青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しまいに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しなけれ しなけれ~ しばし~ ~しばしば しばしば~ ~しばらく しばらく~ しま~ ~しまい しまい~
しまいに~
~しまいました ~しまいます ~しまう しまう~ ~しまえ しまえ~ ~しました しました~ ~しましょう ~します

「しまいに~」 1734, 19ppm, 6123位

▼ しまいに~ (1215, 70.1%)

9 自分の 8 それを, 私も 7 彼の, 私の 6 何が 5 それが, 彼は, 私は, 腹を, 自分で, 黙り込んで 4 声を, 彼も, 面倒に 3 さすがの, 夢中に, 山の, 彼女の, 海の, 自分も, 馴れて, 黙って

2 [44件] こっちが, しきりに嚔, そんなこと, ただもう, だんだんに, どうかし, どんなこと, わたし達も, 不愉快に, 主人の, 二人が, 二人とも, 二人共黙り込ん, 何か, 何も, 何を, 十三人もの, 口を, 喧嘩を, 子供の, 心配に, 息が, 我を, 泣き出した, 泪を, 涙が, 男の, 畳の, 病気に, 皆血と, 相手の, 眼を, 私が, 私と, 自分を, 諦めて, 身の, 辛抱しきれなくなっ, 銭が, 頭が, 頭の, 顔を, 馬を, 黒味に

