青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる ざる~ ざれ~ ~し し~ ~しい しい~
しか~
しかし~ しかして~ しかしながら~ ~しかた しかた~ しかも~ しから~ しかるに~ ~しき しき~

「しか~」 1428, 14ppm, 7858位

▼ しか~ (703, 49.2%)

5 後藤は 4 久兵衞は, 今日世人が, 憑司は, 我は, 答へて 3 さらでもの, すな, 勘解由は, 左仲は, 止を, 皆

2 [32件] え忘れざりき, こ, ここに, その間種々の, われは, 主税之, 九助は, 事に, 再びこれ, 則ち, 即座に, 即御, 君子は, 夫より, 容易に, 心の, 忠八は, 悉くに, 我れ, 扨は, 数日逗留し, 文右衞門は, 是にて, 欺かえて, 此問は, 段右衞門は, 流石の, 海の, 爾時に, 理左衞門は, 跡に, 遂には

1 [596件 抜粋] あなか, いかにせ, いかにも無念さ, いざ旅宿, いや我, いよいよ恐ろしく, いろいろ昨日, おのも, お專與惣次, お政, お早, かかる時, かくても, かねてかく, こうこうと, ここにも, ことに, このこと, この時, こればかり, さしも功, さすがの, さてはと, さのみは, さりとては, しばらく休憩, しぶしぶ諾, すべての, そのたね, その亡魂, その夜, その女人, その女須勢理毘賣出, その家族, その忰, その日, その枝, その王子答, その罪, その衣, その身本, その近親仇, その邊, それをば, ただその, ついに別, つねに申しうけ, つひに, はやよき, はや退らん, ふと鰭, ほとほと死にき, またさき, またその, また一場, また牛, また空しき, ものをも, もの売る, やがてその, よめる, わが子の, われら二人も, アイヌは, アクリシオスは, アーミデイ家にては, ギーノこれを, グツと, シャルルは, スラヤの, ソレ見よ持て居, デ・クインシイも, ハマン大いに, ピサの, フォルリを, フュルリス欺かる, ヨシュア, レトその, 一同に, 一同の, 一時は, 一時禁止と, 一番に, 一週日以前既に, 一駅の, 七助有難し, 三吉ヘイ有難う, 三年越しの, 三郎兵衞は, 上の, 上衣だけは, 不審し, 両氏も, 両親の, 中山出雲守殿へ, 中納言樣の, 主人は, 乃ち日本武尊を, 乃ち蒲の, 九助方引合として, 了源寺にては, 予は, 事を, 二天門前に, 二親も, 五つ紋の, 五兵衞は, 五郎藏は, 亦た, 京都の, 亭主は, 人々みな立ち, 人と, 人の, 仁左衞門は, 今こ, 今ぞ, 今は, 今四五日の, 今日の, 今遅れ, 仕へ, 以ての外に, 件の, 伴ひ, 何より確, 何事やらん, 何故斯, 余は, 信に, 借しま, 倶に, 偖こそ, 元祿, 先の, 先は, 先生の, 先生速に, 免合に, 兩人一言も, 兩人共一言の, 兩親も, 八五郎は, 八右衞門は, 八重が, 八重は, 公子その, 公御, 公用人を, 其の中, 其中に, 其儘馬士は, 其夜は, 其平左衞門儀は, 其旅人に, 其日は, 其終り, 其者の, 其趣きを, 其金を, 典獄署長らの, 再挙の, 冴えたる秋, 初瀬留, 力拔けて, 勘太郎其儀は, 勝手向, 化けて, 十分に, 十句中二三句づつ雑詠に, 半四郎イヤ釣は, 南の, 南無三寶, 即ちかお, 即ち其香木, 即日太守へ, 去年十二月より, 又, 又同道, 友次郎の, 右の, 右書面を, 右膳は, 右近將監殿大いに, 各々不思議, 吉之助大いに, 吉兵衞は, 吉兵衞涙に, 吉兵衞答ふる, 吉野河の, 同心飛か, 同村の, 君子はとやら, 否と, 否虚談, 吾助に, 咽喉こそばゆく, 商家には, 問は, 嘉川家宅番の, 國元にても, 土産に, 城富は, 夏は, 多兵衞, 大いに怪, 大いに父兄, 大いに驚き扨, 大に, 大岡殿の, 大岡殿へ, 大岡殿成程, 