青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しばらく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しなかつた しなかつた~ ~しなく しなく~ ~しなけれ しなけれ~ しばし~ ~しばしば しばしば~ ~しばらく
しばらく~
しま~ ~しまい しまい~ しまいに~ ~しまいました ~しまいます ~しまう しまう~ ~しまえ しまえ~

「しばらく~」 13275, 143ppm, 742位

▼ しばらく~ (1107, 8.3%)

8852 てまた 27 てから 24 て彼 17 てその 15 て私 10 てから彼, て又 9 てから私, て言った 8 て彼女 6 てから又, てから葉子, てそれ, てやっと, て二人, て女 5 てお, てかれ, てこの, てもう, て何, て素子

4 [16件] ていた, てからこう, てからまた, てからやっと, てから代, てふと, てふり, てわたし, て今度, て君, て帰っ, て戻っ, て清三, て男, て遠く, て顔

3 [17件] てある, てからいった, てドア, て一人, て僕, て先生, て再び, て出, て吉田, て夫人, て後, て思い出した, て急, て気, て海, て突然, て窓

2 [62件] ていった, ている, てお母さま, てから三四郎, てから今度, てから俊夫君, てから姉さん, てから娘, てから父, てから顔, てこう, てすず子, てそこ, てたずねた, てはっと, てほっと, てみんな, てもはや, てやっ, てようよう, てソッ, てフランボー, て三千代, て云った, て代, て伸子, て倉地, て兄, て公子, て内, て出し, て勝子, て呟いた, て四人, て奥さん, て女中, て婢, て宿, て小, て小さい, て御, て思い切った, て手, て樟, て此, て気がついた, て洋燈, て父, て父親, て盆, て目, て私達, て竹さん, て細君, て自分, て船長, て菊次さん, て課長, て長十郎, て閉さいだ, て雨, て静か

1 [533件 抜粋] たりとも味わう, てあたし, てあちら, てあの, てあれ, ていつ, てうまい, てうむ, ておかみさん, ておじいさん, ておそろしい, ておもむろに, てお松, てかう仰り, てからあれ, てからお婆さん, てからかなり, てからきゅう, てからさりげ, てからその, てからその同じ, てからであった, てからである, てからのこと, てからは舟酔い, てからひとり, てからぼく自身, てからやや, てからわたし, てからわっ, てからカネー, てからパパ, てからフサ, てからブツブツ, てからママ, てから一切, てから一枚, てから七十六号, てから事務長, てから佐保子, てから何, てから佛蘭西人, てから俺, てから倉地, てから僕, てから六右衛門さん, てから内, てから再び, てから到達, てから勘定, てから勝子, てから卵焼き, てから友達, てから口, てから奥さま, てから女, てから婦人, てから宗助, てから客, てから小, てから川上機関大尉, てから帰参, てから度胆, てから弥吉, てから弱々しい, てから彼女, てから待ち, てから徳ちゃん, てから怖い, てから思い出した, てから思い切った, てから思兼尊, てから愛子, てから戸, てから敏子, てから机竜, てから杉田, てから村, てから松吉, てから格子戸, てから橋銭, てから正勝, てから歯, てから気がつい, てから津田, てから淡谷さん, てから清三, てから火, てから独り言, てから珍本, てから突然, てから立ち上がり, てから競馬場, てから答えた, てから紀久子, てから自分, てから舟, てから船, てから言った, てから言ひだ, てから訊いた, てから誰, てから身體, てから鈴木, てから静か, てから龍雄, てかんとくさん, てきいた, てくつ, てこがね虫, てここ, てこらえこらえた, てこれ, てこわごわ, てこんな, てしく, てしっかり, てすぐ, てすんだらしい, てせきとくさめ, てそり, てそりゃ, てそんな, てたじたじ, てたった, てだれ, てちくりと, てであった, てとうとう, てとつぜん, てどつと, てどれ, てなの字浦, てなん, てのあと, てのこと, ての友, ては, てはしご段, てはじめて, ては立ちあがり, てふだん着, てほら, てほんとに, てぽっつり, てま, てみのり, てみのる, てめずらしく, てもと, てもなに事, てもの, てもの凄い, ても戻, ても戻っ, てやおら, てやつ, てやん, てよ, てよびもどされまし, てアグーシャ, てイガ栗頭, てウム, てエンジン, てカン, てカーテン, てキリスト教, てグード・モーニング流, てケン, てゴルドン, てジジジ, てジャックリーヌ, てジョンドレット, てスキーパ, てダビット, てピリピリッ, てブレシントン氏, てプイ, てボイ, てポチ, てマドレーヌ氏, てマリユス, てメリコフ, てモーティ, てヨチヨチ, て一団, て一度, て一座, て一枚, て一頭, て三四人, て三四郎, て三機, て三沢, て三郎, て上, て上っ, て上の使三人, て丸木, て主人, て久慈, て乘組員, て乞食, て争い, て二三度, て二度, て二郎, て二階, て云, て五郎, て亡くなりました, て人通り, て今, て低く, て何とも, て余り, て使い, て例, て傍ら, て僕たち, て先, て典獄室, て内科, て円き, て冗談的口調, て出来上った, て出版者ハルトクノッホ, て初子, て別, て利根川, て刮, て勘平, て北支事変, て医務室, て十六人, て半ば歎息, て友, て受話器, て口, て古田様, て古藤, て各, て同じ, て向う, て向こう, て周瑜, て命, て命婦, て和一郎, て和尚さん, て咳ばら, て品物, て四五人, て四時五十分ごろ, て国, て園, て埃, て塩田大尉, て境, て変, て夕陽, て夕飯, て外, て外科室, て大, て大きな大きな, て大宮駅, て大将, て大成, て大臣, て大阪屋, て奥, て女中さん, て姉娘, て始め, て娘, て娘さん, て婦人たち, て嫂, て子路, て学士, て宋公, て実, て宿屋, て密, て寝ころん, て寝ついた, て寝所, て対手, て小さな, て小康, て小田さん, て小舟, て小関氏, て少し, て少女, て少年探偵団員, て尺, て尾道, て屏風, て展望ガラス, て山嵐, て崖, て川底, て川辺みさ子, て帆村, て師範生中, て帰つて, て常, て帽子, て幸徳, て庄兵衛, て康子, て廣, て引返し, て弟, て弥兵衛, て彼ら, て彼奴, て往, て後に, て復一, て復活, て徹太郎, て心, て忠相, て思いかけず, て思いだした, て思ひ切つた, て意味, て意識, て愛らしい, て戸口, て戸袋, て手塚房子, て手摺, て抜い, て振り返っ, て捻ねった, て掘れた, て文芸家協会, て新田先生, て新賀, て早, て明かり, て明智, て時分, て晃一, て暗い, て曾根少佐, て服装, て木島さん, て本宅, て本村, て杉田, て村上賛, て東, て枠構え, て栄介, て森村, て椅子, て樹明君, て次第に, て次郎, て止む, て死に, て死ん, て母, て気がつい, て気の毒そう, て水, て水戸, て沈黙, て泣いたら, て泣き, て泣き止ん, て洞穴, て津田, て浦子, て浮き, て湯殿, て源さん, て源氏, て滝太郎, て漸, て火, て火星, て煙草, て爆発, て物, て玄関, て玉藻, て田舎, て甲吉, て甲斐, て甲板, て甲谷, て男女, て登代, て白い, て白木, て皆, て真鍮, て眠っ, て眼, て石, て砲声, て破り, て祐筆, て神尾主膳, て空腹, て空襲警報, て空谷子, て突立, て立ちあがる, て竜, て竹村, て笠原, て第, て筆太, て答え, て紀久子, て縁談, て織部, て署長, て羅, て羽音, て老人, て老女, て聞えた, て聞かれた, て背, て船, て色んな, て色情, て若い, て若松屋惣七, て茶, て莞爾, て菊枝, て落ちつい, て藤吉どん, て虚線, て蛇の目, て行商人, て街燈, て表, て見, て見せ, て言, て言い, て言いました, て言う, て話頭, て語, て警官トラ, て警視庁, て貞之進, て資産家, て賑, て赤い, て身, て車輪, て辞任, て近, て返事, て追い込まれる, て退職願い, て通訳, て逢いうる, て連城, て郵便, て酒盃, て金さん, て金之助, て鉄仮面, て鉄片, て銀之助, て門人たち, て開成山, て陶然, て階段, て隔て, て雌, て雑木林, て青大将, て青木, て青木学士, て音楽上, て須美子, て頭, て風, て風呂, て首, て首領, て馬車, て高橋さん, て鶴見, て黒吉, て龍介

▼ しばらく~ (974, 7.3%)

24 口も 10 何も, 口を 9 何事も 7 茫然と, 言葉も, 身動きも, 黙って 6 二人とも, 顔を 5 ただ茫然, ものも, 何にも, 口が, 誰も 4 そこに, ぼんやりと, 何の, 呆気に, 気が, 無言で, 無言の, 物を, 眼を, 鳥の 3 ここに, 呆れて, 手を, 気を, 言葉を, 返事も

2 [52件] うっとりと, ことばも, これも, その場, それに, それを, た, ただぼんやり, ぢつと, どうしていい, どこへ, どちらが, なにごとも, なにも, ぼんやりし, わからない, ゐしか, 人を, 今の, 何とも, 何んの, 何処を, 命がけの, 声を, 外を, 夜の, 家鳴り震動する, 徒歩で, 思案に, 息も, 手に, 払暁戦, 消息も, 涙も, 激しい争奪戦, 無言である, 物さえ, 独坐に, 目が, 私の, 空を, 耳を, 胸を, 自分の, 花の, 苦しそう, 起上ること, 足が, 酒樽にも, 静かであった, 面も, 鳴りも

1 [694件 抜粋] あとの, あの娘, あらそはず, ある限り, いい気持, いたが, いやに, うとうとと, うるんだ眼, うんも, おきあがること, おきあがる力, おしめ風景です, おたがいに顔, おちつくこと, お互いに, お八重, お待ちなされい, お忍びなされませ, お目, かえってここ, からだの, がやがやと, きっと気, ぐずりぐずり這って, ぐつたりとして身動きも, ことばもござりませな, このままそつ, この争い, この山城, この憂鬱, この真面目, この茅屋, この黒衣聖母, こらえて, これまでよりも, こんなぐあいにして, ごとり, さうだらうとお, さすがの, しっかりだきしめ, しょげて, じっとこの, じっとその, じっと動かず, じっと姿勢, じっと目, じっと立った, じっと身動き, すさまじい穴, すばらしい速力, そうし, そうだ, そこで, そこへ, そこらを, その, そのあたり, そのまま空, その上, その人達, その動物, その女, その情景, その訛, その踊り手, その音感影響, それそのまま, たがいに, ただお, ただその, ただ呆気, ただ唖, ただ外光, ただ悲し, ただ海潮音, ただ涙, ただ竹馬, ただ考え, ただ見まもっ, ただ軒先, ただ電柱, ただ騒がしかっ, ただ鳥, たつて, ためらったが, たれも, だまって, だれも, つづいたが, できぬ, どういうもの, どうすれ, どこかに, どこに, どちらへも, どっちからも, なお内政文治, なお命, なにかしきりにうなずき, なるべく片仮名, なれば, なんの, にこにこし, はりつけ柱, ひとみを, びっくりした, ふるえて, ふーんふーんと, へんじも, ほの, ぼうぜんと, ぼんやりつっ立っ, ぼんやり佇ん, ぼんやり腕組み, ぽかんとなる, ぽかんと坐った, ぽかんと机, まず落ちつい, また江戸, まだ控え, まだ机, まばらにも, みな受入れ, みんなの, もう山々, もがいて, やるせなかった, ようすが, よく内, わが足, わずらって, わたしの, イタリー人から, インディファレントで, カツカツという, クリストフの, シーンと, タバコの, ダシコフの, トゥーンに, ピョンピョンと, フト白い, ボーッと, 一人で, 一命を, 一座に, 一掃され, 一方は, 一言の, 一言も, 一隊を, 七本の, 万事が, 上げる面, 上に, 上総に, 下を, 不便の, 不問に, 不安心に, 両手で, 事も, 二の句が, 二人で, 二人の, 互いに顔, 五六間も, 交際に, 仕事に, 仕事を, 他も, 代る代る眼, 仰せ出でも, 何が, 何という, 何ともいう, 何とも口, 何とも答えなかった, 何と御, 何よりも, 何んだ, 何物とも, 余の, 作曲家ロイターの, 信じられなかった, 先生が, 光りの, 入日の, 全曲入る, 六波羅に, 其のまま, 内政拡充に, 冷却期間と, 凝乎, 出たの, 出で, 出なかった, 分らなかったが, 別る, 加速度で, 動かない, 動かなかった, 動こうとも, 勘当の, 半狂, 半襟の, 博士が, 厳秘に, 厳重に, 参謀室の, 友人たちの, 双方伯仲の, 右往左往であった, 右舷へ, 同じ態度, 君の, 呆然として, 呼吸さえも, 命を, 和らいで, 唖然と, 唖然として, 唯もじもじし, 唯立っ, 唯立つ, 嗚咽に, 嘉代吉の, 団扇の, 困って, 困らないだけの, 埃が, 壁に, 声も, 外で, 外の, 夢でも, 夢の, 夢中でした, 夢見るやう, 大へん, 大丈夫と, 大勢の, 大地に, 天も, 天下の, 天候の, 夫の, 夫人に, 奇異な, 奥様に, 如何とも, 姫路が, 姿勢も, 子供の, 宅中に, 宇宙塵の, 安心という, 家に, 寄りつきませんでしたが, 富五郎の, 将来の, 小右京, 小声で, 居所を, 山轟きぬ木の, 岩山です, 工場主の, 帰らねえ, 帰れないと, 帳場格子も, 帽子を, 床の, 床几を, 廊の, 引きも, 弾くこと, 当然義経, 彼の, 彼を, 彼女を, 往来に, 後から, 後ろの, 後を, 御飯も, 心の, 忍んで, 忘れること, 快く響い, 怖がって, 思いがけない気楽, 思い出に, 怪人の, 怪訝そうに, 息を, 悲鳴を, 情けなさそう, 意気地も, 意趣に, 愛猫号という, 感心し, 感無量であった, 慾求の, 懸命の, 成都に, 我れ, 我わが, 我慢する, 我慢を, 手の, 打ち潜めきたる, 抱いて, 拍手抜け, 挨拶も, 振り向けるが, 揺らぐ緑, 支えられないこと, 敵の, 断ち難い, 旅を, 日向溜りの, 早瀬の, 明い硝子戸, 春部の, 昨日無駄に, 時刻が, 景色を, 書留役の, 机に, 東京に, 枯野を, 柔軟体操を, 柘榴の, 格子の, 棒立に, 極度に, 榎の, 構図の, 橋づめの, 櫓を, 次の, 止まなかった, 止むに, 正常歩で, 殺風景な, 母子ともに, 気づかなかったが, 気抜けの, 水と, 氷の, 決しかねて, 決心しかね, 沈着払っ, 沈黙し, 泣きぬれて, 泣くこと, 流れの, 流刑に, 海の, 涙ぐんで, 涙と, 涙の, 混沌として, 溜息を, 火ハゼの, 無事であった, 無心, 無我無, 無言だ, 煎餅を, 父の, 父上の, 物珍らし, 物音一つしませんでした, 猟の, 猶も跡, 王との, 現在に, 琴だ, 生臭い大きな, 畑や, 畳の, 白堊の, 皆, 皆感じ合った, 目と目の, 相並び, 眞つ, 真の, 真闇, 眼が, 睨み合って, 矢筈あてゆく, 石を, 碌々に, 私から, 私からと, 私は, 私達が, 穏やかに, 突然いぶかしい, 窓ぎわの, 立ちも, 立ち止まって, 立ち直ること, 立って, 立つて, 立てなかつた, 笑ひ止らず, 筆の, 等持院の, 箸の, 粛然たる, 絶えず美くし, 絶頂に, 続きましたが, 網打ち母船へ, 線路の, 羽毛を, 考えるもの, 耐えて, 聞くこと, 聞こえて, 聴かず蝉, 肩を, 胆を, 胸が, 胸をか, 腰が, 自分を, 自由であり, 船は, 艇に, 色が, 若芽の, 茶碗の, 荒い呼吸, 菊太の, 葉子の, 血腥い風, 行方が, 表面に, 見も, 見当の, 覚一小, 観察する, 言い出づる辞, 言う者, 言葉が, 言葉尠に, 詞を, 話も, 謹慎の, 警官隊の, 走る自動車, 起きあがる力, 起きも, 起上る元気, 足音も, 路が, 身うごき, 身を, 身動きする, 身動きを, 軒を, 農事閑なり, 近くに, 返辞さえ, 退屈を, 通信も, 部屋中が, 醜い黒犬, 釘抜藤吉も, 針の, 鏡の, 開いた口, 陳腐に, 隠れたまま, 雄花ばかり, 雑木林の, 雑談に, 雲を, 静観しよう, 面会が, 頭の, 顧みて, 風景画を, 飛んで, 餌を, 首と, 魂の, 鶏の, 黒い顔, 默然と, 黙々と山, 黙ったまま, 黙りさえ, 黙然と, 黙然と坐っ

▼ しばらく~ (896, 6.7%)

118 間は 23 間に 17 あいだは 12 間黙っ 11 間, 間その 10 うちに 9 間私は 7 間を 6 お別れ, 間でも, 間の, 間も 5 沈黙の, 間この, 間じっと 4 別れを, 間お, 間だ, 間だまっ, 間御, 間私の

3 [14件] あひだ, うちは, がまんだ, 後に, 後俊夫君は, 怪しの, 時間が, 辛抱だ, 間し, 間という, 間また, 間二人は, 間口を, 間彼は

2 [41件] あいだかれ, あいだわたしは, あいだ無言の, ご猶予, ご辛抱, 仮りの, 後には, 日を, 時が, 時間を, 間あなたの, 間ある, 間が, 間しいんと, 間そのまま, 間それを, 間で, 間でした, 間です, 間なにかを, 間ぴたり, 間ぼんやりし, 間ジッと, 間一つ所に, 間並ん, 間俊夫君は, 間光っ, 間子供の, 間彼を, 間悩まされた, 間気を, 間無言の, 間私と, 間考え, 間耳を, 間自分の, 間葉子は, 間行われ, 間見詰め, 間過去の, 間電燈ばかり

1 [491件] あいだあなたあたしの, あいだあの, あいだあれに, あいだいったい, あいだおそろしい, あいだおもうぞんぶん, あいだおれの, あいだお世話に, あいだお宅に, あいだお待ちねがい, あいだかの, あいだきまらなかった, あいだころがる, あいださると, あいだじっと, あいだすべての, あいだせきの, あいだぜんそくり, あいだそう, あいだその, あいだそれぞれに, あいだだ, あいだだまりこん, あいだだまりこんだ, あいだだらり, あいだどこで, あいだなげき悲しみつづけ, あいだなんとも, あいだに, あいだにらみあった, あいだの, あいだはげしく, あいだひとりで, あいだひどく, あいだふたりとも, あいだぶ, あいだぼんやりと, あいだまだ, あいだものも, あいだわたしたちは, あいだわれわれの, あいだコンプルーは, あいだシーンと, あいだタンネの, あいだヘルマンは, あいだ一党の, あいだ一分か, あいだ三つの, あいだ中断された, あいだ久助君は, あいだ二人の, あいだ人の, あいだ人家が, あいだ今朝の, あいだ何が, あいだ何やらぼそぼそ, あいだ何を, あいだ僕を, あいだ僕等は, あいだ前へ, あいだ力を, あいだ化学記号を, あいだ口も, あいだ同類として, あいだ囈語の, あいだ囚人が, あいだ墓場の, あいだ姿を, あいだ子供らしくしゃべっ, あいだ寒い, あいだ少し, あいだ幕の, あいだ幾株の, あいだ待っ, あいだ忘れられた, あいだ懐中電灯が, あいだ文鳥の, あいだ書類いっさいをもって, あいだ汽船にたいする, あいだ燈を, あいだ玉乗の, あいだ目を, あいだ相談を, あいだ私たちの, あいだ私に, あいだ私は, あいだ穴の, あいだ空に, あいだ緊張した, あいだ考えに, あいだ耳を, あいだ胸を, あいだ落ち着く, あいだ虚無の, あいだ見守っ, あいだ言葉を, あいだ赤ずきんちゃんと, あいだ跡づけ, あいだ返事する, あいだ遊びます, あいだ雷にでも, あいだ静かに, あいだ預け, あいだ頭を, あいだ餅団子の, あいだ魔法に, あいだ黙っ, あいだ黙然と, あいだ龍巻と, あひだわれ, あひだ彼, うちいろいろ, うちと, うちという, うち星の, おとどまりを, おわかれ, お別れじゃ, お暇, ことだ, ことである, ことでしょう, ことに, ことひとまず, ご堪忍, しんぼうだ, すすり泣き万吉も, ところお待ち下さいまし, のちこの, のち唐突に, のち手紙を, のち気息で, のち踏絵は, のち静かに, のち顔を, まも, ギリシア人の, コタツ趣味に, ハノーヴァ滞在の, 仮の, 休息を, 休憩の, 休憩を, 休戦は, 休暇を, 佗び住居に, 停頓を, 内に, 動揺は, 外国旅行さえも, 始めにて, 幻影を, 彼には, 後, 後こう, 後この, 後そこには, 後だ, 後また, 後わたしたちは, 後マントルを, 後七八合ばかり, 後二人は, 後古田は, 後吐息を, 後和尚は, 後女は, 後少年の, 後少年は, 後弁護士は, 後彼は, 後心を, 後急に, 後桂月香と, 後武蔵は, 後江戸へ, 後白い, 後突然, 後笑ひ, 後葵は, 後金銭の, 後霧の, 後顔を, 御勘弁, 御猶予, 御辛抱, 御遠慮, 恍惚を, 憩いの, 我慢だ, 春とどむる, 時間で, 暇を, 期間は, 沈黙が, 沈黙によつ, 沼の, 火の, 狂乱の, 生を, 留守と, 留守を, 眺めであっ, 耐えだ, 落ちつき場所が, 見ものであります, 討ちつ討たれつは, 謹慎を, 辛抱, 辛抱でも, 辛棒よ, 農閑期を, 退屈ふせぎ, 逗留を, 道のりを, 道を, 鋭い沈黙, 間ああ, 間あちらにて, 間あの, 間あまり, 間うしろの, 間うそうそ, 間うろうろ, 間おぼつかなく, 間おまかせ下さいませ, 間おまけに, 間おり, 間お前さんが, 間お許しを, 間かの, 間かれ, 間きらきら, 間けいれんし, 間こう, 間ここへ, 間こちらで, 間こっそり, 間ご, 間さえ, 間さし込ん, 間じゅうたんの, 間すべての, 間せわし, 間そう, 間そこに, 間それから, 間それに, 間た, 間たぎり流るる, 間ただぼんやりと, 間たまに, 間だけは, 間であろう, 間では, 間と, 間といふ, 間とざしました, 間どぎまぎ躊躇し, 間どこかへ, 間なにが, 間なにごとも, 間なら, 間ひっそり, 間ひとりひとりに, 間ふらりふらり, 間ぶつぶつと, 間ほど, 間ぼんやりした, 間ぼんやり元の, 間まじまじ, 間みんな黙, 間めざまされた, 間ものも, 間ゆるい, 間よく, 間アレウート号の, 間カフェー・オートンヌでは, 間サンフランシスコの, 間シェークスピアその他の, 間ジャックは, 間ボンヤリその, 間マンハイムの, 間ルパンは, 間一ことも, 間一層, 間三つの, 間三つ巴に, 間三人は, 間三稜鏡で, 間中座ごめんを, 間互いに, 間交際が, 間京子に, 間京都に, 間人々は, 間人を, 間休息する, 間会議の, 間伸子は, 間佇ん, 間低い, 間何か, 間何の, 間何事も, 間依然として, 間俊夫君が, 間俊夫君を, 間倉地は, 間傍観する, 間円板ロケットは, 間前方の, 間動かなかった, 間友の, 間双方共睨め, 間取りかわされ, 間合を, 間向うの, 間呂布に, 間呼吸を, 間和歌山に, 間咳きつづけた, 間商工業が, 間坐り, 間増加した, 間声を, 間外国貿易を, 間天地も, 間失った, 間如何に, 間姿の, 間実験室を, 間寂然と, 間小さい, 間岩石ヶ城で, 間峠の, 間左衛門は, 間市中の, 間庭先と, 間廻わして, 間引続き, 間引続き買わなけれ, 間影を, 間彷徨し, 間彼へ, 間彼らと, 間彼らは, 間彼等の, 間待っ, 間心の, 間忍藻は, 間志す, 間応接室を, 間思い迷っ, 間恐ろしい, 間息の, 間悪口を, 間慄える, 間懐かしき, 間懐中電灯を, 間我々は, 間戦いました, 間房一は, 間手術は, 間教室は, 間教頭の, 間斜に, 間旗幟を, 間旧人の, 間曾根の, 間最大の, 間来る, 間様子が, 間樅林に, 間檻車の, 間止まる, 間正眼の, 間正確に, 間母の, 間毎日くりかえす, 間毎朝水を, 間気まずい, 間気分が, 間沈鬱な, 間沈黙, 間沈黙が, 間波の, 間泣い, 間泣けない, 間泥酔し, 間泳い, 間海風にでも, 間涙に, 間涙の, 間淡紅色に, 間滞在し, 間漕ぐ, 間炉の, 間無言だった, 間無言で, 間煙草を, 間牛乳とお, 間物語の, 間独帝に, 間狭い, 間玉振, 間王子を, 間生きた, 間申しわけばかりに, 間白布で, 間皆さんに, 間目を, 間眉を, 間眺め, 間眼が, 間眼の, 間眼を, 間着, 間瞑目した, 間瞳を, 間知らせず, 間磁石に, 間私たちは, 間穀価を, 間穴の, 間立ち話を, 間竜舟の, 間紙と, 間続い, 間続いた, 間繰り返された, 間考えこみました, 間考えた, 間考えを, 間考え込ん, 間聞こえ, 間背負っ, 間胸が, 間腰を, 間膝の, 間舞台は, 間茫然と, 間落ち, 間蒼黒く, 間行く手の, 間行っ, 間行人の, 間表庭に, 間見, 間見えなくなっ, 間見下し, 間見守っ, 間見比べ, 間見続け, 間親しく, 間話を, 間誰一人ことばを, 間貨幣の, 間賭事を, 間足許を, 間身を, 間辛抱し, 間農業者の, 間近習の, 間返答する, 間迷った, 間道連れに, 間邪魔で, 間里方へ, 間重苦しい, 間金の, 間金吾は, 間鉛筆は, 間鍛冶橋外の, 間隆夫さんに, 間階隠, 間隔を, 間隠し, 間電燈を, 間震え, 間青年は, 間青空へ, 間静かであった, 間頼む, 間風を, 間食堂で, 間髪の, 間鬼の, 間黒い, 闇を, 面会にたいする

