青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しばし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~しない しない~ ~しなかった しなかった~ ~しなかつた しなかつた~ ~しなく しなく~ ~しなけれ しなけれ~
しばし~
~しばしば しばしば~ ~しばらく しばらく~ しま~ ~しまい しまい~ しまいに~ ~しまいました ~しまいます

「しばし~」 1329, 14ppm, 7770位

▼ しばし~ (130, 9.8%)

5 暇を 4 別れを, 間は

2 [11件] がる, わかれを, 休みも, 宿に, 手數も, 沈黙, 間この, 間でも, 間の, 間彼女は, 間御

1 [95件] あいだたたずん, あいだは, あいだ偉大な, あいだ殿の, いとま, お別れ, ことと, ことなりき, ご猶予, ご辛抱, しじまを, ところお待ちを, 不埓, 事なりき, 交わりに, 休をだに, 休戦を, 別れ, 別れじゃ, 別れだ, 別れと, 別れの, 別離も, 勇みを, 務にとて, 務めにとて, 告別かたがた一夜帰京し, 夢の, 夢まどろま, 夢嵐の, 対面を, 市街戦は, 年間は, 幸福を, 彼の, 後で, 後光秀は, 後彼等は, 御謁, 御辛抱, 快眠を, 息ぬきに, 感慨をと, 憩いと, 懇ひ, 戯れと, 手数も, 放浪を, 旅の, 日, 日全く, 時を, 時日を, 暇をと, 暇乞いを, 柵を, 汗ばみを, 沈黙の, 猶予と, 猶予を, 生命を, 用捨も, 眠りに, 程, 程ぞ, 程にて, 程を, 腹だちとを, 興に, 身を, 辛抱百両の, 退屈から, 過渡期である, 間, 間お, 間この世から, 間さびしい, 間その, 間に, 間のみ, 間も, 間ものが, 間わが, 間存分な, 間恍惚と, 間悩み深, 間沈黙が, 間無言であった, 間父に, 間身に, 間身を, 間陽なたぼっこ, 間黙っ, 隠れ家として, 難局を

▼ しばし~ (119, 9.0%)

4 途方に 3 人の, 物も 2 あれよ, 口の, 掩へ, 物が, 笛の, 茫然たる, 顔を, 鳴りも

1 [93件] あはき, お互いに, かくて, ここの, この青年, これへ, さしうつむきて, さしうつ向い, せんこく, その姿, その恨めしき, その言葉, その詩句, それもて, ただなつかし, ためら, ためらいしが, ともにかたらまし, なにを, ねえ, ねえん, ぼんやりと, まつ毛も, みんな本質的には, 一人の, 両方で, 二の句の, 何か, 何の, 何事をも, 光り輝く, 共に言, 出し抜かれたよう, 分らなかった, 別れと, 去りがてな, 口を, 同じ声, 吾ある, 呆れしが, 呆然と口, 唇を, 唖然たる, 声も, 夢心地せり, 天井と, 嬉し涙に, 子どもの, 安き心, 家康の, 寂しい暮し, 庭の, 忍べ程, 我に, 戦いも, 放心し, 日月も, 机に, 止まなかった, 母は, 永久の, 汗ばかり, 泰平に, 浮み, 涙雨の, 燭を, 物の, 疑いに, 痛さ, 眼の, 笑いが, 笑いも, 考えること, 胸が, 若きこころ, 荒き遠海, 見られるので, 言葉なかりき, 言葉も, 詞も, 諸先生方, 起てなかった, 越し方のみ, 返す言葉, 遊ばる, 遊ばるる心, 雲の, 静であった, 静まりかえられしが, 面を, 頭を, 飽かぬ心地, 鬱さを

▼ しばし~ (19, 1.4%)

5 程は

1 [14件] あいだじっと, とけ土, なく, にぶりがち, ひまやさしき, 塩野を, 程あれ, 程この, 程なり, 程に, 間とて, 間に, 間の, 間庭の

▼ しばし~ (17, 1.3%)

2 名あがり

1 [15件] かなと, くつろぎを, とどまり下さい, まちを, 二人だけの, 体を, 内儀を, 別れいたしま, 宅へ, 屋根を, 憩いあっては, 憩いの, 控え下さいこの, 水など, 身おまかせ願わしゅう

▼ しばしその~ (17, 1.3%)

