青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「しなかった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~したる したる~ ~しっかり しっかり~ ~しつ ~してる してる~ ~しない しない~ ~しなかった
しなかった~
~しなかつた しなかつた~ ~しなく しなく~ ~しなけれ しなけれ~ しばし~ ~しばしば しばしば~ ~しばらく

「しなかった~」 3361, 36ppm, 3211位

▼ しなかった~ (701, 20.9%)

140 である 79 です 661913 であるが, であろう 11 だから, では 10 だと, だろう 8 であった, ですが 7 でしょう 6 ですか 5 であります, でした, ですから, ですよ 4 だが, だそう, だろうと, であるから, であろうか, は私 3 じゃ, だった, だろうか, はこのごろぼく, はその

2 [24件] かい, かそこ, かもしれない, かもしれません, かも知れない, が, がお, が失敗, が気, が誤り, さ, だけれど, だね, だよ, でありましょうが, でありますが, でしょうか, でしょうが, ですけれど, は事実, は当然, は惜しい, は遺憾, もやはり

1 [193件] かしら, かその, かそれ, かそれとも, かと云われた, かと私, かね, かねえ, かはわからなかった, か出来ない, か吾, か思え, か悔ん, か春琴, か自分, か証拠, がいけない, がおれ, がお嬢さん, がそもそも, がだんだん, がふしぎ, がまだ, が不思議, が不思議至極, が不満, が不都合, が事実, が仕合せ, が変, が大きな, が大ぬかり, が当然, が惜しい, が我々, が珍しい, が生涯, が蔀君, が虚勢, が証される, だか, だからな, ださ, だし, だぜ, だその, だとは, だとも, だなどという, だろうそれ, だろうに, だ絶対, であったから, であって, でありそして, でありましょうか, であるか, であるとにかく, であろうから, でございましょう, でしょうけど, でしょうけれど, でしょうと, でしょうとに, でしょうね, ですかね, ですがネ, ですすると, ですね, です勿論, でも, とても幸, と実証的, と疲労, ならば, ならアメリカ, には根本的, は, はあきらか, はあやまる, はあるいは, はいかにも, はおれ, はかえっ, はかえって, はことに, はこの, はこれ, はさらに, はせめて, はそう, はそういう, はそれ, はそんな, はたすかった, はただ, はどうせ, はどれほど, はなぜ, ははじめ, はひどい, はやはり, はよかっ, はわたし, はフシギ, は一つ, は万更無理, は不思議, は主として, は事, は云う, は他人, は何, は何だか, は何故, は余り, は分別, は只, は善良, は四日ぶり, は大変, は大臣大将, は女, は子供, は己惚, は年齢, は幸運, は恥ずべき, は情けない, は情熱, は我, は手落, は手落ち, は挨拶, は政府, は時勢, は最も, は本当は, は泣入, は深川霊岸寺前, は深謀遠慮, は火, は無理, は無論, は父, は用人, は皇帝, は短兵急, は確か, は自分, は自分たち, は自尊心, は自然, は落度, は葬祭, は誤っ, は誰々, は迂, は迂遠, は遺憾千万, は重々おれ, は銃士, もしか嘘, もその, もそんな, もつまり, もひとつ, も一方, も伸子, も全く, も多少, も当然, も彼, も無理, も芸者, も道理, も面白い, も頷かれる, を, をお, をおぼえ, をさびし, を係, を女房ら, を彼, を御, を急, を母, を母親, を気, を私たち, を見出す, サ森と

▼ しなかった~ (511, 15.2%)

5 彼の 3 そのうち, それは, 彼は

2 [24件] あとで, うしろから, お今, この老, さすがに, そうかと, その代り, その顔色, それでも父, それにも, それを, ともかくも, やがて彼, わたしは, 三度も, 人が, 何かの, 彼女は, 彼等が, 極度の, 父は, 私は, 自分の, 親ひとり子ひとり