1 [1016件 抜粋] ああこんな, あきらめて, あたしまで, あとも, あなたに, あの犬塚信乃, あまりに思いつづけました, ありったけの, あれも, いうこと, いたいけな, いつづけなさること, いつも子供, いつ頃, いろいろ自分, うす青い黄昏, おいまた, おげん, おしゅん, おとなの, おれも, お初の, お前を, お嫁, お客さんと, お種, お艶ちゃん, お辰, かれこれ十四五人, かわいそうに, きっと祝福, きまりが, ぐらぐら揺, けろりとし, こう彼, こう覚悟, こっちから, この人たち, この女, この男, この連れ, こらえかねて, これでは, こんなの, こんなめ, ごろりと畳, しくしく泣きだす, しぶきを, しんみりと, すっかり度胸, すむの, ずっと遠く, そうした精神, そこを, そのて, その世話, その人, その坊さん, その女, その寝息, その教会, その狗, その袖, その話, その退屈, それさえも, それにも, それも, そんな考え, ただいま番頭, ただ自分, たまらなくなっ, だれでも, だんだん薄れ, つかい物, とうとうこらえ切れなくなった, とうとう切り上げ, とうとう探しあて, とうとう白状, とうとう負かされ, とても駄目, とりわけ皮肉, どうする, どうなるだろう, どこからが, どこの, どちらを, どんなに私, どんな行為, なにか真っ赤, なんという, のどが, ばらばらに, ひとりで, ぴちゃりとも音の, ぴんと鉄わく, へんな, ほんとうに, ほんとに心配, またお, また彼, まったくその, まったく逆, まるで気, みずから進ん, みな愛想を, みんなで, みんな怒っ, みんな顔を, もうおかしく, もうそれ, もう一分, もう何, もう壁, もう止しましょう, もう神様, もてあぐんだ, ものも, やはりそれ, やはり移転, やはり電燈会社, よろめいたついで, わきから, わたしたちの, われわれが, アメリカへ, アンマリ笑い過ぎ, オッペケペに, カルモチン五十錠から, クリストフと, ゲラゲラ笑い出した, シグナル, セイセイ息を, テントの, ナオミは, ハーモニカを, ヒヒンと, ピリイが, ペテルブルグに, ボンヤリし, ポゴレーリツェフ一家の, ルリの, ローマや, 一々の, 一人おいた, 一人として, 一室の, 一本の, 一番強い, 一種の, 一貫三百の, 一週間に, 三つも, 三十センチぐらいにも, 三四郎も, 三枝さんの, 上から, 上手に, 下棚, 世の中で, 両方の, 中に, 主人も, 九段下から, 事に, 二つの, 二人だけの, 二人の, 二人一緒に, 二人連立っ, 亜鉛の, 人に, 人里遠く, 人間ひとりやっと, 今いう, 今の, 仕事を, 件が, 低い鼾, 佐藤文次郎氏一人だけ, 何かに, 何という, 何もかもぼんやり, 余りなつい, 信じて, 健三の, 僕だけ, 兄さんが, 兄嫁に, 光子までが, 兜を, 入口から, 全く宙, 全く黙っ, 全員上衣を, 全身を, 八幡太郎の, 其の根気, 其処へ, 兼子は, 冷え冷えと, 凉しい, 出て, 出来るだけ, 利助さんは, 勇を, 動くこと, 勝つ, 勝負が, 医者よりも, 半時間, 原稿だけ, 友達が, 双方で, 反抗的な, 口論にまで, 只鼻, 各国の, 吐血した, 君が, 呉一郎の, 命令どおり後足で, 唯道阿弥一人, 喉が, 喧嘩腰に, 四人の, 国から, 国許で, 土俵際から, 地方官の, 坐り直して, 堪えかねて, 堪忍が, 堪忍袋の, 壁辰は, 変な, 夕飯の, 外を, 外行きの, 多少腹, 夜の目も, 夜具の, 大きなすさまじい, 大勢の, 大変柄の, 大尉も, 大抵な, 天を, 夫よりも, 奥の, 女に, 女子供にまで, 好きな, 妾にも, 姑も, 婆さん達と, 子供を, 学校の, 宙に, 宮は, 家じゅうの, 家内の, 家衡が, 宿銭から, 小屋の, 少々つけ上っ, 尼に, 屏風も, 山を, 岡にも, 川上さんとも, 工面を, 幾つの, 店の, 度々喜代子に, 引取り手の, 強い弱いと, 当り前の, 役所を, 彼に, 彼等は, 彼自身までが, 往来を, 後輩組の, 御主人, 心の, 志したところ, 怒鳴り散らしたため, 思いきって, 息づまるよう, 悦子も, 悪名を, 情けなくなっ, 愛ばかりが, 感傷的な, 憤ったよう, 我と我が身, 我慢しかね, 我知らず人数に, 戯談を, 所きらわず, 手まわりの, 手エ合わし, 打ち明けて, 抱きあって, 持て余して, 指が, 捨てられるだろう, 掴んだもの, 擲ぐり合い, 教師までが, 敷島などを, 新らしい, 方角違いの, 早く汽車, 昼も, 時々金, 曲って, 木下君を, 木村の, 末造が, 本当に化かされた, 本文よりも, 本物に, 来なくなって, 東北の, 松本さん所へ, 染丸が, 根気が, 案外平気, 森の, 業を, 機嫌よく, 止め度も, 正直な, 歩いて, 死の, 殆ど眩惑さえ, 段々近く, 毎日毎日村中の, 気の毒に, 氣恥かしくなっ, 池と, 油汗を, 波が, 泣いて, 泣き出して, 泪さえ, 洋風の, 涙に, 淡く自棄, 滋幹の, 演説は, 火箸の, 無政府主義者, 無法な, 無邪気な, 焦れったくなった, 焦れ込んで, 焼酎が, 煮えくり返って, 燗が, 父や, 牛込の, 狂気じみた, 獲物に, 珍しくも, 用意の, 男も, 畠山の, 異常な, 疲れきって, 疲れ果てて, 疳癪を, 癇癪を, 皆いい, 皆で, 皆感動し, 皆隠れる, 盤面に, 目を, 看護婦が, 眩暈が, 眼の, 眼先に, 瞼が, 石田の, 砂に, 神も, 私に, 私以上の, 空いっぱいに, 窓から, 笑い話に, 笑ってる召使ら, 精根つき, 紅や, 給仕を, 絶望的な, 緑青の, 繋がって, 翁が, 考えた, 耳の, 聞くに, 股野を, 背中を, 能勢が, 腕が, 腹が, 腹立ちまぎれに, 自ら注射器を, 自分から, 自分たちの, 自分ながら, 自分自身でも, 自分自身までも, 自動車ばかりと, 自棄気味に, 自身までも, 舌を, 船中てんで, 苛ら立った憤り, 苦笑いを, 荷物が, 蒼蠅いほど, 薄紅い, 蟻が, 血を, 行当りばったりの, 表へ, 裸に, 見る目, 見物人の, 覚えが, 親馬の, 言って, 記帳場でも, 訪問者の, 詐欺も, 話の, 誘わなくなった, 誰からとも, 誰はばからず, 諦めたらしく家, 豆の, 負けて, 賤しい, 赤い舌, 赤シャツまで, 越中褌一つの, 跡方も, 身を, 軽い眩暈, 辛抱しきれなくなった, 追いつくこと, 退屈に, 途方も, 進んで, 過ぎ去ったこと, 道綱が, 遠慮が, 邪魔を, 部屋の, 酔った, 酔って, 金さんの, 金銀の, 鍋の, 鎧櫃の, 長吉という, 長防西国, 閉口し, 関門で, 防ぎ切れなくなって, 隘い, 隣近所に, 雇おうとも, 露骨に, 静さに, 面白くない, 須永の, 頭も, 頭痛嘔吐に, 顔だけが, 飛んでも, 食い殺して, 飲代も, 首から, 首だけに, 馬と, 馴染に, 驛の, 骨とかわ, 魂は, 鰯の, 鳥の, 鶏小屋の, 黒いの, 鼻の

