青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ざりし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

されない~ ~される される~ ~さん さん~ さんざん~ ~ざし ざし~ ざま~ ざら~
ざりし~
~ざります ざります~ ~ざりまする ~ざる ざる~ ざれ~ ~し し~ ~しい しい~

「ざりし~」 1416, 14ppm, 7930位

▼ ざりし~ (193, 13.6%)

9 如し 3 今は, 今日この, 好みの, 故なり, 漸, 聟よりの

2 [12件] やがて垂れたる, 今の, 今二十五歳に, 千八百八十六年ラネツサン氏は, 彼の, 後に, 後国のみ, 故に明治初年, 此恩人は, 漸くに, 為めに, 顧みて

1 [142件] ああいじらし, あの方, あまりの, あゝも, いかでわれ, いともふりたる, いよいよ此度, おひ, お光, お前にばかり, お艶, かく言, かの黒き, ここへ, こたび, この一座, この辺海上, この頃, この頃以爲, こは, こんな事, ごとくに, ごとく脳力, ごとし古来文学者, さて徐に, さて着手, そのたまたま, その場, その後新聞紙上において, その後重ね, その父, その窪みたる, そは, そりや, はじめの, ふと心づき, ふと気, またも例, やがてその, やがて崩, ゆゑに, われは, ジェリの, メンデルスソーンの, 一八五九年ダーヰンの, 一日うけあひ, 七反目に, 下司の, 世の, 中には, 久しく市村座, 今この, 今に, 今朝見れ, 今木の間, 伎倆抜群の, 何思ひけん, 何時か, 僅の, 儂は, 元義, 其御難儀も, 其砌は, 再び故山, 別れに, 原田平, 嗚呼い, 四五日の, 壮年時代は, 大正四五年の, 夫なら, 奇しきま, 如き, 如き議政官, 如き近く, 如くその, 如くなりしも, 如くオルフォイス, 如く彼等, 如く毫も, 如し古来文学者, 姉上の, 家の, 實は, 帳臺ふかく, 弟の, 彼は, 彼も, 彼大臣は, 後これ, 後には, 後漸く, 必死に, 忽ち跫音渓間, 思ひしより, 或る, 或夜宅兵衞一人, 或日途中, 扨は, 捕れしなり, 故なら, 故にこの, 故に之, 故に僧侶, 故に又此點, 故に受取つたの, 故に更に, 斯く諭されたる, 明日の, 明治以前の, 是から, 暁天に, 曉近く, 最前和吉と, 最後に, 柔らかくしかも, 次第に近く, 此の, 此日日比谷丸の内辺雑, 江戸末期における, 漸く季節, 為に, 為めには, 爲めに, 爲めには, 爾來世運, 爾来世運, 獨り, 福澤君より, 私し共, 稍, 突然声, 編輯諸子の, 諸準備, 證據といふ, 近年に, 近年糸織または, 郷里の, 都近く, 金三の, 長崎高等学校医学部生徒某氏は, 間有り

▼ ざりし~ (124, 8.8%)

6 遺憾なり 4 今に遺憾

2 [15件] けだしほか, せめてもの, むしろ蕪村, 亦無論, 何ぞや, 俳名の, 古文法を, 外物を, 成功の, 我れ, 明白なる, 時勢未だ, 無論なる, 盖し, 配所の

1 [84件] いかにもいかにも恐れ多き, いと歯痒し, いやで, この者, これ北斎の, たまたまもっ, なかなかに, ひっきょうするに教育, また宜, わがフラミニア, わが日本要塞, アンセルムッチオのみ, 不親切なり, 世のさ, 久しからぬ, 争うべからず察, 事実なり, 互にその, 些と, 亦た, 人の, 今の, 今日においても, 何ぞ, 何たる果報, 偏見たるを, 全くこれ, 全くこれら例外, 全く八杉氏, 全く同氏, 全く妾, 全く此曲筆, 全く記者, 全集刊行書肆の, 其故なから, 其眼界の, 勿論又, 千古の, 古の, 國事の, 女兒の, 婦幼の, 実に子規子, 実に小松内大臣, 実に彼, 実に遺憾, 實に, 少くとも, 山の, 幸いであった, 強ち, 惜しむ可, 意外であった, 拔かり, 文法に, 明治年間四十余年を通じての, 明白である, 春水の, 此上も, 此女神が, 死しても, 殘念なれ, 汝に, 無し, 無理に, 爭ふべからざる, 甚だ遺憾, 皆江戸演劇を, 稀なり, 第一, 第七, 聊か一方, 蓋しまた, 藩士社会の, 見下げ果てたる不貞, 誤て, 誰なるべき, 諸君の, 賞賛すべき, 身を, 返すがえすも, 運強き, 遺憾と, 雪とて