1 [449件] あの真剣, あまり五月蝿く, あらゆる女性, あるとき, ある夜辻川博士, ある嫌悪, ある日, いささか物騒, いざ話す, いずれに, いずれも, いったいその, いつまでも, いつもこんな, いわば痛, うちいやや, うまかった, うるさく言われ, おそらく彼, お園, お宮が, お角, お通, お鶴, かりそめ, かれら, きょうは, こうして迎える, ここに, このふしぎ, この二人, この姉さん, この方, この時, この民, この発端, この者, これとても, これによって, これ以上に, こんなに探し, こんな彼, しいて止めれ, しかしあの, しかし一方, しかし私, しかし誰, しかし間もなく, しかし隣り, しかも年結婚, しからば, しばらくし, すこし読ん, ずんぐりと, そういう空気, そう呼んだ, そこは, そのおかげ, そのかわり, そのかわりみんな, そのしたい, そのため, そのもの柔らかな, そのもの珍し, その他の, その全体, その声, その少し, その後しげしげ, その方法, その気配, その眼, その西村, その話, その赤, その間いろいろ, その頃沈黙, そばで, それから, それから大分, それじゃ, それでいていつも, それでもいつも, それでもたちまち, それでもひそか, それでも不幸, それでも他人, それでも偽物, それでも始末, それでも或, それでも捜索, それでも東京市, それでも梶田さん一人, それでも棒切, それでも無意識, それでも約束, それでも能, それでも酔う, それでも頭, それにしても実に, それについては, それには, それによって, それほど念入り, それよりも, そんな手近, たかが相手, ただじっと, ただハッキリ, ただ一言, ただ喜ん, ただ崑, ただ時としては, ただ朝夕馬, ただ気むずかしく, ただ虱, たとえば二階, だまされるの, だまって, だんだんすこしずつ, だんだん話, ちょっとここ, ちらと, ついには, つい先刻, とにかくかなり夜, とにかくはやく, とにかく信吉, とにかく迷信, ともあれ選挙ブローカー, どうも奥さん, なお二人, なんでも, のだ, ひとり服部武雄, びっこひきながら階段を, ふとその, ふと駈け戻っ, べつに尊大, ほとんどした, またそう, またひ, また目, まったく相手, まもなくむっつりした, まるで病人, もう考えず, もう長い, もしやある, やがて, やがてとっ, やがてふい, やがてエカテリーナ, やがて一時, やがて不思議, やがて何, やがて咽喉, やがて声, やがて将棋, やがて思いきった, やがて満足, やがて立ち上っ, やがて間もなくそんな, やがて静か, やっぱり大した, やはり一ばん, やはり心, ゆえに彼, ようやくホッと, わがままな, エッちゃん, オイ誰か, オヒャヒュウイヒヒャユウリという, キモを, シャッガァ号の, シルヴァン・コーンや, タッタ今, チョチチョチ位は, ハッキリした, パンであれ, パーヴェル・パーヴロヴィチは, フィヒテは, ベルリンの, マリユスが, 一つの, 一体お前, 一定の, 一手紙毎に, 一種の, 一空さまの, 一言も, 丁度七年目に, 三月二十一日の, 三木は, 主として自分自身, 九月の, 乳房を, 二人で, 二年目に, 二度も, 云いたいと, 互に相手, 五節を, 人に, 人は, 人民と, 人間は, 今から, 今こうして, 今ここを, 今と, 今に, 今は, 今までから, 今やそれ, 今夜こそは, 今宵ばかりは, 今日は, 今死ぬ, 今見る, 他の, 他人から, 他人が, 他所目には, 仙介の, 仮にそんな, 何分安値くも, 何故か雪の下, 何時まで, 作の, 併し, 倉地だけの, 僕に, 元どおり, 元来が, 先生が, 光子から, 兎に, 全宇宙, 八丁堀の, 前後の, 前足だけ, 劉備は, 十日目の, 千代次は, 司令官か, 同情する, 名刀の, 含みは, 周平と, 四阿山の, 困るの, 坪内君の, 夕立の, 外に, 多分介抱, 多少の, 夜に, 大分たって, 女と, 女の, 女房らが, 妻の, 始終軟らかい, 嫂は, 学徒動員と, 実はおじいさん, 実はこの間, 実はさっき, 実際一夜, 家では, 家に, 家内には, 家庭に対する, 察する, 寺子屋の, 小沢が, 少し待っ, 少し胃, 山はじめ両親は, 崖を, 川崎の, 差し出されると, 己れ, 帰りを, 常に思いやっ, 平野謙も, 広津氏に対しては, 庸三に, 庸三は, 廊下に, 弦四郎は, 弱小国, 強いて尋ね, 役者らの, 彼が, 彼すなわち, 彼を, 彼女から, 彼女の, 彼自身の, 後に, 復活祭の, 復航には, 心では, 心の, 思わず両手, 息詰まるよう, 悪戯の, 意地悪な, 愛して, 愛の, 慥な, 懐中は, 或る, 戸を, 手がかりは, 才次は, 掃除だけは, 掃除を, 提灯を, 支那では, 数年後の, 数日の, 旅の, 明かに, 明け方風が, 映画で, 是は, 時経, 本当かも, 本当に手, 本来自分は, 村尾は, 東儀与力を, 柿沼が, 根は, 植田の, 次の, 次第に由っ, 此処の, 武が, 武蔵の, 段々と, 母が, 氏郷が, 気が, 江戸の, 法水は, 泣いたっけ, 浅草の, 浜松へ, 涙の, 深く期する, 清吉が, 漸く老境, 澄子と, 無事に, 無関係で, 然し市木さん, 然し私, 父が, 狙いは, 玄関の, 生れも, 甥が, 田舎に, 男には, 白縮緬の, 目に, 相識の, 眉根に, 瞼は, 短篇は, 石勒の, 確かに, 祖母も, 神山東洋は, 神祭を, 私の, 私達は, 種々な, 筆を, 精神的な, 結局これに, 結局ヴラジーミル・ペトローヴィチは, 絵画に対しては, 絶対に, 群馬の, 義務観念の, 翌る, 翌日は, 翌朝袂を, 肉体的に, 胸と, 胸は, 腹が, 腹の, 腹の中では, 自分が, 自分たちの, 良夫は, 色々な, 芥川の, 苦笑の, 落着の, 血判や, 衆議に, 行きたくなくも, 襖越しに, 親しく口を, 親しみの, 観察を, 許六が, 註文を, 評判され, 誠一は, 調子は, 調査の, 負けだ, 身体中汚い, 車屋の, 近いうち, 近所に, 逃げまわる山伏, 途中で, 道具なども, 遠巻きに, 酒匂川の, 金魚桶の, 鉄管工場の, 間が, 闇太郎には, 陣十郎は, 陣地の, 陶器の, 雨の, 非常に, 面白くない, 鞍上の, 音楽では, 頤を, 風呂敷に, 風流才子の, 飛鳥の, 首を, 鬢の, 鳴声, 黙して

▼ しなかったこと~ (169, 5.0%)

6 である 54 です, を思い出した 3 がある, であった, でしょう 2 がこの, だが, だった, だと, であろう, であろうと, はありません, を, をあと, を残念

1 [121件] からし, からでもその, があった, がありました, がおそらく, がかわいそう, がついに, がひとつ, がよほど, がわかった, がわかる, がわかるなら, が一つ, が儼, が彼, が彼女, が悔まれ, が知事, が蟠り, が認められるなら, ことに近世, それから蘆名義広, た, たとえば天皇, だったが, だろうが, だろうと, であったから, であります, であるが, でいささか, でお, でございましょう, ですが, ですよ, でどんなに, でもあったろう, で若しひょっと, で驚いた, と云え, と五万五千斤, と共に事実上, と暑い, なし, などを考えれ, などを述べた, など全く, なん, におどろい, について彼, になる, にもぶつかった, によって利益, によるもの, に基づく, に對, に彼女, に愛想, に気がつく, に満足, に違い, に驚いた, ね, のなかっ, の原因, の報い, はかかる, はここ, はこの, はそれ, はそれら, はどんなに, はますます, は一味徒党, は世人, は人類, は博士, は存在, は実に, は少し, は山, は当時, は彼, は彼女たち, は注目, は確か, は祇園祭, は自身, もあった, もししたい, も疑い, やその, や勤労精神, らしい, をなぜ, をよろこんだ, を云っ, を信じ, を唇, を後悔, を怒ってる, を悔, を悔む気, を想い出した, を推定, を断わっ, を松江, を注意, を物語っ, を示す, を私, を竜, を米子さん, を考え, を聞かされた, を聞く, を言っ, を語り, を鄭重, を非難, を高い