▼ しまいに~ (19, 1.1%)

1 [19件] の持っ, はいろんな, はその, はそんな, はまた, は健三, は全く, は十分, は半ば, は大きな, は少年, は思い出した, は思い定めた, は恥じ入っ, は感慨, は灘万, は箸, は薄暗い, は辛抱

▼ しまいにその~ (12, 0.7%)

1 [12件] 困難は, 女の, 家庭の, 手が, 方がね, 男は, 科は, 言葉が, 郡役所所在地に, 針を, 霊の, 飛沫を

▼ しまいに彼女~ (10, 0.6%)

1 の名, の顔, はとうとう, はどこ, は三つ, は云い出す, は気絶, は水面, は相手, は眼

▼ しまいにどう~ (9, 0.5%)

4 なるの 1 したの, するか, でもいい, なっても, なるか

▼ しまいに~ (8, 0.5%)

1 互の, 延が, 延は, 清へまで, 父さまが, 父上の, 逢いできないまま, 鼻を

▼ しまいにとうとう~ (8, 0.5%)

2 思い切って 1 しゅっこ一人が, わしの, ヘクトーを, 三郎一人が, 不審を, 真中の

▼ しまいに~ (8, 0.5%)

1 だけを光, の黒子, は何気なく, は凝, は明日汽車, は机, は焦れったく, は祖母

▼ しまいに自分~ (7, 0.4%)

1 の傍, の言葉, はこう, はまじめ, は一人, は係り, をここ

▼ しまいにこう~ (6, 0.3%)

3 云った 1 考えた, 言った, 言って

▼ しまいになった~ (6, 0.3%)

2 んです 1 かと思う, と思った, ので, ものだ

▼ しまいになる~ (6, 0.3%)

2 ことが 1 かとおもう, から悪, と新吉, 日取であった

▼ しまいにこの~ (5, 0.3%)

1 ように, 体たらくを, 寛畝の, 島へ, 床屋は

▼ しまいにそれ~ (5, 0.3%)

1 が本箱, が気, は殆, を見失っ, を閉じた

▼ しまいに二人~ (4, 0.2%)

1 とも口, の間, はとうとう, を相手

▼ しまいにこんな~ (3, 0.2%)

1 ことを, 事まで, 風に

▼ しまいにふと~ (3, 0.2%)

