青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しばしば~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しなかった しなかった~ ~しなかつた しなかつた~ ~しなく しなく~ ~しなけれ しなけれ~ しばし~ ~しばしば
しばしば~
~しばらく しばらく~ しま~ ~しまい しまい~ しまいに~ ~しまいました ~しまいます ~しまう しまう~

「しばしば~」 3146, 34ppm, 3459位

▼ しばしばその~ (83, 2.6%)

3 ことを 2 名を, 故郷をさえ, 長所を, 門に, 限界を

1 [70件] うしろに, やうな, リズムに, 一郭を, 世話物の, 事実を, 人を, 仲間として, 作品より, 例を, 俳句を, 傾向を, 前提からは, 前方の, 勤労の, 印象と, 名が, 名の, 夢から, 契約の, 女を, 奴隷に, 姿勢を, 存否を, 安否を, 宮殿の, 家に, 家の, 審美的価値は, 少女と, 少数の, 差別すべからざる, 差異の, 店の, 恐怖に, 懺悔談を, 成員の, 所生の, 手の, 手を, 扮する, 故郷に, 救治策として, 方を, 旧記に, 明白な, 板行絵の, 構図に, 横桟には, 機会を, 欠陥不備曖昧さを, 気色を, 爺さんと, 直接的原因を, 看板を, 眺め場所に, 経験が, 肉体を, 脚の, 自己流の, 諧謔を, 財貨を, 資本と, 購買者に, 通行券を, 金子の, 鉄道で, 間接的結果の, 頁を, 麓に

▼ しばしばある~ (79, 2.5%)

7 のである 3 ことだ, のだ 2 からである, ことである, ことは, と思はなけれ, のであります, のです, もので

1 [52件] かと思う, かもわからぬ, からね, から主人, から皺, から誰, がこれ, がその, がとにかく, がもしも, がわれら, が不幸, が不思議, が二匹, が正月, が熟兎, が菊五郎, けれどさんざん, ことしきりに, ことで, ことと, ことに, ことらしい, その由来, ということ, というクランチャー君, という事情, とどうも, とは思われない, と思った, と思われます, のかも, ので, のであろう, ので困った, ので彼, ので彼女, ので御, ので検視, ので遠慮なく, のには, ものだ, もんでし, ようである, ような, 一向宗, 不思議な, 中に, 年の, 悲しい世, 狗頭猴を, 習いで

▼ しばしばこの~ (49, 1.6%)

4 ような 3 種の 2 やうな, 兎の, 手を

1 [36件] あたりの, あわれなる翁, やうに, フランソア・クナアクの, ミステリイの, 万長亭へ, 両軍, 事あり, 五所川原の, 亡霊に, 会を, 保険会社の, 先生から, 先生を, 力を, 千垢離を, 友人の, 女の, 家の, 峠の, 方を, 方法に, 方面の, 明治初年の, 比丘の, 点について, 状態に, 老人の, 肉体を, 舟の, 蟻が, 言葉に, 連中の, 風俗を, 餅が, 鳥の

▼ しばしば~ (26, 0.8%)

4 の意志 2 はその, は夜

1 [18件] という存在, にお金, にやってくる, に告げ, に手紙, に話した, に誘いかけた, に迫り, のところ, の声, の室, の所, の耳, の許, は一種, は聞かされた, は質問, を驚かした

▼ しばしば~ (25, 0.8%)

2 に云った, の表現, の頭, れの

1 [17件] との交渉, と戦った, に出逢う, に告ぐる, の, の困窮, の失策, の意志, の指, の気持, の眼底, の素描, はその, は彼, は立ち上がっ, を宗教的冷静, を止め

▼ しばしば見る~ (25, 0.8%)

3 ことが, ところである, 事が 2 ような

1 [14件] がその, ところの, のであった, カウボーイなどを, 事である, 二重人格また, 特長で, 画燈である, 趣である, 趣向である, 通り中には, 通り父の, 重病患者に, 風景の

▼ しばしばあった~ (24, 0.8%)

3 のです

1 [21件] からだ, がそれ, がちょうど, がまだ, が祝儀, が老眼, くらいである, ことを, し洗練推敲肉, そうである, というの, と云われ, と聞く, と見え, に相違, のである, ほどな, ものと, ようである, ように, 事とも

▼ しばしばこれ~ (23, 0.7%)

2 を句尾

1 [21件] によって原始, によつて行, に似た, に対して非難, に注目, に関するあまた, を, を停止, を取らん, を喞, を師兼松石居, を政府, を淫穢不浄, を用, を用いる, を禁止, を管理, を耳, を聞く, を見, を試みます

▼ しばしば~ (21, 0.7%)

2 に咬み付く, はその, をし

1 [15件] から種々, から質問, から醜い, にきらわれた, に語る, の口, の引く, の意表, の本心, の欺く, の無常, はそれら, は襲われる, を殺す, を絶望

▼ しばしばそれ~ (19, 0.6%)

1 [19件] が, があらわれ, が上った, と心, について読んだ, に嫌気, に対する絶望, に駆りたてられた, は偉大さ, は立身出世, は長い, をほか, を取っ, を嗜む, を忘れる, を気, を理由, を見た, を過度

▼ しばしば経験~ (18, 0.6%)

2 して, するところ

1 [14件] ある事, がある, させられること, された, されて, されること, したが, したこと, した自分, しなければ, する, すること, する実景, を重ね

▼ しばしば自分~ (18, 0.6%)

2 の心

1 [16件] がなん, がわからなくなる, が独り, でこれ, でも口, に顧みない, の全く, の器, の性格, の素裸, の身の上話, の過去, の道具包み, を感傷的, を苦しめ, を軽蔑

▼ しばしば~ (16, 0.5%)

4 て来る 2 てくる, て来た 1 づ, てきた, てそれ, てま, てゐ, てをる, 京する, 會ふ

▼ しばしば~ (16, 0.5%)

7 にする 4 にした 3 にし 1 づらいこと, にしました

▼ しばしば聞く~ (15, 0.5%)

3 ところである 2 ことである 1 うわさの, がこれ, が俺, ことが, ことで, ところで, ところであります, ところなり, 所である, 言葉である

▼ しばしば~ (15, 0.5%)

6 ている 4 らるる 1 たり聞い, てとる, てゐる, またよく, ゆ

▼ しばしば見られる~ (15, 0.5%)

3 のである

1 [12件] ことである, そうである, と彼, のであっ, もので, やうに, タイプである, 六角卓の, 微粒状の, 現象である, 生活必需品の, 畸形は

▼ しばしば彼女~ (14, 0.4%)

2 のところ

1 [12件] が他, と合奏, のこと, の傍, の大胆, の意志, の正面, の肩, の面影, はその, を怒らせ, を思い出すであろう

▼ しばしば起る~ (13, 0.4%)

2 ように

1 [11件] あの, が牛, ことだ, ことの, ところであり, に違い, のは, もので, 大きな笑い声, 強みと, 彼の

▼ しばしばだった~ (10, 0.3%)

1 から, からである, がそうした, がそれでも, が彼, が結局寧子, が要するに, けれども, しまた, という

▼ しばしば~ (10, 0.3%)

1 ことその, こと一場の, ゴシップに, 乱行も, 奇襲に, 往来は, 涙は, 経験で, 請願も, 鉱毒の

▼ しばしば目撃~ (10, 0.3%)

3 して 2 した 1 したかの, したが, したこと, する, するところ

▼ しばしば~ (9, 0.3%)

1 住居にまで, 兼の, 浜に, 清の, 糸の, 聞きして, 褒めに, 見舞いの, 角の

▼ しばしばこういう~ (9, 0.3%)

1 ことを, リアリティーの, 事件が, 心の, 感を, 文句を, 晩餐会を, 歌を, 複雑した

▼ しばしば~ (9, 0.3%)

2 息吹きやすむ 1 吹き通, 噛みあつる飯, 熱きしぼり, 目に, 見つつ, 見放けむ, 言問ひ来

▼ しばしば出入り~ (9, 0.3%)

2 した 1 されては, したこと, したの, して, するこの, する者, をする

▼ しばしば~ (9, 0.3%)

4 にする 1 すべらせた, にし, にのぼせ, に出した, をつぐみ

▼ しばしば問題~ (9, 0.3%)

3 となる 2 となった 1 にされ, になっ, になった, を取り扱い論議

▼ しばしば彼ら~ (9, 0.3%)

1 のあいだ, の家畜, の羨望, の間, はいっしょ, をおそい, をながめた, を低く, を殺す

▼ しばしば聞いた~ (9, 0.3%)

1 がその, が毒蛇, けれどもそれ, ことが, ことである, し読者, と筆, ので自分, 位です

▼ しばしばあり~ (8, 0.3%)

1 この人, しかもいったん, しかるべき人物, また冬, 七人または, 乱暴であり, 冬は, 爾時牝馬狂い出し

▼ しばしば同じ~ (8, 0.3%)

2 ような 1 であった, 夢を, 時に, 時期に, 村, 話が

▼ しばしば~ (7, 0.2%)

2 あつた 1 ある時博士, しかも母, 単に勅命, 夜九時過ぎに, 年に

▼ しばしば大きな~ (7, 0.2%)

2 差異を 1 永続的不利益を, 詩や, 誘惑である, 誤算が, 需要は

▼ しばしば引用~ (7, 0.2%)

1 されて, されてるフランス, される有名, され賞讃, したこと, する, せられる箇条

▼ しばしば往来~ (7, 0.2%)

4 して 2 の人 1 するさえ

▼ しばしば用いられる~ (7, 0.2%)

1 がこれ, がそれ, ために, など天皇後醍醐, のを, ように, 推移の

▼ しばしば結婚~ (7, 0.2%)

1 しないという, について珍, に対する一つ, の志向, まで生存, をすすめ, をすすめた

▼ しばしば見え~ (7, 0.2%)

5 ている 1 それは, て一定それ

▼ しばしばあっ~ (6, 0.2%)

2 て今 1 てそれ, て催促がま, て家庭, て珍

▼ しばしばここ~ (6, 0.2%)

1 に姿, に杖, へ伺候, へ見物, まで足, を通る

▼ しばしばそこ~ (6, 0.2%)