▼ しなかった~ (138, 4.1%)

9 見えて 4 いうので, 云って, 思う, 書いて 3 いう, いうが, すれば, 申します, 言っても 2 いうだけ, 云うこと, 云うの, 思います, 思って, 考えて, 見えます, 見える

1 [82件] いいはるの, いいます, いうかも, いうだけは, いうどころか, いうよりは, いえようか, いえる, いかに弁解, いって, いっても, いわれて, いわれる事情, おっしゃるかも, おもいますが, おもう, おれが, お組さん, きいたらそれ, したらわたし, したら屍体, したら苅谷氏, した場合, するも, みえて, 一般である, 云いますから, 云うべきであろう, 云う形式, 云う為め, 云う矛盾, 云う話しだ, 云おうと, 云った, 云わねば, 何んで, 信じること, 同じく今, 同じく原始的, 同時にその, 同様に, 否定する, 喚いても, 失望を, 希望する, 忍耐する, 怒って, 思いますが, 思います体, 思うからね, 思うが, 思うくらい, 思うこと, 思うほどな, 思えること, 思われると, 悔を, 想像すべき, 想像できる, 憶えて, 断ずるの, 昔の, 時方らは, 残念でならない, 猶太人, 申立て, 考うべき, 考えられる, 聞いて, 自分で, 自白し, 致しましたら恐らく, 言う, 言うの, 言うので, 言うん, 言ったが, 言って, 言われて, 記憶し, 陳述し, 非難される

▼ しなかったので~ (128, 3.8%)

5 彼は 2 それでも大分感情, それなり私達, 私は

1 [117件] あっちこっち散々索しまわった, あわただしい折り, いずれ逸早くどこ, お君, お竜ちゃん, かれは, この二頭, この暇, この点, ござりまし, ござります, しまいには, そのまま出, そのまま帰った, その名, その噂, その日, その望み, その毒々しい, その犬, その肉屋, それについては, それまでは, それを, そろそろ迷宮入り, そんなに長い, たまに前, ちょっと両, どんなに驚くだろう, へんに, またぶらぶら, むしろラプラス, むしろ当惑, ゆうべは, わけなくきまったの, イヨイヨ好都合であった, ドアが, プライス博士が, メグは, ルナンや, 一つは, 一種の, 一言で, 不審に, 五ポンドの, 交渉成立せず, 人々から, 人々は, 今年は, 今日の, 他の, 伯母は, 住民は, 体を, 何の, 余は, 侍女たちは, 冬次郎と, 助った, 叔父に対して, 古銭研究家に, 同情も, 坪内先生の, 多少の, 実物は, 客の, 少し面食い, 尤それには, 平易な, 張飛も, 当然彼, 彼の, 彼女は, 徹太郎は, 志を, 恐らくどの, 我々は, 戒名も, 折角気持, 挨拶も, 故郷の, 暫くは, 未来の, 母は, 湯河原へ, 源十郎じしん, 烏は, 男は, 盗み読まれて, 眼に, 眼は, 社会的な, 私どもが, 秋田から, 答えも, 翌朝また, 腹を, 自分が, 自分の, 自尊心を, 自然足は, 興奮する, 若衆は, 虚を, 行くとも, 行く先々, 詳細な, 誰も, 謝絶しました, 貧弱な, 賄方に, 辰馬銀行に, 過度の, 遭難し, 食べずに, 飲んでは, 驚いた

▼ しなかった~ (112, 3.3%)

2 それに, 彼女の, 彼女も, 私も

1 [104件] あなたにも, おかみさんの, この次, しようとも, そうする, その助手達, その友人, それを通じて, たとい見出し, つとめて, ですから私, ひどく広告, ほとんど聞い, まして, またそれら, またたいへん, またでき, またどんな, またはっきり, またみんな, またエドワード, また人手, また各自ひそか, また大して, また意識, また生えた, また町, また自分, また雑巾, また高等学校時代, まったく食べない, めずらしい話, アンナの, イペリット瓦斯の, ウムとも, クリストフ自身も, ジャックリーヌの, フリーダは, 二度目は, 人から, 今は, 今も, 何にも, 作ろうとも, 信用を, 俺を, 僕の, 元気も, 兄も, 入れて, 又する, 又そんな, 又出られ, 又出来なかった, 同じく氏, 君は, 夏の, 女房も, 子供も, 学ぼうとも, 実際以上, 寿女が, 岩場の, 彼に, 彼を, 後世の, 御大事, 急に, 感じも, 打ち明け, 拳銃を, 新聞にも, 旅行の, 日中も, 朝倉夫人も, 殊に牡鹿山落城, 泰軒も, 海を, 滋幹も, 無論見, 物も, 現代文学の, 甚三郎に, 生娘なれ, 神経を, 私の, 私は, 立留っ, 絶望の, 考えも, 肩を, 自分でも, 自分の, 葉子も, 裏切られたという, 裳衣を, 訪ねて, 話しも, 誰も, 議長は, 迷惑にも, 金を, 音楽家は, 鬼神の

▼ しなかった~ (86, 2.6%)

2112 です 7 だよ 5 だろう, ですもの 4 ですか 2 だけど, ですから, ですが, ですよ

1 [24件] か, じゃない, じゃないです, だからね, だが, だぜ, だぞ, だと, だな, だね, だもの, だろうか, だろうねえ, だわ, だ可哀そう, でございましょうよ, でしたかね, でしょ, でしょうが, ですけど, ですね, ですわ, ですロシア, でも

