恵まれた, の方向, の結論的

▼ しだいに消え~ (6, 0.6%)

3 ていった 2 てゆく 1 対岸の

▼ しだいに高まっ~ (6, 0.6%)

2 てきた 1 てくる, てその, てゆく, て行った

▼ しだいに小さく~ (5, 0.5%)

2 なって, なる 1 しだいに

▼ しだいに少なく~ (5, 0.5%)

4 なって 1 みんなあちらに

▼ しだいに~ (5, 0.5%)

1 がゆるみ, が和らい, が楽, が遠く, をとり直し

▼ しだいに~ (5, 0.5%)

1 がたっ, が立っ, のしん底, もたって, を立て

▼ しだいに近く~ (5, 0.5%)

3 なって 1 なる, 迫って

▼ しだいに遠ざかっ~ (5, 0.5%)

2 てゆく, て行く 1 て行った

▼ しだいにかれ~ (4, 0.4%)

2 らの 1 の頭, をおちつかせた

▼ しだいにそれ~ (4, 0.4%)

1 が悲しい, に感染, へ巻き込まれる, を矯正

▼ しだいに下っ~ (4, 0.4%)

2 て行く 1 ていく, て来る

▼ しだいに強い~ (4, 0.4%)

2 努力を 1 村の, 語調に

▼ しだいに~ (4, 0.4%)

1 をはつきり, を具えゆく, を失っ, を整え

▼ しだいに~ (4, 0.4%)

1 が平静, が惹かされ, が落ち着い, が重かっ

▼ しだいに激しく~ (4, 0.4%)

2 なって 1 なり樅ノ木, 疼いて

▼ しだいに濃く~ (4, 0.4%)

3 なって 1 感じはじめて

▼ しだいに狭く~ (4, 0.4%)

3 なって 1 圧縮さるれ

▼ しだいにこちら~ (3, 0.3%)

2 へちかづい 1 へ近づい

▼ しだいにふけ~ (3, 0.3%)

1 ていく, てきました, て行く

▼ しだいに~ (3, 0.3%)

2 が減っ 1 を野獣

▼ しだいに低く~ (3, 0.3%)

1 なってる隧道, 水の, 身を

▼ しだいに~ (3, 0.3%)

21 へ傾い

▼ しだいに~ (3, 0.3%)

1 かず, をつぐん, をよろこばす

▼ しだいに大きな~ (3, 0.3%)

1 ものに, ものにな, 逆説と

▼ しだいに弱く~ (3, 0.3%)

2 なって 1 一つには

▼ しだいに~ (3, 0.3%)

1 が少なく, しげくくり返される, を増し

▼ しだいに更け~ (3, 0.3%)

1 ていく, て清水寺, て行きます

▼ しだいに朦朧~ (3, 0.3%)

1 とした, となっ, となる

▼ しだいに沈ん~ (3, 0.3%)

1 でいっ, できた, で痕迹

▼ しだいに~ (3, 0.3%)

1 の目, はひつそり, は軽んぜられ

▼ しだいに細く~ (3, 0.3%)

1 しだいに遠く, し出した, なって

▼ しだいに膨張~ (3, 0.3%)

2 する 1 して

▼ しだいに落ち~ (3, 0.3%)

1 てきた, て後, て行く

▼ しだいに薄れ~ (3, 0.3%)

1 ていく, て夜, 黝ずん

▼ しだいに~ (3, 0.3%)

1 が遠く, が防風林, をゆるめ

▼ しだいに進歩~ (3, 0.3%)

2 して 1 せば

▼ しだいに遠のい~ (3, 0.3%)

2 て行く 1 てやがて

▼ しだいに高まる~ (3, 0.3%)

1 叫び声とが, 徴候を, 響きを

▼ しだいにいき~ (2, 0.2%)

1 が出来ない, どおりが

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 つな, にくしみがか

▼ しだいにおそく~ (2, 0.2%)

1 なった, なりのろのろ

▼ しだいにかすか~ (2, 0.2%)

1 になり, に消え

▼ しだいにこれ~ (2, 0.2%)

1 に慣れ, を見かける

▼ しだいにそこ~ (2, 0.2%)

