青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しまい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

しなく~ ~しなけれ しなけれ~ しばし~ ~しばしば しばしば~ ~しばらく しばらく~ しま~ ~しまい
しまい~
しまいに~ ~しまいました ~しまいます ~しまう しまう~ ~しまえ しまえ~ ~しました しました~ ~しましょう

「しまい~」 3281, 35ppm, 3302位

▼ しまいそう~ (416, 12.7%)

3723 な気 21 です 15 である 13 だった 9 になった 8 であった, なもの 7 でした, になる 6 なので, に思われる 5 になっ, に見えた 4 だから, な, なところ, なの, な形勢, な様子 3 だったが, なこの, なん, な気持

2 [25件] だが, だったので, だと, だね, だわ, で, ですが, ですよ, でならない, なこと, なそんな, なほど, な不安, な人, な危惧, な心地, な意気込み, な感じ, にし, にする, になりました, に思えた, に思われた, に肌, よ

1 [160件] じゃ, じゃない, だけど, だしする, だったと, だったの, だという, だな, だよ, であったが, であぶな, であぶなく, であるので, でございますよ, でしたよ, ですから, ですからね, ですぜ, ですね, ですのよ, ですわ, でそう, でその, でどんな, でならなかった, でまだ, でも, でもあるまい, で只, で心配, で怖い, で思わず, で私, なお, なおそらく, なおそろしく, なお父さん, なかたち, なかっこう, なくやし, なこの小さな, なこわ, なその, などろんこ, ななに, なふしぎ, なほど遠い遠い, なほんとう, なもん, なよう, なパイ, な上, な事, な人々, な低い, な元気, な児, な冗談半分, な化物南瓜, な危, な危機, な危険, な古い, な呼吸, な呼吸困難, な垣根, な声, な大きい, な大きな大きな, な大男, な大釜, な奇妙, な安物, な容子, な寂し, な寒気, な小さい白い, な小人, な小柄, な弱々し, な御, な心持, な怖い, な思い, な怨み, な懸念, な暑, な暖かい, な本, な権, な権幕, な武器, な殴り方, な激しい寒い, な物, な状態, な眼付き, な空, な空虚, な筈, な糊米, な素敵, な絶望的, な緑色, な腕椅子, な自分自身, な苦しみ, な華やか, な華奢, な薄い, な虫の息, な言葉, な身, な辛, な迷信, な遠, な闇, な青白い, な音, な顔, な風圧, な驚き, な魅力, に, にかすか, にさえ思われた, にさえ見える, になってる, には思えない, にまでしずか, にみえました, にもない, にも思えた, にも見えた, にも見える, にコバルト色, にロケット, に不安, に又そうして, に圓朝, に弱っ, に思われました, に悲しゅう, に感ぜられた, に揺れる, に歩い, に泣く, に烈しく, に痛んだ, に絶壁, に落ちつい, に見え, に見えなくなった, に見えました, に見える, に覚, に身, に重かっ, 云うはらであ, 意識する

▼ しまいかと~ (321, 9.8%)

24 思って 7 びくびくし 6 心配した, 思うと, 思われる 5 思われるほど 4 思う

3 [13件] 云うこと, 云ふ, 心配し, 思うの, 思うほど, 思ふ, 思われた, 思われます, 思われる位, 恐れて, 気に, 疑った, 聞きたい

2 [20件] そればかり, そればかりを, びくびくした, びくびくもの, 云う心持, 云う心配, 危むまでに, 奥深く杜, 思った, 思ったから, 思つたのである, 思われるの, 恐れたが, 案じて, 気が, 気遣つた, 考えられる位, 自分でも, 落, 論じた

1 [184件] あちこち見まわし, あやぶまれる, あんじられるほど, いうので, いかにも若々しい, いくらかは, いふの, おそるおそる足, おどおどする, お互いに, お母さんはじめみんなで, お米, きまり悪, さへ, しばらく立っ, しまいにそれ, すこし気がかり, そこで, そのほう, その方, その時, その期待, その警戒, それが, それまで, それを, たえずびくびくし, とにかく今や彼, なお充分警戒, はかない望, はらはらさせる, はらはらし, はらはら致します, よく周囲, キョロキョロした, ビクビクもの, 一寸躊躇っ, 一寸躊躇つて, 不安でなりません, 不安に, 云うとりこし苦労, 云う人, 云う馬鹿, 余けいな, 其時は, 内々ひどく, 内々びく, 内々心配, 内心はらはら, 内心びくびく, 勝次郎は, 半年前から, 危ぶまれて, 危むばかり, 取りあえず度肝, 四辺を, 大いにてれ, 大抵気, 妻の, 存じますから, 寝台は, 小学生の, 少しく憂慮, 左の, 年の, 彼等は, 待ち受けて, 待ったが, 心の, 心待ちに, 心待ち顔の, 心配された, 心配しました, 心配せず, 心配だ, 心配で, 念じた, 念入に, 怖くな, 思いました, 思いまして, 思います, 思いますが, 思いますと, 思うから, 思うこと, 思うまで, 思う事, 思う懸念, 思う程, 思っただけでも, 思ったので, 思ったり, 思ってでも, 思ってね, 思つたのだ, 思つてわざわざ, 思つて書い, 思つて遠慮深, 思はる, 思はれて, 思はれるやう, 思はれる程, 思ひながら, 思ふと, 思われたが, 思われるが, 思われるただ, 思われるヒマラヤ山, 思われる点, 思われる程, 思ッて, 思案した, 急いで, 急に, 恐れた, 恐れたりなど, 恐れながら, 恐れられた, 恐れ戦きつつ, 惧れる, 憂慮される, 懸念し, 手を, 拙者は, 捜すの, 推測される, 揺れると, 既にし, 是から, 暗に願っ, 期待し, 果敢ない望, 案じたわけ, 案じますほどの, 案じられた, 案じられましたので, 案じられます, 案じる, 案じるの, 案ぜられた, 気づかいましたが, 気づかった, 気の, 気の毒です, 気を, 気遣うよう, 気遣ふ, 注意し, 狭まそう, 疑い得られるの, 疑うほど, 疑られて, 疑れる位, 盃を, 眼を, 私それが, 私は, 私気に, 窓を, 絶えず恐怖, 絶えず注意, 考えた, 考えたから, 考えたの, 考える, 考へて, 耳を, 胆を, 船中の, 色々探索, 苦に, 虞れ, 袴の, 覗き見したい誘惑, 言って, 計器を, 調べること, 豊後介は, 迷って, 遠慮がちな頷き, 門の, 驚いたほど, 驚くべく細密

▼ しまいまで~ (148, 4.5%)

6 黙って 5 聞いて 4 読んで 3 一言も 2 だまって, 云いきれなかった, 御読み, 私の, 聞いてから, 見て, 読む必要, 辛抱し

1 [114件] あの面倒くさい若い, いたの, うんこの, おくがた, おちついて, お聞きくだせえまし, お聞き下さい, お聴きくだされ, きいて, くだらないこと, このおやじ, しゃべりつづけでした, じっとすわっ, すっかり自分, すべてみなこれ主君秀吉の, ずんずん引っ張られ, そうした瞬間, その悪戯, その感じ, その歌, できずに, ふざけて, ほとんど無言, やっちまえ, やっつけるって, やってのける, やり通すの, ゆっくり聞い, よくお話, わたしわたしとばかり, グッタリと, チャンと, ドミトリイ・フョードロヴィッチにばかり, 一大音楽を, 一語も, 不機嫌, 人気の, 仲の, 伯爵の, 何も, 唯座っ, 喫むこ, 天皇の, 奥歯に, 女らしく書かれてない, 平らげるの, 彼と, 彼女と, 待たず, 御聞き, 御聞きなさい, 御見物, 手を, 探偵的興味を, 昨日は, 暗誦する, 書き通す決心, 有利に, 歩く, 残ったただ一機, 残って, 残らず読めば, 気に, 漕ぎつけました, 漢語に, 照し, 独身で, 猛烈な, 病人や, 登りつめれば, 皆は, 皇后を, 眼を, 知らん顔を, 立ちつくして, 笑い切れば, 精読しなく, 素直に, 聞いたが, 聞いてしもて, 聞かないで, 聴いて, 聴かないじゃ, 聴かぬうち, 聴くもん, 腐り残るけになあ, 自分にたいする, 行くと, 見附りませんでした, 解かずに, 言い切るの, 言えなかった, 言わさず鶴雄, 言わして, 言わずに, 言わせなかった, 読まずには, 読まなけりゃならない訳, 読みつづけた, 読み切らないうち, 読み終ると, 読み返して, 読み通すこと, 読めなかった, 読んだって, 謹聴しなくっ, 負けて, 身体あ, 通訳した, 酔わなかった, 釣られて, 附きよう, 降りずに, 順に