▼ しなかったよう~ (79, 2.4%)

13 である 86 です 4 なもの 2 ですよ, なこと, なそういう

1 [42件] だそこ, であった, であるが, でございます, ですが, で何でもかんでも, で実際, で幸い, で御座います, なここち, なふう, な人殺し, な個人, な勢い, な国, な奇怪, な廃頽的, な怪事, な恐ろしい, な気, な氣, な永い, な珍, な考え方, な複雑, な観念物, な話, な重大, な隙間, な題目, な風, に, にいった, にこん, にし, にも考えられる, に思います, に思う, に思われる, に考えられる, に見える, に見受けられる

▼ しなかったもの~ (78, 2.3%)

7 である 65 でしたから 4 だから, だが, ですから 3 です, のよう 2 だそう, であった, と見え, と見えます, を見た

1 [32件] か, かキュキュ, があろう, がぼろぼろ, がまじっ, が燦然, が真珠, が鉄道, だからねえ, だと, であったが, でしたがって, として考えられ, と気, ならば, について物, はない, はなかっ, は一人, は今日物資, は悉く, は知っ, もある, もあるでございました, もないだろう, らしいですね, を, を取り去る, を意識, を由兵衛, を見たらしく, を見出した

▼ しなかったという~ (77, 2.3%)

7 ことは, ことを 6 ことである 5 のが, のは 3 ことで, ことに 2 ような, んだ, 理由で

1 [35件] こと, ことが, ことだ, ことだけは, ことだった, ことであります, ことに対し, ことの, こと又, のである, エピソードが, 一事に, 事が, 勇ましきツワモノたち, 反対の, 呉一郎が, 悪賢い悪漢, 悲劇を, 意味において, 条折には, 欠点である, 満足を, 点から, 点に, 点を, 理由は, 理由も, 結果も, 結論に, 自信を, 落寞と, 行為の, 話だった, 説が, 返事であった

▼ しなかったから~ (74, 2.2%)

17 である 54 です 2 だと, であった

1 [44件] あるいはかえってゆったり, いつも沢山, お高, この小さな寂しい, これを, それである, たいして目, ただそのまま, だし, だろうか, で, で決して, どんな様子, のちのちまでも, まして使, もういちど, もって, ようございました, よかった, 一生人に, 不幸中の, 人と, 今必要, 今日の, 他人には, 余は, 各人の, 呆気に, 呉清源係りの, 命がけの, 夕飯を, 奴め自殺し, 少し長い, 擦れ違いざま, 曙山とは, 極楽へ, 殺したも, 水泳競技が, 父が, 爾来三千年中国, 確める, 責て, 逃げること, 雲井の

▼ しなかったかと~ (57, 1.7%)

3 いうと, 思う 2 あたりを, 奥さんに, 思うと, 思えば

1 [43件] あやしむ人, いうに, いって, お訊き, ぐるぐる見まわし, こっちから, たずねた, たずねて, なぜか, はっとした, ひどく腹, みずからを, 云うよう, 云って, 今も, 保治は, 僕は, 内部を, 尋ねたそう, 岡目八目や, 帝は, 心配し, 心配する, 思いながら, 思った, 思ったが, 思われたの, 思われる, 恐れた, 想像される, 想像する, 支配人が, 早や, 気づかわれも, 気に, 番頭どもが, 疑って, 私に, 繰り返されては, 聞いた, 聞いて, 自分も, 訊ねて

▼ しなかったけれど~ (39, 1.2%)

1 [39件] ある新聞社, いずれにも, お母さんが, けっして食う, このヘブライ, これほど, そうし, そのソワソワ, その代り, でも気, とにかくよくはたらき, なんとなく黒い, またもし, みんなそれぞれ自分の, リセプションの, 今度こそ, 今日恒川さんを, 借りたボオト, 僕は, 内心大いに, 双方とも, 号外売り, 夫人は, 女は, 好んで, 幸に, 彼の, 彼は, 後で思い出しました, 心配した, 思い出して, 激しい期待, 私が, 私も, 私自身には, 聞いて, 聞捨てに, 自分の, 頭脳は

▼ しなかったけれども~ (39, 1.2%)

1 [39件] いくらそこ, こういう幽か, この事, こんな場面, その処刑, その独創, その顔, それでもなお相互暗示, そんなに義理人情, ただ子供, ともかくそこ, また彼, まだ疲労, 一人の, 今の, 仕方なし, 何かの, 先を, 光丸の, 内々少から, 夏の, 大変な, 妾青木さんから, 実はここ, 小林君から, 幸子は, 彼は, 心に, 手すりには, 案外多く, 母は, 決して尊敬, 父の, 社会生活と, 結局その, 貧乏貴族ぐらしの, 転々と, 陽気な, 霞を

▼ しなかった~ (33, 1.0%)

9 相違ない 7 しても 6 違いない 2 ちがいない 1 したところ, しろ安心, しろ或は, せよ藤原時代, よくも斯く精確, 拘らず字句軒昂, 相違ありません, 違いありません, 違無い

▼ しなかった~ (28, 0.8%)

2 それらの

1 [26件] あの餓えた, ききたくて, ごまかしに, しても, その遅き, とこう反問, どうか, どうかを, どうだ, どうにも判断, のと, ばかな, ふしぎな, 上京し, 何か, 勝てば, 同じテーブル, 否かは, 姿を, 或いは殺された, 柳君, 理解に, 直接では, 知れないであろう, 自分の, 訊きましたが

▼ しなかったため~ (26, 0.8%)

2 である, であろう

1 [22件] かと思われる, くやしがっ, そうした場合, ついにそういう, で多く, に, にその, についに, に二人, に傷つき, に古い, に彼, に忘れた, に懐疑論, に次第に, に漸次, に皆, に都合, のよう, の結果, 思うに, 荒れた林

▼ しなかった~ (26, 0.8%)