2 へ出入り 1 から首, に旅, に閉ぢ, へおいで

▼ しばしば~ (6, 0.2%)

2 のこと 1 のすべて, の少年達, の社会, の遊星

▼ しばしば伝えられ~ (6, 0.2%)

5 ている 1 ていた

▼ しばしば~ (6, 0.2%)

1 がやりたがる, にベタ, のひと, の事, の悲劇, の魂

▼ しばしば~ (6, 0.2%)

2 に登った, に登る 1 が彼, の雲

▼ しばしば日本~ (6, 0.2%)

1 に来遊, の人, の実業家, の芸術, の茶器, の軍部

▼ しばしば現われ~ (6, 0.2%)

1 ていた, ているごとく, てその, てたった, て深い, て都民

▼ しばしば~ (6, 0.2%)

1 にする, に止ります, の前, をさます, をしばたたい, を醒まし

▼ しばしば繰り返される~ (6, 0.2%)

1 から不思議, ことな, のに, のは, 仮説も, 大口の

▼ しばしば行われた~ (6, 0.2%)

1 ものらしい, ような, 事は, 事を, 時最も, 翁は

▼ しばしばさせ~ (5, 0.2%)

1 て, ていた, てくちびる, てそう, 右手で

▼ しばしば~ (5, 0.2%)

1 がいつも, がきょう, がそんな, が敗れたる, とある

▼ しばしば~ (5, 0.2%)

1 ありかかる, あるかも, に引く, のある, の川ぞい

▼ しばしば~ (5, 0.2%)

1 と結婚, に君, に現, のお, の留守

▼ しばしば出入~ (5, 0.2%)

1 した, したが, したもの, したカッフェー, して

▼ しばしば困難~ (5, 0.2%)

1 が生ずる, したの, でした, なこと, を加えました

▼ しばしば最も~ (5, 0.2%)

1 ふまじめ, 代表的な, 富める家庭, 深い美, 激しい困窮

▼ しばしば注意~ (5, 0.2%)

2 して 1 された事, されるにも, を引かれた

▼ しばしば~ (5, 0.2%)

3 に見え 1 の代表, の言い合い

▼ しばしば繰り返され~ (5, 0.2%)

3 ている 1 てそして, 殊にルサージュ

▼ しばしば見た~ (5, 0.2%)

2 ことが 1 が彼ら, 耶蘇の, 風景ばかりの

▼ しばしば起こる~ (5, 0.2%)

2 のである 1 ように, 悲しい事実, 百姓乱や

▼ しばしば述べた~ (5, 0.2%)

1 とおり当時の, ところだ, ところである, ように, 所を

▼ しばしば非常~ (5, 0.2%)

1 な憎悪, な高, にまちがった, に多産的, に魅力

▼ しばしばあの~ (4, 0.1%)

1 人たちの, 先生の, 子供にも, 道徳家が

▼ しばしばいろいろ~ (4, 0.1%)

1 なこと, の人たち, の方面, 事情が

▼ しばしばかれ~ (4, 0.1%)

1 と飲んだ, の存在, はながめ渡す, らの

▼ しばしばそう~ (4, 0.1%)

2 であったよう 1 なって, 思ったが

▼ しばしばそういう~ (4, 0.1%)

1 くだらない孔雀, 例が, 平和な, 種類の

▼ しばしばであった~ (4, 0.1%)

1 が応永永享時代, し今, その家, のと

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 いう, いうよりは, まぶたが, 作品の

▼ しばしばやって来~ (4, 0.1%)

1 てこの, て彼ら, て祖母, 私の

▼ しばしば人間~ (4, 0.1%)

1 の形, の慢心, の猛烈, の處置

▼ しばしば他人~ (4, 0.1%)

1 からの誤解, が間, の製作, の言動

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

2 かのおそるべき 1 か手頃, が原画

▼ しばしば同一~ (4, 0.1%)

2 の画家 1 の報い, の結果

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

2 つたが 1 ったこと, ふこと

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 なるご, 地震が, 坂へも, 虫と

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 ところへ, 抗議も, 紹介申し上げた, 職業はと

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 とあべこべ, にうなずくなるべし, を失う, を寒う

▼ しばしば手紙~ (4, 0.1%)

1 が来た, をよこし, を書いた, を送った

▼ しばしば指摘~ (4, 0.1%)

2 して 1 されて, したところ

▼ しばしば極めて~ (4, 0.1%)

1 少くなり, 強い言葉, 速か, 高い支払

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 があった, ひたるもの, ひられる, ゐられる

▼ しばしば用い~ (4, 0.1%)

1 そして恐らくこれから, ている, てはいる, らるる

▼ しばしば用いられ~ (4, 0.1%)

4 ている

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

2 を白痴 1 に訣れね, の顔

▼ しばしば発見~ (4, 0.1%)

2 した 1 されるかと, されるが

▼ しばしば繰り返し~ (4, 0.1%)

1 ていた, てやる, て言った, て話した

▼ しばしば繰返された~ (4, 0.1%)

1 そしてこれから, その夢, ためで, のは

▼ しばしば自殺~ (4, 0.1%)

1 という事, の意, をお, を企てた

▼ しばしば見かける~ (4, 0.1%)

1 ことが, ようである, ような, 風景であった

▼ しばしば見受ける~ (4, 0.1%)

1 ことである, ように, 所である, 素人医者であった

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

2 に聞い, の種

▼ しばしば語った~ (4, 0.1%)

2 ことが 1 ところに, 市川新蔵で

▼ しばしば論じた~ (4, 0.1%)

1 ことである, ことも, やうに, 所である

▼ しばしば論じた如く~ (4, 0.1%)

1 主体とは, 文化的意識に, 活動を, 無終極性

▼ しばしば起り~ (4, 0.1%)

1 その際, 一番危険な, 帝は, 身分の

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 をとどめさせる, を失する, を運ぶ, を運べるなり

▼ しばしば遊び~ (4, 0.1%)

1 に来ました, に来りぬ, に行, に行き

▼ しばしば~ (4, 0.1%)

1 をあ, を合せ, を合せた, を合わす

▼ しばしばあなた~ (3, 0.1%)

1 のおっしゃる, を御, を訪れ

▼ しばしばあらわれ~ (3, 0.1%)

1 ている, て半信半疑, て居ります

▼ しばしばうなづき~ (3, 0.1%)

1 てさ, 合ひ, 真実に

▼ しばしばこの世~ (3, 0.1%)

2 には不自然 1 をおとずれ

▼ しばしばこれら~ (3, 0.1%)

2 の作品 1 の侵略

▼ しばしばこんな~ (3, 0.1%)

1 くやみを, 嘆声を, 話が

▼ しばしばなる~ (3, 0.1%)

1 に身体, も何時も, を侘しく

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 やがて雨, 宜しくない, 起らないもの

▼ しばしばまた~ (3, 0.1%)

1 木の下から, 次の, 神

▼ しばしばわが~ (3, 0.1%)

2 心汝に 1 廬に

▼ しばしば不思議~ (3, 0.1%)

1 なくら, なる南極探検船, な世界

▼ しばしば云われ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 てき

▼ しばしば会っ~ (3, 0.1%)

1 たり何かと, ていた, ている

▼ しばしば使われ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 ています

▼ しばしば全く~ (3, 0.1%)

1 不十分と, 無駄に, 看過され

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 検討に, 生産される, 遊を

▼ しばしば出会う~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことであろう, のである

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 において私, を織り込んだ, を見る

▼ しばしば失敗~ (3, 0.1%)

1 したあげく, するもの, する事実

▼ しばしば学校~ (3, 0.1%)

1 の会議, を休む, を落第

▼ しばしば実現~ (3, 0.1%)

1 して, するであろう, する事実

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 の先祖, の生活指針, を移した

▼ しばしば引き合い~ (3, 0.1%)

1 に出, に出される, に出る

▼ しばしば想像~ (3, 0.1%)

1 した, したもの, の世界

▼ しばしば成功~ (3, 0.1%)

1 した, したの, して

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 のき, の利用, の小勢

▼ しばしば新聞~ (3, 0.1%)

2 に見え 1 や雑誌

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

2 之この 1 之候

▼ しばしば極端~ (3, 0.1%)

1 と難ぜられた, な欠乏, に広げられました

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 と閑話, に請え, を捜した

▼ しばしば混同~ (3, 0.1%)

2 されて 1 して

▼ しばしば無用~ (3, 0.1%)

1 な重複, のもの, または有害

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 はれた, はれるの, わし示す

▼ しばしば現われる~ (3, 0.1%)

1 ことである, のでした, ものである

▼ しばしば現実~ (3, 0.1%)

1 のうち, の世界, の女

▼ しばしば生ずる~ (3, 0.1%)

1 ことの, のは, ものでない

▼ しばしば用いる~ (3, 0.1%)

1 に及んだ, 堀庄という, 手段である

▼ しばしば紹介~ (3, 0.1%)

1 いたしましたからめての, した, した彼

▼ しばしば緑雨~ (3, 0.1%)

1 が, のお客さん, の許

▼ しばしば繰り返された~ (3, 0.1%)

1 一話は, 省察によ, 省察によって

▼ しばしば繰返し~ (3, 0.1%)

1 ている, てこの, て恥じなかった

▼ しばしば美しい~ (3, 0.1%)

1 伝統の, 彩を, 透彫が

▼ しばしば聞い~ (3, 0.1%)

3 ていた

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 を立て, を立てさせた, を立てた

▼ しばしば自動車~ (3, 0.1%)

1 の客, の遠, を乗り棄て

▼ しばしば行われる~ (3, 0.1%)

1 ものは, 寺である, 習慣であり

▼ しばしば衝突~ (3, 0.1%)

2 をきたした 1 が起っ

▼ しばしば見聞~ (3, 0.1%)

1 したところ, した事, する現象

▼ しばしば観測~ (3, 0.1%)

1 された, されて, されるの

▼ しばしば言った~ (3, 0.1%)

1 ことである, ように, 通り今一つ竜なる

▼ しばしば訪れた~ (3, 0.1%)

1 ことが, のである, ものだった

▼ しばしば誤った~ (3, 0.1%)

1 方向に, 考えが, 醜い作

▼ しばしば述べ~ (3, 0.1%)