▼ しばらくする~ (827, 6.2%)

57 とまた 30 とその 26 と彼 1918 うちに 9 と今度, と大きな 8 と二人, と又 7 とこの 6 と女 5 とこんど 4 とお, とそれ, とむこう, と一人, と男, と私 3 とかれ, とどこ, とひとり, と三人, と下, と再び, と同じ, と奥, と母親

2 [63件] ときっと, とこれ, とさっき, とじつに, とどっち, とどー, となんだか, とはたして, とふたたび, と一助, と三千代, と主人, と今, と僕, と兄, と先生, と入口, と内野さん, と別, と医者, と博士, と右手, と坊や, と夫人, と宣告文, と小さい, と小姓, と小林少年, と山, と師匠, と幕, と平次, と彼女, と彼方, と急, と戸外, と戻っ, と扉, と明智探偵, と母, と気, と火星人, と煙, と猫, と理助, と突然, と第, と胡摩竹の台, と胸, と自分, と自動車, と舞台, と葉子, と赤い, と路, と酒, と長男, と門, と非常, と骸骨, と鳥, と鼻, 中に

1 [448件] うちには, うち夏侯尚は, とああ, とあいつ, とあくび, とあっけ, とあと足, とあの, とある, とあれ, とあんのじょう, といきなり, といっ, といつの間に, といま, といろいろ, とうしろ, とおおい, とおおわらわ, とおかみ, とおきあがっ, とおじいさん, とおち, とおどおど, とおどろくべき, とお母さま, とお爺さん, とかねて, とかの女, とからだじゅう, とかわいい, とがさがさ, とがちゃがちゃ, ときいきい, ときまり, ときゅう, とくま, とくら, とけたたましい, とこう, とこちら, とこばやしくん, とこんな, とご, とさっきボート, とさっき目, とさつき, とさびしいやしき, としきりに, としずか, としとしとと, とす, とすぐ, とそ, とそこ, とそこ頃有名, とそっと, とだが, とだれ, とだんだん, とちえ子さん, とちゃんと, とちょっと, とちよろちよろ, とつかつか, とつぎつぎ, とつままれた, とどう, とどんと, とな, となぜ, とにこにこ, とにせ, とのっそり, とのぼり坂, とはっと, とはるか, とばあさん, とばたばた, とぱたり, とひくひく, とひらいた, とびっくり, とふしぎ, とふじ子, とほお, とほととぎす, とほとんど, とほのか, とぼつぼつ, とぼんやり, とぽ, とまぎれ, とまったく, とまるで, とみち, とみつば, とむくむく, とむっくり, とやっと, とらく, とわたし, とわたしたち, とゐました, とイヤ, とウーウー, とカチッ, とカチン, とカンテラ, とキシさん, とグラドウィツ, とコツコツ, とコトコト, とサーカス団, とサーチライト, とシイカ, とジャック, とスーッ, とズック, とズネーム, とド, とドア, とニコニコ, とフト何, とブルンブルンブルンブルン, とブーン, とプシプシ, とヘリコプターそのもの, とベッド, とベル, とベンチ, とボースン, とポケット, とマリユス, とマルコ, とモヤモヤ, とルパン, とロシア語, とロロー殿下, と一つ目小僧, と一台, と一方, と一通, と上空, と下女, と下駄, と不完全, と中庭, と中野君, と久しく, と乙女ら, と了海, と事務室, と事務所, と二三人, と二歳, と二股, と二階, と云, と井戸端, と人波, と今そやつ, と以前, と伯父, と伸子, と佐久間氏宅, と佐伯氏, と何だかぴくぴく, と何千人, と作業衣, と例, と侍女, と係り, と俄, と俊一君, と停電, と光秀, と全身, と兵, と兵助, と兵十, と其処, と其色, と兼好, と内, と冬, と冬子, と出, と出し渋っ, と別に, と刺身, と前, と勝手, と北, と十四五人, と十数名, と十郎, と単なる, と参木, と叔母, と受話器, と台所, と右, と司法主任, と同時ににやにや, と名, と向う, と向う岸, と向こう, と和尚さん, と唄, と商人体, と喜, と嘆息, と四, と四人, と四十めんそう, と境, と壁, と大抵十一時半, と大空, と天井, と太田, と奇麗, と奥庭, と妙, と婦人, と嫂, と嬰児, と宅助, と安井彦右衛門, と宿直, と密, と寒, と小僧, と小屋, と小林くん, と小林君, と小泉君, と少年達, と尺八, と屋根, と山姥, と山神, と州執行官, と工場, と帆村, と帰っ, と帰化人, と帳場, と幹事, と広い, と店員, と康雄, と廃め, と廖化, と弟子, と彼女ら, と彼等, と後ろ, と復興事業, と忙しなく, と忠直卿, と急い, と怪物, と恒川警部, と息, と息つぎ, と悲鳴, と手先, と捨小舟, と教会, と数人, と数名, と数寄屋, と斎藤, と断崖, と明智, と映画館, と昨日, と暗い, と暗く, と最初の, と朗々, と朝飯, と木, と木村さん, と末, と本, と本署, と束髪, と果して, と果たして, と枯れ, と案, と森, と森林, と権僧正, と横, と橋, と機嫌, と次の間, と歌舞伎座, と止まっ, と此, と此肝癪, と武蔵, と毎日新聞, と毛布, と氏, と気にいった, と気持, と水, と水上, と江田, と波, と浜田, と淡黒い, と淵, と漆器, と火, と火星, と炎天, と無可, と無敵, と物々しい, と玄關, と王子, と現世, と球皮, と男はか, と番太, と病人, と発動機, と百姓, と皆, と皇帝陛下, と目, と相, と相談, と看守, と真空管, と眠れ, と着物, と瞳, と礼服, と祖父さん, と私自身, と秋本, と秘書, と程, と空二, と立っ, と端唄, と笹村, と箪笥, と篠, と米友, と紅葉, と納屋, と経済逼迫, と絹ずれ, と総数六人, と美佐子, と美禰子, と群衆, と羽蟲, と老人, と聞い, と聞えなく, と胃, と背中合せ, と背負籠, と胴体, と脱走, と腰, と膝, と自分達, と自身番, と自転車, と舊暦, と花壇, と花崎さん, と花瓶, と若者, と茶, と草, と草むら, と荷馬車, と菊次さん, と落ち, と薄墨, と藤岡先生, と蝋燭, と表玄関, と袋, と裏庭, と西郷, と見上げる, と角, と誰, と警報, と警官, と警部, と谿, と賊, と赤, と赤シャツ, と車座, と辺り, と近く, と近所, と返事, と道, と遠, と遠く, と遠藤博士, と邸内, と部屋, と重なる, と野良犬, と金太郎, と釣れ, と鉄, と銀子, と銀座, と雀, と雑音以上, と電話, と青い, と静か, と頬, と頭, と顏, と顔, と風, と風呂場, と食卓, と食器口, と飯, と首, と高橋さん, と鮎, と鯨群, と鴬, と黙り込ん, 内には, 裡に

▼ しばらく黙っ~ (262, 2.0%)

117 ていた 16 てい 14 て考え 13 ている 9 ていました 7 て歩いた 6 て見 5 て歩い 3 て立っ 2 て, てその, てまた, て伸子, て俯向, て相手, て眼, て突っ, て聞い, て露

1 [52件] ていたら, ておとなしく, ておりました, てかたい, てこまどり, てこれ, てこれから, てしまった, てじっと, てそれ, てにやにや, てはじめ, てひろ子, てむかい合っ, てものうい, てわざとらしく, てジーッ, てバルコニイ, て下, て九条, て伏せ, て何, て冬, て坐っ, て夜景, て奥野, て宮子, て居られた, て平岡, て彼, て揺られ, て敏捷, て旅疲れ, て札, て歩き, て深く, て火鉢, て燃えさかる, て父, て眺め, て睨み合っ, て私, て突き, て竹, て縮ん, て考えこん, て自分, て葛岡, て袖, て見つめ, て赤蕪, て走っ

▼ しばらく考え~ (241, 1.8%)

101 ていた 49 ていました 12 ている 8 て, てから 7 てい 5 てから答えました 4 ておりました 3 に沈ん, 深そう 2 ておられました, てからやっと

1 [37件] ぐッと, ています, ていらっしゃいました, ていられました, ているらしかった, ているらしく, ておいで, てからあいまい, てからいった, てからさびし, てからそれ, てからはっきり, てからまた, てからやおら, てから云, てから云った, てから答え, てから答えた, てから言いました, てから訊いた, てから題, てそれから, てなお, てみた, てみました, てみる, てわたし, て云う, て余, て再び, て居られる, て居りました, て後, て見た, て言った, ながら歩い, にふけった

▼ しばらくその~ (199, 1.5%)

6 顔を 5 前に, 方を, 様子を 4 へんを 3 後ろ姿を, 音を 2 ま, 一部分に, 中に, 場に, 奇妙な, 姿を, 男の, 絵看板を, 辺を

1 [150件] あたりを, うしろす, お顔, かたちの, ぐあいを見, ことは, ことを, こと残れり, しずまるの, せいの, ひもを, へんで, へんに, へんの, ほうを, ぼろ着物の, まわりを, むつかしい顔, ようすを, スモオキング・ルウムの, 一種を, 一端を, 一隅を, 上に, 両方を, 中の, 丸太積みの, 事務所の, 二三の, 人たちで, 人と, 人の, 伝記を, 位置を, 傍に, 儘じっと, 儘ためらっ, 儘で, 儘坐つて息休めを, 儘椅子に, 写真を, 列を, 前を, 勾玉を, 匣を, 原因について, 原文を, 叫び声を, 名の, 名代を, 吹き放しの, 呼吸を, 唇の, 坂に, 場で, 塀を, 壮観に, 夕方の, 夜景に, 大胆な, 女を, 宅に, 安らかな, 家の, 家を, 寝床の, 屋敷の, 岸に, 岸へ, 席を, 店の, 店務を, 恰好の, 悠々閑々たる, 成り行きを, 戸口の, 手を, 手紙から, 新らしい, 昔語りに, 時が, 暗を, 期を, 木の下で, 柴野という, 棒を, 様子に, 橋の, 次の, 死体を, 気の毒な, 気もちが, 気味の, 水面を, 汽船に, 法断を, 海の, 渓流を, 焚火に, 無謀さに, 物が, 男達が, 町に, 異樣, 病後の, 痕を, 白髪首を, 石を, 符号に, 篆刻文を, 紙の, 絵に, 絵の, 繪の, 老人の, 職を, 花に, 荏原屋敷を, 菰か, 薄暗い室, 蟇口を, 裏町の, 襖を, 見物席に, 言に従い, 言を, 言葉に, 訪問者が, 詞に, 話が, 話を, 説に従い, 説明を, 豆潜水艇恐, 辺で, 辺の, 返事を, 返答に, 金を, 門前に, 雑沓混乱の, 雨音を, 静かな, 靴の, 音楽を, 頃に, 風景を, 驛の, 黒い筋, 黒ずんだ膚

▼ しばらくじっと~ (125, 0.9%)

33 して 6 考えて 5 考え込んだ, 見て 4 立って, 見つめて 3 見送って 2 たたずんで, カムパネルラを, 坐って, 立ち止って, 考えこんで, 耳を, 鏡に

1 [51件] あたりの, いる, したが, したなり, したまま, ながめた, ながめて, みつめて, 二人を, 休んで, 伝六の, 佇んで, 動かなかった, 単調な, 坐ったまま, 太郎は, 市長夫人は, 往来を, 待ってから, 思案し, 我慢し, 打ち案じた, 打ち案じたが, 打ち案じて, 拝するが, 次郎の, 無言の, 田川の, 盤上の, 目を, 眸を, 眺めて, 眺めやったが, 眼を, 私の, 箱の, 考えたが, 考えたのち, 考えてから, 聴いて, 聴き耳, 見おろして, 見すえて, 見つめた, 見入って, 見守ったが, 見詰めて, 見詰めてから, 鏡を, 顔を, 馬田の

▼ しばらくそこ~ (119, 0.9%)

14 に立っ 4 に待っ 3 で待っ, に立ち尽くした, に立つ 2 にじっと, に彳ん, に旅, に止まっ, に突っ, に腰

1 [80件] いら, から学校, から降り, でおしゃべり, でお待ち, でこの, でひかえ, で一服, で仙遊, で休息, で佇, で停っ, で宙乗り, で密室, で様子, で目, で聞け, で見, で躊躇, で躊躇う, で近所, で飲ん, にいない, にうっとり, にお, におれ, にお待ち, にかがん, にからだ, にしゃがん, にたたずん, にだまっ, にながめ, にはいっ, にひざまずい, にひざまずいた, にへたばっ, に不思議, に並ん, に休ん, に休息, に住む, に住ん, に倚ら, に停, に合掌, に坐っ, に坐った, に彳, に彼女, に待たされた, に控え, に暮らし, に泣い, に涼ん, に立ち, に立ちつくし, に立ち止つた, に立ち止まり, に立った, に続いた, に良吉, に茫然, に足, に転がっ, に隠れ, に食客, の饗庭, へ, へこ, へ下り, へ引き止め, へ掛け, へ駕, をうろうろ, を動い, を彷徨, を立, を見, を貸し

▼ しばらく待っ~ (100, 0.8%)

18 ている 13 てい 10 ていた 4 ておれ, て下さい 3 ています, ていらっしゃい, てください, てくれ, てみた 2 ていました, ておい, ておく, てもだれ, てもらいたい, て居りました

1 [24件] ていただきたい, ていただきましょう, ていなけれ, ていなさい, ていよう, ていろ, ておくれよ, ておりまし, てからかくれ, てから博士, てから男, てから青根, てくれい, てくん, てて, てて下さい, てみ, てみました, てみましょう, てもあけ, ても下足札, てやり, て見た, て頂戴

▼ しばらく~ (98, 0.7%)

4 見えに 3 あずけに, げんは 2 たよりが, 休みに, 別れだ, 目に, 耳を

1 [78件] あずかりして, あずかりに, あずけして, うちへ, かくまい下されい, かくれで, ききを, くも後代に, こらえ下さいまし, せわに, たよりいたしませんでしたが, とどまり下さいチトお願い, ぬしの, ひまを, まちねがいたい, みえに, 互に経験談, 互の, 休みでしょう, 休みを, 俊の, 免し, 兼さんと, 別れでございます, 別れに, 化の, 匿まい下さいまし, 城に, 夏への, 多根ともども三人し, 妨げし, 宅の, 宅へ, 寝かしもうしたが, 寝入りに, 師匠さまも, 帰りを, 待ちったら, 怒りを, 怺え, 惠の, 手を, 控えくださいまし, 控え下さい, 控え下さい殺陣, 新を, 書斎で, 止りを, 民は, 潜みあるが, 照を, 留守居を, 目にか, 目にも, 稽古し, 考への, 聞きくださるよう, 聴き取り, 行きに, 見かけしませんでした, 見かけ申しません, 見合わせが, 訣れでした, 貸しくだされ, 通を, 逢いを, 逢い致しません, 連れ戻しに, 遊さんは, 遊びにな, 邪魔を, 銀は, 銀様の, 雪の, 預かりしたこと, 預かりに, 顔を, 鳥と共に

▼ しばらくこの~ (86, 0.6%)

3 ままに 2 地方に, 計算を

1 [79件] お城, ことは, ことを, においも, にせものの, ままで, まま聞い, まま辛抱し, まま静かに, ような, 世界から, 世界に, 主人とも, 乱雑な, 二要素を, 二面に, 仕事は, 仲間屋敷へも, 傷ついたこころ, 僻地へ, 問題の, 噂で, 土地で, 土地に, 地に, 場所に, 奇妙な, 寂莫が, 寮へ, 寺は, 小松谷に, 山荘に, 嶺の, 平次に, 店を, 庭を, 庵中の, 建築よりも, 息子とは, 愚民を, 態度に, 手紙の, 控え目な, 方面に関する, 旅中に, 時から, 有様を, 林の, 柔仏族によって, 栗殻の, 沈黙の, 河童と, 渦を, 点に, 狂言の, 産婆の, 男に, 留学生の, 病室の, 窓際に, 糸屋の, 美しい世界, 職工と, 臆説の, 裾野に, 賑かな, 赤いもの, 赤蜂の, 農舎に, 辺の, 辺へは, 道を, 道場に, 部屋に, 部屋の, 部屋を, 静寂な, 館に, 騒ぎを

▼ しばらくお待ち~ (78, 0.6%)

1110 ください, 下さい 5 くださいまし, 下さいまし 4 くだされい 3 くださいませ, なさい 2 くださいますよう, なされて

1 [23件] あそばしませ, くださいと, くださるまいか, くださるよう, くだされ, くだされますよう, くだすって, なさって, なさりませ主人, なされませ, になっ, ねがいます, ねがいますが, をッ, を願いたい, を願います, 下さいと, 下さいますよう, 下さいませ, 下さるまいか, 下されい, 給わりますまいか, 願いたい

▼ しばらくそれ~ (76, 0.6%)

8 を見 5 を眺め 4 に耳 3 をながめ 2 に見入っ, をいじっ, を見つめ, を読ん

1 [48件] からとう, からヒッソリ, から二人, から眼, がなんだかまだ, が何だか, が生産, が継続, で我慢, で様子, で進まなかつた, にてお, にてお待ち, に少年, に平行, に控え, に眺め入った, に見とれ, に見入った, に見入り, に見入る, ばかり話し合っ, もあの, をいじくっ, をいわず, をうち, をじろじろ, をみつめ, を仕舞っ, を便っ, を信じ, を同じ, を嗅い, を客観, を怺, を愛撫, を批判的, を振り回し, を握つ, を白日, を眺めた, を聞い, を見ました, を見やっ, を見入つた, を見送っ, を見送つ, を見送り

▼ しばらくだまっ~ (76, 0.6%)

21 ていた 12 ていました 7 てい 5 て歩い 4 て考え

1 [27件] ていきました, ていられました, ている, てうなずい, てから, てつっ立っ, てひろい, てみんな, てわたし, て三郎, て下, て並木道, て二人, て休ん, て何, て博士, て善吉, て大友少年, て女, て居, て居た, て歩いた, て泡, て考え込ん, て薪, て蛾次郎, て顔

▼ しばらくここ~ (71, 0.5%)

4 で待っ, にい 3 にいる 2 でお待ち, にブラブラ, に待っ, に滞在, に辛抱

1 [50件] からお, で, でも寺子屋, でやすん, で休まし, で休む, で休ん, で休息, で待つ, で暮す, で睡っ, で考え, で舌, で見張っ, で静養, に, にいさせ, にいたま, にいれ, にお, にこう, にてお待ち, にて四ほう, にとどまりなさい, にはいっ, にゐたら, に休ん, に休息, に厄介, に坐らせ, に寝こん, に残る, に泊る, に滞留, に留まっ, に窪んだ, に腰, に逗留, に隠れ, の家, へ, へかくれ, へ入れない, へ参るまい, へ掛けさせ, へ置いといた, をあずかっ, を仮, を立ち退い, を退がっ

▼ しばらく~ (71, 0.5%)

28 ていた 20 ている 4 ていました 3 てい, てゐました 2 てゐる

1 [11件] ていなく, ていなすった, ていれ, てから, てから首, てゐた, てゐよう, て居た, て立つ, に行かない, 恍れ

▼ しばらくたっ~ (67, 0.5%)

65 て彼 4 てまた 2 てふと, て肇, て西

1 [46件] ていち, てずうっ, てずうっと, てち, てつつじ, てどの, ても何, てよ, てオットー, てオリヴィエ, てガラッ, てクリスマス, てジャン, てトニー, てネネム, てフィー, てフォン・コーレン, てリオネロ, て一郎, て中佐, て人, て余, て別, て又, て同じ, て式場, て彼女, て怖, て我, て教師, て明智探偵, て明治屋, て栄一, て次, て母親, て県会, て眼, て眼鏡, て矢切, て署長, て茶亭, て運転手, て郷里, て青年, て香木, て鼠

▼ しばらく~ (66, 0.5%)

14 か考え 3 かし 2 か思案, か話し, か躊躇, の声, の音

1 [39件] かさがしました, かささやく, かその, かぼそぼそ, かもそもそ, かをあた, かをしきりに, かを言い争っ, か口, か密談, か思い出す, か怪訝そう, か氣, か考える, か考え込んだ, か考へ, か話合つて, か話声, が何やら, とも言わず, にもいわず, にもしない, にも見えない, の変更, の沙汰, の答え, もいはなかつた, もいわず歩む, もいわなかった, もわすれ, も云わなかった, も具体的, も彼, も書かず, も申しません, も考えず, も言う, も言わず, も送つ

▼ しばらくたつ~ (65, 0.5%)

6 とまた 2 てから, て寝床, と, とその, と今度, と彼

1 [47件] うちに, て, てからこう, てから年, てから庭, てから河, てこれ, てその, てはじめて, てポツン, て三人, て冬休み, て劇団築地座, て国立音楽演劇学校, て多分, て安里, て彼, て思ひ出した, て最も, て横光君, て横手, て気, て泣きやん, といつのまにか, とお, とかれ, とく, とそこ, とみんな, とゴオー, とサヨ, と中二階, と孝二くん, と平々凡々, と徴用工, と日, と木沢医師, と正, と洪次郎, と渦巻そのもの, と牛若丸, と甲板上, と番人, と白かね色, と眼尻, と顔, と鳥

▼ しばらく沈黙~ (65, 0.5%)

14 して 10 が続いた 7 した 6 の後 4 がつづいた 3 がつ 2 があった

1 [19件] が占めた, が続きました, しあって, したが, したの, したのち, したまま, した後, せる後, です, に落ち, に陥った, のつづいた, の座, の裡, を以てうなづいた, を守っ, を守つて, を守る

▼ しばらく行く~ (60, 0.5%)

3 と私 2 とまた, と小さな

1 [53件] うちに, と, とこんど, とその, とだしぬけ, とちやう, とどこ, とみちば, とむこう, とやがて, とヘンゼル, と一杯, と一行, と中門, と先生, と前面, と右, と右側, と同じ, と坂本町, と城下, と大道, と宙, と小さい, と川, と左, と左手, と広い, と彼ら, と後ろ, と急, と息, と日, と明るい, と明るく, と木の間, と棒杭, と森, と橋, と汽車, と灌木, と灯, と猿, と白い, と眼, と腰掛場, と谷川, と貯水池, と農民道場, と道, と馬, 程に, 釘店の

▼ しばらく眺め~ (59, 0.4%)

24 ていた 12 ている 5 てい 4 ていました, てゐた 1 すかして, それから, ていねいに, ておった, ておりました, てから蓋, てゐる, てフト首, 入つた, 入つて

▼ しばらく無言~ (58, 0.4%)

8 のまま 3 であった, である, で立っ, のま 2 が続いた, でいました, で歩く, になった

1 [30件] だった, であったので, であつ, でありました, でしたが, でただ, でつ, で二人, で佇ん, で俯向, で坐っ, で感, で控え, で歩い, で歩いた, で猪口, で相対, で私, で考え, で考えた, で見まもっ, で雪洞, で顔, にキィーキィー, に相手, に陥った, のままあたり, のまま仕事, の対坐, をつづけた

▼ しばらくぼんやり~ (56, 0.4%)

25 して 5 立って 2 としていました, と立っ, 立つて

1 [20件] したあと, した大きな, そこに, とした, としてこれ, と待っ, と敷居, と海, と火, と眺め, と立ちつくし, と見下ろし, と観仏, ながめて, 佇んで, 眺めて, 立ちつくして, 籐椅子に, 縁側の, 見て

▼ しばらく二人~ (55, 0.4%)

4 は黙っ 3 とも黙っ 2 の後, の様子, の間, の顔, は何ん, は無言

1 [36件] だけでおりました, だけで楽しく, だけで考える, だけにし, でうち, で老けた, で腰掛け, で話し合った, ともだまつて, ともだまり返った, とも無言, とも物, と雑談, の客, の男, の話, はこんな, はそのまま, はそんな, はだまっ, はだまりこん, はひそひそ話, は夕日, は抱き合った, は沈黙, は組んず, は落合, は見詰め, は離れなかった, は顔, は黙つ, をかたみがわり, を見おろし, を見くらべ, を見較べ, 黙って

▼ しばらく~ (55, 0.4%)

2 からそこ, から提唱, までこの

1 [49件] からこうして, からその, からである, からの古い, からの松本学氏, からまだ, からジャン・ヴァルジャン, からジョンドレット, からバリリン, からヤッサモッサ, からロリー氏, から何, から別居, から大分心配, から張り出した, から彼, から彼女, から所謂, から時間, から消毒, から準, から自分, から街燈, から言葉, から警察, だ, であるが, と見, にし, には文化, によく, にジード, に不意打, に僕, に御, に政党, に服薬, に私, の人, の習慣, までの小林秀雄, までは国粋的ショーヴィニスト, までは波多野精一博士, までは農村工業, までほとんど, までネバネバ, ブック・レヴューに, 婦人文芸の, 迄

▼ しばらく立っ~ (54, 0.4%)

15 ていた 5 て見 4 ている 3 ていました 2 てこの, て眺め

1 [23件] て, てあっけ, ていらっしゃった, ておばあさん, てからその, てからようやく, てから真剣, てその, て何所, て待っ, て本, て父, て白い, て目, て聞い, て見つめ, て見てた, て見送っ, て詩人, て読ん, て遠く, て顔, て首

▼ しばらく~ (53, 0.4%)

10 をつぐん 8 を噤ん 2 をつぐんだ, をもごもご, を利かず, を噤んだ, を閉じ, 籠って

1 [23件] あいて, がきけなかった, がふさがらなかった, が利けなかつた, に唾, のうち, のなか, の渇き, も利き得なかつた, も利けなかった, をあかない, をきかなかった, をききあわなかった, をききませんでした, をきく, をとざした, をぼんやり, をゆがめ, を利く, を緘, を開かず, を開かなかった, を開き得なかった

▼ しばらく~ (53, 0.4%)

3 の顔 2 は口癖, を見

1 [46件] がそう, と対坐, と根, と話し合った, に耳, のところ, の上, の噂, の後ろ, の心, の意, の手先, の横顔, の見えない, の調査, の身心, は, はそこ, はそこで, はそれ, はそわそわ, はやわらかい, は体, は小首, は戸口, は新しい, は書記官, は枕, は樺太, は炉, は眠られなかった, は窮鼠, は考へた, は自分, は街, は裏二階, は足音, は遠い, は酔った, は門内, もさみしく楽しい, もそこ, も一切, も我, をじろじろ, を見つめ

▼ しばらく~ (53, 0.4%)

7 をつぶっ 3 をつぶった, をとじ, をとぢ, を伏せ, を瞑っ 2 をつぶり, をつむっ, をとじた, をふせ, を閉じ

1 [21件] に止め, の玉, を, をおおわない, をおとし, をこらし, をすまし, をつぶ, をつぶつて, をつぶる, をつむった, をつむりました, をふさい, をほそめ, をみ, を放さず, を放しませんでした, を注がね, を瞑じ, を瞑りました, を見張り

▼ しばらくでも~ (52, 0.4%)

1 [52件] あとへ, あなた様より, い, いっしょに, かれら, ぐずぐずし, この人, その人, その瞳, そばで, そばを, のばすため, はぐらかして, むすこを, 一しょに, 三年でも, 以前の, 俗悪な, 俺と, 別々に, 別れて, 別れ別れに, 命の, 塵界を, 大事に, 女と, 嫁入りは, 家の, 小さい人, 引き止めて, 引留めるの, 御一緒, 心を, 持つたので, 文字どおり死力を, 時間を, 残って, 気持の, 混じって, 火星人の, 父君に, 猫に, 生きて, 精神の, 約三十年以前, 腰を, 落ちついて, 見ずに, 親子離れ, 身に, 鎮めるより, 長くこの世

▼ しばらく経っ~ (50, 0.4%)

2 てから, てその, てもお, て後

1 [42件] て, てからいと, てからこう, てからこの, てからであった, てからである, てからのこと, てからやっと, てから入っ, てから取, てから来ました, てから気付いた, てから象, てこんど, てそこ, てそれから, てのこと, てぴたり, てまた, ても来なかった, てやっと, てよ, てカタリ, てガラッ, て二人, て二度目の, て伸子, て何, て内務省, て力松, て勘定, て吉田, て姿, て常氏, て平次, て彼, て新吉, て溜息, て澄んだ, て甚内, て私, て護国寺

▼ しばらく~ (50, 0.4%)

17 をおい 13 を置い 3 があった 2 のある, をおいた, を措い, を措き, を置いた 1 があいた, があっ, がある, があろう, がつづく, が切れ, をおき

▼ しばらく~ (47, 0.4%)

3 の顔, はその 2 はぼんやり, を見

1 [37件] からお, が教え, が立っ, が見る, が預かる, にいわせ, にお, にこの, に語らせ, のかお, のす, のため, の家, の心, の手元, の方, の相手, の網膜, の裏, の評釈, の邪魔, はこの, はそこ, は彼, は忠実, は町, は空けた, は電車, は頑張った, は黙っ, をこれ, をじ, をじっと, をとりかこん, を抱い, を眺めた, を解放

▼ しばらくぶり~ (46, 0.3%)

4 でお 2 で帰っ, で彼

1 [38件] だった, だと, だなあ, で, である会社, でいっしょ, でこの, でそう, でやって来た, でわし, でコク, で光った, で匂い, で半蔵, で山門, で御所, で感傷的, で日曜, で書斎, で東京, で汽車, で自分, で芥川, で踊り, で逢った, で野上さん, で静か, で食堂, に一人きり, に会った, に太平洋, に夫人, に実, に布川, に来, に話し, に風, ねえ

▼ しばらくたって~ (39, 0.3%)

2 からやっと, からようやく, から年老, から彼

1 [31件] かの女, から, からあらん, からかわず, からさがしあぐねた, からその, からだ, からであった, からどちら, からのこと, からぽつりぽつり, からまるで, からやっとこ, からバッグ, から事, から二百二十四号, から俊夫君, から又, から小, から少年, から年, から心配そう, から来る, から申しました, から肇, から西, から道子, から黒人, 子熊, 放二, 若いお父さん

▼ しばらく~ (39, 0.3%)

10 をすまし 8 を澄まし 6 を傾け 3 をすました

1 [12件] と目, にフタ, をかたむけ, をかたむけた, をすます, をすませ, をそば, をぴくぴく, を傾げた, を峙てた, を貸し, を離れない

▼ しばらく~ (38, 0.3%)

5 をつぶっ 4 を閉じ 3 をとじ 2 を瞑じ, を閉じた

1 [22件] が廻る, だな, でまた, で来た, で見た, のいい, の前, をこれ, をつぶった, をつむっ, をとぢ, をぱちぱち, をみはっ, をパチパチ, を休める, を定め, を憩わせる, を白黒, を落した, を見はった, を開い, を離れた

▼ しばらく~ (37, 0.3%)

3 ぢも 2 ひまは

1 [32件] これを, しないうち, じっとし, そのこと, その冥加, その志, ぢ, とどまらずに, ともに遊ばん, はなさない, ゐたし, 五行を, 休まぬ間々, 住まらざる, 保たんもの, 傍には, 冥加を, 彼には, 待たずちょうど, 得堪えずなり, 得堪へずなり, 忘れたも, 忘れては, 止まらず, 止まらず漸く, 止まること, 止む時, 立話さえ, 耐った, 鎮静する, 防止し得ないであろう, 離れずに

▼ しばらく話し~ (37, 0.3%)

7 ていた 6 ている 2 ていました

1 [22件] あつた, が途切れ, たりお茶, てからいつ, てから兄君, てから別れた, てから外, てぐつすりと, てそれから, てゐる, て一時半, て二人, て別れた, て帰った, て帰つた, て樹明君, て行く, ながら乗っ, 合つた, 晝飯の, 申候, 阿弥坊君の

▼ しばらく自分~ (36, 0.3%)

2 の家, の手, の眼, の顔

1 [28件] だけにまかせる, だちと, には何, にも弘, のおでこ, のす, のする, のところ, の前, の宿, の居間, の怒り, の振舞い, の方, の気持, の目, の祖父, の考, の耳, の足さき, の非常, の順番, は會社, は黙っ, をその, を事務室, を沈め, を見

▼ しばらく~ (36, 0.3%)

8 を見合せ 4 を見あわせ

1 [24件] もあげず, も上げ得なかった, も見せず, をあげなかった, をあわせなかった, をくしゃくしゃにしてゐたがいよいよ勇気, をそむけ, をふせ, をみあわせ, を上げ, を出さなかった, を直し, を真, を突合せ, を見あった, を見せない, を見せなかった, を見なかった, を見合せました, を見合せる, を見合っ, を見合わせ, を見詰め合っ, を身

▼ しばらく様子~ (35, 0.3%)

13 を見 4 を窺った 3 を窺っ 2 をうか, をうかがっ, をうかがった, を眺め, を見た 1 の変化, をきき, を窺いおりました, を見る, を見ろ

▼ しばらく考えた~ (35, 0.3%)

4 が, 後 3 後に 2 あとで, がやがて, のちに

1 [18件] あとかれ, あとやっと, あと思いかえした, あと急に, あと次郎に, がやがてカラカラ, がポン, が重々しい, けれどもいくら, のち, のちこれも, のちやっと, まいし, 上でない, 後その, 揚げ句太い, 末手前どもでは, 結果一つの

▼ しばらく~ (35, 0.3%)

17 をし 4 をした 2 が絶え

1 [12件] が交わされ, が入り乱れた, が絶えた, が途絶えた, の末, はその, は地震, は途切れた, をする, をせず, をなすっ, を交わせた

▼ しばらくだった~ (34, 0.3%)

14 なあ 43 ね, ねえ 2 なア 1 がおれ, ぐらいにし, じゃない, なァ勤めた, な丹下, ねもう少し, ので私, わねえ

▼ しばらくこれ~ (33, 0.2%)

2 を大別, を擱, を見

1 [27件] で, でお待ち, にお待ち, にしたがっ, にてお待ち, にて休ん, に休ん, に従う, に聴従, は預り, をわが国, を一, を事実, を使っ, を偶然, を名づけ, を告白, を問題外, を子, を措き, を措く, を棄て, を生かし, を百十二万四千人, を繰返し, を聴け, を諾

▼ しばらく~ (32, 0.2%)

4 辛抱を 2 猶予を, 目に

1 [24件] きゅうそくあそばされ, ぶさたを, ぶさた致し, もてあそび無かった後, 一緒に, 休みくださって, 休みに, 休息くださいませ, 休息を, 判読を, 容赦に, 容赦を, 心配下さいました, 手綱を, 海容を, 清聴を, 滞在です, 滞在な, 滞在なすっ, 発心を, 自身の, 見えに, 逗留でした, 逗留御

▼ しばらく歩い~ (32, 0.2%)

6 ている 3 て行く 2 ては耳, て行きます

1 [19件] ていきます, ていた, てうしろ, てからべつべつ, てから何気なく, てから切っ, てから喫茶店, てくる, てみる, てやう, てペーチャ, て一軒, て例, て居た, て帰っ, て老爺, て行った, て見た, て見ない

▼ しばらく休ん~ (31, 0.2%)

6 でいた 5 でいる 2 で一昨年あたり, で次

1 [16件] でい, でいたら, でいっ, でいました, でいられた, でお, でからにした, でからまた, でから埃, でそれから, でたいてい, でゆく, でゐた, で来, で行く, で行った

▼ しばらく措き~ (30, 0.2%)

3 兔に

1 [27件] いま菩薩と, いやしくも全部生命, か, さらに, その咸享元年, マホメット教徒の, モリエールは, 一般民衆の, 一般的に, 中人以下に, 兔も, 単にこれ, 古代の, 孔子が, 官戸以下の, 少なくとも館外帯出者, 当面の, 徳川時代の, 我が國, 支那人は, 日本でも, 明清時代の, 殉死の, 清朝に, 種々の, 純然たる, 酒井事件は

▼ しばらく思案~ (29, 0.2%)

15 して 3 に暮れ

1 [11件] したあと, したのち, した後, した果て, に暮れました, に沈ん, に耽っ, に迷った, をいたしました, をし, をした

▼ しばらく言葉~ (29, 0.2%)

7 を切っ 2 が途絶えた, を途

1 [18件] がつづかなかった, が出なかつた, もない, もなかっ, もなかつた, もなく, も出ない, も口, も無かっ, をかける, をきっ, をつがなかった, をとぎらせて伸子, をやすめ, を休ん, を切, を切った, を失っ

▼ しばらくそう~ (28, 0.2%)

21 して 3 やって 1 さして, してから, やったまま, 認めても

▼ しばらく~ (27, 0.2%)

4 を殺し 2 をこらし, を詰め

1 [19件] が止っ, をいれ, をこめ, をため, をつめ, をひそめ, をやすめた, を休め, を休めた, を入れ, を入れました, を凝らし, を吐い, を吐く, を呑ん, を呑んだ, を抜い, を沈めた, を留めた

▼ しばらく考へ~ (27, 0.2%)

8 てゐた 5 てゐました 2 てから答

1 [12件] て, てからあて名, てからいひました, てからた, てから題, てなにやら, てみる, てゐる, てをりました, て云, て居ました, て居りました

▼ しばらくためらっ~ (25, 0.2%)

15 ていた 5 ていました 2 ている 1 てい, てそして, て後

▼ しばらく休息~ (25, 0.2%)

5 をし 4 して 3 の時 2 しようと, すること 1 させて, させてから, させると, したあと, するが, するところ, といふ, なされませ, のため安楽椅子

▼ しばらく~ (25, 0.2%)

1 [25件] が, にかけない, にしなかった, にしなかつた, にとって眺め, にもっ, に入れる, に取っ, のなか, の上, の千法, まどりました, をあて, をかざし, をつかえ, をにぎっ, をひい, をやめ, を合せ, を引い, を温め, を着けず, を膝, を触れない, 離しかねて

▼ しばらく茫然~ (25, 0.2%)

5 とし 3 とした 2 と立っ

1 [15件] して, としていました, としてござった, としてなん, としてゐる, として兄, として彳ん, として考え, として部屋, と佇ん, と佇立ん, と厳しい, と突っ, と立ちすくんだ, と立ちつくした

▼ しばらくそのまま~ (24, 0.2%)

7 にし 2 の恰好

1 [15件] おさえつけて, そこに, であの, でいた, でいました, でゐました, で居る, で誰, の姿, 持つ内, 私は, 置かねば, 頬杖を, 黙つて, 黙り合って

▼ しばらく~ (24, 0.2%)

2 いうもの, まって

1 [20件] あいさつする, いうの, いう途端, いっても, はばかって, ぼんと, まったりこの, もって, 云ったって, 云わずいつ, 喰いとめ, 思つ, 挨拶を, 最上清人が, 現われる伊達姿女暫, 私に, 言って, 言っても, 言ふ, 言ふも

▼ しばらく忘れ~ (24, 0.2%)

16 ていた 1 ておく, てくれた, てゐた, て内心どんなに, て居, て居た, て店, て純一

▼ しばらく~ (23, 0.2%)

2 に, になっ, のこと, の事

1 [15件] から聞いた, がとぎれた, である, にしか始まっ, にしよう, には動脈, に奥, に寝室, に彼, に残り, に血管, の方, の言葉, へ尾, を見送つ

▼ しばらく沈默~ (23, 0.2%)

20 がつづいた 1 がつづき, が續, したあと

▼ しばらく経つ~ (23, 0.2%)

1 [23件] てから, てから一言, てから裏口, てたけ, てとんと, てまた, て母, と, とここ, とその, とスッ, と倍加, と厭, と唐紙, と四肢, と奥, と学校, と森本, と楽, と皮, と重, と門, 内に

▼ しばらく躊躇~ (23, 0.2%)

9 して 2 した後, する隙 1 した, したかと, したが, した果て, してから, するよう, するらしかったが, する姿, はした, をあそばし

▼ しばらく~ (22, 0.2%)

2 に置く, を出

1 [18件] から金, で唯一, にい, にこもっ, に泊め, に謹慎, のもの, の中, の仏壇, へは帰らない, へ帰っ, へ帰らず, へ来, をあけ, をあける, を出る, を追い出され, を離れた

▼ しばらく見つめ~ (22, 0.2%)

11 ていた 2 ていました, ている 1 て, ておった, てから深い, てゐた, てゐました, てゐる, て居る

▼ しばらく返事~ (22, 0.2%)

5 をしなかった 4 をしない 2 をしなかつた

1 [11件] ができない, ができなかった, につまっ, のなかっ, の言葉, はなかっ, もせず, もなく, をせず, をまった, を待っ

▼ しばらく~ (21, 0.2%)

4 が経った 2 がかかった, を移した, を送った

1 [11件] がたち, がたった, が経っ, が経つ, が經, が過ぎました, をきっ, を待つ, を待て, を置い, を送

▼ しばらく滞在~ (21, 0.2%)

5 して 3 した 2 しそして, すること 1 されて, しかの, したあと, したこと, するため巴里, するだけ, するつもり, する積り, ですか

▼ しばらく~ (21, 0.2%)

3 をとめ, を止め 2 を停めた

1 [13件] が出ませんでございました, が立たなかつた, が遠い, で踏ん, をとどめ, を休め, を休めた, を停める, を動かさず, を憩め, を止, を止めた, を留め

▼ しばらく待つ~ (20, 0.2%)

3 うちに, ように 2 てみる, てゐる, と黄筋 1 ことに, つもりで, てくれ, ても歸ら, と東京, 間に, 間もなく両手, 間もなく母親

▼ しばらく措い~ (20, 0.2%)

2 てこの, て停車場, て目黒行人坂

1 [14件] て, ていささか, ていやしくも, てこれ, てもつ, て何, て具体的, て子供たち, て明日, て率直, て第, て近世, て馬, て黒船

▼ しばらく~ (20, 0.2%)

10 つてゐた 1 つてうなだれ, つてながめ, つてゐ, つてゐました, つて夫の, つて歩い, つて歩いた, つて煙草を, つて立つ, 念に

▼ しばらく我慢~ (19, 0.1%)

13 して 3 するとしても 1 するん, をしろ, をすれ

▼ しばらくあっ~ (18, 0.1%)

1 [18件] て, ていった, てのち, てまた, てチチアネルロ, て一つ, て五右衛門, て人気, て何, て入り乱れる, て手拍子, て決然, て畳ざわりの音, て粗服, て袱紗包, て襖, て角柱, て門

▼ しばらく行っ~ (18, 0.1%)

2 ていた

1 [16件] てあすこ, てい, ていましょう, てからまた, てからもキンキン, てから母親, てから角, ても容易, てよく, てファゼーロ, て山崎譲, て来る, て橋, て見なかった, て路地, て部落

▼ しばらくあたり~ (17, 0.1%)

4 を見まわし 3 の様子 2 をうかがっ 1 が暗く, のようす, の景色, の朝, はシーン, を支配, を見た, を迂路つき

▼ しばらく~ (17, 0.1%)

62 まつた 1 じき楽に, つたなア, て, なあ, なあ金吾, なとはいつ, ねとおっしゃる, わ, わねえ

▼ しばらく佇ん~ (17, 0.1%)

8 でいた 2 でいる 1 でゐました, で居た, で戻っ, で眺め, で考え, で見上げ, で見廻した

▼ しばらく彼女~ (17, 0.1%)

2 の顔

1 [15件] から離れ, がお産, が眼, に望み, の手, の泣く, の花顔, の話, は上り端, は呆然, は彼, は息, は来る, は瞳, も客人

▼ しばらく続い~ (17, 0.1%)

6 ていた

1 [11件] ていつも, ている, てその間, てそれから, てやがて, てゐた, てゐたらしい, てフッ, て広間, て涼み台, て結局一

▼ しばらく見ない~ (17, 0.1%)

10 うちに 3 間に 1 でいる, でゐる, 岡田の, 末の

▼ しばらく~ (16, 0.1%)

2 も言わず

1 [14件] いう力, が二重, が言えませんでした, の云, もいわず, も云えなかつた, も云わない, も言えませんでした, をも云はず, を云わず, を云わなかった, を言わず, を言わない, 狂わしい羽搏

▼ しばらく雑談~ (16, 0.1%)

4 して 2 に時, をし 1 がまだ, した, してから, である, に花, ひきつ, をした, を交わせ

▼ しばらく静か~ (16, 0.1%)

3 であった 2 にし

1 [11件] だった, だったが, だつた彼, であって, である, な山, な生活, に, にピアノ, に拝ん, に放置

▼ しばらく~ (15, 0.1%)

2 歇んで

1 [13件] え, お品物, がし, がんした, この村, この洞穴, ござりました, すぐまた, もあたらせ, も居られます, やがて地下戦車, よろしうございます, 忽ち薩

▼ しばらく~ (15, 0.1%)

5 問題として 1 とし, としてここ, としてもう少し, としてオシラサマ一類, として今, として大岡越前守, な物, にし, にする, のこと

▼ しばらく~ (15, 0.1%)

2 の様子

1 [13件] が雲, で立番, で見物, で騒, に佇っ, に出, に出なかった, のほう, の空気, へ出る, へ避け, を探っ, を見張っ

▼ しばらく姿~ (15, 0.1%)

4 を見せなかった, を隠し 2 を現 1 が見えなくなっ, は見えなかった, をかくし, を見せない, を見せませんでした

▼ しばらく~ (15, 0.1%)

3 を寄せ

1 [12件] づくろ, をかくした, をかくまっ, をそらし, をよせ, を後ろ, を教育事業, を潜め, を隠し, を隠せしか, を隠そう, 動かしも

▼ しばらく岸本~ (14, 0.1%)

2 はその

1 [12件] の家, の方, はこの, は二人, は何事, は寝台, は戦争, は牧野, は節子, は縁側, は部屋, は電話口

▼ しばらく辛抱~ (14, 0.1%)

6 して 1 おしなさいとか, させること, してといふ, しなさいと, すること, すれば, せよ, なさい

▼ しばらく~ (14, 0.1%)

2 をかしげ, を下げ, を休め 1 が痛い, をあげ得なかった, をかいた, をさげ, をたれ, をめぐらし, を傾け, を病ませた

▼ しばらく黙った~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, が思わず, なり何, ままで, まま二人は, まま人通りの, まま怪物の, まま歩い, まま歩み続け, まま立っ, まま膝を, まま車輪を, 後再び, 後激した

▼ しばらくあり~ (13, 0.1%)

1 [13件] てその, てつぶやきぬ, てまた, て丁稚, て口, て右, て有, て杉本永山氏, て眞晝, て老婆, て葦, て重ね, て靜

▼ しばらく~ (13, 0.1%)

8 して 1 しろその, なった, なるが, 白きを, 絶えんと

▼ しばらくわたし~ (13, 0.1%)

3 の顔 1 があの, の手許, の肩, の話, の部屋, は今, は土塀, も見, をうち, を郡立刑務所

▼ しばらく東京~ (13, 0.1%)

2 の家

1 [11件] から遠く, で無為徒食, にでも留っ, に舞いもどっ, に遊び, の, の酒, へはこられません, へ行く, もお, を離れた

▼ しばらく歩く~ (13, 0.1%)

1 [13件] うちに, こと, とある, とこんど, とそこ, と両方, と先, と家並, と屋敷町, と林, と石段, と道端, のが

▼ しばらく~ (13, 0.1%)

2 を静め

1 [11件] がへん, が変, ぬけが, の晴れる, の置けない, をうしなっ, をうばわれ, をつけ, を失っ, を抜いた, を落着け

▼ しばらく考え込ん~ (13, 0.1%)

9 でいた 2 でいる 1 で, で人差し指

▼ しばらく~ (13, 0.1%)

2 をかしげ, をさげ 1 をひねっ, をまげ, をまげて, を傾け, を傾げ, を垂れ, を捩じ向け, を曲げ, 垂れるやう

▼ しばらくおい~ (12, 0.1%)

1 [12件] て, ていわゆる, てこの, てともかく, てもう少し, て人類, て単に, て文学作品, て文明開化, て文藝作品, て本体, て頂戴

▼ しばらく~ (12, 0.1%)

2 辛抱下さい 1 一同は, 休息なさりませ, 厄介に, 朝食を, 滞在なさいました, 滞在に, 猶予を, 猶予下さいませ, 立腹は, 辛抱を

▼ しばらくしいんと~ (12, 0.1%)

5 なりました 4 しました 2 しましたので 1 なった

▼ しばらくでした~ (12, 0.1%)

32 な, わね 1 なあ, ねま, のね, わねえ, ネ

▼ しばらくまた~ (12, 0.1%)

1 [12件] 他の, 会う機会, 元の, 其の気分, 初めの, 息が, 沈黙が, 沙汰も, 渚から, 眼を, 考えて, 自分の

▼ しばらくゆく~ (12, 0.1%)

3 とまた 1 とすこし, とそこ, とむこう, とスピード, と人家, と先頭, と小さな, と彼女, と流れ

▼ しばらくようす~ (12, 0.1%)

3 を見 2 をうかがっ, を見よう 1 をうかがった, をみた, を窺っ, を聞い, を見まもっ

▼ しばらく仕事~ (12, 0.1%)

3 をし 1 から離れれ, について愚説, をさし, をしました, をつづけた, を休まね, を休む, を休ん, を續

▼ しばらく~ (12, 0.1%)

1 [12件] が借り, の傍, の家, の方, の眼, の膝, はうたた, はぼんやり, は立ち止, は立止つてそれ, も苦しみました, を静か

▼ しばらく~ (12, 0.1%)

2 ていた 1 ざめが, たまへと, たり起き, ている, てこようで, てそして, てそれから, てゐた, て八時ごろ, て見た

▼ しばらく措く~ (12, 0.1%)

2 として, としても彼, として文学者一般 1 としてもつ, としても大, としても藤原宮, として議会, とする, にし

▼ しばらく~ (12, 0.1%)

4 の時 1 でなかんずく, にでる, に出, に出る, に居たい, の草臥, らしい時, をした

▼ しばらく聞い~ (12, 0.1%)

5 ている 3 ていた 1 てい, ていただきたい, ていたです, てゐる

▼ しばらく~ (12, 0.1%)

2 も来なかった 1 にも逢わず, もきませんでした, もここ, もだまっ, も出, も口, も声, も物, も発言, も黙っ

▼ しばらく默つて~ (12, 0.1%)

4 ゐた 3 いてから 2 ゐたが 1 にやにや笑つて, 歩いたあと, 考えて

▼ しばらくおき~ (11, 0.1%)