2 場に

1 [15件] なすところ, 下蔭, 夕は, 崇厳な, 惨憺たる室の, 扱いに, 方達と, 根本, 煩悩を, 生命は, 細き目, 背後から, 血管内に, 行を, 顔を

▼ しばし~ (13, 1.0%)

2 影澄み

1 [11件] おのづか, ぎやかなりし家の, して, その影響, 一種の, 何かしら深い, 出て, 思ひ合, 於ても, 至るまで, 遺憾なく

▼ しばしこの~ (12, 0.9%)

1 [12件] さびしき音, まま出, 一堂を, 二人を, 人格論の, 夜ふけに, 女は, 少年と, 景色に, 本城を, 杜かげに, 通りの

▼ しばし~ (12, 0.9%)

2 光蔽へ 1 しんともの, ひろって, 利用し, 委せるかの, 小幡の, 待つ間, 村の, 注意し, 連翹色に, 集めて

▼ しばし無言~ (11, 0.8%)

2 のまま 1 がつづいた, だった, でつっ立っ, で互いに, にて君子, にな, のまま顔, の熱涙, やにはに談話一歩

▼ しばしあり~ (10, 0.8%)

3 て雪子 1 ていうよう, ておさなき, て今, て囲, て女の子, て止みぬ, て見れ

▼ しばしお待ち~ (10, 0.8%)

42 のほどを 1 あるよう, あれ, を願う, 下さい

▼ しばし~ (10, 0.8%)

2 をつぐんだ, をとじ 1 がふるえ, が利けない, の中, もきけない, をつぐん, 籠りて

▼ しばし~ (9, 0.7%)

2 見れば 1 ありて, なお無礼, まって, 引留られし, 思いました, 惜む心や, 詫びつ恨みつ取りつく手先

▼ しばし~ (9, 0.7%)

2 とどまらず 1 この身, たれて, 油断すべからず, 眼は, 耐らず, 遅疑せ, 離れずに

▼ しばしがほどは~ (8, 0.6%)

1 みな心を, 惚, 或は賺しつ, 赤子の, 銀座街頭の, 面すらも, 鳴を, 黙々として

▼ しばしこれ~ (8, 0.6%)

1 にてお待ち, にとどまりぬ, に留まりぬ, に立っ, も武装, をまもりゐたる, を忘れ, を見送り

▼ しばし~ (8, 0.6%)

2 猶予を 1 があれ, 休息なされ, 休息なり, 猶予ねがいまする, 養生の, 養生を

▼ しばし黙っ~ (8, 0.6%)

4 ていた 1 ていました, ている, て歩いた, て源三

▼ しばし~ (7, 0.5%)

1 てこの, てまた, てや驚かすべき, てモゾリ, て人, て吾が, て山ぎ

▼ しばしじっと~ (7, 0.5%)

1 あらぬ方, して, 女を, 考えこんで, 考えに, 膝の, 見据えて

▼ しばしなり~ (7, 0.5%)

1 ともこの, とも光榮, とも坤竜, とも汝, とも面せよ, と一国, と勤め

▼ しばし沈黙~ (7, 0.5%)

1 がつづいた, が続い, が続いた, が落ちた, して, のあと, を守り合っ

▼ しばし~ (7, 0.5%)

1 と目見, どろみぬ, をとじ, を注い, を流すべき, を疑っ, を閉じぬ

▼ しばし~ (7, 0.5%)

1 の心, の手先, はうっとり, は石, は電車, を混亂, を睥睨

▼ しばし茫然~ (7, 0.5%)

2 とし 1 たりし, として突っ, として自動車, と水面, の態

▼ しばし言葉~ (7, 0.5%)

3 もなかっ 1 がなかっ, なくながめ入りぬ, なし, をとどめ

▼ しばし黙然~ (7, 0.5%)

3 とし 1 たりし, としたる, としてい, として沈吟

▼ しばしばか~ (6, 0.5%)

2 ような 1 なり平均を, のカメーネ, の動すべ, やうな

▼ しばし~ (6, 0.5%)

2 をのん 1 なく立てる, もえ, もない, を呑ん

▼ しばし~ (6, 0.5%)

1 は棄てじ, れを, をし, を宿しき, を忘れ, を載せ

▼ しばし~ (6, 0.5%)

2 ていた, 恍れ 1 あらためていました, 恍れつひる

▼ しばし~ (6, 0.5%)