2 てある 1 ています

▼ しばしば遭遇~ (3, 0.1%)

1 する, するに, する一つ

▼ しばしば~ (3, 0.1%)

1 を出し, を飲ませよ, を飲んだ

▼ しばしば高い~ (3, 0.1%)

1 声で, 所から, 歴史的位置を

▼ しばしばあつ~ (2, 0.1%)

1 た, たの

▼ しばしばあまりに~ (2, 0.1%)

1 デッサンを, 深く考えた

▼ しばしばあれ~ (2, 0.1%)

1 でないこれ, どこの

▼ しばしばお互い~ (2, 0.1%)

1 の不運, を見る

▼ しばしばかかる~ (2, 0.1%)

1 場合に, 案内屋で

▼ しばしばかつて~ (2, 0.1%)

1 よんだフランス女学生, 心に

▼ しばしばこちら~ (2, 0.1%)

1 へおいで, へ伺っ

▼ しばしばこぼし~ (2, 0.1%)

1 ていた, て居た

▼ しばしばございまし~ (2, 0.1%)

1 てまた, て天体

▼ しばしばそうした~ (2, 0.1%)

1 唐突さに, 押しつよい

▼ しばしばそして~ (2, 0.1%)

1 その度, 実に通常

▼ しばしばそんな~ (2, 0.1%)

1 ことに, 事を

▼ しばしばでした~ (2, 0.1%)

1 が年, し時には

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 のだ, 警告に

▼ しばしばひやかし~ (2, 0.1%)

2 に行った

▼ しばしばまったく~ (2, 0.1%)

1 新しいふざけ, 腰を

▼ しばしばみられる~ (2, 0.1%)

1 といふ, ように

▼ しばしばむごい~ (2, 0.1%)

2 嘲弄を

▼ しばしばやる~ (2, 0.1%)

1 わけで, んです

▼ しばしばより~ (2, 0.1%)

1 便であろう, 深く精確

▼ しばしばわれわれ~ (2, 0.1%)

1 の仲間, の最善

▼ しばしばゴットフリート~ (2, 0.1%)

1 がどう, にどう

▼ しばしばジャーナリズム~ (2, 0.1%)

2 をにぎわした

▼ しばしばセシル~ (2, 0.1%)

2 に会った

▼ しばしばドストイェフスキー~ (2, 0.1%)

1 の事, を想像

▼ しばしばパリー~ (2, 0.1%)

1 にやってき, のこと

▼ しばしばペン~ (2, 0.1%)

2 の襲撃

▼ しばしば一晩中~ (2, 0.1%)

2 働かされる

▼ しばしば上演~ (2, 0.1%)

1 を繰り返され, を繰り返される

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 愛想に, 適当な

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 におどろかれ, に紹介

▼ しばしば世人~ (2, 0.1%)

1 から変, の目撃

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 てられたもの, 流民の

▼ しばしば主張~ (2, 0.1%)

1 せられたよう, せられて

▼ しばしば二人~ (2, 0.1%)

1 だけをいっしょ, は視線

▼ しばしば二葉亭~ (2, 0.1%)

1 に力説, を訪問

▼ しばしば互いに~ (2, 0.1%)

1 共有な, 欺き惜しみ裁いたから

▼ しばしば互に~ (2, 0.1%)

1 反対し, 排斥し合い

▼ しばしば些細~ (2, 0.1%)

1 ながらも両者, な動機

▼ しばしば他国~ (2, 0.1%)

1 の侵略, への移住

▼ しばしば以前~ (2, 0.1%)

2 に下した

▼ しばしば使い~ (2, 0.1%)

1 が来た, を出した

▼ しばしば使用~ (2, 0.1%)

1 されて, される

▼ しばしば依然~ (2, 0.1%)

2 同一である

▼ しばしば信仰~ (2, 0.1%)

2 を見失ったで

▼ しばしば個人~ (2, 0.1%)

1 の作品, または私設会社

▼ しばしば借り~ (2, 0.1%)

1 て相当, にいった

▼ しばしば偶然~ (2, 0.1%)

1 とは解釈, の出来事

▼ しばしば催し~ (2, 0.1%)

1 たり, てかつて

▼ しばしば傲慢~ (2, 0.1%)

2 である

▼ しばしば出くわす~ (2, 0.1%)

1 ことが, 光景である

▼ しばしば出で~ (2, 0.1%)

1 て里人, て雉子

▼ しばしば出る~ (2, 0.1%)

1 奥さんも, 馬宝の

▼ しばしば出逢う~ (2, 0.1%)

1 のであった, のである

▼ しばしば利己的~ (2, 0.1%)

2 な打算

▼ しばしば労働~ (2, 0.1%)

1 が騰貴, の労賃

▼ しばしば危険~ (2, 0.1%)

1 でさえ, に身

▼ しばしば可愛い~ (2, 0.1%)

2 花火を

▼ しばしば同情~ (2, 0.1%)

2 の意

▼ しばしば吾人~ (2, 0.1%)

1 に不, の想像

▼ しばしば呼び~ (2, 0.1%)

1 合つてゐた, 迎へて

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 を伝えたらしい, を殞

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 を選ぶ

▼ しばしば喧嘩~ (2, 0.1%)

1 や決闘, を仲裁

▼ しばしば嘗めた~ (2, 0.1%)

1 ことの, 不渡手形的援醤宣言の

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 くずれ原画, の如く

▼ しばしば国内的~ (2, 0.1%)

1 にも国外的, にも国際的

▼ しばしば外国~ (2, 0.1%)

1 で見る, の旅客

▼ しばしば外国人~ (2, 0.1%)

1 が入り込もう, に侵略

▼ しばしば多数~ (2, 0.1%)

1 の人間, の接触点

▼ しばしば夜中~ (2, 0.1%)

1 に幾時間, の十二時

▼ しばしば夜明し~ (2, 0.1%)

1 で働かなけれ, の酒飲み

▼ しばしば失望~ (2, 0.1%)

1 と懐疑, を感ずる

▼ しばしば奇異~ (2, 0.1%)

1 に想われた, を示し

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 がグレ, の口

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 に訴え, の家

▼ しばしば姿~ (2, 0.1%)

1 を現, を見

▼ しばしば嫉妬~ (2, 0.1%)

1 と間違, と間違えられる

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 の高時, を抱き過ぎ

▼ しばしば子供~ (2, 0.1%)

1 に折檻, の日常

▼ しばしば宇宙~ (2, 0.1%)

1 の起源, を有限

▼ しばしば宗教的~ (2, 0.1%)

2 な心

▼ しばしば家庭~ (2, 0.1%)

1 の不幸, の工藝

▼ しばしば小説~ (2, 0.1%)

1 なんかに言っ, の中

▼ しばしば屋根~ (2, 0.1%)

1 の萱, の雪

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 をおおい覚えず

▼ しばしば幻影~ (2, 0.1%)

1 に悩まされ始めた, に惱

▼ しばしば廃せられ~ (2, 0.1%)

2 たりまた

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 と影, を現

▼ しばしば役立つ~ (2, 0.1%)

2 ところの

▼ しばしば彼等~ (2, 0.1%)

1 とその, を慰め

▼ しばしば征服~ (2, 0.1%)

1 された, されながら

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 よりも悖徳

▼ しばしば怪しい~ (2, 0.1%)

1 ことが, 蛇に

▼ しばしば悲劇~ (2, 0.1%)

1 の原因, を伴っ

▼ しばしば惹き起される~ (2, 0.1%)

2 のを

▼ しばしば意見~ (2, 0.1%)

1 を異に, を述べ

▼ しばしば感嘆~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 る人間, る芸術

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 にする, のふり方

▼ しばしば技巧~ (2, 0.1%)

1 と美, の工藝

▼ しばしば指示~ (2, 0.1%)

2 すること

▼ しばしば描かれ~ (2, 0.1%)

1 ている, て居る

▼ しばしば提出~ (2, 0.1%)

1 される, して

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 替えられる, 替へられる

▼ しばしば政治~ (2, 0.1%)

1 において重大, の表面

▼ しばしば敗北主義者知性~ (2, 0.1%)

2 の敗北主義者

▼ しばしば数日~ (2, 0.1%)

1 の後, の病

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 らしい分量, 紙上に

▼ しばしば暴力~ (2, 0.1%)

1 をもっ, をもつ

▼ しばしば書い~ (2, 0.1%)

1 ている, て置いた

▼ しばしば服装~ (2, 0.1%)

1 をかえ, をかえる

▼ しばしば服裝~ (2, 0.1%)

1 をかへて私, をかへる

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 の前, を離れ

▼ しばしば東京~ (2, 0.1%)

1 に出, の兄

▼ しばしば模様~ (2, 0.1%)

1 が作, のうち

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 の袂

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 から次, のよう

▼ しばしば正造~ (2, 0.1%)

1 が投宿, が鉱毒演説会

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 に振り向きたる, を見る

▼ しばしば江戸~ (2, 0.1%)

1 と領地, に出た

▼ しばしば泣い~ (2, 0.1%)

1 て人, て諫

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 を流した, を誘われた

▼ しばしば深い~ (2, 0.1%)

1 懷疑に, 靄が

▼ しばしば滑稽~ (2, 0.1%)

1 では, にさえ感じられる

▼ しばしば熊野~ (2, 0.1%)

1 の猟師, へ詣でられる

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 が経験, の若い

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 を重ね

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 の方, 若丸

▼ しばしば特殊~ (2, 0.1%)

1 な才能, な衣裳

▼ しばしば犯される~ (2, 0.1%)

1 明かな, 行為の

▼ しばしば犯す~ (2, 0.1%)

1 ものである, ものは

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 を愚物, を見た

▼ しばしば現代~ (2, 0.1%)

1 におけるカテドラアル, の空気

▼ しばしば生命~ (2, 0.1%)

1 についての彼, の危険

▼ しばしば生活~ (2, 0.1%)

1 にまで入った, の入費

▼ しばしば用いた~ (2, 0.1%)

1 があれ, 手段と

▼ しばしば病臥~ (2, 0.1%)

2 を余儀なく

▼ しばしば発言~ (2, 0.1%)