大岡殿是を, 大岡殿此上はとて, 大岡殿神妙なり, 大正五年四月の, 大膽不敵, 天つ, 天にも, 天も, 天下は, 天地再び, 天皇すな, 太祖も, 夫, 夫れ, 夫を, 女房何事か, 如何なら, 如何にも仰せ, 如何にも殘念, 妻子は, 姉磐長姫大, 姑女の, 委細畏まり奉つる, 威光天下に, 娘お, 嫉妬深き, 宣旨と, 家に, 家へ, 家を, 家主五人組一同差添奉行所へ, 家主吉兵衞, 家俄かに, 家内の, 宿屋よりも, 富右衞門の, 寧そ此子を, 寶澤が, 寶澤こそ, 対岸の, 將軍吉宗公以ての外驚かせ, 少女答へて, 尾ある, 屡出, 山内は, 巨勢は, 市郎左衞門は, 帝政論派も, 帝王の, 帰朝以来これら白面の, 常たえずさ, 常の, 常を, 平兵衞の, 平兵衞は, 平兵衞始め家内の, 平右衞門, 幼少の, 幾何も, 幾行の, 庄兵衞は, 庄兵衞心中に, 庭樹に, 建文帝を, 弁護士岡崎某の, 彌, 彌兵衞, 彌吉, 彌吉夫婦, 当時圓朝子が, 彦三郎は, 彦兵衞は, 彼も, 彼等を, 後は, 後人を, 徐かに, 御前に, 心うれしく, 心すが, 心に, 心にも, 心も, 心中に, 心中大に, 心得候と, 忍びが, 志を, 忠兵衞は, 忽ちに麗わし, 忽ちオイリディーツェ, 忽ち買, 忽に, 思ふ事腹, 急ぎて, 急ぎ歸, 怪しと, 怪み, 恙なく, 悴九助は, 惣右衞門は, 意伯は, 憤り猿跳, 我が友, 我その, 我身の, 我身悉に, 或る, 或日門弟中, 手折りて, 捕方の, 探検家としての, 改め見し, 故なく, 文藏夫婦は, 斯く五時間, 斯の, 新進気鋭の, 日野家に, 早速事, 早速呼出し, 早速町奉行大岡越前守殿, 早速走り行き, 是, 是に, 是は, 是より, 是又, 是非なく, 暫く思案, 更に大, 更に活きぬ, 更に細か, 書読みた, 朋輩の, 本郷三丁目徳兵衞店に, 村役人ども并に, 松井は, 松本理左衞門は, 松本理左衞門も, 枇杷の, 桜花久しく, 楼下に, 檢使出張にて, 次右衞門三五郎の, 此の, 此より, 此事を, 此夜何卒し, 此度許り, 此物音に, 武蔵坊弁慶は, 歸りこむ, 死は, 死後この, 殿も, 母は, 母も, 母怒りて, 民心アンジュー家を, 民背き, 水を, 洞には, 流石強惡の, 清八は, 済寧の, 満場寂として, 漸, 潜かに, 瀬川は, 無量庵は, 然樣, 爰に, 父の, 父は, 父母な, 犬を, 猫は, 獄丁に, 王の, 王憂へ, 理左衞門其儀は, 生駒家に, 生駒家の, 田子の, 男には, 町奉行所へ, 畏まり候, 當時の, 疲れに, 痛手の, 發と, 白洲は, 百姓ども, 皆一同に, 監察御, 目の, 直ぐに, 直ちに二人, 直樣引取, 相携, 真間の, 知らせし兩人, 破笠子され, 碁を, 祐然, 神の, 神功皇后は, 秀吉公仰せられける, 私し, 私は, 程なく宮崎殿, 程なく檢使, 稍有て, 種蒔人三人背を, 稻葉家の, 竊に, 第二, 答へ, 節は, 築地橋頭の, 粂之進グツと, 粂之進冷笑ひ, 素志を, 終に口書極り爪印, 終に戸外, 終に舊惡, 終汽車に, 絵画の, 編輯局に, 縁ありし, 美しくしかぞ, 美和山に, 義侠の, 翌日甲州屋吉兵衞伊勢屋五兵衞久八の, 老夫, 老臣共漸く, 聖者が, 腰を, 舟競ひかづき, 花子は, 若, 若旦那五郎藏歸り, 若者は, 莢の, 落ちて, 落ち隱り, 藤八其儀は, 虎は, 蛇おのづか, 蛇自ら静り, 蝙蝠は, 親しき親族門弟, 親分長兵衞も, 親子お金を, 詩文に, 諏訪の, 諸司代牧野丹波守殿, 諸国の, 諸軍此勢, 豐はげら, 豐島屋大いに, 貧しき子供, 貯産も, 越前守殿最, 越前守猶, 車より, 追ひ, 遂に墓参, 都指揮使の, 銃を, 鑵より, 長八も, 長政いや, 阿波守長常の, 隱すこ, 難無く銀平, 雪を, 面白くし, 領主の, 風体この, 駿府町奉行桑山殿よりの, 駿河の, 驚きて, 高橋例の, 鬼涙山の, 麗わしき, 黒日子の