▼ ざりし~ (109, 7.7%)

6 あらずや, 似たり 4 非ず 3 因る 2 伯爵夫人も, 反して, 夏の, 怨恨を, 拘らず公, 拘らず猶, 於てをや, 此の, 江戸を

1 [72件] あらず, あらずされど, あらずやと, あり, いつしか其, いひ及べるならん, おいおい日本, かかわらずかかる, この事件, この時一, この詞, これよりは, さすが古郷, その友, その後間もなく, その社, まさる一册, よると, わずかに, 一たびこの, 世間には, 享保も, 今の, 今は, 今や病中熱, 今や自ら, 今六右衞門の, 今日元の, 今毒縁, 今爾, 今現に, 候, 優しく我, 先帝臣の, 兎か, 児竊かに, 勅使信を, 反し官軍, 因する, 図らずも, 基く, 天は, 存分彼の, 実に意想外, 引かえ, 引きかへ, 当たりては, 御考証, 徳川政府の, 忠八は, 思はぬ子, 意中の, 或日, 拘らず条約改正問題, 拘らず條, 日を, 明治二十一年十月に, 昨日に, 死去の, 淑女全く, 火もえつき, 爾来日々, 由ると, 由るならん, 私は, 筆を, 終には, 終に主, 考うるも, 親族は, 遽に, 驚きしが

▼ ざりし~ (96, 6.8%)

4 知るべし 2 いふ, おもへば, 不幸と, 信ず何と, 怎で, 怪まざる, 知るに, 行方なし, 見れば

1 [74件] いま打明く, かりそめ, この際, みかれは, もて筆, や, わが山房論文, ゴアの, 久しくえ, 今は, 今年の, 今更の, 何の, 信じて, 信ず, 先年私し, 医員の, 口惜とは, 咎めて, 售り, 喜びあ, 喜び被, 地中の, 奈何せん, 察す可, 忘るべからず, 怒ること甚, 思ひ合せて, 恥じた, 恥ぢて, 恨みしは, 恨める也, 悔いて, 悔ゆ, 悟らしめき, 悲しまんか, 悲み, 惜みき, 惜むなり, 憐む彼等は, 憤って, 憾み参らせ候, 打ち捨ておかば, 景行天皇ツバキの, 本意無く思へるなるべし, 浪子が, 深く自ら憾み, 深沢が, 淺き, 知り半ば彼, 知る, 知るとき, 知るべしまた, 確かめやっと, 示すもの, 罪人の, 見たと, 見て, 見む, 見よ, 見ること, 見るところ, 見るべし, 覚う, 詫びねば, 認む喜曲または, 諸氏と, 謝し, 謝びのっそり, 謝びのつ, 證する, 近比江戸人, 遺憾として, 鎭づめてうれしき

▼ ざりし~ (70, 4.9%)

11 雖も 6 いふ 5 いう 4 いえども 2 云, 打泣きし, 聞く, 蕪村以後の, 見ゆ

1 [34件] いえば, いそいそと, いふに, いぶかる頓, するも, せば, なむ, なん, ひそかに, まづ, 云う説話, 云に, 云ふ, 人に, 其所に, 思ふ, 懸瀑, 扨も, 槌持てる, 涙片手に, 見えつづい, 見えて, 見えエホバ, 見え忽ち, 見え紙, 見え間もなく, 見え顏色は, 見へて, 覚ゆ, 言えるをさえ, 語れる事等, 雖策問に, 雖老人の, 音にこそ

▼ ざりしもの~ (64, 4.5%)

43 である, ならん, なり, の如し 2 ある, たり, は主として, を彼, を為したる, を爲

1 [36件] か, が時勢, と云うべし, と思惟, と斷定, と現在, と見, と謂, なりき, なるべし, にし, にてもあるべし, にて候, に候, に問い求められ, に見いだされ, のごとく, の創造発見, の夢, の如き, の如く, は児童, は凡庸, は明子, もあらん, も一旦, をあらしめる, をこの, をと思い, を今さら一人はやり, を十五少年諸君, を名づけ, を数多, 固より, 多きなるべし, 畢竟するに他界

▼ ざりしこと~ (49, 3.5%)