1 [26件] がある, がお, が一大原因, が今日, が第, が証明, だ, である, でいずれ, でしかも, です, と思う, と銀行, などに起因, に就い, はきかさなかった, は明らか, は確, もある, もまた, も亦, を後悔, を心から, を思い浮べた, を攻撃, を院長初め非常

▼ しなかったかも~ (23, 0.7%)

5 知れない 2 知れないが, 知れぬ, 知れません

1 [12件] しれず変動, しれないが, しれないの, しれませんからね, 知らぬが, 知れないけれど, 知れないその, 知れないと, 知れないの, 知れないもの, 知れなかったん, 知れぬ諸君

▼ しなかったそう~ (23, 0.7%)

6 である, です 31 だから, だが, であります, であるが, でそれ, で実際, で誰, な

▼ しなかったところ~ (21, 0.6%)

2 である

1 [19件] からまたあるいは, から生じた, から過去, だ, であったと, にある, に多少, に大きな, に誤謬, の兇暴, の夢, の聾, へその, へだしぬけ, へ今度, へ配給, もあるらしく, もあろう, をもっ

▼ しなかったのに~ (17, 0.5%)

1 [17件] ある朝, それでも妙, どうやら無事, ぼうふら売り, やっと硫黄, 不思議は, 今は, 何故さっき汽車, 夕顔の, 少しホッと, 後で警察, 日本でばかり, 猛然と権利, 監禁の, 相違ございません, 相違ない, 自然に

▼ しなかった~ (17, 0.5%)

3 である 2 のよう

1 [12件] がこの世, が十年振り, が在るだろう, であった, であるから, とをくらべ, には決して, の眼, はこうした, はない, もあったであろう, らしいが

▼ しなかったほど~ (16, 0.5%)

2

1 [14件] だから, だった, であったが, である, でした, 一層心, 冷淡でありました, 呑気であった, 心眼が, 怠けたと, 急に, 無神経な, 藩の, 複雑な

▼ しなかったはず~ (15, 0.4%)

4 である

1 [11件] だ, だと, であった, でありそして, であるまた, です, ですが, ですよ, なん, はなかろう, 小右京

▼ しなかったかという~ (12, 0.4%)

1 [12件] ことだ, ことである, ことは, ことを, のが, 問題である, 問題は, 恐れとが, 点に, 疑問に対する, 疑惑であった, 訳を

▼ しなかったじゃ~ (12, 0.4%)

7 ないか 3 ありませんか 1 ないの, ねえか

▼ しなかったばかり~ (11, 0.3%)

2 では 1 である, でなくまた, でなく何, でなく兵部, でなく大学, でなく政治的方面, でなく日本人, でなく期待, で彼

▼ しなかった~ (10, 0.3%)

42 はない 1 であった, である, です, なん

▼ しなかったその~ (9, 0.3%)

1 人の, 光る石, 子の, 家を, 悪徳と, 手が, 時の, 頃の, 頃盛に

▼ しなかったわけ~ (9, 0.3%)

4 では 1 だ, だね, です, ですか, でも

▼ しなかった場合~ (9, 0.3%)

2 はない 1 があろう, がかつて, それでも青木, には, には単に, には問題, は少ない

▼ しなかった~ (9, 0.3%)

1 の天質, の心事, の横着, の用意, の疑い, の部屋, はこの, は聴い, は野中

▼ しなかった時代~ (9, 0.3%)

1 からすでに, であるので, には彼ら, にも五山, に何, のうち, の人, の人々, 即ち常識

▼ しなかった自分~ (9, 0.3%)

1 からの離反者, の名, の態度, の理想, の理由, は憤ろし, もいささか, を思い出した, を発見

▼ しなかったとは~ (8, 0.2%)

1 なんという迂, 云えそこ, 云え標準, 云え自殺, 伸子に, 思いません, 断言出来ません, 言えぬ

▼ しなかった~ (8, 0.2%)

1 から既に, この辺一帯, にできた, には一国内, に今村家, のとおり, は宜, は沼

▼ しなかったのみ~ (7, 0.2%)

2 である 1 でなく一面, ならず, ならずかえって, ならずまた, ならず共同生活

▼ しなかったまで~ (7, 0.2%)

41 であり吾, である, であろうと

▼ しなかった一つ~ (7, 0.2%)

1 のこと, のもの, の幸運, の理由, の疑惑, の習作, の証拠

▼ しなかった理由~ (7, 0.2%)

1 が氷解, だよ, にはこの, の為, は不明, は他社, を知ろう

▼ しなかった~ (7, 0.2%)

1 こだわりなく, である, の働き, の大, の慇懃, 三吉は, 小じんまり

▼ しなかった~ (7, 0.2%)

1 があろう, で, はこの, は一人, は愚人, は持っ, への天罰

▼ しなかったあの~ (6, 0.2%)

1 お夏, 剛胆さに, 形而上学の, 横死死体を, 海岸通の, 細密な

▼ しなかったそして~ (6, 0.2%)

2 それだけまた 1 どうして浮き出し, 人を, 何物をも, 窓の

▼ しなかったばかりか~ (6, 0.2%)

1 つとめて, 中国の, 博士号を, 白々しい嘘八百, 目に, 種々の

▼ しなかった事実~ (6, 0.2%)

1 であった, である, と相, によってゆらい, は極めて, を報じ

▼ しなかった~ (6, 0.2%)

1 が連れられ, だけれど, と一緒, に対してそれ, の不注意, は学校

▼ しなかった~ (5, 0.1%)

1 咲の, 浦という, 花見を, 蓮は, 通の

▼ しなかったこの~ (5, 0.1%)

1 不思議な, 印象に, 境遇を, 媒介物で, 春子が

▼ しなかっただけ~ (5, 0.1%)

1 だ, であって, であります, ですよ, でその

▼ しなかったとしても~ (5, 0.1%)

1 して, すくなくともわたし, 少くとも, 祖先から, 著者の

▼ しなかった~ (5, 0.1%)

1 に一層, に其処此処, に四, に大臣, に最も

▼ しなかったかの~ (4, 0.1%)