1 [11件] かりにその, ここには, その以後, もう少し具体的, 乏しいかなしげ, 何れに, 日本で, 法隆寺の, 生時の, 私が, 食い気に

▼ しばらくしん~ (11, 0.1%)

5 とし 3 としました 2 とした 1 とする

▼ しばらくたたずん~ (11, 0.1%)

4 でいる 3 でいた 1 でおった, できかかった, でつばめ, で待ち

▼ しばらくたった~ (11, 0.1%)

3 ころジョバンニは 1 ある日, ころ, ころこの, とき泰造は, と思う, 後ごろりと, 後大きい, 頃には

▼ しばらく~ (11, 0.1%)

2 つとして 1 っとカムパネルラ, つとみつめ, つとカムパネルラ, つと休みました, つと堪へる, つと目, つと私, つと素子, つと見とれ

▼ しばらく天井~ (11, 0.1%)

2 を仰い, を見つめ 1 の雨, へ注意, をじっと, を仰向い, を凝視, を見上げ, を視

▼ しばらく御無沙汰~ (11, 0.1%)

3 いたしました 2 して, をしました 1 しました, すること, なすった明日め組, に成りましょう

▼ しばらく~ (11, 0.1%)

2 でこね 1 ではさん, で挾ん, の上, の先きの, の尖で, の間, を唇, を左右, を折っ

▼ しばらく相手~ (11, 0.1%)

6 の顔 1 にしない, のいう, をし, を正視, を見つめ

▼ しばらく~ (11, 0.1%)

5 を組ん 3 をくん 2 を拱い 1 をこまぬい

▼ しばらく遊ん~ (11, 0.1%)

3 でいた 1 でいらつ, でいる, でから別れる, でから夕方, でから葉子, で帰られました, で行き, で行った

▼ しばらく~ (10, 0.1%)

3 てくれ 1 てから早目, てください, てそれから, ては打ちやぶり, て勝手, て大きい, て後

▼ しばらくいく~ (10, 0.1%)

1 つもりな, といっぽう, とどこ, とにわかにパッ, とまた, とヒトミ, と一, と同じ, と変, と辻

▼ しばらくしばらく~ (10, 0.1%)

1 お待ち, お待ち下さい, お控え下さい, お母さまが, して, そもわが, って花道, と喰いとめ, 坐って, 行ってから

▼ しばらくみんな~ (10, 0.1%)

2 しぃん, 黙って 1 が石, しいんとし, しいんとした, で快, の様子, の顔

▼ しばらく一緒~ (10, 0.1%)

2 に暮した, に歩いた 1 にい, におりました, にくらし, に匿, に話し, に遊んだ

▼ しばらく坐っ~ (10, 0.1%)

4 ていた 2 ている 1 てい, ておりました, てみた, て相談

▼ しばらく~ (10, 0.1%)

2 をのん 1 が絶えた, はとぎれ, もない, もなかっ, も途絶えた, をとぎ, をのみ, を呑みました

▼ しばらく泣い~ (10, 0.1%)

2 ていた, ていました, て居たれ 1 てい, ていたれ, てゐた, て銀紙

▼ しばらく立つ~ (10, 0.1%)

3 てゐた 1 ていた, てから, てきい, て聞い, とすぐ, と一番, と先生

▼ しばらくうっとり~ (9, 0.1%)

3 とし 1 して, とその, と目, と立っ, と見まもっ, と鼠入らず

▼ しばらくお前~ (9, 0.1%)

2 の寝室, の背後 1 にもあわない, の画, は千曲川, は横浜, をここ

▼ しばらくすれ~ (9, 0.1%)

1 ばあの, ばその, ばまた, ば一体, ば京, ば堤, ば忘れ, ば火星, ば結婚

▼ しばらくそこら~ (9, 0.1%)

2 あたりが 1 に待ちあわせ, をながめ回し, を光, を彷徨い, を見まわしました, を見廻し, 散歩おだやかな

▼ しばらくながめ~ (9, 0.1%)

7 ていた 1 ていった, ていました

▼ しばらくもじもじ~ (9, 0.1%)

8 して 1 させる

▼ しばらくやすん~ (9, 0.1%)

2 でいました, でいる 1 でいらっしゃい, でからこんど, でからまた, で居ました, で見れ

▼ しばらく呆然~ (9, 0.1%)

4 とし 1 たる有様, とした, として対手, として暮し, として立っ

▼ しばらく旅行~ (9, 0.1%)

2 して, に出る 1 しやう, しようと, でもする, に出よう, をし

▼ しばらく時間~ (9, 0.1%)

2 がかかった, を費し 1 が経っ, をついやした, をまつ, をやり過ごす, を要した

▼ しばらく~ (9, 0.1%)

1 の中, の噴出ぶり, の美し, の面, をうった, をかけ, を打った, を熱, を眺め

▼ しばらく立ち止まっ~ (9, 0.1%)

1 て, てその, てそれ, て一ぴき, て四辺, て考え, て聴く, て見, て鶏

▼ しばらく考えこん~ (9, 0.1%)

8 でいた 1 で突然

▼ しばらく話した~ (9, 0.1%)

1 お茶も, が何となく, が別に, が昨夜, ので多少, 彼も, 後に, 桑の, 花見の

▼ しばらく~ (9, 0.1%)

1 に当惑, に手, の皺, をなで, をふせた, をよせ集め, を押さえ, を枕, を集め

▼ しばらく黙然~ (9, 0.1%)

5 とし 2 として三千代 1 としてい, としてうたた寝

▼ しばらくあの~ (8, 0.1%)

1 人に, 坂の, 方の, 独特な, 獨特な, 白樺の, 茫然たる, 顔か

▼ しばらくがまん~ (8, 0.1%)

8 して

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

5 うして 1 までは思わなかった, むらいものの, やうなら

▼ しばらくそんな~ (8, 0.1%)

3 ことを 1 史的考察に, 表面的な, 話しを, 話を, 音を

▼ しばらくどこ~ (8, 0.1%)

1 かで静か, かの島, かへ所, かへ行っ, かへ行つて, かへ身, ともなく, を見る

▼ しばらくジッ~ (8, 0.1%)

3 とし 1 として動かない, として立っ, とみつめ, と考え, と耳

▼ しばらく世間話~ (8, 0.1%)

4 をし 2 をした 1 などをし, に加わり

▼ しばらく中止~ (8, 0.1%)

3 して 2 の形 1 さ, したので, になっ

▼ しばらく京都~ (8, 0.1%)

2 の方 1 で三人, で暮らします, におりました, に暮らし, に法律書生, に滞在

▼ しばらく休む~ (8, 0.1%)

6 ことに 1 といったとき, のである

▼ しばらく廊下~ (8, 0.1%)

1 がごたごた, ごしに, でガタガタ, で待たされた, にいました, にたちつくし, に佇み, を行っ

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

1 のなか, の沈静, をしずめた, を休め, を宥めよう, を沈め, を落着け, を落着けたかった

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

2 になっ 1 になった, になつ, にならなく, に立っ, へ歩い, を向き合っ

▼ しばらく沈思~ (8, 0.1%)

4 して 2 してから 1 した, した後

▼ しばらく田舎~ (8, 0.1%)

3 へ行っ 1 に隠れ, へでもやらず, へ帰, へ引き籠ったら, へ引き籠らせ

▼ しばらく瞑目~ (8, 0.1%)

5 して 1 した, してから, すると

▼ しばらく私たち~ (8, 0.1%)

2 がほか, と一緒 1 はお, は大きな, は数々, は無言

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

2 がミインミイン, をながめ 1 にたゆ, も動かである, をみつめ, を見る

▼ しばらく突っ~ (8, 0.1%)

5 立って 3 立ったまま

▼ しばらく経った~ (8, 0.1%)

1 から病気, 後で, 後に, 後の, 時から, 時には, 時花桐が, 時追分の

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

1 の広, をおろし, をかけ, を下ろし, を卸し, を抜かし, を据える, を撫でさすつた

▼ しばらく行きます~ (8, 0.1%)

4 とみち 1 とだんだん, とひとつ, とふるい, と案

▼ しばらく行方~ (8, 0.1%)

1 が知れない, が知れなかった, の知れない, の知れなかった, も知れず, をくらまし, を失い, を晦まし

▼ しばらく見詰め~ (8, 0.1%)

3 ていた 2 ている, ておりました 1 てゐた

▼ しばらく遠く~ (8, 0.1%)

1 なるまで, にひかえ, に眼, に見える, の小さい, へ影, へ行っ, 聞かなかったなつかしい

▼ しばらく部屋~ (8, 0.1%)

5 の中 1 が鳴り, に流れつづけた, の真中

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

6 の中 1 に映え, のなか

▼ しばらく~ (8, 0.1%)

3 やどりを 2 の音 1 が続いた, ながら戸, の庭

▼ しばらく黙つ~ (8, 0.1%)

1 てい, ていた, てしまふ, てそこ, てひとつ, て居る, て行きました, て首

▼ しばらくおく~ (7, 0.1%)

1 いかならん, としてとりあえず, としても, としてもあの, としてわれら, として作品, とする

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

3 ッと 1 つとその, つと見つめた, つと頭, ぶんの

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

1 ばさんの, よき水, 十分に, 君に, 永の, 猶予うて立つ, 鈍い鉛

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

1 から戸, で湯, にい, のくらやみ, の樣子, をじっと, を見

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

1 に逢った, の心, の話, の途絶えた, まぜも, を払った, を遠ざけ

▼ しばらく休み~ (7, 0.1%)

1 すぐ出発, すっかり雨装束, すつかり, それから, そろそろ帰途, の姿, 一と

▼ しばらく会わない~ (7, 0.1%)

4 うちに 1 ので萱野君, 内に, 方が

▼ しばらく住ん~ (7, 0.1%)

3 でいた 2 でみよう 1 でいる, でゐました

▼ しばらく先生~ (7, 0.1%)

1 と袂, のおおせ, の事, の後影, の枕頭, は黙っ, も何

▼ しばらく呆気~ (7, 0.1%)

5 にとられ 2 に取られ

▼ しばらく呼吸~ (7, 0.1%)

1 させて, をやすめ, を入れ, を凝らし, を殺した, を計っ, を静める

▼ しばらく彼ら~ (7, 0.1%)

1 のこと, のする, のほう, の反省, の膝, はお互い, を笑わせた

▼ しばらく待った~ (7, 0.1%)

1 がやはり, が帰っ, が誰, けれども戻っ, とて何, 後はなはだ, 方が

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

1 きただ, きとにかく, きもともと, き今日, き今日世間, き品行, き我が

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

1 かず, に一回, の照る, の経った, は經, をたっ, を経

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

4 のある 1 の枝, の梢, 之助

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

4 の蓋 2 の上 1 に坐っ

▼ しばらく来ない~ (7, 0.1%)

1 うちに, からどう, と言っ, な, なあ, 時には, 間に

▼ しばらく江戸~ (7, 0.1%)

1 におる, の上屋敷, の足, へは帰らぬ, を明けるで, を見, を離れてる

▼ しばらく見送っ~ (7, 0.1%)

4 ていた 1 ていました, ている, てから深い

▼ しばらく身動き~ (7, 0.1%)

2 もせず 1 もしない, もしなかった, もしなかつた, もしませんでした, もできなかった

▼ しばらく~ (7, 0.1%)

2 っていた 1 して, って突っ, つた, つて, りこんで

▼ しばらく黙り込ん~ (7, 0.1%)

4 でいた 1 でどう, でゐた, で青竹

▼ しばらくあちこち~ (6, 0.0%)

3 見まわしてから 1 歩いて, 見ま, 見まわして

▼ しばらくいる~ (6, 0.0%)

3 うちに 1 つもりだ, とみな気分, と直ぐ

▼ しばらくため~ (6, 0.0%)

1 らつた, らつてから, らつてゐる, らつて眼を, らひ, らふ

▼ しばらくなにか~ (6, 0.0%)

2 やって, 考えて 1 ささやいて, ささやきあって

▼ しばらくなり~ (6, 0.0%)

1 とも一人, とも人間らしい, とも別居, とも半日一日, とも妻, 行きを

▼ しばらくボンヤリ~ (6, 0.0%)

4 して 1 と眺め, 立つて

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

2 の警句 1 に別れ, の容態, の様子, の顔

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

1 にいっ, のよう, の事実, の冒険, へ雪, を見

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

1 には逢, のこと, の図画, の手当, の歩み, は黙っ

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 が子供, に話しかけ, の寝顔, の打

▼ しばらく小首~ (6, 0.0%)

3 を傾げ 1 をかしげあっ, をかしげた, を傾け

▼ しばらく待ち~ (6, 0.0%)

2 たまえ 1 てよとの事, て後, やがて荷物, 枕に

▼ しばらく押問答~ (6, 0.0%)

2 をし 1 した, しましたが, の末, をする

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

2 や雲 1 の映った, の面, を仰ぎ, を浴び

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

1 から外, のそば, の下, の外, の方, をあけ

▼ しばらく立ち話~ (6, 0.0%)

5 をし 1 をした

▼ しばらく經つて~ (6, 0.0%)

1 から一言, から來, から町, から銀座裏, とんと輕, も下り

▼ しばらく~ (6, 0.0%)

1 のなか, の旅, の行方, をつけ, をと, を留め

▼ しばらく見ぬ~ (6, 0.0%)

3 間に 2 まに 1 うちに

▼ しばらく離れ~ (6, 0.0%)

2 ていた, てみる 1 てめぐり会った, て店

▼ しばらく黙考~ (6, 0.0%)

4 して 1 した, をつづけ

▼ しばらくあと~ (5, 0.0%)

1 が出なかった, に廻し, に残る, を見送る, 見送つた

▼ しばらくいた~ (5, 0.0%)

1 が葉子, ことが, ことの, ことも, 男で

▼ しばらくいっしょ~ (5, 0.0%)

1 にしゃべった, にならない, に暮し, に暮らす, に集っ

▼ しばらくうつむい~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ていました, ている, て黙っ

▼ しばらくこう~ (5, 0.0%)

3 して 1 いって, してやるから

▼ しばらくした~ (5, 0.0%)

1 ある日, ころスミ子ちゃんは, とき急に, のは, 出来秋の

▼ しばらくしたら~ (5, 0.0%)

1 いきなりその, またいつも, めいめい胴間声を, 見舞いに, 馬を

▼ しばらくただ~ (5, 0.0%)

1 そこに, ぼうっとし, 夢心地であった, 狭い家, 顏を

▼ しばらくのま~ (5, 0.0%)

4 にめっきり 1 に渾身

▼ しばらくもの~ (5, 0.0%)

1 もいわなかった, をいう, を云わなかった, を考える, を言うあたわず

▼ しばらくやっ~ (5, 0.0%)

2 て見 1 ていた, てやらなけれ, てゆく

▼ しばらくやめ~ (5, 0.0%)

1 て, てまた, て志賀小説, て戰場, 又量

▼ しばらくわれ~ (5, 0.0%)

2 を忘れ 1 に貸せ, をわすれ, を支配

▼ しばらくシーン~ (5, 0.0%)

2 としずまりかえっ 1 として, としてい, とする

▼ しばらく一人~ (5, 0.0%)

2 で我慢 1 でよく, でゐたい, で考え

▼ しばらく三人~ (5, 0.0%)

1 でそこ, とも黙りこん, の子供, は無言, は黙っ

▼ しばらく三吉~ (5, 0.0%)

2 は考え 1 は妻, は時, は正太

▼ しばらく両手~ (5, 0.0%)

1 でそれ, で持った, の動き, をたたき, を振っ

▼ しばらく中絶~ (5, 0.0%)

3 して 1 えが, したが

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

1 しばらくと, の話, の風, 書いたばかりの, 松は

▼ しばらく会わなかった~ (5, 0.0%)

1 ね, 久慈である, 伸子を, 友人が, 自分の

▼ しばらく伸子~ (5, 0.0%)

2 の顔 1 の前, は焦点, をみつめた

▼ しばらく何やら~ (5, 0.0%)

1 囁いて, 思案し, 考え込む憲庵, 考へ, 話して

▼ しばらく何事~ (5, 0.0%)

1 か考え, もない, も忘れ, も知らず, も知らない

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

2 の様子 1 の気配, を窺っ, を覗い

▼ しばらく動かず~ (5, 0.0%)

2 にいた 1 にあった, にいらつ, にいる

▼ しばらく半蔵~ (5, 0.0%)

1 はそこ, はその, は人, は峠, は遺族

▼ しばらく同じ~ (5, 0.0%)

1 やうな, ような, オフイスに, 処に, 宿屋に

▼ しばらく四方~ (5, 0.0%)

1 に備え, の樣子, の物語, を展望, を眺め廻し

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

4 のよう 1 を見る

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

1 から遠ざかった, など見た, の西行谷, へ分け入りたい, を登つて

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

3 の上 1 に縋った, の間

▼ しばらく座敷~ (5, 0.0%)

1 で待たせ, で待つ, にぼんやり, へつ, を見回し

▼ しばらく往来~ (5, 0.0%)

1 して, に立っ, の絶えた, もなかっ, を見まわし

▼ しばらく待て~ (5, 0.0%)

1 しばらく待て, との将軍家, と云, と止めた, むりにおし通らん

▼ しばらく感慨~ (5, 0.0%)

1 にふけつた, に沈み, ぶかく, ぶかげ, を禁じ得ませんでした

▼ しばらく拝借~ (5, 0.0%)

1 させて, しとくわと, しますと, できましょうか, ねがへない

▼ しばらく振り~ (5, 0.0%)

1 で小判十両, で省線電車, に見る, のまったく, の中畑さん

▼ しばらく景色~ (5, 0.0%)

2 を見 1 に見とれた, をながめた, を眺め

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

1 がか, だった, をとらすであろう, を愛する, を貰っ

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

1 とし, として耳, として蒼い, と坐っ, 然と

▼ しばらく次郎~ (5, 0.0%)

2 の顔 1 と二人, の眼, の顔色

▼ しばらく歩いた~ (5, 0.0%)

1 あと, あとで, かと思う, 後の, 時に

▼ しばらく死んだ~ (5, 0.0%)

2 ように 1 まねを, ような, 鳥を

▼ しばらく沈吟~ (5, 0.0%)

2 して 1 したあと, したり, はし

▼ しばらく玄関~ (5, 0.0%)

2 の外 1 にうろつい, の前, の板敷

▼ しばらく相談~ (5, 0.0%)

3 して 1 があった, したあと

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

3 のよう 1 になった, に倚

▼ しばらく私達~ (5, 0.0%)

1 と同じ, の方, はこの, は肩, は言葉

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

3 止って 1 停まって, 停ろうと

▼ しばらく立ちどまっ~ (5, 0.0%)

1 て, てからずっと, てから云, てみつめ, て眺め

▼ しばらく立った~ (5, 0.0%)

1 が, ままで, まま動かず, まま次郎の, まま考え

▼ しばらく続いた~ (5, 0.0%)

1 ある日, がやがて, が起きあがっ, 後和尚は, 末利助の

▼ しばらく続け~ (5, 0.0%)

1 てあの, ていました, ている, て上演, て筆

▼ しばらく苦笑~ (5, 0.0%)

2 して 1 をつづけ, を以て見送つた, を押え

▼ しばらく見えなかった~ (5, 0.0%)

1 がどう, がどこ, ね, のは, 落合の

▼ しばらく見とれ~ (5, 0.0%)

2 ている 1 ていた, てゐたら, てゐる

▼ しばらく見なかった~ (5, 0.0%)

1 この部屋, のが, 作品を, 真坊, 間に

▼ しばらく起き~ (5, 0.0%)

1 てい, ていた, てらッ, てゐた, て何

▼ しばらく~ (5, 0.0%)

1 がと絶える, で追わした, の内, を下りる, を停めさせた

▼ しばらく返辞~ (5, 0.0%)

1 がない, が洩れません, もありません, をしなかった, を待つ

▼ しばらく逗留~ (5, 0.0%)

2 して 1 させて, したり, する事

▼ しばらく門前~ (5, 0.0%)

1 で休息, にたたずん, に佇んだ, に躊躇, をうろうろ

▼ しばらく障子~ (5, 0.0%)

2 に身 1 の上, の外, の開いた

▼ しばらく青く~ (5, 0.0%)

3 ぺかぺか光っ 1 ひかるの, ぺかぺか光つ

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

2 つけに 1 つて後東風を, てなしな

▼ しばらくあちら~ (4, 0.0%)

1 でお, の家, へ退がっ, を見送

▼ しばらくあなた~ (4, 0.0%)

1 と話し, のお, の消息, はこ

▼ しばらくいきます~ (4, 0.0%)

1 とせまい, とまた, とむこう, とコンクリート

▼ しばらくうち~ (4, 0.0%)

2 でお世話 1 案じて, 考えました

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 あが, ちょうの, ちょうを, 間牢内に

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 てみなかった, ねの音, のどくそう, ょろきょろしながらたづねました

▼ しばらくきまり~ (4, 0.0%)

2 悪さうに, 悪そう

▼ しばらくこっち~ (4, 0.0%)

2 を向い 1 に足, を見送っ

▼ しばらくさしおき~ (4, 0.0%)

1 これを, たとい一度入学, 平時と, 徳川の

▼ しばらくじろじろ~ (4, 0.0%)

1 と周囲, と小娘, ながめ合った, 見て

▼ しばらくそば~ (4, 0.0%)

1 で見, につい, に坐, の垣根

▼ しばらくそら~ (4, 0.0%)

4 を向い

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

4 げを

▼ しばらくまじまじ~ (4, 0.0%)

1 と天井, と彼, と眺め, と見やっ

▼ しばらく一同~ (4, 0.0%)

1 の眼, の顔, はあかあか, はオレンジ

▼ しばらく交際~ (4, 0.0%)

2 して 1 が絶え, をし

▼ しばらく人間~ (4, 0.0%)

1 から離れ, とは交ら, の声, を去っ

▼ しばらく休ませ~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てもらえ, てもらった, てやる

▼ しばらく休んだ~ (4, 0.0%)

1 あとで, せいか, 後に, 方が

▼ しばらく俯向~ (4, 0.0%)

4 いて

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 のため山, の方, は考へた, を睨みつけ

▼ しばらく入口~ (4, 0.0%)

1 で待っ, で躊躇, に待っ, に立っ

▼ しばらく其処~ (4, 0.0%)

1 にたゆたっ, に立, に立ち停まっ, に立っ

▼ しばらく凝然~ (4, 0.0%)

2 と動かなかった 1 とたたずん, と考え

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 ていた, て参りません, て来ない, て行く

▼ しばらく別れ~ (4, 0.0%)

1 ている, てみたい, を告げる, を惜しん

▼ しばらく動かない~ (4, 0.0%)

1 でいた, でいる, でじっと, ように

▼ しばらく勝手~ (4, 0.0%)

2 にさせ 1 にさし, の方

▼ しばらく向う~ (4, 0.0%)

1 の直る, の絵馬堂, へ行つておいで, を向い

▼ しばらく呆れ~ (4, 0.0%)

2 て見 1 てその, て眺め

▼ しばらく呆然と~ (4, 0.0%)

1 庭を, 真ッ, 視いるの, 視いるので

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 と舌, をつぐん, を咬ん, を離し

▼ しばらく困った~ (4, 0.0%)

2 ようすでした 1 やうすでした, ような

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 というもの, どめ, も主人, も取らなかつた

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

3 の中 1 は静か

▼ しばらく庸三~ (4, 0.0%)

1 との最初, の親友, は小夜子, を見詰め

▼ しばらく恍惚~ (4, 0.0%)

1 とし, として眺め, となっ, となり

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 まん, れに, をうち, を忘れ

▼ しばらく戸口~ (4, 0.0%)

1 にたたずん, に立っ, のところ, の所

▼ しばらく故郷~ (4, 0.0%)

1 に帰り, の生まれた, の部隊, を離れた

▼ しばらく散歩~ (4, 0.0%)

1 して, すること, そして熟睡, なさッ

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 にもたれ, によりかかっ, のかげ, の下

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

4 をさがし

▼ しばらく残っ~ (4, 0.0%)

3 ていた 1 ている

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 の上, の浅, をみ, を眺め

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 と考え, と視, と視た, と顔

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 と二人きり, と話し込ん, の所, や母

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 と女, と揉み合っ, の後姿, はひとり

▼ しばらく秘密~ (4, 0.0%)

4 にし

▼ しばらく立ち停まっ~ (4, 0.0%)

1 ている, てうっかり, て思案, て眺め

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, に窮, はなく, をまつ

▼ しばらく節子~ (4, 0.0%)

1 から離れ, にも別れ, の話, は岸本

▼ しばらく線路~ (4, 0.0%)

3 に沿っ 1 に沿つて

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 に耽っ, ふべきである, へ込みました, へ込ん

▼ しばらく考えさせ~ (4, 0.0%)

2 て下さい 1 てもらわなく, てやる

▼ しばらく聞き耳~ (4, 0.0%)

2 を立て 1 をたて, を澄まし

▼ しばらく聴い~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てい, てゐ

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

2 を並べ 1 で息, をならべ

▼ しばらく舞台~ (4, 0.0%)

1 にたった, を休ん, を見つめ, 空く

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

2 と石 1 を見せなかつた, を見よう

▼ しばらく落ちつい~ (4, 0.0%)

1 ていた, てみんな, て時, て見物

▼ しばらく見上げ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 たりした, てゐた

▼ しばらく話す~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 彼の, 樹明君へ, 罐詰を

▼ しばらく貸し~ (4, 0.0%)

1 ていた, ておけ, て下さい, 与える

▼ しばらく躊躇っ~ (4, 0.0%)

4 ていた

▼ しばらく途方~ (4, 0.0%)

1 にくれ, に暮れた, に暮れました, に暮れる

▼ しばらく逡巡~ (4, 0.0%)

21 して, った末

▼ しばらく逢わない~ (4, 0.0%)