2 をよす 1 に沁み, のまわり, をお, を寄せかけ

▼ しばしここ~ (5, 0.4%)

1 が肝心, にい, にご, にてお待ち, に彳

▼ しばしそこ~ (5, 0.4%)

1 に切り倒された, に待っ, に月影, の御堂, は雨

▼ しばしまた~ (5, 0.4%)

2 眺めたるに 1 つりがね, クニッペルスボロの, 水晶の

▼ しばし~ (5, 0.4%)

2 どかせ春 1 すらひ, すらふ, すらへなう

▼ しばし休ん~ (5, 0.4%)

2 で合羽 1 で, でいる, で駕籠

▼ しばし休息~ (5, 0.4%)

2 して 1 しながら, す, を楽しん

▼ しばし思案~ (5, 0.4%)

1 にくれ, にふけっ, にふけった, に沈んだ, ののち

▼ しばし~ (5, 0.4%)

1 をつぶっ, をふせ, をまるく, を閉じ, を離さなかった

▼ しばし考え~ (5, 0.4%)

1 ていたらしい, ていられた, ている, ておられました, てみる

▼ しばし鳴り~ (5, 0.4%)

2 もやまなかった 1 も止まず, も止まない, を静め

▼ しばし黙祷~ (5, 0.4%)

2 して 1 のうち, をつづける, を送っ

▼ しばしあっけ~ (4, 0.3%)

2 にとられた 1 にとられ, に取られ

▼ しばしうち~ (4, 0.3%)

1 案じて, 沈んで, 考えて, 見守って

▼ しばしから~ (4, 0.3%)

1 すばしこくその, だを, にじみ出るもの, 察しますと

▼ しばし~ (4, 0.3%)

1 がそち, も, もそ, も離

▼ しばし~ (4, 0.3%)

1 なき所, の親, を尋, を遠ざけ

▼ しばし待て~ (4, 0.3%)

1 かし若き, しばし, やよと, 汝に

▼ しばし~ (4, 0.3%)

1 猶予を, 遠慮申し, 門前を, 養生の

▼ しばし~ (4, 0.3%)

1 と息, をこらし, をつい, をひそめ

▼ しばし~ (4, 0.3%)

4 を捨てよ

▼ しばし~ (4, 0.3%)

1 もあげ得なかった, を両手, を向け, を埋めこんだ

▼ しばし黙し~ (4, 0.3%)

1 ていました, てしまう, て月, て語らず

▼ しばしがほど~ (3, 0.2%)

1 じゃ, なり, 辛抱に

▼ しばしことば~ (3, 0.2%)

1 の間, もない, をとぎっ

▼ しばし~ (3, 0.2%)

1 オハチへ, 伝六を, 所謂事変後の

▼ しばしとどめ~ (3, 0.2%)

1 ている, てしがな, て十兵衛

▼ しばしやがて~ (3, 0.2%)

1 向島の, 地は, 潸然として

▼ しばしわが~ (3, 0.2%)

1 ことながら, 手もとに, 目を

▼ しばし二人~ (3, 0.2%)

1 の後姿, の相手, は言葉

▼ しばし~ (3, 0.2%)

1 のことば, もわからなくなる, をか考

▼ しばし何事~ (3, 0.2%)

2 も打 1 をか打

▼ しばし別れ~ (3, 0.2%)

21 を惜ん

▼ しばし呆然と~ (3, 0.2%)

1 その後ろ影, 目を, 道の

▼ しばし~ (3, 0.2%)

1 をつぐみ合っ, をへの字, を噤み

▼ しばし~ (3, 0.2%)

1 の膝, の自然, は黙祷

▼ しばし~ (3, 0.2%)

1 になる, を見送っ, 呉羽之

▼ しばし忘れ~ (3, 0.2%)

1 てしまった, てほのぼの, て靉靆

▼ しばし曇り~ (3, 0.2%)

3 てまた

▼ しばし考へ~ (3, 0.2%)

1 て, てみる, て居た

▼ しばし見まもっ~ (3, 0.2%)

3 ていた

▼ しばし返辞~ (3, 0.2%)

1 がない, が出なかった, もし

▼ しばし~ (3, 0.2%)

1 も上げない, を上げず, を見合わし

▼ しばし黙考~ (3, 0.2%)

2 して 1 してから

▼ しばしあたり~ (2, 0.2%)

1 をみし, を忘れ居たる

▼ しばしいう~ (2, 0.2%)