1 されたこと, を求め

▼ しばしば登場~ (2, 0.1%)

1 させて, する

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 をはずれ, をはずれた

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 にする, に見えぬ

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 見て, 見る既にしばしば

▼ しばしば相手~ (2, 0.1%)

1 の人物, の感情的弱点

▼ しばしば相殺~ (2, 0.1%)

2 されて

▼ しばしば矛盾~ (2, 0.1%)

1 するよう, もし

▼ しばしば祟り~ (2, 0.1%)

1 をなす, を説き

▼ しばしば種々~ (2, 0.1%)

1 の問題, の苦痛

▼ しばしば絶え~ (2, 0.1%)

1 これに, 一方には

▼ しばしば絶望~ (2, 0.1%)

1 のどん底, の深淵

▼ しばしば続い~ (2, 0.1%)

1 てもとより, て客

▼ しばしば考えた~ (2, 0.1%)

1 けれど未だにはっきり, ことが

▼ しばしば考えられ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ しばしば聞かされた~ (2, 0.1%)

1 たぬきの, ものです

▼ しばしば聞かされる~ (2, 0.1%)

1 のが, 事である

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 に浮かんだ, を襲っ

▼ しばしば自ら~ (2, 0.1%)

1 恐るべき作業, 欺くこと

▼ しばしば芸術家~ (2, 0.1%)

1 に共通, の心境

▼ しばしば若い~ (2, 0.1%)

1 人々に, 人々を

▼ しばしば著しく~ (2, 0.1%)

1 困難にも, 増加し

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 が棲む, のよう

▼ しばしば蜂起~ (2, 0.1%)

1 して, する土一揆

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 の湖, を吸い

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 はれた, はれ現代

▼ しばしば行っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て議論

▼ しばしば行なわれ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来た

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 から手帛

▼ しばしば襲っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て来る

▼ しばしば見受けられる~ (2, 0.1%)

1 ものであっ, ようである

▼ しばしば見物~ (2, 0.1%)

1 した, にでかけた

▼ しばしば解放~ (2, 0.1%)

2 されること

▼ しばしば言う~ (2, 0.1%)

1 が如く, デモクラシーは

▼ しばしば言及~ (2, 0.1%)

1 されて, した事

▼ しばしば言葉~ (2, 0.1%)

1 の使用, をまじえた

▼ しばしば記した~ (2, 0.1%)

1 ところである, 通りである

▼ しばしば訪ね~ (2, 0.1%)

1 てくれたで, て来る

▼ しばしば訪れ~ (2, 0.1%)

1 て来, て来た

▼ しばしば訪れる~ (2, 0.1%)

1 のだ, 頂上に

▼ しばしば試み~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ しばしば話し合った~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことを

▼ しばしば語られ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ しばしば語る~ (2, 0.1%)

2 ところに

▼ しばしば誤謬~ (2, 0.1%)

1 に陥り, に陷

▼ しばしば説いた如く~ (2, 0.1%)

1 實に, 文化的時間從つて客觀的時間においては

▼ しばしば説明~ (2, 0.1%)

1 するが, に傾い

▼ しばしば読者~ (2, 0.1%)

1 から反問, の側

▼ しばしば論議~ (2, 0.1%)

1 されて, せらるること

▼ しばしば負け~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ しばしば貴方がた~ (2, 0.1%)

2 をまとも

▼ しばしば買物~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ しばしば起き~ (2, 0.1%)

1 ている, てはわが子

▼ しばしば起こっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て顧客ら

▼ しばしば起っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て遂に

▼ しばしば起った~ (2, 0.1%)

1 ということ, んです

▼ しばしば農事~ (2, 0.1%)

2 の合間

▼ しばしば述べられ~ (2, 0.1%)

1 てあり, また認められ

▼ しばしば途方~ (2, 0.1%)

1 にくれ, にくれた

▼ しばしば逢著~ (2, 0.1%)

1 しながら, するが

▼ しばしば過ち~ (2, 0.1%)

2 を犯す

▼ しばしば過つ~ (2, 0.1%)

1 がごとき, が如き

▼ しばしば過度~ (2, 0.1%)

2 の奢侈

▼ しばしば部落内~ (2, 0.1%)

2 に出入

▼ しばしば長崎~ (2, 0.1%)

1 を訪ね, を訪れ

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 がぬけた, を欠き

▼ しばしば閣下~ (2, 0.1%)

1 という敬語, の祈祷所

▼ しばしば陥る~ (2, 0.1%)

1 一つの, 沈思の

▼ しばしば隣国~ (2, 0.1%)

1 と戦っ, を襲撃

▼ しばしば面会~ (2, 0.1%)

1 したこと, を求め

▼ しばしば音信~ (2, 0.1%)

1 した一事, を交し

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 で反対, を打っつけ

▼ しばしば飛ん~ (2, 0.1%)

2 で宮中

▼ しばしば食物~ (2, 0.1%)

1 なしに, を探し求め

▼ しばしば驚かされる~ (2, 0.1%)

1 のであった, ほどである

▼ しばしば驚嘆~ (2, 0.1%)

1 すべきもの, の声

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

1 廻りを, 賓如の

▼ しばしば~ (2, 0.1%)

2 かな地方性

▼1* [1575件]