▼ しまい~ (146, 4.4%)

8 思う 6 思った, 思って 4 それは, 思います, 思ったが 3 思っても, 思われるよう, 決心し 2 して, 多寡を, 心に, 思うが, 決心した, 考えて

1 [93件] いって, いつたやう, おもうよ, おもわれるほど, おれの, きのうから, きめた, きめて, さっきから, した, しました, するかの, するも, する年寄, する意志, すれば, そういうご, そうです, そのやう, その方, ちかって, ふと決心, わしの, 中村の, 云う言意, 余計な, 例によって, 例へば芸術, 信じたから, 信じて, 信ずる, 努力した, 勝手な, 口を, 唯之, 堪へるの, 始終張り切っ, 察せられました, 小松原は, 心を, 念じた彼女, 思いながらも, 思いました, 思いましたが, 思いまして, 思いますわ, 思い空想, 思うがね, 思うのよ, 思うわ, 思ったから, 思ったし, 思ったに, 思ったので, 思ったん, 思ってね, 思つてゐ, 思つてゐる, 思はれた, 思はれる程, 思ふ, 思ふの, 思へば, 思われたという, 思われて, 思われるくらい, 思われるの, 思ッた, 我慢し, 抱いて, 控えて, 正にただいま申しあげた, 気に, 永い歳月, 決めて, 決心する, 決意を, 法主の, 泣こうと, 泥棒の, 無理にも, 用心し, 知つたから, 確く, 突っぱったの, 約束し, 自分でも, 落ちついて, 血眼に, 覚悟した, 誰でもが, 軽く考え, 迂闊にも

▼ しまいその~ (85, 2.6%)

3 ために, 代りに 2 上に, 場で

1 [75件] あいた, あげくこんどは, あとから, あとで, あとには, あとを, いきさつが, うちに, お君, かわり彼を, かわり私を, すきに, ため姪の, たんび年枝さんを, ときに, のちは, のち糸車を, ほか部下の, ま, まんま一生を, ドイツ人は, 一つには, 上へ, 上仲間の, 上戦争の, 上昼食も, 上親類中に, 下に, 井戸を, 人力車は, 代り活動女優とか, 優美さも, 前に, 包みが, 場に, 夜は, 大姿見鏡, 如何にも古めかし, 始末を, 子は, 子供らの, 家も, 小さい体, 小屋の, 幸福や, 微かな, 手に, 手を, 文化の, 日は, 時から, 時自分たちも, 晩殆ん, 暗黒の, 根本的な, 歌を, 死骸を, 汽車が, 煙が, 男は, 異様な, 癖意地悪い, 眼は, 端々の, 紙切れを, 結果まだ, 練ったもの, 翌日ようやく, 耳を, 蔭から, 跡に, 身代りとして, 顔にも, 首を, 高札を

▼ しまい~ (63, 1.9%)

14 しないかと 4 しないか 3 しないかという, すまいかと 2 しない, しないかとの, しないだろうか, しないだろうかと, しまいか

1 [29件] いたすまいか, こうなるだろう, したが, したけれ共, したものの, しないだろうかという, しないでしょうか, しなかった, しなかったか, しなかったでは, しなかったの, しまいかと, しませんけれど, すまいかという, せんかな, せんかね, はあうっかり, ほんとうの, もうあんまり小さく, もう咽び, ブツブツ現在, 土橋へ, 性格が, 本気に, 猫は, 肺病で, 腹が, 致しますまい, 記されず

▼ しまいかという~ (40, 1.2%)

2 ことである, 不安の

1 [36件] ことだ, ことだった, ことは, ことまでも, ことを, よろこばしいお, 不安が, 不安にも, 世にも気味, 単純な, 危険の, 己惚が, 心に, 心配だった, 心配で, 恐れとは, 恐れ二つの, 恐ろしい不安, 恐怖に, 恐怖ほど, 掛念あるいは, 掛念で, 掛念も, 期待が, 杞憂の, 極度の, 気が, 気持が, 点を, 片時も, 疑念さえ, 疑念も, 空想が, 老婆心から, 虞を, 要領だった

▼ しまいそれ~ (40, 1.2%)

2 と同時に

1 [38件] からその, からの数日, からは思いついた, からは横目, からは話し, から三十五日, から王侍, から間もなく, があまりに突然, がうまく, がお, がこの, がパッ, が一人二人順潮, が愛, が時には, が自然, こそ着のみ着のまま, だもの, と一緒, と共にクマ, にかわっ, につづい, によっていっそう, に引き続い, に比べ, に食慾, はてっきり, をなお, をポケット, を包, を受けとめる, を女中, を度々くり返し, を彼女, を振り切る, を消そう, を配達

▼ しまい~ (39, 1.2%)

3 方に 2 ほうは, 日に

1 [32件] あすこの, あのか, お皿, はてには物, ひばりも, ほうを, んや, エハガキに, 一きれ, 一疋は, 切りで, 四つだけは, 声は, 小さな一疋, 島水の, 手紙でしょう, 文句は, 方には, 方は, 方を, 日曜でした, 日曜二十七日でした, 条件が, 湯の, 物語は, 者であった, 船が, 荷馬車が, 藁を, 踊は, 面会を, 頁まで

▼ しまいまた~ (38, 1.2%)

2 すすきが, 外の, 急に

1 [32件] あくる晩席亭, かえってくる, この地, すぐ翌, その助言, その次, それに, キャンドルを, ドイツ人の, ピッタリと, 一から, 不利な, 元贇, 光って, 内心ふかく怖, 味方の, 声を, 履歴書を, 引張っては, 後に, 投げ出された物質, 新式の, 日本でも, 残念な, 流れの, 相逢う, 美しいぬれた, 自分が, 苛税を, 言いがかりの, 近郷の, 逆に

▼ しまい~ (35, 1.1%)

4 と怖 2 どこぞの

1 [29件] こういうふう, ことに武将, そうし, それでも結構, それを, とこは, とよんで, どっちに, または失礼, また気, よもや知れない, 一言でも, 即ち自分, 又はまだ, 友人として, 咎められは, 大局に, 容体が, 後から, 恥を, 明日は, 死には, 毎日, 気が, 氣に, 自分を, 蛇の, 蜘蛛の, 鳩尾に

▼ しまい~ (35, 1.1%)

6 そんなこと 2 それとは

1 [27件] あれで, お介意, かまわぬという, こうなった, じゃあこちら, ずっと以前, それは, たださえ, なにしろ若い, なるべくは, ひょっとし, もしも丹生川平, 一切の, 五百ルーブリ積ん, 何そりゃ, 塵埃濛々然, 大変面白い, 店の, 弓之衆の, 強情を, 意地惡く, 早くあける, 早速其車, 構わねえって, 泣いては, 現実の, 眼力を

▼ しまいながら~ (30, 0.9%)

2 言った

1 [28件] この小, しかもかかる, そのいちばん, その乱れた, それでも人類, それを, つぶやいた, もう自由, わきに, 丹尾は, 云った, 五郎は, 今更の, 伸子は, 土間へ, 声を, 子供を, 宇治は, 彼は, 後から, 息子を, 眼で, 空籠を, 立ちあがった, 答えた, 紋三を, 重吉に, 青年に