1 ことばも, ことばを

▼ しばしいつ~ (2, 0.2%)

2 しよに

▼ しばしうつろ~ (2, 0.2%)

2 ふ夕

▼ しばしさせよ~ (2, 0.2%)

2 月影

▼ しばしじいっと~ (2, 0.2%)

1 ふたりの, 見守って

▼ しばしそれ~ (2, 0.2%)

1 がし, を見送っ

▼ しばしため~ (2, 0.2%)

1 らひゐ, らひ居る

▼ しばしためらっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ しばしたゆ~ (2, 0.2%)

1 たひしが, たふ紅

▼ しばしだに~ (2, 0.2%)

1 居よ, 見む

▼ しばしとてこそ~ (2, 0.2%)

1 たちとまりつれ, 立ちとまりつれ

▼ しばしとどまり~ (2, 0.2%)

1 てこの, 鴨の

▼ しばしなにごと~ (2, 0.2%)

2 かをうち

▼ しばしなりとも~ (2, 0.2%)

1 忘れさせるが, 抱き合

▼ しばしのま~ (2, 0.2%)

1 に日, に滿

▼ しばしのみ~ (2, 0.2%)

1 なりき, 速かに

▼ しばしば声~ (2, 0.2%)

1 もでなくなる, を高めた

▼ しばしやすん~ (2, 0.2%)

2 で黙る

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 の, の皇居

▼ しばし佇ん~ (2, 0.2%)

1 でいた, で眺め

▼ しばし別離~ (2, 0.2%)

1 のあいさつ, の姿

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 にゆだね, に預ける

▼ しばし呆然~ (2, 0.2%)

1 とし, としてそこ

▼ しばし夜風~ (2, 0.2%)

1 が幟, に燃え

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 の世界, 結ぶやう

▼ しばし奇異~ (2, 0.2%)

2 な沈黙

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 を下す, を思ふ

▼ しばし彼女~ (2, 0.2%)

1 の面影, はやがて

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 の憂さ, を乱し

▼ しばし恍惚~ (2, 0.2%)

1 とした, とじぶん

▼ しばし~ (2, 0.2%)

2 がむ

▼ しばし措い~ (2, 0.2%)

1 てもさしつかえない, ても瀬戸内

▼ しばし時間~ (2, 0.2%)

1 を忘れ, を移した

▼ しばし~ (2, 0.2%)

2

▼ しばし~ (2, 0.2%)

2 を留むる

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 しながら, に就く

▼ しばし物音~ (2, 0.2%)

1 というもの, 絶えて

▼ しばし猶予~ (2, 0.2%)

1 せい, をおい

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 から面, の上

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 佇んで, 對し

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 をしかめ, をよせ

▼ しばし瞑目~ (2, 0.2%)

2 して

▼ しばし~ (2, 0.2%)

2 りし

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 はいま雲, を見上げた

▼ しばし立ちどまっ~ (2, 0.2%)

1 てそれ, て別れ

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 へゐし, へ込みし

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 をすました, を傾けし

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 で大息, をふるわせ

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 をおろせる, 斬と

▼ しばし行き~ (2, 0.2%)

1 かへど, つまりて

▼ しばし見つめ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ しばし見とれ~ (2, 0.2%)

1 ていた, てぼんやり

▼ しばし谷間~ (2, 0.2%)

1 で辨当行李, を辿った

▼ しばし~ (2, 0.2%)

1 を留めさせる, を駐

▼ しばし躊躇~ (2, 0.2%)

1 した, と戦慄

▼ しばし静か~ (2, 0.2%)

1 にす, に口

▼ しばし音沙汰~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, が無

▼ しばし飢え~ (2, 0.2%)

2 を満たし

▼1* [526件]