2 ように 1 ようであった, 説明に

▼ しなかったそれ~ (4, 0.1%)

1 がいま, はたいした, は神, を思う

▼ しなかっただけに~ (4, 0.1%)

1 かえってこちら, べらべらと, 佗しかった, 彼女を

▼ しなかったとき~ (4, 0.1%)

1 のあの, のナンセンス, は血, また一般

▼ しなかったとも~ (4, 0.1%)

1 いえば, 考えられないし, 考えられるだろう, 言われ先祖

▼ しなかったのみか~ (4, 0.1%)

1 なるべく, なるべく直接, むしろその, 一方には

▼ しなかったほどの~ (4, 0.1%)

1 おそろしい悪魔, 主膳が, 大果報, 愉しい気持ち

▼ しなかったものの~ (4, 0.1%)

1 それを, 一人な, 小屋者の, 年の

▼ しなかった~ (4, 0.1%)

1 ことに, る現象, 時女中に, 法科の

▼ しなかった~ (4, 0.1%)

2 の何らかの 1 である, を欲

▼ しなかった~ (4, 0.1%)

1 とては一日, には私たち, には虎児, は一日

▼ しなかった~ (4, 0.1%)

1 さえ有ったけれ, にもすでに, に彼, はたびたび

▼ しなかった~ (4, 0.1%)

1 において自分, に手落, に法水, 又真先

▼ しなかった結果~ (4, 0.1%)

2 である 1 として仲間, を招く

▼ しなかったある~ (3, 0.1%)

1 ものに, 恐怖に, 物に

▼ しなかったうち~ (3, 0.1%)

1 にとても, に全然, の息子

▼ しなかったからでも~ (3, 0.1%)

1 あった, ありましょう, あるらしい

▼ しなかったかを~ (3, 0.1%)

1 今では, 確かめてるよう, 示す証拠

▼ しなかったくらい~ (3, 0.1%)

1 だ, だのに, である

▼ しなかったせい~ (3, 0.1%)

1 では, でも, もあろう

▼ しなかったとか~ (3, 0.1%)

1 したとかという, 噂されたら, 造ったもの

▼ しなかったもん~ (3, 0.1%)

1 ですから, ですからね, で正確

▼ しなかった不思議~ (3, 0.1%)

1 なもの, な二人, な力

▼ しなかった人々~ (3, 0.1%)

1 が書きはじめた, はこう, もない

▼ しなかった人物~ (3, 0.1%)

1 がいつの間にか, が寝室, の円滑さ

▼ しなかった仕事~ (3, 0.1%)

1 が, に心, をやり

▼ しなかった代り~ (3, 0.1%)

1 にこれぞ, にハンケチ, に損

▼ しなかった出来事~ (3, 0.1%)

1 なの, におせん, は見方

▼ しなかった土地~ (3, 0.1%)

1 と思う, はありません, を農業

▼ しなかった日本~ (3, 0.1%)

1 が大戦, の知性, はどうしても

▼ しなかった~ (3, 0.1%)

1 はいわゆる, へ返る, よりちっともえらく

▼ しなかった~ (3, 0.1%)

1 との誤り, にある, に誤っ

▼ しなかったいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な樹, の生活問題

▼ しなかったおかげ~ (2, 0.1%)

1 で頭, と今

▼ しなかったからと~ (2, 0.1%)

2 いって

▼ しなかったかわり~ (2, 0.1%)

1 に悪い, に誰

▼ しなかったけど~ (2, 0.1%)

1 印象だけについて, 考えると

▼ しなかっただけの~ (2, 0.1%)

1 ことだ, 話な

▼ しなかったって~ (2, 0.1%)

1 ことをね, さぞあの

▼ しなかったつもり~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ しなかったなどと~ (2, 0.1%)

1 云う勿, 訴える人

▼ しなかったのね~ (2, 0.1%)

1 きっと, けれど今

▼ しなかったばかりに~ (2, 0.1%)

1 その情懐, 迷路に

▼ しなかったぼく~ (2, 0.1%)

1 のほう, は

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 怪いよ, 道理浅虫家は

▼ しなかった京吉~ (2, 0.1%)

1 だった, にとってただ

▼ しなかった人達~ (2, 0.1%)

1 があるだろう, の悲哀

▼ しなかった代わり~ (2, 0.1%)

1 に別段, に酒

▼ しなかった以前~ (2, 0.1%)

1 の形, の楽しかっ

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 と脂肪, の疲れ

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 の三枚, は思い出せない

▼ しなかった印象~ (2, 0.1%)

1 が新た, を与えられた

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 もきかなかった, も利かなかった

▼ しなかった多く~ (2, 0.1%)

1 の人, の婦人助手たち

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 多数の, 都会が

▼ しなかった夫人~ (2, 0.1%)

1 であったが, はこんな

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 の人, の美しい

▼ しなかった彼女~ (2, 0.1%)

1 にも一半, を

▼ しなかった故に~ (2, 0.1%)

1 わずかな, 古風な

▼ しなかった新しい~ (2, 0.1%)

1 出来事に, 楽しみだった

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 であるが, に覚えてる

▼ しなかった源氏~ (2, 0.1%)

1 である, は恋妻

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 である, です

▼ しなかった若い~ (2, 0.1%)

1 女として, 者たちに

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 です, はその

▼ しなかった説明~ (2, 0.1%)

1 つまり私, を最初

▼ しなかった鎮江~ (2, 0.1%)

2 に於ける

▼ しなかった~ (2, 0.1%)

1 ぐらいはとも思う, にあの

▼ しなかった革命~ (2, 0.1%)

1 の向こう, は一つ

▼1* [432件]