1 からなごやかな命日, へ入っ

▼ しだいにとけ~ (2, 0.2%)

1 ています, てきた

▼ しだいにはつきり~ (2, 0.2%)

1 した形, して

▼ しだいにふくれあがっ~ (2, 0.2%)

2 てやがて

▼ しだいにまた~ (2, 0.2%)

1 下げたちょうど, 高田が

▼ しだいにクリストフ~ (2, 0.2%)

1 は彼, を理解

▼ しだいにコゼット~ (2, 0.2%)

1 をとらえ, を不安

▼ しだいに上り~ (2, 0.2%)

1 になっ, また下った

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 にずり落ち, の方

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 の力, を動かしはじめました

▼ しだいに募っ~ (2, 0.2%)

1 ていく, てくる

▼ しだいに地上~ (2, 0.2%)

1 に落ち, を離れ

▼ しだいに増し~ (2, 0.2%)

1 て来たら, て来る

▼ しだいに変っ~ (2, 0.2%)

1 てくる, て来る

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 の形, を換え

▼ しだいに姿~ (2, 0.2%)

1 をあら, を変じ

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 から遠のい, の裾

▼ しだいに広がり~ (2, 0.2%)

2 強く激しい輿論

▼ しだいに広まっ~ (2, 0.2%)

2 ていっ

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 を低め, を強め

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 が殖え, の薄い

▼ しだいに怪し~ (2, 0.2%)

1 さが, のなぞ

▼ しだいに息苦しく~ (2, 0.2%)

2 なって

▼ しだいに悪い~ (2, 0.2%)

2 方へ

▼ しだいに悪く~ (2, 0.2%)

1 なって, なり自分

▼ しだいに悲し~ (2, 0.2%)

2 げに

▼ しだいに成長~ (2, 0.2%)

2 して

▼ しだいに拡張~ (2, 0.2%)

1 されその, せらるるの

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 がのびる, が経つ

▼ しだいに昂奮~ (2, 0.2%)

1 しまるく, にうわずっ

▼ しだいに暮れ~ (2, 0.2%)

1 かかったの, てそこ

▼ しだいに李陵~ (2, 0.2%)

1 にのみこめ, にはそんな

▼ しだいに気味~ (2, 0.2%)

1 わるくさえ, わるく下っ

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 が目, をおびた

▼ しだいに淡く~ (2, 0.2%)

1 忘れて, 視野が

▼ しだいに熟練~ (2, 0.2%)

1 するとともに, の度

▼ しだいに熱情~ (2, 0.2%)

1 が加わっ, を増し

▼ しだいに生長~ (2, 0.2%)

1 して, する

▼ しだいに白く~ (2, 0.2%)

1 なる灰, 波頭を

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 がくらん, で視

▼ しだいに短く~ (2, 0.2%)

1 ならざるを, なり疎遠

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 と海, な感じ

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 まりて, まり険しく

▼ しだいに繁く~ (2, 0.2%)

1 なった, なって

▼ しだいに耳元~ (2, 0.2%)

2 から遠ざかっ

▼ しだいに荒廃~ (2, 0.2%)

2 に帰し

▼ しだいに落ちつい~ (2, 0.2%)

2 て来た

▼ しだいに薄く~ (2, 0.2%)

1 なりつつ, 義気も

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 うるのみ, へ周圍

▼ しだいに衰え~ (2, 0.2%)

1 て極限, て行った

▼ しだいに起こっ~ (2, 0.2%)

1 てき, てくる知らず知らず

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

2 のつかれ

▼ しだいに軽く~ (2, 0.2%)

1 うすらいで, 速まって

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 よってきた, よって突然

▼ しだいに近づく~ (2, 0.2%)

1 のが, のを

▼ しだいに進ん~ (2, 0.2%)

1 でき, で文明

▼ しだいに遅く~ (2, 0.2%)

1 なった, なって

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

2 退いて

▼ しだいに遠ざかり~ (2, 0.2%)

1 船は, 頭上の

▼ しだいに遠ざかる~ (2, 0.2%)

1 のを, 船に

▼ しだいに酔い~ (2, 0.2%)

1 がまわっ, が回っ

▼ しだいに重く~ (2, 0.2%)