1 が呉媽, でも私, な, ね

▼ しばらく~ (4, 0.0%)

1 に坐し, の上, はじめじめ, を拾った

▼ しばらく黙し~ (4, 0.0%)

1 たりき, て, ていられた, ている

▼ しばらくあっち~ (3, 0.0%)

3 へ行っ

▼ しばらくあるい~ (3, 0.0%)

1 ておった, てゐる, て行く

▼ しばらくいろいろ~ (3, 0.0%)

1 な話, のこと, の話

▼ しばらくうつけ~ (3, 0.0%)

2 たよう 1 た考

▼ しばらくうなっ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ しばらくうろうろ~ (3, 0.0%)

2 して 1 歩いて

▼ しばらくおとなしく~ (3, 0.0%)

2 して 1 してなきや

▼ しばらくかう~ (3, 0.0%)

1 いふ髪を, して, やつてる

▼ しばらくぐずぐず~ (3, 0.0%)

2 して 1 遅滞し

▼ しばらくこらえ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て小太郎山

▼ しばらくしか~ (3, 0.0%)

1 かからなかった, ない二人, 続かなかった

▼ しばらくしげしげ~ (3, 0.0%)

3 ジョバンニを

▼ しばらくしげしげと~ (3, 0.0%)

1 かれの, ながめたあと, ジヨバンニを

▼ しばらくしばらくたって~ (3, 0.0%)

2 からやっと 1 から又

▼ しばらくします~ (3, 0.0%)

1 ととつぜん, とドア, とプイ

▼ しばらくじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ないの, 息子が

▼ しばらくすると~ (3, 0.0%)

1 お菊, お雪, 大虎

▼ しばらくずつ~ (3, 0.0%)

1 五分間ばかりずつ, 眼を, 逗留し

▼ しばらくそっち~ (3, 0.0%)

2 を見 1 を見張っ

▼ しばらくそっと~ (3, 0.0%)

2 して 1 窺って

▼ しばらくその後~ (3, 0.0%)

1 を見送, を見送つ, を黙っ

▼ しばらくそれら~ (3, 0.0%)

1 の明るい, の羽音, の表題

▼ しばらくためらった~ (3, 0.0%)

1 のちその, 後おずおず, 後思い切っ

▼ しばらくたより~ (3, 0.0%)

1 がない, がなかっ, のなかっ

▼ しばらくだれ~ (3, 0.0%)

1 か遊ぶ, にもわかりません, にも言っ

▼ しばらくつづい~ (3, 0.0%)

1 ていた, てなかなか, てまた

▼ しばらくであった~ (3, 0.0%)

1 がやがて, な, なあ

▼ しばらくです~ (3, 0.0%)

21 ねまだ

▼ しばらくなに~ (3, 0.0%)

1 か相談, も云わなかった, を思う

▼ しばらくなん~ (3, 0.0%)

1 のお, のものおと, の沙汰

▼ しばらくなんにも~ (3, 0.0%)

1 云いませんでした, 云ひませんでした, 音が

▼ しばらくにらみあっ~ (3, 0.0%)

2 ていました 1 ていた

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 おなつかしゅう, 握手ぐらい, 消えました

▼ しばらくのち~ (3, 0.0%)

1 に私, に花はずかしい, のこと

▼ しばらくひとり~ (3, 0.0%)

1 でこぼし, になりたかった, 考えしが

▼ しばらくふたり~ (3, 0.0%)

1 のようす, はだまっ, は坐った

▼ しばらくほか~ (3, 0.0%)

1 の事, へ行っ, へ連れ

▼ しばらくほっ~ (3, 0.0%)

2 ておい 1 てあった

▼ しばらくぼく~ (3, 0.0%)

1 のベッド, は笑い, を見

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 があり, まって, めくろんぼの

▼ しばらくみつめ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていました, ている

▼ しばらくむしゃむしゃ~ (3, 0.0%)

3 たべました

▼ しばらくドア~ (3, 0.0%)

1 の外, をあけよう, を見つめ

▼ しばらくページ~ (3, 0.0%)

1 から目, をめくっ, を繰っ

▼ しばらくモジモジ~ (3, 0.0%)

1 して, とからだ, 口ごもって

▼ しばらく丑松~ (3, 0.0%)

1 はそれ, は古, は茫然

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 体と, 岸の, 説を

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 に據, を打ちすて, を措き

▼ しばらく二人きり~ (3, 0.0%)

1 でいたい, になった, にならう

▼ しばらく互いに~ (3, 0.0%)

2 何か 1 瞳を

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の棲家, 住みして, 住居にも

▼ しばらく休養~ (3, 0.0%)

1 したいのに, して, するの

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 はなかつた, はぬ, ふ機会

▼ しばらく何処~ (3, 0.0%)

1 かの研究所, にか隠れ, をどう

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 に取っ, のところ, の御

▼ しばらく保留~ (3, 0.0%)

1 いたしましよう, したい, すること

▼ しばらく保養~ (3, 0.0%)

1 する気, をし, をする

▼ しばらく信州~ (3, 0.0%)

1 で暮らした, の奈良原, の山河

▼ しばらく入院~ (3, 0.0%)

2 して 1 させたほう

▼ しばらく其の~ (3, 0.0%)

1 灯を, 足跡について, 邸内に

▼ しばらく冥想~ (3, 0.0%)

2 して 1 にふけつ

▼ しばらく凝視~ (3, 0.0%)

2 して 1 っている

▼ しばらく厄介~ (3, 0.0%)

1 になっ, になる, をかける

▼ しばらく右門~ (3, 0.0%)

1 はうち, は見守っ, もうち

▼ しばらく唖然~ (3, 0.0%)

1 として呆気, とする, と突っ

▼ しばらく問題外~ (3, 0.0%)

1 にし, に措く, に置い

▼ しばらく夢中~ (3, 0.0%)

1 で書い, になっ, に卒倒

▼ しばらく大きな~ (3, 0.0%)

1 息を, 應接間で, 掌の

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の方, の言葉, を見よう

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 に漂う, に相, に眼

▼ しばらく実家~ (3, 0.0%)

1 の人, へ帰っ, へ行っ

▼ しばらく室内~ (3, 0.0%)

1 で正成, の様子, の樣子

▼ しばらく寂然~ (3, 0.0%)

2 となった 1 と静か

▼ しばらく寝た~ (3, 0.0%)

1 ままで, まま休ん, まま日光に

▼ しばらく少年~ (3, 0.0%)

1 からはなれなかつた, の行方, を見

▼ しばらく差向い~ (3, 0.0%)

1 でお茶, でそこ, のまま口

▼ しばらく巴里~ (3, 0.0%)

1 にとど, に居る, へ遊び

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 が明く, を外し, を立っ

▼ しばらく帰っ~ (3, 0.0%)

2 て来ない 1 て来なかった

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, に就き, の中

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

2 を眺め 1 の方

▼ しばらく形勢~ (3, 0.0%)

1 を支え, を眺め, を見守る

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 ませ憩わせる蔭, んでゐる, んで聞

▼ しばらく彼等~ (3, 0.0%)

1 の顔, を休息, を呆気

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 ったところ, っていたい, つたり

▼ しばらく待たされ~ (3, 0.0%)

1 いや今日, ている, てからやっと

▼ しばらく待たせ~ (3, 0.0%)

1 ておいた, ておけ, て青侍

▼ しばらく後ろ~ (3, 0.0%)

1 に控え, の方, の闇

▼ しばらく忘れられ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て水

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

2 に耽っ 1 に耽らう

▼ しばらく思索~ (3, 0.0%)

1 にふけった, にふけつた, の末

▼ しばらく悠々~ (3, 0.0%)

1 とやっ, と附近, の月日

▼ しばらく憩う~ (3, 0.0%)

1 ことに, ていた, ておられる

▼ しばらく成行~ (3, 0.0%)

1 にまかせ, を窺っ, を見

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 が絶えた, のなかっ, を休め

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の前, を押しあけ, を閉めた

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 のところ, のほう, の前

▼ しばらく手紙~ (3, 0.0%)

1 が書けなかった, も書かず, を書い

▼ しばらく控え~ (3, 0.0%)

1 ておく, ておりました, て自身

▼ しばらく放つ~ (3, 0.0%)

1 ておい, てゐた, て置きました

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の変, の矢, を睨ん

▼ しばらく日本~ (3, 0.0%)

1 にい, のこと, の軍艦

▼ しばらく昼寝~ (3, 0.0%)

1 したすまないと, をし, をする

▼ しばらく暗然~ (3, 0.0%)

2 とし 1 と面

▼ しばらく暮し~ (3, 0.0%)

1 たりした, ていました, て見よう

▼ しばらく書く~ (3, 0.0%)

1 かもしれません, ことを, 興味を

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の人達, の学校, を留守

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の報ら, へさがっ, 郎を

▼ しばらく止まっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て黄祖

▼ しばらく正太~ (3, 0.0%)

1 の話, は切出しかね, は沈吟

▼ しばらく此処~ (3, 0.0%)

1 で川風, で待っ, に待たれい

▼ しばらく武士~ (3, 0.0%)

1 は唖然, は迷, は黙っ

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 と話し, の顔, は黙

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 のはた, のほとり, の水

▼ しばらく泊っ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ しばらく流れ~ (3, 0.0%)

1 て, てゐました, をみつめ

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 に暮れる, の涸, を拭い

▼ しばらく漬け~ (3, 0.0%)

2 ておい 1 ておく

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 が燃え, に暖まり, のそば

▼ しばらく熟視~ (3, 0.0%)

1 して, してから, しましたが

▼ しばらく熱心~ (3, 0.0%)

1 にそれ, にもてあそんだ, に耳

▼ しばらく物音~ (3, 0.0%)

1 が聞こえなかった, のみ激しき, もさせなかった

▼ しばらく猶予~ (3, 0.0%)

1 され大小, つた, を与える

▼ しばらく生き~ (3, 0.0%)

1 てい, てまいれます, て努め

▼ しばらく生活~ (3, 0.0%)

2 の方 1 を緊縮

▼ しばらく留守~ (3, 0.0%)

1 にし, にした, をし

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 の床, を養う, を養つて

▼ しばらく病気~ (3, 0.0%)

1 で寝, と称し, をした

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 でお嬢さん, とともに続いた, の意見

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 南へ, 怪の, 暗闇を

▼ しばらく真っ暗~ (3, 0.0%)

2 な林 1 な戸外

▼ しばらく眠っ~ (3, 0.0%)

1 てくる, てくれ, て又

▼ しばらく睡る~ (3, 0.0%)

2 ことに 1 と額

▼ しばらく空中~ (3, 0.0%)

1 に迷っ, をあおい, をとびまわっ

▼ しばらく窓際~ (3, 0.0%)

1 にたたずんだなり, に出, に立っ

▼ しばらく窺っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ しばらく笑い~ (3, 0.0%)

1 がとまらなかった, がとまらぬ, が止らなかった

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 をさし置き, を使っ, を絶っ

▼ しばらく答える~ (3, 0.0%)

1 ことが, のを, 者が

▼ しばらく絶え~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て大日坂

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 つうち, つとやはり眞面目, つと私

▼ しばらく継続~ (3, 0.0%)

1 して, する, するであろう

▼ しばらく続く~ (3, 0.0%)

1 と島村, のじゃ, のである

▼ しばらく縁先~ (3, 0.0%)

1 に佇ん, に立つ, をお

▼ しばらく考える~ (3, 0.0%)

1 から, ふうだった, 時間を

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 と背, をもたせ, を柱

▼ しばらく腕組~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ しばらく自由~ (3, 0.0%)

1 に遊ばしとい, のからだ, の身

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

2 を喫 1 の赤い

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 のやう

▼ しばらく行かない~ (3, 0.0%)

1 ようだ, ナ, 方が

▼ しばらく行かなかった~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 から

▼ しばらく行った~ (3, 0.0%)

1 あたりで, ところに, 所に

▼ しばらく行つて~ (3, 0.0%)

1 ふりむくと, ゐること, ゐるの

▼ しばらく見つめた~ (3, 0.0%)

1 あとで, あとまた, 後自分でも

▼ しばらく見合せる~ (3, 0.0%)

2 事に 1 ような

▼ しばらく見守っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていました, ておいで

▼ しばらく見物~ (3, 0.0%)

1 したが, した上, しては

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 が途絶えた, を切っ, 途絶えたり

▼ しばらく読者~ (3, 0.0%)

1 の寛恕, の想像, の耳

▼ しばらく談話~ (3, 0.0%)

2 の圏外 1 が交換

▼ しばらく躊躇った~ (3, 0.0%)

1 が背, けれど本当, のちその

▼ しばらく途絶え~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐた

▼ しばらく進む~ (3, 0.0%)

1 うちに, と明智, な

▼ しばらく過ぎる~ (3, 0.0%)

1 とそんな, と何やらほんのり, と有る

▼ しばらく遠のい~ (3, 0.0%)

1 ておった, てわし, て門

▼ しばらく遠慮~ (3, 0.0%)

1 いたせ, して, をし

▼ しばらく郷里~ (3, 0.0%)

1 の家, を留守, を離れ

▼ しばらく野戦病院~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, にはひつ, に這入

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の前, の柱

▼ しばらく開いた~ (3, 0.0%)

2 口が 1 口も

▼ しばらく閑却~ (3, 0.0%)

1 されて, したノルウェイ, して

▼ しばらく~ (3, 0.0%)

1 と一緒, のやう, の跫音

▼ しばらく黙祷~ (3, 0.0%)

1 の真似, をささげ, を凝らし

▼ しばらくあいだ~ (2, 0.0%)

1 がある, をおい

▼ しばらくあきれ~ (2, 0.0%)

1 ていましたら, て眺め

▼ しばらくあずかっ~ (2, 0.0%)

1 ておく, てもらった

▼ しばらくあたし~ (2, 0.0%)

1 にさわらない, ァ奥役

▼ しばらくあちらこちら~ (2, 0.0%)

1 と歩い, のそのそ歩い

▼ しばらくあっけ~ (2, 0.0%)

2 にとられ

▼ しばらくあやめ~ (2, 0.0%)

1 も分らずもつれ合った, よお待ち

▼ しばらくある~ (2, 0.0%)

1 と仮定, 建物の

▼ しばらくあるく~ (2, 0.0%)

1 うちに, とそこ

▼ しばらくあれ~ (2, 0.0%)

1 の家, やこれ

▼ しばらくいい~ (2, 0.0%)

1 ようを, 楽器の

▼ しばらくいうべき~ (2, 0.0%)

2 言葉も

▼ しばらくいった~ (2, 0.0%)

1 ところで, 先の

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 と, はべの

▼ しばらくうしろ~ (2, 0.0%)

1 から彼, で新

▼ しばらくうとうと~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ しばらくうむうむ~ (2, 0.0%)

1 と云, と云い

▼ しばらくおいで~ (2, 0.0%)

1 にならない, にならなかった

▼ しばらくおさえ~ (2, 0.0%)

1 て, ている

▼ しばらくおとどまり~ (2, 0.0%)

1 を, をねがいたい

▼ しばらくおとまり~ (2, 0.0%)

1 ですって, になる

▼ しばらくおれ~ (2, 0.0%)

1 が借り, の顔

▼ しばらくお忍び~ (2, 0.0%)

1 くだすって, 下さい

▼ しばらくお目にかからない~ (2, 0.0%)

1 からと花, もんで

▼ しばらくお目にかかりませんでした~ (2, 0.0%)

1 なあ針目博士, ね

▼ しばらくお茶~ (2, 0.0%)

1 をよばれ, を呑ん

▼ しばらくお話し~ (2, 0.0%)

1 して, になった

▼ しばらくお預け~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ しばらくかけ~ (2, 0.0%)

1 てい, て冷めたく

▼ しばらくかの~ (2, 0.0%)

1 偽善者の, 君の

▼ しばらくがやがや~ (2, 0.0%)

1 して, 手分けの

▼ しばらくきょろきょろ~ (2, 0.0%)

1 きょろきょろし, して

▼ しばらくぐずついた~ (2, 0.0%)

1 あとに, 末に

▼ しばらくこうして~ (2, 0.0%)

1 じっとし, まごまごし

▼ しばらくこちら~ (2, 0.0%)

1 で, で極楽浄土

▼ しばらくことば~ (2, 0.0%)

1 がとだえ, を出さず

▼ しばらくこれら~ (2, 0.0%)

1 の稀少性, の肉体的要求

▼ しばらくごそごそ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ しばらくごたごた~ (2, 0.0%)

1 した小山, して

▼ しばらくごぶさた~ (2, 0.0%)

1 をし, をしました

▼ しばらくささやき合っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ しばらくしょんぼり~ (2, 0.0%)

1 して, と立ち尽くした

▼ しばらくしんぼう~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ しばらくすすみます~ (2, 0.0%)

1 とさき, とむこう

▼ しばらくすわっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て風

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

2 いぜ

▼ しばらくそうして~ (2, 0.0%)

1 がまんし, まって

▼ しばらくそこで~ (2, 0.0%)

1 お重, 腰を

▼ しばらくそち~ (2, 0.0%)

1 にも会わぬ, に預け

▼ しばらくそれから~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, 連れ立つて

▼ しばらくそッ~ (2, 0.0%)

1 とし, ととっ

▼ しばらくたちます~ (2, 0.0%)

1 となんとなく, と例

▼ しばらくたつた~ (2, 0.0%)

1 ころジヨバンニは, 温い日

▼ しばらくだけ~ (2, 0.0%)

1 ことさらに, では

▼ しばらくだまった~ (2, 0.0%)

1 まま対座し, まま相手が

▼ しばらくだまつて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐてから

▼ しばらくだまりこん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で歩い

▼ しばらくちゅうちょ~ (2, 0.0%)

1 したが, して

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 なを牛, ッ立っ

▼ しばらくつかれ~ (2, 0.0%)

1 をなおし, を忘れ

▼ しばらくつきあっ~ (2, 0.0%)

1 てそして, てみましょう

▼ しばらくつづいた~ (2, 0.0%)

1 が結局, 後突然

▼ しばらくでございました~ (2, 0.0%)

1 なあ, ね

▼ しばらくとだえ~ (2, 0.0%)

1 ている, て嵐

▼ しばらくどう~ (2, 0.0%)

1 したい, しやう

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の, んです

▼ しばらくない~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ しばらくなす~ (2, 0.0%)

1 ことも, ところを

▼ しばらくなにごと~ (2, 0.0%)

1 かをうち, かを考え

▼ しばらくなら~ (2, 0.0%)

1 ば, 誰でも

▼ しばらくなりと~ (2, 0.0%)

1 借りられて, 居た者

▼ しばらくなんだか~ (2, 0.0%)

1 夢中に, 気が

▼ しばらくにらみあい~ (2, 0.0%)

1 のまま, をつづけ

▼ しばらくねむる~ (2, 0.0%)

1 ことに, としよう

▼ しばらくのぞい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ しばらくのぼり~ (2, 0.0%)

1 やつと, 向こうの

▼ しばらくのぼる~ (2, 0.0%)

1 と山, 中に

▼ しばらくびっくり~ (2, 0.0%)

1 したよう, した目つき

▼ しばらくぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 して, 遊んで

▼ しばらくぼう~ (2, 0.0%)

1 としてつっ立っ, と西日

▼ しばらくぼそぼそ~ (2, 0.0%)

1 と聞え, と話

▼ しばらくぽかんと~ (2, 0.0%)

1 して, そこに

▼ しばらくまえ~ (2, 0.0%)

1 にある, に自殺

▼ しばらくまじめ~ (2, 0.0%)

1 にしっかり, に三四郎

▼ しばらくもうしばらく~ (2, 0.0%)

1 と思, 新九郎様の

▼ しばらくもがい~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていれ

▼ しばらくもじっ~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ しばらくやがて~ (2, 0.0%)

1 その五ツ, 草の根を

▼ しばらくやった~ (2, 0.0%)

1 あげくキーッという, 揚句彼は

▼ しばらくゆるり~ (2, 0.0%)

2 とやすみなされ

▼ しばらくわが~ (2, 0.0%)

1 劉皇叔が, 古書に

▼ しばらくわたしたち~ (2, 0.0%)

1 の気, はミリガン夫人

▼ しばらくわれわれ~ (2, 0.0%)

1 と別れ, を待っ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 て見物, 申候由いかが

▼ しばらくゐた~ (2, 0.0%)

1 ことである, よ

▼ しばらくガチャガチャ~ (2, 0.0%)

1 とやっ, やって

▼ しばらくキリキリ~ (2, 0.0%)

1 歯を, 歯噛みを

▼ しばらくゴホゴホ~ (2, 0.0%)

2 咳嗽を

▼ しばらくパリー~ (2, 0.0%)

1 にとどまっ, へ連れ

▼ しばらくベートーヴェン~ (2, 0.0%)

1 の伝記, の生涯

▼ しばらくポカン~ (2, 0.0%)

1 として一言, として繃帯

▼ しばらくヴァイオリン~ (2, 0.0%)

2 弾きの

▼ しばらく一心~ (2, 0.0%)

1 に眺め, に見つめ

▼ しばらく一間~ (2, 0.0%)

2 の内

▼ しばらく三四郎~ (2, 0.0%)

1 をながめた, を見

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の工場, の方

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 沙汰を, 許葷酒入山門と

▼ しばらく不気味~ (2, 0.0%)

1 な沈黙, な静寂

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の成り行き, を忍ん

▼ しばらく世間~ (2, 0.0%)

1 の通義, ばなれ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 をのぼりました, を直視

▼ しばらく両方~ (2, 0.0%)

1 がだまった, の因数

▼ しばらく中庭~ (2, 0.0%)

1 の入口, をぶらつい

▼ しばらく争っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ しばらく二階~ (2, 0.0%)

1 で本, の片隅

▼ しばらく互に~ (2, 0.0%)

1 眼で, 遠くから

▼ しばらく五郎~ (2, 0.0%)

1 は丹尾, は膝

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 に御, の近く

▼ しばらく今日~ (2, 0.0%)

1 のお, 開かれるつて

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 のいっさい, の議論

▼ しばらく仰い~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ しばらく伊東~ (2, 0.0%)

1 で静養, に滞在

▼ しばらく会所~ (2, 0.0%)

1 での最終, に休息

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 ずまして, ずんで

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 して, なれたその

▼ しばらく住み~ (2, 0.0%)

1 具合の, 断りを

▼ しばらく住んだ~ (2, 0.0%)

1 といふこと, 家で

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 を休めた, を貸し

▼ しばらく便宜~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ しばらく俯伏~ (2, 0.0%)

2 して

▼ しばらく停車~ (2, 0.0%)

1 した, すると

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 にい, に立っ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 へのばす, をつづけよう

▼ しばらく光っ~ (2, 0.0%)

2 てから

▼ しばらく光り~ (2, 0.0%)

2 誰か

▼ しばらく入っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ しばらく全員~ (2, 0.0%)

1 は酔った, は阿呆

▼ しばらく内容~ (2, 0.0%)

1 は抜き, を点検

▼ しばらく写真~ (2, 0.0%)

1 を見つめ, を見分け

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

2 乎と

▼ しばらく凝っ~ (2, 0.0%)

1 として動かなくなった, と黙っ

▼ しばらく別れる~ (2, 0.0%)

1 という, のは

▼ しばらく別物~ (2, 0.0%)

1 として一般陰陽師, として取り除い

▼ しばらく前方~ (2, 0.0%)

1 の老人, を見つめる

▼ しばらく勤め~ (2, 0.0%)

1 てもよろしい, てをりました

▼ しばらく去り~ (2, 0.0%)

1 て足, もあえず

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 休暇を, 暗澹と

▼ しばらく友人~ (2, 0.0%)

1 の家, の気

▼ しばらく双方~ (2, 0.0%)

1 ともじっと, とも黙っ

▼ しばらく受話器~ (2, 0.0%)

1 をはずさせ, を耳

▼ しばらく口惜し~ (2, 0.0%)

1 がって, さに

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 ひあつて, ふの

▼ しばらく呆れた~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ しばらく和尚~ (2, 0.0%)

1 とともに念仏, の顔

▼ しばらく問わない~ (2, 0.0%)

1 で私, にもしろ

▼ しばらく問題~ (2, 0.0%)

1 を先, を当面

▼ しばらく喋っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て私

▼ しばらく四人~ (2, 0.0%)

1 は鹿, は黙り込んだ

▼ しばらく四辺~ (2, 0.0%)

2 は静か

▼ しばらく圓朝~ (2, 0.0%)

1 はとつおいつ, はポカーン

▼ しばらく土地~ (2, 0.0%)

1 にも慣れ, を離れ

▼ しばらく地上~ (2, 0.0%)

1 に体, をもがきまわった

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の中途, を登った

▼ しばらく堪え~ (2, 0.0%)

1 ていた, て立っ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 のうち, の外

▼ しばらく多少~ (2, 0.0%)

1 の不適切, の考慮

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 五郎は, 洗にも

▼ しばらく大阪~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の町

▼ しばらく天下~ (2, 0.0%)

1 の変動, の情勢

▼ しばらく奇麗~ (2, 0.0%)

2 に働かした

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 とも別れ, の後ろ姿

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 と二人, も泣きやまなかった

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 と応対, の様子

▼ しばらく子供たち~ (2, 0.0%)

1 が起きない, に家

▼ しばらく孔明~ (2, 0.0%)

1 のため, は荊州

▼ しばらく学校~ (2, 0.0%)

1 をやすん, を休ん

▼ しばらく安静~ (2, 0.0%)

1 にさせとけ, にする

▼ しばらく寂しい~ (2, 0.0%)

1 ところを, 奥山の

▼ しばらく寝台~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 沛に, 箱の

▼ しばらく小声~ (2, 0.0%)

1 で言葉, で話し

▼ しばらく小説~ (2, 0.0%)

1 から離れたい, を書かず

▼ しばらく居た~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことの

▼ しばらく居候~ (2, 0.0%)