▼ しまいそして~ (25, 0.8%)

1 [25件] いつもごみ, いつも不自由, いまやこの, かれの, これまで, その冷え, その男, その葉蔭, とことこと, シリアの, 一つ一つの, 二人の, 出て, 対角線の, 将来の, 弱まって, 新しい魚, 日本を, 武蔵を, 満員の, 私は, 腰を, 草履は, 衰弱する, 風雅な

▼ しまいただ~ (22, 0.7%)

1 [22件] そればかりを, もうそこ, もウ, シャンパンの, 一つだけ, 一人で, 一刻も, 一騎と, 人質の, 前田玉英さんだけが, 大きく頷く, 手短かに, 次に彼, 水瓶ばかり, 涙に, 漲るの, 無性にいい, 瞬間亡霊昔の, 私の, 自分の, 遠くに, 錦葵だけは

▼ しまい~ (22, 0.7%)

1 [22件] いるの, ではあのお, では二人, では外国婦人, では本郷辺, では藤次, では顔, の八代吉宗, の対話, は僅か, は切れ切れ, は唯, は小さな, は後悔, は手放し, は老母, は身心, は骨, また御池十郎左衛門, までの喧噪, もって, 目前に

▼ しまい自分~ (22, 0.7%)

1 [22件] から注文, がこの, だけが唯一, でも立ち上がる, と道しるべ, の匕首, の書いた, の狭い, の疑惑, の車, はここ, はその, は伊賀, は小学校, は慄然, は早く, は蒼々, は隠れ, へ来る, も得意, も開成山, を愛する

▼ しまい~ (20, 0.6%)

1 [20件] あのおいらん, あの旦那, して, その必要, たとえ起こった, どッ, はっきり決める, またやっ, また受け, また跡, 一切存ぜぬ, 人, 何という, 召使に, 従って, 石を, 肌を, 誰が, 食物が, 養源寺さんは

▼ しまい~ (19, 0.6%)

1 [19件] だけが多少まだ, には我慢, に会いません, のライス, の姿, の戯曲, の知っ, の自由, はそのまま, はまた, は叔母, は自動車, へ無心, もお隣, もその, ももう, も生き, をそっと, を捕える

▼ しまいさえ~ (16, 0.5%)

12 すれば 2 しなければ 1 しなきゃたしか, せば

▼ しまいそれから~ (16, 0.5%)

1 [16件] こっち片っぽ, その女, もう話そう, セロを, 人びとは, 今日は, 以前の, 写字台の, 小一時, 後の, 朝めしを, 柵という, 硯箱へ, 茶ぶ, 話が, 酔眼を

▼ しまいあと~ (14, 0.4%)

1 [14件] で佐藤氏, にのこっ, にはこちら, にはブクブク, には小さい, には足利勢, には陳大夫, に残っ, に残った, に残る, はまるで, は全く, は弁慶一人舞台, は西風

▼ しまいそうして~ (14, 0.4%)

2 もう女らしく

1 [12件] この本館, その付近三十五カ村, その時, その眼蓋, ヒラメは, 今だに, 全宇宙, 又次の, 大切に, 最後に, 煙斗へ, 道庵並みに

▼ しまい~ (13, 0.4%)

1 [13件] が意識, のところ, の侍, の唯一, の姿, の娘, の気力, はその, は思い出す, は暫らく謹慎, は眉根, は籠堂, も気

▼ しまいこの~ (12, 0.4%)

1 [12件] ところまで, まま分れ, 三人は, 二た, 先それが, 分れ目の, 小刀一梃では, 慣れによって, 改版にあたって, 最初の, 残りの, 頃に

▼ しまいもう~ (12, 0.4%)

2 自分の 1 いつまた, 一方の, 何を, 大福餅一つ買えなかった, 彼女に, 手向いは, 腰が, 落語家は, 見つけられなくなったし, 言い合いを

▼ しまいという~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことであった, ことに, 安心が, 安心の, 忠義一徹, 思い切です, 書附を, 村の, 考えは, 自信, 黙契が

▼ しまいあの~ (10, 0.3%)

1 人は, 人を, 動物に, 取り込みの, 子に, 子の, 幼い者ども, 憂鬱な, 書類配分の, 豊かな

▼ しまい~ (10, 0.3%)

1 かみさんは, てつは, 君は, 堂も, 帰りに, 気の毒な, 滝との, 縫様も, 義理の, 通さんの

▼ しまいから~ (10, 0.3%)

1 だが, ちょっと様子, 今の, 堪忍し, 尋ねて, 序文の, 意気地なく, 横浜へ, 読んだって, 逆に

▼ しまいしかも~ (10, 0.3%)

1 その感じ, その頃, なんらの, 事故の, 今度は, 今日尚, 単独の, 廉潔な, 木之, 遭難の

▼ しまい~ (10, 0.3%)

1 うする, かその, かの難儀, つか其の, という俺, の雑念, も感銘, も欠けた, をする, を甲斐

▼ しまいこれ~ (9, 0.3%)

1 では手ぶら, でも銀, でよい, で万事落着, で何もかもさっぱり, は失敗, は弥次郎兵衛, へ迫っ, を振り廻し

▼ しまいがち~ (8, 0.2%)

2 である 1 だ, だった, であった, であります, です, ですが

▼ しまいそこ~ (8, 0.2%)

2 から流れ 1 から, から先, が白斑みたい, ではそんなに, に妨害電波, に若者

▼ しまい~ (8, 0.2%)

1 はれ, はれいわれそう, また這入る, ア, 奥も, 手前が, 捨ておしまい, 酒を

▼ しまいまるで~ (8, 0.2%)

1 そのこと, ドラム缶の, 嘘の, 彼には, 彼女を, 正月興行の, 野卑な, 頑な

▼ しまい~ (8, 0.2%)

1 いと, いとは, いと思います, いと思っ, いよ, いようである, いような, い様子

▼ しまい~ (8, 0.2%)

1 が覚める, などはすっかり, のまわり, の前, はその, はにごり, をみはっ, をパチパチ

▼ しまい~ (8, 0.2%)

1 にはもう, のなか, の表情, は肺病, は蒼く, を窓, を背け, 見合せて

▼ しまいついに~ (7, 0.2%)

1 はもの狂い, 伸子だけが, 作品を, 叔母の, 坂本まで, 手すりの, 絶好の

▼ しまいとして~ (7, 0.2%)

1 せっせと編みました, どんなに彼, 一生懸命に, 出来るだけ, 寐た, 歩み出せば, 素子は

▼ しまいもの~ (7, 0.2%)

6 でも 1 をお

▼ しまいやがて~ (7, 0.2%)

1 それが, カツミに, 二三日する, 二週間の, 今度は, 車体は, 雨中の

▼ しまい~ (7, 0.2%)

2 の中 1 に貯えた, のまわり, も土地, を仕舞う, を飛び出そう

▼ しまいその後~ (6, 0.2%)

1 で五個, で彼, の空虚, は代々農業, は諸国, もその

▼ しまいほか~ (6, 0.2%)

1 に世すぎ, のドア, の三本, の土地, の弟子たち, の治政

▼ しまい遂に~ (6, 0.2%)

1 は, は先生, は得体, は通り, 三河国額田郡伊田村の, 夷陵の

▼ しまいかといふ~ (5, 0.2%)

1 のは, 心を, 心遣ひ, 心配な, 馬鹿な恐れ

▼ しまいしばらく~ (5, 0.2%)

1 しての, その場, だまって, は口, 故郷を

▼ しまい~ (5, 0.2%)

1 えと思い, えと思う, 参りました, 紙に, 罰されぬよう

▼ しまいまさあ~ (5, 0.2%)

31 それを, ね打

▼ しまい~ (5, 0.2%)

1 した, しようが, すめえと, せず生, だもだしながら

▼ しまいもはや~ (5, 0.2%)

1 どこにも, 一歩も, 彼に, 未練も, 身を

▼ しまいわたし~ (5, 0.2%)

1 とペン, はしばしば, は自分, は道, を世間

▼ しまい今日~ (5, 0.2%)