▼ しか~ (175, 12.3%)

4 今は 2 いまふくめられたる, 今日に, 助け出さん人も, 去年の, 彼は, 我が子, 菅神の, 蒸気船を

1 [155件] あたかも彼, いまは, かかる不自由, かかる造語, この文, この詩人, これより, さすがに, さすがにも, さる口, さる由無き, しばしが, すでに叛逆, その中, その唯一, その後両, その枕, その業, その甲斐, その親結婚, その頃, その額余り, その顏, それすらも, それと, だれも, とやかくと, なほ各, なほ惑ひ醒め, なほ立ちうく, なれぬ子持, はげしき雷, はるかなき, もし現, やがて獄窓, ゆめさらこの, よくこの, わがすでに, わが穉, われ等は, サラミスの, メレアグロス成人の, ロオザが, 一の, 一人往か, 一向白状, 一期の, 乾きし上, 予は, 事務員に, 人ぞいまさぬ, 人物画よりも, 今ま, 今や欺かれ, 仕る道, 何となく快から, 何の, 何故か答えなけれ, 余は, 余辞嗣の, 例の, 公の, 前の, 前足いまだ, 十年一昔の, 又小夜衣, 又翻えり, 只だ, 否先祖, 境内の, 多額の, 夢さら此人を, 天堂篇においては, 女としての, 女の, 如何なる因縁, 婦女幼童の, 孫娘の, 定めし此犯罪, 実を, 家人に対して, 家康には, 宿らんと, 富豪の, 尋ね行かむもさすがにて, 小學校卒業程度, 尚わが, 屈せずしてかの, 市之丞夫婦は, 席上一の, 年は, 年長くる, 年齢においても, 当時彼等は, 当時美人役者絵の, 彼が, 彼女が, 待てども, 忘れに, 忽ち近隣, 憫むべし, 我には, 我は, 所詮言, 提婆五邪の, 文を, 文藏は, 斯る, 既に二十年前, 既に勝負, 昨夜は, 昨日け, 昼夜絶る, 更に思へ, 最初の, 未だ天運, 杉本中村諸氏の, 此詩人に, 此頃の, 死ぬ際, 毎に, 永くは, 池の, 決してこれ, 流石心に, 深く感興, 熱気いよいよ, 猶わが, 猶詞, 珍しきこと, 理想に, 病後の, 病父に, 白状せぬ, 皆思はし, 祈の, 福田実家の, 私は, 空しく足, 終に要領, 結べる果惡, 結婚の, 能は, 舟夫不平を, 見れば, 詞ほとんど, 誼の, 財産の, 身を, 近年この, 遂に餓ゑ, 過を, 醒雪子以下同誌編輯の, 里方は, 陰ながら荒尾

▼ しかのみ~ (127, 8.9%)