しばしばだし名を, しばしばああイリフペトロフは, しばしばあげられたほどであった, しばしばあざむくものだ, しばしばあたしの胸, しばしばあったらしいという, しばしばあてどもなく, しばしばあふれ出して営利性, しばしばあぶない目に, しばしばあまりにしばしばあなたを, しばしばあらざればと心, しばしばあらしめるものだ, しばしばあらゆる觀點より, しばしばありますから早, しばしばあり過ぎたりする, しばしばあるごとく偶然の, しばしばあるだろうに, しばしばある如く人間は, しばしばいい話を, しばしばいいかげんなこと, しばしばいうことだ, しばしばいうごとく少しばかり, しばしばいえるがごとし, しばしばいく晩でも, しばしばいっている, しばしばいっしょに散歩, しばしばいっそういらだち従僕, しばしばいつたのである, しばしばいはれて心付き, しばしばいまのり子が歎, しばしばいやたいてい空, しばしばいわれるカフカの, しばしばうおーッと, しばしばうそをいう, しばしばうちへいらっしゃっ, しばしばうなづきたまひ始めて, しばしばえたいの知れない, しばしばおいでになる, しばしばおう瀬を, しばしばおせっかいとして排斥, しばしばおそらく人間の, しばしばおもふて骨, しばしばお前にはある, しばしばお目にかかっていた, しばしばお越しなされました, しばしばかいがんに及んだ, しばしばかいたからここ, しばしばかいま見たことが, しばしばかくの如き, しばしばかなりの期間, しばしばかの女の, しばしばきかれたことが, しばしばきびしい目つきで, しばしばきわめてむずかしいこと, しばしばくくくくと忍び笑い, しばしばくらわせることだろう, しばしばくりかえされていた, しばしばくりかえしている, しばしばくり返されその日, しばしばくり返されたが彼, しばしばくり返して怪しまない, しばしばくり返すのを, しばしばこう思った, しばしばこんなにくっついて, しばしばごく小さな箱舟, しばしばういつた冒険者, しばしばさうなつて, しばしばさせられることが, しばしばしかも手軽くやった, しばしばした目つきで, しばしばしばらくこれらの, しばしばすぎるほど, しばしばすでにきわめてぼやけて, しばしばする心もちに, しばしばせざるをえない, しばしばせつかちで, しばしばその道誉の襟, しばしばその間に悶着, しばしばそれとなく注意を, しばしばそれ以上が冬期, しばしばたいへんしばしば起ったという, しばしばたがいに撞着, しばしばたずねてみました, しばしばたずねられますが決して, しばしばたたかいの心持ち, しばしばただの消防夫, しばしばたとえば日本の, しばしばたまちやんたま, しばしばだれも気づかぬ, しばしばちがった意味で, しばしばつかわれた有名な, しばしばつくってやらなけれ, しばしばであるが今, しばしばでたらめな文様, しばしばでなくても同門, しばしばという次第だ, しばしばとんでもない方向, しばしばどこへ行く, しばしばどころでは, しばしばなぐさみにすぎず, しばしばなぐっても悛, しばしばなされている, しばしばなされるように, しばしばなしたように, しばしばなすとおりふい, しばしばなぜと反問, しばしばなやまされながらも神経, しばしばなり今は, しばしばなりきしかして彼, しばしばなるべければしたがって, しばしばなれど一々, しばしばなんと拒まれても, しばしばなりまた, しばしばにんじんのペン, しばしばのぞき見しては書類, しばしばはさみはする, しばしばはなはだしい的はずれの, しばしばひどく面倒な, しばしばふいの伏勢, しばしばふしぎなくらい, しばしばぶつかったのでまた, しばしばほうぼうの大路小路, しばしばほかのこと, しばしばほとんどまたは全く, しばしばほんとうに芸術, しばしばぼくの家, しばしばぼろしに, しばしばまごつかされおびやかされるであろうし従って, しばしばまざり合つて出, しばしばまたたくところ座する, しばしばまるでお話に, しばしばみすごしている, しばしばみますへ行く, しばしばみるあの押しつけがまし, しばしばみんなに話, しばしばもちいられている, しばしばもっていない, しばしばもっとも多く君子, しばしばもとの水平, しばしばものもえ, しばしばもらったがそれ, しばしばやってそういう, しばしばやった事が, しばしばやってきていい, しばしばやってくる父親の, しばしばやって来るお菓子職人と, しばしばやつて来る, しばしばゆかれますがみんなそれ, しばしばゆくことは, しばしばよこしていろいろ, しばしばよその民族, しばしばよびとめていた, しばしばよろけることが, しばしばわずかに三, しばしばわたしに説明, しばしばわたしたちは両親, しばしば自乗した, しばしばアテナイを訪問, しばしばアンナ・シーモヴァを思いおこした, しばしばウォルタア・スコットの姿, しばしばウソのこじつけ, しばしばエマニュエルと話した, しばしばオペラやバレー, しばしばオーベルの, しばしばカフェへ行く, しばしばカメーネの森, しばしばガラス質の粒, しばしばギャラップの世論調査, しばしばクベラを金, しばしばクリストフを音楽会, しばしばグラチアへ話し, しばしばグローチゥスをこれ, しばしばゴミをすて, しばしばサロンの外人たち, しばしばサークルにいる, しばしばシューと同一視, しばしばジャングルの中, しばしばジャンナン家を訪れ, しばしばジョーレスと比較, しばしばステッキを片手, しばしばスマちゃんくらいお洒落, しばしばタ行に誤っ, しばしばデモーニッシュな衝動, しばしばト連送の電文, しばしばドイツのレジショール, しばしばドイルその他の探偵小説家, しばしばニヒルにつながる, しばしばノロノロと号令, しばしばハステラーに折り入っ, しばしばバルナバスの手, しばしばフランシス・ベエコンを描写, しばしばフランスその他国外に暮し, しばしばフリーダと話し合っ, しばしばベッドからこの, しばしばホテルの理髪師, しばしばホームズから彼, しばしばボケの花, しばしばマリヤンの家, しばしばマリユスの個性, しばしばムリな奇襲, しばしばモデルになった, しばしばモリスの模様, しばしばヤイノを極, しばしばユタのお世話, しばしばラ行に誤っ, しばしばリフレインとして繰り返さるる, しばしばリューマチの痛み, しばしばルウヴル博物館をおとづれて古代希臘, しばしばロバトスンと同じ, しばしばローマへ行き, しばしばローマ皇帝の行在所, しばしばワナにかかった, しばしばワルト・ウィットマンを思った, しばしば一しょに散歩, しばしば一つの屋根, しばしば一五年以下であったこと, しばしば一人の人間, しばしば一対三またはそれ以上, しばしば一度も会った, しばしば一方の足, しばしば一晩じゅういつも磨かれ, しばしば一犬遠くより来会, しばしば一癖ありげ, しばしば一種の白眼, しばしば一種妙な貴族的精神, しばしば一緒になっ, しばしば一般に観過され, しばしば一般的であるという, しばしば一葉の家, しばしば万事水泡に帰せし, しばしば万人に反対, しばしば丈余にも達します, しばしば三吉になっ, しばしば三本錐に見舞われ, しばしば上下する金松四郎兵衛, しばしば上京するたび, しばしば上司の家, しばしば上方へのぼり, しばしば下しがちであると, しばしば下品な言い廻わし, しばしば下層者を極めて, しばしば下層階級をし, しばしば下痢を起しました, しばしば不備であったため, しばしば不可能であるが, しばしば不器用な言葉, しばしば不在であること, しばしば不安に突き抜く, しばしば不完全なる和睦, しばしば不幸なる誤解, しばしば不意に破る, しばしば不時の変調, しばしば不自然の抑, しばしば不連続である, しばしば与えてやりたい, しばしば与えられた食物の, しばしば世上に聞えぬで, しばしば世界の表面, しばしば世間に向かっ, しばしば両方から引き合っ, しばしば両親のところ, しばしば中世主義と呼ばれる, しばしば中位死亡年齢よりかなり, しばしば中国を侵略, しばしば中座した, しばしば中野の幻影, しばしば主人の利益, しばしば主観主義と考えられてる, しばしば久子の唇もと, しばしばを霊媒, しばしば乗り合はせる, しばしば乗り遅れている, しばしば乙姫様という美しい, しばしば乳牛を瘠せさせ, しばしばの囲い, しばしば予定外の生活, しばしば予想しまたは, しばしば二冊となっ, しばしば云う言葉であった, しばしば云われるが勇気, しばしば五条通いをした, しばしば交尾させその, しばしばへのぼらせ, しばしば京師に献言, しばしば京都へ除書, しばしば人中でそっと, しばしば人口を荒廃, しばしば人口原理が極めて, しばしば人影がさす, しばしば人生の一角, しばしば人畜を害した, しばしばの家庭生活, しばしば今日の文壇, しばしば仕事のうち, しばしば仕合せ者だと, しばしば仙台の劇場, しばしば仰せになる, しばしば仲密夫人に勧告, しばしば仲間同士の間, しばしば企てられはした, しばしば伊太夫の許, しばしば会うことは, しばしば会った様子だった, しばしば会合をかさね, しばしば会場になつたの, しばしば会談する機会, しばしば伝写本が世間, しばしば伝染病が起り, しばしば伝統を離れ, しばしば伝統的に用い, しばしば伸子を動かした, しばしば伺ったがいつも, しばしば伺候しては, しばしば体力的にも生活, しばしば体験の宗教, しばしば何千万億の錯誤, しばしばを訪問, しばしば余談にわたること, しばしば作ることが, しばしば使う霊異な, しばしば使っている, しばしば使われたという, しばしば価値が乏しく, しばしば価格の上, しばしば俊亮にその, しばしばの上, しばしば俘囚をもっ, しばしばを山下, しばしば保子によく, しばしば俳諧附合の両, しばしば倉地の下宿, しばしば個性の主要部, しばしば倒れ相に, しばしば倶楽部に行っ, しばしば停止されるとは, しばしば停頓を見, しばしば催されるように, しばしば僕等が世話, しばしば僧官から戒められます, しばしば優れた形や, しばしば兇暴な牛, しばしば先住民族との間, しばしば先夜の研究会, しばしば先後しかつ, しばしば先進の大官, しばしば光り心理の, しばしば来るは, しばしば入っていた, しばしば入りびたりになり, しばしば入れるに異ならず, しばしば入れ代ったがその, しばしば入替りしたがって言語文物, しばしば人民を, しばしばの宮, しばしば八幡大菩薩, しばしばの相撲, しばしば公使館に詰, しばしば公務を欠い, しばしば公爵の霊感, しばしば六四調や八五調, しばしば六尺よりももっと, しばしば兵隊将棋やトランプ, しばしば其処へ見舞い, しばしば内応者が出, しばしば内閣議長となった, しばしば再現しもしくは, しばしば再縁をすすめられました, しばしば冒険心を与えられ, しばしば写生を離れ, しばしば写生帳とコンテ, しばしば写真を見た, しばしば冷たい意志