1 うな, なるやう

▼ しだいに頻繁~ (2, 0.2%)

1 となつ, になっ

▼ しだいに~ (2, 0.2%)

1 さを, まつて

▼1* [568件]

しだいにはははがげらげら, しだいにあおくなるだけ, しだいにあがりかけて来た, しだいにあきらかになった, しだいにあざやかに私, しだいにあせって手, しだいにあやしく亂れ出し, しだいにある恐怖の, しだいにいやきが, しだいにいわゆる別世界と, しだいにしろ退さりして, しだいにうすくなりやがて, しだいにうすれてやがて, しだいにうす暗くなって, しだいにうちとけてじつは, しだいにうとうととなっ, しだいにうなだれてしまう, しだいにうまくゆかないよう, しだいにうわ嗄れて, しだいにおそろしくなりました, しだいにおちつきを, しだいにおちついてき, しだいにおのれを押える, しだいにおのれ自身を認識, しだいにお金に困っ, しだいにかすれてかすか, しだいにかず多くなった, しだいにくいちがって来た, しだいにくずれて今にも, しだいにくだって零点以下十度, しだいにくちびるをほころばせ, しだいにくっきりとあらわしはじめた, しだいにくつろぎを感じ, しだいにくら闇のいろ, しだいにくりひろげられていく, しだいにこつちまで頭, しだいにこの色が, しだいにこわれるというあり, しだいにさめてゆく, しだいにしみじみとした, しだいにしんしんとふけ渡りました, しだいにすべてを知つて, しだいにせり上がって, しだいにそういう原則に従って, しだいにそういった期待が, しだいにその間から起こった, しだいにかまつ, しだいにたくさん顔を出し, しだいにたけて楢, しだいにたってゆく, しだいにつかれて来, しだいにつまらなくなりしらじらしく, しだいにつめたくなり, しだいにといふ事也ほ, しだいにとがめるような, しだいにととなふ景色, しだいにととのつた服裝を, しだいにとまりかけて一つ, しだいにとらえられその場合, しだいにぬる水の, しだいにはい伸びようと, しだいにはいり込んできた, しだいにはげしくただ苦しき, しだいにはやくなって, しだいにょうばんのまとになってきたので日ごろ, しだいにふえて行, しだいにふくらんでしまつて, しだいにふくれあがつて来, しだいにふやけて妙, しだいにぶっきらぼうになっ, しだいにますます濃い暗黒, しだいにまとまり整理されて, しだいにむしやくし, しだいにむつかしくなりそう, しだいにむれるような, しだいにゆるやかになっ, しだいにゆるんできました, しだいにつて赤く, しだいによっちゃ今, しだいによったら与力次席の, しだいにわしは周圍, しだいにわたしの胸, しだいにわれわれから遠く, しだいにインド丸は左舷, しだいにエクスタシイに私, しだいにエゴイズムに傾く, しだいにオリヴィエの信じきってる, しだいにクライマックスにもっ, しだいにゴカイという虫, しだいにダラリと垂れ, しだいにテムズを越え, しだいにパリーの腹中, しだいにヒッパクをテイ, しだいに一人前の女, しだいに一家は衰微, しだいに一点へ凝集, しだいに一種不思議な明らか, しだいに一色の夜, しだいに万燈会のごとく, しだいに三島のまち, しだいにへのぼっ, しだいに上がってくる, しだいに下がって行く, しだいに下降して, しだいに不信を強め, しだいに不正確になり, しだいに世論の趨勢, しだいに両者の闘志, しだいに乗り気になっ, しだいに乱れ推断も, しだいに乾いて来た, しだいに亀裂を生じ, しだいに事業の進歩, しだいに二人へ近づい, しだいに五郎は眠く, しだいに亢奮して, しだいに人世に遠かる, しだいに人影がまばら, しだいに人手にわたって増える, しだいに人間と取っ, しだいに人類をその, しだいに今日の公認, しだいに会うことが, しだいに伸子の失神, しだいに体験せられて, しだいにの魂, しだいに侵しながらかなり, しだいに便利を増したるなり, しだいに信州らしくなる屋根, しだいに健康を回復, しだいにの好奇心, しだいに元気が出, しだいにを争う, しだいに具わるに似たれ, しだいに冴えてき, しだいに冷たい悲しげな, しだいに冷やかに漆, しだいに凝血の間, しだいに分っていた, しだいに分らなくなってまいります, しだいに分化発展して, しだいに切迫して, しだいに判り出して来た, しだいに前後二つの室, しだいに剥げて行くだろう, しだいに弱って, しだいに動いて行く, しだいに募るので附添, しだいに勢力をえ, しだいに卑俗になり, しだいに厚い人垣を, しだいに厚くなって, しだいに双方から近づい, しだいに収まったと云う, しだいに収縮させて, しだいに取れてきた, しだいに口数が少なく, しだいに古河を罵倒, しだいにに迂廻し, しだいに合理化して, しだいに吉川の家, しだいに君権はけずられ, しだいに吹き加わってその, しだいに呂律が怪しく, しだいに呻き悩みながらあの, しだいに呼吸が荒く, しだいに品位が落ち, しだいに哲学より離れ, しだいに啜り泣きになっ, しだいに嘆賞の色, しだいに困惑の色, しだいに困窮から困窮, しだいに困難になっ, しだいに固まって来る, しだいに土地を浸し, しだいに土手のへり, しだいに圧縮され吹きまくる殺風, しだいに埋めてゆく, しだいに城内に近づく, しだいに境界を押し広め, しだいに増すようである, しだいに増加し毫も, しだいに増悪するばかり, しだいにもふるえ, しだいに売り子をふやし, しだいに変らなければならない, しだいに変るうちに, しだいに変化し膨脹, しだいに夕やみがあたり, しだいに外界へひろ, しだいに球根と, しだいに夢想に陥っ, しだいに大学生を力, しだいに大小の核兵器, しだいに大火になるらしい, しだいに大衆化したが, しだいにに逼, しだいに失くなったともいった, しだいに失われて行った, しだいに暗くなっ, しだいにの膝もと, しだいに嫉妬となった, しだいに嫌悪に変化, しだいに學業を中途, しだいにのもの, しだいに世間に, しだいに実際的に, しだいに家並がまばら, しだいに寄せてきた, しだいに密集して, しだいに富裕になっ, しだいにさが, しだいに寒くなる時分, しだいに専門的に傾い, しだいに尋常を外れ, しだいに少くなつて來, しだいに尽きて下, しだいに屈してゆく, しだいに岩石の険し, しだいに崩れていく, しだいにしくなって, しだいに左内が焦立っ, しだいに左膳の頬, しだいに左門洞に近, しだいに巧みになっ, しだいに希みを恢復, しだいに平地から西方, しだいにを老, しだいにのよう, しだいに広がっていた, しだいに広がるのを, しだいに広く大きく全人類, しだいに廃棄されて, しだいにの左右, しだいに廊下の彼方, しだいに引き緊って, しだいに弛んでき, しだいにつてきた, しだいに弱ってきた, しだいに弱りゆくその陰惨, しだいに強まってバリンバリン, しだいに彼らの舌, しだいに彼自身すら妙, しだいに征服して, しだいに待ちどおしく, しだいに後退りして, しだいにてくる, しだいに客遊びの, しだいに御えこうを, しだいに微笑が消え, しだいにを積み, しだいに心持ちがいらいら, しだいに心痛の度, しだいに志郎の役目, しだいに忘れられていった, しだいに忙しくなる, しだいにさを, しだいに快方に向った, しだいに怒りの感情, しだいに思う壺に, しだいに急迫して, しだいに性欲がプレドミネート, しだいに怪しく動いて, しだいに恐ろしくなって, しだいに恐怖の色, しだいに悪化して, しだいに悪質になった, しだいに悪魔的になっ, しだいに悲しくたそがれの, しだいに意識の舞台, しだいに愛情が生じ, しだいに慣れて後, しだいにが出, しだいに憤りの叫び, しだいに懐疑しだして, しだいに我意をふるっ, しだいに拡がった草地で, しだいに