しばしあきれたように, しばしあちらで御, しばしあってお歯黒返事, しばしありけるほどに父, しばしありし所の, しばしいさかいをした, しばしいのちを許せ, しばしいはぬ心を, しばしうごくまいぞ, しばしうす眼を, しばしうたかたの結ばれる, しばしうつ向いていた, しばしうなだれていた, しばしうらみて消え, しばしおいとま, しばしおおわれてくすぶっ, しばしおこたりざまに, しばしおさらばおさらばじゃ, しばしおせんは俯, しばしおのれを収め, しばしおまへに与, しばしおん身が許, しばしくまひ, しばしかく口を, しばしかの子が髪, しばしがほどこそ多勢を, しばしがほどにいたく衰, しばしがほどにて後には, しばしきゆるとも, しばしくつろぐ然れ, しばしぐったりとなった, しばしこうして雨を, しばしこぐ手を, しばしこごるな, しばしこそ我れ, しばしこの世にも奇怪, しばしびしくつぶやける, しばしさき我かの, しばしささやくほどに伯, しばしさし俯向いて, しばしさまかえぬほど, しばしさめて現実, しばししかも返辞の, しばししずかにわが, しばししばしかく口を, しばししばらくのあいだ, しばしすると興醒めた, しばしすれすれになっ, しばしそこらの民家, しばし今は, しばしたたずむや誰, しばしたちまち鼓膜を, しばしためらいつ言い難き悲哀胸, しばしためらったが, しばしたわごとして, しばしちやるめら, しばしつづいたのちただちに, しばしつばめのゆくえ, しばしであったに関ら, しばしでも人事を, しばしとだえぬるに庭, しばしとつおいつ躊躇し, しばしとてお秋, しばしとも引きとめて, しばしどよめきが鳴り, しばしと渇仰, しばしなつかしそうに, しばしなりし謙三郎は, しばしにはたたき屋根, しばしにまで感じられた, しばしにらみ合いの体, しばしのほどには帰りなんと, しばしも胡桃, しばしばいへり今更, しばしばかりた, しばしぱっとする, しばしふたりの針目博士, しばしふりかへり, しばしほんのもうしばらく辛抱, しばしぼうぜんとしていました, しばしぼうぜんと気を, しばしぼんやり立って, しばしぼんやり顔をみつめた, しばしがひし, しばしましろの露, しばしまじまじと名人, しばしまたせ給へ, しばしまてこの歌, しばしまで愛の, しばしまどろみしが目, しばしまどろみぬと思う, しばしまどろむつもりだろう, しばしまゆをひそめ, しばしむずかりたれどめまい, しばしむづかりたれどめまひのすれ, しばしむなしく風ふき, しばしものいわざりしが, しばしやすめて又, しばしやすらう二人の, しばしやっとのこと, しばしやめよかし, しばしやりながら入口, しばしょのひみつをきっときみ, しばしよと思へば, しばしわしの縄, しばしわすられぬ歎き, しばしわたり合っては逃げ, しばしわれらの言葉, しばしわれ木戸の前, しばしオウギュスト・ロダン氏の墓, しばしジッと見守っ, しばしナイフを逆手, しばしノビテしまったの, しばしハンカチをひねっ, しばしフッと我, しばしボンヤリして, しばしポカンとしていました, しばしマヌエラの顔, しばしメーリオネース迫り來, しばし一座を睨みつ, しばし一息を入れ, しばし一筋の理屈, しばし一行の様子, しばし万一敵だったら, しばし三日月の光, しばし上りて山上, しばしなるは, しばし気嫌の, しばし不動の姿勢, しばし与えられた神の, しばしを忍ぶ, しばし腕を, しばし中将の行く, しばし中座する, しばし乱れて傷ついた, しばし乾雲丸の皎身, しばし二の句が継げず, しばし二階の障子, しばしにも鎌倉, しばし京大阪で気, しばし京都へ去っ, しばしの寸命, しばし人形でない瓊子, しばし人霞の上, しばし来たばかりの, しばし仮寝の姿, しばしせい, しばし伏せましたが, しばし休まむとするにいと, しばし休らへり, しばし休憩をし, しばし伸子の額, しばし佇立して, しばし佇立めり, しばし住んでいた, しばし何処ともなく, しばしは名古屋, しばし余念もなく, しばしに引け, しばしは舷側, しばし軍を, しばし兵馬に良き, しばし其の場に, しばし凋然とし, しばし凝然とそれ, しばし凝視をつづけず, しばしの, しばし剣箭