1 が日, の北海道, は二日酔, は少しゆっくり, は誰

▼ しまい~ (5, 0.2%)

1 に近しい, のいろいろ, の人, の新しい, の誰か

▼ しまい以前~ (5, 0.2%)

2 から百姓, のよう 1 の炉辺

▼ しまい~ (5, 0.2%)

1 がまた, が明け, の明ける, の色, は更け

▼ しまいいつも~ (4, 0.1%)

1 のとおり, 借金に, 変らず少し, 裏の

▼ しまいかとも~ (4, 0.1%)

1 心配に, 思った, 思ったそれとも, 考える

▼ しまいかなどと~ (4, 0.1%)

1 それからそれ, 心細い身の上, 思う, 遠慮し

▼ しまいさて~ (4, 0.1%)

1 いった, これから追手, 今日は, 売上高を

▼ しまいそこで~ (4, 0.1%)

1 おいらは, 以前の, 役人たちが, 盤木か

▼ しまいその間~ (4, 0.1%)

1 には当局, には雲煙, に一家一門, へはまた

▼ しまいつつ~ (4, 0.1%)

2 ある 1 あった, あるホントウ

▼ しまいでも~ (4, 0.1%)

2 したよう 1 したら, するよう

▼ しまいどこ~ (4, 0.1%)

1 かでその, が雲, でなに, へ訊きあわせ

▼ しまいなお~ (4, 0.1%)

1 さかんに, 夜もすがら喋りつづけ, 貪婪そうな, 進むと

▼ しまいにゃ~ (4, 0.1%)

1 お前には, アップアップてっきりで, 人にまで, 壁に

▼ しまい~ (4, 0.1%)

1 せいて, 欠と, 独言に, 読まなくたって

▼ しまい両手~ (4, 0.1%)

1 にそれ, を合せ, を縛りあげ, を膝

▼ しまい~ (4, 0.1%)

1 に目当て, ははからず, は口, は徒然

▼ しまい~ (4, 0.1%)

1 の両脚, はあの, はこうして, は傷

▼ しまい彼女~ (4, 0.1%)

1 が傍, には自分, の姿, を悶死

▼ しまい~ (4, 0.1%)

1 に底, に裁判所, の方, の洗物

▼ しまい最後~ (4, 0.1%)

1 に到っ, に残った, に谷, の骨

▼ しまい~ (4, 0.1%)

2 をつかっ 1 にはいっ, を落とした

▼ しまいある~ (3, 0.1%)

1 朝役所へ, 温くさ, 者は

▼ しまいいささか~ (3, 0.1%)

1 作者を, 有頂天の, 湿め

▼ しまいいま~ (3, 0.1%)

1 は友人, は織田氏, まで二人

▼ しまいお前~ (3, 0.1%)

1 が斯様, は前座, は飲んだくれ

▼ しまいこんな~ (3, 0.1%)

1 ふうに, 恥しいところ, 気持ちの

▼ しまいごろ~ (3, 0.1%)

1 には清さん, に食卓, やった

▼ しまいすべて~ (3, 0.1%)

1 の損害高, はその, はもと

▼ しまいずっと~ (3, 0.1%)

1 枕もとに, 立って, 裾を

▼ しまいといふ~ (3, 0.1%)

1 校長の, 樣に, 魂膽だ

▼ しまいとうとう~ (3, 0.1%)

1 又泣い, 蕗子から, 頭まで

▼ しまいとしても~ (3, 0.1%)

1 できない, カレンは, 亢奮し

▼ しまいどう~ (3, 0.1%)

1 すること, する事, でもいい

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 へえそれで, 紅で, 行くと

▼ しまいまだ~ (3, 0.1%)

1 表立って, 足らんで持って, 高尚で

▼ しまいまったく~ (3, 0.1%)

1 そこには, それどころで, 自分を

▼ しまいもう一度~ (3, 0.1%)

1 ビーンと, ポーンと, 手紙を

▼ しまいやむなく~ (3, 0.1%)

1 それが, 元の, 高い駄賃

▼ しまいフリーダ~ (3, 0.1%)

1 が助手, が自分, の言葉

▼ しまい一つ~ (3, 0.1%)

1 のカオス, の国, は開こう

▼ しまい一度~ (3, 0.1%)

1 に地上, 覚えた歌, 軌道を

▼ しまい主人~ (3, 0.1%)

1 に暫く, の行方, は長火鉢

▼ しまい二人~ (3, 0.1%)

1 だけが静か, の人足, の姿

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 の目, はあたかも, を驚かす

▼ しまい今度~ (3, 0.1%)

1 こそまったく, は自分, は重点

▼ しまい全く~ (3, 0.1%)

1 それと, 単身でありました, 新しいトリック

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 ひとつ気残りが, 是は, 普段の

▼ しまい同時に~ (3, 0.1%)

1 折角手に, 病気がちに, 駒井も

▼ しまい地上~ (3, 0.1%)

1 がにわかに, にぴったり, は忽ち

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 も言葉づかい, を上げ, を立て

▼ しまい子供~ (3, 0.1%)

1 も二人, も早く, らしい願望

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 という川, も崕, や海

▼ しまい彼ら~ (3, 0.1%)

1 からはなん, にはなんら, の罪

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 のつけよう, をひっこめ, 離しで

▼ しまい易い~ (3, 0.1%)

1 ことも, のだ, 自己の

▼ しまい残り~ (3, 0.1%)

1 の半分, の空, をよく

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 が庭, に, は青山

▼ しまい私たち~ (3, 0.1%)

1 はみんな, は夫婦, は警部ら

▼ しまい~ (3, 0.1%)

1 のほう, も消え, を画き添えよう

▼ しまい近頃~ (3, 0.1%)

1 では内弟子, はもっぱら, 長島への

▼ しまいあたり~ (2, 0.1%)

1 はまったく, は夜

▼ しまいあまつさえ~ (2, 0.1%)

1 その六日, 医師への

▼ しまいあまり~ (2, 0.1%)

1 うまくゆき, の興奮

▼ しまいあるいは~ (2, 0.1%)

1 もやって, 几帳面に

▼ しまいいきなり~ (2, 0.1%)

1 しかも何箇月ぶり, 揺椅子から

▼ しまいいったい~ (2, 0.1%)

1 どこが, 訪ねて

▼ しまいいよいよ~ (2, 0.1%)

1 という季節, 残り少ない軍力

▼ しまいおまけ~ (2, 0.1%)

1 に博奕, に病気

▼ しまいおよそ~ (2, 0.1%)

1 予想も, 喰えそう

▼ しまいかえって~ (2, 0.1%)

1 彼が, 気持が

▼ しまいかしらと~ (2, 0.1%)

1 思われるほど, 落付きなく

▼ しまいかとの~ (2, 0.1%)

1 恐れが, 虞れ

▼ しまいかを~ (2, 0.1%)

1 考慮し, 考慮し始めなけれ

▼ しまいけれど~ (2, 0.1%)

1 さして喜び, 唯妙

▼ しまいここ~ (2, 0.1%)

1 でもまた, に三十万

▼ しまいこれから~ (2, 0.1%)

1 当分毎日来, 西すべき

▼ しまいさらに~ (2, 0.1%)

1 妹の, 語を

▼ しまいしかし~ (2, 0.1%)

1 あった方, 曖昧な

▼ しまいしたがって~ (2, 0.1%)

1 その献身, 存在の

▼ しまいじっと~ (2, 0.1%)

1 して, 目を

▼ しまいじゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ しまいすっかり~ (2, 0.1%)

1 入ったら二階, 腹を

▼ しまいせめて~ (2, 0.1%)

1 ものお詫び, 罪を

▼ しまいそのまま~ (2, 0.1%)

1 おそろしいいきおい, 筋一つ滝人の

▼ しまいそれきり~ (2, 0.1%)

1 その娘, だったの

▼ しまいそれで~ (2, 0.1%)

1 思い切って, 自分の

▼ しまいそれでも~ (2, 0.1%)