拡がりを増し, しだいに持彦の名, しだいに持込んで来た, しだいに振動を狭め, しだいに振幅を狭め, しだいに据わりはじめて兇暴, しだいに改良せられつつも, しだいにの位地, しだいに敬二郎と紀久子, しだいに文学熱にかぶれ, しだいにの楽し, しだいに日々コゼットを自分, しだいに日ごとに一滴, しだいに早くなる, しだいに昇って空, しだいに明らかになっ, しだいに明るみがさして, しだいに明瞭に認識, しだいにみだすよう, しだいにに覚め, しだいにはたっ, しだいに時刻も迫る, しだいに晴れてくる, しだいにさを, しだいに暗い淋しい心地に, しだいに暗黒は彼女, しだいにるる夕空, しだいに曇ってきた, しだいに月日がたって, しだいに本当になって, しだいに村同士で漁場, しだいに杯一杯と酔い募りゆく, しだいに東洋人の血, しだいに栄介の笑い, しだいに根元からかけ, しだいにが下っ, しだいに極度の感動, しだいに楽しく酔って, しだいにとなった, しだいに歇んだ, しだいに歩み進むにしたがっ, しだいに死体のよう, しだいに殖えてゆく, しだいに殺人的な悪法, しだいにと疎く, しだいにが燃えすれ, しだいにのよう, しだいに気乗りのしない, しだいに気力が衰え, しだいに気味悪くなって, しだいに気持が離れ, しだいには増し, しだいに水深が重なる, しだいに沈黙を守っ, しだいににすすみ, しだいに波立つ海上に, しだいに波間にからだ, しだいに注意を呼びさまされ, しだいに活気を帯び, しだいに流れて粟, しだいに浅くなる, しだいに浮かびあがって来た, しだいに浮き上がってくる, しだいに浮き出してくる, しだいに海賊としての大きな, しだいに消えうせてしまった, しだいに消えゆく炎を, しだいに消極に近づく, しだいに消滅して, しだいに深く大きくかつ高く, しだいに深まっていった, しだいに深入りいたします, しだいに減じつつあるこん, しだいに減つてた, しだいに減り船舶の, しだいに減却するならば, しだいに減退し身体, しだいに温くもりの, しだいに湿気を帯び, しだいに準備されつつ, しだいに溢れて光物, しだいに溶け沁み行つ, しだいに溷濁するばかり, しだいに漠然たる輪郭が, しだいに激しく恐ろしくなり今, しだいにかに耳, しだいに濃い褐色の, しだいに濃く暗くなって, しだいに濃やかになる, しだいに濃厚となっ, しだいにを明るく, しだいに烈しい渦巻に, しだいに烈しく暑さは, しだいに無くなるのを, しだいに無制限な自由, しだいに無言無為のうち, しだいに焦躁たしさ, しだいに熟れてゆく, しだいにがさめ, しだいに熱くなるので, しだいに熱気をおび, しだいに燈台の脚, しだいにの顔, しだいに犯人はそれ, しだいに独断の狭い, しだいに狭まってきた, しだいに狭まってる隧道よりも, しだいに狭められてゆくだろう, しだいに猛威を加え, しだいに猜疑のいろ, しだいに玄関のほう, しだいに實に, しだいに現われて来る, しだいに現われゆく赤い船腹, しだいに現代に下り, しだいに生物意識の消滅, しだいに生育し膨張, しだいにの家庭教授, しだいに異境らしい侘し, しだいに異常な気持ち, しだいに異臭をうすめ, しだいに疑惑が生じた, しだいに疲れ易くなり, しだいに疲労の苦痛, しだいに病人にもわかっ, しだいに病的な願望, しだいに痩せて来た, しだいにか腫物, しだいに療治して, しだいに白んでゆく, しだいに百合はあっ, しだいに盛り上がる勢力と, しだいに盛り上って向う, しだいにに涙, しだいに目まひをさ, しだいに相手にしなくなった, しだいに真理を体得, しだいに眠くなって, しだいにがなれ, しだいに眼界が開け, しだいに砂糖つぼに, しだいに確認するに, しだいに磨りへらしてゆき, しだいに磨り減らされてゆくでしょう, しだいに社会のどん底, しだいに移って行く, しだいに積もりながら障壁, しだいに積んで得べき, しだいにかになり始めた, しだいに空中に弱まっ, しだいに空半面にひろがっ, しだいに空洞になし, しだいに立ち去ってしまいました, しだいに立場がわるく, しだいに立派になる, しだいに立身したの, しだいに粉砕されて, しだいに精気が満ち, しだいに紅色に染まっ, しだいに細部がこまかく, しだいに紺碧をふかめ, しだいに終わりに近づいた, しだいに緩んでいっ, しだいに荷馬車屋の, しだいに老いていった, しだいにちかくなる, しだいに耳障りになっ, しだいに職業本能をそそりました, しだいに背中からほかほか, しだいにに沁み通っ, しだいに興奮した, しだいにを濃く, しだいに色づいてきました, しだいに花やかな彩色, しだいに苦しそうな, しだいに英国料理の良, しだいにのいろ, しだいに茫漠たる生田川, しだいに荒くなって, しだいに萎靡して, しだいに落ちぶれて可哀そう, しだいに落着いて, しだいに蒼ざめてきその額, しだいに蒼ざめ鼻の側, しだいに蒼白にあせ, しだいに薄らいで, しだいに薄れかかっていた, しだいに薄れ行きたり, しだいに薄暗くなって, しだいに薄気味悪い墨色が, しだいに蘇って来る, しだいに血走ってきた, しだいに行乞流転時代のおちつき, しだいに衰える裏から, しだいに裏切られてゆく, しだいにになっ, しだいに襲ってきた, しだいに西にとり, しだいに見出してゆく, しだいに規則正しいいびきで, しだいに視力さえも薄れ, しだいに親しみ深いもの, しだいに解けてき, しだいに言葉の調子, しだいに言葉数が少なく, しだいに訊問口調になった, しだいに訪問の数, しだいにをよそ, しだいに読みにくくなる震えた, しだいに読みすすんでいく, しだいに読みとることが, しだいに読めなくなり今日では, しだいに調子に乗っ, しだいに調子づいてついに, しだいに論理的になっ, しだいに諸方の国土, しだいに豪壮な邸宅, しだいに貧困に包まれ, しだいに資産を積み, しだいに赤くなった, しだいに起ち上がって自分, しだいにを変え, しだいに軍人や役人, しだいに軟らかくなって, しだいにをちぢめる, しだいに輪廓の外側, しだいに辛辣になっ, しだいに近く蔦代の背後, しだいに近づきしだいに遠ざかり, しだいに近寄って来た, しだいに迫ってくる, しだいに迫つて来て, しだいに速力を早め, しだいに進み昨日便利と, しだいに過ぎて雨, しだいに過去のうち, しだいに過敏になり, しだいにを天ヶ丘, しだいに遠く小さくすがた, しだいに遠ざかり行く船を, しだいに遠慮しなくなって, しだいに醗酵させて, しだいにさを, しだいに重くだるくなって, しだいに重苦しく沈んで, しだいに金五郎を怖, しだいに釣込まれて打つ, しだいに鋒鋩を露わし, しだいに間隔をちぢめ, しだいにをくぐりはじめた, しだいに降りしきって来た, しだいに陰鬱になっ, しだいに陶然とし, しだいにをめがけ, しだいに隆起して, しだいに隠微な怒り, しだいに集まって来た, しだいに離れて行く, しだいに離れはなれたとたんに大学生, しだいにの厚味, しだいに零落して, しだいに青くなる辛夷, しだいに青ざめてしだいに, しだいに青白くなりばら色, しだいに静かになっ, しだいに静まって海, しだいに静まり冷めていった, しだいに非運に傾い, しだいに面白くなります, しだいに面目が変わり, しだいにが衰え, しだいに顔全体をつ, しだいに顕著なる現象, しだいにえを, しだいに風歇み馬駐, しだいに食うことよりも, しだいに食べる遊びでなくなった, しだいに驚いてはいた, しだいに驚きの表情, しだいに高き程度の, しだいに高まッて, しだいに高地へ登っ, しだいに高度をさげ, しだいに高潮して, しだいに鬱積した彼, しだいにから退き, しだいに黒い影に, しだいに黒い禍まがしいものに, しだいに黒くなる, しだいに黙示図の啓示, しだいにの奥