や, しばしば冷やした稀世の, しばしば凡情に立返りかけ, しばしばをかへて家居, しばしば出くわして親しみ, しばしば出され斜めならぬ, しばしば出すもの, しばしば出た言葉で, しばしば出仕を勧められた, しばしば出会っていた, しばしば出会ったがよく, しばしば出会わすことは, しばしば出勤して, しばしば出向きましてその, しばしば出掛けなんや, しばしば出来事につい, しばしば出現する不恰好, しばしば出生と結婚, しばしば出自が不明, しばしば出逢って話, しばしば出遭う機会が, しばしば出離を人, しばしばを措い, しばしば刃傷にも及ぶ, しばしば切り損じて上, しばしば刑罰の鞭, しばしば列席した, しばしば別居の話, しばしば刺繍がそれ, しばしば前後の順序, しばしば前書によって句意, しばしば力量の不足, しばしば加納にこぼした, しばしば劣等感と利己心, しばしば労働者の利益, しばしば労働者階級の利益, しばしば動いてポケット, しばしば動物によって試みた, しばしば動物園の猴類, しばしば勘当したの, しばしば勘違いに解釈, しばしば勧められたがいつも, しばしば北斎より更に, しばしば北海道の北海道ら, しばしば医家らしい眼, しばしば十五フィートから二十フィート, しばしば十八歳か十九歳, しばしば十分に詩, しばしば十回でも召喚, しばしば千僧の供養, しばしば半夜の夢, しばしば卑屈になる, しばしば南朝方へ奔, しばしば単色のべた塗り, しばしば博士邸へたずね, しばしば博物館に変わっ, しばしば印刷物で見, しばしばい橋, しばしば危ない岩茸を, しばしば危機に見舞, しばしば却って破壊の, しばしば原因をここ, しばしば原意のまま, しばしば原田家に滞在, しばしばな思い, しばしば厳格なる韻律形式, しばしば厳然たる存在である, しばしば参って実に, しばしば参加する, しばしば友人仲間へは伝えた, しばしば反す急に, しばしば反対の結果, しばしば反対者に打撃, しばしば反覆し説いて, しばしば反語的に真相, しばしば受けたようである, しばしばいたの, しばしば叛乱将校の個人, しばしば椀などを, しばしば古い過去における, しばしば古書に見え, しばしば古物商の店, しばしば叩いて話, しばしば召されたりまた, しばしば召されることに, しばしば可憐な紋白蝶, しばしば可笑しくも何とも, しばしば台湾を旅行, しばしば叱られた関係も, しばしば叱責されたが, しばしば史上の人物, しばしば右方に黄海, しばしば各地の名産, しばしば各自の家, しばしば合意の上, しばしば吉原に遊んだ, しばしば吉左衛門夫婦の話, しばしば吉村の宿, しばしば一思想の, しばしば同時にある恵み, しばしば同様な辱めを, しばしば名づけられたように, しばしば名前の出た, しばしば名山に往来, しばしば呂昇に向かっ, しばしばの宮中, しばしば呟くこの言葉, しばしば周囲の人々, しばしば呪いの譫言, しばしば呼ばれてくる, しばしば呼び起させるために, しばしば呼べばしばしば, しばしば呼出しを受け, しばしば呼気性の呼吸困難, しばしば咏歎せられて, しばしば哄笑した, しばしば哲學によつて, しばしば唄った甚句か, しばしば唖然として舌, しばしば唯美主義者と呼び, しばしば唱道されて, しばしば唸っている, しばしば商業界における諸, しばしばへど老女, しばしば問いあわせを受けます, しばしば問いかけこうやっ, しばしば問い合せを受けます, しばしば問い合わせを受ける, しばしば問うてみる, しばしば問ひまつりしに, しばしば問われて秘めおく, しばしば啓発せられたこと, しばしば啼き吃り, しばしば啼き渡る頃に, しばしば善事をする, しばしば善果よりも惨害, しばしば善良な良人, しばしばつところ, しばしば喫煙および煙草耕作, しばしば喫茶店カツミへも行った, しばしばをついた, しばしば嘲弄をさえ受けた, しばしば嘲弄的の微笑, しばしばされた, しばしば噛みしめたものである, しばしば噴き出して笑っ, しばしば四分の一三分の一はなはだしきは, しばしば回顧的な興味, しばしばとなっ, しばしば図々しくおたか, しばしば図書室へ通った, しばしば国乱をさえ呼ん, しばしば国境を犯す, しばしば国是確定紀綱緊張の説, しばしば国民資本の減少, しばしば国許の子供, しばしば国貞に優れり, しばしばを攀じ, しばしば土御門家を笠, しばしば土民から有利, しばしば土豪的な荒稼ぎ, しばしば圧迫する窮情, しばしば地上の大戦, しばしば地代が静止的, しばしば地球に衝突, しばしば地雷復の初, しばしばの者, しばしば坂井と往復, しばしば埋めては新しい, しばしば埋もれた鶩の, しばしば城中の首里森, しばしば堤防を崩す, しばしば場席を出, しばしばがこい, しばしば墓地のなか, しばしば墓所を見まわっ, しばしばばかり発し, しばしば声名を謳われた, しばしば声明したことば, しばしば変わり毎に, しばしば変化するの, しばしば変更せぬこそ, しばしばの礼制, しばしば夕方の散歩, しばしば外國を訪れた, しばしば外套を剥ぎとられる, しばしば多くの讃辞, しばしば多年の辛苦, しばしばを明し, しばしば夜ふけにもどっ, しばしば夜分に家, しばしば夜晩く帰宅, しばしば大きすぎる主題, しばしば大事をあやまり, しばしば大人の世界, しばしば大切な作品, しばしば大坂方の使者, しばしば大変美しい上り, しばしば大殿の御感, しばしば大火に見舞われた, しばしば大目に見られ, しばしば大臣の進退, しばしば大衆が理解, しばしば大袈裟に採用, しばしば大阪の本社, しばしば大陸に現われ, しばしば大雨などをもたらし, しばしばを仰い, しばしば天井に頭, しばしば天才婦人の現われる, しばしば天邪鬼の風貌, しばしば太刀を操る, しばしば失ってしまった, しばしば奇怪なもの, しばしば奈良近傍に宮方, しばしば奉仕的に巡, しばしば奪ったせいで, しばしば女事で失敗, しばしば女子をも襲った, しばしば女猿廻しとお, しばしば女神に見立てられる, しばしば好評を博し, しばしばの寝所, しばしばの伸子, しばしば子どもたちを励まし, しばしば孔明に訴え, しばしば孤立的な枯渇, しばしば学者連へ問い合せた, しばしば學校を落第, しばしば宇治の頼通, しばしば安易に考へられ, しばしば安死術を行う, しばしば宋思芳に向かっ, しばしば宗家に対して謀叛, しばしば宗教へも揶揄, しばしば官軍方が優勢, しばしば実例が示す, しばしば実行して, しばしば実見する機会, しばしば実隆の意見, しばしば実験室の中, しばしばあり, しばしばの御名, しばしば宮将軍との御, しばしば害悪な虫けら, しばしば家主かわりぬ, しばしば家人を困らし, しばしば家内が下地, しばしば家族を養い得る, しばしば家賃の減少, しばしば容易ならぬ抵抗, しばしば宿舎を抜け出, しばしば寄り集まり破裂し消え失せた, しばしば寄り添って建てられ, しばしば寄手方の宣伝, しばしば寄書して, しばしば密かな会合, しばしば密議を凝らせり, しばしば寒い季節には, しばしば寒し妻と, しばしば寒暖応答の辞, しばしば寛容に似た, しばしば寝ころがってマザー, しばしば寝られない夜も, しばしば寝室でこんな, しばしば寝床の中, しばしば實驗が不, しばしば審美的価値の貧弱, しばしば寺社奉行の因幡守, しばしば対句を使う, しばしば対局場を間違えた, しばしば対立して, しばしば将来を約束, しばしば将軍の御, しばしば尋ねて来る, しばしば導くものである, しばしば水滴付の, しばしば小さいベルの, しばしば小勢で出没, しばしば小川で水, しばしば小杉先生をお, しばしば小粒の星屑, しばしば小道を野原, しばしば少年等は, しばしば居所を変えた, しばしば居残って仕事, しばしば展覧会において日本, しばしば屠場近く住み, しばしば山腹に枝, しばしば岩礁のため, しばしば岸田國士を岩田國士, しばしばや池, しばしば崩壊して, しばしばが吹く, しばしば工事の現場, しばしば左右される, しばしば巫術の家, しばしばの刀環, しばしばを徘徊, しばしば市人の哀愁, しばしば希望にあざむかれる, しばしば帝位の巧, しばしば帝国劇場に演ぜられた, しばしばの利己主義, しばしばを立ちました, しばしば常人に対して好意, しばしば常陸の宮, しばしば平安朝頃の記録, しばしば平常の冷静, しばしば平気で言い添える, しばしば年出生と結婚, しばしば年齢疾病及び勤勉性, しばしば床の間の軸, しばしば床几をはなれ, しばしばを過ごし, しばしば庶民に愛国尚武, しばしば廊下へ立った, しばしば廷丁の追いつく, しばしば弁信法師の口, しばしば弁明して, しばしば引いて曲路, しばしば引かれるのである, しばしば引きあいに, しばしば引きあひに出される, しばしば張飛の眉前, しばしば強い肥料を, しばしば強烈に甦っ, しばしば弾き新しいレコード, しばしば弾圧を蒙っ, しばしば弾左衛門のこと, しばしば当事者が家族, しばしば当夜の反抗心, しばしば当局と国民, しばしば当面の問題, しばしば役人があんまり, しばしば役者似顔絵またはせりふ役者誉詞, しばしば彼地の女, しばしば往き来して, しばしば往診の話, しばしば後続きのしない, しばしば後者の一つ, しばしば後見を勤め, しばしば従妹が自分, しばしば得意げにこう, しばしば御召しに, しばしば御座いますけれどそれ, しばしば御所へ出仕, しばしば御霊文楽座に於, しばしば徴税額を減少, しばしば心底から後悔, しばしば必要品の生産, しばしば必要手段たるよりはむしろ, しばしば忍んでいっ, しばしば志士論客を請, しばしばられがち, しばしば応援をおくり出し, しばしば応用せられるもの, しばしば忠告を試みたる, しばしば快く客と, しばしば念仏の行, しばしば怒った顔よりも, しばしば怒り悲しみあざ笑い, しばしばろしい, しばしば思いもかけぬ, しばしば思いがけない手柄を, しばしば思いめぐらしているであろう, しばしば思う頸引きという, しばしば思うたもし武蔵野, しばしば思えどそこ, しばしば思ったこんな日, しばしば思はれるのであります, しばしば思ひ出で, しばしば思わざる逆境に, しばしば怪しからぬ大官, しばしば怪我人が出来る, しばしば恋愛狂に似寄っ, しばしば恐るべき底から, しばしばを忍ん, しばしば恥ずべき醜業をさえ, しばしばがとまり, しばしば悩ませられている, しばしば趣味の, しばしば悪い結果を, しばしば悪党と呼ばれた, しばしば悲しい気持に, しばしば悲劇的なもの, しばしば悲壮な努力, しばしば悲惨な運命, しばしば悶着を起した, しばしば想ってみる, しばしば意志の敗北, しばしば意識しすぎて, しばしば愚鈍と軽妙, しばしばと認識, しばしば感じのいい, しばしば感じたことが, しばしば感じるのである, しばしば感情の教育, しばしば感歎を促され, しばしば憂鬱なる裏町, しばしば憎み合ひ, しばしば憎み