1 んの, 思いついて, 気がついて

▼ しまいに~ (3, 0.2%)

1 あ腹, の頭, は根気負け

▼ しまいに~ (3, 0.2%)

1 が疲れた, の口, は

▼ しまいに~ (3, 0.2%)

1 に願っ, の無知, までが

▼ しまいに黙っ~ (3, 0.2%)

1 てしまった, て他人, て坐っ

▼ しまいにある~ (2, 0.1%)

1 老人を, 隙の

▼ しまいにこういう~ (2, 0.1%)

1 恐ろしいこと, 質問を

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 て堪る, て手前

▼ しまいになっ~ (2, 0.1%)

1 てお金, て僕

▼ しまいにまた~ (2, 0.1%)

1 昨日の, 殺されて

▼ しまいにやっと~ (2, 0.1%)

1 姿を, 承知し

▼ しまいにようやく~ (2, 0.1%)

1 これだ, 休らった心地

▼ しまいに下女~ (2, 0.1%)

1 までからかいます, を呼ん

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 かお, にもない

▼ しまいに健三~ (2, 0.1%)

1 の方, は細君

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

2 を出し

▼ しまいに大きな~ (2, 0.1%)

1 声を, 涼しい森

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

2 六が

▼ しまいに小さな~ (2, 0.1%)

1 声で, 若木や

▼ しまいに彼ら~ (2, 0.1%)

1 はおのおの, は出かけた

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 を打っ, を額

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 が違った, の違っ

▼ しまいに泣き出し~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て了

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 の方, は又

▼ しまいに紳士~ (2, 0.1%)

1 の扉, は両

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 の後, の附根

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 が痛く, にかけた

▼ しまいに~ (2, 0.1%)

1 が立っ, を立て

▼ しまいに自分達~ (2, 0.1%)

1 も乗りました, より小林

▼ しまいに黒い~ (2, 0.1%)

1 毒の, 粉で

▼1* [338件]