10 ならずその 9 ならずこの 3 ならず今, ならず彼, ならず私 2 ならず, ならずかかる, ならず今日, ならず延喜帝

1 [91件] ならす桑, ならずあなた, ならずかく, ならずかの, ならずごく, ならずさき, ならずそれ, ならずたとい, ならずだ, ならずどの, ならずひと, ならずひとたび, ならずわが, ならずわれわれ, ならず一片, ならず下総, ならず五本, ならず五風十雨, ならず今度, ならず令, ならず信孝, ならず先, ならず光, ならず兎, ならず兎児, ならず公憤, ならず右, ならず同じ, ならず向う, ならず君, ならず吾輩, ならず周時代, ならず喪服, ならず地, ならず城下, ならず夏子, ならず多く, ならず多数, ならず大, ならず大根, ならず奥州, ならず存在, ならず寄宿生, ならず島津氏, ならず強固, ならず御, ならず我々, ならず支那, ならず数代以前, ならず文公, ならず文学, ならず日蓮, ならず日露戦争, ならず時, ならず更に, ならず桑, ならず梅鉢草, ならず武器, ならず武蔵国, ならず毛利家, ならず氏みずから, ならず水, ならず汝らはじめ蜀, ならず法律, ならず清, ならず為すところ, ならず物差し, ならず現に, ならず田沼, ならず百姓, ならず県下, ならず知事, ならず科学的研究法, ならず第, ならず純, ならず翌, ならず臨時議会, ならず花, ならず若し, ならず英国, ならず虚弱, ならず裸, ならず西域自身, ならず訪問客, ならず論者, ならず貧富, ならず近年, ならず關税, ならず食料品, ならず高, ならで

▼ しか~ (77, 5.4%)

10 金を 3 鳥目を 2 プラスには, 口銭を, 小粒銀, 玉代を, 科料処分に, 紙幣を, 貢献を

1 [50件] あくに, おぼろげな, お礼を, お金を, すねも, つはものの, なき声の, なく声, イメージに, タメには, ミヤゲを, 一呼吸を, 儀式なし, 分配の, 家賃を, 年なんぼ, 影響を, 志の, 悪戦苦闘賞を, 想いが, 懸賞金額が, 手切金を, 文明を, 独立した, 田中に, 眞間の, 真間, 祝儀包を, 結果を, 血性という, 覚え書きを, 角の, 貴重の, 費用を, 資本金を, 賽銭を, 送り銭を, 遠洋航路の, 金であったろう, 金に, 金銭に, 金錢に, 金額と, 銀を, 銀子を, 銀貨を, 銭を, 関係を, 餞別を, 髭を

▼ しかども~ (76, 5.3%)

2 先生の, 左右の, 彼れ, 法を, 紀行なる

1 [66件] いかんが, いつか我が, おもふ如く, さすがかく, さすがに, さりとは, そのか, その何, その挙動, その見る, その験, それより, ただこれ, ひとりその, また還り, オヂュシュウス, 一向に知ず, 一旦中山殿奉行所, 乱熄むののち数年を, 二人に, 人生の, 今は, 今より, 今更追, 何を, 偶然の, 児は, 其験も, 前にも, 半醒半, 却て, 又詮方, 及ばず我曰, 固より, 大概は, 夫これに, 奮つて敵を, 子供の, 尚悟らず, 彼が, 彼らは, 心とむべき, 我が輩, 改進の, 新聞記者は, 更に其人, 更に其行衞, 未だ嘗て千里, 末年に, 槲樹は, 此一件より, 段右衞門然, 氣象いまだ, 江戸へ, 法王死し, 法華経の, 物言は, 独りその, 目科は, 縁なし, 若き者, 襄の, 許さざりき, 身に, 遂に純然, 首を

▼ しか~ (52, 3.6%)

11 あれど, あれども 3 あれ 2 あれまた

1 [25件] あなれ, あらじと, あれかの, あれかの聖なる, あれこ, あれこの, あれもの, あれパートロクロス, あれ一切, あれ人, あれ共, あれ汝今己が, あれ汝己, あれ泣菫子が, あれ照り狂, あれ異, あれ神, ばたり, 予が, 云ど, 云へ, 今も, 其罪を, 市の, 明瞭なら