1 しばらくは, まだ一人前

▼ しまいそれら~ (2, 0.1%)

1 のもの, の部落部落

▼ しまいため~ (2, 0.1%)

1 に悪運, に自分自身

▼ しまいだんだん~ (2, 0.1%)

1 世の中が, 兇悪そうな

▼ しまいつるつる~ (2, 0.1%)

1 の禿頭, の頭

▼ しまいとても~ (2, 0.1%)

1 こんな処, 一生涯癒り

▼ しまいとは~ (2, 0.1%)

1 思うが, 思つてゐた

▼ しまいながらも~ (2, 0.1%)

1 断然別れ, 顎を

▼ しまいなん~ (2, 0.1%)

1 したえ, の物音

▼ しまいねえ~ (2, 0.1%)

1 そうして百両金, 俺らは

▼ しまいばら~ (2, 0.1%)

1 の花, ふの

▼ しまいふたたび~ (2, 0.1%)

1 あちこちと, それを

▼ しまいほんとう~ (2, 0.1%)

2 にもうそのまま

▼ しまいぼく~ (2, 0.1%)

1 だけが那覇, にはそんな

▼ しまいまっ~ (2, 0.1%)

2

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 がる, がるざま

▼ しまいやっと~ (2, 0.1%)

1 張苞に, 槍ヶ岳の

▼ しまいわけても~ (2, 0.1%)

1 光子は, 彼に

▼ しまいオイチョさん~ (2, 0.1%)

2 と夫婦

▼ しまいガラン~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ しまい一人~ (2, 0.1%)

1 も居りません, も聴衆

▼ しまい一方~ (2, 0.1%)

1 では乳母, には日

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の耳, 眼は

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 のこと, はおじいさん

▼ しまい二度と~ (2, 0.1%)

1 会うこと, 迎えて

▼ しまい人々~ (2, 0.1%)

1 がかく, の頭

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 もくたくた, を斜め

▼ しまい借金~ (2, 0.1%)

1 が減る, はふえる

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の不幸, も売る

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 山の, 軍まったく

▼ しまい再び~ (2, 0.1%)

1 昔の, 暗夜の

▼ しまい勝ち~ (2, 0.1%)

1 だった, である

▼ しまい十年~ (2, 0.1%)

1 の知己, の親しみ

▼ しまい反対派~ (2, 0.1%)

1 の学者, をみな

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 ほどもなく, も利けません

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 新聞が, 釘なんか

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の手, の銭

▼ しまい問題~ (2, 0.1%)

1 にしない, になった

▼ しまい外套~ (2, 0.1%)

1 が新調, の一件

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 は乞食, は夜具無し

▼ しまい子分一~ (2, 0.1%)

2 はよろめい

▼ しまい宿~ (2, 0.1%)

1 は午後中, を出た

▼ しまい少し~ (2, 0.1%)

1 ずつ分量, 気に

▼ しまい帰り~ (2, 0.1%)

1 の列車, の道

▼ しまい強い~ (2, 0.1%)

1 興味で, 香りの

▼ しまい従って~ (2, 0.1%)

1 木村に, 自分の

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 では笑い, も顔

▼ しまい心臓~ (2, 0.1%)

1 が悪く, も脂肪

▼ しまい~ (2, 0.1%)

2 に林

▼ しまい所詮~ (2, 0.1%)

1 あとへ, 黙って

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の乱暴さ, は普通

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の人, の門前町

▼ しまい暫らく~ (2, 0.1%)

1 してから, の間黙然

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の上, を片づけ

▼ しまい柵門~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ しまい歩調~ (2, 0.1%)

1 に合わせ, までが勇み足

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 は四畳半, を勧め

▼ しまい毎日~ (2, 0.1%)

1 ただぶらぶら, ぶらぶらし

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 にしまい, の狭い

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の口籠, もすこし

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 しいの, しいのに

▼ しまい申訳~ (2, 0.1%)

1 ございませんそれで, もありません

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 が醒める, もあてられぬ

▼ しまい真夜中~ (2, 0.1%)

1 なので, に目

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の大月, はたいへん

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の上, をなげ捨て

▼ しまい米友~ (2, 0.1%)

1 の見る, はまだ

▼ しまい翌日~ (2, 0.1%)

1 になっ, は疲れ

▼ しまい翌朝~ (2, 0.1%)

1 になる, は連立ち

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 の甲板, はあちこち

▼ しまい苦々しい~ (2, 0.1%)

1 思いを, 現実の

▼ しまい西洋館~ (2, 0.1%)

1 もそのまま, を買いとっ

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 にはその, を訪う

▼ しまい~ (2, 0.1%)

2 も世

▼ しまい退屈~ (2, 0.1%)

1 で腹, のあまり馬

▼ しまい部下~ (2, 0.1%)

1 の者たち, の記者

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 がし, をたて

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 からすっぽり, の頂

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 のない, の骨

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 が飛び出し, も人

▼ しまい~ (2, 0.1%)

1 はぐんぐん, 蒔きを

▼1* [977件]