2 ならん, は確実, 往々之

1 [43件] あり, ありたりと, が明白, が明確, が目, この類, だけは疑惑, である, とに由る, なかりしが, ながら在り得べき, なきこと, にし, にもしる, に候, の, のいかにも, の今, はなけれ, は今日, は何人, は既引, は明, まことに合点, もあり, もいつか上聞, も確か, よ, を信ずるなり, を心窃か, を忘, を悔ゆ, を愧ぢざる, を承認, を推測, を死者, を深く, を知るべし, を自白, を覚り, を証する, 今一足, 見ゆ

▼ ざりし~ (23, 1.6%)

2 なれば

1 [21件] この類, とを思は, なり, なり然, なるべければ, にもあらず, にもしる, に候, の意気地, も夜半観測, も明かなり, をも爲さん, を一層, を幸い, を思は, を日本人, を知り, を繰返し, を記さん, 恐入, 然れ

▼ ざりしのみ~ (20, 1.4%)

2 ならず其の, ならず列席, ならず又, ならず益々, ならず閣下 1 ならずして, ならずまた, ならずエリパズ自身, ならずヨブ記, ならず北千島アイヌ, ならず彼, ならず彼ら, ならず彼らなほこれ, ならず進歩党, ならず進歩黨

▼ ざりし~ (20, 1.4%)

5 必せり 3 否やを 2 知るべきのみ 1 しらず, そしらぬ顔, 何とて幺微, 十兵衛自身も, 十兵衞自身も, 否やは, 少々思い当る, 後の, 明なり, 試に

▼ ざりし~ (19, 1.3%)

2 に似, を蕪村

1 [15件] が今, が現, である, との差, と泣, なり彼等, なる事, にむかひ, に就, の体重, の止まる, の謂, の魂, は過ぎたる, を数多

▼ ざりしところ~ (18, 1.3%)

7 なり

1 [11件] この荒廃, である, なりしを, なりといえ, にて秩父, に故, のもの, の全く, はことごと, をも詞章, 今に駒鳴峠

▼ ざりし~ (14, 1.0%)

1 [14件] いくの, いった, ゐる, ゐる今日, ソファの, 刀を, 帰って, 庖厨の, 弱々しく叫んだ, 歩いて, 熱い奴, 自分の, 船を, 部屋を

▼ ざりしこそ~ (12, 0.8%)

2 幸いなれ 1 不覚なれ, 仕合せなりける, 可笑しけれ, 幸なり, 幼なけれ, 恨みなれ, 洵に, 返す返すも, 道理なれ, 遺憾なれ

▼ ざりしには~ (12, 0.8%)

2 舌を 1 あらざりし, あらざりしが, あらざるべし, あらざるも, あらずして, あらずや, あらねど, 非ざる, 非ずして, 非る

▼ ざりし~ (12, 0.8%)

1 [12件] がなった, されど身, とゆくりなく, なり, にし, のこの, のすさましく, の姿, の楽め, の面影, の魂, を見たる

▼ ざりしを以て~ (11, 0.8%)

2 なり即ち, 互ひ, 彼れ 1 ダンテは, 孟子の, 彼が, 茲に, 誇張的に

▼ ざりし~ (11, 0.8%)

3 なり 2 のもの 1 であります, である, なりき, なるを以て, に言語, まで懷疑説

▼ ざりしさき~ (9, 0.6%)

2 には我 1 いかなるムーザ, には人, には天使中, にオッタヴィアーン, に死, に死せり, の事

▼ ざりし~ (9, 0.6%)

1 にあらずや, により彼, 今日重ね, 呟く必要, 唯雷, 待草臥れ, 待遇言葉遣, 田舍の, 言葉を

▼ ざりしがため~ (7, 0.5%)

2 ならん, なり 1 にこの, にし, に幾度

▼ ざりしより~ (7, 0.5%)

1 かくは, その間の, はからずも違約, 彼の, 桜町の, 竹の, 起こったの

▼ ざりし~ (7, 0.5%)

3 鼻緒の 1 に生みたまひき, に生れかわりたし, よりありし, 公證人たり

▼ ざりし所以~ (7, 0.5%)

3 なり 1 が分る, にあらず, にあらずや, は国民鎖国

▼ ざりし~ (7, 0.5%)

1 その直球, なり, においては人智, に初めて, のこと, の事, わが心

▼ ざりし時代~ (7, 0.5%)

1 すなわち今日, なりしかば南北朝頃, にあり, には天気, に於, の産物, の詩人

▼ ざりし~ (6, 0.4%)