しなかったあたり疑われたこと, しなかったあと出京, しなかったあらゆるりんごを, しなかったあるいはできなかったと, しなかったあれを知らず, しなかったいくつかの経験, しなかったいたずらにつまらぬ, しなかったいつも眼明きと, しなかったいやな気持, しなかったうらみがある, しなかったおせんは茶, しなかったおめでたさとは, しなかったおら死んじまうよう, しなかったお前と云う, しなかったお宮が柳沢, しなかったかいこれを, しなかったかしらあたし, しなかったかによって個人の, しなかったかは別として, しなかったからこそ汽船の, しなかったからにちがいありません, しなかったからのことであったでしょう, しなかったがとギョッ, しなかったがな面白くねえ, しなかったがもそりも, しなかったえ, しなかったここにいる, しなかったことロマンチックの古臭い, しなかったこと北山の山王祭, しなかったこと母親の死, しなかったこと玉体に障る, しなかったこと用のある, しなかったころと同じ, しなかったころ初期の作品, しなかったしかしあの盃, しなかったしんみりした話, しなかったすなわち正直な, しなかったすべての他, しなかったそれでもない, しなかったため慎重でない態度, しなかったため絶頂までの半分, しなかっただからいばって, しなかっただがお久米, しなかっただけは確かである, しなかったっけだ, しなかったつうんだ, しなかったできごとでしたが, しなかったというのみである, しなかったとおりこの社会, しなかったとき和一郎は茶碗, しなかったところが何の, しなかったところ二春まで続け, しなかったところ昨日の原稿, しなかったところ案内者も今回, しなかったとして攻撃し, しなかったどころでは, しなかったなぞと女, しなかったなぞと云えば, しなかったなと彼は, しなかったにもかかわらず昼, しなかったトクべ, しなかったのにとこの少年, しなかったのよ皆が, しなかった同様である, しなかったはげしい批判の, しなかったばかりの罪では, しなかったほどに自分たちが, しなかったほんとに俺が, しなかったまたは彼の, しなかったまれな宝, しなかったもし生徒の, しなかったもっと深いと, しなかったもとの理由, しなかったものそれを今, しなかったものつまり飾りが殖えた, しなかったただ親切ごころ, しなかったよりはやはりそれ, しなかったろうにと身一つ, しなかったろうとですか, しなかった足で, しなかったわかい反逆者の, しなかったわしのわがまま, しなかったわたしはだから, しなかったわねじゃあたい, しなかったわれわれの歌舞伎マスク, しなかったんでよくよく眸, しなかったアツポクタスの言説, しなかったイチョウすなわち公孫樹, しなかったオセローで脊丈, しなかったキク子であるから, しなかったキッカケからそういう, しなかったグルーシーナポレオンを欺いた, しなかったゼイタクが出来, しなかったタイタニックはこの, しなかったディルタイの哲学, しなかったドイツの運動, しなかったナエーアといま, しなかったバイキング海賊でもこの, しなかったフランスの女, しなかったホラチウスのごとく, しなかったムク犬がこの, しなかっただ, しなかった一事に徴する, しなかった一人の人間, しなかった一人一人の女, しなかった一喜一憂であり毎日顔, しなかった一種の気分, しなかった一突きであった, しなかった一語を聞いた, しなかった三之丞の一克さ, しなかった三昧境のある, しなかった三輪みどりが紅, しなかった上僕の顔, しなかった上框の障子, しなかった不出来で三階, しなかった不安に襲われた, しなかった不快さを始終, しなかった不愉快さをさらに, しなかった不意打の危難, しなかった不親切私はその, しなかった主人の平吉, しなかった久兵衛の様子, しなかったなんか飲まれ, しなかった争いを思い出す, しなかった事今思っても, しなかった事件が突発, しなかった事柄がいくら, しなかった二つの獲物, しなかった二三の村, しなかった二人の相撲, しなかった五〇磅をもう, しなかった亡母の夢, しなかった享楽品を所有, しなかった人たちにとっては自分, しなかった人生を芭蕉以下, しなかったは弟, しなかった仕方がない, しなかった以上何とかけじめ, しなかったでしたから, しなかった伊奈子が何, しなかった会話とが掲載, しなかった伝記者評論家は一人, しなかった伸子は相, しなかっただから, しなかった位健康に於, しなかった住民の大, しなかったか一つ, しなかったは急, しなかった作家との違い, しなかった便利な器, しなかったは吉野君, しなかった個別科学者に対してはこの, しなかった個性的才能の型, しなかった偉観であった, しなかった健三の心, しなかった傾向はふるい, しなかったが突然, しなかったでございますから, しなかった儲けものであった, しなかったは特に, しなかった入浴ができた, しなかった全く新しい一つ, しなかった全然あたらしい幕, しなかった六十万石の世子, しなかったに金峰山図幅, しなかった冷たい規則を, しなかったがそう, しなかったを合わせる, しなかった初めの詩体, しなかった創造能力を現代人, しなかったであったからこそ, しなかった助命を切望, しなかった労働の価格, しなかった勇士の子孫, しなかった勝ちがむしろ, しなかった十二人の中, しなかった十五歳から十八, しなかった千世子は今, しなかった卓二は京野夢子, しなかった危険とは云え, しなかった即ち彼らの, しなかった友だちなどが朝夕遊び, しなかった叔父の態度, しなかった古い理由であろう, しなかったを選んだ, しなかった吉本ではある, しなかった一傾向を, しなかった同情の深, しなかった名人がはしなくも, しなかった君らが怒り, しなかったさえもまだ, しなかったである, しなかった品行方正の北山, しなかったにちょっと, しなかった喜びに煌煌, しなかった困難にでも逢った, しなかったで言語, しなかったの壁, しなかったを今度, しなかった地位に導いた, しなかった地方にまで米, しなかった地蔵尊を俄, しなかった堅い筆の, しなかった場所の雪, しなかった塩野であった, しなかった士めら今度こさ, しなかった変化におどろき, しなかった大きな穴が, しなかった大昔からここ, しなかった大道具が八千円, しなかった天井が急, しなかった