しまいあいつ等二人に素股, しまいあからさまに照り下す, しまいあたたかい宵闇の, しまいあてずっぽうに買っ, しまいあと一歩の肉薄, しまいあと作品評をはじめる, しまいあなたとか奥さん, しまいあまりにみじめだった, しまいあんなに晴れやかな, しまいいいなりに, しまいいくつも破れ目, しまいいずれもとくに, しまいいっしょにおぼれる, しまいいつまでたっ, しまいいとど無口が, しまいいやともいえず, しまいいらいらしながら, しまいいわばレビューでも, しまいいわゆる大手攻めの, しまいうかうかとまた, しまいうっかり持ちあげると, しまいおおかた十分近くも, しまいおまえを起す, しまいおれは海, しまいお客の帰った, しまいお巡りさんにとらえられる, しまいお昼すぎから例年, しまいお松が座, しまいお母さんが寝こんだ, しまいかたちだけでも鶴, しまいかつ歩きぶりが, しまいかつて儀作の, しまいかとさえ思った, しまいかとでも思って, しまいかとなんか思われた, しまいかとまで疑って, しまいかと迄疑つて, しまいかなどということは, しまいかぼそい喜捨を, しまいからだけをまた出し, しまいがけである, しまいがとに角共産党の, しまいがねとにかくよく考え, しまいがらんとした, しまいきゅうに瀬戸物町, しまいきらいだと, しまいきれいに掃き清め, しまいぎわには四尺あまりの半, しまいぐいと引き寄せる切っ掛け, しまいけさ帰って, しまいけっしてまた現われること, しまいげろを吐い, しまいこうした乱れ心を, しまいこう改めて筆を, しまいこちらの六帖, しまいこっちのみんな, しまいことか, しまいこどものなき声, しまいこのごろではもはや, しまいこの世の栄華, しまいこの間警報解除の後, しまいこれらの船, しまいこわごわ卦を, しまい通路の, しまいごたごたしてるうち, しまいうになつてる, しまいさきごろ缶詰会社は野州, しまいしきりに頭を, しまいしまいにはレンズ, しまいじっとりあせばんだ, しまいすぐ妻の, しまいすっくと立ち上って, しまいすでに神ヶ原では, しまいすでにきわめてゆっくりとあえぎ, しまいずっとぶらぶらのしつづけである, しまいせっかくの趣向, しまいそういう悲劇に, しまいそしてそれに協った, しまいそのままいつものよう, しまいその他の家族召使い, しまいその後豊臣秀頼さまだの浅野幸長さま, しまいそれからまた組合や, しまいそれっきり帰らない此, しまいそれ以後は蔭, しまいそれ以来元気がなくなった, しまいそれ以来生まれもつかぬいざり, しまいそんなものを, しまいぞという警戒心が, しまいたいてい忘れられて, しまいたしかに大事件, しまいただいま典医を, しまいただただ探るよう, しまいただ形の珍, しまいたったひとつぼっ, しまいたとえその後米穀法の, しまいたまえストラドヴァリウスなんか百, しまいたまえ手切れさえやれ, しまいため強ひても, しまいたんすを運び出す, しまいたんぼの稲穂, しまいだけで止めた, しまいだれにも会わない, しまいちょうど車が, しまいちょっと戸口の, しまいちょっとした明りでも, しまいつい今しがたまでの, しまいついに全くこの作用, しまいつぎにはだめ, しまいつまり僕を, しまいてから散歩ながら, しまいでは出直して, しまいとおもふ, しまいとかいう時にコッソリ, しまいとかく去就に, しまいときどきあたくし, しまいとに見える韻律, しまいとも思った, しまいともすれば暗い気もち, しまいとんだ失敗を, しまいどうかした保母たち, しまいどうにも困り切った時, しまいどうやら主人の, しまいどころも違え, しまいどんと尻餅を, しまいどんなもので, しまいなかなか終りそう, しまいなどしない, しまいなに思ったか, しまいなよ誰でも, しまいなんだかわけが, しまいにやにや笑ったり, しまいにわかにがらんとして, しまいねえと言って, しまいのっそり土間に, しまいはじめて見知らぬ人, しまいはっきりと眼, しまいよかった, しまいばばは声, しまいひたすら一郎の, しまいひとりではもう, しまいひとりっきりで年, しまいひどいひどい貧乏暮らしの, しまいひらりと部屋, しまいぴったりと彼, しまいふと赧く, しまいふらふらと桔梗屋, しまいふらりと散歩, しまいべつのほう, しまいほんの二三の, しまいぼくらが書生時代, しまいさ, しまいまさにこのた, しまいまして忰に, しまいまずい総菜を, しまいまたもや少しばかりもと, しまいまつす, しまいまでにおそらく十五分, しまいまでは言いおわらなかった, しまいまでを云い切る勇気, しまいまもなく公金横領が, しまいまる二日間思い出せなかった, しまいまわり具合もよぼよぼ, しまいみるみるそのさむ, しまいみんなが空, しまいむしろ退いて, しまいむなしく彼は, しまいもしや雨では, しまいもってかえったの, しまいもっともっとうたって, しまいものすごい雲が, しまいもはやこういった孤独, しまいやあがったな, しまいやがて最も淫蕩な, しまいやすいからそれ, しまいやつと昼すぎ, しまいやや大きいめ, しまいややともするとなにか物欲しそうな, しまいやりきれない疲労と, しまいばあやそら, しまいよい匂いも, しまいよく恥ずかしげ, しまいよその学校, しまいよぼよぼの老母, しまいよよと泣く声, しまいよりどころなき, しまいわけもなく, しまいわざとらしく彩りグロテスク, しまいわしの手紙, しまいわずかにあやしい, しまいわずらわしい交際を, しまいわたし一人師匠の寝酒, しまいわっしが, しまいわれらの目的, しまいアパートメントも変え, しまいイグナート・イグナートウィッチにだけ挨拶, しまいイスからずり落ち, しまいインゲンも小豆, しまいウルリーケの胸, しまいエプロンを顔, しまいオペラは終っ, しまいオラクニヰルことをもって欠礼, しまいカウンターから二つ, しまいガサと隠れ場所, しまいギンネコ号はその, しまいクビをくくっ, しまいクリストフは感動, しまいグウグウ鼾きを, しまいサウルは泣い, しまいシカモ罷めて, しまいシナに出, しまいシマッタと思わなく, しまいシュワルツァーは電話機, しまいスウッと宙, しまいスナップをとめ, しまいソファの上, しまいタタミをむしる, しまいチブスと診断, しまいドーブレクもう私, しまいナタン夫人の連中, しまいノコノコとその, しまいノートの開かれた, しまいハッと気, しまいハンナにおかあさん, しまいパリー全市は無, しまいビュルストナー嬢はこの, しまいブルブルブルと, しまいヘタヘタと腰, しまいベッドにもぐりこむ, しまいボートを漕い, しまいマキ子に好意, しまいマーシェンカは赤ん坊, しまいミチャイ小父とミニャイ小父, しまいミンナの視線, しまいムクが立つ, しまいメルボルン男が代っ, しまいラジオも電燈, しまいラレイの艦隊, しまいルージンをきき, しまいレイニーア山に関しては詳細, しまいレバーやハンドル, しまいヴァイオリンやホルン, しまいヴェリチャーニノフの言う, しまい一ノ宮源八は先, しまい一ヶ月ばかり過ぎます, しまい一人前の男たち, しまい一夜飾りはせぬ, しまい一家はどん底, しまい一寸お湯へ, しまい一日休めば, しまい一日一刻として安らか, しまい一朝天下の, しまい一本橋を渡っ, しまい一歩一歩古畳の上, しまい一生再び彼女, しまい一番名もない, しまい一種薄気味悪い恐ろしさ, しまい一行のすべて, しまい一言もいわず, しまい三井寺の崩れ, しまい三味線を押しつけられる, しまい三四日何も喰わず, しまい三男の孫翊, しまい三里の夜道, しまい上衣をぱんぱんと, しまいで一同, しまい下手すれば, しまい下松の病院, しまい下水道の湿った, しまい下駄を穿く, しまい不幸な先生, しまい不潔な一日, しまい不破はその, しまいはいつか夏, しまい世の中に何, しまい両々相布陣して, しまい両親に向っ, しまいには座, しまい中村座では大きに, しまい中西さんのあの, しまいにも家来, しまい主従ちりぢりに, しまい久助さんを使, しまい九時前には湯, しまい九月帰京するや, しまい乞食のよう, しまい予定のとおり錦旗, しまい争いあれば, しまい事態の収拾, しまい二三年前のもの, しまい二使人不死の水, しまい二度のどんぶり, しまい二度三度と霜, しまい二日の後, しまい二日居所をくらまし, しまい二梃のピストル, しまい五体は痩せ, しまい井出康