を休め, しばしなく茫然, しばし動こうともしなかった, しばし千浪をこの, しばし南大門の前, しばし厳粛な顔, しばし取付端に迷いました, しばし口笛を吹い, しばし藩の, しばしは名, しばし君ここを去れ, しばし呆れて眺, しばし呆れたる状し, しばし呆れはてていた, しばし呆れ返る幕が, しばし呆気に取られ, しばし唖然とし, しばし喰い止めていた, しばし嗚咽しつつ, しばし囁き合いて終り, しばし四辺を見渡し, しばしをよく, しばし地上に偲ぶ, しばしの若草, しばし堪忍せよその, しばし場内で花矢, しばしづく日, しばしを眺める, しばし夜明けの秋景色, しばし夜歩きも出来ず, しばし夢ごこちであったが, しばし夢みむ, しばし夢みたのちその, しばし夢みるごときまなざし遠く, しばし夢心地だった程, しばし夢見る如くなりしが怒, しばし大日堂の部落, しばし大権をお, しばし大竜熱の演技, しばし天下とるまで, しばし天井を仰い, しばし天候を見よう, しばし天窓を撫で, しばし太夫の位, しばし失礼いたしますが, しばしの屋根作り, しばしの顔, しばし如法の闇, しばし妙応寺の門, しばしの許, しばし睡の, しばし宗七のこと, しばし官兵衛の一身, しばしも絶え, しばし寄席ドーッと感嘆, しばし密談をかわし, しばし寝床に突立, しばし寸断された人間, しばし対座する事, しばし圓太は, しばし小首を傾け, しばし少年がきょとん, しばしはにたゆ, しばし山林に一庵, しばし山野へ身, しばしの中, しばしにたどっ, しばしを譲っ, しばし帰つたのである, しばし常に返って, しばし庸三も耳, しばし弁護士と話しこん, しばし引く波が, しばし引こもらんといふ妻, しばし強烈な色彩, しばし形勢を見よ, しばし彳んだ儘, しばし往還の便, しばし征清戦争の大, しばし待たせ給はれ, しばし待ちたまへ, しばし待ちたまえといい, しばし後ろの黒煙, しばし御船にあっ, しばし御衣の袂, しばし御覧に入れたてまつれ, しばし微睡みかける時が, しばし徳利のやう, しばし必死と防ぎし, しばし忘れさせて呉れる, しばし忘我の境, しばし思案顔であったが, しばしえたが, しばし恐るべき生命に, しばし悄然としてその, しばし悲しい烙印の, しばし想像にふけらまし, しばし感傷の中, しばし感慨に打ち沈んだ, しばし感慨無量であった, しばし感泣して, しばし感涙に咽び, しばし慰むめぐり合はん月の, しばしひけるかな, しばし憩いようと, しばし憩わんと入れ, しばし憮然として言葉, しばし我が心安き方, しばし我と語るの, しばし戦っていた, しばし戦機を見, しばし戦況を見, しばしの外, しばしを額, しばし手枕でまどろんだ, しばし震ひ, しばしきて, しばし拍手は鳴りやまない, しばし持ちこたえていたら, しばし捕物名人がじっと, しばしをあわせ, しばし探り合いの時間, しばし接触しては, しばしふる人, しばし撃つな, しばし放心の態, しばし放心状態で居た, しばしありげ, しばしの力量, しばし文句を案じ, しばしを巻いた, しばしの高, しばし日輪の荘厳, しばし昆虫をとる, しばし明るくなりしが, しばしの下, しばしの風, しばし昨日の夢, しばし時刻はうつろ, しばしあり, しばしさを, しばし暗きままに, しばし暗然としておられた, しばし暗黒寂寞として波濤, しばし曇らん空なながめ, しばし最後の自由, しばし朝之助を見つめ, しばし朝廷にとどめおき, しばし暗に立ち, しばし木の下にやすらひ, しばし木下殿をどこぞ, しばし木蔭にでもお, しばし本殿に憩わせ, しばし本陣に還る, しばしの中, しばし栄三郎方と力, しばし案内者を求めえ, しばし梁杭にお, しばしだちにな, しばし棒立ちにさせ, しばし楽しく過ごそうと, しばし楽しんだ後私は, しばし様子を窺っ, しばし樣子見給, しばしの外, しばし止まずために, しばし止みたるに頭上, しばし止めて鐡, しばし止めあらぬ方を, しばしの日本, しばしを留めし, しばし歩行を留めさせ, しばし歴史的の感傷, しばし残して, しばし母上と二郎, しばしにかかる, しばし気絶して, しばしかへ, しばしをぬぐ, しばし沈吟し, しばし沈思して