▼ しか~ (40, 2.8%)

2 察する, 見よ彼

1 [36件] あえて考究, たずぬること, めがけて, もらって, 人びとに, 包んで, 察せらるる, 思へば, 怪むなりけり, 想像する, 感賞せざる, 早速父, 疑いぬ, 疑ふなり, 知らざるべし, 知らざれども, 知らないであろう, 知らば, 知りけるなり, 知り得る, 知るか, 知ること, 知るに, 知るべきである, 知るべし, 知るや, 知る材料, 示すだけ, 紙の, 考へよ, 考へ自己, 融通し, 覚えぬか, 説明しおる, 貯えようが, 驗すべし

▼ しか~ (25, 1.8%)

1 [25件] おごらずおそれずに, できるかぎり和睦, わからず, 作られた表, 偽らない親切心, 写実性は, 出ること, 出る時他, 切られたの, 切られる本人, 勇壮なる, 叱られると, 捨てるに, 有らん限り, 歩けるの, 求める数字, 消えるよう, 濁らず蒼く, 異なる比重, 知らうと, 知らずして, 知らぬ中, 知られて, 見るから, 誇らないで

▼ しかしか~ (19, 1.3%)

8 ような 3 ように 2 うして, やうな, やうに 1 ういつて自分, うなると

▼ しかさん~ (18, 1.3%)

2 の傍

1 [16件] がモルガン, と膝組み, と須磨子さん, に良い, のなまり, の京なまり, の手箱, の秘話, はみんな, は別者, は数々, は決して, もまだ, も最早, を忘れ, を忘れなかった

▼ しかする~ (10, 0.7%)

2 は汝ら 1 と一日, なかれ汝, にあらず, のやむを得ざる, は死者, をえざる, を見き, 時は

▼ しか~ (10, 0.7%)

1 いうに, おして無し, した後援者, した所存, 云うに, 云われん, 余は, 彼が, 思いわびつつ, 思ふばかり

▼ しか~ (7, 0.5%)

1 あらずや, 姿を, 扱いながら, 浮いて, 深し向, 税金を, 見おぼえて

▼ しか~ (6, 0.4%)

1 その中, ひじょうにたくさん, 何から, 分かる材料, 大きなで, 大儀がっ

▼ しか~ (6, 0.4%)

1 したれば, しながら, しに, しは, つて三人の, つて來る

▼ しか使~ (6, 0.4%)

3 はない 1 はれて, はれないやう, へない

▼ しか~ (6, 0.4%)

2 がない, ゐられて 1 ひられないもの, ゐられぬあまり

▼ しか~ (5, 0.4%)

1 さば我の, 幼稚なりしか, 感覚の, 昨日まで, 空想児なりしかな

▼ しか~ (2, 0.1%)

2 としての役目

▼ しか~ (2, 0.1%)

1 はありますまい, を知らなかった

▼ しか~ (2, 0.1%)

2 つて

▼ しか~ (2, 0.1%)

1 かなかっ, て推問わん

▼1* [52件]

しかいふは此調, しかッて, しかかの鳥, しかている, しかしもねもンじゃ, しかずつ心付けの, しか日々同じ, しかとが待ちに, しかとの問であっ, しかとも寢ず, しかと迄に怪しみながら, しかどかへり來, しかどけふ迄は, しかどもとも読まれた, しかども城善くその, しかなく本屋も, しかならむと, しかなんかで伸ばしたよう, しかにも覺えず, しかば余は社, しかひもなくなく, しかみちはなかろう, しかようにむずかしい, しかをも危ぶみて, しかに對, しか作つてゐないの, しか共昔よりの誼, しかえて, しかの問題, しかけむ, しか地名は忘れた, しかを出で, しか床の間の方, しか奉行所へ, しか或は浮立せ, しかふ勿, しかを止め, しか此上は是非, しかに向, しかに映じなかった, しか窶れた風情の, しかに包ん, しかならざれど, しかされて, しか服されまいと, しか調ばって, しかわれない金, しかに來, しかをやらない, しか金起は妾, しか電燈がつい, しか預けとらん小者