子という端麗, しまい交換船や引揚船, しまい享楽出来る間, しまい人夫も金, しまい人形をしかりとばし, しまい人橋を架け, しまい人民には税金, しまい人混の中, しまい人生とはいつか復讐, しまい人足たちは船艙, しまい人身を受け, しまい今お城を, しまい今に此処に, しまい今やいっこうに勝手の, しまい今夜もこの, しまい今後はもはや, しまい今日純粋のエトラスケール語, しまい今朝は柔か, しまい今村が事務所, しまい今村さんは私, しまい仕方なく十一, しまい仕様がない, しまい仙太郎は船, しまい代りにさっき, しまい代数は高次, しまい以來十年ばかり私, しまい以来そのまま内院, しまい仮象ということ, しまい仲間喧嘩に花, しまい任意に変身, しまい会下山から蓮池, しまい会社の破綻, しまい体能くお頭, しまい何とかして, しまい何もかも悲しみを, しまい何らの活動, しまい何らかの必要上特殊民を, しまい何人かの男, しまい何処から取出し, しまい何等の痕跡, しまい佛道に入る, しまい作右衞門という老人, しまいにあるまじき, しまい依然旧地, しまいかにがらん, しまい信仰は信仰, しまい信長と家康, しまいに預けた, しまい健康を害し, しまいのルキーン, しまい側役の礼式, しまい手紙を, しまい僅かにその, しまい僕らの友だち, しまい儲けようが少なかっ, しまいのよう, しまい元箱根に着き, しまい兇行後には自分, しまい先刻の男, しまい先輩の勧め, しまい先頃和解と結納, しまい光線が乏しい, しまい全体の立像, しまいの宮, しまいにも私, しまい公衆の利益, しまい六時頃かえる, しまい六月の声, しまい六週間と云う, しまい兵営は何事, しまい兵隊のシモン, しまい兵馬はお, しまい其恢復の為朝鮮, しまい兼好と命松丸, しまい内地にも居られなくなっ, しまい写真のこと, しまい凍結元祖屋さんだけに有終の美, しまい出資者だけはタンク, しまい初めの変, しまい初めて訊く仲間, しまいの杉右衛門, しまい別にこれといった, しまい則重といった人々, しまい前後の考え, しまい前面に天狗平, しまい前髪を切り下げ, しまいもつい, しまい加密爾列の煎, しまいには随意, しまい勘蔵も肱, しまいなこの, しまい勝手に父, しまい医師の駈けつけた, しまい十三年あと鴻の巣の田本, しまい千葉を引き払った, しまい千里を近し, しまい午後からは, しまい午飯を喫, しまい南都の糜芳, しまい卯木はそれ, しまい却って千鶴子に対し, しまい原水爆などの武器, しまい去年の夏, しまい又八は見, しまい友だちか兄弟, しまい友達との交際, しまい反対に日本橋, しまい受人がなけれ, しまい古道は木こり, しまい台の下の, しまい右舷の舷牆, しまい各個各隊, しまい名残を粉屋, しまい向きになっ, しまい君枝が渡す, しまい吹雪の音, しまい呆気に取られ, しまい呼吸も思想, しまい命からがら牢屋を, しまい咳声をする, しまい哀れな紅玉国, しまい品物としては上出来, しまいをきっと, しまい唖娘のところ, しまい唯一の帆柱, しまいは恐ろしく, しまい器用貧乏と持った, しまい嚇しに書い, しまい四人ともジャボジャボ水, しまい四年の夏休み, しまい四方が森閑, しまい四縁とは地水火風, しまい四辺には一つ, しまい国家の軍隊, しまい国枝崇拝者の一人, しまいだけが残りました, しまい土神はまるで, しまい土蔵の中, しまいはため息, しまい地団駄を踏ん, しまい地震研究所の官制, しまい地面の上, しまい城太郎はただ, しまい堅実な実行力, しまいふさげで, しまい場内を黒く, しまい墓場の下, しまい増加し行く人口, しまい売上げが半分以上減少, しまい売子の男, しまいに考え込ん, しまい夕方帰て留守中, しまい外国渡来の悪質娯楽場, しまい外濠の水, しまい多くの芸子舞子, しまい多分それが, しまい夜討ちの秘密計画, しまい夜露の降りる, しまいにまで見た, しまい夥しい戦死者の, しまいへん有頂天に, しまい大いに面目を, しまい大きな窓いっぱいに, しまい大切な誰, しまい大空には真珠, しまい大股に小屋, しまい大胆な者, しまい大藏は血だらけ, しまい大野の処, しまい大須観音の盛り場, しまい天理教の堂, しまい太守面をし, しまい夫人の方, しまい夫婦は自分たち, しまい夫婦竹の孟宗, しまいくした, しまい失業のこと, しまい奇妙な胴, しまい奉公人残らずを, しまい女房の称, しまいが甲, しまいのお, しまい妻君のこと, しまいの手伝い, しまい娘さんは関西方面, しまい娘一人が生き残り, しまい嫌々むしって, しまい嫩葉の色, しまい子供らは稗, しまい存在を抹殺, しまい孤城の運命, しまい学者という, しまい宇津木兵馬はアルプス方面, しまい守勢にたち, しまい宗教の必要, しまいに浮い, しまい実験室も片づけた, しまいの帰る, しまいを立った, しまいけがして, しまい寝床から飛び出, しまい寺田は大学時代, しまい専ら視覚を, しまい尊敬出来ないと, しまい小さなメモ帳を, しまい小坊主はそんな, しまい小山田家には今, しまい小平もまご, しまい少年たちは折りかさなっ, しまいの住居, しまいってな, しまい屋根への出入り口, しまい山口のお, しまい山田も蒲団, しまい山路に出会っ, しまい川上の借財, しまい川端の葦, しまいの方, しまい常にステッキか, しまい常陸にはその, しまい帽子もステッキ, しまいがおり, しまい平三をやとう, しまい平謝りに謝った, しまいか不幸, しまいに溶かし, しまい幾日の心配, しまい幾艘かは焼け沈み, しまいへべっと唾, しまいをかたづけ, しまい庚申塚へ掛った, しまい度そうだった, しまいが立てなくなっ, しまい座敷と座敷, しまい座敷中を右往左往, しまい庭下駄になっ, しまい廃刀令も出, しまい延津弥の師匠, しまいにもう, しまい張子の虎, しまい強く振れば, しまい当然取って, しまい役人も非人, しまい役付け武士の安倍, しまい役所はなおも, しまい役者を皆, しまい彼方でも此方, しまい彼自身死んだよう, しまい往来の目, しまい後で又孝助, しまい後になつて, しまい後ろへふんぞり返った, しまい後片付けは明日, しまい後顧の考え, しまい御所へ出仕, しまい心強くもお, しまい心理批評の仕事, しまい心配なさんな, しまい必ず推して, しまい必要な年数, しまいられて, しまい忘れということ, しまい快い忘却の, しまい忽ち顔の, しまい思わず凝然として, しまい思わずこうつづけた, しまい思判力は失われ, しまい思考力をどうしても, しまい怪潜水艦が仕掛けた, しまい怪物は倒れた, しまい恐らく現在では, しまい恐縮して, しまい恨めしそうに, しまい息子たちに空蝉, しまい恰度三十の歳, しまい悪いときには, しまい悪魔の不敵, しまい惘然とした, しまい惜しいとも思わなかった, しまい感じはしまい, しまいえながら, しまいの暖か, しまい懐中に残っ, しまい我々はこの, しまい或いはそのままに, しまい戦争中便乗したわけ, しまい房総半島方面には冷たい, しまいまで倉地, しまい手綱で子供, しまいから上っ, しまい折角乾かしたもの, しまい押し合いへし合いの混乱, しまい拘束命令書が発せられた, しまい拙者も遁, しまい振り子は止まりました, しまいつるべきもの, しまい掏摸のよう, しまい撤退した植民地, しまい改めて芸者を, しまい散々思いあって, しまい数百の蜘蛛, しまい文字どおりナヤマシ会の実, しまい文次郎から百両, しまいらしい完全, しまい新しい法規を, しまい新たに日本式, しまい新橋から住み替え, しまい新田脇屋の諸, しまいの暮れる, しまい日常の感動, しまい日曜大祭日は五時, しまい日本酒も飲みつくされ, しまい日露戦争終る頃, しまい早速こうして御, しまい明日はいや, しまいえた, しまい昔帳場格子からながめた, しまい春夏には無礼, しまい春着はめちゃめちゃ, しまい昨夜お春, しまいれから, しまい是非がない, しまい時々近所の, しまい普請中の家, しまい普通の子供, しまい暑いさかりの, しまい暗黒の幕, しまい暫く無言で, しまい曳出しをしめた, しまい書斎の掃除, しまい書類を小脇, しまい最早この次, しまい最近またすぐ, しまい最高の美味, しまいがうろこ雲, しまい有隣や侍医たち, しまいまで蒲団, しまい朝日がだいぶ, しまい朝晩は寒く