, しばし沈湎とさし, しばし泉下から見物, しばし泣き入っていた, しばし泣き暮れていた, しばし泣き暮れたということ, しばし注目して, しばし洗われていた, しばしをとどむべく, しばし流れをとどむべく, しばし流れ去るを打ち, しばし流涕がやまなかった, しばしに濡れ, しばし浮世に生じ置い, しばし浮島ヶ原に馬, しばし涅槃に入るごとく, しばし深林の中, しばし混迷の中, しばし温もるのが, しばし漂いそしてあちこち, しばし潜水艇を卵, しばし濁った頭を, しばし雲の, しばし無念の涙, しばし無理な註文, しばし然るにても立波, しばし煙管を置い, しばしに面, しばしつた, しばし想わせられた, しばし猛烈の, しばし現場のアズマヤ, しばし琵琶の湖水, しばし生きてあらめ, しばし畏まっていた, しばし留まらぬ露の, しばし留まりゐ給ひしが, しばし留りてヂュウス, しばし留守をし, しばし疑心暗鬼のうち, しばし疲れを安め, しばし疲れし身を, しばし疲れたる足を, しばしを養っ, しばし相手の顔, しばし真っ蒼で, しばし眺めていた, しばし瞑黙しながら考え, しばしを上げ, しばし社前を拝借, しばし祈りて山, しばし祈念をぞこらしける, しばしのあく, しばし突然中止し, しばし止まつて, しばし立ちとどまりて片手, しばし立ち止って行灯, しばし立ち返つたかもしれない, しばし立って見, しばし答えもしなかった, しばし箱根くんだりに島流し, しばし粉雪の風吹けり, しばし素知らぬ顔を, しばし絶えて弓, しばし絶え行くラザレフの, しばし続けていた, しばし美しい師弟愛の, しばし美術学校の, しばしを休むる, しばし直訴人の, しばし考えこんでいた, しばし考えつめていました, しばしりて, しばし聞き耳を立て, しばしの被, しばしを組み, しばし腕組み眺める次第, しばし自分の入っ, しばし自若たる面色, しばしをと, しばし花園に出でよ, しばし荒い息を, しばし然と, しばしをする, しばしの中, しばし虚心を吹かせ, しばし啼きしきる, しばし行々子の啼く, しばし行く道も, しばし行けば田隴, しばし行われた後一人の, しばし衰えた歓声は, しばしを返させ, しばし見あわせ佐, しばし見とれしが気, しばし見とれたる少女は, しばし見入らずにはいられぬ, しばし見合すべし, しばし見守っていました, しばし見惚れた此地方の, しばし見惚れつ昼さがり, しばし解けぬ疑いに, しばし許せと被る, しばしもなかりし, しばしと御, しばし話者の面, しばしなくし, しばし語らぬ人も, しばし語らひし事庄太郎聞知り, しばし語り合おうぞえ, しばし調べのつく, しばしに耳, しばし足掻きを遠見, しばし路傍に横たわっ, しばし躊躇ってゐる, しばし身じろぎもしない, しばし身動きもしなかった, しばしを収め, しばし輝かすふくらかに, しばし輿の内, しばし近づく兵馬に, しばし迷つてゐたそこ, しばし退がって休息, しばし途切れて空, しばし途絶えて風雨, しばし遊んで寝る, しばし遠ざかる兄の, しばし郡上街道の真只中, しばし部屋の隅, しばし臭い大息, しばし酔ひ臥てほかほか, しばし里方に留置かるる, しばし野末の假の, しばしづけに, しばしを下ろします, しばしが淵, しばし長らえる気で, しばし長椅子に横たわっ, しばしの前, しばし門外に涙, しばし開けて, しばしを置い, しばし閲してまもりびと, しばしにちら, しばしをひらい, しばし除かれていた, しばし隻手にと, しばし雑談に時, しばし離れて幾月ぶり, しばし滴れの, しばし雰囲気を味わわせ, しばしと遊ぶ, しばし雲間を洩れい, しばし静思をした, しばし静談しましょう, しばし靜まり浪より浪, しばしなければ, しばしの憩い, しばし預けてくれい, しばしをあげる, しばしをおさえ, しばし風流陣の苦吟, しばし飛びかふ鳥や, しばしへ, しばし飼いおいて庭, しばしをたれ, しばし香りて消え, しばしを駐, しばし馬上に瞑目, しばし高楼の天井, しばし高雅の神, しばしにも似る, しばし黒潮の波, しばし黒甜の郷, しばし黙々とながめて, しばし黙せよ千鳥啼く, しばし黙然と蒼白な, しばし黙礼を与え, しばし鼓動をやめ