2 とあるの 1 かし我, 不便なれ, 聞が, 遺憾なれ

▼ ざりしため~ (6, 0.4%)

1 その何故, ついに英国, なれば, に一句, に我, のみ

▼ ざりしとき~ (6, 0.4%)

1 ならば, なれば, にあり, には人, の迷信, も命

▼ ざりし以前~ (6, 0.4%)

1 にあり, にし, には謙三郎, に於, はお, より渠

▼ ざりし故に~ (6, 0.4%)

2 可有, 弱みも 1 ヨブを, 真正面より

▼ ざりし結城~ (6, 0.4%)

3 の朝之助, の風采

▼ ざりしながら~ (5, 0.4%)

1 おんおんと, 口々に, 私を, 自分を, 顔を

▼ ざりしにも~ (5, 0.4%)

2 あらざりき 1 かかわらず陸軍, せよ延, 因るべし

▼ ざりし~ (5, 0.4%)

1 こそ今更, に從, の心, もこれ, 恨めしくもらさぬ

▼ ざりし~ (5, 0.4%)

1 なりけれ, に長, は一度, は兎, は我等

▼ ざりし~ (5, 0.4%)

1 には家名, の卜者, はこの, は車夫, 絶えず用

▼ ざりしによりて~ (4, 0.3%)

2 なり 1 あやしめる, 我必ず

▼ ざりしゆえ~ (4, 0.3%)

1 ならん, なり, に可, に弱み

▼ ざりし~ (4, 0.3%)

2 の人 1 にありし, に猴

▼ ざりしという~ (3, 0.2%)

1 のである, 理由の, 理由も

▼ ざりしとの~ (3, 0.2%)

1 事なり, 意と, 説話と

▼ ざりしにや~ (3, 0.2%)

2 あらん 1 大いに驚き

▼ ざりしをもって~ (3, 0.2%)

1 その姓名, 再三これ, 親しくその

▼ ざりし事情~ (3, 0.2%)

2 あり 1 は主として

▼ ざりし~ (3, 0.2%)

1 などやや, にし, をつかま

▼ ざりし~ (3, 0.2%)

1 に, にうつりゆかまし, に自分

▼ ざりし~ (3, 0.2%)

1 の更に, の歌, を奪

▼ ざりし~ (3, 0.2%)

1 に, により, はすべて

▼ ざりしとい~ (2, 0.1%)

1 へども天明, へども決して

▼ ざりしといふの~ (2, 0.1%)

2 事情は

▼ ざりしとは~ (2, 0.1%)

1 いへ実に, その認めざることなれ

▼ ざりしほどに~ (2, 0.1%)

1 その同母妹輕, 足冷えたれ

▼ ざりしほどの~ (2, 0.1%)

1 勢なりき, 珍品をも

▼ ざりしもの蕪村~ (2, 0.1%)

2 に至り

▼ ざりしゆゑ弁当~ (2, 0.1%)

2 をもたず

▼ ざりしをと~ (2, 0.1%)

1 さけび呼吸, 彼は

▼ ざりしヨブ~ (2, 0.1%)

1 も今, も遂に

▼ ざりし事四十余日小千谷~ (2, 0.1%)

2 にいたり

▼ ざりし事実~ (2, 0.1%)

1 は或は, を窺い得る

▼ ざりし人々~ (2, 0.1%)

1 に逢, を勸め戰地

▼ ざりし古語~ (2, 0.1%)

2 を手

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ ざりし多く~ (2, 0.1%)

1 の人々みな世, の魂サルウェ・レーギーナ

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 さの, 海の原に

▼ ざりし奇しき~ (2, 0.1%)

2 一曲

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

2 なれど

▼ ざりし嬉し~ (2, 0.1%)

2 さに

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 家来が, 抒情詩世に

▼ ざりし平民~ (2, 0.1%)

2 の意気

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 とかや, は経

▼ ざりし当時~ (2, 0.1%)

1 に於, の歌人連歌師

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 の少女, の食

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 の今日偶, を今

▼ ざりし恋人~ (2, 0.1%)

1 が身の上, の忽ち

▼ ざりし有様~ (2, 0.1%)

2 も見え透く

▼ ざりし次第~ (2, 0.1%)

1 をさとりえたり, を説きあかさん

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 の好意, の願ひも

▼ ざりし為め~ (2, 0.1%)

1 に気の毒, に鈎近く

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 をも併せ, を喫し

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 なり, のこと

▼ ざりし病人~ (2, 0.1%)