, しまい朝食はひどく, しまい朝鮮女にはインテレクチュアル, しまい木村さんに介抱, しまい本物の佐々木小次郎奴, しまい本能さえも別もの, しまい札束を手, しまい李楽も御車, しまい東京へ行き, しまい東京駅へかけつけた, しまいに就い, しまいの上, しまい果ては何とも, しまい果てはチチコフの, しまい果実は腐りかかっ, しまい果物好きだけに何, しまいにねばりつい, しまいの花, しまい梯子に結ん, しまい椎の木に銀鼠色, しまい楊昂は後方, しまい楠木方の平野将監以下三十余人, しまい楼台城閣は炎, しまいを巻い, しまい横目でにらん, しまいを架け, しまい橙色に光っ, しまいの朝, しまい次にあなたの, しまい次第に独りぼっちの, しまい正行正時和田新発意そのほか, しまいの月, しまい此奴が跡目相続, しまい此店の地底倉庫, しまい武田一族が守る, しまい武蔵が廊下, しまい迫って, しまい歴代漢朝の名門, しまい死体は火葬場, しまい死後に残した, しまいんど, しまい段々死骸を, しまい母乞食の顔, しまい毎夜の食事, しまい毎日位牌の前, しまい気前を見せ, しまいの世界, しまい水気をふくんだ, しまい水道がコンクリート, しまいかと疑っ, しまい永久に手, しまい江戸時代になっ, しまい決していつまでも, しまい決して単に蟻である, しまい汽車のどの, しまい沖縄は沖縄, しまいのよう, しまいにはひび, しまいに揺られる, しまい泥岩の中, しまい泳ぎも何, しまい洗顔にとりかかる, しまい活動にでもよって, しまい活気を全身, しまい浴槽の底, しまいの上, しまい海軍を志願, しまい混乱して, しまい清洲会議でも足下, しまい渓流の崖, しまい渾然融和せる同一, しまい源次郎を養子, しまい滅失の色, しまい演説会が終った, しまい漠然たる心の, しまいも立てず, しまい潰走する扶たち, しまい激しく肩を, しまいは燃えつかない, しまいが太く, しまい関心に, しまい無理に新三郎, しまい無理やりに雑役, しまい無論廃刊した, しまい焦熱地獄と餓鬼地獄, しまい父親のうしろ, しまい爾来四年ばかりの, しまい片手で机, しまいの御前, しまい牛馬畜類の犠牲, しまいの役, しまいでいえ, しまい狡くなり卑屈, しまい猛獣の闖入, しまいの股, しまい猪肉の面目, しまい王子の母君, しまい現に眼界の, しまい現在のこの, しまい生活その他においても勿論, しまい生活費は高品さん, しまい生涯彼らのため, しまい用心棒か何, しまい由也がようやく, しまい申し訳なさ, しまい町人といわず, しまい画界の潮流, しまい異常な深い, しまいや風呂桶, しまい病院へ担ぎこまれ, しまい発火と同時に, しまい発着所のほう, しまい白昼事務室の卓, しまい白河辺でわかれ, しまい百分の三ミリのもの, しまい百里の遠方, しまいから馬鹿, しまいについ, しまい益々それは, しまい直接に朝廷, しまい直接法に無遠慮, しまい相撲の娘, しまい真夏の汗ばむ, しまい眼先にはもう, しまい眼窩から頭蓋腔, しまい着物を着替え, しまい知らせを聞い, しまい知己身辺の者, しまい短い淋しい糸の, しまい短冊は失, しまいが卓子, しまい石むらさんのだいじな, しまい磨滅した心棒, しまい礼儀ただしい日頃, しまい社会部長の椅子, しまい祖父に従って百姓仕事, しまい祖茂という家来一人, しまい祝祭日というもの, しまいの子孫, しまい神籠石の域内, しまい私たち一同人夫, しまい私達の間, しまいにもなった, しまい秋月すでに帰り, しまい科学において用, しまい秘術を尽くし, しまい堆や, しまい空便で週刊朝日, しまい空気が重々しく, しまい窩人達の家々, しまい立ちぎわに又もや, しまいの皮, しまい竹籠のよう, しまい竿はこちら, しまいをおっ, しまい一日用の, しまい筑前守の手, しまいを台所, しまい簡単に話, しまい精密なる実測, しまい紀州の奥, しまい半キロも, しまい約束の時間, しまいには落涙, しまい素朴に日本, しまい素質の悪い, しまい紹介者のところ, しまい終戦となる, しまい結婚の話, しまい絲満事件はこれ, しまい絶句したまま, しまい絶壁の上, しまい絶望に陥っ, しまい維新後折角国法, しまいの小さな, しまい縁側へちょっと, しまい縞柄のついた, しまいの重荷, しまい翌日知人の間, しまい老中の息子等, しまい老後には僅か, しまい老衰して, しまい肋骨や手足, しまい背嚢をおろし, しまい胡桃の木, しまい胡麻塩まじりの, しまいの中, しまい脂肪太りにされる, しまいけ出る, しまいがこむら, しまいの丸味, しまいを立て, しまい腹這いになっ, しまいのうえ, しまいではいだ, しまい自分のを持っ, しまい自分はずう, しまい自分一人だけ村, しまい自分自身がその, しまい自動車まで止まるさわぎです, しまい自尊心の坐りどころ, しまい自然の景色, しまい自然そこが一番賑, しまい自然本当の蕎麦粉, しまい自称皇帝の建てた, しまい自身成敗するの, しまい艇内の人々, しまいはみな, しまい芸妓も客, しまい苅田さん早稲田へ入れた, しまい若いのだけ, しまい草原のじとじと, しまい莫迦にされまい, しまい菅氏へ送り出し, しまい菜の花も青い, しまいのまわり, しまい落着きはらって, しまいを閉めた, しまい蕪村も一茶, しまい藤井はひとり, しまい藤房の潔癖, しまい虎船長以下竹見も丸本, しまい蛇行匍匐して, しまいの魏延, しまい蜀兵の焼け死ぬ, しまい蜂矢をもてあまし, しまい蜿蜒と連なった, しまいう一粒, しまい街道狭しと, しまい衣紋をつくろい終わっ, しまいへ飛出した, しまい西洋馬は旗本屋敷, しまい西郷隆盛を足利尊氏, しまい見物をやめる, しまい見舞客電話の問い合せ, しまい視線をそらす, しまい一人子一人の, しまい角兵衛獅子の一座, しまい言葉もひとつ, しまい計画を知らせ, しまい証拠に残り, しまい証書をポケット, しまい詩稿を返し, しまいをする, しまい誰一人としていいわけ, しまい談話室の扉, しまい警視庁でも所轄署, しまいのファットマン, しまい貞之助が又, しまい貴方に申訳, しまい被るなと, しまい資産も心もとなかっ, しまい資金はまだ少し, しまい賭金としては自分, しまい赤ん坊がお腹, しまい足取りも軽かっ, しまい躑躅ヶ崎の古屋敷, しまい身動きもしなくなった, しまい軽く立ち上ると, しまい轡川の言葉, しまい込みなどし, しまい聞いてから, しまい近いうちに, しまい近年は稀, しまい近所の人々, しまい近江路は草津, しまい途方に暮れ, しまい通行人は白昼, しまい逢びきの間, しまい逢紀が独断, しまい運転手になった, しまいに迷っ, しまい道具は室, しまい道場は賭場, しまい道庵先生の羽織一枚, しまい遠く隴西地方を, しまい遠く奥羽地方のそれ, しまい遺族は生活費, しまいをのみだした, しまい酒場の戸, しまい野はいちめんの泥海, しまい野戦病院に退い, しまいはなくなっ, しまい金持ちも若い, しまい金港堂の, しまい銀公もよりつかなくなった, しまい銀子は娘盛り, しまいをすて, しまい鋭い錐氷に, しまい鏡台の前, しまい長い廊下に, しまい長年にわたって門番, しまい長生きをした, しまい長男の私, しまい長者丸の御殿, しまい長靴でぶん殴られ, しまいの戸, しまい門番からも忘れられ, しまい間際に聴覚, しまい闇夜を鞭打っ, しまい険しい個所では, しまいのある, しまいへ来, しまい雑草は抜かれ, しまい離れ離れに闇, しまい雪子が二階, しまい雪子学士の幽霊, しまい雪童子の白い, しまいに美しく, しまいべかは砂上, しまい青年は許され, しまい青銅の框, しまい静寂はまた, しまいが青ざめ, しまい面白がって, しまい面白くもねえ, しまいになる, しまい頗るグロテスクな, しまい頭布の綺麗さ, しまいなどほとんど, しまい顕家もまた, しまい風呂敷包をもと, しまい風邪をひく, しまい食指が動かない, しまいを食う, しまい馬車がずいぶん, しまい馬鹿な下等, しまい馭者も橇, しまい駄賃馬に向っ, しまい騒々しい行列に, しまい驢馬を売り払った, しまい高千穂太郎の御, しまい高札の文言, しまい高貴な精神, しまいも手早く, しまいの質, しまいを鍋, しまいは鱈, しまい鵞鳥が締め殺され, しまい鵞鳥たちとおんなじ, しまい黄昏がするする, しまい黄色い葉は, しまい黒い無地の