1 として来, のよう

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の両, の縁

▼ しばらく差俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ しばらく師匠~ (2, 0.0%)

1 をし, を訪ねる

▼ しばらく平次~ (2, 0.0%)

1 と専次, も持て余しました

▼ しばらく度外視~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ しばらく延期~ (2, 0.0%)

1 して, するよう

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 をひそめ, を見ません

▼ しばらく往来中~ (2, 0.0%)

1 に突, に突っ

▼ しばらく待たされた~ (2, 0.0%)

1 後やっと, 後懇願する

▼ しばらく待たし~ (2, 0.0%)

1 ておき, て置い

▼ しばらく待ちました~ (2, 0.0%)

1 がお, が門内

▼ しばらく待って~ (2, 0.0%)

1 てくれ, ても一向に

▼ しばらく微笑~ (2, 0.0%)

1 を含ん, を浮かべ

▼ しばらく心臓~ (2, 0.0%)

1 がどきどき, の鼓動

▼ しばらく忍ん~ (2, 0.0%)

1 で予防命令, で時節

▼ しばらく忘れられた~ (2, 0.0%)

1 ような, 一人の

▼ しばらく応接室~ (2, 0.0%)

1 で待っ, の方

▼ しばらく思ひ~ (2, 0.0%)

1 迷つて居た, 迷つて居ました

▼ しばらく思案顔~ (2, 0.0%)

1 だった, で佇ん

▼ しばらく怠け~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ しばらく恭一~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ しばらく憩い~ (2, 0.0%)

1 もうよかろ, 最前から

▼ しばらく戯曲~ (2, 0.0%)

2 の創作

▼ しばらく所在~ (2, 0.0%)

1 が知れなかった, なくし

▼ しばらく打ち案じた~ (2, 0.0%)

2

▼ しばらく押し問答~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ しばらく持ち堪え~ (2, 0.0%)

1 ていた, てはいた

▼ しばらく持っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておりまし

▼ しばらく握っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ しばらく撒い~ (2, 0.0%)

1 ていました, てゐました

▼ しばらく教室~ (2, 0.0%)

1 がしいんと, を見まわし

▼ しばらく敦賀~ (2, 0.0%)

1 に居残りました, のお寺

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 動産資本は, 徴組に

▼ しばらく新聞~ (2, 0.0%)

1 を見つめた, を読ん

▼ しばらく日数~ (2, 0.0%)

1 がすぎ, がたっ

▼ しばらく時候~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ しばらく景蔵さん~ (2, 0.0%)

2 からも便り

▼ しばらく暮す~ (2, 0.0%)

1 ことが, 準備を

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 へない, わない

▼ しばらく月光~ (2, 0.0%)

1 の下, を浴び

▼ しばらく木炭~ (2, 0.0%)

2 を焼い

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 ている, てくれない

▼ しばらく来なかった~ (2, 0.0%)

1 な, ね

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の方, をながめ

▼ しばらく栄介~ (2, 0.0%)

1 の脛, の顔

▼ しばらく栄蔵~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ しばらく格闘~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, を試みたらしい

▼ しばらく椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰, に腰かけ

▼ しばらく植込~ (2, 0.0%)

1 をうろつきまわっ, をすかし

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 な新味, んで歩い

▼ しばらく止まり~ (2, 0.0%)

1 その後夜光の, て默

▼ しばらく歩行~ (2, 0.0%)

1 いて, ができず

▼ しばらく死人~ (2, 0.0%)

1 の帯, の物すごい

▼ しばらく水の上~ (2, 0.0%)

1 に浮ん, をうかがっ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 と共にあと, の歩履

▼ しばらく法水~ (2, 0.0%)

1 は煙, は花

▼ しばらく注意~ (2, 0.0%)

2 して

▼ しばらく浮世~ (2, 0.0%)

1 を忘れた, を忘れる

▼ しばらく消息~ (2, 0.0%)

1 が解らなかった, を断つ

▼ しばらく深い~ (2, 0.0%)

1 呼吸を, 沈黙が

▼ しばらく清水町~ (2, 0.0%)

1 に泊っ, に泊つて

▼ しばらく湖水~ (2, 0.0%)

1 の畔, の面

▼ しばらく源氏~ (2, 0.0%)

1 は庭, を悲しませた

▼ しばらく滑走~ (2, 0.0%)

2 して

▼ しばらく滞留~ (2, 0.0%)

2 して

▼ しばらく漫談~ (2, 0.0%)

1 したいつぞや, して

▼ しばらく無駄話~ (2, 0.0%)

1 をし, を交換

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 が出, ばかり吐い

▼ しばらく熟慮~ (2, 0.0%)

1 したけれど, にふけり

▼ しばらく熱病~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ しばらく爺さん~ (2, 0.0%)

1 を専門, を見送っ

▼ しばらく物思い~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, に耽っ

▼ しばらく物蔭~ (2, 0.0%)

1 に立寄り, に隠れ

▼ しばらく玄徳~ (2, 0.0%)

1 とはなし, を苦しませ

▼ しばらく現場~ (2, 0.0%)

1 に停り, の方

▼ しばらく甲板~ (2, 0.0%)

1 を去らざりし, を歩き廻つた

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 に顔, へ両手

▼ しばらく疑問~ (2, 0.0%)

1 として措い, に附する

▼ しばらく疲れた~ (2, 0.0%)

1 足を, 頭を

▼ しばらく病人~ (2, 0.0%)

1 となっ, の様子

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の手, を手

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 待つよう, 見ざりしを

▼ しばらく睨みつけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ しばらく睨み合っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

2 あげるよう

▼ しばらく瞶め~ (2, 0.0%)

1 たるが, ている

▼ しばらく神田~ (2, 0.0%)

1 の平次, の某

▼ しばらく秘し~ (2, 0.0%)

1 ておく, て置く

▼ しばらく立ちすくん~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ しばらく立ちどま~ (2, 0.0%)

1 つて, つてゐました

▼ しばらく竹さん~ (2, 0.0%)

1 に就い, の働く

▼ しばらく笑っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 一の, 二に

▼ しばらく答え~ (2, 0.0%)

1 がなく, が無

▼ しばらく細君~ (2, 0.0%)

1 から眼, の寐顔

▼ しばらく縁側~ (2, 0.0%)

1 から福松, に出

▼ しばらく繰り返し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てやっ

▼ しばらく置い~ (2, 0.0%)

1 てほしい, て武助

▼ しばらく置く~ (2, 0.0%)

1 が如き, ことに

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の群, を見

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 先生, 婦人と

▼ しばらく考えこむ~ (2, 0.0%)

1 様子だった, 風であった

▼ しばらく考えさし~ (2, 0.0%)

1 てください, てくれ

▼ しばらく耳打ち~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ しばらく聞え~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ しばらく聞かない~ (2, 0.0%)

1 百瀬しのぶの, 節子の

▼ しばらく聞きすまし~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ しばらく聞き澄まし~ (2, 0.0%)

1 てい, ておりました

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ しばらく胡麻塩~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 をかかえ, をよじり

▼ しばらく自分自身~ (2, 0.0%)

1 の眼, の過去

▼ しばらく自失~ (2, 0.0%)

2 して

▼ しばらく船中~ (2, 0.0%)

1 で手当, へ退い

▼ しばらく芝居~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 も渡さず, を淹

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 のそよぎ, 枯れの

▼ しばらく落着~ (2, 0.0%)

1 いて, かず

▼ しばらく葉子~ (2, 0.0%)

1 と離れ, を見やっ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 のしげみ, を見

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の動き, を抑え

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 に飽きる, の上る

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の重かっ, を面

▼ しばらく見えない~ (2, 0.0%)

1 からどう, んです

▼ しばらく見おろし~ (2, 0.0%)

1 ていました, ている

▼ しばらく見てた~ (2, 0.0%)

1 っけ, ねえどうしても

▼ しばらく見張っ~ (2, 0.0%)

2 てい

▼ しばらく見送~ (2, 0.0%)

2 つてゐた

▼ しばらく見送った~ (2, 0.0%)

1 あとで, が

▼ しばらく覗い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てにッ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 が途切れた, も出なかつた

▼ しばらく話しこん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でから警察

▼ しばらく話し合っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておられました

▼ しばらく話し込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で行った

▼ しばらく語る~ (2, 0.0%)

1 はずの, をやめ給え

▼ しばらく読ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ しばらく謹慎~ (2, 0.0%)

1 すべしあなかしこ, を命ぜられ

▼ しばらく走っ~ (2, 0.0%)

1 ていく, てやっと

▼ しばらく足踏み~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ しばらく身近~ (2, 0.0%)

1 かに腰, におこう

▼ しばらく転地~ (2, 0.0%)

1 して, でもし

▼ しばらく辛棒~ (2, 0.0%)

1 して, するがい

▼ しばらく迷った~ (2, 0.0%)

1 あげく三田村君と, あげく番人に

▼ しばらく退屈~ (2, 0.0%)

1 して, でもお

▼ しばらく途切れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て金田君

▼ しばらく逢う~ (2, 0.0%)

1 事が, 機会が

▼ しばらく逢わず~ (2, 0.0%)

1 にいた, にいる

▼ しばらく逢わなかった~ (2, 0.0%)

1 けどどう, のですこし

▼ しばらく進ん~ (2, 0.0%)

1 で来る, で行く

▼ しばらく過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てからその, てからの事

▼ しばらく遠ざかっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ しばらく遠巻き~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ しばらく邸内~ (2, 0.0%)

1 は静か, を窺った

▼ しばらく郊外~ (2, 0.0%)

1 に住んだ, を乗り廻したい

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 に出た, へ帰っ

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 から遠ざかっ, を断った

▼ しばらく野火~ (2, 0.0%)

2 をみつめ

▼ しばらく鎌倉~ (2, 0.0%)

1 におりました, に落ちつく

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 の中, の前

▼ しばらく長椅子~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ しばらく門外~ (2, 0.0%)

1 にたたずん, に逗留

▼ しばらく階下~ (2, 0.0%)

1 から上がっ, に響い

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 が取れ, を計っ

▼ しばらく隠れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居る

▼ しばらく離れる~ (2, 0.0%)

1 つもりで, 支度に

▼ しばらく雷鳴~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ しばらく青い~ (2, 0.0%)

1 顔を, 香りの

▼ しばらく静観~ (2, 0.0%)

1 と自重, をし

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 が止みませんでした, を立て

▼ しばらく音沙汰~ (2, 0.0%)

1 のなかっ, もない

▼ しばらく預る~ (2, 0.0%)

1 ことに, として私

▼ しばらく顔出し~ (2, 0.0%)

1 もできない, をしず

▼ しばらく顔色~ (2, 0.0%)

1 を変え, を見

▼ しばらく~ (2, 0.0%)

1 に逆らっ, を入れ

▼ しばらく飲ん~ (2, 0.0%)

1 だりし, でいた

▼ しばらく飽満~ (2, 0.0%)

2 したその後

▼ しばらく馬上~ (2, 0.0%)

1 から何, に黙然

▼ しばらく馴染~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ しばらく鳴り~ (2, 0.0%)

1 もやまなかった, をしずめ

▼ しばらく黒い~ (2, 0.0%)

2 海面と

▼ しばらく默りこん~ (2, 0.0%)

2

▼ しばらく黙々~ (2, 0.0%)

1 して, 考えこんで

▼ しばらく黙ってた~ (2, 0.0%)

1 あとで, 後に

▼ しばらく黙りあっ~ (2, 0.0%)

1 て, てその道

▼ しばらく黙りこん~ (2, 0.0%)

1 でゐた, で電報

▼ しばらく黙り合っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ しばらく黙想~ (2, 0.0%)

1 したが, して

▼ しばらく黙然と~ (2, 0.0%)

1 林の, 立ちすくんで

▼1* [2284件]