合い挑み合う心の, しばしば憎んだのは, しばしば懇意な人々, しばしば懷疑的な氣持, しばしば我々が耳, しばしば或は客觀的實在世界の, しばしばがあった, しばしば戦争が起る, しばしば戦功を現, しばしば戦場でおす, しばしば戯作者風の可, しばしば戯場に出入, しばしば税が, しばしば所属のヨット, しばしば所見を発表, しばしば所謂特殊部落民と懇意, しばしば扇面に書し与えた, しばしば手淫する人, しばしば承わりましたのでそう, しばしば技術を突き抜け, しばしば抗し得なかったことであろう, しばしば抽象的であると, しばしば招いたけれども行かない, しばしば招かれていた, しばしば招かれたのだった, しばしば持ち各学校, しばしば挙げた指標すなわち, しばしば挙行せられ意気, しばしば振り回りて後髪, しばしば振返って別れ, しばしば捨てられている, しばしば授けられた人である, しばしばを伸べ, しばしば掠奪を受けた, しばしば探偵作家が書い, しばしば探偵小説に取り入れられ, しばしば探偵小説談が交わされた, しばしば接近しない近代, しばしば推奨され来ったもの, しばしば掲げてある, しばしば描かれるわれわれの, しばしば提灯の火, しばしば播種の用意, しばしば擁護して, しばしば擬装的な示唆, しばしば支配すること, しばしば改まりたれども今日, しばしば改暦があっ, しばしば攻勢に出る, しばしば放心した者, しばしば政事家間に衝突, しばしば政府に雇われた, しばしば故人の妄誕, しばしば故意にコン吉, しばしばゆる一切平等, しばしば教えている, しばしば散歩して, しばしば敵対の地位, しばしば敵陣からの奇襲, しばしばの支離錯雑, しばしば文書に見え, しばしば斎藤家の残党, しばしば断たれる危機に, しばしば断ち切れてだんだん, しばしば断っておく, しばしば新たなる実例, しばしば新体詩に対して試みられた, しばしば新聞上に見る, しばしば新聞雑誌に見る, しばしば新造語の助け, しばしばして, しばしば旅客の忍ばね, しばしば旅宿を営んだ, しばしば旅行した, しばしば族長または祖霊, しばしば日本人独特の, しばしば日本在来の棚, しばしば日本学会でわが, しばしば日本画も西洋画, しばしば日本語とよく, しばしば日記に書いた, しばしば早馬や駅令, しばしば明らさまの声, しばしば明るい散策の, しばしば明治初年の渾沌, しばしば易々たること, しばしば映写幕の上, しばしば春琴が無聊, しばしば昼間通ったこと, しばしばは, しばしば時代の外, しばしば晩年のこと, しばしば普通の貧民窟, しばしばに交渉, しばしば暗殺されるとか, しばしば暴風時の高潮, しばしば曖昧卑猥な情景, しばしば更迭した事実, しばしば書いたことである, しばしば書かれている, しばしば書き送っていた, しばしば書く文章の, しばしば書写の命, しばしば書状にこめ, しばしば書面を送っ, しばしば曹操へ諫め, しばしば多数の, しばしば有りとの事, しばしば有るそれは, しばしば有害に変更, しばしば有用である, しばしば朋輩や好き, しばしば朝倉先生や次郎, しばしば朝鮮や明国, しばしばのかげ, しばしば木炭が発見, しばしば未熟の狐, しばしば誌上で, しばしば本国に往来, しばしば本家のお, しばしば本書のずっと, しばしば本朝をもう, しばしば本来は軽い, しばしば本質上での詩, しばしば朱筆を抛っ, しばしば村人の目, しばしばてこれ, しばしば来し百穂も, しばしば来たことの, しばしば来られますか, しばしば来りてスケッチ, しばしば来朝して, しばしば来臨するよう, しばしばの並べる如き, しばしばのひ, しばしばを張り出し, しばしば柔和で従順, しばしば柳営に出入, しばしば柳屋の前, しばしば柳橋で大, しばしば校番室で繰り返された, しばしば桂浜へ行かれる, しばしば桃太郎や瓜子姫, しばしば案山子をも礼讃, しばしば桜皮で巻いた, しばしばで茶, しばしばの種子, しばしば棟梁と呼ぶ, しばしば森林や山, しばしば極度の虐待, しばしば楽器を奏で, しばしば樂んだ, しばしば標榜して, しばしば権力それ自身も一つ, しばしばへつり, しばしば横暴を働いた, しばしば横須賀に往復, しばしば横領されること, しばしば橋場の御新造, しばしば機会あるごと, しばしば櫟林の中, しばしば欠乏に曝される, しばしば次郎にあて, しばしば欺いた子供を, しばしば欺かれることが, しばしば正直な手堅い, しばしば此処へやって来る, しばしば武器なき民衆, しばしば武士に反抗, しばしば武田麟太郎に出会った, しばしば武蔵の名, しばしば歪められてしまっ, しばしば歴史地理の誌上, しばしばが迫っ, しばしば死に至る争闘を, しばしば死ぬような, しばしば死刑囚の身体, しばしば殆ど眞に, しばしば殉教者のそれ, しばしば残忍とえらぶ, しばしば残念に思っ, しばしばの礼制, しばしば殿が座辺, しばしば母君に伺ひまつりし, しばしば毒ゼリを登場, しばしば比較に用いられる, しばしばを探り合う, しばしば毛利方の水軍, しばしば毛彫が施され, しばしばに会し, しばしば民子の手, しばしば民家に来れ, しばしば民衆芸術即ち現在, しばしば気づいたことであろう, しばしば気儘な個性, しばしばの辺, しばしば水木由子と顔, しばしば永い間人影の, しばしば永久的な改良, しばしば永続的結果を及ぼす, しばしばをかいた, しばしば汽車の中, しばしば沢山咸の, しばしば治績を世に, しばしば法師原と呼ん, しばしば法規の不, しばしば泣かせ娘に対して, しばしば洗濯の手, しばしば洩らされて下層社会, しばしば流れ手元は, しばしば流産せざるを, しばしば流行しそして, しばしば浮かぶことが, しばしば浮世絵の特徴, しばしばした, しばしば海辺にたたずん, しばしば海霧を析出, しばしば消えてしまふ, しばしば消失せんと, しばしば涙ぐましい多くの, しばしば深山の雪, しばしば混乱に陥った, しばしば淺薄な思想, しばしば清廷の宗室大官, しばしば渋らせながら童子, しばしば減少せしめなければ, しばしば湯治に来た, しばしば満たされないものを, しばしば溜飲を下げ, しばしばの辺り, しばしばを嵌め, しばしば漏らした不平や, しばしば漱石氏を訪問, しばしば潜み隠れている, しばしば激痛が襲いかかっ, しばしば激論したの, しばしば濫用され偽, しばしば炭鉱稼ぎに出, しばしば烈しい悩乱と, しばしば烏蘇里鹿を撃ち, しばしば前提の, しばしば無名の技術家, しばしば無地ものは美, しばしば無線電信の発信所, しばしば無辜の流血, しばしば無遠慮に中, しばしば熊祭という事, しばしば熱心に祈祷, しばしば熱海に往復, しばしば熱烈な情欲, しばしば輪者に, しばしば物体的なもの, しばしば物語や歌, しばしば物驚きをし, しばしば物體的なもの, しばしば犠牲を要求, しばしば狂いもがい, しばしば狂うけれどもその, しばしば狂ったように, しばしば狂癲の持病, しばしばを取り, しばしば狙いをはずす, しばしば独り合点や記憶ちがい, しばしば独語せり, しばしば狸汁に舌鼓, しばしばに逢いたりき, しばしば猛きもののふを, しばしば猛威を逞しゅう, しばしば猛烈な大, しばしばの獲物, しばしばの争奪, しばしば献言中だったが, しばしば献身と犠牲, しばしば獄窓につながれる, しばしば玄妙中のまた, しばしば王侍御の, しばしば現れて米英, しばしば現れたる天佑の, しばしば現れるところの, しばしば現前する意志, しばしば琵琶法師をお召, しばしば環境の作り出す, しばしばしく空腹, しばしば甚だ重苦しい状態, しばしば生きながら天狗道, しばしば生きものを殺した, しばしば生きるよろこびと希望, しばしば産後の発狂, しばしば用いられたため後には, しばしば田作りを食み荒らす, しばしば田沼という大, しばしば田畑に甘蔗, しばしば申しあげましたかれ独特の, しばしば申しましたごとく仏教における, しばしば申しますとおり, しばしば申し上げたように, しばしば男の子のよう, しばしば男女奇縁を結ぶ, しばしば男裝した女, しばしば画室の方, しばしば画家のマネー, しばしば画師竹洞の大, しばしば畝溝のよう, しばしば番組に出る, しばしばった方向, しばしば異な船影を, しばしば異様の服装, しばしば叩いて, しばしば畸形な芸術, しばしば畸形的な発達, しばしば疑いのない, しばしば疑ってみる, しばしば疲れによる大きな, しばしばを冒し, しばしば病的なもの, しばしば病院の中, しばしば痛く反対を, しばしばの隠語, しばしば発するこの叫び, しばしば発作をおこす, しばしば発作的にこの, しばしばせられるこの, しばしば白線入りの一高帽, しばしば皇室に女, しばしば皇帝に拝謁, しばしば盛んな伝道, しばしば盛大に酔っ, しばしば盲目に似, しばしば直奏の下, しばしば相互から鎌倉政所, しばしば相反したちょうど, しばしば相州の横須賀, しばしば相当長い独奏曲, しばしばをひそめ, しばしば看護婦から平野水, しばしばにし, しばしば埋を, しばしば真にして, しばしば真剣に自殺, しばしば真夜中に起き上がっ, しばしば真実である, しばしば氷に, しばしば中婦女, しばしばた南米産, しばしば知人の口, しばしば知識と行為, しばしば石庫に忍びこみ, しばしば研究室に呼ん, しばしば破れて下, しばしば破屋に立ち寄っ, しばしば磯部博士から直接, しばしば示されている, しばしば示したからである, しばしば示威運動もあった, しばしばを厚く, しばしば社会の暗黒面, しばしば社会主義なりと非難, しばしば祖母に連れられ, しばしばの恵み, しばしば神泉苑に幸, しばしば神祭に使用, しばしば神秘となり, しばしば神秘学の種々, しばしば禁園の木の実, しばしば秀逸の魚, しばしば秘密があっ, しばしば称えられたものである, しばしば称賛に価すべき, しばしば移っている, しばしば稱道される, しばしば穀物が僅小, しばしば空想したの, しばしば空虚な言葉, しばしば空襲警報が鳴っ, しばしば突発した, しばしば突破口を作っ, しばしば窪川鶴次郎氏の姿, しばしば窮乏のドン底, しばしば立ち留まりては, しばしば立ちどまって帯, しばしば立ちどまりては憩い, しばしば立ち会いそばなる, しばしば立ち会っている, しばしば立小便をする, しばしば立腹するほど, しばしば立証する, しばしばんで語られる, しばしば竹村の家, しばしば笑う眼それから, しばしば笠井直吉に手紙, しばしば二版以後から, しばしば第三者の身, しばしば執るもの, しばしば等しい讃辞を, しばしば粗暴でもあった, しばしば粗略に取り扱われる, しばしば精神が空虚, しばしば紙一重である, しばしば紙上に述べた, しばしば紛失するので, しばしば素敵な傑作, しばしばをそれ, しばしば細君と口喧嘩, しばしば細長い枝に, しばしば絵具を検査, しばしば絶滅されて, しばしば經驗するところ, しばしば攻めを, しばしば総代たちの集合, しばしば線路を歩い, しばしば織田側のうち, しばしば繰り返えされた, しばしば繰り返し話したのでその, しばしば繰り返す言葉であった, しばしば繰り返すごとくそうした場面, しばしば繰返されて新聞紙上, しばしば繰返されるにちがい, しばしばを犯す, しばしば罪悪を生み出す, しばしばに見える, しばしば美しさの, しばしば美濃に往来, しばしば美談の主として, しばしば義太夫の妙味, しばしば牛馬をも, しばしば考えらるるごとく, しばしば聞えて元結, しばしば聞かされてきた, しばしば聞かされてる前衛の, しばしば聞きたり, しばしば聞きただしたが座頭, しばしば聞きつる事あれ, しばしば聞きますが同時に, しばしば聞き及んだ事実に, しばしば聞こえたということ, しばしば聯想によって引き出され, しばしば聴いている, しばしば聴いたという者, しばしば聴者を惑わさん, しばしばを割い, しばしばと脇, しばしばを曲げ, しばしばを冷やす, しばしば背負い投げを食わされた, しばしば胸元近くまで, しばしば脅かされそうでない, しばしば脅かされた一般民にとっては, しばしば脅かされなければならない, しばしば脅かされることを, しばしば脅迫しては, しばしば脚本をかい, しばしば脚色して, しばしば脱皮する, しばしば脱走した経験, しばしば脳貧血を起す, しばしば自分自身に向かっ, しばしば自制心を失っ, しばしば自然界の音, しばしば自由詩の詩語, しばしば致命的である, しばしばへられた食物, しばしば興味をもっ, しばしば興味的に取扱われ, しばしばを巻き, しばしばは支えられた, しばしば船方の唄, しばしば艱難を経, しばしば芝居の舞台, しばしば芥川さんの, しばしば芭蕉翁の文芸, しばしばを引いた, しばしば芸者にされよう, しばしば芸術小説との価値比較, しばしば苛酷でありました他人, しばしば夫婦と, しばしば苦境を訴え, しばしば苦悩の色, しばしば苦笑すること, しばしば英国全艦隊, しばしば英国労働の労賃, しばしば英米国交の危機, しばしば英蘭で見られる, しばしば茶の間から母, しばしば茶店の老婆, しばしばに埋没, しばしば草履をそろ, しばしば草沢の無名, しばしば荒されることが, しばしば荒廃から生まれる, しばしば菊五郎三津五郎の踊り, しばしば菊屋を襲っ, しばしば菖蒲模様を見かけます, しばしば落ち合つた, しばしば葉子は忘れ, しばしば蒙るように, しばしば蒸し暑くなる上, しばしば藩匠川畔の風光, しばしば虐待され食物, しばしば虚栄の表現, しばしば虚栄心を勇気, しばしばとか蝶, しばしば蝦夷東人毛人などと名乗つたの, しばしば蝦狄あるいは狄俘, しばしば蝶子を連れ, しばしばで鉗まれ, しばしば蟾蜍を育てた, しばしば行かなきゃなりませんが, しばしば行き義太夫は, しばしば行く御殿は, しばしば行こうとしてはふい, しばしば行ったことが, しばしば行なわれたにも拘らず, しばしば行なわれるはずが, しばしば行儀をわるく, しばしば行動的に考える, しばしば行手を阻まれました, しばしば行為を罰, しばしばの飾窓, しばしば衣住の改善, しばしば表現作用の場合, しばしば表裏をなす, しばしば袖口を瞼, しばしばを沾, しばしば装置の下図, しばしば裏切られ折角改善, しばしば裏返しにきる, しばしばにされ, しばしば西国に往来, しばしば西津軽の浦人, しばしば西蔵語に出, しばしば見いだすからである, しばしば見い出してそれ, しばしば見えた通りであり, しばしば見え返魂招仙に, しばしば見かえりて何, しばしば見かけたり経験, しばしば見かけたことが, しばしば見かけるありふれた品に, しばしば見ずなりしたがって本来奇怪, しばしば見せられている, しばしば見たがるのも, しばしば見とれるほどの技, しばしば見ないであらう, しばしば見られますけれども山, しばしば見世へ寄っ, しばしば見事なもの, しばしば見出されるものである, しばしば見出すごとく縁も, しばしば見失った一つの, しばしば見帰れば, しばしば見返る者あれ, しばしば里へ, しばしば観察するに, しばしば観音様の繁華, しばしば穢の, しばしば言いやすい言葉, しばしば言いしとおり僕の, しばしば言い争いながらもたがい, しばしば言っている, しばしば言われ来った如くに, しばしば言明したよう, しばしば訊かれたものである, しばしば訊ねて来, しばしば訓示したが, しばしば記されていた, しばしば記憶にのぼる, しばしば訪ねたが彼, しばしば訪問した彼, しばしば訴訟当事者たちに対して, しばしば訴訟手続きの方向, しばしば診察を頼みし, しばしば詠懐においてこれ, しばしば詣で其後参禅の, しばしば試みたけれども十数回, しばしば試みる陳列法も, しばしばを吟じ, しばしば詩人を以て花鳥風月, しばしば話されている, しばしば話してくれました, しばしば話しかけてきた, しばしば話すのでいちど慰労, しばしば話頭を転じました, しばしば話題に上り, しばしば詳説した通り, しばしば認めてある, しばしば認められるのである, しばしば認識するところ, しばしば誓いたる通り妾は, しばしば誘いましたが彼, しばしば語っている, しばしば語り合ったように, しばしばまられ, しばしば誤って, しばしば誤つて解される, しばしば誤りがあった, しばしば誤るものである, しばしば説いた所である, しばしば説かれた車田という, しばしば説教の材料, しばしば調子が狂い, しばしば談笑になっ, しばしば談話を交えた, しばしば論ぜられることで, しばしば論理上にもその, しばしば論理的なもの, しばしば諸侯から所望, しばしば諸君は家, しばしばして, しばしば謙信の明示, しばしば謙蔵の前, しばしば謙遜に説明, しばしば識者間の問題, しばしば警告を与える, しばしば警察官から追い立て, しばしば譬えられた通りに, しばしば議会の問題, しばしば議論の典拠, しばしば譴責を下さる, しばしば豊かに暮し, しばしば豊世を苦め, しばしば象犀や馬, しばしば豪語して, しばしば負けたるものは, しばしば貧民の困窮, しばしば貨幣価値の下落, しばしば貴下の新案避暑法, しばしば貴人に御, しばしば貴女にささげる, しばしば貴族を不利, しばしば賄賂をとっ, しばしば資本の利子, しばしばを受けた, しばしば赤ん坊の細切り料理, しばしば赤玉に現われ, しばしば起き上がって扉越し, しばしば起こすのでなかろう, しばしば起こったことで, しばしば起こりまたしばしば, しばしば起こりうるわけである, しばしば起すところの, しばしば起らぬことに, しばしば趣味の低い, しばしば足利勢のき, しばしば跫音を立て, しばしば蹂躙されて, しばしばの恥, しばしば身辺の問題, しばしば転化するから, しばしば転居した, しばしば軽蔑しがち, しばしば辞職を申しいで, しばしば辭任を歎願, しばしば近くの友達, しばしば近所の友人, しばしば近江から鎌倉入り, しばしば近隣地方の人民, しばしば述べたごとくすこぶる手癖, しばしば述べた如く検察の, しばしば述べました普通の, しばしば述べられ認められている, しばしば迷うている, しばしば迷眩を感ずる, しばしば追いうちを, しばしば送つてゐる, しばしば逃れて野生, しばしばに伎楽面, しばしば逆襲して, しばしば途切れたまたま唱うる, しばしば通っていた, しばしば通ったものも, しばしば通信して, しばしば通告を受け, しばしば通用せられて, しばしば通過したに, しばしば逢つてゐた若い, しばしば連想されて, しばしば遁辞に用いられる, しばしば遅くなって, しばしば遊びたまへり, しばしば遍歴をやった, しばしばぐるほど, しばしば過去に引き戻された, しばしばで逢っ, しばしば道場から, しばしば道草を食, しばしば達せられないと述べ, しばしば遠方まで歩き廻った, しばしば遥かにより高い, しばしば適用される, しばしば選ばなければならぬ, しばしば選挙民に媚び, しばしば遺憾でたまらなかっ, しばしばの径, しばしば部屋部屋との闘い, しばしば部落民の方言, しばしば酔払いも居る, しばしば醜いであろう, しばしば醜悪をさえ, しばしば醸成する彼ら, しばしばの人, しばしば重い荷物を, しばしば重典を犯す, しばしば重大な心痛, しばしばの花, しばしば金貨が数年前, しばしば金魚鉢の下, しばしば釘綴じが行われる, しばしば鉄鼠色のフロック, しばしば銀座の店員, しばしば銀行のため, しばしば鋭いきびしい北風が, しばしば鋸歯状にきざん, しばしば鎌倉や葉山, しばしばにうつる, しばしば長いことかかっ, しばしば長大息を禁じ得ぬ, しばしば長期間価格が需要, しばしばを出入り, しばしば閉ぢて目やに, しばしば開かれていた, しばしば開催さるる平和会議, しばしば閑談の交換, しばしば間接に貨幣, しばしば間違われる野村光一氏から, しばしば闘争殺傷などの事, しばしば附近の古城, しばしば降りその外, しばしば降雪に遇い, しばしば院庁下文を申し, しばしば陥ったところである, しばしば陳べ来ったものを, しばしば階下の奉公人共, しばしば隠されしこと, しばしば集まったが山下, しばしば難事件の応援, しばしば難儀の上, しばしば難題を吹きかける, しばしばが降った, しばしば雨降りのこと, しばしば雨風を喰った, しばしば雪子の方, しばしば電気の力, しばしば電車の釣革, しばしば露八には相槌, しばしばや荒波, しばしば静寂を好み, しばしば非難の的, しばしば食った, しばしばに釘, しばしばをもらし, しばしば音楽の中, しばしば音調の巧拙, しばしば韻文の延べた, しばしば順風の便, しばしば頑固な夢想, しばしば頑強に抵抗, しばしば題材として来, しばしばに白星, しばしばをつたっ, しばしば顔回を讃め, しばしば顕れたけれどもその, しばしば願書をささげ, しばしば類想を見る, しばしば風向が変わった, しばしば風紀の紊乱, しばしば颱風のため, しばしば飛脚がくる, しばしばも取らず, しばしば食っても遂に, しばしば食ったことは, しばしば食卓の笑い話, しばしば食指で自分, しばしば飯台蓑笠漁隠と, しばしば飲む真似を, しばしば飽満の情, しばしばりにも, しばしばの飛んだ, しばしば首席だという, しばしばを岩崖等, しばしば馬上でつぶやいた, しばしば馳走になっ, しばしば騎手が足, しばしば験者の手先, しばしば騰貴せる利子率, しばしば驚かされつけている, しばしば驚喜を与えた, しばしば驚異すべき観察, しばしば高名な書家, しばしば高士隠者に配, しばしば高座で噺, しばしば高笑いし一度, しばしば高踏的でさえ, しばしばと呼ばれ, しばしば魚供養という事, しばしば鮓答師が顕用, しばしばくらいの大き, しばしば鰻酒ということ, しばしばが鳴いた, しばしば彌に, しばしば麻薬を受取っ, しばしば黒色と白色, しばしば黙阿弥劇中の背景, しばしば鼠色の紙表装