しまいにああと巻, しまいにあかんべいだ, しまいにあなたがお, しまいにあの女は, しまいにあれがみんな真白, しまいにあんまり淋しくって, しまいにいうのです, しまいにいきましたがこの, しまいにいくら呼んでも, しまいにいたしますが常に, しまいにいまの四つ, しまいにいやいやながらお取りかえ, しまいにうしろへ目, しまいにうち沈んだ調子, しまいにうるさくなったので, しまいにえり首をつかまえた, しまいにおじさまはあたい, しまいにおりましたわにが, しまいにおれが行く, しまいにおん年六十四でお, しまいにおん年百二十四歳でお, しまいにお前はいつのまにか, しまいにお母さんが御飯, しまいにかいたのが, しまいにかき揚げか何, しまいにかくやって, しまいにかなり鋭くつ, しまいにからだごと向きなおって, しまいにかれをそこ, しまいにくりと, しまいにてくれる, しまいにくじらにでもなっ, しまいにぐるぐる捲きに, しまいにこい塩分を, しまいにこうしてダラリと, しまいにこっちも腹, しまいにこの見知らぬ歩道へ, しまいに自分で, しまいにも病人, しまいにさすがのわたしたち, しまいにしばらくドイツに, しまいにしびれてき, しまいにすぐ帰って, しまいにすっかり消えて, しまいにずっと前から, しまいにそう云って, しまいにそういう反対の, しまいにそこにいたたまらなく, しまいにそんなことを, しまいにたくさんのむね, しまいにでは若旦那が, しまいにとかげの形, しまいにとび出した兵たいは, しまいにどうしてあんなこと, しまいにどうしてもこの音, しまいにどこかへなくし, しまいになったらしいの, しまいにならんと一層, しまいになりかけていた, しまいになればわかる, しまいになんで市さんに, しまいににはさめざめと, しまいにのこぎり魚が鍵, しまいにのこったじぶんの, しまいにはあははと笑った, しまいにはおんおん泣きだし, しまいにはかまどのそば, しまいにはかれはその, しまいにはさも気楽, しまいにはつり針を, しまいにはなみだを, しまいにはもううふうふ笑う, しまいにはもう来れば必ず, しまいにはやりきれなくなって来る, しまいにひろ子が自分, しまいにぴたりとどこ, しまいにぴったりひきやめて, しまいにぷいと立ち上って, しまいにへんになる, しまいにぼんやりし出して, しまいにまさかと思っ, しまいにみんな奴は氣, しまいにまだ問題, しまいにもうすっかり癒った, しまいにゃあ見知顔, しまいにゃあ泣声で, しまいに申し合せたみて, しまいにやや納得したらしい, しまいにゆっくりゆっくりきびすをめぐらして, しまいによし子が, しまいにわからなくなるの, しまいにわが住宅を, しまいにわけのわからぬ, しまいにわしの眼, しまいにわたくしは御身様, しまいにオイオイオイオイと手, しまいにカテリーナ・リヴォーヴナはからだじゅう, しまいにクリストフはじれったく, しまいにグラグラと眩暈, しまいにコニャックを一杯, しまいにゴホゴホ咽せ返っ, しまいにステテコを踊り出した, しまいにニヤリと笑っ, しまいにベソかくん, しまいにマルタン氏もた, しまいにメネルーは戸, しまいにラジオで音楽, しまいにルリが憎らしく, しまいにルンペンにまで零落, しまいにロハで捲き上げられ, しまいに一人の僧, しまいに一冊取り出して, しまいに一団の竜巻みたい, しまいに一等よい子供, しまいに一般女房までベクナイ, しまいに七十五銭よりは出せぬ, しまいに三人の貴い, しまいに三輪山のお, しまいに与次郎が, しまいに世界のはて, しまいに両手をひろげ, しまいに両方から引っ, しまいに中佐はおれ, しまいに主人は腹, しまいにを棄てる, しまいに事情もわかっ, しまいに二人共狼に喰い殺される, しまいに云った一言で, しまいに交換手の方, しまいに仕方なしに, しまいに伯父は薬, しまいに伸子は自分, しまいに但馬は学校, しまいにを動かし, しまいにの病床, しまいにも, しまいに入口の門, しまいに六畳ほどの小さな, しまいにて来る, しまいに利口な人, しまいにのよく, しまいにを奏する, しまいに労働問題でなやん, しまいに勝ったべい, しまいに勝負をし, しまいに半ば向き合って, しまいに双方の感情, しまいに只一人完いものは可愛らしい, しまいに叱られてしまった, しまいに吉川の名, しまいに吉田が例, しまいにから断わられた, しまいにの角, しまいに喧嘩のよう, しまいに土着して, しまいに堪らなくなってそこ, しまいに墓場で絶え, しまいにを磨っ, しまいにの底, しまいにのゴミ箱, しまいに大きくなった坊ちゃん, しまいに大勢の人たち