しばらくあいた口が, しばらくあいつとさ, しばらくあぐらをかい, しばらくあけたことも, しばらくあさっていた, しばらくあしらっていました, しばらくあずけられて居る, しばらくあそこに隠れ, しばらくあそんでゐる, しばらくあたらせていただく, しばらくあたれらあ, しばらくあちこち地面を嗅い, しばらくあっしの顔, しばらくあっちこっちをうろうろ, しばらくあてどもなく, しばらくあまり店の方, しばらくあらぬ方を, しばらくあらゆる人の, しばらくありて後そこへ, しばらくあるきださないでくれ, しばらくいう言葉を, しばらくいおうかいうまい, しばらくいきをのぶと, しばらくいじくり回した後小田さんに, しばらくいじっていた, しばらくいそがしく中を, しばらくいたずらっ子が猫, しばらくいただけ後は, しばらくいって引きかえす, しばらくいつもの書き, しばらくいなかにと, しばらくいはないとしたら, しばらくいはぬとしてもプロレタリヤ, しばらくいようと思う, しばらくいらしてもいい, しばらくいらっしていただきたい, しばらくいらっしゃいませんでしたね, しばらくうかがいあっている, しばらくうかがっていなけれ, しばらくうごかうともしなかつた, しばらくうごきもしなかった, しばらくうごこうともしなかった, しばらくうじうじして, しばらくうっちゃならん, しばらくうっかりしたもの, しばらくうつろな気持, しばらくうつ向いてだまっ, しばらくうなりつづけたがこの, しばらくうまやの前, しばらくうまいものを, しばらくうろついた果てに, しばらくもいえぬ, しばらくおいおい泣いて, しばらくおいのりをする, しばらくおかけ下さいと, しばらくおかしな顔を, しばらくおきすぐれた文学作品でも, しばらくおくれてつい, しばらくおしだまって突っ, しばらくおじいさんは港, しばらくおじさんのうち, しばらくおとうさんと話, しばらくおどおどとして心配そう, しばらくおどかした後最も, しばらくおどっていた, しばらくおどろくことを, しばらくおふくろさんの死骸, しばらくおまへと別れなけれ, しばらくおまえと別れなけれ, しばらくおやすみ下さいませ, しばらくおられてそれから, しばらくおりてこなかった, しばらくおん待ち候え, しばらくお住いになった, しばらくお出ましは待っ, しばらくお参りも出来ない, しばらくお宮に会わず, しばらくお待ちくださりませ, しばらくお母さまが心配, しばらくお母さんと立っ, しばらくお父さんがうしろ, しばらくお目にかかっていない, しばらくお目にかからねえで, しばらくお目にかかりませんのでどうして, しばらくお話したいわ, しばらくお駐りあって, しばらくように, しばらくかいでいました, しばらくかういふのである, しばらくかうしてゐたい, しばらくかうゆすぶつては, しばらくかかりっきりに, しばらくかがみ込んでいる, しばらくかくしておこう, しばらくかくまっていただきたい, しばらくかくれていた, しばらくかくれた方が, しばらくかけつづけにかけた, しばらくかしげながら娘, しばらくかちゃかちゃやってから注射器を, しばらくかばってやっ, しばらくかめの行く, しばらくかよ子はうつむい, しばらくからだの, しばらくかりて我飢, しばらくかれをあてなく, しばらくかれこれと押し問答, しばらくかんがへ, しばらくがくがくと動い, しばらくがさがさという音, しばらくがたつかせるとやがて, しばらくがぶりがつづく, しばらくがんばってい, しばらくがんばるようにと, しばらくきいていた, しばらくきこえてやがて, しばらくきこえなくしてしまった, しばらくきみのようす, しばらくきよはそこ, しばらくぎごちない沈黙, しばらくぎしぎしきしみました, しばらくくり返した後, しばらくぐずついていた, しばらくぐったりしたまま, しばらくぐらいのことは, しばらくぐらぐら動かして, しばらくけむりを吐い, しばらくこういうことを, しばらくこちゃこちゃやっ, しばらくこっち側の歩道, しばらくことごとく信じ難い, しばらくこなかったね, しばらくこなかつたがある, しばらくこの世の苦労, しばらくこまめに動く, しばらくこれ以上に立ち入らない, しばらくこんな立ち話が, しばらくこんなにして, しばらくこんもりした落葉樹林, しばらくこッちの力がじゅうぶん, しばらくごうごうといびきを, しばらくごく低い声, しばらくごとごとして, しばらくごとごとやって, しばらくごまかしていた, しばらくごめん下さい, しばらくごめんなさいよ, しばらくご免を, しばらくご無沙汰した, しばらくご無沙汰一同お変りないこと, しばらくさういふ気分の, しばらくさし俯いて, しばらくさし俯向いて, しばらくさておきもしそうでない, しばらくさびしい日を, しばらくさらしておく, しばらくしいーんと, しばらくしいんとしてにらみ合った, しばらくしかたなくやって, しばらくしがみついていました, しばらくしげみの中, しばらくしずかになっ, しばらくしずまりかえっていた, しばらくしずんでいらし, しばらくしたいように, しばらくしたら亡んでしまう, しばらくしっかりと押え附け, しばらくしない今宵も, しばらくしなかった手なら, しばらくしばらくまあ待って, しばらくしみじみと見入っ, しばらくしもたやでくらし, しばらくしゃがんでそれから, しばらくしゃくり上げていた, しばらくしゃべっていた, しばらくしん粉を造る, しばらくじいっと瞻って, しばらくじっくり鈎を, しばらくじっとなにか考えて, しばらくじつとし, しばらくじゃれてそれから, しばらくなおを, しばらくすぎてから頷いた, しばらくすくみ上つてゐた, しばらくすすむとがけ, しばらくすすり泣きに泣い, しばらくすたれていた, しばらくすっかりくらんで, しばらくすてないでかくし, しばらくすべてをわすれ, しばらくずいぶん痩せたわね, しばらくずっと上の, しばらくば我, しばらくせかせかとぎごち, しばらくぜひ猶予し, しばらくそうしたまま暗, しばらくそこらあたりがきいん, しばらくそこら中を嗅ぎ廻った, しばらくそちらを眺め, しばらくそち達は退っ, しばらくそつとし, しばらくそのままじっとして, しばらくそのままそっとして, しばらくそのものに頼る, しばらくその後姿を見送っ, しばらくそぼろ助広にもうまい, しばらくそもわが君, しばらくそれなり皆が, しばらくそれにしてもせめて姓名, しばらくッた, しばらくたじろいだ氣持で, しばらくたじろぎをし, しばらくたたずみていたる, しばらくたたずんだがほか, しばらくただいまお支度を, しばらくたちどまつて考へ, しばらくたちどまって考え, しばらくたってのはがきに, しばらくたてば動坂, しばらくたどってくる, しばらくたのむぜ, しばらくたばこでも吸っ, しばらくためらいましたが, しばらくためらつてゐたが, しばらくたゆたつて, しばらくたらしている, しばらくたれも無言, しばらくだきしめていました, しばらくだだをこね, しばらくだつたのう, しばらくだまってた後で, しばらくだまつて泡をはい, しばらくだまり返って居た, しばらくちがった周囲に, しばらくしばらくっ, しばらくって花道から, しばらくついてゐた, しばらくつかっている, しばらくつきあつて, しばらくつき合っておくれでない, しばらくつけてみた, しばらくつっ立っていた, しばらくつづき二人は, しばらくつづきましたがとつぜん, しばらくつづく心身の, しばらくつづけた後あおむけ, しばらくつぶっていた, しばらくつぶつてゐた眼, しばらくまえの, しばらくてくてく歩いて, しばらくてまどっている, しばらくでありましたな, しばらくでござった拙者も, しばらくで御座いましたわね旅行, しばらくとか床に, しばらくとっ組み合いましたが平次, しばらくとどまつて, しばらくとどまっている, しばらくとどめられた所を, しばらくとまる時垂れたる, しばらくともにかたりて後, しばらくとりとめもなく, しばらくとりまいていた, しばらくつかへ, しばらくどうぞ明日の, しばらくどきどきして, しばらくどちらからも口, しばらくどっちからも口, しばらくどなたにお, しばらくなおるのを, しばらくなかった, しばらくなかば憐れみの, しばらくながめさせて頂きたい, しばらくながめ渡したのち, しばらくなごりを惜ん, しばらくなじんでいた, しばらくなどと何の, しばらくなにかごそごそやって, しばらくなほざりにな, しばらくなめつつありし, しばらくなめくぢを, しばらくなめくじを見, しばらくなりきアヌンチヤタは, しばらくなりとも貪り得る今, しばらくなんといふこと, しばらくにらみつけていたる, しばらくにらんでいました, しばらくにわたりは超えて, しばらくねえさア, しばらくねころんでいました, しばらくねと机に, しばらくねというかわりに, しばらくねとかほんとうに, しばらくねむらうとおも, しばらくのぼったときぽ, しばらくのんきに暮し, しばらくのんびりと魚釣り, しばらくはからだが, しばらくはかれの行動, しばらくはさうして, しばらくはしやい, しばらくはっていく, しばらくはつぎの文字, しばらくはとぎれとぎれのなぐさめの言葉や, しばらくはなしてから又, しばらくはにかんでためらっ, しばらくはもうその気, しばらくばつのわるい, しばらくばらばらとなる, しばらくぱたぱた言つてから, しばらくひきつづき呻った, しばらくひきとらずにいた, しばらくひそひそ話し合って, しばらくひそひそ話が続いた, しばらくひっくりかえしていた, しばらくひっそりと, しばらくひとときの光, しばらくひょうしぬけがしたように, しばらくひらいて立, しばらくぴくぴくして, しばらくぴつたと靜まつたと, しばらくふみこたえるがけっきょ, しばらくふり仰いで, しばらくふるえていた, しばらくふれず近頃永井荷風, しばらくきみな, しばらくぶくぶく泡が, しばらくぶつかったことが, しばらくぶらついてそれから, しばらくぶらついた後場末へ, しばらくほえたてていた, しばらくほとぼりを冷まし, しばらくほどなく一洵老, しばらくほれぼれと圓朝, しばらくぼうっとして, しばらくぼっとなったが, しばらくまあ待って, しばらくまごついた揚句日本人の, しばらくまたたきながら良寛さん, しばらくまだ森林の, しばらくまっていた, しばらくまつと明智, しばらくまともにこの, しばらくまどろんだと思う, しばらくまぶたをぱちぱち, しばらくままごと遊びなんかし, しばらくまわしている, しばらくまんじりと一つところを, しばらくていました, しばらくみなだまって, しばらくみんな沈黙して, しばらくむしやむし, しばらくむせび泣きしていた, しばらくむっつりして, しばらくめで郵便を, しばらくもう人も, しばらくもがいた後に, しばらくもぐもぐためらって, しばらくもそもそして, しばらくもたせたが, しばらくもだえてゐました, しばらくもちあっていた, しばらくもっともただ商売上, しばらくもつれあっていました, しばらくもてあそんでいた, しばらくもてあました後, しばらくもめていた, しばらくやがてふたたび門の, しばらくやすみ奥様は, しばらくやすむとまた, しばらくやす子の痴情関係, しばらくやって来ないなあ, しばらくやって来なかったがそうそう, しばらくやまざりけらし, しばらくやまなかったら潮は, しばらくやめた態度などは, しばらくやめることに, しばらくやり過してから鶴菜, しばらくやればそれ, しばらくゆうべのこわれた, しばらくゆっくり滞泊, しばらくゆめの中, しばらくゆらゆらとゆれ, しばらくゆるしてくれ, しばらくようとしてその, しばらくよこさないほうが, しばらくよもやまの話し, しばらくよろしく頼んだよ, しばらくりゅうりゅうと金剛杖, しばらくわからなかったがやがて, しばらくわからなかつたがそのうち, しばらくわからぬくらいのなり, しばらくわが家の縁側, しばらくわしの方, しばらくわすれていた, しばらくわたくしの周囲, しばらくわたくしどもを休ませ, しばらくゐたつてい, しばらくゐようと思つて, しばらくアアミンガアドのこと, しばらくアインシュタインをはなれ, しばらくアンの傍, しばらくアーラウの実科中学, しばらくウィンドーの裸ダンス, しばらくエジプトに滞在, しばらくオルガのなす, しばらくオースチン師を眺め, しばらくカサコソと何者, しばらくカマチへ腰かけ, しばらくカムポスの顔, しばらくカラフトをそのまま, しばらくカンヴァス張りの鞄, しばらくカークは呆れた, しばらくガサゴソと熊笹, しばらくガチガチやって, しばらくガヤガヤ言いあったあと, しばらくキッと口, しばらくキョトンとしてる, しばらくクルミさんはどう, しばらくグズグズして, しばらくコツコツやつて, しばらくコンサートを指揮, しばらくコン吉の顔, しばらくゴソゴソやって, しばらくゴテゴテと押し合い, しばらくゴトゴトゆれて, しばらくゴドウィン氏の平等主義, しばらくサイラスは息, しばらくシャガンでくる, しばらくショパンの伝記, しばらくジリジリに押し戻し, しばらくジーと助, しばらくジーッと眺め, しばらくスキーで行く, しばらくストーブの中, しばらくセリグマン教授の解釈, しばらくソッとし, しばらくタバコをふかし, しばらくダンスがあった, しばらくチャンウーと猫女, しばらくチョコンと空中, しばらくチロを借りたい, しばらくヂツと立つ, しばらくテエブルの上, しばらくテーブルの桜花, しばらくデッキへ打っ倒れる, しばらくトカゲする, しばらくトランクから離れた, しばらくドイツにいた, しばらくドイツ語を休んだ, しばらくドカドカ騒いで, しばらくドキ付く心臓, しばらくナイフの手, しばらくニースの伯爵領, しばらくノルマンのいい, しばらくハンモックのやう, しばらくバカ笑いが, しばらくバスは官庁街, しばらくバラバラと蜘蛛手, しばらくバルコンでやすん, しばらくパラオで遊ん, しばらくパリで暮した, しばらくヒソヒソ相談した, しばらくビュルストナー嬢が彼女, しばらくビールをたのしん, しばらくピアノの前, しばらくピヤノの方, しばらくピントを直し, しばらくファラデーの所, しばらくフットウさせ, しばらくフランス縮緬の輸出, しばらくフヰンランドへ行っ, しばらくブドリを見, しばらくプログラムを見, しばらくプロシヤへ行つて, しばらくヘンダスンの注意, しばらくホテルの人, しばらくボソボソとささやき合う, しばらくボルドーでのんき, しばらくポチにほえさせた, しばらくポーチにたたずん, しばらくポーデル博士にゆきあわない, しばらくポートサイドに逗留, しばらくマジマジみつめて, しばらくマチアに気, しばらくマライ半島とジャワ, しばらくマリは持ち, しばらくマーチおばさんのところ, しばらくモンデトゥール街の角, しばらくモーツァルトの数奇, しばらくヨハンのため, しばらくランプの焔, しばらくリオンの方, しばらくレジャンヌ夫人の姿, しばらくレダを仰い, しばらくロイスは咽び泣い, しばらくローマへ行っ, しばらくヴィエンナに滞在, しばらくヴィユウ・コロンビエ座の隣, しばらくヴ氏に從, しばらく一つことをぢ, しばらく一ト間のうち, しばらく一人きりでいたかった, しばらく一人一人の顔, しばらく一人茶の間の電気, しばらく一個人としての進退, しばらく一切のこと, しばらく一命を助けられ, しばらく一室に控えさせた, しばらく一旦の御, しばらく一時借住い, しばらく一本の短針, しばらく一樣に立ち, しばらく一燈園にいる, しばらく一生懸命考えて, しばらく一等車のデッキ, しばらく一進一退の押しあい, しばらく一頁を無言, しばらく丁々とやっ, しばらく七転八倒して, しばらく三ツ眼を休め, しばらく三太夫は立っ, しばらく三宅氏をお, しばらく三方から縁日, しばらく三沢と話し, しばらく三浦の故郷, しばらく三郎さんを抱き, しばらく三野村との間, しばらくをにらん, しばらく上げも得せざりし, しばらく上古歌人の立場, しばらく上框に立っ, しばらく下らない雑談を, しばらく下塗り奴にでも化けこん, しばらく下女のお, しばらく下宿の払い, しばらく下屋敷の方, しばらく下手な芍薬作り, しばらく下手人になっ, しばらく下男部屋でむだ話, しばらく下町の親, しばらく不安そうに耳, しばらく不思議なもの, しばらく不機嫌な顔, しばらく不破は, しばらく不精して, しばらく世俗の紛紜, しばらく世問のすべて, しばらく世評に耳, しばらく世話をし, しばらく世間話彼はよい, しばらく両人をながめ, しばらく両側に浅倉屋, しばらく両親と争っ, しばらく並んで歩いた, しばらく並木の蔭, しばらく中二階ではひそか, しばらく中国の武人たち, しばらく中天に見え, しばらく中宮より宿下り, しばらく中将を引き据えた, しばらく中断状態にあった, しばらく中有に消えのこる, しばらく主として山人の, しばらく主人の帰り, しばらく久助君は太郎左衛門, しばらく乗り回し垣根も, しばらく乞食を相手, しばらく乾物屋の軒, しばらく亂戰のさ, しばらく事件の性質, しばらく事務室の中, しばらく二の句が出, しばらく二三人づつ塊つて立話しを, しばらく二代目を継ぐ, しばらく二階中に響き渡った, しばらく云い出しかねていた, しばらく云うまい云わせようとの苦悶, しばらく云おうか云うまい, しばらく云わぬことに, しばらく互いの顏, しばらく五六人の馭者, しばらく五郎たちの動作, しばらく井戸に触っ, しばらく井戸ばたに, しばらく交っている, しばらく交渉を絶つ, しばらく京師も踏めぬ, しばらく京都紫竹村の鷹ヶ峰, しばらく京都近くに居り, しばらく京阪の間, しばらく人々の目, しばらく人形を眺め, しばらく人影がなかっ, しばらく人待ち顔に佇ん, しばらく人待顔に彳ん, しばらく人情界を離れたる, しばらく人生を理想化, しばらく人目を誤魔化す, しばらく人眼を避け, しばらく人知れず泣いて, しばらく人血を浴びない, しばらく人足も絶え, しばらく人馬を休め, しばらく仁科六郎も蓬莱和子, しばらく仄かな黄色, しばらく今しがたまでその, しばらく介抱しといて, しばらく仏門に入りたい, しばらく仔牛の頭, しばらく仔細に見, しばらく他人様とお話, しばらく代って貰っ, しばらく以上をもっ, しばらく以前までの事, しばらく仮泊して, しばらく仮睡んでから眼, しばらく仰ぎ見もしない, しばらく仰向いていた, しばらく仰向けにジーッ, しばらく仰臥して, しばらく仲間の話, しばらく企業者のみが生産的用役, しばらく伊吹のある, しばらく伊那丸の手, しばらく伊香保にいつ, しばらく伏目になっ, しばらく休まさせてください, しばらく休まないと動けない, しばらく休める心算だった, しばらく休もうといた, しばらく休んだらどうかとの, しばらく休刊のこと, しばらく休場して, しばらく休憩せんとて, しばらく休暇を与えられたい, しばらく会いませんから聞く, しばらく会えないな, しばらく会えなかっただけな, しばらく会わずにいる, しばらく会わぬ間に, しばらく会社で時, しばらく会話がとぎれる, しばらく伝ってみた, しばらく伴らつてゐる内, しばらく伴蒿蹊に師事, しばらく伺わないでいる, しばらくと暮す, しばらく佇ちながらすやすや, しばらく住まったのち私は, しばらく住みし屋敷趾あり, しばらく住んだらしくそれから東海道, しばらく佐々の家, しばらく佐竹の顔, しばらく何かしら言って, しばらく何ごとか深く, しばらく何だか泣いて, しばらく何となくただその, しばらく何とも御不沙汰, しばらく余生をたのしん, しばらく使つとつて, しばらく使わずにおきました, しばらく使わないでお座敷, しばらく使わなかった暖炉の, しばらくの寝顔, しばらく侵入者はさっぱり, しばらく係り合っていた, しばらく俊亮を見, しばらく保たれてゐた, しばらく保ってい, しばらく信ず可から, しばらく修行に出し, しばらく向いたまま無言, しばらく俯いて考え, しばらく俳句に遠ざかっ, しばらく倒れたものを, しばらく借してくれ, しばらく借りて住ん, しばらく借りうけたものだった, しばらく借りるんだ, しばらく假寓した, しばらく停まっていました, しばらく停止したの, しばらく健康を恢復, しばらくに突っ, しばらく傍らの床几, しばらく傍観して, しばらく傍観者の立場, しばらく働いて生活, しばらく働いたそうで, しばらく僕たちを見, しばらく僕ひとりの為, しばらく僕らは鵠沼, しばらく償われない気持で, しばらく優越にひたった, しばらく儲けておい, しばらくのまま, しばらく兄さんと別れなけれ, しばらく先日の新聞記事, しばらく免じておく, しばらく免れていた, しばらく宋を, しばらく入りまじって聞こえ, しばらく入れた手を, しばらく入獄しやがて, しばらく全くこれを, しばらく兩軍の戰爭こ, しばらく八年前出た, しばらく八等官は妙, しばらく六畳で新聞, しばらく共同の居間, しばらくを収め, しばらく兵馬を休ませ, しばらくれを, しばらく其土地に暮し, しばらく其場に佇ん, しばらく其角は打ち案じた, しばらく内分にといはるる, しばらく冉求をじっと, しばらく冗談口が交わされた, しばらく冬眠しようと, しばらく冬眠期に入っ, しばらく冷ややかな感情, しばらく冷熱相交る感情, しばらく冷静に見, しばらく冷靜にし, しばらく凝視めていた, しばらく凝議して, しばらく凡ての物音, しばらく出かけることが, しばらく出た事の, しばらく出なかった間に, しばらく出る事に, しばらく出入しないで, しばらく出勤して, しばらく出方をみ, しばらく出発を見合せ, しばらく刀箱を見, しばらく分かれ分かれに働く, しばらく分けるならば私たち, しばらく分れねばなりません, しばらく切れて黙っ, しばらく切れぎれに音, しばらく刈っていました, しばらく刈られないでいるらしく, しばらくの中, しばらく初版につき, しばらく判断も利害, しばらく別々に暮らした, しばらく別室に時, しばらく別府で保養, しばらく利害の念, しばらく刺し込んだまま放置し, しばらく剃おとすと云, しばらく前二千名の全国貸座敷業者, しばらく前学位を取った, しばらく前説に從, しばらく前足をモガモガ, しばらく前途の方向, しばらくを措い, しばらく創作の筆, しばらく努力を続け, しばらく勇吉は一人, しばらく動かさないでくださいまし, しばらく動きもせぬ, しばらく動悸を押さえ, しばらく動物学者や介添人達, しばらく勘定してから, しばらく勘考して, しばらく勝重は上り框, しばらく化銀杏の下, しばらく北方へ隠れ, しばらく北海道の奥, しばらくを投げ, しばらく千二少年と一しょ, しばらく千人同心程度としても, しばらく千代子と話し, しばらく半眼のまま口, しばらく半蔵らはその, しばらく卑懐を伸, しばらく卑近なリアリズム完成, しばらくの上, しばらく南方の湿気, しばらく博士の様子, しばらく印章屋でね, しばらく庭の, しばらく原稿を大車輪, しばらく原稿紙を見詰め, しばらく去りえないふうであった, しばらく参りませんッて, しばらく友だちと二人, しばらく友吉を見つめ, しばらく双方無言のまま, しばらく双眼鏡を目, しばらく収まっていた, しばらく叔父と話し, しばらく取り容易には, しばらく取りとめのない, しばらく取り決めずにおいて下さいませ, しばらく取消しにしよう, しばらく受けとれ受けとらぬの騒ぎ, しばらく口笛をふい, しばらく古い名刺を, しばらく古藤の顔, しばらく召し給へ, しばらく召使たちの調べ, しばらく召集を避けてる, しばらく叮嚀に洗っ, しばらく懐しい信州, しばらく台所でこそこそ, しばらく吉三郎さんは良寛さん, しばらく吉弥は見つめ, しばらく同所でしづ, しばらく名刺を一枚一枚, しばらく名声隆々としだし, しばらく名残を惜しむ, しばらく吐いていた, しばらく向う側の行動, しばらく君子に囁きゐ, しばらく吝嗇家の行為, しばらく吟味所の様子, しばらくってそれから, しばらく吠え立てるロッティの, しばらく吠つてそれから泡, しばらく吸いついています, しばらく吸いつけておく, しばらく吹きつづけてからフッ, しばらく吾が神を, しばらく呆れ果てていた, しばらく呆れ返っていた, しばらく呆氣にとられ, しばらく呆然自分の靴, しばらく呪文を唱え, しばらく味わおうとして食堂, しばらく味わった後で, しばらく味噌汁とお, しばらく味気なさそう, しばらくっていた, しばらく呼びに来ない, しばらく呼び声が絶え, しばらくを返す, しばらくせて, しばらく咽び入つて, しばらく咽び入ってしまった, しばらく咽喉の奥, しばらく哀悼に言葉, しばらく品書を拈転, しばらく哲学者の言葉, しばらくをやめた, しばらく唸っていた, しばらくはない, しばらく問はずまたその, しばらく問答があった, しばらく啜り泣きをし, しばらく啼き止んでまた, しばらく善介どんと無駄話, しばらくをごくごく, しばらく喚いている, しばらく嗅いでいます, しばらく嘆き疲れたかもしれない, しばらく噛んで丸める, しばらく噴き出ていた, しばらく噺家の方, しばらく囁き合っていた, しばらく四ツ谷の媒介人, しばらく四囲を見まわし, しばらく四方山の話, しばらく回想に耽つ, しばらく困つたやうすでした, しばらくの方, しばらく国元の様子, しばらく国境尾根をたどり, しばらくを見なかった, しばらく圓太郎は胸算用, しばらくの匂, しばらく土手の枯草, しばらく土間に立っ, しばらく在来の修辞学, しばらくにうずくまっ, しばらく坂東の諸国, しばらく均衡を保つ, しばらくつてゐた, しばらく坐すべし汝の, しばらく坐ることも, しばらく埋めて柔らげ, しばらく城内をブラブラ, しばらくに腰, しばらく堪忍して, しばらく場内をブラブラ, しばらく塾生たちのほう, しばらくの側, しばらくの口, しばらく士族地への訪問, しばらく変ったことも, しばらく夏口に帰る, しばらく夕日がいちぢ, しばらく夕燒が殘つて, しばらく夕飯まで御馳走, しばらく外交方面を見渡し, しばらく外人たちの宮子, しばらく外出止めにした, しばらく外国へ行っ, しばらく外地の生活, しばらく外界に属するなり, しばらく多分瀬多の, しばらくの景色, しばらく夜なべをつ, しばらく夜空の赤い, しばらく夜襲も焼, しばらく夢想に耽った, しばらく大きく見て, しばらく大事だから, しばらく大人の小説, しばらく大入満員の客, しばらく大川を睨ん, しばらく大巻の家, しばらく大根でも作っ, しばらく大森の家, しばらく大理石のよう, しばらく大臣をつとめ, しばらく大船小船六七艘の間, しばらく大道を走る, しばらくを仰い, しばらく天井裏からの声, しばらく天地が森閑, しばらく天機のうち, しばらく天皇はいなかった, しばらく太郎のようす, しばらく夫人の傍, しばらく夫婦は黙っ, しばらく失敬するが, しばらく失望にとらわれ, しばらく失業してるん, しばらく奈良に滞在, しばらくの話, しばらく奥さんと別れ, しばらく女たちとこそこそ, しばらく女中と二人, しばらく女医の方, しばらく女房の帰る, しばらく女達にいろいろ, しばらく好きな本, しばらく好奇心の対象, しばらく好意的な眼つき, しばらくな顏, しばらく妹たちの寝息気, しばらく妻子は殺され, しばらく妻籠へは来られない, しばらくを相手, しばらくと病院, しばらく姿勢を保った, しばらく媒酌人の家, しばらく子どもらをそっちのけ, しばらく子供等はその, しばらく子路の横顔, しばらく孔子の前, しばらく孔門の諸, しばらく孫乾の顔, しばらくに置い, しばらく宇乃をみまもった, しばらく宇治の宮, しばらく守りしてゐ, しばらく安堵を保った, しばらく安心して, しばらく安楽椅子にかかっ, しばらく宗七めに付き合っ, しばらく宗助の顔, しばらく宗教的な勉強, しばらく官憲を憚つてアンナ, しばらく宙ぶらりんに吊した, しばらく実は少し智恵, しばらく実際に行わるべき, しばらく客人をまかせ, しばらく客院で御, しばらく宥恕いたし候, しばらく家兄のよう, しばらく家族のこと, しばらく容子を見, しばらく宿の亭主, しばらく宿題とし, しばらく寂しく沈んで, しばらく寂寥だったが, しばらく寄せ手をさ, しばらく寄り添つて森の中, しばらく寄木を枕, しばらく密やかに話しこん, しばらく寒い縁側に, しばらく寛斎は独り, しばらく寝かしておきます, しばらく寝つかれないで彼ら, しばらく寝つかれなかったという, しばらく寝ろよ, しばらく寝んでいる, しばらく寝入ったふうを, しばらく寝巻に着かへ, しばらく寝床の中, しばらく寝息を窺っ, しばらくに預かっ, しばらくの庫裏, しばらく対坐のまま, しばらく対岸の茫々, しばらく対手を見つめ, しばらく対談友達を訪ねる, しばらく寿平次は黙っ, しばらく尊像を伏し拝ん, しばらく對岸の眺望, しばらく小さい胸を, しばらく小さくなって, しばらく小太郎山は大久保家, しばらく小姓溜りの方, しばらく小屋の中, しばらく小川をのぞい, しばらく小牧の営, しばらく小菊を呼ん, しばらく尚も遠方へ, しばらく尼君の顔, しばらくを曳い, しばらく尾州藩の手, しばらく尾行したが, しばらく局外にい, しばらく居させてください, しばらく居たら男の, しばらく居なじんだ路次は, しばらく居ることに, しばらく居残ってい, しばらく居眠ったかと思う, しばらくの棟, しばらく屋上から見おろし, しばらく屋内の空気, しばらく屋台の外, しばらく屋外を眺め, しばらく屋根裏部屋の真中, しばらく展望をたのしんだ, しばらく山林にのがれる, しばらく山茶花の木の下, しばらく山野へ帰っ, しばらく山陰道の方, しばらく岡本の話, しばらく岩山をじっと, しばらく岩窟は静か, しばらく岩蔭に身, しばらくを眺めた, しばらくに沿う, しばらく岸辺にたたずん, しばらく崋山は歩む, しばらく川西と何やら, しばらく工場へ通勤中, しばらく巻煙草をふかし, しばらく市川照之助のす, しばらく帰つて参りません, しばらく帰らないことに, しばらく帰らなかったそうでございます, しばらく帰京の猶予, しばらく帰朝して, しばらく帰省しないので, しばらく帰途は大街道へま, しばらく帳場で四方山, しばらく帳面を調べ, しばらく幕外に姿, しばらく平家部落の五箇, しばらく平野を走り, しばらく平静にし, しばらく年寄を相手, しばらく年寄達と離れ, しばらく幸太郎のこと, しばらく幸蔵主は秀次, しばらくをなで, しばらくが消えません, しばらく幾島の顔, しばらく広小路ブラそれから電車, しばらく広島に駐在, しばらく広間にい, しばらく床几に心, しばらく床場へも行かない, しばらくの方, しばらく店内を見まわし, しばらく店口の飾り, しばらく座って散歩, しばらく座敷牢の外, しばらく庫内にお返し, しばらく庭前の雨, しばらくにぼんやり, しばらく延引し馬, しばらく廻って居た, しばらく弁信法師に導かれ, しばらく弁財天の小祠, しばらく弄ぶ恰好に, しばらく弄んでい, しばらく式場を見まわし, しばらく弓矢をひかえ, しばらく籠ったまま徐州城, しばらく引ッこめようと, しばらく引越して行った, しばらくと姿, しばらく弛みきった気懶い, しばらく強い光の, しばらく強情に, しばらく弾奏した後, しばらく城に, しばらく当り触りの, しばらく彳んだまま余り, しばらく役人もやっ, しばらく役目を欠かしまし, しばらく往くとやがて, しばらく往來の人通り, しばらく待たされるのだ, しばらく待たせられた間彼は, しばらく待たせることに, しばらく待たつしやれ, しばらく待たなければならなかった, しばらく待たれいッ, しばらく待ち合せていた, しばらく待ち構えた後廻り道し, しばらく待ち給えという, しばらく待ッていた, しばらく待合所に控え, しばらく後姿を見詰むる, しばらくかに寢, しばらく徐行する, しばらく従姉は英さん, しばらく従来の先入観, しばらくて帰邸, しばらく得意げといいたい, しばらく御免なされ, しばらく御免下さりませ, しばらく御前しばらくお待ち, しばらく御所で養生, しばらく御用の合間, しばらく御茶の水の昌平黌, しばらく徳川時代の数学, しばらく心から瞑目合掌した, しばらく心づかでありしがかの, しばらく心静かに御, しばらく忍ぶべきであると復一, しばらく忍耐して, しばらくられて, しばらく忘れるともなく, しばらく忘我の態, しばらく忙しいで木, しばらく応接間で待っ, しばらく快活に四方山, しばらく念じてゐた, しばらく念ずる様子であった, しばらく念誦して, しばらく怒鳴っていた, しばらく怖がる私の, しばらく思いに沈んだ, しばらく思いとどまって進退完全, しばらく思いなやんでいる, しばらく思いめぐらしてなお, しばらく思い出していた, しばらく思い出そうと努める, しばらく思い煩っているらしかった, しばらく思い起すような, しばらく思い迷った様子だった, しばらく思うままに, しばらく怠けたので新星, しばらく怠っていた, しばらく怪訝さうに私の方, しばらく恐い思いを, しばらく恐怖の質問, しばらく恨めしい記憶の, しばらく恨めしき池を, しばらく息づまるような, しばらく息休めをした, しばらく息子の顔, しばらく浄の, しばらく悧巧そうな目, しばらく体を, しばらく悲しげな, しばらく悵然たりき, しばらく悶えたがやはり, しばらく情熱漢ヘンデルの伝記, しばらく惑っている, しばらく惘然として佇みぬ, しばらく想い廻らしていた, しばらく想像を許し, しばらく意味を捕捉, しばらく意志を抑制, しばらく意識を喪失, しばらく愕然とし, しばらく愚存をお, しばらく感心して, しばらく感懷にふけつ, しばらく慰めたあとの, しばらく憂鬱を感じた, しばらくひし處, しばらく憩って疲れ, しばらく憩んだが, しばらく憮然とし, しばらくへせず, しばらく懐疑に悶える, しばらく懲らしてやる, しばらく懲らしめてやろう, しばらくけ癖, しばらく我が明智小五郎の, しばらく戦いましたがとうとう, しばらく戦ったが槍術, しばらく戦慄して, しばらく戸外へ出, しばらく戸惑うように, しばらく所謂大衆から遠ざかっ, しばらく扉際に立っ, しばらく手伝つて, しばらく手伝いするだ, しばらく手帖のその, しばらく手持ちぶさたにもじもじ, しばらく手持無沙汰な深夜, しばらく手摺に倚, しばらく手術椅子の上, しばらく手足をばたばた, しばらく手間を取った, しばらく手間取るうちに, しばらく手首に涙, しばらく坐を, しばらく打ち伏した, しばらく打ちあわせをし, しばらく打ちのめしてやっ, しばらく打ち崩してよし, しばらく打ち絶えていた, しばらく打ち解け話を, しばらく払わないつたつて彼は, しばらく扮装をとい, しばらく折目をさすり, しばらく折竹は一言, しばらく抱っこはできない, しばらく押したり叩い, しばらく押し伏せておいで, しばらく押し伏せたままに, しばらく押し黙っていた, しばらく押入れ中ごそごそ, しばらく拙者は人足, しばらくして, しばらく拝見して, しばらく拱手したまま, しばらく持たせていただきます, しばらく持ちこたえてい, しばらく持ち越すつもりだ, しばらく持続して, しばらくっているか, しばらく指物仕事とか精密工学, しばらく按摩して, しばらく挑み合ったがかよわい, しばらく挨拶するよう, しばらく振って死ん, しばらく振で顔を, しばらく振子になる, しばらくへがたい, しばらく捜して一通, しばらく捜したがどこ, しばらく捜査を委せ, しばらく捨ておき草少なく, しばらくに乗せた, しばらく掘りひろげた穴から, しばらく掘ると下, しばらく掛ってその, しばらく採集した後, しばらく探していた, しばらく探りまわしている, しばらくへて居ろ, しばらく控えさせて戴く, しばらく控所で待たされ, しばらく措きまして前, しばらく措けとにかく今数十矢, しばらく揺れて花, しばらく搗いている, しばらく操舵室の屋根, しばらくつて, しばらく支店長といっしょ, しばらく支那の四圍, しばらく放っておく, しばらく放心したよう, しばらく放棄っておこう, しばらく放置して, しばらく政ちゃんの顔, しばらく政治と闘争, しばらく故国と自分たち, しばらく敏子の顔, しばらく教えをうけ, しばらく教会の側面, しばらく教員室に最も, しばらく教壇に立つた, しばらく教部省に奉職, しばらく散らであるかな, しばらく散歩ポストへそして, しばらく散歩雑草を観, しばらく散歩雨後のみづ, しばらく敦煌新發見, しばらく敬称を省こう, しばらくを読ん, しばらく数分のあいだ瞶めていた, しばらく敵する者も, しばらく敷居のところ, しばらく文六ちゃんは黙っ, しばらく文句がつげなかった, しばらく文字の霊, しばらく文学座のため, しばらく文學の話, しばらく文明の進歩の, しばらく文藝方面を見渡す, しばらく文通も杜, しばらく文雄のお, しばらく斑鳩嶽のこの, しばらく斬るのを, しばらく斬罪を猶予, しばらく断念して, しばらく新しく盃の, しばらく新九郎様のご, しばらく新刊書の立ち読み, しばらく新劇はこの, しばらく新吉の顔, しばらく新聞記者のよう, しばらく方角を考え, しばらく旅立てさうもない, しばらく旅費に窮, しばらく旋回して, しばらく日の目も見ず, しばらく日傘をつぼめかけた, しばらく日向ぼっこをし, しばらく日当りの所, しばらく日本人を見ませんでした, しばらく日本橋石町の御, しばらく日本語を使わない, しばらく明いていた, しばらく明るく和やかな, しばらく明智のお, しばらく明暗が渦雲, しばらく明治三十九年現在のもの, しばらく明石に残り, しばらく昏睡状患で横たわっ, しばらく易者の言葉, しばらくの夢, しばらく星たちは沈黙, しばらく春日と何, しばらく時刻を移し, しばらく時期をまつ, しばらく時節を待つ, しばらく時計をながめ, しばらく晒しものになっ, しばらく智海の顔, しばらく暗い室の, しばらく暗がりの生活, しばらく暗くうすら, しばらく暗号書を引く, しばらく暗算をする, しばらく暗闇にいた, しばらく暗黒であります, しばらく暮したあの老, しばらく暮らしている, しばらく暮れるまで待て, しばらく暴れることを, しばらく書いて居る, しばらく書かない振事劇を, しばらく書付を見, しばらく書見をし, しばらく曹操にしたがう, しばらく曽遊の地長崎, しばらく曾根少佐の顔, しばらく高級品の, しばらく月給もいただきません, しばらく朗誦を続けさせた, しばらくの光, しばらく朝倉先生の顔, しばらく朝日の縞, しばらく木の間がくれ, しばらく木屋町の手伝い, しばらく木曾路の西, しばらく木陰に身, しばらくを借り, しばらく本国へ帰っ, しばらく本棚を見つめ, しばらくをながめ, しばらくの杜, しばらくをとどめ, しばらく来かかる人も, しばらく来ぬまに, しばらく来ねえ内に, しばらく東京方から挽回, しばらく東北の方, しばらく東向きの窓, しばらく東国をさまようであろう, しばらくの上, しばらく枯草の上, しばらく柔らかな腰掛け, しばらく柚木をじろじろ, しばらく柳端のご, しばらく栄蔵達は惣兵衛ちやん, しばらく校舎の付近, しばらく校長と二人, しばらく桃色に色, しばらく案じ合いましたが結局, しばらく案内を乞い, しばらく桔梗刈萱が靡く, しばらくのよう, しばらくを仰い, しばらく梯子の下, しばらく梯子段に釘, しばらく棄てねばなりませんでした, しばらくのごとく立っ, しばらく棒立ちになっ, しばらく森彦は姉, しばらく森田屋を見詰め, しばらく森閑となる, しばらく棲んだ自分の, しばらく椋鳥はけわしい, しばらくを見回した, しばらく椽側に立った, しばらく椽鼻に立つ, しばらく楽しむのである, しばらく榾火を焚い, しばらく構えてから, しばらく構内を散歩, しばらく標札を見つめ, しばらく樣子を見, しばらく横たわりたりし, しばらく横浜へ稼ぎ, しばらく横目で睨ん, しばらく横行濶歩して, しばらく横行闊歩して, しばらくの上, しばらく機会を待つ, しばらく機銃掃射をつづけられたら, しばらく櫻内を睨ん, しばらく欄干に片, しばらく次郎たちの一隊, しばらく歌声に耳, しばらく歌子を訪れなかった, しばらく歌界を支配, しばらく歓楽す, しばらく歓談ライスカレーを御馳走, しばらく止って社会, しばらく止まりてと母君, しばらく止めて戰場, しばらく止めるがよい, しばらく止んでひつそり, しばらく躰を, しばらく正常に中空, しばらく正義感がおさえられた, しばらく正香と半蔵, しばらくの宮殿, しばらく此地に客, しばらく此方にさしひかえ, しばらく此日記を附けず, しばらく此處に居, しばらく武助さんは眺め, しばらくを止めよう, しばらく歩かなかったもんだ, しばらく歩きなれてみる, しばらく歩きまわっている, しばらく歩きまわったあとで, しばらく歩き廻っていた, しばらくをくいしばっ, しばらく死骸のよう, しばらく残りの液, しばらく殿の朗々, しばらく殿下は腰, しばらく母さんの云, しばらく母屋で話し込ん, しばらく母校の仕事, しばらく母親の心, しばらくの焦げる, しばらく気づかなかったので牢, しばらく気まり悪そう, しばらく気分が悪く, しばらく気抜けのやう, しばらく気持の整理, しばらく気狂いのよう, しばらくを落着け, しばらく氣まり惡さうに二人は默つて, しばらく水上に頭, しばらく水牛仏の傍, しばらく水辺に沿っ, しばらく水錆の意, しばらくのよう, しばらく氷冠の末端, しばらく江北におと, しばらく江古田の方, しばらく江州あたりに身, しばらく江戸中の神社仏閣, しばらく決しかねている, しばらく沈んでいた, しばらく沈思瞑目して, しばらく沈湎と燈, しばらく沙汰止みになっ, しばらくについて歩き, しばらく油菓子をぼりぼりかじっ, しばらく治療代を貸し, しばらくの水, しばらく泊めてちやうだい, しばらく法力をゆるめ, しばらく波音に耳, しばらく泣きましたって姉さん, しばらく泣きやんで, しばらく泣き声を堪え, しばらく泣き申し候, しばらく泥棒猫のよう, しばらく注射と服薬, しばらく泰平をうたう, しばらく泳いでゐた, しばらく洞穴のなか, しばらく路を, しばらく流れでる煙も, しばらく流動する群衆, しばらく浅酌の趣, しばらく浅間山の方, しばらく浦上を離れたい, しばらく浪人は見, しばらく浴室の戸, しばらく海上から幽霊船, しばらく海中に漬, しばらく海水浴にでも行っ, しばらく海辺に立っ, しばらく海道筋をごろつい, しばらくつてゐれ, しばらく浸る甘さ, しばらく涼しい土地へ, しばらく涼んでいた, しばらく淀むところも, しばらく淫蕩を忘れ, しばらく深味のある, しばらく深夜の波音, しばらくになっ, しばらく混乱したる後, しばらく混合して, しばらく混雑の中, しばらく清川たちと話し, しばらく清明の月, しばらく清流の響, しばらく清談に時, しばらく渋っておりました, しばらく渋蛇の目の傘, しばらく卷くやう, しばらく温まつてつたら, しばらく温泉場へでもやっ, しばらく港づたいに進んだ, しばらくにひたっ, しばらく湯川さんがはいっ, しばらく満足げに見, しばらく満身の力, しばらく準之助氏のやさしい, しばらく溜息をつい, しばらく溶け合わない気もちの, しばらく滑ってゆるい, しばらく滯在するつもり, しばらく演壇で立往生, しばらく漢書をもっ, しばらく漫然としてあて, しばらく漬かつたらと年寄り, しばらく漱石氏の顔, しばらく潜っていた, しばらく潜りの外, しばらく潜伏して, しばらく潤ちゃんが行方不明, しばらく潮風に吹かれ, しばらく澁茶に市, しばらく澄江は不思議そう, しばらく澱みて遂に, しばらく濃くなる夕闇, しばらく火鉢の方, しばらくの中, しばらく点いていた, しばらく無一文状態も加, しばらく無人島のよう, しばらく無心に煙, しばらく無念のあまり, しばらく無意味に草むしり, しばらく無我に走りつづけました, しばらく無断帰国は相, しばらく無遠慮にゆすられた, しばらく無電をさかん, しばらく煖炉の傍, しばらく煙草を喫, しばらく照らしていました, しばらく煩ってまでいた, しばらくゆる恋心, しばらく燃やしてから主人, しばらくをつける, しばらくを見, しばらくで引っかい, しばらく父親さんは二階, しばらくかで湛えた, しばらくを控え, しばらくに入っ, しばらく物がいへなかつた, しばらく物憂く嫉たく, しばらく物置の戸, しばらく物見の報告, しばらく物語られていた, しばらく犒っていました, しばらく犠牲となっ, しばらく狂言を変える, しばらくにツマまれ, しばらく独りで茶, しばらく独り暮しをし, しばらく独身にて在りたい, しばらくのよう, しばらく玄関前で加世子たち, しばらく王女の顔, しばらく現われないでよい, しばらく理窟も学問, しばらく見は, しばらく瓢箪形に応対, しばらく生かしておけ, しばらく生きのびて世, しばらく生やしてみたい, しばらく生命はここ, しばらく生家へも書かなかった, しばらく生理的なテイイ, しばらく用事もない, しばらく用事かたがた見物に, しばらく用件を云いだしかね, しばらく用談をし, しばらくの中, しばらく田代の顔, しばらく田端辺で休養, しばらく甲斐をみつめた, しばらく甲谷を見, しばらく申し上げないでおく, しばらく男女の俯伏, しばらく男装して, しばらくをながめ, しばらく町なかの下宿, しばらく画架を片, しばらくを這いまわっ, しばらく畑仕事をしたら, しばらく留まっている, しばらく留学されて, しばらく留守中の富武家, しばらくの畔, しばらくの草食, しばらく番太郎に囁い, しばらく番小舎で待っ, しばらくかない, しばらく畫架を片, しばらく異様なにらみあいが, しばらくに額, しばらくを存, しばらく疲れきったやうに, しばらく病舎の薬局, しばらく病院にいました, しばらく病養を命じおく, しばらくさに, しばらく痛い腫物に, しばらく療養に行っ, しばらく発するなかれと, しばらく発表を見合わせおくべし, しばらく登ると浅い, しばらく白々しい沈黙が, しばらく白い乾いた道路, しばらく白川べりの素人下宿, しばらく白木の棒, しばらく白浪があわだち, しばらく白犬のよう, しばらく皆さまにお待ち, しばらく皆さんにお目にかからない, しばらく皆さんどこにも出ず, しばらく皆んなの相手, しばらく益田の萬福寺, しばらく監獄に飼われ, しばらく次の, しばらく相対して, しばらく省略するほか, しばらくの間, しばらく眞面目に議論, しばらく真っ直ぐにあるく, しばらく真っ赤な顔, しばらく真にこれが, しばらく真実なりとしよう, しばらく真理を認め, しばらく真空管の温まる, しばらく眠らせましょうね, しばらく眠りしのみ, しばらく眩しげにこちら, しばらくをこらし, しばらく眺めさせてやった, しばらく眺め入った後復一は, しばらく眺め合っていた, しばらく眼前にちらつきたるにたと, しばらく眼眦をお, しばらく睡っていた, しばらく睡眠を取らし, しばらく睨みくらべの, しばらく睨みあっていた, しばらく睨み合いのよう, しばらく睨み詰めて立っ, しばらく睨み返していた, しばらく睨めていた, しばらく睨んでいた, しばらく瞑想して, しばらく瞬きもせず, しばらくを凝らし, しばらく矢代を睨ん, しばらく矢木は考え, しばらく短冊一枚書かされた世間師, しばらく石像のよう, しばらく石山はつツ立つて, しばらく石榴の実, しばらく砲声とプロペラ, しばらく硝子戸越しに外, しばらく硝子窓に頬杖, しばらく碁盤を眺め, しばらく確める眼付き, しばらくのもの, しばらく社会改革を抜き, しばらく祇園町から程, しばらく祈念をし, しばらく祈願をこめ, しばらくと呼ん, しばらく神そのものの観想, しばらく神威に打たれ, しばらく神山東洋を見つめ, しばらく神戸の方, しばらく秀吉をにたにた, しばらく私どもの方, しばらく私自身の記述, しばらくの陽ざし, しばらく秋蘭の後, しばらく稼がせていました, しばらく稼業に出ない, しばらくのあく, しばらく穴ぐらを見まわし, しばらく空きかかったところで, しばらく空けたように, しばらく空しい時を, しばらく空しき想像を, しばらく空っぽになりました, しばらく空寝入りをし, しばらく空屋敷になっ, しばらく空想と虚栄, しばらく空虚な眼, しばらく空軍研究所長につい, しばらく突かないんです, しばらく突張つて居たが, しばらく突立って見, しばらく窓ぎわに立った, しばらく窓わくに腰, しばらく窓口の女, しばらく窮屈な思い, しばらく窺い合っていた, しばらく立ち頭は, しばらく立ちすくんだあとすぐ, しばらく立ちつくしてゐた, しばらく立ちどまり尿する, しばらく立ち去ってくれ, しばらく立ち尽すのやむを得ざる, しばらく立ち思案に暮れ, しばらく立ち止って前日私, しばらく立ち止り聞き耳を, しばらく立ち留まって見, しばらく立ち竦みましたがさっき父, しばらく立ち続けていた, しばらく立ち縮んだものの気, しばらく立つたままぢつと, しばらく立て直してもちこたえ, しばらく立去り兼ねて涙, しばらく立場を易, しばらく立往生して, しばらく立政を熟視, しばらく立話をし, しばらく之助, しばらく竜宮に預け, しばらく端書が中絶, しばらく競漕して, しばらくひを, しばらく笑声がそれ, しばらく筒木の韓人, しばらく答えなかったが, しばらく箪笥の環, しばらく簀戸の外, しばらく簔虫の存在, しばらくを置い, しばらくのなか, しばらく糸車をま, しばらく約束をほったらかし, しばらく納戸に蟄居, しばらくでつない, しばらく紙帳を睨ん, しばらく紛らされていた, しばらく素人本窯築くべからずの, しばらく素知らぬ顔し, しばらく細い目を, しばらく絃楽のほう, しばらく組んずほぐれつ河原で, しばらく組合のもの, しばらくてから偶然, しばらく経たなければ眼, しばらく経たぬ頃魚河岸に, しばらく経過を見, しばらく結婚といふ問題, しばらく絵はがきをあれこれ手, しばらく絵師の永徳, しばらく絵筆をすて, しばらく絶えたのと, しばらく絶煙するも, しばらく絶版同樣, しばらく続きを書い, しばらく続けた後彼は, しばらくを張つた, しばらく緊張しきった不安, しばらく縁鼻に立っ, しばらくいた, しばらくを問わねえ, しばらく罫紙の上, しばらく置き去りにし, しばらく羅漢堂の裏, しばらく羅門も東儀, しばらく美しい音楽に, しばらく美作はそこ, しばらく青いろ, しばらく羽織の赤い, しばらく羽虫は宙, しばらく老人は姿, しばらく老人夫婦の炬燵, しばらく老衰しだししばしば, しばらく考えこんだ後軽蔑的な, しばらく考えごとをし, しばらく考えてるようだった, しばらく考えふけっていた, しばらく考えましたあとわたくしは, しばらく考え出すために, しばらく考え黙ってい, しばらく考へた揚句傍らの, しばらく考へないことに, しばらく耐忍せられんこと, しばらく聞いたが立ち帰っ, しばらく聞えるようでした, しばらく聞かれなかった音楽を, しばらく聞きとれたのでした, しばらく聞きませんワ, しばらく聞くがいい, しばらく聞こえている, しばらくが止んだ, しばらくえなくなる間, しばらく聴かないうちに, しばらくから垂, しばらく背戸へ顔, しばらく胡堂という雅号, しばらくの中, しばらく胸中にえがい, しばらくを見, しばらく脚気の気味, しばらく腰かけていた, しばらくにのせ, しばらくに向っ, しばらく自分たちの言葉, しばらく自分らのからだ, しばらく自分達を包んだ, しばらく自動車のくる, しばらく自己を失っ, しばらく自転車屋のあと, しばらく致しますとそれでも, しばらく興じていた, しばらくを納め, しばらく船室に引込ん, しばらく艇長の声, しばらくの手, しばらく色鉛筆でモジャモジャ, しばらく芋虫のよう, しばらく花子の顔, しばらく花瓶のふち, しばらく芳秋蘭の美し, しばらく芸者にでもなったら, しばらく芸術品から遠ざかっ, しばらく若君をお, しばらく若者の顔, しばらく若者たちはガラス屋根, しばらく苦しそうに, しばらく苦しい思いを, しばらく苦しんでもがいた, しばらく苦りきって押し黙っ, しばらく苦り切つてゐた, しばらく苦痛を忍びし, しばらく草鞋を穿い, しばらく荒涼たる名残りの, しばらく菊王の棹, しばらく菜根を噛ん, しばらくを着せ, しばらくやされ, しばらく落ちて来なかった, しばらく落ちつかなそう, しばらく落ちつくことに, しばらく落ち着きますまで縁起, しばらく落合の家, しばらく落語家をし, しばらく葉藏の枕元, しばらく蒸暑い小屋から, しばらく蔽われて見えなくなった, しばらく紅色の, しばらく薄暗い一室に, しばらくはい, しばらくをもらっ, しばらく藁ぶとんの味, しばらくの上邸, しばらく藩邸の各位, しばらくに逢わぬ, しばらくの頭, しばらく虚々実々無言にし, しばらく虚空に旋回, しばらくのそら, しばらくの事, しばらく蜂谷の医院, しばらくを拾っ, しばらく蝸牛の庵, しばらく融通がつけられる, しばらくのやう, しばらく行き間もなく國友, しばらく行きつもど, しばらく行き過ぎてからあれ, しばらく行けば部落, しばらく行列が止まった, しばらく行動すれば, しばらく行軍を見合わせ, しばらく行進を続けた, しばらく術無げに黙っ, しばらく街路樹の下, しばらく街道から離れる, しばらく街頭をながめ, しばらく裁断を考えまよっ, しばらく裏戸から去らず, しばらく裴元紹にあずけ, しばらく裾野の戦, しばらく複雑なきらめき工合, しばらくから眼, しばらく襖子の所, しばらく西南の注意, しばらく西太后で持ち切っ, しばらく西津軽北津軽両郡, しばらく見うけぬうちに, しばらく見えていた, しばらく見えなかっただね一昨年, しばらく見えなくなることさえ, しばらく見えなさらなかったね, しばらく見えぬ間に, しばらく見えませんね, しばらく見えませんでしたね, しばらく見えんが, しばらく見くらべている, しばらく見くらべた末, しばらく見たことが, しばらく見つめてるうちに, しばらく見なんだ, しばらく見なくとも忘れ, しばらく見ませんけれど山, しばらく見まもっていた, しばらく見まわしていた, しばらく見まわっている, しばらく見ようか見まい, しばらく見下していた事, しばらく見事な大, しばらく見入つてゐた, しばらく見合せませうといふ, しばらく見合せようといふ, しばらく見合わせて私, しばらく見学した後, しばらく見定めたいと思った, しばらく見廻してから, しばらく見張りをした, しばらく見惚れたまま動けなかった, しばらく見据えるように, しばらく見舞を怠つ, しばらく見詰め合っていた, しばらく見送つていた, しばらく視力を失, しばらく視線を合わせ, しばらく視覚の意識, しばらく視野を敵地, しばらく親分のお, しばらく親子の話, しばらく親心を棄給, しばらく親許へ納屋同然, しばらく観察して, しばらく観望して, しばらく観覧席を見渡し, しばらく覺醒と戰, しばらく解せない様な, しばらく言い合ったがお, しばらく言うところを, しばらく言っている, しばらく言わないでおく, しばらく計量器を仰い, しばらく記して後日, しばらく記憶を摸索, しばらく許されよ, しばらく許されねばならぬ, しばらく許す水銀いろ, しばらく評議された, しばらく詩人になった, しばらく詩作から離れ, しばらく話させておい, しばらく話しあいそれから, しばらく話しあふしづかで, しばらく話しましたっけが, しばらく話し続けている, しばらくを切る, しばらく語り合った上で, しばらく誦経致さう, しばらく説明しないこと, しばらく読むことに, しばらく読書して, しばらく読者諸君のご, しばらく調子をかえず, しばらく論ぜずしてただ力, しばらく論説発表の時期, しばらく諦めている, しばらく諧謔を交わし, しばらく諸事順調に向かい, しばらく諸君と別居, しばらく謙一の胸, しばらく議事堂や警視庁, しばらく議論をやめよう, しばらく谷中の家, しばらくして, しばらく豚肉を睨んだ, しばらくんでいる, しばらく貴島のこと, しばらく貴方はそれ, しばらく貴族の問題, しばらく貸せと, しばらく貸金の話し, しばらく賑わいましたがやがて, しばらく賜暇を願っ, しばらく賤げに浅ましい, しばらく質問を遠慮, しばらく走ったがべつに, しばらく走らせていた, しばらく走りつづけるうちに, しばらく走るとパッ, しばらく起き上れないで腰, しばらく越前の穴馬在, しばらく趙翼の説, しばらく足りている, しばらく足台の上, しばらく足止めだ下手人, しばらく足跡を曖昧, しばらく跫音が聞えなくなった, しばらく路傍に踞まった, しばらく踊らないんです, しばらく踏みおさめの土, しばらく踏み外さないでいろ, しばらく踏んでいる, しばらく躊躇いましたがやがて, しばらく躊躇うていた, しばらく躑躅の花, しばらく身じろぎもしない, しばらく身代りになり澄まし, しばらく身内を包ませ, しばらく軍旅のこと, しばらく軒下に休息, しばらくと花, しばらく軽井沢に暮し, しばらく辺りの気配, しばらく辿るとパッ, しばらくよらないよう, しばらく近くには行く, しばらく近代魚類体中の飛行機, しばらく返答も忘れ, しばらく述べたいと思う, しばらく迷っている, しばらく追いやったのか, しばらく追うていた, しばらく退いて落ち付いた, しばらく逃れうるのだ, しばらく逃れ去る機会を, しばらく逆らったがやがて, しばらく途絶えたかと思う, しばらく這入ってい, しばらく通うことに, しばらく通りに一, しばらく通信を怠っ, しばらく速く流れた, しばらく造りつけの, しばらくはなかつた, しばらく逢えないかも知れない, しばらく逢わなかつたが相変わらず, しばらく逢わぬでお暇乞, しばらく進行して, しばらく遅れて云っ, しばらく遅疑する様子, しばらく遊ばせて貰っ, しばらく遊びしがこの, しばらく遊んだのです, しばらくとともにながれ, しばらく運動しなかったので, しばらく運命の方船, しばらくマンガン酸加里で, しばらく過して来た, しばらく道ばたに腰, しばらく道夫は半ば夢中, しばらく道江の顔, しばらく達雄夫婦の話, しばらく空に, しばらく遠ざからねばならぬ, しばらく適度に苦心惨憺, しばらく遮断せらるること, しばらく避けていた, しばらく避寒にこちら, しばらく邪魔にならぬ, しばらく部屋中を見廻し, しばらく部長などという雑用, しばらく郷土をはなれ, しばらく郷愁を慰める, しばらく酔っていた, しばらく重々しくだまって, しばらく重い沈默が, しばらく重苦しい考えに, しばらく重複させねば, しばらくに下っ, しばらく野原の西, しばらく野尻湖の夏季寮, しばらく野田さんの鎌倉, しばらく金盥へ入れ, しばらくづけに, しばらく釘付けになっ, しばらく釣りから遠ざかった, しばらく釣竿を垂れ, しばらくを売っ, しばらく鉄砲を置け, しばらくの中, しばらく鉱毒事件からは手, しばらく銃声が続い, しばらくと交易, しばらくの手, しばらく錯覚を楽しむ, しばらくでつない, しばらく鏡台の前, しばらくのうしろ, しばらく長らえて北国, しばらく長安の詮議, しばらく長浜へ拾っ, しばらく長火鉢の傍, しばらく開かれた手紙を, しばらく開きもしない, しばらくなる間, しばらく閑散の日, しばらく閑談そこへ, しばらく間接的証明の蓄積, しばらく関西にとどまらなけれ, しばらくをふみかね, しばらく闃寂となる, しばらく闇空を睨め, しばらく附き合ってみる, しばらく附添看護婦をつけ, しばらく降った雨が, しばらく降らないと水, しばらく降りたあとに, しばらく降りませんでしたから, しばらく降止んでひっそり, しばらく陣地を退い, しばらく陶然と眼, しばらくへあがっ, しばらく隅田河原のひろ, しばらく隆夫は天井, しばらく階段の下, しばらく隔てていた, しばらく隠してしまった, しばらく隠れた大な, しばらく隣室に耳, しばらく隣座敷に火鉢, しばらく隧道の底部, しばらくれて, しばらく雉子町辺の遊び風呂屋, しばらく雑誌に目, しばらく離しておい, しばらく雨竜のよう, しばらくの上, しばらく雪礫で煙, しばらくを見つめ, しばらくの神, しばらく電文を見, しばらく電柱に凭れ, しばらく電流を通し続け, しばらく電灯の光, しばらく電燈をがちゃがちゃ, しばらく電車を待つ, しばらく電車道を通っ, しばらく震えている, しばらく霊魂だけの生活, しばらく青々と明るく, しばらく青年はため, しばらく青麦の畠, しばらく静まらせ間もなく嬉し, しばらく静まりかえったあといっそう, しばらく静子と遊ん, しばらく静寂がつづい, しばらく静止するもの, しばらく静穏になっ, しばらく非常に寒く強い, しばらくをそらし, しばらく面倒を見, しばらく面白そうに, しばらく面白くない空気, しばらく韓国京城へ赴任, しばらく音信が絶え, しばらく音信消息を断絶, しばらく音樂談をした, しばらくけり, しばらく響いていた, しばらくを垂れ, しばらくッて, しばらく預かって, しばらく預かることに, しばらく預けておく, しばらく預りおきて他, しばらく頑固に黙っ, しばらく頬杖に乗っ, しばらくをかしげ, しばらく頼むよ, しばらく題目を唱え, しばらく顎鬚をむしっ, しばらくを見合せ, しばらく顧みないことに, しばらくえて, しばらく風向きを見計らっ, しばらく風呂場の棚, しばらく風景を見, しばらく風間と争論, しばらく颱風の中心, しばらく飛騨からの便り, しばらく飛鳥川もたいへん, しばらく食べて見ない, しばらく食べなかったなと悶え, しばらく食事だけを共に, しばらく食卓の上, しばらく食膳のもの, しばらくふと脂気, しばらく飼い育てた上食用として, しばらく飼うと脂気, しばらく飽かず眺め入りました, しばらく飽きが來, しばらく養子に行った, しばらく養生するつもり, しばらく餘裕を得, しばらくへの出仕, しばらく駅前の光景, しばらく駈けるとかれ, しばらくる, しばらく駿州におもむい, しばらく駿府の家人, しばらく駿河台の方, しばらく騒然となって, しばらく驚嘆して, しばらく骨休みをし, しばらく輪に, しばらく高座を退い, しばらく高札場の付近, しばらく高瀬は畠側, しばらく高点を競りあい, しばらく高笑いをひびかした, しばらく高重の盃, しばらくをくしけずり, しばらくが遠く, しばらく魅入られたように, しばらく鰥暮しでいた, しばらく鳥右さんはそこ, しばらく鳰鳥を見詰め, しばらく鳳輦を駐, しばらく鳴ってからやむ, しばらく鳴りて後とがれる, しばらく鴎外の写真, しばらく鶴菜の影, しばらく鶴見あたりの小学校, しばらく麥畑に沿う, しばらく麦畑を眺め, しばらく黒ねこと三毛ねこ, しばらく黒川さんのこと, しばらく默つてそれを聞い, しばらく默つて茶をのん, しばらく默然としてゐ, しばらく黙々と考えて, しばらく黙しあっていた, しばらく黙しけるがやや, しばらく黙したがやがて, しばらく黙したるが, しばらく黙し合っている, しばらく黙せしがやがて, しばらく黙っててくれ, しばらく黙りこくっていた, しばらく黙りこくつていた, しばらく黙りつづけていた, しばらく黯然たらざる, しばらく鼬鼠ごっこして, しばらくをひくひく, しばらく鼻腔で息, しばらくをかい