1 の今, の大原

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 一の, 一種正装用短剣一振り軍服図嚢勲章類は

▼ ざりし紅絵~ (2, 0.1%)

2 の時代

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 とひまさば, を責めた

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 の千, も咲

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

2 の比較的

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 ひの, ひを

▼ ざりし貫一~ (2, 0.1%)

1 が身, は寧ろ

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 なりしこと推測ら, は何故

▼ ざりし~ (2, 0.1%)

1 が何ぞ, の今更

▼1* [295件]

ざりしあずさ弓起き臥し我が身, ざりしいにしへの恋しき, ざりしうちに著しく, ざりし詞を, ざりしこそもつけの, ざりしこと人の知る, ざりしこと淨土宗の場合, ざりしこと盤古の生物, ざりしこと等をその, ざりしこのあさましき文学者, ざりしころ常に武, ざりしがのや, ざりしさきわれはクリスト, ざりししるしにて誠に, ざりしためヨルダン川の流る, ざりしため我久しく饑ゑゐたればなり, ざりしため退学届を出す, ざりしたり再び前, ざりしつつ恐るれば, ざりしつもりに候, ざりしとかや, ざりしとき人々はいたく, ざりしとき名も無く, ざりしとぞ誠に不思議, ざりしとよヤイ合点が, ざりしなどと申立し, ざりしなり又其御身形, ざりしなり市之丞の長八, ざりしなるべく彼の, ざりしにぞ山内伊賀亮進み出, ざりしにても我が慌てたる, ざりしにより声しわがれ, ざりしひとりの門守, ざりしほどなれば, ざりしまでも自ら招い, ざりしもの楽天居に持, ざりしやうなりしが, ざりしやと問う, ざりしやの疑を, ざりしやも知れずこの, ざりしやを彼より聞かん, ざりしゆえんである, ざりしゆゑに父王, ざりしゆゑ如何成天魔が魅, ざりしゆゑ此事を知, ざりしゆゑ近隣の老婦, ざりしをば喜ぶなり, ざりしをも物足らず覚ゆるなるべし, ざりしサンタとの最後, ざりしダンテも, ざりしトロイア人は譽, ざりしドナートあり, ざりしパピニアーヌスあり, ざりしフランチエスカの君, ざりしベネデツトオ告げぬ, ざりしラロシフコー公爵其人なりとす, ざりし快樂事, ざりし一人が不幸, ざりし一快楽事の想像, ざりし一時代の大, ざりし三友のため, ざりし三味線と初めて, ざりし三味線一時に浚, ざりし不品行を今日, ざりし不孝の悔, ざりし不平をここ, ざりし不徳の君主, ざりし不滅の花, ざりし不覚であろう, ざりし世界が忽然と, ざりし丹後国の与謝, ざりし主人公その人, ざりし乎水に映りし, ざりし乙女の昔, ざりし九霞山樵の工夫, ざりし事一は西晉末, ざりし事乃ちわが死, ざりし事実等より推し, ざりし事蟻群の行列際限, ざりし事貝塚の實地調査, ざりし二三藩閥の関係, ざりし二十の爪, ざりしひの, ざりし人事を好ん, ざりし人曙覧と元義, ざりし人民も有れ, ざりし人物の出現, ざりし人物山水等を描く, ざりしを管仲, ざりしの安, ざりしの二女神, ざりし他界の発見者, ざりし何時の間にか人の, ざりし余これにより初めて, ざりし余却て今, ざりし俗語漢語を用, ざりし偖何かなと考, ざりし僅かの侶, ざりし儀式も義務, ざりしの可, ざりし先換言すれば, ざりし先高天原に出現, ざりし六疊敷の我が, ざりし其の夜わが, ざりし其世より命, ざりし其内老母は風, ざりし寥を, ざりし処今更後人の推賞, ざりしがそこ, ざりし力落しも加はり候, ざりしにより数等, ざりし双手あり, ざりし口惜しさよ, ざりしの画, ざりし古代も観察