, しまいに大麦を一俵私, しまいに太いうなぎを, しまいに奥さんは腑, しまいにに云った, しまいに女神の右, しまいに妬けるほどべたべた, しまいには掌, しまいに娑婆の人びと, しまいに学校の生徒, しまいに宗助が, しまいにを飛び出し, しまいに家出して, しまいに宿の神さん, しまいにてゐる, しまいに尋ねあぐんである, しまいに小林が笑い, しまいに小石川の谷, しまいに崇拝の間際, しまいにの目, しまいには自分, しまいに平助は仕方, しまいにをとった, しまいに座頭が上っ, しまいに当の娘が, しまいに彫って差上げた, しまいにを据え, しまいに忙しく子供は, しまいに怒るぞと念, しまいに思いきってよろしい, しまいに思い切ったと見え, しまいに悔恨の気持, しまいにれて, しまいにを折っ, しまいに我慢し切れなくなって, しまいに唐物屋の, しまいに或大きなお城の前, しまいに手前が五人十人, しまいに技倆はあっ, しまいに抑えきれずに美しい, しまいに投げだしてしまった, しまいに投げるように, しまいに持彦も官, しまいにを眼, しまいに掌足のうら, しまいに插絵を見る, しまいに撚糸の紬, しまいに敏行を助ける, しまいに敷いてある, しまいに文吉が, しまいに断念するのほか, しまいに新宿駅へと来, しまいに日向の国, しまいに明らかな不安, しまいに時計を見, しまいにがって, しまいに書いたので, しまいに最後の審判者たる彼, しまいにだけを二人, しまいに朝鮮人の頭, しまいに来た女中の, しまいに東窓から射し込む, しまいに林檎を食った, しまいに柳吉は, しまいに根負けがし, しまいにへ出た, しまいに止んだ頃には, しまいに枝が, しまいに正夫を引きよせ, しまいにが生えなくなっ, しまいに残ったのは, しまいに残りもので我慢, しまいに殺し食うたって, しまいに殿りだとでも, しまいに母さんが出, しまいに法皇のお, しまいに泣いてあやまりました, しまいに泣き出したことを, しまいに泣くだよ, しまいに泣寝入となる, しまいに津田とお, しまいに海尻の大, しまいに海綿が塩分, しまいに涙ぐんで実は, しまいに深い深い海の, しまいに滴々と鼻血, しまいに炉火に十分灰, しまいに焦れて来, しまいに熱中してる康平さん, しまいにが森じゅう隈, しまいに申しましたあのディデロート, しまいに男達は浜辺, しまいに疲れたなりで, しまいに病人はいら立っ, しまいに病死だか, しまいに病気で倒れ, しまいに発見するに, しまいには踊り始めました, しまいにの色, しまいに相手を拵え, しまいに看護婦をつけ, しまいに真白になっ, しまいにが見えなくなっちゃった, しまいに神経の発作, しまいに秩父の方, しまいにの胃, しまいに突拍子もない, しまいに突然興奮したらしい, しまいに窒息して, しまいに立川さんと二人, しまいに立派な寝室, しまいに笑い出し足どりも, しまいにを擱, しまいにほどな, しまいにの風呂敷, しまいに編笠を被っ, しまいに縁先にある, しまいに老人が, しまいに耐え切れなくなって理由, しまいに耕吉は泣きだした, しまいに肌小袖を取ろう, しまいに自分一人で食べる, しまいにもな, しまいにが荒れ, しまいにの上, しまいに船首で橋, しまいに若い女を, しまいに苦しがって, しまいにをいれ, しまいに茶道具の置き場所, しまいに荒々しい口調で, しまいに蝶々になった, しまいに行くにしたがっ, しまいに行ったとき窓の, しまいに裏木戸からこっそり, しまいに失つた, しまいに見えなくなってしまいます, しまいに言い出したそうです, しまいにをかえ, しまいに谷以外の何物, しまいに谷山は焦れだし, しまいにに舐められ, しまいに赤児の方, しまいに赤城の神, しまいに越後に出, しまいにいたが, しまいに車屋とゴロツキ, しまいに軽口を叩い, しまいに近寄りにくい二人, しまいに這入れと云った, しまいに通じるだけは通じ, しまいに連れて行, しまいに過ってきみ, しまいに違棚の上, しまいに遠くの知らない, しまいに郡会医の呼び出される, しまいに部屋の中, しまいにを止めました, しまいに野々宮さんから下宿, しまいにが要るなら, しまいにの棒, しまいに長崎で女郎, しまいに門前で果し合い, しまいに閉校する, しまいに闍利さまは, しまいに隆吉を自分, しまいに雑作なく, しまいに面倒くさくなって, しまいに須加というところ, しまいに食べこぼしたら敦子おばさんが, しまいに馬丁が私, しまいに駄菓子屋の上さん, しまいに駈けるように, しまいにまでが裸, しまいにになっ, しまいに黙り込んで二人, しまいにを追い払っ