天罰だ, しなかったの気質, しなかった夫婦はかえって, しなかった奉公話が持ちあがった, しなかった女優を私, しなかった女子は男子, しなかった女房を源氏, しなかった好例として次, しなかったな気持, しなかった姉さんが義理, しなかった姿態を描い, しなかったの臨終, しなかった婿であったから, しなかった嫌いがある, しなかった学風からであろう, しなかった宗教家はまれ, しなかった実験科学よりも今, しなかった宣長翁の後継者, しなかった家々の者, しなかった家康に至っ, しなかった対照と比較, しなかった小包を受け, しなかった尨大な発行部数, しなかった山腹や川沿い, しなかった岩蔵が助かり, しなかった工合にこんぐらかった, しなかった工場の中, しなかった平原がたちまち, しなかったはここ数年来一度, しなかった幸いにもクリストフ, しなかった幸福と真剣さ, しなかった幸運と思っ, しなかった建築はチャン, しなかった引越しを行った, しなかった強度でいざ, しなかった強権とはっきり, しなかった役割を歴史, しなかった役者だ, しなかった彼女而も彼, しなかった彼杉山其日庵主は単身孤往, しなかった彼自身の愚, しなかった待遇ぶりをすっかり, しなかった微笑がうかん, しなかった心持もわかる, しなかった必死の生活, しなかった怠け者の蟋蟀, しなかった怪物を筏, しなかった恍惚郷に惹き入れられ, しなかった恐ろしい事件が, しなかった恩爵の好餌, しなかったさえも潜め, しなかった悔いを噛みたくない, しなかった意外な事実, しなかった意義と歴史, しなかった愚かな者共, しなかった愛情が湧き上った, しなかった感情や思想, しなかった或は接触し, しなかった房枝がこれ, しなかった所長も遂に, しなかったならしを, しなかった手口がわかる, しなかった手法であって, しなかった抗議の一場面, しなかった拳法の一代, しなかった支配階級に対してかつて, しなかった政友会総裁の頭脳, しなかった政府と栄養専門家, しなかったです, しなかったにぶつかった, しなかった敵対に不意, しなかったらしい戦慄, しなかった新手の大軍, しなかった新蔵が何, しなかったがドノ, しなかった方法で伸子, しなかった日本女のところ, しなかった日本派の俳諧師これ, しなかったを答えた, しなかった早合点の致す, しなかった明智がヒョイ, しなかった明治二十七年の十月, しなかった昨日今日の咳, しなかった時分の存在, しなかった時娘の顔, しなかった景色が深沈, しなかった替りにそういう, しなかった最後の根拠, しなかった未開時代の多く, しなかったの妹, しなかった東西を打っ, しなかった森源と知り合い, しなかった極度の混乱, しなかった機会を汝, しなかった此時間の記憶, しなかった武家時代の思想, しなかったの浮く, しなかった死体は見向き, しなかった残念さが実感, しなかった殺人者にちがい, しなかったをばこの, しなかったのこと, しなかった気質こそ後年キュリー夫人, しなかった気違いじみた感情, しなかったもにわかに, しなかった油紙の天井, しなかったばたけ, しなかった法学的の考え方, しなかった流れ矢一筋から来, しなかったがひどい, しなかった淋しさが, しなかった深い悲しみに, しなかった無実の罪, しなかった無疵のまま, しなかった無論飯も, しなかったかな暖か, しなかった物思いの加わった, しなかった物質とはここ, しなかった特殊のたま, しなかった特殊飛行は僕, しなかった犯罪史上の実例, しなかった狼狽の色, しなかった率直な生活意欲, しなかった現在血をわけた, しなかった現実の危険, しなかった理解であった, しなかった瑠璃子は甦えった, しなかった田舎医者は維新, しなかった画家だと, しなかった病気にとりつかれ, しなかった痛みと悪寒, しなかったに, しなかった登山者の前, しなかったをまつげ, しなかったである, しなかった知性から大人気, しなかったの側面, しなかった研究の秘密, しなかった破産をし, しなかった確実な歩調, しなかった社会は実に, しなかった社会部面について書く, しなかった祖母の影響, しなかった秀抜な作家, しなかった私達は胸, しなかった秘密の計画, しなかった種々の物体, しなかった空想などは未だかつて, しなかった竹童の踵, しなかった第三者がここ, しなかったです, しなかった素人風の地味, しなかった結晶までその, しなかった結論に到達, しなかった絶好のチャンス, しなかった線描の手法, しなかったをお, しなかった同行とは, しなかった老人らにとってはこの, しなかった職業に用いられるであろう, しなかったの味, しなかったを片付けはじめた, しなかった舞妓達がダンスホール, しなかった色々な考え, しなかった草稿をその, しなかった草花が一めん, しなかった菰だれの向う, しなかった落着きにつつまれた, しなかった蒙昧時代の男, しなかった藤次郎は池, しなかった藻塩やく煙, しなかった製作的良心の盛ん, しなかった製造財貨の全量, しなかった覆面を解い, しなかった親父もそこ, しなかった親類たちが寄り集まっ, しなかった言葉は解釈, しなかった訶和郎の妹, しなかった証拠であります, しなかった試みを加えよう, しなかったりも, しなかった課題であること, しなかった諸点をその, しなかった謀事がずんずん, しなかった警官が私, しなかった警察庁を詰問, しなかった警視総監らしい, しなかった貨物を新た, しなかった貴族階級の女性, しなかったでちっとも, しなかった通路に強い, しなかった進歩主義者で軍, しなかった過去のニホン, しなかった過失に気, しなかった道綱がようやく, しなかった遺産を残す, しなかった都下の二流新聞, しなかったを飲む, しなかった重大の理由, しなかった重苦しいものからの, しなかった金五郎が苦し, しなかった鉄扉がすこし, しなかった銀子も栗栖, しなかった銭占屋が, しなかったの銘, しなかった間違いからすでに, しなかった附近の犬, しなかった限り一切の被, しなかった隣室でお, しなかった雪駄の跡, しなかった人間な, しなかった頗る気の, しなかったを刀, しなかったが気に入らねえ, しなかった馬どもは皆, しなかった驚きが次々, しなかった驚天動地の大, しなかった高い不抜の, しなかったがいつの間にかすぐ, しなかった鶴さんがある, しなかった鷹籠の網