, ざりし吉兵衞が俄, ざりし同志社も昨今, ざりし君主等をし, ざりしか實, ざりしは, ざりし善き事ひとつ為し得, ざりし四年の久, ざりし国王なれど, ざりしなりという, ざりし場合に其の, ざりしの明方近く疲睡, ざりし夜亥の時, ざりし夜店なれど, ざりし夜戌の時, ざりし開け人, ざりし天主教会内にて意想外, ざりし天使の一群, ざりし夫人奥の間, ざりし奇遇と夢, ざりし既にわが, ざりし晴れし雨, ざりし如くに我手, ざりしも現在目, ざりし安慰は今, ざりしを, ざりしならずや, ざりし宮様方の勿体なく, ざりし家々より, ざりし家具に再び, ざりし寛闊なる笑声, ざりし山中も年々, ざりし山賊の張本, ざりし川島未亡人が突然, ざりし差別とは咄, ざりしを欺き, ざりし希伯來人を憶, ざりし帝王侯伯の靈, ざりし常識一點張りの國民, ざりしなさよ, ざりし幾年の思, ざりしの, ざりし弁護士の経験, ざりしはこの, ざりし形容いつか繕う気, ざりし形跡の顕著, ざりし彼らには遺憾, ざりし彼等は彼等, ざりしを継がん, ざりし思案だとも, ざりし恐しきされど, ざりしより親, ざりし悲しさに, ざりし感懐を叙, ざりし態度を持したる, ざりし我が無情を, ざりし我等も江戸, ざりし折柄とりどりの流言伝はり, ざりし拾木のたちまち, ざりし文字をこの, ざりし要素は, ざりし新しき美わしさを, ざりし新生面を發展, ざりし新聞の天気予報, ざりしはこれ, ざりし方式により精査糺明これ, ざりし日ごろの馬鹿らし, ざりし昔愚なる民, ざりし昨日迄, ざりし時われらが祖先, ざりし時シノンは恰も, ざりし暁がたの蝉, ざりし最大の原因, ざりし樣の, ざりし有様ここに再び, ざりし朝暮を思え, ざりし本質の要求, ざりしの落葉, ざりしの児ら, ざりしは花, ざりしの白き, ざりし梓弓おきふし我が身なれんもの, ざりし樣子であれば, ざりし横笛が恨, ざりし欣さんならずや, ざりし歌舞伎座を看る, ざりしつく, ざりし歡喜と悲哀, ざりしの出来事, ざりし殊勲はけだし, ざりしより出生せり, ざりしの俄, ざりしは榮, ざりしは鳴り, ざりし泰西の文化, ざりしより遠, ざりし滑稽の趣味, ざりしは響き, ざりし瀧口も戀, ざりし炬火を, ざりし為め左程にも無, ざりし為裸の上, ざりし無学の所, ざりしりながら, ざりしお預り, ざりし爲めに十分の低落, ざりし爲翁をし, ざりしが言, ざりし父老等は之, ざりし狐狸の類, ざりし独立もただ一国内, ざりし獲物の死, ざりし珠運を煩悩, ざりし現象であった, ざりし理由を問, ざりしなるも, ざりし由檢使場でも御, ざりし甲丁の記憶, ざりし當時にあり, ざりし疑問を氷釈, ざりしというなる, ざりし相模国の大日堂, ざりし真理の把握, ざりしの階段, ざりし社名を以て大々的一頁, ざりし社會主義者又は社會主義, ざりし私母子に病, ざりしは漸く, ざりし築地の朝景色, ざりし紙草というの, ざりし結果として極端, ざりしにやあらむ, ざりし美少女のなれ, ざりし者のと, ざりし者死後蛇となっ, ざりしの自ら齢, ざりし背後より跫音, ざりし自己の本質, ざりし色々の省略, ざりし黨に, ざりしの石菖, ざりし草生ひに, ざりし荒尾は忽ち, ざりし落度にこそあれ, ざりし葉居升の言, ざりし西欧人をし, ざりし西直門をも好, ざりし覺悟のよ, ざりしをかれ, ざりしは直に, ざりしとは爲すべ, ざりし豪傑號を得, ざりしが膝, ざりしならん, ざりしの開け, ざりし道の辺に青石, ざりしを発見, ざりし里帰を許され, ざりしの植物, ざりしが一夜, ざりしましさ, ざりし鋭さを, ざりしはこれ, ざりし間貫一にぞありける, ざりし降下と廻轉, ざりし隨分澤山に遣, ざりし難問の忽然と, ざりし電車其の日自分乗車, ざりし電車開通しあるとは, ざりし露国南下の実情, ざりしかの低き, ざりし青柿躍る颱風後, ざりしの傷, ざりし面肩掛につ, ざりしをさやか, ざりし頃芝口の茶漬飯屋金兵衞, ざりしよ人, ざりし骨肉の兄, ざりしも來鳴きぬ, ざりし鳥形が誰, ざりしの鳴